青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ざま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

されど~ ~されない されない~ ~される される~ ~さん さん~ さんざん~ ~ざし ざし~
ざま~
ざら~ ざりし~ ~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し し~

「ざま~」 2083, 21ppm, 5556位

▼ ざま~ (622, 29.9%)

10 手を 9 して 5 なって, 倒れて 4 切りつけるぞ, 身を 3 お辞儀を, 倒れた, 眼を, 顔を

2 [31件] いった, うなずいて, くもはるばる, した, その面, なりました, ひたりて, ゆきかうざま, われをば, ピストルを, 一人の, 仆れた, 仰いで, 仰反ると, 仰向けに, 反って, 叩くと, 地に, 太いの, 打倒れ, 水を, 流に, 流れて, 神崎の, 突出し, 絶叫した, 聞こえて, 虻を, 襖を, 車蓋を, 顱巻したる

1 [511件 抜粋] あおむけに, あの提灯, あるかたち, あるは横ざま, あんな目, いいましたので, いうので, いきなり次の間, いったな, いつまでも, いともはで, いふ精神, いろいろに, うしろ突に, うたった, うった, うつとりと, うらら春日の, えッや, えツ, お, おおって, おそった直人, おのれの, お催促, お先煙草を, お目, お米, お辭儀, お饒舌, かかって, かきて, からりと, がたぴしと, きこえた, くるの, こう怒鳴っ, こぢんまりと, さし上げながら, さながら昼顔, さらばじゃ, された上, されて, されては, さわさわと, さッ, しげしげと見, した我輩, しめて, じっとその, じんじんばしょりを, すっくり, するりと顱巻, する嚔, ずる, そうして声, そのよう, その四, その履歴書, その紋緞子, その頬, そればかりを, それを, たたきました, たたきますと, たよ, ちらと, つきあげたもの, つとあげる, とんぼが, どうと, なぎ払いながら, なぐりつけて, なったの, なったん, なってるとは, なつた, なりて, なりぬ, なりましたので, なりましてな, なり果てましたが, なるし, なるん, ねころぶ拍子, のそのそ歩きまわっ, のろって, はらった, はらはらと, ばらばらと, ひっくり返されたが, ひっくり返った, ひびく, ひょいと家, ひょいと歯, ひらりと, ひろげて, ひッくり, ひッぱたかれた, ふき矢を, ふと見る, ふり返り, ぶちわる, ぶっ倒れ, へし折られて, べらべら挨拶, ぺろりと, またその, またひとつ, また揮, むちを馬の, もとの, もんどりを, もんどり打ち, やって, やって来るん, やや仰, やられて, よその, よりては, よろけます, わけの, ギラリギラリと, デンと, ト掌を, ドッと, ドン, ニッと, ハツタ, フランシスを, ポケットの, マスクへ, ヤッと, ヤッペの, ロフベルグは, 一つ事を, 一時間も, 一気一刀の, 一足飛ぶ, 七晩も, 三児は, 三兒は, 三四十も, 三好入道の, 三年勝ち越され, 三度, 上げながら, 上眼を, 下へ, 世へ, 丘を, 両肘, 中断した, 乱れ飛び一, 乱打の, 二つ三つまた, 二三度つよく, 二三服吸い, 二三発ズドンズドン, 二回, 二杯ひっかけました, 二発の, 云いました, 云はれた, 云ふ, 五六つた, 五六軒飲みあるいた, 五十たび打ちました, 五発の, 五発透明人間の, 人々へ, 仆れ, 仆れたぎり, 他人の, 仰向いて, 伸しながら, 何か, 余が, 作ったもの, 俯伏に, 倒れかかった, 倒れかかれる裳, 倒れかけた, 倒れしめ而, 倒れそう, 倒れたこと, 倒れたまま, 倒れた如来様, 僕の, 僧の, 光つてきらり, 光つても, 