青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さながら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さぞ~ ~さっき さっき~ さっさと~ さっそく~ さっと~ さっぱり~ さつき~ さて~ さては~
さながら~
さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~ さる~

「さながら~」 1811, 20ppm, 5870位

▼ さながら~ (198, 10.9%)

2 そこに, 巨大な, 木々を, 死人の, 目に, 示して

1 [186件] うだり切った八月十三日午後三時, おとに, お能, かかれて, くりひろげたが, こ, こうした作り付け, こうした未曾有, この土肥温泉, この種, これを, して, すべすべと, その壺, その心, その額面, その鼻, それらしく, それ等の, どうした, はちの巣を, まだ宵, まんじ巴去就ともに, やがてみかどの, われわれに, アカイアの, アラビアンナイトに, アル中モヒ中の, シャンペンで, 一幅の, 世に, 主水, 主税を, 事実として, 事實と, 二つの, 二人の, 井戸の, 人形が, 人間の, 仏法地に, 作った人形, 保存しよう, 信じて, 元気で, 兩君の, 写す, 出て, 刃傷でも, 勇ましい, 勢いはげしく, 十余人, 半ばまだ, 厳然たる人格, 去年の, 司祭である, 名歌手, 向って, 君の, 地獄に, 地面から, 基督門下の, 外国の, 大きな青い, 大罪を, 天国の, 奇妙な, 女そのまま, 姉と, 子どもの, 常を, 廃屋みた, 式の, 彷彿させた, 彷彿できる, 彼から, 御霊的威力を, 怒張した, 思えたから, 恋人の, 悠々と, 悪魔の, 憐れに, 戦く窓, 戲曲の, 抽象し, 拝ませて, 捨て駕籠, 描きあらわすのみ, 描き出さなければ, 描き出されたとき, 描き尽すに, 描き現, 描くと, 描出する, 数千の, 敵の, 文筆の, 昔馴染でも, 映し出して, 春風駘蕩, 木乃伊の, 村芝居の, 林檎酸の, 極楽と, 楽しむ食べ方, 模し, 止められて, 死んだよう, 残つてゐた, 母の, 毛皮に, 水に, 水面に, 湯煙の, 漬物の, 燃え上りました, 牛馬の, 物に, 猛虎の, 玉の, 現して, 現わし, 現われたそれ, 現出させました, 生きたお伽話, 生きた彫刻, 生きて, 生きながら, 生ける仮面, 痕も, 痩せこけた源次, 白昼の, 眉目の, 示されるやう, 示した高い, 神の, 立ち振舞へ, 立つ影, 続く, 緑の, 罪の, 美しい, 美しくマザマザ, 翻訳し, 聞きますと, 脈絡を, 腸を, 自分の, 自分自身が, 興国日本の, 荘厳ならしめ, 蒼ざめていた, 蛇を, 表現した, 表現する, 見いだすの, 見える庭木, 見渡し得るであろう, 詩の, 象徴する, 足へ, 踏襲する, 迫り来らむなり, 逸話を, 遠き白帆, 釜の, 鉄と, 鉄の, 銀の, 鋭利な, 鏡の, 隠亡小屋の, 雪の, 雲の, 青白く燃え, 青皿なべし, 青空を, 顯はに, 飢饉年の, 飯の, 餓鬼でした, 饗應の, 魔法か, 魔術の, 鴎外の

▼ さながら~ (120, 6.6%)

4 雲悲み 3 ような 2 あけっぱなし, 八鹽折, 姿で, 姿である, 石段の, 色調で

1 [101件] あの風貌, からくり, きっかけに, ごとく音, その娘風, ものだ, コトダマの, 上半身だった, 下駄の, 不夜城であった, 世界みなさんが, 中に, 人物が, 人間が, 何か, 何の, 偉大な, 冬の, 吹雪道を, 吾心幼兒の, 味ひ, 嘉門の, 土民生活が, 地獄の, 坩堝でした, 声きこえ出ぬ, 声は, 声を, 大丈夫で, 大入道この, 天国であっ, 奇異である, 妻の, 姿が, 姿だったであろう, 姿においてしか, 姿の, 姿より, 姿を, 家出結婚を, 小説が, 屏風山が, 左門で, 廃墟時刻は, 建物の, 弱々しい感じ, 形だ, 形を, 彼等の, 御かしずき, 愚かな, 我慾リンショクその, 所為であった, 扮装だった, 掛声が, 敷居際の, 文化都市を, 景である, 景を, 暗さ, 暴力対抗が, 桃源の, 梟帥の, 楽しさ, 歴代音楽家の, 気高い姿, 水泳場を, 流露を, 海上の, 物に, 狡猾なる, 生命を, 田園都市でした, 祷の, 竜之, 笹舟を, 粗野無礼それが, 粧ひである, 紅閨, 累々たる, 縮図と, 美女蒼白い, 者それが, 興を, 船戦を, 落着きすました, 藁細工の, 虫籠で, 血汐が, 表情を, 貴公子である, 身持で, 邪教性には, 錦絵に, 長い首, 閑寂な, 闇夜と, 闘争や, 陣十郎であった, 静寂を, 風情も

▼ さながらその~ (17, 0.9%)

1 [17件] あわの, すべては, ように, 傷口は, 場に, 声は, 恋愛的懊悩の, 死者の, 灯かげと, 犬について, 犯行が, 直感に, 社会的根拠とともに, 素袍の, 花びらを, 豊沃な, 贈り物の

▼ さながら自分~ (14, 0.8%)

