青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さまざま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さっと~ さっぱり~ さつき~ さて~ さては~ さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま
さまざま~
さも~ ~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され され~ ~された された~ されど~

「さまざま~」 2702, 29ppm, 4017位

▼ さまざま~ (1159, 42.9%)

19 ことを 11 形を 9 事を 8 形で 7 ことが, 人の, 形の 6 感想を 5 理由から, 色の 4 ものを, 三角標その大きな, 事が, 姿を, 形に, 星については, 灯や, 花が, 複雑な

3 [13件] ことは, ものが, 不幸に, 事件が, 人が, 光景を, 変化を, 物を, 種類が, 空想を, 苦痛と, 言葉が, 風景を

2 [71件] いやな, ことして, ものの, アクセントを, ニュアンスと, 不貞を, 世界が, 世相を, 中に, 事に, 事情が, 人々が, 人物の, 仕事を, 余興の, 供物が, 価値ある, 具体的な, 内容を, 問題は, 嘆きの, 噂が, 困難が, 困難に, 型の, 奇瑞が, 奇蹟を, 女の, 姿に, 形ちの青や, 彫刻が, 影響を, 悪戯を, 情調を, 意味で, 感情が, 感想に, 方向に, 時計が, 本を, 条件が, 正義が, 物の, 珍らしい, 疑問が, 疑問を, 程度の, 絃の, 絵を, 緑に, 罪を, 美しい色, 美名を, 臆説附け, 興味ある, 色ある, 色で, 色を, 花の, 芸を, 葛籠が, 虫が, 衣の, 見聞を, 観念が, 議論を, 貝殻を, 車と, 鏡が, 音響が, 魚を

