青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こむ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ことば~ ~こない こない~ この~ このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こぼし~ こぼれ~
こむ~
~こめ こめ~ ~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ ころ~

「こむ~」 1244, 12ppm, 9378位

▼ こむよう~ (169, 13.6%)

22 にし 6 にした, になった 3 なこと, な恰好, な気, になっ 2 なもの, な顔, な風, に, にしました, に妻, に扉, に飛ん

1 [107件] であった, な, なするどい, なへま, なバラック建, な佗, な具合, な圧力, な声, な姿, な寒い, な廻り, な怖, な拷問, な横道, な気分, な気持, な灯, な眼, な砂道, な聲, な語気, な調子, な醜状, な金持趣味, な頭痛, にいった, にいわゆる, にうつむい, にお, にお母さん, にかがみこん, にかくした, にがぶがぶ, にこみ上げ, にさあ, にさがろう, にしむけた, にしよう, にじっと, にする, にすわった, にそう, にたてつづけ, にでき, になか, にはいっ, にはいった, にぼかされ, にもいちど, にゆるゆる, にアイリス, にアリシア区, にウイスキー, にヒメ, に一試問, に一語, に両, に乳, に云った, に人, に入っ, に冷たかっ, に召しあがる, に吹かし, に吹き鳴らす, に囲い, に坐る, に夢, に大竜出版, に大阪駅, に実に, に山腹, に左, に左右太, に左膳二人, に心がける, に思えた, に思える, に感じ, に戻る, に所長室, に教育, に早く, に枝, に決められ, に注い, に消え, に白雲, に眺め, に睡, に石室, に竦ん, に耳, に聞こえ, に見やり, に覚えられた, に親方, に訊いた, に貂蝉, に鍵, に門, に隠れ, に額, に駆け, に駕籠, に黙りこん

▼ こむ~ (161, 12.9%)

3 すぐに, 見せて 2 こんどは, 床の, 彼は, 早速この

1 [147件] あの意気地, いう, いちはやくその, いつからか, おろしたブラインド, お甲, かならず後, ことさら哀れ, しきりにひろ子, すぐ知らせ, そこに, そこには, そこらに, そのとき, そのまま家, その切株, その手頃, その日, それには, それより, それを, ぞんぶんに, ぢや, てんじょうの, なかに子ガニ, ながしもと, なにを, なるほど蠅, ぬるりと, のろのろした, はんぶん寝入った, ひとか, ふたりの, ふたを, ふところから, ふりかえりざま, またし, まるで氷, もうたまらなく, もう何事, やがてその, やっと萩乃, ゆっくりサロン, われわれの, オレは, オーカミイナリが, ガタガタと, ソーンダイクは, ブロズキーは, 一同は, 一団に, 一緒に, 一袋の, 二度は, 二階の, 人の, 代りに, 伊兵衛は, 会計役を, 信長は, 先方では, 入れか, 凜乎として, 前の, 剛情に, 劉表からも, 同じよう, 同じ手合, 同時に佐久間玄蕃允, 同時に若い, 告げたる姉, 唯じゃ, 嚇されたこと, 坊主に, 外套の, 太刀川青年に, 女の, 女は, 女中が, 妙な, 妻の, 始めて晴々, 宜しかったでしょう, 将棋盤が, 少佐は, 居酒屋を, 屋敷を, 帽子を, 平中は, 幾らか平ら, 広縁から, 床に, 彼の, 彼を, 彼女の, 御首級, 思ひ給, 思ふと, 急に, 揚げ板, 昼間見れ, 本質を, 机の, 果しなく, 棕櫚の, 機械人間工場から, 正造の, 武蔵は, 母親が, 沈んだ顔, 渡瀬は, 父は, 眠るつもり, 禍なる, 突然大声, 立ちあがった, 立って, 総軍堤, 肉が, 肉の, 肋骨に, 自分は, 花井が, 茶碗の, 草履を, 荷梯子が, 萬能を, 葉子も, 薄暗い船底, 言っても, 言ふ, 車は, 逆いも, 遊廓へ, 部屋の, 金井は, 金包を, 金博士を, 釘勘は, 鋲の, 長い渡廊, 間もなくやって来た, 雑魚の, 風の, 食事の, 魚が, 黄色くキラキラ

