青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さっさと~ さっそく~ さっと~ さっぱり~ さつき~ さて~ さては~ さながら~ さびしい~ ~さま
さま~
~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~ さる~ ~され され~ ~された

「さま~」 18775, 203ppm, 496位

▼ さま~ (3555, 18.9%)

57 ような 48 ように 37 ところへ 28 ことを 21 光が 20 前に 18 お顔 16 お屋敷, ために 14 お心, お部屋, 御病気 11 お宅, お手, ことで, ことは, 姿を 10 お姿, お言葉, 光の, 顔を 9 顔は 8 おいい, おそば, お名, お名前, ところに, 光を, 方は 7 おため, お邸, ことが, 事を, 家の, 方へ

6 [16件] おめし, お声, お手紙, お身, お通り, からだは, ためには, ほうへ, やうに, 事は, 前へ, 名を, 御恩, 手を, 方で, 身を

5 [18件] おさ, お使い, お供を, お帰り, ことでございます, ことです, ことも, ほかに, 代どころ, 光に, 光は, 前で, 御母上, 所へ, 方が, 方に, 方を, 顔が

4 [38件] おすがた, おつ, おんために, お使, お傍, お喰しの, お喰しの料, お城, お堂, お宮だ, お家の, お気持, お社, お考, お考え, お話では, そばを, たいせつな, やうな, 中には, 光で, 処に, 処へ, 前だ, 前では, 境内で, 姿が, 御側, 御子息, 手で, 手に, 方から, 琴の, 蛙かな, 雌牛, 顔に, 首を, 魂を

3 [85件] うしろに, おいでに, おっしゃるとおり, おっしゃるよう, おのぞみ, お世話に, お乳, お位牌, お側に, お友だち, お命, お噂, お子, お店かざり, お弟子, お心一つ, お慈悲, お書斎, お為め, お父さま, お申し子, お目, お眼, お祭の, お耳, お蔭で, お話ぢや, お話を, お説教, お身の上, お館, お馬, こと, ことだ, ことなら, ご前, ご家来, ご都合, そばで, そばに, ところの, なさること, ほうが, ほうで, 中の, 事で, 仰せには, 側で, 再び現にあら, 出るころ, 前です, 叱言, 名は, 名代といふ, 命の, 声は, 好きな, 姿は, 娘だ, 子を, 家に, 家へ, 居所を, 後を, 御利益で, 御前に, 御厄介, 御命日, 御所に, 御殿へ, 御治蹟, 御自由, 所に, 手紙を, 日だ, 枕もとに, 森の, 気を, 罰が, 美しさ, 老先生, 耳に, 行方を, 身に, 頭を

2 [217件] あかりに, あとを, あるところ, いうこと, いふこと, いろの, うしろの, うちには, おいのち, おうわさ, おかげで, おかげです, おた, おつかい, おて, おとしが, おへや, おぼしめしどおり, おみあしさき, おやしき, おやすみに, お住居, お側や, お出での, お力を, お口, お召し, お名物, お告げに, お味方, お土産, お墓, お声がかり, お好き, お好み, お妃, お守りを, お宮って, お小屋, お屋敷前, お店, お心持, お情け, お手許, お招き, お教え, お文, お旗本, お春, お望み, お母さまで, お母様も, お母樣, お水, お病, お相手, お祭り, お罰, お膝元, お蔭だ, お行く末, お覚悟, お言いつけ, お計, お計らい, お詠み, お跡, お酌, お陸尺, お頼み, かたきを, かたに, ことなんか, これは, ご家中, ご家臣, ご心配, ご意見, ご病気, ご面前, する事我, そばへ, そばまで, ためです, ちかくは, ところから, ところで, びをして, へやで, ほうに, ほうは, ほうも, ほうを, まだお, もので, ようだ, ミモトに, 下すっかり, 下へ, 世に, 世話に, 中で, 中に, 事から, 事です, 事に, 事ばかり, 云うに, 今日の, 代から, 代りに, 代わりに, 住んで, 側から, 側に, 傍へ, 光みたいな, 光りが, 出て, 前を, 口から, 古いお, 召しますほどに, 右の, 右手が, 名で, 名にこそ, 名越の, 命を, 境内に, 声で, 声と, 外に, 夢を, 威光ぞ, 少しの, 市だ, 年を, 幸福を, 広き景色, 形見の, 御一命, 御一生, 御主人, 御人数, 御女子, 御室, 御心, 御心配, 御息女, 御愁歎, 御時, 御様子, 御機嫌, 御次男朝時さま, 御殿が, 御殿を, 御無事, 御立腹, 御臨終, 御藩中, 御見物, 御評判, 御通行, 御遺児, 御邸宅, 御重役, 心づくしの, 心を, 思召し, 悪い斧, 悪口を, 手の, 方へは, 日で, 森に, 横を, 死んだこと, 水歯別王が, 灸の, 物を, 王さまは, 生命を, 生涯を, 目を, 相手を, 眼の, 着物を, 石ぢや, 石鳥居の, 社の, 禁厭灸が, 絵の, 絵は, 肩を, 腕の, 船の, 若日下王, 若旦那に, 衣の, 袴も, 裏の, 言ふ, 話では, 話を, 足が, 足に, 雛形を, 面を, 頭の, 頭へ, 顔と, 顔には, 顔色が, 馬車別当だ, 魚を, 黄金の

1 [2023件 抜粋] あかいくちびる, あがらないうち, あたりで, あつた, あのとき, あの天国, あまりの, ありがたい御, いいつけ, いい方, いかなるや, いまの, いらっしゃる日本一, うしろを, え, おいいつけです, おおせで, おかくれ, おからだに, おじいさま, おっしゃったこと, おっ母, おとも, おはからい, おふたり, おぼしめしに, おみくじ, おられること, おんなにかけて, おん内で, お上り, お世話で, お云い, お代官, お伴だ, お住まい近く, お供だ, お便りだ, お傅人, お兄様, お内儀, お刀, お助け, お参りにでも, お口添, お叱りで, お喜び, お夢, お妾腹, お娘, お婿様, お子さまだって, お孫, お守を, お宮ってな, お家は, お家老, お寺では, お局, お屋根, お年番で, お引立, お役に立ちたい, お忍びで, お悩み, お成り, お手伝, お抱えと, お指圖, お書齋, お様子, お死骸, お毒味役, お気に入り者と, お求め, お煩い, お生まれ, お直書, お神鬮, お祭は, お素姓, お羽織, お胸一つ, お腹だち, お苦しみ, お蔭さまと, お血, お許, お詫, お話じゃ, お護りであろう, お身代りぢゃで, お輿入れ, お近親人, お金蔵から, お隣の, お顎, お骨折, かたがたは, かなしさ, がありません, ぐるりを, こころには, ことか, ことと, ことについて, ことばに, こと手足も, こもりうた, ごきょうだい, ごとき, ご上洛, ご先途, ご嫡子, ご本殿, ご用を, ご結婚式, ご診断, ご隠宅, さかずき, ざしきへ, しなやかな, すきな, すすめを, そういう所, そのモンペ, その長屋つづきのかげ, たくらみで, たのみだから, ためと, ため忠誠の, だれかが, つまらない心配, でご, とこへ, ところへも, とは品物, どういう者, なかで, なさると, なされ方, ねたみぶかい, はいって, はしたなさ, ばか, ひきあわせが, へそくりを, ほうにも, ほかには, ほんとの, まえを, まねを, まわりを, めぐみを, ものでございます, やうでございます, やりかた, ようでいらっしゃいます, よろこんで, をし, クリスマス, ズボンを, バカバカヤロ, ユーモアであった, 一の, 一件それは, 一大事です, 一番の, 三倍も, 三男若君千寿さまを, 下から, 下を, 下知で, 不為な, 世界へ, 両手に, 中屋敷に, 主唱であり, 事が, 事には, 事件この, 二人や, 云われた人生, 亡くなられた晩, 人形が, 仇ァ, 仏教に対する, 他には, 仰しゃる, 仰せに, 仰り方, 仰有るよう, 会社では, 佐太夫から, 何, 作り物に, 侍女でござる, 信仰に, 信者で, 側を, 像よりは, 先生の, 光ばかり, 入つ, 六つに, 内容に, 冬の, 出るころ海, 出る幕, 分も, 別宴の, 前まで, 力だ, 力は, 加代姫さま, 勢力で, 北, 十挺の, 厚意を, 叔父御, 口まねまで, 古いお家, 召し上り物, 台石を, 名前でも, 名高え, 周りの, 味方と, 命と, 命令に, 唄は, 善光寺辰でした, 喜びが, 土地の, 圭子だった, 垢を, 場合とは, 境内の, 墓掃除には, 声だけが, 変死が, 外へ, 外祖の, 大事な, 大旦那, 大部分, 大長谷皇子は, 天然の, 夫人, 奥さまも, 奥方小谷の方さまで, 女房でなくなっ, 奸知に, 妃に, 始りである, 姿の, 婚期で, 嬉しそう, 子という, 子なら, 子供も, 存在の, 安らかさ, 宝蔵を, 家から, 家として, 家来, 密書で, 寮です, 寵遇の, 尊像は, 小太郎山だ, 尾っ, 居られる前, 屋敷うちより, 山賊などの, 工場だ, 帯という, 帰途百姓家の, 年まで, 幽霊に, 店に, 廐, 形です, 彩に, 後家お, 御いせい, 御三男朝夷名三郎義秀さま, 御不首尾, 御事でも, 御他行さき, 御修業一つ, 御内人加賀見忍剣が, 御出仕, 御利益が, 御前では, 御勝手, 御叱り, 御堂で, 御声がかり, 御姉弟, 御子さまを, 御安否, 御家来, 御屋敷, 御当番, 御思案, 御意は, 御愛, 御成婚, 御手勢, 御本拠, 御殿の, 御法事, 御用の, 御用人, 御社と, 御祭り, 御聖霊会, 御舎弟八良五郎様, 御誂, 御謙遜, 御輿次に, 御逝去, 御配慮, 御門に, 御霊遷の, 御高名, 心のと, 心得違いから, 心臓は, 忘れ形見じゃ, 念願には, 思ったとおり, 怨みの, 息せき切つて, 悪相を, 意見に, 愛人だった, 慈悲に, 懐に, 戒めで, 手いけ, 手とっても, 手先に, 手形でも, 批判を, 指から, 挨拶を, 政策と, 教養については, 新さん, 方まで, 方子は, 日, 日御, 易に, 時まで, 最愛の, 朝飯と, 本色, 来ること, 来る日, 果心居士から, 株を, 楽しい顔, 権力に, 歎きのお, 武蔵様が, 死ぬ日, 死骸と, 残骸だ, 氏子が, 気保養にも, 気持ちを, 永福門院といふ, 池に, 泣き声が, 洋傘を, 浅ましい, 消息からも, 深き御, 溜息を, 火遠, 焼餅が, 物は, 特徴と, 献上雪は, 王さまに, 王様が, 琴爪を, 生れがわり, 生眼, 田へは, 男の, 番を, 疑うよう, 病室の, 痛ましさ, 癖を, 発言には, 白日子王の, 百姓を, 監督の, 目は, 相場が, 眉つき, 真実とは, 眼が, 眼を, 着る服, 瞼を, 知恵袋とやらが, 石の, 研究所でございました, 祖母様や, 神子は, 祠が, 禁厭と, 秋山技師を, 秘書が, 穴穂王の, 童子を, 第三章, 籍を, 紀念に, 素姓が, 組の, 絵を, 綾子さんという, 縁日に, 置物だ, 罸が, 羨やましさ, 老母などを, 耳は, 聾なる, 胃袋を, 脚本を, 腕前に, 膝の, 自由に, 舌を, 色に, 花仏さまの, 若子宿禰王が, 荘園田領を, 落とし子でもが, 藩中の, 血脈が, 行く末が, 行衛を, 袂を, 西洋の, 親を, 言う栄養, 言を, 計略と, 訪客に, 評判は, 話で, 語るところ, 謡を, 象牙の, 責任は, 赤ちやん, 足の, 跡を, 身の上の, 身は, 身体にゃ, 身命を, 輿には, 近所で, 追善供養を, 過去帳に, 遠いつながり, 遺産の, 遺言状が, 部屋へ, 重力は, 金太夫さんが, 鉄杖は, 関東御, 陳述に, 隙間を, 雑沓を, 電気の, 非難では, 面白さ, 頬っ, 頭巾の, 顔から, 顔であっ, 顔色も, 食うよう, 首だけ, 馬車には, 髪に, 魅力に

▼ さま~ (2546, 13.6%)

14 それを 12 おれの 7 いいました, 何か 6 どこに, どこの, 何も, 少しも, 急に, 私が 5 あたしの, ここに, たいそうお, もうお, 何を, 将軍家の, 尊い御, 王子の, 空の, 自分の

4 [14件] ああいう, いって, おもいました, おれを, お笑いに, こたえました, そこに, それが, それは, どうした, もうとうに, わたしの, 彼の, 童子を

3 [28件] いつまでも, いまは, うちの, おれに, お偉い, お目, お高, きつと, この通り, そのお, そのとき, その人, そんなこと, そんな時, ひとりで, ほんとうに, わたくしの, 女に, 山の, 平気で, 御奥, 御病気, 急いで, 朝の, 海の, 私に, 私を, 金色の

2 [132件] あたいを, あたかも暗夜, あたかも桶, あたふたと, あなたに, あなたの, あのやう, いい声, いい方, いったいどなた, いったい何者, いつでも, いまお, いますぐ, いわれました, うすい白雲, えらい人, おくみ, おひきつけ, おれが, お一人, お亡くなり, お前の, お庭, お気の毒, お眼, きさま, ぐうぐう寝, こ, こちらの, このこと, この世の, これで, これまで, ご自分, さっきから, じぶん, そのとき平気, そのなか, そのやう, そのよう, その御, その頃, そらのうすぐ, それこそ, ちやうど, どうしてこんな, どうです, どうなすった, どこかの, どこへ, どなたです, どんなこと, なにも, なんだか空, なんの, にこりとも, ひとりの, びっくりし, まことに御, まだおかえり, まっかで, まっ白で, もうこちら, もとは, よくご存じ, わが国の, わが姉上, わしの, わたくしが, わたくしに, わたくしを, わたしを, カンカンカン, デンマーク国の, 三年の, 今でも, 今の, 今は, 今日は, 今日も, 何うし, 何て, 何んと, 唯ひと言, 地獄より, 夏の, 外で, 大変に, 子供の, 安心し, 家を, 強く出さっせる, 彼女の, 御台所さまを, 御自分, 御自身, 快活に, 斯んな, 早くから梟, 未だお, 来ても, 東の, 横浜の, 殆ん, 気が, 池の, 決闘の, 泣いて, 烏が, 王子を, 甚だ不気味, 相変らず, 眼を, 知って, 知るまいが, 確かに, 私には, 私の, 立ち上がって, 立派な, 竜の, 笑って, 船の, 色を, 警戒なんて, 赤と, 起きて, 農家の, 都に, 野原の, 鏡の

1 [2016件 抜粋] あ, ああ仰有る, あすこらへんで, あたかもその, あたかも祭典, あっしの, あなたと, あのくらい, あの借り, あの音, あはははと, あまりに家, あるべからずと, あれは, あんな妙, あんまりハムレットさま, いかにし, いかにも荒い, いくつに, いくら足りない, いちばんおしまいに, いったいどうやっ, いつの間にかこつ, いつもそうして, いつも変哲, いつも身ぎれい, いまこわく, いま何と, いま着座だ, いよいよすばらしい, いらっしゃいませんでしょうか, いろいろと, うかがい知ること, うちしずんだ声, うつくしい着物, うんといやがってる, おいしいもの, おさかな, おじゅっ, おつ, おばさまで, おまへが, おやさしくっ, おん顔の, お会いしたい, お前が, お化粧, お困り, お堂, お姉さま, お寒かろ, お待, お怒り, お払い, お棄て, お氣, お生れ, お知り合い, お笑いなされ, お腹だち, お酒, かう言つて, かしこまつ, かゆい所, かわって, きっとまた, きっと随分上手, きゅうりを, きよと, くちずさみに, けっこんしよう, こう雪山, こちらに, ことごとく酔っ, このお山, このごろずうっ, このところ持病, この丹波, この地底, この御, この村, この池, この話, この頃, これからどうする, これと, こんど越中の, ごらんに, ご僧, ご安心, ご親切, さがしもとめて, さぞ不可解, さっそくつり道具, さつそく様子, さも, ざぶざぶ海へは, しさいらしく将軍家, しばらく下屋敷, しんじつその, じっとわたし, じつに異様, すぐさまふすまをひらいて, すぐ後, すこしもそれ, すっかりおびえ, すつと, するりと脱, ずいぶん, ずいぶん頭, せき込んで, そういっ, そう根, そこはかとなく板屋, そのそば, そのまり, そのオ, その大きな黒い, その後たびたび, その方, その月, その翌年, その額, それから, それに, それや, そんなに永い, そんな答え, たいそう頼政, たいへんに, たしかに道行く, ただかく, ただちに御前, ただ今ここ, ただ目を, たとえ御, たんと愉しい, だれに, ちかごろいらっしゃらない, ちっとも踊らない, ちょっと物議, つい先頃, てんでそんな, でもあくまで, とても世間, とても頭, ともかく相州さま, どうか, どうしたであろう, どうしてござる, どうしても今, どうして何故に, どうせ不具, どうな, どうなされた, どう仰有っ, どこ, どこぞ, どこまでも, どっちの, どろぼう, どんなにおかしかっ, どんな大河, なおも将軍家, なくな, なぜこんな, なにか探ね, なにを, なみだの, なんだ, なんでも, なんともおっし, なんぼなん, ぬいもの, はじめの, ばかな, ひじょうに心配そう, ひとり残らず届け出ろ, ひどく武者, びっくりなさいました, ふしぎに, ふとお, へんね, ぼんやり赤く, まことに壮観, またおお, また千本, また間もなく, まだきっとあの, まだどこ, まだわかい, まだ当分あちら, まだ釜師根性, まったく御, まどの, まるで世界中, まるで繪, みごとに, みるみる沈ん, みんなで, むかしの, むっくりと, もう, もうこれからいつ, もうそれ, もう三百二杯目, もう仙人, もう十六, もう気, もう覚悟, もちろんの, もとから, もとより, やがてにたりと不気味, やっぱりお年, やっぱりラプンツェル, やっぱり風邪, やはりイギリス, ゆうべお, よい引導, ようやく異常, よくこんな, よくもあの, よく人, よく私, よろこんで, れつき, わき目も, わしを, わたしに, わるいお, アイヌ住家または, ゲロは, スヤスヤおやすみ, チャンと, ニキフォールの, ノートの, ポケット小僧と, メフィストさんの, ローリイに, 一つ残らず消え, 一人で, 一体幾歳に, 一寸法師の, 一日の, 一本の, 一瞬醜い, 一週間前から, 三人の, 三浦の, 下くちびる, 世にあるまい, 世を, 中央日本アルプスの, 予が, 二十三日に, 云ふんです, 五穀の, 京橋の, 人に, 人狐犬神と, 人間じゃあ, 今どう, 今勤め, 今御用, 今晩も, 仕合せすぎる, 仰しゃっていましたわ, 伊香保の, 何うなされました, 何だ, 何でも, 何ともござりませぬ, 何とハア御, 何べ, 何よりも, 何処から, 何故十五年, 何時も歯, 何處へぞ, 作りものの, 侯爵かね, 値段を, 偽者じゃ, 僕よりも, 元内務省, 先年亡くなり, 全く山, 八代吉宗公に, 其の年, 冷たい顔, 出家なされた, 別にこれ, 別の, 前に, 剽軽に, 勝ちほこった, 医者の, 千ばいも, 南庭に, 危篤の, 厳密に, 参議雅経さまの, 取っておきの, 古記録の, 只今少し, 叱らないに, 吉報を, 周囲の, 和歌など, 唐画の, 喜ばなかったもの, 器量好い, 回教徒の, 地に, 壮絶の, 売卜者か, 変らなかった, 多勢の, 夜の, 大きな眼, 大に, 大変です, 大川さんの, 大繁昌, 天才だ, 天界の, 奇麗だ, 奥州仙台だ, 如何にも雄大, 妾を, 娘の, 孤軒先生, 孫さんと, 実に不思議, 実に理想的, 家の, 密輸品売買に, 尊いもの, 小日向一円, 小紋の, 少し気, 山には, 屹度召し上ります, 帆村荘六か, 常になく, 平伏なされ, 平素言つてらつ, 年若き, 広利王, 座敷の, 延期赤坂の, 弁慶と, 当ても, 後には, 御ところ方, 御主人, 御存じで, 御栄転, 御父君右大将さま, 御苦労で, 心配さうに問ひました, 応召将校として, 怖いから, 思わずほんと, 恐怖やら, 悪いやつ, 情愛の, 想像の, 意識を, 愛憐の, 我見ざれ, 手に, 手塚だ, 打たれたこと, 描かれて, 敏ちやん, 数ある, 新しいニッケル, 日を, 日華事変中に, 明日かへ, 昔ソクラテスが, 暑熱と, 最初は, 朝晩の, 未だお年, 本当に仕合せ, 来ませんぞ, 東洋製作会社という, 柄の, 極めて当然の, 檢閲の, 此の世で, 武家の, 残念そうに, 毎年キャンヌへ, 毛ほども, 気分が, 水無神社の, 永遠に, 決して愉快, 河童権が, 泣きました, 浮かれて, 涙を, 渡世の, 灰か, 無え, 無理に, 爪二つと, 爺や, 片目でありました, 狂氣の, 猶更, 王子について, 生きて, 由ある, 男も, 異国の, 病気に, 白雪姫を, 目に, 相変らずはやる, 相良寛十郎が, 県の, 真の, 知らず, 石川五右衛門の, 神々しいもの, 神原さまの, 神通自在に, 私ども親子の, 秋には, 窓から, 立止つてその, 童子の, 笑みを, 筆まめで, 糸輪入らず, 終始お, 絹と, 織るよりも, 美沢さんに, 職業から, 脇息に, 腹心の, 興味くな, 花園を, 花岡の, 若手の, 苦笑し, 荊州の, 落窪の, 薔薇が, 蝶子さんの, 衆人にも, 裾野から, 見た人, 見るに, 見出せない, 覚えが, 言え言っちまえ, 話が, 誰に対しても, 誰方な, 諸生類, 谷博士だ, 負けずに, 貴族よ, 赤坂見附の, 身動きも, 軍馬だったろう, 近々なくなられる, 退院なす, 逸早く嗅知つて, 達者だ, 遥るばる, 酒のむ, 醉つてる, 重ねて, 金杉稲荷の, 鎌倉へ, 鐘ヶ淵へ, 開けて, 阿倍の, 雨具の, 青山を, 非常な, 鞍馬山の, 頬の, 頼家公の, 食わして, 馬車を, 駒守さまと, 高原の, 髯を, 魔風の, 鳶が, 黙って

