青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「したる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しずか しずか~ ~した した~ ~したい したい~ したがって~ ~したら したら~ ~したる
したる~
~しっかり しっかり~ ~しつ ~してる してる~ ~しない しない~ ~しなかった しなかった~ ~しなかつた

「したる~」 3244, 35ppm, 3339位

▼ したるもの~ (443, 13.7%)

37 なり 30 にし 19 なれば 9 あり 8 に非 7 である 6 ならん, なりと, なるが, なること, にあらず 5 なりき 4 にあらずや, に非ずし

3 [13件] がある, というべし, とする, と認め, と謂, ならずや, なりや, なるべし, なる可, に外, の夢, は実に, を見る

2 [33件] ありしが, ありと, あり閣下, あれば, たるは, とすれ, と推測, と解釈, なかりしが, なかりしのみ, なきのみ, なし, なし是, なり斯, に似, の如く, はあまり, はあらず, はこれ, はない, は即ち, は彼, は習慣性, までも遽かに侯, もあり, を準, 亦少し, 多し, 多し凡そ, 多し閣下, 蓋し亦, 豈に, 頗る多し

1 [185件] あらず, あらば, あらんや, ありしは, ありて, あるに, あるは, あるを, いずくんぞひとり佐久間, およそ五十年, かその, かな, かなといふ, が二十四張, が死, が無, が物質, すくなからず, その革命的気, であって, でただ, でなければ, で単に, で青色, というも可, といふべき, といふべし, といわざるべからず, とか, とし, としてともに, としてはじめて, として典型的意義, として最も, として秀吉, として解釈, とす, とすべきならむか, となしたれ, となす, となすべきなり, とはいひ, とはすこぶる, とは市学校, と信ぜ, と做さん, と公認, と其餘彼是, と判断, と察, と思う, と思つたの, と思はる, と思われる, と推定, と斷定, と異, と知るべし, と称, と見る, と見るべからず, と見るべき, と言うべし, と許すべからず, と認むる, なかりしとい, なきはなんぞ, などなるべし, なの, ならむ, なりここ, なりしかど, なりし事, なりとは, なり蓮花蕾, なるかを, なること釈然, なること釋然, なるぞ, なるを, なるを以て, なる事, なる旨, なれど, なれども, にあらざれ, につき, にて実に, にて當時, にて結構, にて菊五郎, にはあらざるべき, にはあらず, にや候, に候, に多く, に多し, に此式, に過ぎざれ, に過ぎず, の, のごとく覚, のごとし, のほか, の万, の如き, の如し, の帰らざる, の詩歌, はあるべからず, はあわせ, はその, はただ, はただちに, はた何, はみな, はニツツアー, はレアリズム, は伝道, は何, は全く, は到底, は外交問題, は如何, は山中, は忽疵物, は愚民, は成長, は文部省, は旅行用, は死, は皆大隈伯爵, は私, は稀, は絶無, は総じて, は總, は虜, は衆議院, は西洋, ひたすら家ごと, ほとんどまれ, もなけれ, も尠, も精神作用, も透谷, をあ, をいい, をその, をはじめ, をコックリ, をランゲ氏, を人事, を今日今時, を仔細, を何故, を併せ, を兼濟, を取り, を名づけ, を娶る, を屠殺, を左, を択べ, を挙, を敬宇先生, を求めた, を淡水, を生, を貼付, を録, 亦た, 今や無慙, 即ち其極致, 即ち高級神話, 多しとぞ, 実に平戸, 実に文豪ゴンクウル, 少なからず, 少なし, 或はそれ, 拙けれども, 故よろしから, 故駒ヶ岳, 決して掩

▼ したる~ (225, 6.9%)

9 何ぞや 6 唯だ, 彼れ 4 是れ 3 これわが, 女性の, 言を

2 [19件] ことさらとにも, 伯なりき, 即ち可, 單に, 實に, 形式上の, 快き物, 日本立憲政治史に, 明白なる, 此の, 毫も怪しむ, 稍, 著明, 蓋し亦, 蓋し新, 蓋し閣下, 蕪村の, 近世の, 適

1 [153件] あたかもかの, いずれ先生, おもはず, かならず物, この書板, この評判高, この詩人, これたれ, これまた, これ今日の, すなわち同, すなわち横須賀造船所, その各, その後の, その日, ただ十余年, なお今日, なにゆえぞ, はたして何人, まさしく中間勢力, まったくなんじ, めでたき気象, もっとも公明正大, アダム, ゼームス・ワットその, ニユーヨーク州を, ファラデーの, プロレタリア文芸の, 一に, 不信義, 世に隠くれなき, 世に隱, 之を, 争うべからざる, 事実なれ, 五行の, 亦以, 何ぞ恠, 何の, 何人も, 何故なる, 佛家の, 僕の, 僻せり, 先王の, 其各の, 其婦人が, 凡そ一年半の, 勿論たるべし, 勿論のみ, 千古の, 単に条約改正, 単に民党, 即ち欧洲, 即ち此歳, 即ち爰, 参河武士の, 又た, 叡山, 可きが, 右印刷に, 吾人が, 周知の, 哀れとも, 啻に一代, 善し然, 嘉永四年侯駕に, 土瓶形土器の, 城山附近に, 外国交際の, 大に, 実にかの, 実にその, 実にアダム, 実に二人先導, 実に安政六年十二月, 実に富, 実に寛政五年, 実に後白河法皇, 実に模範政党, 実に此大勢, 実に近世, 実質上の, 實質上の, 川柳, 巧に, 希臘悲壯劇の, 帝政論派と, 平民週報主筆行徳秋香なり, 当時に, 彼が, 彼方にも, 徳川治政より, 恐らくは憲政党内閣, 恐らくは憲政黨内閣, 恐らく今, 悪し, 愚者も, 我國生糸貿易の, 我手中の, 我輩の, 才力に, 按ふ, 排星運動の, 文明の, 新約克の, 是非なき, 景初二年即ち, 木曾の, 本居宣長, 本書が, 板垣氏の, 枯葉その, 歌曲を, 此詩人の, 氏が, 汝が, 浮石並に, 清洒なる, 爾後兩三年の, 畢竟するに全く事実, 白塔に, 相違も, 碧梧桐氏に, 穀物の, 空に, 竹林に, 第四号, 第四議会将, 第四議會將, 経済的の, 緑色の, 纔に, 自から力, 自然の, 自由党の, 自由党内閣が, 自由黨の, 自由黨内閣が, 舞台と, 荒廢せる, 蓋し争うべからざる, 蓋又, 西洋手品の, 覚束なき, 誰か, 農業に, 進歩党の, 進歩黨の, 過去において, 遼東還, 頗る, 頗る驚愕

▼ したること~ (103, 3.2%)

11 あり 8 なし 4 なきも, ならん 3 あらず 2 あらざりき, ありき, あるのみと, あるを, あれども, なく唯, なしと, もあり, 少なからず

1 [55件] あらざるなり, あらず日本, ありと, および近く経験, かえって少なし, があった, が動機, と千里以外, と蘭書, なかりき, なかりしなり, なきため, なきは, なき稍, なく主張, なく声明, なく甚だしきは, なし干鰯, ならば, なり, なるべし, なれども, によって実は, の夢中, はしかと, はなかるべし, はまさに, はわが国, は不体裁, は実に, は欧洲諸国, は歐洲, は知られつ, は確か, もあらん, もありき, もありたれ, もなかりし, もなく, もよく, も知りおられ, より生, を, を人みな奇怪, を以て徳川氏, を信じ, を告ぐる, を問う, を実際, を忘, を悲しみ, を悲しむ, を申さん, を証, 見るべし

▼ したる~ (72, 2.2%)