入道へ, 冷水を, 出て, 切りつけた, 切りつけられた, 切ろうと, 力一杯引上げ, 力一杯打つ, 半月形の, 参った駅夫どの, 又あくび, 又ば, 受けて, 口から, 叩頭を, 叫ぶと, 叫んで, 右視左瞻つつ, 吃驚し, 合点合点を, 吊し上げたり, 同じく急所, 同体に, 名を, 吐き棄つる言, 吸ってから, 吸つてから, 吸ひあげられる, 吹きかけた, 吹上げた, 呆けた, 呼んで, 啼いた, 喰は, 噎せ返つた, 四つ五つお, 垂れて, 垣根に, 墓参の, 壁の, 声を, 夏外套を, 多少の, 大きな嚔, 大きな聲, 大な破, 大喝した, 大太刀, 天井に, 天童へ, 天道流での, 太刀を, 奪いとって, 好餌を, 妙な, 姥は, 娘の, 宙に, 寝て, 寝転んだ, 小さく丸めた, 小次郎の, 少年の, 屋根へ, 巨なる, 差出した, 帯に, 幌を, 年紀を, 床の, 床の間を, 弁じたてても, 弓反りに, 引き下されるよう, 引き下される様, 引き抜き引き抜いた瞬間, 引き据えられて, 引っくり, 引っくりかえした, 弛んで, 弱腰を, 弾ねた, 彼の, 怒号した, 愛吉を, 我が丈, 扉を, 打たれて, 打ち倒れて, 打つた, 投げたの, 投げられたろう, 投げ出された, 投げ出しました, 投じたる花束一つ我掌, 抛って, 抜き払うと, 抜討ち, 抱いた, 拡がって, 拡げた大き, 持って, 振られつつ, 振向くと, 掛けさせ片手, 掻き込んだ, 揚げきったよう, 撲った, 攀ずる, 政府の, 数発の, 数馬の, 敵の, 敷居を, 斃れた, 文三と, 斜に, 斬られるとき, 斬り仆, 日本の, 映り右手, 晩方貴婦人が, 書いて, 机に, 杖を, 来援を, 枕を, 枯枝を, 梯子を, 棚なる, 棚に, 椅子に, 榎の, 横ざまに, 横へ, 横撲, 櫛け, 止ったところ, 歩行び出らる, 死んで, 殿様に, 毆りつけ, 気の, 気絶を, 沈んだ目, 泉水の, 波の, 泣いたこと, 注ぐの, 流行した, 浮き上って, 深く非常, 渠は, 灰を, 無我無心源内兵衛の, 無敵無双の, 焼けただれて, 煙の, 燈を, 燻して, 爆発する, 片手の, 片手を, 片手業に, 物する, 犬が, 猛烈な, 玉香を, 珍しく今度, 生い上り, 生えて, 申し蔭言, 男の, 畝を, 異論が, 畳の, 発しながら, 発射されました, 発砲した, 發し, 盧は, 目も, 目を, 直ぐ近かっ, 眉間から, 眠に, 石階の, 祷って, 秋の, 空を, 突いた手, 突き出すと, 突放せば, 突来る, 立ちどまりて, 笑われたんで, 納所坊主を, 紐の, 細うし, 細りと, 組みついた, 結目高う, 絶鳴, 継を, 緑林に, 縁の, 縫ひつけられ, 繰り返した, 置く, 翻して, 老大尽, 聞いた, 聞き覚えも, 聞こえた, 肩口から, 背後向きに, 腕を, 腰を, 膝を, 自由教育を, 花を, 若苗, 莞爾と, 莞爾美しい, 落とし差した下谷, 葉子の, 葉子を, 蒸笛が, 薙刀の, 蛇を, 行かっしゃったそうながの, 行き抜けると, 衝と, 被った年, 被って, 裾を, 覆さんばかり, 見えた, 見えたの, 見えたろうが, 見たん, 見ますと, 見事に, 見当も, 見舞った一年, 見返ると, 見通し給へば, 言うは, 言つて居る, 読む時間, 豹吉の, 走ったと, 走つて, 走り過, 足踏を, 跳び上がったり, 踏みこたえる, 蹌けながら, 蹴った, 蹴て, 身も, 転けかかりたる状, 転げ落ちた, 転倒した, 辿り, 述べる, 退って, 退りたり, 透し見る様子, 酬いて, 鈴子の, 鋭く伝六, 門を, 闇の, 降って, 陥ち込んで, 陸尺の, 階段へ, 隠されて, 雪の, 雪洞を, 電波を, 青くなっ, 非難した, 面を, 音が, 頭が, 頭を, 顛覆りたる, 顱巻を, 風邪の, 颯と坂, 飛びさ, 飛びすさるが, 飛びました, 飛び込んだ, 飛んだ, 飛んで, 飜った, 飲ませて, 飲んだ, 馬の, 馬の脚へ, 高く舞, 髯を, 魂が, 鳴る, 麾くと