▼ こむ~ (152, 12.2%)

13 だ, である 11 であった 4 です 3 が好き, さ, だが, でした, を見, を見た 2 か, が彼, だった, は, は残念

1 [83件] かわかりません, か一人一人, がみえる, が一ばん, が半, が大, が当然, が愉しく, が早い, が普通, が苦痛, が貴公, が通常, が間違, じゃ, だから, だったが, だつた, だと, だという, だよ, だらうかとも, であったが, でありました, であるから, であろうと, でございますよ, でなければ, とごまかし, と一万円, と同じ, にこれから, にまかせ, にも気づかず, に大, に懸命, に気がついた, に都合, に震え, に非常, ねそこで, はどうも甚だ, はむしろ, はタカツカサ和子さん, はムリ, は今, は何, は俺, は卑怯, は女, は容易, は当然, は才蔵, は気心, は滑稽, は結局, は馬鹿気, もよく, も一つ, も不用心, も忘れ, も手掛り, も早い, も考えもの, も間違, をその, をだれ, をほしい, をむこう, を二人, を僕, を待ち受けた, を待っ, を意識, を止し, を目, を眺め, を見届けました, を覚えた, を認めました, を遠慮, 一手だ, 惡癖あり

▼ こむこと~ (134, 10.8%)

8 ができた 6 が出来た, になっ 5 ができる 4 になった 3 が出来る, にした, になる 2 になりました, に成功, のできた, は勿論, もあった

1 [86件] お楽, があった, があつ, がある, ができ, ができたら, ができるでしょう, ができるなら, ができれ, が不自然, が今, が出, が出来, が出来さうだ, が出来ません, が出来るだろう, が可能, が嬉しい, が必ずしも, が既に, が止まなかったなら, こそ菩薩, こそ詩人, こむこと, しか知りやし, じゃよ, すら有り得ない, だ, だけ食, だけ食い止める, だってある, だろうおまえ, だろうな, だろうよ, であった, であって, であろうと, でしょう, で震災, ないの, なん, なんかどうせ, にきめた, にし, にしよう, にすぎなかった, になったらしい, になります, になるだろう, になるでしょう, によって見事, によつて, に夜, に急, に決めた, に相場, に近づいた, のできない, はいらなかろう, はできなかった, はできなかつた, はできやしない, はなく, はわけ, は容易, は御免, もある, もあるです, もあるべし, もできない, もでけん, もなかろう, もよく, も出来た, も容易, をしない, を命じた, を境, を始めた, を専門, を忘れない, を忘れなかった, を忘れなかつた, を知りぬいた, を考へ, を証明

▼ こむやう~ (28, 2.3%)

6 にし 3 にな

1 [19件] であつ, なこの, なもの, な一途, な単純さ, な形, な悲し, な春, な気, な親しい, な調子, な陶酔, に一語づゝ, に上着, に展ら, に握つた, に相手, に眺め, に空想

▼ こむ~ (22, 1.8%)

83 だよ, ですもの 2 です 1 じゃ, ださあ, だと, ですかね, ですから, ですからなあ

▼ こむという~ (18, 1.4%)

2 ことが

1 [16件] ことは, ことを, たった一つ, ところは, わけには, 不利も, 冷凍人間製造器械は, 字が, 工合だった, 意外な, 母として, 狂的な, 着想は, 策略的で, 言訳が, 騒ぎを

▼ こむので~ (13, 1.0%)

7 あつた 1 その沼水, ひどく混雑, 二人は, 僕は, 肉の, 身の

▼ こむつもり~ (12, 1.0%)

1 [12件] かも知れない, さ, だ, だったらしい, だろう, でした, でしょうか, で息せききって, で新宿駅, で駈け出し, なの, よとのダリア嬢

▼ こむため~ (11, 0.9%)

1 [11件] ならフォーム, に, にあらゆる, にこしらえた, にはあまりに, に十日, に彼女たち, に御殿, に生きた, に盗んだ, の五寸釘

▼ こむところ~ (11, 0.9%)

1 [11件] があつ, だった, であった, である, とその, など感心, なん, に水門, はない, を小説, を見

▼ こむなり~ (11, 0.9%)