1 [858件 抜粋] あこがれの, あるが, あること, いい加減な, いきさつまでを, いりくんだ関係, いりこみたる空, いろの, うつつの, うわさが, おしゃべりを, お供物, お菓子の, お菜が, お金の, かなしみにも, がみな, ことさまざまの, ことに, こと海と, こと耳目に, さかなが, ぜいたく物や, たたかいを, ちがった表情, どなりの, ものその, ものであります, やさしい思い出, ゆめ, よいもの, をかし, アラビア人は, カフェ名や, シチュエーションの, スタイルを, タイプを, タイヤで, トランクの, ニュアンスを, ニュースを, ネオンが, パイプは, メスが, ヤミ取引の, リボン美し, 下民の, 不安と, 不幸が, 不幸の, 不服不平悲哀が, 不調和が, 世と, 世界観が, 両生類と, 丹精を, 事し, 事の, 事件に, 事件の, 事件を, 事思ひ出す, 事情で, 事柄を, 互いに調和, 享楽を, 人から, 人たちを, 人と, 人声が, 人情が, 人物までが, 人達から, 人間であっ, 人間関係などは, 今日の, 仏像が, 仕掛けを, 伝説の, 体験を, 作品について, 作家が, 供え物が, 便乗現象が, 個人的まわり道を, 偉大な, 偶然を, 偽瞞, 働きが, 儀式や, 優しい花, 光りが, 光沢と, 入目を, 具体的モメントに, 冒険の, 凹面鏡を, 出来事が, 刃物類が, 切屑とが, 制度や, 刺激の, 動乱の, 動機の, 動物と, 勢力が, 千姿万態を, 印象の, 危難に, 口実を, 合戦が, 名が, 名は, 名前を, 名目で, 名目の, 呪禁を, 品が, 品物を, 問いを, 問題を, 噺を, 回想に, 困難な, 国が, 地方で, 地獄から, 型で, 場所へ, 場面と, 壁書に, 壁訴訟の, 声の, 変つた色が, 変人が, 変化である, 変名を, 外国銀貨一ドルと, 外面的な, 夢を, 夢幻に, 大きさ, 大理石や, 奇妙独善的な, 奇怪な, 奇怪豪華な, 女が, 女を, 好みや, 妄念妄想が, 妄想が, 始末を, 姿こそ, 姿や, 姿態や, 字を, 宗教運動や, 宝物に, 実験やるせない, 家を, 家族たちであろう, 容姿を, 寄物の, 小片が, 小草さかり, 小魚, 屈辱を, 島を, 工場の, 巧みを, 師が, 干物の, 幻が, 幻影は, 幻術を, 幾筋かの, 弁解が, 張り方によって, 当時の, 形での, 形なし, 形姿に対して, 形態が, 形態の, 彩雲が, 彫青, 往来が, 御供物賑しき, 御調度一切, 微妙な, 心持が, 心理と, 心配や, 忍びを, 忿怒の, 思いに, 思い出が, 思い出や, 思い違い子供らしい, 思想から, 思想や, 思案尽し, 怪しい酒, 恋しい昔, 恋愛錯雑を, 恥ずべき病, 恥辱も, 悪感は, 悲しいあはれ, 悲しみの, 悲しみや, 悲哀や, 悲喜劇を, 悲惨も, 情事を, 情熱的な, 想い出が, 想像の, 想念が, 意味から, 意味の, 意味ふかい, 意見を, 愛慾体験の, 感傷をも, 感情と, 感情を, 感情戦ひ, 感想が, 感想も, 感懐が, 感覚が, 感銘が, 懸念と, 所で, 手ごろな, 手段が, 手術道具が, 手遊を, 手違いから, 批評が, 技巧を, 技能を, 挨拶の, 揣摩と, 政治的変動の, 救主神の, 文化, 文化現象の, 文句が, 文学的動きを, 文芸が, 文芸思潮は, 料理が, 断面を, 新刊本, 新形と, 方便を, 方法で, 方法を, 方面より, 日に, 日本の, 昔話物語の, 春の, 時代的な, 時計に, 暗い考え, 暗示は, 曲折の, 曲線が, 有機物を, 朝顔が, 木の, 木の葉は, 村に, 条件と, 条件を, 林の, 枝が, 染め物織り物の, 栄養を, 植物に, 植込も, 楽しいこと, 楽しみを, 楽器の, 概念が, 樹幹の, 機械や, 欠点を, 欲望情熱憎悪などは, 歓待饗応を, 武器の, 歴史的事実を, 死の, 残虐行為を, 毒瓦斯を, 毛の, 水彩画や, 水鳥の, 汚いもの, 汚ない, 法を, 注意を, 洋服を, 浮き彫りで, 海藻が, 深刻な, 深夜に, 滑稽が, 濃淡をも, 灯を, 点で, 牌が, 物ば, 物売りの, 物語する, 物語を, 物音に, 牽制を, 状況の, 珍しい宝, 現実を, 理屈を, 理解の, 瓶が, 生活の, 生活上の, 産商業を, 用事は, 用談を, 男や, 異なった形, 異同が, 異系統, 疑いを, 疑獄事件に, 病気が, 痣を, 直接な, 相剋は, 眼を, 矛盾や, 知人たちと, 石仏なども, 破綻を, 示唆によって, 社会思想家たちの, 社会生活の, 社会的矛盾が, 社会相の, 神, 神経的な, 神話を, 祟りを, 秋の, 穢とに, 空想が, 符号つけ, 答えが, 策動を, 粉飾で, 約束に, 紙かざりが, 紙きれが, 経歴を, 経済的, 経済的事情から, 経験や, 結晶の, 絵が, 網目が, 緑を, 織物多種多様の, 罪過に対して, 美い, 美しい記憶, 美しさ, 美味さうな, 考察を, 聖霊の, 職業に, 背広服の, 能力の, 腰掛けが, 臆説が, 自然を, 興味を, 船が, 船体に, 艱苦の, 色に, 色彩が, 色彩を, 花びらを, 花籠の, 芸術上の, 苦しい境遇, 苦しさ, 苦しみに, 苦労を, 苦悩は, 苦痛混乱に, 苦肉策が, 茸が, 草が, 草や, 草萱萩桔梗女郎花の, 荒びる神ども, 葉で, 葛藤情熱という, 薫るおも, 薬を, 薬ビンが, 藻が, 虫の, 行為に, 表現は, 表裏も, 袋の, 袋を, 西瓜は, 要素が, 見世物小屋が, 見地から, 親縁関係, 角度から, 角度に, 言動を, 記憶に, 詭計を, 話は, 話を, 誤算が, 説も, 諧和笑いや, 講演会へ, 警告に対しては, 讀み方, 象が, 貝がらの, 趣向の, 身の上話を, 軽微な, 近代芸術に, 近作を, 迷いや, 迷路を, 追憶の, 遊び場へ, 運命に, 道を, 道具が, 道具を, 部屋の, 部署に, 醜態を, 金質の, 間違いも, 関係の, 関心は, 降り方, 階層の, 階級が, 障子の, 障碍を, 集団的な, 雑念が, 雑木も, 雑談が, 難破船の, 雨や, 雲を, 電文で, 霊能が, 面から, 面白いもの, 鞘に, 音訛が, 響が, 顔の, 顔を, 顔面の, 願望を, 風俗画などが, 風情を, 飛行機模型が, 飛行船について, 飾り物の, 香を, 高座の, 髪形が, 魚が, 鳥住めど最も, 鳥獣までが, 鳥類が, 鶏舎だ, 黒猫ばかりが, 黒船が

