青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ざりし~ ~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し し~ ~しい
しい~
しか~ しかし~ しかして~ しかしながら~ ~しかた しかた~ しかも~ しから~ しかるに~ ~しき

「しい~」 10252, 111ppm, 967位

▼ しいもの~ (466, 4.5%)

19 である 17 がある, では 1514 はない 10 です 8 であった, であつ 7 だった 6 だから, だと 5 があつ, でした, にし 4 があった, がない, だつた, であ, であるかを, のよう, を感じる, を見た 3 か, さ, であること, ですね, でそれ, と思っ, に思われた, のやう, はありません

2 [23件] が心, じゃ, だからと, だなあ, であります, であるが, であると, であるといふ, でございます, でしたが, ですから, ですよ, でも, とされ, なの, になっ, になる, に思っ, はありますまい, はなかつた, は無い, を感じた, を見

1 [219件] かああ, かとつくづく, から逃げ去りたい, がありました, があります, がいや, がお, がこちら, がこの, がぞくぞく, がちら, がなかっ, がまた, が会社, が宮殿, が峻, が底, が彼, が手, が易易, が映った, が沢山, が現われ, が畿内並, が発見, が眼前, が私達, が胸一杯, が見え出し, が見つ, が見当った見当った, が身, が迫り近付い, が隠し, じゃと仰せられました, だからなあ, だが, だけは残らず集め, だそう, だったらしいのね, だつたぞ, だとは, だとも, だわ, だテ, だ街, で, であったから, であったが, であったと, であっては, であらう, でありえせ風流, でありまして, でありません, であり四季, であるか, であるから, であるという, である事, であろうか, でご, でございますから, でございますが, でございますねえ, でございまする, ですな, です上, でたまたま, でどこ, でな, でないこと, でなかったこと, でなかったならもっと, でなかつた, でなく, でなくても, でなく心魂, でなければ, でも見る, で一旦, で今, で何度, で単に, で彫刻師, で教育, で星菫党, で水底, で満堂立錐, で男, で葡萄酒, で魏志, といっ, といふ占ひよ, として区別, として忌避, として疑, として見られ, として見下げられます, として非常, とする, となった, となる, とはされ, とは言えなかった, とも思われない, と云つて, と信じられ, と取つ, と心得, と思いやった, と独断, と見, と見える, と見られた, と解せられ, と言わなけれ, と認め, なし, なんで, にさせる, にされた, にだけ解題, にでも触った, になった, になつ, になりました, になるらしく, には違ひな, にサイン, に出逢った, に心身, に思い, に思はせ, に思はれた, に思ひ込んだ, に思へ, に感じられた, に捕へられる, に捕われる, に掴まれた, に殴られ, に浸り, に眺め, に眺められた, に絡みつい, に考へ, に聞こえませう, に見せた, に見た, に變, に近, に顧みられた, ね, の一つ, の姿, の形容, の来る, の様, の樣, の醜, はこの, はこの世, はこれ一つ, はございませぬ, はゐません, は之, は初めて, は別に, は嗅ぎ出せ, は大概, は好奇心, は妄, は宝石, は手, は数多く, は沢山, は滅多, は爆破, は疑, は盲目, は見えなかつた, は通行, は青春, は韻律, は飽く, ばかりが不思議, ばかりで, ばかり並べた, もある, もおしなべて, もまた, も一様, も有りませんでした, も混, も食べ, や横柄, をがっしり, をこの, をさ, をそっち此方, をでも見た, をロウソウ, を何とか, を入れ, を列挙, を孕む, を官兵衛, を怖, を感じ, を暗示, を残らず, を見いださなけれ, を見せられた, を見つけ, を追, を造る, を隠し, を頂戴

▼ しい~ (428, 4.2%)

26 である 15 だ, になる 12 では 5 だから, です 4 ですか 3 か, だと, であった, はこの, はその, 実の, 木の

2 [22件] か悲しい, がある, だが, だし, だらう, だろう, でございます, でした, でしょう, と人, なんの, に比べ, に驚い, は, はつまり, は夜更, は横柄, は結構, も忘れ, 抜けた残骸, 木に, 木のね

1 [281件] あわてて, かとにかく, かともあれ, かもしれない, か分からなくなっ, か又は, か嬉しい, か彼女, か腹立, か自分, か解らない, か除け, があ, がいったん, がすべて, がなかなか, がゐ, がサト子, が一, が一層, が二, が六升男爵, が出, が出来かかっ, が大, が嫌, が嬉しい, が居た, が手, が書ける, が東京, が気に入る, が特色, が訣つて, ことです, ことを, こわいの, さへ, じゃありません, じゃない, すたるぢい, そばまで, だか, だった, だという, だとの, だよ, だらうか, だらうと, だろうが, ぢや, であったが, でありました, でありますが, であるから, であるけれども, であろう, でござるかっ, ですってね, ですね, です欣, です痛み, とその, とでしばらく, とで目, と一つ, と其劇, と古い, と悲しい, と當人自慢, と疲労, と老け, ないゴム人形, ない子, ない空家, ない空殻, なかへ, なら嫉ましいで, にあきれ, にもかかわらず, にも俳味, にも呆れ返らず, にも気の毒, に似, に接した, に遊ん, に驚いた, に驚きまし, に驚きました, ぬけた様, ねえ貴下, はあなた, はいつ, はいる, はお, はお上, はこっち, はこれ, はござんせん, はさ, はもちろん, はウェーゲナー教授, は七つ, は主として, は人, は今, は他, は伊太利, は僕, は僕ら, は僕等, は全然, は其の, は凜, は前, は北宋, は十本, は半月, は去っ, は古い, は地, は多言, は大, は大観そのもの, は妙, は宿命, は宿将勇士たち, は宿引, は小, は小さな, は屠蘇, は座, は当り前, は彼奴, は往還, は後腹, は忘れた, は戀, は我身, は或, は批評家, は掴まへれ, は日頃小田卷直次郎, は暮, は朝, は栄養不良, は死, は死刑, は洒落, は渦まく, は狂歌, は當然, は監督, は砂, は神武天皇紀, は私, は童話, は縦, は翁, は胆石病, は自分, は芭蕉, は虚言, は裏, は親, は記紀, は赤, は足, は足軽小者, は軍隊, は鍋小路どの, は霊魂, は鞦韆, は飲んだくれ, は首無し美人, はGPU, ひびきの, ふつつかな, へ一塩, ほほえみ, まことの, みちびき手, もあります, もあれ, もいた, もつ記憶, も好き, も定め, も悪い, も気, も靴, ゆくえを, ような, をお互い, をこの, をよく, をソッチ, を一人世話, を彼, を御覧, を拾, を握み出し, を知っ, を考えた, を聞い, を自慢, を衝, を見, を見た, を選びます, ウンタートーンとして, 一つの, 上に, 不滅と, 何の, 何のと, 何ん, 何んの, 働きな, 光が, 全部を, 前には, 前へ, 力は, 力次第で, 卑しいの, 喜びである, 圧倒に, 声で, 声を, 奥まで, 姿が, 姿の, 実を, 思慮と, 憧憬を, 抜けたひと, 抜けたひとみたい, 抜けた眼, 持主とは, 支柱と, 故里を, 教育は, 方へ, 暗号を, 月が, 有り所, 木が, 木の下で, 木の下の, 木の下まで, 木の下を, 木の根もとに, 木は, 本当に求める, 楽しみが, 欲する, 歓喜と, 深みを, 深部を, 漁を, 澄みわたる杉木, 為に, 状態に, 生活を, 異境という, 発展, 発展の, 私は, 純なる, 落ちつくこと, 融合を, 要請が, 要請を, 言葉を, 金七万八千弗を, 陰影を, 霊魂か, 静謐なき荒々しき, 顔を, 高揚が

▼ しいこと~ (366, 3.6%)

1614 では 12 である 9 です 8 だが, だと 7 でございます 5 がある, でも 4 だろう, はない, をし

3 [12件] が書い, じゃない, だな, だらう, であった, ですが, なの, になっ, のやう, は知らない, をした, を言

2 [21件] か, かもしれない, があっ, が来る, だった, であらう, ですな, で御座います, になる, には現に, に相違, に違い, のよう, の一つ, の限り, は, はその, は自分, をする, を仰っしゃいます, 夥しい

1 [192件] かも知れない, がありましたろう, があろう, がいえた, がき, がわからない, が一ぱい, が云, が何で, が信じられる, が出, が出来ました, が出来る, が多く, が好き, が始まりかけ, が平気, が彼, が待つ, が心配, が現に, が生じた, が義, が起こる, が起った, が起つた, が起る, が長く, この上なし, じゃ, じゃこれ, じゃ命拾い, じゃ怖, すら忘れかけました, だから, だからと, だだが, だったし, だね, だらうと, だろうか, だろうと, だろうな, だ怖, だ粗笨, であつ, でありました, でありますが, であり之, であるが, であると, であろう, でございましたな, でございましょうという, でございますからな, でござんすなあ, でした, でしたね, でしょう, ですからね, ですその, ですわ, でせう, でなく仏教, で大, で御, で御座いますが, で無く, で貴方, といわなけれ, とも思わなかった, ながら今, なく第, に, にこれ, にでもお, になった, になつ, になります, になるであろう, になるでせう, には別段, には夜, には東京, には私, にひかれ, にもあの, にもなる, にも苦しい, に出, に出会う, に出喰わした, に思, に思はれ, に思ひ思ひし, に思へた, に気, に王, に考へられ始めた, に背, に見えるであらう, に違, の体験者, の前兆, の暗い, はありません, はお, はとても, はわれわれ, は一切ぬき, は三千, は出来る, は判りません, は弟, は彼, は御, は想像, は明かです, は欣, は省く, は私, は考え, は話さない, は貧乏人, ばかり, ばかりは言わなかった, もあるまい, もない, もないだろう, もなさるまい, もまた, もやつ, も何, も死, も澤山, も考え, や然うかと, や華やか, よりもむしろ, を, をあなた, をあなた様, をいう, をいっ, をいふ, をいよいよ, をお, をお話, をしだす, をしない, をします, をすつかり忘れ, をなさいました, をほんとう, をやっ, を云, を云う, を云え, を云ってる, を云つて, を云つて俺, を仕いだした, を仰っし, を何より, を勇気, を大, を婆さん, を引きおこす, を思い決めた, を澤山, を知, を知っ, を知ってる, を知らない, を示し, を示した, を考え, を考えた, を考える, を考へる, を聞く, を聴いた, を見破られた, を言いなさるだ, を言い出す, を言う, を訊きかえさず, を話した, を説い, 憤る方, 考えられないけれどね, 見る見るうち

▼ しい~ (322, 3.1%)

5 あった, あって, その上, 坐って 4 ありました, ある, いるの 3 いた, これを, それが, それに, それを, 寝て

2 [12件] あるが, あるきり, あるところ, くれた, そこに, もらって, フテ寝, ワラジを, 本木を, 横に, 紛らして, 腰を

1 [248件] あったが, あったらしいの, あった蒲団, あなたの, ありおくの, ありかっかと, ありそこ, あり戸棚, あり木製, あるから, あるじゅうたん, あるその, あるため, あるだけ, あるな, あるの, あるへや, あるぼろけた, あるもの, ある土手, ある平坦, ある楯, ある白い, ある紙きれ, いくらか快活, いたもの, いたらく, いた北条方, いた坐蒲団, いつた, いて, いないじゃ, います, いる, いるこの, いるその, いる地上, いる庭づたいに博士, いる時, いる桃, いる消防隊, いる眼, いる花, いる部隊, うす暗い短檠, おいて, おしずめ, おべ, お前も, お寝, お拒み, お捜し, お隠し, かみ殺すの, くいとめた, くっ付けて, くれ, くれた老, くれました, この書, ございますから, しきりにあせっ, しながら, しまった, しまわなければ, じっとこらえ, すすめなかった, すると, すわって, すわつて, ずらりと二列, そう思い, そのそば, そのまんなか, その中, その地点, その心, つけて, とこに, とめようと, どうにか部屋, どなって, どやしつけて, なければ, ならんと, にぎり飯や, にやにやと, ねころんだ, はいれる限り, ふらふらし, ほしいまま, ほっと腰, まぎらそうと, また椅子, まだ浮力, みずからを, みんなすわっ, もう横, もぐりこんだ, ものを, もらいそのうえ, もらい奴めアイビキ, やったり, やや半, やりました, よいよう, ゐた, ゐないだらうか, ゐる風景, んで, アイスクリームをのみ, オモチャの, ガラス箱入りの, トロッコの, ネオシを, ハ頼不, 一晩明かす, 三人の, 三浦老人と, 両眼, 中央へ, 乳ぶさ, 二人の, 二人寝ころんだ, 二百ドルの, 何か, 何かの, 供を, 兄の, 八時に, 冷ややかに, 冷酷に, 切り離して, 別に床, 制しようとは, 参りました, 取り返そうとは, 口に, 向うに, 否とは, 呼び出して, 命を, 喪心した, 噛みついた, 執権の, 堂か, 声高く, 外套を, 天下分け目の, 天龍寺造営の, 夫の, 寂しい笑顔, 寒いので, 寝るより, 尼を, 岩だけ, 幕府心証の, 平庭, 幻を, 座って, 座敷と, 弟の, 弱気を, 当座だけ, 彼が, 彼に, 彼女の, 待つこと何時間, 徹宵張り番を, 心あたりを, 忍ぶまでに, 思い返しこの, 思って, 払って, 押ししずめながら, 押しつぶして, 押し付けた五十川, 持って, 数日つつしん, 断ち切って, 新聞を, 旌旗しずかに, 春の, 暫く圧し, 望んで, 某の, 棺桶に, 楽園の, 武田勢が, 歩調を, 死を, 水の, 求むれば, 深い影, 渡場風景を, 火鉢が, 焜炉のせ, 無理矢理に, 片手を, 物静かな, 玄関まで, 理窟を, 白椿, 直進し得る, 眠った, 睡った, 矢張り整然と, 知らぬふう, 知らぬ顔に, 硝子を, 祈った, 私を, 秘密を, 穏やかに, 穢い土, 竜之, 結婚も, 聞かせて, 腹も, 臥て, 自身を, 萬一の, 落ち着いて, 蒸気浴を, 蚊帳に, 行きたいと, 見張って, 解するならば, 解せば, 解らないこと, 言って, 言葉を, 言語や, 話を, 赤毛布一枚に, 足は, 足を, 身を, 近づけられること, 遊んで, 過去を, 長の, 陽の, 雑説奇談を, 順次に, 馬の, 高鼾で, 鳴りを

▼ しい~ (241, 2.4%)

6 いって, 思って, 思つた 5 思つてゐた 4 いうよりも, 云って, 云ふ, 思いました, 思う 3 いふこと, いふの, いふ事, つては, 思ったの, 思ひます, 思ふ, 私は

2 [14件] いうから, いうので, いうよりは, いはねば, 思いながら, 思いながらも, 思うに, 思う時, 思つて居た, 思はれるほどの, 思ひながら, 思ふから, 感じて, 言へる

1 [146件] いう, いうか, いうとね, いうに, いうのみ, いうほどの, いえば, いはなければ, いはれて, いふだけの, いふ気, いわねば, おっしゃいました, おもう, おれを, されるが, すれば, たましい, ひそかに, ぼとぼと辿っ, またも鈴子, わたしだ, 云いだしましたので, 云う, 云うか, 云うより, 云う叫び, 云う心持, 云う概念, 云う様, 云う風, 云った, 云ったが, 云ったふう, 云った表情, 云っても, 云つた, 云つた表情が, 云つても, 云は, 云ひ, 云ふより, 云わざるを, 信じて, 信じる自分, 僕は, 先刻の, 内々で, 冷めたい笑, 切に感じ, 反りかへ, 子供さん達は, 存じましたわ, 存じますが, 将軍様の, 岡が, 常に申し, 心ある, 思いましたが, 思いまして, 思い或, 思うだろう, 思うと, 思う事, 思う人, 思う気持, 思った, 思ったから, 思ったくま, 思ったこと, 思ったという, 思ったら一風呂, 思った処, 思った女, 思った心, 思った老人, 思つた心は, 思つた風も, 思つても, 思つて夜道を, 思つて止めた, 思はずには, 思はせられて, 思はなくなりましたよ, 思はれるの, 思はれる大衆文学, 思ひつ, 思ひながらも, 思ひました, 思ふこと, 思ふだらうが, 思ふの, 思ふ人間, 思ふ外何, 思ふ心, 思ふ父親, 思へる, 思へるの, 思わずには, 思われて, 思われるから, 思ッた, 思ツた, 性質の, 感じた, 感じたの, 感じないわけ, 感じる心, 打笑い, 押し入る前, 振仮名を, 文学などは, 斯う, 気付きました, 氣の, 由子は, 申すよりは, 申すんで, 申せば, 癪に, 笑はれる, 聞いて, 聞えたが, 自分が, 若い綺麗どころ, 表に, 見られる所作, 観念し, 言いましたろう誰, 言うの, 言うん, 言えば, 言つた諸物價の, 言は, 言ひ出し, 言ひ切る, 言ふか, 言わなければ, 認められて, 語りながら, 誰も, 身顫いする, 近づいたり, 音を, 駄力ばかりは, 鼻を

▼ しい~ (142, 1.4%)

5 だと, はない, を言 2 が書い, だ, である, です, ではある, なん, をするだらう, を口

1 [111件] あない, ありやあ, か, かこ, かここ, かもしれない, があっ, があり, がある, が出, が好い, が始まったら, が度々, が滅多, が起りかかっ, が随分, さえもあった, だがの, だとしか, だろう, であつ, であらう, であります, であるかと, であるに, である呉, であろう, でございますね, でした, でしたでしょう, でしたろう, でしょう, でそれゆえ, ではとても, でもある, でも何, で堪らなかつた, で有りました, というたら堪らんです, とし, とは思はない, と最初, なお市場, ながら人道上, なんか無い, なんぞあらへん, にいいました, にお, にされ, になった, になつ, にならなくなりました, になりました, になる, にはこの, には吾輩, には猶, には自分, にも気味, に係り合おう, に思い思い, に思えた, に此機會, に父, に髪の毛, ね叔母ちゃん処, のみを声高, のやう, の樣, の終り, の限り, はありません, はこちら, はございません, はばさま, はよく, は先日秘, は存じませぬ, は明日, は書置, は無い, は無く, は知らない, は知らん, ばかりで御座います, ばかりなので, べおっ, もあります, も嬉しい, も強, も看抜い, も考へる, やいつ, をいいなさる, をされ, をべらべら, を云つて, を仕出, を仰言います, を大声疾呼, を思ふ, を書き連ね, を書く, を申す, を示し, を考え出す, を記載, を遊ばした, 云うので, 即ち調べ, 夥しい

▼ しい~ (121, 1.2%)

4 はいって 3 われに 2 こもって, よく見れ, 出て, 彼の

1 [106件] あこがれて, あって, あなたの, あの少女, あの山いっぱい, あらわれたの, あるうち, あると, あるなんて, おき去りに, おののくごとく咽ぶごとく尺八, おれについて, お角, この北上平野, この燈籠, さりとてその, さ迷って, しかしこの, しっかりした, すこぶる富裕, そう云った, そこには, その代りお祭り氣分, その書, ために, だいいち承知, ちょうどいばら, つかまって, つづまる所, つてゐる, とにかくどんな, どうだ, どこかに, なか, なにかの, ぬけるから, ぬけるよう, ぬけ出して, のこって, のりうつって, はこばれて, ひろく一般, また薄暗い, まとまって, まアとにかく, まア怒らず, もとの, よく笑, オウオソ町基督教会の, 一人で, 世話好きな, 乗り移ったと, 人間には, 人間何よりも, 今日の, 仕方が, 仕舞を, 何処までも, 入って, 入りは, 内心では, 勝頼とて, 原始的の, 夕方三田が, 妻子同, 威儀正しく, 嬉しい, 宿って, 寺で, 年ごろの, 彼は, 彼女の, 憑い, 所々には, 抜けたよう, 料理が, 料理がまづく, 暑い時, 暗いところ, 此が, 油断の, 爲る, 玉川関は, 理屈じゃ, 生霊と, 発しられないわけ, 真個です, 私たちを, 私は, 籠ったよう, 純小説, 羽織も, 聞いて, 肉体を, 蟹に, 裏が, 誤解だけは, 足許は, 通ったの, 道が, 面白かった, 頬肉が, 風が, 餓死する, 馬乗りに, 黒部川は

▼ しい~ (101, 1.0%)

7 の影 4 だと, です 3 のよう, の姿 2 だ, だこと, ですから, は見付からない, を見る, を馬鹿

1 [68件] いないわ, がいる, がお, がきたら, がその, がなく, がまた, が出来るであろう, が嘘, が居る, が扉, じゃア, じゃ有, だけにそれ, だね, であつ, であります吝嗇, であるだけ, でお, でし, ですね, ですわね, でせう, でないかぎり, でもない, で墓参り, で母, で毎, で自分, というもの, といわれた, なの, なん, にあんな, にいいつけられ, にお, にさらわれ, にならるる, には絶え, にもぶつかりませんでした, にも会えず, に思い, に思つた, に見えた, ね好き, のする, の云う, の各自, の声, の当り, の書いた, の片影, の眼, の通過, はありませんでした, はいずれ, は来なかった, は見当らない, ばかりの顔, も見えない, やと眉, をお母さん, をばか, を殺す, を求められよう, を見かけなかった, を賤, 例えば村社

▼ しい~ (100, 1.0%)

30 をし 6 をした 3 を上げた 2 があった, して, であった, になっ, になりました, の男, の色, も出来ない, を一層, を上げ

1 [41件] いろを, がまだ, が浮ん, が現われた, が目, が覗い, この目, さえもし, でなかった, ではない, でもあつ, で一月寺, と忠実, と見える, になつて, に子供, に宿命, に悸, に戻り, に血, に見えた, のよう, の人, の巨漢, の輝き, は仮面, をいたしまし, をいつ, をしたがる, をしてる, をせず, をなで, をば, を上げる, を掻いた, を眺め, を自分, を見, 故これ, 附きでそれ, 黒い毛

▼ しいので~ (91, 0.9%)