1 [11件] そこへ, それとも爆撃, もう嫌味たっぷり, ナプキンで, 何か, 医者と, 彼は, 忘れて, 自分で, 荷を, 藁束の

▼ こむほど~ (11, 0.9%)

2 うつくしく霊妙 1 いいもの, では, ますます彼, 万人が, 唇を, 射疲れて, 舌と, 見送って, 遠征の

▼ こむもの~ (11, 0.9%)

2 である 1 かこの, か残る, が多かっ, じゃない, だから, です, では, は一人, もある

▼ こむばかり~ (10, 0.8%)

1 だった, だろう, であつ, で動き, で子供自身, で面白く, なの, 口を, 四天に, 誰も

▼ こむには~ (9, 0.7%)

1 ずいぶん困りました, そこを, ちょうどいい, もって, 丁度い, 二重三重の, 少し勇気, 至近距離を, 足りなかった

▼ こむ~ (9, 0.7%)

1 がさわやか, すらもむさぼる, であった, なので, に消され, の寒, をし, をした, を彼

▼ こむ~ (8, 0.6%)

1 して, それとも曾祖父, 冗談でも, 冗談を, 又は傭兵, 私たちは, 逃げこまないかに, 長靴の

▼ こむ~ (8, 0.6%)

2 相違ない, 違いない 1 かぎる, まかせテーブル, 足るの, 限ると

▼ こむわけ~ (8, 0.6%)

2 にはいかない 1 がない, にはゆきませぬ, に行きませんでした, に行く, はない, よ

▼ こむ~ (8, 0.6%)

2 は蛾 1 がどの, その場, はなく, は追う, もあった, もない

▼ こむなんて~ (6, 0.5%)

1 できるはず, のも, よくありませんでした, 大マチガイ, 怪しからん, 悪趣味

▼ こむから~ (5, 0.4%)

1 偶には, 心配する, 承知し, 支度を, 歩くとも

▼ こむ~ (5, 0.4%)

1 などは縄, のできた, は比較的, もありました, も出来ない

▼ こむ~ (5, 0.4%)

1 がいい, がうまかろ, がはるか, が家計簿, のには小さい

▼ こむ~ (5, 0.4%)

2 になった 1 になっ, になれず, にもなった

▼ こむ~ (5, 0.4%)

3 のなかつた 1 がなかつた, のなかっ

▼ こむかも~ (4, 0.3%)

1 しれないが, しれぬ, 分からないよう, 知れなかった

▼ こむ~ (4, 0.3%)

2 早いか 1 いい, はやいか

▼ こむその~ (4, 0.3%)

1 生活は, 縁先で, 腰の, 触感を

▼ こむだけ~ (4, 0.3%)

1 だし, だった, では, で姓名

▼ こむとき~ (4, 0.3%)

1 になる, にのこったらしい, には小原, は遅い

▼ こむとは~ (4, 0.3%)

2 何事だらう 1 いのち知らずの, 聞きにくいです

▼ こむよりも~ (4, 0.3%)

1 このオヤジ, 北海道の, 早い札, 淡々と

▼ こむ余裕~ (4, 0.3%)

1 がなかつた, はなお, はなかつた, は十分

▼ こむ~ (4, 0.3%)

1 だけに用い, である, など下足, 本当に清純

▼ こむ~ (4, 0.3%)

1 に視力, の暖かい, をおさえ, を吹い

▼ こむ~ (4, 0.3%)

1 で縁側, とともに髪, にビッショリ, のしぶき

▼ こむ~ (4, 0.3%)

3 が小さな 1 がする

▼ こむからと~ (3, 0.2%)

1 言うの, 言つて嚇す, 言ふ

▼ こむこの~ (3, 0.2%)

2 朝明隣の 1 気持ちは

▼ こむすき~ (3, 0.2%)

1 があった, はどこ, を作らない

▼ こむとか~ (3, 0.2%)

1 それとも胸, なにかごく些細, 脅迫が

▼ こむ~ (3, 0.2%)

2 此淵知らぬ 1 この淵

▼ こむほどの~ (3, 0.2%)

1 悪党では, 根気が, 積極作戦が

▼ こむまで~ (3, 0.2%)