▼ さまざま~ (1029, 38.1%)

26 ことを 17 ものが 9 ことが 6 ものを 5 形を 4 人が, 人間の, 形で, 形に, 物が, 理由から, 色彩の

3 [19件] 事を, 人物が, 人物の, 姿が, 小鳥が, 形の, 思いが, 思い出が, 思い出の, 意味で, 感情の, 珍らしい, 種類が, 空想に, 自分の, 色に, 質問を, 追憶に, 風説が

2 [59件] できごとの, やりくりを, グルウプそれが, 不快を, 不思議な, 人に, 仕事に, 仕事の, 出来事が, 動作を, 問題を, 噂が, 噂も, 困難が, 声が, 変化は, 女に, 妄想を, 姿態を, 娯楽の, 対立の, 屈折が, 幻が, 思い出を, 意味を, 感情, 感情が, 感慨が, 所業の, 故障が, 断片が, 条件を, 模様を, 歌声が, 物語を, 物音が, 犯罪の, 現われ, 現象を, 生物意識が, 石が, 綺麗な, 考えが, 船が, 色と, 色を, 色合いを, 花を, 苦労を, 苦心を, 衣裳が, 誇張的の, 質疑に, 過去の, 階級の, 障害を, 音色の, 鳥が, 鳥の

1 [763件 抜粋] あだ, いい景色, いきさつと, うちにも, うるさい出来事, おもしろからぬ, おもてなしを, お薬, ここ二三年の, こと勉強や, こまかい点, ご事情, さざれ石の, その間を, ちゃんとした, ところが, ところへ, のぼりの, のを, ひとの, ぼうけん, ぼろ布が, むら気が, めぐみの, ものだ, ものでした, ものの, もの例えば, アンプルが, カーテンを, ケースの, コムプレックスを, トランプの, ニュアンスが, ネオン, ネオンに, パンフレットの, ビラを, プランを, メモと, モメントに, ヴォルトの, 一人称を, 下問が, 下問に, 不可思議な, 不安を, 不幸や, 不快は, 不穏指令が, 不運の, 中間搾取メカニズムを, 事ことに, 事件と, 事実から, 事情が, 事情仕事の, 事物の, 二元が, 二十人の, 人々が, 人々な, 人から, 人たち別離と, 人の, 人人を, 人物や, 人物を, 人生の, 人生を, 人間が, 人間と, 人間を, 今までには, 伝単の, 作品から, 作家が, 価値感情が, 便宜や, 信号燈の, 偶像の, 催しを, 催し物いくつかの, 光景は, 光景を, 光線や, 冒険それらの, 写真が, 写真を, 出來ごとな, 出来事から, 出来事の, 出来事や, 出身で, 切片と, 力が, 努力や, 動物的な, 匂いを, 匂を, 化粧品や, 区域に, 卑屈な, 印形の, 危険が, 危険を, 反応を, 取沙汰が, 古い衣裳, 古名画, 名士たちが, 名目による, 品を, 品物を, 商品が, 商売に, 問題が, 喜び難き, 喪失の, 噂を, 器具を, 器物を, 四季の, 困難について, 国の, 圧迫を, 地獄の, 埋設物を, 場所で, 場面は, 境遇に, 墓石の, 墓石を, 壺や, 変化が, 変化や, 変種を, 外国語や, 多様性と, 多用失礼を, 夢は, 夢を, 大きな利益, 大きな困難, 失敗の, 失策さえも, 女が, 女を, 好意が, 好評を, 妖火業念も, 姿だけは, 姿は, 姿態が, 婆娑羅ぶりの, 学会の, 宝石が, 客と, 家具の, 家庭といふ, 家族苦難の, 専門的知識が, 尊き内容, 小さな思い出, 小事件, 小動物, 小禽の, 小道に, 小鳥などと共に, 少女を, 尻尾の, 展開を, 山幸が, 幸福を, 幹のみが, 幻像を, 幼時の, 幽気, 幽霊や, 店, 建物の, 弊害を, 形が, 形での, 形姿, 形式について, 形式を, 形態が, 彫刻を, 影響の, 役人の, 彼の, 御馳走が, 心の, 心伊達だの, 心持ちを, 