青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しか~ しかし~ しかして~ しかしながら~ ~しかた しかた~ しかも~ しから~ しかるに~ ~しき
しき~
~しきりに しきりに~ ~しく しく~ ~しずか しずか~ ~した した~ ~したい したい~

「しき~」 2694, 29ppm, 4024位

▼ しき~ (151, 5.6%)

4 コンクリートべ, 中へ 2 このちぎれた, せいようかんの, まわりの, 主人の, 内へ, 地下室の, 都の, 門を

1 [127件] あとが, あらゆる場所, あるかしこい, ある大岡市十郎, うちそとを, うちでも, うち外を, うら, うるは, おくの方, おくへ, お庭, お風呂, かいぶつのく, ことです, こと多宝塔の, こわれたコンクリート, ご三男様, ご用は, しかけの, そばに, そバニ宝来橋と, ちかくを, ちかしつ, どくでしたが, どくに, ならんださびしい, ひみつを, ふけふ, へいの, まわりには, まわりにも, まわりは, まわりを, まん中で, みせもの, むこうに, ような, ように, エレベーターの, ネコじいさんは, 一隅には, 上を, 下へ, 中で, 中です, 中に, 中を, 乞食である, 事で, 事に, 事には, 事は, 事を, 事件では, 事件の, 京を, 人は, 信用を, 先生です, 内玄関へ, 出る時刻, 分布を, 前に, 効果の, 勝手が, 勝手を, 半双の, 友だちと, 召使いである, 台所へ, 名に, 唄が, 地内には, 塀が, 塀の, 夜の, 大宮人の, 大宮人は, 奥には, 奥まった室, 奥まった庭, 奥様でございます, 守り袋を, 家は, 家へ, 寝所で, 常なれ, 広い構え, 庭つづきだ, 建てもの, 建物が, 折助が, 方の, 方は, 方へ, 旦那様にも, 暗闇で, 本殿鈴川源十郎の, 様子を, 横町へ, 歯医者は, 浮き模様の, 百メートルほど, 直垂に, 美濃に, 自動車ね, 至りなりし, 若旦那さまには, 蚯蚓膨に, 裏は, 裏を, 裏手さびしい, 裏手の, 見せもの, 話かな, 話が, 話で, 謂に, 追手が, 長屋を, 門まで, 隅に, 館名などを, 駅の, 高いお, 高い老女

▼ しき~ (149, 5.5%)

4 彼れ

2 [12件] あらず, いづれの, どの辺, なし, なしと, わが鈍き, 同一の, 憲法の, 此の, 笹の, 雨あとの, 雪に

1 [121件] あらざりしなり, あるか, いやだ, うらぶれ暮し, おもしろいだろう, おわって, お犬, きっと町はずれ, この人, ございませぬかな, しいんとし, じつにゆかいだ, じつはおれ, すぐと, その僞作, その意味, その間に, た, どこのとの, どんなこと, どんな風, ないが, なく公卿, スカートにも, 一丁も, 一人の, 七錢五錢唯だ, 且つ一臂袒, 中央なる, 人の, 人手にわたって, 人民の, 今の, 何ぞその, 何ぞや, 先年の, 全家系, 公に, 六十年に, 其そこに, 其の被害地, 其府縣の, 前将軍, 勿論の, 医者に, 千枚も, 友情です, 古塚, 只, 同じ物, 君は, 喧嘩に, 土堤を, 士君子の, 外国人の, 夜の, 大きなもの, 夫の, 妻妾一家に, 姙娠する, 姙娠せる, 婦人の, 婦人會さへ, 子を, 實の, 少し金, 帯剣もて, 広いが, 彼方に, 後世江戸時代には, 悪しきこと, 愛情も, 應戰防守の, 所謂要路の, 手相家相九星八卦等あられ, 故あれ, 敢て, 文字を, 新たに, 早や, 曾て, 月夜にも, 有りといふ, 有害なり, 根も, 楫を, 此上あるべからず, 殺される奴, 母なる, 海底戰鬪艇の, 無断で, 理由が, 理解せ, 生れて, 男の, 皆いつはれる, 眼の, 知ってる筈, 社会人類を, 稀なるべし, 籠めじ, 精神を, 維盛卿が, 維盛卿斯かる, 罰せず, 美人局でも, 老子その, 肉なり, 自から, 自分の, 自家集中に, 行手に, 訴訟の, 調べた方, 谷底の, 遠からぬ, 鞭てる, 音階によつ, 願わず, 飽くまで耻かしく, 麹町だ

▼ しき~ (149, 5.5%)

4 出て 3 見て, 覺え 2 いへるなり, おも, かまえて, とめご, みて, 一けん, 攘うて救け, 立ちて

1 [123件] あはれむばかりの, いふこの, いわずひたぶる, かこつこと三とせ, かこむ森, こえ万里, こころみに, さえお, しらべさせましたが, そのままに, たてた人, つくったり, とって, とりまいた, とりまく警官隊, ぬけだして, はらうて, また別, みたいとか, もって, もて我等, わけも, 一層神聖, 上被り, 云はず話に, 人間上乘の, 会得する, 何しか, 俯瞰し, 其儘に, 出かけました, 出たもの, 出ました, 創て, 加うれ, 厭い将, 取る何如, 咎め給, 喜びこれ, 嘲れるなり, 売ったお金, 外に, 夜襲した, 嫌ひ, 嫌ひた, 嫌ふと, 嫌わず古き, 引払って, 後れ毛に, 得ずむば, 得ず此點先づ, 得て, 御存知な, 忍びたま, 思いつつも, 思はざるを, 悟りまして, 憂へ忠行, 憐み, 憐れむよう, 憶ひ得, 我に, 払うて, 択んで, 招かれたそれ, 捨てて, 探り按じ黙々, 撰んで, 此処十町の, 求める意志, 求め又, 汝の, 添へて, 犬の, 疑は, 眺める, 示せり, 穿つべしと, 立ち出たの, 笑ひた, 笑へる, 聞し召, 自覚する, 蝦蟇法師は, 行くこと夷, 行ふ, 見ざら, 見ては, 見るなり, 見るより, 見る人間, 見給, 見舞われたか, 見過, 視ん, 覚えたので, 解せぬと, 訪うて, 訪ねた, 訪ね弥兵衛, 訪れ到着, 訪れ家族, 訪れ眉目, 訳も, 訴へ, 誇りある, 認むるも, 認めさて, 説き共和主義, 證せんが, 警官隊にとり, 豊なる, 買って, 辿らで暢, 追い出されるかも, 開かんと, 闕いで, 闕く, 頼って, 顧みたまいたれば, 風の, 飾って, 首に

