青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ざります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~される される~ ~さん さん~ さんざん~ ざし~ ざま~ ざら~ ざりし~ ~ざります
ざります~
~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し し~ ~しい しい~ しか~ しかし~

「ざります~」 1065, 12ppm, 9492位

▼ ざります~ (283, 26.6%)

3 お遊さん 2 いや今時往来, それが, もしやお, 何か, 何の, 此の, 私の

1 [266件] ああし, あのとおり, あやしい者, あれは, あんの, いかが, いかがな, いかなる思し召し, いかに不自由, いかに師弟, いったん死におくれまし, いまだに海賊, おきき下さいましょう, おしろを, おたずね, お初に, お女中がた, お嬢様が, お庇さ, お手打, お断り申しあげまする, お案じ, お聞きなされた, お聞き届け賜わります, お聞届け, お言葉, お静, きょうまで, こうと, ここまで, ここ昼夜肝, こちらから, このお, この某, この老骨, こよい, これから先, これから浅野弾正殿, これが, これこそ, これしきの, これで, これという, これに, これは, これ土部の, こんどは, こんな首, ごらんくださいませ, ご違背, さしたること, さる西国大名, しかし, しかしお, しかしそんな, しかし人間, しかし此, じきじきに, じつは先刻, すべてしゃみせんには, そういうおり, そういうふかい, そうでなかったら, そのかわり只今, そのころ, そのじつ, その傍ら, その時, その辺, その難, それさえも, それでは長崎屋, それでもまだ, それは, それほどなら, それを, そんな荒々しい, ただ一すじ, たとえわずかな, ちと無謀, でも妾, ともかくも, どうした, どうしてそれ, どうぞ, どうぞ拙者, どうでも, どうもそれ, どこにも, ながまさ公, なにぶんにも, なにぶん徳, なにぶん折り, なまなかて, なんしろ来る, のちに, はじめて御, ひとついかがで, ふしは, ふたたびとり逃がしまし, ほかならぬ, ほんとにお, まあまあさようおっしゃらず, まあわし, ましてその, まず差し当っ, まず悪人, まず第, まだその, まア下質, もうその, もう一軒, もしお, もっともこれ, もとは, やっぱり他人, やはり御, よもや左様, わずかの, わたくしいつも, わたくしが, わたくしに, わたくしは, わたくしも, 一坂越える, 一夜お, 一寸伺いたい, 丁度好い, 三人の, 三家三勇士の, 三日目に, 上より, 不調法で, 事火急の, 二人とも, 人は, 今から, 今宵限り和尚様とも, 今日は, 今晩の, 仏様は, 以来は, 何う, 何うし, 何かとお, 何せよ, 何も, 何卒老体, 例年なら, 侯爵さま, 元家中, 兄上は, 先代からの, 先月の, 先頃から, 兵法の, 其処へ, 其時豊公の, 其湾内は, 出来ませば, 剣の, 勝家一族が, 十二時という, 口へ, 口上を, 只今では, 只今会いました, 可愛い我が, 向う三年の, 吹上の, 唯今は, 喜撰法師の, 喧嘩の, 大阪の, 太夫元の, 奥様の, 妻の, 姉妹同士でも, 娘の, 子供が, 安房どのからも, 実にその, 実は二, 実は別に, 家中に, 宿元に, 少々ずつ, 市之丞様こそ, 常日頃, 年来の, 当商会, 当方は, 当清洲, 役目も, 従つて手前どもも, 御前へ, 御新造樣に, 御用に, 性来の, 愚僧が, 手前も, 手前戯作者志願で, 手足は, 扨どうも, 承りますれば, 政高公の, 旅宿を, 旦那はんが, 春菜さまどこへ, 本名で, 東堀の, 正直申せ, 武士にとって, 毎年の, 民部は, 決してお, 決してわれわれ, 浄瑠璃や, 清麿は, 父が, 父に, 父は, 物の, 物心つき初めて, 琴や, 生れつき心が, 田舎に, 目で, 私とて, 私共, 私達の, 秋く, 紛いも, 美しい貴女さま, 義貞公お, 考えて, 聞いては, 胆に, 腕は, 腹に, 自慢にも, 致方が, 船津の, 若狭どの, 葉之, 裏御門の, 諸君方の, 貴下様思召で, 貴方が, 貴殿この, 跡は, 近頃は, 遅からず, 道中お, 酒の, 釣れぬの, 鉱毒の, 関ヶ原の, 陰気に, 随分若い, 雑所先生が, 霊界の, 順を, 飯田町の, 髪の, 鼻の

