青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さすが~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さげ~ ~さし さし~ ~さした さした~ ~さして さして~ ~さす さす~ ~さすが
さすが~
~させ させ~ ~させた させた~ させよう~ させられ~ ~させる させる~ ~さそう さぞ~

「さすが~」 8260, 89ppm, 1245位

▼ さすが~ (5432, 65.8%)

27 気が 23 それを 22 私も 16 彼も, 顔を 15 口を, 氣が, 驚いて 12 驚きました 11 疲れて, 眼が, 眼を 10 声は, 膽を, 顔色を 9 ギヨツと, 彼の, 彼は, 自分の 8 これは, 手を 7 これには, それは, 仰天しました, 平次も, 気の毒に, 目が, 胸が, 顔の

6 [19件] あわてて, 人の, 今日は, 声を, 女の, 彼女も, 心が, 思いも, 昔の, 気を, 眉を, 私は, 胸の, 胸を, 腹を, 躊躇した, 錢形の, 顏を, 驚いたよう

5 [18件] いい気持, いくらか, この時, そこまでは, その時, ギョッと, 口に, 名探偵, 平次の, 我強い, 極りが, 気の, 胆を, 苦笑し, 豹一は, 身に, 遠慮し, 首を

4 [45件] いやな, おどろいた, お銀様, きまりが, この人, この男, これが, そこは, その場, それだけは, はっとした, びっくりし, まさかこんな, 一種の, 不安な, 二の足を, 人間の, 今度は, 僕も, 名門の, 姫にも, 心を, 恥かしい, 息を, 敏感に, 旅の, 日頃の, 春の, 母の, 氣の, 江戸の, 涙が, 男の, 男も, 目を, 眼の, 立派な, 自ら備つてゐた, 若い女, 若さ, 落ちついて, 面を, 顏色を, 驚いた, 驚きましたが

3 [91件] あれも, お君, きっとなっ, ここまで, こればかりは, これを, そこまで, その眼, それから, それが, どこか, ゴクリと, ハッと, ホッと, ムッと, ムツと, 一人で, 一流の, 上の, 二人の, 今は, 仰天し, 何か, 先生は, 力の, 勇敢な, 参って, 名人の, 呆気に, 唸りました, 商売で, 固唾を, 声が, 声も, 多少の, 大店, 天下の, 夫の, 娘に, 嬉しそう, 家を, 寒さ, 少しは, 度胆を, 強情な, 彼を, 心の, 恥じて, 恥を, 懐しさ, 我も, 持て餘, 日本一の, 日焼けした, 最初の, 本妻の, 正面から, 武家の, 母も, 気がついて, 気に, 気味を, 気持が, 浪人者の, 狼狽し, 猛き, 男は, 疲れを, 知って, 端た, 米友も, 線香を, 腰が, 自分が, 自分も, 舌を, 色を, 苦労を, 言ひ, 誰も, 身を, 逃げも, 違ったもの, 酒も, 銭形の, 雪之, 面目ない, 顫え, 驚いた樣子, 驚かされた, 鶴雄は

