青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「される~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さり~ さる~ ~され され~ ~された された~ されど~ ~されない されない~ ~される
される~
~さん さん~ さんざん~ ~ざし ざし~ ざま~ ざら~ ざりし~ ~ざります ざります~

「される~」 15169, 157ppm, 675位

▼ される~ (2418, 15.9%)

470 である 10599 では 83 であった 62 です 43 であるが 37 であります 32 だった, でなければ 30 だと 29 であって 25 であるから 22 だが 18 であろう 16 だから 1514 でした 13 がいや, を見, を見る 11 が常, であったが, ですか, は当然 10 だろう, ですが 9 だつた, だよ, ですから, は, はこの, はその, を常 8 が当然, であろうか, を恐れ 7 だという, でも, は自然, も無理, よ, を気 6 が厭, が普通, でしょう, はそれ, を聞い 5 かと思う, が通例, でありますが, でございます, はいや, は何, は私, を感じた

4 [13件] かもしれない, が例, が癪, だそう, であるか, であると, でしょうか, と同じ, もまた, を待つ, を聞く, を見た, を避ける

3 [25件] かも知れない, か知らない, が何より, が嬉しい, が怖, が自然, が苦しい, が苦痛, さ, だぞ, だらうと, だろうと, ぢや, でありまして, であろうと, は彼, は無理, は自分, は覚悟, は迷惑, もその, も業腹, を待っ, を恐れた, を防止

2 [98件] かそれ, かともかく, かとんと, かと些か, かな, か感心, か美奈子, がい, がお, がこわい, がどんなに, が一番, が不愉快, が世間, が心外, が怖かっ, が日頃不服, が残念, が気の毒, が習慣, が表, が関の山, じゃ, だったが, だな, だなと, だらう, だろうか, であったから, であっては, でありこの, でありそして, でありその, でありました, であり従って, であるならば, ですね, ですよ, で御座います, に反し, に困っ, はい, はおそらく, はこんな, はさ, はそして, はまだ, はまっぴら, はもはや, はやはり, はよろしく, は今度, は何ゆえ, は何故, は印象派, は却って, は厭, は嫌, は少し, は尤も, は常に, は彼ら, は必ずしも, は必然, は明らか, は無論, は社会, は立派, は誠に, は誰, もこの, もつまり, もやむを得ない, も不思議, も四五万匹, も当然, をお, をおそれ, をながめ, をもっ, を俟, を厭, を好まなかった, を好まぬ, を平次, を心配, を恐れる, を憤っ, を我慢, を普通, を無上, を痛快, を知っ, を苦, を見られたくありません, を覚悟, を許し得なかった, を防ぐ

1 [661件 抜粋] あの氷, お好き, かしらとかなしい, かだんだん, かとあまり, かと喰っ, かと思え, かと思っ, かと情けなく, かと想像, かと本統, かと私, かと考へる, かね, かはまだ, かもわからない, かも知れません, かやはり, かを知る, か之, か何, か否, か大した, か大勢, か知らなかった, か知れない, か私, があの, がある, があんまり, がうるさい, がうれしい, がおちだった, がおちであった, がかえって, がこころ, がこわ, がこわく, がさも, がすなわち, がたいがいそう, がたまらなかっ, がつづく, がなさけない, がばかばかしい, がふつう, がみんな, がゆかい, がわかるであろう, が不安, が不平, が不思議, が事実, が以心伝心, が先生, が助かった, が厭さ, が口惜しい, が可笑しかっ, が多, が大層, が嫌, が嫌い, が嬉しく, が実に, が少し, が巧, が当り前, が彼, が心因性, が必然, が怖い, が恐ろし, が指導者, が掟, が支那古今, が早けれ, が本当に, が此, が気持, が決して, が湯, が物, が目的, が知れ, が私, が精, が結婚, が結核, が苦しかっ, が落ち, が薄気味, が解ってた, が読書子側, が豹一, が辛い, が迷惑, が逸子, が運命, が随分, が面白く, しっかりさっし, じゃぞ, じゃないです, じゃろ, だか, だからネ, だけれど, だこれ, ださうだ, だし, だったから, だったらこんな, だったらそれ, だとして, だらうか, だろうかしら, だわ, だ何, だ決して, でありそこで, でありましたらわれわれ, でありましょう, でありますから, でありますこれ, であり之, であり創造, であり少なくとも, であり諸, であるかも, であること, であるしという, であるといふ, であるにも, である事, である右近, である筈, であれば, であろうかと, であろうが, であろうよ, でございましょうか, でございませう, でしたが, でしたら, ですがね, ですし, ですって, ですな, ですに, でないかと, でないそれ, でないところ, でなくいはば, でなく何等, でなく國民, でなく潮流, とでは情味, とでピン, とどちら, と別に, と印刷文字, と同時に, と同様, と孰方, と趣, と違っ, ならむしろ, ならやり切れぬなと, になん, にはやはり, には往生, にもあらゆる, にも意味, によるの, に三年, に困り, に堪えなかった, に平行, に憤慨, に我慢, に気がついた, に相違, に私, に違い, に飽ききっ, に驚い, ねえどこ, はありがたい, はある, はあわない, はいけない, はいずれ, はいつも, はうれしく, はおそろしい, はお初, はお前, はきらい, はこうして, はこころ, はこりゃ, はこれから, はごめん, はそれら, はたまらない, はたまらなく辛い, はつまり, はつまるところ, はつらい, はどういう, はどっち, はなお, はなんと, はひとり自分, はほか, はまぬかれない, はむしろ, はむずかしかろ, はやむをえない, はやむをえなかっ, はやむを得ない, はやめよう, はわかり切った, はわたくし, はをちの思想, はクビキリ, はディグスビイ, はバナナ, はワーグナー, は一つ, は一人, は不快, は不思議, は二年前彼, は五十何軒, は人, は人民, は仏教, は伸子, は低級ギャング, は何より, は何事, は余り, は偶然, は僕, は先, は全く, は其の, は其生徒, は利潤, は力, は単なる, は右, は同, は同じ, は名誉, は哲学, は困る, は困るだろう, は地主, は堪えられない, は変, は外, は多く, は多く此木, は大, は天誅組, は奇体, は女性, は好き, は妣, は嫌い, は嫌ひだ, は嬉し, は季節, は学内, は定, は実物幻燈機械, は客, は家柄, は寂しい, は寿枝, は尊氏, は少年, は山, は已む, は平左衛門, は当り前, は彼等, は徒ら, は心外, は忌々しい, は快く, は慶賀, は所謂旧劇, は揚屋町, は日常, は明かだ, は時間, は木刀, は東京付近, は東北, は正しい, は死後, は残酷, は気の毒, は気もち, は決まりきった, は清潔, は無念, は片腹痛い, は特に, は理由, は甚だ, は生存競争上絶対, は癪, は直接現在, は私たち, は窃か, は筆, は継起, は考える, は考へる, は自由主義, は至極当然, は若く, は苦しい, は蕗屋一人, は蜀境四路, は見, は詩, は警句, は輕, は遺憾, は酸素, は錯覚, は随分, は隨分, は雨戸, は飽くまで, は高々, ほかない, ほかは, もあった, もあり, もあります, もいい, もいや, もうるさかっ, もお前たち, もここ, もごく, もつまらぬ, もつらい, もつらく, もなにか, もまことに当然, ももっとも, も不合理, も仕方, も余り, も共に, も口惜しく, も同じ, も天皇, も妙, も嫌, も嬉しい, も強, も彼女, も心がら, も恐らく, も恥ずかしかっ, も意外, も敬礼, も日本, も昨秋, も構はず, も構わず, も此故, も無念, も煩わしく, も癪, も知らず, も私, も聞かれた, も遠い, も頼み, ややがて, をうらやむ, をうれしく, をかえって, をききました, をきらつた, をこのまなかった, をたいへん, をつまらない, をにこにこ, をのがれん, をひどく, をも見, をも見る, をわざわざ, を一般的, を不快さうに, を予, を予想, を云う, を何, を免れ, を免れない, を口惜しい, を口惜しゅう, を合作, を喜ぶ, を喜ん, を喜んでる, を国家, を大層, を天, を奥様, を好い, を好まなかつた, を妨げられる, を嫌, を嫌う, を嫌った, を屡々, を帝, を常に, を当然, を彼, を待ち, を待った, を待つてれ, を徒ら, を御覧, を心ゆく, を忍び, を怪しん, を惧, を意外, を感じつ, を感じない, を感じる, を懼, を披露, を拒まなかった, を拒ん, を拒んだ, を断わった, を望む, を望ん, を死に優る, を気づかい, を気安い, を注視, を深く, を甚だ, を畏れ, を病的, を目撃, を矜, を知った, を知る, を禁じ得ない, を絶えず, を聴き, を聴く, を肯, を自分, を至当, を葉子, を見なく, を見れ, を見届ける, を見眺め, を見越し, を覚える, を許さなかった, を許す, を諸君, を迎え, を送り, を遺憾, を銭形, を面白, を默つて, を黙っ, んです, ん嫌い, ん自分, 名誉を, 外ない, 外は, 当然だ, 恐れが, 栄誉に, 結果として

▼ されること~ (1910, 12.6%)

125 になった 59 になっ 57 になる 50 が出来る 33 である 24 になつ 23 がある 22 になりました 21 になり 19 がない, となる, はない 17 となった, もある 15 のない 14 が多い 13 によつて 11 を要求 10 が出, を意味 9 ができる, であろう, でしょう, なしに, によって初めて, もない 8 です, となり, は出来ない 7 が出来ない, もあった, を恐れ

6 [11件] が必要, であった, では, と思う, なくし, もなく, を切望, を希望, を必要, を期待, を求め

5 だらう, であろうと, に決定, はありません, はこの, も出来る, を許さない

4 [23件] があっ, がしばしば, が厭, が多, だと, であらう, であるから, でも, となつ, なの, になるであろう, にもなる, によって却って, はあっ, はその, は決して, もあります, もあろう, を怖, を望ん, を極端, を要する, を覚悟

3 [43件] があります, があろう, ができなかった, ができぬ, が出来ず, が多かっ, が多く, が少い, だ, だろう, であると, となりました, と信じ, と信じます, と信ずる, と思います, なく却, になつたの, になつて, にならない, になります, になるだろう, によってこの, によってその, によって始めて, に慣れ, のなかっ, はある, はあるまい, はそれ, は当然, は甚だ, もまた, を免れた, を切に, を喜ぶ, を好まない, を望む, を極度, を欲, を欲する, を考え, を説明

2 [98件] か, が, ができ, ができず, ができます, ができるでしょう, ができれ, がなく, がよく, が不可能, が何, が出来, が出来た, が出来ね, が出来よう, が出来るだろう, が出来るであろう, が少し, が少なかっ, が少なく, が殆, が珍しく, だけで満足, であって, であります, でありますから, であるが, でその, となっ, となるであろう, なく耳, なぞ決して, にきまった, になるでせう, になれ, によって却って初めて, によって同時に, に他, に反対, に外, に對, の出来た, の出来ない, の多かっ, の嬉し, の方, は, はあり得る, はいわゆる, はたしか, はできない, はなかつた, はなかろう, はもう, はもちろん, は云う, は出来ないであろう, は出来る, は周知, は少し, は必然, は最も, は有難く, は極めて, は自然, は著しい, は許されない, は非常, もあっ, もありうる, もあるであろう, もなかっ, も大, も少なく, をたいへん, を予想, を信ぜず, を好む, を妨げる, を希う, を忘れ, を思う, を恐れる, を愛する, を感じた, を承知, を拒む, を望みます, を望んだ, を欣快, を求める, を熱望, を知っ, を知った, を知る, を私, を願う, 即ちその

1 [715件 抜粋] かと生きた, かと覚悟, からの落付き, からは免れた, から気もち, から生ずる, から見る, から解放, から起った, があった, があつ, があやぶまれ, があり, がありましょう, があり得よう, があり得る, があるでせう, があるまい, がいや, がおくれる, がきらい, がすぐ, がせめて, がそれほど, がたいせつである, がつのった, ができた, ができない, がとんと, がどうして, がなかつた, がなくし, がまた, がもう, がわかった, が一々, が一体, が何より, が僕, が割合, が却, が哲學, が多けれ, が多大, が大き, が大きな, が嫌い, が嬉しかっ, が少, が少く, が度々, が当然, が往々, が思われる, が恐ろしく, が或いは, が早く, が有, が有るべきで, が望ましい, が極めて, が歴史, が沢山, が消え入りたい, が珍, が益, が知らず知らず, が確実, が神経, が空間, が結果, が自然おから, が著しく, が許されるであろう, が道義昂揚, が酷く, が院, ぐらいは忍耐, こそ今川家, こそ吾, さえある, じゃ, すなわち風速, その事柄, その方, だけあっ, だけが実現, だけは確実, だった, だつた, だろうが, だろうと, であったが, であったし, でありそしてまた, でありました, であり経験, であるだが, であるだろう, である筈, であろうか, であろうが, であろう大, でございましょう, でしょうそこで, ですが, でせう, ででも, でなければ, でガラッ, でガラツ八, で夫人, で心, で有名, で直接, といったら, との差, とは思います, と何ら, と同一, と思っ, と思われます, と自分, ない個人, なきもの, なくお, なくそれ, なくそれ自身, なくただ, なくやがて, なく一面, なく不羈独立, なく二人, なく云わ, なく名前, なく少し, なく幾日, なく思想, なく文学者, なく毎日, なく沈思, なく神武天皇, なく終わる, なく自己自身, なく見つめる, なく請願, なしには, なぞまかりまちがっ, などが報ぜられ, などはまるで, ならあの, なんか大嫌い, なんぞは当然, にあいなりました, にある, におなり, にきまってる, にたのもしい, にたよっ, についておこった, について日本民衆, について私たち, になったなら, になったら, になったらしかった, にならね, になりまし, になるであらう, になろう, にはならない, には慣れ, にもなります, にもなろう, にも慣れ, によってこれ, によってしか具体的, によってのみこの, によってのみただ, によってまず, によっても近年, によってやがて, によって一つ, によって一つ一つ破壊, によって中和, によって主体, によって仕事, によって初めてほぼ, によって初めて真に, によって別に, によって利害, によって失業者, によって奮い立ち, によって少し, によって技術, によって断えず, によって更にますます, によって最も, によって沿岸人民, によって泣き, によって滅びる, によって特殊者, によって現実性, によって真に, によって社会問題, によって自己, によって複雑化, によって起った, によって項目, によつて一つ, によつて哲學, によつて圧倒, によつて救, によつて有, によつて自己, によつて行, にゴーリキイ自身, に原因, に原理的, に安住, に対して冷淡, に常に, に幾分, に意識的, に於, に気がついた, に決定的利害関係, に牧子, に疑義, に痛快, に目, に読者, に間違い, のいよいよ, のできた, のほう, のラジオ, の不可能, の二つ, の出来る, の外, の夢, の害悪, の少く, の已む, の悦び, の想像, の最も, の氣易さ, の真相, の矛盾, の質, はあ, はありませんでした, はあんまり, はいう, はうるさく, はおかしな, はさも, はされたらしい, はしかた, はすべて詩的感動, はたいてい, はつね, はできないだろう, はどう, はないだろう, はなおさら, はなく, はなほ, はまことに, はますます, はむしろ, はめずらしく, はもし, はもとより, はもはや, はよしや, はわかり切った, はフランス, はローマ字, は一ノ関, は不可能, は不快, は世間, は亀, は人間, は今, は何, は何となく, は何ひとつ, は健全, は先, は全く, は出, は出来, は出来なかつた, は初めて, は匪賊, は危険, は可, は困難, は堪えがたかっ, は大いに, は大切, は太陽的, は女子, は如何, は子供, は封建時代, は屡々, は山野, は常識上尤も, は平家軍, は彼等, は往昔, は御, は必ずしも, は思索, は恐い, は恐しくなっ, は明かである, は昔, は曹操, は有り得ない, は望ましい, は歐洲, は歴史, は活動, は渾心的, は源氏, は現在, は甚だ当然, は用, は田崎仁義博士, は疑ひ, は疲れ, は直接集団化, は確実, は私, は童児, は結局, は至つて, は苦しい, は苦勞, は蓋し当然, は請合い, は辛い, は辛かっ, は避ける, ばかりである, ばかりへ追憶, まで心配, もあつ, もあらう, もあり, もあり得た, もあり得ない, もあるいは, もあるまい, もあれ, もいつ, もこの, もずっと, もそれ, もできれ, もないでしょう, もなくし, もひどく, も不, も他, も出, も出来ない, も出来るだろう, も出来るであろう, も又, も多い, も嫌い, も実際, も必定, も思う, も意, も文学, も武士時代, も知っ, も私たち, も覺悟, も請合ひだ, も非常, よりもこの, よりもさらに, を, をいう, をきらっ, をけっして, をことわる, をさける, をそれ, をのぞみます, をば分離, をまぬかれなかった, をもっ, をも善く, をよろこび, をよろこん, を主要, を予期, を予言, を二重, を些細, を何, を何とも思わず, を免, を免れません, を公表, を別に, を前提, を原理的, を厭, を喜んだ, を好まなかつた, を好みませぬ, を妨げ来った, を妨害, を嫌, を嫌う, を嫌った, を家庭, を平常, を待ち, を待望, を得ないであろう, を心から, を忌避, を忘れない, を思っ, を思つて, を思ふ, を恥ずかしく, を恥辱, を想, を想像, を感ずる, を憚, を憤慨, を拒まない, を拒否, を断る, を断固, を望ましく, を望まず, を望まぬ, を望みません, を望むなら, を極めて, を欲し, を欲しなかつた, を欲するであろう, を氣附, を求めた, を注意, を潔し, を熱願, を甚だ, を留保, を疑わない, を疑わなかった, を皆, を知, を知ってる, を祈, を祈っ, を禁じた, を禁止, を私たち, を考えず, を考えた, を考へ, を聞いたであろう, を自ら, を自覚, を自身, を葛岡, を要します, を見た, を見る, を規定, を覚った, を覺悟, を許し得なかった, を許すなら, を語っ, を読む, を述べた, を通して発明技術家全体, を遺憾, を願っ, を願つて, 恰も富士, 最も少く, 甚だ旺ん

▼ される~ (1146, 7.6%)

29 いふこと 20 云ふ 19 すれば 16 思う 10 なると, 彼は 7 いう, それが, 信じて 6 云うこと, 自分の 5 いふの, それは, 云っても

4 [11件] いうに, したらそれ, それを, なれば, 云ふこ, 否とに, 思います, 思って, 私は, 考えられる, 聞いて

3 [14件] 主張する, 云うよう, 仮定し, 同時にこの, 同時にその, 困るから, 思いますよ, 思うか, 思うと, 思うの, 死ぬって, 考えるの, 自分は, 高い事

2 [68件] あとは, いうが, いうので, いうばかり, いうよりは, いうよりも, いけないから, いって, いつて, いふが, いふ事, いやだ, いやな, いわれるであろう, お前此罪は, お園, これは, こんどは, されないとは, したならば, すぐに, すると, せんには, それつ, ちょっと困る, ついその, 一番たまらない, 云うの, 云う事, 云っただけ, 云って, 云われて, 五尺八寸も, 今度は, 仮定すれ, 僕も, 同じ種類, 同一の, 同時に, 困ります, 困りますから, 困りますが, 困る, 大変迷惑を, 夫が, 存分に, 床の間には, 彼女の, 彼等は, 後から, 思うが, 思ったから, 思ったが, 思われて, 急に, 我々に, 我慢の, 拒むこと, 旅館は, 書いて, 気が, 生産力自身の, 考へた, 聞くが, 腹が, 言って, 言っても, 非常に

