青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ござる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます ございます~ ~ございません ございません~ ~ござる
ござる~
~ごと ごと~ ~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~ ~ごとし ~ごらん ごらん~ ごろ~

「ござる~」 1024, 10ppm, 10836位

▼ ござる~ (291, 28.4%)

3 この辺, それは 2 そのお上, もとよりお上, 以後は, 若先生, 酒は

1 [275件] ああいう, あちらなれ, あちらの, あの健康そのもの, あの太閤, あの峠, あの御, あれは, いかがで, いかがでござろう, いただく前, いっその, おたずねなされた, おのおのそれ, お供の, お嬢様を, お尋ね申す, お気づきで, お気の毒様, お求め遊ばした, お珍しい, お聞き届け下されよう, お見受けいたせ, お越し賜わろう, かつて松平伊豆守, かの鐘巻, こ, ここは, このよう, この先, この先生たち, この屋内, この平馬, この新九郎, この杜鵑, この越前守, こよい, これも, これより, これを, ご主人権右衛門殿, ご修行者, ご所持, ご異存, ご覚悟, ご辛棒, ご迷惑, さすがに, さらに幕府, さらば早速, さりとてそのため死, さるを, しかしあの, しかしこれ, しかし御, して, すぐご, せんだって退屈の, そういう御身, そっと負う, そのあたり, その外来, その大砲, その天魔太郎, その山荘, その席, その恋人, その時, その猪, その節, その辺, そもそも何事, それが, それこそ, それでも貴所, それについて, それも, それらの, それを, ただちに関東, ただ今の, ちょうど自分, ついでに, とても代官, とにかくあれ, どういうふう, どうか御, どうした, どうしてそれ, どうぞお, どちらへ, なお伊吹, なに特別の, なるべく多く, なんとよ, ひとつ伺っ, ひょっとかする, ほかならぬ, まあまあそれ, まあまあ其処許, まさしくご, まだ発見, まったく剣道, もしや貴殿, もってのほかな, もっとミジメ, もとより武芸, われらが, われらの, われら通辞の, ホンの, 一万円と, 一人は, 一夜は, 一度御, 一方は, 一朝彼等, 一風呂浴びさせ, 上さまご, 不幸に, 不意に, 不純な, 世捨人入道雲水ばかり, 中でも歌, 中には, 主人が, 主命を, 二本榎の, 五郎蔵殿ほど, 京都までの, 人の, 今と, 今度國許に, 介錯人の, 仕官し, 以後御, 以来お, 仰向けに, 何う, 何か, 何せい, 何で貴殿, 何ら怨み, 何人が, 何故かその, 倒れるまで, 儂の, 先方では, 先生の, 兵部卿大塔宮護良親王様が, 出会わないので, 前にも, 前野氏の, 化物屋敷へ, 十九年の, 十兵衛様は, 十郎左は, 名前は, 吟味つかまつる, 和尚は, 唯今, 唯今までの, 唯今亡君の, 唯今進藤家にも, 土地不案内な, 大切の, 大夫が, 大洗助川平潟勿来などは, 大義の, 天晴れ手練の, 太夫は, 夫れ, 女體よりも, 如何にも無法, 如何取り計らひませう, 妹の, 子は, 実は彼, 富田流の, 小者に, 少々は, 左膳ごとき, 平にお, 広い世間, 当家の, 当道場, 形見に, 得庵先生御, 御主人, 御意に, 御意の, 御打ち捨ておき下さる, 御腹蔵, 御覧の, 思うに, 急いで, 怪しい事, 恩人たる, 惣次郎の, 成田邸への, 手前家来の, 折入っ, 拙者こと武者修行の, 拙者と, 拙者とても, 拙者は, 拙者も, 拙者以外に, 拙者先日迄, 故にあしからず, 新規の, 早打の, 昔とった, 春とも, 是非とも, 時が, 暫時別室まで, 書生あがり, 木太刀を, 棋譜は, 武士の, 武家政道の, 死に場所を, 死骸へは, 殿に, 殿下の, 決してよくは, 法神流には, 洒落た口, 浪人の, 澄江殿にとっては, 火急に, 父に, 狙いは, 瑞巌寺の, 生れた時, 生涯人には, 申し上げないと, 百城と, 真の, 真実かの, 知っての, 確と, 禄の, 私には, 私は, 絵図にも, 罪人の, 老人は, 老骨一期の, 親分与兵衛殿も, 言わんとして, 計らず洞中, 記念と, 貴公たちは, 貴公として, 貴意いかがに, 貴所様が, 貴殿が, 貴殿なれ, 貴殿の, 足弱連で, 身共は, 近頃は, 運座の, 道に, 都合によって, 長浜の, 順慶堀の, 願わく, 風が, 飯田まで, 駕籠の, 騒ぎの, 高氏も