心理的風景は, 心象は, 心配も, 応接の, 快楽が, 思いつきも, 思いと, 思いを, 思い出現在の, 思念ごとそっくり, 思想の, 思想的文学的態度の, 思案が, 性格を, 恋の, 恐ろしい物音, 恩典を, 恰好の, 悪を, 悪口を, 悪智慧, 悪罵を, 悲しみ戦後の, 悲劇の, 悲哀が, 悲哀や, 情景が, 情景における, 想念とで, 意匠, 意味ぶ, 意図の, 意見の, 愛と, 感じが, 感動や, 感情に, 感情を, 感慨に, 感覚が, 感銘を, 慰め言にも, 憂い時, 成果が, 我が姿, 手段を, 手真似を, 手配を, 批判は, 批評を, 抗争だ, 指導を, 指示を, 振動の, 捕捉の, 探索の, 揣摩, 揣摩臆測から, 文句で, 文字が, 文学作品を, 文学問題に, 料理に, 断末の, 新らしい, 新型式, 方向に, 方角へ, 施設で, 旅の, 旅先から, 旅行者の, 旗を, 日本婦人に, 日用品を, 普通の, 景色が, 景色へ, 景色を, 暴風雨が, 曲り角に, 書技の, 書類が, 有力者に, 朝の, 木箱と, 村の, 果物の, 案を, 植木にも, 植木鉢など, 楽しい想い出, 楽書きが, 樂しみに, 樹林を, 機会に, 機械を, 檻を, 欲情の, 欲望の, 歯車が, 歴史の, 歴史画の, 死の, 段階さまざまな, 段階の, 氣候風土の, 水明り, 法律用語が, 波瀾や, 流儀と, 流木を, 流言が, 浮説が, 浮説に, 海岸日傘が, 海洋神話が, 淋しい生活, 深い印象, 混乱状態を, 演出上の, 点から, 点で, 煩いが, 煩いを, 營み, 物の, 物思いに, 物語の, 物質が, 物音に, 特有の, 特質や, 犬が, 狂愚を, 狂態を, 獣に, 玩具を, 珍珠が, 現実的タイプを, 理念を, 環境での, 生きものを, 生き方を, 生命の, 生活が, 男から, 男子に, 男性で, 画の, 画題として, 畸型性によ, 疑問は, 疑惑が, 疑惑に, 症状相次ぐ, 発音が, 皿や, 目新らしい, 眼に, 瞬間を, 矛盾した, 矛盾を, 研究を, 示唆を, 祭器を, 禁制品や, 秘法を, 種が, 種類の, 空想が, 空想にも, 空想を, 空気を, 筋道の, 箱や, 粗野と, 精神動向が, 紅だの, 紅葉の, 細かい点, 終焉の, 経験が, 経験で, 結果は, 統制を, 線が, 線を, 繪が, 罪を, 美しいかが, 美しい女性, 美質も, 翳を, 考えかたに, 考えに, 考えは, 肝心な, 肢体に, 自分を, 致死的結果は, 興奮の, 舞踊やら, 色の, 色のを, 色彩が, 色彩で, 芥の, 花と, 花の, 芸を, 芽に対しても, 苦しい目, 苦しみと, 苦労が, 苦労に, 苦痛を, 草の, 落書が, 落書きが, 藏書や, 蟲けらは, 行事やら, 行列や, 衣裳や, 衣裳を, 表情の, 表情を, 被害の, 複雑な, 要素が, 見方が, 見知らぬ他人, 見聞も, 見舞の, 覚えの, 観念の, 言語の, 計画を, 記念物が, 記憶, 訴願は, 診察を, 試みを, 詮議迫害が, 話に, 話を, 話題は, 誤伝や, 誤解に, 誹謗も, 謀計や, 議論を, 象が, 貝殻美しい, 貯蓄の, 貼紙の, 貼紙を, 質問に対して, 贈り物を, 踊りを, 踊を, 躾を, 転変や, 辛苦が, 迫害, 迫害を, 連中が, 運命に, 運命を, 運送船が, 道具が, 道具の, 部屋部屋で, 郵便物の, 醜い物陰, 野菜を, 錯倒を, 陰影を, 陶器の, 障りが, 雑事を, 雑念に, 雑貨を, 雨音の, 露店が, 音いろ, 音の, 音響の, 音響効果音楽または, 顔である, 顔は, 風の, 風体を, 風態の, 風習に, 風評を, 食べ物の, 香りに, 骨董に, 高価な, 魚が, 鳴き声で, 黙想を