▼ さま~ (2043, 10.9%)

34 なって 29 して 14 落ちて 11 なりました 10 お目 7 お願いし 6 しても, 向かって 5 お縋りする, 出て, 連れられて

4 [16件] いろいろな, おじぎを, お教, お目にかかって, お願いする, したよう, なった, なつて, 仕えて, 仕へた, 咳を, 惚れて, 続けさま, 見て, 言えば, 頼んで

3 [35件] いいました, お会い, お渡し, お目通り, お辞儀を, お逢い, きまって, これは, ごあいさつ, ご相談, なったの, なりまして, 下へ, 似て, 何か, 倒れて, 向つて, 大きな嚏, 就いて, 御挨拶, 心を, 映って, 火を, 申しあげて, 盃を, 相違は, 眼を, 知らせて, 罪あり, 聞いて, 胸を, 見えた, 言って, 飛んで, 飲んだ

2 [123件] あげて, いぢめ, いって, うち見奉られける, おねがいし, おまいり, お会いしたい, お伝, お伝えする, お小遣, お眼, お礼を, お祈りを, お経, お言, お電話, お願, お願い申し, かかっちゃ, こんなこと, ござりまする, さう言つて, さんけいする, するの, そう言っ, それが, そんなこと, ちよつと, つれられて, なっても, なるほど, なるん, ひまを, ぶら下って, ぽきん, やって, よろしく, わの, 一ふくろ, 万一の, 三つばかり, 上を, 世の, 之を, 二三杯後, 他人に, 代って, 会わせて, 似たり, 似た母, 俯伏し, 倒れた, 切って, 叱られて, 叱られるの, 唾を, 嚏を, 堕ちねば, 妙な, 存じます, 家まで, 尖波, 尻を, 彼女の, 御心配, 御迷惑, 惚, 愛想を, 成つたは, 成らうかな, 成りて, 手を, 投げ込むの, 挨拶を, 擲かれ, 於いては, 書いて, 朝の, 札を, 来て, 死に就, 比べて, 比較し, 気を, 水に, 求婚する, 決闘を, 溝の, 煙草を, 用は, 申しわけが, 白い線, 相談に, 知れて, 私に, 笑はれ, 答へ, 羞ぢて, 舌打ちを, 落ちこんで, 襲つた, 見える, 見せつけて, 見ると, 見惚けぬる, 言へば, 訊いて, 訊くと, 話して, 議論可致候, 谷底へ, 起った, 転げ落ちました, 較べると, 速射砲の, 逢ひ, 逢わせて, 道具箱へ, 鉄砲を, 頭を, 顔向けが, 飛び込んで, 鳴り出した

1 [1496件 抜粋] あいさつせぬ, あきたらずじぶんら, あげるから, あたり憚らず泣く, あなたに, あふつ, あらたまつて御礼, ありしやを, ありゃしない, あれほどの, あんなに慕われる, いいふくめられて, いえないこと, いかがな, いちばん近い, いっても, いまの, いわれたことば, うしろへ, うっとりさせられる, うまくお, え堪へ, おいでを, おかせられて, おかんがえ直し, おこと, おしたしを, おすがりなされおよったりが, おせじを, おそわって, おちいって, おっしゃるん, おつかえ申す, おなり下さらぬ, おまいりし, おめにかかりたいと, おわびに, お上り, お仕え申し上げました, お会いする, お切りつけ, お参りした, お叩頭, お婿さん, お尋ねに, お教え, お母さまの, お目にかかったという, お目にかかりお, お目にかかりに, お目にかかり死に際, お知らせも, お祷り, お聞かせし, お聞き下さる, お見せする, お訴え, お詣りし, お詫, お話したい, お話し下さいますなら, お逢, お逢い出来, お雪, お願いしたら, かえすがえす苦りきった, かぎらずだいたい, かけたの, かすり危く彼, かなう者, きせて, きものを, くらは, くれて, けたたましい黒, こういう悲しい, こう仰有った, ここで, このお, こりゃたまらぬ, こんなう, ござりました, ごちそうを, ご報告, ご無礼, さう云, さしあげようと, さしぐみぬ, さも, さるまわし, しかられます, しかられるしんぱい, した, したご, した大きな, しちゃ, しては, しぶく, しますと, しょせんたち打ち, しろお, すかして, すがりながら, すすめられて, すまないから, すると, そういご, そうにらん, そして速, そそのかされ重成入道, そっくりです, そのボール製, その姿, その話, それらの, そんなお, そんな目, た, たじたじと, たたきつけた, ただわくわく, たとえ一日, ちょいと, ついて, つかまって, つけたよう, つとはいれ, つるそうと, てつだわさせた名人, といへるなり, とつて, どうかあの世, どう斯, どのよう, ながれさせたの, ながれました, なぐりつけた, なったが, なったと, なったり, なっとったかも, なにが, ならうかな, ならせられ仁和寺, ならんと, なりすまして, なりぬとき, なりましたと, なりゆくべしとは, なる, なること, なるの, なる女, なれり, ねだり兼ね木綿, ののしるほう, はさまれて, ぱつと木の, ひき落とされる画面, ひっくり返る, ぴしゃぴしゃとはたきました, ふさわしい男, ふらふらと, ほかの, まいって, ますます濃く, まだひと目, まっさおに, みせる外, みまもりて, むかって, めぐりあいついに, めぐり会つたの, めり込んで, もう一人二人, もし御, やや寒, やるわ, よう見られた, よく似た, よりかかって, よろしくお伝え, わたしが, わたしは, アディーチェを, イナズマの, ウヰスキーの, カタミに, キャラコさんの, ケースの, スターリンや, ナイフで, パスし, ヘロデを, 一つの, 一切を, 一日も, 丁寧に, 三つの, 三度この, 三杯飲み, 三郎兵衛まいった, 下の, 両親を, 二つ三つ叩く, 二つ響いた, 二三度大島の, 二人とも, 二十本ぐらい, 二発三発四発と, 云う, 云った, 云つてその, 云わせたら僕, 人々は, 仆れ, 仕えたと, 他人を, 仰せつかりまして, 仰っしゃる, 会ったうえ, 会った思, 会釈を, 伴われて, 似ず決して, 似た顔, 何から, 何の, 何度も, 供えるの, 俗世の, 倒しそれ, 倒れようと, 働かせて, 優劣を, 先方の, 入れと, 兵馬を, 写生の, 出したくらい, 出る, 出会ったとでも, 刃向こう, 初音かな, 到つたの, 力を, 助けて, 勘太郎も, 化けた少年, 化け役, 参られましたそう, 取入って, 叩頭した, 可否の, 叱られたな, 叱られます, 叱られるがな, 合す顔, 名乗って, 名前を, 向うて, 吸った筈, 吹きつけると, 呆れて, 味方し, 命じた者, 商品の, 喜右衛門は, 噴き出して, 囀る, 地上に, 墜ちて, 変ずるが, 変装した, 外出の, 大きなため息, 大地へ, 大揺れ, 大理石の, 天窓を, 奮起し, 妻の, 婿を, 完全に, 実によく似, 密告する, 寝て, 小太郎山の, 少しも, 屁エ放っ掛けた, 崇め奉って, 左様ならでございます, 差し上げるん, 帰って, 年来随分と, 幾ら辛く, 弓を, 弟子に, 強硬な, 影を, 往復ビンタを, 得の, 御両親様, 御心酔, 御礼申す, 御返事し, 心も, 応対なさる, 怒られつから, 思い存分, 思わず軽く, 恋して, 恨みこそ, 恭順し, 悪いかしら, 悪いと, 愛するには, 感奮し, 憶い出す, 成ったという, 成り代って, 戻れの, 手の, 手向かったに, 手紙を, 打ち揚げられるよう, 打つ放した, 投げこまれたの, 投って, 抛り出した, 抱きついたとか, 押し付けて, 拳で, 拾われて, 振向いて, 捨てられましたらどこ, 描き出す景色, 撃たせたいとか, 撲りかける, 教へて, 敲きつけられた, 斬られて, 新吉さんで, 昼寝し, 書く処, 會ふために, 有難うござりまする, 朗読し, 木の間を, 本当の, 松の木なんぞを, 梯子段からでも, 欄干から, 武具室の, 歩行したる, 死期が, 殴り出した, 殿下は, 毎日顔を, 氣づく, 水行きか, 沈んで, 治療費を, 注射し, 洽子さん, 流れ落ちた, 海の, 涙は, 深みへ, 済まねえからよ, 渡してな, 火ぶたを, 煙りを, 燈の, 爆音が, 物を, 物語って, 王さまの, 琴の, 瓦が, 甘えるよう, 田舎に, 申しあげたの, 申した覚え, 申しわけない, 申し上げましょうしばらく, 申し上げようと, 申上げる, 畳の, 白い異人, 目が, 相済まぬ, 眉を, 眺むらむ要するに, 着くので, 着物を, 知らぬ顔を, 石を, 礼を, 神さまの, 禍いの, 私を, 突きおとされたよう, 突当りましたか, 窓を, 竈出で, 立つや, 笑い声を, 算哲の, 粧ひける, 紛ふべく, 組み立て, 絶対に, 縁の, 繰り出して, 而も, 聞えて, 聞こえて, 背負はれ, 自分の, 至急お目にかかりとうぞんじます, 苦悶し, 萎む合歡, 落ちかかりました, 落ちたグロテスク, 落ちるケレン, 落っこちた, 薬を, 行き過ぎる, 街道の, 表わしながら, 裾を, 見えたり, 見えるよう, 見せたら母さま, 見せること, 見つかるかと, 見つけられたので, 見ゆるは, 見れども, 見入って, 見送られては, 言いふと, 言うと, 言わないところ, 託して, 診て, 話しかけたの, 話し合ったこと, 誓って, 読ましめば, 誰が, 變つて來て, 讚辞や, 買って, 賺し慰めき, 起つたか, 足の, 跳び下りて, 蹴外して, 車夫も, 転げ落ちて, 轟々と爆発, 近いお, 迷惑を, 通り抜けて, 逢いたいと, 逢えて, 逢って, 進むもの, 運ばれて, 道案内を, 違えねえだ, 都合が, 酔ったよう, 針だの, 銃弾を, 関係は, 附ッ切りゆえ参る, 降りて, 階段を, 雨が, 露出されてる, 鞭を, 預ける, 頼まれて, 頼みやせん, 願いを, 顛倒つて了ふ, 飛びかかって, 飛んだ迷惑, 食わせたくないと, 飲んだが, 馬上で, 駿馬の, 髪が, 鳴いて, 鳴ったが, 鳴りひびき, 黒いかたまり

▼ さま~ (2039, 10.9%)

18 えるは 10 お見え 9 お帰り 8 いら, 出て, 生きて 7 来て 6 あって, お亡くなり, 手に, 東の, 見えて 5 あなたの, あるの, いらっしゃいました, お出でに, わたしの, 何か, 描かれて, 海の, 目に, 私の

4 [18件] ありありと, あると, えるの, おいでに, おっしゃいました, お出ましに, お通り, しずむと, 何を, 其力に, 呼んで, 急に, 持って, 眼に, 私を, 見える, 言った, 野原へ

3 [19件] ある, えるが, おいで, おっしゃって, おっしゃるには, お登り, このとおり, さきに, それを, なにも, のぼると, はいって, はつきりと, ゐないから, 何した, 帰って, 御病気, 御自分, 見て

2 [117件] あちらへ, あらお星さま, あらやっぱり, あり, ありました, あります, ありますから, あるん, あれほど, いやらしさ, いらっしゃるの, いられます, いらッ, えるに, おあり, おかくれなされる, おっしゃるん, おでかけ, おなくなり, おのぼり, おむずかり, おゆるし, お上り, お召し, お喜び, お庭, お手, お書き, お検め, お武家, お気の毒, お留守, お越しに, お迎, この話, ごいっしょ, ご病気, さらって, しずかに, しづかに, そう思っ, そう言っ, そこに, そこへ, そのまん中, その御, それとは, そんなお, そんなこと, たこ, ついて, ですか, どうした, ひとりで, ほ, みて, わかる, ゐないと, 一人で, 丁度その, 不意に, 世間の, 久しく待っ, 光って, 南の, 又かっと, 口を, 塩梅が, 声を, 変って, 奥書院に, 奴の, 好きだ, 将軍家より, 對には, 尚更俺, 居て, 山の, 御上京, 御墓, 御心配, 心血を, 心配し, 想像された, 昨日よりは, 楢の, 死んで, 江戸で, 浮ぶの, 爾迦夷上人, 特にさかなたち, 申されました, 病気に, 目の, 祭って, 私に, 秋の, 空に, 窓から, 立って, 経験ずみぢや, 經驗ずみぢや, 美しくせまる, 胸を, 自分の, 袖口おも, 見えた, 親切に, 言葉には, 許して, 軽井沢へ, 輝いては, 通りながらに, 連れて, 頭に, 飛んで, 黄金の

1 [1528件 抜粋] ああおっしゃる, あかるくて, あくる朝日, あちらで, あっしに, あったな, あつた, あつて, あとに, あのお方, あのよう, あの人, あの庭園, あの玉, あの部屋, あまりほんたう, あらせられなかったの, あり七人, ある夜一人, あれは, あわてるよう, あんなにいやいや, あんまりうるさく, いいました, いうの, いかにりりしく美しい, いくつも, いたち, いっそうから, いったくせ, いつかあの, いつもより, いて, いない, いないところ, いまお, いまだに, いま犬に, いらしった, いらっし, いらっしゃったあの, いらっしゃるからね, いられるという, いるはず, いろと, うけ取った, うらやましい, うれしさ, おあがり, おあんな, おうたいなさる, おおらかである, おからだ, おこりを, おしこめられて, おそろしくば, おっしゃったよう, おっしゃるおつもり, おでまし, おとなしくし, おねだりし, おぼろに, おもい出されます, およみ, おられると, お一人, お世話し, お使い, お信, お出ましにな, お前に, お召しあそばす, お叱り, お呼びなされ, お国もと, お妙さま, お宿, お小さい, お庇い, お待ちし, お戻り, お掛け, お案じ, お生まれ, お発ちに, お相手, お立寄りくださいました, お考え, お見, お話を, お越しあっ, お酒, お隱, お高, かえるを, かって, かような, かわいくなりまし, きいた, きのうの, きょうは, きッ, くる, こうして待っ, ここに, ここを, こちらに, このおれ, この一週間, この小屋, この時, この街道, こられて, これまで, こんどは, こんな阿呆, ござつたので, ご出座なさっ, ご滞留, ご自身, さう思つて, さきほどこれ, さぞお笑い, さながらまざまざと, さも, しきりに首, しずんだとき, しのびこんで, しろくすき, じつと, すいて, すぐに, すてきな, ずんずん高く, そういう人物, そうか, そう仰し, そう仰っし, そこい, そなた, その人間, その年来, その時, その父, その葉, それとなく分る, それも, そんなにお, そんなら, そんな薄情, たいそうも, たいへんです, たが, たしか二十四歳, たといな, たにたいする, たよ, だいたいわかるであろう, だいぶそ, だんなに, ちょうどしずもう, ちょっと身動き, ついさき頃, つかまって, つくづく羨し, つらつら亀卜, てんじょうへ, とうから知っ, とてもきれい, とりこに, どうしてこんな, どこからか, どのくらい, どんなにお, どんなに苦心, なさると, なだめられ安房さま, なつかしく目, なにや, にせものの, ねえや, はいるとき, はなやかで, ひいきに, ひょっくりどこ, ぴかぴか光っ, ふざけて, ふつつかな, べっぴんで, ほんとに以前, ぼてれん, まあどういう, まざ, またかえる, またも御, また問題, また遊び, まだ十八歳, まだ高い, まっ正面, まひるの, まるでひるま, みえたん, みえましたらお, みな帰っ, みると, みんな抜き取らず, むしろ絵, もうかへるか, もう帰っ, もし王妃さま, やがてしずもう, やって来て, やはりこの, ゆうれい, よくわかる, よく詠んであります, よろこんで, れんげの, わしの, わたしたち日本人の, わらひ, アメリカから, カブンと, コドモの, テーブルを, ノッポで, パパつて仰つ, ピストルを, フランスの, ママたちに, ラッパを, 一人訪ね, 一層明らか, 一時この, 一生かかっ, 一番悪い, 七十日の, 丈夫だつたら, 三条車町の, 上がったの, 上に, 上野の, 下り藤, 不満足でいらっしゃる, 両はし, 久助とやらを, 九段の, 争論に, 二十五日から, 二時に, 云うたこ, 云って, 云われました, 亡くなられたという, 京の, 京都へまゐりまし, 人々の, 今でもは, 今夜死ぬ, 今更の, 付いて, 仰げました, 仰しゃったから, 仰しゃる, 仰ゃって, 会いに, 低いところ, 何かと猛り立つ, 何とも云えず, 何ものかに, 何んとも, 何御用で, 何處へ, 俺の, 僕の, 先だ, 先ほども, 入らっしゃいました, 入り口へ, 全部お世話し, 兵士達に, 出たの, 出られたので, 出るまで, 出席され, 出迎えちゃ, 前後と, 助けて, 勝つ, 勝手に, 十五に, 午ごろ犬山へも, 卒倒なさった, 参るはず, 叔母さまと, 取調べを, 叩き売られるとか, 可哀そうだ, 右門じゃ, 合戦の, 君は, 命びろいをなすったのですか, 四十面相じゃ, 地蔵さまに, 堅え, 壮快であった, 変装なすっ, 外して, 多いそう, 夥しい変遷, 大そう, 大事じゃと, 大好きである, 大患ひした, 大至急, 夫の, 奢るから, 女隠居, 好きであった, 好きらしい, 妾に, 嫌いかね, 子細あり, 守護神, 宜くね, 宣教師の, 家の, 寂しがります, 対には, 将軍家光に, 小説の, 少年とは, 山科の, 師の, 帰つて来る, 帰り保養と, 幕下と, 年中かがやい, 度々おいで, 引き起こしたよう, 強い意見, 影絵の, 彼には, 往くより, 後々の, 御不快気, 御健在, 御坐禅, 御存命中, 御当家, 御承知, 御自身, 御覧にな, 御退出, 心に, 怒って, 思いも, 思い掛けなく金持, 思われて, 恋しくて, 悪かった, 悲鳴を, 想像され, 慈愛に, 我が村境, 手も, 手前の, 拝めるだろう, 捕らわれたの, 教へは, 敵と, 新造なされました, 日本へ, 早くお, 映つた, 是非あの, 昼間は, 暫時怠業してる, 書かれて, 最早隠されず, 朝ごはんを, 本国の, 本野原, 来さっせるそう, 来たのに, 来ても, 来ぬ夜, 来られた藩邸, 来ること, 来るまで, 松平の, 栄三郎の, 楽しく想像, 橋の, 次の, 止めること, 正直に, 此処へ, 歩きながら, 死のうと, 死んだこと丈, 殺されそう, 殺したの, 毎度の, 毎朝わし達を, 気が, 水先し, 沈みましたが, 流れました, 浮き出すよう, 消えて, 潜水具を, 瀬なみの, 無性に恋しゅう, 照ってるやら, 照るん, 牢獄の, 特別に, 王女さまを, 現われて, 生きるか, 申して, 男なら, 町へは, 畠打を, 病気な, 白紙を, 百姓いじめなさる, 盛装を, 直接お礼に, 相手だ, 看護の, 眺られる, 瞑目の, 知って, 磐石の, 禅僧らしい, 穴山梅雪の, 突然に, 窺はれる, 立てるて, 笑わあ, 答えて, 米谷を通じて, 絵の, 縄尻を, 美しい眼, 考えたとおり, 肌身に, 腕が, 自分で, 自家を, 舞踏會から, 艶な, 若い方, 荒涼として, 薄暮の, 血まつりだ, 裏の, 見えたから, 見えた時, 見えぬか, 見えるほど, 見られた, 見守って, 見護つて, 言つた, 討死を, 話して, 誰かに, 諸井看護婦に, 買って, 赤痢だった, 踏んだ草, 転がるよう, 辛っと, 途中から, 通るたび, 遠い川下, 酒井侯の, 金の, 金吾さんに, 鉄砲を, 長の, 間違えたり, 附添っ, 陰口きくほどの, 隣りの, 雪舟という, 電話に, 音楽に, 頼政で, 飛び出して, 食べすぎると, 養子に, 高いところ, 高だ, 魔法の, 鹿の

▼ さま~ (1435, 7.6%)

58 見て 19 見ると 18 して 12 見るに 10 拝んで 8 みて, 想像し, 眺めて 7 呼んで 6 およめ, お連れ, ながめて, 想像する, 描いて, 連れて 5 目撃し, 見せて 4 想像した, 愛して, 目撃する, 眼の, 見た時

3 [18件] おつれ, お召し, お迎えに, じっと見, つかむ, はじめお, 大切に, 実際に, 目に, 眺めながら, 眼に, 祭って, 私は, 見ては, 見れば, 見物し, 観察し, 迎えに

2 [98件] あらは, いつまでも, おいて, おけが, おぶち, お助け, お救い, お望み致した, お気の毒, お迎, くるしめて, ここへ, こちらへ, じっと見守っ, たしかめて, だいて, つれて, とらえて, どうしよう, ながめると, はっきりと, まざまざと, みつめて, みる, 乗せて, 信じて, 信仰し, 前に, 助けて, 取りかえして, 叙し, 召して, 呈する, 好きな, 好く見, 尋ねて, 差しおいて, 形容する, 心の, 思い出したよう, 思うと, 想像さす, 慕って, 憎んだこと, 憎んで, 懼れ, 所望した, 手に, 打眺め, 抱いて, 持って, 指すの, 捨てて, 描いたもの, 描いた図, 描いた物語, 敍す, 救うため, 救って, 熟視し, 現わし, 生かして, 目にも, 目前に, 相手に, 眺めた, 眺めてから, 眺めると, 眺め青々, 知らんと, 示せり, 神さまの, 縛って, 自分の, 芸者に, 見た, 見たとき, 見たの, 見つめて, 見ても, 見ながら, 見に, 見まもって, 見よ, 見る, 見るだけ, 見るにも, 見るの, 見守って, 見張って, 見習へ, 訪ねたこと, 話して, 迎へに, 頭に, 驚ろかせる, 高手小手に, 髣髴させた

