青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「されど~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され され~ ~された された~
されど~
~されない されない~ ~される される~ ~さん さん~ さんざん~ ~ざし ざし~ ざま~

「されど~」 2204, 22ppm, 5267位

▼ されど~ (162, 7.4%)

7 彼は, 我は 4 今は 3 之を, 心用ひ, 我れ 2 こ, しののめきたる, 世俗の, 人の, 君の, 君は, 彼を, 父の, 神は, 雪いまだ

1 [115件] お新, お美尾, かかる夜中, かなたヘクトールトロイア勢を, かみの, こなたへは, すでにああ, ひとりアイアース受けし, よく事実, わが目, われつひに, われの, われら一齊に, われ些しも, われ聊か, アイアース, ヂュウスその, ヂュウス・クロニオーン怒りし, ヂュウス・クロニオーン高き, ヂュウス聰明の, パラス・アテーネー, パリス死者の, ヘクトール火焔の, リベラールの, 万事不自由なる, 三つに, 不死の, 不良の, 之に, 乗るは, 予は, 二人順はず死の, 亡び黒き, 人に, 人は, 今し, 今に, 余れほどの, 光輪の, 其聲あ, 別の, 勇むヘクトール, 勇む若人, 勇士先んじ, 危急の, 友よ, 国を, 國に, 堅甲の, 堰敢へ, 天は, 太閤の, 夫れ, 如何は, 婦人は, 家人は, 市民一日も, 常に饒舌, 年比うり尽し, 強き手より, 彼の, 彼ら盛り返し, 徒歩の, 恋は, 想ひ返し, 我なんじ, 我も, 我恐る, 戰地は, 打たるるは, 敵は, 是れ, 暗は, 暴る, 本間が, 槍は, 次に聰明, 欣弥は, 正に戰勝, 此処に, 死にし子顏, 死者は, 死者を, 母は, 気絶の, 汝ヘクトールアキルリュウスの, 汝心よりか, 渠は, 猛き同僚, 獅子は, 玄札老, 盾を, 知りたるは, 神女斃されし, 秀郷天下第, 第一, 絶えて, 編末の, 耳に, 自ら死を, 西郊と, 見しは, 見世物の, 覘誤りて, 辛き運命, 進み密集, 遂にその, 遂に君, 過ぎしその, 邸中に, 鋭刄, 長き青銅, 顔は, 騾馬の, 高き音聲

▼ されどその~ (80, 3.6%)

2 俗語も, 時は, 法は, 頃の

1 [72件] かわりには, さま我が, ように, 三に, 中なる, 中間の, 事たえたる, 事は, 人に, 人の, 人を, 信仰により, 内にては, 名の, 名も, 堂に, 大雅すら, 妖怪は, 姿の, 姿勢態度動作に関しては, 嫌味なる, 字の, 宝物を, 實權は, 小天地に, 尤物の, 巨人なりし, 巴里にては, 幻に, 幽霊は, 弱點, 強情は, 当時に, 形骸は, 影は, 心性人に, 忘るる, 惜むこ, 意味を, 我を, 我手に, 放縱, 敵手なる, 時その, 時戴く, 最も世, 歌の, 歡喜を, 歩は, 比較は, 民の, 洞穴の, 流言を, 激烈なる, 爲す事の, 状, 状人々を, 理を, 眞の, 答は, 経画なる, 絹の, 翌日より, 能く, 草の, 言の, 言を, 詞と共に, 詩の, 謎と, 贈れる一書, 顏をば

▼ されど~ (44, 2.0%)

3 に告げよ, はその 2 には何時, は猶

1 [34件] いぬるまで, かの, なんじら, に見現されぬれ, に請, の宿れる, はこの, はなほ群, は人, は今, は何故, は夫人, は妻子, は彼, は彼翁, は後, は思ふ, は思慮, は悲しい, は最後, は神, は羅馬, は身, は速, またかく, もし眞理, よくそ, をし, を動, を煩悩, 今ヘクトール敵, 今默, 善く彼, 若しこ

▼ されど~ (44, 2.0%)

2 の歩むべき, は, は誰, は踊らで

1 [36件] が今, が姫, が待つ, が消え, この中, た, と語る, に, にわが, のいふごとく, のここ, の徒, の我, の手, の眼前, の睡り, の行く, の誰, の隣人等, の馬遲, はいか, はこ, はその, はまだ, はわが, は剛勇, は我等, は未だ, は枉げ, は神, は近づか, よくかしこ, を討ち倒し, 今身, 既に下界, 止まること

▼ されどわれ~ (40, 1.8%)

2 はたやすく, は今

1 [36件] いかでこの, おもふ, がなんじ, すでにこの, なんじら, には智, には祷るべき, はそれ以上, ははなれ, は人, は他, は信之, は又, は哲學系統, は妻, は徒爾, は復, は早, は未だ, は此, は此一家, は沒却理想, は猶, は竟, は聖母, は藝術, は論理, は遂に, もレツシング, わが眼, を始終, を煩悩, 既に幾たび, 生れて, 聞く活きむことを, 若し憚

▼ されど~ (37, 1.7%)

4 れに 3 れは 2 は兎, は决, れが, れの, れを

1 [20件] かれら, がこの, が何故, が戲, と此, の主張, の寝床, の少女, の戒め, の牧, の顔, はこの, は家族主義の, は知る, は阿, また眞, よば, より出, 夢みぬ, 猶生

▼ されどわが~ (36, 1.6%)

2 近眼は

1 [34件] かく足, かしこに, こ, そを, ために, なほ汝に, 世の, 公衆に, 去らざるを, 嘗て受けし, 姫を, 導者と, 幼き心, 彼に, 彼夕見し, 心を, 愛深から, 手は, 新しき感激, 概略に, 歸る, 淑女は, 物語あまりに, 疑ひは, 目迷ひ, 聽く, 若き二十代, 解する, 言我に, 語種なる, 足をの, 願ひとともに, 願ひと思ひ, 饗應には

▼ されど~ (33, 1.5%)

