青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~
さる~
~され され~ ~された された~ されど~ ~されない されない~ ~される される~ ~さん

「さる~」 2462, 27ppm, 4378位

▼ さること~ (207, 8.4%)

10 ながらこの 7 ながらその 4 ながら, ながらそれ 3 ながらこれ, ながら私, わずかに

2 [17件] ができた, ながらここ, ながらせっかく, ながらまた, ながらやはり, ながら他人, ながら大江朝綱, ながら客, ながら漠然, ながら第, ながら自分, なしと, なり, なれども, になる, のできない, は却

1 [139件] あ, あらんも, ありき, ありと, あり吾人, ができない, ができませんでした, が第, だが, だった, だったが, でご, となり, なから, ながらいまこれら, ながらうかうか, ながらお, ながらおの, ながらおのずから, ながらこっち, ながらこんな, ながらそれゆえ, ながらどだい, ながらなぜもっと, ながらむしろ, ながらやっと, ながらアーチ形, ながらエタ, ながらシングルベツト, ながらジョン, ながらピレネエ山麓, ながら一たび, ながら一九五〇年, ながら一般民衆, ながら一行, ながら世にも, ながら久兵衛, ながら予, ながら人間, ながら仄か, ながら伝通院, ながら何しろ, ながら何より, ながら余りに, ながら僕, ながら元来, ながら先づ, ながら冷静, ながら十月われら, ながら同席, ながら吾, ながら大空そのもの, ながら天下, ながら女郎花, ながら実地, ながら尽すべき, ながら帯, ながら彼, ながら彼女, ながら彼等, ながら技, ながら敗残的, ながら既に, ながら昔, ながら最早, ながら本所番場町, ながら桔梗, ながら森雅之君, ながら此, ながら此世, ながら江戸宗家, ながら決して, ながら特に, ながら狂気, ながら玉砕, ながら目, ながら祇園, ながら私共, ながら笹野新三郎, ながら老, ながら脚色, ながら自分たち, ながら荷兮, ながら藤吉郎, ながら虚構, ながら詮ずる, ながら誠一, ながら誰か, ながら買い方, ながら距離, ながら路, ながら軍隊, ながら逆さ, ながら途中茅野原, ながら都会人, ながら重要書類, ながら雪, ながら霊性, ながら駕籠, なきに, なるべけれど, なれとも, なれど, になった, になりました, にふれ, のありける, のく, のくわしく, のなすべく, はあらざるべし, はかなひませぬ, はできない, はできなかった, はわれ, は再び, は出来ません, は眼, は私, は聞かざりき, は聴か, まさに百四十年, もあら, もありけり, もありし, もありぬべし, わずか三十六里, をさせ, を憂うる, を拒む, を為す, を看破, 侍りきここ, 最も近し, 有べくも, 約三十里, 許されず, 近いの, 遠かった

▼ さる~ (161, 6.5%)

3 がせ, 云ふ, 得さる, 汝は, 無理に 2 人々は, 今かく, 今は, 俳諧を, 君は, 水ぐるままはるかた, 逍遙子が, 連れて

1 [130件] あいきょう者, あやつりました, いかなれ, いは, いま小, かえって恩賞, かつて菊王, かれこれ曲弁, がせなど, がせを, けしかけて, ここまで, ことしは, そのよう, その井戸, その子細, その懷, その目, つかって, どうして波沼兄弟, どの面, なぜ洛中, なほ女汝は, はずす音, ひざに, みかどの御, みせに, みィ, わが後, われは, われ一歩, キュプリス銀弓の, ブゥルのみ, ベルナルドオは, 一人の, 一廷尉の, 一戦も, 一日フアビアニ公子と, 三十に, 上げて, 世人から, 丞相とも, 今しも, 今の, 今はた, 今また, 今アヌンチヤタが, 今和主が, 今己が, 何ぞよ, 使いまんまと, 僥倖にも, 公子の, 内から, 卑賤しき營業より, 単に人, 却り, 司馬懿は, 各, 君と, 唯々として, 国民は, 天は, 天王クロニオーン口論と, 夫人の, 奔る, 女, 姫は, 宝永三年根津左衛門が, 履を, 庄太郎は, 強ひ, 彼は, 後には, 後方に, 得なかった, 御不満, 御降嫁, 心には, 忍んでの, 忽ちにし, 思へば, 怪むべ, 恩を, 憎怨, 憾むらく, 我が父君, 我は, 我叙情詩に, 我歌我詩は, 我等が, 手に, 折衷之, 抜いた戸締り厳重, 捕へて, 故なき, 斯ばかりの, 曹操の, 此の, 死なず殺さず今日, 殿下の, 殿軍に, 母上は, 汝に, 汝ら饗宴に, 無情い, 片田舎の, 特にわが, 猶これ, 現今様々なる, 生業は, 知らずに, 知りながら, 第三句, 絶滅する, 義と, 背負って, 自身深く, 若しその, 見たこと, 覺ゆ其原理たるや, 言はん即ち, 買って, 踊らしながらも, 逍遙子われ記實を, 運命われに, 避けて, 長兵衛が, 靴工は, 飼っては

▼ さるにても~ (115, 4.7%)

