青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さては~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~さそう さぞ~ ~さっき さっき~ さっさと~ さっそく~ さっと~ さっぱり~ さつき~ さて~
さては~
さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~ さり~

「さては~」 1813, 20ppm, 5861位

▼ さては~ (110, 6.1%)

8 思って 3 胸を 2 心に, 思った

1 [95件] いちどは, うしろの, うなずいた, うなずきました, うなづきて, おかみさん, おほか, お思い, かねての, この地, さすがに, さとった, さとりまして, すぐその, その邇, それからは, はやくも, ふたりも, ぶらひの, まっしぐらに, もう聟殿, 二人は, 信玄は, 初めてこの, 初めて思いあたった, 前の, 合点し, 唇を, 土地の, 奥様お, 女房心づい, 官兵衛には, 察しが, 山名宗三ギクリ, 彼は, 従来の, 心づきたるに, 心の, 忽ち気がつい, 思いしめられること, 思いて, 思い当ったの, 思い急いで, 思い申した, 思うと, 思ったが, 思ったのみ, 思った北原, 思ひ当ること, 息を, 悟り顔に, 悪く邪推, 愈々心して欄間, 感じなければ, 感づきましたが, 感激し, 慌てて, 推せし胸, 日本左衛門は, 早や, 春衛は, 気が, 気がついた, 気がついて, 気づき城中, 独り心の, 玄徳も, 用心したれ, 皆思い当った, 皆頷いた, 眼色を, 知れ落人, 私は, 種々思いあたる, 考えて, 臍を, 舟中の, 荒尾も, 董承, 虫の, 覚ったが, 覚ったの, 覚って, 読めました, 足を, 身に, 身を, 過ぐる夜, 道夫の, 邦之助が, 醒めようと, 金吾も, 題目唱え, 顔見あわせ, 高山隊の

▼ さてはこの~ (52, 2.9%)

2 中は, 馬鹿も

1 [48件] うえにも, すさまじい音, へんの, まますぐ, まま隅田川へ, わしへ, フォックス, 三人一味, 人が, 人は, 人も, 人呉を, 人近い, 俺を, 先生の, 前兆か, 古館には, 坊主は, 坊主婆さんに, 壁辰は, 女が, 女たちは, 女だ, 女めこの, 妾が, 学校の, 少女も, 底の, 座を, 建物は, 戸塚の, 播磨が, 春徳川殿と, 物我らの, 犬であった, 男ここで, 男の, 眉間の, 眉間傷も, 竹藪の, 者が, 自分の, 色男奴覺え, 蛇だ, 辺の, 連中は, 隣に, 青年は

▼ さては~ (35, 1.9%)

2 父上には

1 [33件] ぬしには, めえ, ゆるし, 二人兄妹お, 僧も, 兄上重蔵殿の, 内の, 北も, 千絵様の, 叱言, 国西班牙でも, 嬲りなされましたな, 小言か, 島を, 愛嬌に, 汝等は, 浦という, 濠に, 秋めひと, 縫様屋敷に, 花さん狐が, 藤めの, 蝶が, 覚悟よ, 覚悟を, 身が, 身この, 通を, 酌が, 銀様を, 關の, 雪は, 頼まれなされた

▼ さてはまた~ (34, 1.9%)

2 何の

1 [32件] かくされた大, けいらん, ここの, この別室, この馬, とびら, なにごとを, なやみの, も今日, も蒲殿, ヒビあ, 一人斬られた, 何事か, 例の, 凶か, 嵐に, 懺悔も, 戦争や, 投身の, 昔の, 海の, 福徳の, 秋吉警部たちは, 聴け歯, 華々しいこと, 誰かに, 遠山の, 野に, 長雨の, 雑草の, 霜よ, 鵜沼の

▼ さてはあの~ (32, 1.8%)

1 [32件] あとで, がきめ, がんりきの, ときの, チイ嬢の, メロン頬の, 一件だ, 人と, 十郎左どのの, 叫びは, 吉蔵めが, 女は, 女へびひと皮ぬい, 女乞食も, 子供らめ谷博士と, 寺内に, 山は, 怪しい沈黙, 手紙は, 旅人は, 物外めが, 男が, 男を, 病人に, 痩骨を, 真珠王は, 美女が, 諸声は, 贈りものの, 連中しめし合わせ, 釣鐘に, 隙に

▼ さてはいよいよ~ (17, 0.9%)

1 [17件] あの金庫, お待ち兼ね, かからないな, これなりけり, 三斎屋敷に, 下りて, 今朝必死の, 以て, 御符売り, 御苦労の, 戦争と, 昨日の, 武光という, 気の毒なる, 猟師よ, 竜神の, 追手が

▼ さてはその~ (17, 0.9%)

1 [17件] まえに, 一つ一つの, 叱責かと, 塔上の, 折の, 方あらかじめ, 時に, 様の, 照り返しで, 筋の, 蝙蝠の, 表の, 製作年代等に, 訳がと, 辺を, 青二才と, 頃より

▼ さては~ (15, 0.8%)

1 [15件] かあった, かあの, かいい, かの事情, かわけ, か不意, か大事件, か妙案, か意図, か諜, か起った, か間違, じゃな, の怪むところ, を商う

▼ さては~ (15, 0.8%)

2 むごい別れ

1 [13件] あの博学, あれが, しても, た君, ひねもすの, 其弊害あら, 古い数々, 嗚呼谷底, 此の, 県視学の, 腰に, 金色に, 顔にも

▼ さては~ (14, 0.8%)

1 [14件] いって, しも地平, ちょっと外出, では精神病者, の人, の声, の子ども, の時, の物語, の話, まであの, までのぞい, までの確信, 出て

