青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ざる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さん~ さんざん~ ざし~ ざま~ ざら~ ざりし~ ~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる
ざる~
ざれ~ ~し し~ ~しい しい~ しか~ しかし~ しかして~ しかしながら~ ~しかた

「ざる~」 22699, 245ppm, 393位

▼ ざる~ (5726, 25.2%)

944 得ない 711 得なかった 369 得ないの 224 得ず 152 得なかつた 129 得なかったの 82 えない 70 えず 67 得ぬ 64 得ません 50 得ませんでした 47 もって 46 得ないこと 45 得ないもの, 得ないよう 43 得なくなった, 得なくなる 37 得ないであろう, 得ないという 35 得なくなって 33 えなかった 28 得ないから, 得ないでは, 得ないわけ 27 得まい 26 得ないだろう 24 えないの, 得なくなるの, 得んや 21 得ないが, 得ないで, 知る 19 得ないと 18 見て 16 得ざら 15 得ざりき, 得ざるに, 得ないところ, 得なかったが 14 えぬ, 得なかつたの 13 知るべし 12 得なくなつ 11 いふ, 得ざるなり, 得なかったと, 得ぬの 10 や, 得ざるもの, 得むや, 知れり 9 えなかったの, 如何せ, 得ざる也, 得ん 8 えなかつた, 得ない事, 得なかったから, 得なくなったの, 得ぬこと, 見る 7 えざるなり, えません, 得ざるの, 得ずと, 得ないほど, 得ない場合, 得なくなるだろう, 知らば, 知りぬ

6 [17件] えないこと, 奈何せ, 得ずそして, 得ずまた, 得ないだろうと, 得ないといふ, 得ない事情, 得ない気持, 得ない状態, 得ない立場, 得なかったわけ, 得ぬよう, 知りて, 知るに, 見たり, 見るに, 見れば

5 [13件] えなくなった, 信ず, 可と, 得ざるが, 得ないじゃ, 得ない時, 得なかったという, 得なかったに, 得なかったので, 憾む, 知らずと, 覚ゆ, 遺憾と

4 [33件] えじ, えないよう, えまい, 信ずるもの, 常と, 得ざりしなり, 得ざるは, 得ざるべし, 得ずその, 得ず従って, 得ないだらう, 得ないね, 得ないので, 得ないまでに, 得ないやう, 得ないん, 得なかったこと, 得なかったであろう, 得なかったろう, 得なかった次第, 得なかつたが, 得なくな, 得なくなりました, 得ぬやう, 得まいと, 得ませぬ, 得んじゃ, 得んの, 憾と, 知って, 覺え, 言ふ, 認識する

3 [52件] いへり, えざれば, えないでは, えなかったが, えなくなるの, えぬよう, かついで, みて, 云ひ, 嘆じ, 奈何せん, 如何せん, 得ざるも, 得ざるを, 得ざる訳, 得ずこれ, 得ずそれ, 得たりと, 得ないけれども, 得ないじや, 得ないでしょう, 得ないです, 得ないのに, 得ない処, 得ない夫, 得ない所以, 得ない理由, 得ない筈, 得なかったし, 得なかったその, 得なかっただろう, 得なかったです, 得なかったよ, 得なかったよう, 得なかろう, 得なくなったから, 得なくなること, 得なくなるに, 得ぬ立場, 忍んで, 怪み, 患うる者, 感ず, 明かに, 知らずや, 知らん, 知りたれば, 知るなり, 自覺, 表は, 見るべし, 見るや

2 [152件] いかんせん, えざるが, えざるに, えずと, えないし, えないだろう, えないでありましょう, えないであろう, えないという, えないほど, えないわけ, えない場合, えなくさせた, えなくなったの, えなくなって, えぬが, えませんでした, えんや, しりて, よしと, 了悟し, 云へるなり, 何とて言, 例と, 信じて, 信ずるなり, 信ずるに, 喜ぶべしと, 奈何, 奈何せんや, 如何せんと, 希へ, 幸に, 得ざらしめ, 得ざりき我輩, 得ざりき然, 得ざりしに, 得ざるところ, 得ざるのみ, 得ざるべきなり, 得ざるゆえん, 得ざる事情, 得ざる所, 得ざる所以, 得ざれば, 得ず何と, 得ず候, 得ず又, 得ず手短, 得ず故に, 得ないかも, 得ないし, 得ないそれ, 得ないだけ, 得ないであろうが, 得ないであろうと, 得ないとは, 得ないならば, 得ないに, 得ないのね, 得ないほどの, 得ないよ, 得ない事柄, 得ない人, 得ない原因, 得ない国, 得ない実際, 得ない宿命人, 得ない悲劇的, 得ない換言, 得ない有様, 得ない点, 得ない矛盾, 得ない私, 得ない程, 得ない種類, 得ない者, 得ない衝動, 得ない諸, 得なかったくらい, 得なかったもの, 得なかったん, 得なかった事情, 得なかった処, 得なかった動機, 得なかった理由, 得なかった程, 得なかつたくら, 得なかつたで, 得なかつたと, 得なかつたに, 得なかつたので, 得なくなったという, 得なくなりそして, 得なくなりは, 得なくなります, 得なくなるから, 得なくなると, 得ぬであろう, 得ぬでは, 得ぬと, 得ぬゆえ, 得ぬ故, 得ぬ様, 得ぬ状態, 得ぬ結論, 得べし, 得ませんが, 得るか, 得るや, 得んでは, 得んよ, 怒りて, 思ひ伊藤侯, 思ふ, 思へば, 恐る, 恐れたるにも, 悟りたりと, 悟りて, 悟るべし, 悲むさり, 惜むのみ, 憾みと, 歎じ, 注意し, 甚だ惜むのみ, 皇帝に, 知らむや, 知らんや, 知りつつも, 知りながら, 知り平生酒, 知り現に, 知ると共に, 知るの, 知れば, 示せり, 示せるなり, 笑ひ, 自覚し, 見る可, 見る時, 覚え候, 覚りて, 認識し, 説きこれ, 説くと, 説くに, 諒す可, 證する, 責め誠意誠心

1 [1025件 抜粋] あはれみた, いうなり, いたずらに真, いとど可, いひて, いふと, いへるなり, うべき, うらんで, えざりき, えざりしなりき, えざるの, えざるもの, えざる原因事情, えざる次第, えざる要点, えじ帝國, えずされど, えずその, えず僅か, えず然るに, えず諸, えないが, えないだろうと, えないとは, えないので, えないん, えない悲劇, えない段階, えない至宝, えない運命, えなかったお前たち, えなかったでは, えなかったという, えなかったろう, えなかった親鸞, えなかつたの, えなくなってからは, えなくなるよう, えぬゆえ, えぬ破目, えませんで, えんことに, おもいまた, かいありと, ここに, しる汝彼, その代り, とがめて, まずもっ, もいたはり, もつて, もどかしがり, よしなど, ダンテに, 一斉に, 下ろしたかと, 主と, 主張する, 之れ, 予知すれ, 二つに, 云々する, 云ふ, 今日のみは, 伝えその, 例の, 保す可, 信じたりき, 信ずべき也, 信ずるは, 信ずれば, 信ぜしめよ, 借りて, 刺つた, 力め第, 匡済する, 卜せん, 原則と, 口惜く, 告げかつ, 味わい研めざる, 咎めたるもの, 善しと, 喝破した, 嗤ふ, 嘆くの事, 嘲る如く冷笑, 大急ぎで, 天道と, 女の, 如何, 如何に, 嫌って, 定かに, 実見し, 家憲の, 密に, 察しやりては, 察す可, 尚ぶ, 市の, 幸いその, 引き放ちて, 彬客に, 彼一人の, 得, 得ざりしは, 得ざるかと, 得ざると, 得ざるほど, 得ざるよう, 得ざる一大要件, 得ざる内面的衝動, 得ざる場合, 得ざる必要, 得ざる有様, 得ざる現在, 得ざる譯, 得ざれども, 得ずああ, 得ずかつ, 得ずここ, 得ずして, 得ずそこ, 得ずだ, 得ずとて, 得ず且つ, 得ず二者, 得ず他方, 得ず候えども, 得ず分娩, 得ず即ち, 得ず君主中心, 得ず吾人, 得ず国民, 得ず実に, 得ず常備軍, 得ず従つて特性, 得ず日本人, 得ず権力, 得ず爰, 得ず疑わざるを, 得ず稼ぎ, 得ず自営, 得ず苦み, 得たり, 得ないあなた, 得ないかが, 得ないかという, 得ないくらいに, 得ないじゃァ, 得ないその, 得ないだけの, 得ないだろう認識論, 得ないてい, 得ないであろう科学, 得ないでしょうぜ, 得ないでしょうな, 得ないと共に, 得ないのみ, 得ないふし, 得ないゆえ, 得ないらしい, 得ないダイナマイト, 得ない上述, 得ない之, 得ない享楽品, 得ない今日, 得ない位, 得ない允子, 得ない制度, 得ない危機, 得ない吾人, 得ない図, 得ない地位, 得ない外国, 得ない始めて, 得ない客観的事情, 得ない尚, 得ない当の, 得ない形勢, 得ない心理, 得ない必要, 得ない性質, 得ない情勢, 得ない本質, 得ない根本的, 得ない概念, 得ない次第, 得ない歴史的宿命, 得ない清十郎, 得ない状勢, 得ない現実, 得ない産業不振, 得ない発展的意慾そのもの, 得ない破目, 得ない窮状, 得ない精神, 得ない結果, 得ない羽目, 得ない腐敗, 得ない自己矛盾, 得ない若し, 得ない虚勢, 得ない訳, 得ない読者, 得ない豊富さ, 得ない軋轢, 得ない遣り場, 得ない門, 得ない面もち, 得なかったか, 得なかったけれども, 得なかったせい, 得なかったであろうと, 得なかったとは, 得なかったね, 得なかったほど, 得なかったぼく, 得なかったゆえ, 得なかったらしく, 得なかった事実, 得なかった十三歳, 得なかった娘, 得なかった将軍, 得なかった彼, 得なかった必然, 得なかった所, 得なかった更, 得なかった武家時代, 得なかった胃袋, 得なかった迄, 得なかつたから, 得なかつたして, 得なかつたところ, 得なかつたほど, 得なかつたわけ, 得なかつた一つ, 得なかつた如水, 得なかつた日本, 得なかつた時, 得なかろうと, 得なくさえ, 得なくさせるまで, 得なくて, 得なくなったころ, 得なくなったその, 得なくなったので, 得なくなったよう, 得なくなった事, 得なくなった彼, 得なくなった時, 得なくなった現下, 得なくなりそこ, 得なくなりまして, 得なくなりもし, 得なくなり又, 得なくなり陰鬱, 得なくなるか, 得なくなるであろうか, 得なくなるという, 得なくなるほど, 得なくなるよ, 得なくなるわけ, 得なくなる結果, 得なく今日, 得ぬが, 得ぬであろうと, 得ぬので, 得ぬひとつ, 得ぬわけ, 得ぬ一種, 得ぬ事情, 得ぬ優しい, 得ぬ名門, 得ぬ如く, 得ぬ崇高, 得ぬ微妙, 得ぬ必然性, 得ぬ感情, 得ぬ手紙, 得ぬ次第, 得ぬ澄江, 得ぬ現実, 得ぬ生活, 得ぬ程清潔, 得ぬ美代子, 得ぬ貨物, 得ぬ部分, 得べきか, 得まいて, 得ました, 得ませんから, 得ませんな, 得ませんもの, 得ませんわが, 得よう, 得るの, 得んぢ, 得んという, 得ん乎, 得ん幕臣旗本, 得後, 得給わなかった山上, 心からも, 心敏し, 忍び自己, 忍ぶその, 忘る, 忘れたる人, 怒り之, 思うため, 思うに, 思うの, 思はしめぬれば, 思はずには, 思はぬと, 思ふ社界, 性と, 怨みヘルメス, 怪しまんや, 怪むのみと, 恃むなく, 恐るるのみ, 恐れ天下, 恥ぢた時代, 恥と, 恨みてか, 恨み歎, 恨み青年, 悔みて, 悟り未來, 悟れる如き恐怖, 悪み, 悲しむのみ, 悲まず, 悲むと雖も, 惜む, 想はずん, 想見せず, 愁え死後, 感ずる, 感ずるなり, 感ずるもの, 感ぜり, 愧じ, 愧づるなりき, 慣れる精神, 慨し侍医伊沢良安, 慮って, 憂い廃藩, 憂うるの, 憂えず人, 憂ひ該地方, 憂ふとも, 憂へず, 憎めるなり, 憤りこれ, 憤り羊肉, 憤ること甚, 憾みしなり, 憾んだの, 成すすべて, 抑えようと, 持って, 指して, 教ふ, 既に知りぬ, 明めたり, 明らむべき不, 暁り, 望むが, 期せざるなり, 歎ずる者, 歎ぜるは, 止めんと, 残念に, 氣存する, 汝は, 法と, 深く戒めた, 潔しと, 無理に, 爲さぬ, 片手に, 特色と, 申せば, 疑われたるは, 病と, 発明すべし, 盟ひ, 看るべし, 看破し, 看破り一時, 知, 知つてこれに, 知つて辞世の, 知らざるべからず, 知らして, 知らしめわが, 知らずとして, 知りうるなり, 知りた, 知りたるなり, 知りつつ, 知り之, 知り囲, 知り安, 知り幕府, 知り得べし, 知り故意, 知り死, 知り玉, 知り見舞, 知り退いて, 知るごと, 知るだけ, 知るとともに, 知るのみ, 知るべくして, 知るより, 知る故, 知れりと, 知悉すれ, 示さ, 示しさて, 示すなり, 示すの, 示せし著者, 祈る, 私に, 稱へて, 窺いて, 笑ふ, 綜理に, 美徳として, 考へざるを, 聞き己, 背中に, 自白せん, 致し黒漆, 致すが, 致せり, 苦に, 表白する, 補いな, 補い誤れるを, 補うもの, 補ひ, 要すること, 見つけると, 見ながら, 見よや, 見るなり, 見るはなんぞ, 見始, 見救, 視我, 覚えき, 覚えて, 覚ゆる, 覚り後難, 覩相, 観る一種, 観念し, 覺ゆ, 言う, 言って, 言ひ, 許さずと, 証す, 証するもの, 証せりと, 証明すれ, 誇れるなり, 認むるほどの, 認めたる後, 説いたが, 説き和親通交, 説くは, 論じたり, 論じ国政, 諭し易, 證せり, 識り, 警告し, 譬うる, 貪吝, 責むるの, 責めその, 足らずと, 返さないので, 述べ六条以北, 述べ齊論凡そ二十二篇, 避くべからず, 難有, 願う者, 顧みようとは, 餘氣と

▼ ざるもの~ (1836, 8.1%)

97 なり 94 あり 80 である 51 がある 34 なし 19 があった 17 なれば 15 あれば 14 にし 13 あるを 12 多し 11 だ, であるが, はない 10 あらんや, あるが, であること, なること 9 であると 8 あらん, があつ, があります, だと, であった, であつ, とする, なしと, のよう, を見た 7 あるに, であります, となつ, なりと, はあらず 6 あらむや, あるは, あるも, であ, となった, なれども

5 [11件] ありたれば, ありて, が有る, というべし, となっ, となる, なきに, なの, なるを, は何, 多しと

4 [18件] ありと, あるか, ぞとお, たるは, であらう, であるといふ, では, となし, となす, ならば, ならん, なるが, になっ, はこれ, は一切, を, を見, 多きが

3 [25件] あらむ, ありしなり, あること, あるなり, か, だから, だった, だという, であって, であるから, でなければ, とし, とす, と思う, なければ, においてをや, に似, に至り, に非, のご, は大, は食うべからず, ほとんどまれ, を見る, 多かりし

2 [117件] あらず, あらむ閣下何を以て, ありかく, ありしが, ありしに, ありとの, ありや, あり乃ち名, あり但, あり誰, あるとき, あるや, ある也, ある所以, ある時, あれども, いづくに, があっ, があろう, たり侯, たるに, だが, だし, だつた, だといふ, だとは, で, であったの, でありながら, であり又, であるという, であるの, であるのみ, である事, である限り, であろう, であろうか, です, で日本政府, とあり, といわね, とがある, とされ, としてお, として相互, となり, となりぬ, との間, と云, と思われる, と考え, と考えるべきだ, と見, と見る, なく余, なく恐らくは, なけれども, なし例へば, ならしめたり, なり即ち, なるに, にあらずや, になった, にや候, に似た, に候, に対する絶望, に接すれ, のうち, のため, のやう, の一つ, の中, の如く, の如し, は, はこの, はその, はなく, はなし, はもっ, は人, は人間, は何ぞ, は余, は健全, は其の, は其言動, は利害, は動, は唯, は彼等両人, は必ず, は是, は未だ, は此一事, は真に, は筋肉, もある, もし芭蕉, をいう, をや, を丙, を乙, を妖怪, を恃, を記し, を誤り認め, を読んだ, を謂, 之れあら, 互に調和, 共に彼, 在て, 多し最初, 真の, 頗る多かりき

1 [721件 抜粋] あらざりき, あらざるべし, あらば, あらゆる現, あらんこと, ありき, ありしやに, ありその, ありとしても, ありとも, あり一方, あり大, あり巨大, あり耕さずして, あり自由派, あり驚くべき賢愚高低, あるその, あると共に, あるべからず論理, あるべき, あるを以て, ある可ら, いかにし, いくばくぞ, かといふこと, かと言っ, かへつて死地, か多少, か或は, か解題, があ, があらう, があり, があるで, があるでしょう, があるらしい, がいらざる, がたった, がまっ, が世間, が何處, が分る, が厳, が吾, が多, が多数, が大きな, が尚, が山麓, が数多, が暫く, が栄え, が沢山, が猶, が突然, が自己, が降りかかっ, けだし一人, こそ幸ひで, さう, じゃない, すくなしと, すなわち人, そしてそこ, その例, そんなもの, ぞ, たり, たるとを, たると共に, たる所以, だったこと, だとして, だとの, だろう, だわね, ぢや, であったかも, であったが, であったに, であった宿業, でありこの, でありその, でありますから, でありますが, であり乍ら, であり未来, であり理窟, であるか, であるかという, であるかも, であるとの, であるとも, であるばかり, である爲, であろうもし, です大和尚, でニュートン, で其上言, で國體, で文化, で有る, で無い以上, で生殖作用, で社会人, で舞台, といえよう, といつ, といふべし, といふ思想, とされました, とした, としてこれ, としてしばらく, としてすなわち, としてゐた, として不, として愛山家, として扨, として申請書, として立証, として純文学, とせ, とせぬ, となした, となつたの, となりたるなり, となるなら, となれ, となれり, とに二分, との二, との二つ, との別, との区別, との妄想, との差別, との義, とはなりぬべし, とは云え, とは異, とは認め, とやし, とを区別, とを選り分ける, とを集め, と乗り気, と云う, と信じ, と信ず, と信ずる, と半身, と否定, と存じます, と後, と思い, と思いこん, と思っ, と思ひます, と思ふ, と思われ申し, と思惟, と成果候段, と最初, と有り, と知る, と知るべし, と考えたい, と考えます, と考えられた, と苦楽, と見ます, と観念, と覺, と言う, と言うべきである, と説きたる, と通例, と雖, ないここ, なからん, なきは, なきやう彼等, なき当時, なき能はず, なく一夫, なく人民, なく武備, なく近頃, なので, ならずかすか成とい, ならずや, なら野衲, なりき, なりとの, なりなど口, なり今, なり別して, なり只, なり従来文学, なり教会独立, なり然, なり苟くも相続者, なるべく然かも, なるべし, なる事, に, にあらず, にした, にしたらしい, にてあたかも, にて小天地想, にて智恵, にて眞, になり始めた, になる, には, にはすぐ, には切に, には断, には断じて, には金十八両, にもし, に三倍, に人, に似たる, に名づけたる, に在, に天来, に奉仕, に対してはそれ等, に対して戦う, に思いこがれる, に思われた, に愛, に手, に改革, に染つて, に比し, に然, に眞, に行, に触れ, に限ります, のある, のおの, のなか, のみである, の一式, の二集団, の仄, の光, の前兆, の双璧, の哀れさ, の多かっ, の姿, の影, の怪奇, の憂鬱, の手, の方, の決勝戦, の混入, の理念, の生活, の相対, の葬儀, の表情, の誣言, の道理, はあらざりき, はあらじ, はいつも, はかの, はすべて, はそれに, はそれ由, はたしかに, はただ, はどこ, はなかつた, はなくなっ, はなはだ多く, はなり得ざるべき, はほとんど, はまず, はよろしく, はキリスト, はフランス, はフランス語, は下手, は二, は仁義, は何一つ, は作家, は全く, は八篇, は内地, は出でよ, は劫中, は区役所, は十四, は去る, は右ら, は和楽, は唖子, は四囲, は地, は大抵, は天災, は夫, は学生, は安く, は尠, は山法師, は常, は幾稀矣, は当然, は彼, は得, は悉く, は愚か, は拙劣, は救済, は新, は旧, は有るまい, は此適用, は殆, は永久, は法, は浅薄, は無い, は独立, は男, は皆, は目, は真, は礦物, は稀, は経済学上, は絶えず, は罪人, は聾者, は肝胆相, は花柳界, は若し, は落ちず, は親父, は退き, は運命, は銅貨一文, は非人, は高く, への悲哀, ほとんどなし, またほとんど, までこの, もあり, もあるべし, もはなはだ, もはや個別化, もまた, も一朝事, も事態, も少く, も必ずしも, も民俗, も滅びうる, も直談, も遊女, も隊, やあろう, や云云, よりも遙, より見れ, わずかに, をあはれ, をいちいち, をいふ, をおれ, をただちに, をほしい, をも処断, をも忍ばざる, をわれわれ, を一口, を一定, を世に, を予期, を云う, を今, を低し, を侠客伝, を俘囚, を信じた, を出し, を取らず, を受ける, を含ん, を和解, を因, を実, を容易く, を實行, を射る, を強いて, を待っ, を怖, を恃ん, を恐れる, を意味, を打ち, を拒む, を持つ, を挙, を捨てる, を放逐, を救, を新しく, を暴王, を有し, を有す, を有すれ, を梳, を模, を殺害, を注入, を疑う, を看過, を知る, を示し, を童話, を絵画, を絶たず, を罵り, を羨ん, を衞氣, を表現, を補わん, を見まい, を見よう, を見出し, を見出し創りだす, を覚さん, を解らう, を許可, を認めず, を誤っ, を載す, を選ん, を避け, を間人百姓, を除外, を頼み, を食った, レーテを, 一つあり, 人知れず心, 人間の, 即ちハレール, 即ち彼, 即ち未来, 唯機会, 多きの, 多きも, 多きを, 多くあたかも, 多く今, 多く存, 多ければ, 存する也, 存すれば, 少し, 少しくこれ, 往々に, 必ず多から, 悉く内属, 撓まざるもの, 既に起つた, 有らざるのみ, 有らん皆, 有り而, 歟, 殊に哀惜, 現代が, 甚だ多し, 眠れるもの, 知りて, 第二, 第八, 聞くあたわざる者, 若くは, 莫く, 豈佐藤惣之助君, 赦さるべからざるもの, 頗る多し, 食うべからず, 食うべからずゴクツブシ

▼ ざる~ (1028, 4.5%)

32 非ず 24 あらず, 似たり 19 至れり 14 よる 11 あらずや, 至る 10 非ざる 8 あらずと, 至れば 7 いたる, 於て, 至った 6 あり, 乗じて, 於ては, 至るの, 至れる 5 あらねど, 如かず, 彼は, 至りて, 至るべし, 苦しむなり

4 [13件] あらざるも, あらざれども, 先だつて, 於てを, 於てをや, 早くも, 至つた, 至て, 至らしめたり, 至るであろう, 至るもの, 至れりと, 至れり是

3 [25件] あらずその, や, 乘じ, 似たれども, 先立ちて, 入れて, 到れり, 因る, 在り, 夜通し泥棒, 当つて, 我等は, 比すれば, 由る, 至って, 至らむ, 至らん, 至りき, 至りしは, 至りし事, 至りぬ, 至り其結果, 至るを, 近きもの, 非ざれ

2 [51件] あらずただ, あらず社会, ある, いたらむ, いたること, いたれり, この運命, しかず, すでに再版, せよ其の, せよ如何に, はては心, よりて, よると, われは, 乃ち亦, 先ち, 先づ其態度の, 先立って, 出づ, 出でた理由, 及で, 反して, 同じき, 喩ふ, 在り伊藤侯, 坐するもの, 如くは, 当たりては, 我は, 拘らず其の, 拘らず其表面上, 拘らず常に, 拘らず彼, 敵より, 早く既に, 由れり, 由れる, 異ならざりき, 看護員は, 破れて, 至ったの, 至つたから, 至つてゐる, 至りたりき, 至るも, 至る亦, 至る可, 至れり一, 非らじ, 驚く

1 [557件 抜粋] あげ酢味噌, あたりて, あらざりしも, あらざるかと, あらざること, あらざるべし作者, あらざれど, あらざれは, あらずあるいは, あらずおの, あらずかえって, あらずくさや, あらずこれ, あらずしかも, あらずして, あらずた, あらずば, あらずまた, あらず他, あらず其限り, あらず則, あらず否, あらず心, あらず成さざるなり, あらず我が, あらず手利, あらず為さざるなり, あらず然, あらず粗野乱暴, あらず而, あらず能わざるなり, あらぬ荒尾, あらぬ貫一, あらねども, あらねば, ありて, あり汝, あると, あるの, あるも, いかで年月, いずる, いたく恐れ, いたらざるま, いたらしむ, いたらしめしは, いたらずば, いたらん, いたらんこと, いたりて, いたりてや, いたりました, いたるべし, いたるほど, いたるを, いたれるとき, いつもの, いれて, お角, かえって汝われ, かかわらずこの, かかわらずなおかつ, きはまりける, この上北海, この者われ, こよひ吾等, さよう, しかずと, しかず誰, しても, すでに一触即発, すでに会得, すでに多少の, すでに現ずる, すなわち牝牡, せよ主人, せよ如何, せよ快き, せよ敵, せよ男らしい, せよ願はく, その地横, その寵臣林肥後守, その映れる, ただ夫婦, ただ言語, たちまち鼻, たとへ, どっと興る, なお天気鶏, なお高, なほも, なほ年老いたる, なんの, にわかに四面暗黒, はしなくもなりき, はやくも, はや一年, はや旅, はや日, ひとし, まさるべ, むざと蹂躙られ, よもしれ, よらざるはなし, ソト頬摺す, ハンニバルと, 一切の, 一杯ずつ, 一杯程度入れ, 不意に, 之を, 乗じか弱き, 乗じ大王, 也ただ, 予は, 二種あり, 今まさに, 今や然ら, 伏して, 伴天連めきたる, 似たりき, 似たる者, 似た奇遇, 似て, 何事にて, 余が, 使ふ, 依りて, 依り去夜深更, 依り房星, 係らず全く, 倦む事, 備へ, 優ること明, 優るの, 先だちあるいは, 先だちさる, 先だちて, 先だちま, 先だちよろしく, 先だち恰も, 先だち氏, 先だって一敗地に, 先だって春と共に, 先んじて, 先立ち馬場孤蝶君悲報, 先立つて, 入った土産, 入って, 入り其出づるや出づべからざるに出づ, 全く己, 其人柄の, 再び庭, 出ずるもの, 出たもの, 出づといへども, 出づる, 出づるのみであつて, 出で, 出でしもの, 出でしを, 出でたる帰結, 出でたん, 出でた殺人, 出でば, 刈り蒔かざるに, 別の, 到りしのみ, 到りて, 到ると, 勇士の, 勝った心地, 勝つと, 勝る後悔, 勝る恥, 南陽から, 即ち無量, 却て, 厄に, 原因する, 去らず, 又新なる, 及びさらに, 及び惜しい, 及んで, 反し, 反し俗中, 反し分福, 収穫れ, 叔母上またも, 叔父良兼みだりに, 取って, 叱るが, 名乗って, 嘆服し, 因する, 因って, 因り後, 因るなり, 因る通商貿易, 在るが, 在るのみ, 在る也, 地上の, 坐するのみ, 夙く学生の, 夢中には, 大助は, 大宛馬, 大雷雨, 天か, 失敗した, 女の, 女は, 如かずまつたくその, 如かず好物, 如かず志, 如かず煙, 如かず自制力, 如かんや, 妻は, 妻を, 妾は, 婦人は, 家族の, 寐醒め, 察し将, 對ひ, 就いては, 尺余の, 帰し伯, 帰し功, 常に目, 幾年へ, 引易へて, 強いて, 当たりて, 当て既に, 当て早く, 当りては, 後に, 従ひ, 得三は, 御本人, 徳川幕府創業者の, 徴し, 徴すれば, 心付きぬ, 心付き人知れず, 応ずるであろう, 忽然とし, 怒りあきれ果てぬ, 怒り狂い足, 思は積り, 思ひ到り人, 急所の, 怪しく叫び, 恩惠に, 悲鳴已み, 愁殺す楼蘭征戍の, 愁眉泣粧, 感ぜり爾来, 感心した, 慣れて, 我に, 我一の, 我等の, 手で, 拒ぐは, 拘らず政変, 拘らず政變, 推参と, 於いては, 於けるを, 既に心愉快, 既其効も, 日曜ごとに, 日本紀と, 早く大声, 早く已に, 早く廃学, 早く蜩, 早王は, 昌黎朝に, 暴力や, 未だ地, 未だ妖魅, 未だ造化, 来たること, 来るあり, 来るバラサイト, 東京に, 東廓南品甲駅板橋凡そ, 棠軒が, 止まって, 此地方の, 此夜虫声を, 歩めるか, 歴世武を, 歸し, 死ぬ人, 殺気は, 気づいたもの, 気づかず利, 氣付かず, 水の, 水陸三十一日を, 汝を, 汝等の, 決したり, 汽笛一声客夢を, 治国平, 法を, 洞の, 満堂たちまち, 満堂忽ち, 満枝は, 滿足し, 漫り, 漸く怺, 火鉢に, 烟雨空濛たり, 無辜の, 狐の, 狐を, 独り山県系に, 猶かつ, 獨り, 琵琶だく, 生玉子, 由って, 由つて阿, 由りて, 由るなり, 由る云々, 由来せし, 畏を, 當て, 疑いを, 発した, 発する以外, 盲人城主の, 直行は, 眼光烱, 知らされた事実, 石竹を, 硯の, 社会は, 神あがり, 福島に, 空しく富士川, 立ちいたりました, 立ち至りました, 立至ったもの, 第三次, 等し, 等しきの, 答えるの, 終るべき理, 罵詈打擲又は, 群獺忽ち, 聞こゆ, 肌に, 腹中の, 自分の, 至ったああ, 至ったこと, 至ったその, 至ったと, 至ったとき, 至ったので, 至った一大原因, 至つたと, 至つたのである, 至つた墓碣は, 至つてから, 至つては, 至つてを, 至つて仕舞ふ, 至つて威衰へ, 至つて居る, 至らしむる, 至らしむるが, 至らしめたりと, 至らしめたるもの, 至らしめた事情, 至らしめた利益, 至らしめぬ, 至らしめられて, 至らなければ, 至らんこと, 至らんという, 至らん乎, 至りあるいは, 至りしかば, 至りしこと, 至りしたがって, 至りしだけにても, 至りしなり, 至りしゆえん, 至りし今小園, 至りし原因, 至りたり, 至りたれば, 至りては, 至りました, 至りましたの, 至り句読, 至り大, 至り己, 至り性惡論, 至り惜, 至り救, 至り時々, 至り死, 至り物質不滅, 至ること, 至るこの, 至るこれ, 至るで有らうか, 至るなり, 至るので, 至るは, 至るべきこと, 至るべく国権, 至るを以て, 至る之, 至る日本, 至る理, 至る皆法令, 至れりさりながら, 至れり云々, 至れり彼二婆さん, 花吉が, 若かざるべし, 若かず, 若くは, 苦しみたとい, 苦しむの, 苦しんで, 苦みし, 苦む, 菓子を, 蚤く, 衆評者の, 褒め叱るべからざる, 訃音が, 訝しみ, 諸学, 謙三郎は, 譬ふ, 貧しくなり, 費す所, 費せるなり, 贋せ, 起因する, 起源す, 足の, 足りて, 足るだけの, 身は, 身を, 身一つは, 車は, 迎合し, 近し, 迫まれり, 送り送らるるに, 逃げた余憤, 逝ける事, 逢ひ, 遂に出, 遅へる, 運び死亡負傷, 過ぎると, 過ぎるやう, 道南またすなわち, 遠く泥舟, 避くべし, 酒の, 重右衛門, 錢を, 錨綱に, 長へに, 關東の, 雨ふりたれ, 非ざりしか, 非ずして, 非らずして, 非常なる, 願うては, 風颯と, 香の, 驚いた, 驚かん, 驚けり, 體得し, 魂しば, 魂ま

▼ ざること~ (965, 4.3%)

42 である 26 を得ない 18 だ, を 17 あり 15 なし 12 なり 9 のよう, を知る 8 では, を得なかつた 6 がある, を示す, 多し 5 は明らか, を得なかった 4 が分かる, が多い, が起った, なれども, にし, を得ざる, を知り, 遠し