▼ ざま~ (208, 10.0%)

32 見ろ 16 して 13 みろ 12 見や, 見ろと 7 みろと 4 見て 3 みやがれ, 見さらせ, 見ろッ, 見ろ廻り, 見ろ此方 2 みろッ, 見せて, 見よ

1 [91件] お目, かえりみて, ごらん, さらして, したという, したの, したもん, した首, しては, してるの, してるん, しない, しなかったかも, しながら, しや, するか, するという, するに, するもの, する人たち, その後も, つくづくと, なさいましたお, みさらせ, みやがれす, みやがれ売女, みるが, みるがい, みるの, みろだ, みろという, みろの, みろもう, みろ蛆虫めら, よく見, ツブサに, 世間に, 丘の, 人に, 初めは, 制しました, 吐いて, 君に, 変えたが, 子供ごころに, 御覧じませ, 思い出して, 思い残り, 恥かしくない, 恥じて, 望むもの, 畳みかけて, 眼に, 示したり, 自分でも, 若し此, 見せるから, 見せるわけ, 見たか, 見たくは, 見たらどんなに, 見ながら, 見なさい, 見まわせさせたが, 見やがれその, 見やがれへ, 見やがれ恐れ, 見られては, 見られるの, 見るが, 見ると, 見るところ, 見るの, 見ろあわてやがって, 見ろい, 見ろじつに, 見ろだ, 見ろという, 見ろといふ, 見ろとうとう, 見ろほし, 見ろ古, 見ろ文章, 見ろ法王, 見ろ耳, 見ろ肥船, 見ろ船, 見ろ髪長彦め, 見ろ麻薬中毒者, 話さねば, 難じ

▼ ざま~ (109, 5.2%)

27 見やがれ, 見ろ 12 見ろと 3 ねえや, 見やがれと 2 見るが, 見ろいくら

1 [33件] さぞ見ものぢ, なかった, ねえいい, ねえや今まで, はた, はははは, 一寸は, 見さらせ, 見てけ, 見やがれう, 見やがれなんのかんの, 見やがれ亡びたがね, 見やがれ俺, 見やがれ彼様, 見やがれ畜生, 見やがれ鼻血, 見ろいい, 見ろだか, 見ろだから, 見ろという, 見ろとうとう, 見ろや, 見ろを, 見ろ人殺しめ, 見ろ名, 見ろ女, 見ろ山田, 見ろ巫女, 見ろ思い知ったか, 見ろ汝先刻, 見ろ色男, 見ろ阪井, 見ろ須弥壇下

▼ ざま~ (81, 3.9%)

2 ことは, 恰好で, 恰好の, 真似を, 行李が, 言葉でも, 顔を

1 [67件] かっこうで, かっこうでは, ことしなき, ことには, のが, のだ, のだろう, はしたないつまり, まねも, ものは, んざあなんと, んだ, んだらう, んです, ラムネの, 一挙手一投足を, 不興顔を, 凹みを, 剃髪などに, 卑しい女, 周章狼狽, 呶鳴り聲は, 唐突な, 唐船を, 国語の, 壁口の, 大欠伸, 失敗を, 姿で, 姿体を, 尊い仕, 小細工に, 小舎の, 市人の, 弱音を, 形を, 恰好であった, 恰好に, 恰好を, 悲哀と, 惨敗を, 意外な, 方法で, 最期を, 格好で, 様子を, 歩みに, 沈没艦は, 泣き笑ひ, 漢よな, 灰色の, 無気味な, 犬なぞを, 病気ばかりが, 痙攣的臆病を, 目に, 結果に, 結果を, 統御を, 見苦しいもの, 負けかたを, 負け目を, 赤ん坊は, 赤ン坊たちの, 道化の, 酔い崩れなど, 驚きを

▼ ざま~ (77, 3.7%)

4 をなご 2 噂でございます, 悪いもの, 諸説が

1 [67件] おかしさ, おなごの, ことに, ために, ちっとも取り乱し, ないもの, なんと愚劣, はやりうたの, まねびは, ものであっ, やさしさ情, よいもの, カイガイシサに, ピストルの, 不意打の, 事あり, 事ばかり, 催し物, 全體, 処から, 助, 卑から, 双手突き, 声を, 多く侍るなり, 好きことよ, 容子であった, 寝顔である, 少し足らざる, 居合いの, 心あがり, 怪しいの, 悪いもん, 悪い乞食, 悪さ, 愚なる, 愚問を, 憂目, 新九郎が, 死に方, 水, 水掻や, 浅ましく見苦しいほど, 爆裂雨の, 白雪に, 目の, 目を, 相殊, 真直な, 緊張が, 縞模樣を, 美しさ, 者だ, 者は, 者までも, 膝を, 花莚敷き連ねたる, 苦労は, 表情を, 見ば, 震へと, 音楽を, 頭の, 顕われを, 骨折りの, 骨折り気遣い汗かき, 魔術を

