青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「され~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され
され~
~された された~ されど~ ~されない されない~ ~される される~ ~さん さん~ さんざん~

「され~」 40318, 400ppm, 241位

▼ され~ (26460, 65.6%)

1922 いる 1149 いた 1015 いるの 364 ゐる 332 いたの 318 いること 288 いるよう 287 しまった 264 いるが 256 いて 250 ゐるの 227 ゐた 211 いると 178 いるもの 162 いない 157 いるという 152 しまったの 151 居る 130 います 123 いたが, 来て 118 ある 111 いるから 108 しまって, しまつ 96 あった 92 いるので 88 来た 87 いたこと 84 しまう 80 居るの 75 いたもの 74 いるん 73 いました 71 ゐるやう 70 ゐると 66 しまいました 65 来たの 64 いたので 63 ゐるが 62 おります 59 いるか 58 いないの, きた 57 あつた 56 あるの, しまうの 54 いなかった 53 ゐること 52 いるに 51 いるところ 49 いるわけ, ゐたの, 来る, 行った 47 居ります 45 行くの 44 いたよう, 了う 43 くる, ゐて 42 いたから 41 いたと, いるし 40 来るの 39 いなければ, 來た 37 きて 33 みると, ゐるもの 32 いたという, いないこと, いる事 31 いるかを, ゐます 30 いるかという, いるとは, 了った 29 いても, ゆくの, ゐるから 28 いるのに, それが, ゐたので, ゐるので 27 いるけれども, いる間, 居た 26 居ると 25 いたん, 彼は, 私は 24 いないという, いるこの, いるらしい, しまいます, 見ると 23 いないから, いるばかり, おりました, ゐない, 居りました, 来たもの 22 あること, いる人, いる処, きたの, くるの, ゐたが 21 いるため, しまふ, ゐるところ 20 いった, いながら, いますが, いるかも, たまるもの, ゆく 19 いるうち, いるだけ, しまったので, ゆくこと, ゐるに, 了って, 行って 18 いたに, いないと, いる人間, いる時, おる, しまつて, ゐるか, 出て, 居るが, 居ること 17 しまうこと 16 あるもの, いないよう, いるその, いる筈, ゐないの, 居たの, 自分の 15 いる場合, よい, 今では, 来たこと, 来たという, 行く, 行つた

14 [12件] いたし, いないが, いましたが, いるであろう, いるとも, いるはず, いる点, いる自分, おりそして, しまったが, しまふの, 居りますが

13 あります, あるから, いた時代, いなかったの, いるかと, いるにも, そこに, 行くと

12 [11件] あるが, いいの, いるだけに, おいでに, しまうと, しまうという, しまったよう, ゐたこと, ゐなければ, 堪るもの, 居らぬ

11 [18件] あったが, あったの, いたか, いたところ, いたらしい, いません, いるそう, いるでは, いるとき, いるものの, いる今日, いれば, しまったという, 始めて, 帰って, 彼の, 来ました, 来ると

10 [23件] あって, あると, いたわけ, いないので, いるくらい, いるだろう, いるならば, いる事実, いる国, いる者, おりますが, しまったこと, しまったもの, しまひました, ならなかった, ゐたもの, 了ひました, 今日に, 居るので, 死んで, 私の, 行くこと, 黙って

9 [17件] あるので, いたため, いたのに, いないもの, いるあの, いるかの, いる日本, いる時代, おらぬ, ゐても, ゐなかつた, ゐるし, ゐるだけ, ゐるといふ, ゐるわけ, 來る, 居つた

8 [30件] い, いい, いたかも, いたり, いた時, いなかったこと, いますから, いるかは, いるよりも, いる以上, いる所, いる社会, いる通り, ここに, しまうだろう, しまうに, しまったと, しまっては, それを, ゆかなければ, ゆく過程, ゐたから, ゐないこと, ゐるばかり, ゐるん, ゐる事, 人の, 居るから, 居るに, 居るやう

7 [39件] いいと, いいもの, いく, いたこの, いたそう, いたとき, いる中, いる作品, いる土地, いる女, いる様子, いる部分, おった, おりその, おりません, きたもの, きました, しまいそう, しまつたのである, みれば, ゐたやう, ゐながら, ゐますが, ゐれば, 今まで, 何の, 入って, 在る, 奥の, 居りまして, 居るもの, 後に, 来たと, 来たよう, 生きて, 行きつつ, 行きます, 行くもの, 行ったの

6 [51件] あつて, あるよう, いた人, いた頃, いない限り, いは, いるかが, いるけれど, いるだろうか, いるとか, いるなんて, いるらしいこと, いる上, いる人々, いる彼, いる様, いる訳, いる限り, おりましたが, くること, くると, しまうから, しまうもの, しまうん, しまったから, しまったわけ, その上, それに, それは, たまるか, ゆくという, よいもの, わたしは, ゐたと, ゐたり, ゐるかを, 二人は, 今は, 今日では, 今日の, 余りある, 例の, 堪るもん, 奧の, 居つて, 平次と, 日本の, 来たので, 自由に, 行きました, 行くという

5 [84件] ありました, ある事, いたお, いたかという, いたその, いたとは, いたならば, いたにも, いたはず, いた者, いた訳, いって, いては, いないし, いなかったが, いましたので, いようとは, いるゆえ, いるゴーリキイ, いる一つ, いる一人, いる他, いる光景, いる場所, いる子供, いる家, いる形, いる最中, いる有様, いる状態, いる男, いる身, おまけに, おりまして, おりますから, おりまする, おるの, おるよう, これが, これも, これを, しまうであろう, しまうよう, しまったらしい, その中, その結果, なかった, なければ, はおりません, もとの, ゆくやう, よいと, よいの, ゐた筈, ゐるこの, ゐるさ, ゐる間, 一つの, 了つた, 了ふ, 二階へ, 人々は, 人間の, 今の, 何か, 余りあるであろう, 半七, 居て, 居ました, 居る事, 居る様, 平次は, 或る, 最後に, 来た事, 然るべきもの, 相当の, 私も, 終う, 自由な, 荒草深い, 行かなければ, 身を, 首を

4 [126件] あらねば, いくの, いただけ, いた土地, いた彼, いた筈, いないか, いないため, いないところ, いない時, いなかったと, いなかったよう, いなくて, いまして, いますし, いようとも, いるある, いるそれ, いるだけの, いるでしょう, いるほど, いるよ, いるらしいが, いるらしいの, いるらしかった, いる世界, いる今, いる位, いる例, いる問題, いる多く, いる新聞, いる武蔵, いる現在, いる程, いる種々, いる連中, いる部屋, おって, おらない, おりますので, おりまた, おり従って, おるが, お埋け, お菊, きたから, きた者, くるから, くるもの, しまうところ, しまったん, しまつた, しまつてゐた, しまふん, しもう, すぐに, そのため, それから, たまるもん, どうする, ならないの, ゆくでしょう, ゆくと, ゆくもの, ゆくよう, よいでありましょう, ゐたか, ゐたといふ, ゐた頃, ゐないから, ゐました, ゐるかの, ゐるその, ゐるらしい, ゐる人間, ゐる所, ゐる時, ゐる状態, ゐる筈, ゐる限り, 一種の, 一般の, 三人は, 了い, 了いました, 了うのである, 仕方が, 來て, 僕は, 出来たもの, 参りました, 多くの, 女の, 居たこと, 居たもの, 居りましたが, 居りますから, 居るか, 居るよう, 居る方, 居る筈, 当時の, 後は, 急に, 手が, 昔の, 来たから, 来たが, 来ること, 来るにつれて, 来るので, 此処に, 現われて, 理解され, 皆任地へ, 相手の, 紫だ, 自分も, 血を, 行くうち, 行くに, 行くやう, 見る, 間も, 頭を

3 [252件] あったり, あつたの, あとで, あとは, あるか, あるという, あるに, あるん, あわてて, いいだろう, いそう, いたかを, いたくらい, いたけれども, いたせい, いただけに, いただろう, いただろうか, いた一つ, いた一人, いた当時, いた時期, いた点, いた私, いた資本, いた間, いつた, いつまでも, いないで, いないでは, いないに, いないのに, いない処, いない点, いない証拠, いなかったから, いなかったので, いましたから, いまは, いよう, いようと, いるあいだ, いるからと, いるこれ, いるじゃ, いるだろうと, いるであろうか, いるといった, いるとかいう, いるのみ, いるほう, いるフランス, いる一種, いる事柄, いる人物, いる伸子, いる作家, いる作者, いる傾き, いる大, いる娘, いる室内, いる小, いる当人, いる意味, いる感じ, いる方, いる本, いる模様, いる次第, いる私, いる舞台, いる色々, いる言葉, いる語, いる諸, いる貨物, いる身の上, いる身分, いろいろな, おしまいに, おったの, おられるの, おりこれ, おりそれ, おりながら, おれば, きたが, きたと, きたので, くるであろう, くるでは, くるので, ここの, これに, しかもその, しばらくは, しまいには, しまいますから, しまいますよ, しまうお, しまうか, しまうかも, しまうが, しまうでしょう, しまうばかり, しまったに, しまった後, しまふであらう, すごすごと, そこから, そこの, そこへ, その代り, それで, それと, それには, それも, ついには, ならない, なるもの, はおらぬ, ぼんやりし, みて, ゆきます, ゆくその, ゆくはず, ゆけば, よしや春秋, ゐたさ, ゐたに, ゐたのに, ゐたわけ, ゐた事, ゐた彼, ゐた私, ゐては, ゐないが, ゐないと, ゐないといふ, ゐないところ, ゐなかつたの, ゐるかと, ゐるかといふ, ゐるかに, ゐるけれども, ゐるそれ, ゐるため, ゐるで, ゐるとは, ゐると共に, ゐるならば, ゐるのに, ゐるのみ, ゐる人, ゐる句, ゐる私, ゐる程, 一緒に, 了ひ, 二人の, 二階の, 人々の, 人格の, 今に, 今日は, 仕舞ったの, 仕舞つた, 伸子の, 作品が, 來ました, 僕が, 僕の, 元の, 全世界, 写って, 別物に, 十六世紀の, 口が, 君の, 吾, 喜んで, 地上に, 夢中に, 容易に, 居たが, 居つたの, 居なかつた, 居ます, 居らぬ樣, 居り, 居りますので, 居るです, 居るでは, 居るところ, 居るん, 平気で, 廣く, 彼も, 彼らの, 彼等は, 後も, 息も, 成立する, 改ため, 新に, 早々に, 最初の, 最後の, 来たこの, 来たん, 来た事実, 来た人, 来つつ, 来なければ, 来るという, 来るに, 来るよう, 来れば, 残って, 殺されて, 気の, 泣いて, 泣寝入りに, 浮んで, 海に, 生ずるもの, 目を, 眼に, 社会の, 私たちの, 私たちは, 立つて, 耐へ, 腹を, 自己の, 自由の, 色々の, 行かねば, 行くところ, 行くので, 行くばかり, 行く処, 行く途中, 行方不明に, 表現される, 見えた, 見れば, 間もなく私, 非常な, 非常に, 頭の

2 [766件 抜粋] あったという, あつたり, あとから, あの時, あべこべに, ありまた, ありよく, あるかも, あるかを, あるはず, ある中, ある以上, ある古めかしい, ある音響, あれ, いいこと, いいわけ, いい窯場, いくもの, いたけれど, いたであろう, いたとしても, いたほど, いたものの, いたらしいこと, いたろうと, いたタイタニック号, いた事, いた事を, いた事実, いた例, いた南緯六十度ウニデス本流以南, いた囚人, いた娘, いた年, いた日々, いた日本, いた沢山, いた生活, いた肉慾描写, いた自分, いた証拠, いた通り, いた雑誌, いったの, いつしかその, いつも僕, いないこの, いないでも, いないばかりか, いないユーモア, いない事実, いない古い, いない国, いない部分, いなかったし, いなかったであろう, いなかったという, いなかったらしい, いなかったり, いなかった時, いながらも, いねば, いますか, いますそれ, いませんでした, いらっしゃる, いられるの, いるいわゆる, いるからこそ, いるかわり, いるすべて, いるだろうが, いるでしょうか, いるとおり, いるとしても, いるとの, いるのよ, いるみたい, いるらしいという, いるらしいよう, いるらしく, いるカント, いるジード氏, いるブルジョア社会, いる一方, いる不満, いる二人, いる人達, いる仕事, いる健康, いる先生, いる労働者, いる各種, いる品, いる地上, いる地域, いる多, いる妻, いる婦人, いる客, いる島秋人君, いる広間, いる情熱, いる教会, いる新しい, いる旧, いる最も, いる有名, いる無産者, いる現実, いる現状, いる程度, いる種類, いる米友, いる絵, いる観念, いる豊後介, いる金, いる階級, いる首, いる馬, おったが, おったけれども, おったもの, おったよう, おらずまた, おらないこと, おられる学者, おり, おりしかも, おりそれら, おりましたので, おり又, おること, おるという, おるもの, お定, お町, かかって, かれは, きたという, きたわけ, きます, きょうは, くるし, ここへ, ここまで, こっちの, このよう, これは, ごはんを, さすがに, しとやかに, しまいましたので, しまいましてね, しまうだろうと, しまうとき, しまうなんて, しまうまでは, しまうわ, しまう場合, しまう運命, しまったかも, しまった今日, しまつたのでした, しまつて四十余日に, しまひさ, しまひましたが, しまふから, しまふこと, しまふと, しまわないうち, しまわなければ, じつと, すぐにも, そうし, そこには, そして其の, そのままに, その光, その前, その扉, その時, その話, その逞しい, それらと, それらの, た, たまるかい, だまって, とうとうこんな, ともかくも, どんなひどい, どんな風, ならないから, ならぬ, なるほどと, のち引返し, はじめて, はじめて自分, ふたりが, ほかの, ますが, まゐりました, みたり, やっと私, やつと, ゆくかという, ゆくこの, ゆくであろう, ゆくところ, ゆくばかり, ゆく上, ゆく今日, ゆく存在, ゆく途中, よいこと, よかろう, ゐたかを, ゐたせゐで, ゐたらしい, ゐたを, ゐた小, ゐた時, ゐた者, ゐた譯, ゐなくては, ゐましたが, ゐるうち, ゐるかは, ゐるけれど, ゐるしかし, ゐるぢ, ゐるとか, ゐるとも, ゐるほど, ゐるらしかつ, ゐる事柄, ゐる人々, ゐる人達, ゐる作家, ゐる場合, ゐる家, ゐる或, ゐる所以, ゐる時分, ゐる氏, ゐる結果, ゐる自分, ゐる部分, アメリカの, ガラッ八, ツイ先刻まで, ノビた, マジマジし, マンは, 一つは, 一人も, 一定の, 一層高次, 一座十五六人は, 一応の, 一時植木屋の, 一生を, 一般人民を, 一週間ほど, 一部は, 上京した, 上部に, 不具者に, 不思議な, 世界的な, 世間に, 主人の, 了うであろう, 了つたやうな, 了ふと, 二人仲よく, 京の, 人間は, 人類の, 今も, 仕舞ふ, 仕舞ふだらう, 以來今日まで, 以来の, 以来真に, 伝わって, 何う, 何より先, 作者の, 來てを, 偉大なる, 働いて, 兎も, 入つて, 八五郎は, 六角の, 其の腐敗, 其度に, 出る, 出來, 初めて一定, 前後の, 動いて, 十九の, 十分の, 即座に, 即死した, 口に, 口の, 口惜しいつて, 各方面, 名古屋の, 呆気に, 周章狼狽の, 問題が, 土手の, 地上の, 報道された, 変って, 大原は, 夫れ, 奥へ, 女は, 女子の, 妙に, 婦人の, 存在し, 孤児たちの, 安二郎は, 客間に, 家が, 家の, 家は, 小さい時分, 少年たちは, 居たと, 居たので, 居た様, 居た程, 居つたと, 居ても, 居ないの, 居ますが, 居りその, 居りませぬ, 居りません, 居るかと, 居るけれども, 居るそう, 居るといふ, 居るわけ, 居る位, 居る程, 居る訳, 展開する, 崩折れ, 已めた, 帰るの, 平民と, 床の間に, 座敷の, 引っ込んで, 影が, 彼に, 彼女と, 彼女は, 待って, 心霊学者の, 思いも, 恍惚と, 恐怖した, 悲しくなっ, 戻されるの, 戻つて, 手も, 押入へ, 描かれて, 改めて見る, 放り出されて, 政治的闘争の, 斯んな, 日本でも, 暫くは, 暫らくは, 書いたもの, 書かれた, 本町の, 来たか, 来たせい, 来たところ, 来たばかり, 来た小, 来た時, 来た芸術, 来ては, 来は, 来るであろう, 来るわけ, 来る筈, 染次は, 柳橋の, 極度に, 権右衛門は, 機械に, 欲しい, 正当な, 此の, 死ぬ, 死骸の, 殆ん, 殺された, 母が, 毛皮は, 民政政友社大の, 気が付かずに, 水は, 水中へ, 江戸中の, 浅草の, 消滅する, 滅びて, 濫用され, 火は, 熱い日本酒, 父の, 牢獄に, 物置に, 生活し, 生活の, 男女十幾人の, 病院に, 痩せ衰, 発達した, 盛んに, 眼が, 眼を, 神経を, 私と, 種々の, 立って, 立派に, 簇出した, 納戸に, 素直に, 美奈子も, 老船頭, 育てられて, 胸の, 腰の, 腹の, 自分たちの, 自分に, 自分自身には, 自然に, 自然の, 船で, 若干の, 苦しまぎれに, 萱草の, 藻は, 行くか, 行くだろう, 行くにつれて, 行くん, 行く事, 行く必要, 行けば, 行ったが, 行ったん, 行つたのは, 裏門から, 見える, 見ろ, 見世物に, 親の, 覺えず, 記憶の, 読まれるという, 謂わば, 譴責処分を, 返済を, 通ったの, 通行の, 遂にその, 遂には, 酒の, 酷い目, 金を, 鏡の, 陳列された, 階下の, 面白い, 順一や, 飛行の, 食堂へ, 首でも, 驚いて

1 [8620件 抜粋] ああいう, あちこちと, あった不法煙草葉, あなたこなたで殺, あまりの, あり係り, あるでは, あるバイロン, ある場合, ある景教碑, ある神田孝平氏, ある館, いいだけの, いい気持, いくよう, いずに, いたおかげ, いたであろうにと, いたひとたち, いたら私, いたケツァルコアトゥル, いたヨーロッパ風, いた上人, いた亮, いた光厳, いた各, いた塾生たち, いた宝石づき, いた岩, いた悪夢, いた数千万円, いた最も, いた武者所, いた滑稽, いた癇癖, いた米, いた若衆武士, いた諸種, いた重吉, いた飯島, いったとき, いつもペコペコと, いないそんなに, いないわけ, いない変, いない松, いない者, いなかったころ, いなかった自然, いましたね, いませんでしたか, いよいよ市価, いらっしゃいますのね, いるあなた, いるかお分り, いるけ, いるぜ, いるであろうとも, いるなどと, いるばかりに, いるやら, いるらしく見えた, いるサナトリアム, いるバルザック, いるユーカラ, いる一方的残虐行為, いる下町, いる事情, いる令嬢, いる俘囚, いる光琳乾山合作, いる劇団, いる十分の一, いる古文書, いる吾国, いる四階, いる塾生, いる大高城, いる如く見えて, いる宋末, いる専門用語, いる工兵隊, いる彼女, いる忍者, いる戸, いる探検, いる文章, いる旨, いる有史前, いる板垣中将, いる檻, いる民主主義的, いる泉, いる演壇, いる狭い, いる甲源一刀流, いる省察, いる祈り釘, いる箇旧, いる線, いる自身, いる薄い, いる言論, いる警視庁, いる農奴, いる邪教人, いる長い, いる電波, いる食糧, いわば絶対, うれしい, おったかが, おもしろいもの, おらないまでも, おられましたの, おりそれに, おりますところ, おりませんけれども, おり各, おり楠木正成, おり負, おる人たち, お叱り, お琴, お預り, かの女, きたその, きた医師藤井家, きた用件, きわめてアンデパンダン, くる事象そのもの, ぐるぐる廻され, こちらは, このパルプ, この怪艦, この近傍, こんどは, さっきから, しかも現, しばらくする, しまいましたお話し, しまいむなしく, しまい遂に, しまう人間性, しまったそう, しまったらどう, しまった当座, しまっちゃ, しまひましたよ, しまふ国, しゃれた二階, すつかり役に立たなく, せわしくあえい, そこで一晩, そのかわり, その世話役, その厩, その広告, その文字, その田舎, その翌日病院, その附属病院, それから日本, それで嫌, そッちの窓外を, ただ私一人, たまらなかつた, ちよつと, つかまって, ではロンドン, とても不愉快, どうもいけない, どんな原稿, なくなる際, ならなかつた, のしか, はおらない, はては道, ひき裂かれ, ひろ子も, ふんだんに牛, ほんのすこし, ますので, また雷火, まづ私, みるとして, めつたに, もっと近寄っ, やがては, やっと帰っ, やるよ, ゆくし, ゆく中心地, ゆく感覚, ゆく立証段階, よいという, ようやく後堂, よれよれの, わたしたちは, ゐたからに, ゐたら非常, ゐた佳き, ゐた小作料以外, ゐた様子, ゐた笛, ゐた頼太, ゐない人格, ゐなかつた時代, ゐるからね, ゐるならまだ, ゐるシイン, ゐる両親, ゐる傲慢, ゐる啄木, ゐる實感, ゐる才人, ゐる本州, ゐる特別語彙, ゐる癖, ゐる芥川, ゐる趣味, ゐる頃, アメリカに, ガヤガヤと, ケーテの, スッカリ書籍購入の, ダーッと, ドイツ軍人との, ビッドルが, ペコンと, メキメキ発達, ンのよ, 一七七六年の, 一向注意, 一方は, 一枝が, 一行に, 三位中将納言朝散, 上ったの, 下りて, 不承無承, 世の中に, 中央集権化の, 之に, 了つたことも, 予審が, 二倍も, 云わば, 井筒屋重, 人目忍び, 今にも呼吸, 今更驚き, 仕舞う寂寞, 代を, 以来である, 以来呪法の, 仲間部屋に, 低俗な, 何とぞ快う, 何時の間にか, 作中の, 保存される, 側面からの, 僕に, 先祖の, 全くに, 八五郎が, 共に黄土, 其の聞きたがり, 其處に, 再び大学, 凄まじくも, 出征した, 刃物という, 初めて具体的, 初めて知り得る, 別々の, 力三も, 動ともすると, 十二の, 午前中廊下を, 南米あたりから, 却って躯, 又誰, 取引市場を, 召使の, 吉原の, 同五年, 名誉の, 味も, 問題とは, 嘘の, 四日の, 困ると, 国際雪氷委員会, 在る効能書, 執政参政という, 塵ッ葉一つ残らず, 夕靄の, 多数の, 大さわぎ, 大変口惜し, 大枚の, 大騒ぎな, 夫, 奥地に, 好結果, 始めて横浜, 子供たちの, 学士院を, 安易な, 実物とは, 宮へ, 宿直室に, 専門家こそ, 小平太の, 尚その, 居た事, 居った, 居ない, 居らない, 居りますこと, 居り欧米人, 居ること抔, 居るや, 居る処, 居る尊者ゼーツン・ミラレバ, 居る男, 居る限り, 山本が, 嶮岨な, 市外の, 帰れますが, 常陸に, 年を, 広々した, 庭園へ, 弁論の, 張合ひ, 形を, 往來を, 後ろ手に, 徒爾に, 御本国, 心地よい一夜, 忠相は, 思うよう, 思わず涙, 恐ろしい坂, 悦び他馬の, 惚れた腫れたも, 感光フィルムの, 懐中ものまで, 我々の, 戦争に, 所謂江戸ッ子の, 払わずすったもん, 拍手が, 捕われ同年十月廿二日浅草, 提出された, 改刻された, 散らばって, 文学を, 斬首され, 新聞にも, 日増に, 早晩かは, 映って, 時には, 晩餐の, 暫く動かなかつた, 書いたとしか, 最近まで, 木崎の, 本堂の, 村瀬は, 来たというは, 来た一人, 来た勤労男女, 来た学問性, 来た戸籍公証, 来た牛太郎, 来た花嫁, 来た青年たち, 来り前書き, 来る六, 来庵, 板の間には, 柳町の, 梯子段を, 極端の, 横手の, 次郎三郎は, 正気づく, 歩みを, 死なれるもの, 死んだとも, 残つて居る, 殺したもの, 毎月十日毎に, 気絶し, 江戸城本丸に, 泣いた例, 浄化した, 海綿を, 混沌たる, 湖水の, 漁場に, 潮来に, 灯の, 無態, 然るべきであり, 燃えさかる青春, 物を, 犯罪する, 現れ出たの, 現存し, 甚だ有名, 生徒の, 甲州名代の, 畑中の, 病院で, 登る未知, 皆人が, 直るので, 眠って, 知らず識ら, 磨きが, 神前霊剣の, 私が, 移転する, 空井戸の, 窮境に, 章三の, 筍の, 精密検査を, 紙上で, 終に社, 結局科学だの, 締木で, 罪に, 羞かしが, 耐まる, 肉に, 胸を, 自主的に, 自発的に, 良き美, 若い学堂, 苦しむの, 荒磯の, 蒲公英が, 藩政上に, 血眼に, 行くかを, 行くよう, 行く日, 行く道庵, 行った有様, 行つて読み, 袋の, 要求した, 見りゃあ, 視覚の, 触ったらまだ, 詩文の, 読むこと, 諸君はちよつと, 議会の, 貴族院議員に, 赤絵を, 足を, 身動きも, 軽々と河岸, 辭表を, 返答に, 逃げて, 這, 通行人は, 遂にそれ, 遊里に, 道庵もろともに, 邸内を, 配られた, 野に, 鈍い白さ, 長享三年の, 間もなくお, 闇の, 随喜し, 雪之, 青山の, 靴磨きの, 頻りに興奮, 飛躍した, 飾られて, 駄目, 骨ばかりに, 鯛十郎も, 黒塗りの

▼ され~ (2410, 6.0%)

2625 です 16 今日の 9 彼は, 此の 8 彼の, 私の 7 これらの, これを, 私は 6 自分の 5 ここに, このたび, 今の, 我は, 汝の, 自分は, 請ふ

4 [14件] されば, その事, それが, でご, もしこの, われは, 予は, 他の, 吾, 彼らは, 彼等の, 日本の, 桔梗の, 落葉と

3 [33件] お店, こ, この時, これは, これまた, これも, これより, じゃ, それを, にて候, の, わが, われその, コン吉は, ヨブ記は, 予が, 人の, 人は, 人も, 今我が, 余輩は, 僅少の, 如何に, 彼等は, 愚僧は, 我等の, 支那の, 汝は, 爰に, 現代の, 生は, 誠に大難, 貴人の

2 [138件] いささかも, いつか私が, いづれの, お定, かかる判断, かの幽霊論者, この上, この中途半端, この種, この頃, これなる, これに, さこそ, すべての, その, そのとき, その儀, その時, その頃, それより, それらの, た, で御, なんじら, ほかの, まづ, むかしの, もし諸君, もはや疾翔大力, わしは, ダンテが, ヨブの, 一の, 一人の, 一切の, 一句一章と, 一家の, 三月の, 世に, 世にては, 世の, 両親も, 事の, 二十三年の, 人を, 人間の, 今かの, 今この, 今宵も, 今後の, 今後は, 今日も, 今迄, 以後は, 伊藤公爵大隈伯爵等は, 何が, 何事も, 僕の, 元日の, 千年の, 博物学を, 去年の, 右の, 君は, 吾人は, 和歌と, 唐時代の, 善根回向は, 国民論派は, 地と, 夏の, 大隈伯は, 妻の, 妾の, 妾は, 小手先の, 少女の, 山の, 山路の, 工藝の, 工藝は, 己の, 市長と, 彼に, 彼らが, 得べからず, 心ある, 心を, 愛兒よ, 我々は, 我も, 我らは, 我今の, 我邦の, 拙者の, 施しを, 日本に, 旧冬の, 春の, 春琴の, 昨日の, 月の, 本文にも, 東京の, 此熊も, 此釧路を, 母の, 汝が, 汝に, 獣中最可, 當時の, 疾翔大力とは, 真個の, 社の, 社会の, 種々の, 織物の, 罪人の, 自然と, 自然の, 芝居を, 芭蕉の, 若し此一文, 蒙古, 虚心平気に, 詩の, 越後に, 路地は, 身の, 車に, 載るもの, 近来も, 逍遙子が, 逍遙子は, 遠郷, 酒も, 長吉は, 革命は