3 [21件] あらじ, あらば, ありと, あるも, であるが, であると, です, ですが, となる, なの, もあり, もあるべし, もまた, を云, を信ずる, を口, を得, を得ず, を得ぬ, を得る, 遠しと

2 [74件] あらざれば, あらん, あり感覚作用, あるいは実際, あるは, あるべし, あるを, あれば, があっ, すでに明白, だから, だった, だと, だとは, だよ, であつ, であります, であるの, でこの, でこれ, でその, でも, となつ, なかりき, なく是, なけれど, ならん, なりと, になっ, になります, になる, に百姓大勢申合せ候, のない, はあらじ, はその, は明, は論, また明らか, また神, もあらん, もある, をいう, をいふ, をつと, をべらべら, を云う, を信じ, を御, を悟り, を惧, を明らか, を明言, を是, を欲す, を爲, を爾, を申す, を知つて, を知るべし, を示し, を自ら証明, を言, を言う, を証する, を証せ, を詠みたる, を證明, を験す, 久し, 久しうなりぬ, 屡, 無し, 甚だ遠し, 遠い

1 [512件 抜粋] あげせぬ論理, あたかもシヤルル・ダンジュー自身, あたかも燭臺, あたは, あたわざるべし, あたわんや, あらざりき, あらじ彼, あらむや, あらんや, ありき, ありとも, ありまた, あり至つて太, あり要するに, あり運動作用, あるが, あるため, あるなり, あるにおいては, あるの, あるべしと, あるをもって, ある可, ある時, おびただしい, か, かそれ, かと存じられ候う, かと思ふ, かも知れません, からくしくも, か現在, が, ができましょう, がよく, がら, がわかった, がハッキリ, が分かったなら, が分かり, が分かります, が却って, が句中, が宗教的義務, が得られなくなっ, が必ず, が必要, が悪徳, が明瞭, が有り得, が有り得る, が決して, が滑稽, が發見, が起こっ, くらいを承知, さえもわからない, じゃ, そのほか宗義教理上, ぞとお, たえて, だけれど, だったね, だとか, だらうか, だろうか, だ女子供, だ弁慶, であった, であったが, であったの, であって, であらう, でありますすでに, でありますただ, であります是, でありまた, であり一方, であり今, であり同時に, であり無策, であり要するに, であるから, であること, であるに, であるにと, であるのに, であるわれわれ, である是, であろう, でい, でございまするから, でござろう, でした, ですから, ですぞ, でたとへ, でひそか, でアルンデアル, で世間, で今, で即, で実際, で彼, で敵, で日頃, で睨み合う, で腹, で親子主従, で驚く方, とある, ということ, といきばっ, とこの, とし, として互いに, として排斥, としらん, とすべし, とすれ, となった, となりぬ, となるべし, となれ, との二事, とは何事, とを挙げた, とを言っ, と云う, と信ずる, と因果, と天皇, と存候, と宗教会議, と思い, と思った, と感じられる, と断定, と犬神, と申さね, と相成る, と知るべし, と知れる, と考える, と認め, なから, なからん, なかりしと, なかるべし, ながら小生, なき, なきの, なきを, なき有様, なき神, なき立派, なくあたわざる, なく事, なく偶, なく其仁慈化育, なく我書, なく我身, なく見る, なしと, なしという, なし渠, なるが, なるに, なるべし, なん, なんてそれ, に, にある, にじだんだ, にぞくし, について考える, にて, になった, にならね, にはあらず, によってそれ, によって低落, によって双方とも, によつて実質以上, に今, に及ぶ, に属するなり, に御座候, に思い直した, に思っ, に感服, に手, に暇, に望み, に決められ, に注意, に百姓大勢, に至り, に類する, のあるべき, のいかに, のはなはだしき, のみだつた, のみに在る, のやう, の一つ, の不覚筋動, の可, の甚しき, は, はあらず, はいう, はいずれ, はさらに, はすでに, はたえがたい, はたしかに, はたして是, はただ, はない, はなはだしく深刻, はなはだ遠い, はまた, はもちろん, は一家, は一種, は之, は余りに, は余輩, は前, は前人, は前章, は前節, は半文政治家, は博士, は古語, は吾人, は天運, は太古, は宜, は実に, は容易, は対外文化宣伝, は少し, は当然, は彼, は忌諱, は怪声, は推して知るべし, は文学, は文芸, は既往, は智識, は有名, は此, は無い, は爲, は理化学, は疑なけれ, は益, は眞宗, は知り, は莫, は説明, は豫め注意, は起り得ない, は那珂氏, ほとんど同一, ほとんど希, また他, もって知るべし, ももとより, もや, もわかりきっ, もコックリ, も亦, も凡そ, も合点, も幼少, も彼等, も既に, も為し得る, も甚, も甚だしい, よと云, より勝るなれ, をある, をいささか, をいっ, をいつ, をいひ, をいわんで, をうる, をお, をおも, をここ, をし, をすらすら, をそう, をとのお, をなさず, をなし, をなし得べし, をはづべし, をば逍遙子, をもっ, をもて, をや, をよく, をコックリ, をハシタ, をペラ, を世, を云った, を云云, を五百, を他, を他言, を代表, を以つて, を以て知られた, を以て通人, を仰せある, を例示, を侮った, を保証, を保證, を信ず, を信ずるなり, を信ぜずん, を偶然発見, を初めて, を判断, を前提, を力むる, を力説, を努めなく, を即座, を口走り, を吾人, を告白, を問う, を嘆く, を嘆ずる, を堪え得る, を夢, を大地, を大声, を学べ, を學べ, を學ん, を実証, を宣言, を容, を幕府, を弁解, を得ざりき, を得ざるならん, を得た, を得なかったであろう, を得なくなった, を得ぬなるべし, を得べき, を得べく, を得ん, を心から, を必要, を忘却せん, を念, を怒っ, を思い, を思いやりました, を思は, を思ひ, を思ひまし, を思へ, を恐る, を悟った, を悟つ, を悟る, を悲しみ, を感じ, を憂えぬ, を憂へん, を戯画的, を揣つて身後, を教え, を教えます, を数十万, を断ずべからず, を断言, を暴露, を条件, を枉げて, を歌っ, を殿下, を汝等, を注意, を演じる, を為さず, を独断, を申しあげました, を當, を発見, を發見, を真に, を知, を知っ, を知った, を知ら, を知らざる, を知らざるべからず, を知らし, を知らしめたる, を知らず, を知らん, を知りけれ, を知れり, を知れる, を石崇, を確信, を確認, を示威, を考へ, を聞く, を自覚, を苦, を表, を觀ずる, を言つて, を言明, を証明, を誇り, を認, を認め, を認めき, を誓いえず, を語らし, を語らん, を語り, を説い, を説かん, を説く, を説け, を論じ, を證, を責められ, を貴君, を述べ, を運命, を鉱業人, を開拓, を限定, を非難, 久しい米友, 久しかつ, 久しきイギリス軍, 之なり, 他藩, 勿論なる, 否その, 多きは, 多ければ, 多しと, 夥しい浅間, 夥しい誰, 夥しく専ら, 実にかく, 恰もあきらか, 恰も仙人, 故にすべて, 既に數年, 既に明らか, 既に説ける, 明かなり, 暗天, 有るか, 無き程, 無く學, 無く憂ふる, 無く肩, 猶かの, 猶その, 甚だしいもの, 甚だしきもの, 生ずるによりて, 知るべし, 稚兒, 第二点, 第五, 絶えてな, 良久しかつ, 言うまでもなきこと, 謂わば, 貴賤上下, 遠いと, 遠かった, 遠しとぞ, 遠しの

▼ ざる~ (757, 3.3%)

22 ない 17 なし 13 なかった 11 何ぞや, 無し 10 あらず 6 何故ぞ, 勇なき, 是れ, 猶ほ 5 最其位, 莫し, 遺憾なり 4 その第, ないの, なかりき, なかりけり, 他なし, 必しも, 明らかなり, 無論なり, 稀なり, 自然の

3 [12件] これを, なかつた, なくこれ, もとより論, 之即ち, 勿論なり, 右の, 固より, 当然の, 必然なり, 無論なれ, 用語の

2 [43件] あらざりき, ありません, けだしやむをえざるなり, これが, ないと, なきこと, なくいかなる, なく阿波聖人, もちろんなり, もちろんなれ, もつともの, 之を以て, 予の, 事実なるべし, 亦誠に, 人間に, 伯が, 何が, 何の, 其戸外の, 决し, 則ち, 勿論である, 古より, 唯だ, 孝の, 師の, 彼が, 彼れ, 我輩既に, 明なり, 明らかである, 未だ聞かざる, 殆ど人生の, 沼南に, 無い, 無論なる, 父の, 獨り, 言ふまで, 論なく, 閣下自, 音調に

1 [472件] あたかも無風流, あながちに, あらざらん, あらざりけり, あらざるべし, あらずなりぬ, あらず予, ありがたきこと, ありませんが, ある晩山, いうまでも, いかなる理, いかにも本然, いっこうに温まっ, いつもなら, いぶかしさ, いまだ現今, いま見た, うれし, かえって大いなる, かえって怪しむべき, かの馬, げにおん詞, げに怪しき, こうしてその, この上, この別天地内, この法則, この藪, この過誤, これにて, これにても, これのみにても, これ天なりとして, これ天に, これ実に, これ有るまじく, しかし自分, すでに述べたる, その中, その人, その妄執, その姿, その存在, その客觀的, その弊害, その必然, その意志, その様, その欠点, その罪天, その謬妄, その遺留品, その音調, それを, ただ一時仏者, ただ家法, たまたま我が, どうしたろう, ないが, ないに, ないやう, ない今, ない彼, ない無念, なお絵画, なかりし, なかりしが, なかりしぞ, なかるべく神, なかるべし, なかるべしコメデイ, なきその, なきところ, なきを, なき名人, なき此, なき汝, なき都, なき陰, なくいちいち, なくいま, なくしかも, なくしたがって, なくそ, なくその, なくそれ, なくぞ, なくわが, なく中宮, なく則, なく勝つ毎, なく外國旅行, なく天下皆, なく孔明門, なく学校長, なく実行, なく寒村僻地, なく彼女, なく快く, なく思ふところ月, なく悉く, なく我人, なく教育, なく村民, なく殊に, なく男, なく町家, なく痘疹, なく石, なく親子, なけれど, なしそれ, なし其同じき, なにゆえなる, なほ絵画の, なんとやらで, ひっきょう各国, ひとたび嫁, ひとり称すべし, ふたりに, まことにやむべから, まずりす, また怪, また本願, まだふるえ, まだ真に美人, みな生死の, むろんおのおの自家, むろんに, むろんの, もう啼きやん, もちろんに, もちろん指一本, もちろん有, もとよりいう, もとよりみずから懺悔, もとより道理, やはり一種, よろしからず, わが国と, わるかるべし, ウスノロ改めマドロス氏で, 一つも, 一は, 一家経済の, 一層の, 一見し, 七代の, 万, 丈夫の, 三代の, 上作なりと, 上手に, 不俊論, 不思議と, 不縁の, 不都合ならん, 世に, 世に媚, 世の, 世上に, 世人の, 両者の, 中川に, 主としてこの, 主として此理, 之れ, 之を, 乱の, 予が, 事実たるに, 事実に, 事実において, 事實に, 云ふ, 云ふまで, 亦当然, 亦當然, 人に, 人を, 人情の, 人間なり, 今日の, 介なり, 仏法に, 仏蘭西近代の, 以て, 以上の, 伝染病の, 何となく体裁, 何れも, 余の, 余頤養の, 信ある, 假令渺たる, 僥倖なり, 全くこれ, 六か, 其の俗, 其の罪, 其の罪實, 其特色と, 其顔なり, 内面的必然によ, 再三御, 凡ての, 前夕, 前夜の, 劇界の, 勢の, 勿論それ, 勿論其説明, 勿論凡て, 勿論印度日耳曼神話学界, 勿論国民神話学者, 勿論希臘神話, 勿論後代, 勿論有形, 十五少年諸君が, 単に姙娠, 単に教育, 即ちその, 即ち其の, 即ち婦人, 即ち心其物, 即ち我等, 即是, 原因の, 去ると, 又異, 古人が, 古学者流の, 可なり, 吾人が, 吾人敢て, 和なり, 唯曲の, 問うこと, 善し, 四旬節の, 国の, 報国の, 多くその, 多少の, 大いに称すべき, 大將, 大欠点, 大遺憾, 奇声をは, 奇怪なり, 好し, 始終の, 子孫に, 孝と, 学者の, 宜しからず, 実にこの, 実に優勝劣敗, 実に愚, 実に感心せり, 実に笑うべき, 寔に, 察する, 寡なし, 寧ろ彼, 寧ろ情熱, 小国の, 少なしと, 尤の, 左の, 希なりき, 常人の, 常識といふ, 年中強風, 座して, 弁じるを, 弁ずるを, 弊を, 当時外夷と, 当然なり, 彼の, 彼らが, 彼らの, 往時以太利に, 後沒理想主義, 徳の, 心々に, 心惜しき, 必定, 必然の, 必然実に, 忘るれ, 思の, 思はざるの, 思想ある, 怪むに足らず, 怪むべし, 恐くは, 恐らくは此, 恥辱の, 恰も天意, 患に, 悪性の, 悲しそう, 惜福である, 惡を, 愚魯なるべし, 愛い, 感情を, 感服する, 慊らぬ, 憚る, 我々にとっては, 我が國, 我が性格, 我国に, 我地位よりも, 我等の, 或は可, 抑, 指の, 捕鯨の, 教に, 教育上の, 文士の, 断じて便宜, 新しき芸術, 既に世人, 既に之, 既に人, 既に僕, 日本人一般の, 日本国中の, 昇進なり, 明白だ, 明白なる, 明白の, 是が, 是亦, 是物理の, 是非も, 時節柄誠に, 最近の, 木の実を, 未だ達人, 未来に, 梅の, 歌に, 此は, 武備にて, 歯を, 歴史上の, 死せる, 死を, 殆どサムソンの, 残念の, 気の毒なり, 氣の, 汝等知れ, 決して今日, 沙翁の, 法なき, 法律上において, 浪花堀江の, 深く余, 深く自ら慚ずる所, 源平二氏の, 滔々たる, 無, 無きに, 無きを, 無き有様, 無く人, 無く命ずる, 無く富, 無く従, 無く欲, 無けん, 無しだ, 無しであった, 無しである, 無しという, 無しとの, 無念至極なり, 熟眠の, 父母の, 牙を, 狗奴國王の, 独りその, 独り何ぞ, 独り女の, 猪中より, 猶全身痿, 猶可, 珍しきこと, 現代社会一般の, 理なき, 理に, 男子の, 畢竟こと, 畢竟人, 畢竟利, 略疑, 疑なり, 百千の, 盖し, 目を, 眼界の, 知識を, 社会の, 神の, 神官僧侶は, 神意に, 空の, 窃に, 笑いながら, 等差なし, 箱の, 結婚の, 罪ある, 罪を, 義公の, 職として, 臆し, 自らこれを, 自由党を, 自由黨を, 自身固有の, 至当の, 致し方が, 船手を, 芭蕉の, 苦なり, 莫く, 蓋し怪しむ, 西行法師の, 言うまでもなきこと, 言ふべき, 言を, 言葉及ばざれ, 計算上明かである, 記紀の, 詩の, 誠ありのまま, 誠に理, 誰れ, 談ぜざるを以て, 請合いなりとて, 論を, 諭すよう, 貞派と, 貴嬢, 赫夜姫の, 身を, 身体の, 逍遙子なり, 連歌と, 過ぎたるより, 過ちなり, 遺憾千万なり, 遺憾甚し, 長久の, 閉口也, 陸奥宗光の, 陸奧宗光の, 難し, 音楽堂の, 飲酒罪なり, 鬼神の, 魄という, 鳥の

▼ ざる~ (600, 2.6%)

96 故を以て 5 感あり, 間は 4 である, 中から, 事情あり, 勢いに, 必要を, 政治家なり, 状態に, 理を, 致す所 3 はなはだしきもの, 一事なり, 中へ, 事実と, 事情ある, 勢いあり, 場合に, 心が, 時に, 罪なり

2 [60件] ところへ, もまた, 事実なり, 人, 人なり, 人物なり, 位地に, 優れるに, 勢いある, 危急に, 名を, 命運と, 命運を, 国は, 堅志と, 場合において, 士なり, 奇法に, 嫌ある, 強敵と, 必要は, 恨みも, 意なり, 感に, 感を, 政界に, 故を, 日は, 時あら, 時なり, 時勢なれ, 有様なりき, 概に, 概を, 永訣と, 熱心あり, 状想ふ, 現状に, 現象に, 理あり, 理なし, 理なり, 甚しき, 甚だしきなり, 疑を, 窮策なりと, 精神にとっては, 罪に, 観あり, 観ある, 談なる, 論なり, 趨勢を, 迹ある, 醜態ある, 関係を, 陋を, 雅致を, 類を, 鴻溝ある

1 [389件] ありさ, あるもを, いるところ, うち人畜われを, おそれなきこと, か, が倫理, が冷淡, が迷信, が釋迦在世, ことと, ことなど, ことを, この習慣, じゃ, そばへ, だ, であった, であるのに, でない, ときなき, ときにおいて, ときにおいては, とき知る, ところ大樹関東へ, はずなる, はなはだしきに, は氣, は畜生, は福, ものなかりし, やむをえざるの, ゆえか, ゆえを, ように, を以て科擧, を憾, を考える, 一点に, 一箇条を以て, 一群を, 一義は, 一義を, 上に, 不品行を, 不平も, 世に, 中なる, 中に, 中には, 中の, 中を, 主意なり, 争点は, 事たる, 事に, 事を, 事也, 事変なるべき, 事実ある, 事実たり, 事実であります, 事実と共に, 事実なる, 事実に, 事実を, 事實ある, 事情あらん, 事情なりと, 事情に, 事情は, 事情も, 事故ある, 事業は, 事業を, 人であれ, 人は, 人翕然として, 仇敵その, 仇敵だ, 令名を, 位置に, 体は, 余り牛鬼蛇神の, 作家随う, 佳境に, 例と, 俚歌を, 偉観也, 傾きあり, 傾きある, 儀でござる, 儀に, 優に, 優れるにしか, 先例を, 典あり, 冷酷なる, 凄氣, 処不, 処六ヶ年に, 凶万代遭わざる, 別なく, 制が, 制を, 制限を, 刻薄を, 前に, 勇気が, 勢あり, 勢いなりし, 勢いなれ, 勢が, 勢といふ, 勢に, 勢の, 勢を, 勢を以て, 勢力を, 勢成り, 原則と, 原因あり, 叫び声を, 名なり, 名所は, 品種あり, 嘆きの, 嘆を, 国あらず, 国なし, 國なり, 地なし, 地に, 地勢を, 基礎に, 堅固なる, 場合あり, 場合を, 境と, 境に, 士気ある, 外一芸一能ある, 外一藝一能ある, 多額に, 夜郎を, 夢といふ, 大快楽, 大根柢, 大礼と, 大経綸, 大罪なりと, 大義に, 大觀, 大道路, 天に, 天険と, 天風嫋々として, 太夫は, 太甚しき者也, 奇観あり, 奇觀あり, 妄説なれ, 妙が, 妙味が, 妙品假令何等の, 妙境に, 妙趣あり, 姿は, 媚態を, 孝子たらしめ, 実を, 実証なり, 客では, 實に, 対抗必ずしも, 巧緻あり, 常なり, 幸福なり, 広野なり, 弁を, 弊あり, 弊ある, 弊害を, 弊日一日より, 徳あり, 心ある, 心ほど, 心より, 心を以て, 心地するなら, 心自分の, 必要の, 志なり, 急なれ, 性を, 性質を, 恨みである, 悖事, 悲しみ高士世に, 悲み, 情である, 情より, 情実に, 情状を, 惨状に, 惨状を, 意であったらしい, 意を, 意見を, 態を, 憂いあり, 憾あり, 憾は, 憾みあり, 所以彼が, 所望なれ, 手を, 拙を, 指揮に従って, 政を, 政党たるべき, 数ながら, 数なり, 数なりと, 數なりと, 文字を, 新思想, 方上策なるべし, 日なく, 日に, 旨之を, 旨御返事有る, 時だに, 時なし, 時ニ当り村民の, 時旧, 時節なり, 有様を, 格言なるべし, 業たるを, 様子であった, 欝を以て, 次に現, 次第は, 歎無き, 止むなき, 正大なる, 法に, 深意なるべし, 清潔を, 清風吹く, 濃情, 点なら, 点なり, 熱心を, 熱情と, 熱愛を, 爭點は, 物である, 状を, 現象なり, 理と, 理に, 理は, 理屈は, 理由すでに, 理転々し, 由之を, 由広元朝臣の, 由相州諫め申す, 異ある, 異なる由, 異点, 病に, 盃なり, 目からは, 相違ある, 看あり, 眞面目あり, 真面目あり, 知ある, 知らぬま, 破壊的手腕を, 神秘は, 神経衰弱に, 禍を, 禍社稜宗廟危旦夕に, 私ありし, 笑を, 策に, 精神から, 精神と, 経過なり, 結果であっ, 結果に, 結果を, 經過なり, 罪と, 罪は, 罪を, 美を, 義あるべからず, 義に, 義務も, 習を, 習慣に, 臣は, 自信と, 自信に, 花あり, 花を, 芸それが, 芸術という, 苦が, 苦策を, 血性其火の, 複雜に, 要務なれ, 要用に, 見識が, 規約において, 覚悟こそ, 親は, 観なき, 觀あり, 解なり, 言なり, 言動を, 証として, 証なり, 証拠であります, 証拠なり, 誇を以て, 誉れを, 誠実を, 誠實を, 誤謬ある, 説多からむ, 談ならん, 論, 論のみ, 論理は, 論説を, 謂なり, 警抜あらん, 象じゃ, 豪勇無双なる, 財源を, 責任を, 資金を, 走有り下さ, 趣きありき, 趣今日寺領の, 趣厳密に, 趣意のみ, 趣致あり, 身更に又, 軽薄児が, 輩到底共に, 返事が, 追いつ追われつの, 遁辞のみ, 運命に, 運命を, 過ちなり, 道理でございます, 道理に, 道理も, 道理を, 遺憾を, 醜体, 鎌と, 間に, 間浮べ出す, 間良兼の, 間諸人追, 関係あり, 関係と, 關係と, 關係を, 雄風に, 靈光神威を, 面を, 顔色也と, 願であるで, 風ある, 風なりき, 風姿が, 齢に

▼ ざる~ (553, 2.4%)

45 如し 31 ごとし 30 ゆゑに 8 や, 如きもの 7 ためなり 6 ために, 如くに, 故に 5 如きは, 故なり 4 ごとく, 如しと, 為に, 為めに 3 ごとき, ごとしと, ゆえに, ゆえにあらずや, 上に, 原因にて, 如くし

2 [33件] ごときは, ごときもの, ごとくせよ, ごとくその, ごとしこれ, ため知らず知らず卑近, ともかくも, ゆえなり, ゆえにその, ゆえの, ゆゑに之, 如きに, 如き心地, 如き悲泣, 如き観, 如くである, 如くなりき, 故にあらずや, 故にその, 故に今日, 故に他, 故に単に, 故に各, 故に国民, 故に失敗, 故に屡, 故に彼, 故に彼ら, 故に特に, 為なり, 為めなり, 爲に, 爲めなり

1 [293件] ありて, ある, いづれも, いなくなったので, おくれよと, かぶせて, かりゅうどにつれられていった日, こんどは, ごときはなんぞ, ごときも, ごとき児戯, ごとき場, ごとき微妙, ごとき悲しむべき状態, ごとき有り様, ごとき男, ごとき異相, ごとくあまりに, ごとくなりき, ごとくなるのみ, ごとくなれど, ごとくに, ごとくまた, ごとくわが, ごとく下手, ごとく国民的精神, ごとく夢, ごとく思想, ごとく文学, ごとく有耶無耶, ごとく測るべからざる明日, ごとく町村, ごとく相寄るは, ごとく続かざるが, ごとく聞こえしならん, ごとく身, ごとしじゃ, ごとしまた, ご案内, そこを, ためである, ためなるべし, ためには, ためのみ, ためわが, どうも今度, ゆえにこそ, ゆえにこれ, ゆえにゆえに心, ゆえに人民, ゆえに人間生活上, ゆえに俗人, ゆえに外敵, ゆえに存在, ゆえに孤独, ゆえに幽冥説, ゆえに御座候, ゆえに情, ゆえに文字, ゆえに死後, ゆえに汝, ゆえに物, ゆえに直ちに, ゆえに筆, ゆえに貧乏人, ゆえのみ, ゆゑである, ゆゑならぬはわが, ゆゑにその受くる, ゆゑにその咎赦されず, よし留まる, 三口舌多き, 不思議なる, 二匹のっかっ, 人である, 今瑞村, 何よりの, 來城は, 南より, 名所に, 唐代に, 四つちゃんと, 多く注射, 天下の, 如, 如きうち, 如きこと, 如きであるに, 如きも, 如きを, 如き事実, 如き云々, 如き傾き, 如き四十年後, 如き地位, 如き彼, 如き愈, 如き感, 如き有様, 如き無, 如き熟睡, 如き習慣, 如き者, 如き而, 如き質, 如き趣き, 如き転訛, 如く, 如くいつ, 如くしばし, 如くじゃ, 如くぢゃ, 如くで, 如くな, 如くなり, 如くなりけり, 如くなるも, 如くなるや, 如くなれども, 如くはっきり, 如くもてなす, 如くんば, 如く先天, 如く努力, 如く又, 如く同時に, 如く嘗て, 如く多少, 如く如何なる, 如く如何に, 如く家庭趣味, 如く彼, 如く心, 如く應對等, 如く揺れて, 如く文学, 如く此勢, 如く氣, 如く煙草管啣, 如く畳, 如く知るも, 如く神話学者, 如く素盞嗚尊, 如く綿, 如く而, 如く裝, 如く見ゆるもの, 如く言, 如く賢人, 如く遂に, 如く雑音, 如く頻りに, 如く風俗習慣, 如しその, 如しだ, 如しで, 如しである, 如しという, 如し不二は, 如し云々, 如し云々と, 如し是非曲直を, 常なり, 常なりき, 幹は, 当年七十六に, 当時原彦次郎の, 微かに, 思ひの, 恨なり, 患なり, 感化と, 我らの, 故か, 故かの, 故にここ, 故にこそ, 故にこれ, 故にさ, 故にさてなん人, 故にそのもの, 故にその如何なる, 故にその間, 故にたとい, 故にである, 故になほ, 故には, 故にわたくし, 故にドイツ帝国民法, 故に一度, 故に一旦, 故に一般, 故に下士, 故に中等社界, 故に二日, 故に人類, 故に今更, 故に仏, 故に何時, 故に余, 故に保守, 故に信憑, 故に偉大, 故に充, 故に先ず, 故に其事, 故に其多士済々, 故に其多士濟, 故に力, 故に単一起原説, 故に即ち其, 故に即ち墨液, 故に反乱行為自体, 故に古代, 故に吾人, 故に唯々眼前, 故に唯一個, 故に單, 故に國民, 故に地上, 故に多く殺風景, 故に始めて, 故に定まれる, 故に己, 故に帝, 故に強き, 故に心, 故に忍ばざるべからず, 故に悪し, 故に悲しい, 故に愚物, 故に感覚派, 故に我ら, 故に抽斎, 故に排撃, 故に排斥, 故に換言, 故に政府, 故に救, 故に救われた, 故に敢, 故に日月両神, 故に更に, 故に止むなく, 故に此困難, 故に此意義, 故に此等, 故に此言, 故に此記事, 故に水際, 故に洋医方, 故に滅び行く, 故に父子, 故に物, 故に直ちに, 故に竟, 故に経済, 故に自分, 故に自然, 故に躊躇遁逃, 故に軽侮, 故に遠大高, 故に飮食, 故に魏國, 故の, 故のみ, 故也, 是れ, 最怜, 木の実を, 測量は, 火急参内の, 為で, 為めなら, 為めのみ, 為めのみに, 爲なり, 爲なれ, 爲にても, 爲めのみ, 爲めのみに, 爲歟我商賣, 爲歟是等の, 畿内の, 積まれて, 立てば, 答えました, 良い当世, 若きに, 若し人, 萬事例外あり, 體を, 高山と

▼ ざる~ (464, 2.0%)

4 可なり 3 これと, よし, 亦た, 固より, 此を

2 [36件] ある, この種, これに, これを, そは, なし, また害, 一般に, 七音の, 世間の, 之を, 亦勿論, 亦必ら, 亦敢, 亦明白, 亦此, 亦閣下, 亦閣下存立, 人に, 保す可, 兎に, 全体を通じて, 共同者には, 其の存在, 動くよう, 勢力に, 彼れ, 心に, 深く其の, 甚だしい, 生命を, 相信頼, 神には, 絵と, 自然の, 誰か

1 [373件] ありき, あるいは人, あるべし, いずれにも, いずれの, いづれか, いやしくも道理, うき世の中, おのずから社会, かくまで, かの仮定説, けだし双方これ相俟, このごろの, この一徳, この謂れ, これが, これすでに, しばらく世俗, すこぶる自由主義, すべての, せめては, そのほか, その一斑, その七, その不撓不屈, その人, その作者, その先駆, その判断, その劃一, その効験, その区域, その咎將, その国人, その大本, その大約, その学力, その学説, その完全, その実は, その実際, その差違, その形式, その影響, その念仏, その整然たる材料, その父母, その美, それぞれ他の, ただ一言, たとい亡国, ついに不言, ともかくも, なお不潔, なお二人, なお外客, なお攘夷, なし一月, なほ時として, なほ盗まん, のこ, はなはだしきもの, はやくその, ひとしき仮寝, ほとんどすべて, またあえて, またやむを得ざる, また不都合, また壮快, また多少, また差支, また帰る, また後年彼, また徒事, また歌い, また自然, また詩, また赤心, まばらに, むしろ国の, むしろ当時, もしその, もし甲丙, やはり返事, やはり霊魂不滅説, やや以, よく彼, よく成長, よく知りつ, よしと, よし苟くも恋愛, よし限られし, わが天然, わが身かの, われは, インスピレーシヨンは, パンを, プロメトイス神話の, ヨハネスフツス也, 一探, 一身の, 三國志の裴松之, 上下し得る, 下手は, 不信心と, 不利然, 不平を, 不正当, 与に, 両三人自宅, 中学に, 主として宗教上, 久しく面会, 之に, 之により, 之を以て, 二神を, 二者中いずれが, 互に一長一短, 五蠧顯學諸篇に, 交情は, 亦よろし, 亦其の, 亦或は, 亦是, 亦謬, 人には, 人事の, 人氣の, 人間は, 今ここに, 今の, 今日すでに, 今日だけは, 今日民間にて, 他方に, 何故に, 余が, 余は, 保守家としての, 側面より, 偶然に, 偶然誤っ, 傍人の, 元槧明修本, 先より, 其の惻隠, 其一遭遇する, 其半島國たる, 其名称に, 其営業渡世法の, 其意義に, 其根本, 其説話の, 其軽快を, 内には, 内容に, 内心相互に, 内部の, 冥界において, 冷淡なる, 凡ての, 凡庸の, 出来合, 刀鎗既に, 列國の, 到底革命, 勿論なり, 却て, 卿等が, 原始の, 又大, 反対には, 可なる, 史家は, 同一の, 同意なるべし, 名称に, 味方に, 商工すべて活気を, 問題でなく, 啻に天然物素, 善し, 善し詐, 囚徒を, 地理的影響は, 堯舜を, 多くの, 天下反っ, 天気が, 天気なんとなく, 天然の, 太祖の, 夫を, 女心には, 好まざる故, 好奇心が, 妻, 姉妹説話に関する, 婦人の, 学校教育上の, 宜なり, 寺院に, 将来においては, 将来の, 小田原に, 少しも, 尚植物, 尽くツウラ沼, 尾を, 峰頂残雪の, 左方の, 市域やや, 常に巨額, 庖丁を, 当然なるべし, 後世その, 得て, 心なき, 心は, 必ずや現に発, 必ず位階, 必地獄の, 怪しむに, 恐らく湖名, 恐らく軍, 悦ぶ色, 悪しただ, 情に, 愛我を, 慈善的に, 慍みず, 憲政党の, 憲政黨の, 我ま, 我既に, 或は可, 或伝承, 或物, 打臥す, 抽象的に, 拙なる, 推理論究の, 教うる, 断然決死, 新疆, 日は, 日本国語の, 旧に, 早晩中より, 明初の, 明日身苦しからぬ, 智力に, 更に他, 更に善し, 最早政治上, 月々十数円の, 有るの, 未だ嘗て之, 本人の, 本年は, 本日の, 某哲學者, 概して平原, 正しき信仰, 此と, 此の, 此一条は, 此名に関しては, 此説話が, 歯根に, 死者四名重傷者六名軽傷者数名に, 残り多ければと, 残念家は, 母は, 比較上差支なし, 毫も習慣, 水力を, 法律これを, 波瀾は, 泣こと, 浪子の, 渠自ら知らざる, 激浪少しく, 無き鎌倉府, 然し痛烈, 然れ, 父母たるに, 特許飲用した, 独り日本神話の, 猛夫の, 猶公園, 猶冥々, 猶医療, 猶題號, 現今の, 甚し, 甚しい, 甚しいで, 甚だしいと, 甚だしいもの, 生て, 生来文事, 痛烈な, 痴愚者でも, 皆一種, 皆裸蝴蝶, 皆詩を, 目前の, 真の, 確乎たる, 神や, 神話の, 神話学の, 禁制もしくは, 秘密政治, 糊口の, 細かい点, 終に長く, 終生抹, 美事が, 而も, 耳に, 職として, 胸中に, 脳中の, 臣, 自から, 自然に, 興を, 舊に, 色形重量あり, 若い娘たち, 若し余, 虎亀などの, 行政が, 裏面は, 西方に, 西部亞細亞に, 要するにこの, 要するに同, 誠なり, 説話の, 諺に, 識者の, 警察官の, 議論は, 豈偶然, 責めては, 貴兄これを, 貿易を, 赫夜姫と, 辛き貫一, 近来の, 造船所計画の, 遊離説話に, 運は, 道徳は, 道路広く, 適宜に, 遽に, 郵便は, 酷し, 陰に, 陳勝呉広也, 隠然その, 集中に, 霊魂に関する, 風雨の, 食物に, 馬鹿者では, 魂の, 魏に

