青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~され され~ ~された された~ されど~ ~されない されない~ ~される される~ ~さん
さん~
さんざん~ ~ざし ざし~ ざま~ ざら~ ざりし~ ~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる

「さん~」 128448, 1274ppm, 67位

▼ さん~ (25611, 19.9%)

167 私の 161 それを 130 自分の 67 云った 65 急に 63 私を 62 私に 59 どうした 50 私が 46 何か, 眼を, 言った, 顔を 44 黙って 43 どこに 42 何を 38 首を 36 そんなこと 35 そういっ 34 いいました 30 僕の, 手を 29 例の, 目を 28 その時, どこへ 27 ほんとうに 26 すぐに, それに, 相変らず 24 さう, 笑いながら 23 それから, 自分が, 非常に 22 あなたの, いつもの, ここに, 頭を 21 びっくりし, 今日は, 何も 20 この頃, これを, どうしました, 子供の, 少しも, 気が, 知って, 笑って 19 心の, 本當

18 [11件] あわてて, いつた, いつでも, お留守, そこに, どうし, 一人で, 家の, 此の, 答えた, 言いました

17 何と, 何にも, 帰って, 私と, 立派な

16 わたしの, 思つた, 静かに

15 ああいう, あの通り, じぶん, どうだ, もうお, 自分で

14 ここで, その晩, そんな事, どうです, 何でも, 先に, 出て, 彼の, 驚いて

13 いひました, おくみ, どこから, なにを, 両手を, 人を, 何処に, 前の, 死んで, 返事を

12 [17件] あれで, いって, こんなこと, さすがに, そのとき, その日, ひとりで, 二人の, 僕を, 口を, 妙な, 机の, 来て, 東京の, 男の, 笑った, 胸が

11 [18件] あまりの, こういっ, この家, それが, それは, だまって, 人の, 僕と, 声を, 夢中に, 大きな声, 妾の, 左の, 平気で, 慌てて, 昔から, 答えました, 話を

10 [20件] あたしの, ききました, この時, その人, どうしたろう, どうする, どこかへ, ハッと, 二階の, 今でも, 今度は, 大喜び, 東京へ, 確かに, 私たちの, 胸を, 腰を, 言って, 言ひました, 顔の

9 [37件] いますか, お父さんの, こ, そこの, その頃, それで, とう, なにも, にこにこし, ほんた, まだお, ポケットから, 不思議な, 二階に, 云って, 今まで, 何うし, 何が, 何んにも, 去年の, 叫んだ, 女の, 尋ねました, 平気な, 庭の, 母の, 涙を, 煙草を, 病気で, 直ぐに, 眉を, 立つて, 素直に, 苦笑し, 部屋の, 酒を, 頭が

8 [42件] あたしが, あたしに, いい人, いつて, いつまで, お店, きつと, こちらへ, さっきから, ふたりの, わたくしの, わたしが, わたしを, テーブルの, 人に, 今日も, 何う, 何の, 何處に, 僕に, 呆気に, 大変な, 妙に, 妾に, 始めて, 家へ, 御自分, 息を, 殺されて, 気を, 玄関の, 生きて, 目が, 立ち上って, 立って, 答へ, 続けた, 縁側に, 腹を, 返事も, 頭の, 鼻の

7 [51件] あっけに, あなたを, あの人, あれは, いつまでも, お前の, お母さんの, お見え, ここへ, こたえました, この話, そこで, その前, そんな人, なんの, ぼくの, まだ子供, まだ若い, 一種の, 主人の, 云つた, 他の, 俊夫君の, 兄の, 口の, 右の, 奥の, 女学校を, 床の, 心配し, 思った, 思ひました, 感心し, 或る, 手紙を, 日本の, 村の, 殆ん, 毛布の, 気の, 溜息を, 眼が, 肩を, 良い人, 親切だ, 親切に, 言う, 誰です, 身を, 近所の, 黙つて

6 [84件] あとで, あなたが, あなたに, あれから, いそいで, いやに, いよ, お嫁, お母さんに, お父さま, かう云つて, ここの, このこと, これは, これまで, こんどは, さうい, そう言っ, そのこと, その中, その夜, その手紙, それには, そんな風, ちよつと, ちらと, どういふ, どこか, どこで, どこの, どこまで, どこまでも, なか, びつくりした, へんに, ぼくを, ぼんやりし, わしが, ギョッとして, ニヤリと, 一つの, 不意に, 云いました, 亭主に, 人が, 人間が, 何だ, 何です, 先生の, 初めから, 別の, 君の, 困ったよう, 変な, 大声で, 娘の, 居なさるかい, 庭に, 彼に, 御在宅, 御存じない, 急いで, 旅の, 朝から, 次の, 江戸の, 泣いて, 滅多に, 無理に, 父さんの, 私達の, 窓の, 胸の, 自分を, 裏の, 見て, 親切な, 言ったが, 言下に, 誰, 誰だ, 誰だい, 馬鹿だ, 馬鹿に

5 [130件] あたりを, いい子, いうの, いつに, いろ, うしろから, おいでです, おいでに, おどろいて, おれが, お友達, お嫁さん, お腹が, お酒, お金を, お銀様, かう云, きょうは, こちらです, こちらに, これが, これで, こんな事, しかたが, しばらく考え, そこへ, そのお, その後も, その男, どうしていい, どうしてる, どうします, どうなる, なんという, びっくりした, ふいに, ふしぎそうに, へんな, ぼくに, まじめな, まじめに, まだ私, もう帰っ, わしの, ビールを, 一と, 一体どこ, 一度も, 一緒に, 一言も, 三人の, 三年前に, 上機嫌で, 不思議に, 中, 今どこに, 今の, 今は, 今夜は, 他に, 何処へ, 俺の, 僕が, 先へ, 其れ, 口が, 叫びました, 台所の, 吃驚し, 喜んで, 土地の, 変に, 夢の, 大よろこび, 奥さんが, 女に, 好きな, 妹の, 妹を, 子供を, 家に, 尋ねた, 年に, 弟に, 彼を, 後に, 御主人, 思いました, 思って, 感心な, 昔の, 時計を, 普通の, 東京で, 東京に, 母に, 江戸に, 淋しそう, 淡々と, 熱心に, 猫の, 用事が, 田舎の, 町内の, 相手の, 真面目な, 確に, 礼を, 私より, 結婚し, 背が, 自分から, 茶を, 茶碗を, 荷物を, 落ちついて, 親の, 言ひ, 話の, 語った, 誰にも, 誰も, 足を, 身体が, 運が, 門の, 非常な, 頭から, 顔色を, 風邪を

4 [214件] ああ云う, あとから, あの娘, あの通り綺麗, いう, いった, いつから, いつ頃, いなくて, いまでも, うしろを, うなずいて, うまいこと, うれしそう, おいくつ, おれの, お世辞, お勝手を, お嬢さま, お家に, お小夜, お帰り, お鳥, きさくに, こう言っ, ここから, こちらで, この, この上, この中, この子, これも, しずかに, しばらくの, すつかり, そういう, そうは, そう云っ, そう思っ, そこまで, その, そのそば, その話, その部屋, それとは, それらの, そんなもの, ため息を, ちつとも, ちょっと考え, ぢき, どうしよう, どうなった, どう思います, どこかに, どちらから, どんな人, なんだ, なんでも, にこりとも, びっくりしました, ふたりを, また云った, まだ帰っ, みなに, みんなに, もうこの, もとの, やつと, よく知つて, よその, よろこんで, わたしと, タオルを, ドアの, ニコニコし, ベツドの, 一人の, 一郎の, 丁寧に, 三文字屋の, 下の, 不幸な, 不思議そうに, 久し振りで, 二階へ, 云う, 今に, 今も, 他人の, 仲が, 体が, 何とも, 何んと, 何処か, 何時でも, 何處へ, 俯向い, 俳句を, 兄さんの, 其処に, 冗談に, 別です, 前に, 厭な, 可哀想な, 右手に, 右手を, 君を, 嘘を, 外から, 夢から, 大したもの, 大事な, 大変に, 大層お, 大急ぎで, 大阪で, 女を, 姉の, 嫁に, 嫌いだ, 子供が, 家を, 寝室の, 尋常の, 小屋の, 居るかい, 屹と, 帯の, 帽子を, 幸福だ, 幸福な, 店の, 座敷の, 当時の, 彼女の, 御一緒, 御承知, 微笑し, 微笑みながら, 心配で, 怒鳴った, 感心した, 手も, 手拭を, 日の, 昔は, 最後の, 月の, 杖を, 森の, 椅子を, 橋の, 歌を, 正直な, 此家に, 此處に, 死んだの, 殺されたの, 毎日の, 泥棒や, 流石に, 火鉢の, 煙に, 玄関に, 男が, 町の, 病人の, 病身で, 盃を, 相手に, 真面目に, 眼で, 眼の, 眼鏡を, 石の, 私には, 私共の, 私達を, 空を, 窓から, 結婚した, 絵を, 綺麗な, 聞いて, 背の, 能く, 腑に, 腹が, 腹の中で, 膝を, 袂から, 言うの, 話した, 警察に, 赤ん坊の, 車の, 返事の, 邪鬼に, 酔って, 針の, 銀座の, 鍵を, 鏡の, 閉口し, 隅の, 青くなっ, 面白い人, 風呂へ, 馬に, 驚いたよう, 髪を, 黙った

3 [499件] ああし, あたしと, あたしを, あちらで, あっしが, あつと, あなたです, あなたと, あのお, あの女, あの日, あの調子, あひるさんの, ある日, ある時, あんなこと, いいこと, いい方, いつもさう, いないの, いませんか, いままで, いやだ, いるか, いるかね, いろいろな, いろんなこと, おいでで, おいででしょう, おっかない骸骨, お上の, お兄さん, お兄様, お内, お内儀さん, お前が, お前さんの, お前と, お家へ, お寺の, お幾つ, お気の毒, お父様, お猫さん, お秀, お腹の, お袋と, お達者, お部屋, お金が, きのうの, きゅうに, きれいな, こう云う, こう答えた, ここを, こちらの, こちらを, この土地, この店, この方, この日, この男, これからどこ, しみじみと, じっと眼, すっかり怒っ, すべての, すると, そういう人, そうで, そう云った, そつと, そのころ, そのため, そのま, その一つ, その場, その女, その手, その方, その間に, そりや, そんな人ぢ, た, たいへんな, ただ一人, ただ笑っ, だんだんから, ちやうど, ちょいと, つかつかと, つぶやきました, てれかくし, どういう人, どういう風, どうお, どうかし, どうしたい, どうしたらう, どうだい, どうでしょう, どうなさいました, どうなすっ, どうなすった, どう思う, どう思っ, どう思ひなさる, どう思ひます, どこからか, どちらかと, どっちへ, どなたです, どんなつまらない, どんな風, なぜか, なぜ私, なんとも, なんと云う, な今, にっこり笑っ, にやりと笑った, ひどく酔っ, びつくりしました, ふだんの, ふだんは, ふところから, ふらりと, ふんと, ほっとした, ほつと, ほんまに, ぼくが, まあ誰, また, また何, また別, また私, また自分, まだ学校, まだ生き, まだ若く, みんなの, みんなを, もう四十, もう学校, もう小さい, もう青年学校, やさしい眼, やって来ない, よくし, よくわかる, よく知っ, よろよろと, りっぱな, れいの, わけの, わたしたちと, わたしたちの, キャラコさんの, ギョッと, グッと, ニコ, バスの, パッと, ビックリし, ピストルを, ホッと, ポケットに, ポンと, 一人も, 一口も, 一年に, 一座の, 一所に, 一所懸命に, 一間に, 上野の, 下りて, 下手人ぢや, 不在で, 不審に, 不幸にも, 丘の, 両手で, 中風で, 丹波の, 主人と, 二階から, 云ひました, 云ひます, 云ふ, 五百城先生の, 些とも, 人と, 人などを, 人なんか, 今では, 今までの, 今日から, 今日の, 今更の, 仏像の, 仕事を, 他から, 以前は, 仰向けに, 会社に, 低い声, 体を, 何かに, 何て, 何という, 何とも返事, 何にか, 何んだ, 何んな, 何処です, 何処の, 何時も, 何處か, 俄に, 俺が, 傘を, 元は, 兄が, 兄さんと, 充分に, 先き, 先刻から, 先刻の, 先方の, 兎も, 入口の, 八百屋横町に, 其方へ, 内職の, 出かけて, 刀を, 刎橋の, 初めての, 初めに, 初めは, 力が, 助手の, 勇気を, 勘定を, 勘次の, 勝気な, 即座に, 又私, 受話器を, 可愛い, 向うの, 君が, 呆れて, 和尚さんの, 善い人, 喫驚し, 喫驚した, 器用な, 壁に, 外へ, 夜が, 夜に, 夜の, 夢を, 大へん, 大切な, 好い人, 好きだ, 妻の, 始めから, 姿を, 嫌な, 字が, 孤独な, 学校へ, 学校を, 安心し, 安心した, 宗近, 実に偉い, 客の, 家中の, 寝床の, 尊敬すべき, 小さい声, 小学校の, 少し酔っ, 居ないの, 居ぬでは, 居ますか, 居るか, 巡査に, 左手の, 帰つて来ません, 帰ると, 年が, 年を, 年寄りだ, 幾度も, 幾歳で, 座敷に, 廊下に, 弟の, 彼女を, 御亭主, 御冗談, 御存じだ, 微笑んだ, 微笑んで, 心に, 心配そうな, 忙が, 快活に, 思い切って, 思案に, 怪訝な, 恐る, 恥しそう, 悪いこと, 悲しそう, 愉快そうに, 意味あり, 愕い, 憤慨し, 戸を, 戸棚の, 戻って, 手に, 承知しない, 持つて, 接吻の, 敏感に, 斯んな, 新聞を, 日本人が, 日記を, 旦那の, 昌さんの, 明日の, 明智先生の, 明智探偵に, 昨夜は, 昨夜一と, 昨日の, 昨日も, 曾て, 月に, 朝と, 朝の, 末の, 机に, 杯を, 根が, 梓さんが, 梓さんの, 椅子に, 横から, 機嫌よく, 此方に, 歩いて, 歩きながら, 死にましたよ, 死んだ, 死んだん, 殺されたと, 母と, 毎晩の, 氣の, 氣分が, 水に, 永久に, 汗を, 決してそんな, 沈黙って, 泣きながら, 泣きました, 涙ぐんで, 清三の, 満鉄, 無意識に, 無雑作, 父に, 父の, 片手を, 物の, 狂人の, 独りで, 独身で, 猫が, 猫を, 玄関まで, 申しました, 男振, 痩せて, 皆の, 目に, 目の, 相手を, 真先に, 真顔で, 知るまいが, 秀男の, 私から, 私は, 私も, 穴の, 突然私, 窓縁に, 立ち上った, 立上っ, 竹の, 笑い出した, 笑ひました, 笑顔を, 答える, 米を, 紙に, 紙を, 紳士だ, 続けて, 縛られて, 美人だ, 考えて, 考へて, 耳の, 耳を, 聲を, 肺病だ, 背負子を, 腕の, 腕を, 臨終の, 自分でも, 自分も, 自己の, 自身の, 船から, 芳子さんの, 苦笑した, 英語が, 草鞋を, 蒲団の, 蒼い顔, 蔵の, 薄情です, 藤本の, 表の, 襖を, 見えなかった, 見識が, 言つた, 訊ねた, 評判の, 説明し, 誰か, 誰に, 誰の, 誰を, 警察の, 變な, 貧乏な, 赤い顔, 赤ん坊を, 起きて, 超然と, 足が, 足で, 身動きも, 身體が, 途中で, 遠くに, 鄭寧に, 酒が, 金が, 金を, 金庫の, 鉛筆を, 銀行の, 長い間, 隅っこの, 障子の, 雨の, 青年の, 面白そう, 頭痛が, 額に, 顔に, 風呂の, 風邪の, 飛び上って, 食卓の, 養子の, 餘つ, 驚きの, 黙然として, 鼻で

2 [1585件 抜粋] あ, あさ, あない, あの子, あの晩, あの騷ぎ, ありったけの, ありや, あわて, あんたを, いいお, いいよう, いい男, いかがです, いくたび, いた, いっしょうけんめい, いったん戻っ, いつしん, いつもこんな, いつもなら, いつ見, いないん, いませんよ, いよいよ巣鴨, いらつし, いわれました, うなずいたが, え, えらいと, えらくなりなさるだろう, おかあさんが, おかみさんに, おしの, おそらく山口医師, おほ, おりました, お仕合せ, お前さんと, お好き, お宅, お尻, お島, お母さんから, お照さん, お狩場, お美しい, お見舞い, お里へ, お隣の, かの白い, がくかう, きいた, きっとやる, きのうから, きょとんと, けさも, こういうこと, こう云った, ここが, こっちを, このほか, この前, この御, この海, この英語, こまったよう, これからまた, これほどの, こんなところ, こんなもの, ご本, ご親切, しあわせだ, しばらくそこ, じっと見, すぐ帰った, すこしも悪い, すっかり視力, すらりと, そういった, そう云われる, そう推察, そこい, そこを, そのじ, その人たち, その前夜, その後から, その後間もなく, その様子, その相手, その翌日, その食卓, それあ新, それっきり学校を, それなら毎晩部屋, それまでに, それ程悪い, たいへんに, たしかまだ二十四, ただ黙っ, ためいきを, ちょっと気, つい先刻, でもいい, ときどき気, とむねを, どういうこと, どうかする, どうして入谷, どうなっ, どこかから, どこにも, どちらへ, どんなお, どんなふう, どんな樣子, なお留さん, なかなか気, なるほど, のっけて, はっとして, ひそかに, ひどい菊石, ひどく興奮, びしょ濡れに, ふしぎで, ふと思い出した, へどもどし, べつの, ほんとの, まじまじと, またこんな, またその, また入口, また巧み, また歩き出した, まだ, まだ帰らない, まだ晩酌, まだ眠っ, まっさおに, みょうな, むずかしい顔, もうその, もう一日二日, もう十年, もう帰った, もう気前, もう私, もう駄目, もとより私, やっと安心, やるせなくなっ, ゆっくりと, よくおぼえ, よほど絵, わたくしが, わるく遠慮, アイビキに, ウンと, キッと, キョロキョロと, サンドヰッチを, タバコを, チンチンと, ナカ, パンを, フランスに, マッチを, メガネを, 一々, 一人に, 一度は, 一日黙っ, 一緒でした, 一郎を, 丈夫な, 三文字屋に, 上海へ, 下宿を, 下駄を, 不男, 両の, 中学校の, 九時迄, 了輔の, 二三日の, 二人に, 二升の, 二杯も, 五十を, 交際家な, 京都を, 人生を, 今どうして, 今夜の, 今度も, 今日まで, 今独り, 仕合せね, 他愛も, 伊之さんよりも, 体よく, 何し, 何とお, 何とも云え, 何もかも知っ, 何事も, 何処だ, 何日でも, 何用が, 何處の, 依然として額, 傍で, 催眠薬で, 僕は, 元気に, 元氣, 先生が, 全くの, 六郎さんには, 其場で, 内から, 写真機を, 処女の, 別かも, 別に気, 制服の, 前へ, 割合に, 加奈子に, 勢よく, 十九だ, 十八で, 千葉の, 半病人, 南方へ, 又こんな, 反対に, 口ごもりながら, 古い北京, 可哀想だ, 可愛いの, 右へ, 名の, 君に, 呆れたよう, 呼んで, 唇の, 啻に話巧者, 四十面相の, 四月二十五日に, 土佐の, 土間へ, 坊主頭である, 塀の, 夕方から, 外国から, 大きな口, 大きらい, 大丈夫よ, 大分好い, 大層好い, 大柄で, 天野の, 夫の, 奧の, 女出入りの, 好い子, 如何し, 姉さまの, 姿勢を, 学校に, 完全に, 実に羨ましい, 家が, 宿の, 寂しさうな顔, 寝て, 尋常な, 小さくても, 小三郎を, 小僧を, 小屋に, 少しお, 少し遅れ, 居りませんか, 山へ, 屹度毎月一度, 川へ, 己の, 帯を, 帳場が, 平和そうに, 年こそ, 幾つから, 庄太郎の, 店から, 店に, 庭へ, 引きつめた桃割れ, 強い, 強度の, 当選に, 待って, 後を, 御居, 御殿女中を, 御病気, 復た, 微笑を, 心が, 忘れたと, 怒りっぽい, 思ったより, 怪しんで, 恋の, 悪党だ, 意外らしく, 憚あれ, 成人し, 戦争に, 手真似で, 折角北海道, 持って, 掛け算の, 放送局の, 散歩に, 旗本の, 日の出を, 日曜と, 早くも, 明かに, 明智の, 昨夜この, 昼の, 時々意地, 暇な, 書いて, 最初から, 月々若干の, 有名な, 朝倉先生の, 本当に人手, 机を, 杖の, 来年は, 枕元に, 柔和に, 棚の, 椽側の, 横田さんを, 檣の, 正夫の, 正直者だ, 此店へ, 此間から, 歯を, 死ぬかも, 死ぬん, 殺されるかも, 母を, 気がついて, 気分が, 水を, 汐田の, 決して父さん, 沈黙の, 洋服なんか, 浮かぬ顔, 消えて, 深川の, 溝へ, 炉の, 無事です, 無暗に, 無頓着に, 煙草の, 熱海へも, 父親を, 牛の, 物を, 独り言の, 玄関で, 珠子さんと, 生きちや, 用心し, 田代さんと, 町に, 留守かい, 畳に, 病気の, 白い歯, 白雲荘に, 目も, 相變ら, 真剣に, 真赤に, 眩しそう, 眼玉を, 着物を, 知つて居なさるだらう, 知らねえの, 確り者, 神様の, 私にと, 私よりも, 私達に, 穏やかに, 窓に, 立ちあがり手拭, 立ちながら, 竜之, 笑い出しました, 第一, 答えに, 篠咲の, 紀久子へ, 紙幣を, 紳士の, 給仕を, 縁の, 縁端に, 美人です, 考えずに, 考へました, 耳門を, 背中を, 腰から, 自分だけ, 自分は, 興奮し, 船の, 良い心持, 色々の, 色魔だ, 花屋の, 芸術を, 若い白面, 若くて, 若衆の, 苦笑を, 茶色の, 蒼くなっ, 蛇が, 蟹の, 行って, 表へ, 裾を, 見えないよう, 見通しだ, 親が, 親孝行で, 言つてゐる, 訊いて, 詩人である, 語調を, 誰とも, 談話が, 貧しい育ち, 賢い人, 赤くなっ, 起き上って, 足の, 身体の, 近いうち, 迷惑そうな, 通りました, 遅いねえ, 達也様を, 郷里, 酒持参で, 重苦しいよう, 金に, 鋭いからねえ, 長い事板橋, 長吉の, 長年病身の, 闇の, 階段を, 隣の, 離屋へ, 雪に, 電車を, 静に, 鞭を, 音羽の, 頑固に, 頬の, 顔色の, 食事を, 飾窓に, 首垂れ, 駈出して, 驚いた, 髭の, 鳥羽の, 黒い大きな

1 [14604件 抜粋] ああお, あすこに, あちらの, あのお方, あの姉さま, あの若い, あまりみかけない, ありますか, あわただしく帰り来, あんなに良い, あんまりひどく, いいはります, いかにも勘定高い, いくつくらいの, いじらしい彼女, いったい贅沢, いつてる, いつもみすぼらしい, いつも忙しくっ, いつ帰る, いまいましいと, いま何を, いよいよ家, いるかい, うすきみわるく笑いました, うまい事, えい人で, おいでなさらねえ, おくさん, おそろしいくらい, おとも, おもわずうめき声, おベッカ, お出, お可哀さうに, お孃さん時代, お悧口, お母さんを, お立ちです, お起き, かういひました, かすかに, かゆいよう, きいきい言っ, きっと来, きょう初めて, くろいマント, こういう商売, こう附けたし, ことしの, このごろどう, この一生懸命, この夜道, この手紙, この立派, この雨, これからどうします, こわくなっ, こんな気焔, さいわいにも, さぞ淋しい, さっぱりと, さんざんだつた, しきりに藤尾, しばらくためらっ, しょっちゅういう, じっと正夫, すうと, すぐ分かる, すぐ秋川さん, すこし青ざめた, すっかり絶望, ずいぶんいる, せせらわらって, そういう風, そう仰有るです, そこでやつ, そっと目, そのこい, そのまま家, その人なつこい, その土地, その店員, その手当て, その朝, その禿頭, その車, そばで, それつきり私, それほど豊, そんなにこの, そんな大, たいそう重, たけしくんたちに, たしか歯, ただひつそり, ただ頷いた, たびたび受けそこないました, だまってか, ちっとも約束, ちょっとの, ちょっと長吉, つくづく感じ, つゑをかたくにぎつて, とうとう口, ところどころで, となりに, とんぼを, どうしておりますでしょう, どうしてやす, どうすん, どう云っ, どさん, どぶん, どんな仕事, なおも手近, なかなか感心, なさるの, なにかお, なれないの, なんて言うだろう, なんにも言, ねえ警察, はじめて, はなはだ心元, ひざまずいて, ひと晩自分の, ひどく当惑, びくり, ふとわれ, ふりかえって, べつべつに, ほんとによく尽し, ぼうえんき, まえに, またあなた, またゲーテ, また声, また松井, また考えた, まだいい, まだまだ心, まだ原子力エンジン, まだ東, まだ腹の虫, まったくびっくり, まるっきり知らない, みとめたわけ, むしろ好意, もういらっし, もうすみなさつたで, もう一時, もう内, もう夢中, もう帰られた, もう浮き, もう起き, もっと大きい, もと気, やがて机, やってきなすったか, やっぱり亡くなっ, やはりここ, やはり逃げる, ゆうゆうと, よう伊與造氏に, よく出来た, よく話した, よほど急い, わけなく承諾, わたしなぞが, アカだ, イツ帰る, エリスが, キヌ子に, コオフイイを, サロンつて云ふ, スケッチ, ソヴェトの, チュガ公の, トテモ横暴で, ネマキに, バットに, ピシリと, ブリストルで, ボディーガードにか, ムリじゃ, ラスキンの, ワザと, 一九三二年の, 一体東京で, 一寸それ, 一度なぞ女将, 一旦外, 一歩あるい, 一目見, 一體その, 三つ年上で, 三十越し, 三毛を, 上方で, 下松の, 不思議にも, 世界中の, 中年時代シャトウ・チェリイから, 主張された, 乱るる, 二りん, 二十五位であった, 二本差で, 云つて不意に, 五合庵といふ, 京子さんの, 人殺しなんか, 今ごろは, 今何してるだ, 今年限り株式の, 今日皆さんに対する, 今留守, 仕事以外の, 以前室生さんが, 休日が, 住んで, 何かと私, 何だか訳, 何とも驚き, 何処が, 何日ここを, 何気なく胸, 余程遠国, 依然として黙し, 信頼できない, 停って, 僕たちにとって, 元来物語を, 先ず蛙, 先祖代, 全く母性そのもの, 八月十五日ごろからと, 其の元, 其詞の, 円い目, 冬にも, 出られなくて, 分りま, 初めて長火鉢, 別れて, 到頭行く, 力無い, 勘定書を, 勿論びっくり, 十七日の, 十日間それを, 半ば工合わる, 卒然言葉を, 危い, 去年此処の, 又暗中, 反対だ, 取次ぎかたがた勉強, 古い湯沸し, 可哀想です, 号外を, 同感の, 向こうに, 周囲を, 唖の, 喜びと, 囚人を, 四国, 国から, 在学中私の, 坐る, 報告書に, 声高く, 外出の, 多少見所, 大あわて, 大きな紙鳶, 大丈夫に, 大塩, 大変目が, 大島へ, 大町の, 天才だ, 夫を, 奥座敷の, 女大臣に, 好い心持, 如才ない, 始終矢立, 嫌悪の, 子供も, 学問は, 宇宙怪人に, 実にやさしい, 実際, 害を, 宿へ, 寝たまま, 寶搜し, 小さい赤い絹蒲團, 小学校で, 小男の, 少しうるさい, 少し意外そう, 少し離れた, 局長の, 屋上の, 山道が, 島田篁村を, 左足から, 帯も, 常に日米感情, 平然とまるで当然の, 年老った, 幼い時京水, 底の, 庶民作家として, 弓矢取っ, 強敵だ, 当時クラブの, 彼等に対して, 後ろ暗い, 御仙さん, 御機嫌ナナメの, 復員し, 心持ち眉を, 忘れつぽく, 怒鳴って, 思い込んで, 思わずギクリと, 怪訝の, 恐ろしさ, 悄然と, 情けない声, 意気高らかに, 感謝さるべきである, 懇に, 或日人, 房代さんが, 手広く商売, 打ちどころが, 押しが, 挑むにも, 探るよう, 支那そば食つた, 救民の, 文士だ, 斯う書い, 斷わらん, 日常到る, 旦那さまの, 早く母, 昌さんを, 明治四十年頃に, 昨夜これほどの, 昨日ここで, 昼寝に, 時々立っ, 晴れ晴れした, 曇りの, 最う出, 月々五六十円位には, 期待し, 未だ逃げ歩く, 本当に心配そう, 札を, 来ます, 東海道す, 果して焼夷弾, 校長先生の, 梯子段の, 極くありふれた, 横柄な, 欠びを, 止めて, 此処で, 此金子を以て, 歳の, 死んだよう, 残忍と, 母親の, 毎日私の, 氏神さまへ, 気味悪がっ, 水口へ, 江戸むらさきと, 決して塀, 沫に, 泣いては, 泥酔する, 洗面室から, 浮き輪に, 淋しいだらう, 清吉には, 湯から, 源次に, 火の, 焚木の, 無論に, 照れ隱し, 父よりも, 物に, 狂ひ出し, 猶々気, 珍らしい, 琴浦医師に, 生れてから, 用心の, 男の子の, 留守か, 疲弊し, 痺れたよう, 白い鬚, 百姓仕事を, 目まじろがず, 相変わらずぼんやり, 眞志屋の, 眠そう, 瞼の, 知つてゐる, 知りませんが, 碁会所の, 神樣でも, 秀男に対して, 私達が, 空中を, 突然暗い, 立ち上る, 笑いを, 答えたけれど, 粹な, 紙屑を, 終に死んだ, 絵師さんか, 緑石の, 罫の, 美緒の, 老人にも, 聖母マリヤと, 肩で, 胸部疾患の, 膝に, 自分自身が, 自然みんなに, 航海学を, 色相世界に, 苗売り, 若気な, 茶の間で, 菓子を, 蒋門神親分の, 藤代を, 蛤に, 衆人に, 衿に, 褌一つで, 見たらう, 見違, 親類縁者は, 言つていました, 詐を, 話せるね, 読本の, 警官や, 貧乏だつた, 資本家と, 赤帽の, 足に, 身に, 軽く会釈, 迎へに, 近頃気, 逃亡し, 遅すぎる, 遠いところ, 部屋を, 酒臭い, 重態の, 釘が, 銘仙の, 長い手足, 長男の, 間を, 陽氣で, 隣村の, 雪の下から, 露骨な, 面喰つてる, 頑固です, 頼みに, 風邪ひいた, 飯を, 香以の, 駆けて, 骨身を, 魔人に, 鶴嘴を, 默つ

▼ さん~ (24049, 18.7%)

450 ところへ 251 ような 237 ことを 235 顔を 204 家の 159 ように 148 家へ 145 所へ 131 方は 130 方が 115 事を 114 ために 113 家に 107 方で 103 ところに 97 方へ 94 お宅 93 家は 84 話を 80 前に 75 手を 73 やうな, 方を 71 ことは 68 家を 66 姿が 65 声が 64 顔が 61 処へ 58 ところで 56 前で 54 やうに 52 姿を 49 手に 48 家で 47 話に 44 方から 42 姿は, 方に, 話では 40 ことだ, ことで 38 口から, 部屋へ, 顔は 37 ことが 35 部屋に 34 ことです, 好きな, 話は, 部屋の 33 ほうへ, 場合は, 家では, 言うこと 32 ことも 31 おかみさん, お嫁さん, 手から 30 心は, 所に 29 手で 28 とこへ, ところの, 名は, 耳に 27 事は, 家には, 心を 26 おうち, そばに, 後を, 眼は, 身に 25 うちの, お家へ, ところから, ほうが, 頭の 24 お友達, 事が, 前へ, 眼を 23 お母さんは, 前だ, 奥さんが, 家から, 方の, 眼の, 言葉を, 話が, 話の 22 うちへ, 傍に, 心の, 肩を 21 ほうを, 案内で, 胸の, 言ふ, 部屋で, 顏を 20 あとを, うちに, ほうは, 世話に, 家が, 手紙を, 病気は, 頭を, 顔に 19 いうこと, お家の, お父さんは, お部屋, ほうで, 声は, 様な, 死を, 肩に, 許へ 18 事で, 代りに, 名を, 声を, 奥さんの, 奥さんは, 様子を, 眼には 17 お墓, お母さんが, お父様, 御主人, 言葉が, 言葉に, 顔の, 顔も 16 お邸, こと, 事だ, 外に, 奥さんに, 店の, 心に, 所で, 手の

15 [11件] ことに, ためにも, 前では, 外には, 家と, 庭の, 弟の, 所蔵の, 持って, 机の, 許に

14 お手紙, ほかに, 云う通り, 側に, 悪口を, 眼が, 眼に

13 [21件] おかげで, お友だち, お家は, お弟子, お言葉, そばへ, ところ, ところでは, ところまで, ものを, 世話を, 今の, 噂を, 夢を, 御亭主, 御機嫌, 方も, 様子が, 身の, 部屋を, 門の

12 [19件] お世話に, お酌, ためには, だ, ところには, ところは, ところを, 云うこと, 住んで, 傍へ, 処に, 命を, 奥さん, 妹の, 小説の, 店に, 心が, 為に, 病気を

11 [15件] お母さんの, お父さんの, お相手, 作品を, 側へ, 出て, 手紙に, 目の, 言う通り, 言に, 言葉は, 返事を, 阿母さん, 頭に, 首を

10 [32件] あとから, あとに, お母さんに, お話を, ことな, ことなんか, すがた, ところへは, ものだ, 事も, 兄さんの, 写真を, 前の, 声, 声で, 声に, 姿の, 娘の, 手紙が, 手紙は, 方へは, 本当の, 様子は, 細君が, 肩の, 背中に, 膝に, 見て, 話だ, 話で, 身体は, 顔へ

9 [46件] おかみさんに, お家に, お蔭で, お話は, お顔, とこの, ほかには, 一人が, 上に, 世話で, 中には, 体は, 兄さんが, 処で, 女の, 如きは, 妹が, 姿も, 寝室の, 小説を, 店へ, 弟は, 影が, 息子が, 手が, 手は, 最後の, 死体を, 気を, 気持が, 病気が, 絵を, 罪を, 聲が, 背中を, 胸に, 胸を, 膝の, 蔵する, 行方が, 行方を, 語る所, 身の上を, 身体を, 部屋は, 間に

8 [49件] うちには, おっしゃること, おはなし, お余野, お供を, お内儀さん, お名前, お父, お父さま, お父さんが, お耳, お話の, ことさ, ことや, すること, ものは, 中に, 事に, 云ふ, 処の, 前です, 厄介に, 名前が, 名前も, 子供の, 家だ, 家でも, 後から, 後について, 御宅, 御言葉, 息子の, 所から, 手紙の, 敵を, 方にも, 昔の, 来るの, 死骸を, 気持は, 気持を, 番だ, 行方は, 足は, 面倒を, 頭から, 頭は, 顔には, 首が

7 [58件] いう通り, お国, お土産, お嬢さんの, お店, お手, ことなら, ことについて, ことばかり, ほうから, ほうに, もって, 一行は, 下宿へ, 事な, 二階に, 今度の, 仕事を, 傍を, 処から, 前を, 名前を, 娘が, 子だ, 宅に, 宅へ, 小説が, 小説は, 居所を, 御子息, 態度は, 方じゃ, 最初の, 本は, 様に, 死の, 気の, 気持ちを, 為めに, 父親は, 目は, 目を, 着物の, 着物を, 知って, 絵は, 腕に, 袖を, 言葉で, 詩の, 足を, 身の上に, 近所に, 部屋には, 頬に, 顔と, 顔色を, 馬鹿

6 [89件] いふこと, いるところ, うちを, おかみは, お世話を, お世辞, お仕事, お好き, お姿, お嫁, お嬢さんが, お家を, お料理, お書き, お母さんを, お父さんに, お父さんも, お神さん, お話では, お鼻, からだを, かわりに, ことと, ことなど, だよ, つもりで, ところでも, ところにも, ところへも, ものに, ようすを, ようだ, 事です, 事なんか, 仕事の, 体の, 兄さんは, 分を, 別荘の, 別莊, 勝手に, 口に, 口を, 命が, 場合も, 声です, 声の, 奥さんから, 奥様が, 妹さんが, 妻は, 妻君が, 娘さんが, 子供が, 家です, 居場所を, 居間の, 後姿を, 御意見, 御病気, 心も, 心持は, 所の, 手には, 手へ, 手紙には, 手許に, 方には, 最近の, 本を, 機嫌を, 母親が, 注意を, 窓の, 紹介で, 耳には, 背後に, 胸は, 蔵儲中に, 言を, 評判は, 説の, 足の, 身を, 身体の, 車の, 遠縁の, 隣りに, 髪を

5 [133件] あとで, うしろから, うしろに, うちから, おじさんが, おじさんは, お世話で, お力で, お墓参り, お家で, お屋敷, お心, お母さんと, お母さんはおつ, お父さんと, お許しを, お話に, かの子さーん, からだは, して, ためなら, ですよ, とこで, ところへでも, ほんとの, まわりに, ようで, ようです, ようには, 上の, 両親は, 事ばかり, 事よ, 云うの, 仰言, 作品の, 偉さ, 兄妹は, 先生は, 写真が, 前には, 力に, 右の, 名前は, 命令で, 唇を, 奥さんと, 奥様に, 妹で, 姉さんで, 姪だ, 宅で, 室に, 家へは, 家へも, 家まで, 家も, 家族が, 容態は, 宿へ, 寝室に, 帰るまで, 店で, 弟が, 弟さんの, 後に, 御両親, 御親戚, 御話, 心持を, 性格を, 恋人, 意見は, 手前も, 持つて, 指紋が, 文章を, 服を, 本當, 来たの, 横顔を, 歌は, 歌を, 正体を, 死は, 死骸が, 死骸の, 母親は, 気に, 気持ちが, 気持も, 氣に, 熱心な, 留守に, 病気も, 目に, 真似を, 眼から, 眼で, 立つて, 絵の, 考えが, 聟に, 聲を, 胸には, 舌を, 若い時分, 血を, 裏の, 言うには, 言う事, 言った通り, 言ふこ, 言葉には, 訃を, 話じゃ, 説に, 調子は, 跡を, 身体に, 返事は, 部屋から, 部屋です, 阿父さん, 阿爺, 隙を, 隣に, 霊が, 頭が, 顔, 顔色は, 魂が, 鼻の

4 [175件] あとについて, いうの, おっしゃる事, おっしゃる通り, おばあさんは, おーかん, お乳, お住居, お使, お兄さん, お口, お妹さん, お嬢さんだ, お嬢さんです, お嬢さんは, お嬢さんを, お宿, お心持, お母さんも, お母樣, お気に, お父さんや, お父さんを, お祭り, お許しが, お説教, からだに, ことじゃ, ことでしょう, ことについては, だと, つれて, ところと, ところも, もとの, ものの, ようでした, アトリエに, パパは, 一件を, 一家を, 一行が, 一行の, 下宿に, 云うとおり, 云う事, 人柄を, 仕事が, 仕事は, 代に, 代りは, 仲を, 住居は, 住所を, 体を, 作で, 兄さんを, 分と, 別荘と, 別荘に, 別荘へ, 前でも, 力で, 名前の, 噂は, 場合に, 場合にも, 声だ, 声である, 外は, 大事な, 奥さんも, 妹は, 妹を, 姉さんが, 姉さんに, 娘は, 嫁に, 子どもの, 家族は, 寝て, 寝室へ, 小説に, 帰りを, 幸福を, 庭へ, 弟で, 影は, 影も, 御世話, 御好意, 御家族, 恩を, 態度が, 所へも, 方です, 方でも, 方と, 方へも, 日記の, 旦那は, 時は, 時も, 書いた, 書斎の, 森の, 横に, 機嫌が, 歌が, 歌の, 死から, 死んで, 死体が, 気が, 気に入るよう, 気持に, 泊って, 消息を, 為には, 為にも, 父は, 物を, 生きて, 生活は, 留守の, 番に, 病院へ, 目には, 眼と, 知り合いの, 立って, 細君は, 結婚が, 絵が, 美しい顔, 耳へ, 肩揚げを, 胸から, 腕を, 膝を, 舞台上の, 船は, 荷物を, 葬式に, 蒲団の, 親切が, 親切は, 言うとおり, 言つた, 記憶は, 許で, 話, 話である, 話でも, 話には, 話にも, 話や, 講義は, 足が, 身代りに, 身体が, 身體を, 迷惑に, 部屋では, 銅像の, 鏡を, 門を, 電話が, 面を, 靴は, 頼みを, 顔色が, 馬は, 髪は, 髮を

3 [432件] い, いいつけ, いうと, いうよう, いう事, いったこと, いつもの, いらつし, いる前, いる所, いる部屋, うしろ姿を, うちで, うわさを, おかあさんは, おかげです, おじさんに, おせんべつ, おっかさんが, おっしゃったこと, おっしゃるの, おっ母さん, おつ, おとうさんは, おばさん, おばさんが, お世話にな, お人柄, お使い, お内, お君さん, お噂, お嬢さんと, お孃さん, お客様が, お家が, お家では, お家には, お庭, お役, お志, お手柄, お指図, お望み, お母, お母さんです, お百合さん, お祖父さんの, お絹さん, お考え, お能, お袋と, お話が, お話も, お誕生日, お金な, お隣り, お顏, お鯉さん, くちびるに, こころの, こしらえて, ことだって, ことだろう, ことである, ことでございます, ことなどは, ことなども, ことね, この言葉, この頃, ご主人, ご意見, ご機嫌, したこと, すぐうしろ, する事, せいじゃ, その後の, そばまで, ためでも, ための, と同じ, なさること, はいって, はうを, へやの, ほうも, ほかにも, ほかは, ほんとうの, ものです, ものには, やうだ, わきに, アパートへ, ウィスキーの, セイだ, ハガキが, 一人や, 一人を, 一家が, 一生は, 三人が, 三味線で, 上京を, 下駄は, 両親の, 中へ, 事など, 事なら, 事について, 事には, 事件が, 事件に, 二人は, 二階で, 二階の, 云うと, 云うには, 云ったこと, 云って, 云ふこ, 人の, 仇を, 仰しゃる, 仰しゃる通り, 会社の, 体に, 作品に, 作品には, 來る, 健康の, 側で, 側を, 傍で, 元の, 兄さんです, 兄さんとは, 先代の, 先生の, 内で, 内へ, 写真に, 処は, 分まで, 分も, 別荘が, 前まで, 力を, 勤めて, 匂いが, 厚情に, 友人で, 友達の, 口からは, 口の, 口入れでは, 口利きで, 名まえ, 名前で, 命の, 命は, 唄を, 唇は, 喉を, 国へ, 報告に, 場合が, 場合と, 場合には, 塾の, 境内に, 境内は, 境遇に, 墓を, 声だった, 声も, 声らしい, 夢は, 大切な, 大切に, 大好物, 夫婦が, 夫婦は, 好意で, 好意と, 好意に, 好意を, 妹, 妹さんで, 妹さんの, 妹さんは, 姉さんの, 姿に, 娘お, 娘だ, 娘を, 婚礼に, 婿に, 子に, 子を, 子供は, 子供や, 子供を, 字を, 宅は, 宝物を, 実の, 実家に, 室は, 家, 家とは, 家庭は, 容子を, 宿を, 寝るの, 寝室は, 寝床に, 實の, 寫眞を, 小父さん, 少年時代の, 尻を, 居間に, 屋敷では, 屋敷は, 屍体が, 屍体の, 屍体を, 崖の, 左足を, 帯の, 帰って, 店先で, 座敷に, 庭に, 庭には, 弟に, 弟も, 影を, 後の, 御厄介, 御屋敷, 御親切, 御親類, 御都合, 御馳走で, 心には, 心意気が, 心持が, 志を, 恋の, 息子さんで, 悪口が, 悲歎は, 意見が, 意見では, 愛人の, 所へでも, 所へは, 所有でさ, 手つきを, 手によって, 手伝いを, 手厚い看護, 手記, 指に, 指図で, 指図に, 指紋を, 教を, 敵は, 文章は, 方からは, 方からも, 方だ, 方へと, 日記を, 旦那の, 時に, 書いた物, 月給は, 有名な, 朋輩の, 服装を, 末路は, 本の, 本心を, 東京の, 枕もとに, 樣に, 樣子を, 次男の, 歌に, 歌には, 歩いて, 死が, 死という, 死によって, 死んだこと, 殺されたこと, 母が, 気象として, 法事を, 洋服の, 涙に, 深切に, 温言, 為の, 父さんは, 父である, 父なる, 父親が, 父親と, 父親を, 物が, 物語を, 生活が, 生活に, 生活の, 生涯は, 甥の, 痘痕は, 癇高い, 白い手, 白い腕, 皆さんが, 目が, 相手を, 看病を, 眼, 眼つきか, 眼にも, 知ったこと, 知つた, 知つてゐる, 私に, 私に対する, 立場が, 立場は, 笑ひ, 答は, 素性を, 経営する, 結婚の, 縁引が, 縁談の, 考えて, 考えでは, 聲は, 背中へ, 胸が, 能は, 腕が, 腕の, 腮を, 膳の, 自動車にでも, 自慢の, 自殺の, 自由に, 船が, 良人の, 若いころ, 若い時, 苦しさ, 茶番や, 菓子を, 葬儀の, 葬式の, 袂から, 袂に, 裏手の, 見舞に, 親切から, 親切な, 親戚の, 親類に, 言い草が, 言うところ, 言ひ, 言ひなり, 言葉, 言葉の, 計画が, 記憶し, 許から, 許しを, 許の, 許を, 許婚の, 詩は, 話と, 話も, 説明は, 説明を, 謂ふ, 貯金も, 足で, 身体から, 身分を, 身持は, 身辺に, 近著, 送別会を, 運命は, 運命を, 運転手が, 遺骨を, 邸の, 部下の, 部屋が, 部屋だ, 酒の, 里は, 鍵は, 間には, 間を, 阿兄さん, 隣りが, 電話で, 面が, 頬には, 頬を, 頭には, 顏が, 顏に, 養子に, 首には, 馬が, 髪が

2 [1292件 抜粋] あごを, あるだけ, ある処, いうには, いどころが, いない間, いふ事を, いらッし, いわれたこと, うちだ, おかあさんが, おかげであった, おかみさんにも, おすき, おぢさん, おっしゃるには, おとうさんが, おばあさんに, およめ, お上さんは, お人, お伴を, お兄, お勝さん, お口添え, お夏, お妹御, お姑さん, お娘, お婿さん, お嬢さんに, お室, お家でした, お家へも, お寺は, お帰り, お弟子さん, お悦び, お手伝い, お株が, お母さんといふ, お気持, お父さん, お父さんで, お祝いの, お立ちです, お腕前, お腹の, お花, お蒲団, お蔭よ, お言, お話, お説, お身の上, お辰さん, お連合い, お金が, からくりでは, くるの, ことか, ことそれから, ことには, こと嘘だった, この仕事, これからの, ご子息, ご家内, しぐさを, しなければ, そうし, その, その話, それは, ただ一つ, ためまた, たよりだ, ぢや, でないと話, とこな, どこが, にぎって, はずが, ばあやさん, ひとりが, ふところには, へやには, ほうだ, まはり, もの, もので, ものも, やく瓦, やって, やり方も, よいよう, よろこび, を, アクリーナが, ガレージの, コーヒー茶碗は, ニコ, ブツブツ云う, ヴィラで, 一家に, 一座は, 一生を通じて, 一行に, 一隊が, 三人は, 三番目の, 下宿の, 下駄が, 不思議な, 両親が, 丸い腕, 事, 事た, 事や, 事務所を, 二番目娘で, 云い草では, 云う所, 五人が, 人たちが, 人形が, 人柄の, 人生の, 介抱を, 仕事場へ, 他には, 代理に, 以前の, 仲も, 仲間入りを, 会社に, 伯父さんが, 住居が, 何か, 作品から, 使です, 信心に, 倅の, 傍には, 傷は, 兄, 兄きが出, 兄さんに, 兄貴です, 入れて, 写真は, 冬の, 出して, 出入りには, 刀を, 分だけ, 別荘や, 剃りたて, 前代未聞が, 前身が, 努力を, 動静を, 十三回忌までには, 印象を, 厚意に, 原稿の, 友人たちは, 友達には, 取りなしで, 受持だ, 口ぶりから, 口調には, 口車に, 可愛らしい唇, 右と, 名, 名の, 名前と, 君に, 味方は, 呼吸の, 品は, 唇が, 問題で, 喉から, 噂など, 因果だ, 在りかを, 場合, 塀の, 墓が, 声では, 声な, 声色を, 外の, 夢だ, 大きいひさし髪, 大声が, 夫たる, 夫人に, 奥さんです, 奥様いう, 奧さんが, 女に, 女は, 女帯を, 女房が, 好きそうな, 好みに, 妙子さんだ, 妻に, 妾だって, 姉水木と, 姪が, 姿には, 娘だけ, 娘だろう, 娘御, 婿にでも, 子, 子が, 子供か, 子供に, 子孫の, 孤独な, 守りを, 安否を, 実父は, 室で, 家からは, 家じゃ, 家なんか, 家らしい, 家庭の, 家族の, 宿の, 寝息を, 将来も, 小屋に, 小屋も, 小田原の, 小説だ, 尖った声, 居るところ, 居る處, 屋敷には, 屋根の, 履いて, 左の, 帯は, 帰ったの, 帰りは, 平べ, 幸福な, 幼な, 床の, 弓なりの, 弟さんで, 形見の, 影像が, 後ばかり, 後ろ姿を, 従弟の, 御兄さん, 御夫婦, 御宿は, 御弟子, 御新造が, 御父さん, 御紋, 御部屋, 微細な, 心持ちは, 心持も, 心臓の, 忠義は, 思ひ違, 性質に, 怨みを, 恋人が, 息子さんだ, 息子で, 悲しい身の上, 悲鳴に, 意を, 意地の, 愛に, 愛人である, 感化を, 態度には, 所か, 所を, 手のひらに, 手前を, 手文庫の, 手箱の, 手紙と, 手首が, 批評は, 折角の, 招待で, 指導で, 挨拶に, 捜索を, 敵の, 文学が, 新しいスタイル, 新しい生活, 方ぢや, 方へでも, 旅行の, 旦那さんが, 旦那さんは, 易を, 時と, 晩酌を, 曲独楽を, 書斎から, 書生さんが, 服装の, 末の, 本名を, 本意で, 来て, 板木の, 枕元へ, 校訂した, 様子に, 橋渡しで, 機嫌の, 次には, 正山さんと, 武も, 歳を, 死ぬ前, 死んだ時, 死因が, 殆ん, 殺された時, 母方の, 氏子の, 気も, 泊った時, 注ぐ酒, 注意深い, 洋行の, 消息が, 清元を, 渡米には, 炉端か, 炉端でも, 爲に, 父君が, 父親の, 物に, 猫を, 理性を, 琴を, 田圃の, 甲高い声, 畑の, 疎開先が, 病気で, 登場は, 白椿は, 皮膚は, 相手が, 相手の, 眼つきを, 眼付が, 着て, 知ったこっちゃ, 知り合いだった, 社務所の, 祝言は, 神聖な, 秘密の, 秘書の, 窓ぎわを, 立場を, 笑ふ, 節で, 簪お, 精神の, 素足を, 細君と, 細君に, 結婚などは, 絵に, 罪じゃ, 罰が, 美しい手, 義侠心に, 老母が, 考へとは, 耳にでも, 耳へは, 聯想さへ, 聲も, 肚の, 肩書を, 肩車に, 背後には, 背後を, 胴衣の, 腰に, 腸を, 臨終の, 自殺は, 良人と, 色の, 若々しい腕, 苦痛を, 茶碗は, 荒町の, 菩提の, 著書の, 葬式から, 蒼白い顔, 蔵する過去帳, 薄墨華魁は, 處へ, 血統を, 行状は, 表情は, 袂へ, 西洋館の, 西隣の, 視線は, 親しいお, 親切で, 親友だ, 親方に, 言うと, 言うよう, 言草が, 言葉と, 言葉も, 計算では, 許だ, 診断は, 詩に, 話して, 話であった, 話なり, 語を, 説では, 説明で, 調子が, 謎が, 貯金を, 賛成を, 足お, 足袋が, 足許を, 身にも, 身の上にも, 身も, 身体には, 身辺の, 車で, 近くの, 述懐を, 這入つて來, 運命が, 選集を, 遺言状には, 遺骸は, 部屋か, 部屋にな, 酌で, 重たい掌, 針も, 銅像も, 長女の, 門に, 開いて, 随筆は, 隣の, 隣りの, 難儀を, 電気に, 霊前に, 靴を, 頭と, 頸っ, 頼みという, 頼んだ短刀, 額を, 顔さえ, 顔で, 顔ばかり, 顔真似を, 風説を, 風采の, 養母や, 首筋を, 馬を, 髪の毛を, 鳥さしは

1 [9062件 抜粋] あ, あなたは, あの手紙, あらゆる反応, いいますと, いえから, いった通り, いぬです, いらしった時拵えた, いる方角, うしろ向きの, うち一人かえり, えを, おかみさんとは, おじさんと, おっしゃったと, おとつさん, おばさんも, おもよという, お世帯, お伽話よりも, お光, お口悪, お堂の前, お嬢さん, お嬢様呼ばわり, お客樣も, お居間, お役に立っ, お歌と, お母様ほんとに, お父さんまでも, お盲目さんたち, お経, お茶碗, お蝶, お話だつた, お近づき, お金の, お骨折りです, かげに, きっぷに, けたたましい声, ことあなただつ, ことだった, ことなんて, ことをも, こと思ひ出した, このお里通い, この様子, こんどし, ご尊父さま, さけび声, しっぽは, じゃありません, すそに, そういう人柄, そのよう, その心意気, その脚本, そばを, たに, ためよ, だきしめて, ちょいちょい持っ, つれあ, でもこれ, とこには, ところです, ところ飛ん, と私の, なかにだって, にいさんだ, はいた草鞋, ばかや, ひとり娘のけ, ぶんを, まえだが, まねを, むちが, もつとも特異, も大入, やっぱり記念碑, ようここで, よく行く, わるかった, を拵えた, イタズラじゃ, オカミサンが, ガッチリズムの, ケイコから, ショールだ, ステツキを, タンスが, トシちゃんは, ハルとも, パンを, ファンでした, ホラあの, ポルトレには, モデルは, ロマンチシズム芸者の, 一件だす, 一家です, 一生には, 一行でしょう, 万事最, 三日ばかり, 上海生活は, 下手の, 不平を, 不運には, 両手で, 中間子理論にまで, 久磨子さんが, 予定だった, 事つて何で, 事務室は, 二人この, 二重廻しの, 云うまま, 五世の, 亡妻の, 人と, 人格問題として, 今いる, 仕事な, 仕業では, 代役, 令息象三さんに, 仲だ, 会が, 伯母さんでも, 似顔です, 体位で, 何よ, 作つた問題が, 作品集が, 使われたクロロフォルム, 便りは, 俳句でも, 偉大な, 傅家田新, 像の, 兄さんと共に, 兄様を, 先生でも, 兎だ, 全霊が, 其後の, 円朝評である, 冴えた手腕, 処を, 出世の, 出演不能他から, 分は, 初縁日, 利益は, 前ン処, 創作集が, 助力を, 勉強に, 勝だった, 区画に, 半折, 占いは, 厚意だ, 友人から, 友達までが, 取り澄まして, 受難の, 口入れで, 口真似じゃあ, 叫び声を, 合図通りあとの, 同情者共感者といふ, 名刺の, 向って, 周旋だった, 命も, 咽喉の, 唐子は, 喉には, 噂し, 四階の, 土産でした, 地蔵も, 執念深さ, 場合の, 境内を, 声でありました, 変化に, 多與里, 大きな声, 大奮発, 大馬鹿, 夫で, 失脚を, 奥さんこそは, 奥方とも, 奧樣其他の, 女房である痩せた, 好んで描いた, 如何に, 妹な, 妻君に, 姉さん何んとか, 委任を, 姿として, 娘さんと, 婆さんが, 嫁いで, 子た, 子供なら, 字と, 学校にでも, 宇治へ, 宛名が, 実父も, 室へでも, 家での, 家よりも, 家族とも, 容姿が, 宿所姓名を, 寝床は, 寸志です, 小さい中, 小屋と, 小舟, 小論, 屁について, 居るかぎり, 屋敷な, 山に, 工場が, 差図に, 帰つたあと私は, 帽子と, 年頃は, 幽霊でしょう, 底は, 座敷だろう, 延胤をも, 引越しに, 弟子入りと, 形見を, 役得とは, 後塵などは, 従妹に当たる, 御人相, 御別荘, 御客, 御手伝い, 御消息, 御経験, 御身分, 御馬前に, 心づかひも無駄, 心事には, 心持一つな, 心遣いが, 応手が, 思いに, 思うよう, 思慕する, 性質は, 恋愛だって, 息子さんから, 恰好を, 悲しさ, 惡戯が, 意味の, 意見に対して, 愛情という, 感懐を, 憩って, 成績や, 戸籍謄本は, 所有に, 手だろう, 手より, 手前が, 手振り身振りで, 手紙なんか, 手蹟らしい, 承諾なし, 拒絶が, 持ってるの, 持物を, 指図です, 挿絵を, 探しに, 描いたレンブラント風, 支配権が, 教授なら願っ, 文字が, 料に, 新居を, 方じゃあ, 方愛する, 日本博物学年表を, 旦那さんで, 旧同志, 時から, 時子と, 暮し向きの, 書かれたもの, 書斎であった, 曾孫でしょう, 月経来潮は, 望みも, 末期を, 本心は, 杖に, 来訪に, 枕元には, 株を, 梨さその, 極楽トンボが, 様子前と, 機嫌から, 次郎さんといふ, 歔欷く, 此頃の, 歸り, 死んだ事, 死去によって, 死骸では, 殺害に, 母性保護も, 毬唄聞こう, 気に入ろうという, 気性は, 気象では, 求めて, 汽笛は, 泣き声を, 洋服す, 活花の, 涙ながらの, 渡米を, 演出といふ, 災難だ, 無二の, 熟睡を, 爲な, 父榛軒も, 片づいた先, 牝馬や, 特徴は, 狆との, 献身的態度にも, 現代文化社が, 環境から, 生れたの, 生命は, 生活費や, 用事な, 申し立ては, 画には, 畠の, 異様な, 病死の, 病篤い, 発心が, 白い夏服, 白石さんに, 盃や, 目的がちゃあ, 相手には, 看板を, 真似は, 眤懇な, 眼鏡ばかり, 睫毛には, 知りびとらしく, 知辺の, 研究室の, 社交的儀礼を, 神主な, 祠堂に, 私立で, 種を, 窓を, 章魚は, 笑い顔の, 第二期, 箏は, 精力は, 納屋で, 素足さへ, 細道じゃ, 経歴は, 結婚談が, 絵エもっと, 綺麗だつた, 縁故の, 缶を, 美しい心, 美貌と, 老妻, 考え方から, 耳たぶを, 聲でした, 肌は, 肩身も, 背負って, 胸像を, 腕だっしゃ, 腹へ, 臨終前後の, 自慢話も, 興行の, 船にの, 芝居でなけれ, 芸は, 苗字の, 若様お, 苦痛が, 荷物と, 葉書が, 葬式も, 蔵本に, 處を, 行きつけの, 行先が, 行為が, 表情の, 装釘は, 襟髪を, 見合いに, 見送りを, 親切には, 親御さん達の, 親類で, 言いにくい, 言た, 言海を, 計画は, 訪ねて, 許婚と, 証文が, 詩人と, 話とは, 話頭は, 語った豊芥子, 説明なし, 談話は, 講演も, 谷間三根子の, 責任ぢや, 賛成演説, 赤くなった, 足と, 足取, 跫音を, 身上が, 身許が, 車室の, 辞書によって, 近年の, 返答であります, 送る微笑, 通訳が, 遊び相手を, 道心さえ, 遺族は, 遺骸を, 邸左手には, 郵便が, 酒盃解禁という, 野荘の, 鈍, 鋳型を, 長い黒い肩掛け, 長襦袢と, 門弟に, 阿古耶の, 隠れた功績, 集めた澤山, 電話しました, 青褪めた, 面影ばかりが, 音楽家は, 頬にも, 頭髪の, 額が, 顔です, 顔見られん, 風船だけを, 食物で, 養生に, 馬ぢや, 駕籠の, 骸を, 髪の毛も, 魂胆が, 鸛一という, 黒髪を

▼ さん~ (16819, 13.1%)

196 来て 112 出て 91 私の 70 いいました, 帰って 54 それを, 持って 48 云った 41 やつて, 立って 39 来た 38 自分の 36 何か 34 言った 33 私に 28 自分で 27 いった 26 生きて, 見えて 25 手を, 死んで, 顔を 24 いて, お見え 23 入って, 急に, 私を 22 来ると 21 どうした, はいって, 一人で, 住んで 20 好きな, 殺されて 19 お帰り, 來た, 來て, 持つて, 眼を 18 おいでに, 口を, 心配し, 飛んで 17 云う, 声を, 来たの 16 あなたの, 一緒に, 何を 15 ありました, これを, 例の, 先に, 来る, 死んだ, 目を, 遊びに 14 あるの, きて, やって来て, 僕の, 呼んで 13 いた, いって, 待って, 行って, 言ひました 12 ここに, ついて, 叫んだ, 家に, 家の, 言う 11 ここへ, そんなこと, ひとりで, びっくりし, わたしの, 帰ると, 戻って, 教えて, 訪ねて, 首を

10 [24件] いう, いつもの, いら, ききました, そう言っ, そんな事, やって来た, 二階から, 僕に, 可哀想だ, 好きだった, 好きに, 嫁に, 子供を, 来たよ, 来た時, 気を, 自分を, 見て, 言いました, 言って, 話して, 迎えに, 這入って

9 [18件] あった, あって, ある, いる, お出, 云って, 子供の, 家を, 尋ねた, 後から, 悪いん, 戸を, 来てから, 東京へ, 死んでから, 知って, 答えた, 附いて

8 [28件] いらつし, お嫁, お茶を, さうい, でて, ぼくの, みんなの, もって, ゐて, 二階へ, 他の, 僕を, 可哀そうだ, 呼びに, 外へ, 大声で, 好きだ, 居て, 忘れて, 悪いの, 或る, 手に, 来たん, 来ました, 聞く, 見えましたよ, 見に, 起きて

7 [36件] あなたに, あの人, あんなこと, いつまでも, いらしって, いらっしゃいました, お気の毒, お金を, この家, こんな事, して, そう云った, それに, ために, どうかした, びっくりした, また, やってきて, 仰る, 何と, 側に, 寝て, 待つて, 教へて, 東京に, 此の, 殺された時, 泣いて, 私と, 笑いながら, 結婚し, 腰を, 見えた, 走って, 連れて, 黙って

6 [45件] あたしの, あつて, あります, いひました, いるから, うちの, おいで, おみえ, お経, お酒, ここで, たずねて, つれて, どこからか, やってきた, 乗って, 云うの, 云つた, 何の, 使って, 先へ, 先生の, 君の, 大きな声, 娘を, 家へ, 彼の, 心配する, 歩いて, 死んだと, 物干, 私たちの, 立つて, 笑いだす, 答えました, 茶を, 見舞に, 親切に, 言つた, 買って, 越して, 身を, 近所の, 送って, 頭を

5 [95件] あたしに, あったの, あると, あるん, あんたを, いいから, いました, いらして, おつ, おれの, お好き, お手紙, お目, かわいそうだ, この前, こんなこと, じぶん, すぐに, そう言う, そこへ, たずねました, たった一人, だしぬけに, ですか, どうかしました, ふしぎそうに, ほかの, もどって, 一人の, 上って, 亡くなって, 今度は, 今日は, 仕事を, 会社の, 出して, 出た, 前の, 可哀, 向うの, 坊ちやんを, 坐って, 夜中に, 大変に, 奥の, 女に, 女の, 好いの, 好きで, 妾の, 居る, 帯を, 店に, 店の, 御出, 怒って, 息を, 慌てて, 手紙を, 昨夜の, 書いて, 来るの, 死ねば, 死んだん, 殺されたの, 火を, 煙草を, 玄関へ, 留守だ, 病気に, 知らせに, 私たちに, 答へ, 結婚した, 結婚する, 聞いた, 聞いて, 自分に, 薬を, 行方不明に, 見える, 見つけて, 言うの, 言葉を, 貸して, 逃げて, 部屋を, 金を, 鍵を, 降りて, 電話で, 電話を, 非常に, 顏を, 驚いて

4 [140件] あたしを, あつた, あるから, あれを, あわてて, いいます, いうの, いたの, いつた, いないと, いなければ, いらしった, いると, いるという, いるん, うれしそう, おあり, お亡くなり, お使い, お前に, お前の, きくと, こ, こちらの, こちらへ, これは, こんなところ, しっかりした, そう云う, そう云っ, そこに, その女, それは, そんな話, そんな風, たが, どこかへ, どこへ, どんなこと, どんな事, なにか云っ, ふいに, まだ子供, みょうな, やって, よく知っ, わしの, わたくしに, わたくしの, わたしたちの, ゐた, ヴァイオリンの, 世話を, 両手を, 二人の, 云うと, 亡くなってから, 亡くなつて, 人の, 人を, 今まで, 今も, 他人の, 何うし, 何も, 來る, 傍から, 僕と, 先刻から, 先生に, 入つて來, 内の, 去年の, 可哀想で, 台所の, 呼んだ, 四年振で, 変な, 夕飯を, 外から, 大変な, 奥から, 奥さんに, 妙に, 始めて, 姿を, 学校の, 尋ねて, 居るから, 帰ってから, 帳場に, 店を, 戻つて, 書いたの, 来たので, 来ても, 来る前, 来れば, 案内し, 正直に, 此方へ, 歸つて來て, 歸る, 死んだこと, 殺された, 殺されたこと, 母の, 泊って, 無事に, 特別に, 独りで, 現れて, 現われた, 生れた, 町の, 病気だ, 癇癪を, 確かに, 私達の, 空を, 笑ひ, 米を, 紹介した, 縛られて, 蔵し, 表の, 見えないと, 見えました, 言ったの, 言つてる, 訊いた, 話を, 誰かに, 迎へに, 送つて, 進んで, 金庫を, 預かって, 馬を, 馳け

3 [297件] ああいう, あとから, あなたを, あらわれた, ある日, い, いてね, いないの, いらしつて, いるじゃ, いるの, うしろを, うまいこと, おいでだ, おいでなら, おいでの, おくつ, おせんべつ, おどろいて, おれを, お出でなすった, お出でに, お姉さん, お孃さん, お聞き, お膳, かぶと虫で, きいた, ききかえす, きれいに, こう言った, ここから, ここの, このよう, この手紙, この部屋, これに, こんなもの, さう, さう言つて, さきに, さけびました, しつかりして, そういっ, そうです, そう言った, そこを, そつと, そのお, そのよう, その事, その人, その前, その気, その話, そばに, それで, それほどの, ちよつと, でても, とう, とんで, どうして私, どうする, どこかで, どこに, どれだけの, ひきとって, へんな, ぼくに, ぼくを, ぼんやりした, まじめな, また何, まん, よかろう, わしに, わしを, わたしを, ゐら, ニコニコし, ピアノを, 一本の, 一生懸命に, 三味線を, 下駄を, 不意に, 世話には, 事を, 二人ある, 二人も, 二人連れで, 二十歳に, 二階で, 二階の, 云いました, 云ひました, 井戸の, 人に, 今の, 今夜の, 代って, 代筆を, 仰言, 休んで, 何う, 何処に, 何時までも, 來たら, 來ました, 俄に, 俺の, 俺を, 倒れて, 借りて, 働いて, 兄さんの, 其を, 出たよ, 出ても, 出征し, 出迎えて, 力を, 助けて, 原稿を, 取って, 口では, 口に, 口入れで, 可哀そうです, 可哀想ぢや, 可愛くて, 台所で, 向うから, 君に, 嘘を, 土蔵の, 坐つて, 外に, 夜中でも, 大切に, 大阪へ, 夫の, 奥さんと, 奥へ, 女の子を, 好きでした, 妹を, 妾を, 始末を, 婆や, 子を, 子供で, 学校を, 宅へ, 宝石ば, 寄って, 小さい太郎, 小言を, 少しも, 居た, 居ない時, 居なければ, 居ます, 居るの, 山羊の, 崖から, 帰ったあと, 帰つて来た, 幽霊に, 床の, 座を, 御承知, 御自身, 怖かった, 悪いと, 悪者に, 悲鳴を, 手伝って, 手帳を, 承知しない, 指に, 散歩に, 旅から, 旅に, 旅の, 日に, 昨夜から, 最後に, 未練でござんす, 机の, 来たって, 来たと, 来たという, 来ての, 来ないので, 来ましたよ, 来るまで, 来るん, 梯子を, 次の, 此処へ, 死んだか, 死んだから, 死んだそう, 死んだという, 死んだの, 死んだ時, 残って, 殺されたという, 殺されたん, 殺された晩, 殺された頃, 殺される, 母さんの, 気が, 気に, 氣に, 氣を, 水を, 沈まつし, 泊りに, 洗濯を, 湯へ, 為に, 無理に, 熱を, 燗を, 父の, 父親の, 牛を, 現れた, 生れて, 申しました, 留守だった, 留守で, 病気で, 目の, 相手に, 相槌を, 眠って, 私が, 私たちを, 窓から, 立派な, 笑う, 笑った, 絵を, 縛られたと, 置いて, 耳に, 聞くと, 聞たら, 職業に, 能く, 能の, 腹を, 自分が, 自分でした, 自動車で, 自動車に, 自殺した, 自転車で, 船を, 荷物を, 血だらけにな, 行くこと, 行つ, 裏の, 見えまして, 見えませぬが, 見付けて, 見舞いに, 親の, 親切にも, 言うと, 言つ, 言ひます, 診察に, 誘いに, 説明した, 誰にも, 警察へ, 貴方の, 足が, 足を, 迎に, 這入つて, 通りました, 部屋に, 部屋の, 郷里へ, 長逝された, 門の, 青森へ, 髪を, 髮を

2 [1054件 抜粋] あそこで, あそびに, あたふたと, あってよ, あなたと, あのよう, あの可愛らしい, あの調子, あの通り, ありは, ありましたよ, ありますか, あるので, あるわよ, あわてふためいて, あんなに言, あんな死に, あんまりお, いいこと, いうと, いかなければ, いけないと, いけません, いじらしくなった, いたから, いったよ, いつでも, いても, いないじゃ, いなくて, いぶかしそう, いまなお, いらっしゃいましたよ, いること, いるので, いろいろの, うたふ, おいでな, おかみさんに, おさえて, おどろきの, おれば, お乗り, お出かけに, お前さんに, お前電車に, お医者, お可愛, お城, お宅, お小夜, お歸, お母さんに, お求め, お糸さん, お見舞い, お調べ, お雪, かえって来たら, かなりながく, かれの, きいて, きたらこの, きれいな, くると, けつし, こう言っ, こしら, こちらに, このごろ幽霊の, この店, この死骸, この辺, この食堂, こわいよう, こんなに早く, こんな所, ご自分, さういふこと, さけび声, さらはれた, しっかりし, しわがれ声, すきだ, すこし上気, すらりと, そいつを, そうし, そう思う, そこまで, そっと来, その時, その男, その頃, そばで, それから, そんなつもり, そんなに欲しい, たずねますと, だまり込んで, ちょっとでも, つけたの, ていねいに, とどけて, どうし, どうしてそんな, どうとか, どこかから, どっかへ, どんな日々, なかったら, なくなって, なぜそんな, なにか, なんでそんな, なんと言っ, ひそかに, ひよい, ふたりに, ふりかえって, ほおずきを, ほんとに怒ったらしい, ぽんぽんと, またいひました, まだ寝, まだ美校, まばゆい新, みえて, むかしの, もう一ぺん, やったの, やってくると, やって来ました, やわらかな, よくご存じ, よべば, ゐたの, ゐなか者, ゐるかしら, ゐるので, キャラコさんの, コレラに, シャンソンを, ジフテリヤで, トランクに, ドアを, ノコノコ生き, ピヤノを, ママを, ランプを, ロンドンから, 一人いる, 一人も, 一円紙幣を, 一番に, 一番よく, 一番後まで, 一級上で, 一通の, 丁寧に, 三崎から, 上つて來て, 上機嫌で, 下の, 下手人だ, 下町へ, 世話し, 中へ, 丹精した, 久しぶりで, 乗り込んで, 二三日前に, 二人出, 二人来, 二度ばかり, 二本差し, 云った通り, 云ふ, 亡くなったの, 亡くなられたの, 亡くなれば, 人殺しで, 人間に, 今どこに, 今日の, 介抱だ, 仕舞つて置く, 仙台の, 休みますよ, 伸ちゃんの, 住んでを, 体を, 何かを, 何です, 何んだ, 何度も, 何時か, 來たら思ふ, 倚懸つてゐ, 偶然その, 僕らを, 元気の, 先づ, 先代の, 入つて, 入ると, 入口の, 其れ, 其方へ, 出かけようと, 出かける時, 出掛けて, 初ちゃんに, 利助兄哥の, 前に, 前垂で, 勝手に, 北京で, 医者を, 千太郎さま宅さ用あ, 半刻, 却つてそれを, 厭な, 参りましたよ, 取次いで, 口惜しがっ, 可い, 可愛いから, 可愛がっ, 台所へ, 合図を, 君を, 呼んでるよ, 命の, 唄うこと, 四五日前から, 四十面相の, 土蔵へ, 執つこく, 夏休みに, 外の, 夜だち, 夜半に, 夢の, 大きい声, 大すき, 大勢の, 大夕立, 大金を, 失踪した, 奥さんの, 好きさ, 好きです, 妙な, 姉で, 威勢の, 嫉んで, 嫌だ, 安心し, 宵の, 家出し, 宿の, 寝床の, 寮へ, 小供, 小藤次, 小説の, 居ない, 居なくなつ, 居りますが, 届けて, 山小屋へ, 川向うの, 帰えっ, 帰るとき, 帰れば, 帳場の, 幸福に, 幾度も, 店で, 引き受けて, 引揚げ, 弟を, 役人方と, 得心し, 御主人, 御新造の, 御自分, 御面会, 心中した, 心配され, 心配そうな, 念を, 怒ったよう, 怒つて, 怒るの, 怖いの, 思いました, 急いで, 急逝された, 怪しいと, 悪いこと, 悪漢に, 惡いんだ, 愕い, 感心し, 我々の, 戻るまでは, 手助けを, 手拭を, 手術の, 抱いて, 押込められて, 指点し, 掃除を, 掴み殺したかも, 改めると, 教授に, 数年前に, 敷居の, 斯う, 旗を, 日本へ, 昏睡に, 星の, 昨日の, 時々庭球選手, 暇を, 有金や, 本當, 村へ, 来たから, 来たでしょう, 来たのよ, 来てね, 来てると, 来ます, 来られた時, 来るかも, 来ること, 来るよ, 来る頃, 来訪された, 東京から, 枕元の, 校長を, 案内に, 棒の, 樹明君の, 止めて, 此地に, 此方は, 歯を, 歸つた後で, 歸らは, 死んだって, 死んだ上, 残して, 殺されたと, 殺されました, 殺されるの, 殺したの, 毎晩の, 気がつくと, 気の毒が, 気分が, 氣が, 汗を, 泊つて居る, 洗濯し, 浮気で, 涙を, 無代では, 焼け落ちれば, 燐寸を, 爲に, 牛車を, 犬に, 狙はれ, 玄関まで, 王仁の, 生きてる時分, 用事が, 田舍言葉で, 町に, 番所へ, 疑って, 病院に, 病院へ, 百両の, 相手では, 眉を, 眼を通して, 着物を, 碇綱を, 祀って, 神経衰弱に, 種を, 空に, 突き飛ばしたよ, 突然たずね, 窓の, 立ち上って, 笑いだした, 笑って, 第一, 籍を, 米も, 素人の, 結婚しよう, 編んで, 聞かして, 聞き出した, 肩を, 背後から, 腹の, 自分と, 自害し, 自殺しやしない, 自殺の, 舳先に, 芝居を, 若いの, 若かった, 若旦那と, 茂太郎に, 草鞋を, 落ちついて, 落ち着いた声, 蔭ながら, 行かれなかったら私一人, 行つてしまつてから, 行方不知に, 袋を, 裸足の, 褒めて, 見えさ, 見えたので, 見えないやう, 見えなくなりました, 見えられたの, 見せて, 見ると, 言います, 言うん, 言つて居た, 訊きてえこと, 訳して, 評した, 話された, 読んで, 調べに, 謡曲の, 貴女の, 買物に, 賭場へ, 赤ちゃんを, 起きた時, 跟けて, 迎ひ, 追っかけて, 途中から, 這入つて來, 通ると, 連れに, 進まれない時, 道庵先生の, 道楽半分に, 那, 郵便を, 酒と, 酒を, 酔って, 里へ, 野球の, 金曜日の, 鉄砲腹を, 銀場を, 銭湯へ, 鎌倉の, 鎮守府へ, 長謙さんの, 閉めて, 開ける役目, 階下へ, 離すの, 雪の, 青い顔, 静かに, 面白そう, 預ると, 頭巾を, 風呂へ, 飛込んで, 食事を, 養子に, 駆けつけて, 駕籠の, 骸骨と, 鷲に

1 [9532件 抜粋] あ, あきれかえって, あっしの, あとに, あの大きなからだ, あの熱し, あまりうまく, あやまらなくて, ありますが, あるや, あろうか, あんなにやせた, あんまり一所懸命, あんまり默つて, いいん, いかにじたばた努め, いくらくやし, いたでしょう, いちばん両親に, いった時, いつもする, いないん, いなけれゃあ, いますヨ, いやらしい事, いらっしたもの, いられましたらお目にかかって, いる何, うけついで, うなされるん, うるさ過ぎた, えらい雄弁家, おかかを, おさらい, おっしゃったんで, おどけた事, おまえさんへの, おれに, お内, お出入り, お勤め, お好, お届け, お待ち兼ねでござん, お案じ, お爺さんの, お竹さん, お話しに, お里の, お魚, かけだしますと, かねてから頼まれ, ききませんさか, きっと今日夕方, きょうだいじゅうでの, くり合わせつ, けちけち嬢さん, こう着物, こっけいでも, このくらいの, この世を, この子, この月末, この軍曹, これからずっと文学, これも, こんなで, こんな物, ご馳走を, さきへ, さっき馬で, しおれて, したん, しょんぼりした, じゃまで, すぐ手, すっとんきょう, ずぶの, ぜひ日本, そうおっしゃらず, そう云います, そこから, そのふた親, その前夜, その後釜を, その死後骨, その返書, それでは全身麻酔, そんな, そんなに気に入った, そんな気持, たいそう血道, たくさんいなさる, たったひとり, たまを, だんだん小声, ちょいちょい手, ちょっと弁解, つかまったり, つまりこちら, とうに自分, とび出して, どういう勤め, どうしてもって云う, どうして監獄, どう言う, どんなに幸福, どんな考え方, なくなったと, なぜ立ち留っ, なまじいに, にえ切らないので, ねずみさんの, はいと, はたらくまえに, ひいて, ひとり居ります, ひどく気, びつくりなさる, ふとその, ぶらぶら病いで, ほんのちょっと, まさかまだお, まただしぬけ, また何処, また愚弄, また話, まだ外, まだ知らぬらしい, まぼろし, まんじゅう笠を, みれば, めんどうを, もう六十五, もう雑巾掛, もっと男, やさしく抗議, やって来るまで, やはりコケシ, やるの, よい世の中, よくならない, よく説明, よりました, わが本領, わざわざ照子, わるいという, ゐ眠り, イケニエに, オレを, ギターを, ココの, サラダを, スッカリ同情しちゃっ, タツからの, トッポという, ナマの, ハガアスさんを, パリパリさせ, ピアノの, ヘッドの, ボオルを, メートル尺を, ヨーロッパへ, ロンドンに, 一スーで, 一人どうにも, 一人椅子に, 一室に, 一年泊つて居り, 一所に, 一本松の, 一番です, 一番近しく, 一言塾生諸君に, 丁度来た, 三ツ輪に, 三千両の, 三拝九拝し, 上つて話し, 上瞼を, 下村さんに, 不思議が, 与太もん仲間で, 中禪寺, 主筆で, 乗るの, 乳母に, 二三日前白晝この, 二体あり, 二十年も, 二階借りし, 云ってたど, 五十年ほど, 亡くなったん, 亡くなられまして, 人力曳き, 今これを, 今夜見えなくなっ, 今日から, 今朝に, 仏壇の, 代つて, 仰云, 伊藤の, 伝言を, 何うにか, 何とか云, 何べ, 何日に, 何處へ, 併し, 來られた, 信用し, 偉い様, 働かないかと, 元氣, 先刻訪ね, 免許とりだ, 入営した, 八十五で, 兵隊から, 兼ちやんも, 再婚し, 出かけたの, 出たらあと, 出会いなすったの, 出来が, 刀で, 初めてである, 利休堂を, 剩錢を, 助太刀を, 勝つだろうから, 医師の, 十口物を, 午後に, 単に重, 厚い下, 去年六月に, 又金銭上, 取る筈, 受取つたのを, 只偶然恭, 可哀想で御座います, 可愛さうなやう, 各自思い思い, 同居なさる, 向ふ, 告げました, 呼出しに, 唖娘に, 善良な, 嘗て広島, 四畳半の, 国元を, 地形方言の, 執こく, 売ったん, 外で, 多喜二の, 夢から, 大きな富豪, 大分たくさん, 大変気の毒に, 大嵐の, 大笑いし, 天理教会秋祭の, 失踪された, 女優にな, 好き, 如何にも簡単, 姫に, 嫁を, 子供に, 宅の, 実さんと, 宮田と, 宿屋へ, 寝る前, 寺の, 小せえ, 小説を, 少し息, 尾州表へ, 居なくなったの, 居るもん, 山本直正氏と, 島人を, 左樣な, 帰ったの, 帰つて来るだらう, 帰る由, 平気で, 幾度来たつ, 店先の, 廃嫡されれ, 引っかえし, 弟である, 強くうなずく, 当直か, 往來で, 後半よほど, 御光来, 御張り, 御腹, 心を, 忘れたの, 怒り出すぜ, 思いがけず入って, 思ひ出したの, 怪ん, 恐れて, 悪いお, 情を, 愛人の, 慾ばかりで, 懐中から, 戦死さッしゃ, 所蔵の, 手拭で, 打つ砧, 抗議を, 抱いたり, 招ばれた, 指図を, 捜しに, 推薦する, 撒いたこと, 敗北した, 文代さんが, 斬り殺されたん, 新六郎を, 新青年誌上, 日本人の, 早く死, 明日故郷へ, 昨七日午後岩瀬家, 昨日捕れた, 時々お手伝い, 時間に, 暴漢に, 書庫の, 最適と, 服部君に, 朝飯前に, 本当に承知, 材を, 来たもの, 来たら聰, 来てじゃ, 来ましたの, 来るなら宅, 来週の, 枕許のけん, 柴を, 梁の, 椿の, 模写され, 櫛田ふきさんと, 止めた, 此家で, 歩き出せば, 死ななければ, 死にましたねと, 死んだばかり, 死骸へ, 殺されたに, 殺したとは, 毎日の, 毒なぞを, 気の毒そうに, 水に, 江戸へ, 油が, 波多江の, 泣顔を, 洗いざらい良く, 浅草で, 海老塚さんと, 清水の, 湯気を, 漬物桶と, 炎色の, 無理も, 煙草に, 燗部屋に, 牛丸さんかね, 犯人では, 猫イラズを, 珍らしい, 璽光尊の, 生れた天保六年, 産したの, 甲府へ, 男であったら, 留めて, 疑いを, 病気を, 白い上, 白縮緬の, 盗ったもの, 目的を, 看護婦の, 真黒に, 着ました, 知ってるから, 知事の, 確りし, 神仏を, 私より, 空瓶とりに, 突然眞紅, 立ちされば, 立候補される, 笑ふた, 管を, 米国で, 紅茶を, 細雨の, 結婚式も, 網に, 縛られたん, 羅馬綴で, 羨ましくて, 耳を, 聞く必要, 肥溜へ, 胡瓜の, 腕組を, 自分でたく, 自由は, 舌でも, 良人としての, 芸者であった, 若松を, 茫然と, 莨を, 葉書を, 蔦ちゃんに, 藤間静枝の, 血止めを, 行ってから, 術を, 袴を, 西園寺さんについて, 見えてるん, 見えるから, 見たらどの, 見るはず, 覗いたの, 親殺し, 言いますのよ, 言ってたわ, 計算を, 診たん, 話したこと, 誘うので, 読んだの, 諦めたよう, 讀本を, 販売兼支配人という, 買いに, 賀陽氏の, 赤い襷, 越後を, 身うごきしない, 軍艦で, 近々お, 近頃は, 追つかけた, 逃げ出したの, 通った, 通知し, 進めて, 道理だ, 選んだ妾宅, 酒壺洞君から, 重いかぜ, 金塊ひきあげ, 釣竿を, 銭やる, 長い蘆, 開いたの, 関係してる, 陸軍の, 隣村の, 離れまいからね, 露地口の, 面だけ, 頑張るもん, 顔が, 風邪な, 食堂へ, 餅へ, 馬車を, 驅け, 鬼でも, 鳥渡遊びに, 黒い大きい服

▼ さん~ (8746, 6.8%)

90 頼んで 51 なって 50 聞いて 48 会って 45 話して 41 して 40 来て 39 似て 33 お目, 頼まれて 29 手紙を 28 しても, 連れられて 27 向って, 逢って 26 お願, よろしく, 訊いて 24 何か 22 お願いし, たのんで, 見て 21 渡して 20 聞くと, 違いない 19 なるの 18 相談し, 見せて 17 きいて, 会う, 診て, 話を 15 私の 14 惚れて, 紹介し, 連れて 13 お礼を, 声を, 案内され, 電話を 12 つれられて, 会いに, 手を, 手伝って, 話が, 逢ふ 11 化けて, 向つて, 持って 10 それを, 会わせて, 渡した, 相談した, 私は, 誘われて, 送って, 逢った

9 [13件] いった, よく似, 上げて, 会った, 会ったの, 会わして, 出て, 別れて, 尋ねて, 就いて, 教えて, 聞いた, 送られて

8 [12件] いいました, そう言っ, そんなこと, むかって, 借りて, 御挨拶, 渡しました, 相違ない, 至っては, 言って, 買って, 限って

7 [26件] お世話に, お土産, ききました, しては, しようと, なつて, 一緒に, 云った, 云って, 云ひました, 任せて, 別れを, 助けて, 對し, 教わって, 用が, 罪は, 自分の, 言った, 言ひました, 訊いた, 訊くと, 誘はれて, 逢わして, 金を, 附いて

6 [27件] いって, お会い, お渡し, お逢い, お金を, そう云っ, そのこと, その話, ちがいない, なったり, 代って, 会うこと, 向かって, 呼ばれて, 尋ねました, 小言を, 御相談, 挨拶を, 相談する, 着物を, 義理が, 読んで, 逢いたいと, 逢うの, 逢わせて, 頼みが, 顔を

5 [46件] あげようと, お目にかかって, お願い申し, このこと, これを, してからが, それが, たずねて, なった, なったの, なってから, なるつもり, なろうと, まかせて, わかって, 会いたいと, 会いました, 伴はれ, 伺って, 何も, 來て, 僕が, 化けた四十面相, 取つて, 問うた, 尋ねた, 恋を, 書いて, 案内し, 氣が, 泣きついて, 用事が, 申上げ, 直して, 私が, 罪を, 聞けば, 見せた, 言われて, 話しかけた, 逢いに, 逢った時, 逢ひ, 電報を, 預けて, 願って

4 [67件] いったの, おねがいし, お会いした, お気の毒, お願いが, かぎって, きけば, さ, したところ, ついて, なりました, なること, なるん, なれば, 会うの, 会ったとき, 会っちゃ, 会ふ, 何を, 助けられて, 叱られて, 同情し, 呼出されて, 問うて, 変装し, 夢中だ, 夢中で, 夢中な, 婿を, 對する, 届けて, 待って, 惚れてるん, 惚れられて, 抱きついて, 持たせて, 教えられて, 教へ, 教へて, 會つた, 渡すと, 眼を, 知らせて, 礼を, 結婚を, 聞きました, 苦労を, 葉書を, 見せました, 言いました, 言ひ, 訊きたいこと, 訊けば, 話した, 話すと, 請うて, 貸して, 近づいて, 迷惑が, 逢いました, 逢つ, 逢はせ, 違ひない, 関係の, 頭が, 頼まれたん, 黙って