1 [772件 抜粋] あたかも方頷無髯, あたりは, あっしの, あなたは, あなたも, あまり機嫌, あらためて衝動, いいその, いいですな, いいん, いい了解, いうころ, いうだけさ, いうだけの, いうと, いうのに, いう如きこと, いう如きである, いかにも単純そのもの, いかねえから, いくらか切な, いけないので, いけませんから, いけませんです, いさ, いっそうよく働く, いった, いつか頭の, いつた處女姿, いふ, いふことさ, いふので, いふのに, いふ点, いふ頃, いやになっ, いわれるほど僅, うるさい, うるさくて, うれしいよりは, おかあさんが, おそらく云われるであろう, おもふと, お久美さん, お前の, お千, お庄, お銀様, かえってウズウズ, かつていっしょ, かねて親日派, かれ等, きまって読者, こう見る, こちらは, この五年, この分類, これが, これも, これを, さすがに, さらに面, したらどう, したら一番どこ, したら彼自身, したら日本, したら貞之助, した時, してからが, しめえ, すぐこの, すぐそうなる, すぐその, すぐ様, すぐ深く, すぐ警察, すっかりわけ, すつかり, すること, するなら探偵小説, そうかとも, そこに, そこを, そのこと, そのまま留置, その一道, その切口, その刹那, その反動, その夜, その強烈深刻, その方面, その日, その相談, その足, それからでは, それだけ陛下, それではしっかり, それに, それの, それまで, たいていの, たいへんだ, ただ空, たつた一つ, たまたまチマ子, ちっとばかし, ちやんと, ついに全面的, つい自分, ではスペイン, とてもぢれつ, どうしてもそれ, どうしても勤氣, どうする, どこへ, どっちに, どんな不合理, どんな道, なお言い, なんの, はっきり語られ, ひとつ道が, ふとまた, ほりに, ますます反抗, まず第, またあまり, またとは, また思っ, また為世, まったく異なった, みっともないからね, むきに, もうそれ, もう大抵, もう我慢, もう由良, もう立派, もう隠し切れない, もはや志賀直哉, やがて大きい, やさしく謝る, やっぱり旗田鶴, やはり丁寧, よい, よけいぞ, わざわざ魚釣り, わたしは, アウグスティヌスの, アラゴの, イヤとは, カントは, ガラッ八, ギャングの, ザポロージェ人たちは, ナオミの, ヌラリクラリと, ホッブズの, ポツケツトから, ロロ公爵も, 一つの, 一二時間痛む, 一同は, 一礼を, 一般には, 一議に, 丁度同じ, 七兵衛は, 不思議な, 不愉快な, 世間でも, 主人金兵衞は, 主張し, 予期し, 二つある, 二人が, 云いつづけた, 云う, 云うので, 云うわけ, 云う恐れ, 云う点, 云う言葉, 云う遠い, 云えない, 云えなかった, 云ったどういう, 云ったら彼等, 云つてフランス大学の, 云ふも, 云われたの, 云われるほど, 五兵衛は, 人間も, 仇同士が, 今にみろ飛ん, 令嬢気質が, 仮定しよう, 仮定せよ, 何か, 何かぞ, 何だか心持, 何と, 何ともいい, 何に, 何にも, 何を, 何んで, 何日ぐらゐでよくなりますか, 併し, 信ずる, 信ずるわ, 俺は, 俺も, 僕が, 僕自身も, 兄さんは, 光の, 児玉の, 入口の, 全体が, 兩對岸が, 八五郎は, 共にまた, 兵三郎も, 内蔵助からは, 再び為世, 分裂が, 初めの, 判然と, 前に, 割が, 勝れた芸術, 勢いいい, 匂やかな, 医者に, 千代さんは, 千草さんが, 博士の, 即座に, 即日予審判事古, 却て, 厄介だ, 又妙, 反って, 取りも, 取柄は, 受持区域に, 古くから, 同じく主上, 同じ時, 同じ理, 同時にいともアザヤカ, 同時にそれ, 同時にまた深められた, 同時にもし充分, 同時にわれら, 同時にホテリング, 同時に一種, 同時に之, 同時に人間, 同時に他方, 同時に個々別々, 同時に出版所, 同時に古い, 同時に少なくも理論上, 同時に市区改正, 同時に底, 同時に弾圧, 同時に所在, 同時に探偵, 同時に文化部, 同時に文芸作品, 同時に斉彬, 同時に日本民族, 同時に濛々, 同時に自分自身, 同時に自然人, 同時に行なわれはじめた, 同時に西洋, 同時に過去, 同様な, 否とによって, 周平は, 問題が, 喜んで, 嘗て一緒, 困ると, 困るので, 堂々と, 堪らなく痛い, 報道は, 大がいは, 大半効果を, 大抗議, 大概機嫌も, 大船が, 天意による, 妙に, 始末してなかった, 孝を以て, 安価で, 実にたまらない, 実はだまされ, 寿子は, 小六, 少年友吉は, 尾籠な, 己も, 市井には, 帝を, 幾分暗, 幾度も, 広い座敷, 庶民に, 彦七はが, 彼の, 彼女は, 後鳥羽院は, 御承知, 必ずしも真理, 必ず二三日, 必ず自然, 忽ちに死, 忽ちガラス張, 忽ちタジタジ, 忽ち蘇生, 怒鳴り出した, 思いながら, 思いますね, 思い切り非道, 思えば, 思えるの, 思ったと, 思ったらそれ, 思ってるのね, 思つたから, 思つてゐた, 思はれて, 思ひの, 思ふひと, 思へ, 思わずハッと, 思わなければ, 思われる反対論, 思われる通路, 恋の, 恐縮します, 恰度万華の, 悪びれずすぐ, 想像したであろう, 想像する, 感じるその, 感情の, 憎しみを, 憫然だ, 成る程それ, 我れ, 我先にと, 戦いつきたい, 戦闘旗が, 批評家が, 承知出来ない, 折角楽, 指導する, 政子さんは, 文壇の, 斎藤と, 新子は, 新聞で, 日本政府は, 旦那の, 早速自分, 是非共信じなけれ, 最早疑, 望みを, 朝恩の, 本氣, 本當, 村じゅうの, 村中は, 枠の, 棺桶の, 極樂往生, 機先を, 此方で, 武蔵は, 死ぬこと, 死罪に, 段々術, 氏は, 気力を, 水汲み, 決して政友会, 沢山の, 泉州は, 淋しいね, 済みません済みませんと, 満都の, 無性に腹, 無礙に, 焼き捨てられた, 燒け, 特殊な, 猛然癇を, 玄白は, 理解し, 申して, 申しますが, 申訳が, 町人風情も, 畏まりましたで, 白鮫号は, 皆さん地球の, 直ぐお通夜, 直ぐその, 直ぐに去, 直ぐに困つ, 直ちに之, 直にバラ, 直に華族, 眞砂町の, 眩いばかりの, 眼の, 知って, 知りつつ, 知りながらも, 私たちが, 私の, 種々な, 空間の, 素朴に, 美しく光る, 考うる, 考えたという, 考えたの, 考えられたから, 考えられたが, 考えられて, 考えられよう, 考えられると共に, 考えられるの, 考えられ勝ち, 考えるもの, 考える点, 聞いた時, 聞かされ怪塔王, 聞く, 聞くからには, 能登守は, 腰かけたまんま, 腹の, 腹を, 自分達の, 船長殺しの, 艫の, 花子は, 芸人らしく, 若いと, 苦しみを, 藝人らしく, 襟髪を, 見て, 見るも, 解するの, 解決され, 言った, 言つ, 言つた所までには, 言はれる, 言へ, 言われる所以, 許婚でござる, 説く一派, 調子が, 諸国の, 負けちゃうじゃ, 足蹴に, 述べたの, 途方に, 進んで, 遊女達の, 野鍛冶の, 金勝寺の, 長官の, 閉口する, 間もなくその, 間もなく夢中遊行, 間もなく新劇協会, 間もなく父, 間もなく獄, 間もなく自分自身, 間もなく谷, 青江に, 非常な, 領内の, 領土を, 頼みに, 首を

▼ されるよう~ (819, 5.4%)

151 になった 58 になっ 47 なこと 33 な気 23 になる 18 になり 14 である, なもの 10 な事 9 では, に, になれ 7 になったら, になりました 6 であるが, な場合, にし, に思われる 5 な気持, な気持ち, に思う 4 な, に努力, に感じた

3 [12件] だが, です, ですが, な心地, な結果, な覚え, にしたい, になつ, になります, に思います, に思われた, に私

2 [24件] であります, なそういう, な不, な不幸, な事情, な人間, な印象, な心持, な心配, な意味, な氣, な物, な生活, な社会的意識, な脚本, にお, にする, にならなけれ, になるだろう, になるであろう, に出来, に吾, に苦しかっ, に見える

1 [275件] じゃあこの, じゃだいじな, だ, だった, だったら僕, だったら自分, だと, で, であった, であれば, ですね, でたまりません, で好き, なあらゆる, なありさま, ないきさつ, なおくれた社会, なお子さん, なこの, なこんな, なご, なその, なとき, なところ, なふっくり, なへま, なら犯人, なわけ, なアクティヴ, なコロラチゥラ・ソプラノ, なノック, なバカ, なペダンティック, な一種感激性, な万引, な不安, な事件, な人, な人格, な人物, な仕事, な代議士, な何, な余技, な作家, な信仰, な偏屈, な偏差, な傾向, な僻みが, な兄さん, な具合い, な冒涜, な判断, な労働者学校, な危険, な危險, な厳密, な受動的, な名, な名状, な喜び, な四辺, な因縁, な地盤, な地謡, な場所, な大, な失敗, な女, な女々しい, な威圧, な嫌味, な学校, な宗教, な寒, な幻想, な幼稚, な心当り, な忌わしい, な念, な思い, な思いがけなく, な性格, な恋愛, な恰幅, な悪い, な悪事, な悲しみ, な悲運, な情勢, な惨めさ, な惻々, な意気込み, な意見, な愚, な感じ, な感情, な所, な振り, な文学, な方向, な方法手段, な日, な日本, な映画フィルム, な暮し方, な本, な村, な条件, な条章, な様子, な機会, な機構, な歯車, な段階, な気分, な沈黙, な油蝉, な溶けゆくよう, な火, な爆音, な特別, な環境, な生, な生活品, な用件, な疲労, な痛み, な発声, な目, な相手, な私達, な窓外, な精神上, な精神的結合, な純情, な罪, な美, な羽目, な臭気, な芸, な苦し, な苦しみ, な行い, な親, な言動, な証拠, な話, な認識能力, な貿易, な資質, な身姿, な過失, な違和, な邸宅, な部分的, な醜, な鋭敏, な錯覚, な間抜け, な陣構え, な雰囲気, な青い, な非戦論, な風変り, にここ, にさえなっ, にされない, にしなけれ, にすれ, にそれ, にただ, にたとえば, にときどき, にとも云った, にと結んだ, にと言った, になったであろう, になったろう, にならざる, になりはじめ, になるでしょう, になるらしい, にはっきり, にはるか, にましてや, にまでなっ, にも思った, にも見える, にやんま, にアメリカ当局, にテーブル, にトラック, にプロテスタント, にペンク一流, に一般, に万年筆, に世界, に主, に人工映画, に人間, に仕向け, に光, に入学, に分化, に努めなけれ, に勧めた, に十津川, に名誉, に呆, に善, に多情, に夜公判, に容易, に寝られる, に嶮, に平等, に弟子たち, に彗星, に心, に心得た, に心掛けたら, に思ったら, に思われず, に思われます, に恐れ, に感じ, に扱われる, に擽たく思った, に日本プロレタリア作家同盟, に書い, に書き直し, に書くべき, に望みます, に望ん, に油紙, に波, に現, に理解, に男子, に男性, に痛めつけられたら, に皆, に目的地, に相馬中村, に真理, に神, に第, に精巧, に絶対的空間, に習慣, に考案, に脚, に脱がれ, に脳髄, に自分, に被告ども, に要領, に見ない, に視力, に計った, に訴える, に語れ, に諸, に豊富, に足, に身, に軽く, に道徳, に遺っ, に降り, のこと, 御指図, 願いましたが

▼ されるもの~ (630, 4.2%)

64 では 59 である 15 だと 109 であるが, であること 8 であるから 7 がある, であります, であると 6 か, でも, なの 5 だから, ですから, でなければ 4 だった, であって, であるという, です, でないこと, との間, と信じ 3 だという, でないと, としての多, に就い, のよう

2 [32件] かどう, がない, だろうか, であ, でありますが, でありません, であるか, であるに, であるの, である以上, であろうと, でないから, でなくその, でなくては, で女学生時代, として, としての芸術, とすれ, となっ, となる, と思う, と思っ, と期待, と覚悟, ならば, に外, に属する, のやう, はない, は云わ, は他, もあり

1 [295件] かそれ, かちょい, かと乃公, かと怒り, かも知れない, かよく, から見れ, かを実験, か知ってる, か私, か腸, があった, があり, がありました, がことごとく, がなかっ, がなく, がなけりゃ, がなけれ, がみな嘘っぱち, がみな真実, が一人, が之, が交っ, が今, が何, が列記, が多い, が多分, が存外, が必ず, が此等抽象的, が理解者, が直観内容, が精神作用, が聞く, が肉體, が色々, が詩, が読者, が頻々, こそこの, さえある, じゃない, たるのみ, だが, だけが残る, だけで, だそこ, だったの, だといふ, だとは, だろうかと, つまりその, で, であった, であったろう, であつ, であらう, でありこの, でありこれ, でありまた, であり且つさ, であり之, であり仮説, であり假説, であり偶像, であり後者, であり従って, であり必ずしも, であり概念, であり謡, であるいは, であるかが, であるかという, であるかといふ, であるかによって, であるかの, であるかを, であるし, であるといふ, であるなどとは, であるにも, である又は, である限り, であればね, であろう, であろうか, であろうという, でこちら, でこんなに, でしょうか, ですが, ですし, でそれ, でない, でないという, でないとの, でない限り, でなかった, でなかったから, でなくかえって, でなくて, でなくても, でなく両性, でなく国民, でなく当人, でのんき, でアメリカ, で一生, で主観的, で人間, で作付期, で同じ, で新劇, で極端, で此処, で生硬さ, で秀策流, で芸術家, で西洋, というの, といっ, といつ, とかの, とがいっしょ, とが本末顛倒, とされ, としての理論, としてはそれら, としてはインチキたる, として存在, として生涯, として自己, とする, とただ, となるでしょう, との二つ, との二種類, との区別, との客観的, との属性, との立場, との関係, とは何, とは考えません, とは限りません, とみえ, とみえまする, とみえる, とみなけれ, とも彼, と世の中全体, と予め, と予定, と事実上, と仮定, と信じます, と対立, と思い, と思いこん, と思うべし, と思った, と思ふ, と思われる, と推定, と昔, と知, と私, と考え, と考えさせ, と考えられる, と考える, と考へ, と見え, と見なけれ, と説かれる, と限りません, ならそれ, なること, にあった, にたよっ, になっ, にもあっ, にも親しみ, によって癒される, に大神神社, に対する絶望的, に突き当る, に耳, のある, のこと, のごとく, の悲哀, の方, の方面, の本質, の生じ, の種目, の立っ, はいつも, はうるさく, はこの, はこれ, はすべて, はすべて特別, はそれ, はそれ自身, はただ, はどうしても, はないでしょう, はなかっ, はなかつた, はむしろ, はもはや, はわずか, はソレ以外, はニュース映画, は一点, は一般的, は主観, は之, は云う, は位置, は何, は何一つ, は何等, は例えば, は公式, は労賃, は単に, は哲学, は大, は大きく, は大きな, は大抵, は失はれたる, は存在, は実は, は少ない, は常に, は平民, は弁証法, は思想, は批評, は既成文化, は時代, は未だ, は概念, は殘, は無くなりました, は物体, は現実, は現実自身, は発明技術者, は空間, は第, は素子, は絹布類, は自ら向, は薄利多売, は視覚, は遂に, は違っ, は階級的, ばかりでなく, ほど課税, また反対, もあります, もある, もこの, もなかっ, も何等, も尠, やらこれ, やらどう, よりなお, よりもっと, よりも一段, をうれし, をみんな, を何, を唯物史観, を客観的, を形成, を心, を感じ, を持っ, を澤山, を甘, を産み出した, を皆意味, を見せられました, 以上に, 即ち認識

▼ されるという~ (461, 3.0%)

63 ことは 30 ことに 25 ような 24 のは 20 ことを 18 ことが 13 ことである 7 ことも, のである 4 こと, ことで, のが 3 のだ, のも, ふうに, ものです, 事は, 事実を, 意味に, 現象が

2 [23件] ことから, ことだ, ことだけ, こととの, ことな, ことには, ことの, ことより, こと自身が, ので, のであった, わけです, わけな, 一つの, 一種の, 事実は, 喜びに, 噂が, 意味で, 意味では, 条件である, 様な, 道理は

1 [172件] おそろしい装置, こういう定め, ことこれである, ことすなわち, ことその, ことだけでも, ことだけは, ことだった, ことだって, ことであっ, ことであった, ことです, ことと, ことにも, ことに対して, ことらしいです, ことをば, こと以外に, さわぎでした, その他の, のか, のだろう, のっぴきならぬ, のであろう, はずは, まことに卑近, ものか, ものであろう, ものも, やつは, ように, わけだろう, わけで, わけである, わけには, ケーラァ, ジェット機などは, テーマによって, 不法の, 世にも不可思議, 中世的な, 主張に, 予言を, 事が, 事だ, 事に, 事も, 事を, 事をも, 事件も, 事実が, 事実である, 事実に, 事実も, 人も, 企画は, 信仰は, 偶然の, 傾向性を, 公式は, 処まで, 前の, 前日殆ど, 効果が, 区別は, 危険をすら, 原則を, 双六谷には, 取り沙汰だ, 周知の, 噂で, 噂である, 噂を, 報告が, 報道な, 場合が, 場合は, 外見上の, 始末でしょう, 康らいだ, 廻合せの, 弥陀の, 弱点を, 当時の, 形を, 形式が, 心配なし, 心配も, 性質の, 悲劇的な, 情景を, 情況であります, 惨めな, 意味からも, 意味だろう, 意味であります, 意味である, 意味での, 意味の, 意味は, 意地であっ, 意外な, 意外の, 感動もうけられなかったろう, 感情を, 戦慄的な, 新聞記事を, 日の, 日の出の, 普遍的意味を, 月の, 有り様であった, 有様であった, 望みは, 期待が, 本質を, 条件が, 条件で, 条件の, 概括に, 構造に, 次第だ, 歎声に, 段階に, 気持私は, 法難と, 点から, 点が, 点だけを, 点で, 点に, 点は, 無理な, 特徴は, 状態であった, 状態である, 珍現象も, 現象の, 理想を, 理由から, 理由のみによって, 秘密の, 程度かも, 第四項, 筋, 経緯が, 経験に, 結果をも, 結論も, 継子に, 美しい希望, 羽目に, 考えは, 考え方である, 自信を, 観を, 観念も, 言葉自身を, 記事が, 許りでなく, 評判が, 話, 話である, 説との, 説も, 関係, 風で, 風な, 風に, 風には, 騒ぎ, 驚くべくまた

▼ される~ (422, 2.8%)

28 至った 25 至ったの 23 違いない 18 しても, ちがいない 16 きまって 13 相違ない 10 及んで, 至って 6 過ぎない, 違ひない 5 ちが, 到つた, 極って, 至る時, 違いありません 4 当って, 至ったという, 至るの, 過ぎないであろう 3 いたった, 到った, 到ったの, 決って, 決つてゐる, 至ったもの, 過ぎないならば

2 [19件] いたったか, いたつた, すぎない, せよ意識, ふさわしくなっ, 他ならない, 就て, 比べれば, 比例し, 決まって, 至ったか, 至っては, 至つた, 至つたのである, 至つては, 至らない, 至るであろう, 至るならば, 過ぎずそして