▼ ざるところ~ (440, 1.9%)

63 なり 30 である 17 のもの 11 にし 9 なれば 8 なし, なれども 54 あれば, がある, であった, であります, なりき, にある 3 あり, であるが, なくともに, なの, ならん, なるも, を人

2 [19件] あれども, かあらむ, から出発, がない, さ, ぞ, だから, であって, であると, なきが, なきに, なるに, なるべし, なるを, なれど, にも目, の一途, はこれ, 多きを

1 [206件] ありき, ありけん佯, ありしを, ありて, ありとの, ありや, あるが, あるなり, あるにも, あるによる, からおのずから, からくる, から之, から優等資質, から出, から御, から攻撃, から来る, から発する, があつ, があり, がきわめて, しかも洒堂, じゃ, その求むる, ぞといひぬ, ぞとの事, たまたま及ぶ, たり, たるのみ, だといふ, だよ, であったに, でありなすべからざるところ, でありわれ, であり他人, であり精神病院, であろう, でお, でこう, でこの, でございます, ではゆかしく, で上, で人, で口, で彼, で意味, で有る, で本, で琵琶, で聞いた, で芽, と, とある, とす, とてはない, となりしなら, とをこのごろ, と人間, と存, と存じ候, と敢, と聞く, と見境, ながらわれ, なき, なきあたわざる, なき孝養, なき歓待, なき無尽蔵, なくその, なく万民腹, なく四方, なく天外万里, なく当代, なく聞かざる, なしと, なしというも, なりしかども今日, なりしなるべし, なりしを, なりという, なりといえ, なり城側, なり然るに, なり砲撃云々, なるが, にあった, にあらず, にあり, にいたれ, にいらざる, にかまびすしい, にかれ, にこの, には之, には何物, には数百歳, にも強いて, に一種, に何ぞ, に來, に価値, に侵入者, に候, に候う, に元就, に力味, に古調, に哄笑爆笑, に在り, に存す, に存する, に居る, に引き算, に愛する, に感情, に憎む, に我, に時々, に本領, に棲む, に殺人, に熊, に犯人, に生活, に発した, に行りつ, に観念, に閃, に風情, のあった, のある, のかの, の争乱, の人民, の仄, の力量, の実景, の富豪, の慢心和尚, の政治上, の未來, の物, の現代人, はあるべからず, はそ, ははたして, はシエクスピイヤ, は更に, は板下, は決して, は遊芸, へうせず, へ出しゃばりやがっ, へ出しゃばる, へ割っ, へ勇気, へ張, へ忍び, へ表, またもっ, まで観念, むしろ愧, よく似, より幽霊, より莫大, より霧, をいわざる, をお, をすべて他, をできる, をば神明, をも聞き知り, を人工的, を他, を以つて, を体認心証, を偉い, を古, を正しく, を歩い, を求め, を決して, を為し, を現, を知っ, を知れる, を示し, を示す, を自分, を芸術, を補い, を見れ, を見ん, を追求, 即ち天, 多けれども, 多しこ, 正しからざる, 現わさん, 生き残れる我ら同志中尉, 知らずや, 貴賤長幼, 食って

▼ ざる~ (438, 1.9%)

26 なり 15 あり 12 なし 7 はこれ 6 である, はその 4 あらば, なれば, はない, 多し 3 あらんや, ありと, のごとし, は大, は食うべからず, 多しと

2 [23件] がある, であります, というべし, とを問わず, なかるべし, なりと雖, なるか, なる事, には我, に候, に言葉, のみ, の産物, はただ, は共に, は外, は必ず, は果して, は真に, は算, を友, を父母, 有り

1 [286件] あらん, あらんやと, あらん誰, ありき, ありこれ, ありて, あるが, あるなり, あるに, あるを, があつ, がいかなる, がその, がただ, がない, が之, が全市人口, が千, が多かっ, が天下, が尠, が愛せ, が日本, しかもこれ, じゃ, その太鼓, ぞ, ぞ是, たること, であったの, であらう, であるから, であるに, ではない, という, というしかない, といえ, といふべし, として罪, とせん, となさば予, となす, となり, となるなり, との境界, とはおのおの, とは区別, とまで誓われ, とを区別, とを常に, と恥, と憤懣, と斷言, と為す, と為る, と爲, と解釈, と言い, と言うべきでしょう, と言うべし, と誤, なかりしが, なきに, なく厨, なく蔵, なく諸, なければ, なしと, ならば, ならん, なりとてこれ, なりと言, なり何ぞ, なり其の, なり新聞, なり法律改定, なり社界, なり足, なるを以て, なれど, にあらざる, にさ, にし, にてはとうてい, にてもひたすら, にても皆, にとっては全く, にとつて, になった, になつ, には全く, には堪へ, には奇怪, には無, には貴下, には面白から, には頭, にも一律的, にオプチミズム, に向っ, に大人, に対しては実質的釈義, に対して実に, に御座候, に改める, に有, に正直, に汝, に異ならず, に金, に非, のあるべき, のいはん, のかかる, のみ満足, の一つ, の中, の光, の前, の場合, の如き, の如く, の如くなれ, の如し, の如何, の幸福, の必ず, の怒る, の悲し, の意志, の愚行, の手, の正, の爲, の絶望, の耳, の言, の言葉, の謬見, の間, の降る, は, はあらざるべし, はありませぬ, はあるまい, はいまだ, はかなた, はことごとく, はこの, はさまざま, はしばらく, はとくに, はな, はなお, はなかっ, はほとんど, はわが, はスワデシ運動, は一時, は下足番, は不, は不孝, は不幸, は不徳, は不足, は人間, は以, は倒れ, は兌, は勢い, は単に, は即時解雇, は名, は土間, は報国, は売品, は多く, は夫, は宥さる, は寧ろ, は少から, は少なく, は少なし, は幸福, は弾丸, は彼敗走, は心服, は忠臣, は愈, は愚狂, は損す, は斎藤監物, は春, は是, は時世, は時勢, は権なり, は此令, は此間, は殆, は汝らこれ, は海, は滅ぶ, は無かっ, は甚だしく, は産地, は益す, は盖, は目, は盲者, は眞, は瞽者, は石, は神人共, は禽獣, は積労, は罪, は聖賢, は茶, は落ちず, は見, は試, は財産, は跛者, は身, は逝き, は遂に, は隣家, は雑戸, は雲, への肯定, へはたとい, また少から, までも皆, もあらん, もこの, もなお, もなく, もみな, も亦, も参詣, も老女, も臆する, よ, よな汝, よりし, より以下, よ心, をし, をその, をも救い, をも棄つる, を一括, を叱責, を好まず, を娘, を恐るる, を懼, を択, を持てる, を指し, を有, を油, を率い, を疎外, を蔑視, を見, を見れ, を親子, 何ぞ人, 全然無神経, 即ち是, 即ち純, 多く單獨, 多く轅馬海岸砲車, 多し然るに, 或は能, 有りと, 来りて, 果して, 無く此日出家, 甚だ尠, 若し之, 見るあたわざる者, 豈当, 豈手

▼ ざる~ (359, 1.6%)

215 からず 5624 からざる 4 しと 3 からざるもの, きも, きを, く候, けんや 2 きに, きのみ, きは, きをや, きを以て, く侯, しさりとて, し而

1 [29件] からざらむや, からざりし, からざる不幸, からざる事, からざる二個, からざる時, からす, からずである, きその, きなり, き乎, き事, く人間, く仮令, く其間, く妻, く広, く従, く思想発達, く或は, く此意義, けれども唯, けんやである, けんやと, し乃ち憲政党内閣, し乃ち憲政黨内閣, し是, し蓋し, 羞の

▼ ざる~ (318, 1.4%)

51 なり 19 である 12 のもの 9 なるべし, にし 7 あり, であつ 5 なりき 4 ならん, なりと雖

3 [12件] ありと, あるを, ぞ, であるが, なき比喩, なし, なしと, なりし, なり而, なれども, を知り, を補

2 [15件] ありしは, あるが, ある如く, がある, と存候, ならむ, なりと, なるか, なれば, に列ん, に於, は薩人, を行, を見る, を語り

1 [125件] ありしが, ありしに, ありそ, ありて, あり而, あるは, いわんやわれわれ計画, から來, から理, があったであろう, がない, が真, されば, しかも洒堂, た, だろうと, で, であ, であらう, でありまして, であるから, であるに, であるのみならず此學派, であるらしい, である仄か, である但し, である故に, であろう, ではありますまい, でひょっこり, でまた, で一人晶子さん, で今後, で其の, で有る, で火, で獨別本, で茶山, となつ, となり, となりぬ, とやいはん, と思ふ, と為す, と爲, と考えられ, と諒, なきその, なきに, なきまでに, なきめでたきためし, なきタニグク, なく具, なし必ずしも, なりしなり, なりしも調金, なりとして強いて, なりとす, なり云々, なり何, なるが, なるを, なる可, にある, にて, にては決して, にもあり, に人工, に候, に堪え, に存する, に徒に, に御座候, に放火, に樵夫, に毎夜キー, に玄関, に至らん, に落ち着い, に起因, に道徳, に達し, の如來, の御, の本, の理, の者, の誤謬, の醜, はない, は唯, へ邪魔ア, また爲すべ, まで掃い, まで昇る, まで無造作, もない, をえらん, をなし, を他, を他人, を以て之, を信ずる, を善事, を拾綴, を望ん, を為し, を發表, を直, を直言, を能くし, を能くする, を蕉翁, を補つて, を補ふため, を補わん, を補足, を言う, 其の决心, 其の知覚鋭敏, 其の知覺鋭敏, 唯日向一州, 将た, 悉く挙げ, 迄に向

▼ ざる~ (270, 1.2%)

13 なり 9 である 65 だが, を見た 4 あり, であるが 3 であつ, のよう

2 [23件] がある, だと, であると, でもない, ともならん, にこれ, にて, に注意, のやう, は独り下水, もや, をある, をし, を憾む, を教, を爲, を知った, を知りぬ, を確かめたる, を行, を見, を言う, 多し

1 [172件] あたかも一勇士, あたかも巨山, あらず, あらんやと, ありただ, ある時, かあらん, かも知れない, がハッキリ, が恐れなくし, が起りました, じゃ, たりし, だとは, だらうとお, で, であったが, でありその, であろうとも, でこれ, でないの, ではあっただろう, ではない, でもし, で有った, で段々, で表, とがあります, としてた, とする, となし, となるであらう, となるべし, とはいえ, とはいへ, とは信ぜざりき, と予言, と存じ, と思われる, と思召すか, と相, と覚ゆ, と黙許, なく打て, なく殊に, なく解する, なし, なしと, などを投げ出す, など語り出でぬ, ならびにお前, なりき, なるを, なれども, においては宗伯老, において現, にし, にて樂園, には候え, に候, に出, に差出, に心付き, に心付くべし, に拘り合うまい, に敬礼, に目ざめ, のため, の明らか, の甚だしき, の証拠, はこの, はなかりき, はなし, はまことに, はみな永遠, は久しい, は如何なる, は封建時代, は数, は数回, は明白, は無い, は疑, は直に, は群鶴館, は聞かん, は行われず, は言, は面部輪廓, また明らか, までろんじよる, まで申, まで行つて, むしろ憐むべきもの, も口, も多けれ, も御座候, も知れ, よりも詩, を, をあり得, をいかで, をした, をば滑稽, をもて, をも成, をも敢, をも言う, をフラア・マルチノ, を不, を主張, を予期, を云う, を十分, を千言万句, を口惜くも, を喜ばずん, を尋ねた, を強, を得, を得ざるべし, を得る, を思はずん, を思ひたれ, を思ふ, を思ふべし, を悲しみ憤る, を意味, を愧, を承り, を指したる, を捏造, を断言, を注告, を為す, を無理, を知っ, を知らざる, を知る, を知れり, を確実迅速, を経験, を聞く, を苦, を茲, を言触らし, を記したれ, を記憶, を認, を説明せり, を誰, を論じ, を起こし, を附, を頻りに, を願置候, 且つ為す, 久しきを, 夥しい, 夥しきを, 御証明いただき度, 既に上, 既に久しく, 既に述べ, 有らん, 有り, 甚だ稀, 申すまい, 知るべし, 知れて, 迄いいたくなる

▼ ざるのみ~ (184, 0.8%)

17 ならずかえって 7 ならずその 6 ならずまた 5 ならず又 4 では, ならず, ならず反 3 かかえって, ならずむしろ

2 [14件] と, ならずこれ, ならず伊藤侯自身, ならず侯, ならず其の, ならず大隈派, ならず寧ろ, ならず幾多, ならず延, ならず恐らくは, ならず現に, ならず藩閥自身, にあらず, 蓋し閣下

1 [103件] か, かその, か一度, か一時, か却, か女, か我, か旅人, か時として, か氏一家, か洗われる, か真実, か知らせ, か起首, である, です, といへ, ならずあたかも, ならずかたわら, ならずかへ, ならずことさら, ならずたまたま, ならずつねに, ならずなかなか, ならずますます, ならずガツガツ, ならず一たび, ならず七月以來, ならず上方, ならず世界, ならず之, ならず事, ならず亦, ならず今, ならず他, ならず余, ならず余りに, ならず優美高妙, ならず全身, ならず其弊殊, ならず其鉤, ならず兼ねて, ならず凍傷等, ならず列國, ならず却, ならず却って, ならず却つて尊屬, ならず却つて譽め切つて, ならず反り, ならず古書, ならず士女, ならず外, ならず学問, ならず官, ならず導く者, ならず巧み, ならず幸福, ならず彼, ならず彼自身, ならず必ず, ならず愛, ならず我が国, ならず批評家そのもの, ならず数学的乗数, ならず文化文政, ならず断, ならず日本国中, ならず時として, ならず時には, ならず普通人, ならず更に, ならず最も, ならず最下等, ならず殆, ならず毎年, ならず氏, ならず求めざる所, ならず爾, ならず現時人種差別撤廃, ならず甚だしき, ならず當人自身, ならず痛み, ならず絵図, ならず習俗, ならず腸胃, ならず自ら艱難, ならず自由党, ならず自由黨, ならず舊律, ならず舎弟, ならず苟も, ならず近年, ならず門弟, ならで, なること是時我, にていまだ, にて曠, にとどまらず, 他人を, 智なりという, 歌に, 然ら, 若し之

▼ ざる~ (131, 0.6%)

9 なり 7 にし 4 である, です 3 の如く 2 なし, に嫁いだ, のごとく, をまこ, を待つ, を愛せず, を我

1 [90件] ありや, あり少なく, および知らざる, から共に, がいかに, が多額, が自己, こそ与へらるべきである, こそ実に, こそ眞, この人, じゃ, だ, だと, でありともかく, ですか, といえ, として秘か, となる, との間, とを觀察, と云, ならん, なれば, にある, においてをや, にてその, にはさらに, には夜, には私, によってのみ可能, によって主張, にわが, に似た, に惡, に慧, に払う, に違い, のお世話, のご, のごとし, のさま, のみ, のよう, の作品, の出入り, の口, の周圍, の多い, の如くなりき, の如くなりし, の如し, の子, の少く, の心, の怒, の恋, の手, の盾, の自由, の袖, の言, の説, は, はしからず, はついに, はない, はみな, はもはや, は人情, は基礎, は婆羅門, は己, は恵まれ, は惡, は所詮, は春日新九郎, は独立, は神罰, は罪悪, もある, もすべて, も亦, も絵双紙屋, よりも遠く, を助け, を思った, を貰, を貰い, 多かるべし

▼ ざる事実~ (91, 0.4%)

19 である 7 なり 43 であります 2 だった, であった, であるが, と見えた, なるが, のやう

1 [46件] あり曰く, がそこ, が判明, が起っ, じゃからね, だから, だと, だね, だよ, であって, であり又, であると, です, ですよ, でなければ, ではある, ではない, で其の, としてある, としてオッペルト遠征隊事件, として吾, となっ, となった, となつ, となる, と思う, と言わね, なの, ならずや, なり之, なるべしと, なるを, にし, にち, になった, に相違, に立脚, に逢着, のよう, の様, の間違い, の骨組, をさも, を彼, を描いた, を確め

▼ ざる~ (87, 0.4%)

2 に於, の語, は

1 [81件] が聞こえ, だに厭, であります, との其の, と匹, と言, なり, にあたりてこ, においてすら彼ら, にこの, にのみ, にのみ用いたる, にはもう一度, にはわたくしども, には出し申さず, には反逆, には貴, には遠慮なく, には量らざる, には鼠, にも, に其要, に去る, に当っ, に当り, に撮させ, に於い, に来る, に東京, に氏, に生きる, に眠り, に限っ, に食, に髑髏, のこと, の愚かさ, の来る, はここ, はこの, はその, はみづか, はブレエメン, は一度, は一旦, は九たび諸侯, は人, は全身, は兵力, は判官諸公, は即ち, は厳罰, は天, は宜, は寂寥, は尚, は屡, は後, は憂国, は憂訴, は或, は打者, は数年, は文学, は既に, は期日前, は業, は特に, は血行, は諸君, は謀り, は遲速, は間, は風邪薬屋, は骨, もしくは牧馬, も有る, も石臼, 平洲, 既に蘭軒, 生ずるもの

▼ ざるを以て~ (81, 0.4%)

4 此の 3 なり, 強て 2 一に, 之を, 其の提携, 其利必らず, 大隈伯は

1 [61件] うるさくも, これに, その一旦, 一々これ, 一政党たるの, 一政黨たるの, 一言の, 下総介良兼, 事実の, 人を, 倉皇視聴を, 倉皇視聽を, 儂は, 先づ政党あり, 先づ政黨あり, 其重, 内部の, 冷水灌漑に, 凡て一個の, 別に催促, 到底一二年, 十二月に, 同三十二年, 名づく, 唯ゴンクウル, 地上に, 家康圓一を, 専門の, 小虫, 帰ると, 当然之, 彼の, 彼は, 往々不慮, 或は昨夜熊害, 文武の, 本国より, 歌に, 此一通を, 無拠大声, 片山夫婦に, 省く, 知らざるを, 知らるといふ, 窃かに, 竟に, 筆墨を以て, 粋の, 精細には, 聊か脱線, 英雄の, 茲には, 観測所の, 談ずるなり, 辞して, 追, 遂に二氏, 重ねて, 頬被懐手湯上りの, 食物総て不味に, 驚くべき流言百出

▼ ざる所以~ (78, 0.3%)

18 なり 7 である 4 なりと 3 のもの 2 か, なり我輩, なり然, を切論, を実証

1 [36件] だ, ではない, と国法, なるべし, に限った, のものそれ, の者, の返答書, はいかに, は啻に, は国民全体, は國民, は実に, は實, は自分, も亦, も御, も明白, を以前, を会得, を宣伝, を感知, を擧證, を明らか, を歴史的, を滔々, を理会, を示し, を言, を誇示, を説明, を論証, を述べ立てる, を陳, 或者, 請うこれ

▼ ざる~ (69, 0.3%)

3 そは 2 である, はりには, われは, 否かは, 汝は

1 [56件] あるいは世, あるいは国, あるいは義, いちかば, この山, さも, そも, といへ, またはたとい, ような, よしさらば, よしまた, よし拒まず, ハルトマンが, 之を, 事に, 仆れずし, 余は, 僕は, 判定が, 合力か, 嚊煙草を, 塚, 夫子自, 妊娠十箇月の, 小児に, 帰家れざる, 思屈する, 我輩は, 或はここ, 或は又, 抑も, 改めて見ん, 斉泰の, 斯く疑い, 新聞記者が, 更に国家, 有の, 正, 汗か, 汝が, 無學之, 甚だ疑ふべき, 目科も, 竊に, 等の, 自主独立の, 言ひ, 詩的正義だに, 語を, 諮問する能わず, 豪放豁達の, 遠くも, 風さへ, 飛遊し, 麗しき光

▼ ざるとき~ (63, 0.3%)

3 はその 2 に多き, はこれ

1 [56件] その眼, においては, においては優勝劣敗, においては国家, にかかる, にし, には家, には病気, にむだ音, にも火, に生ま, に細紙, に計らざる, のこと, のごとく, はいかなる, はこの, はこれ不吉, はせめて, はただに, はやむなく, はわれ, はわれら, は不死, は主観, は乗客これ, は九族, は何れ, は何草, は其人, は即ち, は卿, は唯, は士, は宗家, は家, は床, は必ず, は必然, は慰藉料, は戸主之, は水勢, は漢書, は無数, は犬, は生, は病, は神, は裁判所, は貴殿, は足, は錯乱雑駁, または山間深林, より一層, 即ち懶惰, 又理想

▼ ざるよう~ (63, 0.3%)

3 にし, になり, に注意 2 なれども, になる, に考えます, 慎め

1 [46件] さらに第, だったに, で歯痒く, なの, なり, なりし小, な場合, な村, な様子, な状態, な珍しい, な者, な話, にいたそう, にすべきである, にせられたい, になった, になります, には何とて, にひたすら, に世話, に信仰, に処女, に平素研究, に心がけざるべからず, に心掛, に思います, に思われた, に情, に泣き, に申します, に相, に老, に装いし, に見える, に見ゆるなり, に見られ, に計らいおきまする, に謀らざる, 命ぜられた, 御心, 心して川岸, 望む, 正しく平均, 致すべきの, 鞠躬如として

▼ ざる~ (62, 0.3%)

3 はただ 2 であつ, の事

1 [55件] に, にある, にかかる, にこの, にその, にひとり, にむっくり, にもと, にも驚くべき, に南半球, に又, に又新, に多く, に妊, に宦官, に彦根城, に火, に独力, に發生, に空氣, に裕, に解決, に足, に雲霧自然, に願はく, に鼠來ていはく, の出来心, はこの方内, は元, は充分, は其の, は冤鬼, は吾人, は善人, は大, は惡人, は愚者, は成立, は斯く, は暫く, は暫らく伝播説, は此方便的沒理想, は決して, は沒理想, は無効, は理想, は痛痒, は盤, は眞實永遠, は禍惡, は舊衣, は行為, また西, も或は, を窺う

▼ ざる~ (61, 0.3%)

4 否や 2 乃ち身を, 彼は, 忽焉として, 明らかなり, 論なし

1 [47件] あみそ, これ不能女人に, その體, と多少, なにゆえに, また疑う, もとより明白, 久し, 人民の, 何れの, 倉子自ら真実の, 傭書檄を, 其朋友等相共に, 冬よ, 匡人それ予を, 匡人其れ, 古今敗亡の, 国民は, 天は, 女根上に, 年経, 愛は, 故三条公乃ち已む, 故三條公乃ち已む, 明か, 明かなり, 更にわが, 書を, 殆ん, 汝ねが, 甚だ遠し, 畜生に, 皿を, 目下の, 知らず, 知るべきのみ, 等の, 藻西太郎の, 見渡せる山々, 言ふ, 誠にかく, 論なき, 論を, 財物を, 近時の, 近鄰称, 遽に

▼ ざるさき~ (60, 0.3%)

94 にその 3 に我

1 [44件] にあり, にいそぎ, にいづれ, にかの, にこの, にすべて, にはやく, には峰, にわが, にわれ洗禮, にエジプト, にダンテ, にトムマ, に人, に俯き望み, に冷え, に去らざる, に口, に女房, に少しく, に岸兩, に己, に我等, に搖, に既に, に死ぬる, に死去, に現, に疲れ, に疾く, に知る, に知るべし, に神恩, に聞くなら, に肉體, に自ら, に見るべき, に評價, に護法, に豫め味, に饑ゑて死, の日, より, よりこれ

▼ ざるなき~ (60, 0.3%)

6 を知ら 43 やを 2 を, を見る, 乎, 能はず

1 [39件] かを疑ひ, か左, そちの, なり, に至, に非, は君子, ほどに至ります, もひとり意, も精神上, やも疑い得べし, をえしめん, を以て見当り, を知るべし, を祈る, を見, 乱暴狼藉, 事あたかも, 侮辱を, 勧化者なり, 地上の, 女王よ, 幸福感に, 底の, 強き力なり, 才女として, 才気を, 抜群の, 有様だった, 有様で, 有様である, 有様でした, 注意と, 狂風熱水と, 生活を, 立場を, 者の, 膳部が, 風聞でござる

▼ ざる場合~ (59, 0.3%)

3 にその, に於 2 がある, にいく, においてその, には幽霊, に於い

1 [43件] が今, が多い, である, ではない, でもここ, として之, とに論, と云つたの, と為れ, と爲, においてのみ全然, においては武備機関, にそう, にそこ, にたちいたりました, にのみ生ず, にはいかなる, にはなんと, には一, には単に, には土人形六個, には如何, には正妻, には特別, には自, に彼ら, に有, に期待, に生ずべき, に立, に立つ, に落ち行き, に行われ得た, に迫り, に限つて使, に際して断然, に雇傭, の交際, は一般, は如何, もある, よりもより, 時として反抗心

▼ ざる~ (55, 0.2%)

2 伊藤侯の, 同じく亦, 恐しかりしあと

1 [49件] あり, いっても, いふ, おもわせるよう, お前は, きくもの, するかが, その功徳, その理, その過, 一神と, 一般で, 且つは, 二者その, 云ふ, 交れり, 信じなにゆえ, 全体の, 其度に, 同じく好まざるなり, 同時にまた, 同時に他方, 同時に又, 同時に大抵, 同時に大石内蔵助, 同様である, 否誤らざる, 問へ, 嘲らんか, 均しく福, 女神が, 宣へ, 寝床の, 山遂に, 弥次である, 後世に, 従て, 怒恨むと, 思うこころ, 思って, 涼風衣袂に, 真理への, 知るべし, 第二, 等しく凡て, 自覚し, 言い出したらたいへん, 謂ふ, 道衍蓋し

▼ ざるなり~ (55, 0.2%)

102 今一人の

1 [43件] けだし彼等, けれ, この故, だ, だらう, でも何, で訳, とある, とかこれら, となお, と决, と従者之, と教えられ, と曰, と言, と言っ, と語りし, と責め, と陸賈, 且つや, 之を, 事を, 以て, 到底久しく, 即ちこの, 墨と, 孔子も, 希臘神話は, 彼等は, 往々に, 愚俗不, 抑財政, 斯の, 時代の, 此の, 此点に, 汝一致せん, 汝等側によ, 然れ, 独立を, 真正の, 蓋し彼等, 詩人哲学者の

▼ ざる~ (50, 0.2%)

3 である 2 とす, にし

1 [43件] あらんか, あり, あれども, かへつて国貞, がある, が別, この句, でも往々, で懐かしい, なきに, なく働かざる, なく極楽, なし, ならん歟, なり, なりとす, なりと宣告, なり故に, において独り自ら, にわが, に一種, に上下, に主権, に存, に安置, に用, に至味, に集り, の幸福, の次第柄, は是, へ田舎, へ飛んだ, また以, もあらざりし, もある, より来, を知る, を補, を補はん, を補わん, を通りかかっ, を面壁九年

▼ ざるなし~ (46, 0.2%)

3 である 2 閣下た

1 [41件] この現実生活, これ地理風質の, しかしその, すなわち四兵, であった, であると, です, と, ということ, という一語, という事, という大, という憲法, という有様, という評判, といえ, といつた, といふ有様, とせん, と云っ, と甞, と申し, と言える, と鎌倉, になつて, の態, の有様, の誠意, 之か, 之を以て, 二王ここにおいて, 仁寿年中此山に, 但殊, 只その, 天女汝まさに, 我この, 我既に, 日本の, 朝には, 道南鼠死行一篇を, 高麗命を

▼ ざるなく~ (44, 0.2%)

2 例へば故, 殆ど一身

1 [40件] いわば他人, かつその, きのう今日道誉が, した, それでようやく, それで漸く, ために, もとより富家, 一歩を, 健児社の, 全面的な, 助けに, 参来の, 国民品性の, 大先生, 大英雄, 如何なる罪人, 妖怪中の, 家々鮮肉を, 容貌俊知を, 是必近日の, 時として存, 晩年には, 書生仲間には, 最少限朝鮮沿海に関する, 服して, 殊に驚嘆, 温泉に, 火を, 看るもの, 短氣, 精通した, 終に主人茂平, 脳髄の, 花終て, 衣服頭飾粲然, 言うて, 辺先生すら, 道俗男女極楽に, 韋紐の

▼ ざる可ら~ (43, 0.2%)

244 ずと 2 ざる位地, ず今や, ず葢 1 ざるタイム, ざる也, ざる運命, ざれば, ずて, ずなどと, ず即ち, ず又, ず宮殿新設

▼ ざるとに~ (40, 0.2%)

2 よりて, 論無く, 関係なく

1 [34件] かかわらず, かかわらずおのおの, かかわらずたしかに, かかわらずワグナー, かかわらず一分間, かかわらず一切, かかわらず信吉, かかわらず同じ, かかわらず断然, かかわらず日本, かかわらず映画, かかわらず白業黒業, かかわらず絶えず, かかわらず蜀境, よるので, 依るなり, 係わらず個性認識, 因るとの, 在り, 帰す, 心惑の, 拘はらずあんなに, 拘はらずまつたく世界歴史, 拘はらず深慮, 拘らず, 拘らず人間, 拘らず多かれ少かれ, 拘らず彼, 拘らず從來, 由て, 約して, 論なく, 関せず, 関せず近頃

▼ ざるものの~ (40, 0.2%)

8 ごとし 5 如し 2 ごとく

1 [25件] ごとく二言め, ごとく得意, ごとく悠々, ごとく我, ごとく潸然, ごとく無心, ごとく片, ごとく純, ごとく虚心, めぐし子, 多きに, 多きを, 如くであった, 如くむずむず, 如くブル, 如く思はれてを, 如く思われて, 如く無心, 如く片, 如く眼, 如く落ちつき, 如く裝, 如く遂に, 流言の, 畢竟欠くべき

▼ ざる~ (38, 0.2%)

3 なり 2 を以つて

1 [33件] あきらめ四時頃下山乗鞍御岳の, ついに工場, である, でマホメット教徒, といわん, と彼, と知らずや, にあらず, にやあらんずらん, のみと記す, はかく, は古, わが方, をもて, を以つて擯斥, を以てこれ, を以てちくら, を以て其の, モオニングは, 且つ又, 交を, 假り, 去歳辯護士何某を, 唯折々, 妾も, 尋不, 意恨を, 我が協會, 施寧は, 時正と, 水田沼沢の, 終に気力弛み生, 選びに

▼ ざる限り~ (38, 0.2%)

2 はた, は豈

1 [34件] この作, すなわち推古朝, その学説, その形式, に於, はこの, は人, は余, は國民, は地方教育官庁, は多年, は常に, は悪, は朝, は次第に, は殆, は決して, は火中, は無用, は熱意, は皆ひと, また文部省, もはや昔日, 好んで, 如何なる人, 如何なる道徳, 必ず其約, 成るべく彼等, 捨てて, 次第に私, 決して変化, 決して理想的, 決して親近, 甚だ学者ら

▼ ざる以上~ (36, 0.2%)

4 はその 2 は, はいったん, は我輩

1 [26件] いかなる原始, なるべく平易, はこれ, はやはり, は世, は之, は人, は何事, は八荒, は其の, は卜筮, は吾輩, は大抵, は太田, は必ず, は忽ちに, は斯く, は神, は神仏, は終に, は続々, は自, は警吏, またその, わが好む, 御門弟衆

▼ ざるやう~ (35, 0.2%)

2 なもの, にする, になる

1 [29件] なりしが, なること, なる言, な事, な出来事, な筋, におも, にし, にしたなら, にしたる, にしてた, にす, にとする, にと心掛けね, にと神, になり, に処置, に御, に思ふ, に成りゆき, に注意, に自己, に見え候こと, に見上候, 密密豫審, 御約束, 心せよと, 心せよとの, 相見え候

▼ ざるより~ (35, 0.2%)