10 なり 3 あらば, なりと 2 あらず閣下, なし, は唯

1 [50件] あらざりしが, あり, ありて, ありと, ありとも, あるを, がその, がただ, がない, が後, が翌朝, が露見, こそなけれ, とては慶応義塾中一人, とは見えざるなり, と断定, と称する, と論ぜざる, なき国, なし祖先, なるが, なるべし, なれども, なれば, においてをや, にて神學, によりたる, のみを好めり, はこれ, はなし, は多く, は孰, は彼, は権威, は死刑, は真, は自由党, は自由黨, は身, は間出, よりも西洋人, を召還, を喞筒, を如何, を用い, を見, を認めなかった, 亦尠, 多きを以て, 多し

▼ したる~ (65, 2.0%)

10 ために 2 如くなる可, 為に

1 [51件] いわゆる, かの老, ごとくかの, ごとくしかく, ごとくその, ごとくなるも, ごとくなるを以て, ごとくもって, ごとくわが, ごとく意外, ごとく改進論派, ごとく最も, ごとく牛羊, ごとく第, ごとく終歳胸痛, ごとく経済論派, ごとく記憶, その代り層雲峡, その以前雑誌ザムボア, その結果, その間も, それでも疝氣, ためなら, ためのみ, 何れも, 何事もな, 何事をか, 六寸の, 再び三楽, 力足らずし, 和田垣博士に, 唯物論者などの, 大いに学者, 天子にな, 如くなれば, 如く思はれしを以て, 如く見える, 尚当時, 急に, 扨て, 時に口, 暖げに, 更に屏風, 本朝に, 此処は, 現在の, 皆ところ得が, 米国の, 裏口から, 警察側死者巡査二名重傷者四名軽傷者十二名に, 車の

▼ したる~ (42, 1.3%)

7 あり 3 ありき 2 なく終, ならん

1 [28件] ありしが, ありや, あるべき理無し, あるを以て, ある由, あれども, すらも忘れず, とは心付かず, など其外色, ならね, なれど, には思うべからず, によりて自ら, のみにあらず, のやう, は史家, もあり, もたま, もなく, もなけれ, も無し, よりはしなく, を悔, を示さざれ, を祝し, を非難, 有り, 見るべし

▼ したる~ (40, 1.2%)

4 あらば, なり 3 にし 2 なり而, なり閣下, にて大隈伯, もはや去りぬ, を問

1 [19件] ありと, あるを, さえなき, ぞなき, という, なり然るに, にあらね, の姓名, の男, はたいてい, はたやすく, は知るべし, は非常, もありし, を今日銀座, を作る, を圍, を失, 来りて

▼ したる~ (33, 1.0%)

2 すらも尚, は該犯罪者

1 [29件] ちこれ, ち第, なりき, なりしを以て, なりし事, にあらざれ, においてすら彼, に太祖, に彼, に於い, に起るべき, のこの, の事, の即興, の祭, の言, はその, はやや, は全然, は口, は精神, も一, も通弁その他, 一段と語気, 再び醒覚, 同報告者, 更に原文, 漸く暴力革命主義, 猶ほ

▼ したる~ (30, 0.9%)

4 にし 2 あり, なり, にあらずや, に善く, の如く, を見れ

1 [14件] あらざる也, あるを以て, など注意, ならざらん, なれども, によれ, に作品, に非ずし, のブレーントラスト, の位地, は則, をいう, を理解, 及び巷間

▼ したる結果~ (27, 0.8%)

3 に外 2 のみ, は左, は殆ど, も多

1 [16件] が大, が如何なる, この事件, である, でなく温情的, として女王國, として自然, と見る, なりけむ, なれども, においてまったく, によれ, は万般, は五十八万方マイル, は萬般, を人間

▼ したるを以て~ (26, 0.8%)

2 之れ, 伯を, 侯の, 公の, 公は, 其内閣は, 政治的新, 閣下は, 非立憲的動作 1 其の党首, 其の黨首, 十分の欣栄と, 十分の欣榮と, 吾は, 平氏を, 狭山課長が, 知るべし

▼ したるところ~ (25, 0.8%)

2 にある, のもの

1 [21件] ありしが, ありとこそ, この直方地方, である, なり, なりといふ, なれば, に善く, に生ずる, の, のもの二, の功績, の幻影, の底, ほぼ武士, もありき, を京橋警察署, を悉く, を記せし, を述, 少なからず

▼ したる~ (25, 0.8%)

1 [25件] である, において始め, には之, には乘客, には何人, には僕, に朋輩勘十郎, に産, に近頃, のごとし, の愉快, の賑さ, の遺書, は一途, は來, は前軍, は各, は外出, は帝国, は帝國, は犯人, は精神上, は著作者, を思ひ出すべし, 御近習

▼ したる~ (22, 0.7%)

3 車夫は 2 平常の

1 [17件] これを, その資望, そもそもその, とう, はたしてしから, 乱心したる, 今において, 否らざれ, 如く實際上左, 将た, 將た, 是等の, 水戸派と, 知らず地図, 終に帰り来らざる, 終に歸, 茶番の

▼ したるその~ (18, 0.6%)

2 姿いとい

1 [16件] もとに, 一つ一つに, 一例を, 中には, 人において, 信念の, 刹那に, 功を, 士人を, 帰途に, 廃滅の, 心中の, 時の, 瞬息に, 美しさ, 苦衷苦節を

▼ したるとき~ (18, 0.6%)

2 は必ず

1 [16件] およびペロポネソス, その家, と人々, においてはその, にこの, には, の慰謝料, はおそらくは, はその, は他, は六月以下, は如何, は平常, は自ら, も醜き, より生ずる

▼ したるのみ~ (17, 0.5%)

2 ならず又, ならず嚮, 是れ

1 [11件] ならずこの, ならずまた, ならず帷幄, ならず従来, ならず復古的革命家自身, ならず意識的語源論, ならず是等, ならず荻生徂徠論, 元より, 居士には, 民選議院設立を

▼ したる~ (17, 0.5%)

4 否や 2 到らずと, 知るべきのみ 1 その功大, 上陸せる, 否やを, 明らかなり, 明白なり, 是れ, 疑いあらず, 疑いなし, 疑うべからず

▼ したる事実~ (16, 0.5%)

2 に拠り

1 [14件] ありしは, について看取, は一点, は再三, は独り我輩内国人, もない, を増補, を抹殺, を知ら, を示し, を示す, を記す, を記憶, を証明

▼ したる~ (16, 0.5%)

2 なる沼, 政治家なり

1 [12件] 予算に, 哲学者と, 城下町である, 怪物が, 時期である, 歩廊の, 皇帝の, 舞台の, 舞臺の, 英雄を, 著述である, 豫算に

▼ したる~ (15, 0.5%)

1 [15件] ならざれば, なり, にては論語, にて世, にて定めたる, に書き方子供, に稲妻, の話, は人間一生, は土州, は夫婦, は学術, は家, みだりに師範生, 翌十四日朝廷

▼ したる所以~ (13, 0.4%)

8 なり 2 なりと 1 にし, のもの, は実に

▼ したる~ (12, 0.4%)

2 も此, れの 1 の偉功, の兄弟, の少女, の目, の言, の馬十, はグツ, は今

▼ したる~ (11, 0.3%)

1 [11件] ほとんど同じ, ほりに, 同一の, 同一般, 同時に幕府, 同様であります, 問ふ, 比喩ふれ, 毫も異なる, 熊蜂の, 都会風が

▼ したる~ (9, 0.3%)

2 少なからず 1 あり, なり, の腕環, ははなはだ, は世間, もなし, も聞い

▼ したる場合~ (9, 0.3%)

2 かにおいて多く, 少なきに 1 であらう, にほとんど, は令嬢, またはこの, を除き

▼ したるかを~ (8, 0.2%)

1 察すべし, 疑は, 疑ひぬ, 知らず, 知らんと, 示す, 見よ, 説明する

▼ したるこの~ (8, 0.2%)

1 事件の, 事業も, 分業的工業は, 地は, 大偉人, 時始め, 謎の, 霊魂が

▼ したると共に~ (8, 0.2%)