1 [149件] あたつ, あらざれば, いたったこと, いたってからの, いたりました, いたるの, いたる全, おあつらえ, かかわらず一, きまったあるし, きまったもの, きまってたん, きまって居る, きまつてるから, しろそれ, しろ大局, しろ直ちに, しろ需要供給, せよどっちみち, せよながく, せよなほいくら, ちがいありません, つけて, つけても, つれて, ふさわしいよう, ほかならない, 価しない自分, 値いし, 値いしない, 値いする, 値すると, 先だって資本が, 先立って, 先立つて, 入院する, 到ったこと, 到った動機, 到った私, 到っては, 到つたと, 到る, 到るであろう, 到るの, 到るや, 十分値し, 及ばなかった, 及びその, 及び社会党, 及んだの, 反して, 堪えがたい, 堪えないの, 堪えられぬご, 委ねられて, 定って, 定つて, 就いて, 当っては, 当りこの, 当り水蒸気, 從つて下剃, 從つて多くの, 從つて娯樂を, 從つて愈, 從つて木版や, 從ひ, 応じて, 恥ずかしくない, 恰好な, 拘らず彼, 拘らず本当に, 於て, 極つて, 極まって, 止まった, 止まるだろうと, 止り未来, 正確に, 異ひなかつた, 當つては, 當つて日本人は, 相応わしい, 相違なかつた, 相違は, 耐えるところ, 至ったこと, 至ったすべて, 至ったと, 至ったところ, 至ったとは, 至ったので, 至ったはじまり頃, 至ったらしいの, 至った時, 至って後, 至つたほど, 至つたようである, 至つたらしい, 至つた事は, 至つた程, 至つてから, 至つてゐた, 至つてゐない, 至らず客, 至らないもの, 至らなかった, 至らぬ間, 至りそして, 至りため, 至りました, 至りませんでした, 至りまた, 至り吾, 至り彼, 至り電磁力学, 至ること, 至るであろうから, 至るという, 至るに, 至るにつれて, 至る場合, 至る驚くべき第, 足るだけの, 足る事績, 足る内容, 足る小説, 足る正しい, 連れて, 過ぎず地代, 過ぎず結局日日新聞, 過ぎないから, 過ぎないだろう, 過ぎないもの, 過ぎない時, 過ぎなかった, 過ぎなかった沈黙, 過ぎなかつた, 過ぎなければ, 過ぎぬ, 過ぎぬこと, 過ぎぬにも, 違いありませぬ, 違いなかった, 違ない, 適したいろんな, 適当だろう, 難くない, 非常に

▼ される~ (236, 1.6%)

11 ままに 6 よい 4 これは, 私は 3 しかしその 2 いい, それは, それも, もとより専務, よろしかろう, 併し, 嫌で, 日本の, 陛下が

1 [190件] いいや, いま書い, けれどもそれ, こうした歴史社会的, ここ蝦夷にも, ことに教育, この作家, この兵士, この卓上, この合奏, この国, この場合, この実証主義それ自身, この耳, これが, これを, さてここ, さてそれら, さて相手, しかしこれら両者, しかし小説, しかし自分たち, じつとして, すると武平次, そこにまで, そのかわり音, そのこと, その一歩手前, その上, その不, その両者, その中, その台座, その在りかた, その場合, その女, その媒介, その度合, その方法, その波うち, その言葉, その頃, それだけ売れぬ, それと, それとても, それどころで, それについては, それよりも, それを, たうとう, ためである, ために, だいたい居酒屋, ちょっと読んだ, とにかく健康, どうかする, どうか何, なおその他, なるほど恋愛心理, ひどい体臭, またこれ, またやがて, また平生, まだなに, ままにも, ままもう, まま先刻舞踊家の, もしそれ, もっと内部的, もっと大, ゆえに人材, ようご, ようです, よくは, よろしい, わが国では, ナポレオンは, マニラ湾の, 一方には, 上っても, 上海の, 不憫じゃ, 之から, 二十分や, 今日では, 今日の, 何が, 何よりの, 何度やっ, 例えば信乃, 例えば画面, 価なし, 側の, 僕としては, 先生の, 冬の, 出所が, 初めの, 又何等, 反坐, 古聖, 可から, 右の, 同時にアラビア, 同時に時代, 同棲し, 固体分子間の, 国家の, 墨は, 壮丁の, 外国人からは, 大量に, 奥住龍子の, 如き場合, 如き觀, 如く思はれ易い, 姉の, 娘の, 孰れ, 実際は, 実際はさ, 実際登っ, 實際には, 平均と, 幾何学的には, 彼女達は, 後に, 後には, 後撰集巻十三恋五, 心平さんの, 必ずしもこの, 必らずしも, 愛されすぎた子供, 憫然だ, 懐疑論は, 承知かな, 描かれては, 故である, 故にこの, 故にそれ, 故にも, 故に復歸, 数と, 新聞現象にとっては, 斷じ, 既に前, 日本人は, 日本海方面に, 普通には, 更に驚嘆, 朝廷の, 朝霞という, 本人は, 本場の, 東洋の, 椿岳独特の, 構想そのものは, 水晶は, 決してそれ, 深さ, 然しそれでは落ち付き, 物の, 犯人の, 甲府から, 直接の, 社会の, 立入つて考察すれ, 結局は, 美人必ずしも, 美点は, 自分の, 自己實現の, 花袋も, 芸術である, 菊池寛の, 行って, 製造業者は, 見ぐるしい終局, 調和協力は, 跛足が, 身許が, 身銭を, 農業資本に, 辺土の, 遠慮なく云え, 遺憾な, 金刀比羅の, 鉄道には, 録音が, 香が

▼ される~ (208, 1.4%)

7 どうか 4 わかりません 3 どうかは, どうかを, 否かは, 知れやしない

2 [12件] しれたもん, それは, それを, どうかも, わからない, 分ったもの, 分らないから, 分らない身体, 否か, 知れたもの, 知れないの, 解りません

1 [161件] あまりに不安, あるいはその, あるいはイギリス, あるいはワシレンコ, あるいは新しい, あるいは正面, あるいは気高い, あるい後日, いったいどういう, きいて, こつちが, このいづれ, これは, こんな研究, さもなければあっさり, して, しないうち, しれないこと, しれないと, しれないので, しれないん, すなわちやや, するだろうから, そういう風, そうでなけれ, そない, それが, それともブルジョア政党, それとも民衆, それとも誰, それらの, であった, である, でなかつたら戦死, でなければ彼等, どうかという, どうかといふ, どうかなんて, どちらかに, どっちみち碌, はね, まことに覚束, またはそれ, または一部分, または双方, または弱い, または新, または旧, または緒言, まるで知ってない, まるで見当, もしくは支那語, もっと具体的, ような, わかったもの, わかったもん, わからないが, わからないし, わからないじゃ, わからないそう, わからないと, わからないという, わからないなんて, わからないの, わからないぶっそう, わからない不安, わからん, わからんな, わかりませんよ, わかりゃしねえ, わかりやしない, オサオサ油断は, 丙が, 予測を, 二つに, 人民が, 今の, 但しは, 何れか, 充されない, 全く見当, 分からないので, 分らない, 分らないこんな, 分らないそういう, 分らないと, 分らないところ, 分らねえの, 分りません, 分りゃしない, 判ったもの, 判らないから, 判らないの, 判らないので, 判りやしない, 又は之, 又は反証, 又は司直, 又案外, 取殺されるに, 口を, 同化されるかした, 否かで, 否かに, 否かによって, 否かも, 嘲笑される, 如何に放漫, 嫌疑を, 実験し, 少しく滑稽, 弱い生物, 恐らく想像, 恐らく知っ, 息を, 或は弾丸, 扱うに, 批判される, 投獄と, 担保が, 斷は, 毒を, 海の, 演奏される, 爆弾や, 目安箱に, 知らないが, 知りませぬが, 知れたもんぢ, 知れない, 知れないし, 知れないそう, 知れないと, 知れないので, 知れない状態, 知れぬ欅, 知れねえからのう, 私の, 自爆する, 興あり, 若くは, 若しくは自ら, 見と, 見ものだ, 見当も, 解らない, 解らないから, 解らないと, 解らないという, 解らないの, 解らないやう, 解りませんからね, 計り難い, 訊ねて, 訣らぬ, 醜き奴, 量り知れない, 難しい, 顏を, 馬鹿, 高々条件つき

▼ されるので~ (186, 1.2%)

27 あつた 5 あつて 3 あらうか 2 あらう, これは, それが, 卯平は, 彼は, 彼も

1 [139件] あっちへ, あらうが, ある意味, いよ, かういふ應答, こういう人, ことによる, このやう, この戯曲, この畝, この窮状, この簡便, この頃, これを, ござりましょう, せう, せうね, せっかくの, せん方なし, そこから, そのとき, その余興, その声, その書中, その能, それで, それと, それには, それを, だんだん甘ったれ, ちょうど絞殺, ついにけんか, つひさうな, つむじを, ときにより, とてもさう, どうした, なお不満, なるべく級, また高い, まったく目ざましい, もうこの世, もしも相手, やつれて, やむをえず出家, わかるの, わるい気もち, 一と, 一度ぜひ拝見, 一日掛りで, 一般にいずれ, 丁度合っ, 二人の, 今夜あたりどんな, 今度の, 今朝から, 他の, 仰むようにして, 仲裁に, 会社の, 何う, 何か, 何かの, 何となく来, 作品の, 作業そのものが, 先生を, 光や, 光を, 其れ, 列車または, 勇んで, 十勝から, 半七, 単に翁, 問題を, 器械貸の, 外国語を, 多くは, 大抵の, 女房や, 学校の, 将士は, 小坂部は, 山田氏の, 常に家内, 彼と, 御座り, 御譲位前, 心から帰服, 応急の, 恐縮する, 愈, 憐を, 我慢が, 所どころに, 新聞や, 明治十八年頃から, 昔から, 昨の, 有る, 朝日岳を, 未だ返事, 松山の, 構成要素の, 次第に全身, 此の, 此処から, 殆ん, 気の毒な, 汚されては, 決して無, 涙が, 清の, 澹山は, 無く香り, 熊本の, 父に, 疱瘡痲疹の, 疲れ頭, 皆面喰っ, 知らず知らず言問, 私の, 私は, 私も, 私ら呑ん, 空しく一箇所, 窒息に, 窮乏する, 脳への, 自分も, 自然と, 自然買い手も, 興味を, 芋銭先生に, 費用も, 走り井の, 通り際に, 遠泉君

▼ されるかも~ (172, 1.1%)

29 知れない 20 しれない 8 知れないと 6 しれないが, 知れないが, 知れません, 知れませんが 5 知れないの 4 知れぬ 3 しれないと, わかりません, 知れないから 2 しれないけれども, しれないこと, しれないじゃ, しれないという, しれませんが, 知れないという, 知れぬが, 知れませんよ, 解りませんから

1 [55件] あの中, しれず新しい, しれたもの, しれないかく, しれないけだし, しれないしかも, しれないどうか, しれないの, しれないん, しれないモスク, しれない戦争, しれない望み, しれない生命, しれなかった, しれぬ, しれぬが, しれぬという, しれぬ父君, しれぬ過去, しれません, わからず寅藏, わからないと, 分らないの, 判らないと, 判りませんよ, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないぜ, 知れないその, 知れないぞ, 知れないであろうその, 知れないでしょう, 知れないとまで, 知れないなと, 知れないので, 知れないよ, 知れないよそ, 知れない切支丹, 知れない判ったかという, 知れない同じ, 知れない彼自身, 知れない氣持ち, 知れなからうが, 知れぬから, 知れぬと, 知れぬので, 知れぬ古い, 知れませぬが, 知れませんからね, 知れませんし, 知れん, 知れんという, 知れんところ, 見たこと, 解らない母親

▼ される~ (172, 1.1%)

24 になった 8 になる 7 になっ 6 がある, になり 4 が多い, になりました, もある 3 になつ

2 [16件] があります, が出, であらう, である, でしょう, と思う, と覚悟, なしに, になつたの, になります, はない, は何, を感ずる, を望ん, を疑わない, を示した

1 [74件] かと思われる, かどう, からのがれる, があった, があつ, があろう, ができれ, がない, がなくなっ, が出来ない, が堪らなく, が多かっ, が嫌い, が少く, が日本, が時々, が有る, が本質的, が無く, が無くなり, すなわち絶対, だけは助かった, だらう, だらうと, だろう, であります, でありまたたとえば, であるが, では, となっ, となった, と存じます, なく結婚, なく進む, になるで, にもちっとも, によつて肯定, に内定, に相成りますれ, のない, のなかつた, はいわゆる, はがえんじないだろう, はたまらない, は出来ない, は当り前, は当然, は必常, は恐ろしい, は恥辱, は極めて, は珍しく, は甚だ, は覚束, は誰, は辛抱, もあ, もあつ, もありましょう, を一同, を何, を切望, を喜ん, を如何, を希う, を心配, を恐れ, を懇願, を望みました, を知った, を考へた, を覚悟, を願, 甚だしいもの

▼ されるやう~ (169, 1.1%)

33 になつ 9 なこと 6 な気, になる 5 な氣, になり 3 である, では, なもの, な日, にな

2 [11件] な事, な人, な場合, な惧, な男, な痛み, にし, になりました, にも思はれ, に感じた, に見える

1 [68件] だが, だつた, であるから, でお, で不愉快, で詰まりません, なそんな, なジグザツク, な世間人, な事実, な事實さ, な人間, な作品, な可憐美麗真実, な夢見がち, な室内, な底, な心持, な思ひして, な惡事, な憤りさ, な戯曲, な振を, な支那, な時, な暗, な様子, な氣持, な焦燥, な物売, な痛, な空氣, な職場, な言語, な間拔, に, にこれ, にする, にとスタンレー, にと思つて, になった, にならなけれ, になるだらう, にフラフラ, に二人, に人間, に仕向けた, に仕組ん, に仰り, に充分, に光, に勸め, に取り計らつた, に各種, に大きな, に奇妙, に容易, に心, に心得た, に思はれる, に思ひすぎ, に我々, に桂華, に水, に江戸中, に福田氏, に習慣, に願った

▼ される~ (157, 1.0%)

6 にはその 4 にその 3 が来た, が来る, なの, にはそれ 2 で私, になつ, になる, に限るであろう, を待っ

1 [125件] あるいはその, いつも私, がきた, がございます, が來, こそ今, こそ文化, この概念体, この行為, この言葉, その問題, その圧倒性, その時, その根本的特徴, だ, だけであった, だけであつ, だけな, だったもの, であり又, である, であると, でもあれ以上, でも大望, でも老人, とまさに, どういう形, など真弓, なんざ, にだけ彼, になくなっ, になっ, にならなけれ, にのみ確固たる, には, にはあんな, にはいった, にはおそらく, にはだから, にはどうしてこう, にはエレン・ケイ女史, にはテレ, には三〇クヲタア, には二〇クヲタア, には人々, には他, には勿論, には吾, には四〇クヲタア, には土壌, には大事, には好餌, には如何なる, には実に, には常に, には抑, には折角, には早婚, には母國, には決して, には牧牛, には租税, には穀物, にまことに, にもだれ, にももし, にも先生, にも太后, にも眼, にやられた, にサンスクリツト, に元, に初めて, に取られた, に天, に日本, に用いられる, に私, に腹, に苦しい, に限っ, に限られる, のその, のよう, の夢, の感銘, の態度, の条件, の来た如く思い, の気持, の氣, の苦しみ, の辛抱, の連中, はお子さん, はその, はそれ, はよく, は一切, は割合, は半, は必ず, は日本人, は湯加減その他風呂場, は細君以外, は経済的労働, は限り, までは土地, まで婦人独自, まで幾年間, もう沢山, もそう, も恐らく, も源氏, を恐れ, を楽しみ, 初めて本当に文化上, 初めて研究様式, 又仕事, 始めて, 常により現実的, 持ちかえられたが, 特に多く, 益々物理的対象, 第三

▼ されるから~ (139, 0.9%)

45 である 103 して, であった, であろう 2 であります, です, では, 農村の

1 [67件] いけない, いやに, うちでは, お帰りなさい, ここに, これを, そう無, そこに, そっと庭, その小, その色, それは, それ以下には, たいていの, たがいに, だった, だと, であ, でありまた, であるか, できあがったもの, でそこで, でそれ以外, でもちろん, また粗, もう嫌, もしも異状, カケコミ教には, テーマの, 一つの, 一見不滅, 之に, 人も, 仲間喧嘩を, 伸子は, 余も, 余り輸出され, 僕が, 其の經過, 其面持も, 吾人は, 問題に, 地震計は, 大学は, 妙である, 子熊, 寸進尺退, 常識なる, 愚人しか, 或る, 振動の, 振返り, 日本人の, 早くお, 時々威勢, 暑いの, 本人は, 東京から, 此処に, 氷上釣の, 無理押しに, 王は, 生活資料は, 真逆と, 結婚から, 自然彼の, 闘牛の

▼ されるところ~ (131, 0.9%)

6 でした 4 があった, がない, だった, であつ 3 だったよ, のもの 2 だったの, だったん, であった, にある, の形

1 [93件] かと存じます, からその後, から生れ, から習慣, があつ, があり, がある, がそれ, が多, が多い, が多かっ, が無かっ, が生じ, じゃ問屋場, だけを日本在来, だったが, だったじゃ, だったそう, だったね, だったわい, だつたよ, だつたん, だろう, であったが, であったろう, である, であろう, でしたが, でしたよ, でしょう, ですから, では有る, ともいえ, なくぢ, なく純真, なぞを同業, などあった, なの, にはいつも, による, に哲學, に多, に成立, に来, に深い, に西洋人, のひとつ, の一つ, の世にも, の借金, の判斷, の大, の女, の必然性, の想像力, の文章, の時間, の最も, の歴史的, の無, の現実, の精神, の純理論的, の自然, の芸術, の行爲, の西洋小間物, はある, はただ, はない, はみられた, は今, は同じ, は文学, は知らない, は飛び越し, へこの, へと向っ, までなっ, までには月日, もあらう, もあります, もありませう, もある, もちゃんと, もない, よ少し, を七本手, を以て返礼, を弟子, を探す, 多く読んだ, 迄こぎつけた

▼ されるわけ~ (118, 0.8%)

27 である 138 です 7 では 6 でも 4 のもの, はない 3 だから, であるが 2 がない, だが, でつまり, なの, もない

1 [33件] か, かい, がある, だからね, だろう, であった, であったが, であります, である処, であろうと, でしょう, ですか, ですが, ですね, ですネ, でそれだけ, でどう, で哲学, で多分, で少なくとも, なん, にいかなかった, になっ, になる, にはいかない, にゆかない, のこと, はないだらう, はなかっ, は無い, もなかっ, も絶対, を論じた

▼ されるため~ (96, 0.6%)

2 なの, に, には, には愛

1 [88件] かもしれない, この不自然さ, その本人, その経験, だろうが, であったの, です, ではなかっ, とかどう, と思われる, にある, にいかほど, にいろいろ, にお, にこそ両者, にこの, にこの世, にそこ, にただ, にはすでに, にはそこ, にはその, にはつまり, にはどうか, にはどうしても, にはまず, にはるばる, にはポルトガル王, には云わ, には何, には余りに, には又, には哲学的範疇, には奴隷, には守るべき, には彼等, には無限大, には猿楽, には生, には空間直観, には被害者, には記憶, には軍部団, にみじかく, にも諸, にエロス, に一寸, に一種, に二人, に他人, に何等, に南, に取材, に呼び出された, に如何なる, に客座敷, に宮, に市場, に彼, に彼女, に思い描いた, に戯曲, に既に, に書きつけ, に本年二月公布, に水, に温度, に生ずる, に生まれた, に生れ, に私, に結果, に絶えず, に缺, に置き換えられる, に船, に萬一, に辛苦, に造られた, に飛行機, に骨, のプラン, の公式, の出師, の王族, の種々, の経済的根拠, ばかりで

▼ される場合~ (96, 0.6%)

9 が多い 6 がある 3 である, に母, もありませう 2 のその, もある, も起る

1 [66件] があります, がありませう, があるであろう, がしばしば, がはなはだ, が六割, が多かっ, が少ない, が屡々, が無限, が生じ, このもの, その主張, だと, でも写真, とでは条件, と適用, なん, にあっ, にいかに, においてもそれ, におとし, にこれ, にはこれ, にはそれ, にはそれでは, にはもう少し, には他, には包帯, には同一, には四角い, には小酒井さん, には材料, には決して, には老婆姿, には荘厳, にも非常, に公衆, に出, に就い, に我々, に殆ど, に躊躇, に限ります, の外, の多い, の審判者, の物質的根本動力, はあっ, はない, はもとより, は単に, は極めて, は結局, もあった, もあつ, もしばしば, も出, も女性, も少し, も永遠, よりも税金, を予想, を考へれ, を顧慮, 特に白血病

▼ される~ (92, 0.6%)

188 です 7 ですか 6 だから 5 でしょう 4 だよ 3 じゃない, だが, だな 2 だと, だらう, だろう, ですね

1 [27件] じゃ, じゃありますまい, じゃねえ, じゃねえです, じゃわし, だか, だからね, だがね, ださうだ, だぜ, だその, だぞ, だもの, だろうって, だわ, だ試し斬り, ですからね, ですからねえ, ですが, ですって, ですつて, ですもの, ですわ, でなくては, でね, ならわるい, や

▼ されるまま~ (80, 0.5%)

