青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「させ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さし~ ~さした さした~ ~さして さして~ ~さす さす~ ~さすが さすが~ ~させ
させ~
~させた させた~ ~させよう させよう~ させられ~ ~させる させる~ ~さそう さぞ~ ~さっき

「させ~」 16963, 168ppm, 620位

▼ させ~ (11138, 65.7%)

360 いた 233 いる 175 いるの 105 おいて 100 しまった 99 下さい 77 置いて 76 ゐる 66 いたの 64 ゐた 57 いたが 53 いただきます 52 くれと 46 ゐるの 44 しまったの 38 くれ, くれた 37 やろうと 36 しまつ 34 おくの 32 みると 31 それを 30 もらって, やりたいと, やる 28 いると, しまいました 26 くれる 25 いました 24 いること, 来た 23 いただきましょう, 居る 22 しまう 21 おいでに, しまうの 20 います, おいた, ください, 置くの, 自分の 19 いただいて, いるよう, やるの, ゐたが 18 くれるもの, しまって, やって, やろう, 見ると 17 いたもの, いましたが, くれるの, 下さいと, 下さいまし, 貰ふ, 頂きます 16 ある, いるが, くれたの, くれるよう 15 いて, いるもの, いるん, おいたの, おけば, 来たの, 自分は, 行くの 14 いただきたいの, いるという, もらうこと, やろうという, ゆくこと 13 おくこと, おくと, もらった, 居ります, 行くこと, 貰って, 貰は 12 おけ, くれて, くれました, 了った, 出て, 頂いて

11 [14件] いただきたいと, いるところ, しまいます, なるもの, みたり, もらいたいと, やらうと, やること, ゐると, 何か, 居るの, 戴きます, 行く, 行った

10 [16件] あります, いただきたい, おくれ, おくん, くれないか, やった, やりたい, やるから, やるぞ, やるん, ゐるやう, 下さいませ, 居た, 来て, 置く方, 見て

9 [13件] あるの, いるので, おきながら, きた, やったの, やつた, やると, ゆくため, ゐるもの, 二人の, 帰って, 置いた, 貰います

8 [20件] いただきまして, いただくこと, いるうち, いるから, いるだけ, おいては, おきました, くる, しまうこと, しまうよう, しまったもの, その上, やりたいもの, やれば, 云った, 私を, 見せる, 貰った, 頂きたいと, 頂戴

7 [43件] いたから, いたこと, いただきたいもの, いたと, いるか, いるでは, おかないと, おかねば, おります, おりますが, お上げ, きたの, くれませんか, しまつたのである, しまふ, しまふの, それが, みたいと, みて, もらいましょう, もらおう, もらつて, やらなければ, やりたいの, やりました, ゆく, ゐたの, ゐること, 下さいませんか, 下さいよ, 居たの, 居りました, 私の, 置いたの, 置くこと, 置けば, 考えて, 考へて, 自分で, 行こうと, 貰いたい, 貰いたいと, 近づいて

6 [38件] あげたいと, あった, いただきますわ, いただく, いただくの, いただけ, いたので, いたよう, いった, おかなければ, おきたいと, くださいませ, くれよ, これを, しまひました, ほしいと, みせる, みた, もらいたい, もらったの, やらねば, やろうか, ゆくという, ゆこうと, 上げて, 下されと, 下すった, 了う, 冷然と, 半七, 呉れと, 来たもの, 置いては, 置く, 自分も, 見ようと, 見るの, 頂きたい

5 [58件] あげようと, いたかと, いたところ, いなかった, いるに, いるばかり, いる時, いる間, おいたから, おく, おくよう, おく必要, おりました, おりまする, お目, くれない, くれれば, ごらんに, しまうもの, しまおうと, しまはなければ, そこに, それに, みたが, もらいたいという, もらう, もらったこと, やったり, やりたいよう, やりたかった, やり度, やれ, やれと, ゆかねば, ゆくの, ゐて, ゐるが, ゐるので, 下さいな, 了ふ, 入って, 口を, 呉れる, 帰した, 平気で, 戸を, 氏人に, 気の毒だった, 済まなかった, 私は, 置く必要, 行かなければ, 見れば, 貰ひます, 遊んで, 遣る, 頂きたいの, 頂きますわ

4 [96件] いたし, いただいたわけ, いただかなければ, いただきました, いただきまする, いたという, いたに, いったの, いても, いないの, いるお, いるその, いる最中, いる男, おいてから, おかなかった, おしまいに, おやり, お置き, くださいと, くれい, くれたが, くれないので, くれないん, くれようと, くれるから, くれると, くれるところ, くれるな, くれる事, こっちを, しまえば, しまったこと, しまったと, しまったという, しまったん, たまるもの, ちょうだい, みせると, みる, みること, みるの, もらいます, もらいますよ, もらうと, もらうよう, やらあ, やりたいという, やるからと, やるため, やれよ, よろこんで, ゐたこと, ゐたので, ゐたもの, ゐました, 二階へ, 人間の, 今度は, 來た, 叫んだ, 呉れたの, 呉れました, 外へ, 家へ, 彼を, 待って, 戴いて, 戴きたいと, 戴きましょう, 持って, 横に, 歩いて, 置いてから, 置いても, 置きたいと, 置くと, 置くに, 置こうと, 考えること, 考へるの, 自分が, 落ちて, 行って, 行つた, 見せて, 見たり, 貰おう, 貰ったの, 貰ひ, 貰へ, 遣るの, 酒を, 金を, 頂く, 頭を

3 [184件] あげるよ, あつた, ありますから, あるから, あるが, あると, あれお前そんな, あれは, い, いくの, いただいた, いただきたく存じます, いただきとうございますが, いただけば, いつまでも, いない, いないよう, いますが, いますと, いるかと, いるかの, いるきり, いるであろうか, いるわけ, いる人間, いる家, いる様子, いる次第, おいたこと, おいたところ, おいても, おかなくては, おきたいの, おきましょう, おくが, おくなんて, おくに, おくれよ, おこう, おる, お君, お貰, くれたこと, くれたまえ, くれたよ, くれって, くれぬか, くれること, くれるに, くれるやう, くれ給え, ここへ, しまうという, しまっては, しまつて, しまふもの, しまふやう, しまわなければ, そこらを, そのま, その男, そら中, それから, それで, それの, はいって, みせるぞ, みても, みるが, もらうの, もらえれば, もらおうと, もらったり, もらふ, もらわなければ, やったが, やるが, やるだけ, やるという, やるよ, やれという, ゆくもの, ゐるから, ゐるところ, ゐるばかり, ゐる間, 一と, 一緒に, 上げたいと, 下さいね, 下され, 下されば, 之を, 了つた, 二人を, 仕事を, 何を, 來る, 入浴し, 動きの, 呉れ, 呉れるやう, 呉れ給え, 夫人の, 娘の, 娘を, 子には, 家の, 尋ねた, 小田原へ, 居たこと, 居りましたが, 居りますが, 居ること, 平次と, 庭から, 彼女の, 後に, 息を, 悪かった, 戴きますから, 戴きませう, 戴くこと, 戻って, 敵の, 日本の, 来たので, 欲しい, 母さん今戻, 水の, 水を, 生きて, 眺めて, 石の, 私に, 笑った, 綿銘仙の, 縁側の, 置かないと, 置かなかった, 置かなければ, 置かねば, 置きながら, 置きました, 置きましたが, 置くが, 置くよう, 聞いて, 自分だけ, 蔭で, 行かねば, 行きたいと, 行くため, 行くという, 行くもの, 見せるから, 見せるという, 見た, 見たいと, 言った, 貰いました, 貰うて, 貰つた, 貰つてゐる, 貰ひたい, 貰ひたいと, 貰ひました, 走って, 這入つて來, 通って, 遊ばせて, 遣つて, 遣ろうと, 頂いたし, 頂きたいもの, 頂きたいん, 頂きとうございます, 頂きましょう, 頂きますよ, 頂き度, 頂くこと, 頂くつもり, 食べて, 黙って

2 [522件 抜粋] あげたい, あげたが, あげましょう, あげますから, あげよう, あげようどれそん, あげる, あげるの, あげるわ, あって, あらためて家内, あるけれども, あるもの, あるよ, いいの, いかなければ, いきなり二階, いけません, いたくらい, いただいたこと, いただいたの, いただいたので, いただいたもの, いただいてから, いただきとうございます, いただきとう存じます, いただきましょうか, いただきますが, いただきませうか, いただきやしょう, いただくよう, いただくわ, いただけますまいか, いただければ, いたであろう, いたもん, いたん, いた憤懣, いた男, いた間, いっしょに, いって, いつた, いないから, いないと, いるかも, いるかを, いるだろう, いるとは, いるとも, いるのみ, いるよ, いるより, いるらしい, いるらしかった, いるわ, いる上, いる事実, いる人々, いる仕事, いる写真, いる力, いる南側, いる大工, いる女, いる岩石, いる彼, いる点, いる私, いる者, いれば, いろいろの, え, おあげ, おいたが, おいたならば, おいたので, おいたもの, おかない, おかなかったの, おきたいこと, おきましたが, おきます, おくつもり, おくまいと, おくもの, おくわけ, おく方, おく法, おけと, おこうと, おやりなさい, おやんなさい, おるから, お勝手に, お勝手の, お呉れよ, お富, お置きなさい, きて, くださいな, くださいませんか, くださりませ, くるの, くれいろいろ, くれたって, くれたという, くれたので, くれたよう, くれたり, くれたわけ, くれた事, くれた恩人, くれないの, くれなかった, くれなかったから, くれなければ, くれるか, くれるであろう, くれるん, くれん, くんな, こ, ここから, この自分, こはだの, さし交す, さもうま, さらに宴, しまい, しまいそう, しまいましょう, しまいますから, しまうか, しまうため, しまうだけの, しまうつもり, しまうと, しまうところ, しまうに, しまうほど, しまう事, しまったが, しまったので, しまったよう, しまった今, しまふん, しまへ, しまわないと, すぐに, すっぽかす事, すみませんでした, そこから, そこの, その下, その光, その情報, その間に, それへ, だまって, つぶしたり, つれ込んだ, である, とらそう, どこまでも, どっちに, どれ程, なるもん, なろうか, なんだか奇妙, はいつて, ほとぼりの, また楽器, みせました, みたいもの, みたの, みましょう, みましょうか, みよう, みようでは, みようと, みれば, もう一度杜子春, もって, ものを, もらいさえ, もらいたいの, もらいますが, もらうつもり, もらうなんぞは, もらえ, もらえて, もらえるの, もらおうや, もらつた, もらひたい, もらひたいと, もらふこと, やつたり, やらう, やらうといふ, やらなくては, やりたいが, やりたいため, やりたい気持, やりたまえ, やるか, やるきっと, やるさ, やるぜ, やるなんて, やるばかり, やるよう, やろうじゃ, やろうって, やろうとは, ゆきたいと, ゆくか, ゆくその, ゆくだけの, ゆくと, ゆくよう, ゆく力, ゆく社会的, よいわけ, わたしの, ゐたから, ゐたけれど, ゐたところ, ゐたん, ゐなかつた, ゐましたが, ゐます, ゐるうち, ゐるか, ゐるかの, ゐるだけ, ゐるのに, ゐる点, アンマを, パッと, ビードロの, マッチを, 一彦を, 一斉に, 一杯に, 一種の, 三人は, 上げたいという, 上げたいの, 上げてよ, 上げようと, 上って, 下さいって, 下さいます, 下さりませ, 下さると, 下さるよう, 下されたい, 下だ, 世間の, 世間へも, 主客の, 二階に, 云つた, 井戸端へ, 人は, 人を, 人類の, 今度の, 今日は, 何処かへ, 併し, 偉くも, 僕の, 元の, 先に, 入つて, 全身を, 八丁堀の, 八五郎と, 八五郎の, 其れ, 出発した, 別荘の, 印税を, 反問した, 受話器を, 口中から, 口移しに, 吃驚し, 名人の, 呉れこら, 呉れた, 呉れといふ, 呉れない, 呉れる人, 呉れ宜, 呑んだ, 命を, 唇を, 喜ばんもの, 喜んで, 四辺を, 土地の, 地上に, 地球儀を, 外に, 多年抱ける, 大将は, 大衆に, 天井を, 夫人は, 夫婦に, 奥の, 妻の, 姫君の, 嬉しさうに二三度, 存分に, 安心し, 室内を, 寝て, 小僧に, 尻尾を, 居たが, 居ながら, 居ると, 居るので, 山を, 工場内の, 左右を, 巧みに, 帯を, 平岡夫婦に, 平次は, 年若き, 幸福な, 度を, 彼は, 念入りに, 急に, 悠々と, 戴きとうございます, 戴きまして, 戴きますが, 戴きますと, 戴くの, 手を, 日が, 昔の, 星が, 暫くする, 最初に, 机の, 来い, 来たかの, 来たから, 来たこと, 来たでは, 来るの, 梯子段を, 楽しんで, 欄間から, 欲しいと, 歎く, 歯を, 死んだの, 殺した, 気の毒そうに, 気楽に, 汗を, 波止場へ, 泣いた, 泣き出した, 流れて, 源氏の, 火を, 炎の, 無恰好, 無能の, 煙管を, 物置の, 生垣の, 男に, 男の, 町を, 町年寄五人に, 畳を, 病室の, 相手の, 相手を, 眼を, 睡くて, 私が, 私も, 秘かに, 秘密を, 空に, 窓の, 立つて, 笑いながら, 答へる, 紋付を, 置いた方, 置かないやう, 置きましたから, 置きます, 置くため, 置くやう, 置くわけ, 置く事, 置けと, 置けないと, 考えれば, 考へる様, 而も, 育てて, 胸の, 自分と, 自分を, 自身すずしい, 興じて, 茶漬を, 荒っぽく仕事, 荒物屋の, 血潮の, 行きましたよ, 行くと, 行くに, 行く点, 行く路, 行けば, 行ったの, 表現する, 裏木戸の, 見えなく, 見せたり, 見せるぞ, 見せるの, 見せるよ, 見たい, 見たが, 見たらどう, 見ても, 見ましたが, 見る, 見る必要, 言いました, 訊いた, 話さねば, 貰いましたが, 貰うこと, 貰うと, 貰うの, 貰うよ, 貰うん, 貰おうじゃ, 貰ったが, 貰ったのに, 貰っては, 貰つたら, 貰はう, 貰ひまつ, 貰ふた, 貰ふなら, 買った, 身を, 辻褄を, 近々と煙草盆, 近所の, 追掛けて, 退つ引きならないやう, 逃げたなんて, 逃げた罰, 連れて, 連れの, 遂には, 遠慮なし, 遣りたい, 遣り度, 部屋の, 重吉に, 野原の, 錠を, 隣の, 非常に, 鞘に, 響の, 頂いたもの, 頂けませんか, 頂こうと, 顔を, 飛んで, 食べながら, 食事を, 飯を, 鳴かぬ虫, 黒い影, 黙りこんで, 鼻を