1 [971件 抜粋] □□□□□□□楽しみに, あざむくことはよういたしませなんだが, あそばせると, あとで, あまりお, あらわした手, ありありと, あれよあれよと, あんなふうにひとり, あんな思いき, いいくるめ直そうって, いじめること, いは, いふ, いろいろに, うか, うつとりと, うらんで, おあずかりした, おかくまい申す, おがみたいと, おがむの, おしかりなさっ, おそろしが, おどろかす物, おのせ, おひ出し, おぶって, おまもり, おもしろいもの, おもへば, おろそかに, お乗せし, お伽に, お信じ申し, お傍, お可愛がりなさる, お呼びする, お呼びに, お妃, お守り下さいます, お師匠さま, お待ちし, お忘れする, お恨みする, お慕いいたし, お慕い申し, お慕ひな, お手ばなし, お拾いした, お挙げ, お疑い, お目, お育てし, お苦しめ申す, お裾, お見棄てなされ, お誘ひ, お部屋, かえた, かえりみたならば, かえ諸国修行, かじりましたので, かなせる, かねがねあ, かばって, かれは, きちんと膝, くい入るよう, くわしく話しました, けしかけて, ここに, こしらえ我, こつそり, こなたで, この方, これに, こんなところ, こんなひどい, ご案内, ご警固, さがしに, さして馬の骨, さも満足そう, さらに二, しずかな, した一種, しりめに, じいっとみつめ, じっと見まもっ, じろじろ見た, すこしく再びわが, すてて, すべて現, せおって, ぜひ一度およびしなくちゃっ, そこから, そのままそこ, その前, それまでも, たいへんありがたく, たずねだして, ださなくては, だまって, ちりばめたやう, つかまえようとして, つくった, とっちめたつもり, とろとろに, どうかした, どこへ, どん底まで, ながいながい冬, ながめたたずんだ, ながめながら, なくして, なしたれば, なせり, なんだって, にがにがしく見, にらみつけました, のせて, のぞいては, のぞきました, はじめから, はじめ同志の, はじめ忍剣も, はじめ浜川横山お, はじめ皇族方の, はやく呼び出し, ひとしきり見, ひどいめ, ひどくお, ふかいご, ふと思い, ふみつけたと, ぶじに, ほうり込みました, ほめといて, まじめに, まだ思いつづけ, まんなかに, みそなはして, みた豹, みては, みよ頤, みるの, みるのみ, もって, やっつけようと, よう納得させた, よく気, よく観察, よび手あて, よろこばせなくちゃ, わざわざ困らせる, われいつまでか, ダネックが, テレビジョンで, 一々考え, 一人で, 一度認識, 一段鮮やかに, 一番大事に, 一目見た, 一見したい, 三人つれ, 上座に, 不図, 不思議そうに, 与えて, 世に返そう, 乗せたら何処, 京の, 人に, 今に, 今日に, 介して, 他に, 伝えて, 何ものにも, 何を, 何処かで, 作る材, 信じさせて, 信じたという, 信じなければ, 信仰する, 信心しよう, 偲ばれて, 入れかえるため, 其の時, 写実した如き, 冥途の, 冷笑し, 初めてこれ, 制し将軍家, 勤めて, 勧請なさいました, 化粧し, 北沢に, 反思せし, 叔父とも, 取り出して, 叙する, 口惜しいやら, 可懐しく, 君に, 呈し多く, 呈するかも, 呪文の, 呼ぶやら, 唱ったの, 問わざるべからず, 嘆いて, 図に, 國民が, 坊つ, 塔の, 声高に, 変えあるいは, 変えたの, 夢の, 大事に, 大好きです, 天から, 失って, 奪り上げた, 妻に, 委く, 婿君に, 守つて下さる, 安全な, 安土の, 宜き, 実現しよう, 容易く見る, 射るの, 將官か, 小額の, 展げた, 屹っと, 平尾氏に, 幻に, 引つぱつてゐるんだからな, 彷彿させる, 待って, 御使, 御加勢, 御断り, 御案内, 御譴責, 心地よげ, 忌だ, 快げ, 念じさせようと, 怒らせたり, 怒らせるつもり, 思いあわせて, 思いうかべました, 思いはかって, 思い出したり, 思い描いたから, 思い浮べた, 思って, 思ひやりては, 思ひ出すこと, 思ひ見るに, 思ひ起した, 思ふの, 思わせるもの, 怪塔の, 恨まずに, 恨みました又, 悪くおっしゃる, 悪く言いすぎます, 想い浮かべて, 想わしむ, 想像させず, 想像せし, 想見れ, 意地悪く, 感ずること, 慕う心, 憚らず, 憶い出させます, 憶ひ, 手本にでも, 打っちゃらかしておいてね, 抱きとめるもの, 拘引する, 拝し, 拝みに, 拝みますにつけ, 拝み申すじゃ, 拝むという, 拝むよう, 拝もうと, 拝借した, 指すもの, 振り落したら承知, 捨てた無情, 排除申しあげん, 掛川へ, 探し出すこと, 描いた, 描きしは, 描きたるもの, 描きながら, 描写する, 救い出したいばかりに, 救い出すのに, 救わないで, 敬いなつかし, 斬り殺したため, 日暮ヶ岡で, 映し出して, 是非よこし, 暗示する, 書き出して, 替えて, 朝夕見, 本当に好き, 案内し, 極り悪く, 槍ヶ岳と, 次の間より, 欺くら, 歌って, 此処に, 死ぬほど, 残して, 残りなく, 殺したの, 殺した奴, 殺して, 殺しましたか, 殺すつもり, 殺す者, 母上を, 氣取り, 水野に, 油絵に, 浮世の, 混えて, 渡すまいと, 満足させた, 片付けてから, 物語りました, 現わす, 生かしちゃおかないぞっ, 生き返らせたの, 生んでから, 生命と, 用明天皇と, 異にし異なる, 疑うたの, 疑った, 病気と, 盗みだしそのまま, 盗み出して, 直参大名に, 真ん中に, 眺めただけで, 眺めつ, 眺める, 眺めるの, 眺め或, 睥睨する, 矢野に, 知つて居ませう, 知らせて, 知らせること, 知りゐたり, 知ること, 示さむがために, 示したり, 示したれば, 示すため, 示す様式図, 礼拝堂は, 神棚へ, 私はじつ, 空想する, 窺って, 立ったまま, 笑うこと, 粗末に, 納得させる, 絵の, 緯と, 縛ったり, 縛っても, 繩に, 罵られました, 翻訳し, 考えた, 考ふる, 聞かして, 聞きて, 聞けば, 背に, 背負い出すおつもり, 胸に, 脅かしに, 腕に, 腹だたしげ, 至極さわやか, 苛められて, 若旦那の, 苦しめるやう, 萩乃に, 藤御, 表は, 表示する, 襲撃した, 見おろしながら, 見かけましたの, 見かねて, 見しむ, 見せず黄色, 見せたくないと, 見せるそんな, 見せんと, 見たかつた, 見たこと, 見たで, 見たと, 見たトタン, 見つけ出しわし, 見つめたので, 見ないでは, 見ましても, 見むき, 見やりながら, 見られたら何程十兵衞殿寛濶, 見るが, 見るため, 見るという, 見るにつけ, 見るべく孜々, 見るほど, 見るより, 見んとの, 見一般, 見候, 見兼ねて, 見参に, 見守ること, 見給, 見聞し, 見送らねえ中, 覗ひ居たる, 親の, 観察せしめざるべからず, 言い現すもの, 訊ねて, 討たせて, 訪ねた, 訪ねると, 訴人し, 詛って, 詳さに, 詳しく知っ, 詳しく述べ, 語って, 語りて, 語れ, 説いて, 読者の, 諦観する, 譬へて, 負うて, 負ぶし, 貰つた上に, 貴嬢, 贔屓で, 軽蔑小馬鹿の, 迎えた, 迎えるため, 述ぶ, 述べようと, 追ツ拂, 連れ出して, 運動場の, 遠くから, 遣附けて, 銃殺した, 鐘の, 閉門の, 離すこと, 離縁した, 雨の, 青石で, 預ける気, 飾ったり, 飾るの, 馬車まで, 騙し殺し, 髣髴させ

▼ さま~ (734, 3.9%)

5 おかあさま 4 お母さまも, 何か 3 それは, なきに, 入道さまも, 好いお方, 相州さまも

2 [40件] あきらめて, あなたの, いっしょだ, いっしょに, いまは, お嬢さま, お歳, これには, ご存じの, さぞお, しまいには, それが, なく, なつかしう, なみだなれ, もう十五, よう見, ろとも, わたしも, ソメ子に, 一しょに, 一緒に, 今は, 仕方なく, 何も, 僕たちが, 出て, 十五に, 御一しょ, 御一緒, 御心配, 御病氣, 星の, 木場の, 母さまも, 行かしたろ, 見えたり, 見き, 見ずに, 見た

1 [626件 抜粋] ああし, あかぬ別れ, あてがは, あなたさまの, あなたを, あのや, あの体, あの方, あの焔, あの者, ありありと, ありました, あります, あり妙見さま, ある, あるもの, あるらしいのに, あれで, あんがい頭, あんたさまの, あんな最後, あんな風, い, いい質問, いっしょについて, いったいどんなにうつくしい, いつそう, いつの間にかいい若い, いとど憐れ, いとめでたし, いはれたやう, いまさらため息, いま掛川へ, いらっしゃい, いらっしゃるでしょう, いろいろに, うしろに, うじゅうぶんでござります, うどんが, うるは, うるみました, うれしからず, おいでが, おいでられて, おおでき, おかげさまで, おかしいなあ, おかわいそう, おすき, おっしゃって, おとなしいかた, おどろいたご, おに, おまきさま, おやじさまも, おやすみに, おゆう様, おゆるし下さった, およろこびなら, おれも, お一方, お人, お喜びでござりましょうよ, お堅い, お大事, お奉行さま, お子さまも, お察し, お帰り, お待ちかねで, お念仏, お怒り, お悦び, お慈悲, お歌の, お正月の, お気の毒さ, お独り, お畫, お疲れなさんした, お神輿が, お笑いに, お許しくださりませ, お話しが, お話しに, お里さんの, お驚き, お齢, かいだあの, かくなりはてた, かして, きっとほくほくなさる, きっとわたし, きっと喜ん, きょうあった, きわめて躍如, くわえて, けすさ, ここ四五日新九郎さんが, ここ幾夜も, ことごとくご, ことの, この名歌, この子, この御台所さま, この時, この点, こらへて, これから後, これについて, ころして, こんどは, こんなお方, こんぴらさまもみな石で, ごさいよう, ご一しょ, ご一緒, ご存じよ, ご安心, ご承知, ご挨拶, ご用, さうお, さうパパ, さがして, さぞかしお, さぞホクホクでしょう, さだめし蔭, さばさばした, すっかりご, すでに御, すでに柳ヶ瀬, すみに, ずっと昔, ずゐぶん, せつないおもいを, せめてこの, そういっ, そうお, そうし, そうだった, そうです, そう思っ, そう言っ, そのお, そのよう, その場, その生活費, その空, その部類, その頃, そばで, それこそ, それだけは, そんな時, たいそうお力, たいそうご, だいぶこのごろ修業, だいぶ巧者, だめな, ちっと睨み, ちょっとお参り, ちょっとね, ついな, つれえ, とうとう年貢, とうとう腹, とうにお, とうに湯島, とても弱っ, ともどもに, とんだ氏子, とんと御, どうかこの, どうし, どうぞこちら, どうぞ忘れない, どんなつらい, ない, ないの, なかなかに, なくなお, なく廊下, なく思い, なく松, なぜわたくし, なつかしながら, にわかに険しく, のちに, はっきりなおる, はやお, はやくお, はやくりっぱ, ひとしくまぎれない, ひとしほ恐れいつた, ふき矢を, ふびんを, ほつと, ほれから, ほんとうに, ぼつ, まことは, まざまざと, またお, またおもしろい, またその, またそれ, また哀れ, また思われる, また気, まだ依然むかし, まだ十五, まだ根性, まねかれること, みなと一しょに, みられなくなるの, みんなあの, みんな同じ, みんな幸福に, むずかしいこと, むずかしいの, めずらしくお家, めっきり腕, もう五年, もう冬, もう暫くがまん, もって, やたらに, やって来られて, やっぱり仲買人, やな, やはりこ, やはりそれ, やむなく誓紙, ややなまめき, やや安心, やりなおして, よい方たち, よく, よくお, よくできた, よく御存知, よく知っ, よく見えた, よく見えました, よろこんで, ろくなもの, わしの, わたくしどもの, わたくしも, わたしの, われわれも, ホレーショーも, ホンモノかという, ママの, 一つ, 一つ話では, 一つ食っ, 一ト晩どう, 一人じゃ, 一国一城の, 一興なり, 丈助を, 三浦さま御, 上さまの, 不分明, 不思議だ, 不死の, 世にいなくなり, 中将だ, 中津川まで, 久喜の, 了解できる, 二の句が, 云々と, 亡き今日, 亦斯, 人なり, 今が, 今の, 仕合せ, 仕合せまた, 仕度しろ, 以前は, 仰せられて, 仰っしゃっておられます, 仰っしゃろう, 仲よくつき合っ, 伺わずに, 何となく心, 何とも申し上げる, 俗名を, 全く同じ, 其のお, 其の中, 其の積り, 凡ならぬ, 出させるつもり, 出たよ, 分るが, 助けて, 勇夫兄さまも, 動物を, 北の, 半島を, 却って雅趣, 厭に, 又どんなに, 口を, 只今お, 可憐であった, 合戦に, 同じでございまし, 同じ思い, 吐息を, 哀れです, 喜んで, 嘸お, 嘸悦ぶ, 土地の, 堪忍が, 大きくならっせいた, 大きくなられたでございましょう, 大きな柱, 大奥で, 大殿前田利家さまにも, 天の, 天外に, 夫の, 夫婦の, 奥へ, 好きに, 妾を, 始君も, 委しく知りたい, 婆さまも, 孤軍の, 学問が, 宇治の, 安らかに, 少し変わっ, 居られますが, 市内へ, 帰らぬうち, 年まし, 幾久しく, 広さ, 庭に, 役人たちも, 従弟さまも, 御なくなりなされ, 御二十一歳, 御入り, 御壮健, 御存じで, 御存じでございましょう, 御存じの, 御寮人さまも, 御息災, 御所を, 御歸國後, 御洋食, 御浪人, 御湯, 御用人, 御病気, 御自分, 御運, 心地よく見られる, 忠行侍従も, 念じ上げて, 思いやられる, 思はれ申し候ひき, 思ひやられる, 思わずささやき声, 悉く変り, 惓き, 惜しいこと, 想像される, 意を, 意外とは, 愚僧を, 成井さんも, 戸締りに, 所詮のがれる, 手ぐすね引い, 手傷を, 承服し, 拍子抜けが, 拝めなくなって, 捨て置けずその, 文學者として, 料簡を, 斯なにお, 新田将軍の, 早かった, 早くいらっしゃい, 早く仕度, 明るい繪, 明智先生の, 明智探偵を, 昔とは, 昼夜の, 時雨て, 晶子姉さまも, 柘植姓である, 次手に, 止したらどう, 歯医者が, 死んで, 残念さう, 毎年たいがい同じ, 毎年借家の, 民部どのも, 気が, 気づかわれます, 江戸ならでは見たく, 決して術, 決心なすったらしい, 沢山あるで, 泣いて, 流石に, 温かくしなけれ, 湘南地方あたりに, 潤太郎さんも, 灯台の, 無く虚, 無事に, 煙に, 片われ, 物さび, 犯人の, 理不, 甚だま, 生かしては, 男じゃ, 白髪の, 皆さまも, 皆賛成, 盃を, 直々宮の, 相当煩悶した, 眉毛よまれる, 真面目に, 眼の, 眼を, 知って, 知らぬ顏, 磯五の, 私ども, 私も, 程無う, 空を, 突き堕されたのね, 立ちどまって, 緑が, 縁切り状を, 縛り上げられて, 聞えませぬ貧乏, 自分に, 自分の, 般若の, 船の, 若旦那さまも, 落ちつきなさい, 虚を, 虫が, 表面だけは, 見えき, 見えそう, 見えた, 見えやして, 見え申し, 見ないでは, 見ゆる, 見事である, 見当たらないで, 見覚えは, 誰も, 負けずに, 貴方の, 賛成し, 賛成よ, 趣味人の, 踊らなくなったの, 躍起と, 近頃み, 逸早く御, 違えば, 遠知, 遣り切れません, 鎮子姉さまも, 間髪を, 阿倍の, 頭髪が, 飮み, 館へ, 馬に, 驚いたろうが, 黙って

▼ さま~ (598, 3.2%)

9 一緒に 8 いっしょに 7 御一緒 5 いって, 二人で, 同じよう, 呼んで 4 お別れ, なって 3 おなじよう, ご一緒, なった, なりました, 一しよ, 一つに, 呼ばれて, 脇を, 言ひながらずつと

2 [35件] いうと, いうので, いっても, いはれて, いわれる方, おっしゃるお, お二人, お夷さま, お書斎, けっこんした, ご一しょ, して, 一人は, 三人で, 云ひ, 入道さまに, 化して, 呼ぶよう, 御祝言, 思って, 木場の, 来ては, 深いおん言, 申して, 知って, 私も, 米の, 縁きれ, 縁組は, 言って, 言ふ, 話して, 遊んで, 違って, 青ぞ

1 [449件] ああいう, あいさつを, あたくし, あっしとは, あつら, あにそれ, あの女, あの洗耳房, あやしい情交, あるからは, あれば, いいお, いいこの, いいどうして, いいながら, いいまた, いい他, いうよりも, いえば, いえア, いき会うはず, いたしましては, いったら剛毅, いったり, いつしよ, いつも申し, いひまことに, いひも, いふとも, いふべし, いへば, いやあすぐ, いやア, いわれる身の上, おかあさま, おかみさんは, おかみさんを, おっしゃいましたね, おっしゃいますか, おっしゃいますの, おっしゃって, おっしゃるおかたのところへ, おっしゃるお方, おっしゃるかたでござります, おっしゃる方, おっ母さま, おなじ服, おなじ死に, おなりなされた, おばさまも, おまちがい, お二人きり, お会い出来よう, お信, お兄人, お友だち, お友達, お呼び, お呼びし, お呼びする, お呼びするはう, お呼び申さなけれ, お姫さまの, お嫂さま, お子さまだけ, お子さまだけを, お岩さま, お月さま, お母さまが, お母さまとが, お母さまとの, お母さまとは, お母さまの, お母さまよ, お母様を, お父ちゃんは, お知合い, お考え, お逢い, お食事, お高, きいて, きたらすっかり, きびしいご法度, きまった柳生源三郎様, きめて, くらすくらい, けっこんする, こうしてお, ここで, この与吉, この朝, こんなになっ, ごいっし, ごいつ, ごたごたが, ご婚礼, さいころ, ささいの, さしむかい, したこと, しめあかす, すがり付く可, すこしばかりの, すれば, すれ違, そうだ, そちらの, そっくりです, そのほか, その悲しみ, その方, そやされながら, それからお客さま, それから或, それに, それへ, そんなにお, ぞんじます, ちっとも変わっ, とうにお, どういふ, どうやらこの, どんなお話, どんな関係, なったので, なつかしい思い出話, なつた, ならでは, ならんで, なりに, なりぬ, なり人家, なり戸籍面, なり遠方, なるの, なんべ, にらむ目もと, にらんだとおり, ねえさんに, のこらずの, ののしり恥ずかしめたな, ふたたび仲よく暮らせた, ふたところ, またその, みえるよう, もうし一ども人, やや近い, やらおっしゃるお, やらおっしゃる方, やらから, ゆっくり話, よばしたその, よばせられた, よばれる有閑, よばれ奥さま, よばれ歌川多門, よもやまの, われら私と, オフィリヤとの, キスは, ゴツゴツした, シンミリ暮した, 一しょに, 一ぴきの, 一度会い, 一時間半, 一番最初馬車で, 一緒なら死ぬ, 三つばかりの, 三位, 三四人しか, 不知哉丸君の, 不義密通を, 丹波の, 久振りで, 二人分お, 二人黒い, 云うお方, 云うが, 云う代り, 云う声, 云う御新造, 云う此, 云う謝辞, 云ったぎりで毬, 云ったのに, 云って, 云っても, 云は, 云はれ, 云わぬばかりの, 五郎とで, 交際が, 京弥さまに, 代が, 仰しゃいますか, 仰しゃって, 仰しゃるお方, 仰せられましては, 仰せられ武張った方, 仰っしゃいませんでしょうか, 仰っしゃるお妹さま, 仰有, 仰有る方, 仲が, 伊東さま里見さまの, 伊豆さまを, 会うだろう, 伯母さンとこに, 何を, 何処らへか, 何度も, 何時もし, 何語る, 信雄君を, 兄との, 先生に, 入道さまとは, 入道さまは, 六部は, 出発の, 出雲崎のれ, 分ったので, 別れは, 前川さんとの, 勝負だ, 十五年も, 千恵とは, 千登世さまとに, 口上を, 口論なさいまし, 同じぐらい, 同じ事, 同じ国, 同じ歳, 同じ都, 同列に, 同意で, 同格だ, 名づけた, 告げるに, 呼ばせて, 呼ばれたという, 呼ばれますと, 呼ばれるほどの, 呼ばれる女, 呼びまして, 呼ぶこと, 呼ぶ妹, 呼んだあの, 呼んでは, 呼んでも, 呼声戸口に, 和泉屋だ, 四人分支那間へ, 坂田だけ, 塩竈さまの, 変るけれども, 夜何を, 大の, 大変長い, 大差は, 天璋院さまの, 夫とへの, 奉る始末, 契りました, 奥方さまの, 女たちに, 女の, 女中ひとりが, 女中三人その, 妙なる, 始君とを, 婿しゅうとの, 存じて, 学者と, 安積に, 定めこれ, 家慶公と, 小さく云っ, 小歌が, 小母さまと, 小野田さんとが, 少々御, 山県さまが, 崇めし魂, 師直さまの, 弁護士です, 当時十七八であった, 彼の, 彼は, 彼女とを, 彼女は, 待つて, 御不浄へ, 御同様, 御父様, 微笑んで, 応対を, 恋愛関係に, 恐れ入るかしら, 愛し合ってる久子, 愛人関係だった, 感じが, 感じられるお方, 我新, 戦って, 手を, 承知し, 披官さまとは, 拙者あの, 拝み奉っても, 敏子さまが, 敏雄とを, 於呂知よりは, 旅には, 旦那さまの, 星も, 春のや, 書き出したその, 有仰います, 末おぼつかない, 来たら用, 来らあ, 枕元へ, 森下トシ子ちゃんを, 棺桶ばかりと, 楽しく踊っ, 歌, 正式に, 此処へ, 殊なる, 殺されし者, 母との, 毎日山登りを, 比べて, 毘沙門さまに, 毘沙門さまの, 毛利さまこの, 気がついたればこそ, 沢庵さんが, 河原者, 深く交際, 添はせ, 澄まして, 火の, 熊野の, 犬の, 玉葱に, 琴二郎さまで, 瓜二つな, 瓜二つの, 生きて, 生死を, 申さねば, 申しあげて, 申しあげますが, 申しますよう, 申し藤夜叉さま, 申すお方, 申すもの, 申す次第, 申せば, 申上げた, 申上げます, 男山の, 白狐の, 皇叔とを, 監督の, 相俟つて此, 相談を, 相通ずる, 睨みっくら, 知っての, 知りましたら逃げるん, 秀吉さまも, 私で, 私と, 私とは, 私に, 私の, 科學的破産の, 称えて, 称する大きな, 称んで, 稱する, 稱へて, 立花様は, 筑後四郎兵衛尉さまが, 筑後四郎兵衛尉さまを, 結婚なさる, 義村さまは, 義村さまを, 聞いて, 聞くより, 肩を, 背景の, 自分と, 自分の, 自分を, 芸術と, 荷か, 萩乃は, 萩原新三郎と, 見て, 見るほどの, 見申して, 言いこれ, 言い添えた, 言うん, 言う立派, 言えば, 言ったが, 言つて, 言ひませう, 言へば, 言われた徳, 許嫁の, 話すこと, 話合っ, 誉められぬ, 諸井看護婦が, 謡曲の, 貴下とでは, 踊って, 輕くすます, 近しくなすっ, 追分宿, 連れ立ちて, 連れ立つて, 遊ぶの, 違うわよ, 違ひ, 都合三人で, 金さんの, 釣竿を, 間違えられたの, 隣りずからの, 離れるの, 顔を, 顧問とが, 首ふりの, 馬賊, 馴染めた所, 高, 高一兄さんとを, 高岡さまと, 鼈ほどの