▼ ざま~ (72, 3.5%)

8 何だ 6 ない 5 どうだ 4 なんだ 2 どうじゃ, ないぞ, なんじゃ, なんという

1 [41件] ありゃ何事, あれは, あんまり威張れ, いったいどうした, このベソ, これだ, これで, さんざおふくろ, しねえぜ, しやしねえから, その自然, どうした, ないぜ, ないですね, なにさ, なんです, ねえ, ねえぜ, ねえな, ねえや, よせよ, わが足利, 他人事, 何じゃ, 何です, 何の, 俗で, 先ずそれ, 女ひとりを, 少しく外, 後少し, 忽ち皆, 思い出すたび, 更に怖, 消えませぬ, 無いけど, 町の, 笑止千万だ, 見られたもの, 間もなく蔭口, 頗る奇怪

▼ ざま~ (69, 3.3%)

2 でたくさん, でよい, にお, になっ, になった, 時計を

1 [57件] さには, さは, じゃああります, じゃなく, じゃ承知, てあたり, て我前, になつ, になつたの, にのむ, にはあれ, には二陳湯, には僕自身, にや勿体, に一, に一口, に一本, に云う, に体, に何, に充分, に大きな, に廊下, に月, に氷峰, に猪口, に神様, に私, に聞かせたら, に足蹴, に食べ, のため, のよう, のパイ, の哄笑, の団子, の慰み, の手当, の椎茸髱, の炙った, の相手, の薬, の薬鑵, の針, をかけ, をしらない, をそぞろ, を出してる, を服用, を絞つ, を食べる, を鼻, 彼の, 時計なぞは, 時計に, 時計の, 的に

▼ ざま~ (66, 3.2%)

21 見やがれ 11 見ろ 5 みろい 2 みろ, 見あがれ明日, 見や, 見やがれおどろいたか, 見やがれと, 見ろいだ

1 [17件] みさられ, みろという, みろ悪, 見あがれ, 見さらせ, 見やがれクソ, 見やがれッ, 見やがれツ, 見やがれ慌てやがって, 見やがれ田舎者め, 見ろそんな, 見ろつて, 見ろと, 見ろとさえ, 見ろとは, 見ろみんな無人, 見ろッ

▼ ざま~ (54, 2.6%)

74 がおま 2 が何, よ本当に

1 [39件] から少し, から年, から私, から若旦那, がお前, が一本燗, が初会, が小, が漸, が私, が花魁, が誠に, ことと, さア手, といつ, とかで, と聞い, のあ, のよ, のサ, は, もの碌な, ようっかり, よお前さん, よまア正, よ今夜, よ正, よ此方, よ淋しい, よ済まない, 人に, 小三郎さまから, 少し落着, 後生だ, 神なれ, 私も, 素人の, 花魁衆の, 鐘として

▼ ざま~ (22, 1.1%)

2 よ, ッ, 一人前の

1 [16件] え, がしかし, が小, が弟, ぜ, その顔色, っけ, であちこち, という事, と思はなかつた, と新八, ほんとうに, まるでこりゃ, 女の, 奴等アハヽヽ, 幼だ

▼ ざまされ~ (19, 0.9%)

3 ている 2 て来

1 [14件] それを, ていなかった, ていました, てうち, てもいるであろう, てゆく, て来る, て民主, て活動, ながらそれ, 不幸な, 工場の, 現実を, 自然平等に

▼ ざま~ (19, 0.9%)

1 [19件] ああもう, あつた, いらっしゃいましたし, え, おざった, これも, すっかり嫌い, めくって, 俺の, 情けなくて, 拙劣な, 是非も, 村へ, 腕車を, 見られたもの, 逃げるよう, 逃げ帰って, 醜い雛, 降伏する

▼ ざま~ (14, 0.7%)

2 私を

1 [12件] いつもとは, やり切れない, 不義でない, 彼の, 怖ろ, 悪かつ, 死を, 田舎びて, 異様で, 真直で, 見たくなつ, 見も

▼ ざましい~ (12, 0.6%)