2 東京なる, 起こるところ

1 [31件] ある家, これを, して, する心中, その処置, 一は, 両者の, 以上の, 以上は, 以外は, 來れる, 勝れり, 同人等の, 大いに心配, 大なる, 安じ, 察すれば, 或は五町七町, 有合, 来れる暗愚, 決して成し得べからざることなり, 生ずる, 生ずるなり, 生ずるのみ, 生ずる不都合, 自然女子にも, 身分に, 車夫らは, 近時政局の, 青梅の, 類推し

▼ ざる~ (35, 0.2%)

2 意思である, 自然の

1 [31件] なる或, なる白痴, の好物, 乱闘が, 事件である, 事件の, 勇猛心を, 勢力です, 原則に, 問題である, 天地を, 威力大, 宇宙間を, 山脈の, 恐怖の, 悪業なり, 才であります, 抱負に, 損害を, 教育ならん, 森林を, 森林到る, 決心を, 活機を, 混雑の, 生命の, 罪悪であります, 英帝国を, 詩人が, 詩人も, 集団の

▼ ざる~ (33, 0.1%)

2 であつ, である

1 [29件] あり, が実際, が飛び, としての考案, となった, となつ, と同じ, なり, になつて來, のみが自然, の十間, の證, はない, は世界, は王余魚, また歸, も死し, をしい, をも與, を取らざれ, を取ろう, を惡, を眺め, を見, を見た, を視ん, を遍く, 思ひ, 有り赤色

▼ ざる~ (33, 0.1%)

2 の困難, の忍耐力

1 [29件] あるが, であつ, である, ならざりき, ならむ, なりき, なりと, なり幸徳, なるに, なるを, にて心地好き, に進み, のもの, の事我掌中, の力量分際, の大, の完全, の惡事, の新, の服裝, の残酷, の気高い美し, の過度, の重科, の高, 多數, 大なり, 明く眩き, 食うた

▼ ざるがため~ (32, 0.1%)

2 にその, のみ

1 [28件] であっただろう, である, にあらずし, にいかに, におのれ, にこれ, にし, についに, にはあらざりき, にやむ, に一家内, に單調, に外, に家, に彼, に後進, に戦う, に折角, に日本, に材料, に漸く, に社会全般, に自己, に表, に討幕, に難い, に飽く, のみ新聞記者

▼ ざるうち~ (31, 0.1%)

2 にその

1 [29件] からのヤケ酒, から家康, この事汝, に, にこう, にそれ, にデンマーク首都コペンハーゲン, に同校, に向うみず, に外, に巡査, に忽焉, に我, に数個, に梢, に殺され, に気絶, に筆, に肉体, に腸結核, の戦い, は以前, は大, は家, は結構, アッと, 再び突如と, 煤けし紙, 遂に此

▼ ざる~ (31, 0.1%)

27 けんや 1 からす迷惑, けれど此所, けんやである, けんやと

▼ ざるため~ (29, 0.1%)

2 なり

1 [27件] その首, であって, と申し, ならん, なりと本支店, なり持藥, なるべし低き, になんにも, には適当, に妖怪, に妖怪不思議, に死する, に眉目清秀, に真, に知れざる, に論理, に起こる, に迷信, の予防策, の愚かさ, 但し異説, 出來, 強き切, 暗峠, 無理矢理回数, 痛く心, 色々を

▼ ざるほど~ (29, 0.1%)

4 なり

1 [25件] あるか, だが, だろうと, であった, でありました, なるいづれも, 勝る, 大いなる一, 大いなる苦しみ, 小さき無, 少ない菌学者, 巧みに, 強きに, 強固で, 必然に, 恐れてるなか, 愛を, 燦や, 終極の, 絡み合つて, 美麗な, 輕薄である, 近視眼である, 頗る困, 高く聳えき

▼ ざる次第~ (29, 0.1%)

5 である 3 なり 2 といはね, と存じ候う, を述べ

1 [15件] じゃない, であったが, であったと, であります, であるが, であると, です, でただならぬ, でも何でも, と申さね, なり云々, なれども, なれば, もこれ, を宣伝

▼ ざる哲学~ (28, 0.1%)

3 の正しき 2 の出発点, の学徒

1 [21件] があらゆる, が概念的知識, が求める, である, にある, においてのみ許され得る, において大切, における懐疑説, にとっては生活, に関係, のとらね, のない, の問題, の本質, の楽園, はわずか, は吾人, は必然的, は生きる, は純粋, は頭脳

▼ ざるかと~ (27, 0.1%)

3 被思候

1 [24件] あらゆる部屋, いつて, いと凄, いひぬ, げに呼吸器, さへ, やや心, 事の, 思はる, 思ひ心, 思ふ, 思へば, 思わしめ前者, 怪しまるるは, 怪まれたる, 懐中鏡を, 推測さる, 推測される, 疑はれしは, 疑はん, 疑わしめ幸福, 註釋者いふ, 貫一は, 輪を

▼ ざる~ (27, 0.1%)

2 に之, に内閣, に此世界

1 [21件] これを, である, と同じ, なりし, にこれ, には效能, にアルゴス, に人類, に來, に於, に芸術化, のごとし, の巧句, の性質, の敗れ, の秀吉軍, の経歴, はみな水, は誰, われしらず, をと思ひ

▼ ざる~ (26, 0.1%)

2 に知, もあり

1 [22件] ちす, でしょう, と餓, などをまっか, なりわれ, に在る, のため, の使い方, の強み, の状態, の苦楚, の襞, の誠, の謂, はさびしかろ, は或, は顕微鏡, をもち, をもっ, を以て出来る, を養, 易さ

▼ ざる理由~ (26, 0.1%)

2 ありて, に非, は専ら

1 [20件] あり, から生ずる, があっ, があった, がある, がない, しか考えられませぬ, でその, として此, として管仲, なければ, なり, によって一度, はこの, は此, をなかなか, を主張, を立派, を解せずし, を説明

▼ ざるとは~ (25, 0.1%)

2 別問題

1 [23件] あなたの, いえむしろ, そが神意, たいてい家, ただ宗教上, つまり熱の, マックスミュラーも, 乞食と, 互の, 人の, 何人も, 別である, 単に手入れ, 即ち此境, 只天命, 客観的標準を以て, 平生の, 彼の, 未知という, 淫夫の, 磐に, 神仏を, 道衍袁

▼ ざるには~ (25, 0.1%)

6 あらねど 3 非ず 2 あらざるか, あらず

1 [12件] あらざりき, あらざれど, あらねども, ずり落ざる, やくも助けを, やくも我心を, やくも身を, 似たれども, 勝りなんかと, 実に閉口せり, 遙かに, 非らず

▼ ざる~ (25, 0.1%)

82 に汝

1 [15件] ことの, にいづれ, にいま一, にいま一つ, にとある, にどうしてこんなに, に世, に前列, に各, に旗, に皆我等, に知るべし, に諸, はりの, へに

▼ ざるよりは~ (25, 0.1%)

2 到底これ, 活写する

1 [21件] それよく, 不足偽不足悪に, 之を, 了解するあたわざる, 人より, 何所にも, 到底裏恥かしく, 国民の, 堪えうべきこと, 天下の, 季節が, 実に一毫毛, 必ずこれ, 手を, 最後に, 毫もアナタ, 決してこれら, 決して見る, 誰か, 軍法会議に, 迷いを

▼ ざる~ (25, 0.1%)

1 [25件] あり, あること, である, であるが, なきにし, なく時, なれば, にあり, にいたり, にて人, になき, にも強, に出, に到達, に在り, に安置, に用, に遷, に雷, はあるまい, は是, より, より發明, を實, を經驗

▼ ざるゆえん~ (24, 0.1%)

7 なり 6 のもの

1 [11件] であった, にし, はまず, また推して知るべし, を知り, を知るべし, を考え, を言う, を試むる, を説い, を述

▼ ざる一種~ (24, 0.1%)

2 の組織, の間色内閣

1 [20件] の, の全, の力, の化學的作用, の奇跡, の家系, の徳, の怪物, の感じ, の憐さ, の新調, の昔話, の村役人, の氣息, の特色, の矛盾, の福音, の精彩, の衝動, の風致

▼ ざる事情~ (24, 0.1%)

2 にあらずや, の為

1 [20件] あるが, あるに, あるを, があっ, があつ, があります, が出来しない, が生ずる, この人生, だから, であったの, なり, にある, の下, の外, の時, の爲, もあっ, をいう, を聞け

▼ ざる~ (23, 0.1%)

1 [23件] が籠っ, で若い, なり, にふと, によって或, に因つて, に引, に感動, に衝き当たらず, に触れ, に達し, のある, の世界, の人格的影像, の作用, の波紋, を備えた, を感ずる, を持っ, を描出, を正しき, を獲得, を當時

▼ ざるその~ (22, 0.1%)

1 [22件] あこがれ, うちに, ようなる, 世界に, 人と, 信ずる所, 兵乱の, 凋落せざる, 利用価値を, 勲功に対し, 口許の, 坊主の, 山吹の, 思ひに, 意味で, 意味に, 態度の, 次第は, 矛盾に, 道念の, 静さに, 面の

▼ ざるほどの~ (22, 0.1%)

1 [22件] ことで, しわを, 不幸なる, 事にて, 事柄を, 人物理想を, 労苦を, 変革を, 広大な, 微妙些細なる, 恥辱苦悶を, 意気が, 愚を, 時なりき, 期待が, 次第なれ, 歳月間それを, 気高い美しさ, 研究と, 者共が, 速度を, 速度を以て

▼ ざるはなし~ (21, 0.1%)

1 [21件] あるいはいわく, この境涯, だが, でありました, である, であるが, でさも, でその, といえ, と云, と信じ, と出, と教えられ, と申し侍る, と申し侍るなり, と知るべし, と自惚れ, と言う, の徹底芸術精神, 或事情, 然に

▼ ざる時代~ (21, 0.1%)

2 に在

1 [19件] であった, であつ, においては如何, においても偏頗, にて機根, に今, に埋もれゆく, に属する, に爲, のもの, の人, の作, の制, の波, の物語り, の相, は人類, を語る, 若しくは七十子

▼ ざるにも~ (20, 0.1%)

3 あらず 2 あらざれど

1 [15件] あらざら, あらざりしかど, あらず絵, あらねど, かかわらずその, かかわらず他国人, せよ, せよまた, せよ斧, せよ江戸, よるが, 不拘, 係らず事, 心着かで, 走りやすい

▼ ざるほどに~ (19, 0.1%)

1 [19件] あらざりき, きわどい場合, この宇宙人生, してしかも, なりしかば, なりぬ, 同業者, 大きい, 太い縞柄, 密接な, 崇高な, 御座候, 戦う者, 新しきは, 深し, 無責任, 証明され, 長くかつ, 隔絶した

▼ ざる事實~ (19, 0.1%)

6 である 2 であるが

1 [11件] がある, であらう, であります, である唐代, で然, となし, と雖, なり, なるべし, なるを, を捏造

▼ ざる人間~ (19, 0.1%)

2 だ, である

1 [15件] か, としての自己, となっ, となった, になりすまし, になり切る, にふと, に満ち, に由っ, の夢, の意志, の肉, はややもすれば, は同じ, を伴う

▼ ざる条件~ (19, 0.1%)

2 であった, である, なの

1 [13件] がより, であるが, であること, であるならわれ, でさえある, でで, でもなかっ, というもの, としてのいきいき, を今日, を充たす, を挙げ, を明

▼ ざる関係~ (19, 0.1%)

2 あるに, があった, がある, の構成, を持つ 1 ありて, があっ, があります, があるらしい, にある, のある, を及ぼす, を持っ, を有し

▼ ざるかを~ (18, 0.1%)

2 疑は

1 [16件] はつきり認識せしめ得た, 問う, 問は, 思いここ, 思ひて, 怪むであろう, 明に, 決めるだけに, 申し上げるだけの, 疑いひとり, 疑ひて, 疑ふ, 疑ふ三浦半島, 疑へ, 疑へるなり, 虞れ

▼ ざる一つ~ (18, 0.1%)

2 のもの

1 [16件] となる, なの, の, のこと, の手, の新しい, の条件, の物語, の特色, の生活, の疑問記号, の相違, の要素, の規準, の課題, の魂

▼ ざる以前~ (18, 0.1%)

2 の状態

1 [16件] にあり, にいくばく, にすでに, に信州方面, に妨止, に於, に早く, に至, のごとく, の姿, の支那思想界, の本色, の紙屑屋, よりインニッヒ, より深く, 既に荒廃

▼ ざる~ (18, 0.1%)

2 の良心

1 [16件] に, にとかく, にま, に墜, に天, に常世の国, に悔いし, に愛し, に敗, に淨火門内, に的, に行, に解放, に遁, の慚づべき心, の紳士

▼ ざる~ (18, 0.1%)

1 [18件] がめいめい別々, が今夜, が前後左右, が自分, でありますぞ, とやらがこんな, と愈々, と相対, なること, に備える, に狙われ, のした, の剣, はない, への深い, を, をともに, を見

▼ ざる~ (17, 0.1%)

2 といふもの

1 [15件] がやって来る, が幾人, であ, であつ, というの, という意外, とし, と同様, なの, の一行, の僕, の来訪, はこの, は韃靼人, を待つ

▼ ざる~ (17, 0.1%)

2 に授業, のもの

1 [13件] の人士, の伎倆, の充分, の剛剣, の勇, の勇気, の大岡さばき, の心掛, の条件, の東京人, の気魄, の発達, の聖人君子

▼ ざる状態~ (17, 0.1%)

6 にある

1 [11件] であったと, であらう, である, となった, なり, にあり, になっ, になる, にまで陥, に導く, を指す

▼ ざる~ (17, 0.1%)

6 はざりき, はざる 1 く久遠, はざら, はざるの, はざるもの, はば生路

▼ ざる~ (17, 0.1%)

2 ぞ一人

1 [15件] であれば, なるに, なるにも, なれば, にはあらずや, には唯々, のしかく, の分, の思いがけなき, の爾, の生命, を世に, を同じ, を思へ, を討たん

▼ ざるこの~ (16, 0.1%)

1 [16件] 一刻, 不思議の, 光景は, 場の, 寒牡丹, 時かの, 残り尠き, 白馬寺には, 私では, 種の, 行動の, 表現の, 要素が, 言葉は, 鉄車とを, 頃の

▼ ざる~ (16, 0.1%)

2 に偉人

1 [14件] にいくら, にこそ成立, にその, にも浙江省紹興府, に惜福, に机, に見る見る, に飛空機, は何, は食する, をくぐり, を可, 早くも, 煤けし紙

▼ ざる~ (16, 0.1%)

3 に付質問書

1 [13件] でございますが, となり, とは申, と存じ, と思召, ながら木曾谷庄屋問屋年寄, につき, につき質問, に付, に付き, に付質問理由, も全く, を申しあげた

▼ ざる問題~ (16, 0.1%)

4 である 2 の一つ, をそこ 1 が充ち満ち, が出来た, であろう, でなければ, なり, なりと, になっ, にのみたずさわれる

▼ ざる~ (16, 0.1%)

6 に於 1 がある, であると, なし, において深き, の少から, は文明, は漏さず, よりは同等同権, を補足, を難詰

▼ ざる要素~ (16, 0.1%)

2 である, なる事

1 [12件] であること, であるに, として含む, となった, と認め, なりし, なりしとぞ, の一つ, は事, は女性, をなす, を持っ

▼ ざるまで~ (15, 0.1%)

2 跳梁す, 遊魂半ば天に

1 [11件] いと深き, いと美しく, であります, アクの, カムパルディーノより, 口は, 延びゆきて, 我これに, 白か, 眞に, 神経敏き

▼ ざる結果~ (15, 0.1%)

2 になる

1 [13件] から欧亜, が生じない, が起こる, だという, であつ, でこれ, として客観的, となった, なの, なり, なるを以て, は遂に, を將來

▼ ざるとを~ (14, 0.1%)

2 問はず皆公の

1 [12件] わきまえて, 問はず一面には, 問はず悉く, 問はず日本人である, 問わずいつ, 問わずどこ, 問わず唐天竺, 問わず東京市中, 問わず聞かせたがるの, 問わず食う習慣, 決するの, 知る者

▼ ざるべからず~ (14, 0.1%)

2 否らざれ

1 [12件] といひ, といふ意味, とは志, とは思はず, と主張, と蓋し, 云々, 彼れ, 我, 泥濘と, 貧者は, 雪と

▼ ざるまい~ (14, 0.1%)

821 がの, げな, な, 尠なく

▼ ざるまでに~ (14, 0.1%)

1 [14件] その声, み業, 人を, 全然棄却, 壓迫され, 宮は, 快転せり, 思ひこがれたる地, 恐怖し, 意外の, 満枝の, 眼を, 至った, 至りしゆえ

▼ ざるまでも~ (14, 0.1%)

2 之れ, 必らずしも 1 その日本化, 人皆心私かに, 何で傍, 其の鋭, 吾人を, 戦時に, 珍と, 確かに, 識者の, 變化即ち

▼ ざる~ (14, 0.1%)

2 病気にて

1 [12件] 不興を, 場合と, 子息の, 心配無用なりうる, 恩は, 懸念は, 時勢を, 相伴の, 節介する, 縁故を, 縁辺は, 苦心と

▼ ざる~ (14, 0.1%)

1 [14件] だ, だと, である, とては無き, となった, なきあり, には吾人, には宵立, にもさながら, に旅行, の十日續, の沈黙, はなし, を送っ

▼ ざる~ (14, 0.1%)

4 をもっ 2 を以つて事實 1 でどれ, には見る見る, は絶えず, は鋭く, をもつ, を以つて世界, を以つて自己, を見開け

▼ ざる証拠~ (14, 0.1%)

1 [14件] があった, たること, だった, であって, であろう, と云う, なり, についての弁明, には己, のある, はここ, よといわば, を持っ, を示した

▼ ざるべし~ (13, 0.1%)

2 といえ, 然れ 1 といふ, と云, と信ぜ, と小生, と解釋, と誓, と雖, などこれ, 一旦太く

▼ ざる人々~ (13, 0.1%)

1 [13件] が住ん, が師, が木, である, によつて, に提供, に謝, に追及, の上, の中, の記録, を, をも忘れ

▼ ざる人物~ (13, 0.1%)

2 ありて, が反, 亦少なき 1 だ, だと, でありました, なれども, に対する無意識, は実に, は必ず

▼ ざる努力~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいる, が必要, である, と修練, と反省, と結束, にも拘らず, によって好, によって実現可能, に依っ, に依る, を払っ, を用い

▼ ざる半面~ (13, 0.1%)

4 と共に凡人 2 を大いに, を存する 1 であったであろう, との融合, と凡人, を指摘, を故

▼ ざる存在~ (13, 0.1%)

2 は即ち

1 [11件] だから, だった, であった, である, であるが, と云うべきである, にし, の内面, の尊厳, の尊厳つて, はギリシア的

▼ ざる態度~ (13, 0.1%)

2 が特別

1 [11件] がその, こそ一見, であります, でいかにも, というもの, は何, は畏敬, を保っ, を取っ, を門ぎわ, 徐に廻廊

▼ ざる苦痛~ (13, 0.1%)

2 であつ, である 1 が刻まれ, であった, であって, に苛まれた, の下, の色, も有, を感ずるだろう, を覚えた

▼ ざる~ (13, 0.1%)

2 そしてより, に真実 1 こそ私, に, において成長, において解決, にとつて, の歎, の生活, の鏡, を表わせり

▼ ざると共に~ (12, 0.1%)

2 又公衆, 必らずしも 1 他方に, 余りに政党, 同圏異圏, 悪をも, 短褐孤剣, 自由党に, 自由黨に, 餘り

▼ ざる~ (12, 0.1%)

1 [12件] にあり, にお, にその, に三人, に世, に二度と再び, に多く, に小児, に怪庵, は所詮, は社会, ニ云云は

▼ ざる~ (12, 0.1%)

1 [12件] であること, での止むない, ではより, で若い, とてはこれ, とまでにした, と持てる, なの, に渡り, に生れたる, の姿, は世界一統

▼ ざる真理~ (12, 0.1%)

2 と信じた 1 だとして, として永遠, に違, のよう, はさし当り, をさらに, を人, を含む, を有っ, を護る

▼ ざる~ (12, 0.1%)

21 が人間, に跪く, の僕, の光輝, の定, の宿, の持つ, の来臨, よ, を信ず

▼ ざる~ (12, 0.1%)

82 く中 1 きを, しと

▼ ざる運命~ (12, 0.1%)

2 だと, の手 1 であつ, と存じます, ならむ, に到着, に抱かれ, に落ちた, のよう, を有し

▼ ざる道理~ (12, 0.1%)

4 なり 1 で, であるから, と同, なりといえ, に反す, に反せず, のごとくみなす, を証明

▼ ざる~ (12, 0.1%)

4 あり 2 の舌 1 があった, があります, に似たる, に滑稽, の冷やか, を装い

▼ ざること能~ (11, 0.0%)

4 はざる 3 はざりき 1 はざらしめむとする, はざりし, はざる所, はざれ

▼ ざるにより~ (11, 0.0%)

1 [11件] ていと, また人争, もろもろの, 偶然に, 公判を, 已むこ, 延期を, 或は體温, 本研究室, 眞の, 非常に

▼ ざる世界~ (11, 0.0%)

2 である 1 なりなど, において真理, に対しては無限, の不朽, へ伸びる, をみずから, を求め, を見, を踏ん

▼ ざる今日~ (11, 0.0%)

4 に於 1 においてその, においてはかかる, に於い, の出来事, の時勢, 同じ理由, 断然その

▼ ざる~ (11, 0.0%)

2 の一面, の理由 1 に褒美, の事実, の保護國, の原因, の場所, の悒鬱, の言葉

▼ ざる~ (11, 0.0%)

2 を証明 1 の通知, も亦, をあらかじめ, を弁護, を答え, を誓言, を論じ, を述べ, 繰返して

▼ ざる有様~ (11, 0.0%)

2 を目撃 1 しかも目, だつた, である, でございます, で日本布教, なり, にし, に候え, もその

▼ ざる~ (11, 0.0%)

2 なり 1 あるべからず, なること, はない, は当初, をあ, をさとり, をもて, を述べ, 有らんや

▼ ざる~ (11, 0.0%)

2 である, なり 1 その陰, と断念, なりただ, の心, の言葉, は禿鷹, より食事

▼ ざる~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるから, なき稚兒, なり, なりといふ, になつ, になほ, に対する罰, のため, はひとえに, を作つた, を犯した

▼ ざるかの~ (10, 0.0%)

1 ごとく訓詁註釈, シェイクスピアの, 一問題に, 問題をもって, 孰れ, 客に対して, 客の, 経綸は, 観あり, 鳥

▼ ざる~ (10, 0.0%)

1 せつなの, なり, の可憐, の命運, の廣野, の神祕, の聲, の舟, の骰子, 老書生

▼ ざる性質~ (10, 0.0%)

3 のもの 1 あるなり, となりまし, においても私, にし, に候え, をもち, を知

▼ ざる恐怖~ (10, 0.0%)

2 がある 1 から最も, と不安, に襲われる, のうち, のため, のみだった, のむかつく, の情

▼ ざる~ (10, 0.0%)

2 るもの, る物, 人 1 る必要, る社会, 事件の, 事情の

▼ ざる~ (10, 0.0%)

2 にし 1 に, にする, に我身, の方法, を指す, を粧, を装い, 呉れ呉れも

▼ ざる~ (10, 0.0%)

1 き奮迅, である, である事, でクレオパトラ, なり, なる可, に, に五十文, の遣繰なるべし, はしかね

▼ ざる~ (10, 0.0%)

2 だから, を以て無, 毛赤色の 1 反省の, 學文盲の, 所有の, 道人の

▼ ざる部分~ (10, 0.0%)

1 なの, にはなし, は, は単に, は神道, をその, を占め, を胡蝶夫人, を見たるなり, を見極める

▼ ざるある~ (9, 0.0%)

2 也, 事情の 1 ひは, を見, 一念の, 家庭用品の, 社会の

▼ ざるこそ~ (9, 0.0%)

1 一国の, 口惜けれ, 奇怪なれ, 実に不思議, 憾なれ, 氣の, 終生の, 道理なれ, 遺恨なり

▼ ざること明らか~ (9, 0.0%)

6 なり 1 であります, なりと, なれば

▼ ざるにおいては~ (9, 0.0%)

1 一刻も, 仏国は, 他国の, 勢い討, 大腰, 改めて第, 権利者に, 決して己, 百戦し

▼ ざるによりて~ (9, 0.0%)

1 その教, 我は, 然る, 熟まざる先, 知るべく吉備塚, 罪の, 罪も, 致すところ, 誤ること

▼ ざる不安~ (9, 0.0%)

2 の色 1 が私, と恐怖, と淋し, な気分, の中, はその, は長い

▼ ざる~ (9, 0.0%)

2 をすべらした 1 から思わず, は曾, は開くまい, をさしはさん, を出した, を出す, を利かす

▼ ざる必要~ (9, 0.0%)

1 あるが, がある, な仕事, にのみ応じ, に迫, の事情, を満たした, を生ぜしめる, 存すれば

▼ ざる思想~ (9, 0.0%)

1 がある, と感情, と雖, なりとも審美世界, の作用, は凡て, は或は, は無, や言語

▼ ざる~ (9, 0.0%)

2 を今 1 すべき人間叡智, に到達, に随つて奔らん, の悲しみ, はけっして, を深い, を示す

▼ ざる興味~ (9, 0.0%)

1 が湧き出, と期待, に属し, の源泉, をもっ, を感じた, を感じる, を抱い, を有する

▼ ざる行為~ (9, 0.0%)

2 をも忍ん 1 である, です, と言, に遊離, や事件前後, を人間, を企て

▼ ざる~ (9, 0.0%)

21 である, に入れ, の先導者, へとすべり込む, を照す, を知り得るだらう, を行った

▼ ざる~ (9, 0.0%)

1 に至りぬ, は休居候, は夫, は存分, は引力, は復抄, は本文, は能わざる, は里恵

▼ ざること山~ (8, 0.0%)

4 の如し 1 のごとし, のよう, の如き, の如く

▼ ざるのみか~ (8, 0.0%)

2 却て 1 その人物, 何の, 寧ろ今, 末段に, 自から, 開國以來の

▼ ざるゆえ~ (8, 0.0%)

2 である 1 であります, にきわめて, に死し, に死なね, に死罪, をもっ

▼ ざる不快~ (8, 0.0%)

1 な眼, の念, の気, の氣分, を含ん, を感じ, を抱かしめ, を覚えた

▼ ざる事件~ (8, 0.0%)

2 を見 1 が発し, が起こっ, と云う, に於, の多けれ, 持ち上り

▼ ざる人生~ (8, 0.0%)

1 の味わい, の境遇, の外道, の大事, の天然, の相, の肯定, の難業

▼ ざる作家~ (8, 0.0%)

1 なかるべき所以, に及ばぬ, に対する非難, の孜々, の比較的, はことごとく, はない, を誡

▼ ざる勢い~ (8, 0.0%)

1 であった, であったが, であったん, です, で寄せ, で根, で磯野丹波, となれり

▼ ざる~ (8, 0.0%)

1 ありしが, として現, の悲鳴, の言, は去べし, は去るべし, は知らぬ, もない

▼ ざる幸福~ (8, 0.0%)

2 の青い 1 であった, などはあり得ない, のかげ, は極めて, をちら, を感じ

▼ ざる~ (8, 0.0%)

1 が一角的, が情感, が欲する, にとつてインコンゼクエンツ, の, の特徴, の運命, れの

▼ ざる~ (8, 0.0%)

1 であった, の内, の憂い, の狩人達, も粋, をさ, をした, を棄て

▼ ざる悲哀~ (8, 0.0%)

2 の美感 1 ではなく, に打たれ, に浄化, の情, を感ずる, を感ぜ

▼ ざる~ (8, 0.0%)

2 に近づき 1 で欧州, なれば, に近づく, の胸, はこれ, よろし

▼ ざる未来~ (8, 0.0%)

2 をもっ 1 です, において偶然, のこと, の仕事, の徴, を生み出す

▼ ざる現象~ (8, 0.0%)

1 がこの世, が起ったで, だから, であって, である, で実際, の変化, を示し

▼ ざる理想~ (8, 0.0%)

2 の妙趣, は無 1 が無, こそ無, は理想, を主張

▼ ざる~ (8, 0.0%)

1 にて前記銅像, にて諭吉, を喞, を特書, を聞きたれ, を説き, を述べ, 御返答

▼ ざる真似~ (8, 0.0%)

4 して 1 した, を, をし, を致した

▼ ざる矛盾~ (8, 0.0%)

1 がその, だから, である, に陥っ, に陥る, を切り抜ける, を示す, を解く

▼ ざる~ (8, 0.0%)

2 あり, でもあるなら 1 だ, だらう, です, を用いたる

▼ ざる~ (8, 0.0%)

1 が土着, とは日, に對, の中, の死, は男女, も船出, 多し

▼ ざる關係~ (8, 0.0%)

2 あるに, を有し 1 あり此宗派, があるで, が存する, を有する

▼ ざるかぎり~ (7, 0.0%)

1 お吉, たとえ形, たとえ積極的, においてあまりに, はいかに, は難字, また彼等

▼ ざるとの~ (7, 0.0%)

1 一點に, 二者より, 別ある, 区別は, 原因は, 甚だしくある, 間に

▼ ざるにぞ~ (7, 0.0%)

2 これ実に 1 ありける止, さらばそ, そよとも, 思ひかねて, 謙三郎は

▼ ざるはず~ (7, 0.0%)

2 はなけれ 1 なしと, なり, なるに, なれども, はない

▼ ざるべから~ (7, 0.0%)

1 ざるが, ざるに, ざるの, ざるのみ, ざるは, ざるを, ざる者また

▼ ざるべからざる~ (7, 0.0%)

21 二大, 残忍刻薄を, 程の, 至重の, 處也

▼ ざるべき~ (7, 0.0%)

1 かに迷ひ, も胸中, を例, を思ふ, を請, 乎, 卑見を

▼ ざるまま~ (7, 0.0%)

1 に子々孫々, に日, に時代, に腐りたる, に追, ふと案じ入り, 堪へがたき

▼ ざる~ (7, 0.0%)

1 その微か, と, との疑ひ, と一旦, と種々, 何ぞ其, 否乎

▼ ざる~ (7, 0.0%)

21 と云い, 唯其, 故に其言人, 直ちに自家, 還て

▼ ざる事柄~ (7, 0.0%)

1 が飛び出し, だ, でありかつ, であると, でも事, なり, を通信

▼ ざる仕事~ (7, 0.0%)

1 かとお尋ね, があり, がわれら, それから彼, であつ, による甘美, をもっ

▼ ざる何物~ (7, 0.0%)

2 かの興奮, かを哀願 1 かを確實, もない, もなかつた

▼ ざる作品~ (7, 0.0%)

1 です, にも共通, の典型, の方, も加, を撰んだ, を書こう

▼ ざる可らざる~ (7, 0.0%)

2 なり 1 の時, は今日, は劇界, よりも甚, を

▼ ざる境地~ (7, 0.0%)

1 として三太郎, によって泣き, に人, に存, に眞善美, をつくる, を胸

▼ ざる多く~ (7, 0.0%)

2 の事 1 の場合, の小人, の者, の贈, の部分

▼ ざる~ (7, 0.0%)

1 のしぶき, のよう, の幻妙さ, の話, の間, を結び, 冴えつ

▼ ざる威厳~ (7, 0.0%)

1 がありました, とが含まれ, のある, の声, をもっ, を備えつ, を失はぬ

▼ ざる日本~ (7, 0.0%)

2 の如き 1 のす, の国, の地方色, の文明, の現実

▼ ざる材料~ (7, 0.0%)

3 である 1 であろう, の選択, を給する, を集めるよる

▼ ざる~ (7, 0.0%)

1 であったという, なりき, に映れ, に等し, の如し, の甘, は勿論

▼ ざる~ (7, 0.0%)

1 が生れる, くしさ, の影圖, を到達, を持っ, 少なら, 心無くし

▼ ざる要件~ (7, 0.0%)

1 だと, である, であるが, なり, なり史料, のご, の一

▼ ざる~ (7, 0.0%)

1 元素中に, 天に, 民を, 社は, 葛亮, 藩の, 譬喩を

▼ ざる趣味~ (7, 0.0%)

1 がある, であり潜在性慾, で選択批判, の人, の錯誤, を与え, を持ち

▼ ざるお世話~ (6, 0.0%)

1 だこん畜生, だと, で莫迦, のよう, よござんす, をこうむっ

▼ ざるはなんぞ~ (6, 0.0%)

51 知らん黄河

▼ ざるまね~ (6, 0.0%)

1 して, し以, し聞かざるまね, し鞭, をし, をする

▼ ざるをも~ (6, 0.0%)

1 その姿, 忘れて, 感ずるに, 為して, 知らざるには, 顧みず軽々しく

▼ ざる一事~ (6, 0.0%)

1 なり, にし, は勝手口, は我が, は紙幣, を知る

▼ ざる不幸~ (6, 0.0%)

1 がひそん, さえ招きます, である, に直面, に遭, の怕

▼ ざる~ (6, 0.0%)

1 において是, の昧者, の福, を悲しめ, を憤る, を退屈

▼ ざる~ (6, 0.0%)