2 こ, はしも

1 [29件] くわりん, その心, となつて, なほ剛勇の, のわたくし自身, の儘, の時, の汝, はこれ等, はた, はわれ, は亡, は何事, は妄執, は寡婦, は斯, は行かん, は親しく, は貴, は音樂, は食卓, わが描かん, カムピチェルタルド及び, 俄に, 憖に, 改めてこれ, 斯程に, 汝の, 華美において

▼ されどこの~ (31, 1.4%)

1 [31件] やうな, シヤルルは, 不徳の, 事なきが, 事に, 事速かに, 喜びはたゞちに歎き, 城は, 場合ズボン釣は, 後汝た, 心の, 怪しき身, 意味にて, 旅行は, 時かの, 時顏を, 業文學の, 法に, 濠の, 王國が, 球の, 答の, 處分に, 規定も, 設備も, 身も, 輪の, 邊の, 金曜日は, 金色の, 青年と

▼ されどこれ~ (30, 1.4%)

2 とても其故, のみにてはなほ我地位

1 [26件] すら一匹, とてその, とても神, とて明瞭, と同時に, に就き, のみにてもなほ十分, のみに止まる, はかな書き, はただ, は大町, ひとり日本, ほどにととのいたる, もまた, も我が, も歸らん, も裏側, を以て史實, を以て故, を倫理, を受けし, を物, を移せる, を立つる, 未だ松島, 畢竟不具

▼ されど~ (28, 1.3%)

2 は信ぜず, は遂に

1 [24件] が, なたと, は, はおん身, はかならずよく, はま, は三年, は予, は君, は常に, は必, は怒れる, は我, は文学, は暫時, は理窟上, は皆女, は諸君, を云う能わざりき, を句, を吹聽せん, を填めん, を憂へずし, を知る

▼ されど~ (25, 1.1%)

4 を以て之 2 は別に, は彼, を以て侯

1 [15件] が感じ, が現状, には一つ, にも耳目, の政友会, の政友會, の胸, の驚き, はそれら, はむしろ, は憲政党, は憲政黨, は更に, は此事, は追放

▼ されど~ (19, 0.9%)

7 の子 2 もし 1 と交, なき處, には己, に言, の世, の声, の顔, は死, は考, を殺せし

▼ されどかの~ (15, 0.7%)

2 君の, 夜の

1 [11件] グアスコニア人が, 君は, 少女を, 恥知らぬ, 技倆と, 時は, 病みて, 眞の, 絶壁の, 継母の, 處女等彼に

▼ されど~ (14, 0.6%)

2 に期する, は果して, は此, は決して 1 の憲政党, の憲政黨, は政党, は政黨, を叢囲, を叢圍

▼ されど我が~ (13, 0.6%)

2 國の

1 [11件] アンジエリカが, 大使大師の, 子うつらずなる, 意の, 未だ語り厭かぬ, 母君は, 物は, 知らぬ猶, 稚き耳, 立脚點より, 言は

▼ されどまた~ (12, 0.5%)

1 [12件] くは, もし實, よく鬱血, パンなく, 七日の, 僞り, 君達は, 多少の, 最早躊躇, 痛快に, 試みに, 默し

▼ されど~ (12, 0.5%)

2 はその 1 が身辺, にし, はこれ, は一たび先考, は予, は今, は信ず, は尚, は未, は硯

▼ されど~ (12, 0.5%)

2 は知りた 1 が如き, が玉座, が画, の今, は來給, は寛仁柔和, は能, もまだ, も寂し, よ死

▼ されどかく~ (9, 0.4%)

1 あらざりしこと, いふは, ては復, 事件發生毎に, 固き意志, 奧深き, 汝に, 端的に, 言ひ

▼ されど~ (9, 0.4%)

1 かなしきは, さびしきよ, ヱネチアの, 世間に, 予を, 姫に, 情として, 来る冬, 空想より

▼ されど~ (9, 0.4%)

2 れが 1 くの, だけのこと, の事, の如く死, の死顔, は教育, は特

▼ されどもし~ (8, 0.4%)

1 その真相, その翻訳, といひ, 倫理科の, 判官に, 同好の, 時節柄納涼を, 知らば

▼ されどダンテ~ (8, 0.4%)

1 がこの, がその, が何故, のブリアレオ, の記憶, はいかなる, はトロイア人, は禁斷

▼ されど伊藤侯~ (8, 0.4%)

2 の意思, は決して 1 の計, の計画, は政党, は政黨

▼ されど逍遙子~ (8, 0.4%)

2 はその 1 が所謂, が沒却理想, にし, はいまだ, は猶, を以て未得

▼ されどこれら~ (7, 0.3%)

1 の命令, の新作, の時代, の稚気, の絵本, は世道人心, は幼き

▼ されど~ (7, 0.3%)

2 れを 1 に代る, は早晩解決, も一時, を倫理, を養

▼ されど~ (7, 0.3%)

1 の二つ, の側, の神, の諸, の運行, はいはざる, はよから

▼ されど~ (7, 0.3%)

2 にし, の最も, は次第に 1 のこの

▼ されど吾人~ (7, 0.3%)

2 は一個 1 にし, は国民性, は尚, は敢, は疑ふ

▼ されど~ (7, 0.3%)

1 の一念, の如き, の学校, は先日, は常に, は答えざりき, 決して自ら弁解

▼ されど~ (7, 0.3%)

2 れ決して, れ特に 1 れ果てし, れ皆, 迄心中

▼ されど此等~ (7, 0.3%)

2 の石 1 の事, の交戰, の名, の罪人, の評論

▼ されどかかる~ (6, 0.3%)

1 わらべめきたる, 事は, 叫声と, 小説は, 烏滸の, 者をも

▼ されどなほ~ (6, 0.3%)

1 さむ, その言ふところ, ゆるしたま, 余すところ, 見えず, 逸すべからざる一大事件

▼ されど~ (6, 0.3%)

1 がその, の事, の連中, は愛そのもの, もし慎み, を思う

▼ されど我等~ (6, 0.3%)