1 [4738件 抜粋] あがって, あげたまえ, あげましょうよ, あげるって, あたりに, あったもの, あのほりわり, あらわれた異人, あるん, ある部下, いいなら, いくと, いけば, いたかも, いただいた大, いただきたいそれ, いただきましたうへで, いただきましょうね, いただきますなどと, いただき霊力, いただくべ, いただけて, いただこうか, いたにも, いたプロレタリア文学運動, いた位, いた国分, いた彼, いた楼, いた空模様, いた足, いっただろう, いつもいちばん, いないじゃ, いなければ, いまにも, いらっしゃる突き放しも, いるこの, いるだけの, いるとしか, いるばかりか, いるキューネ, いる一羽, いる亀吉, いる但し, いる唖, いる大臣, いる家族, いる心理主義, いる新し, いる柳斎, いる湖水, いる癖, いる粗, いる草, いる降矢木, いろいろと, うろたえながら, おあり, おいたのに, おいた床, おいた駕籠, おかないぞよと, おかるるが, おきますから, おき親戚, おくとい, おくほう, おく始末, おけいま, おこうとの, おったもの, おみち, おられました, おります中, おるゆえ, お兼, お客さまの, お澄さん, お米, お茶をの, お龍, かちりと, がぶ飲みした, きた現代文学, きまり悪, くださいましと, くださった神さま, くちびるを, くれいずれもっと, くれたけれども, くれたもの, くれた導きの, くれた点, くれないかなあ, くれなかったが, くれまいか, くれりゃ僕, くれるこの, くれるつもり, くれるなら八十, くれる人柄, くれる料理, くれる鳥, くんねえ, ここに, このスープ, この曹操, これ以上の, ごめんね, さっき辻便所で, さまざまの, しかも目だつ, しばしばこの, しまいずっと, しまいましたし, しまうかも, しまうだろう自分, しまうまでは, しまう塩梅, しまおう, しまったほど, しまった夫, しまつたか, しまひそう, しまふだけ, しまわないでは, じだんだを, すぐ佐久間町, すまないねえ, せき込んだ, そいつを, そこい, そして指, そのうち, その三人, その口, その小便, その比較, その示す, その託宣, その顔, それから己たち, それでもつて湖水, そんなこと, たべはじめた, だれか, ちらと, つかわすわ, できるだけ多く, とくとくとくと, とり囲んで, どっちからとも, なにか出, なるべくお, はしゃいで, ひたすら力業, ぴくんぴくんと, ほ, ぼくの, ますます妙, また一種, まったくの, みせたげるわ, みせるもの, みたまでの, みたら笑, みましたらそれ, みよと, みるよう, むさぼり食う, もしいなくなったら, もらいたいほど, もらいますぜ, もらうべく運動, もらえたならば, もらえると, もらったに, もらった次第, もらひお客, もらわなくても, やがて其火, やったもん, やっと, やらないこと, やりたいから, やりたいわ, やりたかったと, やりてえもん, やるからな, やるつもり, やるわ, やる此, やれるだけの, やんなさい, ゆくだろうか, ゆく子供, ゆく自覚, ゆっくり起き上がりました, よいよう, よく調べ, よろこんだもの, わざと騒がぬ, ゐたとき, ゐた刑事, ゐた青年, ゐますが, ゐるそれ, ゐるよう, ゐる人, ゐる惡修繕, ゐる漁村風景, んの, イデオロギーを, ガサガサと, コカインを, スタスタと, トルストイの, パイプを, ベシイの, マリ子の, ワザワザボーイの, 一両日中に, 一匹の, 一座へ, 一時間も, 一益自身も, 七八十人も, 三度も, 上げたい小生, 上げるから, 上つた, 下から, 下さいましどうぞ, 下さったの, 下さりませと, 下さるの, 下されその, 下せえまし, 不承, 世間樣の, 両脇腹, 中間は, 主人半, 亀戸まで, 了つた投機に, 事件の, 二度と再び深夜, 云おうと, 亡くなつた主人, 人命を, 今にも開き, 仕舞った, 代りに, 伏兵の, 体力が, 何も, 何方が, 作物を, 信州路への, 倒した脇息, 側らの, 儀右衛門の, 先へ, 入つたの, 入学させた, 兵古帯を, 其日は, 冬木負う, 出たから, 刀の, 別居した, 前夜には, 勉強し, 勝手な, 千鳥足に, 博奕の, 参詣を, 叔父は, 受取って, 可哀そうな, 同一の, 吸った, 呉れたもの, 呉れないか, 呉れるそこ, 呉れる常緑樹, 咄嗟の, 唱う, 喘ぐばかり, 噛み碎いた, 回折像を, 地上の, 坐って, 堪るもん, 壇に, 夕飯を, 夢に, 大同江の, 大盥二つ, 太夫様此君様などとも, 女へ, 好ましかつ, 始終を, 子供なんか, 学生仲間の, 官能の, 宴を, 家督相続を, 寝るどうぞ, 将軍が, 小柄で, 少し豆, 居たので, 居られる, 居るやう, 居る樣子, 山人と, 峰右衞門の, 左しか, 市中引廻しに, 帰すの, 幼い東太, 店から, 廣間の, 引廻しの, 役人へも, 往復する, 後元の, 得得として, 御覧, 心得顔に, 思う男, 怪げな, 悄然と, 悪い眼, 感じたり, 懷手を, 戦うて, 戴きましたが, 戴くつもり, 戸外へ, 手術を, 抜き取ると, 持久戦を, 掛物だけ, 揺れて, 放ちまして, 敵が, 料金を, 新しい特殊, 新聞配達に, 日本に, 明るい縁側, 是非とも, 景気よく, 暮すの, 最後に, 有る其の, 木は, 本格的に, 来たばかり, 来た頃, 東京に, 林を, 梅ば, 楽しい一週, 橋いっぱいに, 欣んだ, 正徳寺の, 武蔵を, 歸つた時に, 死んだ女房, 殺して, 毎日の, 気の毒の, 水害を, 池の, 油断なく暗, 洗い物を, 浪士たちの, 涙ぐましくさえ, 済みませんから, 湧き起った, 滅びて, 澄江に, 灯心の, 無理遣り, 煙草を, 片脚, 犯人を, 猿の, 生活しよう, 田舎から, 番頭を, 白い眼, 皆な, 直ぐ佐久間町, 相当の, 真黒い唾, 着せて, 研究所の, 神事に, 私たちの, 秘密に, 突っ立っ, 立ち上らうと, 立停った, 笑いつづけるの, 答えも, 精神統一を, 終いには, 結婚, 緩, 置いたのに, 置いた蜂の巣, 置かなかったという, 置きなさいな, 置くうち, 置くにも, 置く場所, 置く間, 美しき魂, 翌年から, 考へた人, 聞くに, 肯いて, 腰を, 自分たちの, 自在を, 興が, 船板と, 若干の, 英国の, 菜の花の, 落第生の, 蘇生を, 蜂谷とは, 行きますから, 行くべきかという, 行く優しい雄々し, 行く者共, 行ったらいい, 衣ものまで, 被害者たる, 要領だけを, 見せますよ, 見たかつた一つ, 見た方, 見よ, 見るに, 見物に, 親切な, 言つた, 試験した, 説いて, 誰か二階の, 論じてを, 貝床の, 貰いま, 貰うとき, 貰える仲間入り, 貰ったと, 貰つた人達の, 貰ひたかつた, 貰わなくては, 賑やかに, 起きるから, 躍らせた, 軍勢を, 近頃自分, 退っ引, 逃亡者を, 通るばかり, 進げたい, 遂に全, 遠い距離, 遣れ, 都の, 醜い憎悪, 金貨を, 鍬を, 閉籠った, 降って, 階下へ, 電車で, 非常な, 頂いた一同, 頂きましょうそう, 頂くの, 頂けませんでしょうか, 頬から, 飛びおりるつもり, 食堂の, 飲んで, 香以に, 駿河に, 高く立っ, 鳥打帽子を, 默りこくつて

▼ させながら~ (910, 5.4%)

8 云った 7 言つた 6 それを 5 夢の, 自分の 4 出て, 歩いて, 静かに

3 [11件] 一人で, 右手で, 家の, 彼は, 彼女は, 私は, 答えた, 美登利さんは, 聞いた, 言った, 頭を

2 [49件] あの特有, いった, おみよ叔母, お文, お正月の, お麗さん, こちらへ, こんなこと, そのよう, どうかし, まだ冷酒, むこうの, やさしい声, 一と, 一方では, 上の, 今日まで, 何か, 刺したもの, 原詩の, 向うの, 夜雲の, 妙な, 妻に, 娘の, 彼女の, 後に, 手ぶりで, 手を, 拭き始めた, 旅人に, 更衣時の, 案内に, 歩いた, 煙草を, 玄関に, 而も, 聞き耳を, 聞こえて, 舌で, 語った, 身を, 銀場の, 開いて, 階段を, 雨戸の, 電光の, 頭の, 饒舌りあい

1 [736件 抜粋] あたりを, あっちや, あの月の輪型, あの辺, ある種, あわてて, いい心持, いい気持, いおうかいう, いかにもバツ, いざと, いそがしげ, いつた, いつまでも, いつも動かず, いぶかるよう, いろいろ指図, いろんな事, おかまいなく, おつ, おどけた調子, おまん, おもしろそう, お天気, お庄, お父さんに, お紋, かえって話, かすれた声, かぼそい声, かわいい合点, きよと, くだんの, くつきり晴れた, くびじろだとな, ぐんぐんと, けしから, けんつくを, こうべを, こう云った, こちらを, このエトワール, この子, この容れ, この自動車, これは, これ等の, ささやきかえしました, さっさと上, さっさと引き揚げ, さもやり切れな, さも一大事, しかし眼, しかもそれ, しかも常に, じっとそこ, じっとそれ, じりじりと, すいと, すすって, すたすたと, するどい爪, そうして如何にも, そのし, そのしい, その中, その光, その場, その娘, その戰慄, その方向, その狭い, その玉, その男, その記事, その都度わたし, それでもすぐ, それでも漸く, それとなく聞い, それに, そろ, そろそろと, たった一両, たつた一兩, たのしそう, だんだん人波, だんだん蒼, ちゅうちょなく, つづけた, つよく彼, てんでん, とつおいつ山茶花, どうする, なおかつヨーロッパ, なおもその, なお子供, なぜか, においの, にぎやかな, にんじんを, ぬッ, のたうちまわって, はいって, はたとお, ひとり言を, ひょろ松, ふと眉, ふんぞりかへ, またすっと, また身, まだやっぱり夫, まるで一個, みょうに両手, みんなの, むちゅうになってそれを, めちゃくちゃに, もう一度烈しく, もしや自分, もどかしそう, もどかし相, やがて訊い, やさしく言う, やって来たの, やって来て, ようやくに, よく面白く, よろ, ろれつの, わが二隻, わめくの, カーテンの, キャタストロフに, キョロキョロと, コゼットという, ゴウゴウと, サナエちゃんの, サン・モリッツの, シラリシラリと, ダンスも, トランクを, トロンと, ノコノコ高座, ハメ込む, ヒトラーを, フト思ひ出し, ポンタルリエの, マストから, ミツシヱルの, ユウコフの, ヨチヨチと, 一ぱいに, 一ミリずつ, 一分二分三分五分一寸, 一圓五十錢に, 一日背を, 一生を, 一羽の, 一齊に, 三人を, 上った, 上り口いっぱいに, 上天気に, 上機嫌で, 不図, 不安げに, 世にもオズオズ, 丘を, 両手を, 主人は, 亀ヶ谷の, 予は, 二人に, 二人の, 二階の, 云いはじめた, 云い放った, 云い鉄砲, 云ふ, 井戸の, 享受する, 人に, 人混みを, 今夜も, 今日仲間入りを, 伊賀の, 伝右衛門が, 体は, 体を, 何だかペチャクチャ喋, 何とそれ, 何のか, 何は, 作品活動も, 依然とうす, 係の, 俺は, 傷の, 働いて, 僕の, 先刻とは, 先生は, 入口の, 全身に, 兩手を, 其処に, 其因果の, 其處に, 凝視し, 出帆する, 出発した, 出發, 初代在世の, 前に, 前進し, 助役は, 効果を, 十四五年も, 十左に, 半分裸の, 卓から, 叔父と, 受け入れた学校, 口やかましくいいました, 口を, 右の, 同じ歩調, 呟きました, 周文崋山蕭伯と, 呻いた, 呻吟し, 咲き続いた, 咽の, 商いに, 問い詰めた, 問ひ詰めた, 喘ぐよう, 喚いた, 嗄れた声, 嘔吐を, 坂に, 坐り直した, 堯に, 場主の, 壁ぎわに, 声は, 夜が, 夜食を, 大きく二度, 大きな声, 大将自身も, 大河を, 大海人, 奥まつた, 女の, 女中や, 女坂を, 姫に, 婆さんは, 子守娘を, 孔子は, 室の, 家事を, 寝て, 寝台に, 小さな雲雀, 小林団長と, 小石先生の, 小頭の, 少し仰向い, 尻の, 居間に, 山下親方の, 山径を, 山羊の, 島さんは, 左手で, 左手の, 巳之助は, 布団を, 帰つて来た, 帰り支度の, 平気で, 平靖号の, 店によ, 庭の, 引きつれたよう, 形ばかりの, 彼女に対して, 往来一パイに, 待合へ, 後を, 御門外で, 忍び声を, 忙しそう, 怒ったよう, 怒号する, 思い切った体, 思つてゐた, 思案した, 急ぎに, 怪しげな, 恋人の, 恒雄を, 恥ずかしそう, 息も, 悲鳴を, 意味あり, 感心させ, 成丈長湯を, 戸棚へ, 戻つて, 所謂自由主義なる, 手に, 手足を, 扱帶の, 指で, 指を, 振り向いた, 掛声で, 揺, 支那の, 敏樹は, 数多くの, 斯んな, 方々の, 既に堂, 春の, 時々幾島, 時々歯, 晩くまで, 暮して, 最後には, 朦朧たる, 木曾福島の, 来たところ, 来たので, 松原の, 校長の, 楢夫に, 極めて複雑, 極度に, 構は, 機械の, 次第に第, 次第に高度, 武蔵は, 歩きだした, 死んで, 母親の, 気持ちよく皆, 水に, 水夫の, 池の, 洋上を, 洞ろな, 津山進治郎の, 津田に, 流れて, 流動する, 涙組ん, 湯ぶねを, 源内は, 滑稽感を, 漕ぐの, 焜炉に, 無口でゐる, 無理に, 照らすよう, 燃えて, 爪立ちでは, 父親に, 片々の, 片手拜み, 片手拝み, 狂気の, 狼狽ぶりを, 玄関口から, 町の, 畑を, 發動機船の, 皆の, 皿の, 目を, 眠り始めた, 眼の, 眼を, 着替を, 矢口の, 矢立と, 石子刑事に, 礼装の, 神経質に, 禿げ上った坊主頭, 私たちの, 私を, 私達の, 空と, 空の, 窓側に, 立ちすくんで, 立つて, 笑った, 筆記した, 答えて, 簡単に, 籐椅子の, 精根の, 紀久子を, 結び目が, 絶賞の, 緩やかに, 縁なし, 縦横無尽に, 織りなして, 繪本を, 羽根を, 考え出して, 耳を, 聞き取りにくい甘ったるい, 腰を, 膝を, 自分一人の, 自分自身の, 自身は, 舌の, 艶かしく全身を, 芥箱から, 若々しい驚き, 若い一人, 苦しそう, 荷馬車が, 菊とか, 薙ぎ倒されて, 蚊を, 行かじと, 行ったり, 表へ, 表現し, 裏の, 裏口から, 西の, 西南の, 西日の, 覆面の, 見下して, 見物に, 視線は, 訊いた, 訳の, 話したくら, 話し手が, 負けない気, 質素な, 走って, 走り出した, 足の, 足を, 跛でも, 路地に, 踊りだした, 車に, 迎えに, 近所の, 逃げだすという, 逃出し, 這って, 通り過ぎて, 遊んで, 運転手は, 道, 遮二無二永代橋附近辺り, 部屋へ, 酌し, 酒くさい, 醉倒れる, 錠を, 長椅子に, 長者の, 間もなく蟻, 陽物を, 雑談を, 電話室の, 青々と, 青い顔, 青ぶくれ, 鞴の, 韋駄天走りに, 頭上を, 頭巾を, 風の, 飛んで, 飛行機に, 食べさせるところ, 首を, 馬の, 騷ぐ, 驚きの, 鷲尾は, 黄煙草の, 黙って