▼ さま~ (324, 1.7%)

2318 つてゐる 14 ひて 8 つてゐた, ひ歩いて 7 ひぬ 5 ふやう, へり 4 はせて, ひ, ひあるく, ひ歩くやう 3 つて居る, はす, ひながら, ひ歩いた, へるかな

2 [25件] つた, つたのは, つて, ひあるき, ひあるく情慾, ひきたりて, ひの, ひ出, ひ出た, ひ四日目, ひ歩き, ひ歩きました, ひ流れて, ふからだの, ふといふ, ふの, ふひと, ふべきなん, ふよ, ふ光, ふ吾身, ふ園丁, へる, アハヽ, 世の

1 [155件] いたもうな, いま頃誰方でしょう, つたあげくとある, つたが, つたこと, つたと, つたとき, つたのである, つた事基督が, つた後に, つてくたくたに, つても, つてゐたら, つてゐました, つてゐるらし, つて亂橋から, つて人懐しい, つて来た, つて歩いた, つて行つた, つて行つたらう, つて青い, はし, はしむるをいふダンテの, はし僕に, はすだけ, はずに, はせる事, ひありきし山, ひありく怪しき, ひあるいて, ひあるくの, ひお, ひき, ひくれば, ひこむやう, ひさ, ひさま, ひしが, ひしころ, ひし頃, ひそして, ひつ, ひでたが, ひながらも, ひに, ひはじめたころ, ひはじめる, ひました, ひめぐりぬ, ひやすき, ひを, ひ一生, ひ今, ひ何処, ひ來, ひ來つた, ひ出たすると, ひ出て, ひ出ても, ひ出でて, ひ出羽, ひ叫ぶ怨恨, ひ地中海, ひ徘徊, ひ或, ひ曠野, ひ来たる敵, ひ来れば, ひ歩, ひ歩いたの, ひ歩いたもの, ひ歩いた信濃, ひ歩いた南昌, ひ歩いた末, ひ歩いてばかり, ひ歩かない, ひ歩きしこと, ひ歩きつひに, ひ歩きトルコ軍, ひ歩き果ては, ひ歩く, ひ歩くかと, ひ歩くかよわい, ひ歩くが, ひ歩く丈, ひ歩く法, ひ歩く私, ひ歩く聲, ひ歩りく, ひ淪落, ひ續, ひ茫然, ひ行きぬ, ひ迅雷, ひ近付く者, ひ迷, ひ遂に, ひ雨, ひ青野, ひ飛ぶの, ふあるか, ふか雲居の, ふきはみ, ふたこと, ふたそして, ふたり, ふて, ふてゐた, ふてゐるやう, ふて居るかも, ふとある, ふと見ゆる, ふなら衝, ふなる黄昏, ふに, ふので, ふは, ふべき, ふべきを, ふめり, ふもの, ふわが, ふわれは, ふドン・アゴスチノ行長, ふ一, ふ不吉, ふ何, ふ内, ふ夜, ふ小, ふ影, ふ彼, ふ我, ふ浮雲, ふ生物, ふ若き, ふ蠅, ふ街, ふ闇, ふ鬼火, ふ魂, へるまた, へる乙女, へる己, へる時, へる此処, へる琉球人, へる風, やぶれし堂, わしが, 五十キロバクダンを, 宵に, 見せる人, 雛鳥に

▼ さま~ (207, 1.1%)

5 お詣り, 参詣に, 御参詣, 行って 4 お参りを 3 お参りに, 夜詣り, 願掛けを 2 お百度, 参詣する, 手紙を, 日参を, 行ったこと, 連れて

1 [162件] いって, うしろ, おすがり, おまいりしました, おまかせし, おゆずりなさろう, お仕え, お伝えを, お使い, お供えする, お出入, お力添を, お参りした, お参りする, お取次ぎ下さい, お告げ申すでございましょう, お招, お母さまの, お目にかかりに, お直々, お線香, お詣りし, お詣りしまし, お詣りしました, お詫, お賽銭, お越しあそばします, お酌, お雪, お電話, お願い申しときなさい, お願掛, お餅, こいつを, このこと, この胸, ご奉公, ご迷惑, さしだせば, さし上候事, じかにお, たいしてぬぐわれざる, たどりついた, つくよう, ですか, とんだ御苦労, ひたすら祈願, へへへへ, まいって, まいりまして, また侍者, まわして, みさおを, もういちど, よしなにお, よそながらご, わたせよとの, 一ノ関さまは, 一緒に, 三七日の, 上げようと, 上って, 上ってからは, 上りまして, 上申し, 主人の, 事情を, 今の, 仔細お, 何う, 何でご, 何とぞよろしくお, 何年でも, 信心を, 其の身, 出かけたもの, 出ました, 出ますが, 出入いる, 刃向い立てを, 刃向え, 勿体なくって, 千代, 参って, 参りましたが, 参拝いたし, 参詣し, 参詣しなすった, 同じ御, 向いて, 呼びつけられさんざん, 圓朝, 多年お, 夜詣りで, 大事な, 奉公し, 奉公に, 奉公致し, 嫁入, 宜しく仰しゃ, 對し, 差上げるよ, 師輔さまから, 御助力, 御回向, 御土産, 御心配, 御手紙, 御神籤, 御飯を, 心願を, 忠義を, 捧げるの, 数珠を, 日参し, 日參し, 景物に, 来て, 来ねえな, 渡して, 濟みませぬ, 火を, 無理な, 生えて, 申し上げて, 病気平癒の, 目礼スタスタ行っちまおう, 矢を, 私の, 秘剣を, 笛を, 納めて, 茶断し, 蕾の, 藤より, 蚊とり線香, 行かうつて, 行かう母さま, 行きましたの, 行きゃ大きな, 行くの, 行く途中, 行っても, 言ひ, 評判とる, 誓を, 貸しに, 返して, 送って, 通うの, 連れ出しても, 遊びに, 遺されて, 電話を, 静, 頼んで, 顔を, 顔出しを, 願を, 食いさ, 駆けつけて, 駈けこんだの

▼ さまから~ (199, 1.1%)

4 お金を, 手紙が 3 相伝の 2 いいつけられて, いただいたもの, いただいた蜜柑, いただいて, 何か, 拝領の

1 [176件] あの片目, あれほど, あんな明快, いいつけられた使命, いって, いやそれほど, うかがったの, うしろ指ひとつさされた, おあずかりし, おかしくだ, おこと, おそわって, おたより, おはがき, おばさんに, おほめ, おまもり, おゆづりのあのべつこうの笄, お上へ, お使い, お先に話し, お取上げ, お尋ねが, お目玉を, お聞きで, お褒め, お言葉, お許しが, お許しの, お話が, お話しが, お輿入れ, お金が, お金貰った, お電話, お高, かず子は, からかわれたこと, かわいがられて, きつく諫言, この日頃, ご下問, ご内命, ご命令, ご大切, ご赦免, さまざま優しい, すこし首, すれば, そう言われ, そのお金, そんなに言われる, たくの, たのまれて, でございます, とんだ極楽, どんなお, ならすぐ, はねてから, はやお, ひとつもう, ひどく叱られたら, ふと聞い, まえに, また何, また大役, よろしくなんて, わたしは, アニリン色素が, ウンと, セークスピアの, ベロンと, 一方ならぬ, 一本松まで, 一本松までの, 丁度湘南, 下は, 云はれた, 云われた事, 京の, 仏像を, 他の, 仰しゃるのを, 伝えられて, 伺いますと, 伺つたお話でも, 伺つたわ, 位を, 何度呼び出しを, 使が, 俊基朝臣の, 兄へ, 入らっしゃいました, 六波羅, 分かれて, 勘当された, 勘当を, 十分な償い, 千早城の, 反軍と, 取り立てて, 取り立てようと, 受けたお, 叱られるの, 叶えて, 名越殿に, 呼びに, 呼び出しが, 命ぜられました, 唐織十反その, 天皇さまに, 妙に, 妹に, 始めるぞ, 委細を, 子の, 子宝を, 宜しく仰しゃっ, 家の, 密策を, 帰り掛けに, 御前が, 御勅命, 御教書の, 想像する, 戴いたの, 戴いた東山, 戴いた物, 手が, 改まつ, 故右大将家, 教えられて, 数々の, 書面が, 来ました, 殿さまへ, 毎日の, 毎日追い回され, 洞察し, 火急に, 熱いお, 父の, 特に頼まれまし, 相撲に, 磯五の, 私に, 私の, 立派に, 羽二重を, 考えて, 聞いたのよ, 聞いて, 聞かされたと, 聞くまでの, 苦情が, 見ると, 誠一と, 諸国の, 譲られた品, 譲られました大事, 貰った金, 貰つたのです, 贈って, 軍配を, 速達が, 遠ま, 金の, 金子を, 銀色に, 頂いたお金, 頂いたもの, 頂いた一張羅, 頂いて, 頂く薬, 頼まれて, 馬鹿に

▼ さまたち~ (183, 1.0%)

6 のお 4 が主 3 のこと, はお, はこの 2 が波, とおなじ, にはまだ, のよう, は, はめいめい, をさがし, をすくう

1 [148件] いちゃ, がかえって, ががく, がぐずぐず, がここ, がこれ, がすくわれなくなっ, がそこ, がそんな, がひらり, がまだ, がみんな, がやった, がやって来た, が出来ぬなら, が可愛, が密談, が御殿, が御用, が御覧, が手, が白鳥, が私, が難船, が馬鹿, こそこんな, たった三人, だと, で, でしょう, ですよ, としてあたし, とその, と並ん, にあい, にあした, にあんまり, にいそい, にかわっ, にとっては少々, になっ, にはないしょ, にもどうやら, によろしく, に分け, に向っ, に吹聴, に目, に私, に自慢, に言ったら, のあいだ, のいい, のお世話, のお話, のかしら, のすんだ, のところ, のなさる, のまえ, のみなかっ, のゆくえ, のパン, の一命, の下, の中, の仰せ, の先祖, の出, の刃, の可憐, の命, の墓場, の子孫, の宝, の怨み, の悪心, の情熱, の想像力, の所, の父君, の知りたい, の耳, の腕, の腹, の花壇, の行く末, はあつまりました, はいかにも, はいちばん下, はいったい, はうち, はおいしい, はかえって, はかなし, はきょう, はこたえました, はしかも, はすでに, はずいぶん, はぜったいに, はそれ, はちいさい, はちゃっ, はちゃんと, はで, はどこ, はのる, ははくち, はみんな, はもと, はわたし, はマント, は何, は傍, は密造罪, は小林, は小鳥, は彼女, は御, は徳川方, は手, は母子水入らず, は水, は永年, は海, は生かし, は責任, は赤い, は都, は酋長ロロ, もじ, もちいさい, も俺以上, も同じ, も安心, も気, や, やられたな, わるものの, をいたましく, をすくいだす, をすくっ, をみごと, を仲間はずれ, を探し出し, を許し, を魔法

▼ さまには~ (183, 1.0%)

2 いつも丁寧, 合掌を

1 [179件] あたしの, あとで, あのお声, あのずっと, あの隠宅, あまり似, あまり読書, あらず, あらで畫, ありません, あれど, あんまりお, いい得なかったの, いおりて, いくらでもおいしい, いずこ, いつもながら, いつもなん, いと易い, いろいろお話し, おわかり, お二人, お会い出来ない, お変わり, お家の, お怪我, お気の毒, お目にかかる折, お知らせいたさず, お祖母さま, お考え, お耳, お茶出せない, お駕籠, かえって戦, かつてまだ鎌倉, かような, きさま, ここで, こんな話, ご存知の, ご機嫌, ご通知, さぞお, じゅうぶん見せびらかす, すこしも科, すこやかに, そのやう, それと, それ程までに, そんな所, たいへんお, たいへん御, たえられなくなりました, ただひとり, たびたび御, だまって, ちっとばかり, ちっともよろこび, ちゃんとみごと, ついに山, できるだけ長く, とうから, とても判りっこない, どういうよう, どうしてああ, どうしてあゝ, どこかで, なんの, はからず世話, はがき一枚の, はやそこで, ひと飛び, ふさわしくない, ふたたび京都, まことに相, またなき良い, まだご存じ, まだ私, もっとうらやましい, やはりあの, ゆすること, よく理解, わかって, 一向珍, 一幡善哉千寿などの, 一方ならぬ, 上げつらなァ, 亀千代君という, 人造人間の, 今どこに, 今もっ, 似合は, 似合はず堂々たる, 何から, 何とも云い出さなかった, 何にも, 何よりの, 内密に, 内証に, 前掛けを, 及びも, 口に, 同国人の, 因縁の, 困つて, 奥様が, 女房が, 妹さんが, 少からず, 岩沼の, 年来御, 役所の, 彼女が, 御懐姙, 御機嫌よく, 御番衆, 御自害, 御運, 御隠居さま, 恐れ入ったお, 想像も, 懐しい東京楼, 指さなかったが, 斯くの, 書いて, 楽しみばかり, 毎々一通りなりません, 気がつかずさあさあ, 永, 江戸城へ, 淋しいの, 済まないが, 無理だ, 王妃さまの, 生きながら, 甲斐源氏のみ, 申しませんが, 申上げられません, 男相と, 病む苦しみ, 目の, 相州さまといふ, 破門に, 礼も, 禁物でしょう, 私から, 私たちが, 私の, 私より, 立会いくらいの, 第一, 粒ぞろいお, 自害を, 裏切られ翌朝, 見えない筈, 見えは, 見せたくない, 見られなかつた或, 見当が, 親と, 言ひ兼ねる, 言わなかったに, 言出し, 話せぬ事情, 誠にお, 誰にも, 諸所に, 豫め事を, 較ぶべく, 違いなかった, 遠慮なんか, 酷迫さが, 間違いだ, 関係の, 関西三十八ヶ国の, 隠して, 青山の, 黒い処

▼ さま~ (181, 1.0%)

11 兄さまお 6 兄さま, 師匠さま 3 嬢さま 2 ひいさま, ひとりの, 早いなし

1 [149件] あにいさま, いやな, うちと, うわさにも, かみさん有りやす, ききなさい, けがは, じきじきに, じきじきの, すこやかに, すすみ遊ばしませ, たずねを, たずね申し上げますが, たのみを, だるけりゃお茶, ちかづきが, てがら, なつかしう, なつかしゅうございます, ねが, はいりなさいまし, はやう, ひさしぶり, ひさしぶりでございます, ひとりで, ひとりでは, ひとりは, ひとりを, ほよそ左, まち申し, めえ, めがねで, めずらしい, やかたさまと, やせに, ゆきさまが, ゆるし下さい, ゆるし下さいまし母, よろこびに, わすれに, 一つお, 一人だけの, 一人で, 一人の, 一人へ, 一人を, 主の, 二階に, 亡くなりにな, 仕度は, 伺い致した次第, 元気そうだ, 兄ぎみさまの, 兄さんなんと, 入り嬉しく, 具合お, 内儀さんが, 出初を, 分りに, 国で, 坐りなされませぬ, 城へなど, 墓詣り, 墨つきの, 声がかりの, 大切に, 姉さまと, 姉さま江戸の, 宅の, 宿でございます, 寒いで, 師匠さまそっちへ, 師匠さまたいへん, 帰りだ, 帰りやして, 帰り下さいまし, 庇だ, 引きこもり, 弟君は, 待ち兼ねでございました, 心づけ, 忘れか, 恨みでございます, 慈悲で, 手, 手を, 手判は, 手当さえ, 手手出して, 支度なされませ, 旗本衆, 日さまあなたは, 早よう, 星さまなにあげよう, 槍を, 水を, 沓を, 無心よ, 父さま, 父っ, 爺さまって, 申し付けにござります, 留守に, 疲れです, 目が, 目ざめか, 目に, 目通りでございまし, 眼ざめですか, 知り合いで, 示しなすっ, 祖母さまお, 祖母さまが, 祖母さまその, 祖母さまでございます, 立派に, 粂さまの, 約束の, 経に, 義姉さまにも, 聞えに, 聞きに, 聞きの, 聟さまの, 腹だちは, 自身が, 船に, 若くて, 茶代は, 蔵前の, 蝶さま, 蝶さまです, 裁きまで, 見えなされました, 見えに, 見立てとしては, 覚えも, 言葉が, 話しましょう, 跡目立ちの, 逃げ下さい, 酌を, 露が, 預かりの, 顔を, 願する, 馬の, 高さまは, 高に

▼ さま~ (164, 0.9%)

15843 あ, ぜ, ぞ 2 から, からだ, が此, こと, つたのです, と, ということ, といふ, ねえ, わ

1 [108件] あと偉, あの方, いまに, お目, かってこと, からあなた, からこそじ, からこそ諸侯, からって商売道具, からとそういう, からど, からね, からカタキシお話し, からパパ, からママ, から仕方, から城太郎, から失礼, から悪く, から本当に, から温和, から申します, から蛇飯, かわからない, か知らない, が, があの, がいい, がそう, がつもり, がどう, がね, がねえ, が吾家, が引っ込めねえ, が松公, が皆濫交, が舅, けどあなた, けれどその, けれど金魚, しお, ぜえ, その辺, ぞい, ちのもんだ, つてお, つてお母さまだ, つてさうだ, つてずゐ, つてよく, つて二度も, つて云へるん, つて将軍家が, て, という, といひふらし, とか金持, とさ, とて年ごろ, とて苦しみ, とて金滿家, とにっこり, とは云, とは思う, とは思つて, とばかり思っ, と云い出す, と云う, と仰, と帰った, と思うなら, と思っ, と思つて, と聞きやした, と誰, なその, なまんなか, なんてばからしい, なんて言う, ねエ, ね北原君, の, のう, のって, のと, のに遊び, のへ, はっはっは, もの, ものきれいな, ものほんの, もん忙しい, よやっぱし, よ八丁堀, よ蟻, るる恋慕, るる愛慕, わねえ, わネ, ア, タンボ大事に, ッ, ナアアハヽヽヽ, 油を, 色よりは, 血道を, 霜こほる

▼ さま~ (153, 0.8%)

6 おか 3 お母さまの 2 お嬢さま, お母さまに, お母さまは, お母さまも, お母様に, その余, なあ, 瑞仙さまが, 社長に, 苫舟に

1 [124件] おかあさま, おかあさんまで, おれが, お兄さま, お助け, お千代さま, お姉さま, お嬢様を, お庄, お母, お母さまが, お母さまたちは, お母さまと, お母さまを, お母様や, お稲荷さま, お高, お鶴様, がことごとく, が戸, きょうの, そいから, そういう静か, そこに, その杉夫つう人, それから, それを, そんな江戸名所, たまの, のとて衝, ばあやたちは, ぶくぶくと, ほかの, ほか沢山な, まあ何, まん, わたくしに, ポーランド大使の, ラプンツェルの, 一休和尚の, 一党の, 一座の, 上野の, 中には, 人間の, 代稽古峰丹波, 伊庭さまを, 兄さん姉さまの, 先の, 入道さまから, 入道さまが, 入道さまそれから, 入道さまに, 公方さまにも, 公方様が, 勅ゆえに, 北村青年と, 千恵は, 叔母さまに, 和助さまは, 和子様まで, 問註所の, 夜も, 大船, 天の川, 天照大神または, 夫人がた様が, 奥さまに, 奧さまや, 女中たちの, 姉さまのね, 婆さまよう, 宮廷や, 寺男に, 将軍にも, 小文治さま, 川の, 庭園なども, 弓矢八幡が, 役場の, 忍剣さままで, 息子を, 敏子さまや, 敦子さまに, 敦子さまや, 晩酌に, 朧夜の, 松山さまとは, 松平侯爵夫人なんか, 柳が, 武州さま前夫膳大夫広元さま鶴岳の, 母さまや, 民部さまに, 民部さまの, 活動の, 溝際の, 潤太郎さんの, 灯一つ, 無邪気な, 父さまの, 王妃さまの, 痩せた手容, 相州さまとは, 相州さまの, 社長の, 神さまが, 祭の, 絶望の, 義兄さんな, 自由に, 草が, 萩乃には, 萩乃様を, 落葉や, 行者の, 観音さんで, 貫之の, 赤ん坊が, 近藤老人と, 阿弥陀仏様を, 高級船員が, 高級船員の, 鶴吉どんが, 黒板や