2 を裏返し

1 [12件] からの解決, から私たち, がバルベック, のこの, の子, の家族, の庭園, の手足, の最期, の眷族, の肉体, は女王様

▼ さながら~ (13, 0.7%)

5 あつた 2 腹の 1 あつたの, はなかつた, はソッ, ほとほと自分, 例えばこの, 凝視する

▼ さながら~ (13, 0.7%)

2 でも引く, に浮いた, のよう, の引く 1 から這, が流れる, に泛, の中, を掻きゐたる

▼ さながら地獄~ (10, 0.6%)

1 そのま, のごとし, のよう, の底, の無尽焔, の祭, の絵掛地, の青, の骨まばら, の鬼

▼ さながらこの~ (9, 0.5%)

1 依頼を, 古い手堅い欄干, 奏楽に, 家へ, 少年が, 櫃の, 老母が, 自明の, 蛙に

▼ さながら生き~ (9, 0.5%)

5 ている 2 て踊る 1 てゐる, て動く

▼ さながら~ (8, 0.4%)

2 の如し 1 に駆除, のやう, のよう, の如き, の燃えついた, の都鳥

▼ さながら生ける~ (8, 0.4%)

2 が如く 1 がごとき, がごとく, が如くであった, ものの如く, 人にでも, 魂あっ

▼ さながら~ (7, 0.4%)

4 のよう 1 のやう, の中, の国

▼ さながらそれ~ (6, 0.3%)

1 が真犯人, に灯, は何かしら地上, も一時, を嘲う, を心

▼ さながら~ (6, 0.3%)

1 あってなきが, なきよう, の如く, の重み, をいざなう, をとろかす

▼ さながら~ (6, 0.3%)

1 かしら大きな, かの因縁ごと, か大きな, か摩訶ふしぎ, か荒事, のため

▼ さながら~ (6, 0.3%)

1 寺院の, 濤の, 環礁の, 箆の, 自然さながら, 雷大風であった

▼ さながら彼女~ (6, 0.3%)

1 に会った, のため, の全身, の遣, は自然, を我が

▼ さながら~ (6, 0.3%)

1 のよう, の夜, の宵, の小, の酒, の風

▼ さながら~ (6, 0.3%)

5 の前 1 もつぶれ

▼ さながら~ (6, 0.3%)

4 に似る 1 のよう, の如われ

▼ さながら~ (6, 0.3%)

2 に見る 1 がける, に描いた, に画く, のよう

▼ さながら~ (5, 0.3%)

2 海阪の 1 一片の, 土の, 石の

▼ さながら~ (5, 0.3%)

3 の如く 1 に繋がる, の中

▼ さながら太古~ (5, 0.3%)

4 を考へる 1 を考える

▼ さながら~ (5, 0.3%)

1 がこの, と見ゆるなら, に似たる, を掴まう, を負いたる

▼ さながら生きた~ (5, 0.3%)

1 人間の, 幽霊でも, 幽靈, 象を, 錦絵模様が

▼ さながら~ (5, 0.3%)

2 の降る 1 が降る, にぬれ沈んだ, の如し

▼ さながら~ (5, 0.3%)

1 のよう, の樣, の舞う, を掴む, 深く分け入る

▼ さながら~ (5, 0.3%)

1 が木々, に乗っ, に吹きちぎられた, の去来, の怒り

▼ さながら一つ~ (4, 0.2%)

2 の強大 1 の博物館, の大白魚

▼ さながら人間~ (4, 0.2%)

1 なら自我, の無, の物好き, の皮肉

▼ さながら~ (4, 0.2%)

1 のごとく, のやう, の取り乱した, の如く

▼ さながら~ (4, 0.2%)

2 濤の 1 濤そのものの, 濤に

▼ さながら戦場~ (4, 0.2%)

2 のよう 1 そのままだ, であるとは

▼ さながら~ (4, 0.2%)

2 に似 1 の生物, へゆり入り

▼ さながら深山~ (4, 0.2%)

1 のよう, の中腹, の杣道, の松檜

▼ さながら無数~ (4, 0.2%)

1 の嘲弄的, の天使たち, の小形, の魚

▼ さながら美しき~ (4, 0.2%)

2 宝石の 1 ものが, 猛獣が

▼ さながら~ (4, 0.2%)

2 のよう 1 に魅入られた, の皮膚

▼ さながら~ (4, 0.2%)

1 が網, のやう, のよう, の泳ぐ

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 あつらえ向き, 芝居を, 行儀よく

▼ さながらそこ~ (3, 0.2%)

1 に咲き出た, に巨巌, は修羅

▼ さながらであった~ (3, 0.2%)

1 からだ, が帳中, のだ

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 のが, のでした, のを

▼ さながらわれ~ (3, 0.2%)

1 にもあらず, は若, は零落

▼ さながら一塊~ (3, 0.2%)

1 の焔, の石, の肉泥

▼ さながら一幅~ (3, 0.2%)

1 の墨画, の絵, の絵巻物

▼ さながら一種~ (3, 0.2%)

1 のおとし, の乞食, の落し穴

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 に対する僕, れ一幅生命反乱, れ一幅生命反亂

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 の陶工, も為しけり, も自分たち

▼ さながら城廓~ (3, 0.2%)

1 かと思われる, のよう, の如く

▼ さながら巨大~ (3, 0.2%)

1 なる十字架, なる野獣, のアレース

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 別人の, 手を, 落去の

▼ さながら悪魔~ (3, 0.2%)

1 のごとき, の叫喚, の舌

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 は汝, を怯, を歓迎

▼ さながら旋風~ (3, 0.2%)