2 [323件] あわてたもの, いつまでも, いまは, うんざりし, えらい, おかしいと, おちついて, おどろいて, お六, お加代, お気の毒, お目, かれの, ぎょっとし, ぎょっとした, ぎょッ, くたびれて, ここに, ここは, この世の, この事, この作者, この場, この娘, この度, この座, これらの, さびしかった, さびしそう, しみじみと, すぐに, すごいこと, そうは, そこに, そこへ, そのままで, その人, その手, その日, その昔, それと, それとは, それに, それには, それほど大袈裟, それも, そんなこと, ぞっとした, ためらった, だまって, ちつと, ちよつと, てれかくし, てれくさそう, てれて, ときどきは, どぎまぎし, なお青, なかった, はつきりした, ふるえて, ほっとした, もうこの, もうだめ, もう春, もう足腰, ものを, わしの, わたくしも, アムウルの, サツと, スパセニアの, ホツと, 一つの, 一人の, 一家の, 一時は, 一生懸命です, 一角を, 不安に, 不思議に, 中の, 争えないもの, 二人とも, 云い出しかねた, 人々は, 人に, 人を, 今日の, 今朝は, 他の, 仰天した, 佐助は, 佐藤一斎先生が, 何も, 信長の, 偉いと, 僕の, 其處までは, 冷淡には, 冷静な, 刀に, 初冬の, 勝負師の, 包みかねて, 匙を, 千軍万馬の, 厄日前後らしい, 厭だ, 取亂, 口が, 口へ, 呆れ果て, 呼吸は, 和歌の, 哀れに, 商人らしい, 商売柄で, 商賣, 喉が, 国司の, 土地の, 場数を, 変な, 夏の, 多年の, 大きな声, 大家の, 大家を, 大藩の, 大阪だ, 夫人は, 夫人も, 女だ, 女だけ, 女で, 女であった, 女である, 女でした, 女も, 妙な, 妹の, 妻は, 姉の, 嫉妬は, 嬉しかった, 嬉しさ, 子は, 子供の, 安からぬ, 定明は, 宮は, 家康は, 寒い, 寒い所, 少しばかり, 少しも, 少し不愉快, 少し疲れた, 少し興奮, 尻尾を, 己れ, 平次でした, 店を, 度を, 弓子は, 弱って, 当惑し, 役目の, 彼女の, 彼女は, 後は, 心は, 心得て, 心得の, 心細いと, 心配そうに, 怒りを, 思い切って, 思われなかった, 恐れて, 恐縮し, 恥しそう, 悠々と, 悪くは, 悲しかった, 悲鳴を, 愕いた, 感心させられる, 憚る, 我を, 戦国の, 手は, 手も, 手出しは, 手紙は, 捨てがたい, 故郷が, 文学者沈着深遠深く, 日が, 旧郊外, 昨夜は, 昼の, 時々は, 暗然として, 曇ります, 曹操は, 月の, 服だけは, 朝夕を, 根負けが, 極り悪, 次郎も, 武士である, 武士の, 武芸の, 武術の, 母親らしい, 気の毒そうに, 気の毒と, 水の, 泊って, 海の, 涼しい夜風, 炯眼だった, 照れて, 燃え立ちます, 狼狽えて, 狼狽の, 猛烈な, 甚八は, 疲労し, 疲労の, 疲労を, 眞つ, 知らなかった, 知らなかったが, 礼子は, 私の, 秋の, 科学者らしく, 窮し, 立ちすくみました, 立ち上がりました, 笑いは, 答へ, 細かいところ, 維新前に, 緊張に, 老の, 老功, 肝を, 胸に, 胸は, 腕を, 腹が, 腹に, 自信が, 自分を, 自慢の, 興奮し, 興奮の, 艇長だけ, 良いこと, 苦い顔, 苦笑した, 落着い, 落着いた, 落着きを, 葉子も, 蒼くなりました, 蒼くなります, 蒼ん, 薄暗い梁, 薄気味悪くなった, 蘇川は, 血の, 見て, 見ぬ顔, 見るに, 見上げたもの, 見事な, 親分は, 言うに, 言わなかった, 言葉が, 言葉を, 詩人の, 贅沢家の, 躊躇された, 躊躇する, 身だしなみで, 軍人の, 追って, 都の, 酔が, 鉄の, 鐚だ, 閉口し, 閉口した, 間が, 雅致あり, 難色が, 青ざめて, 非凡の, 面と, 面喰っ, 面喰らっ, 面白くなかった, 頑固な, 頭が, 顔色も, 顫へ, 顫へて, 馴れたもの, 驚いたが, 驚いた様子, 驚き, 驚きの, 魂が, 魏の, 鷹揚な, 黙って

