青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

させる~ ~さそう さぞ~ ~さっき さっき~ さっさと~ さっそく~ さっと~ さっぱり~ さつき~
さて~
さては~ さながら~ さびしい~ ~さま さま~ ~さまざま さまざま~ さも~ ~さらに さらに~

「さて~」 11301, 122ppm, 863位

▼ さてその~ (695, 6.1%)

15 夜の 9 上で, 次には, 次は 8 日から, 日の 7 日は, 次の, 翌日の 6 あくる日の, 時の, 晩の 4 あとで, 夜は, 日に, 時に 3 うちに, 女が, 子細を, 左衛門の, 日も, 本人の, 翌日は

2 [32件] あくる日湯島の, ことは, つぎの, ような, ように, 二人の, 人が, 人と, 仔細を, 前へ, 力が, 年の, 庭は, 時は, 晩は, 書斎の, 末は, 次に, 次に通る, 歌を, 煙が, 父なる, 穴が, 結果は, 翌る, 翌日から, 翌日と, 言葉を, 話の, 金の, 金を, 頃の

1 [497件] あいだも, あくる日と, あくる日に, あくる日は, あくる日も, あくる日園井さんは, あげくイヨイヨ一行を, あげく毛細管支炎喘息腐敗食による, あと, あとから, あとが, あとここの, あとに, あとの, あとは, あと知恵者は, いすは, うちから, うぬぼれで, うへで, うへに, お三根, お手水場, お昼ごはんの, お盆の, お祝いの, お金という, ことが, ことの, ことよ, こんにゃく屋さんは, ごとく寄席ファン時代, すり方だ, ついでに, つぎに, つぎには, つもりで, ときまでは, とき私は, なかで, のちの, のち三箇月は, はずなり, ひょいと持っ, ひょうたんの, ほかでは, ほかに, また上に, みねに, やうに, やり方である, よく朝, ギムナジウムの, サアベルの, チベット国民の, ドイツ人です, ニコデムスが, ニューヨークという, ビラを, ビラビラした, ホウシを, ポーレットの, モンゴリヤの, レコード屋で, 一夜を, 一書によ, 一本松です, 一片を, 一紙には, 七人を, 三井家の, 三人の, 三回目の, 上の, 下から, 下に, 下の, 下駄を, 中から, 中に, 中を, 中味は, 九時半が, 事だ, 事を, 事件について, 事実を, 二万の, 二代将軍頼家公すな, 二十七日といふ, 二階の, 云いたいこと, 五十四番地には, 人に, 人の, 人工的, 人数から, 人民どもを, 人生とは, 人造人間が, 人造人間戦車とは, 人間放れだ, 仲間に, 伊勢本の, 会員の, 伝統的存在としての, 使命の, 使者を, 使途だ, 供養物は, 信仰の, 修験者らは, 元と, 元気な, 先は, 先を, 先生は, 光源が, 全滅を, 六日目が, 内に, 内容を, 出しもの, 出来上つた品々を, 出来事と, 出発の, 分身たる, 分配について, 初戀, 刹那冷かに, 刺戟は, 前に, 動機の, 十數年間何の, 十日めの, 十河参謀と, 句は, 右近丸と, 和歌の, 商人どもが, 商隊長は, 問答を, 問題の, 善人が, 噂が, 四つの, 因縁の, 国の, 国費は, 国麿はと, 土手道へ, 地の, 地下室でございます, 城太郎は, 場に, 境界は, 壮一君が, 声が, 夏の, 夕われは, 夕方に, 外の, 外へ, 夜からの, 夜ここの, 夜である, 夜どんな, 夜エダンを, 夜十時ごろに, 夜午前二時に, 夜妾は, 夜床に, 夜私と共に, 大久保時代を, 大乗教義が, 大切な預かり, 大食調入, 太鼓隊と, 女の, 妖冶な, 妖怪に, 妻の, 始まりの, 始末に, 姫君について, 姿に, 娘が, 娘は, 娘薫子については, 子に, 子は, 子供という, 子細は, 学校が, 宇宙時代から, 宝という, 実際は, 室に, 宿屋の, 小屋なる, 小手調べが, 小舟が, 小鹿様には, 少しく先, 屋上へは, 山を, 岡八だ, 岩の, 島は, 崩れたあと, 川に, 川岸の, 工面が, 帆村探偵と, 帰りでございます, 帰り私, 帰途頗る, 幽霊の, 広島に, 序にといふ, 建直しを, 引移り以前の, 当時売る, 役目が, 彼を, 後がまの, 御恵み, 復讐には, 復讐の, 微妙な, 心あたりが, 心はと, 心当りが, 悪いという, 意識の, 憎い女, 戦争の, 戦功は, 戦略は, 戸を, 所謂, 所謂客觀の, 手紙が, 手紙は, 折の, 折られた腕, 抽斎が, 教会の, 教訓の, 文案は, 料理屋を, 新政体, 新築の, 方は, 方も, 方法は, 日, 日が, 日主人と, 日以来という, 日取りも, 日曜が, 日本の, 日本太郎が, 日林太郎は, 明くる日から, 明りを, 昔の, 時お, 時も, 時分に, 時拙者は, 時政江の, 晩お姫さまは, 晩です, 晩も, 晩三人の, 晩八時ごろの, 晩唐の, 晩旅籠へ, 晩照彦様と, 景観を, 智恵の, 曲線という, 最後の, 朝まだき人目を, 朝帰りの, 朝彼が, 朝机を, 朝飯です, 木村という, 本郷の, 本領という, 材料を, 村はずれの, 東京附近には, 板を, 柄杓を, 森本君の, 椅子は, 植疱瘡を, 槍を, 次が, 次ぎには, 次と, 次にも, 次にもたらされた, 次に作品中, 次に出, 次に来た, 次に現われた, 次に考えられます, 次に都市, 次を, 正体いかんと, 正体が, 死といふ, 死なぬと, 死因は, 死後友達の, 死骸を, 毛虫が, 気持で, 水出しの処分に, 永生の, 決心に, 沢山の, 河原者と, 法師の, 泥坊が, 洗ひ, 活字を, 深見氏が, 火で, 灯籠というは, 炉端には, 無代といふ, 煎じるところ, 牛蒡種の, 物思は, 物質の, 犯人が, 状態が, 猛犬は, 猫ちゃんは, 獨逸語で, 率直な, 玉を, 珍奇さから, 現世紀, 理由を, 理論と, 生平を, 生計は, 用件を, 男, 男が, 男の, 畸形の, 病院と, 目的に, 目的を, 直接の, 真夜中お, 真夜中の, 石とう, 石を, 石塔は, 砂原を, 祖父の, 神主田辺へ, 神仙閣は, 神代の, 福地の, 秀吉の, 私が, 秘密という, 究理の, 空には, 突然なる, 窓の, 窓向から, 章句の, 端まで, 箱から, 紳士その, 紳士四角い, 紹介状を, 結び文を, 結果が, 結果はと, 絨毯を, 絵馬について, 縁故を, 義伝公泰平の, 翌々日入道さまは, 翌日からは, 翌日です, 翌日に, 翌日も, 翌日三の, 翌日改めて, 翌日針ノ木峠から, 翌晩の, 翌晩二人は, 翌朝いよいよ, 翌朝から, 翌朝だ, 翌朝です, 翌朝とは, 翌朝の, 翌朝コン吉が, 翌朝何喰わぬ, 翌朝原作は, 翌朝山麓の, 翌朝悪魔が, 翌朝神田佐久間町の, 翌朝聴水は, 老紳士鬼村所長, 考を, 耳の, 聖典の, 育て方, 腕の, 自分に, 自分を, 舞台を, 良人には, 色にも, 芝居である, 芝居の, 花聟の, 花達に, 芸談である, 若い女, 苦行を, 茶碗の, 草の, 萩だに, 薬の, 藤兵衛だ, 虫を, 蛙が, 蝋燭が, 蠅男や, 袋猫, 装置も, 解したるところ, 言に, 計画という, 詳しいこと, 説明から, 談判が, 講評の, 資料の, 足で, 足を, 身分相応な, 身延山中の, 農民小屋には, 辺を, 返答を, 部下の, 部屋の, 金です, 金策であった, 金銀廟という, 金魚を, 鎖の, 長屋門をは, 階級的であった, 際にも, 際先生より, 際私に, 難有, 電気には, 青年と, 青鳶も, 響と, 頃おのれは, 頃に, 頃には, 頃は, 頃ヨシ子の, 題は, 顔の, 風情の, 風邪は, 食事に, 餌に, 首の, 馬車に, 髪も, 鳥を, 鸚鵡を, 麦酒が, 黒ん坊の

▼ さてこの~ (501, 4.4%)

31 ような 12 ように 6 二つの 3 ことは, 時代の, 私の, 頃の, 頃は

2 [20件] ことを, たびは, やうな, やうに, 上の, 上は, 丘の, 句に, 句意は, 土地の, 平凡な, 手紙は, 本は, 次は, 理屈は, 男の, 男を, 舌切雀の, 辺から, 辺には

1 [397件] あいだ王女さまは, あたりに, あとに, あとの, あと南蔵院へ, うちの, おさまりは, お噺下手, お嬢さんです, お祭りには, お経, お話は, お隣の, かさぶたが, きは, ことが, しごと, すえ付け作業が, たがいに, たびご覧に, たびの, たび評判の, つぎには, つぎの, とおり国道を, ときわたしは, ひさきは, ふぐという, ふたつが, へんで, へんの, よる夜中, わずかな, アレクセイについて, アンポンタンが, ウチから, コワリョーフは, サクラたるや, ジェハンじいさんの, ジョルジュ・ポンメルシーとは, ヅクベが, テーブルを, バンガローに, パンの, ヒガンバナが, ヒルデプランチアの, ブルジョア社会の, プロレタリア的, ルツボを通して, 一つの, 一八一七年に, 一切の, 一団から, 一行が, 七ツ釜の, 三つを, 三人の, 三段階の, 三津重, 三軒を, 下じきに, 下の, 下流の, 不生, 世界空間が, 世界観から, 両つ, 両人も, 中へ, 丹生川を, 九枚の, 事は, 事件が, 事件の, 事件は, 事件を, 事実について, 二ツの, 二万両の, 二人が, 二人だ, 二人の, 二人種の, 二十めんそうは, 二州は, 二流も, 二群の, 二重性が, 二重性の, 五人の, 人が, 人間について, 人間は, 以前から, 以後が, 仮面が, 任務の, 何ものかは, 作者南淵氏の, 借金を, 偶合論については, 偶然に, 傑作を, 僅かな, 働きに, 兇賊の, 先どう, 先どうして, 先には, 先は, 光の, 光線こ, 公式の, 内に, 内的連関の, 分科の, 制約が, 前後曹操の, 前締を, 勘定は, 勢至丸の, 十二因縁という, 十五夜御, 半ペラ, 原理を, 句の, 号には, 合祀に, 吉祥天女が, 呪うべき撮影者, 命名式を, 唐律成立以後ざつと千三百年間に, 問いは, 問答と, 問題が, 因縁が, 因縁によって, 国の, 土地に, 土堤に, 土牛の, 地方は, 地本来馬を, 埴輪は, 場合に, 場合変容は, 場合弁証法は, 塩なし, 変換群とは, 外には, 夜中に, 大使館では, 大勢では, 大空大地を, 天から, 天日矛命という, 天狗と, 夫婦の, 夫婦別れの, 奇談が, 女に対し, 女に対すると, 娘の, 婦人が, 子たちは, 存在的矛盾と, 安来節と, 宗教上の, 実のみ, 家に, 寄生菌そのものが, 實際の, 實際は, 対象の, 将軍は, 小さき星, 山口さんの, 山奥を, 山嶽を, 山村の, 島で, 嵐雪の, 川島楼の, 市の, 帆村理学士は, 常識之は, 幽霊が, 度は, 度も, 度如何, 後どう, 後わが, 後誰が, 思惟が, 思想が, 思想文化主義の, 悪者の, 悲しい朝夕, 意味に, 意識が, 意識の, 愛すべき一市民, 憎い女, 成層圏を, 戯曲を, 手函でございます, 手紙を, 投書は, 折角の, 折選に, 撰択は, 教祖の, 数日という, 文学的認識の, 文才の, 文明とともに, 文章は, 断定に, 新しい, 方法は, 日が, 日の, 日は, 日十五夜の, 日本を, 日白石が, 時は, 時までも, 時より, 時代錯誤こそ, 時分この, 時分の, 時意識の, 時私は, 時間性の, 景品には, 景教碑の, 暗黒の, 暗黒下どう, 暴女王と, 曠世な, 曹操呂伯奢, 望みが, 本では, 村から, 村で, 村の, 村人の, 林の, 林檎が, 桜の, 植峰が, 概念を, 構造を, 樫尾と, 次には, 次の, 歌に, 歌は, 比類なき, 気構えでは, 水を, 池をば, 治まりは, 泥坊事件が, 洗冤を, 流行なる, 海軍参謀ちょんがらちょっぴり, 消息が, 深みに, 減少せる, 湖の, 澎湃たる, 濃塩, 点で, 無が, 無機界の, 父親は, 物語の, 物語は, 物語も, 物質は, 特色は, 独化独生の, 王さまには, 王さまの, 王さまは, 王子が, 王宮を, 現代の, 現在の, 現象は, 生活が, 生活物質は, 生産過程を, 田楽に, 男には, 画像を, 異議に, 白梅軒の, 監獄が, 監督は, 目前の, 真犯人の, 着物が, 短い袴, 石棺は, 研究会である, 社会に, 祭の, 私という, 秋に, 科学方法論と, 科学的世界の, 種の, 立国立政府の, 童謡について, 第一, 第一次進駐, 第二, 筍めしに, 箱の, 精虫出生の, 紳士には, 経済上政治上の, 絵を, 罪人の, 肉体を, 腕を, 自伝の, 自然科学の, 自然科学乃至, 自由なる, 自由の, 自警団は, 舞台には, 舞踏会が, 航海に, 船は, 船出の, 草を, 菌は, 處を, 蜿蜒たる, 蝶を, 行きづまりの原因, 要求は, 見在, 観世音菩薩が, 解釈の, 言葉には, 証明書に, 評論家兼任の, 話を, 説明は, 調子では, 談話速記によって, 論理的概念, 谷底の, 貼りだされたポスター, 質問の, 赤三角研究団は, 赤壁の, 超過が, 足に, 輜重機が, 農商務省の, 辺が, 辺で, 辻から, 逆襲的反動性を, 運動を, 道中は, 遭難の, 邊は, 部分に, 部屋に, 部屋へ, 野郎だ, 金曜日の, 鏡が, 長束実は, 長蔵さんと, 関係は, 隣家に, 集にを, 集りは, 需要が, 青年ぐらい, 頃十番以内, 頃新聞なども, 額堂へ, 顧問官殿もなあ, 風雨の, 鶴の, 鼠神の, 龍麿の

▼ さて~ (370, 3.3%)

3 うら, この世の, 心の, 見事な

2 [22件] その後は, ほがら, 世には, 人の, 侘しきあきらめかや, 其の後, 切な, 千八百九年サラゴサの, 恐ろしき事, 情なし, 愚かな, 戦の, 星影きら, 東京は, 此の, 此浦は, 殺生はての, 殿をば, 相似た, 眞晝を, 私の, 近來まれ

1 [314件] あのあと, あのまま鎌倉まで, あらんを, あれこの, あわれな物語, いくさの, いぶかしと, うるさ, えらい噪ぎ, えらい物, えらい鯛, おか愛らしい, おそろしや, おもしろい年, おもしろい文句, おもろい人生人生, おれは, お久しい, お変りなされた, お持病, お浜, かなしい夜, かの, きょうは, ここぞ, このたび, この三とせ, この世は, この勝負男, この小さな島, この御, この有様, この綺麗, これから今一, これなる, これを, こんどは, さてこの, さても, さて吉田, さほどまでに, しばらくに, しぶとい, しょむない, すげなき捨言葉, そそくさき, そののち室香, その場, その夜, その展望, その後黄粉か, その日, ためしの, ぢり, どれほどの, なつかし飛ぶ, のっそりは, のどかな, はかなき, ぶざま, みじめな, めでたい森, ものすごい光景, やさしの, やまんを, よににつ, わが巨人力, わけなし, われながら, アーサー王の, ゴットハムの, ステパン王宣し, リンポー先生の, 一方鶯, 三人一つ島に, 下賤, 下郎の, 下駄の, 不了簡, 不思議と, 不思議なる, 不思議の, 不思議やめ, 不思議小さき, 世に珍, 事無に, 人情こそ, 人間とは, 今どきに, 今度の, 今復フランス, 件の, 伊那丸は, 似合の, 便利な, 信長めの, 僕の, 六三露顯の, 其中庵は, 其場に, 其後閻魔の, 其方は, 其色の, 円い面, 凡夫の, 出来したり, 分らぬこと, 分別違ひ, 別当公暁とは, 功に, 卑怯な, 厄介厄介と, 又十年前, 口惜から, 可愛いこの, 可憐な, 可申上こと, 可笑しや, 呆れた暴れ者め, 和殿に, 唐突な, 困った困ったと, 地獄を, 城の, 執念深い力, 変ったもの, 変な, 変れば, 変物此男木作りかと, 夥しい人出, 大きゅうなった, 大名の, 大胆な, 大雪山, 太い奴, 女とは, 女主人の, 女子は, 好い処, 好い處, 好き恰好かな, 好みの, 好んで, 好運の, 婆娑羅を, 嬉しや, 宇津木文之, 客べら棒は, 小さき榎実, 少ない自信, 少なし, 山中の, 山城の, 川越の, 巧妙に, 巨い, 強いお, 強きは, 彼は, 彼女は, 彼等の, 待遠い, 後の, 得右衛門, 得意気に, 御主, 御奇特, 御無事, 微笑むやさ, 忘れて, 忠義な, 怖しい, 怖ろしき刑罰, 思いがけない所, 怪しい館, 怪しからぬ, 怪しや, 恋なり, 恐しいところ, 恐しや, 恐ろし地獄, 悠長千万な, 悪い了見, 悲しや, 情ないは, 情ないマノン, 情なき人, 情深き殿たち哉, 慕は, 憂事, 憎し縁側, 懐かしいぞ, 我世の, 我父は, 斯様な, 斯様に, 方様の, 旅は, 日本対米英開戦以来わが, 昔も, 星, 時こう, 有ける, 有為転変, 有為転変の, 東都の, 根気よく, 横に, 此処は, 此夕の, 死にたくは, 殊勝な, 殊勝なる, 毒々しい二つ, 気がるな, 気に入つた作, 気の, 気の毒の, 気やすい, 気強いお, 気楽な, 気短な, 氣の, 水, 水瀬は, 池田勝入, 油断の, 洒落者揃い, 浅木は, 浮世の, 浮世は, 浮世や, 消ゆ, 清風吹き, 焦らせること, 然るにスカラカ, 照りたる月哉, 物騒千万な, 猶か, 珍しき鼠, 珍味に, 甘くさ, 生きつつ, 生写し, 白いお前, 皆さん斯様な, 皆さん相済みませぬ, 皆さん退屈様とは, 相生町の, 眞面目に, 瞬き, 知りたいの, 知りつる, 石垣の, 破れ車モシ, 礼儀知らずの, 私が, 私を, 秋風の, 窮屈なる, 立派の, 笑止あの, 笑止や, 笑止彼の, 筑前という, 結構な, 絵の, 緑の, 繋がぬ舟, 美し, 美しき事, 美しく仕上げられたる, 美人と, 美麗し, 聞きしる, 胆太き, 自分は, 至るところ冷笑, 花の, 若き了簡, 苦しやと, 見まじきもの, 見事と, 見事になあ, 見掛けに, 誉れの, 誰が, 路伴れ, 踊ること, 辛抱の, 辛棒強い, 近来まれの, 迷惑, 遅くお, 遠く退いた, 遲くお, 都人は, 重宝, 鑵子の, 長い芝居, 長らく悪い, 雲水の, 静け, 面は, 面倒な, 音なく, 頼みがたき, 風変りな, 飯島様の, 驚き入ったる手, 魂の, 鴃舌の, 鷹揚に, 麥刈つかれはて

▼ さてそれ~ (222, 2.0%)

10 ならば 4 が何者 3 からその, からどう

2 [16件] からいかに, からというもの, からどこ, からの酒, からは白い, から式, から森, があんまり, がその, が済む, に就い, は, はそれ, はどう, は何, を舞台

1 [170件] かと言っ, から, からいよいよ, からが例, からが大変, からが災難, からこの, からじっとり, からずいぶん, からたぶん, からといふもの, からの事, からの悪ふざけ, からの意識, からの此, からはじまった, からはどこ, からはまい, からはまた, からは独り演劇, からは私, からふた, からみんな, からジワジワ, からチェリー, からチャンス, からユルユル, からワトソン君, から一二週間, から一年, から一歩, から一週間, から一週間め, から七輪, から三人, から二人, から二十五句, から云いだした, から五十何年, から五年, から今, から先, から其処, から十五六年, から十五分, から商売, から四半, から夜, から大砲, から宇津木兵馬, から室, から家庭教師, から幾日, から幾程, から彼等, から徒歩, から数分の後, から更に, から楽しい, から沙漠, から泥土, から男, から程よい, から突き刺, から細い, から蒲団一枚, から薬師堂, から螺旋, から行なわれた, から間もなく, がいかなる, がすみました, がすんだ, がそう, がどういう, がどうして, がどうにも, がどこ, がどの, がどんな, がむずかしい, が一つ, が一体, が中, が事実, が今日, が何処, が例, が出来た, が問題, が善い, が困る, が如何なる, が実際, が紛失, が見つかる, が謂, が難民, が非常, じゃ伸子, だからと, だけだ, だけで帰りがけ, だけで番地, だと, でよい, で上海, で僕, で済もう, とは切り離し, ならばこそ, について, についてはである, について図書監修官, につづい, にもかかわらず, にも拘らず, によって何, によって標的, に乗っ, に乗る, に引代, に許し, に読み入る, はあいつ, はい, はいかなる, はいつか, はそう, はちと, はどういう, はよく, は九月, は他人, は分る, は容易, までしてやっ, もどう, も申し上げられませ, よりも君, より塩竈神社, をすっかり, をそのまま, をほんとう, をほんとに, をまた, をわざわざ, をロシア語, を云い出す, を何, を制作台, を印刷, を始める, を尋ねあてたら, を書こう, を浦和, を無残, を爲, を置くべき, を翻訳, を血脈, を謙虚, を讀み, を買わされる, を踏み破っ, を通覧, を都, を隠す, 故に今日自由詩, 迄は彼

▼ さて~ (221, 2.0%)

6 は, はこの, はその 4 はここ 3 はいよいよ, は今

2 [13件] がここ, がこの, の健康, の家, の方, の頭, はこれ, は以上, は前, は幸福, は愈々, は最後, は諸君

1 [167件] が, があなた, がいとも, がいまお話し, がいま上, がお, がこれから, がこれ等, がこんな, がなぜ, がカヨさん, がホテル, が乾いた, が分析, が前回, が存在論的範疇, が小説, が居合わせた, が御, が思ふ, が抗議, が敵, が横光君, が此処, が為し遂げ得ました, が爲, が絶え, が西横堀, が見る, が言, が調べ, が調査, が鷲尾, と彼, と雖, にはこれぞ, には何, には何一つ, に与えられた, に取っ, のうち, のおなか, のおも, のかういう, のこれら, のその後, のよう, の一人, の主人, の云, の今, の仲間, の印度洋, の反省, の吉本出演, の場合, の如く, の子供, の恩人, の手もと, の指南番, の方言讃, の方言讚, の日頃, の時分, の朗らかさ, の本名, の母, の永話, の沖繩滯在, の生涯, の申し上げる, の眼, の結婚後, の考, の胸底, の腹中, の話, の誕生日, の追想, の選んだ, はいつ, はお, はかよう, はきょう, はこ, はこうして, はこれから, はこれからどう, はすでに, はたしかに, はと言, はどちら, はなにげなく, はほんとう, はまた, はもちろん, はシュトゥンプフ, はゾラ, は一人, は一休み, は一張, は一昨日, は上海, は之, は云いましょう, は今日, は仕事, は伊那町, は余りに, は八十七歳, は八日, は別離, は十三銭, は又, は各種, は四つ, は夏休み, は外来診察所, は大, は大蔵大臣, は実に, は宿, は岐路, は広く, は引用, は彦山, は彼, は愚連隊, は日本, は明治三十一年, は明治三十六年, は昨夜久しぶり, は昨年, は昼, は時々, は概ね, は死, は死骸, は漸く, は無限, は玄関, は留置場, は科学的概念, は空間, は米国, は結論, は自分, は茄子, は落葉, は解析幾何学, は近代, は部屋, は都合上御徒町, は鈎, は長い, は間もなく, は静, は頃合, もいよいよ, もこの, もぬっと, ものがれ, もまことに, もまた, も兼, よ

▼ さてこそ~ (216, 1.9%)

4 さてこそ 2 女房が, 彼女は, 愈, 我を, 昨夜の

1 [202件] あたしは, あなた様は, あなだ, あのものものしい, あの歌, あの裏, あらめ, あれと, いくらお, いつぞや頼朝, いつも濡れ, いよいよ北方, おれの, お梅, かくは, かくまで, こうして今, ここに, ここの, この国, この平, この旗, この未曾有, この祭日, この者, この讀本, この豆太郎, この願望, これと, これほどの, これを, こんな厭, こんな男おんなみたい, しぶしぶと, そこに, そのさわぎ, そのよう, その声, その旨, その獅子, その花, その諷刺, てめえを, です, でちょい, ふたりの, ほうぼうに, まことに天下一大事, まだ遠く, めざすところ, ものに, やって来たらしい, やはり機会, やむなくそこ, わあっと, われも, われわれを, アカデミーにとっても, アメリカと, チューブ老人が, トロトロと, フィリポス王ごとき, ホロカという, マケドニアの, ムク犬が, リュボーフィ, 万太郎の, 三留野泊まり, 三百年の, 上は, 不審, 不自由なる, 主税を, 人の, 人眼に, 今の, 今夜忍び入り奥方を, 今度の, 今日和製の, 伊那丸が, 伯爵に, 何か, 何ごとも, 例の, 先生である, 先頃じゅうの, 全くしめた, 凡の, 出るは, 到頭入った, 千家管長の, 口サガない, 古狸の, 右様の, 合戦, 合祀を, 吉瑞です, 君が, 君は, 呪咀にも, 命に, 商売として, 執念, 変心組が, 大事件発生, 大事去りたれ, 大将と, 大日平と, 女子大學と, 女流探偵の, 奴等の, 妖怪御, 妻の, 宝くじを, 室内温度の, 左様な, 幕府方を, 幽霊画という, 庸三を, 弥兵衛さんと, 弱げさ, 彦兵衛が, 彼の, 彼は, 彼も, 征伐の, 怖るべき, 思へば, 急に, 怪しいうり, 悪く取りすました, 愈々東山, 懸念し, 成るべく製作, 我が君, 手がかりは, 手練者, 揃って, 斥候隊の, 新撰組の, 新田先生は, 新規まき直しの, 明治の, 星の, 曲者, 曲者ござんなれ, 曲者です, 曲者と, 曹操の, 本日取, 本阿弥, 来たれと, 来るもの, 案の, 極限歎息の, 正体見届け, 正哉吾勝とは, 汝は, 沈め靜, 浪人致した, 海は, 深き計略, 無理からね, 狂人の, 狐の, 独り胸に, 王子は, 珍しく勘次, 珍事, 男子とも, 疑いなし, 白衣赤袴の, 神託によって, 秀吉の, 私は, 穀精あるいは, 竹童を, 管輅の, 練歯磨の, 置去り, 腹心の, 英国公使の, 虎松は, 許都の, 謀計図に, 賊, 連れ立って, 連山を, 遂に狂したれ, 金貨か, 長崎において, 門前には, 間者, 關八州を, 静の, 頼母は, 馬の, 高峰の, 鬼婆が, 魔物と, 黄禍説なども, 鼻蔵鼻蔵と

