青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「させられ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さして~ ~さす さす~ ~さすが さすが~ ~させ させ~ ~させた させた~ させよう~
させられ~
~させる させる~ ~さそう さぞ~ ~さっき さっき~ さっさと~ さっそく~ さっと~ さっぱり~

「させられ~」 1007, 11ppm, 9934位

▼ させられ~ (722, 71.7%)

45 いた 36 いる 25 いるの 23 しまった 20 しまいました 15 いるよう 12 いたの 11 しまったの 10 しまって 8 ゐた 7 いました, いること, しまう 6 いると, ゐるの 5 います, いるか, しまつ, ゐる, 来た 4 みると 3 いたもの, いるもの, しまうの, しまったので, しまったよう, しまひました, たまるもの, ゐると, 来て, 育って

2 [35件] いたが, いたと, いたので, いた事実, いて, いない, いるうち, いるから, いるかを, いるため, いるだけ, いるところ, いるどころ, いるに, いるん, いる別天地, いる男女, いる貧乏, おります, きました, この人, しまったこと, しまふ, しまふの, その上, ゐるが, ゐるやう, 了った, 了つた, 了ひました, 居た, 居る, 恐怖や, 手打ちに, 行くの

1 [355件] あたしの, あのとき, あばたに, いくうち, いたか, いたから, いたくらい, いたこと, いたさあ, いたせい, いただけ, いたとき, いたところ, いたとは, いたわけ, いた三人, いた人々, いた人間, いた何年, いた各, いた子どもたち, いた子供, いた小使, いた日本, いた次第, いた癇癪, いつたの, いても, いないからこその, いないため, いないで, いないと, いないという, いないの, いない時期, いながらも, いましたが, いまでは, いやだつた, いるかという, いるからに, いるけれども, いるこの, いるたくさん, いるだけに, いるでは, いるという, いるとしか, いるとは, いるので, いるのね, いるばかり, いるやむなく, いる仕事, いる位, いる僕, いる分別, いる労働者, いる奥さん, いる女事務員たち, いる姫君, いる婚約, いる宗教, いる小, いる当の, いる慈善的施設, いる日常生活, いる時, いる様子, いる玄蕃, いる現代, いる社会, いる私, いる私たち日本, いる筈, いる米友, いる者, いる自身, いる花恥, いる苦汁, いる貞盛, いる身, いれば, いろ, おいでに, おやじも, おらないが, おりました, おりますが, おりますため, おりますので, おる, おるに, お雪ちゃんは, かすかに, がたついて, きた, きたのに, くる, こいつが, ことの, こり, こんなこと, さすがに, さへ, しまいましたが, しまいましたその, しまいましたの, しまいましてね, しまいますが, しまいますの, しまうかも, しまうこと, しまうし, しまうと, しまうという, しまうところ, しまうに, しまうよう, しまう事件, しまえば, しまったかたたち, しまったと, しまったという, しまったのよ, しまったもの, しまったよ, しまったん, しまつた, しまつて, しまつてゐた, しまひます, そうして陛下みずから, そうなった, そこから, そして生き生き, そのお, その上姉, その効, その日一日痛, その言葉通り, それから, それで, それでも一軒, それらの, たまるか, たまるもん, とうとう死ん, はつきりと, ほんとうに, ますから, またも我, みたところ, みて, もう昔, もろくも, ゆかなければ, ゆくかという, ゆくという, ゆくもの, ゆく人間, ゆく姿, ゆく必要, ゆく面, よいという, わざと御立寄り, わたしは, ゐたの, ゐたやう, ゐた事, ゐた山陽, ゐた従来, ゐた母親, ゐて, ゐながら, ゐます, ゐようもの, ゐるか, ゐるこの, ゐるその, ゐるそんな, ゐるもの, ゐるん, ゐる一人, ゐる弟, ゐる日本人, ゐる時, ゐる樣子, カツギ屋に, シミジミと, ハイなるほど, ヘト, ヘトヘトにまで, ワッショワッショと, 一生を, 一部の, 七兵衛が, 三十糎四方ほどの, 三組売る, 不幸に, 不自由だった, 九つの, 了う, 了つたのである, 二三日で, 云々という, 五里四方には, 人民の, 今さう, 今さらの, 今は, 今日に, 仕舞う, 仕舞つた, 以来, 伯耆の, 体中に, 何か, 何と苛酷, 來た, 先へ, 全く預, 其言葉通りに, 凌いで, 初夢の, 反って, 反対を, 受持の, 各班, 合せた手, 味噌を, 哀れに, 商品化し, 困るあつ, 変な, 夕空の, 大みそ, 大力を, 大變, 奥の, 女中さんに, 女心が, 娘が, 子供の, 学校の, 少々有難迷惑, 少し早目, 居たの, 居た各自, 居て, 居ない筈, 居りました, 居ること, 居るの, 居るので, 居るよりは, 居るん, 居る鳥達, 巡査部長や, 巧に, 帰りには, 帰宅された, 幾分か, 座敷へ, 建物が, 弱った, 御病気, 思わず王笏, 急に, 急遽本国, 悔しかった, 戦争との, 戦死した, 損だ, 放二, 数知れぬ, 文学が, 新鍋, 旅そのものを, 日本の, 明くる, 来たお, 来たか, 来たが, 来たもの, 来たもん, 来たわたし, 来た男, 来た米友, 来た脳髄, 来た青い, 来た鶴さん, 来なければ, 来るの, 栄養不良で, 校長先生の, 案内を, 泣きたくなること, 活溌な, 漸く母親, 炬燵には, 無念にも, 然るべし, 煤けた几帳, 煩さかつ, 熱い水, 片時も, 生きて, 生活不安が, 用いた夜, 田舎に, 皆の, 眠られなくなって, 眼を, 知らず知らず領内, 社会の, 私は, 空地の, 竜之, 終います, 胃痙攣を, 腹立てた拍車, 自分だけが, 自棄に, 自殺した, 花輪を, 落ちつく先, 行く, 行くこと, 行くと, 行くばかり, 行く力, 行く有様, 行った本質, 行って, 行つた, 表へ, 衷心から, 見ると, 読むこと, 誹諧に, 辛と, 迷惑である, 追払われたん, 送られねば, 通つ, 避暑避寒遊覽の, 野村は, 鎖じ込められ, 非難の, 馬の背に, 驚き騒ぐ, 鹽原から, 黒みやつれ, 黙って

