青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ごと ごと~ ~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~ ~ごらん ごらん~ ごろ~ ~さ
さ~
さい~ ~さう さう~ ~さうな さうな~ ~さうに ~さがし さがし~ ~さき さき~

「さ~」 147732, 1529ppm, 51位

▼ さ~ (16274, 11.0%)

621 云ふ 438 いふこと 365 ぢや 347 いふもの 313 言ふ 290206 すれば 186 でせう, 思ふと 173 もありません 138 言ひ 130 であつ 126 言へば 99 いふ風に 95 いふわけ, な顔 92 いへば 89 な顏 85 云へば 807771 言つた 69 かも知れない, 云つた 67 考へて 6564 思つた 62 いふ場合 59 云ひ 54 かね 53 な氣 49 いふの, で 42 信じて 40 言はれる 38 いふやう, な眼, 云はれ, 言へ 37 いふ彼 34 いふ時には, いふ時代, いふ自分, な眼つき 33 かしら, 言つ 32 やつて 31 いふ言葉, すること, 思ふの, 思へば 29 いふ女, いふ時, 思ひながら 28 いふ人達 27 かな, さう, もない 26 いふ風な, いふ點, しなければ, とも, 考へると, 言はれ 25 いふ時に, いふ気持, いふ考, な男 24 いふ人々, 云ふも 23 いふ, いふ意味で, かなあ, 云へ 22 いふ状態, かそれ, 云つ, 思つてゐる 21 さ, すると 20 いふ私, いふ種類 18 いふ方面, するより, 云ふと, 來なく, 思ふ, 言ふも 17 いふ男, かえ, しないと, な聲, 答へ 16 いふ人間, すりや, はいかない, 仰し, 思つてゐた 15 いふ事を, かも知れません, な声, な様子 14 いふ人物, いふ意味の, いふ時の, かなア, な女, な樣子, な表情, 簡単に 13 いふ気, いふ結果, いふ連中, するとその, 云はれる, 思つて見る, 思へ, 言はずに, 言ふと

12 [15件] いふ世界, いふ中, いふ意味では, いふ氣持, いふ生活を, いふ考へ, しよう, でもあります, とする, な大, な話, は思はない, は行かない, 言つてゐた, 言ひました

11 [14件] いふひと, いふ人の, いふ例, いふ傾向, いふ思ひ, いふ態度, いふ譯, なそして, な人間, な姿, な歯, な気持, は言, 云は

10 [16件] いふ事実, いふ事情, いふ印象, いふ意味から, いふ感じ, いふ方向, いふ話は, かも知れん, ねえ, や, 叫んで, 思うて, 私は, 考へた, 聞けば, 言は

9 [23件] いふわけぢ, いふ人が, いふ人は, いふ処, いふ夢, いふ理由, いふ見方, か知ら, すると又, するには, する事, でもありません, でもない, な匂, な顔つき, 云ふこ, 思ふこと, 答へて, 答へる, 考へるの, 聞いて, 言つてゐる, 言ふこ

8 [18件] いふ思想, いふ戯曲, いふ折, いふ点で, いふ現象, いふ生活が, でもしなけれ, な人, な調子, な顔付, に叫んだ, に遊ん, 云つても, 易々と, 書いて, 言つて自分の, 言はれた, 言ふお

7 [22件] いひながら, いふお, いふつもり, いふ事, いふ事は, いふ次第, いふ母, いふ物, いふ要素, かそいつ, するうち, する外, でもなかつた, なその, な水, な笑, 云や, 呟いて, 思つたのである, 思ひながらも, 聞くと, 聽く

6 [42件] いふなか, いふやり方, いふわたし, いふ一つ, いふ事に, いふ作家, いふ僕, いふ努力を, いふ場所, いふ境, いふ境地, いふ姿, いふ心持, いふ意味ぢや, いふ機会, いふ点, いふ立場, かそんな, かねえ, するとそれ, するとどう, すると今, でならなかつた, とした, な場所, な気勢, な部屋, は問屋, も無い, よさ, 云って, 云つては, 云つてゐた, 呼んで, 思つて来る, 思つて私は, 思ふよ, 気が, 簡単には, 簡單には, 考へながら, 言つてカラカラ

5 [78件] いふうち, いふお話を, いふふう, いふふうに, いふもん, いふ中に, いふ事が, いふ云, いふ人たちの, いふ古い, いふ問題を, いふ夜, いふ彼等, いふ意味での, いふ感情, いふ或, いふ手紙, いふ景色, いふ標準, いふ氣, いふ演劇, いふ特色, いふ生活の, いふ社会, いふ習慣, いふ聲, いふ自信, いふ表情, いふ話を, いふ雰囲気, いふ風で, かそり, かそん, かぢ, かもしれない, かわかつた, させたの, ざらに, するとこの, すると私, するの, であらう, でなりません, でもあり, でもし, でもなき, とすれ, ともさうとも, なそれ, な口吻, な奴, な妻, な子, な微笑, な自分, な頭, にさう, ねでも, はいかん, は云, は思つて, は思ひません, もありませんでした, も思へる, 云つてまた, 云はれた, 云ふとき, 仰しやらずに, 叫びながら, 思つたら, 思つては, 思はれて, 思はれるの, 思ふだけ, 思ふわ, 思ふ事, 答へながら, 言つては

4 [133件] いふある, いふいろ, いふプルウスト, いふ一切, いふ事柄, いふ人を, いふ人生, いふ作品, いふ便利, いふ俳優, いふ傾き, いふ光景, いふ場面, いふ境遇, いふ大きな, いふ夫, いふ家庭, いふ小説, いふ役割, いふ彼女, いふ心の, いふ性質, いふ意味に, いふ所から, いふ手合, いふ文学, いふ文章, いふ時機, いふ様, いふ機運, いふ気持ち, いふ点では, いふ点に, いふ父, いふ特殊, いふ癖, いふ眼, いふ程度の, いふ義務, いふ調子, いふ趣味, いふ運命, いふ間に, いふ風景, かお前, かさ, かそれぢ, かも知れぬ, かよし, か俺, きめて, させて, するとお, すると今度, すると勘次, すると彼, だすな, ぢあ, ぢゃ, でがす, でご, でぬけなかつた, でもねえ, でも思はなき, でゐ, とでも思はなき, ともさ, なくちや, な人物, な口, な呻き, な小, な山, な御, な心持, な息, な房主, な歌, な気配, な相手, な眼付, な空, な苦笑, な言葉, な身体, な高音, はいきません, はさせない, は言つて, ばかりで, もならず, 云つてゐる, 仰しやつ, 何時までも, 來るだらう, 出來, 単純に, 口に, 容易に, 心の, 心配する, 思うた刹那, 思つて, 思つても, 思つてゐ, 思つてゐました, 思ひこんで, 思ふん, 急に, 感じたの, 教へ, 氣が, 決めて, 決心する, 沢山は, 申して, 申しては, 申上げ, 考へ, 考へたの, 見えるの, 解るかね, 言うて, 言つた女だ, 言つて居る, 言つて首を, 言ひきつ, 言ひます, 言ひ捨て, 謂ふ, 都合よく, 附け加, 馬鹿に

3 [215件] あるべきもの, いふあと, いふけれど, いふこの, いふので, いふより, いふわし, いふ不安, いふ不幸, いふ不思議, いふ事から, いふ人で, いふ人も, いふ人間的, いふ今, いふ今日, いふ仕事を, いふ先生, いふ口の, いふ古賀, いふ名前, いふ問題は, いふ喜び, いふ型の, いふ妻, いふ姿勢, いふ婦人, いふ学校, いふ家が, いふ家の, いふ工合, いふ弟, いふ御, いふ微妙, いふ心配が, いふ悲劇, いふ情景, いふ意味が, いふ方, いふ方々, いふ日が, いふ条件, いふ様子, いふ母親, いふ深い, いふ点は, いふ父親, いふ理想, いふ理窟, いふ環境, いふ相手, いふ眞, いふ笑, いふ精神, いふ純, いふ素質, いふ脚本, いふ興味, いふ芥川, いふ處, いふ親切, いふ言, いふ訣, いふ試み, いふ資格, いふ輩, いふ道を, いふ雲, いふ類ひ, いふ風にな, いふ風の, いふ馬鹿, かそれで, かそれでは, かでは, か僕, が, さうです, させない, させるの, しないで, しないの, しようか, するが, すると何, すると自然, するやう, するわ, する方, でさ, でその, でなければ一杯, でならない, でもあらう, でもあるまい, でも無, でも言, で降らない, といふ, とも限りません, と言, なあの, なお前, なこの, なこれ, なしかし, な人柄, な仕事, な何, な八五郎, な口調, な唇, な娘, な容子, な小僧, な形勢, な思ひ, な日和, な書物, な気持ち, な気色, な氣持, な氣組, な牛, な眼附, な瞳, な穴, な笑声, な笑顔, な肉体, な芝居, な草, な處, な衣服, な足どり, な雲, な響き, な香, にこつち, に呼ぶ, はいかぬ, はさせまい, は思はれぬ, ばかりとは思はれない, ばかりもさせ, までし, よあの, よでも, ザラに, 云うて, 云つたもの, 云つてから, 云つて凝, 云はれれ, 云ひました, 云ひ切る, 仰しやれば, 信じきつて, 取るの, 叫ぶと, 叫んだ, 呟いた, 呼ばれて, 声を, 容易には, 心に, 心配しない, 応へ, 思うた時, 思って, 思つたから, 思つてこの, 思つて見, 思つて見れ, 思はずに, 思はない, 思はぬか, 思ひました, 思ひませんか, 思ふか, 思ふ下, 思へたの, 惡い, 感じた, 手を, 手軽に, 承はつ, 斯うし, 極めて御座ん, 決心し, 無理を, 珍らしく, 考へること, 聽け, 自分の, 見えた, 言うては, 言つたもの, 言つて, 言つてお, 言つてた, 言つてやる, 言つてる, 言つて後ろに, 言つて懷中から, 言つて苦笑ひ, 言つて面白, 言ひかけ, 言ふより, 言ふ物語り, 話が, 謂つたあり, 長くは, 願ひたい, 願へれ

2 [613件 抜粋] あなたの, あらねば, あること, あるべき筈, あるもの, あるやう, あれば, いつまでも, いひ乍ら, いふお前さん, いふが, いふけど, いふはつきり, いふふうにだけ, いふジジ, いふタツノ, いふモオリアック, いふリズム, いふ一家, いふ一家族の, いふ一寸した, いふ一面が, いふ世間, いふ中へ, いふ事態, いふ人たちに, いふ人に, いふ仕事に, いふ仕事の, いふ作者, いふ俳句, いふ俺, いふ偏見, いふ側の, いふ処が, いふ処女, いふ出来事, いふ力が, いふ単純, いふ危険, いふ危険性, いふ口実, いふ問題が, いふ地方, いふ境涯, いふ境界, いふ声を, いふ大衆, いふ夫人, いふ奇現象, いふ奇蹟, いふ奴, いふ姉, いふ婆さん, いふ宗教家, いふ定説, いふ室生さん, いふ家族, いふ宿, いふ富永, いふ少女, いふ巷, いふ希望を, いふ年頃, いふ形で, いふ役目, いふ心もち, いふ心を, いふ心境, いふ心配は, いふ性格, いふ息子, いふ情勢, いふ情熱, いふ意味な, いふ意味なら, いふ意味を, いふ意気, いふ愛情, いふ所が, いふ所では, いふ所は, いふ手が, いふ批評の, いふ文化, いふ文句, いふ文明, いふ新しい, いふ方法, いふ日々, いふ日の, いふ昔, いふ時期, いふ時私は, いふ晩, いふ最初, いふ未来, いふ模様, いふ樣, いふ機會を, いふ気質, いふ消極的, いふ漠然と, いふ点から, いふ点を, いふ熱心, いふ物に, いふ物は, いふ物見高, いふ現, いふ生き方, いふ生徒, いふ生活しか, いふ生活は, いふ生活も, いふ生活全体の, いふ用意が, いふ疑問, いふ相談を, いふ看板, いふ瞬間, いふ矢先, いふ種々, いふ空白, いふ立派, いふ粗雑, いふ素子, いふ経験を, いふ經驗, いふ繪, いふ習性, いふ能力, いふ腹, いふ自分自身, いふ自然, いふ色々, いふ芥川さん, いふ荒涼, いふ血, いふ血液, いふ表面, いふ要求を, いふ見解, いふ観点, いふ証拠, いふ評判, いふ詞, いふ詩集, いふ詮議は, いふ語気, いふ読み方, いふ論理, いふ諸, いふ謎, いふ譯ぢ, いふ議論は, いふ議論も, いふ變, いふ途, いふ連作體の, いふ運動が, いふ過去, いふ部門, いふ鏑木さん, いふ間から, いふ階級, いふ雰圍氣, いふ面倒, いふ順吉, いふ顔が, いふ類の, いふ風には, いふ騒ぎ, いふ騷ぎ, いふ魂胆, おもふと, かあ, かあの, かあれ, かいくつ, かしかし, かの, かのう, かよ, か君, か早く, か有難う, か矢ツ張り福造, か知つて, か道理, か野ぎく, こな, さね, されると, ざらには, したらお前, したら何, した側の, するか, するとあと, するといろんな, するとお前, するとお客, するとすぐ, するとそこ, するとたま, するとランゲナウ人, すると人, すると他, すると伯母さん, すると何時, すると僕, すると先生, すると同じ, すると幾らか, すると我々, すると歌, すると水銀, すると父, すると細君, する内, する必要, そいつは, その調子, それはい, たび, ださうだ, ださうですね, だすか, ぢやつた, ぢやの, ぢやらう, つぶやくと, でもあつ, でもございません, でもする, でもなかつたら, でもなく, でも考へる, で仕様, で危い, で氣味, としました, とはつ, とは言, とは限らない, と知つて, なうめき声, なお, なおそれ, なが, なといつ, なまた, な一匹, な世にも, な事件, な事柄, な二人, な五十男, な低い, な作物, な光, な処, な刳り, な呟き, な咳, な嚴, な土, な外套, な大きな, な天, な婦人, な子供, な岩, な建物, な徴候, な息づかひ, な感じ, な態度, な手, な手つき, な時計, な景色, な木, な本, な材料, な柄, な構, な樂, な模様, な此, な武家, な気分, な浴衣, な生絹, な神, な私, な空合, な空地, な空模樣, な空気, な窓, な笑顏, な結構, な自動車, な花, な若者, な虫, な議論, な豫感, な軽い, な返事, な陽氣, な雪, な青, な青い, な音, な顔色, な首, な騷ぎ, な高笑, について來, につけ加, に叫びました, に飛んだ, ねお, ねその, ねぢ, ね不思議, ね御内所, のやう, はありません, はいかねえ, はいふ, はしなかつた, はとれない, はなく, はゆかない, は往きません, は行きません, むきに, むきにな, もなく, も考へ, も見える, やあの, やさ, やさかい, よだから, よもう, よ俺, よ同じ, オ, 一概にも, 一途に, 不自由な, 也, 云つたで, 云つたのだ, 云つたのは, 云つた方が, 云つた風な, 云つてあたりを, 云つてぢつと, 云つてる, 云つてゐました, 云つて笑つた, 云つて自分で, 云つて見る, 云つて言葉を, 云つて部屋の, 云つて首を, 云はずに, 云はれない, 云ひ切, 云ふい, 云ふお, 云ふか云は, 云ふつもり, 人間は, 今から, 仰つて, 仰有, 伝へて, 伝へられて, 何でも, 何時も, 作者は, 信じます, 信じようと, 傳へられ, 六ヶしい, 判斷する, 口の, 古いこと, 叫ばずには, 叫び続けた, 呟いたの, 呟いで, 呟くと, 呟くやう, 喜んで, 因循し, 大きな聲, 大して深く, 幾度も, 強くは, 彼は, 心で, 怒るものぢ, 思つ, 思つただけ, 思つてから, 思つてその, 思つてを, 思つて又, 思つて居た, 思つて居らぬ, 思つて居る, 思はせて, 思はないか, 思はれた, 思はれたの, 思ひましたよ, 思ひますか, 思ひますが, 思ひますの, 思ふから, 思ふだけで, 思ふて, 思ふてを, 思ふで, 思ふやう, 思ふより, 思へない, 思召し, 惡く, 慰めて, 手易く, 明らさまに, 易々とは, 気軽に, 決心した, 無茶苦茶に, 申しちや何ん, 申上げる, 疑つて, 目に, 眼あたらしい, 私に, 簡單に, 繁, 考へずには, 考へたとき, 考へられるであらう, 考へる, 考へるに, 聖諦, 自分で, 自分は, 致すと, 致せば, 複雑な, 見えて, 見えるのよ, 見ると, 解して, 言つたつ, 言つたで, 言つた八五郎です, 言つた物の, 言つた男だ, 言つてガツクリ首を, 言つて一と, 言つて又, 言つて居ました, 言つて本, 言つて死骸の, 言つて泣く, 言つて淋しく, 言つて濡れた, 言つて笑つた, 言つて苦笑ひする, 言つて見, 言つて靜かに, 言ひませう, 言ふところへ, 言ふなり, 言ふわ, 言へる, 言や, 訊ねた, 訊ねて, 訓んで, 誰かに, 身勝手が, 長い間, 頭から, 願へ, 馬鹿な

1 [5315件 抜粋] あけすけに, ありたいと, あるべき道筋, あわてちや却つて筋, いちいち眼, いふあら, いふおれ, いふぐあひに問題, いふその, いふなまけもの, いふふしぎ, いふゆかしい, いふギゴチ, いふヂレンマ, いふミユンヘン新聞, いふ一人として, いふ三吉の, いふ不意打ち, いふ世界ぢ, いふ久保, いふ事件, いふ人たちは, いふ人自身の, いふ以外, いふ伯爵, いふ俗称, いふ側が, いふ優れた, いふ公共的, いふ冷酷, いふ劇場, いふ動物, いふ半面, いふ反問の, いふ句が, いふ同君, いふ君の, いふ哲學者, いふ噺, いふ土人, いふ地理的條件, いふ声なれ, いふ外に, いふ大がかり, いふ太, いふ女子, いふ娘, いふ安堵が, いふ家々, いふ専門, いふ展覧会を, いふ巫女, いふ幾箇月の, いふ建札, いふ当り前, いふ従姉たち, いふ心掛だ, いふ快い, いふ性癖, いふ悪戯, いふ惡感, いふ意味でなく, いふ愚直, いふ慾望, いふ房一, いふ手当てを, いふ批判が, いふ批難を, いふ支那及支那人, いふ散文的, いふ文範, いふ旅でも, いふ昔からの, いふ時なに, いふ時刻, いふ時思ふ, いふ普通, いふ書物, いふ未開拓地, いふ果, いふ標語, いふ歴々, いふ民家, いふ氣もち, いふ決意の, いふ海, いふ混雜, いふ澤山, いふ為, いふ熱に, いふ物騷な, いふ独善的, いふ理知的, いふ生花, いふ異例, いふ病的, いふ盲拜的, いふ眼玉, いふ研究家を, いふ神の, いふ私達, いふ空虚, いふ篤学者, いふ約束を, いふ組織にな, いふ繁雑, いふ羽目, いふ者どもを, いふ育ち, いふ自覚が, いふ花, いふ茶目吉さんだつ, いふ蜘蛛, いふ要領, いふ観念が, いふ訓練の, いふ詩句, いふ誠に, いふ諦め, いふ貧乏, いふ軽微, いふ通り相場, いふ遺族, いふ都合, いふ野蠻, いふ間柄, いふ限られた, いふ雑多, いふ青葉, いふ面も, いふ題, いふ食ひ, いふ魔物, うろたへて, おしやか, お節介な, かしらでも, かそれでも, かと言つてそれ, かなあ非常通路, かねちよ, かね容色, かひ, かも知れませ, かんたん, か何, か困つた, か御, か済まなかつた, か褒美, が四つ葉, くださるの, ごく大, させるには, されるの, したらあんた, したら何ん, したら意外, したら鼻, しなかつたら私, する, するとあなた, するとおや, するとこれ, するとぞうきん, するとふと, するとみんなおれ, するとイデン, すると一世紀頃, すると三つ, すると亡魂, すると何處, すると全身, すると凡て, すると厚い, すると君, すると夜中, すると宗義惟義等, すると山の神, すると彼女, すると折角, すると星, すると東山, すると正当, すると海螢, すると生れ変る, すると相, すると秋祭り, すると繊細, すると誰か, すると金, すると頬, する中, せかせかしない, そりア感心だ, それを, たくさんには, ださうだこれ程, だとすると電車, だらしが, ぢやあよ, でかなり, でないと, でないと松明, でなければそれ以上仕方, でなければ書物, ではな, でもしなかつたら, でも何で, でゴタゴタ, で單純, で怖, で氣, で落ちない, といふ好意, として山口, とは云, とばかり思つて, とも僕たち, とも限らない, と思ひ付いたら, と申す, なあひるさん, なおとなしい, なお腹, なざま, なと, なので勢, なふわふわ, なアクロバチックなか, なハラハラ, なリンゴ酒, な下女, な也ちやん, な五十七八, な今夜, な体格劣等, な先生, な凄, な医師, な友情, な叫び声, な呼吸, な嗤, な土着, な塚, な大変, な好人物, な守屋さん, な小屋, な岡, な干物竿, な床, な役者, な思ひで凝, な悲し, な意味, な手ざはりのなめらかな一枚, な教育, な明い, な月夜, な林檎, な楓, な正直一途, な氣合, な浪人者, な湯殿, な火影, な状態, な生れつき, な町, な發作, な眞, な石, な笑み, な經, な肉饅頭, な腹の中, な芥川, な茶店, な薄曇, な表, な詠嘆的, な質屋, な躯, な道話, な金持, な隣, な霞, な題号, な食事, な髮毛, な鼠色, に呼ばれ, ねあたし, ねおかげ, ねほんと, ね今, ね私, のない, はたやすく, はなか, は仕ない, は思ひたくない, は續, は見える, ばかり, ひどくは, ほしくない, までしなく, まで自分, むづかしいことではないやうに思はれた, もなくなりました, も喘ぎ喘ぎ, も行かぬ, やすやすとか, やらうと, よありがたく, よほんとに, よ兄さん, よ母ちやん, わかると, アツサリと, ツケツケ言つて宜, ピヨコピヨコ出, ローゼンベルクは, 一人で, 一般的な, 世に殘, 云いながら, 云つたな, 云つた彼の, 云つた焦躁が, 云つておくれ, 云つてそこへ, 云つてふて腐つ, 云つてゆつくり, 云つて一つ食べ, 云つて何とか, 云つて千種は, 云つて奥へ, 云つて彼を, 云つて急に, 云つて更に, 云つて淋しく, 云つて目禮し, 云つて箸を, 云つて腰を, 云つて諾か, 云つて鮭を, 云はんと, 云ひまし, 云ふからには, 云ふわ, 云やさう, 仕合せな, 仰や, 何から, 信じこんで, 信じなければ, 信じる理由, 先き, 凍らなかつた樣, 判ると, 勝手に, 参りませんので, 口吟んだ, 叫びました, 叱つて, 含んだもの, 周章へる, 呼ぶん, 問ふた時には, 困るよう, 外國の, 大きくは, 大してひろく, 大童に, 女の, 嫌はれ, 安心させ, 富士に, 少なくも大, 年が, 強く撞く, 心が, 忠告された, 怒るもの, 思つただけで, 思つた刹那全身が, 思つた私は, 思つてたまたつ, 思つてろ馬鹿, 思つて事に, 思つて実は, 思つて悲しく, 思つて来た, 思つて自分は, 思はざるを, 思はないね, 思はれますし, 思ひたがらうとして, 思ひますね, 思ひ思ひして, 思ふだろう, 思ふまいが, 思ふ間もなく, 思召す, 悟つた, 悲観し, 意味は, 感じること, 戀しがらない, 手荒いこと, 押しつけて, 損得づくで, 效驗が, 方程式を, 早合點, 暴力的に, 有つたらそれ, 来るだらうと, 権威を, 残らず覚えて, 気休めを, 決め込んで, 泣くの, 深くは, 澤山出來る, 無精な, 熱烈な, 玉が, 甘く行く, 申し聞けますで, 番毎格子を, 癪だ, 直ぐには, 睨んどる, 私もよ, 突放されても, 純潔には, 綺麗に, 美しくなりました, 考へたこと, 考へなくては, 考へる前, 聴いたとき, 腹ばかり, 自覚した, 苦に, 行かないうち, 見えぬ, 見えれば, 見ても, 見れば, 親分に, 解釋する, 言つたとも, 言つた具合に, 言つた心構へを, 言つた神話が, 言つた響きが, 言つてしまつ, 言つてもう一度, 言つてアザ笑つてゐた, 言つて一同を, 言つて予の, 言つて俊坊の, 言つて十六歳の, 言つて多勢の, 言つて山の, 言つて怒鳴つたさうです, 言つて手に, 言つて次の, 言つて犬の, 言つて笑つたことが, 言つて聲を, 言つて蟠りも, 言つて話したら, 言つて部屋へ, 言つて高慢な, 言はね, 言ひながらや, 言ふい, 言ふんださうです, 訊き詰めても, 訓んだ, 誌す, 読んで, 諦めるより, 讀めないこと, 身づか, 迫いても, 遊ばせよ, 邪心が, 鋭くなり, 閑人ぢや, 面倒な, 願ひましよう, 騒いでも

▼ さ~ (15293, 10.4%)

388 もって 363 感じた 276 感じて 215 持って 109 増して 92 見せて 84 もつて, 覚えた 83 持つて, 示して 78 覚えて 70 感じながら 61 知って 57 見て 54 失って, 忘れて 50 感じたの, 感じるの, 私は 47 感じる 39 加えて 37 感じました 36 感ずるの 34 身に 32 思って, 感ぜずには 30 彼は 27 示すもの 26 感ずる 25 感じさせるの 24 して, 感じます, 見ると 22 しみじみと, 保って, 思うと, 覚えるの 21 こらえて, そなえて, 感じること 20 加へて, 感じさせる, 感じたこと, 考えると 19 たたえて, 与えて, 感じさせた 18 十分に, 抱いて, 湛えて, 現わし, 覚える 17 味は, 増した, 欠いて, 考へて, 語って 16 加えた, 含んで, 味ふ, 帯びて, 我慢し, 私に, 考えて 15 与えた, 味う, 示した, 自分の 14 忘れること, 感じないでは, 眺めて, 覚えました, 覺えた 13 少しも, 想像し, 発揮し, 自分で, 通り越して

12 [12件] こめて, どうする, 人に, 保つて, 信じて, 加へ, 感じずには, 感じたが, 知つてゐる, 知ること, 装って, 見ること

11 [12件] 味った, 思った, 感じないわけ, 感ずること, 求めて, 漂は, 痛感する, 見よ, 覚へ, 計って, 認めて, 語るもの

10 [18件] 今更の, 充分に, 凌いで, 増すの, 思い出した, 思ふと, 思わせるよう, 意味する, 意識し, 描いて, 教へ, 理解し, 知った, 知ったの, 示すこと, 胸に, 見た, 見ても

9 [26件] さへ, はかって, よく知っ, 味わった, 堪えて, 強調する, 心に, 必要と, 思へば, 怺え, 意味し, 愛して, 感じるよう, 持ったもの, 持つ, 持つもの, 沁, 痛感した, 発揮する, 表は, 見るに, 見出して, 覚えたの, 覚えながら, 覺え, 顔に

8 [25件] こらえながら, みせて, 以って, 僕は, 女の, 忍んで, 思えば, 感じたもの, 感じたり, 感じない, 感じると, 感ずるよう, 憎んだ, 持つこと, 有して, 有つ, 残して, 添えて, 測って, 漂わせて, 痛感し, 聞いて, 表現する, 覚ゆる, 誇って

7 [30件] あらわして, おぼえた, かんじた, 与えるの, 具えて, 冒して, 出して, 口に, 味わって, 増す, 失った, 如実に, 察して, 心の, 思い出す, 恥じて, 感じ出した, 物語って, 痛切に, 発見した, 知らないもの, 知る, 示すの, 自覚し, 要求する, 見せながら, 覺えて, 証明する, 説いて, 避けて

6 [61件] おぼえて, お感じ, かなぐり捨てて, さして, そのままに, つく, どりを, まぎらすため, まざまざと, 与える, 二倍に, 伝えて, 伴って, 何に, 備えて, 具へて, 利用し, 印象する, 取り戻して, 呈して, 増すこと, 少しでも, 強調し, 思い出すと, 思う, 思ひ出して, 思わずには, 恐れて, 悲しんで, 想像する, 感じさせます, 感じた時, 感ぜざるを, 感ぜずに, 憎んで, 暴露する, 書いて, 有って, 気に, 湛へて, 無理に, 現して, 現わす, 発見し, 発見する, 知つた, 知らない, 知らないの, 知るもの, 示しながら, 競って, 笑って, 紛らすため, 経験した, 考へると, 耐えて, 見せるの, 覚えたこと, 説明する, 通りこし, 防ぐため

5 [69件] こらへて, つくづくと, どうしよう, 一つに, 云々する, 今も, 保つこと, 加へる, 告げて, 味わ, 嘆いて, 噛み殺して, 増すばかり, 失わないで, 平次は, 強調した, 彼の, 忘るる, 思い出して, 思つた, 思わせる, 怺へて, 悲しんだ, 想つた, 想はせる, 想像した, 感じこの, 感じさせました, 感じその, 感じたので, 感じたよう, 感じた事, 感じながらも, 感ずるもの, 慰めて, 我々は, 撒き散らして, 暗示する, 暴露し, 暴露した, 楽しんだ, 決定する, 減じて, 照し出した, 現は, 理解する, 痛感させられた, 矢代は, 知りながら, 知りぬいて, 知りました, 知り初めたの, 知るの, 私の, 自分は, 自覚した, 與へ, 表現し, 見たこと, 見れば, 見ろ, 覚えたが, 訴えて, 認めること, 説明し, 軽蔑し, 述べて, 追想し, 運んで

4 [127件] あらは, おさえて, お察し, かくして, かくすこと, しのんで, じつと, すると, せつなく寂しく見せる, そこに, た, ためして, とめの, とりもどして, はかる器械, ひそかに, まして, もつもの, 一時に, 一緒に, 与えるため, 与へ, 予想し, 今さらに, 今は, 伸子は, 加えたよう, 加えること, 君に, 否定する, 呈する, 味つた, 堪へて, 増したよう, 増すため, 多分に, 夢の, 失わなかった, 嫌って, 守るため, 宿して, 察する, 彼も, 彼女は, 忍びて, 怖れ, 思いだす, 思いやって, 思はせた, 思はせます, 思わせた, 思わせて, 思わせるの, 急に, 想うと, 意識した, 意識する, 感じさせて, 感じさせられた, 感じさせるもの, 感じないでも, 感じない訳, 感じはじめた, 感じるという, 感じるので, 感じるほど, 感じるもの, 感じるわけ, 感ず, 感ずるであろう, 感ぜしめる, 慰めるため, 我慢してる, 抑えて, 押し隠して, 持ちながら, 持つたの, 救って, 染, 此の, 消して, 添へ, 添へる, 測ったり, 測定する, 満喫し, 満喫する, 漂わして, 物語るよう, 目の, 目のあたりに, 眼に, 知らぬもの, 知らねば, 知れ, 破って, 示したこと, 示そうと, 私が, 空想し, 自分に, 與へて, 與へる, 蔵し, 表して, 表わして, 要求し, 見せた, 見せる, 見せること, 見つめて, 見ては, 見ようと, 見る, 見るが, 覚えずには, 覚えたり, 覚えるので, 証明し, 誇るよう, 認めた, 認める, 語つた, 買って, 超えて, 隠して, 骨身に

3 [245件] あなたは, あらわに, あれで, いつまでも, おさ, おぼえる, お覚え, かくそうと, かけたもの, かこって, かぶって, かんじて, くわえて, ここで, この時, さらけ出して, しのいで, しみじみ感じた, しや, そそるの, たたへ, ただよわせて, つ, とりに, どのよう, なくして, はかりました, ひし, ふくんで, ほんとうに, まぎらすこと, むき出しに, もたない父母, もたなければ, もったもの, もっては, わすれて, わたしは, 一ぺんに, 一人で, 一層強く, 一生の, 与えること, 与えるもの, 与へた, 与へて, 主張し, 云ふ, 人々は, 人間の, 今でも, 今まで, 代表し, 以つて, 何か, 何と, 何処に, 作って, 備へて, 全身に, 共にし, 再び感じた, 出来るだけ, 切実に, 加えました, 加える, 勘定に, 反映し, 取りもどして, 取戻して, 含めて, 告白した, 呼びさ, 喰たであらう, 噛みつぶして, 堪えながら, 増したの, 増します, 失いがち, 失つた, 失はずに, 失はぬあの, 失ふこと, 奪って, 如何に, 始めて, 完全に, 富岡は, 尽した宮殿, 平気で, 彼らが, 御覧なさい, 微塵も, 心で, 忘れかねて, 忘れしめん, 忘れては, 忘れようと, 忘れると, 怒って, 思いやると, 思い出したの, 思い出したよう, 思い浮べた, 思はせる, 思はせるやう, 思ふ, 思ふだけでも, 怺える, 悟ったの, 愉しん, 愛すの, 感じさせその, 感じさせたと, 感じさせるだけ, 感じさせるばかり, 感じそこ, 感じそれ, 感じたとき, 感じだした, 感じつつ, 感じないで, 感じは, 感じはじめて, 感じるから, 感じるが, 感じるだろう, 感じるやう, 感じるん, 感じる心, 感じ何度, 感じ始めた, 感ずると, 感ずるという, 感ずるとは, 感ずると共に, 感ずるので, 感ずるのみ, 感ずるばかり, 感ぜしめた, 憐れまずには, 憐んで, 手で, 手に, 持たない, 持たなければ, 持ったお, 持った女, 持つた女, 持つだろう, 持つという, 持てあまして, 指摘する, 挙げて, 掴んで, 救ふ, 敢て, 有しない, 有するもの, 本能的に, 案じて, 極度に, 楽しんで, 欠いたもの, 歎く, 殺して, 比較し, 求めるの, 深めて, 測ること, 測るため, 測るの, 測定し, 照らすには, 犠牲に, 現代の, 生かして, 痛感せず, 発揮した, 白状しなけれ, 目測し, 直感し, 眺めながら, 眼の, 知らず, 知らないから, 知らなかった, 知らんと, 知りすぎて, 知ると, 示さうと, 示す, 示すため, 禁じ得ませんでした, 私共は, 競うて, 第一, 素直に, 絶対に, 繰返して, 繰返せば, 考えずには, 考えながら, 考えること, 考へ, 考へる, 肉体的な, 背景に, 背負って, 自覚する, 自覚せず, 自覺, 見せつけられて, 見せまいと, 見せるため, 見たの, 見出すこと, 覚えたほど, 覚えること, 観察し, 計ったり, 許して, 訴へる, 話して, 誇示する, 認めずには, 語った, 語るやう, 読んで, 讃へ, 讃美し, 身を以て, 追求する, 送って, 逆に, 遺憾なく, 避けるため, 醸し出して, 隠すこと, 隠そうと, 露骨に, 非難し, 顧みて, 風呂に, 鹿の

2 [766件 抜粋] あからさまに, あつめたよう, あなたに, あらわすもの, いう, いくらかでも, いじらしさ, いっそう際立たせ, いって, いつもの, いまだに忘れる, いよいよ深く, いろいろに, うたはれた, おぼえたもの, おも, かこつの, かの女, かんじました, くり返して, こちらから, この世に, さえ持つところ, さとった, さらって, さ油断, したの, しのぐに, しみじみ感じました, しみじみ秘めた, しんから, すこしも彼, すること, せめてもの, そえて, そのま, その人, その最も, それで, たがいに, たもって, つづけて, では, とおりこし, とめて, とり戻した, とる, どりが, どりて, どれだけ, なして, ねたんで, はかること, ひしひしと, ひろげて, ひろ子の, ふみ, ふり返ると, ほのめかします, ほんとに理解, ます, また思ひ直した, まづ, みじめさの, みつめて, もたなかった, もち, もつこと, もつため, もつた少年, もつた彼, もとめて, やつと, よく理解, よそに, よろこび実, アキに, チラリと, ヒシヒシと, マザマザと, 一層引立て, 一層深め, 一目でも, 不当に, 与えたの, 与へたの, 主体に, 主張した, 云うの, 云って, 交換した, 人々に, 人間が, 今か, 今初めて, 今此旅先で, 代表する, 会得する, 伝えること, 何よりも, 何を, 保証する, 信じ真理, 信一郎は, 信頼する, 俺は, 催して, 克服しよう, 克服する, 具象化した, 冥々の, 冷笑する, 凝視し, 分析し, 判断する, 別に, 刺戟する, 前に, 加えたこと, 加えたの, 加減し, 匂わせて, 印象せず, 厭ふ, 反省する, 取って, 取り去って, 取戻したもの, 取返して, 受けて, 受けとめるに, 口々に, 台なし, 君が, 君は, 吸取紙, 吹く, 吾, 呈するかも, 味い, 味って, 味ふと, 呼び出すよう, 呼ぶが, 和らげ母, 唆る, 單位として, 嘆くこと, 嘲笑する, 噛みながら, 噴く, 回復し, 基調と, 増し, 増しては, 増しました, 増すと, 増すのみ, 増すもの, 声に, 売り物に, 大事に, 大切に, 失いかけて, 失いました, 失っては, 失つてゐない, 失わない, 失わないという, 奪つて, 委曲詳細に, 孕んで, 守つてゐる, 寄与した, 小生は, 帯び初めた, 幸に, 庇う鬼, 度外に, 弁護する, 引き出して, 引立てて, 強調します, 形容し, 彼女に, 彼女の, 彼自身それに, 後の, 徹底的に, 忘れさせて, 忘れずに, 忘れたの, 忘れない, 忘れるほど, 忘れるまでに, 怖れる, 思いえがいた, 思いながら, 思います, 思い出したり, 思い出しながら, 思い知らして, 思うて, 思う心, 思ひやつ, 思ひ出したもの, 思ふに, 思ふにつけ, 思ふらしかつ, 思わずに, 思わないわけ, 思出し, 恐れたため, 恐れない, 恥かしがらず, 恥じた, 恥ぢた, 恨んで, 悲しみながら, 想ふ, 想わせるよう, 想像させる, 想像すれ, 意味しない, 意味するなら, 愛する, 愛する心, 愛の, 感じ, 感じさせたが, 感じさせたり, 感じさせられるの, 感じさせること, 感じさせるので, 感じさせるよう, 感じさせる正三郎, 感じたから, 感じたくらい, 感じたと, 感じたという, 感じつ, 感じても, 感じなかった, 感じなくなって, 感じませんでした, 感じまた, 感じるであらう, 感じると共に, 感じるより, 感じる人, 感じる自分, 感じ出しました, 感じ始めたので, 感じ自分, 感じ興味, 感ずるだけ, 感ずるほど, 感ずる事, 感ずる刹那, 感ぜさせるの, 感ぜしむる, 感激を以て, 感銘させる, 慰めるの, 憎まずに, 懺悔する, 所有しよう, 承知の, 承認しなけれ, 把握しない, 抑えながら, 投げ付けられて, 抱えて, 抱かせられて, 拒むこと, 持ちたいもの, 持ち得ないほど, 持ち続けて, 持った人間, 持った娘, 持った眼, 持った若い, 持った髪, 持つか, 持つが, 持つと, 持つ作品, 指で, 指摘したかった, 捉えたもの, 捨てて, 推定し, 掴むため, 描こうと, 擅ならしめ, 支へる, 攻撃する, 救ふために, 教へる, 文学の, 明瞭に, 春水や, 更に更に高く, 更に虚しく, 末期の, 極めて, 楽しもうと, 樫の, 歌ひ, 歎い, 歎き, 正当に, 正面に, 母は, 比較した, 比較すれ, 水の, 泛べて, 洩らしたところ, 浮べた, 消しながら, 深く感じました, 深めたもの, 添えましたので, 添える, 添へて, 減じついに, 測りそれから, 測るとき, 満喫させる, 滿喫し, 漂はせ, 潜めて, 濃くし, 無視し, 無遠慮に, 父は, 物語つてを, 物語るもの, 犧牲に, 理解しない, 生かせて, 生活の, 異にし, 疑う者, 疑ること, 発揮しよう, 発散する, 発見できる, 盡した, 目で, 目分量で, 相手が, 眺めたり, 眼で, 知ったもの, 知った私, 知つて居る, 知らうとは, 知らないで, 知らぬ, 知らぬ人, 知りつくして, 知るが, 知るに, 知るには, 知る者, 知る道理, 石から, 破つて, 破壞, 確かめるべくわざわざ, 示したもの, 示したり, 示した場合, 示すでも, 示すところ, 示すので, 示す処, 私自身の, 立てさせて, 算定し, 籠めて, 純粋に, 紛らして, 素子は, 経なければ, 続けて, 維持する, 緩和する, 繰り返して, 缺き, 罵倒し, 罵倒する, 羨むなんて, 羨んだ, 考えたの, 考えます, 考えれば, 考へた, 聞くと, 肌に, 胡麻化し, 胡麻化す, 脱却した, 脱却する, 自分から, 自分も, 自嘲する, 自負し, 舌に, 色々と, 苦に, 葉子は, 蒙りながら, 藏し, 表すだけの, 表現した, 表示する, 装ひ, 装ふて, 裏切って, 裏書きする, 裏書する, 褒めました, 見いだした, 見せつけられたよう, 見せては, 見せなければ, 見せるもの, 見ながら, 見るの, 見出すと, 見出すの, 見損, 見透した, 覚えずに, 覚えたもの, 覚えるだけ, 覚えるよう, 覚える次第, 覺える, 覺ゆる, 解しない, 言つてゐた, 計る尺度, 記憶し, 許さぬ, 訴えた, 評して, 話した, 詳細に, 誇った, 誇るだらう, 誇張し, 誇張した, 誇示しよう, 認めいくら, 誘ひます, 語るかの, 語れ, 誤魔化して, 説く, 説くの, 読者に, 誰か, 誰も, 證しする, 讃美する, 讚へる, 象徴する, 責めた, 責めて, 賞した, 賦与した, 超越した, 越えて, 軽蔑する, 輕蔑する, 追憶し, 逃れて, 遁れる, 過信し, 酒で, 醜さ, 閑却し, 防ぐに, 防ぐの, 防ぐ術, 除いて, 隱さう, 非常に, 面白がる, 頬に, 額やら, 顏に, 顔から, 食べて, 骨の, 魂の

1 [7199件 抜粋] ああいう, あたえたの, あのつきる, あやしみつつ, あらわすなどとは, あんたは, いさ, いつくしんで, いとわしくお, いやしめて, うき世, うちけすよう, うわさし合った, おしえて, おのずからはっきり知っ, おぼえみるみる, おりおり冷やかしたくらい, お改めに, お関, かき乱して, かけくらべ自ら羽翼を, かたり, かんじるの, きそった, きわ立たせた女, くりかへ, ここに, この実包, この造花, こらえねば, こんどは, ご覧ください, さそうまで, さらにそこ, さ肝胆, したう涙, した兎, しのぐため, しばらく聞く, しみじみ気付い, じっとこらえ通し, すぐお, すでに痛感, するん, そういうの, そそぐ, そのこと自体, そのデッサン, その母, その頂き, それなり透明, たしかめる, たとえて, ためさずには, だれよりも, つかもうと, つくづく悟つた, つくるため, つねに持っ, とがめるだろう, ともかく理性的, とりのぞくと, どういう芸術, どうぞ思いやっ, どっと感じ, どんなに苦しんでる, なげくよう, なめる, ぬき出して, のろうよう, はかる標準, はっきり知る, ひきつける何, ひらきますと, ふたたび見出す, ぶちまけろ, ほとんど乱し, ほんとに心から憎む, まぎらせて, ました面差, まずその, まだもっ, みきわめた人, みて, むしろその, もう空, もちつつ, もったこの, もった空気, もっとも多く, もつた涯, もつ工人, もて苦し, もらして, やぶるよう, ようしやなく, よく見, よぶ, よろずやの, わすれるよう, われながら, カヴアーし, ゴッチャに, ドコに, ミス, 一ぱい持つ, 一寸うまく, 一層生き生きと, 一杯に, 一直線に, 一部の, 三百六十五倍する, 与えた自分, 与えるべくまた, 与へられて, 両肩, 主要な, 了解しない, 争ふと, 云いとき, 云わなくては, 享楽しなかったら, 人間に, 今一人の, 今練吉は, 代表させよう, 以つて迫り, 会得し, 伝へるため, 伺うに, 何とも思わず, 余計感じさせる, 侘しく沁沁, 保ちさらに, 保つては, 信じながら, 信用せずし, 偲び或は, 備えた人, 傷つける恐れ, 償ふために, 先んじられて, 全く忘れ, 八五郎は, 其儘投げやりに, 内々認め, 冒し天童谷, 凌いだ針葉樹, 凌ぐよう, 出しその, 分って, 切りすてるよう, 判然覺つたものか, 削らねば, 加えいずこと, 加えなければ, 加える軽い, 加え算すれ, 助けるよう, 匂はせ, 北へと, 十分知り, 千鶴子に, 却ってよい, 又し, 取りみだして, 取り繕うよう, 取戻すべきでありましょう, 口惜しがった, 可能に, 同じく朝, 君も, 含んだ視線, 吹き込んだ, 告げば, 味うのが, 味わいつづけたもの, 味わうの, 味わった彼, 呼び起したといふ, 咎めるよう, 唯一無上の, 啣んで, 喞つ, 嗅ぎ出した樣子, 嘆いたこと, 嘗めて, 嘲笑って, 噛んで, 回顧すれ, 地面に, 堪える為め, 堰き止められて, 増したかを, 増しまるで, 増し盛り, 増すわけ, 増そうとして, 外人と, 多少不快, 大人向きの, 夫人の, 失い少年期, 失ったあと, 失つてこの, 失なった, 失はぬ高位, 失わずよろこんで, 失わない奥深い, 失念し, 女も, 如何し, 姿に, 嫌つてゐた, 学びたり, 守り通して, 実感した, 家中へ, 寸法として, 尊敬し, 少し越え, 山家へ, 市岡の, 常に変, 幾らかずつ, 庇は, 引いたり, 引込みまして, 強めさせたに, 形式から, 彼女等の, 徒らに, 御存じです, 心から悲しんだ, 心理的に, 忍ぶにも, 忘れざるべし, 忘れた私達, 忘れようとしても, 忘れるまでには, 忠兵衞も, 怖れなく, 思いもはや, 思い出す人, 思い知りました, 思う人, 思はざるを, 思はせ寢床, 思ひめぐらして, 思ひ出し口, 思ふたら老婆心, 思わせるなど, 思わないの, 怺えて, 恐れる彼, 恥ずかしく思った, 息づいて, 悔んで, 悪罵しよう, 悲觀する, 想いおこした, 想うた, 想像します, 意識せざる, 愛し人間らし, 愛蔵し, 感じさせぬ, 感じさせる人柄, 感じさせ何かしら, 感じそして, 感じたで, 感じた感ぜざるを, 感じないであろう, 感じなくな, 感じましたわね, 感じられるに, 感じるほどに, 感じる本来, 感じ出すと共に, 感じ夜具, 感じ未来, 感じ胸, 感ずるといふ, 感ずる学校, 感ぜしめなお, 感ぜずにはを, 愧ぢて, 慰めるもの, 憎むよりも, 憤ろしく思う, 我から, 戦はせそして, 打ち消すため, 承認する, 投げかけて, 抱かせられたが, 押しこらえた, 押ゆる, 拭きとって, 持たなかった場合, 持ち僕, 持ち常識, 持ったやつ, 持った均一, 持った或, 持った荘厳, 持つから, 持つた温和, 持つゆえ, 持て, 振りまいて, 捜ろうと, 採用し, 掻き乱し, 描きだすの, 揺り出すよう, 支へて, 放散する, 教えたもの, 数限りなき, 新助, 日食の, 春信哥麿誰々の, 晴らそうとして, 更に質的, 月よ, 有する空虚, 望み見るに, 来りけり, 桜の, 極めて居た, 楽に, 標示する, 欠いては, 欠ぐためである, 歌にも, 正直に, 歯がゆく思ふ, 残念がられ, 比較致します, 氣に, 求めその, 求めるこの, 求める苦しみ, 決して誇ろう, 注いで, 活かしたしかも, 浮かべながら, 消す力, 深くさせる, 混え, 添える織物, 減らす時, 測り知ること, 湛えその, 満たし, 滑かに, 演技の, 濡らす涙, 無視せられ, 煽つた, 物語るその, 狙うこと, 玉に, 現代に, 理解出来る, 生ぜしめて, 産み得たの, 男対女情痴的な, 疑は, 痛感しない, 発見せし, 皆に, 目標として, 直覚的に, 看過しない, 眺め階段, 知っただけでも, 知ってるもの, 知つて青い, 知らないあはれ, 知らなかったの, 知らぬ化物団, 知りし我, 知りカルメン, 知るごとくどこ, 知れり, 確かめて, 示さなかったら見物人, 示しては, 示し歩い, 示すばかりの, 示す姿, 示揚させ, 秀吉から, 秤り, 突きとめたという, 競いさらに, 競わんと, 笑つてくれ, 籠に, 納得する, 紛らす一つ, 素直さよりも, 経験しなかった, 經驗する, 縦ままに, 置き重, 美津江は, 考えずにも, 考え味わいつつ, 考へるだけ, 耐え支え静謐, 聴かされて, 背筋に, 脣の, 腹いつ, 自ら誇, 自慢してやろう, 興じたの, 色ならぬ, 苦しく思う, 葛子自身が, 薫は, 衒つて読者の, 表わします, 裁く力, 装ふらしき, 補つて見たい, 襟に, 覆ふ言葉, 見せかけた心, 見せた千代はん, 見せないで, 見せるつもり, 見たから, 見つめ考へつ, 見のがしては, 見るべきです, 見ろわし, 見出されないこと, 見守って, 見越して, 覗ひ, 覚えさせるので, 覚えたかの, 覚えなければ, 覚えるばかり, 覚ったという, 覺えず, 解脱する, 言語の, 計算し, 許し得ようか, 証し得るか, 詠んだもの, 話すとき, 誇るの, 認めただけ, 認められて, 認識し, 語った手前, 語り得ないよう, 語ろうと, 説くため, 読書と, 調べ窪みへつつ, 證據だ, 讃えて, 負うて, 貫通し, 買つて出る, 賞玩しよう, 起せよ, 踏みしだいて, 身近に, 較べるわけ, 辞退する, 追い求めるという, 追払おうと, 逃げ廻っては, 造り出そうとして, 過小に, 選んだの, 避け得る場所, 重い責任, 鈴木さんは, 長引かしその, 防がんため, 附加へ, 隠しもって, 難有, 青春の, 音楽家として, 頼りに, 顯は, 飽かず味, 驚き崇拝, 高価な, 鮮やかに

▼ さ~ (11060, 7.5%)

85 なって 63 於て 62 私は 48 身を 43 心を 37 目を, 胸を 35 比べて 33 して, 眼を 30 彼は 29 胸が 25 なった, 堪えかねて 24 打たれて 23 あるの, くらべて, 自分の 22 似て, 見えた, 顔を, 驚いて 21 就て 20 なる, 切って, 気を, 顫え 18 於いて 17 ある, 平次も 16 なりました, 就いて, 比べると, 比例し, 涙を, 腹が, 舌を, 驚いた 15 なつた, なると, 心が, 気が 14 なるの, 充ちて, 包まれて, 変って, 比べれば, 腹を 13 ふるえながら, 呆れて, 変りは, 於ても, 涙が, 襲はれ

12 [11件] ふるえて, 向って, 声を, 夢中に, 慣れて, 我を, 欠けて, 襲われた, 達して, 震えながら, 魅せられて

11 [11件] しても, 堪へて, 手を, 打たれた, 気づいた, 溢れて, 立って, 苦しんで, 見えて, 負けて, 輝いて

10 [17件] あらず, おどろいた, それを, まぎれて, みちて, 似たもの, 圧倒され, 對し, 對する, 平次は, 氣が, 満ちて, 耐へ, 至っては, 見とれて, 返って, 釣られて

9 あきれて, しばらくは, 人々は, 愛想を, 比して, 気がついた, 目の, 胸の, 驚いたの

8 [12件] あった, 凍えて, 声も, 応じて, 息も, 感動し, 感心し, 感心した, 於ては, 泣いて, 襲われて, 馴れて

7 [17件] くらべれば, なつて, ひかれて, ひきかえて, 出て, 加えて, 口を, 堪へかねて, 彼女は, 感じて, 満たされて, 眼が, 私の, 紛れて, 誘われて, 追はれ, 震えて

6 [31件] おどろいて, くらべると, これは, さすがの, たえかねて, つけても, びっくりした, ふるえあがって, 一種の, 及ぶもの, 同情し, 向ふ, 圧倒された, 堪えず, 堪えて, 変わって, 彼の, 息を, 打たれながら, 暫くは, 比較し, 燃えて, 目が, 相当する, 胆を, 襲はれた, 見えました, 身も, 酔って, 面を, 驚きました

5 [41件] おびえて, つつまれて, なります, ぼくは, もろ手を以て, ゾーッと, ハッと, 人の, 伸びて, 何か, 包まれながら, 向つて, 堪えなかった, 堪えられなかった, 壓倒され, 変わりは, 就いては, 就ては, 心の, 怖れ, 恍惚と, 慄え, 打たれたの, 比べては, 比例する, 沈んで, 浸って, 父の, 狼狽し, 絶望し, 耳を, 自分で, 見えるの, 足を, 近いもの, 顔が, 顫へて, 首を, 駆られて, 驚きながら, 驚くの

4 [77件] あると, うたれて, うっとりと, それが, ちがいない, つられて, なったの, なれて, よる, わたくしは, わたしは, われを, 一同は, 今は, 今日まで, 何の, 何も, 依って, 八五郎も, 力を, 加へて, 勝平は, 反感を, 口も, 喜んで, 堪えないで, 堪えないよう, 堪えられなくなって, 堪へられない, 堪へられなくな, 夜の, 妙に, 度胆を, 引きずられて, 心は, 急に, 恍惚として, 息が, 恵まれて, 悲鳴を, 惹かれて, 感服し, 戻って, 敬服し, 於いても, 書いて, 此の, 気づいて, 気も, 浸つて, 涙こぼるる, 準じて, 溺れて, 由来する, 疲れ果てて, 目も, 石筆を, 耐えかねて, 耐えて, 腹の, 襲われたり, 襲われるの, 見惚れて, 触れて, 足も, 身ぶるいを, 身体が, 進んで, 過ぎない, 達すること, 非常な, 面喰った, 頭を, 顏を, 顔色を, 驚いたが, 魂を

3 [186件] あえいで, あっけに, あつて, あるので, あるもの, あッと, いたっては, いまさらの, うたれた, うっとりし, うんざりし, おそわれるだろう, おどろいたの, おどろく, お手, かかって, かがやいて, かてて, かわりは, こ, こごえて, さすがに, さへ, しては, じれて, すくんで, すぐには, すれば, ぞっとした, たまらなくなっ, たまりかねて, つく, とまどった, なったかと, ひかされて, びっくりし, ふるへて, ふるへながら, ぼんやりと, まいって, みちたもの, めげて, アッと, ウンザリし, ガタガタふるえ, クリストフは, ビックリし, 一時に, 一歩一歩重い, 乗じて, 二人の, 今から, 今まで, 他ならない, 似ずその, 何んと, 信吉は, 俺は, 僕は, 兄は, 八五郎は, 到達する, 刺戟され, 反撥し, 取りまぎれて, 取逆, 呆れる, 呆れ返って, 唇を, 囚はれ, 堪えが, 堪えられないで, 堪えられないよう, 堪え兼ねて, 堪へたる人, 堪へないで, 堪へられなかつた, 堪へること, 堪へ兼ねて, 夢を, 奇麗に, 安ん, 室内の, 対抗する, 小圓太, 就ても, 屹立し, 帰して, 帰る道, 引きかえて, 引換えて, 当惑し, 御後, 心ひかれ, 思ひあまつて言つた事, 思わず, 思わずそこ, 思わず声, 怯えて, 恐れを, 愛想が, 感じられた, 感じられて, 感心する, 慄へながら, 應じ, 我ながら, 我れ, 或る, 戦きながら, 戦慄する, 戻った, 手足を, 打たれる, 折れて, 振か, 敬意を, 新子は, 有頂天に, 未だ, 業を, 極度に, 歯が, 歯の, 毒気を, 比ぶれ, 気がついて, 気が付きました, 気づいたの, 気の, 気附かず, 水の, 泣きたいよう, 消えも, 消されて, 涙ぐんだ, 涙ぐんで, 滿ち, 煩は, 物も, 疲れて, 眼の, 私を, 罪を, 耐えられなくなって, 肩を, 育って, 背を, 脅えて, 自分は, 自然に, 至るまで, 色を, 苦しみながら, 苦笑し, 襲は, 襲はれる, 襲われました, 見えるよう, 見て, 誘はれて, 起きて, 足もととては, 身が, 身悶えを, 身震いし, 輝いた, 輪を, 辟易し, 返るの, 迫られて, 途方に, 過ぎないの, 達すると, 釣り込まれて, 錢形平次も, 陶然と, 非ず, 頭が, 顫へる, 驚かされる, 驚かれる, 驚きも, 驚く, 驚くばかり, 驚嘆した

2 [667件 抜粋] あいそが, あきれるの, あたったの, あてられて, あとは, あらじ, あらずや, あらず字余り, あること, ある凄味, ある夕まぐれ, あんなこと, いじけて, いつか驚き出した, いつも小さい, いつも感じつづけ, うたれたの, うちのめされて, うっとりする, うつって, うづく, うむと, おかれて, おののいて, およんで, おれは, お前は, お驚き, かえった, かけた竹, かじかんで, からだを, かわって, がた, がたがたと, くつろいだ気持ち, こらへ, これぞと, これまで, こんな所, ござりまする, されて, しびれた, しびれて, じっと耐え, じりじりし, すぎない, すこしは, すっかり気, すつかり, すわる, そこに, その事跡, それこそ, それは, ぞっとし, たえぬよう, たとえて, たへ, たゆみなく, だんだんと, ちぎって, つい夢中, つくづくと, つけこんで, とらわれて, とりまぎれて, どうかし, なったと, なったので, なったよう, なっても, なつたり, なりそれから, なりゆらりと, なり痛, なるよう, のぼって, はじめて気がついた, はっとした, はれやかな, ひきかへて, ひそかに, ひとを, ふいに, ふさわしい夕ぐれ, ふと郷愁, ふれたよう, ぶるぶる顫, ぼんやりし, まかせて, まごつくこと, まず驚い, またし, まだ宵, まなこも, みそら仰ぎ, みたされた, むかって, もどって, ものを, ゆき子は, よく似, よろめきながら, わざ, わたって, わななき取つくを, われは, ガラッ八, チャンと, バタバタし, ブルブルと, プンプン匂う, ワッと, 一ト足二タ足ゑゝ何ぞいの, 一人で, 一年間我慢し, 一散に, 一日門口へ, 上げて, 不快を, 不精した, 両手で, 両手を, 久慈は, 乏しく後者, 二人は, 二年程, 五体が, 亢奮し, 人事ながら, 今の, 今度は, 今日は, 仕切って, 付け入る勇気, 任せて, 伊賀守の, 伴れ, 伸子は, 似た感じ, 似る, 何よりも, 何時までも, 依ること, 依るもの, 倦み疲れた, 傷が, 僕を, 光って, 免じて, 全身を, 内部をば, 円を, 再びねむる, 凍つて, 凝乎, 出して, 切つた, 切り組むこと, 切腹した, 利右衞門は, 到達し, 制約され, 刺戟された, 剪り詰めた, 功績が, 勧められる信一郎, 包まれたの, 包んで, 半分は, 及んで, 反抗し, 口に, 口の, 古いレエン・コオト, 吃驚した, 合わして, 同情した, 向かって, 君の, 呆れながら, 咲いて, 唯おど, 唯はい, 喘ぎながら, 嘔吐を, 囚われて, 困る事, 圧されて, 圧しつけられて, 圧迫された, 在る, 在ると, 城太郎は, 堆積し, 堪えがたく我, 堪えながら, 堪えなければ, 堪えねば, 堪えられない気, 堪えられなかったの, 堪えられません, 堪え切れないで, 堪へがたく, 堪へでや, 堪へぬやう, 堪へねば, 堪へられなかつたの, 堪らぬやう, 堪りかねて, 声が, 外套の, 多くの, 天井を, 女が, 女連が, 好意を, 妨げられて, 姿を, 嫌悪を, 安息を, 客も, 宮に, 富んで, 寒々と, 察せられるもの, 導いた, 導いて, 小さな手, 少し殺生, 山の, 山頂に, 左門は, 己れ, 帝は, 帰する, 帰って, 帰る, 常に顫, 平凡の, 平次の, 延びて, 引かされて, 引かれて, 引き止められて, 引受けたが, 引摺られる, 彩られるの, 彼女も, 御驚き, 徴し, 徹する術, 心から感歎, 心ひかれた, 心弱くも, 思われた, 怯えたもの, 恐しくなりて, 悩んで, 惚れて, 惚れ込んだよ, 惱み, 愕いた, 愛の, 感づいた, 感動した, 感動する, 感嘆の, 感心させられた, 感歎する, 感謝した, 慄えた, 慄えて, 慌てて, 慣れた人々, 慣れた眼, 慰めの, 憑かれて, 憤慨を, 成長し, 我が夫, 戦慄した, 截って, 戻つて, 手が, 打たれざるを, 打たれたから, 打たれたもの, 打たれやがて, 打ち勝って, 打ち砕かれて, 抱いて, 抵抗し, 抵抗し得る, 拡がって, 拡がる, 拡大され, 提灯を, 支配され過ぎ, 救はれ, 斃れた, 斯んな, 新三郎始め庭先に, 日の, 早足に, 昂奮し, 昨日の, 時々気づく, 暫らくは, 書くもの, 朝の, 横に, 次第に彼, 次郎, 歌は, 止めて, 武蔵は, 歯ぎしりを, 殆ん, 母は, 比べますと, 比較すれ, 気がついたの, 気が付いて, 気づかないよう, 気づくと, 気でも, 気絶し, 氣の, 水が, 泣いたの, 泣きああ, 泣くの, 浮いて, 海から, 浸された, 涙ぐまれて, 涙に, 淡紫, 深く頭, 混乱し, 清子は, 源氏は, 溶けて, 溺れさして, 溺れ尽すの, 滑稽を, 潜んで, 火を, 無理な, 無理に, 煮えかえるよう, 煽られた, 煽られて, 燃えながら, 爺も, 片棒を, 独り飛騨山越の, 現実の, 甘んじて, 生く, 生れ故郷の, 生活の, 由来し, 番傘を, 番頭は, 痺れて, 直行は, 相応し, 眩んで, 矢も, 矢代は, 石を, 磨きが, 祖母の, 私たちは, 私も, 私達は, 積んで, 穴を, 空を, 立ちすくんだまま, 立ち戻って, 立派な, 笑い出した, 築いた六畳敷, 紛らして, 終日何も, 結って, 絶望した, 罪の, 羽が, 翻弄し, 耐えなかったこと, 耐えられなかった, 耐へて, 聴き惚れて, 育て上げたの, 脂肪が, 腐蝕された, 腕を, 腸を, 膝を, 自らを, 自信を, 自分では, 自分ながら, 自分も, 自己の, 自滅した, 自然と, 興奮し, 苦しまねば, 苦しむの, 苦悶し, 苦笑する, 茂は, 落ちて, 虐げられながらも, 襟を, 襲われる, 見える, 見とれながら, 見に, 見る者, 見向きも, 見惚れたり, 親に, 親父の, 解釈した, 言も, 言葉も, 説明した, 誰か, 誰も, 責められて, 赤面する, 走って, 足の, 身の毛も, 身ぶるいし, 身震ひし, 較ぶれ, 較べて, 輝きました, 輝く, 辛苦を, 辟易した, 近い, 近いか, 返った, 返つて, 追われて, 連れて, 過ぎなかった, 違いない, 遣瀬, 邪魔され, 部屋の, 酔い例, 酔つた, 酔ひその, 釘づけ, 釣合の, 閉ざされて, 関係する, 防ぐ術, 降参し, 陥って, 陥つて, 陥るであろう, 随って, 隠れて, 雪に, 震へて, 面あかみて, 面も, 顔も, 顛倒し, 顫い, 顫く, 顫へながら, 飛び上がった, 飾られて, 馬も, 馴れた, 驅られ, 驚かされた, 驚かされたの, 驚かされて, 驚かずには, 驚きそれから, 驚きまた, 驚く人, 驚嘆する, 髪を, 魂も, 黙って, 鼻を

1 [6481件 抜粋] ぁなるめえ, あきたらないで, あげたり, あちこち石畳み, あとおしを, あの鬼瓦, あらざるにも, あらず共産党, あらず煎餅蒲団, あり巧妙, ある人々, あわないですむようにとおもっている日本, いきなり一台, いくらか茫, いたずらに, いったの, いつもより, いやいやながら皆出入, いろいろぶつかる, うたれたり, うちかてたらつぶれて, うっとりした, うろたえた, おくるる, おそわれずには, おどろかされる, おどろく場合, おもねること, お六, お示し, お雪, かえって彼, かかれば, かかわらず女, かがやいたマタイ, かすんだ, かように, かわろうと, きんは, くらべたらなん, けだかい名称, ここを, ことの, この四, この虫, こんな事, さしあげ壁, さもしく老衰, しずもりかえって, しとどほおを, しばらく楽, しみ入って, しろ洗煉, すぎないこと, すぐ知れた, すっかり舌, するか, せつなかつた, そこへ, そっと覗き, その原因, その晩, その自然さ, そびえて, それほど苦しみ, そんな情ない, たえがたくその, たえられない, ただそこここ, たて, たまらぬやう, ちかい黒コゲ, ちょっとあきれた, ついがぶがぶと, つい前後, つい酔った, つけ込んで, つまれて, つれて, とうとう怺, とどまって, とらわれること, どうもうまく, どれ程, なかば泣きたい, なったという, なった父, なりお, なりましてから, なり得るには, なるぜ, なるや, なんにもいう, のびのびと, はじめて湖神, ひかれるから, ひきのばして, ひたる事, ひどく心酔, びっくりいたします, ふくらみました, ふさわしい大, ふたたび人々, ふと眼, ふるえ上がるばかり, ふれるとき, ほ, ほほゑまず, ぼんやりつっ立っ, まさるもの, またあまり, また民衆, まっ白く, みいられて, みっともないほど, むしろギヨツ, めぐり逢える日, もうのぞい, もう声, もちあげて, ももだち, やっぱり不思議, ゆきましょか, よく適っ, ろくろく口, わざと何, わたしの, ゐるの, オドオドし, ガラツ八は, ゲンナリし, ゾッとして, ドット笑わず, ヒイヒイ云っ, フーフーうだる, マネキ猫みたいに, ヴェルダンの, 一倍の, 一声叫ん, 一心を, 一生戀命の, 一語だ, 万年橋から, 三段に, 下女等は, 不安を, 与えられて, 丸くくぼんだ, 久慈も, 乳を, 二人顔を, 云うべき言葉, 亢奮を, 人前の, 今や溺, 仕舞って, 仰ぎまつれば, 伴って, 似あわず伸子, 似ず勘当, 似ず羽二重, 似た不安, 似ぬしょげ切った顔付, 似通, 何とも知れぬ, 何度びつくりした, 作られたもの, 依つて, 係わるよう, 倒れること, 備えて, 働きましたので, 充たされいつも, 充實した, 光ると, 全てが, 兵を, 内は, 冴えて, 凍え死, 凝と, 出來, 切ったトコロテン, 切り肉, 切縮める, 別れを, 前に, 割って, 劣らざる悦び, 勇気も, 勝てど, 包もうとは, 十番線, 南無三, 却って身体, 参る, 及ばない, 反比例する, 取り組, 古典が, 合って, 同じ蛇, 吐息を, 向かう時節, 君江は, 吹き寄せられたやう, 呆れたものの, 呆れ果てたとは, 呼びて, 咳を, 唇の, 問題は, 喜三郎も, 噴き上げて, 四人殺し, 困りぬいた, 圧されながらも, 在りそう, 垂れ下った偃松, 堅く目, 堪えかね公衆, 堪えざりし, 堪えず手, 堪えなかったが, 堪えぬけ, 堪えられずアッ, 堪えられなかったが, 堪えられなくなるし, 堪えんで, 堪え得ません, 堪へきれなくて, 堪へず見て, 堪へぬ火, 堪へられなくなる, 堪らない気持, 増減は, 変っては, 変るの, 夕方一度便所に, 夢中だつた, 大小は, 天も, 奮いたった, 妃に, 委細構わず, 嫌厭の, 孫兵衛は, 実を, 家臣たちが, 寒ければとて, 対立する, 小さく縮み, 小次郎はぶるる, 少し呆れ, 尻込みばかり, 屈しない意志, 山泊の, 左内は, 布団を, 帰着するなら, 幸太郎殿の, 床に, 引きかえ夜, 引き延ばされて, 引よせ, 引立てられる時, 張られてるセル, 弾かれたやう, 当ると, 彩られて, 彼を, 從つて偉大である, 復讐した, 徹しない, 心から羨まし, 心打たれる, 忍, 快い眩暈, 思いついた, 思い至っ, 思はず四方, 思わずあとずさり, 思わず半ば苦笑い, 思わず戦慄, 思わず見惚れ, 思慮分別の, 怯えつつ, 恐縮せざる, 息詰まって, 悩む余り, 惚れこみすぎた感, 惹かれるが, 愕か, 感じられます, 感心, 慄える, 慰めに, 憧れるの, 我から, 我知らず恍惚した, 戰慄しはじめた, 戻りたい, 手の, 手首に, 打たれほのか, 打たれる事, 打ち紛れて, 承知の, 折ふし人恋し, 押しつぶして, 拘らず結局宿意, 持て余したの, 振返ると, 捕われないよう, 掘つた地中, 掴みあひの, 換算し, 支配し得る, 敗けたとして, 整い過ぎて, 新しいたて, 於てや, 早くから戸, 映った, 時の, 暗然と, 暫時棒立ちに, 書き並べて, 朝日ビルの, 朱ぶさ, 東西変りは, 棄ても, 楽しさ, 欠けること, 止まらなければ, 此孤島は, 歸らせんためその道を, 殆ど不平の, 母に, 比べたなら愛し, 毛筋が, 気がつくの, 気づくこと, 気付き立ち止った, 気遅れし, 水漬り, 決して眉, 沓脱ぎながら, 法衣の, 泣きたくなった, 泣き狂, 流る, 浮かされて, 海舟は, 涙ぐまずにはを, 涙流せし, 混つて聞え, 渠は, 満ちた時代, 満ち溢れて, 溢るる, 溶けも, 漁師の, 激動した, 炉の, 無用の, 然し恰も, 照りはえる自分, 燃え上らせて, 片手を, 特別な, 狂奔する, 獅子の, 理が, 甘んずるとき, 生きろ, 用心を, 男は, 留めたでないと, 疲れ二人, 痛みに, 白い頭, 皆忘れ, 盛返そうと, 直な, 相手を, 真顔に, 眩惑された, 瞬間は, 知るべし詩人, 砕かれ天井裏, 礼之進は, 私はた, 移ったよう, 究めて, 窓から, 立ち戻り又, 笑いあった, 等しい, 築地の, 純化的主張が, 終りの, 結り上げ, 絶望も, 締めつけられる思ひで, 縫いつけた新しい, 纏はれた, 美しく描破, 耐えかね, 耐えなかった, 耐えられなくなった二人, 耐え難くて, 聞き入るよう, 肉が, 肩摩轂撃押すなおす, 胡粉の, 脅された, 腰かけるよう, 膨れた頬, 自ら酔つてゐる, 自国の, 至つた, 興味を, 船より, 芸術精神が, 若殿さまを, 苦しめられて, 茂少年は, 莞爾笑を, 落ち込んだ所, 著しい甲乙, 薄手の, 蚕籠を, 血染の, 行くわけ, 裁って, 襲われたので, 見えざりしが, 見えるやう, 見せて, 見ぬ振を, 見惚れたもの, 見返ると, 覚悟を, 観察される, 触れられるよう, 言つ, 訶まれた, 誘惑される, 調べて, 讀ませるの, 負けさ, 負けるつていう, 賛美する, 起されたもの, 跳び上がりました, 身じろぎできないよう, 身内が, 身震いした, 輝いたかと, 辛抱は, 近代の, 迫られた, 追い立てられて, 逆上した, 通りも, 遍路の, 過ぎなかったの, 道頓堀の, 達するまでに, 適合した, 還元出来ず, 酔いも, 酔わされた痴人, 金塊の, 鋏で, 長い間庸三, 閉ぢこもつ, 関係が, 院の, 陳べしむ, 障子の, 難儀し, 震えつつ, 霜枯の, 静まり返った, 頂を, 頻と, 風邪を, 飮む樣な, 馬耳は, 馴れるまで, 駕籠の, 驚いた文学者, 驚かれるであらう, 驚くそば, 驚歎した, 高鳴りするわが, 魅惑された, 麦稈でも

▼ さ~ (9640, 6.5%)

317 ある 250 あった 148 身に 113 あるの 84 あつた 80 あって 75 あります 63 つてゐる 53 こみ上げて 49 彼の 40 こみあげて 39 胸に 36 ない 33 ありました, あると, 増して 32 あつて, 感じられた 31 私の 27 つてゐた 26 して 25 なければ, 先に, 出て, 私を, 込み上げて 24 わかって 23 ないの 22 湧いて 21 急に, 目に 20 こもって 19 妙に, 残って, 溢れて 18 あるもの, そこに, ひしひしと, 漂って 17 あるから, あるよう, なかった 16 感じられる 15 つた, 加わって, 彼を, 彼女の, 気に, 現われて 14 感じられて, 眼に 13 あれば, 見える 12 あらわれて, しみじみと, 一時に, 少しも, 心に 11 あったの, しに, 欠けて, 消えて, 現れて, 籠って, 自分の, 骨身に 10 ここに, 分って, 含まれて, 流れて, 潜んで, 私には, 見えた 9 あるので, それに, 彼には, 心の, 感ぜられた, 非常に

8 [16件] ありその, あるが, あること, あるという, それを, わかる, 僕の, 全身に, 十分に, 失われて, 感ぜられる, 漲って, 私に, 胸を, 自分を, 襲って

7 [23件] あるか, あるばかり, しましたが, つて行く, どこに, ほの, 一杯で, 人に, 俄かに, 富岡には, 心を, 思われる, 日本の, 無い, 生じて, 続いて, 胸の, 見えて, 見えるの, 身を, 違う, 違ふ, 頭の

6 [20件] あふれて, あるわけ, あるん, つたり, つて, つてゐ, なくて, のこって, まざまざと, ゆき子には, わかるよう, 二人の, 思われた, 感じられるの, 感ぜられて, 横溢し, 残つてゐる, 溢れます, 現はれ, 目立って

5 [38件] あったと, ありは, あるだけ, あるでは, あるといふ, こたえて, し, した, したの, しを, そこには, ないでも, なくなって, はじめて頭, はっきりと, ひそんで, わかった, わからない, 一つの, 人を, 今更の, 全身を, 増した, 女の, 家持の, 平次の, 彼に, 彼女を, 彼等の, 感ぜられるの, 昂じて, 漂うて, 犇, 腹の, 誰の, 足りない, 頭に, 頭を

4 [69件] あったから, あっても, あるかも, あるとは, あろう, いっぱいに, かくされて, こ, こみあげた, こめられて, これで, しました, しや, しんから, すべての, その底, ただよって, つて居る, ないから, ないこと, ないと, なくては, みちて, みなぎって, みやの, みんなの, よく現れ, ろうと, わかります, わかるの, わたしの, 一種の, 不足し, 人々の, 人の, 人間の, 今から, 今日の, 伸子の, 何か, 作品の, 加って, 加は, 勝平の, 匂ひ出た, 反映し, 増すという, 失はれて, 好きな, 少年の, 嵩じて, 当時の, 徹底し, 必要と, 思いやられる, 思遣られる, 想像される, 憤らずに, 手足の, 来て, 欲しい, 残った, 浮かんで, 生きるの, 百倍, 自覚され, 舌に, 薄らいで, 見られるの

3 [133件] あたりを, あったが, あったけれど, あらわれた, あり, ありありと, ありそして, ありそれ, ありますから, あるかと, あるかを, あるこの, あるし, あるだろう, いい, いつまで, おあり, こたえたの, このよう, させる業, さばや, しかたが, したが, したって, しても, しなさい, そのため, その中, それである, ぞくぞくと, たまらなかった, だんだんに, つきまとって, つたが, つづくと, つて行つた, どこから, どこからとも, どの程度, どれ位ある, どれ程, どんなもの, ないで, ないとは, ないので, なかったら, なかつた, にじみ出て, まじって, まだ残つて, よく分りました, りやの, わいて, わからないの, 一杯に, 今は, 今彼の, 伝わって, 伴って, 体に, 何の, 僅かに, 僕を, 先き, 全部で, 分つて, 分る, 分るよう, 加わった, 募って, 在る, 増すと, 増すばかり, 外の, 好きだ, 好感を, 如何に, 始まった, 宿って, 平次を, 強ければ, 彼女には, 後に, 思はれて, 戸の, 手伝って, 拡がって, 映って, 普通の, 有った, 水の, 沁, 沁みて, 浮んで, 減って, 湧く, 満ちて, 漂ふ, 生まれて, 生れるの, 生活の, 甦って, 癪に, 百倍といふ, 直吉には, 立って, 肌に, 背に, 胸いっぱいに, 胸一ぱいに, 腹立たしかった, 自分に, 自分には, 自然に, 苦々しくて, 表現の, 襟に, 誰にも, 足の, 足りないと, 足りないので, 身心に, 込みあげて, 迫って, 逆に, 過ぎて, 違うの, 違って, 部屋の, 隠されて, 露骨に, 顔の, 骨の

2 [457件] あたりに, あったよう, あとから, あなたの, あの人, あまって, ありましたが, ありますね, ありません, あり他, あり健康, あり従つて, あり更に, あり段, あるその, あるため, あるだろうと, あるであらう, あるとか, あるならば, あるなんて, あるに, あるにも, あるのに, あるはず, あるやう, あるよ, ある筈, いつまでも, いつもよりも, いやだつた, いやな, いやらしくて, うかがわれた, うかがわれるの, うらもお, お, おも, お分り, お前に, お前わからん, お吉, お心, お思われ, かえってくる, かの女, かれの, ここで, こたえるの, この一人, この事実, この人たち, この娘, この時, こびりついて, こぼれます, こみあげる, こもった, これほど, ございました, ございます, されて, しして, したれど, しつつ, しなさいよ, しみ出して, しんしんと, し下さい, すぐれて, そこから, そこで, そのとき, そのままこの, その極度, その澄んだ, その眼, その蒼白い, その身, その顔, その風情, それぞれの, たまらない, たまらないほど, たまらなくなっ, だん, ちがって, つ, ついには, ついに私, つき纏って, つく, つくづくと, つたきりにな, つてきた, つてしまう, つてしまふ, つても, つてゐます, つて床に, つて逃げ, つて雪ふる, つのって, とう, どこにも, どこまでも, どの位, どんなにやつし, ないが, ないもん, ないゆえ, ないよう, なかつたの, なくても, なくなった, なくなったの, なくなる, なくなるの, なくも, なく型, なさ, なつかしい, なにか信じられない, なり, なんの, のさばって, のしかかって, はっきりわかる, はっきり見えます, ひし, ひとしお身, ひどいの, ひどいので, ひどくなっ, ひどくなった, ふと胸, ぶり返して, ほぐれて, ほに, またし, まだ残っ, まだ眼, まるで無い, むやみに, むらさきの, むらむらと, よくわかります, よくわかる, わかったと, わからなかった, わかりました, わかりません, わかるでは, わかるとともに, わかるやう, われわれを, アメリカの, アリ, フリント君の, ムラ, 一ぺんに, 一パイに, 一メートルも, 一塊と, 一尺四五寸縦が, 一段と懐しい, 一際露骨, 七分とで, 上って, 世捨人らしい, 主に, 事物を, 二直角に, 五六寸に, 五六貫目も, 人少なの, 今までに, 今始め, 今日は, 今日までの, 今更に, 他の, 伴うの, 伸子を, 何かに, 何かの, 何が, 何よりも, 何処に, 余って, 作品を, 作用し, 俄に, 信じられないので, 信一郎の, 倍に, 偲ばれると, 備わって, 優秀だ, 先立って, 兩岸の, 六百尺だ, 六間半, 其の頃, 内攻し, 再び彼, 再び蘇っ, 冷たい風, 凝りついて, 出るの, 出来るのね, 分つた, 分らない, 分らないもの, 分らないん, 分らない信一郎, 分るやう, 判った, 前に, 加はつた, 動いて, 勝って, 勝つて, 募るにつれて, 匂って, 匂ふ, 十分でない, 単純な, 厭に, 口の, 口を, 口惜しかつ, 同じで, 同じな, 君の, 味わわれた, 問題だ, 問題に, 嘘の, 四尺足らずある, 固まって, 在るの, 堪らなかつた, 増す, 増すにつれて, 増すの, 外海の, 夜の, 夜眼にも, 大切である, 失せて, 妻にと, 嬉しくて, 存する, 孜々として, 完全に, 家いつ, 富岡の, 寒々と, 少しずつ, 少しづつ, 少しばかり, 幾分か, 底に, 度を, 当り前の, 当初の, 影身にまで, 彼は, 彼らを, 彼女に, 得られるか, 微塵も, 必要だ, 必要である, 必要です, 思いやられた, 思い出されて, 思い出される, 思ひやられます, 思われるよう, 恐怖と, 恥しいと, 恨めしきまで, 悲しかった, 悲しさ, 惜しまれる, 想いやられた, 想ひやられる, 想像し, 意図されるだろう, 意識され, 感じられたが, 感じられないの, 感じられるので, 感じられるよう, 感ぜられます, 憎くなる, 或る, 戸惑いを, 手に, 抜けて, 指で, 新たな, 新たに, 新に, 早や, 明らかに, 暗い翼, 最も露骨, 来た, 来る, 来るから, 松太郎の, 根柢的に, 次第に強く, 次第に胸, 次第に解け, 次第次第に, 此の, 死の, 残つてゐた, 段々消え, 気にいったので, 気に入って, 氣に, 沁み出して, 泌みつい, 津々とつつまれ, 流露し, 浮いて, 浸み, 消えみ明るみする螢, 添って, 測られない, 湧いた, 湧きます, 湧くばかり, 溢れる, 溢れるの, 滲みこんで, 漂つてゐる, 漂ふてゐた, 潮の, 澄江の, 激怒の, 灯を, 無くな, 無精髯の, 焼くよう, 燃えて, 爽かな, 現れる, 現実の, 甚く, 生れるもの, 生活と, 産んだ藝術, 男に, 痛切に, 発達し, 白く見せ, 百倍だ, 益々加, 益々加つて來, 目立たないの, 目立ちます, 目立つ, 直接に, 相手の, 眼にも, 睡りを, 矢代には, 確実に, 確立すれ, 示されて, 神の, 神経に, 私達の, 秘められて, 空気の, 窺はれる, 立体的に, 笑ふ, 純白の, 紙の, 紛らせるかと, 終日人の, 絶頂に, 続いた, 緩み出すと共に, 背から, 背筋を, 胸いっぱいで, 胸へ, 胸一杯に, 脱け, 腹に, 自分にも, 自然の, 自然主義以来牢固として, 自覚される, 至るところ, 興味を, 芸術家の, 芽を, 苦に, 草木の, 蔓る, 蟠つて, 血に, 街に, 見えすいて, 見えなかった, 見えます, 見えるよう, 見られる, 解らないだろうと, 解らなければ, 解る, 訪れて, 証明され, 認められるの, 語られた, 語られて, 走って, 起こって, 足らぬ我, 身内に, 輝いた, 輝きます, 込上げて, 迫った, 追, 透って, 違うと, 違ひます, 遥かに, 鋭い対照, 闇と, 闇の, 際立って, 隠れて, 露骨で, 非常である, 非難される, 面白かった, 面白さ, 額の, 風に, 颯と心地よく, 馬鹿に, 骨に, 高木よりも, 鼻に, 鼻について, 齒痒く

1 [4990件 抜粋] 〇・〇〇三五ミリメートルある, あたへられます, あったとでも, あったろう, あとでは, あふれる青葉, あらわれどんな, ありごまかしきれない空虚, ありますが, あり一揆側, あり加, あり左, あり歩きながらも, あり當時, あり裸形, あり通俗, あるけれど, あるだろうし, あるところ, あるほか, あるガンガン, ある対象, ある程度を, あろうとは, いかにあぶない, いかに重かっ, いくらか正しく頭, いささかも, いっそう意味, いつそ, いつも心, いまだに眼前, いやです, いよいよ明, いろいろある, うかがわれる句, うす青い壁, うれしい, おかしさ, おとなと, おりあうから, お竹, かえって旦那, かえは, かたまりついて, きこえるので, きびしいばかり, ぎりぎり結着, ぐつと来た, こう反映, こたえたと, ことさら身, この上なかった, この外, この条件, この間を, こみあげるの, こもってる恐ろしい, ころげまわり走り, こんに, さくらの, させること, さらに強められる, しかし爛れ切った, しずもって, したのよ, しだって, しでござんすか, しのげないの, しみじみ感ぜられた, しみ出て, し出さなければ, し歩いて, じっとし, じーっと腹, すぐ眠り, すでに卓一, すみかな, ずっしりと, せめて一部分, そく, そこを, そのままあの, そのまま残っ, その一つ, その奧, その後引続い, その水, その若い, それぞれ別れた, それも, ぞっと襲っ, ただならぬ光景, たった三尺, たまらなくなつかしかつ, だきすくめられた澄江, だんだん速く, ちと酷しい, ちょっと違う, つきないという, つたか, つた古い, つた白けた, つづいて, つてし, つてはば, つて今にも, つて居ります, つて来た, つて私などを, つて頬が, つまって, つらく, とうとう私, どういう困苦, どうして人間, どう変る, どっとこみ上げ, どれ程か, ないといふ, なおさら沁む, なかつたら卓一, なき人, なくなつた, なくゆ, なく機械学的, なさそう, なれば, にじんだ, のしか, はがゆい, はじめて不思議, はつきり解る, ばくろされた, ひときわ冴え, ひとりでに朝子, ひどく静か, ひろがって, ふとなつかしく, ぶり返しそれ, ほしいと, ほのかに, ぼくの, ましたので, ますばかり, またあらゆる, また他方, また戻っ, まだ二十, まったくの, まとまった姿, まるで異う, みずから嘲笑される, みんなに, むしろ不思議, むしろ膚, もう一度責められなけれ, もっとも危険, やがて暁, やはり奇麗, やりきれない, ゆらゆらと, ようやく目, よく似, よく解つた, より多く, れるふたり, わかったから, わからなかったの, わかるし, わかるよ, わずか一, イヨイヨハッキリと, グングン締まっ, ゴーゴーという, ジャーナリスティックな, ツて, ハッキリ増してる, ヒシヒシ骨身, ホントウに, メリーの, 一そう深, 一フィート以上に, 一丈八尺も, 一倍故あの, 一定し, 一寸近く, 一尺八寸あるいは, 一層加わる, 一層苦しい, 一日ずつ, 一杯涙, 一番にが, 一般に同じ, 一際目立つ, 七十何年後の, 万端に, 三十七間四尺五寸あった, 三尺八寸ある, 上品な, 不定限に, 不愉快である, 不足してる, 世代から, 中途半端な, 乾いて, 二メートルか, 二倍も, 二寸位幅が, 二百五十間幅が, 互に他方, 五十メートルも, 五臓六腑に, 人形だ, 今この, 今よりも, 今更感じられる, 付きまとって, 伝染し, 伸子にとっての, 何かを, 何となく花やか, 何より身, 何層倍するだろう, 余りとは, 作者の, 信長の, 偲ばれた, 傷つけられずに, 兄に対して, 充実した, 先立ちまして, 光明の, 全く悪意, 全心全身, 全部それで, 八木のく, 六七尺も, 六尺三人掛けは, 具象的に, 写真でも, 凌げるかも, 出るゆえ, 出藍の, 分ったの, 分らなくなるの, 分るでせう, 切なくなっ, 初會, 判る懼, 前より, 加はらう, 加わったと, 加わると共に, 効果的に, 募る, 匂つて五十六歳とは, 十二キロの, 十分の六まで, 千倍万倍に, 半時間前, 単音でない, 却って悲運, 厚い膝かけ, 厭ふ, 去って, 又普通人, 反省され, 口惜しかった, 叮嚀過ぎる, 可笑しかった, 同じくらい, 同時に感ぜられる, 周囲の, 呼び出され君たち, 咽喉まで, 唯事でない, 喰ひし, 四匁七分あります, 四尺横が, 圧迫を, 地面に, 堪らない, 増さるの, 増し技巧, 増す事, 変つて物の, 多い, 多少救, 大きく描かれ, 大切という, 大阪では, 失なわれ, 女には, 好ましく思われ, 始まって, 媒介され, 嬉しいまア, 存在しない, 実にない, 実質においては, 宿る時, 寝巻き, 射し透った, 小ッ恥かしく, 少しは, 少し物足りなかっ, 尚きらい, 岩の, 巨人の, 帰りには, 平均三十尺あっ, 幾らかづつ變つて, 底知れぬ, 引っこみかかった, 強かった, 強く殘, 当然だ, 彼女と共に, 後で萠, 得られさ, 微笑んで, 必要で, 忘れられた, 忘れられる, 思いやられて, 思い返されたの, 思われた際, 怨めしくも, 恥ずかしくなった, 悔いられたが, 悲しいほど, 惜めた, 想像できるだろう, 意識された, 感じられない, 感じられるもの, 感ぜられこれ, 慄, 憎たらしい, 懸かって, 我慢出来なく, 手の筋へ, 才能的な, 押しの, 指先に迄, 掩うてゐる, 改めて思い起こされる, 数寸あっ, 新富座開場式には, 日ましに, 日本的な, 早く来る, 明石に, 時々歸道, 暖かく明るく媚びられる, 更に目, 最後の, 有るに, 木の根, 本当の, 来るだらうといふ, 柔, 格別に, 極わ, 樹の, 次第にリアリスティック, 次第に飮, 正確である, 死人の, 残つてゐよう, 殘つて妙に, 段々平次, 毛糸の, 気の毒である, 水に, 求めて, 決して直接さ, 沁み渡るよう, 治り切らずそれに, 泰造や, 浅すぎる, 海へ, 消えるもの, 淋しくなる, 深くなる, 深まるにつれ, 清逸に, 減るという, 湧きおこつて, 湧上つ, 満身にか, 滑らかな, 漂つてゐた, 漲りわたって, 激しくしず心, 瀧沢という, 無くその, 無視され, 熟して, 爽やかには, 特に毒々しく, 独特に, 現れずに, 現われるの, 瓜ほども, 生々として, 生ずると, 生れるだろうか, 男二人を, 異様に, 病的にすら, 癇癪持らしい, 發揮されない, 百倍お前の, 百尺も, 益々病的, 目立ちお客, 直ちにその, 真個に, 眼を, 知らず識ら, 石塊の, 磨きだされる, 禿鷹の, 私よりは, 積りさすが, 突然分っ, 窺われるから, 籠つてゐないなら, 約三分の一, 紛らされた, 結合する, 絶えず流れた, 総身に, 續い, 美しく現われ, 羨ましくなっ, 考えられる, 耳の, 肝心だ, 背筋に, 腐臭を, 腹立たしいやら, 膝もとから, 自分たちにとって, 至極乏しい, 色彩の, 若鮎の, 菓子に, 著しく増大, 薄闇の, 血管を, 衣服を, 表現形式までも, 裡に, 襲いかかり自分, 見いだされて, 見えるだけ, 見え芸者風情, 見られた, 見上げら, 覗われる, 解った, 解決された, 記録に, 話にも, 認識という, 読むもの, 豊に, 贈られる, 足もとへ, 足りないん, 踏みつけに, 身体中の, 軽い文化, 込みあげた, 追い追いに, 速いこと, 過った, 違うだけ, 遠くから, 邸内一パイに, 醜さ, 鈴子を, 長州方の, 闇への, 陽を, 障碍物の, 雨滴を, 露出し, 非常な, 頑固な, 顎から, 顔面の, 養はれ, 騒いで, 體に, 鱈子ほどに, 鼻へ

▼ さ~ (9301, 6.3%)

716 すれば 292 あれば 149 あつた 117 ある 73 して 66 しなければ 55 した 54 なければ 51 なつて 45 出來 44 すりや 40 見れば 34 あるに, あるの, 思つた 31 思はれた 29 ゐれば 25 居れば 21 持つて 20 ぎつた 19 ありました, あります, ゐなければ 18 する, 忘れて, 感じた, 感じて 17 よければ, 見えた, 見えるの 16 するの, なつた, なれば 15 あつたら, あると, なかつた, 思はれる, 見える 14 出て, 私は 13 それを, 浮べて, 見えて 12 私には 11 ありや, すればよ, すれや, ない, もつて, 無かつ, 行けば, 言へば 10 しなかつた, 彼の 9 た, 出来れば, 好ければ, 思つてゐる, 思はれて, 私の, 見ると 8 したの, つけて, ないの, なる, なるの, 容易に, 帯びて, 彼は, 思ふ

7 [15件] あつて, いへば, これを, されて, 云へ, 今は, 出れば, 含んで, 居なければ, 思つてゐた, 来れば, 殆ん, 碌に, 示して, 言ふ

6 [19件] あり, しつかりして, すること, その気, 与へ, 出せば, 出来なかつた, 加は, 呉れ, 大抵は, 彼には, 思ふこと, 無くば, 無事に, 立てば, 耳に, 腹の, 見えなかつた, 身に

5 [27件] あるが, あるもの, いつしか過ぎ, すると, するならば, すればと, たま, づり, なくなれば, なくば, やれば, わかれば, 何か, 何の, 信じて, 思はれるの, 思ひました, 氣が, 見せなかつた, 見て, 言はれ, 誰も, 身を, 通れば, 開いて, 降らなければ, 頭に

4 [64件] ありて, あるお, くれれば, この深夜, しながら, しなきや, せずに, ちやんと, ついて, づつてゐた, づつてゐる, なかつたならば, なかつたの, なが, なりました, はつきりと, みれば, やつて, 一つの, 下されば, 云つた, 云は, 云へば, 交へて, 加はつて, 十分に, 呈して, 完全に, 定かには, 寄せて, 寒く眺められる, 少からず, 彼等の, 思ふの, 思へば, 感じさせるの, 感じられた, 感じられる, 我慢すれ, 手が, 書いて, 気が, 気の, 浮んで, 添へて, 滅多に, 無い, 知らないの, 織つて, 考へて, 考へること, 聞えて, 能く, 行はれ, 見えたの, 見えます, 見せて, 見付かれば, 覚えた, 覚えて, 言つた, 言つてゐる, 貰へば, 起つた

3 [148件] ありましたが, ありますが, あるくら, あること, あるさ, あるやう, ある位, いふこと, いやな, うまく行け, おけば, おも, かねて, ぎる, このま, これが, これに, ございました, したら, しました, しらに, するであらう, するので, するもの, そのうち, その氣, それと, それは, つけば, つければ, づりを, づり草, づる, ないと, なかつたと, なくな, なけり, ならなければ, ゐた, ゐて, ゐる, ゐるの, 一ト月も, 一人の, 一度は, 一度も, 三公は, 不思議にも, 人を, 今では, 今日の, 今日は, 來て, 來れ, 僕は, 優しき姫神, 充分に, 先生の, 出して, 出来て, 動かさなかつた, 口惜しいお前, 合は, 呉れれば, 味は, 大福を, 妙に, 始めて, 少くとも, 居りました, 居ります, 居るの, 彼に, 心を, 心得て, 心淋しけれ, 思はれたの, 思はれる位, 恥かしい, 意識しない, 感じたの, 感じました, 感ずる, 感ぜられて, 手に, 払へ, 承知し, 承知すれ, 承知なら, 持直せば, 描いて, 數へ, 日は, 昔の, 暮るれ, 有れば, 氣の, 洗はれ, 消えて, 涙を, 渇かねば, 満足に, 濡らさせて, 無ければ, 犠牲に, 珍しくない, 甘くすれ, 生じて, 疑はれる, 盛んに, 知らずに, 知らない位, 知らなかつた位, 知らぬ者, 私を, 稀に, 立派な, 置けば, 聞ゆる, 胸に, 自分で, 自分には, 自分の, 與へ, 良ければ, 色に, 見なければ, 見られた, 見りや, 見るに, 見定められぬばかりに, 覺えて, 解れば, 言はれた, 許して, 読めば, 起した, 足りれば, 逃げ出すの, 郎女の, 醜るい方, 門には, 附いて, 除けば, 非常に, 頂けば, 食は, 鮮かに

2 [451件] あかき水鳥, あければ, あてがへば, あなたたちは, あのやう, あの時, あの男の, あへ, あらば, ありき, ありません, あるか, あるかも, あるでは, あるので, あるのに, あるん, ある中, ある内儀, ある私, ある身, あればと, あればといふ, いひ得るであらう, いまは, いろ, うかべて, うまくゆけ, おのづか, おもつ, お前は, かう云, かかさ, かくまで, かければ, かろくたたかす垂乳根, かろくたたかす裾, ぎられてさうは見晴らしが, こ, このお爺さん, このやう, これである, ございまして, ございます, さう, さうだと, さうでございます, しさ, したあの, したこと, しなかつたこと, しなけりや, しなければい, します, しまへば, しるき, し出して, すさび心神, すりやあ, するに, するほど, すれア, ずんずんたどっ, せぬの, せねば, その上, その暮れ, その猿, その老人, それが, それで, それに, それの, たつた一つ, たてば, たもの, たやう, たんだ, たシャツ, た上着, ちやんとして, ちよつと, つける, づりの, づりは, づりや蜜を, づり子を, づる春は, できれば, どうかする, どうする, どこやら, ないこと, ないもの, なかつたん, なかなかに, なくこの, なくただ, なくて, なくては, なけれや, なしに, なつたら死んだ, なにか中心, なほいやらしい, ならうと, ならない, なります, なると, ぬるかな, はつきりすれ, はつきり言ふ, へんわるい, ほんのりと, ました, またいつかこぼれ, みつかれば, ようたつ, よければい, よけれや, われわれは, ゐたの, アリ, コセ, ビクビクもの, 一人として, 一言も, 丈夫であれ, 丈夫に, 上りが, 不可能である, 不安に, 不安を, 不思議に, 不斷, 与へて, 之を, 乗せて, 九十度に, 事欠きながら, 云つて居た, 云へる, 交したこと, 交を, 人が, 人に, 今の, 今宵は, 今迄, 他の, 付けば, 何日しか, 余が, 使へば, 來なけれ, 傳は, 傳へて, 億劫に, 優しくし, 元氣, 光るばかりを, 克く, 入つて, 入れて, 入れば, 其中に, 具へ, 出されない苦し, 出すこと, 出ね, 出來よう, 出来ないの, 出来ません, 出遇, 分けて, 切なら, 切られて, 切れずに, 利しと, 加はつた, 加へる, 単なる好事家, 取れば, 口に, 口を, 口惜しきに, 可なり, 可笑い位自慢, 右の, 同一の, 君が, 吹かない, 呉れると, 喰は, 嘘を, 困難な, 塗り消し, 変へ, 多くは, 夢の, 好けり, 好まなかつた, 如何に, 嫌はれ, 嫌ひ, 定かならず, 家の, 容易で, 寂しいこの, 寒の, 實は, 射して, 小人数, 小人數な, 少くない, 少しも, 少し滲み出し, 少許, 居なきや, 居る, 山の, 巫女を, 年に, 幻に, 幾筋か, 彼らしい, 彼女の, 彼等を, 御承知, 復活すれ, 心ありて, 心に, 心苦しく思つて, 必要と, 忌は, 忘るる, 思つたと, 思はず色, 思はなかつた, 思はれます, 思はれるので, 思ひうらがれに, 思ひ出, 思ひ出されて, 思ふやう, 思へた, 思へたの, 恐れて, 恨まれける, 情趣に, 想はれる, 想像する, 意識し, 愛して, 感じさせる, 感じた位, 感じながら, 感じられます, 感じること, 感じ出した, 感ずるの, 感ずる事, 感ぜられた, 感ぜられる, 憚らなかつた, 憚る, 我心を, 手の, 手狭な, 折らば, 抱いて, 拵へれ, 持ち出した, 指を, 捉へ, 握つて, 播けば, 擲ち去つて, 教へて, 敢へて, 断言し得る, 早く世の中, 明瞭に, 時々柿, 時としては, 時を, 暗闇まぎれ, 書きながら, 書けば, 有たなかつた, 有るに, 朧げな, 未だ, 来なければ, 来る, 果ては, 枯れて, 枯れめ, 植村樣が, 構は, 様々な, 欺きつる, 歌は, 止るやう, 此盛岡に, 歩けば, 歸し, 歸り, 死ねば, 死んだ氣, 死んで, 殊更艶かしく, 残つてゐない, 毬さへ, 治つたら, 洩れぬ, 浦島自身の, 浪の, 浮びます, 浮べながら, 涙が, 涸れなければ, 添うて, 添は, 添へ, 湧いて, 滿足に, 滿足には, 無くな, 無くは, 然樣, 照り白く, 犯すこと, 珍しげ, 現在の, 生えて, 生きて, 生むに, 生れて, 用ゐ, 申しますと, 疎むか, 疑はる, 疑はれて, 発見出来ない, 目に, 直ぐに, 睨まれて, 知つてりや, 知つてゐる, 知つてゐれ, 知らないこと, 知らない時代, 知らなかつた, 知らぬ, 知らぬ事, 知られぬれば, 知ること, 知るは, 知れず, 碌, 確りし, 神来臨し, 私が, 私に, 私自身しばしば, 稀には, 立つた, 立てぬ秋, 笑つて投げ棄て, 筆に, 籠めた, 終れば, 絶えて, 続けば, 續けて, 考へた, 考へられた, 聞いた, 聞いた事, 聞いては, 聞えたの, 聞くが, 聴いて, 胸が, 自分に, 自分は, 自分を, 與へる, 舌を, 苦しいので, 落ちて, 葡萄酒を, 行ける切符, 行はれる, 裂くやう, 見えず, 見えないの, 見えるが, 見えるので, 見えるほど, 見せずに, 見せるの, 見たこと, 見つかれば, 見ゆる山, 見られるの, 見られるやう, 見ること, 見るも, 見受けられました, 覚ゆる, 覺え, 覺える, 言つたら, 言は, 言ふこ, 言へ, 記せし名, 許せば, 誤魔化さうと, 読めないやう, 變り, 賞めて, 走り稲妻, 起らなかつた, 越えて, 越せば, 跡を, 載せて, 返せば, 逆羽, 這入れば, 過ぎないと, 達者で, 遠慮し, 降つて, 降つて來, 降り出したので, 隙間だらけの, 離れて, 震へ, 非常な, 頭の, 頼むに, 飛ぶに, 飲まないん, 餘り, 香さへ, 驚いて, 鳴かぬ山陰

1 [4790件 抜粋] あ, あげぬこと, あったの, あとかたも, あの時來, あまりに稀薄, あらざれば, ありければ, ありませんでした, あり年, あるところ, あるを, ある庭, ある聲, あれを, いかがと, いたしました, いづれも, いと調子づき, いふの, うか, うまくやつ, える奴, おそれおほい極み, おのれの, おろそかに, お崩し, お許し下さいます, かく大いなる, かの墨絵, かんじたの, きちんと整つた身なり, ぎつて, ぎつて山の, ぎりていへむ, ぎるにあへばすかすか, ぎる岩ぶす, くれたら直ぐ, こちらの, この場合, この月, これこそ, さういふ気, さがしたらこの, さのみ, したが, したらきつ, したら内容, した公然, してやらうと, しなかつたらば, しません, し出した, すこし痛い, すらりと, する書き並べた歌, すれバ, せぬやう此, そのつもり, その傳記, その意氣, その通り, それです, そんな処, たつもり, たまに心, たる, た立派, ちぢれさせる, つかないらしい, つくれば, つないで, づつて星の, づり聞ながし, てあつて, できて, できよう, とめ意地, どうかかう, ないか, ないはめ, ない限り, なかつたらこ, なかつたら都, なくさなければ, なく唯肌着, なく雨, なされば, なつて米, ならないと, なりかねない程, なり眼, にじみ出して, のぼせて, はつきりさせれ, はつきり見極める, ひかれど, ひとにと, ふと紫, ふれ得なかつたその, ほのかである, まざまざと, またたく間想像する, まだ碌々, まもなくかくされる, みせて, もいとはしか, もう神経衰弱, もちよ, もの憂げ, やはりそれ, やりかねないと, よくある, よく考へなく, られようと, わからぬの, わきま, わたしは, ゐたら私, ゐなかつたら田舎道, ゐれや, クハヘタバコパクパク, チヤンと, ヒステリカルに, レムブラントも, 一リツトル, 一向怖, 一抹の, 一杯なら, 一瞥をも, 一部から, 三桁である, 上手なら, 不可能であり, 不思議な, 不自由さうにし, 与へられて, 世には, 主張し, 乘り出さない, 争ひ, 二三年前から, 云うて, 云ふも, 交つた, 人並なら, 今にな, 今日迄, 仏陀の, 付けた友, 仲人は, 伴は, 住むと, 何かと快から, 何も, 何處かに, 余栄を, 作るに, 使は, 価しない者, 信じない一篇, 俺には, 健康に, 催させぬ, 僅かにでも, 億劫がる, 元の, 光線の, 全く缺, 兩者同一である, 其の膽勇殆ど人間, 其通りです, 再び見向き, 冷然と, 処々出, 出した, 出た, 出ると, 出来たが, 出来ない位, 出来る事, 分らない, 切つて, 刎ね, 判断を, 別様に, 前に, 加はりて, 助けんと, 動くの, 勿體なかつた, 十分気を, 半生に, 卯平は, 却つてなか, 厳しくお, 反対したくなる, 取つて, 取入れるやう, 口へ, 可し, 叶ひ申さず, 同情に, 君に, 含めること, 吹けなかつたから, 呼ばずに, 咽喉を, 喉に, 嘆息され, 困らなければ, 坊主の, 堪へられないと, 声涙ともに, 変電所の, 夜は, 大人だけの, 大方姿を, 天成の, 失せて, 失はれがち, 失ひへなへな, 女が, 好まなければ, 妻に, 婦は, 子ら疑はむ, 孝養抱持の, 守れば, 定ならず, 実は我我, 家人に, 寂しがらせる, 寒い今夜, 實現され, 尊き御, 小降りに, 尚ほ, 居たの, 居なくな, 居るもの, 屡々考へ, 嵌めて, 差つ, 師匠の, 帶びたれば消え, 常談の, 平氣, 幽かに, 広言する, 延ばせば, 引けば, 強ひ, 役立てられて, 往々に, 得なかつたため, 御存じ無い, 御金, 心づかぬ程懸命, 心苦しいのに, 忌々しさうに, 忘れたおぼこ娘, 忘れました, 忘れ又, 念ずれば, 思つ, 思はせるやう, 思はれたり, 思はれるだらうなど, 思はれる微細, 思ひいでられて, 思ひ出ら, 思ひ遣りなく, 思ふ彼, 急かねば, 恐怖心を, 息も, 悲しい圧迫, 惜魚の, 惹けば, 愛を, 感じたもの, 感じられも, 感じ出しました, 感ぜしめるでは, 感知する, 憎態, 懐かせた, 戊午年以来種々姦吏の, 我が留守, 我慢すりや, 戴かせたり, 打あけ, 承服しない, 抜けて, 抱くやう, 拒まれた, 持たずに, 持ちこんで, 持てなかつた, 挫けば, 捨てがたい, 掛けて, 描いた, 撃ち込みました, 改めれば, 敏感に, 数歩を, 斯様気づかふ, 旅に, 既に怪しい, 日本文学を, 明ければ, 昨日黒衣めが, 時々後, 普通の, 暑くて, 暫ば, 書きしるされて, 最も豪胆, 有つた, 有名だ, 未だきめられ, 材料の, 松平某の, 根太も, 極まつ, 樂しませる, 欠けて, 欺くこと, 歡樂を, 正しくは, 此人を, 此苦しみを, 歸つて行け, 殆どない, 残るくま, 殺して, 気にか, 気付かないやう, 氣紛れである, 求めること, 汲めば, 汽車の, 沾れ, 泥濁りに, 流して, 浮かびぬ, 浮べたり, 海や, 深く帯び, 添へる, 温い心, 湯加減程よき, 満足には, 滲んで, 潰せば, 灰色にな, 為で, 無いぢ, 無きや, 無御座候, 焦げずに, 爛れき, 片附ける, 独逸の, 猿である, 現はれる, 甘いとも, 甚だ当て, 生む様, 用ゐん, 畫が, 疑つて, 疑ることさ, 痩せ切って, 発見する, 白い藥, 百發百中美事に, 盡せ, 相倚つてさや, 看做したこの, 真面目な, 着きて, 矢張優しく, 知らせなかつた, 知らない娘, 知らぬかの, 知られて, 砲弾尖る, 確固し, 示しはじめたの, 神は, 私どもの, 稀薄である, 穏やかなる, 突き留める, 立たないで, 立てない父, 笑顏を, 納めれば, 細め出した, 統一し, 綺麗で, 纏ひ, 羞耻に, 考へさ, 考へる一つ, 聚れ, 聞えました, 聞く勇気, 聴へる, 背後見らるる, 脚を, 腸加太児の, 自ら保たれ, 自由で, 與吉に, 良けりや, 花の, 苦, 苦痛である, 荘厳され得る, 落着いた, 蒼ざめて死せる, 虧かで, 行かなければ, 行く氣持, 表するの, 西洋人の, 見えないその, 見えぬ穏, 見えるなよやかさ, 見える恰好, 見える過剰, 見ずと, 見せは, 見つからない始末ぢ, 見へるはにかみを, 見られなかつた, 見る場合, 見出される街, 見失, 見知らずに, 覚える事, 覺束な, 解し難い, 触れる事, 言ひた, 訣らなくなる, 訴へ, 詰らぬ事, 認むべきものが, 語つてゐる, 誤診する, 読んで, 調へては, 讀んで, 負ける, 貰つ, 買へ, 贅澤と, 起させなかつた, 起つたの, 足で, 踊り出す, 身が, 轟きさ, 辨れ, 返しや, 追手かと, 通つた, 通ればよ, 遂に梅子, 過ぎて, 違ふそ, 遠慮がちな, 避けまたは, 都鳥浴衣が, 重疊, 鈍い光, 開かなかつたら死ぬやう, 附ければ, 降るや, 随分悩んだ, 雜り, 零さなかつた, 露知らず, 面白いこと, 面隠する, 領地も, 頼りなく思はれる, 顧みず恩, 食つて居れ, 飲み得ず袷, 餘さなかつた, 馬鹿に, 驚かした程, 高輪中, 黄ばむで

▼ さうし~ (8075, 5.5%)

326 てその 159 て, てそれ 148 て彼 132 て私 100 て自分 97 てこの 82 てゐる 78 て又 57 たもの 48 て其, て見る 47 て今 42 たこと 36 てまた, て其の, て此 30 た場合 29 てあの 27 た事, てこれ, て僕 26 て時々, て最後 24 てお, て更に 22 て二人, て見れ 21 てそこ, て何, て俺, て彼等 2019 たの 18 て居る, て或, ますと 17 て彼女 16 た意味, て之, て後 14 た方面, た言葉, てさ, てさう, てゐ, て日, て置い 13 た傾向, た物, た話, てお前, て夜, て誰 12 た生活, て遂に 11 た人, た処, てそんな, てまだ, て人, て今日, て君, て御 10 た時代, た点, た考, てただ, てやつ, て今度, て他, て其處, て凡て, て女

9 [13件] たやう, た女, た形, た心, た時, てこんな, てすぐ, てもう, て其処, て家, て心, て日本, て第

8 [13件] たところ, たならば, た事実, た人々, た人達, た姿, た方, てある, て多く, て我等, て漸く, て靜, ませう

7 [22件] た上, た大, た態度, た神, た種類, てくれ, てここ, てそれら, てそれ等, てた, てやがて, て人々, て何だか, て其中, て前, て常に, て急, て我々, て暫く, て未だ, て段々, て私たち

6 [49件] た人間, た信仰, た彼, た後, た新しい, た日, た機会, た歌, た氏, た私, た結果, た間, てあらゆる, てあれ, ていつ, ていつも, ておい, てかう, てくれる, てどう, てまるで, てもう一度, てわたし, てゐた, て一つ, て下され, て人間, て代, て何時, て兎, て其後, て再び, て口, て同じ, て外, て夫, て少し, て尚, て愈, て斯, て明日, て最も, て次, て父, て神, て私達, て自己, て言, て顔

5 [49件] た不思議, た心持, た悲しい, た所, た折, た村, た者, た若い, た風, てあなた, てい, ていま, てこのごろ, てその間, てたうとう, てどこ, てなほ, てみる, てもし, てもつ, て何處, て其上, て其所, て出来た, て唯, て妙, て始め, て小さな, て彼ら, て悉く, て手, て新しく, て是, て昼, て暫らく, て此等, て皆, て目, て直ぐ, て美しい, て自分自身, て若い, て薔薇, て貰, て貴方, て門, て間もなく, て静か, なくては

4 [85件] たかの, たものの, たらお, たわけ, た中, た作家, た例, た光景, た声, た大願, た奔, た女性, た好意, た威, た或, た文, た歴史, た母, た気分, た求婚, た石城づくり, た経験, た自分, た苦しみ, た表情, た表現, た類, た風儀, ておれ, てこれら, てすこし, てそれから, てとう, てとり, てほんの, てみんな, てトルストイ, て一人, て一切, て下さい, て二, て今一方, て他人, て余, て僅か, て其内側, て其間, て内心, て凡一月, て出, て別に, て大きな, て女たち, て子供, て宗助, て将軍家, て山, て左, て強く強く, て忙しい, て愈々, て新しい, て早く, て明るい, て春, て村, て東京, て毎日, て気, て浦島, て深く, て現在, て直, て秋, て純一, て終, て色々, て若し, て貧しい, て郎女, て長い, て長く, て頭, て飛ぶ, て鳥

3 [126件] たいろ, たなか, たら, たらその, た不良少年, た出来事, た努力, た場面, た境涯, た境遇, た大きな, た大水, た官吏, た心境, た心持ち, た感じ, た感情, た方向, た景色, た決心, た父, た特異事情, た状態, た理由, た社会, た笑, た精神, た絲, た緊張, た習俗, た色々, た處, た見方, た解釈, た部分, た関係, た闊達, た青年, た魂, てあなた方, ていた, てお爺さん, てしばらく, てしまひ, てしまふ, てそれ以來, てだ, てとうとう, てときどき, てぶ, てみれ, てやたら, てよく, てゐれ, て一層, て三藏, て世界, て世間, て予, て云, て京都, て今や, て今後, て何時の間にか, て例, て傍, て僅, て先生, て全, て兩者, て其なごり, て其人, て出来る, て卯平, て叔父, て各, て君主, て呉れ, て多少, て大, て大抵, て奈良, て妻, て完全, て室生君, て小, て尚も, て島, て年々頻繁, て後者, て悲しい, て成, て支那, て斜, て旅用意, て春三郎, て時, て最初, て東, て染め上り, て樣, て死, て母, て溜息, て無, て現, て生活, て直ちに, て稍, て穴, て翌日, て老, て耳, て腹, て膝, て自分たち, て舞台, て藝術, て表題, て起き, て身, て農家, て部屋, て青い, て馬車, なきや