2 伊藤侯復た出で, 又た, 又其の 1 神経系統の, 神經系統の

▼ したるゆえん~ (8, 0.2%)

3 のもの 2 なり 1 なれども, はただ, もしくはまさに

▼ したる内閣~ (8, 0.2%)

2 に非, の遽, は不幸 1 の破, の破壊

▼ したる~ (8, 0.2%)

1 あるに, なるが, なれば, にありき, にし, にて其夫, に飛泉, 多かりし

▼ したる政府~ (8, 0.2%)

3 は日本政府 2 も其の 1 の大, の大胆, の筋

▼ したる~ (8, 0.2%)

2 にたどり, は大いに 1 かえって勢, かへつて勢, をと思う, をと思ふ

▼ したる~ (8, 0.2%)

3 に候 2 なり 1 じゃ, なるが, にて島田三郎氏軍備

▼ したるかと~ (7, 0.2%)

1 云ふ, 存じ申し, 彼此さがし, 思はる, 申候者も, 疑はる, 見受け候

▼ したるのみにて~ (7, 0.2%)

2 用心深き我心, 而も 1 何らの, 実は古き, 校舎には

▼ したる事實~ (7, 0.2%)

1 ありしは, に尠, は獨, を傳, を抹殺, を示し, を示す

▼ したる~ (7, 0.2%)

1 ともいふべし, にて我が, に呼び止められ, のただ一人夫, の風姿, を石, を見る

▼ したる~ (7, 0.2%)

2 を以て直に 1 その祟, にし, 伴藏は, 大当りと, 夫人は

▼ したる時代~ (7, 0.2%)

2 にあり, は人文 1 と人種, なり, にし

▼ したる~ (7, 0.2%)

2 ありて 1 がある, と言うべし, もたくさん, もやはり, を聞く

▼ したるに際し~ (6, 0.2%)

2 彼れ, 閣下は 1 伊藤公が, 侯が

▼ したる~ (6, 0.2%)

2 譏を 1 が多かろ, なれど, 致せしのみ, 譏りは

▼ したるやう~ (6, 0.2%)

2 に聞 1 なりき, なる多聞博通, に思はる, に落墨

▼ したる人物~ (6, 0.2%)

2 なり是, なれども 1 なりしこと, はこれ

▼ したる当時~ (6, 0.2%)

1 の事情, の位地, の心事, の意気, の風俗, を想い出し

▼ したる~ (6, 0.2%)

2 あり, をいかで 1 のヴァイオリン, の上

▼ したる社会~ (6, 0.2%)

2 にし, はただ 1 の歴史的関係, 焉んぞここ

▼ したる~ (6, 0.2%)

1 ありて, あるが, なるかの, にて家族, は之, を見ず

▼ したる閣下~ (6, 0.2%)

2 の内閣, の晩節 1 の名, の名誉

▼ したるため~ (5, 0.2%)

1 しもなし, であった, ならじ, なり, に

▼ したるまでにて~ (5, 0.2%)

1 かくいはね, かくいわね, 前に, 恰も銃猟, 検字に

▼ したるをもって~ (5, 0.2%)

1 ここに, ついに戦死, ビスマルクの, 宗長ら聞き, 遊歩の

▼ したる一人~ (5, 0.2%)

2 なりき 1 であった, です, の婦人

▼ したる以上~ (5, 0.2%)

1 その善後策, の煩悶, はこれ, はカルカッタ, は外夷

▼ したる~ (5, 0.2%)

2 をもっ 1 である, にもあらず, の臟

▼ したる~ (5, 0.2%)

1 島嶼を, 意匠なるべし, 愛国心の, 愛國心の, 理想家には

▼ したる~ (5, 0.2%)

1 の詫状, を口達, を告げ, を告白, を宣告

▼ したる次第~ (5, 0.2%)

2 なりと申され 1 でありますから, なりという, なるが

▼ したる~ (5, 0.2%)

2 は実に 1 なれば, は實, 多きは

▼ したる~ (5, 0.2%)

2 に於 1 ありと, にし, のみを掲げ

▼ したる~ (5, 0.2%)

2 にも曾, は公 1 には自ら文法

▼ したるかの~ (4, 0.1%)

2 感なき 1 肥大豕の, 阿駒

▼ したるかは~ (4, 0.1%)

1 とうてい警察, われ知らず, 解老, 諸子の

▼ したる~ (4, 0.1%)

2 の心状 1 の全体, の鉛錐

▼ したる~ (4, 0.1%)

2 より半天 1 に類想, 老人が

▼ したる人々~ (4, 0.1%)

1 なれば, のそこここ, の異教, を見よ

▼ したる伊藤侯~ (4, 0.1%)

2 は固 1 に対して今日唯, に對

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 なり云々, に先, に書, を斜め

▼ したる勢力~ (4, 0.1%)

2 の鞏固 1 の勝利, の結托鞏固

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 のお, の俳評一読これ, の譽れ, はまっ

▼ したる宗教~ (4, 0.1%)

1 である, として主張, に向, を有せ

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 寺院中にて, 時期である, 盆地の, 精神が

▼ したる彼等~ (4, 0.1%)

1 が得意, の不快, の勢力, の思想

▼ したる意味~ (4, 0.1%)

1 における文化的時間, にてこれ, の女, の現実主義

▼ したる有様~ (4, 0.1%)

1 こそ怪しけれ, にある, にて老いたる, 実に目

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 と空虚, に入れ, は男子, を認め

▼ したる理想~ (4, 0.1%)

2 にし 1 と其健闘, を有

▼ したる目的~ (4, 0.1%)

2 を有し 1 の存在, は始めて

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 にて私, の無事, を以て蛙, を忽ち

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 により金五万円也, は鼓, を激しく, を負う

▼ したる~ (4, 0.1%)

2 英雄も 1 が身, 馬の

▼ したる蕪村~ (4, 0.1%)

2 の技倆, より始まる

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 としては見る, なり, を作らざりし, を戲曲

▼ したる~ (4, 0.1%)

2 ありしは, を示さず

▼ したる~ (4, 0.1%)

1 にただ, に鵯二三羽, へ火口, を水

▼ したる~ (4, 0.1%)

3 に於 1 ありと

▼ したるうえ~ (3, 0.1%)

1 はいかなる, はまた, は自身

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 又二人, 吾輩に, 此上の

▼ したるだけの~ (3, 0.1%)

1 公園也, 変化さえ, 変化さへ

▼ したるによりて~ (3, 0.1%)

2 明治時代の 1 なるべし

▼ したるよし~ (3, 0.1%)

2 聞き及べり 1 しるせるは

▼ したる一事~ (3, 0.1%)

1 である, に在り, は甚注意

▼ したる一個~ (3, 0.1%)

1 の想像, の死人, の説話

▼ したる一種~ (3, 0.1%)

1 のヤソ教, のユスリたる, の達人也

▼ したる事なんど~ (3, 0.1%)

3 思ふとも

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 宜ならず 1 職として

▼ したる人心~ (3, 0.1%)

2 の反映 1 を鞭撻

▼ したる俳句~ (3, 0.1%)

2 をつくりし 1 の上

▼ したる功労~ (3, 0.1%)

1 もこれ, を忘, 多きは

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 の中, はむしろ, を列ねたるなり

▼ したる句法~ (3, 0.1%)

3 の緊密

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 時代の 1 令中には

▼ したる國家~ (3, 0.1%)

2 を形 1 に於

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 なれど, の上, は草木茂生

▼ したる大蔵大臣~ (3, 0.1%)

2 はかつて 1 の椅子

▼ したる姿~ (3, 0.1%)

1 となり, のなき, を見る

▼ したる存在~ (3, 0.1%)

1 に英国人, の一領域, の再現再生

▼ したる定義~ (3, 0.1%)

2 にてもし 1 にて若し

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 に移住, ののき干せる, の娘

▼ したる当年~ (3, 0.1%)