▼ しき~ (141, 5.2%)

12 至つては 5 至りては 4 住んで, 驚かざるもの 2 いる時, つとめて, 到っては, 呆れて, 惜しき倉庫, 戻って

1 [104件] あらずただ, あらず死したる後, いきますと, いたが, いたころ, いた手下, いると, おくって, おくりこまれて, おこった奇怪, おしいり強盗, おそろしいこと, おりましたころ, お世話に, お預りいたし, からまりて, この法師, ご奉公, しのびこみよろい, しのびこんだ, しのびこんだところ, しのびこんで, しばらく滞在, しまわれるの, つくこと, つけ人毎, つけ影, つつんで, つれこまれたに, とじこめられベッド, とじこめ一郎さん, となり, ならないからと, ならは, なりまして, ねて, ふた月, ふだんおでんや, まして昔馴染, まねいて, めでと, よばれて, 乗りこんで, 亙つて, 亙る場合, 住みさむ, 何を, 入った, 到りては, 反射し, 召使いと, 召使と, 呼んで, 因った名, 因りて, 堪へざる也, 堪へない, 堪へなかつた, 堪へなかつたので, 宮中づき, 寄食し, 帰って, 引きとられるや, 待って, 得堪へずし, 心怯え, 快き一夜, 惹かされて, 慣れない幸吉, 手圓さ, 拘らず經書, 故意と, 数年召つかわれた, 旅僧は, 時は, 残った旧友, 残って, 満ちて, 火を, 甚だしくおびやかされ, 疾, 眼を, 着くと, 碁打ちつる君, 胸を, 至っては, 至つてゐない, 至ては, 至らず, 至りし所以, 至ること, 至るごと, 至るまで, 裏屋は, 趨く, 過ぎる若干, 過ぎんか, 過ぐる, 適ひ, 隠し売女を, 非ず, 飼われて, 驚き今, 驚き是

▼ しきもの~ (94, 3.5%)

9 なり 6 あり 5 である 4 なるぞ 3 にし 2 あらじ伊藤侯, なれば, の上

1 [61件] あらじ, あり封建士族, か熊野浦寄り, があった, がある, がしい, が見えれ, であるかを, であろう, では, といはなけれ, といふべきであらう, といへる, とこそ覚え侍れ, として斷然排斥, として極力, として視られ, とそう, ととり, とを知る, と御, と考え, と見ゆる, と言わざる, と認定, ならむ, なりとて, なり穢れたるもの, なる事, になる, にはあらず, にぶつからない, にもあら, に候, に名づけ, に思ひ, に逢, の逆ら, の過, はあらざりけり, はあらじ, はあるまい, はその, は川, は意, は昨日, は見当らず, もなく, よりほか, を, をだし, を取る, を思ひ出し, を挙, を矯正, を認めず, 也, 住めり, 悉ねたむ, 漂着す, 白き榻

▼ しき~ (88, 3.3%)

5 行って 4 あがって 2 呼んで, 帰ると, 来て

1 [73件] あがったばかりの, あがったら, あがる前, あがれば, あの男, いくはず, いやがらせの, お出入り, お小さい, お招き, かえって, きた時, きて, こうして夜中, すぐ丞相府, そこの, たれに, ちかづいて, ちょっとお, つれこまれた小ばやしくん, とじこめて, とどけて, はいって, ひきとられた, やってきたの, 上がると, 両手を, 伺いますわよ, 伺った, 何かに, 先へ, 出頭した, 参って, 参りかけ朝六ツ時頃, 叔母を, 召し呼ばれた時, 向って, 奉公にでも, 屋根瓦などを, 帰った, 帰ってからも, 帰っても, 帰らないから, 帰らないつもり, 引き入れ医療, 御用聞き, 急いで, 戻って, 戻らずそのまま, 戻ろうと, 招かれて, 持たせて, 挨拶に, 授業に, 法話に, 父が, 着いてから, 移され不安, 落ち着いたこと, 行き川上, 行くと, 行ったが, 行った方, 赤は, 赴いた, 近づいたとき, 近づいて, 退がって, 逃げ込んだの, 連れて, 遊びに, 馳せつけた, 駈けこんで

▼ しきつて~ (67, 2.5%)

15 ゐた 4 ゐたの, ゐて, ゐるの 3 ゐる 2 居た

1 [35件] いらつし, しまつ, どうして再び馬, ぼんやりつつ, も居ない, ゐたから, ゐたつけ, ゐたので, ゐた樣子, ゐた母親, ゐないの, ゐましたが, ゐるか, ゐるかの, ゐること, ゐるこのごろ, ゐるところ, ゐるのみ, ゐるやう, ゐる坂, ゐる姿, ゐる心, ゐる樣子, ゐる話, をり, をります, パチパチと, 居ないばかりか, 居る八五郎, 居る樣子, 居る錢形平次, 浸つて, 答えた, 見たこと, 遊ぶの

▼ しき~ (43, 1.6%)

3 とは太吉, なり 2 に思ひ, を考え

1 [33件] ありし頃, ありぬべき折, したりとは, といはん, と存候, と思ひし, と申し, ながらお前様, ながら妾, なけれども, なしといふ, など思ひ廻せ, ならざれば, なりき, なれども, にあらじ, にも用い, に候, に覺, に非, のみおも, の至, の限, はない, もなき, をば一たび, を仰せ, を申, を申すべき, を知らしめたる, を見, を認め, 無きのみ

▼ しき~ (38, 1.4%)

2 我が足, 故に梅花

1 [34件] あやしいと, あるの, うちに, お焼け, ためこの, つづいて, どれも, どんなにおそろしい, ない, もたらす緑, ゆえに魂, ゆゑに, シインと, 並んで, 中に, 主な, 今更此, 先に, 助けを, 多い, 好まる, 小紋縮緬, 幾らも, 建って, 思い出されて, 怪物の, 抜ける, 故にあたかも, 故に生, 故中折帽, 故徃, 焼けて, 色めいて, 見えません

▼ しき~ (38, 1.4%)

3 無かつ 2 と是, 思つてない, 思はれなかつた, 思へない

1 [27件] お考, と歎ずる, ない, なかつた, なかつたの, ならないわ, ならないん, ならない髪結, なりませんもの, はらこの, わからんの, 出来ませんよ, 取りません, 寫らん, 居ない, 居ないもん, 思はれないやう, 或は當時二人, 歩けないからね, 火口の, 無いの, 無いん, 義男には, 自分に, 蔵が, 陋醜唾棄すべき, 食べない事