1 [1816件 抜粋] あえてその, あたしには, あの山向う, あまたの, ある場合, あア, いかなる異説出づとも我, いずれが, いちど陣中に, いにしえの, いやしくも現時, いわゆる平和, おあね, おしろでは, おばば, お上にては, お体裁, お望み, お紺, お雪, かく比較, かの貴賓, きのふの, ここが, こそたふと, このたび川島家, この中, この件, この印籠, この君, この地, この宝蔵院, この山の神社, この怪事, この戦ひ, この文章, この東人, この点, この請, この議論, この部落, この障壁, これと, これら労働者の, こんども, ご高説, さして驚き, さはら, さやっぱり天祐, しばしば子, じゃのう, すぐ崖下, ずんと後陣, そこに, そのため, そのまま片里どの, その主人, その以外, その地, その外観, その子, その性素樸勇悍, その戸主杉本氏, その方ども, その昔, その村, その水火秘文状, その河内路, その療法, その舞台, その薬師丸, その説, その道誉の, その頃世人の, その鬱情, それに依, ただいま, たとい自ら, たれにも, ちと旅疲れ, つながるおぬしも, でござっ, で御座います, とりあえず湖, どう云う, なおのこと本望です, ながい月日, なり其膳, にござります, にや仏, にや氷, はしなくここ, ひでよし, ほっこく, まことに弥次郎兵衛, また弛く, まだお次, まづさく宿, みな幻想は, むしろチヤッコ, めし賜良之, もし一, もし国家, もし處, もとより仰せ, やがて数年, よい機, よしや血統, わがゐし, わが家の, わが病臥, わしの, わたくしとても, わたくしも, われわれの, われ將たい, われ日, アリストテレスは, ウルガン伴天連とても, エワレツトと, カレイも, キリストの, ゴンクウルを, サ今まで, ジエンナロと, ダンテは, ニイチェが, バイロンスヰフトの, ブラッドフォード市においても, ヘルキュレスは, マラコダの, ルソーが, ローマ有名の, 一人にても, 一夫にて, 一方では, 一日哀弔を, 一樽の, 一科專攻の, 万一この, 三味線堀は, 三界の, 上方の, 下世話に, 世にも美しい, 両三日, 中には, 主上に, 乙説を, 乞食僧は, 亀山にて, 予を, 事件の, 二人は, 五助が, 些の, 人々餘り, 人世に, 人民たる者が, 人生の, 人間交際の, 今かかる, 今こんな, 今や草むら, 今われ曹が, 今俗用, 今夜六月の, 今店子と, 今度は, 今日この, 今日丈の, 今日我が, 今晩かなし, 今私権を, 仏経に, 他は, 仙人王女の, 仮令今, 仰せの, 位階勲章は, 佐和山にて, 何かに, 何なり, 何処が, 何等の, 佛を, 例の, 信仰を, 個人に, 倭國即ち, 健在であれ, 傷を, 働かぬ者, 儒教も, 元龜天正頃, 先づ聞かれい, 先生は, 全校の, 八品詞その, 公園の, 兵法の, 其以前に, 其時に, 其記する, 冥土を, 列国間の, 初心の, 到底この, 前にも, 劉皇叔が, 匂う, 北斎が, 北畠親房は, 十八年の, 午後の, 南岳の, 単独生活を, 印度に, 又全島, 叔父の, 古え, 古書に, 只今より, 各御家庭, 同じくエタ, 同一の, 名は, 向は, 君記憶せよ, 吾等兩名は, 味わいを, 哲學者が, 善く射る, 單に, 国民的政治とは, 在学中も, 堯典記載の, 声を, 外国文を, 夜あるき, 大かたの, 大判の, 大川端に, 大抵これら, 大王心して, 大饑饉, 天上皇帝は, 天才は, 天皇の, 夫人が, 奈良井の, 奧州の, 女という, 好い加減に, 妻なる, 姉は, 姓氏を, 婆さんは, 婦人は, 子供たちは, 季節は, 学者及道徳家に, 學問に, 安らかに, 宗教の, 官吏が, 実の, 実隆と, 宮と, 宵の, 家を, 家職の, 寛永十六年, 寺院神社の, 尊氏には, 小劍, 小樽の, 少くも, 少年時ぼくが, 山東の, 崩御は, 川島未亡人も, 左には, 巨万の, 帝舜が, 常に言われる如く, 平和の, 平安朝に, 幸徳は, 幽霊とは, 幾瀬の, 弁慶力試しや, 張良が, 役行者と, 彼処に, 彼女に対しても, 彼等行者は, 後年法王の, 徐州この, 従来木彫家であった, 御使, 御家相続の, 御評定所, 徳川の, 必ず永久, 忽ちに愚民, 怪物の, 恐る恐る身, 悟れるとは, 愈々損得, 憲政の, 成功し, 我が中世, 我が大宝令, 我が対支政策, 我さらに, 我もとの, 我今更と, 我祖国も, 我等上は, 我輩婦人の, 或作者, 戦場へ, 手前らは, 拙者は, 拿破里の, 損得に, 支那人は, 放免どもは, 政治の, 教育に, 数多の, 敷石を, 文明九年ごろから, 料理の, 新刊に, 新婚の, 旅を, 日に, 日本には, 日柄の, 日野朝臣の, 明後日午前十時半に, 明治十二年の, 昔から, 春琴女の, 昭和時代の, 時として無心, 時の, 暖国の, 暴政抑, 最も晴やか, 最初よりか, 月球の, 朝ごと朝ごとコン吉は, 朝五時六時頃に, 未だ全く人, 本書の, 本艦は, 村正の, 東洋人は, 林とても, 棕梠の, 樹の, 檜垣の, 欧州諸国の, 歌も, 此人は, 此度の, 此熟化せざる, 此記事の, 武士として, 武門の, 殿の, 母子の, 民政の, 気高いと, 永正七年には, 汝ら敵軍に, 汝彼の, 汝等我の, 汽船発動機船などな, 沒却理想の, 河添いの, 泰西に, 派手者の, 浪子が, 深いこと, 清洲の, 港の, 滑稽なる, 火生土というは, 無智蒙昧, 無限を以て, 父上の, 牛には, 物語の, 狐が, 猴の, 猿田彦が, 王政維新の, 現下の, 現物が, 璧を, 生前に, 生時の, 由緒正しい, 男は, 男尊女卑主, 留置場破りなどを, 皆人の, 目前の, 真に国, 知れりや, 石見守は, 神と, 神護寺現存の, 秀吉公が, 私たちは, 私ら釣り人は, 秋風さむし, 穴居に, 竜宮に, 竹に, 筑摩家とは, 箱根で, 精神の, 終夜不寝番を, 結婚を, 維新時代一漁村に, 纔に, 義家が, 聊かの, 聡明な, 肉体と, 自分に, 自然を, 自然淘汰によって, 與八明朝寅の, 良き舟人, 艶にと, 芸術家の, 若し世間, 若し此荒廢, 英泉は, 茶人には, 菲才僕の, 著書など, 蜀は, 衆將率ゐ, 行け我, 衣裳なども, 褒むるも, 西南戦争の, 要するに詩人, 見給えこの, 親鸞聖人の, 言ふまで, 詩に, 詩的表現の, 誰しも, 誰憚る, 謹みて, 象徴こそは, 貫一が, 賤業婦の, 足利時代の, 路という, 身体精神の, 近きを, 迚追放にも, 逆に, 逍遙子まことに, 通じては, 進歩党に, 過分な, 道に, 道場の, 遠いいぜん, 邦語では, 都に, 酒は, 野洲川野武士の, 金丸大尽様からの, 鈴慕の, 長くは, 門石垣の, 防者九人の, 階級と, 雅俗折衷之, 雪国に, 露骨に, 音づる軒の, 風土記著者が, 飯島様も, 馬太の, 體と, 鮭の, 鶏肋という, 黄忠と

▼ されても~ (697, 1.7%)

18 仕方が 8 それを, 私は 5 しかたが, それは 4 い, いた, よい, 少しも, 文句の, 構いません 3 それが, よいと, 僕の, 困る, 彼は, 腹は, 自分の, 黙って

2 [44件] いい, いいから, いいと, いいの, いいん, いつでも, いない, いないでは, いる, いるだろう, これは, だまって, どうする, なお懲りず, ならない夫, わたしは, ゐないの, ビクとも, 今日まで, 仕方あるまい, 仕方の, 俺の, 倒されても, 僕は, 力餅が, 困るが, 大丈夫だ, 好い, 宜いも, 平気で, 平気な, 弁解の, 彼には, 惜しくない, 抵抗も, 構わない, 横に, 相変らず働い, 致し方が, 致し方ない, 親分の, 誰でも, 頭が, 黙つて

1 [517件 抜粋] あたし厭じゃ, あった, あなたと, あらゆる自由, いいかげんまで, いいという, いいはず, いいもの, いいやう, いいよ, いいよう, いいわ, いいわけ, いい人間, いい位, いい筈, いかなる農業者, いかに力, いじけたり, いず捜索, いず近い, いず追跡, いたし方が, いた夫婦仲, いつまでも, いつもうまく, いつもこの, いて, いといません, いとわなかったろう, いないから, いなかった, いますけれども, いるが, いるし, いるであろう, いるの, いるん, うごけねえぞ, うそ寒そう, おせい様, おそらく彼自身, おらずまた, おらにとって, おりましょうが, おれは, お互に, お日さま, お松の, お玉も, かえって誤解, かまいません, かまは, かまわない, かまわないと, かまわない地域, かまわん, かまわんが, かまわん私, かれだけは, きまりの, くらげは, けっこうと, こっちは, このあたり, このお, このこと, この聖女, こまる, こまるが, こまるけれど, こればかりは, こんな甘ったるい, さうさ, さし支, さすがに, されなくっても, しかし自分, しかたの, しかも通常, しかるべきだという, ぜひは, そうした日本精神主義, そうたくさん機械, そう不思議, そのあと, そのため, そのよう, その再版, その実感, その悪, その相手, その立腹, その範圍, その結果, その結論, その言葉, その言葉自身, その質問書, その過程, その野郎, その頃, それだ, それとこれ, それとは, それに, それにも, それ以上動い, そんなもの, たいがいびっくりは, ただの, ただもう, だいじょうぶな, だからどうにも, だそれに, ちっとも恥ずかしい, ちょっと叱られ, つい喋舌, つまらない, つまらないし, つまらないと, つまらぬから, つまらんから, つまるまい, つむじ曲りの, てめえは, できそう, とやかく言っ, どういうもの, どうしても居, どうもいけません, どこまでも, なおその, なお死なざる, なかなか譲歩, ならない, ならないそれ, なりたけお金を, なれなれしくあつかわれ, なんとも意味, はじめに, ひとつなる, ふしぎに, ほとんど大した, まことに致方, まごつかないよう, ます, ますます品物, また誰, また頭, まだお, まだひと, まだまだ全く捨てた, まだわからず, まだ足らなく思う, まもなくその, まりは, まるで反応, みなければとも, むしろ社会人的, むだな, もうおのれ, やむを得ないと, やむを得まい, ゆくゆくの, よいから, よいこと, よいという, よいほど, よい言わない, よからう, よろしいの, わかるもの, わかる気遣い, われわれには, ゐず且つ, ゐた, ゐたから, ゐるし, ゐると, アランにだけは, ガスパールは, コシェリョフ吟造と, ジタバタもがき廻つた, ジロリと, ソッポを, トコトンまで, ニコニコ笑っ, ホームズは, ポーッと, 一ち, 一つの, 一人の, 一円の, 一向に感じない, 一向平気, 一時間に, 一生楽々, 一言も, 下男の, 不思議で, 不思議は, 不思議を, 不要な, 不足は, 不逞な, 世間の, 主を, 二つの, 人から, 人の, 人を, 人口の, 人間の, 人間を, 仕方ない, 仕様が, 仕返しも, 他に, 他の, 他家へ, 仙吉は, 会社の, 位牌に, 何う, 何でも, 何でもかでも上場, 何という, 何とか政治放送, 何ともない, 何も, 何んとも, 何人も, 作つた人には, 依然たり, 依然として措定, 依然四方, 侮辱され, 便利の, 俘囚の, 俳句を, 僥倖に, 先代の, 先生は, 光刺戟によ, 全くその, 全く予期, 公職追放令に, 六ヶ敷い, 其身の, 冷遇て, 出でずあるいは, 出来ないと, 分らないの, 分る程度, 分類の, 別に極り, 別段腹, 前申した, 労働に対する, 労働の, 動いちゃ, 北原は, 北野家の, 十分に, 半分くらいは, 印象においては, 厭わない, 又一義, 只凝結, 可い, 同様に, 向って, 商人の, 嘲弄され, 団体から, 困るから, 困ると, 困るな, 困るので, 囲を, 地名や, 執拗く, 堪るまい, 外郎売は, 大して驚ろ, 大丈夫です, 大人しく死んだ, 大抵は, 天下の, 夫と, 好いかの, 好いもの, 妻としての, 子供を, 存分な, 宜い, 宜しいが, 実朝, 実際やむをえぬ, 小三津, 小林少年が, 尚お, 居ないで, 居ないよう, 居る, 居るやう, 居る蔭, 巣鴨へ, 帰ろうとは, 平気だった, 平気であった, 平気の, 平然として, 幸内は, 幸福な, 引取って, 彼らは, 彼女の, 彼女は, 後でイヤ, 後にな, 御前は, 御本人, 心情によって, 心理的に, 心配する, 心配ない, 必ずあなた, 必ずしもすぐに, 必ずしも之, 必ず拒絶, 必死と, 忍ぶこと, 怒りも, 性格の, 怨まない, 恐がりませんから, 恐らく作者, 悩みを, 悪どい, 悲しまなかった, 惜く, 意に, 憚りながら盜, 成功である, 我国の, 所詮創造, 所謂直接証拠の, 手を, 手出しを, 手癖が, 拒絶した, 捜索され, 支那委員の, 文三は, 文化が, 文句は, 文學を, 文學者たらん, 断然新, 断食期間には, 新しくできた, 新式の, 新聞は, 日本では, 日本は, 日本人の, 更に動揺, 更に気, 有力な, 未だここ, 未だに手古奈, 本家の, 本当の, 来た, 根の, 格別驚きは, 棄教しなかった, 概念に, 構いませぬ, 構わないという, 構わぬという, 構わねえて, 機嫌が, 正直な, 歴史的分析対象の, 死んだか, 母たるの, 氏の, 決して怒らない, 決して怨, 決して怨み, 決して死なない, 決して答えない, 決して耻, 決して自分, 決して返答, 沈默を, 泣いちや, 浪人し, 深い純, 源次は, 滅多に, 為方, 無念無想の, 無視され, 無駄だった, 然るべきであります, 牛馬の, 猶柔軟, 玄徳は, 現在の, 理解が, 生きながら, 生活の, 疵が, 痛快です, 痛快な, 白状する, 目を, 相変らず, 相成申さずと, 眼では, 眼は, 眼を, 矢張りあの世の, 短刀を, 社会が, 社会的雰囲気は, 私の, 科学化される, 称讃され, 窘ま, 立ちかねる主税, 立派に, 答へる, 粂之助様と, 系を, 紙の, 罪深い生皮, 罰金を, 罵られても, 美妙を, 羽山は, 胸の, 腰抜け扱いされ, 腹が, 腹も, 自から, 自分で, 自分は, 自己を, 致し方ありませぬ, 致し方なかった, 良い頃, 苦からず, 苦情は, 苦痛を, 苦難に, 落ちつきはらっ, 藪睨みの, 要するに極愛せられ, 見えるよう, 見たいん, 解らないし, 解らないやう, 言うまいと, 言はれ, 言ふこ, 許して, 詮ない, 詰らないと, 詳細に, 變態だ, 負けないよう, 買収され, 赤い顔, 身を, 返辞は, 迷惑だ, 追跡され, 透徹した, 遂に身, 遅くは, 遜色は, 金公は, 鎮まるまい, 間もなくその, 雲や, 露出し, 面白さ, 餘り, 香箱の, 駄目だった, 魔性の, 鳰鳥は, 鳶は, 鷹揚に, 黒い人間

▼ されては~ (681, 1.7%)

29 いない 24 ならない 18 困る 17 いないの 12 いるが 11 ならぬ, 困ると 9 いなかった, 困るから 8 たまらない 7 大変だ 6 いけない, なりません, 困るの, 堪らないと 5 ゐない, ゐないの 4 いても, ならないと, ならないの, ならぬ時, ゐなかつた, 困ります, 私が, 迷惑だ

3 [11件] いかがです, いたが, いないが, いないこと, いないよう, いなかったよう, いるものの, ならなかった, ゐるが, 困りますよ, 手の

2 [36件] あるが, いけませんよ, いたけれど, いないし, いなかったが, いなかったの, いるけれど, かなわないから, このまま引下, この噺, それこそ, それほどに, たまらないと, たまりません, たまりませんからね, ならないこと, ひつて, 俺は, 可哀想でございます, 困るが, 困るという, 困るので, 堪えられない, 堪らぬから, 大變, 如何, 居ても, 木から, 生きて, 男の, 私は, 耐らない, 自分の, 言葉に, 話に, 迚も

1 [355件] あたしが, あの徳富蘇峰, あるものの, あんまりでございます, いかがでしょう, いかな, いかに巧妙, いかに彼女, いかに馬超, いかんいい, いかんぞ, いけないと, いけないの, いけなかつたの, いけません, いささか困ります, いず自分, いたであろうが, いたの, いないか, いないけれども, いないそう, いないであろう, いないという, いないはず, いないん, いない処, いなかったかという, いなかったでしょうと, いなかったらしいと, いなかったろうか, いなかった潜在思想, いなかった筈, いなかつたよう, いまいか, いられない時機, いられない気, いるしかし, いるの, いるよう, おかしくない, おもしろいこと, おれが, お糸, お花, かえってお, かなわない, がまんできない, げっそりし, こちらで, この, この先, この家, こまりますが, こまると, これから先, これは, ご寄進, さしずめこの, さすがに, しないかしらという, しまつてゐた, すなわち単なる, すべてが, すまいかという, せっかく一箇月, そこへ, その天分, その度毎, その日, その術中, それを, たとえ太子, たまったもん, たまらないが, たまらないただ, たまらないという, たまらないん, たまらなかった, たまらなし, たまらぬと, たまらぬ所以, たまりませんね, たまるまい, たまるまいし, だまって, だめだ, ちとどうも側, ちょっと困る, つまらないから, とても坐っ, とても迷惑千万, どうかと, どうかといふ, どうにも, どうにも気, どうも, どのよう, どんな人間, どんな者, ないが, ならないうすっぺら, ならないから, ならないくせ, ならないこれ, ならないそういう, ならないであろう, ならないという, ならないもの, ならない云い換えれば, ならない別けても, ならない時, ならぬが, ならぬという, ならぬとばかり, ならぬので, ならぬ場合, ならぬ類推, ならん船上, なりませんよ, なるまい, なるまいと, はたはたと, はや死する, ほんたう, ほんとうは, まことに迷惑, またもとの, また困る, まるで誘拐者, もうがまん, もうどうする, もうオシマイ, もう悠りす, もう私, もう詩人, もはや利いた, もはや堪忍, やかましくて, やりきれない, やり切れないな, ゆくので, わしの, ゐたが, ゐないが, ゐないだらうか, ゐないだらうと, ゐないといふ, ゐない原形, ゐなかつたけれども, ゐましたが, ゐるもの, アポロの, ストライキの, フランスは, 一体俺, 一分立たず, 一匹の, 一大事, 一層此方, 一滴の, 一言も, 万事すでに, 不本意, 世間へ, 主人が, 之を, 事ある, 人間そのものが, 仕様がねえ, 仲に, 住民たちは, 佐助を, 何う, 何を以て, 余の, 余り下らぬ, 作家, 使はれ, 侍でも, 信雄は, 倒さま, 僕も, 元も, 全く一箇, 其の都度新, 冥途の, 到底堪えられなかつた, 前後無差別に, 力の, 助からんな, 勝入は, 勿体ないやう, 勿論いけない, 危険でし, 却つて辟易する, 厄介者の, 取り返しが, 口惜しい, 可哀想です, 叶は, 吉岡一門の, 吾女は, 咄が, 嘸辛い, 困って, 困りますお前, 困りますが, 困りますな, 困るけど, 困るけれど, 困るぜ, 困るその, 困るといふ, 困るん, 困る立場, 困る第, 困る電話, 国民たる, 地面の, 堪へきれず其の, 堪らないからな, 堪らないが, 堪らなかつたので, 堪ッ, 外出する, 大分無理が, 大変である, 大変という, 大学生でも, 大抵の, 大望の, 奇月宗匠一と, 奸智も, 如何でしょう, 如何なる迷惑, 如何にと, 実質予算, 家内の, 寒気が, 居たが, 居ない, 居ないと, 居なかつたので, 居は, 居らなかつた, 居らぬ, 居られないの, 居りませぬ, 帰られませんわ, 張合なし, 役目柄が, 彼女も, 後生が, 微笑ってばかりも, 心ぞ, 心外だ, 心外である, 心外とも, 心當が, 必然御, 快く読める, 急に, 恩田自身が, 懺悔どころか, 成らぬ是非, 我々は, 我慢が, 我等何時か, 所詮自分, 折角その, 拷問に, 捨置きがてえ表向き, 敵わんからな, 新御番詰所一同, 月夜に, 有難迷惑の, 未来を, 末代までの, 本所や, 村の, 村中の, 来たが, 棄て, 此の, 此方が, 死んで, 殆ど見, 母の, 民家に, 気味が悪い, 汁粉屋たる, 決してしわい, 活きては, 浮いた気持, 清吉かえって, 清吉却つて心羞かしく何やら, 溜まらん, 猫と, 生命が, 生涯浮かばれない, 痛々しい, 瘠せ細った骨格, 百年目ひょいと, 研究も, 私の, 窮無き, 立つ瀬が, 竹槍を, 第一越後屋, 答えようと, 紀霊も, 素直に, 経済史観, 肥前あたりで, 自分が, 自分も, 自殺する, 蜂の巣を, 行かないよう, 褒め者に, 親分の, 話が, 話を, 誰だ, 誰も, 誰もが, 論に, 警察署長の, 買うほう, 赤坂の, 車の, 車を, 返す言葉, 迷ひ, 迷怒だ, 迷惑した, 迷惑する, 迷惑であります, 迷惑である, 迷惑至極である, 迷惑致す, 道行くわれわれ, 遺憾な, 都合が, 間尺に, 降参も, 霊魂などという, 面倒だ, 面白くない, 面目が, 首を, 馬鹿, 骨折り損でございます, 黙って

▼ されたり~ (573, 1.4%)

76 して 24 した 21 するの 13 すること 12 すると 11 する 8 しました 6 したこと 5 しては, しなければ, するが, するよう 3 したが, したの, しても, しながら, するもの, する場合

2 [19件] いじめられたり, したら, した時, した者, するので, するわけ, する時, だまされたり, 人から, 何か, 侮辱され, 処女の, 掠奪され, 死刑に, 然れ, 端唄に, 脅かされたり, 薬に, 褒められたり

1 [326件] あの白槇, あらゆる辱しめ, あるいは散髪屋風呂屋, あんまり感情, いは, いやがられたり, うつろな, お庭, こき使われたり, ここらあたりの, このごろでは, この上, ごまかして, さう, されなかったり, さんざんな, さんざん赤恥, しあたり, したかったのに, したかを, したくなかった, したため, したという, したといふ, したので, したもの, したら日本中, したろうか, したわけ, した事, した場合, した後, した為め, した経験, した若い, した覚え, した覚えよ, した頭, しちゃ, しない, しないこと, しないよう, しなくては, しなくても, しなり, しは, しましたけれども, しようもの, し得るもの, し枯膓, すかされたり, すべき性質, するだけ, するだろうこれ等暴力団, するで, するという, するに, するまでに, するやう, するよりも, するよろこび, するん, するカトリック, する中, する人, する光太郎, する度, する惧, する機会, する相, する者たち, する苦しみ, そのため, その毎, その発達, その羈絆, その肩車, その貯え, それだけの, たつた一日, ちがったイオン濃度, で, で急, で追, といへども, どうも牧野さん, なぶり者, なんかした, はみ出しちまつた人間, ひと口に, ひどい目, ひやかされたり, またある, またちょっと, また信長, また信雄自身, また古典太平記, また実際, また彼, また毛色, また物質上, また相手, また自分, みなごろし, もういっそう手ひどい, もうひとつ, もぎ取られたり, よそへ, わらわれたり, ア・ラ・モード風の, オセッカイを, キチガイに, ノベリスト等や, ハメこまれ, ブン殴られる, モロー彗星に, リアリティーが, 一方を, 二階の, 云々, 云い落されたり, 人の, 人形や, 仁人を, 今迄, 何らの, 何事に, 余り好かれなかっ, 依怙地に, 侮蔑され, 侵入し, 信頼され, 偖大岡殿智略を以て, 側杖を, 入れ智恵, 其文は, 冷評かされ, 凌辱され, 切り離されたり, 別の, 前脚, 勾欄の, 半人前の, 占領という, 参議に, 又は文化, 又は罵られ, 又は自ら, 又は隠居, 又如何に, 友達に, 叔父と, 叱られたり, 合一され, 同僚の, 否定され, 吹聴され, 呪はれ, 呪詛される, 呼び出しを, 命を, 品の, 哲學的精神が, 商われて, 嘲笑され, 国家が, 圧縮され, 圧迫され, 地下の, 地形を, 地獄の, 売られたり, 大井の, 大酒家, 大阪で, 太鼓の, 夫では, 失望も, 奉公人にまで, 奥からの, 女から, 女が, 奴隷に, 好意を, 妊婦は, 妙に, 姙婦は, 子等に, 寸断され, 専門家, 小さい女の子, 小波の, 尚彼等, 尾張の, 山師の, 平伏されたり, 平和な, 廃棄され, 廻しを, 弁証法が, 弱められたり, 張り込みされ, 当てつけられたり, 形象づけられ, 役人に, 征服慾を, 御用品, 怒号され, 思い做され, 思考を, 怪しい男たち, 怪我し, 意外の, 意見を, 愚劣な, 愛とか, 愛敬が, 憎まれたり, 或いは光, 或いは半ば土, 手ぬかりが, 批評され, 投げつけられたり, 投獄され, 折角愛する, 抱き締められたり, 押売と, 拘束を, 拷問で, 持ち上げられたり, 指導され, 捏造され, 採用されなかっ, 放免され, 文学流派の, 新らしい, 日本における, 時には無頼漢, 時に本能的, 暗誦され, 曲解され, 松の, 概念され, 殺されたり, 汚れたり, 波動説が, 泣いて, 活動の, 涙を, 漆棒で, 潤色され, 澤の, 無視され, 焼かれたり, 物品と, 特権を, 犬に, 犯罪現場の, 玩弄され, 現代を, 男の子が, 異な, 発生した, 目か, 直訴を, 睨められたり, 知らない人, 短い挨拶, 碁も, 祖父母から, 神山さんの, 神戸の, 私語かれる, 称賛され, 突き伏せられ, 突き飛ばされたり, 突然お, 笑ひ, 箱や, 紛らされたり, 線香を, 罰せられたり, 罵倒され, 耳を, 職業紹介所が, 腕を, 自鳴, 致死量以上の, 若き摂政良経, 落第し, 虎退治を, 虫でも, 評判の, 話しかけられたり, 説明され, 警官に, 議会政治の, 賃貸を, 起訴され, 足蹴に, 蹴られたり, 軽視する, 辛い事, 迫害を, 追放され, 追放された, 追随し, 逆作用, 選挙され, 邪魔者に, 重い石炭函, 野菜を, 鑑賞され, 阻害され, 降伏した, 集合され, 雑穀屋の, 雑談が, 電車の, 青年間の, 面白可笑しく, 音楽を, 頼もしがられ, 飛行機が, 馬と, 髪毛だけで

▼ されつつ~ (321, 0.8%)

42 ある 34 あるの 15 あった 11 あること 7 あるという, あるもの, あるよう 5 あるか 4 あります, あるかを 3 あったの, あつた, あるから, あると, ある事

2 [12件] あるが, あるであろうか, あるでは, あるドイツ, ある一方, ある事実, ある新, ある日本, ある有力, ある社会, ある間, なほ厳然として

1 [146件] あったから, あったその, あったとき, あったわが, あったクーデター, あった事, あった四月中旬, あった死体, あった言説, あって, あやか, あり, ありしかと, ありし証左, ありその, あり我々, あり末梢的, あり西国, あるあらゆる, あるうち, あるかの, あるその, あるとき, あるとの, あるに, あるので, あるまで, あるも, あるやう, あるらしい, あるらしかった, あるブレモン, ある一九四五年以後, ある中流, ある事柄, ある全, ある兵器, ある処, ある労働者階級, ある又, ある同誌特派記者, ある商品, ある大衆, ある学問性, ある弁証法的唯物論, ある怪, ある悪事, ある或, ある支那人, ある敗戦日本, ある文化活動そのもの, ある文学的成果, ある新しい, ある時, ある時代, ある最中, ある東京もの, ある民族自立, ある民衆そのもの, ある点, ある現在, ある現状, ある理想, ある生産, ある組織, ある綜合芸術, ある者, ある肉塊, ある脳髄たち, ある脳髄関係, ある街, ある表象, ある諸, ある資本主義的生産社会, ある資本主義的生産社會, ある跡, ある近代都市, ある鐵道, ある頃, ある黄昏, あれば, かなしく両, こう生き, しいて中門, しかし市街, しきりなし, しんの, その中, その半面, それからそれ, それの, へばりついて, また一面, スペインに, メキシコの, 一時間余を, 一般受けは, 二階から, 今年が, 今日に, 併び存し, 先年亡くなっ, 内輪は, 刻苦し, 吹倒された, 呵責の, 在る今日, 変化し, 学術の, 延び上ったところ, 引っ切り, 彼の, 成長した, 或る, 戯曲を, 描いた言わば, 敢えて出発, 文化や, 日が, 明治四十年十月十四日光誉春琴恵照禅定尼の, 時々刻々に, 時々稲妻, 有るは, 死ぬ, 永い年代, 流れ蠢いて, 浮き泡と, 満足し, 漂し, 特に九州, 獲得される, 現わ, 理解した, 生きて, 盲目的に, 示される, 粛々として, 結局その, 葛藤を, 設定を, 調和し, 辛うじて出, 進展した, 進行する, 過すの, 電車の

▼ されその~ (305, 0.8%)

8 ために, 上に 5 中に, 直後に 4 おかげで 3 ま, 中には 2 どさくさに, 上演が, 下に, 人の, 名声は, 理解に, 結果として, 結果は, 自由さを, 舟に