30 になっ 4 に任した 2 にこの, にし, になった, になり, に任し, に廻

1 [34件] そこで何日, その華やか, にあたし, にあらゆる, にいい, にお, にさき, について行く, になってる, にならなけれ, にまかした, に一つ, に上る, に上級, に五つ六つ, に任せる, に多い, に奥, に女子青年団, に導かれる, に彼, に従った, に手傳つて働らくの, に曾根崎新地, に気位, に純文学作品, に繰り返し, に行っ, に赤坂山王台, に足, に身, に逆らい, に開放, の道

▼ されるばかり~ (75, 0.5%)

9 では 6 だ, である 5 です 4 でなくその, でなくまた 3 だった 2 で, であった, でなくそれ, でなく更に

1 [30件] ことに今, だから, だつた, だと, だシ, ぢや, であったから, であるから, でご, ですもっと, でどうにも, でなくそれぞれ, でなくどんな, でなくやや, でなく作らるべき机, でなく客觀的實在世界, でなく小説, でなく波江さん, でなく真に, でなく芸術界, でなく読者, でなく量的, でも, で何, で何一つ, で折角大ら, で朝廷, で無く, で道端, なの

▼ される~ (70, 0.5%)

9 である 6 はない 5 のもの 4 がない, であった 3 だ, もなく 2 なの, になっ

1 [32件] うかとはいる, がなく, が無い, が無かっ, だった, だったが, だった自然科学, だと, だ夫, であったから, であったの, であつ, であるが, でいや, ですね, でないこと, では, と思ふ, のこの, のところ, のない, の外国, の娯楽, の当時, の感情, の所, の物理学, の私, はありえない, はなかっ, もあるまい, もない

▼ されるはず~ (60, 0.4%)

9 である, はない 5 がない 4 もない 3 のもの 2 がなかっ, だ, だった, であつ, であるから, になっ

1 [18件] が無い, であった, でありそして, でございます, です, では, ないやろ, なの, のこと, のその, のところ, のカルメン, の大井米, もありません, もなかっ, もなく, もなし, も利益

▼ される必要~ (58, 0.4%)

29 がある 6 はない 2 があった, があります, があるだろう, のある

1 [15件] がありまし, がない, がなかっ, が有る, が痛感, なるもの, に迫られた, の生じ, は全然, は少し, もない, を云った, を持たなかった, を有, を語った

▼ されるだけ~ (57, 0.4%)

8 では 53 だった, であった, である, です 2 でしょう, なの

1 [28件] あって, あつて平次, それだけ多, それだけ真, それだけ自然論, だつた, だという, であって, であろうという, でい, でいっこう, でございましょう, でそれ以下, でなくその, でなく具体的, でなく多く, でほんとう, でよい, で他, で幾多, で書籍, で精, で若, ならいい, ならさして, 困らして, 成長した, 自覚した

▼ される~ (57, 0.4%)

3 が来るであろう 2 が多い, が来ない, が来れ, であった, のある, の近づいた, を待っ

1 [40件] があっ, があまりに, がいつか, がきた, が來, が思った, が来, が来た, が来たら, が来ました, が来る, が近づいた, が近づけ, であったから, である, であるけれども, ではない, と思う, なので, になれ, に向っ, のない, の來, の来る, の近く, は, はきた, はその, は来ないであろう, は来るであろう, は近い, までを同時に, まで飜訳者, もいつか, を希望, を待ちかね, を待ち望ん, を待望, を覚悟, を迎え

▼ される~ (53, 0.3%)

5 の物質 2 がある, では

1 [44件] があります, がいい, がたしかに, がはるか, がふさわしい, がまし, がキット, が保守家, が可, が多い, が恐らく, が悪い, が時々, が未, が遥か, だから, だって迷惑, であったかも, であり自分, であると, であろうが, でも, でも同様, で私, とあり, とする, と両方, にはあり, に一言, に弱味, に特等訊問法, の人間, の解釈, はふるえ上がっ, は外国, は対手, は日本, もある, もあるでしょう, もよほど, もをかしい, も一層, も好か, も或は

▼ される~ (50, 0.3%)

11 のもの 2 にその, のイデオロギー, の一つ, の一面

1 [31件] からいつの間にか, から地方, がなけれ, が愈々, が甚だ, ではなく, とは異, にまで行っ, に初めて, に成り立つ, に社会科学的批判, の, の体系, の力学, の対象, の或, の文芸批評, の特徴, の真理, の社会, の社会人, の社会科学, の絶対的, の自然哲学, の要素, の階級的偏見, へ悪魔, も少く, を家, を見た, を見ない

▼ される~ (49, 0.3%)

1 [49件] あげくに, あつしは, あなたの, かたがた兄の, かつその, ここへ, この女, この本, さりとてその, するため, そうなる, その時, ただの, ぼくと, またこの, またさ, また各人, また政府, 上司小剣が, 世間の, 今また, 他の, 労働者の, 医師は, 又其頃, 又県庁, 受持の, 大きな岩, 大事な, 学者仲間には, 家宅捜索も, 少しでも, 心も, 懐中も, 手記を, 新しい時代, 日本海軍潰滅前後の, 時日が, 果ては, 植木屋の, 水や, 満州のかの, 火星人に, 社外に, 私は, 腕が, 自主独立の, 行末の, 風土は

▼ されるとは~ (46, 0.3%)

3 思って 2 いえしかも, 即ち意識化

1 [39件] いえなお, いえまた, いえ絶えず, かぎって, かく直観, きまって, されて, それが, だらけ切った時代, なんという, よくよく無能, われわれにとっても, 一様でない, 一面に, 仮定されなかった, 何か, 何たること, 何と, 何と云, 如何いう, 川端康成も, 彼等も, 心外です, 思いがけないこと, 思いませんが, 思わないが, 思わなかった, 思われないであろう, 思われなかったの, 想像し得ない, 想像も, 考えられて, 考えられない, 考えられなかった, 蓋しその, 限らず中, 限らない, 限らないが, 限らない多く

▼ されるまで~ (44, 0.3%)

1 [44件] ああやっ, これを, ずっとその, そしてある, その増加, それからまた同じ, つづいた, つづくだろう, である, なお生き, みな手を, ヴォルガ中流の, 一つの, 三千代の, 何万人の, 余は, 便々と, 六ヵ年の, 其金に, 君は, 吾, 四ヵ年ちかく, 四名の, 大分時間が, 彼女の, 彼女も, 待つため, 待とうと, 意地の, 我慢し, 持続するであろう, 次の, 毎朝こんな, 現場の, 田舎豪傑には, 知らなかった, 祖先達に, 続いたの, 続けられるであろう, 街道に, 記事を, 誰も, 酔潰れかねないの, 默つて居つた

▼ されるとき~ (42, 0.3%)

2 いて, には黙殺, 即ち囘顧的

1 [36件] あの家, がくるだろう, が来た, この広場, その時我等, にあなたら, にこれ, にだけ正しく, になる, にはいつもかなり, にはかなり, にはきわめて, にはひどく, には不快, には如何, には腹一ぱい, にわれわれ, に別人, に机博士, に限つて, のこころよい, のこと, のよう, の物語, の調査, はさ, は恐ろしかっ, は物凄かっ, まった修作, まって, も近い, 主觀主義, 初めて在る, 初めて對象, 当然に, 既にもはや単に外国

▼ されるには~ (42, 0.3%)

2 甚しい, 至らなかった, 違いない

1 [36件] あまりに大き, あまりに新しかっ, いま一段の, かかる風習, こまる, これに, されたが, ふさわしくない, まだ早い, わたしも, 三年五年ないし, 余りに彼, 余りに相応しい, 値しないもの, 兄の, 出来あいの, 到らぬに, 十日か, 博士に, 及ばないほどの, 大きな努力, 当らないの, 当らなかったろうに, 当らなかつたらうに, 当るまい, 必らずしも, 死より, 特別な, 玉璽が, 糺弾される, 自分の, 至らない, 色々な, 適宜かと, 随分色々の, 非常な

▼ されるといふ~ (40, 0.3%)

2 やうな, 絶望的な, 考へ方

1 [34件] そんな矛盾, ハッキリした, 不可思議な, 事実に対する, 事実は, 事實が, 具合で, 噂のみ, 多くの, 大變, 宗教思想を, 心配, 性質を, 悲劇的な, 意味を, 意外な, 感じが, 普遍的意味を, 有樣, 機会に, 瀬戸際に, 甚だ憂ふべき, 私刑を, 結果を, 義務を, 苦しみが, 苦境に, 蟹の, 話とを, 話を, 過去も, 関係に, 風で, 風習で

▼ される~ (40, 0.3%)

3 の側 2 の位置, の寂し, の苦痛

1 [31件] があります, がいかに, が不安さうに外科醫, が出る, が感ずる, が沢山, が被る, が首, しかはいらない, である, とがある, にとってどんなに, にとってなにごと, にとってはおそろしい, に対する同情, の上, の中, の優越感, の多数, の敵, の目, の立場, の苦しみ, の蒙る, はあの, は普通, は蝉, は非常, もわからない, も居れ, も当初

▼ される~ (39, 0.3%)

2 には必ず, に何

1 [35件] からたぶん, か梱包, に, にい, にそれ, にどんな, にはいや, にはまた, にはわれわれ, に何処, に君, に大, に妻子, に怖, に既に, に書かれた, に現実社会, に病死, に白鷹氏, に盗賊, に私, に考慮, に自分, に自動車, に艀事務所, に行なわれた, に辞表, に革命裁判, のよう, の不安, の日, の晩, の芸術, へ来合わせた, までは大体昔

▼ される理由~ (39, 0.3%)

5 はない 3 がある

1 [31件] から之, があった, があり, があるであろう, がなかっ, がなかつた, がなく, が分らん, が明らか, が此方, だと, としてお, にはならない, には何, によって概念, のなかっ, の一つ, はあの, はありえない, はある, は何処, は假, は少し, は極めて, は正造, を必ずしも, を持たないであろう, を私, を見出し得ない, を見出すであろう, 乃至原因

▼ されるまでは~ (37, 0.2%)

2 倫理の, 私は

1 [33件] おそらく仏像, かすかに, この事件, これらの, すべて極めて, その五十, それ以上家屋は, とうてい港内, どこにも, なかなか日本, むしろ無邪気, 一塊の, 他の, 兄の, 動揺し, 多くの, 失踪の, 小山を, 市に, 引続きそうであろう, 引続きそれ以下, 恐らく殆, 手製の, 歩みを, 気が, 真面目な, 知ること, 絶対に, 船室から, 誰にも, 誰も, 重蔵も, 長いこと郡長

▼ されるかと~ (34, 0.2%)

5 思って 2 思う, 思うと, 思ったのに, 思ふ

1 [21件] いいますと, いうに, いえば, いきた空, いって, いふこと, 云う心持, 云えば, 冷いやりさせた, 危ぶまれた, 思った, 思ったくらい, 思ったら私たち二人, 思ふと, 思ふ位, 思われないでも, 恟々として, 私は, 見えたが, 言うこと, 訴え出た時

▼ されるよりも~ (34, 0.2%)

3 先に 2 より多量

1 [29件] いったん契った, いまの, しばしば嘲弄的, ずっと大きい, つらいので, はるかに, ひと思い, ひどい念ひで, むしろ朝倉, よいが, 一卷として, 世界の, 事実その, 保存され, 僕には, 君主が, 当時の, 早く自分, 此等の, 特殊な, 直観し, 自分の, 苦しいかも, 苦しいだらう, 見るの, 遙かに, 遙に, 長かった, 面白かった

▼ されるほど~ (33, 0.2%)

2 であった

1 [31件] いとしくて, いばる人, いよ, かえってますますこれ, しかく絶壁, そういうもの, その調子, その賤, その雑誌, それが, だつた, だのに, であって, であるが, なおさら私, なので, はびこって, は今, は大, また比田, 不鍛練, 仲良くなっ, 弱いの, 張合あり, 新しい行為, 段々価値, 殺そうとまで, 目立ちも, 私にとって, 美しいの, 通って

▼ される~ (33, 0.2%)

3 な気 2 になり, に感じ

1 [26件] だったら君, であったならば, ですのね, で信吾, で実は, なうるさい, なこと, なそれ, な其の, な具合, な原因, な場合, な苦痛, な行為, な覚え, な顔, にお, にこの, にし, にせよ, になった, になつ, にならなけれ, になりました, に子供, に至極

▼ される~ (32, 0.2%)

3 の媒介物 2 だった, は意識

1 [25件] から在来, があっ, があった, である, のあらゆる, のこれら二つ, のその他, のない, のまたは, の多, の或, の有名, の欧州的範疇, の比較的, の法則, の經籍, の美的媚態, の自分, の資本, の金属獲得, へ生まれ, へ細君, もございます, もなかっ, を見る

▼ される機会~ (32, 0.2%)

2 がなかっ

1 [30件] があるだろう, があれ, がない, が与へられない, が少く, が少なく, が来た, が来る, が殆, となった, に到着, に渡来, のない, の来ない, はある, はない, は永久, もすく, をもたれ, を与えられる, を利用, を取り逃がす, を失っ, を得, を得ざる, を得た, を得ました, を恵まれ, を持たれただろう, を生じた

▼ されると共に~ (31, 0.2%)

4 逆に 2 あらゆる任意, 主体的に

1 [23件] この考, ほとんど何, また在来, メンデルスゾーンは, 三転し, 主観的な, 今度は, 他方客観から, 作家との, 内部に, 加重され, 基礎付けられる, 大略この, 実践を, 彼も, 悲しむべき道義頽廃, 政府筋の, 片貝谷村, 生物的に, 秦の, 粘着力を, 自己本来の, 超克される

▼ される心配~ (31, 0.2%)

9 はない 5 もなく 3 もない 2 がない, も血だらけ 1 がなく, のない, はありません, はなかったろう, は更に, は重役, もある, もなかっ, もなくなりました, も絶対

▼ される結果~ (31, 0.2%)

5 になる 2 となる

1 [24件] いよいよ立派, たる不健康, であるから, として彼ら, として或, として最も, となった, となつ, となり, と思われます, と私, なら生活困難, になった, になつ, になり, になります, にほかならぬ, に陥る, は穀物, までの論理的道行き, を忖度, を招き, を招く, を有

▼ される~ (30, 0.2%)

7 否や

1 [23件] すぐさま仰, すっかり気に入っ, それが, それは, ほかならぬ, 丹生川平の, 全国の, 否やすぐ, 否やは, 否やを, 呉は, 天下は, 巴里文壇の, 建造中の, 彼らの, 忽ち一世, 村居し, 欧米商館と, 歌川家の, 直ちに, 直ちにやり, 直ちに輸出, 相並ん

▼ されるより~ (30, 0.2%)

3 ほかに

1 [27件] うれしい, ずっと前, だまって, どのくらい, ましだ, むしろどんな, もっと本能, よっぽど辛く, 他には, 以上の, 余程多量, 來る, 前に, 勝しだ, 器用に, 四年前に, 外は, 多量の, 暇が, 朝鮮か, 正確に, 此方なら, 深い本然, 生産へ, 真似の, 矢代は, 黙って

▼ される限り~ (30, 0.2%)

4 に於 2 において認識

1 [24件] その人たち自身, では生れる, なる程文献, においてのみ考慮, において將來, に於ける, の一切, の事実, の人間, の大衆, の実践, の實踐, の対象一般, の第, の美しい, はね, は到底, は述べる, 全く無意味, 単なる還元, 同じ事, 当然一つ, 残るであろう, 疑うべからざる必然的

▼ される~ (29, 0.2%)

17 それが 2 それも 1 それは, 役人が, 心から, 心でも, 手紙が, 政と, 武家様で, 気持ちは, 邸の, 鳥に対して

▼ されるその~ (28, 0.2%)

1 [28件] ことだけ, ことは, され方自身, はたらきな, もう一つ, ような噛みくだき, フラット, 中途に, 侮辱の, 光景の, 哀しい自己苛責, 問いという, 姿を, 娘は, 心の, 手続き, 新胎, 時代の, 本位の, 極めて細い, 比較的程度, 涙を, 種の, 素質を, 結果実際, 続稿, 財産は, 軍人の

▼ されるだけの~ (28, 0.2%)

3 ことです

1 [25件] ことだ, ことで, ことであった, ことである, ものだ, ものです, ものは, 事である, 事です, 人格を, 値打が, 古臭さ, 品である, 威厳が, 文化を, 根拠が, 理由が, 用意を, 留学に, 美は, 自分で, 話で, 話である, 話な, 誠実を

▼ される~ (27, 0.2%)

8 せう 6 あらうが 4 せうか 3 あらうと 2 あらう 1 あらうから, あらうこと, あらう何等, せうなどとも

▼ される~ (27, 0.2%)

4 にある 3 がある, では

1 [17件] があった, が多い, が実に, が少なく, だけを観念化, である, でなら, でもあった, なの, のある, は今, は彼, は文学的様式, もある, もない, を有っ, 多し

▼ される貨物~ (27, 0.2%)

3 の価値

1 [24件] がもっぱら, でありあらゆる, であるから, であるならば, とに等しく, と同じく, と遅々, には及ばない, に対して及ぼす, の価格, の価格騰貴, の全量, の場合, の相対価値, の総量, の製造, の貨幣価格, の高き, はなく, はほとんど, は低廉, は価格, は粟, を製造

▼ される~ (25, 0.2%)

1 [25件] があっ, が多い, が多く, であなた, である, であるが, ですね, ではなく, とお, とも思えない, になっ, に向, のよう, の心, の方, はきわめて, はそれ, は何人, は少い, は序, は招牌, もあるだろう, ももとより, も年々増加, を情人

▼ されるのみ~ (24, 0.2%)

2 でなく能力, ならずまた, ならず更に

1 [18件] だった, であ, である独り浅間山, でなく他方, でなく内, でなく数, では, で俺, で個人, で午下, ならずきっと, ならずその, ならずそれ, ならずわが, ならず大工左官, ならず屹度貧, ならず武士, ならず親身

▼ されるほどの~ (24, 0.2%)

1 [24件] ことでなく, しっかり者, ひとつ人間の, スバラシク偉大複雑な, 不行跡が, 人かと, 人間が, 先見の, 内的な, 名将だけ, 善行であった, 大発見に, 始末で, 容姿です, 幕府の, 手柄も, 景気の, 無価値, 豊富な, 負目を, 運命を, 重大な, 閑問題でない, 頭も

▼ されるのに~ (23, 0.2%)

1 [23件] ここに, このこん, これらの, そのこと, その夜, その峠, 何一つ鑛毒, 何故後者, 何故色紙短冊, 外ならない, 幾歳月かの, 彼女は, 悲しい思ひ, 我慢が, 数時間もつ, 星の, 最も適當, 気が, 気を, 決して悪い, 珍しいこと, 違ひない, 骨が

▼ される人間~ (23, 0.2%)

2 の中

1 [21件] が位負け, が憲政, こそいい, である, ではない, という観念的なみかた, と同じ, と相談, にこの, に生まれ, のやう, の密度, の機械化, の生活, の社会現象, の苛烈, はありませう, は国, ほど怪しい, まで出, も放り出し

▼ されるかという~ (22, 0.1%)

2 ことが, ことを, 事は

1 [16件] ことだ, ことである, ことです, ことについて, ことについては, ことの, こと批評が, この事件, それの, ような, 事について, 事を, 反省であり, 問題を, 現実の, 自然科学の

▼ されるかを~ (22, 0.1%)

3 見て

1 [19件] そう簡単, 刮目し, 問い第, 問う, 学びました, 宿題として, 注意し, 監視せね, 知りたいもの, 示して, 考えて, 考へて, 見たいが, 見なければ, 見ねば, 見ること, 覚えて, 試驗する, 身が

▼ されるそう~ (21, 0.1%)

4 だが 3 です 2 だ, ですから 1 すれば, だけれども, であるから, であるが, でございますが, ですでに, ですよ, でそれ, でなければ, で相談

▼ されるまでの~ (21, 0.1%)

1 [21件] ことです, ことは, その間が, わずか五年間, 事は, 全過程, 動機や, 十七年間に, 四箇月間に, 成績を, 手数は, 時の, 時期は, 格闘の, 様を, 歴史を, 行程を, 間に, 間には, 間は, 陳述は

▼ されるなんて~ (20, 0.1%)

2 事は

1 [18件] あること, いい恥さらし, いやです, いやな, くだりを, ちと変, へんな, ほんとうに, トンデモ・ハップンあの, 予想も, 僕こそ, 厭だ, 可哀相じゃ, 恥と, 情けないこと, 我慢が, 旦那も, 考えただけでも

▼ される~ (20, 0.1%)