1 [3797件 抜粋] あいそよく, あすは, あとに, あの凄い, あまりに卑下, あわてました, いきなり藤枝, いくらか窶れ, いばっただけの, いやとは, うす気味, うまいこと, うれしゑ心, おいたましく, おだやかだ, おのずから溜息, おらが, お侠な, お前だ, お妃, お手回し, お父さんは, お角一人, かけなかったので, かるい愛想笑い, きさまだけ, きのう今日の, ぎくりとした, ぐったりし, こうまで, このあたり, このグロテスク, この不思議, この大事, この感心, この細腕, この連作, この音, これはや, ご活眼, さわやかな, して, しゅんとし, すくんで, すぐ覚った, すてが, そういうの, そこ迄は, そのひと, その中, その娘, その悠長, その浄玻璃, その立場, その請い, その附近一帯, それくらいしか, それほどにも, それ以上押し返す, そんな言い方, ただならぬ気質, たまりかねふと, ちがったもの, ちょっと不愉快, ちょっと胸, つつましや, どうも膚, なお強い, なつかしいもの, なんだか心細い, のっそり少し怒っ, はっきり催促, ひとびと, ひるんだ錢形平次, びつくりする, ふるえました, ほろと, また思い直さざる, まだそれ, まだ気丈, まだ老いず, みかども, むかしの, むっとなり, もう堪, もう生死, もっと熱情, もはやいたたまれない, やりおるわい, よく事態, よそながら巡り合う, わかい娘, わが社, わなわな歩み, アッパレと, アルプス仕立の, オメカケらしく, ガラツ八の, ギヨツとして, サモワールを, ズケズケした, チンピラでも, ドイツ国は, ヒツペウス族の, ヘトヘトにな, ポーは, メリ, ラザルスを, ロブィトコ中尉の, 一二度電球を, 一同呀っ, 一寸緊張, 一掬の, 一瞬間色を, 一見識ある, 万端抜かり, 三次には, 上杉先生の, 不吉な, 不安は, 不憫です, 与次郎湯味も, 世界一と, 両親は, 丹造も, 久太郎を, 争えない血, 事ここまで, 二人は, 二度目には, 云い淀んだ, 五郎も, 京の, 人には, 人眼を, 人間だ, 今に, 今年も, 仏壇からは, 令嬢は, 伊藤公だけ, 会釈した, 伯爵に, 体が, 何となく凄い, 作家らしく, 保先生は, 信盛に, 俺も, 偉大い, 僧たちも, 元気よく, 兄や, 先生方は, 光秀と, 兩刀は, 兵事に, 其方は, 内海は, 冬枯れの, 冷静で, 出來, 出鱈目の, 切ないもの, 初晩, 則重と, 加賀公は, 勇士が, 動気が, 勝豊の, 医者が, 十日余りも, 卑屈だ, 危く見えた, 厳しい父, 反らして, 取り逃がした気持, 古い伝統, 可い, 叱言, 同情するらしく, 名人かたぎだ, 名品と, 名誉を, 君勇も, 呂蒙, 呉の, 味が, 和助の, 哀れとや, 商売がらでありました, 商買だ, 喜三郎も, 嚇ツと, 回向の, 図書館だけ, 国宝が, 土建の, 城は, 堂々と, 堪へきれずなり父上, 士族らしい, 夏は, 外形は, 大いに言い張った, 大もの, 大仕掛, 大将の, 大気者大気者, 大艦隊, 大阪の, 天は, 天童いさ, 太都夫は, 奥箱根である, 女らしいもの, 女性で, 好い気味, 妾と, 姫宮の, 娘盛りで, 嫌に, 子供どうしの, 孔子も, 孫権も, 安心し, 実隆も, 宮様見事である, 家構も, 宿縁の, 富士山のみは, 寝つき, 寧子と, 將軍家の, 小夜子も, 小林少年は, 少々空恐ろしく, 少しその, 少し弱, 少し淋しい, 少し驚い, 尻ご, 屈せず屍, 