▼ さてさて~ (149, 1.3%)

3 困ったもの 2 そちも, 女という

1 [142件] あなたという, あなたは, あぶない生, あわれむべき御, いつもお, うるさいこと, うわさに, おかしきこと, おかしげなる, おぼしめし寄りての, おまえも, おろかな, お侍, お前は, お前も, お館義明公, きょうはめっけものだ, こよい, これは, こんなに降る, ごていねい, ご苦心, そちは, そちらしく, その方, たわけた牛, つらき御, と何囘, と意味, どうしても封緘, どことなく物腰, ふしだらに, めでたい, よう物の, わがお, わしも, マア, モチでも, 不便な, 不可思議な, 不憫の, 不敵な, 不覚の, 不風流の, 世には, 世の中には, 世帯気の, 世道人心は, 世間には, 丞相も, 二人揃う, 人間の, 何人何びき何ぶ, 何処が, 修養という, 儀や, 入念な, 全く奇妙, 兵法を, 出し惜, 厄介な, 呆れた愚者, 嘆かわしいとも, 困ったと, 困ったよ, 困つた者, 困り入り, 天命是非も, 奈辺へ, 孔明という, 将監の, 尋常事では, 小汚い坊主, 左様で, 当代の, 御油断ゆえ, 御老人たち, 御苦労と, 御苦勞, 徳の, 徳川どのには, 怖しい, 思いがけない馬鹿殿様, 思いきって, 思い切った豪, 性なき, 情けないやつら, 情を, 惜しいこと, 惨いこと, 意地の, 愚かな, 慌てもの達, 憎いやつ, 戦は, 所柄とて, 抜かったり, 捻るわ, 日が, 明きめくらこの, 業である, 此暁の, 武士道も, 死神にでも, 残念なる, 殿様には, 気の毒した, 汝にも, 汝は, 沢山成事なりと, 浮世は, 清水長左衛門宗治は, 無事であった, 無心な, 物の, 珍しい刀, 珍しき一通, 申すまじき事, 目出たき, 眼先の, 私も, 稀有な, 素晴らしいお, 素晴らしい軍艦, 絵師という, 美しい妓, 聞きしに, 舎弟は, 見るも, 豪いもの, 貴様は, 逃げ足の, 道無, 量見, 鈍な, 鈍物という, 頭の, 首尾よく, 馬鹿な, 驚き入つたる理窟的, 魏の, 鮮やかに

▼ さてこれから~ (126, 1.1%)

6 がお話 4 どこへ 3 お話ししよう, どっちへ 2 がいよいよ, が大変, どんなこと, の身, 何うし, 何處へ, 先き, 怎した, 私の, 船見峠大

1 [90件] あとの, お婆さんは, お聞き, お話し申し上げる, お開きという, がお, がこの, が三人, が勝小吉, が問題, が大, が愚老, が本当, が本題, が話, さきの, その朗読, その片山助役, だ, と, どこに, どのよう, どの位たち升, の但馬, の処分法, の行動, はどう, は当分こ, は改革, は私, は綺麗, ひろげようと, また清友亭, わしの, わたしは, 一たいどう, 一勉強, 一合戦と, 一日の, 一談判だ, 一體どう, 乗り主の, 二三秒の, 京宝の, 仕事なり, 何うしようも, 何が, 何処へ, 僕は, 先どう, 先どんな, 八幡船の, 別れようと, 勝の, 又問題, 名うての, 名高い難所, 君達僕は, 喞筒の, 女郎買いにでも, 如何なる生活, 如何なる異常現象, 姑の, 寝て, 寝られるだけ, 後の, 文七と, 新鋭の, 旅を, 本文でございます, 東雲は, 毎日急しい, 江戸の, 汽車で, 犬追物の, 瓶一杯に, 申し上げるところ, 私が, 結論の, 缶ちやんが, 自分は, 自分を, 行かずば, 起こること, 起こるべき光景, 近江路を, 追手の, 連嶺を, 鐘楼で, 鹿子の

▼ さてこれ~ (124, 1.1%)

2 が高砂屋, だけで, でやっと, はこれ, はどう

1 [114件] がいつ, がつまり, がどこ, がまさに, がわかった, がわたし, が何処, が出所, が我々, が我等, が抜萃本, が療治, が私, が自分, が鎮撫, だが, だけなら, だけのこと, だけの予備知識, だけの事実, だけの人数, だけの前提, だけの材料, だけの騒ぎ, だけの騷ぎ, だけを決め, で, でいい, でいよいよ, できょう, でこの, ですっかり, でまた, でよい, でよし, でニセ札, で一通り箪笥, で丸く, で人物画, で今年, で以前, で咲枝, で夜中, で字義, で巾着切, で当分, で気持, で物語, で田舎, で級, で青年, という友達, に他, に伴つて, に妙技, に血竭二羅度, はあまりに, はいくぶん, はこみいつた, はさる, はという人材, はイエス, は何事, は困った, は外題, は奇遇, は小宮山良介, は悪い, は本来, は武家, は決闘状, は皮肉, は陶器, への対策, ほどまでに秩序, ほど侮られ, までお話し, までつい, までに明らか, までは主として, までは無難, まで申した, も後廻わし, より, よりはナポリ, よりは一本立ち, よりは法王, よりまた, よりよき, より北, より唯物論, より狐惑, より金崎, より鯨, をどう, をどんな, を一枚, を上演, を以て衣食住, を何, を何ん, を叙述, を商品, を手本, を文学芸術的見地, を斫, を演じる, を約言, を紙, を育て上げる, を自分, を見いださ, を解き, を讀む

▼ さてまた~ (117, 1.0%)

3 何の, 次の 2 かくれあそびを

1 [109件] いろいろの, お師, お金の, かの美しき, ここに, ここには, ここは, このむし, このピン, この信行, この合流, この暴女王, この次に, この理, この美少年, この辺, この霊魂, これが, これらの, さぞ苦, すぐ日蔭, そこには, その世上, それに, それを, なき御, ひそかに, やがての, われらの, ソッと, 一冊を, 一方には, 一方の, 不思議がる, 二つの, 二三日あり, 仏と, 俳諧の, 其等各種の, 切支丹屋敷の, 別に, 前なる, 劇外劇の, 千住掃部宿より, 口には, 同じ流水, 名代娘の, 団子坂の, 夏侯惇は, 夕闇の, 大乗と, 大王が, 婦人と, 子を, 子供の, 宗祗其他の, 寥亮として, 小声で, 小松殿の, 小雨ふり, 川に, 市の, 弁信の, 弁信法師は, 弦月丸沈沒の, 当時において, 彼の, 従来引きつづい, 御身が, 急に, 愛は, 改めてつくづくと, 昔語りだ, 最後には, 本書植字の, 梅坊主の, 森永の, 検視詰所の, 楯形の, 次には, 正しきは, 此大した, 洞は, 浅草の, 演技の, 牡丹が, 甲府からも, 画家の, 祭主と, 禍福は, 福松の, 私は, 秋は, 篇中の, 粗なる, 絣の, 考えれば, 腰には, 自叙伝の, 袋を, 語り出した, 諏訪の, 貪るよう, 退屈じゃが, 退屈だ, 道無, 針鼠の, 長者町の, 隅田川を

▼ さて~ (117, 1.0%)

6 かを祝おうで 4 を書い 3 うする

2 [12件] うしても, う爲よう, とした, と言っ, の役, の掴みどころ, の話, をし, をしよう, をする, をどう, を食べよう

1 [80件] ういふ, うした, うしたら逃げ出されよう, うそれ, うだらうか, うも, うも一方, かこれ, かやりたい, からはじめ, から切り出そう, から始め, から書き出したら, から書き初め, から話し, から話し出し, か大事, か書こう, がその, が何, が何やら一向, が出, が怪鳥, が現れる, が見つかろう, しに, であったかは, ですか, といふ御仁, とし, とせう, と思っ, と思ったろう, と言います, と言ったら, にさぐりあて, にても食, になる, にもなる, のあて, のこと, のため, の名目, の変った, の手掛り, の理由, の用, の腹案, の覚悟, の面白い, もしない, も云, も変った, も持っ, をいったい, をこの, をとふと, をどうして, をやつ, をやらせたら, を享, を以て氷水, を出しましょう, を取り出すべきであらう, を取上げよう, を弾, を手懸り, を描い, を描こう, を書いた, を添, を盗んだ, を研究, を考へよう, を聞いた, を言った, を記憶, を買っ, を買つて, を選ぶべきでせう

▼ さてここ~ (110, 1.0%)

3 でまた, に, まで書い 2 で物語, に一つ, まで来

1 [95件] からあと, からどう, から活動, か俺, が森下, が死に, じゃ, でこそと横須賀行, でこの, でさき, でその, では餅, でひとつ笛, でふたたび, でもちろん, でわれわれ, でガイヤアル, でレヴェズさん, で一応ぜひ, で一服, で一言, で一頭, で事態, で再び, で吾, で問題, で墓柵, で壬申, で少し, で忽然と, で是非, で最も, で用心, で皆さん, で自分, で芝居, で血, で鐘, にあとがきよう, にある, にこれ, にご, にそれら関西風, にたつた, にてお, にもう, にチベット, に一日, に一昨夕, に七月二十四日, に人事, に今一つ, に伯耆, に呉, に問題, に困った, に宇治山田, に掲げ, に本, に注意, に注目, に狐, に私, に紫色, に膃肭臍, に行進, に評論, に述べた, に開かれた, に隠され, に鞍馬寺, の二階, はどこ, はよい, は屋上, は東都目貫, は私たち, は紙帳, は館, へオツネサン, へ出した, へ来, まではいい, まではカンタン, までは来た, まで二十日, まで云っ, まで来る, まで無事, まで私, まで突きつめ, まで考え, まで論じ, まで道具立て, をで

▼ さてどう~ (104, 0.9%)

17 したもの 4 したらいい 3 したの, しようか, しようも, すれば, なるか

2 [13件] あろう, します, しますか, しよう, しようかと, しようと, しようという, する, するかね, するという, するわけ, なるの, 理解したであろう

1 [42件] いうて, いたそう, お天気, かな, したか, したであろうか, したら, したらい, したらこの, したらよい, したら自分, したら起きるやら, して, しようモリイシャ, するかと, するかな, すること, するの, する事, それが, だろう, だろうか, であろうか, であろうと, という知恵, といっ, なったか, なの, なりつら, なるかしら, なること, なるだろう, なるという, やって, 云うわけ, 出来得るであろうか, 切り出したら女, 復命を, 書いたもの, 書いたらこの, 肉を, 遊ばすかな

▼ さていよいよ~ (96, 0.8%)

2 この覆面算, の最後, 自分で, 話が

1 [88件] お別れじゃ, かかるぞ, かねての, ここに, これより, その別荘, その季節, その山, その幽霊, その庭, その当日, それを, という時, という段, わが, ペガッサスを, モスクワも, モンラムが, モーニングが, 三月七日の, 上野ジャングル探険記を, 世間へ, 乗り込んで, 九十八人全部裸体に, 九郎右衛門宇平の, 了見を, 二冊目の, 今日の, 休もうと, 俳句の, 僕は, 公園での, 出かけようと, 危険に, 名残十二句の, 夕刊売り, 多年の, 大江山へ, 実物を, 帰路に, 幕が, 廷は, 引き上げだ, 引くと, 引っ越しの, 当日, 彫刻に, 捉えて, 支店を, 放り込むや, 斯うし, 旅費が, 明けて, 明日は, 書きだして, 最後の, 本文に, 本芸, 本題に, 次回の, 死刑が, 水が, 海に, 海底超人の, 牛角力の, 猟場に, 療養所へ, 目見えを, 眼を, 祭典の, 私が, 秋川家の, 移住と, 第五夜, 築地小劇場の, 約束の, 総ざらいを, 自分から, 自殺方法を, 舞台に, 衆議一決の, 西上の, 財産を, 運命の, 金次と, 難問題を, 馬車に, 駒を

▼ さて~ (73, 0.6%)

3 約束の 2 園の, 天道さまが, 料理の, 肴には

1 [62件] かしげなる無, かめは, きまりの, さよどの, たがいが, つさん, ぬしと, ぬしは, もなる, もひ, もひお, 久しいこと, 体の, 侍だ, 信さんの, 公卿様だ, 加減は, 千鶴を, 坊さんは, 城ちかく, 夏さん思切って, 妻が, 孃さんの, 富は, 師匠さまの, 得意先へも, 恭ちゃんも, 政に, 杉の, 極りの, 正は, 武家, 殿様, 父っ, 猫さんと, 疲れは, 登和さん今度は, 盃, 短いもの, 立会, 筆の, 節句が, 経の, 綱は, 肴が, 芝居の, 荷物に, 藤を, 袖, 親しい御, 言いつけの, 訪ねの, 語は, 講義は, 豊だ, 豊は, 酒を, 銀様は, 隅さん此処な, 隣りの, 館義明公も, 香の

▼ さて~ (66, 0.6%)

3 の歌よみ 2 ともかく一度人々, 東の, 覚えて

1 [57件] いう通り, お藤, から二千五百年, から二百十七年前, から五年目, この政治性, この日光造営奉行所, この歴史, そういう娘, そのかみを, ちょうどそれ, ではその, となっ, となつて, にし, のこの, のよう, の人々, の場合, の普通, の牢人, の石段, の若き, の話, はさる, ははや, は全く, は是, また薄, までに發表, までの吾, までは他人, まで忘れ, まで日本, まで見, よりも子供, より十年, 云ったこの, 僧院に, 其の技術, 厨にて, 吾, 大事な, 始めんと, 少年と, 常識的と, 既に印刷, 此巾着の, 此等一切の, 湯タンポの, 申したあの, 申したいろ, 申した通り, 申上げた, 碩寿翁は, 聞くも, 述べた事情

▼ さてこう~ (61, 0.5%)

12 なって 10 なると 7 やって 2 事が, 云って, 省察し, 考えて

1 [24件] かけかまいなし, して, たわいも, という取り留めた, なった所, なっては, なりゃ始め, はいう, 一同程, 並べて, 云うも, 云った, 云ったもの, 切字に, 名告, 度胸の, 急で, 枕許に, 申すと, 考えると, 話が, 述べた, 述べて, 面と

▼ さて自分~ (58, 0.5%)

2 の家

1 [56件] からまず, がこれから, がその, がそれ, が勝つ, が堂, が會員, が毎朝顔, が破産, が語, が集め得られた, でまた, で打つ, で番茶, と並んだ, には子供, に向, に自信, のところ, の云う, の住む, の前, の名, の場合, の妻, の娘, の思ふ, の息子, の所有, の櫂一本, の環境以外, の番, の繪, の肌, の足, の身, の隣, の首根ッこ, はいま峠, はその, はどこ, は以前, は何, は何者, は彼女, は歌わん, は此処, は此處, は浄土, は為すべし, は臆病, は親, は野原, もそこ, もそろそろ, をふり返つ

▼ さてそれから~ (56, 0.5%)

2 いよいよ泥舟, 一月ほど, 今度は, 彼女は, 後の

1 [46件] お客様に, かれこれひと月, が問題, が大変, きょうは, このりっぱ, ご飯の, じつにふしぎ, と, というもの, ととり, どんな生活, なぜ自分, なんと云つて, ね二年, まる一年, ようやく金助改めびた公, カイが, ニットーコーナハウスで, 万寿丸は, 事件は, 仏師と, 仕事だ, 何か, 僕の, 僕は, 先は, 大変な, 宗像博士の, 帰りたくも, 幽里子, 幾日か, 当分二人の, 春風秋雨ここに, 月日が, 本文に, 材木屋に, 瀑布と, 煙村を, 用向きに, 私たちは, 空間には, 糸子を, 芝居の, 花咲爺が, 追

▼ さてそこ~ (55, 0.5%)

5

1 [50件] から出発, から別れ, から前面, から順々, が道楽, だね, だ不思議, でお前さん, でである, でと一体どう, でどう, でまず, でもはや, でアッシェンバッハ, で上手, で今, で今や, で例, で僕, で内部, で又, で吾, で問題, で大学私論, で専門的文芸批評, で彼, で現在, で白旗様, で真理, で窟, で第, で老師, で自然哲学, で自然科学, に書い, に書き綴られた, に聞い, に蹲り, の巡視, の賑やか, へひと, へ上っ, へ寝, へ漢名, へ立っ, までお迎え, までどうしても, までには成りきれない, まではいかぬ, まで持っ

▼ さてそこで~ (55, 0.5%)

2 関東軍が

1 [53件] あっしを, いよいよ昨日, このブルジョア, この在満, この縦, これは, ご相談, ご貴殿, その三本, その兄さん, その小林氏, どうしましょう, なんとし, ふたりは, ふた手, まず第, やッ, ゆきちがっ, わが国の, わたしが, われわれをも, カントに, フリードリヒとの, ペトゥルーシカと, ヴォルデマールさんあなたは, 一段と声, 人が, 俳優としての, 僕の, 元に, 前に, 加十の, 十二月の, 報道と, 如何なる問題, 家出当時の, 尉官連中の, 小林君は, 山吹さんどこの, 新聞紙は, 日本の, 村人一同は, 深夜に, 満場の, 然ら, 物質の, 王様と, 砂糖を, 私は, 簡単に, 聞くこと, 貴女様も, 頼みが

▼ さて置き~ (54, 0.5%)

1 [54件] あの怪しい, いったい親方, おもち, お民, この二人, この二声, この際, これも, これを, それから, て夫人, て朝四暮三, なんの, まだまだ気味, ウルガン伴天連やがて, ゾロゾロいなさる, 一応は, 一種の, 下女と, 今日嘖々される, 伯父の, 何人をも, 先ず医者, 八重わが家に, 分別盛の, 前置きは, 却ッて, 呉羽之, 命は, 妾は, 宇治山田の, 宗教でも, 幸内の, 当日の, 当時叙爵の, 御病気, 恒川警部の, 支那では, 日本映画従業員の, 昇の, 昨夜の, 曠野城の, 次に第, 漢文を, 現に妊娠中, 私が, 私の, 等しきもの, 管理する, 自分の, 船は, 若い血汐, 萱野さんとは, 鎌倉権五郎景政も

▼ さて最後~ (49, 0.4%)

32 に私

1 [44件] にお, にこの, にさ, にさけび, にその, にそれ, にそれ等, には消防隊, に一, に再び, に吾, に咄, に啓蒙主義, に存在, に実証的研究, に彼, に御身, に挑戦状, に挙げた, に据え, に文化統制, に春雨, に最も, に歌論中, に此花, に残った, に特に, に申し上げたい, に登場人物, に私ども, に羽柴筑前守秀吉, に自然科学, に蕎麦屋, に足, に鋭き, に間取り, の, のトリック, の一枚, の一点, の五つ, の仕上げ, の詩, はお茶客

▼ さてどこ~ (46, 0.4%)

4 へ行こう 2 から手, の人間, へどう

1 [36件] かにお, からでも掛かっ, か漏れ, が一番, が不安, が好き, が抜け, でいつ, で誰, という目的, といおう, といっ, なりと, にある, にその, に泊らう, に行った, に遣ろう, のどいつ, の者, の風流子, へいく, へと指, へも行く, へ何, へ席, へ御, へ急いだ, へ置直, へ行く, へ行くだろう, へ行った, へ行ったら, へ飛びおりた, を一夜, を居所

▼ さてそう~ (45, 0.4%)

8 なると 7 すれば 3 してから, なれば 2 とすれ

1 [22件] して, すること, すると, だと, であるから, なって, なってから, なつて, ならば, なりますと, はお, は云う, は行かぬ, までの一心, もあきらめきれる, もならない, やって, 何人も, 心得ると, 思うと, 決心する, 聞くと

▼ さて~ (44, 0.4%)

2 はこれから, は元, は前, をする

1 [36件] がかわります, がつい, がまえ, がわからない, が本題, が枝, が混線, が雜誌, には上海, のついで, の中, の方向, の本筋, はかく, はここ, はこれ, はすし屋, はそれ, はふたたび, はわき道, は十何年前, は変わります, は家事茶飯, は春木少年, は自然私, をし, をもう少し, をもと, をクリティシズム, を元, を前, を始めた, を端折っ, を簡単, を続けましょう, を進める

▼ さて今日~ (41, 0.4%)

2 はこれから, は何, もうら

1 [35件] から寛保年間, から考え, その信長, となった, にいたり, になった, に至っ, のわが国, の如何なる, の実際, の戦闘指揮, の新, の科学論, の若い, の講義, の議論, はい, はいい, はいよいよ, はその, はどう, はどこ, はのまず, はもう, はよい, は十一月, は脚本書き, は警部, までの話, まで俳優, も昨日, 云うところ, 最も科学的精神, 漫然と, 突然お便り

▼ さて以上~ (41, 0.4%)

12 のよう 3 のこと 2 挙げた思想家達, 見て

1 [22件] で大体書翰, のいずれ, の全て, の公式, の十一箇条, の問題, の心理, の思ひ, の自然科学的, の論旨, は一般, は広義, は批評, は文化的自由主義, は文学, は爾, は科学的概念, 述べたこと, 述べたよう, 述べたるところ, 述べました条件, 述べ来ったよう

▼ さてある~ (38, 0.3%)

9 日の 2 国民が, 者は

1 [25件] だけの名, ときその, ときの, ときは, ときマッチの, 夕方の, 夜更けの, 夜若菜屋の, 日わたしは, 日アラジンが, 日先生が, 日冷たい, 日勤め先の, 日年とった, 日曜日ペンネンネンネンネン・ネネムは, 日王さまが, 日空に, 時こんな, 時の, 時端なく, 晩の, 晩わたしたちは, 朝の, 知縁の, 社会改革者の

▼ さて~ (37, 0.3%)

2 の一片, の病室, はいう

1 [31件] がこう, がこの, がその, が丹精, が今度, が取り出した, が台所方, が果して, が留守, と二人, に与える, に代っ, に別れ, に向っ, に示し, の主著, の伴藏, の元子論, の八万人, の死後十数年, の話, の魂, は哲学者風, は夏羽織, は徐州, は物凄い, は私, は續, は自分, は裾野, へ送つた

▼ さてこういう~ (36, 0.3%)

4 風に 3 ような, ように

1 [26件] おもしろくない, ことに, しごと, わけで, コポオです, ラジオ, 一般性は, 仮名遣の, 儒学としての, 具合に, 出来事が, 場合に, 広い意味, 弁証法の, 感情の, 時に, 有様に, 欧州哲学が, 編集労働の, 色が, 蜀も, 記事を, 証言の, 説明を, 風の, 駿三が

▼ さてかく~ (34, 0.3%)

9 の如き 3 の如く, 變り 2 のごとく, 解釈し

1 [15件] あると, いう単独行者, かはり, こそと近辺, て元来政治的, て曳船, は汝, わが心, 天子崩じ, 手間どったの, 獄中生活の, 自然主義の, 行かんと, 詞の, 語りを

▼ さて~ (34, 0.3%)

1 [34件] いつもの, かの筆, ぐうんと低く, せがれが, つづきを, ねころぶ, もう帰っ, 丹下今一度ただ今の, 今夜は, 例の, 動物の, 古書の, 困ったこと, 堅い数尺, 帰るべきところ, 延長の, 拙者事なにがしが, 新潟まで, 村芝居の, 気に, 狂燥に, 病院へ, 相好く, 粂野の, 精神界から, 翌日を, 考へて, 自分は, 薬を, 近ごろ西の, 鎮って, 飲みに, 麻雀, 麻雀を

▼ さて~ (33, 0.3%)

1 [33件] が, が失恋, が当夜, が最後, だ, だが, と彼, には何, には川波大尉殿, に会, のひたすら, のドラマツルギイ, の収容, の向いあっ, の小説, の最近, は, はいかなる, はといふ, はともかく, はどう, はやや, は今, は今日, は先ず, は君, は文科, は本題, は精神, は翻訳, は近来, も富士見町, も江戸

▼ さて~ (33, 0.3%)

2 気分は, 申越の, 願い申候は

1 [27件] いとま, たよりの, 一同, 両所, 両氏ここに, 主人, 僧には, 兩所, 内儀, 同行衆之から, 城内におきましては, 容貌は, 帰宅なさいまし, 往生の, 支配駒井殿ここで, 料理番に, 次に, 油断ゆえに, 父さんの, 生別の, 申越しの, 約束の, 老人たちは, 聲さは, 苦勞と, 話という, 隠居

▼ さてこうして~ (32, 0.3%)

1 [32件] いよいよスタート, いよいよ当日, おかしな統計, おねえさまたち, お互いの, お艶, その娘, となかいとゲルダ, 七兵衛が, 二日間誰ひとり助けに, 人中を, 四挺の, 地底において, 学的方法は, 当面し, 心にも, 我々が, 手に, 日が, 書いて, 書き初めて, 母と, 皇室に, 紋也と, 美作たちが, 聖アレキセイ寺院の, 自然科学に, 自由主義の, 親愛な, 遠国から, 離れて, 顔を

▼ さてもう~ (32, 0.3%)

2 ここまで, 一つここに, 一つの

1 [26件] あとは, いいかと, いちどゆうべ食事を, いちど赤いくつを, いっぺんいわせ, できたはず, ねむい, キューピット氏の, ボートを, 一つは, 一人の, 一人は, 一名の, 一廻りゆるり, 一段厳粛に, 一辺, 万事は, 二十四にも, 今明日で, 全部訳し, 八月の, 夜が, 明日で, 誰も, 鉛筆も, 長居は

▼ さて~ (32, 0.3%)

5 一の 3 三に, 二に, 二の 2 三の, 八には

1 [14件] 一回公演に, 一次に, 一章の, 三には, 三は, 三幕目, 三誤解の, 二には, 二段の, 二第, 二行めは, 二類の, 五に, 四に

▼ さてこれからどう~ (31, 0.3%)

22 したもの 2 しよう 1 したらいい, しようか, しようかと, しようと, しようという, なるか, なるかと

▼ さてどんな~ (31, 0.3%)

2 ものだろう

1 [29件] おはなし, かたちを, かとはっきり, ことに, ことを, ごちそうを, しゃれが, ものか, ものだ, ものであろう, ものでしょう, ものです, ものを, もんでやす, 事を, 今日一日に, 信号を, 勘定に, 名案を, 味が, 大事件, 女であろう, 戦いが, 生活に, 目的だろう, 相談したい, 話を, 顔を, 風に

▼ さて今度~ (30, 0.3%)

2 は, はどう, は私

1 [24件] その二人, のイーハトブ, の事件, の航海, の都入り, の騒ぎ, はいよいよ, はこういう, はこの, はこれから, はそう, はその, はとんだ, はどこ, は伊八, は俺, は右門殿, は四番目, は波三郎さん, は百合子, は自分, は裸体殿, は青年, も一人