3 わたしは 2 あらうか, せう, 一時は

1 [82件] あつた, いずれ又, かう決心, かれは, きよとき, これも, ございますか, した, すぐ蓮香, そっと物陰, そのまま延々, そのまま袁氏, その夜, それぎり行きません, それで, そんなに思いつめ, ちっとも緩く, とうとう, どうなる, ひかへます, びっくりし, やつぱり女中を, ゆうべは, よしました, わざと一字, わなわなと, イライラし, イワンが, トオサンは, 不思議に, 二人は, 二度ばかり, 今夜は, 仕方なし, 何を, 先年來度, 冬至の, 到底足, 助役の, 千枝松は, 半ば絶望し, 半七, 半七老人, 及ぶかぎり支度, 哀願し, 堪らない, 外の, 妙な, 家を, 小さくなっ, 屋敷が, 店を, 彼は, 心配だ, 斯う, 旗野丹後守の, 日が, 普通一般の, 木村は, 未醒子, 枕元に, 段々延び延び, 毎年横浜や, 民が, 気絶を, 渡ること, 父の, 犯人が, 私が, 空の, 笑い出し世の中, 絵具を, 続けさま, 脳を, 表題だけ, 言えずに, 道が, 都會に, 鉄砲を, 間合も, 驚きました, 鸚鵡などは

▼ しい~ (88, 0.9%)

2 やはりお

1 [86件] あっとおどろいた, あらアね, ある時, いっしょに, うれしさいっぱい, おどろいて, お前の, お日さま, かえってこない, からだへ, ぐっすり寝こんだ, この世と, この神, これに, これは, これまでの, しきりに不幸, すでに故郷, するすると, そのあ, その声, その男, その身代り, それを, たましい慣れ, どうなった, どこに, なぜか, はじめて公開, ぺッと, まず第, まわるの, むだと, もうすっかり大胆, もうなん年, もっとけだかい, もっともっと勝れた, やはりなくさず, よく節子, より清い, わしが, わたしたちに, ピンポンの, メフィストフェレスだ, 一時東京の, 中尉の, 久しぶりに, 九泉の, 人形に, 休まる暇, 同じ肉体, 呼びかけた, 唐の, 大きなおどろき, 太陽と, 失望した, 尺八を, 彼が, 待ちかねて, 悲しさ, 愉悦の, 揺られ通し, 月の, 枯草の, 槌音だった, 次から, 次の, 此世に, 残るの, 汽船ゼリア号に, 海坊主が, 海坊主みたいな, 深みと, 滅亡の, 父親の, 生きて, 男の, 白熱し, 苦痛の, 蘆では, 見守って, 車上から, 農夫たちの, 長い悲しみ, 面白さ, 顛倒って

▼ しい~ (80, 0.8%)

3 奪われて 2 完全に, 打ち込んで

1 [73件] うちこんで, うばわれて, おいだして, おびやかしたこと, こめたただ, さずかるく, しずめる気高き, その人間, とられたよう, なやますもの, ひっくりかえされたと, もたずつい, もたないかわり, もたぬ相良寛十郎, アタラシイ身体を, 一つに, 住まわせるが, 何で足, 傾けて, 分けても, 削るよう, 墓に, 天外に, 失った色, 奥歯に, 宿したその, 宿した二つ, 小さいピンポン, 思わすよう, 愛するエス, 打ちこみました, 打ちこむ生活材料, 打ちこめ慚愧, 打ちこんで, 打ち込む対象, 打つ身, 抜いちまうって, 抜いて, 抜くだって, 拾いて, 持たぬだけに, 掻き, 揺りうごかす, 揺りうごかすだろうと, 撫でて, 救いたまえ, 救い取る性質, 敬虔な, 明らかな, 有する, 森や, 沈着ける, 消さなければ, 燃やすに, 研がせて, 研ぐもの, 紹介すべく努めよう, 繰り返した, 脅かして, 草花に, 落ち着けるため, 落ち着けるに, 落着けたいと, 落着けること, 蕩かすよう, 蝕むもの, 覆して, 覗くもの, 追い出し彼, 運び去れ, 鍛えて, 面くらわせたもの, 預けて

▼ しいところ~ (76, 0.7%)

6 がある 3 を気の毒 2 がない, を御, を氣

1 [61件] から迎えた, があり, があります, があるで, がなく, が一ツ, が何より, が出, が少し, が望み, が欠乏, が無え, が見え, が見える, が見つからぬ, さ, だ, だと, です, ですこの世, でせう, でその他, というの, とも知らず, と思い, にちがい, にでも相撲, になつて, に行こう, のある, のやう, のゲーテ, の有る, はいつ, はなかっ, は少し, は微塵, は無い, へ, へお, へ連れ込まれました, もあっ, を, をあらかた, をお, をかく, をずっと, をわざ, をわざわざ, を具え, を度々, を引き留めた, を御苦労, を御覧, を求め, を済みません, を無性, を甚だ, を登る, を見せ, を邪魔

▼ しい~ (75, 0.7%)

8 をし 2 で熟, で私, に逢った, に遭っ, を

1 [57件] が二ツ, が釜, その光沢, でちょっと, でにらみつけ, で万吉, で優しく, で屹, で相手, で自分, で遠慮なく, で顔, なざしだけ, にあう, にあわせた, にあわせる, におう, にじっと, にぢ, ににわかに, にも遭わず, に会う, に会おう, に会っ, に会った, に会つて, に会わせられた, に出逢った, に御, に意味, に逢う, に逢ふから, に逢わない, に逢着, に遇う, に遇った, に遇ったです, に遭うべき, に遭った, に遭われた, は宗教, ばかりであろう, ばかりぱち, やら辛い, をすえ, をなす, をのがれた, をまるく, を充分, を光らし, を光らせ, を武田, を熟, を自分, を見せる, を見た, を赤く

▼ しいから~ (71, 0.7%)

4 である 2 だ, だで, では, 病院の

1 [59件] あたし好きだ, あんな虚勢, うつむいて, おれは, お前の, お暇, お絃, ここに, ここへ, これで, すぐに, そうお, その一例, それでわたし, そんなに精, たと, たましい, だであるので, だを, であ, めったに人, もう私, よさう, よした, サ, 一應門口で, 一日や, 今夜の, 出すまいと, 剃るの, 固より, 失礼します, 好きでしょう, 好きよ, 委しく述べる, 御覧なさい, 忘れて, 東京に, 欲しがる, 止めるが, 此半歳ばかりは, 歸り, 無事に, 独立に, 申しません, 略く, 略して, 眠られるかと, 竹屋の, 聞きとった父親治明博士, 茅の, 見逃がして, 許して, 貴方舎しませう, 身の, 迂回しよう, 近所で, 部屋に, 銅像の

▼ しいやう~ (71, 0.7%)

9 な氣 5 な気 3 な気持 2 である, でございますが, なところ, な不気味, な心持, にも思はれた, に思へた

1 [40件] だ, だな, だね, で, でした, ですが, ですけれど, でも, な, なきれい, なそれ, なもの, な一寸, な不思議, な刑罰, な口ぶり, な嬉しい, な尊い, な心地, な時, な曇天, な書生上り, な期待, な氣持, な素振り, な考, にし, にひやせ, にも思はれ, にも感じた, にも覚えた, に出来, に動い, に反対, に思はれ, に思はれました, に思はれる, に感じられた, に根柢, に現し

▼ しいほど~ (59, 0.6%)

4 緑に 2 なれど, 暑いの

1 [51件] ある所, ぎらぎらと, すぐ乳, ちゃんと坐り直しました, である, でございます, どもりながら, よく効く, よく当たる, 儲かるの, 光って, 冴えて, 冷めたい, 凄い, 利く奴サ, 劇しい, 勘の, 多いブルース唄, 夜が, 大きかった, 大きくそれ, 大袈裟な, 好いと, 山気は, 平気で, 当然に, 心を, 心配に, 手を, 明るい満月, 激烈で, 燈の, 現世利益を, 男らしく云い切りました, 痩せた骨, 真剣な, 真面目であった, 着実な, 稱讚される, 細い心, 緊張した, 自己の, 複雑である, 見せつけて, 言葉が, 質素な, 迅く, 長い沈黙, 震へて, 驚いたぜ, 鮮明な

▼ しい姿~ (59, 0.6%)

3 に見える 2 になっ, を心, を見た, を見る

1 [48件] がしきり, が泥だらけ, が浮かん, が見え初める, が見られる, が見送られ, こそ日本, だった, である, であるが, でしたが, ですが, ではなく, で地虫, で恐怖, で現, で米俵, で行きます, となっ, と言, になつ, になつて, に初めて, に変つて生気, に心, のまんま, はどこ, も見えます, や厳, をこの, をし, をした, をぼんやり, をみせられる, をみた, をみる, を今更, を平次, を永久, を浮き出させ, を現す, を眺め, を舞台, を見, を見おろし, を見せた, を見せぬ, を覚え

▼ しい~ (57, 0.6%)

3 だ, だと 2 であるといふ, に接する, を見

1 [45件] がお, さ, だぞ, だったの, だといふ, だな, だろう, であったという, であるお人好し, であること, であろうか, でございまする歌, でしたから, でないこと, では有りました, でもわたくし, で御, とこっち, とする, なので, にも中, に何で, に引つ, に惑わされ, に戯, に溺れ, に見えた, のよう, の叫び, の姿, の態度, の笑声, の聲, の肉体, の腹, はッ, ばかりを雇い入れた, をさらっ, を扶, を見出す, を顧みなかつた, 出入で, 友達が, 恐れ多い気, 武者と

▼ しい~ (55, 0.5%)

6 を出した 43 がし, がした 2 で云った, で私, をし

1 [33件] がいたしまする, がつづく, がふたたび, が云った, が聞え, であ, でそう, でまず, で不届き者, で云, で会釈, で叱った, で叱りとばした, で呼ばれました, で恭一, で詰め, で鳴い, で鳴く, などはきこえなかった, などは聞こえ, に振り顧, に送られ, のかかる, も熱したる, や妙, をかける, をだし, を上げ, を出し, を出しやしません, を立てた, を聞きました, を鈴

▼ しい~ (51, 0.5%)

2 は何, を三つ

1 [47件] がまた, が常に, が棲ん, だつた, だろうと, であつ, でありさえ, であること, でも見る, でも避ける, といふ物, など影, ならまだしも, に直面, に追, のない, の事, の云い, の名称, の影, の気配, の言い方, の響き, はたった, はみんな, はみんな質屋, は一, は何ひとつ, は勿論, は見当たらなかった, までも持込ませる, もない, も珍しい, らしい, をかきあつめる, を作っ, を孕んだ, を彫つ, を彫つた, を戴い, を掴まされたらしい, を物, を申せ, を見つけだす, を言, を贈っ, を造ろう

▼ しい~ (50, 0.5%)

8 をし 2 から逃, ではない, を挙げ

1 [36件] が光った, が非凡, さえも黒く, ざしも, して, だ, であつ, であること, でしげ, で四辺, で山査子, で彼, で理平, で睨まれやしない, で花子, に会い続け, に出会っ, に浮べた, に行き, に険, の大きく, の色, の裏側, はあなた, ばたき, をあげ, をお, をじっと, をつむっ, を剥き, を動かし, を対手, を瞠, を視, を輝かせた, を閉じる

▼ しい~ (47, 0.5%)

3 が吹い, が吹く 2 が大空

1 [39件] が, がかなた田端辺, がございます, がどっと, が一同, が吹いた, が吹き, が吹きこん, が流れ, が素袷, が絶えず, が荒々しく, が薄寒い, が靜, が頬, が額, が麥, であつ, にうつりき, にさや, にみだれる, にハタハタ, に何気なく, に出, に吹かれ, に托し, に日覆, に松蘿, に醉, のきりぎりす, の來, の吹い, の吹く, の通る, の野蛮人, は吹く, は絶えず, ひとりしづか, をし

▼ しい~ (43, 0.4%)

3 は自分 2 で, になる, には頭

1 [34件] があつ, がある, がいつ, だけで, だつた, であった, でした, でないと, でも直ぐ, でも車, などは部屋, にな来, にはとても, には人前, には伯父, には弱虫, には留守居, には皆, には馬耕, にもと, に俺, に自分, に裏漉, はお, はない, は内側, は實, は彼, は手伝, は私, またはそんな, を思はせ, を送らね, を過した

▼ しい~ (42, 0.4%)

2 利代の, 壺装束

1 [38件] 二人の, 人では, 侍から, 侍さんだ, 働き人間業, 台所の, 叱りも, 城の, 大名ばかり, 天気だ, 天気でございます, 奉行が, 姿である, 小姓だ, 小姓に, 尻を, 島の, 弟子入りについては, 心から, 心根, 手なみを, 手のうちじゃ, 扱いでは, 振袖や, 新の, 末を, 祝ひ日を, 約束な, 縫に, 説教を, 酌と, 酒に, 靜の, 靜は, 面と, 顔を, 願い事を, 鳥の

▼ しい気持~ (42, 0.4%)

4 になっ 2 がする, を取出し, を味, を示す

1 [30件] が室, が泉, が起る, だ, だったでしょう, であつ, であの, であると, でいっぱい, です, でその, で船, で見, とを同時に, にさえなった, になつて, になりかけます, になりました, になる, にまでなった, に成っ, に眺め, に駆られた, に駆り立てられ, のする, の昂揚, まだ羞, もする, を煙, を貪り

▼ しい~ (40, 0.4%)

2 きまって, 違いない

1 [36件] かかわらずたいした, かかわらずどっか, こたえたか, しては, すがりついた, それが, ちがいない, ついた, つけても, とりつくこと, なって, なりたいと, ふと死, ほやかな, 似ずどうか, 出かけはる時, 去られた後, 呆れ容易, 天狗を, 女房は, 導かれて, 引き受ける覚悟, 悪魔めが, 曇りを, 気を, 焼きつけられた光景, 生きがいの, 生きの, 相違ありませぬ, 祈ろうとさえ, 行きあいました, 語りかける時, 起因する, 過ぎ去った日, 違ひなから, 附けても

▼ しい~ (40, 0.4%)

13 がした 8 がする 5 がし 2 もします

1 [12件] がいたします, が平一郎, さえした, で外, になっ, にも襲われる, のせずなり, の好い, はしなくなった, もいたそう, もする, を起させる

▼ しい~ (40, 0.4%)

5 だが 3 をし 2 さ, です, ですが

1 [26件] がありましょう, がある, だ, だけれども, だ能勢, である, でいろいろ, では有る, でも何, でツイ言, なので, になり, に思はれた, に花, ねえ, のよう, の残り, はわし, はわすれた, は私, を平次, を聞い, を聞いた, を聞かされた, を聞くよす, を致しまする

▼ しい~ (39, 0.4%)

2 だ, の中, の中腹, は殆ど, や壑

1 [29件] いた, いただきかけて, があっ, が恰も, が海岸, だそう, だと, つづきである, であっても, で三里, で馬, という山, となっ, にとり囲まれた, のお, のふもと, のよう, の傾斜, の切り立った, の峰, はまだ, は皆, へ登る, もなく, や峠, や峡谷, を何, を控え, を登る

▼ しい~ (39, 0.4%)

3 の影, は一人

1 [33件] あるを, がある, がいたら, が自分, であった, であつ, でございますよ, でも汚物, でも見る, といふ酌量, として待遇, とも思わなかった, と思われ, ならわたし, にあ, になり, に御, のす, のやう, の姿, の娘, の常, の形, の手, の生業, はございません, は見えなかった, は見付からなかつた, は見当らなかつた, ばかりで, も御, をかくし, を知らぬ

▼ しい~ (37, 0.4%)

4 を見る 3 を見, を見た

1 [27件] から覚めた, だった, でございました, でございます, です, でも描かなけれ, でも見てる, で私, にうなされ, にうなされました, に毎月, に誘はれ, に責めさいなまれ通した, に酔, のなか, のやう, の中, はだんだん, はもう, ばかりを見る, や幻, をお, を彼, を懐, を春霞みの, を見せられた, 明るい輝いた

▼ しい~ (37, 0.4%)

2 だ, なん

1 [33件] かと呆れる, が何で, が斯く, じゃ, じゃったが, だと, だろう, で, であった, であつ, である, であるかと, でづツ, ではある, ではない, では却って, でもこれ, で明, で財産, で野卑, で長く, といふ権利, との積り, なの, にくれ, にこんな, にし, に切通し, に課せられた, に追, の生活, の眼, を見つけ

▼ しい~ (36, 0.4%)

2

1 [34件] がひそん, が必然, が景子, が潜ん, が現われた, だった, でおさえつけられた, でかれ, でしたが, です, ですね, でグイ, で主人, で吸い込まれ, で女王, で惹きつけられ, で抱きすくめられた, で振り放ち, で捻じ, で貂蝉, にはぞっと, に捉えられた, に生れ, に結集, のある, のこもつた, のため, のふるえ, の強い, をもつ, をイシュディ・ナブ, を以てあらゆる, を以て私達, を出しやがる

▼ しいという~ (35, 0.3%)

4 ような 2 ことを, のか, のである, やつは, ように, 感じを

1 [19件] お顔, ことと, ことに, ことは, ことも, ものが, ものはね, わけで, 位の, 口実の, 意味の, 最中に, 様な, 気が, 気持を, 程度は, 表情が, 評判を, 風を

▼ しい言葉~ (35, 0.3%)

2 がそれ, を, を自分

1 [29件] が人間, が伝った, だけど, だと, であった, であらう, でしてな, でその, でそれ, で思ひ, で最初, と卑し, などをかけられた, になっ, に屈伏, のうち, はそれぞれ別個, はた, は無用, は結局十歳, をお, をつけ足した, を仰有る, を口, を叫んだ, を男の子, を発音, を真似, を聞い

▼ しい~ (34, 0.3%)

6 がし 4 をたて, を立て 3 がした, して, をさせ

1 [11件] がしました, がします, がする, が主膳, が屋根, が山, が階段, であった, ばかりで, をさせました, を立てた

▼ しい~ (32, 0.3%)

4 になつ

1 [28件] からそれ, からの感じ, からの言辭, が僅, が到底, が湧いた, だけで満足, で彼, で深遠, とおびやかされる, にした, にでもなった, になる, になれる, の修羅, の底, の秘密, は微塵, も慰められ, をいや, をなだめ, をもつた, を持ちます, を持つ, を持て, を教, を曇らせる, を起こす

▼ しい~ (31, 0.3%)

1 [31件] から出, がない, が取払われた, が寂しく, が見, が見つからなかった, が見当らない, でご, ですが, ですけれども, では辛抱, と家, ならたいてい, に住まね, に就, のかげ, の中, の出, の前, の周囲, の者, はどこ, は思はずほつ, は見つからなかった, は見当りませんでした, ばかりだ, もなく, や庭, を保つ, を建てなかつた, を見

▼ しいとは~ (30, 0.3%)

3 思ひませぬけれど 2 いへ, 思ひません

1 [23件] おもわないが, かねて, この苦痛, そんな形, ちっとも思いませんでした, どういうこと, 何ういう, 何だ, 兼て, 彼女を, 思いながら, 思いますが, 思いませんか, 思はないの, 思はなかつた, 思わないの, 思わぬか, 思召さない, 想えなかった, 手を, 断言の, 本当に怖, 申せそれ

▼ しい~ (30, 0.3%)

1 [30件] からこの, から書いた, だつたの, でこれ, ですもの, でまア, でも仕事中, で大阪, で家内, で手, で甥, で走り書, にある, にいつか下町, にも何となく, にも此, に何とも, に犯し, に生ずる, に立っ, に胸, に限り, はその, へこの, をくぐりぬけ, をわざ, を偸, を島田さん, を算段, 僧も

▼ しい心持~ (30, 0.3%)

3 になっ 2 がまた, になった

1 [23件] がした, が年, が親戚, であつ, でぱっぱと, で夢みつづけ, で打見やる, で眺め, なども稀, になつて, になりました, に同感, に襲われた, のする, の時, はもう全く, は更に, を思い出し, を恥ぢ, を感じた, を懷, を覺, を語り

▼ しい~ (29, 0.3%)

2 を邪魔

1 [27件] から何, があった, がある, がない, が無い, である, であるな, でございます, ですが, ではあります, ではある, でも怯みはせぬ, で俳句, で無駄, と考え, に歸つて, のある, へすみません, へも遠く, へ売られる, へ来, まで変質, をさがし廻っ, を大体, を歩く, を登る, を見つける

▼ しいよう~ (28, 0.3%)

7 な気 2 にも思われ, に思われた, に思われる

1 [15件] ではありません, なの, な事, になすっ, には感じ, にも思え, にも思われた, にも思われます, にも思われる, にも見られた, に存じました, に思われ, に想像, に感じられた, に見え

▼ しい~ (27, 0.3%)

2 だ, だと, は居ない

1 [21件] あ耳, かその, が遣, だった, だなあ, だろう, です, ですね, でせう, ではござりませぬ, でぴょこ, で其の, と思う, など思ふ, に違, のため, の傷, まだあの, よし, を, 忌々しい奴

▼ しいとも~ (26, 0.3%)

3 恥かしい, 悲しいとも 2 思わなかった

1 [18件] あつかましいとも, いいます, いいよう, いえれば, する刀, 一言では, 云へる, 何ともあなた, 何ともいい, 何とも訳けが, 思いません, 思つた, 思はない自分, 思わずそれ, 思わない, 浅猿, 致しません, 高いとも

▼ しいもん~ (24, 0.2%)

3 だ, だから, ですから 2 だな, だ那

1 [11件] かとても, だその, だで, でございますから, です, ですぜ, ですね, ですよ, では, な, やろ

▼ しい~ (24, 0.2%)

3 であつ

1 [21件] が十一月一ぱい, が暮れる, が續, が落ち, が迎えられる, だが, だった, だったせい, だ気, であった, である, などは煖爐, に一句, は始, は続きました, は續, を送, を送っ, を送つ, を送つた, 悩ましい日

▼ しい感じ~ (23, 0.2%)

2 である

1 [21件] がいたしました, がし, が先, が唆, が起る, が輕, でありました, にとらえられる, に衝, のする, のみが残っ, の中, の傾斜, の寝, の醜い, はなかつた, は恐らく, を与える, を根本, を起させます, を起した

▼ しい生活~ (23, 0.2%)

2 の中, の装ひと, の裝ひと

1 [17件] が, があった, が流れ, が続い, だ, である, ではない, に附きまとう, に陥っ, の壓迫, の夢, の暗, の準備, の耳元, をせね, をつづけ, を送つた

▼ しい~ (22, 0.2%)

14 やない 6 やありません 1 けず颯爽, やございません

▼ しい人間~ (22, 0.2%)

2 として捨て, の心

1 [18件] がつき纏っ, が何, が思いがけない, が見たら, じゃあねえか, だ, だらう, だろう, であったん, として近寄, になれない, の云, の云う, の区々, の声, の心ぢゃ, の新しい, を發見

▼ しい光景~ (22, 0.2%)

3 である 2 であった, を呈し, を見る

1 [13件] が一室, が樵夫, だったでしょう, であったが, でそれ, に類する, の内, は萬葉集中, も目, を思い起さぬで, を手真似, を目, を見せ

▼ しい~ (21, 0.2%)

3 ですが 2 だが, のお

1 [14件] だつたな, だもの, であり乍ら何, ですよ, でも親, で御座います, で評判, には違, の, のいい, の姉, の娘, の私, の總領吉之助