▼ さては~ (13, 0.7%)

2 の水軍

1 [11件] か, か味方, が, にも何, に内通, の廻し者, の謀略, は地, も本気, も知ったる, をあざむく

▼ さては~ (11, 0.6%)

31 が作左衛門, が春日重蔵, は, は世に, は悪, は関羽, は頼母様, も郭嘉

▼ さてはそれ~ (10, 0.6%)

1 かと思へ, からと見る見る, が, があの, が伊那丸, だな, だなと, でか, に引かれ, をさぐり

▼ さてはやはり~ (10, 0.6%)

1 あったん, いつか話に, それが, 内情を, 半右衛門どの, 噂に, 幻覚であった, 恩を, 没収大名の, 骨肉の

▼ さてはそう~ (9, 0.5%)

41 かとうなずける, だったかと, であったか, であったかと, でご

▼ さてはまだ~ (9, 0.5%)

1 どこかの, なの, 描いて, 敵の, 曹操の, 滞在中の, 生れて, 知らないなと, 過去の

▼ さては~ (9, 0.5%)

1 だという, の一族, の心, の本心, はあの, はまだ, もそれほど, をお, をだまし

▼ さては自分~ (8, 0.4%)

1 の思いちがい, の悪戯, の気, の無情, の父, の空耳, の訪れ, を疑う

▼ さてはお前~ (7, 0.4%)

1 が何, が元, が半, であったか, は犬神, やったな, 日ごろあんなに目

▼ さてはこいつ~ (7, 0.4%)

3 だな 1 がうわさ, が伊那丸, であったか, 迷ったなと

▼ さてはここ~ (7, 0.4%)

1 が大鹿, でお, でふた, で落命, で頭, に連れ, は冥府

▼ さてはそういう~ (7, 0.4%)

1 ことだった, 事情だった, 仔細かと, 口実の, 大望を, 宝の, 文書な

▼ さては~ (7, 0.4%)

1 の恨, の狐め, の狸め, の童, の虎め, は退く, も別れ切る

▼ さては~ (6, 0.3%)

2 さま, さまが, さまは

▼ さてはもう~ (6, 0.3%)

1 その化物, 何処からか, 感付いた, 手が, 活動を, 父親は

▼ さては~ (6, 0.3%)

1 が貧乏, に見所, の知らぬ, は別荘番, を計った, を馬鹿

▼ さては~ (6, 0.3%)

1 にとてには, に害心, はこの, も心安し, をこの, を咋むとて

▼ さては~ (5, 0.3%)

2 やつが 1 やつ, よいの, 奴ら二人は

▼ さてはそこ~ (5, 0.3%)

1 から船, から逃げ込んだ, だな, にある, は

▼ さてはわが~ (5, 0.3%)

1 亡親の, 想像に, 才に, 放屁は, 策成れり

▼ さては~ (5, 0.3%)

1 がうごき出した, の大将, の大将周泰, の水軍, へまぎれ込ん

▼ さては~ (5, 0.3%)

1 ここを, や, やお, 木下勢に, 舅御

▼ さては昨夜~ (5, 0.3%)

1 のうち, の山伏, の怪物, の樹明再来, の簑笠

▼ さては~ (5, 0.3%)

1 か予, か軍令, か顔, に忠告, も物申

▼ さては貴様~ (5, 0.3%)

3 だな 1 はこの, は鼓賊

▼ さてはきみ~ (4, 0.2%)

1 は, はおばけカブトムシ, はさっき, はそんな

▼ さてはこれ~ (4, 0.2%)

1 が父, だナと, にも眼, も松公

▼ さては今日~ (4, 0.2%)

1 こそいよいよ, のうち登城, の戦, ももう

▼ さては~ (4, 0.2%)

1 の此人, は可, までだまされ, も今

▼ さては~ (4, 0.2%)

1 がイタズラ, のさだ, の友達, の身

▼ さては孔明~ (4, 0.2%)

1 が自分, では, の奴, の悪戯

▼ さては~ (4, 0.2%)

1 主君も, 分は, 手に, 運の

▼ さては手前~ (4, 0.2%)

1 は, はまだ, は馬, 血迷ったな

▼ さては拙者~ (4, 0.2%)

1 が梅茶亭, にご, の話, を胡散

▼ さては早く~ (4, 0.2%)

1 も, も下検分, も御, も蜀

▼ さては~ (4, 0.2%)

1 の, のじいさん, の和尚, の家

▼ さては貴殿~ (4, 0.2%)

1 が佐々木小次郎どの, におかれ, のお, へお

▼ さてはあいつ~ (3, 0.2%)

1 がスミ子ちゃん, が四十面相, であったか

▼ さてはいづれ~ (3, 0.2%)

1 お目もじの, に行かん, の思

▼ さてはおん身~ (3, 0.2%)

1 はつま, は立, は自ら詩人

▼ さてはさすが~ (3, 0.2%)

1 の彼, の摩利信乃法師, 佞智の

▼ さてはやられた~ (3, 0.2%)

21 なッ

▼ さては五色~ (3, 0.2%)

2 まばゆき蜀錦 1 もいろとり

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 つ程, の室, の眠れる

▼ さては喧嘩~ (3, 0.2%)

1 かと思っ, のひとつ, をした

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 の明けぬ, の芝居, も更け

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 いよいよただ, はサクラ, も病気

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 よしも, 人数の, 桝を

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 がにらんだ, が庭, より前

▼ さては怪しい~ (3, 0.2%)

1 と思った, な, 者だ

▼ さては来た~ (3, 0.2%)