2 さきの, 万一わ, 人の, 彼の, 明け近から

1 [105件] いかがは, うれしきは, おん身は, お身, この四五日, この細見, この若き, ご堪忍, せんなや, そなた, そのころ, その子, その小坂部, その手, なおもの, なほもの, はるか下界の, むざとその手に, もろに佗, わからぬの, アヌンチヤタは, フアビアニおん身は, 一条久子を, 下男下女どもの, 不思議なる, 世の, 世人書を, 亦世に, 何にか, 何処より, 何故かかる, 何故に, 何者に, 何處よりか, 便なき, 偉大なる, 先生の, 其子何処ぞと, 前述の, 卑怯な, 南畝が, 口惜しきは, 古蝶と, 同志は, 同行タヌキ嬢の, 国宝級の, 圓朝三十歳明治御一新に, 圓馬の, 大学へはと, 天子の, 女は, 妹は, 妾が, 姫野里人とは, 婦人一人, 季節中の, 宗教なる, 山川の, 常磐津と, 幼子よ, 弓矢取る, 彼を, 彼婦人は, 御同様, 御坊塚の, 御身の, 御身は, 心元な, 憎きは, 憐れなる, 我が再び, 戦慄すべき, 持つまじきは, 按摩の, 文角ぬし, 斯様は, 最近に, 朝寝のほど, 梅は, 極りが, 横笛は, 此病人のうへに, 湖畔に, 源氏に, 田舎の, 神田は, 私が, 私は, 笑止なる, 籠城の, 美饌なる, 自分は, 興せる業, 花馬車には, 落語, 言葉少し, 訝しきは, 講談, 身に, 近頃の, 酒飲根性の, 金の, 金吾の, 鬼三郎ぬ, 黄金ぬ

▼ さる~ (102, 4.1%)

6 ように 4 を待っ 3 です, ですか, ね 2 か, かい, こしかけです, だね, ぢや, でした, でも, に御, はお, を見る

1 [63件] いったこと, えさは, おしりの, かい用事は, かたに, かな, かね, かわをきた, がお, こしかけだ, こしかけを, ごとく, ごとく仲, ごとく岩角, じゃやら, だ, だから, だろうか, であった, であらう, でさ, ですって, です聞いて, で如何程, ところへ, なき声が, に思い切っ, に違えねえだ, は, はおかしい, は今, は必然, は恥, は私, は良三さん, ほうに, まねに, まねを, やつめ, ような, を, をまっ, を見, んが, んです, ジョリクールと, ジョリクールも, 中で, 刻に, 副詞形である, 姿を, 子も, 手を, 片付いた氷屋, 産を, 見世物師でも, 見世物師と, 足が, 足と, 足跡と, 運命の, 面倒くさいでしょう, 高等な

▼ さる~ (101, 4.1%)

20 いい 11 よい 7 よろしい 5 いいわ, 宜い 3 好い 2 よろしいでしょう, 岩の, 故に私

1 [44件] ありかに, いいし, いいだ, いいでしょう, いいや, いいん, いいッ, いい伝七郎, おりきつね, お身, こんどは, せめてもの, どうちがう, なにを, ばかに, ぴょんぴょんと, ゆえにみかども准后, ゆえに一, ゆえに正成, ようが, ようごわす, よろしゅうございます, カタンと, 一向銭, 俺達の, 出て, 可い, 好いで, 宜しい, 宜しいです, 宜しいと, 快ければ, 故に, 故にかの, 故にや, 故に今日, 故に此種, 木から, 木の, 毎日芸を, 盗んだ果物, 祖父たちには, 笑うか, 資本家で

▼ さる~ (66, 2.7%)

3 ながら 2 なるべし, も心

1 [59件] あらじと, あらむに, ありて, あり虎, だが, でございます, でせう, では, ともなら, ながらあの, ながらかねてから, ながらその, ながらそれ, ながらもっと, ながらわが, ながらホイツトマン, ながら一人前, ながら京都, ながら人, ながら人間, ながら作品, ながら俗人, ながら名馬, ながら将軍家, ながら彼女, ながら東京, ながら此人, ながら民也, ながら池上, ながら清, ながら第, ながら若人瞋, ながら金, ながら長女, なく終った, なし, なしと, なりと, になつたん, の心, はこれ, はと心, はない, は彼自身, は解りません, は言わるる, までは聞えね, もあるべし, もしき, もなく, もや, も無, をいひし, をいひ送りたら, をも聴く, を口外, を見, 侍るべし, 見えざりしかど

▼ さる~ (60, 2.4%)

2 あらば, が, が申しき, に救, のすすめ, より贈られたる

1 [48件] ありと, からあずかっ, からの依頼, から平次殿, から教えられました, から聞い, から聴いた, から頼まれ, から高い, がなぜ, がゴルフ, がスウィス, が彼女, が渡辺ら四人, が私, が穴守稲荷, が話し, であったから, でないこと, と申す, なからん, にさそわれ, にし, にだけじゃどうも, によってこの, に会った, に囲, に宛て, に連れられ, に預け, のお世話, のもと, の世話, の亡くなり, の使い, の愛妾, の招待, の携, の歌, の申される, の許, の贈り物, の躊躇, はニツケル製, は世, は皆人, 仰せられしはげ, 仰せられぬ

▼ さる~ (59, 2.4%)

1 [59件] いつもそば, いつも芝居, いといたく世, おほ, お側の, かしこかった, かねて, かの地, この船, この近傍, これが, じきに, その真, たよりごとに, どうなるだろう, なし, まえから, また床屋, また廓, みんなが, もう生き, もとより世, よいとして, よし木, りんごを, わきに, わたしを, 余の, 僕のだ, 充分に, 先生で, 八百善にてと, 動物では, 勿論千辛萬苦, 同局の, 向うから, 大方は, 女王樣だ, 子供で, 孰れ, 少い身, 彼が, 彼等その, 必定さ, 息づまったよう, 恰も田舎人, 指を, 望まざるにも, 林さんの, 毛布に, 気が, 江戸ッ児の, 犬と, 独り夫のみ, 自然の, 誰だ, 近い電車通り, 雌だけに, 顔に

▼ さるもの~ (59, 2.4%)