▼ させたり~ (507, 3.0%)

66 して 37 した 18 するの 14 すること 6 しながら, する 5 しては, しました 4 したの, するもの, するよう, 何か 3 した事

2 [17件] したが, したもの, した上, しないこと, しないよう, しなくても, します, すると, するばかり, またこわがらし, 又別, 息を, 楽しいいち, 涙を, 結構な, 自分が, 自分の

1 [297件] あまりろ, あるいはまた同郷人, あるいは義倉, あるいは重要, いたしましたさうでございます, いたしましたそう, いろいろと, いわゆる人権, うっとりさせた, うめき声を, お供の, お前だって, お役目向, お手数を, お湯に, お風呂, かみ殺したり, かもじ其他, ける或, ここで, この頃, こやし溜, させないの, させなかったり, さんざんに, したがって, したくないならこれら, したこと, したため, したならば, したので, したのみ, したらこれ, したらよい, しないため, しなきゃならない, しなければ, しましたが, じょうずらしい, すつかり, するか, するかも, するが, するし, するところ, するには, するので, するはず, するもん, するマドロス君, する人形, する作用, する光景, する劇作家, する動機, する唯一, する奇妙, する様, する習慣, する行き方, する話, すれば, せずに, そういうこと, そこい, そのうち娘, そのため, そのほかいろいろ, そのやう, その他の, その他我々が, それを, それ自体が, ちょっとした好奇心, とばせたり, なさるもの, なすってるの, なるべく愚図, なんかしない, にやにや笑, にやにや笑っ, びっくりさせ, ぺこぺこお辞儀, ぺちゃくちゃしゃべっ, または液体, また世人, また先方, また我儘, また男, また虫, また非常, やめさせたり, よく直させ, よつて以, よろこばした話, アニリンを, カステラを, ダンスホールへ, トロを, ペテンにかけて, ラッパを, 一丈の, 一方家中, 万吉を, 不安がらせ, 不必要, 不自然の, 両手を, 中, 主人が, 之を, 乱れ打つたり, 乳のみの, 仕事の, 仲直りさせ, 休息せよ, 佐吉の, 体を, 何かの, 何かは, 何人にも, 働きを, 共産主義者は, 其中一人の, 冗談らし, 刺客に, 勤め口も, 匙を, 半分は, 又は遠方, 口に, 口ばた, 口喧ま, 口笛を, 可成愚図, 各家庭, 君の, 唾を, 商事会社を, 嗜きな, 土くさい, 坐りこませたり, 外衣の, 夜に, 夜昼の, 夢の, 妙に, 姫君の, 子供には, 安物の, 官能の, 宙返りや, 家事万端まで, 小供, 小学や, 小田原城内へ, 少し名, 幻燈器械や, 幽霊を, 広い世間, 床ずれの, 序文を, 座布團を, 庭石を, 引っ繰り返るよう, 御用商人に, 心の, 心中ごつ, 忘られない, 忙が, 患者の, 悪鬼羅刹の, 悲しませたり, 惨めな, 或いは懐中電灯, 或は薬, 手を, 批評させ, 押籠めたり, 抽出し, 拭き掃除を, 揚句の, 散々あばれ廻った, 新聞を, 新鮮な, 時々坐り込ん, 暴虐の, 暴露し, 木を, 枕を, 槍を, 欝が, 次にあなた, 次の, 歌舞伎に, 歩かせたり, 歪めさせたり, 歪めたり, 歪めたりさえ, 死刑執行人に, 死滅させ, 毒を, 気兼させ, 気取った咳, 決勝の, 泣かせたり, 流言を, 満足させ, 滿貫役を, 濃く淡く葉裏, 無茶な, 無闇に, 焼け過ぎたの, 父の, 片っぽ, 牛乳を, 物語りの, 特殊部落の, 狂気の, 猫に, 甘美な, 生前さしたる, 男の, 畑で, 異常な, 疑が, 病気に, 白鷺を, 相手の, 相談を, 着物を, 石を, 神様の, 移動用の, 種々し, 空な, 窓を, 笑わせたり, 精神力の, 精進湖と, 累を, 統一し, 綺麗な, 緩急自在に, 纒ツて, 美しい少女, 肉を, 肺門の, 胡麻白の, 胸を, 脣に, 腕に, 自分で, 自分は, 自殺を, 臭いヘット, 艶めかしい, 苦しい思い, 茶を, 草叢の, 萎縮させ, 落選させ, 見っとも, 訓戒を, 調停し, 警察官が, 赤面させ, 身の, 身分罪名人相などの, 軽く尻もち, 退屈させ, 連衡させ, 遊びに, 過度の, 遠い将来, 還元し, 酩酊させ, 野遊びに, 長の, 間延びに, 闇の, 隙見, 隣組の, 面白がらせ, 頬を, 顔を, 顰蹙させる, 風味を, 食べ物屋に, 飲ませたり, 首を, 香港と, 高く舞, 鬣を, 鮫の, 鱈腹飯を, 鼻を

▼ させては~ (280, 1.7%)

15 ならない 10 ならないと 8 いけない, ならないの, ならぬ 5 ならぬと 4 いない, 大変だ 3 おきを, ならないという, なりません, 悪いと, 気の毒だ, 置かなかった

2 [19件] あるが, いけないと, いけないという, いけないとか, いけないの, いけません, いた, くれまいかな, どうせろくな, ならないこと, なりませんから, なるもの, わるいと, 呉れない, 如何自力, 敗北だ, 気の毒な, 自分の, 飛んだ事

1 [162件] いかぬ, いかんと, いけないから, いけないからって, いけないし, いけないのよ, いけないよ, いたが, いたの, いと, いないかという, いないこと, いないこと明白, いないで, いないの, いないのね, いないん, いられない, いるの, うるさい, おかない, おかないもの, おかんつもり, おきおらぬがい, おきましたが, おくまいと, おけまい, おれの, お妙ちゃん, お気の毒, くるくる廻っ, くれない, くれないだろう, くれなかった, くれなかろうし, くれぬかな, くれまいか, くれませんでした, くれるが, ぐいぐいと, しけじけと, すこししか, すまないし, すむと, たいへんと, だめだ, ちとまずい, ちびちび呑み, ちよつと, つまらない, つまらないと, ときどきチュッ, どう, どうか, どうかと, どうだ, どうだろう, どうです, ならないいわゆる, ならないもの, ならないよ, ならないわたくし, ならぬという, ならぬ性格, ならぬ緊切, ならん, ならんから, なりませぬ, なりませんからねと, なるまい, なるまいから, なるまいという, なんねえから, ぶらぶら金, ぶるぶると, むろんならず, もう論理的遊戯, やはり家康, よくない, ゐたが, ゐないので, ゐます, ゐるが, 一人何か, 下さらないの, 下さりませぬかな, 不可ない, 不安がるだろう, 不愍である, 中に, 主人に, 乗主に, 亀の, 了ない, 事重大と, 二度と川筋, 人道問題です, 今時誰も, 他の, 作者は, 來た, 俯伏しなから, 元気を, 其れ, 刻々に, 危険である, 却ってこの, 却って今, 口も, 可哀そうだ, 可哀そうと, 呉まい, 呉れなかつた, 呉れまいかと, 呉れましたけれど, 堅実無比であり, 墨染の, 夕に, 奉公人達へ, 如何, 如何です, 居られない, 師匠の, 彼の, 後悔が, 悪い, 悪いそれで, 成らない, 新聞雑誌出版界劇作家連の, 時々お, 本当に科学, 済まないから, 済まないと, 済まないという, 済まない私, 済むわけ, 濟難し, 玉無しに, 申し訳ありません, 申訳ない, 疑いを, 相すまん次第, 相手の, 眺めたり, 睡眠不足より, 置かない, 置かないの, 置かないやう, 置かれません, 置けない, 置けない結果, 義務が, 考へ, 自分のである, 落度に, 親として, 親方に, 貰えん, 赤穂との, 途中で, 面倒である, 馬場所の

▼ させその~ (157, 0.9%)

5 上で 4 代りに 3 上に 2 ために, 大和を, 日の, 晩庄吉の, 記録を, 首を

1 [133件] あげくに, あとで, うちから, お命, きみの, くせ酒を, ことで, ことによって, ことは, ための, ためルーテルを, ため播磨に, ちがいも, ときの, どちらにも, ばいきんは, ふたを, まに, ゐる場所, 上表情まで, 両方の, 中から, 中で, 中へ, 二万余騎に, 人形は, 代り五兵衛は, 代り五兵衞は, 作品の, 供に, 働きを, 元首と, 先を, 全身を, 六条の, 内容を, 凹刻面に, 劉備を, 勝負の, 善良さを, 喝采の, 土地の, 均衡の, 報酬を, 売上を, 外の, 娘が, 子供を, 官能の, 寝所の, 対策を, 封土から, 差の, 底に, 後方に, 心を, 心をかど, 怪奇美醜悪美を, 恐怖の, 意味では, 愛弟子の, 感受性を, 手を, 手始めに, 折それに, 拙劣な, 挙げたまま, 捕縛に, 揚句議員である, 操縦を, 方の, 方向に, 春子という, 書物を, 村, 条件さえ, 板を, 次第を, 気に, 決意が, 活動を, 滿潮に, 炭の, 点で, 独特で, 生活全体を, 百姓の, 相容れない部分, 相手までも, 瞬間の, 素ッ首を, 結合を, 結果から, 結果が, 結果また, 結果手足の, 結果気絶を, 結論として, 絵かきの, 総量を, 縁に, 美しい特有, 肉体を, 肌に, 胸を, 自律性を, 花びらの, 葉緑素の, 虚に, 血が, 血壓を, 見るところ, 解答が, 計画を, 訳を, 賞与として, 赤飯用の, 足で, 身体を, 道路に, 酒の, 金で, 鉄血外交の, 附近を, 除幕式を, 隙に, 雄兎の, 面白さ, 音楽的幻想の, 頬を, 額に, 飼料的価値を, 黴菌は

▼ させても~ (138, 0.8%)

4 いるの 32 いいが, いいと, いけません, ギラギラした, ソツが, 今は, 着させ栄えなきばかり

1 [117件] いい, いいとは, いいもの, いい位, いけないと, いけぬから, いるのに, おいでに, お姫様の, かれこれ役に立つ, くれた, ここで, こつこつと, しかたが, すぐ食べたがり, そこには, その日, だめな, ついに呼び起す, どうしても喉, なにを, ならないどう, また彫刻, みたいもの, みんな駄目な, やはり同じ, やりたいし, よいと, よいとは, よいので, よい理由, よからう, よさそう, よろしい, よろしゅうございます, よんどころないこと, らは, らへば, ゐた, ゐる, ゐるの, ダメです, ノミに, 一脚一円以上出さね, 一通りに, 下手な, 不平に, 不誠実な, 二十金どころは, 亦特色, 今度は, 他人の, 似合いそう, 何んにも, 作者の, 先生は, 先祖を, 出来ますが, 出来る, 却つて沈黙させる, 友達などに, 口だけは, 同じこと, 善いの, 器用であっ, 大概美味い, 女の子は, 好いが, 好いという, 好いの, 寐られぬ, 小さな田舎町, 小器用な, 己は, 役に, 彼女等が, 心配は, 思う通り, 惜しくは, 手遅れな, 普遍性の, 構は, 正確に, 気の毒だ, 滋養物は, 無器用な, 無礼に, 無駄づくりみたいな, 爾後何の, 珍重が, 生活費が, 相済まぬ, 社会的に, 筆蹟は, 答えない, 経済の, 置けないからな, 群を, 肯かないし, 能率や, 自分ながらも, 自分の, 花が, 記事に, 記憶が, 詮ない, 連れて, 遅くは, 遊芸を, 鈍臭い, 間に合いますから, 頂けません, 頭丈けは, 風采国で, 餅を, 駄目だ, 駄目な

▼ させ~ (89, 0.5%)

9 ひて 752 ひたるを, ふこと, ふな, ふ程, へばそんじよ, へよと祷り, へり

1 [54件] える模様, える絵, はざりける, はらばうれし, ひ, ひき報じても, ひけむ, ひけり, ひけるこそ, ひけん, ひしさ, ひしは, ひしより, ひしを, ひたりけるより, ひたる地, ひつつ, ひに, ひぬめり, ひ将軍家茂, ふぞや, ふとて, ふとも, ふと見えたれ, ふと覺しきジエンナロ, ふばかり, ふべきか, ふべきと, ふべきを, ふべき品, ふべき這, ふもの, ふ事, ふ事不審, ふ事是, ふ場所, ふ天皇陛下, ふ所, ふ拾一月, ふ故, ふ様, ふ神武, ふ處, ふ貴兄, へと乞, へと祈る, へば木寺相模, へば髭むし, へや, へるなり, へるに, へ且藥, へ命, へ渡し守

▼ させつつ~ (88, 0.5%)

5 ある 3 あること 2 あった

1 [78件] あの懸崖絶壁, あります, あるから, あると, あるの, あるのに, あるもの, ある地つづき, ある所, ある時間, ある有様, ある権力, ある生産, ある精神異常者, ある重大事件, いつしか並はずれ, ぎらぎらと, ごろり, そこに, その絢爛, それに, たくみに, もつれあうよう, よって来た, ギリギリの, ゴーリキイの, ジャックと, トラクターは, ヒッソリと, 三味線片手に, 三種の, 両手の, 中心に, 予定通り火曜日頃に, 仏教徒が, 伝って, 何べ, 何喰わぬ, 先づ時を, 全身一斉に, 冷笑し, 包んで, 右手の, 同一の, 嬌艶に, 学びつつ, 強いて落ち, 形を, 微かに, 急いで, 悠然として, 我を, 描き出さなければ, 文化人の, 斜めに, 時間的に, 更に翌日, 東端には, 流れつづいて, 深まる夕闇, 渚へ, 渡つてゐた, 無言の, 燃え立たせつつ, 発達向上し, 考へごと, 自動車は, 良人を, 表現する, 資本主義国の, 賛成した, 進んで, 運んで, 過ぎて, 過ぎゆくの, 野袴に, 長割下水の, 静かに

▼ させそれ~ (84, 0.5%)

2 が半ば偶然, が嬉しく, と香の物, より太, を木

1 [74件] からつづい, から夢殿, から細い, があまっ, がいい, が二人, が再び, が問題, が当たっ, が当る, が私, でモーター, とともにこの, と共に死なう, にてやつ, によって人気, によって偉大, によって太陽, によって忌むべき, によって新しい, に乗っ, に同情, に向っ, に愛着, に新しい, に比例, に火, に自身, に鄭重, のみならず, は生活, ばかりでなく, まで迂, を, をいくつ, をかくす, をこの, をつかん, をない, をひろう, をグリーンランド, を主張, を作松, を使っ, を取り戻さう, を取出させ, を合理的, を基礎, を天上, を天女, を平らげる, を庁前, を当の, を抱え, を持っ, を昼頃, を沈積, を消極的, を片手, を生活, を着々, を科, を第二義的, を美馬, を背負っ, を脊負つて, を落ち度, を見せ, を規模, を身動き, を追求, を飲, を駕, 見ろと

▼ させ自分~ (81, 0.5%)