3 はない 2 である, です, ですね, でも, のもの 1 がありますだ, だからね, であった, であります, で御座いますが, なの, には行き

▼ されるけれども~ (19, 0.1%)

1 [19件] いっこう要領, いつたいさ, しかしこの, しかし思想, その以上, それが, それは, それを, 一々の, 人口が, 内容的には, 劇作家としての, 原料の, 実際今日, 戦乱の, 梅とか, 私に, 精力消耗し, 総ての

▼ されるとも~ (19, 0.1%)

2 考えられる

1 [17件] うその, なくやめられる, なく入, なく入っ, なく八五郎, 云えるであろう, 云われて, 宣言され, 彼の, 知らずに, 知らず拍手, 知らぬ体, 知れなかったので, 考えない, 考えられます, 言い得るであろう, 言えるん

▼ される危険~ (19, 0.1%)

3 がある

1 [16件] がない, が伴っ, が充分, が多い, が迫っ, にほう着, のほう, はいちおう, は充分, は十分, まで冒し, もなし, を冒し, を冒す, を感じ, を避ける

▼ される恐れ~ (19, 0.1%)

6 がある 2 はない

1 [11件] があった, があります, がない, が少ない, が有る, なく安全, のため, はないだろう, はなく, もあり, もある

▼ されるまでには~ (18, 0.1%)

1 [18件] いかに長い, いろいろな, かなりの, これから六十日間, どれほど, なお三百年, まだまだの, 其の棚, 実に三世代, 実に二千年, 幾多の, 征服者たち自身の, 或は幾分, 無論數千年, 相當, 随分と, 随分苦しまれた, 隨分時間もか

▼ される時代~ (18, 0.1%)

2 であった, になっ

1 [14件] がすぎ, が一日, が来る, が来るだらう, が遠から, で東京近在, となつ, とは事, にさとろう, になつ, の急速, はまだまだ, も来る, よりもまだ

▼ される~ (18, 0.1%)

1 [18件] あつて, がんばったの, その水準, それ程の, だった, であるし, でとても, になった, のもの, のテンポ, の人, の体, の反, の毒々しい, の熱心, の繊細, 似て, 余計あばい

▼ される資格~ (18, 0.1%)

5 がある 2 がな

1 [11件] があった, があらう, が無い, の検査, はな, は充分, は十二分, をなす, を失った, を持っ, を自分

▼ されるまでも~ (17, 0.1%)

2 なく勘五郎, なく自分

1 [13件] ない, なくこの, なくすでに, なくその, なくガラッ, なく世間, なく先生, なく庭, なく我, なく房一, なく私, なく釜吉, 無く自発的

▼ される運命~ (17, 0.1%)

3 にあった, にある

1 [11件] として修正, に, にさえ立ち至った, になった, に會, に立ち到った, に置かれる, に陥った, に陥ゐるであらう, の目論見, をもつ

▼ されるこの~ (16, 0.1%)

1 [16件] 上下の, 二つの, 人と, 備前焼は, 十万石じゃ, 吉例の, 実践という, 愛について, 推移と, 時もはや, 概念は, 物理的幾何学は, 皇子の, 種の, 表現が, 非文明

▼ される代り~ (16, 0.1%)

2 に時

1 [14件] にこの, にそれ, にただ, にはきつく, に他, に哲学的, に恐ろしく, に愈々, に概念, に歴史哲学, に社会主義的, に社会学的, に聡明, に自然科学

▼ される傾向~ (16, 0.1%)

6 がある 1 があった, があり, があるであろう, が出来, であっても, としては第, にあった, になりまし, の増進, もたしかに

▼ されるかの~ (15, 0.1%)

3 ように

1 [12件] やうに, 二つである, 切迫した, 別は, 問いに, 問題が, 問題では, 問題については, 問題は, 問題を, 如き観, 鬼の

▼ されるくらい~ (15, 0.1%)

2 だから

1 [13件] である, であるが, ですもの, ならなぜ, ならはじめ, なら寧ろ, なら最初, なら死ぬ気, なんだ, な事情, 妙な, 致命的な, 運の

▼ される~ (15, 0.1%)

10 はない 2 に道 1 ないという, に途, に通路

▼ されるまでに~ (14, 0.1%)

2 今日までの

1 [12件] この問題, とりかわされた書簡, なった, もう安吉, 一般的通用を, 同人に, 完成され, 炎天の, 至らず矛盾, 至らなくとも, 運んだ, 集めること

▼ されるよりは~ (14, 0.1%)

1 [14件] この秋かぎり根絶, その拒絶, ましだッ, むしろ, 公然と, 多くひろく深く, 寧ろ怒っ, 少し手数, 当人の, 数倍も, 殺されること, 當人の, 祈祷を, 荒く抱愛

▼ される一つ~ (14, 0.1%)

2 の原因

1 [12件] の世界, の事実, の仕方, の力, の契機, の物体, の現象, の社会的雰囲気, の空想, の美しい, の造形上, の道

▼ される以上~ (14, 0.1%)

1 [14件] そして同, に人間, に困難, に尼, の恐怖, の成果, の気苦労, の穀物, の結果, はこの, はその, は其労力, は小, は決して

▼ される~ (14, 0.1%)

2 のもの

1 [12件] が關, だ, である土人, でございます, でクリスマス, で御座いましたが, なもの, ならば, なら夫, なら妾, ゐの, 面白くない

▼ される分量~ (14, 0.1%)

1 [14件] とが租税, とは以前, と需要, には何ら, に対し何らかの, に比例, に課せられる, の一部分, の三倍, は増加, は市場, は決して, も少く, を三磅一七シリング一〇ペンス二分の一

▼ されるすべて~ (13, 0.1%)

3 のもの 1 からいつも, であつ, の勝利, の影響, の消費物, の物, の租税, の穀物, の薬, の貨物

▼ される~ (13, 0.1%)

6 はない 2 に道 1 ないの, に連関, の座標系, の諸, はあり得ない

▼ される価値~ (13, 0.1%)

2 がある

1 [11件] あるばかり, とそれ, とは同一, はあります, はある, は主人公, は商業的価値, をもち, をもっ, をもつ, を示した

▼ される可能性~ (13, 0.1%)

3 がある 1 があり, がそこ, ができる, が一般, が示され, が認められる, が遙, のある, はあるであろう, も一応

▼ される~ (13, 0.1%)

1 [13件] からそれ, ですから, でのその, ではまことに, とそう, においては啻に, においては貨幣, においては農業, になりたい, になる, に限定, の一般産業, もその

▼ される自分~ (13, 0.1%)

1 [13件] でしかなかっ, にどこ, に同情, のこと, の娘, の意志, の腕, は一体, は愛姉さん, は戀人, は物象, をどう, を感じた

▼ される~ (13, 0.1%)

2 はお

1 [11件] から透谷君, で樋, になっ, にはいかに, には多く, には氷, に及ん, の写真, の年, はたしかに, は正造

▼ されるとしても~ (12, 0.1%)

1 [12件] この減退, こんな女, すぐそれ, その事情, その意志, 之を, 引き受けた仕事, 彼が, 後者に関する, 性格的心理から, 生憎彼, 要するに科学

▼ されるにも~ (12, 0.1%)

1 [12件] かかわらずそれ, かかわらず子供, かかわらず木造, 其許の, 当らんじゃ, 拘らず存外, 拘らず本文, 拘らず決して, 拘らず軍部, 拘らず飽くまで, 拘わらず親, 関らず

▼ されるもん~ (12, 0.1%)

42 だから, だよ 1 かい, だ, ですか, ですから

▼ される~ (12, 0.1%)

2 のもの, の人間 1 ではつい, では自分, にぞくする, になる, に立っ, の人, の人々, の創作自身

▼ される傾き~ (12, 0.1%)

2 があっ, さえある 1 があつ, がある, がない, が明らか, であった, で彼等, になった, のある

▼ される問題~ (12, 0.1%)

2 である, であると 1 がたとい, であって, であり大衆性, であるという, ではなかっ, でもなかっ, で無い, は拷問火責め

▼ される性質~ (12, 0.1%)

8 のもの 2 の処世的 1 で千穂子, をそ

▼ される~ (12, 0.1%)

2 がし, 遣ひは 1 がした, がする, で其の, になり, の弱, もした, 遣は, 遣ひも

▼ される~ (12, 0.1%)

2 と対等以上 1 が多い, と同じ, と適用, に対して監視, のない, の価値, の競爭品, は皆, までもお, を雛

▼ されるごと~ (11, 0.1%)

1 [11件] にいろいろ, にお, にさらに, にたいてい, に一々, に伏見屋, に却って, に新聞紙, に眼, に硝子窓, に私

▼ されるつもり~ (11, 0.1%)

2 のお 1 だったの, であったかも, でいたら, でしょうか, でせう, では, ではるばる, で来た, なの

▼ されるとか~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるいはその, いって, されないとかいう, そういう場合, であれば, なんだかそんな, またあなた, ロダンの, 朱に, 種々の, 酸と

▼ されるとともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] あらゆる行動, この世の, はじめて文学, また暗く, ソヴェトの, 他方に, 従来の, 新しく起こった, 物質によって, 異端視され, 純文学は

▼ されるとの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことだ, ことで, ことに, こと察する, サア・マシウ・デカアの, 事だ, 噂に, 情報も, 掲示が, 説も, 風聞が

▼ される以前~ (11, 0.1%)

1 [11件] であります, にもあらゆる, に警察, に讀んだ, の事, の人類, の状態, の自然, の風景, は或, 既にこれら

▼ される~ (11, 0.1%)

1 [11件] があっ, がない, この超越的, だから, ではある, でやっと, なの, になつ, になる, は多様, を採った

▼ される物質~ (11, 0.1%)

1 [11件] が原料, が持久性, が果して, が殘つて, が水, として細雨, は不思議, は依然として, は運動, を加, 即ち發光

▼ される~ (11, 0.1%)

1 [11件] がこの, が縛った, が縛つた娘, じゃない, でなかった, ではない, に会った, の真実性, の素裸, はこっち, は河原町

▼ される~ (11, 0.1%)

3 れが 1 がある, が甚だ, はあるまい, はな, は先ず, もあり, もない, れあり

▼ される資本~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一〇〇, が増加, が常に, が過剰, とが共に, との比例, の増加, の構成, の比例, はそれ, は外国貿易

▼ されるあらゆる~ (10, 0.1%)

1 同情と, 困難が, 場合を, 外の, 実験結果の, 意見に, 死難よりも, 苦痛より, 貨物については, 貨物は

▼ されるうち~ (10, 0.1%)

3 に作文 1 である, にもう, にやう, にやがて, に初め自分, に咲二, はその

▼ される~ (10, 0.1%)

2 うして, うだ, うだから 1 ういつた風潮, うだと, うである, うで僕ら

▼ されるたび~ (10, 0.1%)

2 にうるさい 1 にそれ, にもっと, によろよろ, に例, に少年時代, に年代順, に彼, に書生

▼ されるにつれて~ (10, 0.1%)

1 あるいは埋められ, その利潤, それと, 一切事物を, 単にイスラム, 地代に, 帆も, 形相は, 旧き大地, 私も

▼ される~ (10, 0.1%)

1 免れぬ, 入湯と, 厭に, 惧れ, 意味する, 拒むゆゑ, 望んで, 要する, 見た, 鼻に

▼ される労働~ (10, 0.1%)

2 の分量 1 が増減, との真, と工業, の増減, の特別, の特有, の生産性, の維持

▼ される言葉~ (10, 0.1%)

2 である 1 が生活そのもの, であつ, とかをときどき, のうち, のイノチ, はなく, もなかなか, を期待

▼ される部分~ (10, 0.1%)

1 が多い, だった筈, でだけ音そのもの, にたいしてはその, の作家たち, は云う, は穀物, もある, も多い, を減少

▼ される~ (10, 0.1%)

1 には大概予, にまじっ, に故郷, に波, はとうてい, はにやにや, はまだ, は個性, は百年河清, も一句一句あと

▼ されるかは~ (9, 0.1%)

2 少しも 1 いまの, 僕の, 全体としての, 別として, 少しく注意, 知らないが, 論理なる

▼ される今日~ (9, 0.1%)

3 だから 1 ですから, に天井, の工藝, の心, の時, 未だに真に八紘一宇

▼ される所以~ (9, 0.1%)

2 である 1 かも知れませぬ, であり林粛軍内閣, であろういくら, といふもの, はないだろう, は恐らく, を説く

▼ される時期~ (9, 0.1%)

1 がある, が来た, が自己, としてリアリスティック, になった, に向っ, に関するもの, はない, はやって来ない

▼ される~ (9, 0.1%)

2 になつ, に感じ 1 で信吾, な哀, な氣, にしたい, になつて

▼ される覚え~ (9, 0.1%)

4 はない 1 がなかっ, なんかありません, はありません, はございませぬ, はねえ

▼ されるあの~ (8, 0.1%)

1 さまざまな, まめまめしさ, コケコーコーの, ディッケンスの, 中に, 伊之助の, 大衆の, 感情の

▼ されるけれど~ (8, 0.1%)

1 あながちそうでも, この人, 人間に, 平凡な, 次に早く, 私は, 綜合が, 若い娘さん

▼ されるそれ~ (8, 0.1%)

1 が世界観, が戦争, に就, は足利, まで皇帝, をいつ, をせめて, をよろこん

▼ されるなどという~ (8, 0.1%)

5 ことは 1 いわゆる, ことには, 折角の

▼ される~ (8, 0.1%)

1 が沢山, であ, なども平生, になっ, はこの間アメリカ, は多い, は幾つ, は随分古く

▼ される土地~ (8, 0.1%)

2 の多い 1 である, であるならば, となり, においてこの, の耕作, を除く

▼ される~ (8, 0.1%)

2 クヲタアに対して 1 にそれ, につく, に天照大神, に彼, に必ず, に次第に

▼ される見込み~ (8, 0.1%)

2 のない 1 がある, がない, が初めて, で目下東京市中, はない, は絶え

▼ されるなど~ (7, 0.0%)

1 与り知らぬこと, 与り知らぬところ, 心外千万でござる, 想像し, 文壇人としては, 眼ま, 陸海軍正反対の

▼ される事柄~ (7, 0.0%)

3 である 1 であるが, ではある, でもなくし, を全く

▼ される人々~ (7, 0.0%)

1 が各自, にとって民主, にまじった, の写真, は先づ難有迷惑, は幸い, は親切

▼ される原因~ (7, 0.0%)

1 が存在, が潜ん, であったかも, となり, になる, に乏しく, を生む

▼ される対象~ (7, 0.0%)

1 が自分, と研究, に真理, の領域, もまた, も亦, を前進

▼ される~ (7, 0.0%)

5 れが 1 れを, れ少なく

▼ される日本~ (7, 0.0%)

2 の文明 1 でたった, では少し, で唯, の社会, の者

▼ される~ (7, 0.0%)

1 だらうが, である, にかかる, にのみ生れ, には, にはま, には何物

▼ される社会~ (7, 0.0%)

1 だと, であると, の運営法, はついに, へと進まね, を建設, を意味

▼ される立場~ (7, 0.0%)

2 になっ 1 だった, にある, にいる, におかれ, に陥っ

▼ される~ (7, 0.0%)

3 である 1 であります, ですから, なの, は無い

▼ される迄は~ (7, 0.0%)

1 やはりこの, 一枚の, 不可能な, 兄の, 景教碑の, 気が, 牛だ

▼ される途中~ (7, 0.0%)

2 で脱走 1 かは判らない, から影, だったって, ということ, に年

▼ されるからと~ (6, 0.0%)

2 云って 1 いって, いっても, 云われるの, 考えられて

▼ されるくらいの~ (6, 0.0%)

1 ことは, ところであろう, ものだった, ものであった, 努力が, 愉快な

▼ されるどころか~ (6, 0.0%)

1 お前さん達は, むしろ笑い出される, 一層強固, 人に, 実はまだ極めて, 年と

▼ されるに従って~ (6, 0.0%)

1 いよいよ陣十郎, その夏, それらの, やがて政治学, 多くの, 娯楽を

▼ される~ (6, 0.0%)

1 それは, なぜ空中, よかろう, 同じだ, 当り前じゃ, 残念と

▼ される一切~ (6, 0.0%)

1 のこれら, の工藝, の映画, の理想, の脚本, の貨物

▼ される一種~ (6, 0.0%)

2 の労働 1 のわびし, の労働行為, の文学的労作, の電磁波

▼ される~ (6, 0.0%)

1 にあと, にまた, に打明け, に極めて, に頼まれる, は全く

▼ される予定~ (6, 0.0%)

1 があった, だから, だと, だとかいう, である, になっ

▼ される作家~ (6, 0.0%)

2 はフランス 1 にはこっち, の側, の或, も読者

▼ される即ち~ (6, 0.0%)

1 この直観内, わしの, 保証される, 根源的の, 肚据え, 解決される

▼ される可能~ (6, 0.0%)

2 がある 1 がない, がなけれ, をもつ, を見出した

▼ される場所~ (6, 0.0%)

1 が生活, であつ, であると, ではない, によって品位, によつて

▼ される場面~ (6, 0.0%)

1 で尊貴, に従って或は, のない, はいずれ, も数多く, を今日

▼ される~ (6, 0.0%)

1 であつ, との關係, と男, は多い, は馬鹿, をあれこれ

▼ される始末~ (6, 0.0%)

1 だった, だつた, であるから, でもはや, なの, なので

▼ される~ (6, 0.0%)

1 劒と, 夫妻の, 宴会の, 年寄に対して, 当人と, 政道の

▼ される意味~ (6, 0.0%)

1 でのブルジョア作家, に語り伝えられ, の言語, はただ, をもっ, をも含め

▼ される~ (6, 0.0%)

5 るもの 1 る微妙

▼ される時間~ (6, 0.0%)

1 が横, といっ, に岩井, の現在, の秩序, やその他

▼ される権利~ (6, 0.0%)

1 があり, があります, がある, と資格, を主張, を持っ

▼ される~ (6, 0.0%)

1 の周囲, の存在, の新, の方, も悪から, も此頃

▼ される~ (6, 0.0%)

1 一流の, 九シムフォニーだった, 九シムフォニーという, 二, 二の, 二次的人間として

▼ される習慣~ (6, 0.0%)

1 がある, です, になっ, や道徳意識, を持っ, を知っ

▼ される~ (6, 0.0%)

1 ソヴェト文壇の, 三千代の, 両親の, 何人にも, 此榮譽ある, 知らずに

▼ される過程~ (6, 0.0%)

1 からこの, が実に, である, としての創作方法, に於, の中

▼ されるかに~ (5, 0.0%)

1 存する筈, 就ても, 思われる現状, 懸って, 見えた

▼ されるじゃ~ (5, 0.0%)

3 ないか 1 アありません, アございません

▼ されるそして~ (5, 0.0%)

1 このこと, この情意形態, もとの, 却ってその, 夫が

▼ される~ (5, 0.0%)

1 觀といふ, 觀において, 觀は, 體と, 體との

▼ される余地~ (5, 0.0%)

1 があった, が十分, が無い, のある, のない

▼ される光景~ (5, 0.0%)

1 に汗, に馴れ, や警察医, を思ふ, を聯想

▼ される存在~ (5, 0.0%)

2 となっ 1 とならざる, と存在, は存在

▼ される~ (5, 0.0%)

1 の国, の國, の沈黙, はおそらく, はやむをえず

▼ される感じ~ (5, 0.0%)

1 だった, であるが, でテルノフスカヤ, に堪えず, は受けず

▼ される戯曲~ (5, 0.0%)

1 が如何, の密度, の数, を僕, を見

▼ される手筈~ (5, 0.0%)

2 になった 1 になっ, になつて, に決まった

▼ される~ (5, 0.0%)

1 にある, に自由, に雲雀, 一方なほ實現, 指折れ

▼ される新しい~ (5, 0.0%)

1 大小の, 浪曼主義に, 現象も, 積極的原理は, 自我が

▼ される新聞~ (5, 0.0%)

1 と雑誌, にあまんじた, の権威, ばかりだった, も来なかった

▼ される条件~ (5, 0.0%)

1 の複雑さ, をもっ, を決定, を沢山, を闘いとった

▼ される~ (5, 0.0%)

1 しかも他者, の基本的事實, の姿, ひ立ち, 仏だ

▼ される程度~ (5, 0.0%)

1 である, となっ, において増殖, にほとんど, のかなり

▼ される穀物~ (5, 0.0%)