1 にし, の意気, の覇気

▼ したる形跡~ (3, 0.1%)

2 あり 1 の明らか

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 にやはあらぬ, をし, を以て他

▼ したる挙動~ (3, 0.1%)

1 ならずやとの, なり当時世人, を評し

▼ したる挨拶~ (3, 0.1%)

2 あって 1 というその

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 れなり 1 豈彼

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 の姫 1 は何

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 なり, にほのか, にも有らね

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 な姿 1 もなく

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 のかなた, の暗, の色

▼ したる現象~ (3, 0.1%)

2 に過ぎず 1 のみ

▼ したる知識~ (3, 0.1%)

1 のみだ, の働, の光明

▼ したる自由黨~ (3, 0.1%)

1 に入りたる, の實際的首領, は今や

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 なれば, に逢, は九年畑

▼ したる~ (3, 0.1%)

1 かと思わる, をすら放つ, を用

▼ したる~ (3, 0.1%)

2 衞公は 1 衞公

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 艶今しも, 静は

▼ したることこれ~ (2, 0.1%)

1 なり, はなはだ奇

▼ したること今~ (2, 0.1%)

2 の鯰このしろ

▼ したること前後~ (2, 0.1%)

2 各二囘

▼ したること前後二囘~ (2, 0.1%)

2 其の内閣

▼ したること此~ (2, 0.1%)

2 に年

▼ したるさま~ (2, 0.1%)

1 はなお, 殊にき

▼ したるところ飛石~ (2, 0.1%)

2 の画趣

▼ したるなり~ (2, 0.1%)

1 と, とし

▼ したるにより~ (2, 0.1%)

1 予定の, 横田大審院長は

▼ したるのち~ (2, 0.1%)

1 にはじめて, も幸福

▼ したるのみに~ (2, 0.1%)

1 して, とどまらず二国

▼ したるばかりの~ (2, 0.1%)

1 粥を, 足にて

▼ したるまで~ (2, 0.1%)

1 なり, なれば

▼ したるまま~ (2, 0.1%)

1 その瞳, にて豊頃

▼ したるもの一~ (2, 0.1%)

1 にし, は蕃野

▼ したるもの也何~ (2, 0.1%)

2 となれ

▼ したるもの而~ (2, 0.1%)

2 して

▼ したるよう~ (2, 0.1%)

1 なりき, に言う

▼ したるわが~ (2, 0.1%)

1 在野の, 邦の

▼ したるテーブル~ (2, 0.1%)

2 に向かい

▼ したるフェリイブル詩社~ (2, 0.1%)

2 の翹楚

▼ したるマカ~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ したる一勢力~ (2, 0.1%)

1 として国民, として國民

▼ したる一大非行~ (2, 0.1%)

2 なりと

▼ したる一種特別~ (2, 0.1%)

1 の画風, の興奮劑也

▼ したる一章~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ したる一面~ (2, 0.1%)

2 の画図

▼ したる三個人~ (2, 0.1%)

2 の形

▼ したる世界~ (2, 0.1%)

1 なり, に遊ばん

▼ したる主要~ (2, 0.1%)

2 の目的

▼ したる事績~ (2, 0.1%)

2 甚だ少

▼ したる事項~ (2, 0.1%)

1 は時, をも巧み

▼ したる二個~ (2, 0.1%)

1 の湯呑, の漁業用爆弾

▼ したる今日~ (2, 0.1%)

1 の吾人, の社会

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 の作品中, もこの

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 なること, は小生

▼ したる個人的立案~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ したる先生~ (2, 0.1%)

1 の勇猛, の書次

▼ したる児等~ (2, 0.1%)

1 よ, よ彼等

▼ したる冀望~ (2, 0.1%)

2 の悉く

▼ したる内容~ (2, 0.1%)

1 の上, の再現

▼ したる円髷~ (2, 0.1%)

1 に鼈甲脚, の漆

▼ したる制度~ (2, 0.1%)

1 なり習慣, を建設

▼ したる刹那~ (2, 0.1%)

1 の恐怖的心理状態, の最も

▼ したる劈頭語~ (2, 0.1%)

2 なりき

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 ありと, により莫大

▼ したる功勞~ (2, 0.1%)

1 を忘, 多きは

▼ したる勅語奉答文~ (2, 0.1%)

2 は形式上討論

▼ したる動詞~ (2, 0.1%)

2 にはあらざる

▼ したる古人~ (2, 0.1%)

1 の労, の説

▼ したる善後策~ (2, 0.1%)

1 に対して黒田伯, に對

▼ したる喜悦~ (2, 0.1%)

1 とも言えるでしょう, の

▼ したる国家~ (2, 0.1%)

1 に於, を成す

▼ したる国民~ (2, 0.1%)

1 に臨む, の精神

▼ したる国王紅衣~ (2, 0.1%)

2 のマイニンゲン夫人

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 である, を乘

▼ したる土佐派~ (2, 0.1%)

2 は更に

▼ したる地震~ (2, 0.1%)

1 が最も, は火山性

▼ したる多く~ (2, 0.1%)

1 の因果的結合, の豪族

▼ したる妖怪~ (2, 0.1%)

1 の事実, の意味

▼ したる婦人~ (2, 0.1%)

1 に不品行, はこれ婦人

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 ありて, なり

▼ したる学校~ (2, 0.1%)

1 とのありし, の教科書

▼ したる安全~ (2, 0.1%)

2 に非

▼ したる宗教組織~ (2, 0.1%)

1 あり, あり共和政治

▼ したる実に~ (2, 0.1%)

1 三年の, 匂も

▼ したる宣言~ (2, 0.1%)

2 の大要

▼ したる家庭~ (2, 0.1%)

1 の感化, の感化中

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 の価値, をもっ

▼ したる少女~ (2, 0.1%)

1 が片, を見

▼ したる少数~ (2, 0.1%)

1 の人才, の工場労働者

▼ したる幻想~ (2, 0.1%)

2 の裡

▼ したる幾多~ (2, 0.1%)

1 の改革, の猛

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 の折

▼ したる張本~ (2, 0.1%)

2 は西郷侯品川子

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 において現, の隆まり

▼ したる形式~ (2, 0.1%)

1 がある, を為さ

▼ したる従来~ (2, 0.1%)

2 の道徳

▼ したる思想~ (2, 0.1%)

1 の潮流, を現

▼ したる性質~ (2, 0.1%)

1 に過ぎず, のもの

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 もある

▼ したる愛国~ (2, 0.1%)

2 の志士

▼ したる愛蘭尚書~ (2, 0.1%)

2 の位地

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 にて文六, になし

▼ したる懷疑説~ (2, 0.1%)

1 は出, より見れ

▼ したる懷疑論~ (2, 0.1%)

1 では無い, とは云

▼ したる懷疑論者~ (2, 0.1%)

1 は上世, は眞僞

▼ したる技倆~ (2, 0.1%)

2 を有する

▼ したる擧動~ (2, 0.1%)

1 なり當時世人, を評し

▼ したる政友会~ (2, 0.1%)

1 となれり, の到底

▼ したる政友會~ (2, 0.1%)

1 となれり, の到底

▼ したる政治~ (2, 0.1%)

2 は最早

▼ したる政略的意見~ (2, 0.1%)

2 であるといふ

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 の中, もて精進食

▼ したる文学~ (2, 0.1%)

2 多く後世

▼ したる施設~ (2, 0.1%)

1 に対しては唯, に對

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 なり, には九千九百九十九円

▼ したる日本~ (2, 0.1%)

2 の一詩人

▼ したる日本人~ (2, 0.1%)

1 にあらざる, に対しもしも

▼ したる日本人民~ (2, 0.1%)

2 の思想

▼ したる日韓協約~ (2, 0.1%)

1 は列国, は列國

▼ したる時期~ (2, 0.1%)

1 である, の好例

▼ したる時蜜~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ したる時通り掛け~ (2, 0.1%)