▼ さて次に~ (29, 0.3%)

2 答の

1 [27件] お前の, こっちを, そのよう, その実現方法, はそちら, は不祥事, は加代子殺し, は武蔵め, は真珠, は言葉, ひとつお願いが, われわれは, 万葉集の, 内海殺しの, 商売の, 問題と, 弓之助, 毛人大臣の, 物質は, 登場人物が, 社会科学的世界の, 私が, 移る, 第二, 話は, 趣向の, 郡上殿

▼ さて~ (28, 0.2%)

4 に述べた 3 のよう 2 の二つ, の如く

1 [17件] に挙げた, のご, のごとき, のとおり, の七つ, の三波丁子, の事実, の四五人連れ, の学生, の引用文, の拳, の敍述, の書面, の浪人, の甲, の科学大衆文芸, へ曲る

▼ さて措き~ (28, 0.2%)

1 [28件] ある局部, この痣, さつ, どこから, 一人も, 則天武后の, 前に, 原子時代を, 又実際, 如何に, 山行の, 年の, 後期王朝末頃の, 日ごろ思っ, 日光火山群にすら, 早くからこの, 早速家人, 楽翁どの, 槍穂高に, 私は, 要するにご, 設備の, 農業経済という, 近ごろ見物の, 都留郡は, 錢形平次は, 附近の, 離屋の

▼ さてこそと~ (27, 0.2%)

2 私は

1 [25件] いわぬばかり, おもわず両手, この連中, にわかに元気, ほくそ笑みしたピグミー, 二人を, 仰天し, 十郎を, 取下して, 堂内へ, 変化の, 大得意, 天にも, 安堵の, 心の, 思いその, 急ぎ引きあげん, 武蔵は, 腹の中で, 言わぬばかりに, 警固の, 身を, 闇の, 集まるほどの, 高氏の

▼ さて~ (27, 0.2%)

2 うなると

1 [25件] う早く, から私, ながめ・, のあと, の一団, の三, の中, の事, の医者, の子供, の擧, の日何, の最後, の無聊, の片, の王, の田舎, の結末, の若江, の謎, の趣, の首尾, ひげこと, を具象化, を誰

▼ さて~ (26, 0.2%)

10 ういふ 4 うなると 2 う云 1 いしょ黒い, ういふ先, うきめる, うさう, うした, うして, うとのみ, うなりますと, うも, う言

▼ さてもさ~ (26, 0.2%)

4 ても 2 ても世間

1 [20件] てもうつけ, てもお前, てもここ, てもと云う, てもの替り様, てもの男, てもむづかしい, ても世, ても世の中, ても和ごり, ても夥多, ても太い, ても広大無辺, ても心樂しき半日, ても憎い, ても日本, ても曲, ても片腹痛し, ても驚き入りたる, んぬる

▼ さて~ (26, 0.2%)

32 の日

1 [21件] がさだ子, なる牛肉網焼, のお, のやう, のコース, の仕事, の問題, の建設, の晩, の朝, の様, の檻, の段取り, の疑問, の部屋, はこの, は五月一日, は何, は奴僕宮, は金銭, へ進ん

▼ さてそれでは~ (25, 0.2%)

2 まず仮面

1 [23件] あやが, いよいよ私, その恋愛, なにから, ぶしつけ, クッキーは, ハムレットさま舞台へ, マア坊の, 三上は, 今回は, 伊之, 何の, 冒頭の, 告別式の, 少しずつ, 引揚げる, 当道場, 昭和十七年の, 時を, 時信大伍さんに, 私は, 突き以外に, 自分の

▼ さてあの~ (24, 0.2%)

2 音は

1 [22件] お公達, とかげは, エルシーは, レナウの, 人は, 博士に, 奇怪な, 女の, 学友の, 小女は, 日山キの, 時の, 時価金三万五千円也の, 時媼さんに, 晩私達は, 杯は, 殺人事件の, 無数の, 賢しさ, 野郎も, 長い尻尾, 飯島の

▼ さて~ (24, 0.2%)

2 いって

1 [22件] おそるおそる帖簿, くつろいで, なかい, また鉄仮面, スワンソン張りに, 上って, 二人は, 何囘も, 呟く癖, 四時頃フロに, 思う, 思って, 意味も, 昨夜は, 机に, 私は, 立ちあがって, 立って, 考え直したところ, 自分の, 言った調子, 長篇に

▼ さてこうした~ (23, 0.2%)

1 [23件] ものが, サラリーマン主義的インテリ論社会学的現象主義的インテリ論は, シェストーフ的現象が, ジャーナリズムが, フィロロギーと, 不思議な, 事という, 作文は, 印象批評の, 国粋ファシスト的道徳意識に対して, 広義の, 思惟の, 性格を, 恋愛の, 新装を, 時に, 末に, 民間常識が, 科学的実験が, 肉は, 自然を, 観察, 釣も

▼ さて一方~ (23, 0.2%)

2 戸外の

1 [21件] お杉, こういう通念, ことごとく漢陣, ならぬヒステリイ, ならぬ世話, には神社, に毅然, に無恥不義, の偽, の脚, は長者園, 仮死に, 叔母さんの, 志道軒は, 文学を, 朝廷に, 盛政は, 社会主義的リアリズムも, 老武士, 行長も, 足跡の

▼ さてこれら~ (22, 0.2%)

1 [22件] に對ひつ, のもの, の上層雲, の不気味, の人, の人物, の原始的, の句, の大, の微粒子群, の怖, の教示, の文字, の日本芝居, の日本製洋書, の楽, の浪人, の火, の自警団員, の被い得ない, の記述, の話

▼ さてわが~ (22, 0.2%)

1 [22件] お館, ヂヤアナリストが, ポコちゃんと, 今の, 再び見じ, 失念の, 始めて, 山本有三は, 情熱の, 新機軸, 新聞記者たりしもわ, 日本の, 昌造は, 物語の, 球の, 老妻, 親しき所有品, 親愛な, 親愛なる, 讚詞を, 高き想像, 鯉坂君は

▼ さて二人~ (22, 0.2%)

2 が夫婦

1 [20件] がその, が会, が食い始める, でそこ, ともなかなか, とも以前, と顔, になっ, に案内, の一層, の侍女, の士官, の無駄, の男, はここ, は唄う, は殺した, は鼠, を母屋, 揃うて

▼ さて其の~ (20, 0.2%)

1 [20件] ひとり娘を, 仏の, 場所や, 夜貞雄は, 実験という, 年も, 後の, 後二人とも, 手を, 日は, 晩は, 灰皿の, 真意は, 色にも, 要は, 進潮は, 過ぎ行くに, 頃は, 馬は, 鸚鵡を

▼ さて~ (20, 0.2%)

3 に述べた

1 [17件] なるが, にも云った, にも申しました, にも申す, にも述べた, にも述べたごとく, に全般真理, に彼女, に書いた, に言った, に話した, に述, に釈迦, の話, はという, 句と, 置は

▼ さてきょう~ (19, 0.2%)

2 はあれ

1 [17件] はそういう, はどうしても, はもう, はよく, は三十一日, は三日, は仔犬遊び, は何, は十日, は又, は木村, は沢山, は珍しい, は私, は私たち, は雨, やっと二階

▼ さてこんな~ (19, 0.2%)

2 ことを, 風な, 風に

1 [13件] ことで, ことに, つまらない独白, ときの, 事ばかり, 事を, 場合は, 場合私の, 工合で, 漫画覚え, 目腐り, 見栄だ, 風で

▼ さてそういう~ (19, 0.2%)

1 [19件] ことが, ことに, ことも, そばから, ふうに, わけで, 乃公自身は, 事には, 人達が, 凄い顔, 吾, 姿で, 性質の, 村の, 様に, 親切な, 評判が, 間も, 風に

▼ さてその後~ (18, 0.2%)

1 [18件] お綾さん, からは鉄, から再度, この二人, この言文一致, じゃ, では時間, で山甚, どうした, に別れる, に至っ, のからだ, の次第, の裁判, はどう, は何と, は武力, またどう

▼ さて~ (18, 0.2%)

2 を殺す

1 [16件] から敬, がなく, が七十以上, が皆, ご, に告げ, に書かせ, のこころ, のさし, の児, の名前, の器, の物申さ, の知る, の稼業, は多い

▼ さて問題~ (18, 0.2%)

2 がこ

1 [16件] が六ヶ, にし, の変化, の快楽亭ブラック, の提灯, の鹿島灘, は, はこの, はその, はオフィリヤ, は原因, は文学, は此処, は精神, は鉢, を劇文学

▼ さて困った~ (18, 0.2%)

4 のは

1 [14件] ことが, とつぶやいた, と困り抜い, ね, のう, ものじゃ, ものと, ものに, ものよと, ように, よとチビ, 事には, 事は, 男だ

▼ さて~ (18, 0.2%)

2 に一散

1 [16件] が我勤, その明, その確実性, にいかにも, に此句, に残る, に総括, に縁, の場, の始末, の方, は南, は音, ゆっくりと, 依羅, 自経

▼ さてどういう~ (17, 0.2%)

5 風に 3 ふうに 2 ことに 1 ものであろう, わけだ, 体を, 方法に, 相談事であろう, 行動に, 足場を

▼ さて~ (17, 0.2%)

2 があんな

1 [15件] が, が一體, が宿, が撒いた, が目, が知ろ, だろう, なの, にひけ, に歌, に頼んだら, の著書, も彼, れの, を誰

▼ さてもし~ (16, 0.1%)

2 これらの, 穀物が

1 [12件] この事実, この雰囲気, そのお, づかな, わが言葉, 一〇〇〇〇〇磅の, 供給される, 吾, 我々の, 用いられる資本, 穀価が, 透察に

▼ さて再び~ (16, 0.1%)

1 [16件] あの不運, かしこより, その十数社, リッターの, 以前の, 動き出すには, 叔母の, 席へ, 扮装を, 日比谷公園に, 柝を, 母の, 目を, 空に, 自然主義以来の, 訳者からは

▼ さて日本~ (16, 0.1%)

1 [16件] では役人, にある, に於ける, に着い, に青銅, の上古, の俳優, の古代, の古典劇, の婦人, の映画, の歴史, の熊, の科学者, はいつ, も嘉永

▼ さて置い~ (16, 0.1%)

2 ていつたい

1 [14件] てこれ, てそれ, てまず, ても僕, ても入浴, て出来る, て大, て大いに, て柳原, て此様, て残され, て真剣, て菩薩, て表

▼ さてかう~ (15, 0.1%)

4 いふ風に

1 [11件] いふラヂオ文学の, いふ人々の, いふ作品の, いふ告白を, いふ平和な, いふ都合の, いふ風潮の, した代役の, 云つた, 云ふ, 言つた

▼ さて実際~ (15, 0.1%)

1 [15件] こんな工合, にこう, にし, にそう, にそういう, にその, には一向, にラヂオ, に打っつかった, に死んだ, はなかなか, 今の, 問題と, 砧を, 行はれ

▼ さて改めて~ (15, 0.1%)

1 [15件] いった, お認められなされた, お願いが, この小さい, バラックに, 何の, 八五郎に, 我に, 本格の, 源太郎に, 研究なり, 第一, 考へて, 聽く, 頭を

▼ さて明日~ (15, 0.1%)

1 [15件] からどう, からどうして, からの旅, からは草深い, からは高邁, から入る, から撮影, になる, は一同, は大和, は巴里, は帰京, は托鉢, は白粉, は皆さん

▼ さてお話~ (14, 0.1%)

2 はとん

1 [12件] かわって, が二つ, ですが, はそれ, はまた, はもと, は二つ, は大分, は小浜兵曹長, を聞い, 別れまして, 替って

▼ さてかの~ (14, 0.1%)

2 歌は

1 [12件] クラリモンドは, 一と, 下枝は, 人の, 六三郎は, 国々の, 夫の, 女の, 女を, 者た, 者自身縛られ, 舅氏国の

▼ さて何処~ (14, 0.1%)

1 [14件] から下り, がよから, が高原, とも分らぬ, に寄辺, に行こう, へ往, へ移した, へ行かう, へ行く, へ行こう, へ運ん, やらに若い, よりとり

▼ さて~ (14, 0.1%)

2 が明け, も更けました 1 があける, がふけ, となれ, になっ, になりました, になる, のすっかり, の警戒, はざっと, も明け方

▼ さて~ (14, 0.1%)

1 [14件] ながら唐突千万, に向, に物い, はかく, はボナヴェントゥラ・ダ・バーニオレジオ, は今, は再び, は旅人, は最早, は母上, もしさらに説, を又, を抱き上げ, 既に第

▼ さて何と~ (13, 0.1%)

2 書いて, 言つて可いか 1 いつて, やら腑, 云た, 云は, 描かるべきだろう, 書いたらよから, 書かう非常, 申し上げて, 続けたらよから

▼ さて~ (13, 0.1%)

2 うなると, の如く 1 う, うして, うなって, うやっ, う云う, う毎日, かる疑問, かる美人, かる退化

▼ さて~ (13, 0.1%)

10 らば 1 うして, うドッ, 樣思うたら

▼ さてところで~ (12, 0.1%)

1 [12件] ここに, この島, この門番, その長兵衛, もう一つ, ジョン少年は, 今逢った, 戦争は, 私の, 紛失った, 紫錦にとっては, 鼓の

▼ さてどうして~ (12, 0.1%)

4 いいか 1 い, にげだしたもの, やろうかな, よいか, よいかに, 急に, 煤煙防止の, 諦めさしたもの

▼ さてわたし~ (12, 0.1%)

1 [12件] がくま, という一人, とした, の声, はいつも, は一月号, は以上, は多く, は憂愁, は此処, もいよいよ, もそう

▼ さて一同~ (12, 0.1%)

1 [12件] がお前, が火鉢, が築地本願寺, で裏庭, のうち, の乗った, の前, の視線, へ申します, を坐せしめ, を着座, 大いに話

▼ さて~ (12, 0.1%)

2 だけの準備 1 からプレスコ, が眼, が科学的精神, によって限界, に関して説, は次, は空間, まで指摘, より家, を論文

▼ さて~ (12, 0.1%)

1 [12件] の宝壺, の小, の恐ろしい, の棒切れ一本, の炭, の立憲的ファシズム, の色紙, の表, の通人家, の金博士, の金青年, の銀三十枚

▼ さて~ (12, 0.1%)

1 [12件] というもの, という者, の主人, の告白, の壁, の性, の酔っぱらい, は五月, を帰した, を物体, を驢, 主人なる

▼ さて現在~ (12, 0.1%)

2 に至る, の日本 1 なお爆心地, のぼく, のアカデミー, の新, の日本的現実, の状況, の現代学生一般, の自分

▼ さてあなた~ (11, 0.1%)

1 [11件] という者, どうして下さる, にヴィール夫人, に予め, の旦那さん, はその, はと開き直っ, はどこ, はもう, は今ここ, もいよいよ

▼ さてしも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あはれ夜と, やがてここ, ゆるけ, 何の, 夢に, 情いと, 歡樂人を, 王が, 難きよろこび, 齋場, 齋塲

▼ さてそんな~ (11, 0.1%)

2 わけで 1 ことで, さわぎの, ひどく無為, ものが, 事の, 事も, 外交的手腕を, 手紙を, 話を

▼ さて人間~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいろいろ, としての解釈, と人間, に催姙, の世, の住む, の凡夫, はいない, は下等動物, は彼, 生れながらの

▼ さて~ (11, 0.1%)

2 しこうした, しこの 1 しそう, しながら, し之, し前者, し吾, し性格, し次元そのもの

▼ さて愈々~ (11, 0.1%)

1 [11件] 二人が, 五ヵ年計画が, 人工心臓の, 南薫造さんの, 嫁に, 当日である, 得度式の, 本読, 東京を, 結婚し, 説き出した

▼ さて~ (11, 0.1%)

4 る日 2 る時 1 る時お上, 夜の, 日, 日その, 時が

▼ さて措い~ (11, 0.1%)

1 [11件] て, てそう, てその, ても, てもっぱら, て一応, て主題, て今, て俳句, て常に, て浩平

▼ さてお前~ (10, 0.1%)

2 は衆 1 にきく, に聞く, は偉い, は天, は巨万, は師, もふびん, も商売

▼ さてしかし~ (10, 0.1%)

1 とにかくに, どこから, どんなもん, ふたりの, もっと大事, 五段や, 土曜日は, 自分にとって, 詩とは, 骨董という

▼ さてそれら~ (10, 0.1%)

2 のもの 1 のガラス絵, のページ, の不便, の意見, の書棚, の読者, の額, を購い来

▼ さてそろそろ~ (10, 0.1%)

1 と長, 出かけるかね, 出かけると, 夏が, 帰らなくちゃあ, 帰ろうかな, 時間が, 暖い, 滝壺へ, 研究に

▼ さてでは~ (10, 0.1%)

1 この日記, どういう生活, 今の, 何処の, 心置きのう, 日本に, 火星人たちは, 肝腎の, 表を, 鳴らして

▼ さてどの~ (10, 0.1%)

1 くらゐ役立つだらう, パンに, 女が, 島でも, 性質が, 方向に, 方角へ, 辺とも, 辺まで, 鳥を

▼ さてわれわれ~ (10, 0.1%)

2 はこの 1 が今, が途中, が通る, の街頭風景, はいくら, はこれから, はどこ, は時

▼ さて今夜~ (10, 0.1%)

1 こそ絶好, の仕事, の料理, は, はその, はもう, はハネ後, は何, は録音器, もよ

▼ さて~ (10, 0.1%)

2 はチヤムバーレーン 1 が道江, とわかれ, に訊ねる, に踏んづけられ, のエピグラム的労作, の友人, の左, は

▼ さて~ (10, 0.1%)

1 がで, が出口, が永い, ぐれに, の神, の経つ, の脚, は葬式, も当れ, を経

▼ さて暫く~ (10, 0.1%)

2 すると 1 して, してから, そこに, まどろんだと, 勤めて, 案じた揚句, 経って, 黙ったまま

▼ さて此処~ (10, 0.1%)

1 ぞと思う, で一言, で君, で柵家, で考, に其の, に絶対, は, は大連, までは書物

▼ さて私たち~ (10, 0.1%)

1 が下界, のバス, の心, の歩み, の毎日, はこの, はどう, は宿, は次ぎ, もそろそろ

▼ さて翌日~ (10, 0.1%)

3 になる 1 から人参, から又, となッ, の日曜日, の晩, は先づ大沼博士, は結束

▼ さてかよう~ (9, 0.1%)

2 にし 1 な倫理的要請, な異性同志, に大切, に纏った, に考え, に苔虫類, の晩

▼ さてこんど~ (9, 0.1%)

1 はいよいよ, はお茶, はからり, はこの世, はアラジン, は三人, は新, は猫, は降りられない

▼ さてそうして~ (9, 0.1%)

1 いよいよ断崖談, お前は, さるぐつわを, 寝台に, 朝から, 第一冊, 置いて, 茲に, 開いた掌

▼ さてそれなら~ (9, 0.1%)

1 かういふ事実, そのよう, そのスポンタネイテ, どういふ, はたしてどこ, 何故この, 生活に, 私の, 自分も

▼ さて人々~ (9, 0.1%)

1 が気がつく, その車, に尊敬, の憐, はこの, は学問, は現在, は資本主義制度, 皆おの

▼ さて~ (9, 0.1%)

3 に帰っ 1 の中, の内, の前, へ入り, を出る, を飛び出し

▼ さて~ (9, 0.1%)

3 から何 1 からが本, から奧木佐十郎, から文七, に附加, れが, 真翁

▼ さて~ (9, 0.1%)

5 の衆 1 のもの, の影法師, の者, 沒却理想なりとい

▼ さて相手~ (9, 0.1%)

2 の顔 1 が睡眠剤, にどう, の家老, の男, は, は鉄砲, を知らない

▼ さてあれ~ (8, 0.1%)

1 からあの, から先, だけの浪々, で見れ, ばそこはかとなく, ほどの竹, ほど陰惨, 程の計画

▼ さてどちら~ (8, 0.1%)

2 へ行かう 1 が年上, に決めた, に行っ, へ出かけよう, へ車, へ避けた

▼ さてわたくし~ (8, 0.1%)

1 の体, の愛する, はこの, はこれから, はほん, は或, は気落ち, は電灯

▼ さて三人~ (8, 0.1%)

2 はどこ 1 の会見, は三人, は歩い, は知恵, を斃, 忍び込んで

▼ さて~ (8, 0.1%)

3 に述べた 2 の学校 1 に引いた, の思惟者, の歌

▼ さて仕事~ (8, 0.1%)

2 にか 1 と此, にかかろう, に取りかかった, に掛かっ, はこれから, もだいたい

▼ さて何ん~ (8, 0.1%)

1 だろう, と答, と言, と言い出した, と言つて親分, のこと, の暗号, の業

▼ さて~ (8, 0.1%)

1 がこの, が今, でこの, で問題, で戦争時局論, で特に, で矢, で自由主義

▼ さて帰ろう~ (8, 0.1%)

3 とする 2 かまだ 1 かと立ちかけた, かと雷門, とした

▼ さて本題~ (8, 0.1%)

2 に入る, に立ち 1 に入っ, に戻っ, に立ち返, の蒲壽庚

▼ さて~ (8, 0.1%)

2 にかかる, をつけ 1 が付いた, になる, の利いた, の短い

▼ さて静か~ (8, 0.1%)

1 な声, な祈祷, にいう, にこう, に斬られる, に昨日, に綜合, に胡坐

▼ さていざ~ (7, 0.1%)

6 となる 1 となったら

▼ さていつ~ (7, 0.1%)

1 でもと落着き, の事, の時代, までもこう, 地震が, 行き着けようぞ, 頃出立する

▼ さてかかる~ (7, 0.1%)

1 ものが, 体系は, 光景を, 分が, 工人たちが, 情況の, 方策が

▼ さて~ (7, 0.1%)

1 ていねい, 主君は, 好意の, 婚礼の, 婚礼は, 老体出かけましょう, 苦心のほど

▼ さて~ (7, 0.1%)

2 つちへ 1 つちか, つちのどこ, ないしたら, ろぼうたちは, ろぼうの

▼ さてどうにも~ (7, 0.1%)

2 ならない, ならないといふ 1 しようがなかった, できない, ならない話

▼ さてどっち~ (7, 0.1%)

2 へ行こう, へ行った 1 かな, にした, へ行っ

▼ さてどれ~ (7, 0.1%)

2 がいい 1 が一番, だけの効果, にしょう, ほどな, を選ん

▼ さてなん~ (7, 0.1%)

1 だ, だろうという, であろ摂津二郡播磨, に使う, の事, の必要, の覚悟

▼ さて当日~ (7, 0.1%)

1 になりました, の会議, の四日, の模様, は土曜日, は袴, は見事

▼ さて~ (7, 0.1%)

1 にとってつくづく, のつけよう, の下しやう, を取つ, を合せ, を洗っ, を着け

▼ さて~ (7, 0.1%)

3 になっ 1 が来, になり, になれ, の午前九時

▼ さて~ (7, 0.1%)

1 が病院, のほう, の声, の面, は其処此処, は疲れ, 振の

▼ さて皆さん~ (7, 0.1%)

1 お聞きください, これから世界一, これから僕, これから謹ん, は恐らく, 御承知, 落ついて

▼ さて科学~ (7, 0.1%)

1 がこの, が実在, とは何, のジャーナリズム化, の批判, の歴史性, の研究様式

▼ さて翌朝~ (7, 0.1%)

2 になっ 1 だ, になった, になり, 別れて, 見れば

▼ さて~ (7, 0.1%)

1 が進み始め, でヒダ, には乘, に乘, へ乗らう, を見送, を返そう

▼ さてあと~ (6, 0.1%)

1 から見, なる呉氏, に残りました, の二日, の四人, はいつ

▼ さていかに~ (6, 0.1%)

2 せし 1 して, してという, すべき, せむ

▼ さておもむろに~ (6, 0.1%)

1 庭の, 手段を, 振向いて, 腰を, 舌を, 面喰った

▼ さてきのう~ (6, 0.1%)

1 の午前八時, は, はあれ, は一寸, は濛々, 帰って

▼ さてこちら~ (6, 0.1%)

1 の塩, の留守番, は地下室, は小林少年, は少年たち, を処分

▼ さてそうした~ (6, 0.1%)

1 ことによって, 予備智識を, 因果な, 数年の, 種類の, 縁あれ

▼ さてつぎ~ (6, 0.1%)

1 にわたし, に厄娃, の, の寄合, の魔術, は若様

▼ さてどうも~ (6, 0.1%)

1 お珍しい, 娑婆の, 更りまし, 気に, 物足りぬ, 長の

▼ さてみんな~ (6, 0.1%)

2 その通り, は黒坂森 1 はとうとう, はひろっ

▼ さてよく~ (6, 0.1%)

2 見ると 1 ない気候, 祭礼の, 考えて, 調べて

▼ さてわし~ (6, 0.1%)

1 にもわからん, の番, は久しぶり, は慥か, は金属材料, も年齢

▼ さてわたしたち~ (6, 0.1%)

1 がまだ, のやる, はだんだん, はもう一度, は日の出ごろ宿, を乗せた

▼ さてわれ~ (6, 0.1%)

2 はまた 1 ながら不手際, にも要, は姫, は駒井氏

▼ さてカント~ (6, 0.1%)

2 によれ 1 が継起, の考え, は感性, やその他

▼ さて世間~ (6, 0.1%)

2 の人 1 には身, の法, は怖い, を見る

▼ さて事件~ (6, 0.1%)

2 の起った 1 が大分複雑化, のあった, の起つた, はこんな

▼ さて今や~ (6, 0.1%)

1 当日たった, 怪物蠅男は, 怪石の, 我等は, 旅を, 私は

▼ さて何事~ (6, 0.1%)

2 を改めて 1 かと顔, か詩人, でご, を云い出さるる

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 の場所, の孤独, の御, へ戻る, 時代の, 氣を

▼ さて只今~ (6, 0.1%)

2 から幻燈会 1 その方, と相成りまし, のご, よりこれ

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 なる花束, に踏ん込ん, 嘗宮は, 机の, 栗を, 雷雨の

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 が死ね, の寝台, よりは紀元節, れから, れが, れでは

▼ さて帰る~ (6, 0.1%)

1 かな, かなだ, さ庭, 時間に, 段と, 段に

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 とって, よった悪魔, をとっ, を老, を過ごし, 長けて

▼ さて彼女~ (6, 0.1%)

1 が夫, にヒステリック, の実際, の目的通り母, はお, はその

▼ さて我々~ (6, 0.1%)

1 の方面, の異常, はこの, は明日, は海老塚先生, は用

▼ さて~ (6, 0.1%)

3 て見る 2 てみる 1 て見れ

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 にも一つ, にも似, の提出, はといひさし, は烏滸, 云わずや

▼ さて犯人~ (6, 0.1%)

1 がどこ, の着物, の職業, の訊問, は誰, を取り

▼ さて皆様~ (6, 0.1%)

1 いつも御, お約束通り私, か様, の目, よくお, 実は拙者

▼ さて約束~ (6, 0.1%)

2 せられし当日 1 が極, の当日, の日, の談義

▼ さて~ (6, 0.1%)

2 をきよめ 1 を弁えぬ, を起さ, を起し, を転じ

▼ さて~ (6, 0.1%)