1 いづこ, の事, は下妻, は唯, も汝等, を從

▼ されど~ (6, 0.3%)

1 がこの, の聖旨, の預言者, はその, は歩むべく, もし

▼ されど~ (6, 0.3%)

1 にはひとまず, のごとき, はいつの間にか, はもはや, は足, をし

▼ されど若し~ (6, 0.3%)

1 その詞, 其の身, 向後懈怠ある, 弟先んぜ, 此見解に, 舟に

▼ されど誰一人~ (6, 0.3%)

6 握りしめたる拳

▼ されどそれ~ (5, 0.2%)

1 は凡て, も恐ろし, も皆, より一際, より多く

▼ されどなお~ (5, 0.2%)

1 その火, 寒さ, 年老いて, 無慚, 近来未曾有の

▼ されど~ (5, 0.2%)

1 にはあらで, に吾夫, のため, ほどに世, を見

▼ されど彼ら~ (5, 0.2%)

1 の声, の眼, の紳士的態度, はひとり禁門守備, も眼

▼ されど支那~ (5, 0.2%)

1 では子, の如き, の學生, の方, は殊に

▼ されど最も~ (5, 0.2%)

1 憾むべきは, 我目に, 數多く, 美しく我前, 面白かりし

▼ されど汝等~ (5, 0.2%)

1 の心, の目, の知慧, は裁決, わが誡め

▼ されど~ (5, 0.2%)

2 二次松方内閣起る 1 一に, 一月が, 二の

▼ されど見よ~ (5, 0.2%)

2 かしこに 1 クリストクリストと, 日は, 日本軍人の

▼ されどいざ~ (4, 0.2%)

1 わが語り, 來れ, 我に, 手を

▼ されどおん身~ (4, 0.2%)

1 は何故, は優しき, は我母上, もか

▼ されどかしこ~ (4, 0.2%)

1 にて特に, に孤, に底, に行かん

▼ されどかれ~ (4, 0.2%)

1 は誤れ, も年, ら, 祝福を

▼ されど二人~ (4, 0.2%)

1 が間, のアイアース之, の強き者ども相直面, の賓客

▼ されど其の~ (4, 0.2%)

2 六十有二の 1 政党の, 政黨の

▼ されど~ (4, 0.2%)

1 が世, が十字架, が願, は終に

▼ されど~ (4, 0.2%)

2 時は 1 ひは, る神汝ら

▼ されど~ (4, 0.2%)

1 には見えざりき, に立つ, を下, を据ゑてよくかなたを

▼ されど~ (4, 0.2%)

1 の家庭, の考, は之, は常に

▼ されど自然~ (4, 0.2%)

1 といふ大, の音楽, は余, は常に

▼ されどここ~ (3, 0.1%)

1 に二, に言, に言える

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 ことは, づその, づ中心まで

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 がきく, が思ふ, が量る

▼ されどわれら~ (3, 0.1%)

1 の報, をし, 若きもの

▼ されどアカイア軍勢~ (3, 0.1%)

1 の心, の船, は其場

▼ されどウェルギリウス~ (3, 0.1%)

1 のカクス, の生れし, は

▼ されどヂュウス~ (3, 0.1%)

1 と諸, の娘, の端嚴

▼ されどトロイア軍勢~ (3, 0.1%)

1 がこ, は, もその

▼ されど一人~ (3, 0.1%)

1 のわれ, の姫, も之

▼ されど一歩~ (3, 0.1%)

2 進んで 1 して

▼ されど人間~ (3, 0.1%)

1 としてはそれ, なるが, にあり

▼ されど今日~ (3, 0.1%)

1 では彼, は遺憾, までの歌界

▼ されど何故~ (3, 0.1%)

1 にこれ, にや花子, に汝

▼ されど単純~ (3, 0.1%)

2 なる誠実 1 なる二色

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 をもて, 來最も, 註の

▼ されど告げ~ (3, 0.1%)

1 よかの, よこの, よ汝

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 だ壺, 一目散に, 軽妙の

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 疾よく, 聲發する, 音擧げ

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 がゲーレス, はあ, は却

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 か不幸, にし, ひに

▼ されど彼等~ (3, 0.1%)

1 に罰, のごとく, を益

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 の眼, の香, よりし

▼ されど思ふ~ (3, 0.1%)

1 にこ, にシピオ, 事一ツ叶へば

▼ されど我心~ (3, 0.1%)

1 に問, は決して, は遂に全く

▼ されど我胸~ (3, 0.1%)

1 には縦, には縱, は高く

▼ されど未だ~ (3, 0.1%)

1 信仰なかりき, 家事にも, 見出し得ず

▼ されど母上~ (3, 0.1%)

1 はしば, はなお, は早く

▼ されど~ (3, 0.1%)

2 は常に 1 はこの

▼ されど物語~ (3, 0.1%)

2 の畢 1 の種

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 には, まで耐, まで耐え忍ぶ

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 たる人々, 官女で, 王車上より

▼ されど英武~ (3, 0.1%)

2 のアキリュウス 1 のアイアース

▼ されど蕪村~ (3, 0.1%)

2 の句 1 を以て清初

▼ されど~ (3, 0.1%)

1 のま, の落つる, 繋がる

▼ されどあえて~ (2, 0.1%)

1 答う, 精神病に

▼ されどあまりに~ (2, 0.1%)

1 早くし, 濃厚なる

▼ されどいつも~ (2, 0.1%)

1 感憤, 雨雲に

▼ されどいづれ~ (2, 0.1%)

1 かと云, の時

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 ぼるる者, 糸は

▼ されどおし~ (2, 0.1%)

1 である, でこの

▼ されどかなた~ (2, 0.1%)

1 も戰鬪, よりは死

▼ されどげに~ (2, 0.1%)

1 材默し, 聖なる寺院

▼ されどこれ只一~ (2, 0.1%)

1 の解釈たる, の解釋たる

▼ されどされど~ (2, 0.1%)

1 悲痛という, 退いて

▼ されどすべて~ (2, 0.1%)