1 の写真屋, の寫眞屋

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 においても現象, には全

▼ したる暴動~ (2, 0.1%)

2 は起れり

▼ したる書籍~ (2, 0.1%)

1 に解題, は遺骸

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 好の

▼ したる最初~ (2, 0.1%)

1 であつ, の一人

▼ したる木立~ (2, 0.1%)

1 など相, の幹

▼ したる未曾有~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ したる本篇~ (2, 0.1%)

1 の続篇, の續篇

▼ したる松方内閣~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ したる楽天~ (2, 0.1%)

1 にし, の手腕

▼ したる歌社会~ (2, 0.1%)

2 に老人崇拝

▼ したる毒泉~ (2, 0.1%)

2 は現に

▼ したる民族~ (2, 0.1%)

1 に非, の神話

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 は今, は青天

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 なり, を篠本造士館講師

▼ したる烏合~ (2, 0.1%)

1 の政団, の政團

▼ したる物理的集団的性格~ (2, 0.1%)

2 と情趣

▼ したる物語~ (2, 0.1%)

1 あり, の如き

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 なるにぞ, をな

▼ したる状態~ (2, 0.1%)

1 に外, に於

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 き, 狒の

▼ したる獅子~ (2, 0.1%)

1 の一群, の頭

▼ したる獅子王~ (2, 0.1%)

2 の威

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の如き

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 内閣は

▼ したる瑪瑙~ (2, 0.1%)

2 の寝棺

▼ したる産物たる~ (2, 0.1%)

2 に過ぎず

▼ したる田畑~ (2, 0.1%)

1 あり出獄後, をば親族

▼ したる由来~ (2, 0.1%)

1 は家風, を以て聊か

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 には何, を見出したら

▼ したる當時~ (2, 0.1%)

1 の事情, の位地

▼ したる痕跡~ (2, 0.1%)

1 を遺し, 及び絞殺

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 の面

▼ したる相貌~ (2, 0.1%)

2 は今

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 ではなく, や仏

▼ したる神話~ (2, 0.1%)

1 ありき, をその

▼ したる種々~ (2, 0.1%)

2 の馬鹿らしき

▼ したる立憲政府~ (2, 0.1%)

2 の完成

▼ したる立案たる~ (2, 0.1%)

2 に過ぎざる

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 物質といふ, 粹の

▼ したる罪案~ (2, 0.1%)

2 を決する

▼ したる美しき~ (2, 0.1%)

1 噴井ある, 女の

▼ したる美術品~ (2, 0.1%)

1 を得べく, を得べし

▼ したる習慣~ (2, 0.1%)

1 と更に, より貝殼追放

▼ したる老女~ (2, 0.1%)

1 の初, は熱心

▼ したる自由党~ (2, 0.1%)

1 に入りたる, は今や

▼ したる芭蕉~ (2, 0.1%)

2 は俳句

▼ したる薩人~ (2, 0.1%)

2 を以て目せられ

▼ したる藩閥~ (2, 0.1%)

1 の残党, の殘黨

▼ したる藩閥者流~ (2, 0.1%)

2 の助力

▼ したる表情~ (2, 0.1%)

1 にて, は彼女

▼ したる観念~ (2, 0.1%)

1 に基づき, を生徒

▼ したる言葉~ (2, 0.1%)

1 つづきの, の美し

▼ したる言責~ (2, 0.1%)

1 を実行, を實行

▼ したる詩形~ (2, 0.1%)

2 を用

▼ したる談理~ (2, 0.1%)

1 なり, は逍遙子後

▼ したる論派~ (2, 0.1%)

1 とははなはだ, と英国風

▼ したる諧謔法~ (2, 0.1%)

2 を選ん

▼ したる諸君左~ (2, 0.1%)

2 の如し

▼ したる諸氏~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ したる講筵~ (2, 0.1%)

2 だに往き

▼ したる議会~ (2, 0.1%)

1 に於, の柔順

▼ したる議會~ (2, 0.1%)

1 に於, の柔順

▼ したる谷子~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ したる資質~ (2, 0.1%)

2 を具

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 のみ

▼ したる軍兵二人上下~ (2, 0.1%)

1 よりう, よりうかがい出で

▼ したる近衛公~ (2, 0.1%)

1 は政治上, は政治社会

▼ したる部分~ (2, 0.1%)

1 が程度, をあたかも

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 という品, を指し

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 に楪葉, に琴

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 にてはその, 無く艶

▼ したる青年~ (2, 0.1%)

1 が処女, のおお

▼ したる面目~ (2, 0.1%)

2 の以

▼ したる領分~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 を擡げ, を木

▼ したる~ (2, 0.1%)

2 のあたり汗

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 して, でそっと

▼ したる顔色~ (2, 0.1%)

1 して, も散りたる

▼ したる~ (2, 0.1%)

1 にて家内, は

▼1* [1073件]