1 をあげ, を上げ, を洗い, を洗ふつ, を眺める, 見合せたり

▼ さて食事~ (6, 0.1%)

1 が済む, が済んだら, のとき, の価, も済む, をおえ

▼ さてあくる日~ (5, 0.0%)

1 はいよいよ, はた, まだくらい, もつづい, 第一

▼ さてあらためて~ (5, 0.0%)

2 飲み干したる酒盃 1 一せいに, 子供たちを, 富岡老人に

▼ さていよいよこれから~ (5, 0.0%)

1 夜業の, 湊川の, 私の, 空中浮遊術という, 窓の

▼ さておれ~ (5, 0.0%)

1 が仕込ん, の身, はみんな, はもう少し, は西班牙

▼ さてすべて~ (5, 0.0%)

1 の他, の場合, の罪, の芸術, は

▼ さてそいつ~ (5, 0.0%)

1 がさう, が人, が何処, だ, は数かぎり

▼ さてなぜ~ (5, 0.0%)

1 こんなこと, にこの, にヴィール氏, 戦争が, 私は

▼ さてなに~ (5, 0.0%)

1 が出, をいおう, をご馳走, をしたら, をやるべき

▼ さてはか~ (5, 0.0%)

1 の吹, の噂, の妖怪, の折人々, の謳者

▼ さてまず~ (5, 0.0%)

2 第一 1 それは, 初めに, 最初の

▼ さてやがて~ (5, 0.0%)

1 この茶屋, のこと, 乗込むのに, 例の, 朝湯から

▼ さてやっ~ (5, 0.0%)

4 てみる 1 て見る

▼ さて一般~ (5, 0.0%)

1 に吾, に実在, に流布, に直観, に科学

▼ さて~ (5, 0.0%)

2 つた 1 ひぬ, ふ, ふには

▼ さて今年~ (5, 0.0%)

1 の二科, の報告, の夏, の秋, は会員

▼ さて今月~ (5, 0.0%)

1 からはでは, に入り, の雑誌, はどんな, も文芸雑誌

▼ さて何時~ (5, 0.0%)

1 かな, になった, までかここ, までも便々, までも淋し

▼ さて余談~ (5, 0.0%)

1 が非常, ですが, になった, のまた, はおき

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 から御飯, が過失, たね, より三年, を具体化

▼ さて出発~ (5, 0.0%)

1 すると, だ, という時, の時, はその

▼ さて十日~ (5, 0.0%)

1 あまりなれ, づけの, の午後, の野天生活, 経たり

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 つたのは, つたは, つた乃公が, つた前後矛盾に, つた者に

▼ さて如何~ (5, 0.0%)

1 いふ光景, して, にし, にや, に気上り

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 が帰らない, が王宮, のお, の舞台, や

▼ さて容易~ (5, 0.0%)

1 な処, に古き, に御輿, に捉, に極められん

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 てみ, てみる, につこう, 衣を, 覚の

▼ さて寝る~ (5, 0.0%)

1 ことに, といふ, ばかり, 時には, 段に

▼ さて~ (5, 0.0%)

2 を視る, 一時間も 1 留み

▼ さて少し~ (5, 0.0%)

1 ばかり話, 実例を, 早めに, 気が, 考へるやう

▼ さて帰っ~ (5, 0.0%)

1 てから母, て了, て来よう, て来る, て見る

▼ さて平次~ (5, 0.0%)

1 が行つたの, と周吉, の方, は膝, を相手

▼ さて我等~ (5, 0.0%)

1 にいひける, に曰, の主人公たち, の目これ, は国民

▼ さて~ (5, 0.0%)

2 七が 1 感覚派が, 短歌の, 石器時代の

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 あるとき, どほり, のタイプライタア, の若き, は日本

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 が経つ, ならぬ帰省, はついに, は寛政十一年十二月十四日, を移さず

▼ さて本文~ (5, 0.0%)

1 に入る, に這入ります, の, の九, の詩

▼ さて気がつい~ (5, 0.0%)

1 てみる, てみれ, て振り返, て相手, て見る

▼ さて汽車~ (5, 0.0%)

1 から下り, に乗っ, に乗込ん, は既に, を下り

▼ さて漸く~ (5, 0.0%)

1 に, のこと, 各大臣, 御用済みと, 疲労が

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 がその, がまだ, にせかれ, の鼻, は手紙

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 がさめれ, も口, をさまします, を転ずる, 出たき御代

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 が覚めたら, を転じ, を返し, を鏡台, を開ける

▼ さて空間~ (5, 0.0%)

1 が客観的, が無限, の性格, の直観, はかかる

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 のほか, の研究書, はこんな, は盛り, は造花

▼ さて若し~ (5, 0.0%)

1 このアイスクリーム屋, この紙切, 幸に, 望み得るならば, 私が

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 でかの, で考え, に人々, に到り, に彼

▼ さて行く~ (5, 0.0%)

1 といふ事, ところも, となっ, ほどに裏門, 処が

▼ さて行っ~ (5, 0.0%)

2 て見る 1 てみない, てみる, て見

▼ さて言う~ (5, 0.0%)

3 よう 1 ことに, には

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 だが, の拙, の有り得べき, の歴史, は爆彈

▼ さて諸君~ (5, 0.0%)

1 がもし, はことごとく, はもっと, もう一つ, 急速力

▼ さて部屋~ (5, 0.0%)

1 にかえろう, にはいっ, のカギ, へ通され, 住みの

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 が廻つ, の興, は, はどこ, をすすめ

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 の威光功徳, を払おう, を持っ, を送っ, 錆びの

▼ さて~ (5, 0.0%)

3 の前 1 を出る, を出掛ける

▼ さて電燈~ (5, 0.0%)

2 を消し 1 の明い, も消し, を消す

▼ さて~ (5, 0.0%)

1 のなか, の悪い, をその, を擧げ, を擧げし

▼ さてあるべき~ (4, 0.0%)

2 にあらざれ 1 に非, 知識社会学

▼ さていかが~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 でござるな, でしょうどん

▼ さていくら~ (4, 0.0%)

1 つけたらよい, 武蔵伝の, 賭けるかな, 通って

▼ さていま~ (4, 0.0%)

1 の場合, 出された刀, 読んで, 起った不意

▼ さてうち~ (4, 0.0%)

2 へかえる 1 にのこった, のこと

▼ さておまえ~ (4, 0.0%)

1 はいきなり, はことば, は初めて, も鞍馬

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 ういふしごと, うた, はる, やうな

▼ さてかういふ~ (4, 0.0%)

1 と私, やうに, わけで, わけである

▼ さてかくして~ (4, 0.0%)

1 人々が, 以上三つの, 怖るべき, 第一

▼ さてそうなると~ (4, 0.0%)

1 唯一の, 私の, 重病の, 鐘を

▼ さてそち~ (4, 0.0%)

1 は向こう, もなかなか, も日頃, らしくも

▼ さてとうとう~ (4, 0.0%)

1 まわりまわって, ガロフォリは, 素晴しい, 銀貨が

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 どこで, どこを, どのあたり, 何に

▼ さてなかなか~ (4, 0.0%)

1 ありませんでね, その決心, 容易に, 眠れなかった

▼ さてふたり~ (4, 0.0%)

1 のきょうだい, の者, は山, は鏡

▼ さてもう一度~ (4, 0.0%)

1 楽屋の, 聞かせて, 話を, 金谷秀太に

▼ さてやっと~ (4, 0.0%)

1 お天気, 一騒動終りました, 旅装を, 起ち上るの

▼ さて一行~ (4, 0.0%)

1 のうち, はいよいよ, は半身裸体, は庫裏

▼ さて丁寧~ (4, 0.0%)

2 に手 1 に先生, に挨拶

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 が變つた樣, には不思議, はあつい, はめでたい

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 に仏像, へ入る, をつきとめる, 卷は

▼ さて主人~ (4, 0.0%)

1 と三人川開, の井深君, の耳, は納戸

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 のしだい, の意外, もなく, 果てて

▼ さて今後~ (4, 0.0%)

2 は如何 1 は燕麦, 如何なる方面

▼ さて今晩~ (4, 0.0%)

1 のところ, は, はここ, はこの

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 に目的, の二, の聖者, 巳吉の

▼ さて何故~ (4, 0.0%)

1 にかかる, にこれ, に金銭, に鎌倉時代

▼ さて余り~ (4, 0.0%)

1 にもお, の搾取, よい歌, 長くなる

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 がここ, の帽子, は何時死, も追

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 づ帯を, に私, の旅路, を急ぎます

▼ さて其後~ (4, 0.0%)

1 に大空, の保存方法, の解決, 高き所

▼ さて其後大倉集古館~ (4, 0.0%)

4 では何

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 はお, も金, をたずねた, 探偵の

▼ さて四人~ (4, 0.0%)

1 が顔, のいッ, の勘定, の少年

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 が姑, はどんな, をもらっ, 入らして

▼ さて学問~ (4, 0.0%)

1 のある, の方法, の筋目, 乃至科学

▼ さて実行~ (4, 0.0%)

1 しようと, しようといふ, すると, に取りかかっ

▼ さて展覧会~ (4, 0.0%)

1 では絵画, の当日, の絵とき, もやがて

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 から麓, のてつぺん, の三月, の祖神

▼ さて~ (4, 0.0%)

2 は哲学 1 と我と, の目的

▼ さて帰り~ (4, 0.0%)

1 にはお, には何処, のキップ, の自動車

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 に面した, へ, をしらべ, をのぞく

▼ さて彼ら~ (4, 0.0%)

1 がブレーメル山, が傍, の武器, は釣り

▼ さて彼等~ (4, 0.0%)

1 が電車, の中, の相, 禿げた頭

▼ さて徐ろ~ (4, 0.0%)

1 にこの, に四周, に実は, に弁明

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 には思う, のうつくしい, の剛柔, の糸

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 が勝利, が永, が負け, は病人

▼ さて支那~ (4, 0.0%)

1 では周, にはひります, にも僧, の例

▼ さて改まっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, て何, て父母, て私

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 やお, やぐっすり, や早野勘平, や申訳

▼ さて最も~ (4, 0.0%)

1 先に, 早く蛇, 貧乏な, 難場と

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 でも読まう, の話, をまとめ, 舞台にか

▼ さて次ぎ~ (4, 0.0%)

1 にどうして, の日, の昭和十五年七月十一日, はアバクーム・フイロフ

▼ さて此日東~ (4, 0.0%)

4 の大き

▼ さて歴史~ (4, 0.0%)

2 が人 1 にとって一八三二年六月, のお

▼ さて残った~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 ラと, 謎と

▼ さて残り~ (4, 0.0%)

1 たる米, の二つ, の紙, の読者諸兄姉

▼ さて段々~ (4, 0.0%)

1 と住ん, と進ん, 観察し, 貴方にも

▼ さて然し~ (4, 0.0%)

1 それらは, 戦後食いもの屋の, 此処の, 骨董といふ

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 の冥利, は負け, 置きに, 足れば

▼ さて現実~ (4, 0.0%)

1 にぶつ, に自分, のアカデミー, の問題

▼ さて病人~ (4, 0.0%)

2 の枕元 1 の頼み少ない, の食物

▼ さて種々~ (4, 0.0%)

1 なこと, な談話, な赤倉温泉, の言葉

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 はできた, を取っ, を執った, を持つ

▼ さて結婚~ (4, 0.0%)

1 して, という社会的法律的形式, の風俗, をし

▼ さて舞台~ (4, 0.0%)

1 に上らない, の, は再び, は十六世紀

▼ さて落着~ (4, 0.0%)

3 いて 1 て居廻り

▼ さて虔十~ (4, 0.0%)

2 の家, はその

▼ さて読者諸君~ (4, 0.0%)

1 この青銅, これから当然悪漢たち, そのとき漁師町, の大半

▼ さて近代~ (4, 0.0%)

1 の堺筋, の日本, の機械, の物理学

▼ さて~ (4, 0.0%)

2 は気 1 はもとより, を離れ

▼ さて~ (4, 0.0%)

2 のみねは全く 1 と竜, をつかむ

▼ さて~ (4, 0.0%)

2 にしよう 1 がムレ, を炊ぎ

▼ さて~ (4, 0.0%)

1 が似るち, だが, の外, は両脚

▼ さて馬車~ (4, 0.0%)

1 がすこし, が三マイル先, にはその, はすべり出す

▼ さてあのお~ (3, 0.0%)

1 しとやかな, 島婆さんを, 顔を

▼ さていい~ (3, 0.0%)

1 度胸だ, 思案は, 眺めじゃのう

▼ さていかなる~ (3, 0.0%)

1 ことに, 場所へ, 怪人であったろう

▼ さていっぽう~ (3, 0.0%)

1 の竹童, 乞食に, 羽柴家を

▼ さていと~ (3, 0.0%)

1 はやき火花, 美しと, 聖なる浪

▼ さていろいろ~ (3, 0.0%)

1 とうち, なこと, やって

▼ さておしまい~ (3, 0.0%)

1 には小さな, に手元, に村びとたち

▼ さておのおの~ (3, 0.0%)

1 の収入総額, の落着, 今日は

▼ さてかしこ~ (3, 0.0%)

1 に殘, に着く, に聲

▼ さてかれ~ (3, 0.0%)

1 はかく, はこれら, らは

▼ さてけさ~ (3, 0.0%)

2 のお 1 はスウプ

▼ さてこの間~ (3, 0.0%)

1 おめにかかったとき, にもチチコフ, に三台

▼ さてこんなに~ (3, 0.0%)

1 して, 大勢で, 降るとは

▼ さてしから~ (3, 0.0%)

1 ば具体的, ば安田, ば自由

▼ さてしばらく~ (3, 0.0%)

1 ここに, してから, すると

▼ さてすっかり~ (3, 0.0%)

1 売り出して, 身支度が, 陶酔し

▼ さてすでに~ (3, 0.0%)

1 存在の, 明らかと, 根本において

▼ さてそのあくる~ (3, 0.0%)

1 朝です, 朝王さまは, 朝青ひ

▼ さてそれ以上~ (3, 0.0%)

1 には怒れ, はどうにも, は大いなる

▼ さてそん~ (3, 0.0%)

1 ならその, ならなん, ならば

▼ さてそんなに~ (3, 0.0%)

1 までし, 御考える, 遠路を

▼ さてただ今~ (3, 0.0%)

1 お話しよう, まで弁じました, も申し上げた

▼ さてだれ~ (3, 0.0%)

1 がいった, も到底, 一人進ん

▼ さてつくづく~ (3, 0.0%)

1 と眺める, 考えて, 考えるうち

▼ さてという~ (3, 0.0%)

1 ところ, 土壇場に, 気持で

▼ さてなんと~ (3, 0.0%)

1 いったらいい, したもの, 形容したら

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 お互いに, お前には, どんな字

▼ さてはと~ (3, 0.0%)

1 ばかりお, ばかり張飛, ばかり胸

▼ さてはや~ (3, 0.0%)

1 いっこう金は, ッぱりこうして女に, 念佛題目大

▼ さてひとつ~ (3, 0.0%)

1 という所, 帰ると, 重い溜息

▼ さてひとり~ (3, 0.0%)

2 歩み歩まむ 1 でいい気

▼ さてひるがえって~ (3, 0.0%)

1 わが身の, 考えるに, 行為に関する

▼ さてふたたび~ (3, 0.0%)

1 塔の, 瞳を, 雲に

▼ さてふり~ (3, 0.0%)

2 返つて 1 返って

▼ さてほんとう~ (3, 0.0%)

1 に亡くなつ, に敗け, に都

▼ さてむす~ (3, 0.0%)

2 めが 1 めは

▼ さてゆっくり~ (3, 0.0%)

1 した気分, 休ませて, 掻巻へ

▼ さてよい~ (3, 0.0%)

1 とは何, 折に, 物が

▼ さてわが国~ (3, 0.0%)

1 などで啓蒙, にて天狗, の技術家

▼ さてわれ等~ (3, 0.0%)

1 はかの, は十字架, 近きわたりに

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 き上, さなきもの危, つは

▼ さてゲルダ~ (3, 0.0%)

1 のからだ, は花, は長

▼ さてコン吉~ (3, 0.0%)

1 ならびにタヌ, ならびにタヌキ嬢, はそもそも

▼ さてステパン~ (3, 0.0%)

1 が偶然帝, が幼年学校, は正式

▼ さてペン~ (3, 0.0%)

1 をとった, をとる, を取りあげる

▼ さてヨハンネス~ (3, 0.0%)

2 がいよいよ 1 はその

▼ さて一人~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になつ

▼ さて一体~ (3, 0.0%)

1 これは, どこに, 我々は

▼ さて一寸~ (3, 0.0%)

1 の虫, ハガキで, 労れ

▼ さて一座~ (3, 0.0%)

1 の面々, をずつと見渡し, 残らずの

▼ さて一応~ (3, 0.0%)

1 以上の, 伴天連の, 見めぐり見きわめて

▼ さて一日~ (3, 0.0%)

1 としてはいづ, の分, の反省

▼ さて一旦~ (3, 0.0%)

1 反発力が, 慾に, 筆を

▼ さて一緒~ (3, 0.0%)

1 になっ, になつ, に連れ立っ

▼ さて上海~ (3, 0.0%)

1 からの急行, に於ける, のある

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 に降り, 五字の, 五字はと

▼ さて不思議~ (3, 0.0%)

1 とは云った, と思っ, はふしぎ

▼ さて世の中~ (3, 0.0%)

1 には智慧者, には法身, に一番安全

▼ さて久しぶり~ (3, 0.0%)

1 でお目にかかります, で例, に爽快

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の考, は今君, は我

▼ さて二つ~ (3, 0.0%)

1 にするならするで, の概念, の顔

▼ さて人丸~ (3, 0.0%)

3 の歌

▼ さて人類~ (3, 0.0%)

1 が始め, は他, は如何

▼ さて今朝~ (3, 0.0%)

1 は三国一, は帰ろう, もらった塩魚

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の後, も済ん, を起す

▼ さて何とも~ (3, 0.0%)

1 サクバクと, 言い様が, 音沙汰が

▼ さて何者~ (3, 0.0%)

1 だろうか, にせよ, の足跡

▼ さて何處~ (3, 0.0%)

1 にか行, の方面, へ行

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の家, は中学, は前

▼ さて作者~ (3, 0.0%)

1 の名, の演技, は友

▼ さて先生~ (3, 0.0%)

1 ご自身, の目, はと尋ねる

▼ さて全く~ (3, 0.0%)

1 奇妙じゃ, 崩折れ, 改心の

▼ さて八五郎~ (3, 0.0%)

1 が案内, の話, は言

▼ さて其処~ (3, 0.0%)

1 にゐる, に気, に見た

▼ さて出かけよう~ (3, 0.0%)

1 か, として店先, として次の間

▼ さて出立~ (3, 0.0%)

2 つらむ 1 という時

▼ さて初め~ (3, 0.0%)

1 に戻っ, に書いた, に私

▼ さて前説~ (3, 0.0%)

1 が少し, が我が, は非常

▼ さて前述~ (3, 0.0%)

1 のよう, の事件, の星雲

▼ さて加十~ (3, 0.0%)

1 が鶴子, はそう, は真名古

▼ さて勘定~ (3, 0.0%)

1 と懐, はと見る, をという

▼ さて各自~ (3, 0.0%)

2 が勝手 1 にはすでに

▼ さて君達~ (3, 0.0%)

1 のよう, はどうして, は私

▼ さて味噌~ (3, 0.0%)

2 つけて 1 をなべ

▼ さて和歌~ (3, 0.0%)

1 はいか, は如何, は如何様

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 が無い, に応じ, を落し

▼ さて夕食~ (3, 0.0%)

1 が終わっ, をすませる, を済ませ

▼ さて多く~ (3, 0.0%)

1 のびわ歌, の人, の虫類

▼ さて大声~ (3, 0.0%)

1 で上人即刻対面, で笑, をはりあげ

▼ さて太子~ (3, 0.0%)

1 はお, はおそらく, は奈良

▼ さて奥様~ (3, 0.0%)

1 はひょんな, は昨, は真白

▼ さて女房~ (3, 0.0%)

1 が, にする, のお

▼ さて如何なる~ (3, 0.0%)

1 仕事に, 場所を, 民族が

▼ さて孔子~ (3, 0.0%)

1 が志, に問いける, の管仲

▼ さて学問性~ (3, 0.0%)

1 の, は例えば, は真理性

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 南国皇帝宗竜王は, 南王は, 南王はと

▼ さて寝よう~ (3, 0.0%)

1 かなと思つて, というとき, とする

▼ さて寝台~ (3, 0.0%)

2 の上 1 は二等

▼ さて寢よう~ (3, 0.0%)

3 とする

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の男, へ行こう, を出離れる

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 ではその, では見, の南岸

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 が定まる, の正面, も定まり

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の展, へ入った, へ腹

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の女の子, へ出た, を並べた

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 にどう, に七つ八つ年, に激越

▼ さて~ (3, 0.0%)

2 が事 1 が初まる

▼ さて悠々~ (3, 0.0%)

1 と強敵, と老木, と酒壜

▼ さて戦争~ (3, 0.0%)

1 が済ん, が終っ, は次第に

▼ さて戯曲~ (3, 0.0%)

1 が文学, だけの問題, 乃至演劇

▼ さて振り返っ~ (3, 0.0%)

1 て眺め, て見る, て鏡

▼ さて新しい~ (3, 0.0%)

1 気持ちで, 登場人物が, 知己

▼ さて新聞~ (3, 0.0%)

1 がなぜ, でまた, のこと

▼ さて日本人~ (3, 0.0%)

1 の古い, の表情, はとわれわれ

▼ さて早速~ (3, 0.0%)

1 では, ながら本文, 申し上げる先日

▼ さて明治~ (3, 0.0%)

1 のはじめ, の御代, もまだ

▼ さて昨夜~ (3, 0.0%)

1 になつて, のあの, の雨

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 になっ, にみんな, は

▼ さて晴れた~ (3, 0.0%)

2 からとて自分 1 日に

▼ さて最初~ (3, 0.0%)

1 の不貞, の独楽, は十二三人

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 から落ちた, は買いました, を刻み

▼ さて本当に~ (3, 0.0%)

1 出来るという, 子供の, 自分にも

▼ さて林田~ (3, 0.0%)

1 が犯人, の魔術, は惨劇

▼ さて~ (3, 0.0%)

2 を違 1 を違え

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 のまわり, の背後, の蓋

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の意味, はどこ, ふやう

▼ さて正面~ (3, 0.0%)

1 きって, に向かい合っ, の大きな

▼ さて此度~ (3, 0.0%)

1 は殿様, は私, は要求

▼ さて此書~ (3, 0.0%)

1 の刊布, の編纂, を讀ん

▼ さて此處~ (3, 0.0%)

1 でおれ, に灯, まで來

▼ さて牢屋敷~ (3, 0.0%)

3 から棧橋

▼ さて物質~ (3, 0.0%)

1 という概念, の体積, の変化

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 の剃刀, はうまく, はつぎつぎ

▼ さて現場~ (3, 0.0%)

1 ではとくに, では夜, に当っ

▼ さて生活~ (3, 0.0%)

2 は断えず 1 と美し

▼ さて生物学~ (3, 0.0%)

1 の誤解, はこの, 乃至生理学

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 がすんだ, は無し, をすまし

▼ さて皆様私~ (3, 0.0%)

1 の話, はここ, はこの

▼ さて目的~ (3, 0.0%)

1 は別に, をはたし, を果たせし

▼ さて真名~ (3, 0.0%)

1 古捜査課長, 古課長, 古警視

▼ さて真名古~ (3, 0.0%)

1 としてはあらゆる, はこう, は今

▼ さて社会~ (3, 0.0%)

1 が地主, が階級, へ出

▼ さて~ (3, 0.0%)

2 としての生活 1 の愛

▼ さて秀吉~ (3, 0.0%)

1 がどんな, は, も人間

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 がしまった, に肱, に近き

▼ さて肝腎~ (3, 0.0%)

1 のド・ブールブラン公夫人, の生徒, の相手

▼ さて脚本~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, の普遍性, を書かう

▼ さて花子~ (3, 0.0%)

1 に注意, に逢, の方

▼ さて芸術~ (3, 0.0%)

1 という流行語, の方面, を世界認識

▼ さて英語~ (3, 0.0%)

1 でもっともしばしば, のすべて, の次

▼ さて見る~ (3, 0.0%)

1 に玉女, もなかなか, 人に

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 ふには, 出す, 出すべき最初

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 に色, を繼ぎて云, を續ぎて

▼ さて認識~ (3, 0.0%)

1 というもの, の歴史, は普通

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 と向う, のみで, 喰って

▼ さて~ (3, 0.0%)

1 に巻いた, は, はその後

▼ さて首尾~ (3, 0.0%)

1 よくも, よく彼女, よく澄江様

▼ さてあなた方~ (2, 0.0%)

1 のお, は何

▼ さてあぶない~ (2, 0.0%)

1 生胆, 話に

▼ さてあまりに~ (2, 0.0%)

2 尋常な

▼ さてあら~ (2, 0.0%)

2 ば夜

▼ さてあるべきで~ (2, 0.0%)

1 はありませぬ, はない

▼ さていう~ (2, 0.0%)

1 ことを, には

▼ さていずれ~ (2, 0.0%)

1 の方面, を見渡し

▼ さていつも~ (2, 0.0%)

1 お達者, 元気の

▼ さていひける~ (2, 0.0%)

1 はかなた, はさらば

▼ さていま私~ (2, 0.0%)

2 が静か

▼ さてうべ~ (2, 0.0%)

2 なひし

▼ さておいら~ (2, 0.0%)

1 が四歳, の願い

▼ さてお前達~ (2, 0.0%)

1 の家, の要求

▼ さてお次~ (2, 0.0%)

1 はまあ, は決拾

▼ さてお話し~ (2, 0.0%)

1 は少し, 致しますの

▼ さてお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 とここ, はちょっと

▼ さてかうし~ (2, 0.0%)

1 て潜水, て若者

▼ さてかう述べ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来る

▼ さてからす~ (2, 0.0%)

2 とゲルダ

▼ さてかりに~ (2, 0.0%)

1 ここに, 私の

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 よいは

▼ さてこそという~ (2, 0.0%)

1 気色で, 眼顔で

▼ さてこそな~ (2, 0.0%)

1 ゆうべの, 落語の

▼ さてこっち~ (2, 0.0%)

1 の仕事, はイワノフ博士

▼ さてこまった~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものだ

▼ さてこれからいよいよ~ (2, 0.0%)

1 ヨーロッパの, 分かるよう

▼ さてさうな~ (2, 0.0%)

1 つて, つて見まする

▼ さてさびし~ (2, 0.0%)

2 やと我

▼ さてさよ~ (2, 0.0%)

2 なきどりは

▼ さてさらに~ (2, 0.0%)

1 困ったこと, 貴嬢

▼ さてしかるに~ (2, 0.0%)

1 その足跡たる, 食物は

▼ さてしんがり~ (2, 0.0%)

2

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 ぶんから, ぶんの

▼ さてすこし~ (2, 0.0%)

1 と気, 家の

▼ さてそうすると~ (2, 0.0%)

1 なれば, 性格的なる

▼ さてそこら~ (2, 0.0%)

1 からかけ, を検め

▼ さてそちら~ (2, 0.0%)