▼ ざりますから~ (132, 12.4%)

2 わたくしも, 今に長い, 何う, 銘々に

1 [124件] ああいう, あしかけ, あながち悔ん, いちの, いまこそ, いまさら何, いまだに十五夜, いまの, おいたちの, おくがた, おしず, おなじは, おふたり, おやくに, お伽に, お弓, お急ぎ, お手渡しくだ, お気安く, お福, かねがねゆめに, きないの, きょうまで, このおんな, このたび, このや, こよい, さっそくこれ, さのみ, しぼが, しょせん今, そう仰っし, そのよう, その工事, それどっちへ, それなら, それらの, そんな無遠慮, たいこうでん, たとい御, たとえ一晩, だました人, ちと召し, ちょっとそれ, つい人様, つまるところは, つらさ, どうか, どこという, なおさら御両人, なかなか再縁, なるべく話, なるべく顔, なんの, なんぼ江戸馴れない, はたから, まず一往, まつざにひかえておりますと肌さむい, もったいないこと, ゆるゆると, わたくしは, わたくし共の, グッスリ酔, マクスを, 三成公へ, 人数の, 今年の, 仰せの, 仲よくし, 伊豆伍と, 何か, 何事も, 何処へ, 修行の, 先ず某, 出來, 別にお, 口に, 大方父も, 姉さんに, 姑にも, 少しの, 左様思召, 左程, 年の, 当年は, 御前へ, 忽ち一つ, 拠んどころ, 持って, 斯う, 新吉お, 明日ゲロン・リンボチェの, 是から, 是非なく, 最初のと, 末の, 本人の, 本来なら, 東福寺へ, 松蔵の, 武士の, 深い法門, 湯の谷の, 父とおし, 父の, 父は, 物の, 瓢箪淵とでも, 疑うどころか, 盗賊も, 直に取って返し, 秀吉公も, 私どもに, 種々と, 自然装なんぞも, 致しかた, 討ち果たして, 身の, 里の, 雪の, 顔色の, 馬士や, 騎り潰す

▼ ざりますゆえ~ (77, 7.2%)

3 お早く 2 お手, ついその, てまえ, できますこと, どのよう

1 [64件] あらば, いいや, いずれ明朝, いつもの, いッ, おはようお取り次ぎくだ, お助勢お許し, お声がかり, お差し, お手向い, お招き願えませぬ, お拾い, お案じ, お気まま, お疑い, お連れなされ, かくお銭, このよう, この城下, この裏側, ご慈悲, ご足労, さぞかし肝, そのお, その子細, そんなこと, たしかに仙市, たぶんその, だれいうと, ちょっと眠らし, つい失礼, とつおいつ思案, とても此, どうぞご, なかなかその, なんと申し, のちほど御, まずそれ, もうこうなれ, ゆっくりお, よく存じ, よし戸, 何もかも申, 出来ますこと, 別段事, 困ります困ります, 御大儀, 御辞退, 恥ずかしいの, 悪いこと, 悲しい思い, 所詮あの, 折々は, 折角ながら, 未だ一言, 案じたもの, 比べて, 知らぬ土地, 見つけたとき, 触らぬ神, 読み切れないので, 起き出そうかと, 近頃腕, 隠さずに

▼ ざります~ (54, 5.1%)

2 いって, いわぬばかりに, 藪から

1 [48件] いいたげに, いいながら, いう, いうと, いきなり大地, いわず語らずに, お断わりし, お歌は, お礼を, このよう, これを, しみじみと, すぐに, そういっ, そう申す, そう聞かされ, そのお, ふと席, もござりますとも, 云って, 互いに罪, 今度は, 分明な, 問うの, 媚めかしく呼ぶ, 左様に, 巧い, 差し出した処, 愚痴つてばかり, 月始めに, 正直に, 泰然はらっ, 泰然はらつ, 涼しい顔つき, 現世に, 申したので, 申しましたら暫く, 申しまするの, 申し上げましたら黙れ左衛門, 確かこの, 答えれば, 自然木の, 至極やす, 言ったらそう, 言って, 詞に, 話したと, 顔色を

▼ ざりますけれども~ (34, 3.2%)

1 [34件] あさくらどの, あまりくだ, ある日, あゝいかなる, えんあって, お遊さん, きこゆる, このお, これは, さいしょう, さらしく, その人, それが, でもこの, とりわけめくら, ながねん, ながのと, べっしてその, まだ十五六, やはりき, わたくしが, わたくしは, チベットは, 十一月という, 命を, 大阪も, 天下のみ, 女では, 姉さんの, 御先祖高清入道, 戦と, 是等は, 治部殿は, 雪が