▼ しい~ (21, 0.2%)

2 をし

1 [19件] があり, がない, が一層, が乾物屋, が古河君, が目, つぽく, で皆, に春, の楓, の白い, の花, もいくらか, も更に, も褪せ, や形, を乱し, を帯び, を見せ

▼ しい思い~ (20, 0.2%)

3 をし 2 をした

1 [15件] がする, が一つ, だった, でもの, で待っ, で雨, はない, もし, をいだき, をさせない, をさせられました, を寄せる, を恢復, を繰り返し, を誘い出される

▼ しい~ (20, 0.2%)

2 でせう

1 [18件] か, が慰め, じゃ無い, だったので, であった, である, であるから, ではない, で其上法外, にお, に向い, ね, の心, の手, へ傾い, もいらっしゃらない, よと小春, を私たち

▼ しい態度~ (19, 0.2%)

2 は日頃富江

1 [17件] がいたる, であらう, である, であろう, で上がり框, で中津, で夜, で接しられる, と鋭い, には興味, に不快, は一瞬, は醉つた萬兵衞, をみのる, を保つ, を取つ, を続けた

▼ しい事件~ (18, 0.2%)

1 [18件] が持ち, が持ち上がらなかった, が渦, が老, が起きませんでした, が起こった, が起った, が起つ, には永久結末, にタッタ一人, の伏線, の前, の眞相, の記事, は前記二十七日, もございません, を展開, を引受けね

▼ しい仕事~ (18, 0.2%)

1 [18件] があった, ができない, ですからな, で少し, には機械師, のなか, の前兆, はあるまい, はできなかつた, もない, をあてがわれ, をやろう, を一日中立, を手伝つた方, を持っ, を習得, を習練, を致し

▼ しい~ (18, 0.2%)

3 までも見え出した

1 [15件] から茫々, がある, が出来, が無い, だった, だ彼処, でおかまいなけれ, でございます, とは存じ, になれ, のある, へ遊び, をお, をお呼び立て, をわざわざ

▼ しい~ (18, 0.2%)

1 [18件] がらな, じゃが毎年, カフヱも, 丸髷に, 仕事を, 坊主であった, 外套の, 夢に, 岳へ, 年増で, 戸棚で, 掾の, 結髪で, 艦隊これこそ, 記事を, 評判が, 都会の, 難関に

▼ しいのに~ (17, 0.2%)

2 追われて

1 [15件] この人, それどころで, なんとご苦労さま, よう出, 七時から, 呆れる, 大概の, 少しく惘れた, 思わず膝, 日の, 比べると, 気が, 治六も, 盗賊共は, 至っては

▼ しい~ (17, 0.2%)

1 [17件] で, でこちら, でぶっつかった, でまた, で一つ, で下り坂, で城, で山, で左へま, で彼女, で海水, で海豹, で研究, で隧道, で頭, で駆け出し, ひを

▼ しい~ (17, 0.2%)

1 [17件] が幾つ, が突き立っ, でありますから, でそれ, ではございません, で随分, にか, にかかった, になった, になつて, に出, に出会った, に欝蒼, に驚き, も登った, をあの, を下り

▼ しいばかり~ (16, 0.2%)

3 では 2 である, であるそれから 1 ぢや, で, であつ, です, でどんな, でなくその, でなく人気, 何しろ炭, 可憐な

▼ しい出来事~ (16, 0.2%)

2 なん

1 [14件] があっ, が起りました, だ, であったとしても, であるのに, なの, に出, に対しても別に, のため, の日附, の記憶, も人間, を導く, を思いだし

▼ しい調子~ (16, 0.2%)

2 で細君, になります

1 [12件] です, で云, で云った, で付け加, で書い, で訊ねました, で話し出した, で話し始めました, で話し掛け, に一寸, は彼女, を出し

▼ しい~ (16, 0.2%)

9 をし 2 をした 1 して, になる, に姉, や意識, を眺め

▼ しいといふ~ (15, 0.1%)

2 やうな, やうに

1 [11件] さう, 一種の, 一語の, 不安は, 以ての外の, 奴だ, 意見を, 考へから, 考を, 聯想と, 風な

▼ しい~ (15, 0.1%)

1 [15件] がどうして, であった, である, でしょうね, なの, のつく, のまま, の心臓病, の方, の無い, は二本手, よりも一流, をもった, を付け, を持つた

▼ しい~ (15, 0.1%)

1 [15件] あいさつで, しゅったつでござりましたから, そうだ, へんじも, 休處, 体格です, 心に, 最後でございました, 模様に, 番所の, 目に, 縁だ, 裁きが, 話でございます, 達しだ

▼ しい景色~ (15, 0.1%)

4 になつ 2 が見られる, だつた 1 から彼等, が身, です, とは打つ, になっ, になります, を楽しむ

▼ しい身分~ (15, 0.1%)

4 のもの 3 の者 2 に自尊心 1 だと, だという, でございますから, ではなく, と認められた, の召使女

▼ しいじゃ~ (14, 0.1%)

8 ないか 2 ありませんか, アない 1 ないよ, アありません

▼ しい~ (14, 0.1%)

2 の利き, を利い 1 の力, はなんだか, をきい, をきいた, をきく, をし, をひらい, を利いた, を利く, を開ける

▼ しい形相~ (14, 0.1%)

3 をし 2 だった 1 になつて, のうち, の者ども, の面, はし, をさらし, をした, を兆し, を示す

▼ しい感情~ (14, 0.1%)

1 [14件] がひそめられる, が火, が突然はっきり, で呼びかける, で眺め, のため, の動揺, の為め, の發露, の表れ, の音響, はどこ, を指し, を蓄

▼ しい~ (14, 0.1%)

2 ですな, な気, な色 1 だ, でご, ですが, とを見, なかお, な人, な姿, に思ひました

▼ しい~ (14, 0.1%)

2 をとつ

1 [12件] だ, だと, である, でもある, は一軒, をあなた様, をたどつ, をたどる, を攀じる, を楽, を縮める, を降り

▼ しいその~ (12, 0.1%)

1 [12件] くせ積極的な, 丈三尺ばかり, 古ぼけた油絵具, 弱肉強食殺合い, 手紙を, 折の, 指にも, 日その, 日通ひ, 片腕を, 窓から, 経歴を

▼ しいとか~ (12, 0.1%)

2 悲しいとか, 蔑して 1 いやせめて, つくりもの, で一時間足らず, ウンザリする, 實物も, 船で無けれ, 辛いとか, 野暮とか

▼ しいまでに~ (12, 0.1%)

1 [12件] それを, コセコセし, 出て, 取亂, 愛した, 打傾い, 据わって, 未練気な, 的確であり, 細かく区切られ, 美しく人, 輝いた

▼ しい~ (12, 0.1%)

2 みちびかれた 1 しびれ女対男, その環境, とろけるよう, はじめてなぐさめられた, まったくしびれきった, 抜かれて, 消えるおもい, 疲れて, 結構存分, 身に

▼ しい世の中~ (12, 0.1%)

1 [12件] だ, だつたので, である此不公平, にあ, になっちまっ, に何, に棄児, のため, の真実, の色々, の變, を今

▼ しい眼つき~ (12, 0.1%)

2 をした 1 だつた, であたり, でこの, でヴェリチャーニノフ, で何, で見, で黙つ, をしない, をする, をなす

▼ しいうち~ (11, 0.1%)

1 [11件] で何, にもこちょう, にもどことなく, にもまた, にも一種, にも壓, にも底, にも賑やか, に大阪, の筆記, を無理

▼ しい不安~ (11, 0.1%)

2 が渠, は常 1 と争つて, と恐怖, な物, な響き, に戦き, の念, を禁じる

▼ しい~ (11, 0.1%)

2 が射し, を放つ 1 は見せ, もなつかしい, や孤独, を一杯, を投げ, を発し, を豐

▼ しい場所~ (11, 0.1%)

1 [11件] であり不思議, でうとうと, では更に, で何, で雷, とした, になつ, のやう, は行き尽し, ふるめかしい場所, へ立ち寄る

▼ しい心地~ (11, 0.1%)

2 がした, になっ 1 がせられ, であったか, で彼, で惣八郎, に今日, もする, をおぼえた

▼ しい~ (11, 0.1%)

1 [11件] からの容子, だ, だった, である, でした, の春風, の氣, の雫, の食事, を見る, を選ばう

▼ しい気分~ (11, 0.1%)

1 [11件] が思ひ出されます, が軽い, であって, で遠ざかっ, になっ, になった, に落ち入っ, やまたは, をもっ, を唆, を感じ

▼ しい~ (11, 0.1%)

3 がする 2 がした 1 がされた, がし, が起らなかつた, のした, もされた, を起させる

▼ しい眼付~ (11, 0.1%)

5 をし 2 をした 1 が言わなかった, でぐるり, や引緊, をされる

▼ しい空気~ (11, 0.1%)

2 の中 1 が流れ込ん, が漂った, だった, にけおされ, のなか, をたて, を呑んだ, を篏硝子, を胸

▼ しい~ (11, 0.1%)

2 へが浮んだ 1 が私, が這麼, である, は持たない, は無い, へが頭, へではない, へは持たう, へを鈴川

▼ しい自分~ (11, 0.1%)

1 [11件] が谷郷村, だらう, にも飲んだ, の信ずる, の境遇, の姿, の心, の思索, の扮裝, の気持, はどうしても

▼ しい表情~ (11, 0.1%)

3 をし 1 でしきりに, になっ, に変っ, の配りだった, はどんな, をした, を湛えた, を見せる

▼ しい野郎~ (11, 0.1%)

51 じゃない, だな, だなあ, だ誰, で, でノック

▼ しい顔つき~ (11, 0.1%)

4 をし, をした 1 で, のまま座席, の方

▼ しいけれども~ (10, 0.1%)

1 いったいかの, この種, これ以上どう, その生活, それは, 今に, 急に, 恐くなった, 意識を, 次にその

▼ しいこの~ (10, 0.1%)

1 婆あめが, 心ゆゑ忘られぬ, 數日の, 時期に, 村落の, 物語の, 社会に, 老人の, 都に, 都会の

▼ しい~ (10, 0.1%)

1 あらう, あらうと, いるから, いるが, お高, せうから, む事とても, もう少し上品, やかましい, 何んだ

▼ しい予感~ (10, 0.1%)

1 がし, が走っ, に対して戦慄, に私, に胸, に脅かされ, に脅される, に襲われ, のため, をひや

▼ しい品物~ (10, 0.1%)

1 のよう, は何, もなかっ, もなく, や有り金, をすっかり, を取出そう, を持ち出し, を物色, 例えば首飾り

▼ しい~ (10, 0.1%)

3 の上 2 の岩坂路 1 で背後, となっ, の下, の草, を這っ

▼ しい性質~ (10, 0.1%)

2 で人, の麟 1 だから, のあらわれる, のもの, を多分, を御, を有した

▼ しい~ (10, 0.1%)

2 であった 1 の回想, の心持, の晝寢, の空, はやがて, ばかりやりつけ, へ出られたら, 窶れの

▼ しい~ (10, 0.1%)

1 ある人形, ではあろう, などを犯す, に問, に戦きました, の国, の女, をせめて, を作つた, を平気

▼ しい~ (10, 0.1%)

1 とその, に限ります, のエキス分, は味, は毒分, は決して, ほど良い, を料理, を破つ, を食べたら

▼ しい~ (10, 0.1%)

3 であつ 2 の破滅 1 とはなり, に落ちた, の憂さ, の投げ, を埋め

▼ しい限り~ (10, 0.1%)

2 であるが, です 1 だ, だが, であった, である, のもの, の欲念一途

▼ しいかも~ (9, 0.1%)

2 知れないが, 知れぬ, 知れません 1 しれぬぞ, 知れなかつた, 知れませんが

▼ しい~ (9, 0.1%)

1 あ, ういふ漂泊, うして, うである, おし, かひか, までおと, までに思召すそ, をの數

▼ しい勢い~ (9, 0.1%)

1 でお, でバッタリ真正面, で叱りつけました, で山じゅう, で椅子, で渦まい, で登っ, で闖入, といったら

▼ しい~ (9, 0.1%)

1 が訪れた, であった, に自分, のこと, の中, の凡て, はござらぬ, は凡てあなた, は明け

▼ しい山路~ (9, 0.1%)

1 で他, の上, をたどっ, をのぼつ, を上り下り, を満, を登つて, を辿っ, 荒涼たる原野

▼ しい~ (9, 0.1%)

2 をした 1 だ, でそれ, で示し, になつ, の機械, をし, をとっ

▼ しい微笑~ (9, 0.1%)

2 がその 1 が脣邊, に誘惑, をうかべ, をにやりと, を口元, を含ん, を漂わせ

▼ しい想像~ (9, 0.1%)

1 が湧かない, だったの, なのに, に皆, の中, の飛躍, を呼び起した, を弄ぶ, を超越

▼ しい~ (9, 0.1%)

1 から身, である, の影, の手, を作られ, を控え, を狙い打ち, を組み伏せ, を造り出す

▼ しい病気~ (9, 0.1%)

1 だなんて, ではございますまい, になつ, に感染, に襲われ, の再発, の名, は解らない, を持つ

▼ しい~ (9, 0.1%)

1 です, にはただ, の前, の友伊波さん, の影, の秘密, の頭, は一人, は遂に

▼ しい笑顔~ (9, 0.1%)

2 をし 1 が見られた, に帰つて, をうかべた, をつくっ, をつくった, を思い浮べ, を見せ

▼ しい~ (9, 0.1%)

1 が應, が響いた, すらもなつかし, です, で云, で叫んだ, で呶, は只, を出し

▼ しい苦痛~ (9, 0.1%)

2 の為 1 が一分毎, でも無かっ, とが彼, になった, の為め, の色, を受けた

▼ しい説明~ (9, 0.1%)

1 が付い, すること, だね, は要るまい, も取ってつけたよう, をする, をだんだん, をもどかしく, を長々

▼ しい運命~ (9, 0.1%)

1 から救っ, が姉夫婦, でなくて, について知る, の下, の手, の神籤, を警告, を豫言

▼ しい~ (9, 0.1%)

2 をたて 1 がし, が白衣, で御座いました, をさせ, をさせる, を殘, を立てつ

▼ しいても~ (8, 0.1%)

1 それらに, それを, 争いかねて, 他人に対する, 弾かせなかったかと, 望みは, 聞くまい, 言わなかった

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 お前は, お前も, お舟, むしろ, ア, 何が, 横町の, 殊に支配階級

▼ しいには~ (8, 0.1%)

1 おもいの, 個性が, 出来なかったが, 形が, 違いありませんけれど, 違いございません, 違なかろ, 違ひない

▼ しいーん~ (8, 0.1%)

2 とした 1 とし, となっ, となった, とひっそり, と寝静まった, と身

▼ しい人物~ (8, 0.1%)

2 である 1 が居る, だ, だと, だな, は殆, らしく描き出す努力

▼ しい~ (8, 0.1%)

2 だ, だと 1 で御座いますのに, にすんなり, に熱, に高く

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 がつぎつぎ, が見当たらない, です, のいい, の前, はもう, は何ん, は大

▼ しい坂路~ (8, 0.1%)

2 をあ, を登りつくす 1 の途中, は車, を通っ, を降り

▼ しい場合~ (8, 0.1%)

2 を挙げれ 1 が多い, であつ, でした, には云, に我々, 時に日本等

▼ しい子供~ (8, 0.1%)

3 を持つ 1 が生まれた, でなかった, に何, に暫く, のお祭

▼ しい少女~ (8, 0.1%)

1 が或いは, だから, だつたの, でどこ, になっ, になつて, の心, を物色

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 に帰った, のそば, の体, の六畳, の眼, の部下, はお, は憤

▼ しい彼女~ (8, 0.1%)

2 の姿, は東京 1 には思い, には思ひ, は遠い, も宇野

▼ しい~ (8, 0.1%)

2 の痩, を緩めさせた 1 が彼, で打擲, に掴まれた, の何本

▼ しい文字~ (8, 0.1%)

1 であつ, であるが, でせう, ではない, で綴られ, を当て, を書く, を珍し

▼ しい様子~ (8, 0.1%)

1 で一寸もじもじ, で急, にす, になる, も目, をし, をどこ, を孝助

▼ しい~ (8, 0.1%)

2 な切ない 1 だ, だ昨日, でご, な憎らしい, な白雲, に目

▼ しい氣持~ (8, 0.1%)

2 になっ 1 がいたします, で入獄, で安並, で晝食, にならせ, のもの

▼ しい物音~ (8, 0.1%)

2 がした 1 が聞こえ, が起つた, に予感, の聞こえた, まではまだ, を真夜中

▼ しい秘密~ (8, 0.1%)

1 だよ, のこと, の作戦, を包ん, を形, を掻きまわした, を私語, を解く

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 ある, なのに, 他の, 列んで, 打つて, 熱心に, 羨ましくなった, 見え透いた女

▼ しい~ (8, 0.1%)

2 が突然, には微か 1 おそろしい, の下, を暗い, を見あげた

▼ しい空想~ (8, 0.1%)

1 です, に耽つ, の翼, の花, は鴉片, もまた, を懷, を抱い

▼ しい考え~ (8, 0.1%)

1 がはっきり, が六樹園, が浮ん, が浮上, が醸され, だったの, を持たない, を頭

▼ しい色彩~ (8, 0.1%)

1 が使ってない, が見られる, が観客, と嗅ぎ馴れない, のもの, はかえって, を持った, を施し

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 さが, さで, さを, 侍です, 先生の, 後家の, 武士この, 紳士

▼ しい記憶~ (8, 0.1%)

1 がいま, がまだ, と生前枕, にしたくない, になる思ひ, の残っ, は悉く, を私

▼ しい~ (8, 0.1%)

1 がいかにも, に包まれた, のかたち, のくし巻き姿, のこと, のにおい, の下, を総髪

▼ しいんで~ (7, 0.1%)

1 せう, つい御無沙汰, どうもこうも, まだそのままに, 少々意地悪, 弱ります, 怖氣

▼ しい一つ~ (7, 0.1%)

1 であった, でした, の不祥, の主張, の喜劇, の目標, をどう

▼ しい一人~ (7, 0.1%)

1 であった, であつ, で飲ん, の人間, の武士, の老人, の青年

▼ しい世界~ (7, 0.1%)

1 が御, だ, であること, に引き込もう, へ今, へ帰つて, を隔て

▼ しい人々~ (7, 0.1%)

2 さては濁つた 1 がいる, であって, である, の中, は出席

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 が窮屈, だからと, であった, ですから, で三甚, になつ, に驚い

▼ しい作品~ (7, 0.1%)

1 だと, に対していつたい, のなか, はその, は現, をまとめ, を矢継早

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 がやってきました, が續, が訪れた, でした, の旅, の日の入り, の陽

▼ しい労働~ (7, 0.1%)

1 につかれ, に疲労, に苦, は二人, も苛酷, を実際, を強いられる

▼ しい叫び声~ (7, 0.1%)

1 がマダム, が奥, が女将, が聞こえた, をあげ, を挙げた, を聞きました

▼ しい問題~ (7, 0.1%)

1 が起り, であ, などを私, の解き方, はツイ地續, は私, を惹起

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 だけに胸, では話し相手, の息, の方, の時, は厭わしゅう, をしかも

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 が四つ五つ, の上, の圭角, の道, の阪道, を流, を跳

▼ しい復讐~ (7, 0.1%)

1 の念, の手段, の計画, をした, をする, をひそか, を囁いた

▼ しい悪魔~ (7, 0.1%)

2 の手 1 だと, のたま, の姿, の群, を追い

▼ しい格闘~ (7, 0.1%)

1 が始, が直に, が起った, が道傍, になりました, の足跡, を諸人

▼ しい気持ち~ (7, 0.1%)

1 がある, が動い, でいっぱい, で春, になっ, にもおなり, に支配

▼ しい疑惑~ (7, 0.1%)

1 だけが空虚, にとじ込められ, に囚われ出した, の一件, を一杯, を抱く, を解く

▼ しい目つき~ (7, 0.1%)

4 をし 1 だ, でいつ, をしました

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 が憑, が盲人, である, の声, の森, の法廷, は残酷

▼ しい~ (7, 0.1%)

2 の様 1 である, の香, をつけた, をびつしりとつけて, を開いた

▼ しい~ (7, 0.1%)

2 までも見え出した 1 です, と考へ, のあつ, のない, は心

▼ しい足音~ (7, 0.1%)

2 がし 1 がした, が遠ざかつた, の主, を待っ, を耳

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 が一ぱい, が沖, が集まっ, にひとり立ち, のやう, の形相, を観察

▼ しい顔色~ (7, 0.1%)

2 をし 1 で女中, で春, で相手, に女中, はまだ

▼ しい風景~ (7, 0.1%)

3 であつ 1 が稲, であった, の一つ, や見馴れぬ

▼ しい~ (7, 0.1%)

1 が不意, が殺せるでしょう, が茶色, で拵えた, の肉, は真綿, を嗜ん

▼ しいくらい~ (6, 0.1%)

1 だ, で, である, でした, です, で埃

▼ しいそう~ (6, 0.1%)

3 です 1 思った私, 思って, 言うに

▼ しいそして~ (6, 0.1%)

1 何となく雨, 口許に, 大勢の, 悲しむべきお, 綺麗な, 華々しい冒険戦

▼ しいそれ~ (6, 0.1%)

1 が人情, に今夜, はそれ, は深切, をポケット, を清し

▼ しいたり~ (6, 0.1%)

2 して 1 しに, し予, 女を, 敵を

▼ しいては~ (6, 0.1%)

1 いたけれども, 勧めかね道, 問わなかった, 求めまいいわんや, 誘わずそのまま, 飲まずこれ

▼ しいほどの~ (6, 0.1%)

1 あさましさ, もので, 中を, 形相で, 悦び方だ, 速力で

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 ついでに, やっぱりラグビー, 一本の, 仲良くなりましょう, 四人と, 老耄何に

▼ しい事実~ (6, 0.1%)

1 が分っ, が判明, だ, になっ, は顕れ, を知った

▼ しい二人~ (6, 0.1%)

1 だと, であつ, ともとやについてどっと, の犬, の間, 共に横

▼ しい人気~ (6, 0.1%)

1 でございますよ, の二匹, を博し, を呼ん, を集め, を集めた

▼ しい~ (6, 0.1%)

2 の朝風 1 のさかり, の夜, の晩, を暮さうで

▼ しい~ (6, 0.1%)

2 が夫人, が美しい 1 が妊娠, としての明暮

▼ しい山坂~ (6, 0.1%)

1 でこんな, でした, をこえ, をこれから, を登りつめ, を降る

▼ しい岩山~ (6, 0.1%)

2 の根 1 がそびえ立つ, であつ, である, に沿う

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 がいつの間にか, に包み込まれた, は, は雲, をおとし, を見る