7 です 3 との別 2 ありと, だ, である, ですから, とはともに, を必要

1 [37件] あり, じゃありません, すばやく隠, すわ警察, たちまち智嚢, でした, ですなあ, では, で林, と思うべき, と白髪, どんな変相, なかりしなり, なりと, なれ, にあり, にていさ, には候はず, のよう, の降る, は之, は却, は無し, は見ず, まず呉, ゆえあの, よし来た, を, を待遇, を斬り捨て, パッと, 一向にひるまない, 存外わるびれません, 忽ち盛り返し, 或は無, 投げ出されたかと, 驚きましたわい

▼ さる~ (54, 2.2%)

6 しても 2 似て, 由るのみ, 町方の, 逍遙子は

1 [40件] おなじ早, おやり, この年, この継母, この謙信, すぎないの, そのわれら, なおまだ, やりました, よりて, アヌンチヤタと, ゾラは, ターリアメントと, 些か思う, 今は, 今其方, 他事もなげ, 何を, 其歌には, 及びません私, 哀き, 妾不幸に, 家来は, 彼數百千家は, 御身は, 怎麼なれ, 愚公も, 數奇失意の, 明治十六年の, 梅花の, 此事業いかなる, 此地は, 至るか, 至るへ, 至る是, 菊池の, 逍遙が, 非す, 非す其所謂信仰, 食べ物を

▼ さる~ (44, 1.8%)

7 がせ 3 大名の, 屋敷に, 方様と 2 がせって, 人の, 公家さまを, 大名に

1 [20件] かたから, がせです, がせにも, がせの, さると, ふけなき, 人に, 公卿さまから, 大名へ, 大尽から, 大尽様が, 大老の, 屋敷の, 役所の, 旗本の, 武家から, 積りでしょう, 誓いの, 邸の, 金持の

▼ さる~ (38, 1.5%)

5 ありと 2 だ, だから

1 [29件] から昨日古今無類, が目白, せつなに, ぞ, だが, だった, であ, であったから, であったが, である, です, ですから, でなかなか, で僅か, で全く, で即, で急所, といおう, どッ, なきは, に賄賂, のあるべく, の世話, を救いたる, を認め得ざりき, ニヤニヤ笑い, 有りと, 無きを, 離れゆく玄八

▼ さる~ (32, 1.3%)

2 いっしょに

1 [30件] ある, いった, いって, いふ, おっしゃいますの, このよう, まもなくドア, やり込められて, アンタの, パートン夫人は, 云々, 人間が, 人間とは, 其理相同, 出づ, 可い, 呼び立てたという, 心得て, 探偵は, 申して, 申聞けましたなら, 知ったロオペ博士, 聞いて, 見える, 見るや, 途中で, 道路の, 釈いたは, 間違います何, 雖も

▼ さるほどに~ (31, 1.3%)

2 此ほどの

1 [29件] ある日, このほどの, われは, 一方南蛮王孟, 予審終わり, 宗演老師は, 宵は, 小生も, 山又, 弟も, 得三, 悪魔は, 愛吉は, 日も, 期限迫り, 桃李夏緑に, 此一方は, 汽船の, 浜子の, 爺の, 石階に, 空襲下の, 美人たちの, 蝦蟇法師は, 跪きひと, 道庵先生が, 遠藤武者盛遠は, 雪姫の, 黄金丸は

▼ さる~ (30, 1.2%)

4 く候 2 きものでは

1 [24件] きが如く, きこと, きであろうと, きでは, きもの, きものかも, きものとは, きものは, きや, き事, き人, き僧侶, き唯一, き善人, き性質, き用, き空前, き者, き退屈, くされたの, くと, く程, しとの, 旨仰せ

▼ さる~ (24, 1.0%)

2 に, に不思議

1 [20件] にあがる, にか, にこなた, にようやく, にわれ, にアリナ, に三年あまり, に両人, に五, に人食物, に友, に地上, に地主権現, に大波羅, に妾, に嬉しき, に時, に朝, に此事, に貧民

▼ さる~ (23, 0.9%)

8 ですか 52 です 1 じゃ, だね, で, でしょう, ですから, ですね, で午, ならこっち

▼ さるよう~ (21, 0.9%)

3 にし

1 [18件] なこと, な恐し, な正月, に, にお願い, になって, にのさばっ, に命じ, に思われる, に感じた, に感じる, に成った, に承っ, に枝, に活け, に計らえ, に近々と, に願いなさい

▼ さる大藩~ (18, 0.7%)

4 に仕 2 に仕へ, の御 1 から御, で同役, といふこと, にお, に仕えました, のお, の同, の國家老, の居城, の指南番

▼ さる~ (18, 0.7%)

1 [18件] でちよ, でふと, でみな様, でよもやま話, で一事件, で伊藤正徳さん, なし, なり之, なり故に, なり斯く, にお待ち, にひそん, に仮に, の名, の広告, へ, へ呼ばれ, へ祈願

▼ さる~ (17, 0.7%)

1 [17件] いっしょに, いる, きまりの, きわめて手なれた, ダンスを, 一興でござろう, 同じよう, 多少の, 宗教に, 昔を, 木から, 犬も, 猶その, 種々なる, 筆の, 老木の, 背に

▼ さる~ (17, 0.7%)

1 [17件] 一人が, 令嬢を, 僧の, 公達, 城内お, 大家に, 大身の, 婦人と, 屋敷からの, 屋敷の, 役所へ, 思召です, 旗本の, 比喩とは, 直参の, 積りじゃ, 高位の

▼ さるところ~ (16, 0.6%)

1 [16件] から屆, から私, から纏め, から聞いた, から聞きこんだ, でお前さん, で手, で神尾, に奇妙, に猟, に隠し, の人々, の若殿様, へ持参, まで人, を見た

▼ さる~ (14, 0.6%)