▼ さまざま~ (244, 9.0%)

6 手を 5 心を 4 ならんで 3 して, 工夫し, 想像し 2 変って, 変化する, 変形する, 変転し, 姿を, 工夫を, 驚愕し

1 [206件] あたま, あとから, あの外国人, あるから, あるの, いたしお, いたはり, いわれた, うつり行く, お心, お悲しい, かがりはじめた, からみ合って, くどく, こぼすの, ごまかそうとして, ご理解, しあたかも, したけれ共, その不心得, その事, それを, ちえ, つかいわけられて, どうも堪へられぬ思ひ, なびくの, なる, はかりながら, ひるが, みだれて, むら, むらむらと, もてなした, やって, ゆがめて, 不徳を, 世話役が, 久助君は, 乱れつづけたの, 事を, 事情を, 二人の, 交渉した, 人間の, 付きて, 仮設のうへに, 伸びて, 住み主, 作りごとされ, 光りかがやいて, 入り込み入り乱れて, 分けて, 分類され, 利用せられ, 力を, 努力した, 動いて, 動かされて, 動きその, 動きを, 動く, 取沙汰され, 受け取れるよう, 吉田の, 向きを, 咲き誇る各種, 問いただしたり, 問ひただいた, 噂し合う, 増広, 変わります, 変化ある, 変化させた, 変化し, 変幻出没する, 変装を, 多いライスカレー, 大姫君, 女を, 客を, 尽くしけれども, 工夫された, 工夫する, 帰国を, 建言を, 廻る, 形が, 待遇す, 御工夫, 微妙な, 心理的な, 思いまどって, 思いめぐらして, 思い乱れつつも, 思い惑って, 思い描いた, 思い描き乾いた雑巾, 思い描くの, 思って, 思ひなやんだ, 思ひやられるの, 思ひ煩, 思ひ量つて, 悶えて, 想いめぐらしたに, 想いめぐらして, 想像された, 想像した, 意匠の, 意図した, 感じられるの, 扮装し, 批評し, 挑んだが, 掻き口説いたり, 描かれて, 描きなしたる重なる図, 描き出して, 支配され, 放蕩も, 政治的に, 新しさ, 智恵を, 暗躍し, 曲解せられ, 極って, 歎い, 歪曲され, 沙汰され, 沢山なりました, 沸き来るやう, 混乱した, 無駄骨を, 現わ, 理解する, 発展させ, 発揮し, 白足袋を, 眺めて, 瞼に, 神を, 祟りおって, 私は, 私を, 積み重ねられて, 空想し, 空想を, 編集し, 縺れる気持, 署名が, 罵り狂, 考えた, 考えて, 考えまどいながら, 考えられるの, 考へた, 考究した, 聴き取られて, 肝胆を, 胸の, 自分の, 舐り勦, 色彩づけ, 苦しみ抜いた果て, 苦心した, 衣服の, 表現を, 複雑な, 見とれて, 観られ感受, 觀察し解剖し, 解して, 触れ出すと, 言い拵えて, 言葉を, 言訳めきたる, 記し散らして, 評判されました, 試食した, 詰問を, 話しかけしが, 語り聞かす物語, 説明し, 説諭を, 誹った, 談合を, 論議され, 諦め申候, 變る, 踊り歌い, 辛労する, 述べ立てても, 迷ったすえ, 迷つ, 遊ばせて, 道を, 道綱を, 違うが, 違うても, 違うもの, 違った調子, 酒を, 難癖を, 非難を, 騒ぎ散らす, 騒ぎ立て波