2 [441件] たいろいろ, たうるさい, たお, たさびしい, たすべて, たと, たとき, たらあの, たらどう, たら僕, たら又, たら君, たら貴方, た一切, た不幸, た事件, た事情, た二人, た人たち, た人気, た人物, た人間たち, た仕事, た企て, た伝来, た位置, た作品, た僅か, た優越感, た冬, た判断, た匂, た古代, た名, た問題, た喰物, た噂, た場所, た大胆, た女たち, た女達, た妹, た存在, た安心, た宣伝, た小, た小さな, た少年, た山, た島, た幻影, た御, た心配, た恋, た恐ろしい, た患者, た悲運, た意識, た戀愛, た技術, た方法, た昔, た時期, た暗い, た最後, た概念, た欲望, た氣持, た為事, た無聊, た物品, た由緒, た男性, た疑問, た目的, た相手, た着物, た知識, た研究, た社會, た神事, た空想, た立ち場, た純潔, た習慣, た能力, た自然, た自由, た興奮, た色, た苦しい, た苦痛, た行動, た要求, た覚悟, た計画, た記事, た訳, た詞, た試み, た話題, た語, た語序, た調法, た貧しい, た贈物, た追, た過去, た遠来, た錯覚, た陶酔, た雪, た霊物, た頃, てあたし, てあと, てあまりに, ていかに, ていくらか, ていただきたい, ていつのまに, ていや, ていよいよ, てえ, ておいしい, ておく, ておしまひ, てかの柳河, てから授業, てから明日, てくれた, てご, てさつき, てさらに, てすでに, てすべて, てそ, てそのまま, てその後, てその或, てたちまち, てついと, てつひ, てなんと, ては又, てひそか, てひよつ, てへん, てほん, てぽろぽろ, てみのる, てもいい, てもらひたい, てやう, てやつぱり, てやはり, てより, てわざ, てゴツホ, てランプ, てリード夫人, て一々, て一つ一つ, て一体, て一寸, て一年, て一度, て一散, て一方, て一旦, て一気に, て一番, て一種, て三人, て三十圓, て上, て下さる, て下界, て不思議, て両, て両手, て両方, て主, て主人, て事実, て二階, て五日, て些, て人生, て今に, て今晩, て今朝, て今頃, て何と, て何事, て何人, て余所, て俄, て僕等, て元, て兄, て全て, て全然, て其内, て其意見, て其神座, て其等, て其行事, て其責任者, て内, て内容, て冬, て出来上, て初めて, て別れる, て到底, て到頭, て刹那, て刺, て力, て努め, て勘次, て南, て単に, て反, て右, て同時に, て向, て呉れり, て呉れる, て味方, て問題, て四つ, て國民, て土, て夕方, て夕陽, て夕霧, て多数, て大いに, て天子, て太鼓, て夫人, て失恋, て奥, て女優, て女房, て娘, て孔子, て孰, て學校, て安心, て宗教, て実は, て実際, て室内, て宮, て家々, て家族, て寒, て寢, て實, て寧ろ, て封, て少年, て居た, て山の神, て己, て巴里, て帰り, て平安朝, て平岡, て平気, て幸福, て度々, て弟, て彼我, て彼自身, て征服, て徐ろ, て徒に, て徒ら, て心臟, て心配, て必ず, て快活, て思ふ, て恐らく, て恐らくは, て恐ろしい, て恰も, て愛嬌, て愛情, て戸, て手紙, て批評家, て掌, て故郷, て敏捷, て斯く, て斯様, て新, て日光, て映画見物, て昨日, て時に, て時間, て晝, て最上級, て最早, て朝, て本人, て本当, て朱塗, て朱欒, て机, て森, て森閑, て椿子, て次第に, て歌, て此問題, て此後, て此種, て此自覺, て此處, て歩い, て歩む, て歯, て歸, て死んだ, て殆, て殊に, て母親, て民族主義, て水, て汝, て涙, て深い, て清く, て渓流, て温泉, て港, て澄み, て無意識, て然, て熱い, て爺さん, て物, て狐憑, て狸, て狸汁, て班, て現実, て甘い, て甘酸, て生み, て生れ, て生涯, て田舎, て町, て畑, て癇, て癇癪, て白い, て百姓, て皆さん, て直接人性, て相手, て看護婦, て真, て真に, て眠る, て砂糖, て神楽, て稀, て突然, て窓, て立つ, て笑, て籐椅子, て結婚, て緩く, て總, て纔, て置く, て義男, て翌朝, て考へ, て考へた, て育つ, て胸, て自然, て芥川, て花, て若しも, て萩原君, て著者, て葛籠, て藝術家, て街, て袂, て被害者, て裏, て西風, て要するに, て見, て見よ, て親爺, て話, て貴族種, て赤い, て路易, て迎, て近く, て近代, て追, て途中, て逢, て遊ん, て過した, て野, て金, て鉄瓶, て闇, て障子, て雨乞, て電燈, て電車, て音, て額, て風, て食卓, て餘, て馬, て髪, て魚市場, て黙つ, なければ, ませうね, ませうよ

1 [3016件 抜粋] かねない勢ひだ, たいこと, たおろかさ, たかも, たさ, たせんちめん, たといふ, たなり, たはで, たまごつきの, たや, たらお前達, たらね, たらチェッコスロヴァキア公使館, たら兄弟, たら女房, たら己達, たら暫く, たら歸, たら疲れて, たら腹, たわるい, たポーズ, た一夜, た万葉主義, た不愉快さ, た両者, た事態, た交渉, た人間意志, た会話, た作業上, た信一郎, た個人的, た傭, た兄, た内部的, た出現形式, た創作的態度, た半, た博物館, た厭, た受驗準備, た古道具屋, た名人, た呪術関係, た哀, た問, た噂さ, た困難, た團子, た堅い, た外国人, た夜, た大層, た夫人, た女官, た好んで, た嫌, た学生, た定期の, た客達, た家柄, た對手, た屈辱, た岩山, た巫女, た幸福, た座頭, た引き続いた気分, た彼女全体, た心動き, た必要, た思, た急速, た恐ろし, た悪事, た情熱, た惱ましげ, た感激, た憂ひを, た我, た手數, た抱負, た擁護者, た故意, た整理, た文章上, た新聞社, た日本芸能, た景情, た書状, た未来, た来訪者, た極度, た樂, た欠点, た歌風, た段階, た民謡風, た気魄, た江戸伝統, た活動好き, た深刻, た演劇構造, た点芥川さん, た父親, た特殊, た理会力, た生活原理, た男, た畏怖, た疑は, た皮肉, た盲目, た眼医者, た社会環境, た神たち, た神鍾愛, た稼業, た空漠, た第, た系図, た素質, た結構, た綽名, た罵声, た聯想, た背景, た自身, た芸術, た苦行, た蒸し返し, た行き届いた発想, た表現法, た見事, た観点, た詰問, た誰, た講筵, た變つた場所, た賜物, た躊躇, た轟々たる, た辻褄, た逃避的, た進退, た道, た部屋, た里, た間中いろいろ, た降臣, た雰囲気, た静けさ, た頽廢, た風流, た食物, た鼻, てあげたい, ていい, ていただきまし, ていふ, てうす黄色く, ておけ, てお前さん, てかかる, てかの偉大, てからこんど, てから彼等, てください, てこちら, てこんど, てさツ, てしら, てずるずる, てそのうち, てそれだけ, てそれ以來三月, てたあ, てたまたま, てぢ, てとき, てどうしてさ, てどちら, てながい, てなんだか, てはさ, ては只, ては更に, ては麥藁俵, てひとりごと, てひろ, てほ, てほんもの, てまことに, てみがきあげられた, てめ, てもくろんだ, てもゐられなかつた, てやるです, てりやい, てわたしたち, てゐられる, てアレ, てゴビ, てジンタ, てダンゴ, てテレェズ, てニヤグニヤグ, てビスマーク, てヘンダーソン, てメフィストフェレス, て一つ教科書, て一定, て一挺幾らづゝかの勘定, て一時間半, て一枚, て一秒, て一遍, て三分, て三日, て上げ度いが, て下さいませ, て下足番, て不肖, て両派, て丸花, て乘物, て亀, て二三日, て二十年, て二度目, て五師, て人一倍, て人間死, て今年, て仕事, て他所, て伊勢, て住み, て何ぞ, て何処, て佛教, て作家, て俊頼, て個々, て假面, て優しい, て先刻梯子段, て全く, て其のある, て其一事, て其人達, て其倦怠, て其先導者, て其国家, て其學才, て其弱さ, て其後足, て其手段, て其旅行, て其有望, て其犠牲, て其神祕, て其続き, て其蒲團, て其費用, て其雲, て内在的, て冷, て出発, て分銅, て別, て刷毛, て副詞, て動く, て勤め, て千五百萬圓, て半日, て即興, て友達, て口惜し, て各自, て同氏, て君達, て呼び出した, て和蘭訛, て唱, て喧, て嚇す, て四月, て國會, て地下, て坐, て夏休み前, て多く神, て夢見心地, て大都市, て太宰, て奈良朝時代, て奧村, て如是我聞, て姑らく, て婿, て安らか, て客, て家内, て寝ころん, て対岸, て小作米, て小車梅, て尠, て屈託, て山榊, て工夫等, て師匠, て平ら, て平生夫, て幹, て幾許, て座敷開き, て廣島, て式後二三日, て引き出した, て強いて, て形式的, て彼女達, て後方, て御両人, て微笑, て必, て怖, て思ふべき, て怨ずる様, て息, て悲しみ, て愚昧, て感激性, て憤慨, て成立, て戦慄, て扁理自身, て手頃, て抒情詩, て拜, て掛金, て支那人, て教員室, て敬語, て文吾, て新聞記者, て旗, て日常瑣事, て日本語, て明中葉以後, て星, て昨今, て時代的, て景氣, て暗, て會計, て服, て木偶, て本質, て村落, て東隣, て果, て柔道, て格子戸, て森本, て樂しん, て機發, て歓談, て此不斷, て此処, て此小さ, て此微笑, て此歌舞伎演劇, て此空寂, て此語, て此頃やつ, て歴巡る, て死んだら, て母子二人, て氏, て水月, て汐, て汽車, て波, て洋傘, て活字, て消し, て温かい, て漱石先生, て濕, て無形, て煙突, て爐, て爾来, て物憂い, て独, て猶, て玉虫, て現実曝露, て生活古典, て男らしい, て當, て病後, て白く, て百二十, て盂蘭盆, て直に, て看板, て眠, て睡, て短歌, て硝子戸, て祝福, て祭, て秋冬, て積極的, て空二, て窮迫, て立去つた, て端書, て節, て約, て素戔嗚, て終に, て結婚前, て結縁, て縁, て罪, て美, て翌, て老婆, て聖柄, て肉刀, て背中, て腹の中, て自ら活動, て自動車, て臺所, て色, て花子さん, て苦痛, て茹菜, て莊園, て萩原さん, て葵, て蝗, て行列, て襟, て西鶴, て見よう, て解らぬ, て診察, て読ん, て談話, て警察, て谷崎, て貴, て赤い青い, て走る, て跫音, て転じ, て近づいた, て逆ら, て進ん, て過ぎ, て遠方, て酒, て醫員, て重苦し, て金輪際, て鉢植, て鋪道, て鏡, て間, て降りる, て隠士, て雑話, て電話線, て静, て音樂者, て顏色, て風流生活, て食べる, て養子, て馬場, て騷, て高い, て鬼頭, て鵲, て黄色, て龜, な, なくつ, はさ, ませうか

▼ さ~ (7678, 5.2%)

45 どうだ 37 ない 25 私の 23 少しも 21 ある 19 ないが, また格別 17 やかな, 人間の 16 彼の 15 さすがに, 何と 14 なくて, 何に 13 そこに, それを, なかった, 彼が, 身に 12 あっても, さりながら, それが 11 やかに, 今も, 言語に 10 あるが, あれど, いへど, どうした, 云へ, 他の, 彼女の, 微塵も, 消えて 9 どこから, 今でも, 自分の 8 あつた, ありません, いうまでも, つて, つて見る, どうでしょう, どこにも, 日本の

7 [12件] あった, ないの, 一通りで, 人の, 人を, 何の, 増すばかり, 持って, 私を, 誰も, 非常な, 驚くばかり

6 [25件] ありますが, あるの, たとえよう, どうだろう, どうであろう, どれほど, なかつた, よくわかる, 一と, 今日の, 何か, 何ともい, 何よりも, 充分に, 又格別, 女の, 彼には, 彼を, 日毎に, 此の, 男の, 眼に, 眼も, 眼を, 私が

5 [23件] いつまでも, これを, そのよう, つても, どんなでしょう, なれど, 一種の, 世界の, 今の, 以前と, 八五郎の, 其ばかり, 出て, 十分に, 想像が, 想像に, 普通の, 申すまでも, 私たちの, 私に, 見られなかった, 譬へ, 骨身に

4 [49件] あったが, あります, かにも, こ, ここに, させじ, そこから, つて癪に, つて見, つて見たら, どこに, どの位, まあどうで, また特別, わかって, われわれの, 一つの, 人に, 今に, 伸子の, 作者の, 併し, 前と, 前の, 周囲の, 唯息, 多くの, 妙に, 容易に, 彼に, 心の, 心を, 忘れて, 持つて, 日に, 昨日と, 格別だ, 格別であった, 格別な, 殆ん, 比類も, 目に, 目の, 私にも, 見て, 誰にも, 論外だ, 非凡でした, 骨の

3 [115件] あたりの, あるに, いえまた, いつでも, いまは, きびしかった, この世の, こんなところ, さすがの, しぎ, すこしも, それこそ, それだけ, それとは, たとえるもの, ちよつと, つてたまらなかつた, つて溜らない, どうする, どうで, どうです, どこまで, どのくらい, どんなで, どんなであろう, どんなもの, ないで, なか, なかつたが, なかつたの, なんともいえない, なんに, はるかに, ばく大な, ほんとうの, まって, もって, ものの, やか, よその, ドウダ, 一つも, 一体何, 一通りでない, 二人の, 五尺ばかり, 五尺位で, 他に, 伸子に, 何うだ, 何も, 何事だ, 何時までも, 僅かに, 免れず大門, 全く拔群, 全く非凡, 再び見る, 分って, 刻々に, 前に, 前よりも, 同じこと, 同じだ, 増して, 夢の, 大したもの, 大方の, 太陽の, 失われて, 如何に, 子供の, 尋常で, 平次の, 平次も, 彼らの, 彼女を, 彼自身の, 忘れ難い, 想像の, 想像以上の, 我々の, 明白である, 時の, 有名な, 朝の, 格別である, 比べものに, 比類が, 水の, 無類であった, 無類である, 現代の, 界隈の, 目も, 知つてゐた, 私自身の, 第一, 膚に, 自分で, 自然の, 舞臺の, 血の, 見る者, 言いよう, 認めて, 認められるだらう, 誰しも, 過去の, 雪よりも, 非凡で, 非凡です, 非常で, 驚くべきもの, 鳥の

2 [486件] あったかも, あったけれども, あつて, あなたに, あなたには, あの人, あの少年, あやまるや, あらじと, ありながら, ありませんが, ありませんでした, あるけれども, あるし, あるだろう, あるつもり, あるとしても, あるよ, ある意味, あれ, あれここ, あれこの, あろう, いえ, いえ予, いえ敵, いかに映るであらう, いかばかりでしょう, いつて, いつもより, いつも同じ, いよ, いるの, いろいろの, うす濁った, おそらく近代的, おどろくばかり, かかる夜, かぎりなく見, かぎりなし, かくべつで, かくも, かなお世辞, かな人間でも, かな経験に, きつと, ぎして, このくらい, このこと, このとき, このやう, この作者, この女, この子, この山中, これは, これまた, これまで, これも, こんなもの, させじと, させん, さぞかしと, して, すっかり水, すっかり消えた, すべての, ずっと昔, そういうところ, そうです, そこらの, そのとき, そのま, その中, その二週間, その品, その性質, その様式, その特色, その真実, その程度, それだけでも, それには, それは, それらが, ただの, だへを, つたのさ, つたのは, つてたまらない, つてゐた, つて憎らしく, つて見た, つまりは, とても我慢, とても日本, ともかくとして, どうし, どうだらう, どうでも, どうにも, どこかに, どこへ, どこへやら, どこまでも, どちらも, どのよう, どれくらい, どれも, どんなだらう, どんなに彼女, ないし, ないでしょう, ないと, ないに, ないやう, なかったであろう, なかつたけれども, なくとも, なくな, なくなつ, なんだ, なんという, なんとも譬えよう, ねえや, はじめから, はてなかる, ひとしおである, ひととおりで, ひどい, ひどくなっ, ほ, ほとんど殺され, ほんの五六尺, ぼくの, まあどんな, まことに好ましい, まさしく桜, まさに女房, まさに滑稽, ます, またかくべつ, またどう, また私, めく赤松, もしかしたら, もつと, もつとも簡略, もとより, よく判る, らの, らん, わからない, わかる, わずかに, ゴーリキイの, ヘマの, 一体どうした, 一倍だった, 一倍である, 一入で, 一定し, 一定しない, 一層その, 一層つのる, 一度でも, 一本の, 一般に, 一般の, 一間半ほどに, 七八尺も, 万人の, 三フィート半で, 三人の, 三四丈に, 三寸ほど, 三寸を, 三更月下の, 上の, 不均衡, 世界に, 両眼, 中, 中味の, 主人の, 久しぶりに, 乞食の, 予が, 二メートルも, 二人に, 二尺にも, 云うまでも, 互の, 五メートルも, 五分と, 五月闇さながら, 人情の, 人生の, 人間に, 人間離れの, 今では, 今は, 今までに, 今日まで, 仕方が, 伝わって, 伸子が, 似て, 低いが, 何かしら, 何とも, 何ものにも, 何んと, 何キロと, 何倍か, 例えよう, 例年に, 例年よりも, 俺の, 僕が, 僕に, 僕の, 僕を, 先世の常の, 免れない, 全くその, 全く今, 全く彼, 全く忘れ果てつ, 八月の, 六尺も, 冱え, 分つて, 分らない, 分らなかった, 分り難い, 初夏の, 別に, 別に普通, 到底理解, 前から, 前にも, 勝平などが, 勝平の, 勝手の, 十丈も, 半ば失せ去る, 却て, 又一倍, 又小春, 又自, 取り除かれて, 同じで, 問題の, 喩えようが, 四丈を, 土窟にでも, 在っても, 地球の, 地表から, 増し流動的, 墳塋の, 夜の, 夢か, 大体二尋から, 大変な, 大抵想像, 大衆の, 失せて, 失われた, 失踪しなく, 奇術の, 奉仕の, 女にだけは, 如何だ, 如何とも, 如何にも感覚, 如何にも感覺, 妾が, 始めから, 嫌な, 実に驚く, 実例を, 容易な, 容易ならぬ, 富士おろし, 寒しさあ, 寒しされ, 寒し雨, 實に, 少くとも, 少しでも, 尚末節, 屋根の, 山の, 嵐の, 巣の, 希望の, 平均し, 平次に, 平次にも, 平気で, 年の, 床の, 底の, 強く路上, 影も, 影を, 彼にとって, 彼にも, 彼らには, 彼女が, 彼等が, 彼等の, 後なく, 後にも, 後の, 後日人の, 快いもの, 思いやられる, 急ぐ道, 急に, 恐ろしいもの, 悲しかりし, 想像されます, 想像する, 想像も, 想像以上でした, 意外で, 愛するけれども, 感じて, 感情の, 戦いの, 抱いて, 持たない, 描かれて, 救ひ, 敗戦日本に, 敗戦日本の, 敢て, 斯んな, 旅慣れた, 日常の, 日本アルプスの, 日本一だ, 明暦天明の, 昔から, 昨夜神田の, 昼の, 暗し何, 暗し敵, 月の, 有り得ません, 朝風のしづくしつつ, 東京に, 格別だった, 格別で, 極彩色の, 楽々と, 欠けて, 次の, 次第, 正に十里, 正三, 正味四貫目それに, 此の世の, 此処い, 此少女の, 死も, 殆ど嬰児の, 殊さらに, 気質的な, 水を, 永久に, 波の, 注目に, 海の, 消えなかった, 涙を, 深いもの, 深まりゆく悲し, 深まるばかり, 減じて, 湯あがりの, 滑稽である, 炬燵にでも, 無かつ, 無限だ, 無限である, 熟達より, 物馴れた, 獣の, 玉の, 玉を, 王城の, 現実の, 生きて, 生れた時, 生れて, 生活の, 田舎の, 町の, 留吉が, 痛烈な, 痩せた肩, 皆同じ, 益, 目を, 相當, 真の, 真夏の, 眼の, 瞬間的な, 知って, 知識の, 確に, 神の, 私たちに, 私にとって, 私には, 私以上に, 秋の, 筆紙に, 篇中女主人公が, 絵にも, 絶対的な, 美しい, 耳かきの, 胸に, 自分が, 自分でも, 至るところ, 興奮した, 舞台の, 苦しさ, 華美な, 蟻の, 衰えて, 見るに, 見れば, 覚えなかつた, 覺えなかつた, 言うまでも, 言うまでもない, 言へ, 言葉と, 言葉に, 誠に輝く, 誰が, 誰でも, 誰にでも, 誰の, 誰よりも, 謂へ, 謂わば, 譬えようも, 谷の, 負けたかも, 超自然的, 足も, 較べもの, 近代の, 逆に, 透明な, 通常の, 造花の, 遠くから, 酒を, 金にも, 金銭の, 長さ, 闇い, 闇し, 隣りの, 雪の, 電の, 青くさい, 静かに, 非常に, 頭の, 風景である, 飛出して, 馬鹿な, 馴れた眼, 驚く程, 龕の

1 [5204件 抜粋] 〇・八六米, あたかも綾羅, あつたらう, あの生命, あまり鮮麗, ありがたい, あるいは男たち, あるとも, あれそれら, あれ強ひ, あれ高き, いえまだ, いえ大蔵, いかなる所, いかばかりぞ, いずれも, いっそう甚だし, いつか驚くべき, いつもの, いのちがけで, いまだに忘れられない, いや増して, いよいよ加わっ, いよいよ激しく, うすれた, えも, おそらく畳, おのずから大河, おみち, およそ五寸, おわかり, お稚児, かう云, かえって神, かさの, かなりである, かな愚説の, かねがね人知れず慕っ, きみ黄昏の, くらべもの, けっして誇張, こうな, こたえるでしょうね, このリズム, この二十六年, この和御魂, この年, この水, この節奏, この頃一種, これから益, これ位で, こんな無理, さぞと, さほど彼, さらに大きく, しかし至, しだいに減り, しみるやう, すくなくとも百斤, すさまじかろう, すべてなだらかな, せいぜい二三百米, そういう嫌疑, そう気, そこの, そのこと, そのものとして, その他の, その古風, その平々凡々, その時一齊, その現実離脱, その蔭, その鼓動, それだけの, それによって, そんなどころ, た, たしかにある, たしかに暑い, ただひとえに, ただ背景, たとえば今日, たまらなくなった, だんだんと, ちっとも知らず, ちょうど若い, ちょっと日本, つた位では, つてだまつ, つて何氣ない, つて放つ, つて貰ひ, つめたさ, とうてい足下輩, とてもひどく, とても都会, どういう安堵, どうせある, どう思ひ出し, どのやう, どれ位ある, どんなに悩ましく辛い, ないでしょうと, なおさらに, なお耳底, なかなか薄気味, なくなったので, なく大きな, なぜか, なる, な泣きそ女, はじめも, ひしと感じ, ひとしおなり, ひとり求め, ふとっても, ほかの, ほとんど新婚, ほんのわずか, まことに, まさしく溶け, まさに幽霊, まして行った, ますます小さく, またなかなか, また畑, まだなか, まだ朝, まちまちで, まづ, まるで木の葉, まれなる, みんな持っ, むしろ外面的, めでたい記念日, もう冬, もう見えなかつた, もちろん自然, もとより漆塗, ももの, やがて何とも言いよう, やっぱりアメリカ, やはり太郎坊, やまなかつた, よき趣味, よく私, りつて, わからん山岡鉄太郎, わが娘, われの, アルプス山彙に, ギリシアの, シューマンを, スラブ民族特有の, ツきりした, バスぐらいしか, フッド, マスティフ種の, ラムネの, 一さう, 一とおりの, 一丈にも, 一九四五年冬以後は, 一入であった, 一向苦, 一寸二三分小さな, 一尋が, 一尺先の, 一層増し, 一巻それぞれ約, 一指を, 一月十五日水雷驅逐艇が, 一生忘れない, 一般的にも, 一面たしかに, 七分の一にも, 七百尺に, 三メートルと, 三十メートルより, 三四尺に, 三尺八寸やがて, 三間に, 上記の, 不可測的の, 不潔といふ, 世界で, 並々でなかった, 主としてのこっ, 九時から, 事もなげに, 二フィート位で, 二メートル二十サンチその, 二三丈に, 二人にとって, 二十七の, 二十町を, 二哩半位しか, 二尺二寸五分という, 二町ばかりも, 二間ばかりと, 云うを, 五メートル以上です, 五六尺の, 五坪程, 五年前と, 些か意外, 人一倍身, 人目を, 人類史の, 今に忘れられません, 今度は, 今考えた, 以前に, 伝承性の, 何う, 何といつた, 何とも云えぬ, 何と深い深い, 何んとも, 何処から, 何故か, 何程ある, 作中の, 依然として美しい, 信長の, 倍なり, 傷の, 僕にだって, 兄の, 先ず四倍, 兎に, 全く想像, 全で, 八五郎が, 八畳敷に, 六十八歳に, 共に増し, 冷やかに, 凡そ三百坪も, 出来た, 分りかねるの, 初めから, 判るし, 到底いう, 到底造り附け, 前より, 力ずくでは, 勿論いや, 十や, 十二里も, 十六七の, 十四五メートルらしい, 十間余広, 千米前後である, 半徑二千七百粁, 卓絶し, 単なる観念的, 単化された, 厭らしい, 又一, 反つて, 口惜し憎らしさ, 只見た, 各人各様で, 同じです, 同時に大石正文夫妻, 君が, 呪うべきもの, 哲学する, 喩ふる, 四丈丸櫓の, 四五尺に, 四尺も, 四百五十キロメートルに, 固定し, 地上の, 坊や私が, 墓の, 壞され, 夏が, 多く瞬間的親切さ, 夢かと, 大そう, 大分もとの, 大抵僅, 天に, 天平の, 失って, 失われきったと, 女子に, 如何なる強き, 妻たる, 媚か, 存じて, 安さから, 実に印象, 実に言語道断, 実行の, 宮殿の, 容色の, 寒し人, 察しるに, 封じえないが, 尋常一様の, 小舟とともに, 少し嚴, 尼ヶ崎の, 山脇信徳君の, 川馬の, 市井事もの, 幅の, 年経る, 幾丈ある, 幾百間四方に, 底入れと, 建国の, 強烈な, 形容も, 彼らが, 後まで, 御互に, 心から同感, 心臓を, 忍びが, 忘れたるが, 忘れること, 思いだす度毎, 思へ今, 恍焉として, 恐れを, 恰度彼の, 想像外である, 愚かしくさえ, 感じられずそう, 感情的と, 懺悔の, 或は私, 手近な, 拇指の, 持ち得ないもの, 握飯の, 政治が, 散歩の, 文字でしか, 斬られた女, 新潟市よりも, 既に冬, 日なたとともに, 日本人許りでなく, 明国には, 昔穉く, 是を, 時に醜い, 普通です, 暑しノーネクタイ, 暗しこのごろ, 暗し場所柄, 暗し靴, 更に喧噪さ, 最も盛ん, 月を, 木が, 未曽有, 李には, 東京名物の, 果して如何, 格別です, 案外めだたない, 楢雄に, 様式が, 櫺子だけが, 次第次第に, 止針頭大から, 正義と, 歴史にも, 残されて, 毎夜の, 毫も怖, 水に, 永劫続く, 決してな, 決して稚拙さ, 沁みて, 泣くに, 浅草の, 海山量り知れまじい, 消え失せる事, 淡泊で, 清げなお, 減らないの, 湯気とともに, 漠然たる怖, 為ざるにや, 無く謂, 無為を, 無限な, 熱を, 物の, 特別であった, 獄の, 珠にかも, 琴女の, 用から, 男と, 畢竟犬, 畳の, 疑うべくも, 病的な, 発売当時われわれの, 白髪に, 百坪ほども, 皇子がたにも, 目分量である, 直径の, 相変らずだ, 相手の, 真実苦手で, 着物を, 知らず知らず練吉, 知恵と, 確実に, 私だけに, 私達にと, 空想に, 立場の, 筆に, 簡単な, 約一二〇〇キロメートル, 約五分の一, 純粋に, 紫の, 結局の, 絶対に, 緑色, 美しい乍ら, 群集の, 考えを, 聴いて, 肺病の, 能面が, 腰位まで, 自分より, 自然無くなるだらう, 舊に, 色々あります, 花客の, 若い命, 茉莉が, 落城の, 蒸されるよう, 藤原威夫の, 行乞し, 表現し得ない, 褪せても, 要求されね, 見せて, 見られなかつた, 見物人の, 覚えて, 観る者, 解消されない, 言を, 記者を, 詮方も, 認めないわけ, 説くまでも, 誰にだって, 谷八つ峰八つをわ, 貞之助夫婦の, 貸小袖, 踊りを, 身近という, 軽くされない, 近代的リアリズム小説作法が, 透明すぎる, 逞しく燃え上がり, 道理らしい, 遠山の, 都會に, 重吉が, 金華山沖と, 銀座通り, 長いあいだ, 間も, 限りない, 随分泣かされ, 雜と, 震慄きつ, 青春は, 非凡な, 頂点に, 顔や, 飛鳥白鳳天平前期において, 馬蛤貝の, 驚かれもし, 高い人間, 魂の, 鶯も

▼ さ~ (5382, 3.6%)

246 ために 175 中に 65 うちに 54 中で 39 なかに 36 方が 31 上に 30 ような 23 為に 22 ものが, 中にも 19 ように 17 うちには, ものを, やうに 16 間に 15 もので, ゆえに, 身に 14 さと, なかで, 中から, 底に, 餘り 13 ところに, 故に, 点で 12 中を, 美しさ 11 なかには, 中には, 感じが 10 うちにも, 一つの 9 あること, ためか, ほうが, ほかに, ままに, 余りに 8 あるの, ものである, 中では, 花の, 限りを 7 中へ, 内に, 裡に 6 あまりその, あるもの, せいも, ためでは, 代りに, 余りその, 処に, 前に, 殘る

5 [23件] せいか, ためにも, ま, ゆゑに, 一つに, 中でも, 中の, 増して, 奥に, 底を, 情に, 感じを, 所に, 拔け, 為めに, 異る, 程度を, 美を, 花, 花が, 裏に, 裏には, 限り振り捌い

4 [32件] あまり, あまり気が, ある娘, ことや, ことを, せいだ, せいで, ところから, ところまで, なかを, ほどは, ままで, ものです, やうな, 上を, 下で, 下に, 前には, 外に, 山が, 底から, 底には, 度を, 念が, 感情も, 潜んで, 物が, 程度が, 美が, 花は, 限りだ, 限りである

3 [70件] あかりが, あまりか, あまり夢中に, あまり手を, あまり涙を, あまり真赤に, ある人, おかげで, きびしい夜, ことで, ことです, さ, さんの, すべてを, せいな, それであった, ためだ, ためでも, ためばかり, ため却って, ところで, ところでは, ところへ, ない所, なかにも, なかへ, はな, ものだ, ものだった, ようだ, 一つは, 一例に, 万分の一も, 他に, 偉大さ, 処まで, 割に, 原因を, 問題では, 増れ, 奥には, 子供, 山の, 差が, 底が, 愛が, 感じは, 挨拶を, 故の, 方は, 方を, 時分を, 深さ, 点から, 物を, 相違が, 相違は, 程度は, 種を, 穴に, 紙に, 絶頂に, 緑いろ, 葉を, 裡には, 記憶は, 違ふ, 遣る瀬, 鐘が, 頂上なれ

2 [318件] あげくに, あたま, あまりこの, あまりそんな, あまりつい, あまりに口, あまり外へ, あまり思わず, あまり気を, あまり気絶し, あまり胸が, あまり胸を, あまり膏汗を, あまり自分の, あまり身が, あらわれて, あるこの, あるところ, ある地球儀, ある声, ある女王, ある方, ある点, ある男前, うちから, かぎりだ, かげに, かげの, かみさんまで, かわりに, がある, ぎりぎりの, くつきりと, こと, ことだ, ことは, ことも, このさき, この安, こもったもの, じろ, せいに, せいばかり, ためだけ, ためである, ためとも, ためには, ための, ためも, つのるばかり, てれ隠しに, ともすれば, ないの, ない代り, はては, ひろしといふ, ほどが, まざまざ見ゆる, まっかな, もつ複雑, もとに, ものでした, ものとも, ものな, ものに, ものの, やうで, やるかた, ゆえにこそ, よいや, れいの, わかるもの, を幾何, を買っ, カブトムシが, ガラスを, テントが, 一つが, 一つで, 一つとして, 一念から, 一方に, 一番の, 一番酷しい, 一部分を, 一面を, 三つが, 三つで, 三つの, 上から, 上で, 下には, 不足である, 与へ, 世界である, 中でさえ, 中央に, 中心は, 中我は, 事, 事が, 事で, 事を, 交った気持, 人の, 他の, 余に, 余り, 余りにか, 余りの, 余り声を, 余り誰も, 余り馳け, 作品である, 価値を, 傷が, 僅かに, 償と, 全てと, 内容は, 円筒が, 凄まじさ, 出るもの, 分らない人間, 列, 割合に, 力を, 加った, 加わるの, 勢いが, 匂いが, 十本ばかり, 半ばは, 半を, 半分でも, 半分を, 単位を, 印象が, 印象を, 厄を, 原因と, 反面に, 取着, 取附, 向うから, 味とは, 唯一の, 問題と, 塊り, 売薬の, 大きさ, 大部分, 奥から, 奪略の, 女を, 奴三羽と, 如きも, 如何に, 妄執に, 家に, 家族を, 対応物だ, 少し減った, 山で, 山は, 岩が, 岩の, 平均を, 幹を, 広場に, 底で, 度が, 強い日, 形容が, 影に, 影を, 徘徊に, 心が, 心で, 必要が, 思いが, 性質が, 性質は, 性質を, 恁許り, 情を, 想いが, 感じ, 感じから, 感じと, 感情で, 感情では, 感情なし, 感情に, 感情は, 感覚, 感覚に, 成行きは, 所では, 所まで, 折から, 持って, 故でも, 故にひと, 故に夢中, 故を以て, 敵である, 方から, 方に, 日を, 時に, 時刻が, 有るもの, 有難さ, 木と, 本当の, 本質を, 果実が, 極みに, 極限を, 概念は, 次の, 残ること, 比では, 気分を, 氷の, 池を, 沖へ, 油絵は, 泉を, 消えないばかりか, 涙であり, 混った, 混りあった, 渓に, 測定を, 測量と, 湧いて, 湧くの, 源を, 漂うて, 灯を, 照れかくしに, 爲めに, 現れを, 理由を, 用意は, 由, 眞白な, 真中に, 磁場に, 神聖さを, 神部は, 私の, 秘密を, 程度では, 程度に, 種類が, 穴を, 箱を, 築山を, 籠つた追憶談は, 糸を, 紅玉が, 絹本に, 線を, 緩んだ日, 罪を, 美しい広告塔, 美です, 美に, 美は, 自然の, 臭ひ, 色は, 花にか, 茶を, 蔭には, 螺旋形を, 表れであれ, 表情を, 表現の, 裏打ちで, 裡で, 裡にも, 見えるの, 見当は, 見当も, 見舞を, 観念を, 証拠である, 証拠には, 話, 誇りに, 調子が, 身を, 過半は, 道も, 違う眼, 違は, 部屋が, 金玉糖の, 金色の, 鉄の, 銅の, 鏡を, 間から, 間には, 間にも, 間の, 限りだに, 限り知られず, 面白さ, 順に, 頓馬で, 風が, 骨身に, 鱸を

1 [3064件 抜粋] あいだに, あかりを, あった土, あなの, あまりいきなり手放し, あまりから, あまりすっかり, あまりだ, あまりとうとう, あまりにお, あまりにもしかしたら, あまりに不思議, あまりに思慮分別, あまりに気, あまりに親族故旧, あまりふと, あまりわ, あまり一時的に, あまり何, あまり先生も, あまり力一ぱい抱きしめ, あまり叫びだ, あまり呼吸の, あまり夜に, あまり少年探偵が, あまり彼, あまり息を, あまり抱きつきました, あまり檻を, あまり母親お, あまり涙ぐん, あまり烈しい, あまり王子を, あまり盗み取る, あまり眠りに, あまり腰掛の, あまり覚えず, あまり身動きが, あまり顏を, あまり魂の, あるいい, あるそして, ある一匹, ある動かない強, ある字, ある心, ある時, ある生きかた, ある筆致, ある道, いい例, いたく破る, いよいよ青く, いろんなニュアンス, うちで, うらづけを, おかみさんとか, おどろくべき成長, お弁当箱, お裾分, かかるよう, かげから, がならべ, きびしい草場, くち数, ことなぞを, この日ごろ, こもった声, こもった花, こんもりした, さくに, さといふ, さんが, しかもすらり, しるし, すべてに, せいであったろう, せまさ, その鋸, たしなみとばかりは, たつぷりな人間, たまものだった, ためであった, ためなりき, ため再び, ため思わず, ため潮の, ため瞬く, たわむれお, ちんばな, つのって, てれ隱し, ところであっ, とつつきの, どれかを, ないところ, ない作品, ない大柄, ない眼, ない返事, なす作用, にお, ぬけないほど, のこされるわけ, はいくらでも, は幾つ, ひとつで, ぶり返しを, ほがら, ほの, まさりて, まして行く, まぜかへ, ままにも, まるで余韻, むらむらと, もつれては, もの, ものとして, もの二丸ずつ, も腹, やや異なる, ゆえか, ゆるみ客観的条件, ようにも, よろこびが, わかり易い地勢, わけ, を一つ位ほん俵, オサ鳥を, コイルで, ゴム球でも, ダイヤモンドが, ハンカチを, ベッドが, リンデンだ, 一つさえも, 一つも, 一人が, 一定不変な, 一心, 一片が, 一節が, 一面人道主義犠牲友愛精神の, 三分の一は, 上は, 下ででも, 不安無限の, 不足した, 世界年寄の, 中天に, 丸罐も, 予想外な, 二倍も, 云い表わされたもの, 交りあった, 人で, 人工雪でも, 人間の, 仏像が, 令孃は, 伸び縮み, 位置付けは, 何よりの, 余ちと, 余りきつ, 余りです, 余りに之, 余りのこのこ, 余りコソコソ, 余り世を, 余り仮に, 余り初め部屋の, 余り娘に, 余り彼の, 余り悪口を, 余り比丘尼に, 余り疲れた, 余り笑い続けた, 余り苦笑した, 余り身を, 余り長い白い, 作品には, 価値の, 偉大は, 備わった人, 兄いがイヤに, 入りまじったところ, 入混, 全部で, 六七尺も, 典型と, 内容や, 円莢に, 凝固や, 処をも, 分った人, 切なさ, 切尖, 制約を, 前では, 割りには, 力などが, 加わること, 効果の, 勝負が, 包みを, 十分一すなわち, 半分も, 単位の, 印象の, 厚顔, 原因で, 厳しい夕, 去つた, 反面には, 口惜しい情感, 叫びを, 同じきはいづれも, 同じ色, 向う不, 含んで, 味の, 問題が, 噂さえ, 四月京屋きぬ六月豊田貢閏六月より, 国定忠次も, 土台を, 圧迫を, 地名, 域を, 堪へ難けれ, 塊を, 増した頭髪, 増すもの, 壁で, 声顫わせて, 変化が, 外には, 多くある, 夢に, 大きな原因, 大枝, 天然磁石も, 失はれたこと, 奇妙な, 女給仕, 如きは, 始末に, 威厳を, 子供が, 存在する, 定義に, 実際と, 家出であろう, 密林の, 寸法まで, 小さなまっすぐ, 小家が, 小蛍, 少なくも五割以上, 属, 岩塊を, 島に, 川を, 差は, 差異が, 布売の, 平たい石, 平面に, 幾層倍かの, 床を, 度の, 庭を, 強い国, 形づくる独特, 影だに, 後から, 御見舞だけと, 微笑みに, 心持が, 必然性が, 怖ろ, 思い出に, 思ひ出, 怪物としか, 悦びを, 惰性に, 意味に, 愚かさの, 感じられない紙, 感じ方に, 感情を, 感覚で, 感銘を, 懺悔としか, 所ばかり, 手を, 手段であった, 折御, 持ついやらし, 掟への, 支へ, 故で, 故にその, 故に何人, 故に是, 故に遂に, 整いを, 文章を, 方向は, 旅館である, 日常の, 昔に, 時代蒔絵の, 暇潰しばかり, 最も高く, 月ぞ, 木が, 木造蒸汽船で, 本然性を, 札を, 束に, 松の, 果ても, 柄が, 柿落葉, 根本という, 梟の, 極の, 極みでは, 極北へ, 極限に, 様式特性が, 樣子です, 權利と, 欠乏や, 次序という, 正体も, 此の, 残って, 段にな, 比べるもの, 比率では, 気味の, 気違いさん, 水滴の, 決定の, 法則が, 波紋に, 活字で, 浅い水溜り, 浴槽の, 海底です, 涙であった, 深いもの, 混淆を, 測り知られぬこの, 満ちた生活, 溢れか, 滅茶苦茶に, 漢字ばかり, 激しくきつい人々, 灌木同様の, 炎を, 点より, 烈しい晩, 無い棒, 然らし, 煩労から, 片影を, 物騒ぎを, 狭霧に, 現れぬ東洋, 現われとして, 理論家たちにも, 甘い快さ, 生じること, 用ひど, 甲高いこゑがきこえた, 畠から, 疣が, 痛み悔いないで, 発露という, 白犬に, 百日紅も, 目立つこと, 相対的な, 眞中には, 真昼経ちたる, 眼で, 矛盾に, 知れない谷底, 石で, 砂底を, 碧が, 神, 程こそ, 程度などは, 種に, 種類普通さの, 空で, 空洞で, 窓の, 競争が, 竹箆返しとして, 第一義諦, 箇所に, 範囲の, 籠った寺, 精巧な, 紙が, 素を, 細さ, 結果か, 結果という, 絵を, 綯い交った光輝, 織手, 美しい自然, 美温か, 翠も, 肥沃な, 脇息へ, 膨らみを, 自覚, 臭いが, 舌は, 花々しい電車路, 花にぞ, 苛辣な, 苦痛といふ, 茶碗なら, 萬分一をも, 蔭に, 藪の, 蝸牛の, 行止まりで, 表徴と, 表面に, 裏庭が, 要因として, 見える図々し, 見地より, 見舞状以外に, 親しみと, 角を, 計量の, 訛であろう, 証拠に, 証明にも, 話などを, 語られて, 調節窓が, 講中の, 讚美者な, 豪華を, 赤い実, 赤痣が, 足らぬ銀貨, 距離が, 身ぶるひ, 輪廓だけ, 近代味を, 退廃と, 過ぎるほどにも, 道路に, 違う高い, 遣り場を, 部屋と, 酣な, 重なりたる我, 量が, 針金で, 鉄を, 鉛盤が, 銅板を, 錯綜から, 鐘楼が, 間を, 関係を, 限りなり, 陰翳は, 隨分嚴しい, 雪が, 雷神に, 青い虫, 靡くと, 面憎くさ, 響きが, 頃な, 頭である, 顔に, 風格が, 首なる, 驚異を, 高さ, 魅力は, 鳥らしい, 黒い鳥

▼ さ~ (5189, 3.5%)

49 美しさ 37 悲しさ 36 深さ 27 いったらない 24 なって 18 寂しさ 15 いうか, 嬉しさ 14 恐ろしさ 13 いったらなかっ, 暗さ, 言ふ 12 それを, 一緒に, 強さ, 自分の, 親しさ 11 いったらありません, 広さ, 淋しさ, 腹立たしさ, 苦しさ, 言ふも 10 いっては, 云ったら, 口惜しさ 9 一種の, 優しさ, 冷たさ, 同じよう, 弱さ, 心細さ, 若さ, 醜さ 8 うれしさ, なつて, 云ふも, 寒さ, 怖ろ, 頼りな 7 いったら, いつたらない, なつかしさ, 云つたら, 人を, 切なさ, 大きさ

6 [19件] いうよりは, いったらありませんでした, いっても, した, たたかって, ちがって, なる, 云うもの, 云ったらない, 云ふ, 力を, 恥しさ, 明るさ, 楽しさ, 温かさ, 私の, 精神の, 重さ, 頭の

5 [25件] いうよりも, いえば, いふよりも, つた, なった, なるの, やさしさ, 人間の, 先に, 同じもの, 品の, 奥へ, 思索の, 恥かし, 恥ずかしさ, 憎さ, 新しさ, 気の, 気味悪さ, 気高さ, 激しさ, 甘さ, 申すもの, 腰を, 長さ

4 [37件] いうより, いつたやう, おそろしさ, かなしさ, して, せつかれるやう, そこに, である, 云って, 人の, 先へ, 出て, 前以, 力強さ, 堅さ, 大さ, 尊さ, 山の, 彼の, 心の, 快さ, 怒りとに, 懐かしさ, 戦って, 戻って, 暑さ, 海の, 痛さ, 結びついて, 絶望との, 行つ, 行つてし, 賢さ, 違って, 鋭さを, 面白さ, 馬鹿らしさ

3 [81件] いい, いったらまるで, くらべて, けぶる, これに, これを, こわさ, したり, そこから, そのこと, それが, それに, づゝしりとした手あたりを, なります, わびしさ, 一つの, 一つは, 云ったら無い, 云っても, 人間らしさ, 低さ, 元氣, 力とを, 可懐し, 同じに, 変りは, 妙な, 家に, 家霊の, 幅と, 快活な, 恋しさ, 息苦しさ, 悩ましさ, 情熱とを, 感謝の, 我が力, 或る, 押しの, 揚げられて, 擽ったさ, 暖かさ, 未来の, 来ては, 正直さは, 歩いた, 歸つ, 比例する, 涼しさ, 清らかさを, 漠然と, 無限の, 狡さ, 申しましょうか, 男択びする, 異様な, 疲労とで, 痒さ, 真面目さと, 神々しさ, 秋の, 脆さ, 腕の, 腹だたしさ, 腹立し, 自分が, 自分で, 葉を, 行け, 複雑さと, 見た, 言えば, 言ったらない, 言つた, 言へば, 闘いながら, 限りない, 雨の, 非常な, 飢えとに, 魅力を

2 [346件] あかめつ, あきて, あなたの, あるの, いいまた, いい形, いう, いうが, いうと, いじらしさ, いっしょに, いったら何とも, いったら実に, いって, いつたもの, いつたらありません, いつたらなかつた, いふもの, いふ音, いやらしさ, うそぶいた広, おつぎ, おなじで, お帰り, かがやかしさ, かぎりない, かりし者, くるしさ, この今, さびしさ, しこの, しに, そこへ, その企み, その前, その場, その平方根, その激しい, その美, その若, その視覚, それに対する, た, つてゐた, つよさ, であった, どこかへ, なつた, ならべて, なり, はかなさ, ひきかえに, ほとばしりぬ, むらがるひととき, もどかしさ, よろこびを, わるさ, 一緒にな, 一致した, 一致する, 上へ, 上品さとで, 下女の, 不安とが, 不快とが, 不思議さを, 不思議に, 両方から, 丸坊主, 二つ三つの, 二本の, 二階に, 二階へ, 云いよう, 云うか, 云うべきもの, 云えば, 云ったもの, 云ったらありません, 云ったらなかっ, 云つたらございません, 云つても, 云ひ, 云へば, 云われて, 人に, 人生の, 今の, 仕事の, 他の, 佗し, 侘しさ, 俗っぽさ, 健康が, 健康に, 健康の, 元気を, 充分な, 全く同義, 内に, 出で, 力と, 力とが, 労働の, 勇気とを, 勢ひこん, 半ば好奇心とから, 卑しさ, 反対な, 反對, 口に, 同じだ, 同じ位, 同じ高, 同情の, 同時にその, 同時に感受性, 同時に自分自身, 同様に, 吹き過ぎて, 周囲の, 味気な, 呼ばれるもの, 品よ, 品位を, 固さ, 土星の, 坂を, 変った, 変りが, 外へ, 夜の, 夢の, 大小厚薄の, 大股に, 太さ, 奉公人の, 女の, 姉の, 威厳とを以て, 子供の, 子供らし, 孤独の, 室を, 家の, 家へ, 家庭の, 寂寥とを, 小ささ, 少しの, 少しも, 希望とに, 帰つて行つた, 幅とを, 幸と, 幸福感の, 庭に, 廊下を, 弱々しさ, 形の, 形を, 彼は, 彼らの, 彼女自身には, 彼自身に対する, 後悔の, 後退の, 心づよさ, 快活さと, 怒りから, 怒りとで, 思って, 思われた, 思われて, 恐しさ, 恐怖とが, 恥らいと, 恨めしさ, 情けなさ, 意志の, 愛の, 感じられて, 慰めるやう, 憂鬱との, 憤りとが, 憤りを, 憤怒とを, 手を, 打遣る, 技巧の, 描写の, 日の, 明るく健康, 時間とが, 暖さとに, 書いて, 未亡人としての, 来たら一度, 林の, 柔かさ, 柔らかさ, 柱の, 根づよさ, 棘, 樂し, 歩いて, 歩き出して, 歸れ, 母の, 比べて, 比例し, 気の毒さを, 気質の, 沈黙の, 浄らかさ, 淡さ, 深沈たる, 清らかさとを, 清潔とを, 渋さ, 湯殿へ, 満足を, 滑らかさと, 漠然たる不安, 濃さ, 無邪気さとに, 無邪気とを以て, 焦燥と, 熱心で, 父の, 爽やかさと, 物の, 物凄さ, 物足りなさ, 狙いの, 独創性とにおいて, 珍しさ, 生活の, 申したら悪鬼羅刹, 男擇びすることが訣ります, 畸型児の, 疲れの, 白さ, 皓潔な, 皮肉さと, 真理を, 眠さ, 確かさとが, 社殿の, 神秘との, 私は, 秘密を, 空しさ, 空腹の, 空虚に, 竜頭の, 笑つて居る, 等しいもの, 答えた, 答えて, 純情さに, 純粋さを, 紙一重の, 素朴な, 素知らぬ顏, 結びつけて, 絶望が, 美くし, 耳に, 背中に, 能力を, 腹の, 自分達を, 自由な, 自責の, 色が, 芸術とを, 華やかさを, 落つき無きが, 落下速度との, 落着きを, 蒲団を, 蒼白さ, 薄さ, 蚊の, 行って, 表情を, 見て, 見るの, 親しみとを, 解して, 言うに, 言うの, 言っても, 言つたら, 言つたらありません, 言つては, 言つても, 言ひ, 設備の, 誇りとを, 誰にでも, 調和し, 貧しさ, 貴さ, 貴女の, 賢こ, 赤めしが, 趣味の, 足の, 身の, 軽快さとを, 輝きとを, 退屈を, 逃げて, 逆比例, 通って, 逞しさ, 速さ, 速度に, 邪念の, 部屋の, 部屋を, 醜くさ, 重たさ, 野蛮人の, 金の, 銀場へ, 鋭さと, 長閑さの, 関係が, 闇と, 難しさ, 青年の, 静けさと, 静けさは, 非条理, 頭脳の, 頼もしさ, 頼母し, 顔つきが, 風を, 飢えに, 飢えの, 飯を, 驚きの

1 [3268件 抜粋] あかる我室, あったかさ, あの楚々たる可憐, あやしい女, あるじの, あわれ, いいどうも, いい上品さ鷹揚さ, いい気持, いい興奮, いうかを, いうば, いえども, いきど, いそ, いったらたいへん, いったらめずらしい臭, いったら傍, いったら昨夜, いったら筆, いっちゃあ, いつたら一通, いつてよ, いひその, いひ必ず, いふべきである, いらだたしさ, うきび畑, うまさ, おきれば, おどろきの, おろして, お坊っちゃん, お着換, かう言, かたく信じ, かわいさ, きっぱり言う, きやしやな, くッきり, この世の, この美, これへ, ごく月並, さらにもっと恐れられ, ざわめきに, しずかさの, しの, すさまじい兵乱, すべて過去という, ずっしりと, そこの, そして二人, そして気, そして風物自然, そのはや, その乱行, その体温, その傍, その友達, その娘, その意外さ, その本質, その病人, その細心, その行届き過ぎる, その財産, その途上, その顔, それからもう, それから愛, それだけで, たたかいつづけて, たまらない, ちがうこの, つきぬ深, つまらなさ, づつしりとした手あたりを, ときめく香, どこでか, なかば相より, なにか珍, なりました, なり咲い, なるかについては, なれ合いとは, ぬれた石, ねらいの, はなやかさとを, ひとりで, ひーら, ふしだらさから, ほのかな, まじりあった表情, まただれ, また水面, まったく別種, むらがり立ちて, や, やっと眠りかける, ゆきとどいた巧緻さ, よろこびとは, わが眼孔, ウヌボレて, カビ臭, ギャラップその他の, ストーリーの, テレ臭, ピントの, メランコリーとの, ルンペンの, 一々に, 一人の, 一方では, 一貫性とで, 三分の二の, 上品さとが, 下りた高, 不作法と, 不安と, 不安を, 不愉快で, 不気味さの, 不自然な, 世に, 並びますと, 中途半端な, 乗込んでから, 争いつつ, 二人の, 云いひろい, 云い得るの, 云うに, 云う意味, 云ったよう, 云ったら彼女自身, 云つたらありませんでした, 云わなくても, 交って, 人いきれに, 人気を, 人間らしい意味, 仇つ, 他に, 休止せる, 似寄って, 何て, 何処かで, 佗びしさとが私の, 作家の, 來て, 便所の, 信仰の, 個性が, 偉大さが, 健康と, 傍から, 優雅な, 先生の, 光沢を, 全くちがう, 全的に, 其処から, 内部に, 冷たい霊性, 冷静さとで, 凍った雪, 出発の, 初夏の, 創造の, 力の, 勅問の, 動乱する, 區別し, 半ばの, 南へ, 単純な, 危険さとによって, 厭わしさ, 厳粛さとを, 反抗の, 叡知と, 口惜さに, 可哀そうさとが, 可耻, 合理性とを, 同じこと, 同じでない, 同じ沈着, 同じ語原の, 同時に人, 同時に悲し, 同時に現実, 同時に自分ら, 同時に頼母, 同質の, 吸盤の, 呆然自失との, 味には, 呼吸の, 品不足は, 商品の, 善良さが, 喰ひついたら, 嘆きを, 困難を, 国際的計画とで, 地獄へ, 垣根を, 堂々たる奥さまぶり, 場なれの, 壮麗さと, 変る, 多く私に, 夢と, 大きな廂髪, 大目に, 大膽さ, 太刀打ちが, 奇異な, 奥庭へ, 女が, 好感を, 威厳とを, 娼婦の, 嫌悪感に, 学校から, 安らかな, 定義されね, 室の, 寂しく笑わず, 寒さの, 寸分異, 寿命の, 小べりの, 尻を, 山へ, 川幅を, 市ヶ谷の, 帰つ, 常識と, 平かさとが, 幸運の, 底強, 廊下へ, 引張り出された, 強い日, 強情さとで, 弾力と, 彼が, 得体の, 徳性の, 心はずみの, 心根の, 忙しさ, 怖さ, 思いやりとで, 思う, 思はないこと, 思われるもの, 急に, 恐怖を, 悔いが, 悪いこと, 悲しみとを, 悲惨と, 情熱が, 情緒を, 意外さとで, 意識され, 愚劣さとの, 愛嬌は, 感じること, 感激が, 慄へ, 慣れない仕事, 憎しみが, 憤りとに, 憧れを, 成りやがて, 我顔に, 戦つた, 戯れに, 所詮な, 技術の, 押しつけとで, 拘えて, 指さすほど, 掛聲し, 撰ぶところ, 敏感さは, 教室内の, 敬意を, 整いすぎるほどの, 文学者として, 新しいよそ行き, 新鮮さが, 日常の, 早さ, 明らかさとの, 映る, 時の, 暖さとが, 更に結びつい, 會釋し, 期待し, 木曾軍の, 本格さと, 来たらお, 来たら比類, 東京へか, 果敢なさ, 栄介は, 格子を, 模様の, 機上へ, 次の, 正直さうな, 正直者の, 武器とは, 歩幅で, 歸つて行かれる, 死んで, 毒々しさ, 気合いの, 気安さ, 水しぶきを, 汗に, 沁み出す樣, 油断の, 注意とで, 活気とが, 浅ましさ, 海芋の, 深みとの, 混同したくない, 清らかさとは, 清純さが, 温味を, 湿気とに, 溌剌たる, 滅多押し, 滴るばかり, 潔癖とを, 激しい遥か, 烈しさ, 無意味さに, 無法残酷な, 無邪気さとを, 無限な, 照れくささ, 熱度に, 熱情とを, 熱烈さとを, 父上の, 牡鹿の, 物柔か, 物音に, 狂熱とが, 独特の, 玄人の, 現実克服の, 生々しい率直さ, 生無垢, 甲賀家の, 申しましたら今にも, 男に, 畏れに, 異国人の, 疲れに, 痛みとに, 発展の, 百舌鳥の, 直次の, 相待っ, 眞面目さとが, 真実性をもって, 眠たさ, 眼も, 矛盾し, 知らない中流的, 砂に対する, 確かさだ, 社会的未, 神秘参考書を, 稍似た, 空き腹は, 空腹には, 立ちあがりましたが, 童貞, 笑つたが, 答ふる, 簡明さを, 粗雑さとは, 精神とを以て, 純情さが, 純粋さとは, 素知らぬ顔, 細心さと, 結婚した, 続けられたとき, 繁みに, 置き竝べたなか, 美貌と, 義憤を, 老年と, 考えぶか, 耐久力, 聡明さを, 職掌の, 肩の, 脈搏の, 自分だけ, 自己の, 自然林の, 自責だった, 良人に対する, 色を, 艶めき, 芸術の, 苛立たしさ, 苦心の, 苦笑とを, 草の, 荒削りの, 華やかさが, 落ちて, 落着きぶりを, 葺いたり, 薄情さは, 藝達者を, 蚤の, 行かつし, 行儀よ, 表現力の, 裏皮の, 西洋人の, 見え裾の, 見ること, 見解の, 親しみ深, 観じたかの, 言い煤け工合, 言おうか, 言っては, 訓ませる, 誠実さから, 誤認し, 調子の, 謙虚, 變な, 豊かな, 貧弱さが, 贅沢さと, 赤裸々の, 趣味とは, 踏めば, 身軽さと, 軽い屈辱, 軽蔑とで, 農人の, 追ひ掛けられ, 送る者, 透明さとは, 逢引き, 道のりの, 違ふ, 遠大な, 鄭重さ, 醜くい, 重荷の, 野性を, 金剛座へ, 鋭さとが, 鋭さにおいて, 長袴の, 闇とからの, 降りた, 陰影な, 陽氣さが, 雅びとはみな彼に, 雨とで, 電話口へ, 青み勝ちに, 静かさとの, 静寂とは, 鞄を, 頑さとに, 題材そのものが, 風当りの, 食ひ, 飢えで, 飲んで, 首から, 駅への, 高い価値, 高城に, 鬢髪を, 魅力とが, 鮮かさを

▼ さ~ (4401, 3.0%)

166 あつた 27 もって, 自分の 22 胸が 20 あらう 18 彼の 16 走って 15 私の 13 せう 12 それを, 彼は 11 私は 10 一杯に, 云った 9 あつて, 彼を, 彼女の 8 人を, 言った 7 それが, 歩いて 6 ゆき子は, 私に, 輝いて, 顔を, 飛んで

5 [21件] あつたらう, いっぱいに, そこに, それに, ね, 一ぱいに, 伸子は, 光って, 夢中に, 廻って, 彼女は, 描いて, 母は, 流れて, 涙が, 私が, 私を, 胸に, 自分が, 言つた, 頭を

4 [21件] いっぱいだった, そこの, そこを, それは, ついて, とんで, のしかかって, やって, 二つの, 体が, 僕の, 出て, 動いて, 多くの, 娘の, 書いて, 横に, 相手を, 自分を, 迫って, 高さ

3 [51件] あなたは, いった, その中, それと, はち切れそう, ぼくは, まざまざと, やまぬ胸, 一ぱいだ, 一ぱいでした, 一時は, 一杯だった, 一杯の, 人の, 人間が, 人間の, 伸子の, 地の, 夜の, 夜も, 威嚇する, 室の, 富岡の, 平次の, 彼が, 彼に, 心が, 心に, 描き出して, 気が, 江戸の, 浮き出して, 生きて, 相手の, 眼が, 眼の, 眼を, 答えた, 胸を, 膝の, 自分は, 茂みの, 言って, 身を, 身動きも, 迎えた, 近づいて, 進んで, 隅の, 顔が, 髪を

2 [250件] あとは, あの若, あらわれて, あると, いずこと, いっぱいであった, いっぱいな, いつでも, いろいろの, うって, おくべきか, おずおずと, お君さん, お駒, かがやいて, きいて, くたくたに, くるくると, ぐんぐんの, ここに, こちらに, こちらの, こちらへ, このこと, この位, これは, こんなこと, さうし, さすがに, さッ, すくんだ頸首, すべてを, その上, その人, その場, その女, それらの, それらを, ぢつと, どことも, ひた押しに, ふるえて, べらぼうに, まだ十七, まわって, まわりだした, もし気, もつて, やと, やむべきや, わたしは, われわれの, ゐるの, グッと, スタスタと, スーッと, ソヴェト同盟の, ドアを, 一ぱいで, 一パイに, 一方の, 一時に, 一杯だ, 一杯であった, 丈も, 上から, 上って, 下の, 世界に, 両側からと, 両側の, 二階へ, 云つた, 人に, 今では, 今日の, 他の, 他人の, 以て, 伝えるもの, 伸びて, 伸子を, 何か, 何にも, 何の, 何べん, 何を, 何度も, 僕は, 僕を, 全てが, 全体を, 全篇, 再び瑠璃子, 前の, 前へ, 動乱し, 同じ位置, 吾, 呑みほした酒瓶, 咲いて, 回転し, 困難だった, 国と, 執拗に, 壕の, 声を, 夏の, 大声に, 太く鮮やか, 夫人の, 夭折し, 奔流しぶきを, 女が, 女の, 子供と, 実際より, 家の, 寂然と, 少しも, 山腹を, 帰って, 庭から, 強いこと, 彼女を, 後くされ, 心を, 思い出しました, 思わず飛びあがる, 息が, 憎んで, 所持金を, 扉の, 手一杯の, 手足も, 挨拶しました, 揚げ鍋, 散らかしたもの, 旅の, 日を, 日本の, 早足に, 書かれて, 最後の, 有名な, 東の, 桃子は, 椅子を, 次々と, 歯を, 死んだが, 死んだの, 母の, 母を, 水面を, 汗に, 泣いて, 泳いで, 活きて, 浮んで, 浮上った, 渦を, 満たされて, 満ちて, 滴る魅力, 煙草を, 熱心に, 父は, 物を, 現われて, 瑠璃子の, 男の, 畑の, 痴川伊豆の, 目が, 目を, 真赤に, 眠気が, 眺めて, 眼に, 矢代を, 知って, 破れないの, 社の, 空を, 空中を, 空間を, 窓に, 窓の, 素早く車掌台, 細い芦, 絶間も, 締りは, 置こうか, 美しさ, 聞こえて, 職務に, 背負って, 腕を, 腹の, 自分も, 自由に, 自身の, 落ちて, 表現され, 被布も, 見て, 観察する, 言うと, 言うの, 言えば, 話しかけた, 話を, 誰も, 調べて, 調べ始めます, 諸君の, 質屋の, 赤くなっ, 走り出した, 走るの, 足の, 路地から, 跳ね返し得る女, 跳返したい, 身に, 身体が, 躯が, 車の, 車窓に, 近くの, 返事を, 進行する, 道路の, 遠くへ, 部屋の, 金を, 門の, 閉口し, 降って, 障子を, 震えて, 非常に, 革命の, 頑丈に, 頭に, 風を, 首を, 馬が, 鼓舞される

1 [3093件 抜粋] ああいう, あくまで冷めたく, あたりの, あとから, あの封筒, あらう嫌, あるならん, あわれや, いかなる青年, いくらか傾き, いたくない, いちは, いっぱいです, いつの間にか蜂谷, いつもゆるんだ, いのちの, いろいろと, うす明かり, うっかり洩れ出す, おおいきれない素質, おし通した, おどりまわりました, おのずから形態, およいで, お伺い, お沢, お芝居, お雪, かかり合い君, かじかんだ足, かつ若干異国的, かれが, きくやう, きらめいて, ぎつしりと積まれ, くびのまわりが, くるりと, こ, ことなかれ, この世を, この家, この暴圧, この願望, これはと, ごたついて, さすがの, さも楽し, しいんとした, しかも上, しきりに自分自身, しなやかに, しわだらけで, すぐには, すっかり頭, すらりと, ずるずると, せう騎士, そこい, そして恐ろしかっ, そちらへ, そのうっとり, そのへん, そのボックス, その哀愁, その後毎日同じ, その男, その若い, その路地, それから生活, それなりいい, それ自身を, たいした矛盾, ただちに湖心寺, ただ漕いだ, たとへば卓子, だね, ちっともおかしく, ちよこちよこ走り去つた, つい思う, つけ足した, つまり口笛, でもあんまり, とびだして, とんだこと, どうしてもお, どこへ, どんどん急いだ, どッ, なくなった器物, なんにもやりたがらない, ねっちりと, はい, はじめて発見, はては, ぱらり, ひとつの, ひどく不機嫌, ひょいとゆれ, ぴかぴか光る, ふと野村, ぶくぶくと, ぶり返しましてな, ほくほく紙幣, ぼくそッと, まじまじと, また新しく, また遠慮, まったく光沢, まるまると, みるよう, むかいあいました, むらだち流れて, もうこんな, もう黒い, ものを, やってくるよ, やり切れない方, ゆらゆらし, よく判る, よび合って, わかったという, わくわくし, われさきにと, ゐる直吉, アメリカ風に, エエッとばかり, カフェーの, キラキラ光る, クラクラする, グングン谷, ゴーリキイとともに, ザクザク歩き出した, スラスラと, タタキ付けた, ヂェラニウムは, ニーナの, パタパタと, ヒューッと, フィルムに, プカリプカリと, ベートーヴェンの, ポリポリ食わなけれ, モンローぐらい, ワク, 一ぱいだつた, 一万尺に, 一先人に, 一寸または, 一帯に, 一座を, 一日一日が, 一本調子に, 一町に, 一臺の, 一面の, 三つの, 上気させ, 下等な, 不用意な, 両国の, 中には, 丹永の, 久しぶりに, 九時の, 二の, 二人の, 二度くり返される, 二重三重に, 云ったの, 互に袂, 享保明和の, 人々を, 人格的の, 人知れずくよくよ, 今は, 仏像の, 仕方が, 任務を, 伝平は, 佐の, 体当て一本, 何やらさかん, 作られその, 保健婦グーセフは, 俺を, 傍に, 僕等を, 元氣, 充分飾られ, 光つた, 児を, 全天, 六年の, 円いの, 冬に, 凍てついて, 出入りを, 分裂した, 列車は, 別殿から, 前に, 割り出された現実的行為, 動かず振り立てよう, 勝つこと, 北海道の, 十米とどかぬ, 卓の, 危に, 友達などとも, 取つておき, 受けとめた, 口を, 叩頭を, 右手を, 吉乃の, 同じ恰好, 同地の, 向い側の, 吹いて, 味方面し, 品右衛門爺さんの, 喰い込んだ, 四ほうコンクリートの, 四方八方から, 困って, 国事に, 圧すあまり, 地平線を, 坐つて, 城兵五百余人の, 堅いの, 塗って, 声一杯に, 外ならぬ, 夜風の, 大きな船, 大人ばかりの, 大抵其, 天における, 失敗と, 女と, 女買い, 妾から, 娘たちが, 子らの, 子刻, 存在カチあり, 宗教上の, 実に苦しい, 家では, 富岡は, 寝るベッド, 寧ろ止めよ, 尋ねかけた, 小さく張っ, 小枝子は, 少し肩, 居るの, 山の, 岩や, 巧みな, 帰京する, 平和を, 幸いに, 幾日も, 広海屋, 底へ, 廻転し, 弘前の, 強い流れ, 当時の, 影も, 彼女等に, 待遇した, 後者に, 徳川の, 心臓を, 怒鳴るの, 思はず平次, 急いで, 恋の, 息子を, 悟浄の, 情勢の, 想像し, 愛の, 感じるの, 感覚させ, 應じた, 或は遅, 戰爭の, 手を, 手紙は, 扱うかという, 投げ出されて, 押しつけました, 押し通せる奴, 拒絶した, 持って, 按摩なんか, 挨拶に, 捕うこの, 探求を, 揉み合いました, 撤兵し, 支那語と, 散歩に, 敵国の, 斜面から, 新劇界一般, 旅に, 日本全土の, 早くこの世, 明るくし, 映りなお, 時々彼女, 晴れわ, 暫く他意, 曲者が, 書くこと, 會釋し, 木戸から, 本因坊戦など, 束の間の, 東坡巾先生は, 枝から, 柳秋雲に, 梶の, 楽しそう, 橋の, 次の, 正しく只圓翁, 此の, 歩き出した, 死なせねば, 死ぬまで, 死んで, 母と, 毛程の, 気持が, 水を, 汝鏃まで, 沙漠に, 法廷の, 洒脱にかは, 流されて, 浮かんだやう, 海岸ぞ, 淡い褐色, 減退し始めた, 測るらしいが, 満され, 源七の, 演奏し出した, 澄んだ水, 瀧子が, 点綴され, 無遠慮に, 煙管を, 熱を, 父君が, 牝牛を, 物事が, 犯しうる質, 猥談を, 珍らしがられ, 理性を, 生活の, 男に, 画布の, 畳に, 痛くなる, 発表された, 白める, 皆黙った, 盡き, 目立つ, 相手より, 真っ赧, 眠れない夜寝床, 眺めること, 着が, 瞬く間, 矢野は, 硬直し, 私たち女をも, 秋子と, 移つて行つ, 穴だらけの, 空家の, 突立つてゐる, 立ちたりき, 立った老女, 笑む千鶴子, 第二, 答へる, 約四年, 紙上に, 細い節だらけ, 組閣を, 絞めつけられて, 絶えず客, 綾子と, 緩和され, 繋がって, 美しい形, 翻訳を, 耐えられなくなって, 聞える, 聴えつづけ, 肩に, 胸いっぱいです, 脳の, 腕一パイに, 自ら瞞され, 自嘲の, 自覚した, 色は, 花崗岩の, 苦しいよう, 茶の, 草鞋を, 落合太平に, 蒼ざめているのであった, 蕗子の, 藤村の, 蝮は, 行かれるわけ, 行われるので, 表現し得なかった, 被害者を, 補って, 見あげるよう, 見たの, 見られるところ, 見下ろしながら, 見透かしながらも, 親に, 言いかえられその, 言ふと, 訪ねたの, 詮議を, 話しを, 語られて, 読みその, 誰にも, 謠はれた, 豹一は, 貫きたいその, 赤くなつた, 赧く, 走りだしたの, 走るか, 越智に, 踊った, 身体中は, 軽くかは, 輝やく, 辷って, 近代的な, 迫りました, 追剥さえ, 逃げまわった, 這ひ上る, 通俗小説へ, 逢ふ, 遊んで, 過分の, 道場外へと, 重い足取り, 野花と, 針路を, 鋭り切った, 長くのびた, 開けられた襖, 闇に, 降りしきって, 階段を, 隣りの, 雍かに, 雲の, 露店の, 青草の, 鞄の, 頂点が, 頭脳の, 頼朝は, 風邪でも, 飛びつくよう, 飛んだこと, 食事を, 飾られて, 駆けること, 駈けこんで, 驀進し出した, 骨の, 高風あたりの, 鰈や, 麻綱は, 黙殺できる

▼ さ~ (3172, 2.1%)

81 なくば 72 あらば 52 忘れて 34 あろう, ない 29 なくて 22 なくとも 17 ある, なかった 14 さること 13 あろうと, 似たり 12 ないこと 11 ありません 10 あって, 身に 9 あった, ありなんと, わすれて 8 なかったら, 美しさ, 驚いたよう 7 あるの, 何も, 憎しと, 持って, 私の 6 あらうと, あらん, ないと, ないもの, なくては, 出て, 加わって, 感じて, 消えて 5 あつた, あるが, ないの, なかつた, 一と, 強さ, 形も, 手伝って, 苦しさ, 賢さ

4 [23件] あったが, あったの, あらんと, あろうか, あろうという, ないが, なくただ, なくん, またその, また格別, 勝平の, 唇の, 寒さ, 尋常で, 彼の, 思いやられる, 感じなかった, 残って, 知って, 知らずに, 知らないの, 自分が, 長さ

3 [53件] あつて, あり, ありました, ありましたが, あること, あるよう, あるわけ, あれば, あろうかと, あろうず, あろうよ, これにて, そこに, なくまた, なければ, ほんとうに, また一入, わかって, 不思議そうに, 人の, 似て, 何時しか忘れ, 充分に, 分りは, 加って, 呑込め, 咎める人, 失せて, 安心した, 容易に, 幅も, 当然の, 恋の, 悲しさ, 憎し, 或る, 教師が, 格別です, 殆ど同じ, 淋しさ, 深さ, 無い, 狂風一陣梢を, 甘さ, 疲れも, 目に, 相応に, 短かく, 肌に, 自分の, 良さ, 覚えて, 雪なれ

2 [161件] あのころ, あらんか, あらんという, ありぬべきこと, あり肺, あるから, あるし, あると, あるな, あるべし, あれや, あろうさ, かくの, くさくさした, ここに, その不合理, その前, その魅力, その黒髪, たぐい稀な, どこかに, ないので, なかつたら木魂姫, なくどこ, なくなって, なんとなく不釣合, にじんで, ふるさとの, またこの, またほとんど, また芸術品, まったく忘れ, もう平次, もって, わかるし, わかるのに, わびしさ, 一層深い, 不完全さも, 不気味さも, 不足は, 世阿弥には, 両岸, 並は, 人間の, 今に, 今は, 仕方が, 他の, 似つかしき風情, 何の, 何時の間にか人々, 佗し, 健やかさも, 偲ばれる, 全く申分, 凄さ, 分るその, 努力も, 十九より, 十分に, 半分は, 口惜しさ, 同じこと, 同じに, 品も, 喜びも, 型も, 堅固なる, 増して, 大きい, 大きかつ, 大きさ, 大てい, 妙に, 嬉しさ, 富山七之助の, 察し得よう, 幸福も, 底の, 弱さ, 彼には, 彼は, 忘れること, 怖ろ, 思いやられたが, 思ひやられます, 急に, 恢復した, 恥か, 愉快そうな, 愉快そうに, 意外らしい, 愚かさも, 感じない, 感じないの, 感じは, 感じられて, 感じられない, 感ずること, 感ぜられた, 憎しだ, 憎し然し, 打ち忘れて, 持つて, 暑いし, 本格的に, 来な, 柔らかさ, 様子も, 此の, 殆ん, 残念そうに, 母の, 毒の, 比較に, 毛の, 気に, 海の, 滅法です, 無かった, 無くなって, 父から, 物言ひ, 生きて, 生れて, 申分なく, 皓々と, 相當, 眼に, 眼の, 知らないよう, 知らぬ如く自暴, 知りぬかねては, 私に, 私には, 私は, 紛らされて, 紛らして, 綺麗さも, 考えねば, 肉慾的であり, 腹立たしさ, 色合も, 苦に, 蛇も, 行ぐども, 見えない, 谷の, 追, 這裏に, 通り越して, 通越し, 重さ, 陽気さも, 雪は, 青春も, 非凡です, 非常に, 類の, 驚いたという

1 [1968件 抜粋] ああいう, あきらめに, あったでしょう, あの時, あらうずなれど, あらむと答られき, あらわれて, あらんとは, ありかつまた, ありその, ありぬべしまさに, ありますね, あり剣人, あり情な, あり白地, あり長々, あるおもしろい, あるでは, あるはず, あるべきはず, あるべしと, あるわね, ある人物, ある書, ある義貞, あれくらいまで, あろうさも, あわれ, いいが, いかばかり深い, いささか慰めら, いちどに袂, いつしよに, いとど澄明, いま考え, いろいろだ, うか, うつつに, うれしかつ, おおよそ察せられましょう, おかししでは, おのずから知覚, おぼろげながら, おわかり, お前さまに, お肚, かえってひっそりと, かかるもの, かぶさっては, かゆさ, きつうなります, きょうこの, くすぐったさ, くらべる物, こ, ここから, ことしはじめて, このまま, この円柱, この明る, これと, こわいので, こんなに乾く, ございませんので, さぞかしと, さもうれし, さも感心, しかしあと, しのぎよい, しみじみ思いやられた, しんから, じっと心, すぐれた美しい, すつかり忘れ, すべて同じ, するが, せいぜい三, そうだ, そこから, そこまで, そして多彩, そっくりだった, そのうち, そのため, その人, その時, その毒, その裏がえった, それぐらいの, それに, それらの, そんなに寒い, ただならぬ激し, たのもしく洗, だいぶ肌ざわりが, ちがう, ちょうど僕等, つかれも, てこの, とかく彼, ともに底, どこの, どこまでも, ないけれど, ないそして, ないでも, ないよ, ない一層, ない凡人たち, ない居間, ない成人, ない此カフェー, ない言わば, なかったら許される, なかつたら氷, なき体, なくお答え, なくじ, なくちゃ, なくても, なくば内, なく一躰, なく候, なく女子供, なく当時, なく新年, なく無性に, なく科学的, なく血判, なく雨, なんさ, のうても, はっきり意識, ひだるさ, ひとりかみしめ, びっくりした, ふしぎそうに, ふんだら俺, ほのめいて, まぎれるだろうに, まじえて, またお, またちょうど, また一倍, また不気味さ, また増し, また平衡, また意外, また次第に, また無い, また百倍, また輻射, まだら, まちまちで, みえず逆風, みんな男の, もうあと一二年, もう感じない, もちろん少なく, もっと森林樹, ものかは, やがて日ごと, やって来た, やはり熱い, やりきれないし, やわらぎはじめたので, ゆかいらしく笑いました, ゆれ笹, ようの, よくわかります, よく見る, らしく答えました, わかつたらうに, わからんこと, わかりました, わかり現在雪, わたしの, インド独特であっ, ッさ麓へ, ハワイの, ブルジョア気質の, ラジウムに, 一しおでございます, 一つ気張つて叩いた, 一倍むし暑かっ, 一入深く, 一寸五分位です, 一方ならず, 一種ユーモラスな, 一通りでなかった, 丁度いい, 三尺に, 上州屋の, 不具も, 不安も, 不憫さも, 不精たらしく, 世の常ならず, 両方知っ, 中宮寺観音に, 了解せられ, 二メートルの, 二米位高い, 二間半, 五分ノ二に, 亦一層だつた, 亦幾層, 人一倍だろう, 人知れず眺める, 人間苦も, 今と, 今年こそは, 今松, 以て, 似たる嘘, 低いところ, 体面の, 何と, 何となく秋, 何らの, 何気ない風, 余りに激しい, 例年とは, 傍若無人で, 僕の, 優れながら, 充分ふせげる, 兎に, 全く失はれた, 全長も, 其方の, 冬の, 凄いが, 凌ぎよくなつたので気も, 出はるの, 分らない人, 分別も, 前の, 加味しよう, 十六七米低い, 千トンから, 卑屈さも, 厚さ, 厭だ, 厳しい夜, 取済したお, 古草, 同じである, 同時に分つ, 同様な, 君は, 含んで, 味つて見やう, 味わったしたがって, 唯, 喜びに, 四日ぶり敬君ありがたう, 困り果てて, 在るの, 堪えきれなそう, 堪らなさそう, 増す思い, 夕方からは, 夜の, 大さ, 大人ぶって, 大凡想像されよう, 大抵は, 大袈裟な, 太くて, 失わず苦心, 失われ初歩的, 好人物らしく, 子ども子どもした, 存するの, 安心したらしい, 実に非凡, 宮は, 富も, 察せず, 尋常何んと, 小気味好, 少しずつ, 少し紛れた, 工夫に, 已むを, 常に一種, 平気である, 幾回も, 底知れぬ, 弱って, 強い, 当り前の, 形ち, 彼等は, 後で考え, 得意に, 御明察くだ, 心がかりも, 心地快, 心細いし, 忍耐出来る, 忘るる, 忘れすっかり, 忘れては, 忘れられて, 忘れ下りて, 忘れ木村, 忽ち古び, 思はれる訳, 思ひやられるやう, 思わせます, 思われます, 恋しいが, 恐かった, 恐怖も, 恨めしかった, 悪いこと, 悲しそう, 想う, 愉しげ, 愉快でたまらぬ, 意匠も, 感じさせずに, 感じずに, 感じないでは, 感じないらしくぼんやり, 感じなかつた, 感じられなかった, 感じられ掃除, 感ぜず自分, 感に, 慌てたる顔, 慰められて, 憎く睨む, 憎し何, 憤りも, 我慢出来た, 手伝うの, 手伝つてゐる, 手頃であります, 抜群でした, 押勝一人にか, 持たないもの, 持たなければ, 振り捨てて, 推し量って, 描かれた繪畫, 救えば, 旅情を, 日常の, 日本庶民の, 早く解り, 明らかに, 時とともに, 時代の, 晴れむしろ, 暖っ, 暫くは, 最後の, 朝陽の, 未定であった, 杞憂しあっ, 染みるであろ, 案外さらりと, 梶田半古伝来の, 極意で, 様々な, 次々に, 歓ばしさ, 武甲山よりは, 死者の, 段々と, 毒毒しさ, 気が, 気品も, 水, 永くは, 池の, 沈痛な, 洗煉された, 浅間しい, 消えるかも, 涙も, 深刻である, 清々しさ, 減った, 溜らないが, 漏して, 激烈に, 火星の, 無いのみか, 無く稜, 無理ならぬ, 無駄の, 熟達し, 父親の, 物に, 物臭さうにふところ手の, 狂わしげ, 猛し, 現れて, 生じて, 生じるわけ, 生蕃の, 申しはや, 町の, 疲れたやう, 病人らしい, 痛烈に, 百二十キロから, 皆消え, 直ぐ涼しく, 相当で, 真個の, 眠ること, 睫毛の, 矢張りこの, 知つて居る, 知らず営々, 知らない子供, 知らぬ気, 知りつくして, 知れない底, 知人の, 神々しい緋, 私たちの, 私有レコード中の, 種類によって, 窮屈な, 笑って, 籠って, 精神の, 納まるに, 紛れるであろうかと, 絶頂に, 総ての, 美を, 考えないわけ, 聖書によって, 背が, 脱走者の, 自らを, 自分は, 自殺者の, 艶きます, 苛ら立たし, 若干察し, 苦悩も, 萬金の, 葉茶屋の, 著者固有の, 薄らいで, 藍丸王の, 行かねえは, 行くと, 裾を, 要らなくな, 見えないから, 見えはじめたこと, 見せは, 見上げるばかり, 見限ったよう, 覚えないの, 覚えるやう, 覺えて, 言うまでも, 訴えて, 認めて, 語りたいに, 諒察された, 豊であります, 貼つて, 起つて, 身内も, 軽蔑する, 返すこと, 迷惑さうに小言を, 透明さも, 通り越した厳粛, 遠く及ぶ, 部分的であり, 醜さ, 野心も, 金銀の, 錯綜し, 長くなった, 間の, 随分たまらない, 隠して, 静けさも, 面目な, 頭痛が, 食べたよう, 飽まで, 馬鹿に, 高い, 高さ, 髮の, 鳰鳥は

▼ さそう~ (3016, 2.0%)

213 なもの 210151 である 83 だった 70 です 68 な顔 55 に思われる 51 だが, であった 4035 なもん 32 にし 31 だから, だと 25 に見える 24 なの 22 ですね, なので 21 に思う 20 に思われた, に見えた 19 だし, な様子 18 なのに, な声 15 なところ 14 だな, だね, ですが 13 じゃない, でした, なこと, な人, に云った, ね 12 な気, な返事, に笑った 11 に言った 10 な男 9 だったが, だよ, ですから, な所

8 [11件] な, なん, な微笑, な眼, な笑顔, な調子, にも思われる, に思える, に眠っ, に笑い, に笑っ

7 [14件] だぜ, だという, ですよ, なお, なその, な女, な表情, な顔つき, にいった, に口, に思えた, に思われます, に眼, に顔

6 であるが, でも, な家, な顔付, に思います, に返事

5 だけれど, であったが, ですな, な処, にこう, に云っ, に彼, に眺め, に訊いた

4 [18件] じゃ, だがね, だわ, であると, では, なこの, なそして, な場所, な物, な老人, にいいました, ににやにや, にまた, に寝, に答えました, に聞い, に見えました, に言っ

3 [33件] じゃありません, だったから, で, でしたから, でしたね, なが, な事, な人間, な口調, な奴, な眼つき, な笑い, な笑い声, な笑い方, な訳, にいう, にお, にしかも, にそう, にその, にそれ, に声, に思われました, に手足, に暮し, に歩い, に煙草, に私, に答えた, に言う, に首, の事, よ

2 [92件] か, じゃが, じゃござんせん, じゃな, じゃよ, だからね, だったけれど, だったじゃ, だのに, だもの, であるから, であること, でございます, でしょう, ですぜ, ないびき, なおじいさん, なおばあさん, なそれでいて, なという, な中年, な主人, な人物, な体, な刀, な品, な坊ちゃん, な女中, な姿, な娘, な容子, な寝息, な巡査, な感じ, な時刻, な時間, な本, な溜息, な無口, な爺さん, な目, な眼付き, な瞳, な筈, な老, な船, な若い, な軽い, な部屋, な青い, な顔付き, な風, な鼻, にしかし, にしきりに, にそっぽ, につめたい, にところどころ, にひる, にも思われ, にも見える, にやがて, に云いました, に云う, に俯向, に又, に大きな, に往来, に微笑, に思え, に思えます, に思われ, に思われるであろう, に手, に生き, に眉, に眺めた, に立っ, に笑いました, に答える, に考えられた, に腹, に自分, に若い, に見, に見え, に話し, に説明, に身, に身体, に頭, に高笑い

1 [817件 抜粋] かい, して, じゃあない, じゃとのお話, じゃのう, じゃア, だからって, だからと, だがな, だけど, ださ, だぞ, だったけれども, だったし, だったので, だったら話しましょう, だった奥さんたち, だとか, だとの, だなあ, だなどという, だなんて, だの, だわね, だ余, だ黄泉, であったけれども, でありどうやら, であり云い得べくんば, であり国防最高幹部, であり眼, であるし, である事, である自分, でいけないの, でいつも, でおこり, でこれ, でしたよ, ですからな, ですけど, ですその, ですもの, ですわい, ですネ, でその, でちゃんと, でまだ充分, でもあった, でやはり時々, で一向, で下, で剣道, で女, で実に, で少し, で悲し, で故, で申分, で省線, で美しい, で肩, で菊池寛社長, で鎮守, としたらしゅうございました, として若い, と云う, と思う, と決心, なありさま, なある, ないま, なお宮, なお家, なこういう, なこと丈, なこれら, なしかし, なたわい, なつんと, なと思った, なのよ, なのろのろ, なはにかみを, なひきしまった気持, なひと, なびっくり, なふう, なほど, なやさし, なやりばなし, なよく, ならば, なり, なんだい, なアカ, なカラー, なゲラゲラ声, なハガアスさん, なパリ, なベッド, なポカン, な一ぴき, な一瞥, な一間, な上品さ, な下宿, な世辞, な中年者, な乳母, な二人, な二十一, な人影, な人相, な今どこ, な仲間, な位置, な住まい, な借家, な兄弟子, な六畳, な内弟子, な出迎え, な労働者, な十手, な千鶴子, な単調, な受持, な口ぶり, な可愛い, な合槌, な同, な和らいだ顔, な和尚さん, な唯, な商人達, な問い, な嘆息, な四十, な地所, な壺, な変, な夫, な奇声, な姿勢, な婆さん, な子供, な宿, な寮, な小さい, な小心, な尻, な居間, な山懐, な平, な平らか, な年増, な広告, な店, な形, な御方, な怯えたよう, な感歎, な態度, な懈い, な承諾, な折々, な振り, な教法, な方, な旅, な旅館, な明るい, な時代, な時分, な書物, な木綿着, な村, な松永博士, な柔らかい, な権助, な欠伸, な歯, な泣き面, な焼鳥屋, な爪弾, な特殊, な生垣, な生返事, な男二人, な男女, な異性, な皮膚, な看守, な眸, な秘密, な立派, な笑い顔, な答えかた, な節, な細い, な細君, な紺, な緑, な美しい, な老いたお上さん, な老婆, な老爺, な肉体, な自白, な色白, な花, な若林博士, な薄ら笑い, な血色, な行燈, な親切, な証拠, な話, な話して, な谷田, な貧乏, な貸し家, な質朴, な赧ら顔, な足袋カバー, な車, な転寝, な輿論, な返辞, な部門, な鈍重, な長文, な青年, な面, な面色, な響, な風姿, な養蚕傭, な鮫鞘, な鮭, な鼻息, な鼾, にあいさつ, にあたし, にあたり, にあんな, にいきなりくるり, にいずれ, にいっていら, にうつむい, にうつらうつら, にうなずきました, にうろつい, におっしゃる, にかすか, にからっぽ, にぐったり, にけろりと, にげらげら, にことわっ, にころがっ, にさえ思えます, にさて, にしくん, にしつらえ, にじろじろ, にす, にせせら笑った, にそういう, にそういった, にそっち, にそむけた, にそれ等, にためらってる, にため息, にだれ, にちょっと, について来た, につぶやく, にと思われた, にながめ, ににっこり, にのそのそ, にのぼっ, にはたいた, にはまりこんだ, には見えた, にひとり言, にひょうきん, にふき出した, にふとった, にぶらぶら, にほほ, にほんのり, にまだときどき, にもう, にもうすやすや, にもなく, にも思われた, にも道理, にゆすぶり初めた, にゆっくり, にわざと, にエヘヘ笑い, にカメラ, にキョロッ, にゲートル, にスースー, にタミ, にピョコン, にブラリブラリ, にベッ, にホッ, に一喝, に一言, に三馬, に下, に並ん, に丸まっ, に主人, に乾いた, に予言, に人, に人見, に今度, に伸子, に住ん, に例, に傍, に僕, に入っ, に典膳, に凝っ, に出された, に出し, に切り出した, に別れた, に前栽, に匂い, に半ば, に半眼, に友田, に受けとった, に叩きつける, に右, に合槌, に向い合い, に君江, に吸込み, に呟いた, に唄, に唇, に喘ぎました, に喰い荒らされた, に嘉津子, に圓朝, に圭太, に夏草, に夫, に女の子, に娯しん, に子供達, に安心, に安藤帯刀直次, に宮中, に寝そべっ, に尋ねた, に小さく, に小林, に尻尾, に尾, に左右, に帆村, に帽子, に引き寄せ, に引返し, に御座る, に応える, に思えました, に思っ, に思はれた, に思わるる, に思われない, に思われるだろう, に悄, に想像, に慎ましく, に慣れない, に戻っ, に手拭, に打っ, に拭き, に持ち忘れた, に振向い, に振舞った, に掻, に摘み取った, に撫で廻し, に日, に早, に昔ながら, に昼寝, に暮らし, に書き並べ, に杯, に栄え, に桟橋, に横, に欠伸, に泣き声, に流れ, に温い, に準備, に溜息, に演じた, に濤, に焚火, に片, に独特, に独言, に畑, に疲れ, に疲れた, に白い, に皆, に目, に相手, に看守, に眠られる, に眺めやった, に睨ん, に空中, に窓, に窓外, に立ち上っ, に立ち上った, に立った, に笑いだす, に笑い出し, に笑い出しました, に笑い声, に笑顔, に粛然, に糸, に羽根, に考えられ, に考えられます, に聞こえ, に肩さき, に背中, に胸郭, に膝かけ, に舞っ, に苦笑, に苦笑い, に葉巻, に薄笑い, に藤吉, に行き, に見ながめ, に見ゆる, に観衆, に言いだした, に言いました, に言ッ, に訊い, に話し始めた, に話頭, に語られた, に読み出した, に走り読み, に起ち, に足もと, に跳ね廻っ, に逍遥, に進ん, に遊戯, に過し, に酒, に酔い寛い, に金五郎, に銀, に長, に閉じ, に青眼, に面, に靴, に鞍, に飛び歩き, に飲み, に飾られた, に鶏娘, に黙っ, に鼻, ね母さん, までになった, 云った少年, 出しぬけに, 心配する

▼ さうに~ (2541, 1.7%)

131 なつて 128 して 74 もない 37 ない 36 なる 29 眺めて, 見えた 25 なると 24 するの, なりました 23 見て 21 呟いた, 思はれる 20 見えて 19 した 17 立つて, 訊いた 16 もなかつた 15 なるの, なるので 14 見える 13 なつた, なつたの, 思はれた 12 話して 11 なって, 見た 10 なりながら, 歩いて, 見えるの 9 しましたが, 思ふ 8 なかつた, 聞いて, 見えるが 7 しながら, なった, 微笑んで, 眺めた, 眺めながら 6 いつた, うな, もなく, も思はれない, も見えなかつた, も見える, 唸つた, 思へた

5 [14件] いふの, ちが, なつて來, なりましたが, なります, はない, もありません, もぢ, も思へなかつた, も思へる, も見えない, 出て, 坐つて, 書いて

4 [20件] しました, すると, なつた時, なること, にや, は思はれない, みえる, も無い, 働いて, 呟いだ, 思はれたから, 思はれて, 提げて, 点頭いた, 笑って, 見えたが, 見えても, 見えました, 見ながら, 食べて

3 [40件] いふ, うつむいて, こんなこと, してを, するが, そんなこと, つ, ないから, ないといふ, ないので, なかつたが, なり, なるまで, にこ, はいつ, はし, はひつ, みえて, もしない生れる, もせず, もなる, も思はれなかつた, も思はれる, も思へない, も見えた, 云った, 呟きました, 垂れて, 思はれたので, 思はれます, 思ふの, 思へたので, 思へて, 思へる, 見えるもの, 見送つて, 話した, 話すの, 飲んで, 黙つて

2 [124件] あたま, ありません, いつて, いひました, うつむいた, お富, お笑, かう呟くと, かう言, き, きいた, きつと, きよろきよ, したが, したので, しつかり握られて, じつと, じろじろ眺めます, する, するので, その男, その調理法, たうとう, つぶやいた, といふ, なあ, なかつたの, なったん, なつた人, なつて主人, なつて逃出, ならなければ, なりましたから, なり彼, なるが, なるわたし, なる位, なる自分, なツ, はありません, はためかし, はなかつた, はらりと開きます, は思ふ, は思へなかつた, は見えなかつた, ふくれて, ほほ笑みますと, また, もしない, もしません, もしませんでした, もなつ, も思はれ, も為, も見えます, も見えません, やつて, わつと, コソコソと, 佇んで, 住んで, 光らして, 入つて來, 動いて, 向ふ, 吠え立てて, 吹かしながら, 吹かす, 呟いて, 呟きその, 呟くと, 呟くの, 唸りました, 啼いて, 喋る, 喘いで, 囁いて, 大笑, 微笑む, 思はれない, 思はれました, 思はれましたから, 思はれるの, 思ふが, 思へなかつた, 思へるが, 思へるくら, 思へるの, 急いで, 成る, 持つて, 揺れて, 泣いて, 深い息, 漕いで, 痛い, 眺めたが, 眺めるの, 睨んだ, 笑った, 聞いた, 聞える, 聞えるかも, 苦しいの, 見えたの, 見えない, 見えます, 見えますが, 見えるあんなに, 見えるかと, 見つめる, 見ま, 見上げて, 見上げながら, 見送つた, 訊ねた, 語る, 起ち上つて, 避けながら, 長く煙, 降りて, 食べたが, 鳴いて

1 [1060件 抜粋] あけた, あの不きりやう, あの娘, あの御姉妹, ありませんから, あるひ, いふもの, いよいよ黒, いろいろの, うごきます, うなされてるし, うなだれて, うなづきながら, うれしかつ, うろついて, おちかは, おど, おほさ, お二人, お住, お勝, お孃さん, お尻, お月様, お樂, お舟, お蝶, お首, かう云つて, かう叫ぶので, かう聞いた, かう返事, かかへて, かかへて物干場, かけずり廻つて, かなしさうに, かぶりつくので, かわいさうに, きいたの, きこえた, きしみ揺めいた, きやつ, きゆうと, きらきら光つて, くすくすなさいます, くるりと, この事, この小さな腕白たち, この話, ころんでは, こんな歌, さいて, さうかい, さけつつ, さも心外さうに, しかし悄乎, しかも注意深く, しげしげ私, したの, したり, した欄干, した顏, した魚, しての, しても, しなびて, しばたたいたが, しばらく少年, しましたよ, しゃがんで, しやあ, じつとして, じろじろ眺め, するから, するだけ, するなら己達, する堀周吉, する皆川半之丞, ずつと見, ずるずると, そのくせ十分, その傍, その出発, その場, その学校, その手, その日時計, その机, その樣子, その癖, その窓, その虫眼鏡, そよいで, それでも並んだ, そんな話, たぶたぶと, だんだん赤らん, ちょっとうつむい, つついて, つぶやくので, でもはきはき, とこれ, どうして僕達, どっと吹き出した, ないあの, ないそれからまた, ないとこ, ないどうせ, ないやつぱり私, ない一種特別, ない借金, ない大胆, ない時刻, ない袋, ながめました, ながれて, なくただ人, なさ, なさるん, なったとき間違, なったり, なつたぢ, なつた仇敵, なつた時支, なつた練吉, なつた野次馬, なつた靜子, なつて了うた世の中, なつて來さうだつ, なつて援, なつて窓, なつて若僧, なびいたが, なめながら, なられた, なりさうな, なりしかし, なりそれ, なりなが, なりましたの, なりましため組, なりますよ, なりやつ, なり内側, なり或は, なり着物, なり身上, なり頭, なるかと, なるそんな, なるほどスピード, なるもの, なるん, なる夜, なる心, なる所, なる時, なる男, なる程二三度, なる裸蝋燭, なる貧血症, なる身體, なれば, にた, につこりと, にやにや笑つたの, ねえ, ねむる, のぞきこんで, のん, はき出した, はしやい, はなかっ, はねたり, はやしたてるので, は思, は思へない, は描かれ, は見えず, は見えます, ばかし追求, ばたばた重厚, ひ, ひげボー, ひどく足, ひよい, ふざけて, ふとすこし頭, ふり向いた, ふり向いて, ぶらさげて, へばりついて, ほ, ほき出した, ほんのりと, ぼやいた, またたいて, また一人, また光, また喘, また煙, まだも, みえたつて, むかふを, もありませんでした, もいでは, もう眞赤, もがいたあげく, もしなかつた, もつて, もなき, もなつて, も亦, も思はれた, も思ひます, も思へた, も思へません, も有, も私, も花吉, も見えぬ, も雲雀, やって, やに, ゆすりながら, よいしよ, よく出, よく喋った, わなわなと, わらって, をかしく, ニヤリニヤリと, ヘラヘラと, 下げて, 且つ凝, 両頬, 丸くなっ, 乾いた咽喉, 伴いて, 似て, 低いの, 低かつ, 何だかなつかし, 何やら唸, 傾いた儘搖ぎもせぬ, 元氣, 冴えて, 凝と, 出来て, 切ない声, 勇ましが, 動かした, 動かしながら, 動くと, 厚く脹れ, 又襟垢, 取出した, 取澄し, 受けながら, 可愛らしい顎, 同じ事, 同時に用心, 吠えたて, 吠える仕掛, 吹かし出した, 呑みはじめたの, 呟いたほど, 呟きだんだん, 呟くので, 呟く胸, 呻きたつ与里, 咳き込んだ, 咳く, 唸つたので, 啜つて, 啼く, 喋り合つて, 喘ぎ, 喚く調子, 噛み破つて, 坐つた, 坐りながらも, 垂れた首, 報じて, 大きくな, 大きな御所柿の木, 容易いの, 寝てを, 尋ねました, 小さな瓶, 少し腰, 屈んでるので, 広い肩, 引き揚げます, 引ずる私, 引つ掛つて, 強く私, 待ち構えて, 御ところ, 微笑み乍ら, 応じた, 思えて, 思はる, 思はれたが, 思はれた風潮, 思はれぬ, 思はれますつて女, 思はれるしつかりした態度, 思はれるとき, 思はれる迄, 思ひだしては, 思ひましたしかし, 思ひますから, 思ひ出すから, 思ひ浮べた, 思ふだけで, 思ふ者, 思へたが, 思へない彼, 思へるから, 思へる深い, 感ぜられた, 懶け, 成りました, 或場合, 戦きながら, 承はりました, 抜け出して, 押して, 押し頂きながら, 持つたまま, 振が, 振り返つたお里, 振返つて, 掴まれた手, 描いちや駄目, 揺いだ, 撫でる, 擦つて, 新公, 明けて, 時々夫, 時時ひらく, 暫く握, 暮して, 書かれて, 最うあと一, 歩きま, 歩き過ぎるの, 歩み入, 歪みます, 歪んで, 沈んだ口, 泣いたふり, 泣きじや, 泣きはじめた, 泣き出しました, 浴びて, 涼しく見えます, 深く長い息, 温めて, 澄みきつて, 点頭いて, 然も, 熟して, 熱くなつ, 燃え立ちます, 片づけ始めた, 狭い台, 生きて, 申しました, 畏り, 疲れきつて, 白い歯, 直帰つて来給, 眠いん, 眺めましたが, 眺めやつ, 眺められた, 眺めるばかり, 瞬いたきり, 破顏微笑, 祈りました, 立ちあがつた, 立ちすくんで, 立ちどまつて, 立ちながら, 立ち上がります, 立ち去つた後, 立って, 立つては, 立去って, 立去る, 第三, 第二部, 細い眉, 細くな, 細めわざと, 絶えず明るい, 絶えず笑つて, 縮み上つて, 繰返して, 考へたり, 考へられて, 考へられるが, 聞えて, 聞えるが, 聞こえるが, 聴いて, 肯いた, 胸苦しくなつた, 腰かけて, 膨れて, 苦い顔, 萎れた語氣, 蒸し返すと, 薄暗い奥, 見あげた少年, 見えたかめよ, 見えたけれども, 見えたり, 見えた娘, 見えた空, 見えなかつた, 見えましたが, 見えますね, 見えるから, 見えるとは, 見えるので, 見えるほど, 見えるん, 見える姿, 見える書物, 見える男, 見える石畳, 見える習, 見おろした, 見せかけるの, 見せる文学, 見つめた, 見てたが, 見へて, 見へる右, 見まもりながら, 見やりながら, 見る, 見上げました, 見下して, 見乍ら續, 見受けられた, 見守つて, 見詰めたが, 見迎, 見返りながら, 見送りながら, 覗いて, 訊いた事, 訊きました, 訊ねる, 訊ねると, 記して, 詰らん話, 話しかけるの, 話し出したと, 話し合つて, 話すお, 語らひしを, 読むすると, 讀み下した, 讀んで, 走って, 起ちかけた, 起つて, 踏出すの, 輝いた, 輝きだして, 辛さうに身, 近づいて, 述べ立てた, 進んだ, 遠のいて, 長いきせる, 長い尻, 長い間, 長い顔, 長長と, 響いた, 頑張つて, 頻りに立話, 顰めた顔, 飛び廻つて, 食べてを, 飲み乾すの, 飲んだ, 駈けて, 騒いだ, 魘された, 黙々として, 黙つてフオーク, 黙り込んで

▼ さうだ~ (1271, 0.9%)

856865242215 さうだ 14 から 12 がそれ, ぜ, とも 10 ねえ 9 なア 8 といふ, とする, と思ふ, なあ 7 が私, とすれ, と云 65 がさ, がその, がそんな 4 からそれ, としたら, と思つて, と思ひ, と言, 私は

3 [22件] おれは, からである, から早く, がいま, がお前, がこれ, が俺, が実は, し, それに, それも, とさ, と下, と云つて, と思つた, と答, な八, わなと言, 俺は, 僕は, 僕も, 君は

2 [45件] えいお, からもう, から博士, から錢形, がこの, がどんな, がソン, が僕, が女, が日本, が根, が自分, が辛抱, が飛ん, けれども御, これは, これを, さんせい, ぜお, その意気, それを, たしかに酔つて, といつ, とお, とか云, とか好から, と報じた, と思, と考へる, と自分, なそれ, などうせ, などと云, のう, ぼくたちは, もの, よほんとに, よもう, ツか, 再逢, 君も, 孔雀の, 彼は, 彼等は, 死が

1 [669件 抜粋] あいつの, あそんだ, あなたに, あの, あのシユシユン, あの娘, あの広島, あの怪しく, あの色艶, あの蜂, あの跛足, あの雛菊, あの面型, あの頃, あれが, あれも, あんな罪人, あゝ面白い, い, いよ, うまく行かなかった, うん, お前さんは, お前歌へ, お幸さん, お父さん馬に, かも知れねえ, からうつ, からお前さん, からけふ, からこれ, からそこで, からそんな, からぢ, からてんで, からとてそれ, からと云, からと供, からと言, からと言つて, からぶらぶら, からまだ, からやはり, からよ, からオペラ, からヤハ, から二度目, から仕方, から例, から先づ命, から八日, から反っ, から大急ぎ, から往かれまい, から往かれよう, から我々, から我慢, から旅行, から書い, から止めた, から此儘隱, から死ぬ, から殺させた, から汝, から淡紅色, から滅多, から畑, から絶対男, から自分, から自動車, から行, から行く, から見す, から読ん, から誰, から貴方一人, から近く, から近く帰つて, から這入, から避けよう, から醉つて, から頼ん, から馬, から駈けつけ, がああ, があなた, があの, がうち, がおもに, がこんな, がしかし, がそこ, がそれでは, がそれでも, がと云, がどう, がなよそんだ, がな先刻, がね今, がね此處, がまだ, がみせ, がやがて, がネルラ, がフランス人, がポスト, が一台, が三五郎親分, が下手人, が今日, が今晩, が佐野松, が何, が何しろあんまり, が俺ら家, が俺達, が全然, が却つて, が叔父さんの, が名, が夕方, が外, が如何さま宛, が少し, が山陽側, が年頃, が彌, が当分, が御, が恐らく, が折角, が支那, が日常, が日本人, が昔, が木菟, が未だに, が本人, が横光氏, が樫, が此の際身, が消息, が源, が無理ぢ, が発表, が相手, が眞, が紀州, が腹の中, が色, が薩摩者, が試驗, が貞子, が農村, が追, が途中, が遠路, が隨分無駄, が面白い, けど信ちやん, けれど, けれどた, けれどもあの, けれどもしかし, けれどもなにしろ, けれども本来, けれど休めない, けれど塀和さん, こといふ, こと云あ, こと云つたつてお, このま, これや, こんなある日, ごつさら, さう, さうでなく, さつきの, しそちら, しとば口, しまた, しヴアレリイ, し又, し宗次郎, し少し, し松前侯, し盆興行, し聴い, すつかり忘れ, すると他, ぜタイム・イズ・マネー, ぜ親分, そしてまだ, そのこと, その時, その男, そらごほうび, それだ, それではやってくる, それで反, そんな大昔, ぞと彼, たしかに何とも指摘, だからせつかく, だがそれ, ちやうど, てば真直ぐ, で向う, と, とありがたい, とある, といつたら, といふお, といふぐらゐのところで, といふゴシップ, といふ凄い, といふ噂, といふ気さ, とおも, とかいふつまり, とか新丁, とさう, とすぐ, とにかくこの, とは登子, とは考へられ, とは言, ともさねさ, ともでなかつたら, ともと互に, ともよ, ともよこらお, とも一枚づつ, とも例へば, とも充分, とも全く, とも秋, とも錢, とよ, とわかつた, とわかる, とウマ, と僕, と嬉しい, と平次, と思つたの, と思はない, と思はれた, と思ひます, と思ひ出した, と思へ, と想, と愛ちやん, と書い, と期待, と校長, と清潔, と独り, と白状, と私, と苦悩, と見た, と話し, と近頃, と返事, ど, どうせ死ぬ, どうだつ, なあお, なあこの, なあすこ, なあと, なあまあ, なあ五尺, なあ安く, なあ遲, なそんぢ, なとさう, なとても, なと思, などといふ物欲, などと考え, などんな, なもう, なるほどあの, なんて皆んな, な二時頃, な伝七さん, な何遍位, な僕, な兎, な相沢, な間違, ねえ一遍, ねえ五六千圓, ねお父さん, ねこの, ねこの間, ねせゐ, ねそつ, ねそれくら, ねでなけり, ねと云つて, ねどうせ, ねも一つ貰, ねやつぱり行つて, ね仕方, ね出よう, ね可, ね周子, ね明日, ね目, ね葡萄水, ぺつ, ほんたう, ほんとうに, ほんの煙草二三服, ぼくの, まだ中学, みんな海から, もうあまりおれたち, もう一度行つて, もう動いたらいけない, もう帰らう, もかうだ, もしそれ, ものの, やつて, やつぱり春の, やはりこれ, よう, よお, よおら, よさ, よだから, よでも, よまさか, よわし, よジョン, よ五點, よ何, よ僕, よ前, よ協会, よ原, よ恰度君, よ早く, よ本, よ目黒, よ眞珠太夫, よ石垣, よ解つてら, よ顏, よ飮まつ, わこの, わね, わ結婚, アおれもさ, アダム, ア権利が, インテリで, コツペエさんの, ジエィン, ジユウルそれは, ステンカラージンの, セツちやん, ツけん, ツたら, ツ煩さい, パトロンだろ, パンを, マダム, 一つ彼等を, 一刻も, 一寸舐め, 一日々, 一瞬間も, 丁度いい, 三八九を, 三十分位の, 乃公の, 二月に, 井伏鱒二以来だ, 今夜ケンタウル祭だ, 今彼の, 今日は, 今日も, 何が, 何でも眞, 何といつ, 何の, 何処まで, 余ツ程, 僕達は, 僞善の, 全くだ, 全く第, 全く純粋, 八五郎兄哥の, 八月一日には, 其の方, 勉強する, 勿論彼奴等, 十六だ, 博奕冥利に, 又黒板博士, 口に, 向ふ, 君だ, 君の, 噴水が, 四分の入りで, 士です, 夢であれ, 夢は, 大え姿, 大晦日で, 大津から, 女房に, 妾が, 子, 実にそつくり蟇, 容易に, 容易には, 山彦の, 巣を, 巨人達が, 店に, 後へ, 後部の, 徒歩禅か, 思切橋といふ, 恰度この, 感興性を, 手前幾つだ, 手拭な, 支那問題だ, 敬ちやんに, 料簡だ, 新太郎ちやんを, 明日の, 昨夜の, 時候は, 未だ君, 本人は, 本格的俳句が, 柳も, 校長の, 極度に, 此の, 此処から, 此処の, 海から, 深川の, 漸と, 物で, 物な, 犬の, 珈琲を, 球を, 生え際だ, 畠も, 白馬連峰が, 盆と, 直ぐに學校, 相です, 矢張り, 確か董, 確に, 神田の, 秀ちやんと, 私には, 空が, 端午の, 笛の, 簡単に, 精神科の, 罰だ, 美奈子に, 肩よりも, 自分は, 自動車の, 英雄だ, 蕨より, 行つて見よう, 行つて見る, 親爺さんは, 豊に, 貂だ, 貯金を, 軟け, 酒は, 鍵屋の, 随分今月, 随分大きな, 雨の, 顔を, 飽くまでも強く, 騷ぐと逃出すに, 鶴は

▼ さ~ (1008, 0.7%)

11 悲しさ 9 美しさ 8 醜さ 7 深さ, 苦しさ 6 重さ 5 寒さ 4 ま峠, 温かさ 3 ぎぬ, はらかさ, 夜の, 強さ, 恐ろしさ, 悲しみを, 葉の, 長さ

2 [67件] いらだたしさ, かなしさ, ぐ落葉が, それに, または悲し, ものうさ, わっこい, 人の, 他の, 他意な, 低さ, 何かから, 働きに, 危なさ, 喜びを, 嘆きや, 夜鳥も, 寂しさ, 尊さ, 小ささ, 小説を, 岩に, 弱さ, 形が, 彼らの, 彼女の, 恐怖を, 息苦しさ, 悩ましさ, 情愛が, 愚行に, 拙さ, 明るさ, 時間の, 暗さ, 暗夜の, 朝草門に, 正しさ, 気高さ, 淋しさ, 無智, 狼の, 甘さ, 生命の, 白き猫, 破綻を, 神苑の, 粗悪は, 絶望感の, 老酒や, 聲の, 脆さ, 腐敗から, 苦が, 虚無を, 見っとも, 角度を, 訴えが, 軽さ, 近さ, 通俗を, 運動に, 雲の, 面白さ, 顔つきが, 馬鹿さ加減が, 黍は