▼ しき~ (31, 1.2%)

1 [31件] ありて, あり彼処, が天子, たらしめよ, というべし, として疎外, とのみ, と思ひ切つ, ならず, なり, なりき, なりしゆゑ, にあり, にて候, に優る, に在っ, に對, に抵抗, のかなし, の強, の手, の矢, の賢, はなき, は蕃商輸入, は虐げられつ, を享受, を見, 何ぞも, 悲しき者, 最も崇高

▼ しき~ (25, 0.9%)

2 ありと, の

1 [21件] いますと, かな早く, ごゑは湾, と御, ながらも気の毒, なり願はく, にてかう, にもせよ, にイイダ姫, にイイダ姫嫌, に思はれたる, に戀, に投げ与えむ, のいかなる, の住める, の優しき, の国, の後影, の顏, はしば, をおき

▼ しき~ (23, 0.9%)

2 徒なり, 無ければ

1 [19件] あとかたも, いずれそういう, せずその, どんどん建つ, ないので, なく喚きたてる, みな失くし, 一般民家も, 善良ナル市民ナリ, 宏大な, 必らず, 愁らく涙に, 決して差別, 真っ先に, 脚速し, 衛星の, 西洋の, 貧乏と, 買っちまおうか

▼ しきには~ (21, 0.8%)

1 [21件] あらずやと, あらず吏, いって, いわゆる家の子, お庭, かの草心尼, ご馳走が, じつにきみ, なおさらかたち, ひろいしばふ, りっぱな, ブラック, 三千代ちゃんの, 似たま, 何某と, 倉地小谷などの, 大きな絵画室, 帰って, 後に, 裏に, 貧窮であった

▼ しきこと~ (20, 0.7%)

1 [20件] いかばかりぞや, おほか, か却, があり, であ, では, とて更に, と思い, ながら, ながらサシャ, など思い廻らせ, ならむとおもひつゝ暮刻, なり, にも遇はず, によってかなり, のみ多き, は知らず, もありし, をのみ憂え, を黙想

▼ しき~ (20, 0.7%)

2 若様と

1 [18件] あなたさまも, お前と, お受け, ご忠義, それこそ, ね, はやしき, ひきとめられお, 侍女お, 出迎えた在府, 吉次は, 憩いながら, 拙者を, 独り踊ります, 立って, 菜根譚を, 阿能十, 頬かぶりし

▼ しき~ (17, 0.6%)

3 なりお力

1 [14件] かつてあらはれし, がゆがん, がブラ, が高く高く, ぞと思ほし, なしでねむった, に弱き光, の一瞥, の下, は何, は同一, や手さげかご, をはだに当てた, を見れ

▼ しき~ (14, 0.5%)

6 の上 1 くれも, との間, と並木, にちりばめられ, のま, の道, の間, を一つ一つ

▼ しき~ (12, 0.4%)

2 よばれて 1 いうと, いって, きくと, するも, すれば, 呼ばれる五百石小, 御普請お手伝い, 申す唄, 見る人, 謂べし

▼ しき~ (12, 0.4%)

1 [12件] ちしばし, ならじ, のあこがれ, まさず, みぢん, もなく, より君, より早く, をあ, をわが, を隠し, 立ち戻り

▼ しきから~ (11, 0.4%)

1 [11件] だを, よくお, よこして, 一キロほど, 五六百メートルは, 使いの, 出て, 帰ったあと, 美々しい八葉, 貝の, 迎えが

▼ しき~ (11, 0.4%)

1 [11件] つねに机, つねに机すゑ, ほととぎす待つ, 内に, 團欒し, 坐す, 打ち臥すに, 打ち臥す一つ, 白きよねを, 白し, 雪渓を

▼ しきまで~ (11, 0.4%)

1 [11件] 世に傳, 實務に, 微で, 慈悲深, 方様を, 明らかなるゆきわたりたる, 美しく頬, 美しとは, 膝を, 覚ゆる, 走って

▼ しき姿~ (11, 0.4%)

2 を空しく 1 あり, との處, のみ大方, をし, を中天, を写し出せり, を憐むあまり布, を見, を認めず

▼ しきたった~ (10, 0.4%)

1 わが国未, 三つ, 天馬空を, 時代と, 由来を, 空想的な, 第二的性質, 経路が, 経路は, 道を

▼ しき~ (10, 0.4%)

31 が, が義貞, ことの, というの, といふ, とよ, わ

▼ しき~ (9, 0.3%)

1 ありて, で, にて叱りたる, にもおじず, もて, もてわが, をあげ, を発し, 沈める調

▼ しき~ (9, 0.3%)

1 にお, には何事, に其の, に日雇一人, の有, は參錢位, は臥床, も語らふ, を過し

▼ しき~ (9, 0.3%)

2 に吹かれ 1 に吹かれつ, に庭, に焔, に驚き, のふところ, よ彼女, わが額

▼ しき~ (8, 0.3%)

2 して, を教 1 なれど, にあらず, のわが身, も多けれ

▼ しき~ (8, 0.3%)

1 でとある, とし, にあり, にありました, にある, に居, のコンクリート, をふたり

▼ しき相違~ (8, 0.3%)

2 なかる 1 あり, あり動搖餘, あること, あるも, がある, といふべし

▼ しき~ (8, 0.3%)

2 の笑ひも 1 ちりて, の名, の色, は浮ぶ, を分け, 咲きて

▼ しきこの~ (7, 0.3%)

2 はひり 1 ほっけの, 勸を, 娘を, 対立を, 身の

▼ しきしま~ (7, 0.3%)

1 に火, のやまと, のやまとごころ, のやまと心, の国, の大和心, を吸うた

▼ しき~ (7, 0.3%)

2 に住ん 1 でお, で見た, に虎, のそこここ, のもの

▼ しき~ (7, 0.3%)

2 が面, さる詞 1 がたなれ, よ, よそ

▼ しき~ (7, 0.3%)

2 とふなら 1 に入り, の, の崖, の秀, をのぼり

▼ しき~ (7, 0.3%)

1 あかるき空, して, その詞, なり, をうちあげ, を絞つ, を聞き

▼ しきでは~ (6, 0.2%)