▼ ざりますので~ (30, 2.8%)

2 御氣分

1 [28件] いかにも胸中, いそいで, いっそ両親, おしろの, かくうろたえ, こうやっ, こちらの, これで, じゅうぶんご, そちらの, その外, それを, そんな噂, どうか, どうしても目量, まだ起き, もうお, わしどもでも, 仮の, 御懇意, 御気分, 急の, 番所の, 神だ, 私共もはや, 自然地下道は, 見苦しいと, 訴えに

▼ ざります~ (29, 2.7%)

1 [29件] あさって, あの綱手, え, お前様直ぐ, そのよう, それでは旦那様, それともお, それとも余, どうか, どうぞ篠山, わしには, ハイそうで, ヘエそれは, 以前どこかで, 但しは, 右門ただ今, 大変に, 実はな, 年は, 庄公は, 心得ました, 悪人で, 手前では, 早速そう申しましょう, 痛いと, 真実その, 私も, 立花様と, 考えること

▼ ざりますもの~ (16, 1.5%)

5

1 [11件] お殿様, さぞかしお, わちき, を, をお, をおく, を何, を出, 別に心, 夢にもお, 抱いて

▼ ざります~ (12, 1.1%)

1 [12件] あけち, お気散じ, ことに亡くなった, そうかと, それに, そんなこと, なにや, 不断十分に, 四十物町までは, 明日にも, 父の, 粥川家の

▼ ざります~ (11, 1.0%)

2 掛けなすって 1 はつ御料人と, 助けなされ, 助け下さいまし, 奉行様兵助が, 妙さまか, 恥ずかしいこと, 見事な, 逃げなさりませ, 雪が

▼ ざりますのに~ (10, 0.9%)

3 どうした 1 お敵娼, このよう, どうしてあんな, どうしてその, やれ隠し男, 人さまを, 奇妙な

▼ ざりますそう~ (9, 0.8%)

4 でご 21 いえば, でそれ, 致しますと

▼ ざりますそれ~ (8, 0.8%)

1 がいま, と申します, に此, はたしかに, は聞かぬでもござりませぬ, ばかりはどうぞ, よりは旦那様, を申し上げませぬ

▼ ざります~ (8, 0.8%)

2 ござります 1 そこへ, たいていだいじょうぶ, 宵の, 手を, 正直な, 飲食店は

▼ ざります~ (8, 0.8%)

1 か日に日に, じゃ, とまあ, な, は此, を牛車, 或は露, 縁側などに

▼ ざりますけれど~ (7, 0.7%)

1 お話し申し, なって, わたくしと, わたしひとりの, 一生懸命御機嫌を, 実はあの, 盗賊に

▼ ざりますその~ (6, 0.6%)

1 うちには, お家の, お言葉, 紫の, 芳野山へ, 藤吉郎に

▼ ざります~ (6, 0.6%)

31 っ, ッ, 黙って

▼ ざります~ (6, 0.6%)

2 神父様遠方で 1 お内儀さん, お客様この, ここから, はいでも

▼ ざりますかと~ (5, 0.5%)

2 驚きし樣子 1 その男, 言うから, 驚きし様子

▼ ざりますとも~ (5, 0.5%)

1 こればかり, さすがに, 一時でありましょう, 人の, 人足も

▼ ざります~ (5, 0.5%)

21 よそながらお, 大学で, 少からぬ

▼ ざります~ (5, 0.5%)

3 因って 1 お奥向, 貴方を

▼ ざりますこれ~ (4, 0.4%)

1 でもずっと, はわたくし, は二歳, を胴巻

▼ ざりますのでな~ (4, 0.4%)

1 ことごとに, さすがのて, やれ幽霊屋敷, 本人どもが

▼ ざりますわたくし~ (4, 0.4%)

1 がお供, このみち, に火急, は猿

▼ ざります今夜~ (4, 0.4%)

2 も此樣 1 もこれから, もこんな

▼ ざりますいや~ (3, 0.3%)

2 でご 1 もう御

▼ ざりますとて~ (3, 0.3%)

3 撥を

▼ ざりますなと~ (3, 0.3%)

1 さわやかなこえ, その男, 吸いがらを

▼ ざりますなどと~ (3, 0.3%)

1 とぼけたが, ぶしつけな事, 云う者

▼ ざりますほんに~ (3, 0.3%)