1 [789件 抜粋] あたりに, あぶら蝋燭, あらは, いきいきと, いじらしさ, いつか挿したる, いつわられた雄々し, いやな, いわゆる女らしい, うかびて, うぶな, うま臭や, おもしろさ, お墓, かき起されし春, かな内輪的, からだつきや, ぎすぎすした, ぎにささと鳴りぬ, ぐ, ぐからに出で, ぐきり, ぐまで, ぐものは, ぐ佐渡には, ぐ塵界遠い, ぐ霜夜の, ぐ驢馬のに, げり, ここの, ことにその, こわさ, さっきからの, さては町会, しきて, しづけさ, しをりは, すぐに, すべて最も, そういうもの, そうした感情, そこの, そして節足, そのきびしい, そのふっくら, その人がら, その反対, その哲学, その生活, その脆, それによって, それらの, それ等の, そんな心持, そんな狭い, ちょこちょこと, ちようさ, つかまりっこの, どうしていい, どこかで, なにか, なにかを, なア, にがさ, にぶりが, はでやかな, ひそかな, ひとも, ひもじさ, ほがら, ぼんやりと, まして情慾, またそんな, または卑劣, また反, また反対, また悲し, みえも, みじめさの, もどかしさ, ものを, やや平凡, よき寺, よく整つた顏立ち, よろこびの, よろこびを, わざとらしいほどの, ゑん豆を, アンバランスを, インクの, スティームパイプの, ディレッタンティズムを, ハレンチな, メルクシ松の, モロさや, ユーモアは, ラジオの, ワグナーの, 一人ぼっちの, 一時の, 一瞬同じ, 丁寧さが, 下肢に, 不均衡, 不安などが, 不安も, 不安を, 不快どころか, 不愉快など, 不潔さや, 不親切さが, 不調和さは, 不馴れさやが, 世相に対する, 中途半端を, 事件の, 二伸も, 京風髷の, 人も, 人情の, 人格の, 人生の, 人間の, 人間的自信の, 仲間の, 伸子の, 低い家並, 体つきの, 何が, 余裕が, 作戦の, 使いきたりの, 侘しさ, 俗, 偉大さを, 健康を, 偽善を, 傾城草つむ, 僻みも, 優しさ, 元気で, 兄や, 光線や, 具体的な, 内心の, 内面から, 冷えた湖, 冷淡さは, 判断を, 別荘の, 利己主義に, 制限された, 力づよさからではなくただ, 力や, 助平たらし, 勇壮なる, 動揺は, 匂いは, 匂いを, 卑屈さや, 単純な, 危険を, 厳しさ, 又こまかく, 反省の, 取り出来る仕事, 口喧しい尊大, 口書きも, 古雅は, 合理性に, 吉五郎お, 周到な, 味は, 和らぎに, 品位の, 図々しさ, 国民全体の, 土の, 執拗さが, 場面の, 声や, 多少の, 大い, 大らかさや, 大事な, 天井の, 太さ, 夫婦の, 奇矯さから, 奥行きが, 女の, 女らしさ, 好奇心が, 好奇的な, 妹が, 威張り返って, 娘形本領を, 嬌めかし, 子の, 子供らしい, 孝養ぶりを, 孤独が, 孤独の, 安らかさしか, 安易さでは, 完全さを, 家主一家の, 家族愛が, 容貌や, 寒さの, 寥し, 小意地, 少し黒, 少女の, 屈辱や, 崇高な, 川いさ, 川日の, 已にいそ, 幅で, 平凡な, 平穏を, 平静さや, 年恰好は, 幼稚さが, 広島の, 庭の, 引け目を, 強い情愛, 弾力です, 当てが, 形の, 形は, 形體の, 彼等の, 後の, 御様子, 心の, 心配で, 必要さやを, 忙しさ, 応対ぶりを, 快さ, 思いきった生態ぶり, 思索の, 恐しさ, 恐れを, 悔ひ, 悩し, 悩みについて, 悪党らしい, 悪党口調が, 情況を, 情熱が, 意味について, 意味の, 愚痴や, 愛他的な, 愛嬌の, 愛情までを, 感傷が, 感触の, 愼まし, 慎ましさ, 憎々しいほどの, 憎しみにも, 憶測が, 懐しさ, 或はそれ, 手すさび, 手近い, 打撃を, 抑如何, 抵抗力の, 抽象性に, 拔群の, 擽ったさ, 支配欲や, 故郷の, 敏速さに, 教育の, 教養の, 数について, 整然たるところ, 文句が, 文才だけによっては, 文武百官の, 新しい美しさ, 方向などに, 早き月日, 星の, 時には, 晴れやかさの, 晶子の, 暑さ, 書き方が, 書生じみた, 月かげいつ, 月に, 朗らかさや, 望を, 松脂の, 格好は, 梅雨に, 楽しさ, 構へや, 様子を, 様式について, 機智の, 欠点を, 歎き, 死の, 残念さを, 母親らしい, 毛並は, 気の, 気位や, 気取りや, 水に, 水を, 汚ならし, 汚らわしい欲望, 沈み込んだ, 法外な, 洛中の, 活気や, 流動性の, 浅さ, 涙ぐましさ, 涙を, 深味の, 混乱や, 清さ, 清潔さは, 温みを, 測り知れない豹変, 湧き立つ蝗, 滅入り込んだ, 滑らかさやを, 滴るばかりの, 潤いに, 潤沢さは, 澄子が, 澱みなき, 濃さ, 濃淡の, 無力の, 無情さや, 無意味さも, 無邪気さは, 無邪気さや, 父は, 牛も, 物憂さ, 特殊性が, 狡さ, 独特な, 独立的な, 猶末々, 率直さあるいは, 珍らし, 生きかた, 生まれつきの, 生来の, 生長期, 町全体の, 異様さが, 疲れの, 痛々しい粗末, 発展生き, 百舌啼きしきる, 盲点が, 真実が, 眩しいほど, 矛盾と, 短かく, 碌さは, 示唆が, 礼儀正し, 神経質の, 空室に, 突っこみかたが, 笑いは, 筋肉の, 節度の, 粗暴さにも, 粘りと, 精神の, 精緻さは, 素晴らしさ, 素材の, 細心に, 総じての, 縁取りの, 繁華な, 繼子の, 罵詈や, 美わしさを, 肉の, 肉声器声の, 肋骨も, 背の, 能弁が, 腹立し, 自信の, 自信を, 自分たちの, 自分を, 自己犠牲という, 自然さの, 興奮から, 色っぽさ, 芝居の, 芸格の, 苛立たしさ, 苦労を, 苦悩は, 茂った草, 莫迦さや, 華の, 落ち着きが, 蒼空の, 虚しさ, 虚偽性を, 蚊帳の, 行きとどいた, 行なども, 袖の, 装飾の, 見下す隣家, 角度や, 訪ねて, 諸民, 謙譲さや, 豊かさという, 豊かさは, 豐かさや, 貧しさ, 貧乏などは, 貪慾や, 貼る位置, 賢さ, 質素さは, 身體に, 軍部への, 軽い足取り, 軽薄さを, 輕, 辛さ, 辷る曲線, 迫力を, 逗子驛頭の, 逞しさ, 運命という, 運命などという, 遠山の, 部屋の, 郷里に, 配列によって, 醇朴さをも, 醤油飯の, 重大性から, 野蛮さは, 金髪の, 銀の, 鋭さは, 錯誤に, 陰影の, 陽氣なお, 雑然と, 雨の, 雪に, 雪明りの, 雪融や, 露骨な, 青春が, 青春を, 静寂が, 非事ム性, 非弁証的, 面白い話, 響や, 頬に, 頸尻毛歯の, 頽廃した, 風に, 食物の, 飢え渇きあるいは, 香り高, 騒ぎは, 騒ぎ回ってる様子, 驚きに, 體格の, 髪ゆひなほす, 鬱屈や, 魚とる, 鮮度の, 鮮明度など, 黒さ, 鼓動が

▼ さうです~ (993, 0.7%)

2551067629 とも 27 かね 2016 から 1512109 かな 8 かそれ 7 ねえ 6 かねえ, がそれ, さうです 5 かぢ, ぜ, つてね, よ親分 4 からね, がその, が平次 3 かでは, かどうも, ともさ, とも私

2 [25件] あれは, かあの, かさ, かそり, かそれぢ, かそれでは, かでも, かなあ, かなア, かねエ, かまあ, からそれ, かツ, か然し, か私, がいかにも, が私, なあ, ね何, ね僕, よその, よ本当に, わね, 僕は, 青木君の

1 [291件] あなたが, あなたは, うちです, かあいつ, かあそこ, かありがたう, かあれ, かあゝ, かい, かいもう, かうち, かえ, かお, かお待ち, かけれども, かこの, かこれ, かしら, かしら今日, かすこし, かそして, かそんぢ, かそんな, かそんなに, かた, かと云つた, かと出, かと小さな, かと腰, かど, かなにしろ, かねあんな, かねえ親分, かねこんな, かねもう随分, かね再婚, かの, かふふ, かほんとに, かもう, かゆ, からあなた, からいらつ, からこの, からさ, からためし, からとまるで, からは, からみなさん, から受け, から彌, から後日, から暴れ出された, から父, から確か, から簡單, から菅原様, から見, から逃げ出しました, かヘツヘ, か丁寧, か三, か中野, か何, か何分, か命, か坊ちゃん, か大, か大変, か好い, か実際, か川, か幾島, か御存じ, か必ず, か戴きませう, か文明協会, か旅, か有り, か有難う, か末, か此方, か英也, か試し, か路, か遅く, か錢形, か間, があの, がこ, がこつち, がこの, がこれ等, がそれだけ, がそれでも, がどこ, がね, がねしかし, がね僕, がほん, がほんと, がま, がもと, が不思議, が中, が主人, が主人大坪石見, が人, が人殺し, が何, が先づ, が先生, が八五郎, が到頭, が嘸, が國中, が土藏, が堅氣, が娘, が宗吉, が御存じ, が恐ろしく, が悧巧, が才氣走つて, が斯ん, が斷, が日本人, が智慧, が曲者, が最初, が死んだ, が水, が渡り廊下續, が灣, が町家, が真実, が石, が私共, が稼業, が素知らぬ, が與力, が鹽, けどね, けど僕, けれど, けれどなん, けれどももう, さびしくない, し, しかし皆, し六助, し百松, ずつと廻つてここ, ぜのほんとう, ぜ行つて, その通り, それが, それは, つて云つたの, とかい, とにこり, ともあれ, ともこ, ともセント, とも一度, とも世界ぢゅうに, とも冬, とも困ります, とも女, とも日本, とも昔, とも當人, とも親分, と云, なと云, なもう, なもう少し, なんでも, な先づ雪, な山道, な拜見, な河竹新七さん, な絵, ねい, ねえお, ねえしかし, ねえといはれ, ねえやつぱしそんなものがついてるんだと, ねえ二時間半位はか, ねえ兄さん, ねえ少, ねえ自分, ねえ赭, ねこみい, ねすぐ, ねすこし, ねそれ, ねそんなに, ねたつた, ねぢゃさう願, ね三時半, ね二キロ, ね云, ね人間, ね例へば, ね取, ね女, ね寢, ね差支, ね彼所, ね悪い, ね文句, ね昨日, ね確か, ね色, ね若い, ね貴方, ね電車, ので御, まるで輪転機, もう一月, もう今宵, もの, ものこつち, もの好い, よあなた, よあなたみたい, よあの, よあんた, よい, よお, よお転婆, よですが, よと云, よなあ, よははい, よもう, よバル, よ不思議, よ今朝, よ僕, よ僕達, よ叔父さん, よ小松, よ朝田屋, よ江戸, よ津田, よ浮氣, よ祝言, よ神, よ私, よ若い可愛い, よ菱屋, よ親分さん, よ隱, わねあたし, わねえ, わねえダフさん, わね私達ぢ, わみんな旦那様, ミシス・ロチスターです, 一寸, 丁度十三の, 三島譲と, 五十前後でございます, 人生の, 党の, 千里も, 大昔は, 妾は, 小倉組の, 平次も, 故郷の, 日本人です, 早くお茶, 東西六里南北三里二十七町と, 此所を, 油絵描きです, 泰平郷では, 玉島の, 町内の, 眞白な, 確に, 私が, 私です, 私は, 美郎さんと, 色彩の, 貧乏徳利で, 貴方は, 貴方を

▼ さから~ (924, 0.6%)

10 いっても, 云っても, 見て 9 来て 6 いえば, だと, では, 來る, 自分の 5 ひて, 云って 4 である, 出て, 察する, 来るもの, 私は, 見ると, 言っても

3 [20件] いうと, きて, して, だろうか, であった, 一種の, 云うと, 云つても, 彼の, 急に, 推して, 生れたもの, 考えて, 脱け, 見ても, 解放され, 言えば, 逃げること, 逃れるため, 重さ

2 [61件] いって, いつでも, いろんな表現, お前の, この作品, すべての, その人柄, それを, だった, だん, ついふらふらと, つた, であったの, であると, なの, のがれるため, のがれる事, はうと, ふ, 下へ, 云えば, 今まで, 來た, 來て, 出る言葉, 出発し, 出発する, 判断し, 声を, 女を, 形まで, 彼女を, 意識し, 救って, 日本の, 書信係の, 来たもの, 来るの, 来る眩暈, 正体も, 毎日を, 生れる知恵, 生れ出づる凡ての, 眼を, 考えても, 考えると, 脱して, 脱しよう, 自分は, 落ちると, 見れば, 言って, 起こったこと, 迸しり, 逃が, 逃れたいと, 遁れたい, 遁れる, 離れて, 骨質から, 鬼気が

1 [635件 抜粋] あた, あとから, あの部屋, あまりにつれなく, あらわれたもの, ある時, いうても, いかなる幸福, いきなり問題, いきなり変, いったって, いったら大抵, いつしか彼, いつの間にか鯉魚, いへば, いやおうなしに松葉, いやそれ以上, いわば, おれが, お前は, お寺へ, お糸, かつては, かの女, かもし出して, くるの, くるもの, くる偽悪家, くる陰鬱, こうし, このごろだんだん, この女, この点, これほどまでに, これまで, こんなにむずかしい, さまざまの, さも忌々し, さらさらと, しばらく逃れうる, しょっちゅうどきどき, すくわれて, すぐに, すっかり自由, すると, せめてルオー風, そうし, そう感じ, そして自身, そっとのがれ, その三人, その事, その午後, その憧憬, その教え, その教室, その肩, その赤裸, その面白, それは, それらの, ただ手のひら, たとえ一瞬, だったが, だつたが, だらう, だろう, だんだん肩, ちがって, ついこの, ついに友情以上, つい僻み, つい名, つき出す, つけられたもの, つてゐる, つて舟を, つまずいて, つるんだ犬, であったかも, であります, であり自分, であり軽部, であると共に, であろう朝, でも, で下, で蓑虫, どうしても昨日, どうしても逆らっ, なんとかし, ぬけ出す努力, のがれた空, のがれて, のがれようため, のぞきこむよう, のは, はずに, はなれること, ひたれば, ひながら, ひを, ひ方, ふこと, ふそれ, ふなんて, ふやう, ふ力, ふ者, ぶっきら棒, ぽきぽき折り倒され, まあ渋々ながら, まっさ, まぬかれること, みずから十八曲を, みて, みると, みれば, めくら蛇, めんと, もうそれ, やがて知らず知らず, やっと救われた, やっと逃れた, やはり漢字, よく他, よく昔, よく桐壺, わずかな, わたしは, カソリックの, ケンカを, ヒントを, フトこれを, フロウレンスの, ミチェンコの, 一たび風が, 一人の, 一人減り, 一思いに, 一息に, 一時でも, 一枚なり, 一歩自由な, 一気になだれ, 一番先に, 一素一思いに, 一通の, 七八寸にも, 丈は, 下を, 下劣な, 下宿人に対して, 下方は, 不思議な, 不思議に, 与えられる雅致, 世の, 世間は, 主観的に, 二つには, 二三寸も, 云い続けた, 云ったって, 云へ, 云われたこと, 些と, 亭主の, 人さし指の, 人のけ, 人家の, 人格を, 人生を, 今日まで, 仕方なく, 他の, 伊香保を, 伸子が, 低さ, 何か, 何が, 何と, 何とも, 何の, 作品を, 作家として, 使ひ, 來るらしい, 倒れさうな, 傍へ, 催される物思い, 僕の, 先づ自, 先生に, 免かれる, 免れて, 免れやすく, 免れるため, 免れるよう, 全く離れ, 全然隔離, 六十錢の, 再び危く胸, 再び第, 冷淡を, 出たもの, 出る故意, 出る表面, 初めは, 判断する, 劇的要素を, 力を, 匍い, 千五百米に, 午後は, 厳重に, 友人に, 反僧侶主義, 反射的に, 受ける娘, 受ける恍惚, 可成り, 同じよう, 向かいの, 君を, 命を, 噛んで, 困難に, 圧迫され, 地上に, 執拗に, 夏が, 多少紛らせる, 多年鍛われ, 大事な, 大人の, 大洋の, 大臣官邸に, 天使の, 失敗し, 奥様の, 奪って, 女性美が, 子供の, 守られて, 宏子は, 宗祖といふ, 家鴨の, 富士を, 察して, 導かれたものの, 小坊主の, 少女病にか, 岸本は, 幹が, 幽かに, 店に, 度度逃げ出した, 形から, 形式上昨日の, 彼は, 彼らの, 彼女だけが, 彼女は, 得た霊感, 御健康, 必ずしも周囲, 忘れて, 忽ち救, 思い余ったもの, 思うさま油, 思っても, 性的に, 恥ずかしくばかり, 恨み深く, 息を, 愛嬌よく, 感じが, 感じると, 慰安を, 我々は, 或いは戯れ, 手紙の, 批判の, 抜けて, 抜け出でて, 招かれも, 推定出来る, 救い出して, 救い生きる方向, 救い真理, 救えという, 救った, 救はれよう, 救ひ, 救われた, 救われた気, 救われて, 救われるため, 散々相手を, 文壇は, 文字の, 日輪の, 旧特権, 映って, 春分秋分の, 曲り遠ざかって, 書いたそれら, 曾遊の, 朝鮮人の, 木の, 未だに卒業, 来たらしい戦慄, 来る, 来るうは, 来るそういう, 来るどこ, 来るエネルギー, 来る一種, 来る効果, 来る即興, 来る妻, 来る客気, 来る意志, 来る意識, 来る抜群, 来る拮屈傲峨, 来る敬遠, 来る柔軟性, 来る混雑, 来る無恥, 来る瑞々し, 来る窮屈, 来る自分, 来る自由暢達, 来る親し, 来る謙遜, 来る近代文化, 来る退屈さ, 来る頑固, 来る驚き, 東京に, 森林に, 次第に落ち著けた, 次第に解放, 欲深く, 正当の, 死にに, 歿き, 殆ど飯, 殆対等な, 毛色まで, 気まぐれに, 気付き始めた, 気欝の, 水平に, 氷晶の, 汗も, 浜の館の, 海に, 涙を, 淋しさ, 湧き上る, 湧き立って, 湧く太陽, 激しいいとわしさ, 激突だった, 無我夢中に, 燃える希望, 特にこの, 犬に, 独歩作, 猛烈に, 現代の, 現象としては, 生じたと, 生じた所謂観念的, 生じる, 生じる非, 生ずるこれら, 生ずる残酷, 生まれた警戒心, 生れた美, 生れる, 生れ出, 産み出されたもの, 申しますと, 申し開くすべ, 癇を, 癖に, 発展した, 発足した, 百八の, 皆は, 皆日陰の, 直径二寸あまりの, 直接の, 相当の, 眞つ, 眺めて, 眼も, 知らず知らずそれ, 祖母を, 私が, 空を, 突込ん, 笑いながら, 米友の, 紛れて, 細かい隙間, 総攻撃, 緑屋の, 織田作之助舟橋聖一田村泰次郎井上友一郎その他の, 義男と, 考えたって, 考えますと, 考察し, 肉づき, 肉付きの, 肉体の, 脱せさせること, 脱れる, 脱出する, 自分が, 自分で, 自己流に, 自殺しました, 自然に, 自身の, 色彩を, 花崗岩の, 花柳界から, 若さ, 落ち入った罪, 落ち着き払った狡猾, 行動し, 覚えず微笑, 解かれた肉体, 解放された, 解放しよう, 言うと, 言つた時今, 言へ, 設備から, 誤謬は, 謂えば, 負けん気を, 買ったの, 貸を, 賢明な, 起ったのに, 起つたこと, 起る僻みも, 起る嫉妬, 超越し, 趣味の, 足でも, 踏みださぬため, 身体を, 躯を, 車道へ, 転向する, 辞し去る, 返事が, 迯れよう, 逃げようと, 逃げられるか, 逃げ出して, 逃れたいため, 逃れて, 逃れようと, 逃れよと, 逃れるだけ, 逃れる為, 逃れわずらわしい, 連れ出すもの, 遂行した, 遑し, 遙かに, 遠い記憶, 遠のくと, 選び出して, 避け難い, 配給の, 鏡の, 長く救われたい, 長刀物干, 門人同志の, 附近一帯の, 隣席の, 離して, 離れようとして, 霜解の, 青蟇の, 頗る深, 颯と大滝, 颯と大瀧, 飛降りた, 騒がれそうして, 鶏卵の

▼ さ~ (906, 0.6%)

181 さと 16 ぱりした 14 しやる 13 しやい 12 ぱり見当が 11 さつと 7 さと出, しやれ 65 さう, ぱり, ぱり分らない, ぱり見 4 さと帰, そくその, そく街へ, ぱりわからない

3 [15件] さと帰つて, さと歩き出した, さと歩き出しました, さと消え, そく出かけ, そく米を, ぱりに, ぱりわかりませんでした, ぱり判らない, ぱり判らなく, ぱり忘れ, ぱり見当も, ぱり訳が, ぱり譯が, ぱり駄目な

2 [34件] さえつさ, さといつ, さと仕事, さと行き過ぎ, さと行く, さと通り過ぎ, さと電話, さと食事, さ押せ, しあい, しやりませ, そうたる, そく, そくポストへ, そく一杯ひつかける, そく佃煮に, そく御飯を, そく焼い, そく煮, そく酒を, のランチ, ぱりこのへんに姿を, ぱりした雨上りです, ぱりと, ぱりとしてゐる, ぱりと抛棄されね, ぱりわからなかつた, ぱりわけが分りませんでした, ぱり元気が, ぱり悲しく, ぱり意味が, ぱり理由が, ぱり譯の, ぱり面白く

1 [490件] かの黒ずんだ, から勢い, が少し, さうとし, さつ, さといんで, さとうち, さとか, さとぎく, さとけづかれ, さとこやつを, さとせん, さとはひつ, さとやりなさい, さとゆく, さと住み替, さと出かけ, さと出かける, さと出掛け, さと切上げ, さと別れ, さと勘定, さと又, さと失せろ, さと実行, さと寝かせ, さと帰つて了, さと帰つて往, さと帰つて行, さと帰らう, さと帰りかけた, さと廻転, さと引きあげ, さと引きあげた, さと引き出させる, さと往き過ぎ, さと放り捨て, さと歩い, さと歩き, さと歩きはじめた, さと泳い, さと立ち退け, さと立つ, さと行, さと行かつ, さと行きかける, さと行き掛けた, さと試掘, さと起き, さと身じたく, さと転業, さと返す, さと返盃, さと退場, さと退席, さと逃げだし, さと通りすぎ, さと通り過ぎた, さと進ん, さと食べ, さと駈け, さ何ん, さ押せ押せ, しかありません, しまゐ, しやらない, しやらぬ, しやらん, しやるかなう, しやるこつ, しやる気, しょに, し可被, し鼠小僧, ずつしかなく, ずつ買いました, せいよ, せい彼の, そうとして, そくあけ, そくお, そくお母さんに, そくかけつけました, そくこ, そくこの, そくこんな, そくご, そくさかもりが, そくそれを, そくたのみます, そくだれかに, そくどこかに, そくに, そくには, そくまた, そくまとま, そくやつて, そくゆうべの, そくよび出し, そくインバネスと, そくカルモチンを, そくパツュークが, そくビール代や, そく一升ビンに, そく一句贈つた, そく一本を, そく一本頂戴した, そく一杯, そく一杯そして, そく一杯や, そく一杯やりました, そく一杯やる, そく一杯よばれる, そく一杯二杯三杯と, そく一浴し, そく一浴一杯ぶら, そく一輪, そく三郎さんの, そく乗つ, そく仏前に, そく会見に, そく入浴し, そく出かける, そく出來る, そく剥いだ, そく参候而一夕御, そく吉野村へ, そく名刺を, そく嗄が, そく四方八方へ, そく在中の, そく壺に, そく夜陰に, そく大, そく大山君に, そく大工さんと, そく奴めしくじり, そく婚礼の, そく学校の, そく宗義調に, そく家を, そく宿を, そく富岡は, そく小田原へ, そく帽子を, そく庭の, そく弔詞だけ, そく引き揚げよう, そく後を, そく御免とおつ, そく御馳走に, そく手続きを, そく払ふ, そく払へる, そく投函した, そく折つて戻, そく料理し, そく新聞紙をを, そく昨夜の, そく昨日, そく昼食は, そく書い, そく書いた, そく服用する, そく朝廷に, そく次の, そく気転を, そく水を, そく汁の, そく活け, そく湯田へ, そく漬物で, そく火燵に, そく灰を, そく炊い, そく煙草錢が, そく片方の, そく牧句人へ, そく王さまの, そく町の, そく直談判強要し, そく短い, そく神戸と, そく神父に, そく私は, そく私を, そく移つてくる, そく米と, そく綿入を, そく背中から, そく自家用自動車で, そく茄子を, そく草を, そく草庵建立の, そく行乞を, そく袷に, そく裏では, そく読み初めた, そく読む, そく豆田炭坑の, そく買つたま, そく買物を, そく賞味した, そく越後新報社へ, そく返事を, そく返信そして, そく速達で, そく酒と, そく酒に, そく酒一杯ひつかける, そく酒壺洞君を, そく銀貨を, そく頂戴する, そく風呂を, そく飲む, そく飲む食べる話す, そく飲ん, そく飲んだ, そく駈落する, そく驚ろくべき, そく麦と, そく鼻の, そ来, たりした, たんか, ちやんが, ちやんも, ていうだ, て来る, で持っ, というりっぱ, として飛ん, とは何, にしらせ, にでんわ, に興味, のたすけ, のモーターボート, の中, の厚い, の原書, の少女小説, の手帳, の本, の物語, の間, は面白い, ばかりでした, ぱりいたしました, ぱりお忘れなさい, ぱりお母さんには, ぱりがつかりした, ぱりきちんと, ぱりけんとうがつきませんでした, ぱりしすぎたかな, ぱりしたいい人よ, ぱりしたいつも, ぱりしたお方の, ぱりしたしづかに, ぱりしたその, ぱりしたそれから, ぱりしたといふ意味なら, ぱりしたところなのです, ぱりしたと云ふ, ぱりしたと同時に, ぱりしたぬく, ぱりしたのうのう, ぱりしたふたりが, ぱりしたものだなあ, ぱりしたものなり, ぱりしたものに少し, ぱりしたもんだつた, ぱりしたよ, ぱりしたをかしさである, ぱりした一室を, ぱりした人は, ぱりした人物だ, ぱりした仕事の, ぱりした味が, ぱりした坊主には, ぱりした夜具の, ぱりした女, ぱりした常着の, ぱりした店である, ぱりした御, ぱりした性質を, ぱりした旦那様, ぱりした死に, ぱりした死に際も, ぱりした氣象の, ぱりした氣質な, ぱりした洋装, ぱりした清潔な, ぱりした無一文は, ぱりした物で, ぱりした白麻の, ぱりした私自身も, ぱりした縞木綿の, ぱりした腹の, ぱりした雪の, ぱりした黎明の, ぱりしてしまふつもりでゐてかうし, ぱりしてよろしい, ぱりしてゐておちつける, ぱりしてゐてこれこそ, ぱりしてゐて見上げた, ぱりしてゐますね, ぱりしてゐらつしやるから好う, ぱりしてゐる, ぱりしてゐるので, ぱりしてゐるやうでゐておそろしく, ぱりして先日来の, ぱりして同じ, ぱりして君を, ぱりして夜食は, ぱりして帰つて来る, ぱりして往かう, ぱりして戻つた, ぱりして来る, ぱりして柱にも, ぱりして酒を, ぱりしないからだ, ぱりしないところを頬かぶりで, ぱりしないものが後に, ぱりしましたわ, ぱりすらあ, ぱりするあかるく, ぱりするかもしれないわ, ぱりするために風呂に, ぱりするだらうと思つた, ぱりする気持がい, ぱりする清風こ, ぱりそんなことに無頓着な, ぱりつかみどころのない変物である, ぱりつまらんものさ, ぱりとあきらめて落ちこめる, ぱりといたしてをりなんの, ぱりとお流れに, ぱりときまりをつけてしまつたんだからいよ, ぱりとしたお月さま, ぱりとした気持で, ぱりとした浴衣に, ぱりとした筒袖姿の, ぱりとした調子で, ぱりとした身體へ, ぱりとして, ぱりとしていざござ起らず, ぱりとしてしまつてどうか, ぱりとしらべ申候, ぱりとすこやかにましまさう, ぱりとなくなつてしまひました, ぱりとやめやうと思つてゐた, ぱりとれないのにチャラピタは, ぱりと世の中を, ぱりと剃り落し, ぱりと化粧をと, ぱりと嘘だけは, ぱりと忘れ, ぱりと捗らない, ぱりと整理せられる, ぱりと昨日までの, ぱりと朝の, ぱりと残らず, ぱりと洗濯した, ぱりと爲した, ぱりと片づい, ぱりと痛, ぱりと皮帯の, ぱりと私を, ぱりと空想力が, ぱりと答へ, ぱりと自由な, ぱりと行つてし, ぱりと話題を, ぱりと静まつ, ぱりと髪を, ぱりどころではない, ぱりなすつたやうにそちらの, ぱりぴんと, ぱりまるで希臘語を, ぱりわからず助ける, ぱりわからないからさ, ぱりわからないで面喰つたという, ぱりわからないのであります, ぱりわからないのはこつ, ぱりわからないんですの, ぱりわからねえよ何處かの, ぱりわからん, ぱりわからんのぢや, ぱりわかりません, ぱりわかりやあしませんよ, ぱりわけがわからなかつた, ぱりわけが判らぬ, ぱりわけが解り, ぱりモダンでは, ぱり乞食にも, ぱり云ひ放つた, ぱり仕事が, ぱり似, ぱり何でも, ぱり何事も, ぱり信用が, ぱり値打ちが, ぱり兄らしい, ぱり凉を, ぱり出, ぱり分らず, ぱり分らなくなる, ぱり分らねえ, ぱり判らなかつた, ぱり判らん, ぱり別れ, ぱり動かう, ぱり動かさない, ぱり動く, ぱり厭な, ぱり呑み込めない, ぱり品物が, ぱり嬉しく, ぱり寂しく, ぱり役に立たなかつた, ぱり役に立たぬ, ぱり心に, ぱり思ひ, ぱり思ひ切つ, ぱり持てない, ぱり旦那と, ぱり時間に, ぱり暖まらない, ぱり有り難く, ぱり森の, ぱり水に, ぱり洗はれた, ぱり消え失せ, ぱり瀬戸物を, ぱり無, ぱり無い, ぱり無我夢中だ, ぱり煙草を, ぱり父の, ぱり理由の, ぱり眠らなかつたせゐ, ぱり知らずに, ぱり知らない, ぱり私に, ぱり私には, ぱり聞け, ぱり興奮し, ぱり舌が, ぱり芳さまの, ぱり落着か, ぱり行方が, ぱり要領を, ぱり見えない, ぱり見えねい, ぱり見ばえの, ぱり見当の, ぱり覚え, ぱり角力を, ぱり解が, ぱり解せない, ぱり解ら, ぱり解らない, ぱり解らなかつた, ぱり訪問に, ぱり誰も, ぱり諦らめようと, ぱり辻褄の, ぱり針の, ぱり面白い, ぱり駄目だらう, ぱり験が, ぱり驚きも, ぱり鳴らない, へいそぎました, へ知らせる, もしくはその他いろいろ, を一つ一つ, を悠々, を話し, を買う, 人に, 人の, 像が, 像です, 束は, 機能こう進昇コウなどと, 然と, 矢たばさみ, 者が

▼ さ~ (815, 0.6%)

3431 どうぞ 1714 大變 13 さア 9 どうです 8 どうだ, 出かけよう 7 行こう 5 大變ツ, 帰って, 来い, 殺して, 行かう 4 て, どうぞお, どうでしょう, 出て, 解らねえ

3 [12件] お上り, お上りやす, と云う, もう僕, もう大丈夫, 何卒此方, 判らない, 判らねえ, 参りましょう, 行きましょう, 解らない, 貸して

2 [42件] おあがんなさい, お入り, お帰り, お角, お酌, が何日, ぐず, こんな所, そう思う, そんな事, たいした事, てね, どうし, どうしてという, なア, に叱られ申すだ, に見せ, もうこれ, もう寝よう, もつと, やって, よくは, よく見なさい, 出た, 出ないか, 分らねえ, 判らねエ, 帰りましょう, 張ったり, 斬って, 早う入, 早く, 早く早く, 歩け, 突いて, 行きましよう, 行こうぜ, 見當, 解らねえまア, 解らねエ, 起きた八, 食べましょう

1 [509件 抜粋] あったという, あつしは, あの船, あれわのさ, あんまり仲好し, いいかね星宮君, いきましよう, いそぎましょう, いって, いづれ年輩, いよいよおもしれい, いよいよオ, いよいよ今夜, いよいよ家, いよいよ来た, いよいよ用意, いよいよ美味く, いらつし, うたえよ, えらい御, おあがり, おいで, おかえなすっ, おもしろいの, おやすみ, おやぢ, おりられやすか, お上りなさい, お切, お切りなさい, お前方, お午, お問, お土産, お孃さん, お掛けなさい, お斬りなさい, お杉さん, お父様, お狸さま, お着, お立退きなさい, お筆, お粒, お繩, お美夜ちゃん, お聞きなさいまし, お言いなさい, お逃げなさい, お這入りなさい, お這入り成さい, お這入んなせ, お進みなされ, お道, お飯, お駒, お駒さん, お駒ちや, お鶴, かうし, かう來, が書斎, こい, こうお出で, こう来い, こつちへ, この六神丸, この大根, この御酒, この時ぢ, この私, この線, この釣竿, これからきょう, これからすぐ乗込ん, これからひとつ, これからもう一度谷間, これから一緒, これから先, これから實業雜誌界月並み, これから百両, これから相手, これから阿, これぞと, こんな暮し, ごゆるり, さ, さあそこ, さらばだ, しっかりおし, しっかりしっかり, しつかりつかまつて, しまった, しまつ, じたばたする, じゃ出かけよう, すぐ出掛けよう, すぐ帰りましょう, するわけ, ずっとお, ずっと側, ずっと此方, ずつとお, せえ, そううまく, そうなったら, そうなる, そうなれ, そうまいれ, そこでオメ様方, そのご馳走, そのふとしたこと, その五六年, その先, その盃, その腰掛, その衣裳, その邊, その黒板消し, それからが, それでは小判, それでは頂戴, それでも下手人, それとも言訳, そろそろ始ま, そろそろ御, そんなこと, そんなに長く, そんな心當, そんな筈, そんな覺, たぶんない, たべり, だ, だいぶ冷え, ちつとも, ちゃっと, っと谷間, つと机, てこれから, てとか何ん, てネ, てネ僕, て何, て山, て明日, て金魚鉢, でて, では, という場合, という返事, といっ, といふ風, とくに注意, とこう, としか言えない, ととび出し, とにかくあの, との掛声, との訣れ, と云え, と云っ, と突きつけた, と言, と言う, と遊ぼ, どういうもの, どういうもん, どうか, どうかあちら, どうかお, どうかさ, どうかしら, どうかしらなど, どうかな, どうかなあ, どうした, どうしたら, どうしよう, どうぞあなた, どうぞこちら, どうぞこれ, どうぞご, どうぞと, どうぞ女房, どうぞ常務, どうぞ敷き給え, どうぞ早く, どうだらう, どうで, どうなられました, どうも入牢仰せ, どうも男爵, どう思, どう思った, どないし, どんなもの, どッ, ないか, ないかと, ないと, なにしろこの, なん, なんてん, なんて云っ, なんとか言え, になっ, にも合せる, に言, ねえ, ねむい連中, ねむれなくなる, ねよう, のがれぬところ, のれ, のんで, の出世, はいと, はいりたまえ, はいりイ, はま, はやく, はやく機関, は男爵様, は眠った, まいい, また夕暮, まだどこ, まだ何, まだ其處, まだ聞い, まだ見えません, まは, まるで上手, まア一服, もうあと三十秒, もうい, もういい, もうお前, もうかんにん, もうこれ一つ, もう一ぺん四馬路, もう一度ウインチ, もう一度世の中, もう一度歌っ, もう一番, もう不審, もう仕事, もう占めた, もう帰っ, もう帰ろう, もう正午, もう歸つて貰, もう眠る, もう行きなさい, もう行きましょう, もう許さない, もう許さん, もっとこちら, もっと力, もっと横, も見, やっつけましょう, やっぱり都会, やはり福の神, やらう, やるから, やるん, やろうと稽古, よいか, よく知らない, よく見, よく解らん, よ多助, りした, わからねえ何, わかりませんな, われとおもわん, んこの, んとうさん, んどこ, んはやく, ん城, ん救け, ん田村さア, ドシコ, 一杯飯ついで, 上げますよ, 上れ, 上んな, 乗れ, 云え, 云わねえか, 云わんか, 今ぢ, 今更驚く, 代るよ, 仰向, 会わない方, 何で包んだ, 何と申しましょう, 何卒叔母さん此方, 何卒是, 働いて, 働くぞ, 入っしゃい, 入るぞ, 入れよう, 出かけませう, 出かけようぜ, 出かけようの, 出かけると, 出せぐず, 出せ出さなければ, 出た出た出た出た出た, 出なよ, 出よう, 出ると, 出る処, 出掛けましょう, 分らないね, 切るなら切って, 切るなら斬って, 判らないね, 判らねえお, 判らねえ下手人, 判らねえ親分, 別に, 別にまだはっきりした, 到頭來, 半治さん此処, 参りましょうとんだ, 参りましょう私, 取つた柿, 口惜しいけれど, 可愛さ, 呑め, 困った, 困つた, 困りましたね, 大いに驚い, 大したこと, 大へん, 太え, 存じませんね, 寄越せと, 寒かつ, 寝て, 寝ようぜ, 寝ること, 小一時間, 少しお, 少しは, 少しも, 居られなければ, 帰ったらそう, 帰った帰った, 帰らう, 帰りませう, 帰るぜ, 帰ろう, 帰ろうか, 帰ろうという, 帰ろう家, 引返さう, 引返そう, 張ったア, 張った張った今度, 御比丘様, 御療治, 御遠慮なく, 思うさま管, 思う存分, 急いで, 急ぎましょういよいよ, 急げと, 承って, 承りましょうか, 折角起きた, 持って, 持ってけ, 持つて, 捕えたぞ, 揃いましたか, 撒いたッ, 斬つて, 斬つて貰, 斬られましょう怪しから, 斬られましょう手前, 斬るなり, 斬れるもの, 斬れ二人, 新しい闘争, 早くあつち, 早くお, 早くお隠れ, 早くこの, 早くさ, 早くケーニッヒさん, 早くホテル, 早く上っ, 早く出なさい, 早く出る, 早く出ろ, 早く帰ッ, 早く急げ, 早く持っ, 早く支度, 早く来, 早く着た, 早く言つて了, 早速見せ, 書いた書いた, 最う斯, 最っと, 来いと, 来いよ, 来た, 来たわよ, 極った, 欲しくなった, 歩けツ, 死んだと, 死んで, 残らず云って, 殺すならお, 殺せ, 泊めるか, 泣いて, 泣き止んで, 済まぬ事, 渡ろう, 温まると, 片づけやう, 登れッ, 益々わからなく, 直ぐ歸, 直に行う, 知りま, 突き出せ, 突き出せこの, 立つ日, 聞いた事, 行う, 行かうこれ, 行かうぜ, 行かうよ, 行かう何處, 行かう遲, 行かう顏, 行きましょうよ, 行きますか, 行きまひょ, 行くぞ, 行くの, 行くべ, 行こうか, 行こうしかし, 行こうと, 行こうや, 行こう光栄, 行った行った, 行って, 見たり, 見ましょう見ましょう, 解らない犯人, 解らねえ何もかも, 言いねえ, 言え, 言え言う気, 言え誰, 言って, 話して, 諦めなさい係長, 負けたア, 貸さなければ, 起きた, 踊らう, 踊りましょうよ, 踏んご, 退いた, 退いて, 退かぬか, 逃げましょう, 逃げようと, 逃げよう掴まっちゃ, 這入れ, 這入んねえ, 速く立ち給え, 遠慮なく部屋, 降りましょう, 降りましょうお, 隠すなら何所, 隣りに, 面白い事件, 面白くない, 頼むから, 飲みっこしましょうよ, 飲もうと, 駈けましょう

▼ さへも~ (802, 0.5%)

11 ない 8 ある 6 した 5 あつた, 何か, 忘れて 4 して, それを, つかなかつた, 私は, 見えなかつた 3 このやう, する, ないの, なかつた, 今は, 出來, 神の

2 [47件] あるの, しなかつた, するの, それは, つかれるので, できる, 与へて, 俺は, 充分に, 光るばかりに, 分らないの, 判然しない, 十分に, 同樣, 宿つてゐる, 巣は, 強い語一つ, 彼が, 彼の, 心の, 思はれる, 捨てるやう, 斯の, 日々に, 春先の, 来たといふ, 果てしわかぬ, 此時は, 浮んで, 添へてを, 現ならぬ, 益良夫ごころ溢れ揺り, 知る由, 紫明る, 線によ, 羞しく, 自分の, 見あたらなかつた, 見えない, 見出すこと, 見出せなかつた, 見失つて, 認めて, 誰も, 起居妨ぐ足ま, 載つて, 遙と

1 [627件 抜粋] あのみすぼらしいボロ, あの山師坊主, あへ, あまり抱いた, あり, ありきと, ありまた, あり凡俗, あると, あるので, あるやう, ある意志, ある時期, ある生活, あれを, いざ書かう, いつしかに, いと嬉しく, いやしくも感覚, うつかりし, うつすらと, うら悲しい気, おほか, お耻, お能, かう云, かれに, きかず眠つたふり, ぎりとらるゝ, くれないので, この心掛け, この旱, この瞬間, この種, この金, この錢謙益, これまで, これらの, ござない, さうい, しない, しない何, すこしの, すつかり, するが, するだから, する生活, そこそこに, そのとき, その子供等, その時, その時代精神, その理論的背景, その知らせ, それぞれクレイグラインハルトコポオギイトリイの, それに, それ以外に, そんなに彼女, たへが, ついて, つめたく顏, てあつかつて, とてもくらべ, とても咲き, とまらで帰るかりがねは, どうして自分, どう云ふ節, ないので, ないもの, ない氣持, ない絶対絶命, ない自己, なかつたこと, なく, なくな, なく一たび討平, なく主, なく單純, なく紅, なし, なぜ見せぬ, なる, なるまいが, なんだかがらん, のこつて, はつきり殘つて居る, はやり京, ひところの, ひとしほ, ひや, ふさは, ほしがり, ほのかに, まさかそれ, まじへながら, まだ, まよ, もうそれ, もう全然駄目, もう口, もう蜘蛛, や, やうやう滴る, やがて此所, やつきにな, やつと, やはりた, やはり死ぬる, やや過ぎ, よこさ人, よし, よろしくない, らへ, わからないもの, わかりませんでした, わびしげ, ゐた, ゐなかつた, ゐる, ゐるの, アカデミスムの, グツ, シェイクスピアの, ドツクの, ニイチェの, モオトンの, モスコオの, 一個の, 一層慌てず, 一方の, 一旦和訳, 一旦流行, 一本, 一枚千円も, 一点高き, 一瞬に, 三舍を, 上説の, 不可能である, 不安と, 不都合と, 中には, 中途半端な, 了解しない, 事欠く状態, 二十までの, 二重に, 云ひ, 交したこと, 交つて居る, 交は, 人は, 人人は, 仇敵を, 今にな, 今日の, 今日邪魔に, 今朝からずつと, 仏教の, 仏蘭西人は, 企て及ばない, 伴ふ, 何かしら, 何とはなし, 何時にも, 何等かの, 佛性が, 來られない, 俳優に, 假定し, 傍観する, 光つてゐる, 全く認識, 全く跡, 全く降らない, 全然彼等, 其の堯曰篇, 其の通り, 其通りだ, 具へる, 冬の, 冷めたくて, 凍りて, 出さうに, 出て, 出なかつた, 出来て, 出来ないのに, 切離された, 別に執着, 到底出, 割合に, 創造が, 劇場の, 加はるのだ, 動かすこと, 占領する, 危險な, 却つて感化を, 厳禁する, 及ぼして, 反對, 反逆し, 古い時代, 名古屋へ, 名詞と, 含まれて, 含んで, 咎めず彼女, 哲學を, 唯ならぬ, 嘉ッコは, 嚴しくする, 囁いた, 土藏へは, 坊ッちやんと, 場違への, 墨家に, 壓倒され, 変更した, 多くの, 多ければ, 多過ぎる, 大変な, 大師の, 天氣の, 失くして, 失つたのである, 失ひつ, 奪ふこ, 女らしい女, 妙に, 妻子の, 姿を, 娘の, 安き眠り, 完全に, 定かに, 実はこの, 寄つてゐた, 寝て, 寢て, 實際だ, 尊敬する, 少からず費す, 少くも, 少なからぬ, 居合は, 屡々想像以上, 帯びて, 常に心理的要素, 平民道徳で, 平氣, 年毎に, 引取らない, 張るの, 強ひよう, 当つて, 影響しよう, 彼は, 彼女には, 彼女の, 往来の, 征服する, 後に, 後には, 得ならねば, 心して読め, 心自ら知らず, 必要と, 忘れはてて, 忘却した, 怕れ戦く, 怖ろ, 思つたのである, 思つてゐた, 思はれるの, 思ひ出せないじぶん, 怪しいが, 恐る, 恐れないが, 恐れ戰, 恐ろしき, 息を, 恵まれぬ徒然, 悪い事, 惜ま, 惡い, 意に, 感じさせられた, 感じられないもの, 慈母の, 憤怒と, 應仁の, 我々が, 我々には, 我々の, 我れ, 戦, 所得税は, 手に, 手伝ふ, 投げつけた, 拝む事, 拭ひ去られ, 持つて, 持時間は, 指摘し, 採つて, 描いて, 敢て, 散文的な, 敵し得ない英雄アキリュウス, 文学の, 断言を, 新鮮と, 施した, 既に古代織物, 日常生活を, 日頃の, 明かな, 時代によ, 時間的世界に, 曲庇し, 書きおくれて, 書けなかつたらどう, 替へて, 最と, 最初は, 有磯行脚の, 期待する, 極めて少い, 概して予想, 此の, 此処へは, 此程に, 死んで, 殆ど見付らない, 殆ん, 残りかねる, 比較には, 氏の, 気づかない程, 気づきもされぬ昔ながら, 気の毒なる, 気絶する, 氣が, 氣付かれない, 氣味惡く, 沾み, 洗面器や, 消え失せて, 涙ぐむこの, 添ひ, 渠は, 滅多に, 火藥を, 無かつ, 無くされて, 無く谷, 無力に, 無言なり, 牧師の, 犯されぬ三人, 独立し, 猶, 猶專心, 珍らしく思ひなされた, 現はれない, 瑠璃を, 生きる事, 生じて, 生埋めに, 用意し, 申上げません, 留めなくなりました, 當り, 疑ぐつて, 疑はれるといふ, 疑ふので, 発足点を, 白くは, 相反撥, 相当に, 眺めること, 矢張り同じ, 知つてゐる, 知らざりし, 知らずに, 知らず中, 知らないこと, 知らないので, 知らない有名, 知らない行きあたりばつ, 知らなかつた, 知らぬ木, 知られては, 知りきと, 短かく, 碌々知らなかつた, 私たちは, 私に, 私には, 私の, 移らないかの, 稀である, 穢は, 空なれ, 笑顔を, 納得させられません, 絶えずその, 絶えて, 纔一年位差上候而已にて, 羞らふ, 耳に, 耳を, 聞えるやう, 聞かなかつた, 肖像畫は, 育たなかつた, 脚下に, 脱帽した, 腑に, 臨時間に合せの, 自働的, 自分よりは, 自由に, 與へ, 花に, 荒く添, 荒し, 藏の, 藪の, 行つた事が, 行はれ, 術し知らぬ, 要らないと, 見あたりません, 見えずなつ, 見えなすつた先生, 見えるの, 見かける, 見ずに, 見それるほど, 見ないで, 見ないの, 見ようとは, 見る能はず, 見出されなかつた, 見失, 見当らなかつた, 見洩さずに, 見違, 覚えた, 覚えなかつた, 解するやう, 解らない, 触れること, 言ひたい, 設けられて, 許されたこと, 許されなかつたの, 詳細に, 認めたの, 誘はぬそらぞらしい, 誤解され, 誰彼に, 足が, 足音を, 身の, 身毒を, 辛くあたる, 辨へ, 近寄らなかつた, 近寄りたがらないの, 逃れ得て, 通つてゐない, 造る事能, 進んで, 過去の, 遠くには, 遠く慮る, 遠慮しなけれ, 遥と, 金に, 鈍らして, 闇を, 随分二人, 隠さふべしや, 霊の, 靡き寄る, 願ふなりけり, 顧みなかつた, 顧慮しなかつた, 顫へ, 馬鹿に, 馴れむとするか, 驚くほどの, 高まりゆく状勢, 黴び

▼ さまで~ (739, 0.5%)

41 ある 37 あった 26 した 21 ございます, ござります 8 いらっしゃいますか 6 あつた, ございました, 助かりました 5 あるから, ござりました, ごぜえます 4 あったが, あります, ございますが 3 御座いましたとて

2 [27件] あげて, あったと, あったの, あつたら, あるが, あること, あれも, いらっしゃいましょうか, ございますこと, ござりまする, ごぜえました, す, すから, せう, でも, へえ, スウと, 働かされた, 収縮する, 御座います, 怖いこと, 感じなかった月, 歌よみを, 疲労し, 登って, 私は, 自分の

1 [483件] ああし, あがって, あがめ貴, あげようというの, あしたは, あったから, あったこと, あったもの, あったらしい, あったらば, あつて, あらう, あらうが, ありがたいこと, ありその, ありました, あるいは海戦陸戦, あるかが, あるゆえ, あるらしい, あれから, あろう, いい, いい方, いつぱい, いらしゃいましょう, いらっしゃいました, いらっしゃいましたな, いらっしゃいましたね, いらっしゃいます, いらっしゃいますよ, いらっしゃれば, いりました, いるよう, いわば自然, うっかりする, おあり, おいでに, おしつけまとめて, おしてゆかれ, おじゃるのに, おじゃるわ, おせい様, おとよ, おどりあがっては, おはぐろ, おほから, おまけに, おれが, おろして, お国, お手厚う, かってに, きめてから, くり擴げる, ぐっすり三日, げしたかな, こうやっ, このごろは, このよう, この下, この作家, この句, この手紙, この薄暗い汚苦しい, この金, これが, これごらんなさい, こんなかたッ, ございましたでしょうか, ございましたと, ございました毎度, ございますから, ございますどうぞ, ございますどちら, ございますなんかと, ございますね, ございます多助お前心得違い, ございます私, ございます長局, ございませんねえ, ござりましょう, ござりませな, ござる, ござんしょうが, ごぜえやす, ごぜます, ごらんの, ごわすか, ささげ噴きあがるビイル, さし上げて, さし上げ帳, さながら武蔵野, さやさやと, しかし他言, しきりに外, したから, したが, してな, しばらくの, しょ, しょうか, しよう, すきとおって, すこし深められました, すっかり当っ, すね, すねお, すね五弗, すね奥さん, せうか, せうだから, そっくりの, そっくり同じ, そのとやかく, その晩, そびえて, た, ただそわそわ, ただ窮屈そう, たのみに, たまたま説法, ちぢめ合理化, とんだ悲報, どうしてお, どうなる, どうにかとどこおり, どうも, どうやらこうやら, どうやら繁昌, どこへ, どんなにか, ならざりき, ならざるもの, ならずただ, な恨み, はいと, はい御尤, はかれる測深線, はげしきや, はござりませぬ, はござりませぬか, はねィ, ひきさげようと, ふじゆうも, ふたりの, ほんとうに, ぼんやりと, まいど, まぐれ当りいたしました, ますますお腹, まだ記憶, まったく怖, まる一晩, みれば, みんな達者でございます, むずかしくは, もうこの, もうすっかりと, もうすっかり癒, もう悉皆快く, やがては, ゆっくりと, よほど楽, わいて, わけが, わたしを, わたし元気が, ゐら, アキリュウス・ペーレーデース要と, アラジンが, エキスパンドする, パン神の, フツツカ者も, ヘヘヘヘ, 一に, 一事が, 一時も, 一瞬に, 三人が, 上げた, 上げたの, 上に, 上る, 上るの, 上段の, 不覚ながら, 不面目な, 中へ, 主張された, 乱れては, 予定の, 事件の, 二人の, 二十二歳に, 五六分続けた, 五十代四度目の, 人間竝み, 今その, 今に自分たち, 今まで, 今時の, 今朝から, 今朝は, 他の, 何だかだって, 何ともいい, 倦怠を, 優劣の, 元氣, 先走らないそして, 入っしゃる, 全く助かりました, 全く同一, 八幡社の, 八曲に, 六人まえ, 凍った場合, 凍るやう, 出来るだけ, 切って, 力を, 劣って, 助かったん, 助かります, 助りました, 勿体ないこと, 区別の, 十二時に, 十分睡眠を, 十日と, 卑しからず, 卒業までに, 危ういところ, 収まって, 古くなささう, 只今の, 向うに, 味つた, 呼吸脈搏等は, 命が, 命拾いを, 喜べるさま, 喜べる樣, 土が, 在らっしゃいました, 地獄から, 売るもの, 変化し, 外套も, 夜中に, 大きい燭光, 大きくない, 大きくも, 大きなひ, 大きな蜘蛛, 大へん, 大人だ, 大判事章房, 失うよう, 女や, 女出入りで, 好い家, 威張って, 学校の, 家根瓦は, 寄りついたので, 寝覚, 尊ばれたの, 小母さまでなけれ, 少々古い, 山の, 廿日廿一日が, 引き上げたの, 引合いに, 強からざる, 強くなりました, 当惑難渋を, 彼女に, 往来する, 従いて, 御座いますよ, 御座った, 御自由, 心にも, 心を, 忍海郎女また, 忘れやしまいし, 応えないの, 念入れに, 思ひ出, 思ひ知らねば, 急に, 恐る, 悔やむなれば, 悪くない, 悲歎も, 惣治は, 意味が, 意味なき, 愚なる, 感じさせるの, 感じわけて, 感ぜぬ人蜈蚣, 憎く思った, 手当が, 抜き出して, 持ってが, 挙げ右, 振るわなかったが, 捧げそれから, 掘って, 掘つた勘, 掘り下げたの, 推し進める事, 放さなければ, 敗戦の, 新田先生は, 旅らしい, 日本のみが, 旦那, 昇った, 春が, 春さん見違える, 昨日までの, 朝は, 朝廷を, 本を, 本校の, 来た時, 来てる右膝, 来ると, 松埃が, 格下げに, 格闘の, 案じずに, 森の, 次は, 次第にな, 欲しけりゃ算段, 歌い尽した, 正一は, 正確なる, 武家奉公が, 母は, 毎日寝, 毎日有難く, 気に, 気分が, 気晴しが, 江戸の, 池の, 沈むと, 沖へ, 沙本, 沢山じゃ, 法律の, 泡を, 浮きあがって, 浮ぶこと, 濡れては, 火も, 無事すぎる, 熱心に, 燃えあがる, 父恋しく, 珍重する, 理解困難な, 生え繁って, 生物学は, 用意は, 甲板に, 男が, 男に, 男の, 疑わないでも, 病人が, 病気に, 痩せも, 瘠せも, 発達は, 登つて見る, 登ると, 登れる, 皆恐ろしい, 目上なりとも, 目界は, 眼に, 砂嚢を, 神様が, 私との, 私に, 私の, 私を, 積まれ人々, 積んでも, 究めたはず, 立ちなおりまし, 立って, 精根を, 紫色に, 結ばれても, 結構な, 結構なお, 続かり続け合っ, 縫賃も, 繁きもの, 考えが, 耳に, 育てる事, 脉を, 自分のを, 至って丈夫, 至って元気, 致しかた, 興を, 船蔵に, 苦労な, 萬葉にも, 落ちてから, 薄陽, 蛾次郎も, 融解し, 行かないうち, 行きつくと, 行きとどく縦横無尽変幻自在, 行くと, 行けば, 行われたもの, 見える, 見せつけないよう, 見るべきもの, 覚えた, 角面堡に, 言葉を, 記する, 詮索って, 話が, 調節せられる, 貧でも, 賞味する, 越すに, 足駄穿き, 踏みに, 身体の, 身性の, 車の, 転がって, 辿りつくため, 近づいて, 近頃は, 逃げて, 逃げ廻って, 進んで, 道も, 達して, 達し八百フィート, 達すると, 違って, 遠く森, 重きに, 金で, 金属を, 釣りあげるの, 長い日, 隔てませぬ石動, 難儀は, 雲が, 震駭の, 風邪一つ引きも, 飛び出して, 飢えを, 驚くこと, 驚くに, 驚くには, 驚くにも, 驚くべきほどに, 高くは, 高まって, 高めて, 鬼に, 鳥猟も, 麦酒が

▼ さよう~ (730, 0.5%)

8872 なこと 59 でご 24 な事 1716 な者 11 なもの 9 でございます 8 ならを, なわけ 6 でございますか, な儀, な御, にございます 5 でごぜ 4 なお方, な大, な次第 3 でございましたか, でございますね, でござるかな, なご, なところ, ならと, な不, にご, に存じます

2 [31件] でいらっしゃいます, でげす, でございますとも, でございますな, でございますよ, でござったか, なとき, な事実, な事情, な人物, な人間, な大事, な大声, な大言, な女, な意味, な気, な無礼, な言, な訳, な輩, にうかがいました, にお, にも, に簡単, に考える, に詳, に資本, に軽, のこと, の事

1 [288件] お考え, かいかにも, かお, かおおかた, かその, かそれ, かで, かな, かなそれ, かに考える, か今度, か分かった, か是非, か益, か芝, だ, だが, だと, だ武家, であろうと, でがん, でございましたかな, でございましょう, でござろう, ですか, ですよ, でそれ, ではありますまい, ではありません, で御, とあれ, とすれ, と答えつ, な, なあらゆる, なくせ, なけがらわしい, なこと拙者, なたわごと, なの, なのぞみ, なものはじぶん, なやんごとない, なら, ならする時, ならちょっくら, なん, なチッポケ, な一大事, な下郎, な不吉, な不法, な中, な事件, な人外境, な人生観上, な仔細ばなし, な僭上, な儀礼一片, な児戯, な入道, な刀鍛冶, な制, な反目, な口, な口実, な名称, な喧嘩腰, な嘘, な噂, な国情中, な場合, な変ったこと, な変化, な大切, な大名, な大胆不敵, な失礼, な奴, な奸策, な妄論, な嫌い, な宮, な家柄, な専門的, な尊い, な小さい, な小乗的, な小事, な巧言, な差別, な幻影, な幼児, な形勢, な影響, な御意, な御苦労人, な心づかい, な心得違い, な思い立ち, な思召立, な悪例, な惧, な意志, な意気地, な感情, な態, な戯言, な所, な所業, な手, な手ぬるい, な手品, な手引き, な手落ち, な手違い, な指図, な教, な方針, な時, な晩, な景気, な晴がましき, な暴, な暴行, な暴論, な曖昧, な月並主義, な栄, な機械, な歌, な死, な気ぶり, な沙汰, な河内殿, な油絵具, な浅い, な浮かれた魂, な海賊, な点, な無茶, な物, な状態, な狼藉, な理由, な用向き, な田舎勤め, な真剣, な礼儀, な神通力, な筈, な結論, な繰り言, な考え, な自由, な船手, な苦しみ, な行力, な言い訳, な計, な計略, な訓, な話し位, な貴, な賊, な軽挙, な辞, な辞儀, な連中, な進言, な道具類, な違和, な都合, な酔余, な金持ち, な闇, な陛下, な非情, な非難, な風評, にあっさり, にありたい, にあり得べからざる, にある, にうまく, にうらやましけれ, にかなしむ, にくさす, にこの, にござる, にし, にすらすら, にする, になやん, になります, には思わぬ, には解し, にばかりもいえない, にまいろう, にむずかしい, にも参りますまい, にも思われます, にわれわれ, にデリケート, に一部, に不覚, に久しい, に事, に云う, に人, に侮辱, に促し, に分ったら, に勧進, に口腹, に各々方, に大, に大体, に奇略, に姿, に嫌う, に嫌疑, に存ぜられまする, に守時, に宮, に容易, に容易く, に察します, に小さい, に小さく, に届け出た, に強烈, に御, に心, に心得ます, に思います, に思う, に思え, に思える, に恐れ給う, に恐縮, に悟り, に感じさせる, に手軽, に数々, に早速, に歩かし, に歯, に母, に泣き叫ぶ, に添削, に父, に申, に申し, に申した, に申し上げ, に申し上げた, に申し上げましたら, に申し上げましょう, に百里, に私, に稀, に程, に端, に粗末, に腹の中, に自身, に苦労, に落胆, に西洋もの, に観, に近藤, に追い返さるる, に過酷, に開放的, に限り, に食客, に飯田, に魔所, のご, のたくみ, のよう, の振る舞い, の武器, の者, もねえ, も足蹴, 御承知

▼ さうい~ (657, 0.4%)

27 ふところが 24 ふところに 20 つたもの 17 つたやう, ふところを 13 はれて 11 はれると, ふところから 10 つた, つて 7 つてゐた, つまでも, ふところは, ふところも 6 つて彼は, ふところへ 5 つても, つてゐる, ふもので 4 つたこと, ひながらも, ひました, ふところにも 3 つたのは, つた風な, つてお, つてを, つて良寛さんは, はれても, ふところで, ふところでは

2 [27件] つたところ, つたま, つたものの, つたよ, つた種類の, つた考へを, つちや, つちや何, つてわかれた, つてゐました, つて俊坊の, つて俊坊を, つて又, つて太一ツあんは, つて彼女は, つて白い, つて私は, つて笑ひ, つて純, はれれば, ふい, ふいたづら, ふさつ, ふところまで, ふもんかなあ, へばこの, へばそんな

1 [348件] うてた, かない, ことね, そがんでも, つこく, つたあとで, つたいろんな, つたおばあさんの, つたから, つたからとて, つたすべて, つたつて, つたつもり, つたと, つたとて, つたなり罪の, つたの, つたので, つたのである, つたふう, つたべらぼう, つたほど, つたまま, つたもの音が, つたら叱ツ, つたら君自身, つたん, つたタイプの, つた一人の, つた一人一人の, つた一種の, つた不, つた事情で, つた人がらである, つた人たちの, つた人生との, つた仕事を, つた何とも, つた傾向の, つた内部より, つた冒険者が, つた凄, つた努力を, つた哀れつ, つた哲人詩人の, つた問題に, つた場所を, つた大人の, つた女でした, つた小書が, つた少年の, つた悪が, つた意向さへ, つた意向の, つた意味は, つた感覚的な, つた態度は, つた態度を, つた所で, つた插話で, つた文学青年も, つた方面にのみ, つた方面の, つた時が, つた時下から, つた松の木は, つた死後, つた民族的不, つた気持が, つた気持さへも, つた注意を, つた洒落た, つた渇を, つた滿, つた生活費に, つた男だ, つた男でした, つた眼を, つた瞬間, つた笑, つた筋道を, つた素敵, つた結論を, つた背景の, つた芥川, つた芸人付き合ひ, つた芸術様式が, つた芸術的冒険者の, つた行き違ひ, つた要求の, つた要素が, つた要素を, つた見, つた見込みでも, つた訳合ひで昼間随時に, つた詩人の, つた豫告, つた質の, つた趣きを, つた連中は, つた関係から, つた頼もしい, つた風に, つた風の, つた風潮は, つちやお前, つちや惡, つちや濟まね, つてあたりを, つてあわてた, つてあんたを, つていつまでも, つていらつ, つてうまい, つておろ, つてかさね, つてかの, つてききたかつた, つてきつ, つてくさ, つてくれ, つてこぼし, つてこれは, つてさうし, つてしまつてから, つてせつせ, つてその, つてねえやは, つては, つてはだけた, つてばかり, つてひとし, つてぼろぼろ, つてまだ, つてやつた, つてやる, つてやん, つてらつ, つてるうち, つてるの, つてるひま, つてれ, つてればい, つてわたしたちに, つてわたしを, つてガラツ八は, つてキキは, つてチラと, つてハハと, つてパイプのを, つてポツリ, つてポン公の, つてマンドリンを, つて一人の, つて一寸, つて一間にと, つて下す, つて不意に, つて二度目の, つて何故, つて來さへ, つて全身に, つて其時私が, つて出し, つて勸めて, つて十五に, つて卓上電話で, つて卯平の, つて叔母さんは, つて台所の, つて右手の, つて大きな, つて大に, つて太一がに, つて太一は, つて太田が, つて奥へ, つて女は, つて婆さん等は, つて子供たちはと, つて安心し, つて實見, つて小, つて小さな, つて小僧の, つて居る, つて布に, つて床の間の, つて心では, つて忠告した, つて思ひ出した, つて息を, つて惣兵衛ちやんを, つて手下の, つて手帳を, つて押問答を, つて指環の, つて明神下へ, つて昼す, つて暫く, つて月の, つて松崎の, つて栄蔵は, つて棒つきれ, つて橋の, つて武助さんは, つて母様が, つて決心を, つて涙ぐん, つて淋しく, つて清三は, つて爺さんは, つて犬を, つて現在と, つて用意された, つて男たちを, つて男は, つて白飴を, つて真顔に, つて硬, つて神谷は, つて私たちは, つて私を, つて私達は, つて穗から, つて笑つてゐた, つて箱の, つて紐でく, つて耐へ, つて腰を, つて自分も, つて與吉は, つて良寛さんが, つて訊く, つて訊ねた, つて起たう, つて起ち, つて近くの, つて途中で, つて過去つた, つて野島と, つて金貨を, つて銀行家は, つて鋸を, つて顔を, つて飴を, つて飴箱の, つて馬を, つて鳥右ヱ門は, つてS子は, つでも, にとつちや, に自分, に見ねえ, に零し, のも, のりは, はうかと, はずに, はれたからとて, はれたので, はれた途端, はれますが, はれる, はれるまで, はんで, ひすて, ひたいのが, ひなし, ひならした, ふいくぶんの, ふうちの代表的の, ふう夜五位鷺が, ふおきみ, ふかくれ埋れ, ふかすかな音, ふかたちで, ふかつかう, ふかんさんには, ふくだらない, ふぐあいには, ふこんだ, ふさだめの, ふしつけの, ふしを, ふじぶんを, ふすべてを, ふせゐでは, ふたぐひ, ふたぐひのことから, ふただ儲けさせ, ふたもので, ふちよ, ふつ, ふと, ふところからも, ふところだつた, ふところです, ふところとても, ふところな, ふところには, ふところの, ふところへは, ふところものずき, ふところ見た, ふとそつくり, ふとねえや, ふとまるで梨枝子, ふともう立ち上, ふとニツコリ, ふと同時に, ふと同時にふつ, ふと同時に立ち上つた, ふと外国人, ふと大層大まか, ふと嫂さん, ふと最初手, ふと毛布, ふと父, ふと遠い, ふと鍛冶屋, ふと順一, ふと領事, ふと髮, ふまはり, ふもんかしら, ふもんかねえ, ふよ, ふよさを, ふんぢや, ふ頭で, ふ頭痛の, へ, へと, へば, へばその, へば不足勝ち, へば先づ, へば六曲屏風, へば十時, へば流浪, へると, へるの, へるので, へる作品, やわし, やア, 噺ぢや

▼ さには~ (640, 0.4%)

6 いって 5 さすがの 4 さすがに, 何か, 変りが, 彼の, 手を, 限りが 3 どこか, 参った, 同情する, 慣れて, 欠けて, 比ぶべく

2 [34件] いつも閉口, かないません, かなわない, かなわなかった, ございませぬ, だれも, ついて, ひどく自信, まったく驚嘆, まゐ, わたしは, 何の, 全く無関係, 凡そ自信, 参って, 可なり, 呆れた, 嬰児の, 少しも, 平次も, 強い, 敬服し, 敬服した, 時々彼, 時々驚かされる, 秀吉も, 私は, 私も, 若さ, 誰でも, 較ぶべく, 限度が, 驚かされる, 驚かずに

1 [519件 抜粋] あきれたもの, あきれはてるばかり, あきれる, あきれるの, あきれるより, あらずや, あらで天下, あらんとね, あるまじ, あれから, いかな, いかない, いかに幕府, いくら感心, いつか伸子自身が, いつと, いつにな, いつも伝三郎, いつも若返る, いのちが, いまさらながら, おどろいた, おどろきました, おどろきます, およびませんでした, お園, お妙, かうした和漢両様, かえられないからね, かえられぬと, かかる体験, かぎりが, かないませんでした, かなは, かなりな, かなわないと, かなわないの, かなわないよ, かなわぬといった, かねて, がんばりの, きたへ, きちんと帯, きっとびっくり, ぐずぐずし, こ, こころから嬉しく, こたえなければ, このとき甲谷, この暴悪, この男, こらへ, こんな安らか, さすが剛愎者, さらに眼, じきへこたれる, じつに胆, じつに驚く, すぐ慣れる, すこしも気, すっかり感心, せつかくの, せぬ心, そういう科学, そう言いたくなる, そのため, その乳糜, その後めったに, その日, その果敢な, その若党, その頸筋, それとも, それより, たえ得るくらい, ただでさえ, ただもう, ただ上品, ただ随喜, たまらない苛責, たれも, だれでも, ちと砂糖, ちよいと, ついその, ついぞお目にかからなかった, つい畏れ, つい酔わされ, つく, つくづく呆れ, つねに豐かさ, つりあわぬ若々し, とてもつい, とても及ばなかった, とても敵, どうしてもその, どうしても勝たね, どうしても忘れられない, どこに, どれだけの, どんなあら, なお堪えられまい, なか, なかなかなれる, なかなか堪え難い, なかなか感心, なかなか達する, ながい政治的, なにびとも, ならないの, ならなかった, ならぬうち, なるし, なるだろう, なるの, なれてるから, なんの, のべつ破れ, ひり来て, ふるへるし, ほとほと参っ, ほとんどそぐわなかっ, ほとんど気づかなかった, まごつかされる, またいつも, またべつ, また驚かされる, まだあまり遠い, まだ気, まったく腹, まるでくらべ, まるでこの, むかしの, むかむかと, むろん勝たね, もうみんな, もう一度達しない, もう今, もう呆れ返, もう慣れた, もう我慢, もう父, やはり心, よめないの, らは, わしは, わりに強い, われわれ人間は, アマルフイイと, ゲロが, ホトホト吃驚しちまいました, マンも, ヨウリスだって, 一同の, 一同びっくりした, 一寸驚いた, 一様に, 一滴の, 一点懐疑の, 一種の, 一言も, 一面執念づよい愛好家の, 一驚を, 七兵衛ほどの, 万, 不審を, 不思議な, 不感症に, 中野自身却て, 主膳ほどの, 乗りこえねば, 事欠かぬえ, 二百十余年前遠き, 今さら誰, 今は, 今日まで, 今更の, 他に, 他の, 伸びようと, 似で, 似ない熱意, 何ごとか, 何とも云え, 何にか, 何にもかも, 何もかも忘れ果て, 何より厭, 何らの, 何ら変り, 何んの, 依然として變, 信玄も, 債務ことごとく, 僅かばかりの, 働いて, 僕の, 僕は, 全くふれる, 全く思ひ, 全く恐れ入った, 全く感嘆, 全く敬服, 全く驚き入った, 全然くらべ, 内証必ず, 内部の, 再び合す, 凍った水, 出て, 刀自は, 初め部屋に, 別に意味, 利用される, 到らないの, 到底打ち勝て, 到底比べられない, 到達し, 勝てずその, 勝てないし, 勝てなかった, 勝てなかつた, 勿論どきんとした, 北ヨーロッパらしい, 厭気が, 参る, 又憎む, 又敬服, 及ばない, 及ばないだらう, 及ばないと, 及ばぬ, 及ぶこと, 及ぶべからず, 及ぶべくも, 及ぶまい, 及ぶまじく候, 及ぶもの, 取りつく島, 口惜しくも, 只わく, 可憐と, 台所にも, 吃驚する, 同情を, 吐胸を, 吾, 呆れざるを, 呆れたと, 呆れて, 呆れない訳, 味方と, 和睦する, 和蘭商館の, 唯だ, 喘ぎ寒, 困らないよう, 堪えられない, 堪えられません, 堪へきれない, 堪へなからうと, 堪へられない, 堪へ得ぬ侮辱, 塾でも, 変りなかっ, 変りは, 多少の, 夜鷹に, 大たじたじ, 夫の, 夾雑物が, 奔命に, 奥行きが, 好意を, 如かじ, 妙な, 妙に, 妾は, 嫌と, 存八も, 宇津も, 安定感が, 定家自身呆然として, 実に感心, 実は僕, 実際弱らされました, 実際閉口, 容易に, 密に, 實際おどろく, 専門家も, 少しの, 少し驚いた, 尚ほ堪へられまい, 尚更幾つ, 山科に, 峯子たちの, 巡査も, 巨人も, 己が, 常に顔, 平然として, 度胆を, 廉くっ, 引変へて, 弱いので, 弱くて, 弱つた, 強いから, 当惑むしろ, 当時の, 彼は, 彼自身ま, 従来どおりの, 從來ど, 微風が, 徹頭徹尾敗北, 心からの, 心を, 心惹かれ, 必ず驚歎, 忍びこみはじめた, 快い刺戟, 思いも, 思わずそこ, 思わず双眼鏡, 思わず足, 息疲れに, 悩みのう, 悪臭と, 悪魔さへ, 悲鳴以上である, 愛憎が, 感動する, 感心した, 我慢が, 我慢できない, 我折れよう, 戯曲形式への, 手術どころの, 打たれて, 払いきれない人生, 抵抗力が, 接近し得なかったであろう, 敵ながら, 敵わ, 日々不快な, 日本の, 日本的老, 明治大正昭和を通じて, 星も, 時々上森, 暁天方に, 暑い寒いのぜいたく, 期待できない, 本当に死に, 松田も, 柔い, 柔かさ, 案外に, 楯に, 極めて弱い, 槍を, 橋一つ越した, 歌へ, 歯が, 歯の, 死も, 殆どわれ, 殆ど除外例が, 殆ん, 母の, 比べられないに, 気がつかなかった, 気づいて, 気づかずに, 気づかないだけの, 氣づかひ, 決して堪へられません, 泣いて, 泣かされた, 流石に, 流石云うべき, 浦上の, 浦周之, 涙が, 深く感心, 深く敬意, 溺れて, 無心の, 無感覚に, 無邪気に, 爆かれた, 父さんは, 特定の, 独断の, 独特な, 王女は, 現実も, 異論が, 痛くって, 痛むという, 痛むといふ, 相当の, 神経質な, 禅的な, 秀吉決して, 私が, 種々の, 穢多は, 立ち居も, 粋一念の, 粗服の, 絶えかねるらしい, 絶間なく, 総角の, 美しいと, 義元も, 老幼とともに, 耐えかねて, 耐えても, 耐えられないお父さん, 聞きとれなかつたが, 胸が, 胸をを, 能い勝たいでか, 腹を, 膏汗を, 膳椀を, 自ずからな, 自分でも, 自身に, 自身気づかない, 至り得ない, 舌を, 若かじ, 苦しさ, 苦しめられなかった, 草原の, 葉子は, 蜂須賀一族も, 見えるの, 見て, 見る者, 見劣りが, 触れ得ない, 言うべき言葉, 言葉に, 訳は, 誰しも, 誰も, 變り, 負けて, 負けるの, 足の, 身体も, 軽い悔恨, 辛抱が, 辟易せず, 近づき難い, 追使われたうえ気兼苦労而已, 通じないと, 達して, 達しないであろうが, 違いない, 違なかっ, 違なかつた, 違ひない, 遠く及ばない, 遠く及ばなかったであろう, 遠く蓮葉娘, 邪険な, 重きを, 野心も, 閉口した, 閉口する, 関するところ, 関係する, 関係ない, 降参したらしい, 限りない, 随分うたれた, 随分困りました, 雪子も, 面白くは, 鞆の, 顔を, 馴れて, 驚いたこと, 驚かざるを, 驚かれる, 驚く, 驚くでは, 驚くの外, 驚ろかされる, 驚嘆すべき, 鬱々と, 鬼も, 魂も, 黒田官兵衛も

▼ さという~ (575, 0.4%)

155 ものは 55 ものが 51 ものを, ような 18 ものの 16 のは 13 ことを, ものも 12 ものに 9 ことは 8 点で 7 ことが 6 ものについて 5 のが 4 ことについて, ことも, のも 3 ことに, もので, ものとは, 風に

2 [16件] ことで, ことです, ことの, ものへの, ものより, ものをも, やつな, ように, わけな, 事の, 事を, 様な, 表現の, 観念が, 観念を, 言葉は

1 [100件] うちにも, こと, ことさえ, ことだ, ことだけが, ことだけで, ことだった, ことであっ, ことであった, ことと, ことにだけ, ことについての, ことには, ことにも, ことに対しては, こと客観性という, この言葉, ところだった, ところとでは, なかに, のだ, ので, のである, ふうな, もの, ものかも, ものから, ものからだけ, ものじゃ, ものだけ, ものだけによって, ものだけは, ものだった, ものである, ものでしょう, ものです, もので御座いましょう, ものとして, ものな, ものなし, ものについては, ものにも, ものによって, ものに対して, ものに対しても, ものに対する, もの虚飾な, わけには, ハンディキャップを, 一つの, 一点を, 一般性と, 三つの, 事が, 事も, 以上に, 低度, 名は, 吾, 周囲の, 呪文を, 味だけ, 問題が, 問題で, 問題も, 場合大抵広々, 姿勢で, 字も, 存在し得ない, 川柳が, 性格を, 意味で, 感じが, 感じである, 感じとは, 感じは, 感性的な, 感情について, 感覚を, 暗さ, 点において, 男が, 絶対でない, 考えが, 考え方は, 表情を以て, 表現が, 表現で, 言葉には, 言葉の, 言葉を, 連想から, 運命から, 金縛りを, 開成山のば, 面で, 顔であった, 顔を, 風な, 魔法つかいは

▼ さ~ (528, 0.4%)

218 さまに 11 ひに, ひの 10 づきを 9 づきに 7 さまの, ひを 6 立ちし 5 ひもなく, ひ沼, 立ちを 4 づきの, ばやと, ひが, ひは, ほが, 上って 3 さまな, づき, づきです, ねじを, ひめに, ッた, 手に

2 [16件] さま, さまと, づきと, づき持つ手, ひ, ひなどは, ひなる峰, ひはるか也, みづき, ゆるを, 恨みを, 立ちの, 立ちも, 落しに, 落としに, 行ぐべアがな

1 [157件] え, えあれわれ, えきえ, えさえ, えたれ, えの, えも, え自分, これが, さまごとが, さまだ, さまであった, さまである, さまにが, さまにつつ, さまには, さま事が, ざらは, それとも何, だるに, つかえるどころ, つるし水責め, つるし罪人どうし, づきあまた, づきうちすてて, づきかは, づきして, づきそつ, づきは, づきはみ空, づきひとつ, づきまもりつ, づきみたせ涙, づき飮みほ, づるしにつるしてぶんなぐれ, であるよう, ですと, でない舊藩主, とんぼを, なんだ, なんだか知らん, なんの, ねじに, ねじの, ねじ食わせ, ひかくだ, ひかまた, ひこの, ひしたるその, ひすら, ひぞ, ひとか, ひとし, ひなく, ひなくこの世, ひなくその, ひなくつかまへて, ひなく口, ひなく徒ら, ひめの, ひもせざる, ひもつきかねる, ひもなさざりしか, ひもなし, ひも忘れた, ひも無く, ひ今ひと時, ひ仲違, ひ其の, ふる, ぶっとん, ほかひであつ, ほこを, ほを, ましを, またなどが, またはをを, みづくらし, むし, むとうれしとて蛙は, ゆきを, ゆる, ゆる君ゆゑ, よせを, ろうも, キザだ, ッて, 上った, 上りの, 倒れを, 偽りか, 前者の, 動くその, 友人の, 合点ぢや, 吊って, 唇を, 寝椅子, 巻く淵, 巻く激流, 幾度も, 得意で, 得意の, 恨みとでも, 恨みとは, 恨みの, 憤然として, 捲く風, 昇りと, 是れ, 月給ひ, 有るべき一人, 木, 木の, 木葉は, 棲んで, 極端な, 毛を, 毛立っ, 気分の, 活きた精神, 牛乳に, 登つてわが, 登りに, 百冊に, 真闇, 知ら, 空耳で, 立ちする, 立ちだけは, 立った, 立った毛穴, 立って, 立つ黄色い, 立てて, 立てると, 羊羹鹿の子餅, 羊羹鹿の子餅これは, 胆力の, 腕の, 自分を, 落しでは, 落し千丈の, 行く云うても, 行って, 行つ, 西日さししづけき, 見えて, 身に, 逃げ去る事, 連れて, 道の, 酒を, 頬にも, 駈込んだせい, 驕慢の, 鱗を

▼ さ~ (523, 0.4%)

37 のだ 31 のである 24 んだ 16 のです 7 のか 6 のかも, 児の 5 んです 4 のだろう, のでしょう 3 さ, のであった, ぶりを, んだら, 児も, 風が

2 [44件] あのこ, ぃのか, うちの, がな, けどゆゆし, ことは, ごころ, さな, さよ, さを, の, のかを, のが, のだらう, のでとても, ので寄席, のに汗ばんだ, のを, ものを, ゆふ, んでしょう, ア, 事を, 児は, 兒は, 塵の, 子なりき, 子の, 小ひ, 川が, 心に, 心も, 我が門, 手を, 町に, 町の, 眼で, 蛙が, 言ひ, 青い栗, 馴染の, 鵙来, 鵙飛ぶ, 鶯

1 [277件] あしで, あそびの, あなを, あの試験官, いまに, おんなの, お前が, お前と, お通さん, かごを, かつらという, かりし桜, かるいのち, がたみ, ぎっ臭い, ぎになつて一年か, ぎのほしたのから短, けりや, ここから, ここで, ここに, ことも, この石, この金, この間の, こよなれが, こればかりは, ごころの, ごゑ, ごキリスト, ご二, ご夕ごと, さしずめこんな, さそうで, さそうに, さに, じゃ困った, ずって, ずっと古い, そうかも, そりゃまあ, それなら秋, そんだ, だ帯, ちょっとひとくち, ちょっと待っ, つた, つて見え, つまり頭, では少し, とが御, のかしら, のぐらゐにしたもの, のだった, ので, のであらう, のであろう, のでおどろいた, のでこれ, のでそう, のでどうしても, ので一体, ので一體何ん, ので先づ, ので其処, ので取っ, ので只, ので支那人, ので老母, ので見当, ので誰, のにそれら, のにである, のには, のに外, のに山, のに帽子, のに年寄り, のに後醍醐, のに見れ, のね, のねきっと, のは, のよ, の二階, ひとつひっ叩い, ふと目ざめ, ぶりは, まあ, まあ一言, まあ御, まず第, まんざらねえ, みちが, ものが, ゆきか, わには, わを, んだい, んだらう, んだろう, んちう, んと, アおれが, アカシヤを, ア今でも, ア矢張り血の, カタツといふ, ギリシャ型の, クリームの, バスケツトを, ポツポツ行っ, ロスケ小屋を, ンだ, 一日四十銭平均にも, 一片を, 三日ほど, 五抱も, 今週は, 他の, 体を, 何でも, 例えばまたし, 保証人の, 俺あ, 傘ぶっ, 傷の, 僕なんかは, 僕は, 先ず愛, 児, 児が, 児に, 兒あはれ, 兒が, 兒です, 兒の, 兒のうへにも, 兒も, 兒を, 冬の, 出来事だ, 前半は, 口に, 君よりは, 唇を, 啄みそ, 噴火から, 垂髪, 堂や, 報告から, 報告も, 報告を, 場合に, 声で, 多分己たち, 夜床の, 女の子を, 姿が, 姿の, 子が, 子は, 子も, 子よ, 子ら食ますべき, 子一人寐せ, 字が, 小さな桜草, 小田原提灯を, 屋根と, 岱赭色を, 己にゃ, 市松人形が, 帳面に, 度胸は, 座敷を, 引出しつきの, 徳性のかず, 心を, 怒りなせ, 恐ろしくも, 恨みそ, 悲しみよりも, 慈姑は, 懷中時計の, 手で, 手に, 手は, 手紙を, 文字が, 斑点は, 春の, 昼間より, 時より, 月夜を, 机ならべ, 林が, 枝を, 柿な, 柿を, 根塊を, 森で, 森を, 棺が, 極々軽い, 標本に, 欠伸を, 正午頃から, 毛の, 氣の, 洗面室の, 清に, 湿り親しき, 満月, 瀧の, 焦燥ち, 煙突の, 物語二ツ三ツ聞かせ, 生きものの, 町で, 町まで, 病みそ街の, 瘤の, 白い花, 白い蛾, 眼が, 石から, 石ころを, 石碑と, 砂丘を, 秋にでも, 窓から, 童の, 笛の, 箱の, 箸を, 紙入れを, 細君に, 綺麗な, 聲で, 聲でも, 聲を, 胸に, 胸は, 胸底の, 膝に, 膝の, 自分を, 船の, 茗荷の, 萱ぶき, 葛, 葛という, 虹が, 蜘蛛の, 蟇の, 蠕虫が, 表情も, 言ひそ, 足を, 路を, 農家や, 遊びの, 酒場へ, 鉄管工場に, 錐まで, 鍵も, 鐘, 雑木しか, 雨は, 音を, 顔が, 風呂敷に, 骨だけは, 髑髏の, 鶯寒むい, 黄金の

▼ さうで~ (504, 0.3%)

66 もない 62 はない 20 はなく 17 はなかつた 7 あつた, はありません 6 はある, もある, もなく 5 それが 4 あつて, はあるまい, もなけれ 3 がすか, なか, はございません, はなから, は無い, も無い, 平次も, 氣味が 2 お氣, これも, はあつ, はなかっ, また財産, 何を, 何んと, 初めて警察, 私は, 若し役人

1 [246件] あした, あす, あつしなら, あんまり可愛がり過ぎ, いかに贔屓眼, いたいけで, いつも先頭, いろいろ話し, うかうかする, おわかれ, お勝手の, お屋敷方, からかつ, こちと, こっちから, このま, このタンク, この春, この男, これでない, これに, これを, こんな厄介, さ餘, しかもさ, しかも今日, すらある, そこの, そこまで, そしたら直ぐに, そして夜明け, そして存分, そして間違, そのありがたい, そのうまい, そのさ, その人たち, その十貫以上, その家主, その御, その打合せ, その爲, その第, その顏, それではどう, それでも掘つた, それは, そわそわした, そんなら, たまらなくなります, どうも, どう見, どんなに氣, なかなか彼, なくし, なんかも, にこ, はあります, はいけない, はじめの, はなくもつ, は御座いません, は無く, へツ, まさか朗讀, まだ四十臺, まるで年中鳥肌, もあらう, もとより住職, もの凄かつ, も今日, やがら, やはり思ひ出されない, よかつ, よく伸びた, わたしの, ツイ立ちそびれ, ヅリヤンが, ハチ切れさうな美しい, ピタリと, フランス在留の, マアマア今日は, 一向眼鼻, 一寸の, 一日中眠た, 一日遂に, 一時は, 一晩おびえ, 一脈の, 七五の, 上べは, 上總屋の, 下總, 不安で, 不安に, 不愛想, 中, 二十三四の, 人などを, 人に, 今まで, 伝説に, 何う, 何かに, 何とかし, 何となく御, 何方かと, 俵屋は, 僕らは, 先刻から, 先刻も, 全身の, 八五郎は, 典型的な, 内心困つた, 内心気おくれ, 出店も, 到底口先, 勞働に, 千種は, 危險で, 反つてゾツ, 可哀想です, 可愛い娘, 同氏の, 名前は, 唇は, 喰ツて, 地方の, 執拗で, 墓に, 夏も, 多血質で, 大いに期待, 大分危くなりました, 大抵な, 天下泰平と, 始終母様, 娘の, 存分に, 存外また, 宝塚の, 実ははつきり, 客の, 少し気, 岩魚の, 巖の, 常次, 平常通り少し, 平次にも, 平次の, 床に, 店から, 店が, 弱さ, 彼は, 後は, 得も, 御係り, 御近所, 心細かつ, 心配で, 恐さ, 恐ろしい, 情熱的な, 我々が, 我慢が, 手掛りを, 新しい世界, 明るく静か, 時々びつくり, 時間を, 暫らく考へ, 月齋と, 本當, 正直さうな, 正直者らしい, 此の, 此家の, 殺生な, 毎も, 氏子一同大喜びで御座います, 気の, 氣に, 水は, 水を, 決して退屈, 清左衞門は, 渡り者らしい, 無口で, 無口です, 父親と, 現に狩屋三郎さん, 甚だ覺束, 生一本な, 申分なく, 男を, 男臭い, 痛々しい, 痛々しいものさ, 直ぐ翌日, 相手の, 眼鼻立までが, 矢つ張り, 私の, 空つ, 簡單には, 紅も, 紅屋の, 結構なこつ, 綺麗で, 羊羹色の, 美しい, 美女の, 而し, 肉感的で, 肺部の, 脂肪質で, 腹ん, 臆病らしく, 自分ながら, 自分の, 良いあん, 芝居一体に, 若旦那が, 裏側の, 親分が, 豪いな, 道具に, 道樂者の, 遙に, 遺言状が, 酒でも, 野にも, 金之助も, 釜鍋庖丁一切の, 鈴木の, 錢形の, 間もなく役人, 隨分豆腐屋の, 面倒な, 面白くない, 頼もしいこんな, 顏が, 顏の, 鰡が

▼ さとを~ (434, 0.3%)

24 もって 11 感じた 10 持って 8 感じて, 持つて 5 もつて 4 増して 3 同時に感じ, 同時に感じた, 感ぜずには, 発揮せしめよう, 見た

2 [24件] いつまでも, こめて, しみじみと, そなえて, そのスラリ, とかく人, 一緒に, 交ぜて, 制しながら, 十分に, 同時に感ぜざる, 含んで, 如実に, 彼らは, 必要と, 感じる, 描いたもの, 有って, 比べて, 現わし, 痛切に, 示して, 私は, 身に

1 [301件] あらわしつつ, あらわして, ある程度まで, いかにも巧み, いっそう強く, いとも驚くべく, いやと, おそれる臆病, おぼえさせて, お悟り, かえってますますいじらしく, かおりの, かくまで, かんじたの, くずさずに, くらべると, くりひろげて, この二星, この親身, こらえて, しみじみ哀傷, そなえてる愉快, そのまま家, その儘, その目, そは, それなりに, それは, たがいに, たたえた西行, つよくもっ, ともどもに, とりこんだ, とりもどして, どうしよう, どこやらに, ながめて, なぜそのまま喜久子さん, にわかに感じた, ねらって, ひとしおしみじみと, ひとつに, ひろ子は, ほんた, まずわれわれ, まづ, まともに, もった人格, もった生きもの, もつた芸術味, もとめます, やや前, よい方面, よく利用, よく見, わきまえて, ハッキリ悟っ, フランス人自身の, 一つに, 一つの, 一つ胸に, 一所に, 一時に, 一身に, 与えた, 与えたの, 与えねば, 与へ, 並べて考え, 交, 交じえ, 交る, 人一倍深く, 以つてする, 以つて語りたい, 会得し, 伴った光, 伴って, 何と云, 何ものにも, 何処かに, 保ちつ, 保ち得るの, 保って, 保証され, 倍加した, 僕に, 充たせて, 共にそなえてる, 共に得るであろう, 具えて, 兼ね与へる, 兼ね備えた天晴れ, 兼ね備えた芳江, 兼ね備えるから, 兼ね持つて, 冷笑ふ, 刻み込んで, 力説した, 加えた, 加えて, 加へ, 加へき, 加へる, 反省する, 取り帰して, 取り返して, 取集めたる宮, 同時にあらゆる, 同時にその, 同時に含み得る, 同時に感じる, 同時に持ち合わし, 同時に持ち得た, 同時に持っ, 同時に示す, 含む, 含んだ丁度, 吾, 味ふ, 味わ, 味解した, 喪って, 嘆く身, 嘲笑うよう, 囘顧する, 基に, 堪へて, 増しあたり, 多分に, 多少オリヴィエ, 大事に, 夫, 失った, 失った美しい, 失って, 失つた美しい, 失つてゐなかつた, 失つて遂に, 失わせ一枚, 奪ったもの, 好んで, 嫌うから, 尋ねた, 少年の, 展げて, 岸本に, 巧に, 巧妙な, 引きは, 彼に, 彼は, 彼女は, 御別莊, 心がけて, 心に, 心ゆくまで, 心魂にまで, 忍んで, 忘れた, 思い出しあと, 思った, 思わしめる時代的, 思わせる, 恐れずには, 恥じないでは, 恥じ自己嫌悪, 想像し, 意識し, 感じさせた, 感じてる者, 感じながら, 感じます, 感じまた, 感じるだけ, 感じるので, 感じ可哀そう, 感じ合うたこと, 感じ得るよう, 感ずる, 感ずるもの, 感ぜざるを, 感ぜずに, 感受した, 感得し, 感染さす, 我慢し, 我慢しなけれ, 抱いて, 抽き出し, 拵へて, 持ちながら, 持ちながらも, 持ったもの, 持った女性, 持った志津子夫人, 持った液体, 持ってる農夫, 持つ, 持つた森林, 持つた漬け方, 指摘し, 振り撒いて, 描きつづけて, 撒きちらす愛, 教へ, 明確に, 暗涙の, 暗示する, 書いたこと, 有して, 有し麓, 有する頃, 有った原理的, 期待し, 未来の, 染, 欠いた女, 正と, 正確に, 歴史の, 歴然として, 毎日感じる, 気づいた, 求める事, 求める凡て, 汝の, 深くする, 深く頭, 混え, 添へる, 測らしめるもの, 測ること, 点は, 父から, 犠牲に, 獲得した, 痛感した, 痛罵し, 発揮し, 發揮し得る, 皆に, 皺の, 直ちに識別, 真に発揮, 知った, 知らないこと, 知りました二月, 知るかと, 示しました, 示します, 示し得たで, 示す, 示すもの, 私たちは, 称すと, 程よく織り交ぜ, 競わせるかの, 第二, 節子に, 籠めて, 経験する, 結ばしめる仲立, 絶えず夢み, 続いて, 織り交ぜて, 續い, 考へる殊に, 考慮すれ, 背景として, 胸に, 自分ながら, 自慢し, 色々に, 表現に, 表白する, 褒めた, 見せた, 見せて, 見て, 見聞した, 覗こうと, 覚えさせるよう, 覚えた, 覚えたの, 覚えて, 記録する, 話しつ, 詳記し, 誇りつつ, 誘つた, 語つた, 説いて, 貞世に, 買いたまわずや, 載せて, 追求した, 都会に, 際立たせて, 音楽的な, 齎す混合物

▼ さすれ~ (396, 0.3%)

1412 ばその 9 ばこの 6 ばこれ 4 ば水平線, ば色紙 3 ばあの, ばやはり, ば後, ば此, ば私, ば自分, ば自然

2 [19件] ばいかなる, ばお, ばかかる, ばしかし, ばそれ, ばよしや, ばガン首, ば両者, ば今日, ば兩者, ば同じ, ば女, ば学校, ば山, ば彼, ば我, ば父, ば生き, ば車夫

1 [288件] ばあなたがた, ばあなた様, ばいち, ばいつか, ばいつかきれい, ばいま天下, ばいよいよ, ばえいぢ, ばおの, ばお前, ばかれ, ばきっと, ばこ, ばここ, ばこっち, ばこの方, ばこれら, ばこッちの仇, ばご, ばしごき, ばすでに, ばすべて, ばそういう, ばそこ, ばそち, ばそれで, ばただ, ばてめえ, ばとうぜん, ばどんな, ばなに, ばにう, ばにらい國, ばふむ, ばまず, ばまた, ばやがて, ばやむを得ぬ, ばよい, ばわし, ばわたくし, ばわれわれ, ばわれわれ両名, ばわれ等, ばキリスト, ばトモ・リンチェンガン, ばネパール国人, ばノド笛, ばバカ, ばフジ, ばヤジウマ, ばヤミ屋, ばヨッちやん, ば一人, ば一命, ば一方, ば一種, ば万事, ば三人, ば三十人, ば三味, ば三百年以来, ば三郷村, ば上, ば下僕, ば不意, ば不要, ば世にも, ば世間, ば主題, ば二色, ば五十四郡, ば人一倍, ば人心, ば人為人工, ば人間一生, ば人麿, ば今回, ば今後, ば他, ば以前, ば伊丹城, ば何, ば何もかも, ば何者, ば信長, ば信長公, ば側, ば僕たち, ば僕明日里, ば元, ば兇変, ば先刻内々戸, ば先帝, ば先生, ば先祖, ば全て, ば全体, ば八郎太殿, ば其喰, ば其後, ば其次, ば其風習, ば其高山滞在, ば内, ば内海先生, ば分明, ば前, ば加賀田, ば包み, ば北ドイツ, ば十中, ば十二旒, ば千蛾, ば午後二時, ば午後五時頃, ば危険, ば却って, ば古島家, ば古島様, ば史家, ば右, ば各位, ば各種, ば同じく, ば名, ば君, ば吾人, ば商売繁盛疑い, ば四, ば因幡堂薬師, ば国語, ば地震, ば堂々, ば壱岐, ば大いに, ば天下, ば天皇, ば夫, ば夷狄, ば奇道, ば奧州人, ば女性, ば奴め, ば妍, ば娘, ば嫌, ば孔明, ば存外, ば孝道, ば定期, ば定軍山, ば寇謙, ば寧ろ, ば将軍, ば山人, ば山車, ば川, ば幟, ば平安朝, ば広瀬, ば庭, ば当時, ば当然, ば彼の, ば彼ら, ば従来, ば御, ば御製, ば必ずともに, ば忠孝, ば悪玉, ば慈愛自然, ば我々, ば我ら, ば手紙, ば打たれ, ば押領使, ば捕えられ, ば文学, ば新之助, ば日本, ば日本人, ば日本紀, ば旦那, ば早速, ば昨日宮家じきじき, ば普通, ば景岳, ば曙覧, ば曙覧歿後, ば服従, ば末代, ば栂谷頂, ば栄養, ば桜町, ば極めてことさら, ば次, ば正, ば此南島, ば此方, ば此歌, ば此組, ば死, ば死ぬ, ば死後, ば殿, ば氏郷, ば汝, ば汝顔, ば沢山, ば洛内, ば洪水, ば漢中, ば無用, ば無言, ば煙, ば物資, ば犬, ば犯人, ば猿, ば玄徳, ば現代, ば現代日本人, ば現在, ば由也, ば男, ば病, ば真, ば真理, ば祝詞, ば神がかり, ば禍, ば秀岡, ば穴穂天皇, ば竜, ば第, ば純, ば紙, ば組唄踊り, ば結局, ば結論, ば織田, ば罪, ば義理, ば考妣二体, ば聞き分け, ば臣子, ば自ら, ば自然日, ば良人, ば良正, ば花田, ば萱堂, ば藩主, ば裸レビュウ, ば証すべからざる, ば試合, ば諸国, ば謂, ば貞操, ば賊, ば賊巣, ば赤, ば足利直義, ば距離, ば踏歌, ば身, ば身共, ば近代, ば追手, ば進歩, ば遅く, ば遠く, ば部下, ば都會人, ば長久手, ば長者, ば開店, ば陸地測量部, ば霊魂, ば頗長命, ば飯島, ば馬, ば験, ば鴻山, ば鹿島, ば黒番絶対有利

▼ さうかと~ (385, 0.3%)

140 思ふと 65 いつて 11 思へば 5 おもふと, 言つてこの 4 申して 3 云つてそれは, 云つてまた, 云つて私は, 云ふ 2 云つて, 云つてこの, 云つてその, 思つた, 思つて居る, 言つて, 言つてお

1 [129件] いうて, いつそう, おもつ, おもふと実に, も思, 云うて, 云つた, 云つていつまでも, 云つていづれ, 云つてお日様でも, 云つてこれから, 云つてさ, 云つてほんた, 云つてまさか, 云つても, 云つて不, 云つて今日此頃決して, 云つて何と, 云つて何方を, 云つて俗人の, 云つて別に, 云つて又, 云つて向うが, 云つて境界を, 云つて変名の, 云つて大衆向きを, 云つて奥さんでも, 云つて安易に, 云つて引込思案の, 云つて彼を通して, 云つて怠け, 云つて昔の, 云つて此の, 云つて留守を, 云つて皆の, 云つて真面目に, 云つて素人ぶる, 云つて義父に, 云つて自分の, 云つて芸術家気取りの, 云つて西洋の, 云つて貰は, 云つて迷惑らしく, 云つて関口君が, 云つて闘士としての, 云つて飲まなけれ, 云つて馬鹿に, 云つて鶴次郎の, 云ふと, 博勞は, 念を, 思つて聞い, 思と, 思はれる, 思ひます, 思ひますと, 思ひもの, 思ひものの, 思ふくら, 思ふだけ, 思ふとおんつぁん, 思もや, 思ツて, 申しまして, 相談し, 答へ, 考へる前, 聽く, 言つてあまり, 言つてこ, 言つてこれほどの, 言つてその, 言つてそのうち, 言つてそれが, 言つてまさか, 言つてまた, 言つても, 言つてわが国独特の, 言つてノメノメと, 言つてモノが, 言つて今, 言つて他に, 言つて何も, 言つて傳七郎を, 言つて僕等が, 言つて元日に, 言つて兼家は, 言つて南蠻鐵の, 言つて口を, 言つて唯の, 言つて外に, 言つて大金のか, 言つて天命ばかりは, 言つて夫の, 言つて姦夫姦婦の, 言つて實相を, 言つて少し, 言つて山の, 言つて平次の, 言つて急に, 言つて文学者としては, 言つて斯の, 言つて旅の, 言つて日本の, 言つて棄て, 言つて此態も, 言つて死の, 言つて死んだ, 言つて生き, 言つて田島屋の, 言つて男とも, 言つて相手は, 言つて私は, 言つて自分の, 言つて若旦那が, 言つて親分の, 言つて親旦那の, 言つて言は, 言つて言ひ交した, 言つて評判の, 言つて誰を, 言つて貯へも, 言つて近頃は, 言つて退い, 言つて邪ま, 言つて離れ, 言つて馬が, 言ふ, 跋を

▼ さ~ (365, 0.2%)

5 なれば 4 おれの, だれだっ 3 なにものだ, なにものだっ, やれ

2 [19件] いったいなにもの, じい勢で, どうしてここ, どこに, どこへ, なりしも, なれども, よ, 一つお, 一人で, 一人の, 何か, 何者だ, 信吾は, 平岡は, 手を, 明智だ, 明智小五郎だ, 見を

1 [305件] あざやかに, あなたの, あなたは, あまりに由々しく, あらましの, あれから, あれは, あんな青二才, あんまりばかばかしい, いちばん下の, いったいな, いつもなら, いつもの, いのちが, いま売り出しの, いよいよ聞き捨てならん, うそを, うつぞ, および出来事, おれが, お前疫病神の, かおかたちを, かくの, がたがたと, きのう深川の, きゅうに, ぐったりと, ぐっと婆さん, けしからんやつだ, けた, こいつだ, こういう地口, ここへ, このにせ, この穴, これからお, これからすぐ退治, これから凌英, これから大, これが, さ, さすがの, さっきの, さっき小田切の, さらに戯言, されどわ, さんじゃ, しくエイヤツト聲, じゃ, じゃありません, じゃたちまち, すでに明日, すべて藤原式の, ずっとこっち, せいしぼさちの降り立ちたまう, そういう, そうと, そのままを, その下手人, その場, その目ぢょうちんで, その覆面, その黄金, それじゃあ, それでこの, それでも屠殺者, それでも武士, それを, そろそろ美味い, ただいま, たれぬ, たんと御覧, だが午後, だれかに, だれだ, だれぬ, ぢゃたちまち, つかつかと, つまらぬ忠義立て, づさが, というよう, ときさまの, ともなふべき, とりこになんか, と云い, と呼びかける, どうした, どうしてこんな, どうする, なかなか油断, ながつおの味噌漬け, なぜ今, なぜ見てた, なにとぞ, ならざるべからず, ならん, なりしを, なるには, なんだかへん, なんとなくものすごき, にせものだなっ, にわとりを, のは, の仲, はきさ, はらはらと, ひきうけろ, ひとりで, ひとりの, ひとりを, ふふんだと, ほし, ほんとうに, ほんとうの, またかく, またし, また欲ばった, また自分, みごとに, みぞの, みっともないぞ, めを, もとよを, やっと一人, やっぱり明智, よくも化けた, よく聞け, よく逃げおった, よつた, よのつね, よひ, よふか, よもやおれ, わしを, わたくしの, わス, ガアッと, グッと, グリフォンは, サアベルの, サナエちゃんと, サーカスから, ザブリと, ジャッキーで, チンピラ探偵の, ッ, ッ四十面相だ, ッ園田ヨシ子さんを, ドンと, ニコラ博士だなっ, ヒヤアこれは, ポケット小ぞうだ, ポケット小僧だなっ, 一人を, 一個の, 一同の, 一生一度の, 三ツ紋つきたる, 三四年この, 三日たて, 二人は, 二十面相だ, 二十面相だなっ, 二十面相の, 人間だ, 今から, 今の, 今も, 今や坐視, 今日は, 今河岸といったじゃ, 仲次郎は, 何が, 何してやがる, 何と悟るべき, 何を, 何者だっ, 余所の, 傘の, 兄に, 先回りし, 八丈島の, 兼吉ねえさんが, 再び三窓, 出過, 刀を, 前の, 右手で, 同じく細道, 同時に兩方, 呼ばれた武士, 咳を, 善作さんは, 喜びとともに, 四十面相だ, 四十面相の, 囲炉裏の, 夕陽に, 多くの, 夢でも, 女に, 女は, 女中の, 妙に, 客を, 小林だなっ, 小林の, 小森さんでないです, 帽子を, 帽子屋は, 平太郎は, 彼は, 彼女の, 往来に, 微笑みたり, 忍ぶにも, 忽ち変り, 怒ったらしいな, 手に, 手早くスケッチ, 承知の, 投げ棄てつ, 持ってた長, 指を, 提灯を, 摺れ違い, 撥を, 攫まえられた袖, 整然として, 明智だなっ, 明智の, 明智小五郎, 明智小五郎だなっ, 明智小五郎の, 明智探偵の, 昔に, 暫く立ち止まっ, 暮れや, 月あかりに, 本当に, 本性か, 柱の, 柳沢は, 梯子の, 正直者が, 此方も, 殺して, 毎度ありがたう, 毫もわが国, 気が, 江戸の, 流石の, 深川筋で, 清水屋に, 灰色の, 片手なぐり, 牛馬, 物語に, 珠運口惜く, 男が, 男だ, 発車でございます, 目も, 直ぐ起ち上っ, 真理に, 眼に, 眼鏡にでも, 石川だ, 私に, 私の, 紅屋の, 罪障に, 羽柴家の, 老人に, 腋の下から, 自分で, 自分は, 自慢じゃ, 自身が, 自身どこへでも, 見くびって, 見ゆ, 読め, 警察で, 警視庁の, 跳ね起きたる, 近づくと, 追い縋って, 逃げるつもり, 透明人間じゃ, 透明怪人だ, 金庫に, 鎌倉山の, 障子を, 雪洞を, 静に, 預かって, 頓狂な, 頭を, 風呂敷を, 飯島目掛け, 駈け出すの, 鯨油の, 默禮し, 鼠は

▼ さにも~ (352, 0.2%)

5 似て, 増して 3 めげずに, 心を, 種類が, 美しさ

2 [16件] あらず, かかわらずその, めげず相手, よるの, わかります, 亦おの, 堪へられなくな, 大分馴らされ, 暑さ, 気がついたの, 熱さ, 私に, 耐えて, 自分で, 調度の, 驚いた

1 [298件] あらうし, あらざる畢竟, ありましょう, あるの, いい知れぬ, いっこうかわり, いやに物々し, いらだたせられた, いろいろあります, いろいろある, いろいろ特徴, うずき出すこと, おばあさんの, およぶであろうこの, かかはらず凡, かかわらず, かかわらずこの, かかわらずイリュージョン, かかわらずストキ, かかわらずマリユス, かかわらず女王, かかわらず恋人, かかわらず火桶, かかわらず無気味, かかわらず聴かれまた, かの女, かわいらしさ, こころひかるる, こんなに驚いた, さらに特別, すぐれて, すでに慣れた, すべてに, その前身, その水底, その藁, それ相応の, たえきれず井戸, たえそう, たとえようなく, だんだんなれ, ついにいちど, つくづく呆れ, つくづく感服, どこか, なかなかなれない, なく粗忽, なって, ならず低調, なりながら, なること, なるほどの, なれないので, ひるまずに, びっくりせず, ふしの, ふと気づい, へこたれなかったという, まけ申さず候間, ましてさらに冷めたく冴え, まして一段と異様, まして深い, またおのずから, また悲しみ, また気, めげず大変, めげず引きずって, めげず衣紋, めげないの, もうそろそろ飽き, もっともっと本物, やがて搦め捕られ, やっぱりそういう, やはりどことなく人工, やはり注意, やり切れない嫌悪, よりますが, よる, よるが, よる事, よろうが, 一点の, 一緒に, 一部の, 上には, 不拘, 事欠かなかった, 二枚掛け, 二階と, 亡き父, 亦及ばなかつた, 亦様々, 人知れず面, 今に, 仏性を, 他の, 似あわないで, 似げ, 似ずこれ, 似ず余りに, 似ず冉有, 似ず寂寞, 似ず彼女, 似ず手, 似ず止め, 似ず泊つて, 似たる若い, 似た後味, 似ぬ粗末, 似ぬ純情, 似合わずどうも, 似合わず狂的, 似埋もれる死骸, 似腐った魚肉, 何の, 何やら悲しい, 何んの, 何処か, 余りそれ, 作られます, 例えようか, 依りますが, 価ひしない見棄てられた, 係わらず火鉢, 俺は, 優るべくいと, 充ち満ちて, 充分過ぎる, 力にも, 加減が, 劣らずに, 劣らぬこと, 劣らぬ幸福さ, 劣りません, 勝った愚かさ, 勝って, 勝り嫂, 勝る, 十分現, 千鳥の, 又こ, 合点の, 同情を, 同門の, 向ひ, 呆れて, 呆れましたが, 品の, 嘆息した, 囚われ日常, 因ろうが, 圧服される, 堪えがたかった, 堪えないよう, 堪えねば, 堪えられぬ, 堪えられる身体, 堪へないやう, 堪へられない, 堪へる力, 堪へ兼, 堪へ得なかつた, 増した口惜し, 壓服される, 変って, 多少の, 多少は, 妾の, 客まちし, 家を, 富むが, 対抗し, 尊敬を, 少しの, 少しは, 少なからず手間どり, 常陸の, 建築前に, 強い, 彼の, 彼らは, 得堪えぬ, 御しがたい, 微笑した, 徹しえない自分, 心から耳, 心打たれた, 志免警視の, 思いを, 思ひ遣りが, 思われる, 思われるの, 恐れず道, 恨むこと, 想い到ったが, 惹かれた, 愛情の, 感じられた醜い, 感心した, 慄え, 慣れたから, 我は, 手の, 打ち克たねば, 折から, 抵抗し, 抵抗しなけれ, 押沈められ, 拘はらず人, 拘はらず全体, 拘らず, 拘らずなお, 拘らずひるがえって, 拘らず偉大, 拘らず外見, 拘らず夢, 拘らず少なから, 拘らず彼, 拘らず聽, 拘らず肩, 拘らず鬼火, 拘わらず人, 拘わらず真, 接したこと, 接する機会, 敬服いたしました, 早くも, 暗さ, 曇らず晴々, 模様風な, 次第に倦ん, 母親の, 比ぶべく, 比べられない美し, 比べられるが, 比較的よく耐える, 毛利勢は, 気が, 気づかずお, 気を, 気附き, 深さ, 温か味が, 湿いにも, 爽, 現実に, 疲れがち, 目を, 相違が, 相違の, 眠りにも, 硬ばらず, 確かに, 私は, 程が, 種々ありましょう, 種々だ, 笑って, 笑へる, 紛れあれきり, 翳しが, 耐えないという, 腐敗しない, 自ら限りが, 自分が, 自然の, 色々あります, 苦しむには, 蚊や, 見えた, 見える, 見えるが, 見て, 見ること, 規模にも, 説得されず, 譬うべく, 身の, 身扮の, 輝やき渡る, 逢ったこと, 酔ひました, 重みが, 鋭い感受性, 関らず, 限度が, 限界が, 雪の, 需める, 霜にも, 頓着せず, 頭だけは, 飢えにも, 驚いたし, 驚かされる, 驚く, 驚くべきであろう, 驚嘆し

▼ さでは~ (351, 0.2%)

45 ない 20 なかった 15 なくて 11 ないの 10 ないか 9 あるが 7 なかつた 6 ありません 5 ないが 4 ないかと, ないだろうか 3 ある, ないと, なかろうか, なくして, なくどこ, なく自分 2 あったが, あつた, あるし, どうしてよい, なく, なくそれ, なくむしろ, 我慢が, 涼しくなる

1 [179件] あったけれど, あっても, ありましたが, ありますが, ありませんよ, ありませんわ, あるし雪, あるまいか, いきかねるかも, いくら好き, いけない, いられなかった, うずめられない大人, おざる, きっとかぜ, きっとガス態, くもの, この日, この燈籠, ございません, さきに, しばらく前, しやぎ, すまされません, そう逃げられぬ, そして又言葉, そとに, その下, その窓, それを, たしかに日本一, たまらないと, つまるところ儲け, つらい生活, づされてゆく哀れな, とても餌, とらえきれなくなって, とりつく島, どうしても妹, どうする, どうなった, どう取乱す, どこの, どれ位まつたく, ないかも, ないでしょうか, ないですな, ないのに, ないのね, ない一葉, ない強い写実力, ない突込み方, なかったろうか, なかつたらうと, なかなか手, なくあなた任せ, なくいい, なくが, なくこう, なくこの, なくごちそう, なくただ, なくって, なくつつましく, なくなかなか, なくのり, なくまた, なく一徹, なく今, なく何, なく冷たい, なく取ってつけたよう, なく呉, なく味, なく大阪, なく女性, なく学校, なく底, なく心, なく感性的, なく成熟, なく率直, なく真昼, なく真直ぐ, なく確か, なく素, なく艶, なく衰亡, なく解決, なく資金, なく身の上話, なく音, なく飛ぶが, なく鱸, なしに, なんの, まずまずちょっと当代, またたくま, もちこたえられず, やがてその, やっぱり降ってる, ポーストと, マチスは, 一杯よ, 一等でした, 三条の, 不安心だ, 中等程度の, 人間の, 人間像は, 何ともかとも, 借金の, 判断が, 到底この, 加賀の, 劣るふし, 勿論駄目, 卯女の, 原っぱは, 叶はじ, 叶はずと, 各の, 堪えられぬ思ひの, 多くの, 大阪随一の, 学生も, 実現されない, 小さい頃, 小説の, 已ま, 張りあうこと, 後の, 心もとない, 我あるべき, 持病も, 接吻ぐらいでは, 敵わ, 日本国中こんな, 曇り更に, 有るが, 水晶さへ, 汝必ず, 決してない, 決してなく, 海水を, 温度は, 無い炎天, 無くへん, 理解されない, 生ききれないの, 生きて, 真新しい夫婦, 着物は, 私たちに, 競争が, 第一, 等しくし, 筋だけを, 自分の, 自慢には, 若の, 萬一の, 見透すの, 解るまい, 評判の, 誰も, 近頃第, 迚も, 逕庭が, 過日国立博物館で, 遣り切れんからな, 長次郎が, 閉口閉口, 間に合わなくなったんで, 靴下ぐらい, 風邪を, 飛びつかれる筈, 馬さえ, 骨髄を

▼ さうだつ~ (335, 0.2%)

15519 たの 15 たが 10 たから 9 たので 8 たと 7 たか 64 け, た四方, て, てね 3 たといふ, たな 2 たかい, たかなあ, たかも, たぜ, たでせう, たよ, たん, ていふ

1 [68件] かあたい, かそ, けおく, けかなあ, けかなそれでも, けかね, けなうむ, けなほんに, けね, けねえ, けモウ, け俺, せ, せなあ, たかしら, たかと, たからな, たけれど, たし, たそして, たその, たぢ, たつけ, たでな, たとか, たとしても, たとは, たなら群集, たのに, たのよ, たもつと, たもの, たやう, たらあの, たらう, たらうと, たらこれ, たらとても, たらどう, たらどうか, たら作家論, たら俺, たら其前, たら大久保, たら大衆, たりかういふ, たわね, たわねえ, た事, た俺, た僕, た勢, た姉, た座敷, た形勢, た懐し, た樹明君, た稀大, た自分, た血色, ていつ, てなあ大急ぎ, てねえ, てね利助兄哥, てね握り拳, てね新, てネ可哀想, て云つた

▼ さいぜん~ (326, 0.2%)

5 からこの 4 のあの, のよう, も申す 3 の怪老人, の武士, 米友が

2 [13件] からお待ち, からその, からちゃんと, から後生大事, から見, の, の若い, ひとりの, よりお, 自分を, 親切に, 話の, 鉄砲の

1 [274件] あなたが, あなたに, あなたの, あのウスノロ, あの城跡, あの墓, あの士分, あれほど, おかあ, おかあさま, おっしゃった甲源一刀流, お代官, お十夜, お泊り, お話し申し上げた, お話を, お雪, お雪ちゃんを, からあなた方, からあらん, からここ, からご, からじっと, からずっと, からそれとなく, からなんとなく, からの主膳, からの出来事, からの数々, からの正成, からの駒井船長, からの騒ぎ, からの騒擾, からひきつづい, からふしぎ, からへん, からぼく, からめんくらっ, からわれわれ, からズッ, から二人, から亮, から伺え, から口だけ, から叫び, から問題, から声, から多聞丸さま, から太刀川青年, から少し, から左様, から怪しい, から戸, から手, から手酌, から控え, から時々, から残らず, から気, から泣きさけん, から泰二君, から深く, から渡すべき, から現われ, から申し上げる, から眺め, から睡魔, から群集, から聞い, から行きつ戻りつし, から襖, から誰, から身, から部下, から酒, から門前, から面白く, から音, から頻りに, ここへ, この女, すり置かれた, そなた, それ君に, とは打っ, のお客様, のお話, のが, のがん, のがんりき, のこと, のじいさん, のところ, ののろま清次, のほら穴, のガサガサ, のトランク, の乗合者, の乗物, の仲人, の噂, の垣根越し, の夜船, の大きな, の女, の女たち, の小僧, の小童, の幻, の得意, の御, の手下, の敵打ち, の明智さん, の曲者, の権現, の浪人者, の深い, の琵琶, の生酔い, の男, の穴, の穴掘り, の立聞き, の第, の続き, の縄, の美少年, の老人, の自動車, の蛮勇, の証文, の試合, の警官, の門番, の関守, の食事, の首斬り役人, の黒鹿毛, はあれ, は神主さん, ほらあな, までのみ, まではコトコト, までむこう, まで怪物, まで明智, まで河岸縁, まで見えた, もちょっと, もまっしぐら, も槍, も申し上げる, も言っ, も言ったで, も貴殿, よりじっと, わけて, わしが, 七兵衛が, 乗って, 予告し, 二十面相の, 交渉に, 仏像を, 会話の, 俄に, 兵馬から, 内裏は, 出立した, 刑事が, 刑事の, 勝負あずけ, 北山君が, 古畑の, 台所門で, 同じ店, 呼んだ金助, 和田呂宋兵衛の, 地に, 堀口貞満から, 変装の, 大手を, 大通寺長浜別院という, 女中が, 妹だ, 子を, 宮瀬家の, 寝室での, 寝物語の, 小林君が, 小殿が, 尺八を, 山崎譲が, 山崎譲の, 峠で, 帯へ, 弾煙の, 御行の, 徳川家の, 忍剣の, 愛の, 捕えた乞食法師, 摘み取って, 早苗さんと, 明智は, 朝湯の, 木材を, 村上賛之, 栴檀刀を, 森前を, 横目に, 橋の, 機音が, 殿村が, 母上は, 汝の, 河原の, 治部殿から, 注ぎ足して, 海女が, 海岸で, 滝まで, 焼き残して, 燕作が, 独断を, 生国は, 生温い声, 生腕献上, 申したとおり, 申しつけた通り, 申し上げる通り, 男衆が, 留守宅の, 登って, 矢矧の, 私は, 窓から, 立った所, 竹童が, 篠崎家の, 籠を, 縄目を, 聞かされた駒井氏, 自動車の, 船がかりを, 芹沢に, 若ぎみ, 薬草を, 街へ, 見たの, 見たばかりの, 見た大八車, 見つけ出した藤川, 親爺が, 言いつけて, 詰問に, 貴公の, 賊を, 越春さんの, 追い飛ばした駕籠屋, 送り出したあの, 道庵先生が, 道庵先生を, 長椅子を, 雛妓たちに, 雨宮潤一が, 食事の, 食傷新道で, 飯屋へ, 駕籠に, 髑髏を, 黒い怪物, 龍田の

▼ さ~ (324, 0.2%)

118 と, と思う 7 のを 5 と思ふ, よ 4 が, そうです, な 3 がしかし, つたのです, といふ, と云う, と私

2 [26件] から, からである, からミス, から一寸, から大概, から彼, か新しい, か木, がそれ, がそれから, つたから, ということ, とか人間, とか藤村文学, とも思えた, とわが, と彼, と思い, と思った, と思われた, と矢代, と言っ, と記し, なあ, 気高さ, 素直さだ

1 [201件] かそれ, かまた, からある, からお, からかえって, からこそカウ, からそれで, からどこ, からなまア, からね, からひきあわせる, からぴたり, からまさか, からもし, から二重天井, から五平, から人, から仕方, から何処, から十五人, から夜, から女, から容易, から寢, から批評, から日本, から死ぬ, から気, から泉子, かわかりません, か森, か知れやしない, がああ, があんな, がお, がその, がそれでも, がそんな, がと解説, がひよつこり, がまた, がもう, が上等, が人道主義, が何分, が元, が可愛, が寒がり, が対手, が径, が横, が殺され, が毛, が火, が生え, が神様, が童女, が筑前守, が自分, が装飾, が足元, が逃げよう, が鎌倉, が長安, けれどもつかみ, けれど例, ここで, これしきの, これで, これに対しては, し, しかし私, しそれ, し将来, し身上, し髪, ぜ, それを, ぞ, つたかも, つたで, つたと, つた吹く, つた寒が, つた私は, つた足袋が, といい, という, というところ, というイタコ, という気, という謂, という風, といはれ, といばる, といわれる, とおも, とかこの, とかたとえば, とかたとへば, とか云つて, とか形容, とか悲しみ, とか献身的, とか純粋さ, とされた, としか思へなかつた, とした, として憐, とそう, とその, とでもいったら, とどの, とはいえる, とは予期, とは言わなかった, ともいへ, とも解釈, と一代, と一層, と中央気象台, と主膳, と云つて, と勘違い, と卓一, と存じます, と思いました, と思います, と思っ, と思はれ, と感歎, と推量, と書いた, と申します, と申す, と皆, と考え, と苦笑, と解釋, と言う, と言った, と言われた, と評, と誇る, と誰, と長平, と首, なあの, なと頷く, などといっ, なんて, にがさ, のう, のが, のでだけ評価, のにいちょう, のにと私, のに不幸, のに輝く, のは, の言う, はよく, は口走った, まつた, む, むべき, むらく, もし一ヶ月分, もの秋田平野の, もんだ, わ, わね, を叱る, タクシーの, ネ, 何が, 何といふ, 俗衆に, 其處にも, 前者を, 同時に凡夫, 味は, 唯恐, 太陽の, 寒暖計を, 強いといふ, 彼と, 慾望の, 早く一刻, 星が, 此頃が, 殖林の, 粉米の, 細工を, 絵が, 臨終を, 自分は, 自然そのものの, 誰も, 近来夢が, 遊びが

▼ さ~ (323, 0.2%)

14 うだつた 7 うに 5 うに言つた 4 うした, うだと, の葉 3 うだ, うである, うでも, うに呟いた, うに思はれる, ぎの, どうぞお, へた, へも添

2 [26件] ういふ, うです, うですが, うにし, うにその, うにのんびり, うに云つた, うに声を, うに眠つてゐた, うに笑つた, うに笑ひ, うに頭を, う云, ぎを, で水面, とむらがる, と吹き過ぎ, どうぞ, にごり, へ, へなけれ, へられて, 朝茶の子, 波や, 流れを, 蟹の

1 [206件] いかなる御, うさお, うだから, うだつたら話しませう, うだつて, うぢ, うで, うで申分, うともさ, うなお, うなり今, うにあたりを, うにいつた, うにいふ, うにうなづく, うにお, うにこの, うにそつぼ, うにでも, うににこにこし, うにふき出した, うにべそを, うにまた, うにやつと, うにカラ, うにジャンヌにも, うにプラツトフオームを, うに一緒に, うに云つて, うに云ふ, うに口を, うに咽喉を, うに報じ, うに始終, うに寢て, うに左手の, うに幾度か, うに店先の, うに座敷を, うに思ほ, うに戸袋に, うに擦り, うに散歩し, うに早足で, うに景氣よく, うに欠伸でも, うに浮かれ, うに溜息を, うに点頭いた, うに独言ちた, うに盃を, うに私は, うに立あがれ, うに笑つて行く, うに笑ひ出し, うに笑ふ, うに答へ, うに自分の, うに臺所で, うに舌打しました, うに裝ふ, うに見えます, うに話した, うに謝罪られ, うに豫言し, うに身を, うに青木に, うに顔を, うに鳴きしきつてゐた, うに黙つ, うに鼾を, う怒る, う言, おれたちに, おんもへ, お前の, お見受けいたしますれ, かもさしつかえない, かも覚えなき, から推定, が, がかうじ, がさすが, が唐突, ぎにかよわせて一ときも, ぎのうへの, ぎのみこと, ぎや松の, ぎをすっかりこわして来, ぎ豆, ぎ野という, ここだ, この上方, この扇, これが, これでも, これに, さ, さあ取つ, ずうっと, ずっとこれ, そういうこと, そうなされ, そのこと, その嘆き, その近江屋さん, それが, それではおか, ぞんぶんに, つたうで, つてゐた, つてを, つて見る見る, で夏, で白め, と, とその, とにかく一応道場, と云う, と音, と鳴る, にはございませぬ, に向っ, に酔いしれ, の, のたわむれ, のゆきあかり, の切り株, の方, の染, はに, は嫌いでした, は繰り, ふるたか, へうる, へお, へかねたる, へたま, へたり, へたりスキー, へて, へてゆるゆる, へてゐた, へてゐなけれ, へて依然, へて生かし, へて白き, へて読んだ, へて輕, へて静か, へながら, へもがはや, へられた人生, へられた彼, へる, へると, へ与, へ加はつ, へ垂直, へ感じ, へ描いた, へ知らぬ, へ示し, へ背, へ表, へ覚え, へ頭, ほ十文字, やぐ驢馬の, りょうと, を場内, を感じさせる煙りであった, ア歸らう, ッた, ッて, ッてる, 三十人ほど, 不知哉丸こなた, 今の, 伊助どんお前お, 佐分, 先刻取り上げられた, 又八まごまごし, 啼きのこゑ, 寝むがいい, 左膳, 帯を, 帰り給え行って, 手を, 早く早く, 板や, 波の, 流れへ, 濁に, 濁る里, 皆膳に, 穂の, 結びや, 縁のみ, 舟くだくる, 蟹も, 誰も, 貴女, 遠慮なく, 駒を, 鳴きを

▼ さ加減~ (300, 0.2%)

5 というもの 4 の程度, はどう 3 といつたら, なれば, に腹, は

2 [20件] が分らなけれ, だ, である, で書い, といったら, とその, と来, に由来, に目, に苦笑, はちょっと, はね, は尋常一様, を, を今, を他, を嗤, を笑つて, を覆はう, を見れ

1 [235件] からいっ, から考へる, があなた自身, があまりに, がある, がいや, がいよいよ, がおかしく, がかの, がさも, がただ, がはた目, がばかばかしい, がまた, がよく, がわかつた, がをかしく, が世の常, が余り, が分らない, が分る, が判る, が厭, が可笑しく, が増長, が夢, が如何, が少かっ, が恨めしく, が悲しい, が想いやられた, が推し測られ, が推測, が時計, が気, が涙, が私, が解らない, が言う, が話, が誰, が酷い, が飛び出し, ぐらいは百, さえ忘れ, その憎むべき, それに幾日, だから, だけは攻撃, だわね, つたらねえ, であったら昨夕, であつ, ではこの, では覚束, でわかっ, で書類, とどまるところ, とは問題, と云, と言ったらありません, と質素さ加減, なの, なら大丈夫, なん, にあきれ, にくらべれ, にさえ気, にすっかり, にときどき, にはお, にはおれ, にはコワリョーフ, には不思議, には今昔, には取, には呆れ返った, には少し, には業, には舌, には音楽的, には驚かざる, にまた, にもほどがある, にも呆れ, にも呆れます, にも程, に何となく, に反抗, に口あんぐり, に呆れた, に呆れ返る, に堪らなく, に多少, に奇妙, に愛想, に擽られ, に暫らく唖然, に比例, に気がつく, に氣, に注意, に肚, に自分, に至つて, に舌打ち, に身ぶるい, に驚嘆, のあまりに, のいつも, のため, のほか, の報い, の底, の絶頂, はあまりに, はありません, はいい知れぬ, はいずれ, はお話, はきょう, はこの, はとても, はどうしても, はどれ, はない, はまた, はわかる, はドウダ, は不可解, は人々, は今, は今さら, は今人, は今日, は仕事, は他, は低級趣味, は何とも, は例える, は側, は全く, は十分持, は周囲, は夥し, は大き, は学名, は実際, は家族中, は底, は形容, は恐らくは, は推察, は明らか, は格別, は次, は津田, は病人, は知らぬ, は知る, は知れた, は確か, は立派, は臭い, は言うまでもない, は論外, は道也, は重々しい, は驚き入りたる, は驚く, まったく階下, までいたわっ, もところ, もまず, もまだ, も同じ, も気, も立派さ, も見, も見馴れ, よりそういう, をあと, をお, をおかしな, をすこし, をすつかり, をどんなに, をもつ, をよく, をテスト, を云, を互に, を今更, を冷笑, を嘲る, を嘲笑, を噛ん, を失う能わず, を引立, を彼, を思う, を想, を想像, を憤った, を憤慨, を披瀝, を推し測り, を最も, を田螺, を痛快, を眺め, を知っ, を知らない, を笑い, を笑っ, を笑った, を考える, を聞, を聞い, を自分, を自覚, を興味深い, を見, を見よ, を覚られず, を言え, を証拠, を試す, を遁, を雄吉, を黙過, 即ち束縛, 思うべしで, 思うべしで建, 未曽有

▼ さうなる~ (293, 0.2%)

13 ともう 11 と私 6 と彼 5 やうに 4 と今, のだ, んだ 3 とこの, とそれ, と西, のが, ので, のです, のは, 筈の

2 [15件] ことを, と, といよいよ, とこれ, とわたし, と何, と何処, と問題, と子, と此方, のである, ものだ, もののみ, やうな, 以外に

1 [192件] かそれとも, かどう, から益々さ, かを突きとめる, ことが, ことによ, ことは, ための, だけ酒, とあの, といきほひ, といふ, といふ程度, といふ風, とお, とお前, とこ, とこちら, とさ, とさつきちよつと, とすぐ, とちつ, ととし子, ととめど, とどうにも, となまじ, とぼく, とま, とますます, とまた, とまるで, とよ御座んすわ, とインテリ, とド, とピカデリー劇場, と一刻, と一種, と七郎, と上, と不安, と中, と九百人, と云, と人名, と今度, と他, と作品, と俄, と僞筆, と全く, と其段階, と其神, と冗漫, と初瀬, と劇作家, と劇団統率者, と劇場, と助からない, と各自, と因果関係, と国民, と地道, と女共, と女房, と妙に, と娯楽界, と寿詞, と岡, と師, と広, と当人, と後, と従つて枕詞, と得, と心靈, と急, と愈, と愉快, と意地, と慥, と折角, と文学, と日本, と普通, と晴代, と木活字, と果して, と棚, と植物上, と極, と楽しみ, と欧米, と此為事, と気, と物騒, と猶, と男ぢ, と當分, と疑問, と百位, と百歳, と皆んな自分, と盆, と益々, と直ぐ, と相手, と神女, と神隱, と私ども, と私達, と第, と紅茶器, と結局指導者, と継子さん, と聰明, と腹, と自, と自分, と自己, と舞台, と芝居, と芸, と若い, と言, と話, と誰, と議論, と貯金運動, と資本, と越前屋, と身, と身體, と重病室, と野黨, と金, と鐵砲, と霧ヶ峯, と青年, と非常, と面白, と頭, と黙, にすぎない, にはま, にはもつ, には年数, には心付かね, に決つて, ね, のだらう, のであらう, ので不断, のも, までにはず, までには一方, までには彼, までの手数, まではまつたく, までは人, ものかな, ものかのう, ものとは, ものらしい, もんなら, よ, よと俺, より外, わけぢや, を助け, んです, 一人頭を, 事ならずや, 以前の, 傾きが, 前には, 前御, 外は, 微笑の, 日には, 気色も, 気色を, 澤山の, 約束でも, 素振りも, 見込みも, 話である, 語根の, 身と, 迄に何年, 返事なり, 道で, 頃には

▼ さとは~ (288, 0.2%)

4 別の, 反対に, 打つて, 違ふ 3 こういうもの, そんなもの, ちがう, ちがって, 似ても, 又別, 打って, 比べものに, 比較に 2 このこと, どの作品, また別に, まるで違う, 何か, 到底筆紙, 彼らの, 私の, 違う, 違って

1 [225件] あながちいえない, あらゆる先入観, ある程度まで, いえるもの, いえ耳, いかにも失敗, いざという, いったいどんな, いつしか別物, いひやう, うって, おのずから別種, おのずから違っ, およそ違った, かつて見た, この濁り, この言葉書, この頃, これまた, これまで, こんなところ, ごく物理的, しばらくその後, じっさい想像, すっかり釣り合いきらなかった, すべての, そしてその, そのよう, その後いつまでも, その質, それが, それだけ次第に増大, それには, それは, そんな程度, たしかに, ちが, ちがうが, ちがう荒, とうてい職業作家, とうとう自然, どういうこと, どういうもの, どうだろう, どう思う, どれほど, どんな味, どんな気, なか, なかなか筆紙, ならなかったであろう, ならぬ, ひし, ひろい座敷, びっくりした, まことに驚嘆, まさしくあれ, まさに天正十三年, まだ世界, まるでちがった, まるで反対, まるで無関係, まるで違つた何, もう言, もつともよく現れる, よく此, よさ, レザールにとって, ワケが, 一に, 一層引き立っ, 一脈相通ずる, 三四フィートも, 主としてそれら, 事か, 二つの, 二人に, 云えこういう, 云えまい, 互いに排他的, 今では, 今の, 今日でこそ, 仏が, 他の, 以前の, 仲の, 似も, 何である, 何であろう, 何と, 何となく異う, 何の, 何んに, 何処か, 全く似, 全く種類, 全く縁, 全然性質, 全然異, 全然違う, 全身の, 共にその, 冷たいこと, 分つて, 別々である, 別だ, 別な, 別人の, 前野良沢や, 十三の, 十八歳からの, 即ち本然, 又別に, 又違う, 又違つた高貴, 反省の, 和食である, 固より, 変化しなかった, 大いに我々, 大いに異, 大したもの, 実にこの, 客間に, 實に, 対照的な, 将来の, 少しちがう, 少し変っ, 少し種類, 少し訳, 少し違う, 少し違っ, 市民生活を, 平時も, 年を, 幾許なりけん, 彼には, 彼の, 彼等都会の, 徒に読, 必ずしも一致, 必ずしも常に一つ, 怖ろ, 思えないが, 性質を, 悲しみに, 我国の, 戰つて來た, 手術台に, 抽斎の, 日本人を, 極めて深い, 様子が, 次男の, 正に天地霄壌, 正反対に, 正反対の, 歴史上比類なき, 残酷な, 比かく, 比較にも, 比類も, 永く彼ら, 汝既にいとよく, 決して幸福, 無感覚の, 無礙である, 無関係である, 無関係な, 無限の, 現代でも, 生温いこと, 画然として, 異った, 異り, 病気といふ, 益々今後対立的, 相違し, 真に眼, 真の, 知れて, 知識の, 神の, 禁物だ, 私を, 竟に, 笑いの, 笑ひ, 筆舌に, 結局彫刻としての, 縁の, 脳心に, 自ら問題が, 芸術の, 著しいもの, 著る, 見出されるの, 親しく隣合い, 観る人, 言へ, 言語に, 計量, 誰にも, 質を, 追ひ立てられ, 逆に, 違う生々, 違ったもの, 違った厄介さ, 違った特色, 違つた心の, 違つた渋, 違つてゐる, 違つて隨分と, 醜さ, 関係が, 雌蕊を, 雑誌, 顔を, 顕著な, 驚く可, 驚嘆に, 黙つて

▼ さやう~ (270, 0.2%)

59 なら 24 でございます 15 でございますか 7 で, ですか 6 でご 5 でございますね, な事 4 です, ですな, で御座います, で御座いますか, に人 3 でございますよ, で御, なので, ならと

2 [15件] でいらつし, でございましたか, でございまする, では, でゐ, ならお, ならさ, なら御機嫌, なら御機嫌よう, な恐ろし, な次第, な男, のこと, の料理, 致しますると

1 [80件] ごく複雑, さやう, ださうで, でございますとも, でございますどう, でございますねえ, でございますねー, でございませうか, でございませうとも, でしたか, ですかな, ですとも, ですね, です三郎郎當, でで, で御座いましたか, で御座いましたらう, で御座いますが, で御座いますね, で御座います別に, で御座いませう, で御座いませうとも, どうもあの, な, ならお世話, ならそれだけ, ならだ, ならつて, ならでは, ならば, ならみんな, ならよ, ならを, ならデイック, ならハンナ, ならハーリャ, ならレヴコー, なら以後, なら別嬪さん, なら坊, なら彼女, なら永久, なら牧師, なら私, なら貴女, なん, なシヤレ, な不埒, な修飾, な偽り, な心得, な芸術家, な衝突, な貴族精神, にお元, にご, にございます, にし, には候, には思ひ, には推し量り知られる, に余, に候, に候はず, に大, に容易, に御, に御内合, に所望, に有触れたる, に道, のたく, のたくみ, の事, の場合, の思立, の者, 取計らひます, 思ひますので, 悪い事

▼ さ~ (269, 0.2%)

14 さと 11 きの 10 きから, しゃい 4 たの 3 きも

2 [11件] と一閃, と変っ, と大地, と横, と海面, と落ち, と血, と身, と開い, と顔色, 来い

1 [195件] あるけあるけ, お歩きなさい, お白洲, かかって, きおれ, きお前, きよりも, きウチ, き不, き乱世, き井戸端, き仰有ったこと, き坂本, き奇声, き横井さん, き橋, き申, き目, き眼, き社家, き社長, き言ったじゃ, き逃げたの, き逃げて, くりさッくり横紙, こいおいら, こなけりゃふんじばるぞ, さとかって, さッ, しゃい中, しゃるかな, しゃれ, しゃッ, し遊びざかり, すなお, せ, せい, せいな, たから, たが, たそう, たでしょう, たでしょうが, たと, たらありませんでしたぜ, たらありやしない呼べるなら呼んで, たらない, たらなかった, たらねえな, たろう, た後, ちゃあない, ちゃア, ちゃ無え, てい, ています, ては, て本統, でて, でろでろッ, と, とあの, といろ, とおちた, とかえ, とかわされ, とかわした, とくりこん, とくる, としごい, とすがっ, とすりぬけた, とそこ, とその, とそれ, とどよめき, とはげしい, とひい, とひえびえ, とふりあげよう, とほとばしった, とまた, ともう, とッたん, とドア, と一つところ, と一太刀, と一抹, と一陣, と不意, と両, と主水, と乾雲, と五本, と人波, と便所, と光, と八文字, と剣, と動い, と取りはらわれる, と吹きちる, と吹きつけ, と地上, と坐った, と墜ち, と変形, と大刀抜き, と奥, と室内, と岸辺, と庭, と廊, と引く, と恐れ気, と打ちふろう, と抜い, と掬われた, と掲げ, と斬った, と斬りはらった, と日の丸扇子, と明り, と棒立ち, と椅子, と横ざま, と水玉, と流れ, と流れた, と片肌, と玉, と生ける, と白い, と眼, と石突き, と競いかかりました, と繰り出した, と美しい, と肩, と舞いおりた, と色めき立ちました, と落ちた, と蒼く, と蒼ざめた, と蒼白, と蓋, と薙ぎつける, と血の気, と行く, と行く先, と袂, と褥, と襖, と言っ, と赤く, と走りました, と走り出, と軍扇, と軽く, と退いた, と通り抜けた, と速度, と遠, と部屋, と金五郎, と鉄杖, と長, と開いた, と闇, と陽, と雨, と音, と音立て肩, と顔, と風, と飛びこむ, と飛び出し, と飛ん, と飛んだ, と駈け出しました, と高く, どさッ, はやくいえ, 入って, 吠えろ, 急ごう京都, 打ち入りましょう, 早う, 来い返り討, 来なければ, 来や, 生不動, 申し上げちまえッ, 縛れッ, 起て

▼ さうもない~ (248, 0.2%)

4 気が 3 が, ことである, ことです, ことは, ことを, と云, と思, と見る, のが, のだ 2 ことが, しお, ぢや, と思ひ, ので家, のを, やうな, わ, んだ, 人柄です

1 [194件] うたを, お粂, かのやう, から, からこれから, からだ, からである, からといふ, からと言つて, からどうぞ, からどこ, からなあ, からね, からねえ, から君, から泊め, から立樹, から細引, から錢形, がしゃく, がそれ, がと思つたの, が上州屋, が下手人, が傍, が初, が女の子, が滅法, が練習, こと, ことそれから, ことだ, ことでした, ことの, ごみ, しどうも, し引越, し所々, し證據, その代り, たよりない, ではない, ところに, ところへ, とさすが, となる, とわかつ, とわかる, と仰, と判る, と思つた, と思つて, と思へる, と決, と知つて, と知る, と考へた, と見, と解つたの, と言, と言ふから, には違ひな, に依つ, ぬかるみ, の, のか, のであきらめた, のである, のでがつかりしました, のでした, のです, のでだまつて, のではねのけた, のでまた, のでみんな早目, ので九重京司, ので出かける, ので友達, ので地べた, ので娘, ので宿, ので寝ころん, ので平次, ので思ひ切つ, ので愛ちやん, ので朝, ので机, ので残念, ので殘念, ので私, ので苦笑, ので錢形, ので雨戸, のに, のにヤケツ腹, のに外, のも, ばかりかどだい, ほどの小さな, ほどの細か, ほど重い, むしろ此際, むづかしい物の本を, ものが, わね, んでね, 主人でございました, 事です, 事は, 事業なんか, 人間が, 人間で, 人間です, 以上永久に, 会社員の, 体格の, 体裁だつた, 何も, 俺は, 処に, 勢ひであつ, 勢ひです, 唖の, 塀の, 外国語を, 大年増, 大燒痕, 奇風が, 女で, 女でした, 奴な, 子息達は, 家庭食堂って, 家造りです, 小路を, 幾つかの, 引窓などを, 御仁體でした, 御面相だ, 心から己, 恋に, 息子と, 戯曲が, 振舞ひなの, 文字を, 文面でも, 日本画壇の, 時に, 時は, 月足らずの, 望ほんとに, 末の, 植木棚を, 構へは, 様子だつた, 樣子です, 樣子を, 此の, 残念, 気分も, 気勢を, 気持である, 気持に, 氣が, 水際だ, 海辺で, 漢文の, 濶達と, 熊の, 燕女は, 物は, 状態な, 状態らしい, 用事を, 男だ, 男で, 男です, 相手だ, 肌合ひ, 脇差なんか, 自分の, 若殿原だ, 草の, 荒地の, 菜切庖丁が, 説だ, 足跡などを, 身體だ, 近所の, 連中の, 長い顎, 長ん, 離れ業です, 香水を

▼ さつと~ (240, 0.2%)

7 顔色を 6 顔を 5 身を 4 眉の 3 吹く風大黒傘, 振れ振れ白鳥毛, 道を, 音し 2 冷く, 血の気が, 通ふ, 釣針を, 顏を

1 [196件] あんどんを, おろして, お浚, かかり汽船, かかる, かすめたと, きて, こちらに, こちらの, この男, しごいた, その短冊, その豚, その銀, どこかへ, ひかり落つるを, ひくとき, ひと足後ろへ, ひと雨, ひろげし投網, ふきおろして, ふれ, またさ, まぶたに, むら雨の, ゐずまひ, バスは, マストの, 一つの, 一刷毛で, 一度に, 一挙動で, 一搖れ, 一杓水かけ, 一陣の, 上つた, 上つて行つた, 二三人の, 云ひ, 人々は, 人波の, 何かが, 來て, 内から, 刀で, 別れて, 刷毛で, 十文字に, 反転し, 合図の, 吹きつける風, 吹き来り今, 吹き込んで, 吹くあと, 四五匹飛ん, 地上に, 塗くつた, 変つた, 夜の, 大きな翼, 大きな輪, 大空に, 奴の, 寝台の, 射し入る電燈, 射す, 屋根や, 山の, 左に, 引かれた爽やか, 引き揚げて, 引き締まつた, 引揚げ, 強い風, 悲しげ, 手先を, 扱くと, 拔けて, 指差した, 掛つた, 掠つて, 掠めて, 掻つ, 撫でられぬ岩, 擦つて, 散らばつて, 散る, 明りが, 暗いとても, 暗い影, 書きなぐるので, 月桂樹の, 本船を, 来てさ, 来ると, 東坡の, 染み出て, 森羅殿の, 椅子から, 横倒しに, 水鳥が, 河原に, 洗つてにたにた, 洩れて, 流れ木, 海辺まで, 淺黒い, 清作の, 温まつて, 湯気の, 漲つた, 漲る怒気, 潮し, 灰白色に, 烟の, 焚火の, 照り, 現れた, 男の, 白い飛沫, 皺を, 目覚めて, 眞菰の, 真赤に, 砕けて, 砕け散る波の, 禁制の, 私の, 空を, 窓掛を, 立ちあがつて, 紙の, 素早くウヰスキイ, 絶望の, 線を, 羽織つて, 羽織つてさよなら, 腕が, 膚に, 自分の, 舞台を, 茶の間の, 落ち入りて, 落ち入る杉ばやし, 蒼白に, 蕨の, 薄墨色の, 血煙が, 血走り二度目, 裸足で, 言ふ, 變つた, 起ちあ, 起つて, 足もとが, 跟い, 身に, 転覆し, 軽い電流, 迸り流る, 迸る, 退いて, 逆立つた, 透き徹つて光を, 這ひ出した, 銀河が, 開かれ手振り, 降つたらさ, 降つて, 降出した停車場, 電光の, 青ざめた, 青ざめながら, 青ざめ焚火, 青じろく時々, 青白み, 面を, 音が, 音も, 頭に, 顏いろ, 顏中に, 顏色を, 顔が, 顔色をかへ, 顔色をかへて, 風が, 風で, 風に, 風を, 風呂から, 駆け込みました, 鳴つた, 鳴りさら, 黒ずんだ竹柏, 鼻白んで

▼ さない~ (240, 0.2%)

16 やうに 15 ように 6 のである 5 のは, よ 4 うちに, のか 3 ことは, のも

2 [20件] が, ことで, と云う, に相違, のが, のだ, ので, はずである, ほうが, もので, ものは, もんだ, わ, わけには, 中に, 口調で, 時は, 草の, 質である, 間にも

1 [139件] うしろ向の, かも知れません, からそれ, がその, がその道, がそれでも, がそれとなく, がともかく, が一度, が多分, ことが, ことである, ことです, ことも, さうである, ざかうへ, しウン, し学問, その頃の, ぞ, ための, ためわざと, だけの努力, だけの柔らかみ, であろう, でお父さん, でただ, でねいい, でも鬢, で始終, で早く, で是, で自ら, というの, という宗教的, といけません, といったふう, といふぢ, といふの, といふは全く, といふ規定, ところの, ところを, とどうも, とは八橋, とは断言, とは言, とも限らない, と云, と仰有る, と吾等, と御, と思, と止めた, ならば, ならもう, にし, にもせよ, のかと, のだった, のだろう, のであろう, のでした, のでしょう, のでその, ので彼, ので第, ので誰, のにチェホフ, のみならず, ばかりで, ほど痛ん, までも根柢, まままた, ものです, ものでもねえ, ものの内心, やうである, やうにね, ような, らしかつ, わけに, わけも, んだ, アノ邪慳非道な, カテリーナの, 一種の, 事に, 事も, 事を, 人である, 人情家だ, 仕組みに, 低土のう, 修業を, 十年間の, 呼吸も, 場合でも, 場合の, 場所では, 女が, 姿が, 娯楽は, 御気質, 所か, 所は, 手の筋を, 方が, 方です, 曲者は, 様に, 様子と, 樣な, 樣に, 浮浪民である, 点で, 為に, 無理に, 爲めに, 特性を, 甚だ感じ, 用心から, 男である, 男より, 盜み, 祝言人, 私は, 程度に, 約束でした, 自然の, 覆面の, 訳に, 譯に, 農民は, 限り私は, 限度に, 顔付で, 風でした, 風情で

▼ さうさ~ (239, 0.2%)

249 なあ, ね 85 うは 4 うその, うと, なア 3 うあれ, うこの, うそれ, うそんな, ねえ

2 [14件] ういつか, うお, うここ, うこれ, うそれから, うみなさん, う今日, う何, う忘れ, う日本, た, ねまあ, ね日本, へすれ

1 [129件] うあ, うあたし, うあなた, うあの, うある, うあれぢ, うあんさん, うあんた, ういつか採集, ううち, うきつぱりした処置, うこだはる必要, うこつちへと, うこないだ, うこんな, うさ, うすゝ, うそり, うたしか, うたる人物, うちやう, うで, うどうも, うどちら, うねずみ茸, うひと, うぼく, うぼく知つてら, うまた, うまだ, うむき, うもう少し, うフサ川, うヘイホつて町, う一度, う七ツ谺, う三田君, う上調子, う与太, う主人, う今年, う何時, う先だつては, う先刻, う君, う国仙和尚, う奥さん, う好い, う実は, う家, う寒い, う居喰, う帰り, う役に立つ, う忘れて, う悧巧, う愚痴, う掛け, う旅, う昆虫, う朝鮮, う木村さん, う松王様, う柏原, う根気, う毎日, う注意, う浮世, う無, う珍しい, う球突塲通ひも出來, う留守, う私すき毛, う私たち, う簡單, う苔, う若い, う親爺, う言, う貫太君, う貯金, う赤い, う適切, う金, う頭, う駆使, う鬼塚村, う鬼頭さん, う鷹揚, お妾, この年齢, さうまたつ, ざくざく出, したの, して, だから廢止, だから確かめたい, とても速い, どうも此, なあ宿屋, なあ矢張りお上, なあ鎌倉, なあ隣郡, な二十七八, な今夜赤羽根, な休み, な僕, な後で, な本, な本当, な松田君, な牝馬, な罪, ねえまあ, ねえ年寄, ね今そこ, ね内の, ね實ア己, ね巡査, ね清廉高潔, ね随分, のう八時, もうチヤン, やらなくちや, ナ精, 一度こ, 大きにさ, 白い長い着物, 買取るには

▼ さのみ~ (238, 0.2%)

5 珍らしい 4 では, 怖れ, 賤しき勤めとも 3 不思議がる, 気にも

2 [18件] であつ, でなく何, でも, むずかしくも, 不自由は, 咎めないばかりか, 困難で, 広い町, 心に, 怪しむべきこと, 気に, 気には, 無理で, 繁くも, 苦労に, 遠からざる所, 遠くない, 驚きません

1 [179件] ありて, うろんなもの, おかしいとも, おびえるには, お嫌, こたえない, ずすましの, それを, でありそれ, でした, でなくそれ, でセッセ, で結局, ならず小, ならず自己, まさり行く幾, みやぎのゝみが重な, むずかしいこと, むずかしいとは, むつかしい問題, わが全身, わしに, ツキアイも, 不快を, 不思議とも, 不思議な, 不自然で, 世を, 久しい前, 京へ, 人の, 今猶, 他で, 住み荒らした家, 俗に, 偉い人, 充分とは, 先立ちて, 分化し, 効用が, 動揺は, 古くない, 名作とも, 名所名物と, 否定は, 咎めるには, 問題でない, 問題では, 問題には, 嘆き給い, 困ること, 困惑の, 執着を, 変ること, 変化する, 変化の, 大きからぬ, 大きくなくっ, 大きな滝, 大した事, 大切の, 嬉しいとは, 嬉しそう, 嶮峻な, 廣からねど, 強くない, 往来の, 待ちくたびれるという, 得意の, 心配する, 心配は, 怖しい, 怖るる, 怪しまないよう, 怪しみも, 怪しむにも, 怪しむもの, 怪しんでも, 怪我し, 恋しき心山, 恐るるな, 恐れて, 恐れること, 恐れるにも, 恐れるほどの, 恨みの, 悪くは, 悪評が, 悲しいとも, 悲しむ色, 惜しいとは, 意も, 意外な, 愛惜する, 感じられるだけ, 感じられ変, 感心した, 感謝の, 憎むべきゆえん, 憤りたもう, 時代の, 月光に, 未練は, 末節に, 栄養にも, 歩みしと, 殺気立って, 毒に, 気が, 気の, 気を, 氣を, 注意する, 注意を, 浮き立ちません, 浮んで, 淀みなく, 漂う借金状, 焦心り, 熱くは, 熱心に, 犬猫と, 珍しいこと, 珍しくない, 珍しくも, 珍らしく, 珍味佳肴も, 田原が, 甲乙を, 疑うこと, 疲れずに, 眼障りには, 神経にも, 私の, 私を, 立入って, 美味いとも, 老いては, 臆する模様, 自衛にも, 芸術性ゆたかな, 苦しい思い, 苦には, 苦にも, 苦労は, 荒るる, 行きいそぐべきにも, 見劣りの, 見苦しからぬ, 評判に, 誇張でも, 貧しいという, 辛いもの, 近しい交, 近しく出入り, 退屈する, 退屈にも, 進みては, 遅れた流行, 遊んで, 遠い所, 遠くも, 遠慮する, 遠慮の, 金銀珠玉な鏤め, 陋屋と, 雑踏は, 難きこと, 難くは, 難儀でも, 面白い話, 面白い遊戯, 頓着は, 食指を, 騒々しゅうも, 騒ぐまじく覚え有, 驚きは, 驚くには, 驚くべきこと

▼ さ~ (223, 0.2%)

65 て方, の男 4 だ, と云う 3 ですか, はあの 2 した, といふの, とし, のする, の云う, もその, 姿の

1 [179件] あなたは, あんたは, うんと食っ, お前も, お屋敷, お役所前, かい, かな, か小僧さん, が, がいひました, がうさぎさん, がこの, がそれ, ができ, がなかっ, がふとした, がぶつぶつ, がやはり, がよく, がわざわざ, がカンカンカンカン, が一匹, が出され, が帰る, が来とる, が水神さま, が言いました, こそ好い, したその, した心中立, して, せ, せの, せ仇, せ抛らさんせで, せ頸, その時, たまりや, だけれども, だっておそらく, だな, だなあ, だね, だの, だよ, てえ, てって, でしょうか, です, ですつて, ですの, ですよ, で御座いました, とあひるさん, といい, という, というただ一人, というとっ, というの, という人, という老人, といえ, といっ, といふ, といふあれ, といふ人, といふ名前, といふ學者, とじゆん一君, とにはとりさん, とは全く, とは藤木麻女, と一緒, と云いました, と云っ, と云われます, と兵隊, と欲す, と申, どうした, どこの, なぞにあんた, なの, なんておじさん, なんてゐたはれへん, なン, のいる, のおしやれ, のおっしゃる, のきげん, のくだらない, のとこ, のところ, のとまる, のない, のもの, のよう, のゐる踏切り, のモデルみたい, の二, の云った, の如き, の御, の悪口, の愛, の方, の来る, の目, の睨ん, の立ち, の荷物, の蔭, の読んだ, の赤い, の逝く, は, はあまりに, はいっ, はお, はお里, はそれから, はそれでも, はどんな, はねと, はまかない, はまだ, はもう, はよそ行き, は一日, は一生忘, は役所, は深い深い, は田んぼ, は若い, は言いました, は野良, ほんとうに, もかわいそう, もっとほうっ, もっとほお, もどんどん, や, やか, やが, やぐでりんを, やつたら, よ, よそう, をおまえ, をたべ, をはじめた, をもらう, をよろこばす, を穿い, を穿いた, を見つけ, を課長, 以前にも, 厭です, 収税だらう, 呼んどいで, 大好きさ, 夫婦の, 好きだ, 宜う, 帝国ホテルに, 待って, 急ごう, 抔先達で, 抜くぜ, 探して, 真名古, 私から, 見たえま, 見たッ, 買うん, 送つて, 速達が

▼ さとが~ (220, 0.1%)

8 あった 4 ある, あるの, 彼の 3 あつた, こもって, 彼女の, 見えて

2 [13件] ありました, あり線, あること, いたる所, いっしょに, よく調和, 一緒に, 刻々に, 感じられた, 日を, 明らかに, 波の, 私を

1 [162件] あたりに, あって, あつて, あらわれて, ありわけても, あり快楽, あるからね, あるばかり, ある世界, ある美し, いいたいと, いかにも人間, いかにも工合, いかによく釣合, いっそう目立つ, いつしよ, いつでも, おしの, かさなり合うの, からだに, こういう場合, この作家, こみあげて, こみ上げて, ごつちや, しみじみと, すっかりその, そこに, そこらに, それによって, それを, つつまれて, とけあって, とけあつ, ともに彼ら, どうして避病院, どのよう, ない, ないから, にじみ出て, ぴったりと, へんに, まじった, まじったという, まじって, まじりあって, まるで相反, みちて, わざわざ人, 一つに, 一どきに体温, 一所に, 一時に, 一緒にな, 不可言の, 不思議に, 不自然な, 両方から, 二階から, 互いにきびしく, 交り合っ, 今この, 今は, 何か, 何かしら相関関係の, 何遍でも, 俺を, 光つてゐました, 光に, 入りまじつたや, 別々に, 到る処, 加わって, 原因に, 同じに, 同時に全く正, 変に, 夜の, 奇蹟を, 妙に, 実に美しく, 家の, 寛大と, 対立させられる, 小初, 平均し, 幾分うかがわれる, 強く働い, 心の, 必須の, 忘られん, 悟浄に, 惜むらく, 感じられたの, 感じられる, 感ぜられた, 我身に, 戰つてゐる, 描かれた, 文化の, 旅行の, 更に目立った, 朝食の, 未だない, 欠けて, 此所に, 残った, 殖えるばかりじゃ, 沁, 消去る, 混乱した, 渾然と, 湯気かなどの, 溢れて, 滲み出て, 漲り上って, 無かったら, 焦躁しかった, 犯罪者じみた, 現わ, 痕つけられ, 発見する, 目に, 目立ちます, 直接の, 知りたければ, 知れて, 知れる, 知れるぜ, 私の, 私をは, 笠井さんに, 籠って, 籠つてゐた, 結び合わされて, 織りまぜられて, 耀き合って, 老體, 聴えて, 肚の, 胸いっぱいに, 胸の, 胸一ぱいに, 自分に, 自分を, 草津を, 融けあつ, 表れて, 見える, 見られる, 足らなかつた, 身に, 身体一杯に, 適当なる, 邪魔を, 重くよどん, 重なって, 降りて, 際立つよう, 非常に, 類の, 飽和し

▼ さその~ (197, 0.1%)

3 上に, 美しさ

2 [11件] ことだ, ときだ, 中を, 怪しさ, 意味の, 指を, 構成の, 真実の, 鋭さ, 面白さ, 風流と

1 [169件] あた, あわれさ, いきどおりは, いくばくという, いとしさ, うちに, うちには, うつくしさ, うまさ, お珊, かわりお前知事様の, くせこんなに, こけ猿, ことが, ことで, ことは, ごと子等の, そら, ために, つもりであったれ, つよさ, なつかしさ, まにも, やみがたい悲し, よそよそしさ, スケールの, タヌキがさ, デテイルについては, ニヒリズムへの, ヌケヌケと, 一つ一つの, 一段下の, 上あいにく, 上いかなる, 上から, 上さ, 上火星の, 下に, 中で, 中に, 中の, 丸さ, 亀は, 人と, 代わり君らが, 伝統の, 伯父が, 位な, 個性の, 円さ, 刀で, 力一杯だった, 半狂乱, 危なさ腰, 原因は, 反撥として, 受け身な, 叫びが, 同感によって, 向うに, 周囲それは, 噪が, 困難を, 壮厳さその, 多面なひろがり, 夢が, 夢を, 夫の, 妖しさ, 娘の, 嬢さまだけは, 容貌姿態の, 寂しさ, 対策の, 尨大な, 年寄に, 幽遠さは, 廷ん, 建築の, 強さ, 影の, 影響の, 御機嫌の, 微妙な, 心象が, 悠揚さその, 意味での, 意志の, 愛情の, 態度の, 手前に, 整し, 新九郎様の, 新緑の, 方は, 日暮しの, 日本一太郎でございます, 春子さんと, 時種吉は, 柔弱さが, 梨その, 横顔の, 歓迎の, 歡迎の, 歴史的断片だけを, 毒粉を, 気で, 沈着と, 消息だ, 淋しさ, 淡泊さそれが, 清浄な, 渋さ, 溝や, 澄みわたった透明さ, 烈しさ, 無器用さや, 現実を, 理性の, 理想の, 痛ましさ, 白ッこい, 直接な, 真の, 真実さを, 眼ざし, 硬軟の, 禁制を, 立場の, 精励努力を, 紅い線, 素朴な, 絵付の, 線の, 罪な, 美感が, 聲の, 肉付けには, 腕を, 自然の, 臭さ, 興味は, 色あせた正体, 色の, 花の, 苦しいなか, 葉の, 行為の, 裾の, 詩の, 謹厳な, 豊饒さ創造力ある, 豐さその, 豐富さその, 身にな, 身体つきや, 進退の, 鋭尖, 錬磨の, 静かさその, 静かさを, 静けさは, 頃流行った, 飽気な, 駆使する, 騒かし, 高度を, 鮮かさ, 麗さは

▼ ささうな~ (192, 0.1%)

19 顔を 11 ものだ 7 もんだ 6 ものぢや 5 顏を 3 のを, ものです, 返事を

2 [14件] お婆さんが, もので, ものである, ものな, もんぢや, 口調で, 声で, 女に, 微笑を, 気が, 眼を, 笑ひ, 老僧, 顏に

1 [107件] おどおどした, お染, この老, ところを, のが, ので, ので相手, ので私, のに, のへ, のんびりした, ばり, ぼろ, ものが, ものにね, ものは, ものも, ものを, もんです, やりて, んだ, 中年の, 主人の, 事まで, 事を, 二十六の, 人で, 人間です, 口振りである, 商人らしい, 噂だった, 四十男が, 四國遍路の, 國防色が, 場所である, 声である, 声を, 姉の, 娘である, 娘を, 安里を, 官吏俳優の, 小僧が, 市長殿, 形勝の, 心の, 忌憚なく, 感じで, 態度で, 所が, 所へ, 所を, 掌面だ, 教授連に, 是等の, 時間に, 時間を, 様子で, 様子を, 煮込屋, 父親に, 爺さんが, 爺さんである, 物と, 生返事の, 田舎への, 男を, 町の, 番頭なんぞは, 目尻に, 眸を, 眼で, 石または, 米元, 紅毛である, 老教師, 老爺が, 者が, 腕白らしい, 自惚, 苗字を, 葦原醜男と, 處を, 表情を, 裁判長, 親仁が, 親分は, 言葉の, 誰か, 貨幣一円銀貨が, 贅沢な, 連中までが, 音だつた, 頬に, 頭は, 題だ, 顏が, 顏つきを, 顏には, 顏付を, 顔し, 顔つきで, 顔で, 顔と, 顔に, 顔附とは, 風景で

▼ さした~ (189, 0.1%)

6 のは 5 のだ, んだ 4 ことを, のである, のも 3 つけよ, ところで

2 [13件] のであろう, のでしょう, のです, ものが, ものだ, んです, 上鋏を, 初ちゃん, 女が, 子分が, 洋傘を, 煙草の, 茶碗を

1 [129件] あのちょっとしたやさしい, あの自然人たち, いもの, お蓮さま, か, からこれ, からで, からでせう, から斯様, か翁様, がしかし, がその, がだれ, がどこ, が何となく, が戸締り, が間もなく, くらいだ, ことだ, ことだろう, ことの, そうです, そして燕児, それに対して, だけでも重大, つて, というもの, という事, という象牙, といふ江戸, とき演壇の, ところが, ところが二重, ところだ, ところに, ところの, としたら, と云いまし, と云う, と同じ, と思われる, と砧様, にした, のか, のが, のだろう, のであった, ので初め, ので吾輩, のね, のよ, のを, ほどだった, ままお, ままだ, ままの, まま息を, まま想が, まま手探りを, まま永久の, まま自分は, まま表に, まま院は, ものいずれも, ものであった, ものであろう, ものは, ものも, ものを, わけだ, んだつた, んだろう, んや, コップを, ッて, ロスコー氏が, 一万に, 一事が, 一挺の, 上で, 不幸なる, 事が, 事も, 事を, 事件が, 儘じ, 儘自分は, 原因に, 口に, 古狸や, 地方人の, 夢が, 宇津木兵馬は, 山まで, 後いつまでも, 揚句俺の, 日の, 時其から, 時私の, 木綿機が, 本を, 正木博士は, 法王ピウス七世は, 波に, 牛乳や, 物を, 百目ろうそくが, 着換の, 瞳秀でた, 短剣が, 神津家の, 私は, 竹光を, 素人下宿も, 絵看板を, 總領の, 者が, 胴田貫の, 脚絆を, 船の, 若林博士は, 萩乃の, 處に, 近々の, 鋤の, 頬は, 顏を, 香の, 髪にも

▼ さ~ (183, 0.1%)

10 とした 4 と落ち 2 しすぎる, とし, と打ちつける, と置い, と置いた, 云ひ出し, 白状なさい, 答へ, 言はれ

1 [151件] お答, お茶漬, かただって, この千載一遇, この役目, ご飯や, した室の, して, してた, そして万一, そばの, て, ていとど, てわれ, て被, て風の音さやか, と, とうしろ, とおまけ, とかう, とかけられ, とかたまっ, とかぶっ, とこく, とこれ, ところげ落ち, としたる, とした話し, としてる, として大きい, としりぶと, とたおれる, とたくわえた, とたしなめる, とはきつい, とは殊勝, とばかりもと, とむし, ともたれかかる, とも知らで犯せし, とヤク, と下ろし, と云, と仰向き, と何, と倒れ, と倒れたらしい, と倒れる, と出, と別れた, と前髪, と包まれ, と品, と坐りこみました, と垂れ, と垂れた, と垂れ下っ, と大きい, と大きいひさし, と女, と定期, と巻いた, と幅広, と弁当, と引, と打ちやり切った, と投げ出し, と投げ出した, と投げ出す, と投げ落された, と捨て, と揶揄, と断たれる, と春風, と書ける, と束ね, と来る, と死ねる, と活け, と活けたる, と濃い, と畳一ぱい, と白状, と立った, と結ばれ, と結ん, と緑, と繁っ, と置かれた, と置く, と肩, と自分, と臼, と落した, と落ちかかった, と落ちる, と葡萄酒, と袂別, と見, と親切, と話しかけられる, と軽く, と遠く, と部屋, と開ける, と降ろした, と額, と額ぎわ, と飛び下りた, と髪, ながら, ながら思ふ, にくけれ, にけり, に寒き, の灯影, はしない, はしません, やうが, やつて, 一行の, 人を, 今夜一晩で, 兜が, 判決される, 別れを, 印象を, 受附へ, 合槌を, 女を, 尾関に, 帰順朝貢し, 座を, 悶絶し, 方です, 普段なら, 會つ, 水泡に, 満二十歳, 瀧の, 火が, 片附けよう, 白状し, 砂ほこりが, 笑つてうなづき, 笑ふ, 答へて, 舞台を, 船見ゆ下総の, 辞任した, 頭を

▼ さなき~ (181, 0.1%)

5 だにこの 3

2 [13件] だ, だに今, だに因習的, だに平素, だに彼, だに暗く狭い, だに東京, だに水, だに淋しい, だに私, だに縁遠い, やならない, やなるまい

1 [147件] こころ叱り, だに, だにおどろ, だにおもき, だにかれ, だにご, だにごみごみ, だにさびしい, だにすぐ, だにせまき, だにそこ, だにつまらない, だにとかく, だにふだん, だにもう心から, だにやつれ, だにコロリ, だに三年間, だに不安, だに不幸, だに不思議, だに不自由, だに不都合, だに乱れかかっ, だに事, だに人, だに人間らしい, だに人類, だに何者, だに余り評判の, だに作品, だに俺, だに備前, だに児童, だに八釜, だに切支丹, だに前景気, だに勝, だに口善惡, だに可愛い, だに各種, だに吉野朝廷, だに喧嘩好き, だに喧騒混乱, だに困惑, だに大将, だに天下みな, だに女客, だに婦人, だに寂滅為楽, だに寒い, だに寝, だに寧子, だに小暗い, だに少ない, だに幕末頃, だに弓馬, だに弦, だに御, だに心, だに志村崇拜, だに志村崇拝, だに思慮分別, だに息づまっ, だに悩ましき, だに悪政下, だに悲しく, だに感覚的, だに憂き, だに時として, だに時間, だに暗い, だに曹操, だに朦朧, だに梢, だに此の間, だに武蔵, だに殺気立っ, だに毒々しい, だに気負い立っ, だに沙塵, だに涙, だに混乱, だに激怒, だに濃厚, だに無人, だに熱き, だに燭, だに物騒, だに犯罪, だに狂いかかっ, だに狭い, だに玄徳, だに病疲れし, だに盲, だに種々, だに空想, だに競争, だに第, だに籠城, だに細く, だに繁き, だに罪人, だに胸, だに若殿, だに蒼ざめて血色, だに薄暗い, だに血, だに見切り, だに評判, だに財源, だに貧乏, だに資本, だに足, だに重き, だに重体, だに重荷, だに闇, だに陣形, だに陰気, だに霜, だに霜融, だに静か, だに頼み人, だに高家, だに鼻ッ張り, ものと, も強, も強いて, や, やこつ, やわざ, より父爲時, ア, 児むかひ居, 口の, 同事也, 心ひろへるごとし, 我の, 教へ, 文は, 泉石の, 畑に, 秀の, 者と, 聲も, 蚕すでに

▼ さでも~ (173, 0.1%)

13 ある 8 あった 6 なかった 4 行って 3 あります, ないのに 2 あつた, ありそして, これを, ない, よくわかります, 不意を, 二目も, 自分は, 花の, 行けば

1 [116件] あったが, あったと, あらうが, あらかた推測, あり, ありました, ありません, ありまた, ありやがて, ありやしないやね, あり両親, あり真, あり自分, あり頼もし, あるし, あるしかし, あるよう, ある即ち, あれば, あろう, あろうし, いいから, おいて, お嬢さんは, けつかつ, ここまで, この, この雌豹, これ以上は, さすがに, して, しまいには, しられてるよう, すぐその, する気, その邊, どうか, ないが, ないし, ないもの, ないわね, なくこの, なくて, なくまこと世間, なく六本木葵町間, なく憂鬱, なく手, なく立っ, なく絵描き, なく良寛, なければ, なんでもが, ぶっこまれたら, またあった, やつぱりどこか違つてゐる, やはり自然, やるか, わしが, 一つの, 下降の, 人が, 以前の, 余程違う, 假借する, 充分に, 先差当り牛込と, 円筒形が, 出はるますか, 出るよう, 勤たら, 十分だった, 単に学友, 味わせ味おう, 大の, 実際壮大, 寒がり, 察しられボロ, 尨大な, 希望の, 平気で, 形体でも, 形體でも, 心得は, 想像が, 意味あり, 意地わるでも, 感じて, 房州の, 抱いてるよう, 掛かるよう, 救いようは, 救ひ, 新さ, 有名な, 案外恐れられず, 殿の, 火ぶくれ, 無かった, 片付けば, 知れて, 秋の, 紙は, 総て自分の, 考えよう, 腕競べし, 自分で, 良い若干, 行くさ, 行ぐか, 行けたの, 見ると, 足りなかったよう, 通うより, 重量が, 集って, 頭角を

▼ さである~ (170, 0.1%)

9 ことを 4 ことは, ということ, と思う 3 ことも, という, と思 2 か, かも知れない, がこれ, が文学, というわけ, とも言えるであろう, と共に真に, のだ, 事を

1 [122件] かのやう, かの如く信ずる, かもしれない, かも知れぬ, からそれ, からそんな, からだ, からひとたび石, からオモチヤ, からガタガタ, から一応, から人気, から彼等, から批評, かを知らない, かを知らん, か位, が, がすこし, がその, がどう, がぴたり, がまるで, が今, が今度江戸, が前者, が南, が外人, が形, が彼役者, が故に, が梨枝子, が水面, が私, が米友, が腹, が蒲郡, が軒, けれども日, けれど全く, こと, ことが, ことだけが, ことには, この調子, しまた, そこに, ために, だけで, と, という意味, といっ, といふ, とか思い, とか思ひ, とする, とはいえ, と云, と云う, と信じた, と信じます, と勘, と同時に, と定めます, と思います, と思った, と思つて, と思ふ, と思わざる, と思われます, と感じる, と斷つて, と獨斷, と痛感, と考える, と見る, と言うべきである, と言われ, にも拘はらず, に相違, に関わらず, のかも, のが, のでしょう, ので彼, のなら, のに中, のに各, のに宿外れ, のに私達, のは, のみだった, はずだった, ばかりで, ばかりでなく, まだ散る, みんなよく, もっと早く, ような, ように, わけです, アルプス式の, 一・〇〇八を, 一杯ひつ, 不安な, 事は, 余は, 午前中は, 友友の, 実際日本北アルプス辺, 彼が, 敬語が, 日彼に, 私の, 私は, 程なれ, 自分が, 芭蕉は, 行乞の, 街は, 試験の, 関係上戦争の

▼ さよりも~ (169, 0.1%)

2 [13件] むしろその, もつと, 伝右衛門の, 寒さ, 寧ろ自然, 尚堪へ, 幅の, 恐ろしさ, 慎しい, 更に彼, 私の, 自分の, 苦しさ

1 [143件] あたたかい, あたたかく寒からず, あなたを, あの昼, あの無邪気, いうに, いたましさ, いっそう多く, いっそう濃く黒く, いや運筆はか, おそろしい速さ, かうや, かえって不気味, この恐ろしい醜, この方, この時, この綱, さらに輪, ずっと大きい, そういう大ざっぱ, そうした噂, そうした彼, そこに, そのあた, そのとき, その作家, その声, その暖めた, その花, それを, そんな明白, たっといこと, なにかどぎつく, はるかに, ふむべき為, ふむべき爲, ほかに, ほんとうの, ぼんやりした, またない, むしろはかな, むしろむし暑, むしろ大人達, むしろ肉体, もっと異常, よほど短く, より深く, より苦しい, れいれいしく書いた, わるさ, インフォーメーションが, 七八寸長く, 不安に, 不完全をも, 不憫さが, 主として精神, 五六センチ低く, 人一人の, 人中の, 人間としての, 今夜の, 仕事を, 以上に, 低いところ, 俗悪なら, 先に, 写真の, 刺戟が, 単純な, 品物の, 変じゃ, 夜の, 大きい動機, 大勢への, 天上の, 好もしいよう, 好奇心が, 始終粗相, 実質的に, 寧ろお, 寧ろその, 寧ろちよ, 寧ろはかな, 寧ろはげしく, 寧ろ複雑, 尚身丈, 左様に, 広さ, 弾丸に, 彼の, 心痛の, 怒りの, 恋しい女, 恐怖を, 恥しさ, 愛らしさ, 愛欲の, 憎らしくなる, 憤りが, 故意か, 暑さ, 更に遠慮, 本尊の, 椿の, 横幅の, 死亡が, 民間の, 気支わしく, 水の, 浅く見える, 海の, 深いもの, 深くない, 父と, 父君が, 獣的の, 生命じゃ, 白い, 目的の, 短いラミイ, 短い円周, 私は, 美しさ, 肉体や, 自分を, 花むこ, 荒涼として, 薄気味わる, 観察の, 訝しさ, 誇張した, 足よりも, 遅々たる筆, 遙か, 遙かに, 部屋全, 長く見える, 静寂である, 頭の, 食物よりも, 高いの, 高い所, 高く天

▼ さそれ~ (158, 0.1%)

2 [11件] がです, が上, だから, ですが, のみにても我, はそう, はその, は私, も, も彼, を見る

1 [136件] からいきなり, からは路, から二階, から更に, から段々, が, があの, がだ, がどう, がどういう, がない, がなほ子, がよなに, がわたくし, が一般, が人生, が人間一代, が兄, が全島, が却つて, が外, が大抵, が奇遇, が残念千万, が殺され, が浅ましい, が煉瓦色, が甚だ, が病的, が知れぬ, が確, が訊きたい, が釈けない, こそ本朝, こそ調所殿, さ, じゃあ僕, すら事, そのお, だけで, だな, でいい, でございます, です, と同じ, なる壺, なん, にこにくらしい, についてでござる, になに, には一寸, にもこれ, にも優し, にも拘らず, によって他人, に今日, に実生, に引かれ, に惜しみ, に於, に炭, に第, に臨海亭, に鞘, に鼻, は, はある, はいは, はいろいろ, はかつて, はそれ, はどう, はなかなか, はまア, はやはり, はわれわれ, は丁度, は仕方, は全く, は判っ, は又, は君, は大家, は太陽そのもの, は実に, は建物, は或, は文学, は斯ん, は極東, は止めた, は水, は漱石, は生き, は相手, は知らない, は砂金採集家, は私たち, は解りすぎる, は近頃, は釣人, への即応, もお前, もこちら, もこれから, も上方流, も人, も技術, も拙者, も旅人, も無理, よりは長崎屋, よりも第, よりも近藤さん, をうめ, をお, をただいま, をちょっと, をつくづく, を下さい, を予め, を二重, を刺せ, を南洋, を吊つた, を妨げた, を存在, を寝物語, を巧妙, を思い, を欲, を聴いた, を與吉, を言われい, を露骨, 聞きに

▼ さはれ~ (149, 0.1%)

5 去年の 4 何故わが 2 これらの, 今われ最上の, 汝に, 汝の, 汝は

1 [130件] ああさ, あゝわが, かなたに, かの時アルゴス, その夢, とてもかかる, なじかは, なほ吹き鳴らし吹き鳴らし, なほ爺は, ばうとまし, ばすぐ, ばをかしき, ばボロボロ, ば倒れ, ば噛みつき, ば指, ば脂, ば落ちる, わが父クロニオーン, わが肩鎧, わが魂, われ能く, アポローンに, アポローンの, クロノス産みいでし, ゼプュロスボレエース汝來る, チュウヂュウス, ヂュウスの, トアスよ, メゲースその, 一層わが, 世評は, 乞ふ, 五分時, 今は, 今また, 今わが, 今アキルリュウスよ, 今去れ, 今我, 今我メネラオス咎めむよしや, 今我戰裝, 今曰, 今痴人の, 今行きめづる子に, 今起て, 他の, 來らんトロイアの, 偉大の, 儼然と, 其そば衆軍は, 其爲めに, 勵ませ, 匂は, 危急の, 君も, 君今内に, 君待て, 君若し, 咎むる勿, 四方に, 地上に, 夜は, 夜闌け, 夥多の, 大難近づけり, 委細を, 孟子は, 尚力強く, 屍體に, 強ゆる, 彼は, 彼らの, 彼らは, 彼今, 從はず, 心静かなれ, 忠孝や, 恐れよ, 惑は, 慟哭哀痛の, 成人する, 我が, 我らは, 我尚, 我恐る, 我等が, 接唇脣の, 数は, 數へて, 是みな過ぎし, 曉光布く, 木枯吹きすさむ, 此事計るべき, 此者一切の, 歸る, 水陣さして, 汝と, 汝らは, 汝ら今行き, 汝等アカイアの, 流石に, 海のへ, 盛りの, 盟と, 砲弾に, 神明この, 禍難は, 等しくヘクト, 紅葉は, 美貌も, 老將プォイニクス, 老驥櫪, 自然は, 至上の, 船より, 苦惱に, 苦痛に, 衆今食を, 親戚僚友は, 誰しも, 諸神, 負傷を, 足疾き, 追ひつけ, 逍遙子は, 運命君が, 銀弓の, 飮食今われの, 飽く迄戰

▼ さをも~ (147, 0.1%)

4 持って 3 感じた, 示して, 語って 2 忘れて, 発見した, 見て

1 [128件] あわせて, うち忘れ, おさえつけさまたげて, おのずからひき出し, お加, しのぐこと, しぼりとるの, しみじみと, すこし撓めぬ, その易, ちっと倹約, つい忘れる, つくづく感じた, なほざり, ひそかに, ひっくるめて, まじえたよう, またある, まだ経験, 一つの, 与えて, 何かと凌ぎよくしてやるだけのひろい科学的, 作りあへ, 作る原動力, 保ったところ, 保障し, 信頼に, 具へ, 力説する, 加える, 包み込み古い, 厭はず宿まで, 厭わずスタ, 厭わず幾度, 厭わず裏庭, 同時に心, 同時に感じた, 含んでの, 味ひ知り, 増しまする, 増すばかり, 多分に, 夜闇をも, 失って, 失つ, 失わぬ街上生活, 奪って, 奪つて, 女の, 妨げて, 容易に, 寒さ, 少しも, 幾分含む, 彼は, 後へ, 心の, 快よし, 思つた, 思ひやられるところ, 思わないでは, 悲惨さをも, 想像し, 想像する, 意に, 意識しない, 意識する, 感じさせなかつた物, 感じさせる, 感じて, 感じないで, 感じないほど, 感じながら, 感じます, 感じられるやう, 感じる, 感じるであろう, 感じるらしい, 感じる心, 懷し, 或は怪し, 承知した, 把握し, 早くも, 暑さ, 書き落して, 最もよく了解, 深くこれ, 漂わして, 熱をも, 物語るもの, 理解し得る, 疑った, 痛感します, 発揮した, 白状せり, 知ったの, 知って, 示さなかった, 笑って, 美しさ, 考えねば, 考へた, 自覚しなけれ, 苦にぜ, 蒲原に, 見ること能はず, 見出して, 見出すこと, 見落さなかったの, 覚えしなるべし, 覚えた, 評価し, 誇大に, 認めること, 誘うの, 誘うわけ, 説明ぬきの, 越して, 輝かしさ, 逸しなかった, 遺憾なく, 醜さ, 鋭く感受, 鑑賞する, 防ぐし, 顧みずに, 髣髴させ

▼ さ~ (145, 0.1%)

5 を持っ 4 乘りなされ 2 はいんなさい, わかりに, をあやつっ, をかつい, を持ち, 乗りなされ, 出なされ私, 大切に, 富は, 角も

1 [116件] あがり, あがりな, あがりなさいませ, いたわしさ, がとどかなかった, がない, がなかっ, が短い, が立ちません, さしつかへ, たべた事, ぢいさん, つかあ, でつつい, では思う, でまず, なんて, な檜林, にかかっ, にかけ秋, にさお, になっ, になった, に晴れ, はいり, はいりなさい, はいんなさいとして, ひとつお, もひ, もひた, わかりですか, わかり下さるでしょう, をかつがせ, をさし出させ, をしまい, をすて, をもっ, をもった, をドシン, を一本, を伸ばし, を大事, を求めました, を肩, を買う, ツ母さんが, 上りなされ, 上り下さい, 上役に, 互にうんざりする, 仲直りの, 作は, 偉さ, 冬さん, 出やす, 分りの, 刺身を, 千絵様, 千賀の, 午の, 取立てが, 受けや, 喫べよ, 坊っ, 坊様掛け, 声の, 大切にね, 好き, 妙さん奥へ, 姐ちやんは, 姿の, 寝と, 察しなされ, 察し下され, 察し被, 小夜と, 師匠様はやく, 引取りに, 待遠, 手でも, 手を, 掛けに, 掴んなさい, 放しくださいさ, 放しと, 早くお, 智慧の, 暇を, 歩きなさい, 殿様へ, 水, 洒落さ, 燕ちゃんお, 由に, 由坊を, 立合この, 粂に, 縫さ, 縫以上の, 聞きよ, 薬どす, 見違えだよ, 講と, 迎ひ, 逃げなさりませ, 逃出しなさら, 通さん, 通り遊ばしませ, 連れ様も, 邸と, 酌致しましょう, 顔の, 食べって, 食り, 飲みいい, 鼻薬

▼ さ~ (140, 0.1%)

4 手に, 板庇, 疲れ倦みたる 3 帽子ま, 私は

2 [12件] あたる日射, ふ波, ふ雲, 七十路あまりいよよ, 冬は, 夜半の, 女の, 枕蚊帳, 梅の, 灯さしむけ, 美くし, 風微かにかよ

1 [98件] あな春の, あの頃, あはれその, あはれ忘れ, ありがたさ, いざや, うつむけるが, うまさ, おべ, お前ん, かうばしさよ, げにも, ここらの, この頃, これから彼, こんど逢ふ, さと, さよ, さらさらと, さを, しみじみと, そして私, それは, それを, たちまち石, ちぎれ雲が, でこういう, なかに, なきどりという, はかなさ, はた, またやさし, わけて新, オオ風と, カチカチ, 丁度碓氷, 二つ三つ四つ手に, 云々, 今が, 今宵は, 佐久間町入り口の, 何もかもすぐかわい, 冬と, 刈る人, 又し, 友の, 口寄する, 哀れ月は, 夜は, 婆さんに, 子供の, 山蔭遠く, 幾時雨, 彼は, 彼曰く既に, 思へば, 成らば, 我ならぬ, 斯くて, 昨日の, 杉の, 松蔭の, 柿には, 武門正成の, 殿下もつれ, 河原すすきは, 波の, 淋しさ, 源叔父, 焔の, 無念さよ, 独り, 病めるに, 相手の, 砌の, 硝子杯の, 竹の, 答へは, 紅き頭, 肥桶積みて, 背後の, 胴ふぐり, 芹摘めり, 莚しき竝め子ら昼寝せり, 蒲田谷へと, 蛙の, 観れば, 誰れ, 身も, 逢ひ, 酒も, 金水引の, 鋭さよ, 青葉若葉の, 頭巾肩掛に, 願いなき, 飯そのものの, 高殿に

▼ さとの~ (139, 0.1%)

10 間に 7 ために 5 中に 2 うちに, ごつちや, なかに, 同分量, 混りあった, 為に, 相異, 関係も

1 [101件] いれまじった蒼い, お母さんが, くいちがいも, こと私は, こもった微笑, ごっちゃに, しるしが, すべてを, そして一種, ためどんなに, ちがいも, つり合いで, なかでは, ふしぎな, まじったシュワルツァー, まじりあった見もの, ギャップは, ハッキリした, 上に, 下に, 不思議な, 不調和さが, 中で, 中根氏の, 二つの, 二次元を, 云い合いまでに, 個別的段階を, 入り乱れて, 入り交った, 入り混, 共鳴の, 力で, 努力を, 区別を, 味噌漬が, 哀れ深い, 問題であります, 問題に関して, 夾み撃ちに, 奈落に, 対比, 対照が, 小さい胸, 差だけ, 平均から, 度合を, 強調, 微妙に, 心中を, 必死の, 怪獣の, 恥辱と, 意識の, 感情が, 抱擁し合った, 故に嘗て, 明方の, 最後の, 朝夕に, 板ばさみに, 比例美しく, 比較でも, 比較は, 沈みゆくところ, 活躍は, 混じった感情, 混じ合, 混じ合ったの, 混った, 混合だった, 混合った, 測り知られぬ鬱積, 溢れたおとなしい, 澱み滞つて, 点であった, 独自な, 異樣, 目路に, 相会うべき, 真の, 矛盾から, 矛盾を, 精神的な, 結合であっ, 結晶によって, 統一は, 絶頂であっ, 者は, 花橘は, 血潮が, 表情を, 親の, 調和が, 調和した, 輝きを, 違ひ, 釣り合い軒, 関係に, 闘ひ, 高き程度

▼ さとに~ (134, 0.1%)

4 於て 2 ある, わたしは, 充ちて, 充ちるもの, 堪えかねて, 引きずられて, 驚かされて

1 [116件] あいた口, あきれずには, あとが, いたたまれなくなった, うか, うだつて, おどろかされた, おどろかれる, おのずから身, おのづか, お増, かかって, くらべて, くるまれた, ぐったりし, すこし彼, すっかり疲労, すっかり相手, そそのかされて, そのあと, ねぶりなば, ひとりある, びっくりさせた, びっしょり枕紙, ふるえながら, ぶるぶる顫, みちた都会, むせ返りながら, 一生懸命おさえ, 不足し, 乘じ, 佐藤は, 体が, 何とも云え, 例えようか, 倒れて, 充ち溢れて, 入るため, 全くし, 加えて, 包まれて, 同時に胸, 品性を, 喉を, 堪えかねわたくし, 声を, 富んだ話し方, 就いて, 帰った, 弱り果てた三人, 彼は, 彼女は, 徹しえないの, 心を, 思いいたり, 恵まれた驕慢, 悶えて, 愈自分, 愛想を, 感ずる淡い, 感心もし, 慄え, 戦慄を, 打たれそれ, 打たれつ, 打たれて, 挫けながら, 接して, 攻められながらも, 敗れるであろう, 本づい, 本づき, 来て, 枕持ち, 歯ぎしりし, 残酷な, 気分が, 気押され, 沈んで, 泣くやう, 浜の, 涙が, 混乱し, 満ち満ちた, 現れて, 疲れて, 癇を, 発狂を, 眠られないで, 私は, 締つけられる, 置かずに, 羽二重と, 胸裡は, 自ら風流第, 自分の, 苛立ちながら, 蒲團へ, 蠱惑され, 袖を, 襲はれ, 観る者, 覺えず, 誘いこんだ, 負うもの, 身を, 輝く盛夏, 辟易した, 迫られたもの, 迫られては, 逃げて, 陥った, 面を, 驚いただけ, 驚かぬ者, 驚嘆した

▼ さっし~ (131, 0.1%)

34 ゃい 8 ゃれ 7 のとおり, ゃる 3 ゃるか, ゃるかね, ゃるが 2 てみ, ゃるに

1 [62件] ていた, ているだろう, て下さいませ, ゃいこの, ゃいご亭主は, ゃいとたいへんなお, ゃい上へ, ゃい印象派の, ゃい浪に, ゃった, ゃったお寺で, ゃったかも知れまし, ゃったがその, ゃったのが鶴谷喜十郎様, ゃったのはタヨリに, ゃったろう, ゃったサイエンス, ゃった様子で, ゃってからオモヨさんが, ゃっても手がかりも, ゃらぬ, ゃらぬことはござりますまいが日は, ゃらぬ自体この, ゃらねえもんだでまだ, ゃりはしねえのか, ゃりましねえだ, ゃります, ゃりまするが掃溜ぐらい, ゃります通り道は, ゃりませ掛金も, ゃるお日様と, ゃるかお, ゃるかそれを, ゃるかと馬士は, ゃるから, ゃるげな天国へ, ゃるせいだっぺい, ゃるで, ゃるという, ゃるとの, ゃるな, ゃるなおらここに, ゃるなこれは, ゃるなした, ゃるな二股坂へ, ゃるな水だ, ゃるには, ゃるのも御, ゃるはその奥様に, ゃるものでねえ, ゃるよ, ゃるようで目も, ゃる事に, ゃる事は, ゃる事も, ゃる山路で, ゃる目に, ゃる筈は, ゃる綿の, ゃる通りだ, ゃれんちうてなあ, 長州だ

▼ さといふ~ (129, 0.1%)

51 ものは 16 ものを 15 ものが 9 やうな 3 のは 2 ことに, 点から

1 [31件] いつもの, ことだけを, ことは, ことも, ことを, ごとし, のだ, ので, もの, ものかも, ものだけ, ものに, ものに対して, もの私は, もんが, もんに, 一事に, 中に, 中年女, 事が, 事を, 女中, 字も, 概念が, 様な, 母が, 気に, 言葉では, 言葉を, 風な, 點では

▼ さ~ (127, 0.1%)

5 して 43 だ, にお, に睨ん

2 [11件] たりする, なりける, なるぞ, な世, な彼, な態度, にし, にひとり勝手, に罵った, に見遣り, に言

1 [87件] からおかわ, が次, こがして, そして右手, たりし, たり船長, だけんなった, だわ, ってある, である, で帳場, で袖, とかいううしろ, ながら取りよせた, ながら同じ, なシュラッギング, な眼, な音, な高慢, にいった, にくさし, にささやいた, にする, にそう, にその, にそれ, にでました, になかば, になさり, にひったて, にまた, にチロチロ, に一緒, に云, に云う, に云った, に利用, に動物学者, に参った, に口びる, に叫んだ, に呟けり, に大きな, に左手, に弁太, に彼, に怒鳴り, に我, に栄三郎, に歪ん, に気がつけ, に火長たち, に甥, に白丁, に目, に真似, に眼, に突, に立ち, に笑った, に罫, に肥えた, に見ながめ, に見下し, に言放ち, に話し出された, に退ける, に隠居, に顔, に顧, に顫, のほう, の顔, はてたやつ, はてたよう, はてた二タ股者, はてた奴め, はてた腰, をやる, を主張, を持っ, 果てたお, 果てたこと, 果てたといった, 果てた者ども, 果てた腰抜け野郎, 果てた逸楽

▼ さるる~ (127, 0.1%)

4 ことも 3 に相違 2 あり, ことと, に至った, に至つたの, ように, 事有る, 室, 時は

1 [104件] かかる一枚, からマルコ, から諸物大小, が儘, が可, ことなく, ことを, こと此の, こと能はずとも, その懸け, それが, ぞ, という事, ところそこに, とも口縄, と同じく, と斉, と知れる, なりとか, なれ, に, にあらざれ, につけて, に予, に先, に及び, に及ん, に於, に由り, に至れり, に随, に際しては読者, のじゃ, のである, のは, のみなら, の弊, の後, の惨劇, の機会, の止むなきに立, の種, はずだ, は商, は視, ひらめきと, ほどなおさらそう, ほどますます, までの上首尾, もぜひ, ものとを, も平気, も強, も賭博者自身, やうに, や酒場, ゆえそれが, よりもその, よりも明かである, を厭っ, を得ざる, を懼, を目前我身, を見る, を観た, フェナコズスを, 一種の, 事に, 事無く, 人も, 仕事の, 使人等の, 傾有之, 價あらず, 古器物, 唐招提寺の, 土器は, 學者のみ, 幸福を, 弱きものの, 心掛け差配, 思が, 所あり, 斯る, 是空の, 時群集を, 時随行し, 木の葉にも, 板場の, 死んでも, 気色なる, 海蛇ある, 深苦, 満枝の, 物とも, 狭山九郎太氏は, 獸骨貝殼の, 理由は, 由目黒の, 畠に, 者甚だ, 観月の, 長岡様岩間様には, 音を

▼ さを以て~ (125, 0.1%)

3 しても, 彼に, 彼の 2 傍観し, 毎日毎日探索する

1 [112件] あなたの, あらゆる動く, あれこれと, お前の, かれの, この固有性質, この場面, して, せいぜい一年, その端書, それを, つっかかって, であ, なされつつ, めぐるの, やって, スルスルと, ドキンドキンと, 一二思ひ, 一般に, 三つまで, 世界を, 之を, 事を, 云ひ放つた, 人の, 人夫達の, 今日まで, 以後の, 何里と, 依子に対する, 働いたこと, 僕の, 全く相容れない, 全世界, 卒去した, 同様の, 名が, 吾, 命ぜられた品, 国家の, 垣根の, 埋めるもの, 塗りつぶして, 夜と, 女中への, 妾の, 威儀儼然と, 学問性を, 展開された, 巍然として, 幽霊塔に, 弱点を, 徐々と, 御迷惑, 思い出し今, 怠らず律儀, 急に, 惹きつけられて, 我々の, 扱われた, 振り向いた, 探査を, 接し同時に恐らく, 描かれて, 描き出さうと, 描き出された, 描き出された多く, 景色を, 暗くそう, 果しながら, 権中納言に, 次から, 武田が, 法則の, 流言の, 浮んで, 海岸に, 測れば, 演奏された, 爛々と, 物のけ, 男の, 画面の, 私の, 私を, 種々な, 答えました, 簡単な, 終ること, 繰返し繰返し幼い, 考へて, 聞いたもの, 臨むの, 自己の, 蘇生って, 表現され, 覚えて, 言葉に, 話し合って, 誌し続け, 誰にも, 論じるならこれ, 近よ, 遂げて, 長い間頭, 関東の, 雲の, 静止し, 非常に, 飛び起きた, 馳せ下るの

▼ さうになつ~ (115, 0.1%)

7421 たので 4 たが 3 たりし, たりする 2 たりした 1 たか, たその, たところ, たら信仰心, たり夜, たり途切れ, たわ, てるの

▼ さです~ (112, 0.1%)

125 な, よ 43 が平次 2 から, からここ, から唇, がそれにしても, が魂, もの

1 [71件] かそれ, かたくて, かな, かね, からうれしい, からな, からなかなか, からね, からほんの, から外, から広く, から誰, から道庵, から門, から閉め切っ, から閉め切つ, があたし, がそれ, がそれでも, がな, がまだ, がみなさまお変り, がもし, がよろし, がユーゴー, がリリパット, が一々, が一度, が不思議, が何処, が何處, が兩國橋, が同時に, が地味, が場所, が大, が大人, が天魔太郎それ, が字, が手酌, が竹齋, が茶道具, が陽, この抵抗, しこの, しそれ, し奥様, し昔, そう思っ, そちらは, って, つて, ては起ち上っ, なあ, ねえ, ねそれ, ねクルリ, ね昔, ので病後, のにそのうえ, ものね, もの家にばかり, よ信濃, わ, わね, んでしまった, ゲーテ同様, 多分この, 幌を, 私は, 芸術家としての

▼ さとで~ (108, 0.1%)

2 その踏段, たいそう敬愛, はね起きた, 伸子を, 心の, 私は, 胸が

1 [94件] いくら泣くまい, いっそ死のう, うち靡かせる, かれら, きらめいて, こういう, その汚濁, それらの, たまらなく胸苦しくなった, だいぶ弱, だんだん強面, できて, とらえて, どんなに月, なんだか薄ら, ほどよく着色, ぼっとし, まんじりとも, もうがちがち, やすやす若者たち, わが命, ガンガンする, マストは, ルイ一家の, 下らないお喋り, 両手を, 二人が, 人々の, 人の, 今にも死ぬ, 今まで, 仕事は, 他人の, 仰臥し, 伸子たちは, 伸子は, 体が, 出来るかぎり此の世, 口が, 名を, 嘔吐を, 大分困った, 妾の, 川口, 幾らか大きな, 幾年もの, 床の, 彼は, 彼女の, 忽ち畳, 思はず呑気, 思わず身動き, 息もつけなかった, 描かれて, 新たな, 果してそれ, 枠が, 桐紋の, 椀から, 歌ったあの, 歩みを, 死んだ者, 毀れた弁当箱, 民衆の, 気が, 汗が, 涙が, 測定した, 火の, 無暗に, 異様な, 真面目に, 眠らされてる精神, 私共には, 胸を, 脚を, 色々な, 蔽われて, 虎の, 行われた, 裂けるやう, 裂けるよう, 誰の, 身が, 身も, 震えて, 頭の, 顔中が, 飲食した, 高時の, 鳥が, 鳴らした人間, 黙って, 齒の

▼ さによって~ (107, 0.1%)

3 人を 2 人の, 処理し, 彼は, 異る, 立体感までが

1 [94件] あなたの, あまり彼, あらゆる旅人, あるいは欠点, あるいは永く, いささかみたされる, いろいろの, かき乱され不安, きまる, この新しい, この美し, これを, その人, その危さ, その恐ろし, その重量, それだけで, それ相応に, だった, ちがう, では, でも活, とり返された, ひきもどされ更に, まことに彼等, われわれを, アンジョーラが, オリヴィエより, 一個六セントから, 一応母, 一時間から, 万人に, 了解出来る, 二六時中身を, 今日なお, 今日の, 何という, 偉大だった, 全軍, 再び現実, 分類した, 初めてはっきりと, 却ってゆがめられ, 咄嗟の, 国際的と, 夏の, 大きなもの, 害された, 寂しかった, 常に裏切られる, 幾つかの, 度を, 弥縫しよう, 彩られて, 彼が, 心の, 快活さによって, 愛する人, 我から, 扁理の, 支配階級の, 敗北し, 既に天, 日本人に, 構成される, 次々の, 毒されすぎた, 水面に, 決定されるだろう, 決定せられるであろう, 活動しはじめ, 爆発の, 物体の, 特に美, 生命の, 異なったもの, 真実の, 着想の, 知力の, 神へ, 私は, 管弦楽の, 絵の, 群毎に, 自分も, 蒙る詰らぬ面倒, 規定された, 解消し, 逆に, 門は, 隣人らの, 非常に, 頸根っこを, 驚嘆すべき

▼ さ~ (107, 0.1%)

5 笑へ 4 さァ 3 私には 2 こっちへ, それは, 甚公

1 [89件] おまえは, お茶を, こいつだ, こうなる, この私, さっさと歩かん, さとばかり, された, さ来た来た, しかしそこ, ずいぶん喋舌, ずっとこっち, そいつァ, そうなると妖怪, その訳, それが, それでお, ちっとばかり, っと生気, てこれから, てのう, て山, といえ, となりゃ, と云, どうかあがっ, どうかね, どうぞ, どうだ, どうでしょう, どこへ, どれ位の, ひとつ, もう一遍, もう可, を区長, ん, ピエロや, 一と, 一休みし, 一寸ためらう, 下りた, 二本位, 人間界の, 今が, 何か, 何んでござんしょう, 何方が, 其処までは, 出かけよう, 出かけようと, 出掛けましょう, 動くと, 四人で, 大変, 大方そんな, 女郎屋に, 如何し, 妾と, 姉さんはやく, 帰って, 急いで, 急に, 拝見致せ, 早く, 来い, 来た熱い, 来るぞ, 玉ちやん, 皆懐中電灯を, 皆来, 直ぐに, 知ってるよう, 立ったり, 箸を, 絶体だ, 自分には, 花園の, 苦しゅうない, 行らう, 辛と, 近く, 退いた退いた, 遠慮せず, 遠慮なくおとり, 金三郎様ちょっと, 金平さんすっかり, 駒越氏例のを, 鼬鼠の

▼ さ~ (103, 0.1%)

5 したら 4 もしなかった 3 したらどんな, もした 2 したら私, すると, な, もする

1 [80件] うちは, が光り耀い, さらりと, したらかつて, したらきっと, したらこう, したらこれから度々, したらこんな, したらその, したらそれ, したらそれから後, したらたかが, したらたとい, したらどんなに, したらひっこしましょう, したらまえ, したら一分間, したら一眼, したら万事都合, したら三日, したら下宿代, したら何もかも, したら何ん, したら八州, したら卒業生, したら太陽系, したら学生, したら宜, したら彼, したら彼等, したら或, したら敵, したら昔, したら末, したら永久, したら資本, したら途方, したら雪子, すりゃいいんでさ, すりアきっと, すると屹度跟, すると私, せんけれ, どんよりし, なければ, まばらな, もう覚束, もが時として, もしない, もずっと, もない, もまだ, もんの, も休ん, も感じ, も感ぜられる, も打ち, も持ち合わせない, も放擲, も聴き取れる, も見られない, も見出す, も覚える, やととめぐる, よくなっ, 一そうの, 不思議に, 他人に, 全く絶え, 其処とも, 又要素, 屡々起った, 強猛, 旦那先刻親方が, 明らかに, 聴えなくなっ, 致せば, 覚束ない, 雪に, 頭脳に

▼ さとして~ (103, 0.1%)

2 己れ, 愛着する, 許しを

1 [97件] あなたが, あらわれて, あらわれるの, あるの, うけいれずには, うけとられて, うけとれるだけ, おうけとり下さい, ききなれた, くださるの, これに, これ実に, しばしば云われる, すませて, そういう場合, そうなく, それが, それを, ちょっとあの, まともに, みられる, みんなの, もし神, やった事, より近, 一つも, 一緒に, 世界的に, 例の, 出されて, 加わり当時, 反映する, 君も, 否定の, 吾, 呪ひ, 呼吸し, 嗤ふも, 在るなりに, 嫌悪し, 実って, 居た, 居る, 彼女の, 心に, 思いとどまらせるよう, 悪気なく, 感じて, 感じる, 感ぜられず娘, 扱われて, 押し寄せるの, 指摘し得られる, 振りま, 描かれて, 描き出して, 描くため, 描く為め, 摂津守村重, 日本人の, 映るに, 映画や, 極端であろう, 正当に, 永く記憶, 永遠化す, 求めて, 決してうけとれない, 滲透させる, 独であった, 現れかかって, 現れるのよ, 現われるよう, 現代の, 理解する, 男の, 私が, 私に, 籠の, 素直に, 置いて, 考えられる筈, 肯定し, 胸を, 自ら罪を, 表現し, 見えた, 見ただけ, 見て, 見るだけ, 見るよう, 語って, 軽べつする, 遅かった, 遺されて, 飽くまでも尊重, 高みから

▼ さつて~ (101, 0.1%)

5 ゐた 4 はいけません 3 は困ります, ゐる 2 しまつ, は如何, も寒い, ゐるの, 居られました

1 [76件] あるく, いやいや吾が, いらせられる, いらつし, おくみ, おのおの神馬砂金, ございませんね, しもたん, その時, どもりどもりおつし, なん, にでもならなけれ, は, はいけない, はおき, はならない, はゐる, は是非, は話, ひどくもの憂, も, もあの, もう一つ, もかま, もなん, も僕, も別に, も確め, も能, ゐたが, ゐたといふ, ゐたの, ゐたので, ゐた平次, ゐた雀, ゐた頃, ゐちや, ゐること, ゐるのね, ゐるわけ, ゐる一匹, ゐる兵隊さん, ゐる径の, ゐる萬七親分, ゐる雄鷄, ゐる鳥, 仰出されるのに, 何とかまとめ, 何時の間にか星, 少し御, 居られたの, 居られたやう, 居られたらしくお, 居られた事, 居られると, 居られるのに, 居られるやう, 居られる御, 居るか, 居ると, 居るやう, 居る土中, 御覽, 戻つた, 暗い夜道, 歩いたが, 歩きました, 歩き時々, 歩くの, 歩く愛稱ガラツ八, 殺されるの, 漸く堤防, 見よう, 見ると, 飛ぶ鳥, 食べたいもの

▼ さ~ (97, 0.1%)

672 っさ, っさっと, っと音, んッ

1 [22件] あくら, い, せー, っと優しい, っと来, っと波頭, っと細い, っと読んだ, っと鏡, っと風, っと飛ん, っと高く, て, てね, どうぞ, りばさ, んお, んおばさー, んしっかり, んアルコール, ん一, ん其処

▼ さあれ~ (93, 0.1%)

3 ば身 2 汝が, 靜かに

1 [86件] いま, いま納曾利の, うつくし, うれたし, おぼろに, お粂, かなしく身, かの痛, がイガズル, きみこひ, ここには, ここは, このとき, この井戸, すさまじ夢, その, その事, その艶姿, その蓐, そを, ただ押, だよ, つつむに, でも昔, と同じ, どすべ, ども暮, ども物, どゆる, など, なほ弾きゆく, なほ薫りのこれる, にちょっと, に五六歩, に似た, は全体, は君, は数百年, ばこれ, ばなれよ, ばヒョットコ, ふと, ほのめく, またうち, またほ, また下に, また刹那, また絶えず, み空, もこれ, ゆかしきあきらめよ, よし, わが世, を是非, を渡せ, 一人かの, 一心にゆり動く, 一応二応, 一方では, 一面に, 世には, 今と, 今燕, 今言, 以来, 伊那丸は, 何たる寂寥さ, 光なく甘, 兵庫の, 其許たち母子は, 城山に, 夢には, 女よ, 密かに, 我には, 架空は, 楽しくおもしろき, 玉島川といふ, 瑠璃宮歡樂の, 生命そのものに, 知りては, 空には, 義貞は, 貴嬢, 途中の, 風雅に

▼ ささえ~ (93, 0.1%)

4 ていた, 感じて 3 持って 2 あった, あるの, あれば, 感じるの, 見えた

1 [72件] あります, あります父, あるという, このよう, こもって, しなければ, そこに, たしかなら, ただよって, ている, てはきました, てゆく, とめられた, ない死, ふかくも, ほのぼのと, ますゆえ, もって, もっと内容的, もみくしゃに, ももうま, やっぱり可愛い, よごれた少年, 一層の, 上げるため, 与えた, 交った心持, 伴なっ, 似合わしいという, 凌げば, 出て, 加えて, 含まれて, 含んで, 外部の, 奪われて, 宿って, 彼の, 快適に, 感じさせて, 感じた, 感じたの, 感じなかった素子, 感じました, 感じられて, 感じられるの, 感ずる, 感ずる者, 我慢すれ, 或いはなだめよう, 打添わり, 明確には, 欠けて, 歪めて, 溢れて, 無ければ, 生んで, 疑おうと, 知らないじゃ, 窺われて, 背を, 見えて, 見えない程, 見る事, 覚えたが, 覚えて, 覚えました, 認めた, 超えて, 醜い感じ, 頬に, 骨に

▼ さなど~ (92, 0.1%)

2 であった, 忘れて, 身に

1 [86件] ありません, あるとも, あろうとは, いっこう気, いつか交り, いままで, およそ寫樂, この頃, さすがに, さまざまな, ぞうっと, ちっとも感じない, てんで解りっこない, できるだけ元気, ところどころに, とんでもない, どう睨ん, なか, によつて, はっきりと, まことに下町娘, まったくなかっ, みぢん, ものの, よくわかり, わかる筈, わかる訳, わけて, 一つ, 久慈には, 今でも, 今や雑炊, 今わたし, 他州, 何と下らない, 何事も, 余り見たく, 出すの, 勘定に, 厭いはせぬが, 古くさい美, 味わって, 問題でない, 問題では, 夏の, 夢にも, 女性的と, 実に驚くべき, 少しも, 平次は, 幾らか私, 強く理解, 心に, 思い出さずには, 思うまま, 想っても, 想像いたします, 想像の, 懐しくしのん, 所詮椅子, 日本人でなけれ, 晴々と, 書いて, 気に, 気にも, 混じって, 湯の, 現代の, 男に, 直行は, 知らなかったの, 知らぬかの, 硯の, 私たちが, 精確に, 組みかさね, 自分に, 自然は, 行きやがるん, 行ったら餅, 見せて, 見せるの, 説教の, 賑える, 這入んねえがら, 風景でも

▼ さなどは~ (92, 0.1%)

3 少しも, 微塵も 2 どこにも, 末の

1 [82件] あまりに空虚, いかにあの, いかにも純潔, いくらあっ, いまの, おあり, この場合, すこしも, すっかり忘れ, その第, それらの, ちょっと馬鹿馬鹿しい, ついに彼, てんで感じ, どうだらう, どうで, どんなぐあいかということはわかる, ない, なくむしろ, なく読むに, なく麗しい, ぼくは, まったく眼, まるで無い, もうない, もう少しも, もう微塵, アルセーヌ・ガマーシュに, リアリズムの, 一番すく, 世に謂, 何か, 何処かに, 何日でも, 個々に, 入れも, 全幅の, 別に問う, 又一向, 吸収され, 問題では, 外から, 妙な云い, 子供心にも, 寸毫も, 忘れがたい, 忘れたよう, 忘れて, 忘れ難い, 思う身, 思わなかった, 恐らく当時, 意にも, 感じなかつた, 我慢が, 抜きに, 持たぬ薫, 持つまい決心, 振りすてて, 日本人でなけれ, 早く見捨てる, 欠けて, 此方から, 殆どない, 毛頭察し得ない, 気も, 求めないの, 泡沫の, 物腰の, 知らん振りを, 素晴しい, 素晴しか, 素晴しかった, 考えようで, 自分の, 街, 覚えなかった, 観る者, 譬えようも, 身に, 随分矛盾, 顕微鏡で

▼ さほどの~ (91, 0.1%)

3 ことも 2 もので, 刺戟も, 危険を, 物で, 相違が, 石垣の, 財を

1 [74件] あらも, うれしさ, お金持, ことで, ことなれ, ものが, ものです, ものも, ユルミである, 不信を, 乱刃が, 事件でも, 人物でない, 仕事で, 價値が, 区別を, 名医が, 問題でも, 困難なく, 困難は, 地球儀を, 壁に, 大事を, 大事をも, 大事件, 大差が, 大望を, 大金も, 寒さ, 屈辱を, 差異が, 年でも, 年令でも, 年数が, 役柄でない, 心配も, 恥を, 悪党は, 悪者では, 悪落, 悲しみをも, 意味を, 意見も, 感動もうけなかつた, 憎しみを, 房臭は, 損も, 数とも, 暑さ, 標緻を, 歓びでは, 深い仲, 深度ある, 瀑でも, 物には, 特徴も, 猛獣の, 相違も, 美男子とも, 羨望と, 義心侠血に, 腹癒せも, 臥長一抱えばかり, 興味も, 船を, 苦心を, 衝動でも, 親しさ, 過失では, 道を, 違は, 鈍的で, 陰鬱を, 難事では

▼ さにおいて~ (90, 0.1%)

2 またこの, 執着を, 裸体ことに

1 [84件] あるいはいやらしい, いいます, いくぶん欠除, いよいよ技巧, かくの, かなり高く, これら各々の, さらにその, その三年間, その勤勉さ, その次, その美術, でなく実は, でなく高い, とうてい慢心和尚, まさに二百年前, まさる, または歴史的精美さ, みな一つな, みれば, よく実用, 一幅の, 一斤と, 不思議な, 世界の, 人間の, 人類全体の, 今の, 他に, 何人も, 出て, 出色の, 到底日本人, 到底李朝, 力強い思想, 力強く各自, 匹敵いたしましょう, 及ばざること, 同日をもって, 吹込みの, 味いにおいて, 器物を, 多少の, 失ったところ, 姿態において, 宛然一個の, 実に奇妙, 嶄然として, 干もの, 廻りつつ, 強く我々, 彼の, 彼を, 後にも, 得ようと, 我が地球, 扱われて, 明治大正の, 権威正, 欠くる, 欧州一流の, 汗顔ものである, 決して二人, 無力な, 物足りない, 玄人には, 益々彼, 相匹敵, 石膏あるいは, 私の, 私は, 秩父地方に, 種々の, 紅毛氈の, 級中第, 美が, 自覚し得なかった, 芭蕉に, 親切さにおいて, 達せられるくらいの, 遙かに, 適当と, 里見や, 鳴り響いて

▼ さについて~ (89, 0.1%)

3 私は 2 伸子は, 考えて, 語って

1 [80件] あまり関心, いうと, いへば, うんぬんした, かなり激しい, くどくど聞かされ, くりかえすの, ここまでは, これない, さらに魅惑, その皮膚, であったが, どのよう, ほんとうに, ぼくは, またそれ, また醜, ゆくにも, ゆるぎない, 云うならば, 云ったこと, 云って, 人間の, 今日系統だ, 僕は, 単に鋭, 却ってその, 又, 反省なさつた, 同感し, 多くの, 妙に, 婦人の, 実に深い, 少将閣下は, 居ないと, 心から讚歎, 忍耐し, 感じます, 感謝しなく, 感銘し, 慙愧に, 憤らず却って, 日本の, 書いたばかり, 書いたもの, 最も苦慮, 杉村は, 注意が, 流行歌まで, 深い感慨, 深刻に, 物語る時, 痛感するであろう, 益, 真剣に, 私の, 第二, 繰返した, 考えさせる一つ, 考えた, 考える, 考慮されるべき, 膝も, 自信を, 芸術的効果を, 行けないもの, 言うが, 言えば, 詩を, 話しますが, 語られて, 語らん乎, 語る, 足の, 身に, 軽蔑を, 道徳的には, 関心を, 随筆を

▼ さしか~ (88, 0.1%)

18 かつた 6 ない 4 かつてゐた, なかった 2 ありませんでした, なかつた, 無い柊

1 [50件] ありません, ありませんが, かつたる, かつていた, かつてきた, かつてしばらくたつ, かつても, かつて兩側, かつて来た, くる, ないが, ないぢ, ないという, ないの, ないので, ないもの, ない大, ない小使女きり, ない百姓家, ない知らず, ない裏, ない金剛杖, なかつたの, なかろうとも, なくいかにも, なくそれ, なくて, なくなった蓋, なくなんど, はせた篠懸, ひつつ, へる宇治, もつて, わし, わししげっ, わしたるが, わしに, 分らない, 感じて, 感じなかつた, 持たない, 持たないから, 持ち合わせて, 持って, 残って, 無い, 現われて, 知らなかつた, 行き屆, 見えなかった

▼ さなく~ (86, 0.1%)

4 てはならない, てはならぬ 2 たつて

1 [76件] した人, して, しては, しまいまで, ちやいけない, つかまえられるかも, てこの, てはならなかった, ては今, ては果, てもいい, ても好かなく, ても宜, ても幼き, ても母上, ても田畠, ても空想, ても骨, て此, て残忍, て清子氏, とも好い, とも彼黄忠, とも異族, とも紀泉, とも貧しき, とも長き, なつた頃, なつて, ば, ばいつ, ばおる, ばこうした, ばそれ, ばみじん, ばめったに, ばわが, ば一戦, ば予め, ば例, ば僕, ば厭, ば双方, ば台所, ば夫婦連れ, ば姪, ば家鴨, ば尾崎違い, ば彼, ば我, ば所謂お, ば投機的, ば日吉, ば普通, ば朝, ば楠木勢, ば汝, ば無辺流, ば物集さん, ば猿, ば秋, ば親, ば説諭, ば面目, ひとりひとりかたはし, も公主, も東京, も淨め, やれるの, ツても, ネタが, 何処へ, 煙突から, 自分の, 見て, 門を

▼ さとか~ (85, 0.1%)

2 これらが

1 [83件] いろいろな, いわゆる誠実さ, うれしさ, ぎこちなさ, ことに何, これら卑下される, しみじみと, そういうもの, そういったよう, そのやう, その他色々な, そんな思い, ただ本能, どんなに甘い, ふくよかさとか, へつて, ピントの, 下品さとか, 不便とか, 世間知らず, 事件の, 云うもの, 云ふも, 個々の, 健康さを, 健康とか, 僕自身の, 其他の, 円滑な, 原罪とかいう, 又軍需工業, 受動性, 吹雪とか, 地位の, 場所とかの, 寒さ, 希望とか, 弱さ, 当惑とか, 従順さとかが, 得手は, 悪い意味, 悲壮さとかいう, 慰めなどという, 明るさ, 暑さ, 暖かさ, 暴力行使者への, 柔かさ, 柔軟な, 栄とか, 比重とかを, 民器に, 消火栓の, 潔癖とかいふ, 無邪気とか, 甘えるとかいう, 異常さとか, 病い, 眼の, 短所とかと, 私の, 穂の, 粋とか, 精神美の, 紙の, 素直さとかは, 若い乙女, 茶碗の, 荒々しい美, 血とかいふ, 言って, 調和とか, 謙虚とか, 趣味の, 輪郭とか, 通路照明の, 青白さ, 面白さ, 革新さとかいう, 顔の, 高さ, 鳥の

▼ さうに言~ (83, 0.1%)

44 つた 8 ふ, ふの 4 ひました 2 ひ切つてお婆さん

1 [17件] つたが, つたこと, つたので, つて, ひこんど中学校, ひながら, ひぬ, ひましたそれで, ひましたので, ひ放つた, ひ放つて, ふが, ふていたが, ふと, ふので, ふ癖, やはつ

▼ さすら~ (83, 0.1%)

11 ひの 5 ひ人 4 ひでやつれ 3 ひて 2 ひ, ひくらし, ふ, ふといふ, ふもの

1 [50件] え人, し, すでに己, つてから, つてゐる, はす洪量, はむ心, ひから急, ひくらす, ひこ, ひすま, ひに, ひにも, ひは, ひびとの, ひまた戻, ひめと, ひや, ひを, ひ以外, ひ來, ひ出, ひ出るといふ, ひ初, ひ失ひて, ひ或は, ひ来たやう, ひ歩くといふ, ひ歩くの, ひ歩く墮落者, ひ物語, ふの, ふよりも, ふを, ふ夢, ふ宿命, へつ, へぬとも, へり, へるミラノひと, へる身, む, む白き, んばかりに, 其の過敏, 感じさせるので, 感じられる母乳, 漂って, 私には, 覚えたの

▼ さうなれ~ (82, 0.1%)

5 ば, ば私 2 ど三ちやん, ばもう, ば俺, ば百姓, ば目形さん, ば自分

1 [60件] かしと, ばあなたがた, ばあの, ばいきほひ, ばいよ, ばおそらく, ばお前, ばこ, ばこの, ばこんだ, ばさ, ばし, ばとその, ばひとり手, ばほんとう, ばまあ, ばまた, ばまんまと, ばわけなく漁れる, ばわたし, ばわれわれ, ばシナリオ作者, ば一錢, ば今日, ば何, ば借りた, ば僕, ば先づ, ば内儀, ば千恵, ば問題, ば妻, ば姉さん, ば子供ら, ば己, ば平常, ば手前, ば政治技術, ば新劇協会, ば日本, ば村, ば来年, ば此國, ば源吉, ば無論, ば然し, ば生かす, ば田丸貫, ば祖母さん, ば立派, ば結局, ば自分一人, ば色んな, ば誰, ば遠慮, ば遣る, ば郵便局, ば間違, ば願, やその

▼ さうに云~ (82, 0.1%)

46 つた 13 ひました 52 ひながら

1 [16件] つたが, つたこと, つたり, ははつて, ひ, ひかけると, ひ出した, ひ出しましたが, ひ合, ひ合つて, ひ放つた, ひ棄てるの, ふと, ふの, ふので, ふ程

▼ さだけ~ (82, 0.1%)

18 では 54 である 3 であった 2 ですべて, 落胆を

1 [48件] あけて, あって, うねうねと, そこを, だが, だと, つけるの, であたし, であるが, でいい, でこんなに, でした, でしたが, です, でなくかさ, でなくて, でゆき子, で中身, で子供, で引力, で救い, で昔, で羽, なら何, なん, ポタリと, 上りつくして, 元気を, 分るの, 前へ, 外界に, 幽霊の, 庖丁で, 感じられて, 書物を, 残る, 気に, 気を, 水の, 減って, 羽目板が, 自由に, 計算に, 負けるの, 逆上も, 道糸を, 零下〇度で, 高くなる

▼ さだった~ (81, 0.1%)

8 のです 2 のだ, のである, んだ, んです

1 [65件] かが想像, かとうろ, かね, かも知れぬ, かやっぱり, から, からその, からです, からほっと, から大きな, から山形警部, から登勢, か憶え, がここ, がそれ, がたいそう, がぼく, がようやく, が中国地方, が些細, が今宵, が伸子, が千倉, が外見, が女, が安, が実際, が急, が日本, が村, が見る, が誰, ことが, ことには, し外国, し産褥, そうです, ということ, というべき, というん, といっ, とかいうの, と彼, と思います, と思った, と矢代, と言えよう, と記憶, にちがい, の, のか, のそして, のでその, のでビックリ, ので猫, のに今, のに叩け, のに私, のも, ようで, ようである, らい, わ, 今日は, 甘い寄りどころ

▼ さ過ぎる~ (81, 0.1%)

43 じゃない, のだ 2 からねえ, ぜ, ぞ, と思った, わ, 返辞を

1 [59件] からな, からよ, から先づ遠く, か知れませ, があの, がよう, が放送局, くらいな, くらい活溌, ことを, し親分, し過ち, ぜと一々, といかな, といふ, ところに, とする, とそぞろ, と云う, と思います, と思う, と思つて, と林之助, と私, と虫, な, など, などと思う, のかしら, のかも, のが, ので, ので脱いだ, ので自分, ので若旦那, のに又, のは, ほどねえその, ほど凡庸, ほど無神経, ほど生活, ようです, ような, ように, ようにも, よ今晩一, わね, んでつまらんで, 人たちばかり, 併し, 冷静で, 声だった, 彼女を, 態度に, 百姓姿を, 私も, 自分の, 言葉です, 金から

▼ さうでない~ (80, 0.1%)

4 村とが 32 とすれ, とも云, のだ, ものが, ものとが, ものは, やうで, 人との, 時は, 死は

1 [53件] あれは, かと思ふ, かな, から, が, ことで, ことを, ただ自分, だけの違, としても已に, とする, とするなら, との關係, と幾日, にし, のかも, のが, のも, ものとの, やうな, やうにも, ように, よ兄哥, 事も, 二年間東京の, 人の, 人は, 以上は, 先生は, 処に, 問題でも, 場合と, 場合は, 娘も, 層の, 帝國大, 文学芸術も, 方法で, 時, 時期にも, 梅野博士が, 翳つまり, 者だつ, 誓言を, 證據に, 身體から, 部分とが, 限りた, 限りは, 限り僕に, 限り苦しみは, 限り誰でも, 面とで

▼ さすぎる~ (80, 0.1%)

2 から, ぜ, というもの, と思う, ね, のが, ので, ような, んです, 気が

1 [60件] かも知れない, からだろう, から一週間ごと, から駄目, ことが, ことだ, ことで, ことを, じゃない, せいか, ぞ, ちょッと, と, ということ, という意味, とは思はない, と女先生, と思, と思った, と思はれる, と考えた, と考えまする, と言, と評判, なあ, なと思ふ, なア, な反省, のだ, のである, のでなけれ, ので僕, ので大いに, のにあはれ, のに痺れ, のは, のよプロフヴォーストヴァ, ほど吹入, ものでありました, やない, よ, ようだ, ようだった, ようにさえ, よもう少し, わ, わね, 九月といふ, 事だ, 俺には, 寒中です, 平凡至極な, 所から, 文句が, 方へ, 私の, 程の, 自制が, 静けさに, 食卓に

▼ さうに笑~ (79, 0.1%)

23 ふの 20 ひながら 4 つたり, ふ 3 ひました 2 ひ, ひましたツ, ひます, ひ乍ら斯, ひ出した, ふので

1 [13件] はれたので, ひあつ, ひことに, ひころげて, ひに, ひ出したり, ひ出す, ひ合つて, ひ声, ひ崩れた, ひ興じた, ふあの, ふ八五郎

▼ さこれ~ (79, 0.1%)

3 はお前 2 でいい

1 [74件] あただ, が一ツ, が中井君, が今, が仏教, が初め, が大川端, が女, が家庭教育, が彼, が断然, が百兩, が神樂坂, が罪障消滅, が自慢, じゃ, だけで, だけ言っ, でお, でこの世, ですぐ, でなければ, ではならぬ, では成らぬ, でも持っ, で別れましょう, で拭け, で清姫様, にはよく, にも劣らじ, に対してほんの, に引っ, に縋らっしゃれ, に追付く, に進みや, はいつわらぬ, はコソ泥, は別段, は到底, は君, は承知, は文芸, は結局, は聊か, は自慢, ばかりは, ばかりは洋楽, へ, へ来, ほどの見事さ, ほど辛い, までにつひぞ, まで隨分金, もただ, もまた, もやる, も七十人, も恋, より熱海, を, をあげましょう, をしまっとい, をのん, をやろう, を下りる, を何, を押えん, を持っ, を教育, を滑稽奇怪, を英語, を見, を貸し, 貸したげるさかいな

▼ さあらぬ~ (78, 0.1%)

16 体で 8 態で 7 体に 6 顔し 3 ように 2 体にて, 体を, 態に, 態を, 素振, 調子で, 顔で, 風に

1 [22件] かこの, が多し, さまに, さまにて, さまを, ていで, は私, ふうで, よそほひしつ, 垣越, 容子を, 振りし, 方へ, 方を, 様子取られた, 艶めき, 表面の, 面を, 顏し, 顔, 顔つきで, 顔を

▼ さとも~ (77, 0.1%)

2 つかないもの, 云える, 夜の, 怒りとも, 性質的に, 懐しみと, 懷しみとも

1 [63件] いうべきもの, いうべき或, いえましょうか, いえよう, いえるもの, いえる感情, いはれるべきもの, いふべきもの, いふべき様子, お別れ, たたかいながら, たとうべき峡谷, ちがうもの, つかずさびし, つかない感覚, つかぬ一種異様, つかぬ不思議, つかぬ奇体, つかぬ微か, つかぬ戦きにさ, なったの, なって, なつて, なるであらう, なるの, なるもの, ひとつ髮の, またはすっかり, みられ云, わけが, 云つてゐた, 云ふべく, 云へ, 云わぬ, 何か, 何とも名状, 入ったはず, 劣らぬほどの, 区別の, 取れる微笑, 実によく似合います, 寂しさ, 必死に, 思はないやう, 思わず何ごと, 怪しさ, 憎さ, 戦わねば, 果無, 淋しさ, 異う, 痛さ, 苛立ちとも, 苦笑とも, 言いようの, 言ひ, 言ふべき, 軽々しくは, 違いましょうまた, 違いましょう一茶, 違います, 違つてゐる, 非常に

▼ さうだらう~ (76, 0.1%)

1043 さ, とも, と思, なあ 2 と思つて, と思ふ, 俺は

1 [44件] あれぢや, お前の, お客さん, か, かそれから, かね, が, が不景気不景気, けどだから, こんな生物, さうだらう, そこは, それに, それは, それも, と, とは思ふ, ともあの, ともお前, ともさ, ともさうだらう, ともよい, とも五匁玉半分煙, とも十手, とも念, とも見なく, とも逃げ, と思ひます, と言, な浪人, ねえお前, よさ, よ文学青年, 亭主が, 僕も, 冬ちやんは, 可憐気な, 四十男と, 大里樣の, 小さい女の子, 然しこれ, 美奈ちやん, 聽いた, 頭痛の

▼ さほどに~ (76, 0.1%)