1 と等しい, の多少, は凶作, や肉, 逐次の

▼ される約束~ (5, 0.0%)

2 であった 1 があっ, ができ, をし

▼ される見込~ (5, 0.0%)

1 がある, だった, だつた, なし, はない

▼ される~ (5, 0.0%)

2 となった 1 で, でいられた, になった

▼ される運び~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 になった, になったであろう, になる

▼ される野郎~ (5, 0.0%)

2 だ好き 1 が多い, は間抜け, も滅多

▼ される~ (5, 0.0%)

1 がヨオロッパ, すなわち一日, だけが物理学的実存, だけ創造, と同種

▼ される~ (5, 0.0%)

1 が沢山, ではとうてい, の分量, も余程, や御料地

▼ される~ (5, 0.0%)

1 その形式上, にあの, にその, にも緩徐, に普遍的

▼ されるある~ (4, 0.0%)

2 一人の 1 場所に, 形式最後に

▼ されるいかなる~ (4, 0.0%)

2 理論をも 1 変革よりは, 貨物に対する

▼ されるいろいろ~ (4, 0.0%)

1 な品物, のこと, の具体的, の放射線

▼ されるだけで~ (4, 0.0%)

1 充分だ, 充分である, 済むが, 済むならば

▼ されるだけに~ (4, 0.0%)

1 なったの, 一方不安, 私たちは, 蛇奴も

▼ される~ (4, 0.0%)

1 きまへに, やありません, やある, やない

▼ されるって~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことご存知ない, 云うじゃ, 本当かね

▼ されるとおり~ (4, 0.0%)

1 ごく大切, におとなしく, になっ, にまた

▼ されるについては~ (4, 0.0%)

1 各国との, 悲喜相半ばす, 私たち友人としては, 饗庭篁村が

▼ される~ (4, 0.0%)

1 大方卵塔場, 情意的であり, 薄倖の, 近頃の

▼ される一方~ (4, 0.0%)

1 であ, で竪穴, には藩士, は客

▼ される世の中~ (4, 0.0%)

1 である, でございますからね, となった, に武

▼ される世界~ (4, 0.0%)

1 であること, で今, を一日, を創造

▼ される主体~ (4, 0.0%)

1 さえ無けれ, にとって設定, の概念, は実験装置

▼ される作品~ (4, 0.0%)

1 とは鉛, のうち, は自分, をつくり出す

▼ される前後~ (4, 0.0%)

1 から生産機構, にひどく, に山田美妙斎, を中心

▼ される~ (4, 0.0%)

1 で甘え, はよく, も沈ん, を私

▼ される~ (4, 0.0%)

2 の空気 1 がきれい, であるため

▼ される心持~ (4, 0.0%)

1 が自分, になっ, になりました, を經驗

▼ される必然性~ (4, 0.0%)

1 と可能性, の範囲, は必ずしも, もある

▼ される文学~ (4, 0.0%)

1 なら文学, の可能性, の責任, よりも歌

▼ される方法~ (4, 0.0%)

1 である, というの, とても実にリファイン, には二つ

▼ される最も~ (4, 0.0%)

1 低い意味, 絶対的な, 適切な, 陰気な

▼ される最後~ (4, 0.0%)

1 の情熱, の欲望, の瞬間, の部分

▼ される機械~ (4, 0.0%)

2 によって生産 1 からほとばしった, を試用

▼ される~ (4, 0.0%)

1 のよう, の像法時代, の存在, の響

▼ される次第~ (4, 0.0%)

2 である 1 でみいり, に成っ

▼ される~ (4, 0.0%)

1 になっ, になつ, になる, 取に

▼ される状態~ (4, 0.0%)

1 で暮し, なの, に到らしめた, を理想

▼ される~ (4, 0.0%)

1 であるが, です, にて別に, は私

▼ される種類~ (4, 0.0%)

1 のホラ貝, の人間, の成功主義者, の軍事ジャーナリスト

▼ される若い~ (4, 0.0%)

1 シュールリアリストは, 女性が, 巡査も, 日の

▼ される読者~ (4, 0.0%)

1 が多い, にとってはこうした, にはおのずから, は恐らく

▼ される通り~ (4, 0.0%)

1 である, になっ, に同, に平然

▼ される音楽~ (4, 0.0%)

1 が伸子たち, として新しい, の方面, をきく

▼ される~ (4, 0.0%)

1 だからね, だった, のあった, を作った

▼ される食物~ (4, 0.0%)

1 にさえも同様, の分量, の附加的分量, 及び衣服

▼ されるおつもり~ (3, 0.0%)

1 かと聞いた, で, ですか

▼ されるおびただしい~ (3, 0.0%)

1 捕り手, 数の, 文学作品が

▼ されるお方~ (3, 0.0%)

1 であります, ではありません, は

▼ されるかが~ (3, 0.0%)

1 判らない, 恐ろしかった, 見られた

▼ されるかといふ~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことは, ことを

▼ されるこれ~ (3, 0.0%)

1 が苦手, は神様, ほどつらい

▼ されるころ~ (3, 0.0%)

2 であった 1 は興味

▼ されるせい~ (3, 0.0%)

1 か異様, もあるでしょう, もいくら

▼ されるそこ~ (3, 0.0%)

1 では今日, に出来, までが女性文化

▼ されるだけでも~ (3, 0.0%)

1 助かると, 徳川の, 詰りませんから

▼ されるつまり~ (3, 0.0%)

1 てめえの, 宗教の, 表現報道が

▼ されるといふだけ~ (3, 0.0%)

1 であ, で痛み, ならなほ

▼ されるとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことも, なら筋, 噂さえ

▼ されるどころ~ (3, 0.0%)

3 では

▼ されるなどとは~ (3, 0.0%)

1 くすぐったい話, とても考えられない, 思って

▼ されるふう~ (3, 0.0%)

1 であった, にもとられる, もなかっ

▼ されるものの~ (3, 0.0%)

1 大きく宇宙, 条件の, 種目の

▼ されるやら~ (3, 0.0%)

1 それともどん, それは, 主計局長に

▼ されるよりはと~ (3, 0.0%)

2 女心の 1 心細い恋人たち

▼ されるんぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やとても, やない

▼ される一般~ (3, 0.0%)

1 に任意, の称呼, の読者

▼ される一面~ (3, 0.0%)

1 とが必ず, もその, も其点

▼ される~ (3, 0.0%)

1 のもの, の素因, はし

▼ される事物~ (3, 0.0%)

1 が発展, はいつも, も複雑

▼ される二つ~ (3, 0.0%)

1 の時期, の概念, の領域

▼ される二人~ (3, 0.0%)

1 が不在, の気質, の氣質

▼ される人物~ (3, 0.0%)

1 の容貌, の悲鳴, の桜

▼ される位置~ (3, 0.0%)

2 にある 1 になる

▼ される何物~ (3, 0.0%)

1 かがある, でもなく, もありません

▼ される側面~ (3, 0.0%)

1 から云う, となる, を持つ

▼ される先生~ (3, 0.0%)

1 の口, は日本, や生徒さん達

▼ される~ (3, 0.0%)

1 分量は, 過程の, 鉄道の

▼ される~ (3, 0.0%)

1 には重けれ, の二合一勺, の熱量

▼ される利潤~ (3, 0.0%)

1 だけ利得, との差額, と資本

▼ される口惜し~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さに

▼ される~ (3, 0.0%)

1 戦線の, 異の, 要素の

▼ される各種~ (3, 0.0%)

1 の公共団体, の命題, の様式

▼ される~ (3, 0.0%)

1 が可哀そう, といふ個人, ばかりじゃない

▼ される~ (3, 0.0%)

1 がある, の名, は新年用

▼ される喜び~ (3, 0.0%)

1 に住みたく, はあっ, を隠さなかった

▼ される困難~ (3, 0.0%)

1 なの, はすべて, は決して

▼ される~ (3, 0.0%)

1 公使館の, 床子の, 規模な

▼ される大衆~ (3, 0.0%)

1 が分化, の運命, は階級的

▼ される女房~ (3, 0.0%)

2 のお 1 は頭部

▼ される如く~ (3, 0.0%)

1 にあらゆる, に三人, に相当

▼ される姿~ (3, 0.0%)

1 である, となつ, はわけても

▼ される客観的~ (3, 0.0%)

1 な個別性, な年代的順序, な諸

▼ される~ (3, 0.0%)

2 である 1 だと

▼ される~ (3, 0.0%)

1 のもの, の実質, の資格

▼ される度毎~ (3, 0.0%)

1 に一言, に以前, に洗練

▼ される彼女~ (3, 0.0%)

1 の機略, の肢, を彼女

▼ される~ (3, 0.0%)

1 ではいけない, でまた, などはとうに

▼ される~ (3, 0.0%)

1 れが, れさ, れも

▼ される思想~ (3, 0.0%)

1 だから, なり言説, の市場

▼ される~ (3, 0.0%)

1 というもの, の宗教, の理想

▼ される憂鬱~ (3, 0.0%)

2 な響 1 では

▼ される懸念~ (3, 0.0%)

2 がある 1 がありました

▼ される文化~ (3, 0.0%)

1 というもの, のイデー, の自由

▼ される時それ~ (3, 0.0%)

1 がインテリゲンチャ, が本当, が科学

▼ される時機~ (3, 0.0%)

1 が到着, は手近く, を待つ

▼ される有様~ (3, 0.0%)

1 である, なのに, を胸

▼ される望み~ (3, 0.0%)

1 がある, のない, もある

▼ される材料~ (3, 0.0%)

1 からし, にし, にはことごとく

▼ される概念~ (3, 0.0%)

1 である, ではなくし, も明確

▼ される様子~ (3, 0.0%)

1 がお, のある, を見た

▼ される機會~ (3, 0.0%)

1 がなくなる, もなく, を得

▼ される法律~ (3, 0.0%)

1 ではこんな, は反対, は無用

▼ される特殊~ (3, 0.0%)

1 な地図, の文字, の葡萄酒

▼ される現実~ (3, 0.0%)

1 が欠け, の中, の過程

▼ される生活~ (3, 0.0%)

1 が人間, に置かれ, のこと

▼ される目的~ (3, 0.0%)

1 で帯出, で書かれた, にふさわしい

▼ される空間~ (3, 0.0%)

1 と時間, の増加, らしさ

▼ される範囲~ (3, 0.0%)

1 がすこぶる, が広い, の広

▼ される職業~ (3, 0.0%)

1 に当然, の如き, はなかっ

▼ される自身~ (3, 0.0%)

1 の展開, の理性, を描き出し

▼ される若干~ (3, 0.0%)

1 のもの, の国々, の貨物

▼ される~ (3, 0.0%)

3 えは

▼ される~ (3, 0.0%)

1 がきまつた, がひやかし, とはずっと

▼ される財貨~ (3, 0.0%)

1 により, の供給, を最も

▼ される道理~ (3, 0.0%)

2 がない 1 が無い

▼ される雑誌~ (3, 0.0%)

1 に却つて自信, の編集部, は見る

▼ されるあたり~ (2, 0.0%)

1 の景色, は聡明そのもの

▼ されるあれ~ (2, 0.0%)

1 と似た, には

▼ されるいや~ (2, 0.0%)

1 噂によ, 居たに

▼ されるいわば~ (2, 0.0%)

1 アントン・チェーホフの, チェーホフの

▼ されるいわれ~ (2, 0.0%)

1 のない, はない

▼ されるおかげ~ (2, 0.0%)

1 で不愉快, によってである

▼ されるお客~ (2, 0.0%)

1 がある, ではない

▼ されるかとも~ (2, 0.0%)

1 思うが, 考へるの

▼ されるかについて~ (2, 0.0%)

1 次の, 監視する

▼ されるかによって~ (2, 0.0%)

1 その次, 両軍決戦

▼ されるからには~ (2, 0.0%)

1 もはや科学, 十万が

▼ されるくら~ (2, 0.0%)

1 ゐが, ゐなら伴

▼ されるぐらい~ (2, 0.0%)

1 なこと, 英雄たちは

▼ されるこころ~ (2, 0.0%)

1 からまた, のあがき

▼ されるこれから~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ されるこれら~ (2, 0.0%)

1 の三つ, の不幸

▼ されるさまざま~ (2, 0.0%)

1 の世相, の悩ましい

▼ されるずっと~ (2, 0.0%)

1 以前の, 前からの

▼ されるそういう~ (2, 0.0%)

1 突撃隊員の, 面での

▼ されるそうして~ (2, 0.0%)

1 その際, 女が

▼ されるそれら~ (2, 0.0%)

1 のパンフレット, の婦人たち

▼ されるたびごと~ (2, 0.0%)

1 についに, に親切

▼ されるたんび~ (2, 0.0%)

2 に代

▼ されるだの~ (2, 0.0%)

1 獄舍に, 獄舎に

▼ されるちから~ (2, 0.0%)

1 ともなり, の存在

▼ される~ (2, 0.0%)

1 えこと, えと事

▼ されるというは~ (2, 0.0%)

1 不実な, 実に恐るべき

▼ されるとき瞑想~ (2, 0.0%)

2 はもはや

▼ されるとして~ (2, 0.0%)

1 そのひと, 見て

▼ されるとと~ (2, 0.0%)

2 みちゃ

▼ されるなどといふ~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ されるなどは~ (2, 0.0%)

1 まだいい, 眞平だ

▼ されるにしか~ (2, 0.0%)

1 過ぎない, 過ぎなくなった

▼ されるについて~ (2, 0.0%)

1 大きな挺子, 私は

▼ されるにつけ~ (2, 0.0%)

1 その神木, 鼈甲類は

▼ されるにつれ~ (2, 0.0%)

1 ソヴェトでは, 一層力づよく平和

▼ されるに際し~ (2, 0.0%)

1 その記念号, 先生の

▼ されるに際して~ (2, 0.0%)

1 その瞬間線上, 例の

▼ されるばかりか~ (2, 0.0%)

1 慈悲深い, 政庁さへ

▼ されるばかりと~ (2, 0.0%)

1 なろう, 生きた空

▼ されるほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, が悪い

▼ されるほか~ (2, 0.0%)

1 ない, に低地

▼ されるほどに~ (2, 0.0%)

1 密接とも, 手の甲から

▼ されるまにまに~ (2, 0.0%)

1 自分自身の, 運ばれて

▼ されるものぢ~ (2, 0.0%)

1 やて, やない

▼ されるやも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れない

▼ される~ (2, 0.0%)

1 つてわざと, どうも剣難

▼ されるんで~ (2, 0.0%)

1 やりきれねえ, 困るん

▼ されるカテゴリー~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ されるジャーナリズム~ (2, 0.0%)

1 とか, の老大家尊重

▼ されるディレッタンティズム~ (2, 0.0%)

2 である

▼ されるフランス~ (2, 0.0%)

1 の哲学者, の絵

▼ されるメトロノーム~ (2, 0.0%)

1 の相, の相継い

▼ される一人~ (2, 0.0%)

1 ですね, の船頭

▼ される一歩~ (2, 0.0%)

1 があろう, をしるした

▼ される一点~ (2, 0.0%)

1 にそれほど, は闊達自在

▼ される不快~ (2, 0.0%)

1 な事情, を避けなけれ

▼ される世間~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, を

▼ される事実~ (2, 0.0%)

1 は方程式, を見

▼ される京都~ (2, 0.0%)

1 の方, へ近い

▼ される人たち~ (2, 0.0%)

1 が生じた, は小学

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の愉し, まで見た

▼ される仕事~ (2, 0.0%)

1 がない, をした

▼ される仕掛~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ される仕方~ (2, 0.0%)

1 である, を研究

▼ される他者~ (2, 0.0%)

1 との矛盾, のこの

▼ される以外~ (2, 0.0%)

1 に雑誌, の何物

▼ される以太利文学~ (2, 0.0%)

2 の不安

▼ される会話~ (2, 0.0%)

1 の中, は這

▼ される~ (2, 0.0%)

1 のよろこび, はばか

▼ される~ (2, 0.0%)

1 でありたいという, の呪い

▼ される~ (2, 0.0%)

1 で満ち, の強度

▼ される共通~ (2, 0.0%)

1 な基本的, の理由

▼ される内容~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, は言葉通り

▼ される凡て~ (2, 0.0%)

1 の小説, の挙止動作

▼ される刹那~ (2, 0.0%)

1 にあな, に自分

▼ される前日~ (2, 0.0%)

1 だった, などはあらかじめ

▼ される割合~ (2, 0.0%)

1 がごく, が絶えず

▼ される創作活動~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ される創造的~ (2, 0.0%)

1 な芸術家, な藝術家

▼ される労働者~ (2, 0.0%)

1 は多く, をし

▼ される労賃~ (2, 0.0%)

2 を支払う

▼ される叔母~ (2, 0.0%)

2 も共に

▼ される~ (2, 0.0%)

1 き装置, き貝

▼ される向き~ (2, 0.0%)

1 は世間知らず, もない

▼ される品物~ (2, 0.0%)

1 の数, は工藝品

▼ される囚人~ (2, 0.0%)

1 が五六名, であろうとは

▼ される四月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ される因縁~ (2, 0.0%)

1 がない, はない

▼ される~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を求めたい

▼ される地位~ (2, 0.0%)

1 に立つ, に置かれた

▼ される地域~ (2, 0.0%)

1 がまた, が拡

▼ される基金~ (2, 0.0%)

1 よりもより速, を徴収

▼ される境遇~ (2, 0.0%)

1 に批判, を得たら

▼ される増加率~ (2, 0.0%)

1 である, とほとんど

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の範疇, 樣は

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の世界, の中

▼ される失敗~ (2, 0.0%)

1 のすべて, もし

▼ される女たち~ (2, 0.0%)

2 を内心

▼ される~ (2, 0.0%)

1 が一番出世, もまさか

▼ される~ (2, 0.0%)

1 ではありません, なり青年

▼ される婦人~ (2, 0.0%)

1 となった, の享楽的権利

▼ される婦人たち~ (2, 0.0%)

1 についてもそれ, に対してもその

▼ される子供~ (2, 0.0%)

2 の数

▼ される安逸~ (2, 0.0%)

2 を欲する

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の増加, を奪

▼ される客観写生~ (2, 0.0%)

1 は, を浅く

▼ される~ (2, 0.0%)

2 在的他者

▼ される工場~ (2, 0.0%)

1 だな, の用

▼ される市場~ (2, 0.0%)

1 であったという, における多数

▼ される市民~ (2, 0.0%)

2 は芋虫以下

▼ される希望~ (2, 0.0%)

1 が今日, を持ち得る

▼ される幕府~ (2, 0.0%)

1 から任命, の国目付

▼ される~ (2, 0.0%)

1 にそれ, に名刺

▼ される建物~ (2, 0.0%)

1 が沢山, を壊滅

▼ される当日~ (2, 0.0%)

1 であったが, は昼食後バカテル倶楽部

▼ される影響~ (2, 0.0%)

1 などは考え, のしかた

▼ される役割~ (2, 0.0%)

1 でした, よりほか

▼ される心理~ (2, 0.0%)

2 よりはこの

▼ される必然~ (2, 0.0%)

1 がある, はこういう

▼ される快感~ (2, 0.0%)

1 にある, を全身

▼ される急所~ (2, 0.0%)

1 である, をはずした

▼ される意見~ (2, 0.0%)

1 に對, を持つ

▼ される愛情~ (2, 0.0%)

1 が自分, について考え合わせ

▼ される感情~ (2, 0.0%)

1 だった, は抑圧

▼ される感覚~ (2, 0.0%)

1 は直観空間, や主観

▼ される憂い~ (2, 0.0%)

1 がある, はありません

▼ される憾み~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ される~ (2, 0.0%)

1 が充分, れが

▼ される~ (2, 0.0%)

1 がこれ, はない

▼ される~ (2, 0.0%)

1 に見る, もない

▼ される文化統制~ (2, 0.0%)

1 が今, でもなく

▼ される料理~ (2, 0.0%)

1 はなべ料理, を捜さなけれ

▼ される~ (2, 0.0%)

1 時代で, 資本を

▼ される新人~ (2, 0.0%)

1 の名, も作品

▼ される方々~ (2, 0.0%)

1 がどういう, はどんな

▼ される方向~ (2, 0.0%)

1 に徒費, より投影

▼ される昌造作~ (2, 0.0%)

1 の字母, の鋼鐵製日本文字字母

▼ される時夫~ (2, 0.0%)

1 が自然弁証法, は広く

▼ される時空間概念~ (2, 0.0%)