3 のよう

▼ さながら~ (3, 0.2%)

2 の上 1 で支えよう

▼ さながら機械~ (3, 0.2%)

2 のやう 1 の針

▼ さながら水晶~ (3, 0.2%)

2 である 1 の簾珠

▼ さながら洪水~ (3, 0.2%)

2 のよう 1 にひたされた

▼ さながら火焔~ (3, 0.2%)

1 のよう, の府, を噴く

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 が飛ぶ, のよう, の窓

▼ さながら~ (3, 0.2%)

2 のよう 1 をきる

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 に狂, に脅えた病み, に襲われた

▼ さながら~ (3, 0.2%)

2 につままれた 1

▼ さながら白昼~ (3, 0.2%)

1 のもと, のよう, の寂寞

▼ さながら~ (3, 0.2%)

2 のよう 1 のご

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 なる星, へ立つ, ゆく風

▼ さながら群がる~ (3, 0.2%)

1 とらの, 星の, 雲と

▼ さながら自身~ (3, 0.2%)

1 が帝王, のため, の良心

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 のやう, のよう, の小屋

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 と照りつ, のよう, の面

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 のよう, の波, の降った

▼ さながら青い~ (3, 0.2%)

2 葉の 1 海底へ

▼ さながら~ (3, 0.2%)

1 が両翼, の翼, の飛ぶ

▼ さながらおの~ (2, 0.1%)

1 が同胞, が骨

▼ さながらこれ~ (2, 0.1%)

1 も化物屋敷, も名

▼ さながらそう~ (2, 0.1%)

1 呼んで, 大書し

▼ さながらたなばたつめ~ (2, 0.1%)

2 である

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 と見えた, ッて

▼ さながらにて~ (2, 0.1%)

1 なん, なん明ぬれ

▼ さながらゆめ~ (2, 0.1%)

1 のこ, のよう

▼ さながらわが家~ (2, 0.1%)

1 のよう, の前

▼ さながら一団~ (2, 0.1%)

1 のほ, の雪

▼ さながら一本~ (2, 0.1%)

2 の棒

▼ さながら一面~ (2, 0.1%)

1 に水晶, の真理

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 を隔てたら, を隔てたる

▼ さながら丹波栗~ (2, 0.1%)

2 の毬

▼ さながら乙女~ (2, 0.1%)

1 となっ, の

▼ さながら二人~ (2, 0.1%)

1 の女, の言

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の眼, を嘲笑

▼ さながら冥府~ (2, 0.1%)

1 の判官, の妓女

▼ さながら出家~ (2, 0.1%)

2 の如く

▼ さながら出陣~ (2, 0.1%)

1 のごとく, のそれ

▼ さながら十年~ (2, 0.1%)

1 の知己, も側

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 土佐の, 材の

▼ さながら古寺~ (2, 0.1%)

1 の内陣, の庫裏

▼ さながら同志小林~ (2, 0.1%)

1 の当然, の日和見主義

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 ゆるごとくなりき

▼ さながら地軸~ (2, 0.1%)

1 までもという暗黒, を震動

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の内部, の天主

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 のある, は蛍

▼ さながら夢幻~ (2, 0.1%)

1 の国, の境

▼ さながら大いなる~ (2, 0.1%)

1 怪鳥が, 欺罔に

▼ さながら大海~ (2, 0.1%)

1 に浮かべる, の荒れ

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 からでも繰り出し, も地

▼ さながら天上~ (2, 0.1%)

1 の楽, の樂

▼ さながら天国~ (2, 0.1%)

1 の遊戯, へ昇った

▼ さながら女王~ (2, 0.1%)

1 のよう, の権標

▼ さながら奴隷~ (2, 0.1%)

1 にひとしい, のよう

▼ さながら子供~ (2, 0.1%)

1 なんぞ可愛い, の手

▼ さながら宴会~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 兒見る如く

▼ さながら小さい~ (2, 0.1%)

1 塔の, 港場の

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 に築いた

▼ さながら希臘~ (2, 0.1%)

1 か古, の彫刻

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 なき人, の盞

▼ さながら当年~ (2, 0.1%)

1 の燃, の金鼓

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 に就く, の形

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の会社, は税関吏

▼ さながら待ち設け~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ さながら後光~ (2, 0.1%)

1 のごとき, のよう

▼ さながら急流~ (2, 0.1%)

1 をさかのぼるごとく, を踏ん

▼ さながら恍惚~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ さながら悲しみ~ (2, 0.1%)

1 の濠, の行列

▼ さながら憑物~ (2, 0.1%)

2 のついた

▼ さながら我が~ (2, 0.1%)

1 ためにのみ, 意思を

▼ さながら持ち~ (2, 0.1%)

2 傳へて

▼ さながら放心~ (2, 0.1%)

1 したよう, した人間

▼ さながら文化~ (2, 0.1%)

1 の盛り, は夜

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の伊賀, の時代

▼ さながら東京~ (2, 0.1%)

1 の一大中心地, の四月

▼ さながら東海道~ (2, 0.1%)

1 で富士, の舊道

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 のあいだ

▼ さながら梯子~ (2, 0.1%)

1 を組み立てる, を踏み

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 と槍, を折りで

▼ さながら検察~ (2, 0.1%)

1 のため, の妄執

▼ さながら歓楽~ (2, 0.1%)

1 に溢れた, の権化

▼ さながら死人~ (2, 0.1%)

1 のよう, の原

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 から離れた, の様

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の山, をくだいた

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 の身

▼ さながら洞熊~ (2, 0.1%)