2 古調は, 繁華でも

1 [72件] いうなら聞いて, うろたえること, おぼしめして, きびしくない, せは, つるして, みずからの, 下から, 不人情でも, 人が, 分明な, 勉強も, 咎むべき, 問題作である, 変化も, 多くは, 大きなへだたり, 大したもの, 好まない, 嬉しい部屋, 幽玄の, 弱い人間, 強くは, 影響を, 彼ら畏, 思うなら手厚く, 思う気色, 思ひは, 意識しない, 感じない様, 感じなかった三本錐, 感じなくなった, 感ずべきでないこと, 感ぜざるべし, 感ぜしめないよう, 懇意でない, 我々を, 明らかならず, 村でも, 来たくば, 横暴を, 気には, 永いとも, 深刻な, 父を, 犬の, 生命の, 申すなら, 疲れて, 知識の, 禍の, 美しく尊い, 腹も, 興味が, 苦しまずして, 苦心も, 苦痛には, 苦痛を, 落ちたもの, 言うほどの, 貧乏が, 賑やかで, 車中は, 輕いものが, 迷惑を, 遠くまで, 関係の, 陰惨な, 際立つたもの, 難事とも, 驚かなかつた, 驚きも

▼ さがっ~ (75, 0.1%)

27 ている 11 ていた 3 てき, てくる, てしまった, て来 2 ていました, ています, てしまいました, てゆく, て来る, て行った

1 [13件] たりアイクチ, てい, ていきました, てきた, てきました, てしまう, てしまえ, てしまっ, てまいります, ても先生, て坐っ, て行く, て行っ

▼ さうでした~ (73, 0.0%)

293 ね, よ, わねえ 2 かそれ, かねえ, がどう, わ

1 [27件] あの晩, かしかし, かそり, かな, かね, かね明後日, か些, か私, が, がお客様, が何, が土地, が私たち, が遲くま, けれども, つけな, でせう, な, な君, ねあの, ねえ, の, よ三輪, わあの, ネさ, 何んか, 權藏の

▼ さこそ~ (73, 0.0%)

3 わが 2 われ, 吾, 心も

1 [64件] あらめ, あらめとて, あるべしと, あれ夢は, あれ甚, おれには, お心, かえって確実さ, かかる世, かの, この作家, この幾日, こんに, さこそ, させて, さもさうあらう, せつないで, つちか, はこ, ふさわしいの, やっと栗, わが顔, われわれの, リアルであっ, 一国の, 不遜の, 人を, 人間性探究という, 人類の, 何か, 各々三四尺ずつ, 哀れにも, 唯一の, 大陸的な, 実に彼女, 実はこの, 尊くて, 常々私が, 常づね, 心細かり, 忘れ給, 思ひやらるれ, 思も, 愚かしいしかし, 我等を, 掘り出して, 既に埋められ, 日本の, 東洋山水画の, 母なる, 母親は, 比らべ, 無念に, 無慚そのもの, 父母も, 現状不満飽く, 百四十哩も, 私達が, 自然の, 芸術的価値の, 都の, 響む, 驚きたまいけ, 驚きたまひけ

▼ さであった~ (72, 0.0%)

3 ことを, ということ, ように 2 から, と思う, のである

1 [57件] かと思っ, かも知れず, からである, から彼女, から方棟, から良清朝臣, か何, か知れませぬ, か覚えない, がこの, がその, がだんだん, がどこ, がもう, がシモン, が今, が今や, が作曲, が侍, が大いに, が彼, が日, が樹木, が犬, が私, が裏, が見物人, が隅々, けれどもその, ことだろう, ことは, し雨, せいか, そうして登り, ため手洗鉢に, だけに彼等, とか土蔵, とも云, とも云えます, と思われます, と覚え, と言った, に違い, のか, のだ, ので, のです, のでただちに, ので大した, ので直に, のに反し, のを, もの, わけです, 何となれ, 期間が, 途中石田治部少

▼ さうである~ (71, 0.0%)

4 がその 3 がそれ 2 からそれ, が私, ことが, ことは, ためか, やうに

1 [52件] か, かのやう, から遠慮, が, がいろんな, がこれ, がさ, がさよ, がしかし, がそれなら, がとんと, がなほ郷黨, がわが国, がルナアル, が之, が今, が今日, が共同, が其儀式, が其所, が力, が奥ゆかしい, が山岸, が広小路, が必ずしもさ, が手足, が昔, が此, が自分, が苦しい, けれどもさ, けれど六年, しかしそれ, しかし一昨年, し又, それだけ美し, だけだつた, だけに軽蔑, と云, にすぎない, に違, ので義雄, のに, やうにと, 万歳, 加けに, 場合には, 此の, 混沌美を, 私も, 第一, 限り新

▼ さなり~ (71, 0.0%)

3 君の 2 かしこは, さなり, さなりと, 大臣の

1 [60件] おもては, かしこき二心, けん, げにその, ここに, この世や, さいかし, さり, されどまた, さを, すべなく, その一百里, その夏, その夜, その川, その強, その恋, その息, その落人, その青, その香, そは, ただかり, でその, と一たび, と妾, はや古びし, ひそかに, また玉名少女, わびしや, 不安なり, 人の, 今ぞ, 光や, 友軍に, 合つてちらばり, 君を, 多磨太君の, 女, 女の, 実相を, 彼は, 愛兒は, 愛兒らしか, 我が心, 我この, 我なりと, 更に先, 流れく, 然れ, 猛火に, 画壇の, 素朴性なりを, 落ち着きなりが, 薔薇の, 誠に君, 諷刺なりが, 賢こき, 鋭き青銅, 魚類の

▼ さかさ~ (70, 0.0%)

9 になっ 4 にし 3 になった 2 にすつ, につるされ, にふるっ, に見, ねこ伝兵衛の, の感じ, 屏風

1 [40件] におかれ, にこつち, にころがり落ちた, にさしのぞき, につり下げられ, になつて雜巾がけ, になる, にのめっ, にはめこまれ, にぶらさがっ, にまわり, に入っ, に吊され, に吊し, に影, に投影, に拡げ, に振っ, に映る, に歩い, に流るる, に立っ, に立った, に繩, に落ち, に覗い, に覗く, に覗け, に釣られた, に顏, に髪, までした, までわたし, まで走る, を凌ぐ, ハリツケもの, 掃木の, 物語, 釘という, 頬冠したりけり

▼ さであり~ (70, 0.0%)

2 またその

1 [68件] あらゆる人, お綱, かつ労働, このローゼンシュトック, せりふが, そこに, そして土地保有者, そして精神上, その人, その嶄新さ, その空, その醜, それが, それだけ山間, そんなヤワ, ちょうど人間, ながらしかも, ながら二代目志賀山勢鶴, ながら何ごと, ながら沼袋, なんの, また不快, また能衣裳, まちがいでした, やむにやまれぬ真実, やり場に, アラン島民の, バルザックは, 主屋とは, 之に, 乍ら, 二つの, 二畳の, 人間らしさ, 今でも, 何ものをも, 六頭の, 冷酷なる, 同時に深夜, 四面山に, 地を, 堀も, 売上げ一日平均七十円内外一坪当り約, 多様の, 大きい芸術, 好戦的な, 少くとも, 幹や, 彼の, 後者は, 思いあがり, 拇指は, 排他的な, 新秋の, 日本の, 本当の, 海の, 独善孤調の, 確りさ, 私が, 若い女, 評価せられ得る, 賞讚に対して, 逃避であり, 透明な, 邪念の, 鋭さである, 頓作問答としての

▼ さはつ~ (69, 0.0%)

106 たから 4 たもの, た樣子 3 たと, たの, たやう 2 たが, たこと, たんで, てくる, てすぎた, てみた

1 [24件] たけれど, たさかい, ただけ, たとか, たとき, たところ, たので, たばかり, たもん, たよ, たらしい, たらしくいきなり, たりし, たん, た女, た為, た証拠, てき, てなりません, てみれ, てるのよ, て来る, のつた, のつて行

▼ さ~ (68, 0.0%)

65 である, な顔 3 です, で私 2 な返事

1 [44件] だが, だけれど, だまア, でも好い, なあの, なこの, なただならぬ, なも, なもの, なもん, なもんぢ, なパン菓子, な丸顏, な丸顔, な事柄, な口調, な叫び声, な婦人, な欠伸, な毛布, な温和, な琉球本島, な空, な立派, な築城法, な者, な若い, な調子, な身體, な顔色, にいつた, にぐつたりとする, に其の, に思えた, に思える, に思はれる, に手, に燐寸, に立つ, に竹, に見える, 對し, 接近した, 見ずあらば

▼ さへて~ (67, 0.0%)

2 おさ, たちよれば

1 [63件] あそぶ, あればとて, おいて, おけば, くれと, さむいぬかるみ, そこに, その反動的, ねば駄目, はなを, ほしい事, みて, もらつたばかりよ, やつたきず, やらう, やるかな, ゆるゆると, ゐた, ゐたノツブ, ゐなければ, ゐるが, ゐるので, ゐるやう, ゐる一, ゐる者, グリ, タバコを, ドッコイショと, ワーワーと, 一万円, 上げたつて, 下さつたの, 云ひました, 依然古い, 入れずも, 再びここ, 家ンなかへ, 居た, 居まして, 席を, 幕切れで, 平藏が, 形見の, 彼に, 来た一冊, 枕ながら, 生かして, 白き城, 皿の, 立つて, 笑ひ倒れた, 絞め殺しその, 置いて, 置くわ, 胸は, 見ようか, 言つた, 読んだ, 輕く, 遊びし頃これ, 遊んだ, 離さなかつた, 静かに

▼ さほど~ (66, 0.0%)

26 でも 5 では

1 [35件] あると, あるもの, ある是, であるの, でないの, でむしろ, な光, のを, われ, 人を, 人間の, 厳ならず, 大事に, 尊いもの, 山の, 差違なき, 弱いもの, 憂鬱な, 懐しくは, 持ちあげた, 敵意の, 正しい考え, 注目されなかった, 理窟ぽく, 積み上げたところ, 笑止な, 背丈が, 若しくば, 苦に, 認められないで, 走れよかし, 酔ってるとも, 酔わなかったの, 集注せず, 魅力を

▼ さ~ (66, 0.0%)

8 をし 7 ひたき, をした 4 をする 3 を一つ 2 とせき, の, のふる, をしました, 吹き荒

1 [27件] がした, がケン, が出る, けむもの, しかば外面, たりし, たる心, でもあり, として持っ, と泣き, になる, によってようやく, の競争, の縁, の言葉, の調子, の音, はいたしますまい, もせず, も今日, をかなしき, をこめた, を催した, を得よう, を遊ばす, 切った酒, 申すこと

▼ さしず~ (65, 0.0%)

5 をしました 4 をし 2 をしない, を仰ぎたい

1 [52件] いちいちよく相, が, があった, があり, があろう, がなけれ, がよかっ, けさ, でも, というでもな, とて充分, にある, にさからった, にしたがって, についてなろう, によって戦った, によらね, に主婦, に従い充分, に従ってかね, に狂奔, のあり, はそう, はふしぎ, は受けません, は生き, は補佐, は魏延どの, もありました, もきかず, も待たね, をうかがっ, をうけ, をうけない, をされず, をした, をしなけれ, をなさる, を下し, を下した, を下したまわりたく, を与えた, を仰い, を仰がなく, を伺う, を始める, を待つ, を聞け, を請うた, 如何ある, 宜しきよう, 振りも

▼ さへの~ (64, 0.0%)

1 [64件] あわれ, ぼつた, 停滞では, 傾倒それについての, 傾向の, 傾注の, 共感であり, 努力とともに, 努力の, 又ひとつ, 同情が, 呪術も, 奉仕であり, 好みにたいして, 妙薬で, 常識との, 役は, 心を, 急転直下何か, 恐怖感は, 恰好油の, 愛惜と, 感動が, 感動を, 感歎きわまっ, 感歎です, 感覚が, 憧憬が, 批判をもって, 抗議を, 招集と, 探求の, 期待を, 没入それからの, 没頭で, 熱情孤独への, 熱情清らかさへの, 狂言, 理解の, 用心であり, 直感, 知識は, 石で, 石を, 石運びを, 確信と, 神, 神の, 神勧進, 筋道を, 糧として, 翹望という, 自信に, 自憤だった, 見方を, 諷刺である, 警鐘と, 讃嘆の, 軽蔑で, 追随も, 過程と, 郷愁で, 関心と, 驚きを

▼ さより~ (64, 0.0%)

2 身は

1 [62件] いうも, いけな, いとしさ, その辺, それを, だのに, つれ合いの, にじむ涙, ぬけぬけと, はるかに, べつな, ほかに, もっと暗い, もっと根本的, よいもの, コンコルドの, 一人旅の, 下の, 中位に, 云えば, 仲見世は, 低い峠, 何か, 何かの, 何よりこた, 信用しない, 倍にも, 先に, 募金し, 勿体なさ, 北方に, 却って春, 外に, 外は, 大切な, 嬉しさ, 孫娘に, 家が, 彼を, 忘れ得なかった印象, 感じに, 推すに, 推測し, 救ひ, 明るさ, 暗さ, 暢や, 横幅が, 溺情より, 煩い始めて, 犬に, 猶甚, 痛きなり, 自覚を, 苦しさ, 苦痛と, 薄穢, 親分の, 身に, 遙かに, 遮蔽物によって, 長い文章

▼ さこの~ (62, 0.0%)

3 上も

1 [59件] あかるさ, あつしより, いちじ, うえなし, うまさ, お話は, かわきを, きらいさ, ことばかりに, さびしさから, したたり, はるけさ, ま, やみがたい, パリ人の, 一太刀で, 上な, 上なし, 上方の, 中へ, 二つを, 位な, 児は, 冷たい鋭い単純さ, 冷たさ, 前これは, 口惜しさ, 吹降り, 寂しさ, 心細さ, 恥かし, 悠久たる, 所で, 淋しさ, 清らかさ, 狂者は, 独立性が, 現実への, 磯宿の, 私の, 穴の, 納まりを, 絵を, 老人は, 肩身の, 胸が, 花を, 苦しさ, 薬を, 表現は, 誤解を, 身にな, 近所で, 運び手間だ, 重っ苦しい, 重つ, 面だ, 頃の, 馬は

▼ さに対する~ (62, 0.0%)

2 一種の, 讃嘆の, 讃美の

1 [56件] これまで, オルグとしての, 不満なぞ, 不満の, 何の, 利用価値とが, 単なる程度, 反動として, 反応な, 反撥心が, 反省を, 右の, 嘆賞に, 国民の, 大脳の, 嫌悪や, 尊敬とは, 平らさです, 彼女の, 怒りから, 怒りだけが, 怒りは, 恐怖が, 悲しみが, 愚痴など, 感覚を, 態度は, 憤り今, 懐疑を, 才能, 抵抗力を, 最も深い, 木崎の, 本質的な, 欝憤, 歎称であった, 涙が, 無限の, 物忌みだから, 白痴相応の, 皮肉の, 確信が, 礼儀じゃよ, 私等の, 絶縁を, 自分の, 自嘲が, 自然として, 苦痛が, 覚醒が, 訳者としての, 趣味との, 郷愁めく, 間接の, 限りは, 階級的憎悪で

▼ さ~ (61, 0.0%)

4 時から 32 ぢらし, てやりたい, なこれ, よ, 笑に

1 [44件] いやな, いや逢っ, これが, すりア, たり夜, つづらの, ている, てその, てその間, てちります, て与えよう, て伊海峡, て傷, て動い, て殺し, ときどんなに, ときに, ときね, ものが, ものと, ナ, 事が, 事は, 事件を, 位耳を, 動物で, 十一二歳でも, 味を, 噂を, 壽阿, 家は, 御目, 時に, 時頭の, 殺傷沙汰が, 背中に, 血汐に, 軍艦の, 部屋である, 闇の, 頃から, 顔も, 風と, 鼻風は

▼ さする~ (59, 0.0%)

7 ような 4 ように 2 かな

1 [46件] から遠慮なく, が兄, が菊, じゃない, ぞ, ために, といふ, とみせ, と諸肌, と骨, なりとか, にはあ, にはそれ, に一, に宜, に御, に指, に至っ, に通ずる, のであった, のであつ, のは, のを, はいとおしい, は十日, まで情, ものである, ものと, ものは, も毒, やうな, を法, マジナイあり, 一因と, 不可思議な, 事を, 其響耳を, 奴が, 姫は, 憂も, 時にも, 時親と, 父に, 由, 目つきで, 道の

▼ さ~ (57, 0.0%)

4 尊の 2 でふと, にあっ

1 [49件] から化物屋敷, であった, でも脳髄, にあった, にこの, にそういう, にまき込まれ, にもう, にも里, にカンジン, に全身, に凝然, に出, に力技修業, に嘆いた, に在っ, に妹, に実に, に座頭, に彫つ, に意外, に戦死, に抱かれ, に握り飯, に於, に活き, に異様, に目, に花, に長々, に顕れ, に養われ, のこと, のオーシス, の仲之町, の雪, はよく, へ撒かれる, へ溶け込もう, へ還へる, よりも今, をきり脱, をまた, を一日机, を我関, を活動, を長々, 七字に, 或る

▼ さ悲し~ (57, 0.0%)

9 さを 8 さに 6 さが 5 さは 43 さの, さも, さ打出し, さ腹立たし 2 さである, さ辛 1 さいかほど, さから, さで, さと, さなつかし, さ入り乱れた, さ寂し, さ覚ゆ乳房いだけ, さ辛らさを

▼ さがって~ (55, 0.0%)

2 往った

1 [53件] うしろの, おれを, そこで仰向け, それが, だけんど, ところどころ陽, はなれればこそ, ぶんぶんと, まず申し分, もう少しで, やっと土踏まず, わざと髪結いさん, クリストフへ, ジャガイモが, 一人の, 一度ころび, 上唇に, 今度は, 休むの, 刀を, 動いて, 勝治に, 右と, 四辺が, 夕月に, 姿を, 庭石の, 徹底的に, 忍んで, 恐しく調子, 悠々と, 抜刀, 放さなかった, 来た, 来たん, 森の, 段に, 洞の, 洞庭へ, 煙草を, 町, 眺めて, 細っこい肩, 自分は, 舵も, 蝙蝠の, 見て, 許さなかったが, 足もとから, 逃げたと, 遠くから, 額を, 鬱々と

▼ さがる~ (55, 0.0%)

3 ように, 荒石の 2 のは, ような, 荒岩の

1 [43件] かい, からあと, からふしぎ, ことに, ことは, ことを, という, とお, とともに金鈴青銅, と小役人, なり鋤, ねばり, のが, のだ, のであった, のである, のです, のも, のを, ばかりと憂えた, ほかには, ほかは, ほどな, までのこと, もの地に, よう申し伝えろ, よりはまだ, よりほか, よりも前, より仕方, より他, わけには, んかと, 亜麻色の, 以外に, 年頃にな, 死の, 気配が, 浪の, 為めに, 藤蔓が, 長い柳, 髪の毛を

▼ さって~ (55, 0.0%)

11 しまいました 4 いきました 2 いきます, いくの

1 [36件] あたりは, あとには, いた, いて, えもの, おきます, おれが, お白洲, この橋, しまうと, しまうの, じいっと剣, ったらあ, どうだ, どんなわる, まことに慈父, まもなくの, ものさのう, ゆく, サ, 不思議ね, 二を, 云った様, 全く語らない, 処も, 太陽が, 御金, 敗戦後半年の, 生活の, 矢の, 空虚な, 行きます, 行くの, 見えなくなって, 颯と一刀, 鬼哭を

▼ さに対して~ (55, 0.0%)

2 自分たちが, 自分の

1 [51件] あまり大きく, あんまり伸子, これ以上観る, こんな状態, したもの, それを, ちょっと冷やかし, である, どんな内心, なので, なんとなく均衡, リアリスティックな, 一言の, 上の, 予報の, 人々は, 人に, 何か, 何も, 剛柔の, 割合に, 動物の, 多分どの, 多少解説, 多計代, 女の, 婦人の, 室温並びに, 彼に, 復讐めく, 心積りという, 悪意を, 戦う意志, 抱かれて, 抵抗強い, 挑戦する, 文学の, 未練がましい気持, 極めて臆病, 概して近年人, 烏と, 特に強い, 盲に, 示された一般, 私が, 自分は, 萎縮した, 都会の, 鈍感に, 開き初めたの, 高ぶつ

▼ さばかり~ (55, 0.0%)

11 では 2 して, である

1 [40件] かきたてる社会, すこしの, だと, であるの, である事実, です, ですよ, でないぼんやり, でなくここ梁山泊, でなくて, でなく人間, でなく彼女, でなく湧出, でなく私たち, でなく蜂谷, でなく飢えて, でなく駒, でまったく, でも, で何一つ, で好き, で無性にイライラ, で獣, で眺めて, のまして, 七ツの, 仕でかして, 大抵は, 心の, 掛った末, 来て, 痛切に, 競って, 考えて, 薄き情, 起き上り立ち, 追求し, 風景に, 食って, 高くとも

▼ さ~ (55, 0.0%)

3 しの, は明日 2 だつて, はうんざり

1 [45件] あ五郎さん, がどじ, が可愛かっ, が握る, だって帰したくなかった, と一所, などはほんとう, なんずも, にした, につかまっ, には計らいかねます, に縁談ばなし, のもつ, の友達, の尻, の従順さ, の情婦, の言っ, の食慾, はしばし, はすっかり, はそれ, は世界一, は呼吸, は忘れない, は思わざる, は是, は月, は染, は毎度, は涙, は眞, は私, は耳, は聲, は自分, は電球, もお, もこう, もこれ, もそれ, も勝山, も懲りた, や何, を斬っ

▼ さにまで~ (54, 0.0%)

2 仕上げて, 引き上げて

1 [50件] お前自身を, ためるの, なつて, ひき上げるため, 下つて, 不合理な, 仕上げただけの, 低まって, 働きかた, 到達し, 及びつけないで, 及んで, 地中には, 尖鋭化され, 引きあげた努力, 引きあげ得る手がかり, 張りきらせた幼児, 感謝され, 我々は, 折り畳んだ夜具, 洗練された, 澄み透った存在, 燃えさかりますが, 燃え縮まって, 生い繁っ, 生長する, 発展し, 積つ, 築いて, 組織する, 組織化される, 縮むもの, 腫れ上がりまた, 行き着けないで, 被われて, 詩の, 輝やきあらわれ, 辿る道のり, 透って, 達した, 達したいと, 達して, 達しる心, 達する, 達するが, 鍛えられたもの, 随分気, 高めて, 高められるの, 高潮され

▼ さだけが~ (53, 0.0%)

2 ある, ある世界, わたしの, 残った

1 [45件] あかるい明り, あった, あっても, あながち万能, ありそこ, いちばん身に, いわば唯一, かろうじて彼女, くる, こぼれて, そのひと, ちらついて, ついと胸, むしろよ, やっと分った, 人々で, 分るので, 外貌に, 少し解っ, 悲しみに, 意味も, 有難いと, 死の, 残るだらうか, 殘つてゐた, 毒々しいほど, 熟れたグミ, 燒きつい, 犇, 男を, 異樣, 目に, 目について, 眼に, 秋の, 符号し, 美の, 肌身に, 記憶せられ, 訣つて其しらべ, 逆に, 酒の, 闇の, 青春に, 顔の

▼ さなどを~ (53, 0.0%)

3 見て

1 [50件] する, はてしなく, ぼんやり思い起し, まだ中将さん, よく知る, オットーは, 一概に咎めだて, 五郎は, 凝然と, 回避しよう, 女王は, 好んであざけり, 尊ぶ詩, 強調した, 心に, 思つて見た, 想像し, 想像する, 意識し, 感じたこと, 感じ得る人, 我慢できなかった, 批判し, 指すの, 描こうと, 日本人なみの, 母は, 測定し, 狙って, 益々高く, 目を, 目算し, 省みる者, 紛らすため, 美術的に, 考えこの, 考え合わせると, 考え要するに, 考へ, 考慮する, 舐め廻すよう, 見出し得た, 計って, 訴えた, 話しきっと, 話し合って, 語った, 豊島さんの, 追求する, 院は

▼ さそして~ (52, 0.0%)

2 凄さ, 暖かさ, 殊に感服

1 [46件] あの甘い, うるは, かばい合うよう, ずきんずきんと, その全体, その酔, できるだけ早く, どこか, むさくるしさ, チャイコフスキーの, 人間の, 俗人ぶりに, 其が, 其処に, 前方の, 又ただ, 又女, 又美し, 呼吸困難に, 塩の, 女の, 妖麗さなどから, 小説の, 平凡さが, 彼に関する, 懐炉を, 我々の, 才気の, 抵抗の, 新鮮な, 日中の, 明確さに, 流しの, 爽やかな, 生きる苦し, 皮膚の, 職業婦人が, 肉縁のわ, 臭さ, 蝿の, 蠅の, 詮方なし, 豊かな, 退屈, 野性そのものです, 食べること

▼ さ~ (52, 0.0%)

3 の今 2 うぞ, うなりと, でもいい

1 [43件] ういう心得, ういう理由, うか, うして, うする, うだこれ, うだね, う云う, う致し, う言分, か, かは洩れ, かもっと, か及, か意味, たかが女, だってお, だよ, だろう, てみんな, て男らしく, という卑しき, といふくだらな, といふはかな, といふ卑, につけ, のご, のためらい, の商, の商売, の商買, の苦, は差置きまし, もあなた, も伺っ, も僕, も彼, も本心, も知らない, も米, をし, をやろう, を言い出す

▼ さ~ (52, 0.0%)

17 さの 6 さに, さを 5 さも 4 さには 3 さが

1 [11件] ささえ, ささては, さで, さと, さにつれ, さにも, さにゃ, さ労働囚人の, さ深, さ痛, さ盆暮には

▼ さ~ (50, 0.0%)

7 たりし 3 たりした 2 そうに, たり白粉, て, 指に

1 [32件] あし, ぜんと, そうして手足, そばに, それに, たま, たりしてる, たりなどした, たりはり, たりはッ, たり宿, たり御馳走, たり洋服, たり連峰, ています, ては芝居, てもらいたい, てもらいましょう, て国, て寢, て小, て我, て来た, て注意, て涙, て顔, ながらふい, ひだり手で, むるところだと怨ん, 事ある, 私の, 顔へ

▼ さそのもの~ (50, 0.0%)

2 であった, である, のうち

1 [44件] がそこ, が一つ, が他面, が最大, が湯気, が矢張り何, が美, こそもっと, こそ此, さえそれ, さえ相対的関係, さえ自分, だけですでに, だつた, であると, でいくつ, でがっしり, でした, で毎日, というほか, となる, なん, になっ, に古, に惹かれ出し, に於, に變化, のため, のとおり, のみを求め, のやう, の中, の内容, の浅, の象徴, はもう, は無くならない, よりも彼, をも冰ら, を尚, を忌み, を性格, を意味, を物語る

▼ さによ~ (50, 0.0%)

5 つて人を 2 つてこの, つては

1 [41件] つて, つていろいろに, つてお, つてかの, つてさ, つてその, つてた, つてだ, つてはじめて, つてもつと, つてモリエールを, つて不, つて世間から, つて人の, つて伊曾の, つて偶然に, つて力つき, つて却つて余りにも, つて口べりに, つて君をまで, つて大衆に, つて如何なる, つて定る, つて年齢の, つて彼が, つて所期の, つて扁理の, つて機智の, つて次第に, つて毒されすぎた, つて決定される, つて生命の, つて男性の, つて真実の, つて精神状態を, つて結婚前の, つて自分も, つて読者を, つて逆に, つて道義心を, つて露骨に

▼ さあの~ (49, 0.0%)

2 不気味さの, 女は, 日の

1 [43件] あでやかさあの, お紋付, くらい食い意地, ところへ, ような, ように, よぼよぼ爺さん, 三尊の, 不思議な, 人が, 人つ, 仰山の, 傾斜した, 処へ, 四角い形, 奥さんは, 娘の, 娘は, 婆さまに, 帯皮だ, 心の, 悪党奴夫人と, 拝殿の, 時ゃ, 時代から, 時路地に, 時雨が, 曲りあの, 朗らかさあの, 柱の, 楽しさ, 注意深さ, 焼跡の, 物やさし, 男の, 背中いです, 調子の, 通りの, 通り碧い, 鉄面皮と, 長櫃の, 電光の, 飽きっぽい

▼ さしならぬ~ (49, 0.0%)

7 ものと 2 ことと

1 [40件] ことだ, といった風, ところへ, ところを, ものが, ものに, ような, アイクチを, オモチャだ, キュ・ド・サック, テーマである, ハメに, 人間関係は, 凶事の, 勝敗感が, 反逆の, 同等の, 名誉の, 名譽, 堅さ, 姿を, 嫌疑と, 形ちの判断の, 感じだった, 感情的な, 感覚に, 描写に, 構成に, 泥濘の, 物的証拠, 物的証拠に, 物的証拠を, 犯人の, 状況証拠を, 現実であります, 理由が, 理窟を, 絶対の, 証拠が, 食客の

▼ さ美し~ (49, 0.0%)

7 さを 6 さに, さは 2 さが, さであります, さの

1 [24件] さ, さかくまで, さこそは, さこの, さこまやかさ絶え間の, さだつた, さと, さという, さとしては, さなぞを, さより, さ不思議さと, さ優し, さ古めかし, さ故に, さ朝程, さ気高, さ真実さ闘っ, さ眼鼻立ちから, さ私たちの, さ空気の, さ絵にも, さ虚飾ない, さ誠実恭倹を

▼ さがった~ (47, 0.0%)

2 のを, 灰色の

1 [43件] あとかれ, がしかし, がその, がそのまま, が群集, くらいであった, ということ, とか, と眉, のかい, のだ, のちはて, のち旦那は, のであります, のである, のです, のは, ままゆらゆら, ような, ように, わけでし, コードは, 下には, 中心から, 口の, 右手の, 大隅の, 大鷹, 拳を, 方が, 木が, 木の, 枝には, 枝は, 玉座に, 白い髯, 眉と, 眉毛口髭毛むくじゃらの, 粗朶を, 色テープの, 通りに, 雨雲の, 青白いランプ

▼ さはる~ (47, 0.0%)

2 から, のでせう

1 [43件] おとも, からおれ, からよ, から何とか, から到頭, から御用ツ, から暫らく, から泥棒, から甚助, から結婚, がそれつ, が十手捕繩ぢ, ことあり, と, といけない, とおこつて網, とこの, とその, とた, とぬくとい, とべとべと, とまだ, と事件, と君, と困る, と散り, と裏口, と重大, と鎌首, なと云つて, にはさ, のが, ので無理, ので痒い, のよ, ものなく, やうなあつかひ, やうに, 事あり, 同志に対する, 夜舟かな, 温柔の, 相手と

▼ さうも~ (45, 0.0%)

7 思つた 6 無かつ 4 云へる, 言へ 2 言へる

1 [22件] いかんで, ござない, わたしは, 云つてゐられん, 云は, 云へ, 云へるだらう, 亦わたし, 亦考へ, 何も, 単純でも, 又思, 彼は, 思つてゐる, 思つて自分の, 眼の, 自分に, 言つたのである, 言は, 言はれます, 言ひかね, 言ひ置いた

▼ さ~ (45, 0.0%)

24 子は 5 子の 2 子が

1 [14件] づえには赤き, にかけたる, の歿後, を娶り, 十文字おのおのが, 姫の, 媛が, 媛は, 子, 子さ, 子に, 子にとって, 子も, 子を

▼ さ~ (45, 0.0%)

5 さは, さを 4 さに 3 さが, さの, さも 2 さとは

1 [20件] さ, さそのものに, さで, さである, さです, さなどは, さにも, さによって, さものすご, さ厚, さ大き, さ嶮し, さ広, さ強, さ戯作性の, さ新し, さ浅, さ純一さのみが, さ重みという, さ面白

▼ さうお~ (43, 0.0%)

15 つし 3 もひ, 思ひに

1 [22件] なりに, もつても, ツしやる, ツ母さんの, 取次ぎだけはするわ, 大切に, 怒り遊し, 思ひなさい, 思ひならその, 手軽には, 手輕には, 樂でも, 白洲に, 私ずつと, 私も, 考へに, 考へにな, 褒めに, 言ひよ, 遊びに, 邪魔でも, 願ひし

▼ さしむ~ (42, 0.0%)

12 かいで 9 かいに 5 かひ 4 かいの

1 [12件] かいです, かいと, かいという, かい薄化粧, かひで, と, と同時に, と知識それ, などの大, 之を以て, 嗚呼果して, 無慚

▼ さとでも~ (41, 0.0%)

7 いうよう 3 云ふ 2 云うべきもの, 申しましょうか, 言おうか

1 [25件] いうか, いうべきもの, いうべき墨色, いうべき趣, いうもの, いうん, いおうか, いったこと, いったよう, いふか, 云うか, 云うよう, 云った風, 云つた, 云は, 云ふべき, 形容すべき, 申すもの, 知られること, 見て, 言えるでしょう, 言ふか, 言ふべき, 言ふも, 言へる

▼ さむら~ (41, 0.0%)

5 の中 3

1 [33件] いくずれ, いたるもの, いたる自分, いと尊敬, いと百姓, いもの, いや悪者, いや通行人, い以上, う, うてその, からあちら, から人間, から小鳥, で二十めんそう, とのばら, の宮殿, の方, はう, ひえぼし, ひたしか, ひには, ひによ, ひの, ひぼふし, ひ人, ひ気質, ふ, ふぞ, へと姿, へまぎれこんだ, をうごかす, をわけ

▼ さッさ~ (41, 0.0%)

4 と戻っ 2 と先

1 [35件] とお, とおさらば, とこの, とこれ, とご, とその, とやめる, とフトン, と上流, と中, と体, と六号室, と千頭家, と南, と呂宋兵衛, と味方, と奥庭, と帰っ, と帰る, と戻ん, と機上, と正, と歸, と湯殿, と白, と立ち去った, と自分, と荷造り, と貰われ, と退出, と這入んねえ, と通っ, と通るなら通っ, と道, と部屋

▼ さうでなく~ (40, 0.0%)

5 てさ 2 ば只今諄々

1 [33件] その幻影, その証拠, そんな風, ちやいかんのだ, つてこんな, つてさへ, てか私, てすらも荒れ, てその, てどこ, てはとても, ては本格的, ても一語一語, ても両国, ても中央, ても今, ても図, ても失業地獄, ても興味, ても英語, ても草, とも安らか, とも斎川水, とも朗らか, とも町中, とも親, なつて, 何でも, 別居し, 或る, 白刃を, 筋道を, 譬喩と

▼ さしみ~ (40, 0.0%)

1 [40件] あらい摺れ, うしほ, お釈迦さんも, がいちばん手数, がすき, が好き, が第, てんぷらそばどれも, でも椀盛り, で一合, で飯, といえ, とかうきふ, とかもなべ, としておいしく, とすし, とオムレツ, と豆腐汁, にする, にそえ, にならない, にもつまっ, に茶碗, の, のある, や肉類, や酢のもの, や野菜, をもっとも, を仏壇, を湛え, を食, スープ等, 口取りその他種々の, 牛豚肉の, 白出し, 茄子焼, 赤飯御, 鯛めんなど, 鶏卵等

▼ さア此方~ (40, 0.0%)

138 へお 2 へお出で, へ這入りなさい

1 [15件] にお, へおい, へお上, へどうぞ, へ先生, へ入っし, へ入ん, へ来, へ来い, へ此処, へ這入っ, へ這入り, へ這入る, へ這入れ, へ這入んなさい

▼ さうでございます~ (39, 0.0%)

874 から 32 な, のね, わ

1 [11件] かでは, かもう, から又, が, し前, それに, とも, ねさ, ね顔, わこんな, 上州沼田の

▼ さます~ (39, 0.0%)

3 ことに 2 ことが, と, のだった, のである, ものは, ように

1 [24件] あの無我, ことで, ことの, ことは, ために, ところに, には十分, ので, のでその, のほかなん, ほどの言葉, まで折々, もの, ものが, ものとして, ような, 事が, 事は, 何ものかが, 機縁と, 物音をも, 真昼の, 胸の, 能力は

▼ さよと~ (39, 0.0%)

2 一つ食べ, 二つ食べ

1 [35件] あの円心, いはねば, いわねば, かえりみられも, くらあ, それよりは, つづいて, ふるえ出すほどの, みなも, ようやく彼, わざわざ振り試みる, 云ふ, 他目には, 到着匆々重ね重ね, 呟やくあり, 嘲るほどに, 待つ間, 思いめぐらせば, 思いも, 思ひやりては, 思わずこなた, 怪ん, 慨かる, 手打ち鳴し, 振向けば, 旧き友等, 朱同を, 沸き返る涙胸, 涙片手に, 生体なき, 眼を, 計り敏は, 長く言はん, 長く言わん, 飽かずもてあそぶ

▼ さと共に~ (38, 0.0%)

2 激化せられる如き, 相貌の

1 [34件] かつて知らなかった, すさまじくなっ, それが, ひ弱さ, まことに罪深い, もって, シューマンの, 一抹の, 一種初めから, 会津人かたぎの, 何という, 俄かに, 充分推賞, 其の古, 冷えて, 加はり空の, 大地へ, 山の手中に, 彼女の, 扇面の, 明治時代へ, 本能の, 東兩國の, 氣に, 深さ, 男や, 私は, 突然な, 綾子の, 自然向けられ, 苦い心細さ, 襦袢胴着の, 還つて, 骨身に

▼ さまた~ (38, 0.0%)

2 その難, ただなら

1 [34件] ぐるほどの, ぐるも, ぐる人も, しっかりと, そのわずらわし, その変化, その幕間, その持ち味, その非常, それを, ちゃ, 一層上, 両手の, 二十間隧内より, 人間的な, 健気さに, 口惜しさ, 寂しさ, 幼時の, 晴れが, 果てない深林, 格別なりしかば, 現在の, 畳の, 真個う, 眼に, 紅に, 経るしろ, 縁起の, 衆望を, 辛さ, 青さ, 音楽とともに, 顔に

▼ さ~ (38, 0.0%)

1 [38件] 一マイルあり, 一丈五尺横十二三間に, 一五〇米幅約, 一寸と, 一尺は, 一尺口徑六七寸位の, 一尺巾一寸五分厚, 七尺幅五六寸と, 三フィートの, 三六米ある, 三尺中段と, 九マイル幅五マイルで, 二フィート幅二インチ半で, 二メートル幅は, 二十センチメートルの, 二千二百六十米突ここに, 二吋の, 二間, 五六尺に, 五尺周囲二十八尺ばかり, 五糎の, 五糎程の, 八キロも, 八寸青き, 六十呎の, 六尺に, 六尺検校のは, 十マイルあり, 十一インチと, 十三四呎長さ約, 十二センチ平方高, 十五万坪なかでも, 千メートルの, 千米の, 四インチの, 四間三尺の, 百六十呎東方に, 百分の二の

▼ さまし~ (37, 0.0%)

3 ている, てくれた 2

1 [29件] そしてすべて, そのこと, ていた, てね, てゆく, て往時, て来, て真, て羅馬, て連れ, で赤玉, ながら皮, ながら続け, など飲む, にときどき, になる, のカプセル, の頓服, はげますこと, は人間, を飲もう, 住民自身の, 当時の, 想像力の, 来る, 相手の, 終にその, 終に彼, 蛍を

▼ さまでに~ (37, 0.0%)

1 [37件] ある水, おほせ下され, おぼし召したまわるとは, お心, ご心配, した, すること, なくとも, なり北海道, 不信な, 世の中の, 厳しい仕置き, 古るい, 名の, 己の, 弦を, 心を, 思い極められたならもはや, 思はなかつた軽い, 思召すその, 思詰めた, 急いだもの, 急がなかった不覚, 憂慮ある, 憚るで, 時刻後れ, 歓ばせたかと, 氣に, 深く貫一, 烈しいから, 父様を, 目新らしく, 縮めた最後, 耳に, 苦しからず, 襲着し, 高く築き

▼ さやら~ (37, 0.0%)

32 で許されて, 口惜しさ, 葉の

1 [28件] さうかとおも, すわり心地, そんな稼ぎもの, で, でつい, で一日中, で全く, とにかく寸鉄人, なさけなさ, ひくきた, ひに, また自分, もだえやらの, わけも, 何やら角, 哀れさに, 張りつめて, 怪しさ, 恐さ, 悲しみやら, 慚愧やらを, 或はぐうたら, 暗さ, 歯医者の, 矛盾の, 絶望の, 言ふ, 間もなく信長

▼ さうもなく~ (36, 0.0%)

3 なつた 2 その上, 愛嬌の

1 [29件] そのうち, その上二人, それほど深い, それよりも, なつて, なつて來, よしんば力松, よし聞かれた, 主人が, 主人の, 主人は, 今日も, 僕の, 十五六の, 又すぐ, 固唾を, 塀の, 夜更けの, 大空に, 娘の, 心細いこと, 所詮は, 明日出直し, 次第, 漂ふてゐる, 若し斯ん, 藤屋に, 裏の, 途中で

▼ さこそは~ (36, 0.0%)

2 獨り, 當り, 要求せられた, 醉はめ

1 [28件] お心残り, かえって美, この地球, さこそは, しづに, それこそ, まもり給ひ, 人の, 似しか, 似つれわが, 寧ろその, 当り難う, 彼等を, 得つるや, 必要な, 愁き, 我を, 木下杢太郎氏が, 注がめ嬉しなみだ, 激しくも, 無情い, 男も, 私の, 紫の, 覚えたが, 身にも, 闘牛の, 齋へ

▼ さとともに~ (36, 0.0%)

1 [36件] ある否定, なよなよと, まぎれも, また非常, もって, わたしたちを, 一層猛烈, 一種のみ, 二階めがけ, 伸子の, 凍傷に, 凝固させた, 増して, 変化し, 夏の, 夫に, 実にくっきりと, 専制的な, 彼が, 思はず瞼, 感じて, 日毎に, 減ずる割合, 滅びゆけ, 滅入るよう, 特筆し, 田舎の, 異常な, 眠るの, 精神の, 細かいもの, 美しさ, 老け痩せぎす, 自分の, 自身の, 観賞すべき

▼ さへに~ (36, 0.0%)

3 親しまずいつも, 踏切りて 2 稲光青の

1 [28件] いひかねて, このふる, これに, さるもの, しづこ, ほはせて, ほふ心地, ほふ春, 予定しつ, 光り異なる心地, 君に, 如何なる悪業, 居りませずば, 御受取可, 心ぐるしく, 心よ, 忘れゐたり, 悲しかりし, 惜しまれて, 拂は, 眩くなれり, 称へ, 胆は, 若君姫君の, 見えず雨戸, 見失ひしと, 里方を, 隔てつるかな

▼ さアそれ~ (36, 0.0%)

3 は, を聞こう 2 で話

1 [28件] からいよいよ, からというもの, からは数学, からは近, から撲る, がとりとめ, がわかれ, が忍藻, が怖し, だ, ですよ, はこの, はどう, はわからぬ, はわたし, は一々, は下男, は今, は俺, は僕, は分りません, は十人, は大変, は好い, は氣, は皆様, は私, は解らない

▼ さ~ (36, 0.0%)

2 つた, はむ, ひながら, ひゆ

1 [28件] つたが, はせて, ひます, ひ回つて, ひ幸福, ひ廻りはしやぎ, ひ梯子, ひ歩いた, ひ歩いたり, ひ歩いた末, ひ歩いて, ひ歩かなければ, ひ歩きやつ, ひ歩くこと, ひ歩く貫太, ひ込まうとして, ひ込まれては, ふ, ふその, ふだけで, ふてゐた, ふてゐたが, ふやう, ふ奇怪, ふ美, へる羊, へる魂, よえる

▼ さうに眼~ (35, 0.0%)

3 を伏せ, を光らせた, を細め, を細めた 2 を大きく

1 [21件] の前, ばかりぱちつかせ, をくし, をこすり, をしかめた, をしよぼ, をつぶつて, をぱちぱち, をみ, をクシヤ, を光らし, を光らせ, を動かし, を寄せ, を据ゑて稍, を瞬い, を細く, を視, を輝かし, を輝かした, を顰め

▼ さつき~ (35, 0.0%)

2 さう, さんざんお

1 [31件] あの熟, あの軒, あんな表情, うす暗がり, からあなた, から大, さつきの, その声, ねえ, のやう, の問題, の女, の子供, の曠原風, の河底, の獲物, の神, の葡萄, の通り, の重苦しい, の鉢, の風, は四散, まだ午飯, やす子, レコードを, 井戸の, 志村君について, 暗いうち, 痰喘に, 眠つ

▼ さア私~ (35, 0.0%)

3 を縛 2

1 [30件] が坐りました, が寝ん, が寢, が承知, が此, しが, と一緒, には, にはよく, にはサッパリ見当, には少し, には解りません, に縄, に繩, のやう, の口, の心尽し, の行李, の顔, はお, はその, はもう, もこんな, も其處, も商売人ぢ, も最早, も知らない, をこの, を縛っ, を裸

▼ さなかっ~ (34, 0.0%)

233 たが 2 たこと 1 たと, たの, たので, たむす子, た僕, た秘密

▼ さについては~ (34, 0.0%)

2 人後に, 彼は

1 [30件] いっそう確か, いまさら私, すでに十分, ときどき看護婦, とてもこの, なんらの, ふれて, もう到底思い出す, 一介の, 一行半句も, 云うまい, 何の, 作家も, 例へば次, 前に, 力学的の, 喋々を, 子供の, 幸いに, 文献を通して, 既に一つ, 既に僕, 昔と, 無関心, 田沢坦大岡実両氏編纂の, 私は, 素朴な, 色々話, 見解が, 貴下の

▼ さもう~ (34, 0.0%)

2 これで

1 [32件] いいもう, おやめ, お休みなさい, お帰り, お茶も, かういふ風, こっちへ, このと, それでよ, つかり外れて, なんにも, やめましょう, よかろう, よんべ, わかったろうお父つぁん, 一つ金之助は, 一のし, 一年寿命が, 一息やろう, 一押し, 三日も, 勘弁ならねえ, 十二三にも, 大臣の, 放して, 眼を, 行きませう, 話も, 身を, 閉めるわよ, 静かに, 駄々を

▼ さ~ (34, 0.0%)

6 きから, さと 2 きの, と

1 [18件] きちよツ, き云つたの, き千代子, さらり, たの, たらない, といふ氣持, とし, と何処, と地上, と変形, と流れた, と消え込ん, と潮風, と紅, と速度, と開かれた, 起きなければ

▼ さはり~ (33, 0.0%)

5 のない 2 さへ, のある, の渋い, も匂

1 [20件] ありとも, があつ, があり, がある, がなく, であるが, と云, ながら云, なく終日申, なし, なしといふは, の出来る, の多い, の語, はしなかつた, はせぬ, も何, よきかの, を考へ, を身ぶり

▼ さまでの~ (33, 0.0%)

2 強弁を, 苦痛を

1 [29件] ことは, 事も, 値打も, 公明正大な, 功とも, 同情は, 困難をも, 大小なし, 大音では, 好意を, 嶮にも, 恥でも, 意は, 政治的煩累にも, 未練は, 泥土を, 相違は, 眺望は, 石が, 秘事を, 苦しみも, 苦患では, 落度でない, 覚悟あっ, 賑ひもなし, 距離は, 造詣は, 難事では, 難事には

▼ さ三尺~ (33, 0.0%)

2 に近い, ばかりで, ほどの板, もある

1 [25件] ぐらいの狭い, ないし八尺, に余る, に幅, に高, の四尺の, の床, の箸, の鎖, の麻縄, ばかりあり, ばかりの四つ目垣, ばかりの大き, ばかりの小池, ばかりの細長い, ばかりの葡萄, ばかりの顔, ばかり幅二間, ばかり鯰, ほどの墓穴, ほどの御影石, ほどの石, ほどの蓮根, を踰, 厚さ三寸

▼ さ早く~ (33, 0.0%)

2 致せ

1 [31件] あけて, あゆべよ, おし, おつ, おやすみ, お上り, お堂, お父さま, お眠りブー子, お詫びする, お顔, かえして, こいつらに, これで, さと, なすつて, 仕度を, 修身を, 出ないと, 勉強し, 外へ, 寝た, 御前様お, 持って, 歩け, 温まつて, 行きましょう, 行くが, 行け, 表の, 鍵を

▼ さうに顔~ (32, 0.0%)

4 をしかめ, を顰め 3 を顰めた 2 をしかめた, を歪めた, を見合せ

1 [15件] をあからめ, をしかめる, をそむけた, をそる, をつつこん, をのぞけ, をゆがめ, を伏せ加減, を俯, を出しました, を持ち上げた, を曇らせた, を檻, を熱らし, を赤く

▼ さうもなかつた~ (32, 0.0%)

14 のです

1 [18件] からです, からグラウンド, から一層, から弟, がなん, が私, けれど彼, さうである, し一つ, し遺稿, でせう, のである, のでとうとう, ので半身, ので強, ので彼, ので黙, んです

▼ さだけは~ (32, 0.0%)

2 妙に

1 [30件] あるん, いくらかしのぎ, いまでも, つかんだと, とうてい拭い, どうした, どうとも, なくなりましたね, ふしぎな, もう少し六年生, もう誰, わかるよう, コーヒーに, 一匹なみに, 何となく忘れ得ない, 信じて, 共通に, 取り返して, 太平記の, 姉の, 忘れて, 感じられた, 慎ませて, 教室の, 珍重に, 生ある, 聞いて, 認めて, 認め怖, 身に

▼ さはに~ (32, 0.0%)

3 鳴く 2 つゆは, 多かり, 据ゑ

1 [23件] ありて, ありと, あるべき望, あれど, うく, ほひな出, 伊理袁理登母, 倉建て並め殿づくり朝日夕日の, 倉建て竝め殿づくり朝日夕日の, 国には, 御供つかへ, 扮した, 朽ちたり, 来入り, 残りたるを, 満ちて, 穂に, 穗に, 立ちて, 結びしに, 縫へ, 罪を, 音しつ

▼ さうに私~ (31, 0.0%)

3 の顔 2 の傍, の方, を見, を見た

1 [20件] が云, が返事, だつて, にし, には見えました, に白状, の乞食, の後, の手, の顏, は美しい, は考へます, をいくつ, をじ, をまじ, を睨め, を見つめた, を見る, を見詰め, を見詰めた

▼ さうに首~ (31, 0.0%)

4 を振つた 2 をかしげ, を垂れ, を垂れました, を縮めた

1 [19件] から肩, だけ覗い, をうなづい, をかしげた, をさしのべ, をすくめ, をたれ, をのばし, をのべ, をふり, を傾けず, を傾けた, を傾げ, を傾げた, を前屈み, を垂れます, を振り, を横, を縱

▼ さかる~ (31, 0.0%)

2 季節だ

1 [29件] ころで, すな, ともゆめ, に違い, のか, はやはり, やかさ, ような, 人は, 刻限である, 夷の, 家路や, 春の, 時分だ, 時刻である, 樹の, 海の, 海岸開きの, 火の粉が, 犬が, 紫雲英畑の, 船人を, 花よと, 連れの, 鄙の, 鄙少女等が, 音, 頃にな, 館の

▼ さうに答~ (30, 0.0%)

18 へた 7 へました 2 へる 1 へてその, へて女の子, へると

▼ さかた~ (30, 0.0%)

106 の天 2 の天かな機

1 [12件] さ, などは其, の光, の四方, の天つみ空, の天道, の月, の朝, の満月光, の空色, の金色光, の雨

▼ さなら~ (30, 0.0%)

1 [30件] いくらも, お富, かえって張りあい, きっとそれ, この母, この熊手, さっさと絵事, そんなに姐さん, ちょうどいい, で天啓, ば今度, ば何カラット, ば右門, ば吾, ば容易, ば私, ば里町間, まだしもである, まだ大丈夫, タカが, 一つ五六百匁の, 北極と, 同じぐらい, 寂しさ, 当然持つ, 時候の, 渉る, 犬の, 誰でも, 頭を

▼ さ~ (30, 0.0%)

3 ばならぬ 2 お品さん, ばならない

1 [23件] あなたが, あの調子, うち生活への, え私, お説, きさ, それでお, て帯, て摘んだ, どうやってる, ばなるまい, もう, わし等方なんぞ, 似たる鬚, 何の, 僕の, 土台会おう, 日本人なら, 旦那, 明け切れぬ, 木の, 湧き出す力, 繻珍の

▼ さかい~ (29, 0.0%)

4 のない 3 がなく, のつかぬ 2 がつかない, がない

1 [15件] があるべし, がつかなくなっ, がつかなくなった, がつかん, がつく, ができねえ, がなくなる, が無くなった, のある, のつかない, のつかなかった, のな, のなくなっ, を失っ, を失った

▼ さかの~ (29, 0.0%)

13 ぼつて 2 ぼつた, ぼつては

1 [12件] ばれば, ほうへ, ゆるぎも, わからない道庵先生, わかるだけは, 変化も, 天の, 學士どの, 沼に, 精神分析学者の, 董卓にも, 貧しさ

▼ さすり~ (29, 0.0%)

2 ながら

1 [27件] いささかの, じっと眼, すること, でも, ながらいった, ながらうとうと, ながらきっぱり, ながらもう, ながらクロ, ながら低, ながら低い悲しい, ながら歩きだしました, ながら泣いた, ながら泣く, ながら珍, ながら皮, ながら誘い, また肩, チヨ子は, 一文字なりに, 今に, 別の, 夜通し起き, 少しずつ, 泣くなとは, 畳み返しそしてまた, 見送って

▼ さによる~ (29, 0.0%)

5 のである 3 もので, ものと 2 のであろう

1 [16件] せいだ, せいとして, なるべし, のだった, ものだろう, ものであろう, ものです, ものな, マニエリスムにより, 事です, 侮蔑に, 放射能の, 故であろう, 樹木の, 気品を, 生理的現象であり

▼ さのみが~ (29, 0.0%)

2 分るの, 淋しさ

1 [25件] あった, ある作者, この場合目, しいんと濡れ手拭, すべてな, その短い, つづいて, わたしの, 与え得る興味, 人に, 全ての, 冬の, 可能に, 君の, 感じられた, 新一郎の, 明哲に, 歩いて, 残って, 沈々として, 溢れて, 省みられて, 純粋であっ, 貞潔を, 頭に

▼ さへもが~ (29, 0.0%)

2 容易に, 竦毛を

1 [25件] あつた, いくらか苦味, いつの間にかす, さすがに, すでに不可能, そつと, つねに人間, はや, 主としてその, 井上友一郎を, 共にし, 困難で, 如何に, 希臘の, 強制と, 愛想を, 昏迷せず, 次第に影, 海といふ, 聞きとれぬ底, 路を, 阿ること, 陶然として, 離れ去つた観, 音無宿まで

▼ さまだ~ (29, 0.0%)

2 し堪ふべし色褪せて, とは思った

1 [25件] からつけ物, からどう, から成績, から昼, そのなに, つたネ, つてやつぱしうまい, といふ事, とする, と云われた, と思う, と自惚れ, ね下駄, よろしいか, わ, ツて, 七八町の, 二尺に, 子どもだ, 居るの, 気に, 生者の, 葉が, 起きたばかり, 車代くれん

▼ さまでは~ (29, 0.0%)

2 あるぞと, ないか

1 [25件] あったが, あるまじきもの, いかん, おち, ございませぬか, ございませんでしょうか, せっかく母上, とても言い出せない, とどくまいと, ないよう, なかった, なかつたけれど, なかろうか, なくて, まだ三百二, まっすぐに, スキーで, 切符の, 劇場側でも, 彼の, 思わなかったが, 樹の, 物の, 飲まずただ, 驚かず大方

▼ さ~ (29, 0.0%)

1 [29件] ある, であつ, では, でもない, にも思わなかった, に不信, に代, に友達, に思わない, の事, まで端的, 一円紙幣を, 不思議がる, 厳重に, 問題に, 困難を, 大きくは, 容易には, 強い酒量, 恐るべきもの, 旅を, 暑いとも, 水を, 淋しい心強い反抗, 深くも, 疲れたらしい容子, 痛かった, 痛切な, 著しくない

▼ さ行っ~ (29, 0.0%)

2 て好い

1 [27件] ちゃいかねえ, ちゃ日, てお前, てしまえ, てしまおう, てそう, てその, てなに, てみねえ, てもお, ても腹コ, てエミリイちゃん, て与次郎, て了, て借り, て暮し, て来い, て来ねえ, て泊っ, て糯米, て聞い, て見だのしゃ, て見る, て見れる, て鉄道, て電車, て髭

▼ さうに笑つて~ (28, 0.0%)

6 ゐた 2 ゐたが, ゐる, 見せた

1 [16件] からかう, しまつ, ぽつくり, ゐました, ゐます, ゐるの, ゐるばかり, ゐる者, 出て, 居りました, 居ります, 更に力, 枯れた手つき, 見送つた, 送り出した, 飲んで

▼ さくさく~ (28, 0.0%)

42 と砂, 音の

1 [20件] した足どり, し青, といふリズム, とした, と切り, と噛つて, と土, と次, と歯切れ, と砂利, と鎌, と雪, 乗り越えて, 歩いて, 砂に, 砕いて, 舌ざわりの, 言わせた, 身に, 飯を

▼ さだけを~ (28, 0.0%)

1 [28件] しきりに楽しん, すつかり絹, つよく局部的, アフタア・イメイジとして, ピカソの, 一すじに, 切りは, 加へて, 嗅ぎ当てて, 安心し, 寵した, 必死に, 感じたの, 感じて, 憐れんで, 描いたという, 殘した, 求め便宜, 測つて, 漲らして, 点じたの, 眼目と, 私に, 自分だけで, 見せて, 覚えた, 課題に, 頼みに

▼ さどう~ (28, 0.0%)

62 でしょう

1 [20件] お一つ, かな, かなあ, か暫く, したじゃ, したと, したもん, するの, だか, だちゅったら, だらうなあ, だ真直, です, ですかね, でも妖怪, で金吾君, なりと成れ, 思うつて, 気が, 見ましても

▼ さ~ (28, 0.0%)

6 の花 2 さゐ, に, はほろほろ

1 [16件] がそれ, がはよ, が咲き, さゐし, さゐと, と唐黍売, と降り, と降りいで, のあり, の伊良胡, の藍, もまんま, 川, 川から, 川は, 色の

▼ さアこれ~ (28, 0.0%)

1 [28件] があんた, がお土砂, が投薬簿, でお, でどう, でもう, でよから, でよかろ, でよろしい, で万事休矣, で安心, で宜, で宜いと, で宜し, で役目, で後一時間, で無礼, で良, で解散, で鬼, はうさん, へ血判, もちょっと, より海女, をいう, をお, を持っ, を見ろ

▼ さ一丈~ (28, 0.0%)

2 もあろう, を超えず

1 [24件] か一丈四, ぐらいの木, にあまる, にも余る, にも足らぬ, に余り, に余る, に近い, に達し, に達する, の余, ばかりとても, ばかりになる, ばかりの木札, ばかりの槇, ばかりの芝土手, ばかりの青竹, ほどの卒塔婆, ほどの瓢, ほどの釈迦仏, もあったであろう, もある, 大いさ, 長さ六尺

▼ さ一尺~ (28, 0.0%)

2 に達し, ばかりの溜り水

1 [24件] くらいなり, くらいの口, ぐらいで長方形, ぐらいの一端, その上, で厚み八分, に余り幅, に足らぬ, に近い, の横板, ばかりにて握, ばかりの白ペンキ塗, ばかりの石, ばかりの石膏像, ばかり手, ほどに雲母, ほどの三角形, ほどの時計, ほどの紫檀, ほどの細長い, もある, もあろう, 程のナポレオン, 近い細長い肉片

▼ さ~ (28, 0.0%)

2 は自殺, も私

1 [24件] から死ん, だにあの, でもはっきり, に鳴く, のうち, のその, の内, の包紙, の清麿さん, は坐さなく, は風前, まではかう, までもっ, まで私, も同じ, も掘り出される, も目, 噂を, 思い出しても, 憶い出し, 楽な, 猶昨日, 猶耳, 飯かね

▼ さかげん~ (27, 0.0%)

1 [27件] がこれ, がこんな, がよく, がわかる, がマザマザ, こそ底, ったらそれ, でも大抵, とその, とに吹き出し, と同, にあいそ, には誰, に手, に軽少, はいずれ, はもし, は完, は驚異, もこれ, もやっつけた, をあざ笑っ, をハッキリ, を冷笑, を嘆, を嘲る, を笑わない

▼ さこそと~ (27, 0.0%)

2 思はる

1 [25件] うなずかれる風景, お察し, ならば, 吉蔵微笑み, 察せられます, 察せられるの, 心が, 思いますが, 思はるる入谷ぢかく, 思はれ今, 思はれ申候, 思ひ遣るばかり, 思へども, 思わせるもの, 思われますのう, 思われ拭掃除, 恐多いこと, 想われるが, 推量いたされ, 歎きしか, 澄は, 知るは, 窺われる, 謂はんやうに, 首肯ける

▼ さそく~ (27, 0.0%)

1 [27件] にず, にそれ, にふところ, に人, に友染, に口, に大きい, に宿居, に屋敷, に御, に掬った, に救つて, に旗, に案内, に沐浴斎戒, に浄め, に話, に身, に返事, に運び出させ, に野太刀, の一瞬, の機転, の気転これ, の考, の躾, の返事

▼ さだの~ (27, 0.0%)

2 眼は

1 [25件] おっかなびっくりな, こっちの, しなびた青春, そんなゆとり, なんでも, 不幸など, 二階を, 人の, 単にその, 受けは, 女的な, 忍従だ, 悪い意味, 方でも, 晩年の, 淋しさ, 熱情の, 皇帝に, 神秘だ, 私から, 謙遜だ, 跫音の, 馬楽, 高邁だの, 鷄みたいに

▼ さであろう~ (27, 0.0%)

82 と思う

1 [17件] か愛情, か放心, が穂高岳, この夕暮, とたちまち, とは夢にも, とは彼女達, とも生来, とも音, と思われた, と恥ずかしく, と自分, に, 今までの, 思わずヤア, 我恥かしい, 無辺な

▼ さのみに~ (27, 0.0%)

3 思はざりし前 2 愉快とも

1 [22件] かかって, こまかなる, しあれば, やかましく云いませんでした, 一生を, 原因する, 大きい物, 就いて, 心配する, 怖いとも, 怖くない, 恐れも, 愛しても, 慌てて, 我れ, 晃らなかっ, 浸り得た, 深い疵, 珍らしい, 見惚れて, 貧しい世帯, 追はれ

▼ さ~ (27, 0.0%)

3 何の

1 [24件] いかにかは, いつにも, おのづか, かれ宜, しゆんぢ, それこそ, たんに心身, ツさ, ナヴァルラは, 仏罰覿面に, 却って逆, 唇をも, 実在そのものの, 山を, 当時の, 我秦の, 抉り出して, 明治廿三年は, 汝等の, 父の, 腹が, 迷へる, 鷄一羽入手し得べし, 鹽乾る

▼ さへが~ (27, 0.0%)

1 [27件] あつた, ある, さうなの, して, する, その翌年プーチヤチン, 三晩か, 不景気に, 人間の, 今日では, 何んな, 単なる英雄主義者, 反対さへ, 大方は, 心配で, 愛想を, 文学芸術に, 欺かれたんぢ, 洩れて, 海の, 目を, 私を, 能く, 苦しくなる, 讀むこと, 過ぎて, 長崎と

▼ さじゃ~ (26, 0.0%)

3 ないか 2 ない

1 [21件] かてて, そう勉強, とてもそんな, ないかしらと, ないかと, ないかな, ないね, ないん, ない清, ない痛, よ, アなかっ, 世間様が, 堪りませんナ, 大丈夫でございます, 容易ならぬ, 寄席も, 寝つかれやしません, 川の, 桶の, 音は

▼ さそこ~ (26, 0.0%)

3 にある

1 [23件] からのみ愛情, からも男, がでございます, が拍子, が本校, が殿様, が私事, じゃ, でござる, で思わぬ, なん, にかかる, に撒かれた, に昼月, に韻律, へ姉ちゃん, へ行く, までは私, も判る, をおいら, をどう, を楠木殿, んところ

▼ さなどという~ (26, 0.0%)

7 ものは 2 ことは, ものの, ものを

1 [13件] この郡下, ものが, ものに, ものも, 俗語でなく, 妙な, 常人の, 無責任な, 皮相の, 表現は, 言葉は, 言葉自身が, 贅沢な

▼ さぶし~ (26, 0.0%)

82 かくの, かつたらう, くしました, 花は 1 えとどまりしらず, からまし, くもある, さの, さは, とこそ思ふ, とを選りゐ, ゑ君に, ゑ心ぼ, 噴出の

▼ さ~ (26, 0.0%)

3 つた

1 [23件] ぎがはじまるよ, ぎだったとはさすがに本当の, ぎになつたはうがよう, ぐけはいがしたかと思う, ぐらむ, さわして, さわに, つたと, つたのか, つたので, つたらしい, つたり, つた茨の, つてごらんなさい, つてなさる, つてゐた, つて仕方が, つて小憎らしく, つて音を, づかに, やいだ程度, やいで, ッたかい

▼ さ自分~ (26, 0.0%)

2 が自分

1 [24件] がなけれ, だけいい, だけが慰め手, だけ頑張っ, で目付け, ながら自分, ながら訳, にあてがわれる, にうつっ, にも覚え, の, のこと, のよわ, の中, の家庭, の寥, の店, の悪, の愛する, の良心, の醜, の馬鹿さ, をそっくり, を透明

▼ さなあ~ (25, 0.0%)

1 [25件] こっちへ, それからみんな棒, それじゃ, どこへ, まあ兵隊, もういい, もう何年, シルヴァー, ポケットにゃ, 今頃は, 住めば, 何でも, 俺の, 入ったかも, 十二三町ぐらい, 南佐久中で, 君たちの, 呪いだ, 四十, 坊, 師父ブラウン, 明治の, 普通の, 紋服を, 誰に

▼ さ二尺~ (25, 0.0%)

2 の四

1 [23件] ぐらい仲密君, なるを, に余る, に幅四寸, に足らぬ, の測量杭, の石, の計算尺, ばかりある, ばかりに過ぎなかった, ばかりの円い, ばかりの天然, ばかりの孔子, ばかりの小判形, ばかりの杉角材, ばかりの板, ほどの材木, ほどの鐘, ほど吊, もあろう, 太さ親指, 程にも屋根, 程の素焼

▼ さ~ (25, 0.0%)

3 には疫病神

1 [22件] がまるで, と人, なんぞは早く, に逢, に隠れ, のあらん, のいう, のよ, のよろし, の善, の指, の目, の跫音, の頭, はただ街, は望む, もなげ, もなげな, をも殺す, を人, を容れ, を小馬鹿

▼ さ以上~ (25, 0.0%)

3 のもの

1 [22件] であった, である, にある, にこたえ, にこの, にこの世, にも敵, に一種厳か, に一種嚴, に保つ, に吹聴, に売る, に岸本, に惨め, に燃え, に達し, のしぶ, の一直線, の力, の死, 来るものの, 潜ると

▼ さうも無い~ (24, 0.0%)

2 とわかる, と思ふ

1 [20件] からさ, が, ぞ, とあつ, といつ, ので平次, ので與力笹野新三郎, のに私, ノラリクラリと, 人間でした, 八五郎を, 四十男です, 師匠が, 惡魔的な, 欲情, 病人で, 背の, 陰気な, 面だ, 骨柄です

▼ さそんな~ (24, 0.0%)

4 ものを 3 事を 2 ものが

1 [15件] ことと, ことは, ことを, ものは, もんでが, 事が, 事だらう, 処へ, 感じが, 泣いたり, 点で, 男が, 男の, 話は, 連中の

▼ さはい~ (24, 0.0%)

2 へまた, へ彼

1 [20件] つたいどこ, へ, へあやしき, へこれ, へこれこれ, へどこ, へなべて, へやはり実際, へ出征, へ大, へ大麦, へ夫, へ我, へ我が, へ東京, へ此處, へ此集, へ禍, へ私, へ空

▼ さまり~ (24, 0.0%)

53 かへつて 2

1 [14件] かねるに, がつかなく, その夜, て光, て吹き, て幽, て後, て或は, になるであろう, ましたらきつ, ませんから, ませんからね, を付けなけれ, 返つた庭

▼ さ~ (24, 0.0%)

4 にしみ 2 にあび, にしみる

1 [16件] すぼらしさ, にしむ, に入, に染みたる, に沁みる, に沁む, に浸みた, のせつな, のつら, のやるせな, の軽, は七万石, も浮く, も霊, を裂く, 惚れて

▼ さいっ~ (23, 0.0%)

4 てば 2 て, ていうの, ていっ, てのにおまえさん

1 [11件] ていった, てそう, てばね, てみな, てらっしゃい, て云っ, て勝手, て叔母さん, て行っ, て頼ん, 楽翁どの

▼ さうにそれ~ (23, 0.0%)

3 を見

1 [20件] から目, に見とれ, は単なる, をすく, を兄, を受け, を受取, を押し戴い, を拾つて, を持つ, を握つた, を燒, を片足前, を留める, を眺め, を私等, を見た, を見送る, を迎, を運び上げ

▼ さうに口~ (23, 0.0%)

3 を突ら 2 を尖らせ, を歪め

1 [16件] にし, のうち, の中, へ入れ, まげる癖, を入れた, を入れました, を入れる, を切, を利いた, を尖らした, を曲げ, を緘, を開い, を開いた, を開ら

▼ さうに手~ (23, 0.0%)

2 を振つ

1 [21件] から離さず, にうけ, にとつて, に下げた, に取る, へブラ, をかけ, をかざし, をふつ, を上げた, を二つ三つ, を伸し, を出しました, を出す, を拍, を拭いた, を拱ん, を持上げ, を挙げ, を振る, を揉み

▼ さお前~ (23, 0.0%)

3 の命令

1 [20件] がなるなら, そうしてポカン, とは少し, なんか女, にも五十銭, のせい, の古傷, の都合, はお, はこッ, は人情, は会津, は公園, は只, は精出し, までこの, もここ, もしっかり, 知らなかったの, 起き出した時

▼ さくり~ (23, 0.0%)

6 さくりと 2 さくり踏む, 踏む

1 [13件] さくり伐り落し, つつたどたどしく, と入れる, と切った, と切れる, と当てる, と朝, と歩い, と歯切, と氣持, と芝, と踏みつけ, 伐り落して

▼ さすぎ~ (23, 0.0%)

6 ます 3 てあいそ

1 [14件] た, てとても, てどこ, てほんとう, ても困る, て却って, て寂しい, て自分勝手, て遺伝的, はしません, ますが, ますぞ, ますもったいな, ますよ

▼ さであっ~ (23, 0.0%)

1 [23件] ておとな, てこの, てこれ, てそこ, てそれ, てまっ, てもこう, てもとより, ても今, てわたし自身, てオランダげんげ, て一言, て下級, て人間像, て余日, て挿図, て梯子, て決して, て私, て空, て美しい, て頂上, て頑丈

▼ さ~ (23, 0.0%)

3 はれて 2 ぼひたる斃死, めく

1 [16件] でのみ住みはつるならひなら, で見ん, ないで, はうし, はれその, はれ毛髪, ひ紅し, ひ輕, へた, ぼい年紀六十, ぼえた馬, ぼひたるしも, ぼひて, ぼへる犬蓼, ぼへる身, ゐは

▼ さをさえ~ (23, 0.0%)

5 感じた

1 [18件] そこに, 与えた, 伴った顔, 何の, 忘れるくらい, 忘れるほど, 感じさせたこと, 感じさせる姿, 感じて, 感じないわけ, 感じるの, 感ずるの, 感ぜしめた, 添えるの, 知らなかった, 私の, 考えさせる, 覚えた

▼ さ五尺~ (23, 0.0%)

2 にあまる, に近く, ほどの楕円形

1 [17件] たらず横, に及ぶ, に達し, の山の芋, の途方, はあり, はあるらしい, はば二尺, ばかりだった, ばかりで, ばかりの古い, ばかりの額, ほどな, ほどのかなり, ほどの銅人, もあらう, もあろう

▼ さ苦し~ (23, 0.0%)

5 さを 3 さ, さに, さは 2 さも 1 さあるいは, さだけ, さの, さ女子の, さ恥し, さ愉し, さ難し

▼ さいふ~ (22, 0.0%)

3 の中 2 から金貨, の上, をすられる

1 [13件] から五十銭ぎん, から金, に入れました, に分け, に目, ばかり無き, をあけ, をだし, をとり, をとろう, をもらっ, を手, 御身が

▼ さうかうする~ (22, 0.0%)

12 うちに 5 中に 1 うち踊りの, うち醜く, うち首席の, 間に, 間女将は

▼ さうなら~ (22, 0.0%)

3 ば十分

1 [19件] あたしにばかり, いいん, お咄, さう, そのま, それでもつと, それは, ばかう, ばそして, ば事務員, ば二人, ば愈, 仕方が, 仮に当時守範, 何故彼女, 實に, 船橋まで, 虫祭なども, 訳者は

▼ さだけでも~ (22, 0.0%)

2 為事の

1 [20件] せつなかつた, なかった, もう一度経験, トランクより, 一里ある, 三米ちかく, 上で, 九尺余りある, 人麻呂の, 今度こそ, 呆気に, 命乞いを, 客は, 容易ならぬ, 普通の, 曲者では, 永久に, 相當, 私を, 精魂こめ

▼ さつた~ (22, 0.0%)

2 でせう, のぢ, 御様子

1 [16件] からこそ尋ね, があんな, ことだ, ことを, ぞい, だけの事, でしよう, ですか, と仰, も同然, やうに, よつて, んです, 前太宰, 小さな鳥居, 故に此土地

▼ さなどが~ (22, 0.0%)

1 [22件] およぶこと, かなり不思議, それであった, たどたどしいしかし, ちらと, ともなって, なくな, ぱっと明るく, ほとんど感覚的, 代表的である, 全くいいかげん, 労働と, 勘定に, 大切に, 実に細かく, 彼の, 感ぜられる者, 東宮と, 欠点として, 流れて, 皆過分, 見られないの

▼ さぶちゃ~ (22, 0.0%)

7 んは 5 んの 4 んが 2 んに 1 んなんか, んへ, んを, ん達は

▼ さア何~ (22, 0.0%)

6 うぞ 2 ういう訳, うか

1 [12件] ういう, うした, うしたら, うして, うする, うだと, うだ拙者, うも, う言, かで空, がいい, でも惡

▼ さ一間~ (22, 0.0%)

2 ばかりの土橋, ばかりの土神, ほどの板

1 [16件] ぐらいの, ぐらいの土堤, たらずの, に及ぶ, に周囲三間, に足りない, の階段, は飛べ, ばかりの木, ばかりの籠掛, ほどの蓮根, もあろう, を横, 半許, 程の小さな, 程の細長い

▼ さ凌ぎ~ (22, 0.0%)

2 になります

1 [20件] と熱燗, と称し, にびん詰, にも一番, に一ついかが, に一パイ, に一杯, に一献, に今, に古河君, に夜, に昨夜出先, に熱い, に燗酒, に途中, に酒, の冷酒, の料, をやろう, を飲

▼ さ恐ろし~ (22, 0.0%)

54 さに 2 さが, さは, さを 1 さのみが, さや, さ凄まじ, さ勿体な, さ又, さ市之丞様の, さ平凡の

▼ さ行く~ (22, 0.0%)

42 んだ, んぢや

1 [14件] か, が買物, といふ, と答, なああきらめる, のよ, べと思つて, べ仙太, わよ, んじゃ, ツて, 小児も, 時堀つ, 積に

▼ さ~ (22, 0.0%)

2 さの, さを, さ大

1 [16件] さから, さが, さその他の, さと, さともに, さにおいて, さによりて, さ各々十フィートを, さ尊, さ尤も, さ幅の, さ広, さ廣さ深, さ深, さ精神至上節度という, さ複雑さは

▼ さある~ (21, 0.0%)

2 時は

1 [19件] からにはお, からには政諸事, からに親類以下散々, か知れない, ことを, と切れる, ひは, もののみが, 上は, 人の, 人柄を, 場合は, 大葉面を, 子供っぽ, 明暗, 時には, 種の, 草むらの, 雪の

▼ さういふとき~ (21, 0.0%)

2 私は

1 [19件] おちか, この部屋, には兄, には桂子, によく, に年寄, のお, のそいつ, の考へ, は女中部屋, は首, 一挙に, 彼は, 彼らは, 推理の, 生徒たちの, 疲労に, 自分の, 警報が

▼ さからは~ (21, 0.0%)

3 ないといふ

1 [18件] たとい極く, でただ, どうやらのがれる, ないやう, なかつた, ぬけた者, ぬ心立, ねえやう, のがれられるでしょう, まだ容易, 大したちがい, 幾歩か, 救はれ, 脱け, 逃れ得た, 遠いその, 遠いど, 離されて

▼ さがり~ (21, 0.0%)

2

1 [19件] いまそこを, その光り, て日, て随, となりましょう, ながら, になった, の感じ, の毛, の短い, はした, は一層, もまだ, パンと, 恐ろしいもの, 沼の, 無言の, 眼が, 陶器師は

▼ さだろう~ (21, 0.0%)

5

1 [16件] かあそこ, かと彼女, かもっとも, と, という, とは堅く, と久慈, と思いました, と思っ, と美奈子, まるで眠っ, 海も, 男一匹が, 真赤な, 自分たちの, 舜帝と

▼ さ~ (21, 0.0%)

5 やない 3 れて 2 ふや, や 1 やありません, や全く, や動揺, や御座いません, や手伝つて, や澤山, や無い, や私, や責任

▼ さでした~ (21, 0.0%)

2 がその, よ

1 [17件] から, からお, からこりゃ, からどれ, から一刻千金, がお, がさいわい, がしかし, がずっと, がせめてもう, が何, が彦兵衛, が彦兵衞, が横倒し, が祈祷所, けれど乳母, けれど昼過ぎ

▼ さなども~ (21, 0.0%)

1 [21件] あつて, いくら説明, さして意, そうであろう, その特点, それが, ない, 一向心, 主将義景の, 個人の, 充分得心, 同じぐらい, 尊氏は, 常陸さんなどと, 忘れて, 感じられない, 手伝うての, 故ある, 特に出, 胸に, 語りました

▼ さばかりが~ (21, 0.0%)

2 すべてで, 先に

1 [17件] あるの, ある中, つきまとうて, カンカン張り詰め, 募るという, 妙に, 思われたが, 思われて, 感じられた, 攻めよって, 湧いて, 目に, 眼に, 眼には, 胸に, 込み上げて, 際立って

▼ さ二寸~ (21, 0.0%)

4 もある 2 のふと

1 [15件] が標準, ぐらいの穴, ぐらいの管, という大きな, に近く, のコンクリートブロック, ばかりある, ばかりそれ, ばかりの小, ばかりの法螺貝, ばかり太, ほどな, 深さ一寸, 深さ五分くら, 程同所下之方

▼ さ~ (21, 0.0%)

1 [21件] がとがめ, が気, であつ, なが, な散歩者, な笑, な言葉, にニヤ, に云った, に其場, に喬, に済し, に罵った, のきかない, のやさし, のよ, の利かな, の弱, の張り, の早い, ばかり焦っ

▼ さ限り~ (21, 0.0%)

3 なし 2 無く

1 [16件] がございません, ない女, なきもの, なき苦痛, なく, なくあの, なくだんだん, なく冬, なく分別顏, なく宿, なければ, のなき, もない, もなき, もなく, 無く身内

▼ さかも~ (20, 0.0%)

5 知れない 3 しれない

1 [12件] さしつかえない, しれなかった, しれぬと, わかりません, 乱暴として, 変ったところ, 知れないが, 知れないの, 知れなかった, 知れぬと, 知れません, 覚えなき旨

▼ さ~ (20, 0.0%)

16 見れば 2 清見潟満干の 1 ふおいら, 見れども

▼ さだけの~ (20, 0.0%)

2 金の

1 [18件] ような, 世界な, 事である, 作品も, 処へ, 前面に, 大きなかめ, 歌も, 活力を, 深いくぼみ, 滝を, 穴が, 空鐵砲で, 紐を, 自分に, 自由を, 領土を, 顔し

▼ さといった~ (20, 0.0%)

9 ような 2 ものが 1 すがすがしさ, ふうな, ものを, 姿態, 感じで, 感銘が, 拗ねた調子, 程の, 要素が

▼ さのみは~ (20, 0.0%)

3 愛想の, 長吉をも

1 [14件] あらゆる絶叫, いわじさびしき, なにくみ給ひそ, 人を, 出入りを, 勿体ぶりも, 古いこと, 嬉しき様子, 心も, 愛し給, 摺寄らず, 止めも, 遠慮も, 驚ろき

▼ さりした~ (20, 0.0%)

3 もので

1 [17件] のに, ものです, ものですます, ものでない, もんでした, 人達が, 出方で, 口は, 普段そのまま, 浴衣がけで, 秋草模様の, 転向ぶりは, 遊振りを, 間柄と, 風格は, 食事で, 餡の

▼ さわい~ (20, 0.0%)

4 でいた 3 でいる 2 だが

1 [11件] だの, でい, でがやがや, ではいけない, でよろこびました, でゐました, でゐます, で居る, で背後, で追っ, で騒ぎぬかう

▼ さ六尺~ (20, 0.0%)

2 ほど尖端, 深さ三尺五寸

1 [16件] ありて, ありと, ぐらいの物, ずつ二つ, そういう立て板, という大, の石垣, の鰊, ばかり人, ばかり幅七, ほどに二本建て, ほどの堅牢, もある, もあろう, より低き, 近い大きい青魚

▼ さうに頭~ (19, 0.0%)

4 の躑躅 3 を振つ

1 [12件] に戴, に載せた, をかしげ, をふりました, を下げた, を振, を振つた, を振り, を振りました, を掻いた, を揺すぶる, を擡げ

▼ さすっ~ (19, 0.0%)

3 ていた, ている

1 [13件] たりいろいろ, たりその, ておりました, てくれた, てやりたい, て呉れる, て圓朝, て思わず, て指, て眺め, て眺める, て見, て過ぎた

▼ さだけに~ (19, 0.0%)

1 [19件] そこの, なおのこと以来の, なりそれ, なるぢ, 伸びその, 多少の, 帰せられるの, 心を, 掩うてゐる, 止って, 満足し, 満足しえない, 溺れて, 目を, 研がれて, 私を, 縮まるところ, 観衆の, 飛びつくの

▼ さにおいては~ (19, 0.0%)

1 [19件] いうまでも, およそ人間, なんぴとも, なんら異なっ, まったくくたびれる, ヴィナスの, 他の, 何の, 初学者にとって, 前に, 単に官能的, 変わりは, 変異が, 従来の, 比類の, 言うまでもないこと, 都市の, 釈尊に, 長崎一と

▼ さまあ~ (19, 0.0%)

2 はれ

1 [17件] ああ, おれたちを, お上りなさい, がつた, ここへ, こっちへ, しきりと, でさあ, まかして, 二階へ, 人を, 何だ, 何の, 侍だ, 家の, 肉屋の, 自重してる

▼ さらし~ (19, 0.0%)

3 てのう 2 てさ

1 [14件] て, てこら, てさ往生, てさ心臓, てそれ, て裸, のうえ, の時自宅, の木綿物, の道中, むるに, ゃええんじゃ, をやっ, を大いに

▼ さ~ (19, 0.0%)

3 つて 2 がねえ, がねば, ぐすか, つたら盛切酒一杯買 1 がな, つたか, つたついで, つたて, つたとき, つたらお袋, つてる, のよ東京

▼ さいい~ (18, 0.0%)

62 かい 1 お子, か, からお, じゃない, ね, やね, ようも, 子だ, 心持こわ, 金に

▼ さうらしい~ (18, 0.0%)

42 のよ

1 [12件] がずつと道, それでまざまざ, といふ, と思はれます, な, ね気の毒, の, のです, や, よ, 樣子です, 草が

▼ さかしら~ (18, 0.0%)

2 をす

1 [16件] ご, で, である, で浮浪者, なり, なる国風, な分別, にかく, に人, は御, ぶること, わざという, 女, 振りその, 立って, 立てて

▼ さ~ (18, 0.0%)

2 の乾, の毛

1 [14件] が来るだらう, が画い, が鰌, です, に別れ, の巣, の日光, の霞, の飛ん, は亀, を売り, を焼く, を見, 捕らし秋たけ

▼ さここ~ (18, 0.0%)

1 [18件] か, が観音, でか外, で陣, とのバランス, なら大丈夫, にいる, にこれ, に到っ, のお, のおじさん, はもう, は敵地, へ置く, までき, より見, を何と, 掘れワンワン

▼ ささら~ (18, 0.0%)

5 のよう 2 売りの

1 [11件] がた, がひ, でこする, で磨い, と歌, のやう, の如き, の如く, や竹籠, をすっ, をすり

▼ さだけで~ (18, 0.0%)

2 あつた

1 [16件] やって, 二十丁, 人を, 六尺七寸五分の天下一の, 売れるの, 岩を, 心が, 感じたが, 才能は, 推定する, 栄養が, 沢山だつた, 満足する, 立ちゆくタイプ, 読者を, 錘から

▼ さつたの~ (18, 0.0%)

2 である, では

1 [14件] かけふ, か私, がたまたま, が大人弥五郎, ださうです, だらうが, でございます, でございますから, でございますが, です, ね, は其処, も全く, を承

▼ さなけれ~ (18, 0.0%)

7 ばならない

1 [11件] ばその, ばならなかった, ばならなかつた, ばならぬ, ば子供, ば己, ば毎夜幽霊, ば無, ば薪炭, ば近傍, ば関羽

▼ さなどと~ (18, 0.0%)

3 云うもの 2 申すきれい事, 申す事

1 [11件] ただ饒舌, ちがったもの, 一緒に, 云うところ, 云ふ, 受太刀に, 平気で, 戦ってるうち, 抽出されたら, 比較には, 腹の中で

▼ さなどの~ (18, 0.0%)

4 ために 2 何一つない, 樣な 1 ものが, 作品を, 例である, 情緒が, 意, 測定も, 点で, 美しさ, 美に, 表情の

▼ さ~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] その窓, づみづしさ, て散り行く, でつかまれた, で切っ, にし, にす, にはさん, に文, に跨り, のよう, の最中, をとりだし, を取り, を持つ, を頸

▼ さをの~ (18, 0.0%)

3 室へ 2 室から, 室の, 室を 1 ところへ, 声で, 情夫である, 愛して, 數いかに, 眼が, 血が, 言葉は, 面倒を

▼ さ或は~ (18, 0.0%)

1 [18件] その二三倍, ほのぐらさ, 丈余なるあり, 不正不当に対しては, 作法という, 四リイグ, 尾, 山茶も, 心やさしい, 感情の, 柳散り, 焦慮とでも, 聰明とか, 職業によって, 花道を, 誠意の, 誤りに, 頭の

▼ さ~ (18, 0.0%)

1 [18件] があります, がそれ, と定義, と気軽, と言っ, において武蔵, になる, によってどうも, によってキッ, に絶望, に至る, は云わない, は標尺, をあけひろげ, を発見, を連想, 大嘘, 要するに天賦

▼ さあっと~ (17, 0.0%)

1 [17件] 他愛なく, 何処かへ, 冷たい風, 暖い, 曇る村長, 民衆は, 水の, 水を, 空から, 自転車が, 自転車を, 血が, 迅い, 陽が, 電灯の, 音が, 魔法の

▼ さうでなけれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] ばその, ばそれ, ばただ, ばと思はれる, ばならない, ばめいめい, ばやつ, ばソラ日本, ば其ら, ば北海道, ば昔しの人, ば私, ば米國人, ば総, ば諦め, ば豫想通り目かけ, や今

▼ さからの~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことだったろう, もつれも, ように, 不動性強情からの, 事である, 事に, 出口が, 多くの, 夢で, 好奇心も, 明るさ, 気品です, 涙であった, 無関心, 目立った意地わる, 解放は, 飾られた計算

▼ さそういう~ (17, 0.0%)

3 ものが 2 ものを

1 [12件] きわどいところ, ことは, ことを, ものから, ものについて, ものは, ものわかり, 家が, 性情が, 情愛そういう, 良心とは, 花を

▼ さのみを~ (17, 0.0%)

2 原因と, 感じつづけた, 極めて地道

1 [11件] かき集め高度, たのしむゆとり, 吸ふごとき, 希求いたし, 感じて, 感じるの, 教へ, 有するもの, 祈ったという, 見て, 遺伝し

▼ さばかりを~ (17, 0.0%)

1 [17件] お覚え, た, 云い表わすとは, 帝は, 想つたが, 想つてゐた, 意識した, 歌つてゐる, 歎い, 現実として, 眼の, 私は, 見て, 計りながら, 記して, 讚へて, 輝かせて

▼ さほどにも~ (17, 0.0%)

1 [17件] なきを, なき女, 云わなかったが, 思いませぬ, 思いませんでしたが, 思うまいが, 思って, 思つてゐないらしい, 思はないね, 思わないに, 思わないの, 思わないん, 思わなかった, 思わなかったけれども, 感じなかったが, 考えて, 見えない

▼ さまる~ (17, 0.0%)

1 [17件] かとお, かをさ, ことが, ことも, です, ときの, と三日月, と共に狂女, と女, と廃墟, のであつ, のは, まい, よお, 事が, 出しの, 時の

▼ さみどり~ (17, 0.0%)

3 の根芹 2 いまだかなしき, の葉 1 に, に染まっ, の, のひろびろ, のキヤベツ, の上, の水, の翅, までが彼, よ

▼ さ人間~ (17, 0.0%)

1 [17件] が一匹, として一番, として生存, なれやこそ, のそういう, のただ, の善意, の外, の有難, の生命, の足, は即ち, は玉砕, ほどもあった, ほどもある, ぽさ, を駆使

▼ さ~ (17, 0.0%)

5 のうま 2 のうつくし, の碧 1 が来た, にはぢら, に退路, のきよら, のよう, のよろし, の中, の深

▼ さ過ぎ~ (17, 0.0%)

2 て希知

1 [15件] あまりに意地っ張り, たる鼻, ていた, ていや, てきまり, てそれぢ, てとかく, て今度, て仏法弘通, て初め, て厳め, て屡々, はしない, はしません, 同じよう

▼ さあっ~ (16, 0.0%)

1 [16件] さあっと水, ちょっくら, てば, て愉快, とこ, とそこ, とつよい, とてんじょう, と二列, と抜いた, と木の葉, と野, と開いた, 大変じゃっ, 奥の, 瓦版じゃあ

▼ さありがた~ (16, 0.0%)

73 さは 2 さが, さを 1 さから, さ一粒一粒の

▼ さうに彼~ (16, 0.0%)

3 の顔

1 [13件] に従い, の姿, の方, の言葉, はそこ, はウトウト, は口籠, は思, は時々, は自分, を振り返つた, を見上げた, を視詰めた

▼ さうに顏~ (16, 0.0%)

2 をしかめ

1 [14件] をあげ, をうなだれ, をし, をしかめた, を伏せました, を俯, を出し, を出した, を出します, を反, を擧げた, を赤く, を赧くし, を顰め

▼ さうらう~ (16, 0.0%)

2 として, としてやつ, としてわれ歩ゆむ, として帰庵 1 としてかへる, としてどこ, としてよろめく, として帰つて, として彼, として戻つたら, として樹明老, として鉢の子

▼ さざる~ (16, 0.0%)

2 の人, を得ざる

1 [12件] に罵詈, に至れり, の深意, はなし, ほどにあらざりき, も誠, や匡人それ予, や匡人其, を得ず, を誓, を風, 殆ど稀

▼ させまい~ (16, 0.0%)

2 がため, ものに

1 [12件] けれど熊, する魂胆, ためでは, ための, というの, として奮闘, として片手, として給与, として行き暮れた, とそう, と気, と銘々

▼ さそれから~ (16, 0.0%)

2 又見る

1 [14件] それを, それ美濃の, へんな, 人々が, 医師が, 図書館さ, 岡野の, 海流などに, 皮膚の, 社会に, 胸が, 身体に, 量深, 驚嘆すべき

▼ さなる~ (16, 0.0%)

1 [16件] が多し, が故, に弓なり, もあり, ものは, らん, を珍, を確かめ, 二條の, 墻壁の, 庵に, 様には, 火の, 街を, 鉛の, 黒雲は

▼ さよりは~ (16, 0.0%)

1 [16件] かえって心持, この女親分, この蠅男, その手数, どうしても五寸, むしろ視角, 一二等ずつ, 外国語の, 寧ろ薄, 性格を, 暑さ, 気高さ, 痛々しさ, 真摯さが, 腹だたしさ, 腹立たしさ

▼ さ一寸~ (16, 0.0%)

1 [16件] から一寸五分位, かソコラ, くらいのくぼみ, と他, につき代, の外套, の小さな, の脂肪, ばかり対, ばかり肉, ほどもある, を用, 乃至二寸, 深さ六分, 程咽突創一箇所, 長さ二尺

▼ さ三フィート~ (16, 0.0%)

1 [16件] である, でさかまい, に達し, に達する, のガス管, の奇妙, の柵, の百年, の薔薇, の踏台, の青銅, ばかりで, ばかりの木像, ばかり不規則, もある, を越え

▼ さ~ (16, 0.0%)

1 [16件] とおしき, とてもあれ, との御, と初めて, のお, の仰せ, の清ら, はお, はかさね, はその, はだいおん, は勇, は名将, は御, を生けどり, 御しょうがいとおきゝあそばしてから

▼ さ及び~ (16, 0.0%)

6 深さ 2 これに 1 その形, 作家の, 力の, 柏崎お, 異常さを, 自身が, 芸術的の, 要素の

▼ さ~ (16, 0.0%)

3 さ及び 2 さの, さ深, さ狭 1 さ, さという, さによって, さは, さや, さ各, さ重

▼ さあん~ (15, 0.0%)

1 [15件] おとき, お客様だ, お母さあん, お母さんてば, お茶で, しっかりなさい, そこへ, と女, どこへ, もう出, クボさん, ミッちゃあ, 三田さんと, 吉田さあん, 大津太郎さあん

▼ さうかい~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] ありが, どんな鎌, なもう, なるほど東京, なア, のう, ふん大ダイ一本ぢ, まだ大した, もう歸, よくき, 有り難いな, 済まないな, 羨ましいね

▼ さうなり~ (15, 0.0%)

2 やあんた

1 [13件] かかつて, がちでせう, がちな, つつある, やこの, やア, や仕方, や八五郎, や死んだ, 今から, 度いと, 易いもの, 自然に

▼ さうに肩~ (15, 0.0%)

5 をすぼめ 1 からはづしてなかは籾がら, をすくめ, をすぼませた, をならべ, をふるはせ, を丸く, を窄め, を縮め, を落し, を露出

▼ さからも~ (15, 0.0%)

2 今迄の

1 [13件] さすがに, そのと, また暖か, 不倖, 來る, 出来なかった, 出来ること, 判断される, 実際鷹狩, 当然将来, 承認できない, 空腹からも, 食べものからも

▼ さされ~ (15, 0.0%)

2 ていた

1 [13件] たりし, てい, ています, てそして, てそんな, ても腹, て僕, て大変, て来た, て病的, て蟹, て行っ, ば

▼ さにつれて~ (15, 0.0%)

1 [15件] さすがの, さまざまな, それぞれかんじょうし, とめども, 二つの, 今日の, 伸び上っ, 吾, 女という, 彼女も, 我知らずその, 次第に其, 泡の, 背景に, 複雑に

▼ さにな~ (15, 0.0%)

4 つてゐた 2 つてし 1 つてしまつた淡々, つてゐました, つて今にも, つて來る, つて来てる, つて猥らな, つて皮や, つて相手の, つて重

▼ さました~ (15, 0.0%)

3 のである

1 [12件] か, かのよう, からである, その人, のです, ので木, のも, ものか, ような, 為で, 覚えも, 飯に

▼ さまでが~ (15, 0.0%)

1 [15件] さながらに, した, その寂蓼, それです, 人から, 何か, 僕の, 入り混, 入学に, 癪に, 目に, 窓に, 花嫁の, 違ったの, 重々しくのしかかっ

▼ さアそこ~ (15, 0.0%)

3 までは

1 [12件] がね, が考へ, だ, だよ, はどういう, へ坐る, まではわかりません, まではわかり兼ねます, までは俺, までは分りません, までは判らない, までは覺

▼ さ三寸~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれば, くらいの巻煙草, ぐらいの大, ぐらいの肉片, ばかりの美しい, ばかりの聖体, ばかりの西洋紙, ばかりの赤い, ばかりも溜っ, ほどの原稿, をますごとく, 程, 程の鉛, 程深, 程都合七箇所

▼ さ~ (15, 0.0%)

1 [15件] な孔, になっ, にはビク, に丸め, のあたり, のもの, のポプラ, の上, の尾羽根, の幅, の月, の青蛙, はうた, ひは, よりとるべき

▼ さ~ (15, 0.0%)

4 さを 3 さが 2 さに 1 さ, さあどけな, さから, さによって, さは, さ汚な

▼ さ~ (15, 0.0%)

4 さは 2 さを, さ広 1 さその, さと, さという, さによ, さによるは, さも, さをも

▼ さあそこ~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] だて, だよ, でこんな, です, ですが, で考えなけれ, にあの, にある, の琴, へお, へきちんと, まではまだ

▼ さかと~ (14, 0.0%)

1 [14件] みえるほど, 思って, 思わる立山, 思われた点, 思われる, 思われるよう, 思われる処, 疑われる, 聞かれると, 萬歳, 見えて, 見れば, 読んだり, 読者は

▼ さ~ (14, 0.0%)

1 [14件] えつ, はうすく, はひ, はふ, ふとかかし, ゅうたらハア, ょっくらま, を, をあれこれ, を与える, 多きわが, 多き蝶, 殿が, 草の

▼ さでない~ (14, 0.0%)

3 ことも 2 ことは 1 からである, ことに, ために, だけにおれ, とダメ, と云うであろう, のが, みづみづとした印象, ものは

▼ さなんて~ (14, 0.0%)

2 通り越して

1 [12件] こきア, こんな風, その幾分, ものは, よして, 一寸だって, 人に, 其丈では, 寒さ, 来なくたって, 私には, 言ったって

▼ さのせゐ~ (14, 0.0%)

3 ばかりで 2 でせう 1 かポロポロ, か重, であつ, でいたし方, でいつも, とすれ, にしよう, もある, もあるでせう

▼ さのみの~ (14, 0.0%)

1 [14件] ものぢや, 上作とは, 不評をも, 凄味を, 大事件, 容態でも, 差異を, 張り詰めて, 影響を, 時間をも, 為にも, 男と, 苦労を, 議論に

▼ さはか~ (14, 0.0%)

2 であったに, ではない 1 だが, なる少年, にする, にて甚之助殿, になっ, に出過ぎる, に昼, に考えまし, はらざりけり, やうに

▼ さへながら~ (14, 0.0%)

1 [14件] やつと, 何か, 冷然として, 妙な, 復枝を, 怒りに, 恨めしさうに, 甘へる, 聞く, 腋の下を, 視線は, 言つた, 静かに, 馬や

▼ される~ (14, 0.0%)

2 のであった, ような 1 きつい音, というの, に相違, のである, のを, 心配の, 時は, 筈だ, 絶望と, 音が

▼ さをば~ (14, 0.0%)

1 [14件] おん身は, よく武蔵野, マア言つてみ, 之に, 今日の, 君も, 己が, 我母の, 持てる男, 永遠の, 照輝く, 穉き, 聊かも, 苦労の

▼ さア此処~ (14, 0.0%)

2 へお出で

1 [12件] え来う, だへえ, に私, に金, はもう, へお, へ坐っ, へ来, へ来い, へ置きやす, へ這入れ, を飛ぶ

▼ さ以外~ (14, 0.0%)

2 のもの, の何物 1 にこの, になに, には出なかった, に他, に何, に外, に磨り, に競争, に陳腐, 聊かの

▼ さ切な~ (14, 0.0%)

4 さを 3 さに, さは 1 さ, さこの, さである, さ情けな

▼ さ四尺~ (14, 0.0%)

1 [14件] くらいについ, くらいの小さい, しかない, の金屏, ばかりにし, ばかりの木, ばかりの石塔, ばかりの自然石, ばかり箭, 長さ二十尺幅八尺, 長さ五尺幅弐尺, 高さ一尺五寸, 高さ三尺, 高さ五尺九寸

▼ さ寂し~ (14, 0.0%)

4 さを 2 さが 1 さこの, さであり, さは, さよ, さをさえ, さ侘し, さ娘に, さ寂し

▼ さ~ (14, 0.0%)

4 さを 2 さが 1 さ, さつまり, さな, さに, さの, さは, さまた, さ人間の

▼ さ~ (14, 0.0%)

2 さを, さ荒 1 さそれを, さつまり, さに, さねばり, さの, さやかまし, さ燦めき, さ等は, さ若々しい, さ鈍重さの

▼ さあら~ (13, 0.0%)

2 む時は

1 [11件] ばあはれ, ばいよ, ば喧嘩, ば彼, ば殺す, ば熊, ば穏便, ば願, むと思はざりし, むと思わざりし, むには

▼ さいしょ~ (13, 0.0%)

1 [13件] うす暗い廊下, このよろい, この附近, その首飾り, それを, 僕は, 地下室の, 日本へ, 琢堂が, 私を, 細刃, 縄を, 軽微な

▼ さうす~ (13, 0.0%)

2 べきだつたの

1 [11件] つとあの, つとえ, つとそれ, つと一つ十六匁七分づゝだ, つと先刻の, つと割, つと又, つと掘り下げ, つと此處, つと駒, べいか

▼ さだらう~ (13, 0.0%)

1 [13件] い, がそれにしても, このあたり, そして何, その何物, と, とても敵, と美奈子, フレツシユで, 冬は, 海も, 私は, 自分が

▼ さへや~ (13, 0.0%)

2 まさしく老いぬ, 立つ秋風 1 引く人, 心は, 我が眼, 我が足もと, 然り, 真砂は, 秋は, 空をのみ, 蕾は

▼ さ二間~ (13, 0.0%)

2 の鉄

1 [11件] あまりある, ぐらいに見える, ぐらいの柱, の鮒竿, ばかりの土橋, ばかりの杉並四分板, ばかりの東京出来, ばかりの薬研式, ばかり太, ほどの堤防, ほどの太い

▼ さ大き~ (13, 0.0%)

2 さが, さを, さ強 1 さ, さこそ, さに, さの, さは, さひろ, さ小さ

▼ さ~ (13, 0.0%)

2 さね

1 [11件] さ, さあおいにく, さね其方, それから生, で御座いますか, で御座いますツ, な事, にも無, に早急, に申される, の事

▼ さ~ (13, 0.0%)

2 に煙らせ, に見え 1 さつめた, さみ, なり, に, に延び行けり, に透り, の太陽, の尾上, の芒

▼ さあおい~ (12, 0.0%)

52 でなさい 1 でこぞうさん, でなさる, でよ, でコゼット, で行っ

▼ さあまっ~ (12, 0.0%)

7 て憎 1 ての憎しみ, て反, て可哀そう, て心中だて, て発狂

▼ さいく~ (12, 0.0%)

7 物の 1 があまりよく, ものの, をし, をした, 物でした

▼ さいちゅう~ (12, 0.0%)

3 です 1 だ, に, にランプ, に決まっ, に誤っ, の作者, の曠野, の田圃, の道場大広間

▼ さういう~ (12, 0.0%)

2 風に 1 人は, 仲間の, 商売人の, 彼に, 時には, 気持で, 生活を, 眞心が, 社会的な, 笏に

▼ さうで御座います~ (12, 0.0%)

21 か, から御, けれども私, つてね, とも, ねえ, ねだから, よほんとに, 三人組の, 又別に

▼ さうなります~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, とむづかしいもので, とアデェル, と云, と以前, と政府, と最早, と町なか, と着物, と豫備, と身, よつて

▼ さうに煙草~ (12, 0.0%)

3 を吸つて, を喫ん 2 を吸, を喫し 1 を喫, を喫つて

▼ さしてやる~ (12, 0.0%)

2 んだ 1 から, ことは, さかいきばっ, というこんだ, というの, と云っ, と脅かし, のだ, のも, よつて

▼ さずし~ (12, 0.0%)

1 [12件] て之, て全, て卻つて幾, て告げぬ, て堅く, て場, て寧ろ, て山, て帰りし, て新築, て曰, て益す

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 とふべき 1 なくて, にこの, になつて, はみんな, は全く, へがたし, やみに, をおき, をする, を申し上げました

▼ さでしか~ (12, 0.0%)

3 ない 2 なかった 1 ないせい, ないの, なくなって, 仏像を, 俺を, 考えられない, 響いて

▼ さでなけれ~ (12, 0.0%)

5 ばならない 1 ばいけません, ばならず, ばならないであろう, ば即ち, ば得られぬ, ば承知, ば誤

▼ さとから~ (12, 0.0%)

1 [12件] いっそフランス語, その身, である, 手もとに, 採って, 来た所, 来て, 測つて, 逆上し, 遁れる, 離れて, 首に

▼ さなつかし~ (12, 0.0%)

3 さを 2 さ, さの 1 ささ, さである, さは, さ心もとな, さ暖か

▼ さなどに~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるの, いっそう敏感, それが, ほっこりしない品行方正さ, 對する, 就いては, 彼らは, 比較し, 満ちてること, 目は, 繊細すぎる, 魅せられること

▼ さにおいても~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちっとも今, ときめきにおいても, ひいでたもの, また比類, リアルに, 優に十箇所以上, 内容においても, 実に申し分, 心配は, 正藍, 深さ, 破壊と

▼ さにかけては~ (12, 0.0%)

1 [12件] いづれ劣らぬ剛の者, ザラに, ティトレリが, 万人に, 並ぶもの, 君の, 大友は, 文壇でも, 新興勢力の, 秀吉以上な, 美妙斎など, 項羽の

▼ さにから~ (12, 0.0%)

12 だが

▼ さばれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いざ呼び起そう, かく貴き, その後に, 人間の, 何ほどの, 否呼び入れ, 我等必ず, 爾が, 爾何とて他, 生と, 空しきさ, 逍遙子は

▼ さへる~ (12, 0.0%)

3 やうに 1 ことが, ために, ともの, と小走り, と直ぐ, のです, もんなんか, やうな, 様な

▼ さまでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありますまい, お家で, このヒミツ, それに, たしかに見た, よじのぼること, 御都合, 直径が, 知るめ, 自由に, 計った, 顔を

▼ さ余っ~ (12, 0.0%)

7 て憎 1 てせっかん, ての憎, て今, て仲, て呟いた

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 は親 1 あむしろ, が陶器師, とあいつ, と一緒, と夫人, には解らねえ, はそれ, はそんな, は夜道, もそり

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 さほど強く 1 かう云, その心細, その近, 一種の, 同時に美し, 旨え, 昨年蛍沢にて, 曙覧の, 良い素質, 遣直すだね

▼ さ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が余り, が日常嬉ん, こそ見, だったら大根, だつて東京, の書類, は古風そのもの, は唯然, は声, は我が, も承知, 忘れも

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 いさ 1 さへの, へん汗, 博士さね, 森林や, 樽の, 燒痕の, 甘者さ, 蚓を, 變だ, 變ツ親分

▼ さ~ (12, 0.0%)

3 てば 2 かにば 1 てこそ言, てば苅薦, に吾, むとは, も昼寝, らくは, をさ

▼ さ~ (12, 0.0%)

3 さが 2 さに, さは, さを 1 さという, さの, さ細か

▼ さ~ (12, 0.0%)

1 [12件] こそ下し, で身體, に觸, の不, の痛, ばやっ, まえは, をかざしや, を出しなさい, を合わせ, を洗わない, を離し

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 が好い, の茂七 1 でした, です, でずいぶん, の前, の心, は何時, 成るほど, 素より余

▼ さ~ (12, 0.0%)

2 のうま 1 がうまい, が敵, が来れ, でも買っ, のありがた, のたぎり, の強, は身, もうま, を出す

▼ さ面白~ (12, 0.0%)

3 さは 2 さの, さを 1 さ, さその, さという, さ明る, さ苦悩の

▼ さ~ (11, 0.0%)

2 殺せ 1 あんたは, こを, どうぞまだだいぶ残っ, よう, 今だ, 俺らが, 夕方にな, 石なげるた, 行って

▼ さあなた~ (11, 0.0%)

1 [11件] から先, のお腹, のよう, の場合, の慰め, の眼, の知る, の笑い, はどっち, はマドムアゼル, は何処

▼ さあんな~ (11, 0.0%)

2 の無い, 女に, 舟 1 人間とは, 問題が, 市長を, 気心の, 騒ぎを

▼ さうな~ (11, 0.0%)

2 のに似合はず 1 ので出, ので子供等, ので安心, ので男の子, のに, のにご, のにどこ, のにのど, のに私

▼ さうに声~ (11, 0.0%)

3 を立て 1 が泣き出す, もうるん, をあげ, をかけた, をたて, を合せ, を荒らげ, を高めました

▼ さうに微笑~ (11, 0.0%)

4 した 2 しながら, を漏らした 1 しあふ, したり, して

▼ さうに眉~ (11, 0.0%)

4 をひそめ 2 を顰め 1 をしかめ, をしかめた, をひそめた, をよせ, を寄せ

▼ さうに違~ (11, 0.0%)

4 ひない 3 ひありません 2 ひないと 1 ひないです, ひ無い

▼ さおれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいく, が連れ, に對, のよう, は, はこう, はこつ, はこの, はもう, は天人, や別に

▼ さくる~ (11, 0.0%)

3 高峰の 21 ばかりのごう, ばかりの悲哀, や勝鬨, や童, 山を, 日に

▼ さしそ~ (11, 0.0%)

41 ひぬれど, ふはる, ふ日, ふ秋山, ふ雨靄, へにけり, への人ニ相談

▼ さでなく~ (11, 0.0%)

1 [11件] てもの, て何ん, て命, て無気味, て紫, ひとえにそんな, 寂莫と, 幾らか鼠, 此は, 熱海へ, 異様な煤け

▼ さどうぞ~ (11, 0.0%)

2 こちらへ, 此方へ 1 お一杯, お入り, お茶でも, こっちへ, それへ, 杯を, 火の

▼ さなぎ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が寄った, が羽根, が蝶, どれも, になり, に似, に見え, の顔, は老人, ゆうなぎと, を裂きやぶろう

▼ さについての~ (11, 0.0%)

1 [11件] お話が, かすかな, どんな自覚, ほかには, 常識の, 競争が, 考が, 自慢を, 自覚から, 自覚が, 話を

▼ さについても~ (11, 0.0%)

2 深くは 1 どんなこころもち, よく合点, 今や自信, 十分知っ, 早速思いあたらね, 爆撃を, 私たちの, 考えここ, 考えたり

▼ さまたは~ (11, 0.0%)

1 [11件] ちがう環境, ゆくりなく湧き, ペルジノや, 党派的敵愾心でない, 形体の, 形體の, 意志の, 生来宗教的, 眠りを, 眼差や, 面積という

▼ さむしい~ (11, 0.0%)

2 河の, 田舍の 1 もんか, わ, 人間の, 勘次は, 山の, 気分に, 魂の

▼ さむれ~ (11, 0.0%)

6 えさん 1 えもさ, ばその, ばたまたま, ば炉中, ば痛も

▼ さろう~ (11, 0.0%)

4 とした 2 とします, とする 1 というの, とし, としました

▼ さアさア~ (11, 0.0%)

3 どうぞ 1 お上り, ごゆるり, では, どうぞご, 少しも, 帰って, 御遠慮なく, 折角起きた

▼ さアそいつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] は, はこの, はどう, はまだ, はよく, は僕, は存じません, は氣, は誰, を持っ, を持つ

▼ さア其處~ (11, 0.0%)

4 までは 2 まではわかりません 1 だよ, まではわかり兼ねます, までは存じません, までは考へた, までは解りません

▼ さ二丈~ (11, 0.0%)

2 も其上 1 くらいの大きな, に余り, ばかりの大きな, ばかりの大穴, ばかりの崖, もある, を数える, 大さ数十囲, 長さ四丈

▼ さ~ (11, 0.0%)

2 ておい, 額 1 ていた, てこい, てゐる, て当たったら, て行け, て行っ, て見た

▼ さ淋し~ (11, 0.0%)

3 さは 2 さ堪へきれ 1 さうそ寒, さが, さであった, さという, さに, さ堪えきれ

▼ さあるいは~ (10, 0.0%)

2 彼らの, 恐ろしさ 1 むしろ無理, 一種の, 不安を, 喜び悲しみ, 深い心, 秒で

▼ さいさき~ (10, 0.0%)

2 のよい, よしと 1 がよ, が悪い, はいい, は吉, よくすべりだした, を占っ

▼ さうせず~ (10, 0.0%)

4 にはゐられない 2 にゐられぬ 1 にはゐられなく, にはゐられぬ, にゐられなかつた, に筆

▼ さうにあたり~ (10, 0.0%)

5 を見 1 の人々, をながめ, を眺め, を見廻し, を見廻した

▼ さうに二人~ (10, 0.0%)

2 の話, を眺め 1 に聽, の会話, の方, の顔, は默つて, を迎

▼ さうに自分~ (10, 0.0%)

1 で駒, にだけ聞える, の, の耳, の肩, の胸, の膳, の頬, の顔, の鼻先

▼ さうに身~ (10, 0.0%)

3 を悶 1 じまひ, をくねらし, をすくめ, を悶え, を揉む, を起し, を起す

▼ さかつ~ (10, 0.0%)

51 たが, たまま, た堤, た時, た火

▼ さ~ (10, 0.0%)

1 さまは, てわが, て埃, と噛み, ながら言った, はまり蝉, 心丈夫だ, 渡が, 縄にて, 青燐

▼ ささん~ (10, 0.0%)

1 が今, てこと, といかん, とし, と悪い, と淋しい, の方, へ杯, も商売, を呪禁

▼ さしぬ~ (10, 0.0%)

2 あはれと, 野は 1 しら蓮の, 君は, 施餓鬼棚, 物の, 白楊の, 紫の

▼ さしのぎ~ (10, 0.0%)

2 に一人, に飲ん 1 にひと口, に一合, に一杯, に暗い, に銀座会館, ひと口つき合っ

▼ さただ~ (10, 0.0%)

2 のあきらめぢ 1 おれたちに, それを, の人間, の海亀, の海龜, 好い女, 少しさ, 自失し

▼ さだつた~ (10, 0.0%)

1 から, がこの, がまだ, が何だか, が向う, が小さい, が現れる, のでうつ, ものと, んだ

▼ さだめ~ (10, 0.0%)

2 をつけたら 1 がつかない, こそすれ, たる, でござらうほどにのう, となっ, になりました, のつく, もつかぬ

▼ さとかいう~ (10, 0.0%)

2 ような 1 ことが, ことは, ことまで, ものであろう, ものは, 感覚とは, 真実の, 規定は

▼ さながら~ (10, 0.0%)

2 大う 1 しこたまため, そのままに, 優しくいませ, 己が, 日本の, 明方の, 臼の, 花心に

▼ さならず~ (10, 0.0%)

42 やさ 1 とは言譯, ば実, 二人来, 城の

▼ さにか~ (10, 0.0%)

4 はりは 1 はって, へらぬ事, へりました, へる, へる草, 困らせなば

▼ さにて~ (10, 0.0%)

1 しかも澤, た, パッと, 以前は, 其言葉に, 円テーブルの, 海底に, 深きは, 羽の, 麦を

▼ さにのみ~ (10, 0.0%)