3 [187件] あって, あつた, あなたの, いつた, いとま, いわれて, うちの, おんぶし, お乳, お会, お嫁さん, お手紙, お眼, お茶を, お詫, お話を, お逢, お頼み, お頼みし, お願いする, かかると, きまって, くらべると, ことわって, こんなこと, ござんす, ご迷惑, さう言, さへ, したって, しちゃ, すすめられて, すまないと, せき立てられて, そういっ, そっくりだ, そっくりです, たずねた, たずねました, ちょいと, ちよいと, ぢかに, つづいて, とびついて, どうかし, どんなこと, なったよう, なつた, なりたいと, なるわ, なる人, ばけて, ひどい目, ほんとうの, もらって, やった, やって, よく似た, よく肖た, よく頼ん, よろしく云っ, わけを, わたしは, 一切を, 三下り半をも, 丘を, 仇を, 今日は, 介抱され, 仕事を, 代つて, 会いたいから, 会いたいん, 会うて, 会った時, 会ひました, 伝えて, 何の, 依頼した, 促されて, 僕は, 免じて, 出して, 出会った, 別れると, 力に, 助けられたの, 勧められて, 取って, 口を, 叱かられます頭, 同情が, 同情する, 同情を, 向かい, 向けて, 告げた, 告白した, 命じて, 囁いて, 報告しました, 変な, 夢中に, 嫌はれ, 宛てて, 宜しく, 寄って, 少しでも, 尾い, 当る人, 彼の, 御目, 御紹介, 御迷惑, 応援し, 急用が, 恋して, 恥を, 悪いよう, 意見を, 感づかれて, 折入っ, 拵へて, 接近する, 描いて, 教は, 敵は, 暴行を, 比べると, 気が, 水菓子やの, 消極的に, 済まない, 熱を, 物を, 珍らしい, 申しました, 私を, 約束した, 紹介され, 聞えるよう, 聞くの, 聞て, 聽く, 肩を, 苦勞を, 融通し, 行きました, 行って, 見せつけて, 見せると, 見付けられたので, 見付けられて, 言ったの, 言わせると, 訊くが, 訊ねた, 話したいこと, 話しました, 話しを, 話せば, 變な, 貰って, 買つて貰つて筆やの, 質した, 贈らうかと, 身を, 逢いたくって, 逢う, 逢ったの, 逢つたのです, 逢ふて, 運の, 違いありません, 違いは, 酌を, 關係の, 電話が, 頭から, 頼まれたから, 頼まれたの, 頼むが, 頼めば, 頼るより, 頼んだ, 首つ, 駈けて

2 [561件 抜粋] あげた手紙, あげて, あげました, あげます, あずけて, あたま, あてて, あなたから, あなたが, あやまって, ありそう, あり過ぎること, あるの, いいつけて, いいつけられたもの, いい話, いうて, いっしょに, いひました, いろいろな, いわれるまでも, うながされて, おかみさん, おきき, おっしゃって, おぶさつて, お世話を, お伴を, お供を, お帰, お成りなされ, お手伝いを, お留守, お白洲, お百姓, お目にかかりたいの, お目にかかりとうご, お聞き, お聞きなさいまし, お言伝, お話が, お話し, お話ししたい, お話したら, お話する, お辞儀を, お逢いしない, お逢いする, お酌, お酒, お電話, お願いします, かう云, かえって, かかって, かけだして, かばって, かわって, きかせて, きくと, くっついて, くれて, こう云う, こっちへ, ことづけて, この人, これが, こんな事, さう言つて, したい, したつて, したでっくり, したらどう, した所, しようか, しろ, しろその, じぶん, すまないから, すまないよう, するよう, せがまれて, せがんで, ぜひお, そう云う, その事, その人, そんな風, そ云つて見, たのみました, たのむ, たのむの, たのめば, たのんだ, だらうと, ついて行った, つかまつて, つけて, つたえて, つぶやくと, つれて, とつて, とびかかって, どんな迷惑, なったん, なっても, ならないかね, なりすまして, なると, なるといふ, なるには, なるもの, なる前, なる方, なんの, なんべ, はぐれたから, ばかに, ふたりの, ほめられると, まけない美人, みて, むかつて, もう一本酒, もらった, もんで, ゃてんで心配の, やましい事, よくお礼, よくお話し, よくは, よく話し, よろしくと, わたして, ハガキを, モデルに, 一任し, 一寸外へ, 一寸失礼, 一度も, 一杯差上げ, 丁度いい, 万一の, 万事お, 三人の, 上げても, 上げようか, 上げると, 下手人の, 与えたの, 中を, 乞うて, 二度目の, 云いました, 云われて, 仕込まれて, 仰る, 会いたいの, 会えようなどとは, 会ったので, 会ったん, 会つ, 会つた, 会つて, 会つて来ます, 会ひたかつた, 会へ, 会釈を, 伺いますが, 何と, 何んか, 何事か, 使って, 來迎藝術論, 依頼し, 傾倒し, 僕の, 入門する, 内證, 出会って, 出来るだけ, 切って, 別れました, 助けられたと, 助けられながら, 励まされたり, 勧めて, 厄介を, 原稿を, 取っては, 取られて, 取りに, 取入, 口説かれて, 召集令が, 可哀想だ, 可愛がられて, 叱られたの, 叱られながらも, 叱られます, 叱られますから, 同情した, 名刺を, 向っても, 君の, 呈して, 告げて, 呑ませましたが, 呼びかけられようが, 哀願を, 問ひ, 喧嘩を, 喰って, 喰べ, 嘗められたお, 嘘を, 報告しよう, 変装した, 夢中です, 大変な, 奉公し, 奪られた, 女が, 妻を, 始めて, 始終聞い, 嫌はれた, 字を, 安慰, 宛てたもの, 宜しくと, 宿直し, 寝床を, 尋ねたの, 尋ねる, 尋ねると, 小便を, 小声で, 少しお願い, 就いての, 居て, 届け出ると, 差上げては, 帰って, 床を, 引っぱられて, 弟子入を, 彼女は, 往って, 従いて, 御客さん, 御用が, 御辞儀, 御酒を, 御面会, 御願い致しましょう, 御願ひした, 御養子, 御馳走しましょう, 心當り, 忠告し, 怒って, 怒られます, 思われても, 怨の, 怪しい事, 怪我を, 悪いわ, 惚れたと, 惚れたの, 惚れたん, 想いを, 感謝し, 成て, 我儘な, 戦死された, 戻つて, 手わたす, 手渡しました, 打ち明けて, 打ち明けようと, 承知し, 抱かれて, 招かれて, 拾って, 持つて, 持つ心持, 指も, 挨拶し, 挨拶する, 捕まって, 掛け合つて, 接して, 損を, 教えること, 教わった, 教わりました, 断つて, 昔の, 昔程の, 暇を, 暇乞を, 最後に, 最後まで, 會う, 會計を, 未練ある, 本を, 机の, 来迎芸術論, 構い続けた, 次の, 欺された, 死なれて, 殴られ通し, 殺されて, 毒を, 気の毒な, 気を, 水を, 決めたのよ, 決闘を, 汽車賃を, 治して, 泣かれて, 注意され, 活けて, 深い親しみ, 添わして, 済まないと, 済みません, 渡し, 渡しに, 渡すの, 渡そうと, 漕げるかい, 濟ま, 火傷を, 無理な, 無理に, 無理矢理に, 煙の, 熱くなっ, 父の, 獅子が, 甚, 生きて, 生らには, 田舎者らしい, 男が, 男の, 画家たちが, 留められて, 留守を, 疑いの, 癲癇が, 発見され, 目か, 相談したく, 相談しよう, 相違は, 看護され, 知らして, 知らせた, 知らせました, 知られると, 知れて, 知れても, 私から, 立替へて, 笑はれる, 笑われたの, 笑われて, 答えたと, 約束し, 約束の, 紹介される, 紹介を, 紹介状を, 結婚の, 縁が, 縁談を, 習えとまで, 習って, 聞いたの, 聞いたよ, 聞いたん, 聞いた話, 聞きたいこと, 聲を, 聽い, 背を, 背中を, 脈を, 自由に, 舟の, 芝居を, 茶を, 薬を, 行きましたが, 行李を, 裏の, 見えたの, 見せようと, 見つかると, 見られたら跛者, 見舞われた店, 視線を, 親分を, 解るもん, 言う, 言ったこと, 言ひ寄る, 言ふ, 言伝が, 訊いても, 訊き度いが, 訊ねて, 訳を, 訴えた, 訴えて, 診せたら心臓, 話さねば, 話しかける, 話したところ, 話したの, 話したん, 話しても, 話しに, 誂え向き, 誘惑された, 説明し, 譲って, 譲つたげなさい, 負けた, 貸でも, 質して, 質すに, 贈物に, 身請された, 近頃親しい, 返して, 返事を, 迫ったの, 迷惑を, 追いかけられて, 追ひつき, 逢いたいなんて, 逢いたいの, 逢いたいばかり, 逢いましたが, 逢いましたよ, 逢うこと, 逢うて, 逢うと, 逢えば, 逢ったこと, 逢ったん, 逢っちゃ, 逢っちゃあ, 逢ってから, 逢つた, 逢つたで, 逢つて来た, 逢ひました, 逢へる, 進げる, 遇ひ, 違ない, 遠慮し, 部屋を, 酒を, 銀十枚を, 間違いは, 間違が, 間違は, 附き纒つて, 限る, 雨戸が, 電話かけ, 電話で, 電話口へ, 面と, 面倒を, 音楽は, 預けられて, 頼みたいこと, 頼むと, 頼むん, 頼んだが, 頼んだの, 頼んでも, 顔が, 飛んで, 食べて, 養子を, 馳けて, 駈け出して, 驚く事, 麻酔を

1 [4753件 抜粋] ああいう, あきが, あげは, あげるそいから, あげる金太ちゃん, あだ名が, あつく御礼, あとを, あの小さい, あひ, あやまらせろと, あるん, あんな人, いいな, いえば, いじわるを, いただけあって, いつて, いやみ, いろいろ尋ね, いわれてから, うっかりそんな, うらみを, おいい, おしよせる風景, おたずねし, おとされて, おねがいすれ, おもしろい本, お上げなさいまし, お任せしましょう, お会いなすった, お内儀さん, お参りし, お宅, お弟子入り, お打ち明け, お水, お目にかかったらなん, お目にかかり兄, お知恵, お米, お聞, お被せ申す, お訊ね致します, お話し致したい, お返しする, お金で, お頼ん申したら, お魚, かえるの, かかるよ, かけだしました, かたづいて, かぶれたなと, かりた, きいたら春江ちゃん, きくが, きょうの, くれない, こ, こげなこと, こっそり手紙, このまま, この女, この賞金, これでも, こんな厄介, ご相談, ささやきました, さす, さらわれるの, しかられでも, したとさ, してやるが, しまわせて, しろみんな, しろ従姉妹, しろ野口さん, すぐじゃん, すすめる, すまんことに, する者, せよクロ, そういう罪人, そうッ, そう言われる, そっくりな, そない, その手紙, その話したら, それだけ理解, そんな女, そ言つて鍵を, ただいま送っ, たのまれましたからと, たのむもの, だかれて, ちっと訊きたい, ちょっとでも, ついて行きたいと, つかみかかろうと, つめよせる, できようはず, とがめられて, とどけて, とると, どうされよう, どう処分, どんなひどい, なさい, なったね, なった木内キヤウさん位, なにか, なにを, ならないかなんて, なりすましたあの, なりたい温泉宿屋, なりまして, なり座長, なるね, なる資格, なれると, なんにも惡, ねてるの, はぐれて, はよう分っ, ばつを, ひとつ大きな, ふいて, ぶつかる手, ぼくが, まかせたらこの, また呶鳴, みつかって, めぐり合, もさう思ひ込ませて, もっとちゃんとした, ゃあお師匠様だ, やったが, やっと分かった, やるの, ゆくよかっ, よくに, よく聞い, よったが, よろしくお, よろしく願っ, わかるでせうか, わたしそのまま, わるか, インネンを, ケチ附けよ, シマノフさんいらっしゃい, ソ連大使を通じて, チヨツト毛布でも, ハガキ出したら, ヒゲを, プロテストする, リボンもらつた, 一つ聞きたい, 一人の, 一寸お, 一度見, 一時の, 一礼を, 七番の, 三百万円渡した, 上げるから, 下の, 不安を, 不足を, 久しくお, 乾杯を, 二人も, 二階を, 云い聞かせたの, 云った訳, 云つてやつたら, 云わなければ, 井草会へ, 仇するお前さん, 今朝の, 仕込んで, 代ったから, 任かせ, 会いたいっていうのよ, 会いたくなった, 会い今日, 会う事, 会える訳, 会ったら, 会ったろ, 会つた暗い, 会わせまいと, 会見した, 伝言が, 伺ひたいこと, 似てや, 佐十郎郷右衞門の, 何とか云っ, 何時も御, 使ひ, 係合を, 倒れ, 借りた薬代, 傷の, 優しく叮嚀, 先き讀ん, 入って, 入門しない, 兼さん御苦労さま, 冗談言はれ, 出かけて, 出会い, 出来るなら妾達, 出逢つたの, 分る筈, 初めて会った, 別に一杯ついで, 別れるくらい, 前後左右の, 劣らなかったでしょう, 助けられた恩義, 勘定を, 勧められ, 化けた男, 半ばは, 厭味を, 取して, 取り残されて, 口上を, 古い枕, 台所の, 叱られた夢, 叱られるわけ, 吉十郎の, 同情寄せん, 向い蓄膿症, 向つて両手, 吹聽するだらう, 味方する, 咎は, 問うたら与右衛門さん, 喚ばれて, 嘱し, 図らぬお世話様, 地理を, 報じて, 売ったったわ, 外から, 夜食を, 大変怒られまし, 失恋した, 奢って, 女房を, 妙に, 委任状を, 嫁を, 嫌われるよ, 孕ました大山咋尊, 學資を, 宜しく言っ, 家へ, 寄越し, 将棋盤を, 尋ねられた老婆, 小屋の, 少し御, 尽くして, 属するの, 左様言つて, 差上げましょうか, 差出しますから, 帰る時間, 幾たびも, 引かされるという, 引き回されて, 引渡しますよ, 弱いかわり, 当るし, 彼は, 後を, 御便り, 御用の, 御辞ぎをさせてそそくさと玄関, 御風聴申, 復讐しよう, 心中の, 心配は, 怒られて, 思い当ること, 急場を, 怪しまれて, 恐ろしく優しくし出した, 息を, 悪いからか, 惚れたのね, 惚れるとは, 意向を, 感じさせたと, 感謝しなけれ, 憶えて, 成ならば, 我ま, 手むかおう, 手渡すよ, 打ち明けた, 払はせ, 扶けられ, 抱かれたの, 押え付けられて, 招待券を, 持ちかけて, 指図を, 振袖の, 捨てられる番, 接近し, 提灯を, 操を, 教えたの, 教わった通り, 敵対しない, 新しい春着, 既に子, 明智が, 是非すぐに, 時々扱い, 暗いところ, 書き送ったら, 會つて弔意を, 月五歩の, 朝飯の, 村の, 東晋の, 案外強く, 極ってる, 次いでわれわれ, 此報告を, 死んで, 殺されちゃうわよ, 毎日健康診断し, 気づきやしないかしら, 気付かれて, 永い手紙, 汽車賃十円貸し, 泣かされたの, 注意し, 洗いざらしでも, 淋しい目, 済まないの, 済まねえこと, 済むめえ, 渡し番頭さん, 渡りを, 火事場を, 煎藥, 物語って, 独逸語の, 玩具の, 甘えさして, 生命を, 用心する, 申しあげます, 申し訣, 申訳け, 異ひない, 白丘さんと, 盗めと, 直ぐお出で, 直接話し, 相談される, 相談に, 真剣に, 着せて, 知らされびっくり, 知らせるわ, 石を, 礼儀知らずの, 禁酒を, 私一度, 稽古を, 突当ったから, 笑ひ, 笑われるばかし, 籠絡された, 紙包を, 結って, 綱わたり, 縋り付いた女, 置去に, 耳を, 聞いたばかり, 聞いても, 聞かす日ぢ, 聞かれたら怒られるよ, 聞きますと, 聞こえるよ, 肖て, 脅かされなかった家, 自動車で, 與へ, 色々の, 苞を, 茶でも, 薬の, 行き逢って, 行つて貰つたその, 裏木戸から, 見おくられて, 見せたいね, 見せながら, 見せる折, 見とれるほか, 見られてしも, 見付けられたよう, 見立てて, 親しい男, 解つた, 言いつけたの, 言うがね, 言ったってね, 言つて貰つ, 言ひつけられ, 言われたん, 言葉を, 訊きますが, 託きょうと, 許り, 試驗を, 話さにゃ, 話しが, 話したら公, 話してたの, 話し申すべく候, 話す時, 誘われましたの, 説明した, 誰れ, 諷された, 變へ, 負けましたね, 貰ったので, 貴方に, 賄賂でも, 質屋に, 赤児を, 起されまして, 身ぶりで, 轆轤を, 迎えを, 近頃縁談, 返上しよう, 迷惑は, 追付いとるかも, 送つたもの, 送る小説十二枚, 逃げられると, 通じないよう, 逢いたいてえの, 逢いたくないの, 逢い銀子, 逢えないの, 逢ったよ, 逢つたら, 逢つて其の, 逢つて見てくれ, 逢ひませんで, 連れられた妾, 遁が, 遇て, 違いござん, 遣りますと, 邂逅って, 都合の, 野村さん, 鍋か, 関守が, 降参し, 限つて凡そ人に, 限りませんが, 隠されるの, 隱れ, 電話でございます, 面会した, 面白い歌, 預けますから, 頼まれたという, 頼まれました, 頼みと, 頼もう, 頼んだらいい, 願ってねえ, 飛び付きましたが, 食べさせよう, 飲んで, 首ッたけの, 馴染の, 駈けだしました, 鰯を

▼ さん~ (6105, 4.8%)

277 一緒に 93 二人で 54 云ふ 53 いっしょに 44 呼んで 41 いって 38 話して 37 お黒さん 32 私と 31 私とは 28 云うの, 御一緒 26 云って, 結婚する 24 いえば, 同じよう 22 三人で, 私との 21 言ふ 20 私は 19 呼ばれて 18 話を 17 一しょに, 並んで, 夫婦に 16 云う人 15 私の 14 いつしよ, 仲が, 顔を 13 何か 12 云う方, 同じやう, 相談し 11 おっしゃるの, 言うの, 言って 10 おっしゃる方, そっくりの, 私が, 結婚し, 言つた 9 どっちが, 一所に, 云えば, 仰し, 別れて, 私とが, 言えば 8 いうと, いつて, このお, 一しよ, 喧嘩を, 私を, 言う人, 言へば

7 [12件] いうので, お二人, お絹さん, お話を, したこと, ふたりの, 仰言, 仲よくし, 其周囲, 結婚した, 違って, 関係が

6 [12件] するに, するの, すれば, ふたりで, 一緒だ, 仲の, 呼ぶ, 呼んだ, 喧嘩でも, 娘の, 手を, 逢って

5 [17件] おっしゃるお方, お友達, お孃さん, お留さん, もう一人, 一処に, 二人きりで, 二人の, 云うお方, 云った, 俊一君は, 僕とは, 宗近, 結婚したい, 自分の, 議論を, 酒を

4 [55件] あなたと, あなたの, いっても, いつまでも, おッ, お君さん, お母さんの, きては, したが, す, そっくりな, なって, なる, わけが, わたくしとは, わたしと, わたしは, 一緒なら, 一緒の, 一處に, 仰しゃる方, 仰有るの, 何の, 何方が, 來たら, 俊一君が, 俊一君の, 僕と, 光らして, 出来て, 別れてから, 助七さん, 同じ位, 同じ部屋, 同道し, 呼ぶの, 呼ぶ声, 妻は, 彼の, 思って, 懇意に, 斯う, 欲し, 申しますの, 相談の, 祝言する, 祝言の, 私とで, 称ばれる, 言う方, 話が, 踊って, 逢ふ, 連れ立つて, 遊んで

3 [101件] あなたとの, あの人, いいます, いえども, いへば, いやしない, おっしゃる, お前の, お若さん, お話し, お話ししたい, お駒, きたらそれ, こい電話, この, このあたり, このお婆さん, この人, この家, ごいっしょ, ご一緒, しつつ, しやれたる, すること, するとき, するを, そうし, そこで, その妹, その娘, その弟, それから, それに, どういう関係, ならんで, ふりそそいで, わたしとは, リヴジー先生とは, 一緒だった, 一緒にな, 二人し, 云うん, 云へば, 云を, 交際し, 京一さんとは, 仰有る方, 会って, 兄さんが, 兵隊さんと, 出会って, 別れるの, 口を, 吉っ, 同じところ, 同じ運命, 名を, 向い合って, 呼ぶに, 呼んだの, 喧嘩が, 喧嘩した, 四人の, 声を, 大喧嘩, 女中の, 妾の, 娘は, 婚礼し, 小さい太郎, 小林少年が, 弟の, 抱きあって, 東京の, 植木屋の, 涙は, 無駄話を, 特別に, 申します, 番頭さんが, 眼を, 知らないから, 知り合いに, 約束が, 結婚しなく, 結婚します, 結婚なさる, 聞いて, 肚を, 自分は, 自動車に, 芳子さんとは, 若い男, 被仰る, 親しく物, 言うん, 言ったね, 談話を, 赤毛布が, 連れ立って, 降って

2 [389件] あたしとは, あっしを, あつしを, いいました, いいましたね, いいまして, いう, いうて, いうば, いっしょなら, いつし, いつたやう, いふと, いろいろの, おこよさん, おっしゃいましたね, おっしゃって, おっしゃるので, おっしゃるん, おつ, おつぎ, おねんね, おはま, おばあさんは, おれとは, お信さん, お八重, お前さんと, お医者, お吉さん, お咲さん, お国さん, お園さん, お夏さん, お姉さま, お婿さん, お嬢さんは, お孃さんくら, お常, お心安く, お房さん, お梅どんと, お母さんが, お猫さん, お玉さんと, お神さん, お祷り, お約束, お組さん, お苑さん, お茶を, お角さん, お話した, お話しに, お話など, お里さんと, お雪さんが, かがやいて, かがやく太陽, きくと, きたら, こいも, こうやっ, このお節ちゃん, この四人, この息子, この猫, この私, さしで, した, しちゃ, して, する, するが, すると, するところ, するは, するも, するや, する事, する儀, する所, せしが, せしに, せり, そっくりだった, そのおかみさん, その人, その女, その子, その男, それからあの, それからお, それを, たい子さんが, たった二人, ちがって, つながって, つれ立って, どんな関係, ならば, のぶちゃんが, やって, よし子さんが, よんで, わたくしとで, わたしとが, アメリカの, オタさんの, グレーとは, ジッコンに, チヨ子とが, チヨ子とは, ハンターと, ヒマラヤ杉を, ビールを, ポケット小僧は, ルルさんなら, 一二杯お, 一人の, 一年前に, 一番仲の, 一緒じゃ, 一緒でなく, 一緒なり, 一緒には, 三の, 三人でなけれ, 三人の, 上女中の, 上林君とは, 下女の, 世之, 両方で, 並べると, 中学生との, 中畑さんとが, 中畑さんの, 主人の, 二人きりに, 二人しか, 二人だけの, 二人押し掛け, 二十ばかりの, 云いました, 云うと, 云うひと, 云う名, 云う声, 云う娘, 云ったの, 云った方, 云ってな, 云つ, 云つた, 云つたと, 云て, 云ひ, 云ふと, 云へ, 云われて, 井上家とを, 仇名される, 今度はじめて, 今晩は, 今雄さんとは, 他の, 仰有, 会いご, 会うて, 会うの, 会談した, 何にか, 何やら気, 何んか, 來ては, 俊一君を, 保子さんとの, 俺とで, 僕が, 僕とが, 僕の, 兄さんと, 入れ代り, 全龍さんは, 出て, 出來, 切れて, 列んで, 初めてお目もじ, 別れなければ, 別れました, 千代子さんは, 友達に, 叔母と, 口喧嘩を, 同い年か, 同じに, 同じ人, 同じ名, 同じ屋根, 同じ気持, 同じ汽車, 同じ色, 同好の, 同棲し, 向いあって, 向き合って, 君との, 呼ばれた, 呼ばれたの, 呼びかけた, 呼びながら, 呼び慣, 呼んだり, 喧嘩し, 四人は, 四人連れで, 土手で, 墨汁師と, 変な, 夕飯を, 大塩平八郎の, 大旦那, 大森へ, 太郎とは, 太郎は, 夫婦には, 夫婦約束は, 奥さんとに, 奥さんとは, 女, 女中頭は, 妹が, 妹だった, 妻とが, 娘が, 娘と, 婚礼する, 孤踏夫人て, 学校と, 宗助を, 宿の, 寅吉とは, 小さな小僧, 小林少年とが, 小鈴, 山本さん二人で, 山根さんとが, 巴里で, 幾松さんが, 広田先生の, 庭の, 庵室の, 弁護士の, 弟との, 当のない, 彼女の, 御亭主, 御取, 御同伴, 御夫婦, 御婚礼, 御懇意, 御相談, 御隠居, 思ふ, 思へば, 愛称され, 懇意な, 握手を, 敏子との, 新蔵とは, 旅を, 昔談を, 春さんが, 有仰る, 木崎湖へ, 来た, 来たひには, 来たらなかなか, 松波博士は, 枕を, 林蔵と, 正一君は, 正面に, 此あたりには, 歩くの, 母親の, 気が, 水入らずの, 水夫たちは, 汐田とは, 沢村さんが, 海に, 海蔵さんは, 涙が, 清五郎さんと, 清作さんが, 清水さんとは, 源さんの, 父が, 玉ちやんとの, 瓜二つの, 生活する, 男とは, 町役人の, 番頭さんと, 番頭の, 疱瘡で, 盛岡から, 真杉さんと, 知って, 碌さんは, 祝言を, 神山さんを, 私とでは, 称して, 立って, 約束した, 約束の, 組んで, 結婚しない, 結婚しました, 結婚なさった, 結婚なされ, 綽名を, 縁先に, 美禰子との, 自分とで, 自分との, 自動車で, 自称し, 與之, 花の, 花嫁とは, 花子さんは, 若主人, 茂少年を, 菊次郎さんと, 萩原さんの, 落下した, 行く, 親しかった, 親しかつ, 言いましたね, 言う, 言うこと, 言った, 言っちゃ, 言つた方が, 言ひました, 言ふと, 言や, 言われて, 言われるの, 言葉を, 許り歩い, 話した, 話したこと, 話してを, 話し喜平さん, 語りあっても, 誠さんが, 貴方との, 賭けを, 赤毛布の, 赤毛布は, 踊りに, 近いうち, 逢ったの, 連呼する, 遊びに, 道で, 違うの, 銀一君の, 銀一君は, 長次郎と, 間に, 間違えられたの, 阿母さん, 降りそそいで, 降り灑, 青山墓地で, 静栄さんと, 面白くない, 頭を, 馬之, 鼠

1 [3202件 抜粋] ВОКСへ, あお互, あちらの, あなたとは, あの御, あまり飲まない, あんなこと, いいますか, いい大柄, いうに, いかん, いっしょじゃ, いったらドンナ山, いってるん, いつた壮年, いと慌ただし, いふ者が, いれかわったの, いわせること, いわれるの, うまく行ってる, おかみさんはが, おちかづき, おっしゃいますね, おっしゃる棟梁さん, おなじよう, おまえさんの, おゆき, おんなじだ, お久米さん, お会い, お前は, お呼びする, お嬢さん機関長上, お弟子さん, お松さんとの, お母さんへの, お瀧さん位, お玉さんとの, お種どん, お舟, お親しい, お豊さん, お附き, お鶴さん, かるたした, きたらこれ, きたら鼻毛, きめた, ぎやさんと遅く, こうして, こさ, このげんさん, このよ, この会社, この千草さん, この広間, この正男さん, この若い, この酒場, こんだ, ご沈落, されたでしょうか, したとき, した時, しみじみ話す, じゃ鶴, するなり, するもの, する如く唇, する敵, する目的, する駒, せがれ夫婦と, せめて一夜, そして知らない, その両親, その小さなそろ, その赤子, それから一番, それから裾, そんなかつ, たけ子さんの, ちい子ちゃんと, ちょうど丈, つね子さん, ですか, とても生き, どちらかと, どんな応対, なった, なにか話したい, ならやっても, なり大仏さん, ねんごろ, はなしを, ひとつ鍋を, ぴったり抱きあい, ふと見違えた, ぶつかりっこしながら, ぼくと, また同宿, まったく同じ, みやさんが, もうここ, もちよんちよ, やらいうお, ゆつくり, よく遊んだ, よびとめて, わかって, わしと, わたしの, ア小娘の, キシさんとは, キリスト教の, スミ子ちゃんは, タンゴ, チラッと, トクさんは, バッタリ出会つた, ピンカートンの, ボックスへ, ヤバイ橋を, ルルさんは, ワフタンゴフへ, 一しょでなけれ, 一つ違です, 一寝入り, 一所でなく, 一番早く, 一緒でない, 一談判した, 一郎青年, 七時十五分ので, 三人づれで廣澤の, 三人連れで, 三好さんの, 下に, 下宿生活, 不都合した, 両方から, 中村警部は, 久太郎さんと, 乗込んで, 争論に, 二人きりでは, 二人づれで神奈川の, 二人両方から, 二人印刷屋へ, 二度の, 云いあわして, 云いましたな, 云い文士, 云うかみさん, 云う二科, 云う大きい, 云う家, 云う爺さん, 云う終始, 云う車夫, 云った不思議, 云つた感じだつた, 云ふお, 云わず一郎さん, 云者の, 井上さんは, 交代した, 京一さんは, 人見さんが, 今夜これから, 以来かの, 仰しゃりますか, 仰しゃるんだよ, 仰っしゃるのは何方, 仰有る人, 仲よくなりたい, 仲居さんとの, 伊勢屋の, 伊那中の, 会うてるぐらい, 会ったあの, 会わないつもり, 伺ったが, 位の, 何うなっ, 何も, 余との, 俊一君である, 保子さんに対する, 俺でなく, 倉地さんとの, 働く者, 僕は, 兄とが, 光を, 光子ちゃんらしい, 全く同様, 八木さんに, 共同で, 内の人とは, 内野さんの, 出かけ自分スエ子うち, 分って, 別れた, 別れた時, 別れるわけ, 別離の, 副つて, 加藤さんとは, 務むれ, 北さんに, 十七に, 十四五の, 千束守の, 半端な云い, 原っぱで, 友達で, 叫びながら, 合宿を, 吉祥寺の, 同じいけ図々しい, 同じく地, 同じもの, 同じ小屋, 同じ浮彫, 同じ靴, 同伴夜間撮影を, 同心せ, 同業錺屋さんだ, 同樣, 同藩, 名づけられて, 向うから, 君結婚し直せ, 呉羽さんとが, 呼かけ, 呼ばれた商人体, 呼ばれるだけ, 呼ばれ寒, 呼びさて, 呼び本人, 呼ぶこと, 呼ぶ男, 呼んだだけ, 唐突に, 喚き立てるじゃ, 喧嘩しよつた, 喧嘩アし, 囁き声, 國松さんで, 地で, 坐って, 堅気の, 壮二君とは, 変わったこと, 多助と, 大きい音, 大へん, 大変お, 大東学園病院の, 大西が, 太吉どんと一緒で, 太郎と, 夫婦仲よく, 奥さんとが, 女の, 女中を, 女房が, 妹さんが, 姉さまは, 姉とは, 始終定, 娘さんわたしとを, 婚約した, 子供に, 宅の, 安藤さんと, 室生さんが, 家庭教師の, 密談を, 寺の, 対談しました, 小さい男, 小唄の, 小林君が, 小林少年は, 小田滝三は, 少しも, 山, 山川さんとは, 山田氏の, 岩矢だけ, 嵐山へ, 左母次郎は, 差別つけられる, 帝國ホテルで, 平さん, 年を, 座に, 弁次郎さんが, 弱りし心, 彼等の, 後先に, 御内儀, 御母さん, 御自分, 心を, 心安くなった, 応対し, 思うと, 思はれ一度, 思へ, 恋愛に, 悟空子との, 感じて, 懇意だった, 或日, 手のひらの, 打ち合わせて, 打越金彌, 抱き合って, 掛け合ったところ, 握手, 政隆さんが, 敬われて, 文通してる, 新工夫, 旅館の, 日比谷を, 旧知の, 明るい日, 昔風な, 是非おい, 智さんに, 書いた, 最も多く, 有ゆゑ主税之, 朋友でも, 木の間から, 本子奥さん以外には, 杉山さんが, 来たこと, 来たら女, 来たら随分, 東上, 松公の, 柳が, 梅月の, 森田氏とに, 楽しい家庭, 樹登りを, 欲する乎, 欲せば, 正勝と, 此の, 歩いてたなあ, 死のうと, 母の, 母親とが, 比較する, 水液が, 決定し, 治郎君と, 洗吉さんとが, 浜田さんとに, 浴びて, 淀君は, 添わしたく思います其, 渡しけれ, 游さんと, 源三郎君とに, 漫画家の, 為しが, 煉瓦屋の, 爭ひ, 片山さん五時頃来, 狭苦しい町, 珠子さんの, 瑠璃子さんが, 生前どおりに, 田山さんの, 申して, 申します筈, 申す漢方医, 番頭とでは, 白山さまの, 白雲池から, 目に, 相乗で, 相談した, 看護婦さんが, 真紀子さんどうして, 矢沢さんの, 知合ったばかりに, 砕けちる月光, 祝言ごっこも, 神近さんとに対する, 私だけ, 私ばかり, 秋子を, 称する中年, 種子島時望さんの, 立ち話を, 競争で, 竹内さんの, 答える, 粕壁へ, 紅丸さん眼を, 組合ったの, 結婚すべき, 結婚を, 絶交する, 縁組する, 美智子は, 考へて, 職業紹介所と, 背中合せに, 膝組みで, 舞ひ乱れ, 良人との, 色男の, 芥川夫人僕と, 芳ちゃん兄弟が, 若い神職, 英子さんの, 茂少年は, 茶店の, 落ちて, 落涙し, 藤さんと, 蟒さん姐さんはど, 行ったの, 袖を, 見えて, 見合いを, 覚えて, 親しくな, 親せきの, 言い, 言い争った原因, 言うて, 言うわけ, 言う衆, 言ったよう, 言ってたかって, 言つてね, 言つて後, 言ひ, 言ふんでした, 計りし事鏡, 訳が, 話したので, 話してるあいだ, 話し座, 話す日本一, 語合う, 誰さんとは, 謀計し, 謂われたる老人, 貞世さんの, 買い物に, 赤井が, 踏絵さんが, 迎えに, 追っつ返っつの, 逢うの, 逢つて來た, 連れ立つての, 遊ぶの, 道づれに, 違うん, 遠乗りから, 酔うて, 野土青鱗, 金吾さんから, 鈴木さんと, 錢形の, 長い間, 門前に, 間違えられたと, 関係は, 附添看護婦とだけが, 降りそそぐ月光, 降り灑い, 隠居さんの, 雇いばあさん, 離婚した, 電話通信を, 静葉と, 音さんは, 頑張るの, 顔見合わせ, 食って, 飲みだした, 養女も, 馴, 高濱虚子先生とへ, 鶏の, 黒須先生は

▼ さん~ (5317, 4.1%)

89 呼んで 84 連れて 44 愛して 43 見て 42 訪ねて 36 つれて, 助けて 29 殺したの 28 見ると 27 相手に 26 知って 23 して, 殺して 19 見た 17 待って 16 つかまえて, 大事に 15 怨んで, 探して 14 殺した下手人, 送って 13 たずねて, 持って, 自分の 12 お連れ, ここへ, 伴れ, 抱いて 10 つけて, 呼びに, 手に, 頼んで 9 どうする, 可愛がって, 置いて 8 やって, 信じて, 好いて, 訪ねた, 訪ふ, 誘って, 迎えに 7 前に, 好きに, 嫁に, 憎んで, 探しに, 案内し, 殺した相手, 煩は, 見つけて, 迎いに

6 [13件] どう思っ, にらみつけて, 乗せて, 刺したの, 尋ねて, 残して, 私に, 私の, 見たとき, 見に, 訪ねたが, 許して, 馬鹿に

5 [21件] ここに, どうしよう, どこかへ, 中心に, 呼びました, 好きな, 嫌って, 家へ, 尊敬し, 帰して, 待つて, 殺した, 殺したと, 殺す気, 殺す氣, 殺そうと, 無理に, 見ながら, 見送って, 頼りに, 養子に

4 [48件] おぶって, お嫁, お訪ねし, お誘いし, さそって, ほんとうに, みて, よく知っ, よんで, ツさん, 世話し, 介して, 信用し, 入れて, 呼び出して, 呼んだ, 大切に, 引っ張って, 怨んでは, 恋して, 恐れて, 招んで, 捨てて, 殺されて, 殺すなんて, 殺すの, 生埋, 疑つて, 知ったの, 知つてゐる, 私が, 私は, 縁の, 縛つた, 罪に, 背負って, 見ろ, 見込んで, 訪れた, 訪れて, 訪問し, 訪問する, 貰って, 贔屓に, 起して, 追いかけて, 邪魔に, 騙して

3 [93件] うちの, おつれ, おも, お呼びし, お手本に, お見かけ, お貰いに, お風呂, ここから, ここまで, ごらんなさい, ご覧なさい, さがしに, さらったん, さらって, だしに, つけ廻して, どうお, どうした, どう思ふ, ねらって, のぞいては, ひどい目, まいて, みつめながら, ゆるして, よこして, よろこばせて, 一人で, 中心と, 二階へ, 仲人なり, 何だ, 助けたの, 可愛が, 吝だ, 呼びとめて, 呼ぶこと, 呼出して, 外へ, 女房に, 好きか, 好きだ, 好きだった, 好きで, 宥めて, 小脇に, 得て, 思い出して, 恨んで, 想像する, 慰めて, 慰めるに, 慰めるコンサート, 慰める音楽会, 憎いと, 押えてよ, 指して, 捜しに, 探しだして, 措いて, 描いた, 本当の, 東京へ, 欺し, 殘し, 殺したよう, 殺したん, 殺すこと, 殺すわけ, 殺害する, 疑って, 盗み出して, 眺めては, 紹介し, 絞殺し, 苦しめて, 見つめて, 見ても, 訪ねると, 訪問した, 評して, 誘拐した, 誤解し, 識って, 貰うため, 貰は, 追ひ廻して, 逃がして, 離れて, 非常に, 食べて, 駕籠に

2 [345件] あくまでも征服, あずかったの, あなたさまの, あなたの, あの家, あんなにした, あんなひどい, いじめた人, いじめて, いじめるの, いたわって, いつまで, いつまでも, いろ, お世話する, お助け, お呼びしましょう, お招き, お持ち, お誘いしたら, お誘ひし, お迎えに, お送りし, お通しする, お預り, かえして, かえりみて, かかえて, かばって, からかいわっ, からかったって, くにへ, こんなところ, ご存じです, ご存知では, ご覧千曲さんだったら, さがして, すすめて, すてて, そこの, そそのかして, そのよう, そばに, たくさんに, たずねた, たのんで, たよりに, だいじに, だんだんに, ちょっとお, ちらりと見, つかまへて, とても好き, とめて, とりまいて, どこかで, どこへ, なぜ訪問, なだめました, にらみました, のせて, のせると, はさんで, はじめ五人の, ひどいめ, まもるため, もって, もとの, もらって, やとって, よく見, よばないと, よろこばして, よんでも, わざと箱根, わしは, わたしが, わたしの, ジロリと, 一しょに, 一人前の, 一人連れ, 一緒に, 上げるよう, 中に, 中心として, 乗っけて, 今まで, 介抱し, 伴れだし, 使いに, 使に, 例に, 便って, 借り久米, 兄さんの, 先頭に, 凄いほどの, 処女だ, 出しても, 初めとして, 加へて, 助けだして, 助けに, 動かして, 口説いて, 可愛がりすぎるの, 可愛がるの, 味方に, 呼びましょうか, 呼び寄せて, 呼べ, 問い詰めた, 喜ばせて, 喜ばせること, 困らした事, 困らせて, 国へ, 地下室に, 地面に, 奥へ, 姉さんと, 姉さん同, 始め七人の, 娘の, 娶って, 安心させる, 寝かして, 寝床に, 対手に, 尊敬する, 小笠原か, 崇拝する, 川の, 市川へ, 帰らせて, 幸せに, 幸福に, 弁護し, 弁護する, 引きつれて, 引っぱって, 引寄せ, 引止めたり, 引止めて, 引留めて, 彫って, 待つ, 待つたが, 御前に, 御存じです, 御存じな, 御承知, 御案内, 御稽古, 御覧なさい, 忘れないでね, 快く思ってない, 怒らして, 怒らせて, 思うの, 思ひ出した, 怨むこと, 怨む筋, 怨んだこと, 恋しがっ, 恐がって, 恨む気, 悪くし, 想いつづけて, 想つた, 態, 慕って, 慰さめ, 慰めようと, 慰めること, 慰めるのに, 慰めるよう, 憎んだ, 我が強い, 戴きます, 手を, 抱きこもうと, 抱きしめて, 招じ入れ, 持つて, 指導する, 振り返つた, 捜して, 捨て, 捨てちゃ, 探し出して, 推薦し, 描いたもの, 搜し, 攫って, 支持しましょう, 放して, 救って, 救ひ出し, 敬愛し, 敵に, 斬つたの, 新たに, 旦那に, 書いたこと, 最後に, 東京から, 案内する, 棄てて, 棺に, 欺す, 殺さうと, 殺さなければ, 殺しお, 殺したとでも, 殺した敵, 殺した犯人, 殺しては, 殺すつもり, 殺すほど, 殺すやう, 殺す隙, 殺そうなんて, 気の毒に, 泣かせると, 犠牲に, 犯人と, 独りで, 理想と, 発見した, 発見できた, 白雲荘へ, 皆と, 目の, 眺めて, 眼の, 知ってから, 知ってるな, 知つたのは, 知つてるだらう, 知らないか, 知らないが, 知らない者, 知りませんし, 知る事, 祭って, 祭るの, 私と, 突きとばした, 突き落した本人, 突き落せるの, 突っついて, 窓の, 立派に, 筆頭に, 箱根へ, 籠から, 粗末に, 紹介された, 紹介した, 縛つて行く, 縛るなんて, 置き去りに, 置く訳, 美しいと, 脅迫する, 若旦那の, 褒めるの, 見かけた, 見かけたの, 見せて, 見たが, 見たこと, 見たと, 見たの, 見たん, 見た事, 見つけましたあなたそれ, 見つめました, 見ましたとき, 見ますと, 見やりながら, 見るなり, 見る度, 見れば, 見れや, 見ろよ, 見上げ, 見殺しに, 見舞いに, 見送つて, 覚えて, 親愛した, 観て, 訪うて, 訪ねたところ, 訪ねた話, 訪ねました, 訪ねる, 訪ねるいつも, 訪ねるそして, 訪ねる不在, 訪ねる酒, 訪ね同道, 誘うの, 誘きだして, 誘惑した, 誘惑する, 誘拐し, 調べて, 調べるなんて, 警察へ, 護って, 貰いたいと, 貰った方, 貰つ, 貴君に, 起こして, 起した, 跡取りに, 迎えてからは, 迎へに, 返して, 追ひ出さう, 追ひ出し, 送るん, 途中で, 連れ過ぎると, 連想する, 部屋の, 鉄砲で, 附け廻して, 除いては, 除いても, 隠したの, 頼みに, 頼んだ, 頼んだん, 食って, 養女に, 馬鹿だ, 駅まで, 驚かした, 驚かしたので

1 [3037件 抜粋] ああいう, あげて, あっしの, あの口, あまり子供扱い, ありがたがらなくなるでしょうか, あんなむごい, いじめたそれ, いたわるよう, いっしょに, いやルミさん, うながし村役場, おいこして, おこらせた探偵さん, おだてニッコリ, おどかすため, おぶいましょうほんの, おもう文章, およめ, お世話願えませんでしょう, お助け下さいません, お大事, お家へ, お役所, お探しし, お泣かせ, お置きあそばさない, お見習い, お訪ねした, お調べ, お迎えしたら, お願いする, かえって窮屈, かくして, かしいぢ, かつぐの, かばうよう, からかって, きめこんで, くどきあくる日, くわえこみ夫, こういうもの, こっちへ, この私, こわがらせるため, こんな押入れ, ごらんに, ご覧に, さそうよう, さらつたのは, しくじらせたくないと, しては, しばらく田舎, じっと見つめた, すきでなかったのに, ぜひモデル, そう呼ぶ, そだてて, そのままに, その飛行機, そんなになあ, そんな意気地, たずねたが, たずねる, たたきだして, たのむこと, だきおこしハンカチ, ちっともこわがらなくなりました, ちょッと, つかまえるの, つけ廻した様子, つれさること, でもそこ, となりに, とりました, どうかし, どうしましょう, どう思います, どっかへ, どんな人, ながめるやう, なぐさめるつもり, なにし, にらみつけましたが, のぞまないという, はじめおもだった, はじめます, はじめ十四五人の, はじめ編輯員の, ひがませずには, ひっぱって, ひつぱつてきてくれた三八九第, ひとりここ, ひどく感心, びっくりさせる, ぶちたたい, ほしがっ, ほめる, まいちゃ, またそこ, まっ先に太郎, まもりたいと, みかけたの, みつけだしたの, みやりながら, むけえに, めあわして, もう使わない, もっと奥さん, もともと好かん, もらうわけ, もらわないか, やつた, やりこめてるらしかった, やるわけ, よく御存じ, よく知らない, よこすの, わが家に, わらわずに, エロ本に, シンから, ダシに, チョイト出し, ホントに, メリヤス工場へ, ワッシと, 一つ酔わせなけれ, 一人ぼっちで, 一喝し, 一度お, 一枚看板の, 一番自由に, 丁寧に, 三方から, 上野に, 下へ, 不思議に, 両手に, 乗せた汽車, 予防する, 二十匹つれた, 云い籠めよう, 人が, 人質に, 今度は, 今晩中あの, 他の, 代表し, 企てた最も, 休息させないで, 伴れ出し, 何処かで, 使い廻して, 使者に, 信じとるわけ, 信心し, 倒そうと, 偉くも, 傷つけないよう, 僕は, 兄の, 入り用だ, 全然知りません, 典獄と, 写生した, 出した, 刀で, 初め看護婦まで, 刺した曲者, 刻んで, 力の, 助けおこし, 助けた人, 助けられませんよ, 助けるよう, 助手に, 勘当します, 包んだの, 十名雇いたい, 卑しむとか, 厭がらせる, 反逆的な, 取りました婬婦, 取り落したまま, 受け取って, 口説き廻して, 可哀そうだ, 可愛がり過ぎて, 可愛らしいと, 叱り付けるやう, 吉里さんは, 君に, 呑んで, 呼びかけたの, 呼びましょう, 呼びよせにんにく灸, 呼び迎えたの, 呼ぶほど, 呼ぼう, 呼んだの, 呼出しては, 商売人として, 喜ばせる運び, 嚇しては, 困らせにか, 國元へ, 地べたにつき, 堕落させる, 夕方までに, 大八車に, 大学に, 失うの, 奪い出そうと, 好いてや, 好きらしい, 妙に, 始めこ, 始め皆, 娘が, 婿に, 嫌ってたわ, 学園で, 守る意味, 宜く知っ, 家に, 容れる事, 寝かしたため, 射るつもり, 尋ねた第, 導いてから, 小藤次, 少し遊ばし, 屈服させる, 岡っ, 工場から, 師として, 庄屋に, 座頭に, 弄み, 引きずるよう, 引き取って, 引ツかけよう, 引寄せた, 引立て, 強いて, 当分父, 彼女の, 待ちつつ, 待つ時刻, 後見に, 御妻室, 御存じない, 御存知なかっ, 御紹介, 御覽, 心からうっちゃる, 心配させる, 忘れて, 忘れは, 応援し, 怒らせるの, 怖がる人たち, 思いだして, 思い切れないん, 思う程度, 思ひ浮べて, 怨まねば, 怨んでる者, 恐縮させる, 悦ばせようと, 悪く云う, 悲んで, 想い出す, 愕かせ, 愛してらつし, 愛しも, 愛する程, 慕うて, 慰めわたくし, 憎む, 憤激させた, 手の, 手離す, 批評し, 抱いた若者, 抱きあげた時, 抱きかかえたまま, 抱き上げようと, 抱くよう, 押しのけて, 招いて, 招待した, 拝むの, 拾ったよ, 持ち出す, 指で, 振り捨てて, 捕えて, 捕りに, 捜すの, 捨てること, 掛けるん, 探しだすこと, 探そうという, 描いて, 撃ったの, 操りかねて, 支えるだろう, 放飼, 救い出さなければ, 救う義務, 教育する, 敵の, 斬るっていう, 旦那衆に, 早く見付け, 時々遊び, 書く場合, 有難いと, 本当に愛するなら, 東京の, 松造に, 案内に, 横へ, 欺いてばかり, 此の, 此方へ, 死なしたの, 残したまま, 殺させる必要, 殺したこの, 殺したなんて, 殺した幽霊犯人, 殺した疑を, 殺した覺, 殺し朝田家, 殺すといふ, 殺すよう, 殺す積り, 殺せるわけ, 毒害する, 気味悪く思うた, 決め込んで, 泣かしちやつたの, 泳がせて, 浅草に, 深切に, 演らせる, 無くしたため, 無茶苦茶に, 煩わすこと, 父さんの, 牢内から, 特別に, 狙つて居る, 玄関の, 生きた實例, 生む, 産むと, 留守番として, 疑う気, 疾う, 白金臺町の, 盗んじまうまで, 直ぐに, 真中へ, 眺めはじめた, 睨みつけた顔つき, 知ったん, 知ってると, 知つてらつ, 知らないとお, 知りません新吉さん, 知ろうと, 祀ったげよか, 祭る場所, 秘密の, 突いたの, 突き飛, 立たせその, 笑わせて, 精神喪失者と, 級中の, 結婚おさせなさろう, 綺麗だ, 縛って, 縛らうと, 縛るわけ, 置きゆき子, 羨ましがらせ, 老人に, 聴いたん, 育てたもの, 能く, 膝下に, 自動車の, 船から, 苛めないで, 苦しめたから, 苦しめようとして, 荒町の, 落とし穴の, 藤尾の, 虜に, 袖子の, 製作室から, 見あげながら, 見おろしながら, 見かけて, 見すえると, 見たか, 見たので, 見た覚え, 見つけるでしょう, 見つめる, 見なかったか, 見ませんか, 見ること, 見る機會, 見出しそれから, 見守って, 見捨ててまで, 見染めたと, 見給え涙, 見舞ふ, 見送った, 見附け出した自分, 親方と, 解放し, 訪う同道, 訪ねたら二人, 訪ねようと, 訪ねるこ, 訪ねるとか, 訪ねる二角君, 訪ねる十一時過ぎ, 訪ねる御, 訪ねる週間朝日所載, 訪ね加十さん, 訪れ約, 評するわけ, 誉る, 誘いました, 誘い出しました私, 誘つても, 誘ひに, 誘惑し, 誤魔化して, 説明役に, 論じたので, 譲って, 負って, 貰い下げ, 貰うと, 貰ったの, 貰ひたい, 貰へる, 貶して, 賊の, 起さずに, 起すが, 蹴落そうという, 車に, 迎えおと, 迎えること, 迎え容れ喜田川夫人, 返す気, 迷わせたの, 追い出すよう, 追っかけて, 追ひ廻したの, 追求する, 送つて行つた, 送り出した時, 逃がさないよう, 逐い出すまでには, 通しちや, 連れに, 遊ばせて, 運んだ塵芥車, 遣ったと, 避け此十畳, 酷使致しましょう, 金三郎の, 長屋に, 除いた四人, 陰欝な, 隣の, 離されなくなって, 離婚させ, 電報にて, 音楽家に, 頭目の, 頼もしく思, 願いさげて, 食い物に, 養って, 駅で, 驚かすだろうと

▼ さん~ (4758, 3.7%)

33 私も 30 一緒に 28 来て 23 知って 19 それを 16 私の 13 口を, 御一緒 12 いっしょに 10 自分の 9 非常に 8 それに, そんなこと, 出て, 御承知, 黙って 7 お玉さんも, ここへ, 子供も, 東京へ 6 そんな事, 人が, 人に, 今の, 帰って, 手を, 私に, 連れて

5 [20件] あれば, いって, お気の毒, さすがに, そう言っ, そこへ, それから, それで, つづいて, どうした, やつて, 今日は, 同じこと, 同じよう, 同じ事, 君の, 後から, 笑って, 行って, 顔を

4 [29件] あの時, あるし, いい人, いよ, いらっしゃい, いらっしゃれば, いる, お母さんも, ここに, この頃, これを, その一人, それは, どうし, 中畑さんも, 何か, 大変な, 奥さんも, 家に, 平気な, 年を, 此の, 死んで, 気が, 気を, 私と, 私を, 立派な, 見て

3 [78件] あたしも, あなたの, ありました, ある, あるの, いた, いないの, お糸さん, このごろは, そうだ, そうです, そこに, そのつもり, その気, ついて, ひどく心配, またそれ, もう六十一, よく承知, よく知っ, わたしも, 一しょに, 一所に, 一生懸命に, 一緒だ, 一緒だった, 不幸な, 中, 云った, 云って, 井上君の, 人の, 今夜は, 仕方が, 伯母さんも, 來て, 俺の, 僕と, 元は, 刑事たちも, 初めの, 千代子さんも, 可哀そうに, 可愛さ, 喜んで, 太郎も, 女の, 安心し, 家へ, 小林君も, 居ない, 年が, 彼の, 御健勝か, 御存じの, 心配し, 急に, 手の, 日がけを, 旦那の, 普通の, 来庵, 気に, 氣の, 泣いて, 流石に, 演る, 然う, 目に, 聞いて, 見たで, 言った, 言って, 誰も, 負けずに, 達者で, 部屋の, 顔色を

2 [331件] あくまで周囲, あちらへ, あった, あつい毛, あの, あの人, あの山, あの年, あの男, あるでしょう, あれで, あれなら, あんまりだ, いいでしょう, いくらか, いった, いつも小綺麗, いて, いなかった, いました, いまは, いらっしゃるし, いらっしゃるん, いらつし, いること, いれば, いろいろな, うい, うちの, おあがり, おいで, おいでよ, おいらも, おかしい人, おつぎさん, おめ, おもしろい人, お互に, お内儀さん, お前の, お力落し, お嬢さま, お月さん, お母さんの, お紺さん, お見え, お達者, お黒さん, かわいそうだ, きつと, こ, ここで, ことによったら, この人, この土地, この地主さま, この暑い, この辺, これまで, こんどは, ご一しょ, ご存知の, さっきから, しっかりし, しまいには, すぐ賛成, すすめるので, すつかり, ずうずうしい, ずッ, そういっ, そうである, そう云う, そう云っ, そう思っ, そして父さん, そっと出, そのあと, そのこと, その中, その例, その夜, その日, その点, その辺, それが, それと, それには, そんな風, たいていじゃ, たいへんな, たうとう, だが, だまあ熟, だらしが, だんだんに, ですか, とりたてて, とんだ事, どうかし, どうぞ, どうです, どこか, どこかへ, どんなに喜ぶ, なか, なかなか隅, なにとやら, のぞいて, はいって, びっくりしました, ほかに, ほんた, まじって, またカチカチ山, まだお, まだ一度, まだ若い, もうあきらめ, もういい, もう四十, もう私達, もつと, やって, よく二人, よく御存じ, よく立ち, わけの, わたくしと, わたしの, わるくない, ゐました, ゐる, ピロちゃんも, 一つ貰いたい, 一二年行つて見ない, 一時は, 一緒で, 上田屋の, 不思議そうに, 並んで, 二郎さんも, 五郎さんの, 亡くなりました, 今に, 今は, 今まで, 今夜に, 今度は, 今朝は, 仕事の, 仕方なく, 仕方なし, 他の, 何だ, 何も, 健さんも, 僕も, 先刻そんな, 先生に, 入って, 六郎組か, 其れ, 其年八歳で, 再びこの, 初めは, 別段お, 北さんも, 厭な, 又何處, 友伯父さんも, 古いもん, 可哀そうです, 可哀想です, 可怪しい, 同様に, 名古屋の, 君に, 呼ばれて, 呼んで, 和助さんも, 和尚さんも, 善い人, 喜ぶだらう, 噂を, 声を, 変って, 変な, 変に, 夢の, 大したこと, 大困り, 大変だ, 大変に, 太郎さんの, 奥の, 好いけれど, 好きだった, 妙な, 娘さんも, 娘の, 嫁に, 嫂も, 子供が, 子供の, 学者と, 安心だ, 定めて, 家を, 宿が, 寝て, 寮へ, 小林少年も, 小母さんも, 少し気, 差し金を, 弱つてはりまん, 待って, 待つてらつし, 御変り, 御大抵, 御存じが, 御安心, 御遠慮, 徳さんも, 心引かれ, 忙が, 急いで, 怨んで, 悪くは, 悪るく, 感に, 慾が, 我の, 手が, 手代の, 承知し, 支那へ, 早く逃げたら, 昨夜何んにも, 暇が, 書いて, 書生たちも, 本が, 来た, 来なかつた, 来ると, 此処へ, 武士だ, 死んじまったし, 死んだ, 死んだこと, 毎日かいがいしく, 気の毒だ, 気の毒な, 決して日本一, 洋服を, 涙を, 満洲, 満足し, 無論に, 父も, 猫に, 珠子さんも, 現場を, 甥一人を, 皆が, 皆も, 目が, 直ぐ来ます, 直次郎どんも, 相変らず, 相当な, 相手に, 眼を, 知っての, 知つてゐ, 知つてゐた, 知つてゐる, 知つて居る, 笑いながら, 笑ひ, 笑ひ出し, 絶版に, 継子さんも, 続いて, 罪な, 羞恥を, 考えて, 能い人, 自分で, 自分に, 自分も, 自然に, 若いこと, 若かった, 蛇紋石の, 行かない, 行きませんか, 行った, 裏で, 見えた, 見えて, 見える, 見物に, 覚悟の, 親切だ, 親切に, 言つて不思議相に, 誘って, 誰さんも, 謀叛の, 賢ちゃんも, 身内には, 近所の, 近頃は, 返事に, 道の, 遠くから, 重三さん, 閉口し, 隅に, 青木さんも, 頻りに主張, 飛んだ事, 首を, 驅け, 驚いて, 骨が, 骨折甲斐は, 黒須先生も

1 [3324件 抜粋] あ, あきらめて, あたたかい涎, あてに, あのきえちゃん, あの女, あまりの, あり無けれ, あれぎり, あんたも, あんなに美人, あんな目, あんまり酷い, いいわ, いかが, いささか笑っ, いたんじゃ, いっしょです, いつし, いつまで, いづれ後, いなせな, いやな, いらした, いるから, いろいろ御, うなずいて, うらまん, えんが, おいでな, おかしい, おしまいだ, おとなしいな, おぬいさん, おやすみだ, おりおり口, おんなじ考え, お伊勢参り, お前いろいろ, お前と, お友だち, お園さん, お大変, お嬢さんも, お寂しい, お弱く, お揃いでございます, お母さまから, お由羅, お節介だ, お聽, お薬, お買い, お靜さんぢ, かう思はれるや, かなりの, かんが, きちんとした, きっと評判, きらひ, くる, こういう所, こちと, こな, このよう, この僕みたい, この春, この言葉, これからが, こればかりは, こんなにし, こんま, ご存じなら, さうですが, さぞよろこん, さっぱりし, しかたなし, しばらく見ない, じっと様子, すぐに, すこしまし, すすめる, すつかり疲れ, ずいぶん人, ずっと前, そいつの, そうかい, そうするなら, そうやっ, そう申し, そこを, そのお, その二三日前, その娘, その後何処に, その文章, その服装, その行列, その齢, それから先刻, それぞれ帰っ, それらの, そんなに惡, そんな物, たいへんねえ, たしなみの, たちの, たぶんお, だいぶんもうかっ, ちっとも笑いませんでした, ちょっと二の句, ちょっと毒気, ついつりこまれ, つまらねえこと, ですけれど, とうとう根負け, とくに去り, とんだ災難, どうおし, どうぞかんにん, どうもおち, どうやら自身, どんなにか, なかなかよく働い, なかなか忙, なかなか負けない, なく母さん, ならないだって, にげなさい, はいるかね, はっきり見た, ひどいじゃ, びつくりし, ぶつぶつ言い, ほんとにうち, ぼつぼつ帰っ, まことに不偏不党, またきょう, またひどく, また恩師, また笑み崩れ, また齋藤茂吉氏, まだだった, まだ旧弊, まだ若, まんじゅう笠を, みんな, みんなそう, みんな一緒に, むっとしました, もうおらなかった, もう一度此處, もう元, もう寝たら, もう年頃, もう氣, もちろん人, やがて戦地, やっぱい, やっぱり色気組, やはりお, やはり杉本, やらなきゃ駄目, やんちゃな, ゆっくり昼寝, ようよう落ちつい, よくそんな, よく出, よく知つて, よっぽど悟り, よろこんで, わしも, ゐないの, アンポンタンには, キライ, シゴイさんも, ゾクッと, チラリチラリ用事, ナンです, ハイカラで, フレッドさんも, マア坊も, ヨシ子さんも, 一つあきらめるだ, 一ツ摘みなさい, 一千八百四十一年に, 一寸様子, 一度で, 一枚十銭の, 一緒でございました, 一緒よ, 丁度役場, 万全で, 三休橋も, 三次元世界に, 上げて, 上海には, 不在さらに, 不景気で食えねえ, 世津子さんも, 中島さんも, 久しく見ない, 乗んなさい, 事情を, 二人の, 二日の, 云い寿江子, 云われたよう, 亦其の, 亦頼綱, 亭主が, 人蔘の, 今ちょっと, 今上田で, 今日あたりは, 今晩は, 仕合せだ, 仰るん, 仲間に, 会社を, 佐渡の, 何だか厭, 何とか頓智, 何んの, 何時帰ります, 余程うた, 來た, 俊雄君も, 倅も, 偉いなあ, 偶には, 僕ちやん, 元気でいる, 先ず安心, 先生の, 児供が, 全力を, 共に斉, 其廓へ, 内に, 出席した, 出来るだけは, 初やも, 別段僕, 前とはよはど, 力を, 助かる氣, 勝公も, 十一月三十日には, 千世ちゃんも, 南朝鮮で, 厭がっ, 又それ, 叔母の, 古畑さんも, 可哀, 可惜命, 右翼かぶれした, 同じです, 同じ尾張人, 同じ種類, 同感だろう, 名物であります, 呆れて, 呼べないと, 唖々さんも, 商売は, 喜ぶこと, 嘸御, 困ったもの, 国へか, 坊ちやんも, 堀田ラフトも, 壮六さんも, 変ったもん, 外套を, 大いに喜ん, 大きな腹, 大丈夫だろう, 大分お, 大勢学生さん達が, 大変ね, 大寶, 大抵お, 大方失せ, 大骨折り, 太郎さんも, 奧村の, 女中も, 好いた男, 如才ない, 始まりは, 婆やも, 嬉し泣きに, 学校は, 安心する, 実はぼんやり, 家業を, 富美子さんと, 専門の, 小さければ, 小川さんと, 小遣いに, 少しく私, 少し不審, 少し疲れたらしい, 居た, 居らしったん, 居るだらう, 山口君から, 島津さんの, 工業試験所で, 巧い, 帆村君も, 帰りしなに, 常子さんも, 平生よりは, 幾らかの, 店へ, 弟が, 強いて, 当惑の, 往生し, 御ゆっくり, 御多忙しいでしょう, 御家族, 御有んなさる, 御用掛の, 御遠慮なく, 心から私, 心臓の, 心配らしく, 快うなれ得, 思い直して, 性急だ, 恨が, 悦んでね, 悲しくなっ, 愕きました, 感心だろう, 成りたけ, 或は結婚, 戻つて來, 手持無沙汰に, 承服の, 折々来, 拝みに, 指摘し, 掴まったよう, 放射線の, 断然さとっ, 新六さん, 既に独立, 旦那も, 早いこと手續, 早くこの, 早く来, 昌一君も, 昔日から, 昨日浦和に, 時々, 時々顔, 晩年にな, 暮しが, 最後は, 有りませんよ, 朝寝坊を, 本当に心配, 朴歯の, 来たでしょう, 来ないの, 来られるという, 来るだろう天野さん, 来訪, 東京以来かぜひき, 林町へ, 根負けを, 梅ちやんも, 極力抵抗, 機嫌が, 正ちゃんも, 此一座の, 武さんも, 歸りました, 死んだん, 殺されちまったそう, 母五百に, 毒気を, 気づかれたよう, 気の毒に, 水浴びし, 江戸かい, 決して矢代, 泣いたに, 洋傘を, 浮べるという, 深雪さんも, 済みませんと, 満蔵, 溝へ, 為さんも, 無言で, 焼場へ, 父さんに, 物好きな, 猟に, 琢磨氏も, 生命にゃ, 田丸の, 男なみの, 番頭か, 疲れたらしいから, 白い仕事着, 百枚以上の, 皆来, 目っ, 直き, 相当酔っ, 真似る, 真面目に, 着ってるけれど, 知ってるだろう此里, 知らっしゃる通り, 知らなん, 石川さんに, 社員も, 祟られて, 科学再建と, 窮って, 立上って, 竹刀の, 笑顔を, 箸を, 純な, 組合長さんも, 縁側の, 美しいがね, 美緒が, 考えた, 聞いたでしょう, 脇から, 自分と, 舌を, 芝居で, 若い女, 若王寺から, 苦に, 茶屋の, 落ちて, 蔵の, 蚊細い, 行き田山白雲, 行つ, 被來つて, 襷を, 見えないぞ, 見えました, 見せたいから, 覚えず声, 親旦那, 言わなくても, 訪ねて, 話さなかったから, 認めたもの, 誰からか, 警察に, 貞ちゃんも, 買いかぶりは, 賛成らしい, 赤見沢博士の, 身が, 輿に, 近ごろは, 迷惑わたしも, 這入って, 遊びに, 道楽者, 遠慮なく間男, 酒に, 酔興に, 金太郎も, 銭湯に, 長兵衞樣, 防毒面に, 随分あぶら, 随分勝手, 随分私, 離れの, 青ざめた顔, 面白い人, 須磨子も, 頼りに, 顔だけは, 飛んだ災難, 飲むの, 馬吉くんも, 騒々しいと, 高島田に, 鱈腹つめこんだ, 黒江氏も

▼ さんから~ (1378, 1.1%)

26 手紙が 19 聞いて 18 電話が 15 何か 10 頼まれて 9 借りて 8 聞いたん 7 その話, 便りが 6 ハガキが, 聞かされて, 聞きました, 貰って, 金を 5 お話が, お電話, きいて, 眼を, 話を, 電話で 4 お手紙, 直接に, 私は, 聞いたこと, 聞いたの, 貰ったもの, 貰つ

3 [21件] うれしい手紙, お使い, お聞き, お金を, この家, ですか, 少々借り, 少し借りる, 手紙で, 次の, 聞いた, 聞いたと, 聞いた話, 聞くと, 見れば, 話が, 貰ったん, 返事が, 電話, 頼まれたこと, 頼んで

2 [76件] あんたが, いろ, いろいろな, うかがって, うれしいたより, おきき, お悔み, お話を, これから急, して, そういう話, そのよう, それを, そんなこと, そんな話, たずねられて, たび, だ, だと, でしたのよ, です, わたしは, 一昨日の, 久しぶりに, 云って, 伺ったところ, 伺って, 口切りを, 呼びとめられた, 太宰さんが, 寄越したもの, 少しばかり, 帰って, 得た知識, 御返事が, 御電話, 恐ろしい宣告, 戴いた綺麗, 手を, 手紙, 手紙を, 承つたん, 承つて, 政治家が, 教えて, 教えられて, 新しいの, 旅費を, 最近きかされ, 村の, 来た手紙, 目を, 短冊代を, 聞いては, 聞かして, 聞きましたから, 聞きましたけど, 自分の, 自分は, 若い衆まで, 苦情が, 葉書が, 葉書を, 親分に, 親分を, 詳しい話, 買って, 返事の, 返事は, 金は, 離れて, 離縁状を, 電報を, 電話でございます, 電話です, 電話の

1 [956件 抜粋] あすの, あたしも, あなたが, あなたさまに, あの人, あの飄逸, あらましの, ありがたい手紙, あれが, いいいい, いいつけられたの, いい話, いじめられたって, いただいたの, いただいて, いつもの, いろいろの, うか, うかが, うかがったこと, うまくせしめた, え, おいしいもの, おじさんの, おっしゃって, お云いなさい, お使ひで, お便りが, お前さんが, お前さんの, お友達, お宿, お届けもの, お松さんが, お父さんに, お祝儀, お芋, お茶の, お薬, お貰いに, お買取り, お迎えに, お頼まれ, かかって, かねがね吹込ん, かりた, きいたが, きいたとき, きいたもの, ききましたらやっぱり, きた手紙, くわしくきいた, くわしく聞いた, こいつは, こうこういう, こう持ちかけられる, こちらの, ことづかった香煎, このお, この兄さん, この女, この御, この羽織, この話, この間その, これを, こんなリッパ, こんな葉書, さう言, さんざんお, じかに聞きました, すっかり事情, せき立てられて, そう云っ, そう云われ, そう言っ, そのお話, その人達, その家, その後お便りありました, その後消息は, その踊り, それは, それや, そんなに言われ, そんなやさしい, たくさん薬を, たびたび見舞, たらされたの, ださうです, だったと, ちょっと学校, つい昨日, つれづれで, できるだけはなれ, では, といつて村の, とんご柿を, どうも困つた, どんな事, なつかしいたより, なにか品物, なら一層, なんとかいっ, なんにも言われた, はいからの, はじめさんは, ひつたくつ, ひとりの, ひどく叱られた, ほ, ほんた, また, また師匠, まだ何, まといを, みかんを, みんな聴きました, もうたびたび聞かされました, もう少し詳しい, もさうは, もらいたいもの, もらった切符, よい返事, よく聞いてた, よばれたとき, よろしく, よろしく仰いまし, れいの, わたしの, アスピリンを, イジメられ, ガミガミ叱られ, ギャラが, コーヒーを, スッカリ御, タオルを, タクシーの, デン報, ハガキ来ました, バルトリに, ペーパー頂戴, ポートマスの, メダルの, ヤイヤイいわれ, リボンを, 一つの, 一切を, 一寸来い, 一度お話が, 一本の, 一様に, 一番し, 三八九会加入の, 三甚さんに, 下宿の, 不意の, 丹下左膳らしい, 久慈さんの, 予め旨, 二ヶ月で, 二十銭弁当やら, 二十銭足らずあつめた, 二度目に, 二百円渡され, 云い出したん, 云われても, 五年前一九二九年の, 井伏さんと, 京の, 人参ゴボーどっさり, 今日の, 今日貰い受け, 今朝急に, 今私の, 仕上げたに, 仰しやつ, 会社へ, 伺いましたが, 伺ったはなし, 何かと承, 何と, 何とか蛇吉, 何の, 使いが, 來ました, 便が, 借りた, 借りたほか, 借りた上蒲団, 借りた戦争画報, 借りた本, 借りた百五十ルピー, 借りた草双紙, 借りた金額, 借りなくって, 傘を, 兄弟の, 先ずあなた, 先は, 先日彩壺会の, 先生の, 八十銭の, 八橋を, 冗談の, 出される郵便, 出たの, 出た金, 切符を, 別にいくら, 剃刀を, 前以, 前話同様, 助けられた命, 勘定なんか, 十両貰っ, 十兩くらゐ, 千円お, 南さんを, 又ぞ, 受けた御, 受ける感じ, 受け取るだけ, 受取ったばかりの, 受取った鍵, 受取ると, 受取るわけ, 口止めされ, 口火が, 句集代として, 句集代を, 叩き上げ人物, 叱言, 右の, 名刺を, 君が, 呉れた春, 呼べば, 商売柄の, 土地を, 坑夫に, 場所を, 夕飯を, 夜中火事を, 大いに信頼, 大きなお, 大そう, 大變, 奥様に, 女へ, 女衆まで, 始まって, 委細の, 孝二くんに, 完全に, 実印を, 容赦なくやっつけられる, 尋常小學の, 小包到来御, 小遣いを, 少し借り, 少し用だて, 届いた電報, 届きやしたのう, 巡礼に, 帯よ, 干魚, 幾ら貰っ, 引っぱりだこ, 当然聞き出さなく, 後妻にって, 御報知, 御用が, 御聞き, 御返事よ, 復た, 怒られたという, 思いも, 恐ろしい手紙, 恨まれる, 恨みを, 悲しい手紙, 惚れられて, 慕われて, 懐中ランプを, 戴いた本, 戴きまして, 手紙くらゐ, 手紙と, 手紙もらいまし, 手紙来, 手紙柳さんの, 手袋を, 承つた時, 承りました, 承りますのに, 承わる, 押し上げて, 招かれまして, 拝領の, 持出したこと, 採つたばかりの, 描いて, 教えられたとおり, 教はりました, 教わった通り, 敷島の, 斯う, 新日本文学会, 方向転換の, 旦那様が, 明晩招待される, 昨晩東京の, 是非お, 是非一度読ん, 時々内証, 暇を, 最初に, 月曜日の, 木曜日に, 本どちらも, 本三冊借り受け, 杖の, 来たのよ, 来たん, 来た最後, 来た葉書, 来ましたの, 来信あた, 来信桂子さんからの, 東京からも, 校長先生へ, 案内を, 楽譜を, 欧州の, 正餐の, 歳暮を, 段々の, 毫も人格, 永井へ, 求められるまま, 注意され, 注意を, 活動寫眞の, 深浦の, 渡される品物, 無氣味, 無理に, 然ん, 父の, 片脇を, 特別手当が, 獲た材料, 瓶に, 生前に, 申さんならん, 申込まれて, 画家乃至, 畑や, 病院の, 百年立っ, 直さんにか, 直接には, 直接打ち開け, 直接聞いた, 相談ずくで, 眼の, 督促が, 知らせが, 確かな, 祝福を, 禁じられたの, 私に, 私を, 秋までは, 種々の, 稲ちゃんの, 稿料落手それだけ, 突込まれ, 立派な, 竹原屋の, 米と, 米代, 糸巻と, 紫女と, 絵が, 絵ハガキが, 縁談を, 繪はがきが, 羨まれるよう, 聞いたお, 聞いたって, 聞いたでしょう, 聞いたとおり, 聞いたには, 聞いた事, 聞いた刺青, 聞いてた, 聞かされたこと, 聞かせられて, 聞きましたがネ, 聞きましたの, 聞きました時, 聞き出したこと, 聞き出したの, 聞き馴れて, 聞けば, 聴いたろう, 聴きただすこと, 聽い, 肉体の, 胃癌の, 膝さ, 色々な, 色色と, 色色倫敦の, 芳醇一壜頂戴, 若衆小僧さんまで, 茶の間で, 菊正一本, 蒙古, 虐待を, 見たらば, 見りゃア, 見事な, 言は, 言伝って, 言葉を, 訊いたり, 訊きませうか, 訴へ, 詰問を, 話しかけられるの, 話は, 詳しい話し, 詳しく聽, 詳しく話し, 誘はれたの, 誘われて, 説教された, 読物を, 誰にも, 貰いましてね, 貰ったの, 貰った刀, 貰った白米, 貰った餅, 貰つたのよ, 貰つて來た, 貰つて戻, 貰ひなさい, 買いもどすん, 買ったという, 賞状を, 赤い面, 軽少な, 迎いに, 迎ひ, 返して, 返事を, 迫られて, 追いかけられ憎まれその, 送つて, 送られた小為替, 送り屆, 通知した, 速達で, 速達よ, 遁れる, 遠い故, 酒代拝受, 重力の, 野々宮さんの, 鐚一文だって, 間もなく見舞い, 離して, 雨戸を, 電報が, 電話うちの, 電話がか, 電話である, 電話家が, 面と, 面会を, 頂いた指環, 頂戴すれ, 預って, 頼まれたね, 頼まれたハンカチーフ, 頼まれた白い, 頼まれての, 頼まれまして, 顔を, 食事の, 餅と, 餅やら, 馬に, 馬史の, 鳩に, 鶏頭数株を

▼ さんという~ (1127, 0.9%)

132 のは 71 人は 58 人が 44 のが 27 人の 18 方は 17 方が 11 人も 10 ひとは, ものは, 娘は 9 ような, んです, 人に 7 ものが 6 お宅, のです, のを, 人を, 女の 5 お方が, ひとが, 人, 人です, 女が 4 お人, のも, ものを, 人だ, 名で, 子は, 方に, 方の, 男の

3 [18件] ことに, のだ, ひとに, ひとの, ひとも, 中年の, 人でした, 人には, 人にも, 名が, 女を, 娘が, 子が, 家が, 家は, 方, 方です, 老人が

2 [51件] うちの, お侍さん, お医者, お嬢さんは, お方に, お方を, お武家, お金持ち, ことが, ことは, その人, ように, んだ, 一人の, 事だけ, 人だった, 人で, 人と, 先生は, 劇作家の, 十五六の, 名は, 名を, 女は, 女太夫さんは, 姉さんの, 娘さんが, 娘さんは, 娘に, 娘の, 子も, 宮内省の, 家の, 少女に, 息子が, 方と, 方には, 村の, 母の, 浅草の, 浦粕の, 渡り職人が, 爺さんが, 男が, 看護婦が, 私より, 立派な, 美しい娘, 若い女, 若い男, 言葉に

1 [438件] あだ名を, あととりと, あの人, あばずれが, あぶれも, あんな妙齢, えらいお方, おとなしい人, おとなしい夢見る, おなじみの, おばさんも, おひと, お侍, お兄さん, お内儀, お医者さん, お医者様, お友達, お名, お大名, お婆さんでありました, お嫁さん, お客の, お客様は, お宮の, お役人, お恭ちゃん, お方は, お醫者さん, お金持, かたが, かたと, かたは, ぐあいに順々に, ことであった, ことも, ことを, ことをば, この女, この街一, これが, これも, しとやかな, すごいよう, そうだ, その主人, その女, その独り娘, その言葉, たいへんなお, たかの, たが, たしかな, だろう, ところから, ところだろう, のか, のかね, のかネ, のだった, ので, のでした, のでしょう, のとは, のに, のね, のの, のはね, のへ, のより, の北野家の, はたちあまりの, はたちばかりの, はなはだ土臭い, ばかが, ひさの, ひとり娘, ひとり者で, ひとを, ひと私の, ふうに, ふしぎな, みずけ, もういい, ものより, やさしい少女, よく物, わに屋から, んじゃ, んだろう, アパートの, アマノジャクが, アメリカ人を, アンチモニーの, オッサンは, カフェーの, スエ子の, ストリッパーけむの, チョイチョイお, ドンコ通が, プロテスタントの, ペルシャ猫だった, ポスターの, ミシン製造会社の, 一燈園の, 七十何歳かの, 三人は, 三十三四に, 下っ腹, 不幸な, 中佐であった, 中国人ね, 中国辺田舎の, 中学で, 中年増の, 丸い若い女, 事が, 事であった, 二世の, 二人の, 二代の, 二十一の, 二十五六歳の, 二十四五の, 二番目の, 人から, 人たちが, 人だって, 人でございます, 人とが, 人との, 人な, 人ほんとうに, 人形の, 人後で, 人物は, 人窪川鶴次郎も, 人質を, 今では, 今年十六の, 仏蘭西人が, 仕事師が, 仕事師の, 代りに, 会社の, 伯母さんが, 伯父には, 何か, 倉知の, 偉いお方, 健康の, 偽映, 優男の, 元からの, 全然ペテルブルグ式貴婦人, 六十四の, 内で, 内でやす, 内にも, 凸版の, 刑事の, 別嬪の, 前の, 労働者が, 医博でした, 医者の, 十七に, 十九歳の, 十八かの, 十歳ぐらいの, 千両役者が, 友達, 友達が, 友達の, 反物屋は, 収入役の, 叔父の, 口上いい, 可愛いい小間使い, 可愛いもの, 可愛い人, 可愛い娘, 可愛らしい娘衆, 可憐の, 名だった, 名であった, 名でした, 名まで, 名よ, 名前から, 名前が, 名前とが, 名前な, 名前に, 名称の, 呼びかた, 呼び方, 和蘭人の, 商売は, 器量よし, 噺し, 四十ぐらいの, 国学院の, 国文の, 土地の, 変名で, 大きい鼻, 大きな伯母さん, 大ブルジョア, 大哥, 大工が, 天晴れ貞女を, 夫婦約束まで, 女, 女じゃ, 女だった, 女でございます, 女でも, 女に, 女の子を, 女まさか, 女も, 女中さんを, 女中と, 女中に, 女性に, 女性に対しては, 女性の, 女性を, 女給が, 女給に, 奴が, 妹の, 妹も, 姐さんだった, 娘, 娘ふたりが, 娘を, 娘御, 婆さんに, 媚かしい, 子か, 子と, 子に, 学校は, 学生っぽい, 学者の, 客が, 家では, 家に, 家には, 家を, 小使い, 小母さんに, 小粋, 山崎の, 山木氏の, 山道きっ, 巡査が, 左官や, 希望だった, 常磐津の, 年とった, 年老った, 建築技師が, 影口も, 役廻りだ, 後家で, 後援者の, 後楯の, 従姉を, 御子息, 御飯炊き, 心がけの, 心やさしい, 息子は, 意味, 意味だ, 意味である, 意味にも, 意見で, 憎まれ者, 手習の, 才女で, 才媛が, 技師だった, 持ち主が, 指圧が, 掛茶屋の, 敬称で, 新しい奥さん, 方だ, 方なども, 方を, 方働い, 方思いの, 方想像が, 旗本を, 旗本上りの, 日本一頼みに, 日本人かと, 日雇い労働者に, 旦那とも, 昔の, 曙町の, 曹洞宗の, 朋輩と, 未亡人の, 本名に, 板木屋の, 梟の, 植木屋の, 楊梅売り, 標札が, 模範少女です, 権妻の, 歌詠みの, 正宗系統の, 正式女房の, 母には, 沖縄の, 洋画家が, 洋行帰りの, 清元の, 漁師が, 焼打事件の, 煙草屋は, 犬好きの, 独身者で, 猟師に, 玄冶店の, 生きた機械, 生き証人, 生徒が, 産業戦士だった, 男あり, 男だ, 男で, 男には, 男を, 男上総屋の, 男妾の, 画工を, 番頭は, 疫病の, 白痴を, 百姓が, 目の, 目白の, 相手の, 相手を, 相識の, 看護婦の, 眼鏡かけ, 石の, 碁席の, 社が, 神奈川在産れ, 私の, 竹馬の, 管理人と, 絵かきさんが, 絶好の, 綺麗な, 綽名が, 綽名で, 綽名も, 美しいひと, 美しい人, 美しい女性, 美人が, 美少年の, 美術家を, 老人で, 老人に, 老人の, 老女が, 老女は, 老婦人, 老爺さん, 老紳士, 者とは, 者に, 肩の, 肩書の, 自分の, 艇長が, 花魁でございます, 花魁の, 芸者, 若いすこし, 若い娘, 若い学生さん, 若い小間使, 若い者, 若い衆が, 若者頭は, 若衆とで, 若衆の, 華族くずれ, 華族の, 落語家に, 虫ずが, 表札が, 西班牙語の, 親戚の, 親類の, 観念ばかり, 言葉とが, 言葉を, 訳よ, 評判を, 話しあいてを, 話好きの, 豊かに, 貿易会社の, 質屋の, 赤熊の, 近所の, 鋳金家が, 錺屋の, 鍼医の, 長唄の, 門構えの, 青年が, 非常な, 非常に, 順序に, 頑強日光一の, 顔ぶれでした, 顔も, 風来な, 馬具屋であった, 高飛込み, 髪結いの, 髪結さんが, 鮨屋に, 鴨が

▼ さん~ (1115, 0.9%)

53 はない 45 あつた 24 はありません 22 せう 21 いらっしゃいますか 15 はなく 10 もお 8 はなかっ, もない 7 いらつし, は, は無い, 私は 6 せうか, も 5 ね, もある 4 せうね, もあらう, もなけれ, も誰, 通って

3 [13件] あつたの, いた, ござります, ごぜえます, でも, な, はございません, はないでしょう, もその, もなく, もみんな, も出, 御座ります

2 [56件] あつて, いいじゃ, いらっしゃいます, からりと, げしょう, ごぜえやす, さあ, さえそう, せうな, その頃, それから, それが, それは, なあ, ね月給, はあった, はありませんでした, はいらっしゃいません, はどうも, はなかったろう, もあります, もあるまい, もう七十, もこの, もこんな, もずいぶん, もそんな, もなし, もまた, もよく, もよこし, も伯母さん, も何, も助七, も可, も好い, も小, も来れ, やって, よかった, ゐら, んの, アご, 一人は, 二三度お, 今の, 友人たちと, 名前は, 思い出した, 日曜ごとに, 父は, 米吉さんです, 聞いて, 荒さんで, 酉刻半, 鞘当的な

1 [688件 抜粋] あっしの, あつたな, あとは, あなたが, あの, あのカンヂス, あの人, あの有名, あらいよっと, あらう, いいたい点, いいたい話題, いつぱいなので裏, いつまでも, いなさるそう, いようとは, いらし, いらっしゃいましょう, いらっしゃいますって, いらっしゃいますな, いらッ, いらツ, いるが, おいきやす, おいでたん, おかしなほど傲慢, おしたいと, おとなしい方, おましたか, お世話に, お入用, お取調べ, お喜, お妙さん, お師匠さん, お情交, お父さんも, お目にかかったのよ, お目にかかる, かなり盛ん, がまんする, がんすか私ア遠い, ぎっしり填っ, けがを, げすか, げすな, こけし人形と, ここへ, こそおんぶ, こちらが, ことに扇, このエハガキ, この家, これから偉く, これから西荻, これは, これも, ごく上等, ごぜえますだ, ご器量, さえあれ, さえこの, さえこれら大人物, さえとりこ, さえどうもほとんど, さえも, さえもこういう, さえもてあます, さえダージリン, さえ出発, さえ斬ろう, さえ賭け, さね, さへ, しかなかっ, しかも柳腰, しよう, しようそん, しらべた分, すぐ顔, すこぶるお母さん, すでに死ん, すらよく, すら三藏, すら茶, せうこちら, せうつて云, せつかく, そうそう浅川亀之助, そしてちっとも, そのあと, その代り, その妹さん, その次, その男, それにこちら, それや, それを, たくさんだ, ただ彼, ちゃちゃっ, ちょいちょい浮気, ちようどよ, とかいっ, ときどきいらつ, とても綺麗, どうお, どうかする, どうぞ此方, どうと, どうも様子, なもし, なア, ねそもそも, ね浮山, はあと女学校四年, はありますまい, はありませんでし, はあんまり, はいや, はいらつ, はお, はお祓い, はかわいがる, はございます, はございますまい, はございませぬ, はござりませぬか, はござんしない, はその, はだめ, はつきあっ, はと逃げ, はど, はないです, はなかなか, はなかり, はなくっ, はならぬ, はねえ, はゐ, は三角棚, は下僕, は勝負, は可笑しい, は土蔵, は外, は大して, は学生時代, は少し, は師匠, は御座んせぬ, は心付け, は懇意, は持つ, は捜索願, は旧い, は春木少年, は最早, は毒, は氣, は無, は無く, は紛れ, は言葉遣い, は遂に, は間に合わない, ひとり好きな, ひどくなつ, へえまるで, ほとんどサークル員, まあこの, まアまアまア, みんな持つ, めんどうくさがっ, もあつ, もあの, もいい, もいらし, もいらつ, もうた, もう一人, もう立, もえやないか, もかなうまい, もこういう, もこしらえ, もございませんけれ, もざら, もすこし, もそれから, もだれ, もちと, もとにかく, もどうか, もなかっ, もなん, もひっかけ, もびつくり, もみつけ, もみんな獨自, もむす, もやっぱり, もやつ, もゐたら, もキリスト, もチビス, も丁稚, も三人, も中野さん, も二階, も云, も今, も今度, も佐藤春夫さん, も來, も信用, も先觸, も入, も入らつしたら, も分るだろう, も勤め先, も印刷屋さん, も又, も古賀さん, も図書館, も埓, も大き, も孔子, も宜, も専門ちがい, も山浦, も役に立つ, も心から, も怖い, も怖く, も憎み, も手, も折々, も押しかけ, も拵え, も昼間, も暮し向き, も来る, も殺す, も気に入らない, も気候, も無い, も無かっ, も生き, も病気, も癒ら, も真鍮, も瞞す, も祖母さん, も祖父さん, も祭ら, も稲荷信心, も紙屋さん, も聘ん, も色けが, も芥川さん, も草津, も被り, も見, も誘つて, も貰つてやり玉, も貰ひな, も買物, も逃げます, も道楽, も郡長はん, も酒, も陰太, も雀, も驚くだろう, も黄の, も黄金, やっぱり一躍有名, やっぱり宮島さん, やっぱり惣右衛門, やはり惣右衛門, よいご, よく存じ, わが家の, わざわざのぞき, ゐて, ゐるのにさ, ゐる時, アーサは, ガラリと, キレイに, ジャックの, ダンディで, ニヤニヤ笑い, パチ, パトロンの, マクシム, ムッシュウ・テイラアふうむ眠っ, リーヂア・ミジーノヴァという, 一は, 一人あまった, 一杯, 一生懸命働い, 一番仲の, 一足でも, 七八つの, 七草も, 三番目は, 三軒とも, 不思議な, 不景気知らずの, 不自由しねえ, 二人とも, 二階の, 人が, 他の, 代表された, 何か, 何も, 余つ, 価値だけの, 借りた提灯, 借りれば, 僕の, 先刻から, 兎を, 全然水商売, 八重子という, 兵隊に, 其の亭主, 内田さんと, 別な, 前髪立ちの, 劇場を, 十五日も, 午餐が, 双方あちらこちらの, 口利きで, 召使を, 可愛がる, 同窓が, 名は, 名を, 名高い木曾, 品行の, 商ひ, 商賣, 土曜日の, 坂口さんと, 声楽を, 外出しよう, 外山君という, 夜分渡し船を, 夜晩く, 夜間女学校に, 大助りします, 大売出しを, 大正五年に, 大連の, 大阪い行っ, 大騒ぎを, 夫から, 夫婦寄る, 女性の, 女房も, 妙な, 始めて家, 娘の, 子供の, 学校を, 宅の, 宜いとも先づ, 実は門田樸斎, 家の, 小堀杏奴さんの, 小学教員兼醤油屋の, 少し顏色, 少し顔色, 尻尾も, 居て, 居らつし, 帰って, 平五郎さんて, 年は, 当時は, 当時十歳で, 御ち, 御出家, 御座ました, 御用が, 御苦勞樣, 恥か, 懲, 戻って, 手前共仲間の, 拝借が, 持主は, 揉んで, 放送局の, 日ソ国交恢復当時の, 昔は, 春めいた雨, 時々おいで, 晩の, 月見の, 有るならば, 有名な, 朝御飯の, 本妻から, 来た, 東京へ, 松屋松吉という, 柔和な, 欠点を, 次が, 次は, 正三位, 正直に, 殊に扇, 殿様が, 殿様蛙は, 気が, 気骨の, 水を, 油あげ, 泊めて, 淨瑠璃が, 温厚で, 満員である, 澄して, 無くても, 無く此, 父親と, 牧野さんと, 現に同, 甘い乱積雲, 用いる上等, 画学校の, 病気が, 白装束を, 盗みの, 目を, 眼の, 眼を, 神さんといふ, 私の, 私より, 移転したてに, 立派な, 紫や, 絵の具を, 維新後に, 置くんじゃったとナ, 美しいので, 美貌で, 翌る, 肋膜が, 脈処を, 舞踏会や, 良家の, 色の, 花魁の, 若い人, 苦労なく, 茶の, 荻窪の, 行くの, 見えた, 見りゃそんな, 談話の, 豊島さんは, 賑つて何時も, 起こったへん, 身を, 轟さんこの, 退屈で, 通すよう, 通つ, 通るの, 通る人, 遊ぶと, 遠く南, 重吉では, 鐵さんや, 長虫使いでは, 陸軍病院に, 随分苦労, 隠居さまがたを, 青く塚, 青田風, 非常な, 非常に, 頬っ, 額面は, 食パンを, 食事の, 馬方は, 高田早苗坪内雄蔵天野為之三宅恒徳の, 魔法使いの