▼ ござる~ (69, 6.7%)

2 いって, 挨拶し

1 [65件] いう, いふの, このよう, じっと落着, すると, その容子, その間に, どこで, ならこの, なら拙者任侠, やかましく言い立て, 一切の, 一言の, 云いながら, 云うと, 云うので, 云ったと, 云ったの, 云って, 云ふ, 云わぬばかりに, 出したん, 出ようと, 刀の, 名を, 名乗りあげて, 名乗るもの, 咄し, 園の, 大きな顔, 威張って, 彼等は, 思って, 打付けた所, 押つけられ, 持つて, 斯う, 早速に, 歩いて, 申したこと, 瞞し, 磊落な, 答えたの, 答えて, 答えると, 自慢を, 蔭ながら, 言いもし, 言い放って, 言い残して, 言うと, 言った, 言ったので, 言って, 言ってないのに, 言つたに, 言つて各々太閤を, 言つて敬, 言明する, 証拠を, 説いた, 諸方の, 鎌倉へ, 開きなおり見事, 頻りに止めた

▼ ござる~ (57, 5.6%)

147 じゃ 4 はどなた 2 だ, ぢや

1 [28件] かねえ, が分からない, が大分苦痛, が退屈, じゃそれ, じゃろ, である, といわば, ととても, と大騒ぎ, と家康, と鳰鳥殿, と鼻, はお金, はまず, はテーマ, は刀, は浅草小劇場, やと, やら, を仰ぎ見る, を心, を麓, 不義でござる, 土豪でござる, 夜会でござる, 海老の, 艶か

▼ ござる~ (55, 5.4%)

9 それは 2

1 [44件] あの真中, いや例, おねがいいたします, お名乗り, お所, このお, ござるか, それとも何, どうかその, どうしておる, まずもっ, よろしゅうござる, ろくで, チツ残念だ, 上げ潮時でござろう, 上野が, 久米之, 但しは, 修行が, 先刻大門にて, 先生相馬はさまで, 前田氏でござる, 大儀でござった, 大工の, 天草一揆の, 夫は, 存ぜねど, 宜しゅうござる, 拙者には, 拙者は, 拙者共は, 教えて, 明智光秀の, 月江殿月江殿, 權六に, 民弥も, 浪之, 知らぬよう, 素人でござる, 診て, 越州殿, 身が, 頓と, 願わく

▼ ござるから~ (42, 4.1%)

3 じゃ

1 [39件] いったん耳, いつ帰る, おりおり旅人, お京, お同道, お怒り, お考え, かってに, ことに子, このうえ, すべての, そのあいだ, それは, だらう, なにとぞさっそく林念寺前, なにとぞ失礼, もっとはっきり申されませい, やはり左, 一命は, 丁度可, 上野原あたりまで, 今までの, 何う, 何も, 只今承, 命が, 和尚は, 嘘に, 少しも, 左様仰せられず, 早速埒, 未だ海, 来月に, 水漬なりと, 沙汰なし, 物の, 私共は, 聖と, 面白い話

▼ ござる~ (40, 3.9%)

3 城の

1 [37件] おのおの方, おり場所とは, お住居, お宣りくだされ, お討ちなさる, お願いとは, かかる深夜, この松, この海岸, この神, ご容態, ご気嫌, ご用かな, ご相伴衆, ご迷惑, さあご返答, その後とは, 伝説とは, 右門殿ご, 右門殿岩は, 各自の, 平戸氏, 御怪我, 折半という, 拙者を, 明払暁, 添うに, 獲物とは, 精妙な, 織江殿拙者を, 菊女殿, 見込みの, 貴殿とは, 野郎頭が, 音響学とは, 鳰鳥殿, 鼻を