3 はこの 2 も安心, も少し, も此処, を不幸

1 [70件] がまっさきに, が先ず, が先ずまっさきに, が孤独, が当選, が影日向, だけがいい, でない自分, でも旅, でも満足, でも腰掛けた, で壊した, に疑問, のよい, の位置, の値打ち, の名, の引受け, の悲惨, の手許, の母, の生命, の男, の着たる, の考え, の身, の過失死, はこれ, はそのまま, はただちに, はどこ, はルキーン, は一段, は両虎相, は半纏, は室内, は後で, は急ぎ, は早く, は有中, は東京, は火鉢, は玄関側, は発砲, は眼, は老人, は蔭, は酒, は金座, は隣, は離れた, は頭, もこちら, もその, もそば, もたべた, もまた, も一個, も一緒, も元, も十分, も千鳥, も楽々, も湯漬, も茶, も見張っ, も農場, も食べ, をも不貞, 訳すズク麿さん歎文的日本語

▼ させ~ (80, 0.5%)

13 がため 4 とする 3 ならん 2 が為, とし, とした, と思ひ

1 [52件] か, かてあんたはん結構, から心配, から手, がまさか, ければ, でしょう, ですよ, でも, と, といたす, といふ, とおっしゃる, とかく, としみじみ, とするなら, とする企みです, とつとめた, とつとめる, とて問, とて新しき, とにはあらざるべし, とのみつとめた, との事, との存意, との希望, との自然, と僕ら, と固く, と夢想, と存じ, と山内, と待處, と思う如く, と思はれける, と思ひし, と思ひ立たれた, と思われける, と思連, と急ぎ, と打て, と欲する, と片意地, と猶も, と計りぬ, にはただただ, には何, ばかりの轟きであった, や, よりはと無分別, よりは優, よりは寧死

▼ させ~ (70, 0.4%)

4 なった, なりました 3 連れて 2 なると, やる

1 [55件] あいなりうしろ, いきました, いらしたわね, かかったの, かかった時, ける此時吉兵衞, つれて, とんで, なったこと, なったとも, なったの, なって, なつたんだ, なり信仰, なり手水, なり種々, なるだけで, なるでせう, なるの, なれば, まいれよ, やったところ, やったん, やった八五郎, やった頃, やってきたん, やつた, やつて, やるという, やろうかと, ゆく, よこさせられる, よこしたに, よこした事, よこして, よその, モストルグへ, 上つて來た, 下りて, 人を, 來る, 出掛けて, 取りかかった, 来たの, 来たん, 来るもの, 来る遠来神, 泉へ, 玉造口定番所へ, 百姓が, 行く処, 行く者, 行ったの, 遠い村境, 遣りました

▼ させ~ (64, 0.4%)

12 しない 3 しないかと, しないよ, しなかった, しなかったでしょう, しません 2 しないが, しないで, しないの, しなかつた, しましたが, すまいかと, せぬか

1 [23件] したが, しないかという, しないから, しないだろう, しないだろうが, しないつもり, しないであろうかと, しなかったかと, しなかったの, しなかつたかい, しなく彼女ら, しまいかと, しませんでした, しませんよ, すまいけれど, するが, せず薬一服, せぬ, せぬかと, せんぞ, 仕無い, 致しませぬ, 致しません

▼ させまた~ (61, 0.4%)

2 二度や

1 [59件] あの怖, いろいろと, いろいろな, おそらく凶年, この精神, これが, これを, そのほか故人, その他の, その展開, その技, その記号, それを, も返し, わしを, 三すじの, 中川清秀は, 事に, 事実さ, 人馬の, 伊勢別宮たる, 伴蔵を, 個々に, 刺戟した, 同時にほど, 同行の, 吟誦さした, 大きな勉強, 少しずつ, 彼の, 彼は, 後世まで, 快いユーモア, 思い思いな, 悲しくさせる, 或る, 抓んだ指さき, 指で, 新しい別, 於菟女史に, 星雲中の, 本校の, 次第によっては, 消毒力も, 潘璋へも, 激務の, 疫病を, 発達させる, 相当曰くつき, 米国における, 自分の, 角館の, 託磨之, 記紀に, 趙雲, 軽快に, 遠くへ, 雪中に, 驚かしたの

▼ させてから~ (43, 0.3%)

1 [43件] いった, お情け, このウソ, ざっと粉末, ざつと粉末に, その光り, その次, それを, でないと, ともかくも, また二人いっしょ, また仕事, みんなの, ゆっくりお礼, よかったら遣ろう, 上洛しよう, 下駄を, 二ツの, 二人きりに, 何か, 優しく桂子, 入らなければ, 再び僕, 出掛けるの, 始めて, 居候に, 彼の, 彼は, 彼女は, 後の, 後城太郎に, 捕まえるん, 本当にご, 灯の, 独酌で, 矢鱈に, 私にも, 突然攻勢, 第三, 自分の, 臼で, 行くが, 話し続けるの

▼ させそして~ (40, 0.2%)

1 [40件] ああした終り, おもむろに両朝, こうやっ, このよう, この身, これらの, しきりに鼻, じめ, ずばりと, そのままに, その姿, その爲め, その片恋, その物語, たちまち腹の中, どこかを, アカグマ国の, 三十秒ばかり, 世間へ, 人々に, 今更東京, 他人に, 全員を, 単純なうなずき, 天下の, 実感に, 弛緩させます, 月並な, 機械で, 殺合いを, 浄らかな, 満州における, 然うし, 生産力の, 真実の, 考へ, 自分が, 規律と, 近代的な, 間もなく彼ら

▼ させちゃ~ (32, 0.2%)

4 いけない 2 いけないの, ア気の毒だ

1 [24件] いかんよ, いけないって, いけないよ, いけねえ, いやよ, いやーよ, うまい剃刀, おとうさんたちに, かえって不憫, たまらんよ, だめです, ア, アいけない, アいけません, ア可哀そうだ, ア我々の, ッたんです, 悪かん, 損です, 置かないん, 置かぬ, 若い男, 駄目じゃ, 駄目だ

▼ させ~ (32, 0.2%)

5 した 3 したが 2 しない, しないし, するが

1 [18件] したし, したらしい, して, しないそれほど互に, しないで, しなかった, しなければ, しますまい, しませんが, する, するで, するところ, するん, する名人, すれば, せずまた, なさいませんわ, 一度は

▼ させ~ (30, 0.2%)

2 武藏の

1 [28件] うろたへ, こういう悪魔ども, こなごなに, そのままキラキラ何日, そろそろ近所, てふてふ, もう文句, やすらはで, やと思ふ, 一面には, 人の, 低い鼻, 修羅道に, 冬の, 天津宮, 好い百姓, 守る方, 此處に, 水仙は, 生魚鉢に, 田を, 白粉も, 直ぐワン, 眼に, 花は, 藪柑子, 阿香, 障子を

▼ させ~ (29, 0.2%)

6 がる 5 がった, がって 2 アがる

1 [11件] あがる, うといつて, がったが, がったじゃ, がったと, がったん, がら無, がるの, がるよ, アが, アがって

▼ させやう~ (29, 0.2%)

6 とする 5 とした 3 とも思ふ 2 と云

1 [13件] といふの, といふ議, とか此処, とし, としたらしい, としては男, と云つた意氣込み, と企らん, と企ん, と力めた, と思つたの, と斯, と焦せりぬい

▼ させ~ (23, 0.1%)

2 が声, と二人, を訪ね

1 [17件] が強い, が言いつけられた, だけを枕頭, と葵原君, に突かせた, の手, の郎党, はどうにか, は何, は妹, は小石, は瘧, は自分, も食べた, をひきつける, を夢, を捕虜

▼ させそれから~ (22, 0.1%)

1 [22件] あの塀, しきりに附近, しずかな, そういう理論, その居間, ひとりの, 下女の, 京浜国道を, 優しくにんじん, 元明画風の, 北海道に, 國元, 引括られた, 後に, 攻撃を, 次には, 次に英語, 毎日の, 漸く消え, 私も, 贋金を, 電話を

▼ させそう~ (21, 0.1%)

3 して 2 です

1 [16件] だった, だった多, でございます, で危, なお, なくらいの, なこと, な場所, な意見, な機因, にした, にする, にも思えた, にも思われない, に思えた, に思われました

▼ させ~ (20, 0.1%)

2 くない, くなかつた

1 [16件] いといふ話, いとかんがえ, いと云う, いと思ひました, いと思ふ, いと願つた, いな, いの, いッ, い御, かつたの, くて, くねえ, くねえと, ねえ, 思ひ此上

▼ させ~ (19, 0.1%)

1 [19件] にいちばん身近, のもの, の作品, の忠魂, の批判者, の明る, の明治, の服装, の様子, の頭, はとどまっ, は庭, は異常, は蒼白, を, をしずめさし, を喜ばせた, を恥ずかし, を手もと

▼ させこの~ (18, 0.1%)

2 日に

1 [16件] バー独特とかいう, 写真まで, 大吉の, 家を, 対立を, 急場に, 感受性を, 扇歌の, 日も, 気どりを, 清左衛門の, 無良心無恥, 粗末で, 道場を, 遣りきれない状態, 部屋へ

▼ させてを~ (18, 0.1%)

4 ります 2 くこと, くと 1 いたら相当, く, くやう, りその, りましたから, りますからね, りますが, りません, りませんので, る幾多

▼ させ~ (16, 0.1%)

2 勘坊の, 徳の

1 [12件] くみは, ねえさんに, 化粧でも, 城と, 常の, 幾婆さんに, 時という, 知合いの, 神も, 粥の, 船蔵へ, 身近まで

▼ させ乍ら~ (16, 0.1%)

2 いろ, 近づいた

1 [12件] さながら通り魔, もあまり, も一枚, 取乱した姿, 嗜みよく, 小さい二枚, 悠然と歩く, 持つて, 答えた, 言った, 逆毛, 面白さうに聽

▼ させ~ (15, 0.1%)

32 ひて 1 う, うを, う君, はで, ひしと仄, ひし日, ふまでも, ふ御職, への義, へばそんじよ

▼ させこれ~ (14, 0.1%)

2 はと考え込ませ

1 [12件] でこそ作者, に医学, は何やら, まで経験, をし, を受禅台, を庭, を御, を日旗, を曹真, を青緑色, を鬼門除け

▼ させそうして~ (14, 0.1%)

1 [14件] あらかじめ早, そのエネルギー, その台, その犬, 他人の, 公方様を, 刺激を, 己が, 常に讒, 悲しげ, 時間を, 狂喜した, 絶えず昔, 自分も

▼ させ~ (14, 0.1%)

1 [14件] それを, 一定の, 呪言の, 学生が, 強めさせると, 当方からも, 彼等の, 所作を, 沈思させる, 消毒し, 犯罪の, 袈裟文庫を, 金者は, 領主には

▼ させたま~ (12, 0.1%)

72 へけふこ 1 へとて戀, へと祈願, へどつい

▼ させてはと~ (12, 0.1%)

2 手先捕方を 1 その為, 思ったが, 思って, 思つた, 思つたから, 思つてその, 指の, 案じながら, 絶えず影, 考へた

▼ させやがて~ (12, 0.1%)

2 私は 1 その地方, それが, は党, カマキリも, 云った, 左右の, 氷は, 自分で, 郎党数騎を, 長安へ

▼ させよう~ (12, 0.1%)

10 では 1 なん, にも現在

▼ させ~ (12, 0.1%)

2 る, るるに 1 あ, るから, るべき, るべきもの, るべき問題, るること, るるばかり, るる事

▼ させながらも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あまりの, え本, その凧, その口, キッパリと, 他の, 実際は, 我慢し, 白刃持つ, 私が, 骨骼だけ

▼ させ~ (11, 0.1%)

1 [11件] だけを白く, の裡, は寮, ばかり神経質, をうるませ, をみはり, をギラ, を上, を瞑っ, を細め, を見張らせる

▼ させ自身~ (11, 0.1%)

1 [11件] としての一つ, のもの, はあと, はほんの, はオートバイ, は弟, は西門, は途中, は静か, も北, も東

▼ させてまで~ (10, 0.1%)

1 この自然的, その戦闘力, それを, そんなこと, 休んで, 刊行しよう, 勘定を, 叫ばせたもの, 妻の, 美人座を

▼ させ同時に~ (10, 0.1%)

1 その責任, そんなこと, ラテン文化を, 一方に, 人物及び, 全財産, 生活の, 街道の, 郷土研究の, 配下各所の

▼ させ~ (10, 0.1%)

1 さわぎを, に驚かせ, よろこびで, を為さしめた, ピアニストとしての, ピラミッドの, 介の, 受け, 安心いたしました, 資本家による

▼ させ~ (9, 0.1%)

4 へすれ 2 うして 1 うです, ふらは, へした

▼ させさえ~ (9, 0.1%)

3 すれば 2 した, しなければ 1 したの, せば

▼ させしかも~ (9, 0.1%)

1 これに, その恋, その生活様式, その雄々しい, 一定の, 俳優らしく, 或る, 時としては, 肩を

▼ させ彼女~ (9, 0.1%)

1 から, にあの, の生まれ故郷, の親指, もまた, を二人, を先ず, を力づけ, を宥め賺し

▼ させ~ (9, 0.1%)

4 とする 1 とした, として居る, とすれ, と喘, も無え

▼ させあるいは~ (7, 0.0%)

1 いわば正気, スペクトル分析に, 屈服する, 悩ましたすべて, 暴動に, 殺しあるいは, 短剣を

▼ させさて~ (7, 0.0%)

1 いつでもと, どうした, 今日の, 揮良夫の, 渾良夫の, 自分で, 鼠族一夜の

▼ させさらに~ (7, 0.0%)

1 あと片づけする, 一方空中, 多くの, 次郎兵衛後家を, 第三, 紙銭十万を, 郵便鉄道ガス燈の

▼ させそこ~ (7, 0.0%)

1 から推移発展, に宿泊, に生活, に自分, に詩集, へぴたり, を半蔵

▼ させてと~ (7, 0.0%)

1 仰が有て, 大いに高い, 存じあの, 怖, 申し込んで, 考えられ次に, 非難が

▼ させなど~ (7, 0.0%)

3 して 1 した, したこと, したらすぐ, しながら

▼ させまたは~ (7, 0.0%)

1 かかる法令, くさぐさ, これよりも, その変形, その研究, 一七三六年及び, 武家志願を

▼ させ~ (7, 0.0%)

1 の一つ, の人, の原, の多く, の子, の組, の要素

▼ させ~ (7, 0.0%)

1 かの符, か堪へ, か新しい, か良から, によらず, の目的, を望ませ

▼ させ初め~ (7, 0.0%)

32 たの 1 からやり直さし, たでは

▼ させ~ (7, 0.0%)

2 とては二疊一間 1 とては二畳一間, のすみ, の手入れ, の片隅, の眞ん中

▼ させ彼ら~ (7, 0.0%)

1 のふるまい, の勤労, の勤労心, の恐怖, を喜ばせた, を犠牲台, を補佐

▼ させ~ (7, 0.0%)

1 から悠々, から追いぬい, には父, にデゥカリオン, また近衛, より乗っ奪っ, 漢の

▼ させ~ (7, 0.0%)

1 がおれら, です, には一つ, によっては哲学自身, は往来, も一切, も不充分

▼ させ日本~ (7, 0.0%)

1 にまだ, に待っ, の人民, の地盤, の演劇, の雑貨買入, を尊敬

▼ させ~ (7, 0.0%)

3 して 1 てその, もこれ等, も此, も芸術的形象

▼ させあと~ (6, 0.0%)

1 から箱, で台所, のふたり, の四人, の連中, は農民

▼ させちや~ (6, 0.0%)

2 いけないの 1 いけないぜ, 反つて不憫ぢ, 困るぢ, 悪いわ

▼ させての~ (6, 0.0%)