1 が出た, となつ, となツ, の久しき, を与うる, を手

▼ ざる告白~ (6, 0.0%)

1 であって, である, という, によって争う, も賢明, を爲

▼ ざる場所~ (6, 0.0%)

1 でちらちら, との区劃, とを区別, に遊び, はなく, は尠

▼ ざる変化~ (6, 0.0%)

1 があっ, であつ, を生ず, を示します, を緯, を見分ける

▼ ざる如く~ (6, 0.0%)

2 である 1 であつ, でもあり, でもある, に互に

▼ ざる心持~ (6, 0.0%)

2 に押上げ 1 であった, にし, に成っ, を繰り返し

▼ ざる恨み~ (6, 0.0%)

1 が残る, に泣き, は十分, は裁判長, を京子, を残し

▼ ざる~ (6, 0.0%)

1 こもれりと, といふもの, ともいふべき, はわが, は我胸, を有し

▼ ざる意見~ (6, 0.0%)

2 は之, を問い糺し 1 を以つて相爭, を私

▼ ざる感情~ (6, 0.0%)

2 は痴 1 である, と煩悶, によって追い立てられ, を説明

▼ ざる故に~ (6, 0.0%)

1 や地理学者, 之れ, 倅を, 勸善懲惡と, 心して用, 軽蔑する

▼ ざる~ (6, 0.0%)

4 れなり 1 れ吾憂, を雅

▼ ざる生活~ (6, 0.0%)

1 と考へた, の関門, は, より生ず, をしたい, を過した

▼ ざる~ (6, 0.0%)

1 に, にその, のみをもて見る, の如く, は天, をよろこばす

▼ ざる程の~ (6, 0.0%)

1 君也, 多くの, 宝蔵に, 無教育者, 無数の, 覺悟は

▼ ざる~ (6, 0.0%)

2 なし 1 である, なの, なりされば, なれども

▼ ざる精神~ (6, 0.0%)

1 こそは真, であると, とに感動, の所産, は専ら, をもっ

▼ ざる~ (6, 0.0%)

1 です, は自ら, をし, を作, を動かし, を帯び

▼ ざる~ (6, 0.0%)

2 にて実 1 だ, なければ, にもあらざるなり, に立ち至ります

▼ ざる~ (6, 0.0%)

2 なり 1 あり, にて罷り, は感情, をさえかんじ

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 咎めは, 喋べりを, 愛想を, 詫を, 銀様の

▼ ざるかは~ (5, 0.0%)

1 むしろ作者, われこれを, 思うに, 知らぬが, 考えて

▼ ざるこれ~ (5, 0.0%)

1 が圓朝, なり, を介, を神, を鬼

▼ ざるさま~ (5, 0.0%)

1 なり, なるかの, におののき, にて眼, に何とか宜

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 あやしき, かし, それにても, よきと, 是非も

▼ ざるとも~ (5, 0.0%)

2 定まる時 1 いって, 固より, 自身に

▼ ざるにや~ (5, 0.0%)

2 あらん 1 あらんずらん, あらん同じ, 雲にも

▼ ざるによる~ (5, 0.0%)

1 すな, なり, ふたたび兵, ものが, 者あり

▼ ざるまた~ (5, 0.0%)

1 もし觸, 一因なり, 信じ得ざること, 競ふ, 過去の

▼ ざるもので~ (5, 0.0%)

2 あつた 1 下司無礼の, 五百は, 全生物界

▼ ざるやと~ (5, 0.0%)

1 いひ身, 余は, 問うと, 疑う念, 言ひし

▼ ざるやを~ (5, 0.0%)

1 思はしむ, 我に, 疑いしが, 疑うこと, 辨へ

▼ ざるをば~ (5, 0.0%)

1 われ猶, 不徳無道に, 奈何とも, 汝に, 自ら悲み

▼ ざる一人~ (5, 0.0%)

1 では, の, の女, の老婆, 又は数人

▼ ざる事物~ (5, 0.0%)

1 においては人, に就い, の本体, は魂, を省略

▼ ざる~ (5, 0.0%)

2 大勢力 1 なり, の岸, 大要素

▼ ざる侮辱~ (5, 0.0%)

1 であった, である, を受けた, を受けない, を某

▼ ざる傾向~ (5, 0.0%)

2 あり, ある如きは 1 を生ずる

▼ ざる勇気~ (5, 0.0%)

1 があふれた, で変, は暴, を発揮, を養つて

▼ ざる~ (5, 0.0%)

2 を示し 1 であつ, に逼, を現し

▼ ざる勢力~ (5, 0.0%)

1 である, の伸長, をきずき, を有っ, を知り

▼ ざる困難~ (5, 0.0%)

1 な日々, に耐え忍ん, の横, や凌辱, を耐え忍ん

▼ ざる多数~ (5, 0.0%)

1 であった, の人我説, の同胞, の天才, の読者

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 であつ, の, はいつも, を待つ, を過し

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 との間, の一方, の幸, の意志, の配剤

▼ ざる奇怪~ (5, 0.0%)

1 なる顔貌, のこと, の事件, の外形, を見た

▼ ざる奇蹟~ (5, 0.0%)

1 が海上, だ, と思っ, に属し, の様

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 だ, で食う, と思し召す, ならば, は麹町平河町

▼ ざる如し~ (5, 0.0%)

3 と雖 1 その民, 兎も

▼ ざる宿命~ (5, 0.0%)

1 によって, の感じ, の指令, の支配, の軛

▼ ざる小説~ (5, 0.0%)

1 が小説, が書きたい, なり随, は国民的性情, を感じさせた

▼ ざる~ (5, 0.0%)

2 の国, の國 1 の陰

▼ ざる彼等~ (5, 0.0%)

2 にし 1 の安心, の関繋, は唯

▼ ざる心地~ (5, 0.0%)

21 こそすれ, して, すと

▼ ざる悲しみ~ (5, 0.0%)

1 から受ける, に触れ, を, を感ずる, を感ぜず

▼ ざる意義~ (5, 0.0%)

2 を有する 1 ありと, を明らか, を附与

▼ ざる戦い~ (5, 0.0%)

1 に入る, に私ども, の侏儒, をなす, を起こす

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 によって国家, によつて, に黒き, の深い, 近き原因

▼ ざる打撃~ (5, 0.0%)

2 を受け 1 が徐々に, を凡て, を與

▼ ざる方面~ (5, 0.0%)

1 が必ずや, に奔馳, に発達, のこと, より来たる

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 の儘, 樣, 樣で, 樣と, 樣に

▼ ざる汚辱~ (5, 0.0%)

2 の意味 1 の目, をこうむりました, を狭い

▼ ざる注意~ (5, 0.0%)

1 である, を以て国民, を以て國民, を喚び起す, を惹いた

▼ ざる満足~ (5, 0.0%)

1 があっ, として彼, に充たされ, の容子, を胸

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 したり, して, にて殆ど, にて道, になむ

▼ ざる生命~ (5, 0.0%)

1 に甦らされ, のある, の瞬間, をながらえた, を長らえ

▼ ざる真実~ (5, 0.0%)

1 の事態, の情熱, の真面目, の記録, を描い

▼ ざる真面目~ (5, 0.0%)

3 の態度 1 とを常に, を呈露

▼ ざる社会~ (5, 0.0%)

1 に於, の人々, の臆断, はすべて, はすべて憲法

▼ ざる秘密~ (5, 0.0%)

1 がある, たる事, だと, の潜める, 又は不思議

▼ ざる罪悪~ (5, 0.0%)

2 である 1 だという, であると, に対する良心

▼ ざる自信~ (5, 0.0%)

1 が彼, とを, と自身, なりき, も是

▼ ざる自分~ (5, 0.0%)

1 の未熟, の現, の矮小, の腑甲斐, の鍛練

▼ ざる苦しみ~ (5, 0.0%)

1 から来る, にあらず, の泉, をうけ, をもて

▼ ざる苦悩~ (5, 0.0%)

1 から逃がれ, であった, であるが, はその, を与へる

▼ ざる言葉~ (5, 0.0%)

1 が不用意, である, であるので, の上, を以て生命

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 であるが, をきかされた, をし, を耳, を聴かされ

▼ ざる~ (5, 0.0%)

2 ではあれ 1 である, によりて明證, を吐けり

▼ ざる距離~ (5, 0.0%)

1 なるに, によって作家, によつて作家, の間, を見つめ

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 であ, でありますが, の事, の人, 即ちアダム

▼ ざる~ (5, 0.0%)

1 だと, に向, に於い, もありませう, もある

▼ ざること是~ (4, 0.0%)

2 れなり我輩 1 なり即ち, の如し

▼ ざるそば~ (4, 0.0%)

1 の海苔, の赤, の重ねた, 待って

▼ ざるつもり~ (4, 0.0%)

1 である, であるが, なれど, にて遊蕩

▼ ざるとともに~ (4, 0.0%)

1 その本旨, それを, 又長く, 案じ煩ふ

▼ ざるにて~ (4, 0.0%)

31 見れば

▼ ざるやも~ (4, 0.0%)

1 しれず先生, 知る可, 知れず, 知れずと

▼ ざるタヌ~ (4, 0.0%)

1 が咄嗟, の主張, の空想, の身装

▼ ざる一要素~ (4, 0.0%)

2 である 1 であるが, であると

▼ ざる世話~ (4, 0.0%)

1 だ, やきにもな, を懊悩, を焼く

▼ ざる世間~ (4, 0.0%)

1 の人々, の群集, は何故, は藤岡

▼ ざる二十四日~ (4, 0.0%)

1 の出来事, の出来事以後, の来た, の来る

▼ ざる人情~ (4, 0.0%)

1 の発露, の要用, まで出, を書い

▼ ざる偶然~ (4, 0.0%)

1 の出来事, の原因, の成功, はなぜ

▼ ざる光明~ (4, 0.0%)

1 である, なる勇気, の方, を放つた

▼ ざる光景~ (4, 0.0%)

1 とぞ喜びし, に接した, は想像, を真に

▼ ざる内容~ (4, 0.0%)

1 となっ, をもたらし, を具え, を持つ

▼ ざる出来事~ (4, 0.0%)

2 が目前 1 であつ, も学理

▼ ざる労働~ (4, 0.0%)

1 から構成, と無慈悲, によって凋んだ, の一週間中

▼ ざる原因~ (4, 0.0%)

2 を伯 1 ある事, があっ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 などをつける, の揚る, を得, 陶器

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 の一瞬一瞬, の力, を捨てたる, を生きながらえ

▼ ざる圧迫~ (4, 0.0%)

1 があった, が宮尾, を受け, を感じた

▼ ざる~ (4, 0.0%)

2 の景色風俗 1 は土, への

▼ ざる~ (4, 0.0%)

21 は一山, は死刑

▼ ざる天才~ (4, 0.0%)

1 ではなく, は知られざる, をもつ, を具

▼ ざる女性~ (4, 0.0%)

1 がどんな, の強, の心, 云わざる女性

▼ ざる好奇心~ (4, 0.0%)

2 を以て代 1 の的, をもっ

▼ ざる姿~ (4, 0.0%)

1 と思う, なの, を取っ, を見

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 あらんや, との情愛, の夢, よりも多く

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 なく室, なし, なれば, は客

▼ ざる尊敬~ (4, 0.0%)

1 が僕, の念, をもって反覆読誦, を払う

▼ ざる屈辱~ (4, 0.0%)

1 でもある, を忍び, を感じる, を憤る

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 によって掻, に嚇された, は今日, を印し

▼ ざる彼ら~ (4, 0.0%)

1 の屍體後, は限り, もタツノオトシゴ, をし

▼ ざる心配~ (4, 0.0%)

21 だよ, 長い間

▼ ざる必然性~ (4, 0.0%)

1 が存在, によってついに, をもっ, を会得

▼ ざる意志~ (4, 0.0%)

1 の強烈, の槍, の秘密, を示す

▼ ざる感想~ (4, 0.0%)

1 なの, にし, を私, を述べ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 に何とて, に對立, は戰, を威力

▼ ざる我が~ (4, 0.0%)

1 万能を, 勇気の, 半生の, 東京市中の

▼ ざる戦争~ (4, 0.0%)

1 があった, なの, の否, を起させ

▼ ざる戲曲~ (4, 0.0%)

1 あること, といふもの, とを分ちたる, に長ずる

▼ ざる所有~ (4, 0.0%)

31 るのみ

▼ ざる文字~ (4, 0.0%)

1 が書かれ, の精霊, を見, 若くは

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 句法をも, 名称の, 発見が, 趣向

▼ ざる根拠~ (4, 0.0%)

1 がある, が与えられ, が与へられ, とするなら

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 なれども, を, をなし, 即ち超

▼ ざる次第に~ (4, 0.0%)

1 これ有り, 候う, 御座候, 至らば

▼ ざる欲望~ (4, 0.0%)

1 であり感情, である, と生殖, には何

▼ ざる歴史~ (4, 0.0%)

1 が成り立った, の隈, は最も, を作っ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 が爲政者, の上, の犯せる, より福

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 の中, の苦しみ, の顏, は

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 あるは, である, なりといえ, を講ずる

▼ ざる活動~ (4, 0.0%)

2 を起し 1 が行われ, を私

▼ ざる無く~ (4, 0.0%)

1 上は, 大利根の, 終に士誠, 陽を

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 か然, なる可, に名分, に祖先

▼ ざる犯罪~ (4, 0.0%)

1 が, と其の, にきまっ, を残し

▼ ざる現実~ (4, 0.0%)

1 が起きる, その矛盾, の中, を凝視

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 の衝動, の豫感, の躍動, 氣の

▼ ざる疲労~ (4, 0.0%)

1 と心労, と苦痛, の夜, を感じた

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 がともに, とが私, のため, を治

▼ ざる病人~ (4, 0.0%)

1 が寐, で長く, の, の證據

▼ ざる知識~ (4, 0.0%)

1 については極めて, の公理, をもたらす, を以て史料

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 が見, の父, の確信, の草

▼ ざる程度~ (4, 0.0%)

1 において不完全, において組織, に進歩, の洋服

▼ ざる種類~ (4, 0.0%)

1 に属する, のもの, の人々, も亦

▼ ざる積り~ (4, 0.0%)

2 でも世間 1 なり, にて汚なき

▼ ざる空想~ (4, 0.0%)

1 であったから, であるよう, ではない, の世界

▼ ざる空虚~ (4, 0.0%)

2 を心 1 なもの, を感じ

▼ ざる立場~ (4, 0.0%)

1 からでも一応, にあっ, に立っ, よりし

▼ ざる範囲~ (4, 0.0%)

1 においてロマンチック思想, において甚だ, に於, の芸術

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 だから, にご, に付, に候ところ

▼ ざる習慣~ (4, 0.0%)

1 だった, だつた, の其の, を持つ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 のよう, の土鉢, の綻びたる, を

▼ ざる行動~ (4, 0.0%)

2 あるは 1 を実在, を追

▼ ざる要点~ (4, 0.0%)

2 ならずや, なり

▼ ざる~ (4, 0.0%)

3 はざる 1 だもし

▼ ざる詩人~ (4, 0.0%)

2 かね 1 として深く, とを別ち

▼ ざる誤謬~ (4, 0.0%)

2 に陥る 1 と観察, に陥りし

▼ ざる貫一~ (4, 0.0%)

1 の唯手, の驚愕, はここ, もここ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

1 から丸い, にこの, には何だか, にまで持っ

▼ ざる~ (4, 0.0%)

2 の子 1 は旅, もあり

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 なははもっとも, な最, に聞き及んだ

▼ ざることこれ~ (3, 0.0%)

1 なりと, にてお, にて明

▼ ざること分明~ (3, 0.0%)

1 であること, なり, なれば

▼ ざること彼~ (3, 0.0%)

1 の, の子, 敢えて為さん

▼ ざること甚~ (3, 0.0%)

1 しい, しく恋いこがれ邪推, しく目

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 いささか人間, お内儀, づけさ

▼ ざるだけの~ (3, 0.0%)

2 仕事を 1 正直さは

▼ ざるという~ (3, 0.0%)

1 ひどい事, 功績だけは, 奴さ

▼ ざるところこれ~ (3, 0.0%)

3 を人

▼ ざるとによりて~ (3, 0.0%)

1 できるもの, 分かります, 定むることができます

▼ ざるなりと~ (3, 0.0%)

2 言稍 1 言ったと

▼ ざるにおいてを~ (3, 0.0%)

3

▼ ざるに際して~ (3, 0.0%)

1 予算編製の, 夢の, 豫算編製の

▼ ざるばかり~ (3, 0.0%)

1 でなくまた, なれば, 高く上れり

▼ ざるばかりに~ (3, 0.0%)

1 愛で, 欺罔滿ちたる, 身に

▼ ざるばかりの~ (3, 0.0%)

1 多くの, 道を, 面皮を

▼ ざるべけれ~ (3, 0.0%)

1 ど彼, ど進化説, ば君

▼ ざるものこれ~ (3, 0.0%)

2 をここ 1 をもっ

▼ ざるもの誰~ (3, 0.0%)

1 ぞ, ぞ月, ぞ風狂

▼ ざるよりの~ (3, 0.0%)

1 あやまりなるぞ, 事なり, 謬見なり

▼ ざるよりも~ (3, 0.0%)

1 むしろ好まざる, 大いなる惡, 甚しかりし

▼ ざるわたくし~ (3, 0.0%)

1 の如き, の心情, の能くする

▼ ざるをもって~ (3, 0.0%)

1 ヨー子さんの, 教育の, 深く案じたる

▼ ざる一般~ (3, 0.0%)

1 の場合, の通念, の連絡

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に普通, のこと, は詩文

▼ ざる上人~ (3, 0.0%)

1 である, のかえって, の却つて何れ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 信義また, 届の, 経済だろう

▼ ざる不愉快~ (3, 0.0%)

2 な思ひに 1 でその

▼ ざる~ (3, 0.0%)

3 を余戸

▼ ざる事態~ (3, 0.0%)

1 であった, と認めさせ, を察知

▼ ざる事業~ (3, 0.0%)

1 あるや, にいたり, を残した

▼ ざる事項~ (3, 0.0%)

1 をも曖昧, をも省略, を叙述

▼ ざる二つ~ (3, 0.0%)

2 の情願 1 の寝床

▼ ざる二人~ (3, 0.0%)

1 のよき, の身体, の間

▼ ざる人格~ (3, 0.0%)

1 である, の病, の相違

▼ ざる人非人~ (3, 0.0%)

1 と言う, なれども, にこそあれ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 から約, の心得, の社会

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 の慈悲, の言葉, を表現

▼ ざる仕合せ~ (3, 0.0%)

2 に逢 1 と存じ

▼ ざる伝統~ (3, 0.0%)

2 の気風 1 の世話講談

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に侍り, に御座候, を作

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 は礼記, を始め, 多し

▼ ざる信仰~ (3, 0.0%)

1 であるそれから, も民俗, 未だ汝

▼ ざる俳優~ (3, 0.0%)

1 であります, の一人, の演技

▼ ざる個想~ (3, 0.0%)

1 ならむのみ, の折衷派, は即

▼ ざる傑作~ (3, 0.0%)

2 を書く 1

▼ ざる働き~ (3, 0.0%)

1 に俊雄君閣下, を余儀なく, を餘儀

▼ ざる光栄~ (3, 0.0%)

1 ある訪問, でした, と感じ

▼ ざる冒涜~ (3, 0.0%)

1 であるかの, であるが, と感じられよう

▼ ざる刹那~ (3, 0.0%)

1 との宙宇, にはっと, のゆく

▼ ざる刺戟~ (3, 0.0%)

1 をなす, を与えた, を与へた

▼ ざる効果~ (3, 0.0%)

1 が現れた, である, をもたらした

▼ ざる動揺~ (3, 0.0%)

1 が起った, の一線, の生じる

▼ ざる動物~ (3, 0.0%)

1 とし, なるべし, を劇

▼ ざる南方~ (3, 0.0%)

2 の絶島 1 の大名

▼ ざる危難~ (3, 0.0%)

1 がふりかかった, の間, はことごとく

▼ ざる原則~ (3, 0.0%)

1 に背き, に背く, は以

▼ ざる原理~ (3, 0.0%)

1 がある, なりという, なりとしてかかぐる

▼ ざる~ (3, 0.0%)

2 組織的ならざる 1 誤ま

▼ ざる収入~ (3, 0.0%)

1 でどうして, となったであろう, の移転

▼ ざる~ (3, 0.0%)

2 はこれ 1 である

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 むしろ一種, 咀はむ, 遙に

▼ ざる品位~ (3, 0.0%)

2 の貴 1 を忘れた

▼ ざる唯一~ (3, 0.0%)

1 のもの, の祖師伝, の義務

▼ ざる国民~ (3, 0.0%)

1 あり, の思想, の美質

▼ ざる堕落~ (3, 0.0%)

1 にたいする古い, の詩人, を痛感

▼ ざる境遇~ (3, 0.0%)

1 にありし, に属する, に由り

▼ ざる奇観~ (3, 0.0%)

1 であつ, です, におちいっ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 乱の, 処置が, 味と

▼ ざる妨げ~ (3, 0.0%)

1 するな, を惹起, 致すと

▼ ざる姿態~ (3, 0.0%)

2 の均整 1 を見せられた

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 の胸, は入会, を内室

▼ ざる完全~ (3, 0.0%)

1 なる各, なる彩色摺, の一致

▼ ざる宗教家~ (3, 0.0%)

1 とは直接間接, とは誰, なり彼等

▼ ざる実例~ (3, 0.0%)

1 など私, の示す, を挙げ

▼ ざる実感~ (3, 0.0%)

1 で死, として人びと, を言え

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 の中, を描い, を描く

▼ ざる幾多~ (3, 0.0%)

1 の理由, の蕾, 不覇

▼ ざる影響~ (3, 0.0%)

1 であらう, をあたえ, を与へる

▼ ざる役目~ (3, 0.0%)

1 をした, を仕る, を務め

▼ ざる性格~ (3, 0.0%)

1 として同じ, と体, をもっ

▼ ざる怪物~ (3, 0.0%)

1 だと, でこういう, なの

▼ ざる恐れ~ (3, 0.0%)

2 あり 1 あれば

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 をしのび, をも忍ばなけれ, を掻きなさる

▼ ざる愉快~ (3, 0.0%)

1 な感情, を感ずる, を感ぜし

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 がある, が起つ, の我胸

▼ ざる感じ~ (3, 0.0%)

1 が女, が起こった, をいえ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 あり, がある, を以てすぐ

▼ ざる憾み~ (3, 0.0%)

1 あった, があろう, が些か

▼ ざる手段~ (3, 0.0%)

1 じゃほどに, を弄, を抛棄

▼ ざる新しき~ (3, 0.0%)

1 世界に, 感慨を, 生活を

▼ ざる方向~ (3, 0.0%)

1 に向, に深めた, へ振り替えられ

▼ ざる方法~ (3, 0.0%)

1 ではある, によってザイス, によって真理

▼ ざる方針~ (3, 0.0%)

2 を示す 1 を執りける

▼ ざる日本人~ (3, 0.0%)

1 つまり個人, の多, はこれ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に引張れ, のごとく, より人

▼ ざる時期~ (3, 0.0%)

2 ならずや 1 に到達

▼ ざる暴行~ (3, 0.0%)

1 である, をくり返し, を受け

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に到れ, のある, 敢無さ

▼ ざる根柢~ (3, 0.0%)

1 の一事, を培養, を張っ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

3 の墓場

▼ ざる森厳~ (3, 0.0%)

1 な趣, の威, の趣

▼ ざる様子~ (3, 0.0%)

1 でさらに, なりしが, を見

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 な高尚都雅, に常に, に息

▼ ざる権威~ (3, 0.0%)

1 と親しみ, の基本的主体, を内

▼ ざる機会~ (3, 0.0%)

1 と見, に到着, に非常

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 にて悪し, の聞, は魂

▼ ざる気分~ (3, 0.0%)

1 でげしょう, に溢れ, の鬱積

▼ ざる汚名~ (3, 0.0%)

2 の下 1 を受け

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 となり, は今新た, よりいづ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 なしには, にて, に誘はれ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

2 さ高 1 大な

▼ ざる深き~ (3, 0.0%)

1 おも, 内容こそ, 意味を

▼ ざる~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 にしずむだろう

▼ ざる混乱~ (3, 0.0%)

1 が起っ, に陥っ, に陥った

▼ ざる温情~ (3, 0.0%)

2 が亨一 1 を蔵

▼ ざる源泉~ (3, 0.0%)

1 は古典, を供し, を供する

▼ ざる為め~ (3, 0.0%)

1 か或は, か魚籃, 少しく隔たり

▼ ざる特性~ (3, 0.0%)

1 ある事, となり, は確か

▼ ざる特殊~ (3, 0.0%)

1 な立派, の現象, の規則

▼ ざる特色~ (3, 0.0%)

1 あり, が幾つ, をそなえ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 が米友, の働き, は野犬

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 われという, 實の, 實的作家としての

▼ ざる男女~ (3, 0.0%)

1 がある, は到底, を躍

▼ ざる画家~ (3, 0.0%)

1 なるべし, のダンチョン, のダンチョン君

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 なもの, をたてる, 民族の

▼ ざる疲勞~ (3, 0.0%)

1 と苦痛, のなか, の夜

▼ ざる痛苦~ (3, 0.0%)

1 とこの, をもその間, をもっ

▼ ざる相手~ (3, 0.0%)

2 の仕掛け 1 なれば

▼ ざる相違~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, を宣明

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 であります, の静けさ, を体

▼ ざる瞬間~ (3, 0.0%)

1 が近づく, でもある, なりき

▼ ざる研究~ (3, 0.0%)

1 でこれ, と努力, の範囲

▼ ざる社会主義~ (3, 0.0%)

1 があつ, である, は独り平八郎

▼ ざる神秘~ (3, 0.0%)

1 がある, なる発散, の肌

▼ ざる~ (3, 0.0%)

2 を出で 1 がある

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 一の, 三論必ず, 二楽章が

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 その局処, はみな甲部, 全く相

▼ ざる約束~ (3, 0.0%)

1 があり, なるべきを, をもっ

▼ ざる紳士~ (3, 0.0%)

1 にし, の風采, を求む

▼ ざる結論~ (3, 0.0%)

1 から初めれ, とを區別, を我等

▼ ざる統一~ (3, 0.0%)

1 あるが, がある, と造形的工夫

▼ ざる緊張~ (3, 0.0%)

1 した熱意, で演技, を義務

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 であって, を三筋, を描い

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 にて人, へのみは強固, へを胸底

▼ ざる考え~ (3, 0.0%)

1 だと, とを蔵め, を抱く

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に烙, の思い, を轟せり

▼ ざる自己~ (3, 0.0%)

1 に対する不満, は否定, を建設

▼ ざる自然~ (3, 0.0%)

1 の經過, の脅威, を動かし

▼ ざる自覚~ (3, 0.0%)

1 なしに, の裡, を持っ

▼ ざる苦労~ (3, 0.0%)

1 はしなかった, をさせる, を経る

▼ ざる葛藤~ (3, 0.0%)

1 でまた, として存する, に触るる

▼ ざる虚偽~ (3, 0.0%)

1 の英雄主義, の談, の通信

▼ ざる衆生~ (3, 0.0%)

1 の一, は, を淨め

▼ ざる記録~ (3, 0.0%)

1 であります, として書き止め, を作つて

▼ ざる註釈~ (3, 0.0%)

1 を一こと, を書き加え, を附せ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 である, であろうが, 少からず

▼ ざる~ (3, 0.0%)

3 である

▼ ざる誤り~ (3, 0.0%)

1 がある, は二重, をみとめき

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 としてほとんど, を与え, を提出

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 である, であるが, にて實朝

▼ ざる責任~ (3, 0.0%)

2 を感ずる 1 とそれ

▼ ざる賓客~ (3, 0.0%)

1 として乗り込んだ, ながら我ら, に供物

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 なきこと是, の土地, の者

▼ ざる輝き~ (3, 0.0%)

1 である, のうち, の刻印

▼ ざる道徳~ (3, 0.0%)

2 は愚 1 の形容詞

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 に重き, の何, もある

▼ ざる重要~ (3, 0.0%)

1 な種類, の一路, の人物

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 がかかる, なん, を頒

▼ ざる限り永遠~ (3, 0.0%)

2 に水櫛 1 に伝わるべき

▼ ざる陰惨~ (3, 0.0%)

1 の気, の趣, の鬼気

▼ ざる青年~ (3, 0.0%)

1 にも青年学校, の夢想, の間

▼ ざる頭脳~ (3, 0.0%)

1 が人生, の粗笨, をもっ

▼ ざる~ (3, 0.0%)

1 の相違, の非, は即ち

▼ ざる風情~ (3, 0.0%)

1 して, であります, で地

▼ ざる魅力~ (3, 0.0%)

1 ともなっ, と奪うべからざる, を投げる

▼ ざるあいだ~ (2, 0.0%)

1 にあるべし, に何となく

▼ ざるいたずら~ (2, 0.0%)

1 だ, であるに

▼ ざるいや~ (2, 0.0%)

1 な感じ, 実にその

▼ ざるいろいろ~ (2, 0.0%)

2 の竹

▼ ざるかな~ (2, 0.0%)

1 や, 弗ざるかな

▼ ざることそれ~ (2, 0.0%)

1 が真理, とそこはかとなき

▼ ざること僅~ (2, 0.0%)

1 に一寸, に六十四尺

▼ ざること奇妙~ (2, 0.0%)

1 なり, なりと

▼ ざること巌~ (2, 0.0%)

1 の如き, の如し

▼ ざること巖~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ ざること我輩~ (2, 0.0%)

2 の篇

▼ ざること数年~ (2, 0.0%)

1 の後, 互に久濶

▼ ざること数日~ (2, 0.0%)

1 であつ, に及べり

▼ ざること明白~ (2, 0.0%)

1 なるに, にし

▼ ざること等~ (2, 0.0%)

1 にし, の数条

▼ ざること言~ (2, 0.0%)

1 ふまでも, をまたず

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 対面あと定めし, 斟酌で

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 へある, へ少から

▼ ざるてい~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の文学

▼ ざるといふ~ (2, 0.0%)

1 事に, 風な

▼ ざるときこれ~ (2, 0.0%)

1 を人語, を熟睡

▼ ざるとき我等~ (2, 0.0%)

1 は対象, は心

▼ ざるとき自己~ (2, 0.0%)

1 の判斷, の生活

▼ ざるとによって~ (2, 0.0%)

1 その人, 聖凡の

▼ ざるにし~ (2, 0.0%)

1 もあらざりき, もあらずであった

▼ ざるにても~ (2, 0.0%)

1 知るべし, 知るべしと

▼ ざるによ~ (2, 0.0%)

1 つて忘る, つて謬れり

▼ ざるに際し~ (2, 0.0%)

2 彼れ

▼ ざるので~ (2, 0.0%)

1 天人共に, 脇等三人との

▼ ざるのに~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 物を

▼ ざるはいふ~ (2, 0.0%)

1 に及ばず, までもなく

▼ ざるひと~ (2, 0.0%)

1 に, の妻

▼ ざるひま~ (2, 0.0%)

2

▼ ざるふり~ (2, 0.0%)

1 して, てすく

▼ ざるべく~ (2, 0.0%)

2 苟も其の

▼ ざるほどなりと~ (2, 0.0%)

1 いう, いわざるべからず

▼ ざるまでの~ (2, 0.0%)

1 罪を, 見識を

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 が母ざる, り

▼ ざるもの一人~ (2, 0.0%)

1 である, も無し

▼ ざるもの七百六十八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ ざるもの我~ (2, 0.0%)

2 に無心

▼ ざるもの洵~ (2, 0.0%)

2 に此

▼ ざるもの真~ (2, 0.0%)

2 の寐

▼ ざるもはや~ (2, 0.0%)

1 掩うべ, 掩ふべからざる

▼ ざるやの~ (2, 0.0%)

1 疑ひで, 疑を

▼ ざるようこれ~ (2, 0.0%)

2 を保証

▼ ざるよし~ (2, 0.0%)

1 に御座候, をいへり

▼ ざるわが~ (2, 0.0%)

2 昔の

▼ ざるわけ~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, にはいかない

▼ ざるをと~ (2, 0.0%)

1 彼は, 無常の

▼ ざるをや~ (2, 0.0%)

1 皆徒労に, 速やかに

▼ ざるを以てのみ~ (2, 0.0%)

2 苟も侯

▼ ざるピストル~ (2, 0.0%)

2 を閃

▼ ざるユーモア~ (2, 0.0%)

1 です, をもっ

▼ ざる一個~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の権威

▼ ざる一大現象~ (2, 0.0%)

1 である, は遊廓

▼ ざる一証~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ざる一面~ (2, 0.0%)

1 についてで, の性質

▼ ざる万人~ (2, 0.0%)

1 に読み, は道義

▼ ざる万物~ (2, 0.0%)

1 の本体実質, を同化包摂

▼ ざる三十七歳~ (2, 0.0%)

2 の男性

▼ ざる三年前~ (2, 0.0%)

2 の初心

▼ ざる三階~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ ざる上品~ (2, 0.0%)

2 で痛々しい

▼ ざる不具~ (2, 0.0%)