1 きせて, 人を, 原因し, 撃たれて, 浸つて, 生きなまし, 生きむとて, 美が, 追われて, 魅力を

▼ さに対しては~ (10, 0.0%)

2 彼らは 1 すかい, ただこの, もはや何らの, 去年の, 客も, 尊敬しない, 意久地の, 援けなど

▼ さ~ (10, 0.0%)

1 づりめぐる, づりめぐる朝す, づるやから臼に, づるや唐国人にへ, づるや碓たて, づるや鷦鷯の, づる中空に, のくま, はひ, わひ

▼ さをは~ (10, 0.0%)

1 かつた, ッきりかれ, 何とも返事, 少し私, 次第に暴政, 燃えるよう, 物臭な, 生きて, 眼を, 私を

▼ さッそく~ (10, 0.0%)

1 お城, その日, その翌日, でもイヤ, もう一ツ, ポンポンやりました, 帰りました, 御隠居, 止めさせること, 立ち帰って

▼ さ一つ~ (10, 0.0%)

1 が幾ら, が悪, によるもの, の価値, の道, の重, は泥坊, も無し, 食わないか, 飲んで

▼ さ三四尺~ (10, 0.0%)

1 たった五六坪, で光り, に穴, に達し, の空地, ばかりその, ばかりに土, ほどで, もありませう, もある

▼ さ~ (10, 0.0%)

3 へば却而邪魔もの 2 へど 1 は, はば外, へどこの, へばある, へば三個月以内

▼ さ優し~ (10, 0.0%)

3 さが 2 さ, さの 1 さなどに, さは, さを

▼ さ~ (10, 0.0%)

1 との間, なんて, に嫌われ, に生まれた, のしぶとい, の名前, の惡黨, の生活, の美し, はそれ

▼ さ少し~ (10, 0.0%)

1 つけて, は飲, ほとぼりが, も夫, も減ぜず, 引きずり加減, 早いよう, 若過ぎる, 華奢です, 都合が

▼ さ~ (10, 0.0%)

1 さの, ている, ておじさん, てみたのす, てみたら, てみれ, てらたもな, て勉強, て食べ, やがって

▼ さ来る~ (10, 0.0%)

5 さの 1 か, つもりだ, のひで, 奴も, 途中で

▼ さ~ (10, 0.0%)

3 さを 1 さあさまし, さあらゆる, さちょっとした, さでも, さと, さの, さ愚かさは

▼ さいや~ (9, 0.0%)

2 なア 1 しずけさ, のど, の経験, もう面目次第, 忌々しいの, 朝酒の, 頑丈さを

▼ さういた~ (9, 0.0%)

6 します 2 しませう 1 づらなん

▼ さうれし~ (9, 0.0%)

1 さ, さいい, さが, さまた, さを, さ充実した, さ取りまぜた, さ小次郎は, さ小気味よ

▼ さこちら~ (9, 0.0%)

21 が必要, にはその, の先生, へお, へこちら, へむさい, へ入らつし

▼ さこんな~ (9, 0.0%)

2 イヤな, 商賣 1 ところでは, 世界から, 商売を, 場末に, 立派な

▼ さすなわち~ (9, 0.0%)

1 いわゆる門閥, 上は, 君の, 品を, 器の, 尺度に対する, 木彫の, 死亡による, 長さ

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 おまけまで, じっと沈黙, とも誰, におく, にこの, にやかた, に一泊, に跡始末, に金子

▼ さそれら~ (9, 0.0%)

1 に対する自棄, のこと, のもの, の感情, の點, は男, は結局彼, は自分, を私

▼ さでしょう~ (9, 0.0%)

41 これでは, だって獣, なんという, ね, わたしの

▼ さとには~ (9, 0.0%)

1 どうしても眼, ジャーナリストも, 一定の, 何かしら病的な, 心の, 気持よい, 深く心, 目ざましいもの, 馴れて

▼ さとを以て~ (9, 0.0%)

2 それを 1 すれば, 之に, 動いて, 或點, 生れて, 自己という, 話を

▼ さにたいする~ (9, 0.0%)

1 たえざる争闘, 一徹な, 一種の, 反動から, 反感の, 同じ熱情, 羨望を, 革命的反動の, 顰蹙的な

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 あはれな, かの, といふ, と云, はあらず, ばかりにする, やうに, 件も, 尺八も

▼ さまでには~ (9, 0.0%)

1 あるまじきが, せんでも, なくて, 候わず宝丹, 及ばん, 思わなかった作平, 無き病氣, 萎みて, 行き届きません

▼ さまア~ (9, 0.0%)

1 おれを, これツ切りおれを, っ, も一つ, 何でいったい半兵衛様, 此方さまです, 死ぬぞ, 私も, 腹も

▼ さやる~ (9, 0.0%)

21 かたなき, かたなく, のが, よ, 方なく, 瀬な, 餌をな

▼ さやるせな~ (9, 0.0%)

2 さは 1 さが, さそうして, さで, さの, さを, さ優し, さ物悲し

▼ さらぼう~ (9, 0.0%)

2 て樹下岩窟 1 たよう, た一人, た肉体, た脊丈, ておりまする, て生き, て見る

▼ さわし~ (9, 0.0%)

1 が抑え, に尾, の肩, の門弟, はそうして, はよい, はサイゴン, もソロソロ失礼, やそれ

▼ さアさ~ (9, 0.0%)

7 急いで 1 お上り, 歩きながら

▼ さアー~ (9, 0.0%)

51 てどこ, とした, と音, ん竹童さア

▼ さア歸ら~ (9, 0.0%)

6 うか 1 う, うこれ, う八

▼ さ一メートル~ (9, 0.0%)

1 にちかく, に及ぶ, の四角, の物差, ばかりの細い, ばかりもある, ほどの一寸法師, ほどの厚い, 太さ五センチ

▼ さ二フィート~ (9, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, である, の壁, の大きな, の行列, の頑丈, ばかりの額, 太さ普通, 高さ八インチ

▼ さ二十センチ~ (9, 0.0%)

2 もある 1 ぐらいのお, ぐらいのゾウ, ぐらいのチョコレート色, ぐらいの五重の塔, ぐらいの銀色, ほどのつぶ, ほどの小さな

▼ さ今夜~ (9, 0.0%)

2 こそ命 1 だってボースン, のしづけ, はお客様, はやっ, は我慢, もする, ゆっくり遊ん

▼ さ何と~ (9, 0.0%)

1 おれに, ぢゃ, ほうれんさ, 云おうと, 云はれた, 云はれたつ, 人間は, 図々しい性根, 複雑でしょう

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 た, つつ, てくれた, てみたのす, てゐ, てゐた, て呉れたら, て見る, るたんびにきまつて青巒亭

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 が責任, が身体, だって今, だつて, の事情, はまさか, は敢, は泣かず, も早く

▼ さ六フィート~ (9, 0.0%)

1 そして我国, で各々, に達し, の, の木管, の板, まですっかり, を越え, 高さ四フィート半

▼ さ冷た~ (9, 0.0%)

3 さが 2 さを 1 さだ, さは, さ固, さ自由の

▼ さ同じ~ (9, 0.0%)

1 くやしさ, ような, 不安同じ, 仲間の, 夢を, 恰好恐らく, 悲しさ, 沛然さで, 苦しさ

▼ さ四寸~ (9, 0.0%)

1 というの, ないし六, にも余っ, に達せる, に長, ばかりの刀形, 程の支那, 程の緑色, 程同所脇肩

▼ さ~ (9, 0.0%)

2 は明け 1 どほし, の音, は明け此夜, ふけて, 更けて, 深き, 深き岩井

▼ さ~ (9, 0.0%)

3 には父 1 での束縛, にゐる, のこと, の高, へ帰つて, へ歸つて

▼ さ~ (9, 0.0%)

2 のよ 1 くばり感覚, に充つ, の中, の奥, の落付き, を落着け, を魅する

▼ さ急い~ (9, 0.0%)

43 で通りなさい 1 で今, で参りましょう

▼ さ明る~ (9, 0.0%)

2 さの 1 さで, さという, さに, さを, さ暖か, さ爽やかさの, さ軽

▼ さ殊に~ (9, 0.0%)

1 その脆き, 下腹部の, 健康といふ, 教養と, 最後の, 本を, 猪の, 舞台の, 英国や

▼ さ気高~ (9, 0.0%)

3 さは 1 さえい何と, さが, さという, さにおいて, さ優し, さ麗貌の

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 が好き好ん, しも笑, ぞお, だつて, だつて命, も居らん, も遠慮, れに, を疑ふ

▼ さ迷つて~ (9, 0.0%)

1 ゐた, ゐたところ, ゐた者, ゐて, ゐました, ゐるの, ゐる彼, ゐる時機, 居る

▼ さ~ (9, 0.0%)

1 が揃ったら, と顔, にふれる, の明る, は申分, は見えぬ, も漆, を切っ, を隠した

▼ さ~ (9, 0.0%)

2 を食っ 1 がもう, とアブサン, のありがた, のうま, のたのし, の箸, を一緒

▼ さあいつ~ (8, 0.0%)

1 が今, が君, でも呼ん, でも来, でも来い, でも来る, どつ, もお

▼ さあまり~ (8, 0.0%)

1 て遂に, のひもじ, の不安, の事, の虐, の見事さ, 気の, 足を

▼ さいすりゃ~ (8, 0.0%)

21 いいん, いくらでも欲しい, それで, ァ随分, 宿屋だ, 言種は

▼ さいっぱい~ (8, 0.0%)

1 でふらつい, で父親, で駐在所, な足どり, に廊下, に水, に飾られ, を自分

▼ さうつ~ (8, 0.0%)

3 ていふ 1 づくの, て云, て言, て言ふん, よう吸うた

▼ さうであれ~ (8, 0.0%)

3 ばある 1 ばこそ彼, ばこそ現実, ばこそ舞台, ば公然, ば詩的恍惚

▼ さうでなかつたら~ (8, 0.0%)

1 おやぢ, そんなに腹, ではどうか, 他に, 十七年も, 同じ運命, 嘘見たいで, 実にさりげ

▼ さうにさ~ (8, 0.0%)

2 へ見える 1 へな, へなつ, へ切, へ彼, へ思はれる, へ見へる

▼ さうに胸~ (8, 0.0%)

2 をおさへ, を張り出し 1 に下げ, に波打たせ, をはだけ, を反らせました

▼ さうま~ (8, 0.0%)

2 さは 1 さ, さありがた, さが, すぎる, では神佛, 温くな

▼ さおよそ~ (8, 0.0%)

1 一尺ぐらい, 一尺ないし, 一尺ばかり, 三四尺づつで茂つた草を, 二フィートの, 二分ばかり, 六〇センチメートル内外で, 畳を

▼ さお前さん~ (8, 0.0%)

3 なぞは以前 1 でなければ, に口説かれた, のご, べろべろと, も知つて

▼ さかに~ (8, 0.0%)

1 ゆくこと, 扱いて, 扱かれたよう, 来ると, 爾とは, 瘠けて, 磨り減らした古梅園, 行くん

▼ さかれ~ (8, 0.0%)

1 ていた, ている, てその, て死ん, て非業, と争う, のわびし, 其様なに着物を

▼ さされた~ (8, 0.0%)

1 だけで, の, ようで, ように, 時一番辛かっ, 桃などは, 熔鐡の, 真新しい奥様

▼ さされる~ (8, 0.0%)

2 のである 1 かそ, ごとに, のかと, のを, のん, ッて

▼ させらるる~ (8, 0.0%)

1 あえかな, ことの, ときにおいてのみ, のである, ようにも, 事なく, 帝に, 故と

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 あらん, まさる麻, 御不じゆう, 御忙しき, 思ほ, 淋しいであろう, 籠りたる, 野の

▼ さだが~ (8, 0.0%)

1 お前さえ, お前に, そんな物, なおまえ, ね生きてる, 何か, 甘いもの, 私の

▼ さだって~ (8, 0.0%)

1 こういうもの, 大したこと, 女なぞ, 最初っ, 知れたもの, 立派な, 耐えて, 過ぎて

▼ さつまり~ (8, 0.0%)

1 十二月三十一日さ, 実物の, 感情の, 手触りで, 明暗という, 白で, 自分だけの, 薄命な

▼ さつら~ (8, 0.0%)

41 さかなし, さくるし, さなつかし, さ情な

▼ さときたら~ (8, 0.0%)

2 まったく話 1 いまにも気絶, それこそ, とてもた, はっと気づいた, まったくたえられない, 僕は

▼ さとへ~ (8, 0.0%)

1 いっぺん帰りたい, おかえりに, お帰り, かえって来る, 一枚ずつ, 帰って, 行くとか, 行ったって

▼ さ~ (8, 0.0%)

2 さと 1 さもが, さ入っ, さ打まける, その後に, つち, つちに

▼ さなし~ (8, 0.0%)

1 にうごかせる, にできる, には, にはその, にもう, の兄, の気質, 私を

▼ さなぞ~ (8, 0.0%)

1 いい気, いう物質的, てんでわからなかつた, で決して, とある, と口サガ, と知人, みじんも

▼ さなぞは~ (8, 0.0%)

1 とうに失せ, 二卷の, 少しも, 忘れて, 所々しか, 探したくも, 泥土に, 考えの

▼ さなどで~ (8, 0.0%)

1 にわかに重, 一枚の, 伸子は, 彼らは, 情慾を, 憎むこと, 酒も, 鳴いて

▼ さにたいして~ (8, 0.0%)

1 いったいどういう, りっぱに, 反動の, 反抗の, 多少皮肉, 戦いを, 施す術, 猛然とぶつかっ

▼ さに従って~ (8, 0.0%)

1 あるいは重く, また濃厚, ピアノの, 偉大である, 多少拙劣, 存在し, 活動する, 相当な

▼ さはかな~ (8, 0.0%)

3 さに 2 さむなし 1 さの, さ終日読書, 淫奔の

▼ さはと~ (8, 0.0%)

2 石の 1 いうと, て下枝, て母様, 云う日, 年々に, 氣に

▼ さぶる~ (8, 0.0%)

1 まぐはし山, まで, 心さまねし, 情さまねし, 木々の, 櫟に, 磐根こごし, 酒甕には

▼ さへよ~ (8, 0.0%)

4 かつたら 2 けりや 1 かつた, けるよう

▼ さまい~ (8, 0.0%)

1 かなるべき, かにと芝居, かに面白から, とをかしく, と可笑し, と哀れ, と壮快, と憎し

▼ さむけ~ (8, 0.0%)

21 がし, がたちました, が伸子, が全身, の後, を覚え

▼ さもの~ (8, 0.0%)

1 かなしさ, のお初さん, のわる, の一丁, の哀れ, ばかりが知る, を理窟, 足りなさ

▼ さゆる~ (8, 0.0%)

2 夜は 1 あしたの, 加茂川の, 寝覚めを, 汀の, 隱沼は, 音色

▼ さりし~ (8, 0.0%)

3 てゐ 2 てゐる 1 てそして, て居, て白い

▼ さるれ~ (8, 0.0%)

1 ど, ば, ばすぐ, ば少なくとも, ば支那文化, ば本領安堵, ば漸く, ば西行感

▼ さわる~ (8, 0.0%)

2 さが, さを 1 さ, さと, さは, さ大き

▼ さッぱり~ (8, 0.0%)

1 しなかつたから, といえ, 上がらないし, 分らない, 分らん, 無くなったの, 知らない, 読んで

▼ さツさ~ (8, 0.0%)

2 と銀場 1 と六號室, と反, と橋, と歸つて, と社殿, と自分

▼ さ一杯~ (8, 0.0%)

1 あげろ, で思わず, で私達, にかの女, に張りきった, に自分, に髪, 進ぜようて

▼ さ三丈~ (8, 0.0%)

1 とも見える, にも余る, の巣, の木, ばかりある, ばかりなる, ばかりのユーカリ, 高さ一丈

▼ さ~ (8, 0.0%)

21 さに, さについて, さにまで, さの, さ深, さ範囲の

▼ さ其の~ (8, 0.0%)

2 他は 1 ことである, 屋敷へ, 持つ歓び, 根に, 真剣さにも, 通り書い

▼ さ又は~ (8, 0.0%)

1 そのプライド, 他人の, 利害の, 年老いて, 気持ちの, 第三者には, 総軍, 鼻の

▼ さ嬉し~ (8, 0.0%)

2 さは 1 さ, さの, さも, さを, さ一度に, さ御馳走の

▼ さ~ (8, 0.0%)

2 さを 1 さ, さが, さに, さは, さ安, さ昔から

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 あ浪花節語り, が一盃合, が手, が汝, が首, はお前, も墓場, を縛れ

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 ちひだ, なしに, なるが, のおとなしい, のめずらし, のよ, は丸く, をとる

▼ さ心細~ (8, 0.0%)

3 さが 2 さを 1 さに, さの, さ悲し

▼ さ愛らし~ (8, 0.0%)

2 さい, さを 1 さが, さなどに, さは, さ燦然たる

▼ さ新し~ (8, 0.0%)

2 さの 1 さ, さすなわち, さそこに, さと, さについて, さを

▼ さ~ (8, 0.0%)

3 さに, さを 1 さで, さの

▼ さ此方~ (8, 0.0%)

3 へお 21 へ入らし, へ出さん, へ汽車

▼ さ百合~ (8, 0.0%)

3 の花 1 が凋んだ, の匂やか, の涼し, はなそこ, ぶかし

▼ さ~ (8, 0.0%)

2 の色 1 え立つ, にもとまらぬ, に見, もあてられず, も廻らん, 醒しさ

▼ さ腹立たし~ (8, 0.0%)

3 さ, さに 1 さが, さ残念さ憤ろし

▼ さ行った~ (8, 0.0%)

3 方が 1 きりかい, でぁ, は, よ, んじゃ

▼ さ~ (8, 0.0%)

4 ふばかり 2 はむかた 1 ひに, ふべくも

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 がある, がよチチチン, にならず, にならない, のほか, のよう, の出来る, はまた

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 があった, がほしい, が無く, のなる, はどの, をくれ, を作っ, を出せ

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 となっ, にふりつづく, に彷彿むぞ, のかなた, のなか, のよう, の立ちこむる, 立ち今宵

▼ さ~ (8, 0.0%)

1 にそよい, にそよぎ出した, のつよ, の吹く, の強, の涼し, も烈しい, も霞み

▼ さうかねえ~ (7, 0.0%)

1 それでも今, それでよく, ふんさ, もしお, 俺は, 木登りが, 松の木は

▼ さうしよう~ (7, 0.0%)

1 といふことに, ときめかけました, とはしなかつた, と思, と思つて, と自分, やない

▼ さうだん~ (7, 0.0%)

1 ごとを, な, なあまあ, に行きました, べい, べえなァアハヽヽヽ, べなあ

▼ さうであり~ (7, 0.0%)

1 さうで, ながら強, 二人は, 例へばアントワアヌ, 別に色, 夫や, 自分など

▼ さうでし~ (7, 0.0%)

1 てね大層, まひには, やう, よ, ようか, ようね, よホラホラさ

▼ さうに仕事~ (7, 0.0%)

5 をし 1 にかかりました, を始めました

▼ さうに何~ (7, 0.0%)

1 かいつて, かのプレパラアト, かぷつりぷつり, か不平, か云, か言, べん

▼ さうに目~ (7, 0.0%)

1 をその, をつぶつて, をぱちくり, をパチ, を瞬いた, を見合, を見合せ

▼ さうに窓~ (7, 0.0%)

3 の外 1 から顏, から顔, に顔, を覗いた

▼ さうに聽~ (7, 0.0%)

2 いて 1 えて來, かされ, きながら, くと, こえたが

▼ さかっ~ (7, 0.0%)

6 ている 1 ていった

▼ さからと~ (7, 0.0%)

2 いうよりも 1 いうべきだった, 思うの, 思ひ僕, 解して, 言つた恐るべく

▼ さきく~ (7, 0.0%)

1 あれか, おはせいつ, さ, さに, てあれ海, て見よ, といのる

▼ さこれから~ (7, 0.0%)

1 だ, ホールへ, 大事に, 杉山氏の, 百の, 赤色体操を, 金の

▼ ささぐる~ (7, 0.0%)

1 その朦朧, その霊妙, 信条は, 夜な夜な, 心のきほひ, 讃歌, 騎士が

▼ さざら~ (7, 0.0%)

1 しむるものは鳥類, しめん, ませば, むことを, んこと, ん事, 波だつ大川

▼ さしかも~ (7, 0.0%)

1 これは, なほ決して, 印籠盗みの, 拡大された, 生前の, 病弱の, 見事な

▼ さだから~ (7, 0.0%)

2 ぱあっと心中 1 と云, なおのことお前が, ヤソ教として, 世の中に, 自分で

▼ さつせ~ (7, 0.0%)

3 えね 21 えそれ, わしが

▼ さつたら~ (7, 0.0%)

1 どんなにか, ないの, ないのに, ないのよ, ない道, 全く空前絶後, 無い

▼ さどこ~ (7, 0.0%)

2 から見 1 か病的, に, の家, へ隠そう, やら急

▼ さなくなった~ (7, 0.0%)

1 ことである, ころであった, とま, のだ, ので村人, ものと, 時孝太郎は

▼ さなだ~ (7, 0.0%)

3 虫の 1 帯の, 紐で, 紐の, 紐を

▼ さなれ~ (7, 0.0%)

3 ば誰 1 ど, ど夕方, ばお, ば好い

▼ さにおける~ (7, 0.0%)

4 延長を 2 延長かかる 1 量的比較の

▼ さにこそ~ (7, 0.0%)

2 多くの, 死なむ 1 あン, 云われるべきである, 茶道の

▼ さにゃ~ (7, 0.0%)

2 ならん 1 あお見舞, ならない, ならぬ, なるまい, 叱られるわし

▼ さにより~ (7, 0.0%)

1 かかった, この王, また磁気力, 二匁から, 圧されて, 多く心が, 多く異彩の

▼ さばかりの~ (7, 0.0%)

1 冷徹さも, 出て, 名匠の, 大波瀾, 憐みの情を, 残刻と, 逢瀬は

▼ さふら~ (7, 0.0%)

3 はず 2 はば 1 は, ひき

▼ さぶちゃん~ (7, 0.0%)

1 から威嚇, がまた, とも綾子, に対しては一目, の, はじめ奴が, はじめ腕白どもも

▼ さへぞ~ (7, 0.0%)

1 く, しなびたり, つとした, つとする, 啼く, 寒き一人, 思ひ出

▼ さへを~ (7, 0.0%)

1 かしきに, かしな, どるにや, らね, れば, 忘れて, 言ひたい許り

▼ さまったら~ (7, 0.0%)

1 その秘密, それも, そんなふうに年中小説, そんなを, 横から, 歯がゆくて, 私が

▼ さみたい~ (7, 0.0%)

3 なもの 1 な, な浅い, に思い上がっ, に鈍く

▼ さみんな~ (7, 0.0%)

1 かくもの, じぶん, その中, でいそい, のわびし, の苦し, 生きてる人間

▼ さむれえ~ (7, 0.0%)

1 えらいところ, か, が三人, が弥, の仲間入り, は好き, を仲間

▼ さゆえ~ (7, 0.0%)

1 に, にこそついに, に一筋, に人, に死す, に私たち, の多少

▼ さアお上~ (7, 0.0%)

5 んなさい 1 がン, んなせえまし

▼ さアここ~ (7, 0.0%)

2 へいらっしゃい 1 でえい, でこう, に捨て, は自分, へ来

▼ さア今日~ (7, 0.0%)

1 の祈り, は一つ, は八月, は十二日, は帰ろう, は新吉, は無

▼ さア來~ (7, 0.0%)

21 い, いツ女, い八, たぞ, やがつた

▼ さア大変~ (7, 0.0%)

41 いよいよ下手人, だまた, だ八

▼ さア是~ (7, 0.0%)

1 から二人, から家, から直に, じゃア, れで別れよう, れへ, をお

▼ さア歸~ (7, 0.0%)

2 つて, る 1 りま, りませう, るぜ

▼ さーッ~ (7, 0.0%)

1 ごうごうと吹く, さーッ, と吹い, と奔騰, と来, と来た, と音

▼ さ一フィート~ (7, 0.0%)

1 でくるくる, で畳一畳, の包, の卓子, の四角い, の完全, の木

▼ さ一寸五分~ (7, 0.0%)

1 ばかりの網目, ばかりもある, ほどに切り, ほどに育つ, ほどの傷, 程の檜, 程深

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 が彼女 1 であった, でも明白, の自分, の見える, は一点

▼ さ二人~ (7, 0.0%)

2 の力, はスゴスゴ 1 して, ともおり, は別々

▼ さ五分~ (7, 0.0%)

1 くらい, くらいのもの, に幅一寸, に足らぬ, に過ぎず, ばかり入れ, 程にても有

▼ さ今日~ (7, 0.0%)

2 はこれ 1 はまた, は少し, は木槿, は海, は特に

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 處目も 1 のもの, の動物, の夢ども, を傷, 処目も

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 さを 1 さ, さなつかし, さに, さによる, さよりも

▼ さ~ (7, 0.0%)

1 が来ない, の正直さ, の笑い, の自分, はもう, れ是, を憤らす

▼ さ彼女~ (7, 0.0%)

1 の境遇, の手, の疑ひ, の眼, は暫く, は笑, は良人

▼ さ~ (7, 0.0%)

1 両氏急い, 同情いたします, 教えの, 案内致しましょう, 病間へ, 身丈より, 酌致しましょう

▼ さ悩まし~ (7, 0.0%)

2 さ, さに 1 さが, さは, さ私は

▼ さ情な~ (7, 0.0%)

32 さに 1 さもう, さ自

▼ さ早う~ (7, 0.0%)

1 あがって, お帰り, 去んで, 帰って, 帶解いたら, 御膳を, 言って

▼ さ楽し~ (7, 0.0%)

2 さ, さを 1 さの, さ有難, さ空想し

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 からの風 1 か密雲, で見る, のみどり, の中, の青

▼ さ渡る~ (7, 0.0%)

2 極み 1 ように, 君は, 極みかへ, 極み潮沫の, 極聞し食す

▼ さ~ (7, 0.0%)

1 におどろかない, によっ, に豊か, やさしさ, を壞, 思ひも, 腥き西洋

▼ さ生活~ (7, 0.0%)

1 と文学, のよろこばしい, の感覚, の美, の美し, の耀き, の自己疎外性

▼ さ~ (7, 0.0%)

1 が大きく, に物, のつかい, や頬, をつけてる, を細めたい, を驚かす

▼ さ知らず~ (7, 0.0%)

1 であるが, でいらっしゃるでしょう, でござる, という結構, の冬, の怪漢, の涼風

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 から入る 1 から昇る, の向う, の氷, の色硝子, の高

▼ さ自然~ (7, 0.0%)

1 から受ける, が発散, に対する愛, に接しられる, の偉大さ, の暖か, への挑戦

▼ さ行こう~ (7, 0.0%)

31 ぜ, ぞ, よってまるで, よ早く

▼ さ複雑さ~ (7, 0.0%)

1 といくら, の一つ, はそれ, は何, は西洋, をつくづく, を克服

▼ さ~ (7, 0.0%)

2 の早 1 が窘ん, が竦んだ, のつかれ, の長, を洗っ

▼ さ逞し~ (7, 0.0%)

3 さを 1 さ, さと, さは, さ単純で

▼ さ鋭さ~ (7, 0.0%)

1 しかし規模, であつ, で理解, と映る, に俟, はげしさ, 愛らしさ

▼ さあたし~ (6, 0.0%)

2 の無力 1 だってね, の方, の顔, もこう

▼ さあたり~ (6, 0.0%)

1 から床, だろうぐらいに, には人聲, に食べあ, の気味, もさうだ

▼ さあて~ (6, 0.0%)

1 と, とご, どの辺り, ね, の, もとうとき

▼ さあと~ (6, 0.0%)

1 がつ, のこと, は何, は無礼講, を片づけよう, 何だか少々危

▼ さあんた~ (6, 0.0%)

1 の一座, の為, は碌, は縁, も景氣, も皆出したまえ

▼ さいう~ (6, 0.0%)

1 がよい, ことを, ばかりない, ばかりなかりしならん, までもない, 爾は

▼ さいくどり~ (6, 0.0%)

1 などはこなごな, にせいいっぱい, について二十五巻, のこしょう, の歌, は皇帝

▼ さいつ~ (6, 0.0%)

1 ころはじめて, の世, ぱい, ぱい掬ん, べ, 読んでも

▼ さいました~ (6, 0.0%)

1 があと, がこの, がやはり, が久しく, が数, が暫く

▼ さうすれ~ (6, 0.0%)

2 ばい 1 やいくら, やこれ, やそいつ, や女房

▼ さうだす~ (6, 0.0%)

1 あの百姓家, けど, とも大阪, 今鴉, 母アちやん, 綺麗な

▼ さうど~ (6, 0.0%)

1 ちばかりは, つか, つかと, つし, なりながら, やぜんまい

▼ さうならない~ (6, 0.0%)

1 かも知れない, ための, ところが, もので, わけに, 事も

▼ さうに斯~ (6, 0.0%)

1 ういふ, う云, う云った, う云つて, う叫ん, う言

▼ さうに横~ (6, 0.0%)

2 を向い 1 から覗い, つチョ, を向いた, を向き

▼ さうに母~ (6, 0.0%)

1 とわたし, の坐, の横手, の顔, は呟いだ, を見上げ

▼ さうに話~ (6, 0.0%)

3 をし 1 かけた珍太, しあうて, を持つ

▼ さうに額~ (6, 0.0%)

1 に皺, の汗, をこす, を叩きました, を擦つた, を見た

▼ さうはい~ (6, 0.0%)

2 つたもの 1 つたが, つてゐた, はずに, はない

▼ さうも行かない~ (6, 0.0%)

1 か, かなア, が, さ, のが, ものな

▼ さう手~ (6, 0.0%)

4 輕に 2 輕には

▼ さかき~ (6, 0.0%)

1 だが, と言, などになる, なやむ四人, を根抜き, 椎しきみ

▼ さぐさ~ (6, 0.0%)

2 にはまた 1 の事情, の古風, の実相, の文章一枚三円

▼ さぐる~ (6, 0.0%)

1 がごとき, と握った, にはこの, に君, を, 寒さ

▼ さけり~ (6, 0.0%)

1 とあり, みゆ, わが咲く, 春雨は, 水ゆけり立つ, 黄花の

▼ さこっち~ (6, 0.0%)

1 いへ, へ, へお出で, へ来, も二人づれ, をお

▼ さことに~ (6, 0.0%)

1 その結論, また画面, 今日は, 土方歳三は, 石崎樣と, 血に

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 そいふ, そと, その音, そ言はせてる, の中ゆ, 随意に

▼ さしずで~ (6, 0.0%)

1 はない, もあります, も無慈悲, 当日は, 織田徳川が, 釘勘が

▼ さそうして~ (6, 0.0%)

1 そんな兄, 丁度刀を, 媚の, 小刻, 小犬が, 最後には

▼ さそれに~ (6, 0.0%)

1 あの難儀, いつも黙りこくっ, 何だか譯, 彼の, 最もうんざりしきつ, 種夫さん同道と

▼ さたっぷり~ (6, 0.0%)

1 さ, さうれし, さに, さ闊達さ, です, 一間ほどの

▼ さだけしか~ (6, 0.0%)

1 ないと, ないよう, なかつたの, 思ひださない, 見出さなかった, 見出さなかつた

▼ さつき見た~ (6, 0.0%)

1 やうな, 唖の, 時ひろ子と, 時よりも, 甥の, 空屋の

▼ さつたる~ (6, 0.0%)

2 まふん 1 怪影は, 朝の, 松風の, 高きところ

▼ さとて~ (6, 0.0%)

3 膝の 2 笑つて居れ 1 笑つていれ

▼ さとにおいて~ (6, 0.0%)

1 ドイツ最大の, 世界の, 到底比べられない, 増大する, 決して後代, 退歩し

▼ さなぶり~ (6, 0.0%)

2 の時 1 の饗宴, の饗応, 人形の, 後の

▼ さなんか~ (6, 0.0%)

1 どうでも, ドレ位, 威勢の, 歴史の, 目に, 美しさ

▼ さにさえ~ (6, 0.0%)

1 もろくし, 云いあらわせない生, 反感に, 変じて, 彼の, 打ち勝つべき決心

▼ さにと~ (6, 0.0%)

1 あるのみ, いうより, いえば, ッつき玄関の, 同時にそれ, 小さな声

▼ さねー~ (6, 0.0%)

1 バター一杯を, 今日は, 僕も, 横浜の, 美味いと, 雨に

▼ さばかりに~ (6, 0.0%)

1 あらわれて, なった, 向いて, 止まらない感興, 波立つべしや, 躍つて

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 なんぞいつ, のこと, ものは, をもらひ, 風の, 鷲山の

▼ さへぎられ~ (6, 0.0%)

2 白鳥の 1 てひよろひよろ, て唸り, て濛ツ, て矛盾

▼ さへな~ (6, 0.0%)

1 つたが, つたそこで, つたのである, つたのは, つた私は, つた街から

▼ さほか~ (6, 0.0%)

1 からは結構, ない船室, にない, のもの, 与えられて, 持たないの

▼ さほどには~ (6, 0.0%)

2 苦に 1 心配し, 感じなかつた, 腹も, 買わなかった

▼ さまことに~ (6, 0.0%)

1 あぶな気, みずぎわだった男ぶり, 千秋の, 口に, 大人の, 線の

▼ さまして~ (6, 0.0%)

2 話しかけて, 話しかけると 1 やると, ゐる風

▼ さもさ~ (6, 0.0%)

1 ほどには思われなかった, ほどに感じられない, ほどに苦, までには覚えない, も感, も迷惑さうに云

▼ さ~ (6, 0.0%)

32 の名詞法 1 つくりしようよ

▼ さゆう~ (6, 0.0%)

1 おこしを, 佛に, 念佛を, 看経を, 秀次が, 頭の

▼ さよく~ (6, 0.0%)

2 見て 1 は分からぬ, 判る, 味覚を, 聞いて

▼ さア親分~ (6, 0.0%)

2 注いで 1 この下手人, どうです, まア一つ, 訊いて

▼ さア誰~ (6, 0.0%)

2 と申し, も聽 1 がお, がそんな

▼ さア金~ (6, 0.0%)

1 え出せ, のある, は此通り用意, を出さなけれ, を出せ, を出せえ

▼ さ一メートル半~ (6, 0.0%)

2 くらいの木綿 1 ばかりの長っぽ, ほどの長方形, ほどの黒い, もある

▼ さ七尺~ (6, 0.0%)

2 ずつを三尺おき 1 から三尺, の幕, ばかり上, 長さ二尺

▼ さ五寸~ (6, 0.0%)

2 ばかりの足あと 1 に及ぶ, の感じ, ほどあった, ほどの薄い

▼ さ今度~ (6, 0.0%)

1 はあたい, はホニカ, は三田さん, は父さん, は腋の下, 来たら少し

▼ さ何卒~ (6, 0.0%)

3 お上り 1 おかえなすっ, お通り, 此方へ

▼ さ候え~ (6, 0.0%)

1 ども一旦, ばはげしき暑, ばゆめ, ば即刻, ば露国, ば露英

▼ さ~ (6, 0.0%)

3 させて 1 くぐり, のぼる, は平凡

▼ さ入る~ (6, 0.0%)

2 のだ 1 じゃぃ, もな, んだ, 時な

▼ さ六七尺~ (6, 0.0%)

1 に及ぶ, のもの, の大きい, の溝, もありました, もある

▼ さ十フィート~ (6, 0.0%)

1 か十五フィート位, にも及ぶ, の小, の棒, の電信柱みたい, ばかりの青銅

▼ さ十五センチ~ (6, 0.0%)

1 ぐらいの黒っぽい, の小さい, はば九センチ, はば六センチ, ほどの小さい, ほどの茶色

▼ さ即ち~ (6, 0.0%)

1 基線を, 小説が, 滑稽に, 真実さが, 絶対値の, 體感温度は

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 さ, さが, さ亦, さ活, さ薄, さ距離位置度數速力配合組立等の

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 いさ, いやね, 哀さうに, 恐い, 恐しさと, 笑さ又

▼ さ可愛~ (6, 0.0%)

2 さを 1 さ, さが, さに, さ真心ある

▼ さ四五寸~ (6, 0.0%)

1 の円すい形, の小さな, の灌木, の管, の草, の鉄

▼ さ四五尺~ (6, 0.0%)

1 しかなかつた, に達し, の人工, の塚, の草, もある

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 にやる, に来, に行ぐが, に行っ, に貰い, に貰う

▼ さ実に~ (6, 0.0%)

1 はげしく, も浮世, 卑怯千万な, 大きい強さ, 幾里である, 浮き出して

▼ さ恋し~ (6, 0.0%)

1 さが, さなつかし, さに, さの, さを, も

▼ さ惨めさ~ (6, 0.0%)

2 がある 1 がいと, に対して高, は浦野館村, 醜さ

▼ さ持っ~ (6, 0.0%)

1 ていっ, てっ, てました, て行き, て行く, て行っ

▼ さ故に~ (6, 0.0%)

1 その悲し, 世界の, 他の, 泣いたの, 自らむせぶ, 飮めるならじ

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 てえん, に出, の側, の袂, の際, へお

▼ さ~ (6, 0.0%)

2 の廃止 1 のありがた, のわく町, も立たぬ, を復活

▼ さ激し~ (6, 0.0%)

2 さに 1 さいとし, さは, さ弱, さ恐ろし

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 あひ, きめそんな, の世界, の剥げた, の白, も色

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 さしつけえ, てはいられよう, て通り, とおし, むとて人々騒げどかへりみぬ, や長屋

▼ さ貧し~ (6, 0.0%)

2 さに 1 さ, さという, さを, さ極

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 さから, さが, さに, さ不愉快さだった, さ毎日, さ毎日毎日棟梁棟梁と

▼ さ連れ~ (6, 0.0%)

1 ていらっしゃいっ, てく, てつて, てつてやつ, て行っ, で来

▼ さ~ (6, 0.0%)

3 や少し 1 が人間, に折れない, 深いところ

▼ さ~ (6, 0.0%)

1 がブラ, と同じ, にもる, は如何なる, を凌ぐ, を踏む

▼ さ静けさ~ (6, 0.0%)

1 です, に却, に酔わされ, はまた, を見る, 加わるばかりと

▼ さ~ (6, 0.0%)

2 に徹す 1 にしみ, に徹し, に沁む, に達する

▼ さ~ (6, 0.0%)

4 といひ 1 の物量感, の腹

▼ さ齧み~ (6, 0.0%)

6 に齧み

▼ さあま~ (5, 0.0%)

4 およね 1 ゐりませう

▼ さあッ~ (5, 0.0%)

1 さあッ, とまいおりました, と一定, と乾い, と挙げ

▼ さいかにも~ (5, 0.0%)

1 して, 深そう, 秀麗な, 私は, 紋十郎じゃ

▼ さいかばかり~ (5, 0.0%)

1 ぞこれ, ぞや, でお, でしょう, ならん

▼ さいすれ~ (5, 0.0%)

1 ばいい, ば力, ば私, ば間違, ば願望

▼ さいちゆう~ (5, 0.0%)

2 である 1 でも本州, の団欒, の田圃

▼ さいと~ (5, 0.0%)

1 きびしアセモ, 云つた, 思いましたが, 聞き錯, 青に

▼ さうじ~ (5, 0.0%)

3 やない 1 ものなけれ, やア

▼ さうせね~ (5, 0.0%)

1 ばいけなかつた, ばならぬ, ば一度, ば時間, ば祟り

▼ さうであるなら~ (5, 0.0%)

2 ばその 1 ばハルトマン, ば何故, ば私

▼ さうどす~ (5, 0.0%)

1 か, かお, かな, かな困つたえ, とも

▼ さうならさう~ (5, 0.0%)

1 といへ, と乘, と有り体, と言, 違ふなら

▼ さうにあちこち~ (5, 0.0%)

2 歩きま 1 と出かけた, と枝移り, と歩き

▼ さうにこちら~ (5, 0.0%)

1 へ近づい, をみ, を見た, を見上げた, を見詰め

▼ さうに下~ (5, 0.0%)

1 から富岡, の方, へ下り, を向い, を向いた

▼ さうに僕~ (5, 0.0%)

1 に口, に近, の方, の顔, へ語る

▼ さうに抱~ (5, 0.0%)

2 へてゐた 1 へて板屋家, へて私, へて行きました

▼ さうに此方~ (5, 0.0%)

3 を見 2 を眺め

▼ さうに水~ (5, 0.0%)

2 を浴び, を飲ん 1 がびたびたになつちまつてゐるぞ

▼ さうに腰~ (5, 0.0%)

2 を浮かし 1 にさげた, の方, をかけ

▼ さうに舌打~ (5, 0.0%)

3 をし 2 をした

▼ さうに莞爾~ (5, 0.0%)

4 して 1 しながら

▼ さうに説明~ (5, 0.0%)

2 するの 1 して, しました, をする

▼ さうに返事~ (5, 0.0%)

1 した, して, もしない, をしました, をする

▼ さうに鼻~ (5, 0.0%)

1 に皺, の端, をかみ, を持つ, を鳴らし

▼ さおそろし~ (5, 0.0%)

2 さを 1 さが, さに, さも

▼ さかつて~ (5, 0.0%)

1 ゐた, ゐて, ゐる栗, 大量の, 沙魚が

▼ さからでも~ (5, 0.0%)

1 この鳥, 北の, 御座りましょう, 涙は, 言い換えれば

▼ さくらいの~ (5, 0.0%)

1 ことは, ところに, ものが, ものであろう, 怪しき光

▼ さくり上げ~ (5, 0.0%)

3 て来る 2 て來

▼ さごろ~ (5, 0.0%)

31 もなどとつぶやき, もや腋羽

▼ ささすが~ (5, 0.0%)

1 に秀吉, の巡査, の平次, は権現様, 畜生の

▼ ささなみ~ (5, 0.0%)

3 の志賀 1 の大津, やし

▼ ささめ~ (5, 0.0%)

1 がひ, の縁, ゆきの, 為朝博多鬼百合姫百合は, 雪が

▼ さざなみ~ (5, 0.0%)

1 が寄せる, を起す, 立たせたところ, 立った泉, 立てて

▼ さしたい~ (5, 0.0%)

1 それだけの, と思います, と思った, と甘, 慾望を

▼ さしっ~ (5, 0.0%)

1 たりで, たりというよう, たりと兵馬, たりと手, たりと身

▼ さしっかり~ (5, 0.0%)

1 さ空間, した人, つかまって, なせえ, 聞きな

▼ さしった~ (5, 0.0%)

1 でおら, のが, ものと, わ, 久しく見え

▼ さしてやりたい~ (5, 0.0%)

2 程切なく 1 ために, と思っ, のです

▼ さしならない~ (5, 0.0%)

1 ことに, やうな, 気持ちで, 深間へ, 証拠の

▼ さし込ん~ (5, 0.0%)

1 であった, でくる, でゐます, で来る, で退出

▼ さ~ (5, 0.0%)

2 なは 1 が聡明, なおさ, なおな

▼ さすぐ~ (5, 0.0%)

1 この部屋, にその, に彼奴, やって, 湯へ

▼ さすべて~ (5, 0.0%)

1 が以前, に申し分, の不自由, の機械, の謎

▼ さそいつ~ (5, 0.0%)

1 あ, が一番, が在る, はちょっと, を欲しい

▼ さそのまま~ (5, 0.0%)

1 である, で行いすまされよう, に, に保たれ, の活力

▼ さそれで~ (5, 0.0%)

1 ね君, 一代の, 一気に伸びず, 七兵衞さんを, 三つの

▼ さそれでは~ (5, 0.0%)

1 おかあ, お前が, こちらで, 失礼しよう, 失禮しよう

▼ さつせえ~ (5, 0.0%)

1 いまに, こんな小, 俺れ, 名所だにの, 形は

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 その上, ものつく, ものは, 旅立たむ, 盛んに

▼ さても~ (5, 0.0%)

2 人の 1 満たそう朝, 緑の, 習慣こそは

▼ さどうせ~ (5, 0.0%)

1 あんな男, 人間同志の, 今夜は, 奴等の, 早川の

▼ さなかなか~ (5, 0.0%)

1 きびしい, それは, 大したもの, 小作の, 綿密な

▼ さなみ~ (5, 0.0%)

3 の志賀 1 の大津, やし

▼ さなんぞ~ (5, 0.0%)

1 して, たったこれ, では, 入えてた, 寄せつけない

▼ さにかへ~ (5, 0.0%)

1 つた頃極めて, つてその, つてゐた, つて奇怪を, つて身動きも

▼ さにしか~ (5, 0.0%)

1 ならずそれ, 基いて, 思われず子供, 見えぬ田畑, 過ぎません

▼ さにとって~ (5, 0.0%)

1 しばしば大きな, どんなに乾いた, もっとも堪えがたい, よろこばしいこと, 何という

▼ さにや~ (5, 0.0%)

2 ならんの 1 なりませんよ, 泣かされる, 襲は

▼ さによっては~ (5, 0.0%)

1 五六フィートにも, 奥の, 悪くない, 決まらない, 演り

▼ さに対しても~ (5, 0.0%)

1 やはり一個, 別格の, 忽ちに癇癪, 敏感だ, 正しさ

▼ さねえ~ (5, 0.0%)

1 ちゃんそこへ, で御用大事, ば何方, 奥さんそう, 貴方言いなり次第に

▼ さねの~ (5, 0.0%)

1 上の, 白木の, 綾模様の, 薄葉とを, 薄葉の

▼ さはぎ~ (5, 0.0%)

1 は予期以上, も歇みつ, 夏の, 奥さんは, 次第に高まる

▼ さひろ~ (5, 0.0%)

1 ごれり, さあた, さの, さ大, さ量感を

▼ さへたり~ (5, 0.0%)

1 した, して, しては, スキーを, 胸にかかへたり

▼ さほども~ (5, 0.0%)

1 ある屋根, ないところ, ない小幅, 燃え上がって, 雪は

▼ さもと~ (5, 0.0%)

2 くいらしい 1 と言, はこんな, 言わぬばかりに

▼ さもどかし~ (5, 0.0%)

2 さに 1 さが, さは, さを

▼ さやがて~ (5, 0.0%)

1 は準備, 三俵法師形も, 扇ばかりな, 挨拶も, 横に

▼ さやさし~ (5, 0.0%)

1 さを, さ感受性は, さ敏感さは, さ美し, さ自然の

▼ さよろこび~ (5, 0.0%)

1 に曇り, のぬくもり, の共感, 光について, 平安の

▼ さりょう~ (5, 0.0%)

1 かとつくづく, とも, も知れぬ, も知れまい, 御思召

▼ さわたる~ (5, 0.0%)

2 雲を 1 耳とめ, 蛇の, 蛇わたる

▼ さをか~ (5, 0.0%)

2 なぐり棄てて 1 ふ, へりみも, ろんじ過ぎようがの

▼ さア一緒~ (5, 0.0%)

1 に往, に往け, に洋服, に行きましょう, に行っ

▼ さア此~ (5, 0.0%)

1 のお, の人の, の大きな, の妾, の菓子

▼ さガラツ八~ (5, 0.0%)

1 が物, の八五郎さ, の懷ろ, は, はそれ

▼ さ一人~ (5, 0.0%)

2 のよろし 1 か, で行っ, にし

▼ さ一般~ (5, 0.0%)

1 で肯定, という抽象物, になかなか, に属し, に屬

▼ さ七八尺~ (5, 0.0%)

1 にし, の延竿, もあらう, もある, もあろう

▼ さ三間~ (5, 0.0%)

1 くらいの砂利, に奥行二間, ばかりせ, ほどショウ, もある

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 から潜っ, に立つた, の下, はとろとろ, 水口火の元およそ

▼ さ二メートル~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの珊瑚礁, ばかりの手槍, ほどほか, もあり, 太さ人間

▼ さ二十フィート~ (5, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, に足らぬ, に近い, の石垣, 乃至三十フィート

▼ さ五六尺~ (5, 0.0%)

1 に及ぶ, の大きい, の瀑, ばかりかと思われる, 高さ二丈余

▼ さ何とも~ (5, 0.0%)

1 いいよう, いえぬ口, 云えず, 云えぬ素朴さ, 云えぬ鬼気

▼ さ入れ~ (5, 0.0%)

1 てえと, てさ, て真人間, て貰えます, で洗

▼ さ六インチ~ (5, 0.0%)

2 ほどであった 1 か八インチ, の細い, ばかりの小さな

▼ さ出る~ (5, 0.0%)

1 たびに, ほかは, んだ, 積りだ, 途中さ白い

▼ さ力強~ (5, 0.0%)

2 さに 1 さ, さは, さを

▼ さ十尺~ (5, 0.0%)

1 から二十尺, ぐらいであった, ばかりのっぺり, ばかりの大岩, もあろう

▼ さ十間~ (5, 0.0%)

2 ざらざらの 1 ほどの橋, ほどもある, 程の長方形

▼ さ半分~ (5, 0.0%)

1 で言葉, と横着半分, に, におどりあがりました, 怖さ半分

▼ さ卑し~ (5, 0.0%)

1 さあはれさ私は, さあわれ, さこそ, さずうずうし, さを

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 た今, ならぬ空気, 凄きばかり, 更私の, 長く歩きたい

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 さえあれ, とも苔, の上, の匂い, の生み

▼ さ女らし~ (5, 0.0%)

1 さが, さその, さという, さにこそ, さを

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 に戻った, のふびんさ, の病身, ははらはら, へ百城

▼ さ~ (5, 0.0%)

2 から午 1 のありがた, の難, をも家庭

▼ さ小さ~ (5, 0.0%)

1 さその, さそれなりに, さだらう, さ愚かし, さ等を

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 つ, の日あたり, の湯, の高, ほどなる

▼ さ帰っ~ (5, 0.0%)

2 てなんぼ 1 て来, て来たっちふ, て豆

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 が知れず, なき心, は海泥, を割った, 知れぬ神秘感

▼ さ恐し~ (5, 0.0%)

2 さに 1 さも, さを, さ私

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 さが, さそれが, さで, さに, さを

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 さ, さが, さで, さの, さは

▼ さ~ (5, 0.0%)

21 かり着一切だめ, である, とのたまひき

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 のありがた, のさびしさ, のめ, の衆, の間

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 なりけれ, の下, の暮れぬ, の燦きが異様, はようやく

▼ さ日本~ (5, 0.0%)

1 で売っ, と商売, のお, の詩, の財界

▼ さ暖か~ (5, 0.0%)

1 さがちが, さでした, さを, さ健全な, さ楽し

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 のお金, の上, の家, の弟, の段々

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 が付いた, が付きあしめえ, とつてくん, の色, をつけ

▼ さ物凄~ (5, 0.0%)

2 さ, さに 1 さと

▼ さ~ (5, 0.0%)

2 なで聲, の性 1 の心

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 ある, な行って, の口, 同じくかつ, 起きなよと

▼ さ盛り~ (5, 0.0%)

1 だと, の丁度, をうつら, 戸一重まで, 方の

▼ さ精神~ (5, 0.0%)

1 のリズム, の健全さ, の力強, の気高, を知らない

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 から足, のあたり, のしなやかさ, より高から, を揺り上げ

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 さ, さその, さに従って, さの, 苦さ

▼ さ行つて~ (5, 0.0%)

2 も可 1 よく聞い, 居なかつたんで, 見張つて

▼ さ見舞~ (5, 0.0%)

1 じゃ礼手紙, でも種々書き様, と無沙汰, に上つた事, に来た

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 ひ這出した処, ふるに, へむに物なかりき, へん, へ遣るべき

▼ さ~ (5, 0.0%)

1 が降るだらう, である撮影所, にあ, に打, の音

▼ さああ~ (4, 0.0%)

1 と追っかけた, わが心, んと, 云へば

▼ さあげ~ (4, 0.0%)

1 ておく, てやりた, て呉ろ, て威す

▼ さあさまし~ (4, 0.0%)

1 さが, さだらしな, さな, さに

▼ さあちら~ (4, 0.0%)

1 で旦那, にもこちら, のすいた, へ抜け

▼ さあどけな~ (4, 0.0%)

1 さは, さを, さ一指を, さ哀愁そんな

▼ さあり~ (4, 0.0%)

1 てこそ住, ては師家, て水, 犬を

▼ さあゝ~ (4, 0.0%)

1 おいしい, この人々, もう少しねたい, 宜い

▼ さいかが~ (4, 0.0%)

2 です 1 でしょうこの, でしょうそして

▼ さいきなり~ (4, 0.0%)

1 刃物を, 声を, 聲を, 飛込んで

▼ さいじらし~ (4, 0.0%)

1 さが, さと, さに, さ虚無感だ

▼ さいずれ~ (4, 0.0%)

1 お夏, はあらぬ, も恐ろしい, も死ん

▼ さいづれ~ (4, 0.0%)

2 も淋しから 1 はあらぬ, もそれ

▼ さいなむ~ (4, 0.0%)

1 という異常, ような, 愛憎の, 畸形児の

▼ さいなん~ (4, 0.0%)

1 でこれ, でこれから, でも飽きたら, で目

▼ さいろいろ~ (4, 0.0%)

1 あり, 世話に, 思い出して, 思うの

▼ さうえ~ (4, 0.0%)

1 な其の, な大変弱, にくよくよ, に持てやしめえ

▼ さうかうし~ (4, 0.0%)

3 てゐる 1 て居る

▼ さうしちや~ (4, 0.0%)

2 居られないん 1 かうし, 居られないよ

▼ さうせ~ (4, 0.0%)

1 ばさ, ばよい, ば小, ツかち

▼ さうた~ (4, 0.0%)

1 あ誰, やすくぬけられる, やすく切符, 易い仕事

▼ さうたん~ (4, 0.0%)

1 とあるもの, とはありません, とはない, とは持つ

▼ さうだな~ (4, 0.0%)

31 アまア

▼ さうでございませう~ (4, 0.0%)

1 か, とも, ね, 此所はちよと

▼ さうとも~ (4, 0.0%)

1 さ, さそんな, さどんな, ネなんてい

▼ さうならぬ~ (4, 0.0%)

1 うちに, ためには, わけに, 先き

▼ さうなるべき~ (4, 0.0%)

1 はずの, ものだ, 根拠を, 理由が

▼ さうなんだ~ (4, 0.0%)

31 よ何しろ

▼ さうにそつ~ (4, 0.0%)

1 と下, と手, と眼, と覗き

▼ さうにわら~ (4, 0.0%)

3 ひながら 1

▼ さうに丑松~ (4, 0.0%)

4 の顔

▼ さうに体~ (4, 0.0%)

1 の向き, は顛倒りさうに, をねぢ, を丸く

▼ さうに俺~ (4, 0.0%)

2 の機嫌 1 のパクパク, の家

▼ さうに四方~ (4, 0.0%)

1 を眺め, を見廻し, を見廻します, を見廻す

▼ さうに外~ (4, 0.0%)

1 から伸び上がりました, の方, へこぼれた, へ出る

▼ さうに娘~ (4, 0.0%)

1 にはそれ, のお, のくる, の顔色

▼ さうに平次~ (4, 0.0%)

2 を迎 1 の顏, を振り仰ぐ

▼ さうに思つて~ (4, 0.0%)

1 であらう, ゐた時, 親狐, 随分心配

▼ さうに掌面~ (4, 0.0%)

2 に載せた 1 でそつ, に載つけ

▼ さうに時~ (4, 0.0%)

4 と共に倦まず

▼ さうに溜息~ (4, 0.0%)

3 をし 1 を吐い

▼ さうに熟~ (4, 0.0%)

2 したやつ 1 した唖娘, した葡萄

▼ さうに男~ (4, 0.0%)

2 を仰いだ 1 の懷中, を見る

▼ さうに耳~ (4, 0.0%)

2 を傾け 1 にはさん, を傾けました

▼ さうに舌~ (4, 0.0%)

1 を出し, を打つた, を鳴す, 嘗めずり

▼ さうに舌打ち~ (4, 0.0%)

1 しながら, をし, をした, をする

▼ さうに身体~ (4, 0.0%)

2 を曲げ 1 を動かした, を顫

▼ さうに遠く~ (4, 0.0%)

1 から取り, の水の上, へ行つて, を見

▼ さうに頬~ (4, 0.0%)

1 を叩く, を寄せ, を膨らせます, 笑みながら

▼ さうめん~ (4, 0.0%)

1 は黄色, バナナ, 茸, 茸とどつち

▼ さうら~ (4, 0.0%)

1 うまんさん, の城, 明るく成つた, 此れ掛け

▼ さお話~ (4, 0.0%)

1 になつ, にならず, もある, 申したよう

▼ さかお~ (4, 0.0%)

4 とし

▼ さかぎり~ (4, 0.0%)

1 なく何歳, なし, もない, もない明る

▼ さかたぶり~ (4, 0.0%)

1 になつかしい, に法水, の快い, の珍客泰軒

▼ さかなし~ (4, 0.0%)

21 さ人間の, さ早く

▼ さからか~ (4, 0.0%)

1 四人の, 好奇の, 私とは, 遠すぎる

▼ さからだけ~ (4, 0.0%)

1 いえば, では, 来たの, 来るの

▼ さかを~ (4, 0.0%)

1 やはり思い出した, 持って, 見に, 過した座敷

▼ さがの~ (4, 0.0%)

1 やが, 奧也, 桜はい, 淋しさ

▼ さぎが一羽~ (4, 0.0%)

3 よなし 1

▼ さぎですねえ頭~ (4, 0.0%)

4 のうしろ

▼ さぎも白鳥~ (4, 0.0%)

4 もです

▼ さぐらいの~ (4, 0.0%)

1 すべすべした, ところに, 上の, 青空に

▼ さけれども~ (4, 0.0%)

2 それに対して 1 もう石川五郎, 紅の

▼ さこい~ (4, 0.0%)

1 と云, と云う, 手拭, 節って

▼ さささ~ (4, 0.0%)

1 これに, と云う, と鳴る, 皆膳に

▼ ささだ男~ (4, 0.0%)

2 もささ 1 とささ, に靡こう

▼ ささながら~ (4, 0.0%)

1 で例えば, 原始時代の, 画に, 馬の

▼ ささよう~ (4, 0.0%)

1 で, でございます, でごぜ, です

▼ さしく~ (4, 0.0%)

1 いろいろと, ニツと, 私を, 遇し

▼ さしたら~ (4, 0.0%)

2 血が 1 あきまへん, むやうに美しく小さき

▼ さしづ~ (4, 0.0%)

1 いたすやう, されて, をする, 致し蔵

▼ さしてやろう~ (4, 0.0%)

1 かな, という分別, と思った, と欲する

▼ さしのばし~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 て額

▼ させつな~ (4, 0.0%)

1 さ, さを, さ悲し, さ越智への

▼ さそい~ (4, 0.0%)

1 でぁ, でぃ, でおい, でやつ

▼ さその他~ (4, 0.0%)

1 いろいろの, の問題, の細かい, も

▼ さそんなに~ (4, 0.0%)

1 たくさん蛇が, 学が, 學が, 苦しい思い

▼ さたより~ (4, 0.0%)

3 なさ 1 して

▼ さだったら~ (4, 0.0%)

1 いいだろう, お相撲, どんなボンクラ, またいつか戦争みたい

▼ さちゃんと~ (4, 0.0%)

1 いうこと, わたしとは, 坐って, 巻きろくろ

▼ さつせる~ (4, 0.0%)

3 のを 1 ことは

▼ さつまらな~ (4, 0.0%)

21 さを, さ味気な

▼ さつよ~ (4, 0.0%)

1 さなど, さに, さ明る, さ活溌さにおいても

▼ さづかつた~ (4, 0.0%)

1 といふ訳, ものだ, わけで, 歡喜を

▼ さであったろう~ (4, 0.0%)

1 か, かと思う, ぞ, と思う

▼ さといふか~ (4, 0.0%)

1 さう, ふくらみを, 呑気さといふか, 或は魅力

▼ さとしか~ (4, 0.0%)

1 マヌエラには, 伸子に, 受けとられないの, 読まない読者

▼ さとによって~ (4, 0.0%)

1 つねに人間, 作られる坐標軸, 村でも, 途中で

▼ さとる~ (4, 0.0%)

1 ことが, ときが, ところが, とみずから

▼ さどうか~ (4, 0.0%)

1 お察し, この家, 呼ばないで, 御遠慮なく

▼ さどんな~ (4, 0.0%)

1 えらさ, 場所でも, 軽舸, 隠微な

▼ さなかつた~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, が三年前, としたら, 若さ

▼ さなどについて~ (4, 0.0%)

1 より多く, 一言も, 弁じたて, 語って

▼ さなりと~ (4, 0.0%)

1 云ひつ, 叫びつ競うて, 思いければ, 言い再び

▼ さにつれ~ (4, 0.0%)

1 五年の, 右肩が, 彼の, 自ら自分にとっては

▼ さにでも~ (4, 0.0%)

3 障りは 1 なり得るもの

▼ さにの~ (4, 0.0%)

1 びるしかけなのです, ぼつた, ぼつて, ぼつてる

▼ さによりて~ (4, 0.0%)

1 人の, 彼等を, 水に, 測りたしかに

▼ さにを~ (4, 0.0%)

31 かしくなつた

▼ さに対し~ (4, 0.0%)

1 希望に対し, 最低限の, 畏敬の, 第一等

▼ さに関する~ (4, 0.0%)

1 ものは, 新しい材料, 特典だ, 限り最も

▼ さのさ~ (4, 0.0%)

1 ッ, 節かな, 節を, 頭で

▼ さはや~ (4, 0.0%)

1 かに, かにの, はらぎ, 一人を

▼ さびれ~ (4, 0.0%)

1 の, を, を思わせ, を見

▼ さふらん~ (4, 0.0%)

1 と云, の, の花, は追風

▼ さぶらひ~ (4, 0.0%)

1 のみみかさ, 人, 御笠, 御髪に

▼ さへと~ (4, 0.0%)

1 帰らねば, 戻すこと, 戻すため, 詔る

▼ さほんとに~ (4, 0.0%)

1 さがして, 後生だ, 思ひ知らせて, 親子心中する

▼ さぼく~ (4, 0.0%)

1 に傷つけられた, はその, はなに, は話し相手

▼ さまく~ (4, 0.0%)

1 ば, ば爲, 思い反っ, 朝雨の

▼ さまそう~ (4, 0.0%)

3 とし 1 とした

▼ さまだけ~ (4, 0.0%)

1 には見せ, のこと, は片手, を見る

▼ さまでと~ (4, 0.0%)

1 あいさつする, あいさつを, それを, 答えうるさい

▼ さまでとも~ (4, 0.0%)

1 思えなかったが, 思はざりしが, 思わなかったに, 気づかぬもの

▼ さまよう~ (4, 0.0%)

1 かのよう, ても怪しまれぬ, てゐる, のだろう

▼ さまるで~ (4, 0.0%)

1 別人の, 守宮としか, 気の, 眼が

▼ さみじめさ~ (4, 0.0%)

1 がじっと, に呆れ果てた, のみ漂う, を堪えしのん

▼ さやぎ~ (4, 0.0%)

1 て, を, を止めた, 燃えて

▼ さわが~ (4, 0.0%)

1 ないで, 心に, 眼の, 言つた

▼ さわずか~ (4, 0.0%)

1 に一寸三分, に二十騎, に二尺四寸金銅立像, の時間

▼ さわたし~ (4, 0.0%)

1 の席, の言葉, は生き, は訪ね

▼ さをに~ (4, 0.0%)

1 まよ, 延びました, 群れて, 陽に

▼ さをのみ~ (4, 0.0%)

2 見て 1 求めて, 現わす

▼ さアこっち~ (4, 0.0%)

1 で外套, へいらっしゃい, へおいで, へ這入れ

▼ さアみんな~ (4, 0.0%)

1 しっかり踊る, して, も少し, 言って

▼ さア事~ (4, 0.0%)

21 だと, です

▼ さア二人~ (4, 0.0%)

1 でさき, とも仕事, とも道具, 重ねて

▼ さア俺~ (4, 0.0%)

1 が勘定, にもよく, の話, も氣

▼ さア案内~ (4, 0.0%)

1 して, しろと, しろ俺, を頼む

▼ さア言~ (4, 0.0%)

1 へ, へツ, へ言, へ誰

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 のウ, のウ婆さイ

▼ さパパ~ (4, 0.0%)

1 がいらっしゃった, が呼ん, にもし, は忙し

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 がさした, と夜, と通り, はち

▼ さ一キロメートル~ (4, 0.0%)

1 に対する温度増加率, のまっすぐ, を下る, を加える

▼ さ一層~ (4, 0.0%)

1 つのる, でございましょう, まさりあくまでも, 凌ぎにくい

▼ さ三十フィート~ (4, 0.0%)

2 もある 1 の応接間, の竿

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 仕合わせを, 活溌を, 確実さによって, 美味さ

▼ さ二十間~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの摺鉢形, の道糸, もある, 深さ

▼ さ二町~ (4, 0.0%)

1 ないし三町, にも余る, ばかし行ぐんだ, ばかりのその

▼ さ云っ~ (4, 0.0%)

2 てやる 1 て了, て置げ

▼ さ五センチ~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの大きな, はば一センチ, ばかりで, もある

▼ さ五間~ (4, 0.0%)

1 の板塀, ばかりこう, ばかり屏風, もあつ

▼ さ人間性~ (4, 0.0%)

1 という評価, のよ, の尊重, の横溢

▼ さ今更~ (4, 0.0%)

1 に民子, 怪しまる, 是非も, 面目次第も

▼ さ他人~ (4, 0.0%)

1 のため, の感情, への無礼, を観

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 が悪い, にあった窪み, に合わせ, を

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 に一二尺, に三尺五寸, に三尺立方, に八百十六米

▼ さ先生~ (4, 0.0%)

1 のため, の人間的生活, の本質, はここ

▼ さ入っ~ (4, 0.0%)

1 ていく, ていさ, てくる, てちっと

▼ さ八十斤~ (4, 0.0%)

1 と称する, の鉄, もある, もあろう

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 で居, は只, れを, れ等

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 のごとし, のやわらかい, の凍てつく, の如し

▼ さ出た~ (4, 0.0%)

1 ぞよ鬼, ついでに, ときから, に

▼ さ出入り~ (4, 0.0%)

3 の貸座敷 1 してるとよ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 のつよ, の諸, はえらく, を合せ

▼ さ動物~ (4, 0.0%)

2 らしさ 1 に近い, の若

▼ さ十センチ~ (4, 0.0%)

1 の鋼板, ほどの置き, までの泥, もある

▼ さ十丈~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの谷間, ならば, ならん, に近い

▼ さ十五~ (4, 0.0%)

2 の私 1 それでいて仕事, までは大抵

▼ さ十五フィート~ (4, 0.0%)

1 で幅三フィート, の竹, の竿, 或は二十フィート

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 が臭くっ, の小さ, をきく, をきけぬ

▼ さ口惜し~ (4, 0.0%)

1 さという, さに, さよりも, さ逢つてその

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 でや, でやる

▼ さ哀れさ~ (4, 0.0%)

1 がここ, がつくづく, にはいつか伸子自身, またはゆくりなく

▼ さ四フィート~ (4, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, の倭生松, の竹, 厚さ六フィート

▼ さ四メートル~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの板の間, ちかくの, ばかりの伝馬船, もあっ

▼ さ四十間~ (4, 0.0%)

1 という大岩, にわたって海底, の寝, ばかりの小池

▼ さ図々し~ (4, 0.0%)

1 さと, さは, さを, さ冷淡さ狡猾さなぞ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 のお萩餅, のよろし, の清涼, の花

▼ さ大きな~ (4, 0.0%)

1 お部屋, 声じゃ, 声を, 面を

▼ さ大した~ (4, 0.0%)

1 もんだ, もんな, 人氣だ, 母親だ

▼ さ大方~ (4, 0.0%)

3 は知りませぬ 1 講談本か

▼ さ女房~ (4, 0.0%)

3 の事 1 のお松

▼ さ平次~ (4, 0.0%)

1 の履物, の緊張, はさすが, は齒

▼ さ幾丈~ (4, 0.0%)

1 だか, の大蛇, の絶壁, 遠い地

▼ さ廣さ~ (4, 0.0%)

3 及び深 1 深さ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 のあつ, の深, ふかき女性, 無さ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 るとげとげし, るなごやかな気分, る常識的, る聡明さ

▼ さ或いは~ (4, 0.0%)

1 バカバカしさ, 又深刻さ, 意味が, 甚いかも

▼ さ持つ~ (4, 0.0%)

1 て來, て来た, て行く, て行つた米劵

▼ さ教養~ (4, 0.0%)

1 のない, の低, の通俗性, の高

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 らしさ 1 らしきもの, 夫婦は

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 から僅, から庭, にも室香, ほどなら

▼ さ更に~ (4, 0.0%)

1 は暗鬱, 可三寸, 比えんかた, 甚だしくなりぬ

▼ さ書物~ (4, 0.0%)

1 の持つ, を持っ, を通してしか自然, 持って

▼ さ来た~ (4, 0.0%)

1 ばかりとのらし, もんだの, よだ, 事が

▼ さ来年~ (4, 0.0%)

1 がもっと, だね, になれ, はみんな僕ら

▼ さ柔か~ (4, 0.0%)

1 さも, さを, さ上品な, さ包ん

▼ さ泣く~ (4, 0.0%)

1 にも泣かれぬ, のを, んでない, 子供泣く

▼ さ清らかさ~ (4, 0.0%)

21 はとてもとても, をかき含んだ

▼ さ温か~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さが, さそれに

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 うとも 1 こそ東京, んな

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 及び他 1 さそして, さ身肉の

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 のごとく, のごとくなる, の如くなり, ほどで

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 さと, さに, さの, さ痒

▼ さ白い~ (4, 0.0%)

2 脛と 1 土蔵が, 行衣を

▼ さ真実さ~ (4, 0.0%)

1 には胸, のほとぼり, をもっ, 闘って

▼ さ私たち~ (4, 0.0%)

1 が聞いた, の意志, の記憶, も風説

▼ さ程遠く~ (4, 0.0%)

1 ないところ, ない天文台, ない谷中, は行っ

▼ さ等々~ (4, 0.0%)

1 で自分, に就い, の手, の点

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 といひ, にインタアナショナル, に毛, も出れ

▼ さ純粋さ~ (4, 0.0%)

1 がいくらか, におかれ, は視力, 気高さ

▼ さ続き~ (4, 0.0%)

1 には白梅, に水, のうち, 憂鬱である

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 を崩, を没し, を膝枕, を過ぎ

▼ さ自由~ (4, 0.0%)

1 がある, な想像力, な生活, のもっ

▼ さ自由さ~ (4, 0.0%)

1 があった, が出る, と言い, を感じる

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 さである, さの, さを, さ天性の

▼ さ~ (4, 0.0%)

2 から見れ 1 の深, の高

▼ さ行げ~ (4, 0.0%)

1 ばいい, ばお前, ば平ら, や

▼ さ行つて來~ (4, 0.0%)

1 べと思つたつけ, べと思ふ, るす, るん

▼ さ表現~ (4, 0.0%)

1 の完全さ, の無色粗野, の美し, の自由

▼ さ親し~ (4, 0.0%)

1 さが, さのみが, さを, さ解放感心ゆく

▼ さ言う~ (4, 0.0%)

1 か言わぬ, のは, ばかり無し, 時は

▼ さ豊富さ~ (4, 0.0%)

1 が横溢, と清潔さ, の融合渾然, 消えぬ輝き

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 持上げて, 私には, 貸し付けてるって, 達すること

▼ さ迄が~ (4, 0.0%)

1 よく考える, 何か, 加は, 加わって

▼ さ過ぎた~ (4, 0.0%)

1 と云った, のう, 品物は, 為の

▼ さ~ (4, 0.0%)

4 瀬な

▼ さ随分~ (4, 0.0%)

1 厄介だろう, 変っちまったが, 変な, 沢山だ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 の空虚, の肉しまつて色, の蒼白, の豊けさ

▼ さ~ (4, 0.0%)

1 あぶらの, は綺麗, をなおし, を乱し

▼ さあい~ (3, 0.0%)

1 さんさ, よいよと, よいよという

▼ さあお~ (3, 0.0%)

1 ててを, よね今夜限り, 一つと

▼ さあし~ (3, 0.0%)

1 つかりさ, つかりやつ, つかりやるん

▼ さあらゆる~ (3, 0.0%)

1 強烈な, 形の, 惱み

▼ さあわれ~ (3, 0.0%)

1 さ, さに, さ私は

▼ さいこ~ (3, 0.0%)

1 槌の, 槌を, 行事

▼ さいた~ (3, 0.0%)

1 半紙であった, 口から, 紙に

▼ さいたまし~ (3, 0.0%)

2 さそして 1

▼ さいつも~ (3, 0.0%)

1 同じ奴, 急がしい時, 白い襟

▼ さいとし~ (3, 0.0%)

1 さという, さやるせな, さを

▼ さいはむ~ (3, 0.0%)

2 方なし 1 方な

▼ さいひ~ (3, 0.0%)

1 かへれ, やうも, 出で

▼ さいま~ (3, 0.0%)

1 っす, でこそ浪々, 直ぐに

▼ さいやし~ (3, 0.0%)

1 さ, さを, さ異常性の

▼ さいやらし~ (3, 0.0%)

1 さ, さそれにも, さを

▼ さうかいそり~ (3, 0.0%)

2 やどうも 1 やあ

▼ さうかさう~ (3, 0.0%)

1 か, かだ, かと自分

▼ さうかつ~ (3, 0.0%)

1 てこいつ, て君, て現在それ

▼ さうき~ (3, 0.0%)

2 まつた 1 めてか

▼ さうきい~ (3, 0.0%)

1 てふと, てもわからなかつた, てゐる

▼ さうすれあ~ (3, 0.0%)

2 誰にも 1 僕も

▼ さうせぬ~ (3, 0.0%)

1 と完全, と靈魂, までも納めさせる

▼ さうせん~ (3, 0.0%)

1 かい, とおれ, とかう

▼ さうそ~ (3, 0.0%)

1 その前アラスカ, の三つ, の後

▼ さうだった~ (3, 0.0%)

1 かしらん, のです, 座の

▼ さうでなけり~ (3, 0.0%)

2 やア 1

▼ さうで無い~ (3, 0.0%)

1 とする, のは, ふりを

▼ さうとき~ (3, 0.0%)

2 まつた 1 まりや

▼ さうどすえ~ (3, 0.0%)

21 なあ

▼ さうならざる~ (3, 0.0%)

2 を得ない 1 を得ぬ

▼ さうならなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばどうしても, ばならなかつた, ば判りません

▼ さうにぢ~ (3, 0.0%)

1 っと考, つと見あげ, つと見つめ

▼ さうにガラツ八~ (3, 0.0%)

1 の間伸, の頭, を顧みました

▼ さうに二上山~ (3, 0.0%)

3 とこの

▼ さうに云つて~ (3, 0.0%)

1 いらつし, ゐた, ゐる此見習士官

▼ さうに併~ (3, 0.0%)

1 し何, し出来るならさ, し嬉し

▼ さうに側~ (3, 0.0%)

1 に坐, に立つ, へ行つて

▼ さうに先~ (3, 0.0%)

1 に立つ, に立つた, を促しました

▼ さうに八五郎~ (3, 0.0%)

1 から聽, を振り返りました, を見上げる

▼ さうに吐息~ (3, 0.0%)

2 を洩らし 1 づいて

▼ さうに呼吸~ (3, 0.0%)

1 をし, をはづませたものである, を向

▼ さうに哄笑~ (3, 0.0%)

1 した, したもの, して

▼ さうに唇~ (3, 0.0%)

1 から外した, を引絞, を歪め

▼ さうに喰つて~ (3, 0.0%)

1 ゐるの, ゐる樣子, ゐる私

▼ さうに女~ (3, 0.0%)

1 に弁解, の方, の顔

▼ さうに寢~ (3, 0.0%)

1 がへり, てゐた, て居た

▼ さうに左~ (3, 0.0%)

2 の指 1 う云つて学校

▼ さうに思~ (3, 0.0%)

2 つたので 1 つて

▼ さうに息~ (3, 0.0%)

1 をせいせい, をつく, を吐いた

▼ さうに涙~ (3, 0.0%)

1 を浮かべた, を浮べ, を目

▼ さうに煽り~ (3, 0.0%)

3 きしんだ

▼ さうに相手~ (3, 0.0%)

1 の腕, の顔, をはかつて

▼ さうに瞬き~ (3, 0.0%)

1 した, ばかりする, をした

▼ さうに禮~ (3, 0.0%)

2 を言つた 1 を云つて霧

▼ さうに突~ (3, 0.0%)

1 つ立つて, つ込みました, つ込みます

▼ さうに笑つて云~ (3, 0.0%)

2 つた 1 はれたが

▼ さうに義雄~ (3, 0.0%)

2 を瞰 1 には見えた

▼ さうに老人~ (3, 0.0%)

1 の手, の顏, を眺め

▼ さうに聲~ (3, 0.0%)

1 をひそめ, を掛けた, を立てた

▼ さうに胡坐~ (3, 0.0%)

1 をかい, を掻きました, を組ん

▼ さうに腹~ (3, 0.0%)

2 を抱 1 が立つ

▼ さうに苦笑~ (3, 0.0%)

2 した 1 しながら

▼ さうに見物~ (3, 0.0%)

2 して 1 した後春三郎

▼ さうに言つて~ (3, 0.0%)

2 又俯臥 1 居りました

▼ さうに跟~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ さうに鏡子~ (3, 0.0%)

1 が辺, の手, は云

▼ さうに震~ (3, 0.0%)

2 へてゐる 1 へながら戻

▼ さうに顫~ (3, 0.0%)

1 へてゐる, へて居る, へながら小さな

▼ さうに風~ (3, 0.0%)

1 が音, のあたらない, を引い

▼ さうに食事~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の仕度

▼ さうに首筋~ (3, 0.0%)

1 をすくめた, を掻きました, を掻く

▼ さうに髪の毛~ (3, 0.0%)

1 をつかんだ, を伸し, を掴ん

▼ さうに默つて~ (3, 0.0%)

1 お辭儀, をりました, 見て

▼ さうまい~ (3, 0.0%)

3 と褒められ

▼ さうめ~ (3, 0.0%)

2 づらしい 1 づらしく

▼ さうもなかつたら~ (3, 0.0%)

1 その邊, 貴所方の, 首根つこ

▼ さうや~ (3, 0.0%)

1 けどどうにか, な四五十円, わ

▼ さうろう~ (3, 0.0%)

1 としてけふもくれた, として水, として酔ひどれ

▼ さおかけ~ (3, 0.0%)

2 なすって 1 なさい

▼ さおの先~ (3, 0.0%)

1 でおどっ, につい, につける

▼ さおもしろ~ (3, 0.0%)

1 さの, さわたくしは, さを

▼ さお前さん何時~ (3, 0.0%)

2 か左樣言 1 かさう言

▼ さかかる~ (3, 0.0%)

1 家庭に, 悪さ, 美を

▼ さかく~ (3, 0.0%)

1 て日, て汝, までならず

▼ さかて~ (3, 0.0%)

1 にとって日本, にとられる, を拍つて

▼ さかなという~ (3, 0.0%)

2 ふうに 1 句が

▼ さかれた~ (3, 0.0%)

1 ような, 手袋と, 霧の

▼ さかれる~ (3, 0.0%)

1 ような, ように, 痛みを

▼ さがち~ (3, 0.0%)

1 がひます, がふ, がふんぢ

▼ さがと~ (3, 0.0%)

1 いふよりも, まつて, 二人で

▼ さがは~ (3, 0.0%)

1 きっり分る, ぐくまれてでもゐはしなかつたかと思はれる, ッきりした

▼ さきたる~ (3, 0.0%)

1 を捨て, 一り, 沙羅雙樹の

▼ さきる~ (3, 0.0%)

2 さの 1 さに

▼ さくら~ (3, 0.0%)

1 かな, さが, さしつこ

▼ さくらべ~ (3, 0.0%)

1 の頸引, をし, をした

▼ さぐつて~ (3, 0.0%)

1 立ち去つて, 見ると, 見るべ

▼ さぐらい~ (3, 0.0%)

1 あるん, だ, クレオパトラの

▼ さぐらいに~ (3, 0.0%)

1 吹き払われ羅馬, 肱が, 舞上る

▼ さこう~ (3, 0.0%)

1 なれば, ふんした, まいられ

▼ さこうして~ (3, 0.0%)

1 坐って, 左手で, 窮命させられ

▼ さこんなに~ (3, 0.0%)

1 ふとったから, 早く犯人, 途方も

▼ さごっこ~ (3, 0.0%)

1 だ, はどんな, はやる

▼ ささあ~ (3, 0.0%)

1 かかって, 五百ひろは, 取つて

▼ ささては~ (3, 0.0%)

1 ありふれた材料, 万日千日の, 人の

▼ ささびし~ (3, 0.0%)

1 さかなし, さを, さ空虚さ

▼ ささむ~ (3, 0.0%)

1 さ, さほこりっぽい, とし

▼ ささらに~ (3, 0.0%)

1 なって, なる程, 溯って

▼ ささる~ (3, 0.0%)

1 ことは, わけである, 思いが

▼ ささんざ~ (3, 0.0%)

1 の二十七度, 松風の, 考えたあげく

▼ さざなみの~ (3, 0.0%)

1 呟きを, 立つ池, 立つ河

▼ さざらん~ (3, 0.0%)

1 とする, も知れず, や

▼ さしかし~ (3, 0.0%)

1 他にも, 此様な, 無理も

▼ さしする~ (3, 0.0%)

1 のに何で, やうにも, ような

▼ さしたし~ (3, 0.0%)

1 さ, さあた, さそして

▼ さしのばす~ (3, 0.0%)

1 とぐっと, とその, と豚

▼ さしばらく~ (3, 0.0%)

1 やまざりけら, 平次も, 話して

▼ さしぶ~ (3, 0.0%)

1 さすっぱ, のき, を

▼ さしわ~ (3, 0.0%)

2 が門 1 たりたる土用明け

▼ さし合っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てどこぞ, てウンザリ

▼ さすべき~ (3, 0.0%)

1 にと, をわれ, 人では

▼ さすまい~ (3, 0.0%)

1 でなん, の算段, 一年の

▼ させり~ (3, 0.0%)

1 とも見えなく, やい, や胸

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 なたの, なスプリング, はるる

▼ さそうした~ (3, 0.0%)

1 ときは, 予感が, 教育の

▼ さそちら~ (3, 0.0%)

1 のお方, へと云う, へ一日

▼ さその間~ (3, 0.0%)

1 には非常, に自分, のとれ

▼ さそりゃ~ (3, 0.0%)

1 それだけだって, ア奥州浪人和田宗右衛門と, 色んな男

▼ さそれだけ~ (3, 0.0%)

1 さ, はどう, はよし

▼ さたのん~ (3, 0.0%)

1 で大きな, で安く, で肥料叺

▼ さたま~ (3, 0.0%)

2 やかさ 1 には獨

▼ さたる~ (3, 0.0%)

1 や, や我々, や虚強

▼ さだけと~ (3, 0.0%)

1 なって, 言うこと, 言った人

▼ さだらし~ (3, 0.0%)

3 なさ

▼ さちょっとした~ (3, 0.0%)

1 滑稽な, 用事だ, 薬品で

▼ さっした~ (3, 0.0%)

1 ね, のであった, 奏任官さまだ

▼ さつめた~ (3, 0.0%)

21 さが

▼ さでありまし~ (3, 0.0%)

1 てそれ以上, てまつたく, て外套

▼ さでございます~ (3, 0.0%)

1 こんなに早く, せつせつと歩行, わ

▼ さでさえ~ (3, 0.0%)

1 あった, あろう, 成長を

▼ さでと~ (3, 0.0%)

1 ほす設計, 未だ国訛, 言ふ

▼ さといふは~ (3, 0.0%)

1 したもの, 愚かますます, 猶夜

▼ さとかいふ~ (3, 0.0%)

1 ものが, やうな, 贅澤は

▼ さとかが~ (3, 0.0%)

1 一括した, 備わり無理, 器に

▼ さとかは~ (3, 0.0%)

1 民藝品の, 薬に, 貧しい質素

▼ さとしても~ (3, 0.0%)

1 伸子が, 同じであった, 病人は

▼ さとても~ (3, 0.0%)

1 よそ外には, 大きくて, 筆や

▼ さとでは~ (3, 0.0%)

1 たとえよう, どんな女, 大きな仕事

▼ さとにも~ (3, 0.0%)

1 かかわらず塾生たち, かかわらず正しい, もう飽きた

▼ さとや~ (3, 0.0%)

1 お前を, はらか, むにやまれぬ力を

▼ さなお~ (3, 0.0%)

1 今なら, 此の世に, 減ぜず海水

▼ さながらに~ (3, 0.0%)

2 日の 1 地獄の

▼ さなぜ~ (3, 0.0%)

1 ってとまた, つてと, 入つた

▼ さなと~ (3, 0.0%)

1 ちょっと窓, 云ったが, 猪之は

▼ さなどから~ (3, 0.0%)

1 来て, 無感覚に, 考へて

▼ さなどとは~ (3, 0.0%)

1 そのスケール, 比較に, 異つた不言

▼ さなどには~ (3, 0.0%)

1 ほんとうの, 無関心, 驚かない

▼ さなどよりも~ (3, 0.0%)

1 ずっと気持, 時代時代に, 本質的には

▼ さなるべき~ (3, 0.0%)

3 をそれ

▼ さなん~ (3, 0.0%)

1 でもかでも蛇, でも外, の目方

▼ さなんど~ (3, 0.0%)

1 は軍, を何かと, 行かねえよ

▼ さにあたって~ (3, 0.0%)

1 商売にも, 死にましょうぞ, 死ぬという

▼ さにけ~ (3, 0.0%)

1 がるたて, ぢめが, ふの

▼ さにつき~ (3, 0.0%)

2 ものの 1 金一円さしあげ

▼ さにつけ~ (3, 0.0%)

1 ずかずかと, 入つた, 汝優しき

▼ さにては~ (3, 0.0%)

1 なきや, なくて, 止まじと

▼ さにても~ (3, 0.0%)

2 なし 1 數寸餘あり

▼ さによっても~ (3, 0.0%)

1 そのはたらき, 良人としての, 言葉によっても

▼ さぬき~ (3, 0.0%)

3

▼ さねか~ (3, 0.0%)

1 ずら, ずらに, づら取り

▼ さねば~ (3, 0.0%)

1 不都合だ, 気が, 決して下り

▼ さのけた~ (3, 0.0%)

1 が違いました, が違う, をはずし

▼ さのせゐだ~ (3, 0.0%)

2 つたかも 1 と思つて

▼ さのぼれ~ (3, 0.0%)

2 と言います 1 と言いました

▼ さはいふ~ (3, 0.0%)

2 までもない 1 までもなく

▼ さはさ~ (3, 0.0%)

1 はと其すかんぽ, はと音, ほどで

▼ さはら~ (3, 0.0%)

2 木は 1 松風など

▼ さはらぬ~ (3, 0.0%)

3 神に

▼ さばかりは~ (3, 0.0%)

1 あっても, あつて, どこの

▼ さひどい~ (3, 0.0%)

1 大雨の, 気持でした, 破廉恥と

▼ さふか~ (3, 0.0%)

1 さという, さは, さ人生への

▼ さふる~ (3, 0.0%)

1 白瀧の, 蔭も, 雨に

▼ さふるふ~ (3, 0.0%)

1 とくさつ, と申し, と言

▼ さぶい~ (3, 0.0%)

1 けれど, なあ, 風が

▼ さぶち~ (3, 0.0%)

1 ゃんにやられたんだっぺ, ゃんはぴしり圭太の, ゃんやその手下の

▼ さぶらふ~ (3, 0.0%)

1 ぞ, ぞや, ぞやい

▼ さへは~ (3, 0.0%)

1 つきりわ, づさないやうにして書いたなら, ひるやう

▼ さへられた~ (3, 0.0%)

1 人生一切に, 太十, 彼の

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 さとして 1 さと

▼ さまけ~ (3, 0.0%)

1 から病気, てやる, で秋

▼ さまじ~ (3, 0.0%)

1 かつた, かにきい, しん興味の

▼ さまでな~ (3, 0.0%)

1 君も, 尊氏の, 彼の

▼ さまでを~ (3, 0.0%)

1 どう靴, フィートで, 新たに

▼ さまよ~ (3, 0.0%)

1 ふ, ふ君, ふ屍臭

▼ さみにく~ (3, 0.0%)

2 さを 1 さは

▼ さむこ~ (3, 0.0%)

1 さむ, と然, と甚

▼ さむらい~ (3, 0.0%)

1 の毛唐語, の道, を陪臣

▼ さむらいも~ (3, 0.0%)

1 ののほう, のの籠手, のの退路

▼ さもう一度~ (3, 0.0%)

1 やろう, 口を, 座りなよ

▼ さもう少し~ (3, 0.0%)

1 如何です, 白鳥の, 経って

▼ さもとより~ (3, 0.0%)

2 彼自身の 1 その場

▼ さもらふ~ (3, 0.0%)

2 夕さもらふ 1 高島の

▼ さもろさ~ (3, 0.0%)

1 は彼, をもち, 弱さ

▼ さやう訓ん~ (3, 0.0%)

3 だもの

▼ さやが~ (3, 0.0%)

1 あるけれど, こんぐらがって, すを

▼ さゆらぎ~ (3, 0.0%)

21 もせず

▼ さゆれ~ (3, 0.0%)

2 のおの 1 つつある

▼ さよい~ (3, 0.0%)

1 ぞ, 主婦きちんと, 香気であります

▼ さよの~ (3, 0.0%)

1 口から, 手で, 身内に

▼ さよばひ~ (3, 0.0%)

2 に吾 1

▼ さわかる~ (3, 0.0%)

1 かね眞, かね真, ものかい

▼ さわびし~ (3, 0.0%)

21 さが

▼ さをこそ~ (3, 0.0%)

1 学ぶべきなの, 海外に, 現わせ

▼ さをすら~ (3, 0.0%)

1 もつて, 感じて, 感じました

▼ さをと~ (3, 0.0%)

1 とても親しい, わかれるとき, 云い面白い

▼ さを通して~ (3, 0.0%)

1 一層あはれ, 人間らしくどう, 表現せられる

▼ さを通じて~ (3, 0.0%)

1 只生存競争, 猛然と襲いかかっ, 現われて

▼ さアお前~ (3, 0.0%)

1 に貰った, の身, はどこ

▼ さアこちら~ (3, 0.0%)

1 へ, へいらっしゃい, へどうぞ

▼ さア一~ (3, 0.0%)

2 と思い 1 と口

▼ さア云~ (3, 0.0%)

21 へその

▼ さア今夜~ (3, 0.0%)

1 はうんと, は君ら, は早寝

▼ さア何ん~ (3, 0.0%)

1 とかし, と申, にもありません

▼ さア僕~ (3, 0.0%)

1 が注い, は知りあい, も知らん

▼ さア其処~ (3, 0.0%)

1 え足イ踏, が開く, で足跡

▼ さア手前~ (3, 0.0%)

1 が惣次郎, のよう, は前橋

▼ さア東京~ (3, 0.0%)

1 でどう, へ戻りましょう, へ来

▼ さア白状~ (3, 0.0%)

1 しや, しろ, なさい何

▼ さア皆さん~ (3, 0.0%)

1 お乗り下さい, どしどし乗った, 寒いから

▼ さア行き~ (3, 0.0%)

3 まへ

▼ さガラッ~ (3, 0.0%)

1 八が, 八の, 八も

▼ さ一ぱい~ (3, 0.0%)

1 でろくに, に初夏, に生々しい

▼ さ一丈余~ (3, 0.0%)

1 の大きな, の湖底, もある

▼ さ一分~ (3, 0.0%)

1 にもみたぬ, ほどのほつそりした, 長さ

▼ さ一寸位~ (3, 0.0%)

1 ずつに截ら, に切っ, に固く

▼ さ一尺五寸~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの檻, ばかりの巻き返し, ほどの偉大

▼ さ一尺五寸位~ (3, 0.0%)

1 ずつ七本, であらう, の刷毛

▼ さ一方~ (3, 0.0%)

1 にこの, の武士, も亦

▼ さ一糎~ (3, 0.0%)

1 くらいの薄, ばかりの水, ほどの針

▼ さ一緒~ (3, 0.0%)

1 に参りやす, に来たまえ, に窓

▼ さ一里幅~ (3, 0.0%)

1 が廣, にし, は五六町

▼ さ一間半~ (3, 0.0%)

1 そんなにも, ばかりの円筒形, ほど太

▼ さ七八分~ (3, 0.0%)

1 から一寸, に切っ, 丁度短刀

▼ さ七八寸~ (3, 0.0%)

1 に過ぎず, の穴, ばかりの柄

▼ さ七千フィート~ (3, 0.0%)

2 の氷 1 の根

▼ さ丈余~ (3, 0.0%)

1 の小, もある, を見る

▼ さ三インチ~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの剣, の長細い, ばかりの板

▼ さ三センチ~ (3, 0.0%)

1 くらいの平, ばかりのいもむし, もある

▼ さ三メートル~ (3, 0.0%)

1 の大きな, ばかりの小, ばかりの雑木

▼ さ三十尺~ (3, 0.0%)

1 から四十尺, なるもの, もある

▼ さ三寸位~ (3, 0.0%)

1 な貧弱, に切っ, の茶色

▼ さ不安~ (3, 0.0%)

1 のほう, の感, を感じず

▼ さ不気味さ~ (3, 0.0%)

1 で彼, をもつ, を存分

▼ さ両親~ (3, 0.0%)

1 あれば, の承諾, の目

▼ さ乏し~ (3, 0.0%)

2 さを 1 さは

▼ さ九尺~ (3, 0.0%)

1 くらいになる, の青, ばかり

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 の次第, の隙, やら何やら

▼ さ二三丈~ (3, 0.0%)

1 ある岩, とある, ばかりの銅標

▼ さ二三寸~ (3, 0.0%)

1 の堅木, の金属, より五六寸

▼ さ二三尺~ (3, 0.0%)

1 に達したる, のもの, の額

▼ さ二尺幅一尺~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの大きな, ほどの木, 程の木

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 ひ表し難い 1 つたどよ

▼ さ五六寸~ (3, 0.0%)

1 に広, ほどの柳, もあろう

▼ さ人生~ (3, 0.0%)

1 の無常さ, への誠実, への負けじ魂

▼ さ今にも~ (3, 0.0%)

2 倒れるか 1 そら思っ

▼ さ仕事~ (3, 0.0%)

1 なんてやめる, をする, を探した

▼ さ何ん~ (3, 0.0%)

1 だって興味, だつて, なもん

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 しあゝ, し恥, し雷

▼ さ偉大~ (3, 0.0%)

1 なる楽詩人シュピッテラー, な存在, な静穏

▼ さ健やかさ~ (3, 0.0%)

1 に今一度, はローマ時代, を示す

▼ さ僅か~ (3, 0.0%)

1 に五, に半, 十五圓や

▼ さ優美さ~ (3, 0.0%)

1 が宿っ, こそこの, にただ

▼ さ元気~ (3, 0.0%)

1 よさ, をだし, 溌溂たる

▼ さ先方~ (3, 0.0%)

3 は町内

▼ さ全く~ (3, 0.0%)

1 だね, 悲しいもの, 致命的である

▼ さ全体~ (3, 0.0%)

1 として経験, と部分, に及び

▼ さ八フィート~ (3, 0.0%)

1 の丸太棒, の木, 乃至十フィート

▼ さ八五郎~ (3, 0.0%)

1 の哲学, の哲學, はた

▼ さ八寸~ (3, 0.0%)

1 あったと, ばかりの髢, 深さ骨膜

▼ さ八尺~ (3, 0.0%)

1 あり高, の机形, の石

▼ さ六分~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの青黒い, 程右, 程左耳

▼ さ六寸~ (3, 0.0%)

1 ないし一尺, に余つて肉, ほどに切った

▼ さ六尺位~ (3, 0.0%)

1 になっ, の檜, 広さ五六畳

▼ さ其身~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 の爲

▼ さ出あひし~ (3, 0.0%)

3 物は

▼ さ出よう~ (3, 0.0%)

1 と大切, と蛇さ, 遅い遅い

▼ さ勉強~ (3, 0.0%)

1 しなくっちゃ, に行っ, の面白

▼ さ十メートル~ (3, 0.0%)

1 の塹壕, ほどの細長い, もある

▼ さ十五尺~ (3, 0.0%)

1 に縦, ほどのところ, もある

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 はし, ふなかれ, やさ

▼ さ厳粛さ~ (3, 0.0%)

2 がある 1 及び芸術的

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 一尺五寸なる, 一尺五寸にて, 六尺許

▼ さ向い~ (3, 0.0%)

1 て, て肩, て行った

▼ さ哀し~ (3, 0.0%)

1 さくやし, さも, さ孤独さに

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 の厚, の燃, の紅

▼ さ四五フィート~ (3, 0.0%)

1 のもの, の柱, 深さ二フィート

▼ さ四間~ (3, 0.0%)

1 という基本, ほどの岩組, もあろう

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 さに, さの, さを

▼ さ堪へ~ (3, 0.0%)

1 がたくお前樣, がたく漸, 難くなり

▼ さ夜ふけ~ (3, 0.0%)

1 てあか, て鏡, にけり

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 から現に, さめて, や狂気

▼ さ大さ~ (3, 0.0%)

1 から発展, にふれる, の欠乏

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 から授, の大き, よりおろす

▼ さ天井~ (3, 0.0%)

2 の高 1 に届き居る

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 れは 1 への勝算歴然

▼ さ妖し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さの

▼ さ婆さん~ (3, 0.0%)

1 がお, が頭, の婿

▼ さ子供~ (3, 0.0%)

1 だって可愛い, の片言, らしさ

▼ さ孤独~ (3, 0.0%)

1 な人, な低迷, の悲し

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 すぎると, つぼさ, 來節追分などが

▼ さ安らかさ~ (3, 0.0%)

1 そしてあの, です, に育ぐまれて

▼ さ寝し~ (3, 0.0%)

2 夜は 1 さ寝

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 てば 1 しさ寢

▼ さ尤も~ (3, 0.0%)

1 注目すべき, 袷から, 雨戸は

▼ さ尺余~ (3, 0.0%)

1 のもの, の紙きれ, の足跡

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 の上 1 っ引

▼ さ帰る~ (3, 0.0%)

1 さ必ず, ぞ俺, には及ばぬ

▼ さ常に~ (3, 0.0%)

1 倍し, 倍するを, 美妙な

▼ さ幾寸~ (3, 0.0%)

1 といふ黄金, の白い, の黄金

▼ さ床し~ (3, 0.0%)

1 さが, さに, さ到底

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 からかぶりつい, をつい, を慕つて此處

▼ さ心配~ (3, 0.0%)

1 し給うな, なんかない, をかけまい

▼ さ必死~ (3, 0.0%)

1 の一念, の力闘, の構え

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 られぬ殊勝さ, られむ, る

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 けな 1

▼ さ思わず~ (3, 0.0%)

1 パンパンと, 拍手が, 顔を

▼ さ恐らく~ (3, 0.0%)

2 そのあらゆる分泌物 1 蓮葉で

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 かしさ 1 っさらしの

▼ さ恨めし~ (3, 0.0%)

2 さ蔭で 1 さお

▼ さ情けな~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さに

▼ さ懐し~ (3, 0.0%)

1 さだった, さに, さを

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 れには 1 れと

▼ さ戻っ~ (3, 0.0%)

1 たりする, てみたら, て来る

▼ さ打出し思ひ~ (3, 0.0%)

3 も寄らぬ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 が, でお, の開き

▼ さ敏感さ~ (3, 0.0%)

1 と云う, は今日, 女らしさ

▼ さ斬っ~ (3, 0.0%)

1 ておく, ておくれ, て下せえ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 から幾千幾万, は関, よりひどく

▼ さ是非~ (3, 0.0%)

1 なくおぼし, に一度, 聞いといて

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 ありて, には岩石菖, の流れ

▼ さ有難~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さそんな

▼ さ未熟さ~ (3, 0.0%)

1 から避け, が自分, の弁解

▼ さ本当~ (3, 0.0%)

1 の思想性ヒューマニティー, の歴史, の美し

▼ さ来い~ (3, 0.0%)

1 と言った, イッ, クミ

▼ さ松の木~ (3, 0.0%)

2 のそば 1 にきい

▼ さ柔らか~ (3, 0.0%)

1 さに, さ思ひやり, さ新鮮さが

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 に凭れ 1 のごとくし

▼ さ梯子のり~ (3, 0.0%)

3 のまねび

▼ さ此処~ (3, 0.0%)

1 でご, に庖丁, へ出せ

▼ さ此身~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 に成り

▼ さ殆ど~ (3, 0.0%)

1 ユーモアに, 同じい, 毅然たる勇猛心

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 はつく, への思いやりいた, らしさ

▼ さ気味悪~ (3, 0.0%)

1 さ, さに, さは

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 を沢山 1 のごとし

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 は入, びっしょり, も涙

▼ さ決して~ (3, 0.0%)

1 いじめは, 悪いと, 逃げられないわよ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の広, をたて

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 さに, さを, とさ

▼ さ湧く~ (3, 0.0%)

2 一室の 1 がごとき

▼ さ滑かさ~ (3, 0.0%)

1 その軟か, というもの, 硬さ

▼ さ烈し~ (3, 0.0%)

21 さは

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 智と, 智な, 良心

▼ さ無邪気さ~ (3, 0.0%)

1 が安定, というもの, には安定感

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 と娘, なるならし, のもの

▼ さ物悲し~ (3, 0.0%)

21 さは

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 さ具体的抽象的等々そのものを以て, さ凡庸さ不安の, さ等々に

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 さの, さを, さ寂し

▼ さ~ (3, 0.0%)

21 しい

▼ さ生命~ (3, 0.0%)

2 と頼む 1 の息吹

▼ さ町内~ (3, 0.0%)

1 で誰, で金満家, の若い

▼ さ百フィート~ (3, 0.0%)

1 あればい, の木造建築, を越え

▼ さ百尺~ (3, 0.0%)

1 の大, の櫓, もある

▼ さ真剣さ~ (3, 0.0%)

2 が足りない 1 を一時

▼ さ真摯さ~ (3, 0.0%)

1 にある, の故, 溌溂さ

▼ さ着物~ (3, 0.0%)

1 から羽織, の色あい, を着換えろ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 かさ, かさで, さによって

▼ さ硫黄~ (3, 0.0%)

3 をとかす

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 とも仏, もある, を怨ん

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 だな, の盛岡, の野草

▼ さ程の~ (3, 0.0%)

1 大きな叢, 平らかなる, 直径の

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 も仕掛 1 播く農夫

▼ さ稼ぎ~ (3, 0.0%)

2 に行 1 に出れ

▼ さ立ち~ (3, 0.0%)

1 なよ, まさり打, 昇る煙

▼ さ立派~ (3, 0.0%)

1 なところ, な人, な墓石

▼ さ立派さ~ (3, 0.0%)

1 というもの, は大人, 美しさ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 なる神人, は薄情, は見た

▼ さ聞く~ (3, 0.0%)

1 ことに, さへや, だけ聞く

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 にしみ透る, のつやつや, のよ

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 にこみ上げ, にしみる, の処

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 くかく, く仕付, く言語

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 さを 1 そうさなどで

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 に達し, の手際, を馬車台

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 かしさ, なところ, めかしさ

▼ さ若々し~ (3, 0.0%)

1 さ, さで, さを

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 さや 1

▼ さ荒々し~ (3, 0.0%)

1 さこの, さそういう, さの

▼ さ華やかさ~ (3, 0.0%)

1 だ, は最早, を常に

▼ さ落ちむとしてはまた~ (3, 0.0%)

3 飛びあがる

▼ さ落着き~ (3, 0.0%)

1 が心, を得た, 悪い意味

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 が握り拳, の背く, の萌えいづる

▼ さ虚し~ (3, 0.0%)

2 さつまらな 1 さ重苦し

▼ さ行け~ (3, 0.0%)

1 ば村, ば馬, ッ

▼ さ行燈~ (3, 0.0%)

2 の前 1 の薄寒

▼ さ見せ~ (3, 0.0%)

1 っとまだ, て, てゆく

▼ さ見る~ (3, 0.0%)

1 から我胸, さへや心, 人を

▼ さ言っ~ (3, 0.0%)

1 ておくれ, てきかせ, て見なさい

▼ さ言わん~ (3, 0.0%)

1 かたなし, 方なき, 方なし

▼ さ誰方~ (3, 0.0%)

1 か御存じぢ, だと, も寛い

▼ さ謂わ~ (3, 0.0%)

1 ばこっち, ば私, む方なし

▼ さ豊かさ~ (3, 0.0%)

1 であります, といふもの, を少し

▼ さ賑やかさ~ (3, 0.0%)

1 とは比較, は一入, を感じた

▼ さ踊り~ (3, 0.0%)

1 で鍛えた, なんかじゃない, の味

▼ さ辛らさ~ (3, 0.0%)

21

▼ さ迷い~ (3, 0.0%)

1 創造した, 歩いたこと, 歩くと

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 でぐはんて泣ぐな, は無かっ, は逸

▼ さ過ぎます~ (3, 0.0%)

21

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 つ鳥来鳴き, つ鳥雉, の暗

▼ さ長い~ (3, 0.0%)

2 間の 1 眼で

▼ さ関係~ (3, 0.0%)

2 の物語 1 したと

▼ さ雇人達~ (3, 0.0%)

2 の耳 1 はあっち

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 に浮かん, の足りな, ば出し

▼ さ頼り~ (3, 0.0%)

2 なさ 1 ふかい印象

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 まう飮, みなれな, みなれ飮

▼ さ餘つて~ (3, 0.0%)

3 憎さ

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 の毛 1 の香

▼ さ~ (3, 0.0%)

1 の啼く, や花, 鳴く鳥

▼ さ黒い~ (3, 0.0%)

1 あかの, 毛が, 速度の

▼ さ~ (3, 0.0%)

2 の先 1 をおかみ

▼ さあきた~ (2, 0.0%)

1 手燭が, 首切り役人が

▼ さあくど~ (2, 0.0%)

1 さが, さ無

▼ さあけ~ (2, 0.0%)

1 さは, に先

▼ さあすこ~ (2, 0.0%)

1 にや食う, にわれわれ

▼ さあった~ (2, 0.0%)

1 ってベソ, 由

▼ さあつい~ (2, 0.0%)

2 湯には

▼ さあと蝙蝠傘~ (2, 0.0%)

2 をひらく

▼ さあまつて~ (2, 0.0%)

2 憎さ

▼ さあるべき~ (2, 0.0%)

1 やうに, を想

▼ さあれ我~ (2, 0.0%)

1 はこの, 今おほいな

▼ さあれ汝~ (2, 0.0%)

1 と我と, は總

▼ さあんまり~ (2, 0.0%)

1 な御, 噛んでると

▼ さいえ~ (2, 0.0%)

1 ば天下, んの

▼ さいかし~ (2, 0.0%)

1 の實, 一樹

▼ さいかん~ (2, 0.0%)

1 によりある, によるの

▼ さいくばく~ (2, 0.0%)

1 とも測られぬ, とも量られぬ

▼ さいくら~ (2, 0.0%)

1 彼んな, 親に

▼ さいくらか~ (2, 0.0%)

1 よろし, 世の中も

▼ さいっさい~ (2, 0.0%)

1 の良, の諧謔

▼ さいったら~ (2, 0.0%)

1 さ, シャンパンを

▼ さいつお~ (2, 0.0%)

1 さえつお, さえつ話

▼ さいで~ (2, 0.0%)

2 あつたさうである

▼ さいはん~ (2, 0.0%)

1 かたなし, 方なし

▼ さいまし~ (2, 0.0%)

1 てその, 御折角

▼ さいまだ~ (2, 0.0%)

1 体は, 目に

▼ さいよいよ~ (2, 0.0%)

1 きびしくし, 兇行の

▼ さいわば~ (2, 0.0%)

1 生娘と, 罪も

▼ さうあ~ (2, 0.0%)

1 たまを, はてて

▼ さういふと~ (2, 0.0%)

1 ね, 弥生は

▼ さうえこた~ (2, 0.0%)

1 幾ら懇意だ, 忘らんねえ

▼ さうえ者~ (2, 0.0%)

1 なさ, よ

▼ さうかいぢ~ (2, 0.0%)

1 やあま, や頼む

▼ さうかい何~ (2, 0.0%)

1 が通りました, の用

▼ さうかそん~ (2, 0.0%)

1 ぢや, ぢやさう

▼ さうさ自分~ (2, 0.0%)

1 が重役, の拵

▼ さうしない~ (2, 0.0%)

1 では気, 者を

▼ さうし給~ (2, 0.0%)

1 へ, へ腹

▼ さうせざる~ (2, 0.0%)

1 を得なかつた, を得ぬ

▼ さうそ寒~ (2, 0.0%)

1 さは, さも

▼ さうたいし~ (2, 0.0%)

2 て傷ん

▼ さうたう~ (2, 0.0%)

1 の左党, 苦労が

▼ さうだつたん~ (2, 0.0%)

2

▼ さうだ忘れ~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ さうだ死ん~ (2, 0.0%)

2 ぢま

▼ さうであります~ (2, 0.0%)

1 けれども材料, ことか

▼ さうでしたら~ (2, 0.0%)

1 お知らせします, 私こんな

▼ さうでないなら~ (2, 0.0%)

1 ば相互, ば私たち

▼ さうでなかつたなら~ (2, 0.0%)

1 ば今, ば彼

▼ さうと~ (2, 0.0%)

1 さへ, て悔恨

▼ さうとい~ (2, 0.0%)

1 はずに, ふか作者の

▼ さうとう~ (2, 0.0%)

1 こたえたうれし, な値段

▼ さうなっ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て来る

▼ さうならう~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, ばいの

▼ さうならさうで~ (2, 0.0%)

1 女の, 望み通り安全に

▼ さうならなく~ (2, 0.0%)

2 てはならない

▼ さうなりたい~ (2, 0.0%)

1 と思ひます, のは

▼ さうなりましたら~ (2, 0.0%)

1 あたくし, お暇

▼ さうなりや~ (2, 0.0%)

1 この地, 何でこんな

▼ さうなるで~ (2, 0.0%)

1 はない, 寧ろ此方

▼ さうなるなら~ (2, 0.0%)

1 それで, 再び大連

▼ さうにあれ~ (2, 0.0%)

1 では五郎, は大層

▼ さうにいつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, までも話し

▼ さうにおし~ (2, 0.0%)

2 やべり

▼ さうにお辞儀~ (2, 0.0%)

1 でもする, をした

▼ さうにこれ~ (2, 0.0%)

1 だけ言, を見

▼ さうにそこ~ (2, 0.0%)

1 に立ちはだかつ, の人達

▼ さうにそこら~ (2, 0.0%)

1 をかさ, を見

▼ さうにちよ~ (2, 0.0%)

1 つと眼, つと舌打

▼ さうにどこ~ (2, 0.0%)

2 かの味瓜

▼ さうにふり~ (2, 0.0%)

1 仰いだ, 返つて

▼ さうにぼんやり~ (2, 0.0%)

1 と天井, と見送

▼ さうにゆるやか~ (2, 0.0%)

2 な線

▼ さうにわたくし~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ さうにわたし~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ さうにわらつて~ (2, 0.0%)

1 ゐながら, ゐる

▼ さうにパイプ~ (2, 0.0%)

2 を吹かし

▼ さうに一~ (2, 0.0%)

1 と処, と掴み

▼ さうに一同~ (2, 0.0%)

1 の監督, を見廻した

▼ さうに一杯~ (2, 0.0%)

1 だつた, になつ

▼ さうに下目~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて

▼ さうに世間話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ さうに両手~ (2, 0.0%)

1 で髪, を眼

▼ さうに中~ (2, 0.0%)

1 から開け, の一人

▼ さうに乘出~ (2, 0.0%)

2 しました

▼ さうに乱暴~ (2, 0.0%)

2

▼ さうに二三度~ (2, 0.0%)

2 うなづく

▼ さうに二三度私~ (2, 0.0%)

2 の足

▼ さうに二三度頭~ (2, 0.0%)

1 を左右, を振つ

▼ さうに仕舞つて~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ さうに他~ (2, 0.0%)

1 の先生たち, の子

▼ さうに代助~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を見た

▼ さうに何時~ (2, 0.0%)

1 までも何時, までも貯

▼ さうに何服~ (2, 0.0%)

1 も何服, も喫ん

▼ さうに俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ さうに光つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐれば

▼ さうに全身~ (2, 0.0%)

1 に波, を振

▼ さうに兩手~ (2, 0.0%)

1 でかかへ, を眼

▼ さうに其処~ (2, 0.0%)

1 に彳ん, の座

▼ さうに其四枚~ (2, 0.0%)

2 の黒板

▼ さうに其邊~ (2, 0.0%)

1 を見, を見廻し

▼ さうに出~ (2, 0.0%)

1 たりはいつ, たりはひつ

▼ さうに力~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を込め

▼ さうに半ば~ (2, 0.0%)

1 は呆然, 打消す口吻

▼ さうに口元~ (2, 0.0%)

1 を動かし, を掩うた

▼ さうに口笛~ (2, 0.0%)

2 をふき

▼ さうに右手~ (2, 0.0%)

1 の親指, を額

▼ さうに向う~ (2, 0.0%)

1 から寄つて, の方

▼ さうに君~ (2, 0.0%)

1 のやう, を世話

▼ さうに吹聴~ (2, 0.0%)

1 するの, するもの

▼ さうに咳ばら~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ さうに咽喉~ (2, 0.0%)

1 をならしはじめました, を鳴らし

▼ さうに唄~ (2, 0.0%)

1 など歌つて, を合

▼ さうに唾~ (2, 0.0%)

1 でも吐, などを吐く

▼ さうに問~ (2, 0.0%)

1 ひました, ひ返されて

▼ さうに喉~ (2, 0.0%)

1 をならし, を鳴

▼ さうに喰~ (2, 0.0%)

1 べてゐた, べ終

▼ さうに大声~ (2, 0.0%)

1 で笑つて, をあげ

▼ さうに女房~ (2, 0.0%)

1 の顏, や子供たち

▼ さうに女教師~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ さうに孫~ (2, 0.0%)

2 を抱き上げ

▼ さうに客~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の顔

▼ さうに家~ (2, 0.0%)

2 へ持つ

▼ さうに密~ (2, 0.0%)

1 と手, と河

▼ さうに対手~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ さうに小首~ (2, 0.0%)

1 を傾けた, を傾げ

▼ さうに尾~ (2, 0.0%)

1 をふり, を動かし

▼ さうに山雀~ (2, 0.0%)

2 の籠

▼ さうに川~ (2, 0.0%)

1 のはう, をライン

▼ さうに差し~ (2, 0.0%)

1 のぞいて, 覗く

▼ さうに巻煙草~ (2, 0.0%)

1 をふかし, を燻し

▼ さうに帰つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 来ても

▼ さうに帳面~ (2, 0.0%)

1 をしらべ, を繰

▼ さうに幾度~ (2, 0.0%)

1 かその, か揉み手

▼ さうに座つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる子ども, 居た病人

▼ さうに庭~ (2, 0.0%)

1 を横ぎつてゆくところだつた, を歩い

▼ さうに弁解~ (2, 0.0%)

1 した, したの

▼ さうに彈~ (2, 0.0%)