1 に倶, は我

▼ されどその間~ (2, 0.1%)

1 において幹枝, にも火勢

▼ されどそれさ~ (2, 0.1%)

1 へ時, へ雜草

▼ されど~ (2, 0.1%)

2 とひ

▼ されどただ~ (2, 0.1%)

1 一つ困った, 赤かりし

▼ されどとかく~ (2, 0.1%)

1 いふか, する中

▼ されどとく~ (2, 0.1%)

2 新らしき

▼ されどなほ誰一人~ (2, 0.1%)

2 握りしめたる拳

▼ されどよそ~ (2, 0.1%)

1 なりし御, にて見た

▼ されどドレスデン~ (2, 0.1%)

2 の宮

▼ されどビスマーク死~ (2, 0.1%)

2 するや

▼ されどフィレンツェ~ (2, 0.1%)

1 に侵入, を毀たん

▼ されどヘーレー~ (2, 0.1%)

1 おほいな, 顧みずひとり

▼ されどヘーレー胸中~ (2, 0.1%)

2 の怒

▼ されどベルナルドオ~ (2, 0.1%)

1 はこれ, は久しく

▼ されどユダ耳~ (2, 0.1%)

2 を蔽

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 の傷, は纈

▼ されど一奇談~ (2, 0.1%)

2 を聞

▼ されど一般~ (2, 0.1%)

2 に知られたる

▼ されど不思議~ (2, 0.1%)

2 なるは

▼ されど不滅~ (2, 0.1%)

1 のもろ, の神明

▼ されど世に~ (2, 0.1%)

1 はか, 理窟をも

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 は賢き, 親に

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 きに, しからずして

▼ されど二月~ (2, 0.1%)

2 の空

▼ されど人々~ (2, 0.1%)

1 の偏見, は猶

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 が故に, をも見ざりしか

▼ されど何故か~ (2, 0.1%)

1 予は, 感興来らず

▼ されど信仰~ (2, 0.1%)

1 の温き, は人

▼ されど俳句~ (2, 0.1%)

2 とは直接

▼ されど儼然~ (2, 0.1%)

2 たる事實

▼ されど其時~ (2, 0.1%)

1 おほいな, 到る迄

▼ されど其現在~ (2, 0.1%)

2 の位地

▼ されど其百折~ (2, 0.1%)

2 撓まざるの

▼ されど其言~ (2, 0.1%)

1 にいはずや, は則

▼ されど再び~ (2, 0.1%)

1 ここに, これを

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 づるに, 來る

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 に誇らひ, のむか

▼ されど卯月~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 は我, よ

▼ されど反対~ (2, 0.1%)

1 の焼点, の磁極

▼ されど同化~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ されど同時に~ (2, 0.1%)

1 又当夜人力車, 東洋の

▼ されど吾等~ (2, 0.1%)

2 は飛び

▼ されど哀れ~ (2, 0.1%)

1 の君, 深き御

▼ されど唐土~ (2, 0.1%)

2 にも寒国

▼ されど單純~ (2, 0.1%)

2 なる誠實

▼ されど城中~ (2, 0.1%)

1 ではさほど, にトロイア軍

▼ されど夕闇~ (2, 0.1%)

2 おちくれて

▼ されど多く~ (2, 0.1%)

1 の人々, の我軍

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 いたれば, はまた

▼ されど夢ごころ~ (2, 0.1%)

2 には姫

▼ されど大隈伯~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ されど嫉む~ (2, 0.1%)

2 はおろか

▼ されど少し~ (2, 0.1%)

1 こごみがち, もその

▼ されど少女~ (2, 0.1%)

1 の意, は影

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 猶少く, 経て

▼ されど~ (2, 0.1%)

2 より後

▼ されど恐く~ (2, 0.1%)

1 はダンテ, は貫一

▼ されど我と~ (2, 0.1%)

1 おんみとの, 牧者とは

▼ されど我山房論文~ (2, 0.1%)

2 にて曲

▼ されど我汝~ (2, 0.1%)

1 の驚き, を戒む

▼ されど我身~ (2, 0.1%)

2 の過ぎし

▼ されど戰鬪~ (2, 0.1%)

1 の, まだ止めず

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 をこれ, を取る

▼ されど支那人~ (2, 0.1%)

1 と雖ども, は親

▼ されど政治家~ (2, 0.1%)

2 は道徳家

▼ されど教師~ (2, 0.1%)

1 は知らざりき, は翁

▼ されど敵王槍~ (2, 0.1%)

1 をうけ, を受け

▼ されど斯く~ (2, 0.1%)

1 てわれカムパニア, まで喰

▼ されど日本~ (2, 0.1%)

2 の農業

▼ されど明日~ (2, 0.1%)

1 の興行, はむづかしき日

▼ されど星除名論~ (2, 0.1%)

2 の失敗

▼ されど最初~ (2, 0.1%)

2 の理想的大隈内閣

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 が思い, は感謝

▼ されど望み~ (2, 0.1%)

1 は愛, を起さしむべき

▼ されど此の際~ (2, 0.1%)

2 に於ける

▼ されど此事~ (2, 0.1%)

1 は縱令, を得忘れ

▼ されど此慣例~ (2, 0.1%)

1 は党規, は黨規

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 せる父母, という一字

▼ されど比較的~ (2, 0.1%)

1 普通な, 近代の

▼ されど汝何~ (2, 0.1%)

1 によりてかく, を信ずる

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 や笑声, や笑聲

▼ されど淑女~ (2, 0.1%)

1 いとつよく, はわが

▼ されど清浦曾禰桂等~ (2, 0.1%)

2 の諸氏

▼ されど源叔父~ (2, 0.1%)

1 が家一軒, が渡船

▼ されど無く~ (2, 0.1%)

1 てかなわぬ, てならぬ

▼ されど父母~ (2, 0.1%)

1 のかほど, を毆打

▼ されど~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 に諸, より小さき

▼ されど~ (2, 0.1%)

2 内閣を

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 の字, は其分布

▼ されど異説~ (2, 0.1%)