1 あの魔窟通い, きょうであった, ほんのお小, 女の, 文字どおり一家総動員の, 騒動ドタバタ

▼ させなお~ (6, 0.0%)

1 もっともっとと, 一層働き出させる, 世に光, 勉強も, 帰らねば, 港内に

▼ させ人間~ (6, 0.0%)

1 がなまじい, として向上, と自然, の感情, の文化, の歴史

▼ させ~ (6, 0.0%)

1 てさ, に追, ふても, べく候, べし, 故かかる

▼ させある~ (5, 0.0%)

1 ときは, ものは, 人々を, 者を, 説教者が

▼ させがち~ (5, 0.0%)

2 である 1 であるからと, なもの, の子供

▼ させたりなど~ (5, 0.0%)

5 して

▼ させついに~ (5, 0.0%)

1 この趣旨, は反抗心, 思いきった風, 落合の, 血詔の

▼ させより~ (5, 0.0%)

1 ひろい社会性, ひろい社会的, 効果的に, 自我の, 高く評価

▼ させ一方~ (5, 0.0%)

1 に濃い, 夫によって, 尼子勝久山中鹿之, 未亡人の, 関羽と

▼ させ~ (5, 0.0%)

2 分明に 1 仕合わせな, 必要にまで, 本意な

▼ させ且つ~ (5, 0.0%)

2 それを 1 その法文, その胎生, 行爲を

▼ させ世界~ (5, 0.0%)

2 の進歩的 1 に進出, のどの, をグロテスク

▼ させ二人~ (5, 0.0%)

1 が矢, の刑手, の居所, を結婚, を試合わせ

▼ させ~ (5, 0.0%)

1 では全体, は被害妄想, また信雄どの, までの労, より花

▼ させ~ (5, 0.0%)

1 て再び, て戦争, て江戸川, て漸く, て転向

▼ させ~ (5, 0.0%)

1 が家, が色慾, は親分, れも, れ獨

▼ させ~ (5, 0.0%)

1 る崇高, る時, る高翔感的, 意味では, 時に

▼ させ或は~ (5, 0.0%)

1 おどす様, 個性的な, 稀薄に, 紺野老人に, 関心の

▼ させ文学~ (5, 0.0%)

1 としての務, にも系譜的, に於ける, の生産過剰, を展開

▼ させ~ (5, 0.0%)

5 して

▼ させ生活~ (5, 0.0%)

1 に張気, に浪曼的情熱, の健全, を洗煉, を順調

▼ させいつ~ (4, 0.0%)

1 なりと, までも記憶, まで排外, まで経っ

▼ させおれ~ (4, 0.0%)

1 の感情, の眼, も尋常, を召捕り

▼ させそれで~ (4, 0.0%)

2 自分の 1 エセックスを, 融雪を

▼ させてさ~ (4, 0.0%)

1 う呼ぶ, お母さんは, ざなみを立て, 世話が

▼ させてさえ~ (4, 0.0%)

1 くれるなら, くれるならだ, ござりまする, やれば

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 から汚い, にあげた, の厠, へ伺ひ申し

▼ させ両手~ (4, 0.0%)

1 で抱く, で胸, で脣, を空ざま

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 から批難, に白けさせられる, の衣裳, 知れぬ

▼ させ今にも~ (4, 0.0%)

2 死ぬ人 1 こけそう, 息が

▼ させ他方~ (4, 0.0%)

1 ではこれ, では俳句, では現実, また精神

▼ させ~ (4, 0.0%)

2 の視野 1 が登っ, を根こそぎ

▼ させ全身~ (4, 0.0%)

1 にいき, につめたい, にハズミ, の毛穴

▼ させ変化~ (4, 0.0%)

2 させまた 1 あらしめより, させそして

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 になる, には食膳, もふけ, 更けてから

▼ させ大きな~ (4, 0.0%)

2 悧巧さうな 1 口を, 叭する

▼ させ安心~ (4, 0.0%)

3 させて 1 させようなどと

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 国名を, 自分は, 自身の, 自身は

▼ させ或いは~ (4, 0.0%)

1 アクロン号の, 悦ばしめ或いは, 敷銀という, 笑いを

▼ させ更に~ (4, 0.0%)

1 またそれ, ジヤスマンの, 今まで, 僕一人で

▼ させ最後~ (4, 0.0%)

1 には味方, にマニラ, に負け, まで働く

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 では漁, には十二艘, の上, の遠い

▼ させ~ (4, 0.0%)

2 るべしと 1 ばとて西濱, る後

▼ させ発展~ (4, 0.0%)

2 させて 1 させるその, させるため

▼ させ~ (4, 0.0%)

1 に見なれざる, をつけさせる, を覚させ, を驚かす

▼ させ~ (4, 0.0%)

3 も無い 1 なき者

▼ させ遂に~ (4, 0.0%)

1 は或, は打殺させ, ロシヤ軍の, 今日の

▼ させあの~ (3, 0.0%)

1 つまみ立てたやう, 切れ目の, 雪さんと

▼ させいや~ (3, 0.0%)

1 が上, な気持, な色

▼ させいろいろ~ (3, 0.0%)

1 と策動, な物品, の手紙

▼ させかつ~ (3, 0.0%)

1 は自分, 偽りの, 冷汗三斗の

▼ させここ~ (3, 0.0%)

1 で蕗屋, に戦端, の名物柿羊羹

▼ させさうに~ (3, 0.0%)

1 した, 思ふから, 見える

▼ させさも~ (3, 0.0%)

1 ないもの, 生真面目な, 自殺した

▼ させすべて~ (3, 0.0%)

1 に農村, のよい, の者

▼ させそのまま~ (3, 0.0%)

1 往来へ, 東の, 裏返して

▼ させその間~ (3, 0.0%)

1 に宋江, に容子, を頭

▼ させそれでも~ (3, 0.0%)

1 こそとの物音, よごれも, 反対は

▼ させたりは~ (3, 0.0%)

2 しない 1 出来るだろうが

▼ させてなど~ (3, 0.0%)

2 言へども 1 なんでおく

▼ させてね~ (3, 0.0%)

1 え萬朝, お金も, 両手を

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 くれやすな, くれよ, 云って

▼ させとうとう~ (3, 0.0%)

1 仕遂げさせるよう, 大連を, 琢堂にとっては

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 たんぎゃっという物音を, たん場で, わが獄窓

▼ させどこ~ (3, 0.0%)

1 でも同一性, まで見物, もかしこ

▼ させながらの~ (3, 0.0%)

1 不審顔一家の, 剃刀使ひ, 話です

▼ させひとまず~ (3, 0.0%)

1 帰って, 平定を, 落ちつく事

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 いと心得, えと思っ, えと生れ変った

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 と思ふ, に今, は

▼ させもし~ (3, 0.0%)

1 たであらうもの, つまらなくも, 験しあれば

▼ させもっと~ (3, 0.0%)

1 主要な, 大胆に, 気前の

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 つたの, る, るの

▼ させ一時~ (3, 0.0%)

1 にその, は納まる, も早く

▼ させ三人~ (3, 0.0%)

2 の男 1 の神父たち

▼ させ伸子~ (3, 0.0%)

1 にひそか, は自分, も気の毒

▼ させ全く~ (3, 0.0%)

1 批評家無視と, 水入らずの, 没音律の

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 に副詞語尾の, れに, を描きたい

▼ させ其の~ (3, 0.0%)

1 上多分の, 力を, 威嚇の

▼ させ其処~ (3, 0.0%)

1 にはセイリング, に安住, を親元

▼ させ前者~ (3, 0.0%)

1 は社会, を同化, を揚げ

▼ させ勝ち~ (3, 0.0%)

2 である 1 だという

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 は聴かじ, は聽かじ, れと

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 も危, も危ない, を危く

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 の愛人, を操っ, を親

▼ させ子供~ (3, 0.0%)

1 がさし, の注意, を産ませる

▼ させ少し~ (3, 0.0%)

1 でも休む, ばかり, 拒むよう

▼ させ彼等~ (3, 0.0%)

1 を捕縛, を発達, を連れ

▼ させ従って~ (3, 0.0%)

1 他人をも, 又社会, 立体派の

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 を引い, を翳させた, を軍帽

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 が虎の子, に防御, の船舶

▼ させ明日~ (3, 0.0%)

1 の, の農村, は道案内

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 に一回街, の六齋, の表面

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 でもとの信念, は理学者, 右衞門是を

▼ させ次に~ (3, 0.0%)

1 大阪へも, 氏が, 裏面を

▼ させ残り~ (3, 0.0%)

2 の金 1 の三分の一

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 には地獄, の命日, はうれし

▼ させ特に~ (3, 0.0%)

1 それを, 目立って, 闇夜などは

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 と猿, は吠え, を蹴とばし

▼ させ現代~ (3, 0.0%)

1 の女性美, の日本人, を通じて原始

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 が死, を死, 鼠に

▼ させ私さ~ (3, 0.0%)

3 へ身

▼ させ給はず~ (3, 0.0%)

1 と申し, やといふ, 心細かるべき

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 たり然るに果して, て不意, て内記殿

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 に抱い, も背, をそらし

▼ させ色々~ (3, 0.0%)

1 な手段, の赤姫, 話してたので

▼ させ虫の息~ (3, 0.0%)

2 で彼等 1 で横たわっ

▼ させ裏口~ (3, 0.0%)

2 を開け 1 から二階

▼ させ赤面~ (3, 0.0%)

2 させた 1 を感じさせた

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 の酌, を飲ましとく, 汲み交わし話して

▼ させ~ (3, 0.0%)

1 をピクピク痙攣ら, を撫で, を赤く

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 ひ一つ, ふといふべきで

▼ させあなた~ (2, 0.0%)

1 というお方, をやや

▼ させいい~ (2, 0.0%)

1 機嫌で, 着物を

▼ させいわゆる~ (2, 0.0%)

1 ゴシップと, 鼻音の

▼ させおなか~ (2, 0.0%)

1 のこと, を殺した

▼ させおまけ~ (2, 0.0%)

1 に, に頭

▼ させかくして~ (2, 0.0%)

1 発展した, 發展した

▼ させかの~ (2, 0.0%)

1 君と共に, 土塀の

▼ させこう~ (2, 0.0%)

1 なれば, も呆け

▼ させこちら~ (2, 0.0%)

1 の胸中, はすぐ

▼ させこっそり~ (2, 0.0%)

1 と黒蛇, 盗み出させたので

▼ させさながら~ (2, 0.0%)

1 処女の, 自身が

▼ させしかし~ (2, 0.0%)

1 すぐ自分自身, 手は

▼ させしと~ (2, 0.0%)

1 云って, 思へば

▼ させしばらく~ (2, 0.0%)

1 待てと, 私を

▼ させすこし~ (2, 0.0%)

1 功が, 高くとおいところ

▼ させそこで~ (2, 0.0%)

1 初めて彼女, 家康父子を

▼ させそち~ (2, 0.0%)

1 が花, をも謀叛人

▼ させそっと~ (2, 0.0%)

1 登って, 茶盆を

▼ させそつ~ (2, 0.0%)

1 と忍び込ん, と登つて

▼ させその他~ (2, 0.0%)

1 に息子, の兄弟

▼ させただ~ (2, 0.0%)

1 その意味, 旧約の

▼ させたる~ (2, 0.0%)

1 が如き, に門

▼ させついで~ (2, 0.0%)

1 その国, に目

▼ させてしか~ (2, 0.0%)

1 把握し, 理解し得ない

▼ させてなどとは~ (2, 0.0%)

2 書かないの

▼ させてばかり~ (2, 0.0%)

1 いた男, いては

▼ させてもという~ (2, 0.0%)

1 口約束を, 気に

▼ させとどのつまり~ (2, 0.0%)

1 は学校, は此

▼ させども~ (2, 0.0%)

1 ふくらうな, 身じろがず

▼ させなん~ (2, 0.0%)

1 だが, だ為

▼ させにゃ~ (2, 0.0%)

1 ならぬと, ならん

▼ させにや~ (2, 0.0%)

1 ならん, 子供は

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 えと万吉, えと言

▼ させはだし~ (2, 0.0%)

2

▼ させひのき~ (2, 0.0%)

1 やいち, やいちい

▼ させほか~ (2, 0.0%)

1 に養子, はなかっ

▼ させぼく~ (2, 0.0%)

1 の前, も御

▼ させまだ~ (2, 0.0%)

1 つったって, 聴かぬワグナー

▼ させみんな~ (2, 0.0%)

1 がその, の評判

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 えと, えとおもっ

▼ させもう~ (2, 0.0%)

1 今から, 藪の

▼ させやあ~ (2, 0.0%)

1 がって, しないおれ

▼ させやすい~ (2, 0.0%)

1 ことを, のです

▼ させやや~ (2, 0.0%)

2 進歩的な

▼ させわが~ (2, 0.0%)

1 内容を, 口の

▼ させわざと~ (2, 0.0%)

1 とらえられて, 焼けビル

▼ させわたし~ (2, 0.0%)

1 とだけになろう, は目

▼ させんで~ (2, 0.0%)

1 くれたまえ, すむかも

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 がった, がつた

▼ させオバホルモン~ (2, 0.0%)

2 などを服用

▼ させホテル~ (2, 0.0%)

1 のポーター, へ行く

▼ させポルダー~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の寝室

▼ させ一つ~ (2, 0.0%)

1 には親分, 試みられては

▼ させ一人~ (2, 0.0%)

1 が中, で外出

▼ させ一座~ (2, 0.0%)

1 の者, を白けさせ

▼ させ一日~ (2, 0.0%)

1 か二日, も早く

▼ させ一生~ (2, 0.0%)

1 をかけ, をキリスト伝道者

▼ させ万一~ (2, 0.0%)

1 の用意, 丈夫に

▼ させ下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の手, ほおに

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 を却って, を導い

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 を大きく, を誤った

▼ させ互いに~ (2, 0.0%)

1 相殺傷, 離反させる

▼ させ井崎八郎~ (2, 0.0%)

2 と勘次

▼ させ人生~ (2, 0.0%)

1 の喜び, への肌寒い

▼ させ人類~ (2, 0.0%)

1 のよろこび, の足跡

▼ させ以前~ (2, 0.0%)

1 のお, 来た如く

▼ させ佐太郎~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の菊王, の近習

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 と影, を吸っ

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 精力を, 軍の

▼ させ別に~ (2, 0.0%)

1 漢書の, 盤台に

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の例, の右

▼ させ前後不覚~ (2, 0.0%)

1 の客, の美代子

▼ させ前進~ (2, 0.0%)

1 させた, させる

▼ させ医者~ (2, 0.0%)

1 の薬, はその

▼ させ卑屈~ (2, 0.0%)

1 にさせ, にし

▼ させ卒倒~ (2, 0.0%)

1 させて, して

▼ させ厚い~ (2, 0.0%)

1 毛の, 蒲団を

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 申候

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 にて不便, の奥

▼ させ右手~ (2, 0.0%)

2 で銀色

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 方面に, 階級に

▼ させ和解~ (2, 0.0%)

2 させたらその

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 を水

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の力, へ押込める

▼ させ国家~ (2, 0.0%)

1 へ施政上, を破砕

▼ させ堕落~ (2, 0.0%)

1 させようと, させ迷乱化

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 をふさぐ, を嗄らし

▼ させ夕方~ (2, 0.0%)

1 からのでき, までギャア

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 から来る, の死骸

▼ させ天下~ (2, 0.0%)

1 の財用, を擧げ

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の室, より九助

▼ させ夫婦~ (2, 0.0%)

1 で申分, にし

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 に売地, のほう

▼ させ好意~ (2, 0.0%)