1 き出した, みます

▼ さうに彼女~ (2, 0.0%)

1 は云, を見つめた

▼ さうに彼等~ (2, 0.0%)

1 の噂, を僕

▼ さうに後ろ~ (2, 0.0%)

1 へもたれた, へ退り

▼ さうに心配~ (2, 0.0%)

1 してらるな, でまつ

▼ さうに懷手~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ さうに戸~ (2, 0.0%)

1 の明いた, をあけ

▼ さうに手紙~ (2, 0.0%)

1 を其処, を其處

▼ さうに指~ (2, 0.0%)

1 で撫で, の先

▼ さうに振舞~ (2, 0.0%)

1 ひ陸, ふ

▼ さうに携~ (2, 0.0%)

1 へて来, へて遊覧人

▼ さうに支配人~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ さうに春三郎~ (2, 0.0%)

1 に言, の顏

▼ さうに椅子~ (2, 0.0%)

1 から妙子, の上

▼ さうに欠伸~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ さうに歯~ (2, 0.0%)

1 がみ, をならした

▼ さうに母親~ (2, 0.0%)

1 の古, の顏

▼ さうに氣~ (2, 0.0%)

1 の出る, むつかしげに

▼ さうに泡~ (2, 0.0%)

1 を立て, を立てはじめる

▼ さうに海藻~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ さうに炉辺~ (2, 0.0%)

1 から立つ, へ急いだ

▼ さうに煙~ (2, 0.0%)

1 をすう, を吐い

▼ さうに照~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さうに片足~ (2, 0.0%)

2 を踏み出した

▼ さうに牡丹~ (2, 0.0%)

1 いろの, に唐獅子

▼ さうに独語~ (2, 0.0%)

1 すると, を言

▼ さうに珍~ (2, 0.0%)

1 らしく大声, らしさ

▼ さうに盃~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を挙げ

▼ さうに相違~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ さうに眺め~ (2, 0.0%)

1 まは, 廻した

▼ さうに眼蓋~ (2, 0.0%)

1 を伏せ, を伏せた

▼ さうに秋晴~ (2, 0.0%)

1 のなか, の日脚

▼ さうに空~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を見あげ

▼ さうに突立つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる自分自身, 居りましたが

▼ さうに立止つて~ (2, 0.0%)

2 聞いて

▼ さうに箱~ (2, 0.0%)

1 を置きました, を開け

▼ さうに籠~ (2, 0.0%)

1 から滑り落ち, の中

▼ さうに粗末~ (2, 0.0%)

2 な硝子戸

▼ さうに紙包~ (2, 0.0%)

1 を左, を開け

▼ さうに緊張~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さうに美奈子~ (2, 0.0%)

1 に口, をジロ

▼ さうに考~ (2, 0.0%)

1 へ深, へ込んだ

▼ さうに腕組~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ さうに膳~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ さうに良人~ (2, 0.0%)

1 の顔, は云

▼ さうに荷物~ (2, 0.0%)

1 をさげた, を負

▼ さうに蒲団~ (2, 0.0%)

1 から顔, を匍

▼ さうに蒲團~ (2, 0.0%)

1 から右手, を匍

▼ さうに言つて腰~ (2, 0.0%)

1 の煙草入, をのばした

▼ さうに言葉~ (2, 0.0%)

1 を継いだ, を継ぎました

▼ さうに計算~ (2, 0.0%)

2 する者

▼ さうに詫~ (2, 0.0%)

1 でもいふ, を述べた

▼ さうに談~ (2, 0.0%)

1 して, 話す

▼ さうに足~ (2, 0.0%)

1 を引擦つて, を早めたがる

▼ さうに路地~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ さうに踊つて~ (2, 0.0%)

2 居た事

▼ さうに躊躇~ (2, 0.0%)

1 したが, するの

▼ さうに身構~ (2, 0.0%)

2 へてゐた

▼ さうに身體~ (2, 0.0%)

1 をふつ, を曲げ

▼ さうに車~ (2, 0.0%)

1 のところ, の上

▼ さうに通つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 行く

▼ さうに酒~ (2, 0.0%)

1 を飮ん, 酌みかは

▼ さうに鍬~ (2, 0.0%)

1 を揮つて, を置きました

▼ さうに階下~ (2, 0.0%)

1 へ休んださうです, へ降り

▼ さうに集~ (2, 0.0%)

2 まつて

▼ さうに靜~ (2, 0.0%)

1 かに眞, に泣き

▼ さうに音~ (2, 0.0%)

2 をたて

▼ さうに頤~ (2, 0.0%)

1 の囲, を撫で

▼ さうに食~ (2, 0.0%)

1 ひいつの間にか, ふ

▼ さうに食つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, 居る傍

▼ さうに飮ん~ (2, 0.0%)

2

▼ さうに馬~ (2, 0.0%)

1 の首, を牽い

▼ さうむ~ (2, 0.0%)

1 やみと, やみに

▼ さうめつた~ (2, 0.0%)

1 に笑, に見られぬ

▼ さうもし~ (2, 0.0%)

1 ては居られません, てをれません

▼ さうも思はない~ (2, 0.0%)

1 が先, けれどつまらない

▼ さうも思はなかつた~ (2, 0.0%)

2 が住む

▼ さうらし~ (2, 0.0%)

1 かつた, くもねえ

▼ さうらしくない~ (2, 0.0%)

1 から困る, よ

▼ さうら悲し~ (2, 0.0%)

1 さは, さ遣

▼ さうわ~ (2, 0.0%)

1 かればもう子細, めき立て乍ら

▼ さう御~ (2, 0.0%)

1 上手ぢや, 機嫌を

▼ さう思ひます~ (2, 0.0%)

1 か, わ

▼ さう無~ (2, 0.0%)

1 際限に, 雑作に

▼ さえぐ~ (2, 0.0%)

1 さへ, さも

▼ さおき~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ さおじさん~ (2, 0.0%)

1 に抱かれ, 出かけましょう

▼ さおとなし~ (2, 0.0%)

1 さが, さは

▼ さおまえ~ (2, 0.0%)

1 も手伝わなくっ, 逃げるん

▼ さおもしろく~ (2, 0.0%)

2 また美

▼ さおよび~ (2, 0.0%)

1 そのつながり, 配列の

▼ さおん~ (2, 0.0%)

1 つぁんと, もへいきましょう

▼ さお互い~ (2, 0.0%)

1 に年, の間

▼ さお金~ (2, 0.0%)

2 の有難

▼ さかえって~ (2, 0.0%)

1 お絹さんたち, 来ても

▼ さかが~ (2, 0.0%)

1 わからない, わからないで

▼ さかけ~ (2, 0.0%)

1 ていなさい, ひきの

▼ さかしげ~ (2, 0.0%)

2 な眼

▼ さかしらな~ (2, 0.0%)

1 人びとに, 論議は

▼ さかたじけな~ (2, 0.0%)

1 さ, さが

▼ さかって~ (2, 0.0%)

1 叫んで, 来たって

▼ さかなども~ (2, 0.0%)

2 少しどけ

▼ さかまわず~ (2, 0.0%)

1 に行っ, ズンズン奥へ

▼ さかむ~ (2, 0.0%)

1 それまで, ッとして

▼ さからす~ (2, 0.0%)

2 一羽来

▼ さからとは~ (2, 0.0%)

1 いえとんだ, まだ考える

▼ さかり~ (2, 0.0%)

1 て今, 栽園の

▼ さがぞ~ (2, 0.0%)

1 くッ, つと襲つて

▼ さがた~ (2, 0.0%)

1 の彼女, へきれない

▼ さがも~ (2, 0.0%)

1 うちつと, なき身の程

▼ さがらせ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て置い

▼ さがを~ (2, 0.0%)

1 かしくなり, もてあまし

▼ さきたな~ (2, 0.0%)

1 さとは, さを

▼ さきちぎれるようにてたんとたんと苦ろう~ (2, 0.0%)

2 いたし候

▼ さきびしく~ (2, 0.0%)

1 なりぬ, 候ところ皆様には

▼ さきょう~ (2, 0.0%)

1 の今, の風

▼ さきわまりない~ (2, 0.0%)

1 女に, 詩譚を

▼ さぎというものはみんな天の川~ (2, 0.0%)

2 の砂

▼ さぎといふものはみんな天の川~ (2, 0.0%)

2 の砂

▼ さぎなぞの養~ (2, 0.0%)

2 へるほど

▼ さぎょう~ (2, 0.0%)

1 だいへ, だいを

▼ さぎょうぎょうし~ (2, 0.0%)

1 さもしも, さ総

▼ さぎ色~ (2, 0.0%)

1 にしろく, の空

▼ さくらい~ (2, 0.0%)

1 ちゃんとわかっ, 何が

▼ さくらいは~ (2, 0.0%)

1 あり一歩, 却って健康

▼ さくらまん~ (2, 0.0%)

1 かい, かいに

▼ さくらむ~ (2, 0.0%)

1 美し花, 鬼怒川の

▼ さくるし~ (2, 0.0%)

1 さ, させつな

▼ さぐつたのであつたがふところ~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ さぐつてみると~ (2, 0.0%)

1 いかにも蟹, まつたくべつ

▼ さぐもり雨~ (2, 0.0%)

2 は降り来ぬ

▼ さけど~ (2, 0.0%)

1 廚女房いつ, 注意せん

▼ さげ呼吸~ (2, 0.0%)

2 の続く

▼ さげ虫~ (2, 0.0%)

1 の成敗, を

▼ さげ髪~ (2, 0.0%)

1 に紫いろ, に紫被布

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 だはり, ちとら

▼ さこうした~ (2, 0.0%)

1 のが, 愚劣さの

▼ さこの世~ (2, 0.0%)

1 の有様, の極楽

▼ さこら~ (2, 0.0%)

1 さと麥, へて

▼ さこわ~ (2, 0.0%)

1 さを, さ広

▼ さこんど~ (2, 0.0%)

1 はあなた, はわし

▼ ささい~ (2, 0.0%)

1 なら, ならと

▼ ささえも~ (2, 0.0%)

1 ある, 頬に

▼ ささけた~ (2, 0.0%)

1 一円札が, 私の

▼ ささし出し~ (2, 0.0%)

2 ますると

▼ ささべり~ (2, 0.0%)

1 を持っ, 彩る日の出

▼ ささみし~ (2, 0.0%)

1 さ悲し, らに

▼ ささ事~ (2, 0.0%)

1 の隙, やら何やら

▼ ささ波~ (2, 0.0%)

1 のよう, をたて

▼ さざなみの番頭~ (2, 0.0%)

2

▼ さざなみや志賀~ (2, 0.0%)

2 の浦曲

▼ さざなみを~ (2, 0.0%)

2 立てて

▼ さざりし~ (2, 0.0%)

1 所以に, 空は

▼ さしかと~ (2, 0.0%)

1 は判らぬ, 存じませぬが

▼ さしし~ (2, 0.0%)

1 て夫, 珈琲ぞ

▼ さしずする~ (2, 0.0%)

1 とおりに, とたすき十字

▼ さしず通り~ (2, 0.0%)

1 にやっ, 猶予なく

▼ さしつこ~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ さしづけ~ (2, 0.0%)

2

▼ さしなされた~ (2, 0.0%)

1 お食事, という供御

▼ さしなはん~ (2, 0.0%)

2 なや

▼ さしのばした~ (2, 0.0%)

1 あやしき情念燃, 腕と

▼ さしめる~ (2, 0.0%)

1 に過ぎないであろう, 美であっ

▼ さしよ~ (2, 0.0%)

1 させり, へばはん

▼ さじっと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ さじつに~ (2, 0.0%)

1 あざやかでした, それは

▼ さすられる~ (2, 0.0%)

1 ようなかんじでございます, ように

▼ さすり偽りなせ~ (2, 0.0%)

2 そむさぼり

▼ さすり掻い撫で~ (2, 0.0%)

2 さすり

▼ さすん~ (2, 0.0%)

1 じゃ, じゃなかっ

▼ させっかく~ (2, 0.0%)

1 明けた穴, 真人間に

▼ させめて~ (2, 0.0%)

1 お駕籠, もと急い

▼ さそれ自身~ (2, 0.0%)

1 は何, よりも灸

▼ さたとい~ (2, 0.0%)

1 芸者だろう, 這出したところ

▼ さたのし~ (2, 0.0%)

1 さ, さ陽気

▼ さだけから~ (2, 0.0%)

1 いえば, 言っても

▼ さだけど~ (2, 0.0%)

1 君あれが, 私の

▼ さだけにも~ (2, 0.0%)

1 堪えられたもの, 堪え切れなくなって

▼ さだけれども~ (2, 0.0%)

2 お妾

▼ さだれ~ (2, 0.0%)

1 がなんて云っ, に口

▼ さちあり~ (2, 0.0%)

2 なんと

▼ さちゃん~ (2, 0.0%)

1 であった, として引上げ

▼ さちやん~ (2, 0.0%)

1 といふこと, とお

▼ さちょうど~ (2, 0.0%)

1 今居る, 今日このごろの

▼ さちょっと~ (2, 0.0%)

1 くらい出, 息ぬきに

▼ さっていう~ (2, 0.0%)

1 ものが, 詩読んだ

▼ さっては~ (2, 0.0%)

1 いないよう, きまりが

▼ さつい~ (2, 0.0%)

1 ている, 固くなる

▼ さつきはじめ~ (2, 0.0%)

1 てお, て耳

▼ さつき見~ (2, 0.0%)

1 ておいた, て気

▼ さつく~ (2, 0.0%)

1 さつく, と大足

▼ さつた事~ (2, 0.0%)

1 などほとんど, も少い

▼ さつた事さ~ (2, 0.0%)

1 へある, へございました

▼ さつつまし~ (2, 0.0%)

1 さ, さから

▼ さつてそれ~ (2, 0.0%)

1 だけが禅師, に適つた品

▼ さつてら~ (2, 0.0%)

2 けすか

▼ さつてる~ (2, 0.0%)

1 のと, やうで

▼ さつて居~ (2, 0.0%)

1 だずで, だずでや

▼ さつまんない~ (2, 0.0%)

2 とこへ

▼ さでありました~ (2, 0.0%)

1 がそう, が肝心

▼ さでから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ さでございまし~ (2, 0.0%)

1 て普通, て私

▼ さですら~ (2, 0.0%)

1 なほ人を, 人を

▼ さとうとう~ (2, 0.0%)

1 姫も, 暴露そうに

▼ さとかに~ (2, 0.0%)

1 入るもの, 宗教否定の

▼ さとかを~ (2, 0.0%)

1 意識させず, 過程の

▼ さとげとげし~ (2, 0.0%)

1 さが, さの

▼ さところが~ (2, 0.0%)

1 さ彼奴, その銀五郎

▼ さとしては~ (2, 0.0%)

1 ひどく地味づくり, 感じません

▼ さとだけ~ (2, 0.0%)

1 だ今日, 書いて

▼ さとという~ (2, 0.0%)

1 前も, 字宛名は

▼ さとにかく~ (2, 0.0%)

1 この二三日, 一緒に

▼ さとに対する~ (2, 0.0%)

1 ことは, 愛惜に

▼ さとのみ~ (2, 0.0%)

1 思ひ込んで, 等しいの

▼ さとぶ~ (2, 0.0%)

2 きみさに

▼ さとまでは~ (2, 0.0%)

1 いかぬに, 行って

▼ さともに~ (2, 0.0%)

1 一ミリメターの, 一間ほども

▼ さともの~ (2, 0.0%)

2 足りな

▼ さとり~ (2, 0.0%)

1 てかんのう, なく愚か

▼ さどうして~ (2, 0.0%)

1 すべての, でございましょうか

▼ さどっち~ (2, 0.0%)

1 がいい, にしろ

▼ さどんなに~ (2, 0.0%)

1 疑ぐつでも腹, 疑っても

▼ さないしは~ (2, 0.0%)

1 つづれの, 好奇心から

▼ さなう~ (2, 0.0%)

1 てぬくう, て伯母上

▼ さなかれ~ (2, 0.0%)

1 よと数花, よと數花

▼ さなさけな~ (2, 0.0%)

2

▼ さなぞが~ (2, 0.0%)

1 みんなこの, 少しは

▼ さなぞに~ (2, 0.0%)

1 取り付いて, 竦み上がる崖上

▼ さなぞの~ (2, 0.0%)

1 少しも, 約束に

▼ さなっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てみなく

▼ さなどしか~ (2, 0.0%)

2 最初は

▼ さなどといふ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ さなどとや~ (2, 0.0%)

2 こう申す

▼ さなに~ (2, 0.0%)

1 なれば, をぐずぐず

▼ さなほ~ (2, 0.0%)

1 忘れざりしかば, 消ち

▼ さなりすわり~ (2, 0.0%)

2 心地の

▼ さなりに~ (2, 0.0%)

1 はっきりと, 殆ど爛熟し

▼ さなんぞは~ (2, 0.0%)

1 気が, 私に

▼ さなんぞを~ (2, 0.0%)

1 測つたもの, 私に

▼ さなんで~ (2, 0.0%)

1 急に, 私に

▼ さなんと~ (2, 0.0%)

1 いう早業, いふ跳ねつ返り

▼ さなんにも~ (2, 0.0%)

1 ないけど, 言つて來なかつた

▼ さな求め~ (2, 0.0%)

2 てつつしむ

▼ さにおいてこそ~ (2, 0.0%)

1 偉大な, 違え一工場

▼ さにけに~ (2, 0.0%)

1 散る, 落葉しせれ

▼ さにぞ~ (2, 0.0%)

1 ッと, 涙こぼるる

▼ さにたいしては~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 他人を

▼ さにたいしても~ (2, 0.0%)

1 寛大と, 開かれて

▼ さににて~ (2, 0.0%)

1 嬉く, 懐しい物思

▼ さにもな~ (2, 0.0%)

2 つてゐた

▼ さにわ~ (2, 0.0%)

1 たつて, つと聲

▼ さに対しての~ (2, 0.0%)

2 味方である

▼ さに対してまで~ (2, 0.0%)

2 妾は

▼ さに関して~ (2, 0.0%)

1 いろいろ新しい, 院同人の

▼ さに関しては~ (2, 0.0%)

1 カルルは, 貴兄すでに

▼ さのほど~ (2, 0.0%)

1 はようわかる, 言いよう

▼ さのほどに~ (2, 0.0%)

1 多少自負, 就いては

▼ さのみも~ (2, 0.0%)

1 行かず椽先, 行かず縁先

▼ さはがゆ~ (2, 0.0%)

1 さいらだたし, さから

▼ さはぐ~ (2, 0.0%)

1 程の, 隙を

▼ さはげし~ (2, 0.0%)

1 さは, さやかまし

▼ さはつたら~ (2, 0.0%)

1 何ものを, 大変や

▼ さはなやかさ~ (2, 0.0%)

1 が幾分, で

▼ さはにも~ (2, 0.0%)

2 あるか

▼ さはやく~ (2, 0.0%)

1 お喰, 連れて

▼ さはらず~ (2, 0.0%)

1 に一線, に放つ

▼ さはらない~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ さはります~ (2, 0.0%)

1 が話, ので閉口

▼ さはれすぐれし~ (2, 0.0%)

1 アルゴスに, 同僚に

▼ さばかりにも~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ さばく~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ さばっかり~ (2, 0.0%)

1 いんの, 自分に

▼ さばり~ (2, 0.0%)

1 ついた, 持って

▼ さひこ~ (2, 0.0%)

1 という神, と言

▼ さひこであり~ (2, 0.0%)

2 丹波の

▼ さひこなる~ (2, 0.0%)

2 社の

▼ さひと~ (2, 0.0%)

1 いろに, よ

▼ さひと本~ (2, 0.0%)

2 の野稗

▼ さびかくて我あれ~ (2, 0.0%)

2 やつゆ

▼ さふらふ~ (2, 0.0%)

1 にはおり, ひとを

▼ さぶしかくし~ (2, 0.0%)

2 つつこそ秋

▼ さぶしき~ (2, 0.0%)

1 日を, 顔目に

▼ さぶしく~ (2, 0.0%)

1 もあらず, 思ほゆべし

▼ さぶそう~ (2, 0.0%)

2 なお饒舌

▼ さぶと~ (2, 0.0%)

1 不欲, 彌と

▼ さぶと枯山~ (2, 0.0%)

2 と泣き枯らす

▼ さぶらひ遊ぶ~ (2, 0.0%)

2 今宵も

▼ さへぐ~ (2, 0.0%)

1 何の, 韓國

▼ さへずる~ (2, 0.0%)

2 鳥の

▼ さへた~ (2, 0.0%)

1 うとう引つ, な謡い

▼ さへた馬~ (2, 0.0%)

1 がおい, さ

▼ さへとも~ (2, 0.0%)

1 しくなりゆけば, せれば

▼ さへには~ (2, 0.0%)

2 うちかたぶく

▼ さへられ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ さへわ~ (2, 0.0%)

1 ざとあけたままにしてゐたものだ, づかに

▼ さへをも~ (2, 0.0%)

1 はつきりと, 誇張し

▼ さべり~ (2, 0.0%)

1 を持っ, 彩る日の出

▼ さほとんど~ (2, 0.0%)

1 獰悪の, 象徴的な

▼ さほどとも~ (2, 0.0%)

1 存じませぬ, 思えぬが

▼ さほどは~ (2, 0.0%)

1 居ぬ蚊, 距離が

▼ さほどまで~ (2, 0.0%)

1 執着さるる, 肉も

▼ さほどまでの~ (2, 0.0%)

1 仔細は, 弟とは

▼ さほひめ~ (2, 0.0%)

2 皇后の

▼ さほんに~ (2, 0.0%)

1 山国の, 私の

▼ さまぎれ~ (2, 0.0%)

1 に, にもう

▼ さまこと~ (2, 0.0%)

1 によってのみなされる, の明

▼ さまさあ~ (2, 0.0%)

1 わたしを, 行きま

▼ さまさか~ (2, 0.0%)

1 あの男, 大仏の

▼ さまさり~ (2, 0.0%)

1 て世に, て其事彼事寂然

▼ さまさる~ (2, 0.0%)

1 撫子の, 木の本を

▼ さまし呼び~ (2, 0.0%)

1 さまし, さます

▼ さまたげ~ (2, 0.0%)

1 をこばむ, をこばんだ

▼ さまでとは~ (2, 0.0%)

1 いったい何, さすがに

▼ さまでにも~ (2, 0.0%)

1 ありませぬが, 思わずに

▼ さまなん~ (2, 0.0%)

1 てまあ, でございます

▼ さまね~ (2, 0.0%)

1 し, しひさかた

▼ さまよい~ (2, 0.0%)

1 今ここに, 吉野から

▼ さまァ~ (2, 0.0%)

1 まだ卒業, 一つ

▼ さまアお~ (2, 0.0%)

1 からかいなすっ, 嬢さまア

▼ さま小~ (2, 0.0%)

1 当たりに, 紋縮緬で

▼ さま御~ (2, 0.0%)

1 ゆるりなされ, 家臣に

▼ さみな~ (2, 0.0%)

2 よくわかる

▼ さみなし~ (2, 0.0%)

1 てコツプ, にあはれ

▼ さむとまたつくづくと打まもり~ (2, 0.0%)

2

▼ さむなし~ (2, 0.0%)

2 さそんな

▼ さむに~ (2, 0.0%)

1 はいかに, は当時流行

▼ さむらむら~ (2, 0.0%)

1 と沙, と胸

▼ さむる~ (2, 0.0%)

1 は汝, を常

▼ さむること~ (2, 0.0%)

2 夥し

▼ さむる人~ (2, 0.0%)

1 にひとしき, もなし

▼ さむる心地~ (2, 0.0%)

1 す, す楽天

▼ さめいた~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ さめきつ~ (2, 0.0%)

1 てし, てそれ

▼ さめ嵐~ (2, 0.0%)

2 よ吹雪

▼ さもが~ (2, 0.0%)

1 いつの間にか凋ん, 発して

▼ さもじ~ (2, 0.0%)

1 ぶんが, ぶんの

▼ さもち~ (2, 0.0%)

2 こたへ

▼ さもつ~ (2, 0.0%)

1 さと引つ, と大きな

▼ さもて~ (2, 0.0%)

1 われよみが, 君せまり来ぬ

▼ さやかまし~ (2, 0.0%)

1 さと, さ実に

▼ さやっ~ (2, 0.0%)

1 て, てけれろ

▼ さやっぱり~ (2, 0.0%)

1 僕の, 天祐という

▼ さやに~ (2, 0.0%)

1 かがよ, 對し

▼ さやらず~ (2, 0.0%)

1 我は, 畳はり畳はる

▼ さやらを~ (2, 0.0%)

1 全然痲痺, 全然痳痺

▼ さゆかし~ (2, 0.0%)

1 さ潔, さ称えようも

▼ さゆふ~ (2, 0.0%)

1 になく, べ

▼ さゆらぐ~ (2, 0.0%)

1 を, 悪魔

▼ さゆるぎ~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ さようそう~ (2, 0.0%)

1 だそう, であったな

▼ さよわ~ (2, 0.0%)

1 さつよ, さなど

▼ さよを~ (2, 0.0%)

1 のぞくと, 見すえた刹那

▼ さらさら~ (2, 0.0%)

1 と分かれ, と音

▼ さらさん~ (2, 0.0%)

1 とからにひと, とからに渋ったれ渋ったれ

▼ さらしい~ (2, 0.0%)

1 ものには, 沼を

▼ さらしく~ (2, 0.0%)

1 びにまでなりましてし, びにもなりかねませぬ

▼ さらした~ (2, 0.0%)

1 単衣, 藍い

▼ さらしでなくっ~ (2, 0.0%)

2 てお

▼ さらつて~ (2, 0.0%)

1 やつて, やる

▼ さらめ~ (2, 0.0%)

1 や, やは

▼ さらん~ (2, 0.0%)

1 とし, とする

▼ さら小川~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ さりぬ~ (2, 0.0%)

1 とわれ言ひき, また天使等

▼ さり片付け~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, てしまひます

▼ さ~ (2, 0.0%)

2

▼ さわからない~ (2, 0.0%)

1 という状態, ところが

▼ さわざ~ (2, 0.0%)

1 もやった, 泣き叫ぶ声

▼ さわたくし~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は思わず

▼ さわたるき~ (2, 0.0%)

2 はみ

▼ さわたれ~ (2, 0.0%)

1 ば蓬, ば雫

▼ さわりない~ (2, 0.0%)

1 と考え, 他人ばかり

▼ さをから~ (2, 0.0%)

1 かつてゐる, だいつぱい

▼ さをしか~ (2, 0.0%)

1 意味しない, 映し出しては

▼ さをぞ~ (2, 0.0%)

1 くと, 思ふ

▼ さんじゃ~ (2, 0.0%)

1 アない, ア小人は

▼ さんで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 町へ

▼ さアあれ~ (2, 0.0%)

1 は名義, も三四年

▼ さアお母さん~ (2, 0.0%)

1 こんなことし, も元気

▼ さアお礼~ (2, 0.0%)

1 の百円, 抜かるな

▼ さアお許し~ (2, 0.0%)

2 が出た

▼ さアさア馬鹿~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ さアわたし~ (2, 0.0%)

1 に考, の出る

▼ さア一しょ~ (2, 0.0%)

1 に引き揚げよう, に来た

▼ さア一人~ (2, 0.0%)

2 で感心

▼ さア一杯~ (2, 0.0%)

1 さア此方, やろうよ

▼ さア人~ (2, 0.0%)

1 だか, の懷ろ具合

▼ さア今~ (2, 0.0%)

1 のうち, んところ

▼ さア今度~ (2, 0.0%)

1 はむづかしいぞ, は左片盤

▼ さア何処~ (2, 0.0%)

1 にゐる, へでも勝手

▼ さア來給~ (2, 0.0%)

2

▼ さア先~ (2, 0.0%)

1 になっ, に立っ

▼ さア出ろ~ (2, 0.0%)

1 さア出ろ, と云う

▼ さア參~ (2, 0.0%)

1 りませう, りませう飛んだお

▼ さア友達~ (2, 0.0%)

1 に顔向け, をお

▼ さア名主~ (2, 0.0%)

1 へ来い, へ連れ

▼ さア喜捨~ (2, 0.0%)

1 る銭金, る錢金

▼ さア大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 だ, で電灯

▼ さア好き~ (2, 0.0%)

2 なところ

▼ さア子~ (2, 0.0%)

1 さア子, は今日

▼ さア引~ (2, 0.0%)

2 揚げようか

▼ さア旦那~ (2, 0.0%)

1 からのお達し, 待ちかねて

▼ さア景気~ (2, 0.0%)

1 よく騒がう, よく騒ごう

▼ さア次~ (2, 0.0%)

1 は坊, をやろう

▼ さア歸つて~ (2, 0.0%)

1 おくれお前, から喰

▼ さア氣~ (2, 0.0%)

1 がつきません, の變ら

▼ さア番所~ (2, 0.0%)

1 へ來, へ来い

▼ さア皆~ (2, 0.0%)

1 な起きて, は何

▼ さア約束通りお前さん~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ さア聽~ (2, 0.0%)

1 かうか, きませうお

▼ さア船~ (2, 0.0%)

2 を出す

▼ さア船頭~ (2, 0.0%)

1 が芸妓, が藝妓

▼ さア速~ (2, 0.0%)

2 かにお

▼ さア遠慮~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ さア錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ さア馬~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ さア馬鹿~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ さイエス~ (2, 0.0%)

2 の母さん

▼ さタイプライタア~ (2, 0.0%)

1 だのエレ, だのエレベエタア

▼ さッさッ~ (2, 0.0%)

1 と, と行く

▼ さツさツ~ (2, 0.0%)

1 とし, と何処

▼ さニュアンス~ (2, 0.0%)

1 などとあいまっ, のうす

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 が京屋, な

▼ さ一インチ~ (2, 0.0%)

1 たらずの, たらず長

▼ さ一センチ~ (2, 0.0%)

1 くらいに切り, くらいのいびつ

▼ さ一フート~ (2, 0.0%)

1 の柱, の鉄棒

▼ さ一ミリグラム以上~ (2, 0.0%)

2 の流星

▼ さ一丈一尺~ (2, 0.0%)

1 だけ有り, の記念碑

▼ さ一丈余り~ (2, 0.0%)

1 ある国境, の厚い

▼ さ一人二~ (2, 0.0%)

2 た役

▼ さ一分五厘~ (2, 0.0%)

1 くらいの小, くらいの長

▼ さ一切~ (2, 0.0%)

1 の暗, の苦しみ

▼ さ一刻~ (2, 0.0%)

1 もこうして, も早く

▼ さ一寸五分位~ (2, 0.0%)

1 にブツブツ, に切ります

▼ さ一尺二三寸~ (2, 0.0%)

1 の銅像, 深さ二

▼ さ一尺以上~ (2, 0.0%)

1 あるでしょう, 厚さ一分位

▼ さ一尺四五寸~ (2, 0.0%)

1 の上, もあろう

▼ さ一尺四寸五分~ (2, 0.0%)

2 なるもの三本

▼ さ一度~ (2, 0.0%)

1 で取っ捕まっちまわ, に胸

▼ さ一通り~ (2, 0.0%)

1 どころか十二分, の事

▼ さ一間以上~ (2, 0.0%)

1 の黒い, もある

▼ さ七フィート~ (2, 0.0%)

1 ばかりのこの, ばかりの舞台

▼ さ七十尺~ (2, 0.0%)

1 の船, ほどの切立った

▼ さ七寸~ (2, 0.0%)

1 の水盤, の鰹節五本

▼ さ三十センチ~ (2, 0.0%)

1 ほどのなん, ほどのへら

▼ さ三尺五寸~ (2, 0.0%)

1 もあらう, もあろう

▼ さ三尺位~ (2, 0.0%)

1 な鈴, の箱

▼ さ三尺許~ (2, 0.0%)

1 の黄色, り

▼ さ三尺重量~ (2, 0.0%)

2 は手頃

▼ さ三百尺~ (2, 0.0%)

1 の一孤邱, の塔

▼ さ三里~ (2, 0.0%)

1 でご, ばかりの細長き

▼ さ三間半~ (2, 0.0%)

1 に横四間位, の鮒竿

▼ さ上げ~ (2, 0.0%)

1 て置く, な

▼ さ上げる~ (2, 0.0%)

1 のん, んだ

▼ さ上っ~ (2, 0.0%)

1 て, て下さい

▼ さ上る~ (2, 0.0%)

1 がよい, と地蔵さん

▼ さ下手~ (2, 0.0%)

1 でも白痴, な男

▼ さ下駄~ (2, 0.0%)

1 でなんか歩ける, の齒入れ

▼ さ不器用さ~ (2, 0.0%)

1 が自分, にみち

▼ さ不幸~ (2, 0.0%)

2 な町

▼ さ不思議さ~ (2, 0.0%)

1 と申しましたら, に至っ

▼ さ不自由さ~ (2, 0.0%)

1 が今更, に突き当たる

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の人, をふる

▼ さ世間~ (2, 0.0%)

1 が急, の夫婦

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 が出る, で男めかけ

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 づらふ

▼ さ乗っ~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ さ九寸朴の木~ (2, 0.0%)

1 で作った, で作つたヒヨロヒヨロ

▼ さ二インチ~ (2, 0.0%)

1 か三インチ, の陶器

▼ さ二フィート幅一フィート~ (2, 0.0%)

2 裂き取られて

▼ さ二メートルあまり~ (2, 0.0%)

1 の井戸, の小山みたい

▼ さ二丈余~ (2, 0.0%)

1 の土城, もある

▼ さ二三間幅一二間~ (2, 0.0%)

2 その底

▼ さ二十両~ (2, 0.0%)

1 も有ったろう, をそこ

▼ さ二十五間欄干~ (2, 0.0%)

1 に倚, に倚つて下

▼ さ二十尺~ (2, 0.0%)

1 といはれる, もある陥し

▼ さ二寸位~ (2, 0.0%)

1 なブリキ製, の西洋大判罫紙

▼ さ二尺あまり~ (2, 0.0%)

1 の大きな, ほどのもの

▼ さ二抱え~ (2, 0.0%)

1 に余る, ほどの丸木

▼ さ二間余~ (2, 0.0%)

1 にし, もあらん

▼ さ二間周囲十間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大岩, の道了塚

▼ さ云々~ (2, 0.0%)

1 とでも洩らした, は成り立たない

▼ さ云う~ (2, 0.0%)

2 ばかりなし

▼ さ云え~ (2, 0.0%)

1 てえ, よ云わね

▼ さ五フィート~ (2, 0.0%)

1 に近く, の竹

▼ さ五六フィート~ (2, 0.0%)

1 の四角い, の大きな

▼ さ五六丈~ (2, 0.0%)

1 の峡谷, もある

▼ さ五六間~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ さ五分位~ (2, 0.0%)

1 の四角, の相当

▼ さ五匁~ (2, 0.0%)

2 ほどもある

▼ さ五十センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのまっか, の中型

▼ さ五十メートル~ (2, 0.0%)

1 の長い, もあった

▼ さ五十尺~ (2, 0.0%)

1 の太い, の櫓

▼ さ五十尺幅七八尺俗~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ さ五十米~ (2, 0.0%)

1 ほどの海洞窟, もあろう

▼ さ五尺位~ (2, 0.0%)

1 の窯, の菰

▼ さ五米~ (2, 0.0%)

1 のところ, ほどの鋭い

▼ さ亭主~ (2, 0.0%)

1 の子, の留守

▼ さ人心~ (2, 0.0%)

1 のたのみ, の無常

▼ さ人柄~ (2, 0.0%)

1 の上品さ, の流露

▼ さ人目~ (2, 0.0%)

1 にかからない, も羨む

▼ さ人間らし~ (2, 0.0%)

1 さであっ, さ詐りな

▼ さ人間生活~ (2, 0.0%)

1 の人為的, への感動

▼ さ伝六~ (2, 0.0%)

1 あの穴, これから英雄閑日月

▼ さ位置~ (2, 0.0%)

2 の低

▼ さ何とか~ (2, 0.0%)

2 返事を

▼ さ何処~ (2, 0.0%)

1 から忍び込んだ, に居ます

▼ さ何者~ (2, 0.0%)

1 だか, にか其の

▼ さ余り~ (2, 0.0%)

1 その姿, な卑劣

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 つたん, つたんで

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のとおり, のハツピーコート

▼ さ例えん~ (2, 0.0%)

2 に物

▼ さ侘し~ (2, 0.0%)

1 さある, さを

▼ さ個性~ (2, 0.0%)

1 の深, の独自性

▼ さ健全~ (2, 0.0%)

1 な怒り, な目的

▼ さ偽善~ (2, 0.0%)

1 に人間, を持たされる

▼ さ儚な~ (2, 0.0%)

1 さの, さを

▼ さ先刻~ (2, 0.0%)

1 から見, 取り上げられた剃刀

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 つても, つて行く

▼ さ入れた~ (2, 0.0%)

1 って罰, んでがす

▼ さ入れねえ~ (2, 0.0%)

1 ことは, とかう

▼ さ入れる~ (2, 0.0%)

1 え, な

▼ さ八インチ~ (2, 0.0%)

1 で縦, の低い

▼ さ八九寸~ (2, 0.0%)

2 より三尺

▼ さ八九尺~ (2, 0.0%)

1 にし, 高さ五

▼ さ八十センチ~ (2, 0.0%)

1 ほどの左右, ほどもある

▼ さ六七寸~ (2, 0.0%)

1 なる小幅, ばかりの蛇

▼ さ六七間~ (2, 0.0%)

1 もあろう, 厚さ二十数間

▼ さ六十一センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらい耳, の実に

▼ さ六十斤~ (2, 0.0%)

1 という大刀, の大

▼ さ六百メートル~ (2, 0.0%)

2 の橋

▼ さ共に~ (2, 0.0%)

1 一尺六七寸と, 歓ぶ嬉し

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に何もの, の旦那

▼ さ内容~ (2, 0.0%)

1 の生活的, の面白

▼ さ冗談~ (2, 0.0%)

1 だよ, らしく云われる侮蔑

▼ さ冷さ~ (2, 0.0%)

1 ではない, を石

▼ さ冷めた~ (2, 0.0%)

1 さで, さ鋭さ

▼ さ出し~ (2, 0.0%)

1 て抑えた, な

▼ さ出す~ (2, 0.0%)

1 と案の定, のも

▼ さ出せ~ (2, 0.0%)

1 といったら黙っ, 寺と

▼ さ出れ~ (2, 0.0%)

1 ばまた, ば乗る

▼ さ出来た~ (2, 0.0%)

2 でがす

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を買う

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 無さ

▼ さ別に~ (2, 0.0%)

1 やくざ者つてえ, 泥棒を

▼ さ到底~ (2, 0.0%)

1 女人藝術同人などの, 西洋音楽の

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に見つる, の二つ

▼ さ剛性荷電~ (2, 0.0%)

1 の分布, の分布状態

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 わり深

▼ さ勇まし~ (2, 0.0%)

1 さ, さも

▼ さ勇気~ (2, 0.0%)

1 よりひろく高い, 救い融和

▼ さ勿体な~ (2, 0.0%)

2

▼ さ匂やかさ~ (2, 0.0%)

1 そうして丁度刀, は何とも

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を取り出し

▼ さ十二フィート~ (2, 0.0%)

1 で巨大, を越える

▼ さ十二尋勝手~ (2, 0.0%)

2 は北向き

▼ さ十五メートル~ (2, 0.0%)

1 の綱, ほどの崖

▼ さ十分~ (2, 0.0%)

1 に降, わかると

▼ さ十囲~ (2, 0.0%)

1 という, に余る

▼ さ十数メートル~ (2, 0.0%)

1 の有名, の泥

▼ さ十斤~ (2, 0.0%)

2 ばかりの埋木

▼ さ十米~ (2, 0.0%)

1 ばかりの切れ, ばかりの細い細い

▼ さ千仭~ (2, 0.0%)

1 の渓河, の長人

▼ さ半ば自分~ (2, 0.0%)

2 に対する悔恨

▼ さ半之丞~ (2, 0.0%)

2 が呆れ

▼ さ単純~ (2, 0.0%)

1 で無垢, な疑問

▼ さ厭さ~ (2, 0.0%)

1 に同感, 憎らしさ

▼ さ友達~ (2, 0.0%)

2 に冷笑

▼ さ古い~ (2, 0.0%)

1 記憶の, 鴉の

▼ さ同盟~ (2, 0.0%)

2 は破られぬ

▼ さ向け~ (2, 0.0%)

1 ば南, ば西

▼ さ周囲~ (2, 0.0%)

1 への無, を申します

▼ さ味気~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のよ, の好

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 だと, とも思えない

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の五, よりは〇・〇三二

▼ さ四インチ~ (2, 0.0%)

1 の人像, もあり

▼ さ四フィート半~ (2, 0.0%)

1 の一枚石, の木

▼ さ四丈~ (2, 0.0%)

1 の小, ばかりで

▼ さ四五町幅三町~ (2, 0.0%)

2 ほど極めて

▼ さ四十里~ (2, 0.0%)

1 にも近い, 広さ八十里

▼ さ四季押~ (2, 0.0%)

2 とほし

▼ さ四尺一寸~ (2, 0.0%)

1 ございました, ましき

▼ さ四尺位~ (2, 0.0%)

1 あって, の横一文字

▼ さ固苦し~ (2, 0.0%)

1 さ国家の, さ粗雑ささ

▼ さ土地~ (2, 0.0%)

1 の大き, はタヾ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の厚, の美し

▼ さ地球~ (2, 0.0%)

1 の別荘, の重

▼ さ坊主~ (2, 0.0%)

1 と云われる, の親鸞め

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 うべからず, まら

▼ さ堪え~ (2, 0.0%)

1 がたかり, 方さ

▼ さ堪えがたけれ~ (2, 0.0%)

1 ば清水, ば鍛冶

▼ さ堪えきれ~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ堪へきれ~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ堪へゆく~ (2, 0.0%)

2 田の

▼ さ堪らず~ (2, 0.0%)

1 よけいな, 余計な

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 は剥げ, 隣りの

▼ さ変化~ (2, 0.0%)

1 において民主主義文学, の目まぐるし

▼ さ夕方~ (2, 0.0%)

1 だつたよ, ザーッと

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に無事, の景色

▼ さ多少~ (2, 0.0%)

1 の倦怠, の重

▼ さ多様さ~ (2, 0.0%)

1 でこの, にふさわしく

▼ さ大義名分~ (2, 0.0%)

2 というずるい

▼ さ大胆~ (2, 0.0%)

1 があるらしい, な使用法

▼ さ天性~ (2, 0.0%)

1 の娼婦性, の気稟

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さは, さ円

▼ さ失恋~ (2, 0.0%)

1 だな, の辛

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 はおやじ, まで行

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 が言う, さぁすぐにほれやがて

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の活動能力, らしさ

▼ さ嫉妬~ (2, 0.0%)

1 や怨恨, 深さ

▼ さ守る~ (2, 0.0%)

2 京極勢は

▼ さ宗之助~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ さ実感~ (2, 0.0%)

2 でない処

▼ さ寄っ~ (2, 0.0%)

1 てけねえかな, て行ん

▼ さ寄つて~ (2, 0.0%)

1 みた, もいい

▼ さ尋常~ (2, 0.0%)

1 なもの, ならぬ子

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 がさは, 父さんと

▼ さ小川~ (2, 0.0%)

1 の悲し, の水

▼ さ小鳥~ (2, 0.0%)

1 のほ, の声

▼ さ居心地~ (2, 0.0%)

1 のわるい, わるい瞬間

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に登れ, を廻る

▼ さ崇拝~ (2, 0.0%)

2 は処女崇拝以外

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 しさ

▼ さ帰ったら~ (2, 0.0%)

1 どうだ, 当分は

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のある, はわずか

▼ さ平凡~ (2, 0.0%)

1 になり下る, の底

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の割り合, の頃

▼ さ幸福~ (2, 0.0%)

1 の足, を二人

▼ さ幾何~ (2, 0.0%)

1 かと云, とかいう事

▼ さ引ツ~ (2, 0.0%)

2 張られて

▼ さ強き~ (2, 0.0%)

1 も風, 正などと

▼ さ弾力~ (2, 0.0%)

1 に富む, のある

▼ さ当然~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ さ従い~ (2, 0.0%)

2 でさ

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 も言

▼ さ御飯~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を早く

▼ さ御馳走~ (2, 0.0%)

1 の瓜, をこしらえ

▼ さ微妙さ~ (2, 0.0%)

1 で感動, によつて

▼ さ徳太郎~ (2, 0.0%)

1 が慕っ, が慕つて後

▼ さ心安~ (2, 0.0%)

1 さは, さを

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 ろし

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に, 角度旋回の

▼ さ性格~ (2, 0.0%)

1 づけの, のなだらかさ

▼ さ恥し~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 が詰まる, の長

▼ さ恰幅~ (2, 0.0%)

1 の立派さ, の見事さ

▼ さ情愛~ (2, 0.0%)

1 というもの, や

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ さ惜し~ (2, 0.0%)

1 さ, 気なく

▼ さ愉し~ (2, 0.0%)

1 さどうして, さ心細

▼ さ意久地~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ愚かさ~ (2, 0.0%)

1 はだれ, を責めね

▼ さ愛すべき~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものを

▼ さ愛児~ (2, 0.0%)

2 の不憫さ

▼ さ感傷~ (2, 0.0%)

1 が人類, の深

▼ さ感傷的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な観念性

▼ さ感受性~ (2, 0.0%)

1 のするど, はちっとも

▼ さ感情~ (2, 0.0%)

1 の強, の独自

▼ さ感覚~ (2, 0.0%)

1 の新鮮さ, の鋭敏さ

▼ さ憎し~ (2, 0.0%)

2 白拍子

▼ さ我儘~ (2, 0.0%)

2 で惚

▼ さ所在~ (2, 0.0%)

1 なさ, のな

▼ さ手掛り~ (2, 0.0%)

1 の端, の端っこ

▼ さ手紙~ (2, 0.0%)

1 が添え, ば出してる

▼ さ打つ~ (2, 0.0%)

1 波の, 波も

▼ さ打つなら打っ~ (2, 0.0%)

2 て御覧

▼ さ打倒つて~ (2, 0.0%)

2 撲つたつけア

▼ さ承知~ (2, 0.0%)

1 には相違, はする

▼ さ拇指~ (2, 0.0%)

1 の如く, ほども

▼ さ拵え~ (2, 0.0%)

1 て持っ, や調度

▼ さ持つてげ~ (2, 0.0%)

2 ば邪魔

▼ さ捨てる~ (2, 0.0%)

1 には惜しく, 云いなはる

▼ さ探り~ (2, 0.0%)

2 なれたる母

▼ さ換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 ふるさま, へてやらう

▼ さ数丈~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, のところ

▼ さ数十丈~ (2, 0.0%)

1 広さ数町, 長さ十丈

▼ さ数尺~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, の雪

▼ さ数百メートル~ (2, 0.0%)

1 にわたるカキツバタ, の氷河

▼ さ數十尺~ (2, 0.0%)

1 に及べり, 長さ二三百尺

▼ さ數尺~ (2, 0.0%)

1 に及べり, の雪

▼ さ文学~ (2, 0.0%)

1 の文学, を勉強

▼ さ文章~ (2, 0.0%)

1 の活, の流麗

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 ういえ, う申したら嘸

▼ さ斯く~ (2, 0.0%)

1 まで人, 對等の

▼ さ新鮮さ~ (2, 0.0%)

1 がある, がどんなに

▼ さ日かげ~ (2, 0.0%)

1 は漉され, は灑

▼ さ早い~ (2, 0.0%)

1 奴に, 話が

▼ さ明るい~ (2, 0.0%)

1 哀愁の, 小説なんて

▼ さ明るく~ (2, 0.0%)

1 おっとりし, なければ

▼ さ明日~ (2, 0.0%)

1 の朝, はまた

▼ さ明瞭さ~ (2, 0.0%)

1 で書かれなかった, の殆ど古典的

▼ さ昔ながら~ (2, 0.0%)

1 の少なから, の諦め

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の如く澄ん, の美し

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のあの, の日

▼ さ昨日~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は

▼ さ時々~ (2, 0.0%)

1 その口, 仄見える

▼ さ時間~ (2, 0.0%)

1 あるいはこれら, を無視

▼ さ普通~ (2, 0.0%)

1 の家, の杖

▼ さ景気~ (2, 0.0%)

1 のよ, よさ

▼ さ晴れ~ (2, 0.0%)

2 がまし

▼ さ智慧~ (2, 0.0%)

1 とどん慾さ, のよろこび

▼ さ曲尺~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ さ書いてる~ (2, 0.0%)

2 だに半

▼ さ書く~ (2, 0.0%)

1 んだ, 紙の

▼ さ最も~ (2, 0.0%)

1 つまらない人物, 庶民的な

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の清, の輝かし

▼ さ朗らかさ~ (2, 0.0%)

1 へ野生, 烈しさ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の水, 程霧

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の札, を削っ

▼ さ未だ~ (2, 0.0%)

1 曾て, 町の

▼ さ本当に~ (2, 0.0%)

1 気が, 透き通るよう

▼ さ東京~ (2, 0.0%)

1 がいつ, など面

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に似よ, の香

▼ さ果て~ (2, 0.0%)

2 ても御

▼ さ果敢な~ (2, 0.0%)

1 さ溶まし, さ生の

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の実, や家畜

▼ さ椽木~ (2, 0.0%)

2 の割賦

▼ さ構図~ (2, 0.0%)

2 の整然

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 からもぐ, の幹

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の番, はあんた

▼ さ次第~ (2, 0.0%)

1 では一概, で二十分間

▼ さ次第に~ (2, 0.0%)

1 力が, 減じて

▼ さ正し~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ さ正直~ (2, 0.0%)

1 なら, なら側

▼ さ正直さ~ (2, 0.0%)

1 が利用, を説明

▼ さ此上~ (2, 0.0%)

1 あらん共, は醫者

▼ さ此處~ (2, 0.0%)

1 にゐる, 掘れワンワン

▼ さ武家~ (2, 0.0%)

1 は武家, は苦手

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 けっ, べえ

▼ さ歩い~ (2, 0.0%)

1 ている, てもらおう

▼ さ歸つて來~ (2, 0.0%)

1 てお前, て百姓

▼ さ死臭~ (2, 0.0%)

2 に満

▼ さ残念さ~ (2, 0.0%)

1 の故に, 憤ろしさ

▼ さ殺され~ (2, 0.0%)

2 ても痛

▼ さ毎朝板橋~ (2, 0.0%)

2 へつき

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のな, は菓子

▼ さ毒々し~ (2, 0.0%)

1 さいやらし, さを通じて

▼ さ比べ~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ さ気味~ (2, 0.0%)

1 の悪, わるさ

▼ さ気品~ (2, 0.0%)

2 といふやう

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の, の干た

▼ さ江戸~ (2, 0.0%)

1 に乗り込ん, は廣

▼ さ油断~ (2, 0.0%)

1 なかりしが, はできない

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に見事, に類稀

▼ さ浅まし~ (2, 0.0%)

1 さが, さ恐ろし

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 おさ, なぞ拭い

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 ましさ

▼ さ溌剌さ~ (2, 0.0%)

1 でピッタリ, は魂

▼ さ漕い~ (2, 0.0%)

1 で来るだ, で行く

▼ さ漕ぐ~ (2, 0.0%)

2 海人の

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 ささ, さ尊

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 を掃つて, を掃つてふり亂

▼ さ無気力さ~ (2, 0.0%)

1 というわけ, 非行動性

▼ さ然し~ (2, 0.0%)

1 ね, また面白い

▼ さ煙管~ (2, 0.0%)

1 が五本, の吸口

▼ さ煙草~ (2, 0.0%)

1 のうま, のむだけの

▼ さ物語~ (2, 0.0%)

2 の老

▼ さ特に~ (2, 0.0%)

1 夏の, 眼唇の

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 がみんな, の如くなれ

▼ さ献身~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, よろこばしさ

▼ さ珊瑚屑~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 らしく飲むの, らしや

▼ さ現在~ (2, 0.0%)

1 の僕, の境遇

▼ さ瓦町~ (2, 0.0%)

1 の家, の陋屋

▼ さ生なまし~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ さ田圃~ (2, 0.0%)

2 で首

▼ さ男らし~ (2, 0.0%)

1 さ, さは

▼ さ痛々し~ (2, 0.0%)

2

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さしなやかさを, さそれから

▼ さ百メートル~ (2, 0.0%)

2 の海

▼ さ百噸~ (2, 0.0%)

1 に近い, の大

▼ さ百燭~ (2, 0.0%)

2 のあかり近く寄せ

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 が裂け

▼ さ皮膚~ (2, 0.0%)

1 の実感性, の細やかさ

▼ さ相模屋~ (2, 0.0%)

1 から参りました, から參

▼ さ真実~ (2, 0.0%)

1 のこもった, は此雪

▼ さ真心~ (2, 0.0%)

1 あるもの, がごく

▼ さ矛盾~ (2, 0.0%)

1 のまま, の率直さ

▼ さ石原~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ さ確信~ (2, 0.0%)

1 あり自信, がヴォルガ

▼ さ程気~ (2, 0.0%)

1 にも掛らない, に留め

▼ さ積ん~ (2, 0.0%)

1 でありました, で波

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 かも, なす

▼ さ突然~ (2, 0.0%)

1 の微風, 来り日中

▼ さ窮屈さ~ (2, 0.0%)

1 を心から, を思っ

▼ さ立ぢ~ (2, 0.0%)

2 あがる

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のささえ, の葉風

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 一奧方が, 一恥しい

▼ さ算盤~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ さ粘着力~ (2, 0.0%)

1 のある, を示し

▼ さ精妙さ~ (2, 0.0%)

1 のうち, をもっ

▼ さ精神的~ (2, 0.0%)

1 および肉体的, なこと

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に似, は戸

▼ さ納屋~ (2, 0.0%)

2 であれ

▼ さ純潔さ~ (2, 0.0%)

1 は失はれ, は失われ

▼ さ紛れ~ (2, 0.0%)

1 に飛び込んだ, に養女

▼ さ素人~ (2, 0.0%)

1 が面, に分る

▼ さ素朴~ (2, 0.0%)

1 な態度, 延びようと

▼ さ細か~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ さ結付け~ (2, 0.0%)

1 でお, で置げ

▼ さ絶え間~ (2, 0.0%)

1 なく投げ交され, のない

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 に二間四方許

▼ さ置ぐからつて手紙~ (2, 0.0%)

2 寄越す筈

▼ さ美しい~ (2, 0.0%)

1 ものの, 哉

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 して, も多く

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 にまでももたらされたる

▼ さ肉体~ (2, 0.0%)

1 と精神, の動き

▼ さ肥えたる~ (2, 0.0%)

2 腮の

▼ さ肩身~ (2, 0.0%)

1 のせまい, の広

▼ さ腑甲斐~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ臆病さ~ (2, 0.0%)

1 が結局, の確かめられる

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 から責め, 烈度さを

▼ さ自体~ (2, 0.0%)

1 が純粋, には不

▼ さ自信~ (2, 0.0%)

1 のない, の無

▼ さ自己~ (2, 0.0%)

1 の偽り, の持ち得た

▼ さ自然さ~ (2, 0.0%)

1 がそれなり, というよう

▼ さ自身~ (2, 0.0%)

1 のもつ, のベツド

▼ さ舞台面~ (2, 0.0%)

2 の迫真性

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ さ色彩~ (2, 0.0%)

1 の清鮮, の鮮やかさ

▼ さ色調~ (2, 0.0%)

1 の変化, の遊び

▼ さ芝居~ (2, 0.0%)

1 が掛りました, の本当

▼ さ若い~ (2, 0.0%)

1 娘の, 軽やかな

▼ さ苦悩~ (2, 0.0%)

1 の真実さ, は罪

▼ さ苦痛~ (2, 0.0%)

1 であって, にも歓喜

▼ さ菓子~ (2, 0.0%)

1 の美味, をやろう

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 が乱れ, の花

▼ さ落ち~ (2, 0.0%)

1 てきた, て死んだ

▼ さ蒲團~ (2, 0.0%)

2 へ乘

▼ さ蒸暑~ (2, 0.0%)

1 さに, さ神經を

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 でやきもき

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の音, はまだ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 なす滿, によ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のつながり, の清

▼ さ行かう~ (2, 0.0%)

1 つと, と思ふとる

▼ さ行きとう~ (2, 0.0%)

1 なかバイ, はなか

▼ さ行ぐど~ (2, 0.0%)

2 も手さ持つてげ

▼ さ行ったら~ (2, 0.0%)

1 俺いい, 毎日芋と

▼ さ行儀~ (2, 0.0%)

1 のよ, よさ

▼ さ複雜さ~ (2, 0.0%)

1 をもつた生きた, を與

▼ さ西洋~ (2, 0.0%)

1 ではまだ, の犬

▼ さ親切~ (2, 0.0%)

1 な感情, は心

▼ さ言いよう~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ さ話し~ (2, 0.0%)

1 て年貢, のたくみ

▼ さ誇張~ (2, 0.0%)

1 が極めて, などをただ

▼ さ誘惑的~ (2, 0.0%)

2 な声

▼ さ誠に~ (2, 0.0%)

1 失敬だ, 好く現行

▼ さ誠実さ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を洞察

▼ さ読みたい~ (2, 0.0%)

2 本を

▼ さ貧乏~ (2, 0.0%)

1 のはかな, らしく見せた僞裝

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さ, とさ

▼ さ貴方~ (2, 0.0%)

1 の待っ, の顔

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 こさ, さ風情絵巻物風な

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さの, や青

▼ さ起きた~ (2, 0.0%)

2 許りで

▼ さ身一つ~ (2, 0.0%)

2 に結ばれ

▼ さ身体~ (2, 0.0%)

1 あ役に立たなくなっ, 売ったって

▼ さ身請~ (2, 0.0%)

1 たって, をされた

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 を動かす

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さどことなく, さ愛すべき

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 しさ, やかしい人間性

▼ さ農民~ (2, 0.0%)

1 の剛直さ智慧, の愚痴

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 に行ったれ, へに來

▼ さ退屈さ~ (2, 0.0%)

1 であらう, に輪

▼ さ逃げ高まりたい~ (2, 0.0%)

2 切なさ

▼ さ這入っ~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ さ通る~ (2, 0.0%)

1 と裏口, には通った

▼ さ遊び~ (2, 0.0%)

1 に耽り, に行

▼ さ過ぎました~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ さ過ぎら~ (2, 0.0%)

1 あ, あな

▼ さ過る~ (2, 0.0%)

1 から詰り, そんな生地

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さこの世の, みかしこ

▼ さ遠慮~ (2, 0.0%)

1 なしに, はいりませんから

▼ さ醜く~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ さ野菜~ (2, 0.0%)

2 の安

▼ さ針工場~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ さ鋭い~ (2, 0.0%)

1 不安が, 清廉な

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 さを, さ三間幅二間くらい

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のよ, の悪

▼ さ間もなく~ (2, 0.0%)

1 本望を, 東が

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 けに, けに是

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 父さん同様の, 父の

▼ さ降った~ (2, 0.0%)

2

▼ さ降りで~ (2, 0.0%)

2 ても

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 へ引越し

▼ さ雄々し~ (2, 0.0%)

1 さが, さ王者の

▼ さ雄大さ~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を感じるだろう

▼ さ雑草~ (2, 0.0%)

1 のうつくしい, のやすけさ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 の味, を誘っ

▼ さ青し~ (2, 0.0%)

2 夜霧立ち

▼ さ静かさ~ (2, 0.0%)

1 で人, 深さ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 科学性も, 行動性に

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 とむかっ, を打つ

▼ さ頼まね~ (2, 0.0%)

2 ばならねえ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 つけて, を擧げる

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 うべきもの, なければ

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 のうま, のおいし

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 っての可愛, つ程

▼ さ餞別~ (2, 0.0%)

1 やって, 出来るよう

▼ さ~ (2, 0.0%)

2 じさに

▼ さ~ (2, 0.0%)

1 になった, や馭者

▼ さ馬車~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ さ馬鹿~ (2, 0.0%)

1 だね, な自信

▼ さ馬鹿さ惨めさ~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ さ驚いち~ (2, 0.0%)

2 や駄目

▼ さ骨膜~ (2, 0.0%)

2 に達する

▼ さ骨身~ (2, 0.0%)

1 にこたえる, を透す

▼ さ高尚~ (2, 0.0%)

1 という言葉, な気位

▼ さ高貴さ~ (2, 0.0%)

1 さえこの, と違う

▼ さ高雅さ~ (2, 0.0%)

1 が装飾的, が貴女

▼ さ鮮やか~ (2, 0.0%)

1 な性格, な鉢

▼ さ鳥居~ (2, 0.0%)

1 の大き, の鬼奉行様

▼1* [6556件]