2 か洞窟住人

▼ さながら源氏~ (2, 0.1%)

2 の若い

▼ さながら火事場~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ さながら灰燼~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ さながら無形~ (2, 0.1%)

1 の手, の蛇矛

▼ さながら狂った~ (2, 0.1%)

1 ので, ような

▼ さながら狂女~ (2, 0.1%)

1 の断末魔, 見る如く急ぎ

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 のごとく, のそれ

▼ さながら現世~ (2, 0.1%)

1 にて地獄, の人

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の北側, の英雄

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 に描いた, に見る

▼ さながら画中~ (2, 0.1%)

1 のよそおい, の点景人物

▼ さながら白き~ (2, 0.1%)

1 布かと, 額の

▼ さながら白銀~ (2, 0.1%)

1 の如く, の猪

▼ さながら真珠~ (2, 0.1%)

1 の鈍い, を散らす

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 が化石, に刻んだ

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 この未來, のいま

▼ さながら私達~ (2, 0.1%)

1 の車, は石濤和尚

▼ さながら空中~ (2, 0.1%)

1 に浮いた, に踊り狂う

▼ さながら空気中~ (2, 0.1%)

2 のアルゴン

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の水, の行く

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 を振る

▼ さながら緇衣~ (2, 0.1%)

2 の裾

▼ さながら縁日~ (2, 0.1%)

1 で売る, のよう

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 にある, に描いた

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 猿, 齡に

▼ さながら老いし~ (2, 0.1%)

2 葬式女の

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の奥, の鼓動

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 が互, のしん

▼ さながら薄氷~ (2, 0.1%)

2 を踏む

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 か霞, のご

▼ さながら蜘蛛~ (2, 0.1%)

2 の巣

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 に似る

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 のひらめく, を追う

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 のはい, の歩む

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 を分けた, を流す

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 に襞, をほす

▼ さながら西洋風~ (2, 0.1%)

1 の相馬御殿, の舞踊曲

▼ さながら見る~ (2, 0.1%)

1 も味気, ようです

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 天の, 水の

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 を焼く, を熬る

▼ さながら迷路~ (2, 0.1%)

1 のごとき, のよう

▼ さながら遠き~ (2, 0.1%)

1 昔の, 野末の

▼ さながら遠く~ (2, 0.1%)

1 物語の, 離れた女

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 ひどれ, へるが

▼ さながら~ (2, 0.1%)

2 の蓆

▼ さながら長蛇~ (2, 0.1%)

2 のごとく

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 の顔, の鬣

▼ さながら鬼神~ (2, 0.1%)

1 にでも憑かれた, のす

▼ さながら~ (2, 0.1%)

1 でも宿った, と身体

▼ さながら魔術師~ (2, 0.1%)

1 に操られた, の杖

▼1* [906件]