21 なと私

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 がゆるさぬ, が病気, と娘

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 ありと, の中, の加減

▼ さては汝ら~ (3, 0.2%)

1 かねての, はかねて, は海賊

▼ さては生き~ (3, 0.2%)

1 ている, ておられる, てをられる

▼ さては~ (3, 0.2%)

1 の方, までが眼顔, も是非無げ

▼ さては盗賊~ (3, 0.2%)

1 か, かと思う, と半ば身体

▼ さては西~ (3, 0.2%)

2 なる海 1 や南

▼ さては計略~ (3, 0.2%)

2 が露顕 1 だったの

▼ さては逃げた~ (3, 0.2%)

1 な, なと土間, やつらが

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 よいよ, よいよそ

▼ さてはいかなる~ (2, 0.1%)

1 勇士侠客が, 医学士も

▼ さてはいかに~ (2, 0.1%)

2 してか

▼ さてはいつぞや~ (2, 0.1%)

1 お杉, の明け方

▼ さてはいつの間にか~ (2, 0.1%)

1 俺は, 彼奴と

▼ さてはうまく~ (2, 0.1%)

1 姿を, 行ったな

▼ さてはおのれ~ (2, 0.1%)

1 は新九郎, も

▼ さてはおれ~ (2, 0.1%)

1 の留守, の馬

▼ さてはきのう~ (2, 0.1%)

1 のわが, の懸合いだ

▼ さてはこいつら~ (2, 0.1%)

1 には幻術, の仲間

▼ さてはこちら~ (2, 0.1%)

1 の大軍, の思い違い

▼ さてはことに~ (2, 0.1%)

2 よると

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 主人で, 辺には

▼ さてはすでに~ (2, 0.1%)

1 手筈は, 計を

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 なたの, なたは

▼ さてはそうした~ (2, 0.1%)

1 お袖, 仔細でした

▼ さてはだれ~ (2, 0.1%)

1 かこの, かその

▼ さてはという~ (2, 0.1%)

1 ことばが, 必要以上に

▼ さてはどこ~ (2, 0.1%)

2 かに人家

▼ さてはなお~ (2, 0.1%)

1 未練を, 次々に

▼ さてはなに~ (2, 0.1%)

1 かよから, か耳新しい

▼ さてははかられた~ (2, 0.1%)

1 かもう, な

▼ さてはほか~ (2, 0.1%)

1 の四人, へ隠れおった

▼ さてはもろもろ~ (2, 0.1%)

2 の浮世絵

▼ さてはやはりそう~ (2, 0.1%)

1 であったか, でしたか

▼ さてはよほど~ (2, 0.1%)

1 上手なにせ, 手練の

▼ さてはわか~ (2, 0.1%)

2 さぎなぞの養へる

▼ さてはオレ~ (2, 0.1%)

1 が女, の癇癪

▼ さてはベルナルドオ~ (2, 0.1%)

1 なりしよ, なるよ

▼ さては一大事医師~ (2, 0.1%)

2 の診察

▼ さては一度~ (2, 0.1%)

1 も初日, 粗末で

▼ さては下枝~ (2, 0.1%)

1 のいか, は得

▼ さては世間~ (2, 0.1%)

1 の噂, の妾

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の心, の眼

▼ さては人家~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ さては今にも~ (2, 0.1%)

1 何処よりか, 破裂し

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 なほ熟睡し, に姦夫

▼ さては何事~ (2, 0.1%)

1 かあった, か起っ

▼ さては何処~ (2, 0.1%)

1 かで見, に如何

▼ さては何者~ (2, 0.1%)

1 かこの, か妖気

▼ さては余りに~ (2, 0.1%)

1 事かろし, 自分の

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の狐, の芋虫

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 に出た, ほど白々しい

▼ さては先生~ (2, 0.1%)

1 の寛容, 御自身

▼ さては其方~ (2, 0.1%)

1 が眼, の舞

▼ さては其樣~ (2, 0.1%)

2 の憂き

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の一列, 以て

▼ さては助手~ (2, 0.1%)

1 などの配属, など東京帝国大学官制

▼ さては勿躰~ (2, 0.1%)

2 なき御

▼ さては古めかしい~ (2, 0.1%)

1 水祭の, 水祭りの

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 に聞き及ぶ, の通り

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 に大乱, の兄

▼ さては土遁~ (2, 0.1%)

2 の合図

▼ さては埋もれ~ (2, 0.1%)

2 水人に

▼ さては外国~ (2, 0.1%)

1 のシリーズ物, の人

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 耳子と, 膽な

▼ さては大岡捌き~ (2, 0.1%)

2 といったよう

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の嫉妬, もほんま

▼ さては女郎~ (2, 0.1%)

1 が女来也, だな

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 に累い, の為

▼ さては寺道~ (2, 0.1%)

2 を山

▼ さては左様~ (2, 0.1%)

1 でございますかと, でござったか

▼ さては役人~ (2, 0.1%)

1 でも連れ, の手

▼ さては彼奴~ (2, 0.1%)

1 に欺かれしか, よな

▼ さては忍び男~ (2, 0.1%)

2 だな

▼ さては恐れ~ (2, 0.1%)

1 て深く, をなし

▼ さては恨み~ (2, 0.1%)

1 に憎く, に憎みのそひ

▼ さては悪い~ (2, 0.1%)

1 噂でも, 雲助に

▼ さては我友~ (2, 0.1%)

1 とおなじ, の為包

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 る計, る計画

▼ さては推したうら~ (2, 0.1%)

2 に来い

▼ さては推量~ (2, 0.1%)