1 [12件] お働き, という, どよめきが, ほどに昂奮, ものが, 二つの, 傾向, 噴火の, 御馳走を, 物を, 生長を, 頂点を

▼ ざまじゃ~ (12, 0.6%)

1 [12件] ありません, あるまい, この不覚者, ございませんか, それは, ない, ないか, ないと, ねえや, アどうもこう, ア大砲の, ア行った

▼ ざま~ (12, 0.6%)

4 存候 2 てか 1 なって, みえて, 云います, 云つたら, 他藩, 同じく宮様

▼ ざまには~ (10, 0.5%)

4 通じぬもの 1 かう云, っし, どうだ, もうさっき, 優れたるふし, 通じないもの

▼ ざまあみ~ (9, 0.4%)

9 やがれ

▼ ざま~ (9, 0.4%)

2 みろ 1 みやがれ, みろい, みろ出来るもん, 見やがれ, 見やがれかんぷらちんきめ, 見やがれ青二才め, 見ろとばかり

▼ ざま~ (9, 0.4%)

1 の名, の唇, はいきなり, はパーヴェル・パーヴロヴィチ, はヴェリチャーニノフ, は両手, は大声, は憤然, は神聖

▼ ざまその~ (8, 0.4%)

2 魚を 1 なつかしい胸, 僕の, 男の, 絲を, 老人の, 頭を

▼ ざまでは~ (7, 0.3%)

2 なかった 1 ない, ないか, ないの, なかつたの, 武道で

▼ ざま~ (7, 0.3%)

1 やさしかりけれ, 世間に, 体裁も, 女々しゅうおじゃらぬ, 女の, 尋常の, 懸命に

▼ ざま~ (6, 0.3%)

1 う叫ん, う言, だけは慎ませ, と言った, ない為, は舞台

▼ ざま~ (6, 0.3%)

2 に払った 1 なぐりの, へとんだ, 薙ぎに, 飛びに

▼ ざまかう~ (5, 0.2%)

2 ざま, ざま顧み 1 ざま日は

▼ ざまされた~ (5, 0.2%)

1 のだ, ものの目色, ネフリュードフの, 母性の, 魂の

▼ ざま~ (5, 0.2%)

1 ておき, てゆく, て行った, はしく, ばかれ

▼ ざまされる~ (4, 0.2%)

1 ものと, よりも先, 人も, 現実が

▼ ざまにて~ (4, 0.2%)

1 新開地だけに, 許多の, 面目も, 齢の

▼ ざまにも~ (4, 0.2%)

1 あの悪魔, きつと, のし給, 三つ星座

▼ ざま~ (4, 0.2%)

1 さ, 今日の, 巧なり, 急カーヴ

▼ ざま~ (4, 0.2%)

1 で膝, に手, の柄, をスッ

▼ ざまさせる~ (3, 0.1%)

1 モメントと, 力が, 力の

▼ ざまそれ~ (3, 0.1%)

1 こそ誰憚ら, を無理矢理, を粉微塵

▼ ざまだった~ (3, 0.1%)

1 ところで, べえ, よ

▼ ざままた~ (3, 0.1%)

1 倒れて, 気ちがいの, 青竹で

▼ ざまをと~ (3, 0.1%)

3 一人が

▼ ざま二人~ (3, 0.1%)

1 とも声, の顔, を室内

▼ ざま相手~ (3, 0.1%)

1 の言い切る, の顎, をつきとばした

▼ ざま見ろ~ (3, 0.1%)

1 あまり威張り腐る, と叫びたい, ッどんな

▼ ざまいきなり~ (2, 0.1%)

1 私に, 窓枠いっぱい叩き破った

▼ ざまいつも~ (2, 0.1%)

1 のやう, の癖

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 延の, 秋を

▼ ざまから~ (2, 0.1%)

1 見れば, 連想し

▼ ざましく~ (2, 0.1%)

1 活動し, 頼もしい限り

▼ ざました~ (2, 0.1%)

1 もうを, よ

▼ ざますか~ (2, 0.1%)

1 なア, 誠に済まない

▼ ざまそう~ (2, 0.1%)

1 いった, と

▼ ざまそこ~ (2, 0.1%)

1 に今, のた

▼ ざまであった~ (2, 0.1%)

1 ことか, し自分一人

▼ ざまです~ (2, 0.1%)