2 あ, 爲に 1 お前は, はりそ, はり一度, 一度内々, 如きは, 如きも, 如し凡そ, 死ぬかの, 知らんが, 預けたもの

▼ さる~ (13, 0.5%)

5 せう 1 え, えに, ことごとくそれ, ござりましょう, せうから, せうね, せう貴, もしばい

▼ さるまわし~ (13, 0.5%)

1 [13件] たちが, たちさ, たちの, なあいつ, に化け, のあと, のところ, のやつ, の姿, の背中, はそこ, はたえず, はもう

▼ さるお方~ (12, 0.5%)

1 [12件] から特に, がアメリカ, とか言う, と縁談, に頼まれ, のいい, のお, のおすすめ, の御, の許, はひとり, へ手紙

▼ さる大名~ (12, 0.5%)

2 に仕えた 1 から預かった, から預つた, が見つけ, に仕, に仕へ, に賣り込まう, に賣り込む, のお, の命, の末

▼ さるから~ (11, 0.4%)

1 [11件] お前様は, こんな馬鹿, その方, その時, だろう, だヨ, どうして屹, はきつと, 一ツ河野さんの, 引きは, 見てて

▼ さる~ (11, 0.4%)

2 からす, からす若し 1 からす余, からす夫, からす故, からす盖, からす而, し, し夫

▼ さる~ (11, 0.4%)

5 わしが 2 わしを 1 はしと, わしから, わしと, ハし

▼ さる~ (11, 0.4%)

1 [11件] あらば, には多く, には容赦, には高, に何, の姿, の我と, は不束, は切, は如何, は誰

▼ さるべく~ (10, 0.4%)

31 すでにあらかた調えられ, と凜然, は遣, 候由中入り候, 候間其分御, 恐悦至極に, 拝察仕り

▼ さるまた~ (10, 0.4%)

2 一つでは 1 それで, だ, にする, のひも, の若者達, や金, をしてる, 一つと

▼ さる~ (10, 0.4%)

2 の御 1 がいい, がお, にて習い申しそろ, にて計らず, に嫁ぎ, もあり, もどちら, より

▼ さるやう~ (9, 0.4%)

1 で疲勞, な御, に, にあとかた, にな, に繁つた竹, に覗い, に計ら, に身

▼ さるからに~ (8, 0.3%)

2 薄紅き 1 この風鈴一つ値い, 凝りき, 口説の, 御老職, 母上は, 道士に

▼ さる~ (7, 0.3%)

2 とか菊岡 1 かにが, に拝する, ねこなどの, わたしに対して, 犬や

▼ さる高貴~ (7, 0.3%)

1 なおん方, な人, な方, な旅行者, な未亡人, のお方, の家

▼ さるさん~ (6, 0.2%)

2 なにか変わった 1 だって人間, にきい, は私, 早く懇親会

▼ さる~ (6, 0.2%)

3 ばいの 2 ばいを 1 ばいでした

▼ さるとりいばら~ (6, 0.2%)

1 がにわかにすこし, が滑り, が緑色, にひっかけられ, の中, の滑

▼ さるやんごとなき~ (6, 0.2%)

1 あたりの, お方から, 人の, 婦人たちの, 御方の, 方から

▼ さる公卿~ (6, 0.2%)

2 の御 1 に売り渡した, の倉, の家, の許

▼ さる~ (6, 0.2%)

2 に養 1 からオランダ, で教えられ, の住職, の墓地

▼ さる料亭~ (6, 0.2%)

2 で狸汁 1 で彼女, で食べ, のお上さん, へ持ち込ん

▼ さるなら~ (5, 0.2%)

1 ば私, 了簡通りに, 今一足, 何卒僕, 庫裏の

▼ さる~ (5, 0.2%)

2 銀行の 1 旗本に, 旗本の, 遊廓の

▼ さる~ (5, 0.2%)

2 を訪ね 1 から娼婦, の出来事, よ

▼ さる~ (5, 0.2%)

3 をば次第 1 を人, を耳

▼ さる高名~ (5, 0.2%)

2 な占師, な歴史家 1 の料理屋

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 名誉を, 大家で, 家中で, 親切な

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 と聞い, な, ね, よ

▼ さるもん~ (4, 0.2%)

2 ですから 1 じや, だから

▼ さるを以て~ (4, 0.2%)

1 なり而, 予は, 益, 苦痛不愉快を

▼ さる会社~ (4, 0.2%)

1 にやとわれ, に重要, の事務員, の副

▼ さる大身~ (4, 0.2%)

1 から茶事, の子息, の旗本, の養子

▼ さる学校~ (4, 0.2%)

1 で教鞭, の女, の授業, へ通っ

▼ さる富豪~ (4, 0.2%)

1 から贈っ, が二十何年, の別荘, の寡婦さん

▼ さる御大家~ (4, 0.2%)

1 のお, の仕立物, の嬢様, の後添い

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 にそち, にはわれ家, にもわが, の雲

▼ さる新聞~ (4, 0.2%)

1 の報ずる, の家庭用付録, の支社員, の身の上相談欄

▼ さる旅館~ (4, 0.2%)

1 があつ, だが, に投宿, に泊つたとき

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 か, にはどうしても, にはなれない, 遣は

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 とては見当たらざりし, の出, を買, 参らせたらば

▼ さる~ (4, 0.2%)

1 がやっ, が失恋, と関係, の人間らしい

▼ さること乍ら~ (3, 0.1%)

1 まア七十日, もう一度繁代, 若くて

▼ さるその~ (3, 0.1%)

1 地数十頃血に, 御軍, 日本の

▼ さる~ (3, 0.1%)

1 よ残念, 恋は, 探偵などと

▼ さるには~ (3, 0.1%)