1 にたがわず, に違わず

▼ さては放蕩~ (2, 0.1%)

1 かと人々顏, かと人々顔

▼ さては故意~ (2, 0.1%)

1 にやった, にわれら

▼ さては日本~ (2, 0.1%)

1 の名所旧蹟, の軍艦

▼ さては昼間~ (2, 0.1%)

1 からその, のあの

▼ さては曹操~ (2, 0.1%)

1 の代り, も焦躁

▼ さては東京~ (2, 0.1%)

1 に在る, に当った

▼ さては正成~ (2, 0.1%)

1 は河内, もまた

▼ さては武田~ (2, 0.1%)

1 の, の残党

▼ さては武蔵~ (2, 0.1%)

1 が見つかった, であるの

▼ さては死に~ (2, 0.1%)

1 もの狂いの, 花の

▼ さては濁つた~ (2, 0.1%)

2 大川を

▼ さては~ (2, 0.1%)

2 の鈴

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 我を, 穉兒なりけり

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 か, にお

▼ さては皿小鉢~ (2, 0.1%)

2 や椀

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 府の, 見ての

▼ さては真に~ (2, 0.1%)

1 ちがいない, 交を

▼ さては~ (2, 0.1%)

2 に出ぬ

▼ さては空中村~ (2, 0.1%)

1 がいよいよ, が一晩

▼ さては芝居~ (2, 0.1%)

1 がお, のお供

▼ さては~ (2, 0.1%)

2 売りは

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 が解けた, めいた眸

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の仲間, の巣くつ

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 と川, を間違えた

▼ さては遠く~ (2, 0.1%)

1 から見た目, 飛騨の

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 の意趣, の話

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 へ出る, 干が

▼ さては野盗~ (2, 0.1%)

1 か, の手引き

▼ さては野郎~ (2, 0.1%)

1 お蝶, もあと

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 を盗む, を盜む爲

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 斗は, 新どの

▼ さては阿波~ (2, 0.1%)

1 の侍, の原士

▼ さては風俗~ (2, 0.1%)

2 などをさ

▼ さては~ (2, 0.1%)

1 が出る, にもあらず

▼1* [965件]