▼ さま~ (134, 0.7%)

7 はございません 5 はない 3 ござります, はありません, はございませぬ, はなく, もある, もお 2 あつて, ござりまする, はある, は御, は御座いません, もない, も躍らし

1 [90件] あたしも, いい保養, いかがです, いらっしゃいます, いらつし, おありなされた, おられること, がけに, けっこうです, さあ, さえ分らぬ, だいぶ暖かく, どうも, なおことば, は, はいらっしゃいませぬ, はお, はございますまい, はございませんでしょう, はござんせん, はという, はとうけ, はとて渡, はと和げ, はなけれ, はなし, は奥様, は捨てる, は有り, は皆さま, は皆さまお変り, は老いぬ, は苦, は言わずもがな, は身分, は離れぬ, は顛動, は驢馬, もあるらしい, もうよろしく昨日あたり, もお湯, もこいつ, もこう, もこんな, もございました, もございません, もそぎゃん, もそのまま, もたんと, もちっと, もで, もどうして, もどこ, もなかろう, もやさしい, もやれ, も乗り, も今度, も仕事, も利かないでしょう, も始め, も宮女, も少し, も津山さま, も皆人間, も能, も見出した, ようやく学校, 丈夫な, 丈夫よ, 人間並みに, 大変好きな, 実に重大, 念を, 淋しさ, 無事で, 無事に, 狹から, 皇室を, 眼も, 禿頭と, 私にも, 見ましたが, 達者でございます, 重荷では, 重要な, 金運きたる, 陽気が, 非常に, 駒井と

▼ さまにも~ (129, 0.7%)

3 そんな経験 2 あらぬを, そんな經驗, 中, 会って, 百合の, 褒め物

1 [114件] ある, いうこと, いたく御, いろいろある, うちあけなかったもの, おそろしい災難, おふた方, およろこびなさいましょう, お会, お兄上, お別れ, お変りも, お子さんにも, お尋ねする, お手伝, お母さまにも, お気に, お気味悪う, お目, お目にかかりお, こっそりと, これは, ごひいき, ご不審, ご機嫌よう, ご相談, さも似, しろまた, その仕合せ, その父親, それが, ただ一つ, たれそこらいっぱい, ちょっとお, どこか, どんなにお, なっては, なるに, なるべくこっそりこの, なれるほど, はっきりわかった, はっきり見覚え, まさつて, まさる心地, またこんな, またもう一度, また尼御台さま, まだまだ尋ねたい, み心, よう叱られました, よくお, よくそう仰しゃっ, よく似, よろしく, わかって, わからなくな, 一つだけ, 一つ食べさせ, 云い出しにくい, 云えば, 今ついで, 今夜ちっと, 以前の, 会いよく, 会えるよう, 似たり, 似たりとは, 似て, 似ぬ無慈悲, 何か, 側近くおかれ, 勝る美女, 十三日の, 叔父御, 坑道を, 宗誠にも, 室町期以前の, 幾ほどの, 広元さまにも, 御一同, 御一緒, 御挨拶, 御機嫌宜しゅう, 御相談, 御迷惑, 忠隆の, 恐れ多い, 拘らず次第になにか, 拝ませに, 暑いさなか, 東京へ, 決して心底, 涙を, 済みませぬ, 無断か, 煎じつめれば, 犯人は, 申し上げて, 知らして, 私は, 筆の, 終りたま, 見放されたか, 言えないよう, 言ひきかせたき, 話すこと, 語れぬから, 誰にも, 變る, 迷惑を, 逢われます, 道庵先生が, 食べさせべ, 黙って

▼ さまです~ (104, 0.6%)

1611943 から, わ, わね 2 かい, からね, があなた, と, と知らせた, なあ, ねえ, もの, 始終いろ

1 [37件] お安く, かお, かどの, かね, からいよいよ, からとお断り, からねえ, からはつきり覺, から六蔵, から失礼, から普通, から熱した, から省きます, か阿, があの, がうち, がこう, がこれ, がどうぞどうぞ, がな, がね宅, がもう, が何しろ, ことね, すぐに, ぜ, って, な, ねえお, ねエどんなに, ね片腕, の大変, もん, よと取次ぐ, よオホホホホ, よ姐, わネ

▼ さま~ (73, 0.4%)

6 んだ 5 のです 4 の, のだ, のでございます 2 のよ

1 [48件] お方が, ことか, ことさ, ことだ, ことです, ことに, せり, その目, だけである, のが, のだった, のでご, のでございました, のでした, のでしょう, のでその, のに心配, のは, のよとおしえ, またひどい, もんでやし, んざちと, んだろ, んで, んです, セヽラ笑ひ, 一件が, 不機嫌, 事実の, 事実を, 問いを, 役目は, 心に, 悪意で, 次第だった, 次第な, 津田の, 眼で, 習慣が, 脅迫よりも, 色男の, 若い女, 訳で, 訳でございます, 話だ, 話で, 返事が, 陽の

▼ さまという~ (64, 0.3%)

5 のは 3 お方が, ものが 2 お方は, ことを, のが, のを, ものは, 人は, 方が

1 [39件] おとの, お名前, お大名, お方に, お方も, お民, ことだけは, ことは, ところが, ところだ, ところでした, ところも, のだ, のも, みじめな, ものである, ものの, ものも, やつは, わけです, んでやす, 二人の, 人々が, 人が, 人で, 人の, 古めかしい観念, 坊ンち, 大年増, 女子に, 娘さんと, 強い人間, 御仏, 御光, 感じの, 架空の, 者が, 者は, 若様が

▼ さま~ (60, 0.3%)

3 自身の 2 一族の, 夫婦の, 家督の, 自身が

1 [49件] 一同に, 一存で, 一族からの, 一族が, 一族と共に, 一族も, 一族を, 一族九十八人を, 一統も, 一處ならではと, 一行から, 不在の, 伝来の, 兄弟は, 入国の, 出府の, 卑怯じゃ, 在世中は, 境内で, 夢想の, 夫婦と, 夫婦は, 心配は, 挙兵以来の, 接待の, 放免の, 案内し, 死去に, 気分が, 気分は, 無事で暮らし, 無理でございます, 病氣と, 祝品御, 立腹でございましょう, 繁昌, 自慢の, 自由で, 自身から, 自身に, 自身には, 草創の, 覽なされ, 診察の, 誕生の, 謀叛の, 金は, 長子泰時さまそれから, 領主さまの

▼ さまとは~ (56, 0.3%)

1 [56件] あの, いぜんから, いったいどんな, おそらく余り, ご父子, たいへん違っ, ちが, てんで頭, どうかし, どなたを, なにか御, なれり, なんだ, なんでえい, なんとも哀れ, なんの, まるで違った, もうたびたびお目にかかれません, われながら, 一つわらじの, 不仲に, 互にからみあっ, 互ひ, 何かと聞かれる, 何と縁遠い, 分りませんでした, 受け取れませんなど, 古くからの, 可なり, 同じ穴, 呼びませんよ, 和宮さまの, 因縁の, 夫婦に, 小野田さんの, 御一族, 御所の, 御昵懇, 思えないよう, 折り合いの, 気が, 深更けの, 無事だつた, 生前倶に, 町, 知らないが, 絶えずお, 縁も, 老小使爺, 茶の間の, 表かんばん, 親子な, 警官に, 違え屋敷もん, 違って, 違ひます

▼ さま~ (49, 0.3%)

32 のうち

1 [44件] がおれ, が悪い, ず匙鋤, ず彼ら, ず誓紙, だって生命, というその, と同行, ない, ないの, ないばかり, ない気持, ない氣持, ない腹の虫, なかつたもの, には分っ, にわかる, に思いやり, ぬ, ぬから, ぬと, ぬといふ, ぬとき, ぬの, ぬので, ぬ人, ぬ意味, ぬ路ば, のした, のな, のもっ, のやっ, のよう, の塩首, の泣き声, の給与, はそも, はなにもの, はよくも, は仲間, は男, までが天下通宝, も一つ穴, を警備軍

▼ さまにて~ (45, 0.2%)

2 幾時をか, 御立かへを

1 [41件] ありしやは, あれば, いつ出來上る, いともの, いまだひそめる, おわし候, かつて脳中, この濠, その頭, のぼり, ひそやかに, よい年忘れ, わずかに, イイエさうで, 傾蓋の, 内裏へ, 再び花子, 命死なむ, 家を, 寺内広々, 寺内廣, 居り候ひき, 岩の, 幾分か, 当方は, 手を, 有べきが, 水に, 水滔々たり, 法事も, 泣きぬまた, 狂い騒ぐを, 発見せられたる, 眼の, 祭祀も, 立ちて, 立ち齒, 立止りし, 過させ給, 金之介の, 首を

▼ さまあなた~ (43, 0.2%)

2 のお, はお

1 [39件] おうれしく, が蝙蝠, ぐらいのもの, こそいったい, こそお, だけです, ちっともご存知, でございましたの, ではございませぬ, ではない, に, にお, に限った, のしもべのまた, のまい, のよき, の所, の身, は, はおそろしい, はお父さん, はこの, はご, はそこ, はどう, はほとほと, は世の中, は今晩こ, は先刻, は勿論, は卑怯, は可哀想, は少し, は本当に, は正義, は死にたい, もずいぶん, もやはり, も一つ

▼ さまこそ~ (41, 0.2%)

1 [41件] いい迷惑, いぶかしい奴, いぶかしけれ, おかしけれ君, きょう限りお, くらべようなく, この似, さっきから, それが, そろそろお, たかが不浄役人, どこの, ひどいわ, まことに奇々怪々, まことの, よく憶え, 一番ひどく, 人でなし, 人間だろう, 今ご評判, 何も, 口は, 可笑しけれ, 実はモニカ, 少しどうかし, 山手の, 常陸坊海尊な, 忘れやらぬ中, 怪しけれ, 愛でたけれ, 歌あ, 漢の, 珍らしけれ, 私との, 竹童の, 老子の, 花束の, 譬へても, 逐一ご, 金属, 餓鬼の

▼ さまこの~ (34, 0.2%)

1 [34件] お三家, お方こそ, お方は, お酒, くらいお客様, とおりお詫びを, ところすっかり, ひと帰っ, カテリーナ・リヴォーヴナは, 上は, 他にも, 伯母御なら, 儀いまから, 写真ご, 印籠を, 土地の, 子の, 子は, 年寄の, 手紙を, 方が, 暑いのに, 楽器は, 海は, 瀬戸を, 牡蠣の, 理に, 竹童が, 老い先, 者に, 茶屋の, 返報を, 通り, 頃は

▼ さまより~ (34, 0.2%)

3 外には 2 先に, 遠くへ

1 [27件] おくがた, お一つ下, お言葉, の, ほかに, まるまる首, やさしいの, よろしくお伝え, 一日ほど, 事つぶさに, 人が, 偉え, 光るの, 尻の, 広海屋, 強いやつ, 御便り, 御権威, 御苦労が, 情けない, 整へ, 無論いい, 真の, 観音さまの, 身に, 遠いという, 高くのぼる

▼ さまだって~ (33, 0.2%)

1 [33件] あたいが, あたしに, あばたの, いい顔, いうだけ, おっちょこちょい極まる, お手許, こんなにいい鳴り, ご老中, さきほどおっしゃったで, すこし無理, そうでねえ, とってもハムレットさま, なかなかやります, はじめて背広, まだお, むかしと, ものの, やはり同じ, ハムレットさまの, フランシスと, 不敬です, 人間だ, 俺の, 判って, 天国だって, 女だ, 小さいとき, 心の, 生きて, 私生児を, 自分を, 褒めて

▼ さまこれ~ (32, 0.2%)

3

1 [29件] お好き, がまた, がわたし, が槌屋, が皆朝, じゃど, だから, でいい, でごめん, で六十, と異なる, なるは, はすこし, はそれ, はどう, はな, は今朝, は何, は実に, は家内何人, は我今日, は負傷, もおまえ, も上河内, や二疋, をも書い, を出し, を御, を読ん

▼ さまでございます~ (32, 0.2%)

102 か先日, が, ね, よ

1 [14件] お二人, かいかが, かお, かという, から何, がお, が何分, けれども私, これは, って身の上話, とな, と挨拶, よと云い, よねえ

▼ さま~ (30, 0.2%)

2 にお, のお, の御相手

1 [24件] があの, がいらっしゃいまし, がずらりと, が十勝, が呆れる, が訴え出た, にお目にかかりたい, に引き取られ, に言いつかりやした, のお宮, の刃, の御覧, の母, の貸, の追っ手, はお, は坂東, へ会わせ, へ御馳走, へ申し上げます, もたいへん, も御, を待っ, を待つ

▼ さま~ (29, 0.2%)

3 ぶりに 2 なし, はる雲, ッ

1 [20件] あのお嬢さん, こなに, たち, てんで見分け, はるなし, まだこの, わからないけど, アハハハ, 七の, 北海道の, 存じませぬが, 宰相夫人か, 家のは, 梅兄様に, 武家の, 知りませんが, 笑わせるよ, 羽鳥へも, 訴人は, 鬼倉ちふ

▼ さまその~ (28, 0.1%)

1 [28件] あと芝神明, お二方, お見立て, ご意見, すゞちやんといふの, ほか御家人衆を, 一つを, 上の, 声は, 外の, 大望を, 子を, 実を, 幅廣の, 態度その, 手を, 方は, 時に, 朝顔の, 気に, 消行く, 灰汁の, 男に, 自然の, 訳を, 金色の, 鍛冶屋は, 頭の

▼ さまがた~ (27, 0.1%)

2 のお, は庭

1 [23件] がお, にちょっと, にみだら, に売りさばい, に申し上げます, に迎えられる, のたび, の上つ方, の公平, の御, の方, の足, の間, はただ, は善意, は申す, もご, もすい, も申され, をお, をかずしれず手がけ, をし, を早々

▼ さま~ (27, 0.1%)

2 を引取

1 [25件] がもし, が今立聞, が此処, が結った, しの, だけはどうか, どうしましょう, には自分, にも一枚, に宝, のお願い, の勉強, の頭, はお金, はこの, はこれから, はどれ, はもう, は何, は心配, は悪人, は惡人, は死に切れません, ももう, を恨ん

▼ さまじゃ~ (26, 0.1%)

4 ござんせんか

1 [22件] ありません, ありませんか, ありやせんか, いずれまた, お目, そなた, なあ, ない, ないぞい, ないで, ないでしょうはっきり, ないの, ないのよ, ないよ, なくって, ねえや俺は, アない, ア有りません, 疎, 警固怠る, 起きて, 金魚屋に

▼ さまどうぞ~ (26, 0.1%)

3 仏さま

1 [23件] お乗り, お助けなさっ, お助け下さいまし, お構, お気を, お許し下さい, お身, お静か, お願, こちらへ, ご存分, そのよう, ゆるすと, わたしの, わたしを, 仏さま私の, 勘弁し, 床を, 早く, 昔の, 末なごう, 相手に, 私達を

▼ さまそれ~ (22, 0.1%)

2

1 [20件] から三浦, から相州さま, ならば, にあの, についてね, に外桜田, はいけない, はこういう, はご, は何, は嘘, は御, は本当, は羅馬, は酒, は飛ん, ばっかりはお許し, をどう, をまるで, を握りしめました

▼ さま~ (22, 0.1%)

2 うぞ

1 [20件] ういう, うか, かの象徴, か仰, がお, して, しに, ていや, といふ詩的, にとなく, の事, もわけ, も恐がらなくっ, も詫び, をおっしゃいます, をし, をそんなに, をなさる, をなされた, を思った

▼ さままた~ (21, 0.1%)

2 斯くの, 斯の

1 [17件] いたずらを, いらした, お頭, かくの, ご来客, どこへ, なく心, やり始めたもの, 人どもも, 兵隊の, 尼御台さまに, 市ヶ谷瘤寺の, 朝鮮の, 木下様が, 来たわよ, 汗と, 第三

▼ さまとの~ (20, 0.1%)

4 間に

1 [16件] あいだに, うずまきが, お仲, 中昔の, 仲は, 仲も, 仲を, 御縁談, 縁組です, 縁組みは, 過ぎる幾年間, 間が, 間も, 関係として, 関係は, 関係を

▼ さまなら~ (20, 0.1%)

2 直ぐ何

1 [18件] いろんなこと, おゆう様, ここに, こちらは, さっきから, なんといつ, ばきっと, ば一真寺, まさか人間, もう阿弥陀如来, わざわざお, 今書斎, 僕は, 大事ご, 必ずともに他人, 春の, 水練に, 貴方の

▼ さまへの~ (20, 0.1%)

2 片思いが

1 [18件] おみやげ買いました, お参りは, お手向, お近づき, お願いごとも, ご恩, ご説法, ご説法ぢゃ, 供養とも, 御土産, 御奉公, 恐れでございます, 手向けに, 最後の, 申しわけに, 義理, 言葉は, 貸方二百五十両の

▼ さまでした~ (19, 0.1%)

32 か, な

1 [12件] いまに, からその, さあお伴, それではまあ, と丁寧, と兄, と礼, にひきつづき, ねえと, また明晩, わね, ワ

▼ さまどう~ (19, 0.1%)

5 したの 2 どお

1 [12件] かせめて, か今年, しただ, しただね, したらよろしゅう, しやした, でご, なされましたお, なすったの, なすったので, なすつて, なん

▼ さまなど~ (19, 0.1%)

1 [19件] いつも聞きつける, うたへる, ところどころに, よく御, カソリックと, 世ばなれて, 問うに, 小説などで, 少しは, 展開し, 御ところ, 思ひうかべて, 打寄つて協議, 樣, 殊勝なりき, 玻璃越しに, 画にも, 私の, 遠ま

▼ さままで~ (18, 0.1%)

1 [18件] いつも頭, こまごまと, ついて, モノに, 一きわすぐれた, 何か, 出向かずに, 力いっぱいばんざいをさけびました, 失礼に, 御一しょ, 御参詣, 御遠慮, 次つぎに, 歴々と, 私の, 見通せたの, 道, 頼んで

▼ さまなる~ (17, 0.1%)

1 [17件] かの大いなる, かを見, ことを, と共に, に我等, に裳, は姑, は笑うべき, ものの, も多, も深く, をいふ, をた, を見るべし, 影を, 戰を, 月が

▼ さま~ (16, 0.1%)

1 [16件] かんべんなすっ, きげん, 一族は, 参拝イ, 夫婦は, 家老殿へ, 心配ご, 機嫌よく, 無理よ, 祈願所を, 秘蔵あそばす, 秘蔵の, 自身が, 自身にて, 要心を, 退屈です

▼ さまとも~ (16, 0.1%)

2 あるもの

1 [14件] あらうお, あらうお方, あろうもの, いわれた家康, お目, お相談, お見うけする, お近づき, ご相談, なり得る力, 云わずお前さん, 云われた身, 存じませず徒弟ども, 歳徳神とも

▼ さまもう~ (16, 0.1%)

1 [16件] いいです, おむか, お午, ここまで, そりゃいい, よくお, わたしは, 一ぺん叱っ, 一遍し, 何にも, 傷は, 次の, 沢山でございます, 白椿が, 直宜, 蛾次郎も

▼ さまよりも~ (16, 0.1%)

1 [16件] いいもの, おかあ, ずっとうつくしく, むしろここ, もっともっとお, もっと好き, もっと遠く, よろしゅうお, 原田さまの, 大きいという, 小さくなった, 御権威, 情けないわけ, 耻かしい, 背後の, 貴きもの

▼ さまだった~ (15, 0.1%)

4 のです 321 ときの, のであります, のでし, よ, ナ, 十代の

▼ さまあの~ (14, 0.1%)

1 [14件] お縫どん, お金を, ねこないだ学校, ねわたし, ウォツカの, ハンコ屋さんで, 一歩一歩に, 大銀杏, 容子じゃ, 方あたいが, 朝鮮唐津の, 林の, 虫の, 赤い煙突

▼ さまみたい~ (14, 0.1%)

1 [14件] じゃない, だ, でこの, なお年, なかっこう, なもの, なもん, な美しい, な貴様, な身なり, な顔, になった, に一日中笑顔, に食物

▼ さま~ (14, 0.1%)

1 [14件] がうたっ, が槍, が遺産, て妻, に男, のおん身, のため, の中, の番, はお, は出る, までも火, も紅い, 御夫婦

▼ さまここ~ (13, 0.1%)

5 ではあなた 1 においで, の家, の所, の旦那, はよほど, は竹童, へ泊まる, を終えたら

▼ さまそんな~ (13, 0.1%)

3 ことを 1 あかがね, お望み, こと, ことは, ものを, もの吸っ, ゆとりが, 往来ばた, 浅墓, 顔を

▼ さまへも~ (13, 0.1%)

2 ごめいわく

1 [11件] あのよう, お前さまより, さくら一枝, ちょっと参詣, よく御, よろしゅうおわび, 参詣し, 御前から, 徳利の, 紀州の, 老中一同へも

▼ さまかと~ (12, 0.1%)

2 思ったと 1 わいわい騒い, 云ふんだ, 思いましたので, 思うたよ, 思うほどの, 思ったわ, 思って, 思ってさ, 思われる美しい, 聞いたから

▼ さまからの~ (12, 0.1%)

2 御書面 1 お呼び出し, お文, お言葉, お訊ねじゃ, くれぐれの, 出品も, 御使, 折角の, 重ねての, 頂きものから

▼ さまって~ (12, 0.1%)