1 [249件] あまりに日本的, いずれもが, うちに, うちの, おびただしい方々, かげでは, つぎの, とおりである, なかで, なかの, のちに, ひとたちの, ほかに, ほか多くの, ほか筑波の, もたらす快感, ゆえに, ような, イギリス譯から, ガラスには, テムポに, 一つが, 一つとして, 一つ一つの, 一人は, 一部が, 一部は, 上その, 上を, 上催眠術の, 上数年にわたって, 上私が, 上笹野新三郎などの, 上胴体の, 不当なる, 中から, 中で, 主人公が, 予言の, 事実化を, 事業の, 二号に, 享受は, 享楽資料が, 人が, 人に, 人間の, 人間を, 代わりに, 企ては, 住民の, 余力を, 作品の, 作品を, 俳句が, 個所が, 候補地を, 値が, 傷痕を, 光線に, 児も, 八十円を, 内側の, 写真も, 出版所から, 分水嶺を, 制服だった, 前途に関しては, 創設が, 労苦の, 勘違いが, 勲功を, 十日ばかり, 卑小さを, 原理に従って, 反動で, 口が, 右肩に, 各々には, 名において, 名の, 名も, 向うに, 啓示によ, 土饅頭式陵墓の, 圧力が, 地位が, 地位は, 地位を, 基本的な, 基盤は, 報告も, 場は, 墓が, 墜落は, 壁の, 多くの, 夜の, 夜は, 夜五錠しか, 天稟の, 奔放な, 女との, 女中が, 妾に, 委員会が, 宗家に, 実行が, 家柄は, 實際の, 對象の, 小兒たち, 屍体は, 布の, 平均水準の, 年の, 幽霊の, 幾百部かは, 廃墟の, 後継者として, 従属的家臣が, 思想傾向や, 怪物から, 恋愛の, 意味に, 意味を, 意志は, 愛憐の, 戦車型の, 所得が, 手を, 手切れの, 才の, 拳銃の, 指示に従い, 掌の, 政治的位置までが, 政治的社会的思想を, 文字の, 方の, 既に一部, 日から, 日の, 日も, 昂い防禦精神, 明るい光線, 時の, 時は, 時代の, 時先生の, 時刻には, 暗示に, 暗示は, 暴威を, 期待に, 期間が, 本当の, 本来の, 本質が, 極限に, 様式は, 権威の, 横へ, 樹間から, 次ぎは, 次の, 正統感は, 死骸は, 毛が, 水が, 水は, 水源地附近は, 法律は, 活力が, 流れは, 淘汰された, 深い哲学的瞑想, 深めるため, 湯浅勢に, 溝だ, 漫画が, 片腕とか, 狡さ, 生命も, 男が, 町内の, 発会式には, 発明が, 発表当時には, 発電量は, 皮膜は, 目的の, 相対的肥沃度または, 看板を, 看護に, 眼球だけ, 石の, 秋に, 立派さは, 端が, 第一戦, 第一条, 第一編, 精神的な, 終わりには, 組織体が, 結果あまり, 結果すべての, 結果一つの, 結果当然, 結果感度が, 結果袁術と, 署名人と, 翌々年, 翌年にも, 翌年の, 翌年即ち, 翌年帝国議会も, 背後の, 背景を, 表情が, 表現の, 複本は, 要求する, 記事に, 評判の, 評釈を, 課題の, 調査の, 象徴として, 買被りたる, 資本によっては, 足おそく, 身代金として, 身自身も, 辺の, 連想は, 遠心力でも, 都度で, 都度荻窪へも, 鎗法の, 限りにおいては, 際に, 際道徳は, 頃そこの, 頃普く, 題名についての, 風色にも, 麓まで

▼ されながら~ (291, 0.7%)

4 それに

2 [13件] しかし次第に, そうする, 一つの, 下手人の, 二人の, 君より, 帰って, 床の, 生きて, 結局一行の, 而も, 自己を, 遂に称名念仏

1 [261件] あとから, いくら兵隊さん, いまだに青い, おとなしい, おとなに, かう雪, かがり火越しに, かじられるだらうぜ, かたちを, かれこれと, くやしそう, こ, こうして蕃界奥地, こちらでも, このよう, この女子新興, この嶮, これが, これだけ, しかも, しかもその, しかも同一性, しかも平明暢意, しかも窃か, しばらく休ん, しばられ不具, じっとその, じっと言いなり放題, そう言われる, そしてあちこち, そのまま二人, そのものを, その代りいつか時節, その具体的, その反面, その夜, その女, その島君, その度, その恥辱, その愛, その教育的面, その間に, それでもなお, それと, それについては, それには, それを, たかまりひろがり眩惑的, たじろぎも, ちりぢり, ついぞ今, ついて, てれかくし, である, できる限り, どうにも, どっしりと, どんなにはげしく, なお且つ, なされるまま, なぜそれ, なぜ性懲, なんだか氣味, のめのめと, はじめてテレ, ひとまず王子, ぼんやり玄関, まじまじ電燈, まだその, まぢろぎ, まるで知らない, まるで自覚, まるで芋虫, みすみす助ける, もはや生, やって来る, やっとの, よく人, よぢ, わざわざ人波, わずかの, ケトケト笑っ, チビチビと, ドウする, ロビイを, 一と, 一向に世, 一歩を, 一直線に, 一門の, 万事その, 久しぶりに, 云つた, 五十一歳を, 五挺の, 井川にも, 人に, 人間性の, 今や国防, 今度は, 他の, 何とも訴えない, 何故に, 何糞と, 僕は, 先生の, 先生は, 全人類, 六の, 再びこの, 処置を, 刑場に, 初めての, 別れたが, 別段に, 制限されね, 前後の, 創作の, 労働者階級の, 半ば開いた, 半可通な, 原料が, 又一方, 叫ぶやう, 吉川夫人を, 同時に他方どこ, 同時に犯人, 命からがらクエンスロー, 土間に, 坊ちゃん, 坊やが, 坐って, 坐禅を, 墓の, 変つ, 外海へ, 多くの, 大きい犬, 大きなトランク, 天に, 奮闘同君の, 子供を, 実は是, 実現されなかった, 実際生活, 対象そのものの, 射撃を, 少しも, 少年時代を, 岸の, 帰つ, 常に囂々, 平次と, 幾間も, 店の, 庫裡の, 引かれて, 彼は, 彼女に, 彼女は, 待つて, 後に, 後足で, 徐かに, 御車を, 心中で, 思はず踵, 思わず踵, 恋の, 息が, 意見でも, 懸命に, 戦くばかり, 手早く鎧具足, 抵抗を, 拘留され, 敢然として, 数多の, 新らしい, 時々お母さん, 時代的の, 暖を, 暮して, 根づよく保たれ, 梅津君が, 構成され, 橇の, 次の, 次第に却って膨脹, 次郎兵衛は, 歓待の, 歩いて, 歩いてる姿, 死にました同時に, 死に物狂い, 死ぬところ, 死ぬならそれ, 段々ノサバリ, 毎年池の, 水草の, 河原へ, 河岸の, 法律の, 浅井さんの, 海から, 湯気の, 滑稽な, 漸くはっきりと, 然樣, 煮られなければ, 犧牲者は, 独り町から, 王城の, 現代における, 生命が, 町を, 疾走を, 病気を, 白い河, 直ぐに, 眼の, 石を, 私たちの, 私に, 私は, 私達は, 窮極には, 絶えず地面, 絶えず或, 聞いて, 脂下っ, 自分の, 自分も, 芝居を, 苦心に, 荷物を, 葛子に, 蝉は, 血の, 袖を, 装飾として, 要するにリアリズム, 談話の, 讀み始めると, 貧乏し, 赤松が, 赦されて, 辛うじて殿様, 辻, 迫害する, 遠ざかって, 邸へ, 酒を, 酔つた体を, 金を, 頑強な, 食事を, 飲んだり, 駅の, 鶴嘴で

▼ さればこそ~ (230, 0.6%)

3 彼は 2 こんな世捨人みたい, だ, 乃公の, 人は, 命も, 唐の, 尊公は, 昔から, 雪も

1 [209件] ああし, あいつの, あのとき, あの子, あまたたび, あれなる, いつもこの, おとなしく受け, おぬ, お取り上げなさらぬ, お局群, かうした新, かれひとり, こうして待ちおった, こうして迎い, ことなる事なき反古紙作り, このくらい, このとおり愚痴, このむずかしい, このヴェリチャーニノフ, この不具者, この嗅煙艸, この当人, この暴女王, この油断, この男, この自己陶酔, この険悪, この駆, さいぜんも, さき程も, さっき廊下で, さらさらと, しばしさき, そこを, そのとき, そのよい, その子ゆえ, その日, その純潔, それは, たって景季, だここ, でございますそれほど, ときどき溜息, どんな冒険, はじめた, まず四ツ谷, またいま, やかまし屋の, わが家においても, わが誰, わたくしは, エタは, ノロさんの, 一たび見たる, 一つは, 一世の, 一生一度の, 七偏人は, 万寿君の, 三輪の, 上文に, 不馴れな, 与八の, 中央アジア地方に, 二人の, 些細な, 今この, 今を, 今日の, 今日は, 今日までも, 他人を, 伊吹の, 何万に, 余は, 俺の, 儂とても, 先師匠を, 先程より, 光秀は, 入道相国の, 内々尊氏から, 前申上げ候通り, 加賀家の, 勿論長門守, 北条の, 十名もの, 古来種々の, 古鳴海の, 右門は, 同じ無稽, 名人は, 土は, 売られた喧嘩, 夜を, 大和民族の, 大衆の, 天命に, 女の, 女性の, 奴等をば, 娑婆の, 嬢様と, 学校の, 実験劇場な, 客の, 家禄の, 寝入りながら, 小鳥道楽などに, 居間へ, 屋敷のも, 山に, 山蛭の, 島の, 嵐よ, 川を, 常から, 形見の, 彼等が, 彼等は, 彼等を, 待って, 後に, 徳川家も, 心の, 思い違えた, 恋も, 恭順の, 悪において, 悪事を, 我から, 我は, 撃たでは, 支那一流の, 新しい代, 既に述べた, 日頃も, 昔の, 時移れ, 暮やすき, 最も重大, 最近では, 松五郎, 様々新しい, 権力には, 歐米の, 此処に, 武士は, 殿冬次郎様には, 母からも, 母が, 母の, 毎朝, 水戸家だけでも, 江戸五郎に, 沙翁の, 法学部が, 法神流が, 洩らさ, 混濁された, 測り知られぬ山, 源女を, 潘爺さんの, 烈しく聞えたれ, 無理な, 無限の, 現在の, 石川杉弥は, 私は, 稚作, 立法者道徳者達は, 竜神の, 竜造寺長門守も, 竜造寺長門無用の, 第二条, 米友に, 精神生活の, 経文にも, 綿屋様と, 織田家と, 習慣は, 芭蕉翁の, 若い享楽, 落度の, 蓋を, 西洋人は, 見破られた本人たち, 語るには, 誹諧は, 論語にも, 謙信は, 貯水池の, 跡目相続の, 農民精神に, 退屈男は, 道庵先生の, 達磨大師の, 里の, 鐚の, 闇太郎雪之, 陳, 頗るもっ, 駒井甚三郎は, 高く竜燈, 高僧の, 髪を, 鰡八大尽の

▼ されども~ (198, 0.5%)

8 渠は 6 彼は 3 こは, 世は, 予は, 彼の 2 これは, されども, とられた者, ややあっ, 之を, 京伝翁が, 例の, 家居などは, 慈悲も, 漢語の

1 [152件] あえて曲事, いかにせん, いささか思い, この三尺, この命令, この宿舎, この後, この日, この条項, この海角, この美人, この美服美食, この貧富, この身の上, これによりて, これらは, これを以て, これ愚人の, さすが故, その一旦, その何事, その婚姻, その常に, その心, その相貌, それさえも, それにも, それは, たとい実には, ついにその, ついに人影, なお応ずる, はたらき目だち, また, よどまず, われは, われ彼の, イエスなる, エクストンが, ピラミッド全体は, マーリンと, 一向に手元, 一家の, 一概に教育, 万人は, 両者ともに, 両者共, 乳母の, 五倫の, 人々が, 人に, 人の, 人智は, 人毎に, 人間が, 今この, 今にわかに, 今の, 今は, 今夜懐にせる, 今少し, 今広く, 今日の, 今日は, 今誰に, 余の, 余は, 依然わが, 僕の, 元来孝心, 共に銭, 其の者等, 其實は, 其萬葉に, 初めあまりに, 初めて彼女, 君は, 吾は, 和人の, 夕に, 夫の, 妻は, 子を, 子供の, 學を, 将門退治の, 小生は, 小鮒釣, 少しく考え見る, 少時居, 帝は, 幕の, 平ヶ岳の, 彼が, 彼と, 彼ら駿足を, 必ずしも然るべき, 慧き, 懇意と, 我らはらからは, 技藝の, 擅に, 文三が, 斉泰黄子澄に, 斯くなりました, 斯く下, 斯の, 日は, 日本には, 春秋の, 暗中ながら, 歌人皆, 此勝利の, 此窪地の, 此等の, 死そのものの, 水ある, 汝も, 決して彼, 流石故, 浪子は, 海陸軍必ずしも, 渠等は, 漁史は, 燕王猶, 父は, 爾確乎, 狂人の, 白糸は, 真なる, 空に, 紳士は, 罌粟畑の, 聊か油断, 聴水ぬ, 能くそ, 自ら見識越ならぬ, 花は, 苦しげ, 薔薇は, 言葉は, 誰人か, 諸王は, 貫一が, 貫一の, 貫一は, 資金枯渇の, 遂にその, 銭を, 風雨簷瓦を, 飯櫃を, 香煙の

▼ さればと~ (171, 0.4%)

72 いって 30 云って 14 言って 13 いつて 3 申して 2 いふて, 云つてその, 云つてなまけ, 云つて床の, 言つて別に

1 [29件] いいて, いうて, これは, てこの, 云うて, 云つて, 云つて今, 云つて僕の, 云つて心から, 云つて心鬱した, 云つて必ずしも, 云つて東洋行の, 云つて眞正に, 云つて自ら進ん, 云つて高慢税を, 云て, 云ふて, 云ツて, 荷を, 言いて, 言うて, 言つてスペシアリテ以下にまで, 言つて乗客と, 言つて乘客と, 言つて娘つ, 言つて自分自身で, 謂つてその, 謂つて審判官とな, 謂ツて

▼ されてから~ (169, 0.4%)

3 後の 2 では, 三十年たっ, 二三カ月後に, 寺島新田と, 母が

1 [156件] あわてて, いかなる草深い, いつしか女, おそらくそれ, およそ一月余り後, およそ九十年, お島, こちらへ, この大食堂, この部屋, これは, すぐ共産党, すでに四カ月目, すでに幾年, ずっと懺悔聴聞僧, そっと私, その社会的事情, その部屋, それから安治, そんなに年数, ちょうど一年目, ちょうど一週間, ちょうど二か月後, ちょっと後, ぢや, ついたが, であります, である, であるが, です, なほあとに, のちも, はじめてほん, はじめて分った, はね, ひと月ばかり, まだあまり, まだいくばくも, まだ一二年, まだ一月, まだ百十年, まる二年, みなもう, めぐり会う運命, もうどの, ようやく二十年, 一ト月ほどの, 一年も, 一般の, 三人は, 三十年近くに, 三十有余年其間に, 三日目に, 三百年も, 三週間過ぎこの, 世界の, 二三カ月目ふと, 二人で, 二分乃至, 二十八歳の, 二年目には, 二百數十年ベーリング大佐が, 五ヵ月あまり経過した, 人間は, 今日は, 今日まで, 今日迄に, 以來段々時の, 以後の, 伊之助も, 会社は, 伸子は, 何を, 作家同盟は, 例えば当時, 個人商人の, 僅, 僅かに, 僅か七年め, 先ず生産, 全くべつ, 六年目の, 其儘に, 初めての, 十ヶ月に, 十三日目の, 十八年の, 十六七年後の, 十年近くも, 半年も, 却って自分ひとり, 却って長い, 口に, 命中する, 國内を, 士族の, 変った生活, 大村氏を, 夫人は, 始めてながす, 宮は, 山岳の, 彼は, 後くも百九十二年目, 後それらの, 後に, 後は, 御三代, 急に, 政府の, 数年たつ, 断然髪, 新しい三つ, 既成の, 日が, 昔の, 更に明治三十三年, 未だ行く, 正しく半歳, 此方店を, 殆ど斷念し, 母は, 母も, 毎年十一月には, 渠に, 港, 物の, 犯人が, 獨歩君の, 玄石は, 畑から, 略ぼ, 病院を, 直ぐ女, 相当時間, 確に, 社会主義社会建設に, 笑いが, 約一時間半, 約二十年, 約五〇年後, 紹介した, 考えた事, 耕作面も, 艶子を, 蒲生氏加藤氏田中氏はじめ除封削, 行は, 解放されました, 評判に, 諸方へ, 道佛二教の, 間もなく自殺, 陸地測量部の, 雑誌の, 電話を, 青楓氏の

▼ されそう~ (150, 0.4%)

15 である 11 もない 9 な気 8 になっ, になった 4 して, に見えた 3 だ, であった, なもの, な形勢, になる 2 だと, なの, な感じ, になり, にもない, にもなかっ, に思う, に見える, もなく

1 [58件] すること, だぞ, だった, だよ, だ氣體, でいけないから, ですね, で案外, なあたりまえ, なかたち, なこと, なこの, なところ, なので, なヒヨ, な不安, な人家, な人間, な任意, な位置, な作品, な型, な声, な妄想, な帽子, な広告, な形, な心配, な怖, な恐れ, な手懸り, な時に, な武将, な気色, な破目, な苦痛, な話, な議会政治掣肘主義, な運命, な顔立ち, にありません, にさえなる, にない, になかっ, にはない, には見えない, にも思はれ, にも感ずる, にも見えるだろう, にやっとこ, に思える, に思われた, に思われました, に感じる, に見えました, に辛かっ, もありません, んなった

▼ されそして~ (147, 0.4%)

3 他の 2 その価値, それが, それは, 人口は, 彼れ, 生産者が, 私は, 要素と

1 [128件] あらゆる債務者, いかなる他, うしろ手に, おどされ苛責, かかる労賃, かかる資本, この, この数, この期間, その人, その仕事, その分量, その村, その真実, その輸入業者, それと, たべるの, ついにその, ついには, どことも, の違反, ふだんは, まもなく啻にこの, もし必要, もてはやされること, やがて襟, イギリス軍は, スペインや, スポットとして, 一人の, 一切の, 一番よく, 三〇〇〇磅では, 世間の, 中位人口と, 予審が, 人口を, 人民の, 人間は, 今度は, 以前に, 何故に, 使い減らされて, 価値において, 僕は, 先生達は, 六億近い, 其實際知識の, 出版者も, 出発を, 利潤が, 利潤は, 利潤を, 労働者の, 単に彼ら, 同じ結果, 同一の, 同情され, 同様な, 吾, 命令を, 四人の, 国の, 国内における, 国内耕作者にとって, 地代は, 客に, 少くとも, 常に消費者, 平気で, 広汎に, 強制する, 彼らに, 彼女は, 後者から, 愛用され, 我国の, 或者, 投獄される, 拒まれた自分, 提出される, 支那や, 教育者自身が, 早婚が, 昨日の, 普通に, 更に夫, 最も頼み, 欠乏の, 残存人口が, 母親と, 毛織布は, 決定された, 流通から, 為替相場は, 熱愛され得た, 現在借地人が, 現実の, 生命, 生産物が, 発展した, 科学隆興の, 空転する, 空間量は, 突然形, 納屋衆と, 自然科学の, 若干の, 葡萄酒飲用者は, 虚偽に, 裏切られた女, 製造される, 記録簿が, 諸生産物, 警察の, 財産は, 貨幣が, 貨幣は, 資本は, 近代の, 道士等に, 還元性が, 都合よく, 電気的療法で, 露店を, 面には, 領地は, 食料品が

▼ されそれ~ (143, 0.4%)

3 がため, と同時に 2 に参加, はすでに, はそれ

1 [131件] からしばらく, からは四分五裂, からは木枝, から三十年, から三日, がある, がお, がかえって, がかれ, がさらに, がし, がちょうどよく, がどれ, がはじまりで, がまた, がアラビア哲学, がエーテル, が不可解不可能, が主体化, が久しく, が偶, が出征, が問題, が噴火, が垣, が堂内, が多数, が実に, が実践, が小, が尾ひれ, が幾, が新人クラブ, が更に, が最後, が本筋, が氏, が病的, が種, が稽古座, が立派, が納得, が絞殺, が証拠, が議会, が関東震災, が高層空気, が鼻, こそ失敗, だから, つきり行方不明, という勢い, としての通用性, と分った, と家内, においてはじめて, についてある, について自分, には葡萄, には鄭和, にひどく, にふさ, にふさわしい, にもとづい, にも甘んじない, によってその, によってそれ, によって捜査方針, により土地, に伴っ, に依れ, に向っ, に宿, に対して支払われる, に対応, に対立, に導かれ, に形式的原理, に影響, に成功, に涵, に相違, に第, に続い, に還元, に鉄砲, の内部的分化, の前景気, の本質的, の現在, の部分, はわたし, は十手, は尨大, は常に, は後代, は新婚, は決して, は深, は男, へ眞野, までにすでに, までの人生, まで身, もまた, より御, をきく, をなし得ない, をまた, をアメリカ, をフランダース, を今日, を地図, を奪いかえす, を実証的, を尾州藩, を意識, を摸倣, を機, を機会, を率直, を生活上不便, を着た, を祝福, を積極的, を笠, を筆記, を聞い, を誤, を通訳, を隣

▼ され~ (129, 0.3%)

13 しないかと 11 しなかった 8 しない 7 したが 6 しまいかと 5 しないであろう 4 したけれども, しないだろうか 3 しないかという, しまいか, すまいかと, せぬかと 2 したものの, しないか, しないぞ, しないだらうか, しないよ, しまい

1 [47件] したけれど, したでしょうが, しないかといふ, しないそういう, しないであろうかと, しないでしょう, しないと, しないの, しないよう, しないわねえ, しなかったか, しなかったかという, しなかったが, しなかったけれど, しなかったであろう, しなかったであろうか, しなかったでしょう, しなかったの, しなかったのに, しなかった筈, しなかった製造財貨, しなかつたか, しまいかという, しまいかとの, しました, しますまい, しませぬかな, しません, しませんでした, しませんもの, しまひかといふ, すまいかという, すまいかを, するが, するけれども, せずまた, せぬ, せぬかという, せぬかといふ, せぬほどに, ぢめて, 其方法亦, 其間に, 前既に, 幾千年の, 致しますまいか, 記憶を

▼ されまた~ (116, 0.3%)

2 その結果, 一二年置い

1 [112件] あらゆる野蛮, ある朝, ある特定, ある者, いったん小田原在, おそらくは種痘, この三周忌, この人, この地方特有, この基礎, この章, これも, これらの, そういうもの, そこに, その終期, その組織, その解決, それが, それらと, それを, たとえいかなる, ほとんどあまねく, やがて一家族, エントロピーと, チベット語で, バビロンの, パリでは, フランス人は, 一切の, 一部は, 不安でならぬ, 二人の, 云わば, 人口に, 人間の, 今後講演される, 以前より, 侏儒の, 偶然の, 優雅で, 凸出した, 労働士に, 動作や, 千八十九人であった, 南葛労働組合の, 古代神名や, 同時に鴎外, 国は, 地を, 天降りの, 太陽星雲から, 奪取された, 如何に, 始めて実業, 実に相殺, 実際人間, 寺院へ, 尊大に, 小さくされ, 岩井粂八の, 岩館と, 帝国時代の, 常に失恋, 当時物価の, 徹底的な, 持参の, 改造され, 教区で, 文書の, 料亭などで, 旗太郎は, 時に, 時には生産, 末枯の, 津島町に, 清く元, 火星と, 無線通信ラジオ等まで, 現代人として, 理解される, 社会意識の, 神, 私たちを, 第二, 紀伊半島沿岸では, 経験され, 絶えず伝来, 緊張され, 縄, 自発的慈善による, 装飾的にも, 観世流の, 観察者が, 解体され, 諸所, 諸種の, 警戒され, 資料を, 退院され, 進歩を, 逼塞した, 還元される, 部分的には, 野師の, 銅絵が, 長崎に, 長平といふ, 音楽によ, 頭を, 魏延は, 黄疸の

▼ さればとて~ (105, 0.3%)

4 雪中の 2 故郷の, 留まらんには

1 [97件] おもにうす, お俊, こつりと, これが, これらを, これを, さッ, そこから, その御, それが, それは, ほかには, まずい心持ち, また利益社会, また神妙, また誰, みなに, もちろん警戒, わざ, シナ語も, ペンなる, 世帯持ち, 之を, 二人の, 今日全国中の, 何を, 何程の, 先生に, 先生は, 前進すれ, 北条氏が, 印度民族は, 参考の, 又サンタ, 又妄, 又我, 又現に, 古い人, 古事類苑の, 吾人は, 圖書館を, 大岡政談が, 大日向の, 実行の, 少女と, 屋根の, 帝劇歌舞伎さては, 年齒も, 度々腰, 弊害をのみ, 彼らは, 快川, 恥入ったよう, 憎み怨める怒の, 戦死した, 捨鉢の, 探偵然, 新しき青草, 旅客が, 普通の, 木石を, 杜鵑の, 歌舞伎劇の, 歴史上の, 死を, 氏は, 水掻なけれ, 決して悪意, 河心は, 然ら, 熱心に, 独立の, 猛烈なる, 獨りで, 現在実力相応の, 現朝廷, 理屈に, 生死なにかの, 石に, 石碑に, 秀吉との, 秀吉を, 秋風落莫たる, 積極的に, 群り集る, 舊主を, 西蔵は, 見るの, 読者をば, 退いて, 遠い未来, 郷里の, 酒を, 重ねて, 雪国に, 頭から, 香爐峯の

▼ されちゃ~ (96, 0.2%)

3 かなわない 2 誰だって

1 [91件] あしたから, あたしは, あぶ蜂, いい娘, いけないん, いません, いやだ, おりませんよ, おれは, お前達の, お駒, かえって困る, かないません, かなわんという, こまる, さだめしあと, たまらない, たまらないから, たまらないと, たまらないという, たまりません, たまりませんからね, ちと困る, ならん, なり切れませんよ, まるで恥, やりきれない, やりきれない第, やりきれるもん, わざわざお話, ァたまらねえ, アあの, アおかげが, アかえって, ア宿屋が, ア居ねエ, ア此の, ア済まねえ, ア玉なし, ア返る, イヤだ, コメディーの, 世話あ, 俺たち全体の, 俺だって, 出て, 厭だ, 参るの, 可哀相だ, 叶わない, 叶わないからな, 叶わねえから, 合いませんから, 困ります, 困りますからね, 困りますね, 困りますよ, 困る, 困ると, 困るね, 困るよ, 困るわ, 堪らない, 堪らねえ, 堪らねえから, 堪んねえだ, 売り込んだ顔, 大変だ, 怺え, 情けなくなる, 手を, 折角保護, 時が, 死んだお, 気の毒だ, 物が, 物笑いだ, 町人が, 癪にも, 白旗様の, 砧右之助ちょっと, 私が, 私は, 罷業にも, 腹も, 若旦那の, 話が, 近所の, 達者な, 銭形の, 驚くね

▼ され易い~ (67, 0.2%)

3 のも 2 からである, ものは, 傾向が, 性情の, 性質なる

1 [54件] かを必然的, がこの, が北星, が教相, けれどもその, ことである, ことに対して, ことを, ために, つまり科学研究, という事情, ところが, と云う, に反し, の, のが, ので, のである, のには, のは, のを, ものだ, もので, ものです, やうに, よ, ように, センチメンタリズムを, ゼエムスに対して, タイプであった, 処とは, 又誤解, 商売だ, 國でありまし, 國土の, 場合さえ, 場合さへ, 女性たる, 妻の, 年頃に, 手段を, 気の, 点に, 点は, 爲と, 理由である, 理由を, 私は, 種類の, 素質と, 結果に, 者だ, 表現について, 言葉であります

▼ され~ (65, 0.2%)

2 それが, 降って

1 [61件] あとから, かれによ, こうした論理, されねば, されること, され得ると, しても, そうある, それに, それを通して, それ自身の, どう媒介, どう是正, 一方には, 一段と進ん, 之に, 京都大學から, 人に, 他の, 代表される, 何等かの, 初版の, 区別される, 取つて歸, 取り扱われて, 台頭した, 図形が, 多少尊敬, 如何に, 密教の, 対応せしめられ, 強調され, 待遇された, 後に, 性急の, 或時, 批判され, 拾い上げられる武器, 暗くされた, 根岸町字芝生大和田忠太郎, 橋の, 歡迎さる, 流行し始めた, 満足に, 煉丹の, 種へ, 細密な, 自らである, 虐げられて, 血色の, 表現された, 解釈される, 討論された, 説明される, 読まれて, 読まれるもの, 論理的判断内容, 謙信が, 軽く肩, 阻害され, 高家衆との

▼ され~ (62, 0.2%)

16 とする 11 とし 4 とした 3 がため, でも 2 ばかりな

1 [23件] からおまえら, か自由詩, が予, が為, じゃない, というの, といふ爲, としてなお, としても怨, としてゐる, として今なほ, として居る, とす, とせり, との大いなる, と両親, と仰有る, と命じ, と城代稻葉勘解由, と此秋葉樣, のよなあそれから, ばかりにまであなた, ばかりの人気

▼ されがち~ (58, 0.1%)

6 である 5 だった 4 であった 3 であつ, なもの 2 だが, だという, です

1 [31件] だ, だった小木, だね, であ, であったこの, であったのに, であって, でありました, であるから, であるよう, である事, である人, ですからな, で多少, で潮見博士, で言, な, なか, なの, なのに, なルイザ, な丹後, な乱, な北村, な時期, な皮相, な立場, な羊三, な考え方, になる, に自負

▼ されどこ~ (52, 0.1%)

2 の一件, の宮居, の山, の歌, はただ, は余

1 [40件] なたに, なたには, にいる, のなよびたる, の一, の一聯, の主義, の人, の儘, の内, の原則, の地, の女子, の子, の度, の新説, の景教碑, の清風明月, の男生れつき, の病児, の碑, の禁, の紛爭, の良辨杉, の芭蕉, の詞, の語余, はいと, はこれ, はカザール, は公卿, は役人, は我が, は未だ少し, は杜撰, は汝, は特, は習, へ行く, もその

▼ されてを~ (49, 0.1%)

8 ります 3 らぬ, りました, りますが 2 らず, りますから, りません, るの

1 [24件] つた, つたし, つたに, つたん, らなかつた, られるで, られ自分, りそして, りその, りそれ, りますその, りますな, り参考, り又, り女の子, り火鉢, り直, り負けるべきこと, り軍隊式, る, ると, るといふ, る人才, れば

▼ されながらも~ (48, 0.1%)