1 お殿様, 同じ家庭教師, 塞ぐこと, 家庭教師でも, 火の粉を, 軒なみ闘犬を

▼ しきわが~ (6, 0.2%)

1 一家の, 主彼を, 同僚を, 導者は, 少女クリューセーイス乘らしめよ, 魂を

▼ しき~ (6, 0.2%)

2 の親分 1 なりし故に, にほかならず, よと私, を謠

▼ しき~ (6, 0.2%)

1 といひ, のゆ, の力, の夕, の夕ぐれ, の夕暮

▼ しき意味~ (6, 0.2%)

3 に於ける 1 が出, における個人主義者, を述べた

▼ しき~ (6, 0.2%)

1 ぞそれ, とともにしづまり, ならば, はいま汝, をき, をもて

▼ しき~ (6, 0.2%)

1 として竜神, の御, の手, の旅路, まい来つと, 来りぬと

▼ しき~ (6, 0.2%)

1 となら, にて候得者, には餘, のなりゆき, の投ざま, 振皆

▼ しき限り~ (6, 0.2%)

2 なる業 1 である, なれ, にて, の家族

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 はじめど, 世辞に, 人や, 孃樣へ, 説教を

▼ しきさま~ (5, 0.2%)

1 なりし, には較, に賺し慰めき, の鉄杖, 打見るほどに

▼ しきたり~ (5, 0.2%)

1 その木, 人々の, 地方の, 東地二十三世世々住持し, 迷信に

▼ しきにも~ (5, 0.2%)

1 あらず坦, あれ自然, お越しが, 姿の, 構わず其学

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 かなこれ, とを對照, のこと, の故に, の生る

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 ことなり, 心の, 心ゆかしく, 手の, 申しつけ心得

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 の事, をこの, を送り, 少なからざりしならん, 悲しきは

▼ しき有限性~ (5, 0.2%)

1 と根本惡, の方向, は成立つ, よりし, 即ち他者

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 に飽き, の臭気, は不和不順, ひに, ひにか

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 でじろりと, にあ, に遭いし, の我面, を

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 に光る, の小さな, は疾く, を帶びて, を所持

▼ しき~ (5, 0.2%)

1 が写る, とその, のところ, の姿, はさっと

▼ しきたれる~ (4, 0.1%)

1 ことは, 事実を, 新開地なれ, 饅頭を

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 の, のできょう, ゐの, んだ

▼ しき~ (4, 0.1%)

2 放して 1 た酒宴, てでもいる

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 なるに, に暮れ, の評判, は月花

▼ しき乙女~ (4, 0.1%)

1 ありしが, に焦れ, の舞衣, の風流

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 の潜伏, はない, をえんと, をふる

▼ しき勤め~ (4, 0.1%)

3 とも思はね 1 身賣り

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 に見ん, をむすぶ, を楽むに外, を見つ

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 では一日分, なり, に入りませる, の玄関

▼ しき少女~ (4, 0.1%)

1 たたずみて, を率, を花, を載せ

▼ しき~ (4, 0.1%)

2 の上 1 に身, をくだれり

▼ しき心地~ (4, 0.1%)

1 したれば, して, す, せらるるなり

▼ しき思ひ~ (4, 0.1%)

1 いかに切, にて違, に歸, に身

▼ しき~ (4, 0.1%)

2 の父 1 の出来ごと, の猛

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 に人間, を犯さん, を計, を責め

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 と方法, に伴, をかしこく, を踏ん

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 は, は私, をまもり, 愛くるしい眼

▼ しき~ (4, 0.1%)

1 して, も少し, を見, 愛くるしい眼

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 きりは, へる舟, 無茶苦茶に

▼ しきかな~ (3, 0.1%)

1 兄上倉の, 山や, 汝が

▼ しきかも~ (3, 0.1%)

1 その子, わが足, 皆玉の

▼ しきからの~ (3, 0.1%)

1 おさ, お召し, お手紙

▼ しきしくしく~ (3, 0.1%)

3 思ほ

▼ しきたって~ (3, 0.1%)

1 そしてもう一度, またもや剣, 更に難

▼ しきっぱなし~ (3, 0.1%)

1 だからネ, だし, になっ

▼ しきつた~ (3, 0.1%)

1 いとも靜かな死顏, お艶, 嘲りの

▼ しきつた顔~ (3, 0.1%)

1 でわめく, になつ, をし

▼ しきながら~ (3, 0.1%)

1 助くる段々, 後から, 母が

▼ しきにて~ (3, 0.1%)

1 お待ちゆえ駕籠を, お目にかかりまして, 釣師の

▼ しきのみ~ (3, 0.1%)

1 ならで, 旗に, 輿

▼ しきへも~ (3, 0.1%)

1 いらっしゃいますか, 立寄って, 遊びに

▼ しきほどに~ (3, 0.1%)

2 今一人車を 1 今一人車に

▼ しきまでに~ (3, 0.1%)

1 なりぬる, 反動の, 酔ひつ

▼ しきやう~ (3, 0.1%)

1 なり, に心落ち, に思ふ

▼ しきアツシシマキリ~ (3, 0.1%)

3 持ち研ぎあぐら

▼ しき~ (3, 0.1%)

2 の羽根さ 1 の目

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 なり, なりき, の中

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 の祇園囃子, の隠, をねせ

▼ しき婦人~ (3, 0.1%)

1 なりき, の病室, の際立ち

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 に加はり, の許し, 斯くいへり

▼ しき思い~ (3, 0.1%)

1 なりしが, もさせず, を運ぶ

▼ しき態度~ (3, 0.1%)

1 なの, にて登場, をとられ

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 はかなし, は見, を棄てじ

▼ しき振舞~ (3, 0.1%)

1 なり, にあらず, は絶て無く

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 にはあらね, に一道, のみをや思ふ

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 さめそ, のきたらん, は老い

▼ しき時代~ (3, 0.1%)

1 あるが, に於, に行逢

▼ しき月日~ (3, 0.1%)

1 は夢, をいた, を送りぬ

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 なく且つ, の刺戟, を覚

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 に差別, の事, を得ん

▼ しき~ (3, 0.1%)

2 にはあらね 1 のその

▼ しき石道~ (3, 0.1%)

1 のある, のまん中, を歩い

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 の気色, の爲, をば

▼ しき筋目~ (3, 0.1%)

2 の者 1 のもの

▼ しき~ (3, 0.1%)

2 の中 1 はソッドマ

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 に不, に緑燈, を去りつ

▼ しき誤解~ (3, 0.1%)