▼ さんには~ (1083, 0.8%)

9 それが 6 分って 5 お気の毒, なんの, 何も 4 気の毒だ, 私の, 私は, 自分の 3 あなたの, お礼を, それは, 三人の, 何の, 私から, 私も

2 [60件] えらいお世話, おようさん自身, お世話に, お内儀さん, お氣, すぐそれ, すみませんわね, ずいぶんお世話, それらが, それ嘗て, たいへんに, どこか, どんな事, へんな, ほんとうに, まるで人, もう二ヶ月, もう何, もう少し理解, 一と, 一番の, 一目も, 下口に, 不快な, 何か, 何にも, 何んの, 何時までも, 借りが, 入院料を, 別の, 十九に, 大切な, 大変な, 好意を, 子供が, 少しも, 御気の毒, 思はれた, 敵わ, 新太郎が, 旦那が, 是非よろしく, 死んでも, 毎度お世話に, 気の毒です, 氣が, 氣の, 無理すぎる, 用は, 相違ない, 砂馬さんの, 罪が, 見当も, 負けたと, 過ぎもの, 配偶や, 関係ない, 隨分とも, 頼もしがられ

1 [896件 抜粋] あげた癖, あたいの, あたしと, あたしの, あつた, あなたから, あのマリヤ・グリゴーリエヴナ, あの声, あの女の子, あの弟, あの秘密, あの重荷, あまり愛想, あまり重, あらねども, あるはず, いい都合, いかにも似合い, いくらかマゾヒズム, いちばんあぶない, いつか一度会った, いまの, いや, いよいよ分らぬ, いろいろお世話, いろいろと, いろいろ殿様, いわば人生, うつて, おかしくも, おとなしくって, おぼこ娘の, おれから, お会いしない, お別れ, お妻太夫さん, お寺といふ, お母さんも, お気の毒様, お目, お職, お茶の, お談義を, お逢い, お銀様, かうと, かえって御, かないやしない, かなり皮肉, かなわないよ, かまわないわけ, かわいい男, きっと面白い, きれいな, くつきりと, こういう叛逆的, こういう飾らない, こっちの, このカプセル, この場, この節, この貧しい, これからの, これだけ, これまでも, これ黙っ, こんな咄, さう, さぞおもしろく, しっかりした, しっかり頭, しばらく言わない, すぐに, すまないけど, する仕事, そういう人, そういった苦言, そう思われ, そこまでは, そのう, そのお, そのなに, そのよう, その三つ, その同情, その女, その寝床, その手, その老, その腹, そばに, それより, そんないい, そんなに頼母, そんなの, そんな方, そんな気持, たくさんの, ただ聞いた, たったいま, たのしいあそび, たれも, だれが, ちっとも問題, ちっとも恥ずかしい, ちゃんとお, ちゃんとわし, ちんぷんかんぷんだった, つきりと, つひま, とうとう現在, ときどきお, とてもその, とても春子さん, とても駄目, どうしてもかなわない, どうしても追いぬけない, どうでも, どうも不可解, どう見えます, どこかに, どなたから, どんな花, ないしょだ, なかなかねえ, なぜ声, なな, なにを, ならず, ならないわ, なれないもの, なれなかったに, なんでも, なんとでも, なんにもいっ, はたして連, はっきり話した, ひどい目, ひどく人情, びっくりさせられました, ふさわしくない, ふられるそこで, ほんの一瞬間, ぼくの, まことにいひ, まことに結構, またご, またその, まだお, まだ二人, まだ屋根代, まだ私, まだ縁談, まだ逢っ, まるで解らない, もうずっと前, もう夢中, もったいないくらいの, やっかいに, やはり挨拶, よくし, よくなかった, よくわかってる, よく分らず, よほど前, わかってるはず, わからない, わからないだろうが, わからないん, わからねえ, わかるまい, わかるまいが, わかるん, わしが, わたしから, わたし口に, わるいけど, イクラカに, カッフェーの, ツンと, ファンの, マユミさんの, ルンド寺院に, 一人の, 一寸底, 一度逢, 一應御道理の, 一杯差上げ, 一生描い, 一種の, 一面識も, 三抱へも, 不断の, 不義理を, 中らなかったんで, 中らなかつたんで, 丹後先生相当, 久しく拝顔, 二つの, 二日か, 二枚上げる, 云いながら, 五月の, 人間として, 今でも, 今わてが, 今晩お, 他に, 会ったこと, 会つてよく, 会ふ, 会わなかったの, 伝わって, 伯父の, 低級すぎた, 何だか二つ, 何と, 何を, 何んな, 何んにも, 何時でも, 余り多感, 働いて, 僕は, 僕もう, 兄の, 先生が, 先頃縁談の, 全くお先真暗, 全くの, 全く想像, 全く欲得, 六時頃あの, 内儀さんを, 内緒で, 内証で, 冬衣の, 出来ない相談, 出来なかつた, 出来る筈, 分からない, 分かるだろうと, 分らなかった, 分るまいが, 初ちやん, 初めて逢う, 初耳の, 判らないこと, 別に, 別に手紙, 前にも, 勝手に, 勿論女隠居, 勿論若い, 北京に, 十分お, 厚い人情, 又不愉快, 又今度, 及ばない, 友の, 友情を, 口も, 可厭, 叶は, 同情は, 吝ッ, 呑込めませんでした, 喜代子という, 喧しい規則, 嘉吉が, 困りましたわ, 困ります, 園が, 土曜日に, 堪らなかった筈, 士族の, 売らないと, 外に, 多少不感症, 夢中だつた, 大体察しが, 大分閉口し, 大勢子供が, 大変愉しい, 大抵一万円もか, 大阪に, 天成の, 夫婦喧嘩以外に, 奥さんから, 女の, 女の子が, 女房も, 好く見える, 好都合だ, 姉さんが, 姉さんと, 娘の, 婚約の, 子供は, 子弟への, 宜しく仰しゃっ, 実にお, 家まで, 富本さんと, 将来の, 小包を, 少しもったいなく, 屹度どちらだ, 希望が, 平生御, 幸ちゃんが, 庄屋と, 弟分だ, 当分会えん, 彼の, 從兄にあたる, 御世話, 御名刺, 御目, 御逢, 徳蔵稲荷の, 心あたりに, 心臓の, 心配せぬ, 必ず大学, 忠実だった, 恋して, 恩に, 恭が, 息子が, 悪いけど, 悪い女, 惜しく成っ, 愉快で, 意識的でなく, 感服する, 慥に, 懐に, 懲, 打合せを, 扱いかねるでしょうから, 拾銭白銅を, 持てませんね, 持れぬ, 指も, 掛け替の, 教育が, 敬意を, 敬服させられた, 敵が, 斯う, 既う, 旧夢茫々, 早かろう, 早めに, 星田さんの, 是だけ, 時々親しい, 時々逢う, 書くと, 最早や, 未だ云わず, 未だ解らない, 本当にお, 東京な, 松明を, 柿崎さんの, 根室で, 極が, 楽みであった, 此乱雑な, 死霊が, 殆ど想像も, 母に, 母親さんという, 毎日色々の, 気がつかなかったらしい, 気に入るん, 気の毒だつた, 気乗りの, 決してない, 沢山子供さん, 沼津で, 海の, 深い同情, 深く戀慕, 済まん思いながら, 渋江終吉という, 無い事, 無量な, 然う, 煮豆ばかり, 父である, 片腕の, 物も, 特別勉強を, 猶更, 珍しい豪胆, 生れつき淫蕩の, 用の, 用はねえ, 申しませんが, 男が, 當分會へ, 疑われる人, 相すまんと, 眞劍に, 真黒の, 礼を, 禁句だ, 私しゃ実に, 私たちは, 私今だって, 私淑し, 竜吉が, 第一創作集, 簡単な, 細君が, 絶対に, 綽名まで, 縁談が, 縁談の, 罪は, 義兄さんの, 義理も, 聖賢相親しむ, 肉情の, 腹具合の, 自分が, 自分を, 自然と, 興味でありました, 色々お世話, 芸人が, 若い時, 苦しいもの, 蛇が, 行って, 行会ふ, 衣物が, 見えないん, 見ても, 見透すやう, 覚えの, 親しみが, 解つてゐる, 解らないん, 解るまい, 言えないよう, 言えぬこと, 言わなかったろうが, 許すべからざること, 訳の, 評判が, 話が, 話したくなかった, 話して, 誰も, 負けますしかし, 貴方も, 貸しが, 軒の, 近頃よい, 返す方角, 追いつく事, 通じて, 逢う気, 逢った, 逢ったこと, 連れが, 違ひお, 適わない, 遺恨は, 金輪際できない, 長いこと, 長谷川さんが, 閉口だ, 関わりの, 関係は, 限られて, 随分お世話, 随分言い, 隨分からか, 隨分世話に, 電気でも, 静かに, 非常に, 非難の, 面倒を, 面白かった, 面白くな, 頭が, 頼まぬが, 養い親, 馬道の, 驚いたわ, 黒い着物, 黒い粉, 黙つて

▼ さんたち~ (890, 0.7%)

97 の組 6 のこと 5 といっしょ, の間

4 [11件] がよく, と一緒, のお母さん, のため, のよう, の姿, の方, はどう, はどこ, はみんな, はもう

3 がどんなに, の, の生活, はこの, はその, はそれ, はどんな, も

2 [43件] かい, がそういう, がそれ, が来ただ, が集まっ, でございますね, でさえ多く, ですよ, としゃべっ, と仲よく, と運動場, にも一杯御馳走, に交っ, のあいだ, のあと, のいんちき, のうち, のお, のほう, の世話, の事, の役目, の御, の手, の若い, の道場, はいつも, はくるくる, はそういう, はそんな, はそんなに, はだまされ, はのん, はびっくり, は何, は六人, は少し, もいる, もお, よ, よりももっと, をつれ, を呼ん

1 [704件 抜粋] あるいは三井, あんまり近藤勇, おそくよく, か, からいじめられ, からひとり, から出ました, から左向け, から徳島, から自発的, があぶない, があら, があんな, がいくら, がいらしつ, がうち, がおのおの, がかわい, がき, がこ, がここ, がすぐ, がすべて先頭, がそこ, がそれぞれ, がそんな, がだ, がちょっと, がとにかく, がない, がなにか, がはだ, がひどい, がまたごん, がみんな真珠, がもう, がわし, がわたし, がわらったら, がコチコチ, がダンス, が三人, が中, が久留米絣, が云っ, が今日, が作業, が優れた, が入る, が六区, が凄い, が別室, が力, が唇, が四人, が困りなさる, が多く, が大勢, が女学校, が学校, が家, が居た, が帰, が当然, が御, が担がれ, が持ち帰る, が揃っ, が時計, が本, が来ます, が来る, が果物, が森はんとこ, が機, が水, が泊つて, が無遠慮, が狐, が現在, が甜めてる, が男一匹, が番, が眼, が私共, が聞いたら, が職業, が腹, が花柳病, が苦い, が言っ, が言った, が足枷, が身なり, が迂闊, が遊ん, が道, が避暑, が鏡台, が非常, が顔, が飲みあきる, が鳴き騒いどら, ぐらいです, こそほんとう, これから仕事, さぞ疲れたろう, だ, だから, だった, だつた, だね, だ私, で, である, でお嬢さん, でさあ, でしたが, です, ですが, でもあろう, でもがけ, でも昔, で名取, で鉱山, というひっくるめ, といらっし, とがこうして, とが見物人, とこうして, とこの, とし, とどちら, とは少し, ともちつ, ともの, とよく, と一杯, と三階, と出かけた, と半蔵さま, と四人, と学校, と床, と懇意, と放牧, と深く, と父親, と用件, と童謡, と話, と間違, と陰, と馬車, どうして, どうしてるでしょう, なら, なんか何とも, なんか知らねえ, にいや, にお, にくれなす, にしろ, にそっと, にその, にそんなに, にたよらず, にだって申し訳, にちゃんと, にとっては感性的, にとってもあの, になんだか, にはこうした, にはわからねえや, には一露里, には分らない, には古い, には頼まれ, にまでどの, にもこれ, にもどうぞ, にも弁当, にも相談, によく, にわし, に人気, に会う, に会わせる, に似つ, に依っ, に売っ, に大勢, に対してあんな, に引きわたす, に御馳走, に愛, に招待, に教えた, に時計, に會, に校歌, に殺されます, に毎月現金, に特に, に用事, に知れる, に約束, に義理, に訴えた, に話した, に輕, に返し, に追っかけられ, に通有, に限った, のありがたがっ, のいわゆる, のうわさ, のおかあさん, のおかげ, のおよそ, のお伴, のかえった, のかたまり, のかわいらしい, のする, のそれ, のはたらき, のほしい, のみの責任, のもっ, のやう, のオモチャ, のキャムプ, のサイクロトロン, のプレゼント, の一件, の中, の予想, の云, の云う, の人気, の会, の会合, の住居払底, の作品, の作家活動, の健啖ぶり, の働きぶり, の像, の内面的, の出, の前, の力, の勇気, の動き, の勝, の国, の在り, の容子, の寄り合い, の将来, の席, の年頭, の影, の後, の態度, の我慢, の指さす, の文才, の旅, の時計, の暮し, の朝, の案出, の楽しみ, の欲しい, の欲望, の気分, の準備, の爽やか, の目, の相手, の眼, の知らない, の稱, の笑顔, の純情, の結綿島田, の綽名, の罹病率, の羨望, の考え, の背中, の自動車, の血, の見事, の言う, の調べた, の調停, の足, の部屋, の長い, の間違, の降りる, の隠れ家, の頬, の頭, の顔, の首, の髪の毛, はあと, はあなた, はあれ, はいったい, はいよいよ, はいる, はいろいろ, はおなか, はおばあさん, はかくし, はきれい, はくち, はこまった, はさっと, はすこしも, はずいぶん, はそこら, はたいへん, はただ, はだれ, はちょい, はちょうど, はとう, はとなり, はどういう, はどうして, はどっさり, はなお, はなんと, はにせ, はふしぎそう, はみんな一食づつきまつた配給, はみんな何, はみんな平太, はみんな緑色, はみんな陽気, はやっと, はよく, はよろこびいさん, はわれわれ, はギョッ, はバルブレンさん, はフランスパン, は一万五千人, は一緒, は一週間, は互に, は人, は今そこ, は今日, は今朝, は仲間うち, は体, は働く, は僕, は元, は兩方, は助手, は十銭, は台所, は右, は固, は土間, は大, は大手, は奥さん, は女生徒, は嫁, は学者, は席, は幾多, は役, は彼, は恋愛, は恐らく, は恩人, は悪魔, は慧眼, は手, は手ぶら, は昨夜, は来, は来た, は欧米, は毎日蕗, は水泳, は江戸, は決まっ, は法律, は活溌, は海, は焼く, は牛乳, は田植, は申しあわせた, は皆金切声, は眠い, は知らない, は私, は窓, は紙, は組分け, は臆病, は自分ら, は自分賄い, は要る, は言った, は誰, は貸し, は路易たち, は遊び, は道, は長い, は青い, は革命思想, は食事, は髪の毛, への可哀想さ, への御, への愛情, までが縁, までその, まで建築, まんまとだまされ, もありました, もあれよあれよ, もあんな, もきっと, もこれ, もそういう, もそぞろ, もそれ, もべつ, もみんな, もわたし, も一人, も一人帰り二人帰り, も先, も刀, も大変, も工場, も彼, も悦ばれませう, も悪党, も本当に, も此処, も歩い, も私, も職業, も見え, も見逃がし, も買い, も黙ってない, やこの, や子供たち, よりちょっと, より醜く, をあっ, をお, をかわいがる, をこの, をさがし, をたすけ, をたずねる, をなぐさめよう, をびっくり, を乗せ, を入, を助け, を味方, を大, を弁護, を東京, を気の毒, を相手, を育て, を見る, を見守ろう, を追い出し, を追っぱらいました, を連れ, を預, 動くと, 悪う思う, 悲しいこと, 暑いです, 知らぬもの, 詫び入って, 迷うなよ

▼ さん~ (812, 0.6%)

8549251613 と思っ 12 ということ 8 こと, なあ 7 そうで, と云う 6 とばかり思っ, ねえ 5 という, もの, ッ, ッて 4 から, からな, からね, そうだ, と, という人, といふ, と云, と思った

3 [17件] からお, からその, からそれ, から宗さん, から山影さん, がね, ぜ, そうです, ちよ, つてそりや, とて面白く, と思, と思ふ, と憎く, と言, と言っ, のが

2 [41件] あ, え, お客さんだ, かお, からお前さん, からとて彼, か何だか, か知らない, が, がその, がなん, ぞ, っけ, つていつか溜息を, つてこの, つて怒ります, で, とあと, というの, といふ親, と云っ, と思い, と思います, と思う, と思つて, と聞い, なぃ, なんて, ね夫, のという, のの, のは, のを, べ, わね, ん, んを, ツて, ヨ, ヨーッ, 宗さんだ

1 [381件] ああ富山, あねえか, あの人, あんなお, お前は, お米坊, か, かそう, かそれ, かどう, かの工夫, かよく, からいい, からいう, からかと思った, からこれ, からじゃ, からそれで, からたまりません, からだ, からちょっと, からです, からというよう, からとおっしゃった, からとてあの, からどういう, からどうもう, からなあ, からなそれ, からぼく, からもう一度, からよ, からッ, からネ交換手, から一時, から与兵衛さん, から世間, から乗物, から云, から云う, から信用, から先生, から内々, から別, から坊, から多分, から大事, から天子, から失礼, から市議, から年, から心配, から快く, から成り金, から斯様, から特に, から特別, から申します, から直ぐ, から確か, から私, から結構, から羽織, から良い, から荒っぽい, から蘇, から言います, から話す, から貢い, から逃げ隠れ, から通った, から鐵, から驚く, かんな, か失礼, か存じません, か秘書, か綺麗, か解らなく, か迷う, か髪形, があんな, がいい, がかんべん, がこれ, がご, がすぐ, がたった, がどう, がどうして, がどうやら, がどこ, がな, がね今私, がヒス的, がリオ, が一度, が何, が品川, が字学, が宇津木さん, が掛り人, が橋, が機嫌, が殿, が渡り者, が無類, が私, が覚え, が酔, が酔っ払う, けど生徒, けれどあの, けれどもこれ, けれどもその, けれど何だか, ことそれは, ことの, ことのと, この宿, さう, し, し器量, し悠然, し注意, し狙っ, ぜえ, ぜほら, そうである, そうでございます, そしてイワン, その中, その先生, そんなくれえ, ぞッ, ぞ疑う, ってな, つた, つたと, つたのです, つて, つてこんな, つてさうだ, つて五兩や, つて人などを, つて家へ, つて小屋が, つて矢田世津子で, つて結局, つて隨分怨ん, で餓鬼, といううたがい, というもの, という事, という師父ターネフ, という気, という若僧, という話, といっ, といつわっ, といふお婆さん, といふぢ, とうとう, とか, とかいうこと, とかいう話, とかいろ, とかお, とかその, とかとのべつ, とかと云つて, とかなんとか, とかまたは, とか人間, とか何さん, とか元, とか別嬪, とか大師さん, とか娘, とか娘さん, とか新渡戸稲造さん, とか旦那, とか落窪, とか露天商人, ときいた, とすれ, とそう, とて一心一, とて井上さん, とて外, とて差, とでも, とはしらず, とはどうしても, とは夢, とは思っ, とは思はれない, とは思われません, とは知り, とは知る, とは考え, とばかり思いこん, とばかり思った, とばっかり思っ, とばっかり思ったら, とま, とわかる, と一目, と云つて引合, と仰有る, と分った, と判った, と厳しく, と大騒ぎ, と存じます, と年頃, と彼, と心から, と思いこん, と思いたくっ, と思いました, と思っちゃった, と思ってた, と思ってる, と思つたの, と思はない, と思ひ, と思ひました, と思ひます, と思へ, と思わず, と感心, と憶え, と手, と承りました, と昔気質, と来る, と楽屋, と気がついた, と直に, と知, と知らせ, と私, と紹介, と聴いたら, と聽, と見惚れ, と言う, と言えない, と言った, と言明, と鶏, どうなすったろう, どりや, なあと言, なあハハハ, ないくつ, なし, なと分つた, なと思い, なと思う, なと思った, なと林檎, などう, などと云う, などと仰し, なんていっ, なんてお前, なんて云い, なんて仰っし, なんて油断, なン, な代議士さん, な私, ねああ, ねあんた, ねいい, ねえか, ねえかよ, ねえそれでは, ねお前, ねすると, ねそれ, ね何歳, ね十一二位, ね昼日中子持ち, ね泣かなく, ね痛く, の, のであつ, のと, のにこの, ましに, ものあの, ものねえ, もの両親から, もの何うし, もの悪かろ, もの本当に, もの私らを, もの送る, もんだ, やたらと, よう, よお前, よお母ちゃん, よけがらわしい, よって母子, よと度重なる, よと母, よと言い言いした, よまァ, よわざ, よ上代様, よ憎らしい, よ無闇, よ餅屋, わい, わね向う, わね私達, わらが, んが, んに, んばかり, アね, オートバイで, カフエーの, クリスマスだ, ッけね, ツせ, ネ, ネー真面目くさ, ヨッ宗さんなら, ヨーッ宗さんだ, ワ, ワ坊っちゃん, ーッ, 一室一燈さ, 一寸出迎へを, 一所に, 両雄相見, 人たちも, 今日は, 以前は, 何だって, 何も, 何を, 何時も胴忘れ, 例の, 其処へ, 大屋さんで, 大層急い, 姿の, 子, 実刑を, 山影さんなら, 山際の, 幹や, 弁天の, 弥兵衛さんが, 彼等には, 征矢野の, 我は, 捜査課長だ, 文書きの, 早いもん, 此の間私が, 気持ちだつた, 水兵さん, 津軽さんだ, 浩さんだ, 百人一首の, 相で, 私には, 私は, 築正親分の, 花嫁さんが, 誠に何, 達摩さんだ, 間違い無し, 顔を

▼ さん~ (773, 0.6%)

6 私の 5 その他の 4 阿母さん 3 おまへん, がな, 伯母さんの, 何か, 若いお, 車を

2 [37件] い, おへん, お前え, お品さん, お婆さんが, お孃さん, お父さんに, ないか, ほかの, ヒームカさんの, 久米に, 久米や, 乳母が, 井上さんが, 他の, 俊一君を, 奧さんや, 女中たちが, 姉さんの, 姨さんの, 娘さんの, 娘の, 子供を, 家族の, 岸本が, 平賀さんまで, 後に, 母親さんの, 母親の, 珠子さんと, 私たちの, 私や, 私より, 肉体さんを, 船長や, 野上さんの, 銀さんの

1 [666件 抜粋] あたしとは, あっちの, あのおばあさん, あの下女, あの人, あの手つだい, あの男, あひるさんや, あれへん, いいなさいますねん, いずれご馳走, いろ, いろいろ, うさぎさん犬さんあひるさん羊さん牛さんたちは, おかみさんには, おくれなその, おしの, おせいたち, おせむさんや, おそのさんと, おはま, おばあ, おばあさんと, おほき, おまえさんに, おもちゃが, お六さん, お兼さん, お前さんに, お前は, お力さんが, お勇さん, お婆さんに, お婆さんまで, お嬢さん方は, お常, お母さんが, お母さんや, お父さんの, お爺さんたちと, お猫さん, お留守居, お登和さん, お菅さん, お長屋, お雛, お雪ちゃんたちと, かえりの, かず子さんの, かて腋の下, が明日, きみ, こいうち, さきほども, さわがしい夕飯, ずっと年上, そうな, そこに, そのお, そのほか, その他名人の, その妹さんたち, それから一郎, それから他, たらに, です, とみ子さんは, とめ子さんや, と思いました, どうか湯加減, な, なんかお友達, なんかが, なんかに, なんかも, なんなら, な和女, のぶちゃんなどと, のや, はじめさんなどと, はじめさんや, はじめさんを, はたきを, ぼくが, ぼくは, まさ子さんと, また島村さん, みなは, みんなは, めでたい花水さん, もし若い衆さん, よしを, わしの, わしは, わたくしは, わ御, アガーシャ, アシ君に, カバンの, コック長が, サミイと, シゴイさんは, ジャズバンドなどの, ジョンソン博士の, ツルちゃんに, テエプを, テンコツさんの, ナツナ島の, ナニさう, ネ, ポケット小僧に, マッちゃんも, マリイ・ヰルキンスさんの, ルロイ夫人と, レザール君が, ロッペン島の, 一大事が, 一晩泊りの, 一郎の, 丁稚さん達が, 三人の, 三号さんに, 下女に, 下女の, 下駄屋さんや, 中村嬢の, 中村岳陵さんなぞも, 中村警部には, 中江さんに, 主人までが, 久世氏ご, 久治どんでは, 久野さんの, 九段は, 二十人に, 五雲さんや, 井上聞多さんは, 井口華秋さんなどが, 人の, 人間の, 仁科博士藤岡博士などと, 今井さんの, 今日は, 今生の, 付添いの, 仙波氏は, 代書屋に, 伊東さんと, 伯母さんが, 伯母さんや, 伴さんが, 伴さんさ, 伴さんど, 佐竹は, 何かが, 何かと晩飯, 何かの, 何で, 何を, 作造さんの, 使用人は, 依田先生たちの, 僕が, 僕などで, 僕を, 兄に, 兄キの, 先年亡くなられた, 光ちやんが, 光ちやんは, 光瑞師や, 入江さんも, 八さんの, 八さんは, 六人部暉峰さん景年さんの, 兵隊さんが, 兵隊さんや, 内山君も, 内野さんは, 冉有さんの, 出して, 刑事が, 刑事さんの, 初やなどに, 初やや, 初子さんたちの, 加藤さんが, 加藤さんの, 勇ちゃんたちが, 勝気らしい, 勢至菩薩の, 北六さんの, 医師たちの, 医師の, 十一に, 博士さんに, 去乍ら大望, 友伯父さんと, 友達を, 叔母さんの, 叔母さんも, 叔父を, 古靱太夫はじめ文楽関係者, 可愛い可愛い娘さん, 吉さんの, 吉さんや, 吉堂さんなんどの, 吉本さんが, 吉田さんが, 吉田さんや, 向うの, 向ひ, 君ちゃんを, 問屋の, 喜久井さんの, 園さんその, 在郷軍人分会の, 地獄の, 坊ちやんの, 執事さん方の, 堀江さんたちが, 塾の, 外の, 多次郎, 大ぜ, 大杉君の, 大秀, 大西さんの, 大観さんの, 大観や, 大野さんと, 奉公人に, 奥さんが, 奥さんと, 奥様で, 奥様の, 女中が, 女中さんの, 女中さんまで, 女中たちは, 女学生を, 女工さんの, 妹が, 妹たちは, 妾アどうやら, 妾達烏組の, 姐さん達と, 娘さんが, 娘さんぐらいに, 娘さ芽出度か, 娘じゃ, 娘たちの, 娘たちを, 娘どもの, 娘に, 娘や, 娘達に, 娘達の, 嫂さんや, 嫂や, 子供さんの, 子供たちの, 子供たちも, 子供と, 子供達が, 子供達とも, 子供達は, 安井さんは, 安公, 官員さんの, 家の, 家主の, 家兄井上通泰の, 富士子さんも, 富江さんは, 寺の, 専属の, 尊母さんが, 尊母さんの, 小ちや, 小五郎さんの, 小使部屋の, 小僧や, 小太郎さんお, 小女は, 小林少年も, 小母さんの, 小母さんや, 少年たちと, 山チイと, 山城屋の, 山田さんの, 山田氏が, 山田氏の, 岡安さんが, 岡安さんも, 岡野知十さんの, 岸田さんなどが, 巖本さんの, 川端さんが, 差撥さんの, 差配人さんを, 市会議員を, 常さんなどは, 常子さんなどと, 平山検事さんは, 店の, 庭師と, 庭師の, 彫刻家さんの, 後家さん連中を, 後援者たる, 從兄さんに, 御殿女中なんての, 御親類, 徳さんの, 愚連隊の, 抔云う, 敏子さんの, 整調の, 文献屋さんの, 新六さん, 新聞記者君が, 新賀君の, 早くここ, 早く着物, 明日は, 明智先生は, 明智小五郎とは, 星田さんを, 時計屋さんの, 書生などが, 月番の, 木なんぞは, 木下さんや, 末の, 杉本画伯ぼくらを, 村井さんたちと, 村山さんに, 条理の, 杢さんとは, 杵太郎さんを, 松山さん達が, 松火を, 柳子さんや, 校長さんに, 根岸の, 梅子さんの, 棟梁の, 森田, 森田等との, 槇君も, 横山さんとの, 横田などの, 機関兵さんたちも, 次兵衛達によって, 正ちゃんが, 正夫や, 此の, 此所能, 母の, 母や, 母親さんに, 水夫火夫の, 水泳の, 江馬君や, 河野槇子さんなどの, 波浮の, 波田さんたちは, 浅公, 浜屋と, 浜屋の, 海援隊の, 消防たちも, 消防は, 深水さんにも, 深田久彌氏の, 清さんの, 清水さんには, 渡辺さんと, 満寿子さんの, 源公が, 滝子さん雅子さんなんぞ, 灰買いの, 照ちやん達も, 父さんに, 父さんの, 爺さんの, 牧師が, 特務部の, 猿之助を, 王仁や, 珠子さんの, 生れて, 申松さんは, 男衆も, 町の, 番頭などを, 番頭に, 畳屋さんも, 白いエプロン, 白井雨山さんが, 白木さんを, 白瓜さんの, 皆さんちょくちょく, 相当の, 看護婦に, 眞山さんと, 真鍋さんも, 矢代家の, 知りたくも, 石井さんや, 祖母さんも, 祖母さんを, 祖父さんの, 神父さんは, 祥子さんに, 私たちが, 私には, 私達の, 秋声の, 秋川さんみたいな, 秋月さんが, 税関の, 竹本さんと, 竹造さんに, 竹造さんは, 米子さんなぞも, 細君や, 終吉さんの, 綿貫と, 綿貫の, 総長だった, 美代子や, 美智子が, 義ちゃんたちと, 義姉さんに, 義敏君に, 羽生の, 老母さんに, 聞いて, 職人衆から, 肉体さんの, 肉体派さんたちの, 肥つた牡牛の, 良寛さんや, 色々の, 艶子さんの, 花木さんの, 若宮さんや, 英さんは, 蔵太郎さんにまで, 薄暗いお寺, 藤岡君宛の, 行田さんが, 補欠の, 裸一貫で, 西行さんであり, 親しい家, 親方の, 言や, 試写会における, 試写会の, 警察の, 谷崎さん達と, 貞世さんを, 賢吉少年の, 赤褌の, 越智さんや, 辻山さんが, 近い界隈, 近藤さんや, 避暑客の, 部長さんや, 野村などに, 金太ちゃんや, 金子さんを以て, 鈴本さん, 鋸や, 鏑木清方さんなどは, 鐙小屋の, 阿部さんは, 阿部の, 除村吉太郎氏は, 青年たちが, 順平や, 顔色を, 飯尾さんの, 香蔵さんだっても, 香蔵さんは, 馬丁さんたちばかり, 馬吉君にも, 高橋さんみたいに, 高田稔君が, 髪結床の, 魚住さんは, 黒川さんが, 黒眼鏡や, 齋藤茂吉氏の, M子さんの

▼ さんあなた~ (665, 0.5%)

15 はこの 12 のお 9 はその, は私 87 はどう 6 の御, はお, はどうして 5 の前, はもう, は今 4 のおっしゃる, の言う, はわたし, は自分, もお 3 があの, がお, のお家, の事, はどこ, はまた, はまだ, は世の中, は何, を見

2 [40件] おっしゃい, お一人, がこの, がわたし, この頃, という人, どうお, にお, にお願い, にはこれ, のご, のところ, のよう, の上品, の写真, の理想, はあの, はいい, はいつ, はいなくなった, はこれ, はこれから, はご, はそれ, はなに, はほんとう, はよく, は不断, は世間, は宮部京子, は本当に, は水, は随分, も, もよほど, も何, も御, 気がついて, 知って, 覚えて

1 [442件] あの都鳥, お二階, お受け下さるでしょう, お年齢, お忘れ, お昼寝, お燗, お疲れ, お白湯, お知り申し, お職柄, お苦しゅう, かつぐんじゃありますまいね, かまわないから, からひとつ, からもお願い, からも親父, が, があきれる, があそこ, があたし, があんなに, がうちとけ, がおいで, がおっしゃる, がこれから, がそういう, がそんな, がた, がただ, がどうか, がながい, がなさった, がぬ, がはいっ, がはいる, がほんとう, がまだ, がもし, がもしも, がよく, がわたくし, が今朝, が代表, が僕, が冠, が吉兵衛, が外国, が夜警, が大事, が尊重, が引こん, が待っ, が悪い, が戸口, が敏子, が旅, が昔, が書かせた, が最, が気, が泣く, が盃, が知っとる, が私, が考え, が藤枝君, が証人, が身分, ぐらい薄情, こそちかごろ, こそ動い, こそ青春, この光丸, この家, この波, これからきっとた, これから時間, こんなこと, じゃなく, すこし過敏, そうお, その奥さん, その手紙, それではさき, そんなこと, たいへんだった, だけが荒れ出し, だけこちら, だけで承知, だけに申します, だったと, だったの, だったん, だってこの, だってわかっ, だって今度, だつてそう, であったとは, でした, でしたよ, でしょう運悪く, ですか, ですよ, とし, との御, との肉, との間, と神近さん, と私, どうしてこんな, どうしてそれ, どうしてそんなに大人しい, どうしてみんな, どうします, どうなさいました, どうなさいます, どうなすった, どう思います, どう思っ, どう私, どんな苦労, なかなか論客, なぞは随分, なにか見当, ならあなた, ならどう, なら云って, なんかまだ, なんかもその, にお目にかかる, にお知らせ, にし, にそう, になにか, にはあの, にはこの, にはよく, には分るでしょう, には博士, には右衛門七, には御, には心, には美しい, には脅迫状, には関係, には驚きました, にもう少し, にも全く, にも来, にも花岡さん, にも見せ, にベルリン, に一生, に上げましょう, に会いたがっ, に大変, に少し, に得心, に話, に買っ, に辞職, に頼ん, のいう, のいらっしゃる, のいわれる, のおかげ, のおかげさ, のおかげさま, のお力, のお父さん, のお蔭, のお話, のきれい, のこと, のこのあいだ, のその, のでない, のほう, のパリ, の仕事, の仲間, の側, の先日, の処, の出会った, の勘違い, の口, の口髭, の名, の名前, の唇, の場合, の姿, の室, の家, の影響, の御存じ, の心, の性格, の戦闘準備, の所, の手袋, の方, の殿様, の母様, の気持ち, の生活, の留守, の病気, の目, の眼, の立場, の腹の中, の荷物, の行い, の見, の見舞, の託児所, の部, の靴下止め, の骨, はああ, はあたし, はあんまり, はい, はいずれ, はえらい, はおそらく, はお子さん, はかつて, はきっと, はきょう, はこの間, はさう, はすっかり, はすっ恍け, はそういう, はとうとう, はどうか, はどんな, はなかなか, はなぜそんなに, はなにか, はなんと, はひどく, はひろ子, はふさいでる, はほか, はほんとに, はまさか, はもし, はよくまあ, はよろしく, はりゅう宮, はわたくし, はカトリック, はチュニス, はハンケチ, はバカ, はフランス, はペガッサス, はロシア語関係, はヴェステルバーゲン税関, は一人ぽっち, は一番射撃, は三上重四郎, は三浦博士, は不幸, は二重結婚, は五年, は人並み, は今夜, は今幸福, は以前薬学, は何兵, は何処, は傍, は催眠薬, は僕, は公儀, は召し上りません, は商人, は嘗て, は嘘, は基督教信者, は変ってる, は大変, は大層, は大方, は失礼, は女, は子供, は宗教, は宝石, は小説, は島村信之, は島村君, は島田, は弥之助, は御存じ, は御覧, は思い違い, は思ひ出す, は怪しから, は恋愛, は恐るべき, は愛情, は我輩, は旗, は日蓮, は早い, は星田, は春子さん, は昨日, は昭和二年, は森木, は横里君, は死神, は殺される, は毎日, は毛唐屋, は気, は気分, は法恩寺様, は泣きます, は洋画家, は海蛇たち, は淋し, は無, は無事, は焼け死んだ, は煤煙問題, は牧師, は特に, は現場, は甲賀, は番, は盲, は相川良之介, は知っ, は礼儀, は竜, は第, は紺, は脳充血, は腦充血, は花, は花岡さん, は蒼く, は街, は誤解, は負け, は越後, は近い, は逆境, は進行性, は都会, は酒, は酷い, は非常, は類, は騒ぎ, ほど深く, ほんとにわたし, まあどうした, まあ往来, まさか仙太郎さん, までが, までが情婦, まで冷やかし, もあの, もあんまり, もいかが, もいっしょ, もいよいよ, もうここ, もおいで, もお気づき, もご, もずいぶん, もぜひ, もそう, もたしかに, もただ, もっともっとお, もどうか, もどうせ, もどうぞ, もどこ, もなんとか, もひとつ, もやっぱり, もよく, もわざわざ, もわたし, も丸髷, も今日, も出しなさい, も同じ, も形式, も御存じ, も御覧, も手, も此方, も毎晩, も気, も益々, も賛成, やお, よ, をお, をおよびした, をこんな, をのぞい, をば大変, をひとり, をよろこばせる, を助け, を失ったら, を待っ, を知っ, を育て, を養っ, 何であたし, 好い児, 少しも, 御一緒, 御主人, 思い出して, 時々芝居, 本当に今日, 本当に何, 本当に悪, 本当に知らない, 本当に飲, 死ぬとこ, 泣き真似, 淋しかったでしょう, 済まないけれど, 生きて, 驚いちゃ

▼ さんです~ (661, 0.5%)

2361036913 って 11 かえ, わ 8 よ親分 5 ぜ, な, の 4 かあの, かお, から 3 か私, が, こと, とさ, もの

2 [11件] かい, かそれ, かそれとも, がそれ, がな, がね, なあ, ものそして, もの死ん, もの町内の, わね

1 [146件] あの人, おいよさん, かあなた, かいい, かお初, かかけちがっ, かこいつけしからんやつ, かさあ, かしばらく, かすぐ, かすみません, かそう, かっていう, かでは, かときく, かと問いかけた, かと問う, かと婢, かと常談, かと聞き糺したく, かと訊い, かと訊く, かどこ, かなるほどこりゃ, かね, かはじめまして, かびっくり, かほんの, からお, からその, からどうして, からどんな, からな役得, からね, からねえ, から先生, から八十歳, から堪忍, から御, から昼間, から本, から生れつき旅行, から申し上げます, から私, から絵エ, から近い, から途方, かわたし野村, かゐ, か今晩, か保姆さん, か俳諧師, か僕, か其方, か大層, か妙, か始めまし, か寂光院, か昨日, か甘木さん, があと, があんたさん, がこの, がすこし, がその, がそれに, がちょっとした, がな一緒, がねあつし, がねちょっと, がね元, がね内, がね安里さん, がね横顔, がね若い, が何, が少し, が御存知, が是非郡視学さん, が氣, が神経病, が自分, が色, が金網, が長男, け, けど銀行, けれど前身, この二人, し親切, せっかく丹精, ぜ相手, っていったい, ってば, って太閤さん, つて, という, ということ, といったこと, といわれれ, とやつ, と云っ, と申し上げる, と言っ, なこりゃ, なにお, ねあなた, ねえ, ねえあの, ねお, ねこちら, ねそう, ねやっと, ねん, ね先刻, ね少し, ね砕けた, のよ, の悧口そう, ものこちらから, ものそんな, ものね, もの札つきの, もの相手の, もんな, よう, よお, よこの, よそれ, よよそ, よ函館, よ可, よ坊っちゃん, よ男妾, よ自分, よ黒田さん, わあなた, わねえ, わよ, わ貴方, ワ, 咲耶さんです, 御容姿, 技術徴用で, 是が, 高輪田さん此の

▼ さん~ (615, 0.5%)

19 めえ 9 願ひでございます 5 早よう, 願ひ 4 みつつ, 信さんの, 助けを, 勘坊が, 気の毒です, 留守です, 通さん

3 [14件] 京さんとて, 妻さん, 帰りに, 手まり, 聞きか, 聞きなさい, 見えに, 遊びなさい, 邪魔を, 酒を, 電話です, 頼み申します, 願ひします, 願ひです

2 [45件] かみさん, つりは, ぬし, ぬしは, はやう, みえに, よしなさい, よしなさいよ, わかりに, 一人です, 上り, 亡くなりに, 仕舞の, 休み, 光さん, 光さんと, 入りなさい, 内儀さんが, 助け, 助け下さい, 口の, 大切に, 定さんも, 寄りよ, 富さんは, 帰りです, 帰んなさい, 急ぎの, 手紙, 手紙が, 早やう, 正さん, 歸りか今日は, 気の毒だ, 父つ, 疑いは, 目こぼし, 目出度う, 聞きの, 誓さん, 起きな, 酌を, 願だ, 願ひだから, 風呂が

1 [417件] あがりなさい, あがんなさいよ, あぶのうございますよ, いくつ, いくら, いそがしいところ, ういお雪さん, うち, うちから, おごりなさいよ, かみさん若, きいさん, くるしいの, けいさんどう, さよさんと, さよ婆さんの, ついでです, ついでに, つぎさん雜巾持つ, つつきさ, つりを, つるさん, ときさんと, とつ, ぬしには, ぬるいでしょう, ねが, はいり, はいりなされ, はいりよ, はがきよ, はなし下さい, はまさんは, はんけちの, ばあちゃん, ひとついきまし, ひとり, ひとりです, ひる何, まちど, まつ等が, みそれ申しましたどうぞ, みねさんの, めえっ, やおや, やりなさいよ, ゆうさんの, よしなされ, よしよ, りよさん, スマさん, ツか, ツルさんそれから, マンさん, 一人, 一人か, 一人かな, 一人だった, 一人でした, 一人でしょう, 一人の, 一人は, 上がりください, 上りや, 上り青さんお, 下り, 下り黒さんお, 久さん元気かねと, 久しい, 久しぶりで, 久しぶりねえ, 久しゅうござります, 久し振りだ, 乳は, 二人の, 二人を, 二階, 互にこれからです, 互に年, 互に江戸ッ子, 互に米穀, 互の, 互様です, 京さん, 休みなさい, 休みよ, 休み下さい, 使いで, 使いに, 侍さん, 係合な, 俊さんお, 信さんくらゐ, 信さん位の, 信どのは, 借りして, 做なさい, 元気でしょう, 元気な, 兄様と, 光さんて, 光さんで, 光の, 入り, 入りなさい寒い, 入りよ, 兼さんが, 兼さんも, 内儀さんの, 出しなさい, 出なさいまし此間, 出なすったの, 出掛け, 前方も, 力落しで, 勘定は, 勝さんそれから, 化粧しない, 化粧する, 千代が, 千代さん, 取なし, 台所なさる, 叱りを, 吉さんの, 吉さんも, 君さんが, 品さんに, 唄いよ, 唄ひよ, 喜びな, 喰べ, 団子を, 国から, 園の, 園坊, 土産を, 在宿か, 坊ちやま, 坊っ, 坐りなされ, 坐りに, 坐ン, 城へ, 堂の, 変わりございませんか, 夕飯は, 大事に, 大根が, 天気が, 天気だ, 太陽さん強い, 奢りなさいよ, 妻太夫さん, 妾腹だった, 姉さんが, 姉様の, 婆様から, 嫁さんは, 宅から, 宅が, 宅です, 宅に, 宅の, 宗旨は, 寂しゅうが, 富さん, 寒いこと, 寝ぼけね, 察し下さい, 察し下さいまし, 寢みなさいまし, 小夜が, 小遣は, 島さん, 師匠さん, 師匠さんお, 師匠さんが, 師匠様が, 師匠様の, 師匠様は, 帰り, 帰りか, 帰りかい, 帰りでございました, 帰りで御座いました, 帰りなさい, 帰りなさいまし, 常さんどちらでも, 幾つ, 幾つです, 広さんは, 店の, 引きうけしました, 引越しどう, 待たせ申しました, 志は, 志保さん, 忘れに, 怒りなすった, 怨めしいなんぞは, 怪我は, 悔みは, 感冒です, 房さんお, 手數を, 手柄, 手紙御覧なさい, 手紙青ちゃんが, 手製の, 払いできる金, 掛けなすって, 支度が, 料理が, 日さん, 早ようと, 晝の, 暇, 暇が, 書きなさいよ, 曾与を, 月さんが, 月さんで, 杉さんお前の, 杉さん気を, 栄さん, 案じなさらなくっても, 桐さん, 梅さんこの, 梅さんと, 梅さんどう, 梅さん向うへ, 歓び成さい, 止しなさいお, 武士様へ, 武家の, 歸りだつ, 歸ん, 気の毒さまで, 気の毒な, 気分は, 氣の, 水を, 決めなさいましよ, 沢さん, 泊め申しましょうそして, 泊りに, 泣きなさいます, 洗足, 浜が, 浦の, 清さん, 源さん, 濱が, 瀧さんお, 火種を, 火鉢, 炬燵が, 照さんと, 燗は, 父さまの, 父様が, 狐様か, 珍らしい, 珠が, 珠さん, 用いなさい, 疑ひは, 疲れの, 登和さん僕は, 皆を, 盃は, 目が, 目ざめに, 目は, 目出とう, 目覺めです, 目醒めでした, 目醒めでない, 知合いと, 知己ぢや, 祖母さまは, 祖母さまを, 神籤は, 福さんなんて, 種さん, 稲さんです, 稲ちゃんには, 稽古を, 空で, 筆を, 米さんお前さんは, 米さんと, 米の, 米を, 粂さん訊きたい, 粂ちゃんの, 粥は, 約束の, 累さんの, 継立ての, 美津さんお雪さんに, 聞きしたいこと, 聞きなさいよ, 聞きなさい弘法さま, 聞きなさる通り駒井能登守, 聞きに, 聞き下さいましよ, 聞き蛇, 聴きに, 聽きの通りだ, 聽き下さい, 肴屋さんが, 腰の物を, 膳の, 膳は, 膳を, 自害の, 艶ちゃんて, 芋の, 花を, 花見に, 芽出度う, 草履を, 菰さんを, 葉さん, 葉さんそこに, 葉さんと, 薬を, 藤さん, 蘭さん, 蘭さんお, 蘭さんだ, 蘭さんは, 蝶が, 蝶さん, 蝶へ, 袖さん, 袖に, 裁縫は, 見受, 見忘れ, 見送り有難う, 角さんという, 言いなすったが, 言葉に従って, 言葉は, 話し相手に, 誂え向き, 豊さん, 貞さんと, 賤も, 赦し下, 走りお, 起きつたらさ, 起きなさいまし, 起きなさいよ, 起なさいまし, 迎ひ, 返事は, 這入り, 通さんこの, 通さんなにしてん, 通さんを, 通さん何処へ, 連れが, 連れの, 連様が, 連様も, 遍路さん, 道さん短銃を, 達者かい, 達者で, 達者です, 達者どす, 達者に, 邸なんて, 部屋の, 郷里から, 醤油の, 醤油は, 鈴さんの, 銚子の, 銚子一本, 隠しなすっ, 隣りの, 隣りへ, 電話, 電話でっせ, 電話ア, 霜さんちょっと, 静かに, 靜かに, 頼みします, 頼みだ, 顏を, 顔が, 願だます, 願です, 願ひいたします, 願ひだ, 願ひで御座います, 願ひ申します, 風呂です, 風呂の, 風呂は, 食べ, 食りなら, 飲み, 馬さんあなたが, 馬鹿さんあたしよ, 驚きに, 高さん, 髯さんと, 鮨を, 黒さん早く, 黒さん起き

▼ さんにも~ (577, 0.4%)

7 話して 5 よろしく, 何か 4 そう言っ 3 いろいろ御, お目, そのこと, その外, 済まない, 聞いて, 頼んで

2 [32件] あった, おのばし, お願, お願いし, この私, すすめて, ずいぶんお世話, だれにも, よく相談, よく頼ん, わかって, 仕事を, 似合は, 別れて, 困ったもの, 女の, 少しは, 御目, 心当りは, 持ちたいと, 来て, 相談し, 私は, 罪は, 行つて貰ふ, 見せて, 親しい友達, 話せないよう, 読んで, 賛成し, 長にも, 黙つて

1 [471件] あきれたもん, あげて, あげるわ, あって, あつた, あのむす, あまり心配, ありそう, あること, あれだけの, あれほど, あんなにか, あんまり心配, いいましたの, いい笑い声, いえるでしょう, いた筈, いっしょに, いって, いつか何処かで, いろいろお世話, いろいろ世話, いろいろ聞い, うすうす分っ, うその, うちの, うれしいこと, うんと資本, おあげ, おいで, おいでを, おっ母さん, おばば, おれが, お会いしましょう, お入な, お前にも, お化粧, お報せ, お年玉を, お引きあわせ申します, お愛想, お杯, お武家, お気の毒, お目にかかりたいん, お眼, お礼なんか, お礼は, お礼を, お絹さん, お裾分けしよう, お話し, お話しし, お話し申した, お頼みした, お願いしました, かんにんし, きいて, くれぐれも頼ん, ここで, こっちへ, ことさら注意, ことわらずに, このまま, このチビさん, この場, この妙, この手紙, この暮, これから逢えない, これまでに, これを, ごあいさつ, ご相談, さがさせます, さようなら, し, したん, して, しらせて, じつにめんぼく, すこしあたらせ, すまなかつた小遣, すまなかつた樹明君, そうした恐怖美, そう思い込ませ, そう言っとい, そのいみ, その日, その月, それと, そんなお, そんなくせ, たいしたこと, たのんで, だいたいこと, だまって, だんだん上方, ちっと取っ, ちょっと話したい, つきあって, つたえましょう, どうしてか, なるわけ, なれない, なれまいと, はっきり見え, はなれて, ひとつあげよう, ひとつし, ひとつ悪い, ほかに, ほかの, またその, またほか, また他人, また御, また私, まだないしょ, もう話した, もって, もっと何とかし, やらないと, ゆくの, ゆっくりお礼, よいお, よいに, よう頼んどいた, よくそい, よくその, よくわからない, よく分った, よく気, よく診察, わかってるだろうお, わからなかったかも, わからなけりゃならないはず, わかるはず, わたしにも, わたしは, イヌにも, エライのが, コツプを, シゴイさんにも, シャ・ノアルの, テオドラさんにも, フチの, ブルウトン・ブロクルハーストさまにも, 一つよろしく, 一つ御, 一人の, 一人出来, 一口飲まし, 一寸玄関, 一度話した, 一枚書い, 一枚頂戴是非, 一生逢えなくなる, 三畝も, 上げて, 上げるの, 下りて, 不服は, 久しく会わない, 久しぶりで, 二個上げます, 二親が, 云おうと, 云ったが, 云ったもの, 云って, 井上さんにも, 今そう, 今まで, 今わたしの, 今一度, 今度ばかりは, 他人の, 代って, 会えた, 会えたのよ, 会えたん, 会えると, 会った, 会ったし, 会へ, 伯母さんにも, 伺つて見た, 似あわない仰せ, 似ず色, 似て, 似合わずくどい, 似合わない, 似合わないお, 似合わないこと, 似合わないぬかりかた, 似合わない台詞, 似合わない的違い, 似合わない臆断, 似合わねえ妙, 似合わん傑作, 何かくれる, 何とかしなき, 何とかしなきゃ, 何も, 何分たのみます, 余所, 來て, 來る, 便りを, 充分お, 先日の, 先日願いまし, 全く困ります, 内的に, 内藤さんの, 出て, 出来て, 出色の, 分つて, 分らないはず, 判らないの, 判らないん, 別当にも, 加担ツて, 加擔ツて, 勞れ, 半分あげなさい, 半分聞かせる, 協力が, 友だちが, 反感を, 叔母さんに, 可なりの, 可愛がられたろう, 可愛がられ真打, 叱られて, 同じ所, 同じ洋服, 同情が, 同情し, 向いては, 呆れて, 四円ほど, 困ったもん, 困つたもの, 報告する, 声が, 変な, 夏みかんだの, 外の, 多少の, 大けな, 大丈夫だ, 大変お世話に, 大層親切, 大迷惑, 太郎にも, 女中にも, 好かれます御, 好意を, 妹にも, 妾ゃ聞い, 姉が, 姉に, 嫌疑が, 子ざる, 宜く云っ, 実に心配, 少しずつ, 居残って, 川森から, 帰って, 幸福です, 幸福な, 庄平君にも, 弟が, 彼女にも, 御器用, 御懇意, 御母さん, 御気の毒, 御氣, 御縁, 御話した, 御馳走し, 御馳走を, 心が, 怒られますよ, 怒られるし, 怨みが, 恥ぢで, 恥づか, 意見が, 愛敬を, 手に, 手落ちは, 打ち明けては, 打ち明けること, 打明けられない, 拝借致しました, 挨拶おしんか, 掛り合ひ, 教えるであろう, 散々苦労を, 断らずここ, 早く打ち明けよう, 是非, 是非とも聞い, 是非とも聴い, 是非出席なさる, 智恵を, 暫く黙っ, 書いて, 會つた, 會はず急い, 朝詣り, 来るよう, 来遊を, 松は, 林彦三郎さんにも, 棒を, 楯井さんの, 樽野さんは, 正夫にも, 此の, 歯医者さんにも, 母にも, 気に入られて, 気の毒であった, 気の毒です, 氣に, 永, 注意し, 海へも, 淡島屋の, 深く同情, 済まん事, 済み申さず候, 濟ま, 無くては, 無理な, 爲に, 牧野さんにも, 狂人だ, 申したこと, 申しました, 申しました通り, 申し上げて, 申し訳が, 申上げました, 申訣の, 申訳ない, 男の, 留守たのんだら, 番頭さんにも, 當らず, 疑いが, 疑が, 相談した, 相談しなけりや, 相談しましたら, 相談する, 睨られた, 知らせたづら, 知らせると, 知れてる筈, 礼は, 私から, 私の, 種々御, 突貫作業の, 立ったり, 立会って, 立合って, 笑いかけたり, 粗略で, 約束が, 紙上に, 細君にも, 縁談の, 考へさして, 耳打ちし, 聞いたが, 聞えたと, 聞えたろ, 聞えなければ, 聞かせたい, 聞きました, 聞へ, 肌拔ぎになつて貰は, 肌脱ぎに, 能く, 腑に, 芳村の, 若旦那にも, 落度は, 蔭ながら, 薪屋さんにも, 藤さんにも, 藤代さんにも, 蜂谷さんにも, 行かれない年, 行きたいなあ, 行きたいもの, 行きますし, 裕が, 西宮さんにも, 覚られ候こと, 親孝行を, 触りたり, 言い分は, 言ったな, 言づけ, 言訳を, 訊いて, 訊き度, 診て, 詫びて, 話さない事, 話しあなた, 話したこと, 話したの, 話したん, 話を, 語らなかったの, 誠にお, 読ませたいと, 読みづらかっ, 負けないと, 責任が, 迷ひ, 迷惑を, 送りたいと, 通って, 通知を, 逢いお力, 逢いたかったし, 逢いに, 逢って, 逢わず内の人, 逢わねえ, 遇う事, 遇える, 遊びに, 運が, 道楽を, 都合の, 配偶が, 金物屋さんにも, 長男の, 関係が, 随分永らく御無沙汰, 随分長い, 隣家の, 隨分長く, 非常に, 面白いの, 面白かったろう, 頓着せず, 頼んだ, 頼んだのさ, 顏を, 顔向けが, 食べさ, 飲ませなよ, 骨を, 高松行きの, 魚介に, 默つて僕は

▼ さん~ (513, 0.4%)

9 と一緒 87 のこと 65 のお 4 は何 3 が, がお, の居る, の方, の間, はみんな, を喜ばせ, 着る物

2 [33件] がし, がそう, がそこ, が踊る, でしたよ, でな, と仲, には色々, に聞い, の世話, の声, の外, の情人, の無事, の眼, の群, の迎, はこの, はその, はそれ, はどこ, はなそら, はまだ, は云, は力, は夜, は少し, は自分, まあ遠い, までが牡丹餅判, もお, も一緒, をお

1 [384件] かい, からいろいろ, から冷かし, から感じた, か何, があの, がある, があんまり, がいずれ, がいそいそ, がいった, がいる, がお客, がかえる, がしこたま, がその, がそんな, がぢ, がみな覗き, がみんな, がみんな叮嚀, がわざと, がわざわざ, がアミさん, がサン・シユルピイス, がトタン, がドタドタ家, がドック, が三階, が下宿, が争っ, が二三人, が云つて, が代り, が住ん, が体, が出入, が夜どおし, が大, が大勢, が大沢, が好く, が家, が居合, が年始, が幾組, が待っ, が心配, が担がれ, が探し, が日本橋, が来, が河原, が泣く, が泥棒, が満足, が独立, が番, が皆, が皆どこ, が監督, が着物, が私, が税, が答, が繋がっ, が羨ましく, が肯かない, が背負わされる, が表, が裏, が見えなく, が見た, が谺響, が通る, が針仕事, が頼ん, が驚いた, が麻雀, こそ同情, この上雪, じゃあ判らねえ, だ, だった, だって一つ穴, だな, だね, だよ, ちょっとうかがいます, で, であつ, でうづまってゐる, でさえそんな, でないこと, と, というの, といっしょ, といふの, とこの, としばらく, とは自然, とも顏, とも顔, とろう人形, と三, と二三, と伊豆七島, と健康, と御, と悪態, と戻, と文学運動, と晩餐, と花, と遊ん, と集った, なので, ならそれ, ならば, なん, にお, においそれと, にお針, にこの, にそこ, にその, にとって快い, にとつ, にどれ, になられたでしょう, にはこんな, にはすまなく感じ, には分らない, には多分, にひどい, にもみんな, にも同じ, にも沢山, にも話さなけれ, によく, に上げる, に会, に何, に保証, に取り卷かれ, に声楽, に安心, に広く, に忠告, に提供, に教え, に正直, に気の毒, に氣, に用, に盛ん, に私, に膏薬, に見せ付け, に親切, に解るだろう, に評判, に貸す, に近づい, に迷惑, に長く, に食べさし, の, のあけ, のあと, のあり, のいい, のいたずら, のいらつ, のうち, のお祖父さん, のお話し, のため, のやう, のやり口, のよう, のゐない, のワン・オブ・ゼム, の一行, の世渡, の中, の丹精, の予報, の事件, の仕事, の仲間あたり, の仲間入, の何, の側, の前, の噂, の好い, の姿, の待合, の息子, の息抜き場所, の手, の持っ, の描いた, の文学サークル, の日, の書いた, の来る, の棺, の様, の母親, の気分, の生活, の目, の着換室, の笑聲, の組, の組踊數番, の考へ, の肝, の背後, の行列, の見る, の足跡, の身辺, の郷里, の隠れ場所, の集まり, の顔, の香油, の髷, はあの, はあべこべ, はい, はいつも, はうめく, はかわるがわる, はきっと, はここ, はこつち, はご, はそこら, はたいてい, はてんでに, はとっくに, はどうか, はどの人, はみな熱心, はみな素直, はみんな情人, はもう, はもうすっかり, はゆうべ, はわたし, はホッ, は七八人, は並, は乃公, は今, は仕合せ, は他, は何処, は何處, は修業金, は受け負いだ, は口々, は向う, は唯, は外, は大丈夫, は太宰さん, は夫婦差向い, は威張る, は娘, は安, は安全, は小橋屋, は弱い, は強い, は扱い, は提灯, は教育, は昨夜, は本統, は束, は案外, は殆ど, は母親, は気の毒, は現に, は男, は白い, は皆, は皆労働者, は皆大騒ぎ, は皆私, は知つて, は知るまい, は短気, は窓側, は立派, は竜濤寺, は笑ってる, は羨ましい, は腹立たし, は誰, は長年, は青蛙神, は馬喰町, は騒ぎ, は騷ぎのあつた時, へは良く, までが手, までその, までもやはり, まで一丸, も, もう博奕, もお湯, もこんな, もすっかり, もせめて, もそこ, もほっと, もまだ, もみんな, ももう, もわたし, もゐました, もウカ, も一層, も何ん, も先, も刀, も反響, も同じ, も夜分, も枯すすき, も知らなかった, も苦々しく, も跡, も遠慮, も隨分, も集り, も飯, やあたし, や各, や石切り山, や管長さん等, よさっき, よりは段違い, よりも本当, よりも水際立っ, よ何, らしいわ, をここ, をよく, を乘, を亜米利加, を先, を別荘, を嚇, を埋葬, を宿屋, を御覧, を御飯, を怨ん, を手, を救い出す, を救っ, を波, を浄化, を盗みだした, を相手, を絞, を解放, を迎, を迎え, を駆りあつめ, を高等學校その他, 一層すっかり仰天, 来て, 来や, 来るんでしよ

▼ さんとは~ (507, 0.4%)

7 仲が 3 お友だち, よくよくの, 口を

2 [28件] この秋祝言, そこで, その風貌ぜんたい, ちが, へんに, 一ばんの, 一身同体で, 人力車の, 何の, 切っても, 同じ姉妹, 大違い, 学校の, 平生から, 従兄妹同士で, 怎も, 思へども, 毎日の, 比べものに, 特別に, 私が, 私の, 親戚で, 話が, 違って, 非常に, 顔を, 黙って

1 [435件] ああした, あくる日また, あたし初めから, あの日ゆきちがい, あまりにも, あまり一緒, あまり遊んだ, あれっきり全然, あわず三年, あんこく, あんまり桁, あア, いえ心, いきなり其所, いったいだれ, いつごろから, いつたいどう, いつと, いつも学期末, いろんな方面, いわないで, うっつかっつさ, うまくいってる, うまく行かなかつた, うれしさ, おつきあ, おつきあい, おとなしい私, お互い心易い, お互に, お互に勿論, お前さまでございます, お前は, お知合い, お角さん, お識合, お金で, お馴染み, かういふこと, かなり以前, かわって, ぎやくにめがねを, くらべもの, こういう問題, ここで, ことしの, これから陸, これまでも, ごく親しく, じつにかわいい, すぐに, すこし時代, すこし服装, すこし異, ずっと前, そういう結びつき, そのまま右左, その前, その噂, その小さい, その年, その後も, その日途中, その頃写真, それきりに, それっきりな, それつ切り逢, そんな今日, たしかお, たちまち非常, たった十歳, たつた十歳, たとえ十日, だれでもが, ちかごろお, ちがいひとり, ちがうでしょう, ちがって, ちっとばかり, ちゃんと切れ, ちやんと, ちょっと思えない, とうとうお, とても思い, とても見えない, どういうご, どういう御, どういう関係, どういふ, どうした, どう見, どちらが, どんなお, どんなくらし, どんな筋合, どんな関係, なにかと, なほさら思はれなかつた, なるたけ附, なんの, なんのか, はかない別れ, ばつたり, ふだんから, また特別, まだいつもお, まだその, まだ光子さん, まつたく最初, まるきし, まるきりちがう, まるっきり違う, まるで別, まるで性質, まるで逆, まるで違っ, まるで顔, まんざら知らねえ, もうこの, もうずいぶん久しく, もう三十年越し, もう会えなくなる, もう縁, もう肉体的, もう逢うとった, もたなかつた, ゆつくり, よい親子, よく似, よく君, よく知ってる, よく落ち合った, よく言った, よも添わすまい, ろうかの, わたしの, アウエルバッハ以来お, カシムの, スツカリ手は, ヘヘヘ丹下の, ライオン時代から, 一年前結婚を, 一年越の, 一番遠慮なく, 一週間ほど, 一風違つて居た, 丁度両方, 七年も, 三吉が, 三宝院の, 三枚ほど, 三遍ばかり, 上から, 上京し, 上框に, 不届千万, 世を, 主從, 久しく逢, 之れ, 事が, 二三年前からの, 二人で, 二十三年の, 二十何本かの, 二度より, 云へ, 云わないで, 互に心, 互に顔, 井戸端の, 今しがた逢った, 今日は, 今日久しぶりで, 他人と, 以前からの, 仲よしだ, 仲好く, 仲好しで, 会えないと, 会えなくなるの, 会わないに, 似ちや, 似合わない取合せ, 何うし, 何かと話, 何ぞ, 何て, 何にか, 何を, 何事も, 何年も, 何週間たったら, 係り合いが, 僕が, 兄妹と, 兄妹の, 兄弟かも, 兄弟の, 兄弟同然に, 先代からの, 全くの, 全く他人, 全く別人, 全体誰の, 全然別, 全然対蹠的, 全然専門, 六つ違いで, 再びお座敷, 切れない覚悟, 初めから, 初対面だ, 初対面の, 別な, 別れて, 別れては, 別れるん, 別人の, 前から, 割ない仲, 北満, 十二時に, 十五も, 十年以上の, 即ちこの, 去年の, 友達だ, 友達でも, 反対に, 反対の, 反目嫉視氷炭相容れない, 口の, 口も, 叩くの, 可愛い子, 合せるたび, 同じ土舟, 同姓であっ, 同窓な, 同門の, 向い合って, 君の, 吹矢の, 呼びにくい, 呼びません, 呼んでも, 唯の, 四十を, 垣どなりで, 境遇的にも, 壺の, 変だ, 外へ, 大きな口, 大した違ひだ, 大の, 大分に, 大分年も, 大変仲が, 大層仲, 大旦那, 大違ひだ, 夫婦約束を, 失敬な, 好い仲, 好い夫婦, 如何なるご, 妹を, 姉妹の, 姉妹同様な, 姉弟分に, 始めて, 始めてかい, 始終一緒, 始終議論, 子供の, 家の, 寝て, 寮へ, 将来大事を, 小僧にとって, 小諸を, 少し, 少しちがっ, 少しも, 少し均衡, 少女界の, 差向いで, 年が, 建の, 弟や, 往来が, 従兄同士きっと, 従姉妹同志で, 從兄弟の, 御つき, 御懇意, 御親戚, 徳光光子に, 心安い者, 思いあって, 思えないほどの, 思したま, 思はなん, 思はれなくな, 思はれぬほど, 思わなかったので, 恐入, 慥かに, 憚りながらお, 成るたけ, 手を, 掲陽鎮で, 数年前に, 断乎として, 昨夏を, 時々会見, 暫時では, 更に深く, 最近は, 朋輩同士で, 未だ一度, 本所に, 松造より, 正直が, 此方は, 此様なお, 武右衛門が, 歳が, 歳も, 死んだって, 殆ん, 段ちが, 母子ほども, 母屋の, 比べ物に, 気がつかなかった, 気がつかなかったが, 水道栓から, 決して出来ない, 決して呼ばなくなった, 決して呼べない, 決して独立, 河童路地に, 滅相も, 無言の, 父が, 特別折合いが, 生さぬ仲だ, 生れて, 申しながら, 異うよう, 異った, 百年の, 相か, 相当古い, 看護婦を, 知らないで, 知り合, 知己と, 石町の, 確に, 私を, 私長い, 立ったまま, 結婚し, 結婚しません, 結婚する, 結婚を, 継しい仲, 繼しい, 義理の, 義雄が, 翌日人力車で, 背かっこうや, 背中合せの, 自分たちは, 若い時, 血縁は, 表向き仲の, 見えない, 見えないもの, 見えますまい, 見えません, 親しい付き合い, 親しい間, 親しくし, 親しくなっ, 親子だった, 親密に, 親類だ, 言い条決して, 言はずに, 言われません, 話さないこと, 話を, 誰が, 誰の, 議論し, 議論を, 購買組合の, 赦しの, 踊れやしないわ, 身禄さんの, 軌道を, 迚も, 道九郎さんの, 違います, 違いますわ, 違う, 違うが, 違うさ, 違うの, 違うよ, 違うん, 違った意味, 違った母, 違ってよ, 違ひ, 違ふ, 違ふよ, 金の, 関係の, 關係が, 限りません, 際立つて, 隣り同志, 顔だち, 顔は, 食堂の, 餘つ, 餘り, 駈落して, 鼻を

▼ さん~ (451, 0.4%)

10 はあなた 9 は, は私 8 はもう 4 の家, はこの, はこんな, は今, は決して, を縛 3 が惡, ですよ, の顔, は先刻, は怒つ, は自宅, を縛っ

2 [30件] がもし, が悪う, が悪かっ, と一緒, などが, などは古道具屋, のお, の三人, の心, の知っ, はお礼, はその, はそれ, はどう, はなんとも, は大, は嬉しい, は学校, は年, は未だ, は縛られ, は貴方, は貴方一人, は銀町, まだ考へ, もどうしても, も以前, を悪者, を愛し, を連れ

1 [310件] ああなた, あの, から礼, が, がお, がかうし, がこうして, がこの, がこんなふうに, がしじゅう, がその, がそんなに, がねあなた, がね今, がひとり, がもう, がアノ顔形, がリード, が一生, が事, が何故, が其処, が出, が分ります, が判らない, が助ける, が室内画家, が家政婦, が少し, が居る, が常に, が御, が悪, が悪い, が折, が持っ, が暗い, が松島様, が此処, が死ね, が然, が申します, が着よう, が若し, が貴, が貴方, が軽々しく, が附いてる, が頂戴, こそ, こそ確か, この寺, この機會, しに, しの, しゃもうこれでいいんだ, し共, それから母, そんなもの, ぞっとし, だして, だって若い, だよ, だ榊, です, とお前, とかまえ, と三人, と同様, と組み, どうしたら, どうしても思, どんなに嬉し, なぞにはどうも, にお, にじゃま, にすこし, にとっては一生, になら, にはあなた, にはあまり, にはよく, に不安, に何, に半分, に彼女, に指, に此處, に頂戴, ね, ねまだ, ね内地, のいう, のいふ, のいわない, のうち, のこと, のことば, のこの, のそば, のたつた, のため, のとこ, のほう, のポートレート, の今日, の伜, の何処, の元, の名, の名前, の呼んだ, の喉, の失望, の女房, の宅, の座敷, の心つて, の心ツ, の恐ろしい, の提議, の教區, の方, の来た, の煩悶, の父親, の独楽, の生涯, の花嫁, の苦悶, の要る, の言, の言つた, の訊く, の身上, の部屋, の陳述, の頭, の頼み, の顏, はあそこ, はあの, はあんまり, はいう, はいつ, はいま此, はお, はおなじその, はおまえさん, はお前, はお前さん, はお話, はかの, はかわいがっ, はこう, はこういう, はこんなに, はすっかり, はそう, はそんな, はたしかに, はだれ, はつくづく, はとても, はどうも, はなに, はね何, はね此の間お前, はまた, はまア, はむしろ, はもうこ, はわたし, は一つ, は中学時代, は今お, は今に, は今日, は今更, は何, は何だか, は何程, は元, は先日碾茶, は全然, は冷汗, は十年, は千駄木, は只, は可哀想, は吁, は唯今, は園長, は夜, は大体, は大原さん, は大変, は大島, は嫉妬心, は小田原名物, は少し, は己, は帆村委員, は師匠, は幻, は御免, は徳利, は思切つて, は恨み言, は悔, は悪者, は惡者, は我慢, は折, は散々, は敵討, は斯ん, は斯様, は早く, は早立ち, は普通, は最う, は最早つくづく, は本当に, は東京見物, は権八さん, は正直者, は此處, は残念, は殺されかけ, は気安め, は氣, は浜中屋, は消防, は煤煙反対運動, は爺さん, は生きる, は異性, は破産, は私以外, は秋川一家, は穿鑿, は立ち聞き, は立派, は篠田様, は素人衆, は自分, は花枝, は見ました, は誠, は貴, は運命, は道, は遠い, ばかりいじめる, まさかとは, も, もいろいろ, もうすっかり治ったらし, もじつは, もそう, もその, もできる, もどうも, もね何時, もね本統, ももウ今夜ぎり, も世間並, も今, も仏様, も困りました, も実は, も小諸, も左様, も年, も御, も心から, も思わず, も昔, も此様なに, も種々お話, も考へた, も腹, も鮎, や貴, よ何とか, をおんぶ, をだまし, をつれ, を抱い, を捕縛, を殺す, を泊め, を縛つて突出, を見, を見殺し, を親, を重役, を食つた其鬼, ネ其, 何だか, 何とも思, 参って, 少し用, 恐い, 本当に困っ, 直ぐ帰っ, 知って, 貴嬢, 頼みます秀

▼ さん~ (445, 0.3%)

18 手紙を 16 行って 8 行くの 4 届けて, 電話を 3 何か, 來る, 知らせに, 行つた, 遊びに

2 [35件] あんな底, いらし, いらッ, お手渡し, お礼に, お裾分, お駒, こだわるよう, でかけました, もって, ゆく, よこして, 先に, 出入を, 参詣し, 奉公に, 宛てたもの, 小僧に, 往って, 手紙でも, 持って, 本を, 知らせて, 私は, 置いて, 行くこと, 行く仕組, 行った, 行ったの, 被行, 見舞に, 話して, 話を, 連れて, 郵便が

1 [310件] あがったら, あげるお, あの作家先生, あんな薄汚い, いいたい, いうのよ, いく, いったら, いって, いて, いま伺わせる, いらっしゃる時, いらつし, うるさくし, おいでに, おかえんなさい, おたのみし, おまいりです, おまゐりなさいました, おやり, お中元, お勤めに, お参りし, お参詣, お嫁, お届け, お引合せ下, お手紙, お掛けなすっ, お母さんには, お礼にと, お詑, お詣り, お詣りし, お詣りしよう, お詫, お話が, お酒, お頼みします, お飯ア, かかさず通って, かかる, かけあがったの, かけるの, かよって, きいて, きくこと承知, きびしい語調, この主人, この事, この方, こんな彼女, こんな手紙, して, そう云っ, それを, たのんで, だ, だしぬけに, ちょっと手土産, ちょっと挨拶, ちよつ, つれて, どういう風, どうしても手紙, どうぞ宜しく, どうも, どのよう, なんと挨拶, のぼって, ひいきより, ぶつかっちゃ, ぼうしを, まずお礼, またどうして, また見, みまいに, もちと, やったこと, やってきました, ゆき食事, ゆく昇さん, ゆけって, よったら風邪, よって, よろしくお詫び, わたくしが, ゐら, テニス, ハガキ, 一つ, 一人は, 一度林町へ, 一筆知らせ, 一言も, 丁稚に, 上げる随筆, 上つた節貴方召上つてゐらし, 二度目の, 云って, 云つ, 伺うとき, 伺って, 伺つて二階の, 何も, 使いに, 使を, 傷を, 入った泥棒, 入って, 入つた泥棒, 出かける, 出かける前, 出した, 出して, 出す手紙, 出前ばかりが, 出張する, 出掛けたので, 加勢し, 勧誘の, 参ったら中川さん, 参りお, 参りたいん, 参るにも, 参詣しねえ, 參り, 又見, 友田さんの, 取りつきましたね, 取り立てを, 口を, 向いて, 向って, 呶鳴った, 呼ばれると, 喧嘩を, 執心が, 声を, 多大の, 太夫さんへ, 奉公しちゃいましょう, 奥様から, 奪われて, 嫁に, 宛て, 宛てて, 宜しく, 宜しく願, 寄ったもの, 寄ったらほかほか, 寄ったら此方, 寄って, 寄つた, 対して, 届けさせること, 届けた, 届けるよう, 差上げたいと, 差上げたの, 差上げたものの, 差上げるのに, 帰って, 床を, 延しながら, 廻って, 廻つて世間に, 弟の, 弟子を, 当てた最後, 往けつて, 往けと, 往て, 御年始, 御挨拶, 御紹介, 念を, 戻って, 手伝ひ, 手当を, 手渡すため, 手當を, 手紙ハガキを, 手習いの, 抱いたと, 招ばれれ, 挨拶に, 掌の, 掛合ったの, 接近いた, 日供上げ, 早く挨拶, 暇乞いに, 書いたん, 書く返事, 最初に, 朝湯に, 来たん, 来て, 来ました, 杯を, 橋渡しを, 歌留多を, 母と共に, 毎度の, 気兼ねし, 気兼ねを, 注意し, 洩らされる, 渡したい物, 渡したかも, 渡すやう, 渡すよう, 無けなし, 然う, 独参に, 用が, 番頭さんに, 目で, 相談した, 着かなかったら閉口頓首, 着て, 知らせた者, 知らせろ, 知れますと, 短刀を, 私から, 私からも, 私としては, 笑いながら, 納めて, 紹介し, 絡みつくの, 絵葉書が, 縁づいたのち, 縁付いてからの, 縁談持ちかけてる, 義理を, 耳打ちし, 聲を, 脅かしの, 自転車に, 與へる, 艷書を, 花茗荷を, 行かずば, 行かない日, 行きました, 行きませうよ, 行く, 行くからって, 行くとき尾道, 行くにも, 行く光, 行く十何人, 行く時, 行こうと, 行ったじゃ, 行ったという, 行ったん, 行っちまったのね, 行つ, 行つたかて, 行つたら, 行つた帰りださうである, 行つて, 行つてきい, 行つてさ, 行つて一円五十銭もらひました, 行つて入らつした, 行つて夕立の, 行つて御覧にな, 行つて旦那が, 行つて来, 行つて来ない, 行つて火鉢を, 行つて聞い, 行儀見習いと, 見せたさ, 話しながら, 話し柳枝さん, 責任を, 貰われること, 贈りもの, 軽く会釈, 迎えの, 近くお, 返金, 迫害を, 送った, 送る, 送る手紙, 通うこと, 通って, 遣たでせう, 遣つた, 酒を, 金を, 長い手紙, 間宮を, 電話いたしました, 電話が, 電話し, 電話したら, 電話します, 電話で, 電話続行を, 預けること, 頼んで, 願かけて

▼ さんじゃ~ (308, 0.2%)

51 ないか 45 ありませんか 36 ないの 13 ねえか 11 ない 9 ないん 7 あるまいし, アない 5 ございませんか, ないと 4 ありません 3 ありませんよ, い, な, ないかと, ないよ, アねえか 2 なあ, ないかしら, ないけれど, なくって, なくて, ねえん, アありません, アございません, アねえ

1 [79件] あない, ありますまいね, ありませんでしたか, ありませんですか, ありませんの, ありませんわよ, ありません母屋, いけない, いけない訳, いけねえと, いらッ, お前さんは, お父様, きに, け, けれ働き, けれ学校, けんなあ, け子供, ござんせんか, さまとか, しょうがない, すぐお昼御飯, そうだ, そうは, どう, どんな料簡, ないかい, ないかしらん, ないかな, ないかね, ないが, ないけ, ないけんど, ないじゃ, ないぜ, ないでしょうか, ないですか, ないですな, ないという, ないのに, ないのよ, ないらしいぞ, ないわ, ない何, なかった, なかったでしょうね, なかったの, なかったはず, なければ, なし最初, ねえが, ねえけ, ねえだろな, のう, はじめから, ほかに, もうすっかり分りました, アあなたには, アあるまい, アそうだろう, アな, アなく, アね, 下ろした荷物, 不好, 今夜御, 八円まで, 少し小, 少し年功, 少し相談相手, 浜さんの, 煉炭に, 画に, 私これで, 私は, 行って, 酒の, 駄目ね

▼ さんとの~ (284, 0.2%)

17 間に 8 間を 7 結婚を, 関係を 6 関係は 5 仲を, 間には 4 ことを, 仲は, 結婚が, 間が 3 ことは, 約束を, 縁が, 縁談を, 話は, 間は, 関係が

2 [13件] ことが, ことどう, ことばかり, ことも, つきあいも, 交渉が, 仲が, 心附いた, 恋の, 結婚の, 縁談の, 話を, 間の

1 [166件] あいだに, あいだには, あの時, いきさつまで, いさかいを, うわさが, おかげだ, おかしな会話, お仲人, お金の, お館, こと, ことか, ことだって, ことちょっと, ことで, ことなど, こと御存知です, これまでの, そういう相談, そうしたこと, そもそもの, ための, つきあいを, つながり, とり返しの, なかが, わたくしに, アイビキが, トラブル, 一言に, 丁度中間位の, 三人暮しである, 三人連れで, 三本勝負も, 上に, 不幸な, 中を, 事いよいよ, 事だ, 事だって, 事なら, 事なる, 事に, 事を, 二人の, 二人暮しで, 互の, 交わりぶりなぞを, 交情は, 交渉の, 交渉も, 交渉を, 交遊談が, 交際に関して, 交際ぶりが, 交際を, 仕事の, 他に, 仲い, 仲の, 仲知らん, 会合を, 会談を, 住居だった, 住居は, 健康を, 兄妹仲も, 共謀搾取だ, 再会や, 出会の, 初の, 初対面であった, 前で, 前に, 区別が, 友人関係だ, 同棲生活の, 名を, 名誉と, 問答が, 問答だった, 問答を, 喧嘩の, 噂が, 噂だ, 場合だけが, 境の, 夫婦暮しに, 姉弟それから, 婚礼は, 婚約を, 容子が, 宿は, 対質で, 將棋の, 對比性が, 御事承知仕, 御厚意, 御婚礼, 御意, 思し召, 恋愛の, 惡念芽しける, 意には, 愛の, 戀だ, 手より, 打合せでは, 折合が, 挨拶なれ, 接触でした, 最後の, 歓楽の, 母親に, 決闘の, 物語さ, 生活は, 白っぽい, 盟約を, 相手に, 知り合いの, 祝言は, 筆蹟が, 約声, 約束が, 約束だ, 結婚について, 結婚は, 結婚生活に, 結婚談に, 縁組なんて, 縁談御存じです, 自由恋愛を, 行方は, 衝突も, 衝突写真製版屋の, 覚悟あり, 親交の, 試合以前つまり, 話が, 話に, 距離が, 距離の, 送別会にも, 連想から, 連絡が, 連絡を, 違いは, 邂逅に, 間で, 間でなく, 間にだけ, 間にも, 間に対しては, 間の手紙の, 間柄から, 間柄なんぞも, 間柄は, 間柄納得さし, 関係だ, 関係です, 関係という, 関係の, 関係や, 食ものの

▼ さんこの~ (277, 0.2%)

6 敵を 3 人は, 家は, 方が, 方は, 男の, 男は, 頃は

2 [20件] お方は, 下手人は, 二三日は, 人達は, 剃刀は, 女は, 子を, 櫛に, 犬は, 祝言は, 私に, 節は, 脇差は, 路地へ, 近所に, 鍵を, 集りの, 頃とても, 頃どうか, 騒ぎは

1 [210件] あいだ聞い, ありさま, お三婆, お坊, お宝は, お客さんへ, お家に, お方の, お財布, お部屋, お金の, お隣には, きれなんて, くらいな, ことを, すいかを, とおりさっぱり, とおりだ, なぞの, へんに, へんの, ほかにて, ほとけは, ままあなたが, ままじっと, ままに, めずらしい刷物, ような, カツレツは, カンザシは, クリームすこし, チビさんが, バカさこれは, ヒレ肉は, マスクの, マルボントースは, ミウーソフさんはね, ミマツ曲馬団の, 一語によ, 三人が, 上には, 上は, 中に, 中は, 事件は, 二人は, 五月ごろから, 人が, 人だろう, 人と, 人とも, 人な, 人を, 人御存じです, 仕事を, 仲居さんは, 休憩時間に, 俺に, 傷薬を, 先生が, 先生は, 光景は, 写真機はね, 刀を, 前に, 前妙な, 半襟は, 原つ, 原因は, 口は, 名画は, 向うの, 図の, 図柄を, 土地では, 土地の, 土地へは, 土地も, 土藏の, 地口は, 坊っちゃんは, 場合冗談は, 境が, 壺の, 壺は, 夏は, 夜中に, 夢殿は, 天気に, 太極堂と, 女の, 女よ, 娘は, 婆さんを, 子に, 子の, 子は, 子をも, 守り袋の, 家の, 家も, 家を, 家家賃いくらな, 富子と, 小僧は, 小屋随一の, 山論は, 川底には, 年に, 御恩, 御時勢, 御深切, 恩は, 意頻りに, 懷劍は, 手紙に, 手紙を, 敵は, 方です, 方には, 方にも, 方を, 日進堂は, 景気は, 暑いのに, 柳原の, 柿は, 梅雨あけにも, 様子じゃあ, 樹の, 樹も, 次そんな, 泉の, 浜で, 涎掛が, 点を, 片倉君は, 犬を, 町は, 画は, 白い紙, 真珠覚えてる, 私が, 私でございます, 私の, 秋兵隊に, 窓は, 端っこの, 競馬は, 笑い顔を, 簡単な, 繁昌り, 缶は, 罰金収めず, 羽根の, 聖降誕祭という, 胆吹山という, 胸苦しいほど, 脅迫状には, 舟は, 舟を, 船で, 芝居は, 茄子の, 袖姿見と, 言葉のみが, 診察所と, 話は, 足跡が, 身は, 辺は, 通だ, 通りおかみさんには, 通りだ, 通りです, 通りの, 通り意気地の, 通風筒を, 連中は, 道だ, 道は, 道を, 遺産を, 邸の, 酒は, 野郎が, 金だ, 金には, 金塊を, 鍵から, 長崎屋は, 長椅子の, 長火鉢の, 隙だ, 隠し芸には, 雨の, 面の, 頃お, 頃じゃあ, 頃すっかり, 頃ずっと, 頃どうして, 頃に, 頃中水臭く, 頃私は, 飛行機には, 飴チョコは, 馬車は, 鯣も, 鼠を

▼ さん~ (275, 0.2%)

534 知ら 3 小指の

2 [20件] え昨日, おゆみ, お前さんは, お染さん, さう, でなければ私, なにかを, ぶりに, 下女の, 二番目の, 何か, 何かに, 夫人かと, 此方へ, 番頭の, 知らねえが, 知りませんけれど, 誰か, 道理で, 金之丞さんか

1 [175件] あ, あっしに, あつしに, あのひと, あるいはあの, あれが, あんまり変, い, うさん, うして, うまいん, えいつお, ええの, えお入り, えお客様, えお帰り, えさあお上り, えすっかり, えちょっと, えりに, えサア, え何, え喬, え変, え朝っぱら, え此方, え武骨真面目, え源さん, え能, おたきさん, おっ母さん, おばさんの, お入り, お前か, お妾さん, お孃さん, お富さん, お巡りさんかに, お常さん, お松さんは, お気の毒, お氣, お浜, お濱, お豊さん, お隣の, きれいな, こっちへ, さあさあお上がりィ, さだ子さんを, さア, しらん, し彦根, すこし休ん, すること, その子供, その情夫, それとも殿医奥医師, それとも黒輝石みたい, それは, それも, そんなに邪魔, だあの, だれかに, ちょっとこっち, ちよいと, でなければ麻井樣, どういう処, どうかは, どうした, どちらか, どちらかが, どちらが, どっちか, なし, なにかだろう, なにかに, なにかの, なんかかな, なんかそんな, なんかは, なんか知らない, ぶりを, へらうよ, まあお, または常, まだけさ, まだこの, もしくはその, よく帰っ, よく来た, わしは, アノ裏へ, エ, キリスト教の, ナニ風邪じゃあねえ, パパの, ヤレ気の毒な, ローラが, 一人白い, 不具者に, 乃木さんの, 久し振りだ, 予の, 今帰った, 今日ばかりは, 今朝の, 伊達か, 位に, 何かが, 何かの, 何の, 先刻から, 先生に, 内野さんかを, 初江さんに, 叔母さんの, 君と, 呼んだか, 塀和さんに, 墨染さんか, 壮二君か, 夜番でも, 女中さんでありました, 安さんはへ, 定めし甲夜, 年紀は, 当家は, 御苦労だ, 急に, 怪しい隠士, 怪しい隱士, 意氣な, 手の, 旦那さんか, 早く言え, 暗くって, 暫く逢わない, 有り難いこツちや, 栄養士であろう, 校長さんかの, 森川夫人が, 極く, 橋爪さんに, 武さんか, 気の毒だ, 氣の, 氣持は, 津金爺さんが, 烟波渺茫として, 父親かが, 牧田かが, 犬共の, 用事は, 睨み合って, 知って, 知ってるとも, 知れたもの, 確かりしなさい, 私が, 私は, 竜神が, 竹内さんか, 竹内さんが, 肥後の, 腹が, 蠣船の, 親方に, 誰かが, 誰かに, 誰かの, 運転手みたいだ, 配偶が, 集と, 雑誌社に

▼ さん~ (272, 0.2%)

11 うした 8 ですか, をする 6 をそんなに 5 をし, を考え 4 の御用, をいう 3 うか, うぞ, かは心, をぼんやり

2 [19件] うしたら, うして, かお, かよく, から先, か悪い, か用事, か面白い, がお気, してるの, て云った, でもない, と云っ, と言っ, にもありません, の用, もありません, をお, をおっしゃる