したるあとの黄色, したるあのほとんど銃, したるあの恐るべき国家的抑圧の, したるいま一人はそれ, したるいわゆる勤王有志家の, したるおのれみずからの認識, したるかまたは旅行中, したるがさまであった, したるこそ苦労の, したることその他平常心頭, したること万目の公認, したること尋常ならざりき, したること幾何ぞ, したること幾度なりしを, したること通説なれども, したるさあ一緒について, したるさかい涙拭い, したるさま天台一萬八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, したるにやられた, したるすなわち日本鎖国の, したるぞと問えば, したるため一週間の製造高, したるため些の餘地, したるため横浜に停船, したるため機能停止したるもの, したるだけはややうるさい, したるつもりであります, したるつよき逸話この, したるとき東京の紳士, したるとき鼠小僧墓所石構えの裏手, したるとこの島, したるところ志を同じ, したるとのために, したるとはいえこれ, したるとやいふべき, したるなかにある, したるなどのことは, したるなどを洋服の, したるにおいてをや, したるによって明らかである, したるのみのことならん, したるはかの爆弾事件, したるはずの技法, したるはなんぞや, したるばかりか内部においても, したるひと間のみ, したるほかに複雑, したるまた宜べ, したるまでなりと解して, したるまでにとどまりしも, したるまでのことに, したるまま床に帰り, したるまま静止し又は, したるもしくは流寓, したるものそれ幾人かある, したるもの一人もなし, したるもの一人二箇に命中, したるもの一人他は僅, したるもの一千三百二十六万七千四百二十一円信徒の寄付, したるもの之を称し, したるもの二十箇村に達し, したるもの今は蕪村, したるもの十手を携えたる, したるもの四十余巻ありと, したるもの安ぞ經世, したるもの幾人かある, したるもの恋愛は人類, したるもの支那事変や大東亞戰爭, したるもの是れ實, したるもの此を大国主神, したるもの此冊子を成す, したるもの真の愛慕, したるもの自己を主張, したるゆえにまず, したるゆゑ故郷にて, したるよと思ひつつも, したるより大騒ぎと, したるわが家の月, したるは有, したるアイデアに吾, したるアウグスチヌスは本書, したるアキルリュウスの壯麗, したるアフガニスタン境界論のごとき, したるエジプト人らが数千年前, したるキリシタンの十字架, したるクリストの軍隊, したるクロニオーン立ちて, したるコスモとしてはある程度, したるシルクハツトをのせ, したるジヤベリンの弾道, したるスペクトルの分析, したるスープの價, したるソクラテスの心境, したるゾラならむとは, したるツロギリシアの諸, したるパッシーフの側, したるパトロクロスの墳塋, したるビーコンスフィールド侯の力, したるフィフテ氏といえ, したるフランス自身の権化, したるベーツ氏の記載, したるボアソナード案の法典, したるボルテイアとなり, したるマテリーとエネルギー, したるマルチの像, したるメスを取り, したるモッカを飲み, したるラザフォード・オルコック氏がさきごろ露国, したるラマが不, したるルイ・ゴンスはけだし, したるレアリズムは俳句, したるロミオを先, したるローマ人もその, したる一々を一々, したる一つの反乱, したる一世界である汝, したる一個壮年のドクトル, したる一八四四年より六〇年, したる一原因なり, したる一大悪兆なり, したる一大惡兆なり, したる一大有機体なり, したる一女神の像, したる一技師は須臾, したる一日救われたる誤れる方略, したる一書あり, したる一浪子の愛, したる一点であります, したる一節を讀ま, したる一般的結論にし, したる一郎よしこれ, したる一部に祝部高坏土器, したる一間通しの四本襖, したる一階級の民, したる一飜案が發行, したる七少女氷まもりぬ山, したる丈夫の面, したる三ツ眼の怪物, したる三好は顔, したる三沢校長初め三十数名の高等, したる上同年十一月一日各被告人, したる上框へ腰, したる上着を着, したる上石塚氏を使い, したる下田条約にし, したる下部を蔽, したる下駄の音, したる不信任案に對, したる不公平なれども, したる不夜城の壁, したる不平は致命的, したる不法檻禁罪なりし由, したる世の中には男女, したる世界觀從つて一切の事象, したる両手も仕事, したる両足をば膝, したる中年者の来襲, したる中心点は何処, したる丸太や竹, したる體は, したる主因なり, したる主婦のお, したる主従関係が生じ, したる主義なるを, したる主観でなくより, したるは後, したる予言の今日, したる事なきわれつらつら思う, したる事なき異状なる出来事, したる事並に絵本, したる事例の存, したる事政宗方に名生, したる事柄あるいは希望, したる事物の無限, したる事發覺し右五名及連累者二名, したる事等によりて同志, したる二つのチーム, したる二人は肉交, したる二階建なり, したる二霊魂が合し, したる五六の猛, したる五六艘の船, したる亞米利加なりき, したる亡者が或は, したる京師の空気, したる人々これが為, したる人々左のごとし, したる人他国にも間々, したる人倫關係乃至は, したる人士の憎, したる人材に相違, したる人種は文化, したる人肩摩るほどに, したる人間は天, したる暗き鐵燈籠, したるも目, したる今度がはじめて, したる今日敵機の襲来, したる仕事が恥辱, したるの律法, したる他人の姿, したる以來國民が一日, したる以外にも亦, したる以後に連続, したる仮作譚を速記, したるに面白味, したる伊太利の西岸, したる会則を一読, したる伯父かな, したるの大, したる位地に達した, したる住宅は隣家蔦屋, したる佐佐木夫人に対するや慇懃, したる体操もしくは滑稽踊, したる体貌を有する, したる何曜日何時には何, したる余り火焔山下の大, したる余輩の研究, したるの弟子, したる佛法の教理, したる使者とし, したる侏儒等現れ以下, したる俗調の上, したる保育場の一, したる信念とその, したる信条を復興, したる信條にせよ, したる俳句集となさん, したる個人なり, したる個人主義現實主義, したる個想なり, したる個物に適, したる假造の人物雅俗折衷, したる偉業にし, したる傅安を留め, したるの窓下, したる像二つあり, したる僞物と鑑定, したる僧尼令にいわゆる, したる儘身體の置塲, したる償金に紀州, したるが橋上, したる与に, したる欧州に, したる全文左の如し, したる全知全能偏在の存在, したる兩義を合併, したる八幡大菩薩, したる公党が出来, したる公武合体論の先鞭, したる公民会派すらも氏, したる公民會派すらも氏, したる公黨が出, したる六十ばかりの親仁, したるは無慮, したる其婦人が配偶者, したる其日の如くあれ, したる其時の活劇, したる其片端には手ごろ, したる其麓の小高き, したる典型の中歌麿, したる凡ての神話, したる処古雅妙いふべからず, したる処甚調和を得, したる出版物はけだし, したるを控え, したるには甘, したる初めての獅子吼, したる乾坤なりと, したる別府の記事, したる別様の苦悩, したる刷ものは來賓, したる前後両半截, したる前科者を利用, したる割合なり, したる劇場主は興行者, したる劇界功労者の一人, したるかな, したる功績を有す, したる劣等にし, したる六だ, したる努力もがその, したるに酬, したる勇夫健卒も何時の間に, したる勇將の屍體, したる勇氣をこよなく, したる勝間田の池あらたむる秋, したるに酬, したる勢い余って, したるのマラー, したる十四五人の軍人, したる十数人の男女, したる半次郎が猿寺, したる卑む可き危険人物, したる南城上野雄図馬が, したる南都北嶺をし, したる単彩の板画, したる印度或は希臘, したる印画数葉を插, したる印象風の景物詩, したる物的な, したる卵殻の二片, したる原始文明主義者を以てする, したる原書を求め, したる原本の各, したる原板画よりもむしろ, したる原稿意外に多く, したる及びその何故, したる画家の, したる古き三味線の, したる古城の彩石壁畫, したる古木をその, したる笑き, したるありその, したる史実厳存す, したる階級の, したる同盟策が濶達勇悍, したる探偵には, したる名称から除外, したる和歌の上, したる和洋料理の食道楽, したる又過言, したる咽喉部を撃ち貫かれたる, したるにて常々肌身, したる品格ありて, したる哲学的精神の甚, したる唯一個の巨人也, したる唯物論と雖, したる賣の, したる問題である, したる喧嘩から, したる器物調度図書典籍を蒐め, したる四五人の男, したる四季袋を引っ, したる四阿屋の簷傾, したる因果なり, したる団員の数名, したるにし, したる固陋なる観念, したるはまた, したる国債もまた, したる国語調査会の委員諸公, したる國無限