1 [12件] あれで, いや松平, えの, お呼びに, だれの, どこの, もっと女, 云う御方, 云われる時機, 仰有ると, 己の, 誰れ

▼ さまなどは~ (12, 0.1%)

1 [12件] この近海, その六百年, その後時政公からの, とんでもない, ないの, まだとんと確か, 両三遍拝, 今が, 全く夢にも見ました, 夢の, 御殿に, 考えるだも

▼ さまよい~ (12, 0.1%)

2 歩いた 1 がどんなに, の不安その, の子, の帰り, の永遠, を, を楽むよう, を海上, を見る, 歩いたあげく

▼ さまよう町~ (12, 0.1%)

10 のさまよう家 1 の道, は

▼ さま今日~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけはわたし, の御, の日, は, はとても, はもう, は六畳, は縫い取り, は菊の節句, もあなた, もお出かけ, も行った

▼ さまでございました~ (11, 0.1%)

61 お店, かああ, からあの, か間諜, ね

▼ さまよう家~ (11, 0.1%)

11 のさまよう

▼ さまをも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いちど今に, いろいろと, お見殺し, 含めて, 島から, 恐れぬこの世, 想像した, 知らぬ気, 見おぼえお, 見た, 記して

▼ さま~ (11, 0.1%)

41 て, てえな男, てたりや, てよ木, てらっしゃい, ばやとて, 給ふ

▼ さまからも~ (10, 0.1%)

1 おねがいし, きびしくお, その話, たくさん褒め, 事の, 今生の, 叡慮を, 口止めされ, 母への, 財産の

▼ さま~ (10, 0.1%)

2 も皓々 1 あまゐりませう, ちィ, へ, へこの, へたつた, へチラチラ, へ御, まるで化

▼ さまさえ~ (10, 0.1%)

1 あれば, お許し下さいましたら, ずうっと, まごころ, よろこんで, 可笑しかった, 御他界, 御帰参, 御承知, 想像せられた

▼ さまさま~ (10, 0.1%)

21 それで国, だよ, と拝み奉っ, にし, に物, の色, よ五十キロバクダン, 大明神

▼ さまなんか~ (10, 0.1%)

1 あれども, いやな, ほんとうに, よりゃわが国, よりゃ死んだ黒田先生, わざとで, 品行方正よ, 来るわけ, 軽井沢へ, 顔も

▼ さまに対して~ (10, 0.1%)

1 うむっ, おそれおおうございます, おめ, おれは, お気がね, タッテとの, チャンと, 実に恭しく, 御自身, 恋の

▼ さままだ~ (10, 0.1%)

3 なにも 1 いらっしゃいましたか, いらっしゃらない, お留守居役, このへん, だあれ, なの, 馬車の

▼ さまお母さま~ (9, 0.0%)

1 おたっしゃ, にとってとても, に御, のお, のため, の密, の御, の魂, 御元気

▼ さまとか~ (9, 0.0%)

1 なりまで, 云いました, 云う昔風, 呼んで, 奥州さまと, 御飯とかいう, 聞いて, 風俗とかは, 鷹とか

▼ さまとして~ (9, 0.0%)

1 いろいろ親切, 共同に, 初めて京都方, 厚遇され, 堂々と, 戴くよう, 拙者にとっては, 次郎左衛門を, 諸人に

▼ さまとて~ (9, 0.0%)

1 お叱り, せきを, まえとに, もう今日明日, 同じ人間, 女子づれでは, 父さま似, 用捨は, 番茶の

▼ さまとを~ (9, 0.0%)

2 あひ 1 実際に, 思浮べ, 我に, 折衷せられ, 示しつ, 見ながら, 見まわしたが

▼ さまなんて~ (9, 0.0%)

1 いう事, いわれて, お嬢さんはな, まさか, みんなああ, ものは, 云つてらし, 者は, 言葉

▼ さまわたし~ (9, 0.0%)

1 お父さま, がわるう, でございます, はきのう, はこの, はたのしく, はまい, は今, をお守り

▼ さまあれ~ (8, 0.0%)

1 からあと, が好き, さ仏が, だけで, でもあたし, は瀑布, 久さまとより, 目高が

▼ さまお前さま~ (8, 0.0%)

1 のお, の前, は, はどこ, はもう, はよく, は何, は和宮様

▼ さまだけ~ (8, 0.0%)

3 では 1 だよ, です, ですけれど, なのよ, 教えて

▼ さまだけが~ (8, 0.0%)

2 わたしが 1 うつくしくさえ, そっくりであった, その訳, はつきりと, 伺候し, 別天地に

▼ さまといふ~ (8, 0.0%)

1 お人, ことです, だんなの, ものが, 呼かけと, 奉行さまが, 御人, 暗いお方

▼ さまとが~ (8, 0.0%)

1 いっしょに, おりて, だんだんくわしく, 描いて, 私の, 見えて, 鎬を, 頭の

▼ さまどうか~ (8, 0.0%)

1 おじひ, なすったの, 私どもに, 私どもの, 私どもを, 私にも, 私の, 私を

▼ さまなどが~ (8, 0.0%)

1 お入来, しきりと, はつきりと, 五百や, 今も, 切々に, 思ひ描かれて, 眠られない頭脳

▼ さまなどを~ (8, 0.0%)

1 あなたに, あばれ込ませないの, うつとりと, クリストフに, 割合に, 実演させられた, 書いて, 眺めては

▼ さまなり~ (8, 0.0%)

1 お召使, ければ, しに, といへ, 專門家は, 翁は, 舅御, 花子は

▼ さまばかり~ (8, 0.0%)

1 だ, で, でお, でご, でなくお, でなくその, でなく所々, では

▼ さまつて~ (7, 0.0%)

1 いふの, はゐられない, ゐた, ゐたが, ゐたの, をいでよ, 晴れて

▼ さまであった~ (7, 0.0%)

1 ことは, そうです, という話, とてその, とは今日, に相違, 婦人が

▼ さまである~ (7, 0.0%)

1 かどう, がさすが, が今年, と臣下一同, ハットン夫人に, 夫人の, 義弟の

▼ さまなんかに~ (7, 0.0%)

2 負けるもん 1 おれの, かかりあうの, なって, なりすまして, まけるかよ

▼ さまにと~ (7, 0.0%)

3 つては 1 おっしゃって, くいの, こうしてお力, 仰せられしを

▼ さまにゃ~ (7, 0.0%)

1 あ己, あ通る, どうして眠白, 女の子の, 春子さまに, 無理だ, 駄目でやしょう

▼ さまほどの~ (7, 0.0%)

2 名門の, 御大身 1 お人, 人気に, 方々に対して

▼ さま~ (7, 0.0%)

2 てえ 1 てい, てえな, てはー, てェ, 妃ならではと

▼ さまみた~ (7, 0.0%)

2 ようだ, ような 1 ようでげす, ようでございます, 夢

▼ さまらしい~ (7, 0.0%)

2 こと, わね 1 ことを, 六つばかりの, 振舞を

▼ さまわたくし~ (7, 0.0%)

1 があなた, こんななごやかな, どうなる, に早く, はお, はここ, をお

▼ さま一人~ (7, 0.0%)

1 かんて, でお茶喫ん, でなんで, で花, と天下, の手, ゐ残して

▼ さま誠に~ (7, 0.0%)

1 三歳の, 存外の, 恐入りますが, 有難う存じました, 残念でございます, 私は, 結構な

▼ さまいい~ (6, 0.0%)

1 からねそっち, の, わねえ, んです, 気味ほほ, 考えが

▼ さまかも~ (6, 0.0%)

2 月さへも 1 しれないと, 知れないけど, 知れないと, 知れないな

▼ さまさながら~ (6, 0.0%)

1 にこ, ほかの, 大いなる欺罔, 幸なき, 我は, 軟かき風

▼ さますら~ (6, 0.0%)

4 もうおいで 1 む, もうお出で

▼ さまそう~ (6, 0.0%)

1 あきらめるよりも, おっしゃられても, じゃない, はいかない, は行かない, 思わない

▼ さまどこ~ (6, 0.0%)

1 かへお出まし, か別, にいます, にいらっしゃいます, へおしまい, へ行く

▼ さまなし~ (6, 0.0%)

41 では, のお

▼ さまなども~ (6, 0.0%)

1 その仇名, よくうかがわれる, 京より, 古くからの, 当然の, 見えた

▼ さまなりし~ (6, 0.0%)

2 が忽ち 1 が, がその, が怯えたる, をお

▼ さまなれ~ (6, 0.0%)

1 それながら, ど, ばここ, ばこれ, ばなに, ば戯れ

▼ さまについて~ (6, 0.0%)

1 いろいろ想像, これ以上うかがう, またつらつら, 子供たちに, 浦島は, 神意を

▼ さまへと~ (6, 0.0%)

1 あるあれ, お手紙, したもの, たしかに申しまし, 移って, 言って

▼ さままでが~ (6, 0.0%)

1 つい恨めしく, まるで黒い, 庭に, 盆踊りじゃあ, 眼に, 調子っ

▼ さまよう~ (6, 0.0%)

2 にし 1 という色町, などとは毒々しく, 細き息, 聞かつし

▼ さまよく~ (6, 0.0%)

2 御存じの 1 ご存じで, 入らっしゃいました, 知って, 見ろ

▼ さま~ (6, 0.0%)

1 のさま, の噂, の来る, は何時, をし, を好く

▼ さま~ (6, 0.0%)

1 の身分, までこんな, まで真間, 帰ったよ, 帰りました, 樣染の

▼ さま以外~ (6, 0.0%)

1 にはお願い, にはない, にも兄, に例, のこと, のだれ

▼ さま失礼~ (6, 0.0%)

2 ですが 1 では, ながらまだ, ながら正気, なこと

▼ さま~ (6, 0.0%)

1 の作品, の折, の招き, の普賢菩薩, は馬車, をトーキー撮影所

▼ さま早く~ (6, 0.0%)

1 お金出し, 上って, 帰るべ, 行きましょう, 起きて, 起きてよ

▼ さま死ん~ (6, 0.0%)

5 ではいや 1 じゃ損

▼ さま~ (5, 0.0%)

1 たくしこれ, たくしたち, たくしも, ばよ, またずく

▼ さまあたい~ (5, 0.0%)

1 ちょっと追っかけ, ちらっと見, も外, よ, よ昼間

▼ さまあたし~ (5, 0.0%)

1 ね面白い, の愛, は眼, もよ, をお笑い

▼ さまうち~ (5, 0.0%)

1 のお母さま, の旦那, の茶園, の鬼瓦, 湿つた山気

▼ さまおか~ (5, 0.0%)

2 あさま, あさまは 1 あさまたち

▼ さまお願い~ (5, 0.0%)

1 だから, で, でございます, でございますこれから, です私

▼ さまがか~ (5, 0.0%)

3 はいさうだから 1 へるまで, わやに

▼ さまがかへ~ (5, 0.0%)

2 つたら何と, つたら私 1 つたらびつくり

▼ さまがね~ (5, 0.0%)

1 お前たち好きな, その秋田犬, ほらあの, 斯う, 生きて

▼ さまこんな~ (5, 0.0%)

1 いいお天気, ところに, はてしも, 物つまらない, 話どこかで

▼ さまごと~ (5, 0.0%)

2 も千世 1 がある, とはどういう, を臆面

▼ さまだの~ (5, 0.0%)

1 なお公卿方, 浅野幸長さまだの, 琴平さまだ, 細川忠興さまだの, 美さまだ

▼ さま~ (5, 0.0%)

2 やない 1 きでごぜ, や, や無い

▼ さまでしょう~ (5, 0.0%)

21 あんたはね, それで小説家, 気が

▼ さまとても~ (5, 0.0%)

1 お土産, ずるいのよ, ひどく入用, 入れません萩原さん, 素敵な

▼ さまながら~ (5, 0.0%)

1 そう願えます, その通り, どこへでも, どちらへでも, 大谷風呂まで

▼ さまなぜ~ (5, 0.0%)

1 お母さまは, お父さま, にお, プーリは, 富栄は

▼ さまなぞ~ (5, 0.0%)

1 あまりに見飽きたる, 今から, 打ち明け足, 柔情甚だ, 見返して

▼ さまなぞを~ (5, 0.0%)

1 こっそりと, じつと, 呼んじゃ, 眺めながら, 見ると

▼ さまなどと~ (5, 0.0%)

1 いって, お呼びする, 呼ぶが, 平常おっしゃっ, 砂浜の

▼ さまにとって~ (5, 0.0%)

1 この師直, そういう区別, めずらしくおもわれた, 冥加だろう, 彼の

▼ さまほど~ (5, 0.0%)

2 では 1 ぞっとする, 世に顕, 長上に対して

▼ さまやら~ (5, 0.0%)

1 あの近郷, なんとおっしゃる, 年寄りの, 茶ばかり, 郎党たちまで

▼ さま何処~ (5, 0.0%)

1 かでお, か遠方, なのよ, にいらし, へ行つて

▼ さま~ (5, 0.0%)

2 なり 1 で買っ, は私, れは

▼ さま~ (5, 0.0%)

1 と悪逆, のお, のれい, の諸, よく分ります

▼ さま自身~ (5, 0.0%)

1 がだらう, にだつ, にひきくらべ, のその後, の写真

▼ さま行っ~ (5, 0.0%)

2 ちゃいや, てまいりまする 1 てくれる

▼ さま貴方~ (5, 0.0%)

1 にお, のため, はここ, は実に, 少々伺いたい

▼ さまいと~ (4, 0.0%)

1 おもしろく東京灣内海岸, ことわりなり何, 樂しげなれ, 苦しげ

▼ さまいま~ (4, 0.0%)

1 お義父さま, から後, ではわし, 行くわよ

▼ さまこちら~ (4, 0.0%)

1 です, にお, の家, ももう

▼ さまこれから~ (4, 0.0%)

1 まいに, 何所ぞへ, 淋しくお, 蔵前の

▼ さまそんなに~ (4, 0.0%)

1 お泣き, お駆けんなっ, ご心配, 尾っぽ

▼ さまだけに~ (4, 0.0%)

1 似るの, 御存じで, 聞える音, 螢も

▼ さまだけは~ (4, 0.0%)

1 どう考えた, やめて, 御退出, 黙って

▼ さまと共に~ (4, 0.0%)

1 北の, 同じ燈火, 御参詣, 誰やら

▼ さまなに~ (4, 0.0%)

1 あげよう, も悪い, よりまっ先に, をおっしゃいます

▼ さまにては~ (4, 0.0%)

2 無かりき 1 実に国家, 晴る

▼ さまにでも~ (4, 0.0%)

1 なって, 參つた, 知れた日, 言いつけたり

▼ さまにまで~ (4, 0.0%)

1 おの, お粂, こんなお話, 底知れぬ

▼ さまに対する~ (4, 0.0%)

1 おゆう, 信頼心の, 御心酔振り, 扱いは

▼ さま~ (4, 0.0%)

1 でもやむをえない, ササンビ歌, 少しは, 蟹科は

▼ さまはじめ~ (4, 0.0%)

1 あえなくお, お役人たち, 御一同, 御一族

▼ さまひとり~ (4, 0.0%)

1 が計略, でどうやら, で住ん, は朝

▼ さまへは~ (4, 0.0%)

1 今お, 何ともお, 歓之事難有存候, 毎年の

▼ さまほんとに~ (4, 0.0%)

1 お気の毒さま, 大丈夫でございます, 戻って, 水臭いよう

▼ さままたは~ (4, 0.0%)

1 人形芝居を, 弱い者, 故右大臣さま, 陸奥守さまなどと

▼ さまをと~ (4, 0.0%)

1 いひかけて, びこえるめうしのダンスや, ほつて, 仰しゃれば

▼ さま~ (4, 0.0%)

2 のお 1 とかどの, の糸

▼ さま仏さま~ (4, 0.0%)

4 どうぞ仏さま

▼ さま~ (4, 0.0%)

1 が釣たん, この宅, のところ, 死ぬ前

▼ さま~ (4, 0.0%)

2 りを 1 りに, りの

▼ さま~ (4, 0.0%)

1 なる小池, の堤下, 大膳大夫さま善信入道さまなど, 駿河守季時さま秋田城介景盛さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の

▼ さま少し~ (4, 0.0%)

1 いやよ, か, は空, 成人した

▼ さま殺し~ (4, 0.0%)

1 ては旦那さま, てやりました, て下さい, に来る

▼ さま~ (4, 0.0%)

3 なりお高 1 なり

▼ さまあなたさま~ (3, 0.0%)

1 がいつか, はそんな, を納得

▼ さまありがとう~ (3, 0.0%)

2 ございました 1 ございます

▼ さまあんな~ (3, 0.0%)

1 こっで, 家から, 池は

▼ さまあんまり~ (3, 0.0%)

1 でございます, な, 変に

▼ さまいふ~ (3, 0.0%)

3 て小言

▼ さまいや~ (3, 0.0%)

1 なところ, はや, 足利一類と

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 もし旦那さま, も言はず, 何う

▼ さまおばさま~ (3, 0.0%)

1 が帰る, じゃない, とよばせられた

▼ さまおれ~ (3, 0.0%)

2 の顔 1 も年老

▼ さまお前~ (3, 0.0%)

1 の云う, はまア, をもはばからず

▼ さまお早う~ (3, 0.0%)

3 ございます

▼ さまかう~ (3, 0.0%)

1 いふ教へを, さま思ひめぐらせし, さま見

▼ さまからは~ (3, 0.0%)

1 なれて, 何の, 表だっての

▼ さまこうして~ (3, 0.0%)

1 いましても, 生きて, 直き

▼ さましっかり~ (3, 0.0%)

1 あそばして, なさいませ, 頼んで

▼ さましばらく~ (3, 0.0%)

1 ここへ, でが, 退屈でも

▼ さまそれから~ (3, 0.0%)

1 ゆっくりと, 明日は, 私たちお

▼ さまたいへん~ (3, 0.0%)

2 です 1 ですよ

▼ さまだったら~ (3, 0.0%)

1 しょせん何もかももうお, だれも, という忍従

▼ さまでございましょう~ (3, 0.0%)

1 がな, ね, 無尽が

▼ さまでなけれ~ (3, 0.0%)

2 ば夜 1 ばならぬ

▼ さまでは~ (3, 0.0%)

1 おわかれ申します, わたしの, 耳に

▼ さまでも~ (3, 0.0%)

1 いって, ちつとも, 描いて

▼ さまといった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 時の

▼ さまとかの~ (3, 0.0%)

1 お行方, 国の, 御洗米

▼ さまとでも~ (3, 0.0%)

1 こちの人とでも, 対座し, 思ったもの

▼ さまなどに~ (3, 0.0%)

1 ゃおかしゅうござりましょうがいま先生が, 化けて, 較べると

▼ さまなにか~ (3, 0.0%)

1 とご用, ね, 御心配

▼ さまなんかは~ (3, 0.0%)

2 勿論恒星 1 それや

▼ さまなんぞに~ (3, 0.0%)

1 お断わり, なんの, 音楽学校の

▼ さまのね~ (3, 0.0%)

1 うちが, うちは, まに

▼ さまはか~ (3, 0.0%)

1 へりました, へります, へるまで

▼ さまはね~ (3, 0.0%)

1 お前の, だいじなご用, 毎日大きく

▼ さまへでも~ (3, 0.0%)

1 お使い, 一緒に, 行く時

▼ さままあ~ (3, 0.0%)

1 不思議な, 何と, 此方へ

▼ さままでに~ (3, 0.0%)

1 発達しき, 進んで, 進化しき

▼ さまもし~ (3, 0.0%)

1 あれが, ひょっとし, 栄三郎様

▼ さまもを~ (3, 0.0%)

2 かし一軒 1 かし

▼ さまゆえ~ (3, 0.0%)

1 このわし, にお, 嘸哀し

▼ さまらしくない~ (3, 0.0%)

1 こと仰有る, と思つたの, ほどお便り

▼ さまわし~ (3, 0.0%)

1 がこうして, の貧乏世帯, は悪い

▼ さまをば~ (3, 0.0%)

1 いつもお, 福音の, 銅板畫にて

▼ さまアンヌ~ (3, 0.0%)

3 ねえ

▼ さま一寸~ (3, 0.0%)

1 いらしつて, おききなさい, お願

▼ さま~ (3, 0.0%)

3 の事

▼ さま以下~ (3, 0.0%)

1 の御, の御家人, はやご

▼ さま何とも~ (3, 0.0%)

1 何う, 申し訳が, 知れず哀れ

▼ さま只今~ (3, 0.0%)

1 お会いしたかった, 帰りました, 帰りました申しエ嬢さま只今

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 お一人, だ一つ, だ蔓草

▼ さま堪へかねたる~ (3, 0.0%)

2 樣子は 1 様子は

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 にお笑い, へてひと, へぬ

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 の男, 師匠さま, 明神だ

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 に肌着, もあり, も皓々

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 に今, の婆, まで送っ

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 の世, へひ, へ飛び退り

▼ さま後生~ (3, 0.0%)

1 です, ですどうか, です塔

▼ さま御機嫌~ (3, 0.0%)

1 がわるい, よろしゅう, 宜しゅう若い衆さん気

▼ さま拙者~ (3, 0.0%)

1 はあなた, は新, 止むに

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 の光, の神さま, もおの

▼ さま昨夜~ (3, 0.0%)

1 お会いなすった, のお, は久しぶり

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 ていた, てください, て下さった

▼ さま~ (3, 0.0%)

3 の袂

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 ときめ, のいま, の非常口

▼ さま~ (3, 0.0%)

1 に見える, をしとやか, をむき

▼ さま神さま~ (3, 0.0%)

1 がわたくしども, のお, の御

▼ さま~ (3, 0.0%)

2 の御所 1 よりも却

▼ さま連中~ (3, 0.0%)

1 が丸ビル見物, が十五, の手前

▼ さま遠く~ (3, 0.0%)

1 て, の青い, へいらつしつ

▼ さま阿弥陀さま~ (3, 0.0%)

1 といったよう, はいま, はただ今

▼ さま高い~ (3, 0.0%)

3

▼ さまああ~ (2, 0.0%)

1 いう乱暴者, えらく立派

▼ さまあたかも~ (2, 0.0%)

1 技に, 細長き七

▼ さまあたしたち~ (2, 0.0%)

1 お願, だってやっぱり

▼ さまあたり~ (2, 0.0%)