1 かなわなかった, 及びません, 彼の

▼ さるべき~ (3, 0.1%)

1 と決心, ものと, ものとしての

▼ さるほど~ (3, 0.1%)

1 一代未聞の, 低く垂れ下った, 貫一の

▼ さるほどの~ (3, 0.1%)

1 ことぢや, 名文句, 皿を

▼ さる事情~ (3, 0.1%)

1 あり即ち, に詳しい, は

▼ さる場合~ (3, 0.1%)

1 あるいはそれ, にはわれら, は最も

▼ さる~ (3, 0.1%)

2 をなつかし 1 の日

▼ さる大学~ (3, 0.1%)

1 の先生, の文学, の文科

▼ さる女院~ (3, 0.1%)

1 のお, の古館, へ送った

▼ さる子細~ (3, 0.1%)

3 あればこそ

▼ さる~ (3, 0.1%)

1 動物の, 大名の, 藩の

▼ さる後家さん~ (3, 0.1%)

1 のところ, の出資, をひつ

▼ さる~ (3, 0.1%)

1 ありしには, なるも, 遣ひは

▼ さる料理屋~ (3, 0.1%)

1 に出かけました, の亭主, の大広間

▼ さる旗本~ (3, 0.1%)

1 の一, の古屋敷, の次男坊

▼ さる朝臣~ (3, 0.1%)

1 がいつも, ととっくり, の衣裳

▼ さる~ (3, 0.1%)

1 にと一頃, に鉢植, 必ず神様

▼ さる物持ち~ (3, 0.1%)

1 の呉服屋, の翁, の道楽息子

▼ さる立派~ (3, 0.1%)

2 な学校 1 な男

▼ さる~ (3, 0.1%)

1 からの耳うち, の事, よりつきとめた

▼ さる貴人~ (3, 0.1%)

1 というふれ, の座, の注文

▼ さる身分~ (3, 0.1%)

1 ある人, ある方, の高い

▼ さる~ (3, 0.1%)

3 の日

▼ さるお嬢さん~ (2, 0.1%)

1 が教え, の従兄子

▼ さるお茶屋~ (2, 0.1%)

1 に飼っ, の女

▼ さるかも~ (2, 0.1%)

1 知れぬ様, 知れませんが

▼ さるくせ~ (2, 0.1%)

1 に, に商人

▼ さるたち~ (2, 0.1%)

1 をかわいがっ, を連れ

▼ さるだろう~ (2, 0.1%)

1 と思う, ような

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 えだ, やない

▼ さるつかい~ (2, 0.1%)

1 の命, の目

▼ さるでは~ (2, 0.1%)

1 ありませんから, なくて

▼ さるとは~ (2, 0.1%)

1 憎い憎いええ, 甚だ心

▼ さるとも~ (2, 0.1%)

1 わが彼, 違って

▼ さるなどと~ (2, 0.1%)

1 其の様, 相生相尅の

▼ さるにでも~ (2, 0.1%)

1 ひっかかれたつめ, ひっかかれましたか

▼ さるにも~ (2, 0.1%)

1 かかわらず最も, かかわらず自己

▼ さるにや~ (2, 0.1%)

2 気も

▼ さるによつ~ (2, 0.1%)

1 て僕, て明日

▼ さるによる~ (2, 0.1%)

1 且つ夫, 故に之

▼ さるのみ~ (2, 0.1%)

1 では, 敢て

▼ さるへから~ (2, 0.1%)

2 さること

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 からすと, かりし藝術品

▼ さるべし~ (2, 0.1%)

1 こは, 與之

▼ さるぼう~ (2, 0.1%)

2 で汲み得

▼ さるまたは~ (2, 0.1%)

1 とらの, モダーンの

▼ さるらし~ (2, 0.1%)

2

▼ さるわけ~ (2, 0.1%)

1 である, にはいかない

▼ さるをも~ (2, 0.1%)

1 知らざる為, 見向かず答

▼ さるビルディング~ (2, 0.1%)

1 に然るべき, の七階

▼ さるマーケット~ (2, 0.1%)

1 で朝鮮人, へ一杯

▼ さるヨーロッパ~ (2, 0.1%)

2 の紳士

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 を度, 放れたる処

▼ さる事乍ら~ (2, 0.1%)

1 然も, 難事業

▼ さる事業~ (2, 0.1%)

1 ですから, に用いる

▼ さる人々~ (2, 0.1%)

1 あざけらんなれどおもしろき物, の此君

▼ さる人物~ (2, 0.1%)

1 とキミ, と会っ

▼ さる使い~ (2, 0.1%)

1 の腕, をなりわい

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 をぞ払いしなる, 擲ちけむ

▼ さる偉い~ (2, 0.1%)

2 おかた

▼ さる公爵~ (2, 0.1%)

1 でもう, に招かれた

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 で不思議, へ呼ばれ

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 にはいっこう, には何

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 のあ, 辞を

▼ さる商人~ (2, 0.1%)

1 が自分, の娘

▼ さる回し~ (2, 0.1%)

1 のたたく, の鼓

▼ さる地方~ (2, 0.1%)

1 で遭難, において俵

▼ さる場所~ (2, 0.1%)

1 で政子どの, で正成

▼ さる外国~ (2, 0.1%)

1 の作家, の探偵小説

▼ さる外国人~ (2, 0.1%)

1 が婦人, の建て

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 の夢, の闇

▼ さる大会社~ (2, 0.1%)

1 から受け取った, のれっきとした

▼ さる大名屋敷~ (2, 0.1%)

2 に奉公

▼ さる大家~ (2, 0.1%)

1 の妾, へ乳母

▼ さる~ (2, 0.1%)

2 と十日あまり

▼ さる婦人~ (2, 0.1%)