1 ありて, 多くし

▼ されど當時~ (2, 0.1%)

1 は我等, 織り成したる華紋

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 の事実世, 淵一派は

▼ されど知らず~ (2, 0.1%)

1 戰爭すみ, 花神は

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 好くやっ, 好くやつ

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 ある者, を責むる言

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 にし, 麗しき花

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 あらば, を掩

▼ されど自由党~ (2, 0.1%)

1 の現状, は彼

▼ されど自由黨~ (2, 0.1%)

1 の現状, は彼

▼ されど言葉~ (2, 0.1%)

1 すくなきは, の遊び

▼ されど記憶~ (2, 0.1%)

1 あること, を喚起

▼ されど詩人~ (2, 0.1%)

1 の胸, はひとり

▼ されど詩人ハツクレンデル~ (2, 0.1%)

1 が当世, が當世

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 しも投げ, を指し

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 神と, 聖徒は

▼ されど諸木~ (2, 0.1%)

2 は死なじ

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 嬢こは, 艇団に

▼ されど貴族~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ されど追憶~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 ふるころ, ふるなか

▼ されど~ (2, 0.1%)

1 のやましき, を卷ける

▼ されど黒田伯~ (2, 0.1%)

2 は唯

▼1* [913件]

されどだ雲とい, されどああその成功, されどあかるきさざなみの銀無, されどあきるるも笑う, されどあしたの曉, されどあながち卑しくも, されどあまりはなはだしき不合理, されどあゝ齒を, されどへ汝, されどいかなれば, されどいかなる被造物, されどいかにして, されどいかにも神聖清淨の, されどいけにへの小, されどいずこに, されどいずれの宗教, されどいそぎのため, されどいちいち記憶せざれ, されどいつまで生活, されどいと強く天, されどいよいよ日露戰爭はじまり, されどがらが, されどおのが目, されどおもふに, されどおもしろき景色に, されどおん友達の上, されどおん身等を, されどへりみら, されどかぎりなき恩寵, されどかくいへるを, されどかくしばしば感歎を, されどかく揃ひて, されどかたちなきもの, されどかなしや音樂, されどかならずしもその為, されどことごとく不穏の, されどこなたには池, されどこのごろは筆, されどこの間われは遺憾, されどこぼちわたせりし, されどこれ皆謙遜の念, されどこれ赤城の裏手, されどさきに貯, されどさすがの勇猛, されどさながら金髮の, されどさる事あら, されどしかせば, されどしばし我は, されどしばらくは羅馬, されどがたは, されどすべて汝の知りし, されどせんかたもなし, されどそこに己, されどそこもとには天草, されどそのままあるべきにも, されどそのわがこの區域に, されどその後グレゴーリオ彼を離れき, されどその後ロメーナ附近に同名, されどその或事とは, されどその頃我は別に, されどたくらむネスト, されどたとえ人手に, されどたれあってこの, されどたれありてこの, されどだれもみな, されどつかれたる身に, されどつれなき人心今更, されどほすても, されどなくてならぬ, されどなつかしき汝の, されどなほ余は不折君, されどなほ妄執の光, されどなめなる言葉を, されどなる可く, されどなんじ畏る, されどはなはだしく撓むに, されどひたすらに妾, されどひとたびその図, されどほしさのあまり, されどまことにおん身の, されどまだ坐を, されどめぐみに, されどもえよみやらで, されどもはや微笑まず, されどやっぱり読まないわけ, されどやや足らは, されどよく見るに, されどよすがらクロニオーン其胸中に, されどよほど彩色等丁寧に, されどよわれる裸なる, されどわかるわからぬの上, されどわが家には幸, されどわれら悪魔の族, されどわれわれ兵卒が一度, されどアウギユストは元気, されどアカイア陣中にか, されどアキリュウスペーレーデース唯獨り, されどアヌンチヤタは生れ, されどアポローン其矢先外らして, されどアリギエーロが一二〇一年, されどアリストテレエスも廢, されどアントニオよ心, されどイエプテのその, されどイデーの高き, されどイーリス座に着く, されどウベルティ一家の者, されどエウロパ全洲, されどオシラサマはなく, されどオテルロの苦痛, されどオミヨツケも食, されどオリアーコにて追, されどクリオスはユウリュビア, されどクルチウスが炎火, されどグスタアフ・フライタハはさすが, されどゲーレスは兩人, されどサンタが性, されどシベリヤの, されどセメドの記事以外, されどセルセの渡れる, されどソルデルロはウェルギリウス, されどダンテ時代の傳説, されどチエルシイの哲人, されどチチアノは海, されどチヲリの避暑, されどヂドの役, されどヂュースの猛, されどデーモンス・ネクターを発見, されどトロイアにて眞, されどドアジォリルラガンド及びブルーゼス, されどドメニカは泣きぬ, されどバルバリッチヤはその, されどパオロに對, されどパードヴァはその, されどフアビアニ公子の屡, されどフエデリゴが筆, されどフランチェスコ派の僧侶等, されどフランチエスカの君, されどフランドル人にし, されどフレギュアスの舟子, されどプォイボス・アポローンアイネーアースを勵, されどプォイボス・アポローンアンテーノール生みたる子, されどプラトオは其理想, されどヘスペリアは見ゆる, されどヘラクレス鳴聲, されどベアトリーチェは記憶, されどペツポのをぢ, されどペトゥローはあざ笑, されどペトルスの刀, されどホラチウス・コクレスが戰, されどポムペイにあり, されどマニ教も, されどマルテルの妻, されどマーレボルジェはみない, されどモツアルトはみづか, されどヤング・チャイニィイズと異, されどユダなるペトゥロー, されどララの氣, されどレツシングは哲學系統, されどローマの牧者, されどヱヌスの生ける, されどヴァティカーノその他ローマの中, されどヴィルジリオこれに近づき, されどヴィルジリオ我に曰, されど一たび大磐石の根, されど一事に即し, されど一國の存亡安危, されど一夜波荒くかの, されど一家は常に, されど一寸圍んで, されど一度あらし吹き, されど一方人を, されど一村寂然たり, されど一物として完全, されど一説に曰, されど一郎は疾く, されど一間にのみ籠り居らん, されど一面にはまた, されど一高にいた, されど七時過ぎの冷水浴, されど万一にもこの, されど万寿山の宮殿泉石, されど三一の神直接, されどは我, されどにては心, されど下根の衆生, されど不可解だけにまた, されど不安そうに耳, されど世間に喧伝, されど両親は其, されど世紀の, されど中学以上に倫理科, されど中川寄りの人, されど久し振にて, されど之等は要するに, されど予期したる歓喜仏, されどもなき, されど事実はなほそれら諸家, されど事汝の思ふ, されど二度三度ふりかえりし時, されど二月堂の清水, されど二神は遠ざかり, されど二科会大阪開会とある, されど二輪車の中, されど二郎ほどの男, されどふて益, されど亞剌伯種の少女, されど亭主之を好ま, されど人冠に土, されど人力車は通ぜざる, されど人品の高き, されど人声とては少し, されど人情は極めて, されど人民に努力, されど人生いくばくも, されど人目に映ずる, されど人相家のいう, されど今さら入らずして, されど今や君は, されど今一二の例, されど今回の分娩, されど今宵しばらくは, されど今年は勿論, されど今日このごろはなつかし, されど今暁は熟睡, されど以上述べたるは, されど仰いでお, されど仰ぎ視れば山, されど伊太利第一, されど何となくきたなき人, されど何らの問, されど何時如何に言ひま, されど余り涼み過ると, されど作家が言, されど作左はまた, されど作者のその, されど作者蒲松齢が満, されどの少女, されど侍臣をし, されど信州人といへ, されど個性を備, されど偽らざりきわが心, されど傷みて泣かん, されどはたしかにかく, されどの叫ぶ, されど僧尼が家族, されど僧徒の群, されど儒家の仁, されどの泰定二年, されど元日前十五日立春の年, されど元来世才に, されどづ實相, されど先方の行き, されど先生の予期, されど先考の忌日, されどのごとく, されど光輪傾きて, されど党人より之, されど党首として之, されど全く身に, されど全身悉くパトロクロス, されど兩者の關係, されど八幡宮は例, されど六とせ目の年, されどは兄上, されど其他の長, されど其処を堪へる, されど其前アレースのお, されど其前笏揚げて, されど其塔は吾等自ら, されど其多くは幻影, されど其失敗の甚しき, されど其實は然, されど其座に就ける, されど其後ち流弊憂慮, されど其後トロイアの勇將すべて死, されど其戲をもの語らん, されど其持前の上, されど其槍敵將の, されど其歌をば記憶, されど其母殺したりという, されど其状現今行はるる, されど其用語といひ, されど其疵乾き來て流血, されど其草木は只, されど其蛇母と子, されど其隊にトラシュメデース, されどての決心, されど内容は必, されど冥使早く至り, されど凡愚は惡業, されど刑罰はこれ, されどは全, されど初めから凡夫, されど初生の仔羊, されど別に詮様も, されど到る處皆火なる, されどにも書きし, されど勁箭はねかへる, されどなるヘクト, されど勇めども敵陣, されど勇將イドメネー小兒の如く畏怖知らず, されど勇將之を見, されどをば君, されどはその, されど北寿の山水画, されど北松浦の平戸生月, されど北海の緑, されど十三の花売娘, されど十二月まで瓢, されど十日目暗黒の, されど十歳許の童, されど博士の所謂前半後半, されど危きに臨み, されど原稿は三月半年, されど去年に比すれ, されど去歳の雪, されど又余りにその人, されど對の, されどくる者, されど古フィエソレを下り, されど古今に亘る, されど古池教会には何, されどだ一つ, されどにも左, されど同座より帰途, されど譽の, されど君責むる勿れ, されどれは, されど吾一度人間に歸, されど周時代には已に, されどのわろから, されどの惜, されど咄嗟に哥薩克, されどの中世, されど唐以前からかかる, されどふこと, されど嗚呼されど予, されど嘉納氏をし, されど嚴命下る時, されど大觀めぐりのみにてもなほ足らず, されど國府臺はさ, されど國民だけを虐げる, されどは最初, されど地三二にはダンテ, されど地上汝等の諸, されど地名の説明, されど地水火風の四, されど地獄には又, されどと高き堅き, されど城中何人も, されど城兵從はず埋伏すべく武裝, されど城内の不潔, されど城門スカイアイまた, されど堂々たる南都七大寺の, されど塩谷温泉より登る, されど夕陽は用捨, されど多士済々たる日本文壇, されど夜晝紡ぐ女神, されど大地の産物, されど大略足利時代の初期, されどより地, されど天上すめる神, されど天下多数の人, されど天人は崇拜, されど天命の寿命, されど天宗匠に嘉する, されど天才には何事, されど天日を知らざる, されど天父の救, されど天空に常見, されどは中, されど夫人は舊, されど夫餘が玄菟, されど奢るは益, されど深くし, されど如何にし, されど如何なる月をか, されど妙義の奇拔, されど妾強ちに, されどの夢, されど子供が感じた, されど子等は笑わじ, されど孔子の仁, されど孔明がかく, されど孝道は支那, されど孟子の如き, されど孤独により, されど宗徒の大