1 で待ち待ちガンサーよみ, の方

▼ さてその他~ (2, 0.0%)

1 の物, の諸君

▼ さてその間~ (2, 0.0%)

1 にきく, にわたし

▼ さてそもそも~ (2, 0.0%)

1 俳優とは, 妙な

▼ さてそれからまた~ (2, 0.0%)

1 しばらくの, 新富町の

▼ さてそれだけ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の人数

▼ さてそれにしても~ (2, 0.0%)

1 その信心ごころ, ジョン少年は

▼ さてそれほど~ (2, 0.0%)

1 に事柄, の事

▼ さてたらふく~ (2, 0.0%)

1 たべたいだけ, たべて

▼ さてだんだん~ (2, 0.0%)

1 夜も, 食事が

▼ さてちゆんちゆん~ (2, 0.0%)

2 と鳴いた

▼ さてちょうど~ (2, 0.0%)

1 そのさわぎのさいちゅうに, 猫吉の

▼ さてところが~ (2, 0.0%)

1 である, 只今までの

▼ さてどうしても~ (2, 0.0%)

1 封緘を, 思出せない

▼ さてどうやら~ (2, 0.0%)

1 かうやら, それが

▼ さてない~ (2, 0.0%)

1 のである, までも不気味

▼ さてなんにも~ (2, 0.0%)

1 あてが, 書けない

▼ さてねよう~ (2, 0.0%)

1 とする, とするまえ

▼ さてはうぬ~ (2, 0.0%)

1 がこの, が軍師

▼ さてはさ~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ さてふと~ (2, 0.0%)

1 目覚めては, 見れば

▼ さてほん~ (2, 0.0%)

1 たう, たうの

▼ さてみそさざい~ (2, 0.0%)

2 も飛びました

▼ さてむかし~ (2, 0.0%)

1 とっこべ, の話

▼ さてもうそろそろ~ (2, 0.0%)

1 あの若い, 夫の

▼ さてもそなた~ (2, 0.0%)

1 は, は智慧

▼ さてもの~ (2, 0.0%)

1 の百年, は相談

▼ さてもめ~ (2, 0.0%)

2 づらに

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 ぐらから, ッぱり妙策も

▼ さてわが身~ (2, 0.0%)

1 はこれ, も心ゆく

▼ さてイイダ姫~ (2, 0.0%)

1 の舞, の舞う

▼ さてイデオロギー~ (2, 0.0%)

1 のこの, の客観的与件

▼ さてカヤ方~ (2, 0.0%)

2 の仕事師

▼ さてゲンノショウコ~ (2, 0.0%)

1 が煎じられ, に眠り薬

▼ さてジェンナー~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は郷里

▼ さてソンバーユー将軍~ (2, 0.0%)

1 はいまや, はポー先生

▼ さてチチコフ~ (2, 0.0%)

1 の面前, は百姓たち

▼ さてネネム~ (2, 0.0%)

1 はこの, は決心

▼ さてパッ~ (2, 0.0%)

2 といっせいに

▼ さてパトロン~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ さてヒルベルト~ (2, 0.0%)

1 が実際, の云う

▼ さてマルクス~ (2, 0.0%)

1 によれ, の人間學

▼ さてモオリアック~ (2, 0.0%)

1 に戻らう, の小説論

▼ さてルラ蛙~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ さてワトソン君~ (2, 0.0%)

1 このよう, もし午後

▼ さてワーテルロー~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の朝

▼ さて一つ~ (2, 0.0%)

1 ふやす元, 見つかると

▼ さて一切~ (2, 0.0%)

1 の用件, の言論

▼ さて一年~ (2, 0.0%)

1 の計, ばかりのうち

▼ さて一昨年~ (2, 0.0%)

1 のその, の其の

▼ さて一時~ (2, 0.0%)

1 の微光, は晩酌

▼ さて一気に~ (2, 0.0%)

1 五百米を, 突喊しよう

▼ さて一番~ (2, 0.0%)

1 に驚き入った, 怪しいと

▼ さて三つ~ (2, 0.0%)

1 のもの, の開閉器

▼ さて三十日~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ さて上衣~ (2, 0.0%)

1 の襟, やシャツ

▼ さて上記~ (2, 0.0%)

1 の付け句, の考え方

▼ さて上野~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ さて不審~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ さて両人~ (2, 0.0%)

1 の間, は美作

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 水正また, 體の

▼ さて二十六日~ (2, 0.0%)

1 づけの, のお

▼ さて二十面相~ (2, 0.0%)

1 のこと, の青年紳士

▼ さて二度目~ (2, 0.0%)

1 に目, に茹でた

▼ さて二階~ (2, 0.0%)

1 へ立ち帰らう, へ通る

▼ さて五月~ (2, 0.0%)

1 と黄金, もまだこれから

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 その上, 得意の

▼ さて京都~ (2, 0.0%)

1 の一年, の屋敷

▼ さて亭主~ (2, 0.0%)

1 の口, の家

▼ さて人生~ (2, 0.0%)

1 につき何, わずか五十年

▼ さて今学問性~ (2, 0.0%)

1 の分析, の実践的規定

▼ さて今日わが国~ (2, 0.0%)

1 にあり, の状態

▼ さて今日僕~ (2, 0.0%)

1 はいかなる, は次

▼ さて今覺~ (2, 0.0%)

2 えてゐる

▼ さて仕方~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ さて以下~ (2, 0.0%)

1 は前述, 直槙

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 のこと, を緩う

▼ さて何しろ~ (2, 0.0%)

1 亡くなる五時間前, 今夜こそは

▼ さて何年~ (2, 0.0%)

1 か経っ, にもちょっと

▼ さて何物~ (2, 0.0%)

1 かが, であらう

▼ さて作家~ (2, 0.0%)

1 たるもの, よ茶道

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 て見る, りて

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に人, 見を

▼ さて僕たち~ (2, 0.0%)

1 は二百メートル, は先年

▼ さて元気~ (2, 0.0%)

1 だ, を出し

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 店後の, 庵雑記と

▼ さて共に~ (2, 0.0%)

1 マレツチイ夫人の, 身を

▼ さて其上~ (2, 0.0%)

1 での厳正批評, に下着

▼ さて其夜~ (2, 0.0%)

1 お定, のこと

▼ さて其景色~ (2, 0.0%)

2 は仲

▼ さて其翌日~ (2, 0.0%)

1 となる, になる

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 なる体験, の御新造様

▼ さて内容~ (2, 0.0%)

1 からされた, と形式

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 て来, て見る

▼ さて出かける~ (2, 0.0%)

1 とすれ, 前に

▼ さて出家~ (2, 0.0%)

1 のともがら, を遂げた

▼ さて出来上った~ (2, 0.0%)

1 ものは, 椅子を

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 は池, を置き

▼ さて分別~ (2, 0.0%)

2 がまだ

▼ さて初日~ (2, 0.0%)

1 を出し, を出す

▼ さて別荘~ (2, 0.0%)

1 に着い, のどの

▼ さて前おき~ (2, 0.0%)

1 が長く, はこの

▼ さて前回~ (2, 0.0%)

1 に関西, やり掛けた鶏足山

▼ さて前置き~ (2, 0.0%)

1 がたいへん, ばかり長く

▼ さて労働者~ (2, 0.0%)

1 だが, と農業者

▼ さて北川氏~ (2, 0.0%)

1 が野本氏, という男

▼ さて十七日~ (2, 0.0%)

1 づけの, のありがとう

▼ さて十三日~ (2, 0.0%)

1 には何, のお

▼ さて十六日~ (2, 0.0%)

1 のお, の黄昏

▼ さて十年~ (2, 0.0%)

1 の月日, の馴染

▼ さて午後~ (2, 0.0%)

1 の三時, の首尾

▼ さて南部霰地~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ さて博士~ (2, 0.0%)

1 の研究室, はこの

▼ さて原稿~ (2, 0.0%)

1 だが, 書かうかと

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 へ出そう, をぱくぱく

▼ さて句意~ (2, 0.0%)

1 は初午, は百姓

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 そこに, の引退

▼ さて合点~ (2, 0.0%)

1 のゆかない, の行かぬ

▼ さて同じ~ (2, 0.0%)

1 仮名の, 横坐

▼ さて同志~ (2, 0.0%)

1 の面々, の頭数

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 のない, はどんな

▼ さて咲きぬべき~ (2, 0.0%)

2 珍の

▼ さて品川~ (2, 0.0%)

1 の邸, も大森

▼ さて品物~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ さて哲学~ (2, 0.0%)

1 のこうした, はこの

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 を舐めた, を開い

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 ひ進むの, ふな

▼ さて器用~ (2, 0.0%)

1 な手つき, な男

▼ さて困り~ (2, 0.0%)

1 入りたる, 者の

▼ さて困る~ (2, 0.0%)

1 が横顔, の

▼ さて地方~ (2, 0.0%)

1 の役所, へ行かう

▼ さて墨子~ (2, 0.0%)

1 の思想, は何樣いふ人

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 だなと, に身

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の中, の始め

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 でも変った, の者

▼ さて大きい~ (2, 0.0%)

2 口を

▼ さて大名~ (2, 0.0%)

1 と言う, の立場

▼ さて大阪~ (2, 0.0%)

1 は昔, は驚くべく

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に許嫁, の成

▼ さて夫人~ (2, 0.0%)

1 の犯罪, は谷屋

▼ さて奈何為よう~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ さて妖怪~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, の種類

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 だぞ, な商売

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が厨舎, が子

▼ さて子供~ (2, 0.0%)

1 の時, は聴く気づか

▼ さて存八~ (2, 0.0%)

1 が村, と第

▼ さて孟子~ (2, 0.0%)

1 の孔子, は王

▼ さて学校~ (2, 0.0%)

1 から歩い, がおわる

▼ さて官事~ (2, 0.0%)

2 の暇

▼ さて実は~ (2, 0.0%)

2 茶器拝見致したく

▼ さて実地~ (2, 0.0%)

1 にそれ, に接し

▼ さて宿~ (2, 0.0%)

1 に着く, の主婦

▼ さて宿屋~ (2, 0.0%)

1 といっ, のお

▼ さて将門~ (2, 0.0%)

1 が正室, が漸く

▼ さて小さい~ (2, 0.0%)

1 お椀, 声で

▼ さて小林君~ (2, 0.0%)

1 が緑ちゃん, とポケット小僧

▼ さて少年~ (2, 0.0%)

1 にはパトラッシュ, は男

▼ さて山陽~ (2, 0.0%)

1 は寛政九年, は翌年寛政十年四月中

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の白楊, へ上陸ろう

▼ さて島内~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ さて島田~ (2, 0.0%)

1 からお, へは雑誌

▼ さて左様~ (2, 0.0%)

1 でご, なタルティーニ

▼ さて左樣~ (2, 0.0%)

1 なタルテイーニ, もならぬ

▼ さて常に~ (2, 0.0%)

1 わが広岡, 書き替えられるという

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が下りる, が開い

▼ さて幸福~ (2, 0.0%)

1 というもの, の愛らしく

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 へ来, を立たう

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 揚げる外, 続いて

▼ さて引続き~ (2, 0.0%)

1 のお話, まする伊香保

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ さて当の~ (2, 0.0%)

1 主師の, 深山理学士

▼ さて当時~ (2, 0.0%)

1 の外国人, は理想

▼ さて待た~ (2, 0.0%)

1 む, む二日の

▼ さて後者~ (2, 0.0%)

1 であると, の仕事

▼ さて徐に~ (2, 0.0%)

1 一歩を, 口を

▼ さて徒に~ (2, 0.0%)

2 物を

▼ さて心配~ (2, 0.0%)

1 が又, なこと

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 したもの

▼ さて思い切っ~ (2, 0.0%)

1 て墓, て飛ぼう

▼ さて思う~ (2, 0.0%)

1 に, に大分道草

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 日本潜入の, 有罪と

▼ さて意志~ (2, 0.0%)

1 にばかり依拠, の鍛錬

▼ さて愚か~ (2, 0.0%)

1 なやつ, にも程

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 があれ, がなほ自然的實在者

▼ さて我が~ (2, 0.0%)

1 広大なる, 座敷へ

▼ さて我が家~ (2, 0.0%)

1 の門, へ帰つて

▼ さて我手~ (2, 0.0%)

1 を兩, を引き

▼ さて戻っ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, て出すべき

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 で人形, で我々

▼ さて批評~ (2, 0.0%)

1 が元来匿名批評的, という言葉

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ さて折角~ (2, 0.0%)

1 のあんた, 東京に

▼ さて抽斎~ (2, 0.0%)

1 が弘前, の此

▼ さて拙者~ (2, 0.0%)

1 お暇, はここ

▼ さて振返っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ さて探す~ (2, 0.0%)

1 となる, となれ

▼ さて改ま~ (2, 0.0%)

1 つて物を, つて返答を

▼ さて政府~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, は党

▼ さて敗戦~ (2, 0.0%)

1 と同時に, になり

▼ さて教師~ (2, 0.0%)

1 の所, の細君

▼ さて文公~ (2, 0.0%)

2 はどこ

▼ さて文学~ (2, 0.0%)

1 は文学, 乃至芸術

▼ さて文芸復興~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ さて料理~ (2, 0.0%)

1 や洗濯, を食べよう

▼ さて斯く~ (2, 0.0%)

1 云う私, 云つてゲーレスは

▼ さて新年~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の御慶

▼ さて新田先生~ (2, 0.0%)

1 はこの, はどこ

▼ さて新聞現象~ (2, 0.0%)

1 のこの, の内

▼ さて明く~ (2, 0.0%)

2 る朝

▼ さて明くる日~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ さて明智探偵~ (2, 0.0%)

1 がつれさられた, はキッ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 うつり物かわり昭和十三年, は人間

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 といふ語, にそこ

▼ さて昨日~ (2, 0.0%)

1 は殿様, は疲れ

▼ さて時に~ (2, 0.0%)

1 承はる, 承わる

▼ さて時間~ (2, 0.0%)

1 の関係, は一時すぎ

▼ さて普通~ (2, 0.0%)

1 に漠然と, はレコード

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に目, 近く成る

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が終っ, を一曲

▼ さて更に~ (2, 0.0%)

1 一歩を, 米艦スルタン号に

▼ さて書き出し~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ さて書く~ (2, 0.0%)

1 となっ, ものも

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 のよい, は太陽

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 から有, 楽座の

▼ さて朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の事, の武将史儒

▼ さて未練~ (2, 0.0%)

1 が込上げ, は舞台

▼ さて本論~ (2, 0.0%)

1 に這入る, の最初

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 をくばっ, をひろげ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の上, をどっち

▼ さて来年~ (2, 0.0%)

1 はと思う, はどこ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 をさした, を片手

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 には海, の空

▼ さて東洋~ (2, 0.0%)

1 と西洋, の一角

▼ さて果敢な~ (2, 0.0%)

2 さよ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 は信州上田, は僕

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ さて欧州~ (2, 0.0%)

1 で名手, のもの

▼ さて欹つる耳もと~ (2, 0.0%)

2 のさ

▼ さて此地~ (2, 0.0%)

1 の寒気, を立つ

▼ さて武蔵~ (2, 0.0%)

1 と吉岡, は左右両手とも

▼ さて死骸~ (2, 0.0%)

1 の顏, を調べ

▼ さて残る~ (2, 0.0%)

1 三人は, 六分ノ五には

▼ さて殺された~ (2, 0.0%)

1 女が, 女と

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の話, は二階

▼ さて母屋~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の論文, の風貌

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 のある, はどこ

▼ さて江戸~ (2, 0.0%)

1 の方面, を離れる

▼ さて油絵~ (2, 0.0%)

1 の道具, は金

▼ さて洗礼式~ (2, 0.0%)

1 がすむ, がすんだ

▼ さて浅田~ (2, 0.0%)

1 とやらこの, の狡智

▼ さて海岸~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, までつめ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に這入つ, へ入る

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 のさし引, を汲む

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 かつた, 終極性が

▼ さて無い~ (2, 0.0%)

1 となる, ばかりか

▼ さて父親~ (2, 0.0%)

1 は小さな, も翌

▼ さて物体~ (2, 0.0%)

1 がその, の重力

▼ さて物語~ (2, 0.0%)

1 は我ら江戸っ子全体, をもと

▼ さて独立~ (2, 0.0%)

1 して, といえ

▼ さて玄徳~ (2, 0.0%)

1 のほう, はまた

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が苑, は困惑

▼ さて珍しい~ (2, 0.0%)

1 刀を, 動物である

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 大蔵大臣は, 成させる絶対境

▼ さて現代~ (2, 0.0%)

1 において最も, の問題

▼ さて現代画家~ (2, 0.0%)

2 でもっとも

▼ さて理解~ (2, 0.0%)

1 という日常語, の無

▼ さて生命~ (2, 0.0%)

1 あったか, について比較的

▼ さて生涯~ (2, 0.0%)

1 の暇乞, の記念

▼ さて用事~ (2, 0.0%)

1 だけをとりいそぎ, は済んだ

▼ さて田丸浩平~ (2, 0.0%)

1 は壮年班, は私事

▼ さて田舎~ (2, 0.0%)

1 の旅宿, へ行っ

▼ さて甲府~ (2, 0.0%)

1 の町, を定め

▼ さて申すまじき~ (2, 0.0%)

2 事なれ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に来, に着く

▼ さて画家~ (2, 0.0%)

1 はこれら漫歩, よ彩料

▼ さて疑ひ~ (2, 0.0%)

2 の教育

▼ さて百姓~ (2, 0.0%)

1 に至り, は蹣跚

▼ さて目的論的論證~ (2, 0.0%)

1 はいかなる, は文化的

▼ さて直観~ (2, 0.0%)

1 の根本的, は如何

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 共に顏, 共に顔

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 から鼻, の中

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の接戦, 近に

▼ さて真理~ (2, 0.0%)

1 の現実的概念, を単に

▼ さて眼前~ (2, 0.0%)

1 にまだ, に山

▼ さて着手~ (2, 0.0%)

1 となり, の處

▼ さて知らぬ~ (2, 0.0%)

1 とも, 都會の

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の上, を一つかみ

▼ さて社会科学~ (2, 0.0%)

1 の方法, 乃至歴史科学

▼ さて神保市~ (2, 0.0%)

1 之丞, 之丞殿

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に注意, も覚悟

▼ さて秀郷~ (2, 0.0%)

1 はやっと, を俵藤太

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が来た, の激烈

▼ さて秋月喜一郎~ (2, 0.0%)

1 は翌, は飴屋源兵衞

▼ さて穀物~ (2, 0.0%)

1 の穂, の輸出

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 を大きく

▼ さて空想~ (2, 0.0%)

1 から醒め, で眩ん

▼ さて突然~ (2, 0.0%)

1 ですが, ながらかのお

▼ さて突発的問題~ (2, 0.0%)

1 から既成的問題, と既成的問題

▼ さて窶れた~ (2, 0.0%)

2 土左衛門は

▼ さて立っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て帰りかける

▼ さて竜伏~ (2, 0.0%)

1 はその, は其月

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 なしは, のこと

▼ さて筆者~ (2, 0.0%)

1 の名, はこの

▼ さて箪笥~ (2, 0.0%)

1 の中身, の底

▼ さて箱根~ (2, 0.0%)

1 に次い, の山

▼ さて範疇~ (2, 0.0%)

1 は嘗て, 少くとも

▼ さて米友~ (2, 0.0%)

1 にもまた, をひとり

▼ さて素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 お顔, 軍艦に

▼ さて結句~ (2, 0.0%)

2

▼ さて結局~ (2, 0.0%)

1 その日, 救われないと

▼ さて絶え~ (2, 0.0%)

2 てまた

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 攻撃の, 選挙は

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 くる日, 一日は

▼ さて翌年~ (2, 0.0%)

1 が慶応元年, の正月元日

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 懸を, 教授の

▼ さて考え~ (2, 0.0%)

1 てみます, てみれ

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ さて肝心~ (2, 0.0%)

1 のいう, の尾瀬沼

▼ さて背後~ (2, 0.0%)

1 はどう, を振り返っ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に提げた, を下し

▼ さて自信~ (2, 0.0%)

1 がない, をもっ

▼ さて自然~ (2, 0.0%)

1 の事実, の前

▼ さて自然科学~ (2, 0.0%)

1 の階級性, を一つ

▼ さて自身~ (2, 0.0%)

1 にはいまだ, もあまり

▼ さて良秀~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ さて若い~ (2, 0.0%)

1 ひとりの, 新聞記者に

▼ さて茶漬け~ (2, 0.0%)

1 に用いる, の用意

▼ さて茶菓~ (2, 0.0%)

1 の饗応, の饗應

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が明けられる, をあけ

▼ さて藁人形~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ さて行かん~ (2, 0.0%)

1 としてお蔦衝, とする

▼ さて行先~ (2, 0.0%)

1 は, はと考へる

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 は石殿

▼ さて觀想~ (2, 0.0%)

1 においては前, の目指す

▼ さて詩人~ (2, 0.0%)

1 としてのぼく, とはいかなる

▼ さて話し~ (2, 0.0%)

1 てみれ, は船足

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 を交え, を續

▼ さて読ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, でみる

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 将へ, 葛亮は

▼ さて諸君彼~ (2, 0.0%)

2 の悪徳

▼ さて貴方~ (2, 0.0%)

1 にお, の買収

▼ さて貴様~ (2, 0.0%)

1 はわからぬ, もいよいよ

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の踏み, を拭っ

▼ さて路地内~ (2, 0.0%)

1 に進, に進入つた

▼ さて身体~ (2, 0.0%)

1 から珊瑚, の一部

▼ さて軽気球~ (2, 0.0%)

1 がとびさります, さわぎが

▼ さて農民作家~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ さて近頃~ (2, 0.0%)

1 のやう, また

▼ さて迷惑~ (2, 0.0%)

1 なこりゃ, なこりや

▼ さて逍遙子~ (2, 0.0%)

1 が審美學, が對相對生涯

▼ さて遂に~ (2, 0.0%)

1 は裸一貫, 我々の

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 へは忍び込んだ, を出た

▼ さて醒め~ (2, 0.0%)

1 て湯浴み食事, て落ちつい

▼ さて鉛筆~ (2, 0.0%)

1 の代り, の芯

▼ さて銀座~ (2, 0.0%)

1 へでもと出かけた, へ出

▼ さて鎧櫃~ (2, 0.0%)

1 はみつかった, を下し置かれましょう

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 に向, を手

▼ さて長々~ (2, 0.0%)

1 とつづい, と書いた

▼ さて長崎宮日~ (2, 0.0%)

1 に担ぎ出される, の傘鉾

▼ さて開場~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さて~ (2, 0.0%)

2 が台州

▼ さて階下~ (2, 0.0%)

1 の台所, の応接間

▼ さて雨戸~ (2, 0.0%)

2 を締めよう

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 が劇, は高層

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 どきの, の生成条件

▼ さて顧みる~ (2, 0.0%)

1 と退路, に自分

▼ さて風太郎~ (2, 0.0%)

2 らしいの

▼ さて食卓~ (2, 0.0%)

1 でいかなる, には二人前

▼ さて飲んだ~ (2, 0.0%)

1 となる, 酒が

▼ さて馬鹿~ (2, 0.0%)

1 な奴, な男

▼ さて馴れた~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 の西口, を八時五十一分

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 だ, に掛けず

▼ さて~ (2, 0.0%)

1 ひが, むかえの

▼ さて麿~ (2, 0.0%)

2 は怠け者

▼1* [3397件]