1 くっきりと, 力強く蹂躙, 居のこったあと

▼ こむまでは~ (3, 0.2%)

1 さつ, だれ一人, 彼は

▼ こむ余地~ (3, 0.2%)

1 がある, のない, はない

▼ こむ~ (3, 0.2%)

1 にピストル, に試写, のこと

▼ こむ始末~ (3, 0.2%)

1 であった, であったが, であつ

▼ こむ方法~ (3, 0.2%)

1 はありません, も考えた, を用い

▼ こむ様子~ (3, 0.2%)

1 だった, だったが, は昼間

▼ こむかと~ (2, 0.2%)

1 いえば, 思われるほど

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 不安や, 二号三号も

▼ こむしか~ (2, 0.2%)

2 なかった

▼ こむじゃ~ (2, 0.2%)

1 ないか, ないの

▼ こむすめ~ (2, 0.2%)

1 はいいました, はうなずいた

▼ こむそういう~ (2, 0.2%)

1 のみかたの, 時出かけず

▼ こむだけの~ (2, 0.2%)

1 ものだった, 大きさ

▼ こむといった~ (2, 0.2%)

1 ふうであった, 調子で

▼ こむといふ~ (2, 0.2%)

1 ことが, なる道

▼ こむなど~ (2, 0.2%)

1 なにしろ弟, 激しい気象

▼ こむのに~ (2, 0.2%)

1 不平も, 時間が

▼ こむはず~ (2, 0.2%)

1 がない, の人影

▼ こむばかりの~ (2, 0.2%)

2 姿勢と

▼ こむふう~ (2, 0.2%)

1 であったが, をした

▼ こむほか~ (2, 0.2%)

1 はありません, はない

▼ こむみたい~ (2, 0.2%)

1 に佐藤, に彼

▼ こむもん~ (2, 0.2%)

2 だから

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 ギャッと, 否

▼ こむやら~ (2, 0.2%)

1 てんてこまいを, とうと

▼ こむより~ (2, 0.2%)

1 ほかに, 早く与

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 だつて, のよう

▼ こむ人たち~ (2, 0.2%)

1 が着いた, はお

▼ こむ作家~ (2, 0.2%)

1 の人間的省察, の興味

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 がない, のある

▼ こむ場所~ (2, 0.2%)

1 はありません, はない

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 屋根の, 鉄砲の

▼ こむ姿~ (2, 0.2%)

1 にも接し, は塗つた胡粉

▼ こむ~ (2, 0.2%)

2 そして彼女

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 があり, を千本木川

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 が続く, の限り

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 からの名, に私ども

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 の音, また波

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 があった, になっ

▼ こむ直前~ (2, 0.2%)

1 にいただかなき, に閃いた

▼ こむ粉雪~ (2, 0.2%)

1 に噎せ, のため

▼ こむ縁側~ (2, 0.2%)

1 にあぐら, を用人

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 が坤竜丸, の光

▼ こむ~ (2, 0.2%)

1 がない, を窺っ

▼1* [226件]

こむあいだは細かい, こむあたりまで来る, こむいつもの癖がき, こむうららかな朝, こむゆるしが, こむかわりに彼, こむかを研究しよう, こむきりで微, こむくらい網の, こむくらいの配慮は, こむぐらゐのことは私にだ, こむことお話にならず, こむこと帰一させて, こむころなれば, こむと, こむさきを考えね, こむさまざまなかたち, こむしめっぽい夜風, こむそうである, こむその後食物が細る, こむそれが塾, こむそれらしい人, こむぞといいきかされて, こむただそいだけの, こむため非常なる努力, こむだけで楽々と, こむつてえの, こむつめたいしぶきが, こむとき宿やに一人, こむとき氷を持ち上げ, こむと共に蔦子からも, こむなぞというところは, こむなどというのは, こむなどとは嘗つてない, こむなんかしたん, こむにつれてせまい穴, こむはずみに自分, こむばかりにして, こむふんわりした真綿みたい, こむほうの側, こむまでに川の, こむままでガラス戸, こむやいなや死なん哉, こむやがて低くかすか, こむやつがある, こむゆとりがない, こむセキはない, こむフロオベエルの作家的, こむプレーリー・ドッグのよう, こむ一方であった, こむ一条の河, こむ一瞬前ショックでも受けた, こむ不要な胸騒ぎ, こむ世の中なの, こむ両手を鯱張っ, こむ乗物の中, こむ五忘らを地下, こむ五筋の渓流, こむ交渉委員が世話役, こむ仕事に従事, こむ仕掛けで入浴, こむ以上しょせん生き, こむ以外に手, こむのもの, こむ位いならいっそ, こむ傾向がつよい, こむでしょうか, こむに見廻す, こむ光線の縞, こむにまじっ, こむ兵隊の銃剣, こむ其日まで, こむ内容としていつ, こむ冷気に面, こむ冷洌な風, こむさは, こむ分解する, こむ列車は不潔, こむ前ぎくっと頭, こむで立, こむ勿論小結以下, こむ封建的な, こむ危険はふせげる, こむ危險性を多分, こむ口紙の方, こむ吹雪はいつの間にか, こむ命がけの探索, こむ囚人等は布団, こむ土居さんが追っかける, こむ地獄の底, こむ場合がある, こむ壁土のねばり, こむがした, こむの夜, こむ夕日に塔, こむ夕暮どきの, こむの光線, こむ夜中にかけて墨, こむがある, こむがある, こむ孤独の大洋, こむで本, こむ宿のこむ, こむさばかり, こむ寒風を怖, こむの冷気, こむにその, こむ度ごとに一つ言葉, こむ弱味である, こむ当時の風習, こむ彼女は仕舞い, こむの函, こむ御仁がある, こむ微妙な関係, こむ怪しい人たち, こむれが, こむ意気込みなん, こむ慰めの影, こむ戸ぐちをう, こむはねえ, こむの線, こむ手筈になつて, こむ才蔵の心根, こむ打ち合わせになっとった, こむ数名を残し, こむ文学になり得ない, こむ料理屋の支配人, こむ新九郎の出足, こむ新鮮な空氣, こむ日光の黄色い, こむ時何かしらかさばった風呂敷包み, こむ時刻ですから, こむ朝鮮人の白衣, こむ未知の海, こむで氣, こむ機会が見付からなく, こむ機會の生じた, こむがあっ, こむの確実, こむになっ, こむ段取りへ来, こむ気分に誘われ, こむ気勢であるから, こむよりも高く, こむ水煙りが, こむを怺, こむ決心です, こむ流星の全量, こむの反射, こむさが, こむ混雑にまぎれ, こむ清水かなの一句, こむ湯治場の光景, こむには余りに, こむ烈風はほとんど, こむのくせ, こむ生徒が多い, こむ由三は家, こむ男ビールビンをガラス窓, こむ画商共の仕業, こむ疾風の仕業, こむ病院を設計, こむ百姓家の小, こむ相手はひとり, こむ眼つきである, こむの後, こむ秘密である, こむのこと, こむ程力が出る, こむがあっ, こむの下, こむ窓口に軍治, こむはない, こむ算段らしいわい, こむ粗雑な動作, こむ紅葉の山越え, こむにしよう, こむ練習をはじめる, こむの力, こむに陥ちこみ始め, こむ美人を轢き殺し, こむ習慣であるから, こむをきめたらしく, こむに冷たき, こむ自分の二つ, こむ自然力の権化, こむ興昧は殆, こむ花槍は, こむ若者もあり, こむの整理, こむかな, こむのよう, こむ要はないの, こむ見幕であるが, こむ覚悟をしてる, こむ言葉の鋭い, こむ計画をし, こむ計略も白状, こむが大, こむ調子で, こむだ, こむのよう, こむ趣きである, こむ足なみは壮観, こむ路地の中, こむ躁擾からそれら卑少, こむ通行人を呼びこみ, こむ速力の剣法, こむは全く, こむ部屋のなか, こむ酒場のマダム, こむ鈍い光で, こむ錬金術師であろう, こむ雨水をどくどく, こむ雨量だった, こむ雨風に打たれ, こむの明滅, こむ雪解の水, こむ電流は全部, こむの黄金, こむ面持だった, こむを持つ, こむがほぼ, こむをはッ, こむ高欄のほとり, こむ鮮やかさで思い知らされた