1 からそれとなく, からびた公

▼ さまあなた様~ (2, 0.0%)

1 からも何とか, のお洒落

▼ さまあまり~ (2, 0.0%)

1 思うつぼでも, 遅いから

▼ さまあんた~ (2, 0.0%)

1 がケイサツ, は大丈夫

▼ さまあんたさん~ (2, 0.0%)

1 とした, はどうして

▼ さまいう~ (2, 0.0%)

1 ことが, たかて

▼ さまいくつ十三~ (2, 0.0%)

1 な, ななつ

▼ さまいぜん~ (2, 0.0%)

2 から伊作

▼ さまいつ~ (2, 0.0%)

1 そ本当に, でも空とぼけ

▼ さまいつか~ (2, 0.0%)

1 のお話, また別

▼ さまいつも~ (2, 0.0%)

1 おそくかえって, ご機嫌

▼ さまおも~ (2, 0.0%)

1 ひで自分ひとりだけ, ふだに

▼ さまおん~ (2, 0.0%)

2 みの

▼ さまお力~ (2, 0.0%)

2 を貸し

▼ さまお召~ (2, 0.0%)

1 しで, しです

▼ さまお礼~ (2, 0.0%)

1 の言葉, を申し上げる

▼ さまお金~ (2, 0.0%)

1 ちっとしか, のはいっ

▼ さまお隣社~ (2, 0.0%)

2 づから負け

▼ さまかく~ (2, 0.0%)

1 のごとし, もお

▼ さまかは~ (2, 0.0%)

1 いらしいと, 知りませんが

▼ さまかへ~ (2, 0.0%)

1 つてよ, つてよう

▼ さまからと~ (2, 0.0%)

1 いって, 仰しゃったのは

▼ さまがも~ (2, 0.0%)

1 うすいぶん, うずーと

▼ さまぎれ~ (2, 0.0%)

1 に小さな, に朝鮮人

▼ さまぐらい~ (2, 0.0%)

1 強情な, 燻製ものに

▼ さまごらん~ (2, 0.0%)

2 なさい

▼ さましめざる~ (2, 0.0%)

2 ほどの速度

▼ さますみません~ (2, 0.0%)

1 がちょっと, ねお

▼ さまずいぶん~ (2, 0.0%)

1 ひどいわ, 失礼よ

▼ さまそういう~ (2, 0.0%)

1 あなたの, ことは

▼ さまそっくり~ (2, 0.0%)

1 だもの, で少し

▼ さまそっち~ (2, 0.0%)

1 へ曲がっ, へ行く

▼ さまそれで~ (2, 0.0%)

1 善う解りましたじ, 国が

▼ さまそれでは~ (2, 0.0%)

1 お願いです, 私は

▼ さまそろそろ~ (2, 0.0%)

1 お出掛け, 今年の

▼ さまたぐる~ (2, 0.0%)

1 かと言っ, もの

▼ さまたちふたり~ (2, 0.0%)

1 ともこの, を片づけ

▼ さまたる~ (2, 0.0%)

1 ところで, をもって満足

▼ さまだけで~ (2, 0.0%)

1 ごらんくださいまし, そう決めこん

▼ さまだち~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, は海蛇

▼ さまだろう~ (2, 0.0%)

1 と思い, と思っ

▼ さまちょっと~ (2, 0.0%)

1 うかがわせて, 行かせて

▼ さまってば~ (2, 0.0%)

1 お兄さま, お礼を

▼ さまてえ~ (2, 0.0%)

1 お附, 方が

▼ さまでござん~ (2, 0.0%)

2

▼ さまでなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃア, 王妃さまを

▼ さまといふばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく村, 平常は

▼ さまとおつ~ (2, 0.0%)

1 しやいます, しやる

▼ さまとしては~ (2, 0.0%)

1 どうしても王子, 聞きにくいところ

▼ さまとに~ (2, 0.0%)

1 望を, 歸つ

▼ さまとにかく~ (2, 0.0%)

1 妾は, 早くだし

▼ さまともかく~ (2, 0.0%)

1 お上り, これを

▼ さまともども~ (2, 0.0%)

1 どうぞもうお, に港

▼ さまともども奈良~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ さまとやら~ (2, 0.0%)

1 まだお, ア野伏乞食の

▼ さまとれ~ (2, 0.0%)

1 ふしどもの, ふしの

▼ さまどうしてそんなに~ (2, 0.0%)

1 お急ぎ, 考えるん

▼ さまどす~ (2, 0.0%)

1 えなあ, こと

▼ さまどちら~ (2, 0.0%)

2

▼ さまなぞに~ (2, 0.0%)

1 凝って, 親心が

▼ さまなぞは~ (2, 0.0%)

1 お臀, それを

▼ さまなどの~ (2, 0.0%)

1 なさること義理人情, 出しや

▼ さまならぬ~ (2, 0.0%)

2 もお

▼ さまなんど~ (2, 0.0%)

1 があんに, も大

▼ さまにだけは~ (2, 0.0%)

1 嘘を, 申して

▼ さまについては~ (2, 0.0%)

1 伝説が, 備前の

▼ さまにとっては~ (2, 0.0%)

1 一代の, 娘としての

▼ さまにのみ~ (2, 0.0%)

1 いふなる, たりるだけ

▼ さまによって~ (2, 0.0%)

1 救済され, 父娘の

▼ さまに対しても~ (2, 0.0%)

1 汝を, 申しわけが

▼ さまねえ~ (2, 0.0%)

1 今晩だけ, 死神君

▼ さまのが~ (2, 0.0%)

1 一枚, 一枚蛸薬師のが

▼ さまのは~ (2, 0.0%)

1 ぜひ私, 風眼であった

▼ さまのびのび~ (2, 0.0%)

2 と拡げ

▼ さまのみ~ (2, 0.0%)

1 もとへ, 仏は

▼ さまはて~ (2, 0.0%)

1 まえが, まえの

▼ さまはなんて~ (2, 0.0%)

1 おいいだ, 御親切

▼ さまはやく~ (2, 0.0%)

1 あれへ, ここへ

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 あさま, さまだ

▼ さまばん~ (2, 0.0%)

1 ざあい, ざい

▼ さまひどい~ (2, 0.0%)

1 よ, 何を

▼ さまほし~ (2, 0.0%)

1 う心, や

▼ さままだまだ~ (2, 0.0%)

2 強く烈しくご

▼ さままでも~ (2, 0.0%)

1 そういう死ざま, 盗まれまするよ

▼ さままでを~ (2, 0.0%)

1 すっかり見下し, 折ある

▼ さままるで~ (2, 0.0%)

1 盥の, 野豚の

▼ さままア~ (2, 0.0%)

1 何云ふだ, 何時も

▼ さまめづらし~ (2, 0.0%)

1 き壮観, と見れ

▼ さまもうこう~ (2, 0.0%)

1 なっては, はし

▼ さまもうそろそろ~ (2, 0.0%)

1 おいと, 寝ましょうよ

▼ さまやまず~ (2, 0.0%)

2 てうたて

▼ さまよは~ (2, 0.0%)

1 して, ばやと

▼ さまよりは~ (2, 0.0%)

1 ずっとあじ, ギラギラし

▼ さまらしく~ (2, 0.0%)

1 おっとりし, 座ぶとんの

▼ さまらなん~ (2, 0.0%)

1 だってひと, だつてひと

▼ さまキス~ (2, 0.0%)

1 が出来る, しましょう

▼ さまピストル~ (2, 0.0%)

1 から煙, なんぞは妾ゃちっとも気

▼ さまポローニヤス~ (2, 0.0%)

1 の忠誠, は夢

▼ さま一度~ (2, 0.0%)

1 つづみがおひき, 渡れば

▼ さま一種~ (2, 0.0%)

1 の見物, 云われぬ物凄い恐し

▼ さま一緒~ (2, 0.0%)

1 におじさま, に行っ

▼ さま三年~ (2, 0.0%)

2 の馴染

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 がお, を覗き

▼ さま久しく~ (2, 0.0%)

1 之を, 見るに

▼ さま久子~ (2, 0.0%)

1 です, にどんな

▼ さま二人~ (2, 0.0%)

1 で, に水

▼ さま人間~ (2, 0.0%)

1 ていふ, ほどわからぬ

▼ さま今夜~ (2, 0.0%)

1 これから私, はどちら

▼ さま今度~ (2, 0.0%)

1 の百姓一揆, は最初

▼ さま今晩~ (2, 0.0%)

1 お仕事, は萩原さま

▼ さま付き~ (2, 0.0%)

1 の老女, の腰元

▼ さま仰せ~ (2, 0.0%)

1 には折角, まだ私

▼ さま仲人~ (2, 0.0%)

2 といふも異な

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 あバカ, は今日

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 なる木, より観

▼ さま先達て~ (2, 0.0%)

2 は誠に

▼ さま入道さま~ (2, 0.0%)

1 がそろつ, また尼御台さま

▼ さま全く~ (2, 0.0%)

1 信用し, 変りて

▼ さま其処~ (2, 0.0%)

1 の煉瓦塀, の穴

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 て見ましょう, の人

▼ さま出た~ (2, 0.0%)

1 ぞ, のに

▼ さま助け~ (2, 0.0%)

1 てちょうだい, てやる

▼ さま勝手~ (2, 0.0%)

1 にやります, に跳ね廻る

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 此の, 行って

▼ さま同士~ (2, 0.0%)

1 のお, の話

▼ さま同様~ (2, 0.0%)

1 にぶら, に私

▼ さま和子さま達~ (2, 0.0%)

1 のおん身, までも火

▼ さま喜ん~ (2, 0.0%)

2 で下され

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 へば源平屋島, へん方

▼ さま大きな~ (2, 0.0%)

1 声で, 欠伸を

▼ さま大丈夫~ (2, 0.0%)

1 だ, ですよ

▼ さま大変~ (2, 0.0%)

1 でございます, です起きて

▼ さま奥様~ (2, 0.0%)

2 お開け

▼ さま好き~ (2, 0.0%)

1 なの, な人

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ さま宅さ用~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 のところ, を申し上げれ

▼ さま実は~ (2, 0.0%)

1 今夜は, 孝助殿の

▼ さま寸白~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ さま小さな~ (2, 0.0%)

1 すゞちやんが, 人間の

▼ さま小野照さまお隣社~ (2, 0.0%)

2 づから負け

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 へまがる

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 にゾラ, に八

▼ さま帰る~ (2, 0.0%)

1 なんて云わねえ, のか

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 からわがままいっぱい, ならず天

▼ さま弥生~ (2, 0.0%)

1 のため, もお

▼ さま御免~ (2, 0.0%)

1 ください, なさいな

▼ さま恰も~ (2, 0.0%)

1 はせゆくに, 主人の

▼ さま懸け~ (2, 0.0%)

2 て下され

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 けるを

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 がとどかない, を出しちゃってる

▼ さま扱い~ (2, 0.0%)

1 になさいます, を受けた

▼ さま扱かひ~ (2, 0.0%)

2 情なくじ

▼ さま拝みだした~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 う致しましょうか, の邸

▼ さま斯様~ (2, 0.0%)

1 な人, 致しましょうお

▼ さま早い~ (2, 0.0%)

1 ものでございます, 頃の

▼ さま明らか~ (2, 0.0%)

1 なり, に目

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 はもう, 去りて

▼ さま春日社~ (2, 0.0%)

2 御参詣

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 を取つ

▼ さま暫く~ (2, 0.0%)

1 でございましたもう, 竹でございます

▼ さま有りき~ (2, 0.0%)

2 六年前の

▼ さま果心居士~ (2, 0.0%)

1 ではない, のす

▼ さま根曳~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さま正に~ (2, 0.0%)

2 江南沢国の

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 の四郎治さま, の子

▼ さま此処~ (2, 0.0%)

1 からお礼, へいらっしゃい

▼ さま此處~ (2, 0.0%)

2 からお

▼ さま殊に~ (2, 0.0%)

1 きは, 韻致を

▼ さま母さま私~ (2, 0.0%)

2 を引取

▼ さま母子~ (2, 0.0%)

1 も羅刹谷, をどこぞ

▼ さま江戸~ (2, 0.0%)

1 で顔, のお

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 がなみ, を流さう

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 とした, と構える

▼ さま田村~ (2, 0.0%)

2 のおばさま

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 の方, はそれでも

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 としても人, に描ば

▼ さま相州さま~ (2, 0.0%)

1 とお呼び, の御

▼ さま福島~ (2, 0.0%)

1 からお, の山村様

▼ さま私ども~ (2, 0.0%)

1 のこと, の名ま

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 を拡げ

▼ さま舞台~ (2, 0.0%)

1 の上, へあがりましょう

▼ さま英語~ (2, 0.0%)

1 の勉強, 御教授

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 がこぼれ, の創

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 に出, の二階

▼ さま見え~ (2, 0.0%)

2 て余

▼ さま見れ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば手わざ

▼ さま角さま~ (2, 0.0%)

1 に苦悶, 思ひ煩

▼ さま言っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て上げましょう

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 の未だ, をもて

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 が目, も来ない

▼ さま踊り~ (2, 0.0%)

2 のさら

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 を女墻, を飜

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 ひ歸, 拂つてめいめいの

▼ さま追出し~ (2, 0.0%)

2 て家

▼ さま這入~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ さま金剛力士~ (2, 0.0%)

2 が魔軍

▼ さま金魚~ (2, 0.0%)

1 がおじさま, を一尾

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 の蓋, を差向けつ

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 となっ, の権威

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 にて趣, になりぬれ

▼ さま~ (2, 0.0%)

2 に待ちこがれ

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 もう一遍, を接する

▼ さま~ (2, 0.0%)

1 はせる, はれて

▼ さま驚き~ (2, 0.0%)

1 て台座, て臺座

▼1* [1241件]