▼ さまざま~ (17, 0.6%)

2 大きなもの

1 [15件] あつたの, あらうけれども, ある人, さながらそこ, しかも変る, どれにも, まるでくらげ, 人数も, 全身が, 到底その, 名前が, 正反対の, 竪横いろいろの, 若い人, 華々しい左翼

▼ さまざま~ (16, 0.6%)

1 [16件] お戯れ, 宮中の, 小手の, 小説的才能を以て, 思ひ浮かべて, 手を, 残念がりました, 物好みが, 狼狽えたさま, 私の, 耳に, 苦しいこと, 茶の, 蘇ったの, 骨を, 鼻の

▼ さまざまなる~ (13, 0.5%)

1 [13件] ことばを, これらの, 劇を, 妄想起こり, 寓意の, 悪戯を, 旅を, 木は, 木草の, 理由も, 知識力推移とを, 考え方感じ, 融通に

▼ さまざまである~ (12, 0.4%)

2 にし 1 から良き, がいずれ, がその, がとにかく, が人間, が平均, けれども使い, やうに, ように, 以上は

▼ さまざま~ (8, 0.3%)

1 がこの, がそれ, が崖下, が帰, ぜ, そうです, なあ世の中, ねえ

▼ さまざま~ (6, 0.2%)

1 つい昨日, 展開され, 思い出されて, 汚れた瓦屋根, 眼前の, 見られようぞ

▼ さまざま~ (5, 0.2%)

1 よめる句, 具体的に, 眼の, 見ても, 面白可笑しく

▼ さまざまある~ (4, 0.1%)

1 がなかでも, が中, が凡先づ, ように

▼ さまざまだった~ (4, 0.1%)

1 がしかし, ので, ので花瓦斯, のは

▼ さまざまであろう~ (4, 0.1%)

1 がそういう, が何, が結論, と思う

▼ さまざまな思ひ~ (4, 0.1%)

2 出が 1 にとざされる, 出に

▼ さまざま工夫~ (4, 0.1%)

3 して 1 をこらし

▼ さまざま~ (4, 0.1%)

2 聴取にな 1 歓談あらせられた, 用意が

▼ さまざまです~ (3, 0.1%)

1 からね, な, よ

▼ さまざまなれ~ (3, 0.1%)

1 どこの, ども今ここ, ど髪

▼ さまざま~ (3, 0.1%)

1 をつくし, を変え, を尽し

▼ さまざま~ (3, 0.1%)

1 に語っ, は眺め, を教え諭す

▼ さまざまあらゆる~ (2, 0.1%)

2 骨董相応の

▼ さまざまあり~ (2, 0.1%)

1 て, て辛酸甘苦いろいろ

▼ さまざまこれ~ (2, 0.1%)

1 で苦心, はどう

▼ さまざま~ (2, 0.1%)

1 懇情を, 贔負に

▼ さまざまであった~ (2, 0.1%)

1 がこの, が末摘花

▼ さまざまでも~ (2, 0.1%)

1 そのつき, はねの

▼ さまざまない~ (2, 0.1%)

1 でたち, ろと

▼ さまざまなやり~ (2, 0.1%)

1 かたで, かたを

▼ さまざまな燃える~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ さまざまな違った~ (2, 0.1%)

1 着物を, 黄色が

▼ さまざま~ (2, 0.1%)