さてはつらへたまひ, さてはあいつめ事の眞相, さてはあいつらわしのあと, さてはあったら名人の, さてはあつらえたまいしごとく, さてはあなたが何, さてはあの若侍の, さてはあられもない, さてはありふれた材料を, さてはあれから裁判所, さてはいたずらだな, さてはいった足形ばかり, さてはいっぱい食わされたかな, さてはいつものご, さてはいまだ諦めて, さてはいまのは原子トラック, さてはうしろへ出た, さてはうろ覚えの歌, さてはおのれ妖怪変化のたぐい, さてはおのれ宵に光春, さてはおのれ影武者であったな, さてはおのれ浜川さまを手, さてはおのれ狐狸か魔性, さてはおのれ等は花川戸, さてはおまえは敵, さてはお側近く勤むる侍と奥, さてはお前たち誰からか聞い, さてはお前様は, さてはお前達は悪人, さてはお手前は鳥谷先生, さてはお気に入らぬ, さてはお越しあそばさったな, さてはかかる事に, さてはかくわれから, さてはかしこに隠れたる, さてはかすかな愛, さてはかっぽれと, さてはかねての青雲, さてはかねて聞く趙, さてはかの名高き, さてはかんじんのこけ, さてはきく轢かれゆく子らの, さてはきのうおれたちをだました, さてはきゃつめ祖父江出羽守であった, さてはぐずり松平の, さてはけばけばしい彫刻を, さてはこいつどこかで様子, さてはこいつ万次郎を殺し, さてはこいつ手数がかかる, さてはこいつ白痴だわい, さてはこいつ阪者の出来損ない, さてはこうだな, さてはこういう人であった, さてはこうして書物に, さてはこけ猿の, さてはここらで戦死, さてはこっちの木精, さてはこのあの猿の, さてはこのごろ師匠の機嫌, さてはこの間に逃げよ, さてはこの間兄きが帯で隠した, さてはこんなところに, さてはごまめかづのこの, さてはご存知無いと, さてはういふ事, さてはさいごを, さてはさうかといつそう, さてはさきに逃げた, さてはさっきからの様子, さてはさっきのはその, さてはさつきひろ子が, さてはしまった島抜け法印見込ん, さてはすでに内々申し合わせおった筋書, さてはそいつが急所, さてはそこもとがかの, さてはその間に何者, さてはそれでも俺達も, さてはそれほどにおもっ, さてはそろそろ出軍, さてはそんな御素姓, さてはたのまじあこがれじ秋ふく風に, さてはたばかってわし, さてはたるんだ瞼だらう, さてはんだら, さてはちくぶしま, さてはちりぢりに, さてはついに飛びおりて, さてはづぶづぶと青く沈みぬ, さてはとうとうやりやがったか, さてはよべるたはれ女, さてはなつかしい姉の, さてはなにか身の上に, さてはなほ下れる世, さてはなんぞ伊那丸がたの, さてはなんとか働きたま, さてははかに, さてはにげたか, さてはにわかにセーヌ川に, さてはかッ, さてはねずみが食った, さてはのち我にかへり, さてははいってくる, さてははや俊夫君は, さてははや世に無き君, さてはばさら商売の田楽役者, さてはひっくら返した, さてはひでり草, さてはひでよし公, さてはひとを河原者, さてはひと時の美觀, さてはふたりの子, さてはほしが当たったらしい, さてはほんとか, さてはほんとに耳が, さてはほんのり上白み, さてはほんものであったか, さてはまさしく魘された, さてはまたぞろ民部の, さてはまったく誠意を, さてはまんまと計られたか, さてはみずから火を放っ, さてはむこうか, さてはめいめいのあいだ, さてはもとの世界, さてはもはや御本陣, さてはやさしくいいよって, さてはやったな, さてはやって来たな, さてはやっぱり男が, さてはやっぱりそうだったの, さてはやりやがったな, さてはよきところをのみ, さてはよく眠るとか, さてはわが子はこの, さてはわが身を恐がらない, さてはわしの正, さてはわれを召捕らん, さてはわれらが助かった, さてはわれわれの謀, さてはわれ岡の木かげ, さてはアルハンブラペラルタベイヴュウ等海岸通に並ぶ, さてはアレに気付い, さてはアントニオなりとか, さてはアントワンを思出, さてはアンポンきょうは土曜日, さてはイプセンにさ, さてはイヨイヨインチキホテルだな, さてはインド人が本国, さてはインネンをつけなさる, さてはエジプトでの私, さてはエスペラント協会員だなと, さてはカバンをぶらさげ, さてはキユビズムの名, さてはコンゴーのジャングル, さてはサモイレンコが喋った, さてはシャツまでもはぎ取った, さてはジメネスのいう, さてはソバケーヴィッチの悪党め, さてはダニーロお主, さてはテメエ兇状もちだな, さてはドイツの破竹, さてはハウス・ゾンネンシャインの連中, さてはバタチカンお前であったか, さてはバレたかな, さてはパイ軍曹自分が林檎, さてはフォルムに就い, さてはフルヰアの君, さてはホルモン料理のゲテ, さてはボーイにいたる, さてはマアテルランクなどを植ゑるやうに土, さてはユリは糖分過剰, さてはヨーロッパ人にいたる, さてはワナが破れた, さてはと口, さては一ぱい食わされたかと, さては一合戦あったか, さては一味ととう, さては一歩想像を深め, さては一生の怨敵退散, さては一色がいよいよ, さては万亭応賀の釈迦八相記, さては万日千日の群衆心理, さては三代広重が紫, さては三十路の更け行け, さてはこの主水, さては上人にも蔭, さては上州地方の平野, さては上手の端, さては下手人左ききかいい, さては不平の辞, さては不知哉丸の身, さては不首尾か, さてはに産聲, さてはから鍵, さては中味のない, さては中央の山々, さては中学校の英語教師さ, さては中川様のと我, さては中納言家のご, さてはの呂伯, さては乃公の入閣, さては久良伎剣花坊が新, さては乳母よと見る, さては予感があった, さては二世のセラダ, さては二人の湖上, さては二十面相のし, さては二度の捕, さては二心を抱いた, さては云うのが, さては五十鈴の流れ二見, さては五月蠅しとて, さては五百羅漢までを胸中, さては井筒屋さんというよう, さては井谷はそれ, さてはに入る, さては人々の目, さては人皇の祖, さては人目を忍ぶ逢い, さては人違いではない, さては人間の食物, さては今井氏貴公がこの, さては今夜はかの人, さては今夜写山楼へおい, さては今宵彼の洞, さては今朝あいしは, さては仔細のある, さては仕損じたかと守人, さては仙洞御所の出火, さては仙院の五節舞, さては仮に御弔い, さては企む敵こそ, さては伊吹の裾道, さては伊那丸がとらえられた, さては伊那丸君のお, さては伏見桃山千鳥の香炉, さては伝え聞きなさらぬか, さては伝六きょうばかりはホシ, さてはがある, さては住吉の海上, さては何ぞこの高氏, さては何とも知れず遠き, さては何時の間にやら俺, さては何等の密会, さては何處かの新造, さては佛教界の大徳名匠, さては便りあしからずと, さてはに, さては俗間通用の病名, さては信広様の内応事件, さては偽者かと云う, さてはの木, さては僧侶でも差支えない, さては優にやさしき月花, さては兄上の下手人, さては兄弟たちへの思い, さては先刻の訓辞, さては先日極暑, さては先日反古の新聞, さては先生シンから男, さては先生先日の芝居, さては先生大名の行列, さては先生字が読めない, さては先鋒と主隊, さては光秀を使嗾, さては兎唇出歯の守, さては全く幽霊塔へ, さては八丁堀のやつら, さては八千歳靈木の, さては六区瓢箪池へ真逆様, さてはまた陪臣, さては其名の如く, さては其著述に顕, さてはての約束, さては冠者殿におかれまし, さては嫌わず無, さては処嫌はず無遠慮に突立つて, さては凶事があった, さては触れだ, さては出羽守のからだ, さては出行きし恨も, さては刃わたしの密法, さては切支丹ばてれん, さては初めからこの, さては別れの杉, さては別れし人なれ, さては別人だと, さては前日の児, さては劉家の息女, さては力三が胡瓜, さては加勢の者, さては加寿子たちの部屋, さては加賀の白山等, さては助太刀が参った, さては無き己, さては動かすものである, さては勝家助命の運動, さては勝家長陣の心組み, さては勝頼をうばいかえす, さては化夥間の雪女, さては化粧の癖, さては北側の動坂方面, さては十万八千の焼死人中, さては十二人ばかりが一緒, さては十手が鈍った, さては十銭芸者でも買う, さては半兵衛が弟, さては卑劣な謀, さてはの森陰, さては南天の白, さては南都の奈良法師, さては博士はサル, さてはの表, さては友吉というあの, さてはほどにもない, さては可愛いい足の, さてはの如き, さては司馬のまわし者, さては各人のやり取り, さては各種の賭博, さては吉原大門前の平松, さては同じ机の, さてはのある, さては向うから進ん, さては向こうの林, さては君致死量のストリヒニン, さては君舟木にたきつけられた, さてはれ疾, さては吾等三人が同時に, さてはを覚えた, さては呼びあぐんで立, さては和尚も苔むした, さては和製タゴール老か警部さん, さては和議か, さてはの一つ, さては唐代に於ける, さては唐末五代の亂, さては唐竹割の術, さては唐草が娘, さては窓の, さては唯風に吹かれる, さては四角なる, さては圧殺すつもり, さてはの喜び, さては地上へ出られ, さては地方総督の赴任, さては地蔵が少年, さては坂部の三十, さては坑山の臨時手伝, さては坑木などを研究, さては埋めるところを, さては城太郎めが後, さては堅い欅栗楢, さては堕落したな, さてはをあげ, さてはな気, さては夕ぐれ彼の帰り来る折り, さては夕刻チラと見かけた, さては夕景が木戸開き, さては外套の衣兜, さては多少しらべて, さては多摩川へ見合い, さては夜見の国, さては夜道をする, さては大久保をはじめ徳川家, さては大和の金峰山, さては大変な馬成金, さては大方美しき人, さては大砲組小筒組御持組, さては天上に神さま, さては天上皇帝を始め, さては天下にわれ, さては天国の歓喜, さては天子の密旨, さては天幕の入口際, さては天牛虫油虫これに酢模, さては天狗か狐狸, さては天窓から出おった, さては太平洋航路を何, さては奇特の人, さては奈良には皐月, さては奈良炎上の無道, さては奥州で盲, さては女中どもの中, さては女出入りが原因, さては女房の幽霊め, さては女狐にでもたぶらかされた, さては女王は渠, さては女王様即ちお, さては女郎買いをし, さては奴さん錠がおりてない, さては奴め前回に味, さては奴め打ち開ける気持, さては如何なる芸術さえもが, さては妄執晴れやらで, さては妊娠して, さては妖女めいかさまをし, さては妖怪に極, さては妖怪変化かと李, さては妖邪の気, さてはもたる, さてはになった, さては姜維はもう, さては婆さんに試された, さてはの失せ, さては子供を寝せつけ, さては子守りに追, さては子連れの女, さては孫左衛門が世, さては安寧と平和, さては宗教の類, さては宗教的俗物など凡そ, さては宝物を奪い, さては談だ, さては客来と言, さては宵の口からその, さては家屋敷に因縁, さては家庫に心, さては家康のご, さては寄手の血漿, さては富士筑波の眺め, さては寒行の行者修験者, さては寛永寺の訴訟, さては寝返りが出た, さては射的場で兎, さては将来の目的, さては小さい青竜刀ほども, さては小太郎山から手当, さては小幡の門人ども, さては小春も尾, さては小細工をなされた, さては小説技芸のはなし, さては少く本意無きまでに座敷, さては少しばかりのアンドリエフ, さては屋根の上, さてはも河, さては山伏にはかられました, さては山科に隠れ, さては山茶作りの槌, さては山越しをし, さては岩菅から上越国境, さては峰丹波の仕業, さては川上もその, さては川戸のさ, さては工業から商業, さては差置いた荷の, さては市街戦が始まった, さては希望も指示, さては帰りつるか, さては帰京せしかと, さては帽子だの, さては馬が, さては平常先輩の, さては平潟に打ち寄せる, さては幼少な者, さては幽霊船のこと, さては広く円かに, さては店屋の番頭小僧, さては店頭に集る, さては座敷ワラシなりけりと, さては庵室あばら屋と軒, さては廊下に, さてはの煤鍋, さては弁天山の鐘撞堂, さてはのリイ, さては強請ったな, さては彼女は洋行, さては彼子の名, さては