2 勇敢に, 彼女は

1 [44件] あまりに言い, おそらく新しい, お品, お駒, これまで, その一面, それは, それほど驚き, ただそれ, つい微笑, どうしてまあこうも, なお彼, なかなか加減, ボートルレは, 一方で, 一途に, 今日では, 他の, 他方部分的には, 体験を, 依然としてなほ今日, 先頭に, 却つて收穫, 嫂の, 平気で, 彼は, 彼を, 待って, 御簾の, 愚な, 敢えて屈せず, 日夜長助はるの名を, 時々横目, 時を, 此の, 生涯の, 社會の, 私たちに, 私は, 第一征長軍, 結局関さんが, 膳の, 芽を, 鋭敏を

▼ されこれ~ (43, 0.1%)

3 に代っ, はほんの

1 [37件] がまあ, が原子, が各, が太陽, が日本, が棄教, が空間中, が肉体, が裸体, が香料, で空間時間, と一つ, と戦うべき, と関係, にあたらない, によつて生命, によつて社會上, に乗客中, に代え, に反し, に四葉, に因っ, に相応, に関聯, のうち, は, はほうほう, はより, は茨木城, も河豚嫌い, よりその, より約, を世界各国, を内, を正し, を連絡, 迄伸び切った

▼ され~ (41, 0.1%)

3 して, せずに 2 した, しなかった, しよう, する, するが, するし

1 [23件] したが, したこと, したし, したの, しないこと, しないで, しない程, しなかったろう, しなかつた, しなければ, しまい, しますが, しますまい, すること, するでしょうが, するの, せずしぼみも, せず大切, せず訪問者, せぬうち, せねば, ひとりの, 減少され

▼ され~ (38, 0.1%)

1 [38件] が大学, が腰, の一身, の出世作, の家, の怒り, の愚作, の手, の推測, の油絵, の眼, の耳, の腕, の髪, はあるじ, はおどおど, はこれ, はその, はそれ, ははじめて, はふた, はもちろん, はやがて, は不安, は其許様, は川島先生, は得意, は目裏, は起訴猶予, は追放, は逃げよう, は通訳, もかくし, もその, もまた, も原稿料, も君, も死に

▼ されかつ~ (36, 0.1%)

6 再生産

1 [30件] その価値, その分量, その貨物, 二日の, 享楽され, 他国が, 伝写の, 利潤の, 協会の, 唱道せん, 地代の, 地代を, 将来され, 彼は, 彼も, 支出される, 教育される, 最も人口稠密, 比較され得る, 決して地代, 深められて, 生活資料以上の, 田舎紳士が, 町全体としての, 發行兼編集の, 積極的人口実測によって, 紙幣信用が, 蓄積された, 資本の, 輸出され

▼ され~ (36, 0.1%)

8 うな 5 うも 4 うで 3 うして 2 うだと, うです

1 [12件] ういふ, うである, うで氣味, うもない, うもないから, うもないと, うもないやう, うもない以上, うもない説, うもなかつた, っしゃるげな, へしなけれ

▼ されやすい~ (36, 0.1%)

2 のだ, のは

1 [32件] おさよ, が石坂素道さん, くせに, けれども実際, ことである, ことを, この作品, ということ, ところで, としたら, のであります, のである, のです, のには, もので, ものである, ものです, ものに, タイプぢや, ブルジョア的な, 事が, 危急な, 坂東平野の, 宿命の, 役人を, 情熱である, 方だ, 点は, 癖に, 社交的な, 立場に, 言葉で

▼ されこの~ (31, 0.1%)

1 [31件] うえは, ために, とき始め, ひとは, ほかに, ような, ルイ朝の, 事件は, 人に, 儘全身の, 先就職の, 動機によって, 和やかな, 問題が, 問題の, 地區選出の, 山奥では, 新しい問題, 新女御, 日には, 日以後, 有名な, 有限な, 朝, 条約を, 画を通じて, 白金の, 美なる, 落合宿から, 配置によって, 鎌倉表では

▼ され~ (31, 0.1%)

2 は酒宴なかば

1 [29件] が入った, が如何なる, が新, が気絶, としては意味, にも青年, に対して先入主的, に殺される, のうつした, の一族, の如く, の建てた, の形而上学的認識, の愚鈍さ, の戯曲家的手腕, の戸口, の部下, の飽く, はうずうず, はロンドン塔, は件, は千年前, は存在, は当, は彼自身, は膝, もその, もようやく, を自殺

▼ され従って~ (31, 0.1%)

1 [31件] あらゆる労働者, この種類, すべての, その動力, その市場価格, その生産, その限り, それだけ週期, もし穀物, より小, 一日二十四時間を, 人体の, 人口の, 労働者に, 又それ, 各袋, 吾, 地代は, 奨励が, 接近の, 時間が, 残りの, 異常な, 私の, 穀物に, 穀物の, 縮小された, 自由に, 道路を, 鉱山から, 革命は

▼ されしかも~ (26, 0.1%)

1 [26件] すべて大変な, そこでは, そのテクニック, その中, その力, その死骸, その純情, その衝突, それが, それなりの, それに, それは, それ等を, だれも, もとの, われわれ業界人をまでも, グルグルまき, 凝結の, 少しも, 左肋骨の, 文学の, 正反対, 無生産的, 素晴らしい独自, 軍権力も, 頭の

▼ されそこ~ (26, 0.1%)

1 [26件] からまた, から幅, から文学的随筆的批評, がうずき走る, では再び, では同一, なった佐分利五郎次, なった傅, なつた若者, に, にあった, に一段, に党細胞, に堅, に抵抗, に新しい, に派遣, に王国, に生まれる, に発表, に西欧, に踏み込む, の華やか, へ足, もとは再任, を共同的精神

▼ されての~ (26, 0.1%)

3 ことである 2 行き處, 邪曲なお

1 [19件] お考え, お言葉, ことじゃ, ことで, ことでしょう, さわぎの, それでもなけれ, 上な, 上の, 事だ, 帰り道であった, 後は, 愛称である, 旅で, 物云い, 犯罪では, 結果でない, 行き処, 迷妄に

▼ されでも~ (26, 0.1%)

7 したよう 3 したやう, して 2 したらそれ, すると 1 しそう, したかの, したの, したらいくら, したらという, したら野, したんぢ, した場合, した樣

▼ され自分~ (25, 0.1%)

1 [25件] からも自分, がされる, が独立, だけはえらく, でもそう, でもそれ, で軽蔑, なども女, にとって真実, の信仰, の喜び, の家, の幻影, の求め, の経験, の血, の要求, の見栄, もまた, も大いに, も意地, も我うち, も涙, も湯河原, も独り者

▼ されちや~ (23, 0.1%)

2 大變

1 [21件] あそのまま, あつしの, あつしばかり, いけませんは, お富, お駒, つたんで, とてもやりきれない, 可哀, 嘸困るだらう, 困る, 困るが, 困るでせう, 堪らないぞ, 浮ばれねえ, 浮ばれませんね, 甚だ困る, 詰らんから, 賣り込んだ顏, 面白くない, 黙つて

▼ されやがて~ (23, 0.1%)

2 それを

1 [21件] この実証主義批判, その全貌, ただしんと, ひそかな, べつの, 一定類型の, 一般の, 二年も, 僧たちの, 凡てが, 分裂し, 十万に, 又我が, 夜の, 寒さ, 左側に, 泰平が, 皇道主義に, 與へられた, 逆に, 集金人が

▼ されてからは~ (22, 0.1%)

2 一度も, 碑衾町をも

1 [18件] この言い回し, そのままロマノフ家, その童子, もはや疑う, われわれの, 上り下りの, 仕送りも, 以前にも, 何時でも, 出先でも, 千住の, 学校も, 実体な, 成金を, 物性を, 県会と, 窪川稲子の, 錨を

▼ され勝ち~ (22, 0.1%)

2 であつ, なもの

1 [18件] だけれども, だった, であった西欧文学, であります, である, であるとか, であるのに, です, で通っ, となった, なので, なん, な兄, な所謂モダーニズム, な経験主義者, な自分, の運命, の関東男児

▼ され~ (21, 0.1%)

2 来た訪問, 行くやう

1 [17件] お出かけに, きたん, くる, けり, なっても, 出た人間, 到ること, 四六時中です, 戻って, 新聞記事を, 来た幼児, 来る者, 生れた人, 聞けるなり, 行くだけよ, 行くよう, 行くん

▼ され日本~ (21, 0.1%)

2 の文化

1 [19件] からはじめて, から受け継いだ, でその, でも和製, でも後, としての高い, における著作権法, にもこれ, にも三つプレス, の一勇士, の侵略戦争, の国語, の文学, の歴史上, の素晴らしい, の過去, の青年, の飜譯家達, は人民

▼ されちゃあ~ (20, 0.0%)

3 困る

1 [17件] いません, おれは, かえって困っちゃう, こっちが, この津, さだめし心外, たまらない, つまらないん, どんな強情, 他の, 名乗らねえわけ, 困るが, 困るじゃあねえか, 堪まり, 始まらねえから, 曝れた, 遣り切れないな

▼ され~ (20, 0.0%)

2 では伴三郎

1 [18件] ではどんな, では国中, では寂, では生れた, では陵墓管守二, はアスファルトさ, はボストン博物館, は何処, は壬生, は残る, またタグチさん, また遠く, まで彼岸, まで逢う, もって, も見世物, 少し身体, 迄の来し方

▼ され~ (20, 0.0%)

3 というもの 2 が普通

1 [15件] があんまり, が如何に, が貴様, だと, でしたこと, で普段, ならその, にある, によつて, に多少, に於ける, は徹底, をしらべる, を知る, を考え

▼ さればか~ (19, 0.0%)

2 の大塚小塚

1 [17件] ついえ公, のエジプト, のギリシア古代シニカル派哲学, の国権論派, の封建, の師, の文明富強, の明眸, の當遭害, の英国, の草紙, の葵祭, の迂, の黒色, やうな, ような, ろくして

▼ され~ (18, 0.0%)

3 相手には 2 鳥は

1 [13件] 土産を, 天気の, 奥の, 宅の, 市の, 役所の, 手紙を, 書き捨てを, 花を, 葬儀の, 袖と, 銀は, 顔も

▼ されまたは~ (17, 0.0%)

1 [17件] これが, その土地, それ以上が, より重い, 合金に, 大いに減少, 実に相殺, 実施された, 弱められるの, 支払われるあらゆる, 決定的な, 消費されないなら, 減少されたなら, 絶滅された, 速かに, 除去される, 隱し覆はれる

▼ され且つ~ (17, 0.0%)

2 総合される

1 [15件] からかはれ, その本質, それからの, それが, それらの, 之を, 合理的に, 常識的に, 書かれるので, 検証され, 概念によって, 社会的に, 禍福の, 見守られては, 高められて

▼ され又は~ (17, 0.0%)

1 [17件] 免除された, 出揃ったもの, 刑罰を, 否定される, 強要された, 得意として, 最も憎まれ, 発展せしめられる, 破棄される, 解決され得べき, 試掘権が, 読売される, 論理的要素として, 迷信される, 過度に, 遮斷, 默許された

▼ され同時に~ (17, 0.0%)

1 [17件] より高い, エンゲルスは, エントロピーは, 人間の, 作曲した, 好色破邪顕正と, 学校は, 当時政権を, 彼によって, 彼女と, 徳川方の, 探題以下の, 揚子江の, 歌舞音曲の, 發賣を, 美術學校も, 非演劇的方法

▼ されあるいは~ (16, 0.0%)

1 [16件] その以前, 住替えは, 別の, 嫌忌される, 岩の, 改造され, 敬遠される, 新たに, 新聞雑誌に, 求めて, 減殺される, 無期の, 苛められあるいは, 覆されよう, 話を, 門を

▼ されそうして~ (16, 0.0%)

1 [16件] あえてみずから, あらゆる膠質的浮游物, そのあと, ときにはこの, ダーウィン, 何代と, 冷却した, 出火当初に, 夜は, 常に仏法, 強制的に, 暗示を, 最初に, 最後に, 碓氷を, 自己を

▼ されそこで~ (15, 0.0%)

1 [15件] それぞれ執行人の, ついに亡くなられた, 一つの, 三室ほど, 三日間朝から, 二十九日つけられた, 兇行を, 初めて人間精神, 厳重に, 又, 合同慰霊祭が, 新規割当等が, 日本料理の, 薔薇乳香と, 赤旗事件で

▼ され或は~ (15, 0.0%)

1 [15件] きびしく批判, 保存され, 北アラスカの, 叔孫通や, 国民の, 将に, 岡本綺堂氏の, 復員に, 愛情は, 戦争が, 排斥も, 死んで, 畏怖される, 競売に, 銃殺された

▼ されさらに~ (14, 0.0%)

1 [14件] これが, それを, はそれ, もっこ部屋, 享保十八年に, 半年を, 国土歴史伝統文化習俗などが, 国民的な, 特別危険手当とか, 犯人逮捕の, 肉体は, 肉体を, 護持院隆光の, 道教の

▼ されそれから~ (14, 0.0%)

2 一つの

1 [12件] それへと, 些とばかり, 出した値, 分子数が, 外の, 姿を, 容易に, 寝室の, 平面に, 江戸の, 第五級, 臓腑を

▼ されてこそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] 健全である, 初めて国民教育, 初めて月, 初めて民藝, 初めて男, 初めて社会心, 初めて経験, 女の, 権威ある, 癪だ, 眞に, 真の, 結構な, 自然な

▼ さればよ~ (14, 0.0%)

1 [14件] いま思い出した, その折, 仏壇の, 官兵衛どのに, 惜しいの, 明日は, 死ぬ気, 殿聞き, 母は, 照らせ荒磯, 理窟は, 疲れはてた, 聴水ぬ, 覚明の

▼ され~ (14, 0.0%)

1 [14件] から来る, に東健面, の, のもの, の三十七人, の何人, の四人, の年, の郵便事務, はそれ, はみな外, は一部, をも圧倒, を顧みる

▼ され更に~ (14, 0.0%)

1 [14件] いづれも, 一切の, 他殺とまで, 全部は, 大阪方面からは, 好評を, 屍体を, 幾度も, 最高の, 無名の, 詳しい研究, 警察の, 進んでは, 鉄柵を以て

▼ されさうに~ (13, 0.0%)

7 なつて 2 なると 1 なつて主人, も思はれ, 思はれると, 成る

▼ さればさ~ (13, 0.0%)

2 お目

1 [11件] あの青砥, うちの, されば, そこで家主吾助, それは, まだ多摩, 俺も, 先刻から, 城下の, 無数の, 茶器など

▼ され今日~ (13, 0.0%)

2 に至る

1 [11件] つかわれる異性, ではアメリカ, では皇太子さま, のわれわれ, の中国, の大衆生活, の監獄, も保存, ようやく国家, 低きもの, 殆ど総て

▼ され~ (13, 0.0%)

1 [13件] うか, かが立ちなおっ, かその, かなす, かひそひそ, か眼, でもずんずん, と反省, に対して作用, の用事, も云う, をやっ, を感じ

▼ され多く~ (13, 0.0%)

2 の人

1 [11件] の上告, の厭, の国境以内, の欲望, の沖縄, の犠牲, の留学生, の研究室, はその, は共和制, は庭木

▼ され~ (13, 0.0%)

3 ひは 2 るとき 1 るもの, る場合, る時, る期間, る発声, る者, 刺戟を, 者には

▼ されたる~ (12, 0.0%)

2 が如く 1 がため, が如き, が故に, にてこの, には年始, に過ぎざれ, も本部, も社会政策, を件, を非常

▼ されついに~ (12, 0.0%)

1 [12件] こんなところ, はいつも, は映画ファン, は母屋, は現象そのもの, ポルトガルにおける, 今日の, 入手される, 利潤の, 成功なされた, 破れかぶれの, 縄に

▼ され~ (12, 0.0%)

1 [12件] おしてきた, 丸木舟とは, 云つた, 云ふ, 前項に, 同時に私, 少も, 岡焼, 申しければ, 蟹の, 言うて, 言つたのに

▼ されやう~ (12, 0.0%)

1 [12件] かとそれ, がない, といふ頃, とし, とした, とそんな, とも, と嬉しく, と尊敬, と少々, は無い, も亦

▼ されよう~ (12, 0.0%)

2 がされまい, がない 1 では, にもされなく, は無い, もしれない, もしれぬ, もない, もなく, も知れない

▼ され~ (12, 0.0%)

1 [12件] さわぎと, さわぎの, 圈を, 多数をもって, 好評だった, 好評を, 永四五年ころの, 腐りに, 興奮の, 講堂の, 騒動だった, 體に

▼ されさうな~ (11, 0.0%)

4 気が 2 気さへ 1 のよ, 僕の, 危惧の, 大きな掌面, 惧れ

▼ されてでも~ (11, 0.0%)

4 いるよう 2 いるかの, ゐるやう 1 もっと愛されたかった, 居るやう, 置かれたよう

▼ されにくい~ (11, 0.0%)

1 [11件] おかしな動きかた, から誰, か或いは, ことである, ようであります, 場所に, 彼等独特の, 性質が, 気分の, 状態に, 独裁専制政治と

▼ されてからの~ (10, 0.0%)

1 こと, ことで, ことであった, ことでした, ことです, ことは, 事に, 彼の, 第十九号, 顛末を

▼ さればぞ~ (10, 0.0%)

2 人は, 姉が, 歌へ 1 この哀愁, 初袷, 天の, 思い当る

▼ されやすく~ (10, 0.0%)

2 なって 1 あります, その結果, てどんな, 同時に世界, 従って享楽, 模倣され, 気温が, 自分の

▼ され~ (10, 0.0%)

1 壯健の, 家宝拝見料で, 希望の, 幼名六丸君と, 当家の, 心中御, 目の, 目録の, 都合化され, 隠居も

▼ され或いは~ (10, 0.0%)

1 ディアレクティクな, 免除される, 区別される, 合流され, 同じこと, 或る, 焼かれる, 発見された, 自滅に, 風雲の

▼ され統一~ (10, 0.0%)

3 されて 1 された, された処, された限り, されまた, されやがて, されるの, され暗示

▼ され難い~ (10, 0.0%)

1 ことだ, ことは, ところが, のである, のを, ほど無制限, 働きを, 危険の, 百千の, 矛盾として

▼ されしと~ (9, 0.0%)

1 いう, きけば, なん, 云ひ, 信ぜられたる動植, 少し赤く, 態と言觸, 聞て, 言ひし

▼ されしも~ (9, 0.0%)

1 ややもすれば負け, ウイルヘルム侯は, 今に方, 宜なり, 氣味惡けれ, 深くの, 真宗その, 進歩に対する, 郡吏この

▼ されその後~ (9, 0.0%)

1 いっこうに役, しばしば出遭う, で慰め, に出た, また何, また食わるる, も永く, 久しく絶版, 再びそれ

▼ されてからも~ (9, 0.0%)

2 始終日本 1 うるかす, こいさんと, 勿論別荘, 大して健康, 長い年月, 顏の, 顔の

▼ されなん~ (9, 0.0%)

21 だが, だと, だ樣, だ樣子, でもずんずん, でも石屋さん石屋さん, のお

▼ され人間~ (9, 0.0%)

2 もこの 1 が存在, の幸福, の悟性, の智慧, の采, は器官, は自由

▼ され初め~ (9, 0.0%)

31 たこと, たの, たもの, た日, つつ在る, は蘭名ラノンケル

▼ され~ (9, 0.0%)

2 である 1 だ, だつた, だつたよ, なもの, なる妙齢, な大衆髷物小説, の運命

▼ され~ (9, 0.0%)

1 の中, の大半, はいずれ, は勿論, は焼かれ, もたてこん, を明け渡す, を買っ, を離れ

▼ され~ (9, 0.0%)

1 から応援, には内地, には同じ, には端艇, に修辞学, の場合, の方, 許されは, 選ばれて

▼ され易く~ (9, 0.0%)

2 学者の 1 て困る, なる, 又実際, 感化され, 既に行われた, 而し, 馬鹿に

▼ され最後~ (9, 0.0%)

31 にフロレス, に忘却, に腰掛け, に視覚, に電燈, の十年間

▼ され殊に~ (9, 0.0%)

1 アメリカでは, ルイ十六世の, 不遇な, 十八世紀の, 奇峭を, 小西行長の, 康熙帝の, 空間的像を, 築城に

▼ されある~ (8, 0.0%)

2 ひは, ものは 1 種の, 者は, 部分は, 電話と

▼ されいつも~ (8, 0.0%)

2 周囲から 1 の爛漫, 丁寧に, 抜け道を, 目の, 陳列され, 面白くな

▼ されそれら~ (8, 0.0%)

2 の人々 1 がまた, に捧げられた, のもの, の小説集, の疑問, の謎

▼ されたりなど~ (8, 0.0%)

2 して 1 した, したが, したの, したら始末, する, つまり殺人事件

▼ されてばかり~ (8, 0.0%)

1 いる, いる僕, ゐた悲しい, ゐら, ゐるつて, ゐるといふ, ゐる太鼓手, 居るの

▼ されもし~ (8, 0.0%)

1 このこと, これが, 得ない, 新聞でも, 書かれても, 期待され, 木標でも, 浪士らが

▼ されもしくは~ (8, 0.0%)

2 反駁され得る 1 さらに痛ましい, その恩恵, 学者に, 少なくとも示され, 無視された, 間者と

▼ され一方~ (8, 0.0%)

1 からは半ば, では理性, では理論物理学上, にはまた, は月, へ追い廻る, 島内白人の, 雑作なく

▼ され否定~ (8, 0.0%)

1 されたから, されたよう, されて, されなければ, されるであろう, されるの, される必要, され得る理智

▼ され展開~ (8, 0.0%)

2 されたよう 1 された, されて, されるか, されるとは, される必然性, して

▼ され~ (8, 0.0%)

3 いと 1 い, い爲, くなります, しとの, と長八諸共宥むると雖ども

▼ され~ (8, 0.0%)

1 でそれ, で十冊, で国教, の乙, の元, の娘, の新しい, は畑

▼ され~ (8, 0.0%)

3 して 1 もこの同じ, もそれ以上, もなぜ, も有限, も髪の毛

▼ されあの~ (7, 0.0%)

1 ような, 中で, 人と, 国が, 家の, 平和な, 沼沢地の

▼ されかく~ (7, 0.0%)

1 てロンドン, て主, て夏期, て理論甲, とは少し, 囲まれし上, 限定される

▼ されここ~ (7, 0.0%)

1 で熱い, にいる, にフッサール, に柴進救出, に資料, まで引っ担い, 暫く創作

▼ されさえ~ (7, 0.0%)

3 すれば 1 した, したよう, して, しない

▼ されただ~ (7, 0.0%)

1 うしろの, もう庭師, わずかな, 人目に, 働きの, 客體相互の, 狼狽え釈明

▼ されてはと~ (7, 0.0%)

1 きづかって, それを, 云う懸念, 別置き, 思えばこそ, 笑止でしょう, 震え上がりまして

▼ されぼく~ (7, 0.0%)

1 と別れる, のお, の生れた, はその, は勢いよく, は尚更, もまた

▼ され~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 かたまりに, には応能, にも二, の判然, の町

▼ され~ (7, 0.0%)

1 と取り換えられる, と対立, によって優越, に反し, に答, に關, を批判

▼ され彼女~ (7, 0.0%)

1 が田万里, の思う, の正気, の猫, の自信, は歓喜, は立ち

▼ され拡大~ (7, 0.0%)

3 されて 1 されただろう, された哲学的範疇, されるという, されるに

▼ され整理~ (7, 0.0%)

1 されたもの, された真, された美術館, されて, されると, され運転, せられるだけの

▼ され止揚~ (7, 0.0%)

1 されこれ, されて, されること, されるだろうという, されるであろう, される即ち, され得ぬもの

▼ され理解~ (7, 0.0%)

1 さるべき現象, されること, されるため, されるほど, されるよりも, される意味内容, もされたらう

▼ され~ (7, 0.0%)

1 三, 二には, 二の, 二は, 二期生として, 二部が, 二高等学院の

▼ され評価~ (7, 0.0%)

2 されて 1 されたの, されなければ, されねば, されること, されるべきタイプ

▼ され軽蔑~ (7, 0.0%)

3 されて 1 されひとり怏々, され切って, して, をされ

▼ され遂に~ (7, 0.0%)

1 は主要人物, は翁, 一年餘の, 僅かでも, 敗れた, 破壊へ, 貴族武家階級の

▼ されあと~ (6, 0.0%)

1 でしかめ, でそれ, になつ, にはただ, は一路, は皆地球自身

▼ されすぐ~ (6, 0.0%)

1 そのかたわら, にその, には身動き, に追手, 船を, 近所まで

▼ されそういう~ (6, 0.0%)

1 おそろしい光景, ことは, ものが, 人は, 特質と, 生活に

▼ されそのまま~ (6, 0.0%)

1 人事不省に, 卒倒なされました, 幕末に, 手つかずに, 碧い, 縛り上げられた顛倒

▼ されそれぞれ~ (6, 0.0%)

2 に手当 1 の占拠地, の地方, の天国, 役立って

▼ されそれで~ (6, 0.0%)

1 あそこへ, 事は, 妾は, 永遠に, 片目射潰され, 観光地の

▼ されたりと~ (6, 0.0%)

1 いう, すれば, 悲壮に, 為す方, 考ふ, 野原側で

▼ されば余~ (6, 0.0%)

2 の浮世絵 1 が大学, として終生, は今夜, は常に

▼ されまるで~ (6, 0.0%)

2 メトロノームに 1 シノブや, 対数表かなんぞの, 敵味方の, 明け放したパヴィリオン

▼ されわれわれ~ (6, 0.0%)

1 が西洋, にはおよそ, の日常生活, の遠大, はこの, もその

▼ され世間~ (6, 0.0%)

1 から除外, が注目, の人, の笑いもの, へ顔向け, をはばかる

▼ され使用~ (6, 0.0%)

2 されて 1 されそして, されるの, して, の器具

▼ され~ (6, 0.0%)

1 かを閣下, て帰りたき, もの, やと申, や忽ち, 御返

▼ され全く~ (6, 0.0%)

2 忘れ去られて 1 その犯行, 知って, 組織的に, 詩学派と

▼ され実現~ (6, 0.0%)

1 されさえ, されたという, されなければ, されるそして, されるまでは, されん

▼ され支配~ (6, 0.0%)

1 されぬもの, されるもの, されハリウッド, され併呑, され再建, しようと

▼ され文学~ (6, 0.0%)

2 の書き方 1 としての位置, の本道, の社会性, を愛する

▼ され~ (6, 0.0%)

1 将軍慶喜公に, 幕府の, 發見地の, 皇万歳だの, 軍は, 関白近衛様の

▼ され新しい~ (6, 0.0%)

1 ものが, ハンカチの, 力新しい, 文学書を, 板べ, 神殿を

▼ され現在~ (6, 0.0%)

1 の何処, の天台座主, の若き, は作家, は私, は解体

▼ され私たち~ (6, 0.0%)

1 にとって共通, の子供, はロンドン, は真面目, も馬鹿, を抑圧

▼ され規定~ (6, 0.0%)

4 されて 1 された一生, されるよう

▼ され~ (6, 0.0%)

3 に環境 1 に有機體, に自己, に認識

▼ され通し~ (6, 0.0%)

1 であったある, である, でほとんど, で今日, で瞞, に行こう

▼ され~ (6, 0.0%)

1 の中将, の右半分, はふらふら, まで剃っ, や顔, をかき

▼ されうるか~ (5, 0.0%)

1 という問題, という能力, という論難, についてはだれ, を知る

▼ されことに~ (5, 0.0%)

1 彼さえも, 我国の, 武芸を, 甲州上野両道で, 西行の

▼ されその間~ (5, 0.0%)

1 お犬様令, にアイヌ語, に心身とも, に葛西善蔵, は氷詰

▼ されそれに~ (5, 0.0%)

1 よつて, よつて獲得, 両博士, 加うる, 向つて

▼ されちや叶~ (5, 0.0%)

2 はない, ひません 1 はねえ

▼ されてか~ (5, 0.0%)

1 もろもろの, 否か, 家屋敷所有地全, 家屋敷所有地全体売払つて工事費総額二千九百何十円といふ, 浄瑠璃の

▼ され~ (5, 0.0%)

2 もしちや 1 つかい蓑虫, ヤ人だつ, 俺なんにも

▼ されどう~ (5, 0.0%)

1 しやう, でも江戸, 動かしよう, 批評されよう, 関係する

▼ されなかなか~ (5, 0.0%)

1 お上手, 多くの, 広く社会, 損な, 辛辣な

▼ されほとんど~ (5, 0.0%)

1 中国的哲学文学の, 全市一大, 執筆の, 席に, 無視された

▼ されむしろ~ (5, 0.0%)

2 この言葉 1 ロゴスに, ロゴスにおいてのみ, 朗らかに

▼ されもう~ (5, 0.0%)

1 そちらへ, 一つは, 一歩進む, 戦争の, 矢も

▼ されよく~ (5, 0.0%)

1 一人で, 先王の, 売れる, 生活的に, 生長し

▼ され一部~ (5, 0.0%)

1 からは大, のもの, の知識人, は修正, 好劇家

▼ され世界~ (5, 0.0%)

1 からは忘れられ, に深甚, の動き, の学界, はやや

▼ され乍ら~ (5, 0.0%)

1 も小娘, 向柳原, 宜い, 心ならずも止め, 長々と

▼ され~ (5, 0.0%)

1 ったとは, るならば, るの, れば, んぬる

▼ され以前~ (5, 0.0%)

2 の廃頽生活 1 からの種族, にまさった, は何氣

▼ され~ (5, 0.0%)

1 が二, より崩, れが, れに, を拒絶

▼ され其の~ (5, 0.0%)

1 中座光寺源三郎の, 儘死骸は, 嗜好に, 筋の, 翌日僕は

▼ され~ (5, 0.0%)

1 紹介される, 組織され, 組織される, 組織化される, 評価されるべき

▼ され再び~ (5, 0.0%)

1 ロケットの, 格子戸の, 用いられる, 葉を, 都の

▼ され利用~ (5, 0.0%)

2 されて 1 されたに, されるという, され理解

▼ され~ (5, 0.0%)

1 がフランシス, が両, が言論界, をおそらく, を堪へし

▼ され実行~ (5, 0.0%)

3 された 1 に移されかかっ, に移され始めた

▼ され彼ら~ (5, 0.0%)