1 [171件] いうて, うあっ, ういう, うかして, うしても, うしませう, うする, うせ家ぢ, うだい, うだえ, うだね, うだろう, うです, うですか, うなさいました, うなす, うもね, うも私, う云う, う思い, う成さった, う為たん, か, かあった, かあなた, かある, かいっ, かいや, かうまい, かえ, かおっしゃる, かお上さん, かこの, かご用, かし, かの間違い, かまた, か上げたく, か今, か仕事, か他, か便り, か刻つて, か変った, か失敗, か奢っ, か御用, か忘れ物, か惡, か持っ, か探し, か教え, か敵討, か有, か本郷町, か歌, か気, か深い, か粗相, か紛失, か考え, か考へ, か腥い, か言, か訳, か買っ, か重大, か食べさせ, か食わし, か飲む, がそう, が可, が嬉しい, が得意, が悲しい, が気に入らない, が見えます, が陰弁慶, したら篠田様, して, してやがるん, してるだよ, してんだい, してんの, だけれど, だぜ, だってあんな, だってつづら, だってねえ, だって世帯, だって勿体ない, だって構, だって死ん, だねえ, だよ, だろうね, だろう浮気, てまあ, て云う, て言う, て言っ, て馬鹿, ですね, でもいい, でも花, という曲, といふん, とした, とまあ, とも言わない, と云う, と云った, と思う, ならいつそ午前, なりとこの, にか望み, にか氣, にか知つて, にもいなかった, にもなし, にも上げる, にも船長, にも要らぬ, にも見る, にも食べ, のお話, のかの, のこと, のため, の御, の為, の用だい, の話, ぼお, もいはん, ももう, もわたし, も困る, も彼, も御, も心配, も時, も私, も言, をあわて, をおそれ, をぐずぐず, をごらん, をそう, をそんな, をそんなにぼんやり, をつまらない, をひとり, をブルブル, を拾っ, を泣く, を為, を独り言, を祈つ, を見, を言, を言う, を言っ, を隠しましょう, を隱, を食う, んかお, んざま, んぢ, 泣くね, 面白い事

▼ さんといふ~ (264, 0.2%)

29 のは 20 人は 10 のが, 方が 8 人の 7 人が 4 んだ, 人を 3 ことに, のだ, 人も, 娘が, 縮れつ毛

2 [19件] お内儀, お孃さん, のを, んださうです, んです, 人から, 人と, 人には, 人や, 名で, 名を, 女の, 方だ, 方です, 方の, 立派な, 綽名を, 詩人は, 錐の

1 [119件] あの谷, あぶれも, うちの, おぢ, お友達, お宅, お方に, お腰元, ことのみ, この地方, ときは, ところぢや, のと, のに, のも, ひとが, ものが, ものの, ものは, ものを, よそのを, りつぱなお坊さんが, アメリカ紳士の, 一級の, 人, 人しか, 人だ, 人に, 人にも, 人ゐます, 人ゐるだらう, 代りに, 以上に, 会員まで, 何も, 兄貴で, 先生の, 内藤子爵の, 出入りの, 取上婆さんが, 名が, 名に, 名は, 名前が, 名前で, 四十あまりの, 坊さんの, 大徳だ, 女, 女が, 女で, 女の子で, 女性が, 好人物が, 妾が, 妾上りの, 姉さんの, 姐さんが, 娘さんが, 娘の, 娘を, 娘御, 婦人と, 媼さんは, 子供が, 客が, 家です, 寡婦さんは, 小説の, 少年も, 山東出身の, 平石次, 年寄りの, 従姉, 從姉, 御飯炊が居ります, 心やさしい, 恋の, 感じぢや, 教僕が, 方から, 方に, 方にも, 日本人夫婦が, 有閑人士が, 未亡人さんは, 殆ど婦長次席とも, 気ち, 永年の, 漢方の, 男が, 男と, 画家の, 真黒な, 立町小, 竹馬の, 罪な, 美しい女, 美しい方, 義太夫師匠を, 老人が, 聖人が, 苗字も, 若い女, 若い看護婦さん, 著者の, 西洋人の, 言ひ交した, 言葉である, 詩人が, 退役海軍大佐が, 連中屋さんである, 門構への, 青年に, 青年は, 青年来庵長期断食を, 青年来訪しばらく, 音響は, 風流人が

▼ さんどう~ (246, 0.2%)

44 したの 12 です 11 したん 10 なすったの 7 したもの, だね 6 しました, なすつたの 5 しましょう, するの 4 した, したという, したらいい, しよう, ですか

2 [13件] したい, したら可, したんだい, して, してる, するつもり, すれば, だ, でした, ですね, なさいました, なの, 思う

1 [87件] いいますか, いふ心得, おした, おしだ, お元気, かい, かお坐り下さいまし, かお帰りに, かお為, かごゆっくり, かさうし, かその, かなくなさない, かゆるし, か不足, か僕, か彼等, か私, したいえ, したえ, したかと, したかね, したこの, したと, したもん, したらよい, したら宜, したろうね, したン, した鼻緒, してるかしら, しましたか, しましたの, しましょうあの, しましょう助けて, しましょう私, しましよう, しませう, しやした, しようか, しようかと, しようこの, しよう戦争, するね, するん, する気, だい, だいひとつその, だい暑い, だい馬は, だったね, だな, だろう天気, でしょう, でしょうね, です一つオルノーコ, です戦争見物, です蛸, でもこいつ, でも家, でも真打, どす四五人, なさいましたの, なさったの, なさる, なさるだ, なさるん, なされたん, なすった, なすって, なすつた, なすつて, なすッ, なるん, やと言つて, やらうなあ, やらへんらしいん, 云うて, 云うわけ, 出るかな, 奧さんに, 思いなすって, 氣分は, 考えたの, 考えて, 遊ばしたの, 遊ばしました

▼ さん~ (241, 0.2%)

8 御苦勞樣 6 は何 3 のお, のよう, の御

2 [18件] あその, が染吉さん, が生き, こんなところ, にお, に三拾両, の云う, の品, はお, はこの, は何処, は店先, は皆, は行儀, 困つたこと, 度々御, 明けまして, 飛んだお

1 [182件] あ, あわしら, お孃さん, お羨ましい, お骨折りでございます, かね, から機嫌, がお, がかうし, がすばらしい, がそんな, がつ, がよく, がゴッホ, がパンパン, が二三人, が五節, が仰, が何, が再び, が初めて, が寄つて, が帰っ, が来, が沢山, が泊っ, が無法, が申し合せ, が皆, が陰陽, この加賀屋, じゃござんせん, じゃない, そこで喧嘩, だもう, ついて, でございますはじめ, でもこの, で大, とゆ, と一緒, と喧嘩, と御, と源三郎さん, にすれ, にとかく, にどん, になる, には, にはわからない, には内, には出, には大, には言っ, にめぐり逢おう, にもわっ, によって編輯, にケガ, に上げる, に代理, に何, に何ん, に俺, に出来る, に助太刀, に喋ります, に寓, に必ず, に時, に済まない, に笑われる, に舐められる, に親しく, に謝っ, に質問, に願っ, の, のおど, のし, のしめし, のため, のほう, のもの, の中, の丹精, の仲間, の口, の名, の実家, の従者, の御苦労, の持ち物, の探す, の気嫌, の泣き言, の演出, の舞台, の衣類, の表, の規則, の逃げた, の顏, は, はいかにも, はさっき, はさておき, はすぐ, はそう, はなんと, はほんとに, はまあ, はまた, はまだ, はみなさん酒, はみんな, はやがて, はわれ, は一足お先, は今回大阪監獄署, は今夜, は偶, は危, は商売, は夫婦養子, は威張っ, は山岡屋, は幕府, は座布團, は弱い, は怪我, は愈, は手, は持っ, は昨日今日, は江戸, は法律, は狂人, は知らねえ, は私, は糸川, は編下げ, は運, は馴れ, へお, へこの, へも声, へ徃訪, ほんとにお, もその, もっとから, もっと此方, もどうも, もひ, もまだまだ, もセント, も前, も助け, も帰っ, も幕, も早く, も月岡, も歸, より余程, らしいので, をお, をみんな, を塾, を怒った, を支配, を水戸, を睨め廻し, を見, を見る, を訪う, 入らつし, 大變, 御見物, 思って, 早くいらっしゃい, 早くいらつ, 程の意地, 若い者

▼ さんだって~ (237, 0.2%)

3 そうです 2 あなたの, あれで, いつまでも, 何か, 僕が, 善良な, 私が, 私の

1 [218件] あたしの, あてどの, あのとおり十人並み以上, あんなに力, あんなに苦労, あんな気, あんまり我儘, いい, いい加減変さ, いうじゃあ, いざと, いたんだよ, いったん泊めた, いろいろおもしろく, うっかりここ, うつくしいと, うや, おこって, おらの, お円さん, お化粧, お噂, お園さん, お忙しいでしょ, お所帯持, きっと腹, きっと行く, きっと賛成, くるの, けちだ, こうしてわざわざ, このあたし, このごろは, この間云っ, こんな暁子, ごらん御, さっき朝倉先生の, さんざ遊んだ, そうお, そうさ, そうじゃあ, そうそういい, そうだ, そうだろう, そうやっ, そう云ったでしょ, そう底抜け, そう悪い, そう考えてるだろう, そう骨折っ, そのうしろ, そのままに, それから当り矢, それでも否, それを, そんなに優しい, そんなに素晴らしい, そんなわるい, そんな軽薄, たぶんそれ, とても浮かばれ, どうして皆度, どうせ三日, どうせ楽, どうせ貰わなきゃならない, どうなった, ひどいじゃ, ふざけちゃ, ほかの, まさか, まさかあの, また誰, まだ小さい, まんざら覚え, もう, もうこっち, もうシャン, もう一言, もう元気, もう直, やっぱり坊ちゃん, よく傷, わざわざ飛騨, わずかな, わたしが, わたしより, タクサンいる, 一人娘で, 一度ぐらいは, 七十八十まで, 世帯人だ, 云えば, 五六年まえ, 人の, 人間からは, 今あの, 何回かの, 信州の, 俺が, 俺を, 僕に, 僕には, 僕を, 兵隊から, 内の人だって, 初めから, 勤まるだろうって, 十六七には, 危いもんだ, 去年は, 口でだけ, 可い, 可哀そうじゃ, 同じこと, 同じよ, 同じよう, 同じ事, 同様である, 君が, 商売も, 困るの, 変って, 変です, 変な, 大隈伯なんて, 天性御前さん働く, 天才でない, 奥さんだって, 奥様らしく, 女の, 女の子から, 女一疋, 好いこと, 好きだ, 好意が, 妹が, 字書きと, 安穏に, 宜加減, 実入りの, 寄り附きは, 小供, 小判の, 小父さまを, 少しは, 少なからず, 居睡り時間, 山に, 島抜けの, 島村先生だ, 帯は, 年じゃ, 怨みは, 悪いこと, 悪い人, 悪い子, 悪気で, 憐れまれたり, 抜かせませんね, 早く席, 昔は, 書生ッぽ, 有り余る身代, 本当にそんな, 束髪に, 来て, 森さんの, 構や, 武市さんだって, 死ぬの, 死ぬん, 気の, 決して恨み, 油画かきだ, 泣いて, 泣いてたわ, 浮気だ, 淋しいの, 淋しいん, 淋しがる, 満更嬉しく, 父ちゃんや, 牢人だ, 男でしょう, 相当に, 真逆, 知って, 知ってるねえ, 石炭泥棒に, 碌な, 確かに, 立派な, 結婚できる, 結構な, 絵を, 罪の, 考えて, 聞いたん, 聞き飽きて, 自分の, 船長さんだって, 花も, 苦しいよ, 行って, 覚えが, 言うが, 診察し, 辛いだろう, 迷うわね, 違いありゃしないのねえ, 部屋住み, 間違いっこありません, 随分可哀そう, 随分無口, 順一さんだって, 頭が, 高見で, 黒焦げだ

▼ さん~ (227, 0.2%)

3224 んです 20 んだ 9 のだ, のです, のよ 7 のね, んでしょう 54 のである, のでございます 3 のか

2 [12件] のさ, のであろう, のによくも, んか, んざまだ, んざ半歳前嫂が, んだろ, んていう, んでございます, んに, 眼を, 鼻を

1 [70件] あのひと, うちと, そうで, とんでもねえこんだ, のあなた, のお, のお前, のかい, のかしら, のかな, のかは, のかを, のだった, ので, のであった, のでございました, のでしょう, のでも, ので主人, ので屡, ので早速, ので背中, のにあんまり, のは, のプレドポスィロフ, の一週間, ばかりで苦労, ものか, ものに, ゆうべ髪刈りに, よなんど, よネコくん, よ酒, んかも, んざあどこから, んざあ中学校を, んざあ大した, んざあ腰が, んざあ腰を, んざいままでの, んざおれの, んざまだまあ, んざアそう言ッちゃ, んざアどうせ, んざ学者で, んざ東京の, んざ歯に, んざ百姓に, んだってさ, んだらう, んだろう, んちふも, んで, んという, んの, アどうか, アに, ア来さし, ッてえ, ンか, ンざそん, ンだ, 人間が, 内の, 大きに何, 所が, 時代の, 景情であろう, 気が, 遊びにや

▼ さんお前~ (221, 0.2%)

6 のお 4 はわたし 3 には逢, は弟, は腹, は自家 2 とわたし, の分け, はお, はその, はそれ, はひとり, は人, は何, は本当に, 好い處

1 [179件] いつ車力, えなんぞは, おうたいなさい, お二階, お輿, から好, がその, がそれ, がそんな, がまず, がよけれ, がわざわざ, がムカッ腹, が一緒, が今晩ここ, が出, が君, が坐っ, が尋ね, が机竜, が欲しい, が江戸, が肝腎, が裸, が逃げよう, が逃げる, が酒, が附い, が面, が預かった, こそどうして, この中, これからわたしたち, こんな本, そこであに, その五両, だけに通る, だって本心, だって長い, という人, とだけは嫌, とても一時, とは松代, と一緒, と私, どうしてまあこんな, なにか腹, なんだかおかしな, におかしい, にこれ, にはお, には都合, にもその, に便所, に内密, に怪我, に限つて, のお蔭, のまえだ, の云う, の亭主, の前, の名, の噂, の國, の好き, の姿, の家, の平家, の彫, の心がけ, の手, の持っ, の推量, の方, の柄, の深切ぶり, の生んだ, の言う, の言った, の許, の身体, の身内, は, はあの, はいい, はいったん, はいつもいつも, はお前, はお化け, はお嬢様, はきっと, はこいつ, はここ, はこのごろどこ, はさぞ, はずいぶん, はそこ, はどう, はどうしても, はどつち, はほんとう, はまだ, はものしり, はバカ, は今ここ, は今夜, は今日, は今晩, は力, は助かりました, は半蔵さま, は台所町, は唯, は大変, は大臣, は奸婦, は好く, は字, は学者, は小さい, は少し, は幾つ, は心掛け, は怨, は悪い, は手輕, は森山さん, は槍一筋, は江戸, は猿智慧, は直ぐ, は眼, は知ってるだろう, は私, は言い交した, は訳, は貫一, は酒, は馬鹿, ほしいなら, また高, まったく変り者, むずかしいこと, もお, もおすわり, もかなり, もし, もそれでは, もそんな, もついて行かねえ, もどえらい, もなかなか, も一つ, も両国, も俺, も嬉しかろ, も恩怨, も甚伍左, も男, も立派, も聞い, も自分, も酔ッ, をつれ, を呼出した, を思い切る, を驚かさなけれ, 好い処, 寝る前, 寝過ごしちゃ, 怖くは, 戻るの, 本当にどうした, 来るぐらい, 然う, 直ぐ道子, 相変らず, 知らないの

▼ さん~ (215, 0.2%)

11 人は 5 のは 4 ひとは, 方が 3 いふん, おつ, 人が, 人と

2 [20件] いうと, いえば, どういう方, どんな方, ひどい人, んだ, 云う, 云ふ, 人に, 人の, 人を, 人伴れ, 方この, 方の, 方は, 方を, 登記所の, 言うの, 誰, 誰れ

1 [139件] あたし一人じゃ, あの向, ありやしないわ, いい男, いけないのよ, いったいどんな, いつもの, いふお嬢さん, いふの, いふもの, いふ人は, いふ方, えいいお上さん, えこってり, おかしなひと, おかみさんに, おっしゃいます, お前んと, お姉さん, かたいまどんな, かたは, かた何を, かた存じません, きれいな, ことは, この俺, この頃, これからも, すごいん, ずいぶん冷酷, そういう人, そりゃあひどい, そんなにいい, そんなに好い, だあれ姉さん, だから嫌, だれな, つまごろう, とても元, どちらの, どなた, どんなお, どんな娘さん, どんな栄さん, なこと言, の, のが, の親類な, ひとど, ひとも, ひとよく, ひとを, まけない気, ましてね, まるで自分, もうそら, もの何しろ, エの, エのは, エ人も, ニコヤカな, ンです, 中学校へ, 云ふと, 人でしょう, 人どう, 人も, 人やさしい, 人よく, 人可愛らしい, 人知りません, 令嬢と, 仰っしゃいよ, 仰っしゃるの, 仰言, 何て, 何です, 何という, 何の, 何処の, 何軒も, 余程面白い, 出行んと, 可愛い名前, 可笑しいん, 呼ぶから, 喜美ちゃんの, 変な, 夏も, 太田淳三の, 女の, 妙な, 妙ね, 子は, 実に名, 宣教師さんの, 家が, 家どこ, 小間使の, 居やしないかい, 役が, 御っし, 心やすく, 思いのほかに, 懐かれるもん, 損な, 政治家が, 方, 方おいでです, 方それから, 方ぢや, 方で, 方と, 方よ, 方割に, 方屹度私意志の, 東野重造君の, 松駒連の, 板や, 母アちゃんの, 男何という, 相当な, 私の, 素晴らしい紳士, 船の, 言うけれど, 言うと, 言う人, 言えよ, 言はんな, 言ふ, 言ふと, 誰です, 誰な, 誰の, 踏切の, 金魚の, 随分大口, 餘程面白い

▼ さんこれ~ (212, 0.2%)

5 は私 4 はどう, を見 3 が, があなた, は何

2 [15件] が仲間, が番頭, でわたし, に御, はあなた, はお, はきっと, はなんと, はわたし, は内, は出戻り, は決して, は誠に, をお, を何と

1 [160件] お貞さん, があんた, がお, がかどわかされた, がその, がただ, がはじめて, がまた, がわたし, がわたしたち, がブレシントン, が一生, が九段坂, が二千, が二枚目, が僕, が助手, が吾家, が唯, が好い, が小野さん, が尾行, が平湯峠, が弟, が御岳, が普通, が歌, が水, が私, が稲妻小僧, が苦, が行ける, が貴下, が電気, きっと沈香, こそ前代未聞, じゃア, じゃ乞食, じゃ勘定, だ, だけきり今, だけの不幸, だれです, であなた, でいい, でいつぞや, でお, でお気, でこの, でしょう, です, ですが, でもうほとんど, でもまだ, でも堪忍, で一切, で不足, で何, で別れましょう, で大分損, で御免, で百姓, で綺麗, なの, なん, にはキット, に答え, に見え, はあたし, はあなた方, はあんた方, はいったい, はいよいよ, はうち, はお前, はこれ, はぜん, はたしかに, はだめ, はどうして, はどうもわざわざ, はなかなか, はなん, はなんだい, はねえ, はひ, はべつ, はぼく, はみんなお前さん, はもう, はやっぱし, はやっぱり, はココア, はダイヤモンド, は一体どう, は人間, は何で, は何とか, は何ん, は僕達, は元, は先ごろお世話, は八つ, は君, は味, は喘息, は国運日々, は大高さん, は孫根, は実に, は常識, は御, は戻り, は拙, は昼間, は柳, は犢十頭, は珈琲, は甚だ, は疑い, は皆さん, は真珠, は矢張り警視庁, は祖母さん, は羊, は謎, は警視庁, は貧しい, は非常, は驚く, ば何と, ほどまでにわたし, ほど用心, ほんの手土産, までにとられた, もついで, もやっぱり, も大人, やあんな, よくできた, を, をどんな, を一つ君, を上げましょう, を上げよう, を上げる, を出し, を大森さん, を持っ, を摘ん, を直し, を着, を着せ, を読んだ, を隠, 安いよ, 持って, 詰めて, 頼みます, 飲まない

▼ さんなら~ (200, 0.2%)

4 私の 3 ミルクホールへ, 茲に 2 いざ知らず, ばわたし, 何も, 僕は, 大丈夫だ, 宗さんだ, 染吉を, 石見銀山の

1 [174件] あそこに, あとで, あるいはもう何もかも, いいじゃ, いいだろう, いいでしょう, いいと, いいわ, いい人, いい知恵, うるさくない, おいでに, おいらだって, お父様, お登和さん, お顔, きっとあたし, きっとそう言われます, きっとそれ, きっとなぞ, きっと居るやろ, きっと御, きっと行っ, きつと, きみこの, こういうわけ, この頃, こんなもの, こんな時, さぞうまく, さっきシグマが, さんなら, すぐこの, すぐに, すぐわし, ぜひお, そこは, そのくらいの, その但馬さん, その辻, それは, たった今その, たのもしいガード, ちと下情, ついきょう, とてもすき, ともかくさもなければ, と思ふ, と来, と言, どうだ, どうなさる, どう思う, どんなに讃美, なおさら, なんか, なんと言います, ねえさんあたしは, ばあれ, ばそうハキハキ, ば二尺二寸五分相州伝, ば何, ば何とか, ば常に, ば昨夜, またその, まだ一度, まだ逢った, まちがいは, もうちっとさっき, もう行っ, よかろう, よく眼, よく知っ, よく解, よく解っ, わしが, わたしこんな, わたしすぐ, わたしどんなに, をどり込ん, ん借金の, イヤな, キットよい, キャッ怖い, ロイドレ街二十三番館に, ンし, 一寸上手, 丁度仕合せ, 中学生の, 久しく此家, 事務所から, 二階に, 五十銭で, 五時が, 今日直ぐでも, 伜を, 似合いかも, 何うし, 何時でも, 倅を, 僕知つ, 先刻路地の, 兎も, 公園南口の, 前から, 卒業し, 君よりも, 命までも, 四五日前に, 固い人, 堅くて, 多分喜ん, 夜が, 大丈夫だろう, 大丈夫と, 大丈夫よ, 大丈夫人の, 大三郎, 大竜出版の, 大違い, 天王寺裏の, 女だけに, 好いじゃ, 好いの, 妾にだって, 家との, 家の, 實費で, 専門がちが, 尋ね人うん, 尋ね人お仙ちゃんの, 尋ね人だ, 山影さんだ, 山科へ, 店の, 引取り手は, 引取手は, 御殿へ, 必と, 急に, 恐れは, 惡い, 所長さんで, 探偵が, 旦那わっ, 昨日新橋で, 是非お, 本氣, 正直で, 潤太郎さんの, 無論踏み台, 独りで, 申し分は, 男ずくで, 直ぐ隣町, 眼鏡を, 私と, 私にゃ, 私は, 私も, 秘密を, 立ちどころにこれ, 結構これ, 自分が, 芽出たう, 茶も, 見当くらいは, 近ごろここへ, 違ひます, 遠くへ, 間違いは, 顔を, 馬道の

▼ さん~ (191, 0.1%)

6 苦勞樣で 5 夫婦が, 夫婦と, 苦勞樣で御座います 4 夫婦に, 夫婦の, 夫婦も, 自身が, 迷惑でも 3 主人は, 元気です, 自身は

2 [13件] 勉強です, 夫妻が, 夫妻です, 夫妻も, 夫婦それに, 嬢さん, 安心なさい, 当人だ, 待ち申し, 挨拶を, 苦勞樣でございます, 飯炊きや, 骨折でした

1 [115件] かわいそうよ, 一人で, 一家に, 一緒にな, 両親は, 主人が, 亭主か, 仕事です, 信用下さらない, 兄妹と, 先祖さまが, 入営後いい, 全盛の, 勘免なさっ, 勘気に, 印を, 厚誼は, 呼びになったんじゃないとさ, 呼びになつたんぢやないとさ, 在宅早速, 在館で, 夫妻これも, 夫妻への, 夫婦, 夫婦だけは, 夫婦は, 夫婦や, 夫婦をも, 夫婦五人の, 奇特に, 奉公に, 婚礼前は, 安心なさいませ, 安心下さい, 安心下だ, 客様でございます, 帰りだ, 当人には, 当家の, 心配なさいます, 心配なさる, 心配に, 心配には, 心配御, 愛用の, 感想は, 懇意に, 手數を, 承知でが, 承知ですつ, 挨拶なんて, 旅行だ, 本人についての, 本家へも, 本陣には, 案内, 案内し, 死去の, 母堂だ, 気に, 気の毒様です, 気分でも, 気分は, 注文の, 海容下さい, 無理で, 病気でした, 病気です, 目出度うさん, 直々ね, 立腹では, 精が, 紹介いたしましょう, 緩り, 縁が, 縁談は, 自分で, 自慢の, 自身, 自身から, 自身こそ, 自身に, 自身にも, 舎弟の, 良人の, 苦勞これで, 苦勞さまで, 苦勞で, 苦勞です, 苦勞はん, 苦勞やが, 苦勞樣です, 苦勞樣ねエ, 茶あがれ, 見それ, 見物が, 覽の, 詫致し, 赦し下さいまし, 赦下だ, 越しやしたぜ, 近所に, 返杯です, 迷惑でしたろう, 退屈でしょう, 道理じゃ, 遠慮なく, 遠慮なさらない, 金が, 隠居さんは, 隱居さんは, 電話です, 面会, 面会です, 面倒だ

▼ さんそれ~ (190, 0.1%)

4 はあなた, はあんまり, は無理 3 でいい, に相違

2 [16件] がどう, が出来ない, が妾, じゃ, にまだ, に私, は, はたしかに, はよく, は余り, は本当, は誰, は違います, を弟, を承知, を知っ

1 [140件] あの娘, あ左, からおきせ, からパジェット, から亡くなられた, から小さい, から小原節三, から長崎屋さん, があんた, がいちばん, がみんなうそ, が一向, が一番, が世の中, が分り, が天野さん, が夫婦, が当りまえ, が当り前, が普通, が私, が肝腎, が茶巾, くらいの事, こそ大, じゃあひとつ二階, じゃお前, じゃこれ無代, じゃすみません, じゃわたし, じゃア結婚, じゃ今日, じゃ私, じゃ自家, じゃ行く, じゃ話, だけで一万両, だけで済むなら, だもの, でこそお前さん, でなくっても, でなくても, ではならぬ, では困る, で人間, とぼく, に, にしない, にする, については面目, につきまし, にはいったい, にぼく, にマネキン人形, に下女, に友田喜造さん, に向い合っ, に景蔵さん, に異議, に違い, に高橋定次郎氏, はあまり, はあんさん, はいかん, はいけない, はいけねえ, はいけません, はお, はおまえ, はお前, はこう, はたくさん, はだめ, はどういう, はどこ, はなん, はね此, はほんと, はまた, はよい, はわかっ, はわし, はソフィイ, は何, は何とも, は僕, は僕の, は先天梅毒, は先生, は冗談, は可哀想, は吾, は地獄, は容易, は当然, は御, は御免, は心配, は昨夜私, は本気, は死人, は滑稽, は珍しい, は疑い過ぎ, は確か, は私, は私達, は貴下, は違, は違つて, は邪推, は酷い, ばっかりは堪忍, へ直れ, まではがみがみ, もいくぶん, もお, も日本, も獺, やあたし, や本当に, よりかいな, よりまえ, をおっしゃらない, をかわいそう, をしらせ, をやる, を二階, を云いたく, を取り, を呑ん, を守る, を手, を言います, を逃がしちまっ, を開い, ァ本当, 取っといてね, 取つて, 返して

▼ さんもう~ (180, 0.1%)

3 お帰り, お目

2 [11件] いいから, おひるです, かへる, よい加減, 一つ二つ訊きたい, 一人は, 何も, 僕は, 寝たの, 私は, 那

1 [152件] あきらめるん, あたしあなたの, あなた, あなたこれから, あなたさえ, あなたの, あなたも, あの人, あんたの, あんたはんの, あんた方いろいろに, いいかげんに, いいの, いいよ, いい加減に, いけねえ, いけません, いけませんぜ, えい加減に, おめざめ, およしなさい, お京さん, お仕舞, お婆さんだった, お寝みなさい, お帰りなさった, お忘れ, お止しなさい, お目覚め, お見え, きたかい, ここから, これが, じきお, じきもう, じき冬に, そういう話, そのくらい, そのこと, その話, そんなこと, だいじょうぶです, できて, なんにも, はいっても, ぼくは, やけどは, よして, わたしは, ウラジオストックへ, バラし, ヒステリーは, ベルリンへ, 一つだけ, 一つ済みません, 一どい, 一ぺんあの, 一ぺん考え, 一ぺん考え直し, 一人よい, 一人若宮君, 一人誰か, 一台ない, 一遍旦那様に, 三杯飲んだ, 上がったん, 上野の, 乗って, 五十両お, 亥刻, 今夜きりです, 何にも, 何時ごろかのう, 何時だろう, 何時でしょう, 信次郎は, 僕晩に, 入って, 冬の, 出しても, 十一時でございます, 十一月だ, 十分も, 半分道来まし, 品切れだ, 問答は, 喧嘩は, 外へ, 夜が, 夢から, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大丈夫でございます, 大分あみものを, 大抵分った, 好い加減, 始めたん, 始めましょう, 安心な, 寝て, 寝ない, 寝るだろう, 左樣なら, 帰って, 帰つたの, 帰らうよ, 帰りましょうと, 帰るの, 後六時間と, 御安心, 御聞き, 御飯の, 悲しまないでね, 手おくれです, 斯うなったら, 来たの, 止しましょう, 此方へ, 歩行けない, 死体を, 気分は, 沢山です, 泣かないで, 泳いだん, 澤山ぢや, 煙草葉のばす, 理屈は, 用意が, 病舎じゃ, 眠ったの, 結構です, 聴いて, 聽い, 行つ, 裸では, 見忘れなすったかね, 観念した, 証拠は, 話しちゃ, 警察にも, 起きなさいよ, 迚も, 遅いから, 遅いです, 遅いわ, 遲いから, 遲いで, 酔が, 飮めま, 駄目だ, 駄目です, 駄目に

▼ さんその~ (176, 0.1%)

3 人に

2 [13件] ことは, 事なら, 二つを, 人が, 人は, 人を, 奥さんに, 手紙を, 時に, 武家の, 狸囃子は, 通りです, 障壁と

1 [147件] うしろから, うちに, うちには, おくさん, お土産, お役人, お酒, お醤油, ことな, ことなら, ことについて, ためトボンと, つもりに, ふとん, へんの, ほかから, ほかは, ほか沢山の, ほか農学校に, また妹, やくざ野郎は, コスモスお, サーレーの, ノートを, ブローチの, ポケツトに, ランプに, 一つで, 三尺は, 下駄は, 乞食を, 乳牛を, 事ちょっと, 二階の, 人です, 人でなしに, 人の, 他三四の, 他何人かの, 伯母さんは, 佛蘭西の, 作品の, 信用もば, 値を, 先に, 冗談は, 写真は, 几帳を, 刀誰の, 刄物を, 刻限が, 勘定の, 原稿は, 司教と, 向いが, 問題の, 外多くの, 夢です, 女の, 妙案という, 娘が, 娘は, 婦人は, 嬢さんに, 子ったら, 子の, 家庭料理研究会は, 寄場の, 封生は, 小田ち, 少年を, 山手形を, 帽子と, 幻が, 床の間の, 座蒲団でも, 弟の, 彫刻師って, 従妹そして, 御用達の, 御遠慮, 心持で, 心配は, 忠兵衛さんを, 怪人は, 手提袋です, 手文庫を, 手柄に, 指環, 新式の, 方に対して, 方は, 日ヶ窪とやらの, 時お, 時が, 時きっと, 時この, 時分私たちは, 時弓に, 時私は, 時自分を, 晩の, 晩大屋さんの, 本あげましょう, 本に, 松茸は, 椅子を, 次が, 次にモー, 次に偉く, 次のは, 死骸が, 死骸という, 河内屋の, 消えたり, 点なら, 点は, 煙が, 爺は, 猫眼の, 男では, 男を, 番人の, 神尾様が, 積りで, 空気は, 窪んで, 紙屑を, 絵馬を, 縄を, 肉は, 荒野と, 虫は, 袷は, 親戚な, 解式と, 証文て, 証書を, 話を, 説明を, 赤いの, 身分で, 辺に, 鍵という, 隣りも, 頃お宅には, 馬はと

▼ さんあの~ (175, 0.1%)

10 人は 3 人が, 人の, 太夫さん呼ん, 女は

2 [13件] ことは, これで, 上へ, 人を, 女を, 娘は, 娘を, 庭男の, 方の, 時の, 有名な, 櫓は, 猫欲し

1 [127件] うちの, う天狗, お喋りの, お夏さん, お嬢さま, お小姓, お師匠さん, お手紙, お茶は, お蔦さんが, ね, ね僕, ね私, ひとが, ひとの, ひとを, へんに, ま, ダイヤの, チヨツト, ビリケン頭に, ムクを, ロッジは, 三千両は, 三千兩は, 下に, 不二屋の, 二人だって, 二人は, 人々が, 人おかしい, 人と, 人に, 人はねエ, 人もらつちまいなさい, 人本当に, 人知らない, 佐の, 何だ, 先日の, 六十万フランも, 刀を, 別嬪さんが, 別荘に, 千兩箱の, 半蔵の, 吊臺, 和尚さんに, 地所が, 堀田といふ, 奥に, 奥へ, 女なあ, 女に, 女の, 娘が, 娘さん知つては, 子を, 学生の, 室の, 家を, 少女は, 岡本某なる, 島は, 帯は, 店を, 庭の, 当時火術弩は, 怪少年は, 感電騒ぎを, 手紙出しました, 方なら, 方は, 方を, 晩あなたが, 晩の, 本を, 札は, 板屋の, 梅と, 極楽縁起の, 正面の, 母から, 泥の, 物凄い剣気, 玄, 男は, 白い山, 相良惣三の, 石を, 石井の, 禰宜さまが, 笑い声だ, 約束をネ, 総理大臣に, 與八郎といふ, 舞台横の, 船で, 茶碗と, 蕎麦屋の, 蟒という, 血を, 衣裳箱を, 親爺さんなり, 観音さんの, 話は, 話園子さんに, 貴下と, 踊り方, 辺に, 辺の, 采は, 金剛石の, 釣台を, 鉄胤先生も, 鎖の, 鏡台を, 長者町の, 間の, 阿魔, 雨に, 青い怪物, 靴穴が, 音は, 頃もを, 魚屋さんには, 鯉一尾わてに

▼ さんより~ (156, 0.1%)

6 外に 4 まだ大きな, 先に, 外には 3 ほかに, 猶美 2 ほかには, むしろ伝説, 三つも, 他に, 別嬪さんである, 手紙, 縁が

1 [118件] あなたの, いくらか智慧, いくら可愛い, こっちの, さきに, ずっと上手, ずっと位, ずっと年, せんぱいの, たしかにあの御, ちょっと年上, どれくらい, ぬきの, ほかにも, また二十四歳, もう一つ前, もっとひどい, もっと不思議, もっと才能, もっと立派, もっと良い, もっと貧乏, もっと責任, ゃおとなしか子じゃ, よくご存じ, よほど愛想, わしの, わるいが, エライのだ, ハガキ, ハガキが, ハガキ原稿の, ハガキ秋田氏への, モヤーの, 一つ二つ上らしく, 一つ若い, 一と, 一の, 一寸ちがった, 一寸ばかし, 一枚上手だ, 一足先に, 三ツ四ツ年下です, 三十あまりも, 三四年下な, 三四年以前から, 三圓だけ, 上に, 上ワ, 上手な, 上手や, 上物を, 九つも, 二つ三つ年上で, 二三年下な, 五つ年上の, 人間的だ, 他人の, 他想像, 便あら, 僕は, 兄さんの, 先妻の, 先廻りを, 先輩です, 其の場, 前に, 十センチほど, 十円かりる, 十歳も, 卅あまりも, 可かった, 同日の, 四つ下や, 外の, 多かつ, 夫の, 奥さんの, 女だ, 妹の, 少しは, 年が, 年上ずらじゃ, 年上だ, 弟の, 彼は, 後の, 後れたので, 御便り, 御便りあっ, 御叔母さん, 悧巧だ, 悪いって, 早く歸宅, 早く駈け上りました, 早よ, 有益な, 来信, 来翰, 松さんの, 正月用の, 激しい貧乏人, 百兩の, 神戸土産ドン, 私が, 私の, 背の, 親切な, 近き他人, 郵便来たり, 阪井の, 電話, 電話きょうは, 電話きょう公判が, 電話支那料理は, 顰んだ, 高くなる, 高く登った

▼ さんあんた~ (150, 0.1%)

2 どない, もその

1 [146件] あお先, あ兄さん, いったいどう思います, いったい幾人, えらい反米思想, おみ, お休み, お園さん, お父様, から言われた, がいくら, が働かない, が出れ, が横田, が死ね, が気に入った, が海尻, が種, が鍵, くすのき, この浜尾組, この頃, これからその, じかに頼んだら, じゃありません, その娘さん, だから, だよ, である, とうとうやって来た, と連絡, どうした, どうしていま, どうして泣いた, どう思う, どう思ふ, どがい, なのよ, ならど, にいい, にお, にお願い, にそう, にはこれ, には生涯力, にもち, にも一杯, にやわからん, にチョット, に当て, に正直, に逢, に電話, のおかげ, のお父さん, のお話, のする, のせい, の事, の前, の友達, の家, の心, の心尽くし, の歯, の気持, の絵エ, の腕前, の足ンとこ, の部屋, の魅惑, は, はここ, はせっせと, はそう, はその, はとうとう, はとても, はどう, はなぜ, はねいらんこと, はむろん, はやたら, はわたし, は一体, は伯爵, は何, は何日, は却, は大きな, は大人しい, は失策, は安宅先生, は小, は早く, は本当に, は東, は松田, は此間, は毎日, は淫売, は猫, は知っ, は行かん, は見くびっ, は近, は餓鬼, は馬鹿, ひどいわよ, まさか自分, も, もあきれた, もう帰つて, もここ, もそう, もそれ, もどうやら, もぶらぶら, もまた, も三田さん, も今, も其処, も大いに, も此方, も物好き, も直子さん, も知っ, も羽子つき, も達者, も釣っ, も顔, よくもそんな, よりちや, を愛し, 困って, 御迷惑, 持つて, 書いてよ, 本当に行かない, 深水さんの, 生きて, 男じゃ, 直ぐに, 知らない, 行って, 迎えには

▼ さんお前さん~ (138, 0.1%)

3 の前

2 [12件] が一番, が下手人, にも心当り, の方, の着物, はあの, はどう, はどこ, は可哀想, は女出入り, は相, は私

1 [111件] いたの, があんな, がこの, が今朝衣物, が供, が先, が割った, が心配, が来たら, が私, が縛った, が菓子, このお家, だけだ, だけはわたし, だってあて, だって男, だろう, という人, とこの, どうした, どうなさる, なら大丈夫, なんぞに借りてる, につけ, にはあの, には分るまい, にも永, に娘, に御用, に男, に笑われる, に約束, のその, のところ, のほん, の今, の大切, の好きそう, の姿, の思う存分, の目つき, の着いた, の考え, の言う, の足, の鏡研, は, はうんうん, はこれ, はその, はそれ, はどうか, はなぜ, はなとても, はなん, はなんと, はまあ, はもう, はよく, は一体何時, は一年, は今どちら, は何, は何と, は何とも, は俊太郎さん, は名, は大層, は小間物屋, は岩見銀山, は御, は悪人, は惡人ぢ, は朝吉親分, は権八, は水銀, は生き肝, は石見銀山, は自分, は親分, は重う, ばかりだ, また何, まだお湯, までぶ, もう少しで, もう気分, もこの, もこれ, もホント, も了見違い, も人, も何, も天狗, も惚れ, も知っ, も迂闊, も酌, よく今晩, よりいくらか, よりもっと, を見そめた, 一寸御, 何とか言いなすった, 何とか言ひな, 前もって電話, 本当に感心, 済みませんが, 知って, 酔って

▼ さんわたし~ (137, 0.1%)

5 はもう 4 はあなた 3 はお前, はお前さん, はこの 2 がここ, はここ, はどう, もあんた, もそこ, を天

1 [107件] あの手紙, いい物, いっその, お別れ, お後, があんた, が一生, が三輪, が急, が悪かっ, が死ぬ, が注意, が自分, こそです, こんな事, こんな妹, じゃありません, じゃいけない, すっかりまごつい, だって馬鹿, ついうっかり, つくづく変, ですの, とを紹介, と代っ, と結婚, なんて幸福, にはわからない, には全く, に選挙事務長, ねもう, のこと, のため, のつとめ, のなかよし, のよう, の下駄, の大好き, の尋ね, の心, の心持, の思い, の所, の眼, の草鞋, の親方, の身, の面, はあの, はきっと, はこういう, はこのごろ, はこんな, はそれ, はどうしても, はねもう, はひどい, はまだ, はよほど, はケブネカイセ, は中津川, は京都, は何日, は先生, は前, は吾家, は大湊, は天野, は嬉しい, は孫, は巻き物, は思いきっ, は思い切っ, は恋愛, は折り入っ, は旅, は明日, は本当に, は直ぐ, は諦めようっ, は諦めようつたつ, は警察, は近い, また怖い, もこんな, もさびしい, もそう, もその, も一つお手伝い, も一緒, も一頃, も命拾い, も女, も辛かっ, や此, や飛んだ, ゆきます, よ, を助け, を困らす, を思い切っ, を鐘つき, 何だかあなた, 少しばかり, 少し平一郎さん, 帰るわ, 考えて

▼ さん一人~ (136, 0.1%)

6 では 3 なの

2 [11件] じゃあ保たねえ, だ, だけです, だね, であつ, でしたよ, です, で奢る, の手, 出して, 殺して

1 [105件] か, かと思った, かへつて遠慮, が一生懸命骨, が太陽みたい, が背負っ, が表彰, が迷, ぐらいはあたし, さえ楽, だから, だからね, だけが心配性, だけだろう, だけで, だけのこと, だけのこの, だけらしい, だけを大切, だぞという, だつたね, だと, だとは, でいい, でお先に, でさぞ, でしたか, でしょう, ですか, ですから, でそんな, でどうしても, でないこと, でもってる, でやっ, でやつ, でよく, でゐた, で働く, で先生一人生徒一人, で公爵, で出かけた, で十人, で反対, で大森, で寂し, で手ずから, で手酌, で来させ, で来た, で柳原町, で気, で繰廻して, で育てたら, で行き, で行く, で討っ, で誰, で食べる, ということ, と聞く, ならそりゃ, なん, にもう一度ゆっくり, に對, に惚れてる, に成っ, に限られ, のこるの, のため, のところ, のよう, の一生, の事, の力, の思ひ, の意見ぢ, の時, の減る, の男, の男やもめ, の留守番, の責任, は, はいる, はやれない, は二十一, は右, は商人, もいませんです, らしかった, を呼びだし電灯, を大, を思っ, を残した, を相手, を知り合い, を置い, を置き去り, を舟, を酔わし, 御紹介, 放つとき, 置いといて, 遊んで

▼ さんとも~ (132, 0.1%)

4 あろうもの 3 相談し, 話を 2 あろう人, お別れ, 一緒に, 仲が, 改めて打合せた, 文通を, 本当に手, 相談の, 見える若い

1 [104件] あらう者, あるもの, あれから, あろうひと, あろうもん, あろう妓, あろう水ムシ, あろう者, いいませんでした, いっしょに, いつでも, いろいろ相談, いろいろ考へた, いわず中, おかみさんとも, お会, お友達, お會, お行儀, お附合, お馴染, しばらくお, じきじきお, じきに, すっかり異, せずまた, そう遊ばなくなった, つかずお上さん, つかない中途半端, どうやらこのごろ, へんよ, もうこれ, もう永久, もう親しい, よく旅, よく相談, よく識, をかしいんだ, 一人お, 一人の, 一人差し向いで, 一生別れず, 了解し合う, 予てお, 争うの, 云いきれずマダム, 以前と, 仲よく会う, 会えるかも, 何か, 保子さんとも, 充分に, 冗談の, 別れちまって, 前から, 友達東京の, 古い馴染, 君は, 呼ばなかつた, 屡々出, 引きます, 御一緒, 思えぬよう, 思われねえが, 意見は, 懇意だ, 懇意には, 握手を, 旧知の, 村の, 校長であり, 気拙い, 澄江さんとも, 相談しました, 知らずとんでも, 知らず粂之助, 知合いだった, 知合いに, 神近さんとも, 立派な, 筋が, 約束を, 見えずやっぱりこう, 親友である, 解釈しなかった, 言わないお雪様, 言わなかった, 話したが, 話したこと, 話し合ったの, 談判する, 逢い絹子夫人, 逢えなくなって, 逢ったって, 逢われるだろうと, 連絡が, 違う第, 遠くな, 遠くなった, 階下で, 顔を, 顔馴染に, 馬車で, 駄目の

▼ さん~ (130, 0.1%)

4 はこの 3 です, はもう 2 が今, はあなた, はこれ, はどう, は役者, は苦しい

1 [108件] ああの, あ何と, いつも苺畑, が今日, が何, が友人, が悪, が持ち出した, が若し, が追っかけなかった, が送っ, が雉, しいの, だから, と結婚, にあなた, にとってどの, にはあなた, にはこの, にはその, にはほんとに, にはもう, には何, にもつともつと, に天才, に絵, に詫び, のこと, の両親, の予言, の事, の云う, の作品, の家, の小隊, の心, の忠告, の想像, の手ぎわ, の採集, の探し, の新しい, の残酷, の立場, の言, の負け, の部屋, の頭, の顔, はあの, はいつ, はいつぞや, はお, はお前, はけさ, はこういう, はこうして, はこれから, はこんな, はさい前, はその, はそれ, はそんな, はちょい, はやつぱり先見, はラファテール, は一寸, は一生恩, は二, は人, は今夜, は君, は唯, は坊さん, は少々, は弁解, は御, は思いきっ, は急, は断念, は新聞社, は旧派, は明日朝出発, は昨夜, は時計, は水, は犯人, は知っとる, は種々, は至急, は蜂退治, は負けました, は貴方, は遺言書, は雪, は魂, もいよいよ, もじきに, もねあすこ, もやはり, も一緒, も朝, を信じ, を呼びとめる, を見, を酔つて, を醉つて, 少し突

▼ さんとか~ (123, 0.1%)

11 言つた 7 言ったね, 言ふ 4 云って 2 え, 仰っしゃるお方, 八兄哥とか, 呼んで, 忠次郎さんとかいふ, 被仰る

1 [82件] いいましたね, いったな, いったね, いつて, いらっし, おっしゃいました, おっしゃいましたな, おっしゃいましたね, お久さん, お医者さん, お爺さんとか, さう, そういうシャペロン, で御, もう宜い, エルマンさんとかいう, 三番目の, 下町の, 云う, 云うお, 云うもの, 云うん, 云う姉さん, 云う娘さん, 云う婦人, 云ったね, 云ってた方, 云ふ, 令子さんが, 仰しゃったね, 仰有ったかな, 仰言, 伊藤さんとか, 何, 何とか云う, 先生と, 先生とか, 内箱の, 冉有さんとかいう, 助さんとかいう, 君代さんとかいう, 呼ばれて, 夫などが, 奉って, 始めてお, 嫂とかが, 安倍さんとかいう, 巡査さんとか, 床屋の, 役員さんとか, 彼等の, 従兄弟だ, 恋人とかに, 有難くない, 本姓や, 杵太郎さんと, 柳田国男さんの, 検事さんとかいうのよ, 火事とか, 納所とか, 網野さんとかいう, 自動車係りの, 葉子の, 言いましたね, 言うお嬢さん, 言うの, 言う田舎, 言う若い, 言ったが, 言ったネ, 言つたそりや, 言つたつけあたしに, 言つた綺麗な, 言ひなすつた, 豪い方, 酒屋さんとかが, 野沢富美子さんとかいう, 鈴本さんとか, 闇の, 阪西さんとか, 駒屋さんさては, 麻素子さんとか

▼ さんとこ~ (123, 0.1%)

5 へ行っ 3 へ行く 2 へお, へ出かける, へ昨夜, へ来る, へ行つて

1 [105件] あなんて, かへ, からお, からをなご, から別に何とも, から旦那, から来た, から違います, かベドウス, がやはりそう, が始め, が焦熱地獄, でおさつ, でご馳走, でさえ雨戸, では一体, でみんな, でもう, でもそう, でゴム輪, で一二遍, で会っ, で写した, で加柴, で被せ申した, で見た, で話しちゃった, で豆御飯, で遊ん, と同様, どうしてお, などお, などと主人, にいらっしゃるだろう, においで, にな, にはたまに, には松明, にや昨日, に寄せ, に寄る, に居る, に煙突, に行く, に送ります, はおまえ, はこの間金毘羅さま, はどう, はどつちでございませう, は三人, は何, は信州, は大, は少し, は日数, は進んどる, は金もち, ばかりへ遊び, へ, へいくら, へいったら, へお尋ね, へちょい, へつっ走ろう, へでもいらつ, へなぞ, へなんか, へひとっ走りいっ, へもサンタクロス, へチヨイチヨイ行, へレコード, へ何, へ何億, へ使, へ出かけた, へ出向いた, へ寄っ, へ押しかける, へ断り, へ来い, へ毎日, へ泉州, へ泊めよ, へ片, へ結い, へ草鞋, へ行かせる, へ行くだ, へ行こう, へ行ってる, へ行つてごらん, へ行つて譯, へ訊ね, へ許, へ走りこみ, へ遊び, へ遣つた, へ附い, へ風呂, へ飛脚, もわたし, やいや, よ, 聞いて, 行って

▼ さんだった~ (118, 0.1%)

97 のです 5 か, ね, のだ 4 のか, んでしょう 3 から, んです 2 そうです, ということ, のである, のよ

1 [65件] あの彫刻, かが初めて, かしら, かの, かもしれない, からいい, からだ, から本当に, から母子二人, か何, か豊島さん, がその, がもう, が今日, が厳格, が生徒, ことを, しまさか, じゃない, そうで, そうでございます, っけか暫く, っていつか, といいます, という, という事, という品, とね, とは全然, と云う, と徳山, と思います, な, なあ, なんて, のかしら, のかという, ので, のでご, のでございます, のでしょう, のでエジプト, ので一切, ので頬杖, のに違い, のね, のは, の可哀想, はずです, もんだ, よ, わ, わけだ, わね, わネ, わ幹子さん, んだ, んで, んでございましょう, ネ, バラさんが, 何か, 原信子さんが, 文字春さんの, 関係から

▼ さんみたい~ (116, 0.1%)

7 な人 3 なこと, なの, な顔 2 なひと, なもの, な可愛い, な方, な立派, な變, にお, になる, に猫

1 [82件] だ, だこと, だね, ですね, で可愛い, なか, なかた, なきたない, なしつッ, なちっぽけ, なはだの, なや, なエロ作家, なダラシ, なパパさん, な三下, な人一倍, な会, な内密, な別嬪, な可愛らしい, な四十男, な坊さん, な堅い, な大, な夫婦, な女, な好, な姿, な婆ア, な存在, な巨匠, な度胸, な快活, な恰好, な気, な気持ち, な物好, な独身もの, な生, な病氣, な秀才, な胆, な芸術家, な足取り, な長い, な関西訛り, な頓馬, な飛んでも, な魂, な齢, に, にいい, にいつも, にうまく, にええ, にお次, にお金たくさん, にからから, にし, にたんと, にない, にね, にはいかない, にやぶれ, に世話, に仰山, に唯物論者, に喧嘩, に威張っ, に山駕籠, に扱っ, に政治騷ぎに金, に見える, に逃げた, に闇, に隠し, に首, に黒光り, ね, やさかい, 少しお

▼ さん今日~ (116, 0.1%)

248 はお 5 はいい 4 は何 2 はどんな, は一人, は好い, は御, は私, は雨

1 [63件] お引越し, お米, かえるつもり, から私, のあぶれ, のところ, のよう, の場合, の晝過ぎ, はあたし, はあて, はあんまり, はいったい, はいつたい, はいらない, はお出かけ, はお前, はお前さん, はお祈り, はきっと, はこれ位, はすっぽかしらしい, はどう, はどうか, はどうしても, はほんとに, はもう, はやれ, はゆっくり, はゐない, はビフテキ, は一日, は上程, は付合っ, は休ま, は余程, は別に, は又, は君, は土曜日, は報告かたがた, は変, は大層, は妙, は寒い, は少し, は廻り道, は手不足, は晩番, は最後, は来なかつた, は松田, は松茸, は正月, は熊叔父さん, は見えませんでした, は負けた, は駄賃, までのこと, までの私, も學校, わざわざお, 来たの

▼ さんとが~ (114, 0.1%)

2 やつて, 話したこと, 迎えに

1 [108件] あとに, ありました, いた, いら, おくさん, おどろいて, お出かけに, お対, お茶を, お道連れ, かうした物, きらいらしい, こうした淋しい, こうした物, この六つ, ごみを, しめられて, その人達, その実, その身, そばに, そろって, とっくみあって, とても素敵, とんぼを, どこかしら, どのくら, はじめて世帯, ぶらりと雇人部屋, へんな, ぼんやりし, まずまあ腕比べ, また前, るす, バタバタ畳, バラバラと, 世間話を, 二人きりで, 二人立ちで, 二枚看板で, 仲よ, 会ったとき, 住む家, 何を, 優秀なる, 写って, 合同し, 同じ人, 声高, 変死なさいました, 大変です, 夫婦に, 奥の, 定連, 平岡氏夫婦を, 度々会いました, 当られた, 御承知, 御様子, 応接室の, 愈よ, 意外な, 懲りずま, 手を, 抱きあって, 接吻した, 支配人の, 星田さんと, 時々用, 普通の, 来て, 来るん, 来庵, 歴史や, 死んだ児, 残つて見送つ, 決して金, 渡し舟に, 火山の, 父子ともに, 特徴の, 生垣越しに, 田舎の, 申し合わせて, 画論に, 相談し, 私の, 稲ちゃんぬきに, 立ち会って, 立つて, 笑いながら, 結婚される, 結婚式を, 綾子の, 肩を, 薄暗いその, 街へ, 親と, 親切に, 話して, 話を, 談合の, 送つて, 長い期間, 門前の, 集った時, 顔を, 高手小手に

▼ さん自身~ (112, 0.1%)

3 の口 2 がどんな, で被, にし, の家, の言葉, は棟梁株

1 [97件] からそんな, から聞いた, が, がいつも, がげんかん, がこいつ, がこの, がさ, がそ, がどうして, がやっ, が丸めた, が出, が延命, が待っ, が思ひ, が撒いた, が春子様, が月桂寺さん, が東京芸者, が浅間, が片, が理窟, が落城, が運ん, が電話口, が飛び出さない, すら, だけを拔, だって忘れ, であったろう, であること, でさえ無, でじかに, ですよ, でそう, でも口癖, で修繕, で申しました, としても未醒号, とを積載, なにか気, なの, にいわせる, にこれ, にした, にとっては火事, には病氣, にもバルザック, にも何, に依, のこと, の中, の事, の人柄, の体験, の何, の作, の家庭生活, の心, の手, の注文, の眼, の笑, の罪, の話, の説明, の青春, は, はうごかない, はどう, は何, は委員長, は希望, は気イ, は決して, は留吉, もあの, もきっと, もさういふ, もそれ, もてんで, もぼくたち, も人, も多少, も嫌, も心, も知らなかった, も言う, も証言, を冷たく, を気, 出かけて, 出て, 嘗てその, 言って, 話されたこと

▼ さん貴方~ (112, 0.1%)

3 は私 2 はあの, はお, はこの, はどう, は今

1 [99件] あんなお, からも御願, からよく, から先, がいらっしゃる, がた, が伊香保, が何ぞ, が側, が向う, が大変すき, が恩人, が探し求め, が此, が殺されたら, が童謡, が茲, こそ気楽, こそ気楽ぢ, この頃, さう, それでは余り, そんなに離れ, だったの, だつて, だと, とは信州以来, どうあそばし, どうぞお, どうなさる, にはおさらば, にはす, には又, に好事, のお, のやう, の云う, の国, の尊う, の心一つ, の手, の方, の本心, の生涯, の病気, の眼鏡, の罰, の言う, の言葉, の読んだ, はこういう, はすっかり, はその, はそれ, はそんな, はなにか, はまさか, はもう, はクリヴォフ夫人, はクリヴォフ様, はダンネベルグ夫人, は仲, は何処, は何時, は再び, は又, は史家ホルクロフト, は失礼, は妙, は宗教, は弾丸, は御, は掃除, は本統, は正面, は此, は此の方, は津多子, は秀子, は算盤, は結婚, は育児係り, は誰, は隠し, は馬車, ほどの方, もう何歳, もこれから, もそれぢ, もそんなに, もです, も以前, も傳, も口, も庶, も是非, 何故私, 怒って, 本当に偶

▼ さんさん~ (107, 0.1%)

6 と降り 5 と涙, と降りそそぐ 4 と光らし 3 たる太陽, とふりそそい 2 とかがやい, とかがやく, とふりそそぐ, とヒマラヤ杉, と水, と落涙, と輝く, と降っ, と降りそそい

1 [63件] たる日光, たる月光, たる涙, たる盛装, たる粒, たる陽, たる陽あし, たる陽ざし, とあたり, とかがやきました, とした, として大小, として輝い, とふきあげ, とふりこぼれ, と光, と光り, と噴き滾れ, と太陽, と射る, と彼, と御, と打ちつ, と打ち振り, と明るい, と月光, と木の間, と杉, と柳, と梢, と止めど, と水嵩, と水液, と泣く, と流る, と流れる, と流涕, と浴び, と海, と涙し, と滾れ落ちた, と照り, と照りそそぐ, と照り輝い, と白光, と砕け, と砕けちる, と粉雪, と紅く, と舞, と落ち, と落ちる, と道, と降りかがやく, と降り出し, と降り来る, と降り注い, と降る, と霧雨, と騎馬甲冑, と鳴る, と黒く, に逢つて愉快

▼ さんそんな~ (106, 0.1%)

20 ことを 10 事を 3 ことは, 所に 2 こと, ものを, 約束を

1 [64件] あんた, いいこと, ええ所, おめ, ことし, ことた, ことで, ことどうして, こと書い, ていねいな, ところから, ところに, ふうに, ふくれツ面, へッぴり腰, まあ拗ねた, ものじゃ, ものに, もんじゃ, もんぢや, 上等の, 不自由な, 事いってりゃ, 事が, 事してたら, 事アありゃ, 冷酒を, 危ない細工, 只どうも, 大事な, 大声出し, 女形一人を, 年に, 強面に, 心配する, 悪い人, 悪い奴, 意味で, 旧傷, 早く回し, 気が, 水いじりを, 汚れた銭, 無理な, 無茶し, 物アこっちにゃ, 田舎臭い, 私だ, 筈は, 約束なんて, 考え方は, 薪ざっぽうなどを持っ, 解らないこと, 言い方を, 言葉つきぢや, 話じゃ, 話は, 謎みたいな, 遠慮には, 野暮な, 野暮は, 金が, 馬鹿な, 駈け出し

▼ さんでした~ (105, 0.1%)

232073 な, よ 2 かそれ, から, がね, わ

1 [41件] かい, かいつも, かそれでは, かどうぞ, かも何, からね, からカーテン, から二匹, から兎さん, か何年前, か千坂様, か道理, が, がいろんな, がお, がそれ, がねえ, が若い, こと, し未亡人恒子さん, それが, たくさんの, っけ, っけ法科, つけ, とさ, なそれ, などう, なア, に御, ねそう, ねわし, のでねえ, のにお母様, もの, わね, わねえ, わねってチャン, 二階で, 同郷の, 硝子盆の

▼ さんらしい~ (105, 0.1%)

7 のが 5 のも, 人が 3 人の, 女が 2 と思った, ね, ものを, わ, 姿を, 小言を, 背を

1 [68件] おたずねです, お孃さん, が, がそいつ, がクルーゼ夫人, じゃ有りません, ぞ, という, といつた, とおかしく, とか申します, と思いました, な, なんでも, ので三藏, のに呼び戻された, のに気, のは, ひとが, ものが, ものだった, ものでありました, ものである, やり方だ, よさ, んです, エプロン姿の, トボけたことを, 一二度この, 人たちです, 人たちの, 人だつた, 人であっ, 人とが, 人に, 人を, 即答の, 口ぶりで, 声が, 声も, 女に, 女歌人, 姿が, 姿は, 店構えが, 後姿を, 感情で, 方が, 理由な, 用件できた, 私は, 細い字, 結末だ, 絵だ, 老人が, 考え方で, 肥つ, 膝の, 自然さとして, 華やかさを, 話題が, 調子で, 謡いの, 贅澤な, 金モールを, 面影は, 風で, 骨身を

▼ さんだけ~ (104, 0.1%)

8 です 7 だ, では 5 あって 4 ですよ, なん 2 あつて, 別の

1 [65件] ある, あ手, だったわ, だね, だよ, だろうが, だわ, だん, ちょっとしょんぼり, ちょっと此方, ちよつと, ぢや, つまり美味, で, であ, である, であろう, でございます, でさ, でしたが, でしょうか, ですか, ですが, ですね, でその, でそり, でそれ, でなくまだ, でなくアメリカ, でなくキントト, でなく福田くん, でタクサン, で奥さん, なので, のこった家, のこって, まだ見え, みたいにな, やったらあんな, ヒョッコリどこかから, 一人だけよ, 一緒につれて, 両方とも, 二等の, 亡くなつた曾祖母さん, 入って, 入つて, 出て, 可愛くたっぷり, 奥に, 寝かすこと, 少し高い, 巡査に, 早く帰った, 望んだと, 格子の, 殘し, 殘つ, 殺したって, 良い子, 行くの, 起きて, 逃れられたの, 階下に, 青い眼鏡

▼ さんからの~ (100, 0.1%)

5 手紙を 3 手紙

2 [11件] お手紙, お話も, お頼み, それは, 手紙が, 手紙で, 最後の, 絵葉書を, 贈物, 電話で, 頼みと

1 [70件] おつかひ, お土産, お言伝, お話が, お話で, お話を, お迎えだ, お電話, お預り, ことづて, しきたりで, ものだ, ものだった, ハガキが, ハガキだけは, 一本を, 不時の, 五百円だって, 使者に, 便りにも, 借金など, 借金の, 借金も, 傳言で, 到来ものだった, 受信は, 句集代が, 土産を, 婚約の, 封筒を, 届け物だ, 帰り道に, 御報知, 御注文, 御葉書, 御言葉, 手紙だ, 手紙の, 手紙も, 手紙何とも, 拜領や, 旅費を, 書留だった, 書留め, 望みで, 果物籠を, 注意だらう, 消息に, 申し出を, 祝ひ手紙が, 私信に, 紹介状, 紹介状を, 絵や, 絵葉書が, 絵葉書の, 葉書, 葉書の, 親切な, 言伝が, 話だ, 贈物である, 贈物桑名の, 返事は, 速達だった, 長いお, 電話です, 電話と, 音信も, 預り金を

▼ さんなんか~ (92, 0.1%)

3 まだ若い 2 では, はいて, まだ兄さん, 何う, 私は

1 [79件] ああやっ, あすこで, あなたの, あらかじめこっち, ありゃあしない, いい, いいかげんに, いいよ, いくら追い廻した, いちばんひどかっ, いやしなかった, いらっしゃるところ, いらないの, いる筈, うらなりの, おちついて, お願いする, かわいそうな, ここに, これからだ, こわくない, こんなにぎやか, じゃ六畳一間, それに, そんなところ, たった十九, ちっとも美人, どうなっ, どうにでも, どんな気持, なんでも, のんきで, はらはらしてる, まるで, もうお, もう僕, やって来たら飲んで, ダメ, ポロポロ泣い, 一人も, 一番ずるい, 三人扶持の, 会を, 使って, 兄さんは, 厭な, 厭なこった, 古顔で, 右か, 呼んで, 問題じゃ, 坑夫に, 始終だ, 尚更それ, 居ないで, 屹度また, 幸福な, 幾度も, 御用でした, 御覧にな, 心ならずも私, 感慨も, 或る, 振向き, 来るもの, 東京で, 柳派の, 水でも, 特に目立ちます, 盃より, 眼を, 知ったこと, 窓から, 舞台衣裳に, 行くもの, 袖も, 踊りにも, 頭も, 頼まない先

▼ さん夫婦~ (91, 0.1%)

2 にもあいさつ, の姿, の話, は何

1 [83件] から, がかわるがわる, がその後遊び, がなつかしまれ, がよ, が世話, が住ん, が保田, が写真, が快, が移つて, が税務監督局, が豫め用意, が転任, だけはおれ, だらうつて, ですが, と, とたべ, とふたり, とまた, とシネマ, と君, と女中, と小林少年, と能, と自分達, などとどじょう, にしろ, にその, にたいへん, にとってはこの, に感謝, に招かれ, に歓待, に気がね, に送る, のおよばれ, のため, のほか, の一行来, の事, の人, の侠気, の周旋, の家具家財, の方, の浜町, の親切, の話し, の頭, はうまく, はお母さん, はかつて, はこの, はとんだ, は全く, は君, は大, は奥, は妹娘, は富士見, は心配, は日, は村尾さん, は涙, は相方共, は眠, は種々骨, への送別品, もあった, もびっくり, も下野一郎, も不快, も無理, も連れ, よ, を思い出す, を想い出すなり, を見送る, を鹿島槍, 来る, 無理矢理つれ

▼ さんどこ~ (88, 0.1%)

13 へ行く 73 へいらっしゃる, へ行った 2 から来なすった, にいらっしゃる, にいる, に居る, へいっ, も何とも, を見てる

1 [48件] いくの, かお茶屋, かしら, かでこんな, かで聞いた, かへお, からかね, からきた, から仕入れ, か通, か静か, さ行く, だ, でしょう, です, でどいつ, で働い, で待ってる, と云う, にある, に寝る, に居ん, に泊っ, に立っ, に隠し, のいぬ, の人, の子供, の生れ, の話, へあの, へいく, へいま, へいらつ, へおいで, へ出, へ行きなさる, へ行きましょう, へ行っ, へ行っちゃった, へ行つて來たん, へ隠れ, へ隠れた, までも, までもお前, までも追う, まで行った, を向い

▼ さん~ (86, 0.1%)

8 しぐれ 5 時雨 2 しぐれか, へ, へその, ア行きま, 時雨を

1 [63件] あの人, いその, ういふお話, ういふ時, うえ者あ, うえ錢は, うがみがみ, うだらう, うぢ, うですよなあ, うでなければ, うでも, うは, うよ, う云つて, う働らいち, う思はない, う打ち明け, う燒, お萩さんと, か, かえりましょう, からめん, か立ち, こう云え, さかずきさしましょう, つぱり姿, へいひ, へお, へまとも, へゐれ, へ元, へ博覧会, へ好, へ妾, へ居なかつたら, へ幸福, へ我慢, へ死ん, へ殺す, へ知らず, へ言, へ詳しい, へ貰, よく覚えてる, よんさ, わたしの, ア思うさま, ッぱり影が, 土産コ買う, 時雨か, 時雨が, 時雨は, 歌川さんの, 此方へ, 相変らず, 胡麻こ擂ってる, 行こ, 行つて來た, 行つて来た, 誰だって, 踊りを, 首ったけじゃ

▼ さんそう~ (86, 0.1%)

5 でしょう 3 じゃない, 思って 2 して, じゃア, でしたね, でせう, なると, は思わない

1 [63件] いっちゃ, いって, おっしゃれば, お思い, したら好い, したら身体, しといて, じゃありません, じゃあ無い, じゃないでしょう, じゃなかった, すると, だと, だろう, でしょあたし, でしよう, ですか, ですね, ですわね, ですネー, では, なさいよ, なさつたらいかが, なすって, なのよ, のっけに, はいかない, は思いません, ばかりじゃあねえね, より外, れごろうじろ, 云って, 伺って, 働いてばかり, 働らい, 叱りなさんな, 君に, 嘆くこと, 御心配, 御思い, 心配せんで, 怒っちゃ, 怒ること, 思いませんか, 思わない, 思わないの, 恐がっちゃ, 悄気たっ, 打ち明けて, 無闇に, 私を, 私等に, 胸倉を, 腹を, 興奮しない, 言ったよう, 言っちゃ, 言って, 言ってたわ, 言わなぃでどうか, 話して, 銭儲けの, 閉じ籠ってばかり

▼ さん~ (84, 0.1%)

38 やない 14 やありません 3 やあるまい, やなく 2 や, やが, やございません, やねえや

1 [18件] やあの, やある, やいけない, やお, やそれ, やどう, やどんな, やな, やない赤い, やなかつた, やね, やらう, やア, や外, や御座いませんでした, や無, や而又庄屋, や腕

▼ さんばかり~ (80, 0.1%)

12 では 63 だと 2 そんなお, で, でなく, でなくほか, でなくぼく

1 [49件] あって, じやあ, そんなに思つて, だから, だからさ, だったと, だわね, ちょうどお前, ぢや, である, であろう, でしたが, でしょう, ですから, ですね, ですッ, でなくそこ, でなく三津子さん, でなく井上さん, でなく僕, でなく多勢, でなく奥さん, でなく宿, でなく誰, でなく路, でなく運転手, でふり, で草履, どうのこうのと, なぜそんなにくるくるしてるだらう, なぜそんなにくるくるしてるだろう, なんだ, ひどく使いました, 不しあわせ, 云い何, 大切に, 恋しがっ, 恨んでは, 悪い身装, 案じて, 歓んで, 殆我を, 狙うても, 病状が, 縹緻が, 質に, 贔屓に, 面白い夢, 頼りに

▼ さんへの~ (80, 0.1%)

4 お土産 3 義理が, 義理で 2 お手紙, 土産に, 手紙に, 手紙を

1 [62件] あたしの, あてつけが, えり三円七十銭のを, お世辞, お供養, お便, お別れ, お手向け, お祝いに, お頼み, こと, こと岡林さんへの, まがりっかどに, ものその他お, プレゼントです, 一種の, 供養と, 信頼は, 借りも, 友情と, 口実も, 呪いは, 土産なら, 好奇心も, 小包の, 心中だ, 心中立だ, 心中立てでは, 心中立てに, 心付け, 怨が, 愛情だろう, 愛情は, 感謝に, 手切れの, 手紙, 手紙が, 手紙で, 手紙フロから, 打撃であった, 挨拶も, 日参は, 最後の, 本は, 本願います, 歌だった, 母の, 溺愛ぶりは, 片思いゆえに, 礼, 礼奉公も, 祝カフスボタンを, 答, 紹介状を, 義理中絶は, 返事のか, 追想として, 郵書で, 金を, 電話, 面当てあれっきりな, 面当てだ

▼ さんまだ~ (79, 0.1%)

3 かい 2 ですか, 朝飯も, 生きてたん

1 [70件] あなたは, いたの, いやはんのか, おやすみです, おやすみな, おやすみに, お休み, お嫁, お帰り, お歸, お湯へ, お粂, お見せする, ここに, こっちを, ご存じなかっ, ねてるのね, ひとつかんじんな, ほかのを, やって, よござん, アメリカな, シミジミ礼も, 一ついかん事が, 一つ済まない, 上へ, 二三本手紙が, 信じて, 出ない, 売れませんか, 外に, 夜は, 子供じゃ, 家の, 寝つかれないの, 寝てるの, 寝ませんか, 封を, 帰つて来ない, 帰らないん, 御亭主, 御札の, 悲しいかお, 本職の, 梅の, 此處に, 爆撃中だ, 現われて, 産室に, 病人には, 瘧を, 眠らないの, 眼が, 着かえ, 着かねえの, 知らないの, 結婚し, 胸が, 脈が, 行かねえの, 行って, 裁判所からは, 見えないの, 見える, 見ないの, 話が, 起きちょ, 起きて, 道楽を, 飲むかい

▼ さん~ (79, 0.1%)

4 はこの 3 の前, の方 2 あの中, の意見, は民政党, は芸者, は遊ぶ, も気

1 [57件] がこの, がもし, が先刻返事, だから, とふりがな, と私, どう思う, なり僕, には察し, にもぜひ, によく, に上げましょう, に相談, に重ね, のお父さん, の一生, の予言, の仕事, の指紋, の村, の羽, は, はあの, はいっとき, はいつの間に, はお出かけ, はくたぶれたら, はくわしい, はそれ, はそれでも, はどう, はどうして, はどこ, はまだ, はよい, は一体, は中津川, は京都, は何, は何処, は国分, は園田黒虹, は女, は岡田道彦, は平田門人, は心臓, は恋, は時々, は草履, は酒好き, もそう, もその, も旨, も知, も聞いたでしょう, 怖いの, 知らないこと

▼ さんよく~ (78, 0.1%)

7 来て 3 おいでなさいました, 言って 2 やって, わかりました, 存じて, 気を

1 [57件] いままで, いら, いらっしたのね, おいでだ, おき, お出掛け, お心持, お氣, お聞きなさい, お解りだった, きいて, この道路, ごらん, して, その姿, その氣, わかりますあなた, わかるよう, 云って, 今晩来た, 出来ました, 分った, 判った, 判つた, 判りました, 君は, 尋ねて, 御存じだ, 御精, 御覧に, 思いきって, 思い出して, 戸締りを, 承知し, 抑えて, 折れて, 揚りましたね, 暮して, 来たな, 来たね, 来たのね, 来たわ, 気が付きましたね, 氣が, 氣を, 無事で帰れました, 知って, 知ってるね, 私に, 筋が, 続くって, 考えて, 聞いて, 見て, 見るが, 覚えて, 説明し

▼ さんまで~ (76, 0.1%)

2 そんなこと

1 [74件] あつて, あの丹波, いるとは, お呼び出し, お詣り, お願いし, かつての, さらって, そぎゃん, その年, それには, そんな, そんな事, そんな風, ただごとならぬはりきり, ちょっと帰京, のぞきに, ひどい目, ぶッ, みなハンドレールの, ヌキなし, 一緒に, 三味線を, 不幸に, 他人の, 体を, 僕を, 出かける若者, 出張って, 出来たなぞ, 加わって, 動員し, 同一である, 君の, 嘘を, 大変な, 奥座敷に, 嫁に, 実家へ, 差出すと, 引張つて來, 往って, 御頼, 懇意である, 戦争の, 手紙で, 有るぢ, 来たんで, 漢籍を, 片言で, 玄関へ, 疑うらしい口ぶり, 皆お, 眠って, 知らぬ顔で, 碁の, 私に, 私の, 空中に, 續い, 罰する気, 行きまひょか, 行ったん, 行って, 路頭に, 迎えに, 送り届けて, 逃げないでも, 逆上する, 通知状の, 遊んで, 遠足に, 酔っ払って, 驚いて

▼ さんここ~ (73, 0.1%)

3 へ来 2 でいい

1 [68件] がビヨンクウル, が大事, が奈良井, しばらく稼業, じゃ他, でさよなら, ですよ, ではお話, でわたし, で往生, で話, に, にあります, にある, にいたけれ, にいる, にたくさん牛, にはいる, には上等, にも都鳥, に今, に何年, に僕自身, に居れ, に是非一番君, に来, に河豚鍋, に百両, のお, の伯父さん, の土地, の家, の景色, の風呂場, はいったい, はじめてでしょう, はなあんたさん, はもう, は三途, は冷えます, は危いところ, は場所, は姫島, は日本人, は越前分, へいらつ, へおかけ, へお出で, へき, へきなかった, へはいんなさい, へもお, へオットセイ, へ坐っ, へ敷物, へ来い, へ来なく, へ来る, へ泊め, へ泊めなけれ, へ被入, までくれ, まで送っ, よ, を, をあけ, を動い, を読ん

▼ さん~ (72, 0.1%)

3 になっ 2 明治時代の

1 [67件] あの, あの治兵衛, いう言葉, いう通り, お嬢様が, お帰り, お義父さん, からどこ, この一つ家, この事件, じゃ平田先生, すぐあの, すぐに, そこで十八番, そんなこと, たしかに駕籠屋さん, たすけて, つから, どんな風, ねせいち, のあの, のうち, のお, のお方, のお話し, のその, の世, の中, の君, の唄, の女, の奴, の男, の真似, の私, はその, は二の橋辺, ほかの, ほどはありがとう, まであなた, までお前, までここ, までどこ, までのよう, までは頼み, まで晝寢, まで貴方, ま始めて, ま貴嬢, ネ本田さん, 下には, 大変な, 宅の, 帰りました, 手こずったよ, 旦那と, 氣が, 石の, 秋川家から, 立ち去って, 言ったなんとか, 話を, 迄とア, 迄昼寝, 迄滯つた宿賃, 電話が, 風呂で

▼ さんこそ~ (68, 0.1%)

2 気を

1 [66件] あの男, い, いいつらの, いい迷惑, いつ見ても, いまに, お孃さん, お気の毒, きょうは, くたびれたろう, この間私の, さっさと消え, そのおかみさん, そのばかばかしい, どうした, どうぞなどと, どうな, はやく寝, ぼり合いしや, ゆうべに, よくって, わが命, アイヌ語の, パスツウルの, ブラ, 一人で, 不運な, 亂暴だ, 人形の, 今時分どちらへ, 何を, 元気を, 剣道にかけては, 十分それに, 可い, 可い面, 可哀そうでした, 可憐そうな, 名探偵, 好い迷惑, 如何, 子供が, 寝て, 御出, 我々の, 抜かッ, 朝早くから, 本当の, 泣いて, 浮びきれますまいねえ, 疲れたで, 病人の, 百姓も, 相当な, 真物はちゃあ, 真犯人に, 私の, 範覚さんな, 結婚すれ, 腹が, 苦みばしって, 落ちついて, 行動的で, 近頃は, 退いて, 郷里近く

▼ さんに対して~ (68, 0.1%)

3 敬意を 2 また私, 申訳ない, 私が

1 [59件] ああいう, あんなご, あんなまずい, おれが, さつぱりと物事, すまない乱暴, どういふ, どこまでも, どんな感情, なお不, なんとなくいいしれぬ, へんに, もう御, ジノーヴィー・ボリースィチじゃ, 人間であるなら, 何かの, 何といふ, 何にも, 余りに思い遣り, 偽る気持, 僕は, 兄さんが, 全く無, 前後に, 同性愛捧げてる, 大西徳藏斯の, 失礼だった, 失礼な, 尊敬と, 強い愛着, 心からねぎらっ, 恐ろしい不安, 持って, 持つもの, 持つ丈純粋, 持つ愛, 旅行しよう, 本当の, 気の毒に, 汽車賃は, 済まないの, 済まない仕儀, 済まん関係, 無性に胸, 熱烈な, 生意気らしく, 用いたくない, 男としての, 盲目的な, 相当の, 真の, 衷心お詫びする, 言いようが, 言って, 課刑が, 起されて, 随分迷惑, 非常な, 面目なくなる

▼ さんのは~ (67, 0.1%)

2 ひつて, 秋山さんの

1 [63件] あそびの, あれよりも, お稲荷様, すっかりコツ, ずんずん描い, そうじゃ, その五つがけ, それが, それは, それや, ただの, どういう, どのくら, どれでしょう, ないよう, なれ, また学生, また格別, やっぱり餅, 一寸面白味, 一段とザラ紙, 一番先に, 丁度私, 二十法です, 今は, 信仰で, 其処に, 初めから, 剃り立て, 十七の, 十四ヶ年と, 女に, 女優養成所で, 小さいとき, 少し男ッぷり, 幸い合っ, 弟さんの, 弱くて, 急場です, 憎らしいほど, 抽象的です, 文化を, 時代の, 木曜日に, 本當, 気病だって, 洋服だ, 無いやう, 無限よ, 理性だ, 病気では, 皮肉にも, 確か修善寺あたりの, 神経的もしくは, 私も, 稲ちゃんが, 素足の, 自分の, 表面的に, 言い出すと, 贅沢病な, 透明に, 都川

▼ さんだけは~ (66, 0.1%)

2 下手人じゃ, 何石な, 駕籠で

1 [60件] お先へ, お見かけ, さすがに, すきとおるよう, そうさせたくない, その中, たいへんに, たしかに睡つ, ちッ, てんで気, どうやら実, どこに, なぜそんなにくるくるまはっ, なぜそんなにくるくるまわったろう, みんなの, もうちょっとの, やっぱり一, やめたらどう, よく知っ, よく知つて, わたしが, わるく思つて, 下手人ぢや, 世間の, 今度は, 代りに, 何の, 何や, 例外で, 依然として元, 出世する, 別です, 別ものよ, 別物の, 塾生たちが, 大人だ, 大真面目, 天保五年の, 当然介添, 感心な, 抜からぬ面, 支払つた, 星の, 是非とも助けなけりゃいけない, 暗い穴, 林芙美子と, 次の, 正銘に, 毎日お祭な, 比較的得意, 泰然と, 牛込の, 直ぐそこ, 石像の, 米友にとって, 絵に, 誰にも, 途中で, 階上に, 頭を

▼ さんちょっと~ (66, 0.1%)

6 待って 5 来て 3 見て 2 お待ち, こちらへ, そこまで

1 [46件] いって, おッ母さん, お待ちなさい, お待ち下さいまし, お顔, きくから, きくがな, きて, ここで, ここに, ここへ, こっちへ, この着物, これこれし, こわして, そこから, そこらへ, と云う, と呼, と呼ぶ, どない, の間, みて, も音信, わたしの, 上って, 中座いたします, 変ったこと, 寄りかからせてね, 往って, 待ちたまえ, 御免あそばせ, 御尊顔, 思い出したから, 手ぬぐいを, 手を, 捜して, 昌平橋まで, 汽車を, 相場で, 立って, 行って, 見ろよ, 訊くがね, 話が, 起して

▼ さんにでも~ (66, 0.1%)

6 頼んで 5 聞いて 3 お願, 来て 2 御上げなさい

1 [47件] あげるん, ありそう, おすがり, お迎, お願いしよう, お願いする, して, たのまなくちゃ, なって, なるわい, なれば, なろうと, へいと, べたついたらよかろ, 世話を, 云って, 会ったよう, 伯父さんにでも, 何にでも, 女御主人にでも, 引きとって, 引ツかかりが, 当分行つてて, 怒鳴られようもの, 恋して, 患者の, 惚れて, 成って, 挿し直して, 決まったよう, 洗って, 洗つて貰ふつもりで, 物を, 立ち会って, 立ち會つて貰つて, 聞いたこと, 聞えたら大, 聞かねえぢ, 見て, 話されたらいかが, 誰にでも, 買つてもらふ, 逢って, 連れ出して, 雇って, 頼みますかな, 食べて

▼ さんに対する~ (64, 0.0%)

3 態度は, 自分の 2 あなたは, 気持は, 私の, 貴女の

1 [50件] あんなに深い, お考, お考え, こまやかな, たった一つ, 一層の, 一途の, 不公平である, 仲人という, 伯父の, 何かの, 係官の, 信頼という, 先生の, 反感の, 壮士俳優の, 嫌らしい, 嫌疑は, 庶民的反撥の, 弁明を, 彼女の, 心は, 心持の, 心配が, 心配も, 恩着せ, 情愛の, 愛情の, 愛情は, 感恩の, 感情に, 感情不穏な, 感謝を, 揶揄の, 敬意は, 時の, 暴戻を, 本当の, 毎日, 気持が, 皆の, 真実を, 確信を, 礼儀上当惑の, 立場などを, 結婚の, 考えが, 見解が, 評語が, 金吾という

▼ さん~ (63, 0.0%)

2 でできて, の珠, やめ, や真珠, 冗談を, 安心ください, 樹の, 虫は

1 [47件] かんべんなすっ, きげん, じゆ, ぞんじないそう, だのたいまい, です, で飾った, などで飾られ, のお, の帯留, の木, の林, の柱, の樹, の首飾り, やいろんな, や宝珠, や紫水晶, るりめのうと, をながめ, をならべた, を採った, 先祖の, 全盛で, 夫妻は, 婦人が, 心配には, 新造さん, 樹と, 樹を, 気分でも, 珠の, 珠まがいの, 真珠を, 綾に, 縁組の, 自分で, 自身で, 自身伊豆の, 自身見合いに, 色の, 虫どもが, 虫どもに, 虫なかまで, 虫に, 虫の, 迷惑で

▼ さんどうか~ (63, 0.0%)

6 して 5 したの 2 なすったの, 助けて, 私に

1 [46件] あなた, いくらか, おいでを, お先へ, お掛け下さい, この哀れ, したかい, してるよ, してるわね, してんのね, しました, しましたか, しやしたん, そういう言い方, その, そのわれわれ, その医学上, その大蛇, つづけて, なすって, なすつたの, ならないもの, ひとつ, まじめで, わたしの, 下ろして, 僕を, 右の, 周囲の, 和一郎さんと, 御前様に, 御疑念, 悪く思わない, 悪く思わねえで, 探し出して, 旦那に, 本当の, 次郎さんの, 気使わない, 生きて, 甥御, 短気な, 私を, 老生を, 腹を, 頼むよ

▼ さんよりも~ (63, 0.0%)

3 奇麗だ 2 さらに上品, モウ一際, 年は

1 [54件] いちばん足繁く, いっそ手近, おみ, お世辞, お前さんの, お嬢さんは, お父さんよりも, お金を, かわいがって, きれい, それを, なるべく私, まだだめ, むしろその, むしろ清太郎, もう一期前, もっともっと, もつと, やっぱりお, やつぱりお父様の, ズッと, マルタの, ワカル悪, 一の, 一層美しい, 上の, 上手じゃ, 上手ぢや, 二ツ年上珠緒さんが, 兄さんの, 先に, 剣の, 力の, 原因不明の, 外の, 奇麗で, 好きである, 実地を, 家の, 年上です, 年下で, 強さうに, 愛嬌が, 棟梁の, 正勝さんの, 浮世の, 澄江さんよりも, 痩せて, 穀つぶしよ, 自分の, 若い時, 茂ちゃんだ, 親切な, 選ばれたの

▼ さんあたし~ (62, 0.0%)

43 の継母 2 です, の眼

1 [51件] あのとき, あの本箱, いくらかあなた, いくらかせい, からも頼みます, から申し上げます, があなた, がいくら, がこんな, がそんなに, がもう, こんな強い, ずいぶん骨, たうとう, ちょっとおねがい, というもの, という女, と一しょ, どうすれ, にした, につかまっ, にも飮まし, に負ぶさる, の, のいっ, のこの, の一生, の一番, の手首, の脚, の踊る, の顔, はお前さん達, はまじめ, は行きます, またお, もうこんな, もう止める, も村, やきもち, よとは厚顔, をお嬢さん, をつかまへ, をぶった, を一人, を好き, を恨ん, を死なせない, んとこ, 思いきって, 来ました

▼ さんこんな~ (60, 0.0%)

4 ところへ 3 事を 2 ことの, とこで, ところで, ところに, わけで, 事は, 娘を, 所に, 時です, 細工を

1 [33件] お前さんぺら, お話しを, お金を, きれが, ことって, ことを, とこに, とこ始め, ので, の俳句じゃ, ほうへ, みじめな, わけに, 乱暴な, 人を通してさ, 人間です, 化物屋敷に, 婆を, 島へ, 形では, 所から, 時人の, 晩にゃ, 様子では, 水茶屋なんぞで, 物を, 物騒な, 物騷な, 狭くるしい処, 猿を, 病人に, 結ひ, 苦しい事

▼ さんって~ (59, 0.0%)

2 あたしの, 云うの, 人が, 人貴女の, 誰の

1 [49件] あのこの間安治川, あんなに素敵, いうの, いうん, いう方, おいでです, おかしみ, お宅, お爺さんの, とてもきれい, とても元気, とても好い, どこの, どんな人, どんな方, やさしい人, チヤホヤし, 云いましたがね, 云うん, 云っても, 人は, 人まで, 何じゃろ, 何時でも, 俺も, 可愛いい方, 名だった, 名で, 呼ばされるん, 呼ぶとね, 声の, 大騒ぎさ, 女から, 屹と, 後から, 忙しい人, 文代の, 方が, 方にも, 方の, 方気が, 皆が, 知って, 立てて, 美しいと, 興奮させる, 言うの, 誰です, 誰よ

▼ さんどうぞ~ (59, 0.0%)

3 こちらへ 2 お聞流し, ゆるして, 考へて, 話して, 金次さんを

1 [46件] あたしの, あたしを, いつまでも, お上り下さい, お助け, お大事, お婿さん, お情け, お更, お楽, お構, お通し下さい, お進みなさい, お隠しなさらない, お頼み, お願い, この椅子, これを, さあお誨, その先, その花, まア此方, わたくしも, モーその, 仇を, 以前の, 何よりも, 助けると, 勘弁し, 大事に, 大往生, 大船に, 御安心, 拝借と, 放して, 早く体, 是れ, 本当の, 永久に, 聞き分けて, 茸を, 許して, 赤樫に, 赦して, 隠さずに, 願います

▼ さん~ (59, 0.0%)

2 オ, 今更わたし, 河の, 貴女は

1 [51件] あなたは, あのえ, あんなに親しく, あゝ私, うい, おしんさんよ, おに, お前さんが, お前は, しみッたれる, その, その忍術, そんな, そんなに怒る, だれくり進上おま, ちょいと, どうし, はしゃぐが, ひとつ飲ん, ほかの, ほらいつかヲダハラ, まことにありがたう, オく, ッく, ホラ, ホントに, ボヤボヤしてる, 三日に, 今度お, 何が, 何処から, 俺たちが, 内の, 十九で, 婿の, 幸福で, 彼の, 悲しみの, 有難うああ日の丸, 有難う思わず, 此処は, 氣しつかり持て, 狼狽する, 私は, 老同行, 若かときやあ二度, 足を, 違えねえ相, 部屋へ, 隠立て, 顔出して