▼ ござる~ (22, 2.1%)

2 案じなさるな

1 [20件] 人じゃ, 任せして, 任せなされ, 助けいたす, 場所がらを, 斬りなされ, 月樣, 気づかいなく, 留めは, 癒し致す, 相手致そう, 考えが, 菊殿と, 見知りおき下さい, 見知り置き下され, 言葉に従い, 訊ねを, 譲りしましょう, 躓きなさるな, 首を

▼ ござる~ (19, 1.9%)

2

1 [17件] お立ち騒ぎなさる, お身内衆, お辷りなされい, お逃げなされ, っ, よいか, ーッ, 如来衛門殿, 彼らの, 御乱心, 拙者を, 方々お, 杉浪之, 殿中で, 見苦しい, 鈴木氏, 鳰鳥殿

▼ ござる~ (19, 1.9%)

3 袴氏

1 [16件] あんなの, ご短気, たとん先生, アハハハハハ, 一式氏行衛を, 亭主役は, 城之, 手習いをな, 敵でござる, 油断は, 立派な, 篠崎どの, 臼井氏, 足が, 駄目でござる, 鵞湖仙人殿

▼ ござるかな~ (15, 1.5%)

2 これは

1 [13件] こうギューッ, そんな度胸, では追, どれお, どれどれどこに, やむを得ませぬ, ガ, 一向構わぬ, 仰せに従い, 手前を, 浪之, 私は, 音響学とは

▼ ござる~ (13, 1.3%)

4 因って 2 それを 1 お手, ここに, ご会釈, ご修行, ちがいない, どうしてお, 我ら如き

▼ ござること~ (11, 1.1%)

1 [11件] がある, しかし細々, だか, はたしか, ゆえまずまず, よ, をそ, をよも, を御, 故折, 故是非とも

▼ ござるという~ (9, 0.9%)

1 ことは, のが, のは, のも, ものです, わけか, わけに, んだ, 話だ

▼ ござるによって~ (9, 0.9%)

1 けっしてお, その妻, ただいま打寛い, では遠慮なく, 上げられません, 人に, 早々山, 某くどう, 随分御

▼ ござるゆえ~ (8, 0.8%)

1 かような, かようの, しかるべきところ, たとえ如何なる, ゆるりと, 片輪, 誠に惜しい, 遠慮なく輿

▼ ござる~ (8, 0.8%)

1 その辺, それがしも, それで妾, ともあれこちら, に多少, に高山, 定めて, 無理も

▼ ござる~ (6, 0.6%)

1 一同ご免, 不在と, 両所, 修行の, 安心下さい, 恩返しを

▼ ござる~ (6, 0.6%)

1 このお, この月中, 且は, 又私, 品は, 途切れ途切れで

▼ ござるよう~ (6, 0.6%)

1 ござる, じゃ, じゃ藤原家, じゃ貴殿, です, にいう

▼ ござるそう~ (5, 0.5%)

21 だが, ですが, なそれ

▼ ござる~ (5, 0.5%)

41 だよ

▼ ござるその~ (4, 0.4%)

1 ざまに, 中には, 女髪云々という, 追手じゃな

▼ ござるそれ~ (4, 0.4%)

1 でこそ本望, と申す, は一段と, を一言

▼ ござるので~ (4, 0.4%)

1 これが, 其地蔵様に, 咬みつくか, 農家では

▼ ござる~ (4, 0.4%)

2 かえるどの 1 まだしも, 感心な

▼ ござるわい~ (4, 0.4%)

1 それにしても早く, なう, の, の其処

▼ ござる~ (4, 0.4%)

1 主人, 修行の, 老人, 近づけなさらぬが

▼ ござるかと~ (3, 0.3%)

1 思ひも, 息を, 遣り込めた例

▼ ござるとは~ (3, 0.3%)

1 いったいどういう, 名乗って, 呆れたな

▼ ござるほどに~ (3, 0.3%)