山は, 山賊らし, 川風は, 差切新道よりは, 常識を, 平氣, 年の, 年甲斐も, 幼少の, 幾島の, 広海子爵, 座に, 弱かった, 強いてとも, 形容を, 彼女等が, 後ろめ度いのでしょう, 後悔せし, 御明察, 御褒美, 微笑が, 心さびしく, 心得たもの, 心細くなる, 心配らしく, 忙しくな, 思いきったこと, 思い込んだ恋, 思召す, 急所々, 怯え切つて, 恐しからぬにも, 恐ろしく思われる, 恥の, 恨んで, 悟って, 悪党だけに, 悲しみに, 情なく思い, 惡智慧の, 意外だったらしく, 感動した, 感無量の, 慕は, 憚って, 憲兵や, 成瀬は, 我慢できなかった, 戦艦である, 手古奈が, 手紙の, 打たれた樣子, 打付けに, 抑へる, 拒絶した, 振は, 推したらしい, 支那は, 故国への, 数馬も, 文鳥は, 新三郎の, 新派の, 日の本将軍とも, 日本娘の, 早く気がついた, 明るくセリュリアン色, 明朝の, 昔日の, 昨日の, 時間が, 晴れなかった, 暗い表情, 曇りました, 曹操であり, 有力な, 望みあり, 木下大佐は, 未だ根雪, 本職と, 東京も, 枕さがし, 柔らかに, 桔梗が, 検非違使たちばかりは, 楽譜の, 樹海と, 歌麿の, 正視に, 武人がばと, 武弁一遍の, 歩も, 死體には, 殺気が, 母親の, 気が付いたらしく盂蘭盆, 気は, 気味の, 気拙, 気落し, 氣色ば, 汁には, 江戸らしい, 油断なく, 法隆寺の, 泣かされて, 洋服は, 浅ましい気持, 浪花節だけは, 海舟虎之, 淋しい気持, 深夜の, 清洲城下の, 温泉郷らしい, 源氏は, 潔くいった, 火には, 烱眼である, 無理には, 焼けトタン, 熱も, 父も, 片意地な, 物事を, 物淋しくて, 狐疑した, 猛け, 玄正は, 珍しい宝石, 甚だ慇懃, 生色が, 用意至れり, 由緒ある, 申しわけほどの, 界隈の, 疲が, 疲れた様子, 痛々しい姿, 白雲師匠の, 皆まで, 目は, 直ちに引返す, 相当の, 真ッ赤, 眸も, 知名な, 石太郎にも, 社会学者だけ, 神尾殿は, 禅寺の, 私に, 秋風が, 突き当たって, 立派に, 笑止とや, 笹野の, 箸を, 粘りも, 素通りは, 絃歌の, 継子の, 緊張の, 縄は, 美わ, 羞恥を, 翻訳会社の, 老巧だ, 老練の, 考えやがったと, 聞えた山東, 職掌がら落ちつい, 肌が, 胃の, 能登守ほどの, 腕には, 腰本, 自分で, 自慢で, 自身の, 舞臺の, 良心が, 芭蕉の, 芸術家だけ, 若い娘, 若くて, 若葉の, 英傑が, 茫然と, 荒涼たるもの, 萎れ返って, 落着けなかった, 蒼ざめていた, 蕪村は, 藤花の, 血相変え, 行屆きます, 表方では, 裕福な, 覆面は, 見事兵家の, 見捨てかねたる人, 見通しだ, 覚悟は, 親身の, 言えなかった, 訓練の, 詩人である, 諦めて, 讃之, 豊かな, 豪腹な, 貫禄品位じゅうぶん, 賑わしい両国橋, 賤しからぬ, 赧く, 跨ぐもの, 躊躇するらしく見えた, 身慄いがした, 転びスキー, 辛かった, 近代都市の, 追放し, 這入つて, 達人の, 遠くから, 部屋に, 酔いが, 野や, 金兵衛は, 鉄面皮の, 錚, 鑑定が, 長くつちかわれた, 門の, 閑散な, 陣立ひろげ, 隊長の, 隱されず, 離れ島だけに, 震ふアキリュウス, 青嵐居士の, 非凡でした, 面色を, 頑と, 頬も, 頭脳明敏だった, 顛倒し, 風雨の, 養父の, 首領二十面相は, 駕籠屋が, 驚かされたらしかった, 驚き周章てた, 體操の, 高貴な, 鮮やかだ, 黒革の