1 の解釈, は先ず

▼ される~ (2, 0.0%)

1 は少ない, をことごとく

▼ される書物~ (2, 0.0%)

1 や絵, を見れ

▼ される~ (2, 0.0%)

1 となろう, の数

▼ される本質~ (2, 0.0%)

1 のもの, を有

▼ される根拠~ (2, 0.0%)

1 があります, がない

▼ される根本~ (2, 0.0%)

1 である, の原因

▼ される様々~ (2, 0.0%)

1 な事件, の場合

▼ される~ (2, 0.0%)

2 をゆびさした

▼ される權利~ (2, 0.0%)

1 と云, を獲得

▼ される欲望~ (2, 0.0%)

1 が価格, として異性

▼ される歴史~ (2, 0.0%)

1 とは今や, の記録

▼ される~ (2, 0.0%)

2 吐かれる頭

▼ される比例~ (2, 0.0%)

1 が変動, のこの

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の結婚, も何処

▼ される民衆~ (2, 0.0%)

1 に足場, の詩

▼ される気持~ (2, 0.0%)

1 になっ, もベッキイ

▼ される~ (2, 0.0%)

1 がする, づかひの

▼ される氣持~ (2, 0.0%)

1 がした, になるらしい

▼ される~ (2, 0.0%)

1 とは取り, のこと

▼ される沿道~ (2, 0.0%)

1 には二千余人, の部落

▼ される波木井船長~ (2, 0.0%)

2 は東湾汽船

▼ される準備~ (2, 0.0%)

1 が出来, が出来た

▼ される潜在的~ (2, 0.0%)

1 な形, な無神論

▼ される濃度~ (2, 0.0%)

1 がその, によつて

▼ される無数~ (2, 0.0%)

1 の男女, の皮下出血

▼ される~ (2, 0.0%)

1 は地球, を実験

▼ される熱量~ (2, 0.0%)

1 の影響, を補給

▼ される特別~ (2, 0.0%)

1 なアネサ, の世界

▼ される特報~ (2, 0.0%)

2 でたちまち

▼ される~ (2, 0.0%)

1 があんまり, でだけ地方

▼ される理想~ (2, 0.0%)

1 はある, もなかつた

▼ される環境~ (2, 0.0%)

1 において人間性, を物質価値

▼ される生活そのもの~ (2, 0.0%)

2 が実は

▼ される生産物~ (2, 0.0%)

2 の分量

▼ される発展~ (2, 0.0%)

1 とがことなった, のため

▼ される直前~ (2, 0.0%)

1 に航空船, のとき

▼ される真理~ (2, 0.0%)

1 であったり, というもの

▼ される瞬間~ (2, 0.0%)

1 だけは手前, にそこ

▼ される知識~ (2, 0.0%)

1 であると, は与えられ受けとられ

▼ される社会的~ (2, 0.0%)

1 な人間, な発展進歩

▼ される社会的環境~ (2, 0.0%)

2 を第

▼ される程耄碌~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ される程自分~ (2, 0.0%)

1 が反っ, の作品

▼ される~ (2, 0.0%)

1 この頃, の用語上

▼ される~ (2, 0.0%)

1 には一斗, の量

▼ される精神~ (2, 0.0%)

1 の所有者, はミヂン

▼ される~ (2, 0.0%)

1 六カ月以前に, 四十度の

▼ される素朴~ (2, 0.0%)

2 な美し

▼ される肉体~ (2, 0.0%)

1 の所有者, の讃美

▼ される~ (2, 0.0%)

2 や洋食

▼ される自己~ (2, 0.0%)

1 との二つ, を感じた

▼ される自我~ (2, 0.0%)

1 でなくし, の本質

▼ される自然~ (2, 0.0%)

1 のもろもろ, の数学的研究方法

▼ される~ (2, 0.0%)

1 であった, の大将

▼ される藤村幸三郎氏~ (2, 0.0%)

2 です

▼ される行動~ (2, 0.0%)

1 でもあった, は總

▼ される製品~ (2, 0.0%)

1 は全く, も次

▼ される襟巻~ (2, 0.0%)

2 をわざと

▼ される要素~ (2, 0.0%)

1 としては保守主義, と数

▼ される計画~ (2, 0.0%)

1 ができた, だ

▼ される~ (2, 0.0%)

1 の非凡, を見つけました

▼ される課題~ (2, 0.0%)

1 であるとは, を作家

▼ される資料~ (2, 0.0%)

1 となる, も出

▼ される身の上~ (2, 0.0%)

1 だ, だったの

▼ される迄に~ (2, 0.0%)

1 半年かかり, 至った

▼ される迄も~ (2, 0.0%)

1 なく白髪小僧, なく誰

▼ される迷信的~ (2, 0.0%)

1 な江戸, な江戸っ子

▼ される通りここ~ (2, 0.0%)

2 には更に

▼ される通り僕~ (2, 0.0%)

2 は働ら

▼ される連想~ (2, 0.0%)

1 の補足作用, はあまりに

▼ される郵便物~ (2, 0.0%)

1 がしだいに, の中

▼ される鉱山~ (2, 0.0%)

1 の出費, の所有者

▼ される銃丸~ (2, 0.0%)

2 と等しく

▼ される間もなく~ (2, 0.0%)

1 御流れ, 本質的には

▼ される~ (2, 0.0%)

1 が新, でお

▼ される~ (2, 0.0%)

2 の結晶

▼ される青春~ (2, 0.0%)

2 と自我

▼ される~ (2, 0.0%)

1 と, は遅く

▼ される音楽会~ (2, 0.0%)

1 に一度, へ出かけ

▼ される順序~ (2, 0.0%)

1 となった, になる

▼ される風景~ (2, 0.0%)

1 だつた, を賞美

▼ される食料品~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の価格

▼ される食物量~ (2, 0.0%)

1 が生産, に対し現在

▼ される高射砲~ (2, 0.0%)

1 のとどろき, のひびき

▼ される~ (2, 0.0%)

1 が清水, の種類

▼ される~ (2, 0.0%)

1 だけにその, の亡骸

▼ される~ (2, 0.0%)

2 はきっと

▼ される~ (2, 0.0%)

1 などは氏, に啓示

▼1* [1500件]