▼ さん早く~ (59, 0.0%)

4 行って 2 して, 来て

1 [51件] あなたここへ, いって, いらして, いらっしゃいよ, おいで, おくれッ, おまんま, お出しなさい, お出でよ, お医者さん, お帰り, お臥, お行き, お駈け, その太鼓, その注射器, でて, どうかし, のぞいて, よくな, われわれの, ウ, ムクを, 信清さんを, 入らッ, 入ッ, 出て, 心配し, 恐竜を, 惣吉さんの, 懇親会を, 戻って, 捜し出さねえ日, 描かなきや, 斎藤に, 明けて, 歸つたさう, 注射を, 田んぼへ, 船を, 行かないと, 行きましょう, 行きましょうよ, 行ってよ, 言いたまえ, 警察へ, 追って, 逃げて, 雑巾を, 離縁状を, 黒船へ

▼ さんさえ~ (58, 0.0%)

2 その気

1 [56件] あなたの, いたいなら, いなけりゃとうに, いなければ, いよいよ運命, いれば, えいと, おいでなされ, ここに, このとおり, しあわせに, そのつもり, ひっかかって, みれば, もし承知, よかったら, よけれア, よろしかったら, 下さると, 下されば, 主張しない, 人並で, 今日は, 信じないの, 働けば, 元の, 出たらきっともう, 取り合わなければ, 喜んで, 大事に, 妾を, 嫁に, 宜しければ, 居て, 度胆を, 得心なれ, 得心に, 悋気せず, 悪くする, 愛想を, 我を, 承知なさりゃ, 捕らえて, 時折りしかられる, 来て, 歸って, 死んで, 生きて, 留まれば, 知らずに, 私を, 見れば, 誤解し, 諾と, 開閉を, 離縁状を

▼ さんなどは~ (56, 0.0%)

3 私の 2 大分肩を

1 [51件] いきなり道義昂揚, おぼこだ, お器用, このあたり, この方面, こぼして, そういう町, そうおいぼれた, その, その後であった, それを, ちょッと, どうせそのままに, どこにもを, ひどく取, まだ日本, まるで百姓, フランシスの, ヤソの, 京助から, 今でも, 働いた部, 其に, 出船を, 前の, 坊さんから, 場合によっては, 大変親切に, 女房に, 妾の, 威風堂々たる, 宜しいので, 宿下りで, 寢坊の, 年は, 愛すべき俗人, 支局長あい, 最も御, 未だ若い, 村長さんや, 殆ん, 無い子, 無論寝, 無論寢, 特に縁遠い, 自分の, 若木の, 言語学者の, 話上手で, 陸軍大将の, 随分こんな

▼ さんなんて~ (56, 0.0%)

2 いうもの, のは

1 [52件] あとにも, あるもんぢ, あれで, いうもん, いうんだい, いないじゃ, いふもの, え女, お前一体, さすが大, さんづけ, とても羨まし, どんなにこわい, のが, ひとは, ほんとに世間知らず, ほんとに気弱, もんじゃ, ウスノロの, エ駄目な, 世界にも, 事だろう, 云うの, 云って, 云われて, 何も, 傍へ, 初めて聞く, 名前そうざらに, 呼ばれるわけ, 呼ぶなよ, 呼ぶの, 善い息子, 変に, 女も, 御呼び, 恐ろしいこと, 意味ない, 方お金が, 方には, 方は, 皆んなそう, 者を, 言うの, 言うやつ, 言わないこと, 誰が, 誰の, 雲助みたいで, 駄目よ, 鬼婆あ, 黙って

▼ さんである~ (55, 0.0%)

6 ことは 2 が, がこの, ところの, とは想像, のでそんな

1 [39件] お咲さん, かもしれない, からうかつ, からうんと, から山の手, から近所, から隠れず, が実際, が立派, が風流道, ことから, ことが, ことを, ことをと, この嘉門次, そしてその, だけじゃない, という, ということ, という確証, といふこと, とかああ, と彼, と直, のに, のを, はずは, ような, マデイラの, 一人の, 中国の, 人が, 以上その, 俺は, 殊に龍王, 筈です, 自分の, 蟇口に, 限りなにか

▼ さんでございます~ (55, 0.0%)

19953

1 [19件] かね, かまだ, かようこそお, からそれ, か伯父さん, か只今貴方, か弟様, か駈違っ, がかつて, がね, がもう, がもの, が其の, が此, つて, の, 尾張焼の, 殿様が, 背中を

▼ さんらん~ (54, 0.0%)

3 たり, たる金色 2 とした, と入ろう, と飛び込め

1 [42件] たりや, たり不尽, たるもの, たる光, たる壁画, たる夢, たる渦, たる秋, たる美光, たる門, たる陽, たる隻眼, たる馬上姿, たれ, だ, と, とかがやきました, とし, としてか, として夕焼け, として沈ん, として白樺, として百花, として真紅, として空中, として見える, として輝く, として遠き, として金色, とふる, と光る, と入らう, と其処此処, と冠つて, と映え渡つて, と果てしなく, と空, と縞目, と見る, と金色, の翡翠, 光り光りて

▼ さん少し~ (54, 0.0%)

3 待って, 頼むよ 2 の間, 殺生が, 申し上げたいこと

1 [42件] うるさいね, お待ち下さいませ, お顔色, からだ, せき込んだ, だけれど, は今日, ばかりそれ, も御, も怖がる, も手, も見下げ, ゃあ板について, やすんで, やろうかと, わがままよ, ホームシックな, 云う事, 休んだが, 可哀相ね, 変だ, 待ちたまえ, 待つて, 心細いわ, 手伝って, 手荒いかも, 汚く老けすぎた, 汚なく老け過ぎた, 留守居を, 瘠せた様, 瘠せた様ぢ, 言い過ぎでしたね, 訊きたいが, 訊きたいこと, 訊き残したこと, 話が, 論じよう, 酔って, 醉つて居る, 静かに, 驚いて, 高度を

▼ さんあれ~ (53, 0.0%)

43 は何 2 だけの鋸引き

1 [44件] うちの, からどう, からも初, から二人, から來, から宮川先生, が, がありません, がある, が奇面城, が藤波, こそ本, こそ本当に, じゃア奉公人, たしかにそうだ, で気, どんな風, なら大丈夫, はあたし, はいや, はお, はどうしても, はどなた, はどんな, は一匹, は主, は今どこ, は他, は何ん, は大した, は気, は狂言, は鈴慕, ももう, も囚人, や山, わたしの, をどう, を古藤さん, を御覧, を滅多, ァ何, 恥かしい, 本当でしょう

▼ さんまた~ (52, 0.0%)

2 詰まつてる

1 [50件] あのいや, おひま, お出, お邪魔, お酒, からいソーセージ, この上, これぎりで当分は, どこかへ, どんだけ, なんで, ヤマゼキさんの, ロンドンの, 一つ死体が, 主人が, 何か, 來た, 大きな声, 学校です, 尻からげで, 山鳴りの, 帽子を, 後で, 心中じ, 必ずしも教育, 担ぐん, 新入りです, 明日にでも, 木挽町の, 来たわよ, 来るだろうか, 来年くる, 来年も, 来年会おう, 来訪, 松沢入りした, 江戸表の, 法廷で, 湯の, 然り, 猫が, 田舎から, 考えこんだよ, 茶を, 負けましたもう, 賺されなければ, 逃げたの, 酒と, 酔いましたね, 面倒を

▼ さん貴女~ (50, 0.0%)

2 このお話, にはお話, のお, は一昨日, は僕, は哀れ, は実に, も今

1 [34件] からはとうてい, がこう, が居る, が稲村さん, こそ斯様深夜, でしたネ, とお, とももう, にそう, にもちょうど, のこと言, の唄, の家, の御, の所, の本当, の福引, の辛い, はこっち, はこの, はなんと, はまだ, は今, は全く, は口, は大, は定めし, は最う, は森探偵, は迚, は道九郎さん, まで其様風評, も一旦, も御

▼ さんからも~ (49, 0.0%)

2 便りが, 金を

1 [45件] うかがいました, お便りが, お君さん, お手紙, お目玉を, お話が, このごろお, さう, ぜひ訪ねる, そうお願い, そうちょっと断っ, その話, それとなく忠告, たんまり来, とりなして, どうしてたより, なにかに, むりのひとつも言いたくなる, やかましく云われ, よく話し, モンキの, 交通を, 何か, 何の, 借覧を, 僕の, 先刻食物研究会の, 出て, 大層優待, 実に色々の, 幾度と, 是非それ, 椿子句会の, 特別に, 私に, 竹内さんからも, 聞いたわ, 聞いて, 聞きました, 聞きましたよ, 聴いて, 色々の, 草鞋銭を, 見舞の, 話しました

▼ さんとして~ (49, 0.0%)

2 では

1 [47件] あたくし, あの儘, いつもながら, いろいろいい, お前達は, お銀様, この未知, これは, とんぼとかげ蜂蠅かまきりきりぎりすそして, ひたすらその, ゆれ現われた徳川軍, 仰っしゃるなら, 何一つ申し分, 働いて, 光輝を, 入口の, 努力を, 反動逆, 取扱って, 土地を, 大小の, 存分に, 宣告を, 少し癇, 居た話, 彼の, 愚図愚図する, 春の, 有り得べき事柄, 果さず, 欣んで, 歓待する, 漂へば, 無理から, 田原の, 眺めるより, 知られて, 紹介された, 考へても, 裁縫を, 貴方に, 身を, 輝いて, 迎へ, 遇され, 酔へる, 駅前の

▼ さんからは~ (47, 0.0%)

3 何の 2 後で訊く, 明日にも, 殆ん

1 [38件] この赤面, こんな葉書, さう, そのたび, その後お便りは, その後何とも, そんな事, そんな手紙, たいへん可愛, なれないわ, まだお, もう正式, よく手紙, 一二度手紙を, 一日置き, 中年女の, 中村やの, 二三度注意を, 五円お供えを, 何にも, 其後何とも, 再び辛辣, 勉強し, 十間も, 小包の, 怨み抜かれて, 敏子の, 早く名古屋, 時折南方各地の, 書いて, 為替を, 特に文章, 病気に, 竹の, 途中から, 金は, 随分色々ハイカラ, 非常に

▼ さんとしては~ (47, 0.0%)

2 多少ならず興ざめであった, 自分の, 色が

1 [41件] あとが, ありふれた復古調, これに, これは, じぶん, そうかも, それが, それは, それらの, たのまれて, だから自分, ちゃんとする, はじめは, ひどく兄貴, ほんとに働き, むしろこの, もちろん悪い, わたくしを, ナカナカ大変だった, 二言を, 何處の, 余りに目先, 再び祭る, 又おのずから, 商売繁昌を, 夜なかに, 好んで, 定めしこれ, 実際に, 小沢という, 常套手段それでいて, 常識の, 思い切ったこと, 満二十歳, 相当弱音, 私に, 私一人だ, 稀に, 考えて, 艶色した, 過去に

▼ さんまでが~ (46, 0.0%)

2 すこし鬱い, それを, 一緒にな, 人を, 出渋るの

1 [36件] あっしどもを, あっしの, あわてたよう, いつの間にかはいり込ん, お島さん, お気を, こんなとびきり, しゃれを, その仲間, それに, そんな事, どうして巻き添え, どんな隠し芸, なぜ祟られた, にせものを, またわたしたち, みんなの, やはりその, よく識, わざわざついて行く, 中尾さんを, 何うし, 出征し, 心配し, 招魂社へ, 止めるの, 火事と, 狂訓亭主人の, 私と, 羨ましくつて, 見度, 賛成だ, 輕井澤に, 迷惑する, 顔を, 顧盻つて見る

▼ さんだの~ (45, 0.0%)

1 [45件] おでぶさん, お前だ, お前はんだ, お太鼓さんだの, お孃さん, お恭ちゃん, それから他, てんで問題, キキだの, ツて, マア坊だ, 中山博道さんなどの, 伯母さんだ, 伯母さんだの, 伯父さんだの, 何だ, 先生と, 八番さんだ, 問屋の, 坊さんだ, 女事務員たちの, 寝て, 小柴君だ, 島中の, 市場の, 市長さんなどが, 待合さんへ, 愚連隊の, 或は又お, 料理番だの, 曾禰さんだの, 梵妻だ, 田舎の, 男だの, 白瀬さんだ, 稲子だの, 紋付羽織の, 紫式部さまだ, 荒尾さんだの, 親類の, 院長先生といふ, 隆二さんだ, 頬白の, 魚定の, 黒さんだの

▼ さんでも~ (45, 0.0%)

5 呼んで 2 来て, 頼んで

1 [36件] あった, あったかな, あったろう, あなたどうしてあんなに, あなたの, あれは, いいし, して, それから, ねちょっと, まアちゃん, 住んでると, 入って, 喜んで, 宜しいお, 居なければ, 島津でも, 恐れねえかな, 手つだって, 持って, 書いたん, 書きさ, 来たと, 来まして, 死んだか, 淋しいなんぞ, 結構だ, 聲を, 草津の, 見ようもの, 誘いなさいよ, 誘おうと, 貰って, 選ぶよう, 馬籠の, 黙っては

▼ さんなど~ (45, 0.0%)

2 父は

1 [43件] あんなところ, いか, いやな, いろいろな, およそ行方, こういう才能, この地帯, この理解, そりゃ御, それに, どこだって, ひごろ自由主義者, みな駆け出す, みんな元気が, アメリカでも, バスで, 世の中にとって, 主な, 五人であった, 人は, 何年にも, 元気の, 各時代, 君の, 君を, 呼ばれたり, 呼んで, 堤へ, 姉妹の, 嬲られて, 将来の, 影ちりぢり, 御一緒, 戦争中は, 揃いも, 現在は, 皆そうした, 皆への, 私にとっては, 見は, 見向きも, 誘ったり, 近い位置

▼ さん~ (44, 0.0%)

4 あの人 3 あの方, あれが 2 あのひと

1 [32件] ありゃ君, あれよく, いつか北原先生と, いろんな匂い, えごつ, お詫びを, そうそうお, そらわたしたち, それでお冠, そんな事, たしかに, どうしました, ほらこないだ映画, まだ独身, もう学校, ブラジルで, ホラお, ミリヤアド, ワニちゃんに, 入隊し, 分散を, 卒業し, 夜桜や, 女の子と, 小倉さん三上さんはね, 彼の, 日本へ, 昼間から, 毎日毎日歩く, 真紀子さんと, 親一人子一人, 郵船会社の

▼ さんたら~ (43, 0.0%)

3 頸筋に

1 [40件] あんまり上手, お口, お酒, こんどの, しんから, すごく気前, すっかり怒っ, そんなに何遍, そんな悪い, ちよつと, どんな短い, ねいくら, ほんとに兄さん孝行, ほんとに邪推, まあお, まだそんな, まるで何, まるで赤ん坊みたい, みんな, ツ, ヨッパさん, 乳母車という, 今日文ちゃんと, 何うしたつ, 何かと, 何だか見, 何も, 千鶴子さんに, 可笑しな方, 妙な, 役者の, 御飯の, 急に, 正直な, 物好きね, 眞箇に, 真箇, 私が, 随分憎らしい, 鰯の

▼ さんとかいう~ (43, 0.0%)

2 人が, 名の

1 [39件] あのひと, お侍さん, お嬢さんの, お方の, お駒さん, ことに, のでした, のは, ひとでは, ものが, んでしょう, 下町の, 人だ, 人だった, 人と, 人の, 人を, 先輩組らしい, 其方の, 名だった, 外国帰りの, 太蛇使い, 女ごろつきは, 女の, 女は, 妹さんの, 娘の, 子お前も, 少しやかまし, 店で, 御浪人, 意味で, 或新聞, 方が, 方に, 方は, 本屋に, 煤黒い, 若いの

▼ さんそんなに~ (41, 0.0%)

2 厭がる, 腹を

1 [37件] ありゃア, おどろかないでも, お羞, お腹が, お苦しみ, お話を, お酒, こわい顔, して, なさらないでネ, へんな, 云つても, 伯父さんの, 伯父さんを, 僕の, 取越し苦労, 吃驚なさらない, 嫌うもん, 屈託し, 心細いよう, 心配なら, 思い詰めるもの, 急いでも, 急がないで, 悪い人, 料理の, 棒の, 歩いて, 無理に, 男の, 眼を, 私立探偵の, 言われれば, 調停する, 足の, 酔っとるのに, 金の

▼ さんところ~ (40, 0.0%)

4 へ行っ 2 へ嫁入り

1 [34件] から今朝, では口銭, で見た, に不逞鮮人, に余り, に来, に行っ, のお, のばかりです, の不良少年, の四階, の大, の宗旨, の平家, の惣領, の材木売渡し, の残飯, の石油コンロ, の葬式, の金之助さん, へお, へしばらく, へ借り, へ入り浸っ, へ妖しい, へ招, へ来た, へ泊っ, へ禁足命令, へ行きました, へ行つて, まで一, も海軍, 迄そんなに

▼ さんわし~ (40, 0.0%)

3 はこの

1 [37件] がすこし, がなぜ, が何, が死ん, が言い出し, が駄法螺, と一緒, どんな形, には思いだせません, に負ぶさ, のする, のヒゲ, の今, の小屋, の後ろ, の草鞋, の願い, はお前, はこう, はこうして, はここ, はさつき, はな久しく, はまだ, はゆうべ, は今, は口, は少し, は謙遜, は酒加減, は金蔵, もそれ, も一旦, も今度, も又, やまあだ, や卯平ことみじめ

▼ さん~ (40, 0.0%)

2 が悪, は君, は確か, んとこ

1 [32件] あこれ, あその, あどうしても, あ肚, あ辛い, がこんな, が代らう, が悪かっ, が持っ, が水車, こんな事皆, だつて男, にも少し, にも飯, のこと, の家, の方, の気性, はお前さん, はこう, はよす, は喜三太, は屋敷, は斯, は明日, は白痴, は駿河守様, も一生ケン命, れも, を酔わす, 少し考え, 死んだらなあ

▼ さんいい~ (39, 0.0%)

2 ですか, ところへ, の, ものを, 物を

1 [29件] お天気でございます, お武家, からお, ことが, だろ, だろうお前, でしょ, でしょう上げますわ, でせう, とこへ, ところが, のかい, のよ何, ばかだ, よ出, 人いらっしゃる, 人です, 名だ, 天気だ, 天気です, 帯が, 年を, 度胸だ, 御ひいきさん, 手箱を, 月です, 着物を, 者を, 齢を

▼ さんそこ~ (39, 0.0%)

2 にいた, へわたし

1 [35件] がお, がこの, がつい, な客座敷, にある, にいらつ, にいる, にこの, にそう, には居ない, に仆, に地図, に坐つ, に居なすった, に気がつい, に立っ, に見え, の枯れ木, の縄, の釣竿, はいま, はそのまま, は塞がってる, は深い, は湯殿, へお, へと飛ん, へはどうして, へドサドサ, へ登っ, へ考え, までお供, までわたし, を探さなけれ, を退い

▼ さんについて~ (39, 0.0%)

2 根岸まで

1 [37件] あの時, いわれるその, お日待用, かう書いて, そんな風, ゆきました, ゐるの, ゐれば, エンゼルについて, 一人の, 一寸語りたく思ふ, 云って, 参禅した, 太郎が, 岸本省平は, 工場へ, 庫裏の, 彼女は, 御心当り, 悪いこと, 悲しい思い出, 抽斎の, 書きもの, 朝の, 来て, 来るに, 漫然と書こう, 牧場の, 田舎へ, 矢張り余人よりは, 私には, 行つた, 行つて可いでせう, 見たこと, 語りはじめたので, 述べるには, 部落じゅうを

▼ さんにとっては~ (39, 0.0%)

1 [39件] いつもそして, お初は, お国訛, このきびし, このしめっぽい, この上, これが, それが, それだけ自分, そんなこと, たいそうよい, なんにも替え, もらったものの, よい勉強, よしもし許された, 一年中での, 一種の, 中華民国は, 事業は, 今では, 初孫だ, 厭な, 善意は, 喜代子が, 国家は, 実に辛かっ, 居ても, 常識でも, 当然の, 心の, 意外だった, 意外な, 春が, 毒薬の, 無二の, 苦痛の, 蛙も, 身の毛も, 重夫の

▼ さんだけが~ (38, 0.0%)

1 [38件] いない, お寺の, この人, しないこれ, その前, その狼藉ぶり, どういう御, なければ, なにかの, のこって, ひとりで, まだ食堂, よいもん, よく肥っ, 一人一人つらまえ, 七兵衛おやじを, 乗るべきあんぽ, 住み込みで, 元気で, 前進し, 可愛いん, 同情し, 小屋に, 少しばかり, 平たくなっ, 影も, 御存知でしょう, 徹夜する, 本日欠席されました, 欲しいビタ一文, 残りまして, 皆んなに, 相変らず, 私達の, 聖人の, 肥え太って, 足を, 頭抜けて

▼ さんまあ~ (38, 0.0%)

2 こっちへ, 聞いて, 聴いて

1 [32件] あなたは, いいだろう, おかけなさい, おきき下さい, おはいりなさい, おはいりなさる, おひとついかが, お上り, お待ちなさい, お待ちなさいまし, お聞きなさい, お見せなさい, きょうは, こちらへ, この景気, そこで何, そんな怖い, だって御, ちよつと, なんて頑固, ひどいしと, ま, 一番安全な, 中津川まで, 何てこッて, 待つて, 聞きなよ, 訳を, 試しに, 話して, 話しなせえ, 貴方

▼ さん何処~ (38, 0.0%)

123 へ行く

1 [23件] かい, かへお, からその, から出た, から此の方, か知ってる, で自動車, に行, に行く, に行った, の国, の巡礼さん, の者, へいらし, へお, へお出で, へ何, へ行, へ送ろう, へ逃げ, へ逃げやす, まで往く, まで行く

▼ さんがね~ (37, 0.0%)

2 僕の

1 [35件] あたしに, あのお婆さん, おい, お前が, お前さんこういう, お母さま, きょうあなたに, こっちへ, こんなふうにな, そこで鳴尾君, どうも思わしくない, なんだかしきりにしおらしい, なんでも, ばたり, もちを, やっぱり私達, イ浅草を, ワーリャさんの, 今朝, 僕に, 兄さんに, 可いよッ, 吾, 大屋根, 大急ぎで, 大船へ, 姉さんを, 此処に, 洋刀を, 甜瓜を, 自慢さう, 芸者は, 貴方ざくり, 貴方の, 高萩村の

▼ さんていう~ (37, 0.0%)

4 人も 3 人が, 人は 2 んだ

1 [25件] のが, のだ, のは, のよ, ひとの, ものは, んでしょう, んです, 人から, 人ご存じ, 人にね, 人小さな, 医者が, 名は, 娘に, 娘は, 子なんて, 意味は, 方の, 方無意識に, 男の, 痘痕の, 立派な, 老人が, 頭の

▼ さんはね~ (37, 0.0%)

2 たいへんな, 臼の

1 [33件] あすこの, あなたを, あれで, おとうさんと, お嬢さんの, お聞きなさい, この間云った, そこの, そのこと, それや, てしまった, どうしても今日, ひばりが, もう駄目, わしと, わたしが, 今度縣で, 何か, 先生自分でも, 兩國の, 君, 君が, 君ピエール氏が, 君先生の, 土蔵だ, 多分あなた, 巳です, 是は, 末っ子で, 毎朝尻端折し, 矢切の, 紛失した, 緑ちゃんを

▼ さん本当に~ (37, 0.0%)

2 御疑念

1 [35件] あなたまア, あんた待つてる, うれしそう, おいでに, おお私, お前さん私が, お前男振, お前私が, お気の毒, こんな記号, それは, そんなこと, やったの, やる気だろ, モスクワへ, 三野村さんに, 名残惜しそう, 困って, 好い処, 山の, 庄公に, 悪いこと, 感心な, 感謝する, 持って, 旦那の, 有り難うございました, 来てたの, 痛くない, 真剣に, 知って, 私は, 私を, 見たと, 返すの

▼ さん今夜~ (36, 0.0%)

3 は私 2 は泊め

1 [31件] からさぞ, こそは一つ, こそは除夜の鐘, では駄目, の事, の伝導説教, の女, の首尾, はあんた, はうれしい, はえ, はきれい, はこういう, はご苦労, はすき焼, はゆっくり, は一寸, は世話, は二人, は別に, は好い, は妾, は家, は幾島さん, は貴女, は顔色, は飲み明かしましょう, をお気, 出られないの, 帰って, 行って

▼ さん大変~ (36, 0.0%)

6 なこと 3 です 2 だぜ, ですよ, よ

1 [21件] お早い, お気の毒, が出来ました, じゃない, だ, だこりゃ, だひひ人殺し, だ僕, だ大変, でがす, でございます, ですなあ, ですよお, ですアア, です大変, とは何, なん, な事, な景気, よお父さん, 喜んで

▼ さん~ (36, 0.0%)

4 てごらん 2 てくれた

1 [30件] すっかりこの, たる, ちゃいけない, てい, ていらっしゃいます, ておくれ, てくっせい, てくれ, てくれやしまい, てます, てよ見せたげ, てゐる, てプランタン, て下, て下さい, て夕飯, て居, て居た, て居る, て御覧, て泊る, なすったけ, ふと見る, やはつ, やはつた, やはりました, 何だか元気, 何だか調子, 庵珍品かたじけなし, 泊る

▼ さん~ (35, 0.0%)

9 んたる 3 まりや 2 あ何, まりやの, 大變

1 [17件] あいったい, あ人違い, あ第一, あ骨格, かさごや, まりあ, まるやの, んたるあり, んであつ, んである, んで蛾次郎, アちがっ, ア比較物にも, 大変, 大変です, 大変な, 寺の

▼ さんどうも~ (35, 0.0%)

2 御苦労さま

1 [33件] あなたに, ありがとう, ありがとうよ, いけないこと, いつかは, おあいにく, お強い, お蔭様で, ここが, この絵エ変, この色, すまなかったわねえ, なんだ, ひどい目, へえ申し訳, わたしは, 主人は, 人に, 僕は, 困ったこと, 変てこな, 変です, 大変な, 失礼を, 御苦労さまとんだ, 有難う, 有難ういま, 江戸から, 済みませんでした, 済みませんね, 済んませんね, 膿を, 遺憾ながら

▼ さん一家~ (35, 0.0%)

3 に対してあまり 2 に関してわたし, の耳, をうんと

1 [26件] うごきS子さんたち, がそう, が今朝, が住ん, が来られます, が私, が移る, が赤ちゃん, が黒紋, だから, と株屋, に厚く, のいる, のため, の一人, はけちけち, はぶじすくいだされ, はやはり, はプリンストン, は下十條, は保養, は反対, は大阪, は当惑, もその, も一等席

▼ さんこれから~ (34, 0.0%)

2 先は

1 [32件] あなたに, あの山, お前さんと, じきに, たまには, だ, どこへ, どっちの, の役者, はもう, は肥料, みんなで, も甘えさせ, わたしたちの, わたしを, 一寸新富の, 二人で, 仕事かね, 何う, 何処へ, 南町へ, 大野君の, 山越を, 毎日いらっしゃる, 父の, 皆で, 皆な, 直ぐに, 私が, 私達みんなで, 行って, 覗いて

▼ さんちょい~ (34, 0.0%)

83 とお 2 とこれ, と訊きたい

1 [19件] お待ちなすっ, とあすこ, とあの, といや, とお前, とお前さん, とその, とちょい, とつかまえ, とで, とと言ったら, と伺います, と待っ, と窓, と肩, と自信, と若い衆さん, と見せ, と触っ

▼ さんであった~ (34, 0.0%)

2 のだ, のである

1 [30件] かも知れない, からいきなり, から大工, から有無, がたしかに, がむやみ, が先生, が竹さん, が藤森成吉氏, ことも, ことを, そうな, といいます, というの, というスリル, という意味, とは, とも申します, と思う, と書い, のです, よ, 事に, 人が, 児玉しづ子を, 夢を, 女流の, 差配の, 時分から, 私

▼ さん一寸~ (34, 0.0%)

3 待て 2 その椅子

1 [29件] いて, いらしつて, お冠が, お待ちや, お耳, お顔, この眼鏡, これ見, そのお, と云, よって, よる, 伺ひますが, 來て, 土岐さん, 寄って, 待ちなさい, 御出, 御挨拶, 早うおいな, 来て, 申し上げたいこと, 立合って, 聞きねえ, 行って, 見て, 話が, 逢つてあげ, 離屋を

▼ さんがた~ (33, 0.0%)

1 [33件] につかまりっ, にはぜひ, によくいろいろ, に話す, に贈っ, のここん, の意見, の方, の曲がった, の欲しい, の知った, の聴いた, の話, の足, は, はあの, はいずれ, はどういう, はどちら, はよく, は何, は又, は寂しかろ, は御存知, は気, は気分, は隅, もお, も家, も間, をご存じ, をた, を持たれた

▼ さん夫妻~ (33, 0.0%)

2 と私, にさえ話さず, はどちら

1 [27件] があなた, がこしらえ, がしきりに, が並ん, が大江, が小さい, が来た, が来る, が正座, が見える, が近づい, と四歳, と戸塚, と死んだ, に上げる, に呉, に見える, の喧嘩, の戰爭中, の首, はうずら, はどこ, へのおくり, もうれしかっ, も大変, を赤坊ごと, 相かわらず

▼ さんにゃ~ (32, 0.0%)

2 気の毒だ

1 [30件] あ叱られる, あ敵, あ申し訳, あ相当, あ相違, きれいな, しょっちゅう小, よくわびとい, よろしく言っ, ア敵わ, ア沢山, ア破れない, ア解らない, コレラの, 今おはらいを, 俺の, 合口を, 喧し屋は, 大事な, 広島の, 手前が, 毎日通っ, 気が, 精神的欠陥が, 聞えも, 自分の, 見えねえよ, 触れない, 貰水と, 鮎は

▼ さんしっかり~ (31, 0.0%)

8 して 3 おしよ 2 しなくちゃ, なさい

1 [16件] おしなさいよ, おやりなさい, お頼み, しないか, しなくっちゃ, しなくては, しねえじゃあ, しろやい, するん, たのむよ, なさいな, なさいよ, みがいて, やれえ, 云ってね, 頼むよ

▼ さんなぞは~ (31, 0.0%)

3 以前が

1 [28件] ありがたく畏れ奉っ, いうまでも, おれの, さしずめどういう, すぐ裏, そう言ってる, その思遣, なんでも, まだわたし, もう老人, 世話を, 人間の, 僥倖だ, 古風大, 堅くて, 心懸, 思つてゐない, 未だ死ぬ, 東京の, 柔和で, 生きた顔色, 直ぐ裏, 確かに, 私に, 華族でいらっしゃる, 話を, 誰にでも, 飄逸な

▼ さんなんぞは~ (31, 0.0%)

3 足の 2 不服を, 顔を

1 [24件] いい根太, かっぷくが, そのかた, その馬, そんな事, ほんとうに, もうあなた, ツバは, 体こそ, 何不自由の, 堅人だ, 塙保己ちゃんの, 失敬だって, 尚さら気, 己の, 幸福さいくら, 待つたか, 感服者だ, 新円景気, 殊に拳々服膺, 毎日六時間づつも, 若いから, 若くて, 體こそ

▼ さんへは~ (31, 0.0%)

2 私が

1 [29件] あれこれと, いうなよ, いくらでも銚子, いるの, おまえからよ, お寄り, お金を, かける必要, はじめてです, もう行かない, やつぱり出入してる, よく行, わたしから, 上げられませんと, 二三日前花束を, 何とでも, 僕の, 内々に, 口を, 園子の, 寔に, 帰る時話, 決して入っ, 渡さぬ, 病状を, 自分も, 話さないからね, 貸しが, 電話で

▼ さん~ (31, 0.0%)

8 變な 2 威張だ

1 [21件] いそぎでとってきておくれよ, かえ, さわぎをやらないのはわけがわかっているのだな, そういばった, そうよろこん, な態度, に乗, の男, の男たち, へばり, へんだ, へんぢや, 出来シャルロッタさん, 喜びで, 地震だす, 繁盛, 自慢です, 諸侯の, 變です, 變御熱心ね, 金持に

▼ さんほんとに~ (30, 0.0%)

1 [30件] あなたに, あの人木曽, ありがたう, いろんな事, おまえ行っ, お前どう, お願いだ, ごめんなさい, ストライキの, ピクニックへ, 一人だつた, 世の中は, 久濶です, 十一月いっぱいで, 喜美ちゃんが, 変わった人, 女性の, 家の, 寝像, 小六さんも, 幸福と, 御無沙汰を, 憎いや, 暫らくだった, 申し訳ありません, 私は, 約束だ, 若いけれどもね, 貴女こそ, 都合よく

▼ さん~ (30, 0.0%)

2 をお, を悪く, を附け

1 [24件] が付かなかった, が狂っ, が立っ, が違った, ちがいうま, でも狂った, でも違, でも違った, にかけ, にさわったら, のせい, のどくだ, の利いた, はたしか, をたしかに, をつけ, をつけた, をつけん, をもん, を確か, を確り, を落ちつけ, を静め, 込んで

▼ さんなどの~ (29, 0.0%)

2 ように

1 [27件] あんな手紙, いう事, いるところ, お叱り, お話が, お話を, やうに, 傍に, 前へ, 口利きで, 女給連総出で, 女連が, 婦人客が, 専門家から, 屋敷へ, 思想が, 悪友仲間だった, 散文詩が, 方は, 樣に, 歌も, 歓送迎会などの, 缺席した, 言う事, 論文は, 諸先輩, 顔が

▼ さんへも~ (29, 0.0%)

1 [29件] あれから, いったのよ, お寄り, お達しが, しばらくごぶさた, そう言っ, だ, ないん, なか, よろしくねえ, 一寸気兼ねな, 一所に, 一片の, 使って, 使つて貰ひ, 半狂乱, 同時に, 宜しく御, 宜敷, 寄つた, 帰りに, 御挨拶, 書類を, 木葉猿を, 殆ど音沙汰ない, 皆さんに, 私から, 誰にも, 馬酔木さんへも

▼ さんそれから~ (28, 0.0%)

2 あなたと, 米屋の

1 [24件] あなたが, お前さんもさ, お角さん, お豊さん, そっちの, みなさん方, ラウダさん, ラードで, 上に, 亡くなつた麦門冬末吉安恭さん, 以前ゐた, 兄さん, 千歳村墓地敷地買収問題の, 壮六よ, 岩三郎さんで, 時々テイマ小説, 暮羊君, 海を, 眼白頬白みそさ, 芥原さん皆その, 警察で, 軽騎兵, 鉱泉組の, 駄菓子屋の

▼ さんどうして~ (28, 0.0%)

3 ここへ 2 こんなところ

1 [23件] あたしを, あの女高山, あんたこ, いられます, お遊び, きみは, この土地, こんなひどい, こんな所, ござるな, それが, それを, そんなこと, そんな気, どこから, なん, 一緒に, 下さるの, 俺らが, 妾が, 御承知, 死んだだよ, 私の

▼ さんなども~ (28, 0.0%)

1 [28件] あの像, おけさ女説, お気を, この近所, こんなふう, そういう仕事, その命名法, はじめから, もと世話, やがて社会, やはり芳秋蘭一派, よく御存知, 一票を, 何かと言, 何とか調べる, 同行した, 大変気の毒がっ, 実にはっきり見えてる, 実に長い, 掴みかかられた口, 日露戦争にも, 晩年は, 来て, 現れるな, 知つてゐた, 私の, 群集の, 菜食を

▼ さんなる~ (28, 0.0%)

3 ものが, ものは 2 人物は, 者に

1 [18件] もので, ものと, ものとは, ものの, ものを, を知りぬ, 中年婦人も, 人が, 人物が, 和人を, 夫婦は, 実業家の, 男は, 給仕女の, 老妓が, 者で, 者の, 菅谷君が

▼ さん何ん~ (28, 0.0%)

3 とかし 2 か御用, と思っ

1 [21件] か氣, か變, だか, だってあんな, だって彼奴, ていう名, て呆れた, て顔だい, ですその, ですな, ですね, ですわ, でも, という貴方, とかって下郎, とか言っ, とも申し訳, と仰, と何, と言ったら, な事

▼ さん~ (28, 0.0%)

5 郎は 4 嬢は 3 嬢の 2 嬢が, 嬢ほんとに, 嬢も 1 嬢ばかり, 嬢余り, 官は, 老は, 郎って, 郎どうにか, 郎の, 郎ばかり, 郎も, 郎よ

▼ さんてえ~ (27, 0.0%)

6 のは 3 人が 2 お方が, 人の, 人は

1 [12件] あにいが, おかみさん, お方で, な誰だい, のあなたが, のかい, のだ, ので, ものが, 人に, 方で, 罪で

▼ さんでしょう~ (27, 0.0%)

3

1 [24件] あたしです, あの奥さん, か, かしら, かどなた, かね, か知ら, がお客, それなら, そんな悪口, ということ, とちら, と云った, と答える, と運転手, な, ねとんだ, 今着いた, 冗談は, 変装し, 年増の, 生田さんなら, 私まで, 賛成です

▼ さんほんとう~ (27, 0.0%)

2 ですか

1 [25件] つれて, にあなた, にお, にお願い, にここ, にすまん, にすみません, にただ, にわたし, に今夜, に僕たち, に取っ, に可哀相, に大丈夫, に暫く, に気の毒, に済まねえ, に然, に珍しい, に長之助, に黙ってる, のこと, の事, の小, は如何

▼ さん殺し~ (27, 0.0%)

9 の下手人 2 て下さい, の場合

1 [14件] が同じ, が狙い, が目的, て, てしまいました, て貰ひたい, と珠緒さん殺し, には下手人, の犯人, の疑, の罪, の芝居, を演じさせる, 面白い素材

▼ さんお願い~ (26, 0.0%)

5 だから 4 でございます, です 2 がある, だ, ですから, よ 1 があります, してよ, だよ, よ戻っ, よ早く

▼ さんだけに~ (26, 0.0%)

2 女房は

1 [24件] あてたの, あてて, あやまれば, お目, お目にかかれば, お話します, こんな事, なって, なるん, ガラリ気, シャーベットも, ホントの, 会ひたいと, 委して, 度胸が, 得意な, 會ひたいと, 有終の美を, 極内で, 渡世人と, 聞いて, 見える, 訊き度, 限らない

▼ さんどんな~ (26, 0.0%)

2 ことでも

1 [24件] きれいな, ことが, こと云つた, でした, ものでしょう, スピード時代が, 事を, 人が, 人な, 使いが, 姿してた, 工合です, 心地が, 心配が, 思案を, 病気で, 絵を, 美しい方, 証拠が, 話しや, 講演を, 證據が, 間違が, 顔しなさる

▼ さんにとって~ (26, 0.0%)

1 [26件] いい虫, おかわいそう, このウヌボレ, この一種, この牛, これは, これ以上の, すこぶる魅力, そうした資本主義社会, たいへんな, たしかに寃罪, ひどく大切, もう一つ, もっと都合, 一年より, 何が, 偶然の, 名誉な, 好都合だった, 忘れがたい, 恋人明智小五郎の, 昔強かっ, 有力な, 田中君は, 確証であっ, 近所効い

▼ さんほどの~ (26, 0.0%)

4 熱意が 3 女が 2 人が

1 [17件] きれ者, クラスは, ケイ眼な, 人間通でも, 代物が, 別嬪は, 女に, 孤独な, 學問は, 年齢には, 新造は, 気性ものに, 水ムシ, 清純な, 美しい男, 美人なら, 腕の

▼ さん来訪~ (26, 0.0%)

1 [26件] お互に, お土産, さつ, したらしいすまなかつた, しばらく話し, しばらく閑談, しばらく雑談, すぐ連れ立つ, すまなかつた, すまなかつた外, そしてその, その人, たのしい酒, つ, どうも好き, の予定, まだ酒, めづらしく, 一応帰店, 何となく労, 寝たり, 暑かつ, 書いたり, 生れて, 話して, 誘はれて

▼ さん~ (26, 0.0%)

2 の仲間

1 [24件] お弟子さん, がいくら, が集ツ, が騷, それでも穀類, とは各, と行きましたら, どう考へよう, に殺される, のため, のよう, の一行, の業績, の講演, は何ん, は來, まあだ十七, みて, ももう少し, も見えた, をつけ加え, を驚かさん, 来て, 見て

▼ さんあたり~ (24, 0.0%)

1 [24件] からは相当, から今夜, から或, から手, がいま, がどこ, が今, が悉, が相, が相続, が骨, じゃありません, じゃない, であらう, には僕, の国詩革新, の所謂美文, の手, の言う, はそろそろ, は如才, も言うた, も顔, を調べたら

▼ さんにまで~ (24, 0.0%)

2 鉾先が

1 [22件] こんなこと, そう仰, なって, ひどく不, ファン, 作らせる例, 嫁いで, 御心配, 御苦労を, 心配を, 悪意を, 愛嬌を, 昇格する, 疑いが, 瞞され, 私たちの, 縄目が, 苦労させる, 見放されたの, 誤解され, 逢わないよう, 重々迷惑を

▼ さんをも~ (24, 0.0%)

2 早く安心

1 [22件] おそらくは大量, ともに座談会, まき添えに, まだ婿, 一燈園に, 久しく先生, 他人をも, 呼び迎えるという, 択り出す, 文藝の, 気の毒に, 涙ながらに, 父母をも, 終吉さんをも, 誘った, 誘って, 識らなかっ, 道づれと, 遠ざけたかった, 酔わすだろう, 雰囲気の, 騙したの

▼ さん二人~ (24, 0.0%)

2 では

1 [22件] が振分け, が美しい, だけが残っ, で一緒, で十づゝもらうて, で声, で長生き, で飲み直しましょう, と, にそれぞれ, に迷惑, のこと, の心, の細君, の者, は死ん, も, をお, をこんな, をたいへん, をひっぱっ, をもっ

▼ さん~ (24, 0.0%)

3 例のが, 晩によ 2 夜遊びか

1 [16件] おだまし, おでき大きく, た年老, わしこと面倒見, 事件かも, 今度行て, 何かに, 何処へ, 塔に, 新入です, 来たのね, 盲腸で, 盲腸らしい, 縁談を, 評判だけ, 豆府か

▼ さん待っ~ (24, 0.0%)

6 て下さい 2 て, てください, てて

1 [12件] ていられるだろう, ていられるでしょう, ておくれよ, てくださいませ, てくれる, てよ, てらし, てらっしゃい, てらっしゃるでしょう, て呉れ, て新さん, て頂戴

▼ さん後生~ (24, 0.0%)

13 だから 5 ですから 1 だけれど, だ代わり, だ手紙, でござんす, ですこの, ですさ

▼ さんかと~ (23, 0.0%)

3 思った 2 思うと, 思つたら

1 [16件] われを, 云う訳, 口に, 存じまして, 思いましたらまだ, 思うたよ, 思ったら, 思ったらそう, 思ったら横山さん, 思ったん, 思ふて, 澄まして, 爪立てて, 聞き直すと, 言ひ, 評議せし

▼ さんこちら~ (23, 0.0%)

1 [23件] が平山ノブ子さん, です, ですか, とお, と一ついらっしゃい, におい, にしよう, はね片原, はエミリイ, は吉見素子さん, は大層, は高木博士, へ, へいらっしゃい, へいらつ, へおいで, へ入らつ, へ帰っ, へ掛け, へ来なさい, へ珍しく, へ私, も見

▼ さんとを~ (23, 0.0%)

1 [23件] いらいらばかり, かしい云, ならばせそれから, 並べると, 伊之さんが, 伴れ, 助けて, 助けました, 同列に, 婚礼させる, 思いくらべた, 招き簡素, 比較し, 生ませた, 眼ま, 等分に, 繋ぐ鍵, 置去りに, 船室へ, 見較べて, 誘つてこの, 邪魔に, 間違えて

▼ さんなどが~ (23, 0.0%)

2 やって

1 [21件] あります, お出, かんかん火, この博覧会, その席, その部屋, たずねて, ひたいを, むらがりとまり客, やって来られて, 來た, 大作を, 思ひ思ひの, 思ひ浮んだ, 或もの, 新しい西洋画, 来て, 聞いて, 見送つて, 訪ねて, 通りがかりに

▼ さんなどと~ (23, 0.0%)

1 [23件] おっしゃるもん, ちがい学生, にぎやかに, 一緒に, 云て, 会って, 呼ばれ一人, 呼びかけるの, 呼んでも, 四方に, 夢では, 平気で, 御会い, 御結婚, 心やすい, 煤煙禁止の, 熱心に, 相談し, 親しくし, 言われる者, 賑やかな, 遊ぶこと, 鶯谷から

▼ さんなんかに~ (23, 0.0%)

2 上げるもん, 妾初めから

1 [19件] あの人, あんな美しい, お前が, くっついて, ばけるの, わかるもの, 任せられるもん, 出逢って, 分るもん, 可愛がられたくないん, 四の, 引っぱり出されて, 気取られるよう, 注意し, 煩悶なんか, 舐められア, 逢うわけ, 遇ったって, 黙ってて

▼ さんほど~ (23, 0.0%)

1 [23件] いいお, いろいろな, えらう見えた, きれいな, そのにおい, では, みんなから, よい人, 云ひたい, 何も, 同時に理想家, 大切に, 姿と, 姿の, 恐ろしいもの, 悟るが, 感じては, 気心の, 氣心の, 生一本で, 痛切な, 繊細で, 自分の

▼ さん今度~ (23, 0.0%)

2 は私

1 [21件] から魂, が初めて, こそはおまえさん, こそ本当, こそ本当に, ご一緒, という今度, のフォックス, の御, の旅, の選挙, はあなた, はす, はハッキリ, は一番アピス, は何, は僕, は公方様, は片, は銭形, は隱

▼ さんでなく~ (22, 0.0%)

2 ては夜

1 [20件] ちゃ, ちゃと言う, ちゃ通用, ちやと, ちやなら, つて宅で, てお, てじゃ, てはお父さん, てはつとまらぬ, てはならぬ, てもいい, ても一般, ても誰, てよく, て誰, とも鶏, 三つ目の, 連れの, 重二郎さん

▼ さんとやら~ (22, 0.0%)

1 [22件] いいな, おどろくこと, お初で, お前忘れ, これには, ご前, その人, それが, それじゃ, それは, どうぞこちら, なんにも御存じ, わしは, 仙太郎さんを, 何とか見当, 寝たきりの, 少し先, 改めて貴女, 断わりましょう, 渡し賃に, 足の, 逃げる出口

▼ さんと共に~ (22, 0.0%)

2 すごしたあの

1 [20件] いた黒眼鏡, かなり苦心した, きいて, わたくしの, クルウの, 二人を, 入浴朝飯を, 別荘に, 外出し, 多くの, 島原に, 川で, 忠義を, 戻って, 来, 流して, 相模川の, 祇園の, 私も, 裏座敷を

▼ さんはと~ (22, 0.0%)

3 見ると 2 我知らず聲を, 阿關

1 [15件] いうた時分, いふと, くいにな, くいらしくいいました, ぼとぼと五合庵, 云っただろう, 仰せら, 先ず問う, 口の, 我知らず声を, 聞くと, 聞けば, 見廻したが, 訊くと, 阿関

▼ さん~ (22, 0.0%)

2 もなけれ

1 [20件] からどう, が悪い, と長く, にお, に後指, に聞える, のあいだ, のこと, の世, の好い, の宅, の家, の引越し, の怒り, をおどかし, を恍惚, を撃つ, を殺し, を殺した, を疑う

▼ さん~ (22, 0.0%)

1 [22件] の令嬢, の女, の手紙, の探偵吏, の教会, の敵, の時あなた, の水, の洋琴, の社長さん, の縄, の老女, の薬, の蚊帳, の親子, の野原, の野郎, の門口, の鞄, の頃寺, の風説, れから

▼ さん自分~ (22, 0.0%)

2 のうち

1 [20件] が殺される, が美代子さん, じゃ出入り, だって伍長, でこつ, でそれ, でも三野村さん, でよく, で奥さん, で思い付かはっ, で食う, のこと, のよう, のナイフ, の女, の居る, の生れどころ, の用, は真直ぐ, ほど恵まれない

▼ さん~ (22, 0.0%)

3 れも 2 にも漏らす

1 [17件] かに肖, か尋ね, か来た, が何と, が其, さ, しも愚痴, だえ, だってこんな, だってそう, だつて, だと, にも言, に向っ, もいない, もお前さん, も聽

▼ さん飛んだ~ (22, 0.0%)

2 お邪魔, お骨折, 御手數, 目に

1 [14件] お騷, ことだった, ことだつた, ことでした, ことを, そさう, 事に, 人騒がせじゃ, 人騷が, 御世話, 御苦勞樣, 無理を, 者に, 金を

▼ さん~ (21, 0.0%)

2 ばよ, 東さんあ, 西さん

1 [15件] こちらの, たくし, たくしあなた, たくししあわせ, たくしたち姉妹, たくしたった, たくしの, ともう十五分, ねさん, はははは, ははははは, やかさん, 南さんあ, 東さん, 西さんあ

▼ さんいつ~ (21, 0.0%)

1 [21件] からあんな, からエキストラ, こんな油, しよに, でもいい, でもお, でもた, ぱい飮まう, またわたし, までもここ, までもそこ, までも三十一, までも仲よく, まで何, 孕ませられたか, 帰るかね, 帰ること, 戻るの, 来たん, 江戸から, 髯を

▼ さんせい~ (21, 0.0%)

3 だ, です

1 [15件] さんせい, だった, だね, だア, であった, できないこと, でした, ですね, ですよ, によりそこ, の人, はしなかった, ぼくは, を得た, を求めた

▼ さんなぜ~ (21, 0.0%)

4 泣くの

1 [17件] あなたは, いらっしゃらなかったん, お前は, こんなこと, そんな早まった, やけしゃんす, 今日に, 他の, 僕を, 化物屋敷という, 帰ったの, 恋は, 死んで, 泣いたの, 焼きや, 行ったの, 身を

▼ さんひとり~ (21, 0.0%)

2 なの

1 [19件] がとりしきっ, が行った, しか茶店, だと, でうち, でそこで, ではとても, で威張っ, で縁, で行く, と言っ, になつ, になりました, の手, の質素, は何だ, ぼっちでぼんやり, を持てあまし, 出向いて

▼ さん此処~ (21, 0.0%)

1 [21件] かえ, から使, から帰っ, があい, だよ, でお茶, で飲まね, なア母様ア江戸, にいらしたら, に来, に見逃し, に長く, の家, はなかなか, は往来ぢ, へ出なさい, へ出ろ, へ参る, へ来なせ, へ置い, よ

▼ さん誠に~ (21, 0.0%)

2 何う

1 [19件] お久し, お待ちどう, お恥, すみませんが, ねえお待, 久しくお, 大御無沙汰, 寒くて, 御無沙汰を, 御苦労様今お, 思い掛けねえ所, 恥入った事, 有難う大きに, 有難う私, 申し兼ねた訳, 私相, 良き御, 長座を, 面目ない

▼ さんこと~ (20, 0.0%)

2 にや話, を恐れ

1 [16件] かはぶたねえ, じつは鉄叫子, に努めつ, のいと, の心苦しく, は武士, は難, を勉め, を勧め, を我等, を期せし, を欲す, を衆, を訓, を謀る, 欲しくつて後

▼ さんたる~ (20, 0.0%)

2 太陽の

1 [18件] に, もの互いに, もの失職してる, より外仕方, 匪首の, 太陽が, 建築家の, 彼の, 日光の, 月光の, 涙を, 盛装の, 粒が, 者は, 自分の, 陽あしを, 陽ざしの, 陽り

▼ さんよりは~ (20, 0.0%)

1 [20件] あれでも, お上手らしい, ずっと低い, ましだらう, よく深く知り合っ, マア坊の, 一つ年下で, 一段も, 余程立派, 和平どんの, 大事でございます, 少許年長, 弟の, 強いようでした, 歩を, 社会的地位が, 稼ぐという, 若い, 鳥の, 鳥渡低い

▼ さん今晩~ (20, 0.0%)

92 は私 1 はかえらない, はまた, はもう, は久しぶり, は寝かしません, は御, は旦那, は陰気, もヴァイオリン

▼ さん~ (20, 0.0%)

8 のもの

1 [12件] ありました, が止り, だったので, になりたい, に見えました, のもん, の処, の年恰好, の明るい, の時分, の青年, わからずやの

▼ さん先刻~ (20, 0.0%)

2 の御, は急

1 [16件] あわてて, からいらっしゃる, からお, からソレそこ, から待ってる, から拝見, のあの, ので, の事, の西洋料理, の高井, はわざわざ, は失礼, は御苦労, わっし, 煮た芋

▼ さん大丈夫~ (20, 0.0%)

6 ですか 2 かい, です, ですよ 1 かいなんだか, かエ, だ, だよ, だ大丈夫, でしょうか, なん, 駈けて

▼ さん有難う~ (20, 0.0%)

3 お蔭で, 御座います 2 ございました, ございます, よ, 存じます, 御座いました 1 お婆さん有難う, とただ, よくし, ダイヤは

▼ さんあんまり~ (19, 0.0%)

2 虐たらしい

1 [17件] おまえは, お手料理, じゃありません, だらしが, ぢや, という, ひどい殺しやう, よ, 大声で, 年甲斐も, 思案に, 殺生じゃ, 気イ廻し過ぎます, 笑わせないで, 脱線し, 遅いから, 長く見

▼ さんかて~ (19, 0.0%)

2 そない, まツさら散財, 私が

1 [13件] あの娘, あんな男, お園さん, もう箱入り, もともと綿貫, 一昨日あんなり, 厭に, 喜びはったのに, 困るやろとお, 姉ちゃんを, 心の, 惚れて, 死ぬぐらい

▼ さんきょう~ (19, 0.0%)

1 [19件] この頃, というきょう, どうなさる, はお, はさかん, はどう, はなん, はひとつ鬼ヶ城, はひとり, はめずらしい, はわたし, は又, は国, は家じゅう, は早仕舞, は用心, は遠慮, は魔法瓶, もあぶれ

▼ さんとで~ (19, 0.0%)

1 [19件] お世話を, かかりましょう, この事件, その他には, その女, たんと泣い, ちょっくらお神, やっと思い止らせ, やはり甲府, 叱られてるみたい, 彼を, 御商売, 楽しい家庭, 氷を, 特に藤子さん, 白状した, 行つて来る, 見つけなすったの, 間違いなく固める

▼ さんなに~ (19, 0.0%)

2 してんの

1 [17件] があった, が不足, が面白く, して, するだ, で切りなさる, ぼんやりしとる, もお前さん, もそんなに, もびっくり, を, をいう, をする, をびくびく, を仰し, を大きな, を考え込ん

▼ さんなんかも~ (19, 0.0%)

1 [19件] いたんだ, いまめきめき, いられますから, お困りで, かなりむごたらしく, ずいぶん儲けたろう, そいつの, ちっとも出られないらしい, どうも不思議, ひどい着物, 一流です, 仰るには, 名文家の, 容疑者から, 混って, 生れながらの, 許さないって, 返事した, 運不運だ

▼ さんにと~ (19, 0.0%)

8 つては

1 [11件] おっしゃいまして, つてさへ, つてただ一人の, つても, つて中風の, つて十二人目の, 云いました, 云って, 云より, 思つてまだ, 書いて

▼ さんび歌~ (19, 0.0%)

5 の本 2 をうたう

1 [12件] がある, がいかにも, のいみ, のなか, をいっしょ, をうたいおわっ, をうたいました, をうたいます, をうたっ, をしっ, をカイ, をカレン

▼ さんもし~ (19, 0.0%)

1 [19件] あたしが, あなたが, あんたが, いらっしゃるつもり, お内, お前の, お金が, このチョウ, それが, よかったら, よろしかったら, オットセイが, 何か, 児島さん一寸, 急ぎでなけれ, 手すきでしたら, 昨晩あなたが, 残して, 相州の

▼ さんやら~ (19, 0.0%)

1 [19件] そうし, それだけ, そんな附添人たち, たわし売り, で御, はりたいン, 一さんやら, 二絃琴の, 併せて, 大原町長や, 小使でも, 山影さんやら, 校長先生やらに, 灰買いの, 知る筈, 色々, 虎に, 赤鼻の, 近くの

▼ さん御免~ (19, 0.0%)

4 なさい 3 なさいよ 2 なさいね, なさいまし 1 なさえ, なされ, なせえ, よね, を, 下さい, 蒙って, 蒙ります

▼ さん~ (19, 0.0%)

2 変らずお, 變らず

1 [15件] すまないな, ひ手, 変らず, 変らずお茶, 変らずなの, 変らずはぐらかすねえ, 変らずカレワラ, 変らず御, 変らず気前がい, 変らず綺麗, 変らず美しゅう, 変らず英雄色, 変らず達者, 済みませんこんな, 濟みません

▼ さんいま~ (18, 0.0%)

1 [18件] いったの, いろいろうかがっ, うんとに, お考え, すぐ戻, そのご, にお前さん, になっ, のうへえっ, のお客, のやつ, の駅売, もお話, 帰った, 帰ったよ, 帰りやした, 考えて, 見ると

▼ さんおまえ~ (18, 0.0%)

2 の名

1 [16件] がこうして, だってまさか, の今, の天国, の姉, の家, は, はあの, はたいそう, はなぜ, ははやく, はほんとに, はもう, は孝行, も状筒, も覚悟

▼ さんこう~ (18, 0.0%)

6 して

1 [12件] しましょう, だとさ, なったからには, なったらもう, なのよ, なりゃお前, なるの, やって, イヤな, 云う体たらく, 江戸の, 言ったわよ

▼ さんそりゃ~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたさまそんな, いけませんよ, お前の, お気を, ちがう, なんという, ほんとでございます, ア, ア貴女軍人が, 仕方が, 嘘だろう, 本当です, 本気かね, 正成の, 無理だ, 無理な, 貴方本気です, 間違って

▼ さんだろう~ (18, 0.0%)

2 か, と思った

1 [14件] かと私, が何, じゃない, と云った, と何, と思います, と思う, と思っ, と聞く, と見込み, ッて, 何人にも, 無理は, 目は

▼ さんでなけれ~ (18, 0.0%)

2 ば云, ば出来ない

1 [14件] ばあんなに, ばいけない, ばいや, ばとても, ばなあ, ばならない, ばならぬ, ば中, ば仕留められまい, ば持ち合せなかつた, ば救世軍, ば書けない, ば詠めない, ば頼まれ

▼ さんとて~ (18, 0.0%)

3 入浸るを

1 [15件] とくと御存じ, アフリカより, 久八へ, 伝兵衛四条河原に, 先賢ひたすら, 免れるわけ, 其夜は, 学生は, 己が, 我また, 是より, 来れりと, 火打道具を, 觀棚, 進み出でたり

▼ さんなかなか~ (18, 0.0%)

1 [18件] お世辞, こまかい人物, に上玉, の浮気者, やる事, 人が, 大したお, 帰らない, 強いな, 強情っ, 手強くつて, 腕が, 詩人だ, 話せるぜ, 負けません, 辞令に, 辞職する, 逃げ口上が

▼ さんぼく~ (18, 0.0%)

1 [18件] おもしろいご, かったの, が商売, の描いた, はうまい, はここ, はたいへん, はどんな, はどんなに, はふっと, は大変, は東京, は独力, もききました, もこの, も連れ, を九月二十日, を見つけ

▼ さんまア~ (18, 0.0%)

2 待って

1 [16件] ここへ, さう, そうと, ちゃんを, とつく, どうして, どうなす, もうひとつ, 何うし, 何んとも, 好く入らつ, 情ないこと, 掛けて, 掛けねえな, 此方へ, 歳頃と

▼ さん~ (18, 0.0%)

1 [18件] あ帶, がさうきめた, が便所, が奮然と, が建て, が白, といつ, に上げ, のため息, の耳, の船, は, はち, は日曜ごと, もずゐ, もどうせうかと, も芸者, を広間

▼ さんらしく~ (18, 0.0%)

5 もない

1 [13件] したがって舟木さん, ていらっしゃる, て愉快, て面白い, なつて, もなく, 人前も, 好い服装, 威厳を, 真面目な, 自然に, 頭を, 黒門町の

▼ さん失礼~ (18, 0.0%)

6 ですが 3 します 1 いたしました, しよう, だが, でございますが, ですけれども, ながらあなた, ながら警官隊, なこと, をし

▼ さん~ (18, 0.0%)

2 へお

1 [16件] かな, では余儀なく, では四円十五銭, で芥川さん, とちがう, にいる, に猫, の, のおっ, のすぐ, の婆さん, は人, へよく, へ帰つて, へ送っ, もブラス

▼ さん知っ~ (18, 0.0%)

5 ている 3 ていなさる, てます 2 てん 1 てい, ていなさるだろう, ていらし, てのとおり, てらっしゃる

▼ さん親子~ (18, 0.0%)

2 の方

1 [16件] がその, が作った, が作る, が轢死, とかなり, には, のご, のもの, の場合, の安否, は, は貴族主義者, は麦畠, も, をはじめ, を東京駅

▼ さんいったい~ (17, 0.0%)

2 何が

1 [15件] あなたは, ここは, これは, その二人, どこに, どこまで, なにが, なにを, わたしが, ディグスビイは, 本開閉器, 此奴を, 海って, 生れは, 総督は

▼ さん堪忍~ (17, 0.0%)

15 して 2 してね

▼ さん見た~ (17, 0.0%)

6 ような 2 やうな, 樣に 1 いね, かい, からず, ようじゃ, 樣です, 樣な, 樣ね

▼ さんいや~ (16, 0.0%)

1 [16件] あたしの, お嬢さんの, こうし, この女, ですこと, どうもあの, な人, に改まっ, に沈ん, に澄ましこんでる, に真黒, に見せつけます, 失敬, 御主人, 斯うし, 献杯つ

▼ さんかも~ (16, 0.0%)

6 知れない 2 知れないじゃ 1 しれません, それは, わかりませんね, 知れないわね, 知れぬ, 知れませんね, 知れやしません, 知れん

▼ さんしばらく~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] あたしに, おたよりいたしませんでした, お見かけ, でございます, でしたわね, などと何, ねえさ, 二人だけに, 家へ, 待って, 御目, 見えなかったが, 見えなかっただね, 見張って

▼ さんそれでは~ (16, 0.0%)

1 [16件] お前も, お大切, これで, とてもお, どうかこっち, わたしたちと, 三番の, 人違いであろう, 俺が, 叩き潰すの, 当分こちらへ, 後に, 御先, 手形も, 筋が, 約束が

▼ さんとやらが~ (16, 0.0%)

1 [16件] いちど息を, いるん, おかしな真似, おっしゃる通り, そうやすやすと, そのご, どうして片腕, 三味線の, 可愛がっ, 御当地, 悪性男を, 惚れるも, 殘り, 殺された相, 羨ましいね, 買ったしごきの

▼ さんなんかの~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことぢや, 中にも, 事は, 余り度々来る, 前じゃ, 前ぢ, 口だ, 口を, 国体原理派の, 安否を, 所へばかり, 方が, 晩餐会が, 来るところ, 画に, 話だ

▼ さんにな~ (16, 0.0%)

2 つてゐました

1 [14件] つたのよ, つた練馬生れの, つてお, つてしまはるのを, つてやらう, つてジヤガイモさんと, つて呉れる, つて小学校へ, つて居らぬ, つて居ります, つて私達を, つて腕が, つて齋世親王と, ア来

▼ さん以外~ (16, 0.0%)

3 の人

1 [13件] にゐない, に何人, に誰, のまた, の人物, の医師, の医者, の四人, の女, の或, の者, はどなた, は誰

▼ さん心配~ (16, 0.0%)

4 すること 2 しなくても, せんでも, には及びません 1 して, しないで, じゃない, なさりますな, なさること, なしだ

▼ さん本当~ (16, 0.0%)

2 かい, ですか, のこと 1 でっか, なの, なら生涯嘘, のところ, の事, の伽羅, の話, を云, を云え, を云っ

▼ さん相手~ (16, 0.0%)

1 [16件] ではどうにも, では婆, にならない, には落着けない, にばかりくらし, にマンザイ, に一本飮ん, に四王天清正, に大物, に決闘場所, に話し, に説明, の, の文句, の郭, は相手

▼ さん聞い~ (16, 0.0%)

8 て下さい 1 ている, てください, てくれ, てくれない, てくれる, てやしないでしょう, てゐます, て居る

▼ さん行っ~ (16, 0.0%)

2 て来ます, て来る, て見る 1 ておくれよ, てお迎え, てかけ合っ, てくん, てしまう, てみました, てみましょう, てみよう, て居りましょう, て見たい

▼ さん~ (16, 0.0%)

2 へ, り, り攻撃 1 だ, で夜更し, のあの, のなんざ, へその後, へなんか, へ被, へ頼み, やと拍子木, りで

▼ さんこっち~ (15, 0.0%)

2 へいらっしゃい

1 [13件] お上り, だ, ですこっち, にお, のほう, の話, へお, へおい, へおいで, へ向い, へ坐り, へ這入っ, をじっと

▼ さんさあ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あたしと, おかけなさいまし, お歌ひ遊ばせ, こちらへ, こっちへ, これは, そちらへ, めしあがれよぐうと, 一つあがり, 一緒に, 今が, 入って, 唄いい, 放すから, 私の

▼ さんじゃあ~ (15, 0.0%)

2 ないか

1 [13件] ありませんか, ありませんかといった, ございますまいか, ございませんか, とどきますまい, ないかしら, ないん, ない姉さん, なかった, ねえぞ, ねえわ, 夫婦喧嘩が, 油断が

▼ さんそっくり~ (15, 0.0%)

2 だ, です

1 [11件] だわ, であった, でした, ですよ, で梟みたい, という奇抜, のマネキン人形, の人, の女, の女の子, の老人

▼ さんだけを~ (15, 0.0%)

1 [15件] 働かせないで, 先に, 助けて, 危険がっ, 席に, 弟の, 折檻なすった, 放って, 死なして, 残して, 知って, 西へ, 見て, 送って, 除けて

▼ さんちよ~ (15, 0.0%)

3 つと, つとお 2 つと失礼 1 つとこの, つとその, つとでい, つと來, つと待つ, つと来, つと顔

▼ さんちよい~ (15, 0.0%)

82 と見せ 1 とお待ち, と伺ひます, と訊き, と訊きたい, と通し

▼ さんといった~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの子, ところ, のは, ふうの, ほうが, めっぽう綺麗, ものだ, 女の, 形で, 松本秀造という, 若くて, 風じゃ, 風だ, 風体である, 風情

▼ さんとても~ (15, 0.0%)

2 ガンジョウな

1 [13件] いらいらし, と謂, ほがら, ニュースが, 仮りに, 困るわ, 姑に, 店には, 私は, 若返って, 誇りは, 面白いです, 驚くべきもの

▼ さんとでも~ (15, 0.0%)

1 [15件] いったところ, いったよう, いった風体, いらしって, お呼びしたい, できたん, 会う用, 呼びかけたいよう, 呼んで, 声を, 御一緒, 思われる人がら, 腕車で, 行けば, 遊んどれば

▼ さんなんかは~ (15, 0.0%)

1 [15件] こうと, これからだ, その方, それから, どうせ面, テエプという, 七輪を, 生きて, 生れつきお上手の, 知って, 知らないかも, 署名係という, 聞かないほう, 血相か, 試験前に

▼ さんのや~ (15, 0.0%)

7 しきの 3 しきへ 2 しきには 1 しきから, しきに, しきを

▼ さん~ (15, 0.0%)

2 そうの

1 [13件] あたしが, いっときお, しが, しの, しへ, しもありません, しやう, しりに, つかり, ッか, 地膚がら黒い, 捜して, 煙ぶたがってる

▼ さん一つ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お喫, お買いなすっ, お酌, このウィスキー, すすめて, その空中文化村, の星, はだれ, やろうか, 上げよう, 召し上がれ, 捻って, 見て, 阿父様, 頼んで

▼ さん一緒~ (15, 0.0%)

1 [15件] かな, に, にい, にここ, に乗っ, に取ろうで, に帰つて, に往, に来, に東京, に此處, に行かない, に行こう, に踊りません, のお家

▼ さん久しぶり~ (15, 0.0%)

3 に来

1 [12件] ごあん, だ, だから, で, でお前さん, でしたね, でしたわね, にお, に一局, に帰山, に来訪, に相撲

▼ さん何とか~ (15, 0.0%)

1 [15件] いうて, いう屋敷, お言い, さんおう, して, しなければ, すばらしいところ, ていよく, なりますまいかね, 云って, 云つて呉れ, 有仰つ, 言いなすったね, 言って, 言ひなすつた

▼ さん先生~ (15, 0.0%)

1 [15件] からだ, が, がいう, とお話, と一緒, に有ります, のお, のところ, の云う, の殺されなさった, はこちら, はゆうべ, は来ない, もあゝ, をよし

▼ さん~ (15, 0.0%)

2 にはその

1 [13件] が悪かっ, が萩原, にお, にはね, のこと, の体, の方, はお礼, は貴方, へおかし, をどこ, を助け, を殺す

▼ さん~ (15, 0.0%)

2 のお, を殺した

1 [11件] が, が飛んだ, と息子, のよう, の命, の奉公口, の敵, はどうして, はなんと, はイヴォンヌさん, は戻っ

▼ さん~ (15, 0.0%)

4 當に, 當の 1 ばかり読ん, を売っ払っ, を売る, を買, 斗が, 斗に, 當です

▼ さん見たい~ (15, 0.0%)

2 な人

1 [13件] なお醫者さん, なムツツリ, な上流, な優しい, な我儘, な煩悶, な綺麗, な頓栗眼, な顏, な顔, にどこ, に形がち, に朝湯

▼ さん~ (15, 0.0%)

3 の女 2 を引く 1 おくれ, なので, な人, に, にこれ, のまだ, の人, の四十あまり, を吹かせ過ぎた, 引くと

▼ さんあんな~ (14, 0.0%)

1 [14件] お嫁さん, ことの, ところへ, ものお, もんかな, 事を, 人掴まえてる, 六ヶ敷しいこ, 居酒屋になんぞ, 男には, 真似を, 薄情な, 豚, 路傍で

▼ さんこういう~ (14, 0.0%)

2 ことに

1 [12件] お話を, ずうずうしいこと, めずらしい羊, んだ, ネタは, 不思議な, 奴は, 山の, 手紙な, 時には, 訣です, 説が

▼ さんすこし~ (14, 0.0%)

1 [14件] お慎みなさらなけれ, お話が, さっするもの, 休んで, 僕も, 寝ましょう, 御冗談, 押され気味, 日本の, 根下りの, 気を, 耳が, 興奮し, 見ないうち

▼ さんその他~ (14, 0.0%)

2 の人々

1 [12件] あの一, から心切, には充分, のもの, の人たち, の娘たち, の方々, の研究書, の稽古朋輩, の職場, の血族, 上って

▼ さん~ (14, 0.0%)

2 まん

1 [12件] じゃあ島さん, だのそれから, ぢや, には客, へ行, へ行かない, ゅう人は, ゅう人を通してばっかり, ゅう十九に, ゆう子ない, ょっくら瓦町へ, ツとは

▼ さんとに~ (14, 0.0%)

1 [14件] あいさつした, お目, たすけられて, どこかで, ひどい怪我, 会って, 伴れられ, 同じ図, 小酒宴, 挟まれて, 挨拶しました, 特に別れ, 話して, 送られて

▼ さん~ (14, 0.0%)

2 ごの, ないして, 笠を 1 っすやろ, つちへ, ないしてん, ないしはります, ない思う, よく話した, ツせ, 話して

▼ さんによって~ (14, 0.0%)

1 [14件] ションボリと, ロシア語の, 作曲された, 公然と, 持ちきたされたモントルイュ・スュール・メール, 提唱され, 時間表を, 漕ぎつけられた, 煖炉の, 申分なく, 破って, 紹介された, 辛うじて支持, 重々しく出された

▼ さんに対しては~ (14, 0.0%)

1 [14件] 一生懸命気に, 一種の, 何か, 何を, 嘗て愛, 地震加藤の, 如何にもをと, 年と共に, 後にいう, 相当の, 私の, 純な, 色気なんて, 遠慮の

▼ さん主人~ (14, 0.0%)

2 が, と仲, と私 1 があなた, が喧しくっ, が行方不明, でそう, には内証, はただ, はどこ, は私

▼ さん~ (14, 0.0%)

1 [14件] で月十日, のお, の前, の次郎さん, の美代吉さん, の酒, は始終, へは其処, へは如何, へ引, へ往, へ持て行っ, へ行, へ遊び

▼ さん御苦労様~ (14, 0.0%)

101 でございます, ですこと, で丁子風呂, で佐渡屋さん

▼ さんいよいよ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの時刻, あんたとも, きょうで, 今日の, 出掛けるの, 召集された, 固くなっ, 御退院, 来ましたね, 美術学校建築科本科に, 薄気味の, 話が, 高山行きと

▼ さんだったら~ (13, 0.0%)

1 [13件] かえって私, くるくると, そんな剛情, そんな夜遊び, と思う, どんなこと, なぜ東京, やはりすぐさま馳, 今おりません, 俺は, 四十越し, 大隅君にも, 胸の

▼ さんてば~ (13, 0.0%)

2 電車通りへ

1 [11件] お前たちの, ア, ッ, 嘘ばかり, 女湯を, 毎日ご飯の, 泣くの, 用が, 虱を, 貴方何を, 返事が

▼ さんでございました~ (13, 0.0%)

61 かその後, かつい, からねえ, ってね, ね, ね大, のでしょう

▼ さんどちら~ (13, 0.0%)

5 へおいで 31 でもよい, で御座います, へいらっしゃいます, も好人物, も無事

▼ さんなどに~ (13, 0.0%)

2 成れぬから

1 [11件] あひま, おしつけて, はやって, まじって, 人づての, 家賃や, 恨みを, 手向かいしては, 渡して, 至るまで, 逢わなければ

▼ さんにだけ~ (13, 0.0%)

2 聞こえれば

1 [11件] いうの, ことわって, このこと, その義理, ですか, 御馳走する, 手紙を, 書いときますわ, 聞えればよ, 訊き度いが, 読んで

▼ さんにとっても~ (13, 0.0%)

1 [13件] あたり前の, あまり心, いいこと, いままで, かえって満足, それは, 会心の, 保子さんにとっても, 切っても, 可なり, 旦那筋, 煉獄の, 面白かろう

▼ さんねえ~ (13, 0.0%)

2 あの人

1 [11件] どうしても米, アンタは, クリストフさんあなたは, 吉っあん, 東京へ, 気違いだった, 片岡さん片岡正夫さん, 狂人に, 田島さん, 真弓さんは, 私なんざ話し

▼ さんみた~ (13, 0.0%)

6 ような 3 ように 2 やうな 1 ところお, ようね

▼ さんもっと~ (13, 0.0%)

1 [13件] こっちへ, ですよ, ゆうべは, 側へ, 勇気が, 召し上れ, 召上っ, 大きな声, 奥に, 持って, 気を, 立派な, 詰めて

▼ さんやっぱり~ (13, 0.0%)

1 [13件] あなたは, いけなかったの, いけんかい, おっしゃるとおり, お姉さん, この島, われわれと, ドアの, ハワイ生れハワイ育ち, 亡くなりました, 巨人が, 神田かい, 私の

▼ さん其の~ (13, 0.0%)

2 他両, 刀を 1 お言葉, ま, まアお前, 他にも, 坊主は, 帰路に, 後は, 爪を, 筋の

▼ さん~ (13, 0.0%)

1 [13件] がけに, てお, てからなにか, てくれ, てこい, てゆく, て一寸, て宿題, て来た, て来る, て第, て行った, て見たっ

▼ さん~ (13, 0.0%)

1 [13件] いかい, いから, いけれど, いで, いんだよ, い姉さん, い御, い文句, なりの年配, 哀さうな, 哀さうにも, 懐しい恋しいに, 羨いだらう

▼ さん~ (13, 0.0%)

2 れでは, れに 1 とも強情, にした, のみか名, の敵, は甚, もある, れよりは, を彦兵衞, 迄は能

▼ さん子供~ (13, 0.0%)

3 の癖 1 がある, がどう, が欲しい, が赤痢, でもあるまい, に口, に負け, の, はできる, よびもどしたい由

▼ さん実は~ (13, 0.0%)

1 [13件] あたしは, この店, ね私, わっし, 信仰仲間を, 君を, 昨夜われわれの, 極秘裡に, 疾う, 相良さんが, 私は, 艇内に, 貴女の

▼ さん~ (13, 0.0%)

2 父さん, 親さん小六さんの 1 つぽ, 万さん, 信さんが, 妻さん, 父さんは, 粋な, 蛇が, 遊興の, 鐘さん

▼ さん旦那~ (13, 0.0%)

2 はあの

1 [11件] があの, が善い, に助かっ, に祝っ, は今晩, は何, は私, も来, をば何者, を何分, を見なかった

▼ さん暫く~ (13, 0.0%)

2 だね, でございました 1 お待ち下さいません, でした, ね, ぶりね, ネ, 検事という, 考えて, 見ないうち, 黙って

▼ さん起き~ (13, 0.0%)

4 て下さい 2 てます 1 ている, てください, てくれ, てちょうだい, て來, て鏡, なよ

▼ さんいくら~ (12, 0.0%)

1 [12件] あんただ, とるン, 仲が, 何でも, 当つて, 御金, 御静養中, 持って, 男が, 絞るだろうね, 貴下が, 魔法の

▼ さんおれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が退院, にヒロポン, に五十銭, の一喝, の気持, の言う, の金, はただ, は捨石, は聞きたい, をおごっ, 考えたん

▼ さんお気~ (12, 0.0%)

2 をつけ 1 がつきました, にかけられ, に入りまし, に召さん, に障った, に障ったら, のどくです, をつけなさいまし, をつけなすっ, を附けなさらない

▼ さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちの葉を, て, ていた, てこちら, てしまいました, てどこぞ, て見る, ゃべってばかりいらっしゃると, やうが, ッかり, ッかりしなく, ッかりなさい

▼ さんすぐ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あいなさい, お願い申します, こしらえて, ご案内, そこの, には刻, に兇行, に帰っ, に手術, に行っ, 御飯を, 戻って

▼ さんそういう~ (12, 0.0%)

1 [12件] お前こそ, お方は, ことを, わけだ, わけです, 事を, 事情でしたら, 名の, 無茶な, 訳な, 話越智さんと, 風に

▼ さんでは~ (12, 0.0%)

1 [12件] あとで, ありゃ何者, お前を, その七十二頁, もう石舟斎様, 一ゲームいらっしゃい, 九月まで, 今日は, 失礼を, 私たちが, 私について, 身支度に

▼ さんとおつ~ (12, 0.0%)

8 しやる 1 かさま, しやいました, しやいます, しやつ

▼ さんとかいふ~ (12, 0.0%)

2 のは, 御浪人, 方の, 禿頭の 1 お孃さん, のと, 少し間, 方を

▼ さんとやらに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お詫びを, ぬりつけないし, 会いたい, 似て, 岡惚れしんす, 知らせて, 老女さんに, 見究めて, 訊いて, 通ひ出した, 逢つて一應訊いた, 逢はせ

▼ さんとんだ~ (12, 0.0%)

2 ことに 1 お邪魔, お騒がせしました, お骨折りで, ことだった, 事でした, 事を, 御苦労様で, 御苦勞樣, 迷惑でございます, 金を

▼ さんなん~ (12, 0.0%)

2 ですか 1 か失礼, か用, すんの, だそんな, だって今時分, でしたらこいつ, ですそんなに, でもかん, なの, にも知らない

▼ さんなんぞ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あれしまへんちうてる, そんな悪魔, みン, もさう仰つて, ッて, 上は, 久しぶりで, 持って, 決して不足, 生かさうと, 用かね, 通れない所

▼ さんばかりが~ (12, 0.0%)

2 男じゃ 1 そうな, そう思う, 判然と, 坐わっ, 多くい, 家の, 悪いん, 独りで, 知って, 誠実で

▼ さんばかりは~ (12, 0.0%)

3 人の 2 一生こんな 1 お止しなさい, ちっとも旅行, 久さんの, 些とも, 何にも, 別です, 極く遅い

▼ さんよう~ (12, 0.0%)

1 [12件] こそおいで, ございます, ございますか, な政治, にじ, に恐る恐る, をながめ, を眺め, 戻られたな, 来て, 聞いと, 言うて

▼ さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] たら僕, て, ていうパトロン, ていっ, てなんか, てばお前, てよく, てマダム, て人, て前, て旦那様, て言う

▼ さん~ (12, 0.0%)

2 へおいで 1 きに, に行つて, は名誉, は知れ, へはいります, へ入っ, へ往, へ往こう, へ立っ, へ行っ

▼ さん呼ん~ (12, 0.0%)

2 で來, で早, で来 1 でこよう, でみれ, でもらえない, で女形, で御覧, で来ませう

▼ さん大層~ (12, 0.0%)

1 [12件] おめかしだ, お魘されです, な人, マア長い, 元気が, 大きく膨れまし, 御機嫌で, 早いん, 早え, 沓を, 精が, 遅いじゃ

▼ さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] かえ, じゃこんな, では去年, では牛肉, の兄さん, の前, の大, は口, へおよりする, へこ, へ來, までボロ

▼ さん~ (12, 0.0%)

2 をお, を貸し 1 が顫, にもやから, に入れた, に馬勒, のかかる, ばかりがあすこ, も足, を取っ

▼ さん折角~ (12, 0.0%)

2 だから, ですが, のお, の御 1 そなた, の, の思召, 調いかけた話

▼ さん昨夜~ (12, 0.0%)

2 は失礼 1 この寮, のお前さん, の七時前後, はお客様, は大変, は大層, は驚いたろう, もお話, も一寸, 死んぢやつ

▼ さん~ (12, 0.0%)

2 てやっ, てよ 1 てい, ていない, ていらっしゃい, てお出で, てちょうだい, てはいけ, て来, て頂戴

▼ さんいつも~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんな風, おんなじ顔, こんなこと, そこへ, の手, より百倍, 勉強し, 大変です, 帰りが, 御機嫌よく, 黒いカバン

▼ さんうち~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, どないし, のお, のおさえ, のお父さん, のひと, の倅, の女房, へかえった, へ来, へ通っ

▼ さんお待ち~ (11, 0.0%)

3 なさいよ 2 なさい 1 して, なせえ, やすお, よ, よ私ア, 遠さ

▼ さんお茶~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこぼれます, が這入つた, だぞ, でも持っ, なと召しあがりません, をあげましょう, をお上, をくん, を入れ, を入れかえ, を飲ん

▼ さんきみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が光子さん, こそいや, にはこの, にもあやまる, の部下, はとんでもない, はどう, は三人, は二十面相, もとんだやぶ, も知っ

▼ さんくら~ (11, 0.0%)

7 ゐの 2 ゐは 1 ゐが, ゐ自分自身

▼ さんぐらい~ (11, 0.0%)

2 なもの 1 お世辞, このガチョウ, であろうか, ならオレ, バカな, 久し振りです, 大きな方, 御隆盛, 適当な

▼ さんすっかり~ (11, 0.0%)

1 [11件] おとなに, はたいて, やせて, 参って, 喜んで, 御病気, 怒っちゃって, 板に, 気に入っちゃって, 男の, 詩人に

▼ さんすみません~ (11, 0.0%)

2 がわたし, が乗せ 1 がこう, がよく, が梯子, が椅子, が貴方, でした, 新聞屋さんにも

▼ さんそして~ (11, 0.0%)

1 [11件] そういう事, その清姫様, その花, それから, 一緒に, 何だろう, 光子さんも, 奥さん人数は, 寒藤先生, 山翁まさに, 樹明君が

▼ さんたいへん~ (11, 0.0%)

1 [11件] きれいに, ご迷惑, だ, だったでしょう, です, ですね, にお, ふとったわね, やさしくなった, 文学が, 楽しかったです

▼ さんだけの~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことで, ことは, ために, ようでした, 世界には, 弁天様の, 異例でしょう, 第四世, 紀久子だった, 考えと, 考へでは

▼ さんだらう~ (11, 0.0%)

2 と思ふ, な 1 かといふこと, か京一さん, ぢや, つて云つてきかない, といふ, とはその, もう十年

▼ さんちょうど~ (11, 0.0%)

3 いいところ 1 あなたが, いい, いいとき, いい話, ここに, そこまで, よいところ, 祈祷の

▼ さんつて~ (11, 0.0%)

3 おつ 1 あの赤ら顔の, いふひと, さう, しよつちう, そんなにお, ばさ, 大した男, 怖いひと

▼ さんでない~ (11, 0.0%)

3 ことは 1 お駒さん, ことが, とおっしゃる, とお気, と出来ん, と岩井半四郎, 外の, 方が

▼ さんとしても~ (11, 0.0%)

1 [11件] あすこへ, かなり知つて, そんなこと, まあよかっ, 一生懸命の, 何も, 出來, 文学青年的な, 新しく結婚, 新撰組は, 決してわるい

▼ さんとやらの~ (11, 0.0%)

1 [11件] こってりした, ことを, 不良が, 女郎衆はと, 後ろ髪を, 心意気だけは, 方へ, 死体の, 氣が, 行方です, 頭の

▼ さんなり~ (11, 0.0%)

2 また私 1 あるいは帳場附近, クルップ性肺炎だった, 姉さんなりの, 小太郎さんに, 役人なり, 根岸石子両, 神近さんなりの, 稲荷は, 警察の

▼ さんなんかと~ (11, 0.0%)

3 一緒に 2 友人で 1 おとなしく附き, しばらく野尻湖, すぐ散歩, 断られて, 松坂町の, 結婚する

▼ さんについては~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなたの, それほど深く, ついにこれ, どんな望み, もう諦め, 一口も, 一言も, 何も, 多くを, 猶その, 野口は

▼ さんばかりに~ (11, 0.0%)

2 なって, 成っちゃった 1 した, して, ガタ, 硬ばっ, 私を, 胸が, 見えて

▼ さん今朝~ (11, 0.0%)

1 [11件] お会い, お出掛け, からお, の件, の指輪, の話ア眞實, の話ア真実, はどう, は休ん, は遅い, も咲きました

▼ さん御苦労~ (11, 0.0%)

3 でした 2 だが 1 だったの, だつたね, でございます, です, ですが, ながら門前

▼ さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] ですね, ではありません, の奉公人, の美代吉, へお, へ持ちこみました, へ持っ, へ行つた後, へ行ツ, へ見せびらかし, やくの事

▼ さん~ (11, 0.0%)

3 しの 2 のこと 1 から隣山同志, しは, のよう, の弁信さん, はよかつ, はニューマチック・ハンマー

▼ さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] から此方, が仲見世, が累, で万事, ならば, は何, は甚だ, は私, れでお, れは, をねお

▼ さん~ (11, 0.0%)

2 をつぶっ 1 がさめた, が惡い, が早い, が見えない, をあけ, をおさまし, をさます, を病ん, を覚します

▼ さん~ (11, 0.0%)

2 を立てる 1 がすいたでしょう, が減った, が減つて, でも痛い, ぽてに, をたててた, を二三十, を立っ, んなか

▼ さんこいつ~ (10, 0.0%)

1 のいう, はちっと, はわけ, は六, は少し, は無料, は美男子, をとらえ, を預かっ, ァ太夫さん

▼ さんこんなに~ (10, 0.0%)

1 して, 何時までも, 大きな国, 尾を, 思つて私は, 攘夷なんて, 昇って, 苦心し, 親切に, 酔っぱらって

▼ さんせいし~ (10, 0.0%)

2 てくれました 1 たりする, ていちばん, ていっしょ, ていよいよ, てくれた, てこの, てすぐさま, てもらう

▼ さんそいつ~ (10, 0.0%)

1 は不可, は考へ過ぎです, は訊かない, は違, は間違い, は間違ひだ, を御存知, を拾っ, を知ってる, を知らねえ

▼ さんそれで~ (10, 0.0%)

1 あなた泣い, いままでどこ, そんなにふさい, なんて言う, ねただ, 名は, 向うの, 大方筋が, 私は, 誰の

▼ さんであろう~ (10, 0.0%)

1 が今, ことを, と余程, と思う, と感心, と書いた, と直感, と貧しい, コーヒーを, 積善寺なら

▼ さんとしての~ (10, 0.0%)

1 たくさんな担い, 傑作である, 姿である, 彼女の, 珍しさ, 環境は, 第一関, 自慢も, 遠慮なの, 面でだけ

▼ さんなんかを~ (10, 0.0%)

2 引入れた事 1 まるで鼻, みてると, 亭主だ, 家へ, 怨んじゃ, 籠伏せに, 連れて, 長く相手

▼ さんにだけは~ (10, 0.0%)

1 ちよつと, 一家の, 両親の, 云へ, 俺たちと, 内緒に, 後難の, 手を, 話しても, 逢えると

▼ さんのに~ (10, 0.0%)

1 お頼みいたしまし, その直系, っくき, つづいて, 對し, 相違は, 聞きました, 買って, 違いない, 金に

▼ さんばかりを~ (10, 0.0%)

1 ひいきに, 一人で, 大事に, 家名という, 毎日じり, 目に, 相手に, 相談相手の, 責める気, 頼って

▼ さん一体~ (10, 0.0%)

2 これは 1 これゃ何の, どういう訳, どんな風, なにを, 今度の, 何を, 私は, 貴方は

▼ さん世の中~ (10, 0.0%)

1 というもの, といふもの, にはいろいろ, には大風, にゃ随分, の事, の悪い, はそれ, は何, もひどい

▼ さん二階~ (10, 0.0%)

1 が墜ちました, だろう降りて, だ二階, ですか, で御, はお, へ床, へ行っ, へ行つて, へ駈上る

▼ さん八さん~ (10, 0.0%)

1 でも, と下, に添, に添わし, に發句, のオカミサン, は, は赤ん坊, 在らっしゃる, 在らつし

▼ さん助け~ (10, 0.0%)

2 てえ, てください, てよう 1 て, てあれ, てエ, て下さい

▼ さん同様~ (10, 0.0%)

1 な下宿暮らし, にまだ, に暮らし, に軽蔑, のもの, の一点, の心持ち, の興行師的素質, の迷, まんまと化かされ

▼ さん~ (10, 0.0%)