の國家的信用, したる圓髷の漆, したる土偶を翫, したる圧制者の下, したる京都の, したる地也その柳原, したる地方の名族等, したる地点に達す, したる地理の思想, したる地理學の知識, したる地理學家の言たる, したる坂本牧場に鳴く, したる坊さんというの, したる基督教の信仰, したるあり, したる報いは覿面, したる報恩の一端, したる報道を得し, したる場所に居所, したるの山, したるにて一人物, したる境遇に生ずる, したるの家, したる士気を鼓舞, したる士氣を鼓舞, したる壮年血気の輩, したる変りがあろう, したるの女, したる外務大臣小村男とは唯, したる外国人の説, したる外国風の興行法, したる多数の浮世絵師, したる夜具の上, したる夢想は今や, したる大きやか, したる大小属僚の密議所, したる大小屬僚の密議所, したる大気は遂に, したる大理石の巨卓, したる大藏大臣の椅子, したる大通中の大通細木香以, したる天下の大勢, したる天女たちとは事, したる天才が新た, したる太陽神話説の夫自身, したる奇特の論派, したる奉仕の精神, したる契機であると, したる女優に演ぜしめ, したる女大学なれば, したる女大学評論の第, したる女形にて名人小団次, したる女王國の領地, したる女等のいと, したる好機として真, したる如くに沙翁, したる妙齢のもの, したるが之, したる始末を細々, したる始終を見し, したる住めども, したる婦人同情会は女囚携帯乳児保育会, したる婦人同情會は女囚携帶乳兒保育會, したるなるゆ, したる子守女三人あり, したる孔子の書, したる孤村にまで逼, したる学制調査会設置案の如き, したる学校音楽は日本国民, したる学生もたちまち, したる学説が文書, したる學制調査會設置案の如き, したる學校音樂は日本國民, したる學者は幾, したるい身分, したるの凡そ千, したる実例あり, したる実在を現象, したる実業家の如き, したる実現の方法, したる客體的存在を保つ, したる客體的形象即ち符徴記號そのもの, したるが肩頭, したる家屋堂宇のため, したる家畜が絶体絶命, したるは実に, したる容子に候いし, したる寛政の改革, したるご, したる寢牀あり, したるの重き, したる實例あり, したる實業家の如き, したる封建制度と我が, したる封建社会の自, したる尊王の念これ, したる小天地想なり, したる小姓が控え, したる小山檢事正及び大賀, したる小山田義国の輩, したる小説家批評家戯曲家を呼ぶ, したる數の, したる少く共幼稚なる, したる属僚の絶望, したる属性としてでなく, したる屬僚の絶望, したるの嶺, したる山伏の扮装, したる山少女湖ぞひゆけ, したる山男もまた, したる山県侯は此等, したる山縣侯は此等, したるに立っ, したる岩倉大使の一行, したる島田髷も少し, したる崇高は自然, したるの流, したるの膝, したる左宗棠が奏議中, したる左翼の方, したる巧句を得べし, したる巨人のため, したるが精神, したる市村羽左衛門氏夫妻は目下ピカデリイ, したる布類と思った, したる帝国党の領袖, したる帝國の力, したる帝國黨の領袖, したるなり, したる師匠である, したるを首, したる常談なり, したる幕政を挽回, したる平氏は却, したる平氏政府も是, したる平治から初めて, したるの頃三十四五歳, したる年代に關, したる年数をいう, したる幸福なる時間, したる幽邃の境, したる幾万年の後, したる庄司利喜太郎を入廷, したるの作物, したるに於, したる座敷仮, したるの小松, したる庭園の花鳥, したるに依り, したる弊風をば根本, したる弗列戛艇の事, したる張子を翫びと出來たる, したる当初の意思, したる当夜の志, したる形勢より之, したる形跡顯然と, したるをたやすく, したる影響のあろう, したるなり, したる彼女が玉, したる彼方の實, したる彼自分の魂, したる往来に背広, したる径二寸ほどの物, したる後一枚絵にてその, したる後上京し株式, したる後丸の内附近より上野駅附近, したる後二十五日午後に至り, したる後僅かに数日, したる後南船北馬東奔西馳熱心にその, したる後君たち文章を書かん, したる後妻のた, したる後家に帰っ, したる後就寝したるもの, したる後巻末に歌麿, したる後引き下して, したる後東京市北部及び西部, したる後瑞垣に憑, したる後見は為, したる後運動や線, したる御馳走ながら客, したる徳川光圀の如き, したる徳川政府は早く, したる心地して, したる心性の活動, したる心霊は衆, したる忍野氏の日記, したる思いにて早速, したる思入にて寢臺, したるのもの, したる怪物が首, したる怪鳥の爭, したる恐るべき証言に対して, したる悪党なり, したる悲しみもその, したる惡黨なり其故, したる惨状より爾来, したる意義において作家, したる意見は往々, したる愚者の夢視, したるはかく, したる愛情をもつ, したる態度は意氣甚, したる我北陸の革命軍, したる我夫を憐, したる我文学は, したる我畫反古を見, したる我耶蘇基督に祈る, したる物, したる戦勝の光栄, したる戦死者負傷者より爾来, したる戦略に同じ, したる戦術各隊, したる戰略に同じ, したる戸口の中, したるに入り, したる房奴は客, したる所並に余等, したる所今度の号, したる所存傍聞する女房, したる所業をし, したるを泥鉢, したる手代のみ, したる抑揚をその, したる探偵の実話, したる接触が愛, したる推理穿鑿に耽ろう, したる揚句の果, したる支度甲斐甲斐しく百姓ども, したる政体を以て最上, したる政党内閣をも一たび, したる政団に非, したる政團に非, したる政権を幕府, したる政策の一斑, したる政論派中当時に至る, したる数名の人々, したる数篇の論文, したる数萬の人, したるはこんな, したる文化意識の心, したる文句中には通俗, したる文字と絵画, したる文学形式であるから, したる文明の民, したる文明論之概略, したる文芸協会は二月十七日, したる断簡零墨を憑拠, したる新式の設備, したる新樹の枝枝, したる新鋭気鋭の青年, したる方却て勢, したる旅籠にて, したる東京の, したる旨同行者に語れり, したる稻田大, したる早稲田大学の驚くべき, したる旭日将軍もかくして, したる明るい舞台に, したる明日の日, したる明朝の碩儒方孝孺, したる明治の俳人藤野古白, したる昔時の日本人, したる春山弁造以下脱走士の為め, したる時一座のものども, したる時一書の題簽, したる時乃ち○○○○○○〔大変革, したる時刻においてクイーン・メリー号, したる時前足を躍らし, したる時勢の変遷, したる時右翼の側, したる時吾人は一, したる時日は五年正月, したる時森先生のい, したる時間に外, したる景況を示さ, したる景状あり, したる景色見えしに, したる智情意を満足, したる智識をば一旦, したる暗室内に俯向き伏, したる暗黒世界なりとて痛心, したる書簡箋にペン, したる書籍巴里より到着, したる書翰に對, したる最大図書館は二十余万冊, したる最新の学説, したる會則を一讀, したる有名な平氏, したるの黒髪, したる木像を安置, したる木札を打ち, したる来世に, したる末主義普及の手段, したる本人には罪, したる本件犯罪摘要によりて無, したる本然の性質, したる村里の女房, したる来客などやと覚え, したる東西文化優劣論のごとき, したる板刻絵本類の挿画, したる板垣氏はひとり民権派, したるを形代, したると朝日, したる桂冠を摘み碎かん, したるにとまる, したる棕櫚に似, したる椅子ならべけり, したる極めて明敏なる, したる極端の説, したる概念は自然, したるあり, したるもしあら, したる様子にて, したる模様なるも, したる樣子あり未だ, したる権力すら再び, したる橄欖の林, したるの欄干, したる機会に於, したる機會に於, したる檢事の如き, したる次男甚吉表から帰っ, したる次第に御座候, したる欧米社会においてもおよそ, したる歌川派の画工, したる歌社會に老人崇拜, したる歓会の醒め, したる歓喜仏にはあらず, したる此書の如き, したる此等小動物社会の生活, したる武具もろともに彼, したる武力により, したる武男はじっと, したる武蔵野に一人, したる歪みたる逆説的, したる歴史といわざるべからず, したる死物の道徳, したる殆ど物語の, したる殊に目ざましくぞ, したるにつき, したるの如し, したる毒艸の匂, したる毛脛の甲, したるを敷く, したる民族的理想の一日, したる民権自由論は仏国革命時代, したる民権論派の萌芽, したる民權自由論は佛國革命時代, したるを替え, したる気分も洗い, したる気力にし, したる気風を一掃, したる氣樂さとは事, したる水上より花間, したる水瓶など筆立, したる氷雪を打, したる永遠者との關係, したる油煙明らかに人面, したる法住寺殿に弓, したる法理の概念, したる法華僧は喜ん, したるの寄, したる活力を擢揮, したる活気である, したる活畫圖を當時