▼ させられたり~ (53, 5.3%)

7 して 2 してから, しました, するの

1 [40件] あらぬ幻影, しがち, したが, したもの, した点, しつつ, する, するけれども, すること, するので, するやう, するよう, する事, それらの, とにかく大騒ぎ, ひどく感心, また創成, また時に, アッと, 二十年も, 何だか腹, 又た, 又は, 反省させられ, 女房も, 嫉妬を, 床や窓の, 建物の, 思い出したよう, 手錠足止めに, 煽がせられたり, 用を, 画中の, 私は, 考へ, 荒ませられたり, 買物に, 逼塞した, 銃の, 頂上を

▼ させられながら~ (22, 2.2%)

2 その式場

1 [20件] いったん福井, しまり, そう云う, その不名誉, それを, だんだん読ん, つぶやいた, まだ片息, やがては, よりよく生きよう, シンミリした, プロレタリア文学運動に対しては, 事実上依然として, 何の, 夜警という, 女王自身は, 御徒歩, 手を, 立佇まった, 訊ねると

▼ させられては~ (16, 1.6%)

2 たまらない

1 [14件] いけない, いけないと, かなわない, しまうの, とても我慢, ならないという, ふは, 堪らぬ, 大変だ, 悲しいので, 溜まりませんからね, 病人も, 要するに凡て, 誰だ

▼ させられても~ (11, 1.1%)

3 それは 1 いる, うどない, よろこぶだろうそれ, ゐたし, ステパンは, 唱歌の, 大抵の, 平気で

▼ させられそう~ (9, 0.9%)

2 である 1 だ, だから, だね, でありさせられそう, でなくも, な希望, もない

▼ させられその~ (7, 0.7%)

1 たんびに, 上もっと, 上駕籠を, 困難の, 女の, 悪の, 男の

▼ させられつつ~ (5, 0.5%)

1 ある, 一所懸命に, 今一度頭の, 恐る恐る机, 辛辣鋭敏を

▼ させられそれ~ (4, 0.4%)

1 からし, の解決, は一層, を反駁

▼ させられてから~ (4, 0.4%)