2 である 1 を免

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 に巣, の今日, を出

▼ しき身分~ (3, 0.1%)

3 を情な

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 船脚の, 艶装せる, 震ひぬ

▼ しき風情~ (3, 0.1%)

2 あり 1 なるを

▼ しき風情お前~ (3, 0.1%)

3 は出世

▼ しき~ (3, 0.1%)

1 よ, よ汝いま來, よ頸

▼ しきあたり~ (2, 0.1%)

1 に到りうべく, を存分

▼ しきあやしき~ (2, 0.1%)

2 神の

▼ しきかの~ (2, 0.1%)

1 僭越の, 眼も

▼ しきけしき~ (2, 0.1%)

1 かな, たりしかるべき

▼ しきことなれ~ (2, 0.1%)

1 ばなり, ば必ずしも

▼ しきこのごろ~ (2, 0.1%)

2 は田面

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 へ心, ま前

▼ しきその~ (2, 0.1%)

1 上に, 女

▼ しきです~ (2, 0.1%)

1 からね, もの

▼ しきとか~ (2, 0.1%)

1 いって, お化けや

▼ しきとき~ (2, 0.1%)

1 あり, は戸

▼ しきなら~ (2, 0.1%)

1 なおおもしろい, 紫川の

▼ しきにより~ (2, 0.1%)

1 ていと, 帰国蟄居を

▼ しきぬれ~ (2, 0.1%)

2 ば青柳の

▼ しきばかり~ (2, 0.1%)

1 でした, なり

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 数光り, 數光り

▼ しきへは~ (2, 0.1%)

1 戻って, 早耳に

▼ しきものの~ (2, 0.1%)

1 てんでお, 一乎

▼ しきもを~ (2, 0.1%)

2 消し目

▼ しきをも~ (2, 0.1%)

1 惡む色なく, 焼き払うぞと

▼ しきを以て~ (2, 0.1%)

1 古図を, 有名なれ

▼ しきヘレネー~ (2, 0.1%)

1 の, の夫

▼ しき一団目~ (2, 0.1%)

2 もあや

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 に美しき, を送らせん

▼ しき乞食さ~ (2, 0.1%)

2 へ門

▼ しき二人~ (2, 0.1%)

1 の声, の男

▼ しき人々~ (2, 0.1%)

1 に一つ談話, の物

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 なりと午, に出

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 を放つ, を望み

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 とならざる, となる

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 なるに, の好ましく

▼ しき動揺~ (2, 0.1%)

2 を感じた

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 がどの, の方

▼ しき困難~ (2, 0.1%)

1 を感ずる, を来す

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 を降り, を降り来れ

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 をめぐらし

▼ しき売店~ (2, 0.1%)

2 に入る

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 あぐらを, 天狗小天狗を

▼ しき天地~ (2, 0.1%)

2

▼ しき失敗~ (2, 0.1%)

2 を取る

▼ しき奇因縁~ (2, 0.1%)

2 なり妙因縁

▼ しき女子~ (2, 0.1%)

1 なれば, のため

▼ しき女性~ (2, 0.1%)

1 の産地ヘルラス, まで

▼ しき宿~ (2, 0.1%)

2 求めえなば

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 さ骨に

▼ しき小家~ (2, 0.1%)

2 に一夜

▼ しき少年~ (2, 0.1%)

1 とはなつた, の夢

▼ しき山々~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の北方, の大和

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の始め, を送る

▼ しき御身分~ (2, 0.1%)

2 と申

▼ しき微笑~ (2, 0.1%)

1 なり, の記憶

▼ しき怒り~ (2, 0.1%)

1 のほか, を起さざる

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 れが

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の如く, を吐き

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 その熱, よ聖なる

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ありき, の我口

▼ しき感情~ (2, 0.1%)

1 の飛躍, を失ふ

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 はしき導者, ぶ東女

▼ しき我が~ (2, 0.1%)

1 故ますらをの, 邦人の

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 は開け

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 なり, に運びぬ

▼ しき故郷~ (2, 0.1%)

1 にわれ, の庭

▼ しき文明~ (2, 0.1%)

1 の病毒, を輸入

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の下, も身

▼ しき時心~ (2, 0.1%)

2 なきやう

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の面影, を賞し

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 その蔭, なり芽

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の生ずる如く, は熟えて

▼ しき次第~ (2, 0.1%)

1 であるそれ, なり

▼ しき殆ど~ (2, 0.1%)

2 閣下を

▼ しき母君~ (2, 0.1%)

1 の噂, の顏

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 に中りたる, を含める

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ありき, は誰

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 が頬, の武器

▼ しき深海底~ (2, 0.1%)

2 のわたり

▼ しき物語~ (2, 0.1%)

1 た, に與ら

▼ しき独り~ (2, 0.1%)

2 かも寝

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 なれども, の踞った

▼ しき生活~ (2, 0.1%)

1 があるなら, を斷

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の獅子舞, は独木舟

▼ しき男性的性情~ (2, 0.1%)

2 とやや

▼ しき画工ら虚名~ (2, 0.1%)

2 の鎬

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 が全

▼ しき痛み~ (2, 0.1%)

1 にあらじ, 衰老身體の

▼ しき眼つゆ~ (2, 0.1%)

1 を帯び, を帶び

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の星, を汚される

▼ しき矛盾~ (2, 0.1%)

1 であ, なり

▼ しき知識~ (2, 0.1%)

1 でないと, を求めた

▼ しき神性~ (2, 0.1%)

2

▼ しき移香~ (2, 0.1%)

1 を払, を払う

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 なるかも

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の音, よりいで

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 となるごとく, の鳴り響く

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ぞと宣, の少年

▼ しき聖顏~ (2, 0.1%)

1 の, のま

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 の練歩

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 に紫

▼ しき自嘲~ (2, 0.1%)

2 の念

▼ しき色彩~ (2, 0.1%)

1 が潜ん, をもっ

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 うるは, の貴き

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 に香

▼ しき~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ しき観念~ (2, 0.1%)

2 をしかして

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 もて形容, を整

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 にて簡単, を聞き

▼ しき誤謬~ (2, 0.1%)

1 であり場合, の学説

▼ しき調~ (2, 0.1%)

1 にまじ, をもて

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 など原型, も古図

▼ しき身の上~ (2, 0.1%)

1 ながら思ひあがれる, までもお

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ではありましょう, べの桜

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ならば, の精

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 夷の, 形を

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 の冠毛打震, の歩み

▼ しき雄牛うなじ垂~ (2, 0.1%)