1 かよ, そういっ

▼ ざまでも~ (2, 0.1%)

1 なかった, 私は

▼ ざまなる~ (2, 0.1%)

1 緑門の, 美き

▼ ざままるで~ (2, 0.1%)

1 獣みたいに, 自分の

▼ ざまもう~ (2, 0.1%)

1 一散に, 早がてん

▼ ざまわが~ (2, 0.1%)

1 かおをば, かほ

▼ ざまをも~ (2, 0.1%)

1 好み給わずという, 市民は

▼ ざまアみやがれ~ (2, 0.1%)

1 すっとこどっこい, と言った

▼ ざまパッ~ (2, 0.1%)

1 と投, と街燈

▼ ざま其処~ (2, 0.1%)

1 でじたばた, の柱

▼ ざま初めて~ (2, 0.1%)

2 兄の

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 に居合わした, の一人

▼ ざま叫ぶ~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ ざま堀口生~ (2, 0.1%)

1 に横, はグイッ

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 を掛けた, を荒く

▼ ざま左手~ (2, 0.1%)

1 に握っ, に髪

▼ ざま平次~ (2, 0.1%)

1 とガラッ, の耳

▼ ざま引立て~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ ざま悪口~ (2, 0.1%)

1 を云っ, を云つて

▼ ざま悪魔~ (2, 0.1%)

1 を三度, を引合い

▼ ざま明智~ (2, 0.1%)

1 が叫んだ, めがけて

▼ ざま正三君~ (2, 0.1%)

1 にかかっ, の帽子

▼ ざま殴り付け~ (2, 0.1%)

2 てでもやりたい

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 にさえ顔, に飛びかかっ

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 の色, を見張っ

▼ ざま~ (2, 0.1%)

1 の左, はふと

▼ ざま茶碗~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ ざま莞爾~ (2, 0.1%)

2 とあでやか

▼ ざま見やがれ~ (2, 0.1%)

1 と笑われ, 唐変木突きとばせる

▼ ざま足疾~ (2, 0.1%)

2 に進出

▼ ざま躍りかかり~ (2, 0.1%)

2 てハタ

▼ ざま顧み~ (2, 0.1%)

2 がち

▼1* [401件]