将達, されどの事業也, されど官能界にあり, されど定まれる處なく, されど実体の両面, されど室内に立入り, されど宵越しのを勿体な, されど家猪を飼う, されど富時の我, されどに贏, されど實際としては斬罪, されど寧ろ求めて, されど寺院学校の壮大, されど封傳なくして, されど將軍意に猜, されど尊き魂よ, されど国民を, されど小児の時余, されど小児等も不便, されど小川は君, されど小生程にはあらざるべし, されど小舟は見えざりき, されど小説にかきつづり, されど許の, されど少くともこの, されど少時せば, されど人知れず, されど尼寺の心安き, されど尽く不穏の, されどを岸, されど居るにも位列, されど居心よきまま, されど山嶽の百鬼夜行, されど山後方にかたよれる, されど山県内閣は侯, されど山縣内閣は侯, されど岸辺の砂, されどの方, されどにはあらずし, されど川島家に来, されどの足, されど左樣なる人, されど市街中に崛起, されど帝國女子大學の看板, されどが彼, されど師匠も弟子, されど師彼に曰, されど帰国後吾が心, されどの生活, されどの端, されど平凡はやはり, されど平常気随気儘の, されど平日の分量, されど年比売尽しかり尽しぬる, されど年賀に行くべき, されど庭ひろびろとして樹木尠, されど弊害は何処, されど弓矢を弄ぶ, されど弘化四年を卅六, されどち人, されど強ゆるをせず, されど当地の人心, されど当方の差し値, されど当時の予, されど当時予はこの, されどは意, されど彼女に禍, されど彼女自ら招く報酬, されど彼家なる下婢, されど彼書をば汝何處, されど彼等身を上ぐる, されど彼處れて, されど彼語を出し, されど彼輩もわれ汝, されど彼魔窟といふところ, されど往なれぬながされびとを, されど律文がその, されど後世になる, されど見せ申す可, されど徳川は正に, されど徳川家康の母, されど心安くおも, されど忽ちにして, されど怒らずいとうつくしく, されど思ひ通りには, されど思へらく我若し, されど思念の效, されど急流岩に激, されど性行可良にし, されど怯者の如く, されどに酔ひ恋, されど恐れをもて, されど恩惠の我口, されど恰も見て, されど悪しき者は, されど悲痛という言葉, されどだにあら, されど惜しいかな景, されどふに, されどはなほ皇女, されど意志は萬事, されどにし, されどと慈しみ, されど慎み深きお, されどに心昧, されど憂ひの滴, されど憲政党は果して, されど憲政黨は果して, されど我々の作品, されど我らが義兄, されど我上に關, されど我今喜びて, されど我前を過, されど我国の人, されど我國の醫史, されど我手中にはその, されど我智は我, されど我曰ふ殺害, されど我未だか, されど我等主題を遠く, されど我脳裡に一点, されど我腦裡に一點, されど我自ら三千以上の, されど我藩の如き, されど我輩は自, されど我靈は我肉, されど我面に注ぎたる, されど戦場の敵, されど戰亂今起る, されど戰事に巧み, されど戰馬と戰車, されど戰鬪審く神, されど戰鬪攻撃をあく, されど戸障子のはづるる音, されど所謂教育は我, されど手兵のみにては不足也, されどにいたり, されど投槍と, されど招請を慎む, されど掛軸と挿花, されど搖籃の中, されど支那商人の来り, されど政かしこよりいで, されど政友会総務委員等は渡辺子, されど政友會總務委員等は渡邊子, されどとならぬ, されど故郷に勇將, されどて乞う, されど数多の美しき, されど数年間文学専攷の結果, されどながら見知らぬ, されど敵軍逐ひ來, されど文体が作品, されど文化以降それらの綿密, されど文士というサムライ, されど文字も古く, されどばかりの悲し, されど新教の女, されど方法の間違, されど方言をばよく, されどを経る, されど日曜の回遊列車, されど日曜日には病, されど日本現代の小説中, されど旭北鎮白雲の三岳, されどが滅ん, されど明かなる汝の, されど明子は如何, されど映ずるが爲, されど昨夜雨ふりたり, されど是我に係なかりき, されど是等の歓喜仏, されどなるもの鋏, されど時々主人家族は, されど時としては情, されど時偶発する言葉, されど晝餐のあかる, されど晩年フィレンツェに住, されど普通の酒, されど普通教育を受, されど智育は現今, されど暴動や反乱, されどの夢正夢, されど更に一歩を, されどの徴, されど最後に健鬪, されど最新の式, されど會繹終れる時, されど月日経る内, されど朝廷の儀式, されど未だかく奇しき笛, されど未来の深淵, されど未練心にお, されど本城は太田三楽, されど本島アイヌが麁蝦夷, されど村人は皆彼, されど松柏を劣れり, されど松田殿も拙者, されど枕擡ぐることも懶く, されど林右衛門も強力, されどなきもの, されど栄華を極めし, されどの花, されど棄つるも惜しけれ, されどとして声, されど極めて難解に, されど楽しきわが夢, されど概して如何なる商店, されどを戴ける, されど權威にいや, されど欺罔は人特有, されどの詞, されど正しく久爾須といへる, されど此らを悉く, されど此世にはこの, されど此偉觀の我眼, されど此処彼処に往々, されど此剛氣の若者, されど此後われに又, されど此心は久, されど此情は嘗て, されど此手段を行はん, されど此掟程謂れ, されど此方は平気, されど此時後方よりはやこなた, されど此時苦患の一聲, されど此畫の我心, されど此間我胸中には猶少し, されど武夫はもの, されど武道の試合, されど歸郷の道, されど殊更に或, されどの一軍, されどさる, されど殿下は神社, されどはわが, されど毎日晩酌をか, されど毒草なるよし, されど毫も疑わざりき, されど気丈なる女, されど氣疲れ力衰へたれ, されど水泳中にこむら, されど求むるところのものは自然にてはあらざりき, されど汝かくふかく戀, されど汝なほ明かにさとらん, されど汝らはラビ, されど汝ら立ち上り共に眺めよ, されど汝口づから汝, されど汝我を樂, されど汝望むがまゝに心を安んずる, されど汝此等の暗き, されど汝自らこれをいかに, されど汝路をしり, されど沒却理想なると, されど沒理想即沒, されど河靈は怒, されど油皿はとく, されど