3 因果とでも

▼ ざりますよく~ (3, 0.3%)

2 存じて 1 拜見し

▼ ざります~ (3, 0.3%)

1 主人から, 出掛の, 殊勝に

▼ ざります御覧~ (3, 0.3%)

2 の通り 1 じまし

▼ ざります~ (3, 0.3%)

1 ならば御, 今度は, 私さえ

▼ ざります~ (3, 0.3%)

3 の御子さま

▼ ざりますありがとうご~ (2, 0.2%)

2 ざります

▼ ざりますあれ~ (2, 0.2%)

1 にたおれ, は関東

▼ ざりますいま~ (2, 0.2%)

1 でも十五夜, でも許し

▼ ざりますお可~ (2, 0.2%)

2 愛想な

▼ ざりますかい~ (2, 0.2%)

2

▼ ざりますからと~ (2, 0.2%)

1 云う返事, 宿引が

▼ ざりますがの~ (2, 0.2%)

1 ほほほほ, 喜太郎様が

▼ ざります~ (2, 0.2%)

1 ざります, ざります波沼様

▼ ざります~ (2, 0.2%)

1 今夜は, 大旦那様

▼ ざりますそれでは~ (2, 0.2%)

1 気を, 總助はんに

▼ ざりますぞと~ (2, 0.2%)

1 申されて, 話しか

▼ ざりますという~ (2, 0.2%)

1 のである, 意味を

▼ ざりますどうか~ (2, 0.2%)

1 お岩さま, 御勘弁

▼ ざりますはず~ (2, 0.2%)

1 ご住職, ただ一つ死体

▼ ざります~ (2, 0.2%)

1 ッてん, ッてんが

▼ ざりますもう~ (2, 0.2%)

1 行きましょうえ, 行きませうゑ

▼ ざりますやら~ (2, 0.2%)

1 お殺されなさった, 兄は

▼ ざりますゆえこれ~ (2, 0.2%)

1 にてお, を引い

▼ ざりますゆえそれ~ (2, 0.2%)

1 がし, をうるさ

▼ ざりますゆえどこ~ (2, 0.2%)

1 に当る, へでもお伴

▼ ざりますゆえようごろうじ~ (2, 0.2%)

1 なさりませ, ませ

▼ ざりますゆえ手前~ (2, 0.2%)

1 にいささか, は只

▼ ざります何事~ (2, 0.2%)

1 が起りました, に依らず聴き届け

▼ ざります先ず~ (2, 0.2%)

1 そのまえ, 山崎に

▼ ざります~ (2, 0.2%)

2 でご

▼ ざります~ (2, 0.2%)

2 の建てたい

▼ ざります~ (2, 0.2%)

2 も逆上

▼ ざります座敷~ (2, 0.2%)

1 のあり, の中

▼ ざります彼め~ (2, 0.2%)

2 が幼少とき

▼ ざります~ (2, 0.2%)

1 の山, の歌

▼ ざります滅法界~ (2, 0.2%)

1 に酔いました, に酔ひ

▼ ざります相手~ (2, 0.2%)

2 が死に

▼ ざります~ (2, 0.2%)

1 さえ目しい, は素より

▼ ざります虚誕~ (2, 0.2%)

1 はなか, はなかなか

▼ ざります馬鹿~ (2, 0.2%)

2 にされ

▼1* [183件]