ざまあみるがいい, ざまうまさうに黄昏の, ざまイと, ざまお前の小さな, ざま王師の, ざまがらりと引, ざまぐいとその二の腕, ざまぐざとその喉, ざまぐわんと男の脳天, ざまけたたましく叫びました, ざまこう言った, ざまこころみに, ざまこそおかしかった, ざまこっそり鼻の, ざまこの混乱を, ざまこわきにし, ざまさしてゆく, ざまさせてやる, ざまさそこんところ, ざまさなければ無, ざまさも見さげ, ざまさらにつかんで, ざまされたら生活が, ざまされなければならない, ざまされるべき明るさ, ざまさんざん腹を, ざまさ加減である, ざまざとうかみでるかなしいしろばらの花よ, ざまざまに, ざまざんぶと水に落ち, ざましかと云ったん, ざましきばかりなり, ざましく働いて斬り, ざましだなにも物, ざましのいや夜床, ざましのしわの寄つた餡餅, ざましょうがせめて, ざまじい一場が演ぜられた, ざまじい水音が響い, ざまじい見幕で手紙, ざまじゃあなかった, ざますえとふり, ざますか様子を聞かし, ざますぐとお勝手, ざます知ってざま, ざます買うとくなはれ, ざまずかずかと相手, ざませたいことね, ざませなかったと思う, ざませるような, ざませわしく革むちを, ざませんとうの, ざませ働かせそれを, ざまァ何, ざまたくみにピストル, ざまただちに源十郎が, ざまたったひとつの, ざまだっ意気地な, ざまだったろう彼は, ざまだわかるだろうと力, ざまだ飲むなら彼等と, ざまちょうど倒れた五兵衛どん, ざまや種, ざまぴらごめんだと噛りつきたがる, ざまってなかった, ざまつたら無かつ, ざまづかづかと奥, ざまでありながら私, ざまであろうが私, ざまです済みませんが立たし, ざまというものは, ざまといふ形容でも, ざまときたらどうだ, ざまとはどんなもの, ざまとも違うし, ざまとを語り彼, ざまと共にこの男, ざまどこかに姿, ざまどんと胸を突いた, ざまなそうな, ざまなどどうでも, ざまなども目立ちて, ざまなにか捨てぜりふを, ざまなにげなくバッテーラの, ざまなり云々, ざまな肥え方に, ざまな転げ方を, ざまについていろいろの, ざまになつてし, ざまにに子供を, ざまにぶッ倒れた, ざまぬれ透ってい, ざまのねえ話, ざまぱっとおどり出すと, ざまひしと抱合って, ざまひったくるように, ざまひと腰ひねった, ざまひょいと沓脱石の, ざまひょうっと鉄箭, ざまぴたと襖を立籠め, ざまふざけた恰好を, ざまふた声三声, ざまふところからつかみだした, ざま鳥が, ざまへとさし伸べて, ざまぼくを突きとばす, ざままさにその手, ざままでそれに, ざまもと来た方, ざまもろ手で必死, ざまやっといっ, ざまやと師の, ざまやにわにおさよ, ざまらしく折敷さえ, ざまわき立って来た, ざまをもかへりみずまかり出ましたやう, ざまア何だ, ざまオォルを投げだす, ざまカテリーナは良人, ざまカミを出す, ざまガバと自分, ざまガラッ八と, ざまキタない言葉, ざまキラリと匕首, ざまサッと袖の下を, ざまジリジリと詰め寄っ, ざまスッと斬り下ろした, ざまズボンのかくし, ざまセリファンに向っ, ざまセルゲイが言った, ざまダニーロは勇壮, ざまチューブが声, ざまたら何だ, ざまテレビ電話の映写幕, ざまパーヴェル・パーヴロヴィチはいきなりまったく, ざまピカリと来た, ざまピョコンと立ち上がった, ざまピンと下, ざまブランカをなぐりつけた, ざまプッツリと菅笠, ざまホフマンに言, ざまリキーが艇長, ざまロクローをバンド, ざま一刀を浴びせた, ざま一剣尾を引く, ざま一同が逃げ支度, ざま一喝をくらわせた, ざま一学の前, ざま一打ちと駈け出しかけた, ざま一旦しまったピストル, ざま一番にをどり出, ざま一颯するどく風, ざま三日よ, ざまから突きあげた, ざま不意に, ざま不自由な身, ざまにすぐれ, ざま世さまざま同室四人みなへんろさん, ざまの足, ざま両刀をゆすぶる, ざま両手で顔, ざま中尾は眉, ざま中段の刀, ざま中腰に二三歩, ざま主君生害のさま, ざま主計と大次郎, ざま久慈は不, ざま乾雲をひるがえし, ざま乾雲丸ではない, ざま事もなげに堀江町, ざま二十遍ばかりちんちんちんと, ざま二足前へ出した, ざま互に後に, ざま五六名が, ざま迄よりもずつとせきこんだ, ざま今入つて来た, ざま介抱といふ態度, ざま伊豆守の左右, ざまか問いかけられた, ざま何ごとかを泣き泣き, ざま何事じゃ卑怯者ッ, ざまの一刀両断, ざまに高く, ざまの頭, ざまと目, ざまと六さん, ざま兄さんといふ嬌声, ざま兄弟と誓, ざま兇惡無慙なること, ざま八木の手, ざま公平はびゅっと身, ざま兵藤のフクラハギ, ざま出来やせんなア, ざま切符を買った, ざまを袁紹, ざま剥奪くって, ざま力まかせにグリゴリイ, ざま加減は草平氏, ざま勘兵衞の裾, ざまをきった, ざま台所のほう, ざまの拳, ざま右手をのばし, ざま同じような, ざまを呼んだ, ざま名残りを尽せ, ざま吐き出すように, ざま直ると, ざま向うの硝子店, ざま周章てた形で, ざま呼笛が鳴る, ざま咽喉元を狙っ, ざま哀れなペトゥロー, ざまならぬ人, ざま器用にすり抜け, ざま土間に殆, ざまに背, ざま大きな欠伸を, ざま大喝一声しました, ざま大声でわめいた, ざま大急ぎで參議院, ざま大股に駈け, ざま天目茶碗に白湯, ざま太刀を突い, ざま太史慈が背, ざまは高い, ざま夫人を扶, ざまの間, ざま娘たちは驚い, ざま栗鼠の, ざまへ刀, ざま宙鳴りして, ざま寝ぼけ声を張りあげ, ざま対馬守治太夫の頭, ざまきながら, ざま小坊主のやう, ざま少しぎょっとなって, ざま少年の腋の下, ざまから右, ざま左右へ離れ, ざま布団を引っ, ざまをめがけ, ざまをとおっ, ざま引きぬこうと, ざま引戸を明け, ざま彼女は嬉し, ざま忌々しい嵌木, ざま怒鳴って行った, ざま怒鳴るように, ざま急いで後, ざま怪物の顔, ざま怯え立った婦人の, ざまを味わう, ざま情夫のからだ, ざま我が家をさし, ざま戸口へ駈け寄った, ざまを振り上げ, ざま手打にした, ざま手早く懐剣を, ざま手馴れたピストルを, ざま打ってかかろう, ざま払った刀は, ざま投げつけてやった, ざま抜き放った鬼丸包光の, ざま抜打ちにやった, ざま抱きとると, ざま拙ければわれ, ざまを振挙げ, ざま持ち上げようとした, ざま持って生まれた, ざま振り上げた庸之, ざまに掬い, ざま握るともなく, ざま撲ったり, ざま擲たれたらんかの, ざまは寒し高き, ざま日陰の道, ざま明智探偵のほう, ざま昨夜はどうして, ざま昨日まで鼻, ざま曲欄へ走り, ざま書斎からのこのこ, ざま書類挾みを, ざま月丸の手, ざま月輪の刃, ざま村長はぴたり, ざま林藏が差し, ざま梯子の先, ざまに触った, ざま楊志が問う, ざま横ざま十文字に馳通り, ざま横一文字に薙ぎ払っ, ざまの欄干, ざま武者ぶるい, ざま母親はと見れ, ざまがくるった, ざま気合を抜い, ざま気違いのよう, ざまをふきあげ, ざま水中灯をぱっと, ざま沓脱に立ち, ざま流し元の方, ざませた一刀, ざま滅茶滅茶に縛り上げた, ざま激しい地響きを, ざま無残なこと, ざま無理やりにヴェリチャーニノフ, ざま片手でその, ざま片隅に積ん, ざま犬射に訊ねた, ざま狂気のよう, ざまに飛びかかっ, ざまのやう, ざま猛烈に教え子, ざま猛然と隣室めがけ, ざまの形, ざま玄関に出た, ざまをとりあげ, ざま王平へ跳びかかっ, ざまを樹, ざま生垣を越し, ざまに恨み, ざまは自分, ざまをつぶつて義雄, ざま目と目とを合わせない, ざま眞二つになれ, ざま眉間を, ざま矢庭に斧, ざま祭司の息子, ざま空中高くさしあげた, ざま突然足を, ざま一の, ざまを襲うた, ざま精一杯に喚いた, ざまに繋った, ざま素直にて唯, ざま紫電低く走っ, ざまをくぐっ, ざま美春にさしつけた, ざま老人の手練, ざまにひっ担ぎ, ざまを円め, ざま背後へ撥ねた, ざまのあたり, ざま脇差の抜打ち, ざまを伸ばし, ざま自分を離れ, ざまを修理, ざまを左, ざま良人の捨てた, ざま色気がない, ざま花嫁衣裳を被いた, ざま若い衆の両足, ざま若者は娘, ざま若者たちに足蹴, ざま薬王樹を振被っ, ざま虚空をつかん, ざま行きこざま行き, ざまに向かっ, ざまに手, ざまさい, ざま見よ気味が, ざま言葉をかけた, ざま言葉つきも優しき, ざま訴えた言葉が, ざまが尾, ざま蹴放して, ざまを低め, ざま軽率にも自分, ざま追いかけて来, ざま逃げるように, ざま野崎君に横ビンタ, ざま金助の横面, ざま金吾は了戒, ざま銀造りの強, ざま陣刀で払った, ざまのよう, ざま雷喝一声闇からうなり, ざま電信柱に飛びつこう, ざま電光石火に郷士, ざま電灯をその, ざま青年の手, ざまかに抱き起しました, ざま頓狂な叫び, ざま頬ずりをし, ざま飛び去って行く, ざま飛んで来る, ざま飛鳥のよう, ざま飜然と下立った, ざま飲み更かしたことだった, ざま飲むがいい, ざまから降りた, ざま馬上から鉄, ざま馬延を一刀, ざま馬袍をすくい取っ, ざま馬超は敵, ざま馭者に向っ, ざま高峰は思わず, ざま鹿之介, ざま黒住団七のあと, ざまを摺りつけん