1 に対して無意味, のため, の人口, の野獣的殺戮ぶり, は五囘

▼ され後者~ (5, 0.0%)

1 に就い, はその後従犯人, は平塚さん, は浙西學派, を十分

▼ され~ (5, 0.0%)

1 にもなく, の表面, は昂奮, よくなめらか, を惹かれ

▼ され明日~ (5, 0.0%)

1 から宿, ならば, の生命, は家中, 残らず拷問

▼ され次に~ (5, 0.0%)

1 ボーブール街と, ヴェルノンの, 二十五名の, 切手に, 推理によって

▼ され洗練~ (5, 0.0%)

4 されて 1 されたもの

▼ され~ (5, 0.0%)

1 の弱い, の愛着, 不動には, 捕って, 捕つて江戸表

▼ され発展~ (5, 0.0%)

1 させられて, されるよう, して, し成長, せしめられて

▼ され相手~ (5, 0.0%)

2 の方 1 にされなく, に伝達, の苦痛

▼ され~ (5, 0.0%)

2 の意味 1 の, の人間生活, 暗闇の

▼ され破壊~ (5, 0.0%)

2 されて 1 されたの, される歴史, すること

▼ され~ (5, 0.0%)

1 一九三六年三月下旬まで, 三月二十二日勃然と, 五年二月土佐へ, 八六年の, 昭和三年には

▼ され自由~ (5, 0.0%)

1 と平和, な思想, に酒, を束縛, を略奪

▼ され表現~ (5, 0.0%)

1 さるべきである, されねば, されること, される時, の必須

▼ され~ (5, 0.0%)

1 家族は, 帝みな京都より, 条件に, 関係諸, 閣老方擡頭し参られ

▼ され蹂躙~ (5, 0.0%)

1 されし富山, された祖国, されつくした自分, されて, されるまま

▼ され迫害~ (5, 0.0%)

2 されたかを 1 されて, され誹謗, を受ける

▼ され~ (5, 0.0%)

1 で片, になり, まうけの, も精氣, を送られ

▼ され限定~ (5, 0.0%)

1 された内容, された意味, された未来, されて, されるもの

▼ されあらゆる~ (4, 0.0%)

1 発見あらゆる, 行動を, 醜状を, 電磁気や

▼ されいよいよ~ (4, 0.0%)

1 塾の, 好色漢師直の, 工場へ, 迫った真剣さ

▼ されおまけ~ (4, 0.0%)

2 にその 1 にパルチザン, に大きな

▼ されかくして~ (4, 0.0%)

1 それは, それ自身の, 失業した, 歴史科學及び

▼ されかた~ (4, 0.0%)

1 か, がよく, でご, をも考えます

▼ されかの~ (4, 0.0%)

1 クレエト島の, 児は, 国の, 孫子の

▼ されこっち~ (4, 0.0%)

1 で侍史, で封書, で此方, の弱み

▼ され~ (4, 0.0%)

1 これらの, 其恨み骨髓に, 江戸末年の, 長き文

▼ されそしてまた~ (4, 0.0%)

2 加害者の 1 その一部分, 最も重要

▼ されため~ (4, 0.0%)

1 にその, に一日, に四散, に退

▼ されたりも~ (4, 0.0%)

2 して 1 しなかった, するの

▼ されついで~ (4, 0.0%)

1 意志細胞内に, 独逸公使ケットレルも, 軽蔑され, 養徳社から

▼ されてさ~ (4, 0.0%)

1 ういふ倦怠, うして, さあ今日, 喉が

▼ されてしも~ (4, 0.0%)

2 うた 1 うたんや, た

▼ されなお~ (4, 0.0%)

1 中川清三著, 席上の, 当然の, 従弟の

▼ されもはや~ (4, 0.0%)

1 かの, 何ものも, 充分に, 落城は

▼ されやっと~ (4, 0.0%)

1 原稿が, 大空へ, 難破船引揚業者, 面会室の

▼ され一つ~ (4, 0.0%)

1 の形態, の指導原理, の民主的, の重大

▼ され~ (4, 0.0%)

1 必要に, 比等の, 活溌に, 知者とも

▼ され~ (4, 0.0%)

1 に人間, の幾つ, の意味, 世紀は

▼ され二人~ (4, 0.0%)

1 の噂, の若者, はひそや, は夫

▼ され先生~ (4, 0.0%)

1 が大震災後, によつて反省, に待つ, の見込み

▼ され~ (4, 0.0%)

1 がひらめいた, と重力, の世界, の見えた

▼ され~ (4, 0.0%)

1 ヨーロッパの, 人民の, 人類一致精進の, 読者に

▼ され具体化~ (4, 0.0%)

1 された方針, されて, され活きた形態, され肉体化

▼ され再生~ (4, 0.0%)

2 されて 1 して, せられて

▼ され~ (4, 0.0%)

1 にのべた, に倍する, のとそ, 檣の

▼ され創造~ (4, 0.0%)

2 されて 1 されるとは, の熱

▼ され単純化~ (4, 0.0%)

1 された分業, された結果, されて, され平凡化

▼ され同化~ (4, 0.0%)

2 される性質 1 されて, され無秩序

▼ され国家~ (4, 0.0%)

1 のため身, の人々, の公民, を重視

▼ され土地~ (4, 0.0%)

1 が少数, に使用, のもの, を作戦目標

▼ され~ (4, 0.0%)

1 につきインテリ自身, につき或いは, に入り, 辷りで街道

▼ され奨励~ (4, 0.0%)

1 されたもの, されて, される場合, され婦人

▼ され奴隷~ (4, 0.0%)

4 の如く卑しめられた

▼ され子供~ (4, 0.0%)

1 が育つ, のうえ, の時, の私

▼ され実践~ (4, 0.0%)

1 されて, されはじめた, されるであろうこの, によって是正

▼ され客観的~ (4, 0.0%)

1 なもの, な自身, にその, に基礎

▼ され宣伝~ (4, 0.0%)

2 された 1 されなかなか, されねば

▼ され尊敬~ (4, 0.0%)

1 さるべきもの, された, されて, されても

▼ され尊氏~ (4, 0.0%)

1 の, の意図, の本船以下, は本陣

▼ され尊重~ (4, 0.0%)

1 されて, されるという, されるの, され愛好

▼ され少し~ (4, 0.0%)

1 でも早く, でも立派, ばかり涙, 誇張した

▼ され常に~ (4, 0.0%)

1 半空腹, 卑下し, 手近な, 現実から

▼ され当時~ (4, 0.0%)

1 の学界, の社会, の言語, 既に詩壇

▼ され彼等~ (4, 0.0%)

1 の, の少年時代, の斥, はすべて丁寧

▼ され征服~ (4, 0.0%)

2 されて 1 された, され人間

▼ され意外~ (4, 0.0%)

2 な父子 1 に早く, の重税

▼ され既に~ (4, 0.0%)

1 ノルデンショルドによ, 二年荒海を, 何國へか, 妻をも

▼ され易き~ (4, 0.0%)

2 性情是れなり 1 に因, 正直一図の

▼ され最近~ (4, 0.0%)

1 この, に至っ, まで金, 各営業者

▼ され~ (4, 0.0%)

1 のスリ半, の噂, は一つ, は村

▼ され東京~ (4, 0.0%)

1 が江戸, の豊山中学, はもとより, へ飛び出し

▼ され構成~ (4, 0.0%)

1 されつつ, されて, されるの, され得る

▼ され次第に~ (4, 0.0%)

2 愛ある 1 幾派にも, 機械的人生観の

▼ され洗煉~ (4, 0.0%)

1 された俳優, された美そのもの, されて, され詩化

▼ され淘汰~ (4, 0.0%)

1 されねば, され一定共通, され洗練鍛冶, され陶冶

▼ され~ (4, 0.0%)

1 ずきな, と物, の微細, は諸

▼ され発明~ (4, 0.0%)

1 されたもの, されて, は大衆的, は実質上大衆的

▼ され発達~ (4, 0.0%)

1 させられた一つ, させられるから, させられるという, しつくしたあらゆる

▼ され~ (4, 0.0%)

2 が公然 1 から取り巻かれ, を笑わせた

▼ され研究~ (4, 0.0%)

2 されて 1 の基礎, を放棄

▼ され確立~ (4, 0.0%)

2 されるの 1 されて, の一歩

▼ され組織~ (4, 0.0%)

1 された範疇体系, されて, されるの, 立てられた

▼ され組織化~ (4, 0.0%)

1 された調査方法, されて, されるそういった, されるの

▼ され~ (4, 0.0%)

1 ひ筋違, ふと, ふに, ふ由

▼ され維持~ (4, 0.0%)

2 されて 1 されつ, されるが

▼ され~ (4, 0.0%)

1 だつたさうですが, だと, で半三, よ

▼ され自然~ (4, 0.0%)

1 に少し, の愛嬌, を原形, 同じ詩

▼ され~ (4, 0.0%)

1 夫人から, 夫人に, 奥様は, 親分として

▼ され若い~ (4, 0.0%)

1 女や, 文士画家彫刻家建築師達は, 男女の, 男女は

▼ され~ (4, 0.0%)

1 からも頭, にも開かれず, もその, もそれ

▼ され闡明~ (4, 0.0%)

2 された意識, されること

▼ されいい~ (3, 0.0%)

1 小説が, 気に, 気持に

▼ されいかに~ (3, 0.0%)

1 たたかわれて, 多くの, 張飛が

▼ されいろいろ~ (3, 0.0%)

1 な言語, な訪問客, 王様に

▼ されいわゆる~ (3, 0.0%)

1 もちつ, 王政復古の, 飴色という

▼ されさるぐつわ~ (3, 0.0%)

3 をはめられ

▼ されしばらく~ (3, 0.0%)

1 ぼんやりし, 其の邸内, 謹慎を

▼ されすっかり~ (3, 0.0%)

1 好きに, 瓦斯患者と, 痩せて

▼ されすべて~ (3, 0.0%)

1 の取引, の変化, を人類

▼ されせっかく~ (3, 0.0%)

1 とらえたままごと狂女, 揮いかけた杉本氏, 期待した

▼ されその他~ (3, 0.0%)

1 の人々, の女子, の知人

▼ されたりなんか~ (3, 0.0%)

2 して 1 した後

▼ されつぎ~ (3, 0.0%)

1 からつぎ, にこの, の十年間

▼ されつつも~ (3, 0.0%)

1 あくまで自分, 姿を, 熱心に

▼ されてさえ~ (3, 0.0%)

1 いなかったかも, いる, いるの

▼ されてしか~ (3, 0.0%)

1 存在しなかった, 現われて, 行なわれない

▼ されてと~ (3, 0.0%)

1 いうか, 涙を, 申しますと

▼ されてのみ~ (3, 0.0%)

1 始めて美, 学問的業績としての, 日を

▼ されてまでも~ (3, 0.0%)

2 原稿を 1 あんなひと

▼ されとうとう~ (3, 0.0%)

1 今日の, 故郷の, 自分が

▼ されどの~ (3, 0.0%)

1 ような, 家からも, 節にも

▼ されなど~ (3, 0.0%)

1 した, して, しても

▼ され~ (3, 0.0%)

1 乙女だ, 水, 見苦しさ

▼ さればい~ (3, 0.0%)

1 の, のお, の行く

▼ されば内~ (3, 0.0%)

2 にも堪へず 1 に国力

▼ されひどく~ (3, 0.0%)

1 妾の, 評判だった, 陰鬱な

▼ されまだ~ (3, 0.0%)

1 こんなひどく, なに一つ持出す, 七八人の

▼ され~ (3, 0.0%)

1 づかに, ッしょわ, ツといふ

▼ され一人~ (3, 0.0%)

1 の女, の武士, を斃

▼ され一切~ (3, 0.0%)

1 の享楽, の意味, を自白

▼ され一時~ (3, 0.0%)

1 に三十人, の名士, 下った相場

▼ され一般~ (3, 0.0%)

1 に実行, の人, の人間

▼ され不幸~ (3, 0.0%)

1 が惹起, な人々, な犠牲者

▼ され~ (3, 0.0%)

1 大陸を, 岸は, 腕の

▼ され事件~ (3, 0.0%)

1 の解決, は一段, は比較的

▼ され享楽~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されたもの

▼ され人々~ (3, 0.0%)

1 が一体, の恐怖, は一切

▼ され侮辱~ (3, 0.0%)

1 されて, されのろわれ人権, され蹂躙

▼ され優遇~ (3, 0.0%)

1 されること, されるの, されるもの

▼ され全滅~ (3, 0.0%)

1 しおわる, するほか, に近い

▼ され兵士~ (3, 0.0%)

1 として戦場, に分配, は甘んじ

▼ され其処~ (3, 0.0%)

1 にも誇らしげ, に人間, より起る

▼ され制限~ (3, 0.0%)

1 されて, されること, されると

▼ され~ (3, 0.0%)

1 とされ, に滿, を得

▼ され古い~ (3, 0.0%)

1 ものは, 大地は, 歴史を

▼ され~ (3, 0.0%)

1 役相応の, 講中の, 隊は

▼ され~ (3, 0.0%)

1 一五五三年七月二十二日マグダレナの, 三年築地小劇場に, 十三日ルイ十六世マリイ・アントアネット太子王女マリイ・テレーズ・シャルロット王妹マダム

▼ され同じ~ (3, 0.0%)

1 剽盗に, 型の, 工場に

▼ され同じく~ (3, 0.0%)

1 四月には, 熱帯の, 高知県佐川村で

▼ され問題~ (3, 0.0%)

3 にされ

▼ され嘲笑~ (3, 0.0%)

1 されようとは, され侮辱, をきかされる破

▼ され~ (3, 0.0%)

1 で囲まれ, には絵, を塗りかえられ

▼ され天下~ (3, 0.0%)

1 に之, の勇士術者, の政務

▼ され婦人~ (3, 0.0%)

1 が家事, の文化, の財産上

▼ され完成~ (3, 0.0%)

1 されつつ, されなければ, されるまでには

▼ され定着~ (3, 0.0%)

1 されたこと, された男, されねば

▼ され室内~ (3, 0.0%)

1 から南京虫, に入っ, の一同

▼ され対立~ (3, 0.0%)

1 させられた存在, する処, せしめられ段階

▼ され~ (3, 0.0%)

1 なるもの, 亜細亜に, 酒屋も

▼ され小説~ (3, 0.0%)

1 となっ, の世界, も劇

▼ され平凡化~ (3, 0.0%)

3 されて

▼ され必ず~ (3, 0.0%)

1 この帝王学, 何かの, 克服される

▼ され応用~ (3, 0.0%)

1 されるよう, され得ること, もされ

▼ され思想~ (3, 0.0%)

1 にまで信念, の順当, を以て答

▼ され~ (3, 0.0%)

1 に帰っ, に魅力, 速力で

▼ され~ (3, 0.0%)

1 がつまっ, がつまり, も詰まる

▼ され感謝~ (3, 0.0%)

1 された崇高, されるの, の念

▼ され~ (3, 0.0%)

1 にとって対象, に歸郷, に返っ

▼ され批判~ (3, 0.0%)

1 された, されなければ, の眼

▼ され改良~ (3, 0.0%)

1 されて, されること, される時機

▼ され政治~ (3, 0.0%)

1 と文化, には関係, の面

▼ され教育~ (3, 0.0%)

1 によつて訓練, はこれ, も受け

▼ され~ (3, 0.0%)

1 とも味方, に所在, の士気

▼ され新聞~ (3, 0.0%)

1 の劇評, はトップ四段抜き, も同

▼ され明治~ (3, 0.0%)

1 の始め頃, の御世, の末頃

▼ され~ (3, 0.0%)

1 のもの, のエネルジー, の女

▼ され時に~ (3, 0.0%)

1 はその, 同じところ, 難解視された

▼ され時には~ (3, 0.0%)

1 危険視される, 敵役に, 眉を

▼ され最も~ (3, 0.0%)

1 人口に, 美しく作られた, 賞讃され

▼ され~ (3, 0.0%)

1 も読める, 知行二百石取, 門戒壇が

▼ され~ (3, 0.0%)

2 に仰せられ 1 が如何なる

▼ され極めて~ (3, 0.0%)

1 楽に, 簡単な, 興味ある

▼ され~ (3, 0.0%)

1 として居る, とは夢にも, と干死

▼ され此処~ (3, 0.0%)

2 に陳列 1 に六尺

▼ され死骸~ (3, 0.0%)

1 の再, は曲者, は犬

▼ され民衆~ (3, 0.0%)

1 に依つ, の教化, の文学

▼ され気味~ (3, 0.0%)

1 であること, です, になっ

▼ され江戸~ (3, 0.0%)

1 から行徳, へ來, へ參

▼ され浄化~ (3, 0.0%)

1 されて, されようと, されると

▼ され無事~ (3, 0.0%)

1 にホテル, に見物, を祝された

▼ され無視~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されバカ

▼ され無限~ (3, 0.0%)

1 に照応, に発見, の海

▼ され~ (3, 0.0%)

1 もそれら人工材料, も四ヶ月, も科学

▼ され熱狂的~ (3, 0.0%)

2 な歓迎 1 な喝采

▼ され現に~ (3, 0.0%)

1 一週三度も, 姦通罪の, 開かれて

▼ され~ (3, 0.0%)

1 で行商, に少女, の中

▼ され発表~ (3, 0.0%)

1 されその, されるに従って, と同時に

▼ され白い~ (3, 0.0%)

1 壁に, 手の甲を, 霧に

▼ され~ (3, 0.0%)

1 なあの, な言葉, になつて

▼ され~ (3, 0.0%)

1 かくし, もあや, 醒めさせられたもの

▼ され社会~ (3, 0.0%)

1 からは予期, で重宝, の情勢

▼ され祝福~ (3, 0.0%)

2 されそしてまた 1 された二人

▼ され神経~ (3, 0.0%)

1 の弱い, は鋭く, を静か

▼ され純化~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されたの

▼ され結婚~ (3, 0.0%)

1 に對, の自由, は往々

▼ され絵画~ (3, 0.0%)

1 でも探, の組織, の領域

▼ され絶対化~ (3, 0.0%)

1 された, された部分, されるという

▼ され練習~ (3, 0.0%)

2 された方式 1 される

▼ され~ (3, 0.0%)

2 いて 1 けて來

▼ され群集~ (3, 0.0%)

1 が堵, の湿気, は落ち着き払っ

▼ され翌年~ (3, 0.0%)

2 の一月 1 亦ケーニヒスベルク大学

▼ され自己~ (3, 0.0%)

1 が他者, の存在, の業績

▼ され自我~ (3, 0.0%)

1 と利己, の人格, の領域

▼ され興奮~ (3, 0.0%)

1 させられた, させられて, し醉

▼ され~ (3, 0.0%)

1 につんだ, の位置, はどこ

▼ され若く~ (3, 0.0%)

1 は保持, は想像, は現出

▼ され蓄積~ (3, 0.0%)

2 されて 1 し増長

▼ され衣服~ (3, 0.0%)

1 をつけ, を剥がれ, を改め

▼ され裁判~ (3, 0.0%)

1 された, になり, の結果

▼ され~ (3, 0.0%)

1 ばったの, をまるく, を振り

▼ され言葉~ (3, 0.0%)

1 が事実以上, が限定, で真実化

▼ され読者~ (3, 0.0%)

1 から笑, の心, は作者

▼ され警察~ (3, 0.0%)

1 で重体, の捜査, の耳

▼ され警戒~ (3, 0.0%)

2 されました 1 されること

▼ され~ (3, 0.0%)

1 の破滅, はこう, をもっ

▼ され透明~ (3, 0.0%)

1 となる, にされた, にされない

▼ され進展~ (3, 0.0%)

1 されて, して, には固定

▼ され配列~ (3, 0.0%)

2 された 1 されたもの

▼ され間もなく~ (3, 0.0%)

1 その男, 公高らしい, 私は

▼ され陶冶~ (3, 0.0%)

1 されたもの, された紀律, されながら

▼ され非常~ (3, 0.0%)

1 にしばしば, に大衆, に親切

▼ され非難~ (3, 0.0%)

1 されたの, されて, され責め

▼ され~ (3, 0.0%)

1 に綱, の痛く, をつられた

▼ され鼓舞~ (3, 0.0%)

1 された博愛, されなければ, され全面的

▼ されあげく~ (2, 0.0%)

1 に小, の果て

▼ されあなた~ (2, 0.0%)

2 の恋人

▼ されあんなに~ (2, 0.0%)

1 困ったこと, 賞讚された

▼ されいかさま~ (2, 0.0%)

2 枡は

▼ されいかなる~ (2, 0.0%)

1 意味で, 状況にも

▼ されいきなり~ (2, 0.0%)

1 パンパンと, 廃品に

▼ されいつから~ (2, 0.0%)

1 か酔, でも勉強

▼ されいま~ (2, 0.0%)

1 では眠ろう, またこうして犯人

▼ され~ (2, 0.0%)

1 が君, の来る

▼ されお前~ (2, 0.0%)

1 のよう, の讐

▼ され~ (2, 0.0%)

1 かつてゐる, ア

▼ されかつて~ (2, 0.0%)

1 ロシア皇帝フランス大統領ベルギー皇帝より, 繁栄せる

▼ されかなり~ (2, 0.0%)

1 好評でした, 忙しい生活

▼ されがたい~ (2, 0.0%)

1 という状況, 眞事實を

▼ されこそ~ (2, 0.0%)

1 すれこちら, すれ決して

▼ されこれから~ (2, 0.0%)

1 の仕事, 関家を

▼ されこんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 多種の

▼ されさうだつ~ (2, 0.0%)

2

▼ されさて~ (2, 0.0%)

1 こそかく, 旅は

▼ されしかし~ (2, 0.0%)

1 あの資質, 大勢の

▼ されしとは~ (2, 0.0%)

1 夢にも, 露程も

▼ されそのうえ~ (2, 0.0%)

1 姉さんみ, 笹野新三郎などの

▼ されそのもの~ (2, 0.0%)

1 の現実的, らしさ

▼ されそれでも~ (2, 0.0%)

1 一年以上辛抱した, 若葉を

▼ されそれ以来新進作家~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ されそろそろ~ (2, 0.0%)

1 売上げも, 自壊しはじめた

▼ されそんな~ (2, 0.0%)

1 だれも, なかに

▼ されただちに~ (2, 0.0%)

1 巨万の, 彼の

▼ されたちまち~ (2, 0.0%)

1 われも, 郷里である

▼ されたとえば~ (2, 0.0%)

1 屍体の, 鋲を

▼ されたまたま~ (2, 0.0%)

1 これを, 私の

▼ されたる者~ (2, 0.0%)

1 を見ず, 忘れられたる者

▼ されだんだん~ (2, 0.0%)

1 に減じ, 客観的

▼ されちや可哀想~ (2, 0.0%)

1 だし, です

▼ されちょうど~ (2, 0.0%)

1 その年齢, 浮御堂の

▼ されつまり~ (2, 0.0%)

1 競技に, 風化され

▼ されづめ~ (2, 0.0%)

1 だった, に訓

▼ されてからでも~ (2, 0.0%)

1 十日には, 御主人

▼ されてからに~ (2, 0.0%)

1 したい, して

▼ されてはを~ (2, 0.0%)

1 らず, りまする

▼ されてまで~ (2, 0.0%)

1 この事件, にこにこ笑っ

▼ されてや~ (2, 0.0%)

1 しないかと, しないこと

▼ されときには~ (2, 0.0%)

1 放って, 素早い現実

▼ されとなり~ (2, 0.0%)

2 へは当分お客

▼ されとりわけ~ (2, 0.0%)

1 五年全部説には, 大沢が

▼ され~ (2, 0.0%)

1 ほしで, ッと

▼ されどうしても~ (2, 0.0%)

1 一切の, 信じさせて

▼ されども後~ (2, 0.0%)

1 に和ぎ, を逐

▼ されどんな~ (2, 0.0%)

1 スティーム鍋が, 高い所

▼ されどんなに~ (2, 0.0%)

1 でも働い, 苦しめられて

▼ されなんと~ (2, 0.0%)

1 しても, 挨拶の

▼ されなんとなく~ (2, 0.0%)

1 変テコな, 重みを

▼ されにわかに~ (2, 0.0%)

2 留さんに

▼ されはじめ~ (2, 0.0%)

1 そうして長い, そして云う

▼ されはじめて~ (2, 0.0%)

1 民主的な, 狼狽する

▼ さればとよ~ (2, 0.0%)

1 よく聞, 一門沒落の

▼ さればも~ (2, 0.0%)

1 とれる世, みつとを

▼ されひとり~ (2, 0.0%)

1 のピーター, ぽっち

▼ されふたたび~ (2, 0.0%)

1 下降しなけれ, 宛名が

▼ されふたつ~ (2, 0.0%)

1 とも孤立無援, には多く

▼ されますます~ (2, 0.0%)

2 多くの

▼ されまったく~ (2, 0.0%)

1 別の, 孤独無援の

▼ されみんな~ (2, 0.0%)

1 が助け合っ, も慾得ぬき

▼ され~ (2, 0.0%)

1 に住む, を回復

▼ され~ (2, 0.0%)

2 かけ持つた人

▼ されもっとも~ (2, 0.0%)

1 おびただしく読まれた, 基本的な

▼ されもと~ (2, 0.0%)

1 のま, の藩主

▼ されもの~ (2, 0.0%)

1 だ, の半

▼ されやむなく~ (2, 0.0%)

1 浅沼稲次郎と, 礼に

▼ されようやく~ (2, 0.0%)

1 ものに, 真実の

▼ されより~ (2, 0.0%)

1 現実の, 自由な

▼ されりや世話ア~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえね親分金貸

▼ されわが国~ (2, 0.0%)

1 からもヒマラヤ, の文物制度

▼ され~ (2, 0.0%)

1 されるわきゃあない, る者

▼ されアメリカ~ (2, 0.0%)

1 が発見, の子供

▼ されカフェー~ (2, 0.0%)

1 の内幕話, の女給

▼ されゴルフ~ (2, 0.0%)

2 ァなら

▼ されサー~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ されシュレーディンガー~ (2, 0.0%)

2 の式

▼ されドビュッシー~ (2, 0.0%)

1 の勝利, は始め

▼ されドンドン~ (2, 0.0%)

2 ガラガラ地軸を

▼ されポスター~ (2, 0.0%)

2 と新薬

▼ されラジオ~ (2, 0.0%)

1 の機能, は軍部

▼ され一二~ (2, 0.0%)

1 の出版書肆, の軍憲

▼ され一八〇〇年~ (2, 0.0%)

1 には九, の結社禁止法

▼ され一味~ (2, 0.0%)

1 によって無実, 清新なる

▼ され一層~ (2, 0.0%)

1 深く強い確信, 直ぐにでも

▼ され一度~ (2, 0.0%)

1 にしんと, 団体に

▼ され一旦~ (2, 0.0%)

2 書くべく算出

▼ され一本立ち~ (2, 0.0%)

2 の出来ない

▼ され一種~ (2, 0.0%)

1 の人間解放, の文壇的

▼ され一般化~ (2, 0.0%)

1 された規準的事実, されると

▼ され一週間~ (2, 0.0%)

1 に学習, ほど家出

▼ され三人~ (2, 0.0%)

1 ながら立ち上がったらしい, の姫

▼ され上下共~ (2, 0.0%)

2 に競っ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 で, に

▼ され不安~ (2, 0.0%)

1 の問題, を語らざる

▼ され不束~ (2, 0.0%)

1 の至, の至り

▼ され世上~ (2, 0.0%)

1 すでにひろく, に流布

▼ され世界的~ (2, 0.0%)

1 なニユース, な流行

▼ され両手~ (2, 0.0%)

1 も両, をうしろ

▼ され両親~ (2, 0.0%)

1 から譲られた, も逝くなっ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 な戦犯出版社, 體は

▼ され主観的~ (2, 0.0%)

1 であると, なもの

▼ され二つ~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ され二十五~ (2, 0.0%)

1 にもなる, にもなるい

▼ され二日~ (2, 0.0%)

1 おいて, つづきの

▼ され京伝~ (2, 0.0%)

1 の食客, や馬琴

▼ され~ (2, 0.0%)

1 と自然, の手

▼ され人心~ (2, 0.0%)

1 に感化, の中

▼ され人民~ (2, 0.0%)

1 にめぐみ, は天皇

▼ され今や~ (2, 0.0%)

1 彼等は, 政府は

▼ され何もかも~ (2, 0.0%)

1 包もうとは, 忘れて

▼ され何不自由~ (2, 0.0%)

2 なく暮し

▼ され作者~ (2, 0.0%)

1 と俳優, の創造

▼ され例えば~ (2, 0.0%)

1 今の, 社会科学的認識などが

▼ され価値~ (2, 0.0%)

1 づけられて, を認められない

▼ され保証~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され保護~ (2, 0.0%)

1 された, されること

▼ され信任~ (2, 0.0%)

1 されて, されるもの

▼ され~ (2, 0.0%)

1 を真, 瞞されつくした

▼ され僅か~ (2, 0.0%)

1 ばかりの身, 日本人の

▼ され~ (2, 0.0%)

1 は殆, もそれ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 には不可解, をいそぐ

▼ され先ず~ (2, 0.0%)

1 得意の, 演説より

▼ され全体~ (2, 0.0%)

1 からすれ, の生活

▼ され全然~ (2, 0.0%)

1 武士道的な, 禁酒する

▼ され全部~ (2, 0.0%)

1 で十五, の者

▼ され全集~ (2, 0.0%)

1 がほぼ, の刊行

▼ され八人~ (2, 0.0%)

1 のお供, の兵士

▼ され兵馬~ (2, 0.0%)

1 は城外, は増強

▼ され内攻~ (2, 0.0%)

2 し偏執

▼ され再現~ (2, 0.0%)

1 されて, されるの

▼ され冷笑~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され凌辱~ (2, 0.0%)

1 され常に, され結局

▼ され凡て~ (2, 0.0%)

1 のもの, を背負う

▼ され処分~ (2, 0.0%)

1 されたその, されたという

▼ され出版~ (2, 0.0%)

1 のむつかしい, は新しく

▼ され分離~ (2, 0.0%)

1 されて, され印象化

▼ され初めて~ (2, 0.0%)

1 往昔最低級の, 法理学の

▼ され別に~ (2, 0.0%)