彼我を殺す, さては彼方にても獲, さては彼東京に永住, さては往来の遑, さてはの混乱, さては後醍醐と義貞, さては得印門下の四人, さては御両人であったよな, さては御身が重蔵殿, さては徳川殿を討つ, さてはの迷い, さては心安しいづれに, さては忙中の一閑これ, さては思いなしの通り, さては怪我はし, さては怪機械人間の一味, さては怪物がもどっ, さては怪獣の光, さてはれに, さてはに眼, さては恋文でも入れ, さては恒温室が熱, さては悪人どもの巣, さては悪運強く今日, さては悲しとやう, さては惚れてるな, さては始まったなと, さては愉しきピエロよ, さては愛人である, さては成田屋め俺を抱き込み, さては成都の劉璋, さては我が能まだ, さては我命を救うた, さては我族の御身, さてはには勝った, さてはのま, さては手廻りの小道具, さては手速にうしろ, さては扶持取り禄高とりのお, さては抜き浴びせるのかと, さては抱けるこの草, さては拘束されて, さては持参の卵, さては持病の癪, さては按摩の笛犬, さては振分け髪を一束づつ, さては探偵小説家などの推理, さては探偵手先か, さては揃いのだ, さてはえた當時, さてはを守り, さてはがれた, さては支那人のよう, さては教師である, さては敦盛卿のわすれがた, さては数多の女, さては数年前滅亡した浅草, さては敵兵早急に攻むると, さては敵国の間者, さては敵将の曹仁, さてはされたの, さては文展などにさ, さては断片的に誌, さては劇壇の, さては新式の張り店, さては新知旧識のなつかしき, さては新聞をひろげ, さては新選組の浪士たち, さてはの白き, さては日頃自分が余りに, さては旨いぞシテ, さては早乙女主水之介, さては早朝三割奉仕とかいう商略等, さては春日重蔵の弟, さては昨日あたりもぐらもちの真似, さてはか, さてはの中, さては暴兵が, さては曲者だ, さては書中にある, さては書類を自由自在, さては曹操曹洪の兄弟, さては最前のいきさつ, さては最早再び此地には, さては望外なる主従, さては望月だな, さては朝露軒どのは敵方, さては振の, さては末森城も落ちた, さては末路も見破られた, さては本当に写真を, さては李厳が自分, さては村重が手早く, さては村雨の通つたの, さてはをかざし, さてはてあり, さては来るなと思っ, さてはへさし, さては東京大阪の有志, さては東山道軍のうわさ, さては松下一郎と云う, さては松平殿ご家臣, さては栄次郎の妹, さてはや米, さてはのない, さては之進め, さては桃生郡には竹, さては桔梗様を攫った, さてはの五郎助奉公, さてはに行く, さてはにひく, さては横合いから緑, さてはの実, さてはを渡っ, さては次郎吉もその, さては次郎左衛門籠釣瓶の祟り, さてはを考え, さては歌沢振り事など歌舞, さては歌舞伎日本風の店舗, さては正しく血縁の, さては此あたりにこそ御, さては此一封をマリア, さては此処がかの, さては此女柿主なりなと, さては此奴が噬, さては此奴め内通でも, さては此家あるじこそは土地, さては此方を除い, さては此母親の言, さては武兵衛の赤裸, さては武田伊那丸がきた, さては死んで了, さては死んだふりを, さては死装束の用意, さては死霊のする, さては殺された先代の, さては殿のお, さては母様のお, さてはをば飲まされ, さては毒瓦斯弾などにやられ, さては民部が首, さては気に入ったかと安心, さては気に入らなくつてかうだ, さては水まさ雲と同じ, さては水増雲の義, さては水爆よけの防空濠, さては汝ら一つになっ, さては汝切角の姫, さては汝彼君を愛す, さては汝等も人形, さては汝陣十郎であったか, さては江田源蔵殿なるか, さては没落と見せた, さては油屋かな永楽屋, さては泉山大先生, さては泉山さんは犯人, さては泊り客に, さては法蔵寺鈍二兵衛が一番, さては泥棒がこの, さては洋行の事, さては浅木君はやはり, さては浅草の和泉屋, さてはに立っ, さては浪花節に近代詩, さては浪路が大奥, さては浪路どのもとうとう, さては浮世のわすれ, さては浮橋縫之助, さては海馬島の海馬, さては深更まで営業, さては淵川に身, さてはの狐, さては湖沼の舟釣り, さては源十郎いよいよお, さては源氏物語の中, さては滑稽瓢逸を熱愛, さては滝野君誰かに思し召し, さては演説や号令, さては激しく門を, さてはみ声, さてはに立つ, さてはをかけ, さては火元が近, さては火箸灰均など, さては火薬が破裂, さては火酒かぶりつつ, さてはの中, さては烏戈国の藤甲軍, さては無事に他, さては無住ではなかっ, さては無益な其労, さては無罪の宣告, さては無頼者でご, さては煙草を買, さてはの穴, さては熊谷の石原, さてはから出入り, さては爪垢がたま, さては片目はイレ目, さては牛込築土明神裏手, さてはのあはれ, さては物とり追剥のたぐい, さては犯人は久吉, さては狂人なるよと, さてはと共謀, さては狐小舎までが散在, さては狐火と魂消しました, さては狐狸にでもつままれた, さては狩場がある, さては狭霧が降りた, さてはにあらずや, さては狼藉者だな, さてはか熊, さては猿沢の池, さてはの命令, さては玩具の十手, さては現在の苦痛, さては理学士か何ぞ, さては瓊子の形見, さては生き物を口, さては生れる子供を, さては用談の内意, さては田圃や畠, さては田楽ばさらの者, さては田氏の密書, さては由緒ある武士, さては甲斐源氏の諸, さては男女交際の得失, さては町会隣組警防団婦人会といつた, さては町方の小唄, さては画額ならぬ我姿, さては留守番がいる, さては異な物音は, さては疲れ果て骸骨の, さては病人を甲府, さては病馬かと言う, さては発覚したか, さてはばッ, さては白木さんから頼まれた, さては白湾子と共に名古屋, さては百万の大軍, さては百年埋れたりと, さては監督があたり, さてはが馴れた, さては盲目の法師, さては相当ため込んだね, さては眉根鼻付から衣装, さては看守らの来り, さては真っ赤に染めあがった, さては真に猶此裟婆界に, さてはを醒ました, さては着