されるわれな, されるあなたではない, されるあぶない切ッ尖, されるあらあらしい服従を, されるあれ以来のお, されるいずれにし, されるいそがしさの, されるいっそこのまま, されるいわゆる不安定の, されるうましやっぱり東京, されるおりにふたたび, されるお客側は大蔵卿その他, されるお気か, されるかぎりそこには天賦, されるかぎり両者の衝突, されるかぎり結婚は最も, されるかくてこそ真, されるかぐらいなこと, されるかさとったもの, されるかたに最も, されるかたちだつたの, されるかってこと知らない, されるかでは本質的な, されるかとの點である, されるかなそんな馬鹿, されるかなどということは, されるかなどの問題と, されるかに従って人が, されるかまたは全然, されるかも上述の通り, されるかよほど心配に, されるからかへつて歌の, されるからこそ猶私たち, されるからに他ならない, されるからの事な, されるからは徳川将軍よりも, されるかわりはじめから大衆性, されるかをも見よう, されるきょうは重大, されるきわどいところで, されるくだりを聞き惚れ, されるくどいやうだ, されるぐらいが落ちでは, されるぐらいの小波瀾, されるけだし需要は, されるけっか海水をおしもどし, されるこうした行為の, されることさへあつ, されることそこへ記事, されることそれにはわが, されることセルフレスペクトを失っ, されること一分立たずと, されること今の彼, されること以外に親しく, されること六週間に及び, されること勿れ, されること四度修正には女王, されること子供を中心, されること換言すれば, されること数回これですっかり, されること模倣の名, されること滿八年にし, されること産院が無料, されること自体がませた, されること請け合いである, されること請合いだが, されること阿諛を強いられる, されるこのごろの毒, されるさいはよく, されるさえけがらわしい, されるさまはやはり, されるしさうっかりサービス, されるしねうちは, されるしろ物だ, されるすなわちそれだけ余計, されるすべて宇宙のもの, されるするとそれが, される手前と, されるそういったところを, されるそうした家庭の, されるそこで大平晟氏と, されるその他遺伝論催眠術パステルやコッホ, されるそれから沙魚釣釣れない, されるそれゃ内地へ帰る, されるそんな性質の, されるツ, されるただの文化, されるため先生の情熱, されるため工人達から責任, されるため左右を向い, されるため無は嚴密, されるだけかも知れない, されるだけは利用し, されるっていうことは, されるっていうじゃあないか, されるといったような, されるとかいふことだつたら, されるとき主観主義は不十分, されるとき今日の結婚論, されるとき何を考へ, されるとき制約のなか, されるとき前者はこの, されるとき可能である, されるとき如何にあらう, されるとき妙に擬古趣味, されるとき對象的となり, されるとき山本宣治の血, されるとき後に訊問, されるとき我々に現, されるとき戦争行為におかれた, されるとき故郷水沢横町の山崎杢左衛門, されるとき月経が起り, されるとき本質としては架空, されるとき父親の鎌井重三郎, されるとき私は理由, されるとき私たち婦人の胸, されるとき罵詈それ自身は別に, されるとき興味あるヒント, されるとき読者は明らか, されるとき誰でもが醜悪, されるとき重吉やその, されるとさえ言うこと, されるどっさりの不正利得, されるどんな価値が, されるファッショ組合, されるなぞそうした奇怪, されるなだらかな山裾, されるなと警告した, されるなどと感嘆する, されるなどの珍現象を, されるななどと公言し, されるなにばかにされた, されるなり年季が, されるなんかは有, されるなんぞは嬉しい嬉しい, されるなんという事, されるにおいては拙者としては, されるにはとに角文化的勇気という, されるにんじんである, されるのぞみはない, されるのみか多くの, されるのみに過ぎない, されるの私ほんとうはあなたたち, されるはじめの気持, されるばかりじゃない, されるばかりじゃと我身で, されるばかりで話に, されるひとも気がつい, されるひとつの世界, されるひまもない, されるふしも感じる, されるふりをし, されるほどさきが届け, されるほどにも恨みを, されるほど主体性とかを喪失, されるほど乾燥無味な叙述, されるほど事情が悪く, されるほど人当りが苛酷, されるほど元気を回復, されるほど勝気でさばけた女, されるほど厄介な事, されるほど厭になる, されるほど大事に育てられた, されるほど大勢寄って, されるほど容易なもの, されるほど市民の心, されるほど幸福なもの, されるほど強烈になつ, されるほど彼は価格, されるほど彼等はお, されるほど恋愛について浅薄, されるほど愚劣になる, されるほど感動しては, されるほど戦後におけるそれら, されるほど支那の花, されるほど気持の悪い, されるほど現金な心, されるほど理論的にその, されるほど腹の立つ, されるほど自分も変った, されるほど見識の高い, されるほど謙虚な人, されるほど退屈なもの, されるほど通俗的な普遍的, されるほど道路が屍体, されるほど非常に陰険, されるほど騒しい人, されるほど黒吉の恋情, されるまぐろの七分通り, されるまさかの場合の, されるまた執行されなけれ, されるまでがまた一里, されるままステージに登ります, されるまま奥にある, されるまま女史たちと行, されるまま客間へ通った, されるまま惣之助氏に肩, されるまま朝飯もそこそこ, されるまま私は非常, されるまんまになっ, されるみたいね, されるむやみに這っ, されるめずらしい形での, されるもったいない仰せを, されるものそれは吾, されるもの今日の大, されるもの其あとはどう, されるもの夜昼よく働い, されるもの自然が彼ら, されるもの自身はおそらく, されるもの迎接に暇, されるやいなや決定の, されるやう私一介の馬鹿, されるやなんて夢にも思い寄りませな, されるやや常識的で, されるやらと恐怖の, されるやるせなさとを, されるゆえもうしばらく相, されるゆえんもここ, されるようおすすめしたい, されるようロオペ博士に一肌脱い, されるよう希望する, されるよう書状をもっ, されるよう限定されそこ, されるよくあるやつ, されるわが国体観念の, されるわきゃあないとこうあっし, されるわざとらしいハツピー・エンデイングの, されるアクティヴィティであるという, されるアゾウレスとマデイラ, されるアプリオリテートそれはまさに, されるアプリオリテート事実の後, されるアメリカで日本人, されるアンガージュされること, されるイギリスがいま, されるイギリス経験論とデカルト, されるイワレはありません, されるインターナショナルのメロディー, されるインテリゲンチアというもの, されるオペラになり, されるカーライルかそれ, されるガスは一つ, されるガス状星雲に最も, されるキリストみたいなひげ面, されるギャングの世界, されるグループで例えば, されるコルク削りの, されるコンポジションの常套手段, されるゴオト族は年々貢納, されるシェリング哲学の最高潮期, されるシナリオ文学全集はさ, されるスカラ座のオペラ, されるストーリーをもっ, されるスピード第一, されるスペインである, されるスープで彼, されるソヴェト・フォードは小さい, されるソ連軍に過ぎない, されるタカリ専門の乞食, されるタチらしいわね, されるダイヤモンドの效果, されるチェッコスロヴァキア第一回工業博覧会, されるて, されるテムポは人, されるテレビジョンによってこれから, されるテーマというもの, されるデイ博士の隠顕扉装置, されるトルストイの作品集, されるテラ様の, されるドイツの売笑婦, されるドイツ文学的興奮を催す, されるドイツ煙草で全然, されるナア腹が立つ, されるニュアンスの違い, されるニュースとは又, されるハッピーエンドへの傾向, されるバオダイ・ヴェトナム王でさえもまさか, されるバチェラー博士の辞書, されるバンザーイの声々, されるパイプがはいっ, されるパウル・ディアコヌスは次, されるパセチツクな調子, されるパンフレットは民間, されるヒューマニズムとプロレタリア, されるビスマークの方, されるファウストを日本語, されるフランス映画のなか, されるフロオランス彼の嫉妬, されるブルジョア国の悲しき, されるブルジョア文化組織網となっ, されるブルジョア社会だという, されるブルジョア趣味が蔓, されるプロセスは大体次, されるプロトコールを見, されるプロバビリティはごく, されるプロレタリア階級大衆のこと, されるベトーベンの偉大, されるペルリの再, されるマルクスやレーニン, されるマーサリクはベーン, されるミミ族の驚異, されるメカニズムやその他, されるヨーロッパ諸国のファシズム, されるラメセス自身の花崗岩, されるレコードであろう, されるレヴューが派手, されるロッパと日劇ダンシングチーム, されるヴァイオリンという楽器, されるヴェルハーレンすらが後, される一事だと, される一事實客觀的實在世界に屬, される一五〇〇〇〇の年々, される一作なきは, される一例とし, される一定の領野, される一対象物に過ぎない, される一少年に過ぎなかつた, される一方近代的な芸術, される一時十五分迄の間, される一枚の種紙, される一番しまいの, される一瞬前まで僕, される一結論だという, される一線を設け得る, される一群の船, される一証として次に, される一部の傾向, される一齣である, される万国プロレタリアートの階級的自覚, される三分の魂をもっ, される三千兩だけ持出し, される三日前盛大極まる歓迎宴, される三田公の方, される三遊派の人たち, される三部経のいずれ, される上何年越し戀, される下層社会の子, される滿と, される不具の子供, される不可思議的なる神秘的, される不幸な予覚, される不快さに揺すられ, される不思議な色気, される不撓不屈つひに, される不断の疲れ, される不自然な苦痛, される不謹慎な話, される世業にたいして生命そのもの, される丘陵の上, される両性関係の改新, される中堅作家の本当, される中心であった, される中等教員訓練所で訓練, される中隙ゆく月日, される主題の扱いかた, されるに反し, される乾杏が多量, される亀山城へ攻めかかっ, される事がらがかりに, される事件が起きた, される事情を話し, される事態に関するコンドルセエ氏, される事柄それ自身よりは, される事柄以外では無く, される事柄信念としてのみ成立つ, される事業だと, される事甚しい時, される事由となり得る, される事神様の如く, される二三のもの, される二三日前の事, される二元的見断, される二十年末までの十七年間, される二国においてその, される二幕物で九蔵, される二年前であつ, される二種類の性質, される二重星の離心率, される五〇〇〇磅を取得, される五十未だ家, される五十万人の一人, される五十円だけの仕事, される些細なこと, される人力物資黄金の額, される人口増加率はあらゆる, される人夫は日々数万人, される人情的月並俳句である, される人数のより小, される人格者で僧, される人民の日常生活, される人民許りでも, される人気は何時, される人洋服をきる, される人相見氏あんまり当らない, される人糞尿なの, される人間そのものをてんから, される人間性の破滅, される人間生活の苦楽, される人類の人口, される人馬は慶安度軍役, される今一つの道, される今後とても我々, される今日滔々たる各, される今日私は私, されるなどが今, される仏国風の教化, される仏陀であります, される仕向けをせね, される仕組みにでき, される代わりに無, される代議士というもの, される以上われわれが助かる, される以上人力車は自動車, される以上残りの八人, される以上私自身の裡, される以前いずれの国人, される以外俳優修業のため, されるとなった, される仲間ができ, される任務は更に, される伊東氏はその, される伸子の体位, される位有益です, されるの理由, される何もかも昨日と, される何時結婚式を挙げる, される何者かの来訪, されるはこれ, される作者の健康, されるし物質, されるはたしかに, される価値関係の相違, される価格の昇, される信条である, される俳優の表情, されると俺, される個々のターム, される個所は勿論, される個體に對, される借家に関する事件, される倫理学は単に, される倫理的意味に基づく, される偉人がない, される偶然また村田君, される偶然論は全く, される傀儡になり, されるからああ, される傍ら綱吉の偏執的, される催しが一つ, されるになつ, される働きぶりなの, されるになっ, される優先権を有, される優等質の肉, される優越性とは関係, される兄哥でないぞよ, されるが木曽義明, される先輩婦人たちの徒労, される全体的真理は絶対的, される全然探偵小説の, される八百長は呑込み流, されるの識見, される公園の樹木, される公文書に書いた, される公然の享楽, される六・三制のため, される共産主義的な無, される共産党にとって考え, される兵員が出る, される兵士の幾人, される兵部卿の宮, される其他遺傳論, される其等の者, されるての不平, される内分泌物すなわちホルモン, される内容自身までが一定不変, される内容表象作用並びに表象成立, される内生とは何ぞ, される内部的な動き, される冒頭など充分, されるの恐怖, される出来そこないだ, される刀剣その他の工芸品, される分量以上のもの, される初めから恐らく, される利己的情欲を論じ, される刻々その振幅, される前ウースターの郵便局, される前兆とも見るべきで, される前哨戦とブルジョア婦人雑誌, される前夜青酸加里で自殺, される前奏としてもっとも, される前川氏だとは, される前年のこと, される創作なり何, される創造なるもの, される創造観である, されるは高, されるも小さい, される功利性実用性は芸術, される劣等な品質, される労働量の増加, される動作と完全, される動機を有, される動詞の形, される勘定である, される勝負事のやう, される勞働の増加, される勞働力は男女, されるであったから, される勤労とを考えあわせれ, される化石や鉱石, される化石類は三回, される区別されるだけ, される区域も拡がっ, される十九日が来た, される十六人の博士, される十分の可能, される十指ほどの画家, される千円札束の燃え, される千鳥の大群, される卑俗を感じ, される協会の勇, される協力にどうして, される単調な生活, される博打の車座, される博物館に全部寄贈, されるの黒煙, される印象を刻々, されるい瀬戸ぎわであつた, される危さである, される危惧もそこ, される危機にある, される危険人物にされ, される危險を冒さなく, される厄介な国際問題, される原型として如何なる, される原理に基づく, される去勢牛のよう, されるファッシズム新聞, される収入の源泉, される収穫の一つ, されるがある, される古い家である, される古きかの, される古人が古事記, される古賀って男, される叫びに聞こえる, される可憐な人, される可憐さよりも実質的, される台風の気象学的, される史的背景を明らか, される右翼の暴力団, される各国のメーデー, される各室へぞろぞろ, される一貨物の, されるの持ち主百人, される名器の一切, される名士を毎月案内, される名誉を思っ, される君主とか信頼, される君子自身が直接目, される周囲の様々, される味いをしらずしらず, される命令報告号令の用語, される和歌の類, される品川の海, される商品は商品概念, される商品ニュースに就い, される啓蒙のため, される善い素質が, される善人共は氣, される單純至極な考, されるが新聞, される器具を獲得, される器官が著しく, される囁きをもつ, される四五人の男, される四十二の発電所, される四年前一八五〇年の数字, される四日前も二人, される四時十分から四時卅分, される回答あなたがいいえられる, されるでもなかっ, される固い青灰色の, される国家がこの, される国民文化の特質, される国王を出し, される国語にたいして恋し, される国連に新しい, される国際的折衝の難関, される国際間の紛擾, されるは意氣, される土台はインデペンデント, される土器をたくさん, される土製の人形, される地主階級の自然的衰弱, される地形の週期性, される地殻の歪, される地点まで来た, される地獄のよう, される地盤は早く, される地租増徴案について到底, される地線を指す, される地質時代の交代, される執念ぶかい, されると彼, される基本的契機に外, される堅い独断説では, される堪え難く不愉快な, される場合それは個人的財産, される場合異様に生き, される場處に過ぎない, されるを吹き倒される, される増加価格であるけだし最も, される外人の家, される外人団の納税特別会議, される外人所有の, される外国穀物の平均量, される外国語ではまず, される外国財貨の量, される外官も亦, される外来思想とのみに存, される外様大名の名, される多くの作品, される多忙多端の源内先生, される多量な温湯, されるの睡眠時間, される夜会で彼, される大名の奥方, される大工や左官, される大杯を見る, される大相撲よりは素人, される大胆な男ども, される大衆文芸も亦, される大陸の合理主義, される天才の名, される天理教のお婆さん, される天皇は天皇, される太い猫が, されるに従い, される夫人は全然, される夫則重を考え, される夫婦生活の公準, される失望であったが, される女史たちに対して, される女子は仕合せ, される女工など, される女性にとってこれ, される女王のよう, される女等の鼻唄, される如何なる高さ, される妄評などに彼, されるに瞳, される始末好色癖などはむしろ, される姿勢で入った, される威厳構えというよう, される婦人欄の外務記者, される媒介に過ぎない, される子供達は輝く, される存在論は最後, される学校を出た, される学校図書館とそれ, される学生学者すべて警視庁で拘引, される学術内容である論旨, されるの光栄, される亀一派の, される宗教そのものから非難, されるつた仕事で, される実体がある, される実例も見せる, される実在と一つ, される実証性がある, される客観的事物との直接関係, される客観的現実ではない, される客觀的な個別性, される客觀的時間より特に, される客間での会話, される客體であるに, される宣告を受ける, されるが尼, される宮廷の現状, される宮様らしいよそながら, される家庭にあった, される家畜のよう, される家筋のもの, される家財めいた存在, される家風になれた, される容体で寒い, される宿命の場処, される宿泊料は不足, される寄稿者や自発的, されるは啻に, される富貴とか贅沢, される富農の隠匿物資, される寒烈の奈落, される寺院の美し, される対立でもない, される寿詞に就, される尊敬の中, される小作人がソヴェト, される小刀は研究, される小松家の人々, される小説は何ん, される小説戯曲などに対してどの, される小銃さえなく, される少し前に, される少女の屍體, される少量的作品との対比, されるは私, される山の手線の複線工事, される山名が記載, される山川菊栄夫人が社会, される山津浪についても慎重, されるを意味, される川島も反駁, される工人は自由, される工業貨物の大, される工藝である, される巨木とが目, される希望信任生気で人生, される帝国主義侵略戦争には絶対反対, される師匠がたはほんの, される席画を淡々, される常識があった, される常識水準の方, される常識的生活を意味, される平俗な心理的動揺, される平和のため, される平和都市の予見, される平均人とは謂わ, される平塚さんが私たち, される平民が宗秩寮, される平沼男は反, される平麦を買っ, される年々の一百万, される年中硫黄の, される年俸を貰っ, される年頃でもあるまい, される年齡の來, される年齢よりもずっと, される幸福のよりどころ, される幻想の世界, される幼児達を悪い, される幾何学はこの, される幾何學的圖形の再認, される幾十人かの俳優, される広告があった, される広汎で敏捷, されるにこの, される度びにこの, される座が代表的な淡路源, される廢物利用は大概, される廣大な邸宅, される弥之助は毎日, される弱き者のいかほど, される弱味はなんにも, される張瑞圖などは矢張り率意書風, される張騫は漢中, される弾丸がヒウヒウ, される躰と, される当の人は, される当人達が知っ, される当人達自身も集団的, される当然の苦難, される当節に於, される形象などによつ, される形跡を感じ, されるの一つ, される役人のほか, される彼らの胸, されるから愈々, される従業員数の内訳, される復原の光景, される復讐の気持, される復雑を通しての単純, される微細な火弾, される徳川の過去, される徴候がまだ, される心像は非常, される心地がし, される心外な不愉快さ, される心情をもっ, される心構えができ, される心當りは, される必要上義理にも一見, される忍び姿の者ども, されるてやろ, される思いが胸, される思想犯保護施設である希望館, されるであった, される性格と趣味, される怪異な愚劣物, される恋人のよう, される恋愛問答の歌, される恐ろしい不可抗的な, される恐怖に戦がれ, される恥しさの, される患者がある, される悪党がいま, される悪口ならまだしも, される悲しみを心, される悲哀の美し, される情愛が繋がれた, される情景がのっ, されるがあつ, される愁いよりも彼女, される愉しさを, される愉快な感じ, される意味内容として成立ち得る, される意図のほど, される意型で, される意志などはなく, される意志表示とを重く, される意識が濃く, される意識現象だけに尽きる, される意識自身が初め, される愚かな日本民族, される愚衆である, される感じかたのくいちがい, される感傷を歌, される感激の光景, される態度は全く, されるは少し, される憂き目におちる, される憂目に会うた, される成果がもてるだろう, される我々は東京, される戦時下の興行, される戦時研究ではベルト五本手, されるひにまで, される戸川志摩の死, される所謂人道主義運動である, される手懸りがない, される手業である, される手紙の中, される手綱でひ, される手術でも受けた, される批判精神の骨格, される技術家はその, される抒情詩である, される折それがたまたま, される折柄これは根本的, されるをくわえ, される指導者などによるもの, される振りをし, される推理の後, される摩擦である, される政治とほとんど, される政治家は既に, される政策との矛盾, される故從つて又他者性, される故文化的時間性は自然的時間性, される故自己認識がそれ, される故郷の歌人, される教区補助金や賃仕事, されるの夥しき, される数々の手掛, される数個の微小, される数多くの作品, される数学は極めて, される敵役に使われ, される文化水準の低い, される文化的時間との區別, される文化自身が元来, される文壇は再度もはや, される文字は漢字, される文字通りの, される文学サークルは凡そ二百十余, される文学上の同輩, される文学作品にしろ, される文章は無い, される断片的な諸, される新たな平和形態, される新聞人はこの, される新聞雑誌諸出版, される新規な, される方向出版されて, される方式が二荒, される方自身でも自, される方針の立たなかった, される旅券にはる, される旋律とのみ見る, される日本国民的なナニワ節, される日本字新聞に同じ, される日本語の創作詩, される日本軍国主義とその, される日記や自叙伝, される旧態は改善, されるを言上, される昂奮の坩堝, される昆布をはるか, される明けの鐘, される明治初年の洋學者, される明治四十年の十二月, されるの金, される昔ながらのウクライナ・スラヴ, される昔噺の一つ, される星雲は空間中, される春吉と鈴江, される昨今くれぐれも無理, される昭和十四年度の, される時あれがたしか, される時がらくたにも大きな, される時そこには初め, される時人はちょっと, される時代小説の作家, される時分には人民, される時勢は年, される時問題提出に於, される時報を受け取っ, される時弘さんが私, される時彼は顔, される時意識以外のもの, される時文壇は行き, される時文学の世界, される時時間座標までが変換, される時朝儀の新嘗祭, される時歴史上最も普通, される時沙翁劇の正しい, される時科学は決して, される時裸体のまま四, される普遍の興味, されるには子女, されるさな, される暗い影の, される暗室のよう, される暗示的な数行, される暗黒中の梅毛虫, される暮羊君から五十銭, される暴戻自用, される書印があつ, される最中であった, される最大速度と同, される會話は恁, される有名な句, される有難さは, されるはない, される朝夕の供御, される朧気な知識, される木下のため, される村民が彼ら, される杭州の西湖, される東亜相互生命保険会社の板囲い, される東洋産物は日, される東野を気の毒, される板敷でその, されるから樹木, される染物が優れた, される柴田錬三郎も全く, される栄誉の仕事, される校友会の文苑欄, される校友会誌にはきまって, されるだった, される根本事実なの, される根本理由がなくなっ, される格調の高い, される桃水半井氏のこと, される案内書となる, される梵鐘の響, される植民地と同様, される極めて万人向きの, される極東の地域, されるであつ, される構成も求められなかった, される構造物に他, される標語の実質, される標識も発見, される模様や少し, される樣努力しなくては, される樣子もありません, される権力からヒューマニティー, される機巧についてはまだよく, される機械器具の進歩, される機構それからその, される機構組織をマックス・ウェーバー, される機縁が來, される機関銃の弾丸, される欧羅巴なら疾く, される歌曲の説明, される歌調が力, される歌謡を伝播, される歓びそして現代, される正岡子規の日清戦争, される正当な情勢, される正餐の勘定, される此国の女性観, される武士髷と固い, される武島裕吉の感傷的, される歴史的には之, される歴史的条件から云っ, される歴史科学的概念構成は従っ, されるこの退っ, される死刑の最も, される殘念さがジリ, される段取りになっ, される殿御があります, される毀損品も少く, される母音と子音, される比率を決定, される毛織布と葡萄酒, される民族でないこと, される民法の結婚, される民衆意識で片づけ, される民間調査機関の財源, される気分は散文, される気持ちだった, される気温降水分布の複雑さ, される気色がありません, される気苦労もなし, される気配が見えない, される氣色がありません, される水分を排出, される水天宮館へ入り, される水西荘一昨年の冬至, される氷晶を, される永久不変なる関係, される永久的な形相, される永遠者は非, される江戸の五月, される治安維持法では第, される沿岸の町, されるを見出した, されるを法規, される法律上の条件, される法案だ, される法王と天使, される泡沫のよう, されるに捲き込まれる, される泥土の量, される洋活字がインデル・モウル, される津波もまた, される津軽海峡の流れ, されるに正, される活舞台に一役, される浪漫主義の特色, される海底戰鬪艇は現, される海蟹は決して, される消費者の負担, される淫売窟に性道徳, される深い人格的の, される清純な生きた楽しい, される源氏には一目, される滑稽千万な状態, される演繹される, される演習を観る, される演説者だった, される漢字が制限, される潮流には無頓着, される火砲や発射管, される火鉢に僅か, される為めには勢い, される為体の知れない, される節操不甲斐ない, される無常の存在, される無意義な動乱, される無産知識階級のため, される然しこの栖鳳, される照明灯だけがのこった, される熊さんや八さん, される熟練と資本, される爆弾の地ひびき, される爲め一旦歸札, される父君も年, される片手間に到る, されるのよう, される物的な生産力, される物體界の表象, される特典を授け, される特有の色, される特権がございます, される特色はそこ, されるの型, される犠牲の価, されると咄家, される犬猫から牛馬, される状況のなか, される狂熱状態にあった, されるの運命, される独得な境地, される独特なもの, される独立や立派, される独逸歴史学派の精神, されるが驚ろ, されるのよう, されるの方, される王冠と獅子, される王朝時代のデカダン詩人, される珈琲は結局実用的珈琲, される珍病でキチガイ, されるわなものな, される現代の文化, される現代劇のディクシヨン, される現代史特有の悲痛, される現在支那について如何なる, される現場にのぞむ, される現実会の会員, される現状の世の中, される現象である, される球面は既に, される理智の批判, されるさも, される甚藏でございますから, される生活状態というもの, される生活自体の形成, される生涯を送り, される生物に雷鳥, される生産力は単に, される生産手段の社会主義的所有, される生産物量を供給, される用意があるなら, される男の子たちもなかっ, される男何者やら果報者, される男芸者という職, されるじゃない, される異常な, される異種の角度, される疑問である, される疲れと云う, されるもおい, される病人で満ちた, される痛苦を歯, される百万という増加, される百万石なりを人, される百姓たちは食えない, されるとなっ, される皇子の席, されるが可哀想, されるに見えない, される直に丑松は, される相談になった, されるの具体的, される真鯛である, される眠りであると, される知らせだという, される知名の実業家, される短歌は作者, される短編を一年, される石器は非常, される石橋の異国的, される石炭量を供給, される石膏像まであなた, されるは然, される研究会とその, される破片の荒れた, される確実な保証, される確率によって決定, される確証は何, される社会主義への展望, される社会人が週末, される社会活動の部面, される社会的現実に対して作家, される社会科学や哲学, される神樣とか或は, される神話や世論, される禿安の手, される私一人が輝かしい, される科学説がそれ, される科学論はこの, される租税によって支弁, される稀本の價値, される稀覯書である, される程それはこの, される程不思議に安次, される程不明であつ, される程倹約な暮し, される程先取権をもつ, される程利潤率は低下, される程気まりが悪く, される程激怒せしめた事件, される程理由のない, される程生活が深刻, される程社会的認識は歪曲, される程自分自身がまた, される程虫酸が走る, される程重要な位置, される税金に貢献, されるになり, される種族形態はそして, される種概念として取扱, される種目は多く, される種種の婦人雑誌, される穀価が一年, される積りはない, される空地も見出す, される空想上の世界, される空疎な流行語, される窘窮煩悶の状, される窮迫の為め, される立派な根拠, される童話が全然, される端緒にもなり, される等私の気持, される筋合はない, される筋合いのもの, される箇条のどれ, されるがある, される範疇と何等, される築地小劇場は天下幾人, されるもなけれ, される粗野な自然, される粟総額の三分の一, される精巧な一個, される精神的素質がちがっ, される紅顏の少年, される純粋に, される紡錘そつくりで旋風, される終日の勤労, される経済的援助を歓迎, される経験は経験, される結婚の外, される結婚以上に毎年一定, される結果それが嘘, される結果北米合衆国で一年, される結果筋肉が萎縮, されるを鞭, されるを入れた, される絹ハンケチといわず, される經驗に惑溺, される綾吉が癪, される総合的な科学, される総合的実験科学への歩み, されるの色, されるを得る, される繁文縟礼の現下日本, される繊弱い可, されるが多い, される罪人のこと, される罪悪を一掃, される罪隠密の情事, されるにたいするよりもその, される美しさに, される美しい何不自由ない, される美男美女は容易, される美術といかに, される美貌の未亡人, されるの要素, される義務と権利, される義士達の持物, される義捐金によって養われ, される義理あ無えんだ, される義理人情の世界, される習いでした, される翻訳的青年男女をもっと, される者共が狎れる, されるが私, される聯想のひとつ, される肌合いが長次, されるが高い, される背信の若者, される脚本も割合, される脱漏を度外視, される脳波を無線操縦, される腑甲斐ない心, されるを沁み込ん, される臨時ニュースの内容, される臨終の一念, される自らひそかに恃むところのある専門棋士, される自作の脚本, される自信だけはある, される自分自身の心, される自動車の中, される自己防衛の牙, される自我個々なる個性, される自明な併, される自治案内に七分搗米, される自然力に比較, される自然的生の構造, される自然科学を持っ, される自由を有っ, される至つて靜な氣持, される舎人の場合, される航空機生産法案同保安法案, される良人というもの, される色々な仕方, される色彩のつよい, される色気と未練, される芝居の人物, される花柳病の恐るべき, される芸術として訴える, される芸術家たちこそ気の毒, される侍の, される苦しさに, される苦しまぎれに不断, される苦しみを考える, される英雄もあり, される草木の深い, されるを負わされる, される莫大な金銀, される萬一の場合, される葉子の隠れ家, される著しい特色は, される著書も非常, される葡萄からのみ造られ得る, される葡萄酒の量, される蓋然性が乏しい, される薄膜を細い, されるの貯え, される薪炭の種類, されるなん, される薬品全部を検査, されるのやう, される藝術に誤謬, される虚偽となっ, される虚妄の世界, されるの如く, される蝦夷地の過去, されるのよう, される蝶ヶ岳も眼下, される血なまぐさいパノラマを, される血液の圧力, される行政施行法によれ, される行為はその, される街路にはエトランゼ, される衝撃のため, される表具を眺め, される被害者の断末魔, される装飾の主題, される製造貨物と外国貨物, される複雑派の中, される西洋寝衣, されるもなく, される要求額であつ, される要素之が線, されるとおし, される見かたがある, される見世物があった, される見込み前川準之助って実業家, される規定なの, される覗眼鏡は各階毎, されるは無い, される親分ぢやありません, される親切もつまり, される観念的歴史学やヘーゲル, される観念論的歴史観は無機的自然, される解説が出来, される解釈も発見, される言語活動そのものである, される設備が理科系統, されるりでは, される詩人が世に, される詩句のごとき, される詩的構想をあらゆる, される認識の対象, されるで人名, される誠実とか健康, される読物の多く, される調和と生気, される調和的普遍的の事実, される論文の中, される諦らめなさいと, される作と, される諸事物はこの, される諸種の機械, される諸賢のため, される警句の一つ, される議会をもつ, される變化に富んだ, される財産がなかっ, される貧しさや, される貴族階級の自然的衰弱, される資金は現実, される賎俗な社会, される賜物に外, される質問する自分, される質量は太陽, される赤ら顔で大男, される赤塚村のもの, される赤絵の, される赤裸々な社会生活, される趣向になつて, される趣味であった, される路傍の雑草, される踊り屋台にお, される踊子たちの貞操帯, される軍国主義の機密, される軍憲の移動, される軍隊の悲しみ, される軍隊風でなくそれぞれ, される軍需船を大坂, される女には, されるさに, される農作物をその, される農村通信員は特に, される農業機械がよそ, される農民の欲求, されるを書い, される迄には相当に, される迄にも至らない, される近代劇その区別, される近藤忠義が篤学, される返事かもしれない, される迷惑も感じた, されるはない, される途すがら自動車の中, される途中手にし, される途中荊門を通過, される途次仙台の, される通りハイハイ云うとれば, される通り手爪先の尋常, される通り私はへとへと, される通り路に当る, される通路に依存, される速度の遅速, される連帯性積極性の大小さまざま, される進退これきわまるとは, される運転状況は私, されるもない, されるがない, される道具類を見せる, される道徳は何ら, される道徳意識が如何, される道楽があった, される遠泳会の晴雨, される遠隔作用の成立, される部屋がある, される部数の多寡, される部面は広汎, される部類のほう, される郵便とだから, される都度日本の画家砂場嘉訓, されるだの祝い物, される重要ファクターの箇条書, される野分聲して, される野心の落ちゆく, される金五郎にとって不可解, される金属に関して特に, される金持ちの子供, される金満家もある, される金額は純粋国民利潤, される金魚の敏感, される釣り風景と鮎, される鉄道割引券の請求歩合, される鉱脈が相当, される鍾乳石のよう, される鎮守の神木大杉, されるの端, される鳴器, されるさに, される長い旅に, される長蔵さんからは小包, される長閑な三絃, される閑枝の心, される間伸子と蜂谷, される間兄の挙動, される間際に打つかりました, される関係は法則, される関係上代償的に腹壁, される関係上自然と漢字, される阿弥陀経は支那, される附加的労働量に比例, される限りそうである, される限りジャガタラ文の悲劇, される限り一般に模写説, される限り下落する傾向, される限り古代史の研究, される限り存在の問題, される限り完全なる相互作用, される限り真理が真理, される限り知識には模写的意味, される限り経験を指導, される限り近代物理学には何, される階級ではなく, される階級性が逃避, される障害もあり得る, される隷属的人民をつくる, される雛妓は寝る, されるをまぬかれた, されるの音, される雲仙の如き, される電力の割合, される電気火花に関するあの, される電波信号をさぐる, される電鉄軌道や自動車道路, される需要が利潤, される青年の団体, される青蛙神を模造, される個人的な, される非常時現象が眼, されるをもっ, される面会の時, される頗る放胆な, される頭脳のもの, されるは徴収, される顧客の大, される風景描写がその, される飜譯漢語と漢字, される食事だけで, される食料の一つ, される餘地を發見, される馬鹿馬鹿しさと, される騎馬隊の威力, される高みのある, される高千穂神社は一応, される鬼気ないしは魔気, されるに著, される魚類を特に, される鮭類と黒狐, されるの羽, される鼬ごっこ