1 が病人, と同棲

▼ さる寺院~ (2, 0.1%)

1 の奥, の秘庫

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 の晩春初夏, の飢饉

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 の後影我, の方

▼ さる心弱き~ (2, 0.1%)

2 ものには

▼ さる意味~ (2, 0.1%)

1 にて申, の文学

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 せらるべき, はふさ

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 どん新, 華族様の

▼ さる新聞社~ (2, 0.1%)

1 の入社試験, の編輯局

▼ さる新進~ (2, 0.1%)

2 の女流作家

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 をも作らざるべく, を読まざるなり

▼ さる機会~ (2, 0.1%)

1 であるよう, を掴む

▼ さる~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ さる気色~ (2, 0.1%)

1 のなかっ, は見せられず

▼ さる~ (2, 0.1%)

2 の堤

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 へ入った, を訪ね

▼ さる~ (2, 0.1%)

2 雲を

▼ さる物識~ (2, 0.1%)

2 の説

▼ さる田舎~ (2, 0.1%)

2 の女学校

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 で人, を通行

▼ さる町家~ (2, 0.1%)

1 から妻, の娘

▼ さる画家~ (2, 0.1%)

1 に頼ん, の描いた

▼ さる病院~ (2, 0.1%)

1 の一室, を世話

▼ さる知名~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ さる私塾~ (2, 0.1%)

1 で支那語, へ入塾

▼ さる私立大学~ (2, 0.1%)

1 の予科, を中途

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 実業家が, 落語家の

▼ さる老婆~ (2, 0.1%)

1 がごく, がす

▼ さる者それ~ (2, 0.1%)

1 と見破った, には振り向き

▼ さる自然生~ (2, 0.1%)

2 の三吉

▼ さる豪家~ (2, 0.1%)

1 の娘, までそっと

▼ さる貴族~ (2, 0.1%)

1 に嫁, の姫

▼ さる質屋~ (2, 0.1%)

1 からの申告, へ入れ

▼ さる頃はがき~ (2, 0.1%)

1 にて処用, にて處用

▼ さる頃狐~ (2, 0.1%)

2 の肉

▼ さる~ (2, 0.1%)

1 の者, ひは

▼ さる高僧~ (2, 0.1%)

1 から承った, に頼ん

▼ さる~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼1* [595件]