さまあいつは私, さまあけておく, さまあさっての晩, さまあそこに大, さまあそんでいる, さまあたい歯のお, さまあたしいま中支でやっ, さまあたしらの畑, さまあたし変でしやう, さまあちら様でわたし, さまあっしを助ける, さまあつかいしてもらっ, さまあなた自身ではない, さまあぶないナ, さまあらんとなり, さまあるは, さまあれ何て石, さまあわててはい, さまあわやと見た, さまあんた何うして, さまあんた口をきい, さまあんた此の皿, さまは, さまいいえ私の, さまいかならむ, さまいかにも悲壮な, さまいきなり起上って, さまいくさの話, さまいくら働けと, さまいざお入り, さまいずれ明日ゆっくり, さまいたはつて, さまいっしょくたにして昂奮した, さまいついらしつたの, さまいつ首が飛ぶ, さまいづれも侍, さまいにしへのノア, さまいま御門の外, さまいま此寮には不知火流, さまいま頃はどこ, さまいま骨の話, さまいらっしゃいますか一緒, さまいれて頂戴, さまいろいろお物入り, さまとした, さまうかがいますがあたい美人, さまうかと思つたのだ, さまうしろ手をつかれました, さまうちかてまだ二十, さまうち濕つた山氣を呼吸, さまうまいところが, さまうんぬんはお, さまえらいきれいな, さまおう蓮芯の, さまおからだ本復, さまおさらばでお, さまおじさまと申しあげ, さまおじさま慄え出しちゃった, さまおそれながら此度の, さまおそろしい電報が, さまおちごとです, さまおっしゃりつけとあれ, さまおとうさまてば, さまおどろいてたよ, さまおねがいでございます, さまおばあさま, さまおふくろさまはどう, さまおまはんの, さまおまえにお, さまおみやげでござんすよ, さまおめでとうございまする, さまおもちゃにし, さまおやよく入っしゃいました, さまおらんじゃチョックラ, さまお供という様, さまお側にはべる, さまお前様は嵐, さまお喋りだわ, さまお客様の傍, さまお待ち遠さ, さまお揃いでここに, さまお母様のおっしゃる, さまお湯を一つ, さまお目にかかればもっともっと, さまお立ちどころでは, さまお茶さし上げましょうか, さまお茶ア一杯くんねえ今, さまお話したいこと, さまお貰いなさいませよ, さまお越しねがひ上げ, さまお銭を六厘, さまかえぬほど, さまかくかくかように, さまかなと思つてゐます, さまかのお通り, さまかぶりしている, さまかぶり端折った裾から, さまかぶれの眠った, さまかやちらと, さまからかも知れないわ, さまからてまえの, さまかわいそうなもの, さまがから身で, さまがけふ御, さまがぜぜ持って, さまがちゃんとのっかってござりますのでなてまえ, さまがてまえの, さまがててお嬢さま, さまがなんておつ, さまがにゅうとく, さまがねえもう一つ, さまがわざわざおすえくださったものでござります, さまがをられるさ, さまがんもどきならありますが, さまきたない言葉を以て, さまきたるの先, さまきっとゆるして, さまきつとです, さまきのうやきょう, さまきのう着物着て, さまきょうは放しません, さまきょう会場にいらっしった, さまきょう途中でそれ, さまきりぎりすが卵, さまきれいな神, さまくたびれてら, さまくやしゅうございます, さまくれぐれもお大切, さまぐらいは知って, さまけれどまだ年, さまけれどもこれは, さまにいかに, さまこいつアいって, さまこうなの, さまここらに狐, さまこちら様のおかげ, さまこっちでやす, さまこつちの鬼の, さまこと見ろまア, さまことしは柿, さまことその後の容躰, さまことわりにも過ぎ, さまこと其後の容躰, さまこと死口でも寄せ, さまこのごろになっ, さまこのごろ時花の都々逸, さまこの世に有るべき, さまこれ丈け下さい, さまこんどそのお, さまこんなに割れて, さまごくろうでした, さまごぶさたして, さまご免あそばせしまいに, さまさえもあんな事, さまさきほどお手紙, さまさぞ待遠く, さまさだめしおひもじい, さまさっきちょっと言いかけ, さまさっそくご承知, さまさと青く近寄っ, さまさばやよく, さまさハッキリと思い出しなされませ, さまざうさはございませんから一寸お粥, さまざまの事, さまて, さましかと手を, さましだい風しだい腹しだいだよ, さましづかなり小雨流ら, さましどけなき打とけたる, さましなさいな, さましな小言をいふ, さまじゃあございませんか, さまじゃからだろうという, さまじゃと云わせん, さますぐ行きましょう, さますこしもはやくここ退散, さますじがお客さま, さますっかり師匠そのまま, さますべてがよい, さませっかくおつれ, さませめて一生の, さまなたが, さまそうそういつ迄も, さまそうやすやすと片づけられ, さまそう心配じゃない, さまそこに何, さまそそそんなまた, さまそぞろに人, さまそのままです, さまその後を追った, さまそら真つ, さまそれぞれ野田の辺, さまそれではまた明日でも, さまそれなら勝手に, さまそれ誰から来, さまそんならなお, さまおかしかりける, さまぞと問はる, さまにしが, さまたたきつけることが, さまただの神禰宜, さまただいま帰りまして, さまただいまあらご免遊ばせ, さまただいまお帰りでございました, さまただ事ならず思われましたので, さまただ今戻りました, さまたちいらしって, さまたちおれがビーディーバッジ, さまたちのちからで, さまたちみんなが, さまたち何を愚図愚図, さまたち何者だっ, さまたち早や目, さまたち気がちがったなっ, さまたった一人だ, さまたとえば今の, さまたとへば岩または, さまたのんますぜ, さまたべんと飛び出し, さまだけでもその気, さまだけにはそっと申しあげ, さまだけの慰めでしょう, さまだったってます, さまだつたから, さまだつたら心からお, さまちかごろあんなに夢中に, さまちゃんとご紹介, さまちゃんともう判って, さまちょいとお待ち, さまちょうど昔で, さまついお邪魔, さまついたよ, さまつう人も虫, さまつかぬことを, さまつくづく悲観しちまう, さまつづいてはやがて, さまつて後心の奥, さまつぶさにご覧に, さまづきだつたので絹子, さまなんかな, さまであってもむやみ, さまでありますが気, さまであろうとも私共, さまでいらっしゃるの, さまでございませぬか, さまでございませんから都合, さまでございやしょうか, さまでござんしたか, さまでござんしょうか, さまでしたら朝から, さまでたまさかのよう, さまでないことは, さまでなかったと思う, さまでなけりゃできないことです, さまでねえかよ, さまでもねえまあお前さん, さまでものたれ死にを, さまでやしたか, さまといはるる, さまといふは気の毒な, さまといふべかりけれかく, さまとおくがたとは, さまとお子たちのあいだ, さまとかが紛失した, さまとかって娘さんあれは, さまとからかふの, さまとしか見えませんでした, さまとしましてはまんぷく丸, さまとだけおられました, さまとっておくれ, さまとてもチラチラして, さまとにはそれが, さまとばあや, さまとまで尊信畏服し, さまとめないでください, さまともども二つの騒動, さまともども江戸へお越し, さまとやしき違いし, さまとやらがお出し, さまとやらはせっかく島, さまとやらを訊ね出して, さまとより添ひ, さまとんでもない事, さまどうかまあ御機嫌よう, さまどうしてこの娘, さまどうも大変な, さまどうやらここは, さまどっちもしん, さまどなたでいらっしゃいます, さまどのように, さまどもたづね聞き, さまどれだけ証券用紙, さまないしはお婿さま, さまなかなかしっかりした小僧, さまながらと女房が, さまなきように, さまなく如何にも豐, さまなぐられ賃です, さまなと思うこと, さまなどからその割れ目, さまなどがをりを, さまなどで肉親の, さまなどというものに対して, さまなどといふ猛将, さまなどとはそのお, さまなどをもはつきりと, さまなにしろ今夜は, さまならねど蓮座, さまなら願え難いが, さまなりき阿園は, さまなりなどつぶやくを, さまなりを養って, さまなんの学校, さまなんかって云うの, さまなんずの情知らず, さまなんぞと云う事, さまなんだかへんです, さまなんてもなあこのただ, さまなんど今でも三時, さまにおいて大切だ, さまにか之れ, さまにかの女の, さまにがつと照らす, さまにだけ打明けて, さまにだって見分けが, さまについてのお話ゆえ一生懸命理解いたそう, さまにつつたちあがつて, さまにという考えでは, さまになつての, さまにばさばさばさ, さまにへつらふやう, さまにようく分ります, さまにをかし, さまに対してだって今更気恥しくっ, さまに対しては手酷しく, さまぬるくァござんせん, さまねえお父さま, さまねエ明朝の, さまのかへつて来る, さまのけえた額が, さまのこっちゃあ豪く, さまのしか知らないん, さまのぞくとすやすや, さまのに善く似た, さまのみを述べなお, さまのれいけん夫の, さまはい鯔の, さまはかはつてお, さまはからだが, さまはごじぶんの, さまはじめその他の旗本たち, さまはじめて此処を, さまはじめみなみな一様, さまはじめみんながなまけ, さまはじめ二十人もの妃嬪で御, さまはじめ店の人たち, さまはじめ松平伊豆守どのに説い, さまはじめ警察の方々さま, さまはずうっと, さまはたうとう泣き出し, さまはなええめくら, さまはにが笑いを, さまはもうじぶんの, さまばかりが操を, さまばかりは高が, さまひさしぶりで不, さまひとときわれもかく, さまひと言でもきょう, さまひどいひどいなあ, さまひなびたるものから, さまふうのお客さま, さまぶつけてやつ, さまぶりでなん, さまへっ思いだしましたよ, さまへとて渡されたもの, さまほしきを子爵, さまほどじゃないお, さまほら講演会で, さまほんとうに夏なお, さまほんにいやな, さまぼくは飴, さまぼく毎日いつしよけんめい, さまぼっちゃま, さままあそうお腹を, さままあだ納屋を, さままあまあ此方へと, さままあ暫く見て, さままいどありがとう, さままいられるか, さままかせに, さままことに恐れ入りますが, さままずとっくりと, さままったく犬射, さままでをもなんの, さままアお静かに, さまみがいて, さまみなさまはもう, さまみんなで二十カペーカ, さまむかし紅海を渡りけん, さまめがけてとん, さまめずらしと見れ, さまめずらしき壮観なりけれ, さまもうあんまり来ない, さまもうこの谿間, さまもけふはよう, さまもてまえの, さまもというと, さまもとより爽快の, さまもと銀座にいらした, さまもなんぞ容易ならぬ, さまものすごくだれも, さまもめっかるめ, さまもよかつたらいら, さまもわづか御, さまもネこの頃, さまやって来てイタぶり, さまやっぱし世の中は, さまやつぱり楽観できないらしいん, さまやにいさまたち, さまややしばらく人まぜ, さまゆえ親の病気, さまようこそと玄關, さまよう上大久保を過ぎる, さまよう内に僅か, さまよう間にひとり十三歳, さまよう階をおり, さまよう面をもった, さまよきほどに, さまよくそうやって, さまよのつねならず, さまよへばなく, さまよへども素朴なる, さまよりか二つ上の, さまらバンナグロ街道の狐, さまら兄弟も善戦, さまら皆食えぬとでも, さますい, さまてクッション, さまれたほどこの, さまれようとする, さまれる物から, さまわっし, さまわが目にも, さまわがこの夜倶楽部に, さまわがまま者の姉, さまわし達はその, さまわたくしたちはなんと, さまわたしたちをお, さまわたし寄宿では夜, さまわたし頭をもむ, さまわっしは, さまわるいことを, さまわれを招く, さまをのみ見き, さまをもちまして番組どおりと, さまを以て足れりと, さまを通して将軍家に, さまとこの, さまわかりが, さまアッタスンさまがお目にかかりたい, さまエチカをやめる, さまオォルをぽ, さまカリタはいつも, さまガラガラというなにか, さまギライであった, さまグイと睨み付けぬ, さまグルグル踊るよう, さまコツプ酒をあふりつけた, さまスタイルになつちや, さまスタティウスの, さまスリラー小説のファン, さまズーンと肩口, さまセリファンを呼ん, さまゼススさまをだい, さまタングステン鋼あたま, さまチト御驕りなされ, さまて時々, さまテントはみなさん, さまドシドシ奪われて, さまドヴォルシャックを連想, さまノペタラに麦なんど, さまハ此よふな, さまパパんとこ, さまビシヤリと梅子, さまプーリが犬, さまヘルナー山にお, さまマア此方へ這入んなせ, さまマリヤさまのみもと, さまマルコに見せない, さまモウおもち, さまモウ黄金機会も何, さまモンマルトルの卑しき, さまモー大丈夫でございますとも, さまヨダレを垂らし, さまラプンツェルはいま, さまリット閣下がおいで, さまンときブラ下げる盆提灯, さまン処へ行っ, さま一しょに行っ, さま一つ言いも, さま一つ七弗五十仙づつにしときます, さま一つ腹より出でたる, さま一つ車にのっ, さま一介の町, さま一大事でございます, さま一市をなせる, さま一息する, さま一日としてあなた, さま一時は性命, さま一派の者, さま一片の帛, さま一芸一能のある, さま一門のこり少な, さま一雙の屏風, さま一點の血痕, さま七十に二つ, さま七月の生, さま丈助が此処, さま丈夫か, さまあり, さま三円かし, さま三斎の娘ずれ, さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, さま上る人に, さま不届きな奴, さま不思議なもん, さまに時めく, さま世津子さまのご, さま両手を伸ばし, さま両方の手, さま中国のひと, さまを視, さま之に異ならじとお, さま乙姫さまが御召, さま九尺ばかりの鉄, さま予てお頼み, さま予想以上なり, さまが多い, さま事罪のない, さま二十面相の腕, さま二度と出入りを, さま五尾で百円, さま五百二十把からかかりました, さま五郎義重さまも甚だ, さま井戸水を汲ん, さま些かな音, さま交互作用を憶, さま人形も同じ, さま人間命を投げだせ, さま人間性をひどく, さま今しがたまで居た, さま今夜ほうのき, さま今日吾人が劇場, さま今頃なん, さま以来ただの一度, さま仰向いて寝, さま仲人婆さんを呼ん, さま会つて下さらない, さまの色, さま体系概念へ運ばれね, さま何でそんなに情ないこと, さま何とやらん碑銘, さま何となく彼の, さま何やら私は, さま何卒ねま, さま何度わたくしも国, さま何時までも苦痛, さま何時あたいが木の間, さま何時の間にか来ちゃった此処, さまは眺むる中, さまになれ, さま信号でも交わし, さま信康さまそれぞれ野田の辺, さま修理亮さまそのほか御家人衆, さま修理亮さま出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, さま修行は湯, さま僕ア算術は甲, さま元気で跳ね起きる, さまの命, さま兄さまのお, さま兄さんはもうかえって, さま先刻のほど血相, さま先夜にいたせ, さま光る昼の, さま入れてゆく, さま入道さま民部大夫行光さまだけが伺候, さま入道さま等のお, さま全体どっちからおい, さまお心, さま其の後は, さま其前は藤原, さま其又前は飛鳥, さま其山家風の屋根, さま其處を閉めなさい, さま其黄金機会ツていふ, さま内大臣通雅さま従三位定家卿などと共に和歌所, さま内心おもしろくない, さま内藤右馬允さま等のれい, さま内藤知親さま東の重胤さま, さま写真には顎髯, さま冬夜の如し, さま凄まじきばかりなる, さま凝つた妾宅建てたきもの何とぞ, さま出づればいまなほ苦し, さま出てても, さま出る晩に, さま出発すれば, さま出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, さまを抜き, さま分っております, さま初め大百姓オヤさま, さま利家公不破の彦三どの, さま前のと同じく, さま前夫膳大夫広元さま鶴岳の別当さま, さまを極めて, さま勿体ないことを, さま北斎が両, さま十万石を白石, さま十人並み勝れた愛くるしい, さま十六の, さま十数度の合戦, さま千代子の横, さま千恵はかうし, さま半ば赤はだかなり, さま卑しからぬ女, さま博士夫妻の後, さま博物館の如し, さまのがす嬢さま, さまて風趣, さま去年の暮れ, さま参るおえい, さま叔母さまはどうしても, さま取り出で, さま口惜さに力, さま口惜しさに, さま古風なること, さまだ戲, さま召上りものは何, さま哀しと, さま可哀そうだわ, さま可愛い者どもの, さまの手, さま右京さまの両, さま右馬権頭頼茂さまなども京, さま合点行かぬ次第, さま吉原では桜, さま吉田のとし, さま同伴で広島, さま名所絵に見る, さま向うを覗い, さまをご, さまが至る, さま吾他が終に, さま呂宋兵衛さまはやくここ, さま呆れて手, さまはう, さま和尚さまお願いでございます, さま和田の朝盛さま, さま哀れな盲人, さま善信入道さまなど打, さまお悦びでござえやしょう, さまをひろめる, さま四阿屋の行く, さま困りやすよそんな, さま国分の萩原束, さま園絵は園絵, さま地獄の絵, さま地蔵さま阿弥陀さまといったよう, さま地袋を開い, さま執権どのの左右, さま堪ふべくもあらず, さま堪へかねてふい, さま堪忍して, さまの処, さま塩梅どうだ, さま塩煎餅やの, さま変わりをした, さま夜光の短刀, さまかま, さま夢みる人の, さま大きくなりましたわ, さま大きに無沙汰を, さま大丈夫硯箱はもらはれます, さま大事と時, さま大分お早いなし, さま大吉でございますよ, さま大和の国中, さま大夫尉景廉さま以下の御家人, さま大官令さま武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, さま大層に遅い, さま大膳大夫さままたは陸奥守さま, さま大路の上, さま天井を眼がけ, さま天台一萬八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, さま天狗さまを呪文, さま太郎君さま一門のこり少な, さま太鼓で, さまを啄む, さまへる路, さま奇抜なもの, さま奥さまってどう, さま奴等を罵倒, さま好いお戒名, さま如き義も, さま如何にも風流げなれ, さま妻籠まで, さまをかわいそう, さま妾ゃついぞこれまで死人を売った, さま始めおちいさい, さま始め奥方様や和子様方, さま始め此の方等と其の, さま姙娠の効果, さまを見, さま婆さまが思い掛けなく, さま婆アさま腹ア空ったろう何, さま媼さま連中が丸ビル見物, さま嫌って出なかった, さま嬉しそうに, さまの羚羊, さま子供さんを預かる, さま孫子に傳, さま宛ら慈母の, さま実に此の, さま室内貧窶の摸樣, さま室積の河野, さま宮さまお馬, さま家内無事に大, さま家康の心, さま家臣輩まで命, さま容貌がよく, さま宿割は, さま寃罪の訴, さま密事して, さま富有な植木屋, さま寝しなに誰, さま寝床の用意, さま寺池の式部宗倫さま, さま寺池さまつづいては, さま将軍家の悪口, さま尋常人ならずと, さま文治さまこれで, さま小児のこと, さま小母さまで小母さま, さま小遣を貸せ, さま水の, さま尤も千万, さまにのめのめ, さまてくれ, さま居給ふやと, さま屠殺場といふの, さまの清い, さま山崎のおじさま, さま岸本さんその娘, さま峰丹波の一党, さま左様なら, さま左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, さま巨勢が共に, さま差し添えで, さまが膝下, さま帰って仕舞った, さま帰ったらお母, さま帰つてらつし, さま帰るまえにちょっと, さま幸福になれましょう, さま幾十年を黒部, さま幾度も幾度, さま幾箇の火山, さま広元入道さまを, さま暗い青空, さま延ばして路傍, さま延命地蔵と申しまし, さま張合がお, さま彌勒さま觀音さまのよう, さま当町有志の皆, さま彗星が出る, さま彼女の腰, さま彼所に見ゆる, さまっちゃ, さま後で御挨拶, さま従三位定家卿などと共に和歌所, さまも言, さま御代から二十余年, さま御台所さまそれから相州さま, さま御存じか知らん, さま御新造様と言, さま御新造樣と言, さま御機嫌ようへい, さま御用の残り裂, さま御用鍛冶を勤めまする, さま御直配の, さま御苦労にござる, さま御苦労さまとなん, さま御覧なさい, さまをときめかす, さま心から嬉しそう, さま心尽くしの仕立ておろし, さま心強きも程, さま忘れもしねえ, さま忘れ形見と名のり, さまのため, さま怒ったのね, さま怒涛の闇夜, さま思いがけないところで, さま思えばふびん, さま思ひ煩ひし, さま思ひついたから笑, さま思ひめぐらせしが, さま思ひ出してゐた, さま思ひ出したことが, さま怠惰のため身, さま怪しからん事, さまのお話, さま恐入りますが貴方, さま恒川警部は窓, さま恰も世にすみて, さま恰も未だ巨人島に, さま悉く劇中の, さま悦び升かネ, さま悪いことなんぞ, さま悪く放免の, さま意外なところ, さまの神童, さま愛敬石と呼ばれる, さま感謝して, さまえ出しちゃった, さま慍らないでね, さま慕わしいうつくしいお姉さま, さま慰めてやりたかつた, さま慶善寺の話, さま憎しみは愛, さま憎悪と唾液, さま懊惱呻吟すること, さま成井助川に立つ, さまれに, さま我々の行く, さま我が詞を, さま我作りたる者, さま我等に向っ, さま我記憶の中, さま戻ると苦り切, さま所有鎖鑰を彼女, さま手前方は斯, さま手近なところ, さま打見るほどに門, さまも, さまひに, さま承認出来ないで, さま承諾された, さまと一々, さま折々目の, さま折方を教え, さま披官稲荷に参詣, さま抱き締めて否応言, さま押込が這入った, さま拂底の世の中, さま招き猫なぞが飾っ, さまんで下さい, さま持たうなら撰り取り見どり, さま振り返った時には, さま振返り今来た, さま捕つかめえて毒, さま捧げ銃を, さまに指す, さま推量して, さま改まってこれ, さま故にそれほどの, さまて魔神, さま敬之丞とか申した, さま数十行の文字, さまは大軍, さま文武両道の博識, さま料簡して, さま斯んな孫, さま新九郎様ではござりませぬ, さま方結構なこと, さま旅行すきでしたわね, さま旅行鞄を從者席, さま既に壮絶なる, さま日ごろの玉目, さま日本人には大和魂, さま日輪の鏡, さま旦那さま今夜これから私, さま旦那さま烟草買って, さま早う来て, さま昌仙さまうまいところ, さま昌平之化可仰, さま昌平之化可仰可感候, さま明るい所へ, さまの遠洋航海, さま春夜の如し, さま春日の宮, さま春泉へ出, さま昨年の十一月, さま昨日お願いしましたこと, さま昨日八時頃帰国されました, さま時代はどんな, さま時分に法則, さま時計屋が時計, さまになった, さま暑いところを, さま暗い方に, さま暴風雨の下, さま更に憐む垂綸の, さま書いていらっしゃる, さまにすかし, さま有りたけの, さま有難うございます, さま本堂の改築, さま本当にわたしゃ旦那さまが, さま本統に仰る, さま杉雄の朋輩, さま村方のお方, さま来年は街道, さまの重胤さま, さま松島治郎二さまと申します, さま松江に春信, さま林檎の影, さまはワン, さま栄町の三八さま, さまに思い, さま案じて居さし, さま案内して, さま検視も下り, さま楠正行の話, さま榮華の爲, さまへ顔, さま横須賀行きを思い出す, さま橋上の霜, さま橋本さんの男, さま次第お客さまさえよろこん, さま欲しく思ほせども, さま歌子様が片瀬, さま歡樂を盡, さま正行ア大好きだけど, さま此の間菊へ一寸, さま此事でございませう本当に, さま此方へお, さま此方様でも, さま武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, さま歩きましたなあ, さま歴史にまで関係, さまるを, さま歸つては下さいませ, さま死んだ人の, さまの外, さま殴り付けてやりたい, さま殺しゃせぬで新吉原, さま殿はもう, さま母さまと呼ん, さま毎度同じこと, さま毎日毎日いや一日, さま毎月毎月買う分, さま毒づいて御馳走, さまの苦勞人, さま氏神さまその外, さま民部大夫行光さまだけが伺候, さま民間の実用, さま気質が染みつい, さまを含んだ, さま水中望遠鏡を目, さま水底より浮び, さま水持ちだ, さま水晶の珠, さま江戸さ来て, さま汽車に揺られ, さま油町では大宮さま, さま法外にも申訳, さま法律か哲学, さま泣いたりし, さま泣いてるの, さま泣かせる事の, さま泣き續けた, さま泣くことが, さま派出所へ届け, さま流れよ波, さま浦和からくれぐれもよろしく, さま浦山しく行くは, さま浮さまとそやされ, さま浮びたり, さま海底より石塔, さま海軍さんかえ, さま淫逸な欲念, さま深い事情が, さま深川入船町に向, さまにお, さま清明にし, さま渡邊さまのお, さま渡邊さま此の四郎治さま, さま温和しくし, さまのさま, さまに行っ, さまのしたたる, さま漢代だにしらず, さま濡れ仏にてお, さま濡れ佛にてお, さまが火, さま火焔の羽衣, さま火箸のさき, さま烟草買って, さま無沙汰をし, さまつて与, さま照り輝く夏の, さま熊太郎が帰っ, さま熱鐡の火花, さま片倉清次郎両名, さまをもいわず, さま物々しいばかりの有様, さま物凄く恐ろしげなり, さま狐つきならで, さまのやう, さま狼藉者の乱入, さま雲に, さまが, さま玉目はこの, さまが髮, さま王妃さまあら, さま王子さまどこにいらっしゃいます, さま珍しいお花, さま珠運さまと呼声戸口, さま甚だ壯觀也, さま田家の庭, さま由緒ある貴族, さましいれた, さま男の子でご, さまに, さま異形の者, さま痛く恐を, さまると, さま百日紅と書い, さま的意識ではありますまい, さま皆さんが出, さまがまいります, さま目のあたりに見え, さまき直, さま直義さまお揃いでここ, さま直義さま家臣輩まで命, さま変らずですね, さまを聞き, さま真に末世の, さま真剣だ, さま真平御免なすっ, さま真暗のなか, さまをレンズ, さま着物のすそ, さま矢張り昔の隠, さま知り給ふならね, さま短気を起こさず, さま石川の娘, さま砕くのなり, さま砕ける程テーブルを, さま祈つて下され, さまにむかひ, さま神道は道, さま秀康さまいづれも, さま私たちまでお, さま私はずゐぶん, さま私ア生国は忍, さまもこんなに, さま秋田城介景盛さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, さま秋草のいろ, さまや円味, さまに何, さまを切っ, さまに襲いかかり, さま窮状御同情, さま戻って, さま立ち直って欄干, さま童子はきっと, さま竹童はどうしてこう, さま笑いはしない, さま笑っちゃいけません, さまを惜しまず, さま筆舌もて描き盡すべ, さまへました, さま粥湯は匙, さま精悍な気, さま素っ裸になった, さま素敵よ二十八日, さま経済より割出し, さま結城の三郎朝光さま, さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, さま經濟より割出し, さま続きであつ, さま置場の梁, さま美沢さんを追って, さま群盲象を語る, さま羨しいわ, さま羨ましと口, さま義士のハツピ, さまの前, さま聞えて, さま聞かせてください, さま聞きますとゆうべねずみ, さま聯想されたので, さま聴いていらっしゃる, さま聴けば夕, さま育ちだから, さま背たけに似合わず, さま背後には物売り, さま腋の下から覗こう, さまをかがめ, さま腹ア空ったろう何, さま自分の心持ち, さま艇内を全部, さま打つ波, さま芋塊に小, さま芋茎のお, さま芸妓の品行, さま若さまに別れ, さま若松屋さんのほう, さま苦痛を訴, さまを伸ばし, さま茨城の, さま茶菓を賜わる, さま萩乃のお, さま落した物憂げ, さま落ちてばんげに, さま蒲団を被, さまの花, さま之助, さまが濡れ, さまをくだされ, さま虚空を跳, さま蝶子は判ります, さまと異なる, さま行けども行方, さまの紐, さまより怒り, さま裏手のほう, さま覆面をし, さま見おくり御飯に, さま見す見す莫大な, さま見せてやりたし, さま見たいな牛, さま見たいやったそうだす, さま見ちがえるばかり礼儀, さま見るものの, さま見んと辭, さま見事なる料理屋, さまの肌, さま親子を囲みました, さま観念して, さま観音さまどうぞお, さま觀音さまのよう, さまだたず滑らか, さまふにや, さま言つて遣らうか, さま訊いてみた, さま語ることいかに, さま説明してよ, さまによみつ, さま警官等の引立てる, さま譬へば帆を, さま譲りの土地, さまる故, さま谷中へか, さまつて, さま貴女それを兄, さま貴方さまをお尋ね, さま贋金だよ, さま赤いおわんに, さま赤ん坊はどこ, さまい垢, さま踊り狂つたり, さま踏ませて遣る, さま身振りをし, さま皇子さまなら, さまかしめられた, さま農村の美風, さま濶りし, さま追い立てるようです, さま逃げようよ, さま逃げるが勝ち, さま途中で思い出し, さま通りがかった廊下, さま逞ましげな悪戯小僧, さま連れの肱, さま連関統一を与えられ得る, さま逼塞という大事, さま道中にて凶事, さまひます, さま遠方の客, さま趣返, さま部屋ぢゆうに轟ろ, さま都雅にし, さまをあがる, さま酒喰はし, さま酒屋で, さま怪な, さま里見さまのお, さま篤な, さま重大なる案件, さま野原から富ちゃん親子, さま野武士の頭, さま金兵衞の頭, さま金毘羅さま春日の宮, さま鉄石炭石油の獲得, さま鎮座祭とやらの時, さま長々と御, さま長くなつた氣持, さま長く久しいみ代々, さま間違ったただいま, さま闍利さまは, さま附近の一二軒, さま降りていらっしゃらない, さま障子はしめて, さま隠居のとき, さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, さま雉子が鳴い, さまの目, さま之丞, さま電光の如くなりき, さまあらば, さま面かげに浮かん, さま面白く尾上雷助の, さまやにお, さま須利耶さまおねがいでございます, さまく, さま頼んだぞう, さま頼んましたぞ, さま願わくはその男, さま顧問というわけ, さま風趣あり, さま飜弄した, さま食麺麭はどこ, さま飢えたる獣の, さま餓鬼の時分, さま駄夫をみとめ, さま駄賃をおくれよ, さま駒形へ驅, さま駿河守さまの御, さま驚かせるわネ, さま驚くの外は, さまの容, さま髱後に突出, さま魁偉な猛勇, さま鶴岳の別当さま, さまの供出, さま黒き絲もて, さま黒田五十五万石のお, さま黙ってて