1 のまじ, を誘った

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 のお, のメイ

▼ させ安らか~ (2, 0.0%)

1 な安らか, にまじわっ

▼ させ完成~ (2, 0.0%)

1 させたので, させて

▼ させ家具~ (2, 0.0%)

1 も幾つ, を少し

▼ させ家康~ (2, 0.0%)

1 がその, のほう

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の近く, 詣りした母親

▼ させ小使~ (2, 0.0%)

1 の手, をグルゥバッハ夫人

▼ させ山塊一面神代杉~ (2, 0.0%)

2 の密林

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の街

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 にくるみ, の端

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 をたちたる, を起ちたる

▼ させ廃滅~ (2, 0.0%)

2 させて

▼ させ彼自身~ (2, 0.0%)

1 もまた, をつねに

▼ させ心臓~ (2, 0.0%)

1 をつらぬい, をどきどき

▼ させ思わず~ (2, 0.0%)

1 こまったこまったと, 叫びました

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 をはずませ, を引かせた

▼ させ成熟~ (2, 0.0%)

1 さす事, させ改善

▼ させ成長~ (2, 0.0%)

1 させるもの, させ新しい

▼ させ我々~ (2, 0.0%)

1 の学問, は力

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を顫わせ

▼ させ改めて~ (2, 0.0%)

1 前方に, 実子の

▼ させ新しい~ (2, 0.0%)

1 ものに, 日本の

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 教会の, 本陣時代からの

▼ させ易い~ (2, 0.0%)

1 からその, ものです

▼ させ易く~ (2, 0.0%)

1 私共の, 記され描かれして

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 まで御苦労, を以て早々

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の避難所, をかせいだ

▼ させ時に~ (2, 0.0%)

1 おこらせ奈良, この船唄

▼ させ時には~ (2, 0.0%)

1 夜立ち暁立ち, 自ら鍬を

▼ させ最も~ (2, 0.0%)

1 豊富な, 高きもの

▼ させ期待~ (2, 0.0%)

1 させます, にふるえる

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 刻印小判に

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 で突かし, と草履

▼ させ樂隱~ (2, 0.0%)

2 居なされ度

▼ させ樹立~ (2, 0.0%)

2 さしいでて

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡つて森

▼ させ次第に~ (2, 0.0%)

1 その規模, 自己の

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 にも至らしめる, を辟易

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 にかかる, を晴らそう

▼ させ清潔~ (2, 0.0%)

1 な思ひを, な部屋

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ させ煎餅~ (2, 0.0%)

2 をかじる

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 が一パイ, のよう

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 や私, を差しおい

▼ させ片手~ (2, 0.0%)

1 に提灯, に鎌

▼ させ犯人~ (2, 0.0%)

1 なら手, の推定

▼ させ狼狽~ (2, 0.0%)

1 させたが, させて

▼ させ現金~ (2, 0.0%)

1 でなければ, はいくら

▼ させ生産~ (2, 0.0%)

1 と労働, を興隆

▼ させ生長~ (2, 0.0%)

1 させるため, させ成熟

▼ させ用人村川菊内愛妾~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の中, の物

▼ させ田畑~ (2, 0.0%)

1 の輪郭, を買わしめる

▼ させ白い~ (2, 0.0%)

1 姿を, 小作りな

▼ させ直ちに~ (2, 0.0%)

1 その中, 北原を

▼ させ相手~ (2, 0.0%)

1 の, の青年

▼ させ砂利~ (2, 0.0%)

2 を詰めた

▼ させ社会~ (2, 0.0%)

1 の骨格, を覆滅

▼ させ科学~ (2, 0.0%)

2 が最近

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 の皮笠

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 二段の, 二皇子十一歳を

▼ させ粉砕~ (2, 0.0%)

1 するあの, せんと

▼ させ納屋~ (2, 0.0%)

1 にも池, へ木束

▼ させ納得~ (2, 0.0%)

1 させるといふだけでも, させるやう

▼ させ結果~ (2, 0.0%)

2 として秀吉

▼ させ給由~ (2, 0.0%)

1 承り候, 承候

▼ させ絶望~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ させ翌日~ (2, 0.0%)

1 は京都, は詫び

▼ させ自ら燭~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ させ自分達~ (2, 0.0%)

2 だけ助かる

▼ させ自動車~ (2, 0.0%)

1 にのりこみました, はすくなくとも

▼ させ自己~ (2, 0.0%)

1 は夫, を犠牲

▼ させ自殺~ (2, 0.0%)

1 させ蘇生, したい思い

▼ させ自然~ (2, 0.0%)

1 に延ばしたおどろ, の神秘

▼ させ興奮~ (2, 0.0%)

1 した面持, の色

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 がポート, もりっぱ

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 を更に, 咲かせるところ

▼ させ若し~ (2, 0.0%)

1 それが, 背いて

▼ させ苦笑~ (2, 0.0%)

1 させる機会, せしめたもの

▼ させ荒廃~ (2, 0.0%)

2 させました

▼ させ落付~ (2, 0.0%)

1 かせた, かせたいの

▼ させ藤助~ (2, 0.0%)

2 の次に

▼ させ行為~ (2, 0.0%)

2 の責任

▼ させ衰弱~ (2, 0.0%)

1 させるばかり, させるマイナス

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 させの, 刺せ寒

▼ させ西洋人~ (2, 0.0%)

1 が最後, にはみられない

▼ させ見よ~ (2, 0.0%)

2 源太に

▼ させ言葉~ (2, 0.0%)

1 に出させ, の配列

▼ させ説明~ (2, 0.0%)

1 させる事, して

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 を引摺, を肩

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の姿態, をのろい

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 に乘, の発着

▼ させ辟易~ (2, 0.0%)

1 させるという, させ苦笑

▼ させ逆上~ (2, 0.0%)

1 させた, させたに

▼ させ進歩~ (2, 0.0%)

1 させつまり, させるため

▼ させ運動~ (2, 0.0%)

1 から離脱, を縮みさせ

▼ させ過日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ させ郷里~ (2, 0.0%)

1 へ帰らせ, へ歸ら

▼ させ長い~ (2, 0.0%)

1 廊下に, 涎を

▼ させ開花~ (2, 0.0%)

1 させること, させ人類

▼ させ限り~ (2, 0.0%)

1 ない苦悩, なき論争

▼ させ隙間~ (2, 0.0%)

1 に塗りたくった, のある

▼ させ隣家~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 ぞら

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 条理に, 能率化する

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 ざしの, 喰らって

▼ させ面白く~ (2, 0.0%)

2 もな

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の中, を上向き

▼ させ食事~ (2, 0.0%)

1 と厠以外, をいっしょ

▼ させ食堂~ (2, 0.0%)

1 などや看板, の旗

▼ させ~ (2, 0.0%)

2 を縊

▼ させ高ごえ~ (2, 0.0%)

2 で饒舌

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 をくしけずり, をとかし

▼ させ~ (2, 0.0%)

1 の立つ, は銀

▼1* [1630件]