1 なる視覚, の谷

▼ ざる不思議~ (2, 0.0%)

1 な底力, の力

▼ ざる不断~ (2, 0.0%)

2 の格闘

▼ ざる不満~ (2, 0.0%)

1 の吐息, の境

▼ ざる不自然~ (2, 0.0%)

1 なこと, の跡

▼ ざる不覚~ (2, 0.0%)

1 を与えた, を取り

▼ ざる世の中~ (2, 0.0%)

1 を創り出し, 必ずや我國

▼ ざる主義~ (2, 0.0%)

1 と熱心火, の上

▼ ざる乃ち是~ (2, 0.0%)

2 れ彼

▼ ざる久遠~ (2, 0.0%)

1 の大, の真理

▼ ざる乎是~ (2, 0.0%)

2 れ頗る

▼ ざる也是~ (2, 0.0%)

1 に至り, 皆天下

▼ ざる争い~ (2, 0.0%)

1 があっ, があり

▼ ざる事象~ (2, 0.0%)

1 であろう, に時代錯誤

▼ ざる人世~ (2, 0.0%)

2 の一部分

▼ ざる人物一たび首領~ (2, 0.0%)

1 と為れ, と爲

▼ ざる人類~ (2, 0.0%)

1 に対しては神仏, の力

▼ ざる代り~ (2, 0.0%)

1 に教科書以上教科書以外, に社ごと

▼ ざる任務~ (2, 0.0%)

1 に服し, を有する

▼ ざる位一面~ (2, 0.0%)

1 から云, から云え

▼ ざる位地~ (2, 0.0%)

2 に在り

▼ ざる位置~ (2, 0.0%)

1 にある, に立ち

▼ ざる位置づけ~ (2, 0.0%)

2 において自我

▼ ざる低い~ (2, 0.0%)

2 大太鼓

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 か, の紀念

▼ ざる何もの~ (2, 0.0%)

1 かを残し, もない

▼ ざる何者~ (2, 0.0%)

1 かの魔手, かを蔵

▼ ざる供物~ (2, 0.0%)

1 であった, とし

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ざる俗論~ (2, 0.0%)

2 のみ蓋し

▼ ざる信念~ (2, 0.0%)

1 であります, の高貴さ

▼ ざる信義責任~ (2, 0.0%)

1 に対する大, に對

▼ ざる修練~ (2, 0.0%)

2 を重ねる

▼ ざる俳諧~ (2, 0.0%)

1 の研究者, は延宝

▼ ざる偉大~ (2, 0.0%)

1 な行動, にし

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の理想, よりも味覚

▼ ざる公知~ (2, 0.0%)

2 の事実

▼ ざる典型~ (2, 0.0%)

1 の如何, よく調べられた

▼ ざる内部~ (2, 0.0%)

1 の人生, を語り

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 発見に

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 切の, 気を

▼ ざる処置~ (2, 0.0%)

1 なれども, 多く病中

▼ ざる出発~ (2, 0.0%)

1 であり, である

▼ ざる分裂~ (2, 0.0%)

1 に陥っ, や矛盾

▼ ざる制限~ (2, 0.0%)

1 ある点, があつ

▼ ざる剛毅~ (2, 0.0%)

1 にし, の風

▼ ざる労力~ (2, 0.0%)

1 と費用, を費し

▼ ざる勇氣~ (2, 0.0%)

1 は暴, を與

▼ ざる動機~ (2, 0.0%)

1 が原因, は如何

▼ ざる勝利~ (2, 0.0%)

1 をノヴァーラ人, を得たる

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 れ, れである

▼ ざる医者~ (2, 0.0%)

1 である, にも恩恵

▼ ざる千万年~ (2, 0.0%)

1 の未来, の過去

▼ ざる千古~ (2, 0.0%)

2 の格言

▼ ざる卑俗低劣~ (2, 0.0%)

2 な現象

▼ ざる印象~ (2, 0.0%)

1 を与えた, を存

▼ ざる即ち~ (2, 0.0%)

1 沿道以外の, 野獸たる

▼ ざる厭悪~ (2, 0.0%)

1 に堪えざる, の念

▼ ざる厭惡~ (2, 0.0%)

1 に堪へざる, の念

▼ ざる反対~ (2, 0.0%)

1 が起った, の事相

▼ ざる反撥~ (2, 0.0%)

1 の情, をつづけ

▼ ざる反逆報復~ (2, 0.0%)

2 の方法

▼ ざる取柄~ (2, 0.0%)

1 があ, があっ

▼ ざる取越苦労~ (2, 0.0%)

1 もし, をする

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 に身, 靴で

▼ ざる古事記~ (2, 0.0%)

1 の文体, の文躰

▼ ざる可能~ (2, 0.0%)

1 として実現, をもつ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 をおも, を山越

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 が生, の渋茶一杯すゝ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 である, のよ

▼ ざる品物~ (2, 0.0%)

1 ともちがう, の生産

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と云々, と斯

▼ ざる哲理~ (2, 0.0%)

1 なり前提, を含みたる

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 に来た

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 を求める, を美しき

▼ ざる喜び~ (2, 0.0%)

1 であった, の

▼ ざる喜劇~ (2, 0.0%)

1 であつ, である笑劇

▼ ざる嘲弄~ (2, 0.0%)

1 が潜ん, もしも私以外

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 を出すで

▼ ざる団体~ (2, 0.0%)

1 となっ, の客

▼ ざる困苦~ (2, 0.0%)

1 と辛労, に堪へ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 なし, においては制約

▼ ざる圧力~ (2, 0.0%)

1 で収効果的, にうたれ

▼ ざる地上~ (2, 0.0%)

1 の, の樂園

▼ ざる地位~ (2, 0.0%)

1 に確たる, に立っ

▼ ざる報酬~ (2, 0.0%)

1 のため, を支拂

▼ ざる塚田升田~ (2, 0.0%)

1 がマッカ, を見

▼ ざる境界~ (2, 0.0%)

1 に在る, に身

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と対談, を聞く

▼ ざる夢想~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ ざる大いなる~ (2, 0.0%)

1 啓発であり, 政治の

▼ ざる大人物~ (2, 0.0%)

2 の存在

▼ ざる大切~ (2, 0.0%)

1 なもの, な要素

▼ ざる大声~ (2, 0.0%)

1 で悲鳴, にて

▼ ざる大智者~ (2, 0.0%)

1 を学ぶ, を學ぶ

▼ ざる大罪人~ (2, 0.0%)

1 であって, でなければ

▼ ざる大逆~ (2, 0.0%)

1 の陰謀, 極惡

▼ ざる大道~ (2, 0.0%)

1 の横手馬乗場, を越路

▼ ざる太陽~ (2, 0.0%)

1 としての電流, の光

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 を恨めしく

▼ ざる失望~ (2, 0.0%)

1 に加, を感じた

▼ ざる奇怪事~ (2, 0.0%)

1 であります, であるが

▼ ざる奇異~ (2, 0.0%)

1 なる感, の現象

▼ ざる契機~ (2, 0.0%)

1 として己, をなす

▼ ざる如き~ (2, 0.0%)

1 思を, 棋士は

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 に向い, を擁し

▼ ざる威風~ (2, 0.0%)

1 を備え, を備えた

▼ ざる婦人~ (2, 0.0%)

1 であり一方, もいる

▼ ざる子孫~ (2, 0.0%)

1 なれば, の生れ

▼ ざる学問~ (2, 0.0%)

1 のこと, を有する

▼ ざる定説~ (2, 0.0%)

1 である, となっ

▼ ざる実体~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 ぞ築かるる, の様子

▼ ざる寂し~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ ざる寂寞~ (2, 0.0%)

1 の感, を感じ

▼ ざる密接~ (2, 0.0%)

1 な関係, な關係

▼ ざる富江~ (2, 0.0%)

1 の餓ゑた顏, の餓ゑた顔

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ ざる實行~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と見えた, 多し

▼ ざる封建性~ (2, 0.0%)

1 との闘い, に媚び

▼ ざる小さな~ (2, 0.0%)

1 叡智が, 国土と

▼ ざる小説家~ (2, 0.0%)

1 で, なるを

▼ ざる山岳~ (2, 0.0%)

2 の気韻

▼ ざる山間~ (2, 0.0%)

1 の古い, の物静か

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 字の

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 であらう

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 の名人

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 さも, 點缺陷を

▼ ざる強味~ (2, 0.0%)

1 がある, が籠っ

▼ ざる形式~ (2, 0.0%)

1 である, のもの

▼ ざる形態~ (2, 0.0%)

2 で示した

▼ ざる復讐心~ (2, 0.0%)

2 を起させ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 であるかを, をかく

▼ ざる徴候~ (2, 0.0%)

1 は社, を発せしめた

▼ ざる心事~ (2, 0.0%)

2 をも表明

▼ ざる必然~ (2, 0.0%)

1 に面し, の理由

▼ ざる必要品~ (2, 0.0%)

1 として価, の価格

▼ ざる忠告~ (2, 0.0%)

1 を一言, を聞かされた

▼ ざる忠誠明識~ (2, 0.0%)

2 の政治家

▼ ざる快楽~ (2, 0.0%)

1 の欣求, を自分

▼ ざる念願~ (2, 0.0%)

1 であらう, はとにかく

▼ ざる怨恨~ (2, 0.0%)

1 の情, を抱き

▼ ざる怪しい~ (2, 0.0%)

1 物が, 運命が

▼ ざる恋愛~ (2, 0.0%)

1 がありえ, の精妙

▼ ざる恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 凶兆が, 放れ業

▼ ざる恥辱~ (2, 0.0%)

1 でなければ, をも与えた

▼ ざる恩人~ (2, 0.0%)

1 にて妾, にめぐりあひての後

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 であった, 水悪天候に

▼ ざる悪鬼~ (2, 0.0%)

1 の印象, の如く喧伝

▼ ざる悲し~ (2, 0.0%)

1 さ, さまた

▼ ざる悲劇~ (2, 0.0%)

1 が目前, を見る

▼ ざる悲痛~ (2, 0.0%)

1 あり彼, が胸

▼ ざる情熱~ (2, 0.0%)

1 が美術, の男

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 に解すべき, を寓せり

▼ ざる意味~ (2, 0.0%)

1 に於, はある

▼ ざる意気~ (2, 0.0%)

1 があっ, を粧

▼ ざる意識~ (2, 0.0%)

1 とは, を執拗

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 なる人々, 蒙さ

▼ ざる愚人~ (2, 0.0%)

1 であるに, を殺す

▼ ざる愚物~ (2, 0.0%)

1 が存する, にし

▼ ざる愛人~ (2, 0.0%)

1 があつ, と共に住まん

▼ ざる愛情~ (2, 0.0%)

1 がこもり, をしつかりつなぎ止め

▼ ざる感動~ (2, 0.0%)

1 が私, を受け

▼ ざる感慨~ (2, 0.0%)

1 にふけった, に入らん

▼ ざる感覚~ (2, 0.0%)

1 への抵抗, をもつ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 である, なり

▼ ざる憂愁~ (2, 0.0%)

1 に沈んだ, の色

▼ ざる憧憬~ (2, 0.0%)

1 のため, の的

▼ ざる憲法~ (2, 0.0%)

2 を制定

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の夢路, は彼

▼ ざる我等~ (2, 0.0%)

1 と露西亜, の視力

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 を起こす, を避けよう

▼ ざる所業~ (2, 0.0%)

1 でよほど, なりと論じた

▼ ざる手数~ (2, 0.0%)

1 と労力, をかけた

▼ ざる手本~ (2, 0.0%)

1 となつ, になり

▼ ざる手続き~ (2, 0.0%)

1 なの, を取る

▼ ざる才能~ (2, 0.0%)

1 とを具え, を発見

▼ ざる批評家~ (2, 0.0%)

1 あり, の言葉

▼ ざる挙動~ (2, 0.0%)

1 をいう, をし

▼ ざる振舞~ (2, 0.0%)

1 があつ, だよ

▼ ざる損失~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の大本, は裁判

▼ ざる政友会~ (2, 0.0%)

1 に投じたる, は半ば狼狽

▼ ざる故国~ (2, 0.0%)

1 なりとは言え, に止つて

▼ ざる效果~ (2, 0.0%)

1 に驚く, をあ

▼ ざる教育~ (2, 0.0%)

1 は堅実, 依托金

▼ ざる教訓~ (2, 0.0%)

1 する實語, に盲従

▼ ざる教養~ (2, 0.0%)

1 である, も之

▼ ざる敢為~ (2, 0.0%)

2 の気象

▼ ざる文学~ (2, 0.0%)

1 が文学, の威厳

▼ ざる文芸~ (2, 0.0%)

1 というもの, はいかなる

▼ ざる新手~ (2, 0.0%)

1 の大軍, の敵

▼ ざる新鮮味~ (2, 0.0%)

1 を与え, を供与

▼ ざる明治~ (2, 0.0%)

1 の学界, の特色

▼ ざる明証~ (2, 0.0%)

1 に非, の一

▼ ざる時勢~ (2, 0.0%)

1 であった, の必然

▼ ざる時節~ (2, 0.0%)

1 いまだあらず, に何

▼ ざる景色~ (2, 0.0%)

1 に相違, を変え

▼ ざる智識~ (2, 0.0%)

1 なん, また必要

▼ ざる曲調~ (2, 0.0%)

2 の美麗

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と知った, もありし

▼ ざる最も~ (2, 0.0%)

1 適切に, 非人道

▼ ざる有情~ (2, 0.0%)

2 は惡趣

▼ ざる本性~ (2, 0.0%)

1 が公衆, は常に

▼ ざる本質~ (2, 0.0%)

1 とが相剋, との矛盾

▼ ざる村方これ~ (2, 0.0%)

2 あらば

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 に負ける, の空

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 でやっ, をもった

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ ざる標準~ (2, 0.0%)

1 であります, の一つ

▼ ざる模様~ (2, 0.0%)

1 なの, なれば

▼ ざる模索~ (2, 0.0%)

1 の状態, を小説

▼ ざる機能~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, の使用

▼ ざる權威~ (2, 0.0%)

1 を發揮, を與

▼ ざる欧羅巴~ (2, 0.0%)

1 の動物説話, の地方

▼ ざる欲求~ (2, 0.0%)

2 に復帰

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 きを

▼ ざる歎きが~ (2, 0.0%)

2 あり生まんと

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と, なるべし

▼ ざる武器~ (2, 0.0%)

1 とにより, になっ

▼ ざる武士道~ (2, 0.0%)

1 の意気地, をはき違えおる

▼ ざる歩み~ (2, 0.0%)

1 と結集, のとられる

▼ ざる歩調~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を與

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 はおん

▼ ざる死刑~ (2, 0.0%)

1 によってこの, に処せられ

▼ ざる殺気~ (2, 0.0%)

1 を含める, を漲らし

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 がよく, の鞭

▼ ざる毒々し~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ ざる民族~ (2, 0.0%)

1 がある, は衰滅

▼ ざる気持~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ ざる気概~ (2, 0.0%)

1 をもっ, 見えて

▼ ざる気色~ (2, 0.0%)

1 のあらわれ, は世

▼ ざる水底~ (2, 0.0%)

1 の深き, を窺

▼ ざる永劫~ (2, 0.0%)

1 の蔭, の陥穽

▼ ざる永遠~ (2, 0.0%)

1 のもの, の灯

▼ ざる決定的~ (2, 0.0%)

1 なこと, な解決

▼ ざる決心~ (2, 0.0%)

1 の様, の色

▼ ざる法則~ (2, 0.0%)

1 であったら現今, に対する他

▼ ざる法官~ (2, 0.0%)

1 と恥辱, の態度

▼ ざる波瀾~ (2, 0.0%)

2 を捲き起し

▼ ざる洸洋~ (2, 0.0%)

2 たる大洞

▼ ざる浅間~ (2, 0.0%)

1 しや, しやなあ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 になつ, を進みゆく

▼ ざる淋し~ (2, 0.0%)

1 さを, みを

▼ ざる淋しき~ (2, 0.0%)

1 人達に, 魂が

▼ ざる深い~ (2, 0.0%)

1 こころこの, 寂寞が

▼ ざる深遠~ (2, 0.0%)

2 な秘法

▼ ざる混迷~ (2, 0.0%)

1 が始まった, に陥っ

▼ ざる渇望~ (2, 0.0%)

1 ほどつらい, を以て美

▼ ざる渦流~ (2, 0.0%)

1 に巻き去られ, の彩光

▼ ざる演出家~ (2, 0.0%)

1 の指導的演出, は絶対

▼ ざる災難~ (2, 0.0%)

1 である, を受けた

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 があった, をとった

▼ ざる無き~ (2, 0.0%)

1 に彼, を得ん

▼ ざる無し~ (2, 0.0%)

1 であった, と云つた有様

▼ ざる無礼~ (2, 0.0%)

1 であると, を働きました

▼ ざる無論~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ざる焦躁~ (2, 0.0%)

1 がある, と些細

▼ ざる熱意~ (2, 0.0%)

1 と根気, を以て民国革命

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と母, の仇敵

▼ ざる物語~ (2, 0.0%)

1 にいい, の発端

▼ ざる特徴~ (2, 0.0%)

1 であ, を保存

▼ ざる特質~ (2, 0.0%)

1 がある, を有し

▼ ざる独断~ (2, 0.0%)

1 と, と御

▼ ざる独立~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ざる珍事~ (2, 0.0%)

1 でした, を聞き得

▼ ざる現在~ (2, 0.0%)

1 がある, の状態

▼ ざる理想家~ (2, 0.0%)

2 もあらん

▼ ざる環境~ (2, 0.0%)

1 に支配, の圧迫

▼ ざる生涯~ (2, 0.0%)

1 に於, を送りしか

▼ ざる生物~ (2, 0.0%)

1 こそあれ, のこと

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 をなす, を命じ

▼ ざる用事~ (2, 0.0%)

1 なの, を引受けた

▼ ざる用意~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ ざる男子~ (2, 0.0%)

1 に愛せられん, を恋する

▼ ざる異様~ (2, 0.0%)

1 のもの, の臭気

▼ ざる異臭~ (2, 0.0%)

1 が鼻, も亡

▼ ざる痴漢~ (2, 0.0%)

1 だと, なりや否や

▼ ざる発露~ (2, 0.0%)

1 であるから, を感じさせる

▼ ざる白鷹先生~ (2, 0.0%)

1 に対する私, は彼女

▼ ざる皮肉~ (2, 0.0%)

1 の色, を形づくる

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 の十四日

▼ ざる真に~ (2, 0.0%)

1 もり立てようと, 国家の

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 を無形

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と名, の多い

▼ ざる破壊~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, とがかかる

▼ ざる確信~ (2, 0.0%)

1 がある, であった

▼ ざる社会悪~ (2, 0.0%)

2 であること

▼ ざる神意~ (2, 0.0%)

1 にいづ, により豫め

▼ ざる禁制~ (2, 0.0%)

1 は尤も, も尤も

▼ ざる禍機~ (2, 0.0%)

1 に陥り, を惹起せり

▼ ざる科学的根拠~ (2, 0.0%)

1 を附け, を附け加えよう

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く

▼ ざる種々~ (2, 0.0%)

1 の資益, の運命

▼ ざる空談~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ざる空論~ (2, 0.0%)

1 として読め, なりとし

▼ ざる空隙~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ざる窮策~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ ざる範囲内~ (2, 0.0%)

1 において泥棒根性, において食すべし

▼ ざる精力~ (2, 0.0%)

1 とをもっ, を表わし

▼ ざる精進~ (2, 0.0%)

1 によつて, を鞭撻

▼ ざる精霊~ (2, 0.0%)

1 であったこと, の力

▼ ざる純潔~ (2, 0.0%)

1 なる宝玉, の心

▼ ざる紙幣~ (2, 0.0%)

1 に對, を破棄

▼ ざる素裸~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ ざる経験~ (2, 0.0%)

1 がある, であったが

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 に吊らるる如く, を善く

▼ ざる絶対的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に命令

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 の一紐結

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の實, をひろ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 がある, こそ不思議のち

▼ ざる罪人~ (2, 0.0%)

1 の苦患, をあはれむは神

▼ ざる罪過~ (2, 0.0%)

1 である, についてもはや

▼ ざる美し~ (2, 0.0%)

1 さは, さを

▼ ざる美人~ (2, 0.0%)

1 に見立てた, は膝

▼ ざる義務~ (2, 0.0%)

1 たる苦, なりと知る

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 なるは, の付く

▼ ざる者これ~ (2, 0.0%)

1 を以て画, を聞書

▼ ざる者有~ (2, 0.0%)

2 之候

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 あるも, と對談

▼ ざる職務~ (2, 0.0%)

1 は之, を恐る

▼ ざる肉体~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ ざる能はず~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ざる自然力~ (2, 0.0%)

2 の興味

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の根, をうごかすまい

▼ ざる色彩~ (2, 0.0%)

1 があった, をもつ

▼ ざる芸当~ (2, 0.0%)

1 と自白, を演ずる

▼ ざる芸術家~ (2, 0.0%)

1 だと, の嘆き

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 であらね, をもとめ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 と神, を捨離

▼ ざる苦境~ (2, 0.0%)

1 に追いこんだ, を経

▼ ざる苦悶~ (2, 0.0%)

1 と懊悩, を以てみたされた

▼ ざる苦難~ (2, 0.0%)

2 を敢

▼ ざる英雄~ (2, 0.0%)

1 である, である不正

▼ ざる茶碗~ (2, 0.0%)

2 なり茶入

▼ ざる草花~ (2, 0.0%)

2 の一種

▼ ざる莫大~ (2, 0.0%)

2 の費用

▼ ざる落伍者~ (2, 0.0%)

1 が多数, だという

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 も腹立, も腹立たしく

▼ ざる虚聞~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の源泉, を見る

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 である, と見た

▼ ざる行い~ (2, 0.0%)

1 に少し, をなし

▼ ざる表れ~ (2, 0.0%)

2 でもあつ

▼ ざる表情~ (2, 0.0%)

1 の力, をした

▼ ざる表象~ (2, 0.0%)

1 であります, である

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 が加わる, 鎭と

▼ ざる要具~ (2, 0.0%)

1 でありました, なの

▼ ざる要求~ (2, 0.0%)

1 であります, を本

▼ ざる規則~ (2, 0.0%)

1 でもある, にもとづく

▼ ざる触手~ (2, 0.0%)

1 が僕, が感覚

▼ ざる言語~ (2, 0.0%)

1 であろうか, に対しては意義

▼ ざる訓練~ (2, 0.0%)

1 が必要, によつて

▼ ざる記憶~ (2, 0.0%)

1 として彼, はこ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 があり, 多し皆

▼ ざる誇り~ (2, 0.0%)

1 を感じよう, を毒々しく

▼ ざる認識~ (2, 0.0%)

1 の拡充, を得る

▼ ざる課題~ (2, 0.0%)

1 であり後者, であること

▼ ざる誹謗~ (2, 0.0%)

1 の声, を民族自体

▼ ざる調子~ (2, 0.0%)

1 で花橘, によって述べられる

▼ ざる論拠~ (2, 0.0%)

1 としてゆけ, を明

▼ ざる諸君~ (2, 0.0%)

1 はさぞ, よ諸君

▼ ざる謬見~ (2, 0.0%)

1 と謂, のみ

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ ざる貴下~ (2, 0.0%)

1 に, をウッカリ創作

▼ ざる赤裸~ (2, 0.0%)

1 で致命傷, にし

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 にむけ, をつた

▼ ざる迄も~ (2, 0.0%)

1 悦服し, 甘受し

▼ ざる迷信~ (2, 0.0%)

1 なれば, に墮

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 をつけた, をとる

▼ ざる連絡~ (2, 0.0%)

1 は年々, を見いだした

▼ ざる進化~ (2, 0.0%)

1 がある, である

▼ ざる進歩~ (2, 0.0%)

1 のみが, の動力

▼ ざる逸品~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ざる道具~ (2, 0.0%)

1 といふ, なれども

▼ ざる遠き~ (2, 0.0%)

1 以前に, 旅人

▼ ざる遭逢~ (2, 0.0%)

1 の遂に, は凡て徹底

▼ ざる避難所~ (2, 0.0%)

1 であり, の中

▼ ざる都会~ (2, 0.0%)

1 ではない, を焚き

▼ ざる都合~ (2, 0.0%)

1 なりとい, もあることなる

▼ ざる重い~ (2, 0.0%)

2 扉が

▼ ざる重大~ (2, 0.0%)

1 な端緒, の社会問題

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の景色, の細道

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をもって往来

▼ ざる~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ざる長期~ (2, 0.0%)

1 の舞台, の舞臺

▼ ざる関心~ (2, 0.0%)

1 という心理, を刺戟

▼ ざる闘争~ (2, 0.0%)

1 があり, がその間

▼ ざる附き~ (2, 0.0%)

1 物で, 物では

▼ ざる限り彼~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ ざる限り我等~ (2, 0.0%)

1 が如何, が民族

▼ ざる限り諸君~ (2, 0.0%)

2 の作物

▼ ざる限度~ (2, 0.0%)

1 の心得, を立て

▼ ざる陰謀~ (2, 0.0%)

2 を企て

▼ ざる陶酔~ (2, 0.0%)

1 にいざなわれ, もあらう

▼ ざる階級~ (2, 0.0%)

1 の跋扈, 或は利害相反

▼ ざる障壁~ (2, 0.0%)

1 である, として立てる

▼ ざる雄弁~ (2, 0.0%)

1 とはなられた, を引き受け

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 の, の日

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 再建論に, 詩性論者の

▼ ざる非難~ (2, 0.0%)

1 が潜ん, に対して亜細亜

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 をしか與, を視つめ

▼ ざる面色~ (2, 0.0%)

1 して, にて愁然

▼ ざる革命~ (2, 0.0%)

1 あらゆる社會状態, と進歩

▼ ざる音響~ (2, 0.0%)

1 を感ずる, を浴場内

▼ ざる頑愚~ (2, 0.0%)

1 の属僚, の屬僚

▼ ざる願望嗜欲~ (2, 0.0%)

2 が胸

▼ ざる類似~ (2, 0.0%)

1 がある, を示す

▼ ざる風俗~ (2, 0.0%)

1 なるを以て, の事

▼ ざる風貌~ (2, 0.0%)

1 だし, を備え

▼ ざる食物~ (2, 0.0%)

1 だから, 及び必要品

▼ ざる首領的人物~ (2, 0.0%)

1 を発見, を發見

▼ ざる駁撃~ (2, 0.0%)

2 の文

▼ ざる駄弁~ (2, 0.0%)

2 を弄

▼ ざる魂苦悩~ (2, 0.0%)

2 せざる魂

▼ ざる魔境~ (2, 0.0%)

1 で巷談師, はない

▼ ざる~ (2, 0.0%)

1 は人, を馴らさん

▼1* [2771件]