さながらあの思出多き, さながらあまりに脆く美しい花束, さながらあらたかに通っ, さながらあらぬ光りをなす, さながらありとあらゆる苦惱ありとあらゆる, さながらあわれなる彼女の, さながらいかで答へ, さながらいつぞや自分に, さながらいどむかのよう, さながらいま志ん生, さながらいもりの赤い, さながらうす紅色の, さながらうつし絵としょうする, さながらおずおずした帰依, さながらおまけに醜, さながらお茶挽藝者の来らざる, さながらお雪ちゃんに興味, さながらかかはらずまたさまたげず, さながらかつての叡山攻め, さながらかの女の, さながらかれを礼拝, さながらがらんどうの家, さながらきみのことば, さながらくもの網, さながらここは琵琶行, さながらこの世の人間, さながらこれらの静物的, さながらさきに自分, さながらさっきからこの, さながらさまざまの色彩, さながらゅろの, さながらしかすること, さながらしずかにさしのぼる, さながらそういう危険に, さながらそのまま行道を, さながらたたかいのよう, さながらちくちくと女, さながらごくに, さながらつんぼでおしの, さながらであることか, さながらどっと音を, さながらなごり碎くる, さながらなりや外の面, さながらなるもの鍛錬を, さながらなれない小鳥が, さながらにしき絵のよう, さながらにじみ出るかのよう, さながらぬれてでもいる, さながらのべたのである, さながらひらにたふれたるも, さながらぴちぴちしたカマス, さながらふたりの位置, さながらほかの思ひ, さながらことの, さながらまざまざと目, さながらまだ清童である, さながらみんなはいま, さながらむかし菊見に, さながらもとの男, さながらものをいう, さながらやがて大坂城, さながらやつでの葉, さながらよく似て, さながらわざとした曲, さながら空に, さながらアルプス地帯の山中湖, さながらエフィームが小屋, さながらオランダで見た, さながらカンガールのやう, さながらガヴォリオーの小説, さながらクレエト島の迷路, さながらゴート式甲冑のよう, さながらシノンの野, さながらジュビレーオの年, さながらスクリーン一杯の恋, さながらダンカン王の寝室, さながらデカに義理, さながらトキを作っ, さながらドーミエの群像, さながらニジンスキイの, さながらニムフの如き, さながらネフリュードフの良心, さながらパッチ網にかかった, さながらフランス人にし, さながらブリカーメより細き, さながらブルジョア老大家の復興, さながらブレエメンが比類, さながらプリズムの転廻, さながらペンは恐し, さながらマントの裾, さながらミノリ僧の路, さながらムク犬の身体, さながらムシムシとした, さながらリクルゴの憂ひ, さながらロンドンを所有, さながらの放浪, さながら一七八九年七月十二日の夜, さながら一体の強み, さながら一個の部分品, さながら一大コンパス形をなし, さながら一大家族の団欒, さながら一家の慈父, さながら一山の大, さながら一時の光, さながら一枚の繪, さながら一泥酔者の独白, さながら一篇の伝奇小説, さながら七十歳に近い, さながら万事を打ち捨て, さながら万力にかけたごとく, さながら万雷一時に鳴る, さながら三百年の江戸, さながら三羽の金翅鳥, さながら不吉な現象, さながら不機嫌な教師, さながら不測の運命, さながら不連続線の雲, さながら世外の人, さながら世界減尽の日, さながら両方で軽蔑, さながら中央の舞台, さながら丸彫りとして芸術化そう, さながら主君石川左近将監その人, さながら主筋にでも仕える, さながら主観に堕し, さながら久遠へつづく, さながらける墓原, さながら乾物にし, さながらの境遇, さながら事実に殆ど奇蹟的, さながら二つの揚羽蝶, さながら二の丸の御, さながら二十日鼠のよう, さながら二月の水仙, さながら二郎の背中, さながら二頭の獅子, さながら五人のポウル, さながら五体を焼かれ焙られる思ひ, さながら亡者が墓, さながら京人形のよう, さながら人形のやう, さながら人形芝居を遠見, さながら人民に現在, さながら人生の大事, さながら人跡未踏の山奥, さながら人間以上のおそろしい, さながら仁王の如く, さながら今日の工学, さながら今身をつつまれ, さながら仏事でも行なっ, さながらには何, さながら他人の著書, さながらとなり, さながら以前この立場, さながら仮面のよう, さながら仲秋静夜の湖面, さながらたり, さながら低い別世界にでも, さながら低音の金属楽器, さながら体操の操練, さながら何かしら大きな手, さながらに乗り移っ, さながら作家同盟の方針, さながら俄雨でも降り出した, さながら保存された實物, さながら信玄公の姫君, さながら倦怠と, さながら催眠術にかけられた, さながらにし, さながらの輝, さながら入道雲のよう渋面, さながら八大地獄を眼前, さながら公家衆が用いた, さながら笑って, さながら冷静そのもののよう, さながら艶な, さながら凄きまで不死, さながら凋みきった花の, さながら処女のご, さながら凱旋の軍隊, さながら凱旋門上のバワリア, さながら凱歌のよう, さながら出入りの大工左官, さながら判じ物のよう, さながらに人, さながら前ぶれのよう, さながらを抜い, さながら剥ぎたての, さながら力尽きて地上, さながら勇躍せる鉄, さながら動かすことの, さながら動かないものの, さながら動物図鑑の, さながら十世単伝の一人子, さながら十九年後の今日, さながら十字架のほとり, さながら千寿姫と安寿丸, さながら南以太利の沿岸, さながら南欧の一角, さながら印象主義の画, さながら原始時代のまま, さながらにし, さながら反対に表, さながらを耳, さながら古い友達の, さながら古人の趣, さながら古城内の評定, さながら古戦場を過, さながら只中に当っ, さながら叫喚合唱といったふう, さながら名人がその, さながら名優の舞台, さながら吐竜の如き, さながらが心, さながら吸い寄せられたように, さながら命じている, さながら和蘭風の刈籬, さながら唐子めくのに, さながら善光寺辰の再来, さながら喚くといふ慌ただしい, さながらを守る, さながら喪家の犬, さながら喪神したよう, さながら嗜眠病がわたし, さながら嘲り笑うように, さながら噴水のよう, さながら嚴冬の吹雪, さながら嚴肅な道場, さながら四方五十余里まるで敵, さながら四本の足, さながら四篇の劇詩, さながら固定的な対立関係, さながら国際都市である, さながら土木の戦場, さながら土用干の如く, さながら土竜のごとく, さながらへもぐり, さながら地殻が割れ, さながら地獄ここはかの, さながら地獄図のよう, さながらのあちら, さながら埃及のピラミッド, さながら城楼に籠, さながらに似る, さながら墨汁をこぼした, さながら墨絵を見る, さながらのごと隊, さながら士族の商業, さながらの山海嘯, さながら夕日の紅, さながら夕間暮れ新月のもと, さながら夕顔の花みたい, さながらの湖面, さながら夜叉の面, さながら夜桜の花, さながら夜雨其人に面會, さながら夢うつつのやう, さながら夢枕にお立ち, さながら大きい棒パンの, さながら大きな闇の, さながら大仏の頭, さながら大地に根, さながら大小の魚群, さながら大本教とひと, さながら大河の奔激, さながら大波の寄せた, さながら大洋中の群島, さながら大火竜の練り, さながら大石を山, さながら大蔵経を写し, さながら大蛇の眼, さながら大観工場の棚ざら, さながら大路を行やう, さながら大鳥がつばさ, さながら大鵬の翼, さながら天の橋立の形, さながら天人も羽根, さながら天地震動という勢い, さながら天来の戦鬼, さながら天然の大, さながら天狗の喊, さながら天界の神, さながら天魔の眷族, さながら太刀を御幣, さながらの悪友, さながら奥州の松島, さながら女子占領軍の全員, さながら女性の言葉づかい, さながら女神を打ち仰ぐ, さながら女親分の総会, さながら如来智をでも授かった, さながら妄執の如く, さながらの如く, さながら娘義太夫の堂摺連, さながら娼妓の嬌態, さながら子供たちの下男下女, さながら子供芝居のお, さながら子守唄のよう, さながら季節の推移, さながら学年試験の試験場, さながら宇宙の一微笑, さながら宗達が筆, さながらを飛ん, さながらに入った, さながら宝玉の如く光っ, さながら宝石のよう, さながら実在しないよう, さながら宮殿のよう, さながら宵寝という姿, さながらの中心, さながら家族の一員, さながら寂滅したかの, さながら富家の祝い, さながら潭を, さながら将棋盤の如し, さながら将軍の世, さながら小さな荷物でも, さながら小者のごとし, さながら小説を讀ん, さながら小説家というもの, さながら小鳥のよう, さながら少尉にでもなった, さながら尖塔の立てる如き, さながら尾州家において名人, さながら尾鰭を添えた, さながらの棟, さながら屍体でも覆う, さながら屍温のよう, さながら屠所の歩み, さながらの起伏, さながら山中の小, さながら岩壁のよう, さながら岩角に雄, さながら島状にでき, さながら崑崙奴の如く, さながら崩れた大輪の, さながらの中, さながらを前, さながらを裂く, さながら市松障子の屋台, さながら布袋和尚が川渡り, さながら帝王が臣下共, さながら常世と考へる, さながら平地と異ならず, さながら平安朝の貴族, さながら平家物語の世界, さながらとりし佐太郎, さながら幼い皇帝が, さながら靈の, さながら幽明のさかい, さながら幽霊でで, さながら幾千百の銀蛇, さながら庚申様へ手向け, さながら弊履を棄てよ, さながら弥次郎兵衛のよう, さながら弥陀の来迎, さながらがひとりでに, さながら張りつけたような, さながら強烈なアルコール, さながらに現, さながら彩られた彼の, さながら彫刻けたもののよう, さながら役所からでも来た, さながら彼等自身が今日, さながら往時バグダッドの繁栄そのもの, さながらの宮戸座組, さながら後で誰かが, さながら微風にでもふかれ, さながら徳川時代の辻斬強盗, さながらの声, さながら忍びの術, さながら忘れたかのよう, さながら忘れ去りたるやうなる, さながら忘却失念したよう, さながら怠惰へ安逸, さながら急速に崩壊, さながら怪しき者の, さながら怪しげな大, さながら怪物のよう, さながら怪異図中のもの, さながら恋人に不実, さながら恨むに似, さながら恨めしやと, さながら息づいてでもゐる, さながら獣なんどの, さながら悪党の面, さながら悪口の浴せ, さながら悪鬼のさま, さながら意気揚々と下されたらしく, さながら愛郷塾の演説, さながら情の, さながら成仏の姿, さながら巧妙な, さながら戦国を見る, さながら戦慄の都, さながら戦況の不利, さながら手品の前芸, さながら手引きをする, さながら手毬の錦, さながら打ち消すように, さながら承知して, さながら投影せざるは, さながら持ち伝えている, さながら持ち伝へてゐる, さながら指点する如くである, さながら挨拶を忘れた, さながら振袖を着たごとくであった, さながら捨つる麥束に茨, さながらのなか, さながら掌上を指す, さながら描けるが如く, さながら放蕩の身, さながらひを, さながら数限りもなく, さながらの中, さながら文人画の絵巻, さながら文学論であるかの, さながら文学青年によって今日, さながら魔の, さながら新しいものの如く, さながら新たなヒューマニズム, さながらの浪人者, さながら旅中に在る, さながら旋風吹起る時, さながらよりも遠く, さながら日なたの蝋, さながら日月あらそって, さながら日本刀の味, さながら日比谷の森, さながら日除けのよう, さながら旧式の芝居, さながら早咲きの紅薔薇, さながら明方のよう, さながら明治の学壇, さながら昨日一昨日にでも死したる, さながら是等の言葉, さながらのよう, さながら昼顔の花, さながら時間もなに, さながら晩秋に異ら, さながら暈されたるように, さながら暗夜の実在, さながら暗澹の颶風, さながら暴風の中心, さながら暴風雨の後, さながらふ如しトロイア軍勢亂戰, さながらに殘, さながら最もおくれた感情内容, さながら最新式の欧州航路, さながら最良なる教師, さながら月夜の影, さながら有段者が初心者, さながら朝鮮の村, さながら朧夜の中, さながら木の葉のごとくはしりゆく, さながら木偶の坊のよう, さながら木像に物言, さながら阿弥を, さながら本性のよう, さながらで描いた, さながら東國と西國, さながらのやう, さながら林泉に喜戯, さながら果物市場である, さながら枯葉を巻く, さながら柘榴みたいな皮色, さながらのごとく, さながら栄養不良のかわず, さながらの泥鰌, さながら桶狭間の折, さながらの花, さながら梅雨の如し, さながらを落ちた, さながらの中, さながら棲息して, さながら植ゑたやうに咲くの, さながら検事のごとき, さながら楊花の飛びちる, さながら極楽境を行く, さながら楽器である, さながらの穂先, さながらなぐりに, さながらをかけわたす, さながら機械人形の如く, さながら欠びをする, さながら次郎の手足, さながら歓喜そのものの精, さながら歓喜感涙のうる, さながら武者市の観, さながら武蔵野の縮図, さながら歩くことまで, さながら死に瀕し, さながら死のうか死ぬまい, さながら殿閣の王者みたい, さながら母体を地球儀, さながら毎日が祭り, さながら毒汁でも注射, さながら毛布の山, さながら毛氈を敷いた, さながら水中をとびまわる, さながら水底の様, さながら水晶宮のごとく輝いた, さながら水曲の水脈, さながら水軍の大, さながら氷柱のよう, さながら氷雪にとざされた, さながら永世の重荷, さながら永年相見ざりし骨肉, さながら求むるものある如く思ひ, さながら汚れなき小羊, さながら汝一切の目, さながら江戸名所圖繪の一, さながら決闘のよう, さながら沙漠のオアシス, さながらのごとく, さながら河向うの火事, さながら河獺に似た, さながら河童ガ淵の河童, さながら油絵のやう, さながら油鍋のなか, さながらになった, さながらのよう, さながら波濤を翔ける, さながら活動する群集, さながらに浮ん, さながら浅草観音の寄進帳, さながら浮き世の走馬燈, さながら海中よりわき出, さながら海賊の度胸, さながらぬる程, さながら消えた悲み, さながら墨の, さながら淡窓と山陽, さながら淨念の, さながら深い静かな, さながら深山幽谷にいる, さながら深林の緑葉, さながら清川自身だったらもっと, さながら清盛入道の悪い, さながら渡御の姿, さながら渦巻きかえるように, さながら湯気の立ち, さながら帆の, さながら満月の形, さながら満身が纐纈染, さながら演劇のよう, さながら漲る洪水に, さながらをさしまねく, さながら潮旋風に囚われた, さながら激戦の跡, さながら激流の彼方, さながら瀧口が今, さながら火粉を散らす, さながら炎そのものの形相, さながら炬燵で見る, さながらの羽根, さながらの独楽, さながら無色透明な玻璃板, さながら無言の行, さながら無辺際の空間, さながら焦げたる紙の, さながら焼け野のよう, さながら煮えくり返るやうです, さながらせる桃, さながら熟れた花梨の, さながらに浮かされた如くしゃべりました, さながら熱帯産の芭蕉, さながら熱病につかれた, さながらゆる火, さながら燃えている, さながら燎乱の花園, さながらのよう, さながら片瀬の浜, さながらのない, さながら牢屋を思わせる, さながら牧牛の中, さながら物怪にでも憑かれた, さながら特別に神様, さながらの屍, さながらせるが, さながら狂乱の有様, さながら狂暴な荒海, さながら狂馬のご, さながらと狆, さながら独立の一商業区域, さながらが出, さながら猛き鷹, さながら猛獣の進む, さながら猟犬のよう, さながらの鼠, さながら猿芝居の御, さながら獅子の仮面, さながら獅子王の, さながらのよう, さながらを刻んだ, さながら王者の如く群山の上, さながら玻璃板の如く微動, さながら現場は戦争騒ぎ, さながら現象のよう, さながら瑠璃の牡丹, さながらにて造れる, さながらあるもの, さながら生きもののやう, さながら生き生きとさしうつむい, さながら生れ変った人間の, さながら生んだ子供の, さながらは無人, さながらにある, さながら畜生の学徒, さながらのごとく, さながら疲れた鳥が, さながら疾風が渦巻く, さながら疾風電雷の如く, さながら病む人の, さながら病床に侍, さながら痙攣にかかっ, さながら痺れた半身の, さながら癩病患者のよう, さながら発狂したよう, さながら白い鳥の, さながら白日の夢, さながら白楊の葉, さながら白沙青松ともいいたい, さながら白蓮華を競っ, さながら白蛇のよう, さながら白身の窶れた, さながら白金の, さながら白鳥が沼, さながら百年の氷室, さながら百獣の王, さながら百色眼鏡でも覗い, さながら百足の這う, さながら百鬼夜行のごとき, さながらなき旅, さながら破れくづるる音, さながら皇天ことにわれ, さながらと正月, さながらのこま, さながら盤石を置いた, さながら目隠しをされ, さながら盲目のよう, さながら相馬の古, さながらの兄弟, さながら真夜中のよう, さながら真実として主張, さながら眠っている, さながら眠ったようである, さながら眠れる様である, さながらの前, さながら眼球を爛らさん, さながら睡れるごとき中将の, さながら瞑想に耽っ, さながら瞬く朝の, さながら知行取りか乘物, さながら石像の如き, さながら碁盤の目, さながらい鏡, さながら磐石をも蹴破る, さながら磨きたての金属, さながらのよう, さながらをなす, さながら祝祭だつた, さながら神秘の湖, さながら神経のない, さながら神薬と言っ, さながら神話時代にいる, さながら祷るが如く, さながら禁裡のよう, さながら禁裡仙洞へ迷いこんだおもむき, さながら禍津日を, さながら福建浙江の港, さながら禿頭のよう, さながらの末, さながら科学実験室から出, さながら移したと見える, さながら移動