▼ さすが~ (1465, 17.7%)

50 平次も 42 彼も 35 私も 19 名探偵 11 僕も 10 おれも, 二十面相も 9 右門も, 米友も 8 女賊 7 七兵衛も, 四十面相も, 帆村も, 明智探偵も, 曹操も 6 先生も, 博士も, 名人も, 小林少年も, 彼女も 5 わしも, 夫人も, 忍剣も, 竹童も, 葉子も

4 [13件] お角さん, ケレンコも, 二人も, 小林君も, 左膳も, 怪物も, 怪盗も, 悪人も, 悪魔も, 白雲も, 竜之, 豪傑も, 道庵も

3 [30件] あたしも, あっしも, お角, きみも, ガラッ八, ヴェリチャーニノフも, 伝六も, 俺も, 加十も, 勇士も, 半七, 名人右門も, 大将も, 大王も, 太刀川も, 捕物名人も, 新しい男, 武兵衛も, 燕作も, 父も, 男も, 白雲が, 祖父も, 神尾も, 米友が, 聡明第, 自分にも, 道庵先生が, 関羽も, 顎十郎も

2 [101件] おユリ, お前も, お玉も, お絹, お藤, お銀様, がんりきも, ぼくも, やくざ者も, わたしも, コン吉も, ゴングも, ゴーリキイも, タヌも, ポケット小僧も, ライオン戦車隊も, 七兵衛の, 与の, 与次郎も, 主人も, 九郎右衛門も, 二十めんそうも, 五人も, 佐, 余も, 八五郎も, 凶賊も, 利助も, 勇士たちも, 吉祥房も, 名探偵明智小五郎, 吾妻屋も, 呂宋兵衛も, 喜田博士も, 圭子も, 大佐も, 大納言も, 大蛇も, 妖人ゴングも, 孔子も, 孫兵衛も, 宇宙怪人も, 小林団長も, 小林少年にも, 山頭火も, 峨眉山も, 平次にも, 平次の, 平次を, 弁信も, 弁信法師も, 張飛も, 彼の, 恐怖王も, 悪党も, 文三も, 文次も, 新九郎も, 新十郎, 旦那も, 明智も, 明智先生も, 昭和遊撃隊も, 曲者も, 柳沢権太夫も, 楢雄も, 歩哨も, 泰助も, 洋次郎も, 父親も, 玄蕃も, 王さまも, 相州さまも, 真名古も, 秀吉も, 聖人も, 聰明第, 茂太郎も, 葉之, 藤木さんも, 藤枝も, 虎井博士も, 蛇も, 蛾次郎も, 要介, 親方も, 親爺も, 課長も, 警部も, 豹吉も, 貫一も, 迷亭も, 退屈男も, 道庵が, 銭形平次も, 駒井も, 鬼どもも, 鬼王丸も, 魔法博士も, 鷲も, 龍太郎も