2 り日

▼ しき面色~ (2, 0.1%)

2 にて渠

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 して, をたて

▼ しき~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひを

▼ しき鳴く~ (2, 0.1%)

1 や鵙, を

▼ しき鴨萱~ (2, 0.1%)

2 は月前

▼ しき鼻音~ (2, 0.1%)

2 の減退

▼1* [813件]

しきあらきだみ, しきあるじの女房親切, しきいぐちをまたぐ, しきいしのあいだ, しきいづくにか, しきうすくこそ, しきうちに風, しきうつしとともに, しきうつしなぞっている, しきうまし世にわれ, しきうれしき會釋三度と, しきかぎりなり, しきかと大きい袂, しきかよはむに, しききりなしに鳴く, しきけだかき調が, しきけど日の本の, しきここから砲撃, しきことこれまた恰も, しきこと姿の輝く, しきこと彼等にまさる, しきこと熟練のうへにてもはかどらず, しきこと限なく人, しきこと高山植物の如く, しきこれが薬法, しきころほのかに消え, しきしぐれなるかな, しきがたを, しきすみれげんげたんぽぽいぬがらし, しきずれがし, しき羽織を, しきは兎まれ, しきそこへじ, しきそこで少なくとも明けがた, しきたたずまひ樹間に, しきため其甲斐なく遂に, しきだったな, しきだの社家だの, しきちらして郵便配達夫, しきやあ, しきってすなわち早速, しきつたのを發見, しきつた人の魂, しきつた境界に立, しきつた声がきこえる, しきつた姿でした, しきつた宛て字ですね, しきつた小皺を寄せる, しきつた彼の手, しきつた心がまた, しきつた態度で何, しきつた睡眠の中, しきつた私は力, しきつた色が浮ぶ, しきつた顏だつたの, しきつた顔付で語る, しきつた顔付一つ変へようと, しきつた顔容の奴, しきつてそつと二階, しきつてほんたうに身, しきつて二人のお嬢さん, しきつて大手を振つ, しきつて女達は雀, しきつて娘の幸福, しきつて安心しきつて, しきつて平次如きは, しきつて後は冬祓, しきつて抵抗した, しきつて日を送りました, しきつて正統記を有難がれ, しきつて演奏の終る, しきつて由子に答えた, しきつて相抱擁して, しきつて自席へ戻る, しきつて身をまかし, しきつて辯護士試驗を受けました, しきつて返事もくれぬ, しきつて阿呆のやう, しきつて顔をそむけた, しきつらねてある, しきであったか, しきでございますから, しきでさえ闘犬を, しきでないと小用, しきでもない, しきという声が, しきとき伴はれて, しきところあらず, しきとは人の, しきなお懐だ, しきなく庭の, しきなどでたべも, しきなべて吾こそを, しきなる尚兵館, しきなれた布団の, しきにおいて養って, しきにや水色の, しきねがいに, しきのべた時分には, しきのみと言って, しきのみにして, しきのみの世であり, しきはげしき歎聲内より, しきばかりに見えたの, しきばかりの美丈夫, しきひと日と思ひし, しきひびの戯れ, しきをか, しきへと将門, しきまた夜具腰みの小屋の, しきまでをそれの, しきまなこには, しきみさきと, しきみやこなり, しきみょうに人を, しきゃけえてねえがきょうのふた, しきゃないとかいうあれをもじってみんながいつのまにか, しきゃないなんていうお上品, しきやあ持つて, しきやと存じ候えば, しきやに存ぜられ候, しきゆめみごこちや, しきひの, しきよし花は, しきよりして, しきよりも美は, しきらしいんだ, しきりょうが衰え, しきわかき心に, しきわが身かな, しきわらの上, しきわれをみそなはせ, しきには女の子, しきをば思ふと, しきアプロヂーテー召して, しきアントニオの君, しきエーエリボイア憐みて, しきエーマチエーを通り過ぎ, しきカリュドーンの都市, しきカーブの跡, しきカーリス即ち認め得つ, しきクサントスクロニーオーン生むところ, しきクレオパトラは今, しきシレーナなり耳, しきジエンナロの君, しきダナエーも, しきテアーノー衣服を取り, しきテチスの子, しきデモクラシーを行, しきニ引取て後ハ小松, しきニ行て御, しきヌカルミに, しきノルウエー人ラウラマルホルムのペン, しきハムレツトの苦悶, しきヒパソスの息, しきヘカメーデーは温浴, しきポリドーレーは彼, しきマリアよといひ, しきマリウチアさへその, しきマンチネエーを占むる者, しきラチオの國, しきララに逢, しきローマンスを実行, しき小冊子, しき一個の僧, しき一册子がある, しき一夜は遂に, しき一女子の色, しき一室にし, しき一巡禮者なり彼レーモン伯, しき一撃を食わせる, しき一族のあ, しき一片の玉章, しき一種の固形体, しき万物その気, しき三度五度答なきほど, しき三徳出して, しき不快を覺, しき不評に終り, しき世の中なりと狭き, しき世帯は蒸れ, しき並べた布団の, しき中庭の, しきを持つ, しき乙女子が, しきの雨戸, しき事実が, しき二十数冊ほどの本, しき二階の隅, しき五寸かすがい, しきりを, しき人々さへ美むるばかりの, しき人像柱の如く, しき人名は御, しき人形あり, しき人生の本末, しき人非人ぞもはや, しき今日のよき, しき今日親は瑕, しきにただ一人, しきによりて大石, しきを疑はれ, しきを明し, しき伸縮を示す, しきを整え, しき体臭よ, しき体裁で何所, しき何之役にも不, しき作詩の技巧, しき便にてはよも, しき働きをなす, しき僧院より我, しき儘夜中われと我が, しき光景にても眺め, しき兵士らは仏光国師, しき其かんばせはさながら, しき内部を整理, しき内高音というお, しき写しして, しきの姿, しき処女の血, しきを差し, しきを我, しき刑罰を案じたる, しき憶ふ, しき初声に血の気, しきに床, しき制作ですら, しき制縛もて彼, しき刺子面小手の武装, しき副