▼ しい意味~ (6, 0.1%)

1 である, でかつ, となった, を伝え, を含ん, を悟る

▼ しい手紙~ (6, 0.1%)

1 がそ, が來, であった, でも有ません, で少し, を細君

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 だもう, であつ, の光, の深まり, の素顔, の野遊び

▼ しい~ (6, 0.1%)

2 の光 1 がのぼった, がビル, でも浮び上る, と相場

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 が一緒, が猛獣, の中, の動搖, の轟き, の音

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 が点れた, によつて, に私, の数々, の流れ, をつけ

▼ しい~ (6, 0.1%)

1 がすぐ, だったのに, でそれで, でも蹴, なん, の屍

▼ しい結果~ (6, 0.1%)

1 が近づい, になっ, になつて, になる, は起す, を思う

▼ しい誘惑~ (6, 0.1%)

1 から逃れよう, だったの, ではございません, に従う, を囁きます, を感じた

▼ しい議論~ (6, 0.1%)

2 をやつ 1 によってでないと, によつて, は置い, を少し

▼ しい速力~ (6, 0.1%)

1 ですべり落ち, でまた, で或, で目, で矢つぎば, に恍惚

▼ しいお方~ (5, 0.0%)

1 かなどという, さよなら, だ, ではござりませぬ, とふつ

▼ しいお話~ (5, 0.0%)

1 でしたけれど, ですが, は致し兼ねます, をしたい, を申

▼ しいからと~ (5, 0.0%)

1 いわれますので, 幇間末社は, 平林に, 断わって, 言つて彼様いふ人を

▼ しいこんな~ (5, 0.0%)

1 つき合, 下らない物, 事を, 係り合い, 処に

▼ しいそんな~ (5, 0.0%)

1 事を, 優しい顔つき, 汚い男, 話は, 風に

▼ しいやつ~ (5, 0.0%)

1 がやつ, だらう, でうっかり, で女中部屋, をさがし

▼ しいやら~ (5, 0.0%)

1 また何, 恥かしい, 恥かしいやらで, 情無い, 気の毒やら

▼ しいよりも~ (5, 0.0%)

1 その暗示性, 何だか肉体, 其時では, 嬉しい方, 憎うござる

▼ しいわけ~ (5, 0.0%)

1 がありまし, である, です, では, はなかっ

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 が何だか, のため, の他愛, も浜口雄幸, 詰らないと

▼ しい~ (5, 0.0%)

2 は怎 1 の無神經, はあいつ, は今朝

▼ しい呼吸~ (5, 0.0%)

2 でその 1 が静まる, で充ち, と共に胸

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 がどうして, に驚かされ, は和上, を時たま, を聞きます

▼ しい大きな~ (5, 0.0%)

1 一種の, 巣を, 月が, 男で, 羽音は

▼ しい山道~ (5, 0.0%)

1 だけ武蔵, である, は蜀, を歩い, を谷底

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 だった, ならば, の物音, を一つ二つ, を切盛

▼ しい~ (5, 0.0%)

2 をさせる, をし 1 をする

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 にわたしたち人間, 企みなの, 別当破戒の, 棍と, 趣味の

▼ しい悲劇~ (5, 0.0%)

2 の実相 1 の動機, の女, の重大要素

▼ しい愛情~ (5, 0.0%)

1 あるとき, がこの, だ, の代り, は神様

▼ しい時代~ (5, 0.0%)

1 である, では何, になつ, には耳, の相違

▼ しい最中~ (5, 0.0%)

2 に大尉 1 に小耳, に店, に短い

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 がそこ, が一体, であつ, には一刻, の大

▼ しい次第~ (5, 0.0%)

2 で拘引 1 さ, である, でそれほど

▼ しい~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 のこと, の方, を生かし

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 の垂, の垂れ, の斜面, の歌, らしいが

▼ しい沈黙~ (5, 0.0%)

2 が続いた 1 がきた, の十秒間, の間

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 あるか, があったろう, がある, でなくて, もある

▼ しい皮肉~ (5, 0.0%)

1 と恥, なこと, な冷笑, を聞かされ, を酬いられた

▼ しい相手~ (5, 0.0%)

1 だったの, だと, でした, ではありません, の様子

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 も食い入る, をひそめ, を動かし, を張った, を示し

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 の夕暮, の夜, の日, の盛岡, の近づい

▼ しい老婆~ (5, 0.0%)

2 で不運 1 が參つて, であった, であつ

▼ しい~ (5, 0.0%)

2 に従事 1 だと, にでも従事, のもの

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 がムカムカ, に行きあたる, の上, を圧, を悪く

▼ しい~ (5, 0.0%)

2 の方 1 ではじける, に現れ, をかう話し

▼ しい見世物~ (5, 0.0%)

1 かなんかを口, でした, のあつ, の數, の看板

▼ しい身体~ (5, 0.0%)

2 だから 1 になった, に大急ぎ, を君

▼ しい返事~ (5, 0.0%)

1 がし, がなく, をし, をした, をする

▼ しい部屋~ (5, 0.0%)

1 だつた, だなあ, であの, にひとり, も家

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 があっ, がすぐ, である門, の外, を潜った

▼ しい青年~ (5, 0.0%)

2 は可 1 であって, に扮, の野心

▼ しい~ (5, 0.0%)

1 が見えました, になっ, を上っ, を作り, を被

▼ しい魅力~ (5, 0.0%)

1 がある, によってその, のある, を持った, を持つ

▼ しい~ (4, 0.0%)

2 晝も 1 何処が, 切りますよ

▼ しいかと~ (4, 0.0%)

2 訊くと 1 云ふ, 云へば

▼ しいしかし~ (4, 0.0%)

1 どうにもならない, 一世一代と, 快活な, 葭の

▼ しいため~ (4, 0.0%)

1 に早く, に水勢, に考へる, 却って油断

▼ しいとの~ (4, 0.0%)

1 単純化を, 女房の, 脈搏が, 評判の

▼ しいほどに~ (4, 0.0%)

1 思い知った, 昂奮し, 魅惑的で, 魅惑的であった

▼ しい一面~ (4, 0.0%)

2 を発揮 1 である, の性質

▼ しい~ (4, 0.0%)

2 合理の 1 確實な, 道理です

▼ しい二つ~ (4, 0.0%)

1 の影, の狂ほしさ, の稜, の運動

▼ しい人形~ (4, 0.0%)

1 が神田, などをもて遊ぶ, のお金, の代

▼ しい体験~ (4, 0.0%)

1 があ, がたった, だった, と執念

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 であり大阪, でそんな, としては明応七年, は此

▼ しい傾斜~ (4, 0.0%)

1 に小さな, の森林, はさすが, を暗中一本

▼ しい別嬪~ (4, 0.0%)

1 だが, でねえか, で御覧, 見て

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 ひ, ひある清純, ひが, ひを

▼ しい印象~ (4, 0.0%)

1 がさまざま, でうづまつてゐる, を受けた, を忘れよう

▼ しい吹雪~ (4, 0.0%)

1 が起り, の音, はいつか, よ遠慮なく

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 が多, で人, をつい, を取り上げよう

▼ しい墓場~ (4, 0.0%)

1 であった, に寝ころぶ, の有様, へ踏み込ん

▼ しい変化~ (4, 0.0%)

1 が伴, が生ずる, に順応, や発展

▼ しい太陽~ (4, 0.0%)

1 が面, のかんかん, の照った, や春

▼ しい好奇心~ (4, 0.0%)

2 を唆 1 で眺めた, もある

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 だつた, だと, で完全, を生む

▼ しい実感~ (4, 0.0%)

1 に脅, を含ん, を求める, を盛った

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 ナポレオン式の, 商人どもばかり, 徑を, 禄である

▼ しい小さな~ (4, 0.0%)

1 教会が, 構への, 身体で, 驢馬では

▼ しい山径~ (4, 0.0%)

1 が今, だつた, をたどった, を越えなけれ

▼ しい幻影~ (4, 0.0%)

1 に取つち, に襲われる, はどうしても, をかき立てる

▼ しい後姿~ (4, 0.0%)

1 が見えた, は余計, も厭, を認めた

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 がしたい, の敵, の話, を感じ

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 かしいこと, かしいと, をさらし, 多き苦しみ

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 できれぎれ, の中, をそろ, を引き取った

▼ しい恰好~ (4, 0.0%)

1 だとは, である, になった, をし

▼ しい悔恨~ (4, 0.0%)

2 が頭 1 でもっ, と不快さ

▼ しい情熱~ (4, 0.0%)

2 の詩篇 1 は物理学, を持っ

▼ しい想い~ (4, 0.0%)

1 でした, に煽られる, はこの, もどうやら

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 をも伴わない, を享けたこと, を起させる, 深き印象

▼ しい感動~ (4, 0.0%)

1 があり, の静まつ, を, を覚えた

▼ しい憎悪~ (4, 0.0%)

2 の念 1 と嫉妬, に襲

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 ここには, そのままそのまま, コキを, 國への

▼ しい文章~ (4, 0.0%)

1 が意味, であるが, で板木, で間

▼ しい断崖~ (4, 0.0%)

1 です, になり, の上, をよじのぼり

▼ しい~ (4, 0.0%)

2 元服の 1 屋根が, 生活に

▼ しい方法~ (4, 0.0%)

1 だと, で晴, で私, に違い

▼ しい時間~ (4, 0.0%)

1 が二時間, であったり, の中, を過し兼ね

▼ しい東京~ (4, 0.0%)

1 に汪洋, の下宿, の地勢, の街中

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 が多い, である, に逢着, 唄いの

▼ しい武器~ (4, 0.0%)

1 ではない, の消失, をもっ, を以て嫁

▼ しい気もち~ (4, 0.0%)

1 でその, の好い, は分る, を煽る

▼ しい決心~ (4, 0.0%)

1 が全身, をかため, をつけかねぬ, を固めた

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 だ, の上, の風, をにくむ

▼ しい~ (4, 0.0%)

2 のなか 1 が捲き起された, を巻きおこさず

▼ しい物語~ (4, 0.0%)

3 がある 1 とであつ

▼ しい犯罪~ (4, 0.0%)

1 がある, には必ず, に関係, の形跡

▼ しい状態~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 にある, に在る

▼ しい男女~ (4, 0.0%)

1 いづれも, の客, の恋愛, はない

▼ しい疲労~ (4, 0.0%)

1 が今日一日, とで夢現, もし, を覚えた

▼ しい発見~ (4, 0.0%)

1 だつた, にぶつかりました, のやう, は何

▼ しい皮膚~ (4, 0.0%)

2 の色 1 に包み, をした

▼ しい盛り~ (4, 0.0%)

1 だ, だけれど, の娘, の年頃

▼ しい真似~ (4, 0.0%)

2 をし 1 をした, をせず

▼ しい瞬間~ (4, 0.0%)

1 だつた, でした, の羽搏, を考える

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 の光, の光り, を上げ, を目配せ

▼ しい穢多~ (4, 0.0%)

3 の子 1 の一人

▼ しい競争~ (4, 0.0%)

1 の圧迫, を経験, を続け, を試みる

▼ しい経験~ (4, 0.0%)

2 をもっ 1 です, を隠し

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 とはいへなかつた, のゆらめく, や塊, を踏越

▼ しい美し~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さで, さも

▼ しい美しい~ (4, 0.0%)

1 ところだ, ので, 方です, 色の

▼ しい美人~ (4, 0.0%)

1 が忽然と, だが, で何となく, に相違

▼ しい美男~ (4, 0.0%)

1 だ, であった, の拙者, の面影

▼ しい興奮~ (4, 0.0%)

1 の状態, の眼, も弛ん, を覚えさせる

▼ しい芝居~ (4, 0.0%)

1 が打てた, によって自ら, の時, はみごと

▼ しい若い~ (4, 0.0%)

1 声と共に, 女の, 女性の, 綺麗な

▼ しい行列~ (4, 0.0%)

1 ではある, に前後, をつくっ, を作つて登城

▼ しい表現~ (4, 0.0%)

2 は長く 1 ですね, に到達

▼ しい視線~ (4, 0.0%)

1 でいつ, を互, を投げた, を配り始めた

▼ しい資格~ (4, 0.0%)

1 でストライヴァー, で御座います, は要りません, をしめし

▼ しい質問~ (4, 0.0%)

1 だつたので, だと, なので, や楽屋落

▼ しい足どり~ (4, 0.0%)

1 がそれでも, だったが, でやう, とは打っ

▼ しい都会~ (4, 0.0%)

1 だ, なぞには行きたい, の中央, の制度

▼ しい野獣~ (4, 0.0%)

2 の様 1 が檻, と闘っ

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 で降っ, で降つ, の生産, 見を

▼ しい面影~ (4, 0.0%)

2 が美奈子, もだ

▼ しい~ (4, 0.0%)

3 の音 1 を上げ

▼ しい音響~ (4, 0.0%)

1 が耳許, をたてた, をわれ, を立て

▼ しい響き~ (4, 0.0%)

1 であった, と同時に, をもち, をもつ

▼ しい~ (4, 0.0%)

1 が氣, をさげた, を左右, を抱え

▼ しいあれ~ (3, 0.0%)

1 ではまるで, ほど嫌われ, 程幸福

▼ しいお前~ (3, 0.0%)

1 がそんな, のよう, の自害

▼ しいけれど~ (3, 0.0%)

1 この牛, 忘れがたい, 此方で

▼ しいけんまく~ (3, 0.0%)

1 となりました, に震え, をし

▼ しいだけ~ (3, 0.0%)

1 それを, である, では

▼ しいとき~ (3, 0.0%)

1 でも苦しい, には何と, には女中

▼ しいとして~ (3, 0.0%)

2 持って 1 星占暦數に

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 向って, 家訓として, 話しかけることば

▼ しいまでの~ (3, 0.0%)

2 美しさ 1 苦悶の

▼ しいみち~ (3, 0.0%)

1 のり, をあるくだらう, を進む

▼ しいものの~ (3, 0.0%)

1 ある時, 数であった, 臭い

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 ごりょうさん 1 しいや

▼ しいよい~ (3, 0.0%)

1 よ団結, よ工事, よ怪しい

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 しッ, という, と何

▼ しい一例~ (3, 0.0%)

1 があつ, と感じました, は江戸

▼ しい一方~ (3, 0.0%)

1 だつた練吉, で本当にまだ, なの

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 になれ, の人, の麺麭屋

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 のいた, をがたごと, を登った

▼ しい丸髷~ (3, 0.0%)

1 に薄化粧, を結っ, を見下した

▼ しい事實~ (3, 0.0%)

1 である, であるか, で注意

▼ しい事情~ (3, 0.0%)

2 のため 1 だったの

▼ しい二三軒~ (3, 0.0%)

2 の家 1 が向いあい

▼ しい人殺し~ (3, 0.0%)

1 だよ, ということ, の巻添え

▼ しい今日~ (3, 0.0%)

1 の実際, は是非半分, まで来

▼ しい企て~ (3, 0.0%)

3 は最初

▼ しい伝説~ (3, 0.0%)

1 さえも生まれ, や厳しい, や因習

▼ しい余り~ (3, 0.0%)

1 あからさまの, な不人情, に両手

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 をし, を与え, 書いてないもの

▼ しい作家~ (3, 0.0%)

1 であるか, は云わ, や劇団

▼ しい信頼~ (3, 0.0%)

2 を受けた 1 しきった腕力

▼ しい~ (3, 0.0%)

3 を見た

▼ しい出来栄え~ (3, 0.0%)

1 だったの, で土地, をどういう

▼ しい出鱈目~ (3, 0.0%)

1 の女, の教育, は許されない

▼ しい刑罰~ (3, 0.0%)

1 で反則者, を考, を課せられる

▼ しい剛力~ (3, 0.0%)

1 だった, で後ろ, で脇差

▼ しい剣幕~ (3, 0.0%)

1 で立ちはだかっ, で起ち上がりました, をし

▼ しい動揺~ (3, 0.0%)

1 と共に舷, と拍手, にある

▼ しい動物~ (3, 0.0%)

1 がじっと, によつて試驗, に見立てた

▼ しい勝手~ (3, 0.0%)

1 にし, に出, の間

▼ しい化物~ (3, 0.0%)

1 が現, や幽霊, を頻繁

▼ しい原因~ (3, 0.0%)

1 ではありません, で三人, で発生

▼ しい口調~ (3, 0.0%)

1 だった, で話しかけ, で話しかけた

▼ しい叱責~ (3, 0.0%)

1 その動機, と共に素氣, を受けた

▼ しい名前~ (3, 0.0%)

1 だな, の石, をもつた

▼ しい名称~ (3, 0.0%)

1 のまま, の峠, を与えられるであろう

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 と引息, をし, を出した

▼ しい四つ~ (3, 0.0%)

2 の敵 1 の牙

▼ しい困難~ (3, 0.0%)

2 がある 1 とたたかい

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 なの, の秘事, はない

▼ しい坂道~ (3, 0.0%)

1 の上, を下りなけれ, を甲州

▼ しい場面~ (3, 0.0%)

1 がしじゅう, に至る, を択ん

▼ しい夜風~ (3, 0.0%)

1 がそよそよ, が吹い, が簾越し

▼ しい大声~ (3, 0.0%)

1 だった, を出した, を往来

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 のそういう, は向坂氏, を慰め

▼ しい夫婦~ (3, 0.0%)

1 と姑, の乱闘, はありません

▼ しい妄想~ (3, 0.0%)

1 に捉えられた, ばかりだった, を振い落そう

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 な心持 1 な音色

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 にも小銭, の好き, を袋

▼ しい婆さん~ (3, 0.0%)

1 が居ます, で無地, の名

▼ しい嫉妬~ (3, 0.0%)

1 の燃え上がった, の眼, を燃やし

▼ しい嫌疑~ (3, 0.0%)

1 に濁つた, を受け, を投げ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 が書い, でどんな, で書いた

▼ しい宝物~ (3, 0.0%)

1 を二三品, を持つ, を自分

▼ しい家庭~ (3, 0.0%)

2 と温和 1 で無

▼ しい容子~ (3, 0.0%)

1 ったらない, をした, を保つ

▼ しい容貌~ (3, 0.0%)

1 にみえた, の人, の置き場

▼ しい寂しい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 孤独感に, 火葬場の

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 女心が 1 女物を

▼ しい少し~ (3, 0.0%)

1 ずつ自分, は解いた, も嬉しく

▼ しい少年~ (3, 0.0%)

2 であるから 1 の道場

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 が見える, つづきで眼さき, の上

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 でご, に戦慄, の最中

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 でございました, の頃二十三四, わかい王子

▼ しい幸福~ (3, 0.0%)

1 が思ひ出され, では, の色

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 った 1 つた

▼ しい往来~ (3, 0.0%)

1 が一層, の人, を本郷

▼ しい御馳走~ (3, 0.0%)

1 をこし, をし, を竝

▼ しい微風~ (3, 0.0%)

1 が全く, が土, が梅雨あけ

▼ しい思案~ (3, 0.0%)

1 が壁辰, なりしと, も浮ばなかつた

▼ しい思索~ (3, 0.0%)

1 に耽り, に集中, や飛ん

▼ しい性格~ (3, 0.0%)

2 やその 1 と文学

▼ しい悲鳴~ (3, 0.0%)

1 が聞えた, だったので, に駈けつける

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ひ出

▼ しい憂鬱~ (3, 0.0%)

1 な心持, な氣分, の曇り

▼ しい手段~ (3, 0.0%)

2 で妻 1 を思い付かせた

▼ しい打撃~ (3, 0.0%)

2 だった 1 を受け

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 である, で発見, の妖女

▼ しい料簡~ (3, 0.0%)

2 を腹 1 をおこした

▼ しい時節~ (3, 0.0%)

2 であるのに 1 であるので

▼ しい~ (3, 0.0%)

3 をぬすん

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 さだ 1 さに

▼ しい暗示~ (3, 0.0%)

1 でした, を受けた, を感じ

▼ しい暴風雨~ (3, 0.0%)

1 が市街, となり, の音

▼ しい最後~ (3, 0.0%)

2 はお 1 を逐げ

▼ しい月日~ (3, 0.0%)

1 は歸つて來, を渝ら, を送っ

▼ しい望み~ (3, 0.0%)

1 なの, に狂った, は起さない

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 の輪, は鋭い, よ常世

▼ しい未来~ (3, 0.0%)

1 へ走らし, も後方, を約束

▼ しい果実~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 が当主熊次郎

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 でもなく, として手, をする

▼ しい武士~ (3, 0.0%)

1 がいた, の魂, はほんとう

▼ しい歴史~ (3, 0.0%)

1 の三角波, の摩擦相剋, を聞き

▼ しい殺意~ (3, 0.0%)

2 が燃え 1 さえ起っ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 がある, をもっ, を持っ

▼ しい毒薬~ (3, 0.0%)

1 で怪鳥, にスリ, の瓶

▼ しい氣分~ (3, 0.0%)

1 で町, になつたの, をめでる

▼ しい活動~ (3, 0.0%)

1 がそれ, のため少年, の一場

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 を含んだ 1 にうるん

▼ しい淋しい~ (3, 0.0%)

1 ごちゃごちゃな, メェン・ストリィトまで, 住居よりも

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 に叙事詩, に解放, の自己慰安

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 と母, の最後, よりはかえって

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 が乗り, が出る, になっ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 でした, です畜生, は存外

▼ しい獲物~ (3, 0.0%)

1 はない, もない, もなかっ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 の執着, まじめさが, 氣を

▼ しい生れ~ (3, 0.0%)

1 でしたが, でもすくなくも, を自覚

▼ しい男性~ (3, 0.0%)

1 だと, という一領土, の友だち

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 だな, である, を行列

▼ しい痙攣~ (3, 0.0%)

2 が来た 1 を起こす

▼ しい白い~ (3, 0.0%)

1 山翡翠の, 花の, 陽ざしが

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 です, は見えた, を具え

▼ しい真実~ (3, 0.0%)

1 であった, の光, をもぎとっ

▼ しい眺め~ (3, 0.0%)

1 であつ, である, となっ

▼ しい着物~ (3, 0.0%)

1 がなくなった, を悉皆, を着

▼ しい矛盾~ (3, 0.0%)

1 だ, のなか, は現われなかった

▼ しい神経~ (3, 0.0%)

1 であろうか, ではある, を刺戟

▼ しい程度~ (3, 0.0%)

1 に於い, のもの, の知識

▼ しい窮乏~ (3, 0.0%)

1 に踏みにじられ, に陥り, の主

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひを, を売る

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 一の, 三等の, 二の

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 がない, は少し, も見える

▼ しい素性~ (3, 0.0%)

1 の女, の様, の者

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 と上膊, と肩, をすぼめた

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 の高い 1 から苦

▼ しい自然~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, のま, の変り方

▼ しい苦悶~ (3, 0.0%)