さるあたかも猴を, さるあの花朝顔の, さるあり椅子に, さるいかめしい黒塀の, さるいちはやき風流を, さるへを, さるそれとも鯉こく, さるおぼしめしとみえ, さるお客がお, さるお年を召した, さるお気労いも, さるかいと言, さるかけのむれさく, さるかたへとなり, さるかたさまときびしい, さるかと聞くと, さるかにや, さるかに合戦の話, さるかねこにでもひっかかれた, さるからとのお話で, さるがきと出たれ, さるきつねといったよう, さるぐつわとなわをといてやると元気に立ちあがっ, さるぐつわのきれをとりはずしました, さるぐつわのてぬぐいをほどくとそのまま賢二君, さるぐつわもはずしてあげようと顔の前, さるぐつわをはめたりすることができないとも, さるけだかい隠者が, さるけん私ど, さるたぁありませんや, さることあれしませんわ, さることそれはついに, さること一マイルのところ, さること一千四十一マイルダーバンを離, さること一里半ばかりの所, さること七百マイルの海上, さること三マイルあり, さること三百四十マイルあり, さること二三マイルにし, さること億万里お前様のそば, さること八丁権現神社の下, さること八百七十マイルの洋中, さること北方二百マイルリーズ市近在バルレー村に転寓, さること最短距離一千百六十マイルあり, さること海外数千里のカルカッタ府, さること百二十余年前羅馬の貴族ピオ, さること百数十里なり, さること百有余年時勢の変, さるされどこの後汝, さるさん僕のだねえ, さるさん懣った眼, さるさん私のだわねえ, さるしかるべくは御, さるしばいも見て, さるずらえ, さるぞとはしらぬ葦男, さるたしなみを続け得べし, さるためし多し, さるだけぢや, さるだったのか, さるだらうけれど, さるつてを求め, さるつもりだったの, さるであろうが, さるでございましょうよ, さるでしょうね, さるでもたぬきでも, さるという名を, さるといふゴルトンの, さるとおもひ, さるときにお, さるとき泥にまじった, さるとき里正裏頭, さるとこへ長々, さるとたんにすきを, さるとても些細の, さるとに由る事大, さるとへラクレイトスも, さるとを比べて, さるなきに驚けり, さるなど言ふ, さるなどというものの, さるなりこれは, さるなり是れ皆, さるなり而して, さるなんだよ, さるなんぞ厭だ, さるなんて夢の, さるにては是非も, さるになど光ある, さるによってこの尨大, さるによるのみ敢て, さるにをしむまじき命, さるのしばいという珍しい, さるの大長者どののお, さるの淺見にし, さるの類なり眠息, さるはなし是を以て一方, さるはやっていた, さるばかりにしつつ, さるあの花, さるひじりを, さるひまのあるべき, さるべきであつた, さるべく願っていた, さるべんじなと云つて, さるほかはない, さるほどはございましょう, さるほねおりばなしよめ, さるといふ名, さるまいな, さるまさると, さるまじと存じ, さるまじくあだなる, さるまだ勢いの, さるまで生徒たちは, さるまでがゼルビノと, さるまでは決してそれ, さるままに身, さるまわしなんです, さるまわしなる旅の, さるみたいに見える, さるむづかしき鼻の所作, さるにひっかかれた, さるものあれは無, さるものがんりきの百, さるものちやんと懐中, さるものぢやありません, さるものやをら奮起一番剣を払つて新来, さるものニコライ・イヴァーノヴィチはまんまと, さるもの不意を打たれ, さるもの地力をたのみ, さるもの敢てその, さるもの敵の陣立て, さるもの猛然として私, さるもの素直に招き, さるもの間道の迂回線, さるやうお家を大事, さるやさしき心の, さるゆえ御生害, さるゆえ竜造寺長門これを害め, さるようお家を大事, さるよりも強くする, さるかと飲め, さるえの, さるアルルカンは粗忽者, さるカフェーで支配人, さるコックのうしろ姿, さるてえましたら, さるドイツ語の先生, さるピアニストが或, さるボスにわたりをつけ, さるボートを貸し, さるポルトガルの水夫, さるです, さるヴァイオリニストが旅行, さる一人の義侠的人物, さる一対二・二分の一にて価値騰貴, さる一方だ, さる一流の堂々たる, さる一流新聞社の外報記者, さる一理由なり然るに, さるの手際, さる三人の女, さるはここ, さる上人がおこし, さる上方の鶉通, さる下屋敷へ入った, さる下心をいだい, さる下等の宗教, さる不徳義はさせまじき, さる不正なこと, さる不義非情の御, さる不都合の下心, さる中國の大藩, さる中華料理店でビール, さる中農の次男, さる九十マイルの地点, さる了見で申しました, さる予定になっ, さる事実があり, さる事實にし, さる二三人拝み討, さる二人の婦人, さる二十四日は父上, さる五月十二日東京丸の内署に沼田, さる五月雨の比, さる人形に植えつけた, さる人相観から剣難, さるが申す, さる仇敵ならば, さるは収め, さる今夜の事, さる仏滅だと, さる仕事に精進, さる令嬢とです, さる仲買店の店先, さる伊佐子さんが今夜, さる伎倆なし, さるで小林秀雄氏, さる伯爵に贈られた, さる伯爵夫人が刺繍, さるに非, さる佛滅だと, さるあるべき世, さる侯爵だ, さる修験者について修業, さるる木, さる偏狭なる人種上, さる傾きを助長, さる先輩は嘆賞, さる光悦ファンの金持, さる光明かくて燦然, さるが横領, さる六月逓信省は放送事業法案, さる六百九十一マイルの地点, さる円盤にカメラ, さるのこと, さる出入り先から売却, さる出版社の連中六人, さる別当は使, さる刹那の念, さる則即刻御暇, さる割烹店へ提げ込んだ, さる劇作家と同棲, さる功績あらばこそ, さる労務関係の事務所, さる北国の大名, さる北境の大藩, さる医学士を婿, さる医家から耳, さる医師の住つて, さる十三日物故せる師父三遊亭円馬, さる十二マイルの河畔, さる十二三年まえに, さる十月二十七日に石川検事, さる即ち母の, さるに書き送れる, さる友人の偽, さる叔父に内々無心, さるもなく空しく, さる口軽な男, さる古本屋には伊仏, さる可らさると其理相, さる司令官の永遠, さる名人の長唄, さる名家に嫁, さる名山の山中, さる名所も探, さる名流の後, さる名高い土木家が, さる名高き舊諸侯の, さる呉服屋の中, さるひの, さる呪いの手, さる哀傷の幽霊, さる商売女を頼ん, さる商家へ縁付, さる商業学校の夜学部, さる一際高まりたる, さる四五里ばかりの津島, さる四辻で一人, さる因縁もありつる, さるの皇太子殿下, さる土地の私, さる土木建築の親分, さる地位にある, さる敷は, さる堂上の公卿, さる塲合に於, さる境遇にいた, さるの芸妓, さる外國人の建て, さるを見し, さる大がかりな政府, さる大きな電気工場の, さる大使館の伊達者, さる大学生に二百円, さる大官の一人娘, さる大尽の次男, さる大店の妾, さる大正六