〇・六米程の鉄棒, さあいさつ口上のあざやかさ, さあいつごろだったろう, さあいまいさの故に, さあいらしって下さい, さあいらっしゃいよ, さあおじさまもうそろそろおい, さあかずへてごらん, さあきらかに差し出し, さあくまで高い梯子櫓, さあくるならいくらでも, さあけると船, さあさういはれて, さあざやかさ目にもとまらぬ, さあしたは早く, さあじきなさに, さあたしゃちゃんと鍋, さあたら一匹の, さあたりまえの高, さあっお立会い, さあっきからお, さあっきっからあすこ, さあっしゃ云ってやった, さあつちへ, さあて着物かえさ, さあと二叉に飛びわかれ, さあと土によごれ, さあと声がかかる, さあと慨嘆して, さあと阿賀妻を促した, さあなたこちらへ, さあなた様が遠慮, さあはれさを添, さあはれさ此上あらん共, さあはれさ私はうんざり, さあほらしさから, さあまったお延, さあまりに形の, さあまり人を縛った, さあまる身震いを, さあやうさも, さあゆやあなご, さあらずば天, さあらずして軍兵, さあらためて浪之, さあらめ宛も眠り転び, さあらわな受難, さあらわれて暗, さありせば, さありゃこの辺, さあるべきやと截ち, さあれかうした艶話かうした, さあれそこの高き, さあれなほものうき砥石, さあれなほ梢はにほひ, さあれひんがし, さあれわれらはわれら, さあれ予は件, さあれ人間が手づくり, さあれ今は何, さあれ今一個の伝説, さあれ何処へこの, さあれ去年の雪, さあれ吾人にとり, さあれ如此にし, さあれ底土にひそみ, さあれ式こそ挙げ, さあれ弟よ, さあれ当時の境遇, さあれ微温のアキリュウス, さあれ怒ることこそ, さあれ戀し戀, さあれ日は過ぎ, さあれ死滅の運命, さあれ氣ぶかき, さあれ熊は洞穴, さあれ絳雪の来ぬ, さあれ絶対無限てふも, さあれ覆水争でか, さあれ身に惱, さあれ風声鶴涙に驚き, さあわただしさの, さあんたらが死んだ, さあん出ておいでよう, さあん時は所長, さぃ行げばいいんだじゃ, さいあこンとこで, さいあって仮に, さいあり気な, さいいいでんと, さいいかげんがない, さいうたら頭の, さいおよしなさい, さいかで人傳へ, さいかなくてえ, さいかなる御仔細, さいかに国事ことしげく, さいかほど年月を, さいかめしさを, さいかものでゴタゴタ, さいくじなさ, さいくだね, さいくらでも泣け, さいけないよ誰方様, さいこたくまか出たてけれっつ, さいこつち向いて見, さいして自分, さいしたらええの, さいしょ飛びあがった天井の, さいじわるさ, さいぜんがっしりとしてある, さいぜんさんざん問題に, さいぜんただちに頭髪を, さいぜん再三庵寺の, さいぜん現にここで, さいその影, さいたずらに神話の, さいちべ, さいちゅうということにならなければなりませんでしたから事は迷宮, さいちゅうのその師範代を恨み, さいちゅうの四年前でそれから, さいっしょに陥っ, さいっそ難物だ, さいったい平賀様には, さいったい全体だれに, さいっちょう行こう, さいつかすっかり寝こん, さいつか別荘へ往, さいつ日わが船, さいといつたの, さいとう等出る, さいとおつしやる, さいとど増さりつつ, さいとも感じて, さいとわしさを, さいなまれた挙句骨と, さいなまんとする, さいなみあとは, さいなみましたる少女の, さいなみ突きまくった刀痕は, さいねそんなお話, さいはば悔, さいふたらおまへんでした, さいふべからずやよや, さいまいましさで, さいま大奥の一間, さいみの風呂敷, さいみじさが肝, さいめすなわち堺, さいもらはない, さいやしくも文学士の, さいやまして, さいや増して身体, さいよう熱くでも, さいらしく腕組み, さいらしくうなずいてみせた, さいらだたしさで, さいらっしゃいよ, さいれられねえごん, さいろめかしさあきらかに, さいろんなことを, さいわむ方なし, さいわいあなたさまからも, さいわなくってすむならいわない, さいわゆるクラシックと, さいわんかたなし, さいんちきには厭, さううでは, さうえもんぢやあんめ, さうえ怪我しても, さうえ處へ行, さうえ處他人に見られたら, さうおまへたちは, さうかいお家の大事, さうかいみよ子はまだ, さうかい俺も多分さ, さうかい僕はその, さうかい失敬失敬なあにしろお父さん, さうかい私は今, さうかい能く行つて來, さうかい馬鹿だね, さうかうしてる, さうかう致すうち一月の, さうかさうして呉れ, さうかしらん, さうかと一応は分つ, さうかねぢや, さうがつたので終, さうきつぱり云ひたい, さうきまつたら盲滅法みんなで, さうき立つ秋草の, さうくよ, さうこしらへて, さうさあそこに専務, さうさあたしや好き, さうさいつだつたかな, さうさうたやすく誰, さうさお前けど何と, さうさお前さんは何處, さうさかんに合槌うた, さうさそれみて, さうさとつたので, さうさなんでも年, さうさア一生懸命惚れてたン, さうさ一寸言や豆腐糟, さうさ二疊の狹, さうさ今打たせちや三十掛, さうさ何でも市役所, さうさ四五日中に, さうさ大滝だよ, さうさ失禮だが, さうさ女もお前, さうさ成程外, さうさ文明國さ, さうさ有用だとか, さうさ柿の実, さうさ此の鹽梅, さうさ此処で待つ, さうさ無駄と云, さうさ警官として行き倒れ, さうさ豚を徴発, さうさ轉入が出, さうさ過失の無い, さうさ馬車の代り, さうさ馬鹿に出, さうしたみふ類似, さうしちやつた方がい, さうしちや馬の裾湯沸, さうしてあつまつた金, さうしていざ寢ると, さうしていちんち潮風, さうしてこの別, さうしてつかまう, さうしてる間に豫, さうしようおらお父さんなんかにちつ, さうしようぢやありません, さうしよう此葦洲と此朝顔, さうしろと言, さうしろめたさが, さうし状態がつづき, さうす青さ, さうずがこと, さうずけしきに見えた, さうずらのう, さうず吼りやうぢ, さうず気色すらおりない, さうせかないで下さい, さうせまいと思つて, さうせられてゐる, さうそ京都駅へ今井先生, さうたう見うけるが, さうたお雪伯母に, さうたつて迚も見, さうたなつたので, さうためらひながらも青年, さうだありや金助, さうだいづれどこか, さうだかうしちや, さうだかうしてはゐられない, さうだしつかりつかまつてゐ, さうだじゆんはおつ母さんを, さうだすつかり忘れてゐた, さうだったって, さうだつかまへてやらう, さうだもつと体, さうだやれ大変な, さうだゆれるばかりだ, さうだらう威かしに過ぎない, さうだらしなく涙を, さうだろうね, さうだんしてゐます, さうだんしますとみんな, さうだ出て行かう, さうだ待つてゐ, さうだ急いで帰庵, さうだ死にさへ, さうだ脱げよ, さうだ落ちついてひとり, さうだ見落したことが, さうだ降つても, さうだ駈けちやいけない, さうっとうしさは, さうつくしい秋景色, さうつけたして, さうつづけながら更に, さうであってもい, さうであるちつとも暗く, さうであるまいとする, さうである如く如何なる破壊混乱, さうでござんすね, さうでござんすよ, さうでござんせうかねお, さうですつてそこ, さうです休むだけでも可, さうでつしやろ, さうでないですよ, さうでなからうとそれ, さうでなく生き殘つてる, さうでぶよ, さうでまつたく手も, さうで企みの深, さうで口説かれさう, さうで御座いませうかなあ, さうで恐れ入りました御心掛, さうで憎めないところの, さうで歩めさうもない, さうで死ぬほど心配, さうで無ければ埃及, さうで知らずに会, さうで脂ぎつて三十過ぎ, さうで脅えて剃らなかつた, さうで見てゐられません, さうとうきびしかつた, さうなぎやてんぷら, さうなこつちやない, さうなされたのださうで, さうなったらこっちが, さうならずにゐないだらう, さうならせる迄然し, さうならねば生き, さうならねえのが, さうなりし処で, さうなりたくはございません, さうなりませうと現実, さうなり切ることが, さうなるであらうが茉莉さん, さうな重三はもう, さうな重味のある, さうな重詰ものといけ, さうにあざやかだけれども, さうにあたしの肩, さうにあちらこちらを見, さうにあとへ退る, さうにいつかの, さうにいふだけです, さうにいまは全く, さうにいま一生懸命なのよ, さうにいろいろなもの, さうにうたつてゐる声, さうにうちはを使, さうにおんつぁん, さうにお伴が些, さうにお出かけになりました, さうにお前の母アさん, さうにお札を数, さうにお母さんは胸, さうにお礼の口上, さうにお茶などを運ん, さうにかすかに眉, さうにきまりきつて, さうにぎよろりと輝やかせ, さうにくすりと笑つた, さうにくちばしを向け, さうにぐつと飲み干して, さうにぐわんと行く時, さうにここから又, さうにこっちを見, さうにことこと頭を振, さうにさ眼さ一杯涙ばため, さうにしょぼしょぼしながら, さうにじいツとこちら, さうにすすつた, さうにそいつを投げ棄てる, さうにそっぽむいて, さうにその後を見送る, さうにそれくらゐの, さうにそん怒事, さうにそツとして置いた, さうにだまつて少しわらつて, さうにだまつてその後を見送つ, さうにちよいと彼, さうにどれにもこれ, さうになかを覗いた, さうになつたことも一二度, さうになつたんですつて, さうになつちやふわ, さうになつちやヂツとして見, さうにななめにとん, さうになよやかな其の, さうになんども脚, さうにねずみ泣きのやう, さうにひつこめて, さうにひとつ棄てふたつ, さうにひとりで呟い, さうにひよつくりと頭, さうにびつくりしたらしかつ, さうにぴちやぴちやといやしく, さうにぴつたりと顔を砂, さうにふつてみせた, さうにふところから取出す, さうにふところ手のま, さうにまつ赤で, さうにむつつり黙り込んで, さうにめをこすり, さうにもとはこんなに, さうにもろこしを一粒一粒喰つて, さうにゆたかな土, さうにわきに抱, さうにわけもなし, さうにわしをじろじろ, さうにわらつて女の子に答, さうにわらつて顏を赤く, さうにイイスタアの卵, さうにガーガーと大きな, さうにクツクツと笑, さうにクツシヨンに凭, さうにクリームを顔, さうにゲラゲラと笑つた, さうにシルクハットがたかつ, さうにタバコをく, さうにダラシなく笑つて, さうにチウチウ音をたて, さうにヂツと見, さうにツルリと長, さうにデッキの上, さうにニコニコして, さうにニツコリして, さうにニヤついたり, さうにニヤツと笑, さうにハガキを見せる, さうにハヽヽヽと笑つた, さうにバサバサと鳴る羽ばたき, さうにバスのヘッドライト, さうにバタバタと煽いだ, さうにパクついた, さうにパリの貧乏生活, さうにビールを飲んだ, さうにピストルをとりあげ, さうにピチンと閉ぢ, さうにフツと一息, さうにフフンとわら, さうにブロクルハースト氏にはそれ, さうにプールを見廻しました, さうにホウホウと鳴い, さうにホホホヽと笑つた, さうにホホヽヽと笑つた, さうにポタポタと落ちる, さうにポン公をながめました, さうにマセた事, さうにムカバキの紐, さうにモヂモヂし乍ら, さうにラツプを睨みつけました, さうにラムネのくち, さうにロツヂの中, さうに一つの名前, さうに一ぱい生へそろつ, さうに一人で蚊帳, さうに一口に飲みほした, さうに一寸笑って, さうに一寸それに触つ, さうに一寸会釈をする, さうに一寸指先きで自分, さうに一寸皿の物, さうに一寸膝の上, さうに一寸鏡を見る, さうに一寸頭を下げた, さうに一息に飲んだ, さうに一方ばかりを睨んだ, さうに一束にたばね, さうに一枚岩の上, さうに一生奉公に取つ, さうに一羽目白鳥が鳴いた, さうに一考した後, さうに一郎をふり, さうに万年筆を耳, さうに三つ平げて思ひ, さうに三十八度一二分から九度四五分の間, さうに三和土の上, さうに三度大きく首, さうに三毛猫でもあやす, さうに三輪の親分, さうに上眼越しにチラチラ, さうに下つた帷を掲げ, さうに下つてゐるから, さうに不平を洩し, さうに不思議さうに何もかも不思議さ, さうに不景気に見え, さうに不服ありげ, さうに中学生の私, さうに丸髷の根, さうに主人に話し込ん, さうに久濶の挨拶, さうに乘つかつて, さうに乞食の言葉, さうに二つの袖, さうに二つ三つつまみさ, さうに二三日前に伊香保, さうに二三日前自分の観, さうに二三服続け様に喫ん, さうに二三服續け樣, さうに二三種の原稿, さうに二三間追つかけ, さうに二十三で肋骨, さうに二度三度同じ言葉, さうに云つたのは志村, さうに云つた事があつ, さうに云つてうつ向きに長く, さうに云つてまともにその, さうに云つて妹の脊, さうに云つて眼を光らした, さうに云つて臺所のこと, さうに云はんかてよろし, さうに享け流した, さうに亭主に告白, さうに人力車を見, さうに今までのいきさつ, さうに今年のおしまひ, さうに今日は御, さうに仙太は斯, さうに以前の話, さうに住慣れたところ, さうに体中でハツ, さうに何げなささ, さうに何んだつて, さうに何処かへ立去つた, さうに何度も口ごもりました, さうに何病で死んだ, さうに何處へともなく, さうに余計者の銅鑼, さうに佛蘭西式調練の小, さうに作業に熱中, さうに使つてゐる容子, さうに俯向くの, さうに俵に腰, さうに候芸術家最高の事業, さうに假髮をお, さうに健康だ, さうに偸み見るの, さうに傍に坐つた, さうに傍目も触れず, さうに元気よく歩きました, さうに兄の顏, さうに光つたぞ, さうに兎が云, さうに入口に立つ, さうに其尾ばかり振, さうに其視線が合つて, さうに其間を去来, さうに其顏を見つめる, さうに内部を覗き込むでゐた, さうに冷かしを言つた男, さうに凧上げをし, さうに出入りして, さうに切つて廻る燕, さうに切口を輝かし, さうに初瀬のする, さうに判断するは, さうに利休の一言, さうに利助の顏, さうに刷毛を使ひつ, さうに前の方, さうに剛つて濃く淡く色づい, さうに剣の歌, さうに加はりました, さうに勇は云つて, さうに動して, さうに動きまはつ, さうに勘定して, さうに勝平を見返つた, さうに包みかくしてゐた, さうに北を待つ, さうに十三や十四, さうに十九で死んだ, さうに十五世紀以來のテューダー・ハウス, さうに十円紙幣を出し, さうに十風の顏, さうに千代松の顏, さうに午後三時を打つた, さうに午餐を味, さうに半ば強情さうに言つた, さうに半分閉ぢた眼, さうに半身を起し, さうに卓子の向側, さうに原稿を向う, さうに厩の方, さうに参つたり, さうに友達の顔, さうに反問した, さうに叔母はす, さうに叔父さんはお節, さうに取り殘されて, さうに受取つた, さうに口籠つてゐたが, さうに可愛がつて, さうに合掌した, さうに向から近寄, さうに君等は, さうに含み笑ひを, さうに吸つた, さうに吸つてから獲物, さうに吸つて脚を投げ出し, さうに呉俊陞氏の脂ぎつた身体, さうに呑気さうに話して, さうに呟やいた, さうに周三の顏, さうに味噌汁を啜, さうに呶鳴つた, さうに呻吟つたり, さうに哲も可愛, さうに唄つてゐるの, さうに商売向きの雑誌, さうに啣へた, さうに喋つたり, さうに喋舌るの, さうに喧伝したの, さうに喫つてゐた, さうに嘆息した, さうに嘔吐して, さうに囁き合つてゐるの, さうに四十男の傳助, さうに四囲を眺めた, さうに四圍を眺め, さうに四邊を見廻しました, さうに固唾を呑む, さうに土人のボーイ, さうに土瓶提げて, さうに土間に坐る, さうに地上に直角, さうに地平線の方, さうに地酒の香, さうに地面を見, さうに地鞴を踏み, さうに坂道の両側, さうに垂れ下つて居りました, さうに堀割を隔てた, さうに堀周吉は恐ろしく, さうに場内を見, さうに塗りたてたこの, さうに壁に倚凭つて, さうに声顫はせて, さうに壺を抱, さうに外科醫の一つ一つ, さうに多喜子は言, さうに夜光の珠, さうに夜更けまで繰り返し, さうに夢のなか, さうに夢中で口, さうに大な黒い, さうに大手をふつ, さうに大西の股間, さうに大越さんは私, さうに天井を仰い, さうに太鼓樓から二階, さうに夫の顔, さうに失笑ひを, さうに奔放自在にハンドル, さうに奔走し始めて, さうに奥部屋の古, さうに奴さん甚くふさぎこんでる, さうに妻に呼びかけた, さうに姉の顏, さうに媚を帯び, さうに子が吸う, さうに子供のやう, さうに子犬を見, さうに子鶉はすぐ, さうに宅の方, さうに宮の方, さうに宴席の芸妓ども, さうに家来が言, さうに家路へ急ぎました, さうに宿へ送り届け, さうに寄つて來て受取つて, さうに富太郎はこの, さうに富岡の胸, さうに寝返りをうつ, さうに寢臺の上, さうに寢過ぎてむくんだやうな顏を撫で上げました, さうに對手の顏, さうに小三郎さんは幸, さうに小僧の顔, さうに小刻みに飛び歩く, さうに小生の表情, さうに小言を云つて, さうに小鬢を掻い, さうに小鳥にむかつ, さうに小鼻を蠢め, さうに少年を見た, さうに尻をあげ, さうに尻ごみして, さうに尻尾を振, さうに尻端折で働い, さうに居住を直します, さうに居眠りをし, さうに山猫にでも成るだらず, さうに岡が繰り返す, さうに岩の端, さうに岩魚を釣つて, さうに島田髷の鬘, さうに崖下の波, さうに左右を眺め眺め, さうに差俯向く, さうに己れも, さうに帽子をかぶつ, さうに幸子の顏, さうに幼な子, さうに床屋の耳, さうに庖丁で切つて, さうに店へ捜し, さうに店先へ出, さうに店番をし, さうに座布団の上, さうに庭石の上, さうに廣い肩, さうに建物を見, さうに廻つてゐる水車, さうに弄くり廻して, さうに引きずつてゐる, さうに引ツ返して, さうに引摺つて旅人は蹌踉, さうに弟を見上げた, さうに彼らが小さな, さうに往つたり, さうに後ろ傷で往生, さうに御覧になつて, さうに徳利を引出し, さうに心が豐, さうに忍び笑ひを, さうに応へるの, さうに怒りをこめ, さうに思つたのでございませう度々, さうに思つた位に, さうに思つた時彼が言, さうに思つてそれを彼等, さうに思つて笑ふと弟, さうに性急に述べた, さうに怯づ怯づ彼のゐる, さうに恥かしさうに体, さうに想へた, さうに想像され信じられた, さうに意味あり気, さうに意地の悪い, さうに愛ちやんの顏, さうに愛嬌を振り撒く, さうに感謝の念, さうに慄へ乍ら, さうに慰めもない, さうに懐ろから引つ, さうに懐中を開け, さうに懷から十圓札, さうに成つたのであらう, さうに成つても何, さうに我鳴り立てるし, さうに戯けあつて, さうに房一を見上げた, さうに手傳つて居るの, さうに手摺へ肱, さうに手筋を變, さうに打守るので, さうに払ひ退けながら, さうに承諾するの, さうに投網をし, さうに押へて放さず, さうに拂ひ退けて, さうに持扱ひながら, さうに指先を眺め, さうに指圖をし, さうに挨拶をかへした, さうに振りむいて, さうに振舞つても可, さうに掌打にする, さうに揃へた, さうに揉み手をし, さうに搖られ乍ら體, さうに搖らめいて, さうに擬と見, さうに教へてくれた, さうに散歩する先生, さうに敬之進の横顔, さうに敵を睨ん, さうに文太郎は言, さうに新聞の切拔, さうに日のあ, さうに日光を吸つて, さうに旦那も歌, さうに春之助は眞, さうに是方を眺めた, さうに時計をつかんだ, さうに晝寢をし, さうに景氣のよい, さうに晴々とした, さうに晴れ渡つた夏の大空, さうに暗記して, さうに曲んでる, さうに曲つてゐた, さうに曲めて開ける, さうに最後の一瞥, さうに會釋して, さうに朗かに笑つた, さうに本を読ん, さうに本院の侍従, さうに東京へ修業, さうに林檎かじつてゐる, さうに柱時計を見あげ, さうに栗のいが, さうに梨枝子はやや, さうに森閑としてゐる, さうに構へとる, さうに樋から洩る, さうに権の顔, さうに横目を使っ, さうに横眼で清作, さうに欄干にもたれ, さうに次の田, さうに歌などを唄, さうに歌ふみだらな流行唄, さうに此の大, さうに此戸外を通り過ぎた, さうに武士の後姿, さうに歯噛みをした, さうに歸つて來るの, さうに歸國して, さうに殘つてゐるやう, さうに段々を注意深く, さうに母者人はあれ, さうに毛布に顏, さうに毛糸などを選り分け, さうに毬投をやつ, さうに民子がいふ, さうに水彩畫を描い, さうに水蒸氣を含んだ, さうに池の端, さうに河の方, さうに泣き声を立てました, さうに洋服を脱ぎ, さうに深水が呟いた, さうに湖上を遠く, さうに湯のなか, さうに滑らかな返事, さうに滝に訊ねた, さうに滝尾に呼びかけた, さうに漂つて来る, さうに濡て光つて, さうに炉側を立ち上つた, さうに烟草を吹かし出した, さうに焜爐火にし, さうに照ちやんを見た, さうに照子の姿, さうに熟視める, さうに爪先を見, さうに爲る, さうに父の民蔵, さうに父さんを見, さうに片手で額, さうに片眼を明けた, さうに物問ひたげな顏, さうに物蔭から出, さうに物言ふ声, さうに犯人は完全, さうに独りで饒舌, さうに独り言を云, さうに獣は私達, さうに獨言を云つたの, さうに王は地, さうに理論を頭, さうに瓶が置い, さうに生埋に, さうに生活が難, さうに生返事をする, さうに田中博士の顔, さうに画面を離れ, さうに番人をし, さうに疊に横, さうに疊んだ紙片, さうに病人を見, さうに病変した顔, さうに病気のため, さうに病院服の前, さうに白を取つた, さうに白状して, さうに白眼づかひの, さうに白足袋を穿いた, さうに皆をみ, さうに皮でさ, さうに盗賊のピストル, さうに盛上つた女の膝, さうに盜み見るので, さうに目送した, さうに直吉の表情, さうに相好を崩し, さうに相槌をうつた, さうに省三の顔, さうに省吾の顔, さうに看護婦の顔, さうに眞似て, さうに眞白な葉裏, さうに真似する子供, さうに真白な葉裏, さうに真赤な顔, さうに眠つた振りをし, さうに眺め乍ら有太郎, さうに眺め佇立んで居る, さうに眼玉をきよろき, さうに眼鏡を覗く, さうに睦じさうに, さうに瞬たいて, さうに瞼を引きあけ, さうに石甃の上, さうに石盤に書い, さうに碌々としてゐる, さうに碧童にそつ, さうに礫をそれに, さうに礼を言つた, さうに私どもを迎, さうに秋の強い, さうに穴熊に着せた, さうに空想らしく自ら, さうに空氣をふるはせ, さうに突き飛し合, さうに窓外を見, さうに立ち上つて自分も仕度, さうに立ら働いて, さうに立上つた, さうに立上つてその原稿, さうに立上つて其原稿を主任, さうに立上つて會社に出かけた, さうに竝んで話し, さうに竹丸を抱き上げ, さうに笑つたたつた一人, さうに笑つたのである, さうに笑つたものがあつ, さうに笑つておいでになりました, さうに笑つて丑松と一緒, さうに笑つて匕首を返し, さうに笑つて子供を抱きあげた, さうに笑つて男の心, さうに笑つて縁に腰掛け, さうに笑つて肩をすくめた, さうに笑つて言ひました, さうに笑つて足早に走り出す, さうに笑つて馬にむちをあてながら, さうに笑声を洩らした, さうに筧の中, さうに箪笥を引出し, さうに箸をとつ, さうに築地へ散歩, さうに米を炊, さうに粗朶を負う, さうに糸子を見, さうに紅の這入つ, さうに素速く見流し, さうに素直に直吉, さうに素顔君のそば, さうに紫檀の卓, さうに紹介した, さうに絡つて來る, さうに給仕の者, さうに綺麗な齒, さうに線路の端, さうに編物へ熱中, さうに縁側に持つ, さうに縛つて居るから, さうに美津子を, さうに羽を反らし, さうに羽搏をする, さうに耐へながら俯向, さうに聖書をドシン, さうに聞耳を立て, さうに職員録を繰返し, さうに肥つた主人が二人, さうに肥つた体を起し, さうに肯つた, さうに育ち卑しき涕垂, さうに背中がづきづき, さうに背延をし, さうに背延びをしました, さうに背後へ撥ねた, さうに背負つて来た事, さうに胡麻白頭を両手, さうに脂下つて居たと, さうに脇息に支, さうに腕を拱きました, さうに腹這ひにな, さうに膝を乗り出した, さうに膝突き合はし, さうに臺所の障子, さうに舞つてゐる, さうに舞台へかける, さうに舟べりを煙らせた, さうに舟遊びをし, さうに航海者が慄気, さうに艪をあやつり, さうに良介を眺め, さうに良子と語らつ, さうに芙つた, さうに花と花, さうに花環をささげ, さうに草履を突掛け乍ら, さうに荒涼とした, さうに荒狂つてゐる海, さうに荒馬車を曳い, さうに著ぶくれた裘衣, さうに葱のにほひ, さうに蒲團さ顏つけて, さうに蒼ざめ聲を立て, さうに蔓を握つた蒸し, さうに蔵つてあるので, さうに薄笑ふと耳, さうに薄緑の山色, さうに虎のやう, さうに蟒を罵つた, さうに蠅帳を取りのけ, さうに行列を迎, さうに行水をつかつ, さうに街の四分の一, さうに衣服を着, さうに袂から四合瓶, さうに裾に靡く, さうに褐色に焼け, さうに襟をかき合せました, さうに見えまするな, さうに見入つてゐる, さうに視線を脱した, さうに覗き込で漸く, さうに觸れるの, さうに言つたがそれでも, さうに言つて文太郎は彼, さうに言つて生前に茶器, さうに言つて白布の覆け, さうに言つて盃をかへす, さうに言つて私のため, さうに言つて築山の彼方, さうに言ふたるん, さうに言訳をした, さうに言譯を半分, さうに訴へるので, さうに註を入れました, さうに話頭を転じた, さうに誰かが答, さうに調子を合, さうに講義をし, さうに謡ひました, さうに警察の門柱, さうに貌を曇らせ, さうに財布から五円札, さうに貧乏人の二宮金次郎, さうに買つて来た花, さうに賑かさうに, さうに質ねた, さうに赤ん坊に乳, さうに赤塚氏の顔, さうに赤子をあやし, さうに走り廻つてゐた, さうに越後屋重吉はあんなに, さうに足踏みして, さうに蹄の音, さうに蹣跚めき乍ら, さうに蹲踞んで火, さうに身動きもせず, さうに身悶えして, さうに輝やかして, さうに轉ばされ, さうに辰馬は門口, さうに透見して, さうに這つて来た, さうに連れと話し, さうに道中の名所古蹟, さうに部屋の様子, さうに部屋ぢゆうの戸障子, さうに部屋隅の書棚, さうに醫員の方, さうに野枝さんは二日, さうに金を袋, さうに金網の窓, さうに鏡の中, さうに鏡臺の前, さうに長太息を吐きました, さうに長火鉢の前, さうに陸へ上げられた, さうに陸揚して, さうに陽気に話し, さうに階上へ上つて, さうに障子を睥むと, さうに雀を拾つた, さうに雑談を交し, さうに離屋の中, さうに電気燈の少ない, さうに電車の中, さうに霜夜の横寺, さうに青年の顔, さうに青空に浮ん, さうに面皰と笑, さうに音声の調子, さうに頭痛がし, さうに頼りなく光つて, さうに顎を撫で回す, さうに顔ぢゆうを, さうに顔中に微笑, さうに顔色を変, さうに風早學士の樣子, さうに風車の後, さうに飮んで居る, さうに餌箱を見上げます, さうに香煎のなか, さうに馬乘りにな, さうに駄夫を眺め下し, さうに駿介を見, さうに驅け寄つて, さうに骸骨が残つて, さうに體ぢゆうのポケツト, さうに髷節を押, さうに鬚をしごき, さうに鳩を見上げました, さうに鶏のやう, さうに鶴石の顔, さうに麻の如く思ひ乱れ, さうに黄昏の水, さうに黒ちやんは大きな, さうに默り込んで, さうに默ツて所天, さうに點りつ消えつ靜かに, さうに齒咬みを, さうぬぼれそれが, さうのも御座いませう, さうの様であつ, さうまごついてゐる, さうまるつきりの, さうみられるやうな, さうめいに晴れた, さうめちやに踏み倒す, さうもあらうと思, さうもいかないけどぢ, さうもいかないだらうなんかの, さうもいくまいが兎, さうもしたらばと云, さうもしてられないけど, さうもしなかつたがその, さうもするものかと, さうもせず併し, さうもたやすく死ねる, さうもできない事情といふ, さうもない恐しく頑丈な, さうもなく思はれるのであつ, さうもなく白けたのにこつち, さうもなく見えて何, さうもなるめえ, さうもゆかないよ, さうも仰有らないんです, さうも思はれたがしかし, さうも思はれませんが, さうも思はれるぐらゐ自分ながら, さうも思はんぢや, さうも思ふのだつた, さうも思へないんだ, さうも無いすぐれた娘でした, さうも疑つてみる, さうも考へられたが村政上, さうらがなしさいい, さうらしいなア, さうらしうございますわ, さうらしくもない, さうらしく見せかけてゐる, さうらふべく候, さうら寂しさが, さうるささ痒さ, さうれ御覧なさい, さうわきから考へる, さうわるくいはれない, さうんと仕込んどきゃあと水一杯, さう不自然でなく, さう云ってゐた, さう云ったわ, さう半疊を, さう呟きながら私, さう喚いたのだ, さう大變の, さう思ひながら破れた, さう急がんでも, さう書いてある, さう有仰つたら私, さう有難うでももう, さう果し眼に, さう生易さしい, さう短氣を, さう追駈て, さえい何と言ったら, さええな, さええ不運ほど, さえつさつさ, さえつさえつさつさ, さえみ出すことが, さえようように, さおいとひ下さい, さおいらは大, さおお堪えがたと, さおおかた五十尺その, さおかあさんのおっしゃった, さおかげで酒, さおかしさいろいろ, さおかしいね, さおかみさんの深切, さおきする子は, さおくれよ, さおく光る青貝の, さおしまひまで聽, さおしよせる波が, さおそくなると, さおそらくその当時, さおぞましさ言いようが, さおっ母アは, さおっしゃってくださいまし, さおっぱらっちゃうもの, さおとバケツと紅茶, さおどけ好きの金五郎, さおどろくばかりね壕生活, さおのれを赤裸々, さおのれ父たること, さおの両方にぶらさげ, さおの北側へ妙, さおの如くにし, さおひたしのおいし, さおぼさずや宵, さおまけにバナナ, さおもへば打物, さおやじはおそく, さおろかさ腹立たしいばかりぞ, さおろかしさ, さおろそかなるところ, さおん可懐さを存ずる, さお上んなせ, さお伴するが, さお供いたしましょう, さお前いやなら一人, さお前さんご存じだ, さお前たちも勇気, さお前白痴にお, さお大盡の, さお婆さん極りを云っ, さお嬢様ここで次郎, さお客さまがぜひ, さお客様たちはどうぞ, さお昼の三時頃, さお湯をつかっ, さお礼だ取っといて, さお立ちなさりませ, さお腹が空い, さお菓子はどう, さお越し遊ばしませ, さお辞儀しなくては, さお陀仏だ, さかういふ人間的風格は, さかえりめいめい婆さまの, さかかって, さかかわるより土地, さかがったころだ, さかきさまと稱, さかくせずわたしも, さかけねえで癒し度が, さかげる程の, さかこみの太さ, さかさとも知らず押しいただきそのまま, さかさまよ, さかさまだよ, さかさまならまだいい, さかざりなさ, さかしか姿を, さかしげな軽侮の, さかしこさの, さかしらの恥かしく, さかたくるしさという, さかったけれどあの, さかづかみに, さかで大川へ, さかという事を, さかといふことだけは, さかとか矢つぎ早に, さかなと来山張の, さかならず父母が, さかにのみ属する心, さかねぢを, さかはえな, さかばふたりかざしに, さかび臭さが, さかぶぞい, さかへもつかぬ不思議, さかみそりが, さかもとの合戦が, さかゆともひともと柳, さからいつても, さからすらえんな, さからず見えに, さからだけでものどまで, さからって頑固に, さからであらうが, さからという風に, さからとばかりも云えない, さからばかりでは, さかりしにはこの, さかりどきもちろん右門, さかるべく少し場所, さかる悲しさよ, さかわいさに, さかわす間も, さがからだいつぱいになつた, さがきはだ, さがけふも墓場, さがしものでしばらく行方, さがった逃げたと言われる, さがてとり早く, さがな悪きは, さがなの眼玉は, さがらせる傾向の, さがりあてがわれた酒の, さがりたいような, さがりたるところの, さがり気味でした, さがわりに少なく, さがんなさると, さきいでたる, さきが地を撫でん, さきくれむ蹴飛ばし, さきけばみんな, さきけり木曾の, さきざき何, さきたならしさ卑怯未練この, さきちよぼちよぼと, さきつと, さきつくしけるにこそと, さきである下町の, さきぬ指さすところ星, さきぬ富士をあなた, さきのりっぱな住まい, さきはいずくぞ行衛, さきはまらばみづか, さきばんでいました, さきびしはだかでよこたはる, さきびしき年に, さきまっている, さきまり悪さ, さきみの継ぎ目, さきみァボルな, さきめの濃やかさ, さきよさうま, さきらびやかさはまさに, さきわまりなく芸術化, さきわまれば涙, さきわめて率直な, さきんぽうげ, さぎうさぎなによみてはねる, さぎがまたいかだ, さぎがほしいなら何か代り, さぎごけきんぽうげ, さぎごげふきなずな, さぎだか烏だか, さぎといふ魚がゐます, さぎぬに紅き, さぎのような羽の弱い, さぎのような足どりで歩きまわっ, さぎの声が珍, さぎはいまか肥ゆらむ秋かた, さぎらいだったと思います, さぎりてほのじろく近き田の, さぎをほうき持ちにかわせみ, さぎ佃煮を買, さぎ師だ, さぎ船や蘆, さぎ釣の舟, さドロドロと, さくい下りが, さくうめばちさう, さくしたやう, さくじつ, さくだらなさ気の毒さな, さくったり, さくつて, さくねん島原の, さくまといふおでん屋, さくま玄蕃どのがてき, さくみ熱き真砂, さくみ國見すと, さくみ手ぐさとりあなあはれまことしろきかも, さくむの語根は, さくもあつた, さくやしさが, さくらいに思われて, さくらさうと, さくり切れたは俗, さくるくると戯け廻つて, さくるまつて寢, さぐさのものをつけて神に捧げた, さぐさ御馳走になった, さぐずってばかりい, さぐっているのらしくごそごそと臥床のまわり, さぐつてみてゐるうちに昨夜夜ふけてひとり, さぐつてみて希臘に無, さぐつてみましたがあいにく巻煙草, さぐつても証明のつかない, さぐつてゐるやうな気がする, さぐつてハトロンの封筒包み, さぐつて一服の薬, さぐつて土器を探し, さぐつて帶に挾んだ, さぐつて得意の投錢, さぐつて時計を出し, さぐつて清右衞門は大振り, さぐつて煙草を出す, さぐつて珍らしくも, さぐつて穴のあいた, さぐつて銀貨を取出し, さぐらいはあるだろう, さぐらひは誰だつて, さぐらむと思いぬ, さぐらるべきではなくておびただしいそれぞれ, さぐられまいさぐられまいとあせるととのわない身ぶりに却って, さぐりうつした人穴の攻城図, さぐりかたらふひまも物をこそおも, さぐりがてら厭氣の出づる, さぐりさぐって父だと, さぐりさぐり歩いて, さぐりさぐりおりて往った, さぐりさぐりやっと地上へ出た, さぐりさぐり米友の枕許, さぐりついてやっとひろ子の乳首, さぐりつつまっしぐらに火の下, さぐりつゝある間城方は又, さぐりでさはつてみてゐる感じだつた, さぐりでそこらをなでまわしていたがとつぜんおどろき, さぐりながらじつとしてその光景と相, さぐりにいったふたりのもの日ごとに帰り, さぐりにきたのかもしれないという人, さぐりにこのちに御出なさっ, さぐりにそろそろとこの場へ入っ, さぐりをいれるつもりでかう云つた, さぐりをかけてみようと手ぐすね引いて, さぐるぐると巻きつけ, さぐるようになっ, さぐる事はひと, さぐる手のさばき, さぐる馬の長ら顔ゆ, さけいにがある, さけさのさわやかさ, さけだるはさ, さけだるい微笑, さけと呼ぶも, さけども実の, さけどろぼうが, さけなげな声, さけなげさを思ひやる, さけむとする, さければ私, さげする様に, さげするき俺たちゃ, さげたに過ぎない, さげた二人の少年, さげ朱塗りのカラス面, さげ果た奴, さげ耳をかたむけ, さげ豪刀濡れ燕を片手, さこいつは屹度いつ, さこころの視角, さこそが貴方の, さこそとて朝霧の, さことごとく感取でき, さことなれど常, さこないだっからそれ, さこのわたやからすみ, さこの間は侍, さこまかさお, さこまやかな精神, さこまやかさ絶え間のない, さこよなう堪へがたし, さこれらの特質, さこれ偏へに仏神, さこれ程の耻, さこれ能く面体, さこわばったところの, さこんとんとしてぼう, さこんなふうになつて, さござんすまいからはええ, さごまかされた部分の, さごまかしの無, さご馳走して, ささうなしやれた構, ささえたものな, ささえたりして, ささおりの安, ささかしまに落ち込んだ, ささかなわだかまりが, ささがし牛蒡を, ささきのみこと, ささぐと, ささぐるこもり妻母なる, ささぐる蟠祭の, ささぐれば足りる, ささぐ救われたるものみな喜ぶ, ささげてある, ささげさしている, ささささようでござる, ささしあたって水, ささだめしお蔑みであろう, ささだめて父御, ささっきの悪態, ささっき飛沫を上げる, ささっさと出て, ささったルシフェルの側腹, ささった短剣はそのまま, ささっと大粒の, ささつたのである, ささても好み, ささてまたそれを, ささなみぢを, ささばとおのづから衣紋, ささびさびしさ, ささびしさは心, ささましたければまずう, ささやけき薬草の, ささよならと友子, ささらえをとめ, ささらさんばち, ささらせめえと, ささらほさらかな, ささら波の寄せる, ささりとてはうらめし, さされたやめた最初は, さされたらたまったもんでねえ, さされたら困るには困る, さされてるような, ささんびっくらしてぽかんとし, ささんようにじ, ささん子さんお唄ひよ, ささん料におり, ささ子の難, ささ水にはぢら, さざいならばからだをうごかすたびにもうきっと啼いて, さざえのつぶてで済んだの, さざかりで, さざったと云っ, さざつくばらんを愛し, さざつと三間くらゐ石, さざなみが立って, さざなみがたち青葉の影, さざなみがひろがってゆくような軟かい微笑, さざなみが汀を叩くらしい, さざなみたつ遙か遙, さざなみだつ海面からおごそか, さざなみのおののきが前からうしろ, さざなみのような小皺の寄っ, さざなみのような皺だ, さざなみのように胸から胸, さざなみのように風に倒れ, さざなみの島はまことに, さざなみの紋をなす, さざなみの銀無垢光, さざなみをただよわすは風の力, さざなみをたてあちらこちら泳いで, さざなみをたててこいの, さざなみ一つなくその, さざなみ何が憂し, さざなみ雲のうえ, さざめいたあげくともかく学校, さざめいてゆく町の娘, さざめかしい街路をカタルニア街, さざめきあって散会したの, さざめきながら室を出, さざめくの他はなかっ, さざめけるなどは幸福の一つ, さざめて暮して, さざめている妻の心, さざめてさきを争っ, さざめ雪かと, さざらむがために敢て此, さざら波のたった, さざりければその, さざる所のもの, さざる者と為す, さざれば静緒, さざんかが白くさくころ, さざんかの咲いて, さざんざ松の風, さざん花や碧梧, さざん花ちりぬ里, さしあいが悪い, さしあげ候, さしおらしい忍耐の, さしかしそりゃ浮舟さんの, さしかたかげの闇, さしかった人で, さしけえの其時拵へ, さしけるしらに, さしげければ, さしこに刺した, さしこめられ街頭には, さしこめるということ, さしこんで毒, さしずけさの中, さしずされしばらくじっとし, さしずしますと若者, さしずすれば三人, さしずであったにはむっと, さしずなのじゃ, さしずなされたはよい, さしずもうけねばならぬ, さしずもなきままこれまで, さしたいうのん, さしたい盗んだ書類を, さしたごとく感じて真心, さしたしく言葉をかは, さした如く床しく可, さした振出しの有, さしちまうということ, さしちまったんだ, さしちゃったんだ, さしっこでこしらえた前掛, さしった人は結構, さしった傍で見る, さしった時手足も顔, さしっとりと手, さしつかりなせえよ, さしつけな囲炉裡, さしつけえ此家の, さしつる唐獅子の, さしづかに考へ, さしづ一つだ, さしてやってそれから, さしてやらうといふ分別, さしどけなく乱れた裾, さしなく展開され, さしなやかさを逆, さしなやかさそれは或, さしならず身に, さしならず入ってしまった, さしのぎ用だが, さしのびて, さしのびた花から, さしのべ雄鷄, さしぶとさなども, さしまつとけ, さしますどうか, さしみじみと骨, さしみ蒸してうすく, さしむくるより早く, さしむべきならざるやを, さしむべく賭して穀一把, さしむるのである, さしめつぽさ, さしめやかさにある, さしめらるる所すなわちただ, さしもたゆたふ, さしもに重たげな, さしもの弱虫を, さしゃれた言いかたを, さしょうぞ, さしょえば, さしよつてゐる, さしらずできれいな, さし直す與はず, さし込む森の, さじつとして, さじみた好奇心抱い, さじゃあ大抵の, さじゃがもちろん時限以内, さじゃといつも二人, さじれつたさ, さすかと思う, さすかしてまあもう少し, さすかすかな光線, さすか職人にでもした, さすがすがしさ偽りの, さすぎたばかりにあった, さすぎらあ畜生, さすぎるいたづらに, さすぎるでは御座いません, さすぎる云い方かも, さすぎ学校に於ける, さすくなくとも三フィートの, さすこし急ごう, さすこつちやあごぜ, さすごさという, さすすめら御國, さすずしさを, さすその面影, さすっかり冬ものを, さすったままでした, さすっとくれて, さすっぱさみんなかく, さすっぽんや山椒魚, さすばらしさ帝王の讃歌, さすべかりしを, さすべてそれら個々のもの, さすべてミンナの自尊心, さすべて原始時代のもつ, さすべて色調の高雅, さすべりと一分刈, さすらへなまし, さすらへば命に, さすらもなかった, さすられた空骸は, さすりたい位の, さすりたる上にて, さすりなでさすり, さすりましたからお, さすり水深を測った, さすり病人厭言を言う, さすり膝に抱きあげる, さするとお前さん出ろ, さするどさが, さする取澄した, さする慰めるいたわるという風, さすわって皆, さすんだよ, さずうずうしさによっても, さずうずうしく恥を, さずきでどこかいく, さずくべき神, さずっとこちらへ, さずっとすぐ御本堂, さずつ分け合うの, さずみとめて, さず漏さずおまけ, さぐりおちる谷水の, させいでもよかり, させきとなり, させきつてゐた, させし衣を, させっと瘧, させまさも, させよとのお達し, させらりゃあしません, させらるるごとくふるまい型から, させり犬蓼の花, させる陽が, させんとも限らん, さぜひがない, さそういったものでしたろう, さそうおなじみになる, さそうそれに村, さそうどうしても感じが, さそうにこにこして, さそうゆえ絵草紙屋の前, さそうような笛, さそう志野を作りたい, さそこここと洛中洛外, さそこはかとなく匂ひこぼれ, さそそれというの, さそっちはもう, さそのままそっくりやっても, さその他すべてを勘定, さその他朝子の愛する, さそばやそう, さそらもう一いき, さそりを引き, さそれぞれの形, さそれぢやま, さそれっきりもう行方, さそれでも生きて, さそれとなく懊悩叛逆の, さそれなりにその, さそれ処か実は, さそれ方々の船, さそれ等が少く, さそれ自体は僕, さそろそろ帰るべ, さそんでもまあ到頭, さそんころ善吉はまるっきり, さそんねえなこという, さそンな事, さぞよあかあかと, さぞんざいなところ, さたあそばされ九が, さたいしたことは, さたえざる笑顔夫の, さたおやかさをもっ, さたかねつめくさ等, さたけうがやふき, さたしか拙者と, さたすぎたる婦人の, さたたきこんだ芸が, さたたき落ちればえんだ, さただただ呆るる, さただならぬ妖怪じみた, さただ一艘で目, さたちまち見うしなって, さたったそれだけの事, さたった今さ, さたつた一人の, さたとえば他の, さたのんだそれな, さたぶん十町か, さたへがたくし, さたまらないその暑, さたまらねえじゃねえ, さために作品, さためなき世の, さたやすくお打解け, さたわいなさまことに, さだあわれさだ, さだからこそお前さんに, さだけがのつぴき, さだけについて測定し, さだけには耐えきれん, さだけにはと二週間に, さだけにゃあ枝, さだすなほな, さだそうな, さだったでしょうか, さだったろうか, さだつてきつ, さだに悦ばれなかった, さだにも詫びようと, さだのというもので, さだまる住居は, さだめざらんは口惜し, さだろと思っ, さだんなお出ましだ, さだ放すな, さだ昇る日と共に, さだ歩いてみ, さだ蹶も二獣, さちだと言, さちっと冷してから, さちと御呵り遊ばし, さちの降り立ちたまうか, さちょいと用, さちょこっと寝せら, さちんちんだ, さっしいたしますがどうぞどうぞ, さっししますよ, さっしやったもんじゃろう, さっし申しあげております, さったらしいあとは, さってから一時間も, さっても昌一君は, さっと捕縄を, さついたが艶, さついでの人さ, さついには負け, さつからそこいら, さつきいひなすつた, さつきおつしやつ, さつきじゆんを使, さつきとり落した煙草を, さつきどつかで崖, さつきなかつた一つの, さつきなさらなけやならなかつた, さつきぬ笑聲は, さつきゐましたね, さつき上つて見ればよ, さつき仰いましたのは, さつき倒れさうにな, さつき入れて置いた, さつき出かけたね, さつき別れた木暮村が, さつき剃つたばかりのやう, さつき受け取つた手紙を, さつき始めた指から, さつき寝入つてしまふ, さつき差入れておきました, さつき急いでお, さつき會の招待, さつき申しあげたぢや, さつき申しあげませんでしたが僕, さつき落ちたので膝, さつき訪ねて来た, さつき起きてから彼女等, さつき鳴つた鐘は, さつけて得意, さつしてくれた, さつしようとし, さつせえよなあ, さつせるで知らせに, さつたうで玉子, さつたこたなんぼか, さつたさうですから, さつたばをスーッ, さつたらありませんね私たち, さつたらうと頭, さつたコスモスの花, さつたメイスン氏は事, さつた上の御, さつた和尚さんと同じ, さつた天皇でありますの, さつた御方は大, さつた成金の家, さつた折の事, さつた方達でせう, さつた日がどう, さつた時一番お好, さつた私の薬, さつた貝がある, さつた間一髪をいれず, さつた雪の匂, さつた髪をあげ, さつだが鼻, さつっころげてウトウト, さつっこんで眼玉, さつづきに小屋掛, さつてものを一度, さつてんだ, さつて万一の時, さつて下すって, さつて了ふの, さつて伏目のまま, さつて和歌を作る, さつて川を越しました, さつて店に寢, さつて歸ると, さつて母様はさう, さつて気が弱, さつて父親を言, さつて目星しい作家, さつて瞬時に御, さつて粟野の奥, さつて花輪を捧げ持つ, さつて逆にお前達, さつて関ヶ原の地形, さつて難有い, さつて電報で弟, さつて頃は函館, さつで私が, さつぶやくように, さつまっぱらというところで市電を, さつや明智たんていに電話, さつよい憧憬わが, さつらい仕事それで, さつれなさは, さつ続きで芽の, さづかつてゐるらし, さづかりに來, さづくるものわが, さづけてかつ, さていうよう自分は, さていうはここより, さてと坐る, さてはぬす, さてめえたちもゆっくり, さてりけり巴旦杏, さであったならばこれから, さであったらしいが翌日事, さでありくるしみは嫉妬, さでありましたら息が, さでありましたろうぞ, さでありますからわざわざ, さであり頂きよりはむしろ, さであり驚くべき他人感情顧慮さであった, さである帰って来, さである瞬いたのは, さでうざうざしているわね, さできればどこ, さでございましたがなん, さでさ男なし, さでしてね雪, さでしたらこんな太い, さでじぶんの, さでずつしりとして, さでずつと茂り續, さででもござりましたろうか, さででもあった, さでなかつたから華美, さでのしかかつて來, さでのみ決するの, さでもけづがれ, さでものごとに, さでをかしくなる, さで御座いますよ, さというの外は, さというもなあうわさに, さといふほどのことも, さとおほどかさ, さとかには変りは, さとかの美が, さとかももうさっぱりと, さとがなかりせば, さときもある, さときたらたまりませんな, さときたら死んじまいたいくらいだ, さときめきと感じられ, さとくすぐつたさとでたまらな, さとこそ渦に, さとしてしか語れず僅, さとしてだけうけとられがち, さとしてばかり称讚する, さとしてばかりは聴かれないの, さとしてよりも出版資本の, さとすらいうこと, さとたんば老人, さとって襲われる, さとっくり首実検を, さとつてるやう, さとつーぼんだ, さとてはなくそれ, さとでほどよく酔う, さとと云うの, さとなりの部屋, さとにおいてはあえてジョンドレット, さとにて一日には, さとにでも住んで, さとにばかりかえって行く, さとによつて一世の, さとにより更に住宅附近, さとに対し不撓な, さとに対して恥じて, さとに対しては満足し, さとはずつと上に, さとばかり鑑賞し, さとへのみやげか, さとほどには大きいはず, さとまでぶちわって, さとまれと云, さとめどもない, さともかく体の, さともとむれば, さとやすらかさが, さとやらがあるんだい, さとよこばひ, さとよりも母の, さとらむとねがふ人は心, さとるまいと修業そのもの, さとをばかり与える日常性, さとをも持つて, さと共にかの女の, さどうぞはっきり仰有って, さどうぞもうひとついいえ, さどうにも次第に薄気味, さどこぞの供養, さどことなく爽やかな, さどころでは, さどころかあらゆる建築, さどさ人々の, さどさという足音が, さどなたも同じ, さどのくらいかねと尋ねる, さなかッた, さながらの姥に, さなきゃアならない, さなき声も聴き, さなくっちゃア, さなくなつていた, さなくなり血行が, さなくなりぬべしなど古人, さなくめぼしがつくだろう, さなぐられたらもつと凄く, さなけりゃ見向きも, さなごましさの, さなごやまだ覚め, さなごや下等動物がわけ, さなす小琴, さなそむけそよ, さなぞというものは, さなぞもありましょう, さなぞをお知らせしたい, さなだらかな故, さなったものも, さなつたので競売, さなとる船も, さなどではなくもっと, さなどでも南国と, さなどにたいする信仰, さなどについては寡聞に, さなどにも何か, さなどによつて書い, さなどまではっきりと, さなどよりははるかに, さなどをしか見ては, さなにか真似の, さなべてかたちの, さなまじ触れられぬ女, さなまなましさで, さなまめかしさ, さなみぢを, さなめ試みぬ附け渡り, さなめらかさはお, さならありあまっている, さならなんでもよい, さなりきけかし, さなりき誘ふニンフも, さなりとのみ答えて, さなりの涸れたの, さなりやが今更, さなりをアーク燈で, さなり呼びて酒, さなるたけ近くし, さなるべしと心付き, さなれであの時, さなれる家の, さなわですからとても, さなんかというのは, さなんかに我知らず甘えなけれ, さなんかも思った, さなんかを思うと, さなんぞも浮草が, さなんだか常に身の程を, さなんともたとえよう, さなァ上野から, さな去にそ, さな嘆きそ, さな寄るなるをちか, さな掃き亡骸の, さな揚る雲雀に, さな汚れた家へ, さな討ちてし, さにおいての競争で, さにおいてのみ成就する, さにおいてばかりでは, さにかけ廻る, さにかけても人一倍善事, さにぎやかだったこの, さにこそが一度そして, さにしがせり, さにすら気付かなかつた, さにだけ満足し, さにちゃあんと, さについてのみ聞かされて, さにてはと思ひし程, さにという安倍貞任の, さにとは思ひの, さにとも申すよう, さにとやこう叫ぶ, さにとり逆せ, さになど懸らねば, さにねうちが, さにはがみを, さにはと思ひ替えて, さにはをりに, さにへし折つて, さにへどが出そう, さにまでは表現され, さにやらで別れし牧, さによってだけ遅々として, さによってのみ実現される, さによつて結ばれる, さによほどの割引きを, さによりてこそ永遠の, さによるは論を, さにわたって続いて, さにわたるかと思われるよう, さにわたるといふ冬季の, さにわというのだ, さにをののい, さにんじんの赤, さに当たって水を, さに従い二つなり, さに迄私を, さぬかさぬか, さぬかせてめえは, さぬかっ大蔵, さぬき屋と云ふう, さぬくさが, さぬってえ, さぬやまに宇都也斧音, さぬらしかつた, さぬる夜は, さぬるふすまも, さぬれば, さねいだか, さねえとも限りやせんから, さねこんなかなかに, さねたましさなど, さねっとりさ, さねども冬の, さねは一しょに, さねばねばしさ, さねばりがにじみ出し, さねむとは, さねんじあへて, さねーとわるいぞよ, さのう伴れ, さのきはみ澱み, さのけはひ, さのけんどんに, さのこたへるのは, さのすつかりとれ切つた眩し, さのせゐであるかも知れません, さのぞいてもらわなく, さのちがふ, さのどけさといふ, さのほどを想像する, さのぼってのふくれた, さのぼりなどという祝い, さのまなくちゃいかん, さのみから生ずる崇高, さのみじゃないだろうか, さのみという経験を, さのみとも思わぬが, さのみによって読ませようと, さのみやはみさ, さのみを以て民に, さのみ込みの鈍, さのよふなる事これ, さのろい大まかな, さのんで, さはいってくれ, さはおもふべき, さはおつかつで, さはかなもんだからな, さはかりし少女子の, さはがしき夜宴のも, さはがしさで, さはぎつかれて皆んな, さはくりかへし, さはけしからず候, さはげしきにつくば, さはげしくしてたへが, さはげしければいづ, さはさまって野郎ジタバタ, さはさむかつたらう, さはじめはその, さはじめて見たり, さはじめ人っ子一人いねえもの, さはずかしさが, さはたとへやう, さはっきりと答え, さはったと見えて, さはて変だ, さはなと通ず赤菜, さはなばなしさに, さはね世間の, さはの名は, さははだかで, さはまことこうした, さはまるいうてえらく, さはもうちょんびりぼっちほか残っ, さはもうなかつたが生温い, さはよかつた, さはようわかる, さはよの常ならぬ, さはらうとすれ, さはらしてゐる, さはらずやと問, さはられても真赤, さはられたやうな, さはられるのが, さはりありて見おくり得ざりし, さはりしこと梅の, さはりみて, さはるだらうぢや, さはるならたちまち零, さはるのなんのつて, さはるの何んのつて, さはるべからずといふことに, さはるまいぞや, さはれいづこに, さはれおん身は, さはれ思ふに傷, さはれ服せば忠言, さはれ耀く双眼を, さはれ行くべしおほ, さはわづかに, さはをかしいぜ, さばあやをつれ, さばかむろぎのすくなひこなにつらくはれんか, さばかしてみよう, さばかりからでは, さばかりで肯定し, さばかりとも思われず藍子, さばかりも百四十間あった, さばかりをだに命なる, さばなんぞ土生木と, さばれ破がねならぬ, さぱったりと人影, さひえんちいしも, さひくさぐらい, さひしさに, さひそかに多寡, さひたはづかしし, さひたむき食い下ったもの, さひとしおね, さひとりは子ども, さひと方ならず楮幣, さひどく荒れた甲, さひませと言つてやつ, さひやっこさ等が, さひろがりなどというもの, さひろまつたからの, さびこゝに吾せる, さびさびたれど石切る村, さびしいけれどやすらかな寝床がある, さびしいでせうからお夕食, さびしいといふよりもかなしい散歩だ, さびしいひろっぱで助けをもとめる, さびしいやしきまちで高いへ, さびしいゆうぐれは遠くから手まねき, さびしいよこちょうにはいりあたり, さびしいよこちょうへ来ると, さびしいよろこびだ寥平さんを訪ねる, さびしうございませうがと飾る, さびしかつたし二十三の, さびしかつた心が海, さびしからずやわれの寢覺は, さびしききはみ君にお, さびしきすまひひとまの, さびしきままにおのずからへつらい寄る人, さびしくあかしけるがいまはうれしき, さびしくかなしかつた樹明君お互に, さびしくかへつた酔ざめのはかなさせつなさ, さびしくたつてゐる馬を, さびしくつらなるはてに富士のみね見, さびしくていとどしろきは梅の花, さびしくてさびしくて悲しくなっ, さびしくてもさびしくなくてもとにかく日光, さびしくなつたかなしくさ, さびしくなつたりかなしくなつたりしたら心に勇気, さびしくなつて来るばかり, さびしくなつてきたのでかう独語, さびしくなつてひとりでゐる, さびしくなつてやり切れまい, さびしくなつてゐる沼を見, さびしげな含み笑いをし, さびしげな声で訊いた, さびしげな語調になっ, さびしげな頬のあたり, さびしげにいた黒い白粉, さびしげにやさしくだまつて頷いたの, さびしこゝにだにあけに映えよと, さびしさうな顔でつつ, さびしそうなようすをして少女が自分, さびしそうにひとりですわっているのを見た, さびしそうにひとりでつぶやきながらそこらの枯れた, さびしそうにぽつねんとひとり机にすわっ, さびたおくつきに額ずいた後, さびてうれたむ見れば, さびてさぶしき沼の, さびとかしおりとかいう言葉に含まれる, さびにさびたのこりの草花にいい, さびもつかないし風が吹け, さびゃ吹いちゃ, さびりびり硝子戸な, さびれ方であって, さびれ様は, さびをさうした極平凡, さぴかぴかと月, さなと, さふくろうはなく, さふけにいったい, さふだと思ふ, さふっくらした凹凸, さふっくりさ人生, さふである樅の, さふとすると, さふとうたはま, さふらはめひとへに, さふらはめいづれの行, さふらひしはわれら, さふらふらんこと, さふらん紫櫻草金いろの, さふらん色に反射, さふらん黄色な小菊, さふるさとの吹雪, さふれ工合, さふんぱつして, さふ言う形で, さぶき明暮の, さぶくなってまいりました, さぶこ御飯に, さぶさぶとした, さぶしいだらうな実, さぶしうらさぶし, さぶしかろうよ, さぶしきろかも, さぶつつかるまで, さぶつけたずおん, さぶと共に神事演舞, さぶと弥とこし, さぶと言ふ語, さぶりを露骨, さぶ見れば灯, さへかへつて快く, さへぎる何物も, さへけふは, さへこそ寂しけれ大原山, さへしかかつた, さへすらした, さへずしんと高い, さへずつて東京の, さへそなへて, さへたみちと, さへた人もさみし, さへた手が少し, さへた顔の艶, さへちまふ, さへっへ, さへてさ植物学なんて, さへては下さらないわ, さへながらとつとと, さへにぞつとする, さへにも出ないなんて, さへまで堪えがたい虚しさ, さへもの抽象は, さへもよほして, さへもをのつから, さへや下草に秋まつ虫, さへや眼帯白くあて, さへるつていふ, さべとついた夜風が, さべろんと舌, さほこりっぽい複雑さ, さほさしたり, さほどこたへなかつた, さほどしかなかった, さほどとは存ぜられません, さほどのまで大小さまざまの, さほどまでに苦しきか, さほどをかしくも, さほほえみの深, さほらこの間おくっ, さほろにがい味は, さほんたうに秋, さほんとうに深川中, さぼくらはみな, さぼつぼつ出掛けませう, さまああ明智だ, さまあさからず見え, さまお藤の, さまかせておけ, さまがいっていもう, さまぐろの握りずし, さまこと戦国の世, さまこんにちはになる, さまさった月光を, さまさに上泉伊勢の, さまさりける人目も, さまさり来るばかりで, さまされて行く, さまさ公の丸, さましたい気もちだ, さましたらまたし, さましはしゃぎ出されたので, さまじさを人々, さまじめな願い, さまじりけない, さますべきであると思った, さますみませんわね, さます声を聞きすて, さませば夢候, さませし朝の, さませる大王の, さまた例えば昨日みたいな, さまだどかどかと燃え, さまだまだこの婆, さまっそれじゃあ, さまっくゎ等の, さまっすぐさ美し, さまつてゐる, さまつた大袈裟に, さまつたく日本晴の, さまつたけやしめじ, さまつ毛の長, さまでかは自分にも, さまでさえまいに, さまでさえもがくぎ抜きに, さまでしか採れなかった, さまでてまえも, さまでで止め新, さまでにはとわれら近, さまでねと栄さんは, さまとなし雲, さまとお公卿さまが, さまとおつしやいました, さまともさ自然主義からは自然, さまとんきょう者じゃ, さまどろぼうだ, さまどうしです, さまなんですからねえ, さまにあったばかりで, さまひとっ走り柳原, さまぶしさに, さままでおれ, さまゆみちゃんみたいに上手, さまよいこむような, さまよいこんでよりつい, さまよいこんだ丹下左膳, さまよっていた, さまよわすほど周囲, さまりこんでゐる, さまりハ付申べし, さまり大袈裟に云, さまり氣球の動搖, さまり自分のせつ, さまり部屋には朝日, さまれ彷徨われた, さまわりの草, さまァお上りなさい屹度, さまア御当地で, さま両膝を, さま大急ぎでどこかへいってしょっぴいてこい, さま広海屋は, さま故入院患者は, さま故満右衛門は, さま脱き打ち, さみかたが, さみじめさ他人を観, さみすぼらしさを, さみずぎわだったあざやかさという, さみせんづる, さみだれる街区は, さみっちゃん, さみどころと云っ, さみどり会という会, さみどり畝の間, さみなさん勝手におとり, さみなクリスマスの買物, さみな杯を持っ, さみねの島, さみのそそり節, さみのいけの, さみの上に立っ, さみの個所には私, さみの池に, さみやびやかさだと思い飛び起きると, さみるめ昆布などの, さみんな一どきですもの, さみんな人生の涙, さみんな俺らの言う, さみんな朗らかに元気, さみんな澄さんの爲, さみんな甲板に, さみんな輪になつて, さを見, さむかな石榴, さむかしはなかっ, さむががまうで来りけるに, さむきさを, さむけく薄き衣, さむざむとかれは夕食をしたため, さむざむとふる雨に春, さむといふ語は見る, さむとおもひて參ゐ上り, さむとおもふは如何に, さむとしたりしを思の外, さむとするときいかなるもの, さむとするにや似たらむ, さむとするも苦しや, さむとするものは大抵絶對, さむとするものは近世のお, さむとする人が出, さむとする所に忽ち, さむとす俗塵を離れたる, さむとせしほどに平群の臣, さむとせし時に辭びまして, さむとせし此大聖人の徳, さむとせば則ち之, さむとせば南に大森, さむとてかくなむ, さむとてかいつまみ申述候大手住にてお前さん, さむとて三十間堀春日に徃, さむとて尾張町を過, さむとて桜木に至る, さむとて銀座通に出, さむなのです眠い眠いの, さむや渓裾紅葉鉾杉の暗き, さむよしなし双方無言の寂寥, さむらいが命をさしあげ, さむらいが常時に於, さむらい集いせば, さむることなきになんじら, さむることなく睡眠中はなお, さむることもなく三十日ばかりの間, さむるさだめの夢を永久, さむるばかりに咲き繚れて, さむるばかり鮮かな馬上, さむるものこれ善く聽, さむるやうに薄霧, さむるや否や一瞬時の猶予, さむる地少なく苦患, さむる建前のあした, さむる様の心地, さめざめと繁, さめしは我, さめし後象徴によりて寺院, さめとられた時の, さめんほど熟睡, さめんようもなく, さめ一つして, さめ玉はむや, さめ組のに限っ, さもうここのは, さもうすでに主無き, さもうもうお金なんて, さもう一杯どうだ, さもう少しまあ待つて, さもう随分になります, さもぐり込んだえんた顔してやがる, さもぐり込んだずおん, さもこそあらめど, さもこそと某も, さもさうあらうと想像, さもさつさつと, さもしくはそれから, さもしも気短者の, さもすッかり忘れた, さもちろん大したもん, さもって来, さもったいなさを, さもっと飲め金吾, さもっともっと苦しめ合い憎み合い浅間, さもつたいないと思ふ, さもて逆立つ黒髪, さもどかしく思い七日, さものすごさおそろし, さもの呉服町の手代衆, さもやはらかさ, さもろいもんだ, さもわずらは, さやいでもそれ, さやいだ気持で, さやいんげんの, さやうあなたには阿久津君, さやうこいつはたまらない, さやうさやう, さやうそれが何, さやう一人娘のやう, さやう一日に六弗, さやう三百六十だらう, さやう今では二つ, さやう俺が殺した, さやう四百にち, さやう申上げますと, さやう病人が病名, さやう願はれるかも, さやかましく云や, さやぎ一面の大きな, さやぎ人々はこの, さやぎ夕風吹けば, さやぎ外気はひんやり, さやぎ歎きもつるる, さやぎ汀を走る, さやぎ萬妖悉く發, さやけかりしかと, さやったことが, さやってるのん, さやと言った句, さやはり私には, さやましさ腰元お, さやむを得なさとを, さやや同じよう, さやらずいすくはし, さやらに先立つもの, さやらぬや垂れたる, さやらねば兄彦思, さやらねえで森山の, さやり桐の, さやるせなく思うほど, さやれやれ三崎よい, さやろうか, さやわらかな弾力, さやわらかい鉄へ, さやをかこつの, さゆいりのコップ, さゆえそれを皆, さゆえ大事になされ, さゆえ浪路どのばかりで, さゆがんだ見方変態さだ, さゆたかに美しかっ, さゆたかさが思われる, さゆたかさ不抜さがいよいよ, さゆたかさ自由がある, さゆとり充実感がこういう, さゆとり柔みの感じを欠い, さゆらぎ止まぬ我が庭, さゆらげば, さゆらさゆらに, さゆるやかさ和やかさそんなもの, さゆる隠沼は, さゆゑにはあらで喜ばしさ, さゆッさと, さようしゃなさを自分に, さようじやったな, さよう二十一匹じゃ, さよお酢めし上りしか, さよが飛び出して, さよけにするわけ, さよけにもなるしな, さよこすですてとその, さよっぽど気味が悪かった, さよというのである, さよとぞ叫びける, さよとて右の, さよとなまたあ, さよとや悟り給うらん, さよなど云ふ, さよなどと舎人どもまで, さよはなんとかし, さよめとうとう左膳, さよも眼に, さよりはずつとはつきり, さよろこばしさ面白, さよろこんでいる, さよろしさありがた, さらしたら殴打しまくる, さらしですわ, さらしよった奴らへ, さらばい小さくなった, さらばいた肉体をもっ, さらばった影に匍, さらばつた一人の男, さらんらんと燃, さりあきらめろよ娘, さりさう云つて, さりした死に方が, さりなるはよし, さりぶね眞帆掛け, さりゃくしたことな, さりや善いのに, さりやア好い穴, さりょうがそれは親父, さりょうが武門の意気地, さりょう筈がない, さり出られては強, さり思いきり高射砲の, さり思ひ切るのさ, さり捨て去るといふ芸当, さり片づけてしまはない, さり片づけたいであらう, さり片づけられてし, さり片付いて面倒, さり画かれたもので, さり答えたものだ, さり継がれてしまつて, さり見せつけられたんで, さり認めふと演じた, さり飲んでめでたく, さり飲んだヨタ話がは, さるびあの花, さるまたの上, さるるごとく底知れぬ, さるるならんも, さるるよほどよい人相, されんばかりの人気, されん武士道が立たん, さろうとはしない, さわかったかね, さわからんかね, さわが身の悲し, さわけても彼独特とも, さわざ虫がない, さわしらも一緒, さわし等も洪水, さわたしひとりで歩く, さわたしゃ石田三成を買っ, さわたるくび, さわだっていること, さわの淫らな, さわびたりされ, さわびきったる釣瓶なんどを, さわめき小鳥の, さわめきして居た, さわめきつたわる雨粒の, さわめく影の, さわやまは, さわらないように, さわらびときたら, さわら等はみんな三十%, さわりなく軟らげ崩し, さわれ愛す枯木一木幽か, さわれたもんじゃ, さわれないのさ, さわれるぐらいに近く, さわれわれはこ, さゐし珍の, さゐとふりいで, さゐのうへ, さゐるんか, さゑさゑさらさらと延ばす右手, さゑすりや男の意, さゑもんつちやの, さゑゝ不運ほど情, さをがいつか言っ, さをしかの布須也くさ, さをともなひは, さをどつと笑つた, さをになつてすわつ, さをまで無条件に, さをもってうちひらけ, さをわざとこちから誉め, さををしへると, さを以てもお諭し, さァおい早いところ, さァま熱いの, さァーんいる, さァーッと降り出し, さァ御両所御, さアあたいの肩, さアあちらへ参りましょう, さアあなたはもう, さアいへお前, さアいつになる, さアいまのつづき, さアおいでよ不具, さアおいで髪の毛がみだれ, さアおじいちゃま今晩はお辞儀, さアお先へお先, さアお出でなさいよ, さアお前さんは多助, さアお前らぼんやりしてんと, さアお前此方へお出で, さアお前達もお, さアお嬢さん私はあなた, さアお母ちゃんといっしょ, さアお立ちなさい, さアお腹は空い, さアかいばをやろう, さアかんざしを, さアかんべんできないここ, さアがいに暑い, さアきょうだぞ, さアこれ切符僕上野まで送っ, さアこん度は二階, さアさっきまでここ, さアさアお先へお先, さアさアお立ちなさい, さアさアこれで役目, さアさアフランスのパン, さアさア皆さん山野を跋渉, さアさア皆んな親許へ引渡し, さアさア私が承知, さアさア稀にいらつ, さアさア鯛の腸, さアさミツ子泣くでねえよ, さアさ日暮ぢや, さアさ日暮れぢや, さアさ皆な行って, さアその後が大変, さアそンな無理, さアそ奴はまだ, さアたくさんおあがり, さアどこの訛り, さアどっちでもよい, さアどれから始める, さアひとつ別席でコクリサマ, さアひと休みしたらそろそろ, さアぶつならお, さアほかの部落, さアぼやぼやしてられん, さアぼんぼんもう水あげ, さアみなさん御自由, さアみんな言つて了へ, さアやつた, さアわけは後で, さアアん, さアカンベンならね, さアクシーニヤを呼ん, さアジャップの奴, さアズーッとこっち, さアダリン五つのむ, さアチイ坊や時計がう, さアチヨンよ彼所, さアチヨンお前をお父さん, さアッと雲, さアテなア, さアナイフ等ではとても, さアナタが殺した, さアネイエ正直な所, さアネナニ寧児だッ, さアネ其れ程, さアノ墓をあばい, さアハアツと息, さアバカにし, さアフランスのパン, さアユリは死なず, さアルーエットにさ, さアンお電話ア, さアンジエリカが我, さアーニャお前のみなさい, さアーンともう, さアヽ此処なりと幻像, さアヽ死なれぬ身, さア一つその腹鼓, さア一つ災が出来ます, さア一人づつ立つて, さア一口召上って, さア一大事です, さア一文銭の油, さア一服お上り, さア一本と出す, さア一番好きなもの, さア一箱の金, さア万事は俺, さア三十年前といふ, さア三輪の兄哥, さア不断だって何処, さア丸が尽き, さア主人は午前四時頃警察, さア乗かって, さア九時半か十時頃, さア乾杯だ, さア二十五六つてところぢやない, さア二階へお, さア人々が待つ, さア人様にきかれる, さア今そこにうろうろ, さア仲直りなさいよ, さア伊三郎この竹, さア伸公も啓ちゃん, さア伸公ずいずいずっころばしを, さア何方に於, さア何時までべん, さア何處へ行く, さア余り不思議な事, さア作右衞門さんこれで別れましょう, さア使の仕様, さア使賃に牡丹餅, さア侯爵黙ってばかし, さア僕らも俳句, さア兄さんと姉さん, さア兄弟分の固め, さア兄様だ, さア八一緒に行く, さア八威勢よく叩く, さア其人は口惜しく, さア其奴の垂れてる, さア処の御, さア出動だ, さア出発だ, さア刃物を何處, さア切符を買つて, さア判然したこと, さア勘弁ならねえ, さア勘辨ならねえ, さア勝手に消えち, さア南京まで攻め込む, さア原稿は一応, さア叔母様に相談, さア召上れこれ, さア同道致そう, さア君さア, さア呼ばらなくちゃ, さア和尚様これをお, さア善は急げ, さア善さんお用いなさい, さア四五日前のこと, さア地底機関車に全速力, さア坂口さん書斎へ行きましょう, さア坊主太え, さア堺屋へ行こう, さア声だけで, さア大へん, さア大変秋山を殺す, さア大抵家の中, さア大衆は動かん, さア大黒さんいにましょやと, さア夫が分らぬ, さア奉公人は贔屓, さア奥へお, さア女の一念, さア姉きへ, さア姉さん此処へお出で, さア嫁入仕度, さア子ヨチに赤玉, さア子供のうち, さア子供達腰かけた, さア宮崎云つて見い, さア家内へ上つて, さア富さん此方へ取次, さア寢付かれる沙汰ぢ, さア寿子稽古だ, さア小兼来い, さア小兼覚悟しろ, さア小田君きけ, さア山国ではねえ, さア山平殿照早く表, さア岩と地中, さア巨勢君こちらへお, さア己がこれ, さア師匠広袖を羽織っ, さア年頭の七平, さア床の上, さア後を續, さア得手なもの, さア御前御出立, さア御新造様お通り, さア怪物の邸内, さア悪性男此方へ来い, さア惣吉力一ぺえ押せよ, さア成敗して, さア我々はこの, さア手を曳い, さア承知しないよ, さア投りますよ, さア指の方, さア挨拶をお, さア撤いたり, さア政夫さん何もかもあなた, さア散歩に出よう, さア斯う私, さア新吉然う, さア新吉さん此方へ, さア日本一の紳士淑女, さア旦さん一つお喫, さア旦那何うぞ, さア旦那様を殺せ, さア早桶の蓋, さア明日は十三度目, さア春さきの陽気, さア昼頃の汽車, さア昼飯にしよう, さア時が来た, さア月のかたむき, さア有力な手掛り, さア杉山さん放して, さア村の人たち, さア横になった, さア樽屋さんずっと此方, さア正太来い, さア此奴が有りゃ, さア此奴らア太え, さア此文字は誰, さア此處へ入, さア此辺何処かある, さア此金で俺, さア此間に座敷牢, さア殿様スッパリとお願い, さア母の形見, さア民さん始めましょう, さア汝も武士, さア活字のこと, さア源次郎お國, さア煙だから, さア献げるよ, さア玉突きにでも行つて, さア玳瑁ならたえしたもん, さア用がある, さア申訳が立たんけれ, さア男の心, さア町の噂, さア癇癪に障った, さア百両の金, さア百遍云つて見ろ, さア皆さん山野を跋渉, さア皆さん採りッこをしましょう, さア皆さん盃を乾し, さア皆さん雀にしましょう, さア皆んな見て, さア皆んな親許へ引渡し, さア皆様叔父さんがあんなに, さア眞つ直ぐ, さア真砂町の停留所前, さア眼をさまし, さア礼子ちゃんブウブウに乗りましょう, さア祝杯だ, さア神戸があいた, さア秋まではどうか, さア稀にいらつ, さア突出して, さア立ちねえ, さア粒子さん何云つてンのよオ, さア素直に入れ, さア結婚しましょう墓場, さア絵葉書にはミッテンワルド, さア縛つて, さア繩を打つ, さア美智子お医者様, さア肉も煮えやした, さア胡座をか, さア脈を見, さア自分で一個, さア自首したの, さア藪医者が飛ん, さア蚊帳の中, さア蝋燭がある, さア行つてもいい, さア裏の方, さア親分さん一緒に此處, さア親分それぢや一, さア親分何うです中, さア親分何處に居る, さア親分蔀の向う, さア言つて了へ菓子, さア言つて貰はう, さア訊問に呼び出されない, さア訳を聞かし, さア警察署へ一緒, さア財産をどう, さア貰つたやう, さア貴方確りと, さア貴方此方へお, さア身に染み, さア迎が来ました, さア返事はどう, さア返答せい, さア通りな燈光, さア道人鐵童を何處, さア重吉さんは朝鮮, さア野郎どもぎょっとした, さア野郎眞つ直ぐ, さア金太兄哥も八, さア銭形の親分, さア鍵はここ, さア鐘が鳴りました, さア閻婆さんよ, さア階下においで, さア静かに向う, さア頂戴よ頂戴, さア飛び入りはない, さア食事だ, さア餅撒きだ, さア馬琴が承知, さア鯛の腸, さア鳥や, さア鶴子さんどうか, さインクのな, さイングラム卿の穩, さインチキ性が生れ, さウェールスのある, さウジさ上つて, さウブな色気, さエロティシスムニヒリスムあくどさ皆, さエ医学士お前は忘れなさった, さオドオドした悲し, さオメサマここへ落ちれ, さオーヴァ無しで汗, さキンもウカ, さギリシア悲劇の偉大さ, さクズ糸の見分け, さクロあっちへ飛べ, さクロおまえはきょう, さグッとこの, さグラーシャ代表員は真前, さグロテスクな味い, さケチだなあ, さコチートを閉す, さコン吉は凍える, さゴウガンの粗い, さサタンだと, さシュプレヘン・ジイ・ドイッチェのイワン・アンドレーイッチ, さスリップのよう, さセエラさんピトキン夫人にフランス語, さセエラさん応接室へ行っ, さソヴェト風な景気, さチャセゴに来る, さッきのアレこまかくした, さッきの使屋の話, さッきの名なしの, さッきの奴じゃな, さッきの石にくらべれ, さッくり横紙が切れます, さッそくお出かけになった, さッそくシナ研究所というよう, さッそくミコサマを城, さッそく仕事にかかる, さッそく出発いたすこと, さッそく初音サンに単独会見, さッそく塩竈へとって返し, さッそく御足労ねがいましょう, さッそく手術をうける, さッそく支度をします, さッそく旅行の目的地, さッそく東京へ行っ, さッそく某誌の編輯者, さッそく牧田さんに首実検, さッそく留守宅を訪問, さッそく神田正彦をよん, さッそく突ッ走って, さッそく身支度して, さッそく返事を送った, さッそく達也に出頭, さッそっちに馬鹿, さッていらッしゃるの, さッてめえの相棒, さッぱりと清涼な夜気, さッぱり当てがつかねえ, さッぱり影が見えない, さッぱり手懸りがつかねえ, さッぱり様子が知れねえ, さッキ十二時を打った, さッ四の五, さッ大急ぎに行っ, さッ店や小屋, さッ擲れるもの, さッ来やがれ, さッ神妙にど, さツきちよツと這入, さツていらしつたの, さツぱり分らぬ, さツぱり人好きのしない, さツぱり加集はやつ, さテンポの平調さ, さディレッタンチズムの匂い, さデパートのさわがし, さデリケートさに相応, さトマトの赤, さトムちやんこれから, さトンマさバカさに確信, さドラクロアが宮廷批評家, さナオミ君は度胸, さて候, さニコラ・プーサンの尊大, さネと生返事何方附かず, さネバリ強さ, さノンキさと見る, さじつにはらおつかみ, さハイカラでないところ, さハイドンの無邪気さ, さハッキリと思い出しなされませ, さハランバヒになれない, さハーモニカ吹いちくれ, さハ一分二分斗の本, さバカさに確信, さバスの屋根, さバタバタツとそこ, さバラさん日本橋の方, さバーの面白く, さパツとした, さビールを一ぱい, さフィロソフィック・クールネスの床し, さフランソアお前が先頭, さフワフワ工合に, さフン縛って, さフヽンだ, さブウがやって来やがった, さブレタブリックの塔, さプレジュダイスをもっ, さベアリングを入れ, さペンペン草も君, さホラ例の指紋, さボンヤリ立って, さポチゃの子, さポリニャークのところ, さマアお上りなさい, さマアマア仮面を被せる, さマア心得違えを, さマア自重してるん, さママパパいらつし, さマルや大儀, さマヽに悪う, さミツ子泣くでねえよ, さムキに怒る, さメトロノーム的な均斉さ, さメロドラマティックな筆致, さメーデイじゃない, さモジモジしながら, さモーゼの山師め, さモーツァルトの情愛, さヤレ株式組織だの会社組織, さラツパの哀音, さリアリティーは実に, さリンカクの正し, さワトソン君なんだか専問家, さンとこにおい, さーんと泣く, さーア手をあげ, さーツさーツ, さ一〇メートルの跳び, さ一これ又おなじ, さ一しょにおいで, さ一つそれを固める, さ一つものを見始める, さ一つ一つに深い, さ一つ二つ食べて, さ一インチ半のガラス函, さ一グラムの水滴, さ一センチ程度で長, さ一パイで前, さ一パイごとに女房, さ一フィートこれに似た, さ一フィート以上の場所, さ一フィート半の細長い, さ一フィート半砂糖大根の形, さ一フィート強で大人四人, さ一フート半ばかりの舞台, さ一マイルの手紙, さ一マイル余でこれ, さ一ミリの泥, さ一メートルあまりの鞭, さ一メートル三十センチほどの長い, さ一メートル二十センチもある, さ一メートル二十面積およそ五十平方メートル, さ一メートル五〇幅が一メートル, さ一メートル以上になる, さ一メートル位のもの, さ一メートル余りのむちのようなものは, さ一メートル余幅一尺余平たくまるくノッペラボー, さ一メートル幅一メートルの土堤, さ一ヤード四分一の布, さ一・五センチばかりの傷口, さ一万七百尺日本第二, さ一万丈頭は泰山, さ一万五千尺の家, さ一万坪余周囲およそ五百間, さ一丈三尺余横幅は広い, さ一丈二三尺の峭壁, さ一丈二寸御脛, さ一丈二尺ほどある, さ一丈五六尺から二丈位, さ一丈五六尺幅六尺ばかりの大岩, さ一丈五尺ばかりある, さ一丈五尺四方に角楼, さ一丈以上の高, さ一丈位の木, さ一丈余下は岩石, さ一丈八尺の蛇矛, さ一丈四尺の石面, さ一丈幅四尺位しか無い, さ一丈底辺の厚み三尺三寸, さ一二寸大なるも, さ一二尺人の路, さ一二尺位の玉石底, さ一二尺黄金のよう, さ一人一人頭を出せ, さ一休和尚の寺, さ一個産神様へ届け, さ一八四一メートルの山, さ一分の水盤の水, さ一分位の一直線, さ一分位推定一尺長さ以上, さ一列に黄ばんだ, さ一匹頼んで, さ一千二百フィートのを美しい, さ一向面白くも, さ一坪ばかりの, さ一夫多妻叔姪相婚父子兄弟相鬩ぎ骨肉互いに啄もう, さ一家のため, さ一寸あまりの柳箸, さ一寸三分の箱に順序, さ一寸余たけ一寸ばかりの小さい, さ一寸八分なる単, さ一寸前後藻蝦よりも少し, さ一寸許細葉多く簇生, さ一寸顔を見せ, さ一尺あまりの小さな, さ一尺あまり節をこめ, さ一尺一トンという計算, さ一尺一寸厚さ七寸, さ一尺一寸幅九寸八分目方四十一貫その価, さ一尺七八寸目方は六, さ一尺二寸ばかりのかなぶつ, さ一尺二寸五分高さ六寸, さ一尺二寸幅七寸厚さ三寸位, さ一尺二寸幅三指の, さ一尺二寸横一尺六寸僅かに匍匐, さ一尺五六寸の四角い, さ一尺五寸幅一尺ほどな, さ一尺五寸幅七寸の細長い, さ一尺五寸目は百練, さ一尺余り小さいほう, さ一尺余一頭は尖り, さ一尺八寸くらいな, さ一尺六分強となり, さ一尺内外の坐像, さ一尺幅六寸五分厚さ三寸, さ一尺強も有る, さ一尺方三尺ばかりの箱, さ一尺百匁以上に育つ, さ一尺足らず幅四五寸の手垢, さ一徹さが早熟, さ一応あつめるべ, さ一念の剛直さ, さ一指を触るれ, さ一挙手一投足につきまとっ, さ一旦は無事, さ一月二月は叔母, さ一本気が段々, さ一杯幅一杯に立ちこめ, さ一杯涙ばため, さ一椀の熱湯, さ一様なる棒, さ一段身に染み, さ一滴落ちて, さ一生に何, さ一町位の広場, さ一町足らずで非常, さ一町餘りの, さ一畝許人を容, さ一番キレイな幼い, さ一百歩といふ, さ一石橋の甃石, さ一種のへだて, さ一米ぐらいの怪魚, さ一粒一粒の光明, さ一糸の乱れ, さ一萬三千尺にもあまる, さ一葉のふるさと, さ一走りして, さ一途さをもっ, さ一途さ意志のつよ, さ一里ばかりの堤, さ一里半喬松生へつ, さ一間あまりもあるべし, さ一間位の木枠, さ一間余の大石, さ一間半四方位の室, さ一間幅は下, さ一間幅四尺もある, さ一面の障子, さ丁字路上に他, さ七インチ幅二インチ半厚さ半インチ, さ七フィート幅四フィートの木, さ七マイル海面から八十五フイート, さ七丈余もある, さ七八キロメートルまでのぼった, さ七八センチの可, さ七八丈太さ十, さ七八丈許り幅, さ七八人寝て, さ七八寸冬より春, さ七八尺味淡し下品, さ七八間厚さ, さ七十センチ幅三十センチもあり, さ七十丈にも余る, さ七十二フィート幅二十四フィートという煉瓦づくり, さ七十五センチというりっぱ, さ七十哩幅十二哩の長方形, さ七十尺以上もある, さ七十尺底には一滴, さ七十間幅二十三間あり, さ七咫の高, さ七咫背長さ七尺余, さ七咫脊の長, さ七寸あまり三十五匁はあろう, さ七寸五分小鱗, さ七寸幅九寸八分目方四十一貫ありと, さ七尺云々また口尻明り耀, さ七尺五寸二分ある大身, さ七尺周回一万六千米突の土壁, さ七尺巾四尺位縁の太, さ七尺幅三尺くらいの地面, さ七尺幅三尺五寸の扉, さ七尺直径五分ばかりの吹管, さ七日でも済め, さ七日ごろかえります, さ七百六十フィート幅が八十八フィート, さ七百六十フィート幅八十八フィート高さ, さ七百年程廊下, さ七間半幅四尺深さ三尺ぐらゐで, さ万丈奈落へ通じる, さ万人の胸, さ万象の妙, さ丈許今に在, さ丈餘幅七八間陸前海岸の平野, さ三つづつ三つ叩く暗, さ三インチ幅一インチ約一フィート, さ三キロメートルつまり三十町ちかくも, さ三フィート半の竹, さ三フィート木の幹, さ三メエトル幅二メエトルでした, さ三丈三尺の標一基, さ三丈余周囲五千米突壁上の広, さ三丈周囲二丈二三尺に達するあり, さ三丈許葉の状, さ三両二分とかかった, さ三代傳はる稻葉屋の大, さ三伝だと, さ三分の叫びをあげた, さ三分位に大きく, さ三割とられたって, さ三匁其の黒き, さ三十フィート幅十八フィートで高, さ三十マイルの山脈, さ三十メートルもある, さ三十メートル周囲三百メートル余りの雑木山, さ三十五ノツトより四十ノツト, さ三十五フィート厚さ, さ三十五フィート幅四フィート半深さ二フィート, さ三十五丈の華厳, さ三十五尺のグロテスク, さ三十人ほどつれ, さ三十八呎広さ十八呎, さ三十六メートル高さ二メートル, さ三十円は出したくねえ, さ三十尺近くもある, さ三十町もある, さ三十畳敷ぐらいそこ, さ三十米愛宕山の三角点二十五米七, さ三十貫止まりのもの, さ三十間ほどの円筒, さ三十間以上の大きな, さ三千メートルもある, さ三千丈もある, さ三千両の小判, さ三千兩の小判, さ三千尺飛騨の国, さ三四センチのうすい, さ三四ミりぐらい, さ三四丈もあり, さ三四丈錦繍の間, さ三四呎のド, さ三四寸の小, さ三四尺位で各々十数個, さ三四尺武州不忍, さ三四間もあらう, さ三寸以上もある, さ三寸巾六七分位の薄様美濃, さ三寸目方は一枚十三貫, さ三寸計りにし, さ三就ばかり末, さ三尺ぐらゐで両方の舷側, さ三尺ぐらゐの抽匣が二, さ三尺七八寸苔蘚厚重して, さ三尺三重の壇, さ三尺五寸三尖方形, さ三尺五寸也十倍にし, さ三尺五寸以上はある, さ三尺五寸先きは, さ三尺余りの細長い, さ三尺余口に当て, さ三尺内外もあり, さ三尺前後であろう, さ三尺口から口, さ三尺幅三寸の木, さ三尺径四尺ぐらいの井筒, さ三尺濶さ二尺ぐらい仲密君, さ三尺許其間九尺ほどづゝ三里, さ三年があすこ, さ三年目の今日今さら, さ三度四度とそれ, さ三抱えもある, さ三拱にも余りぬべき, さ三日だから, さ三歳子のごとく, さ三町の橋, さ三百フィート幅五十フィート深さ八フィート, さ三百七呎此の観望台, さ三百丈其の上, さ三百三十六フィートあり, さ三百五十メートルほどもあり, さ三百六十三尺なり, さ三百六十四フィート幅三百十五フィートにし, さ三百米ほどで, さ三百間以上の桟橋二カ所, さ三碼にも達する, さ三糎ぐらいの切っさき, さ三貫五六百匁の野がん, さ三遊亭圓生師匠によ, さ三里余速末水, さ三間あまりの上, さ三間二面廻廊があっ, さ三間以上の樹木, さ三間位もあ, さ三間幅二間くらいなり, さ三間強幅五間はあつ, さ三間町の鍛冶富, さつて, さ上がってらッ, さ上ったと思っ, さ上ったら今度は, さ上れと言われ, さ上下左右から迫っ, さ上品な明快さ, さ下々の難儀, さ下らなさを, さ下りて川, さ下級民らしい狭い, さ下谷小町と言われた, さ不便さとともに自分, さ不具さ病症を意味, さ不動な正当さ, さ不合理さが鼻, さ不味さの, さ不如意不安であろう, さ不孝者奴が居り, さ不安定鬱陶しいもの, さ不完全さに対する覚醒, さ不徹底さを此一瞬心, さ不快さを取除く, さ不愉快さだったと, さ不憫さの愛, さ不抜さがいよいよ, さ不断の進歩, さ不明さは触覚, さ不明瞭さの故に, さ不気味さ陰惨さを感じ, さ不潔及び腐敗, さ不純さ自体が純粋, さ不自然きわまる演技, さ不自然さ不完全さに対する覚醒, さ不透明さに対してである, さ与えるところの, さは恐し, さ世にこれほどの, さ世の中が急, さ世の常のもの, さ世界のひろ, さ世路にまよう, さ丙種だなんて, さ殿下も, さ両人とも手討, さ両方手を出し, さ並べて手, さ並んでゐる, さ並木の青, さ中やつと私, さ中りや霍亂, さ中りしたらしいんだ, さ中学生程度がとりあげられる, さ中毒で茶釜, さ中流的テライのない, さ中腹の落葉松, さ串戯は止し, さ串戯口でも利こう, さ丸裸の罔象女, さ主人に教えられ, さ主婦や子供, さ主税は足早, さ主題の独特性, さ乃至潔癖さに, さに増した, さしとくん, さ乗ってんべ, さ乗つてつたら可, さ乗り上げんな, さ乗るんだ, さ乗れツ, さりますと, さ乘つてつたら可, さ九万七六〇〇英里なり, さ九十六間構造すこぶる壮大, さ九十尺幅百二十尺の屏風, さ九十斤長さ一丈八尺, さ九千七百尺のその, さ九叔白を切る, さ九寸他の一本, さ九尺ぐらゐもあらうかといふ樫製の櫂, さ九尺余手元から先, さ九尺諸侯は七尺, さ九間口径三尺の筒, さ九間檣四十八間であった, さ乱れ乱れた髪, さ乱読も相当, され, さ亂雜さは一, さは僅か, さ事々のむずかし, さ事毎に多少, さたまわりの, さ二つとない, さ二インチ幅と厚, さ二フィート以上の堆積, さ二フィート以上下に下った, さ二フィート半を越えぬ, さ二フィート半幅は少く, さ二マイル以上ではなく, さ二メートル半はば, さ二メートル幅六十センチほどのガラス張り, さ二メートル弱の犬小屋, さ二丁余傾斜の角度二十度, さ二丈五尺幹の太, さ二丈余り周囲三町四面の石塀, さ二丈四尺あった, さ二丈明の洪武年間, さ二丈許りの, さ二三フィートの板, さ二三十間の大, さ二三寸位もある, さ二三尺位のもの數本, さ二三尺幅はその, さ二三尺幅これに半ば, さ二三尺幅六七寸ほどの薄板, さ二三百フィート高さ二百フィート以上, さ二三百尺に及ぶ, さ二三里に亘つた白浜, さ二両半神力を以て百味, さ二二メートルの塔, さ二人っきりで私, さ二倍の広間, さ二円あげろじゃ, さ二分か三分位, さ二分上下同じよう, さ二分幅一寸長さ一寸五分, さ二十ひろから百, さ二十センチあまりのもの, さ二十メートルばかり, さ二十七八間その幅八, さ二十七間てふ, さ二十万キロ地球赤道を五周, さ二十丈もあろう, さ二十二ペークスの, さ二十二吋幅十一吋もある, さ二十二呎赤線の高, さ二十二尺幅員十三尺高さ, さ二十五キロになる, さ二十五フィートの日本, さ二十五フィート重量五貫目のスカール, さ二十五万石の太守, さ二十五坪半は板敷半, さ二十五年のあいだ, さ二十五斤の首かせ, さ二十五間樹齡二千年といはれ, さ二十余丈兵二千余人をのせる, さ二十余尺あるいは四十余尺, さ二十八町二十間という堤, さ二十八間の欄干擬宝珠, さ二十四インチ幅一インチ深さ一インチ半, さ二十四五間幅二間位あるが, さ二十四曲の練習曲, さ二十尺余のコンクリート, さ二十尺周圍百七十尺餘に及ぶ, さ二十尺幅八尺の山, さ二十数間の土壁, さ二十畳の広い, さ二十米木造の橋, さ二十里に余る, さ二十間下幅十五間位ある長, さ二十間幅三間程の橋, さ二十間水深約一丈, さ二十餘丈泰液の大池, さ二十餘間樹齡は一千年, さ二千二百七十一米六富士見の南, さ二千六百年の間, さ二千十一米八の竜バミ山, さ二升も飲んだ, さ二厘乃至三厘, さ二寸五分幅六分ぐらいの小さな, さ二寸余の穴, さ二寸親指の太, さ二寸許りの, さ二寸重富附近にては厚, さ二尺七寸横一尺趺は二重, さ二尺以上たる物, さ二尺位の文殊, さ二尺何寸長いの, さ二尺余の瓶, さ二尺六七寸の窓, さ二尺六寸餘青貝の柄, さ二尺内外から一丈, さ二尺半ぐらい尖, さ二尺四寸幅一尺八寸の潜り戸, さ二尺幅六尺に造り, さ二尺計りの堤, さ二尺餘り眞白, さ二斤の鉄槌, さ二本差しにも強い, さ二段許り, さ二百フィートの滑走路, さ二百フィート以上もある, さ二百三十ヤード即ち町, さ二百三十尺八菱形十三層の磚身白堊, さ二百五十フィートと記載, さ二百五十間幅三十間全島第三紀, さ二百五十間幅二十間の埋立地, さ二百八十間余の所, さ二百八間というその, さ二百匁前後鰺科に属し, さ二百十六間なり, さ二百歩以上のところ, さ二百米の鎔岩塔, さ二百米以上はたしかに, さ二米ばかりの巨大, さ二英トン半石の数, さ二里三里にも及べる, さ二里位遅れて, さ二里十九町で幅, さ二里江戸の大半, さ二重顋頸のくくれ, さ二間位の大, さ二間半に周り, さ二間半周り五間ほどの大きな, さ二間幅一間ぐらいの大きな, さ二間許りに, さ云われなくってもここ, さ互いに向い合って, さ五インチである, さ五ツ抱えもある, さ五フィート以上で壁, さ五フィート半のもの, さ五フィート幅は柱, さ五メートルまでについてたくさん, さ五七メートルの展望塔, さ五万五千メートルまでが成層圏, さ五丈五寸枝張五十三間を数えられる, さ五丈余の桑, さ五五・四デシメートルとある, さ五人の頭, さ五六丈許その一瀉, さ五六十米の褐色, さ五六十間に及ぶ, さ五六升の器, さ五六寸大さ三尺に近い, さ五六寸計りを常, さ五六尺余の古木, さ五六畳程の竪穴, さ五六里とは何と, さ五分くらゐの, さ五分の一インチの銅板, さ五十キロのをおろし, さ五十丈のもの, さ五十丈以上なりという, さ五十三間幅二十九間にし, さ五十両ある, さ五十二尺重さ, さ五十四尺内部は三層, さ五十年の香染, さ五十斤という鉄, さ五十歩百歩さ, さ五十由旬その身量百五十由旬, さ五十町ほどの荒れ, さ五十米突に足らぬ, さ五千円も貸し付けた, さ五呎ほどの炭油塗り, さ五寸以上のもの, さ五寸位の落葉, さ五寸余りの箱根山椒魚, さ五寸幅二寸五分位の穴, さ五寸直径二尺くらいのまるく, さ五寸餘巾四寸餘深一寸四分である, さ五尋ほどの岩, さ五尺七八寸囲繞いた群集, さ五尺九寸ほどの大き, さ五尺二寸本口周り三尺九寸, さ五尺五寸の高山, さ五尺余押えようと, さ五尺川には水, さ五尺幅二尺深さ三四尺, さ五尺幅二尺三寸強その全文, さ五尺幅弐尺ありこの, さ五尺廣さ一坪ばかりの, さ五尺目方二十四貫目なるもの, さ五尺許の半紙, さ五日六日来なかったばかり, さ五時半に戸塚, さ五百メートルほどのなまなましい, さ五百メートル幅十二メートルの平ら, さ五百七十八間その横三百八十五間, さ五百八十間ばかりの堀川, さ五百夜継ぎこそ, さ五百米いよいよ第, さ五米突に及ん, さ五粍の護謨板, さ五里四方と云, さ五間以上もある, さ五間奥行十尺深さ六尺, さ五間幹の周囲, さ五間明治二十年一月成と刻しぬ, さしも穴, さ交ぜてえ, さ交誼の平安, さ區, さ人々の立てる, さ人なみに御飯, さ人ふりかへり, さ人口の多, さ人家の恐ろしい, さ人恋しさに, さ人民解放にのぞむ, さ人為によって保ち得た, さ人為性というもの, さ人生的なもの, さ人絹的艷のぬけた, さ人間らしいつや明瞭さを, さ人間らしくよろこびを, さ人間侮蔑に胸, さ人間心理のニュアンス, さ人面白くも, さ仁侠さ礼儀正しい細やか, さ今お帰りか, さ今に忘れず, さ今や余が, さ今年は鮒, さ今年中での大漁, さ今度久し振りだったなむ, さ今日ここにて昔, さ今晩の旅籠, さ今晩駒井甚三郎は生き, さ今月一杯ご, さが睨みます, さ仏さん拝みさ行ぐべ, さ仔牛が乳房, さ仕上がる頃には, さ仕事どれも倍, さ他愛なさ, さ付けんな, さ代官所へ歩け, さ以下にあった, さ以前に輪, さ以外何も意識, さ仰いでは行く, さ仰しゃったらいいでしょう相手は, さ仲吉の火事好き, さ仲間道中師の伊兵衛, さ伊東君を見送る, さ伊那丸さまをおい, さ休安と正反対, さ休息のよう, さ伝公二升五合賭で来い, されて, さ伸びて行った, さ伸びた豆の, さ伸子の貧弱さ, さていない, さ佃さん腹んなか, さ位胸糞のわるい, さ低級さ卑俗さを脱却, さ住宅の持つ, さ住居の行屆, さ体重一一〇封度にも達する, さ何たる壮観ぞ, さ何だかぐず, さ何となく秋を, さ何センチスカートのひだ, さ何万騎やらただ, さ何丈という大木, さ何倍の長時間, さ何分にも達する, さ何十丈に積みかさねた, さ何十尺か, さ何十斤という偃月刀, さ何千坪中には一万坪, さ何千尺だか, さ何吋だ抔, さ何噸といふほどの大きな, さ何寸かあろう, さ何年の苦労一ト, さ何日も続い, さしさ, さってか清浄, さ余つて始終泣い, さ余つて舌を出した, さ余ッての憎, さ余人に優れ, さ作って置かね, さ作家のうかつさ, さ作者としての参考, さ佳い匂じゃ, さ來年は三十一, さ例えば家の, さ例へば山の端に, さ侘びしさ, さへる, さ価値をうたった, さ便りなさ, さ便宜主義の種, さを笑, さ俗さ中学生程度がとりあげられる, さ保護者のある, さ信仰のうえ, さ信念の固, さ信玄流です, さ信頼をもち得ない, さ信頼合理的であること, さ俺ぁそんな眉つばものの全体, さ俺たちの対手, さ俺一人の智慧, さ俺独りお留守居, さ倒れたら介抱すべい, さ借着をし, さ借金をよう, さ値打のある, さ偏狭さ他愛なさ, さ偏見反動は新しい, さ停年制などは組合, さ健かさの美し, さ健やかなリアリズム, さ健全さを持っ, さ健康と完全, さ健康さの輝く, さ健康さ肉体的な一時的結合以上, さ偲ばれなお悲しく, さ瞞抑圧が, さ偽りのな, さ傍目にも子, さ傲慢さ嫉妬深さ, さ傷口に嘴, さ傾倒を感じ, さ働いて食べる, さ働かして置い, さ働きに行つて, さ僕たちの紙一重向, さ僕らは一, さ儀助来い, ささが, さやかさ, さ優しい姿を, さ優しい暖かさ生活の, さ優れりというところ, さ優柔不断な気質, さ優秀さを十分評価, さ優美な線, さのごとくならず, さ元気さ陽気さそれはその, さ元結空にはじけ, さは兄, さ兄さん早く蜜蜂, さ兄弟飲むん, さ兄弟分の盃, さ兄貴とは久しぶり, さ充たすちゅうこと知らん, さ充分に写させ, さ充実したたっぷりさ, さ先ず日本一の, さ先づ一杯と盃差し, さ先づ原稿用紙のい, さ先づ目にかかる, さ先年美濃国から信州, さ先日ほかの用, さのごとし, さ児玉氏自身の仕事, さ入えるまでこうして, さ入った年買っ, さ入ったら自分が, さ入っててもわれわれ, さ入ってるのよ, さ入らないおかね, さ入らねえか, さ入りたくねえッ, さ入り乱れたものに, さ入れた入れた札を, さ入れるでなえて, さ入んねえばって生める, さ入場券を貰, さ全くほっと肩の, さ全体此の様, さ全力の消耗, さ全身の三分の二, さ全部がたちどころに, さ全長が一寸五分, さ兩親の目, さくさ, さ八フィート幅と深, さ八フィート幅五フィートの風呂桶, さ八マイルありと, さ八丈周り四十二丈ほどの大きな, さ八二万キロで地球, さ八分ほどに切り落とし, さ八十尺の淵, さ八十里重さ二両半, さ八十間にし, さ八千六百尺火山の如き, さ八吋を越える, さ八寸一分幅六分厚三分の鏃, さ八寸幅二寸位い朴, さ八尺三寸五分と註, さ八尺五寸あった, さ八幡前不動前これが富岡門前, さ八幡命かけて, さ八畳敷これに和布, さ八百トンのシップ型, さ八百フィートの玄武岩, さ八糎だが, さ八間幅一間余の緋羅紗, さ八.五センチとしてそれだけ, さ公孫勝運を天, さ六センチほどのから草, さ六フィート幅三フィートで一つ, さ六フィート幅八フィートか十フィート, さ六ミりぐらい, さ六七センチメートル横幅一〇一センチメートル裂片の広, さ六七丈幅二間ばかりに見, さ六七分にし, さ六七十尺長さ一里, さ六七寸それが怪物, さ六七貫目以上に至る, さ六丈なり草木発生, さ六分幅一寸六分あり鎌倉, さ六十キログラムの土, さ六十センチ四方高さ一メートル三十センチ, さ六十フィートの鋼鉄製, さ六十二斤の鉄, さ六十二斤水磨作りの錫杖, さ六十五間堂の絶頂, さ六十呎に幅六呎, さ六十尋を算, さ六十尺の帆桁, さ六十間周囲半里, さ六十間四方の坑, さ六呎に達し, さ六坪ほどの芝生, さ六寸くらゐの, さ六寸位の鬱紺木綿, さ六寸幅二寸ほどの大き, さ六尺余の太鼓, さ六尺余りの大きな, さ六尺幅三尺八寸高さこれ, さ六尺幅六寸ほどの穴, さ六尺幅四尺五寸の一種, さ六尺横二尺半厚さ一尺, さ六畳の洋風書斎, さ六百乃至七百フィート, さ六百八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, さ六百米にも足りない, さ六里広さ二里, さ六間の竿, さ六間五尺但し堀底, さ六間半の新, さ兵学者だ, さ其中庵はあたらしく, さ其他作り方等頗る北蝦夷圖説, さ其以上に鍛錬, さ其件に就きまし, さ其儘亀屋へ行け, さ其処まで行け, さ其様に懊, さ其物が結晶, さ其等は皆, さ其處から畑, さ具体的抽象的等々そのものを以て立場, さ内の人ぢやない, さ内乱だね, さ内蔵助をのぞく, さ内部に動き, さ内面の奥ゆき, ささ重, さ円舞曲のうち, さ冷刻さと云われる, さ冷淡さを夫人, さ冷淡さ狡猾さなぞで, さ冷血さはおそろしい, さ冷静さの錯綜, ささは, さ凄まじさという, さ凌ぎし借頭巾, さ凌辱めいた不自然感, さ凝り性癇性妙な贅澤さ, さ几帳面さは吉右衛門, さ凡そ二尺二三寸の下馬, さ凡そ五百米の所, さ凡そ十余丈もあらう, さ凡そ四斗樽ぐらゐ黒く塗り, さ凡一里半余も有, さ凡庸さ不安の感, さ処女性の新鮮さ, さ出かけましょうか, さ出たらめぎらい甘, さ出ないでも, さ出はてもうんと, さ出るちうて断わり申しただ, さ出ろ病身結構だ広々, さ出家遁世なぞというさもしい, さ出張り方円, さ出来るぞ, さ刃作りの妙, さ刄物なんか何だ, さ分ったよ, さ切ってやる, さ切ないこころを, さ切りなり直ぐ, さ切るさの, さ切実さ複雑さはそれ, さ切手を飲みある, さは叔母, さ初々しさを, さ初めて入りこんだ土地風俗, さ初夏の湧く, さ初秋の爽かさ, さ判って居る, さ判るけれど他, さに此室, さ別れのつら, さ別れぎわにこう, さ別荘の門, さ利害のまじりあい, さ利己心の強, さ利根がはるか, さ利發に見え, さ制度の愚劣さ, さ刷り上げの巧さ, さ刹那の不快さ, さのな, さ刺々しさ冷た, さ刺しちがえて, さ剃刀をこう, さ前祝いに一献, さ剣把に到り, さ創作方法上の未熟さ, さ創造力ある人間, さしさ, さ力感のつよ, さ力持じゃア, さってる, さ加わるが大分身体, さ加寿子さんほらあなた方, さ加減でたらめにわれ, さ加減ッたらなかったそう, さ加減マーなんという, さ加減一つ知らずにここ, さ加減以上であること, さ加減傍で見る, さ加減我らにも覚え, さ加減東京パレスはアベコベ, さ加減正比例でもする, さ加減浅はかさも程, さ加減絶望なぞと一口, さ加減黒旋風の愛吉疼, さ劣るまじき審美的華文を, さ劣等ささえ外部, さ劣等感だと, さ努力などの何, さ労働囚人の群れ, さ効力自立性というもの, さ動作の日本, さ動向観察光彩精神の高, さ動揺がある, さ動物力を失つて自然, さ動物的な当然, さ勘三さんいるの, さ勝ち難きを, さひサイソク, さるが, さ勤めの切な, さ勤勉の資質, さ勿体らしくさ, さへば螢, さ匂いの深, さ包ざの脇差ざのはぞうしさな, さ包んで来る, さ匕首なんかじゃない, さ化物に取巻かれ, さを投げた, さ囲えも, さ十フィート幅四フィートの一枚石, さ十マイルもある, さ十メートルそれとつりあう, さ十一里三十二町半を燒, さ十七へ百五十法, さ十七尺五寸に達し, さ十七間の猿橋, さ十七間余幅は二間半, さ十万里を以て我, さ十三丈幅五間上下二段になっ, さ十三尺長さ百間, さ十三町あり, さ十三間直徑二尺, さ十九丈壁の厚, さ十九娘のお, さ十二フィートそれに窓, さ十二メートルの戦線, さ十二三間幅七間であった, さ十二尺高さ百五尺, さ十二間もありまし, さ十二間上の広, さ十二間幅三間で時, さ十五フィート直径二フィートの大きな, さ十五六坪もある, さ十五呎もある, さ十五斤の槍, さ十五畳敷ぐらいそこ, さ十五間五層の屋根, さ十五間壁の厚, さ十余丈千古の神木, さ十余丈渓の中, さ十倍であろうと, さ十八インチもある, さ十八万五千マイルにわたりほとんど, さ十八丈の者, さ十八呎厚さ六呎, さ十八尺もあろう, さ十八間幅七間二十四反帆, さ十八間許りの, さ十六キロ幅三キロに及ん, さ十六丈その根, さ十分の力や智力, さ十吋程の緑色, さ十四インチで最大直径, さ十四インチ幅九インチ一枚五ドルするという, さ十四フィートでどこ, さ十四フィート舳も船尾, さ十囲黄金色したる実, さ十数丈の直立, さ十数歩総て稜々した石塊, さ十数町深さ二三十間, さ十數メートルの船腹, さ十數里に及べり, さ十町足らずの通り, さ十糎というでかい, さ十里以上もある, さ十里四方の程度, さ十間四壁および屋上みなトタン, さ十間幅四間深さ三尺, さ十餘丈角は枯木, さ千七百米で長, さ千万倍なり今, さ千三十二斤玉の廻り五尺八寸, さ千五百メートル高さ十二メートル, さ千五百尺これが房總, さ千人を容れる, さ千余丈蹄より背上, さ千兩箱なんか隱, さ千円取ったって, さ千年の後, さ千曲川の長, さ千浪殿の胸, さ千鈎をひく, さ千間の一, さ卅呎にも足らぬ, さちかくまで, さ半びらきになっ, さ半インチの木片, さ半メートルばかりの石, さ半メートル餘の鐵, さ半分欲半分でまず, さ半哩にもわたるべし, さ半四郎より若い, さ半熟飯となつ, さ卑俗さを脱却, さ卑劣さとして世界的, さ卑怯未練このよう, さ南北二十間東西十七間石垣の内, さ単純さであろう, さ単純さ健全な目的, さ卜伝一あたりおあたり, さ危さをまぬがれる, さ危ない話だ, さ危ッかしさ, さ世の, さて生, さ却って心配の, さ厚朴醇美の貴, さ厭わしさは, さ厳かさを示す, さ厳かさ理知の均整, さ厳さも知った, さ厳しき故水, さ参らう手間は, さ参りましょうよ, さ又もや僕は, さ又八もき, さの温情, さ友人といふもの, さ友情そのものの味, さ友田喜造との関係, さ反り工合からみ, さ反対されると, さ取って真直, さ取りまぜた涙, さ取り上げられてしまいやした, さ取り返した上に, さ取る人のみ, さ取れりやいい, さ叛骨といふの, さ口唇は動い, さ口惜さ, さ口措しさ総身, さ口紅の濃, さ古めかしさを, さ古河公方を中心, さ召捕らねえのか, さ可愛らしさとしてしか, さ可憐さにしとどほお, さ可笑しさ, さ可笑しくたって, さ可能性の限界, さ号外になまけただ, さ各々十フィートを越し, さ合理さ食事の合理性, さ吉蔵がこれ, さ同勢二十人からの団体, さ同時に健康な, さなし小川, さ名刀さ, さ名前書いて, さ名声への卑俗, さ名状しがたい, さ名目は何, さ吐き気はどうやら, さでもこの, さ向うへいらっしゃい, さ向く間に, さ向上して, さ君らもあの, さ君勇たちは鴨川湯, さ吹き起る微風と共に, さ吹雪の恐ろし, さ吾妻山の高, さ呆れた野郎だ, さ告げであげますだ, さ周囲九寸根元から一尺五寸許, さ周玄これへ, さはれて, さをふり, さ味わいの渋, さ味噌汁吸って, さ味氣なさ, さ呼吸数体温血圧その他いくつかの反応, さが惜, さ和やかさそんなもの, さ和らぎを求むる, さ和子さまよ, さ咫尺を弁ぜぬ, さ咲耶子とともに力, さ哀れをもよく, さ哀れさみじめさのみ漂う, さ哀愁そんなもの, さ品位つやをもっ, さ品格がありません, さ品物でいえ, さで何処, さひませうよ, さ唯我独尊振りには聊か, さ商人は表向き, さ商家の昼, さひ慰めんと, さ問い慰めんと, さ問うところが, さ啖呵ですよ, さ啼きのこゑ, さ善良を愛さず, さ善良さ心持よい真率さ, さ善良さ真摯さの故, さの神経衰弱, さ喚いて充血, さ喜ばしさが, さ喜八はす, さべねえ正ちゃん, さ喰うさの, さ喰った代を, さ喰われちゃったでなっ, さ嗟嘆あるのみ, さにゃ日本左衛門, さえたものの, さ噛み疾風は, さ噛りついてさ, さ器具の悪, さ器械も鶏, さ四〇メートルばかりの谷, さ四〇五メートルの火山, さ四つん匐い, さ四インチ一辺一フートほどの四角, さ四フィート四インチくらいから五フィート七インチ, さ四メートル半砂山の高, さ四丈八尺海沫に沾, さ四丈幅七間周囲三里の城壁, さ四五フィート運河の両側, さ四五メートルもある, さ四五丈も周囲二町, さ四五十間ばかりの川形, さ四五千米にも達した, さ四五寸雪のよう, さ四五尺位に屋根, さ四五里にわたる, さ四五間ほどもあろう, さ四俵はとれる, さ四分五分という碁石, さ四十もう一二, さ四十センチほどに大きく, さ四十一センチ茶褐色巻尾の体型, さ四十九日が過ぎる, さ四十二呎のひどく, さ四十五丈巾數丈と云, さ四十五六の型, さ四十五貫くくりつけて, さ四十余歩広さ, さ四十八マイル幅十マイルの地帯, さ四十四丈広さ十八丈, さ四十尺ばかりの象, さ四千四百六フィートなり, さ四千尺の氷蓋, さ四四ミリメートルに達する, さ四天王の随一, さ四季押通し油びかりする目くら縞, さ四尺一寸余の竹, さ四尺七寸以上周りは一丈三尺余, さ四尺以上もある, さ四尺幅三尺程の大幅, さ四尺直径一尺五寸もある, さ四尺許りに, さ四尺長方形の岩室, さ四方に聳, さ四百フィートに近く, さ四百八十尺に達する, さ四百円有れば, さ四百尺のマスト, さ四間半もあっ, さ回向をなされ, さ困ってしまった, さ困ることが, さ困難をさけよう, さ困難さの前, さ図らずも霊感, ささが, さ国土や歴史, さ国家の発展, さからこ, さ圖ウ圖しさ, さ地下の団十郎, さ地位の低, さ地味な暮し, さ地軸に達せん, さの上, さ坊ちゃんつかまえて, さ坊ちやんいい, さ坊やはこ, さ坊やお父ちゃんが帰っ, さ坐るがいい, さ坐れる嬉しさ, さ垂れた一枚の, さへえんねえ, さ城趾のお, さ執拗さに起因, さ執拗さ気なが, さ堂々さ寛大さ, さ堅い石地でも, さ堅忍不抜と優柔不断, さ堅忍己を持する, さ堪えがたくなって, さ堪えがたし西国にては, さ堪え難い思いである, さ堪ふべからず禿顱なら, さ場末の荒物屋, さの沢, さっぽさ, さ境界の深, さ境遇のゆたかさ, さの深, さ増して言葉, さ増したとこい, さの黒, さ壮大さは全く, さ売った地面から, さ夕日が照り返し, さ夕飯後国へ立つ, さ外国にはもッ, さ外見従順でインギン, さ多人数の踏, さ多額の金, さ夜なかに忽ちに, さ夜八時半かえる, さ夜分なりと歸, さ夜千鳥なく声, さ夜店物のケチ, さ夜逃げでも心中, さ夜食にしよう, さ大いなる御仏, さ大らかさ生活力, さ大丈夫だ先, さ大事な文, さ大人の二倍, さ大人しくしろが, さ大仰さ物におどろかない, さ大分直りました, さ大原は心, さ大山荒れが, さ大川の水, さ大急ぎでやつ, さ大抵二尋以上上総澪はその, さ大概お昼を喫, さ大洋の只中, さ大相もない, さ大穴もう一ツ, さ大金を分け, さ天下兵馬の権, さ天然の美貌, さ天童太郎の泥棒がん燈, さ太平洋の真ン中, さ太腿の太, さ太郎である, さ太陽の高度, さ夫人ここがよろしかろ, さ夫婦といふもの, さ夫金五郎への献身, さ奇怪さに当年, さ奇抜さを発揮, さ奈何ぞや, さ奉行などに不審, さ奥庭に面した, さ奥様殊勝と見遣りた, さ奥深い所に, さ奥行の深, さも表, さ女中の無精, さ女中部屋の空っぽ, さ女子の狹, さ女性の神, さ女房子供がある, さ女房未練かつは時めく, さ女王のあの世, さ女説のやう, さ奴等が何, さ奸智無邪気さあらゆる強烈, さ好いから退い, さ好きな女性, さ好事で変つた話, さ妄執のすさまじさ, さ妄念が可, さ妖美とも凄, さになつかし, さ妥協に対する潔癖, さ妬ましさ苦し, さと入れ, さもそう, さ始まるんだ, さ始めたり始め, さ始めようじゃない, さ始終短銃を, さ御は, さが藝術, さ姫瓜烏瓜ぐらいな, さ姿のしなやかさ, さ威厳こそ幾分, さ威容圧力などを感じた, さ威張ツたりすれ, さ娘軽業というの, さしさ, さひに, さ婦人の繊手, さ婿養子になつたん, さ媚び悩み, さ嫁ごというの, さ嫉視妬ましさ, さ嫋々たるところ, さなら帰って, さ嫌いも大分暖気, さ嫌んだ人, さ嫌悪その反動, さ嫩葉の色, さ嬉さおん可懐さを存ずる, さ嬉しければおけ, さ子どもであっても, さ子どもたちがよろこぶ, さ子供らの整然さ, さ子供心にも親, さ子午線の四分の一, さ孤独さに支えられ, さ孤獨の悲し, さ学問などは迚, さ守刀だ, さ安い地面とか, さ安けさを祝さぬ, さ安しとこの, さ安心悦びが一時, さ官界衒学者の暴君的専断, さ官能の不安定, さ定吉の東山坊, さ宛がら天魔の怒り, さ実った重さ, さ実によくわかります, さ実は感受性の, さ実現されたらば, さ実際にあてはめ, さ客観性を増し, さ宮方へゆく, さに海岸, さ家のは臭く, さ家主だよ, さ家具調度の見事さ, さ家居のみじめさ, さ家庭にかくれた, さ容易に去りませぬ, さ宿しか雲の上ゆ鳴き, さ宿る夜の, さ宿屋の裏, さ宿屋ぐらしの淋し, さ寄ると俺, さ寄れよ, さ寄合って馬鹿, さ富士山の百二十倍, さ寒いから夜具, さ寒紅賣の, さ寛さ今憶, さ寛厚さこころの視角, さ寛大さこだはり, さ寝ずは遂に, さ寝つれば人言, さ寝てるって話, さ寝れば, さ寝兼ねば, さ寝床へいらっしゃい, さ寝間着を着, さしさ, さ寸余三分角位はある, さのこっ, さ寺田君手伝って, さ対象により深く深く, さ尊敬を失いたくな, さにあまり, さ導くも勤, さ小さなゴブラン織りの, さ小一郎殿角目立つの, さ小僧っ, さ小初先生と, さ小増さんに此方, さ小学教員の資格, さ小学校を出た, さ小心な位, さ小指を上げ, さ小春俊雄は語呂, さ小木の古い, さ小林君や刑事たち, さ小次郎は淡い, さ小気味よさに, さ小犬の如し, さ小笹を風, さ小間物屋も呼, さ小面憎さ思わずカッ, さ小鬢をちょい, さ少時も忘れず, さ尺餘に到り, さ局部性多弁が強く, さくずれたす, さ届けてやる, さ屍体の他, さ屑屋をし, さ展望どころか一歩, さ履物の行方, さ山住の我ら, さ山葵持て来ぬ春日, さ岡ツ引が氣, さ岡崎公園の空いちめん, さ岩田君跡になれ, さを出, さ島君驚いたか, さ島津のよ, さ崇高さはそうした, さ嶄新さがあつ, さの長, さ工合が伸子, さ工夫努力の足りな, さ左様さそれはそう, さ左樣おも, さ左膳か, さ左近先生だってまさか, さな人物, さ巧妙さ熟練などが認められ, さ巨大な量, さ市之丞様のお, さ市会の理事者側, さで屋根, さ帆村君は検察委員, さ帆船トン数の少な, さみに, さを解け, さ帰った方が, さ帰り道はまた, さ帰れよ, さ帰ンねえ, さは何とも, さ常住不断の控え目, さ常夏の花, さ常識というノルム, さ幅目方を正確, さ幅等を汝, さ干しならべて, さ干す男煌々と, さかさを, さ平凡さを基調, さ平和さのどけさ, さ平均百参十尺最も厚い, さ平静さ確信がヴォルガ, さ年月の久し, さ年端もゆかぬ, さ幸い下に着, さ幸右衞門は自分, さ幻滅を抱い, さ幽遠さにかわり, さ幾倍なるべきぞ, さ幾分のむら, さ幾千里なるを, さ幾尺ぞ, さ幾斤両ぞ答, さ幾日ぞ又, さ幾曲りの道, さ幾歩幅幾歩と歩み試み, さ幾百尺なるを, さ広き砂上の, さ広大さを暗示, さ庄公が今, さ床上より約, さ床框の高, さ底石の大小, さ座布団へ, さべに秋草花, さ廊下からぞろ, さ廷臣の圧力, さ廻してくれれ, さ廿八人囲を第, さ引いて現実感, さ引きあげようか, さ引きあげるべ, さ引ずり出してたたきつけた, さ引っぱり出されてか蟹たたき, さ引っ張り込んで行った, さ引っ込んでどうにか, さ引つぱりこんで大, さ引導渡して, さ引張られて行つて, さ引振ふと揉, さ引窓から刎, さ之丞様, さ弱い光は, さ張つて始末が惡, さ張らせて置く, さ張らせるのも, さ張るものは, さ強かさとは似, さ強烈さ速い変化, さ強者の前, さ強調のアクセント, さ強靭さ等々で自分, さ強靭さ雄大さはまだ, さ強靱な神經, さ強靱さ逞しさ, さ弾いて赤蜻蛉, さ弾丸なんかありゃしない, さ当りぱららて白く砕けたず, さ当選した時, さ形体位置及び場所, さ形状及び諸, さ形状等確説なくあるいは, さ形色の異, さ形色濕り工合, さ形體位置及び場所, さ彦七さん此処は往来ぢ, さ彦兵衛年のせい, さ彫刻のよう, さもない, さ影法師を狙つて, さ役割としての限界, さ役所へ行け, さ役者たちが言ってる, さ彼らの注意, さ彼以上にもち, さ往時を可, さ往来の烈し, さり六七尺, さ待ちなと団扇, さ待つてるから急い, さ待望のヒゲ, さ徑六七寸にし, さ従って道徳までの, さ従順さを感じ, さ御召しなさい, さ御新造もはやく, さ御門に近い, さ御霊感に満ちた, さ御飯焚風情の嘴, さ微かな物, さ微妙な趣, さ微小さを冷笑, さ微温さを異に, さ心もとなさ苛, さ心地よさ東男の, さ心強さ, さ心持よい真率さ, さ心掛けの善い, さ心柄とは言, さ心構えの苦し, さ心苦しさを, さ心魂に徹し, さ忍ばれ方様早う, さ忍耐づよさは決して愚かさ, さ忍藻の眼, さ志丈さんあゝ往, さ忘れ難し, さ忘れないわ, さ忘れると云う, さ忙しさは, さ忙しいぞ, さ忠良を害し, さよさ, さ快活さがある, さ快活さすべてそれら個々のもの, さ念じあへで, さ念仏だから, さ怖い程も, さ怖しさは, さ思って三時間, さ思ひに痩, さ思ひやりそして内省, さ思へば夢にも, さ思わずカッと致しまし, さ思想の深, さ思慮の不足, さ怠らず異常の, さ急ぐ恨みなる, さ急所は外れ, さ性根をすえ, さ怨めしさの, さ怨恨のな, さ怪しさを, さ怪奇悪辣古狸性妖婆性を知れ, さ怪我あらせちゃあ, され罪悪感, さ患いの, ささ気味悪, さ恐れだよう, さ恐れ入ったろう親分, さ恐れ入つたらう親分, さ恥ずかしさの, さ恩愛の束縛, さ息子を取られ, さ息子アンリイに対するマリイ, さ恰好のつかな, さ恵み深さ, さ悦ばしさ, さ悪い意味での, さ悪ければ休屋, さ悪口を言う, さ悪徳をいやに, さ悪魔的な陰鬱, さ悲しみが読者, さ悲惨さを意識, さ悲惨さ話にならない, さ情事となる, さ情愛愛着が身, さ情操の豊かさ, さ情死を実行, さ情熱というよう, さ情緒と愛, さい奴, さひやるべし, さ愁いと知慧, さ愈々幽霊塔へ, さ愉快さを感じます, さ意図の逞, さ意地などでは出来ない, さ意地悪と品位, さ意志のつよ, さ意欲のはっきり, さ愚かなユーモア純情, さ愚かしさを, さ愚劣な伝習, さ愚劣さは金五郎, さ愚昧さやまたは, さ愚痴をいう, さが一杯, さ愛くるしさに, さ愛し合う男女の, さ愛づる話声すも, さ愛情教化の方法すべて, さ愛憎のむなし, さ愛着を掻, さ感じてゆく, さ感じたばかりや, さ慈悲の心, さ慌しさは, さ慌ただしさ, さ慎重さ無私の態度, さかしさ十倍, さ慕わしさの, さ慣れしている, さ慰められた心の, さ慰藉愛と詩, さ憂わしさとが, さ憂鬱さ又は年老い, さ憎しみと切な, さ憎らしさそれらの, さ憤らしさに, さ憤りの底, さ憤ろしさだけは必ず必ず, さ懐かしさを, さしさ, さしも, さ成ったことだ, さ成上りものの女房, さ我まま云って, さ我ママ正直より発す, さ我事のよう, さ我慢して, さの重, さ戦うことの, さ戦前の事, さ戦闘準備だ, さ戯作性の振幅, さの外, さつたあれは, さ戻ったらお母さんさついでの, さ戻りましょうず, さ戻ろうぜ金, さ下がってるぢゃぃ, さからと弟様とこ, さ手ぎれいさなめらかさで包まれ, さ手伝ふては, さ手前が酒, さ手古奈は顏, さ手奇麗さなど風景, さ才能のはなやかさ, さまけるよう, さ打ちよせられている, さ打ち萎れては居ります, さ打てなあゝ, さ打出でて, さ扱帶がお, さ批評家といふもの, さ技巧と素朴, さ技術の美し, さ投げられるなんて頼り, さ投捨て仕舞いました外へ, さ折嶺君その人, さ抜かす所だった, さ抜き捨てた大根の, さ抱いて見せ, さ抱えると前, さ抱きあげ抱きあげほれ坊やよ, さ抱き合うのよいい, さころばしては, さ押しつける力の, さ拙なさを, さ拙劣さのみ込みの鈍, さ拙者は是, さ拙者たちもこれ, さ招くか蝦夷, さ拾いに来, さ持ちたかつただが, さ指きりマアちゃんも泣かない, さ指先の丸み, さ振って彼方, さ捉えようも, さ捨てにいく, さのごとく, さ掘付けねえがね, さ掛けて眠っ, さ掛けますよ寒い, さ掛げらせだぢ, さ採りから思いつい, さ推して知らる, さ推量なして, さ描写のこまやかさ, さ握手しよう, さ損なわじと忍び, さ撫でた処で, さ撫肩の媚, さ撮影て来た, さ支那人の間, さ改心して, さ攻め取ることの, さ放胆らしい其調子, さ政治的なる口実, さもとより, さ敏感な内気, さ敏感さ熟考的な傾向, さ敏感さ積極性がそういう, さ敏活さを見せ, さ救いのな, さ救世主の母, さ教えて頂戴, さ教えるやない, さ教唆けて, さ教室は書斎, さ数センチメートルの長い, さ数メートルの大きな, さ数仞の大, さ数仭に達する, さ数十メートルに達する, さ数十尺に及ぶ, さ数十町歩深さ幾丈, さ数十里といわれ, さ数十間その尽く, さ数十階を誇る, さ数千フィートの繩, さ数字の観念, さ数寸の径, さ数寸さし渡し一尺位の穴, さ数寸口に八本, さ数町峨々堂々として聳え, さ数百丈となる, さ数百尺の巴蛇, さ敵慨心を刺戟, さ敷布の白, さ數寸の棒, さ數里にわたつた, さ文化の低, さ文学以外の専門, さ文学作品としての完成度, さ斑鳩のやう, さ口あ, さ斬れ花栄, さ斬れる金さ, さ断崖の大き, さ新しき文学, さ新九郎猶予すること, さ新井か関山, さ新吉もだ, さ新大陸發見のコロンブス, さ新潟の新潟, さ新田の爺さん, さ新田義貞と勾当内侍, さ新聞記者が自分, さ方向によってフケ, さ旅具旅装の絢爛, さ旅籠屋へ着, さ旅路もさのみ苦しゅう, さ旗本屋敷の奧, さ既に借りて, さ日々呑吐する群衆, さ日中の暑, さ日傭とりにや, さ日帰りだっぺいか, さ日常性のブルジョア的解釈, さ日暮ぢや, さ日暮れぢや, さ日暮里まで行く, さ日本音曲の心, さ日毎に増さり, さ日頃尤もらしい顏, さ日頃木のはし, さ旦那お熱い, さ旦那さま此方へお, さ旦那女を下, ささを, ささ激し, さ旺盛さに面, さ昆布の黒びかり, さ明けて置いたつき, さ明国や朝鮮, さ明媚さはもしか, さ春風駘蕩たる気分, さ昨今はみな, さ昨夜のにぎやか, さ昨日世帶を持つた, さ是等の五倍, さ是非善悪のこと, さは鋸目, さ昼夜の懸隔, さ昼間になったら, さ時として私を, さ時代だよ, さ時刻ばかり念入り, さ時勢は日に日に, さ時運は禁腋, さは鋸目, さ晝間見る所, さのご飯, さ晩秋初冬ほどで, さ晴々しさ, さ晴らしなのだ, さ晴れ晴れしさ, さ智惠があ, さ暑中休暇も取れぬ, さ暖かい空気と, さ暗い林の, さ暗く煤けた土壁, さ暢気者は長命, さ暫くお眠, さ暫らくここに遊ん, さ暮しの豐, さ暮し上手の女, さ曇り雨は, さ曖昧な概説, さ曖昧さである, さのな, さ曳いて来る, さ更けまでスケッチ, さ書かれたら伯母も, さ書けもう迚, さ書け書かんかえ, さ書籍も持っ, さ最近に建てかえた, さたさ, さ月日の長, さ月江殿こちらへ, さ月輪の如く, さ有体に申せ, さ有難味というもの, さ朗らかな子供, さ望ましさを, さ望みどおり殺して, さ望遠鏡を外す, さ朝十時を過る, さ朝寒夜寒であるが, さ朝晩の涼し, さ朝湯朝酒のうれし, さ朝空のふと, さ朝蝉のよろし, さ朝酒臭いの, さ朝鮮産の虎, さ期待や信頼, さ木々のみどり, さ木戸銭は先, さ木杭降つてくらア, さだもの, さ未だに僕は, さ未来派や耽美派, さ未熟さ英雄主義を作品, さ本丸へ通っ, さ本来は坊主, さ本格的夏になつ, さ本物の塔, さ本能的な愛敬, さ植えるな, さ材料と手間, さの土倉, さ村中さう, さ来う六郎, さ来た来たこっちへ, さ来なくたって, さ来なけりゃ可い, さ来るさしているで, さ来週のきょう, さ東男の血, さ東西古今別なきを, さ松五郎此処へ出ろ, さ松蔭書付を書い, さと敷布, さ果敢なや, さの繁, さに合わない居直り, さ染殿の妃, さ柔和さ義理堅さ, さ柔軟さは徒労, さ柔軟性と関係, さ柳原から河岸, さ柳寿斎爺さんに教わった, さが木の実, さ栄華のはかな, さ根性とは書肆, さ格闘に根ざし, さの枝, さ割れ立兵庫, さ桃花の如く六瓣, さの条, さ案内しよう, さ桜間さんどうぞこちら, さの半, さの枝, さの緑, さ棋院の大, さ森岩雄の話, さ植物の成長, さ業績と称し得る, さつけるか, さった無一物, さ極まりないことには, さに坐っ, さ概念の鋭さ活発さ, さ構想の非凡さ, さ構造規模があるでしょう, さしさ, さ権九郎何んと俺様, さ横尾泥海男も大, さ横溢のもの, さ横溢性を失っ, さ横着などは別, さ樹木の濃淡, さ樹氷の妖異, さに敏, さ機智警句的な文体, さ機能美の近代建築, さをあげろ, さの使いよう, さ櫨紅葉のよろし, さ櫻木海軍大佐は軍刀, さ櫻綾子のやう, さ欄間棹縁天床西面して, さ次手に箪笥, さ次郎もならべ, さしいから, さ欧州各国にある, さの技巧, さ歌コも出た, さ歓ばしさを, さ歓び音響一分間に, さ歡樂極まつ, さ止して頂戴, さ正しく生きる者, さ正に十五丈, さ正岡容に候, さ正常さの人間価値, さ正成もまた, さ正直さ気の弱, さ正直さ真実さのほとぼり, さ正確さは欠い, さ正確さ客観性を増し, さ正確さ規模に於, さ正義を説いた, さ正義心人類の発展, さ正義感独立性にも限界, さ此世のたのみ, さ此刀だ, さ此器量で三十, さ此時星の飛ぶ, さ此理論とか体系, さ武士の情, さ武夫とお, さ武蔵の情ない, さ武装した戦士達, さ武道以外の神妙, さ歩きながら伺いましょう, さ歩き廻って何, さ歩けない程なりし, さの白, さ歳の市の雑踏, さ歴史の面白, さ歸つたつて仕樣, さ死ななかったなら何んな, さ死のうという奴, さんど, さ残忍さ堪え方, さ残念さ嫉視妬ましさ, さ残酷さを感じる, さ残酷さあらわな受難, さ残酷さ絶え間なく投げ交され, さ殺された六兵衛さんだって, さ殺しゃがれッ, さ殺すわけなんか, さ殺すなら殺しておくれ, さ殺せッ, さ殺戮性への抗議, さ殿さまいけませんよ, さ母さんに代わっ, さ母娘お榮, さ母宮とお, さ毎日の炎天, さ毎日毎日棟梁棟梁と大勢, さ毎日見聞するに, さ毎朝麻布の十番, さ比重を測りまし, さ民族性というもの, さ気どられては信長, さ気に入った場面を, さ気の毒だ私, さ気の毒さなの, さ気まぐれそういうもの, さ気まずさそれは, さ気イつかなかったべ, さ気合の充実, さ気安さと, さ気持の落ちつき場所, さ気楽な親し, さ気温風速などによって異, さのきかない, さ氣持のよ, さ氣紛でもなけ, さ氣障さたわいなさ, さ水ぎわ立った奴ら, さ水分含有の量, さ水掛げだな, さ水流のきらめき, さ水草のうつくし, さ水量まされば, さ水際立って御, さ永遠の晩秋, さ永遠さを感じさせる, ささは, さ汚なさを, さ汚泥の中, さ何故犬, さ江戸中の見世物, さはその, さ決断きたないこと, さ汽笛太く吼え, さ沈黙は眩暈, さ沙汰の限り, さ河原に降り立つ, さと香水, さ沼森めなぜ一体坊主, さ泉石の佇ま, さつてるん, さ泊めときや, さ波形の縁, さ泣かないでテエブル, さ泣き止めてッ, さ泣くだらう娘も, さを塗りやがっ, さ注いでくれ, さ注ぎもつくせ, さ泳ぎの心得, さ洒脱さはさながら, さ洒落気と云います, さ洞白の面, さ活動的さ人生, さ活気或る, さ活溌さにおいてもひいでた, さ活発さ獲得力が欠乏, さ流さんでおまえさん, さ流動の豊麗さ, さ浄らかさが身, さ浅漬のおいし, さ海岸のこと, さ海抜一千尺ないし二千尺, さ海抜八五六フィートある白馬山, さ海抜千三百三十五メートルあったの, さゆるに, さ消えぬ輝きについて, さ消え得るならば消え失せ, さ涙顔ではある, さ涼しさの, さ淋しいような満ち足り, ささによる, さ淡々として無量, さ淡白さを作家横光, さ淫らさのため, さ深き人生を, さ深切さを口々, さ深遠味神秘的な色彩, さ混ぜる砂糖万の, さ混沌のすべて, さ混雑というもの, さ淺さを見る, さふる宵, ささ勇まし, さ清らかな眼, さ清らかさ繊細さそのものというほか, さ清楚純潔それは目覚める, さ清浄さ無邪気さ品のよ, さ清潔さで実に, ささと, さ渋い明るさ, さ渡辺小五郎氏の美しい, さ温順しくお, さ測られず唐初その, さ測り知る可から, さなる日, さ渾沌無選択, さ湖水などとは思われない, さ湯烟の白, さ湯田へ出かける, さ満々ですね, さ満場水を打った, さ溌溂さで, さ溜息のかぐ, さましさ, さ滑らかさその構成, さ滑らかさ婦人の繊手, さ滝さこれだけで, さへど, さく海人, さ漠然とした焦慮等, さ漲る誠意と, さ潔白をもっ, さえる心, さ潮流を舟, さ澄子は気がつかず, さ澤山だ, さ激情性はよく, さに濁っ, さ濁り曇り卑しさ, さ濁る里の, さ濃き藍いろ, さ濃紫の帶, さ瀟洒なぞというもの, さ火夫や狂はん船, さ火曜がいけなけれ, さ火災の危険, さ火焔独楽の曲, さ火燵の仕度, さ火花の散る, さの街, さ灯火の海, さといっ, さき御事, さ烈しければ二時, さ無力をバクロ, さ無常観といったよう, さ無念さに生き, さ無恥さについて憤らず, さ無意味さを痛感, さ無慈悲さ冷淡さを夫人, さ無慾さそれによって他人, さ無気力を死ぬ, さ無理をしろ, さ無私の態度, さ無論俺は, さ無邪気さ品のよ, さ無限の鼓舞, さ焦慮めいたもの, さ焦燥が話, さ焼けるのを, さ煖かさに心, さ照ちやんぢ, さ照りけり巴旦杏, さ照る日の, さはし, さ熊吉一杯ごちそう, さ熟練などが認められ, さ熟考的な傾向, さ熱いうちに, さ熱くなった, さ熱気創造にはげましふるいたたせる, さ熱烈さはいつ, さ熱烈さ流動の豊麗さ, さ熱烈さ高揚で文体, さ燐寸の軸木, さくる, さめきが, さ燦然たる天才, さ爪紅の咲く, さなり丈夫, さの愛, さ爽やかな生活力そのもの, さ爽やかさのみなぎる, さなれば, さ片っ端からたたききっ, さ牛車をひい, さ牡鹿の, さ牢獄恐ろしさ, さ牧畜への無, さ物やわらかさすべてに申し分, さ物事には何, さ物云ひたる言葉つき, さ物思わしげな, さ物産その他を試験, さ物腰のしとやかさ, さ物騒さ見て, さ物鯛の浜焼, さ犯罪への郷愁, さを見, さ狂人の囈語, さ狂気じみた理性, さ狂的な祈願, さ狡猾さなぞで, さ狡猾さ奸智無邪気さあらゆる強烈, さ狩衣を召しませ, さ狩野派にやあらん, さ独り者のみじめさ, さ独善にその, さ独居のよろし, さ独特でしょう, さ独特性芸術上の追随, さ独自な着眼点, さ狭き人生を, さ狷介さが殺, さ猛烈さがうつった, さの業, さ猪子先生なぞは其様, さ猫なで声して, さの様, さ獰猛さはうかがわれぬ, さ獲得力が欠乏, さ率直さ強靭さ等々で自分, さのよう, さ玉ちゃん乗れ君, さ王者のほこり, さ玻璃板を以て奇麗, さ珍しさに, さ珠運の身, さ現に蓄音機の, さ現場へのなつかし, さ現実をある, さ現実性に対して同等, さ現象学者に見られる, さ現身我と思へ, さ理くつのない, さ理性による尺度, さ理知の均整, さ理窟のこね合い, さ理解できぬと, さに歌, さ琵琶の如し, さのごとし, さ甘え受動性などを, さ甘くときめかす匂い, さ甘ったるさが, さ甘やかされたバカな, さ甚太郎案内しや, さの苦し, さ生々しさに, さ生々しい柔軟さです, さ生きてゐる, さ生きることの, さ生じろさ, さ生一本さとともに彼, さ生命力の自覚, さ生存のため, さ生彩の乏し, さ生新さ溌剌さでピッタリ, さ生活事情の面白, さ生活術を会得, さ用心ぶかさ, さ用心深さの, さ田原町の家主喜左衛門, さ田原町三丁目の家主喜左衛門, さ田原町三丁目喜左衛門の家, さ田原町三丁目家主喜左衛門の住居, さ田園のよろし, さ田舎言葉は止め, さ甲斐なき身, さ甲谷が秋蘭, さ申訳なくなるべ, さ申譯なくなる, さ男らしい率直さの, さ男らしい堅い沈默に, さ男二人をそれぞれ, さ男女は, さ画家の吉野, さ畏しさが, さ畑さ行がねえ, さ畑中の照り工合, さ留守です, さ留置場へ行こう, さばかりなるべし, さ畫家の吉野, さ異なった人間の, さ異常性のなか, さの上, さと唐紙, さ疑る心が, さ疲れなさ, さのつく, さ疼さ不気味さをもつ, さ病症を意味, さ病的にばらばら, さ病的気弱さ快活さすべてそれら個々のもの, ささに, さ痛ましさ浅まし, さ痛切さは肉, さ発って京都, さ発散の大き, さ登りも下り, さ登んな見てた, さ登場人物の感情, さ白鳥の言葉, さ百キロの棚, さ百三十呎六吋幅員は中部横斷面, さ百二十フィートもある, さ百二十間その幅十八間, さ百五十まいるにわたり, さ百五十フィートである, さ百五十フィート壁は巨大, さ百五十尺周囲半マイルの塚, さ百五十米の浅間山, さ百五尺といふ, さ百余尺の柳, さ百八十尺長さ一千尺コンクリート, さ百八十間双欄, さ百六十八尋以上だと, さ百十メートル二百五十馬力の発動機, さ百合花後も逢, さ百吋以上の巨大, さ百哩で十, さ百四呎八階の鋼鉄甲板, さ百坪に及ぶ, さ百尺あまりのさっき, さ百尺余天然の奇岩兀, さ百度の嘆息, さ百米の大きな, さ百里余四面海水皆濁るに, さ百銭目にし, さ百間の堤防, さである, さ皆我詩中のもの, さ皆膳につけ, さ皺だらけで足, さをお, さの取り返し, さ盆暮には必ず, さ盗人上戸なら味方同士, さ盜賊を一杯, さ監獄教誨師の世話, さのごとし, さ盧俊儀も何, さ目のあたり見ゆ, さ目まぐるしいばかりである, さ目覺めても黄昏, さ目賀田さま茶菓を賜わる, さひし少女, さ盲目の女, さ直にまいれ, さ直接性に著しい, さ相互的な至らなさ, さ相互関連の複雑さ, さ相剋苦しい愛情, さ相手の気持, さ相知不申, さ相良さんこうし, さ相良惣三の仲間, さ相談に来た, さ相違あり, さ省みて恥ぢ, さも眼, さ眞正直さを十分, さ真っこうから, さ真っすぐに行, さ真個か何, さ真摯な人心, さ真面目がある, さ真面目さが日本, さ真黒にどっと, ささ不, さ眠りのよろし, さ眼さ一杯涙ばため, さ眼鼻立ちから姿, さている, さ着たらばま, さ着実さ高さ, さ着流しはなお, さしさ, さ睦まじさは, さ瞬間のもつおごそかさ, さり得べきに, さ瞽女がとまった, さ矛盾葛藤を二十五歳, さ矢島はその, さ知つたる荒尾は, さ知らざるを知らず, さ知らせに来ましたら, さ知らないよ知らない, さ知りて麥笛, さ知りたさの戦慄, さ知れるとこの, さ短いのを, さを載せた, さ石かけはいってる, さ砂糖入れるべな, さ破れるに決っ, さく光っとる, さ確かさという, さ確さも云い得る, さ礼儀正しい細やか, さに常に, さ社会内の利害対立, さ社会相の自由さ, さ祝杯を上げよう, さ神々しさ見る, さ神人の手, さ神経衰弱がひどく, さ神經をいらだたせる, さ神罰の下らぬ, さ祭る北の方さ, さする, さ福分もあり, さ秀吉は天下, さ私どもの願い, さ私ゃ今夜は落着, さ秋日にすきとおる, さ科学への関心, さ科学性と人間性, さ科学的尖鋭さがひるがえって, さ科学的方法が年, さ称えようもない, さに朝起き, さ程には彼の, さ程もなく大方, さ程よいという表現, さ程よきうるおい匂うよう, さ程ロマンティックなもの, さ程子供も喜びますまい, さ程平常を離れなかった, さ程度のもの, さ程苦にし, さ程驚きもせず, さ種々の職場内, さのため, さ稼ぐさ行った, さ積まさつて逆に, さ積極性がそういう, さ穏やかさを私, ささの, さあらば, さ穹窿の彎曲部, さ空しさは, さ空地の落日, さ空想して, さ空想さはなやかさが幾分, さ空想的趣味を史上, さ空気の清浄, さ空白の満足, さ空腹さを抱い, さ空虚なセンチメンタリズム, さ空虚さにゲンナリ, さ空虚さ偽善に人間, さ空間的に拡がっ, さ突き出されたくてか, さ突慳貪な客扱, さ突拍子のな, さ突立って波, さ窓外の景色, さ窮乏疲労などは私, さ窮窟さしめつぽ, さちっこねえ処, さ立ち上がり一刻も早く, さ立つて待つてる, さ立つとる札を, さ立とうか, さ立寄つたホテルの, さ立派さ業績と称し得る, さ竜泉寺のあの, さ竜泉寺町とんがり長屋, さはしみじみ, さのお, さ端厳さに人間らしい, さを為る, さ競べをし, さ竿竹賣の, さ笛太鼓も入乱れ, さ等々研究の至らぬ, さ等しくなりき, さ等写真のクローズアップ, さ等無数の欠点, さに溜った, さ答えてごらん, さに竊, さ筵掩ひ芋の, さ箇性の再, さ箇程までに迷わせたる, さのごとし, さ範囲の狭, さ簀子の竹材, さ簡単な工程, さのステッキ, さ籠こ持たせて, さ籠めて愚痴, さ米俵がうんと, さ粂どん此方へ這入ん, さ粂之助此の巾着, さ粉飾のない, さな思いつき, さ粒子間の橋, さ粗らさこせこせ, さ粗暴さが見物人対手, さ粗雑なまま, さ粗雑ささう, さ粘っこさそれは, さ粘りこさ, さ精力などと云う, さ精神至上節度というよう, さを落す, さ糸子の恋慕, さ約束を守る, さ紅葉のはかな, さ紋附も二人分, さ納まるして, さ納めねえ方が, さ純一さのみが貞潔, さ純一性成長性が感銘, さ純情で正直, さ純愛の手紙, さ純真さが近代的, さ素朴さ粘着力のある, さ素直さとして扱われ, さ素純さ処女性の新鮮さ, さ紫水晶色の薔薇, さ紫蘇入の塩竈, さ紫金色のむら雲, ささ錘の, さ細いのが, さ細やかさあの三尊, さ細やかさ虚淡な, さ細君はその, さ細葉のあつい, さ終に究まる, さ絆瘡膏を貼っ, さ経済的親がかりの事情, さ経験とその, さ結びやまし, さ結びつきやつながり, さ結び付けた赤い布片, さ結んでいる, さ結晶物の光り, さ結構の自由さ, さ結論のない, さ絡まっている, さ絢爛さにも増し, さ絢爛さ高雅さが貴女, さ絲竹の道, さにも文, さ絶えず操作を, さ絶対の善, さ絶対命令に対するはかない, さ絶対的な従順さ, さ絶景を放置, さ絶望的な悲しみ, さ絹糸の如き, さ継いだと聞いた, さ綺麗であつ, さ綽々たる余裕, さ綾之助の堂摺連, さ綿のよう, さ緊密さはその, さ緊張した意志, さ立ち会い総, さ総身にみち, さ緑葉伸び張ったパルム, さの細, さ緻密で敏活, さ緻密さ匂やかさそうして丁度刀, さ縁側で案内, さ縁故でないと, さ縄つけでも連, さ縛れ其の代り己, さの美し, さ縞柄染模様などは鋭い, さ縱令身分は昔, さ繊弱さを露呈, さ繊細な蔭, さ繊細さそして明確さ, さ繊細さそのものというほか, さの温か, さの製造業者, さの軽, さ置いてよ自分, さ置けるものを, さ罷違えばという覚, さつてあ, さ罹ってあ, さのごとく, さを誇張, さ美々しさと, さ美々しくいかめしくものものしいなかに, さ美しき余裕小説で, さ美味いもの喰わせる, さ美的幻影の濃, さ美簡素な力, さを含ん, さに白く, さ群衆は悉く, さ羨しく噫無心, さ羨む後の, さ義仲などの類, さ義理堅さにも, さ義賊も侠客, さあらば, さ翠玉のご, さ老いて取残される, さ老人などとは思われない, さ老役には持っ, さ考えなしで, さ考えられますね, さ考へて見, さ考へる切なさ, さ耐えて, さ耐えがたけれど銭, さの白, さ聞いてくれ, さ聞かせておくれ, さ聞きて俄, さ聡明さとはそんな, さ聰明というもの, さ聴衆はみんなびっくり, さ職人共が弱っ, さ職業的偏見若干の利害対立, さく者, さ肉体的な一時的結合以上, さ肉慾は痛切, さ肉親の妹, さ肝胆を砕く, さに達する, さ曲げ寝る, さ肺活量の多大さ, さて云う, さの冴え, さ背丈の高, さ背徳性などは問題, さ背戸口から御新, さ背部の力強, さ胡瓜の皮, さ胡蝶のよう, さ胡蝶装の綴じ方, さの早い, さ腕押坐相撲, ささも, さ腰かけてわれ, さ腰元お多根, さの弱, さ腹立しさ, さ腹立たしいばかりぞ, さ膝頭の抜けた, さの如く, さ自ら己を裏切る, さ自体マヂメも不, さ自体健全なの, さ自信加うるに, さ自分流のボンヤリ, さ自分達の騙され, さ自動車といふもの, さ自己中心を反省, さ自己主張のつよ, さ自己撞着などを何故, さ自己肯定のすさまじさ, さ自慢じゃねえ, さ自慢ぢやね, さ自業自得なれば, さ自然さ裸さゆとり柔みの感じを欠い, さ自然さ雑物なしと, さ自然そのもののそのまま, さ自然主義からは自然, さ自覚の底, さ自転車が去り, さ自首したところ, ささ苦し, さ至らなさと, さ興味の喪失, さ興味読者が笑, さに倍, さ舐めてやつ, さ舞いあがっちまったのよ, さだとも, さ良し土用中十日風呂へ, さ良人の晴れ, さ良心にちと, さ色はなだ小豆色, さ色調艶の落付き, さ芭蕉はある, さに劣らず, さ花々しさ, さ花房一郎は今, さ花柳の部屋, さ芳公の啖呵, さ芸術の明る, さ芸術境の独自性, さ芸術的白熱度の高, さのうま, さ芽出度かつたな, さ芽立ちのまだき, さ苛立たしさ, さ苞入に及ぶ, さ若々しい柔軟性の, さ若くもあり, さ若しオダハラでなかつたら, さ若しくは作者等の, さ若山さんの小主, さ若布のうま, さ若旦那なん, さ若水君その人, さ若狭の一, さ若草のうつくし, さるしさ, さ英雄のみが痛感, さ英雄主義を作品, さ茂助ばかりとはせぬ, さ茅葺はどうも, さ茨木童子が, さがへえった, さ茶摘みに行く, さ草子を読む, さ草紅葉は好き, さ草紙には俳優田之助, さ草葉の蔭, さ荘厳さ気高さ, さを下ろし, さの粟, さ莞爾と笑っ, さの日向, さ菊之丞の女, さ華やかさ気分等を取扱っ, さ華麗さ美々しさ, さえいづる, さこつたらどう, さ落ちたんであんめ, さ落ちついてはっきり, さ落ちつきには何等, さ落ちてる糸屑一本持っ, さ落とされてしまう, さ落付き科学者らしい洞察, さ落寞たるもの, さ落葉松のよろし, さ葉っぱの青々, さるきいたましき, さ蒲団へ乗れ, さ蒼ざめて藍のよう, さ蔭乍ら承り居り候, さ薄あかりの中, さ薄ぎたない髯顔の, さ薄弱さとして高み, さ薄暗さに, さ薄馬鹿みたいに戸口, さ薔薇色笑くぼ輝いた眼, さ藏つて置くから, さの中, さ藪椿のうつくし, さ藪蚊のにく, さ藺刈りに雇, さ蘇る古葉, さ蘇生した思ひが, さたらしさ, さ淡な, さ虚ろさ冷たさ, さ虚無感だの, さ虚空に聳え, さ虚飾ない熱心さ, さのにく, さがあがる, さは鳴く, さ蛭巻の半ば, さ蜃気楼さ, さ蜜柑でも, さのしめやかさ, さ蝦夷山鳥の入, さ蝶ぢやない, さ衆愚性その夢, さ行かねえで家の, さ行かれねえごったら, さ行がれなぃもな, さ行きどころない, さ行きしかどかへり, さ行きてえからつて, さ行きなさる勝山へ, さ行きましょうよ, さ行きませうよ, さ行き届いた文化的施設どこの, さ行き届かない物の, さ行ぎたい行ぎたいつて行つたん, さ行ぐごとに決ったど, さ行ぐだぐなったのが何した, さ行ぐつたつて遠足みたえ, さ行ぐつちとおとつゝあ怒んださ, さ行ぐと毎日毎日牛ばっか食わし, さ行ぐのに遅, さ行ぐまでに行ぎあって今夜の踊り見るべし, さ行ぐものばかりが色々な訓練, さ行ぐよりウンとええ, さ行ぐより町さ行った方, さ行ぐんだ, さ行ぐんだら大間違い, さ行ぐ支度をし, さ行ぐ時一寸寄っ, さ行ぐ道はこれ, さ行こう来うよ, さ行つて二人で稼ぐなり, さ行んから, さ行動性溌溂さ, さ行水するだら蛙, さの色朦朧, さ衣類は何, さ袈裟かけて, さ被害甚大ってわけ, さあらば, さに千, さにし, さ裸さゆとり柔みの感じを欠い, さ出された効果, さ複雑さ奇怪さに当年, さ複雑さ矛盾のまま, さの処, さ襟あしの衰え, さ西瓜のゆたか, さ要するに南に, さ見えてうれしかりけり, さ見ぐるしさに, さ見さっせいまし己あ, さ見せる金も, さ見たいなものを, さ見ぬくと同時に, さ見んとて人々, さ見下げられる気安さ, さ見事さとても筆, さ見事さ愁いと知慧, さ見栄のな, さ見栄坊であること, さ見解の狭, さ見返りお綱, さ見附の火の見櫓, さ見離したとか何とか, さ規模に於, さへて何, さ覚えておき, さ覚ゆ乳房いだけば, さの顔, さ親分にはそう, さ親分様どうぞこちら, さ親切教養などの底, さ親密さをかんじる, さ親指ほどの節, さ親方の意気地, さ親父のどこ, さ親船は月, さ親譲りの家財, さ観念せ, さ解り切つたことぢや, さ解るかしら, さ解剖学の知識, さ解放感心ゆくまで, さ触ってごらん, さ言い給え飽きが, さ言うべくもない, さ言えどいかにも, さ言はん方なし, さ言葉の絶対性, さ言語に絶, さ計りに新年, さ訝しく勘繰ると, さひ集, さ許しを乞う, さ診療所はどうせ, さ証拠は揃った, さ詐りなさ, さ詰めでしむべ, さ詰らなさが, さ詰らぬものである, さ詳しさは, さ誇らむプライドのみにて, さ誇張一種の病的さ, さの柔か, さ語られない軽蔑の, さ語り足らなさ, さ誠実さ文学作品としての完成度, さ誠実さ正義感独立性にも限界, さ誠実恭倹を聞き手, さ誠實なもの, さ誤またずぐさッと, さ誤謬はそれなり, さ読む人に, さ読んで見たら, さ読書の類, さ読者にやんや, さ誰某と, さ調和といふ様, さ諧調における明暗, さ諷刺をふくむ, さ諸君出発だ, さ諸君洋杯を挙げ, さ謙虚さがこう, さ謙遜を以て, さ謙遜さ無慾さそれによって他人, さだところ, さ警察の人ッ, さ警戒心の強, さ譲り受ける事に, さ譲治さんあなたは紺, さ讚嘆に価する, さは引, さ谷水の麗し, さ谿八谷峡八尾をわたり, さ豆腐のうま, さ豊かさ恵み深さ, さ豊富さ微妙さによつて, さ豊満な肉, さ豊饒さに酔っ, さが一疋, さ象徴樹の籬, さ象牙のよう, さ豪華さに捕われ, さ貝どのには相, さ貞ちゃんねえさんが上手, さ貞藏さん此処かえ, ささりなよ, さ負けがせられ, さ貧しい食卓が, さ貧乏人の誇り, さ貧弱な偽善, さの強, さ責任の重苦し, さ貴公貴公先刻からこの, さ貴女の身の上, さ貴女らしさが, さ貴方おじぎの仕方, さ貴方がたはもう, さ貴族院議員なんて澄まし込ん, さ買いなよ買わし, さ買って貰いた, さ買った残りは, さ貸して置かね, さ貸すことに, さ貸せな, さ貼り直した唐紙の, さ資料の乏し, さ賓客の貴, さ賢しさ姫が, さ賢明さ一家のため, さ賤劣の性, さ質受して, さ質朴な人々, さ贅沢さといつたら, さ赤い布片でも, さ黒い雲, さ走りて鼬目, さ走りぬいざ摘まん, さ起きて鏡, さ起きあがって暗い, さ起きなくっても宜, さ起きるのよ向う見ず, さ起ぎだのだげっとも動がれなくなった, さ人間的な, さ越えくれば桑, さ越中島であんた, さ越智への嫌悪, さ足まめに江戸中, さ距離位置度數速力配合組立等の持つ, さ距離知的な好奇心, さ跳躍の軽, さ踊つて来なさい, さ躊躇なさ, さ身うちわな, さ身だしなみのよ, さ身上も持てない, さ身心清澄創作衝動を感じる, さ身持が悪く, さ身肉の爛れひたぶる, さ車輪である, さ軍治両政, さを没する, さ軟かな毛並み鮮, さがつた間, さ転がって来, さ転置による律動, さ輕さが問題, さのご, さ輪かくだけはわかっ, さ辛らさ, さ辨天飴の前, さ農民特有の物事, さ農民的な粘着力, さ迄は人間喜劇の, ささに, さ近代的高利貸の重, さ近来にない, さ近頃の美緒, さ近頃どうも安くつて, さ返辞をしろ, さ迫真力革命的気宇の大, さ迷いつづける事は, さ迷い歩いていた, さ迷い歩くような, さ迷える魂, さ迷っていた, さ迷はん夏の日, さ迷ひまはつて, さ迷惑だろうけれど, さ迷惑さはどの, さ追究心を育てる, さ退去のみじめさ, さ退屈男の面目, さ退屈男上機嫌です, さ送って寄越し, さ逃げて露助, さ逃げだべって話, さ逃げ隠れをした, さ逃れがたい運命観, さ逃走なぞ到底, さ透き通るやうな, さ透明の感じ, さ途中の山々, さひ上る, さ這入ったよ, さ這入る迄は俺, さ這入る分にゃ同じ, さ抜けて, さ通って飯, さ通り懸ったの, さ通常は九〇~一二〇センチメートル, さ速い変化で, さ速くどッ, さ造りちらかすの, さ逢うて別れ, さ逢つてその意気地, さ連帯的闘争の必要, さ連想の力, さ進めだぞ, さ進歩性新らしさ, さ逸楽的な生きかた, さ遅れたら大変だ, さ遊ぶに来る来る, さ遊山気分で声, さ遊惰お喋り下品さなどというこの, さ運命の意地, さぎてをかしい, さ過ぎるではない, さのない, さ道中は危ない, さ道廳の人, さ道義的操持の強烈さ, さ違うなら違うと言う, さ違わなくてか, さ遙けさが見え, さ遠くの外苑, さ遠方の通知, さ遣りたくも無え, さ遣り場もない苦い, さ遣る方なく, さ遥かの不二, さ適宜の形, さ適当さこれが仏教, さ遺漏なきを, さくる人, さ邪魔にもなり, さ郁次郎様貧しい家, さ部分の小味等, さ部屋に張りつめた, さ郷愁の悲し, さて人間, さ都乙女の利発, さ都会の人間, さなどいたし, さ酒井侯だよ, さ酔おうじゃねえ, ささを, さ酷く悪趣味, さ酷似の顔, さ醜いものより, さ醜き強さ, さのよ, さ重々御察し, さ重みというもの, さ重厚な描写, さ重畳たる山, さ重苦しさに, さ重量容積との間, さ重量足音の裡, さ野山にみち笹, さ野暮くささ, さ野暮ったいじゃない, さ野蛮さが一層, さ野蛮さ農民の愚痴, さの豊富さ, さ量感をそのまま, さ金さ何も彼, さ金れいの運動, さ金吾乗るだよ, さ金吾内ん中, さ金蓮さんもご, さ金銀の蒔絵, さ金銭のありがた, さの如くなる, さ釣鐘の如き, ささを, さ鈍感さ横着などは別, さ鈍重さの美, さ鉄棒はおよそ, さ鉄砲傷のやう, さや手斧, さの室, さ銀行だの何, さ銀貨を何とか, さ銀釵のかすか, さの式, さが無けれ, さ銭形平次は危うく, さ鋭くそして冷めたい, さ鋭さ反省のみで完成, さ鋭さ明確さの交, さ鋭敏さ美しさ, さ錆びては居る, さの有る, さ錢形平次は危ふく踏止つて陣, さ錦野との縁談, さ錯綜それが一人一人, さ鍛えられた土台の, さ長く行つてる, さ長屋の井戸端, さ長閑な春, さ閃光のよう, さっておりませ, さ開いてみる, さ閑寂さ古い鴉, さ間口の広, さ間抜けさをそんなに, さ間違いっこはねえが, さ間隔の感じ, さを染める, さ闘って行く, さ防ぎに酒, さ防空のサイレン, さ降りだら馬も, さ降りねば, さ降りるんです, さ降参しない土人, さ陛下に参進, さ除夜さつまり十二月三十一日, さ陰惨さを感じ, さ陰澁さそれが外, さ陰翳の濃, さ陰鬱さに締めつけられる思ひ, さ陳腐さ低級さ卑俗さを脱却, さ険しい山道を, さの暖か, さ陽気さそれはその, さ随ぃで家さ戻れ, さ随分いろいろの為, さ隔りの愛憐, さ隙間の無, さ隠す身嗜み, さ隠れたつけア誰か, されたつけア, さのしたし, さ雀鯛菱鯛天狗鯛鷹羽鯛あるもの, さ雄大な炎熱, さ雄蕊と等しく, さ集団の質量, さ雑物なしと, さ雑用女の仕事, さ雑踏は左, さ雛菊それから紫蘭, さ離してくれ, さ離れてたかった, さ難しさである, さ難有さを繰返し, さ難題でも無理, さ雨ふりふるさとの女, さ雪子の勝, さ雲水空善は長大息, さ雲間に笑う輝いた, さ雷さまのため, さ電子の数, さ電気ならべて, さ電車の通った, さ霧絶え絶えの間, さ露月どのわしの信仰, さ霹靂なし妻, さ青い新芽の, さ青天井の下, さ青山の自然, さ青春の門口, さ青白い美人, さ青砥が倹約, さ青臭さを, さ青葉の吐息, さ青葉隠れの初, さ静かさそれに於, さ静けさこまやかさわびしさ, さ静粛さが気に入つた, さ非常な食欲, さ面桶ほどで, さ面白いのは, さ頓作の才, さ頭脳の鋭利さ, さのあたり, さ頼んで置い, さをぶつけ, さ顔向けが出来なくなる, さ顔容のうひ, さ類型に堕ちた, さはれて, さ風呂へ一緒, さ風情絵巻物風な滑稽等, さ風流のスケール, さ風貌の鮮やかさ, さ風速物体の大き, さ風鈴もしめやか, さ飄乎として立ち去った, さ飛び起きるや這い廻っ, さ飛越して, さ飛込んだ時だ, さ食うたぞ, さ食えの申し訳げ, さ食事の合理性, さ食欲も出ず, さ食生活の貧し, さ飯器のごとし, さ飲み残りだ, さ飲みましょうこんどは, さ飲んだり食べ, さ飽きさせなさの, さ飽くまで深くロクロ, さをやっ, さ餘計な事, さ餞別しんのだから, さ饂飩屋さん合点の悪い, さ香しさ奈何ぞ, さ香り高さ, さ香具師の細工物, さ香料とは縁, さ馬鈴薯でもくんねえ, さ馬面と同じく, さ馬鹿さで憎むべき, さ馬鹿らしさは, さ馬鹿笑いでない高笑い, さ馴れがし, さ駄々を捏ねねえ, さ駈けて来た, さ駕籠の早, さ騎士の身, さ騒々しさに, さ騒ぎたくっても口, さ騒ぐな, さ騙しよさ, さ驚きはいか, さ驚くばかり地, さ驚くべきものが, さ驚くべしげんなりしち, さ驚嘆ありがたさ, さほどなる, さ骨太さであるが, さ骨肉のあさまし, さ高これは何, さ高まりのため, さ高家の忠義無類, さ高慢さが長平, さ高揚で文体, さ髯髪の質, さ髷袂にある, さ鬼頭海軍少佐の, さの悲劇的, さ魅力を知る, さ魔術の栓またの名, さ魚扁に丸く, さ鮮かさを幾分, さ鮮明さに錯倒的現実感, さ鮮血に皆一齊, さ鯉口を切る, さ鯉沼君は隻手, さと小, さのごとく, さ鳥越の屋敷, さのごとく, さやに聞いたら, さ鶴見岳のよろし, さ鷹揚さどこから見, さ鷹揚さ爺の愛, さへかつぎ降ろされ, さ麗しさあの, さ麗貌のこの世, さ黄さを表現, さ黒い長い髪が, さ黒髪乱し男, さ黙ってしまえ, さ黙りこんで, さ鼓舞を感じず, さほどもあり, さ鼻筋の素直さ, さがゆ, さ齷齪するばかりが, さSOSの危険信号