3 なこと 2 な事 1 だよ, なん, な日本文学, な話, な顔色

▼ さん~ (10, 0.0%)

1 からこの, からドア, で待つ, には子分, には有り, に出られた, に男, のお方, の役人, の高張提灯

▼ さん帰っ~ (10, 0.0%)

3 て来た 2 て来 1 てお, ておいで, て来さし, て来ました, て行きなさった

▼ さん~ (10, 0.0%)

1 からおいで, でその, のところ, へお下がり, ほどに私, ほど診, を見ない, を追う, を頼む, 程に私

▼ さん来庵~ (10, 0.0%)

2 お土産 1 いつもの, おいしい漬物, すぐ帰つ, たづねてきたのは私, つ, とりとめも, ふとん綿, むろん酒

▼ さん~ (10, 0.0%)

2 の上 1 にあふれ, には人影, のたもと, のよう, の附近, までの通路, を渡っ, を渡らない

▼ さん此方~ (10, 0.0%)

3 へお 2 へお出で 1 へ, へ光, へ出, へ取次, へ来ねえ

▼ さん熊さん~ (10, 0.0%)

1 がタキシード, がホテル, であるが, というこれ, と列ん, と同列, と地, と精神生活, にし, は頭

▼ さん~ (10, 0.0%)

1 がちょっと, がまた, が覆面, が野良狐, にでも撮まれ, の化け, の変化, の散歩区域, は今日, もここ

▼ さん~ (10, 0.0%)

1 だもの, ってそれ, なの, なんてもの, のくせ, のため, の癖, はケチ, は男, は礼

▼ さん知ってる~ (10, 0.0%)

2 のん, んです 1 からどない, のか, のかい, のかね, わ, わよ

▼ さん貴君~ (10, 0.0%)

2 に隱, はそれで 1 が悪い, が秘か, に隠, の所, はアノー課長さん, は何方

▼ さんあまり~ (9, 0.0%)

1 たくさんな, ですわ, なこと, の恥ずかし, 出抜けで私, 叱らないでね, 感じが, 気を, 自慢し散らさない

▼ さんいる~ (9, 0.0%)

3 かい 2 んだ 1 かや, け, の, のかい

▼ さん~ (9, 0.0%)

1 とこんなに, どうぞ一文, へ, ろう済みま, 和尚さんえ, 寄って, 旦那エ旦那, 矢切村の, 間違つたら

▼ さんおい~ (9, 0.0%)

2 ちょいと, 張さん 1 しっかりしない, でなさい, でなすった, とま, 西川さんてば

▼ さんごらん~ (9, 0.0%)

2 なさい 1 なさいあの, なさい私, なすったか, にならない, のとおり, よそら, 下さいましたか

▼ さんさぞ~ (9, 0.0%)

2 差出がましい女 1 おやかましゅう, お疲れ, 口惜かろう, 御心配, 感慨無量で, 腹が, 赤ちゃんは

▼ さんでなくっ~ (9, 0.0%)

2 ては 1 ちゃいけない, ちゃ不可い, てはねえ, ても可, ても怖気, て宅, て普通

▼ さんとやらは~ (9, 0.0%)

1 おそらくお家, この騷ぎに, どうも人相, どこだ, どんな人柄, 仕合せな, 何處に, 年は, 私は

▼ さんとやらを~ (9, 0.0%)

1 あの仲間, そうまで, 奪い出したの, 奪い取って, 探せるし, 旨アく, 殺す筈, 無い者, 預かったよう

▼ さんなどを~ (9, 0.0%)

1 こんなところ, プロレタリアの, 安置し, 殺しさ, 泊めて, 知つてゐられ, 見る時, 連れなくて, 遠い海

▼ さんなれ~ (9, 0.0%)

2 ば最早 1 ども女郎, ど父祖傳來, ばこそそれぞれ折, ばこそだ, ばこそである, ばこそ世話ア, ばと返事

▼ さんばかりの~ (9, 0.0%)

1 その表情, 事じゃ, 前ノメリ, 勢いで, 壮観である, 家に, 様子であった, 熱気である, 険しい一日

▼ さん以上~ (9, 0.0%)

1 でありことに, であるいや, と思わなけれ, には浮ばれない, に恐ろしい, に相好, に知らなかった, に遠慮, よ

▼ さん何だか~ (9, 0.0%)

1 とんだ娘, わたしが, 一通じゃあ, 凄い天気, 変ね, 忘れられない晩ぢ, 落付かず, 門前へ, 風向が

▼ さん何處~ (9, 0.0%)

2 へお 1 かこの, から來たん, だね, で夜, に危險, に寢, へ行

▼ さん兄さん~ (9, 0.0%)

2 はもう 1 があなた, が帰っ, など大勢改札口, にお, にそんな, は屹度実験室, は矢張り

▼ さん好き~ (9, 0.0%)

2 やわ 1 だからよ, だったのよ, でしたわ, ですか, でない相手, なのね, な人

▼ さん~ (9, 0.0%)

2 なこと, なもの 1 な事, な子供, な年寄り, な怪談, な所

▼ さん待つ~ (9, 0.0%)

4 て下さい 21 てくれ, て呉れ, といで

▼ さん御飯~ (9, 0.0%)

2 の仕度 1 おかわり, が出来ました, でも食べ, はいかが, を頂く, を食べた, 食べに

▼ さん昨日~ (9, 0.0%)

2 も年始 1 からこっち, から体, はまた, は誠に, まで仕, も今日, 訊き漏したこと

▼ さん気の毒~ (9, 0.0%)

3 だが 2 だねえ 1 だ, だけど, だね, なこと

▼ さん~ (9, 0.0%)

2 を確か 1 がつきました, が付かなかつた, でも違, の毒, の附いた, をつけ, を惡

▼ さん済みません~ (9, 0.0%)

1 がお, がこの, がこれ, がその, がちょっと, が一つ, が油, が煙草, けれど

▼ さん随分~ (9, 0.0%)

1 お休みなすった, お待たせしました, お待ちかねだった, お解り, 久しく逢いませんでした, 可愛いこと, 怖そう, 背が, 酷いこと

▼ さん黙っ~ (9, 0.0%)

2 ていない, て居た 1 ている, ておい, てお前さん, て居, て横道

▼ さんあたい~ (8, 0.0%)

2 も直き 1 が悪かっ, の力, の眼, はすいき, は物見, を助け

▼ さんあと~ (8, 0.0%)

1 から手紙, から追いかけ, から鉄砲, であそこ, であッ, でお, でよく, へもどろう

▼ さんいう~ (8, 0.0%)

1 て米国, の, のん, ん, 人が, 人でしょう, 太陽の, 子が

▼ さんいない~ (8, 0.0%)

3 の, んです 1 かえ, んだ

▼ さんいろいろ~ (8, 0.0%)

1 ありがとうお忙しい, お世話にな, この人, といや, 御厄介, 御親切, 済みませんでした, 話す

▼ さんおいで~ (8, 0.0%)

2 ですか, よ 1 かな, ですから, なさいよ, よねこ

▼ さんおまえさん~ (8, 0.0%)

1 がた, のよう, の恋人, はあの, はここ, はという調子たる, も年, やわし

▼ さんお嬢様~ (8, 0.0%)

1 から招, がお前さん, がぜひ, に何, のお気, のご, の婿サア, はどう

▼ さんお客様~ (8, 0.0%)

2 ですよ 1 がお, じゃない, だぜ, でございます, です, は割下水

▼ さんがの~ (8, 0.0%)

1 そっとはいっ, そりと, それにゃ, ぼつた, 児と, 別荘は, 大名しゅうへ, 為に

▼ さんきっと~ (8, 0.0%)

1 あたしを, ですぜ, ひどいあらし, よろこんでよ, 出来るか, 生きられますよ, 眠がっ, 自分の

▼ さんさっき~ (8, 0.0%)

3 の話 1 からお話, から何度, から様子, の俳句, 来たの

▼ さんそら~ (8, 0.0%)

1 あたしが, あたし頸飾を, あつた, あの寄宿舍, あの寄宿舎, ごらんなさいませ, 眞箇かな, 警察から

▼ さんそれに~ (8, 0.0%)

2 御浪人 1 お孃樣, もう一人, やあどうやら, わたしなぞは, 私達夫婦が, 老妻

▼ さんそん~ (8, 0.0%)

2 ならあなた 1 でも入, ならあの, ならこの, ならそれと, ならどう, なら貴方

▼ さんであり~ (8, 0.0%)

1 いすのに, そのほか, その余, ながら物騒千万懐刀, 平々凡々と, 広い一室, 西行法師は, 金木に

▼ さんどす~ (8, 0.0%)

21 かいな, かよう, が今, が今夜一夜さ, けど, よって

▼ さんなぞが~ (8, 0.0%)

1 お見, ごちゃ, やっぱりこの, 上って, 女という, 間に, 顔を, 黒いふさふさ

▼ さんなにか~ (8, 0.0%)

2 変わったこと 1 ご用, 手前に, 用, 知つてること, 粋事です, 話を

▼ さんなんかが~ (8, 0.0%)

1 お母さんの, ここに, そうだった, 乗って, 傍で, 十年暮してる, 疑われて, 餓鬼大将だった

▼ さんにだって~ (8, 0.0%)

1 いつでも, 切実な, 化けるかも, 卑怯な, 喰いつかれそう, 悪い顔, 時には, 随分雀斑

▼ さんに対しても~ (8, 0.0%)

1 すまないの, ぼくはるす, もって, 一寸責任, 兄さんは, 私顔むけ, 面目ない, 鴎外に対しても

▼ さんはが~ (8, 0.0%)

2 つかりしました 1 いこくから, さりと, つかりしお, つかりして, つかりしてか, つかりしましたが

▼ さんばかりじゃ~ (8, 0.0%)

1 ありません若い衆, ない, ないあたし, ないすべて, ないわ, ない人, ない皆, なく伊之助さん

▼ さんみんな~ (8, 0.0%)

1 あの人, ぞろぞろやつ, たっしゃでございます, やられた, グーグーねこん, 帰って, 根こそぎ敲き売れ, 立って

▼ さんもう少し~ (8, 0.0%)

1 ずしんと, ですよ, で国, の我慢, 下なら, 先まで, 話して, 酷い罰

▼ さんを通して~ (8, 0.0%)

1 この鍛冶屋, ではなんだか, はじめて僕, レムを, 予め申出, 私の, 聞いた, 脇坂様の

▼ さん今年~ (8, 0.0%)

1 のお, のやう, の夏, の春, の芋, は君, も出かける, も組合

▼ さん何時~ (8, 0.0%)

2 か左樣言 1 お歸, かさう言, かのほら, でも宜, までも元気, 帰って

▼ さん~ (8, 0.0%)

1 がとんだ, が飛んだ, のお, のこと, の小, の田鶴さん, の道具, を助け

▼ さん~ (8, 0.0%)

1 に, に参りました, に誰, に送っ, のお, のこの, のもの, の手紙

▼ さん左様~ (8, 0.0%)

4 なら 3 ぢや 1 貴方の

▼ さん東京~ (8, 0.0%)

1 じゃあ今, にのこっ, に行く, の人, はまあ, は炭, へゆく, へ連れ

▼ さん死んだ~ (8, 0.0%)

2 お百合さん 1 かい, かいとはなん, っていう, ひとの, んです, 者へ

▼ さん母子~ (8, 0.0%)

1 が乳母車, が今, という顔ぶれ, と連れ立っ, に疑, の墓, も三河, も満州

▼ さん江戸~ (8, 0.0%)

1 から横須賀, ってところ, にあります, にはえらい, の方, の者, の衆, もずいぶん

▼ さん泣い~ (8, 0.0%)

3 ている 1 たりし, てくれた, てはつ, ても騒い, てゐた

▼ さん煙草~ (8, 0.0%)

1 が好き, は, はいかが, を一本, を吸つて, を持ちません, 買いましょう, 買いましょうそう

▼ さん私たち~ (8, 0.0%)

1 が喋り, が幽霊, が犯罪, これからどうしたら, はどう, は今回三百里, は本当に, をお

▼ さん綺麗~ (8, 0.0%)

2 だよ 1 だと, だん, でしたかい, でしょ, な小菊, な綺麗

▼ さん許し~ (8, 0.0%)

4 て下さい 1 てくれる, てくれるでしょう, てね, て貰ひま

▼ さん~ (8, 0.0%)

2 が筋 1 がある, があれ, がちがいます, がもうちやん, ならゆっくり, はあと

▼ さん貴下~ (8, 0.0%)

1 が探りました, そうむつかしゅう, な九太夫, のお, の心一つ, の様, は二十, を今夜

▼ さん錢形~ (8, 0.0%)

5 の親分 3 の親分さん

▼ さん電話~ (8, 0.0%)

2 ですよ 1 があった, だけは堪忍, です, ですよと, の必要, よ

▼ さん駄目~ (8, 0.0%)

2 だよ 1 じゃよ, だって言っ, だわね, になつ, やったらしいのね, よ

▼ さんあすこ~ (7, 0.0%)

2 にある 1 じゃない, にゐやしない, のテーブル, の家, へ出

▼ さんあっし~ (7, 0.0%)

1 じゃあいかが, じゃありません, だが, にも一本, はいつか一度, はケチ, は此涼み櫓

▼ さんいうたら~ (7, 0.0%)

1 こんな人, そういうこと, そんな胡麻化, 優しい人, 自分が, 花やかで, 顔ばっかり

▼ さんえらい~ (7, 0.0%)

1 あたつ, お久し, ひつれいです, 御機嫌やった, 申訳が, 綿貫憎ん, 騒ぎが

▼ さんお出で~ (7, 0.0%)

4 やす 1 かえ, なさえ, よ何

▼ さんお早う~ (7, 0.0%)

2 がす, ございます, そちらに 1 御座います

▼ さんかい~ (7, 0.0%)

2 道理で 1 その水, どうおし, どうしたえ, なんだ, 庭つづき

▼ さんこりゃ~ (7, 0.0%)

1 こまったこと, アどうも, ア凄い, 何だい, 完全な, 来ねえぜ, 瓦じゃ

▼ さんずいぶん~ (7, 0.0%)

1 あばれますねえ, のろまだ, 家へ, 意地が, 窮屈な, 薄情だ, 長いお湯

▼ さん~ (7, 0.0%)

2 なたが 1 そりゃほんとう, でないか, なたの, なたは, なた少し

▼ さんそれぢ~ (7, 0.0%)

2 や屹度 1 や, やもう, や一體, や私, や貴方

▼ さんたった~ (7, 0.0%)

1 ひとりきり, ひと言で, 一つざんねんなことがありますよ, 一つわたしの, 一人だ, 一分で, 二人を

▼ さんとうとう~ (7, 0.0%)

1 あの遺言書以外, やってきたな, わたしも, 分って, 小火です, 掴えました, 来ましたね

▼ さんとかが~ (7, 0.0%)

1 おますけれど, なんだって, ひどく憤慨, 主人が, 何んだ, 居ちゃ, 現われた途端

▼ さんなんぞに~ (7, 0.0%)

1 そんなこと, わかられたら人間, 任せきり, 借りてる物, 奥へ, 奥へは, 言えば

▼ さんので~ (7, 0.0%)

1 おきたいと, こっちの, せうね, なきゃア私, なきア私, 両親は, 充分だ

▼ さんはなんて~ (7, 0.0%)

1 え情けない, おっしゃるの, しあわせもの, んだ, 人相の, 綺麗な, 言ってた

▼ さんひどい~ (7, 0.0%)

1 や, わ, わねえ, わ御, わ自分知つて, 所だ, 目に

▼ さんびっくり~ (7, 0.0%)

3 なすったでしょう 2 して 1 してるね, しましてね

▼ さんほんま~ (7, 0.0%)

1 だつか, に, にお, にこの, にたのみます, にわた, に早う

▼ さんまでも~ (7, 0.0%)

1 いっしょに, まったく人眼, 壮健で, 居なすったそう, 悪え, 狼に, 震災の

▼ さんわたくし~ (7, 0.0%)

1 が芸ごと, が見える, の願い, はごらん, はどうも, は亡くなった, は暫く

▼ さん一行~ (7, 0.0%)

1 がこうして, が急, が高等學校, のあと, のドクトル, の先陣, 来りみんな

▼ さん~ (7, 0.0%)

2 けは誘惑, は何 1 けは下手人ぢ, で当人, 出ると

▼ さん~ (7, 0.0%)

2 を改め 1 に挟ん, は土間, へはいっ, へは這入れ, を見た

▼ さん人間~ (7, 0.0%)

1 が馬, なんて妙, にはいろいろ, の不死, の眼, の骨, もさまざま

▼ さん~ (7, 0.0%)

2 お酒 1 れが, れこそ, れは, れも, れ丈

▼ さん~ (7, 0.0%)

1 があけた, が明ける, が更けた, になっ, まで居る, 伐つて, 泊って

▼ さん姨さん~ (7, 0.0%)

2 の頼 1 には一目会つて段々, に迫られ, の事, の意, を始めお前

▼ さん学校~ (7, 0.0%)

1 が御, には畏く, の入学試験, の友達, は御, は賛成, へ

▼ さん御存じ~ (7, 0.0%)

32 でしょう 1 ですか, なかつたん

▼ さん御覧~ (7, 0.0%)

3 なさい 1 この清水, なさいあれ, なさいよ, なさい入日

▼ さん悪い~ (7, 0.0%)

1 ことを, とは言わなかった, のん, わ, 事は, 推量でございます, 気でした

▼ さん~ (7, 0.0%)

3 を討っ 2 を討つ 1 が来た, はもうこそこそ

▼ さん明日~ (7, 0.0%)

1 の晩, の晩竹ヶ崎, はいよ, はどう, は何時頃, また病院, 帰ると

▼ さん時代~ (7, 0.0%)

1 から持, が私, に使った, に紫紺, の人俊子, の記念, は先生

▼ さん来る~ (7, 0.0%)

1 かしら, かと思っ, そうです, と云っ, 午後から, 幽霊や, 百日ぶりの

▼ さん決して~ (7, 0.0%)

1 ご心配, そんな事, ほかの, 人間じゃ, 無理という, 貴方の, 逃げも

▼ さん済まない~ (7, 0.0%)

1 がこの, がちょい, が一つ重大, が正式, けれどこれ, けれど蚊, ねあんなに

▼ さん留守~ (7, 0.0%)

1 かい, かえ, だ, に大, に大変, やよ, を頼む

▼ さん確か~ (7, 0.0%)

2 りして 1 これだけは, にお, にそう, りしなせえ, りなさいよ

▼ さん立派~ (7, 0.0%)

1 なお, なもの, な悪党, におなり, になっ, になつ, になられた

▼ さん若い~ (7, 0.0%)

1 うちの, 奥さんみんなに, 女と, 女子の, 娘さんたち, 者には, 行商人さん近所の

▼ さん~ (7, 0.0%)

1 が上, が傷むだらう, でも撫, はまだ, へ穿く, をあたため, をけがし

▼ さん近頃~ (7, 0.0%)

1 お国, じゃ価, では芥川さん, の鼠, はあの, は傑作, は物騒

▼ さん遠慮~ (7, 0.0%)

2 しないで, すること 1 するなよ, なさること, をする

▼ さん~ (7, 0.0%)

1 でも呑ん, にほろ, の上, の肴, も飯, をつけ, を打

▼ さん銭形~ (7, 0.0%)

4 の親分 3 の親分さん

▼ さん電報~ (7, 0.0%)

3 です 1 うった由, が来ました, ですよ, を御覧

▼ さんあそこ~ (6, 0.0%)

1 だ, にある, のねあああ, のね上原さん, はあらたか, へおいでの

▼ さんあんた何~ (6, 0.0%)

2 がいい 1 あが, がおかしい, が面白, を笑っ

▼ さんあんなに~ (6, 0.0%)

2 堅くお 1 お笑いに, 淋しそう, 痩せたよ, 美緒を

▼ さん~ (6, 0.0%)

3 らしって 1 どころで, らしっ, らして

▼ さんいずれ~ (6, 0.0%)

1 あとで, お家へ, この上, これには, も東都随一, も花菖蒲

▼ さんお母さん~ (6, 0.0%)

1 がお, それからお, ったらねえ, にあげる, に似なかった, はへん

▼ さんお父さん~ (6, 0.0%)

1 が急病, の脛, の話, は, やお母さん, を殺した

▼ さんお腹~ (6, 0.0%)

1 がへったでしょう, が減ったら, に物, はどう, も立ちました, も立ちましょう

▼ さんがと~ (6, 0.0%)

1 ほる, ォめる, 喚く, 思うから, 申した由, 起したり

▼ さんくらい~ (6, 0.0%)

1 いい人, いつも調子, だわ, つくよ, なもの, 美しく生れつい

▼ さんくらいの~ (6, 0.0%)

1 なら我慢, 人は, 四十年配の, 妹が, 子でしょ, 方は

▼ さんぐらいの~ (6, 0.0%)

1 じぶん, ものだ, ものです, ヴァリュウなら, 温和い, 貧乏人は

▼ さんこそは~ (6, 0.0%)

1 その二人, 人間の, 日本一の, 江戸前の, 真実に, 私たちの

▼ さんそうして~ (6, 0.0%)

1 あなたは, お灸, ポケットに, 伸子の, 末の, 鳴尾君と

▼ さんだけには~ (6, 0.0%)

1 夫の, 断然好感, 疑いが, 疑ひが, 白い飯, 言いつけぬお

▼ さんであっ~ (6, 0.0%)

2 たりする 1 てくれ, て明治二十五年一月, て松原以来, て現実

▼ さんでござん~ (6, 0.0%)

2 すか, すが 1 す, すから今年

▼ さんとには~ (6, 0.0%)

1 あらざるを, とりさんが, とりさんに, とりさんは, とりさんはの, 関係が

▼ さんとばかり~ (6, 0.0%)

1 仲よくする, 思い込んで, 思つた, 暮して, 遊んで, 附合っ

▼ さんともかく~ (6, 0.0%)

1 お父様, もこの, もその, もわたし, も聞い, も貰っ

▼ さんなあ~ (6, 0.0%)

1 あてを, あの人, あんな感心, おっか, おやつさん, これから柳町

▼ さんなぞも~ (6, 0.0%)

1 中に, 出るの, 危い, 向うから, 来たこと, 陰でこそ

▼ さんなんぞも~ (6, 0.0%)

1 あれで, そうあちら, もしや眼前, 全然母婦型, 当分呼ばない, 留守に

▼ さんなんと~ (6, 0.0%)

1 いうお, いう名, いつても, おっしゃっても, 窶れたなあ, 顛覆る

▼ さんなんど~ (6, 0.0%)

1 いるもん, の方々, もあれ, もその, を頼り, 泊めて

▼ さんについての~ (6, 0.0%)

2 書きもの 1 いろいろな, 報知が, 町の, 短章の

▼ さんにね~ (6, 0.0%)

1 これお, こんな指輪, 今夜八時から, 打明けて, 貴女は, 順吉さんが

▼ さんにや~ (6, 0.0%)

1 あたしから, そう言っとく, ちやあんと, 妻や, 毎日通つ, 財布の

▼ さんはに~ (6, 0.0%)

2 こ, こっと 1 やっと, やっと敏速

▼ さんはは~ (6, 0.0%)

1 あそう, だかで, はあと, らが, ァは, ッと

▼ さんばら髪~ (6, 0.0%)

1 になった, に肩, に血汐, の幾筋, の頭, をし

▼ さんへと~ (6, 0.0%)

2 いって 1 いうよりは, 云ってたやつ, 使いの, 変わって

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 づもつて九月の, づ大, なんと言っ, 一盃飲めなせ, 御免なせ, 胸を

▼ さんまことに~ (6, 0.0%)

1 ご苦労様でした, 失礼でございます, 恐れ入りますが, 恐縮です, 残念な, 飛んだ係り合いで御

▼ さんもの~ (6, 0.0%)

1 と窃, はない, はひとつそう, びのびさせてやらなくちゃ, を巧み, 言う花

▼ さんやはり~ (6, 0.0%)

1 お勧め, 下手人は, 今日郷土に, 会衆に, 僕は, 芸人で

▼ さんよっぽど~ (6, 0.0%)

1 とんまだ, の間, 前から, 幅が, 張り切って, 酒に

▼ さんゐる~ (6, 0.0%)

1 かい, かね, の, のかしら, ので礼, ンです

▼ さん一杯~ (6, 0.0%)

1 交際って, 献げようじゃ, 酌ぎ直し, 飮まし, 飲みに, 飲めよ

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 あしくじりました, がまんまと, にゃ承知, による, の結果, を勧めたい

▼ さん何卒~ (6, 0.0%)

2 聴かして 1 安心し, 心配せ, 我国に, 私を

▼ さん働く~ (6, 0.0%)

3 気は 2 了簡は 1 のが

▼ さん兄弟~ (6, 0.0%)

1 がし, といつ, と共に泳ぐ, のこと, の用意, や若い

▼ さん去年~ (6, 0.0%)

3 も己 1 お泊, の秋, の秋大生郷

▼ さん~ (6, 0.0%)

2 へ行っ 1 にいる, のお座敷, へお, へおいで

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 が女, でございますねえ, では綺羅子さん, の浪速節語りさん, の足, を金

▼ さん好い~ (6, 0.0%)

2 かね 1 かえ, たって実にどうも, 儲口でも, 年を

▼ さん実に~ (6, 0.0%)

1 わしは, 不思議です, 今日が, 呆れた男, 女性であります, 申し訳が

▼ さん居る~ (6, 0.0%)

2 かと顏 1 かい, かと聲, かと顔, のか

▼ さん御用~ (6, 0.0%)

31 だそう, で, ですよ

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 ういふところ好き, うして, うなっては, うイヤ, う名, う呼ばし

▼ さん旦那様~ (6, 0.0%)

1 がそう, が十両下, の分, の御, はお, は飛んだ

▼ さん~ (6, 0.0%)

4 の夜 1 のお, やとお

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 だ妻, なは, なはったの, なはった時, にやはる, ぬるには

▼ さん死ん~ (6, 0.0%)

2 ではいけない 1 ぢや, でいまし, でからもう, で帰っ

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 が欲, のある, は上, を一杯, を汲ん, 汲んで

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 らしい, らしいお客さん, らしいお客様, らしいぢ, らしいな, らしい蝉

▼ さん病気~ (6, 0.0%)

2 なの 1 が治ったら, だから, ですよと, の所

▼ さん~ (6, 0.0%)

2 に報告 1 その話, なブチ, な申, にたのん

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 あきだね, がさめた, にあまる, をお, をつぶっ, をぱちくり

▼ さん私ども~ (6, 0.0%)

1 では死んだ, では毎日南京豆, では毎日食パン, の馬, は外, は毎度

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 だらしの, でなくても, 日本の, 社会から, 純粹, 見違えた人

▼ さん程の~ (6, 0.0%)

1 ものは, 上手な, 女と, 女に, 腕が, 親しい友達

▼ さん~ (6, 0.0%)

2 一銀行の 1 一幕では, 二着の, 二診察室へ, 十四課の

▼ さん~ (6, 0.0%)

1 のなか, の出る, をあっち, を彼方, を洗, を矢切

▼ さん覚え~ (6, 0.0%)

2 ておい 1 ています, ている, ておいで, てゐ

▼ さん親方~ (6, 0.0%)

1 と道連れ, の遺言, はここ, はそりゃ, はどんな, は何だそうですね

▼ さん送っ~ (6, 0.0%)

2 て来 1 てくれた, て来た, て行きます, て行ったげ

▼ さん連れ~ (6, 0.0%)

1 てヨネちや, て来る, て行っ, て逃げた, の女, の方

▼ さん遅い~ (6, 0.0%)

1 ことなあ, じゃア, だらうと, ぢや, のネ, はずさ

▼ さん面白い~ (6, 0.0%)

2 ことを, 話が 1 わ, 話で

▼ さん頼みます~ (6, 0.0%)

21 ぜ, とおっしゃる, などとわめい, 木村を

▼ さんあなた何~ (5, 0.0%)

1 か, から何, がそんなに, のこと, をじ

▼ さんあり~ (5, 0.0%)

1 もしない, や抱一, や留, 卒業記念として, 彼の

▼ さんありがたう~ (5, 0.0%)

1 あなたの, おかげで, さつ, ほんにありがたう, また冬がま

▼ さんある~ (5, 0.0%)

1 にはある, の, のかね, のん, 時は

▼ さんいっしょ~ (5, 0.0%)

1 にいく, にき, に塔, に行っ, に踊ろう

▼ さんいます~ (5, 0.0%)

5

▼ さんいらつ~ (5, 0.0%)

3 しやい 1 しやらない, しやる

▼ さんええ~ (5, 0.0%)

1 とこで, もし近江屋さん, 写真機持った, 所に, 焦れったい土肥さん

▼ さんおいら~ (5, 0.0%)

1 がだれだ, のお, はその, は京都, 古い友達

▼ さんおれたち~ (5, 0.0%)

1 の首領, はお, はこうして, はみんな, は日本人

▼ さんお湯~ (5, 0.0%)

1 に入っし, の中, へ入る, をいっぱい, を沸かし

▼ さんかう~ (5, 0.0%)

1 いふ体に, いふ時こそ, いふ貴賓には, なの, 時勢が

▼ さんがに~ (5, 0.0%)

2 こ, 献すだ 1 逢わなけりゃア私

▼ さんがは~ (5, 0.0%)

2 いつて 1 だかに, ぢめて, ひつて

▼ さんきれい~ (5, 0.0%)

1 でしょう, でしよう, なもの, な方, になった

▼ さんこんど~ (5, 0.0%)

1 くらい気持, の支那, はおか, はお前さん, ばっかりは

▼ さんごめんなさい~ (5, 0.0%)

1 まし, ませ, よ, 一時開始だ, 私は

▼ さんさつき~ (5, 0.0%)

1 から大, の将棋, の汽船, は失礼, は飛んだ

▼ さんずっと~ (5, 0.0%)

1 おとなしくなる, 付いて, 此方へ, 火鉢の, 遠く江戸

▼ さんそこで~ (5, 0.0%)

1 一日立っ, 一本松までは, 三人の, 方角は, 静かに

▼ さんその後~ (5, 0.0%)

1 でまた, どうしていらっしゃいます, どうしてました, の具合, 元氣

▼ さんそり~ (5, 0.0%)

1 やなに, やまつ, やアほん, やムチャ, や先生

▼ さんそれだけ~ (5, 0.0%)

1 あれば, お聞せ下さいまし, の返事, はよし, は止し

▼ さんそれでも~ (5, 0.0%)

1 ういい, よかった, 人間か, 息の, 貴方は

▼ さんただ~ (5, 0.0%)

1 どうしても, もう嬉し, 一人の, 大変じゃ, 黙って

▼ さんだから~ (5, 0.0%)

1 ここは, その間は, 泣いちやつたの, 私ゃあ, 親方が

▼ さんだけじゃ~ (5, 0.0%)

1 ない, なく日本, 持って, 済ましませんよ, 無い

▼ さんだっても~ (5, 0.0%)

1 そうです, そうや, そう長く, まかり間違えば, 覚えが

▼ さんだれ~ (5, 0.0%)

1 かお前さん, かに感づかれる, があえて, が見た, でも惚れた

▼ さんでやす~ (5, 0.0%)

3 かい 1 か, よ

▼ さんとかを~ (5, 0.0%)

1 一緒に, 勤めて, 尋ねてでも, 御連れなすっ, 貰い下げ

▼ さんどうしても~ (5, 0.0%)

1 お前は, ここへ, 忌か, 聞かない, 行くだかい

▼ さんどうせ~ (5, 0.0%)

1 乗って, 家じゃ, 山なんて, 死ぬこと, 私では

▼ さんどなた~ (5, 0.0%)

1 かと結婚, か見えました, が出入, だね, も連れ

▼ さんなし~ (5, 0.0%)

1 です, では, でやれれ, にはいられない, の自由

▼ さんなぞ~ (5, 0.0%)

1 ちっともこわく, ですら, のは, 今月の, 手ま

▼ さんなぞに~ (5, 0.0%)

1 しゃべって, する奴, そんなにエライ人物, よく頼ん, 言わせると

▼ さんなぞを~ (5, 0.0%)

1 怖がる気持, 慰めようと, 書き散らした, 追っかけ廻し, 連れ出して

▼ さんなんかには~ (5, 0.0%)

1 とても見当, ない誠実, 明日の, 洟汁も, 目も

▼ さんなんぼ~ (5, 0.0%)

2 なんでも 1 か一時金, でもやつ, 上手します

▼ さんにさえ~ (5, 0.0%)

1 任せて, 出あわないよう, 忘れられるの, 特徴の, 食っついてさえ

▼ さんによ~ (5, 0.0%)

1 うくお, つく理解, つてそも, つて出ます, つて披露された

▼ さんに関する~ (5, 0.0%)

1 お伽噺の, かぎりあたしの, そして私, 知識は, 記事は

▼ さんはじめ~ (5, 0.0%)

1 お竹さん, お身内, から植木屋さん, をお, 旧藩士

▼ さんはやく~ (5, 0.0%)

1 お呼び, お連れ, このこ, マスクを, 逃げたが

▼ さんひとつ~ (5, 0.0%)

1 あたって, この屋根, これからは, 助けて, 取って

▼ さんまさか~ (5, 0.0%)

1 お前さんは, 二十分のあいだに, 知らん顔を, 私だ, 身投げじ

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 てえ 1 さんが, ておくれ, ょうなよっぱらいがはいってきて動かない

▼ さんもしか~ (5, 0.0%)

1 したらあなた小枝ちゃん, したらこれ, したらよ, したら又, すると

▼ さんもつ~ (5, 0.0%)

1 て如何, と出したれ, と大きな, と大事, と観光客

▼ さんやっ~ (5, 0.0%)

1 けえのけ, てくれる, てごらん, てみたい, て来なさっ

▼ さんゆっくり~ (5, 0.0%)

1 して, できるん, 召上っ, 御話, 聞いて

▼ さんよい~ (5, 0.0%)

1 たよりを, ように, 加減に, 天気でございます, 物を

▼ さんイヤ~ (5, 0.0%)

2 に明るい 1 よく存じ, 何うも, 怪人二十面相

▼ さんホント~ (5, 0.0%)

2 に今 1 に御, に恐がっ, に泣きたくなる

▼ さん一度~ (5, 0.0%)

1 しか私, でもあります, もまいりません, 聞いた方, 親分に

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 で呶, へ下り, へ往ッ, へ行っ, へ降り

▼ さん~ (5, 0.0%)

21 っとも未練, とも分らぬ, と海

▼ さん仕事~ (5, 0.0%)

2 にかい 1 はどうぜよ, をし, をしましょう

▼ さん他人~ (5, 0.0%)

1 から金, の収入, の意趣返し, の空似, の錢

▼ さん以下~ (5, 0.0%)

2 の人々 1 うるさい連中, の血縁者, はそれ

▼ さん以前~ (5, 0.0%)

2 には誰 1 には考へる, の日本, よりも綺麗

▼ さん伯母さん~ (5, 0.0%)

1 て懐かれる, では, の外, の結婚記念日, の顏

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 の男 1 が何とも, どうです, を大事

▼ さん何で~ (5, 0.0%)

1 ございます手荒, すって, 御馳走し, 泣いてるの, 私の

▼ さん何分~ (5, 0.0%)

1 たのみます, 宜しくお, 宜しくお願い, 宜しゅう頼む, 願いますどうも

▼ さん何故~ (5, 0.0%)

1 だか, 人間ばかり, 君は, 居て, 知らして

▼ さん余り~ (5, 0.0%)

1 だよ, だわ, な事, 働いたから, 草臥れたので

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 が敷い, でありました, の場合, を敷い, を用意

▼ さん俺ら~ (5, 0.0%)

1 と一緒, はお前さん, はお礼, はこれから, を疑っ

▼ さん僕たち~ (5, 0.0%)

1 たった二人, の馳, はさっき千葉県, は助かりました, も行きます

▼ さん全く~ (5, 0.0%)

1 お庇, つまらないわ, 僕の, 冗談じゃあ, 判らないの

▼ さん其処~ (5, 0.0%)

1 に坐, に行, の棚, は当人, をお

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 にあの, の交番, の奥さん, を捲っ, 掛を

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 が俗間, でござんす, でござんすよ, の世間俗間, の方

▼ さん大した~ (5, 0.0%)

1 ものだ, ものである, もんで, 意味の, 扱いだ

▼ さん大事~ (5, 0.0%)

1 な話, にしなけり, にならず, のお, の体

▼ さん姐さん~ (5, 0.0%)

1 のい, のやう, の力, はどないし, も來

▼ さん學校~ (5, 0.0%)

1 には畏く, の何, へ, へいかれる, を出

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 く來, く私 1 く来て

▼ さん帰る~ (5, 0.0%)

2 のか 1 がいい, 樹明君も, 雁が

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 が年, が明けました, に一度, をとる, 経つと

▼ さん強い~ (5, 0.0%)

3 者は 1 なア, ものは

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 の制札 1 があっ, が最も, はよく

▼ さん御存知~ (5, 0.0%)

2 ではありません 1 じゃありません, だから, でしょうか

▼ さん御機嫌~ (5, 0.0%)

3 はいかが 1 よろしゅう, 宜しゅうと

▼ さん怒っ~ (5, 0.0%)

1 ちゃあいけない, ちゃあいけません, ちゃいけない, ちゃいけません, て欺

▼ さん怪我~ (5, 0.0%)

2 をした 1 でもある, をしない, をしやしません

▼ さん手紙~ (5, 0.0%)

2 を見せ 1 と熟柿, を持っ, を書きたい

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 に出る, はいかが, へゆきなさる, へ立つ, をし

▼ さん是非~ (5, 0.0%)

1 あなたに, い, たのみます, 近い中, 願いたい

▼ さん正直~ (5, 0.0%)

1 なところ, に云っ, に云つて御覧, に受取った, に言

▼ さん此處~ (5, 0.0%)

2 の家 1 に居, に居た, へ來

▼ さん毎度~ (5, 0.0%)

2 有難う存じます 1 のこと, 有難う, 申しまする通り

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 は何刻 1 や腹, をもっ, を毒

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 が, でも焚きましょう, の用心, はもう, を持っ

▼ さん火事~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だよ, ですよ, というもの, は本宅

▼ さん父さん~ (5, 0.0%)

2 を助け 1 が大, はそり, を牢

▼ さん父子~ (5, 0.0%)

1 にはロンドン, には影, に対して気の毒, はさっぱり, は船頭

▼ さん父親~ (5, 0.0%)

2 に罪, のこと 1 を贔屓

▼ さん真面目~ (5, 0.0%)

1 だよ, な顔, になる, に云っ, のよう

▼ さん知らない~ (5, 0.0%)

1 かい, の, はずは, わ, 筈が

▼ さん結婚~ (5, 0.0%)

1 しや, する由, の話, の通知一つ, をする

▼ さん背中~ (5, 0.0%)

1 になに, に糸, へ掛け, へ掴, を高く

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 くおいで, くお聞きなさい, く來, く来られました, く気

▼ さん若し~ (5, 0.0%)

2 あなたが 1 持つてるならお, 此の, 自分一人し

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 ささう云つて來, の甘藷, へは閾, へも不義理, へも小作

▼ さん西洋~ (5, 0.0%)

1 ではそんな, にも梅干, の詩人, の野菜, まげより

▼ さん言っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, てしまっ, てもらっ, てん, て下さい

▼ さん~ (5, 0.0%)

2 な事 1 なこと, に思つたの, に應

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 というもの, ないだろう, は稼げ, を出し, を集める

▼ さん~ (5, 0.0%)

5 さずに

▼ さん頼む~ (5, 0.0%)

31 から止し, よ

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 が見たい, に似合わねえ, に出来た, の人, をお

▼ さん顔色~ (5, 0.0%)

3 が悪い 1 がよく, もすっかり

▼ さん驚いた~ (5, 0.0%)

1 か, かい可哀そう, かい妾, ね, ようです

▼ さん~ (5, 0.0%)

1 がゐる, が来た, のついで, は好き, 渡其の

▼ さんああ~ (4, 0.0%)

1 いう文化施設, もう気, 何とか云った, 塩田大尉よく

▼ さんあいつ~ (4, 0.0%)

1 には影, はあの, はなる, はまさか

▼ さんあっ~ (4, 0.0%)

1 さんと, てしあわせ, ての私たち, てはじめて

▼ さんあなたの~ (4, 0.0%)

1 ですよ, にも附い, は合いません, は片腕

▼ さんいかが~ (4, 0.0%)

3 でしょう 1 です

▼ さんいらし~ (4, 0.0%)

2 つてよ 1 たんじゃ, つて

▼ さんうまい~ (4, 0.0%)

1 ぞツ, だろう, 口が, 機が

▼ さんうまく~ (4, 0.0%)

1 やって, 命拾いを, 行けば, 隠れたか

▼ さんおま~ (4, 0.0%)

1 はんの, はん一ぺんぐらい, へさん, ツしやろ

▼ さんおや~ (4, 0.0%)

1 ぢの, 姉さんお, 御免なまし, 新吉さんかと

▼ さんお力~ (4, 0.0%)

3 の店 1 で仇敵

▼ さんお変り~ (4, 0.0%)

1 なくって, はない, もありません, もありませんでした

▼ さんお客さん~ (4, 0.0%)

1 が歸, だよ, ですよ, はすぐ

▼ さんかが~ (4, 0.0%)

1 あがって, 乘り移つてる, 在って, 猛獣買いに

▼ さんかにさん~ (4, 0.0%)

4 なぜ泣く

▼ さんからまで~ (4, 0.0%)

1 ああし, やかましく云われ, 借りてるん, 軽蔑されます

▼ さんがか~ (4, 0.0%)

2 あいそう 1 はいさうだか, はれて

▼ さんがよ~ (4, 0.0%)

2 つぽ 1 うく知っ, ござんせう

▼ さんこないだ~ (4, 0.0%)

1 から言つて, の子, もわたし, も私

▼ さんこの間~ (4, 0.0%)

1 の市会, の総見札, の義士伝, 割ったの

▼ さんこりゃあ~ (4, 0.0%)

1 これで, どうしても唯, どうだ, 此処だけの

▼ さんこんち~ (4, 0.0%)

4

▼ さんごめん~ (4, 0.0%)

2 下さい 1 なすって, ね

▼ さんご存じ~ (4, 0.0%)

1 だ, でしょう, でしょうか, なんで

▼ さんしか~ (4, 0.0%)

1 ない, ないから, 持って, 見て

▼ さんしかし~ (4, 0.0%)

1 それは, 昨日は, 貴方の, 霜が

▼ さんすまない~ (4, 0.0%)

1 が四ツ角, が大急ぎ, が警察, けどまた

▼ さんせいする~ (4, 0.0%)

1 と雨, のでした, ものは, ように

▼ さんそっち~ (4, 0.0%)

1 い向いて, ですよ, はわたし, は本堂

▼ さんそのまま~ (4, 0.0%)

1 しずかに, であった, のよう, の存在

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 サア寄っ, 僕の, 幼年の, 浪人し

▼ さんたつた~ (4, 0.0%)

2 一人で 1 一と, 一人だ

▼ さんたま~ (4, 0.0%)

2 にはお 1 には老, にゃ菓子

▼ さんたん~ (4, 0.0%)

3 して 1 の改造

▼ さんだいじょうぶ~ (4, 0.0%)

2 でしょうか 1 かい, なの

▼ さんだいぶ~ (4, 0.0%)

1 御機嫌の, 御機嫌らしい, 若旦那と, 道

▼ さんださうで~ (4, 0.0%)

1 丁度い, 五日に, 御苦勞樣, 私は

▼ さんつい~ (4, 0.0%)

1 お前さんの, さっき截江鬼の, そこに, てお出で

▼ さんつれ~ (4, 0.0%)

2 ていっ 1 て先ず, て肴町

▼ さんづけ~ (4, 0.0%)

1 でよばれる, でよん, にされ, にし

▼ さんてつ先生~ (4, 0.0%)

1 とかいうほか, に診, は石, を呼ん

▼ さんでございましょう~ (4, 0.0%)

1 か, か十二分, それです, ね

▼ さんでしたら~ (4, 0.0%)

1 もう一度引返し, 今直ぐ, 夕方から, 決して傍

▼ さんでねえ~ (4, 0.0%)

21 かびっくり, しか

▼ さんでん~ (4, 0.0%)

1 しんでん, と云う, ねけど, ゆきな

▼ さんで御座います~ (4, 0.0%)

31

▼ さんとかに~ (4, 0.0%)

1 やっぱり隙, 一緒に, 逢いに, 逢はせ

▼ さんどっか~ (4, 0.0%)

1 に私, のお, オーさんどっか, 悪いの

▼ さんどっち~ (4, 0.0%)

1 です, にする, もその, も良い

▼ さんなどという~ (4, 0.0%)

2 言葉が 1 愛称は, 者は

▼ さんなどとは~ (4, 0.0%)

1 どうしても言えない, 凡そ対蹠的, 前世からの, 違って

▼ さんなどには~ (4, 0.0%)

1 事実を, 比すべくも, 負けること, 負けることぢ

▼ さんなら知っ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ています, ていやしまい

▼ さんなんぞと~ (4, 0.0%)

2 一緒に 1 云って, 違って

▼ さんなんだか~ (4, 0.0%)

1 あなたに, わたしは, 狐に, 船の

▼ さんなんで~ (4, 0.0%)

1 がんす, そんな乱暴, 夢な, 私の

▼ さんなんとか~ (4, 0.0%)

1 あれを, ひとつ手を, やめさせるわけ, 相手に

▼ さんのが~ (4, 0.0%)

1 一ばん評判が, 伝ったとは, 副馬, 生玉子

▼ さんはから~ (4, 0.0%)

4 だが

▼ さんはずつと~ (4, 0.0%)

1 こちらに, この儘私, 二階に, 友達運の

▼ さんはな~ (4, 0.0%)

1 とてもえら, なえに, 俺達から, 病気おしは

▼ さんはへ~ (4, 0.0%)

1 いきで, いと, さきに, 其安さんは

▼ さんはを~ (4, 0.0%)

1 ばさん三藏は, りから, りました, りますか

▼ さんばかりさ~ (4, 0.0%)

3 お前は 1 唇の

▼ さんばら~ (4, 0.0%)

1 な童頭, にふりかぶり, に振りかぶっ, に顔

▼ さんびいき~ (4, 0.0%)

1 だから, ださ, だつたが, の人たち

▼ さんふたり~ (4, 0.0%)

1 がさっそく, でしまっ, のお, の書生

▼ さんぶり~ (4, 0.0%)

1 に変り, やこと, を早く, を見せ

▼ さんほか~ (4, 0.0%)

1 にする, に三, に友達, の道

▼ さんまったく~ (4, 0.0%)

1 知りませんか, 縁起でも, 若い師匠, 誰も

▼ さんもう一度~ (4, 0.0%)

1 お坐り, やって, 思い直して, 縁づきたいつていふ

▼ さんもか~ (4, 0.0%)

1 あいそう, どうか其処, はい想, はりましたねえ

▼ さんやう~ (4, 0.0%)

1 こそ, に務め, に頼みまつ, やく金

▼ さんやつ~ (4, 0.0%)

1 てるのね, と三十, と吉原, を逃さない

▼ さんよりか~ (4, 0.0%)

1 二つ三つも, 眼の, 立派でだ, 肥って

▼ さんよろしく~ (4, 0.0%)

1 お願いします, の姿, 御願い致します, 頼みます

▼ さんりん~ (4, 0.0%)

2 ぼうの 1 に隠れぬれ, ぼう

▼ さんわたしたち~ (4, 0.0%)

1 のお, の宿屋, の考え, もぽつぽつ

▼ さんわれわれ~ (4, 0.0%)

1 がその, の勝ち, はお互い, は基督者

▼ さんをと~ (4, 0.0%)

1 なると, 望んだの, 申したの, 高く呼ん

▼ さんを通じて~ (4, 0.0%)

1 あの女, この私, 家との, 日本の

▼ さんカチカチ山~ (4, 0.0%)

2 いづれも, その次に

▼ さん一所~ (4, 0.0%)

2 にお 1 に越し, に連れ

▼ さん丁度~ (4, 0.0%)

21 いいところ, いいわ

▼ さん不思議~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 な事, な縁

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 ふ, ふもの, ふ人, やはん

▼ さん京都~ (4, 0.0%)

2 の方 1 へ先発, へ立つ

▼ さん今ごろ~ (4, 0.0%)

1 この縁, になっ, は神様, は苦しん

▼ さん今の~ (4, 0.0%)

2 はだ, は何だえ

▼ さん仲間~ (4, 0.0%)

1 では大, との饒舌, のこと, の予想

▼ さん何と~ (4, 0.0%)

1 お言いだ, お言いです, のどかな, 思つたのか

▼ さん何もかも~ (4, 0.0%)

1 あなたの, 打明けての, 許して, 遠泳会過ぎに

▼ さん余計~ (4, 0.0%)

2 な事 1 なこと, な真似

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 の一件, の大下組, の皺, の盗まれた

▼ さん僕ら~ (4, 0.0%)

2 は丁度 1 の国, は不死鳥

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 ならあの, にはどうしても, はこの, は元来

▼ さん~ (4, 0.0%)

2 が弟 1 はどう, は心臓麻痺

▼ さん~ (4, 0.0%)

3 も角 1 に角

▼ さん其處~ (4, 0.0%)

1 では困ります, に何, に居なす, へ登

▼ さん冗談~ (4, 0.0%)

1 じゃねえおいお, じゃア, にもそんな, を言っ

▼ さん初めて~ (4, 0.0%)

2 じゃないでしょ 1 お目, 来たので

▼ さん勘定~ (4, 0.0%)

2 して 1 だかく, は払った

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 いあんな, いゼ, え危, ねえ

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 だ, でございますか, でも一寸, な姿

▼ さん吾家~ (4, 0.0%)

1 じゃ仙十郎, にいる, のこと, の阿

▼ さん呼んでる~ (4, 0.0%)

1 ぜ大将, ぞ, わよ, 間に

▼ さん大いに~ (4, 0.0%)

1 やって, 困って, 弱るも, 笑う

▼ さん大きに~ (4, 0.0%)

2 御苦労だった 1 御苦労, 有難うがん

▼ さん大好き~ (4, 0.0%)

1 だわ, です, やわ, よ

▼ さん如何~ (4, 0.0%)

2 です 1 なすつて, に物堅き

▼ さん妊娠~ (4, 0.0%)

3 して 1 しや

▼ さん姉さん~ (4, 0.0%)

1 が, がいらっしゃる, が可哀想, はと言

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 ごこちは, ていた, ている, てゐなさい

▼ さん少々~ (4, 0.0%)

1 お願, かけひき, センチな, 妙です

▼ さん居ます~ (4, 0.0%)

3 かと窓 1

▼ さん~ (4, 0.0%)

3 れが 1 れと

▼ さん平一郎さん~ (4, 0.0%)

1 ならわたし, は, はここ, を東京

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 から入, ではね, は, を出す

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 の女, の方, もまた, をって一たい誰

▼ さん彼方~ (4, 0.0%)

1 へ往, へ行きましょう, へ行っ, へ行つて

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 にへん, に人, に何だか, に泣かれ

▼ さん急い~ (4, 0.0%)

1 で, でお, でおくれ, で大津

▼ さん扱い~ (4, 0.0%)

3 にし 1 にされる

▼ さん承知~ (4, 0.0%)

1 いたしましたより, して, なすつたの, なの

▼ さん持っ~ (4, 0.0%)

2 てっ 1 ておい, て往

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 さぞ御, だから, だよ, で斯様

▼ さん新しい~ (4, 0.0%)

1 お勤先, のを, 職に, 袷なんぞ

▼ さん日本~ (4, 0.0%)

2 の女 1 では切り, へはもう

▼ さん昨夕~ (4, 0.0%)

3 は御免 1 は嬉しき

▼ さん昨晩~ (4, 0.0%)

2 持つて 1 など夜通し体, は女衆

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 にチンドン屋, に管理さん, の御馳走, の支度

▼ さん最早~ (4, 0.0%)

1 承はる, 旦那が, 罪造りも, 貴女にも

▼ さん本気~ (4, 0.0%)

1 で, でお, でかい, でぶつた

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 の休み日等, の奴等, の年寄, の者

▼ さん来た~ (4, 0.0%)

1 から早く, の, よ来た, んじゃ

▼ さん来ない~ (4, 0.0%)

2 うち 1 の, の秋ちや

▼ さん来り~ (4, 0.0%)

1 ライオンへ, 東宝ビル三階の, 無理に, 霧の

▼ さん来庵いつ~ (4, 0.0%)

4 しよに

▼ さん案内~ (4, 0.0%)

3 して 1 する

▼ さん構わない~ (4, 0.0%)

1 からあいつ, から入っ, から思い付いた, で下さい

▼ さん母親~ (4, 0.0%)

3 も父親 1 のおかげ

▼ さん毎日~ (4, 0.0%)

1 お疲れさん, のこと, 廻って, 行くん

▼ さん気分~ (4, 0.0%)

2 でも悪い 1 がよく, が種々

▼ さん気取り~ (4, 0.0%)

1 でいた, でいやがる, になっ, 旗本は

▼ さん汽車~ (4, 0.0%)

1 には間, に乗っ, に乗る, へ乗る

▼ さん泣く~ (4, 0.0%)

3 のは 1 なたっ

▼ さん~ (4, 0.0%)

2 みません, みませんが

▼ さん無理~ (4, 0.0%)

1 だよ, な事, もない, をし

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 がなめるつちふ, の屁, の神さん, はあんなに

▼ さん犯人~ (4, 0.0%)

1 はいつ, は先刻こっち, は初め, は台本作家

▼ さん独り~ (4, 0.0%)

1 ではまにあわない, で大層, はますます, を思っ

▼ さん独得~ (4, 0.0%)

1 のもの, の主観, の愛くるしい, の説教

▼ さん独特~ (4, 0.0%)

1 だし, の作風, の境地, の手

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 に使っ, に出来, に出来上っ, の防毒室

▼ さん~ (4, 0.0%)

3 をたのむ 1 をし

▼ さん皆んな~ (4, 0.0%)

1 が寄っ, に聽, を呼ん, 待つて

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 き乾くだけは, き帰って, 傳の, 槙の

▼ さん直伝~ (4, 0.0%)

2 の教育 1 です, の手

▼ さん私何~ (4, 0.0%)

2 も貴女 1 うやら, の秘密

▼ さん私達~ (4, 0.0%)

1 はゆく, は少し, は死ぬ, は段々

▼ さん突然~ (4, 0.0%)

1 ですが, で申訳, と妙, 驚きに

▼ さん約束~ (4, 0.0%)

2 して 1 はどこ, よか三分

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 では見ました, のほう, の上手, を描い

▼ さん考え~ (4, 0.0%)

1 てごらん, てみ, て御覧, て見る

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 すなわち我教法, だな, ですよ, に親方

▼ さん若旦那~ (4, 0.0%)

2 を助け 1 が潮來, をお

▼ さん~ (4, 0.0%)

3 てお 1 にやはった

▼ さん贔屓~ (4, 0.0%)

2 さ, で若い

▼ さん逃げ~ (4, 0.0%)

1 ちゃア, てはいけねえ, もせず, も隠れ

▼ さん連中~ (4, 0.0%)

1 が幾千人, が縄, をつかまへ, を少し

▼ さん遅く~ (4, 0.0%)

1 なったよ, なって, なりました, 成って

▼ さん遊び~ (4, 0.0%)

2 に来る 1 にいこう, に来ない

▼ さん金さん~ (4, 0.0%)

1 ちょっと見ろ, と喚き立てる, に力, はわたし

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 母さんが, 母は, 英さんは, 鶴さんと

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 が降り, に濡れ, の中, の漏り止め

▼ さん~ (4, 0.0%)

1 から血, が痛む, のゼンマイ狂, を右左

▼ さん風邪~ (4, 0.0%)

1 で, で事務所, ひくよ, をひかない

▼ さん飛ん~ (4, 0.0%)

3 でもない 1 でもねえ

▼ さん馬籠~ (4, 0.0%)

1 からも人, の宿, の方, は君たち

▼ さん驚い~ (4, 0.0%)

1 ちゃあいけ, ちゃいけません, ちゃいけやせん, てました

▼ さんあした~ (3, 0.0%)

1 からお, の夕方, の夜

▼ さんあたしたち~ (3, 0.0%)

1 がこう, に御馳走, は女同士

▼ さんあちら~ (3, 0.0%)

1 でこちら, のお, はいかが

▼ さんあつし~ (3, 0.0%)

1 はこの, はケチ, 達は

▼ さんあて~ (3, 0.0%)

1 にお, も乘, 送る

▼ さんあなたあたし~ (3, 0.0%)

1 に約束, の体, の手紙御覧

▼ さんあなた一人~ (3, 0.0%)

1 じゃ松島遊廓, だけでなく, で行っ

▼ さんあなた今日~ (3, 0.0%)

1 から三隅さん, の参観人御存知, はちと

▼ さんあなた方~ (3, 0.0%)

1 はこの, はどう, は靴

▼ さんありがとう~ (3, 0.0%)

21 ございました

▼ さんありゃ~ (3, 0.0%)

1 抱一です, 狂犬じゃ, 猫の

▼ さんいけません~ (3, 0.0%)

1 ねお母さん, のよ, のよッ

▼ さんいつか~ (3, 0.0%)

1 の機会, は貴方, 又遠泳

▼ さんいふ人~ (3, 0.0%)

1 がなあいろいろ, はいやらし, はもともと

▼ さんいらっしゃい~ (3, 0.0%)

21 と待ちかまえ

▼ さんうしろ~ (3, 0.0%)

1 に柴山, をお, を見

▼ さんうそ~ (3, 0.0%)

1 いってるん, でご, を云

▼ さんおっ~ (3, 0.0%)

1 つきさん, 母さんは, 母の

▼ さんおと~ (3, 0.0%)

2 よさん 1 もいたしましょう

▼ さんおなか~ (3, 0.0%)

1 があやしく, がすい, をわるく

▼ さんおぼえ~ (3, 0.0%)

2 ていらっしゃい 1 ているでしょう

▼ さんお先~ (3, 0.0%)

1 いごめんなさい, きに, へお

▼ さんお初~ (3, 0.0%)

1 つに, にお, もこれ

▼ さんお前それ~ (3, 0.0%)

1 じゃア, は本, は本当

▼ さんお前何~ (3, 0.0%)

1 をいう, をし, を見

▼ さんお嬢さん~ (3, 0.0%)

1 と, はあすこ, 何だか知らねえ

▼ さんお礼~ (3, 0.0%)

1 のことば, もたっぷり, をする

▼ さんお話~ (3, 0.0%)

1 がございます, が済んだら入らっしゃい, の途中

▼ さんお話し~ (3, 0.0%)

1 になっ, の様子, 申しあげましょう

▼ さんお雪さん~ (3, 0.0%)

1 といっ, と愛称, に私

▼ さんかえって~ (3, 0.0%)

1 来たら皆, 来て, 来ました

▼ さんかとて~ (3, 0.0%)

3 走り寄り

▼ さんかね~ (3, 0.0%)

1 て竹生島, 福分も, 遅いぢ

▼ さんかの~ (3, 0.0%)

1 ごい, ようであった, 徒と

▼ さんかへと~ (3, 0.0%)

3 受けて

▼ さんかを~ (3, 0.0%)

1 呼ぶつもり, 引っ攫っ, 突きとめて

▼ さんがなあ~ (3, 0.0%)

1 あんさんの, あんたに, おときさん

▼ さんがねえ~ (3, 0.0%)

1 まあそんなにお, ピアノをねえ, 彼も

▼ さんがネ~ (3, 0.0%)

1 女将さんに, 米国へ, 花吉さんが

▼ さんきのう~ (3, 0.0%)

1 の日曜日, は失敬, 待って

▼ さんぐらいな~ (3, 0.0%)

1 年紀恰好じゃ, 年頃で, 御大家

▼ さんぐらいに~ (3, 0.0%)

1 なったら病気手当, なると, 見えますわ

▼ さんけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならん

▼ さんこうして~ (3, 0.0%)

1 こんなところ, わたしの, 頂戴加賀の

▼ さんこつち~ (3, 0.0%)

2 へいらつ 1 が絹川さん

▼ さんことに~ (3, 0.0%)

2 よると 1 宗近は

▼ さんこれからどう~ (3, 0.0%)

2 するつもり 1 しますか

▼ さんこれ何~ (3, 0.0%)

1 ですの, になる, の臭

▼ さんご存知~ (3, 0.0%)

1 で, でしょう, ですかい

▼ さんご苦労~ (3, 0.0%)

1 だね, だねえ, でございます

▼ さんさう~ (3, 0.0%)

2 でせう 1 であらう

▼ さんさすが~ (3, 0.0%)

1 に恐れ入った, に恐れ入つた, は明智先生

▼ さんさっそく~ (3, 0.0%)

1 ご霊前, だが, 押鐘博士に

▼ さんしつかりし~ (3, 0.0%)

1 てよ, てゐ, て下さい

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 ゃありませんかっ, やすぐ, や何

▼ さんじゃった~ (3, 0.0%)

1 かな, かよう, んだ

▼ さんぜひ~ (3, 0.0%)

1 その題, 一目と, 一緒に

▼ さんそこら~ (3, 0.0%)

1 にあったら, に見えませんでした, の桶

▼ さんそのもの~ (3, 0.0%)

1 が大分, が賊, が頼朝公

▼ さんそれほど~ (3, 0.0%)

1 いうなら任せよう, 思ってや, 私の

▼ さんたいそう~ (3, 0.0%)

1 あなたの, 早く御, 精が

▼ さんたしか~ (3, 0.0%)

1 あの時貴女, あれは, 貴方の

▼ さんたちふたり~ (3, 0.0%)

1 の手, はあの, を一階

▼ さんたち野ガモ~ (3, 0.0%)

1 がトーケルン湖, はどこ, は来年

▼ さんため~ (3, 0.0%)

1 にはこの, に昨夜吉良邸, 老衲自ら

▼ さんだけで~ (3, 0.0%)

1 子が, 専領し, 沢山ぢ

▼ さんだしぬけ~ (3, 0.0%)

1 で失敬, に, に来

▼ さんだめ~ (3, 0.0%)

1 だった, なら又, ね

▼ さんちっとも~ (3, 0.0%)

1 お前やらねえ, 先生を, 遠慮する

▼ さんちゃんと~ (3, 0.0%)

2 見通し 1 見て

▼ さんぢやあ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ないの

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 そんな酔ってる, ばば様あ, 武蔵さんっ

▼ さんつう人~ (3, 0.0%)

1 は良い, も何, を思いこんだ

▼ さんつまり~ (3, 0.0%)

1 あれを, 先生で, 半分だけは

▼ さんでござんした~ (3, 0.0%)

3

▼ さんで無い~ (3, 0.0%)

1 人に, 人違いだ, 外の

▼ さんとお~ (3, 0.0%)

2 みつつ 1 もひ

▼ さんとき~ (3, 0.0%)

1 つと思案, にいま何字, やがら

▼ さんとさえ~ (3, 0.0%)

1 くらして, する一派, 口を

▼ さんとでは~ (3, 0.0%)

1 どっちが, やがて頭, 祝儀の

▼ さんとともに~ (3, 0.0%)

1 俊夫君の, 出で, 寝て

▼ さんとにかく~ (3, 0.0%)

1 あれを, 一つ考えさせ, 見え透いた芝居

▼ さんとのみ~ (3, 0.0%)

3 思ふて

▼ さんとやらと~ (3, 0.0%)

1 いつて, 正三郎という, 正三郎といふ

▼ さんどうにか~ (3, 0.0%)

1 お計らい, して, ならないか

▼ さんどうやら~ (3, 0.0%)

1 お怪我, ひっかかったらしい, 有卦に

▼ さんどれ~ (3, 0.0%)

1 がいい, がどんな, も特色

▼ さんどんなに~ (3, 0.0%)

1 人間が, 先さまの, 苦しいか

▼ さんなぞと~ (3, 0.0%)

1 いっしょに, 一緒に, 呼ばずに

▼ さんなどで~ (3, 0.0%)

1 いづれも, その外多く, 胃病に

▼ さんなどにも~ (3, 0.0%)

1 喰って, 實に, 相当お世話に

▼ さんなどよりも~ (3, 0.0%)

1 この問題, まだ背, 数等利かぬ

▼ さんなんかじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありません, ございません, ないわ

▼ さんなんかにも~ (3, 0.0%)

2 気を 1 ある妙

▼ さんなんかより~ (3, 0.0%)

1 こんな人, 働きは, 異人さんの

▼ さんなんぞが~ (3, 0.0%)

1 そんなに流れ込みやがる, そんな事, 反對

▼ さんにはと~ (3, 0.0%)

3 思へど

▼ さんにより~ (3, 0.0%)

1 何處へも, 十一時頃田端より, 呉

▼ さんねこ~ (3, 0.0%)

2 かわいの 1 の子

▼ さんのか~ (3, 0.0%)

2 はりに 1 ほの

▼ さんのから~ (3, 0.0%)

1 だから, だが, 思ひついて

▼ さんのせゐ~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ さんのね~ (3, 0.0%)

1 うちが, イが, スクル

▼ さんのへ~ (3, 0.0%)

2 いの 1 いのそ

▼ さんはた~ (3, 0.0%)

2 で見 1 うとう靴

▼ さんはっきり~ (3, 0.0%)

1 と無実, 批評し, 申しますけれど

▼ さんばか~ (3, 0.0%)

1 だよ, にめかし, に手間

▼ さんばさん~ (3, 0.0%)

1 が, のところ, はいま

▼ さんばん~ (3, 0.0%)

1 ざあい, ざい, ざーい

▼ さんひどく~ (3, 0.0%)

1 おどしに, 気を, 玉菊が

▼ さんほら~ (3, 0.0%)

1 あそこに, あなた方の, あのアトリ

▼ さんほん~ (3, 0.0%)

1 たうに懺悔, とのお, とのこと

▼ さんほんの~ (3, 0.0%)

1 しばらくこれ, ちっぽけな, 暫くこれ

▼ さんぼくたち~ (3, 0.0%)

1 たすかったね, たすかるだろうか, どうしてここ

▼ さんみえ~ (3, 0.0%)

1 て大, て書物, 井伏選集の

▼ さんもと~ (3, 0.0%)

1 のご, の岡崎屋, は金

▼ さんもね~ (3, 0.0%)

1 仲よしの, 実は省さん, 彼病気さへ

▼ さんやっと~ (3, 0.0%)

2 これで 1 気がついて

▼ さんようこそ~ (3, 0.0%)

1 いらっしゃい, おいでくださいました, お越しでござんした

▼ さんよか~ (3, 0.0%)

1 ッち, 年が, 年の

▼ さんよかっ~ (3, 0.0%)

1 たね, たねえ, たら二階

▼ さんよし~ (3, 0.0%)

21 もなし

▼ さんよん~ (3, 0.0%)

1 でごらん, でね, で来

▼ さんらし~ (3, 0.0%)

1 かつた, くさういふ, さを

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 たいの, ちきなど, ちきは

▼ さんわけ~ (3, 0.0%)

1 がある, がない, がわかりません

▼ さんわざわざ~ (3, 0.0%)

1 こんなところ, 別府を, 来訪

▼ さんわたしあなた~ (3, 0.0%)

1 から無産者階級解放論, に, に一つ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 てはれへん, らつ, 殘り

▼ さんをから~ (3, 0.0%)

1 かつてしまつたの, かつてブラリブラリ, かつて見た

▼ さんツウさん~ (3, 0.0%)

1 この三人, という三人, と呼びあっ

▼ さんヤアさんツウさん~ (3, 0.0%)

1 この三人, という三人, と呼びあっ

▼ さん一人位~ (3, 0.0%)

1 に不自由, のものぢ, の面倒

▼ さん一刻~ (3, 0.0%)

1 もはやく, も早く, を争います

▼ さん一言~ (3, 0.0%)

1 いって, ご注意, もそんな

▼ さん下手人~ (3, 0.0%)

1 はやはり, は名, は矢

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 在中来訪お, 機嫌でし, 量見

▼ さん中畑さん~ (3, 0.0%)

1 が来なくなった, は故郷, もその

▼ さん二番~ (3, 0.0%)

2 の虎さん 1 の専門部

▼ さん云う~ (3, 0.0%)

1 たかて, てえらい, に云えぬ

▼ さん云っ~ (3, 0.0%)

1 ておくれよ, てしまっ, て御覧

▼ さん今あなた~ (3, 0.0%)

1 が大胆, は鼾, をお

▼ さん今ここ~ (3, 0.0%)

1 で判官三郎, へ石, を出

▼ さん今時分~ (3, 0.0%)

2 こんなところ 1 咲く花

▼ さん今頃~ (3, 0.0%)

1 こんな処, は大きに, 怒って

▼ さん任せ~ (3, 0.0%)

3 よりほか

▼ さん休ん~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃい, でくれ, でた

▼ さん信さん寄つて~ (3, 0.0%)

3 お出

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 の粥河様, は大工, 氣

▼ さん元手~ (3, 0.0%)

2 いらずで 1 いらずで現

▼ さん元気~ (3, 0.0%)

2 をお 1 かねと来

▼ さん先日~ (3, 0.0%)

1 から争議, の病気, まであなた

▼ さん写真~ (3, 0.0%)

1 は見たでしょう, も写真, やへやきましさせ

▼ さん十郎さん~ (3, 0.0%)

1 うち連れて, が酒, 某郎さん大挙

▼ さん又は~ (3, 0.0%)

1 明神さんとも, 牧田の, 葬式屋さんには

▼ さん友達~ (3, 0.0%)

3 がひ

▼ さん叔父さん~ (3, 0.0%)

1 がお, の仰し, は故意

▼ さん取っ~ (3, 0.0%)

1 てあげましょう, てお出で, てき

▼ さん可哀そう~ (3, 0.0%)

1 だと, に殺され, やいや

▼ さん可哀想~ (3, 0.0%)

21 にくすん

▼ さん可愛い~ (3, 0.0%)

1 かた, や, 御亭主

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 はなんて, まえを, も直

▼ さん向う~ (3, 0.0%)

1 の山, へ帰る, へ行っ

▼ さん呆れた~ (3, 0.0%)

1 ものだ, んだい, 縫ちゃん

▼ さん呼んだ~ (3, 0.0%)

3 つても

▼ さん商売~ (3, 0.0%)

1 は, はどんな, は都合よう

▼ さん坊っちゃん~ (3, 0.0%)

1 が引付け, が見えなくなりました, にまた

▼ さん大きく~ (3, 0.0%)

1 なって, 両手を, 出たもの

▼ さん大分~ (3, 0.0%)

1 きこしめして, 悪いらしい, 酔って

▼ さん大手柄~ (3, 0.0%)

1 だ, だぞ, をたてた

▼ さん大概~ (3, 0.0%)

1 なジャム, におし, にしなせえ

▼ さん女房~ (3, 0.0%)

1 が干物, を女中, を持つ

▼ さん妹さん~ (3, 0.0%)

1 と面白く, を, を殺した

▼ さん婆さん~ (3, 0.0%)

1 に云わせます, の一服三杯, の屍体解剖

▼ さん嬉しい~ (3, 0.0%)

1 こと御, でしょう, ワねえ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 がある, だつたから, でまた

▼ さん定吉~ (3, 0.0%)

2 は私 1 というん

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 のある, のところ, ア盲じゃ

▼ さん寄つて~ (3, 0.0%)

3 お出

▼ さん寒く~ (3, 0.0%)

1 なりますと, はない, ァない

▼ さん察し~ (3, 0.0%)

3 て下さい

▼ さん小僧~ (3, 0.0%)

1 には内証, の言, の言う

▼ さん小六さん~ (3, 0.0%)

2 の人気おこし 1 の人気

▼ さん小説~ (3, 0.0%)

1 だってそう, について, を直し

▼ さん山内さん~ (3, 0.0%)

1 のかえり, のところ, は肺病

▼ さん左樣~ (3, 0.0%)

2 であらう 1 なら

▼ さん巨勢さん~ (3, 0.0%)

1 などはちょッ, など近い, は御

▼ さん帰った~ (3, 0.0%)

1 の, のか, んだろう

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 の拭き, は私, を敷

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 に出 1 の木

▼ さん弱い~ (3, 0.0%)

1 人ね, 尻でも, 巡洋艦なら

▼ さん張さん~ (3, 0.0%)

2 おい張さん 1 それからラウダさん

▼ さん御前~ (3, 0.0%)

1 こそ虚, に弟, は是

▼ さん必ず~ (3, 0.0%)

1 可愛が, 御疑念, 死ぬという

▼ さん忘れ~ (3, 0.0%)

1 てはなりません, て錠, もしない

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 うで 1 うした

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 つてよ, つてらつ, つとつた

▼ さん怒った~ (3, 0.0%)

3

▼ さん怖い~ (3, 0.0%)

2 ことです 1 じゃア

▼ さん怖く~ (3, 0.0%)

1 ないか, なっちまって, はない

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 いの, く思はねえ, く思はねえでくろう

▼ さん戦争~ (3, 0.0%)

1 じゃしっかいもうかったでごあんそいな, だねえ, に行ってた

▼ さん手伝っ~ (3, 0.0%)

2 ておくれ 1 てくれる

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が悪い, が惡, もなく

▼ さん拙者~ (3, 0.0%)

1 が通り, はただ今, は九條家

▼ さん按摩さん~ (3, 0.0%)

1 いくらとる, が來, さあ入っ

▼ さん提灯~ (3, 0.0%)

1 でも上げ, をつけましょう, を一つ

▼ さん支度~ (3, 0.0%)

1 は, はいい, 出来たよ

▼ さん教え~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て下さっ, て頂戴

▼ さん新聞~ (3, 0.0%)

1 がき, などには大層, はまだ

▼ さん方御苦労様~ (3, 0.0%)

21 でございます

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 えなツす 1 稻田は

▼ さん早い~ (3, 0.0%)

1 お越しで, なア, ねえお

▼ さん明後日~ (3, 0.0%)

2 立つで 1 は何

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 から吹い, の中十日, の家

▼ さん~ (3, 0.0%)

3 がたうと

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 からずっと, になっ, のお

▼ さん村岡さんお力~ (3, 0.0%)

3 の店

▼ さん来ました~ (3, 0.0%)

1 ぜ, よ, ベビーさん来ました

▼ さん来庵酒~ (3, 0.0%)

1 とサイダー, と下物, はあるし

▼ さん来訪三人~ (3, 0.0%)

1 でしめやか, ぶら, 連れ立つて

▼ さん来訪同道~ (3, 0.0%)

3 して

▼ さん来訪呉郎さん~ (3, 0.0%)

1 もまた, もやつ, よんで

▼ さん松山さん~ (3, 0.0%)

1 がいない, とそこ, どうです

▼ さん桃太郎さんどちら~ (3, 0.0%)

3 へおいで

▼ さん椅子~ (3, 0.0%)

1 と茶, はどんな, をも少し

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が主人, が神山さん, の日曜

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 とか俳句, をうたッ, を謡った

▼ さん止めず~ (3, 0.0%)

3 に下され

▼ さん正気~ (3, 0.0%)

1 かい, かと心配, ですかい

▼ さん此間~ (3, 0.0%)

1 はお, は有難う, は誠に

▼ さん此頃~ (3, 0.0%)

1 しきりに土地, でも本郷, は何だか

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 に手, は死にかかっ, や姉

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 になり, のコバルト色, の善い

▼ さん済み~ (3, 0.0%)

2 ませんが 1 ませんがという

▼ さん満さん~ (3, 0.0%)

1 の手紙, はいつ, はまだ

▼ さん災難~ (3, 0.0%)

2 だったね 1 だつたね

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 うだわねえ, う迷信的, 樣なら

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 の糞, は, を見

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が好き, の子, や兎

▼ さん珍しい~ (3, 0.0%)

1 ですこと, ところで, な五月

▼ さん生き~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, てゐるかよう

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 からお, からこの, から此

▼ さん町内~ (3, 0.0%)

2 でお 1 へ帰る

▼ さん病院~ (3, 0.0%)

1 の他, をまちがえた, 入れて

▼ さん直に~ (3, 0.0%)

1 お暇, そっちへ, 往って

▼ さん真実~ (3, 0.0%)

1 だよ, に難, の母さん

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 つちよるやろ, つて, つてるだらう

▼ さん知つて~ (3, 0.0%)

1 はらし, ゐて, ゐるの

▼ さん秀子~ (3, 0.0%)

1 はアノ通り心, を救う, を貴方

▼ さん私ゃ~ (3, 0.0%)

1 あ今度かぎり, あ少し, じっと堪え

▼ さん秦さん~ (3, 0.0%)

1 と言った, にも高松行き, 阿英さん

▼ さん竜宮~ (3, 0.0%)

1 は俗, へ御, へ遊び

▼ さん羽織~ (3, 0.0%)

1 がありません, はね, をお

▼ さん考へ~ (3, 0.0%)

1 ごとを, て御覧, て見

▼ さん良い~ (3, 0.0%)

1 きりやうだ, 場所に, 子だ

▼ さん良人~ (3, 0.0%)

1 がね巴里, が先日貴君, よさ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 もらひさん電気, をひく, を買っ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 に長居, へ来, を立ち去る

▼ さん菓子~ (3, 0.0%)

1 たべねいかよ, とらねいか, はいかが

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が出来ました, が利いた, が沸

▼ さん藤本さん~ (3, 0.0%)

3 と親しく

▼ さん~ (3, 0.0%)

3 が喰

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が出てる, じゃない, ってえ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 になっ, になる, の男

▼ さん見え~ (3, 0.0%)

1 て, ていましょう, にく

▼ さん覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, だろうね, とは何だい

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 が命 1 の敵

▼ さん親娘~ (3, 0.0%)

2 と菊之助さん夫婦 1 でも引っぱっ

▼ さん訪問~ (3, 0.0%)

1 いつもの, に精, の一条

▼ さん誰方~ (3, 0.0%)

1 かいらっしっ, でございますか, にも見せ

▼ さん贔負~ (3, 0.0%)

1 じゃ御座, でした, に思はず

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 の危険, よりの方, をかわす

▼ さん身体~ (3, 0.0%)

1 でもお, の方, へ袖

▼ さん近い~ (3, 0.0%)

2 うちに 1

▼ さん速達~ (3, 0.0%)

2 が届きませんでした 1 ですと

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 がつめかけ, の寄っ, もまじっ

▼ さん~ (3, 0.0%)

1 が向い, よくいい聟, 悪く死んだ

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 をも絶ち 1 の幅一杯

▼ さん酷い~ (3, 0.0%)

2 事云つたの 1 事を

▼ さん重い~ (3, 0.0%)

1 だろ, でしょうそれ, でせう

▼ さん長い~ (3, 0.0%)

1 ことお世話に, 間ありがとう, 間どうも

▼ さん長屋~ (3, 0.0%)

1 の人, の人たち, の貧乏作家

▼ さん~ (3, 0.0%)

2 の親分 1 におどろく

▼ さん非常~ (3, 0.0%)

1 にお, に愛し, に酔つて

▼ さん頼まれ~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て来た, て退かねえ

▼ さん馬鹿~ (3, 0.0%)

1 なんてお, な目, のする

▼ さんあがり~ (2, 0.0%)

1 の商人, の若い

▼ さんあたしゃ~ (2, 0.0%)

1 まあ値段, もう我慢

▼ さんあなたがた~ (2, 0.0%)

1 には私ら, のため

▼ さんあなた大変~ (2, 0.0%)

1 御心配, 疲れてるよう

▼ さんあなた役者~ (2, 0.0%)

2 になれ

▼ さんあなた時計~ (2, 0.0%)

1 をお, 持って

▼ さんあら~ (2, 0.0%)

1 なんじゃ, 素通りは

▼ さんあれあれ~ (2, 0.0%)

1 あのお, お前の

▼ さんあわて~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, ちやいけない

▼ さんあん~ (2, 0.0%)

1 なりに放っ, よだ

▼ さんあんたなに~ (2, 0.0%)

1 しとるか, を

▼ さんあんたはん~ (2, 0.0%)

1 にお, のところ

▼ さんあんた方~ (2, 0.0%)

1 の方, はなぜ

▼ さんあんた此~ (2, 0.0%)

1 の有, の樣

▼ さんあゝ~ (2, 0.0%)

1 岡宮さん, 往って

▼ さんいきなり~ (2, 0.0%)

1 内の, 引摺り下ろし

▼ さんいくつ~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ さんいけない~ (2, 0.0%)

1 かね, わ

▼ さんいそがしい~ (2, 0.0%)

1 の, もので

▼ さんいた~ (2, 0.0%)

1 か, のかい

▼ さんいっ~ (2, 0.0%)

1 てもかまわない, て聞かせ

▼ さんいっそ~ (2, 0.0%)

1 また初め, デパートなんか

▼ さんいったいどう~ (2, 0.0%)

1 したん, なるん

▼ さんいっぱい~ (2, 0.0%)

1 今夜は, 炊いて

▼ さんいつぞや~ (2, 0.0%)

1 あたしの, は世話

▼ さんいつのまにか~ (2, 0.0%)

1 あのいやがらせ, 烏の

▼ さんいふ~ (2, 0.0%)

1 から伐つ, ても三田さん

▼ さんいません~ (2, 0.0%)

1 かえ, かア

▼ さんいやがらせ~ (2, 0.0%)

1 の一行, の盆蓙連

▼ さんいらっしゃいます~ (2, 0.0%)

2

▼ さんうさぎさん~ (2, 0.0%)

1 かちかちいう, ぼうぼういう

▼ さんうちの~ (2, 0.0%)

1 にも描い, はどう

▼ さんうっかり~ (2, 0.0%)

1 あの座敷, うちの

▼ さんおいやす~ (2, 0.0%)

2 お言いやす

▼ さんおう~ (2, 0.0%)

1 それ, 親仁さん

▼ さんおかげ~ (2, 0.0%)

1 で今夜, で私

▼ さんおかみさん~ (2, 0.0%)

1 という順序, と呼ぶ

▼ さんおき~ (2, 0.0%)

1 ていらした, てください

▼ さんおしろい~ (2, 0.0%)

1 つけた女仏さま, つけて

▼ さんおじいさん~ (2, 0.0%)

1 の子供, の悪口

▼ さんおつきさん~ (2, 0.0%)

1 おっつきさん, おつつき

▼ さんおとなしく~ (2, 0.0%)

1 待ってるん, 離室の

▼ さんおもしろい~ (2, 0.0%)

1 おみやげを, 話が

▼ さんおら~ (2, 0.0%)

1 あ八丁堀, を奉公

▼ さんおります~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ さんお上~ (2, 0.0%)

1 のお, んなすっ

▼ さんお伴~ (2, 0.0%)

1 させて, したいと

▼ さんお前さっき~ (2, 0.0%)

1 から目, のこと

▼ さんお前さん本気~ (2, 0.0%)

1 で, でお

▼ さんお客~ (2, 0.0%)

1 だすあと, でござんす

▼ さんお山~ (2, 0.0%)

1 じゃ一番, へ登りましょう

▼ さんお巡りさん~ (2, 0.0%)

1 にとがめられるだろう, の所

▼ さんお座敷~ (2, 0.0%)

1 が無い, の砂

▼ さんお手数~ (2, 0.0%)

2 を掛け

▼ さんお松さん~ (2, 0.0%)

1 お福さん, この地口

▼ さんお蔭~ (2, 0.0%)

1 で自身番, で贋金造り

▼ さんお蔭様~ (2, 0.0%)

1 で一匹, で許され

▼ さんかたれ~ (2, 0.0%)

1 かが中, かを一

▼ さんかって~ (2, 0.0%)

1 きくん, 勿論その

▼ さんかに~ (2, 0.0%)

1 助けられながら, 苦心し

▼ さんかんかん~ (2, 0.0%)

1 炎天に, 結って

▼ さんかんべん~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さんがかへ~ (2, 0.0%)

1 つてから, つてきた

▼ さんがけ~ (2, 0.0%)

1 がひとつ, ふ母

▼ さんがを~ (2, 0.0%)

1 しへて, るから

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 ておくれえ, てごらん

▼ さんきい~ (2, 0.0%)

1 てごらん, てました

▼ さんきり~ (2, 0.0%)

1 だ, であった

▼ さんくす~ (2, 0.0%)

2 のきさん

▼ さんくたびれた~ (2, 0.0%)

1 のか, んです

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 え, なるい事

▼ さんけが~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 なやの, はされた

▼ さんここら~ (2, 0.0%)

1 にいる, は朝

▼ さんこのごろ~ (2, 0.0%)

1 はどう, は目黒

▼ さんこれこれ~ (2, 0.0%)

1 と始終, の次第

▼ さんこれア何~ (2, 0.0%)

2 だす

▼ さんごく~ (2, 0.0%)

1 ろうさま, 内証で

▼ さんごちそう~ (2, 0.0%)

1 になる, は何

▼ さんさあお~ (2, 0.0%)

1 はいり, やりなさい

▼ さんさいぜん~ (2, 0.0%)

1 あのウスノロ, から聞い

▼ さんさき~ (2, 0.0%)

1 へあがっ, へ冷酒

▼ さんさっさと~ (2, 0.0%)

1 やっちまったらどう, 買っと

▼ さんさよなら~ (2, 0.0%)

1 みなさん, 坊ちやん

▼ さんざっくばらん~ (2, 0.0%)

1 で行こう, にいっ

▼ さんしだい~ (2, 0.0%)

1 さ, ですよ

▼ さんしよう~ (2, 0.0%)

2 をの類

▼ さんじき~ (2, 0.0%)

1 に参ります, 帰りますわ

▼ さんずうっ~ (2, 0.0%)

1 と以前, と昔

▼ さんせいした~ (2, 0.0%)

1 が電蓄, のであと

▼ さんせいしました~ (2, 0.0%)

1 ので三人, ので井上君

▼ さんせっかく~ (2, 0.0%)

1 おいで, だけれども

▼ さんそい~ (2, 0.0%)

1 じゃあ, で話

▼ さんその間~ (2, 0.0%)

1 だけでも此處, に弦

▼ さんそれなら~ (2, 0.0%)

1 お気に, 僕も

▼ さんそれにしても~ (2, 0.0%)

1 何かね, 私の

▼ さんそれゃあ大喜びな~ (2, 0.0%)

2

▼ さんそれ本当~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ さんそろそろ~ (2, 0.0%)

1 お伴する, 出かけるが

▼ さんそネツ~ (2, 0.0%)

1 と來, と来る

▼ さんたしかに~ (2, 0.0%)

1 強くなった, 父は

▼ さんたすけ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てと低い

▼ さんただ今~ (2, 0.0%)

1 御聞き及び, 申し上げた通り

▼ さんたちこいつ~ (2, 0.0%)

1 はおれ, をつかまえ

▼ さんたち二人~ (2, 0.0%)

1 にきっと, の仲間

▼ さんたち四人~ (2, 0.0%)

1 がぜんぶ, に馬

▼ さんたち自身~ (2, 0.0%)

1 にしろ, はその

▼ さんたとい~ (2, 0.0%)

1 三日天下に, 芳さんを

▼ さんたとえ~ (2, 0.0%)

1 一つでも, 荒神様だって

▼ さんため也これ~ (2, 0.0%)

2 も雪国

▼ さんたんぽさんお前~ (2, 0.0%)

1 のお, の國

▼ さんだけでも~ (2, 0.0%)

1 私は, 立つたらどう

▼ さんだけど~ (2, 0.0%)

1 私は, 薫さん遠泳会には

▼ さんだち~ (2, 0.0%)

1 はいい, ゅうことをわしら子どもの

▼ さんだまっ~ (2, 0.0%)

2 ていない

▼ さんだらぼ~ (2, 0.0%)

2 ッち

▼ さんちう~ (2, 0.0%)

1 モガじゃろ, 大学の

▼ さんちっと~ (2, 0.0%)

1 お話しなさい, 叱って

▼ さんちつ~ (2, 0.0%)

1 ともお, とも上らんで

▼ さんちふ~ (2, 0.0%)

1 を知, 人ぢや

▼ さんちやん~ (2, 0.0%)

1 と着, はもう

▼ さんちょッ~ (2, 0.0%)

1 と待っ, と言伝

▼ さんったら~ (2, 0.0%)

1 それは, 女の子の

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 て誰よう, なを持っ

▼ さんついで~ (2, 0.0%)

1 にここ, の時

▼ さんつう~ (2, 0.0%)

1 とお前, のが

▼ さんつとめやめた~ (2, 0.0%)

2

▼ さんつらい~ (2, 0.0%)

1 にはつらい, わと云っ

▼ さんてっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, てね

▼ さんてつ~ (2, 0.0%)

1 などと呼ばれる, に叱られ

▼ さんてなあ~ (2, 0.0%)

1 お前さんの, 誰だい

▼ さんであります~ (2, 0.0%)

1 し荷主さん, ね

▼ さんであるべき~ (2, 0.0%)

1 はずの, 筈です

▼ さんであれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ聞い, ば起こされ

▼ さんでが~ (2, 0.0%)

2 すか

▼ さんでござんす~ (2, 0.0%)

2

▼ さんでし~ (2, 0.0%)

1 てん, まひには

▼ さんでつ~ (2, 0.0%)

2 しやろ

▼ さんでなき~ (2, 0.0%)

1 やならぬ, や見付からない

▼ さんでなくたつ~ (2, 0.0%)

2 て可

▼ さんでやした~ (2, 0.0%)

1 かい, ね

▼ さんで殺された~ (2, 0.0%)

1 お皆さ, 人生の

▼ さんで飛んだ~ (2, 0.0%)

1 お手數, 御手數

▼ さんというだけ~ (2, 0.0%)

1 でじつは, では

▼ さんとかって~ (2, 0.0%)

1 え子供衆, のは

▼ さんとから~ (2, 0.0%)

1 しかも妙, 聞いて

▼ さんとからに~ (2, 0.0%)

1 ひとん, 渋ったれ渋ったれって

▼ さんところで~ (2, 0.0%)

1 お夜食, 一緒に

▼ さんとそ~ (2, 0.0%)

1 とにでた, ないなる

▼ さんとだけ~ (2, 0.0%)

1 だ, でした

▼ さんとど~ (2, 0.0%)