1 がある, がその, をやっと

▼ しい草花~ (3, 0.0%)

2 のかをり 1 に包まれた

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 が消え失せ, ではございません, に濕

▼ しい虚偽~ (3, 0.0%)

2 が潜ん 1 の形

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 が, が這出, のうまれ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 だと, ひなどは, ひを

▼ しい行事~ (3, 0.0%)

1 ではあ, とされ, を発明

▼ しい行動~ (3, 0.0%)

1 に移ろう, は当時, をする

▼ しい行為~ (3, 0.0%)

1 であった, を恥じる, を顧みる

▼ しい衣裳~ (3, 0.0%)

1 や帽子, をまとふてゐたなら, を拵

▼ しい覚悟~ (3, 0.0%)

1 が潜ん, の色, をした

▼ しい~ (3, 0.0%)

3 なし子

▼ しい計画~ (3, 0.0%)

1 をめぐらし, を思いめぐらし, を立て

▼ しい証拠~ (3, 0.0%)

1 として彼, になつ, を残し

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 がある, であった, に引きつけられた

▼ しい語氣~ (3, 0.0%)

1 でパーヴェル・パーヴロヴィチ, でヴェリチャーニノフ, で訊いた

▼ しい調和~ (3, 0.0%)

1 に存する, のポイント, よく結っ

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 でその, でもなん, に滑り込ん

▼ しい身の上貴君~ (3, 0.0%)

3 は立派

▼ しい輪廻~ (3, 0.0%)

1 か宿業, だろう, をまざまざ

▼ しい追憶~ (3, 0.0%)

1 か何, がトニオ・クレエゲル, に生き

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 ぶち眼鏡, を受け取らう, を受け取ろう

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 がない, にも此, に閑

▼ しい階段~ (3, 0.0%)

1 がある, のよう, を非常

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 だ, であつ, を防い

▼ しい雨雲~ (3, 0.0%)

21 の往来

▼ しい電車~ (3, 0.0%)

1 の吊, の鐸, や電線

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 が鳴い 1 のおちつき

▼ しい青い~ (3, 0.0%)

1 樹の, 色を, 顔を

▼ しい音色~ (3, 0.0%)

2 を懐かしむ 1 を絞り出そう

▼ しい~ (3, 0.0%)

2 の尖った 1 を頬杖

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 など見る, の色, は窶れた

▼ しい頭髪~ (3, 0.0%)

1 の中, やヒゲ, 秀でた額

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 の涎, の顔, を村中

▼ しい~ (3, 0.0%)

1 え薬, さの, さ下は

▼ しい黒髪~ (3, 0.0%)

1 としなやか, と膝, の膏

▼ しいあの~ (2, 0.0%)

1 夜の, 態度は

▼ しいあらし~ (2, 0.0%)

1 の夜, を見守り

▼ しいいい~ (2, 0.0%)

1 娘が, 日が

▼ しいいろいろ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の心

▼ しいお客さん~ (2, 0.0%)

1 は寝室, ばかりだ

▼ しいお宮~ (2, 0.0%)

1 と遊ん, を見る

▼ しいお家~ (2, 0.0%)

1 がよけい, の前

▼ しいお爺さん~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ しいかぎり~ (2, 0.0%)

1 でありました, であると

▼ しいことば~ (2, 0.0%)

1 が飛び出る, を予想

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 常人と, 此方から

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 八, 山が

▼ しいだけが~ (2, 0.0%)

1 どうにか生き, 海の

▼ しいだけに~ (2, 0.0%)

1 うつろに, 張合が

▼ しいてとは~ (2, 0.0%)

1 お言い, 言いかねるが

▼ しいといった~ (2, 0.0%)

1 昔話などは, 顔で

▼ しいとが~ (2, 0.0%)

2 離れ離れに

▼ しいとさえ~ (2, 0.0%)

1 思った, 思われた

▼ しいとしても~ (2, 0.0%)

1 それが, 農學校の

▼ しいとても~ (2, 0.0%)

1 できないと, 怨めしさ

▼ しいどころか~ (2, 0.0%)

1 却って懐しく, 深刻な

▼ しいながら~ (2, 0.0%)

1 どこか, 目容は

▼ しいながらも~ (2, 0.0%)

1 受けるには, 本堂一ぱいに

▼ しいなどと~ (2, 0.0%)

1 いいふらしたの, 言つて覗かう

▼ しいなん~ (2, 0.0%)

1 ていうの, の意味

▼ しいなんて~ (2, 0.0%)

1 人間が, 言つ

▼ しいにも~ (2, 0.0%)

1 程が, 穢らは

▼ しいはず~ (2, 0.0%)

1 であるに, の私

▼ しいまで~ (2, 0.0%)

1 あわれ, 慌しく外套

▼ しいみじめ~ (2, 0.0%)

1 なもの, な生活

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 にあわせ, を見る

▼ しいゆかし~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ しいわら~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひ声

▼ しいオッチョコチョイ~ (2, 0.0%)

2 に見える

▼ しいキマリ~ (2, 0.0%)

2 の悪い

▼ しいクリーム~ (2, 0.0%)

1 なら上等, を一合

▼ しいコントラスト~ (2, 0.0%)

1 である, をし

▼ しいヒステレー~ (2, 0.0%)

1 で気, に陥っ

▼ しいベル~ (2, 0.0%)

1 が鳴る, の音

▼ しい~ (2, 0.0%)

2

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 すぢ町, と月

▼ しい一とき~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ しい一夜~ (2, 0.0%)

1 があけます, は明けた

▼ しい一室~ (2, 0.0%)

1 の大きい, を考へる

▼ しい一日~ (2, 0.0%)

1 の課業, を跳ね

▼ しい一本~ (2, 0.0%)

2 が抜け落ちる

▼ しい一礼~ (2, 0.0%)

1 して, とともに加十

▼ しい一種~ (2, 0.0%)

1 の感情耽溺, の責任観念

▼ しい一絃~ (2, 0.0%)

2 の古

▼ しい一群~ (2, 0.0%)

1 が聳え, の送り手

▼ しい一色彩~ (2, 0.0%)

2 が書物

▼ しい不思議~ (2, 0.0%)

1 な時間, な白い

▼ しい不調和~ (2, 0.0%)

1 です, もなく

▼ しい世に~ (2, 0.0%)

2 何の

▼ しい乞食~ (2, 0.0%)

1 の徒, へと堕落

▼ しい乱壊転変~ (2, 0.0%)

2 の相

▼ しい予覚~ (2, 0.0%)

1 が現実, におびやかされ

▼ しい予言~ (2, 0.0%)

1 となっ, をさんざん

▼ しい争い~ (2, 0.0%)

1 と救われない, の場所

▼ しい争闘~ (2, 0.0%)

1 がしばらく, がはじまりつ

▼ しい二階~ (2, 0.0%)

1 に上つて, に上つて來

▼ しい人たち~ (2, 0.0%)

1 ばかりな, や悪い

▼ しい人民~ (2, 0.0%)

1 が棲息, であるならば

▼ しい人通り~ (2, 0.0%)

1 があつ, の中

▼ しい人達~ (2, 0.0%)

1 に出, を縫っ

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ しい以前~ (2, 0.0%)

2 よりも慎

▼ しい会話~ (2, 0.0%)

1 を取り交した, を子供

▼ しい何時~ (2, 0.0%)

1 までもそんな, までも親

▼ しい何者~ (2, 0.0%)

1 であらう, もない

▼ しい作法~ (2, 0.0%)

1 がある, というもの

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 で取引, を払つて

▼ しい倦怠~ (2, 0.0%)

1 をおぼえ, を感じた

▼ しい停車場あたり~ (2, 0.0%)

2 の靄

▼ しい健康~ (2, 0.0%)

1 な体, に帰った

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 を付ける, を持っ

▼ しい働き~ (2, 0.0%)

1 も出来ない, も出来なかつた

▼ しい光線~ (2, 0.0%)

1 が一層, が出

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 でしたが, にはあり

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 に水, に見たら

▼ しい写真~ (2, 0.0%)

1 の方, 撮し二時近く

▼ しい冥伽~ (2, 0.0%)

2 だぜ

▼ しい冷たい~ (2, 0.0%)

1 水でした, 氷の

▼ しい処世~ (2, 0.0%)

2 の骨

▼ しい処女性~ (2, 0.0%)

2 が彼女自身

▼ しい出会い~ (2, 0.0%)

1 の追憶, をとある

▼ しい出來事~ (2, 0.0%)

1 が潜ん, のあと

▼ しい出来~ (2, 0.0%)

1 だ, だ千万

▼ しい刃物~ (2, 0.0%)

1 なんぞを当て, のある

▼ しい制限~ (2, 0.0%)

1 の無い, をうける

▼ しい前髪~ (2, 0.0%)

1 の蔭, を一本一本

▼ しい勇士~ (2, 0.0%)

1 の一面, の面目

▼ しい勇気~ (2, 0.0%)

1 でしょう, を振ひ興し

▼ しい勢ひで~ (2, 0.0%)

1 さながら機械, 被着

▼ しい勢ひで階下~ (2, 0.0%)

1 へ墜落, へ落ちた

▼ しい化けもの~ (2, 0.0%)

1 が部屋, に脅かされた

▼ しい化生~ (2, 0.0%)

1 の物, の者

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 も上半身, 云った

▼ しい取沙汰~ (2, 0.0%)

1 なぞを信用, も黎明

▼ しい叫び聲~ (2, 0.0%)

1 などがした, の爲

▼ しい叫声~ (2, 0.0%)

1 が巻き, が邸内

▼ しい可愛い~ (2, 0.0%)

2 面影を

▼ しい可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 お利口, 重縁眼が

▼ しい合戦~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ しい同居者たち~ (2, 0.0%)

1 は四切, は四片

▼ しい名硯~ (2, 0.0%)

2 を持

▼ しい呪い~ (2, 0.0%)

1 の言葉, を頭上

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 がある, も風情

▼ しい味方~ (2, 0.0%)

1 が付い, の最期

▼ しい哉総理大臣~ (2, 0.0%)

2 までその

▼ しい哲学~ (2, 0.0%)

1 の本, を編出す

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が凍て, の曲線

▼ しい唾棄~ (2, 0.0%)

2 すべき奴

▼ しい商売~ (2, 0.0%)

1 はし, を致し

▼ しい喜び~ (2, 0.0%)

1 が雲, の表情

▼ しい喧嘩~ (2, 0.0%)

1 が起つた, を挑んだ

▼ しい囃子~ (2, 0.0%)

2 の響

▼ しい四十男~ (2, 0.0%)

1 であつ, を改めて

▼ しい回想~ (2, 0.0%)

1 の断片, を許し

▼ しい因果~ (2, 0.0%)

1 の稲妻, 物語りが

▼ しい因縁~ (2, 0.0%)

1 がつい, を感じた

▼ しい土地~ (2, 0.0%)

1 だという, ですね

▼ しい地図~ (2, 0.0%)

2 です

▼ しい堕落~ (2, 0.0%)

1 にわし, はありません

▼ しい境遇~ (2, 0.0%)

1 に置かれた, に落ちる

▼ しい変遷~ (2, 0.0%)

1 はなかっ, を閲した

▼ しい夕燒~ (2, 0.0%)

2 け空

▼ しい夕食~ (2, 0.0%)

1 も終る, を済ます

▼ しい大切~ (2, 0.0%)

2 な用件

▼ しい大股~ (2, 0.0%)

1 で, ですすむ

▼ しい大阪~ (2, 0.0%)

1 の方, の町

▼ しい大鳥~ (2, 0.0%)

2 の卵

▼ しい天気~ (2, 0.0%)

1 だな, だよ

▼ しい女房~ (2, 0.0%)

1 の片身, もございました

▼ しい女房ぶり~ (2, 0.0%)

1 しかも何となく, 然も

▼ しい女達~ (2, 0.0%)

1 が順番, の目

▼ しい娘さんそう~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 じゃ, であるの

▼ しい婦人~ (2, 0.0%)

1 の姿, の媚びる

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 とを持たせ, をたたえ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 だと, な人間

▼ しい季節~ (2, 0.0%)

1 には最, の蔬菜

▼ しい孤独~ (2, 0.0%)

1 を感じ, を感じた

▼ しい学生~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ しい宗教~ (2, 0.0%)

1 が生れた, への不信

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 ですよ, の薄暗い

▼ しい家業~ (2, 0.0%)

1 だと, をした

▼ しい宿命~ (2, 0.0%)

1 が僕, に身

▼ しい寂し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ しい対象~ (2, 0.0%)

1 であるが, なのにと

▼ しい小さい~ (2, 0.0%)

1 ドアの, 丸髷を

▼ しい小娘~ (2, 0.0%)

1 だった, の本能

▼ しい小言~ (2, 0.0%)

1 ばかり言, を云

▼ しい小説~ (2, 0.0%)

1 だね, を讀終

▼ しい屈託~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ しい屋敷~ (2, 0.0%)

1 なの, まで行きました

▼ しい山腹~ (2, 0.0%)

1 に沿う, に続い

▼ しい岩むら~ (2, 0.0%)

1 に変っ, の上

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 もあった, を越し

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が富み, の別

▼ しい島田~ (2, 0.0%)

1 で乗っ, の頭

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 や翠, を爪立つ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 がある, はなかっ

▼ しい希望~ (2, 0.0%)

1 さえ燃え輝い, にそ

▼ しい師匠~ (2, 0.0%)

1 に従い, は舞台

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 に親戚, を逃げ

▼ しい平次~ (2, 0.0%)

1 の家, の聲

▼ しい年増~ (2, 0.0%)

1 と美しい, の主人

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 となつ, に襲われ

▼ しい幽霊~ (2, 0.0%)

1 である, は狂

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 い云, が過ぎた

▼ しい形式~ (2, 0.0%)

1 がツルゲーネフ, を履まね

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 でも配られた, に扮する

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 にかかる, をお

▼ しい御託宣~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ しい心配~ (2, 0.0%)

1 だった, で他人

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 がしい, がしく

▼ しい快楽~ (2, 0.0%)

1 にこの, を求める

▼ しい怒り~ (2, 0.0%)

1 を覚えられたであらう, を覚えられたであろう

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 しいこと

▼ しい思想~ (2, 0.0%)

1 だらう, を取去れ

▼ しい怪物~ (2, 0.0%)

1 でした, の影像

▼ しい恍惚~ (2, 0.0%)

1 とする, に浸つた

▼ しい恐れ~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ しい恐怖~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を與

▼ しい息切れ~ (2, 0.0%)

1 がした, などもした

▼ しい悪党~ (2, 0.0%)

1 だ徒党, であると

▼ しい悪徳~ (2, 0.0%)

1 だよ, で単なる

▼ しい悪戯~ (2, 0.0%)

1 であるのに, で笑

▼ しい悲歎~ (2, 0.0%)

1 と突き詰めた, の色

▼ しい情景~ (2, 0.0%)

1 は眼, 涙ぐましいほど

▼ しい情緒~ (2, 0.0%)

1 の魅力, をたた

▼ しい想念~ (2, 0.0%)

1 が浮びすぎ, を如何

▼ しい愚痴~ (2, 0.0%)

1 だつたか, も出

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 とか光り, を覚えた

▼ しい感情家~ (2, 0.0%)

1 であったが, にみえます

▼ しい慾望~ (2, 0.0%)

1 と不可能, の一部

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 ひ出よ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 しいヂュリエット, しい幸福

▼ しい懺悔~ (2, 0.0%)

1 である, をした

▼ しい成功~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を遂げた

▼ しい戦争~ (2, 0.0%)

1 がある, の無限

▼ しい戦場~ (2, 0.0%)

1 の描写, を見捨て

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひを

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が外, のその

▼ しい所以~ (2, 0.0%)

1 である, を刻みつけ

▼ しい手付~ (2, 0.0%)

1 で煙管, で膝

▼ しい手心~ (2, 0.0%)

2 を試みた

▼ しい才能~ (2, 0.0%)

1 が出, のみに課せられた

▼ しい批評~ (2, 0.0%)

1 の中, を書き

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 だと, に過ぎませぬ

▼ しい拍手~ (2, 0.0%)

1 を送った, を送つた

▼ しい挨拶~ (2, 0.0%)

1 のお, をするだらう

▼ しい挿話~ (2, 0.0%)

1 をいくつ, を聞いた

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 でありだが, を鐵板

▼ しい損害~ (2, 0.0%)

1 が或は, はない

▼ しい故郷~ (2, 0.0%)

1 だぜ, ねあそこ

▼ しい教師~ (2, 0.0%)

1 がクラス, はバタつき

▼ しい斜面~ (2, 0.0%)

1 や高い, をなし

▼ しい方々~ (2, 0.0%)

1 がある, に対して支那小説

▼ しい方面~ (2, 0.0%)

1 がある, とか暗い

▼ しい旅行~ (2, 0.0%)

1 でもありました, をする

▼ しい日々~ (2, 0.0%)

1 なので, を送りました

▼ しい日本~ (2, 0.0%)

1 には後, の日送り

▼ しい日本趣味~ (2, 0.0%)

2 とのため

▼ しい早く~ (2, 0.0%)

1 おいでなさい, そこを

▼ しい早合点~ (2, 0.0%)

2 である

▼ しい昔構~ (2, 0.0%)

2

▼ しい昼間~ (2, 0.0%)

2 の学生連

▼ しい時期~ (2, 0.0%)

1 だが, だらう

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 でしたが, で町

▼ しい暗い~ (2, 0.0%)

1 支那家屋に, 運命みたいな

▼ しい暗く~ (2, 0.0%)

1 て鈍感, なって

▼ しい暮し~ (2, 0.0%)

1 をし, を見

▼ しい暴威~ (2, 0.0%)

1 なくし, をもっ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 を寄せ, を遺した

▼ しい書きぶり~ (2, 0.0%)

2 である

▼ しい書物~ (2, 0.0%)

1 なぞを開け, を出そう

▼ しい最期~ (2, 0.0%)

1 であった, を遂げただろう

▼ しい月夜~ (2, 0.0%)

1 だつた, だと

▼ しい服装~ (2, 0.0%)

1 で何, をし

▼ しい朝あけ~ (2, 0.0%)

2 の芝

▼ しい木かげ~ (2, 0.0%)

1 で休息, に休みました

▼ しい木肌~ (2, 0.0%)

2 とを持つた

▼ しい材料~ (2, 0.0%)

1 であると, といふわけ

▼ しい材木~ (2, 0.0%)

2 も材木

▼ しい束縛~ (2, 0.0%)

1 から闇地, を加

▼ しい条件~ (2, 0.0%)

1 に縛られ, の家

▼ しい来客~ (2, 0.0%)

1 で人懐こい, を待つ

▼ しい松林~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ しい根性~ (2, 0.0%)

1 は部厚, を持つ

▼ しい楽しい~ (2, 0.0%)

1 夢な, 静安

▼ しい権幕~ (2, 0.0%)

1 だな, で

▼ しい樹木~ (2, 0.0%)

1 である, もなく

▼ しい機械体操~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ しい欺瞞~ (2, 0.0%)

1 となる, の計画

▼ しい正直者~ (2, 0.0%)

1 だから, でした

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 の病気, の硬

▼ しい気性~ (2, 0.0%)

1 でじっと, でぢ

▼ しい氣持ち~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて來

▼ しい水筒~ (2, 0.0%)

1 なのよ, にだけは気

▼ しい沈默~ (2, 0.0%)

1 が一層, が室

▼ しい沙汰~ (2, 0.0%)

1 も義政公, をする

▼ しい注射~ (2, 0.0%)

1 に堪える, の日

▼ しい洪水~ (2, 0.0%)

1 がございました, のあと

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 でございましたろう, 之助

▼ しい海岸~ (2, 0.0%)

1 の断崖, の邊

▼ しい消息~ (2, 0.0%)

1 は全く, を伝える

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 に墮, をつくっ

▼ しい混雑~ (2, 0.0%)

1 のなか, の裡

▼ しい添書~ (2, 0.0%)

2 がつい

▼ しい温柔~ (2, 0.0%)

1 しくうなずいた, しくうなずいて

▼ しい温順~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ しい溜息~ (2, 0.0%)

1 とである, を衝い

▼ しい溝鼠~ (2, 0.0%)

1 などにかける, なの

▼ しい漁村~ (2, 0.0%)

1 ではあつ, のそんな

▼ しい烈しい~ (2, 0.0%)

1 憤怒を, 風が

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 抵抗主義の, 智な

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 に似た, のやう

▼ しい片手~ (2, 0.0%)

1 でほつれ毛, 落と云

▼ しい犠牲~ (2, 0.0%)

1 だから, を主君

▼ しい犯罪者~ (2, 0.0%)

1 と知ったなら, になった

▼ しい理窟~ (2, 0.0%)

1 から割り出し, を喰

▼ しい瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 も顔

▼ しい生一本~ (2, 0.0%)

1 にこすっ, の力

▼ しい生命~ (2, 0.0%)

1 の動物性, の育ち

▼ しい生長~ (2, 0.0%)

1 に対する自分, を新

▼ しい産児~ (2, 0.0%)

2 を両手

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 をかかえた, をもつた

▼ しい用事~ (2, 0.0%)

1 の隙, を控え

▼ しい男たち~ (2, 0.0%)

1 が宝石, が政治

▼ しい町家~ (2, 0.0%)

1 に育つた, の女房ぶり

▼ しい疲勞~ (2, 0.0%)

1 が今日一日, を覺

▼ しい疾病~ (2, 0.0%)

1 が生れた, に取りつかれ

▼ しい病氣~ (2, 0.0%)

1 だ, にでもかかつて

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 が現

▼ しい痛み~ (2, 0.0%)

1 と驚き, に堪えられなかった

▼ しい癇癪~ (2, 0.0%)

2 を鳴らし

▼ しい発展~ (2, 0.0%)

1 を遂げた, 振り万歳

▼ しい発明~ (2, 0.0%)

1 と発見, をした

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 がある, を眉間

▼ しい目付~ (2, 0.0%)

1 に顕, をし

▼ しい目的~ (2, 0.0%)

1 が絡まなけれ, の為

▼ しい相違~ (2, 0.0%)

1 があっ, があった

▼ しい眩し~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ しい研所~ (2, 0.0%)

1 と書い, と認めました

▼ しい研究材料~ (2, 0.0%)

1 だったの, となる

▼ しい社会~ (2, 0.0%)

1 の変化, の現象

▼ しい祈り~ (2, 0.0%)

1 がみなぎった, であらう

▼ しい神経衰弱~ (2, 0.0%)

1 になり, に侵され

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が現, でないで

▼ しい稼ぎ~ (2, 0.0%)

1 に身, をさせ

▼ しい稼業~ (2, 0.0%)

1 に売られよう, の女

▼ しい穂吉~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 がございます, を

▼ しい空氣~ (2, 0.0%)