治子は一度, されど泣けばとていかでか, されど流石に人, されど浪六弦斎の作, されど浪子は永く, されど海賊が鉄槌, されど淨六・七五にはウェルギリウス, されど深長なる意味, されど混亂の中, されど渦中に加はる, されど漆器のみはこれ, されどりに, されど濃厚なるビステキ, されど明るくなりし, されど火事には非, されどが焔, されど烈風忽然と勢, されどを絶無, されど無垢の徴, されど無邪気に小児, されど焦され燒かるべき, されど煮ゆる紅の, されどは次第に, されど熔巖はその, されど熱しとも覚えず, されどゆるは, されど燕王答えたまわねば, されどに注意, されどの愛, されど片目の十蔵, されど牡鹿山の城中弓矢取り, されどにやどり, されど物事には程度, されどの行ける, されど狼狽へたりと見られ, されど獸驅り, されど猛獣のごとく走れる, されど獅子をば噛み得ざる, されど獨逸の民, されどの如く, されどの力, されど珍品は珍品, されど現在は民族競爭, されど現時一般女学校の有様, されど瑞村と余, されど甘き感情満ちぬ, されど生ける敵は, されど生皮を其の, されど用心きびしきこと, されど甲冑剥ぐを, されど甲板上の光景, されどと接吻, されど男物は英国風, されど當時これと異なる, されど當時我を傷, されどは再, されどの障礙, されど登れることを, されど白居易のこの, されど白髪蒼顔のウイツチ, されど百万遍の迷い言何, されど百畳の広間, されど未だ肯, されどなし翼, されど益す絮, されど目ざす方面は, されど盲人なる彼, されど異なれる金属, されど相似て官能, されど濃く黒目勝, されど看守を過らず, されど看護の尼, されどともに之, されど眞ともにアカイア, されど眞先にグローコス, されどに見ゆる, されど知らば我, されどはなお, されど石敢当に関する説, されど碑文の解釋, されど神佛も照覧あれ, されど神曲のこの, されど神母は最大, されど神罰眞に罪, されど禅悦に着する, されど禹貢の九州, されど私こと誠の心, されど私ども專門家の立場, されど科学者に祖国, されど程なく生き返る, されどは皆恙, されどきとき, されど空しく譽なく, されど空気は重く, されど窟墓の一語, されどの字, されど童らはもはや, されど童子は助け, されど等しき分を, されど築地移居の後筆硯, されど約せし數, されど紙代印刷費用共に甚廉, されど紛々たる雑書, されど素姓賤しかりしかば, されど細君は連夜, されど絶えて久しき, されど絶對はおの, されどを知らで, されど総べて無効, されどべて無効, されど繁昌も夏, されど羅馬にて人, されど美しき水盤を, されど習字よりは画, されど老婆しん死去して, されど老翁殺されて, されど老者の係, されど聖なる寺院は, されど聖徒と寺, されど聞きて行なわざる, されど聞ゆとも惡, されどはもとより未だ, されど聲調の自然, されどより朗々, されど自ら穢れたりと, されど自分は未, されど自慢の頬鬢掻撫づる隙, されど至仁至愛のわが, されど至高の牧者, されど舞臺の小, されど舟子の少し, されどにて直航せん, されど色香一たび失せたらむ日, されど芸術を味, されど苟も言を, されど若き女の, されどは山羊, されど草いきれは, されど菊蔵はなお, されど萬葉の長所, されどの表, されど蕪村派の俳句, されど薔薇は既に, されど藍光の眼, されど藩地のみに蟄居, されど衆人群りて, されど衆我にも差等, されどふ者, されど行為を以てし, されどと名, されど街衢は闃, されど表口の戸, されどが土, されど裏面に支那人, されど要するにこれ当時の, されどて信ずる, されどに對, されど解きても融け, されど記者いまだ真偽, されどに入り, されど語れるものは, されど説法を聽聞せん, されどふ我, されど講堂が燒失, されど謝肉祭の間, されど讀みおぼ, されど讀者は杞憂, されど谺響にひ, されど豹獅子狼の出, されどは醜から, されど貞之進は失望, されど財布をこそ人, されど責めらる, されど貴きおん方を, されど貴下は溺愛, されどはむとするものなし, されど資力なくし, されどの字, されど赤城の壯大, されどあるは, されど路傍なる梅, されど路地の陋屋梅花, されど踊りつつ坂, されど身動きもせ, されど身方の陣, されどに乗る, されど軽卒にあちら, されど輕卒にあちら, されど近年かくの, されど退いて自己, されどの女丈夫, されどかにわれ, されど造化の上, されど進歩して, されど逸れて惡, されど過つあたはざる, されどなき絶処虎狼, されど道づれのたえ, されど道割合に分り, されど道歌なる者, されど道行くものは, されど道路の地質, されど遠のくヘクトール急ぎ, されど邂逅の御, されど邪宗の人, されど邪慳を装える, されど郷土フィレンツェの禍, されどは只, されど重量のため, されどなし義人, されど金三は年頃, されど金之介は思ふ, されど金髮のメネラオス, されど刄刎ね, されど鋭き思ひに, されど鑛山の出す, されど槍柄は, されど長く連なれる兩側, されど長蔵はなお, されどに立てる, されど門外の松林, されど間もなく彼の, されどのため, されど關ヶ原の戰, されど關東の梅, されど陛下はすでに, されど陣中剛勇と稱, されど陣中歸り着き足, されど陰暦にては一年十二箇月, されど陳腐と否, されど陽揚腸場楊湯など陽韻, されど隠れたるヴェニスは, されど隧道を過, されど難路の疲れ, されど雨中なれば, されど雨蛙は枕する, されど雪女を見, されど雪後の寒, されど電光はその, されどには影, されど露西亞は強, されど靈松は二つながら, されど青年物理学者は至って, されどを公衆, されど面貌われは見ず, されどの重き, されどにあたり下, されどひこれ, されど願うはただ, されど顧みれば吾, されどはれざる事, されど風聲は早く, されど飛槍に巧み, されど食物もまた, されどりの, されど無く徒歩, されど馬鹿は馬鹿, されど驚きて, されど體裁にいたり, されどもの悲愁, されど鴨居のいと, されどと家鴨, されど麗しき世に, されど麦稈も束, されど黄白二の鑰, されど黄金の夢, されど黒馬博士よ, されど黨人より之, されど黨首として之