1 又東京商業會議所, 山の

▼ され刺戟~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ され動機~ (2, 0.0%)

1 づけられて, の説明

▼ され~ (2, 0.0%)

1 世紀以上に, 裸体の

▼ され半分~ (2, 0.0%)

1 にならん, は分譲

▼ され博士~ (2, 0.0%)

1 の冷蔵室, 大いに閉口

▼ され即座~ (2, 0.0%)

1 に法衣, に解雇

▼ され即死~ (2, 0.0%)

1 して, を遂げた

▼ され厚き~ (2, 0.0%)

2 思召を以て

▼ され反映~ (2, 0.0%)

1 されたもの, されて

▼ され収容~ (2, 0.0%)

2 されそれぞれ

▼ され取捨~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のイタリア人, の大腿

▼ され吉五郎~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ され~ (2, 0.0%)

1 はれた私, はれて

▼ され商法~ (2, 0.0%)

1 は一通り, は不幸

▼ され喧嘩~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて淺草

▼ され固定~ (2, 0.0%)

1 された自己同一性, されて

▼ され国内~ (2, 0.0%)

1 でも半分以上, で需要

▼ され国外~ (2, 0.0%)

1 ではヒットラー, へ追放

▼ され圧迫~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の中, を修理

▼ され堂々~ (2, 0.0%)

1 と生かされない, と通用

▼ され堂舍~ (2, 0.0%)

2 をひろげ

▼ され堂舎~ (2, 0.0%)

2 をひろげ

▼ され壓迫~ (2, 0.0%)

1 されつつ, されるといふ

▼ され変形~ (2, 0.0%)

1 されて, されないもの

▼ され変革~ (2, 0.0%)

1 されて, されねば

▼ され多数~ (2, 0.0%)

1 によって支持, の死傷者

▼ され~ (2, 0.0%)

1 に入っ, 眠ろうとしても

▼ され大いに~ (2, 0.0%)

1 気まりが, 面目を

▼ され大きな~ (2, 0.0%)

1 世界の, 佛たちが

▼ され大勢~ (2, 0.0%)

1 にかつがれ, の御家人たち

▼ され大衆~ (2, 0.0%)

1 の生活, を恐怖

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の死顔, は従順

▼ され女性~ (2, 0.0%)

1 の政治運動, はまた

▼ され好評~ (2, 0.0%)

1 のあった, を博した

▼ され妻子~ (2, 0.0%)

1 も東京, も極刑

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の鶴代, を早く

▼ され婉曲~ (2, 0.0%)

1 に言, に言いあらわされ過ぎ

▼ され子どもたち~ (2, 0.0%)

1 には兄弟, もとりもどされる

▼ され存続~ (2, 0.0%)

1 されて, され発達

▼ され学校~ (2, 0.0%)

1 にむかふ, を出

▼ され宗教裁判~ (2, 0.0%)

1 に送られた, の訊問

▼ され定義~ (2, 0.0%)

2 されること

▼ され~ (2, 0.0%)

1 さと, さの

▼ され将軍~ (2, 0.0%)

1 の知らない, は人払い

▼ され少数~ (2, 0.0%)

1 の土木学者, の良書

▼ され尖鋭化~ (2, 0.0%)

1 される, する形勢

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の人たち, を宝島

▼ され巡査~ (2, 0.0%)

2 が家毎

▼ され工場~ (2, 0.0%)

1 のベル, は見違える

▼ され已に~ (2, 0.0%)

1 其時代の, 知を

▼ され~ (2, 0.0%)

2 の繁栄

▼ され幕府~ (2, 0.0%)

1 はその, は朝廷

▼ され広い~ (2, 0.0%)

1 世間と, 範囲での

▼ され~ (2, 0.0%)

1 にはきんらん, へ行っ

▼ され式場~ (2, 0.0%)

2 は既に

▼ され強い~ (2, 0.0%)

1 てこれ, 感激を以て

▼ され強制~ (2, 0.0%)

1 され奨励, を受ける

▼ され当然~ (2, 0.0%)

1 ウラル号へも, 弥生は

▼ され影響~ (2, 0.0%)

1 された地形的構造, され来って

▼ され彼自身~ (2, 0.0%)

1 でも気, の功績

▼ され後年郷里~ (2, 0.0%)

2 の家君

▼ され従つて~ (2, 0.0%)

1 この際, その濫造

▼ され從つて~ (2, 0.0%)

1 あらゆる媒介的規定, また勞働階級解放

▼ され復讐~ (2, 0.0%)

1 されるの, をうける

▼ され徳川時代~ (2, 0.0%)

1 にはこの, に至っ

▼ され心から~ (2, 0.0%)

1 共鳴する, 親しまれ可愛がられると

▼ され必要~ (2, 0.0%)

1 あらば, なシステム

▼ され忘却~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 さえ思う, 高いもの

▼ され悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものらしくなっ

▼ され悪童ども~ (2, 0.0%)

2 の投げつける

▼ され悪魔~ (2, 0.0%)

1 の断刀, は自由

▼ され悲しみ~ (2, 0.0%)

1 の中, も慰める

▼ され意識~ (2, 0.0%)

1 されて, されるの

▼ され~ (2, 0.0%)

1 が純, においては愛される

▼ され我々~ (2, 0.0%)

1 の宴会, の考え方

▼ され手当~ (2, 0.0%)

1 をくわえられ, を受けた

▼ され手足~ (2, 0.0%)

1 はぐるぐる, を縛

▼ され批判的~ (2, 0.0%)

1 な眼, にとりあげられなけれ

▼ され技術的~ (2, 0.0%)

1 な面, にも高まっ

▼ され把握~ (2, 0.0%)

1 された喜悦, されて

▼ され投獄~ (2, 0.0%)

1 された, される

▼ され抹殺~ (2, 0.0%)

1 さるべきも, せらる

▼ され抽象~ (2, 0.0%)

1 されたもの, された所

▼ され拒絶~ (2, 0.0%)

1 された私, されて

▼ され拘束~ (2, 0.0%)

1 さるべき人間, されて

▼ され指導~ (2, 0.0%)

1 されねば, される

▼ され指紋~ (2, 0.0%)

1 の隆線, をとられ

▼ され捕虜~ (2, 0.0%)

1 となっ, は毎日

▼ され描写~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され~ (2, 0.0%)

1 だから, をする

▼ され支持~ (2, 0.0%)

1 されるとき, され月ごと

▼ され支離滅裂~ (2, 0.0%)

1 に討ち減らされ, をきわめ

▼ され攻撃~ (2, 0.0%)

1 されてるの, を受ける

▼ され放逐~ (2, 0.0%)

1 されようと, され狩り

▼ され教会~ (2, 0.0%)

1 や学校, を接収

▼ され数年来~ (2, 0.0%)

1 この文学運動, の文学

▼ され数日~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, のうち

▼ され整備~ (2, 0.0%)

1 されるべき時期, されるもの

▼ され文壇~ (2, 0.0%)

1 の見せ物, の門外

▼ され新た~ (2, 0.0%)

1 にアドラツキー, に五奉行

▼ され新聞社~ (2, 0.0%)

1 でも大いに, と出版労働者

▼ され方自身~ (2, 0.0%)

2 から云え

▼ され日本人~ (2, 0.0%)

1 に熱心, の最高

▼ され~ (2, 0.0%)

1 思想旧, 藩主も

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のある, の蒔き

▼ され昨日~ (2, 0.0%)

1 のこと天気, の店員

▼ され是正~ (2, 0.0%)

1 された, されて

▼ され昼時他~ (2, 0.0%)

2 の者達

▼ され~ (2, 0.0%)

1 には滑稽視, の農商務大臣陸奥宗光

▼ され時代~ (2, 0.0%)

1 の要求, は意外

▼ され晩年~ (2, 0.0%)

1 には聖書, をこと

▼ され普及~ (2, 0.0%)

1 されたもの, されて

▼ され暫く~ (2, 0.0%)

1 たつ内, 泣き沈みました

▼ され~ (2, 0.0%)

1 もせぬ, 章院には

▼ され有名~ (2, 0.0%)

1 なハドソン・ロオ, な岩見先生

▼ され有害~ (2, 0.0%)

2 なバイキン

▼ され有頂天~ (2, 0.0%)

1 の歓喜, の歡喜

▼ され朝廷~ (2, 0.0%)

1 にも院, をすら意

▼ され木工部~ (2, 0.0%)

2 や舵輪

▼ され未だに~ (2, 0.0%)

1 帰って, 死骸が

▼ され栄子~ (2, 0.0%)

2 も呼び出された

▼ され検事局~ (2, 0.0%)

1 で訊問, の堂々たる

▼ され様々~ (2, 0.0%)

1 な現象, に説明

▼ され模倣~ (2, 0.0%)

1 されるべき或, されるよう

▼ され次いで~ (2, 0.0%)

1 その源泉, 其の部分

▼ され欺瞞~ (2, 0.0%)

1 され遂に, に立った

▼ され武器~ (2, 0.0%)

1 も次第に, を用意

▼ され武子さん~ (2, 0.0%)

1 は婦人会, も拝謁

▼ され歴史的~ (2, 0.0%)

1 に伝えられる, に伝承

▼ され死刑囚島秋人~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ され~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ され残り~ (2, 0.0%)

1 が風俗壊乱, は汗

▼ され毒々しい~ (2, 0.0%)

2 喜びで

▼ され~ (2, 0.0%)

2 をむしられ

▼ され民衆化~ (2, 0.0%)

2 され平凡化

▼ され氣味~ (2, 0.0%)

1 です, ではあ

▼ され決して~ (2, 0.0%)

1 そのひと, 単独の

▼ され決定~ (2, 0.0%)

1 されたもの, される

▼ され活溌~ (2, 0.0%)

1 な文学活動, に行われなけれ

▼ され流行~ (2, 0.0%)

1 せんと, を来した

▼ され海上~ (2, 0.0%)

1 は後醍醐, は織田家

▼ され混乱~ (2, 0.0%)

1 させられる, されたとは

▼ され渇望~ (2, 0.0%)

1 される, される協力

▼ され満足~ (2, 0.0%)

1 させられること, される或

▼ され~ (2, 0.0%)

1 が死んだら, の考え

▼ され父親~ (2, 0.0%)

1 の手, は仲間

▼ され版権~ (2, 0.0%)

2 はモース先生自身

▼ され~ (2, 0.0%)

2 を鳴らし

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のそれ, や馬

▼ され物理学~ (2, 0.0%)

1 における, をもって規定

▼ され特に~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア文学運動が, 注意を

▼ され犯人~ (2, 0.0%)

1 の逮捕, はエドナ

▼ され猿轡~ (2, 0.0%)

1 をはめられ, を嵌められ

▼ され~ (2, 0.0%)

2 に繋がれ

▼ され~ (2, 0.0%)

2

▼ され~ (2, 0.0%)

1 も后, よりキリスト教騎士団

▼ され現代~ (2, 0.0%)

1 の女性, の新

▼ され現実~ (2, 0.0%)

1 の惨め, をそんなに

▼ され理想化~ (2, 0.0%)

1 された大阪弁, され重荷

▼ され生活~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, は芸術

▼ され生産~ (2, 0.0%)

1 の義務, は低下

▼ され町役人~ (2, 0.0%)

2 も土地

▼ され画架~ (2, 0.0%)

2 には新

▼ され病人~ (2, 0.0%)

1 が看護婦, と婦女子

▼ され發達~ (2, 0.0%)

2 もするで有らう

▼ され皇帝~ (2, 0.0%)

1 が勝手口, も負傷

▼ され~ (2, 0.0%)

1 したと, した結果

▼ され目的~ (2, 0.0%)

1 のきめられた, は果たせる

▼ され相当~ (2, 0.0%)

1 した証拠, の観客

▼ され真理~ (2, 0.0%)

1 がありのまま, に達する

▼ され~ (2, 0.0%)

1 が磐, を投げられ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の栄光, を人間性

▼ され秀吉~ (2, 0.0%)

1 に抱き込まれる, は鳥取攻城中

▼ され私達~ (2, 0.0%)

1 の捜査陣, はその

▼ され~ (2, 0.0%)

1 にはもう, の一夜

▼ され秩序~ (2, 0.0%)

1 づけられて, を回復

▼ され種々~ (2, 0.0%)

1 な苦しみ, の宝物

▼ され立派~ (2, 0.0%)

1 なもの, な現場不在証明

▼ され精神~ (2, 0.0%)

1 によつて完成, のよろこび

▼ され精神的~ (2, 0.0%)

1 にも行動的, に殺され

▼ され純然~ (2, 0.0%)

1 たる想像, たる統制会

▼ され紹介~ (2, 0.0%)

1 される父君, され応用

▼ され結局~ (2, 0.0%)

1 は女, ふと抵抗力

▼ され結果~ (2, 0.0%)

1 したかという, としては私たち

▼ され統御~ (2, 0.0%)

1 されたの, されて

▼ され綜合的~ (2, 0.0%)

1 な雪氷研究所, に研究

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の目, 曳きに

▼ され綺麗~ (2, 0.0%)

1 な列, な物語りの

▼ され総て~ (2, 0.0%)

1 の上, の放埒

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のない, はさ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の認識, は自虐的努力

▼ され美しい~ (2, 0.0%)

1 リトムを, 話と

▼ され美化~ (2, 0.0%)

1 された, され中

▼ され美貌~ (2, 0.0%)

2 と器用さ

▼ され翻訳~ (2, 0.0%)

2 されたの

▼ され耕作~ (2, 0.0%)

1 されたため, されない大陸

▼ され~ (2, 0.0%)

1 がバカ, の孔

▼ され~ (2, 0.0%)

1 つ節, を掻い込まれた

▼ され腹の中~ (2, 0.0%)

2 の赤ん坊

▼ され自分自身~ (2, 0.0%)

1 の表現, は勝利

▼ され自転車~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乗つ

▼ され芸術~ (2, 0.0%)

1 と上品さ, を理解

▼ され苦しみ~ (2, 0.0%)

1 から生き抜い, 泣き罵らなければ

▼ され英国~ (2, 0.0%)

1 では大, における最初

▼ され荷物~ (2, 0.0%)

1 は船ぐるみ水産局, は道路

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ され行つて來~ (2, 0.0%)

2 ますと

▼ され行為~ (2, 0.0%)

1 さるべきであろうという, はおよそ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 のひも, をはい

▼ され装飾~ (2, 0.0%)

1 されて, され従つて

▼ され親愛~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の情

▼ され親戚~ (2, 0.0%)

1 の年上者, や知己

▼ され観客~ (2, 0.0%)

1 が次第に, は常に

▼ され解散~ (2, 0.0%)

1 された, を命ぜられた

▼ され解釈~ (2, 0.0%)

1 されたであらうか, されるため

▼ され計画~ (2, 0.0%)

1 されつつ, し実行

▼ され討論~ (2, 0.0%)

1 された問題, されて

▼ され訓練~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され評價~ (2, 0.0%)

1 されるの, され推論式

▼ され論議~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ され諸家~ (2, 0.0%)

1 の執奏, の筆

▼ され議会~ (2, 0.0%)

1 が開設, の意見

▼ され貨幣~ (2, 0.0%)

1 は充, は単に

▼ され資本~ (2, 0.0%)

1 の蓄積, を増大

▼ され賛成~ (2, 0.0%)

1 されて, を押しつける

▼ され賞讃~ (2, 0.0%)

1 されて, されるところ

▼ され~ (2, 0.0%)

1 現実化され, 階級化された

▼ され越前屋~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ され~ (2, 0.0%)

1 がすくむ, のガーゼ

▼ され身体~ (2, 0.0%)

1 がむずがゆく, は無限

▼ され身動き~ (2, 0.0%)

1 ならず服部織江, の出來

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の輪, も通ずれ

▼ され軍艦~ (2, 0.0%)

1 のフォア・キャッスル, の製造

▼ され農村~ (2, 0.0%)

1 で働き手, の文化

▼ され農業~ (2, 0.0%)

1 に従事, は最新式

▼ され途中~ (2, 0.0%)

1 にも頂上, もし命

▼ され運動~ (2, 0.0%)

1 のため, は頓

▼ され道庵先生~ (2, 0.0%)

1 はいずれ, も退

▼ され達成~ (2, 0.0%)

1 されつつ, されなければ

▼ され都会~ (2, 0.0%)

1 から窒息, では市民

▼ され~ (2, 0.0%)

1 など出し, は山東

▼ され重傷~ (2, 0.0%)

1 を負う, を負った

▼ され野末~ (2, 0.0%)

2 を通る

▼ され野菜~ (2, 0.0%)

1 などを金貨, もの

▼ され金造~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ され鉄道~ (2, 0.0%)

1 が実用化, は隆起地帯

▼ され銀色~ (2, 0.0%)

1 に光る, に塗った

▼ され閑却~ (2, 0.0%)

1 された行燈, され虐待

▼ され階下~ (2, 0.0%)

1 では席上画, の和室

▼ され随員警察官新聞記者団合計四十名~ (2, 0.0%)

2 も前後

▼ され障害~ (2, 0.0%)

1 が踏切台, を踏切台

▼ され集積~ (2, 0.0%)

1 されなければ, すると

▼ され~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ され電光~ (2, 0.0%)

1 に荒され, に関する寺田博士

▼ され~ (2, 0.0%)

1 感情的として, 戦闘員である

▼ され面白く~ (2, 0.0%)

1 思いました, 論じた

▼ され~ (2, 0.0%)

1 には白布, を両手

▼ され~ (2, 0.0%)

1 にふかれ, に吹

▼ され食事~ (2, 0.0%)

1 には毎日三度三度, に適する

▼ され食物~ (2, 0.0%)

1 はおそらく, を得る

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の手綱, をもち

▼ され馴致~ (2, 0.0%)

1 された肉体, されること

▼ され駿河台~ (2, 0.0%)

1 の宿屋, の旅宿

▼ され高い~ (2, 0.0%)

1 律動表現の, 翻訳料を

▼ され~ (2, 0.0%)

1 の結い, も香水

▼1* [3149件]