さてああちゃんの, さてあいた扉の, さてあいつが九六, さてあきらめて引き返し, さてあくる朝ど, さてあくる日朝はやくヨハンネス, さてあけて見た, さてあけましておめでとう, さてあしたはおまえ, さてあすは明日, さてあすこがあれ丈, さてあたかも私が, さてあなたがたのきょう, さてあなたさまは, さてあの翌る日, さてあはれその口附, さてあひるさんはお隣, さてあまり志ん, さてあめ湯とコーヒー, さてあらかた棺も, さてあらせよ, さてあらゆる興味も, さてありしも六七月, さてあれぁいかにも仲間のビル, さてあわれむべき御心魂, さてあんこうかな, さてたちは, さていいつかった手下が, さていい加減汗に, さていくぶんげんなりし, さていささか余談に, さていさんで町, さていたかと言われ, さていちばん肝要な, さていちばん上のひい, さていち早く救助に, さていったい何が, さていったん府中の, さていつどこで聞いた, さていつの間にか鳥居を, さていづれの靈, さていとも温き隅, さていひにくげに, さていへるやう, さていまだ夜は, さていま一度ガタリと跳ねる, さていま僕らの努力, さていま帆村探偵はその, さていやどうも何でご, さていよいよ何とか考えなければ, さていよいよ公然となれ, さていわば御合点, さてうち俯しぬ, さてうつかりと, さてうどんの話, さてうまかったなと, さてうまく行つたら, さてうるさいことである, さてうわさに違わず, さてえさをたべ, さてえなございませんねえ, さておかしきことを, さておごそかに神財配分, さておそいな, さておそらく諸君は, さておとといの晩, さておどけたる狂言なりし, さておどろいたのは, さておどろくことでしょう, さておなご衆さんわしはゆうべ, さておのれの思念開陳, さておばあさんが出, さておぼしめし寄りての御, さておまえさんはこの, さておまえたちの住家, さておやすみという時, さておろかな愚痴ども, さておんみが, さてお初にお, さてお前さんはこれから, さてお前様がさぞ, さてお前達本当の神, さてお姫さまはこの, さてお婆さんの子供, さてお子さんの毛, さてお客になっ, さてお客一同はやがて, さてお尋ねの時間, さてお手前ものの絵, さてお礼の肴, さてお祈りが美辞, さてお茶漬けの話, さてお茶煙草盆御挨拶, さてお話後へ返りまし, さてお雪ちゃんお前さんの質問, さてかいつまんで話せ, さてかうなるとさすが, さてかく全く籠りつ, さてかづらからどう, さてかなたを思いやり, さてかねの鳥居, さてかの聖なる光の, さてかめが卵, さてからだがあく, さてかわいそうなお姫さま, さてかんじんの脈膊, さてかんじんかなめのもの, さてがたがたと鳴る, さてがやがやと群, さてょうはめっけものだこれなら, さてききわけの, さてききしにまさる, さてきょうあなたの御, さてきょう一日はおい, さてきょう午後三時二十七分に北停車場, さてぎごちなく片足, さてくだんの有力者, さてくどい事は, さてぐずぐずに酔っ, さてふに, さてけっこうなごちそう, さてこいつを解く, さてこういろいろと仲間, さてここらで愈々, さてこそとばかりねじ仆し, さてこともなかるべき, さてことごとしくも押, さてことしわたしたちはどんな, さてこのごろは貰う, さてこのほどいよいよ金華山沖, さてこの間九日に手紙, さてこりゃどうした, さてこれからいったいどうしたらいい, さてこれからいよいよなんとも形容の, さてこれからすこし横に, さてこれからまた取っ組むかな, さてこれからもし御飯炊く, さてこれからゆっくり寒雀をと, さてこれから世にも不思議な, さてこれから又そろ, さてこれから堂々と門, さてこれくらゐで, さてこれぞと思う, さてこれら二つの限界, さてこれ丈けの用意, さてこれ以上に言, さてこれ以上根ほり葉ほりはご, さてこれ等二つのうち何れ, さてこわいと畏縮, さてこんやの時計, さてこッちは, さてご馳走になりました, さてさきに云つた通り四月二十日, さてさし向ひ, さてさしあたってはなん, さてさすがに濡れず, さてさだめし私が, さてさっきから簾戸一重, さてさっき始めの封, さてさてと思って, さてさてまたなき御, さてさびしくないこと, さてさめて来る, さてさめざめといった, さてさも物珍らし, さてさよならをいう, さてつくりと, さてしつこい立ちやと, さてしづかにおりたつ, さてしまいに林檎を, さてしめやかに青き, さてしもやみえそめぬ, さてしゃんと緊った, さてじっくり頼めば, さてじっと据わって, さてじゃ此方の, さてすくないものと, さてすぐには切り込まず, さてすべてこれらの事ども, さてすべてこれ等の魂, さてすべて身に著けし物, さてすることが, さてずつと一人横に, さてずらりと見渡したところ, さてせめてバラや, さてせんない仕宜, さてなたに, さてそつと行こ, さてそのある局に, さてそのうえにきれい, さてそのうえで悲劇的な, さてそのうちお年よりの, さてその大きな球塊は, さてその後シーボルトという人, さてその後六朝時代になりまし, さてその後刻には月明, さてその後北朝鮮には高句麗, さてその後平尾賛平氏が後藤さん, さてその後幾日か経っ, さてその後弁信は再び, さてその後御馳走をいただき, さてその後談だ, さてその道にかけたら, さてそりゃまた一騒ぎあらん, さてそれぢやああの映画, さてそれで厚い唇, さてそれでも黒ん, さてそれなのに夜が, さてそれなりそのこと, さてそれら自然の風致, さてそれ以来コワリョーフ少佐はまるで, さてそれ以来彼の境遇, さてそんなふうにカテリーナ・リヴォーヴナが, さてそ様の, さてたくさんあると, さてたったこの二つきり, さてたっぷりねようと, さてたつたひとりで, さてたぬきはおじいさん, さてたべる菊は, さてたま子夫人の印象, さてたわけた牛では, さてね, さてだいぶ余談に, さてだい三の番人, さてだしのこと, さてだに止みなむ, さてだんなさまがた, さてちっとも気分出ず, さてちょっと谷間夫人を, さてついては今日まで, さてついでに申し置く, さてつかん事を, さてつづき良人であった, さてつづく建暦三年この, さてつづみの与吉の策略, さてつまみものと, さてつまみ菜ちが, さてつまらない事柄は, さてつよい風潮の, さてつらき御命, さてつらつら考えるに, さててっちゃん十五日, さてであるから文化, さてとかくするうち, さてとからかみを, さてところで一方公判廷な, さてとる年だ, さてどいつがお, さてどうせ日本の, さてどうにかこうにかお話, さてどうもいよいよとなる, さてどことなく物腰までも, さてどんじりが, さてどんなにおどろくべきもの, さてなお彼を, さてなかなかこう参らんもの, さてなが魂も, さてなつかしの女子大, さてなにゆえに右, さてなまけ者の悲し, さてなんぢや皆, さてなんらの敵意, さてにせの明智探偵, さてにやにやといった, さてにわかに磨きにわかに, さてにわとりとちがっ, さてねえおいジム, さてねるにも惜しい, さてのうどこから, さてはいらざる取りこしくろうに, さてはおぬしの渾名, さてはかなさよ, さてはじめておよそ太平洋を, さてはちまきはどう, さてはてつきり霓博士が, さてはと三人顔を見合, さてはと人を走らせ, さてはなせはなさねえか, さてひいさまは, さてひさは八日, さてひそかにかねて, さてひたふるに, さてひっこしをすませた, さてひとたび成立した, さてひとつ歌でもうた, さてひとりっ子というもの, さてひと息したところ, さてぴったりと膝, さてふしだらになった, さてふりかえると趣味上, さてへやにかえってさっそく, さてべつにいうこと, さてべつにどうという感慨, さてほかの大空, さてほのぼのと明け, さてほめられるばかりで, さてほんの一分も, さてぼくはあなた, さてたこ, さてまきだが, さてまことに神道興隆を, さてまたぐうんと低く, さてまたそこでいずれあやめ, さてまた一方水晶山でも, さてまた又八へ, さてまだ子どもよのう, さてまだまだ東京中の, さてまっくらがりに, さてまとまったものは, さてまぶしそうな, さてまめでもなし, さてまわりに人, さてみなさんこれからいったいどんな, さてみなみな申すよう, さてむかしアトランティス大陸に棲息, さてめでたいぞ, さてめんだうなの, さてめんどうなこと, さてもいとし, さてもうこの行, さてもうだいぶ暗くも, さてもかはればか, さてもけふ日, さてもしも二つの, さてもじり言葉の, さてもたへける, さてもっとくわしく全身, さてもっともっともっと北へ, さてもつれなの山桃, さてもとへ戻し, さてもともと私の, さてもな鼓ヶ嶽が, さてもはや今日の, さてもめでたや雪祭, さてもやしばしなぐさめぬべく, さても本所の鐘撞堂, さても造化は変化, さてやかましい議論は, さてやっかいだ, さてやっとこすっとこふき井戸, さてやはり一番なじみの, さてやや鼻白んで, さてやれとお, さてゆうゆうと首, さてゆみをとつ, さてゆりかさんをつれさる, さてゆ即ゆかはみ, さてようやく久子と, さてようようほっとしよう, さてよう物のわかる, さてよしきりだ, さてよほど親しい間, さてれいの並木, さてろうそくのあかり, さて百合の, さてわからないのは, さてわからぬやつ, さてわが家へ帰る, さてわけをきく, さてわずかに二三日, さてわたくし達は, さてわるものは, さてわれと自分の, さてわれらこの日, さてわれわれ日本人はこれ, さてわれわれ男たちは何事, さてゐるのを, さてゑがく牡丹に唐獅子, さてアカーキイ・アカーキエウィッチはついに, さてアグニスが伯爵, さてアサーロンドンに諸侯, さてアシビキ号は間もなく, さてアジアが精神的, さてアベー・スラネー君この上, さてアムンセン自身の手, さてアメリカだ, さてアラジンの住ん, さてアラスデルわたしがいま, さてアリストテレスに従え, さてアントニウス尊者の伝, さてイザ書こうと, さてイスキラスも作家, さてイワンの兄, さてウポポの歌詞, さてエビルはかすり, さてエヴといとなみし, さてエヴェレストアンナプルナ等の高山, さてオデンヤでおもむろに, さてオホホホと吹溢, さてオリオン号に立ち戻っ, さてオレもサムライ, さてカクテールでも貰おう, さてカケコミの唄, さてカシムはお, さてカピそれからドルス, さてカピさんあなたはいい, さてカレンは堅信礼, さてガラス絵のこと, さてガヴローシュが往来, さてギラ・コシサンの妻エビル, さてクビになる, さてクリストフは早く, さてグベルナチスが動物伝説, さてグラン・プラトーに来, さてケネディ博士のお話, さてゲスネルはかかる, さてコックランとその, さてコブシの方面, さてコワリョーフ少佐には毎日ネフスキイ通り, さてコン助さんとやら渡し賃, さてコーヒーを注文, さてゴーリキイは製図師, さてサラット・チャンドラ・ダース師はインド, さてサンドリヨンが出, さてサンフランシスコから蒸汽船航路, さてサーシャが彼女, さてシステムがどういう, さてシツペイの打, さてシモオヌよわが, さてシャッターを切る, さてシャリアピンを語る, さてシャンヴルリー街に戻っ, さてシュトゥンプフの解釈, さてシュナイダーの本, さてショウモンまたはショウモンジ, さてシロとクロ, さてシローテの語る, さてジイドの帰り, さてジェハンじいさんはいろいろ, さてジャヴェルが訪れ, さてジャーナリズムとアカデミズム, さてジュギュルタが命数, さてジュピターがその, さてジロリの母, さてジーグフリードはウオルムス, さてスウェン・ヘジンの, さてスタスタ行き過ぎようと, さてステージを去ろう, さてストリップというもの, さてスミス博士は鞣革製造業者, さてスラネー君君をノーアウッド, さてスープの鍋底, さてセイロンのシンガリース人, さてセリフだ, さてソファにごろりと, さてソレルが, さてソヴェトの農民作家団, さてゾウはもどりました, さてゾロゾロと陽気, さてタねずみはクねずみ, さてタイラーも言ったごとく, さてタキノは長い, さてタツノ等の行列, さてタヌの声, さてチクマの本, さてチベット宗教の将来, さてチョッと伺います, さてヂュパンに対して私, さてテストして, さてディオニージオは心, さてディルタイによれ, さてデカルトにおいてのやう, さてデパートのさわぎ, さてデモクラシーの最大要素, さてデモクリトスのアトム主義, さてデンマルクノルウェイスウェデン三國の古代文學, さてトゥールキン家の方, さてトルーフルを採る, さてト俺もそれでは, さてドイツ以外の国, さてドノバンの計画, さてドライアイスの工場, さてドロ棒がこの, さてニューヨークですが, さてヌルヌルと周囲, さてノズドゥリョフとはこんな, さてノルゲ号に乗りこむ, さてハイデッガーの解釈学的現象学, さてハシタまたはハシタモノ, さてハネると, さてハネ橋といつ, さてハメを外した, さてハヤマトの神, さてハンカチーフから肉, さてハーキュリーズがこれ, さてバシリスクが諸, さてバナナは失くなった, さてバンドが始まった, さてパトラッシュの心配, さてパプロスに近い, さてパンが出来, さてヒコホノニニギの命, さてヒステリーという奴, さてヒルベルト自身は, さてビクともしない, さてピアノの物語, さてピイプザアムは今, さてファイルブックさて受とり, さてファウストを招き, さてファラデーは以上, さてフエデリゴに歌, さてフランシスの後, さてフランスからユラ山脈, さてフランス料理だが, さてフランボーのこと, さてフリードリヒはどこ, さてフ氏またいわく, さてブルジョア新聞はその, さてプカに向っ, さてプラグマチズムは次, さてプロレタリアの精神, さてプーチヤチンの黒船, さてヘルムホルツの如く, さてヘーゲルを自然哲学, さてヘーゲル自然哲学の不評判, さてベッカーはユークリッド的性質, さてベランダの上, さてベンタムの, さてペトローヴィッチは嗅ぎ煙草, さてホテルのバス, さてホルム氏の景教碑, さてホーッと太い, さてボオイが運ん, さてポンメルシーは各地, さてマクシム・ゴーリキイ本名アレクセイ・マクシモヴィッチ・ペシコフは一八六八年三月二十八日, さてマダムが依田氏, さてマチネーがある, さてマニ教から百万円, さてマリア・バシュキルツェフの千五百頁, さてマリイの側, さてマリユス・ポンメルシーは普通, さてマルクス主義乃至唯物史観, さてマルクス主義文学作品に於ける, さてマルコの書, さてマンホールがどこ, さてマーレーが黒板, さてミユンヘン案内書を検, さてミンコーフスキーの世界, さてメルゲルの心, さてメロスはぶる, さてモチでも網, さてモロー彗星の害, さてモンヌもモンナ, さてユタの事, さてヨナは神, さてラシイヌはどう, さてラプンツェルは以上, さてリリパット国では私, さてリンゴがすっかり, さてルピック夫人は最後, さてルミあなたにご, さてレオが去った, さてレクセイお前は俺, さてロスタンには天才的戯曲家, さてロセツが何故, さてローマ帝国のプリニウス, さてワタクシの経験, さてワトソン君一つこの昔馴染, さてワーナー博士の学者たち, さてヴァイオレットさんそのサーレー, さてヴァンヌの川, さてヴィオロオヌが向こう, さてヴィクトルあなたはきっと, さてヴェーバーの文化社会学, さて堪りものう, さて一々青い紙, さて一つお願いがある, さて一つ木の寄席, さて一ぷくたばこを吸った, さて一ツの難関, さて一三二頁に, さて一九一七年の十月, さて一二日その実験, さて一人前とは申し, さて一人夜の夜中, さて一体日本には古代, さて一俵二円七拾銭の大豆, さて一八一四年に終る, さて一円ずつ貯金, さて一列の三つ目, さて一刻もはやく, さて一口に中, さて一同合掌して, さて一向酒のむ, さて一向に效果が, さて一場のてんまつ, さて一夜ゆっくり考え, さて一夫多妻一婦多男, さて一定の先入, さて一寐入して, さて一寐入りという恰好, さて一得あれば, さて一支國よりまた, さて一斉に万歳, さて一時四十分ごろになっ, さて一月過ぎた頃, さて一月中の表, さて一服吸ひつけたが, さて一杯飲みませうと, さて一歩をゆづりて, さて一水を隔てた, さて一流のお歴々がた, さて一町村に一社, さて一番初めに運ん, さて一盃傾けて, さて一眠りして, さて一石願ひませうと, さて一種の濁った, さて一箇人の幼少, さて一箸つけようと, さて一統した天下, さて一膝のりだした, さて一般士卒には, さて一行七人館内の二階, さて一袋飲んだと, さて一語を出さず, さて一読して, さて一足とびに, さて一軒建てようという, さて一通りの挨拶, さて一週間を送るべき, さて一頁から順々, さて一頭の乳牛, さて一風呂と太平洋, さて一體何をどなっ, さて七つ道具の点検, さて七兵衛これからまた, さて七日たったその, さて七月になっ, さて七月十四日は革命記念祭, さて兵衛船の, さて万事旨く行った, さて万人の心, さて万作は家, さて万吉から来たらしい, さて万葉のサブシ, さて丈助と話, さてと云え, さて三上皇の御製, さて三世の諸仏, さて三人姉妹の呼び, さて三人揃つて瓶の中, さて三六年の思想界, さて三六年度の思想界, さて三匹の小熊さん, さて三十日以来の手紙, さて三十疋は毎日, さて三名にむかい, さて三太夫が更め, さて三宅三郎はどうにもこう, さて三成は佐和山, さて三日に立っ, さて三日めになった, さて三日目には, さて三時か四時, さて三月四日づけの, さて三本腕の怪物, さて三枝子が頼まれた, さて三根夫はサミユル博士, さて三益との漫才, さて三者の與, さて三造は第, さて三願とは何, さて上ってズボン, さて上の句の訓, さて上りとなっ, さて上る時見る, さて上五字はどう, さて上人の扮装, さて上州屋を出た, さて上手かなと被, さて上書を改めた, さて上機嫌に話しだした, さて上等僧侶の住所, さて上述の脱退組, さて上述インドで猴, さて下りたかと思う, さて下りる階子段は, さて下位の性格, さて不便な世の中, さて不可思議な, さて不平を聞こう, さて不幸に遭, さて不意にいま彼女, さて不憫の次第, さて不敵な奴, さて不良少女といふもの, さて不要になった, さて不覚の沙汰, さて不風流の者ども, さて与えられたる情操は, さて与里の顔, さて丑松からまた, さて世にもやさしい心, さて世帯気のないこ, さて世界の外, さて世論というこの, さて世道人心は複雑, さて世間並にはぼく, さて世間普通に多く, さて丞相もよい, さて眼だ, さて両君はこの, さて両国橋納涼の群集, さて両手にて空, さて両親にもこの, さての人間, さて中央アジアで毘沙門並び, さて中央停車場からフレデリシア・フレンスブルグ経由, さて中幕の, さて中條の家, さて中江が一緒, さて中流の婦人等, さて中葉期でも何種族, さて中陰四十九日は十一月十二日, さて丸山をさして, さて丹三郎に向い, さて丹治おかめ, さて主人いわく己は竜王, さて主体は単なる, さて主従二人きりとなっ, さて主観的に自覚, さて主観的存在様式としての物質的技術, さて久しい邂逅である, さて久しぶり江戸入りをした, さて久びさで郊外, さて久吉は常友, さて之等に比較, さて乗りこんでみ, さて乗り込んだところが, さて乗出して弥弾丸, さて乗出すほどの距離, さて乗込んで来た, さて九兵衛が驚いた, さて九台の装甲車, さて九日のお, さて九月も既に, さて九月一日づけの, さて九月二日目白の方, さて九月六日にラロ, さて九段になれ, さてが鎮まった, さて亀山の実家, さて予め席を, さて予帰朝後この田辺, さて予幼年の頃, さて事務局に行かなく, さて事務所から交渉, さて事実に就い, さて事実東京商大にどの, さて事情がこういう, さて事態がそこ, さて事物の性格, さての午, さて二つ共お代は後程, さて二三人の声, さて二三年を過ぎ, さて二三町行つて懐を探る, さて二人ぎりになると急に態度, さて二人目は同じ, さて二十七日の帝国在郷軍人会, さて二十三年三月にいたり, さて二十三日の朝, さて二十五日の夜, さて二十代十代といふの, さて二十八日のお, さて二十四日にその, さて二十四番地はどこ, さて二千年の歴史, さて二号室は, さて二名の座員, さて二審に至った, さて二州橋上酔に乗じ, さて二幕目は姉娘, さて二度の勤め, さて二日づけの, さて二日目の夜, さて二時間位は罷, さて二月二十六日の事件, さて二月十七日の朝, さて二本傳次の同居人, さて二条流の歌学, さて二枚比べて, さて二間半に一間半, さて于吉の書, さて互選も一段落, さて五両の工面, さて五体の観音, さて五十より七十, さて五十円を手, さて五十日を過した, さて五十銭銀貨を出す, さて五千尺の玄関, さて五回目の多門, さて五尺そこそこの小男, さて五年に近い, さて五年前はとにかく, さて五日目の晩, さて五月三十日に古, さて五月六日になった, さて五月晴れの麗らか, さて五本の指, さて五欲について思い起こす, さて五百兩といふ金, さて五色人を五, さて井口君はこの, さて井戸屋さんが縄, さて井深君はその, さてと歩行, さて亡きわしの, さて交響楽的生活の美し, さての方, さて京水の記, さて京野等志の着任以来, さて人參を買, さて人工アメーバ人工心臓の講義, さて人工心臓の発明, さて人情は妙, さて人気のない, さて人物だが, さて人造バタはのり, さて人造人間はどうして, さて人間性にまで自, さて人間生活の多く, さて人魂の正体, さて今さらどうしようも, さて今しがた話に出た, さて今一つのヘルリス, さて今一つ用事がある, さて今一国と言い, さて今何れの国, さて今回は原文, さて今回嘉門様には木曽, さて今回本紙に左, さて今回金一郎様不慮のこと, さて今夜徹夜の舞台稽古, さて今宵兵馬は思いきっ, さて今年御用相片づき候えば, さて今度怪塔王はどんな, さて今度私が外国, さて今後幾日を経ば調金, さて今日ここでお話し, さて今日地道な生活, さて今日拙者が参堂, さて今日斯様のこと, さて今日私どもはもう, さて今日貴殿御計, さて今朝ここにある, さて今朝雑煮を食い, さて今村さんだけが本日欠席, さて今犬に食物, さて今私は可哀そう, さて今雜然と腦裡, さての命, さて仏性の金三さん, さて仏教とはどんな, さて仏法習ひつべき所, さて仏間に入り, さて仕上げて見る, さて仕事前の一服, さて仕事場へ行っ, さて仕度しなさい, さて仕組に掛, さて他人を頭, さて付けるどこが, さて仙台駅に下車, さて代々の多く, さて代用の原則, さて代表的な存在者, さて代表軍の元, さて以上二つの運動概念, さて以上二ヶ条の原則, さて以上五つの方法, さて以上科学の社会的, さて以上著者並に光田園長, さて以前の, さて以後の約, さて髪を, さて仰いで見た, さて仰向けに寝返り, さて仰天した, さて仲人のあいさつ, さて仲間はと見る, さてのザポロージェ人, さて伊右衛門の前, さて伊藤がやつ, さて伊豆の海, さて伊賀屋さん二人揃つてあつしの, さて伏蔵募人, さて会場を出, さて会社につとめる, さて会話はこんな, さて会議だどう, さて伯爵夫人が何故, さて伯父の邸, さて住吉の朝ぼらけ, さて住宅については明治七年頃, さて住職奥田墨汁師を訪っ, さて佐世保出帆後は連日, さて佐渡守が職, さて何うして時, さて何うしよう何処へ行かう, さて何うどんにしよう, さて何うにもならない, さて何ごとで予, さて何だかまだ事件は, さて何でせう, さて何とか救済の, さて何となく閾は, さて何やらしっくり腑に, さて何より話し始, さて何らの地代, さて何人がそれ, さて何人何びき何ぶくろ, さて何分とも疲れ, さて何日になっ, さて何時どこがどんな, さて何気なくその肉饅頭, さて余事はともあれ, さて佛教とはどんな, さて作り畢りたるとき, さて作品についての現実的, さて作家自身が評論, さて作法通りに行け, さて使や醫師, さて使う段に, さて使者の藤吉郎, さて侍従医長の申します, さて代の, さてを訊く, さて価値といえ, さて便宜上その, さてに思い泛, さて俊夫君はかね, さて俗語に苦, さて信徒になる, さて信長信忠の血, さて信長公はわずか, さて信長自身のその, さて修養というもの, さてして, さて俳優にもまた, さて個々の人間, さて個人が頼り, さてともざとうしゆなど三, さて停るとますます, さて停車場へ来, さて側面には, さて偵察団の一行五名, さて或る, さて偶然に落ち, さて偶然娘たちの口, さて偽りならぬ涙も, さて傘形の板, さて僅かの観察, さて働くとなる, さて僕自身がその, さて僕達は野村氏, さてや延, さて儀作にはいくら, さて優しき波の, さて元子の形状, さて元子夫人にイトマ乞い, さて元旦九時半に出動, さてのこと, さて兄ドミトリイの家, さて兄貴にいう, さて充分の配備, さて先ず入口へ, さて先人が心, さて先刻の話, さて先妻はその, さて先客の人々, さて先方に質し, さて先日は大きに, さて先王の運命, さて先生あなたならその, さて先生何んでも, さて先生私は富田病院, さて先般来当熊本人常松迂巷, さて先週の火曜, さて先頃の御, さて光雲神社神事能当日の私, さて入口をふりかえった, さて入念な, さて入替つて按摩が, さて入浴と思っ, さて入浴中にこのごろ, さて入獄以来の厚情, さて入門したと, さて世界中探し, さて全体の効果, さて全権ということ, さて八千円かし, さて八方塞がりの無一文, さて八日目の朝署長, さて八百膳で我慢, さて八百長相撲について私, さて公卿らは薩長派, さて公園へ作曲家, さて公娼廃止は私, さて公式主義呼ばわり主義者にとってなぜ, さて公理とは自明, さて公高の死体, さて六十年間人に見られず犯されず, さて六度めの航海, さて六日午前七時我々はド, さて六月十七日あさ, さて六百三十万の人口, さて処まで, さて共同の成立, さて兵法を知らぬ, さて兵隊はスヤスヤ, さて兵隊さんの原稿, さて兵馬はこれから, さて兵馬殿失礼ながら御身, さて其例の香具師, さて其俊秀なる当代, さて其側室のお, さて其内つ国, さて其北の房, さて其品を無残, さて其後宗春はどんな, さて其後程もなく, さて其方は実, さて其日になりけれ, さて其日三郎は非常, さて其暁は如何, さて其東方の流布, さて其樣ならば, さて其歌を見る, さて其牀虫は, さて其男は幾程, さて其秘密は如何なる, さて其等の男, さて其者を取立つる, さて其許も二十二歳, さて其誰やらが誰, さて其跡に建てた, さて其頃の三人, さて其頃オグデン氏がリチャーヅ氏等, さて具体的にわれわれ, さて典膳に向っ, さて内在的批評は普通, さて内外の苦情, さて内容主義であり実在主義, さて内藤さんは翌朝八時半, さて内部にはいっ, さて円盤のゆくえ, さて冒頭に書いた, さて写真班のフラッシュ, さて冷え冷えとした, さて冷淡なる自然, さてゆる意味, さて凡そ分類の, さて処置に困った, さて出あったものは, さて出し惜み