1 [828件 抜粋] あたしの, あなたも, あの洋画家, いたずら小僧も, おいらにも, おおかみ, おじいさんも, おひざもと大江戸, おやじも, おれにも, お初も, お前さん方にも, お婆, お師匠さん, お政, お石, お秀, お綱, お館義明公, お駒, がんばり翁も, がんりきの, きょうだいも, こいつも, この男, この私, さるも, その上級生, たつも, だんなも, とど助, とんびも, のっそりも, ふくろう先生も, もので, わが国の, わたしたちも, われわれも, アインシュタインも, アコ長とど, アヌビス共で, インド人も, エバン船長も, エミさんも, オースチン師も, カションにも, カーネギーも, ガイドも, ガスコも, キシさんも, クリトーンも, クレマンソーも, クーパー事務長も, サルトルも, シュミッドが, ジョージも, セエラも, ダネックも, チベット政府も, テッド博士以下の, デニー老, ドン助も, ニコヂームも, ハルクも, パトラッシュも, ファラデーも, フックにも, フリードリヒ大王も, プラスビイユも, プロペラおやじも, ボートルレも, マリア・テレジヤも, ミス・ミンチンも, モレロも, ユリも, ユリもという, ラルフも, ルパンも, ロボも, ワクーラも, 一切智人も, 一式小一郎も, 一等運転士も, 一角も, 七郎も, 三人も, 三好入道も, 三浦君でも, 上田も, 不破の, 与八も, 中村係長も, 中村警部にも, 中間共もわ, 丹濃, 主人公が, 主水, 主膳を, 主馬, 九助も, 事務長も, 二人が, 二勇士も, 二悪人も, 五右衛門も, 人々も, 仙辰も, 代議士も, 伊太夫も, 伏鐘も, 伝吉も, 伯龍が, 低能児も, 佐助も, 佐渡守も, 作左衛門も, 俊夫君も, 信吉も, 信玄も, 信長も, 倉三も, 倉地も, 児玉法学士も, 八五郎眞つ, 八幡太郎も, 八木少年も, 兵卒殿も, 兵曹長も, 分別人も, 初さんも, 判事も, 前山さんも, 助六, 勇仙が, 勇猛兵曹長も, 勇者も, 勘兵衞も, 勝治もから, 北原も, 北原君でも, 千杖子も, 半介, 南の, 南条力も, 博士たちも, 友次郎も, 古つ, 古狸の, 司祭さんも, 吉次も, 名も, 名家も, 名探偵さん, 名探偵どの, 名文も, 后も, 向う見ずも, 君江も, 吹雪男も, 吾輩にも, 命知らずも, 和尚にも, 喫茶店も, 四十めんそうも, 因業親爺顫え, 国臣様も, 圓太郎も, 城太郎も, 堅い岩屋, 堺を, 壁土も, 壮漢も, 夏の, 多四郎も, 大グマ, 大吉も, 大学も, 大屋さんも, 大手筋連中も, 大月玄蕃も, 大池も, 大海賊, 大矢捜査主任も, 大英帝国, 大通りも, 大隈伯も, 天皇も, 天鬼も, 太守も, 太閤も, 奉行も, 奥州路も, 女ギョッ, 女性蔑視主義者である, 女流詩人も, 女賊たち, 妖怪も, 妙心も, 妻君も, 姉御も, 婆の, 孔明も, 安二郎も, 宗助さえ, 官兵衛も, 宮川茅野雄も, 家康で, 家斉も, 家綱も, 寺僧も, 将軍家も, 小十郎, 小机源八郎も, 小林君にも, 小沢も, 小生も, 小郷も, 少年が, 少年探偵も, 山姥も, 山尾も, 岡八も, 島田幾之進も, 川村清一博士の, 川越ッ子も, 左枝でさえも, 左枝も, 左近も, 巨勢大, 巨木も, 席亭が, 平中も, 平次が, 幸之助も, 幸村の, 幸田と, 幻燈気違いも, 幼稚な, 広海屋, 弁信と, 弁信の, 弥次馬も, 張献忠も, 