ざるあこがれの瞳, ざるあこがれ思慕追憶がかの, ざるあつてわたくし, ざるあまたの少女, ざるあまりに吐かれたる咳唾, ざるあり当山に, ざるいい匂いが, ざるいきさつであると, ざるいくたの長所, ざるいくばくぞかみつかまれつ, ざるいたましき臭の, ざるいはば白紙, ざるいまだその脳中, ざるいまだかつて聴かざるいまだ, ざるいわゆる不言し, ざるうた人と, ざるうち彼の弓持一番, ざるうち御国より兵, ざるうち恩惠彼を己, ざるうち日は入り日, ざるうち禄位等下し置かれ候, ざるない, ざるおせっかいはせぬ, ざるおもひと恰度同じ, ざるお客もたずね, ざるお気に入りの近侍人, ざるお節介じゃ, ざるお迎えが来た, ざるかおりが発してる, ざるかかわり合いとしてお許し, ざるかがわかるであろう, ざるかぎり不朽の古典, ざるかぎり仁清は再び, ざるかぎり学校か町会, ざるかぎり家にい, ざるかぎり日本の言語, ざるかぎり概念化し硬化, ざるかぎり真のプロレタリア芸術, ざるかぎり芸術は静的, ざるかけ引きをする, ざるかたちで待機, ざるかといふ事なり, ざるかとの疑を, ざるかとも考へら, ざるかなしさの, ざるかも知れざるが, ざるかよわき婦人の, ざるから大亀を, ざるからにこそはあはれ, ざるかんげんだてをなし, ざるきたなき爭を, ざるぎりぎりの告白, ざるくらいの土地なる, ざるはいを, ざるけがらわしきことすらも, ざるけだし絶無僅有の, ざるこちらの腹, ざることあきらかに知るべし, ざることここに十有五年, ざることそれらをこまかく, ざることそれ自体は決して, ざることなにごとも明日, ざることなほ二千年前の外交, ざることなほ小の大, ざることに或重, ざることもろこしの餅, ざることゆえこの意味, ざることポムペイの比, ざることユスティニアヌスの例, ざること一予が之, ざること一喫煙せざること, ざること一四時間の睡眠, ざること七日に及んだ, ざること三晝夜なりき, ざること世界古今の例, ざること之を以てなり, ざること九年でしたからなあ, ざること二丈ばかりの間隔, ざること五日以上に至る, ざること五週に亙るべし, ざること人の如し, ざること人力以上のもの, ざること仇敵の如く, ざること今も昔, ざること他は則, ざること何日早くズブリ, ざること俗間の都, ざること僕一生のあやまちなり, ざること入浴を恐れざる, ざること八十里にし, ざること六百余年近時に至り, ざること前に見, ざること前文述ぶるが, ざること勿れと, ざること化學の上, ざること十日を越ゆ, ざること古楽管絃猿楽俗謡碁棋諸勝負, ざること吾人と雖, ざること大山のごとし, ざること大衆性とは芸術的価値, ざること天下政道の乱れ, ざること始めの如くなれ, ざること対談者と変らない, ざること山岳のごとく, ざること岸に着ける, ざること已むを得ざる, ざること幻滅の日, ざること幾年になるべき, ざること幾度言ふとも, ざること幾時なるを, ざること度曲者に於ける, ざること心の負, ざること懐石料理に牛豚, ざること承知の筈, ざること数々なるは, ざること旬日なり, ざること是非なしと, ざること林のごとし, ざること氷と炭, ざること泰山のごとき, ざること海に注がざる, ざること甚大であるが, ざること痛悔の至り, ざること眞の美, ざること石のごとし, ざること石人の如く, ざること確かなり, ざること社会全面の便利, ざること神泉の泉, ざること細川に限らず, ざること緊要なるのみ, ざること縷の如き, ざること莫し, ざること蝶を捉, ざること言語道断ではある, ざること證明せらる, ざること識者を俟, ざること遥に遠い, ざるこれ無形なり, ざるさえあるに, ざるさし出口はひかえろ, ざるさすがに御, ざるさびしさに手のうち, ざるさんはお, ざるしかしてやさしき愛, ざるしるしなり, ざるじつに少しの読書, ざるがたを, ざるすごみがサーッ, ざるすさまじさがこの, ざるせいであること, ざるそこはかとなき欣怡の, ざるそれの御, ざるただ一つの土地, ざるたとえば竜の, ざるため下界にて紛, ざるため井筒屋手代万八と中買勘造, ざるため全体の噺, ざるため害毒は比較的, ざるため岩の後, ざるため意斷たるること, ざるため我は汝, ざるため日本字値段之脇, ざるため条件のただ, ざるため汝は今, ざるため汝等この天堂, ざるため種々の誤解, ざるため膝を折り屈み, ざるため自ら登る能, ざるため自ら三たび船内を捜索, ざるだったのだ, ざるちからはいつも, ざるちやんちやん, ざるつよき櫓の, ざるつらき心おく, ざるつれなさ子供心にも, ざる伏せて, ざるできごとでなければ, ざるですくつて, ざるとかいう俗的規準で, ざるとき之を戒, ざるとき奉仕とは畢竟, ざるとき父としてこの, ざるところであつた, ざるところわれわれの目, ざるところ例の物数奇連中, ざるところ創作は生活, ざるところ大に喜ぶべし, ざるところ左様な意味, ざるところ常識の及ばざる, ざるところ彼の最も, ざるところ後者即ち所謂高級神話, ざるところ換言すれば, ざるところ有と土人万年雪, ざるところ無しと世に, ざるところ精細的美を解したる, ざるところ達士も往々, ざるところ鐚の計画, ざるとしゃくしを買った, ざるとでも主張するごとく, ざるとにて作の, ざるとにもかくにも, ざるとによつて分れる, ざるとによりてこの, ざるとによるにあらざるゆえん, ざるとのみたづねんやうなし, ざるとや言わん法, ざるとを通じて四方の, ざるたん場に, ざるどころでない実によく, ざるどよめきに揺られ, ざるどん底の暮し, ざるんです, ざるなおその上, ざるなかるべし, ざるなぞを解い, ざるなど世に難, ざるなにかの理由, ざるならむ, ざるならずやいざ, ざるならめと問, ざるなり撃つべしかれいかに, ざるにおいてすら猶お, ざるにさえ隠れ難き美し, ざるについて皆水虎の, ざるにつきただ語学, ざるにとり一度ふい, ざるにやとにもかくにも, ざるによるか非乎, ざるねぎらいをお, ざるのみかかへつて君の, ざるのみにあらで其の, ざるはかりゅうどの, ざるはただその, ざるはなかりしに, ざるはなしこは抑, ざるはなしオージルビーの家族, ざるはなし勝手を働く, ざるはなし彼等は単に, ざるはなし急といえ, ざるはなし所謂文明駸々乎として進歩, ざるはなし日本の花火, ざるはなし是迄の道, ざるはなし死も生も, ざるはなし男の情, ざるはなし蠢爾たる昆虫, ざるばかりか却て, ざるひとりとみえる, ざるふうに細い, ざるふしもありしならん, ざるふしぎな供述, ざるほしいままなる働きかける, ざるほどにぞ今日廿日あまり經ぬる, ざるほどには飮まず, ざるまでかはれる聲, ざるまでは折々に, ざるまでやはらかく, ざる力と, ざるみずからみずからより隔てられたる, ざるみぞのある, ざるみたいなもの, ざるむしろ可なり, ざるむだ口を善光寺辰, ざるむねを説明, ざるめでたさを, ざるもって知るべし, ざるもどかしさと, ざるものかしこに集まる, ざるものこれコックリの原因, ざるものそを高らか, ざるものちょうさんの罪, ざるものみな狹間に入れ, ざるものコックリにたずね, ざるものヤソ教を信ずる, ざるもの一がある, ざるもの一日問題を怠れ, ざるもの三河武士の右, ざるもの二人二書並に載せざる, ざるもの五闡提等の悪, ざるもの信に此, ざるもの偽れるもの, ざるもの僅かに三戸, ざるもの十中九なりと雖, ざるもの十二人有するもの四人, ざるもの十分時ひとしく地上, ざるもの十数分その前, ざるもの吾人遂に其余り, ざるもの大地母神の恩惠, ざるもの天下に賭け, ざるもの好機よくかく, ざるもの尠なからず, ざるもの幾何あるや, ざるもの建築ならざるもの, ざるもの弱点をさらけだし, ざるもの彫刻ならざるもの, ざるもの役人はただ, ざるもの從つて普遍的自我を實現, ざるもの惡所に停, ざるもの批評を必要, ざるもの数日なりと, ざるもの文学ならざるもの, ざるもの時勢の結局前途, ざるもの普遍的自我を實, ざるもの暴虎の勇, ざるもの有之これ等, ざるもの氷炭相容れざるもの, ざるもの無しと云つて, ざるもの現在あるがま, ざるもの略言すれば, ざるもの直接なるもの, ざるもの神の代, ざるもの竟に何処, ざるもの缺けたる, ざるもの自己の獲得, ざるもの自然の妙力, ざるもの舞踊ならざるもの, ざるもの茲に存す, ざるもの萬國よりこの, ざるもの薬石を用いずし, ざるもの覆面を通してはじめて, ざるもの詩家の常, ざるもの謀反を構うべからざる, ざるもの道を荒びたる, ざるもの醇正にし, ざるもの音楽ならざるもの, ざるもの須くその, ざるもの風波に際会, ざるもろもろの曖昧さ, ざるもんだす, ざるやう世に在る, ざるやう心掛くべき所, ざるやう敏活の手段, ざるやかくのごとし, ざるやからの出処進退, ざるやさしい母親の, ざるやとの御下問, ざるやに相見え, ざるやをも考へで, ざるゆえこれを矯め, ざるゆえ何時亡びるか, ざるゆえ出身の相違, ざるゆえ妾は直に, ざるゆえ早晩移転する外, ざるゆえ明らかにここ, ざるゆえ楽戯にあらず, ざるゆゑに分想なれども, ざるゆゑよしを常見和尚に言, ざるゆゑんを悟つた, ざるゆゑ何事を言, ざるゆゑ此に写し, ざるゆゑ通訳に由り, ざるよいものが, ざるようひそかに彼ら, ざるよう厳重命令すべきである, ざるよう声低く語れよ, ざるよう心掛たくと, ざるよう昔日の人々, ざるよう注意を起こさし, ざるよう種々苦心して, ざるよう競争の末人, ざるよう自らを警戒, ざるよき対象である, ざるよけいな心配, ざるよと思ひければ, ざるらし子らが, ざるわたしの草稿, ざるわれのため, ざるをこそ真に知, ざるを通して注ぐ, ざるアトラクションであり要するに, ざるアプリオリとも言え, ざるアリバイでか, ざるアルコールの出現, ざるアンチポヂスに立つ, ざるアンビシヨンは無意味, ざるイギリスにおいて種々, ざるイギリス滞在を許可, ざるイデオロギーの高度武装, ざるインスピレーションのお, ざるエイドス理想的な象徴, ざるエフェクトの適用, ざるオソメを選んだ, ざるオヂュシュウス單蹄の二馬, ざるオトシアナというもの, ざるカラクリであ, ざるガリワルが實, ざるキリスト教徒の罪, ざるクライマックスを導きださず, ざるサーベルに凭れかかった, ざるザインであって, ざるジャズの群, ざるセクショナリズムからわたしたち, ざるタイムの籠, ざるタクミの名作, ざるダブリンにて日本語, ざるダンサーなの, ざるチヤームの存するあり, ざるテノルドラムには正しく, ざるデカダンとなつ, ざるトロイア誇傲, ざるドサクサがどれ, ざるドリスでももう, ざるニユーヨークにだ, ざるネプチューンの御, ざる大ニ故, ざるハイカラですよ, ざるハ情の為, ざるバカモノに, ざるパトロクロスは今, ざるヒューマニズムの問題, ざるビジテリアンがある, ざるピアノ及びオルガン, ざるピカ一がだ, ざるファンテジイの両刀使, ざるフオルミエにあり, ざるフランス人の態度, ざるフルマイ大阪奉行に命じ, ざるブオナパルト党であった, ざるブランクが横たわる, ざるプライドを示し, ざるプーリダマスの言, ざるペイヂには剪刀, ざるマクロスコピックの見方, ざるマジナイに船, ざるミステイカルな性質, ざるミノスが我, ざるヤイノヤイノと口説き立て, ざるヤカラでもある, ざるユエンがわかる, ざるライン料理法をすっかり, ざるロンドン船渠の労働者, ざる一エレメントでありその, ざる一ヵ条あり, ざる一件の要事, ざる一体ありと, ざる一例となすべし, ざる一傍證を供する, ざる一切に冷淡, ざる一千九百二十年代の人心, ざる一向な心, ざる一味の空虚, ざる一問題と存候, ざる一国民一地方民の有史書前, ざる一場の物語, ざる一夜も無く, ざる一大事の道, ざる一大事件あり, ざる一大変事が起つた, ざる一大弱點といはね, ざる一大強国を成した, ざる一大要件なり, ざる一婦人に対し何者, ざる一定の方向, ざる一将も一兵, ざる一小坂路に於い, ざる一幕が演じられた, ざる一念の極限, ざる一手段ではある, ざる一日です, ざる一時の私情, ざる一杯のシジミ, ざる一歩を投ずる, ざる一段あり, ざる一特質なり, ざる一生ではあつ, ざる一画工の隣り, ざる一種不可思議の藝術, ざる一種不思議なる動物, ざる一種戦国時代相応の理想, ざる一種異様なる力, ざる一精神の歴史, ざる一線をこえ, ざる一致が立てられる, ざる一般観者は不満, ざる一草舎に佳名, ざる一要件であろう, ざる一観衆と同じ, ざる一證左とすべし, ざる一證據に資する, ざる一貫の見識, ざる一部として従属, ざる一間の内, ざる一陣なく戦わざる, ざる一馬の語気, ざる七十八歳の盲, ざる万民平等の時, ざるけぢ, ざるなり, ざる三人に交付, ざる三伏の夕べ, ざる三位の高位, ざる三年間をここ, ざる三徳と称すべき, ざる三月三日の来る, ざる三猿主義を極め込ん, ざる三百代言的気質あること, ざる三百代言的氣質あること, ざる三百年来未だ曾, ざる三箇の目標, ざる三軍であっては, ざる上古より第, ざる上古武内宿禰や日本武尊, ざる上畠山入道諸事深く信仰頼入り, ざる下等人民には感服, ざる不便を与える, ざる不倫な事, ざる不十分さがある, ざる不協和音であつ, ざる不可思議なもの, ざる不可覚界のひろ, ざる不可解の現象, ざる不合理なもの, ざる不名誉を来たす, ざる不味さが, ざる不埒な言, ざる不始末である, ざる不安それが画布, ざる不安不満はつまり, ざる不安懊悩におびえつづけ, ざる不審人物が姿, ざる不徳を書, ざる不心得者としてこつ, ざる不敬あるやも, ざる不敬問題が起きる, ざる不敵の傲骨, ざる不満圧迫の下, ざる不純な醜悪, ざる不自然さがようやく, ざる不自由さも生じ, ざる不足に強要, ざる不退転耳に世界, ざる不逞の思想, ざる不運に際会, ざる不都合だ, ざる且つ知らざるもの, ざる世俗は了解, ざる世界共通の傾向, ざる世相の転変, ざる両性のいきさつ, ざる両雄もあい, ざる並べ方をし, ざる中央派とでも稱, ざる中寝床にてシヨコラ, ざる中西伊之助氏であ, ざる中間に於, ざる丸善の店, ざる丹精の跡, ざる觀的反映の, ざる主体は世界歴史, ざる主意とて京師, ざる主権絶対的権威などのため, ざる主義主張と一見, ざるになりぬ, ざる乎人の永遠, ざる乎彼の言辞, ざる乎条約改正なきまた, ざる乗客の不平, ざる九十九人の義人, ざる乞食僧の黒壁, ざる也代言的に語らざる, ざる也北平は遼遠, ざる也古人学業終身を期せ, ざる也只今籠城いたし, ざる也孔子は必ず, ざる也彼や鴟梟之性, ざる也彼等の智識, ざる也日本の文明, ざる也智慧を有する, ざる乱脈の座中, ざる乱賊であります, ざる乱雑さが発生, ざる乳房をお, ざる了解がある, ざる予感に全, ざる予言者のよう, ざる争闘となった, ざる事ここに五旬, ざる事これなり官府, ざる事これ類似の第, ざる事たるを覺悟, ざる事なき大歓喜, ざる事七年相見る, ざる事也此職に在, ざる事件勃発したるにより, ざる事体に進ん, ざる事同音の字, ざる事山のごとく, ざる事数尺なりと, ざる事數件有り, ざる事文明載する所, ざる事百姓町民は万世, ざる事相に即し, ざる事肝要かと存候, ざる事變である, ざる二三の人物, ざる二三十年前に於, ざる二人連とは生憎, ざる二個の要件, ざる二様の意図, ざる云分であらう, ざる互角の雄, ざる五十九王并はせて, ざるの底, ざる亜米利加の鳥, ざる亡者の気分, ざる交互作用が実在, ざる交渉を予め, ざる交際社会の必要条件, ざる甚し, ざる享樂を恣, ざる京大法学部教授の結束, ざる人々死生にかかわらず残らず, ざる人あらば史學會雜誌第一號, ざる人はくふべからず, ざる人事世事が段々, ざる人人である, ざる人他の人々, ざる人傑であります, ざる人口増加と歩調, ざる人影が三人, ざる人心そういう燦然, ざる人性を知らず, ざる人柄です, ざる人格的ディレッタントを指し, ざる人権をも犠牲, ざる人民が居た, ざる人気を持っ, ざる人物最良な顧問役, ざる人生相渉論ならば, ざる人畜家財を蕩尽, ざる人聲をしる, ざる人達である, ざる人間心理をデッチ, ざる人間性滅落せざる人心, ざる人間愛どうしても我々, ざる人間生活の裏面, ざる人霊の怒り, ざる人馬を必要, ざる仁義の表現, ざるな身体付, ざる仇敵です, ざる今日経営に苦しむ, ざる仏性あらざるなり, ざる仕儀である, ざる仕業である, ざる他人のこ, ざる他界に対する自然, ざる代物にあ, ざる代表作品であるが, ざる以上なんびとも永遠, ざる以上われわれは事, ざる以上人はいつ, ざる以上仁の範圍, ざる以上何人も永遠, ざる以上余はこの, ざる以上労働者は自ら譲歩, ざる以上大小を兼ねた, ざる以上柘榴に於, ざる以上究極の抽象, ざる以上良能と羅, ざる以上電氣を論ずる, ざる仮説を争, ざるになっ, ざるの老媼, ざるを起し, ざる企らみの, ざる伊賀の暴れん, ざる伏兵が暗闇, ざる伝承なる可, ざる伝道である, ざる伯父の言, ざる伴奏になっ, ざる似非剣客それ程までに, ざるのもの, ざる位田職田の収入, ざる何事でも贊成, ざる何人であり得よう, ざる何日ぞや, ざるき無言, ざる余りに不意, ざる余我心を遺る, ざる余計な事, ざる余震とともに災害, ざるはあり得ない, ざる作戦構想もあった, ざる作用を睡, ざる作者が日本語, ざる使者と極, ざるは省い, ざる侶伴であるの, ざる便りの胸, ざる便宜を與, ざる便宜法でありあるいは, ざる俗物といふだらう, ざる俗調は, ざるを日ごと, ざる保守主義的傾向攘夷思想の変形, ざる信向であつ, ざるの一つ, ざる修行を重ねる, ざる修養によって迷, ざる俳句の中, ざる俳書は依然として, ざるの卑怯, ざる個々の行跡, ざる個人作家がいかに, ざる個人的興味のこと, ざる倒錯症にかかつて, ざる借金をかれ, ざる値うちがある, ざる偉大さがしのばれる, ざる停車場である, ざる傳道である, ざる債権あり新, ざる傷物になった, ざる働手であるか, ざるといへ, ざる僥倖にかえって, ざるも世, ざる僭上沙汰と後, ざる僭越であり運命, ざる價値の羞恥, ざる價値批判を行, ざる僻陬の地, ざる儀式に貴重, ざる儀式教条理想等の分子, ざる儀有之, ざるに, ざる優勢であります, ざる優美の情, ざる優越感を持つ, ざる儼然たる大事實, ざる先例を遺す, ざる先入観の基礎, ざる先決條件とする, ざる先達が総髪, ざる光りの照り輝い, ざる光広作千匹猿の鍔, ざる光彩を添, ざる光琳の芸術, ざる光琳派の色彩, ざると横, ざる児らなれや, ざる児童はこれ, ざる児童六十九名の体重増加, ざる党人に警告, ざる入りだ, ざる入神の筆語, ざる全然新しき人, ざる全的生活は他日, ざる八月二十四日の来る, ざる八月盛夏の候, ざる八百グラムの吐血, ざる公方様を目のかたき, ざる公明なる理論, ざる公然の事実, ざる公益をなす, ざる共通を見出す, ざる兵二千騎は堀川, ざる兵戦上には実に, ざるれの, ざる其の不思議さは, ざる其人の特色, ざる其額際皆我が平生, ざる具象界は存在, ざる冀くは我が興, ざる内明日にも出, ざる内的状態を彼, ざる内面的衝動である, ざる冒険であって, ざる写実主義の大, ざる冠君の数年, ざる冥濛の雪, ざる冥王の許, ざる冬中騎して, ざる冬雷として私, ざる冷気の走る, ざる冷静の趣, ざる冷静沈著のうち, ざる凄惨な響き, ざる凝視に僕, ざる凡夫が敵, ざる凡将に於, ざる凡庸な民衆たち, ざる凡愚には生死, ざる処他人の嫉妬, ざる処例の物数奇連中, ざる処其動もすれ, ざる処女をば浄衣, ざる処女地のやう, ざる処精細的美を解したる, ざる処色は紅白, ざる凱旋であった, ざる凶報であつ, ざる出しやばり口, ざる出来ごとだて, ざる出洒張りをしたれ, ざる出現に困惑, ざる出離樂を證, ざる分子の撞突, ざる分析が省略, ざる分野の活動, ざる切実な現実感覚, ざる切抜の一部, ざる切石割石を煉瓦形, ざる切磋琢磨が行, ざる判明した一種, ざるのつながり, ざるということ, ざる利便を与えた, ざる利害関係を有っ, ざる利己主義に伏在, ざる利益を得たる, ざる到底この世の, ざる刺戟機関であった, ざる刻苦によって今, ざる前提とし, ざる前榛軒は料理人上原全八郎, ざる前秦の始皇帝, ざる剛敵である, ざるは悟道一片, ざる剣幕なれば, ざる割合なり, ざる創作方法の導き, ざる創造の旅, ざる創造発見の機会, ざるの発生, ざる力漕を要します, ざるにあり, ざる功利の創造, ざる功労がある, ざる功労者である, ざる功名心もいまだ, ざる功徳により普く, ざる功績は文学作品, ざる加勢をした, ざる加工だね, ざる加護者に対して手, ざる加速度をもっ, ざる助言者であった, ざる労苦に堪へ, ざるしきもの, ざる勇士の志操十分, ざる勇敢の気象, ざる勇猛の士, ざる勇猛心を持っ, ざる勇猛活溌なる我々, ざる動搖と昂奮, ざる動静をよそながら, ざる勘定方あり, ざるを有する, ざるを贏, ざる勝事なり傷害, ざる勞働から構成, ざる勢ひとなつて, ざるであると, ざる勤勉と人間, ざる勧懲主義は到底, ざる勵精をなす, ざる匂袋これを忘れ, ざる化装道具である, ざる満洲, ざる北条の滅亡, ざる医学士高峰をしい, ざる十七日の月, ざる十六歳に満つ, ざる十兵衛見えぬか, ざる十兵衞見えぬか, ざる半野蠻の社會, ざる半開の花, ざる卑怯者なり即ち, ざる卑猥なこと, ざる卑賤の階級, ざる協力者である都会, ざる単一者として, ざる博大の心, ざるは前, ざる危地を蹈, ざる危機の叢中, ざる危険に到る, ざる厄介物なり, ざる素の, ざる原動力の秘伝, ざる原因事情ありて, ざる原始的と言いたい, ざる原始的健全なる某, ざる原物の異常, ざる原稿を書きつ, ざる厭世主義である, ざる厭味を感ずる, ざる厳密さを持った, ざる厳然たる大事実に, ざる厳粛なる感, ざる去れど人, ざる参河武士の末, ざる参考の料, ざる参考品なるべし, ざる参考材料であろうと, ざる參考書となつ, ざるにも会ひき, ざる友情で結ばれた, ざる友情的結束である, ざる反動である, ざる反応の蠢動, ざる反感を抱く, ざる反抗が待ち, ざる反発を起こす, ざる獲で, ざる取り越し苦労ばかりする, ざる取捨が今, ざる取締あり, ざる口出しをし, ざる口聴えざる言語, ざる口論をし, ざる古人の靈, ざる古今の類似, ざる古代の偉人, ざる古代風の巨船, ざる古文書の葛籠一つ, ざる古雅な端正さ, ざる叫びを上げる, ざる史家の見解, ざる史家癇癪持の父親, ざる史料である, ざる右曲りの矢標, ざる右門でしたが, ざる右顧左眄だ, ざる各種の障害, ざる同僚は依然として, ざる同情あるのみ, ざる同族がなお, ざる同種の窯, ざる名優なるよ, ざる名医は外, ざる名古屋城下にあっ, ざる名古屋舞踊界の大きな, ざる名吟とはかかる, ざる名山大川に触れ, ざる名案梅一本の寄附主, ざる名物を発見, ざる名称のうち, ざる名誉弁護者の役目, ざるもこれ, ざる向上飛躍の原動力, ざる否運の人, ざる吾人は似, ざる吾妻鏡としては余, ざる吾現時の状態, ざる吾等若き東洋人, ざる呪いのご, ざるを有し, ざる味方をもつ, ざる和合と美, ざる咒詛にもせよ, ざる哀愁が彼女, ざる哀調を聴き, ざる品々も容易, ざる品むかし宋の徽宗皇帝, ざる哉すべてこれ摂理である, ざる哲人の境地, ざる哲学館が焼けた, ざる唯心文化へ反転, ざる唯物文化に進化, ざる賣の, ざる商人あり, ざる商品に掛け値, ざる商賈の輩, ざる善隣の誼, ざる喙大事の妨げ, ざるを覺, ざる喜悦に静観, ざる單線の不便さ, ざる單衣をまとへる, ざる嘘つきであること, ざる嘲笑と否定, ざるが支那人, ざる器具からはそれ, ざる噴出であつ, ざる噴水よ, ざるにも同, ざる四五の確證, ざる四分の三に恋人, ざる回帰を本願, ざる因果のご, ざる因縁につい, ざる困惑を感じた, ざる困窮朝から晩, ざるより何, ざる固定的な区画, ざる固有の風俗, ざる固苦しさ窮窟さしめつ, ざる固陋の僻見, ざる国内にわれ, ざる国劇の樹立, ざる国家というもの, ざる国家永久平和の国家, ざる国家理論だという, ざる国法の罪人, ざる国防上の要求, ざる国際的怪事件を語っ, ざる國家に過ぎない, ざる國家嚴肅な義務, ざるの門, ざる土噐の破片出, ざる土地なり, ざる土着人見聞の範囲, ざる地下に於, ざる地域の興行場, ざる地平線が, ざる地歩を成した, ざる地理学上の大, ざる地盤上に立つ, ざる地表の大, ざる地震の場合, ざる地面を領有, ざる坂田三吉八段に或, ざる坊さんなん, ざるで行われる, ざるの内, ざるを越え, ざる執権の上使, ざる執着を感ずる無くん, ざるゐなる可, ざる基本的制約をなし, ざる基督教が未だ, ざる基督教国の代表者, ざる基礎を与へる, ざる堅忍の気, ざる堆積は旋, ざる報告に接する, ざる報道であって, ざる場処に於, ざる場合以上に播種, ざる場面に描かれ, ざる塊まりを抱い, ざる塩煎餅や餡ころ餅, ざる塩田氏の観劇談, ざる境界線は消え失せ, ざる境遇逆転の怖, ざるに眠り, ざるの花, ざる壊膿を生じ, ざる壞膿を生じ, ざる士官あり発砲, ざる壮大の趣, ざる壮観を呈, ざる声音にて, ざる変事が起つた, ざる変更は一切指摘, ざる変質から発生, ざる変通力が一転, ざる変遷があった, ざる変革を暗示, ざるの初, ざるとなりぬ, ざる外来思想の一つ, ざる外道だと, ざる樣の, ざる多きを悲, ざる多少の覚悟, ざる多年の根強い, ざる多様性であります, ざる多言はお互い, ざる多量の贈遺致すべし, ざる夢幻の世界, ざる夢幻的な神仙思想, ざる大きな歌を, ざる大丈夫が出来上がる, ざる大事のため, ざる大人の現実, ざる大伴の小手古, ざる大佐の秘密, ざる大勢となるだろう, ざる大國民をし, ざる大学者の頭脳, ざる大望の計画, ざる大正の世の中洵, ざる大法なり, ざる大火である, ざる大男あり, ざる大罪を行はん, ざる大胆さで謙信, ざる大胆不敵な凶行, ざる大臣が任, ざる大衆を予期, ざる大言壯語の徒, ざる大計と認めたる, ざる天下太平を齎せり, ざる天下控訴院の椅子, ざる天人間に横, ざる天使の事業, ざる天嶮じゃない, ざる天涯万里の異域, ざる天然の良港, ざる天稟の存するあれ, ざる天蓋をとった, ざる太いまっ黒な, ざる太古時代より相, ざる太鼓の音, ざる夫婦喧嘩の種, ざる失策に気づいた, ざる失錯が胚胎, ざる夷子社や山の神, ざる夷狄で日本, ざる奇事だから, ざる奇声を立て, ざる奇妙な出来事, ざる奇怪不可思議を極めた, ざる奇書だあれ, ざる奇気を吐けり, ざる奇遇を喜ぶ, ざる奉行あり, ざる契約前の商談, ざるぶかく, ざる奥儀あり, ざる女人多き時代, ざる女形となった, ざる女房も無し, ざる奴めが, ざる奴等そこで刑死, ざる奴隷として搾られ, ざる奴隷的な陋習, ざる好き対象となした, ざる好意立をし, ざる好機でした, ざる好男子なるは, ざる如く幾度か溜息, ざる如し寺児溝に住み, ざる如何しても, ざる妄執に変りはじめ, ざる妄想や執着, ざる妖艶な容子, ざるな現象, ざる妙理の存する, ざるが, ざる姉上姉上が楓, ざる姉妹の徳, ざる姿勢と形勢, ざる威力と辭むべ, ざる威厳格式をもつ, ざる威容を備, ざる娯しみ事はいずれ, ざる娯樂になつ, ざる婿なるべしと, ざるとさ, ざるが溢れた, ざる嫉妬の念, ざる嫌悪を覚えた, ざる嬰児である, ざる子熊の情愛, ざる子鹿見る如し, ざる孔明の護り, ざるを書きやがる, ざる孤屋に幽閉, ざる孤独を感じた, ざる孤獨の苦し, ざる学徒である, ざる学術の鬼, ざる学説すなわち教場, ざるの一人ジャン, ざる學問的訓練が階梯的, ざる守錢奴のさま, ざる安堵の思い, ざる安易さで革命, ざる宗教が迷信, ざる宗敵なりと思ふ, ざる宗旨を日本, ざる官尊民卑の風習, ざる官職にし, ざる官能の満足, ざる定めなれば, ざる定論じゃ, ざる宝器かのよう, ざる宝庫です, ざる実にいろいろな, ざる客たちのこと, ざる客人の礼義, ざる客伊賀の暴れン坊, ざる客分なり, ざる客土居先生神山御夫妻, ざる客觀の事實, ざる宣伝の部門, ざる宣言である, ざるあり之, ざる害毒問題として天下, ざる家事の都合, ざる家庭の重荷, ざる容体にて心配, ざる容子であると, ざる容易なる位置, ざる宿敵なりと申し, ざる宿縁を続, ざる寂寥の思ひである, ざる寄宿舎の食堂, ざる密使の手引, ざる密告で興行中止, ざるを有する, ざる寒室に臥せ居る, ざる察しを, ざる在それ, ざる實在の本質, ざる實蹟から考へる, ざる対照であった, ざる対立を想定, ざる対話をこの, ざる封建社会のその, ざる封建道徳の遺習, ざる専門的研究となる, ざる将来において船, ざる將來をかこつ, ざる將軍であるが, ざる尊厳を以て我々風情, ざる對照として儼存, ざる對立に立ち, ざる對面は見事, ざる都市において, ざる小人の煩い, ざる小人輩とは為し, ざる小学教育者諸子に呈す, ざる小島なれども, ざる小指の血, ざる小民は小児, ざる小生の約束, ざる小路の中, ざる少壮者に, ざる少年の刀, ざる少数の珠玉盤, ざる少数異端者は禍, ざるお其上, ざる展望をひらい, ざる山中に突然, ざるの根, ざる崇高な美, ざる嶮岨へ罷り越し, ざる嶮路であるから, ざるをつき崩しえ, ざるに似たる, ざるの心, ざる工事ができたで, ざる工夫を為し, ざる工業原料生産の核心, ざる巧妙なる美妙, ざる巨木名花がある, ざるを示す, ざる差し出だが, ざる差し出口を, ざる差出口をし, ざる差別である, ざる差違がある, ざる巴里にて豊, ざるは僅, ざるがあり, ざる布置按配の巧妙, ざる希望を持つ, ざるのおわす, ざるに安んずる, ざる常住の運動, ざる常識信仰なき常識, ざるを後, ざるの様子, ざる平原を後, ざる平和を齎, ざる平常の我, ざる平民の趣味, ざる平民化の特色, ざるなりしかな, ざる年少の書生, ざる年少輩数名をその, ざる年数を記し, ざる年月と私財, ざる年齢十六乃至二十歳, ざる幸運を生涯, ざる幸運便宜と計量, ざる幻影にさ, ざる幻想がちらちら, ざる幼いそしてやわらかい, ざる幼穉の輩, ざる幾何學者の如く, ざる幾多年少の豪傑, ざる庭の, ざる広き坂を, ざる広告料を投じ, ざる広大なるペルスペクチイウ, ざるに於, ざるなり, ざる庶幾は以て, ざる庶民たるとの, ざる庶民階級の人々, ざる廃社同前のもの, ざる廊下細くし, ざる建前により戒厳令中, ざるをふるう, ざると律, ざる弟子の語七章, ざる弱性と不満足, ざる弱点である, ざる強いところが, ざる強みであった筈, ざる強力な防壁, ざる強烈の, ざる強迫観念におそわれ, ざるの行方, ざるの怪物, ざる当座に慰められ, ざる当時にあり, ざる当然なもの, ざるになっ, ざる形体を誇っ, ざる形勢をなしし, ざる形式的直観との対立, ざる形而上論は形而上, ざる彩帛を与え, ざる影響變動を起した, ざる彷彿一味の調, ざるを行, ざる役人といえ, ざる彼ら物の恐ろし, ざる彼女の母, ざる彼岸の世界, ざる彼等文芸家が少し, ざる待遇を受ける, ざる後ろの味方, ざる後世のため, ざる後代の為, ざる後援のすさまじい, ざる後方から味方, ざる後白河法皇は頼朝, ざる徒輩が最も, ざるなくなりそして, ざる御中元を貰った, ざる御家法に候間, ざる御法かな, ざる御直臣の, ざる御身分ながち, ざる復活の現象, ざる微小な粒子, ざる微恙を得る, ざる微笑を面, ざる微細の標識, ざる微量の毒物, ざる徳義上の苛責, ざる徳行にも和尚, ざる心がけである, ざる心これこそ人間, ざる心底の磅, ざる心性あるを, ざる心懐の淙々, ざる心我に在り, ざる心理の働き, ざる心理上の暗黙, ざる心理状態即ち夢, ざる心配しなさんな, ざる心霊上の事実, ざる心霊現象にぶつかりました, ざる必死の敵団, ざる必然的で普遍的, ざる必要事である, ざる必要以外には今, ざる必要条件が一つ, ざる必要物とします, ざる忍耐と緊張, ざるの卑, ざる志士なく, ざる応報を被る, ざる忠僕たるを誤らざるべし, ざる忠義だて, ざる忠誠を捧ぐる, ざる漢であった, ざる快報と彼, ざる快感が生じる, ざる快活との統一, ざるを押す, ざる念仏の声, ざるの今, ざる思い上った考え方, ざる思念は生ける, ざる思惟の季節, ざる思想的過誤と芸術至上主義的陥穽, ざる思想運動に逸脱, ざる思慕信心の意識, ざる思慕者を有する, ざる怠惰者でその, ざる怠慢だと, ざる變の, ざる急達でしたので, ざるあるもの, ざる性のはづみ, ざる性分のくせ, ざる性欲を抱い, ざる性質正直な性質, ざる怨嗟と不安, ざる怪き夢に, ざる怪事なるに, ざる怪奇なところ, ざる怪屍体なること, ざる怪訝を顏, ざる怪談なので, ざる恋しさに, ざる恋女房を得べき, ざる恋愛上のセンテイメンタリスト, ざる恋路にやつる, ざる恐しい顔, ざる恐るべき大盾, ざる恐れ不安は自分, ざる恒久兵備の基礎的事項, ざる恩命と種々, ざる恩恵を謝, ざる恩意とを以て誠意誠心, ざる恩誼がある, ざる恰好の地位, ざる悔恨とに胸, ざる悖徳行爲だと, ざる悦びを表, ざる悩みはある, ざる悪徳だ, ざる悪逆無道ですが, ざる悪食を持寄っ, ざる悲しき事実では, ざる悲む可く笑, ざる悲境に立つ, ざる悲壮の音, ざる悲惨の境, ざる悲憤の色, ざる悲運に遭遇, ざる悲鳴が起り, ざる情勢下に於, ざる情味を含ん, ざる情緒海のあなた, ざる情陣務の妨げ, ざる惑いを抱い, ざるであつ, ざる惡心の蠢き, ざる酷な嬲り, ざる惨めさを認めたであろう, ざる惨殺屍体と云い, ざる惨状であること, ざる愉悦を覚え, ざる意向に対して不満, ざる意地を立てぬいた, ざる意気ごみである, ざる意識化や自己, ざる愚かしき兔が, ざる愚劣の考, ざる愚婦愚夫のすなる, ざる愚昧な弟子, ざる愚民多く時間, ざる愚者にすぎない, ざる愛嬌と滑稽, ざる愛着心を感ずる, ざる感傷主義には心から, ざる感性の触手, ざる感服をしました, ざる感激は遂に, ざる慰めの纔, ざるのため, ざる憂悶は抱かぬ, ざる憂慮によつて, ざる憂欝に陥っ, ざる憂鬱な相貌, ざる憎悪怨恨嫉妬などの徹骨, ざる憤怒をさえ感じ, ざる憤激内心の憂悶, ざる懐古的情趣があっ, ざる婦と, ざる懶惰が挾まれる, ざる懸念などはついに, ざる懸賞までした, ざる懸隔を有する, ざる成績を得, ざる成長が行, ざる我が国の事物, ざる我商業者に対してこれ, ざる我心をも覺ら, ざる我慢なむだ, ざる我慾凡俗の衆生, ざる我生涯の幻夢, ざる我義仲にし, ざる我身なるを, ざる我輩の振舞, ざる戦場だよ, ざる戦士その全, ざる戦闘に在る, ざる戯曲を称し, ざる戯談が滑り, ざる戰慄が全身, ざるの外, ざる所いはゆる知らず, ざる所なんでもいい, ざる所ろは一定, ざる所之を人, ざる所信または思想, ざる所如來身體の上部, ざる所小弟ニハ誠におもしろく, ざる所従而その説く, ざる所老兄ハ小弟を愛する, ざる所英雄の心事, ざる所詩律の示さ, ざる所謂シエクスピイヤが主, ざる所離欲の人, ざるである, ざる手並を見, ざる手助けに努める, ざる手合がいる, ざる手法だと, ざる手練の早業流行, ざる手腕と性行, ざる手間のため, ざる才人だった, ざる才人中最も特色, ざる才分の恰も, ざる托児所子供の遊場, ざる扱いをする, ざる扶桑第一, ざる技芸なり, ざる技術と精神, ざる爭の, ざる抗弁的にきこえた, ざる抗議を組織, ざるから主, ざる折々彼は, ざる抵抗は避け, ざる抵抗性を内, ざる抹殺であった, ざる抽象的な怪物, ざる拘束に苦しん, ざる拘泥と悲哀, ざる拷問があった, ざる拷問者の群れ, ざる拾い物をした, ざる指導が革命前, ざる掏摸はただ, ざる排撃者とを持っ, ざる掘り出しをし, ざる推挙をした, ざる援兵を得, ざる摂取と利用, ざる摩擦を起し, ざる撮影であらう, ざる支那神仙説に於, ざる放射によって崩壊, ざる放胆を予め, ざる放蕩漢にし, ざる放逸の人, ざる政友會に投じたる, ざる政治家は輿論政治, ざる政治家出でよと, ざる故にすなわち敵国の, ざる故障ありしため出席, ざる敗勢だった, ざる敗軍の将, ざる教えである, ざる教晦とは小, ざる教科書であり教師, ざる畏の, ざる敬意を払つて, ざるであるが, ざる数十里のところ, ざる数千里外の西洋諸国, ざる数多の理由, ざる数学的感覚をあたえる, ざる数寄を凝らし, ざる数日をここ, ざる数行あり, ざる數枚の物, ざる文化の冒涜, ざる文化人である, ざる文化史上の大いなる, ざる文句だ, ざる文壇というもの, ざる文士の為め, ざる文学混迷と否定, ざる文盲者の計略的侮辱, ざる文章博士不覚なる次第也, ざる文芸上の批判, ざる文言が列べ立て, ざる斟酌であった, ざるれ之, ざる斯界勇猛の士, ざる新奇新鮮なる意外, ざる新妻を大将, ざる新婦のごとく, ざる新年を獄, ざる新種であった, ざる新聞紙である, ざる新附の諸, ざる新鮮なる恐怖, ざる方則のもと, ざる方式ではなかっ, ざる方式地形を利用, ざる方策となる, ざる方角から致命的, ざるに出た, ざる旅人にはげに, ざる旅客の掟, ざる旅費であると, ざる族長制度的思想なり, ざる既にわれらの, ざる日ましにはげしく, ざる日常の姿, ざる日常経験から見れ, ざる日暮しの間, ざる日本国民の如き, ざる日本的音楽を聴き得る, ざる日本神話に就, ざる日活のゆく, ざる日用品なの, ざる日課の一つ, ざる道徳は, ざる旧友と相, ざる旨前田徳善院増田右衛門尉石田治部少輔下知, ざる旨誓紙を書いた, ざる早くおも, ざる明い軽い快感を, ざる明らかなる証拠, ざる明日の世界, ざる明治二十八年十二月二十一日は来りぬ, ざる明白なる事実, ざる明證に非, ざる易者かな, ざる尚ほうら, ざる時これを食え, ざる時に同じ, ざる時人の信服, ざる時人材が有る, ざる時代神人に男, ざる時側用人を勤め, ざる時則ち山静, ざる時弊に染みたる, ざる時我より進ん, ざる時日の困, ざる時様の粧, ざる時砲聲地に震, ざる時英霊の俊児, ざる時躬も終に, ざる時間との区別さ, ざる普通の人間以外, ざる普遍的自我そのものを考へる, ざる景物人物人の行為, ざる智力を汝等, ざる智慧を趙温, ざる智者だから, ざるの心, ざるに乗じ, ざる暖かみを与える, ざる暖房も申分, ざる愁を, ざる暗影を持つ, ざる暗闘があつ, ざる暗闘反目を続け, ざる暗黒のうち, ざる暴戻とは此事, ざる暴挙であったに, ざる暴擧にし, ざる暴漢であると, ざる暴言である, ざるを吹く, ざる曲事である, ざる曲芸なん, ざる書物をれいれいと殊更, ざる書生っぽばかしの, ざる書生放談の下宿屋, ざる書筺と洋籍, ざる書籍の發賣, ざる書類とある, ざる最初の状態, ざる最大の疑問, ざる最高の公明, ざる最高度の文明さ, ざる最高有益の判斷, ざるが多い, ざる有力の援軍, ざる有様ぢや, ざる有機的なる人格, ざる有機的全体である, ざる朋友に向かい, ざる朝廷の趣, ざる朝敵ぞ敵, ざるを知る, ざる期待はついに, ざる期間は啻に, ざるの切れ, ざる未來すでにわが, ざる未開の道, ざる未開民族のそれ, ざる末技なるべきか, ざる本当の告白, ざる本心が咄嗟, ざる本日午後三時に至り, ざる本来の無一物, ざる本能の要求, ざる本質的契機としていつも共に, ざる本願であるから, ざる元璋, ざる材料さへも含まれ, ざる村人の寺, ざる村役人であった, ざる杞憂のうち, ざる東京通なるには, ざる東夷の作, ざる東洋諸国を除く, ざる東洋豪傑趣味である, ざるもて圍まれ, ざるべに七日, ざるに秘め, ざる枯野の広き, ざるこの詞, ざるの裏, ざる栄光あれと祈る, ざる栄養不良と不足, ざる根城であ, ざる根底がある, ざる根性はついに, ざる根本信念がこの, ざる根本資料であって, ざる根来法師の腕たて, ざる根源の事実, ざる格別の異物, ざる格言として何人, ざる條件であるけれども, ざる梵音はた, ざる棍棒と鉄拳, ざるに一重, ざる森嚴な趣, ざるを射, ざる植物との装飾画的配合, ざる椿事のため, ざるに近き, ざる極甚の平和, ざる極貧の境涯, ざる楽俗眼の見る, ざる楽団は高価, ざる榎本はた, ざる榮光をうけ, ざる構成分子なの, ざる構成過程をなし, ざるは空しく, ざる様々な誤解, ざる様巧妙なる細工, ざるしい日, ざる模様夫妻の間, ざる模範として通用, ざる樣子でさらに, ざる樣心掛くべき筈, ざる樣看守に注意, ざる権利は決して, ざる権力を持つ, ざる権謀謀略の歴史, ざる権限でありさらに, ざる横風に遇, ざる樹木なの, ざる橋一もなき, ざる機嫌に見えた, ざる機密費を使つた許, ざる機械が絶えず, ざるの名所案内申, ざる權力を持つ, ざる欠伸を放つ, ざる欠陥であります, ざるの舞台, ざる歌人であった, ざる歌界の衰退, ざる歓待を受け, ざる歟汝が運, ざる歡樂の, ざる正反対の心理, ざる正常的な発達, ざる正直一本槍の愚直漢, ざる正義諸君子, ざる此一友人の恩恵, ざる此方から石, ざる此時代の成功, ざる此等の者, ざる此説話も比較説話学上, ざる武士の方, ざる武家政治を開始, ざる武田信光が好機, ざる武神アレースを, ざる歪曲を受け, ざる歯根の治療, ざる歯車の一つ, ざる歴史的知識がよく, ざる歴史的運動に寄与, ざる死刑銃弾の疼痛, ざる死骸のみで, ざる殆ど稀なり, ざる残忍を行うた, ざる残忍刻薄を自ら強, ざるは不届き, ざる段階のみは常人, ざる殺害行為を説明, ざる殺戮の残酷さ, ざるのやう, ざる母性愛の姿, ざる母権も全く, ざるに取出, ざる毒舌は美しき, ざるのもの, ざるの素志, ざる民來れるなり, ざる民情が聞ける, ざる民衆的の食い物, ざる気の毒な顔, ざる気分詩人ではあるまい, ざる気焔をあげ, ざる気苦労ではない, ざる気配を見て取った, ざる水中花と養, ざる水勢は下流, ざる水氣により, ざる水田一面水草を敷く, ざる水色を示す, ざる水蝕でかわる, ざる水音は彼, ざるをやぶり, ざる永久の不満, ざる永久性の満足, ざる永正天文の間, ざる永歳月を経種々無限, ざる汚点を履歴, ざる汝提宇子こそ愚痴, ざる江戸ッ児の性根, ざる江戸気質の他, ざる決して誣ゆべからざる, ざる決定を与えた, ざる決断負托, ざる決斷負托, ざる沈着と獨立, ざる沈静の気, ざる沈黙におかれ, ざる沒分曉漢は別, ざる没分暁の言, ざる没理性漢なり, ざる河海がよく, ざる治国平天下の打算的手腕, ざる法律によって貨幣, ざる法語となる, ざる法雨のこの, ざる泰山がよく, ざる洒脱朴訥の士, ざるを作るべし, ざる活機を吾人, ざる活躍とあいまっ, ざる活闘が演じられた, ざる派出な刺激, ざる流れとも称すべき, ざる流体化した清家博士, ざる流動的なる自発活動, ざる流血を終息, ざる浄行童女善比丘尼を犯し, ざる浅薄の見, ざるの真砂, ざる海絨を水, ざる海魔とか船, ざる消極なり, ざる消費はことごとく, ざる消防法をも應用, ざる涼み芝居を唯, ざる淋しい人の, ざる淨火の民, ざる深くして, ざる深山ありその, ざる深度の研究, ざる深沈の声, ざる深谷の横, ざる混乱中でまだ, ざる混乱状態を現, ざる混沌のうち, ざる混沌感を捺印, ざる混淆となる, ざる淺間は哀し, ざる清浄純真の童貞生活, ざる清潔の抱擁, ざるが意気, ざる渡辺弁護士だった, ざる渦乱であった, ざる温きものが, ざる温泉へ発足, ざる温雅の情操, ざる枝の, ざる満腹の不平, ざる溝渠を説く, ざる溝蚊の声, ざる滑稽は八笑人以上, ざる漂流者ではなく, ざる演出者の一人, ざる演技の難易, ざる演技上の臭味, ざる漢人のこと, ざる漢子の農夫, ざる潔白清浄なる行い, ざる潮合いを見, ざる潮流や恐るべき, ざる激語と見え, ざる茶を, ざる濃い闇の, ざる濶達自在の境界, ざる瀧君なれば, ざる火事装束五人組と弥生豆太郎, ざる火加減でなければ, ざる火藥は今, ざる炎空にゆき, ざる炬燵に足, ざる為体をさすが, ざる烏滸の白者, ざる無上な力, ざる無人の処女地, ざる無名の戦争, ざる無役の地, ざる無心の刹那, ざる無恥の輩, ざる無数の革命的労働者, ざる無業の人, ざる無法をする, ざる無理となつ, ざる無知である, ざる無礙自由の白道, ざる無礼者だと, ざる無自覺の, ざる無道の振舞, ざる無難な好, ざる無類の歓喜, ざる無駄ばなし寒さ, ざる焦燥の形, ざると否, ざる煮物なので, ざる熟字を排斥, ざる熱心と勇気, ざる熱的死を目指し, ざるとやお, ざる爲めかと思ふ, ざる爲一時拒絶された事實, ざる爽快の感, ざる牢人の境遇, ざるの観察奈何, ざる物らの世界, ざる物品と看做しえた, ざる物理をも軽しく, ざる物質的のこと, ざる特別の飲み物, ざる特権を享楽, ざる特異な相, ざる特賞を呉れた, ざる特長を観得する, ざる牽引のもつ, ざる犠牲を伴う, ざる犯人に対する予審判事, ざる犯罪事件にし, ざる狂想を演じ, ざる狂風となれり, ざる独自の近代性, ざる狭量さであり少く, ざる狹量から來, ざるゴルフは, ざるがふし, ざる献身と努力, ざる献身的な努力, ざる猿股も羽織, ざる獵師です, ざるの肉, ざる玄妙の境, ざる率直さ科学への関心, ざる王安石に近し, ざる王朝文学の几帳, ざる王様がホテル, ざる王者がその, ざる玩具を愛す, ざる珍妙のため, ざる珍種で蝸牛, ざる現代の風俗, ざる現代小説最後が歴史小説, ざる現前の事実, ざる現実精神があつ, ざるをいう, ざる理想的政体なりき, ざる理智の魂, ざる理解というもの, ざる甚しき意義の不明, ざる甚だしく歪んだもの, ざる甚大な努力, ざる生みの力, ざる生命感の摘出, ざる生成をはばむ, ざる生活事情のなか, ざる生活品だ, ざる生活目標わしの感じ得た, ざる生理的要求であっても, ざる生産拡張計画であると, ざる産子は産者, ざる用具なり, ざる用心から依然, ざる田舎の旧家, ざる由縁なり, ざる由老媼の口, ざる男世帯を張り, ざる男性の神, ざる町人根性武士には窘, ざる画舫の列, ざる画題だ, ざる畑仕事を為し, ざる畜生だとの, ざる畢竟これ何者と, ざる異き相を, ざる異同があっ, ざる異変も異変, ざる異性は悉く, ざる異性間の交渉, ざる異色を帯びし, ざる異風でした, ざる當來また過去, ざる疑念を起した, ざるき流れ, ざる疾病を得, ざる病患の避け, ざる病根があつ, ざる病気に相違, ざる病状が迫っ, ざる病苦によって短命, ざる病院の無聊, ざるをも割るる, ざる楚不仁等も, ざる痛いような, ざる痛ましさを, ざる痛みが閃いた, ざる痛快的逸話の中, ざる痛忿の焔, ざる痛撃をくらった, ざる痛負心の人, ざる痴愚を感ずる, ざる発揚を期すべきであっ, ざる発見がひょいひょい, ざる登高の歩み, ざる發作あり爭鬪, ざる發明であ, ざる白い生毛, ざる白き地紙に, ざる白徒だという, ざる白痴なり, ざる白鞭を以て地, ざる白鸚鵡なの, ざる百円の公正証書謄本, ざるの漢, ざる監察あり, ざる目前の事実, ざる目標ではある, ざる目的と之, ざる盲眼をいかに, ざる盲蛇危かりしこと, ざる直接の事実, ざる直線的人物でなければ, ざる直覚の権威, ざる直道が心, ざる県庁の迂闊, ざる眞事實と眞感想, ざる眞實である, ざる眞理についてう, ざる真率あり, ざる真理ぢやない, ざる眠りにてあれ, ざる眺望なるに, ざる眼力の持主, ざる眼福なること, ざる着手で奇異, ざる着眼点から作者, ざるの中, ざる矜持と襟度, ざる矢口肆筆の作, ざる知識欲の追求, ざる知識的貧困を暴露, ざる知音であつ, ざる短篇と雖, ざる矮小なる者, ざる石器の事, ざる石火の如き, ざるに義盛, ざる研究問題であるのみ, ざる破滅に陥っ, ざるな事実, ざる確乎とした, ざる確定的のもの, ざる確実の数理, ざる確証を掴ん, ざる磁石のよう, ざる示唆の泉, ざる社会中心の外, ざる社会状態であった, ざる社会的影響をひき起した, ざる社会的機能を営む, ざる祕密あるか, ざる祖先である, ざる神仏の実在, ざる神代の姿, ざる神供であった, ざる神厳と空虚, ざる神国といふこと, ざる神性を表, ざる神戸牧師の勇, ざる神木を伐り売る, ざる神秘的寂寥を極, ざる神経にも相当, ざる神聖なるにわ, ざる神話或は全く, ざるが一票, ざる禁苑に入り込ん, ざるその姿, ざる福祉のため, ざる福運を授け, ざる秀吉の嫉妬, ざるの現れ, ざる科学の威厳, ざる秘仏の中, ざる秘訣を蔵する, ざる程に思はるるまま, ざる程ゆゑこの温泉, ざる程多量の物, ざる種子が潜伏, ざる種子中に含有, ざる稲作の史料, ざる稽古を怠りがち, ざる稿勞者なれば, ざるに御座候, ざる穴道を往来, ざる空前の冒険旅行者, ざる空気が至る, ざる空論家と強制, ざる空間の中, ざる突破の歓喜, ざる窓下のあたり, ざる窮地に陥るごとく, ざる立脚點は立脚點, ざる端厳なる相貌, ざる笑い事となった, ざる笑顔夫の死, ざる符号を案出, ざる第一流の人物, ざる第三者は必ず, ざる等不敬の事, ざる等故障続出して, ざるの動き, ざる箇所に苦痛, ざる算術家あり, ざるを屈し, ざる節々これあり候えば, ざる節介にと言わぬ, ざる範圍に思索, ざる篤志家が出, ざる簡素なる美, ざる米食米酒醤油のごとき, ざる粗大頑強のもの, ざる精勵をなす, ざる精神みな荒村老屋の中, ざる精神上の食物, ざる精神作用を発する, ざる精神爽快剤である, ざる精神的損害を被, ざる精神的権威があり, ざる精酒を飮, ざるに吊らるる如く, ざる紀州鄙地の山岳重畳, ざる紀念の品, ざる紀念物のみはなく, ざる約束事か, ざる樸なる, ざる純一無雑なる自然, ざる素地があり, ざる素姓と考えます, ざる素子の姿, ざる素養がうかがわれる, ざるの既に, ざる細い噴水を, ざる細雨を衝い, ざる終戦母とトキ子, ざるの金井一角, ざる組織の見えざる, ざるをくり, ざる経営が充分, ざる経済的発達を遂ぐる, ざる経済組織なること, ざる経費を必要, ざる結果学校に在り, ざる結果彼我の国民教育, ざる結縁のきずな, ざる統一作用が働いてる, ざる統制ぶりにまず, ざるが出来よう, ざる絵巻物を広げる, ざる絶壁に挟まる, ざる絶対の実在, ざる絶対無限の境遇, ざる絶對的に命令, ざる絶痛を与ふる, ざる綸旨であったが, ざる綺麗な思, ざる縁起のわるい, ざる縁路を造り, ざる繁殖の行為, ざる織田信雄なんかが策動, ざる繰りかえしであった, ざる繰返しの現われる, ざる罪害ならずや, ざる羊僧である点, ざる美妙の音, ざる美心なくし, ざる美的生活を享楽, ざると憤, ざる羞恥の心, ざる羞慚の情, ざるは恐れ, ざる群小批評家の言, ざる義昭の性情, ざる義理立をする, ざる義理立てをした, ざる翁一流の信念, ざる牛馬と, ざる老人の思いすぎ, ざる老体には実に, ざる老婢は希有, ざる老弱の男子, ざる老朽の空論, ざる考え方こそ至当, ざる者たるに外, ざる者つていふの, ざる者ひとり調実のみなら, ざる者一日の中, ざる者一歩なり, ざる者七分の多きに, ざる者三簒臣也賊后也夷狄也と, ざる者共だ, ざる者凡庸な者, ざる者十中に九, ざる者半ばわれらの罪, ざる者攫者よくこれ, ざる者文学の特色, ざる者是れ則, ざる者燕王に遇う, ざる者竊に近づきつ, ざる者茲に存す, ざる者華族を甚, ざる者難民の悲しき, ざる者食ふべからず, ざるには, ざる将又, ざるかしさ, ざる聖なる父よ, ざる聖人にもあらず, ざる聖域のある, ざる聖書の教え, ざる聖者の肖像, ざる聴講生その人, ざる職員気質がある, ざるを喰, ざる肉付きの妙, ざる肉体的の克己, ざる肉體が病弱, ざる股野にここ, ざる胆汁質的の頼もし, ざる背景に作者, ざる能はず坤は乾, ざる能力には注意, ざる脅迫観念に陥らせる, ざる腕利きを見出だす, ざる腰巾着として鉄拳制裁, ざる腹案を持つ, ざる膂力の証, ざる膝貸し与えたお, ざる臆測にう, ざるはご, ざる自らの迷妄, ざる自信力自から, ざる自尊心の病的, ざる自己欺瞞に陥る, ざる自己陶酔に於, ざる自恣の欲求, ざる自慢の名のり, ざる自我の問題, ざる自然主義の文芸, ざる自由を与えられ, ざる自由自然なる固有, ざる自証に自明さ, ざる自責の念, ざる自転車と手, ざる至重の責任, ざる至難な道, ざる至高の感激, ざる致命傷を与う, ざる致命的結果をもたらすであろう, ざる舅君の仇, ざる興味深い事実である, ざる舞俗情の了解, ざる良人はない, ざる良心的な仕事, ざる良薬になる, ざる色気がこもっ, ざる芝生を踏ん, ざる花世であっても, ざる芸当兼運動をやる, ざる芸術品がつくりたい, ざる芸術的叡知の存在, ざる芸達者な威風, ざる若々しさと, ざる若き男おんなの, ざる若づくり大友は一目, ざる若干の疾患, ざる若者どもである, ざる苦しさに, ざる苦役をしない, ざる苦心と焦慮, ざる苦悩者の数, ざる苦惱をおぼえる, ざる苦笑を洩す, ざる苦艱を添, ざる英武のわが子, ざるはまったく, ざる茶道学校があり得る, ざるの早く, ざる荒蕪地を横, ざるのあり, ざる華奢の風俗, ざる落葉こそ, ざる之助, ざる著作物及び, ざる蒙昧の時代, ざる蓄財振りを畏敬, ざる蓋しまた自然, ざるの内, ざる蓬莱の蜃中楼, ざるの花, ざる藍子喧嘩せる黒川, ざる藝術家は必ず, ざる藤田東湖を俟, ざる蘭麝おのづから, ざる之介, ざる處例の物數奇連中, ざる處其動もすれ, ざる處古人が殘, ざる處殆ど尠く彼, ざる虚文を用い, ざるの橋, ざるかな, ざる蛇脱の黒焼, ざるの如く, ざる蛮人に過ぎない, ざるといふは姿の, ざるのごとく, ざる蝦蟇法師の居所, ざるの岩太夫, ざる血液の運行, ざる衆知の事実, ざる行為動作をどう, ざる衝動を受けた, ざる衝突に対して当該政治家, ざる衣子の場合, ざる衣類の一つ, ざる表現の空虚, ざる表裏ばなしを聞く, ざる表面に立たなけれ, ざる造物としては, ざる被告人の厚顔無恥, ざるに空費, ざる裏切り行為に逆上, ざる裏山の雑木林, ざる裏手にあたって新た, ざる裨益を得た, ざるの地, ざる裸体になりました, ざる裸形のまま, ざる複写をもつ, ざる複雑な作家, ざる複雑さで映り, ざる襲撃に対して指令, ざる西洋の方, ざる西田氏はベルグソン, ざる要事があれ, ざる要石にまで発達, ざる要請の強, ざる覆面を被, ざる覇気を持った, ざる覊絆によって結ばれた, ざる見世物と異なり, ざる見方に打, ざる見物の中, ざる見解である, ざる見込み立ちたれば, ざる規定でなければ, ざる規律の下, ざる覚悟も出, ざるを以て膝, ざる親友でした, ざる親身の繋り, ざる親鸞上人の胸懐, ざる観察の上, ざる観察者の気持ち, ざる角度に両側, ざる解放的のもの, ざる解決は終極, ざる解説や批評, ざる言人の語るまじき, ざる言語上の暗黒時代, ざる言語道断の妙趣, ざる言説が予期, ざる言辞を弄, ざる劃を, ざる計算上の数字, ざる訓戒とは思った, ざる記念の化現, ざる記念碑よ, ざる記註を見る, ざる記載として戸籍簿, ざる訪問もしなけれ, ざる許し難いこと, ざる訴えを私, ざる註解を施した, ざる証人社長池田君でこれ, ざる証左を得, ざる証拠是を持参, ざる証跡があっ, ざる評家の為, ざる評論たらむとす, ざる詞章として長い, ざる詩人的天才を有せり, ざる詩祖ホーマーを, ざる詩神風に乗り, ざる詭計の一種, ざる詮義立てをし, ざる詮議立てして, ざる話し声が聞こえた, ざる認識形態なの, ざる認識論的要求やまた, ざる語句の佶屈, ざる誠に美と, ざる誤りといへるは, ざる説話に於, ざる読物の流行, ざる読者は湯屋, ざる読者層の為, ざる課目とされ, ざる調査の結果, ざる談理とは何物, ざるならむ, ざる論理を聞かされ, ざる論理学的乃至哲学的根本誤謬, ざる論理学的欠陥がある, ざる論者の見なり, ざる論議は暫く, ざる諷刺家たらんこと, ざる諸事相も之, ざる諸侯の家臣, ざる諸税を課せし, ざる諸説がある, ざる諸道に通達, ざる謙徳の大君, ざる謹慎優雅の風, ざるあれば, ざる證據なり若し, ざる證明であるの, ざる譎詐とを左右, ざる警察を呪い, ざる譬喩的文字なり, ざる譯官を物色, ざる議論であ, ざる護身の武器, ざるの数々, ざる豊富を享受, ざる象皮の如く, ざる豪傑の出現, ざる豪放の素性, ざる豹変にいささか, ざる貞操まで売っ, ざる財力に一種, ざる貢献を認め, ざる貧乏な職人たち, ざる貧困に対する一, ざる貨物はやはり, ざる責任規約の槍玉, ざる貴重の身, ざる貴重品を搭載, ざる費用をかけ, ざる資料があった, ざる資源に在った, ざる資質を有, ざる賛歌などをもし, ざる賞賛を聞いた, ざる質問をせず, ざる贅沢なもの, ざる赤裸々の沼南, ざる越中の國, ざる趣きは同時に, ざる趣上聞を達し, ざる身なり余の乗り, ざる身の程をわきまえ, ざる身体の病弱, ざる身分なれば, ざる身動きが自然, ざる身悶して, ざる身辺の反対力, ざる響けば, ざる軍人の一延長, ざる軍隊を編制, ざる転移のまま, ざるの貫く, ざる軽佻さが潜ん, ざる軽卒である, ざる軽薄男子あるのみ, ざる輪郭を伝えた, ざる輿の事, ざる辛苦を嘗められた, ざる辛辣さとユーモア, ざるを蒙っ, ざる辱しめを受け, ざる農作物と認めたらしい, ざる農民が存する, ざる迄に破滅せし, ざる迄の研究を, ざるき船, ざる迎合の磯, ざる近い間において, ざる近代の寒, ざる近代的罪過でした, ざる迫真性と切々たる, ざる述懐である, ざるひの, ざる迷執の状態, ざる迷惑を加, ざる退屈を漂, ざる逆境に臨みし, ざる逆臣である, ざる連想をもっ, ざる連続があり, ざる連鎖であり個々, ざる進展をつづけ, ざる遊佐の片手, ざる遊戯に怖, ざる遊興心がすっかり, ざる遊蕩児の一人, ざる遊覧地なるをや, ざる遊離分子であった, ざる遊離説話的の分子, ざる運転手の自動車, ざる過去の如く, ざる過去世においてすでに, ざる過誤と存じ候, ざる道徳的自信と幸福感, ざる道楽息子へみだりに, ざる道誉のさし出口, ざる達磨の幅, ざる遠い昔の, ざる遠慮じゃ, ざる遥か彼方に多分, ざる適法の運命, ざる適當なる家, ざる遭遇でありまた, ざる遺憾事と言うべし, ざる遺漏ある可, ざる遺物として床の間, ざる遺産とともにこの, ざる邪悪な疑い, ざる邪推も廻る, ざる邪魔をしない, ざる邪魔者に舌打ち, ざるより起算, ざる部下を要せ, ざる部屋例えば窓, ざる部類に編入, ざる都市移住によって処分, ざる都門一場の光景, ざる酷薄なるもの, ざると惡, ざる醜悪さで白昼, ざる醜行に身, ざる重厚なもの, ざる重囲の中, ざる重大さを持っ, ざる重大事項であると, ざる重罪人である, ざる重苦しいものが, ざる重荷であったが, ざる重陽なり, ざる野卑の言語, ざる野心を生じ来れる, ざる野趣を帯び居り, ざる金子とかにて女衒, ざる金粉ぞただ, ざる金魚をきみ, ざる鉄甲二千以上は優に, ざる鉄石心を有した, ざる銀杏の大木, ざる銃声一発とどろいた, ざる銃鎗はよもや, ざる鋭鋒だな, ざる鋼線でもっ, ざるなり, ざる鎖国的の小, ざる鎖鑰であろう, ざるにすぎない, ざるとしてますます, ざる鐵案である, ざる長い月日の, ざる長所を誰, ざる長病の牀, ざるの橘, ざる閑談に時, ざる間アクアケータと呼ばれ, ざる間人民の代表者, ざる関白となり, ざる関連を見いだす, ざる闘志に引吊, ざる降雨のため, ざる限りいかようにも説明, ざる限りこれ等の事実, ざる限りそれは英国, ざる限りなほ看るに, ざる限りアマチュアでありまた, ざる限りフランは単に, ざる限り中流婦人が率先, ざる限り二五磅以上のいかなる, ざる限り何人もさうは, ざる限り内省は唯, ざる限り凡ての人, ざる限り処定めず観たり, ざる限り力を失う, ざる限り天地の力, ざる限り如来の悲願, ざる限り安全に身, ざる限り容疑をかけられる, ざる限り対談の必要, ざる限り平和運動の奏効, ざる限り彼らを圧迫, ざる限り得意はあまり, ざる限り徹底して, ざる限り數年來否十數年來執り來, ざる限り此處に掛物, ざる限り永久に容れられざる, ざる限り現在の大須, ざる限り皇室は自由, ざる限り真の自由, ざる限り社会はその, ざる限り耕作され得ずかつ, ざる限り自分の世界, ざる限り自己の欲する, ざる限り誠實に善, ざる限り適正な企業, ざる陣形を以て一団一団, ざる陰欝な鬼気, ざる陰気さの中, ざる陶冶訓練の為, ざる陸海軍の決定的, ざる陽春の気, ざるもない, ざる階段であると, ざる階級争闘がひき起こされる, ざる随所に二つ, ざる隙間もありません, ざる障害となるであろう, ざる障碍を與へた事件, ざる障礙を来す, ざる隣人への罪, ざるれたる事實, ざる雅懐は蓋し, ざる集注力統一力ひっぱる力, ざる集積をつみかさね, ざる雑多の複雑, ざる雑戸となっ, ざる雑言を申す, ざる雑言助太刀無用になされ, ざる雑踏と混乱, ざる雑音の混入, ざる雑駁の内閣, ざるに其餌, ざる雜草の茂, ざる雜駁の内閣, ざる離縁法を世に, ざる關で, ざる難事なり, ざる難路を往復五, ざる難関を平, ざる難題直接に降り懸りぬ, ざるの音, ざる雰囲気の中, ざる電話があります, ざる震えが突然, ざる霊木の背, ざる露伴の, ざる露骨な実利主義, ざる青年たちとしての学生, ざる青年哲学者の危急, ざる青春七十になっ, ざる青空の苗, ざる静かな悲苦, ざる静さに此孤島, ざる静寂の気, ざる静観者であり自ら, ざる非人であった筈, ざる非人道に想, ざる非運われは享, ざる面倒なこと, ざる面倒臭さに, ざる面影を見出した, ざる面持にてよし, ざる面白い對照です, ざる面目にこだわらず, ざる面積を持っ, ざる革命的任務とを十分理解, ざる靴屋の一職工, ざる韓廷の擧措吾人, ざるを聞き, ざる音声を聞く, ざる音律の曲者, ざる音楽的調和をなせる, ざる音聲及び外貌, ざる響きで前, ざる頃当時猶孱弱, ざるを竦め, ざる順序である, ざる預言であって, ざる頑固な主人, ざる頑石といえ, ざる領主吉良上野に対する愛情, ざるのよ, ざる頭脳実子殺しといふ, ざる頽勢を一挙, ざるにて打, ざる顔容の持ち主, ざる顔色でありました, ざる願いと憤り, ざる願望が夢, ざる風体をなさん, ざる風景雅致を日本, ざる風流韻事の果報, ざる風濤の描写, ざる風評と誇張, ざる風邪寝かな, ざる颶風でした, ざる飛行の武器, ざる飛躍がある, ざる食品とした, ざる食慾不振と衰弱, ざる食餌をなす, ざる飢饉に曝された, ざる飯鉢の蓋, ざる飲用水が全く, ざる飲食物を口, ざるをつ, ざる首領があった, ざる香水一本着更, ざる馬鹿者にてその, ざる騒乱に対する諸, ざる騷擾を始め, ざる驕慢に, ざる怖の, ざる驚きの意識, ざる驚異の感情, ざる體度にて勢力, ざる體質を享, ざる高みから差し, ざる高倉宮以仁王なりき, ざる高原である, ざる高徳の氷山, ざる高級希望を幾分, ざる高級權利即ち造化, ざる高貴なもの, ざるは黒き, ざる鬱陶しい精神の, ざる鬼気を帯び, ざる鬼神と評, ざるとの二つ, ざるの新鋭, ざるの淵, ざる魔神はあまき, ざるの釣舟, ざる黨人に警告, ざる鼠穴から地下, ざる鼻ポンや骨がらみ