1 それを, 是非是非お立ち帰りくださる, 草を

▼ ござるもの~ (3, 0.3%)

1 か, ですからな, をなどと戯れ交じり

▼ ござる~ (3, 0.3%)

1 か遺言, も強い, を証拠

▼ ござる拙者~ (3, 0.3%)

1 のな, の勝ち, も切腹

▼ ござる故に~ (3, 0.3%)

1 いささかの, 姉上は, 急ぎ関東

▼ ござる貴殿~ (3, 0.3%)

1 の取調べ, の弓勢, の頭

▼ ござるいつ~ (2, 0.2%)

2 まででもおい

▼ ござるかい~ (2, 0.2%)

1 の, のお婆さん

▼ ござるからな~ (2, 0.2%)

1 この畜生野郎, 大勢の

▼ ござるがな~ (2, 0.2%)

1 今日は, 原の

▼ ござるけれども~ (2, 0.2%)

1 伏見の, 拙者これから

▼ ござる~ (2, 0.2%)

1 な, な身

▼ ござるこれ~ (2, 0.2%)

1 がよく, が当流

▼ ござるそろそろ~ (2, 0.2%)

1 出かけよう, 帰ろうでは

▼ ござるちょっと~ (2, 0.2%)

1 お待ち, 御意を

▼ ござるでは~ (2, 0.2%)

1 一つ, 遠慮なく夕景

▼ ござるといふ~ (2, 0.2%)

1 やうな, 声の

▼ ござるとか~ (2, 0.2%)

1 文晁の, 結構結構

▼ ござるなどと~ (2, 0.2%)

1 云って, 自称してる

▼ ござる~ (2, 0.2%)

2

▼ ござるやう~ (2, 0.2%)

1 でも, に

▼ ござるやら~ (2, 0.2%)

1 おうらやましい, 武家衆や

▼ ござるよろしゅう~ (2, 0.2%)

1 ござる, ござるか

▼ ござる何卒~ (2, 0.2%)

1 折入っ, 箙の

▼ ござる~ (2, 0.2%)

1 ばかりはお, ばかりは助け

▼ ござる実は~ (2, 0.2%)

1 其所用あっ, 愚老は

▼ ござる左様~ (2, 0.2%)

1 な慶, な無益

▼ ござる~ (2, 0.2%)

1 に十里, はゴネ

▼ ござる~ (2, 0.2%)

2 らば

▼ ござる金公~ (2, 0.2%)

1 などを御覧じろ, の如き

▼1* [213件]