作用を以て人, しき加古の島見ゆ, しき労働と, しき労苦と困難, しき勇士の相貌, しき勇猛が悔いられ, しき動悸を感じ, しきにいそ, しき匂っている, しき包みになる, しき化物を見た, しき化醇の途次, しき区別あれども, しき千象の宮, しき半日かな, しき卓緑色の, しき危難を逃れたる, しき厠卒ありて, しきの腕, しき反抗はやさしき, しき計ひ, しきとてはなけれ, しき口許は写真, しき毛布に, しき古人の詩歌, しき古巣に帰る, しき叫びに歸, しき可能性であり任務, しきを金色, しき名殘の光, しき吹けさゆるぎ, しき告白を続ける, しき呻きをもらしました, しき和合の音, しき哀れに弓矢, しきの声, しき唐綾の, しきいさ, しき商工の風, しき問題ありて, しき善きあた, しき善行により, しき喜びの太陽, しき四人のす, しき四季移り被, しき四民を安, しき因縁であるもの, しきの境, しきの民, しき國舊き民, しきとなり, しき土地に期待, しき土間に散り, しき圧迫を感ずる, しき地方において, しき坂なかば築石垣, しきるるすぐろ落葉松, しきを蹂躪, しきによりて知る, しき報告を目科, しき場合にても最後の審判, しき変化を生じた, しき夏立ちにけり, しき夕月か, しき外妾同様の姿, しき多くの事, しきのたたず, しき夜叉の顔, しき夜宴のもなかに, しき夢路をたどりえな, しき大一宇とも見え, しき大丈夫にて一とせ館, しき大勝に終, しき大岩は苛酷, しき大根まゐる, しき大洋の口, しき大理石の塔, しきつ日, しき天使なり, しき天地開闢に関する部分, しき天然の日本, しきの聲, しきの名, しきかは, しき奥さんらしい人, しき奥まった書院である, しき深き歌, しき女三人袖吹き払, しき女性らの誰, しき女輩が衣裳, しきも忽ちに, しき妙義嶺の檜山, しき妙貞があり, しき妙齡のブリーセーイス本, しきよ, しき姿窓から飛ん, しきを我が, しき婆さんの笑, しき入沙汰きく, しき嫁菜の花, しき嬉しきいたづら, しき子ら出で来りつ, しき子息答へて彼, しき存在となっ, しき学校に比較, しき學生が興, しき守備の目, しき安住はゆるされない, しきへめ, しきの情, しきの前, しき宮の上に, しき宮殿の扉, しき宮霧に, しき家くらか, しき宿縁としか思われない, しきして, しき乱髪を, しきに變, しき寺法かな, しき対人圏に於, しき対抗の意識, しき対象を見出し得ない, しきなること, しき導者よ彼我, しき小幅の前, しき尾花むら生いたる中, しき屋台に大, しき山の上にあり, しき山坂を越え, しき山根打ち崩し, しき山猿にて候, しき山路に思ひ較べつ, しき山道を, しき山里の夜, しき岩山の, しき岩窟なりきわれ導者, しきをよじ登らね, しき島影を雲煙渺茫, しきの中, しき工匠にいたる, しきいな愛撫, しきは無かるべけれ, しき差異はなかつたらしい, しきと美しき, しき希望がある, しきの女性, しき平衡を現, しき幼兒の, しきには錦繍, しきの訓, しき庭これを囲み, しき庭内離室の縁, しき庭面にかろく, しきなしと, しきを勾, しきをとりいづ, しきを躍らせ, しき役目である, しきはこの, しき彼人の歩みざま, しき径庭なく小売店経営, しき後見などもなく, しき從弟を殺せる, しき御事や, しき御仁なりと承っ, しき御山の冬, しき御座にし, しき御用のある, しき御身の後, しき復興である, しき復讐の女神, しきを行わん, しき徳川門葉のおごり, しき心持でざんす, しき快感を覚えしむ, しき怒り云々はその, しき怒亡ぼされし時彼は, しき思想をば梟木, しきに似ず, しき性急なる飛脚, しき性情を享, しき恋愛の可能, しき悦びを涙, しき悩みに沈む, しき悪戦苦闘である, しき情溢るる計, しきと, しき意義の不明, しき愚昧な見断, しき愛我を招き, しき愛縛となり, しき感じを生じます, しき感受性によつて創造, しきを生み, しき懐剣をいな, しき懸隔を見る, しきならば, しき戀しき節の鳴り響く, しき戀路を辿る, しき我身に引, しき戰士ひとりに兼, しき戲事に非, しき所以の原因, しきして, しき手相を善き, しき手紙でのお, しき手紙書きし後, しき手続きを踏みたる, しき手頃の土地, しき才能と教養, しき扮装揚幕より懐剣, しき技藝史の菜圃, しきなれば, しき折ふし彼方よりも數, しき拍手の聲, しき拙作はこの, しき持参の重箱, しき探偵の笑, しき接吻のしかた, しき損害に對, しき撞著と相, しき改革は出, しき攻撃有之しかも, しき政治家なり, しき教師医師法律家技師の如き, しき数々を取りあげ, しきを三名, しきてふも, しき文章の終, しき新しき調の, しき新茶をすゝめ, しき方法により, しき方言なるを以て, しき旅宿を求め, しき族人乃ち睡より, しき旗客ロメオの力, しき日本へ歸らん, しき日本海の波上, しき日知らで土鼠土, しき星影がチラ, しき春枝夫人と可憐, しき時公務の餘暇, しき時刻といふもの何日, しき時騎者は背後, しき景色にはあらずや, しきの露, しき曙光を認め得る, しき書人に借り, しき書入がある, しき曹操の頤使, しき會釋の數, しき木工のみ, しき未来のため, しき末世とさえおもわれた, しき本然性情なり, しきの上, しき机上の燭台, しきとなり, しき杜撰の説, しき条件として建築, しきをならべさせ, しき果ては旗本, しき果実に怖, しき柳しだるる川, しき桂次今日も明日もと友達, しき桃山蒔絵の銚子, しき梅津の里, しきを登り, しき検視の役人, しき椽端に出, しき業のもなかにも, しきのもの, しきは我等, しき樂しみのため, しき模様が見える, しきを示せ, しきの柄, しき機會を得し, しき次第お前様といふもの, しき欺騙をたくらみ, しき歌よみにては候, しき歌天に響き, しき歓楽の後, しきの, しき此世を外, しき武田伊豆守の先鋒, しき武門の華, しき死屍ありて, しき残暑の照