させあくびさせ間, させあくまで詰責し, させあごには三角形, させあすは高野山, させあたかも盗人に, させあたしがどんな, させあたたかい飲み物を, させあちこちの座敷, させあちらは石, させあなた様に先年, させあらゆるものを, させあるいはまたフェード・インフェード・アウトさせる, させあわよくばその案内人, させあんたが自分, させあんな愚劣な, させいい加減に馬鹿, させいかなる楽器にも, させいかにも兵隊好きらしく, させいきなり十も, させいくら送れという, させいくらか暮しの, させいちにん, させいっさいを完全, させいっしょに流し, させいつも間諜が, させいのちあるもの, させいままでの怠惰, させいま最後の一つ, させいらいらさせ困った負担, させいろんな遊びや, させうしろむきのまま教室, させうしろ手にしばっ, させうっとりしたよう, させうまく自分の, させうんと近よせ, させおいらが不意, させおおお遅くなった, させおおらかとして歩い, させおかあさんから代金, させおく病にさせよう, させおのれら我意に任せ, させおのれ一人高見の見物, させおまえの見た, させおらの殿さま, させお上の注意, させお太鼓を叩かせた, させかかる百代の, させかくてその間, させかたでもみんな, させかたがた極力これ, させかたがた牛込に一寸, させかっこうがよび, させかつてとかく物議の, させかつらの葉, させがっちりと開けた, させきたない顔を, させぐつすり寢込んで, させけんめいに, させこういう時でなけれ, させこうして蠣殻町を, させこここ小森さんすすすまんことし, させこっちに何, させこの世の暇, させこの間からお話し, させこれから執るべき行動, させこれ等のもの, させこわいような, させこんなところへ, させこんなに言った, させさうだつた, させさうな門番は, させさえもする, させさぞ跳ねたりも, させさてはあられも, させさんざあんたに, させさんざん恩に, させざっと一段あげる, させざつと間に合, させざまあ見ろ, させよしなる, させしかと疑い居るに, させしかのよう疑, させしかるべきのちぞ, させしばし川の, させしばしば人を, させしまいに泣き出して, させしみじみとさせず, させしんじつ夢に夢見る, させじっと拡大鏡で, させッく, させすきを求め, させすき間もなく, させすぐまた急ぎ足, させすっかりわがもの, させぜいたくをさせ, させそいつのたてた, させそういう態度を, させそちらの方, させそのある作品の, させそのうち好むもの, させその他ケンブリッジ大学や王立協会, させその他女の嫉妬ひとつ, させその後に内大臣, させその後彼をもっと, させそばで西班牙人, させそれぞれ勝手に子供, させそれでいていつも白く, させそれとなく家を, させそれ自身の意志, させそんな笑い声に, させたしかに僕の, させたった二へん高座から, させたまたま暢やかなら, させたりかと思うと, させたりくらい街上に, させたりと熟と, させたりといふことは, させたりなどもした, させたりばかりして, させたりもあそばして, させちくれ, させちゃあ寝ざめがよくあるまい, させちやア大変だから, させちや厭ですぜ, させちや畢へねえ, させちょけ, させちよつとあたり, させつと房一, させっと直んぐ, させっぱなしもかわいそう, させっ放し死ねば, させつつねそうだろう, させつまらないがらくたを, させつまりより強く, させつるはや, させてかの猴に, させてからに自分で, させてからはオランダで, させてからも伊豆守を, させてこそ思想善導の, させてしもうたのでござる, させてでも奢侈な, させてなどと家の, させてのみは居られなかつた, させてはという意見が, させてはをりません, させてまでも無理に, させてやがる, させてよ自分で, させてるこってしょう, させてんから犬にも, させて迄戦って, させ滞城二日間, させではと先立っ, させでもしたかの, させときをり, させとにかく印刷所へ, させとぼけ癖の表情, させともかく上野あたりまで, させどうしてよいか, させどうしても寝つかせなかった, させどの隊も, させどんなにいいきもち, させなおかつそれを, させながらなんか待って, させながらわつと泣きだした, させなぜそんな写真, させなぞした, させなまじいな善人, させなるべく難しい文字, させなんだか知らんが, させにくい気が, させにくくて煩悶, させにんじんを縮み上がらせた, させ虫の, させのちの鎌倉, させひいては後年ユーカラの, させひそかに鬱憤, させふたたびの御, させふり向きもしない, させふるさとへ帰った, させぶりそのものの中, させぺらぺらとしゃべり始めました, させほそい目を, させほっとして, させほとんどあらゆる種類, させぽかんとして, させ横に, させまあーす, させまじめな役割, させますます高くなつかしく冴えわたる, させまず邪魔な, させまた一方食事を, させまだそのままの表情, させまっしゃろ, させまったく意に, させまつすぐ二階, させまり死なば, させみすぼらしい卑小な思ひ, させみずからも興奮, させむずと性質, させむずと漫に, させむとしきりにその, させむとて折々旅行, させむとてテレザが髮, させむとて導者に持たせ, させむと肝を煎り, させむにと先に立ち, させむにと気遣はしげ, させむ十兵衞も見よ, させもうほとんど滴しか, させもう一度當夜の, させもう二度と戦争の, させもしくは顔を, させもし仮に他の, させもみ出た, させゃがってやっと行き, させやがてうとうとしはじめた, させやがてさう云, させやすくするため, させやすらかに眠らせ, させやたらに唸る, させやっと婚約を, させやりっ放しにさせ, させやァがる, させゆうゆう無人の, させゆくゆくはりっぱ, させだれを, させよいと思う, させよかったら決めようという, させよそよそしさを, させよわよわしい末流の, させよーとした処, させるこつちやありません, させわけもない, させわざわざ松明行列を, させわしは牧, させわたくしも又, させわれらの世界観, させアインシュタインの云う, させアダムスに俸給, させアパートへ遊び, させアメリカのため, させアラビア商船隊の到着, させアルコールに麻痺, させイヤゴーの奸智, させインポテンツの惱, させエイヤッエイヤッをやらせ, させエドナに家政, させオヤと言わせる, させオレンジ三十銭というの, させカシタンカが十分の, させカソリック教を衰運, させカンだから, させカンシャク玉がアバレルよう, させキリスト教興隆に役立てよう, させクリはどこ, させコンコードの空, させコーオルディネートさせる呼吸, させゴルキーやチェホフ, させゴロ寝を, させサア射てとばかりに, させシガレットなど渡し, させシャクレた顔, させショックは大きく, させスカアトの襞, させスケッチいたしました, させスペイン国民としての義務, させスポーツの醍醐味, させスリッパアをならし, させスープを歃, させセイ公にあやまらせた, させセルゲー大公などは夜, させダラダラとナポレオン三世, させチャンバラ漫画では人間, させヂリヂリと後退, させテーブルの上, させトランクを台, させトンガリ長屋からつれ出し, させドイツ民族の名誉恢復, させドサクサ紛れにあの, させドライブの旅, させニコニコ笑いながら, させハリーに田地, させハルモニュウムの伴奏, させバケツのところ, させバンドをしめる, させパラソルを肩, させパンを酒, させフランスはモンシュニュ, させブラッシの毛並み, させブーニンとバリモント, させプロの魅力, させプロレタリア文学における新しい, させプロレタリア革命の現実的根拠, させペルシア語を木版, させペレールを出た, させペンをとっ, させホールで幾島, させボイラーに送る, させボロンの, させマネキンとする, させマリユスの一瞥, させマーブルで夕食, させヤキモキして, させユダヤ人の科学発明, させリシュモンには伯爵, させロシア革命の武装蜂起, させロマンスを歪曲, させローマ駐剳, させ一々その姿勢, させ一世の強盗五右衛門, させ一二分体全体で飛び上っ, させ一五七五年には長篠, させ一五二〇年の八月末, させ一個の人間, させ一冊の書巻, させ一切の世事, させ一刻も早く, させ一匹ずつ入れ, させ一地方官吏と看做す, させ一室いくらと一室中, させ一寸鉄道の, させ一層余病を, させ一弾撃っては, させ一応は日本人, させ一族九十八人この意外, させ一族旗本たちと鳥越城, させ一旒ごとに一行, させ一時豌豆や里芋, させ一束のわら, させ一段と声を, させ一泡吹せて, させ一生安楽にせめて, させ一稼ぎの後, させ一等から八等, させ一粒も残さず噛み砕け, させ一緒に猿町辺, させ一般消費市民と勤労者, させ一行は或は, させ一通り吟味に及びし, させ一部落を作つて長春堡, させ一面には葉子, させ一面箕谷の路, させ一面馬岱と姜維, させ丁寧に胸部, させ丁年までには真人間, させ丁度半分程, させ丁度二階から飛降り, させ万事の手筈, させ万吉が密か, させ万年灯でおなか, させ万民楽土のす, させ丈夫に育っ, させ丈夫そうなやつ, させ三十余万の民衆, させ三十分のもの, させ三日目にはチロル, させ上下の者, させ上眼使いに相手, させ上衣を脱ぎ捨て, させへ向っ, させ下士卒八人を階下, させ下水の掃除, させ不利な証拠, させ不動は実子, させ不思議な解放感, させ不朽の傑作, させ不自然になす, させの思潮, させ世界各国で評判, させ世界歴史の面白, させ世紀末的にひょろ長い, させ世間大衆とも共に, させ丗秒位してから, させ両方別々の存在, させへ入り, させ中世のドイツ詩, させ中国で貨幣, させ中堅以下の人々, させ中央よりドカ落ち, させ中島がその, させ中野のお, させ丸盆を取っ, させ水を, させ主人の書斎, させ主税は怒声, させ久美子をからかっ, させ乍らベトーヴェンが悲劇的, させ乍ら乘出します, させ乍ら來たの, させ乍ら小石川にかえった, させ乍ら幾子のあと, させ乍ら庭の方, させ乍ら悪戯っ児, させ乍ら武士に近づきました, させ乍ら洋服の上衣, させ乍ら獣の黄色い, させ乍ら獲物を料る, させ乍ら私の腕, させ乍ら自分も時々, させ乍ら自動車は憲兵隊本部, させ乍ら蛙を追ひ廻した, させ乍ら軍治は幾, させ乍ら雌を呼ん, させ乍ら首をかしぎ, させ乏しい思いを, させ乗り物のまま取り調べ, させ乗換馬二頭を率, させ九助を引立て, させ九月十五日にはその, させ乞食をさせ続け, させ亀田君呼出しを中止, させれた娘, させせるもの, させ予め別の, させ予讃の国境, させ事ごとに癇癪, させ事件を他, させ事情を聞い, させにし, させ二つ掘っては, させ二ヶ月間の損害三万円, させ二万の兵, させ二万余騎を以て押し寄せた, させ二三度勝って, させ二三日父半嶺, させ二三週間ホトボリをさまし, させ二十九歳の信長, させ二十五日に僕, させ二千軒は二百軒以下, させ二寸足らずの, させ二年後に, させ二時立つ, させ二束三文で売らせ, させ二杯食ふ, させ二百石という出世, させ二階の梯子, させ云々という筋, させ云々のかどをもって閉門謹慎, させひの, させ五銭やったら其, させ井出君も起し, させ些か新潮, させ交友もこしらえ, させ享楽機関が次第に, させ京都急襲の用, させ人々は一足, させ人並みの猿侍, させ人前で調子, させ人家に遠い, させ人工的な力学的, させ人民が大量, させ人界のあか, させ人間愛と社会的良心, させ人間生活の廃跡, させ人類全体に光被, させ人類的に成長, させ仁王様の腕, させ今一人を曲者, させ今年の春, させ今後天晴れの勇士, させ今後無理非道のない, させ今日の追放人, させ今暁一ときの返り忠, させ介抱して, させ仏道に入る, させ他人の飯, させ他国の相場以上, させ他面ではすべて, させると, させ仙人行者の通力, させ代りに買っ, させ代地と陸地, させ代替り家督相続から隠居養子嫁, させ以後は決して, させ仮名の違い, させ伊藤松雄のとこ, させ伯父夫婦へ額, させ佐吉一人淋しく待っ, させ佐和山へ引退, させを洗っ, させ何かしら或る, させ何十里あろうと, させ何時まで經つて, させ何本となく, させ何處へ連行, させは愛する, させ余勢をかっ, させ使者を成都, させの無慾, させ例へば激動の, させ侍臣には乗換馬, させ供奉の面々, させ係員を微笑, させ係長は地下室, させに慈悲, させ俊雄が受けたる, させ保存するとともに, させ保守に傾かせる, させ信服させようと, させ俳諧連歌の歴史, させのネクタイ, させ個性の新しい, させ倍一倍絶妙の境界, させ倒幕の荒仕事, させ候段不屆, させ借金とりに日参, させ偉大な夢, させ偏食を直す, させにねむる, させへ物, させ儀式的な処, させ優秀な日本語教師, させの子, させ兄半作の身代, させ充分金を遣わせ, させ充実させ空手形, させの者ども, させ先これで宜いと, させ先ず頭を, させ先代憑司に仰, させ先日脱退説のありし, させ先生たちにも徒勞, させ先着の小, させ党員の一人, させ党派や世論, させ全体にポオ, させ八丁堀へ使い, させ八五郎一人をつれ, させ八島を謠, させ八糎速射砲の無気味, させ公儀へこそは差出されける, させ公園の写生, させ公定価格つりあげの, させ公平に直し, させ公服を着, させ公然と私, させ六〇六号が何故, させ六条伯爵家を上首尾, させ人も, させ共に若殿の, させを動かし, させ兵隊としての強味, させ其上伊勢屋五兵衞の養子千太郎, させ其侍女の娘, させ其夜の中, させ其實現を爲さしむることに由, させ其度に御, させ其日法會の席, させ其案内に兩人, させ其為一家の予算, させ其頃名高き女, させ内々の婚姻, させ内心的実証の必然性, させ円本が売れた, させ円熟させて, させ構成させる, させ再生させること, させ写真に撮影, させ冷汗がにじみ出し, させ凡てを公地公民, させ出たとこ勝負のショット, させ出入りの客, させの中, させ分業物の間に合せ, させ切符の押売, させ判断する力, させ別種の者, させ別荘の隣, させ刷子で全身, させ刺戟した, させ前後二手に分れ, させ前途を暗く, させ割引の方法, させ割拠を事, させ較べを, させ力強い腕が, させ労働の生産力, させ効果をあげ, させ効験をよく, させ勘定書をもっ, させ勝ち気な御息所, させ勝敗の優劣, させ勢いを弱めよう, させ勤労大衆を肉体的, させ包容し安心, させ北京に出張, させ北山から大石, させ北方上野の國吾妻川, させ北門の鎖鑰, させ医師は脇腹近く, させ十分芭蕉以上の仕事, させ千代紙細工のよう, させ千円ばかり出させた, させ千恵造は羨望, させた私, させ半分は亀, させ半月ばかり京阪, させ卑劣卑屈の人心, させ卒業すると, させ単独鴨緑江を渡つて平壌, させを結ん, させ印刷屋に印刷, させ又は混同する, させ又吉六を三河町, させ又家来たちのもの, させ又木は薙ぎ倒され, させには冷評, させ友人の景蔵, させ友達からも親戚, させ双方それに署名, させ反対者のあらゆる, させ反抗させ或いは, させ反映させる公, させ反省させる事, させ叔父の面目, させ叙事詩から抒情詩, させ叙唱の中, させもきけず, させ口吻からベトベト, させ可愛がって, させ右酒屋に到り, させ右門みずからは亭主, させ各個撃破するため, させひ気, させ合つてゐた, させ合掌した手, させ合評を試みさせ, させ同じ形を, させ同化させること, させ同舟の人々, させ同道して, させ同郷の青年學徒達, させ名前の一字, させ名目と実利, させ向こうにも飛ばせ, させ君ヶ代をボックス, させ君寵を頼ん, させ君自身は素早く, させ吸着させて, させ吾が兵の, させの兵馬, させ呉服問屋へ嫁, させ呉氏もほめ, させ周囲の輪, させ味方の所在, させ命令一下時を移さず, させ咀嚼作用を営ん, させ和泉屋という大, させ哀れや過ぎたる, させ哨兵たちは山鼻, させ唐牛児の身, させ商人が売っ, させ商売を始めさせよう, させ問屋の役人, させ問題はそれ以下, させ啓発せしめた事跡, させをしめつけ, させ喫煙をすすめ, させ嘆きを与えず, させから出た, させ嘲笑させ悪罵, させ器械の引切りなし, させ四方を清浄, させ四月三日出帆の七月, させ因果居士がそれ, させ団員がめいめい三十枚, させ国友村は後日信長, させ国外での死亡四三, させ国政の不振, させ国民道徳の頽廃, させ国老の両, させ土屋根葺の土壁塗, させ土臭を去り, させ土間の暗い, させ圧倒するの, させ在来のもの, させ地下三メートルの所, させ地位を失わせる, させ地団駄を踏ん, させ地隙を這い出る, させ地面へ膝, させ地響きを立て, させ垣根の破れ口, させ城中と外部, させ城地を灰燼, させ城門に旗, させ基経はもう, させ堂々たる役人の, させ場合によっては指揮官, させ境遇の意味, させ墓下と家中, させ墓地へ運ん, させ墓場への參詣, させにはれる, させ変容させ, させ変貌させて, させ夏場になる, させ夕日のよう, させ外九口へは是, させ外国記者を御馳走, させ外郎売に仕立て, させ多少の奨励金, させ夜中水に馴れた, させ夜毎の秋, させ夜露に打たせ, させを自由, させ夢酔は旅費, させ大いに消耗させた, させ大きい方, させ大作にみる, させ大名道具と謂, させ大坂に下し, させ大声で, させ大手町側の横通り, させ大胆にさせる, させ大衆文芸を興隆, させ大衆自身が内部的, させ大輪田ノ泊, させを恐れぬ, させ天下荒寥むといいどこにもここ, させ天台宗徒をあつめ, させ天明の昔, させ天晴この鶏, させ太夫が腹, させ太陽の運行, させ夫人は紫陽花色, させ失神させなければ, させ奥さんのお, させ奧方の嫉妬, させに追い付こう, させ女中がウッカリ, させ女坂の中段, させ女子供からそれら, させ女房然と, させ女房たちをそば, させ女自身にも悲しい, させ女装をぬい, させ女達の手車, させ妖婦は, させ娘たちを一人前, させ娯楽的逃避所に遊ばせる, させやに留守, させ婦人を喜ばせる, させ嫉妬させる刺戟, させ子どもたちやおかみさん, させ孝情を抑, させ学校の先生, させ学生たちの顔, させ学用品を買っ, させ孫韶張承などを, させ宇宙に太陽, させ安全に親, させ安楽な死に方, させ完全に, させい確か, させ宗門末派を利用, させ官女あまたある, させ官能と理性, させにでも浮く, させ遠が, させ定宿明石屋へ送り届け, させい機嫌, させ実に畜生とも, させ実家の跡取り, させ実際の感情, させを迎える, させ客観的に追いつめられる, させ客間には香, させ宮津城下の町人, させの内, させ家屋なども庭園, させ家康利家の離間, させ宿にいながらにして, させ宿題を読ん, させ寄手の勢力, させ寒い時分の, させ寒くもない, させ寧ろ無関心, させ封建諸制度, させ専ら家政を, させ将来は郷里, させ将校は老人, させ将軍が烏帽子親, させ小さい盃で, させ小僧の洗, させ小森君いつも喧しい, させ小次郎の安否, させ小生は胸, させ小皺がいつ, させ小笠原左衛門佐は腹, させ小脇に抱い, させ小舎を再建, させ小遣だって月五十円, させ小間使として入った, させ少くとも新劇, させ手紙も, させ尤もと思われたい, させ就業中窓をしめ, させ尻尾をどんなに, させ居心地よくさせ, させ居間から顕, させ居館を大坂, させ屋敷より請取來, させ展覽會に出させた, させ展開させるべき使命, させ属性的活動を特殊, させを脱がせよう, させでは猟, させ山中の一孤村, させ山寄りの間道, させ岡村は細君, させ岡田三郎の伸六, させ岩矢天狗への支払い, させ巌流島の横流し, させ工夫させよい, させ左団次君に大湊船小屋, させ左翼の組織, させ左足から踏み出し, させ左顧右眄させて, させ巨富を積みまし, させ差詰聟殿と大切, させ帝位をもゆり動かそう, させ帝国ホテルや精養軒, させ帰りにはもうちやん, させ帰りしなに棚, させ帰化人には練習生, させ帰趨を失わしめた, させ常宿内の捕吏三次并び, させ常識を広め, させ幕府を怒らせ, させ干潮が来る, させ年齢を増し, させ幸福であらせたの, させ幾度も同じ, させ広大な自動車預り所, させ庄兵衛組と北奉行所, させから起こし, させ度いばっかりじゃありません, させ度いが生憎あつしは, させ度いが私の手許, させ度万一改俊不致候わば如何様, させ度旅は朝, させ度神佛を祈居る, させ度私しは, させ座敷の中, させ座敷牢へ投, させの岩蔭, させ庵平太郎を殺した, させ廃殿の横手, させ廉耻の心, させ延々と巴里に, させ延長的にいつも, させ弁護士を肥らせる, させ引越しの二三日前, させ弛緩させます, させはそれ, させが上, させ張合ひづけた, させ強大な出版企業, させ強盗追剥ぎ, させ強者を虐げ, させ当事者の方, させ役人が連れ, させ彼奴の恐ろしい, させ往来の余裕, させ後でその水, させ後ろにまわした, させ後列へしりぞけた, させ後手へ後手, させ後者は臺詞, させ後詰の兵, させ徐々に芯を, させ従来よりは一進歩, させ従者もただ一人, させ御召物の見立, させ御簾を巻き上げ, させ復讐をいや, させ復讐心から正義, させ微笑しながら, させを挫くに十分, させ心全体を食い荒らし, させ心配するお, させ必ずここへ, させ必死の鬪爭, させ志道軒は三名, させ応援として若, させのため, させ思わせぶりな科, させ思想の表現理解, させ速力を, させ急テンポで農民作家, させ性格を暗い, させ性熟させて, させ怪しき武芸者を, させ恍惚とした, させ恐しいこと, させ恐怖とあるまじき, させ恒藤恭がよく, させ悟浄の足もと, させ悠揚とした, させ悦楽と向上, させ悪くすれば, させ悪漢どもがこの, させ悪罵させたい心, させ悲しい出来事について, させ悶死させて, させ悶絶化させつつ, させ情緒を苛めつける, させ想いをつのらせ死なせし, させ想像を逞しゅうする, させ意味のとり, させ愚弄した末, させ感傷性を鍛, させ感情の智慧, させ感情的にはぐいぐい, させ慌しく一枚ありあわせ, させ慎重に慎重, させ慰藉料として五万円その他, させ慶喜の心事, させ憤怒の形相, させ憲法の第, させ懐中刀として活用, させ懐手して, させ懸賞の十万フラン, させをかう, させ我が仇を, させ我儘をする, させ戦慄させて, させ戦死をもなさる, させ戸棚を開き, させ所々に欠けた, させ手元を順調, させ手前たちの口, させ手当を施し, させ手押しポンプも購入, させ手術着を脱い, させ手足を動かす, させ才覚とほんとう, させ込候者は, させ打入り候もの拙者初め沖田, させ技巧たっぷりの表情, させ抑圧と搾取, させ投獄した, させ折衷之助, させ抵抗して, させいた女, させ拡大させながら, させ指導権を握っ, させ指物なり製本, させ捕捉殲滅の作戦, させ捨値で売りつけ, させ掛物をかけ, させ探偵たちの考え, させ掻巻を掛け, させ揚げ句に転がり込まれ, させ揣摩臆測や流言蜚語, させ操縦する処, させ擧手投足をも敏活, させ支那の船員, させ改善させるもの, させ改変させようと, させ放射させる情慾的発情, させ政夫さんにも申訣, させ政景の身, させ政権を朝廷, させ政治の多面性, させへるだけの, させ散々恩に着せられ, させ敬愛させた, させ敬虔にさせ, させ数日間の敗, させ敵曹叡の本軍, させ文体もその, させ文作の到着, させ文化を文明, させ文字通り忽ち数十万部, させ文学入門的詳細な説明, させ斉宣を隠居, させ斉興を当主, させ料理は御, させ斥候せしむる, させ断念もし, させ新しくさせる力, させ新九郎に伊達寛達, させ新生の希望, させ新築はなるべく, させ新聞は用紙不足, させ新聞紙で即製, させ新聞記者を喜ばせた, させ新鋭の努力, させ新開をさせる, させ新鮮潔白な絹衣, させ方々を歩き, させ方針を歪め, させ日々待ち暮らさせて, させ日仏離間を策す, させ日参させ, させ日本はじめ世界の大, させ旧主の夫人, させや待つ, させ早々持て行, させ早くその時, させ昆虫の飛翔, させ昇華させる有難い, させ明後日は公儀, させ明智光秀といふ名, させ明朝三時に起こす, させ明朝途中にて行逢威光, させ昏迷疲労させた, させの太閤, させ春水良斎等を引き連れ, させ是非なく金子, させはモンパルナッス, させ昼間これを駱駝, させ昼飯した, させ時おりは為う, させ時期もくり下げ, させ時空を忘れた, させになる, させ普通の待遇, させ智識をつけ, させ暖かにし, させ暗黒な津軽海峡, させ暫く皆を, させ暫らくガルスワーシーの日本, させ曳船の汽笛, させ更めて渡邊祖五郎, させ書斎を見, させ曹操へ親善, させ曹洪をその, させて都会, させ少し軟か, させ最善の目論見, させ有効な一夕, させ朋輩達に憎がられ, させ朝夕壁にかけて見, させ木村も私, させ木綿ずくめの着物, させ未明トボルスクを出発, させ未来に向っ, させ本姓に復する, させ本宅別荘の絵図造作, させ本当に恐れいって, させ本来の自分, させ本質的に母, させを持たせ, させ松雪院をそ, させの看板, させ林之助はずっと, させは手ずから, させ果し合いあちこちへ流離わせ, させ果ては怒号さへも, させ枯渇したその, させ架空犯人のトリック, させは茶碗, させを負, させはまるでどうにも, させ桂昌院は将軍, させ案内する者, させ案外に良い, させの丸火鉢, させに慰め, させ森林を害する, させ森田に文藝欄, させ極端化するの, させ楽隠居なされたきお, させ概してラジオ体操ほどの, させ構えもせず, させ槍旗凛々たる所へ董荼奴以下, させ槍陣刀薙刀など思い, させとすれ, させ樣抔と云, させ権力を握りたい, させになれ, させ横浜へ出かけ, させ横着にさせる, させを立てる, させ機会があれ, させ機動演習が終了, させ機動的な戦争, させ機嫌をとらせ, させ機織をさせ, させ檀家の者, させから椀, させ次いで別の, させ欣慕と到達, させ歌舞伎座の三月興行, させ歓喜の微笑, させ正しく富士は, させ正成は藤房, させの者, させ此会議室に入っ, させ此方も苦労, させ此方の人体を見と, させ此處へと思ふ, させ此趣きを常, させ武器をとる, させ武蔵のため, させ歩道の人, させ歪曲すること, させ歴史の犠牲, させ死体は東京, させ死骸を貰っ, させんど, させ殆ど家康を, させ殺気満々とこれ, させ殿村探偵を尾行, させ毀誉相半ばしたもの, させ母上を手, させ母屋の方, させ母御まで死なせ, させ母親を自害, させ比較し或, させの他, させ民主化させて, させ民族史はかかる誇るべき, させ気ちがいにまでした, させ気安げに, させ気楽に思わせた, させ気絶したお, させ気違いのよう, させを揚げる, させ水中を見廻した, させ水差の水, させ永く描きつづけて, させ江戸ッ子を総, させ江戸前がだんぜん, させ決してまたもどって, させ沈底法によって非常, させしと, させにす, させ沮喪させ成りさ, させ油断させて, させ油気薄き鬢, させ沿岸三ヵ所に仮, させ泉水の岸, させを縮め, させの中, させ洗濯をする, させ洗面器や水, させ活動させた, させ活動力をすりへらします, させ流れの水草, させ浩平が野良, させ立たせ何等, させ消滅させること, させ消滅さするには, させ涼味を覚えさせる, させ淨化させるポツシビリテイ, させ深い不可思議な, させ混乱させる原野, させ清盛の伊勢語, させ清純な眼底, させ渭水の上流九ヵ所, させ湯浅さんに来, させを持, させ源九郎澄之とならせた, させ演出を徹底, させ漢中の張魯, させ漸次これを, させ激怒させるばかり, させ瀝青を作り, させの生一本, させ火口を地獄, させ火皿へつつましく, させ炬燵の上, させの先, させかつた, させ無事をよろこん, させ無双の蘆屋釜, させ無意識に片腕, させ無理に市五郎, させ無血占領の効, させ無駄な浪費, させ照明とともにあくまでも, させ煬帝よりの国書, させ熊城君にルキーン, させ熊野に花見随行, させ熔岩をたぎり立たせ, させ熱心に祈祷, させ熱田の者, させ爆笑の方, させ父型から母型, させ爽快にさせる, させ爾後醢は一切食膳, させも云わない, させ物事をはっきり, させ物体に力, させ特別出演扱ひに, させ特殊の画布, させ犠牲の花嫁銀子, させ狂わしげに, させ狂乱させるよう, させ狂暴なやつ, させ狂的にした, させ独立するため, させ独自の文化, させ猟奇的な感覚, させ猿轡をかませ, させ獲得するため, させ玄堂を案内, させ玄徳をおそれ惑わせ, させ玄関の硝子戸, させに同情, させ珪次を存分, させ現世の幸福, させ現代知識人の教養, させ理想させ精進, させ理知を経済, させ理論への情熱, させ甚しきは音階, させまじ何分, させ申度存罷在, させ申間敷何卒御, させ畢生の情熱, させをつけ, させ番人と狼, させ番号でよん, させ番頭の持っ, させ番頭忠兵衞へ内談, させの代り, させ疎遠させた, させ疑懼と好奇, させ病人を殖, させ痙攣った唇, させ癇癪の虫, させ発揮するといふ, させ発砲を禁じ, させ発育さした生命, させ登場人物を説明, させ登美のそば, させ白洲に於, させ白翁堂が自ら, させ白衣の勇士, させ白足袋まで穿かせた, させ白骨としました, させ百官が敬禮, させ百花千瓣の謎, させが一斉, させ皇国の興廃, させ目前の事情, させ相中並の, させ相場に恐慌, させ看護をさせ, させの現代古典, させ真一文字に寄手, させ真珠貝の市場, させ真理子はまるで, させ真青になつ, させ眼はしのきいた, させ眼玉を襲つて涙, させさせ体, させ着々それを, させ着物を着せ掛け, させ瞬間のスリル, させゆけ大刀かき, させ知人に配, させの斧, させ石地蔵を絶, させ石橋をもたたい, させ破壊し建設, させ破産を招致, させ破門の宣告, させ確かな心, させ確立しようと, させ礼儀作法は申す, させ礼拝させるため, させ社会主義革命に都合, させ社会歴史から抽象, させ社会生活を味気, させ社長と常務一人, させ祖国に対する私, させ神前へ不浄, させ神戸信孝の手, させ神武天皇の御, させ神田小川町の依田百川, させ神経衰弱化させ精神異状化, させ神話よりついに, させ神道の様式, させ私たち三人は小田刑事, させ私ぬきで正当, させ私一人が残っ, させ私筆にて例, させ科人の身, させ秘かに現, させに見る, させ種々そうした機会, させ積極的にテーマ, させ空手形でなくし, させ空気に劇動, させ窮屈な思い, させ立木の枝, させ競争意識をとがらし, させ笑い興じぐったり, させの混濁, させ箇々殲滅して, させ箱書までし, させ箱自動車の後, させ簡略にした, させを嚼ん, させ挽き工場, させ粗末にし, させ精神の活力, させ精神異状化させて, させ精神病院の院長, させ精進させた人生, させ細く長めに, させ細やかな心, させ細君がそう, させ細胞の組織, させ終いには残忍, させ終つてから火, させ終にその翌日一時, させ終局に於, させ組織し新, させ結婚したがって, させ結局これらの結婚, させ結納の三千両, させ給えりと語り, させ給はん事を悦び, させ給ふらん南無妙法蓮華經南, させ給候べく候, させ給銀にて一, させ統一に導びこうとした金九, させの修業, させ絶対当選させて, させや綾, させ綱宗が逼塞, させ緊張させた原因, させ総べての部分, させから彫金, させに上, させ縦横にその, させ縫入れの壁掛二枚, させ繁殖させるよう, させ織江を売っ, させ續而地味熟し候, させる詰, させ置候はんや殊更, させ置候ものなり, させ置召捕方の與力同心, させ置嚴敷拷問に及びしか, させ置平民の分, させ置後より見え隱, させ置瀬川の口書, させと調和, させ美しい家族的親愛さを, させ群集からこっそり, させ義元に豊政, させ羽化させねば, させ翌日曹操自身彼を引い, させ翼賛政治会というもの, させ老年に及ぶ, させ老幼男女ことごとく民, させへさせる, させの奥, させ聯想心理に結合, させの間, させの上, させをそこない, させ背骨を切り割る, させ能力を発揮, させののッ, させ脈搏が早く, させの方, させ脚本から直接舞台, させ脱力より感冒, させ腐敗させ無い為, させを抱え, させが立っ, させの上, させ涜化させ, させ自ら劇中の主人公, させ自ら医師の許, させ自ら病氣と披露, させ自信をも与える, させ自分たちは二階住居, させ自分詞書を写し, させ自然科学の方法, させ自由にいわせ, させ自由主義に對, させ自身漢学を教え, させ自邸に住ましめ, させ自首させようと, させを落し, させ興味を催させ, させ船体の巨, させ良人の手, させ良馬は飼わぬ, させ色彩が若芽, させなる境地, させのぬけ, させ芝居を見, させ花栄石秀など二百騎, させ花瓶のダリヤ, させ芸事の一つ, させ芸術人をも感心, させ若い女とは, させ苦い思いを, させ苦しい煩悶を, させ苦戦の味方, させ苦痛を感じさせるいろ, させ茫然させ生, させ茴香とサフラン, させを立てさせ, させ茶漬を召, させ荒繩にて縊, させの破り口, させ萬一の場合, させ萱山の中, させ落胆させる死屍, させが乾い, させ葬儀にも立ち会わせる, させの紋, させ蒼白な顔, させ蓄財し浪費, させ蔑視せられて, させでも絡ませる, させ蔭乍らその生長, させ藤吉郎の命, させ蘇生させ日参, させ虚偽の幸福, させ蚕食した, させ蚕飼をさせ, させ蜘蛛のよう, させ融合させようと, させ蠱化させ性熟, させの氣, させ街路で容捨, させ衝突させようかと, させ衣装籠へまた, させ衣裳着かゆさ, させ表向養子の, させ表情のあり, させ表現して, させ衰微させるだけ, させ袋仕立ての広幅, させの家, させ裏切り去ったもの, させ裏表の見張り, させもとらせ, させ西の渡, させ西城県の小城, させ西蔵の周辺, させ視野を広め, させが金, させ親子同志で姦通, させ親達に和吉, させ観察を整理, させ解決して, させ訝しげな顔, させ許しを得る, させ許婚の千浪, させ証言に応じ, させの詩, させ詩人らしくさ, させ誇張し, させ誘導すると, させ誘惑に堪えられる, させ誠意さらに無し, させ服しやう, させ説服しようと, させ読者をし, させと誰, させ調度は何もかも, させ諧和させようと, させ生組の, させを話し, させ護摩壇を据ゑ, させをご馳走, させ豪華版の贈答品, させ貝鍋を中心, させ財宝を発, させ貧弱なもの, させ貫兵衛とお蔦, させ貰兵衞とお蔦, させ貴下の頑健, させ貴婦人たちは笑い, させ資本主義末期の近代文学, させ賤ヶ嶽を心がけ, させ赤い腕章を, させ走り廻って, させ超越さすべくあくがれ, させ越しかた行く末を思ひ, させ趙雲に兵船, させ足もとの小石, させ足助次郎も取り逃がし, させ足腰が立たなく, させ足軽とか徒士, させの始末, させ跣足にさせ, させ踊りの渦, させ身体のエネルギー浪費, させ身体中から垢, させ身寄りの者, させ身近に置かれたる, させ軍勢を死, させ軍費の備, させ軍部の首脳部, させ軍隊を解散, させ軽重を取捨, させ輿論も正しい, させ轟々と冷酷な, させ辛うじて三百年間噴火山上の, させ農村においてはそれ, させ農民の負う, させ近いうちに, させ近くざーっと捲き返してる, させ近ごろでは耽溺, させ返事をせまる, させ迷乱化させ悶絶化, させ迷動させ互いに, させ退官後は自ら, させ退屈だと, させ逃げ足立てたこと, させ逆上混乱させて, させ透明猫をなでさせる, させ逐年長閑さを, させ途中に待ち伏せ, させ通しにさせ, させ連絡をもっ, させ連関させる, させ遊戯用の器具, させ運転し終電, させ運転士をやっ, させ過剰の炭酸瓦斯, させ道士はそれ, させ達ちゃん隆ちゃんたちへの慰問袋, させ遠く廻り道を, させ遺族たちへのお詫び, させ邪魔になる, させ部下にはエイギュイユ城, させ部分的にはそれ, させ部屋においてある, させ郷愁の念, させ都合のわるい, させ都合十人の者, させ都市的洗練を競, させ醉つて他人に食ひつ, させ醫師をし, させ里子に嘲はれる, させ重々の不調法斯樣, させ重い雛人形の, させ野放しのまま, させ野望をとげる, させ野菜を好む, させ野辺の送り, させ金五郎がお, させ金口はニヤニヤ, させ金子五兩を欺き取せ, させ金子君を洋行, させ金物陶物木の器, させ金茶金十郎が紺緞子, させ針路をまず, させ鉄砲や軍艦, させ鉦太鼓をたたい, させ銀子はそぞろ, させ銀座四丁目の裏通り, させの武具, させをもっ, させと鍔, させ鎌倉中が修羅, させ鎌倉入りの功, させを射つくし, させ長岡夫人はその, させ長火鉢を押し, させ長男を勘当, させに出, させ門口に立ちはだかっ, させ門弟諸氏が周囲, させのびさせ物事, させ関東軍司令部のあった, させ閼伽水を酌み出し, させ防火に尽力, させ附添の井荻看護婦, させ院御所の夜襲, させ陣十郎の方, させ陪審官一斉に靴磨き, させ陰欝な気分, させ陰気の上, させ陳腐な悲劇的結末, させ階段の下, させ雅俗折衷の文章, させ難いものでした, させ雪子も悦子, させは低く, させの奥, させ青木をかげ, させ非常に同情, させ非道の奢り, させ面白がらせた原因, させ面部を包ませたる, させ音楽をきかせ, させ順次にその, させ須田を介し, させ頑固一徹な父親, させ領外へ逐放, させ頻りに眺め入って, させ頽廃させ堕落, させを枕, させ顴骨の筋肉, させ風呂へでもはいっ, させ飛石づたいに庵のほう, させ飢饉続きのため, させ養子にせん, させ香気の高い, させ香織というかぐわしい, させ馬の背に乗せ, させ馬喰町なる半四郎, させをひかせ, させ驚き騒ぐ家人達, させ驚嘆させる, させ驚駭させ失神, させ高貴ならしめようとは, させ高野山を目ざし, させの根, させ鬼葉もとらせ, させ魅惑して, させの主力, させのよう, させ鳥羽側の親戚, させをしめ, させの背中, させ黄金の籠, させませる辛酸, させ黒人に市民権, させの居処, させをつまらせた