, したる浜田吉兵衛なり, したる浦島説話の簡単, したる浪子の顔, したる海老色の洋傘, したる海軍の長官, したる消息を知る, したる液体が一度, したる湯葉をわれ, したる漢文の模倣, したるの色, したる灯虫かな, したるに後, したる烈火の壁面, したる烏島及び其東南, したる無意識或は有意, したる無数の紀念, したる無限の感, したるこの盤渦, したる熟蝦夷がいた, したる燈火その光, したるに復, したる爲め一部は水, したる袖を, したる牛蒡鯛の小串, したる牡丹火となり, したる特にこの事件, したる特殊な独立, したる犯人は花, したる状師あり, したる狩衣を着け, したる狭山課長の苦心, したる猛烈の健闘, したる猟銃を戦き, したる王位に敵対, したる班将軍が壮志, したる現在においては他者性關係性, したる現象界の科学的理法, したる球空に飛ぶ, したるを聞きはつり云う, したる理由にし, したるの色, したる甎爐あり, したるの根源的事實, したる生活にあこがれ, したる生産は今日, したる田圃を越え, したる田舎出のもの, したる男の子の顔, したる画家なり, したる画布の出現, したる画策は大抵, したる畫策は大抵, したる當初の意思, したる當時世人の看, したる白人の一揆, したる白楊の木, したる白糸は持ちたる, したる白胸シヤツを頭, したる白金布の蝙蝠傘, したる百種の夢, したるを地, したる直後にこの, したる相沢がけふ, したる相澤がけふ, したる相談ありたるらしくそれ, したる県立高女の廃屋, したる県立高等女学校長森栖礼造氏は失踪後, したる眞理の響, したる眞諦は恰も, したる真剣美そのものの現われでなけれ, したる真諦は恰も, したる眼目ではない, したる着実らしき事, したる瞬時に於, したる瞬間ならしめば, したるた, したる短冊の和歌, したる短銃を取出し, したる矮少なる自然, したるの面, したる石塊あり, したる石塔と花, したる石笠のラムプ, したる石造の室, したる社二三あり, したる社会多数人民の利益, したる社会運動にまた, したる社會に於, したる社會主義者なりと傳, したる祈祷は虚僞, したる神名の, したる私党ではなく, したる私服警官の多数, したる私黨ではなく, したる秘史の翻案, したる稚き技巧の, したるが島, したる種子島の懐中鉄砲, したる穉子などいづれ, したるのなか, したる空想である, したる空気の中, したる空気中に入れし, したる立姿はさらに, したる立派な襟, したる立脚点の上, したる童身の丈きはめて, したる竹門あり, したるのすゑ, したる箇所新旧凡そ二十許り裂けたるま, したる算額を集め, したるもある, したる範囲に於, したるの他, したる米国一新聞の青年記者, したる米国巡回文庫中の一節, したる精力と忍耐力, したる精神の避難所, したる精神作用は一時休止, したる紋御召の袷, したる紐育展覧会目録の外, したる素より宜なり, したるを落す, したる細君は遅く, したる紳士であった, したる経済的基礎を擁護, したる結婚の後, したる結果三百六十日の間, したる結果二年以内に巡回書庫, したる結果五箇年内に三十五館, したる結果増加の差額三千六百六十七円, したる結果左の如し, したる結果陰謀に參與, したる絵具を以て塗りたる, したる絵図の刊行, したる絶叫の後, したる絶頂にし, したる經濟上の事情, したる総称なるもの, したる総高殆んど, したるは西北, したる縁起マジナイと心性作用中連想, したる罪悪である, したる罪過と見る, したる羅馬教の胎内, したる羅馬美人ありて, したるの裘, したる美しい熱の, したる美称であって, したる美話佳談, したる美貌の閨秀詩人オウジエ嬢, したる美風の一端, したる羞含しさ, したる義仲は直ちに, したると娘, したる翌年なりとす, したる老婆風呂敷包背負ひたる女房, したるへよりすれ, したる考察にし, したる耶教一派の先輩, したる聖書の数章, したる聲音文字を用, したる職分をのみ見き, したる肉感力強い罵詈, したるの色, したる肌着をつけ給, したる肺臓は砂, したるの高い, したる背景風俗と共に幕末, したるのあたり, したるに金茶地, したる脳裏には何等, したる腦髓を刺戟, したる腰掛より立ち, したる臙脂色のカーネーション, したる自他融合の境地, したる自作の脚本, したる自分の道徳, したる自己性は人間的生, したる自得の悟道, したる自然の結果, したる自然価格にまで引上げ, したる自然的生の落着, したる自由主義の民族, したる自由平等博愛の旨義, したる至粋を歴史, したる臺詞ありて, したる舊理想家を排し, したる舞台なり, したる良兼は上総下総, したる色彩の妙言, したる芝生に咲き残れる, したる芸風は維新後, したる若干の金子, したる英吉利宣教師ヘンリイ・タウンゼンド氏はこの間, したる英国ロンドン万国仲裁平和協会の調査, したるの間, したる草案に拠り, したる草稿の比, したる荒尾譲介は既に, したる荷物を解き, したる菊桐の大, したる菓子をわが, したる著作物に関し同盟国, したる著者の計画, したる葡萄酒も酸く, したる薄き蒼髯乱れ生じ, したる薄墨の色, したる薬瓶あり, したる薬草を摘み, したる藁紙草鞋蹄鉄片その他凡百の塵芥類似, したる藤原時代ともいえる, したる蘆薈の太く堅き, したる處最も巧, したる處置は日本, したる虚子の選者吟, したる虚空の大, したる血縁を有し, したる行動に出でた, したるを一同, したる袖とらへけり, したる造物である, したる裏住居の生活, したる裳面倒とクルリ端折つてお花, したる裸美人ならむや, したる製造用の道具, したる褶痕と鬱血, したる西南群島もしくは葡萄牙, したる西洋造の十畳間, したる見方である, したる規則なり, したるなし, したる親船巍然として晴れたる, したるあるに, したる観照主義で正しく, したる観照本位の芸術, したるえなし, したる觀念的存在者はそれ, したる觀想に在る, したる記者を罰すべき, したるなるが, したる証左にし, したる証拠を捉, したる証拠調べに対し検事, したる証迹を現, したる評論を取消すべき, したる詩人が之, したる詩人トック君の旧居, したる詩人トツク君の旧居, したる語辞をもっ, したるなれば, したる論争である, したる論文と見, したる諧謔にあらずや, したる友裂かれ, したる證迹を現, したる譬喩は全く, したる譬喩的説話にし, したる象形的幻想を主として, したる象牙の如し, したる負傷者の風, したる財産を羨む, したる責任を辞せり, したる嬢中にて, したる貴族院研究會すら宣言及綱領, したる貿易運上の權, したる賃銀は資本家, したる資料に基き, したる赤旗を白晝, したる起請文を送り, したるも, したる身體の新生, したる車夫徳藏は妻恋坂下, したる農牧村落を興し, したる迄にて斯くいはね, したる近世俗語体の短詩, したる述懐の為, したる迷信なること明らか, したる透間少し有りたる, したる逗子の夕べ, したる造営物に過ぎない, したる連中多くむさぐるしき白髪, したる連歌以後幾多の句, したる過去の罪過, したる道楽物の心意気, したる違警罪の罪跡, したるにおいてはいかに, したる郎等は実に, したる配偶者の一方, したる世界を, したる醜悪無双の怪物, したる重傷ではない, したるをば勿, したるか借用, したる金扇の下, したるの尖, したる釣日和に非, したる鉄案にあらずや, したる鉄橋は英国, したるの上衣, したるに植ゑし大輪, したるの矢, したる銀杏返の, したる銀煙管にて煙草, したる銀鍍金の徽章, したる銃後国民の覚悟, したる錯雑撞着の律例, したる長方形の木地, したる門松を早, したる門者立てり, したる開化党は多く年, したる間もなく同家の, したる関係すなわち彼ら, したる關係から生じたる, したるの近臣, したる陰欝と沈痛, したる陰鬱と沈痛, したる陶器にいれ, したる陸海空各方面綺羅星, したる陸軍の事, したる階級にある, したる際被告となりし, したる雄篇鉅作は問, したる集団的性格である一九三二年度, したる集録は法救, したる雑草の芽, したる雜草に, したる電光艇は此時徐かに艇頭, したる霊南台の上, したる霊活にはあらざるなり, したる青銅と, したる論理的政制の, したる面白味は畢竟, したる面貌を呈し, したる鞏珍の著, したるなりき, したる項羽すら之, したる預言者なりと認む, したるの痩, したる頽唐の紅, したる額越に窺, したる顔つきが与え得る, したる顔付にて答礼, したる顛末を審ら, したる類型を模傚, したる養分の發, したる養親の文角, したる餌箱を恭しく, したる首途にある, したるの春草, したる馬上の衆徒十騎, したる馬琴をし, したる髑髏も見, したる體貌を有する, したる高等の動物, したる高級精霊信仰は低級信仰, したる黒き一人, したる鬣狗の檻際, したるの餌, したる麥酒の壜, したる黄金の丸, したる黒色を用, したる黒餡の餅, したる黨與に依, したるの足袋