張華も, 強情者も, 役人も, 彼に, 彼女の, 御両名, 御亭主, 御方も, 御老人, 御誓い, 御隠居, 心臓男ドレゴも, 忠作も, 怪人も, 怪人丸木も, 怪人二十面相も, 怪塔も, 怪物の, 怪物団の, 悪も, 悪党根まけ, 悪友どもも, 悪垂, 悪少年ナポレオン, 悪魔孫兵衛も, 惡魔も, 惣兵衛ちやんも, 愚楽老人も, 愛子も, 我も, 戸山少年も, 才子も, 才蔵も, 拙者も, 探偵たちも, 摩利信乃法師も, 政さんも, 救援隊のちえ, 敬太郎も, 敵兵も, 新太郎も, 新宿駅前も, 新聞記者たちも, 旗岡巡査も, 日本勢も, 日錚和尚も, 旧家も, 昌仙が, 明智にも, 明智小五郎も, 明智探偵にも, 春琴も, 智者も, 暴君も, 曠野も, 曹丕も, 木崎も, 本多も, 本田も, 机竜之, 来宮様も, 東野南次も, 松沢にも, 松浦も, 松雲をも, 林忠彦先生も, 林田先生も, 某誌も, 桂子も, 桂月も, 桔梗様も, 検事も, 楽天風来坊にも, 槍も, 権堂も, 機械人間の, 次郎にも, 武者ばらも, 武蔵の, 武蔵も, 残花も, 殿様も, 母も, 毒牙も, 比田, 毛利も, 民部にも, 民部も, 江戸も, 沼田正守あきれ申した, 法水も, 泰軒先生も, 浅田も, 浦野とも, 海底超人も, 海賊も, 海軍さんも, 清君も, 清盛も, 清親も, 源三郎横腹の, 源十郎ゆめ, 源右衛門も, 漁夫たちも, 澄見, 瀬兵衛も, 火星人も, 火消装束でも, 灰色の, 無情漢も, 熊城も, 熊谷も, 父にも, 牛行司も, 物識りも, 狂人もう, 猛き, 猛兵曹長, 猛悪野獣の, 猛火も, 猫待も, 玄徳も, 玉置子爵も, 王平も, 玻璃窓行き, 環も, 甚五も, 産婆も, 田中が, 田川大作も, 癇癖おや, 白隠, 白鷹氏も, 目明し釘勘も, 目明良助, 相州さまの, 石田も, 石舟斎も, 礼子も, 社人も, 神尾主膳で, 禅僧も, 禰宜様宮田も, 私, 私にも, 空想も, 窪田も, 童子も, 策士も, 節子も, 米も, 米友さんも, 絲満事件も, 総監も, 織田信長も, 羅門も, 美人が, 美和子も, 翁も, 老侯も, 老先生, 老紳士, 聞き手も, 肢體ゆるみはて, 胡蝶陣に, 自分も, 自斎, 芥川氏も, 花桐も, 花菊も, 若者どもも, 苦労人である, 英国でも, 英軍も, 茶袋も, 荒えびすも, 荒くれ男たちも, 荒磯も, 荒鷲も, 菜穂子にも, 菰田家の, 藤吉も, 蛮王も, 蜂の, 行者も, 袁紹も, 袁術も, 裸松が, 覚光も, 覚悟も, 親父も, 観化流逸剣茨右近も, 観念哲学者田辺教授を, 諧謔作家も, 警官たちも, 警官も, 警視総監も, 谷口組の, 豊後守忠秋は, 豪傑米友が, 豪雨も, 豹一も, 貴婦人たちも, 赤兄もつひ, 赤螺三平をも, 超人間, 趙雲も, 軍部も, 近江之, 迷亭君も, 追剥ぎ, 通太郎が, 道庵シドロモドロで, 道楽者も, 道雄少年も, 酋長も, 酒豪たちも, 酔も, 重太郎も, 金公も, 金博士も, 金蔵も, 鈍物も, 鉄火者の, 鉄面皮も, 錢形平次にも, 鐚も, 鐚公すっかり, 長吉も, 長谷部少佐も, 関子も, 阿賀妻どのも, 陣十郎も, 陳君も, 隠者の, 難波も, 雨も, 雲助胡麻の, 電光も, 霊の, 青嵐居士が, 青木さんも, 青木学士も, 顎十郎たまりかね, 風浪も, 馬鹿の, 駒井甚三郎の, 驕慢児も, 高杉東行も, 髪長彦も, 鬼が, 鬼めも, 魔人も, 魔法つかいも, 魔術師も, 黒い騎士, 黒具足組も