1 でした, 一月も, 幾分ひらけた, 徴用で

▼ させられ~ (4, 0.4%)

2 しまいか 1 したが, しまいし

▼ させられ~ (4, 0.4%)

1 喜びなさるであろう, 小袖は, 挨拶せね, 歴代の

▼ させられちゃ~ (3, 0.3%)

1 大変だ, 犬だって, 諦めきれまい

▼ させられながらも~ (3, 0.3%)

1 よくこつ, 先代以来の, 津上氏の

▼ させられ~ (3, 0.3%)

1 しなかったの, しました, するよう

▼ させられしまいに~ (2, 0.2%)

1 はへとへと, は唯

▼ させられそして~ (2, 0.2%)

1 下院に, 彼には

▼ させられまた~ (2, 0.2%)

1 人間の, 或る

▼ させられ~ (2, 0.2%)

1 またお, また風聞

▼ させられ~ (2, 0.2%)

1 からし, に就

▼ させられ完成~ (2, 0.2%)

2 させられること

▼ させられ感動~ (2, 0.2%)

1 させられて, したという

▼1* [123件]

させられあげくに戦争, させられあまいものとは, させられあまつさえ酔っ払った男, させられうちにい, させられおいしい弁当が, させられかつらをかぶせられ, させられがちです, させられきょうの生活, させられさうに思はれた, させられそこに他, させられそしてまた煩わされた, させられそれからくらしが, させられちや諦めきれまい, させられちや叶はねえ, させられついで二十七日笠置山に, させられついにお亡くなり遊ばした, させられつぎには捨てられ, させられつらい悲しい修業を, させられてからというものは, させられてからも政枝は, させられてはと土耳舌帽氏も, させられてばかり居たぎりで, させられてをります, させられでもなすつたやう, させられどれほど少年らしい, させられどんなに久しぶりに, させられなおその後に, させられひいては人間生活の, させられひたすら御善政, させられいか, させられほとんど心を, させられぼくは義兄, させられへん, させられまあす, させられまず将校の, させられみんなの生き抜こう, させられやがて氷が, させられやさしいことから, させられわずか二日間で, させられわれわれの遠い, させられキリキリ舞いさせられた, させられキンチャクのクビ, させられチェホフが友人, させられノガイ韃靼人が抛棄, させられ一つの鍋, させられ世間でも御, させられ両手両足をほそ, させられ二ノ俣より危険, させられ二日の暇, させられ人民はそれ, させられ今さらのやう, させられの奴隷, させられ何年間か一貫, させられの一馬, させられ先生によつて, させられ全身に発疹, させられ其度に四五十分, させられ十銭の包み, させられ宗者と, させられだけは別, させられ品行が乙, させられ夢心地に追憶的, させられ奥さまはきっと, させられ実際さういふ運動, させられ寒々と悲しい, させられ寛大にさえなりました, させられ屍毒化させられ破傷風化, させられ常に御徳, させられ座談会をやり, させられが何, させられ御太刀御佩き, させられ心ならずも激情の, させられ忽ち満員に, させられ悩乱させられたばかりに, させられえさせられ, させられ憤怒させられ石, させられ憤激しながら, させられ憲兵隊と宗教局, させられ或は歪曲させられる, させられ手拭を出し, させられ技術は只, させられ教員も総, させられ易い歌です, させられはお, させられ開発の, させられとはそこ, させられ正午近い時分, させられ歴史への判断, させられんど, させられ演奏全体にあきあきし, させられ激しい怒りと, させられ無銭飲食者に出喰わす, させられ特に願いを, させられ生徒監の体操教師, させられの所有, させられ画家の言う, させられはまた, させられかくし, させられに化せられた, させられ破傷風化させられて, させられ社会党代議士と労働者八名, させられのその, させられ結局女はやっぱり, させられ給はんことこれ亭主の希望, させられ署長の好意, させられ老人にそれ, させられが張っ, させられ腹立たしい気が, させられ自分をきびしく, させられ自動車で韮崎駅, させられを正させられた, させられ見知らぬ顔の, させられ言い訳めいたこと, させられ財豊かに身安らか, させられ質札を売り, させられ近くは半島, させられ重量を失っ, させられはあんまり, させられが降る, させられ震災の際, させられはほてり, させられ麻痺させられて, させられ鼻面をすりつけられた