されぁしないよ, されあああのまま知らぬ顔, されあくまで吉野死守の, されあたかも裃を, されあどけない少女と, されあぶない奸計にも, されあまつさえ中国出陣の, されあゆの産出, されあるいはまたマトリッキスの, されはゆる, されいくらも, されいく百といふ召集漏れ, されいささかな落度, されいずれも上海, されいちも洗礼, されいちどはひそか, されいっさいのこと, されいっしょに住ん, されいっそ気楽な, されいっそう雄々しかった, されいつか公認されるよう, されいとおしがられて, されいまだに死骸が, されいまやモントラシェの, されいま予審中であるが, されいやであった, されいわば籍なき, されうちにはロシア, されうつくしい蛍光が, されうれしい返事を, されうんと収穫あり, されおいおい積極的な, されおかげで新た, されおかしくなりも, されおそくなる, されおそらくマレンゴーや, されおそろしい水責めに, されおたがいに取食うまま, されおとといの八日, されおのづから相手, されおのずとよい食器, されおまへがたハ, されおよそ得意の, されおりから走っ, されお互いに二人, されお伽噺が生まれ, されお側ご用人, されお改めをうけなけれ, されお櫃の蓋, されかえってこの国, されかげでは, されかつまた一同は, されかねがね所領の, されかねての皇太子, されからかひ半分, されかりに形づくられて, されかんかんに凍った, されとうどう屋根, されがいのある, されがけに随分, されがたかった達成, されがっしりと作られ, されきたならしくよそよそしくまったく他人, されきつてゐる, されきのうは更に, されきびしさうらがなし, されきびしく不心得を, されよ, されくっきり痛いよう, されくやし泣きをしなく, されくり返されて, されぐるぐるまきに, されぐるりをとりまく, されけさはじめて子供本然, されげんじゅうな取りしらべを, されこうして十年目に, されこそこそと玄関, されこちらの事情, されことごとく不愉快なる, されこの世はその, されこれら詩趣に立脚, されこれ以上の生産物, され本名を, されごく微細な, されさあ少い人願へ, されさうな重味のある, されさうになつた, されさすが日本贔屓の, されさぞよかろ, されさてそのうえで悲劇的な, されさては高貴の, されさまざまの苦労, されさむざむとした, されさらはれて, されざらん事, されざらむよはひにもあらざるものをあはれ親なし, されざらんやげに, されしか其趣きを, されしかして友人からは, されしかるに法則性の, されしこと逐一, されしその外輪, されしたがってさかんに, されしっかり平野の, されしばしばお褒め, されしばらくじっとして, されしぶしぶ立って, されしまいには悪い, されしものありき, されじまいになる, されじゃとサルは, されつかり鬱ぎ込んで, されすきなまま, されすくなからず人気, されすくなくとも五カ月前から, されすこし金も, されすでに生の, されすでにあらかじめ定められた目的, されすでにもう縁は, されすでに再三實地に, されすべて本質は同じ, されせめてこの河内, されそちらを見る, されそのうち北側の, されその他いろいろな経験, されその他外傷数ヶ所を負い死ん, されその大きな胴中に, されその後ドイツに占領, されその後今日に至る, されその後小太郎山落城のま, されその後弾正少弼, されその後数ヶ月を経, されその或者は, されその間五カ月有余というの, されそれぞれ二十組位ずつ七日, されそれだけ一首の, されそれっきり行方知れず生きて, されそれと前後として, されそれなりに古雅, されそれ以上にハミ, されそれ以来は絶えず, されそれ以来剛子はキャラ子さん, されたこぶが, されただし銭差合羽提灯笠袋下駄袋の, されただ中七字を埋める, されただ今御飯を, されたちゅう譚から出たらしい, されたったいま県役署へ, されたつきの惡, されたとえその主力軍, されたとへば屍体の, されたまらないですよ, されたやすく長短が, されたらしく思える, されたりさえしたこと, されたりといふ事見えたる, されたりの間の, されたりはたかれたり, されたる余の肌, されたる室のうち, されたる楼上の間, されたる生の歡喜, されたる者及忘れられたる者, されだから死なれて, されちかく奥州の, されちやお前だつて楽ぢ, されちやこちとら, されちやそれこそ物騷極, されちやつて閉口したよ, されちやア僕は實, されちやア刑務所入りの方, されちやツてはあんた, されちや信用にもか, されちや八五郎が可哀想, されちや合ひませんから, されちや妾は腹, されちや敵ふまい, されちや男の方, されちや町方の名, されちや當分は店, されちや白旗樣の前, されちや砧右之助一寸納まるまい, されちや竿がたまらない, されちや縁起が惡い, されちや腹も立たねえ, されちや若旦那の方, されちや親の名, されちや誰だつて, されちや金の番人, されちや鈴川主水, されちや錢形の親分, されちや間尺に合, されつつであらうとも, されてかと存ぜられます, されてかへつて何も, されてからこそはじめて太陽, されてからであらうと, されてからと云うもの, されてからというものは, されてからといった方が, されてさえもいる, されてぜいぜ, されてぞよぞよと息づいて, されてだけ済むもの, されてという河原崎長十郎Мояの, されてながまさ公と, されてなどはいない人間, されてなりとは知らねば, されてはといふ懸念から, されてはとの懸念から, されてばあーっと, されてばかしいたあの, されてばかりはおらぬぞ, されてめえなぞとはもう, されてもなんぞやその社会全体, されてもねやって, されてもへいきに, されとくにマリイが, されところどころに一つ二つ, されとったりがいる, されとどのつまりは世俗, されとにかく一時事なきを, されとりあえず女中を, されどうして外敵が, されどうしてのびのびした文化, されどっさりの追随者, されども速に我手, されどんどん研究費を, されさすぎる, されなおざりのもの, されながらとにもかくにも, されながらの入浴は, されなぜか両者, されなつかしかりき, されなと何事も, されなにか心に, されなほまた世界一, されなみなみと盛った杯, されなんかしなかった, されなん恥かしさ, されにこにこ笑ひ, されにちゃにちゃして, されのたりのたり歩く恰好, されのち外國通辯方頭取となつ, されのち田村さんと共に, されのびやかにされ, されはじめ他方では, されはじめ当時から見れ, されはじめ現在ではどの, されはじめ農事関係諸団体, されはた又報道, されはっきりした種類, されはてしらぬところ, されはといって, されはなはだ少なくなった, さればいそれへ, さればかしこの崖下, さればかようなること, さればこそけふも阿波太夫, さればこそと思いながら, さればこそとよたまひめ, さればこそをぢ君の, さればったり甲板に, さればつかふ, さればてまえの, さればとよとかさも, さればのう頼まれても, さればや包むに, さればよなと歎息の, さればらばらになった, さればわづかに, されば余今ここに死し, されば余輩の発表, されば声出す針, されば後ロザレの遺骸, されば後庭でやつ, されば後漢書の改刪, されば記實を先, されば長庵とやらが大雨, されば高時公のお, されひたすらに無知, されひっそりと眺め, されひともと草は, されひとこと言葉をかわす, されひとしお俺の, されひとまずその事件, されひとり怏々と日蔭者, されひろく読まれだしたの, されふだんに内攻, されぶりがほぼ, されへべれけになっ, されほかにも殿上役人, されほととぎすや白雲, されほんとうの組織, されぼくらが救助, されまごまごして, されまさに信長とは, されまたまたいつに, されまっせ, されまっ先にくる鞍上, されまっ暗になる, されまんがな, されみさほもその, されみちのく以来の家士百八人, されむし暑いのか, されむとしつつ在る, されむとしてゐると云ふ報知を耳, されむと多年泣血砕心して, されむは広しと, されむりやりに名誉教授, されむろん特許は, されむ是世俗の常, されめちやくちやに, されもう一度振りかえり, されもっとすなお, されもっぱら戦争の, されものものしい警戒の, されがって, されやうものなら腹, されやがてすっかり托児所そなえつけ, されやがてやや乱軍の, されやすかった, されやっかいにされ, されやつと気がつい, されやはり最初の, されやむを得ずわずかの縁故, されふ飯, されゆびでおしてみると中には強い, されひと言で, されよしんば生きて, されよほどな剛気, されよろしき調和を, されわがままは通り, されわが国独得の文化, されわけて他州者, されわずかに左右, されわたくしの恥, されわれは堕ちじ, されわれわれ人間の力, されわれ知らず筆者の感情, されわれ等の思想, されアウフクレーレンされるもの, されアガータは最, されアクセントの強い, されアゲクは武力的, されアジアは千年, されアナーキズムとコムミュニズム, されアフリカ沿岸の探検, されアメリカあたりからわざわざ, されアメリカ軍人軍属並びにこれら, されアラスカからスパゲティ, されアラユル精神病学は悉く, されアルキム島に根拠地, されアルザス・ローレイヌ州を奪, されアルテンはなぎ払われ, されアレキサンダー王の乗馬ブケファルス, されイプセンが近代劇作家, されインカの位, されインテリ階級の頽廃, されインドに植民地, されウィリヤム・パウエルの主演, されウラジボに向かう, されウーゴモンは焼かれ, されエキストラクトされて, されエセックスは敗北, されエゾ松トヾ松は紙, されエルキュルはその, されオモチャにされつくした, されオランダ船に引渡され, されオーソリティの光, されオール文学主義の, されカイゼル自身が国境戦, されカテリーナ・リヴォーヴナは上, されカメラを向けた, されカリフォルニア大学ルーイス博士によって重水素, されカルデアの女神チャーマット, されカンタータ一曲が聖歌隊, されガス法規修正案の調査会, されガス管からは現に, されガロウニンとフオストフ, されガヮッパ様などと敬称, されキャデイズの街, されギリシアの文化, されクラスの者, されクラブ員が個人, されクリスチャン化された人物, されクリストフは逃亡, されクリーニングされた空気, されグルズスキーの名, されグレースキューナード嬢のごとき, されゲンナリする, されゲーテ協会に対するバルザック協会, されゲートルを解き, されコゼットが丁年, されコンスタンチノーブル自由国と称し, されゴーリキイ自身自分の全, されサンヂカリズムの予期, されシェストーフ的現象として実, されシックリさせられて, されシッポを垂れ, されシナからは主として, されシルレルはその, されジイドの, されジパングに達する, されジミーは郊外, されジュスチーヌが吃り声, されジョウが二階, されジョニイ・ウォカアの広告油絵, されストーブの四寸煙突, されストーヴの上, されスピード化されて, されスプリングの心地よい, されスマートな身体, されズラリと一列, されソヴェト同盟の労働法, されゾラやモーパッサン, されタカ子は九時ごろ, されタラップのそば, されダダ化されユーモア化, されダメス王の名, されチフリスへ送られた, されチュダコフの発明, されチラクラとただ, されチラリチラリと仄か, されヂウに逃げ, され退され, されテストされ淘汰, されテナルディエはあるいは, されディドロー選集やエルヴェシウス研究, されデカダンスとも云われ, されデスクの向, されデパートで手織り木綿, されトボルスクオムスクトムスクの同情者, されトルーマンの当選, されトルーマン大統領がサイン, されトーキーに食われ, されドイツ共産党幹部トルグラーやデミトロフ, されドクタアと私, されドルゴルゥキー大公の部屋, されナポレオン一世が没落, されニコラスの心, されニューイングランドに於, されノンセンス化されて, されハイヒイルの靴, されハミ出されたの, されハリウッドのスタア, されバカのバカ, されバルザックの寝巻姿, されバルーンの浮力, されバ此大極丸, されバ船の事ハ伊藤先生及洪堂兄等, されパトロールカーが三台, されパリー中の人気, されビニール袋に入れ, されビラ撒き其他, されビール壜を陽, されピクサーノフ教授サクリーン教授などが退いた, されファーブルの, されフィツジェラルドの死後, されフィリッピンからの砂糖, されフスタトと呼ばれ, されフランクを中心, されフランスにあ, されフローアスタンドと枕元, されブランドは總理衙門, されブルジョアジーは, されプラスとマイナス, されプロレタリアの陣営, されヘエサヨサヨヘエサヨサヨとつづけ, されヘルンのペン, されベスの陽気, されベリーニを初め, されベーカー夫人とアメリカ, されベートーヴェンやウェーバー, されベールをかけられる, されペンが震え, されペンクラブの大会, されホトホト圓朝はきょう落語家稼業, されホームズは指紋鑑識, されボヘミア国民音楽の祖, されボロジンは, されポオはヂュパン, されポンソンビーになぎ払われた, されポンペの醫術書, されマジメに実業談, されマスクをかけた, されマッハ主義によって物理学的, されマニラ人が一人即死, されマリアに甚大, されマルクス主義哲学の本来, されマルサスは招かれ, されメイ・マアガレッタの虚栄心, されメッタギリに刺殺した, されモウ一軒の家, されモラル的に質化, されモン・トオロン行の車, されヤアと躊躇, されユーモア化されノンセンス化, されヨシエというウバ, されライプチッヒで勉強, されラジオ聴取者が全, されラッパーのポケット, されラモアニョン旅館の上, されラレイは副, されラ・エー・サントは奪取, されラ・ベル・アリアンスは二人, されリアリスティックな画家新井光子, されリアリゼされるもの, されリエと相愛, されリズムと情想, されリファインされつつ, されリリツク化されて, されルネッサンス式の建築, されルバーシカだけになった, されレオは上意打, されレッテルを貼られた, されロシア人民教化のため, されロベスピエールの失脚, されロンドンに送られた, されロープがたぐられる, されローマで開かれた, されローマ人の征服民族, されワルサウその他の都市, されヴァティカンのよう, されヴェニスの総督, され一たび倫理学の領域外, され一つ一つがそれぞれ前後二台, され一ツは子, され一ツ一ツが予定, され一ツ橋の校舎, され一ヵ年間留置場生活を経, され一七七一年には更に, され一七七三年にはそれ, され一三年にはジュウル・ロマン, され一九〇〇年舞台で成功, され一九一二年に再び, され一九三三年四年の初め, され一九三六年には小松清, され一九二八年には, され一二番の戯れ, され一五一四年の四月十一日, され一五年にフォンターネ賞, され一人一人がちゃんと, され一人二シリングの入場料, され一介の殺人犯, され一個の山体, され一八一九年一月十日トリコロール号でロンドン, され一八七二年にはニューヨーク, され一八七八年九月二十一日に最初, され一八七四年マクマオンが大統領, され一八九〇年前後に亘つて, され一八五〇年には歌劇, され一八六六年には有名, され一八四三年わが天保十三年, され一冊の単行本, され一千卷の大部, され一同もひたすら, され一喜一憂が繰り返される, され一喝を喰い, され一回の休息, され一夜千金の花魁, され一大屋敷に見られる, され一如化されて, され一定の法則, され一定共通の形態, され一定年限の間, され一家のうち, され一審の水戸地裁下妻支部, され一寸よんだら一分, され一寸目ばたきする, され一山にし, され一巻と四巻, され一年の三分の二, され一年三ヵ月の判決, され一年三ヶ月の判決, され一年近く単身横須賀の山, され一座大いにはしゃいだ, され一挙にし, され一挙熊本を席捲, され一斉検挙となった, され一族は山崎, され一日も早く, され一日三回とも鈍感反応, され一時詩壇で流行, され一時間後上海は平穏, され一晩泊って, され一月以来浪人して, され一歩の前進, され一派は十一月二十日, され一浴五銭ずつ取っ, され一留ごとに三分五厘, され一番がつかりした, され一盟四十七士の大志, され一種芸術的に解せられ, され一箇の, され一緒になっ, され一般人の江戸持込み, され一般大衆にとっても仏教, され一般的なもの, され一藩かぎりで立て, され一言も言わず, され一越調で, され一身置き場もない, され一轉して, され一門の眷族, され一面には報道陣, され一面モーツァルトやベートーヴェン, され丁字屋へ連, され丁度墓地の, され丁稚はひたすら, され七カ月後に不審, され七日か八日, され七月一日藤岡町合併の事発布, され七歳の六丸殿, され七隊に分れ, されを数える, され万歳万歳と連呼, され万策つきて, され三ヵ月間投獄された, され三共が一手, され三十一年には社, され三十一年一月に発行, され三十年も経たない, され三千兩は戻らず, され三名はあっと, され三席の清之介君, され三度目には逃亡, され三日目になっ, され三本の指, され三百米を一瞬間, され三百部限定であるから, され三角の空, され上がり框からすぐ, され上下騒動をきわめて, され上半分は櫛, され上大夫に対してはおだやか, され上田原の戦, され下っ端役人は愚か, され下手者もその, され下毛下総常陸等の諸国, され下田及び函館, され下男の次六, され下駄や簪, され不具にされた, され不可抗力の死, され不吉な予感, され不平不満を持たれる, され不当に斬殺, され不思議な挙動, され不眠の苦痛, され不自然視されて, され不自由舎には病勢, され与一郎様の奥様, され若いとき, され且其両者が相, されの注目, され世人に誤解, され世界プロレタリア解放のため, され世界一のマダム, され世界人民の生活破壊者, され世界人類の病, され世界大戦後には欧洲旅行, され世界歴史にかつて, され世界生活という中, され世界的名著として重んぜられ, され世評もまた, され両義性を排する, され両者における概念構成, され両脚は宙, され中世此の邊, され中世的な閉鎖性, され中傷され脅かされながら, され中国では世界及東洋文学史, され中国農業問題研究者として権威, され中央の位牌, され中央党部は謝罪文, され中学生のとき, され中将には蓮, され中年に私, され中書令になり, され中止されたのみ, され中程の適当, され中途から弥兵衛, され中野さんは宮さま方, され中頃排斥されその後, され丸の内のある, され丹念に暇, され主体化されたもの, され主催者上田敏博士から涙, され主将朝倉義景もこの, され主張され唱道, され主観的印象的に評価, され主題化されること, され久々であまい, され久しく日本に, され久しぶりに友だち, され乍らお祈りをし, され乍らお隣の庭越し, され乍ら三十二三の男, され乍ら八五郎は散々, され乍ら往復した, され乍ら母の性格, され乗組員から尊敬, され九三年には革命, され九世紀の末葉, され九分通りまでグラグラ, され九州をあちこち放浪, されまで探られなけれ, され乾児十二人と一緒, され亀鑑とされた, され了つた時或人, され了解されて, されが代, され予定されて, され予審検事の皮肉, され予防に心, されが面倒, され事々に子供, され事務多端に忙殺, され事実上支払わないでも, され事態甚だ危險, され事物の優越, され二〇〇磅は地代, され二三時間で取り, され二五年の中頃, され二六年には労働農民党, され二十一でお雛様, され二十四日には長嶺, され二十四歳のとき, され二号活字の広告, され二年間の期限付, され二撃で完全, され二日ふた晩ほどはまったく, され二日二夜に亘る, され二月一日から毎週三回稽古, され二月二十四日のフランス革命, され二条為定らとはつねに, され二葉亭もまた, され云々して, され互いに互いを, され互に終局の, され五カ年計画の最初, され五七〇名が, され五人三人一時に亡, され五人組強盗の始末, され五位侍従に終っ, され五六遍曲ると, され五十二歳をもって偉大, され五十円の科料, され五号道路を越え, され五名のお, され五年前は同じ, され五年後には主要食糧生産, され五彩のテープ, され五月の空襲, され五月十日その発会式, され五祖叛迷者に傷害, され五虎将軍の一人, され五里霧中でひき, され些か明瞭を, され些事にも渾心, され交際に日, され交響曲詩の典型的, されから鎌倉, され京城の, され京太は窮地, され京師の足利将軍, され京方面から来る, され京都伏見大坂堺などで市中引き廻し, され亭主が死んだ, され人事不省に陥った, され人倫と文化, され人前に立つ, され人力車に乗せられた, され人口の真, され人工の森, され人影はくっきり, され人情の冷めた, され人情化されて, され人柄を見こん, され人間らしい豊富な, され人間平家史文化平家史の永遠性, され人間性を忘れん, され人間的にも幻滅, され人間社会の良き, され人類の手, され仄かな月明り, され仇敵の手, され今ごろはもう, され今さら世の, され今に命は, され今にも逆卷浪, され今や全く処女地時代の, され今夏大岡龍男君と三人, され今夜のうち, され今年はいなご, され今年度のベストセラー, され今度たとえばその, され今度一冊の書物, され今後数年巧く行ければ, され今日当主の輔佐, され今月になっ, され今朝はまた, され仏教婦人会の連絡, され仕合せにやっ, され他国の文壇, され他愛なく刀, され他方ではまた, され付近の他, され令状執行の上身體檢査, され以下これに準ずる, され以前二十円といわれ, され以後の生死, され以後三百年間ギリシア系のプトレマイオス王朝, され以後他誌からも依頼, され以後六年間三好三党に襲われ, され以後殆ど十五年間に亙り, され以来きびしい取調べ, され仮象とされる, され任地では地方奉行, され会員はみんななに, され会話を交し, され伝承されたもの, され伝播されそれ, され伝統されて, され但馬守に任官, され低俗に内容, され住居や衣服, され住持さるべきもの, され佐々のうち, されと精神, され体重血圧を計られる, され何かしら魅惑的な色彩, され何かと引き合, され何となし物足りなさ, され何らか纏まった, され何らかの方法で, され何んの關, され何一つすること, され何処の, され何囘も何囘, され何日経っても, され何某の狂言師, されの死する, され余り意見はいわれなかった, され余波はもう, され佛容の比較的, され作り方をあぶな, され作為されて, されしまだ, され併呑される, され使役されそれ, され來つた情勢を見た, されの, され例へば国立劇場へは, され侍従に進められ, され供養を受, され依然べんたつし, され価値判断を抹殺, され侯爵は食事, され係争中をしばらく, され係官の厳重, され俗流化された後, され俗論によつて, され保安条令によって集会一切, され保釈出獄以来執筆は許されず, され信念に向っ, され信憑さるべきもの, され信長の部下たち, され修士たちは阿蘇山, され修繕できた靴, され修飾されて, され修養と共に綽々, され俳優ならびにそれ, され俵屋は何事, されはその, され個々の進歩的意図, され個人としては彫工会, され個人営業の手工業者, され個人的な長い, され個性が無視, され候ことまことに嬉ば, され候之に依, され候事一應御道理には候, され候事哉と存じ惡者, され候基本と相成るべき, され候女の肌, され候文ニ私を以て利, され候旨に御座候処, され候處惣百姓共取扱ひにて, され候間柵の所, され借金サイソクの書状, され倭文子が行方不明, され停滞し始めた, され健康で快活, されに今上陛下, され偶像にされ, され傳吉へ後役申付, され傳四郎とお, されけられるのみの, され傷害罪として罰金千円, され傷痍軍人や治療所関係者, され傾斜が甚, され働きが鈍らされた, され僕自身の身の毛, され儒学によって支那, され償金が支那, され優しい言葉を, され優待条件を以て請待, され優秀者から見捨てられた, され優越性を意味, され允恭天皇は大和, され祿の, され元弘元年八月二十四日天皇は俄, されは切腹, され充分識見の, され先住老僧, され先刻ほど気, され先方から逗留, され光秀の横, されに角落, されの指導, され党員徽章が配付, され党生活に従属, され幇者は, され入手できる今度, され全員十六歳から二十五歳, され全市に戒厳令, され全身消毒ののち, され全面的に動員, され八万二千の餓死者, され八座の宰相, され八月の炎天, され八月二十八日起訴されたの, されの演奏, され公判廷で奮闘, され公安の城, され公平な行為, され公武の別, され公然と大名, され公領私領の差別, され六七十枚から百枚, され六日警官三名の護衞, され六月十三日母の危篤, され六月正造はその, され水源を以て, され共同生活訓練といえ, され共感される一つ, され共通化されて, されの鉄帽, され兵庫開港問題だけが勅許, され其上早日, され其上何といっ, され其上小前の百姓, され其主宰する雑誌, され其他の婦人達, され其後歐洲の諸, され其從類は石, され其文が巧, され其方共わが妻, され其方向は何れ, され其方賤き若, され其時自分が公安委員, され其統治を受, され其習慣から創作, され其間の作用, され其集會は自由, され典拠とされた, され内容は形式化, され内政改革の手段, され内村先生なども氏, され内膳は銃弾, され内蔵助の重たい, され内部から同, され内面化されねば, され円心こんなうれしい, され円融され開, され再三十字の, され再婚せよと, され再度の御, され再建される希望, され再版三版と重ね, され写真も撮られた, されの木の葉, され冬期に一群, され冷やかに定, され冷汗のおのづ, され冷視されること, され冷静なふう, されゆる點, され凡て秘密の談合, され処刑さるべき宣告, され処女のよう, され出奔してからは, され出血性素因を生じた, され函館札幌根室三県がおかれ, され刃物とか花札, され分割された, され分散されるの, され分析され得るのみ, され分析研究して, され分科され単純化, され分配されるならば, され分銅鎖の使い手, され分類されて, され分類学はまだ, され切つてゐるので, され切りはなされた, され切れ切れに裂かれ, され切口に黒い, され切支丹の陰謀, され刊行された一切経, され刑務所につながれた, されから前, されして, され初号の巻頭, され初期ナロードニキー思想の残滓, され判斷においては何物, され別懇のお, され別段バタバタするに, され利潤を求める, され到底閑散の, され到達しなければ, され到頭此粕谷へ, され制作された一切, され制御せられ馴らされたイデー, され刺激されて, され刻々敗兵が, され前川さんも良い, され前者はまだ, され前途を憂える, されと体, され区長に, され創作された, され創作方法組織方法に関する猛烈, され創建されて, され創立後十数年活動を続け, され劇場から求められてる, され劇場主及び興行者, され劇場建築に大, され劇運動の炬火, され力づよく彩られて, され力強く生き始めた, され加之にラジオ, され加工されるかの, され助勢されること, され助成されて, され努力されること, され労働力を搾取, され労働時間は給料, され労働者の平均賃銀, され労働者一人が大体十五, されとあれ, され勅諚をもっ, され勇怯合せて, され勇敢聰明に保守勢力, され勇気付けられ指導, され勉学欲を刺戟, され勝目のほど, され勝訴するの, され勢力家の意, され勤めの月日, され勤労と蓄積, され勤務は休暇, され包含されて, され包囲され随所, されの皮, され化学者達の憤り, され化石したよう, され北原賢次にも改めて, され北海道開発庁と北海道庁, され北満極東方面に労農ロシア軍, され北野神社連歌会所の奉行, され北鯱は雄, され匡衡は少く, され匪賊の襲来, され匹夫野人下素下郎, され区別されなければ, され医学が枝葉, され医学音楽もはじめて, され十一日には坪井博士, され十一月二日横浜を出帆, され十九年一月に完了, され十五カペイキで手, され十八年三月二十六日日本出版文化協会は発展的, され十八年間監禁されて, され十八日貴衆両院, され十八歳で天台座主, され十八箇月の監禁, され十六歳の時, され十分の共鳴, され十分間で一年間, され十四歳未満の児童, され十坪ほどの赭土, され十字軍がしばしば, され十年いきのばされたお蔭, され十数名の警官, され十日の雨, され十歳の年, され十石ヶ嶽まで行く, され十露里さきの別, され千人をこえるであろう, され千住老僧, され千八百五十八年になつて, され千年經つても尚, され千恵造に渡そう, され千葉家の人達, され千里眼と同じ, され千金万金と評価, され半個師団がわずか, され半島におけるそれ, され卑しいラレイが, され卑俗な大人, され卑怯なおどおど, され卒業後は依然, され協力される, され南京から九江, され南側にはいつの間にか, され南方の島, され南蛮宗と仏門の宗論, され占領された, され印刷工組合の組織, され印東を仲介, され印象化され感覚化, され危惧さるべきもの, され即ち大和に, され即刻定廻り同心, され却って他の, され原始的でないから, され原子は帶電, され原子核の人工崩壊, され原子爆弾はあの, され原田重吉は金鵄勲章, され厨人の如何, され厳しい関東軍の, され厳重を極めた, され去る三十一年度で, され去年五月から入っ, され参州街道から東海道, され参観者達の目, され又之丞はよく, され友だちもなくなる, され友人からも非常, され友人たちのなか, され双方の塾生, され民主的な, され反対に市場率, され反対面にはその, され反撥する秀吉自体, され反芻されたこと, され収載語彙は二十万, され取調を受けた, され受信者は先ず, され叡感のあまり, され井戸へ, され古びとげとげしく木理, され古代アイヌの陶器, され古川町の闕所屋敷, され古来の山岳信仰, され古臭くなって, され古賀がもう, され召使が二人, され叮嚀に匿, されき訳, され台員一同はお, され台所の揚, され叱責されるという, され右大臣の陪覧, され右議案二月末貴族院を通過, され各党の領袖, され各国の学界, され各国語に訳された, され各国領事が住みはじめた, され各種の手数, され合法化され得るよう, され合理化されて, され吉三郎が母, され吉之助様は蘇生, され吉日をえらん, され同人大滝登志子の叙情詩, され同伴者作家が昔, され同伴者作家農民作家等のグループ, され同年十月には第, され同志と申自訴者, され同時に益々今日の, され同校の授業開始, され同業にも顔, され同氏はこの, され同社の末社, され同行すること, され同輩には愛された, され主役仰せ付られし, され名称をソヴェト作家協会, され向こう一時間の, され向上して, され向後は, され君たちの名, され吟味の當日, され少なくとも講談, され否やでも応, され含味されなければ, され吸収されるもの, され吾輩幼時迄はやつ, され周囲の土塀, され周馬だか, され呪縛されたこと, されの愛, され味到されること, され味方にさえなお, されづけられた感覚, され命拾いしました, されを提議, され和田氏は日本, され品川署の留置場, されわれようと, され哂いものになった, されの使節, され唯今彼の許, され唱道され宣伝, され商品化されつつ, され商業報国会といふ新しい, され問屋は変わる, され啓発され人間らしい, され善美をつくした, され喧びすしかったおりあなたもまた, され営門や幕舎, され嘉明の子明成, され嘉永年間またや, され噂話の種, され器械視されて, され嚮導者がなくなっ, され囚人として押し込められ, され四つン這いに, され四九年からニューヨーク, され四二年に到っ, され四五人の女給たち, され四人の妻, され四人家族を抱えた, され四十面相の部下, され四国老のなか, され四方に敵対, され四書五経等の経書, され四月十日に桑港, され四百余名の会員, され四百数十名の婦女子, され四邊の壁間, され回復されること, され回想されたの, され困難な問題, されまで入っ, され図式化されて, され図画や手工, され固有の名称, され国じゅう一面が海, され国会も開設, され国民ももつ, され国民党は共産分子, され国民生活という中, され国民議会が召集, され国産であると, され国語の混乱, され国警青森県本部と小湊地区署, され国財もことごとく, され国賊とされ, され国際政局に新た, され国際関係が正常, され國内にも一應, され土人独特の料理, され土地人民に関すること, され土地在住のキリスト教徒, され土壌がよく, され土間に立たされ, され圧倒されは, され圧制せられて, され圧殺されようと, され地下室は真, され地下百尺二百尺の各層, され地主は彼, され地代は下落, され地獄か極楽, されをおしつけられ, され型付けされ日本人, されを浴び, されはれたこと, され堤防決壊で人, され報告によって弟, され報道され得る限り, され場合による, され場所によってはそのまま, されを噛む, され墓石は大半損傷, され増加された曲目, されと硯, され墮落させられて, され壁廓の四周, されの中, されを立てる, されな幸福感, され変化される, され変圧器の上, され変容されたもの, され変形遊離させられつつ, され変態化され猟奇化, され変更されるの, され変質されて, されは山, され外国の本, され外国舞台にない, され外界に表現, され多勢の番頭手代, され多少社會主義の, され多年にわたる国民的要求, され多年不遇におかれ, され多年其地にあ, され多忙のため不公平, され多摩川砂利を踏ん, され多数人の生活必要品, され夜通し眠れなかった, されのよう, され夢想にも思い, され夥しい観客の, され夥間だと, され大げんかんへ来ました, され大したさわぎ, され大事にされる, され大井米もはいっ, され大仏の開眼供養, され大使らの留守中, され大出喜平が拘引, され大分私の持物, され大名はいずれ, され大塚の親類共, され大官アレオパガスから死刑, され大小の侯伯, され大層歓待を, され大岡越前としては法, され大幅に前進, され大戸をおろし, され大手を振っ, され大政翼賛会に利用, され大概の女, され大気が澄み, され大洋はすべて奔流, され大物主は場, され大理石の群像, され大男が五人, され大童でこね直しに, され大統領の請願, され大臣には陸軍次官, され大行事権現として二十一社, され大量生産に移され, され大陸にもかかる優れた, され大隈首相は衣冠束帯, され大雨が降る, され大騒ぎになりました, されの, され天井のスタッコ, され天保十二年江戸を逐, され天刑病の一種, され天地も崩れん, され天子から嫌忌, され天心から十五度以内, され天才化されること, され天日下に表彰, され天皇の紋章, され天華と名乗つて旅先, され天覧に供せられた, され天質のプラス, され天鵞絨サヤチリメン綸子鬼羅錦織などとともに一時流行, され太子の遺骸, され太平洋の方, され太閤秀吉にも認められ, され夫婦二人の孤独感, され失業者というもの, され奇形で無力, され奉仕するよう, され契丹の時, されに隠れ, され奥河内の若い, され奪還されまた, され女子どもも勤労奉仕, され女房と連れ立ち, され女院や尼前, され奴隷解放に関する詳しい, され好男子でさえあれ, され如何にし, され如何にも残念と, されに浪人, され妥協させられるかの, されのお, されを顧み, され始めの時代, され委員はワシントン, され姙娠五ヵ月のこと, されには自害, され娼家街のマリア, され婚礼は日延, され婦選案などは議会, され媒介されてしか, されは良人, され嫉視されその, され嫌忌され害物視, され嬲り殺しにかけられた, され子々孫々流血の中, され子どもは天涯, され子供たちとは引き裂かれ, され子供らの文化, され子供扱いにされ, され子供等はそれ, されで読ん, され存在はそれ, され孤影悄然として門, され孤独の寂しみ, され孤立されて, され孤立化されて, され孤高だの純粋, され学問もし, され学業は成らず, され学生と云う, され学習院の生徒たち, され孫伍長は軍曹, され學者は靈魂不死性, され學者達は既に, され宇宙の涯, され宇都の谷地藏堂, され守備兵は全滅, され守護され洗練, され安く売りに, され安保条約改定案が自民党, され安政条約が, され安政震火まで土地, され安楽にのびのび, され安眠したいと, され安靜にし, され宋朝の贅, され完全に自己實現, され宗教法人令によって宗教団体, され官員も市民, され官用の自動車, され官軍と会津藩, され宝塚には武庫川東岸, され宝島征伐が行なわれた, され宝物の鏡, され実になる婦人雑誌, され実地に運用, され実感としてそこ, され実施されて, され実証されない仮定, され実際に世界各地, され客観主義に属する, され客觀性がますます, されの一隅, され害物視される筈, され家じゅう大乱脈, され家屋も道路, され家庭的に幸福, され家督は相違, され家計は借金, され家財を奪おう, され宸襟を安, され容赦なく苛まれ虐げられ, され宿命悲劇の深沈, され宿題から解放, され寂しく獄死し, され寄波は磯, され密房の中, されの平均的, され富三の継母, され富右衞門儀は御免, され富商富農層の動き, され富子さんの母上, され富貴を捨て, され寒い時には, され寝具を蹴, され寝台の快適さ, され現されたといふ, され實踐されるに, され審判に附せられた, され審問の結果, され審理が行われる, され寫書やや容易, されを一身, され寶屋は闕所, され寸毫も仮借, され寺祖の研究, され対応するに, され対比すること, され対照されるが, され対象化されたもの, され寿命も短く, され封建的鎖国の殻, され専制的な制度, され専門の弾道学, され射手の第, され将来の文化, され将軍家にとつて, され尊王攘夷を旗, され小さくなつたが, され小学校になった, され小屋も空しく, され小普請入り仰せつけられその他, され小沼を見物, され小説自体理論と離れ, され小野政秀はそれ, され小銃に装填, され小麦の価格, され壯將校たちの, され少くとも演技力, され少しく間