する林, さながら空しき影, さながら空谷の跫音, さながら穽穴とも思った, さながら止まりて, さながら立錐の地, さながら竜宮を視る, さながら競争でもし, さながら笑っている, さながら符節を合わせた, さながら筆洗の中, さながらをき, さながら箱庭のやう, さながらで顔, さながら紅玉を黄金, さながら紋緞子の野袴, さながら純情無垢な青春時代, さながら細い黒髪の, さながら細かにみがき, さながら絞首台氏も吼えまする, さながら絵巻を繰る, さながらにかかった, さながらの雲, さながら繁昌記の眞中, さながらを恥じ, さながら罪業の深い, さながら羅刹だ夜叉, さながら羅漢の怒れる, さながら羽翼生ゆるごとわ, さながら羽衣の裾, さながら翡翠の光, さながらつけし独楽, さながら老年期のよう, さながら老翁の孫女, さながらの聾する, さながら聞き分ける思いを, さながら聯隊の将校集会所, さながらと響く, さながら聴き得るような, さながら肉親の家族, さながら胡椒の粒, さながらと神楽, さながら脳漿の臭い, さながら脳膜炎の子供, さながら腐りかけた樽柿の, さながら腐爛物のごとく, さながらを膨らし, さながら臆病者のごとく, さながら自ら知識人であること, さながら自己の幸運, さながら自由を特権, さながら舞台の幕, さながら舞踏会からでもぬけ出し, さながら般若の能面, さながら色彩の交響楽, さながら芝居の書割, さながら花氷のよう, さながら花車屋台の上, さながら若い主人を, さながら苧殻のやう, さながら苧環の旋, さながらるる獅子, さながら荒れ果てた墓地に, さながら華麗な寺院, さながら落つる闇を, さながら落日の美し, さながら葛飾北斎の富嶽三十六景中, さながら葬式の行列, さながら蔽いかかったように, さながら薄化粧を施した, さながら薄紙を剥ぐ, さながら藍隈を取つた, さながら藍霞のよう, さながらのトンネル, さながら蘇芳を溶いた, さながらの音, さながらの様, さながら蛆虫のよう, さながらを散らした, さながら蜀魏の間諜戦, さながら蝙蝠の羽音, さながらのごと, さながら蠅取り紙に足, さながら血の池の鬼, さながら血まみれになっ, さながら血液循環の如く, さながら行く修士の, さながら行成の骨法, さながらはさう, さながらのなき, さながら褥熱に対する氷, さながら襟下から冷水, さながら襤褸の塊, さながら見えざるサーベルに, さながら見えぬ眼に, さながら見ゆる父の, さながら見るべからざるものを, さながらの大病, さながら親戚のごとくなれり, さながら親身の弟, さながら言い当てたように, さながら詩聖たちと共に且つ, さながら話し相手がある, さながら誘ふやうな, さながら谷間落葉を吹きあげる, さながらの目, さながらでしたよ, さながら貴賓室ともいうべき, さながら貴重品でで, さながら賓客の礼遇, さながら赤いインキを, さながら越路の昔話, さながらで立つ, さながら足利家の軍旗二引両, さながら趺坐の行者, さながら路傍で会った, さながら踊りをおどる, さながら踊りだしたように, さながら蹴られた足に, さながら身の毛もよだつ, さながらの両輪, さながら軒端から射す, さながら軟かき風の, さながら軽業師のごとく, さながら輝き下顎, さながら輝きだすようにさえ, さながら輝く天涯に, さながら轟くが如く, さながら返答を催促, さながら退屈男の乗り込ん, さながら逆浪の寄せる, さながら透きとおるほどに見えた, さながら通り魔のやう, さながら逢引に出かけ, さながら連日連夜の大, さながら逸し背撓, さながら遁出したあと, さながら遊山でもし, さながら遊歩場みたいな華やかさ, さながら運命の立像, さながらぐるを, さながら達磨禅師のよう, さながら遠雷のよう, さながら邪心のない, さながらに魅せられた, さながら酔えるがごとき, さながら酔後の仮睡, さながら重病人のよう, さながら野中の一軒屋, さながら野原のよう, さながら野天の蒸風呂, さながら野晒の肋骨, さながら野猪と獵犬, さながら野獣のよう, さながら野獣群の咆哮, さながら金剛力士か天魔神, さながら金屏風に名誉, さながら金砂を刷, さながら金砂子を撒いた, さながら金粉の薄, さながら金髮のアプロヂテー, さながら鉱石を踏む, さながらでつくられた, さながら銀糸を振り乱しぬ, さながら銅盤を懸けた, さながら銘刀を飮むやうに, さながらを携えた, さながら鋼白色の大, さながら鍵盤にのしかかる, さながら鎌鼬のよう, さながらのよう, さながら局の, さながら長根の感じ, さながら関西の町, さながら天の, さながら陰府からでも吹い, さながら陰惨な地底, さながら陶醉したもの, さながら隠れし小禽の, さながら雪花石の後, さながらに碎かる, さながら雷鳴のよう, さながら電火飛ぶ如し之, さながら電瞬のよう, さながらを置いた, さながらたなびきたるが, さながらのよう, さながらをつつむ, さながらを撃つ, さながら韋駄天の姿, さながらに凍りつく, さながら風前の瓦斯灯, さながら風琴のカップラー, さながら飛ぶが如くであった, さながら飛ぶ如き軍馬に, さながら飛ぶ如く青銅車輪濕はず, さながら飛燕だ紋也, さながら飛豹のごとく, さながら飛鳥のやう, さながら餓鬼草紙の中, さながら饑ゑたる人の麪麭, さながら首くくりの見せ物, さながら馬市の馬, さながら馬鹿のよう, さながら駄駄ッ子か気違い, さながら驚いて, さながら骨肉相あたため心, さながら骸骨生ける屍, さながらを刺し, さながらのよう, さながら鬼女の相, さながら鬼深夜土や焼, さながら鬼竜のよう, さながら魁偉な仮面, さながら魍魎の巣, さながら魑魅となっ, さながら魑魅魍魎の大, さながら魚群の泳ぐ, さながらに呑まれた, さながら鳥屋の店, さながら鶏卵の裡, さながら鶏舎の観, さながらに道服, さながらの如, さながらを剥ぐ, さながら麻雀でも混ぜ, さながら黄金と赤銅, さながら黒く踊るかと, さながら黒繻子か何, さながらみて, さながら龍宮城とやらに迷