ござるひだお伽に, ござるあなたがたより, ござるあの若い婦人, ござるいずれへお, ござるいつぞやの御, ござるいつもいつも勝手な, ござるいや帝の, ござるいやいや武家方ばかり, ござるええ武右衛門でござる, ござるお家の大事, ござるお座敷は, ござるお礼申す, ござるお送りしましょう, ござるお過ごしなさい, ござるかというような, ござるからというような, ござるからねえ何う, ござるからはご領内, ござるがと談話は, ござるこれから先々どう, ござるこれ以上わめき合う必要, ござるこれ女ども袴と腰の物, ござるご存知の一式小一郎, ござるさあ参られい, ござるさようでござる, ござるしかし浮世の, ござるじゃろうに, ござるすでにごぞんじであろう, ござるせっかく貴殿も, ござるそういうことに, ござるそれではあの月, ござるそれゆえ強いて, ござるぞなア, ござるために牢, ござるやない, ござるつてね私, ござるつまり親戚の, ござるつまりオロシャ, ござるてないやこの, ござる卒爾ながら, ござるところだった, ござるとのこと何んと, ござるとも立派な, ござるどうか路銀を, ござるなかなかもって, ござるなてまえに, ござるなどはちと受取れぬ, ござるなははははそれは, ござるなり見渡すところ知力, ござるなんかと鹿爪, ござるなんとかひとつ拙者が, ござるのでな愚老も, ござるのよしかもご, ござるはずじゃ, ござるひとつ見て, ござるふつつかながら身どもら, ござるぶらんこがどうもはや, ござるえ, ござるほどのところで, ござるまことの万田龍, ござるまして我等は, ござるまず安心と, ござるないもの, ござるもし君の, ござるものなんの危害, ござるもはや大丈夫, ござるゆえお出まし願いたいと, ござるゆえお召しかえ, ござるゆえここの座敷, ござるゆえそちらの闘士, ござるゆえどこかその, ござるゆえなにやくれや, ござるゆえ下手人をこの, ござるゆえ人が尊, ござるゆえ大坂上陸はお, ござるゆえ御身のもの, ござるゆえ暫時これにてお, ござるゆえ浪江殿が自身, ござるゆえ誰方が側, ござるよく拙者が, ござるよろしくお取次ぎ下さいます, ござるなう其, ござるイヤサ拙者を三文, ござるハッキリとは, ござるに権現二, ござる一人姉さん鼓が上手, ござる一見致そうでは, ござる一路直ちに西, ござる不慮の御, ござるに八百善料理, ござると向う, ござる予て噂に, ござるを信ずる, ござる人違いして, ござる若しこれ, ござる今日は私用, ござる仏道の世界, ござるの方, ござる代作しましょう, ござる仮令浪人し, ござる但し臆病者も, ござる何事であれご, ござる何時にても差支, ござるし何, ござる全く知らん事, ござる六波羅殿の氏, ござる其の下着ぢや, ござる初夜の鐘, ござる加藤殿の嫁御, ござる助太刀しましょう, ござる勅使御到着, ござる勘定だ, ござる十郎左殿の手功ばなし, ござる卦辞には, ござる危険でござる, ござる孔子が, ござるを家来片岡源五右衛門, ござる名画でござる, ござるでござる, ござる城下の町, ござる大丈夫でござる, ござる大方その梁上の君子, ござる天狗様だのエ, ござるの校長先生, ござる姉娘がの去年供養, ござるも追, ござる孫娘で, ござる安心しなさい, ござる実父は湯島六丁目, ござる対手は新九郎, ござる小さいお子さんに, ござる小林文吾でござる, ござる尾州名古屋を一見, ござる布卷吉さんと云う, ござる幕府の犬, ござる年紀では, ござる庭前で急, ござる引き受け申した, ござるの新, ござる彦兵衛さんという老人, ござるへ御, ござる御仁かな, ござる御仁もちっと何と, ござる御覧に入れましょう, ござるけのうござる, ござる忠三郎で無く, ござるのため与八どの, ござる意識はちゃんと, ござる愚老が徳本, ござる我等を措い, ござる手前は額, ござる承知しました, ござる放火でござる, ござる故今日は懇ろ, ござる故本陣まで御足労, ござる数々の怨み, ござる討つ身, ござるかる山中, ござるでは金, ござる是非願いたい, ござる時分にもシナ人, ござるだ, ござる普通にはな, ござる暫時これにお, ござる曲者でござる, ござるよく探したら見つかりましょう, ござるなそんな, ござる様子少々ずつ, ござる權六と同一, ござるのお, ござる水垢離までとっ, ござる水戸様石置き場空屋敷とやらで, ござる水神様だ, ござる江戸の話, ござる決して誇言, ござる洲股など捨て, ござる活気があっ, ござる源女とも秋山, ござるという物, ござる猿智慧だね, ござるでございます, ござる生身の炒り, ござるにて御, ござる由拙者必ず解くでござろう, ござると絶えず, ござる痛うござる, ござる登様とお松, ござる神原氏我々に至る, ござる神田さんちふを, ござる秀吉関東征伐は今, ござるに, ござる筈何んとそう, ござる米主殿これでもご, ござるお投げくだされ, ござるには一門, ござる荒屋ではあれ, ござる之助, ござる藩侯のご, ござるの端, ござる広太郎, ござる読者には下界, ござる財宝あっての, ござる貴方の思召, ござる趣き拙者にとっては何より, ござる足跡を消し, ござる身軽に出で立ち, ござる道庵先生木曾街道の印象, ござる避難仕る, ござる長久保家の本家, ござる頂戴仕る, ござる頼宣どんにな, ござる饗応にあずかる, ござる高麗村へおいで