, さて出たもの, さて出ねえのが, さて出ようとする, さて出掛けたところで, さて出掛けようとした, さて出来上がった数百斤の, さて出来上って壁, さて出来栄えはどんな, さて出発当時の女装一式, さて出発点だけはまず, さて出銭の多い, さて刀劍が出る, さて分つて見れ, さて分らないだらけに, さて分離して, さて切字とはどんな, さて切符を出す, さて刑事が勿体ぶっ, さて刑執行が始まりました, さてを解き, さて列国競争場裡に立っ, さてにかへり, さて初恋の如く, さて初瀬はさ, さて初稿成れりし後, さてで押した, さて判断の論理性, さて判然とこれ, さてにする, さて別して御歴々, さて別れて独り此方, さて別れただけの話, さて別れるのである, さて別れ話はそれきり, さて利家の給仕, さて到る処で, さて到着したスクータリー, さて剃刀を置き, さて前山翁最初の製陶目的, さて前年の約束どおり, さて前年六月に歿, さて前年刑死されたある, さて前掲の手紙, さて前橋地方裁判所では予審判事水谷由章, さて前段の文章, さて前面へ現われた, さて前項に, さてだ下段, さて剣侠一式小一郎はこの, さて割合にスキヤキ屋, さてある悪神, さて加代子殺しが狙い, さて加茂川というの, さて加賀さまのお, さて助けてやろう, さて勇気を起し, さて動物の味, さて勝ったほうは, さて勝家南下の報, さて勝敗はどう, さて勢いよく門の, さては鬱々, さて北アジアの諸, さて北斎はその, さて北方に對, さて北条殿が亡んだら, さて北洲ごとき結構, さて北軍の総, さて匠作さまの禁酒, さて医学乃至医術, さて医師のスタールツェフ, さて医者が犯人, さて十一月のプラン, さて十一月二十二日この日先づ白石, さて十一月十一日の当日, さて十一月晦日にはこの, さて十一月某日自分は朝, さて十中十までのわが, さて十九世紀に於, さて十二月も末, さて十二月三十日の夜, さて十二月二十四日のその, さて十二階や宮戸座, さて十五人の刃, さて十代めの孫, さて十八日づけの, さて十八歳の中学三年生, さて十分殺獲術, さて十四日と十六日, さて十時頃になっ, さて十月になっ, さて十月二十五日の公判, さて十月二十日のお, さて十銭ですと, さて千種殿の弟君, さて午前ももう, さて午後十一時になっ, さて午後興行に這入つた, さて午過ぎからは家中大酒盛, さて半時ばかりの後, さて卓上の本, さて南朝鮮にはあちらこちら, さて南条様つかんこと, さて南江備前はどう, さて南江堂の目録, さて南蛮キリシタン国は広大富貴, さて単なる論理内容ばかり, さて単行本とラジオ講演, さて単語とし, さて博覧会は立派, さて占者は小生, さて卦面に現われたる, さて危ないことであった, さて危機だと, さて厄介な大将, さて句はと, さて原っぱへ日向ぼっこ, さて原子爆弾の話, さて原料は鳥, さて原稿紙は拡げた, さて原罪は人間的, さてを出, さて厳格に, さて去らんとてこれ, さて去年越中に出馬, さて参謀本部が誰, さて又ゆっくり髪を, さて又一層肚が, さて又一方ゾラ先生の, さて又八がだんだん, さて友江さんが土蔵, さて友達という数人, さて双生児の一方, さて反省がここ, さて叔父のおとな, さて叔父さんは雑誌社, さて叔父さんたちの持ち場, さて取っかかるのが, さて取り捨つべき, さて取るものも, さて受け取つたのを, さて受とりともち, さて受取って考え, さて受爵には何, さて口子臣其からその, さて口縄坂とはくちな, さて聖人の, さて古今世界の実際, さて古代においては, さて古墳の中, さて古川緑波なる当代, さて古市加十はどう, さて古道具屋へ行っ, さて句会は月, さて只今料理人が鶏, さて只今王が汝, さて只今申上げました不, さていが馴れない, さて可哀想なは, さて可笑しな噺, さて台所ではモルジアナ, さて台頭的契機から動機, さて史的唯物論は歴史社会, さて右述判事が七, さて司教が食堂, さて司馬懿は日頃, さて各々明るい窓ぎわ, さて各々方酒も大分廻つたやう, さて合図を以て双方, さて合理論と經驗論, さて合目的性はこの, さて合祀は年, さてをどう, さて吉備彦は家, さて吉原へ乗りこん, さて吉宗は思い出した, さて吉次はやがて, さて吉田の松若, さて吉野朝の人々, さて一人間, さて同じく詠ずるの, さて同一の労働, さて同人の作, さて同志たちの奔走, さて同時的切り換えに於, さて同業の先輩, さて同等の人間, さて名古屋は何ん, さて向い合つた女二人の話題, さて向う側に跳ね下りる, さて君たちにたずねます, さてがるの, さて吸殻をはたき, さて吹雪になつ, さて吾人は既に, さて吾妻橋を渡り, さて吾輩の運動, さて吾輩在外の頃, さて呆れた愚者, さて呉清源はどこ, さての談, さて周囲の御, さて呪文を唱, さて味方の損害, さて呼び止めて調べ, さて呼声に名, さて和太郎さんもき, さて和尚に請, さて和漢の珍器, さて和漢アラビヤ等に竜, さて和辻氏による, さて咯血をした, さて咲枝子供たち出かけたこと, さて哀れな病める蚕, さて哲學が自己, さて浅い扁, さて唯一人壁に寄せた, さて唯物論者もこの, さて唱導の語, さて商人らよ, さて商売をする, さて問屋町の往来, さて啓蒙が反動的文化社会, さてわれた者, さて喜八に言つて主人, さて喜劇作家となる, さて喧嘩は余りしない, さて之助, さて営中に入る, さて嘆かわしいとも無念, さて嘉平老の拾った, さて嘉永四年に棠, さてといへ, さてに聞く, さて器械的な改つた調子, さて嚢中の淋しく, さて囃子方の座が, さて囘想は無, さて四ばんめのおねえ, さて四人目の女, さて四人組の楽隊, さて四十面相は淡谷さん, さて四囲の気配, さて四方山の談話, さて四月六日づけの, さて四社連盟は一つ, さて四組みの男女, さて因縁の話, さて団体がある程度, さて団体間の自然淘汰, さて困難な事, さて囲碁をいたさるる, さて図らずも白島山平, さて図形の個体, さて国分君はこうした, さて国府津へついたら, さて国府金弥老人の資産, さて国風の歌, さて土台の下端, さて在るは曩, さての下, さて地図には書いてない, さて地形が浦上, さて地獄で天女, さて地球の代り, さて地蔵さんのこと, さて地面を買う, さてを下り, さて坂上に行き着く, さて坊主を捕へ, さて舗を, さて坐って見ます, さてにはいっ, さて埋葬のまだ, さてに着く, さて城中の重宝, さて城内の勤番武士, さて城壁と苛責, さて城方の一同, さて埴輪の筒形, さてに入り, さての坤, さて堅気になった, さて堅田の顔丸, さて堕胎手術も勿論, さて報らせを, さて報酬金というの, さて場面はここ, さて塚ぐらゐではすつぽん, さての本館, さて境内へ喜捨, さて境界線を画する, さて増上寺の参詣, さてを退き, さて売る段に, さて売上高を勘定, さて売子の着る, さてが嫁, さて夏場が過ぎ, さて夏目君と自分, さての祈り, さて夕がたそれをもっ, さて夕刻還らうと, さて夕方になっ, さて夕暮になっ, さて夕炊も終っ, さて夕陽新聞記者古市加十は安, さて夕飯ということ, さて外勢力がこの, さて外国人が彼ら, さて外廻りを一巡り, さて多助は道普請, さて多勢の客, さて多少の独断, さて多角形に関する御存じ, さて夜会の席, さて夜具の中, さて夜来の軍功, さて夜風はもうさ, さて夜食になる, さてを細心, さて大いなる便宜は, さて大下の岳母, さて大人気ない武者ども, さて大体落つくと, さて大儀そうに首, さて大分熱くなっ, さて大分稽古を積んだ, さて大切な問題, さて大友はお, さて大友皇子を征伐, さて大型バスの中, さて大変ユリ子はんにたのもう, さて大学生が教員室, さて大学生諸君その晩空, さて大将は, さて大師はこの, さて大庭常子はもう既に, さて大慾は無慾, さて大掴みに注目, さて大政翼賛会文化部は以上, さて大敗を喫した, さて大方寝て, さて大月弁護士が司法主任, さて大本教を信ぜぬ, さて大森の家, さて大森氏に対する態度, さて大正七年五月には東京, さて大正十一年六月七日第十二回公判, さて大正十三年四月二日は公判準備調べ, さて大正十二年の大震災, さて大正女流は, さて大水が現れ, さて大沢の小舎, さて大浦君と私, さて大菩薩峠を右, さて大衆のこの, さて大見得を切った, さて大逆事件があつ, さて大量生産制にい, さて大阪市の人々, さて大音にいっ, さて大館へつき, さて天下の大, さて天使やらオデッサ, さて天命是非もなし, さて天地乾坤を見渡し, さて天子は皇后, さて天明二年二月二十九日朝からの雨空, さて天楽のよう, さて天気がよく, さて天狗爺さんは大, さて天草から島原, さて天鈿女は目人, さて太夫はなみなみ, さて太田さんの事, さて夫婦の仲, さて夫婦乞食は雪, さて夫達郎の方, さて失恋曲線を作った, さて失敬の挨拶, さて奈何して, さて奈辺へ持つ, さて奉公に参っ, さて奉天ではどこ, さて奉行とシロオテ, さて奥まった部屋に, さて奥床い事, さての間, さて奧さんの考, さて奧樣は眞白, さて奧樣目當にいたし, さて女性に離れ, さて女王はそんな, さて女童ひとり見当らない, さて奴等膝を立て, さて好しと少く, さて如上の事情, さて如此く徳川時代, さて妊婦がその, さて妙子との約束, さて妻楊枝を取上げました, さての番, さて妾宅を構え, さての君, さて姉さん是程惚れ, さて始まったかなと思った, さて始めて彼, さてと媼, さて威儀を正し, さて威張って見る, さて婦人にし, さて婦人諸君ここに第, さて嫁女と共に閨, さて嬉しやたっぷり, さて嬉しいことを, さて良を, さて子供たちのする, さて子供達の勉強, さて子舎へ這入, さて孔乙己はお, さて孔明という人間, さてよりも一層, さて存外話が, さて助殿, さて孝助殿少し話したい, さて季題なるもの, さて学区取締の給料, さて学問理念の右, さて学期初めの問答, さて学生は旅行, さて孵卵器を娘, さて宇宙服を皆, さて宇津木殺しの可能, さて安からざりし年, さて安井左近大夫原彦次郎等もようよう, さて安兵衛と勘平, さて安福軒をよん, さて安達の寄宿舎, さて安里に無断, さてき永遠, さて宗吉皆んな話して, さて宗山とか云う, さて宗教といふもの, さて宗教界に於, さて宗祇のすでに, さて宗良親王は後醍醐天皇, さて宗藤の家, さて官等を第, さて定刻の六時, さて定基夫婦の間, さて宛名はと聞い, さて宝塚から新国劇, さて宝石商事件から二日め, さてを言う, さて実力はどれ, さて実在の人造人間, さてはいま, さて客観的態度から出た, さて客觀的實在世界の認識, さて客間につれ込まれた, さて客體の他者性, さて客體性に對, さて室長は影, さて宮内省へ出頭, さて宮川氏ごらんの通り, さて宮廷に私, さて宴会が済ん, さて家中の諸, さて家事が一大事, さて家人が其処, さて家庭といへ, さて家賃を考へる, さてを正し, さて容易いようで, さて寂光院の傍ら, さて寄りて我, さて寄宿舎の改築, さて密かにその, さて富さん人と長く, さて富士の語原, さて富山というの, さて富岡先生は十一月, さてさは, さてりその, さて寛政年代に入り, さて寝かしつけて置いた, さて寝つかれたもので, さて寝込まれてみる, さて付かれねえしよんぼり歸つて, さて實在者との交, さて實現がむづかしいのです, さて實際にこの, さて實體はどんな, さて寺島のトンビ, さてひ居たらん, さて対局前夜の七時, さて対象による分類, さて対金方針は確定, さて寿尽きて, さて寿司らしい寿司, さてを解いた, さて封筒がない, さて封筒書のこと, さて射影幾何学と計量幾何学, さて将来何になった, さて将監の謀, さて将監橋を渡り切る, さて将軍は十町, さて将軍家に於い, さて將來を未だ, さて尊厳な弁護士, さて尋ねてみる, さて尋常事ではない, さて小三郎の許, さて小出し桶に受取りし, さて小半時経って, さて小城でどう, さて小堀義哉氏とやら我々, さて小宮山は勿論, さて小屋掛けを終り, さて小店の前, さて小手をかざし, さて小林九兵衛の旦那, さて小栗總州木城安太郎を兩大將, さて小汚い坊主だ, さて小牧の御, さて小生は先頃, さて小生義多年日本歴史地理学会の経営, さて小石の上, さて小石川服部坂の旗本深見新左衛門, さて小説に筆, さて小金井飛鳥山荒川堤と行楽, さて許の, さて少くとも吾, さて少しく精神に, さて少佐夫人リヒテルの紫色, さて少将滋幹の日記, さて少年たちは午後二時, さての太い, さて就職の件, さて尺八でも吹く, さての人形, さての石段, さて局長西村君は前年轉, さて屋根の上, さてを干し乾し, さて展覽會の當日, さて山の上を一瞥, さて山中暦日なき深山, さて山之手線でどの, さて山人のことほぎ, さて山内へ着い, さて山口の一旅館, さて山城のワカラ河, さて山小屋の生活, さて山峡に崕穴, さて山神が猿, さて岡村由兵衞は頻りに, さて岩魚は何, さて島太夫お前に命ずる, さて島田驛の人, さて川岸づたいにお千, さて川端の家, さて川野辺へ来, さて工場地帯であるから, さて左右の一族, さて左近夫婦の住居, さて当つて引越し, さて差し当っての責任, さて差当り保と同居, さて差當り思ひ出さぬが, さて已みつるなり, さて巳之助はどう, さて巴里を去る, さて巻煙草に火, さて市之丞前へ出ませい, さて市役所の理事さん, さて市村羽左衛門氏よ貴方, さて市次郎の渋湯, さて市電市バスの同盟罷業, さて帆村の推測, さて希臘神話を呼び出せり, さて帖面さてファイルブック, さて帖面出しかけて, さて師匠の所有, さて師匠私も御, さて師父さんあなたにお願い, さて師走我が家の市, さて席定まつて, さてを解きはじめる, さて帯びている, さてつて, さて帰らうとしてそれ, さて帰らんとする, さて帰りがけにもう, さて帰路を要し, さて常会の方, さて常識的概念は専門的概念, さて幕府が消滅, さて右衛門も, さて平さん娘と息子, さて平中は何とか, さて平地に出, さて平手でぱたぱたと背中, さて平次親分も思い, さて平氏を亡ぼす, さて平素こういった, さて年寄の私, さて年月を経る, さて年頃の女, さて幸田は胴上げ, さて幽霊船虎丸の甲板, さて幾代餅はどこ, さて幾何学の対象, さて幾十年經つたこと, さて幾年の先, さて幾度か茶, さて幾日間明朗な日光, さて庭の, さて広い年久しく, さて広場が出来る, さて広大な伽藍, さて広島に帰つた上, さて庄三郎よお前, さて庭といつても平凡, さて庶民は庶民, さて康子が十畳, さて康雄はどこ, さて延長のそして, さて建てるとなる, さて建設となれ, さて弁信は再びおもむろに, さて弁償して, さて弁当を食いしまっ, さて弁護士の試験, さて式場の一段, さてを引込めたる, さて引いて行った, さて引き上げると魔法, さて引き揚げてしまっ, さて引き続いて, さて引き返えそう, さて引っ込むのが, さて引っ返してみる, さて引受けてみ, さて引替えの品, さて引返す段に, さて引金を引きたれ, さて弘めまするところは, さて弘化四年中に樵山, さて弘養館を出る, さて弟ぎみのお, さて弟子どもにいった, さて弥勒世尊無量の人, さて弥次郎と暫らく起臥, さて弱い奴ばかしが, さて弱気なお, さて張る氣は, さてじやむと, さてよ事, さて当り前なら手紙, さて当人が日常実用, さて当今大正年間諸人の洋服姿, さて当代の武蔵野少女, さて当年で四十九年以前, さてばかりの盃事, さて彫工会の発会等, さて役人の方, さて役目柄の八五郎, さて彼ら創に脂塗り, さて彼ら十数名の一隊, さて彼女らの各々, さて彼奴がのいつ, さて彼殉教に渇き, さて彼神は己, さて彼等腕をもじ, さて彼老神士に心, さて往つて見ると, さて待てども待て, さて従前に比し, さて従来の科学, さて従業員があまり, さて得たことは, さて御前は大層, さて御機嫌はいかが, さて御殿に上, さて御苦労と蝋燭代, さて御身の御, さて御馳走だが, さて微笑を洩らす, さての体, さて徳兵衛が狐, さて徳川どのには良い, さて徳川治世のはじめ, さて徹夜の声, さて心がら鬼のごとき, さて心して足を, さて心地よし之で, さて心得ねばならぬ, さて心王は一体, さて心理の上, さて心耳をすます, さて忍び込んで見る, さて応仁の乱以後, さて応急の手当, さて応挙まことに画, さて応接室の内, さて忠次よい構え, さて忠犬説話に就, さてやお前, さてが生じた, さて怖しいこと, さてつたやう, さて思いもよらぬ, さて思いがけない馬鹿殿様という, さて思いきって登用, さて思い出しました妻も, さて思い切った豪の, さて思い起こすごとに, さて思い返してみ, さて思ったように, さて思はしいもない, さて思へらくか, さて急ぎて業, さて急場の事, さてなき者, さて性急に何処, さて性格的な問題, さて怪人はどう, さて怪人物のノロノロ, さて怪塔からの無電, さて怪塔王はマスク, さて怪訝る敵, さて恋心持の話, さて恋愛の方, さて恐ろしい戦は, さて恨めしやいつ, さて息子の東吉, さて悄々根府川石から立, さて患者が承諾, さて悩ましき化け物ぢや, さて悩みける程に, さて悲しげに, さて悲しい顔を, さて悲しめる詩人は, さてを知らぬ, さて情けの種, さて情けないやつらである, さて惜しいことを, さて惨いことを, さて愉快な, さて意地の悪い, さて意識概念は情意形態, さて愚意聊か御, さて愚生には当分帰国, さてに堪えた, さて感嘆すべき仏, さて感官に觸, さて感性知覚の空間的, さて感情の方, さて感覚が肉体, さて慌てもの達よ, さて慌てふためいて逃げ, さて慌忙く座, さて慰むる便も, さて慰められて見る, さて慰めることばも, さて慾ばりらしくあれこれ, さて憎いやつの, さて懐ろ都合のため, さて懐仙閣本の病源候論, さて程とわかる, さて成善は私費, さて成子に代っ, さて我国は何, さて我子よかの大いなる, さて我子ゆえに捨, さて我家にも, さて我楽多文庫, さて我見しに, さて我詩を讀むべき, さて我輩は斯, さて戒厳令のため, さて或は携へ, さて戦い済んで, さてをがらり, さて戸倉老人をさらっ, さて戸塚へ泊る, さて所在もな, さて所柄とてよき, さてをひらい, さて扇屋は出, さて手ごろの嫁, さて手っとり早く言って, さて手前がつまり, さて手品にとりかからう, さて手始めに私, さて手抜かりは無い, さて手紙などをやり取り, さて手習を始めた, さて手酌で一杯, さて咳き, さて打っ遣って置く, さて打解けて話し, さて久乱の, さて技術に関する他, さて抜かったり, さて抽象の結果, さて拇指を巧, さて拔身の短刀, さてばれて, さて招祭りの対象, さて招魂社の観世物, さて拭ッても取れない, さて持てきし薬など, さて振りかえって, さて振返つてみる, さて捕方の事, さて捕物帳のむずかし, さて捜査本部の意見, さて捜査課長はじめみなさんに申しあげたい, さて捨て場所に, さて捨てるとなる, さて捨石の上, さて捻るわソレそこ, さてだここ, さて探偵にとりかかった, さて探偵小説の世界, さて探偵帆村荘六の努力, さて探検隊の前途, さて探照灯を動かし, さて接近して, さて措かっせえだが足, さて措きましてこういう, さて措くとしてもこれ, さて描写して, さて提灯を振り, さて揚州で一泊, さて揮良夫の如き, さて援軍が来なけれ, さて撮影技師であるが, さて支倉は神楽坂署, さて支店は売上げ, さて支度を整え, さて支払日となる, さて支那人が國粹保存, さてうると, さて改まった気持に, さて改めてまだ下りる気, さて改名のてはじめ, さて放電して, さて政宗は米沢三十万石, さて政江の依頼, さて政治の方面, さて救援を求める, さて救護だと, さてにより果, さて教場の方, さて教学の精神, さて教授にそう, さて教育の範囲内, さて教訓的なもの, さて散策して, さて数えてみれ, さて数えたててみる, さて数万の百姓, さて数年前有力なる某, さて数限りない星, さて数馬殿お気の毒, さての秋水, さて敷島の袋, さて數年の間斯, さて文三には人, さて文六ちゃんはひとり, さて文吉に合図, さて文壇からは引続き, さて文士連と何, さて文太郎君が凡そ, さて文子はどう, さて文明の世, さて文献学主義が愈々, さて文箱のふた, さて文芸部集まって, さて斎藤老人達は小川, さて料理人だが, さて料理女のキングさん, さて断ち難き恩愛恋慕, さて斯様に考へ, さて斯樣にし, さて新らたな, さて新九郎様今日思いがけなくお互い, さて新井宿三丁目は郵便局, さて新人かどう, さて新吉はこんど, さて新年宴会をかねた, さて新秋になる, さて新聞記者諸君四人の少年, さて新興科学の批判, さて新道が出来る, さて新郎新婦がその, さて新雪について言う, さて新鮮の空気, さて方々から見舞状, さて方法と対象, さては一人, さて旅籠へ着い, さて旋回機のウィンチ, さて旗田邸に集まる, さて日の出島に行く, さて日下りにもなっ, さて日向に多い, さて日常現象としても理論的カテゴリー, さて日常的空間のこの, さて日暮れも近, さて日曜日になら, さて日本國民は二十歳以上, さて日本橋の家, さて日比谷公園は前回, さて日没のすぐ, さて日頃の誼, さて旦那誠に暫くもし早速だ, さて旦那方洒落や串戯, さて旦那旦那も一ついかが, さて街道を, さて旧臘中一寸申上候東京表へ転住, さて旧臘以来種々御, さて早く終るの, さて早大側は林檎, さて旬日ののち, さて昂奮がしずまる, さて昆布とろ, さて昆布だしのこと, さて昆虫の初期, さて昇りつめて, さて昌造の萬延元年以後, さての天啓五年, さて明きめくらこのわし, さて明るくなって, さて明和の五年, さて明土曜日の夜七時, さて明日九時だあはて, さて明日出発の京都, さて明日病院の門, さて明治八年にいたり, さて明治初年の文明開化, さて明治初期の明るい, さて明治前の文學者, さて明治四年六月といえ, さて昔六祖慧能大師というお方, さて畫が, さて映写が始まっ, さて映画ならば, さて映画見物の後, さて映画館の事件, さて春働蜂や雄, さて春松は, さて春登が件, さて昨夕は数寄屋橋外, さて昨年僕はイタリア, さて昨年師走の上旬, さて昭和七八年の世界恐慌, さて昭和五年に名古屋, さて昭和十一年一月三十一日の絵葉書, さて昭和十九年四月五日鯛供養に網代, さて昭和十二年一九三七年の一年, さて昭和十八年の暮, さてはひねもす, さて昼食も済ませ, さて昼飯のこんだ, さて昼餉は, さて時として犯人の, さて時代の不安, さて時候は未だ, さて時分はよし, さて時刻はどんどん, さて時勢はだんだん, さて時節柄雀をする, さて時計屋敷の大, さて晩飯がすむ, さて晩餐を済まし, さて普通選挙を要求, さて景一光広卿, さて景岡秀三郎はその, さて景色を見る, さて晴れれば晴れる, さて晴天ヘキレキのピンチ, さて智馬と同類, さてを取っ, さてさよとな, さて暑いこと, さて暗き樹の, さて暗号記法には三つ, さてを繰, さて暮して見れ, さて曙光を見た, さて曠野城の大将, さてけるは, さて曲れば何処, さて曳いて歩い, さて更めて言う, さて更めていへるやう, さて書き上げた所を, さて書こうと思う, さて書斎に腰, さて曹操は遼東, さて替え玉だと, さて最初地上に生れ出でた, さて最前の老いぼれ, さて最近数年来の日本, さて月日不詳の茶山, さて月田銀行頭取全作の妻まち子, さて月謝を沢山, さて有名な, さて有為な青年, さて有限に對, さて朗々として得意, さてを遂げぬ, さて朝井君この手箱, さて朝夕をともに, さて朝廷の告文, さて朝顔はここ, さて期待をもたれ, さて期日の二十五日, さて木名に厚朴, さて木沢氏はそう, さて木立の中, さての上刻, さて未だ御目, さて未亡人は前三回, さて未来の約束, さて未知の記号, さてに, さて末子のわたし, さて末盧國より東南, さて本丸の頂上, さて本人に顔, さて本元の支那人, さて本堂に入り, さて本堂前の賽銭箱, さて本尊の住職, さて本年は不肖私, さて本当の苗字, さて本心だが, さて本日の行程, さて本日お願いに上りました, さて本日出口をさ, さて本旨に戻っ, さて本書を世に, さて本書刊行の成れる, さて本朝本間久と申す, さて本気になつて, さて本通りにもどる, さて机竜之助, さて材料はどれ, さての周囲, さて村上先生が去られ, さて束脩の高く, さてをし, さて杣人一日山に入り, さて来た道を, さて来宮様は土地, さて来年父の七十歳, さて東京に来, さて東京パレスとは何もの, さて東北を救済振興, さて東海はデンマルク領のぶ, さて東西のお客様方, さて東西東西魚づくしはどう, さて東野南次は弁当, さて東雲師はいよいよ, さて松島の奇遇, さて松嶋の雲居, さて松川に入塾, さて松谷鶴子がいま, さてがそりかえっ, さて板塀の切戸, さてに顔, さて枕元の時計, さて枕橋を左, さてが皇帝, さて果してその標語, さて果実としてのバナナ, さて柏軒と倶, さて柳丹永のこと, さて柳河の虚弱, さて柴刈鎌の柄, さて柴田勝家陣所の夜来, さて柿丘秋郎が恩人, さて之丞さん, さて株式会社中村屋は資本金十五万円, さて格別のこと, さて格式ばった双方からの挨拶, さて桃太郎の話, さて桃木製の人形, さて桐渡ガラドウが今更, さて桔梗色や, さての枝, さての花, さて棄てるには惜しい, さての中, さて椋島技師ののぞい, さて植えるとなる, さて検察官のマーティンさん, さて検挙して, さて楊雄の人物, さてはその, さて楠公像はこの, さてである, さてまつたと, さて極めて端的に, さて極度に神経, さて楽しみにした, さて楽天地の二カ月以後, さて楽屋風景であるが, さて楽手の修行, さて概念が成立, さて榛軒先生がわたくし, さて構内へはいっ, さてよりも短い, さて槍沢の小舎, さて様々な品物, さて樂器に使つた跡, さて模写ということ, さて模型をつくる, さて横光君の死後, さて横浜に着く, さて横濱の何處, さて樹叢に身, さて橋本幸三郎は霊岸島, さて機密書類がぬすまれ, さて機械人間は大急ぎ, さて機織の部屋, さて櫟椎茸だが, さて權六という米搗, さて次の間へ通った, さて次年また子, さて次日の夕暮, さて次第に夜も, さて欧州封建時代の領主, さて欧米に於, さて欲しいとなる, さて歌人だが, さて歌舞伎育ちの粋, さてきつ, さて正しき美への, さて正味の確実, さて正岡子規君とは元, さて正式の取調, さて正成の方, さて正月はこれから, さて正月八日は穀, さて此いはひご, さて此すさのをの命, さて此の度のお, さて此の方法の概念, さて此んな有, さて此ヘロルド新聞も従来他, さて此一首は昼, さて此世辞屋は角店, さて此中に入った, さて此哥の初句, さて此家を立ち, さて此対話の跡, さて此年八月十七日に霞亭, さて此度都へと一家揃つて, さて此後は如何, さて此御時みちのく越後の蝦夷ら, さて此方