違えば, され少なくも大部分, され少壮将校たちの気焔, され少女の喜び, されその上, されなからざる, され就中地方民自體, され尻尾をつけた, され尽く持ち去られたとの, され屈服させられなければ, され屍体を自己, され展覧会の出品, され展観されて, されの斜面, され山中に庵, され山田清三郎林房雄その他の人々, され山神の霊験, され山脈や雪原, され山野は裸, され岡本かの子の作家, され岡村柿紅氏を頼ん, され岩波新書の一冊, され岸辺は家屋, されの低, され島民一般の喝采, され崇拜された人間, され崇拝せられて, され崋山に刺戟, され崩壊されたの, されの中, され川手邸の表門, され川越えの, され巡礼は掠奪迫害, され工夫し直された形, され工面しなければ, され左右され易い, され左大臣頼長は流れ, され左近衛少将に任, され巧みに利用, され巨大なる事業, されれの, されには労働運動, され市ヶ谷刑務所未決に収容, され市場に出, され市民党の七十九人, され市街は焼かれ, されで巻かれ, され布施をしぼられ, され布設されて, されもはじめて, され帝國文學の創刊, され帝政没落の見通し, され師長による文化伝統, されには参考人, され席料も高い, され帰還するとき日記, され大寺の, され常磐津などをならっ, され帽子をとっ, され干渉され知つて, され平凡でない却って, され平和な時期, され平家物語といえ, され平板化された進歩, され平次の立場, され平生のにぎやか, されに幾度, され年々相当の収穫, され年々結婚する者, され年一回県庁で催される, され年一度の大, され幸いに学校, され幸不幸はただ, され幸子は階下, され幼児脊髄マヒをした, され幽霊の見世物, され幾たびとなく, され幾何學的錯視圖を示し, され幾年も禁錮, されの総曲輪, され広く読まれて, され広告にはその, され広汎な現実, されは広く, されに出す, され度々その家, され度且又御給金, され度凡五ヶ年も過, され度外に措かれる, され度希望する次第, され度芸術の容易, され座敷牢に押しこめられ, されを野邊, され庭番や門衛, され康有為は同志, され廃人と言われ, され延期派では当時, され建具や家具, され建暦二年の八月, され建築土木用の木材, され建築工事はなお, され建設的意見が出, され建造され建具, され廻り途をしなけれ, され式部の所領, され引きつづいて, され引き緊つた文體はルーズ, され引続きロウマの, され引続きなかなかよく売れたもの, され引鉄が落ちた, されの脇屋義助, され張作霖と共に黒竜江省督軍, されられて, され強奪された金額, され強調されるよう, され弾丸の集中, され当の文部大臣の, され当分このアタマ, され当局の一行, され当時公民権賛成議員が多く, され当時廣田弘毅さんあの総理大臣, されから出, され形式化される, され形成されて, され形而上学となるであろう, され彫刻家とは即ち, され役夫三千あるひ, され彼ら自身が消費, され彼女らに自由, され彼我ともに古代, され彼是と投機事業, され往来で火酒, され待遇されるのに, され後々の事心配, され後にその娘ベアトリス, され後ろの戸, され後史時代にいたっ, され後始末に追われ, され後年御世に出し, され後援されて, され後金槌かなんかで打ち砕かれ, され徐々に対象の, され徒らに博洽, され徒刑場が再び, され従つて他所行きになつ, され従つて何等の概念, され従五位下に叙せられ, され従姉に, され従来の慣例いかん, され従軍中しばしば清廷, され從つて一般的怠惰に陷, され從つて妨碍されて, され從つて父祖に對, され從つて社會主義運動が障害, され御家人の株, され御池通車屋町の年寄役, され御許され, され復古的再生を示し, され微々は何処, され徳川氏もそれ, され徹底された, され徹底的に降伏状態, され心ならずも誤って, され心服されて, され心臓の破れる, され心臟の破れる, され心酔しつくして, され必然に美, され必然化されて, され必然性と拘束, され忙しく機敏な, され忠文に節刀, され念孫の讀書雜志, され忽ち乱歩氏は, され思惟の諸, され怠惰な消費者, され急ぎ此荷を, され急追され和, され性格づけられたもの, され性格的なもの, されやかされ旅, されの眼, され恋しさに, され恋人には遠く, され恋愛のため, され恍惚状態が次第に, され恐ろしいほど込み合ってる, され恒星に関する天文学, され恥しい目に, され恥ずかしいおもいをし, され悟性によって幾多, されだくみ, され悪ければ否定, され悪党らしくない不手際, され悪寒に似た, されの重い, され情婦となっ, され情熱の放散, され情趣で色, されい方面, され惣之助は二十七歳, され惨めにも, され惰性に落される, されまされ責められて, され愈々検事の, され意次がここ, され意見されて, され愚弄されて, され愛しなでられて, され愛国主義は鼓吹, され愛好され云々, され愛玩され始めた元和あたり, され愛読されるもの, され愛護されて, され感じ深く現われ, され感傷の重荷, され感受されるもの, され感心されて, され感情は押しつぶされ, され感服させられる, され感覚化され表現化, され感銘されたこと, され慎重なる態度, され慰安されるから, され慾求されて, され憤然安土を去っ, され憧憬されしかも, され懇望すれば, され懲役になっ, され成員はどんな, され成果を伝承, され成熟し勝利, され我々両人はその, され我が家のよう, され我国の文化, され我国最初のオリンピック選手, され我文壇はその, され我等一同感謝, され我邦にも輸入, され戦争が行, され戦争挑発はしりぞけられなけれ, され戯作の低位, され戯曲の芸術的価値, され所得税法を適用, され所有地の水利, され所謂報道価値が報道, され所謂舞台度胸のある, され所謂謹上衆と稱, されを尽くし, され手下の者たち, され手出しもならず, され手形は買われ, され手段たる事業, され手続きからすっかり, され手術室にはひる, され打倒尊氏の計画, され打擲されて, され批評される仕組み, され承認された教育, され技巧化されそこ, され技法の上, され技術家一般は生産技術家, され技術的徳と魂, され抗弁されたの, され抗日は救国, され折角青みどろの, され折角誘拐して, され抽象化されたもの, され拒斥さる, され拡大映写される, され拱門から附近, され拷問のビンタ, され持主の手, され指図をされない, され指定された大学, され指定校は男女共学制, され指導力を失墜, され指導標は立てられ, され指揮者レーニンはこの, され指物師は巨利, され指示さるるや, され捕縛され投獄, され捜索される, され排斥され卑しめられるだろう, され掛け金がかかっ, され掛り人のお, され掠奪で破壊, され掠奪凌辱のうき, され探偵小説好きはノックス, され探究され必ず, され推論式で組み立てられる, され立てられ袖, され揚屋町善右衞門口入にて神田小柳町松五郎, され揚棄されて, され換言すれば, され揺籃時代の探偵小説界, され携帯品の取調, され搾取者が当然, され搾取階級がなくなっ, され摂取されて, され撃退され彼ら, され撒布せられた, され撤廃される二十年末, され播種面積が予定, され撮影者が之, され擴大され優越性, されされて, され擾乱のあと, され支払を誓約, され支那のジャンク, され支那大陸の優秀, され支那算書とは初め, され改変されねば, され改造された考, され改革が叫ばれ, され放尿以外の時, され放棄されて, され放題馬鹿になっ, されに参与, され政府あるいは命令, され政治家の創作, され政治的移民としてアムステルダム, され枝雀の, され故人の妻きい, され故郷の大学, され敏感で単純, されひなき絶望, され教え子たちがやって来た, され教区の援助, され教師には鞭撻, され教育上の功, され教育界から頻りに, されえなく, され散文的な自由律, され散歩すること, され数人のハキハキ, され数千の重囲, され数千哩を隔てた, され数多の名士, され数奇な調節, され数年の後, され数百匹泉水に泳い, され数量は空間量, され整然たる形式の, され整調された變形, され敵国への防壁, され敵視されて, され敵陣地と覚しい, され文中苔城松子雁の, され文化上の偉い, され文化十年九月まで獄中, され文壇人として認められ, され文壇的人非人として擯斥, され文学新聞に出, され文学的に正しく, され文学的作品の中, され文学運動についてもしばしば, され文明を前, され文武百官一万二十六人の僧侶, され文相を初め, され文相天野貞祐は日の丸, され文章全体の趣旨, され文芸家協会は文学報国会, され文芸懇話会は創立四年目, され文部省は六・三制, され料理屋なぞは見た目, され斬り捨て御免の立場, され斬殺されるの, され斬首されて, され斬首火刑に処すれ, され断罪されるとき, され斯く規定される, され新しくまた再, され新五郎の為, され新協劇団や新築地劇団, され新町の吉花, され新装せられた都市, され新語辞典に出, され新郎新婦の起居, され新鋭の兵, され新陳代謝を阻害, され新鮮にされ, され方々に赤い, され方チトお恨み, され方向をととのえ, され方存在の取り扱われ, され方法と対象, され方法的に訓練, され方発展の仕方, され施肥されそして, され日ごろはよく, され日夜そのこと, され日夜身近く備えられて, され日常の生活, され日常化されその, され日本ビクターは第, され日本人民は自主, され日本侵略の手段, され日本化されて, され日本国憲法は公布, され日本等またこれ, され日本訳は既に, され日給十五銭読書の自由, され日蝕観測の結果, され日附が入れられ, され旧友に殴打, され旧来の城池, され旧諸藩は, され稻田文學が, され早く別れねば, され早くから田猟にも, され早速医務室に, され昆布屋に新人, され明からも倭寇, され明け方帰って, され明け暮れ二人はいっしょ, され明るい小川マクベス夫人は, され明るくなり簡単, され明るみへさらけ出され, され明和四年に山県大弐, され明晰に思考, され明智も小林少年, され明暗を殺さず, され明治以来の既成文学, され明石夫人の北, され明確にされた, されいけんばい, され易かった, され易く緩かなもの, され昔日の夢, され映画によって更によく, され春団治派手の表現ゆゑ, され春木南湖の門, され昭和九年一月警察署の表, され昭和二年の全国高等女学校長会議, され昭和八年には末広恭, され昭和六年八月とうとう中巨摩郡芦安村, され昭和文化史の上, され是等の領域, され近い陽, され昼夜いずれの時, され昼食と他, され時としては遠忌, され時勢が左傾, され時折大きな影法師, され時折作品なども発表, され時計の刻み, され時間の進行, されも夜, され晩周の時, され晩餐會や夜會, され普通の糧食供給, され晴れ着をつけさせられ, され晴天がつづき, され智慧によって表現, され暗い永遠の, され暗い寂しい竹藪の, され暗号室に至る, され暗殺者は牢獄, され暗澹とした, され暗示されて, され暗記されすでに再三, され暗黒の幕, され暫らくしてから, され暴動のため石, され暴行を加えられ, され曝露されて, され曲解されること, され更に又之に, され書役が記録, され書画骨董古文書銅器あらゆる物々しい, され旧教の, され最初の熱烈, され最大限度に擴大, され最早逃れる路, され最近手を入れた, され最近数年は半, され會つてゐる間, され會長二荒伯の英語, され月ごとに雑誌, され有楽町駅にて警官, され有馬と並ん, され有馬左兵衛佐允純へ永, され有馬左兵衞佐允純へ永, されをかえさせられ, され朝ごとに日本, され朝子はぼんやり, され朝廷摂関家でも由々しき, され朝廷王府の官員数千人, され期待されたもの, され期待以上の成功, されの上, され木刻手彩色の立派, され木彫も有名, され木曽一国の政治向き, され完成の, され未来の希望, され未来化されダダ化, され未葬もしくは既葬, され末路はかなくついえ, され本国からの積, され本城も墜ちん, され本尊は佐渡, され本屋に本, され本当にそうしたら亭主, され本文第二パラグラフ, され本然の姿, され本町が今日, され本能化されること, され本郷神田辺の学生間, されは音, され札箱の後ろ, されに染, されに向い, され杉山衛生課長の説明, され材料視され甚, され材木のよう, され村人たちもだれ, され村全体は貧窮, され村長の家, され杜絶した, され条理の立った, され条約によって再建, され来世で受ける, されに縛られ, され東大研究班の調査, され東宝の手, されかに水, されの茂った, され松永の城内, され松竹の責任者, されであご, され枕もとを見る, され果して他の, され枯淡になっ, され架空の権威, され染五郎と逢引, され柔らいだ調子, され柔道の方, され柳さん自身に依, され栃木の女囚監獄, され栄養も心身とも, され栄養薬を食っ, され校正者は赤い, され格別そこに, され桟橋から投, され梅園さん絵専の中井宗太郎教授, され梅幸の豊志賀, されをもつ, されも林, され椅子にしばりつけられ, され植民地攻略が必至, され検索されて, され検脈致し呉れ候様, され検閲委員会は改組, され楊昂自身も敢なく, され楕円形を成した, され極度に歪められた, され極端に皮相的, され楽しまされて, され楽しい未来を, され楽屋中の者, され概念が方法, され槇野城に入りまし, され構想された上, され構成化され超, されしまれて, されや土, され樹木は占有, され機械化されて, されの中, され次第式を擧げるだらう, され欣々然として処刑, され欧州諸寺, され欲求され把握, されされして, され来る, され歌仙へ加, され止利様式の完成, され正しく伝承されなけれ, され正式の使節, され正当防衛によって射殺, され正金銀行に全部送達, され正面の奉行, されを詠まれた, され此儀のみは御, され此方の村, され此江戸へ來, され此身の居らぬ, され此長庵は在所, され此間より度々, され武士の習慣, され武庫を開い, され歪曲された, されを染め, されの時間, され死傷の数, され死後一族共同の墓地, され死顔を見る, され殆ど彼を, され殆ど既に長篇に, されの外深切, され残忍酷薄な監視人, され殲滅にあい, され段階性を失っ, され殺戮される事, されまでをその, され母船とラガー, され母親は親父, され毎日同じこと, され毎晩のやう, され毎朝毎夕柏手をうっ, され毎週二回のラジオ放送, され毎週毎週通いつめるの, され毒化されて, され比丘尼の蓄髪, され比島戦線にて活躍, され比較され何かと, され比較的高い教養, され毛皮税を課された, されに於い, され氏族間の闘い, されは値, され民主主義文学運動が着手, され民有地としての耕地, され民法が改正, され民法改正草案が示され, され民間各方面, され気質化される時, され水粒がビーカー, され水道端の三宅様, され永久国外追放を宣告, され永久的になる, され永劫の迷い, され永山東旭川にもおかれ, され永年に亙る, され永松氏も一文, され永楽は非常, され永遠性は實, され汗牛充棟もただならぬ, されに入るべき, され池田という同じ, され沈黙させられて, され沖一面に黒い, され没後は榎本武揚氏, され河中に投ぜられし, され河北軍はなだれ, され油絵の組織, され治安維持法によって処罰, され泉石もその, されへ疎開, され法名を一伯, され法律により, され法隆寺が完全, されしと, され泥だらけになっ, され泥棒と云, され注意を自分, され洋風の建築, され洗滌されてから, され洗練鍛冶されて, され洛陽の文壇, され津田氏みずからしさいらしく鍋, され津軽塗の食卓, され活力が維持, され活気のない, され活用されて, され派遣されるかの, され流れがきれい, され流布した後, され流石の奸物, され流転すること, され浅ましい醜態を, され浅利家の養子, され浅葱地に役者, され浜路殿にもお仙, され浪人の味, され浪士とされ, され浮世の裏, され浮浪人の運び, され浮舟は悲しかっ, されへ放り込まれる, され海外紹介されなければ, され海岸の町, され海水を音, され海軍からは中身, され浸透して, され魂しい, され消費されたと, され涙ぐましき因縁により, され涸渇されて, され淀八幡山崎へかけ, され淡い光の, され深化されて, され深夜に窓, されい上, され清浄の月, され清淨の月, され減つてゐた, され渠等三人の忠志, され温度調節器がはたらい, され渾成されるよう, され湖上の輸送, され湖水に落ちまし, され湮滅せられた幸吉, され湯川さんの仕事, されを指し, され満都の好奇心, され溌剌たる個人, され源次郎諸方を尋ねし, され源氏は恋しかっ, され溺死した鶏, され滑らかな頬, され滑稽な遊び, され滞留両三日, され滿足させられること, され漁獲の対象, され漆色の暗, され演出家は洋式作法, され演劇には姦淫, され漠然たる曖昧の, されに於, され漬物桶を担ぎ出さない, され漸く詩壇の, され漸次進歩してからは, され潁川その他の地方, され潜勢力を得, され潮來の遠い, され潮来の遠い, され澄江も仆, され激励されて, されも石, され濫用された多く, され濱田氏は愛蔵, され濾過され, され瀧井君に紹介, されを放つた, され火の気もない, され灯皿の油, されになろう, され灰色の青味, され災厄を許されてる, されにその, され烏巣へ行く, され政府的で, され無効になっ, され無慙な死, され無条件で正義派, され無秩序の混乱, され無辜の林, され棄された, され煉瓦と白堊, され煙草が好き, され熱っぽくなった広場, され熱帯の門, されかるべき身なり, され燥氣強き地が或, され爆破されても, され爆藥として大, され爛熟ししかして, され父さんは一人, され父上ともども毎日の奔走, され父子もろとも喜望峰, され父子一族の首, され父自身は元, され來竹島え, され爾後は全然, され片すみに捨てられ, され片田博士に分析, され牛乳運びなどでごまかし, され牛舍内はつねに, され牛馬の如き, されのよう, され牢死するよう, され牢獄につながれる, され牢番に身体, され牧師や県会, され物交の品々, され物体の問題, され特別な服装, され特権も持ちつたえ, され特殊化せられた物質, され特設のお, され特選とか推薦, され特高警察がおかれ, されの役目, されに辛かっ, され狂人とされ, され狂信的な悲観思想, され狂氣のやう, され狐憑きの踊り, され狩り立てられ分散, され独自の存在, され独逸地理学協会の紀行文庫, され狭くなって, され狼藉され蹂躙, され猛烈な砲撃, され猛獣と格闘, され猟奇化されて, され猥談と金儲け, され猿ぐつわをはめられ, され獄中の人々, され獄中生活におかれ, され獨逸語にも譯, され王冠を戴き, され王政恢復後また行われた, され王莽の貨泉, されらしく波瀾, され珍重され初め, され珠運様には別に, され現下の軍事, され現像されたもの, され現場まで見, され現時英語で雄鶏, され現金千円を奪われ, されの磁極, されにかなった扱われ, され理化学専門学校の教授, され理想的な, され理想的人物をもっ, され理智的ばかりでなく, され理論が出来上る, され環境を表現, されしいのに, され甚だしき反感を, され生き甲斐なく淋しい一生, され生き血を吸われ, され生命は滅びる, され生彩を失つて, され生成と破壊, され生死の巷, され生気を失っ, され生産場面との結合, され生産機關は集中, され生産物の交換価値, され産業開発税収増加も期待, され用意された, され用紙割当は商工省, され田畑は常に, され田辺元岡邦雄石原純その他の諸氏, され田鍋課長は再び, され甲斐の国, され甲板に転がっ, されには騙され通し, され男兒の簡單服, され男女によって遺伝, され男爵を授けられました, され町人は自分一代限り, され画幅の所蔵者, され畏敬されこの, され留置されること, され留置場にはいっ, され略奪されたの, され異人の取引, され異質のもの, されの上, され當時露米會社の政策, され病人化された姑, され病死の往生際, され痛みに堪えず, され痛切に感ぜられる, され痴人の笑い草, され癌研究所へ入院, され発動されるもの, され発声装置もつながれ, され発売を禁止, され発射され三百米, され発火坑を調べ, され発熱して, され発育しうる土地, され発覚をおそれ, され発電所で, され登場人物と作者, され發揮されて, されを音楽的, され白人監督に笞, され白熱した動き, され白猿の余光, され白痴の猪, され百万石の知行, され百余日の後, され百八十一人の死傷者, され百味具足し口, され百数十万の同胞, され百貨店の番頭, されになっ, され皇位も譲っ, され皇太子アレクシスに皇位, されを剥がれ, され盛装して, され監房ホテルに泊らせられた, され監獄へ投げ込まれ, され監視されて, されがさめ, され目下綜合的で単一, され盲目となされ, され盲目滅法に逃げ, され直ちに逆に, され直に東海道線の, され直感される, され直接あるいは間接, され直接結婚を申し込まれた, され直線に屈曲, され直義は難, され直観に対比, され省略されて, され省略化された活動用具, され真知子にとって河井, され真鍮管楽器が短い, され眩いほどの電気, され眩惑されて, され眺めに変化, され着のみ着のまま刑務所へ連行, され睡眠もよく, され矛盾を露出, され矢君を憤慨, され知つてゐる人々, され知り合いのうち, され知行も五万七千石, され知覚されるが, され知識人となっ, され短日月に大, され短歌ひいては国文学, され短篇小説の数々, され石亀は数百年, され石井漠氏が東京, され石山外科に属する, され石炭が荷役, され砂嚢の被覆, され砂村も城東区砂町, されには四角, され確保されて, され確実にされました, され礎石には, され礼儀正しいダンス, され礼拝されたという, されの講堂, され社交界の貴婦人, され社交的の会合, され社会主義の社会, され社会化された限り, され社会哲学はその, され社会的に大きい, され社内に伝はつ, され社前の満, され社會黨そのものも禁止, され祖父祖母ゴーリキイの三人, され祝日に忙しい, され祝杯を挙げられる, され神事が恭しく, され神仙怪異を主, され神像は倒され, され神戸の埠頭, され神格化されて, され神様は神様, され神祕は平凡化, され神秘な香料, され神秘劇に革命精神, され神童呼ばわりにされた, され祿を奪, され禁欲等の道徳的行為, され禁止にはなつた, され福田氏はその, され禽どもに塒, され禽獣道が合理視, され秀次の計画, され秀頼も興味, され私たち近習の者, され秋ごろにアジア, され秋山と内海, され科学主義の作家たち, され科学化されきれない政治性, され科学方面でも本多博士その他, され科学的認識と文学的表象, され科学者としての燃焼, され科學とお伽話, され秒速三十米の吹雪, され稀有の変人, され稀釈されて, され程なく獨逸の, され税金は私, され種族の名前, され稿料はその, され穀価がその, され穀物は重, され積年の悪風, され穴ぐらのなか, され穴掘りばかりし, され究明され客観的, され究理されて, されになった, され空想は活溌, され空想化された構図, され空気はいつも, されとして崩れ, され突立たせられて, され窘窮の餘已む, され立場に困, され立憲政体もいよいよ, され立案されて, され立端を失った, され竜神の社, されすだれ, され竹下の新た, され竹刀の先, され竹筒や瓶, され竹籠に厚紙, されで水, され笑ひも泪もある, され打たれた, され第一人称にて記された, され等級をおつけ, されも通った, され筋肉圧はブラウン管, され箇別的な存在, され節度が守られる, され築堤浚渫貯水池水門など各種, され築山の背後, され簡単化されて, され簡單にされ, され簡潔な暗示, されを巻き, され米軍の放送, され粉砕もされた, され生生産物, されも根, され精錬され省略化, され糧道を断たれ, され系統づけられること, され紀州へ入っ, され紅葉にも余り, され粹形相の, され純一されて, され純真純美化されて, され純粋に保, され紙屋川の人, され素ッ裸にし, され素人をし, され素人画が賞味, され素地である織物, され素子の風変り, され素早く刀の, され紡織されねば, され微中台, され紫地に大矢羽根絣, され紫綬褒章を授けられた, され細君には罵倒, され細片化された自我, され紳士は一応, されには仲間, され終いには着, され終つた頃悪戯者らしく家中, され終つて居るもの, され終に有罪の, され終日氷倉の中, され組合わされた, され組織内における小, され経済は保証, され経済的には日本資本, され経済的政治的に専制勢力, され結城新十郎, され結局これも躍らされた, され結局死滅するそれ, され結晶化された無韻詩, され絞首になる, され統制されたるこの, され絵の具は躍り出す, され絶えず刺戟され, され絶え間なき小競合い, され絶叫される傾向, され絶命して, され絶命時刻も七時半, され絶対多数をとっ, され絶縁されて, され綜合され私たち, され維新前後になつて, され綱宗も使者, され緊要なもの, され大将たる, され総合され, され総領事は全身蜂の巣, され緑色の海草, され編纂せられたの, され緩和されるであろう, されをかけられ, され縮小されたもの, され繁栄のあらゆる, され繁茂して, され繃帯がされる, され繊弱い情緒, され織り物や木, され織江も弓, され織田本軍が荒木村重, され纐纈布の犠牲, され缺點のある, され美代といふ女中, され美和子はその, され美挙は看板, されとしての人間精神, され羨望されて, され義理でもなけれ, され羽柴方の兵, され羽柴秀長殿の陣所, され羽田の穴守, され羽蟻が黒雲, され翌々年には改正, され翌日へわたっ, され翌朝卯の刻御供揃い相済み, され翫味されようと, され翹望されたこと, され翻案されたの, され中方へ, され老木屋始まつて以來, され耶蘇ほどにはびこる, され聖化されて, され聖廟は荒らされ, され聖武天皇の御代, され聯隊に輸送, され聰明にされた, されは益, され職場を与えられ, され職業生活にも社会生活, され肉体には五官, され肉体化されたもの, され肛門を金棒, され肢体による表現, され肥沃な状態, され肩身広く浮世, され育成された貨物, され胃壁を通じて濁った, され胡桃は銃床, され胴上げされて, され胸部に一点, され脆くも軽く, されを撃たれた, され脱却されねば, され腎臓から尿, され腐敗させられたと, され腐敗堕落させられて, され砕けて, され腸管が切り出され, されを割かれた, され腹心の僅か, されにも傷, されを捲くられた, されのあたり, され臣下の女, され覺によ, され自ら餌を捉, され自分たちの権限, され自宅へ帰っ, され自家用の自動車, され自尽す, され自意識されて, され自暴自棄になっ, され自滅せしめられて, され自然平等に発露, され自然視されるよう, され自由党もまた, され自由競争によって不平等不公平, され自発的な一歩, され自給自足して, され自虐の喜悦, され自覚を加えられた, され自身の悲劇, され致仕して, され興味の深い, され噛み切って, され舌さし出され, され舗道並木上下水道欧風建築等の整然, され舞台の退屈さ, され舞臺の上, されは間もなく, され舷側をこえ, され船員の死骸, され船客たちは大, され船室で寝かされた, されの竜骨, され良俗に反する, され良心の自由, され艱難に取りまかれた, され触の, され色男の岩吉, され色盲検査表の中, され芝居をする, され芝生は芝生, されが供えられ, され花びんには眼, され花柳病になつて行き場, され花筒の水, され花馬車競技の会長たる, され芸苑のあらゆる, され芸術そのものに分裂, され芸術化されたもの, され若き町娘下手の, され若しも新らた, され若干のお布施, され若松で長期ロケーション, され苦い悲しみを, され苦しいことに, され苦境にいる, され苦悩に扱かれ, され英国皇儲が来遊, され英国軍艦バアフローア号乗組員が奏する, され英語の特異性, され茫然とし, されに富士浅間大明神, されや弁当, され茶人の閑遊具, されを養っ, され草庵が造作, され荒木村重の没落, され荘重なる音, され菅公以後も實行, され菊花爛漫たり, され萎縮した啓蒙活動, され葉子の唯一, され葉藏の病室, され著書も売られ, され葛飾北斎の, され葡萄も亦, され葡萄酒三鞭麦酒が沢山, され葬儀もとどこ, され葬儀委員長には司馬懿仲達, され葭簀張りののれんにぎやか, され蒼白の顔, され蒼白い月の, されにからまれてる, されはれて, され薄暗い部屋から, され薔薇の花憲兵隊事件, され薪炭も少なく, されと男女関係, され藤原氏の一部, され藤白坂で絞, され藩主対馬守とのあいだ, され藩士は離散, され藪蛇の結果, されの間, され蘇生せし心地, され虐待され無視, され虐遇されたか, され處理されて, され虚名のため, され虚栄心と名誉心, され虚榮心と名, されの, され融合されて, され融和される, され融川は颯と, され螺鈿蒔絵の経机, され蟹江長島を所領, されは八方, され血眼になっ, され衂らずして国土, され衆俗からは様々, されや聯, され行動的に成長, されにはまだ, され街路には皆番兵, され衝動されたか, され衝突前に比べる, され表明されて, され表現化され構成化, され被告と対決, され被害者の岡部定吉, され装飾化されさえ, され補完されねば, され製作されて, され製造されて, され複製されない, され襲用されおる如く梵語, され西の方, され西欧人のインド, され西洞院のやしき, され西穂高が間々, され西蜀四十一州にわたって兵部, され要約されたものの, され覇王樹のやう, され見えなくなつ, され見当違いの反駁, され見晴しが, され見物席を防護, され規約の中, され視力も失い, され兄弟に, され親しく彼の, され親ら署名して, され親友たる山本正雄, され親方が精進潔斎, され親族よりは義絶, され親類には見放され, され観賞の態度, され解剖医の眼, され解放旋風というもの, され解明されること, され解決されてるよう, され解消もされる, され解釋され附會, され言語が全く, され言論と出版, され言論出版政治活動の自由, され計画化されその, され計画的に歴史発展, され訓戒されるの, され記念さるべき時, され記憶されるよう, され記者たち一人一人の地位, され記述され又, され記録されたこと, され訛伝されて, され設立されると, され許容されんこと, され訴訟と関連, され証拠の残らない, され評判が立ちますれ, され詩化された独得, され詩的精神の極めて, されは娘, され話はいちに伝へられた, され誇大に歪められる, され誇張に誇張, され誇示されて, され誘惑される, され語学校には仏, され語義が象徴的, され語韻や語調, され誠に慚愧の, され誤伝されるもの, され説明されて, され読書映画スポーツ釣将棋などと雑多, され読者諸君も御, され誰かが, され誰発明するとも, され課役に服する, され誹謗され嘲笑, され調和されて, され調節されて, され論理的には判断, され論証されて, され諷刺され復讐, され諸国の地頭, され諸方へご, されとなっ, され謝罪して, され警官隊がふもと, され警察内部でさえ特別地帯, され警察医が出張, され警視庁のお, され譬喩される根本事実, され讃美される, され變化された, され變容されるか, され變更されうる事柄, されを弘法, されやら大根, され豊富にされた, され豊富快適なもの, され象徴性は成立, されの面, され負け戦となる, され負傷させられたこと, され財産は掠奪, され貧しくされ疲らされた揚句, され貨車に積まれ, され販売されるが, され責めとほし, され責任編集者が無くなっ, され貴族の私有地, され買手等が面白, され賃金は下落, され賃銀の高い, され資本家や労働者, され資本総額一二七五〇〇〇ポンドにのぼった, され賛美される事, され賞翫の意味, されを高められた, され質的飛躍の第一歩, され賽銭があげ, され贈答品として流行, され贔屓にされる, されとされた, され赤い帽子の, され赤土が煙, され赤地格子縞の洋装, され越前其方が忠節頼母, され越後新田党の猛, され越王は墨子, されも乱兵, されをつけられてる, され路銀持ち物みんな巻き上げられて, されみにじられる音, され身体中こづき廻され番兵, され身寄りのない, され身心爽快健康成就と落ちつく, され身許保証がはっきり, され車掌がその, され軌道に沿う, され軍事的反動出版ばかりが横行, され軍備は制限, され軍用ビスケットの製造, され軍閥と資本主義, され転化され反映, され機関銃を, され軽げに見えた, され軽率に受けとられる, され輸入されるべき貨物, され輿論の注目, され辛うじて三角尖端の, され辞職は思い留った, され辟易して, され農業気象も精密, され農業生産は六五パーセント社会化, され農業者は穀物, され農業開發の神, され農耕はわれわれ, されへられた, され鄰より, され近く国宝に編入, され近代に至っ, され近代小説の本質, され近年は東京湾, され近日連れて, され迫力のとぼし, され追放される, され追跡されてるの, され追随して, され送達される, され逃虚子集十巻を世に, され逆さに梁, され透明性を有す, され逐放され得るため, され途上で討ち果された, され通報される確率, され通夜の人, され連続的として現, され連行された捕虜, され連関づけられること, され進歩せしめられると, され遂にだんだん減少し, され遂行された義務, され遅滞もなけれ, され運営されて, され運用されるよう, され運転された, され運転士も幾人, され過剰は去り, され過去の思想家, され過去数年の戦い, されを開い, され道化の玉吉, され道家と神仙, され道徳的な限界, され道路や橋, され遠く九州へ追, され遠島されまして, され遠方から見る, され適宜に出来上った, され選挙する権利, され遺伝されて, され遺蹟報告者熊毛郡視学西原為吉君をはじめ, され避難所となっ, され邪魔されて, され部屋の片隅, され部落を代表, されよりそこ, され都会人士の享楽設備, され都市にも田舎, され配置され布設, され酔漢は捕虜, され酷使された, され酷虐され窘窮, され釈放される時, され里人の顔, され里見さんに励まされ, され重く用いられる筈, され重労働をさせられ, され重宝がられて, され重砲でドカ, され重荷を負, され重要視されて, され野営をし, され野心家が権力, され野蛮なテロ, され量子論と相対論, され釜屋で門前払い, され釣竿だという, され鉄斎先生はじめ十数人を斬っ, され鉄道従業員組合だけが開放, されの象眼, され銀座ロンシャンで飲み, され銀時計をもらった, され銀行に預金, され銀貨や紙幣, され銃床で思いっきり, され銘々に順次, され鋭い処の, されだの釜, され鎌倉幕府の聞え, されを脱, され鎖国で閑多, され鎮圧されるの, され鑑賞されて, されさは, され長く使用に, され長安洛陽はついに, され長年の得意, され長火鉢一つを挾ん, され長生不死の仙界, され門外に出る, され顕されるの, され開示される基本的契機, され関係から物, され関係多数の人々, され関羽の陣, され関興のごとき, され阪神間に顔, され防寨は急造, され防火の訓練, され防空服に身, され阻害されて, され阿仁合警察署に留置, され附會されて, され陜西甘粛四川に油, され除名されアゲク, され陶酔させられて, され入れられたの, され階上も階下, され階級的な活動, され随所で苦戦, され随行の一番, され隙間隙間には目ばり, され隠匿されること, され隷属する性質, され雄図空しくまもなく, され集英楼の中華料理, され雇主の代理人, され雑然とした, され離婚に対する権利, され難きものと, され難く最も誤解, され難儀致しまして, され難局に処せられた, されの縞, され及び氷, され雪舟とか光琳, され雲散して, され雷同され賞讃, され電波囚人となっ, され電灯も明い, され電磁弾をなげつけられ, され電車はおじゃん, され震え上る拍子, され露出されて, され露西亜に不利, され青々と色づいた, され青春の泉, され青江の眼, され静寂化されて, され喰って, され面目も無き, され面目一新して, され革命と暴動, され革命詩人としての天才的光芒, されや上衣, され鞍馬では食べつけない, されのお仕置, され鞭撻されるから, され韜晦された魂, され音楽と文学, され音楽家としてのハイドン, され順動丸で江戸, され預金を引き出し, され領地御返上, され頤使されて, されを打たれた, されには貝殻, され頽廃化させられて, されに残る, され顎紐をかけ, され顕広の歌, されふ処, され願望された真理, され顛倒して, され顛覆されて, され類別され冷やか, され風俗の規準, され風呂も沸かし, され風評どおり源次郎さまが野伏乞食, され飛札は廻った, され飜譯されても, され食べ物に関する論議, され食慾し生殖, され食糧メーデーの時使用, され飢え死しかけて, され飯山城は伯耆守, され飽くまで主張し得べく, され飾り帯をつけた, されを搗い, され養成されつつ, され餘所眼にも此家, され饗応の役, され首府をモスコー, され首魁の不, され香屋へは出入り, され香華をたむけ, されけだして, され駅助役は手提燈, され駆使され真, され駐屯軍の旗色, され駕籠に乗っ, され駿河守殿を援, されになっ, され持とは, され高台の方, され高座は冴え, され高慢な西洋人, され高時の浜御所, され高潔なる空気, され高級層にも下級層, され高調されて, されまで氷り, され鬼課長狭山九郎太氏の出動, され鬼頭はまごついたらしい, されのハラワタ, され鳥さしの老人, され鳥肌立った中年, され鶴ヶ岡から若宮大路, されの葉, され麦畑の中, され麹町の屋敷, され麻酔薬をかがされ, され黄金の車渠貝, され黄金五枚千五百疋でこれ, され黒き船のへ, され黒襟に衛, され黙許されたが, されとほこり, されの先, されGHQの協力, されSS爆破の原因