1 つかい行, 助さん

▼ さんとぼけ~ (2, 0.0%)

1 たりはぐらかし, ちゃいけない

▼ さんとんでも~ (2, 0.0%)

1 ない忘れ物, ない私

▼ さんどうかよろしく~ (2, 0.0%)

2

▼ さんどうしてそんなに~ (2, 0.0%)

1 泣いて, 酔つたの

▼ さんどした~ (2, 0.0%)

1 いふや, んどす

▼ さんどっから~ (2, 0.0%)

1 だね, ついて

▼ さんなぞの~ (2, 0.0%)

1 ことを, やうに

▼ さんなどでも~ (2, 0.0%)

1 書きにく, 自ら第一線に

▼ さんなどとの~ (2, 0.0%)

1 つきあいが, 互の

▼ さんなどより~ (2, 0.0%)

1 破綻が, 酒が

▼ さんならじ~ (2, 0.0%)

1 ゃうるりぢゃないや, ょうるりじゃないや

▼ さんなら居る~ (2, 0.0%)

2

▼ さんなら見~ (2, 0.0%)

1 當が, 當くらゐ

▼ さんなんかでも~ (2, 0.0%)

1 ちょうど似合い, 若い方たち

▼ さんなんかよりも~ (2, 0.0%)

2 妾美奈さんに

▼ さんなんぞには~ (2, 0.0%)

1 さうい, 所詮これ

▼ さんなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ような, 取次ぎは

▼ さんなんぞより~ (2, 0.0%)

1 余程綺, 遥かに

▼ さんなんにも~ (2, 0.0%)

1 ありませんよ, 有りませんが

▼ さんなァ~ (2, 0.0%)

1 あの人, 安さんな

▼ さんにあたる~ (2, 0.0%)

1 人は, 人を

▼ さんにかけて~ (2, 0.0%)

1 いまにもガラス, 明

▼ さんにかへ~ (2, 0.0%)

1 つて, つてゐた

▼ さんにから~ (2, 0.0%)

1 おどしを, かつてやりまし

▼ さんにすら~ (2, 0.0%)

1 もう一度も, 説き難い

▼ さんにたいしては~ (2, 0.0%)

1 あなたの, なんの

▼ さんについても~ (2, 0.0%)

1 よくない, 後日物語が

▼ さんにという~ (2, 0.0%)

1 お手紙, ことに

▼ さんになんか~ (2, 0.0%)

1 して, 成りたくも

▼ さんになんて~ (2, 0.0%)

1 云つ, 今の

▼ さんにはずつと~ (2, 0.0%)

1 會つては, 通つてゐます

▼ さんにばかり~ (2, 0.0%)

1 任せて, 描いて

▼ さんにもと~ (2, 0.0%)

1 いうので, オバサンに

▼ さんに対し~ (2, 0.0%)

1 親しみの, 養子である

▼ さんに対しての~ (2, 0.0%)

1 嫉妬で, 自分の

▼ さんぬる~ (2, 0.0%)

1 十日の, 天保庚申年に

▼ さんねずみ~ (2, 0.0%)

1 が, にお

▼ さんのう~ (2, 0.0%)

1 でに, 知らして

▼ さんのこっ~ (2, 0.0%)

1 てす, てすか

▼ さんのせゐだ~ (2, 0.0%)

1 と思ひ込みました, よ

▼ さんのなどと~ (2, 0.0%)

2 皆の

▼ さんのみ~ (2, 0.0%)

1 ならず男, 隣の

▼ さんのよりも~ (2, 0.0%)

1 みすぼらしいという, 甚だしくたち

▼ さんはい~ (2, 0.0%)

1 つてた, といっ

▼ さんはう~ (2, 0.0%)

1 で玉子, ッかり触れる

▼ さんはか~ (2, 0.0%)

1 ういつたの, ういふところ

▼ さんはかっ~ (2, 0.0%)

1 たり金, て大杉君

▼ さんはつきり~ (2, 0.0%)

1 承わりますが, 申し上げた方

▼ さんはど~ (2, 0.0%)

1 つちの場合, ないして

▼ さんはなあ~ (2, 0.0%)

1 うちの, 金太

▼ さんはなし~ (2, 0.0%)

1 てはなし, も聞かない

▼ さんはにが~ (2, 0.0%)

1 笑いを, 虫を

▼ さんはには~ (2, 0.0%)

1 とりさんに, とりさんの

▼ さんはの~ (2, 0.0%)

1 たれ死, んきもの

▼ さんはも~ (2, 0.0%)

1 うい, うずゐ

▼ さんはもの~ (2, 0.0%)

2 わかりが

▼ さんはわ~ (2, 0.0%)

1 てらの, ーるいな

▼ さんばかりには~ (2, 0.0%)

1 心からほだされまし, 無条件で

▼ さんひょっと~ (2, 0.0%)

1 お役人, すると

▼ さんふとん~ (2, 0.0%)

1 作り, 頭からか

▼ さんふん~ (2, 0.0%)

1 とに明かせ, ガイし

▼ さんへでも~ (2, 0.0%)

1 お寄り, 行つて好い

▼ さんへよりも~ (2, 0.0%)

1 眼の, 私としては

▼ さんへん~ (2, 0.0%)

1 なこえ, よ

▼ さんべろべろ~ (2, 0.0%)

1 と舐める, に醉拂つて

▼ さんほどに~ (2, 0.0%)

1 苦しまないでも, 華々しくなかった

▼ さんほんとにそう~ (2, 0.0%)

1 思う, 決めて

▼ さんぼう~ (2, 0.0%)

1 はこん度, 逃げて

▼ さんぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, してないで

▼ さんまあこう~ (2, 0.0%)

1 なの, やって

▼ さんまあよく~ (2, 0.0%)

1 無事でい, 考えて

▼ さんまず~ (2, 0.0%)

1 お前に, ここへ

▼ さんまだまだ~ (2, 0.0%)

2 つづくの

▼ さんまるで~ (2, 0.0%)

1 小説家みたいね, 火事場の

▼ さんまアお~ (2, 0.0%)

1 入りな, 聽きなさい

▼ さんみんな申~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ さんみんな私~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の粗相

▼ さんむやみ~ (2, 0.0%)

1 と人なぞ, に手

▼ さんめがけ~ (2, 0.0%)

1 てとびかかっ, てまっしぐら

▼ さんもうこ~ (2, 0.0%)

1 の室, の辺

▼ さんもうしません~ (2, 0.0%)

1 から, けどうぞ

▼ さんもうやがて~ (2, 0.0%)

1 六ツだろう, 初冬とは

▼ さんもかは~ (2, 0.0%)

1 いいもの, いらしい人

▼ さんもさ~ (2, 0.0%)

1 ほどのこと, 考へて

▼ さんもしかして~ (2, 0.0%)

1 あなたの, お前の

▼ さんもしや~ (2, 0.0%)

1 あなたの, そこに

▼ さんもちろん~ (2, 0.0%)

1 あなたも, みんな知ってる

▼ さんもらっ~ (2, 0.0%)

1 たりし, て置い

▼ さんやけ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に牛

▼ さんやと~ (2, 0.0%)

1 すすめるから, 甘ったるい声

▼ さんゆうべ~ (2, 0.0%)

1 は変, は私

▼ さんゆえ~ (2, 0.0%)

2

▼ さんよくも~ (2, 0.0%)

1 あたしを, 約束を

▼ さんよけい~ (2, 0.0%)

1 なお節介, なこと

▼ さんよの~ (2, 0.0%)

1 唄を, 如く又は

▼ さんよりの~ (2, 0.0%)

1 三千円の, 手紙

▼ さんよりゃ~ (2, 0.0%)

1 才さんの, 正勝さんの

▼ さんらしい取越し~ (2, 0.0%)

1 苦労に, 苦労を

▼ さんらしい死に~ (2, 0.0%)

1 かただった, 方な

▼ さんらしかった~ (2, 0.0%)

2

▼ さんりっぱ~ (2, 0.0%)

1 な公傷, に一人

▼ さんわたしども~ (2, 0.0%)

1 が明治維新, には三夫婦

▼ さんわたしもうこ~ (2, 0.0%)

1 の上, の村

▼ さんわるい~ (2, 0.0%)

1 ことは, わね

▼ さんゐない~ (2, 0.0%)

1 の, のです

▼ さんを以て~ (2, 0.0%)

1 して, 自ら任じ

▼ さんアナタ~ (2, 0.0%)

1 は本統, は牧師

▼ さんゴム靴~ (2, 0.0%)

2 を一足工夫

▼ さんサア洋燈~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ さんシイさん~ (2, 0.0%)

2 といってる

▼ さんゾウ~ (2, 0.0%)

1 はどう, はむこう

▼ さんダンス~ (2, 0.0%)

1 に行ったら, の味

▼ さんチュガ公~ (2, 0.0%)

1 もずいぶん, を連れ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 たらお前, て美郎さん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 あの方, 渋江の

▼ さんパパ~ (2, 0.0%)

1 は病気, もママ

▼ さんヒー太郎さんルー太郎さん~ (2, 0.0%)

1 もさぞ, をお

▼ さんビックリ~ (2, 0.0%)

1 さして, しちゃ

▼ さんビール~ (2, 0.0%)

1 の御, をよく

▼ さんホホホホ~ (2, 0.0%)

1 だから, もうよしましょう

▼ さんボート~ (2, 0.0%)

1 に一人, に乗りません

▼ さんマッチ~ (2, 0.0%)

1 はない, を出しなさい

▼ さんムク~ (2, 0.0%)

1 をどこぞ, を助け

▼ さんモデル~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ さんヤソ~ (2, 0.0%)

1 かねと云う, でいう

▼ さんルミさん~ (2, 0.0%)

1 かい, かえ

▼ さんルー太郎さん~ (2, 0.0%)

1 もさぞ, をお

▼ さんレーニングラード~ (2, 0.0%)

1 からかえって, へ立つ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 と月, 踊りご苦労

▼ さん一しょ~ (2, 0.0%)

1 に入りましょう, に行かない

▼ さん一つお願い~ (2, 0.0%)

1 がある, しましょうか

▼ さん一両~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ さん一人きり~ (2, 0.0%)

1 になっ, の筈

▼ さん一人っきり~ (2, 0.0%)

1 にし, よわかる

▼ さん一人ぼっち~ (2, 0.0%)

1 っていうの, でこんな

▼ さん一代~ (2, 0.0%)

1 の不覚, の中

▼ さん一体どう~ (2, 0.0%)

2 したの

▼ さん一体どうして~ (2, 0.0%)

1 あんなこと, そんな故障

▼ さん一寸銀場~ (2, 0.0%)

2 を代

▼ さん一族~ (2, 0.0%)

1 と義絶, の女

▼ さん一晩~ (2, 0.0%)

1 で台所, とめて

▼ さん一月四日再会~ (2, 0.0%)

2 を約束

▼ さん一本槍~ (2, 0.0%)

1 で見掛け, なん

▼ さん一流~ (2, 0.0%)

1 の厳粛主義, の智恵

▼ さん一生~ (2, 0.0%)

1 にいちど, 忘れないよ

▼ さん一處~ (2, 0.0%)

2 に來

▼ さん一郎~ (2, 0.0%)

1 に気, を

▼ さん丁稚小僧さん~ (2, 0.0%)

2 から若い衆

▼ さん三人~ (2, 0.0%)

1 のお供, は私

▼ さん三田さん~ (2, 0.0%)

1 とよう, と若い

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に行っ, 遠からの

▼ さん上野~ (2, 0.0%)

1 までわたし, を討取っ

▼ さん下宿~ (2, 0.0%)

2 は御馳走

▼ さん下手~ (2, 0.0%)

1 な事, の一寸

▼ さん与八さん~ (2, 0.0%)

1 の好き, はいない

▼ さん世間~ (2, 0.0%)

1 の人, の学者たち

▼ さん並びに~ (2, 0.0%)

1 みなさん私は, 皆さん

▼ さん中学~ (2, 0.0%)

1 いつから, を卒業

▼ さん丸屋~ (2, 0.0%)

2 の旦那

▼ さん丸部さん~ (2, 0.0%)

1 が呼ん, のお

▼ さん丸部さん貴方~ (2, 0.0%)

1 は再び, も口

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 は困る, 殺しと

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 から時々, は姉

▼ さん乗っけ~ (2, 0.0%)

2 てやろう

▼ さん二三日うち~ (2, 0.0%)

1 に又, に若い

▼ さん二十めんそう~ (2, 0.0%)

1 から電話, はつかまった

▼ さん五日~ (2, 0.0%)

1 に入隊, に来る

▼ さん人前~ (2, 0.0%)

1 ってもの, も構う

▼ さん今や~ (2, 0.0%)

1 こうして当家, っと名前

▼ さん今回~ (2, 0.0%)

1 は家内, は藤枝さん

▼ さん今夜ここ~ (2, 0.0%)

1 にお, へあの

▼ さん今度わたし~ (2, 0.0%)

2 は京都

▼ さん今度一處~ (2, 0.0%)

2 に寫眞

▼ さん今日貴方~ (2, 0.0%)

2 無論暇

▼ さん今晩のみ~ (2, 0.0%)

2 に連れ

▼ さん今晩奉公人~ (2, 0.0%)

2 も親類

▼ さん仕方~ (2, 0.0%)

1 がない, がねえ

▼ さん仕込み~ (2, 0.0%)

1 だけあっ, の江戸前

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の奥様, の方

▼ さん仙太公~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の兄弟分

▼ さん以来~ (2, 0.0%)

1 の蒲団, の雪

▼ さん以来誰~ (2, 0.0%)

2 の詩

▼ さん仮り~ (2, 0.0%)

1 にあなた, にもし

▼ さん仮令~ (2, 0.0%)

1 ば恋愛, 芸妓だ

▼ さん仲吉さん~ (2, 0.0%)

2 を助け

▼ さん佐渡屋~ (2, 0.0%)

1 へ乗込ん, へ乘

▼ さん何うし~ (2, 0.0%)

1 たい, て茲

▼ さん何しろ~ (2, 0.0%)

1 生徒さんたちだ, 船乘り

▼ さん何不足~ (2, 0.0%)

1 なく斯, なく暮らし

▼ さん何事~ (2, 0.0%)

1 も我, も此

▼ さん何度~ (2, 0.0%)

1 もいふ, も言葉

▼ さん何方~ (2, 0.0%)

1 へ, へお

▼ さん何時の間に~ (2, 0.0%)

1 入らしった, 貴女は

▼ さん何者~ (2, 0.0%)

1 だね, の仕業

▼ さん作家志望~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃる, でいらつ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 てくれた, りて

▼ さん依頼者~ (2, 0.0%)

1 の松谷秀子, はもう

▼ さん便所~ (2, 0.0%)

1 に入る, の中

▼ さん信州~ (2, 0.0%)

1 へもどっ, へ行ったら

▼ さん俺ア今~ (2, 0.0%)

2 夢見て

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 がいつ, じゃございません

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 この雪中, 某仰

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 へ寄っ, より進み出

▼ さん元来~ (2, 0.0%)

1 その詭計, 丈夫でない

▼ さん兄妹~ (2, 0.0%)

1 が食堂, を洋行

▼ さん先代~ (2, 0.0%)

2 御主人

▼ さん光子さん~ (2, 0.0%)

1 その次, 来る

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 らっしゃいな, らっしゃいまし相手

▼ さん入らつ~ (2, 0.0%)

2 しやいまし

▼ さん入谷~ (2, 0.0%)

1 まで行っ, まで行つて

▼ さん兵隊さん~ (2, 0.0%)

2 助けて

▼ さん其方~ (2, 0.0%)

2 へ行っ

▼ さん其時~ (2, 0.0%)

1 は最早, 始めて

▼ さん其様~ (2, 0.0%)

1 な気, に遠慮

▼ さん其樣~ (2, 0.0%)

1 に稼ぐ, に飮

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 で一杯

▼ さん冷飯~ (2, 0.0%)

2 に味噌汁

▼ さん出し~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, て見

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 は縁側

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 ですよ, に当る

▼ さん分っ~ (2, 0.0%)

1 て, てくれます

▼ さん分りました~ (2, 0.0%)

2

▼ さん分ります~ (2, 0.0%)

2

▼ さん切手~ (2, 0.0%)

1 の張ってない, 持つて

▼ さん刈り~ (2, 0.0%)

1 くらだ, にし

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 ちやん, 紫さん香奠なら

▼ さん初め~ (2, 0.0%)

1 からそこ, まして

▼ さん初め他~ (2, 0.0%)

2 の友達

▼ さん別れ~ (2, 0.0%)

2 まへ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 になる, に思う

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ さん勉強~ (2, 0.0%)

1 ですか, なさいよ

▼ さん勘六~ (2, 0.0%)

1 はあっし, はあつし

▼ さん勘忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さん勘違い~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ さん勿論~ (2, 0.0%)

1 それまでには, 僕の

▼ さん北原先生~ (2, 0.0%)

1 からお便り, にとつ

▼ さん北村さん~ (2, 0.0%)

1 でしょう, への礼

▼ さん医者~ (2, 0.0%)

1 に掛つたら, の勉強

▼ さん十一時~ (2, 0.0%)

1 すぎて, よ

▼ さん十二~ (2, 0.0%)

2 から四つ

▼ さん十郎さん来訪~ (2, 0.0%)

1 そしてその, 寝たり

▼ さん千早先生~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ さん午後~ (2, 0.0%)

1 に行っ, も来訪

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 助さん, 通夜二時半に

▼ さん危う~ (2, 0.0%)

1 がした, 御座んすよ

▼ さん危ない~ (2, 0.0%)

1 どうしましょう, のは

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 錦花氏夫人は

▼ さん即ち~ (2, 0.0%)

1 作さんの, 蟒さ

▼ さん友さん~ (2, 0.0%)

1 が来ました, と立てなけれ

▼ さん取調べ~ (2, 0.0%)

2 に来た

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 が利けん, を出し

▼ さん只今~ (2, 0.0%)

1 お聞き, 帰りました

▼ さん吃驚~ (2, 0.0%)

1 したの, しなくても

▼ さん合点~ (2, 0.0%)

1 が行きました, の悪い

▼ さん吉村さん~ (2, 0.0%)

1 ですね, とを招き

▼ さん同士~ (2, 0.0%)

1 は解り, 会って

▼ さん同情~ (2, 0.0%)

1 して, してね

▼ さん同道~ (2, 0.0%)

1 して, とあり

▼ さん君ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にもお前, は旅先

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 でもすこし, と云え

▼ さん呼ばう~ (2, 0.0%)

2 と思う

▼ さん品川~ (2, 0.0%)

2 の大黒屋

▼ さん唯唯~ (2, 0.0%)

2 です僕

▼ さん問題~ (2, 0.0%)

1 の範囲, はその

▼ さん善く~ (2, 0.0%)

1 考へて, 覚えて

▼ さん善哉~ (2, 0.0%)

2 でも喰

▼ さん喜ん~ (2, 0.0%)

1 でお, で私

▼ さん喜多さん~ (2, 0.0%)

1 とてもほ, の住ん

▼ さん四谷~ (2, 0.0%)

1 で馬鹿, へおいで

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 つた顔を, まりました

▼ さん困ります~ (2, 0.0%)

1 ね病人, よ

▼ さん土日~ (2, 0.0%)

2 は部長さん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の神さん, を求め

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の始末, はどこ

▼ さん坊ちやん~ (2, 0.0%)

1 が引付け, が見えなくなりました

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の方, へ行きましょう

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 で揉んだ, は如何

▼ さん外廻り~ (2, 0.0%)

1 を御, を御覧

▼ さん多田さん~ (2, 0.0%)

2 とも文通

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 でも御覧, をみ

▼ さん大原君~ (2, 0.0%)

1 のお, の心

▼ さん大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で風呂, で鳥追い姿

▼ さん大阪~ (2, 0.0%)

1 での会議, のお母さん

▼ さん太宰さん~ (2, 0.0%)

1 のお, も書い

▼ さん太郎~ (2, 0.0%)

1 とチロ, をつれ

▼ さん太郎丸~ (2, 0.0%)

2 の一味

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 あればこそ, もそれ

▼ さん好み~ (2, 0.0%)

1 と笑い, の男らし

▼ さん妻籠~ (2, 0.0%)

1 の御, も変わりましたろう

▼ さん始め~ (2, 0.0%)

1 お直さん, からおしまい

▼ さん始めて~ (2, 0.0%)

1 お目, お目にかかります

▼ さん始め奉公人~ (2, 0.0%)

2 まで並ん

▼ さん姫草さん~ (2, 0.0%)

1 と尋ね求める, と持ち切り

▼ さん娘さん~ (2, 0.0%)

1 と世間話こ, と云った

▼ さん媒妁~ (2, 0.0%)

1 ですか, になっ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 いびりしなさんなよ, に遣ってよう

▼ さん嫉妬~ (2, 0.0%)

1 がある, なの

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 だよ, に支倉さん

▼ さん子分~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ さん学者~ (2, 0.0%)

1 が好き, 大商人

▼ さん守随さん~ (2, 0.0%)

1 に済みません, の話す

▼ さん安心~ (2, 0.0%)

1 だわ, をなさい

▼ さん安積~ (2, 0.0%)

1 へ出発, へ誘う

▼ さん宮さん~ (2, 0.0%)

1 と言う, のあの

▼ さん宿~ (2, 0.0%)

1 の主人, へ行っ

▼ さん寄っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て行かん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 かありません, かア

▼ さん寒い~ (2, 0.0%)

1 だろう, 所には

▼ さん寝る~ (2, 0.0%)

1 としよう, と貢さん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に今, はねえ

▼ さん寿江子~ (2, 0.0%)

1 とで家, にそう

▼ さん小さい~ (2, 0.0%)

1 方が, 時から

▼ さん小判~ (2, 0.0%)

2 は確か

▼ さん小梅~ (2, 0.0%)

2 まで安く

▼ さん小母さん~ (2, 0.0%)

1 と恋し, にあまり

▼ さん小間物屋~ (2, 0.0%)

1 の息子さん, へ往

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 てござる, 難いと

▼ さん居た~ (2, 0.0%)

1 かあゝ, かね

▼ さん居ない~ (2, 0.0%)

1 の, んです

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 にのぼる, はよしたら

▼ さん山チイ~ (2, 0.0%)

2 の五人

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の戸, の足型

▼ さん工合~ (2, 0.0%)

1 がわるい, が悪い

▼ さん左太松~ (2, 0.0%)

1 を怨ん, を殺した

▼ さん差配さん~ (2, 0.0%)

1 たるより, ちょっぴり暖まっ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 が出来ました, をとっ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 えられなければ, つて

▼ さん干瓢~ (2, 0.0%)

1 が焦付きます, をよく

▼ さん年齢~ (2, 0.0%)

1 はいくつ, は四十過ぎ

▼ さん幸恵さん~ (2, 0.0%)

1 ときれい, どうぞ永久

▼ さん幾つ~ (2, 0.0%)

1 にお, やな

▼ さん庄吉~ (2, 0.0%)

1 って野郎, は

▼ さん床柱~ (2, 0.0%)

2 を撫で

▼ さん弁当~ (2, 0.0%)

1 を出し, を遣おう

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 取った切籠燈, 揚げませう

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の孝吉, の葦穂さん

▼ さん当人~ (2, 0.0%)

1 が受けた, は顔

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 青もう一度, 青を

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 は三益断, をやっ

▼ さん役場~ (2, 0.0%)

1 の夜なべ, もわや

▼ さん彼女~ (2, 0.0%)

1 に云っ, の美しい

▼ さん御新造さん案内~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さん御苦労さ~ (2, 0.0%)

1 まで, までごぜ

▼ さん御馳走~ (2, 0.0%)

1 があります, を頼む

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の修業, も黒く

▼ さん忙し~ (2, 0.0%)

1 さうだ, そうな

▼ さん忙しい~ (2, 0.0%)

2 ところを

▼ さん怒る~ (2, 0.0%)

1 ぜエ, なよそんなに

▼ さん思い~ (2, 0.0%)

1 だな, 入れて

▼ さん急がねえ~ (2, 0.0%)

2 ばならねえ

▼ さん怨まれる~ (2, 0.0%)

1 心当りが, 心當り

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 つかなくなったよ

▼ さん悪く~ (2, 0.0%)

1 なく思って, 思召さない

▼ さん悪者~ (2, 0.0%)

1 が捕まった, は外

▼ さん惚れ~ (2, 0.0%)

1 ている, 方は

▼ さん愈々~ (2, 0.0%)

2 盆が

▼ さん意気地~ (2, 0.0%)

1 がありません, がねえ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 のない, の無い

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 つたの, ッて

▼ さん懐中電灯~ (2, 0.0%)

1 をつけ, 持ってるの

▼ さん成るべく~ (2, 0.0%)

1 お歸, 裏通りを

▼ さん我々~ (2, 0.0%)

1 は不平, は噴火

▼ さん戸塚~ (2, 0.0%)

1 の夫妻, の巍さん

▼ さん手つだい~ (2, 0.0%)

1 に来, やら様子見

▼ さん手巾~ (2, 0.0%)

1 でさ, でね

▼ さん打明け~ (2, 0.0%)

1 て話, て話し

▼ さん持ち~ (2, 0.0%)

2 で事

▼ さん挨拶~ (2, 0.0%)

1 は抜き, は拔きだ

▼ さん掏摸~ (2, 0.0%)

1 なんかにはなんか, は現行犯

▼ さん提唱~ (2, 0.0%)

2 です

▼ さん攘夷~ (2, 0.0%)

1 という攘夷, なんていう

▼ さん放し~ (2, 0.0%)

1 てください, て下さい

▼ さん政府~ (2, 0.0%)

1 に気づかれるでしょう, は政府

▼ さん教会~ (2, 0.0%)

1 の為, の言

▼ さん教誨師~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ さん断然~ (2, 0.0%)

1 あいつを, 久し振りねエ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 らしい着物, 造船だ

▼ さん新吉~ (2, 0.0%)

1 がお前さん, が此方

▼ さん新吉さん~ (2, 0.0%)

1 が彼様, が来た

▼ さん方これ~ (2, 0.0%)

2 には深い

▼ さん方何~ (2, 0.0%)

1 が無く, しに

▼ さん方後生~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ さん方私~ (2, 0.0%)

1 にはもう, 共ソヴェト

▼ さん既に~ (2, 0.0%)

1 嵐と, 御聞

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に二度, は何日

▼ さん日本語~ (2, 0.0%)

1 が出来ます, を用

▼ さん明智さん~ (2, 0.0%)

1 はあたし, はねお嬢さん

▼ さん春さん~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, と好かれ

▼ さん昨夜お隣~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ さん昨夜何~ (2, 0.0%)

1 にかお氣, にか變

▼ さん昨夜離屋~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ さん昼間~ (2, 0.0%)

1 はご, もイルミネーション

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 なり吉兵衞, の運

▼ さん時々~ (2, 0.0%)

1 やつて, 私は

▼ さん時松さん丁稚小僧さん~ (2, 0.0%)

2 から若い衆

▼ さん暖簾~ (2, 0.0%)

2 が大事

▼ さん暗い~ (2, 0.0%)

1 から気, じゃあない

▼ さん暫らく~ (2, 0.0%)

1 待つて, 黙って

▼ さん書留~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ さん最う~ (2, 0.0%)

1 何の, 少ししつかりし

▼ さん最初~ (2, 0.0%)

1 の足跡, はその

▼ さん最後~ (2, 0.0%)

1 にただ, の四十男

▼ さん月見~ (2, 0.0%)

2 のお客樣

▼ さん朝っぱら~ (2, 0.0%)

1 からどちら, から飛んだ

▼ さん木曽~ (2, 0.0%)

1 の御嶽さん, をさして

▼ さん本所~ (2, 0.0%)

1 の寿徳庵さん, の寿徳庵さんいずれ

▼ さん本統~ (2, 0.0%)

1 なん, に頼む

▼ さん本間さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, の細君

▼ さん来てた~ (2, 0.0%)

1 ど, の

▼ さん来訪やあさん~ (2, 0.0%)

1 また来訪, も

▼ さん来訪君~ (2, 0.0%)

1 の復活精勤, は若い

▼ さん来訪昨日~ (2, 0.0%)

1 の事, の話

▼ さん来訪酒~ (2, 0.0%)

1 と下物, と牛肉

▼ さん果物~ (2, 0.0%)

1 でも持つ, 食べて

▼ さん栄さん~ (2, 0.0%)

1 とりまぜ四人, や徳さん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の木, の青葉

▼ さん棟梁~ (2, 0.0%)

1 と小兵衞さん宇太松さん, に逢った

▼ さん植村さん何處~ (2, 0.0%)

2 へお

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ さん様子~ (2, 0.0%)

1 のい, を見る

▼ さん横手~ (2, 0.0%)

1 を打っ, を打つ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 にも心, をかざっ

▼ さん次に~ (2, 0.0%)

1 樽の, 表へ

▼ さん歌っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てどういう

▼ さん此奴~ (2, 0.0%)

1 の事, は道連

▼ さん此子~ (2, 0.0%)

2 をもいれ

▼ さん此所ん所~ (2, 0.0%)

2 を一寸

▼ さん此様~ (2, 0.0%)

1 な事, な処

▼ さん此節~ (2, 0.0%)

1 はおか, は道中

▼ さん武蔵様~ (2, 0.0%)

1 だよ, は今

▼ さん歩い~ (2, 0.0%)

1 ておくれよ, てゆく

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 と爪, の脱

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 つて, りは

▼ さん死ぬ~ (2, 0.0%)

1 と心, 氣なんかに

▼ さん死体~ (2, 0.0%)

1 を余り, を抱き上げた

▼ さん母親さん~ (2, 0.0%)

1 すこし気, すっかり御

▼ さん気イ~ (2, 0.0%)

1 弛みなさったの, 悪うし

▼ さん水戸浪士~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ さん決心~ (2, 0.0%)

1 しなければ, をし

▼ さん汽車賃~ (2, 0.0%)

2 を持っ

▼ さん沢山~ (2, 0.0%)

1 の貴方, 負かして

▼ さん油絵~ (2, 0.0%)

1 だつて, ちうやつ

▼ さん泉屋一家~ (2, 0.0%)

1 ばかり狙, ばかり狙う

▼ さん泣いてる~ (2, 0.0%)

1 んです, 時じゃ

▼ さん泣かない~ (2, 0.0%)

1 で, でこっち

▼ さん泣き~ (2, 0.0%)

1 がとまらず, の涙

▼ さん注い~ (2, 0.0%)

1 でおくれ, でおくれよ

▼ さん注射~ (2, 0.0%)

1 しや, にゆく

▼ さん活動~ (2, 0.0%)

1 を見, 見に

▼ さん浅草~ (2, 0.0%)

1 で逢いそこね, へ行かない

▼ さん浜路~ (2, 0.0%)

1 という娘, を外

▼ さん浮気~ (2, 0.0%)

1 の出来ぬ, らしいが

▼ さん浴衣~ (2, 0.0%)

1 に襟つき一枚何, の背筋

▼ さん涎くり進上~ (2, 0.0%)

2 お饅頭進上

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 なきを, を流さん

▼ さん湧金門~ (2, 0.0%)

2 まで乗っけ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 洲から, 鉄の

▼ さん濟まね~ (2, 0.0%)

2 えが

▼ さん火木~ (2, 0.0%)

2 は伊東さん

▼ さん無かった~ (2, 0.0%)

1 のです, はずです

▼ さん無事~ (2, 0.0%)

1 でしたか, にすんだ

▼ さん無駄~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に浮かされ, はすごい

▼ さん熱い~ (2, 0.0%)

1 お茶を, よ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に九州, に知人

▼ さん父娘~ (2, 0.0%)

1 と浩一郎さん母子, もよく

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 は試し, を仰

▼ さん理窟~ (2, 0.0%)

1 は抜き, ばかり云わず

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 がじふて, がなくなっ

▼ さん甚だ~ (2, 0.0%)

1 了見違ひだ止した, 相済みません

▼ さん生れ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は何處

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の上手, は描い

▼ さん番茶~ (2, 0.0%)

1 で沢山, を

▼ さん番頭~ (2, 0.0%)

1 の品吉さん, は可哀想

▼ さん當分~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ さん疾く~ (2, 0.0%)

1 御諒承下, 為ない

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 が起る, にさわる

▼ さん白旗直八~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ さん百瀬さん~ (2, 0.0%)

2 起きて

▼ さん皆さん~ (2, 0.0%)

1 があれ, どうも肉体

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 切に何

▼ さん盗賊~ (2, 0.0%)

1 をしない, をすりゃ

▼ さん盲目~ (2, 0.0%)

1 が錢叩, 滅法界に

▼ さん直ぐ~ (2, 0.0%)

1 お帰り, 眠つ

▼ さん直し~ (2, 0.0%)

1 てくれました, やはった

▼ さん相当~ (2, 0.0%)

1 の浮気者, の負けない

▼ さん看護婦~ (2, 0.0%)

1 といい, に抱かれ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 からもっ, 箇に

▼ さん真杉さん~ (2, 0.0%)

1 は正月藤井, は正月藤井の

▼ さん真赤~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ さん眠った~ (2, 0.0%)

1 かえ, かね

▼ さん着物~ (2, 0.0%)

1 を乾した, を更

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 っ張り, 張り出るね

▼ さん知らせ~ (2, 0.0%)

1 ておく, に来

▼ さん知らん~ (2, 0.0%)

1 かね, といた

▼ さん知る~ (2, 0.0%)

1 めえ, めえなア

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 氣を

▼ さん短気~ (2, 0.0%)

1 は損気, を起し

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 では口, はあっ

▼ さん確り~ (2, 0.0%)

1 して, するん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 も云はず, を云う

▼ さん社長さん~ (2, 0.0%)

1 と云, の御

▼ さん祖母さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, の云う

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 とも佛, 無部落

▼ さん神戸~ (2, 0.0%)

1 でホテル, へ買い物

▼ さん神月~ (2, 0.0%)

1 と親戚, の旦那

▼ さん福島~ (2, 0.0%)

1 での御, の旦那様

▼ さん私これ~ (2, 0.0%)

1 だけの男, ばかりは諦められん

▼ さん私しゃ~ (2, 0.0%)

1 何とも言えない, 忘れや

▼ さん私一人~ (2, 0.0%)

2 置いて

▼ さん私共~ (2, 0.0%)

1 は女王樣, は此際

▼ さん私小母さん~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ さん私貴方~ (2, 0.0%)

1 に向, を殺し

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 になる, の霜

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の下, をあけ

▼ さん窮屈~ (2, 0.0%)

1 だろうが, だろうもう少し

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 廻っては, 騒いだ挙句

▼ さん笑い~ (2, 0.0%)

1 ごつちや, なすっちゃ

▼ さん築地藤子さん阪田幸代さん~ (2, 0.0%)

1 の三人, の見えられた

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 がでる, が出る

▼ さん糸公~ (2, 0.0%)

1 が君, を貰っ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の如く来, の整ふか

▼ さん素敵~ (2, 0.0%)

1 だ, でげすな

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 え柱

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 にもこ, の人たち

▼ さん組長~ (2, 0.0%)

1 となる, も副

▼ さん経文~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 兵衛が, 辞職の

▼ さん置い~ (2, 0.0%)

1 て行きなさい, て貰ひま

▼ さん美しい~ (2, 0.0%)

1 その眼, 姉さん

▼ さん美津さん~ (2, 0.0%)

1 ちょっとど, は一所

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 夫妻と, 夫婦に

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の方, をお

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 ておく

▼ さん聞いた~ (2, 0.0%)

1 がねえだが, ばかりにし

▼ さん聞きたい~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ さん聴い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て下さる

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 いて, きたくないの

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 はどう, を忘れ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 のびしちゃずるいわ, の高い

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 のある, を押

▼ さん膽ッ玉~ (2, 0.0%)

2 をしつかりし

▼ さん自ら~ (2, 0.0%)

1 の偽装, 称して

▼ さん自転車~ (2, 0.0%)

1 なんてきょう日, に乗っ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 へ乗っちまっ, へ舟

▼ さん芳さん~ (2, 0.0%)

1 てばさ, の姉様

▼ さん苦労~ (2, 0.0%)

1 だな, でもどうぞ

▼ さん茶の間~ (2, 0.0%)

2 から始めて

▼ さん草の根~ (2, 0.0%)

2 がガチャガチャ

▼ さん莫迦~ (2, 0.0%)

1 に嗅ぎつけよう, ね

▼ さん藤屋~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ さん藤田さん~ (2, 0.0%)

1 は自殺, は銀行

▼ さん蜜柑~ (2, 0.0%)

1 は好き, 買って

▼ さん行き~ (2, 0.0%)

2 度く

▼ さん行く~ (2, 0.0%)

1 気かい, 気は

▼ さん行こう~ (2, 0.0%)

1 か, ぜ

▼ さん行つて~ (2, 0.0%)

1 もよう, 来るわ

▼ さん被り~ (2, 0.0%)

1 などという異様, にしたる

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の潜り戸, へお

▼ さん西洋人~ (2, 0.0%)

1 の所, よだって

▼ さん西郷~ (2, 0.0%)

2 に追われ

▼ さん見えない~ (2, 0.0%)

1 んです, ナと思う

▼ さん見かけ~ (2, 0.0%)

1 によらない, によらねえ

▼ さん見張り~ (2, 0.0%)

1 の連中, を頼む

▼ さん見苦しい~ (2, 0.0%)

2 ところです

▼ さん見違える~ (2, 0.0%)

1 様に, 程元気に

▼ さん親分~ (2, 0.0%)

2 を伴

▼ さん親切~ (2, 0.0%)

1 な人, にし

▼ さん言う~ (2, 0.0%)

1 のが, 人でしょ

▼ さん許さ行く~ (2, 0.0%)

2 で一緒

▼ さん詰まらない~ (2, 0.0%)

1 事な, 願掛けなぞを

▼ さん誤解~ (2, 0.0%)

1 しちゃ, せられちゃ

▼ さん読ん~ (2, 0.0%)

1 でおおき, で見なはれ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 をやつ, を私

▼ さん讀ん~ (2, 0.0%)

1 で聞かし, で見なはれ

▼ さん豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 が來, が来なかつた

▼ さん豪い~ (2, 0.0%)

1 ことに, ですね

▼ さん貝殻骨~ (2, 0.0%)

2 から乳

▼ さん貫一~ (2, 0.0%)

1 でなければ, は何処

▼ さん貴君一人~ (2, 0.0%)

1 の学校, の學校

▼ さん貴所~ (2, 0.0%)

1 は今, は必ず

▼ さん貴方今日~ (2, 0.0%)

1 はどうか, は何

▼ さん貴方日向さん~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ さん買う~ (2, 0.0%)

1 か, て下され

▼ さん買っ~ (2, 0.0%)

1 てくん, とくれ

▼ さん資本~ (2, 0.0%)

2 要らずで

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 ちやんば, んべ

▼ さん赤い~ (2, 0.0%)

1 火が, 襷で

▼ さん赤ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のユリエちゃん, の一隊

▼ さん越前屋~ (2, 0.0%)

1 から参りました, から參

▼ さん足袋屋さん~ (2, 0.0%)

2 に聞い

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の意気地, の意氣地

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 御有りやした, 行つて來る

▼ さん迄が~ (2, 0.0%)

1 焼け死んだと, 見知り越しの

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 に来, へに来る

▼ さん迎え~ (2, 0.0%)

1 に来, のお

▼ さん近所~ (2, 0.0%)

1 で聞く, の若衆さん

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 つて行つた, つて行つて橋の

▼ さん逃げよう~ (2, 0.0%)

1 たって逃がしゃしない, たって逃さぬ

▼ さん逃亡~ (2, 0.0%)

2

▼ さん這入っ~ (2, 0.0%)

1 てらっしゃい, て居ない

▼ さん這入んなまし~ (2, 0.0%)

2

▼ さん通い~ (2, 0.0%)

1 をした, を止め

▼ さん遊撃隊~ (2, 0.0%)

1 で生き残っ, はどこ

▼ さん過ぎ去った~ (2, 0.0%)

1 事と, 感情は

▼ さん道時さん~ (2, 0.0%)

1 が不品行, に何

▼ さん道楽~ (2, 0.0%)

1 の初, の方

▼ さん達の~ (2, 0.0%)

1 が地階, は道楽商売

▼ さん達二人~ (2, 0.0%)

1 はどう, は磔刑柱

▼ さん達者~ (2, 0.0%)

1 かえ, で暮す

▼ さん達許~ (2, 0.0%)

2 り詰らないやね

▼ さん邪魔~ (2, 0.0%)

1 したね, だ

▼ さん郵便~ (2, 0.0%)

2 は来

▼ さん配偶~ (2, 0.0%)

2

▼ さん酔う~ (2, 0.0%)

1 て何, にも程

▼ さん野中さん~ (2, 0.0%)

2 と呼ぶ

▼ さん鐙小屋~ (2, 0.0%)

1 ですか, へです

▼ さん長々~ (2, 0.0%)

1 ありがとう, 馬の

▼ さん阪田幸代さん~ (2, 0.0%)

1 の三人, の見えられた

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 にはなさいません, 合いねえ

▼ さん陽気~ (2, 0.0%)

2 なピロちゃん

▼ さん雜巾~ (2, 0.0%)

1 は, 持つて

▼ さん雨戸~ (2, 0.0%)

1 をすっかり, をすつかり締め

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 の間, をわっ

▼ さん電車~ (2, 0.0%)

2 へ乗るなら

▼ さん青木さん~ (2, 0.0%)

1 が知ってる, と言っ

▼ さん静か~ (2, 0.0%)

1 にし, にしない

▼ さん面目~ (2, 0.0%)

2 も無い

▼ さん面目次第~ (2, 0.0%)

1 もございません, も御座いません

▼ さん頂い~ (2, 0.0%)

1 てだけいれ, て置きまつ

▼ さん頼み~ (2, 0.0%)

1 がある, というの

▼ さん頼ん~ (2, 0.0%)

1 で来なく, で頂戴

▼ さん風呂~ (2, 0.0%)

1 で見つけ, を焚いた

▼ さん飛脚~ (2, 0.0%)

1 が届い, ですか

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 ないかな, は食わなくっ

▼ さん飲め~ (2, 0.0%)

2

▼ さん飲物~ (2, 0.0%)

1 でも欲しく, を間違わない

▼ さん馬さん~ (2, 0.0%)

1 というだろう, も演

▼ さん駒吉~ (2, 0.0%)

1 は何, は何ん

▼ さん騙され~ (2, 0.0%)

2 ちやいけません

▼ さん驚いち~ (2, 0.0%)

2 やいけない

▼ さん~ (2, 0.0%)

2 商出身の

▼ さん髪結さん~ (2, 0.0%)

1 の許, は可笑しい

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 が見世物, だってありゃ

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 がどう, 獲りの

▼ さん鶴さん~ (2, 0.0%)

1 といっ, とは知り

▼ さん~ (2, 0.0%)

1 まがり, を摘まれる

▼1* [5044件]