は一七, さて此方衆知つての通り, さて此暁の一字, さて此様に竿頭, さて此機会に供物, さて此次は何, さて此男はなぜ, さて此研究と云, さて此神人団は時として, さて此神名世に和計伊加豆知, さて此編輯が終, さて此義を語る, さて此話も案外, さて此革新機運は一面, さて此類の柱, さて武士道もすたれた, さて武帝は諸, さて歩き出して見る, さて歩き疲れにがっかり, さて歩みゆく間ひとり, さて歳月は流れ, さて歳月流るる如く米原氏, さて歴史上の啓蒙期的啓蒙, さて歴史概念と社会概念, さて歸つて差向ひ, さて歸らうといふところ, さての本質, さて死すれば妻子, さて死にたる鼠の, さて死んだら何うなる, さて死人の身元, さて死体はどう, さて死神にでもとりつかれた, さて歿する時樸忠, さて残された仕事は, さて残つたのを捨てる, さて残念なる事, さて残暑お熱い, さて段々時がたつ, さて段々船の進む, さて殺しては相, さて殺したのは, さて殺人についてわたしたち, さて殺人事件から十日, さて殿下が何, さて殿様には, さて殿様ご覧なせえ, さて殿軍が着く, さて母君は疾, さて母子の旅, さて母御の上, さて毎度弾ずるごと, さて毎度口の酸っぱく, さて毎日の新聞原稿, さて比良野貞固小野富穀, さて比較的上層では, さて毛皮のぼうし, さて毛織物製造業者帽子製造業者及びその他すべて, さて毛越寺では運慶, さて毫釐も徴求, さて民主国と共産国, さて民族の接触, さて民藝の美, さて民藝協会員一同が滞, さて民衆的工藝と貴族的工藝, さて気づよい親御どので, さて気の毒した, さて気分が出ない, さて気持を落ちつける, さて気絶した幸子, さてがつい, さて氣障な下郎, さて水戸まで行っ, さて水無月の灯, さて水蒸気が凝縮, さて水行といっ, さて水野仙子年譜によるとお, さて水銀石英灯は通常病気, さて水雷長所持の海図, さて水音に驚い, さて氷湖上へ出, さて永代橋以南の深川寄り, さて永遠が時, さて汚辱羞恥とはと改めて, さて汝ゆたかなる恩惠, さて汝女人よ小賢しき, さて汝達が敬, さて江戸芸者の濫觴, さてめいて, さて決まったように, さて決定論も不, さてに漕ぎ出し, さて沢山の支那人, さて沢山成事なりと云, さて河内介は, さて河内山の墓標, さて治らぬのは, さて治療となる, さて法師丸は今一度鼻, さて法水は散り敷かれ, さて法水君僕の心像鏡的証明法, さて法王政府の組織, さて波斯人はどう, さて泣き虫蛾次郎すこし気どっ, さて泥棒かと女中さん, さて泥棒達は風呂敷, さて注意すべきは, さて泰助が東京, さて泰平郷も建設以来, さて洒落と典雅, さて洗濯ものを乾し, さて洛中洛外の非人乞食, さて洞窟の前, さて津右衛門の二十一周忌, さて津和野の人, さて津村と村井, さて活動としての觀想, さて流れに出, さて浅ましい限りでは, さて浅慮千万な, さて浅草橋最寄, さて浜主が恋, さて浪漫派の時代思潮, さて浮世は油断, さて浮気といふもの, さて海底に何事, さて海底戰鬪艇が敵艦, さて海王が視, さて海老塚さんそれからあなた, さて消えやらぬ間の, さて消すとそれぎりほとぼりというものがない, さて涌井君君はニーチェ, さてに起ち, さて淨書して, さて深く息し, さて清君の容態, さて清水長左衛門宗治は毛利無二, さて渋茶をくん, さて渡し舟はつなぎ, さて渡つて河中に到りました, さて渡航の準備, さて温泉に来, さて温泉宿に帰, さて温泉駅へ下車, さて測られないもので, さて測定にとりかかる, さて游竜の歿年, さて渾良夫の如き, さて湖面に甚だ, さて湯漬には何, さて満月さんをお, さて満腹した私, さて満蒙事件についてはこの, さて源之助が大阪, さて源助孝助誠に相, さて源吾は謁見, さて源次郎は皆, さて溜塗の長い, さて溜息を洩らしました, さてというもの, さて滝人の心中, さて滝太郎がその, さて滝野川界隈には江戸伝来, さて滞留一周年の実地見学, さてはある, さて演出の問題, さて演技が殺し場, さて漕ぎいだすわが舟, さて漕ぎ出すわが舟, さて濡手を拭かう, さて濡須城に帰る, さて瀧川一益の家臣, さて瀬戸内海から河内和泉, さて火勢はさらに, さて火星人はどんな, さて火災の節, さて炭団埋めたる火鉢, さて点直線平面等の要素, さて為家薨去の建治元年, さて為政篇は政治, さて為朝は一日, さて烏帽子直垂の祭主, さて烏摩后首なき子, さて無事であったは, さて無人の陳列室, さて無心なもの気楽, さて無意味なしかも, さて無理ならぬ望み, さて無産者は彼ら, さて無産者的基礎経験の構造, さて無産者的基礎經驗の構造, さて無用の用, さて無罪になった, さて無能ぞろいですから, さて焼けたる諸社, さて煖炉から這, さて煙草入が落ち, さて煩悩の塀, さて煽るほどにける, さて熔巌帯まで来る, さてがさがっ, さて熱い珈琲を, さて熱心に解決, さて燈火のもと, さて燐寸を取出す, さて燕女の身輕さ, さて爺さん私に用事, さて爺卯木はどんな, さて雅の, さて片隅に帯, さて牝鶏めはと下, さて牡丹ぬし, さて牧者のいふ, さて物事はそう, さて物理学に於, さて物理的幾何学はヘルムホルツ自身, さて物見高い銀座の, さて物語作者酋長の番, さて特殊の内容, さて牽引による運動, さて犠牲になった, さて犬族一統の中, さて犬殺しが犬潜り, さて犯した以上は, さて犯行の実際, さて狂六が目下, さて狐惑狐憑きの説明, さて狙い場所だ, さて独り碁の話, さて狭いのであった, さてく続け, さて猟夫が雪, さて猫ちゃんはピアノ, さて猫吉は大, さてはよく, さて太人に, さて猿爺さんの猿, さて猿田彦が指, さて猿臂を伸ばし, さて獅子吼をなし, さて玉太郎はどう, さて玉陵は首里, さて玉類の中, さて王さまとお, さて王侯になっ, さて王女を百年, さて王妃はいったい, さて王子はその, さて王子さまは美しい, さて王様はこの, さて王様わたくしはあなた, さてな事, さて珍しき一通何処が, さて現に存在し, さて現今世界の大勢, さて現在アイヌ生活においては陸上, さて現在日本に於, さて現在由子のこと, さて現存の馬属, さて現実的な方, さて球賭盤の象牙玉, さて理性を験, さて理論も一つ, さて環境の変化, さてがずらりと, さて甚だ馬鹿馬鹿しい事, さて甚内お前の足もと, さて生きるとはいつも, さて生まれた男児名は, さて生命概念のこの, さて生物の身体, さて生物学的の見方, さて生理学総論に於, さて生理的の変化, さて生薑のこと, さて産み出した子孫だ, さて産土の神様, さて用件というの, さて用意が出来る, さて田圃道を独り, さて田辺定雄が鮮満地方, さて甲州へ行っ, さて申されるには, さて申し上げたとおり夜番の, さて申すまでもなく, さて男ども上陸して, さて男釣り人どもに礼, さて画面にそれから, さて留守中には両, さての向う, さて番付を取り上げ, さて當時の幕閣, さて疑問として残る, さての由, さて病気をなおす, さて病院に着いた, さて痛ましい悲嘆の, さて痩せて非力, さて療治となる, さて発掘の結果, さて発行認許がいよ, さて登って見る, さて登ったはいい, さて登り切って見る, さて登り詰めたかと思ふ, さて登美はこの, さての毛皮, さて白旗弓之助様昨夜はどういう, さて白虎太郎お前に命令, さて白雪姫はながいながい, さて百千の段, さて百姓弥之助はいつも, さて百姓鹽原角右衞門という人, さて百年は夢, さて皆々様これよりお, さて皆さまはどちら, さて皆さんここに南十字星, さて皆さん不幸にし, さて皆さん今も申した, さて皆さん俊夫君はいかに, さて皆んな縛ったの, さて皆んな聽いて, さて皆んな集まつたこと, さて皆様今夕は御, さて皮肉なもの, さての雨, さて盗んだものの粂太郎め俺, さて盗人をやめ, さて盗賊の何者, さて盗難事件から二月, さて盛饗は一とわ, さて目ざめてから用, さて目前の大剛, さて目見を畢, さて直ちにおうかが, さて相好をかえ, さて相川は孝助, さて相川孝助は宇都宮池上町, さて相生町へ来る, さて真っ先に玄関, さて真剣と実戦, さて真実な認識, さて真珠のこと, さて真理性の獲得, さて真理概念に就い, さて真相は, さて真砂町一丁目までくる, さて真面目な声, さて眠っている, さて眠つたとなる, さて眠られても眠られなく, さて眠り得べくもない, さて眠れなくなりアダリンを, さて眼先の見えぬ, さて眼前現実にその, さてている, さて着いてはおらぬ, さて着付けはあと, さて着換えを始める, さて着物はどう, さて着眼点を更, さて着陸場には軍報道部, さて睡ろうとはした, さて瞻めたもの, さて矢立峠を踰, さて知らじさきの, さて知能の抽象的, さて知識の社会学, さての千体, さて石井翁は煙草一本, さて石膏像が持ちこまれた, さて石蒜即ち彼岸花, さて砂山に登る, さて研究所内部の事情, さてが英軍, さて笠子は, さて碧山の父忠琢, さて確信は無い, さてで記事, さて社会本能が次第に, さて社会的富及びそれ, さて社會へ出, さて祖母の話, さて祖父は運送, さて祝宴がはじまった, さて祝言となる, さて神主さんは神前, さて神体等を社殿, さて神意を承る, さて神林再び長, さて神楽坂で下り, さて神田川は上, さて神田氏はシャワー, さて神社崇敬云々と言いおる, さて祭りが済め, さてを犯し, さて禁酒を破る, さて福子に, さて福島へやって来た, さて秀郷竜王を助けた, さて私ごとにばかり亙ります, さて私共にとって実に, さて私及私の妻, さて私自身であるが, さて私達はもう一度, さて秋山要介, さて秋成自身ふり返つて, さて秋祭りが同時に, さて科学的精神に於ける, さて科学的認識に於, さて科学者は暗い, さて秘巻はお, さて秘書官とも相成れ, さて租税によって要求, さて秩父たち二人は, さて移動演劇の話, さて稀有なお, さて稔ると斯様, さてを蒔き, さて種あかしがおわります, さて稲田大炊助にも青山新七, さて稲葉の未亡人, さて稻垣小三郎は図らず, さて稽古が積ん, さてが出来ました, さて空中にとびあがっ, さて空氣は若し, さて空腹にはなった, さて空間自体と今, さて空闥に案内, さて穿き心の, さて突きつめた所に, さて窓口まで来る, さて窩人は葉, さて上った娘, さて立たしむるに, さて立ちながら一服, さて立ちどころにその反撥, さて立ちどまって考え込んだ, さて立ち上がってみる, さて立ち上がった平手造酒は, さて立ち上ってみたら, さて立ち上ったので台所, さて立ち上つてみます, さて立ち上らうともしなかつた, さて立ち上るとよろける, さて立ツてゐ, さて立上って舞おう, さて立場を完全無欠, さて立川からは多摩川, さて立膝の細筆, さて立退いて貰いましょ, さてに生まるる, さて竜蠅とは何, さてを成す, さてを何, さて竹刀を取っ, さて竹見は一体どう, さてひ出すわけ, さて笑いのこの, さてを仰い, さて笠置がそれ, さて笠置山へ着きます, さては, さて筑前どのがいわれる, さてへる術, さて答えるには自分, さて答案ですが, さて管輅は卦, さて管轄警察署の司法主任其他, さてのふた, さてのさき, さて篤と実否を, さて簡単に申せ, さて籠城軍も寄手, さてはどう, さて米友様永の旅立ち, さて米軍側がいつ, さて精神を存在, さて精進日の羅馬, さて糸子は帆村, さて紀元よりの課題, さて紅葉なんてもの, さて紋太郎は出かけた, さて納屋方では兩夫人, さてならびに私, さては石, さて紙帳くくり枕, さて素人にし, さて素子は伯爵, さて紫紺染が東京, さてに分割, さて細君に臂, さてには白, さて終つてのち宿所へ戻つ, さて組みつかれた正三君も, さて組合の禿頭, さて経蔵を見よ, さて結びていふ, さて結婚披露の方, さて結論を急がなけれ, さて絵具入の箪笥, さて絵姿に掛けられた, さて絵師というもの, さての糸, さて続いて健ちゃん, さて続いた絵な, さて綱利の到着, さて網走りまで出発, さて緊那羅も本馬芸, さて総員が集合, さて総督一行が来た, さて線路が一筋, さて線路上へ来, さて編輯の体裁, さて練習はいふまでもなく, さて無き衆生, さてです, さて縛るべき何物も, さて繃帯を取り終る, さて繰り返して見, さて置き出でずばなるまい, さて置き飛んで来, さて置くとして鵜飼邦太郎, さて署長の訊問振り, さて署長さんは縛られ, さて羅摩王久しぶりで恋女房, さてい夢一つ, さて美しい妓が, さて美代子の陳述, さて美姫が恋人, さて義父よりかくかく, さて義経に関しては, さて義貞が尊氏, さて羽柴氏が越後, さて翌々日の夕方, さて翌年二月十九日になつて, さて翌日出棺の時間, さて翌日吉蔵に暇, さて翌日実地検分に出掛けました, さて翌日狐光老はまた, さて翌日野呂ははやばや, さて翌晩から海老団治, さて翌朝目が覚めた, さて習いも習うた, さて老人はその, さて老朽せずに, さて考えたのは, さて考えれば此, さて考え初めた, さて考え考え足し足しして, さて考へてみる, さてを澄ませた, さて聖パトリツクの伝, さて聖像の前, さて聖天下の今戸橋, さて聞いて居る, さて聞かっしゃい私は, さて聞かつしやい, さて聞きしに優る, さて聞きますれば, さて聞くといや, さて聞けば堂裏, さてにおさまっ, さて聴衆に紹介, さて肌着がからだ, さて肝心要のお, さて肝臓硬変症, さて肝要は元祖以下代々, さてをすえ, さて能呂にかう, さて脇道に入っ, さて脱獄しても, さてに落ちない, さては立つ, さて腕力でおどしつけ, さて腰かけようとした, さても張っ, さてに手, さてだが, さて臍下丹田に力, さて答を, さて自らどちらへ行っ, さて自分一個の生命, さて自分自身にお前, さて自己の感情, さて自席に戻る, さて自慢をした, さて自殺の方法, さて自然主義は遠慮なく, さて自然科学者としてのカント, さて自爆しようという, さて自由の風, さて至極古風な, さて舎弟はいよいよ, さて舞台上に於ける, さて舞台人として活躍, さて舞台監督の談義, さて舞台稽古の日, さて舞踏が再び, さて舟子は既, さて船長代理だから, さて色々な難儀, さて色氣拔きと, さて芝居はちんこ芝居, さて芥川賞の諸, さての問題, さて花嫁は花聟, さて花嫁さんは無理, さて花月もハネ, さて花火のあがる, さて花茣蓙の敷い, さて花道へかかっ, さて芳ばしく鳴り響く子供ごころ, さて芸者の詞, さて芸術一般がそう, さて芸術家には人, さての字ダガこれ, さて殿様は, さて若き力ある, さて若党にかつがせた, さて若衆のいでたち, さて英国が葡萄酒製造, さて英研ね九月十日, さて茂太郎もやや, さて茶番が原, さて草原に腰, さて草臥れば別荘, さて荒尾に向, さて荷物運搬の便, さて莞爾微笑して, さて菓子職人を雇, さて菜の花月夜だ, さて萩原は便所, さて萩原新三郎は山本志丈, さて萩原氏今日君のお, さて萬助どん外の訳, さて萬金尚ほ, さて落した槍を, さて落ちついて考え, さて落ちつき払って, さて落ち着きはらって, さて之助, さて葬いのあった, さて葬儀は型, さて葬式もすませ, さて蒲団の下, さて蓄音機の話, さて蔑視ごとく問, さて之助, さて蕗屋は十分注意, さて薄暗い卜机に対して, さて藤井先生がはじめて, さて藤村氏の方, さて藤枝のやす子, さて藤陰の通称, さて藪蚊は刺す, さて蘇我氏の権力, さて蘇芳染の手綱, さて蘭亭さんは大変技巧的, さて蘭軒の, さても獅, さて虎狩の話, さて虚偽な或, さて虚空を飛ん, さて蛇状蜥蜴はすべて三種, さて蜂矢十六はこの, さて蜂矢探偵のきょう, さて蜂蜜ではさんざん, さて蜘蛛はとけ, さて蟻共はその, さてがどうしてこんなに, さて血潮にまみれたる, さて血走った眼付を, さて血走つた眼付を, さて血迷ったかこの, さて衆人に向, さて衆神の書記, さて行うとなる, さて行き着いてみる, さて行き着くと相手, さて行けども行け, さて行列が始まる, さて行列虫が遠い, さて行悩んで侘し, さて行義よくては, さての方角, さて街燈のある, さて街頭に立っ, さてを着せ, さてに出, さて表座敷の神棚, さて被るものを, さてを穿いた, さて裁判官がエス, さて裁判長の訊問, さて裏山をひとまわり, さて裏庭へ行っ, さて裏縁へ来, さて裏門から出, さて裸体のまま, さて製品そのものの精度, さて製紙の原料, さて褒美に賜, さて西インドの最も, さて西北の方, さて西村敬吉は心持, さて西洋の詩, さて西班牙犬は再び, さてむと母の, さて見えがくれ, さて見えないか, さて見まわす所坂東十州の, さて見れば鼠縮緬, さて見世物はあきません, さて見付け出した蟷螂君の, さて見合いということ, さて見廻すと居廻, さて見縊つたやうに, さて見附は山下見附, さて覚束のうて, さて親子眷族慌てふためいて, さて親愛なる読者諸子, さて親戚たちを集めた, さて親方を見殺し, さて観ずれば何, さて観自在菩薩が般若, さて覺後空をいかなる, さて觀念的存在者は純, さて解らない事ばかり, さて解釈し来った四句, さて言いけるは人, さて言霊のさき, さて討論ということ, さて訓練にかかった, さて記すべき事とは, さて記紀の記載, さて試みにその, さて試験にも通っ, さて試驗の結果, さて詩集を出版, さて詮術もあらざれ, さて詰らなさそうに, さて話そうとなる, さて話そうではない, さて話頭を転じ, さてかに人間, さて語りあう友人は, さて語り続くるやう, さて誤謬は誤謬, さて説いて曰く, さて説明して, さて説法所の前, さて説経には三つ, さて読みかかったが絹ハンカチ, さて読みつくらとなる, さて読み終ってわたしたち, さて読後ふりかへつ, さて読書のこと, さて読者の中, さて読者諸君みなさんも一つ, さて読者諸君以上は物語, さて読者諸君作者はここ, さて読者諸君北村青年はいったい, さて読者諸君探偵小説というもの, さて誰一人として席, さて誰袖の折檻, さて調和的等能系に於, さて調法千万な, さていようだが, さて論理の動機, さて論証的学問性を追求, さて論語からとられた, さて諸君今の私, さて諸君今夕はわざわざ, さて諸君今日は中央執行委員, さて諸君私は今日, さて諸国のこと, さてをめぐらそう, さて講釈の事, さて謠曲の題材, さて警固の眼, さて警察医の観察, さて警戒のしよう, さて議定参与の中, さて議長は誰, さて護衞の士兵, さて谷中の堤内, さて谷本博士は, さてはずんずん, さての代り, さて象徴というこの, さて象徴性の最も, さて象徴詩がどう, さて豪いもの国の, さて貝原先生の, さてはれのびあがり見ゆ, さて負け嫌いの江戸ッ児同士, さて財布の底, さて責むな高きに, さて郎親愛なる, さて貴公の坊主頭, さて貴君はどう, さて貴女に頼みたい, さてはない, さて買うとなる, さて買ってみる, さて本屋に, さて資料選択の標準, さて資本主義社会も社会主義社会, さて賢くはならない, さて質入するやう, さて賭場の在所, さて赤三角研究団ではこの, さて赤坂の方, さて赤耀館を明るく, さて赤耀館主人は語る, さて走つてゆく, さて走らせるとなる, さて走り人でご, さて起きて何, さて起きようかなと思い, さて起き上ってシャニムニ, さて越されずに越されず, さて足尾銅山とは如何なる, さて足掛け四年ばかりもそば, さて足跡であるが, さて足駄を引摺つて, さての詞, さて跡部は瀬田, さて路上そいつへ近づい, さて路地の一番奧, さて路角の彼, さて踏み出して行く, さて踏み込んでみる, さてとなった, さて車内の乗客, さて車夫の峯松, さて車麩の行方, さて軍勢を催促, さてを並べた, さて転げ落ちても早く, さて転向の角度, さて歩し, さて軽々と私を, さて輕氣球に乘つて, さて輝き出でるや諸君, さてから降り, さては道, さて轎丁を呼ん, さて辛うじて半身起上った, さて農村中間層乃至中農層, さてに向っ, さて迎えの車, さて迎春館のはっきり, さて近い時代に, さて近ごろの学説, さて近づいて見る, さて近付いてみる, さて近代性は二科, さて近代的交通機関とその, さて近寄って見る, さて近所に引越そば, さて近時倉敷市に建てられた, さて近江路の合戦, さて近衛内閣は四月十九日, さて返して欲しい, さて迷信は運命, さて追って出来上がりまする寺院, さて追分の宿, さて追込みだ, さて退いて独り, さて退出するとき, さて退屈に思う, さて退屈屋の皆さん, さてつて長谷寺に, さて送られる人は, さて送るべき言葉の, さて送信をやっ, さて逃ぐる者は逃ぐる, さて逃げるのに, さて逃げ足のきれいさ, さて途中どこで夜, さて途方にくれた, さて這入りますそれからそこで御, さて這入る気が, さて這奴のこと, さて通されて密談, さて通ると又, さて通口に組違, さて通禧らは当惑, さて速記を前, さて造作もない, さて造顔致しますに, さて逢つて見ると, さて逢つて顏を見る, さて連れ立ちて其人, さて進むことが, さて進展の過程, さて逸見家へ乱入, さて逸見重雄君の奥様, さて遁世はなかなか, さて遊ぼうとする, さて遊歴の途, さて運転手は小首, さて運送店の事, さて過ぎぬる世の, さて過去において変化, さて無殿, さて道中いろいろ面白い, さて道元はいう, さて道具無しの一本, さて道庵の身, さて道庵先生がよせ, さて道徳や宗教, さて道阿弥は松雪院, さて遠くからも近く, さて遠く夢想の国, さて遠国のこと, さて遠藤が死ん, さて遠野の町, さて遠隔作用は斥力, さて適当な場所, さて遭難して, さて選手達は本, さて選集のこの, さて遺憾ながらこの, さて避難しようとして, さて還元が優越, さて那覇へ歸つて遲, さて邸内の検分, さて部分部分になる, さて部屋じゅうどこにも窓ぎわ, さて郵便物の配布, さてするに, さて配置をどう, さて酒盛がいよいよ, さてを為す, さて酔いどれ騒ぎが一段落, さて酔っ払ってしまう, さて酔漢は山鳥, さて醉ぱらひの事を何ん, さて采女正を以て申し渡された, さて重い登山靴を, さて重太郎は三枝子, さてに出で, さて野人の女, さて野原には黒檀, さて野添と呼ばれた, さて野猪が豪い, さて野郎どもご機嫌, さて見の, さて金吾これで手順, さて金屬の中, さて金庫を背, さて金色堂いわゆる光堂, さて金銀が欲しい, さて針金に取り出す, さて釣り床ならぬ黒ビロード, さて釣竿買はで帰りしかと云, さてな女中, さて鈍物という者, さて鈴村博志はさ, さて鉄棒やマサカリ, さてはいつ, さて銀側の懷中時計, さて銀座あたりへ出る, さて銀糸の紋, さて銘々の家, さて錠前を脱し, さての爪, さて鍋蓋を取払っ, さて鍋類の洗い, さてだが, さて鎧戸と窓掛, さて鏡縁御欄間, さて鏡葉之助, さて鏡面のわが, さて鐚儀今日の推参, さてを鳴らし, さてで揉む, さてを取っ, さて長き磯の, さて長次は一度, さて長火鉢の前, さて長者に向い, さて長談義をこの, さて門口に立っ, さて閉ぢようとして気づいた, さて開化とは何者, さて開帳が終つて, さて開票の結果, さて閑話休題集まるもの, さてが抜ける, さて間もなく下降の, さての字, さて闘牛場ではこうして, さて阿仏の訴訟, さて阿波へ入り込んだ, さて降りたらば何, さて降る雨に, さて陣鉦や太鼓, さて陳宮の顔, さて陽暦の三月四日, さてから隅, さて隆景等が退いた, さて随縁と申す, さて障子を開け, さて隠亡にし, さて隠士の姓名, さて隠居すれば, さて隣組のほとんど, さて雌の, さて集団心の概念, さて雌鳩らは谷間, さて雑誌が店頭, さて雛壇には内裏雛, さて雛形を拵え, さて離屋へ忍び込んだ, さての無い, さて難儀な中, さて難物が現われました, さて難行苦行のすえ, さて雪そなたあそこ, さて雪国の山家, さて雪子あまり長く引留め申し, さて雪子ちゃんの縁談, さて雪眼鏡を外, さて雲さんや, さて零れ落ちて一歩, さて電光輝く桜, さて霊岸島から深川, さて霊感に対処, さて霊魂が母体, さて霊魂不滅論をだんだん, さてからずっと, さて霞亭が再び, さての季節, さてした腕, さてひげ, さて青山喬介が雄太郎君, さて青年がいつも, さて静也は自殺, さて非情有情こもごもに, さて面白いような, さて革命以前のフランス, さての中, さてのしなくなった, さて音訪るる格子戸, さてを伏せ, さて順序として現在われわれ, さて順慶は此, さて須彌壇の上, さて須田町で乗換え, さて頑張り通した揚句, さて頭髪には種類, さて頸巻を解く, さて頼みにならぬ, さてだが, さてになった, さて顎十郎はそういう, さて顕著なる性質, さて顧みれば四辺, さてへを帯びた, さてはになつ, さてはどこ, さて風ふかばいかで, さて風俗時評其他風俗に関する言説, さて風呂敷の中, さて風邪のこと, さて風采のくすむだ, さて風間氏はこの, さて飛ばそうとした, さて飛ぶ段に, さて飛衛の矢, さて飛衞の矢, さて飛騨から信州側, さてって考え, さてを供, さて食える寿司と, さて食ひもの, さて食べ方に, さて食べすぎることは, さて食べる前に, さて食べ終わってみる, さて食国をまつる, さて飯山の消息, さて飯島平左衞門, さて飯島平太郎様はお年二十二, さて飲まうとしてる, さて飲もうとして汀, さて飲食しおわったら汝杖, さてのよう, さて飼主が互いに, さて飾るべき何物も, さて飾窓に映る, さて養生のこと, さて餓鬼阿弥の場合, さて饂飩屋では門附, さて首里という所, さて香奠はと気がつい, さて香港に着きました, さて馬宿に支払, さて馬市の当日, さて馬超とその, さて馬鈴薯そのものの形状, さて馭者のセリファン, さて駅前の宿屋, さて足に, さて駈けあがろうとはあせる, さてとやら申す, さて駒形堂から後, さて駕籠屋たちはあの, さて騎西家の人達, さて騒ぐまい今がは, さても見えず, さて驚いたことは, さて驚き入つたる理窟的の, さて髀肉の嘆, さて臺に, さて高い声では, さて高山雪上に映る, さて高次的實在者として説かれる, さて高氏が礼, さて高萩の, さて高遠へ着い, さて高麗蔵とてどう, さての儀, さて魂送りの夕べ, さての国, さて魔法博士にはじめ, さてと貝, さて魚則の今回, さて魯鈍な頭, さて鮎川でクジラ, さてじゃがの, さての一類, さて鮮やかに舞った, さてはとにかく, さて鯉坂君の, さては一体, さて鳥居をくぐっ, さて鳩らそを我が, さて鳰鳥と百地三太夫, さて鳳翔府と杭州府, さて鳴くか, さて鴨緑江をわたり, さて鶏雛を殺し, さてが些休息, さて鶴左衛門という真打どころ, さて鷲尾老人がこの, さて鷲郎この牛殿, さて鹿島大神宮の一年, さて鹿舞と獅子舞, さて麻布の家, さて黄色い森を, さて黄金丸には金, さての上衣, さて黒川孝藏は酔払っ, さて黒田氏が現場, さて黙して読む, さて黙って引退, さて黙祷を終え, さてより猫, さて鼠族一夜の働き, さて鼻柱の上, さて龍太郎がなにゆえ, さて龍麿の挙げました, さて龜さんの番, さてVILLON