ざりますあなた方は, ざりますいやいやそればかり, ざりますお出かけのところ, ざりますお嬢様はどうして, ざりますからとのさまを, ざりますからなもし早まっ, ざりますがと云うと, ざりますこうして易々と, ざりますことはりでございます, ざりますこの頃盛に, ざりますこれから海陸の, ざりますう無闇, ざりますさぞ日々御, ざりますしっぽが, ざりますじつはわたくしも, ざりますそこへわたくし, ざりますそのあくる年も, ざりますそのうえにこのとおり, ざりますそれにしても仮父, ざりますそれゆえあのみちのり, ざりますそれ程に思召, ざりますただ盲目に, ざりますだけじゃ恐れ入り方, ざりますちとおあがり, ざりますちょうど明日は, ざりますついお心持, ざりますとかお使い, ざりますときどき父は, ざりますとても気位の, ざりますとのこと, ざりますとやらにて道中神妙番付面では, ざりますどういう筋で, ざりますながまさ公は, ざりますなどという曖昧な, ざりますなにとぞ今まで, ざりますなにぶん宜しくお願い, ざりますなんにし, ざりますなんとか力を, ざりますについてええ何より, ざりますによってどうぞもうそれ以上, ざりますによってな相手は, ざりますばかりか不思議が, ざりますエ, ざりますほど石滝は, ざりますまことに大淀の, ざりますえ, ざりますもし某が, ざりますものそれで供養, ざりますものわたくしの名, ざりますものハイ発明のお, ざりますもの今宵だけはこの, ざりますもの拓はよく, ざりますもの権力の源, ざりますもの皆お嬢様をめがけ, ざりますもの舊主に縄, ざりますゆえあちらへお, ざりますゆえいかがでご, ざりますゆえいずれは名, ざりますゆえいとうとものういとう, ざりますゆえうちのもの共, ざりますゆえお通し申すこと, ざりますゆえお願いでご, ざりますゆえここを破っ, ざりますゆえじきじきにご, ざりますゆえそこまで御, ざりますゆえそちらから持ち出した, ざりますゆえそれこれを思い合せまし, ざりますゆえちょッと追, ざりますゆえなにごとも拙者, ざりますゆえめったなこと, ざりますゆえわたくし空恐ろしゅうござります, ざりますゆえわたしにくださいまし, ざりますゆえ一二年御部屋様付にて見習, ざりますゆえ一筆お認めなされませ, ざりますゆえ丹羽どのなどは適任, ざりますゆえ今も六兵衛どん, ざりますゆえ今宵はもう, ざりますゆえ仲よしの珍念, ざりますゆえ偽りはゆめ, ざりますゆえ分量を間違えぬ, ざりますゆえ右まで耕介, ざりますゆえ場所も所, ざりますゆえ夕の交代時, ざりますゆえ念のため, ざりますゆえ思召しの, ざりますゆえ手前これより御, ざりますゆえ手前共もひと方, ざりますゆえ春菜様とやらおっしゃった, ざりますゆえ月々さばけるは, ざりますゆえ父にるす, ざりますゆえ稼業がら血にはおどろかぬ, ざりますゆえ重々ご迷惑, ざりますゆえ長途のお, ざりますゆえ願わくば, ざりますよいお内, ざりますわいの及ばず, ざります仙台の, ざりますアヽ痛い腕, ざりますへこ, ざりますハイハイそれは御存知, ざります万事お申しつけ, ざります下世話に申します, ざります眼を, ざります主人喜兵衛はじめ後家弓ともよろしく, ざります人数も凡そ三萬餘, ざります今日は山三郎折, ざります伯父様御全快, ざります伯父樣御全快になら, ざります佐助もう何, ざります何んにも御, ざります何処か外, ざります何様いふ筋で, ざります余り酔わさんようにし, ざります先祖の助, ざります入水などと恥, ざります其の話に, ざります其處を以, ざります剣術ばかりで, ざります勢力の源, ざります半平は二十五, ざります卑怯な奴, ざります去年も申しました, ざります古くは狛江, ざります唯今こちらさまのお, ざります報告第十一號, ざります場所が悪う, ざります大丈夫でご, ざります大望のある, ざります大阪の南, ざります契りのしるし, ざります奥方様ならびに伊都丸殿, ざります姉さんが亡くなった, ざりますちゃま, ざります子供はその, ざります子飼いの時, ざります定めし本人も, ざります実は某今では, ざります少しはお, ざります尤もこういう風, ざります巌組へ池, ざります年寄子供を扣, ざります必ずお顔, ざりますいこと, ざります思いがけなく貴方様に, ざります憚りながら左衛門尉姿は, ざります春日四所大神と申しまし, ざります昨夜の御, ざります昨年から見る, ざりますに重き罪, ざります書生さんなぞは, ざります有難うござります, ざります板の間があなた様, ざります按ずるに, ざります残念じゃなあ, ざります波沼様と申しまし, ざります渡船とは申しまし, ざります火事でご, ざります狼藉者があれ, ざります琉球国無事安穏のこと, ざります思うに, ざりますと五十, ざります目かいの見えない, ざりますが開い, ざりますの如き, ざります私共は彼処, ざります翌日は暗い, ざります老師様背から下ろし, ざりますが折れ, ざります花束は天井, ざります花車重吉が細長い, ざりますの汚点, ざります蔭口のなか, ざりますのご用, ざりますが入りました, ざります賤しき者の手, ざります赤合羽ではござりません, ざります長期ならば, ざります長老様リザヴェータと申しますだ, ざります長谷川町の番人, ざります随分お屋敷, ざりますも降止み, ざりますは連れ, ざりますの首