さんあいお酌, さんあいつへんだね, さんあいつらの中, さんあいつッたら目の色, さんあいつ等どこ迄も追っかけ, さんあがって休ん, さんあき子さんをつれ, さんあけりゃんこのところ, さんあさって県下から帰っ, さんあした上林へ立つ, さんあずかってよ, さんあずき屋の右衛門七さん, さんあたしあなたにお願い, さんあたしあんたに話さなけれ, さんあたしここよ, さんあたしたちいつまでもお, さんあたしのもそう, さんあたしもうこの仕事, さんあたしゃ明日あたり江戸へ立つ, さんあたしゃ絶対許しませんよ, さんあたしんとこの, さんあたしパパさんに感謝, さんあたし一遍踊って, さんあたし今あなたにお話し, さんあたし今朝はどうか, さんあたし喉が渇いた, さんあたし日にやける, さんあたし明日立つ事, さんあたし毎朝ここで待っ, さんあたし洋服が欲しい, さんあたし荷物を取り, さんあたし赤ちゃんを生む, さんあたったろう気を, さんあたふた次の, さんあちこち選り好みばかりし, さんあっしゃあだから, さんあっしゃあ金で買われ, さんあっしら二人に任し, さんあっちへいっ, さんあつたよ, さんあてこすりを言っ, さんあてのかはり, さんあてやつたらお, さんあなたあたりがシテ, さんあなたいくつです, さんあなたいくら年を取っ, さんあなたいままでお客さま, さんあなたお化けにとっつかれた, さんあなたお客様を煽い, さんあなたお願いですから, さんあなたがた二人の心中, さんあなたけさやって, さんあなたこのごろどうかなさいました, さんあなたこの間その話, さんあなたご存知でしょう松島さん, さんあなたさっき外で何, さんあなたそこにいる, さんあなたたちの時代, さんあなたどこかへ逃げる, さんあなたなにもしゃべる, さんあなたふだんから陽気, さんあなたみたいに何, さんあなたわたしと一緒, さんあなたわたしたちと一緒, さんあなたオカゲンが悪い, さんあなたチャールストン踊れますか, さんあなたランプに火, さんあなたレオナルド・ダ・ヴィンチに懐疑, さんあなた一つ背中でもどやし, さんあなた下宿なさるん, さんあなた九州行きはどうして, さんあなた今でもお, さんあなた今日ここへおいで, さんあなた仕度は好い, さんあなた僕を好き, さんあなた兄さんに会える, さんあなた力紙を結ん, さんあなた勉強をおしやす, さんあなた去年の暮れ, さんあなた参木のこと, さんあなた園田黒虹という小説家, さんあなた大急ぎであの, さんあなた大阪はことし, さんあなた失礼だが, さんあなた好きだったわね, さんあなた宮原さんにお, さんあなた宵子さんの死顔, さんあなた岬の端, さんあなた御存知の方, さんあなた御苦労でも毎日, さんあなた御飯はまだ, さんあなた方警察の一行, さんあなた歌をお, さんあなた気がおつき, さんあなた気の毒だけど, さんあなた泳ぎができます, さんあなた熱もない, さんあなた狐につままれた, さんあなた男の友達, さんあなた目を離さずつい, さんあなた神さまに召された, さんあなた神経衰弱よ, さんあなた私のかきおき, さんあなた裸になっ, さんあなた計算して, さんあなた詩人に注文, さんあなた誰の所, さんあなた貧乏籤を背負い込んだ, さんあなた身投の上った, さんあなた道を知ッ, さんあなた雪が降る, さんあなた馬に乗れる, さんあなた馬鹿ね, さんあのあのラジウムを, さんあの多右衞門さんで, さんあの小さなアントンが, さんあひるさん羊さん牛さんたちは腹, さんあぶないから履物, さんあぶなかったねえ, さんあまりに奇ッ怪で, さんあまりの久しい卑屈, さんあまり無分別なこと, さんあらためて凶賊二十面相を, さんありがたうありがたうございました, さんありがとと云い, さんありがとうお楽しみ光邦様どろんどろん, さんありのままに言っ, さんありふれた不幸で, さんありゃいつでしたかねながらみ, さんあるいは八百屋さんなどは, さんあれ本当の人間, さんあわてることは, さんあわれなようすでしょんぼり, さんあんじようし, さんあんじよう言ふとい, さんあんたあたしの裸, さんあんたいまシュラーの二十八歳, さんあんたお客をとっ, さんあんたきんの道頓堀, さんあんたこのごろ何考えてるん, さんあんたこれ持つて, さんあんたさんはわたし, さんあんたそれ本気で云ってる, さんあんたとこでお金, さんあんたどこの家, さんあんたひとつ引受けて, さんあんたほんまに川べり, さんあんたみたいに人生, さんあんたアンドロメダ星座いうの, さんあんたサナトリアムを立てる, さんあんたツルゲネーフの散文詩, さんあんたホントに博多帯, さんあんたマッちゃんでしょ, さんあんた二階にゐた, さんあんた今なにをし, さんあんた今日ハキハキしない, さんあんた今杉山と逢, さんあんた何時か知つてはりまん, さんあんた倉川のオヤヂ, さんあんた昨日江崎の子分, さんあんた本気でそう, さんあんた此処にゐた, さんあんた毛はどう, さんあんた気はたしか, さんあんた父ちゃんが見つかった, さんあんた玉井と夫婦, さんあんた現場ぢやなかつた, さんあんた甚次の伯父, さんあんた田舎娘になりません, さんあんた皆なが, さんあんた知つてゐやはり, さんあんた私をもう, さんあんた組合の方, さんあんた芸妓ゆえのお, さんあんた蠣嫌ひだつか, さんあんた角はどう, さんあんた達あ腑抜け, さんあんた金ある, さんあんばいはどう, さんあんまりぱっとならねえよう, さんあゝまア歯ア喰いしばっ, さんあッちへ, さんいいえ伝六だんなそれから, さんいいかげんになさい, さんいいましても高等幇間みたい, さんいいますのん, さんいい加減のこと, さんいかな宝物, さんいかにも真面目に, さんいくつ十三七つと子供, さんいくら云つてもうち, さんいく枚あっても, さんいけづやなあ, さんいけないいけないここに, さんいさい上ってたら安心, さんいささかどうでしょうぷんと, さんいざやおのおの, さんいずこ, さんいたわってやらね, さんいたんだがお茶飲, さんいちばん末っ子のごく, さんいっさいの妙薬, さんいっそこうしようじゃ, さんいったいぜんたいどの方面, さんいつお前江戸, さんいつお産です, さんいつお見えになりまし, さんいつか一度あの大菩薩峠, さんいつか私が言った, さんいつか見舞に来た, さんいつこっちへ上っ, さんいつのまにここへ, さんいづれ二三日の, さんいなかったわよ, さんいなくなったわ, さんいなさるかね, さんいなすったかい, さんいにましょやと謂っ, さんいひまんの, さんいふ通にし, さんいまお前がう, さんいまごろあなたはどこ, さんいまごろどうして, さんいましたら遊びに, さんいませんでしたか, さんいまそこへだした, さんいまどこにいらっしゃる, さんいまなにをし, さんいまひとりの青年, さんいま僕は僕, さんいま妙なところ, さんいま梯子を持っ, さんいま結立てと見える, さんいま階下にいる, さんいやに蒼い顔, さんいらいらしなさんなよ, さんいらっしっていた, さんいらっしゃいましょうか, さんいらっしゃらなければどう, さんいらっしゃるんでしょ, さんいらっしゃるでしょうか, さんいらっしゃればどう, さんいらつしてよこの, さんいるかの, さんいんぴんたいたいしいく, さんい上げたのん, さんううさん同道し, さんうたいませんか, さんうちの人などと, さんうちの人たちけがしなかったの, さんうち連れて来訪, さんうってつけの話, さんうつしなれずじき, さんうつくしい人の, さんうつぶせにスッポリ, さんうつるかって, さんうてい夜話, さんうなされてるんだ, さんうぶだねえ, さんうまそうだ, さんうんとお楽しみなさい, さんええええッて人, さんえさあお坐り, さんえらうござんし, さんえら早よおまん, さんえろおしたえ, さんえろおしたえなと, さんおあがんな, さんおいしそうだ, さんおいら途中でもう, さんおい女中彼処の畳, さんおお粥を, さんおおいちょいと, さんおおいおおいって呼ん, さんおかあちゃん, さんおかえりになる, さんおかけ遊ばせよかかりますよ, さんおかしいねあの, さんおかしなことを, さんおきせさんなど, さんおきろよだんなさん, さんおくれ仕事で, さんおけばいい, さんおこと四人, さんおこったの, さんおこらないでね, さんおごらなくちゃいけません, さんおさらばでござんす, さんおしたくは, さんおすがりいたします私, さんおせんの返事, さんおそなっても, さんおそうござんすねえ, さんおそくならないうち, さんおそのさんの二人, さんおたがいにしっかりしないと, さんおたがいにもうそんなこと, さんおだまりキッスして, さんおっかない骸骨と, さんおっしゃるとおりこれは, さんおとうさんの書斎, さんおとしさんの, さんおとなげない口論, さんおとッつさん, さんおどかしっこなしです, さんおどろきおそれてふっと, さんおはようございます, さんおばあさん学校の生徒, さんおばアちゃんお梅ちゃん, さんおまえ今日は商い, さんおますさかい, さんおみおつけ三つというところ, さんおめでとうございます, さんおめにかかれてうれしい, さんおやじがお, さんおやまさんあれうち, さんおよびだよ, さんおらお針は下手, さんおら一まわりそこらを歩い, さんおりかのやつ, さんおりんさんお嬢様はどう, さんおれたちさっきの枝道, さんおろおろしながら, さんお上がんなさいよ, さんお上さんもうしませんから, さんお世話と軽い, さんお世話様でげした, さんお互いにこう, さんお人好しねえ, さんお仙は俺, さんお仙ちゃんが居なくなった, さんお仙なぞが三吉叔父さん, さんお伴様が見えました, さんお元氣, さんお入ンなさいまし, さんお出かけですか, さんお前あたいにかまわず, さんお前お嬢様によけい, さんお前かわいそうにすこし, さんお前ここをどこ, さんお前さんあれからも初, さんお前さんそこにいた, さんお前さんだつて浜, さんお前さんほんとうに然, さんお前さん何をそんなに, さんお前さん妙なこと, さんお前さん幾つにお, さんお前さん方も月岡, さんお前さん方カタギのみなさん, さんお前さん春のお, さんお前さん昨夜何時ごろに寝た, さんお前さん腹でも痛い, さんお前さん自分で奥さん, さんお前さん自分自身でどうしてそんなに, さんお前さん貢さんて言う, さんお前どこへお, さんお前なんだってお嬢様, さんお前なんざア是迄さんざ, さんお前ドスを仰山, さんお前マア新吉さんは可愛い, さんお前ラシャメンというもの, さんお前人間の首, さんお前俺の女房, さんお前先生のお, さんお前加勢して, さんお前勿体ねえ事, さんお前嘘だらう, さんお前大坂へ帰るなら, さんお前妾に惚れるなら, さんお前岡惚れして, さんお前御苦労さまだがね, さんお前早苗さんを知らない, さんお前本気で玉井金五郎, さんお前江崎満吉と仲直り, さんお前無理をいう, さんお前爰にい, さんお前王様の写真, さんお前生涯にいっぺん, さんお前町田さんをどう, さんお前草臥たんべえな, さんお前許の奥様, さんお前誰かに斬られた, さんお前貧乏の味, さんお前身体の工合, さんお前道後にいいかわした, さんお前音頭をとる, さんお化けーッと奇妙, さんお参りの方, さんお召しです, さんお召替えをなさいまし, さんお召物を差上げましょう, さんお可久さん後生です, さんお呼びになった, さんお子さんの協会, さんお客さまと小歌, さんお客さんそこはいま, さんお家にいらし, さんお寺の方, さんお山さんお前の分け, さんお忙しいところをお, さんお揃いで出勤です, さんお握り入れて, さんお昼の副, さんお松さん俺らはこれから, さんお櫃は姉さん, さんお次へどうぞ, さんお次さんてば, さんお正月から唄, さんお歴々というの, さんお母さまのお, さんお気に入りの婆, さんお玉さんの胸, さんお立ちですよ, さんお立ちあいの衆, さんお花さんと連呼, さんお菓子の箱, さんお蔦さんは, さんお許し下さい私, さんお話別だけど, さんお迎えに参りました, さんお金におぼえ, さんお銭にする, さんお隣のお家, さんお雪ちゃんはこのごろ, さんかいとこうあるべき, さんかいなあの人, さんかうしてもう, さんかえりにアミ, さんかお附きの, さんかからの返事だった, さんかぎ屋の前, さんかくまで身上, さんかさねがさねお気の毒, さんかぞえて下さい, さんかたきを取つ, さんかちかちいうの, さんかてこない発明や, さんかでお手, さんかなうむよく, さんかなしいことを, さんかなり身体を, さんかねと笑った, さんかは知らないが, さんかまわないわ, さんかまわねえからそこら, さんかまわんで引い, さんかむりというの, さんかもめさんたいへんに, さんからだけはよして, さんからだ中が焦げ, さんからでもお聞き, さんからと果物が, さんかりにあんたも, さんかわゆい御方, さんかんちがいしたら可笑しい, さんかんにんして, さんがかりになった, さんがくはしい, さんがさお弟子, さんがずつと舞台を, さんがちよく, さんがちゃがちゃをやめ, さんがちょっとここへくればそのちょっとの間おとよさん, さんがつつ立つて, さんがという特殊な, さんがとか新聞で, さんがとて笑ひ出す, さんがなもしあなた, さんがなんぞしや, さんがにが笑いを, さんがにもお目, さんがのみでちょっちょっとほってできたようなその顔, さんがはばかりをどうする, さんがまゐりますと, さんがめっかったというの, さんがも少し精出し, さんがわりにい, さんきいちやんみ, さんききなはれ, さんききませんでしたか, さんきっとああいうところ, さんきっとそうだわ, さんきっとまだ知らんの, さんきつとで御座います, さんきづかうほどのこと, さんきのう学校休んだの, さんきのふは面白う, さんきみがわるいのだ, さんきょう二時三十五分でかえる, さんきょう射撃会がある, さんぎり文明のあり方, さんくだらねえ真似, さんくいつきそうな, さんくさいからと云う, さんくさくなって, さんくせものです, さんくたびれはしない, さんくらいしかいない, さんくらいと思ったとき, さんくらいになると, さんくらいには仕上げて, さんくりを拾い, さんくれぐれお礼でした, さんくれぐれもお含み, さんくわしいことは, さんぐうの音, さんぐずぐずしないで, さんぐらいが君の, さんぐらいしか居ないだろうと, さんぐらゐ大きな方, さんぐらゐに思つて居たのに, さんぐらゐ自由の天地, さんけしからんことです憤慨, さんけっしてご遠慮, さんけんにん, さんと, さんこいだけの手, さんこいつらア猪之松, さんこいつわしとの勝負, さんこうしたものです, さんこうちつとで, さんここいらが好い, さんここらあたりで日, さんここ何でしょう, さんこた何程惜しい, さんこっそり次郎松に, さんこつちの話から, さんこと時日を廻らすべからず, さんこと武將の所爲, さんこと沢村源之助さんが死んだ, さんこと鸛一さんは故, さんこないだうちからはいろいろ, さんこないだジブロットが敷き, さんこないだ沼津に行った, さんこのごろどこへ行っ, さんこのごろ工面がよく, さんこのごろ急にグルーシェンカ, さんこの世にできる, さんこの方たちになん, さんこの間あなたのお, さんこの間わたしが上げた, さんこの間二人して, さんこの間病院でとった, さんこの間飯場の前, さんこら運の, さんこらあ汽車だ, さんこりゃ何だいこの, さんこれあたしの持ち, さんこれあなたのじゃ, さんこれあんたが描いた, さんこれからすぐ出ましょうよ, さんこれからちょいと吉さん, さんこれきりだぞ, さんこれごらんなさい私, さんこれなんでもない, さんこれゃ捜査の対象, さんこれチユウリツプつていふのよ, さんこれ今日はどう, さんこれ以上じらすの, さんこれ以上おれを苦しめ, さんこれ価値ものよ茶碗, さんこれ全体でいくら, さんこれ幾らに見えます, さんこれ懐中ランプというもん, さんこれ蝋人形だと, さんこれ野菊がと僕, さんこわいわ, さんこんで若, さんこんどあっしアお客で来る, さんこんど銀行ってもの, さんこんど隙な時, さんこんど雪岡が来たら, さんこんなに早くから仕事を, さんこんな小さなランプで, さんこんやはМ, さんごっこをする, さんごと思いの外三つ目小僧だの一つ目小僧, さんごはん食べてる, さんごまかしちゃいけねえ, さんごらんあたいが踊っ, さんごらんすてきなもの, さんごろさんと以来, さんご免なすって, さんご用があっ, さんさあさあ蛇王様へ, さんさきほどいらしてたわ, さんさくらさんていうん, さんさしあたりそれを, さんさせたのも, さんさだめしきもを, さんさだめてまたかとお, さんさち子さん姑嫁の一行, さんさっきあなたはこんな, さんさっきお前がしきりに, さんさっきお寺の縁, さんさっきぼくが四角, さんさっき何んといったい, さんさっき内所で起される, さんさっき大道で一本五厘, さんさっき浅井が来, さんさっき私に何, さんさては井筒屋さんという, さんさながらいま志ん, さんさびしくない, さんさようなら折りが, さんさよちゃんもよこんな, さんさらばでござんす, さんさんさんと梢, さんさんざんこき使われたり, さんさんたるに, さんさん涙なきを, さんさん立騒いだ挙句, さんさ一杯あげろ, さんさ二円あげろじゃ, さんざじらしたあげくやつと抽匣から出し, さんざっ腹冷かされて, さんざてこずらしておいてから不意に顔, さんざほうつきまわった末かねがね顔見識, さんざまあ見ろ, さんざめきとなつて塊まりながら奥, さんざんあくびをしたあとのさっぱりした気持ちも大いに, さんざんさがしてさがしてくたびれてのどが渇いた, さんざんためらつた後この恐怖, さんざんなめにあわされるようなじけんがひきつづいて, さんざんにいじめられるれどのちにはおのれ, さんざんにもてあそばされて目がくらみ, さんざんにやつつけたのがあつて實に遠慮會釋, さんざんのていたらくでまっくらさんぼう, さんざんひやかされたのもおかまいなしに今日ずうずうしく家, さんざんふしだらをしていらっしゃるじゃありませんかとそんなこと, さんしかしただ道も, さんしかも大面の, さんしかり大下宇陀児君しかり, さんしきすみれげんげたんぽぽいぬがらし, さんしきりによき結婚生活, さんしくじったのよ, さんしたとき, さんしたい三昧する, さんしつかりなさいよ, さんしつかりなすってくん, さんしつかりやりなされ近頃赤倉清復活, さんしつかり頼むわよ, さんしどけないところへ, さんしめられるんだ, さんしらべてください, さんしらアきったって, さんしんせつでていねい, さんじっさいたいしたもん, さんじっとしてるの, さんじつにおどろいた明察, さんじつはまだいろいろお話を, さんじゃがお嬢さんも, さんじゃというのに, さんじゃとてやっぱり海千山千, さんじゃねえ善さんじゃねえ, さんじゃァねえが, さんじゅず玉がほしい, さんじゆわんえわん, さんじろりとよりか言いよう, さんつかり取つて行, さんすぐすぐ取つて, さんすすすまんことし, さんすっぱり気よく, さんすべもなし, さんすました顔で, さんすまなかったなあ, さんすまんけれど梯子がわり, さんすらいよいよ長州征伐, さんすらがこの景気, さんするどい刄物を, さん氣色吾等は, さんずうずうしいじゃア, さんずつとこれからゐる, さんずるずると引, さんせいされたものと, さんせいし小林先生も嫁, さんせがれが大阪, さんせつかくぢ, さんせめてお前抱い, さんせんだっては御, さんぜんたいどうした, さんそいじや僕, さんそういった動揺を, さんそうした男の, さんそうしたら改めてお願い, さんそうそう持って, さんそうぷりぷりしなさんな, さんそう幾日も幾日, さんそこどころじゃ有りません, さんそそれは確か, さんそったら処さ立ってれば足, さんそつちに, さんそつくりね, さんその他コンキューで保安, さんその他一寸顔を出し, さんその他夫婦愛の醍醐味, さんその後あいつらの動勢, さんそばでお, さんそら大變だ, さんそら真箇かな, さんそりゃああんたの方, さんそれぁいけません, さんそれあんたんでしよ, さんそれどころじゃない, さんそれなんの呪禁, さんそれらの学者, さんそれ何の真似, さんそろって居ました, さんそんなにがっかりなさること, さんそんなにつんとすること, さんそんな大きな声出さず, さんぞと仰有って, さんたいしたもんだ, さんたくさん溺れたろうね, さんたくるすは, さんたしかそうでしたね, さんたしかまだ差配じゃ, さんたずねていらした, さんただいま帰りましたよ, さんただ一人さ外, さんたちあとでお家, さんたちあんた方があたし, さんたちいつしよに, さんたちいまはブランブラン, さんたちおれたちにはむかえっこねえ, さんたちお正月どうなさる, さんたちそれやピエールさん, さんたちだいたいの向う, さんたちどれもこれ, さんたちなんだってノコノコ, さんたちねこをいじめた, さんたちのには手, さんたちひとついかがなもん, さんたちみたいな流刑者, さんたちみんなに片身分け, さんたちゃどうた, さんたちわしはごまかし, さんたちウナギの頭, さんたちスペインへいらっしゃる, さんたちパレスの役員, さんたち一同からのお願い, さんたち一夏ゐるうち, さんたち一家のもの, さんたち一家族が住ん, さんたち一門でやってる, さんたち三人は東京, さんたち中国の人人, さんたち二三人に囲まれ, さんたち五六人と束, さんたち今夜なにか用事, さんたち今度はお, さんたち全部を綽名, さんたち八人小さな子守り, さんたち四五人と苦しまぎれ, さんたち家族は不幸せ, さんたち年子様の髪の毛, さんたち感違えを, さんたち旦那さまはいったい, さんたち昔と違っ, さんたち私は大して, さんたち蛇が可, さんたち近藤勇を買いかぶっ, さんたち陽気に一つ, さんたとへこの, さんたのみがある, さんたのむぞ, さんたぶんその間の, さんためベアトリーチェ我をし, さんため侶に請, さんため彼を助け探り得, さんため彼我をこの, さんため神棚に燈火, さんため諸侯に遊説, さんたより持つて, さんたら妬いてるんだ, さんたら惘れちゃって此方, さんたるべき人で, さんたれが一体, さんたん身を塩魚, さんだいたいよく見まわりました, さんだいぢやうぶ, さんだいぶん元気づきました, さんだが弓も, さんだけかと思って, さんだけしかゐない蝮蛇疵, さんだけじゃあない世の中, さんだけじゃねえ僕は, さんだけにしか打ちあけてない, さんだけにと云った丸多, さんだけにはとそっと話した, さんだけへの話です, さんだけれども形見は, さんださうだがどう, さんださうでございますとお, さんださうですが, さんださうで飛んだところで, さんだすか, さんだそうな, さんだちだものねえ, さんだったでしょうからねえ, さんだったならどうしてその, さんだったらしいんだ, さんだったら驚いて大きな, さんだつて僕, さんだつたね, さんだまあってるん, さんだまっといでよ, さんだめだめそこにはもうちゃんと, さんだら一度ウン, さんだらしがない, さんだろう止しなよお客様, さんだろう聴いて知っ, さんだんだん秋が, さんだ知らない知らないとばかり言わず, さんだ見なすったろう嘉吉さん許の, さんだ見込んだ仕事に, さんちがいますよ, さんちがうちがう上じゃ, さんちっちゃなパパ鳩ぽっぽ, さんちとひょんなこと, さんちの前で口, さんちの区役所の用務員さん, さんちの門の前, さんちの隣だよ, さんちゃんかお前, さんちょっぴり暖まって, さんちょんさんとにいさん, さんちんにわとこからふと, さんぢやつた, さんっていう家ご, さんついでにその心配, さんつうさんと呼ばれ, さんつか穴の, さんつかぬことを, さんつかまえてお, さんつきあってくんねえ, さんつくって見ない, さんつくづく今度と, さんつたらよくよくの, さんつていふ人はああ, さんつてお家はたいへん, さんつてほんとの藪さんぢ, さんつて姐さんがゐた, さんつて気味が悪い, さんつて馬鹿なひと, さんつとめている, さんつまらない事を, さんつまらねえ焼きもちは, さんつまらんこという, さんつれ立って来た, さんていのあらまア, さんてんでお話に, さんであったなら女として, さんであったらこの一刹那, さんであったら打たない代りに, さんであったろうという確信, さんでありましょうのう, さんでありまするぞよ, さんでありませんか, さんであるだろうことも, さんであるならば鬼女, さんでいらっしゃるの, さんでかどわかされたんだ, さんできて, さんできたよ, さんできたらぼくに, さんできるならおれの, さんでございまして親, さんでございましたらもうこの, さんでございませうよ, さんでござんしょう大層も, さんでござんすねえ馬子にも, さんでしたですねえ, さんでしゃべらせる人が, さんでしょういますよ, さんでしょう痩せこけた上役らしい, さんです上って下さい, さんです争われないのねえお, さんです分りましたかと念, さんでっか, さんでっしゃろ, さんででもあれば, さんでなアお父さんは, さんでないですかやと向こう, さんでなかったから大助, さんでなかったならばひょっとしたら, さんでなかったら板に, さんでなかった腹立ちからか突慳貪, さんでなかつたのは, さんでなかつたらをかしい, さんでなくなるわけで, さんでなく生きてゐる, さんでの話, さんでますよ, さんでもが口を, さんで並んで立つ, さんで商えをし, さんで喜んだのは, さんで困っております, さんで御座いましたか, さんで恐入りました無暗に, さんで沸かして下さる, さんで無かつたら, さんで無かったら何うし, さんで無きや私, さんで着換え二三枚を, さんで返したらやろうと云った, さんで通りかかったのは, さんといらして, さんというくらいなんだ, さんというだけで知られて, さんというだけの縁で, さんといつて国では小身, さんといふのかい, さんといふはよほど不, さんといらしったじゃありません, さんとうたの文句, さんとおいて空, さんとおくさんその, さんとかいうのはね多勢職人, さんとかっていうお浪人, さんとかで中年の, さんとかの別荘へ, さんとかも褄端折を, さんとかよもうやめねえ, さんとがとまつて, さんとくとお考えあれ, さんとけえ坊ちゃん, さんとこう達雄さんを, さんとこぢや醫者, さんとこゆうべはどう, さんとこイ行ったり, さんとこ位は行, さんとこ信州から米, さんとこ暇出されてからも, さんとこ行くちゅうて, さんとこ行つてあかしを立て, さんとしか思われない声, さんとだけで話したいん, さんとだけにしかわからないこと, さんとだけは打解けて, さんとだってそうだ, さんとってやっ, さんとっても品行わるい, さんとっとと帰ったほう, さんとてもすっきりして, さんとともらんそうどす, さんとな暫時お待ちなさい, さんとなんかしてや, さんとなんていっしょに, さんとにて居る, さんとに対する本当の, さんとはにてもつかないきたならしい, さんとばっかりお話し, さんとび出して来, さんとぶつつかつ, さんとまで言ひ出でた, さんとめほどむら, さんともとの所天また, さんとやらじゃないん, さんとやらにも逢えねえという, さんとやらも呼んで, さんとらまへ, さんとり青山の, さんとりまぜ四人でた, さんとんぼ草葉螟蟲は燈心とんぼ, さんどいつの凄腕, さんどういうつもりで, さんどうか何分願います, さんどうしっかりしなさいよ, さんどうしてこんなにキューキューやる, さんどうぞこれから新橋まで, さんどうぞ少し静かに, さんどうも実に閑静です, さんどうも色々御馳走さまです, さんどこのかお婆さん, さんどころかいや言うまい, さんどじょうが欲しかっ, さんどす開けてお, さんどてらを上げる, さんどと言ふ, さんどという文句が, さんどの位した, さんどのみち捨てる命, さんどんなにがっかりしや, さんどん位あるの, さんないしょで一杯, さんながめていない, さんなくおしの, さんなけなしの金, さんなぜあんなに逆さまに, さんなぞより僕は, さんなで深田へ, さんなどから冷淡に, さんなどじゃありません, さんなどではそういう事, さんなどといふ人は, さんなどに対して神聖なる, さんなどに対してももとより外, さんなどもを国を, さんなにごともありませんでした, さんなにしろ戦争で, さんなにとぞ自重し, さんなに血なもん, さんなみにね, さんならいけないとは云わないでしょ, さんならうるせえなってどなりつける, さんならかまいませんこっちへ, さんならかまわないからこっち, さんならざるはなかつた, さんならしらべ室に, さんならやりそうな, さんならわかり過ぎるほどにわかっ, さんならわかるわねあんた, さんならゐますがねえ, さんならんような, さんなら定めて背, さんなら察してくれる, さんなら有るも無い, さんなら来るかもしれない, さんなら殺されてもいい, さんなら潜って出られた, さんなら知ってるけれど, さんなら知つてる筈だ, さんなら立ちあっていただい, さんなら見えています, さんなら言うところでしょう, さんなら許されるという風, さんなら避けることも, さんなら預けて置い, さんなら頼みたいことが, さんなりに特色が, さんなりのことを, さんなるほどおっしゃる通り, さんなわを持っ, さんなんかってあんな世間知らず, さんなんかで警察へ, さんなんかとはすっかり肌あい, さんなんかなりでもキチンと, さんなんかにゃ余計な, さんなんぞから馬鹿に, さんなんぞについていられるよりも, さんなんぞにも何か, さんなんぞもべいろしや, さんなんぞをはばかって, さんなんだかとてもお痩せ, さんなんの用なの, さんな叱られるクセが, さんな疲れたでせう, さんにおいては正当なる, さんにおけるもその通り, さんにかけりだした, さんにこそ見せませんが, さんにずつと前に, さんにたいしてもある質問, さんにたいするわしの, さんにつき添って, さんにでつくはさ, さんにといふことに, さんにとっての迷路よ, さんにとのことに, さんにとは云わないけれども, さんになど衝突の, さんにのこれと, さんにはなど一言の, さんにはばちが, さんにばかりは奥様ッて, さんにもというわけで, さんにもなぜひゆく, さんによる二百円と, さんにるす番, さんに従って帆村探偵は, さんに迄話を, さんに関しての話は, さんぬっと出る, さんぬひめがまがってる, さんぬるいぜ, さんねといつも言っ, さんねむれさう, さんねんのために, さんねーえという, さんのかも知れません, さんのさ絣だった, さんのさつと太陽, さんのじゃない, さんのっそり降りて, さんのててて, さんのてのひらに胼胝, さんのでもないじゃあ, さんのと行きつまったから, さんのなまえが, さんのなの字も, さんのにだってちゃんと同じ, さんのにもことごとく, さんのばかりなら好い, さんのみかただおれ, さんのみが知ろう, さんのみよりのもので, さんのよ見せたげましょうか, さんのよりはずっと小さい, さんはいぜんとしてもと, さんはおつしやる, さんはかいって呆れて, さんはかぶりを振, さんはかへつてご, さんはかまつては下さらない, さんはからの人力車を, さんはがきと蠅, さんはけふは, さんはげが自慢, さんはござりすと言いました, さんはしをらしく, さんはじぶんのこと, さんはじめそれは義理堅い, さんはじめてびっくらして嫌だって, さんはじめみなさん上陸なさいましたが, さんはじめみんな知って, さんはじめ久米や女中, さんはじめ他の全部, さんはじめ佐佐木茂索氏伊東深水氏大仏次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, さんはじめ四人の人達, さんはじめ大ぜい, さんはじめ子供から女中, さんはじめ幹部の連中, さんはじめ数名の下っぱ, さんはじめ村民の方々, さんはじめ池の茶屋, さんはじめ皆々様御機嫌よくと, さんはじめ皆さんのお, さんはじめ目上の人達, さんはじめ私たちは呆気, さんはじめ総がかりでいま, さんはじめ近郊各部落, さんはじようだんの, さんはずいみんみんな, さんはずつとこつちに, さんはてまえが, さんはという調子たるや, さんはなせますかあなた, さんはなはだすみませんが, さんはなみのお尋ね者, さんはなァにきょうは, さんはのうあなたの, さんははははと笑った, さんはばあやの, さんはばかりながら止して, さんはぶじに, さんはまをおい, さんはめつちやくち, さんはやはらかい, さんはやきもちやき, さんはよ昨夜夜業を, さんはりゆうとした, さんばかしか慈母さんも, さんばかりじゃあないこと, さんばかりな媚び方, さんばけものは, さんばっか可愛がっ, さんばっかりだから, さんばっかりじゃ御座んせん, さんばっかりに眼を, さんばっかりはタッタ一目で, さんばっかりやあれしません, さんばっかりを怖れます, さんばら髮の女, さんぱち人形ミルクを飲む, さんぱっちの裾をからげ, さんひとたび怒らば, さんひとつおいらをのっけ, さんひとつここへ来, さんひとつ中身をあらためさし, さんひとつ久野夫人にも助太刀, さんひとつ何とかして, さんひとつ家へ来, さんひとつ行つて正体を見届け, さんひとつ賛成して, さんひとりきりのとき, さんひとり遊覧の客, さんひと休みしてから, さんひと打ちで七つ, さんひと肌おぬぎなさい, さんひやかしちや, さんひょっとしたらあいつ人形怪人じゃ, さんひょんな顔を, さんびかの本, さんびっくらしてぽかんとし, さんびつくりなすつた, さんぴりぴりするの, さんぴんよさねえな, さんぴんこれでも斬れ, さんぴんじゃこんなお, さんぴんのうしろからばらばらっと撒い, さんぴんぴん生きた牝豚, さんぴん野郎ほ仏, さんぴん野郎奴同級も糞, さんげんて, さんふいにその, さんふえておめでたう, さんふざけちゃ嫌, さんふざけるのは, さんふとるんだったら, さんふふいろ男は, さんぶしつけですけれどもその, さんぶっ倒れたの, さんぶってるもんだ, さんぶつてゐる, さんぶらつきやのほう, さんぶら下がるの, さんへたばったのか, さんへてのはと, さんへという大きな字, さんへとも言は, さんへなどと申す文句, さんへへへとうれしそう, さんほか六人の若者たち, さんほか出演俳優諸君に感謝, さんほどには心配し, さんほれ見い云はんこつ, さんほんとでございますか, さんほんとにあまりおそくなる, さんほんとにすぐそこな, さんほんとにそれだけないと, さんほん二三日でこわれ, さんだい, さんぼうしがわ, さんぼうぼういうの, さんぼくここにいる, さんぼくたちいまふしぎなもの, さんぼやっとして, さんぼろさげた工人達, さんぼろ着物の分限者さん, さんぽかぽか陽が, さんまあどうすりゃいい, さんまあゆっくりやって, さんまあ大層御様子, さんまかせで留守, さんまたはその他の, さんまだちっとばかり修業, さんまだなかなか帰りそう, さんまだはっきりいやだ, さんまだわっしを, さんまだ色々伺いたい事, さんまちがってるんじゃ, さんまってました, さんまっぴらごめんねえ, さんまっ黒になっ, さんまつかになつて, さんまでに迷惑が, さんまでの代々の, さんまでは新来の, さんまでもが皆私の, さんまでを置き残して, さんまるっきり搗きたて, さんまんざらでも, さんまんまよ, さんまんまといっぱい食ったねえ, さんみいちゃん左様ならまた, さんみずから努力した運, さんみたいのが通る, さんみっちゃん, さんみづからさげ, さんみな様がお, さんみな田舎へ逃げ, さんみょうな顔, さんみんなあんたはんに操, さんみんな心配はし, さんみんな深切だつた, さんみんな行儀わるいのよ, さんみんな識つてゐますよ, さんむかし料理番の入婿, さんむく毛の猟犬先生, さんむずかしいのね忙, さんむっつりした隆治さん, さんむろん我々も, さんれ, さんめいたくりくりした, さんめったにないわ, さんめでたく息子の, さんもういい加減マスクを, さんもうぐずぐずして, さんもうこうなりゃジタバタ, さんもうしわけありません, さんもうすぐに亡くなった, さんもうすこし顔を, さんもうちっとそちらへと, さんもうよく娘の, さんもう一度よくお考, さんもう宜いから, さんもがいた所で, さんもこそぼって, さんもしくは黒人上りの, さんもしもわたしが, さんもって落, さんもったいないわ, さんもっての外な顔, さんもつれて行つたの, さんもつれられて微笑, さんもともと肥田さんは, さんもどつと笑, さんもなあ不憫な, さんもななえ自身, さんもばあやさんだ貴女, さんもも少し年, さんもやほやの, さんもよつぽ, さんもをられた, さんもネ家の, さんやあさんと言ってた, さんやあさん来訪呉郎さんもやつ, さんやあんただちにとっ, さんやきもち燒い, さんやさしいみたいだ, さんやさしくして, さんやすうけ合い, さんやす子さんが二十年, さんやせなにあ, さんやったらよう今までの, さんやってきたよ, さんやってこなかったね, さんやってないんだ, さんやなんかとスキイに, さんやに一合しか, さんやのんです, さんやめにし, さんやめたよ, さんやらが都会人である, さんやらだけが相手で, さんやられましたそれは, さんやりやしないか, さんやり込めてやったのん, さんやろうぜ, さんゆうべあなたは大原さん, さんゆうべみたいに引っこみ思案, さんゆうゆうと茶, さんゆだり加減は, さんゆるして下さい, さんようやくお目, さんよう亀さんようい, さんよう堪忍しや, さんよう知つてゐなさるんぢ, さんよう辛抱しや, さんよき人です, さんよくよくの事情, さんよければみんな, さんよりはずつと若いわ, さんよりもずつとお人, さんよりや才さんの, さんよろこぶだろうなあ, さんよろしおまん, さんよろしいかね, さんらしいですなア, さんらしい思ひつきだ, さんらしくありませんやね, さんらしくない洋食屋の, さんらしくなければ気, さんらしくなってきた, さんらしく呼びかけられてお, さんらしく見えるくらいです, さんらん十字の上, さんらん女の胴, さんらサッサとこの, さんら二人の相談, さんら以上のこと, さんら家のお, さんるすですか, さんろくろく人に, さんわかつたよ, さんわかりましたな, さんわかりますかぼく, さんわかりませんか, さんわが父が, さんわが子を捨てる, さんわしらが家, さんわたくしほんとうにそう, さんわたしお願いがある, さんわたしゃお嫁入り, さんわたしゃお前に二つ三つ, さんわたしゆうべ大へん, さんわたし今日はあやまる, さんわたし忘れ物をしました, さんわたし憂鬱になっちゃった, さんわたし等また明け, さんわたりましょうぞ, さんわっしは, さんわるく思わないで, さんわれら上士のもの, さんわれら協わぬ, さんゐなけれや世津子ちやん, さんゐねむりしてんだい, さんをかあいがって, さんをかどはかしたの, さんをさ滑るところ, さんをとに角女学校という, さんをなどあらぬ事, さんをなどと言って, さんをねぢ倒し, さんをもってはいます, さんをやツけて, さんは, さんアカなん, さんアクリーナの神, さんアザミさんと叫び, さんアナタワベッピンサンデスネボクヲアイシテクレマスカ, さんアネットさんペテーさんはいっ, さんアノ一寸和尚様に告げ, さんアノ梅と新, さんアノ甲田さんネあの, さんアノ裁判は間違い, さんアメリカの生活, さんアラあすこにわたし, さんアルミニュームというの, さんアンモニア水はありました, さん連れて, さんイキスの, さんイチローさんとしきりに, さんイヤサ明智君流石の君, さんイヤ丸部さん何にも要らぬ, さんイヤ丸部さん私は少し, さんイヤ日天さんがお, さんイヤ源さんイヤ日天さんがお, さんイヨイヨ気の毒になっ, さんイヴォンヌさんペンクラブの, さんウィスキイはそれ位, さんウェルス外三内氏夫人等に会い, さんウォツカの実験, さんウォトカ三人はバルザック, さんウンウンうなってるんだい, さんエホバの仮説, さんエラク御精, さんエンジンはうまく, さんエーをおいいだった, さんエヽ仰せの通り, さんエ与八さんエラク御精, さんオイお願えだ, さんオイ其処へ往く, さんオイ正木さんは居らん, さんオサヨさんとよぶ, さんオセッカイはよし, さんオヤ先ア傍腹を刺された, さんオルゴールもう一度鳴らし, さんオートバイで送っ, さんカインの末裔, さんカクテールを一杯, さんカタギになっ, さんカタリナさんによく, さんカツ一枚とビール一本, さんカテリーナさんのあと, さんカーッとしちゃっ, さんガソリンも切れ, さんガラッ八は, さんキクやん, さんキスしましょう, さんキッチンくんらに, さんキョロキョロして, さんギャングでしょう, さんクサってゐる, さんクビになった, さんクヨクヨしたつて, さんクリームやバター, さんクローリナはウソ, さんグッと斯, さんグリップをした, さんグールメルさんこの仕事, さんケイオーにゆき, さんケイコから飯田橋歯科, さんケイコ今日自分少しナーバス, さんケチンの電気オーヴン, さんケプロンの報告, さんケリヤムグインというあの, さんケンカしそう, さんこの餓鬼, さんコイコイという, さんココアはこれ, さんコタツのやぐらをはずして, さんコツプ貰ふてんか, さんコツンしたん, さんコニャックを四五杯, さんコレさお逃出, さんコロリはどう, さんコンテさんに御, さんコンパス長うて, さんコンマーシャライズしないかと, さんコートのところ, さんゴキゲンナナメだね, さんゴテゴテして, さんゴム輪のにし, さんこんなよく, さんサアこれからが, さんサイゴンで面白い, さんサルマタの紐, さんサンタクロスのお爺さん, さんシチメンチョウの卵, さんシツカリ御頼, さんシャシン上手ありました, さんシャツ地男児ブラウス地二枚分で四十五円也, さんシャンパンだシャンパン, さんジウラさんしつかりしてよ, さんジルコーヴィチさんといふ名, さんスエズを経由, さんスタイルでサービス, さんスタンドもって, さんスタンバイだそう, さんストレーカの死体, さんスバラシイ話でしょう, さんスリの手口, さんソチからかえって, さんソレ筏乗の市四郎さん, さんソンキさんキッチンくんら, さんタイプである, さんタクシーを大, さんタバコならここ, さんタンクを新調, さんタンゴを踊りましょう, さんター坊の親たち, さんダイヤモンドをちょうだい, さんダンサー諸嬢, さんチアムネスというもの, さんチウもんかも知れん, さんチキンライスか何, さんチト妙な節, さんチュウテなあ, さんチユウを一杯, さんチョコレートをひとつ, さんチョンと析, さんチヨイとオツ, さんチヨツトもお, さんッ慥乎して, さんツイ御名を知らし, さんツケツケ物を訊い, さんツナ子さんマデアルさんトヨさんが此, さんツボ平夫妻, さんあれへんわ, さんテことだが, さんテニスをやり, さんテーブルの上, さんテ彼の華厳滝, さんデートスコエの夢, さんトム公ってな子供, さんトヨさんが此, さんトランプをした, さんトリックの巧拙, さんトーケルン湖の水, さんドアに鍵, さんドイツに立つ, さん彼様不用心な, さんナイフを借し, さんナオミが居ない, さんナオミさんはそう, さんナフタリン売土方のワタリ, さんニコライの腰きり, さんネエお前さんてば, さんネエ叔父さん爾し, さんネーあの方, さんノコノコ沢ちやんに, さんもふし, さんハイこれが息子, さんハイカラの智惠子さん, さんハイチャイだ, さんハイボールを二杯, さんハッキリは分らない, さんハリソンさんは何, さんハンコ刻つておくれよ, さんハーモニカを吹い, さんバクチだもん, さんバスの中, さんバタバタと死ん, さんパイナップルの缶詰, さんパチンコやるの, さんパパ東京へ明日, さんパン屋はしまっ, さんパートナーがない, さんヒステリイというの, さんヒー太郎さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, さんビクビクなさるには, さんピアノさん優しい言葉, さんピトキン夫人にフランス語, さんファザアならファザア, さんフィルムありますか, さんフランクはほんとう, さんフランスではね, さんフロシキを頭, さんブウブウ言ひ乍ら, さんブツブツいいながら, さんブラウンがなに, さんプラジョさんしっかりなさい, さんプラヂョさんしつかりなさい, さんプンプン憤って, さんプーシュキンが棲んだ, さんヘキエキという, さんヘッヘッヘッうまくやっ, さんベッキイは下女, さんベッドに寝, さんベティさん葉山組の鎮子さん, さんペエタアさん南瓜ずき, さんペテーさんはいっ, さんペレールによった, さんペンクラブの, さんペンリントン夫人その他主催の東京ペン, さんホラ今さんじゃア, さんホンのそこ, さんホームシックにかかっ, さんボオトの写真, さんボク覚えて, さんボク四時ごろから目, さんボーイを呼ん, さんポントスは昨夜, さんマアきれいですこと, さんマア何ういう考え, さんマア大変なこと, さんマア心配しずに, さんマア此方へお, さんマア聞ておくれ, さんマザーになっ, さんマダム三浦の蝶々さん, さんマツチない, さんマデアルさんトヨさんが此, さんマブーフのお爺さん, さんママさんと云っ, さんマリ子を何時, さんマ何を貴, さんミイラ取りがミイラ, さんミスウェルス吉田さんなどとにぎやか, さんミス・アマミヤは死にました, さんミノルさんと言ってた, さんミミズをくわえ, さんムキになってネバ, さんムヤミとあの, さんメリケン粉をください, さんメンバーをかり集めよう, さんメーエルホリドへ行きがけ, さん少し, さんモウ原稿は出ない, さんモカさん保証しても, さんモカさん達も遠慮, さんモットお団子, さんモヤ一本頼む, さんヤケ起して, さんヤジられる怖れ, さんヨサノの奥さん, さんヨットに乗っ, さんヨーク腹に落ちる, さんヨーロッパ地図カルルスバード案内記その他持って, さんライオンは馴, さんライスカレーの拵え, さんラムネもう一本, さんランチが帰っ, さんラヴ・シインって何, さんリスボンに住んだら, さんリーズはね, さんリード夫人のお世話, さんルミだね, さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, さんレイモンド嬢を警戒, さんレコに参っちまっ, さんレヴューばりです, さんロシア人だろう, さんロシア語おやり, さんロチェスターさんがこ, さんロンドンへ三日, さんロンネと幡江, さんロースを焼, さんワイシャツの手, さんワセダでホームラン, さんヴァイオリンをかえし, さん一つ啓坊二三日あずかって, さん一つ国分を撲っ, さん一つ火加減を御覧, さん一つ相談がある, さん一つ真面目に考え, さん一つ馬の靴, さん一とき考えて, さん一ばん若くて, さん一ツあげましょうかと, さん一ツ手拍子そろえて, さん一ト桶干したよ, さん一二度他所ながらお, さん一二度他所乍らお目, さん一二粁も先, さん一人位何うにでも致します, さん一人切りでそれ, さん一人故泊ること, さん一人火の氣, さん一人火の気のない, さん一人相撲の真似, さん一人芝田さんの家, さん一代限りともあります, さん一体お前を殺した, さん一体これからどうしようという, さん一体何者だね, さん一個の, さん一処に来, さん一千二百三十四番の札, さん一升奢るん, さん一向けろりとして, さん一家族みんなで柿, さん一家美術店白井さん一家はぶじすくいだされ, さん一寸一緒に新宿, さん一寸八畳の方, さん一寸十錢貸して, さん一寸唄つてお遣り, さん一寸外の室, さん一年ばかりの間, さん一応帰宅, さん一悶着だろう, さん一方ならないお, さん一日も早く, さん一旦約束し, さん一昨々日の晩, さん一昨年の夏, さん一昨年あんたが私, さん一昨晩から陣痛, さん一時に飲んだで, さん一月の十七日, さん一朝に二, さん一枚着換えて, さん一歩も外, さん一番つまらなか, さん一番バスにどなた, さん一番先きに, さん一盃行こう, さん一目見たって, さん一種の性格, さん一糸もまとわぬ, さん一肌脱いでちょうだい, さん一言あなたに聞かせ, さん一調を, さん一足先に外, さん一踊りしませんか, さん一週間に一度, さん一遍あんたに会いたい, さん一雪である, さん一風呂お先きに, さん一馬さん三宅さん丹後さん矢代さん以上五人の方, さん一馬先生神山さん私これだけの男, さん一體税ちうもん, さん丁度宜いところ, さんという字, さん七万両の小判, さん七兵衛さんと馴, さん七十石の小禄, さん七番の坂本さん, さん万事貴下の方寸, さん万和の金, さん万歳をとなえた, さん万里を知っ, さん丈八ッさんと云, さん丈夫なん, さん之丞, さん三たびあなたにあの, さん三つ目に, さん三上さんはねあなた, さん三之助さんと言っ, さん三人家族は早朝, さん三人殺しの曲者, さん三公はど, さん三円八十銭は, さん三十万円を新宿, さん三十六歳で漱石先生, さん三十日や五十日, さん三十銭になります, さん三十頭ものもぐら, さん三千両に間違い, さん三千代さんと結婚, さん三千兩に間違, さん三原さんの間違えた, さん三号のバス, さん三回でうち, さん三好君には萩原さん, さん三宅さんそれに私, さん三宅さんらが便所, さん三宅さん一馬先生神山さん私これだけの男, さん三宅さん丹後さん矢代さん以上五人の方, さん三宅さん巨勢さんは御, さん三平連が吾輩, さん三年の恋, さん三年前に東京, さん三年越私は忘れ兼ねました, さん三拾両貸し, さん三時ごろに蓉子姉ちやん, さん三月十三日という, さん三木ちゃんには財産, さん三条に蔦屋, さん三沢さん野村さん伊丹さんです, さん三河町の親分さん, さん三浦さんがば, さん三田公はねえ, さん三番さんと順に, さん三百留というの, さん三菱の社長, さん三藏は三藏, さん三輪さん野平さん宮川さん宇留田さん梅林さんみえて, さん三野村さんが死なはりました, さん三階の先生, さん上がらないのか, さん上げますよ宜, さん上りの人, さん上人様は御, さん上品な妍美, さん上杉さんッていっ, さん上海にゆく, さん下してやん, さん下らん妖言浮説は, さん下りておい, さん下帶を買, さん下役を二人, さん下谷茅町の富山様, さん下関で地橙孫君, さん下階に座敷, さん下駄屋さん差配さんたるより, さん下駄屋さん差配人さんを理想, さん不二子さん水脈さん初瀬さん健次君丸山君藤沢君等を部屋, さん不在不得要領で戻つて, さん不在試写室でワーナー, さん不意の電報, さん不服かね, さん不相変いけます, さん与えられたものを, さん与八さん与八さんはいない, さん与右衛門さん武太さん田圃向うの信心家, さん世に疑獄と, さん世の中つていふもの知つて, さん世帯道具はこれっきり, さん世帶道具はこれ, さん世津子さんとご, さん世間態だけでもそこ, さん並みにしか扱われ, さん中さん西さんと呼ん, さん中井さんの黒マント, さん中国の人, さん中川一政さん御夫婦, さん中川君は大層, さん中川孝太郎さんの宿, さん中戸川吉二さん加宮貴一さんなどでいづれ, さん中支派遣でハガキ, さん中村不折さん中川孝太郎さんの宿, さん中村君に聞け, さん中村嬢の顔, さん中村憲吉君僕の三人, さん中泉の宿, さん中畑さんそれに向い合っ, さん中畑さん私それから母, さん中谷君には佐藤さん, さん中野さんの祝い, さん串戯ではありません, さん丸地さん一寸いらしつ, さん丸部さんオヤ先ア傍腹を刺された, さん丸髷に赤き, さん丹後さんは, さん丹後さん矢代さん以上五人の方, さん丹野さん訪問オーキ理髪の後林町, さん主人公緑平さんは今更, さん主婦さんはどこ, さん主従は別段, さん乃公はこ, さん乃木さんをやつ, さんの娘, さん久し振で酌, さん久しくお目, さん久し振りだなあ, さん久七さんの親子, さん久保田さん豐島さんの外, さん久保田万太郎さん豐島與志雄さんがいづれ, さん久兵衛さんも可哀想, さん久助さん火事ですよ, さん久慈は二三日行方不明, さん久振りだ一服吸つていき, さん久男が着物, さん之を一番へ, さん乗出して下さいます, さん乘出して, さん九太さんと云っ, さん九日出発とは存じませんでした, さん九月号から一つ, さん九百九十両盗った野郎, さん九百九十兩盜つた野郎を搜, さん乞食学校生徒などをかぞえあげました, さん乱暴じゃあがあせん, さんを呑ん, さんの子, さん亀さんツたらお前, さん亀井さん田中君私の四人, さん亀島さん太宰さんのお, さん亀戸ですか, さん了簡違いでございますぞ, さん争われないものじゃ, さん事シゴイさんを追いかけまわし, さん事件は之, さん事務所へもっ, さん事情がわかり, さん二ばんめが次郎さん, さん二三日大阪へ行っ, さん二人出立西へ東, さん二人揃つてあつしの, さん二人私恭それでたべました, さん二分じゃない, さん二十二日でしたか, さん二十五年のあいだ, さん二十五日ごろ御結婚, さん二十円は出しきれません, さん二十四千草さんはその, さん二十年前に別れた, さん二十年振りの弘光慶子さん, さん二十日さち子一週間鶴さん無慮一ヵ月以上, さん二十銭まけて, さん二十面相の腕, さん二圓あると, さん二宮巡査警防団長の大内さん, さん二度ぐらい会った, さん二度目なん, さん二斤におしなさい, さん二時までおつき合, さん二班と三班, さん二番町の小川様, さん二百両という大金, さん二百円だけで, さん二箱より下, さん二軒茶屋のほら, さん二郎さん早くお出で, さん二重マントを持っ, さん云い掛りを, さん云いだしっぺって, さん云つてたわ, さん云立てをし, さん互に恐ろしくテムポ, さん反麻, さん五人の中学生, さん五十錢貸して, さん五十雄君をジュニアさん, さん五千両見付かったの, さん五時半に来, さん五時頃来て, さん五時頃私がかえる, さん五重の塔にのぼっ, さん井上君はやくたすけ, さん井沢のレイ, さん亡くなった人を, さん亡くなつた内儀さんとは, さんは待っ, さん京子さん木曾乃は, さん京宝の小田等送り, さん京都大学の総長, さん京都府だ, さん人さらいのあった, さん人夫などもこの, さん人形をくれた, さん人情家である, さん人民戦線なんか御覧, さん人相見かね, さん人違いなん, さん人間交際もすりゃ, さん仁平治さん赤ちゃんの一隊, さん今あっちへ行った, さん今お帰り, さん今お前さんが言, さん今こちらへお客様, さん今し方お孃さん, さん今に至て, さん今にもこれへ, さん今わたしも思いつい, さん今一匁いくらで買っ, さん今一度試つてみて, さん今三社の前, さん今井の叔父さん, さん今井邦子さん築地藤子さん阪田幸代さんの見えられた, さん今僕はそれ, さん今君が蔀, さん今夜あたしちよつと出かける, さん今夜あんたすこし寝, さん今夜ひとつおいらをその, さん今夜丈はかんにん, さん今夜善哉喰べに行く, さん今夜新吉さんを連れ, さん今夜遠回りして, さん今宵はここ, さん今年幾歳になった, さん今店で貴方, さん今度のはお, さん今度一処に写真, さん今度呻れば, さん今度国に帰っ, さん今度徴用になっ, さん今度據ころなき事, さん今度晩げにでも暇, さん今弁信さんが鷲, さん今御帰り, さん今日あなたと何, さん今日みたいな日, さん今日一日食干に, さん今日公会堂で矢橋村, さん今日奈良に立つなり, さん今日師匠の容態, さん今日新版の本, さん今日旅行に出, さん今日私の来た, さん今時の若い, さん今晩わたしを此家, さん今晩姉の身の上, さん今晩須崎さんがねイ, さん今更何と, さん今月の分, さん今朝ここを開けた, さん今朝佐介さんからあらまし, さん今木村前名人, さん今来てゐた, さん今病氣でね, さん今私がどんな, さん今藤枝君の所, さん仏様のこと, さん仏蘭西語知って, さん仔豚さんをつれた, さんつけ糸の, さん仕事繁治さんコタツのやぐらをはずして, さんになさる, さん付いててくれ, さん付きの禿, さん仙太ですが, さん仙波さん寄与の懐中時計, さんつて, さん代ってくれ, さん代作をなすっ, さん令嬢奥さんそういう概括, さん令嬢達は大分ドライヴ, さん以上五人の方, さん以下四人の者, さん以外私の死ぬ, さん仮にも帝国軍人, さん仮にそう呼ばして, さん仮名床の伝吉, さん仰しゃりゃー承知しない, さん仰しやる今ま, さんなおりに, さん仲人の高橋定次郎氏, さん仲居まじりに, さん伊三郎は昨夜, さん伊丹さんです, さん伊保木様から死骸引取り, さん伊保木樣から死骸引取り, さん伊勢を立つ, さん伊勢町には女郎屋, さん伊達の取調べ, さん伊達さんがいらし, さん伊達君がまた, さん伊達家六十万石の藩主, さん休まずにやんなさい, さん休みもしない, さん会って下さい, さん会った時やったら, さん会所のもの, さん伯林より来る, さん伯母さん達は他, さん伯父はどう, さん伯父さんと言つて玄関, さん伯父さん伯母さんの顏, さん伴さんと太宰さん, さん伸ちゃんが追いかけ, さん似てる人思いつかない, さん似なら姉の, さん但しお隣り, さん位ハおやしない致す, さん位沢山の歌, さん位牌班といふ, さん位美い女, さん住める屋敷なら, さん住職になっ, さん佐々木さんなどの論文, さん佐七のところ, さん佐倉へは帰れません, さん佐吉さん国平さんただいま帰りました, さん佐渡でも破っ, さん佐藤さん警戒警報発令ですから, さん何かかん違いをしてる, さん何だつてあんな, さん何だいそれは, さん何でも貢さんで, さん何となく春めいて, さん何とも此の度は, さん何やらこわいやう, さん何シイに来, さん何一ツ不自由のない, さん何云つてンのよオ, さん何処さん行かしたかと, さん何処ぞい行きやはっ, さん何十年となく, さん何年になつたの, さん何御用ですかね, さん何日でも旦那, さん何時髯を剃り, さん何歳になる, さん何物も無い, さん何貫ある, さん余りにもののわからない, さん余り心配なさらないが, さん余り申訳が無い, さん余人なら知らぬこと, さん余程前から, さん作家の道, さん作曲して, さん佳いお声, さんながら手先, さん使ういうのん, さん使者をよこされました, さん來てんの, さん例のですか, さんだから, さんをした, さん依田先生が和歌, さん俄然もち前の, さん俊一君もういい, さん俊一君そこにある, さん保証しても, さん保護の役目, さん信さん寄って, さん信じてください, さん信次郎といっしょ, さん信清さんに罪, さん信用がある, さん修業にもいくらか, さん修道院長のとこ, さん俳句の方, さん俺ら今日は日, さん倉地さんは少し, さん倉田さん達の, さん個人にも触れる, さんにし, さん候これに懲りぬ, さん候何れもの旦那衆, さん候妾が父祖, さん借切りの豪華, さん倩さんか, さん偉いわね病人, さん健吉さんも卓, さん健吉さん嘉治さんなどみな, さん健吉画伯五丈館主の四人, さん健次さん周介さん夏樹さん初瀬さん水脈さん妹の田鶴さん, さん健次君丸山君藤沢君等を部屋, さんは浅い, さん働かないんだい, さん僕お父さんの夢, さん僕ちよつとお話, さん僕のだねえ, さん僕朝から行かう, さん僕海軍の戦死者, さん優しい言葉を, さん優等ですってね, さん儲かりすぎて金, さん儲かりますかい, さん元結はまだ, さん兄上の御, さん兇状持なの, さん先ころはどうも, さん先ず一別以来相変らず, さん先だつてのあなた, さん先づ此卦に因時, さん先刻お前私にお, さん先刻のがなお, さん先刻家から来た, さん先刻市蔵がこちら, さん先刻成戸さんに金, さん先刻炭屋がまゐりましてね, さん先刻秀子を引き立てる, さん先刻花車関が悔み, さん先刻誰か来, さん先刻駒ヶ岳に上らう, さん先年私の誕生日, さん先方から改めて, さん先日ッからそう, さん先日良人が貴, さん先月の初旬, さん先私がつまらなくっ, さん先程の若い, さん先頃まで大阪高等学校, さん光一でなきゃ納まらないん, さん光線の圧力, さん免職におなり, さん入ってもいい, さん入っしゃいまし, さん入らっしゃらないんです, さん入らないでしょうか, さん入営の時, さん入院したいうのに, さん全体今まで働いた, さん全部ですか, さん兩方へ附けんだ, さんの話, さん八あんや道楽者, さん八丁堀の旦那, さん八五郎が何ん, さん八五郎さんの本当に, さん八公の常連ここ, さん八卦かなんか, さん八幡さんなどが思ひ浮んだ, さん八方工面をした, さん八日の晩, さん八木さんいまひとりの青年, さん八木さん小林少年八木さんのつれ, さん八木岡さんおみえ, さん八橋はお前さん, さん八百屋が出る, さん八谷さんはこの, さん公園に巣, さん公平にみ, さん公然とこの, さん六代目の仮, さん六右衛門さん長謙さん珠子さん山チイだいこんの六人組, さん六喜美さんは眼玉, さん六尺八寸はあろう, さん六時間半ですよ, さん六道三途で溺れかけたら, さん共に古くから私, さん兵馬さん島田先生は死にました, さん其他其他というわけ, さん其儘で在らつ, さん其単衣はね, さん其單衣はね, さん其女つ子, さん其姉の森政子さん, さん其學生の一人, さん其所へおすわり, さん其様こと言ふもの, さん其次が高松太郎, さん其生田さんを忘れ, さん其盲目奇態で麥搗, さん其積りにし, さん其蝶さんと呼ぶ, さん其衣類は明朝, さんてお話, さん兼吉の為め, さん兼業の音楽家エピナッソー先生, さん兼藤紀子さんと四人, さん兼遊芸人さんは何, さん内々の話, さん内海の原稿, さん内海秋子さんが殺され, さん内田百間さん中川一政さん御夫婦, さん内緒の洋酒, さん内野さんと呼んだ, さん円廊の扉際, さん出現夕方まで, さん再び来たる, さん再度来訪何だか, さん写真屋が来ました, さん冥途へでもどこ, さん冬村さんだけで, さん冷かしたりし, さん冷めたいよ, さん冷やかしちゃ, さん凋びたレモンのよう, さん凡ての点, さん凡倉だねえ, さん処のは餡, さん出かけてよかっ, さん出かけたれバど, さん出したつけのよ, さん出しといたら女の子が, さん出ましよう, さん出やすのや, さん出ようよ, さん出掛けよう斯んな, さん出来て来た, さん出来たのなら出来たで, さん出来ましたよ, さん出来るわけが, さん出来事を一つ一つ, さん出産祝の件, さん出番ですお, さん出発した後, さん出発十七日になった, さん出鱈目を言っ, さん刄物を引い, さん分かって, さんかね私, さん切ないんです, さん切るべきものなら切っ, さん切れた男は, さん切髪の品, さん列び茶屋へも, さん初め伊勢屋の主人, さん初め傍の者, さん初め宿の主人, さん初め松江さん御夫婦, さん初め羽振りの好い, さん初瀬さんが集まつた, さん初瀬さん健次君丸山君藤沢君等を部屋, さん初瀬さん水脈さん妹の田鶴さん, さん判らないことは, さんに見え, さん別に私の, さん別に大して不思議にも, さん別れちまえよォ, さん別れるのだ, さん別府大分支局長などたいへん, さん別所さんお見え, さん別荘を持ってる, さん到着の時刻, さん制服を着, さん剃ってくれる, さん剃刀を持っ, さん前もって電話でも, さん前島ともさんお, さん前後の大連滞在, さん級長は, さん副長と鎮子さん, さん割り合せを頼む, さん劇務でつかれ, さん劇場の方, さん力持のお, さん加代子さんのほか, さん加宮貴一さんなどでいづれ, さん加減を見, さん加藤武雄さん堀木克三さん橋爪健さん尚此他, さん助役さんその外多く, さん努めたなあご苦労ご苦労, さん労働組合って, さんの野郎, さん勇敢な恰好, さん勇気がなくなった, さん動いちゃいけない, さん動かないで, さん動員令が下っ, さん動悸が激しくっ, さん違えしちゃ, さん勘弁して, さん勘爺さん其弟の辰爺さん, さん勘辨して, さん勝手に御用, さん勤めがついに, さん勤めはじめたし細君, さん化物屋敷なの, さん北八と顏, さん北山さん別所さんお見え, さん北村のご, さん北極だの南極, さん北辰電気へ紹介, さん北野丸を見, さん医者稼業というやつ, さん十三年振りで, さん十八人も死にました, さん十兵衛に罪, さん十分ほどしたら, さん十徳なんか着こんで, さん十手には十手, さん十日ばかし快, さん十時間や十二時間, さん十月までに奈良, さん十歳ばかりの小さい, さん十郎を誘つて昼飯, さん十郎さん来訪三人ぶら, さん十銭に五つ, さん十錢はずむ見かは, さん破矢, さん千々子さまと百々子, さん千五百石も取った, さん千代ちやんと他愛, さん千円の懸賞, さん千太さん理右衛門爺さんなんかが来る, さん千浪さん何だか門前, さん千登世といふ女, さん千草さん内海秋子さんが殺され, さん千賀春は炭火毒, さん千鳥さんお前さんなんぞに借りてる, さん千鳥さん萩代さん居なさるかい, さん午後三時から, さん午後三時間ほどよる, さん半分はお前さん, さん半死半生で戻っ, さん半身起き上って, さんの富, さん南洋へいつ, さん南玉先生からさっき, さん南瓜ずき, さん南階段の柱, さん衣一枚手拭を, さん博士はその, さん博識ぶって, さん卯平は幾つ, さん危いからどい, さん危いよそんなところ, さん危篤という話, さん危険人物が多い, さんが生める, さんの所, さん原稿は書く, さん去勢牛を二十留, さん去年中は色々, さん去年若松に行った, さん参りましたよ, さん参りました来たんです, さん参木はまだ, さん及びまど子さん, さん友さん今ここへ石, さん友達京都の医学博士, さん友達甲斐がねえと恨ん, さん葉山等見物, さん魂丹を, さん反物どころか食べる, さん反物入りまション, さん収税だらう, さん叔母さんよ, さん叔父の旅, さん取つてあげませう, さん取まわし一つで, さん取られたのは, さん取付いて, さん取持っておく, さん取替えて来ましょう, さん受持の女中, さん受話器にしがみつい, さん受験成績ハ如何で御座いますか, さん口幅ったいようだ, さん口癖のよう, さん口笛を吹い, さん口説かれてはわや, さん古い昔の, さん古池先生が間もなく, さん古狸だから, さん古道具買さんちょっとお待ち, さんは出来ました, さん叩かして上げる, さんだ一言判然, さん只今意識喪失の状態, さん上りませんか, さん召しますよ, さん可加減におし, さん可哀さうだ, さん可愛がつて, さん可愛がりますか, さん可愛らしいことを, さん可憐なチロル, さん可笑しかつぺなア, さん可笑しいのねエ私, さん叱られるよ, さんのポケット, さん叶えて下さいます, さん合図の笛, さん合方だ, さん吉さんという, さん吉原は嫌い, さん吉蔵さんと呼ん, さん吉野太夫ってどこ, さん一御, さん同じ村の, さん同乗おもしろおかしく話し, さん同志お互に, さん同様今も武ばった, さん同様米友の耳, さん同様賃仕事を分け, さん同然家の過去帳, さん同職の癖, さん名づけて, さん名前を何と, さん名古屋の人, さん名義の貯金, さん名誉ある人, さん向いの家, さん向こうにどんな, さん向島にはチョクチョク, さん君さんという, さん君たちもやらなき, さん君ひとつスパツと金, さん君イね何, さん君何うおもう, さん君庄司利喜太郎から頼まれ, さん君発電所のそば, さん吸っておくれ, さん吾儕は自分, さん吾夫の言い草, さん呂竹さん来庵, さん呆れけえった, さん呆れかえった唐変木です, さん呉服屋の息子さん, さん呉郎さん来訪ビール氷干魚, さん呑気だなあ, さん周さんは帰った, さん周介さん夏樹さん初瀬さん水脈さん妹の田鶴さん, さん周旋屋だろ, さん呼ばわりは語呂, さん呼びに行く, さん呼びますけどそれ, さん呼んどいて, さんを捨てる, さん命拾いをした, さん和一郎さんとあなた, さん和助さんを相手, さん和尚さんこちらは大層, さん和尚さん思禅法師のお, さん和歌山なん, さん和田さんつれ立って, さん和田さんあたりであらう, さんが涸, さんが良けれ, さん哥津ちやん位, さんでも歌, さん唯一人尚子さんは放送局, さん啄木にそんな, さん賣は, さん問屋の三郎さん, さん善いことだ, さん善七さんさんに逢つて愉快, さん喋つてるわ, さん喜びねえ, さん喜ぶべ, さん喜代ちゃんと呼び合っ, さん喜助なんつうものはバクチ, さん喧しすぎやしなくて, さん喧嘩ぢやない, さんの鐘, さん喫驚したでしょう, さんべなさった, さんを新た, さん嘆いてゐた, さん嘉治さんなどみな, さん器用に受け, さんおつ殺し, さんの五, さん四つ手でお, さん四人の心, さん四人みんな同行だ話題, さん四代目クラブは死に絶え, さん四十度の上, さん四十里も故, さん四年前に大変コレラ, さん四文銭を六把, さん四日前にゃよく, さん四苦八苦の態, さん四郎ちゃんが来た, さん因果応報の理, さん因縁をつける, さん団長さんかんにんして, さん困っててよ, さん困ったことが, さん困つたことが, さん困らせな小唄を, さん困るね, さんはどこ, さん国事犯の書生, さん国体護持派にピストル, さん国分という子, さん国平さんただいま帰りました, さん国旗を手, さん國木田さんはあそこ, さん園さんがお, さん園子さん君たちもやらなき, さん土井先生おみえ, さん土屋公献先生による成長, さん土手の甚藏さん, さん土筆沢山つみ, さん土肥さんええ焦れったい, さん土蔵の中, さん土部の御, さん庵, さん在らつしやる, さん在郷の人, さん地下室をみせ, さん地位も学, さん地元から立てず, さん地味な色, さん地境のこと, さん地平さんと呼ばれ, さん地方へ行っ, さん地球が粉々, さん地蔵さん豆が転がっ, さん地蔵さん豆さ転がって, さん地蔵様は御, さん地震だよ, さん坂の下の小川, さん坂口君は金庫屋さん, さん坂本さんがそう, さん坊ちゃんのお, さん坊っちゃん学者世間見ず御, さん坊やの名前, さん坊主鮮人等等そして彼等, さん坐らないか, さん城昌幸さんのにその, さん基ちゃん工藤等来り会す, さん堀木克三さん橋爪健さん尚此他, さん堀辰雄さん永井龍男さんいずれも花菖蒲, さん辨し, さん場所は場所, さん塩引が一, さん塩気が足りませんけれ, さん墓参りに能, さん増花作ったね, さん増長して, さん壁さんあなたは世の中, さん壁さんお前は本当に, さん壮年期を土方さん, さんが, さんの右, さん壺井栄さんなどとの互, さん変じて博士, さん変ったことが, さん変りないかしら, さんでもお, さん夏樹さん初瀬さん水脈さん妹の田鶴さん, さん夏次さん千鳥さん萩代さん居なさるかい, さん夕御飯に呼ん, さん夕方から思いがけず来, さん夕方来訪てつちやん今日, さん夕食を食う, さん夕飯に来る, さん外国へはいつ, さん外國人とや申さん, さん外崎さんやつと吉原, さん外村君には瀧井さん, さん外泊でしょう, さん外語のドイツ語, さん多いやない, さん多助さんにも叔母さん, さん多勢黒山のよう, さん多賀子私うちのトラック, さん夜もすがらカンづめ, さん夜更けですよ, さん夜気にうたれる, さん夜目にも確か, さん夜稼ぎなんか働い, さん夜逃げよりも朝逃げ, さん夜養せんならんのに, さん夢にも私は, さん大きい凸レンズは, さん大きな野だの, さん大久保に御, さん大事鬼が来た, さん大人気ないって, さん大仰な, さん大元気です, さん大分入り揚げてるって, さん大分痛手を負, さん大分若旦那と親し, さん大和さんに御, さん大垣のこと, さん大変怜悧だってね, さん大変樽柿を潰した, さん大変自分では大人, さん大変顔色が悪い, さん大学で美学, さん大将が私, さん大屋さんから新茶, さん大山君へ手紙, さん大平峠あたりは雪, さん大抵知って, さん大持てである, さん大挙して, さん大村さんと呼び, さん大村ひろ子さんが原稿, さん大森のこと, さん大橋が落ちた, さん大池が生き, さん大沼先生がなんか, さん大津絵師の半, さん大臣で那須野ヶ原, さん大舟町だの百四十四夜, さん大花環のこと, さん大谷さんなどの諸, さん大道だったろう, さん大間知さんそれに私, さん大隅さん伴さんと太宰さん, さん大隈さんに次い, さん天どんを食った, さん天ぷらを食わねえ, さん天主閣へ上りたい, さん天南は不具者ぢ, さん天女はすなわち, さん天才になる, さん天狗になっちゃった, さん天竜寺の一件, さん天香さん私は生きる, さん太夫様に会いたい, さん太郎くんはどこ, さん太郎さん大変よ, さん太閤さんなんかを籠伏せ, さん夫人に送る, さん夫妻あてのお, さん夫妻いね私かえりには, さん夫妻来酒がす, さん夫妻水がおごり, さん夫婦お上さんはだるま上り, さん夫婦チヨ子とキシさん, さん夫婦三月四日立って, さん夫婦俊雄君それから兄さん, さん夫婦子供づれで来た, さん夫婦幸福であれ, さん夫婦徳ちゃん夫婦があつまり, さん夫婦戸塚の夫妻, さん夫婦揃つてなくつ, さん夫婦田中さんの娘十一時, さん失敗したと, さん失業だわ, さん奇態に汚しあんせん, さん奇魔に死ぬ, さん奇麗だなあ, さん奈何でした, さんる, さん奢らせますよ, さん奥さんがお呼び, さん奥さんお嬢さんお嬢さんも久しく, さん奥様がお呼び, さん奧さんと御, さん奧方を害め, さん奪っちまいますよ, さん女だてらにあまり, さん女みたいによく, さん女中たちは室, さん女人禁制で蔦ちゃん, さん女子大の先生, さん女学校又いく分, さん女工さんたちも工場, さん女湯をあけた, さん女給になった, さん女達の間, さん女郎がこういったん, さん奴等が近づい, さんなお転婆, さん好う言れた, さん好く来て, さん妙テケレンなプラチナ, さん妙桂さんアノ一寸和尚様に告げ, さん妬かなくたって宜, さん妹我々ワフタンゴフでシルレル, さんだの子, さん妻子をうつ, さん妻恋坂下の切腹三法, さん妾ゃア思うん, さん妾医師である貴方, さんがこの, さん姉さんッてはッ, さん姉ぢやさうな, さん姉妹にどんな, さん姉弟が潜り込んだ, さん始めつからの話し, さん始めるぜ, さん始め三人を殺した, さん始め先生がたは皆, さん始め女中達まで皆, さん始め画壇の先輩, さん始め皆はいつ, さん始め県の役人, さん始め若い衆から朋輩衆, さん始め裁縫師にも宜, さん始め鍵屋の人達, さんと折合, さん姑嫁の一行, さん姿の小林少年, さん威勢よくひとつ, さん娑婆気だな, さん娘さん一糸もまとわぬ, さん娘はんお米, さん娘女中三人おつ, さん娘子さんは器量, さんおうとした, さん婚礼は挙げられる, さんは蛇, さん婦人労働組合のほう, さん婿君のため, さん嫂姉たちが並ん, さん嫌ひなんだ, さん嬉いなんぞと謂, さん嬉しがって, さん嬉しかろう三番, さん嬢さん何事も此, さん子さんお唄ひよ, さん子さん一寸唄つてお遣り, さん子どもらがかわいそう, さん子供たちと泳い, さん子供二人つれて, さん子供達を育て, さん子供達丈夫でいるの, さん子供部屋へ來, さん子分衆が居るだらう, さん字引を持っ, さん孝子の車, さん孝行だから, さん季夫の告別式, さん学位とれること, さん学務へ行っ, さん学校帰りの腕白, さんをつれ, さん學問をした, さん宇佐美の外国行き, さん宇太松さんと五郎次さん, さん宇宙塵て一体, さん宇山かつは真白, さん宇津木さんはおりません, さん宇留田さんと同行, さん宇留田さん梅林さんみえて, さん宇野浩二が気, さん守っておく, さん守屋三郎さんは支那文学, さん安倍さんなどがかんかん, さん安斉先生もお, さん安治川君は駄目, さん安藤さんなどのお話, さん安藤さん野上さんあの辺, さん安達ヶ原の広い, さん安部を一人, さん完成して, さん宗像さんも何とか, さん宗匠頭巾の横町, さん宗太も福島, さん宗慈寺の永禪和尚, さん宗旨の按摩, さん宗重君はどう, さん宙さんでは, さん宛てのもの, さん宛のとの中, さん宜しうございますお, さん宜しゅうございますお, さん実によく謡った, さん実に実に今日の, さん実体は死滅, さん室蘭にいい, さん宮川さん宇留田さん梅林さんみえて, さん宮本さんの云う, さんの内, さん宵子さんと呼んだ, さん家ん中がいや, さん家借銭が山, さん家賃は矢張り, さん容体ならいい, さん寂しそうだ, さんてくれました, さん寄らないで下, さん寄与の懐中時計, さん寄席へは, さん富之助は何處, さん富山の薬屋さん, さん富本さんには富本さん, さん寝てるかい, さん寝坊だってね, さん寝床で長大息, さん寝返り代と密告賃, さん寡夫かい, さん寧日なく宅下げ, さん寸法は分りました, さんで待つとる, さん寺尾幸夫さんがよい, さん寺島貞志さんその他の方々, さん対手の生活, さん対男の問題, さん寿司を一つ, さん寿江子みんなが揃い, さんを切りました, さん専務がお呼び, さん専門に稼い, さん専門家がいつか, さん将軍家もありがたい, さん尊母さんの心, さん尊氏という英雄さん, さん尊王攘夷のなんの, さん小さいかたい茶色の, さん小使さんと有名, さん小六殿には悪い, さん小勝さんバタバタと, さん小包で送っ, さん小声で内証, さん小学校長学生西洋画家宿屋の主人, さん小屋へ行く, さん小川さんも御, さん小川君はこういう, さん小康との報, さん小杉未醒は日本画, さん小松さんと重宝, さん小林君それから少年探偵団, さん小林君ポケット小僧それから上山さん, さん小林壽子さんとの三人連れ, さん小林少年ポケット小僧などをつぎつぎ, さん小林少年八木さんのつれ, さん小枝さんみな様がお, さん小栗を殺した, さん小池いとさん, さん小泉八雲の描く, さん小田原の姉様, さん小萩のこと, さん小野が来, さん小野さんと云う, さん小隊長を頼んだ, さん少しく狼狽い, さん少女のほう, さん少時御目, さん此他にも, さんへ咬付け, さんいてらッ, さん居なさるかい, さん居ねえしてえ, さん居らっしゃらないんです, さん居りましえん, さん居場所が解った, さん屈辱を言, さん屋根にのぼつ, さん屑屋をし, さん山の神さんどうぞ茸, さん山の神さん金毘羅さん牛の神さん, さん山の芋はいらん, さん山チイだいこんの六人組, さん山チイ私の三人, さん山下の越後屋, さん山下利三郎さんを筆頭, さん山内三人かえり宍戸, さん山内様は肺病, さん山崎美枝子さん大村ひろ子さんが原稿, さん山廷さんそして奥さん, さん山影さんなら尋ね人, さん山手の方, さん山木も未だ, さん山本有三氏は現代, さん山村さんのボタン, さん山田勇その他に会う, さん山田敬中さん抔も描い, さん山田町の吉田キヨ, さん山科の光悦屋敷, さん山鹿は逃げた, さんつ引, さん岡本さんコンテさんに御, さん岡本唐貴さん寺島貞志さんその他の方々, さん岡林さん終りましたから, さん岩本さん徳山ゆきの十時五十何分, さん岩見重太郎かのし, さん岸本さーん, さん岸田国士さんの選者ぶり, さんの途中, さん島崎に逢うたら, さん島田先生は死にました, さん島野の鸛一さん, さん崇拝するいうたか, さんへ鰹節, さん川又さんは後, さん川口さんは今朝未明, さん川口氏はまだ, さん川崎さんおあがんなさい, さん川床が非常, さん川瀬光子さん等のがあります, さん川越の老母, さん川辺氏など晴間, さん巡礼の爺さん, さん工作も愛弟, さん工場やめて, さん工学士の, さんは浩一郎さん, さんくいったら, さん巨勢さん三宅さんそれに私, さん巨勢さん私の三人, さん差支が無, さん差配人さんを理想, さん己ア母親は我儘もの, さん巴里から私, さん市川苺をもっ, さん市松に直ぐ, さん布団ならあそこ, さん師匠は全く, さんは誰, さん帯揚はどう, さん帰ったら近所中へ, さん帰らないでね, さん帰り来たりて警察側, さん帰ろうよ, さん帰宅さつ, さん帳面方は君, さん常磐御前から頼まれ, さんは漏りゃ, さん干乾しになっちゃう, さん平常はほんとう, さん平林さんもいっしょ, さん平林たい子さんのよう, さん平林初之輔さん藤井真澄さん加藤武雄さん堀木克三さん橋爪健さん尚此他, さん平次親分に皆んな, さん平田さんの音信, さん平野少年の四人, さん年がら年中歩いてばかり, さん年ちゃんたちが集まっ, さん年寄り仲間とも話, さん年枝さん鶴枝さんたちはみんな, さん年賀状をよこし, さん幼稚園の教員さん, さん里子さん死ん, さん幾分亢奮し一人, さん幾年になんなさる, さん幾許持って, さんのお父さん, さん広い江戸中にも, さん広岡のお嬢さん, さん広岡さんその他一寸顔を出し, さん広間の方, さん庄さんと呼んだ, さんに僕, さん店子一同を自宅, さん度々御親切, さん度胸をお, さん座頭の一座, さんをあづけます, さん建長寺の蘭渓道隆, さん弁信さんて言う, さん弁信さんさっきお前がしきりに, さんにオチニオチニ, さん引きなせえ助け, さん引き揚げた時は, さん引き返して, さん引こぬいて斬った, さん引っこんで, さん引っ張って来てよう, さん引っ越しの残り, さん引込んでちゃい, さん引込策を講じました, さんに良心, さん弟さんですよ, さん弥之助さんの手紙, さん張さんあそこだ, さん張りしたつて駄目, さん強がったってだめ, さん当りますか, さん当分わしのところ, さん当家の家政婦, さん当直さあん, さん形見をくれる, さん彦六さんの云う, さんはね傴僂, さん役兼任のため, さん彼処までは何, さん彼女げ焦れたんぢ, さん彼様猛悪な心, さんって来る, さん往生して, さん征討軍の鉄砲, さん徃訪三人同道して, さん徃訪不在かへつて, さん徃訪酒と飯, さん待ちくたびれてあんな, さん待ち合わして三人, さん待ち遠しいだろう, さん待ってたのが, さん待つてるでせう, さん待てよそう, さん待て呉れ云うて呉れる, さん後でまた, さん後でたんとおごつて貰ひまつせ, さん後でもし阪井が, さん後に吉田賢竜夫人に, さん後刻に遊び, さん後藤寺から次郎さん, さん後藤郁子さんが折角, さん従兄なんかに生れ, さん従兄弟再従兄弟, さん得意の筆法, さん從兄さんの深慮, さん御利益で, さん御前細工というもの, さん御厩樣それに棟梁, さん御嶽だよ, さん御新姐は, さん御新造様と出来た, さん御新造樣はこ, さん御曹子の親分さん, さん御無沙汰をしました, さん御無沙汰どころじゃなかろう, さん御苦労さまやなあ, さん御苦労ついでに道庵先生, さん御苦労御苦労もうここ, さん御酒が始, さん御酒台ゴブが二, さんた遊びましょう, さん徳さん今井の叔父さん, さん徳さん本橋さんそのほか, さん徳利を貸し, さん徳山ゆきの十時五十何分, さん徳川時代がまだ, さん心づくしの一瓶, さん心当たりはない, さん心当りは御座, さん心持のよい, さん心残りは, さん心殘りは, さん心理のいろいろ, さん必ずしもそうでは, さん志願者が六人, さん忘れたとは云わせない, さん応接室へ行っ, さん忠義で生一本, さん快して御, さんを押す, さん念仏を唱える, さん怒つちや不可ません, さん怒らないかね, さん怒らないでね, さん怒らないで取っといて下さい, さん怒りなすつちや厭, さん怒るなら何程でも, さんねえじゃ, さん怖がるこたあねえよ, さんつたか, さん思い出して下さい, さん思い当ることは, さん思がけない処, さん思つてゐるの, さん思ひの外, さん思ふ目が, さん思わず頭を, さん思切っておくんなさい, さん思禅法師のお, さん思胸に燃え, さん急ぐの, さん怨みにばかり思いやす, さん怪しからないねえ, さん怪訝な顔付, さんだよ, さんうして, さん恋しやほう, さん恋愛でもなすってる, さん恐い逃げましょう戦争, さん恐かったよ, さん恐がって俺, さん恐らくあの余分, さん恐れ入りますがお, さん恐ろしいですか, さん恐ろしくはない, さん恐縮だが, さんならねえ, さんかしいとは, さん恨めしくも有りましょう, さん息子の方, さん悄気ていらつ, さん悟空子健吉さんなどで, さん悟空子権宮司さんなど影ちりぢ, さん患者さんの代り, さんさを, さん悪う思わんでなあ, さん悪かったから, さん悪ものどもはこの, さん悪戯をし, さん情調を吹きかけられる, さん惚けたって無益, さん惣内夫婦を殺せし, さんをお, さん意氣大に上つて, さんいては, さん愚庵の立前, さんと貞, さん愛吉さんと呼びます, さん感心はしなかったでしょう, さん感情家らしかつた, さん感想はどう, さん感謝致します, さん慈厳とお, さん慌てなさんな, さん慰めて貰わん, さん慰問文がお, さん慷堂先生に会った, さん憚りですが, さん憚りさまお湯を一つ, さん憚りさまこれを出し, さん憚りながらおくせ直し, さん憤つてる見たいだ, さん憤りましたが先生, さん憮然と廊下, さん懐しい克巳が, さんった眼, さん成らう事なら, さん成ろう事なら, さんは娘, さん我々英ちゃんとで片づける, さん我々銃猟仲間は遠方, さん我が夫何卒, さん我慢なるめ, さん日珍らしく, さん戯作で売り出し, さん戯弄らんとおいと, さん戯談いつて, さんがある, さんを明け, さん戸台さんと皆あっち, さん戸外へ出たいでしょう, さん戸張さん本当におお, さん戸張さん私は, さん戸田さんのお家, さん戻してください, さん戻って来る, さん所有のもっとも, さん所著の歴世略伝, さん所長が呼ん, さん扇屋の三人目, さん手エたたいて, さん手伝いましょうか, さん手前のからす, さん手合は余り虫, さん手品のたね, さん手拭の一端, さん手拭いのなくなった, さん手製の饅頭, さん手製カツレツをもっ, さん手頃に脚本, さん才六は一寸, さん打ち合はせ, さん打ち明けてもらひ, さんは其朝長庵, さんひに, さんまはる, さんも描い, さん折り入って御, さん折惡く宿, さん折角迎いにお出で, さん抛っといてもいい, さん抱いて寝よう, さん拝みさ行ぐべ, さん拝みますよどうぞ, さん拾っておい, さんだから, さん持たして御覧, さん持ったかてきっと, さん持つてるなら見せておくれよ, さん持てツて, さん持参のうどん, さん指相撲をしましょう, さん指紋の分類, さん指輪早く売りなさい, さん捕まえて下さい, さん捜そ思て, さん捜索のこと, さん捨てられたの何, さんさん, さん掃いてござる, さん掛けたまえ, さん掛けたきや其處, さん探偵さんお話が済んだら入らっしゃい, さん掴まえやしなかったもの, さん掻き立ててくん, さん握手しよう, さん揶揄ってるん, さん揶揄うのもいい, さん撮りますよ, さん支局の人々, さん支局詰の某君等船, さん支店長さんが御, さん支持を止めなかつた, さん支那の哲学, さん支那料理の三十六碗, さん改めてお知らせする, さん攻撃理論ですがね, さん政子さんは貴方, さん政略的に私, さん故にこそ思います, さん敏子さんがこれ, さん敏子私三人でしきり, さん救う力が, さん敗けたんだ, さんて一問, さん敦子さまがこれ, さん治さん冬村さん, さん敬遠の理由, さんは減っ, さん数名と橋立, さん敵方の間者, さん敵討ちなら早, さん敷居を跨ねえ, さん文七でございます只今, さん文久三年に君, さん文壇での通名木下杢太郎さん, さん文学が好き, さん文学上のつまり, さん文治が醫者, さん文箱はある, さんにおり, さん料理が来ました, さん料理人前者はおし, さん斬られたじゃない, さん断ったろうね, さん新枕の初, さん新田さん阿波屋のかたき, さん新聞屋さんそれから眼白頬白みそさ, さん新規な涼しい, さん新高さんってチヤホヤ, さん方こちらには何, さん方それくらいな, さん方それぢやどうぞ, さん方ちよいとお, さん方ぢやない, さん方どこへ行きなさる, さん方ほんとの日本人, さん方みんながたびたび, さん方カタギのみなさん, さん方レーザーなんどでさらさら, さん方一と口, さん方三人に掛られた, さん方中国の人たち, さん方主人が先程, さん方二人でゆ, さん方何んか御用, さん方何時でも伜, さん方向がちがいやしない, さん方大変な事, さん方夫婦の身の上, さん方存分威張りかへ, さん方学校の遠足, さん方安房峠からおいで, さん方山三郎を生, さん方御存じかえ, さん方此私は惡, さん方濟みません, さん方熊谷様はしの党, さん方皆が精神的, さん方神経質にし, さん方聽いて, さん方蓮生をレンショウ, さん方鍾乳洞を見物, さん方静におやすみなさい, さん方鳴子屋の女, さん旅行ってどこ, さん既往の事, さん日和です, さん日張先生といふひと, さん日当ってなに, さん日曜日には遊び, さん日本橋の方, さん日本評論社の茅原茂さん, さん日本魂と日本人, さん日華洋行の大, さん日野様の坊っちゃん, さん旦那さんに紹介, さん旦那樣それでは, さん早々と, さん早うお断りお, さん早く早くこの刀, さん早まってはいかん, さん早合点で, さん早坂さんも御, さん早坂さん重役室までお, さん早瀬はありゃ, さん早稲田へ入れた, さん早速伊達と, さん昌一雪子のきょうだい, さん明けておく, さん明だるじゃア, さん明りが消, さん明日お出かけですか, さん明日イギリス人の男の子, さん明日オートバイで鎌倉, さん明智なんかお払い箱, さん明智さんあなた何をじ, さん明智先生はえらい, さん明智君は冗談, さん明神様へは定吉, さん明神樣へは定吉, さん昔のとほり, さんがキレイ, さん星さんそうじゃ, さん星さん一つの星, さん星城子君といつ, さん春子さんから手紙, さん春山様のは陸軍中尉, さん春次郎だってもう, さん春江さんに電話, さん春海さんなどは支局長, さん宵泊った, さん昨夜どこへ行きなすった, さん昨夜何時ごろに寝た, さん昨夜十二時ごろから山下, さん昨夜怪我をした, さん昨夜神意審問会の当時, さん昨夜雨の降った, さん昨日こちらへおいで, さん昨日仮りに, さん昨日偶然に電車, さん昨日僕は森彦さん, さん昨日大阪から久能志貴子, さん昨晩わたしはこんな, さん昭和十七年の一月末, さんの日中, さん時によりますと, さん時刻が時刻, さん時彦なんかに騙され, さん時節は待つべき, さん時計がなおっ, さん時計下のお, さん時間外は眼, さん晋さんどうかしやした, さん晩年の子供, さん景山さんといと, さん景年さんの塾, さん晶子さんと仰, さんそうだ, さん暑い時分に, さん暑中にもかかわらず, さん暗くして, さん暗殺者たちが上意, さん暢気なふう, さん曇らせてしまいます, さん曇るとなる, さん曙山さんのこと, さん曰くいつか二人でかえって, さん曰く私の三角, さん曰く肉体が衰え, さん曰私は多分, さん曲者の見, さん書斎へ行きましょう, さん書物を部屋, さん書生の運動会, さん書生ふたり警官ふたり少年探偵団員とチンピラ隊十七人, さん書留めですよッ, さん曾根さんだ, さん最も良き妻, さん最前なア, さん最早決して弱き心は, さん最近の通信, さん月江様は, さん月給はいらない, さん有りがたう, さん有本さん黒須さんと順次, さん有象無象が声, さん有閑マダムが一人, さん有難う有難う助かったわい, さん有馬さん大丈夫ですか, さん朋友でも呼ぶ, さんを取っ, さん朝倉先生がお呼び, さん朝十時半につく, さん朝来てくれた, さん朝疾からお, さん木下さんとひくく, さん木兎は何, さん木戸まで急用, さん木戸さんもどうぞ, さん木曜日の会, さん木曾乃は, さん木村さんが見えました, さん木沢さんいろいろ御, さん未だお疑い, さん未だに以て, さん未亡人の三度め, さん始終然う, さん本人が白状, さん本堂の床下, さん本当にどうして下さるの, さん本当に暫く何う, さん本日は来診, さん本橋さんそのほか, さん本船は明日, さん本郷の岡野さん, さんをつけ, さん杉本さん等々額を集め, さん杉本染子さん芹沢十四子さん川瀬光子さん等のがあります, さんの羊羹, さん村井の陸さん, さん村山さんの宿, さん村方へはどう, さん村田壽子さんと三人, さん来てるらしいぜ, さん来とんなさるな, さん来なかったかしら, さん来ねえんです, さん来びっくりして, さん来らっしゃらないと思った, さん来られた由, さん来レーニングラッドの口, さん来久しぶりで伴奏, さん来二百枚も小説, さん来今日レーニングラードへかえる, さん来仏教の話, さん来仕立やはゴスダルストボォ, さん来品川まで迎, さん来大塚の方, さん来居ありがたう, さん来庵さいはひ, さん来庵ざつくばらんに話す私, さん来庵まじめに俳談, さん来庵三月三日の吟行, さん来庵先夜の酔中散歩, さん来庵四方山話をする, さん来庵大根と密柑, さん来庵庵にも珍風景, さん来庵恋愛談を聞かされる, さん来庵愚痴と泣言, さん来庵文字通りの清談, さん来庵文藝春秋と婦人公論, さん来庵春らしくのんびり, さん来庵昨夜の会合, さん来庵暫らく話した, さん来庵本をいろ, さん来庵樹明君は来, さん来庵水など汲ん, さん来庵焼酎を舐め, さん来庵留守にし, さん来庵白米を持つ, さん来庵職を持たない, さん来庵西蔵の線香, さん来庵野菜をいろ, さん来庵閑談半日のよろこび, さん来庵閑談暫時ほいなくその, さん来庵香奠返しとして砂糖, さん来庵鮒野菜など頂戴, さん来月の二日ごろ, さん来栄さんは四国, さん来校正の手伝い, さん来訪あたりさわりのない, さん来訪いつしよに, さん来訪くらがりで閑談, さん来訪ちよつと話し, さん来訪ひきかへし, さん来訪ビール氷干魚, さん来訪予期しないでも, さん来訪何もない, さん来訪厚情に甘え, さん来訪四方山話でのんびり, さん来訪地方の小, さん来訪夕餉頃まで雑談, さん来訪夜は馬酔木居往訪, さん来訪散歩する雪男居, さん来訪新聞経営の話, さん来訪昨夜の出来事, さん来訪月のさしこむ, さん来訪水瓜を持つ, さん来訪無事を喜ぶ, さん来訪私が帰る, さん来訪葡萄をよばれる, さん来訪街の, さん来訪近く台台へ旅立たれる, さん来訪酒代を頂戴, さん来訪酒持参でつ, さん来訪電話で呉郎さん, さん来訪顔色がよく, さん来訪餅を頂戴, さん来談とりとめも, さん来談蚊に喰, さん来麻生久の, さん来鼓の袋, さんが遠い, さん東京都内にご, さん東山道軍の執事, さん東野さんとお, さん松井さんとお, さん松山さん沢村さん達がいずれ, さん松枝町まで大急ぎ, さん松田さんつてしよつちう, さん板新道の, さんの抽匣, さん林田さん一体これ, さん林田先生にごめん, さん林田君がもう, さん林町を手伝っ, さん林町うちは勿論, さんは小さい, さん郎さん大挙し, さん某さんおいとま, さん柳橋芳町の藝者, さん柴岡の歌, さん柴進さまを知らない, さんの実は, さん栄さん夫婦などとどじょう, さん栄養障害で脚, さんをやく, さん栗田さんはどうも, さん校長にされた, さん校長さんが湯気, さん株式暴落まではクリスチアン, さんが好き, さん根底をつかれた, さん根気がいい, さん格子にゆらゆら, さん桂さんのお, さん桂子さんから三八九会加入, さん案じることは, さん案内者は, さん桐壺のお客, さん桑名じゃあ, さん桔梗屋のお, さんの咲く, さん桜さんお松さんこの地口, さん桜井邸へいかれる, さんに打たれ, さん梅ちやんは西洋の, さん梅園さんがいられ, さん梅林さんみえて, さん梅監督さんと呼ん, さん梅鉢屋の坊主, さんはあの, さん森さん恨めしくも, さん森口嘉造氏はそこら, さん森木国松は無罪, さん植村さん何処へお, さん椎葺さんに干瓢さん, さん椿嬢蓮紅嬢かけ合いの, さん楠生さんと那須, さん極りを云っ, さん極東の女傑, さんじゃあ構わなかった, さん楽器店から蓄音機, さん楽観は許されん, さんが使える, さん槍祭あすっぽかし, さんを眼, さん模様変えだよ, さんもなく, さん権現さんの前, さん権田さん私が若し, さんになっ, さん横井さん刄物を引い, さん横町へなんか, さん樫谷の旦那, さん樹明君に二句, さん橋杭に打, さん橋板じゃよ, さん橋爪健さん尚此他, さん機嫌を直し, さん機智や飄逸, さん檜物町から八五郎親分, さんあって, さん欄間の光, さん次女の名, さん次第だん, さん次郎吉今度は辛抱, さん欲しがって, さん欲しけりゃパンを, さんされたの, さん歌うといい, さん歌えよ恥しい, さん歎文的日本語になおす, さん歓迎の打, さん止むことを, さん正に御親類, さん正己が養子縁組, さん正次郎も可哀相, さん正直そうな顔, さん此の間蓮見鮨の二階, さん此ら大變, さん此上は娘, さん此二つを昨日買つて來, さん此人酒はのまない, さん此前の喧嘩, さん此商賣は, さん此御部屋は夏, さん此所を開け, さん此方手の鳴る, さん此梅ちやんとはね, さん此男の言う, さん此程は不, さん此脇差は何程, さん此裏に彫っ, さん此間池永さんに逢つて, さん此頃ツクヅク人の世, さん此頃何もお, さん此頃切りに貴女, さん此頃私に何, さん武井高垣清原高島高野高柳西西崎石原その他の人々, さん武十旦那さんわしも今度, さん武太さん田圃向うの信心家, さん武蔵という男, さん武術にかけてはおま, さんをお, さん歩兵さんまあお待ち, さん歳どんでしたねえ, さん歸つておくれよ俺, さん死にやはる, さん死去の電報, さん死體を抱き上げた, さん残らず御存じ, さん残り物でもなん, さん段々金が貯, さん殺があった事が, さん殺されている, さん殺される命なら, さん殺したのは, さん殺らしちゃいけねえ, さん殺るとするなら, さん母さんの所, さん母ちゃんを助け, さん母上と御, さん母子越後の高田, さん母屋が焼け, さん母御をつれ, さん母様の顔, さん母里さんが帰った, さん毎年ござれ祝うて, さん毎度お客様を有難う, さん毎日不自由して, さん毎晩お前の所, さん比田さんって立て, さん毘沙門さん八幡さんなどが思ひ浮んだ, さん毛布は下, さん毛色の違うた, さん氏家さんのお, さん民子の事, さん民弥さんよい天気, さん民弥さん俺らを疑っ, さん民弥さん往生して, さん気がついたね気もち, さん気づかぬように, さん気に入ったら私が, さん気に入らないのかい, さん気に入りましたか好き, さん気前がいい, さん気取つた青年が, さん気取で長火鉢の, さん気味が悪いわねえ, さん気持はわかる, さん気狂いになった, さん気質の罪, さん氣分でも惡い, さん水口の閾, さん水晶の糸, さん水瓜のえら, さん水田さんと飲み, さん水脈さん初瀬さん健次君丸山君藤沢君等を部屋, さん水脈さん妹の田鶴さん, さん水雷長と山チイ, さんは張ります, さん氷さん強い者, さん永い間費って, さん永井荷風さんの事, さん永井龍男さんいずれも花菖蒲, さん永田の親方, さん汐見さんもう一人, さん汚れるぞ, さんはペネストリーノ, さん汝情無いわたし, さんと書いた, さん江戸一番と評判, さん江戸弁だね, さんの方, さん決してそうじゃありません, さん決着のところ, さん沈思長考私以上の悪手, さん沈黙も場合, さん沖仲仕生糸検査所へ初めて, さん沢家のお, さん沢山喫って頂戴, さん沢山時待つと, さん沢庵さんと頻りに, さん沢村さんに占領, さん沢村さん達がいずれ, さん沢田って云っ, さん沢田さんがお, さんしましょうかね, さんはござんせん, さん油断をし, さん油橋さん二人の細君, さん治郎君は大丈夫, さん泊って行きます, さん泊つてもいい, さん泊まっていったら, さん泊めてくれろ, さん法一さんどうなされた, さん法一さんあなたはなに, さん法恩寺の関取, さんを喰っ, さん波蘭の諺, さん泣いてたわね, さん泣かずにきい, さん泣かねいでももう, さん泣きたくなったの, さん泣くんぢや, さん泣寝入りは人, さん泥鰌を何処, さん注意する, さんの出る, さん泰平郷の画期的, さん泳ぐの, さん洋服が違っ, さん洋琴つてなかなか好い, さん洋行なすっちゃ, さん洋食たべながら, さん洗濯代をはらっ, さん派出婦人会其他七八軒の会社員, さん流しましょうか, さんべで, さん浜田さんは浜田さん, さん浦原浦子の失踪, さん浦和へ着く, さん浦子さんそれほど私, さん浦子さん丸部さんのお, さん浦子さん此の敵, さん浮かない顔し, さん浮世はまま, さん浮浪児の五, さん海員組合の折鞄, さん海流からはずれた, さん海獣とばかり交際, さん海老床の親方, さん海苔をつけ, さん海軍の機関兵, さん消えちゃったね, さん淀君さんはそら, さん淋しいね, さん淋しくはない, さん淑やかな方, さん深切な人, さん深沢君も一緒, さん深雪さんを一物, さん混乱した色彩, さん清さんのよう, さん清ちゃんがいじめる, さん清丸さんたちに送られ, さん清彦さんと書いた, さん清正の短刀, さん清水はです, さん済まなかったね, さん済まねえが酒, さん済むまいよ, さん渋谷までリュック, さん渡して, さん渡場で一番川幅, さん温しいのね, さん温情の持主, さん測れますかね, さん湯上がりタオルをぶらさげ, さん湯屋のお婆さん, さん湿布をし, さん満寿子さん島野の鸛一さん, さん源さんの轢いた, さん源三さんに託け, さん源助さん真に伴, さん源助さん眞に伴, さん溜池から湧い, さん溺れかけている, さん滅茶滅茶に騒ぎたい, さん滝さんおいおい, さんに出る, さん漁師でなく何ぞ, さん演芸通なん, さん漣さんという媚, さん漸く出来ました, さんと行っ, さん潜水夫やさかい, さん潜水機に乗る, さん澤田撫松さんなど御, さん濡れちまうよ, さん瀧井孝作君僕も皆, さん瀬村さん今夜は飲み明かしましょう, さん火の玉の一件, さん火事騒ぎに散らかった, さん火星さん言って, さん火星人はまだ, さん火縄が見えたら言っ, さん火鉢の火, さんがなくなっ, さん為さんと来, さん為さんあやまっておしまい, さん為めに準備, さん為め長野の遊廓, さん烏凧にしるし, さん邪氣な, さん無代で持っ, さん無分別をなすつ, さん無動寺へ行く, さん無味くって, さん無慮一ヵ月以上です, さん無理酒を飲ん, さん無線電信は来, さん無花果は何, さん無茶なこと, さん無論それも, さん焦臭いねえ, さん焼餅たらいふもの, さんを輪, さん照彦はあれ, さんたての, さん煽いでお, さん煽てるわけじゃ, さんはどんな, さん熊さん体の男, さん熱かったわねえ, さんが点い, さん燐寸をお, さん燕女は人, さん爲め御病體, さん爲御邊を是, さん爲故意に焚き火, さん爲淺草了源寺よりの送り, さんも母, さん父上はおっしゃいました, さん父子来訪いつしよに, さん輪に, さん片手で一杯, さん牛さんたちは腹, さん牛さん主人はどこ, さん牡丹さん私の部屋, さん物事は正しく, さん物干し竿あるか, さん犬さんあひるさん羊さん牛さんたちは腹, さん狂犬に吠えられた, さん狐うどん二杯下さいな, さん狐千年を経れ, さんで, さん独楽を廻さない, さん独身生活のわびし, さん狼さんむやみと人なぞ, さん狼狽したりと, さん猫ばあさんのいた, さん献げるよ, さん猶よくあなたの, さんにおどかされなすった, さん猿さんいつまで何, さん猿さんお前さんは生き肝, さん猿さん今日はいい, さん猿さん竜宮へ遊び, さん猿さん肝はどう, さん猿面冠者に清正公, さん獨得の生き方, さん獨特の義理人情, さん獲れるかね, さん獲物あったかい, さん玄関に淀君さん, さん率直に言っ, さん玉井のおかみさん, さん玉井さんは何票, さん玉子のお話, さん玉石堂も昨今悪戦苦闘, さん玉虫を見た, さん玉造の諸兄, さん王様の国, さん珊瑚が無えと, さん珍しくおそかったのね, さん珠子さんの四人, さん珠子さん山チイの五人, さん珠子さん山チイだいこんの六人組, さん珠子さん満寿子さん島野の鸛一さん, さん珠子さん陸さん山チイの五人, さん珠水さん糸之助さん, さん現にですね, さんの方, さんに合わねえ, さん理右衛門爺さんなんかが来る, さん琵琶を持っ, さん瓢箪を紅葉, さんを二三枚, さんチャン, さん甘美い酒, さん生きた人間は, さん生きてるよ金, さん生きるのよ, さん生き物は好き, さん生れぬ先の, さん生垣の前, さん生活費のたし, さん生物は好き, さん生田さん其生田さんを忘れ, さん産婆さんのほう, さん用意をし, さん田中君私の四人, さん田代さんに迎えられ, さん田原蟒おみつ, さん田圃向うの信心家, さん田屋さん才六は一寸, さん田毎にありとき, さん田畝の葦簾張, さん田舎ですね, さん田鶴子姫なん, さん由子さんあなたはいずれ, さん由雄さんによく, さん申して居ります, さん申しわけございませんが, さん申し訳ねえ, さん男の子が生まれました, さん男らしく定めましょう, さん男女の関係, さん男子は何, さん留守番に来, さん畝織もいい, さん番傘を一本, さん番頭さんビクビクなさる, さん異人さんって大騒ぎ, さん當人もお化け, さん當座用の煩悶帳, さん疑いはみんな私, さん疲れの休まる, さん疲れたんぢや, さん疲れるといけません, さん疲労れたの, さんでも着けられ, さん病人なら病人, さん病気不参のため, さん病私から行きました, さん痛いじゃない, さん痛くしちゃいやよ, さん痛快にはちがい, さん療治をうけよう, さん癇癪持の嫉妬, さん発光路の一件, さんばっくれるなんて, さん白い綿レースの, さん白楊さん青炎郎さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, さん白金が明日, さん白骨を立つ, さん白骨谷の通語, さん白鳳期がどう, さんも承知, さん百合餅ですが, さん百枚以上の小説, さん的完成そのものが古い, さん的趣味に追随, さん皆お前の罰, さん皆んな申上げます, さん皆んな私の思ひ, さん皆様は私, さん皮一枚だきゃあ, さん益満さんは貴女, さん盗られた財布は, さんられた財布, さんへ水, さん目がけて投げつけ, さん目覚めて発見, さん盲腸で臥床中, さん直ぐに戻つて, さん直接やっかいになった, さん直江と云, さん直送ってあげれ, さん相すまねえ, さん相変わらず綺麗だ, さん相対性原理の説明, さん相手ぢやなんにも, さん相撲とりが本場所, さん相沢の旦那, さん相生町にはあんな, さん相談したいという, さん省さんさあさあ蛇王様, さん省作が深田, さん眉毛つり上げて, さん看病に行った, さん看護婦附添いすべて患者, さんに伴, さん眞實に餘, さん眞箇に, さん真っ黒の女, さん真に伴れ, さん真ん中に入れ, さん真先に乗り込まなけれ, さん真先がけで新顔, さん真実我を支配, さん真弓さん知って, さん真青ぢやない, さん眠いでせう, さん眠っていらっしゃる, さん眠り薬でもかがされた, さん眩しくってたまらない, さん眼ェむいて, さん眼エ覚ましなさって, さん着こんでゐた, さん着物みんなぬいで, さん睡つてゐる, さん睨み合いしょ, さん矢代はねなかなか, さん矢代さんって云う, さん矢代さん三宅さん一馬先生神山さん私これだけの男, さん矢代さん以上五人の方, さん矢代さん何んですその, さん矢代さん巨勢さん三宅さんそれに私, さん矢代さん神山さんらが奮然と, さん矢島さんと妙, さん矢張りこれはベルさん, さん矢張り下手人は兼松, さん矢張り他殺でしょう, さん矢立を差してるなら, さん知ってたのです, さん知ってるやろ女学校時分に, さん知らなかっただね, さん知らなかつた筈ぢや, さん知れやしねえかね, さん短銃をそちら, さん石井さん亀島さん太宰さんのお, さん石動までいくら, さん石屋さんでしまひ, さん石田さんと呼ん, さん石金さんだ, さんを撒いた, さん破風を五合, さんが大好き, さん碁石じゃない, さんでなしです, さん確乎返事をお, さん確実な予想, さん磊落な方, さん磨かせなよ, さんが高い, さんの方二, さん社会には定めし, さん社会組織も発明, さん社長はそんなに, さん社長さん悟空子権宮司さんなど影ちりぢ, さん祇園乙部見番のお, さん祖母さん伯父さん伯母さんの顏, さん祖母さん子でまた, さん祝杯をお, さん祝言はいつ, さん神仏への信心, さん神山さんらが奮然と, さん神明の, さん祭司長のキリール神父, さん禁酒満一年, さん福富町の旦那, さん福岡さんミスウェルス吉田さんなどとにぎやか, さん福島さん郷土研究家の林鼓浪さんたち, さん秀子さんと握手, さん秀子さんお腹も立ちましょう, さん秀郎さんの鼓賊, さん私あなたは子供, さん私あんたの浪花節, さん私お話したいこと, さん私このごろヘトヘトに自分, さん私しとても御前, さん私しゃお前さんに頼みたい, さん私しゃ今朝のよう, さん私それを或, さん私たち汽車の通る, さん私たち路に迷つて, さん私ぢやありません, さん私なんざもう御覧の通り爺, さん私のだわねえ, さん私ひさ三人で数寄屋橋, さん私ゃ私ゃ顔が見たかった, さん私ア口惜しくッ, さん私ア道連の小平, さん私イ小せえ, さん私ダンサアになりたい, さん私一身上の御, さん私三人仲間がもっともっと, さん私両方とも写真, さん私井汲さん母子という顔ぶれ, さん私今まで沢山貴女, さん私何程一人で心, さん私共二人だけ出し, さん私処女よ, さん私占を見, さん私変な事, さん私幸福に見え, さん私弁護士になろ, さん私想ふの, さん私知つて, さん私私じゃ, さん私等段六さ滝さこれだけで, さん私縫子と一緒, さん私莫迦ね今, さん秋ごろ猟船がこの, さん秋子さんだからその間, さん秋川なんかのところ, さん秋川ひろ子さんとおつし, さん秋田は何, さん秋田浪子さんじゃありません, さん秘密な悲しみ, さん秘密命令って何, さん秩父の方, さん程にサア, さん程度になる, さん種々御尽力, さん稲ちゃんであったが, さん稲子さん私三人仲間がもっともっと, さん穂積重遠さん京都大学の総長, さん積りで向, さんしく貴方, さん穏やかに, さん空中征服をせないきまへん, さん空二さん釣れましたよ, さんの素燒, さん立ち寄る母へ, さん立ち話ぐらい奉公人同志何, さん立って校長室, さん立つのは, さん立会の上, さん立会えのうえ, さん立石嬢を訪ね, さん立話は疲れるだろう, さんの話, さん竹さんなん, さん竹内は土瓶, さん竹喬さんそうした男, さん竹屋の寅さん, さん竹監督さん梅監督さんと呼ん, さん竿をどう, さんつちや厭, さん笑いましたネ覚え, さん笑うばかりで受けつけよう, さん笑ってるからばか, さん笑われるとつまらない, さん笑子より少し, さん笑子レーニングラードへ出かける, さん第六感なんてそんな, さん笹屋だって知りますまい, さん笹山大作の思いがけぬ, さん筆記だぜ, さん等々一二の方々, さん等々額を集め, さん等のがあります, さん等ア今日に限ツ, さん等二人に何, さん等何にも心配なんざ, さん等先輩の言葉, さん等喰べる, さん等家からなんぞ見た, さん等日本のお, さん等有名なかたがた百三十名, さん等来たらしく名刺, さん等田へ踏ん込ん, さん等自分で這入ん, さんはうまく, さん筑波が見えます, さん答えたものの泥棒, さん算盤を頼みます, さん箱根の裏山, さん篠田さんのこと, さん篠田様は今日, さん篤とお考えなさっ, さんのいる, さん米つけ何とか何とか, さん米友さん家にいる, さん米屋の元, さん粂どんは其様, さんならば, さん糟谷さんともてはやされる, さん糠袋じゃァねえか, さん之助さん, さん糸巻塚ともいう, さん系統の刃物, さん紅丸さん構わないから, さん紅丸さんモカさん達も遠慮, さん紅吉などという連中, さん納得が行きました, さんの娘, さん素通りかえ, さんの襟, さん紫錦さんじゃない, さん細っかいよ, さん終りましたからどうぞ, さんをお願い, さん組合ってある, さん経営のコーヒー店, さん結びに結ん, さん結婚十五年という, さん結局は女, さん結局われわれは犯人, さん結局僕はそれ, さん結局切腹して, さん結構なお天気, さん絵専の中井宗太郎教授, さん絶えて久しい, さん絶交料三千円は随分, さん絶對的に新, さん絹坊の父親, さんの鼠色, さん綱雄さんにお, さん網野さん歩いて, さん網野さん関さん軽部さんへ手紙ハガキ, さん綺羅子さんを此処, さん綽名松谷秀子嬢貴女を茲, さん綿貫呼びやはったんやエエ口惜しい口惜しい今, さん総督は八十歳以上, さん締切ったガラス窓の, さん編集課長の, さん縁日やさん, さん縁起でもねえ, さん繁治さん私たちが喋り, さん繰り返して云, さん罰金が来た, さん署長さんもう斯, さん羅馬法王の冠, さんの中, さん羊さんあんた毛はどう, さん羊さんあんた角はどう, さん羊さん牛さんたちは腹, さんい縹緻, さん美和子さんなんか問題, さん美土代町の奧州屋, さん美津子さんは催眠薬, さん羨ましいな, さん義作さんどうしたら, さん義時という英雄さん, さん義雄さんにも相談しなけり, さん羽根を, さん翁さんから話, さん老年のペエル, さん老松姐さんもここ, さん考えたものじゃ, さん考えとくと言っ, さん考え過ぎてはいけません, さん者めが, さん而又其方は家内, さん聖ステファノ条約でさえも猶, さん聖書をお, さん聖書講義をきい, さん聞えますよ, さん聞かせて下さい, さん聞かない振で居て下さい, さん聞かなかったかい, さん聞き玉へ, さん聞こえないのか, さん聞こえるかい, さん聞こえるだろうね, さん聯想と云う, さんが, さん入れて, さん聴けばこの, さん職業柄あなたは行届いた, さん職業柄自分でやって来ました, さんまだある, さんたってのは, さん肖像にかく, さんやお, さんたてたん, さん肝腎の私自身, さん肝臓にお, さんを示す, さん育ちだつたの, さんがお, さん胆ッ玉をしつかりし, さん胡魔化されやしないかね, さん胴切の一件, さんにエプロン, さん能う來た, さん能う来て下さいました, さん能う考へて御覧, さんへよっ, さん脇本陣の桝田屋, さん脊中合せに寝ましょう, さんの色, さん脱獄のほう, さん腕グミして, さん腕時計をつけ, さん腕車よりおそい, さんをおい, さん腹ア立つちやア, さん腹工合がわるい, さんが来, さん自ら気がつかれない, さん自分たちの餌, さん自分自身でどうしてそんなに, さん自動車を衝突, さん自慢して, さん自然人生に対してデリカシー, さん自由じゃないでしょう, さん自身いやにしんみり, さん自身さへ思ひ遣り, さん自身本読みする念, さん自身残念だが, さん自身特異な詩人, さん自身稲次郎の事, さん臭い顔し, さん至急あなたに, さん與助でご, さん與吉こと起してた處, さんを舐めずりまわし, さん舞台の差, さん舞鶴へは帰りたくない, さん舶来のカノーネル, さん船幽霊は出ない, さん船頭は何処, さんにはいる, さんかつた, さん良ちゃんはうまい, さん色恋をするなら, さん色男に丁度, さん芝居の方, さん芥川さん互に恐ろしく, さん芦須賀さんはその, さん花さんは夜, さん花岡の若, さん花岡さんですから, さん花木さんおはんけち, さん花立が一つ, さん花魁が引, さん芳一さんあなたお化けにとっつかれた, さん芳子さん大変よお父さん, さん芸者がゐなけれ, さん芸者遊びなんかはよろしい, さん芹沢十四子さん川瀬光子さん等のがあります, さん若い衆などが大八車, さん若宮猛なんて株屋, さん若旦那様も御, さん若松行の馬車, さん若殿のお, さん苦しさよと, さん苦しいかの, さん苦しくはありません, さん苦しみ出しやはっ, さん苦沙弥君はそんな, さん苦笑をし, さん苦笑いの顔, さん苫船屋根船に炬燵, さん英男スエ子も時々, さん茂吉論も駄目, さん茅葺屋根から虫, さんを一杯くん, さん茶買ひ, さん茶飲まねいかよ, さん草むしり今でなくって, さん草鞋をお, さん荒木さんはそれぞれ, さん莞爾としました, さん菅笠を抱きました, さん菊子さんつてそんなにお, さん菊池久恵さんのところ, さんの中, さん菓子屋までまだ, さん華宵の女, さん萩乃さんはそこ, さん萩代さん居なさるかい, さん萱野アキさんおまえがこうして, さん落ちついてください, さん落籍おさせやしたや, さん落語ならちょうど, さん葉子さんが悪けれ, さん葉山組の鎮子さん, さん葛籠を取られた, さん葡萄酒は, さんをあけ, さんも今しがた, さん蕎麦でもやり, さん薄っぺらの雷同, さん薄情な人, さん薩摩芋は西洋料理, さん薪炭を使わん, さん薬屋かア, さんの花, さん藤井の真事さん, さん藤井真澄さん加藤武雄さん堀木克三さん橋爪健さん尚此他, さん藤作じゃア, さん藤木さんも小さい, さん藤波さんのお, さん藤野の準さん, さん蘭子さんのこういう, さん虎さんなどもその, さん虎井夫人は貴女, さん處さ行くべと, さんを封じ, さん虻さんどうした, さんにくわれ, さん蛇王様はなで, さんが見え, さん蜷川さん安藤さんなどのお話, さんだもの, さん蝮蛇に咬まれなすった, さん蟲馬追蟲を鳴, さんの鑵詰, さん血みどろの推摩居士, さん行かしたかと思っとった, さん行きましたか, さん行きますよ旦那様, さん行くでしょうかどう, さん行くまえにはそんな, さん行けば見す, さん行けるかしらどう, さん行つたつて好いで, さん行商に歩い, さん行衛知れずの, さん思ひ, さん衛さんと七つ, さんが騒がしゅう, さん表具屋の主人, さん表向きに引つ張る, さん摺り合うの, さん袖子さんのは病気, さん裁判のほう, さん裏口へお, さんがはだけ, さん襟元がくずれ, さん西に沈みかけ, さん西さんと呼ん, さん西宮さんは今日, さん西山の景勝, さん西洋料理の味, さん西洋菓子は珈琲, さん西田さんと東宝映画, さん西郷さん荒木さんはそれぞれ, さん見いなア万次郎の, さん見えたんです, さん見えはりましたえ, さん見えんと五郎はん, さん見ずじまいに, さん見ず知らずの他人, さん見せるものが, さん見たいな事を, さん見たいなんだつてゐる, さん見たくないから許しちゃう, さん見つかったかい, さん見つかるかもしれません, さん見なくってもよう, さん見りゃアまだ, さん見るやうに, さん見ればまだ, さん見下げられている, さん見事なセロリー, さん見得じゃない, さん見掛けたところ埃が, さん見渡すのに, さん見物をし, さん見舞黄ダンの由, さん覚えてらつしやい, さん親不孝だなん, さん親切ついでにヤカン, さん親子一生懸命掘るわ, さん親孝行するん, さん親愛なるおくさん, さん親方さん今そこで十八番, さん親無しにし, さん親爺さんが泣きこん, さん親類の娘さん, さん観音様と明神様, さんえてゐ, さん角兵衛獅子ってなに, さん角力を取らない, さん角力取で金, さん解ったかしら, さんふまでも, さん言いかけたことを, さん言ったがええ, さん言ってたからね, さん言つてゐたわ, さん言下に, さん言種が言種, さん計られたね, さん訊きたいことが, さん記憶のいい, さん訝な事を, さん訪問オーキ理髪の後林町, さん許せゆるせ取っ換へ, さんには参りません, さん訴人が突っ走っ, さん診察が頼みたい, さん証言に考慮, さん評判だぜ, さん試合のもうしこみ, さんの金さん, さん詩人のマイダーノフさん, さんはあたし, さんじつめた, さん詰らないもんです, さん詰らねえ事を, さん話されなかつたでしようか, さん話して下さい, さん詳しいでしょう, さん誂えちゃあお高く, さん誓うの, さん誘惑されないやう, さん誘拐を企て, さん誘拐事件に移る, さんを案じ, さん誠にどうも御尤, さん説教をし, さん読むときは, さん読者になっ, さん誰かからあんた, さん誰か一人好い弟子, さん調べる所の, さん調印もしましょう, さん調子はづれ, さん調子はずれに竹, さん調理場は冷めたい, さん調餌室というの, さんしてばかり, さん請取がいります, さん諦めて江戸, さん諸井看護婦木曾乃この三名, さん諸戸さんにゃ精神的欠陥, さんは解けました, さん謙さん私ゃ私ゃ顔が見たかった, さんつてるの, さん警察なんて随分, さん警戒警報発令ですから, さん警部さんがいる, さん譬え許嫁の女房, さんのねえ, さん谷土手下にぬ, さん谷間三根子が密室, さんが転がっ, さん豆さ転がって, さん豆腐には罪, さん豊世さんッてよく, さん豊島屋の人, さん豊田淳さんのおかき, さん豐島さんの外, さん豐島與志雄さんがいづれ, さんのよう, さん貞ちゃんもう一度そう呼ばし, さん貞ちゃん古藤さんがお, さん貞ちゃん岡さんがいらし, さん貞藏さんじゃア, さん負けさせる名人だ, さん負けるのかま, さん貢さんて言う, さん貧窮組が納まっ, さん責めましたよ責めました, さん責任が重い, さん貯蓄を八谷さん, さん貰うといい, さん貰って行きます, さん貰人が来ました, さん貴下其様馬鹿気たこと何処, さん貴公どうしてこの, さん貴君当分宿って, さん貴女お腹ン中で私, さん貴女さっきの夕立, さん貴女主人とこの, さん貴女伊ーさんに岡惚れ, さん貴女何か思い違い, さん貴女格子際へ出なすった, さん貴女能く御, さん貴島君の口, さん貴方些と此方, さん貴方人が善い, さん貴方何卒筆がお, さん貴方先へお, さん貴方小遣が入ります, さん貴方御酒を飲, さん貴方此市で何, さん貴方私の申, さん貴方自身は所長さん, さん貴方赤樫にお話し, さん貴方遊びに行つた事, さん貴男が祕かに作つて生徒, さん買う買わねえは兎, さん買おうたって買えない, さん買収したの, さん買物に行く, さん貸してあげます, さん貸したぜ, さん貸借ももと, さん貸元になっ, さん貿易会社の社長, さん資金を少し, さんの魔術, さん賢いよつて, さん賢吉君はどこ, さん賢夫人のこと, さん質屋には虫喰, さん賭けをしよう, さん賭場をどう, さん贈るところの, さん赤トラはどう, さん赤木君久米という顔ぶれ, さん赤紙付の手紙, さん赤蜻蛉をつかまえよう, さん赦してやろ思いなさっ, さん走りに豆畑, さん起きたのと, さん起きた起きた着いたぞさ, さん起きないか, さん起きよようこんなに, さん起きられるかいお前さん, さん起きるのです, さん起きろよ, さん起って頂戴, さん越野さんと呼ん, さん足りなかった教科書が, さん足尾に居る, さん足駄の跡, さんをついて行っ, さん跣足になつ, さん路地のつきあたり, さん路考の門弟, さん路銀のたし, さん踊ったり踊っ, さん踊りをおどる, さん踊んねえか, さん踊子の評判, さん踊子さんはダンサア, さん踊子さん方に必ず, さん蹴込んで張物, さん躍起になつて運動, さん身どもも一度, さん身どもせんえつ至極ながら敢えて, さん身ぶるいして, さん身分と用向き, さん身延のお山, さん身軽に立ちあがつ, さんのまえ, さん軍さは好き, さん軍人さんはいま, さん転ばして風船, さん転寝して, さん軽はずみな事, さん軽卒なこと, さん軽業が出来る, さん軽部さんへ手紙ハガキ, さんそうで, さん辛かんべえ, さん辛抱せえ, さん農地委員の方, さん農村なんかで, さん辻ちやんと呼び, さん辻便所って何, さん辻森さん知ってるん, さん辻風典馬にはまだ, さん迄も三田と, さん迎え酒がやりたくっ, さん常か, さん近く篠田さんに御, さん近ごろなにをし, さん近道はない, さん近頃さっぱりダンスに, さん近頃工合がえ, さん返しとくなはれ, さん返答しろ, さん迷惑でしょうね, さんつかけて, さん追いかけて来, さん追い出したら義理が, さん追っかけて行かなく, さん退引なら, さん退いて下さい, さん退きねえ, さん退屈でせう, さん退社手当随分どっさりおもらい, さん退職大尉のニルマーツキイさん, さん送った覚えが, さん送ったげて帰る, さん送りにゆく, さん送別私たち慰労のため, さん逃がさんように, さん逃がしちゃいけません, さん逃げるなんてそんな, さん逃げるなら今の, さん逆上つて丈は取消, さん途のりが遠い, さん途方もない, さん造花ですか, さん逢いたいという人, さん逢いたかったわ, さん逢ったのか, さん逢ったら宜しくと, さん連判状の筆頭, さん連盟のお, さん週旋屋さん女の浪速節語りさん, さん遅れまして何とも, さん遅刻届は活版摺, さんに貴方, さん遊ばしてあげ, さん遊ばないか, さん遊ばないかったって返事, さん遊びませんか, さん運惡く死んだ, さん過去の三事件, さん過般も参観, さん道中氣をつけ, さん道理こそ, さん達ぁ尻に帆, さん達ア悪事をやってる, さん達タフト先生に用事, さん達モカ連が一番利口者, さん達レーニングラードからかえって, さん達一度にそっち, さん達一般の風俗, さん達二三人と垣根, さん達二人ステーションまで行っ, さん達人間の生命, さん達仲間の意気地, さん達先刻まで居られました, さん達全部そうして全部, さん達四階に越し, さん達宗三郎どんに仁右衛門どん, さん達此人を切支丹, さん達玄人は肉, さん達白山から歩い, さん達紫派の諸, さん達駕籠を下ろし, さんやしません, さん遠い昔の, さん遠くへ行く, さん遠方を御, さん遠泳会にはきっと, さん還りのきりょうなんか, さん那谷から片山津, さんに逗留, さん郁坊は無事, さん郎らの金, さん部屋がなく, さんに入っ, さん郷土研究家の林鼓浪さんたち, さん郷里は越後, さん酋長の娘, さんいどくれよ, さん配給ですよ, さん酒一本持って, さん酒席でもある, さん酔っています, さん酔ったね, さん酔つて叫んで, さん酔興で夜夜中, さん酷く神経が, さん醤油の検査法, さん三さんと, さん重々無理なお, さん重傷ですが, さん重太郎が忌, さん重役になっ, さん重役室までお, さん重態の由, さん重治さん徳さん本橋さんそのほか, さん重治さん間宮さんたちと稲ちゃん, さんにする, さん野上さんあの辺, さん野中の一本杉, さん野原さんみえる, さん野口米次郎の令兄, さん野崎さん来て, さん野平さん宮川さん宇留田さん梅林さんみえて, さん野村さんの気持, さん野村さん伊丹さんです, さん野村徳太郎氏に案内, さん金ずくでも腕ずく, さん金之助病のため, さん金五郎さんだけで, さん金儲けを考えない, さん金吾だしっかり, さん金塊をかくされた, さん金太さんいい者, さん金太郎お仙ちゃんそんな, さん金座の烏凧, さん金庫をひらく, さん金持の娘, さん金椎さんまでがどんな, さん金椎君は今, さん金毘羅さん牛の神さん, さん金沢へは何日, さん金田さんに一日二日, さん金田一さんとあ, さん金盥が明いたら貸し, さん金眼彪の施恩, さん金蔵どのはまだ, さんから幽霊, さんですか, さん釣って見る, さん釣れましたよそら, さんよりか指, さん鈴ヶ森で獄門, さん鈴川の殿様, さん鈴木さん安倍さんなどがかんかん, さん鈴木久五郎等来訪多し, さん鈴木君の箏, さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, さん鉄砲玉屋根音ぐでりん等々と難なく, さん鉄道検車所の岩下喜代光, さん銀一君の友だち, さん銀座の木村屋さん, さん銃猟家先生のよう, さん銑さんと云った, さん銚子をどう, さん銭湯へ行こう, さん銭箱なんか覗い, さん銭金に不自由, さんの合鍵, さん錢箱なんか覗い, さん鍾馗大臣サンタクローズ桃太郎金太郎花咲爺乙姫様や浦島太郎, さんを六丁, さん鎌倉へ送っ, さんと矢筈, さん鐘つきですか, さん鑑定違ひぢ, さんどんてなあ, さん長くパリに, さん長吉を促し, さん長崎へ帰りました, さん長持ちがせ, さん長曾我部菊子さんなど各, さん長老が一度, さん長謙さん珠子さんの四人, さん長謙さん珠子さん山チイだいこんの六人組, さん長謙さん珠子さん満寿子さん島野の鸛一さん, さん長謙さん珠子さん陸さん山チイの五人, さん長謙さん陸さん珠子さん山チイの五人, さん長谷川さんとやさしく, さん長雨が続い, さん門下の哲学, さん開いた口が, さん開けておくれ, さん開けた方が, さん開けられないの, さん開成山へゆく, さん間もなく戦地へ, さん間合ねえ, さん間宮さんたちと稲ちゃん, さん間暫時の中, さん間男の成敗, さん間違つちや, さん間違いだろうね, さん間違ったかな, さん間違つてたなら勘弁, さん間配當すべし此旨我遺言, さん関さんに安否, さん関さん軽部さんへ手紙ハガキ, さん関ヶ原を越す, さん関屋さんも初めて, さん関戸の邸, さん阪急の小林房雄氏, さん防毒面は貸し, さん阿弥陀さまと間違えた, さん阿波屋のかたき, さん阿波屋さんにもずいぶん, さん附き合わなくって, さん降って来, さん降つたんです, さん降りてお出で, さん降誕祭贈物はいかが, さん陪審制の話, さん陰気だ陰気, さん陳情人が何, さん陶器は何, さん陸さん山チイの五人, さん陸さん珠子さん山チイの五人, さん陸軍の驃騎兵, さんに置けねえ, さん隊長さんもうその, さん階下の部屋, さん隔てるの嫌に, さん障子をしめ, さん隠さずに言っ, さん隠しちゃいやよあの, さん隠し立てをし, さん隠れなくってもいい, さん隠居でもしたく, さん隠居夫婦が此, さんのおばさん, さん隨分内地へ復, さん隱居さんのこと, さん雅子さんなんぞみ, さん集り話し込む, さん雑煮をたべ, さん雑草園へいけ, さん雑誌配達のついで, さん離れのした, さん有え, さん雨傘どこかしら, さん雪さんの容子, さん雪岡さんがねえ, さん雪路だから, さんだか, さん雲さんて心, さん雲さんあなたは世の中, さん雲さんお前は悪い, さん電信記号を知らない, さん露路のつきあたり, さん青年がこんなに沢山, さん青炎郎さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, さんかにし, さん面ア知ってるだろうな, さん面會です, さん面白くないじゃ, さんはあちら, さんの鍵, さん韮山とも言われた, さんを立て, さん音楽はお, さん頂戴な, さん順吉さんがお, さん須藤さん大谷さんなどの諸, さん頑固な吃逆, さん頬ぺたに墨, さん頭髪なんかつん, さん頼みたいことが, さん頼んだぜ婆さん, さん頼んますぜ, さん頼朝という豪傑さん, さん風さん強い者, さん風さんあなたは世の中, さん風俗を真似, さん風説を知りつ, さん風邪ひき鯰のわが, さん飄然て馬鹿竹, さん飛行機で満州国, さん飛騨の高山, さん食えないんだ, さん食べて下さい, さん食べさしてやん, さん食べたより嬉しい, さん食事の終りごろ, さん食後のお菓子, さん食料品がすこし, さん飯米のこと, さん飯野さん清丸さんたちに送られ, さん飲まんか, さん飲もう彼女たちの, さん飲んまっしゅう, さん飲んでるのね, さんへない, さん飼っておく, さん養ってくれる, さん養父さんの遺言どおり, さんりやると, さん餞別をしよう, さんを捻る, さん首尾よく敵討, さん香具師さん驚いたかい, さん香奠なら今, さん香華もあげやせん, さん香蔵さんそれにわたし, さんにお, さん馬廻りのごく, さん馬生さん小勝さんバタバタと, さん馬籠あたりの百姓, さん馬車へ乗る, さん馬酔木兄さんに逢, さん馴れたら惡く, さん迄迎, さん駅長さんと雑談, さん駆けつけ山後支局長は, さん駒さんの兄弟, さん駒場出た人, さん駒込までで, さんでも云ったら, さん駕籠の中, さん騒ぎか先刻一寸, さん騒ぎなさんな, さん驕れうんと馳走, さん驚かないでください, さん驚きなすつた, さん驚くことは, さん驚ろいた, さん高くは云, さん高原さんお見え, さん高峰さんと姓, さん高島田でやって来る, さん高橋お伝をお, さん高橋箒庵などという人, さん高浜ですが, さんをバッサリ, さん髪の毛じゃねえ, さん髪ふり乱し飯, さんが無くなりました, さんをし, さんの図, さんをフランス, さんを兩脇, さんのぬた, さんは片身, さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, さん鳴海さんかえる, さん鳴海さん笑子レーニングラードへ出かける, さん鳴海氏と来, さん鳴海田淵チェレパの姉妹, さんのもの, さん鳶頭又御, さん鴇窪の井出さん, さんが鳴いてる, さん鶏卵と玉子, さんが笑っ, さん鶴ちゃんはどうして, さん鶴枝さんたちはみんな, さん鷲爪さんそれから芥原さん, さんの爪, さん見て, さんは上作, さん麻布のえ, さん黒い服を, さん黒川さんちょっとここ, さん黒須さんと順次, さん黒須さん矢島さんと妙, さん默つてゐたもの, さん鼈甲の古び, さんの次ぎ, さん鼠さん強いもの, さん鼠小僧の御, さんA子さんの親, さんNHKから来り, さんSOSの無電