物とか金, さてはっ張り男, さては矢庭にかた, さては知ってるか, さては石ころ道を寂し, さては石垣の上, さては石炭の供給, さては碁将棋マーヂヤンの室内競技, さては磯山の潜伏中大事発覚, さては社会経済の諸, さては祖父の墓参, さては神戸から出奔, さては神戸三七信孝自身進まれたな, さては神棚の一部, さては神田の小柳, さては福知山の, さては秀吉の陣, さては秀子が若し, さては秋津の島, さては秋田犬も, さては秘密の勧誘なぞ, さては秩父の奥山, さては程なく勝入の, さては稽古が終わった, さては空耳であったの, さては空音ではない, さては突きだと, さては竜神の御, さては童男と魅, さては竹中半兵衛殿とよい, さては筑前か, さては篇中およそ七八分, さてはがはいつた, さては米代を飲ん, さては粟殻を撒い, さては精神過多等の不自然, さては紀伊國屋の伊之助, さては紀元節の當日, さては紋十郎めに計られた, さては紋吉だな, さては紙屋呉服屋蕎麥屋菓子屋に至る, さては紙屋呉服屋蕎麦屋菓子屋に至る, さては紙屑なんどの狼籍たる, さては紙帳はあの, さては素性繕に疑, さては素晴らしい手練と, さては細君に向っ, さては終に生捕られ, さては絵本太閤記から黒岩涙香, さては綿貫とグル, さては緯度をとび越えた, さては縁結びに浜田, さては織田の侍, さては置き去りを喰った, さては羅泌の, さては老人赤穂の廻し者, さては老媼のいひし, さては老朽しても, さては聖天山へ連れ出し, さては聞き及ぶ拳骨和尚とは, さては聞こえた無頼漢ぞろい腹を, さては聴かれてしまった, さてはをパッ, さてはの衣裳, さては能登守の乗物, さてはに沿っ, さては腸窒扶斯病との診断, さてはにまい, さては自分勝手に喋舌つて, さては船暈だなと, さては船長の言, さては色男が来た, さては芙蓉の白き, さては芝居帰りの月かげ, さては芝生を這つて木の葉, さてはよりおぼろ, さては花漬売が心づかず, さては芸術家音楽家哲学者俳優詩人の肖像, さては若いこの男, さては英雄殿もひとり旅, さては茂公いよいよまた, さては草津を要し, さては草雲雀螽斯なんどいずれ野, さては荒物屋理髪店豆腐屋まであ, さては荒物屋理髮店豆腐屋まであ, さては菓子型の類, さては菜の花桐の若葉, さては萎んだレースだの, さてはの花粉, さてはを啄ん, さては薄紫の色, さては薄荷菊の花, さては藤井氏の親戚, さては蛾次郎めがまた, さてはを掻かれた, さては裏切りしたか, さては裏切り者の内応, さては襤褸でござれ何で, さては西園寺陶庵和尚の杖, さては西地方町天満町あたりにあった, さては見つかったか, さては見入りて, さては見処があっ, さては見張られている, さては覚られたかと思う, さては親仁の金箱ぐるみ, さては觀念は全部物質, さては計られたか, さては証拠蒐集の為, さては詭計だな, さてはに聞い, さては語りて燧石, さては誤って彼, さては説明を要すべき, さては読めたおのれも, さては調べ革のたるみ, さては論文はまだ, さては諸侯のお, さては諸国から上っ, さては謀られたな, さては謀反のあの, さては警察の手, さては谷川の岸, さては谷底にいる, さては豪商と歩き廻った, さては財産をうちすてね, さては貫一も枕, さては貴兄もぬかり, さては貴方はこんな, さては貴様らは俺, さては貴様ピストルの丸, さては貴様俺にいいまかされた, さては貴様無筆だな, さては貴殿たちも菊池, さては賊軍が押し寄せ, さては贋使者と見抜かれた, さては赤倉のいで湯, さては赤熊が片, さてはの国, さては越前へ大坂, さては足下にちがい, さては踊りが好き, さては踏みあがってくる, さては車冑には異, さては輦輿が通る, さては辞世を書きおく, さては迎えかと常磐, さては近い頃の, さては近き海岸の, さては近世の誰彼, さては近在の人々, さては近所の生臭坊主, さては返書を持たせ, さては迷宮だな, さては逃げ去ったと見せた, さては途中にふり落せ, さては通り魔でもした, さては逢引と来た, さては遂に第三回目, さては遅れたか, さては過ぎ去り給ひし, さては道中騙りか美人局, さては遠きに倦みたる, さては邪見な七蔵め, さては郁次郎が召捕られた, さてはの仕方, さてはが欲しい, さては重代相恩の主君, さては野心のふかい, さては野郎め家の中, さては野郎賭場を荒らし, さてはをもらっ, さては金泥の画壁, さては金眸が棲居なんめ, さては金銀や, さては鍛冶小屋に泊まった, さては鎌倉から遠く, さては長唄下方の望月, さては長嶋か, さてはをはいり, さては閑山の相識, さては閑山爺さんは恨む, さては閨急ぎか, さては闇さんを捕り, さては阪部の三十, さては降雪になった, さてはの御霊, さては院外でやりたい, さては陣十郎の師匠, さては陳さん何かかん違いをしてる, さては陸奥六郎義隆が子, さては隆堯の, さては随筆に飛騨, さてはがあったら, さては隠れていた, さては鹿の, さては雨漏りと思う, さては雲さんや, さてはが約束, さては電車の遠く, さては電車路を突, さてはわれたか, さては青シャツ隊が仕事, さては青幇が関係, さては青月代かとよくよく, さては静御前にてまします, さては面妖と思っ, さては韋駄天と逃げちる, さては頬被りで隠した, さてはの痛い, さては頼まれたな, さては頼春か, さては風冴ゆる夕べ, さては飛んだなと叡山, さては飛騨山脈がプラチナ, さては食わされたと思った, さては飼犬に手, さては飼猫や飼犬, さては切られるかと, さては首尾よく仇, さては香取津の宮, さては馬鹿にし, さては馭者だの鍛冶屋, さては駒井も洲崎, さては騎士だの侍従, さては騙かれたかと心付く, さては高きは秦嶺也, さては高貴のお方, さては鬼火等に出, さてはのご用, さては魚河岸舟つくや, さては鯉泥棒だな, さては又笹, さては鳥居峠の天狗, さては鳳雛先生か, さては鴨猟の事, さては鴻家の残兵, さては鵺殿にはまだ, さては鷹狩に事, さてはの濠, さては黄海の風潮, さては黒奉書の羽織, さては黒澤の方, さては黒衣が虚誕, さてはの助け, さてはに因んだ