年に自分, さる大波のうねり, さる大福長者とおぼしき, さる天文學者の研究, さる失望落胆の声, さるぞ燈明, さるの人, さる女人をさし, さる女優の名前, さる女学校の家事, さる女官が藤壺, さる好事家から頼まれ, さる如く大なる, さる委しくは氏郷記近江日野町誌, さる婆さんがやっ, さる婦人貴族が王位, さる深い棋聖, さる学術専門出版店の編輯者, さる學術にて赤道, さる官吏の方, さる実に暁り, さる実景を演じる, さる実験学者はいった, さる客間で既に, さる宮家の御者, さる宮様がその, さる家柄の娘, さる宿屋に矢留瀬苗子, さる密か事が公, さる寺方から頼まれ, さる專門學校の生徒, さる尊い竜神様の, さる尊とい身分の人, さる小さい西洋料理屋の, さる小学校に宴会, さる小説家が生半可, さる小鳥の羽, さる展覧会に出品, さるまた山, さるへかかりたる, さる島原と号, さる工学士とまた, さるへ口, さる平生の貴, さる年主家に御家騷動, さる年水無月の炎暑, さる年洪水があつ, さる年配の婦人, さる年頃目をかけた, さる幾十キロメートルのかなた, さる府生が役所, さる強力な催眠薬, さる強国の保護国, さる役僧について読み書き, さる役所の会計係, さる待合の娘, さる御家人の次男坊, さる御所方の女中, さる御方もございます, さる御直參大身の, さる心理学の本, さる必用を要する, さる必要は無から, さるは形, さる思いがしました, さる思ひなるらめ, さる思召か, さる怪人の姿, さる怪自動車を見とどけ, さる恥知らずの敗将, さる悪人とはその, さる悲酸の事実譚, さる情熱があったなら, さる憂なしといえり, さる戯作者の門, さる戲言いふこと, さる所以を知る, さる手書の, さる挨拶を受, さる支藩邸の奥向き, さる支那の一不平党, さる支那人が匿名, さる支那茶館へ持ち込んだ, さる放蕩の失敗, さる教育家の話, さる教養ある家庭, さる数十マイルの波上, さる料理店へ飯, さる料理店主から一瓶分入手, さる料理旅館へうつり, さる方々の上, さる方面へ出陣, さるの旦那衆, さる旅籠屋の亭主, さる旗下の次男, さる旗亭へ招かれ, さる日左の如き, さる日曜日の午後, さる日本の富豪, さる日本人の経営, さる旦那の家, さる旧家の売り, さる仰せ出されたにつき, さる明日は食わるる, さる御猶子たる, さる智恵といっ, さる智識階級の士人, さる書肆より翻刻, さる書道の先生, さる験の, さる有名な經濟學者, さるなきよし, さる整理の, さる林檎園あり, さるに博多, さるの名, さる様子だから, さるに鉢植, さるの林, さる機屋に望まれ, さる檀那は宿り給はず, さるの沢, さる次に侍別当の, さる次男坊がとうとう, さる歌よみと人, さる歌人の随筆, さる歓楽地帯を縄張り, さるなき事, さる正保二乙酉十二月二日に御, さる武家屋敷の厩, さる歳商法上の都合, さる残忍酷薄なる所業, さる殘忍なる心, さるの顔, さる母親が愛児, さる江戸座の宗匠, さる江戸自慢の荒事, さるの池, さる河岸に, さる法印の弟子, さる法師の家, さる法華寺に住ん, さる波波哀しき波, さる波蘭人でぴんと, さる浮雲のこと, さる海軍士官の令嬢, さる海辺にて見知らぬ, さる海鳥の群, さる淋しい谷間に, さる深き關繋あるべき, さる深慮もめぐらさず, さる温泉場で退屈, さるの, さる激戦の時, さる災厄をこの, さる無謀の企, さる無造作なる事, さる無駄口に暇, さる爺さんは齢, さる爽美の感, さる片田舎に二人, さる物識りから承りました, さる王家を再興, さる王族に宛てた, さる理由は私, さる生き恥をさらさん, さる生活の景色, さる由無き事を, さる由緒ある邸宅内, さる甲らや太い, さる申次駿河局突鼻に及ぶ, さる男吉原で春, さる異国人の亡骸, さるひの, さる百姓分の人, さる皇女のもと, さる盛りの短, さる盛り場の碁会所, さるの中, さるですが, さる相談にあずかりし覚えなく, さるの書記官, さる眼ちがいでは大事, さる瞬間にいたさね, さる矛盾を有, さる知り合いの家, さる確かな筋, さるを犯すべき, さる秀子を救わず, さる私情にとらわれ, さる秘密の場所, さる租税をもえ納め侍らず, さる種類のもの, さる精神病医の話, さる糸物商家の暖簾, さる二百三十年前貞享四年に, さる紳士はこの, さる継母に養わるる, さる繁華なる港, さるを懇願, さる老中の息子, さる老舗の娘, さる者カーチス戦闘機が十八機, さる者声も立てず, さる者容易にその, さる者寄手の弱点, さる者詭弁を構え, さる者鼠に向い, さるして, さるありと, さる背中はとら, さる自動車のタイヤ会社, さる自由主義的な市民, さる良き機縁をば, さる芸妓となじん, さる芸者との間, さる茶屋でかなり名, さる茶店の支配人, さる荒れ寺の, さる華やかな一画, さる華族から娶り得た, さる蔵屋敷の留守居, さる薄志弱行の人, さるの禄, さる藩中でささい, さる藩邸の目, さる行商の娘, さる行者に苦しい, さるの十字路, さる装置で強力, さる裏町の長屋, さる製糖会社の技師, さる西国大名の御, さる西国筋の御, さる西洋料理屋の二階, さる見地にあり, さる親方の店, さる親類から托され, さるもし, さる記念なしや, さる訴訟事件の鑑定人, さるもなけれ, さる証拠のない, さる誤りは生ぜざるべき, さる説法のため, さる諷刺雑誌の記者, さる諸侯へ指南役, さるの如く, さるに酷似, さる警察署長から上申書, さる議員から手, さる豪農に某, さる負荷を覺, さる貧しい補祭の, さる貴い方に, さる貴族的な女学院, さるの自動車, さる賢人の言い草, さる贔屓よりという名義, さる趣きでありましたが, さるをもつ, さる軽挙を為すべからず, さる辱めのため, さる農家の老人, さる通り二十八方仏子柑の山間ぢ, さる通一遍のもの, さる遊廓なにがし楼の娘, さる道教寺院で祈祷, さる選手がボク, さる避暑地へ下り, さる酒問屋へ奉公, さる酒場で働い, さる酒造会社の工場, さる醜聞をわざわざ, さる醫師の住つて, さる重い役人の, さる重ねて禁遏, さる野球通の話, さる金一四〇封度が以前, さる銀行支店に給仕, さる鐵道を疾走, さる長い髪を, さる長崎屋の土塀, さる長髯の光りもの, さるしづけき朝, さる関心を持っ, さる附最後の事, さるには相応, さる集りの席上, さる集五郎いわゆる気勢, さるも山鳥, さる雑誌社に西鶴, さるのよう, さる青楼へ上った, さる静かな料亭, さる非道なる最期, さる面白い話を, さる面積は非常, さるも或, さる頃夫婦の旅人, さる頃病気に懸り, さる領家からかなり, さる風流を思い立っ, さる風流気はない, さる風船をながめ, さる食道楽者の言葉, さるにつく, さる驕りたる類, さる骨董屋に担ぎ込んだ, さる高く茂ッた, さる高段の先生, さる高等学校の一年, さる鶺鴒の咽喉, さる黯淡たる雲