1 の中, をくだいた

▼ さまざま揉めた~ (2, 0.1%)

1 揚句善作は, 様子も

▼ さまざま美しい~ (2, 0.1%)

2 歌が

▼ さまざま見え透いた~ (2, 0.1%)

2 工夫を

▼ さまざま~ (2, 0.1%)

2 の糸

▼1* [127件]

さまざまありしが中, さまざまありまっさかいな, さまざまんがを, さまざまいいわけして, さまざまうまいことを, さまざま力づけも, さまざまこれから身に, さまざまて来た, さまざまそれを肩, さまざまたるところまことに, さまざまつかいわけていた, さまざまつとめましたの, さまざまであってそれで, さまざまであり正月七月十二月には, さまざまでありましてやはり, さまざまでいてそして, さまざまなたべものを, さまざまなふざけた言葉を, さまざまなほねのおれる, さまざまなまどわしに逢いかけました, さまざまなりしかどもいつか, さまざまな凝った道具が, さまざまな思は私の, さまざまな思わくを捲きおこした, さまざまな憂うべきものが, さまざまな歓ばしい出会いの, さまざまな汚れたものの一部, さまざまな物語りはあなた, さまざまな異なった姿を, さまざまな粧いを凝らし, さまざまな脅えが胸, さまざまな裁ち布が, さまざまな話したいことを, さまざまにくゆる煙, さまざまにわたるしめしあわせであった, さまざまねだりけるを小便, さまざまのけしからぬ空想などが, さまざままたは友人という, さまざまらしいがその, さまざまわけも訊こう, さまざまの辛酸, さまざまは申しまする, さまざま人さまざま種々めずらしい, さまざま伯母さん親子が作った, さまざま伺ってお, さまざま作ってお, さまざま働いてきた者ども, さまざま優しいお言葉, さまざまこそ知れ, さまざま六月二十五日朝大阪を出立, さまざま兼好の耳, さまざま努力するだろうが, さまざま取沙汰するそう, さまざま口ぎたなく痛罵したる, さまざま口実を構え, さまざま例の, さまざま同室四人みなへんろさん, さまざまをつけ, さまざま君前を申しなだめ, さまざま和洋さまざま伯母さん親子が作った, さまざま咲いて, さまざま問合せ来りぬ, さまざま啼き声を, さまざま奔走のすえ, さまざま嫌がらせなど吐ざきまいた, さまざまの言い条, さまざまほど教え, さまざま彩られながら照り輝いた, さまざま御沙汰書世にさまざま, さまざま微妙な関係, さまざま忙しそうであった, さまざま悩んだ果, さまざま思い出してのうれし泣き, さまざま思い出しまして, さまざま思い浮べて見る, さまざま思案した末, さまざま性急な質問, さまざま息子の嫁, さまざま想い出の水, さまざま批評の余地, さまざま承りましたがでも, さまざま按じてみました, さまざま捕物で功名, さまざま文化史的な諸, さまざまれは, さまざま有べけれども見る, さまざま有りすぎるほどある, さまざま有る中に, さまざま期するところが, さまざまの底, さまざまなくては, さまざま物語りに更かし, さまざま猟奇的な空想, さまざま理想や正義, さまざま生活の波瀾, さまざまの欠点, さまざま画いてみ, さまざま相談も致したい, さまざま種々めずらしい風聞, さまざま細かい觀察の, さまざま翠色した, さまざま考えついヤケ酒, さまざま聴力をためし, さまざま臆測が行われ, さまざま自分がつけ込まれる, さまざま苦労したすえ, さまざまのさまざま, さまざまのさまざま, さまざまてござる, さまざま見たが火, さまざまひ聞かせぬ, さまざま言い寄ってみた, さまざま計略したの, さまざま詮索を凝らし, さまざま誇る色一揆の, さまざま調べられて帰宅, さまざま諜者の秘術, さまざま賢く申されけるに, さまざま述べられている, さまざま重なり合っている, さまざま関東を突ッ, さまざま難儀して, さまざま霊異があっ, さまざま養生しても, さまざま駄々をこね, さまざま高上なる課目, さまざま鼻唄などをご