1 に驚い, をちら

▼ しい空虚~ (2, 0.0%)

1 があった, を紛らす

▼ しい笑い~ (2, 0.0%)

1 の持ち主, を浮かべ

▼ しい笑聲~ (2, 0.0%)

1 がわつと, は馬車

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 であった, の夫

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 へはありません, へもありません

▼ しい紅頬~ (2, 0.0%)

1 の少女, の少年

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 振で靴, 振を

▼ しい素朴~ (2, 0.0%)

1 なもの, な朴訥

▼ しい細工~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 にひたっ, の野良

▼ しい罪人~ (2, 0.0%)

1 だったから, であるかの

▼ しい美奈子~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 の風説, を為し

▼ しい翻訳~ (2, 0.0%)

1 であつ, に頼る

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 僧の, 尼は

▼ しい耳鳴り~ (2, 0.0%)

1 がジンジン, を感じた

▼ しい肉感~ (2, 0.0%)

1 があふれあ, の縹渺

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 の中, を持つ

▼ しい胸騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ しい自己一人~ (2, 0.0%)

2 のリズム

▼ しい自由~ (2, 0.0%)

1 が慕, な流れるやう

▼ しい自負心~ (2, 0.0%)

1 の満足, の滿足

▼ しい致命的~ (2, 0.0%)

2 な出来事

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 であった, の動揺

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 のある, を持ちかけ

▼ しい芸者~ (2, 0.0%)

1 が飛び出し, になった

▼ しい芸術家~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ しい若者~ (2, 0.0%)

1 を娘, を養子

▼ しい若衆~ (2, 0.0%)

1 が一人, まげ黒く大きく

▼ しい苦しい~ (2, 0.0%)

1 おばはん何すん, そして不思議

▼ しい苦労~ (2, 0.0%)

1 が思いやられ, を重ね

▼ しい葬儀~ (2, 0.0%)

1 であつ, の取込み

▼ しい藪路それ~ (2, 0.0%)

2 を東

▼ しい衝動~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ しい裸形~ (2, 0.0%)

1 で頭, のなり

▼ しい覊絆~ (2, 0.0%)

2 から綺麗

▼ しい親爺~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ しい角度~ (2, 0.0%)

1 で双方, で幾多

▼ しい解放~ (2, 0.0%)

1 して, の感情

▼ しい記載~ (2, 0.0%)

1 である, は見あたらなかつた

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 ですが, なの

▼ しい評判~ (2, 0.0%)

1 だからな, まで立つ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が口, を發

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 にセツナ, を製造

▼ しい語調~ (2, 0.0%)

1 で喋舌, で喙

▼ しい誤解~ (2, 0.0%)

1 はない, を受ける

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 であるが, でも有り

▼ しい論文~ (2, 0.0%)

1 で史的唯物論, をした

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 だ, でしょう

▼ しい買物~ (2, 0.0%)

1 といふ, をするだらう

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 があつ, をそ

▼ しい足立さん~ (2, 0.0%)

1 の言う, も今日

▼ しい距離~ (2, 0.0%)

1 が生じた, をそれなり

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 を馳, を馳せ下った

▼ しい躍動~ (2, 0.0%)

1 を真似る, を見せられ

▼ しい軽率~ (2, 0.0%)

2 で私自身

▼ しい軽蔑~ (2, 0.0%)

1 を強調, を後姿

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 を選ん, 程を言

▼ しい速度~ (2, 0.0%)

1 でその, で目

▼ しい運動~ (2, 0.0%)

1 には直ぐ, の時間

▼ しい道具~ (2, 0.0%)

1 もあらかた, も取

▼ しい違い~ (2, 0.0%)

1 がある, である

▼ しい遠慮~ (2, 0.0%)

2 ばかりし

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 にこんな, を離れ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 の香, 注女

▼ しい野路~ (2, 0.0%)

2 の登り

▼ しい金持~ (2, 0.0%)

1 の拍手, の男

▼ しい銀杏返し~ (2, 0.0%)

1 に結った, の頭

▼ しい銀行事務~ (2, 0.0%)

1 の折々, の折折

▼ しい長い~ (2, 0.0%)

1 名前に, 髮を

▼ しい間道~ (2, 0.0%)

1 がもの, を伝

▼ しい陰影~ (2, 0.0%)

1 になつて, になやまし

▼ しい陰翳~ (2, 0.0%)

2 が抉られ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が庭, の光り

▼ しい階級~ (2, 0.0%)

1 としてある, の人

▼ しい障害~ (2, 0.0%)

1 を与え, を感じだした

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 のため, の洪濤

▼ しい雰囲気~ (2, 0.0%)

1 があつ, であつ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, が鳴った

▼ しい雷雨~ (2, 0.0%)

1 に出会った, に遇つたの

▼ しい電燈~ (2, 0.0%)

1 のかげ, のスイッチ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 さに, 鬼と

▼ しい青春~ (2, 0.0%)

1 こそは日光, の男

▼ しい静か~ (2, 0.0%)

1 なまなざし, な娘

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 かな道, 坐の

▼ しい非難~ (2, 0.0%)

1 は浴びない, を加

▼ しい面白い~ (2, 0.0%)

1 ことも, 酒宴が

▼ しい面色~ (2, 0.0%)

1 で覗, になる

▼ しい音楽~ (2, 0.0%)

1 だの, でせう

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 をくっ, を飜

▼ しい頭脳~ (2, 0.0%)

1 の明晰, を働かせ始めました

▼ しい顏附~ (2, 0.0%)

1 きを, で赤

▼ しい顔付~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ しい風俗~ (2, 0.0%)

1 の中, も桃山全盛

▼ しい風巻~ (2, 0.0%)

1 が起る, に怯える

▼ しい風采~ (2, 0.0%)

1 はつゆ, をし

▼ しい風雨~ (2, 0.0%)

1 の中, の音

▼ しい食事~ (2, 0.0%)

1 の後, を済せ

▼ しい飢渇~ (2, 0.0%)

2 の表情

▼ しい養蚕季節~ (2, 0.0%)

2 でなるべく

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 とみられる, につかえる

▼ しい香り~ (2, 0.0%)

2 と汁液

▼ しい驚き~ (2, 0.0%)

1 と苦, に打たれた

▼ しい骸骨~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ しい高島田~ (2, 0.0%)

1 の手足, の髱

▼ しい髪の毛~ (2, 0.0%)

1 がたっぷり, に魅せられ

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 の所有者, を持っ

▼ しい魔神~ (2, 0.0%)

1 の像, の姿

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 は大河, や鱶鮫

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 の身分

▼ しい鶸色~ (2, 0.0%)

2 です

▼ しい~ (2, 0.0%)

2 い声

▼ しい黒い~ (2, 0.0%)

1 影が, 珠に

▼ しい~ (2, 0.0%)

1 だから, を見舞う

▼1* [2594件]

しいСССРの都会, しいあきらめに似た, しいあすこを考へ, しいあとから這入っ, しいあなたもそれ, しいあまりに人間性を, しいあやかしが宿っ, しいあやかし火とやらだの黒坊主, しいあんなものは, しいあゝ極楽極楽, しいいかに言っても, しいいつ迄馬鹿, しいいつかの夜, しいいつも一つの, しいいなせ男を思慕, しいいびきだ, しいいやしい物の, しいうつけたる姿, しい明日私が, しいおだやかな様子, しいおとよさん, しいおとなしさだ, しいおばあさんの手, しいおぼろの指, しいおもひで窓に, しいおもてなしを受ける, しいおれはもう, しいお化けだと, しいお嬢様も我慢, しいお客がござっ, しいお断り申す, しいお最惜い, しいお節の髪, しいお菜にすぎません, しいお里の生涯, しいお預けを喰, しいかけ声と共に遠巻き, しいかげも見えません, しいかな古色を, しいかまへで自分達, しいからって洗いざらい持っ, しいからでせうしかし, しいからには相違なから, しいがけに一本, しいがけ道をつたつ, しいがにも拘らず甚だ, しいきずなに手足, しいきまりが悪い, しいきゃしゃな色白, しいきらびやかさに満ち溢れ, しいきりで他, しいきりりとして, しいくせに時には, しいくねくね小路で, しいぐみの実, しいけたはのらう, しいけはしい山みち, しいなが, しいこうしよう我輩, しいこっちの顔色, しいことこれは絶対, しいことぢやない, しいことば遣い聞き捨てに, しいことア分りませんが, しいこと人を殺した, しいこと友情がキンミツ, しいこと耳も潰れる, しいこの世を現出, しいこれが慾, しい詮議だ, しいさかいお前は, しいさみしい闇の, しいさ欣しいから, しいざんざめきが聞える, しいしおらしい花の, しいしたたるような, しいしだいですけれど, しいしづかでしんみり, しいしもて降りて, しいせいかあくる, しいせせらぎの音, しいせっかく自分達の, しいそこに私, しいそっと寝床に, しいそのものであって, しいその間も前夜, しいそれでも人を, しいそれほど信用できない, しいそれ等の忠告, しいお珠, しいぞっとするよう, しいぞと申されて, しいぞんざいさで亭主, しいただし正體, しいため彼らは次第に, しいだが文化的自由から, しいだけで暮して, しいだにだ, しいだにとして憎悪擯斥し, しいだんだんに食っ, しいつぐみで私, しいつまらないことを, しいつゆ空に, しいづれにしてもまを, しいづれにしても無意識は君主, しいてとやこう申されたら, しいではないか, しいとかいうやつを, しいとかいふ語を, しいとからだの, しいとこそ思へそれ, しいところであつた, しいところのちッともない, しいとっさにずいと, しいとで震えました, しいとともに他の, しいと腹立しげに言捨て, しいどう見ても, しいどころじやご, しいどの位まで, しいどよめきが朝鮮, しいなあおじさん気味が悪く, しいなあと平福氏も, しいなあにお吉心配する, しいなあにみんなコレですよ, しいなと心の, しいなど素直に, しいなどという感じは, しいなどとは決して思う, しいなにごとです, しいなまくらで犬, しいなまじ人に, しいなりをし, しいなり恰好は女中, しいなんで嘘を, しいにがい経験を, しいにこやかな顔, しいにつけ雲の, しいに対する慚愧の, しいのでもなく金持, しいのねサッちゃん飲もう, しいのみならずいかにも, しいのよサア桜井さんあなた御存知の, しいはかないけれどもした, しいはじぶんの身じん, しいばかりか誰の, しいばかりの場面の, しいばかりはますます濡れ, しいばつたり床, しいばのおりどの, しいぱっちりと眼, しいひかりのゆきき, しいひとみの光り, しいひまを偸, しいひろさで, しいふうもなかっ, しいふらんす語をこの, しいふるさとだから, しいぶらぶらと市中, しいへどもどして, しいへびにねらわれた, しいへやでした, しいほうのペナント, しいほりものだが, しいぼんやりでお, しいまた面白いこと, しいままに結局, しいまめやかな雰囲気, しいまゆげの下, しいまわりを取巻い, しいみすぼらしい風が, しいみたいじゃない, しいみんなの瞳, しいむしろ恐ろしい運命, しいもう迚も, しいやがてラヂオ体操が, しいやり方ぢやない, しいゆえにあざけられ, しいゆえこれにて, しいゆき子の姿, しいわが心, しいわが子ながら両手, しいわざとゆっくり足を, しいわなという魚売, しいわねいい趣味, しいわびしさが, しいわよ百合さんや, しいわるもの奴, しいを以て結ばれて, しいアア耻かしい, しいアイデンチフィケーションに関する説明, しいアダジオを一つ演奏, しいアバズレの爾, しいアメリカの探偵小説界, しいアラスカの山, しいイんとして居る, しいイソイソとコック部屋, しいイタリー道化役者または商店, しいイヤらしいところ, しいウイスキーを飲ん, しいウソは無い, しいウードレーでございます, しいオトシアナがある, しいオプテイミストだよ, しいカアテンや鏡, しいカゲリやいたましい暗, しいカタストロフが, しいカナリヤよ, しいカフェーの二階, しいカラリストですてき, しいガラクタ音樂や館前, しいガリバルジ君である, しいキネマ旬報を久々, しいギヤグも彼以外, しいギューッと左, しいクッションの下, しいクマバチやトクリバチ, しいコサツク兵や疲れた, しいコチラの遊廓, しいコバルトダイヤを妻, しいコレラがだんだん, しいゴーゴン達の何より, しいサアベルなどを携, しいサッサと別れ, しいサルンとなる, しいシャツ一枚で鵞鳥, しいシーンがはつきり, しいスタアトには何, しいステツプを踏み, しいスパセニアは涼しい, しいスパルタ型の体格, しいスロープを一気に, しいスワンを去った, しいセロリイの葉, しいセンチメンタルなヴェール, しいタイルにし, しいタクラミが方々, しいタッチで描かれ, しいダイナマイトの響, しいチョイチョイその方向, しいチラリチラリとワシ, しいヂュリエット何として今, しいッしずかに, しいツツジや梅, しいツナガリがある, しいテストです, しいテナーでしたが, しいテーブルスピーチで, しいデツサンをしつかり, しいドチラかという, しい畜生, しいナア恐らく此, しいネオンサインの中, しいハンカチで顔, しいバクチぶりに相好, しいバサウリュークのため, しいバックの前, しいパリのす, しいパンの固まり, しいヒステリイ症の女, しいヒステリーになつて, しいヒメだと, しいビルの一室, しいフシギな経験, しいフロウベエルは色々, しいブウルジユワ成金趣味は凡て, しいブダウ色にも無気味, しいブラブラになり, しいブラームスのもの, しいプロレタリア芸術が花, しいペコペコお辞儀を, しいペンキ塗り立ての感じ, しいホテルや別荘住, しいボロを貴い, しいボーイに送られ, しいポツポツと話, しいマジメさが彼, しいマナザシをし, しいマーガレットがゐる, しいムクが怒る, しいメフィストがどうして, しいメランコリとも呼, しいメリンスのいろ, しいモットモット優越した将来, しいモノノケの像, しいユダヤ的現象形態に於, しいユックリユックリと室, しいライターの筒先, しいラヂオ体操がはじまりました, しいルビイの芯, しいレパートリーの数々, しいヰッテムベルヒの市, しいですのよ, しいヴィクタアなわけ, しいヴェールでそれ, しいヴエランダの椅子, しい一たいどうした, しい一ト夜が寝苦しく, しい一ノ谷の真上, しい一人息子の長男, しい一個の文学青年, しい一冊読んじゃってから, しい一分間も休まず, しい一切の, しい一刻者の作品, しい一升である, しい一同アッと, しい一喝をくれました, しい一団の一人, しい一天澄渡つた明月であつ, しい一寸東京で, しい一戸が明い, しい一撃を加えた, しい一時ばかり尋ね廻った, しい一棟の離れ, しい一点を認めた, しい一番槍一番首と言, しい一知青年をかえりみた, しい一筋の思い, しい一策を思いついた, しい一節ずつ口, しい一脈の清水, しい一語がある, しい一遍に澤山もの, しい一領土が偶然, しい一首を詠じ, しい一高の学生, しい丁寧に試食, しい七つあり, しい七所にい, しい万兵衛の足音, しい万歳の叫, しい万能職人であった, しい丈夫そうな鳥, しい三つの品物, しい三つ目の化けもの, しい三丈あまりの急斜面, しい三世相何の因果, しい三人の太刀, しい三千五百石が何ん, しい三多摩の地, しい三夜を過した, しい三島を知っ, しい三弥様が捧げ, しい三方子川をすこし, しい三百代言みたいなこと, しい三軒めの京屋, しいにあの, しい上ッつらの, しい上リ坂や危ない, しい上品なウブ, しい上流の人, しい上演目録が民衆, しい上衣の内, しい上願書を古, しいへ下ろした, しい下司法師原の徒, しい下弦の月, しい下町娘である, しい下駄がふと, しい不健全な半, しい不可思議な様子, しい不審の念, しい不幸に最も, しい不快な気持, しい不愉快な気持ち, しい不機嫌であったしかるに, しい不満を覚えた, しい不滅の景色, しい不漁で鮎川全体, しい不穏の気配, しい世紀の羽音, しい世間だから, しい世間並みの翻訳, しい世間話を交し, しい両側は名優オンパレード, しい両手の指, しい中六番町の宅, しい中年の紳士, しい中心点の周囲, しい中江の顔がわり, しい丸太を一本一円三, しい丸太格子に区切られた, しい主人には見えなかつた, しい主婦であろうと, しい主従の影, しい久米の仙八, しい乙女をむかへ, しい乞食坊主というもの, しい乞食姿になっ, しいを腹一ぱい, しい乳房から自分, しい了簡じゃない, しい了簡それ聞かふ, しい予告をあたえた, しい予定をたてね, しい予察が泛, しいを眼, しい争奪の末, しい争奪戦を演じ, しい争気があった, しい事ぢやありません, しい事件全体についての意見, しい事例を発見, しい事柄を並べたてる, しい事物にはわざと, しいの腕, しい二ツの亡き, しい二三の實例, しい二人づれが間違いなくこの, しい二十五の御新造ぶり, しい二月の午後, しい二番目娘お雪, しい二色の起伏, しい二週間も居る, しい五六人の足音, しい五分間ばかりも泳い, しい五官の感觸, しい五月の頃, しい五月雨のじめじめ, しい亡者野郎め白ばッ, しい亢奮をする, しい交換の合間, しい交際は大目, しい交際いの何処, しい京訛りで自分, しい人がらの氣, しい人なかで, しい人交際の好い, しい人声であります, しい人影のない, しい人心の世, しい人智の想像, しい人柄に感じさせた, しい人民達は王, しい人気者かなんぞのよう, しい人生ではある, しい人生観を持つ, しい人聲が聞えます, しい人間理性否定の暗黒, しい人食鮫が大群, しい仁王のおもむき, しい仇気ない微笑, しい今一度食道鏡を突, しい今夜はどうか, しい今度は別, しい仏蘭西で某, しい仏閣式建物であるこ, しい仕事部屋の窓, しい仕度の空気, しい仕打ちです, しい仕掛けをつくった, しい仕方で嘘, しい仕組や文句, しい仕置きを加え, しい仕草が浮ぶ, しい仕返しをたくらんだ, しいの場所, しい他人あしらひ聞えぬお, しい他人行儀なところ, しい代りに目付役所, しい代用品である, しい令夫人があつ, しい仮面を脱, しい仲父親は義理, しい仲間風情であるの, しい企らみを思ひ付いた, しい伊豆の岬, しい休暇を全く, しい休演中の座長, しい会合だつた, しい会釈が伴う, しい伝染性のある, しい伝波の翼, しい伝統を基底, しい伯五郎の姿, しい位置にはいません, しい位階を得る, しい位魅力ある海, しい低温はそれ, しい低能児でも復讐心, しい住居に自分自身, しい体格の黒眼鏡, しい何でげすか, しい何ものかに身, しい何やらワケの, しい何時もの元, しい何物をも蔵, しい何處へ出し, しいに取っ, しい作品舞台がいくつ, しい作業でしたが, しいも病, しい侍たちでございました, しい侘しい話である, しい価値の秩序, しい侮蔑を感じた, しい侮辱を受けた, しい俗人根性なの, しい信仰心存する以上, しいが三輛, しい修辞を容れる, しい俳優だ, しい俳句の話, しい俸給を取る, しいなんて変, しい個所には店, しいで売れた, しい倫敦から時間, しい倶樂部乃至演藝場, しい偉人の腕, しい偉業に面し, しい健全人種というべきであろう, しい債権者から大佐, しい傾向を持つた, しいの平面, しい働き手はそんな, しいのところ, しい僚友マクシム・ゴーリキイの病, しい僞作である, しい僧侶は禪僧, しい僻地となつ, しい儀式を張らね, しい儀式用の献立, しい優しい腕が, しい優美なきらめき烏帽子, しい元気を清い, しいの眼, しい兄上の許, しい充實したやう, しい兆しを見た, しいにたっ, しい先輩だと, しい光り物を見た, しい光沢で艶, しい光輝にうつ, しい入れぢえを, しい入口の扉, しい入日や休息, しい入道あたま, しい全く弁信さんという, しい全身を固, しい八月の二十日頃, しい公演を選ん, しい放海綿, しい六曲金屏風が立てかけ, しい六月が来た, しい共犯の嫌疑, しい其丈三尺ばかりな, しい其後の消息, しい具足よろいを着込み, しい典型をおのおの, しい内乱が生ずる, しい内儀です, しい内儀さんでございます尾張焼, しい會の, しい冒涜であると, しい冒険だが, しい冒険談に笑, しい写実主義とを軽蔑, しい冤罪はない, しい冬青樹の若葉, しい冷ややかな香, しい冷静なその, しい凝視と気, しい処女と童貞たち, しいの持主, しい凶事の暗示, しい凶賊の眼, しい出所を恥ぢない, しい出来心に駆られた, しい出発の騒ぎ, しい出立で私, しい出身ではなかっ, しいは売, しい分別を覺, しい分子はない, しい分裂が生じた, しい分裂対立において示そう, しい切なさを, しいを受けたる, しい刑法の条文, しい判決を受ける, しい別天地に放り出される, しい別室が名物, しい別荘にいる, しい利益のある, しい制裁を加, しいがあり, しい刺激を含んだ, しい刺繍の刺し, しい刺身を進, しい刺身用のもの, しい刻限であったので, しいの踏切, しい前代の廃物, しい前提を終っ, しい前置きによって私, しい剣技目前味方の斃, しい剣法はない, しい剣術を見せ, しい剣難の相, しい副業とてはなく, しいが付け, しい創作をし, しい創作的努力と英国紳士, しい劇場スタツフつまり経営者, しい劒岳がドッカ, しい力強い聲で, しい加勢をし, しい努力の結果, しい労働者と同じく, しい労役の結果, しい効果を上げた, しい勇ましい振り方, しい動作をし, しい動悸の音, しい動機はない, しいを得る, しい勝利であって, しい勝見家の門, しい勞働を休めなかつた, しい勞苦と共に, しい勢ひだつたぜ, しい勢ひで両手を高く, しい勢ひで突き當つて來ましただ, しい勢ひで門弟の足, しい勢ひで風を剪つた分銅, しい勤め奉公の女, しい勤勉と親切氣, しい勾配を持つた, しい勿体ない事を, しい匂いの籠った, しい化學衞生權利經濟國家政治社會, しい北国の音響, しい医者めが聴診器, しい十七八の娘, しい十七娘が微光, しい十五なの, しい十八九の乙女, しい十八文ばかり有, しい十字を私, しい千代子でももう, しい千束町の家, しい千浪さまの身, しい半日であつ, しい半面と見てた, しい卑怯な陰険, しい卒都婆が毎日, しい単的な性質, しい単純だ, しい単調な田舎街, しい卯平と一つ竈, しい印象的な人工的, しい危険をもうち, しい卵型に見えます, しいが迫っ, しい厄年であったに, しい厚化粧をポッ, しい厭味のある, しい厳粛な心持, しい友人と認め, しい友禅の振袖, しい反動論者を沢山, しい反復往來をも考慮, しい反抗をあらわし, しい叔母の者面, しい取り調べの様, しい取調べを繰返す, しい叙述を並べ立てる, しい叢書を私達, しい口上があつ, しい口元の優しい, しい口惜しい思いを, しい口数の尠, しい口許と心, しい女房是が, しい古い林の, しい古参の家政婦, しい古寺と高く低く, しい古文書の山, しい古木書記を従え, しい古物商がある, しい古風な景色, しい叫びが一声, しい叫喚をあげ, しい可哀相な婦, しい可愛らしさと共に, しい可憐な国, しい可笑しい話では, しい台所の暗い, しい台所道具の一切, しい史証もある, しい右近丸が, しい右門によってすっかり, しい号令をかけ, しい司権者となる, しい都市では, しい吉原絢燗期の女, しい同じ小さな木の, しい同人雜誌の十二月號, しい同志を置き去り, しい同性の恋, しい同時に決然と, しい同胞共の様子, しい名人試合ばかりやつ, しい名作揃ひだといふ噂, しい名前さへ発見, しい名所に出くわした, しい名木は根こそぎ, しい名案はなく, しい名残りがあった, しい名状しがたい, しい君一人購読を止した, しい君臣の情, しい含満ヶ渕を彼女, しい吹降に成つて, しい詛った事, しい呪文を唱える, しい呪詛であること, しい呼び声で一同, しいの水, しい命がけの体操, しい命令の言葉, しい和やかな雲, しい和名があり, しい和子がありました, しい和子たちや女房たち, しい哀れげな声, しい哀憐が彼, しい品位を身, しい哉惑えるや, しい哲学的な言葉, しい唐傘のよう, しい唯一の物, しい唯一形式は探し得られる, しい唯一無二とも言ひたい, しいをやっ, しい商人の細君, しい商売店を片っぱし, しい商家といっ, しい商機にたずさわる, しい問いにまで発展, しい問答をきい, しい啓示や教, しい善い人の, しい喜田貞吉博士でさえが安達, しい嗜慾に煽り立てられた, しい嘆きをあげた, しいき気, しい嘘っぱちですねえ, しい器量といい, しい噴火の焔, しい囁きとなつ, しい囁き声の指図, しい囘想であつ, しい囚人か何, しい四一四号の少女, しい四谷まで帰っ, しい回顧が出来ない, しい団欒がしたい, しい困惑の色, しい困苦と疲労, しいを見た, しい図画だね, しい国民のため, しい国民中の国民, しいで始終, しい國道をとほり, しい圓髷をさし寄せ, しいけぶりを, しい土地がらだけにここ, しい土民生れでございますから, しい土産物を満載, しい土用波がやってくる, しい土間でぞうり, しい土音は用いない, しい圧迫を感じた, しい圭角的な相貌, しい地主たちのこと, しい地位を見つける, しい地味で上品, しい地団駄を踏ん, しい地所や家蔵, しい地点に小さな, しい地獄の底, しい地響きをあげ, しい坂径を花蓮港, しいぬけの, しいの町, しい城下で彼ら, しい城主の奇行, しい城砦のやう, しい執念の力, しい堂々とした, しい堂守のほか, しい報いが来なけれ, しい報らせを, しい報告を喋りはじめた, しい報知の事実, しいでも這入ってる, しい境地だつたの, しい境界に陥れる, しい境界線をたどっ, しいがあつ, しい墨色で名前, しい壓迫を七八分間, しい声それと共にどたりと倒れる, しい声婦人が看板, しい売り値で専造, しい売女に接近, しい売物がある, しいな気, しい変名を追って, しい夕刊売りの, しい夕暮に迫られる, しい夕風に吹き送られ, しい外人を生, しい外気を浴び, しい外見を呈し, しい外面を半分, しい多弁で話しつづけた, しい多数の客, しい夜昼を正当, しい夜業を続けた, しい夜気がまだ, しい夜鶏の啼き, しい夢中になり, しい夢想をし, しい大きい国は, しい大きく一つうなずいた, しい大どろぼうだ, しい大人であること, しい大名かなんぞのよう, しい大字で書い, しい大小幾多の峰, しい大成の域, しい大敵じゃ, しい大晦日に一人家, しい大柄の女, しい大根を切っ, しい大江に臨んだ, しい大物が旅, しい大男で大声, しい大発見をした, しい大砲のやう, しい大罪を犯そう, しい大胆無法な勇気, しい大蛇が口, しい大身だ, しい大通を歩い, しい大金だな, しいの瑠璃, しい天主台は十五間, しい天候が続い, しい天地にたった, しい天才の閃き, しい天日の下, しい天皇御親政, しい天罰だらう, しい太鼓も入, しい夫人の姿, しい夫婦仲を見せつけられ, しい夫婦喧嘩をし, しい失望感をもっ, しい失策である, しい失行に相違, しい夾竹桃の一むら, しい奇怪なる事, しい奇術の前口上, しい奇蹟が彼女, しい奉公人です, しい奥様風や町娘, しい奧方お勇樣, しい奪い合いのため, しい女一人のため, しい女優の名, しい女共と一所, しい女性でまた, しい女性美の幽霊, しい女流選手の姿, しい女犯でさらし, しい女童どもの住む, しい女給でその, しい女順禮は奧州, しい奴ぢやない, しい奴めと腹立たし, しい奴僕の服, しいちゃんの, しい好い男でございます, しい好きなところ, しい好みも決してそんなに, しい好色の瞳, しいのギネヴヰーア, しい妄語を吐きおる, しいはあるいは, しい妖女でしたの, しい妖怪が腰かけ, しい妖艶な女, しい妖花が男, しい妖魔が住ん, しい妻木君の顔, しい姉さん冠りの, しいをもつ, しい姫君の姿, しい姿勢で突, しい威力をわたし, しい威勢だった, しい威厳を持つた, しい威嚇をした, しい娘心はもう, しい娯楽が私, しいで主税, しい婦徳も出, しい婿は来る, しい媚態とその, しいで徳太郎, しい嫁入り子育て老先, しい嫁迎いだろう, しい嫉妬家で夢中, しいれしい空想, しい子女いやむしろ, しい存在だが, しい孤獨が, しい学者に可愛, しい学者肌の人, しい安らかな寂滅, しい安心したよう, しい宗教状態であるかと, しいが人目, しい実に汚ら, しい実体ものでございます, しい実例をさまざま, しい実験の後, しいで好い, しい宣告を受け, しい宮女ならば, しいなり線香, しい家事向きの事, しい家人の足音, しい家具の配置, しい家内の調子, しい家屋の過半, しい家系の女子, しい家財を担い, しい家財道具はどしどし, しい家風だったので, しい宿へ帰りました, しい宿屋のこと, しい宿業が除かれぬ, しい寂寞の感, しい密猟船を脱する, しい富士を見る, しい富士山とを眺める, しい富豪を片っぱし, しいさに, しい寒い大きな風, しい寛大さで森川森, しい寛容な取扱, しい寝台の頭, しい寝床はない, しい返りを, しいの上, しい対局をいくつ, しい対話との対照, しい封筒の趣味, しいはその, しい将校がある, しい將來を夢みる, しい尊い事業である, しい尊敬の拂, しい對談が出, しい對象を掴ん, しい小さくなって, しい小作人組合の主, しい小僧つ児, しい小屋の方, しい小径を下っ, しい小心なそして, しい小揚連中の住居, しい小田原と見付, しい小異を含み, しい小石川の春日町, しい小細工を弄, しい小鳩のやう, しい小鼓の音, しい少女のにほ, しい寧王の, しい尼さんはこちら, しいを持っ, しい屈辱を蒙らなけれ, しい屋根や海緑色, しい屋根裏には, しい屍体を凝視, しい展開を暗示, しい屬性である, しい山々に取り巻かれた, しい山の下に在る, しい山みちです, しい山中にさえ近頃, しい山国の片田舎, しい山坂径を越えなけれ, しい山岳を征伏, しい山川が, しい山氣で人, しい山火事のあった, しい山稜つづきで適当, しい山谿を駈る, しい山間の村, しい山頂をくっきり, しい岩岸がすっかり, しい岩石で片隅, しい岩腹でその, しい岩角で一足踏み, しいを降り, しい峡谷や岩脈, しい峰道を踏み, しい島田髷に薄化粧, しいしい冷たい, しい崖みちで人車, しい崖下の渓間, しい崖径を通る, しい崖縁で休, しい崖道を走, しいも遮られる, しいがまだ, しい巣窟の在所, しい工場の中, しい工夫や職工, しい巧みを小坂部, しい巨人が俺, しい巨人育成法が試みられた, しい巨大な白熊, しい巨躯と温容, しい差異点は琉球, しい巴ヶ淵の岩, しい巴旦杏表情になっ, しい巻数附けは, しい巻物を取り直した, しい巻舌の江戸弁, しいにそこら, しい帆柱林立だ, しい師走の社会, しい帯剣を外した, しい帰途に就いた, しい帽子をぬい, しい幇間だ, しい幕間をぬすん, しい干渉をしなかつた, しい平和を迎えるらしい, しい平和事業の趣旨, しい平安堂筆舖の岡田君, しい平民の肉体, しい年ごろの美人, しい年増女です, しい年寄たちには死別, しい年寄株の者, しい年月の埃, しい年盛りの女, しい幻想の圧迫, しい幻聴を伴い, しい幻覚も収まっ, しい幼少の記念, しい幾度来たって, しい幾日かを過ごそう, しいを脱, しい店員に十日目, しいになり, しい庭下駄を突っ, しい廃墟に真正, しい廃汽となつ, しい建物に片, しい廻り合せに戦き, しい弁信法師の頭, しい弁当バスのエール, しいというもの, しい引用を許し, しい引越し荷物の一部, しい弱点であった, しい強い感情を, しい強圧即ち暴力, しい強盗どもを待遇, しい弾みなさ, しい当て違ひであつ, しい当りを調べた, しい当代の人物, しい形容も出来ない, しい形想で睨ん, しい形見の遺作, しい彫刻の面, しい役廻を何とか, しい役目であろう, しい彼らの様子, しい彼様狒見たいな, しい彼等でも気, しい後ろ傷をと言う, しい後宮という所, しい後年の運命, しい後影を見, しい後悔を感じた, しい徒歩旅行を終え, しい従つて歴史的批評への迂回, しい御事である定めし畢竟, しい御台所さまでございましたから, しい御寮人さまか武家, しい御方さえいらっしゃる, しい御方さまに巡り会います, しい御法度で御座いますよ, しい御用を嗅ぎ出さう, しい復命をもたらせよう, しい復讐心から戦っ, しい復讐的精神を発揮, しい微かに礼, しい微細な注意力, しい心労のうち, しい心地よげな, しい心得ちがいである, しい心持ちになる, しい心操に接する, しい心理解剖の鋭さ, しい心痛のせい, しい心的歴史を経過, しい心細い中に, しい心象の明滅, しい心霊術めというわけ, しい忌々しい気持を, しい忌まわしいしつっこい存在, しいも感心, しい忙しさでした, しい応対もできなかった, しい忠僕たちがゐました, しい快い調子の, しい快楽醜悪や貪欲, しい快活な調子, しい念いをし, しい念珠をば, しい忿怒にかられ, しい怒号と拍手, しい怖い顏の, しい思いやりとしてほとんど, しい思い付が胸, しい思い付きの嘘, しい思い出のため, しい思出にふける, しい怠惰が今私, しい性分であった, しい性慾の減退, しい性慾的であるのに, しい性根が本心, しい性癖の一つ, しい性能と装備, しい怨念のす, しい怪談が持ちだされる, しいえを, しい恋人のよう, しい恋情などを抱い, しい恋愛の情, しい恋文を十六本, しい恋物語を知ってる, しい恐らくはそのカフェー, しい恐ろしい気が, しい恥知らずの取沙汰, しい恨み言ばかりだ, しい恭一の財布, しい息吹をおくり, しい息遣いをし, しいやしい, しい悟空の顔, しい悠々と大飯, しい悠くり下りて, しい患者の尻, しい悪党みたいな人相, しい悪夢である, しい悪寒のため, しい悪意の微粒子, しい悪感と全身, しい悪業かということ, しい悪漢はやさしい, しい悪玉が指, しい悪臭芬々たる泥溝, しい悪鬼が迫っ, しい悲しいわかれであるため, しい悲劇役者がゐた, しい悲哀にとらわれ, しい悲報が達した, しい悲惨な終わりを, しいの姿, しい悶着への同伴, しいがある, しい情けが吾知らず, しい情人の樣, しい情実なんてある, しい情念や美しい, しい情愛を持たれる, しい情感の渦, しいい風, しい惡罵の聲, しい惡黨で, しい虐性犯罪者と, しい惨めさ努力などの何, しい惨事を自分, しい惨劇を生んだ, しい想い出に身, しいがある, しい意匠の簡単さ, しい意慾もうごく, しいなのに, しい愚劣なもの, しい愚論でそんな, しい愛惜の念, しい感化と思ふ, しい感想を起させ, しい感慨を伴っ, しい感激の手紙, しい感覚の作品, しい感銘で二三度, しいえるよう, しいのもの, しい慎重な研究, しい慕情は悲しい, しい慟哭にたじろい, しいのあれ, しい憂世を三分五厘, しい憂欝を感じさせた, しい憂鬱症で葵, しい憎しみを持っ, しい憤慨をさ, しい憤懣が心, しい懸崖だ, しい懸念の輪, しい懸絶であらう, しい懸隔がなかっ, しい懺悔者なの, しい戀文に物, しい成果を挙げ得た, しい成行きだつた, しい成金となつ, しい我儘を振舞つて, しい我北国の田園, しい我慢強い女であった, しいるもの, しい或はこぢんまりと, しいだった, しい戦いと餓, しい戦友のす, しい戦国武士がみずから, しい戦慄が全身, しい戦慄的な仕事, しい戦災に小さい, しい戦闘力にすっかり, しい戯曲を拾つて, しい戸張さんとどんなに, しい戸棚はみんな封印, しい所業は罰せられず, しい所為は紳士, しい所行を今度, しいの外, しい手がかりがあった, しい手つきでふところ, しい手仕事の跡, しい手代を殺そう, しい手入れの仕方, しい手合と見え, しい手品だ, しい手持ぶ沙汰, しい手掛りだ, しい手柄でもした, しい手籠の仕方, しい才気が閃く, しい扮で, しい打着かり合いであるよう, しい扮裝を見せ, しい批判を加, しい技巧を要する, しい進化なる, しい抑揚のある, しいからとて結び髪, しい折柄に一応, しい抵抗も何等, しい押しの一手, しい拂塵の音, しい拉典語きちがひ, しい拍車をかけ, しい持場持場につい, しい持物を金, しい持病が起りまし, しい指導をしなかった, しい捜査方針が甚, しい掏摸の足, しい探偵という職業意識, しい探偵事件はなかろう, しい探究を企てた, しい探索をし, しい接近を示し, しい揉合いを誰, しい描写もない, しい描破力とを僕, しい插画などが子供, しい揚錨機の音, しい援兵でも出し, しい支権者であるそう, しい支那の革命家, しい支那街に特有, しい支那風を思ひ出させず, しい改めて室の, しい攻手でした, しい攻撃武器であること, しい放浪の旅, しい政変は嘗て, しい故に群馬栃木二県の, しい故国という又, しい敏感を持っ, しい敏捷なやつ, しい救いではありません, しい敗戦世態を古今, しい教場の整理, しい数字だったに, しい敵意を含んだ, しい敵愾心が冷めたい, しい敵機は四千米, しいではある, しい文化がある, しい文句があつ, しい文字通りの荊棘, しい文学の品種, しい文学青年の筆者, しい文段までも筆, しい文献で統計, しい料理を食べ終った, しい断定を前方, しい断面から, しい断髪令嬢だ, しい新たな樹皮, しい新モスの着物, しい新刊をとる, しい新奇さを楽しんだ, しい新式の犯罪者, しい新種の子供, しい新築までがその, しい新粧と三十歳ぢ, しい新開地だった, しい方向の変換, しい旅ごこちがした, しい旅山に上る, しい旅雁の列, しい旋律は私, しい旋風に体, しいや吹流し, しい旗本屋敷の後, しい既往の物語, しい日光の代, しい日光浴日和ぢやない, しい日夕を送らね, しい日常生活に堅く, しい日曜日を兵隊, しい日本婦人式に謹しみ, しい日本的典型の上, しい日本語の説明, しい日本通と異, しい日課のひとつ, しい早口をもっ, しい早業とで名, しい早足で歩き, しい旭草木の露, しい昂揚された瞬間, しい明け方の光, しい明るさを, しい明るみが室, しい明智もう疑, しい明治三十三年の一月, しいに持っ, しいが一つ二つ, しい春月が男女, しい昨夜の騒ぎ, しい昨日は夢, しいれは, しい時にですら, しい時には昏倒し, しい時不幸の男, しい時世の変化, しい時代離れのした, しい時佐治君は少し, しい時候ではある, しい時先生の眼, しい時分のこと, しい時雨であ, しいと夜, しい晩方にこの, しい晩秋の朝, しい晩食を食べた, しい晩餐を取つた, しい景気を見せ, しい暗流が判った, しい暗礁からつき出され, しい暗黒が始まった, しい暮らしも出, しい暴利でありまた, しい暴力に就, しい暴君となる, しい暴風となっ, しいの光, しい曙色の花, しい曠野のはて, しい曳網をやった, しい更にそれを, しい書きものを眺めた, しい書き起しに煩わされ, しい書出しと, しい書生に會, しい書籍の類, しい書附に決して, しい書類なんかもう, しい最上の花, しい最下級の労働者, しい最明寺殿を手, しい最近の日本, しいでした, しい月見草ぢやない, しいを, しい朝日に照らされ, しい朝陽が綺麗, しい朝顏の呼聲, しい朝顔の二葉, しい期待を持たれ, しい木地の女性, しい木星の瞬き, しい木枯が急, しい未亡人だのその, しい未成品に相違, しいが読めた, しい本当に馬鹿, しい本町の真中, しいのあたり, しい杉並木の坂, しい杉夫の息づかひ, しい村住ひの, しいは一本, しい松並木の道, しい板場から顔, しい果報者となっ, しい果物のよう, しい果物籠をつく, しい枝葉を茂らし, しい柄合ひの, しい柔かい線の, しい栄坊ちやんが, しい栄蔵は恐し, しいの渋皮, しい栗毛虫はそこ, しい根下がりいちょうに結った, しい根性ぢやありません, しい根拠地だな, しい桃色の次, しいも浮かばない, しい梯子段を転げ落ちた, しい棍棒だそいつ, しい棚板の上, しいの方, しい植込の上, しい検事が一番苦手, しい椿が血, しい業績を挙げ得た, しい極めて調和的な, しい楽器のねいろだ, しい楽女のわたくし, しい楽隊の伴奏, しい概念ばかりが単に, しい榴弾砲や臼砲, しいへの旧式, しい構えである, しい樂屋の鳴物, しい模倣の筆つき, しい樣子が見えた, しい権威さえ具え, しい権式を持ちゃ, しい横っ腹へいっ, しい横柄な言葉づかい, しい横顔を藍色, しい樹肌を持っ, しいを渡る, しい橋渡りをやらせる, しいの音, しい機会を見つける, しい機嫌だ, しい機関室へ拾い集める, しい櫓声がし, しい欠伸まじりで礼讃, しいの部屋, しい次高音を響かせ, しいでした, しい歌六の高座, しい歌声に耳, しい歌舞伎の世界, しい歌風は鈍く, しい歓喜の火ば, しい歓楽場の所在, しい正月を寢, しい正木博士の妙, しい正直さに惚れ込んだ, しい此人の口, しい此処の家, しい此瘤を見, しい此處で一休憩, しい武人が天下, しい武将や兵, しい武芸者風巽小文治, しい武門との連絡, しい歩みぶりよ, しいがゴシャ, しい歯自分からは幾十年, しい歳月ではあつ, しい死骸で庭, しい殊に水量の, しい殊更に贏, しい残忍な画, しい残忍さだけ感じられ, しい残酷な方法, しいがある, しい殺しようですね, しい殺人まで犯した, しい殺人方法を予言, しい殺人模様を眺め, しい殺人罪を犯さなく, しい殺人者なの, しい殺気がある, しい殺生戒を破っ, しい母親と並ん, しい毒念があるだろう, しい毒手迫害あらゆる魔, しい毒物には相違, しい毒舌を聞いた, しい毒藥を盜, しい毒蛇が棲ん, しい毒血が流れ, しいが生え, しい毛並には雨霧, しい毛臑を頓着, しい毛色が妙, しい毛虫は初めて, しい毛虫私はおっかなくっ, しいもいる, しい民さんだもの, しい気候である, しい気忙しく畳の, しい気性者そんなわけ, しい気象を看, しい気質をのぞかせ, しい気魄をさしひく, しい氣もちでそれ, しい水仕事をする, しい水夫の竹見太郎八, しい水煙が立つ, しい水着姿の貴女, しい水蜜のよう, しい水銀の鏡, しい水音を立て, しい氷河の上, しい氷霧だつたから, しい汐時に悠々, しい點の, しい汚らわしいものの, しい汚辱だ屈辱, しい江戸へ聞こえ, しいに, しい決意にはさして, しい決闘法を提議, しい汽車の中, しい沙漠であって, しい沢山お窶れ遊ばした, しいで, しい河原者風情のため, しい油断しては, しい油画だった, しい治亂興亡をくり返し, しいのよう, しい沿岸ニ殖民地ヲ得, しいの権化, しい法令の出る, しい法師の名, しい法度を作り, しい法治論者の韓非, しい泡沫を磯際, しい波羅門の腕環, しいを吐い, しい泥沼や又, しいをつけなけれ, しい注意力に怯え, しい注文はあまり, しい注釈を加えた, しいの中, しい洋服出立のお, しい洋食の氾濫, しいに立派, しい活溌なもの, しい活躍をなされた, しいから新, しい派手な色, しい流行の推移, しい猿しい, しい浅ましい卑劣な, しい浅慮益々手, しい浅間しいような, しい浦塩の女郎屋論, しい浪々の身分, しい浴衣を軽く, しい海盤車娘の踊り, しい海風に吹かれる, しい海鳴りがした, しい涙ぐましい何でも, しい涜神の言, しいの無い, しい淋しさを, しい淫売宿のお, しいさ一尺ぐらいで, しい深い宿命的な, しい深切な人, しい深刻な現象, しい深淵にうつつ, しい淵死の淵, しい混乱や紛糾, しい混乱恐怖苦悶であった, しい混濁に病, しいましい卑劣, しい淺猿しい, しい渡世をし, しい渦巻を避け, しい渦巻きを久慈, しい当な, しい温泉へ急ぐ, しい温泉宿にたどりついた, しいに船, しいの香, しい溝それはまったく, しい溝鼠共を敵, しいである, しい滑らかな愛, しい滑稽の趣味, しい滑稽欧化の大, しい滿目の輕げ, しい漁師の娘, しい演技も見せたらしい, しい演習に疲れ, しい漢法医になる, しい漢語になっ, しいであった, しいの上, しい澄子さんが待つ, しい激しい冷酷な, しい激動を生涯, しい濡れ髪を愛妃, しいと浦, しいの吸盤, しいになっ, しいを焚きました, しい火事だ, しい火光と轟々たる, しい火花が散り, しい灰燼の一塊, しい灰色の雲, しいを撒き散す, しい災厄の海嘯, しい災禍がこの, しい災難でも起った, しい炊煙をあげ, しい為其が出, しい無口な優良児, しい無念無想に沈湎, しい無意識の世界, しい無理押付であ, しい無謀だと, しい無道をよく, しい無限地獄へ落ちこんだ, しい焦燥のうち, しい焦躁と不安, しい然し飾氣の, しい照りかえしが, しい熊襲の面, しい熟語を案出, しいさだ, しい熱心な手芸, しい熱情家さ, しい熱病にとりつかれ, しいゆる青年, しい爆声を挙げ, しい爆発が起った, しい爆薬をつめた, しい爆音をひろげた, しい爐邊の火, しいを引き剥がし, しいかな気分, しいだ狂女, しい輪の, しい牢名主制度などこういう, しい物たるより古く, しい物みなよろしとは, しい物品は大方, しい物思の何とも, しい物憂さの, しい物持ちの長者, しい物腰であります, しい物言ひ擧動, しい物言ひだが態度, しい物質慾の芽生え, しい特別扱いですが, しい特徴であるが, しい特殊語を泥濘, しい特色を有し, しい特質だけは備, しい牽引であつ, しい犠牲者であった, しい犧牲となつ, しい犯人の意志, しい狂いすがただ, しい狂人のもの, しい狂奔振りはこの世, しい狂気染みたこの, しい狩猟の心理, しい独り舞台で腕組, しい独身の容姿, しい狭苦しい家な, しい狼狽ぶりを, しい猛者ではある, しい猟服を着込む, しいの肉, しい猪口を重ねます, しいや狼, しい獣物に触れる, しいの姿, しい王さまでで, しい珍品であったと, しい現に佛祖統記には, しい現実に唖然, しい理屈です, しい理想を抱い, しい理由はない, しい理路を辿り, しい琴彈の濱, しい瑪瑙の地面, しいでも上, しい瓦屋根が月光, しい甘美な感情, しい生命力を消耗, しい生垣もしくは土手, しい生存競争があり, しい生徒の答案, しい生徒監の姿, しい生活そのものであつ, しい生活樣式を見出し, しい生涯では農事, しい生物のやう, しい生白い頬, しい生贄でありました, しい用件を持つた, しい用心が要求, しい用語は避けた, しいに入る, しい田園の内, しい田舎などには滞在, しい田舎女の一人一人, しい田舎訛で互に, しい申込みを決行, しい男の子が殿, しい男前に仕立て, しい男塔は何より, しい男眞赤になつて此方, しい町のはづれ, しい町人の娘, しい町名でございまして, しい画廊にはし, しい画面の中, しい畏怖の為, しい畜生道の仕業, しい異常な感じ, しいを踏ん, しいて違, しい畸形児であったと, しい畸形的現象に相違, しい疑いが伏在, しい疥癬病みの, しい疲れにうつらうつら, しい疳癪が起つた, しい疼痛を感じた, しい疾風さえ吹き募っ, しいに取りつかれた, しい病室を出, しい病苦の姿, しい病衣の兵士たち, しい痕跡を残し, しい痕迹が顔, しいはしい, しい痛ましさを, しい痛ましい荘重さを, しい痛風症を煩つて左, しい痩せ我慢の姿, しい痴想を彼女, しいなん, しい癇癪持だつた事, しいである, しい発作に襲われた, しい登りとなつ, しい登り道がある, しい發展を束縛, しい白光を放つた, しい白根颪がふく, しい白装束で長い, しい白魚の一群, しい百姓女の身の上, しい百姓姿を見, しい百姓爺など, しい百姓達は, しい百花燎爛の盛観, しいの厚い, しい盗人と再び, しい盗賊紳士の乗合, しい監獄へも自動車, しい目未熟な娘, しい目許に笑, しい目障りじゃ, しい盲目のおばあさん, しい直線の大, しい直観界をあこがれる, しい相互関係に立っ, しい相談對手は彼, しい相貌をし, しい省線電車の射撃手, しい眉間をした, しい看板が屋根, しい看護をし, しい眞面目な外觀, しい真剣味が片目, しい真実さを余りに, しい真新しい災難として, しい真昼の陽, しい真理概念でで, しい真白な手, しい真裸の山の神, しい真面目の女性, しいのほう, しい眸魅力的な潤みを, しい眼付きと言葉, しい眼光を取交した, しい眼力だな, しい眼尻を一層, しい眼鼻を浮べ, しい睡眠に襲われ, しい睡魔が執念, しい瞋恚にもえ, しい瞬きをせず, しい瞳薔薇のよう, しいをちら, しい知識もなかつた, しい短時間の間, しい石塊の多い, しい石塔を一つ一つ, しい石崖になっ, しい石段を下りた, しい石畳の坂, しい砂礫地である, しい研究は別, しい破滅を命じた, しい破片を拾い始め, しい硝子瓶を並べた, しいに白波, しいにはひどく, しいを一巡, しい祝言の御馳走, しい神主のこと, しい神様というもの, しい神秘じゃない, しい神経質な拍手, しい神罰があります, しい神話が不, しいを受ける, しいの前, しい禀議いふ奴にサイン, しい禍いを波及, しい福田と寺, しい禿頭を光らせ, しい私事を前置き, しい私恥かしいん, しい私欲貪婪淫褻不義無情の塊, しい私語を交した, しい秋空を想像, しい秋風が銀座, しい秘密性を持つ, しい秩序と自由, しいな女, しい程物慾しげな相貌, しい程突瑳な瞬間, しい程素晴しく立派, しい程途方もない, しい税関吏に穿, しい子の, しい稚拙な書き方, しい種々雑多な真似, しい種牛ですら, しい種類の人間, しい稻田の中, しい稽古姿に引き, しい穀物の精, しい積りらしい, しい穏当なそして, しい空ろな心, しい空合が絶えず, しい空模様と同じ, しい空氣鼠たちの苦し, しい穿鑿の眼, しい窒扶斯に罹つた, しい窒扶欺に罷つた, しい窮屈に変える, しい窮迫に当面, しい上った, しい立ち往生などはけっして, しい立場なの, しい立派な人, しい竜姿をお現, しい竜巻が起る, しい端折のまま, しい競争者もなく, しい竹童の心, しい竹藪の家, しい笑いかたをし, しい笑い声がどよめいた, しい笑みをた, しい笑声余興のある, しい笑顏を持つ, しいの音, しい筆勢だと, しい筆跡も凡そ, しい筆蹟でなすつた, しい筋違いに相違, しい答えを得る, しいをうけ, しい箇所箇所を不規則, しい節奏がある, しい節度も忘れ, しいが眼, しい篠谷の申出, しいにし, しい粗忽ものじゃわ, しい粗忽者をいくら, しい粘土の丘, しい精力浪費事件なの, しい精神を感じさせる, しい精神上の打撃, しい精神的な苦しみ, しい精神科学の作用, しい精神錯乱のうち, しい糺問を受けた, しい系図が語っ, しい約束しようと, しい紅がら格子を五六軒, しい紅葉の山, しい紅蓮の炎を思いうかべ, しい納屋の扉, しい純白な犬, しいを見ました, しい紙片を扇, しい素人脅しとは, しい素手の拳闘, しい素質である, しい紫金色の化粧着, しい細い聲で, しい細かいことには, しい細道の坂上, しい紳士が乗っ, しい紹介が終る, しい終焉であった, しい組合の闘争, しいひ立て, しい結末であったけれども, しい結構な若旦那, しい給仕階級の侍, しいが入っ, しい絶叫をし, しい絶壁を並ん, しい絶息したらしく両手, しい絶望のため, しい絹糸のやう, しい經驗を持つ, しい継母が姉さん, しい継身の太刀, しい綱行がちょっとした, しい緊張もまた, しい緋色の裳裾, しい緑色で彩られた, しい線香のかをりがた, しい線香花火のよう, しい速で, しい緻密さと速度, しいだと, しい縁側の椅子, しい縁辺を求め, しい繁栄時代にはいっ, しいでも思ひ, しい繰り言に博士, しい繰返しである, しいの支度, しい罪名を着せられ, しい罪科に陥, しい罵声をはつきり, しい美声である, しい美女と見れ, しい美文の手紙, しい美術の秋, しい美術品が売行かなく, しい美術学生にはヴエネト, しい美貌の御, しい美醜の差, しい羞恥を覚える, しい群団をなす, しい群衆ではあたし, しい群集を見, しい羽目に陥る, しい羽音だけで, しい習慣のいくら, しい翳りが拡がつ, しいを拡げ, しい老人で室, しい老体もムザン, しい老女から眼, しい老婦で多勢, しい老若が一ダース, しい考慮が浮ん, しい者明智に次ぐ, しい者絶体に秘密, しい者面を憶出, しいして, しいをふさい, しい耳隠しのかげ, しい聖地ではない, しい聖書の智識, しい聞込みでもとあせり廻る, しい職務であっても, しい肉つきと腕力, しい肉体の張り, しい肉親に対するよう, しい肉體のなか, しいに喪服, しい肩書のついた, しい肩書附の親友, しい育ちではある, しい肺病の家筋, しい胆吹山には近来, しい背丈の高, しい背広姿を現した, しい背広服をまとつ, しい胴震いを挙げ, しいである, しい能高を越え, しい脅迫事件に没頭, しい脇息によりかかり, しい脣吻の音, しい脳力のほど, しい脳髄が隠され, しいつ節, しい腕前であつ, しい腕力で捕手, しい腦貧血を惱ん, しいを低め, しい腰椎骨がみごと原形, しいの立つ, しい腹立たしさを, しいを崩した, しいにむかつ, しい自分等の生活, しい自動車の速力, しい自動車惨事のあった, しい自動車疾驅する電車, しい自己嫌悪の特色, しい自己暗示にかかっ, しい自己犠牲をする, しい自我に対して全く, しい自負だ, しい自責後悔それを思つて, しいひに, しい臭気を発する, しい臺所道具の一切, しいの姿, しい興味を持つてる, しい舊道は今, しい舌ざわりがよろしい, しい舞踊家になれる, しい船頭を扱う, しい良家の娘, しい色どりのリリアン, しい色合を見せ, しい色彩ぢやない, しい色気が溢れ, しい色白の丸顔, しい花屋敷前が眼, しい花束と紋章, しい花火が散つ, しい花魁だつて, しい芸人が召集, しい芸術品であるべき裸体, しい芸術教育になる, しい芸術的な神技, しい芸術表現は理屈上この世, しいを吹き始めた, しい芽桑を見る, しい苛苛した表情, しい若葉のかげ, しい若衆髷のたわわ, しい苦々しい事を, しい苦いものが, しい苦しみは気, しい苦心談は抜き, しい苦患が待っ, しい苦悩に虐げられ, しい苦笑を洩した, しい英傑の士, しい英単語を会話, しい英單語を會話, しい英国の学者たち, しいの頭, しい茶合羽と菅笠, しい茶漬けでも食べ, しい茶褐色の葉, しい草原の隅, しい草山から足柄, しい草葉のこと, しい草鞋が切れた, しい荒くれた膚, しい荒廃の感銘, しい荒業を致す, しい荒蕪な杯盤, しい荷物は持つ, しいの苗, しい華やかさそのロンドン, しい華手な縮緬, しい落ちかかりそう, しい落付きがあった, しい落雷のあと, しい葉かげで歌, しい葉表には美しい, しいの宿, しい著作の形, しい葛岡になった, しい葛藤と果て, しい葡萄やバナナ, しい蒼空を静か, しい蔑視の眼, しい蔬菜類の青葉, しい莫迦の, しい薄明の中, しい薔薇や金雀花, しい薔薇色の皮膚, しいの跡, しいの匂, しいでも付けられ, しい藪山の裏, しいの皮, しい處分であります, しい虚栄の法螺, しい虚榮坊の道學先生, しいの群, しい蛆虫がわい, しい蛮人もをり, しい蛮行のある, しい蛮風がいくらでも, しい蜉蝣的存在を無視, しい蜘蛛手かがりの, しいの聲, しい蝋燭の火, しい蝦蟇と相, しいのやう, しいのむら, しい血みどろの戦, しい血戦の日, しい血潮が涌き, しい血統があった, しい血肉の匂い, しい血色して, しい衆人の中, しい行末が思い遣られる, しい行燈のしたで, しい行脚の御, しい行路に行き悩んだ, しい街衢である, しい衝撃を受け, しい衝突をし, しいをさや, しい衣類や持物, しい衣類全部を包み出し, しいの方, しい表通よりもどこ, しい表通りを左, しい衰弱が見えた, しい袋ぢやて, しいで見てた, しい裁きの庭, しいひを, しい装飾文字が太く, しい裸体を惜しみ, しい裸婦の五十号, しい裾野はつい, しい西洋料理人になれる, しい西洋髪に結った, しい要するにあれも, しい見幕で突進, しい見当ちがいの判断, しい見晴に就い, しい見聞をブチ, しい規定ですが, しい親子争闘でもなさろう, しい親子喧嘩などまでしばしば, しい親孝行振りを発揮, しい親孝行者だと, しい親戚の前, しい親族も無く, しい親父の奴, しい観客層は早晩, しい観察の記録, しい観察者の運命, しい観念である, しい觀ものである, しい角谷今年十九の彼律義, しい解釈を下され, しいをはい, しい言い伝えの前, しい言動として顏, しい言葉さへそれとなく, しい言葉づかいや身ごなし, しい言語に傾きたがる, しい言語擧動に耳, しい言説や巧妙, しい計算器の椅子, しい訊問から解放, しいみ方, しい記事を発見, しい記念品ではありません, しい記念物だから, しい記述がある, しい訝しな人, しい設備であると, しいへるやう, しい註文である, しい試みが半ば成功, しい詩文の交友, しい詰問に取, しい話ぢやありませ, しい誇大妄想を抱い, しい認識不足の, しい語気で熊城, しいがあつ, しい誤りはない, しい誤聞が伝わる, しい読み方をする, しい読書はした, しい課題に他, しい調度はない, しい調度品が感じられた, しいは雑書, しい談笑が客車, しいである, しい論弁を費やし, しい論旨でしたので, しい論議をなす, しい諢名さへ負, しい将を, しい諸君が動物園, しい謝罪をした, しい警察事務や教会堂, しい警戒喇叭の音, しい警鐘は到頭, しいである, しい譲歩などを償う, しい譴責の聲, しい變動を觀察, しい變化が生じない, しいというやつ, しい豪い人だって, しい豪快な音, しい豫想は全然, しい豫感にゾツ, しい負担が彼女, しい財布の底, しい貧しさに, しい貧乏籤を引いた, しい貪婪な夢魔, しい責苦であるらしかった, しい貴公子で文学のぶ, しい貴婦人の顔, しい貴様はそんな, しい貴重な品, しい別荘に, しい資産を持つ, しい資質に恵まれ, しい資質英気を求め, しいを射, しい賊軍が蜂起, しい賑やかな勇, しい賤民の死体, しい質草ありや, しい賭けつこなんて, しい贋物がある, しい赤い顔を, しい赤ん坊だつたのさ, しい赤児の死骸, しい赤土の坂, しい赤子の泣き聲, しい走馬燈のよう, しい起伏を未だ, しい起居をともに, しい越前屋の番頭, しい足なみを, しい足跡の中, しい足踏みをした, しい足音淺嘉町の一角, しいのある, しい路傍の乞食, しい跳望を眺め, しい踊りをみ, しい躍進を記録, しい身なりの小男, しい身の上だから, しい身体だしねそれ, しい身分出のあたし, しい身形をし, しい身扮でせう, しい身振りで右手, しい身構えに固く, しい身體なん, しいの線, しい躰力と機智, しいが, しい軍人が片足, しい軍医を見た, しい軍艦だつて, しい輝きの中, しい辰公ぢやない, しい農婦として使われ, しい農村の光景, しい農林賞典の三千三百五〇メートル, しい農民の女, しい辻斬はなかつた, しい緊張した, しい迄にはつきりした視, しい迅速で次々, しいよって, しい近代的めし屋出でよ, しい近似形をなし, しい近所の衆, しい述懐はしなかつた, しい迷つた高慢な罪人, しい迷妄である, しい通りの街中, しい通俗性に敗北, しい通學姿が眼, しい逞しい顔を, しい造りは主人, しい逢引のワンカツト, しい連れのアクセント, しい連山の頂, しい進歩によって人間, しい遊びをし, しい遊びごとをこの, しい遊戯に心, しい運びであつ, しい運転して, しい道人修験者の類, しい道徳は一人, しい道楽をした, しい道理である, しい道連れであるので, しい道頓堀のかき舟, しい遠く届かぬ人, しい選擇と激しい, しい遺伝の血筋, しい遺言状を残し, しい邂逅には泣かされない, しい邪悪な売僧, しい邪気が見えます, しいを拵, しい郊外散歩などがない, しい郷國の消息, しい郷土を思ひだし, しい郷士鍬を片手, しい都会人のこと, しい酒亭が辛うじて, しい酒呑みであつ, しい酒命がけの酒, しい酒宴のあつ, しい酩酊者は全く, しい酷寒の冬, しい怪な, しい醜い年増女の, しい醜婦であります, しい醜悪そのもののやう, しい醜態じゃとたちまち, しい醜業婦が沢山, しい重みだな, しい重味で今にも, しい重荷を負, しい重量のある, しいを燬, しい野原の末, しい野山の行き, しい野性がひそん, しい野犬の吠え, しい野郎ぢやない, しい野郎どもだ, しい量見ではない, しい金属品を三ツ四ツ, しい金目になる, しい金色の合唱, しい金蒔絵の衣桁, しい金額で毎晩, しい金魚のやう, しいさが, しいの音, しい鉛直に立つ, しい銀座の左側, しい鋭さが残つて, しいの加わった, しいの音, しいを受け取っ, しいかけてしもと, しいえ呼吸, しい長次郎は愈々, しい長篇の長歌, しい長襦袢の片, しい長話なんかし, しい門衛の部屋, しい閑事業としてなるべく, しい間抜面をする, しい間柄であつ, しい間違があり, しい間違いがある, しい関係に立たね, しいがあっ, しいと靄, しいの下, しい阿呆だつたん, しい阿鼻叫喚のまん中, しいの事, しい陣痛の襲う, しい陰月光色の芝生, しい陰気な子供, しい陶物師の娘, しい陶酔を購, しい階下の茶の間, しい隔たりである, しい障壁にぶつかっ, しい隣人については会う, しい隱立よりもおま, しいばかりが啼い, しい雄叫びは綺麗, しい雄弁で日本, しい雄弁家の事, しい雄渾にし, しいはのそのそ, しい雌蝶と老い, しい雑報を見つけ出す, しい雑木林の中, しい雑魚に添え, しい雜木原の新緑, しい離れ座敷へ頤, しい離婚訴訟のあと, しい難文で, しい雰圍氣しか感じさせない, しい雲行にも似ず, しい雷鳴が部屋, しいが降った, しい電柱が見えはじめた, しい電気が通る, しい電気看板は今日, しい電灯をつけた, しい電線も銀, しい霊媒が見付かった, しいの降った, しいの中, しい露地の明る, しい青年社交倶楽部に奪, しい青桐などが校舎, しい青空をみあげる, しい青色のタクシー, しい青黛を輝かせ, しいにとばかり, しい静けさが身, しい静子にはそれ相応, しい静安だったろう, しい静寂の中, しい静脈に蛙, しい非人の身分, しい非常に美しい, しい非礼とし, しい面ぢや, しい面つきでノッソリ中, しい面会は前後, しい面持に變つたの, しい面構えを曝し, しい面貌は彼自身, しい靴屋の名前, しい靴跡が入乱れ, しいの音, しい音信のやう, しい音調とを刺戟, しい音階を繰り返し, しい響私はそれ, しい頂点を占め, しいですね, しい頑固さを表現, しい領民なの, しい頭痛が再発, しい頼り無い淋し, しい題材がお, しい題號は毎日新聞, しいを出します, しい顏立ちで血, しい顔さへもし, しい顔立ちで青い, しい顔貌を作る, しい顔面アして, しい願望の延長, しい顰ツ面をし, しい風の音は母親, しい風来人にも渡される, しい風流なもの, しい風習行蔵を描いた, しい風表に佇っ, しい風見の鷄, しい風説の行われ, しい風采物腰です, しい飛白を織る, しい飜刻物も混つて, しい食後の空腹状態, しい食後奥さんもいつ, しい食慾を覚えた, しい食物を分けあう, しい飽満とがある, しいではない, しい餓鬼だなあ, しいを擡げ, しい首装束の実地講習, しいを放つ, しい香いを吐い, しい香気を立て, しい香水を選ぶ, しい馬蹄の響, しい馬鹿馬鹿しいことで, しい駄馬だらう, しい駅路の情景, しい騎馬戦も将門方, しい騒ぎを演じる, しい騒動を見届け, しい騒擾の音, しい騒音があった, しい驚嘆すべきこと, しいまでしゃぶる, しい骨董店がある, しい體格をし, しい高い山路を, しい高価な酒, しい高尚な精神, しい高笑ひといつ, しいと純白, しい髮飾りや衣裳, しいをたくわえ, しいを掻き上げ, しい鬪志のよう, しいのよう, しい鬼界ヶ島そのよう, しい魂胆であ, しい魅惑の夢, しい魔術使いでございます, しい魔道から救われたい, しいもよう, しい鮮紅のもの, しいだなあ, しいを択, しい鰹節などを山, しいなどがあらはれた, しいの聲, しい鷲鼻の口, しい麗しさであった, しいの裳, しい麻酔に落ちる, しい黄いろの花, しい黄びらを着用, しい黄昏で点き初めた, しい黄金漆器や最古, しい黄金色の生活, しい黒砂糖の風味, しい黒色である, しい黒髮もふくよか, しい黙示です, しいはない, しい黴菌とやらをこれ, しい鼓動で思はず, しい鼻呼吸じゃあない, しいをかき出した, しい鼾声だな