り, しき殘暑の照り, しき殺害の復讐神, しき殿中に, しき殿堂のなか, しきか, しき母上の御霊, しき母校である, しきなき, しき毛布をしい, しきを祓わね, しき氣色にてわが, しき永遠性としての無, しき汚き豚の, しきの中, しき洞窟の天井, しきは山岳, しき浅草にぞありける, しきに飛ぶ, しき海岸の景色, しき消息を耳, しき淑女はた, しきみどりの, しき深林と清き, しき混沌に擾, しき淺霧の松, しき清吉めが挙動, しき湧けばのど, しき漂流婦人を救えり, しき火光と轟々たる, しき火影に照, しきの火ゆゑ, しき為身体大に疲労, しき無き名なりけり, しき無花果の大木三本, しき無限としてつねに, しき焦躁であった, しきに酔ひ, しきの爲, しき燔祭を神, しき營業より昇り, しきの面, しき父君母君に出, しき牧歌を破壊, しき物倉外曲輪などの宏大, しき物更にみるべからず, しき物煩しき物に弱き光, しき物音我等を迎, しき状況を形容, しきを繋い, しき狭筵に思い, しき獸の, しき太廓を, しき獲物も無く, しきなり而, しき現場監督の, しきを設け, しき理想の奴隷, しきは默, しきでたたんだ, しき甘きひびきを, しき由留守居の者知らせ, しき男これに扈從, しき男女表をのみ飾りたる, しき疲労感等が警部, しき疵口よりはだくだく, しき病室の白葡萄酒, しき病毒を社会, しき病魔を共に, しき發達を遂げた, しき白木綿雲の中, しき白樺または樅, しき白髪の老翁, しきにむくる, しき盲翁の手, しき相談一決して, しき眞北むく公孫樹, しき眺見よやとて, しきの下, しき眼色の凝り, しき里にて, しき石づたひに行くうしろ姿, しき石張で古代ロシア風, しき石路やぬかる, しき硝子戸の外, しきばこ, しき礼拝に辟易, しき社会的救済事業と認め, しき祈り下界にて今日, しき祈祷に辟易, しき神女テチスを親, しき私意を含ん, しきの歌, しき程の仕合者ぞ, しき種豚の鼾, しきじろ, しき穢きイトリの, しきあり, しき空氣變化なく動き, しき立てた橿原の, しき立姿を拝, しき竜胆の蕾, しき童謡であり童話, しき二第, しきを揮ひつ, しき紀念の絹物纏, しき純潔な少女, しきと良き, しき紳士と思い, しきの三字, しき終りぞや, しき終ると一人, しきをもて, しき絵巻物を手繰る, しき絶世の美人, しき經歴を想, しき綜合を見る, しきもあら, しき繃帯巻を立派, しき繰り言をま, しきはあらじ, しき美人眉を拂, しき美術文書などを見, しき美音をば春, しき義僕孝助の忠, しき習俗を脱し, しき習慣にそ, しき老女のみはこの, しき老婆なり一椀, しき老媼まゐ出, しき者どもであるな, しき者共からお守り, しきの具, しき耻辱なれば, しきき愛, しき聖息に感謝, しき聖歌はこの, しき育ちのお, しき背振の山, しき背景の前, しき腕一本荷車に積, しき自殺者もなかっ, しき自然の配色, しき舉動かな, しき舞子が美, しき船員社會には殆ど公然, しき船路見え近く, しき船頭は波打際, しき芙蓉の峯, しき花妻と, しき若人げに然なり, しき若人君はたそ, しき苦悶の跡, しき苦鬪により, しき苧環草のこぼれ葉, しき英氣弛むること勿れ, しき茶色毛の雄, しき荒海の暗闇, しきの種, しき蓑うちきて, しき薄髭の痩男, しきのうへによ, しきの声, しきが甘く, しき蟲足下にあつめぬ, しき血汐にて左, しきは何人, しき行いをし, しき行動は控, しき行裝かな, しきを憂ひ, しきを着せ, しき表口上より裏, しき表示をもて, しき衰頽と壊滅, しき袖の下を遣, しきは示し, しき西風は一片, しきとは我, しき言葉もて人, しき記念を喚び起し, しき記憶よ, しき許多の創痕, しき評價と理解, しき詣でる人も, しき詰めたる小船, しき誇張の言, しき誘惑に想, しき誤りはない, しき誤無きを證, しき説教を以てする, しき説明ありたる後, しき調子にて, しき談笑は此, しき論文一篇を草し, しき謝恩の演説, しき謬見であるが, しき警護かな, しきへを得る, しき變化を生じた, しき谿に臨める, しき谿間より, しきにつき, しき賠償われに今, しき贈物がある, しきひを, しき赤松ばらばらと簇立ち生, しきの相違, しき躍進日本の姿, しき身品同じきもの, しき軍袍の上まみれ, しきに門松, しき迄に進めて, しきへのもの, しき近代劇を有, しきひなり兎, しき懷の, しき追憶の, しき通るやうな, しきはむかも, しき運びに到つた, しき運命にあらぬ, しき謬なき, しき道楽三昧に堕した, しき道楽気なくん, しき違いして, しき邪路に陥り, しき部分に属する, しき部屋には外, しき都會の窓, しき酔ごこちに歓会, しきにはあれ, しき里方の父, しき重荷の下, しきの柵, しき鉄門あり番人, しき鑵詰工場となりぬ, しき長き手, しき長倚子に倚つて, しきから迷, しきとは若き, しき間隙を生ずれ, しきの世界, しき降る藪の, しき降ればガラス戸, しき陣中の調度, しき陶酔であり果, しき階上に香, しきの事, しきの鳥, しき雑報を見る, しき雜音は愈, しきの珠, しきの畳はり影繁, しき雲の上に, しきを吹き, しき青山を, しき青春の爛熟期, しきを見, しき面影にはら, しき面構の一癖, しき音今は歌, しき音十字架の上, しき音頭の声, しき響き思へば, しき預言者にてその, しきの色, しき顏つき調清き樂, しき顏色でそ, しき顔色に心, しきならねば, しき風俗畫颶風に抗, しき風景なり, しき飢ゑをあらはし我をめざし, しき飾りに過ぎぬ, しき香具購ふさまさすが, しきも見ぬ, しきをさらし, しき高廻りをせず, しき高踵靴見れば, しき髪ときさばき風, しきは塵, しき魔鳥の翼, しきよ退れ, しき鳴りひびく沈黙, しき鵜戸の入江, しきと思い上がれる, しき黄昏であれ, しき黄菊一うね, しき黒く太やかな, しき黒方の香, しき黒髪が軒ば, しき鼻挨拶心は遠き, しきDDTをまき