▼ さすが~ (512, 6.2%)

11 名探偵 10 錢形の 5 明智先生だ, 武家の 4 武士の, 銭形の 3 お前だ, 天下の, 親分だ

2 [20件] おれの, お江戸, お身, ご家老, そちじゃ, 京の, 信長の, 大家の, 女で, 姉の, 宗匠だけに, 山に, 平次よく, 彼だ, 有名な, 柳生の, 権現様お, 気早き, 猪口兵衛どん, 阿古十郎さん

1 [424件] あなたさまで, いい悪党, いにしえ江戸八百八町に, おいらの, おまえたちの, お上品, お侍様, お前さんの, お名代, お師, お武家, お殿様, お父上, お目, お筆, お組頭, お釈迦さまだ, こいつ足馴れた, こういう点, これまで, ご親父南条殿, さすがは, そなたじゃ, その方, その高弟, だんなだけ, だんなでござんした, ばけもの, ばば殿幾歳に, ぼくの, まだ凡夫, まだ職, むかし信玄じ, むっつりの, やはり名門, やはり女, やはり祖国日本, よくお, イブセン物だけ, カーマ・スートラを, ガニマール君だ, ガラ留でした, キクッタです, コルシカの, サーカスの, ジャングルの, チンピラ名探偵だ, フランス人だ, フーラー博士の, プロレタリアートと, ベートーヴェンだけ, ポルトガル第, ミケランゼロだ, モスクワ芸術座だ, モハメット右の, モレロさんだ, リンパー病院だ, ルウベンス, レーニンである, 一式小一郎氏拙者の, 一式氏よく, 一時代の, 一流に, 一流の, 一火先生それほど, 一生の, 三千五百石を, 三国一の, 三平お, 不知火流の, 世田ヶ谷です, 丞相の, 中村警部の, 二宮先生の, 人間の, 仁三だ, 仏に, 仙台様だ, 伊賀者頭で, 伊那丸もうこの, 伏見屋の, 佐, 作法に, 作者の, 信長かなもし, 偉いもん, 健気な, 兄貴の, 先生だ, 先生の, 八五郎, 兼吉つあんだ, 写真道楽だけ, 出家さ, 出家だけ, 刀いじりの, 切支丹伴天連の, 刑事君みごとに, 利七さんつまり, 利口な, 劉玄徳うまく, 北条九代の, 千石取りの, 半兵衛重治の, 半助, 博多一の, 叔母さんの, 叔母甥の, 叡智な, 叩き込んだ芸, 名うての, 名を, 名人と, 名人右門心の, 名匠の, 名取りの, 名家威厳は, 名将李広の, 名工孫六の, 名工肝に, 名犬源氏太郎は, 名航海長小川中佐, 名誉の, 名門の, 名題の, 吟味方筆頭そこまで, 周瑜これほど, 哲学者である, 商売だけ, 商売だけに, 商売人だ, 商売人だけに, 団十郎です, 土門だ, 坊さんらしい, 城主の, 場数を, 塙老人殊勝である, 変装の, 多くの, 多年の, 大どころ, 大久保殿の, 大仙台, 大先生, 大名これだけの, 大名道具だ, 大国の, 大家だけに, 大尽だ, 大店, 大御所秘蔵の, 大貨物駅, 天才発明家です, 天朝さまの, 太閤さんの, 奥地第, 女だ, 女だけに, 女である, 女優だけ, 女同志で, 女子臆病な, 女房だ, 女笛師の, 婦人, 孔明, 孔明よく, 学校の, 学者であった, 学者の, 実隆だけ, 家康, 家康である, 家老でも, 富田三家の, 寒国の, 寒月先生だ, 専門家の, 将軍家御, 小林君だ, 小林少年です, 小金でも, 少年名探偵です, 少年探偵として, 少年探偵とっさの, 少年探偵団だ, 少年探偵団の, 少年探偵団長だ, 少納言殿の, 山の, 山奥ゾクゾク, 山村は, 山県紋也だ, 山里で, 山間の, 峰丹波, 巌流先生, 市中の, 帆村探偵です, 干物が, 平次殿, 平次殿それに, 平次親分目が, 年の功じゃ, 年の功よう, 広い, 弥陀の, 張将軍である, 張飛の, 強大国いままで, 当年の, 彼女も, 彼藤枝と, 征夷大将軍の, 御三家の, 御商売柄, 御威光, 御役目柄, 御明察, 御明智, 御賢慮, 徳川幕下直参の, 忍ガ岡学寮の, 怪人やがてだんだん, 怪物まだ, 恥を, 悪の, 慧眼無双そちひとり, 憂慮に, 我が子, 戦国の, 戦場往来の, 拳闘青年雨宮は, 捜査課長だ, 探偵でいらっしゃる, 播州第, 故実を, 救世主の, 敬公だ, 敬四郎です, 数学の, 文学士とも, 文學の, 文豪です, 新免宗貫の, 日々の, 日本一の, 日本左衛門動じる, 日頃の, 旦那の, 旧城下, 明智さんだ, 明智だ, 明智の, 明智一族の, 明智先生です, 明智先生なかなか, 明智先生よく, 明智君だ, 明智小五郎だ, 明智探偵の, 昔の, 春だけに, 景清あっぱれの, 智慧の, 智慧伊豆, 曹操であった, 木隠, 末山大将の, 本場だけに, 机博士だ, 東京だ, 東京なり, 東京の, 東勝寺の, 東国第, 林房雄である, 果心居士が, 柳生じゃ, 柳生どのの, 栄三郎殿が, 根が, 桓武帝の, 槍の, 機山大居士の, 正成公の, 武士じゃ, 武士だけに, 武士白木の, 武道にも, 歴代つづく, 歴代検事の, 殿下大がかりの, 殿村探偵たちまち, 母様の, 汝, 江戸で, 江戸一の, 江戸前で, 決死の, 法本, 泰親の, 海軍軍人として, 源氏の, 炯眼恐れ入った, 烈公也, 烏だ, 父さんだ, 物見高い江戸っ子, 犬千代, 狼王ふっと, 猪之, 猪口兵衛じゃ, 王子さまである, 王者の, 理の, 瑞穂の, 生き馬の, 生月君だ, 男だ, 男だけに, 男です, 男の, 男の子だ, 男立派な, 留学した, 畜生の, 畜生人の, 異国の, 病院の, 百地三太夫よく, 百戦錬磨の, 目ききを, 神と, 神経質だけに, 福沢翁である, 秀吉は, 秀吉わずか, 稼ぎ人の, 稼業柄で, 空中サーカスの, 笠松博士だって, 筑前疾く, 糸の, 織田どの, 義貞よ, 老先生, 老功, 老巧の, 老骨だ, 聡明の, 職業組合によって, 能八様よく, 舞踊芸術に, 船頭字で, 良助どんじゃ, 花の, 花村甚五衛門じゃ, 藤枝だ, 藩閥攻撃の, 虎井博士だ, 血気の, 西涼の, 見込んで, 見通しだ, 親だ, 親分, 親分で, 親分ねえ, 親分天眼通だ, 親分天眼通です, 親分話が, 評判なお, 評判の, 諸葛亮, 警察官だけに, 豪家の, 賢夫人だけの, 赤橋殿の, 軍人であった, 軽業師だけに, 退屈男趣向も, 運慶だ, 道三どのありがたい, 違う, 遠藤博士感心した, 都これほどの, 都だ, 都という, 酒井が, 里村紹巴仮病を, 重喜油断なく, 金兵衛で, 金博士だ, 金平さんだ, 錢形, 錢形と, 錢形親分だ, 鏡家の, 長門守どの狙う, 門之, 関羽果たして, 闇さん立派な, 闇屋は, 雲霧は, 電人, 青峰じゃ, 青江備前守樣と, 音に, 順風耳の, 頑強に, 顔氏の, 首領だ, 高名な, 高尚な, 高山の, 高萩の, 高陵の, 鬼柴田よ, 魏, 魏の, 魔法博士だ, 魔法博士の

▼ さすが~ (16, 0.2%)

2 疲れと

1 [14件] えらい隠者, めえ, わかりが, 人好の, 国の, 庵主さまだ, 心咎め, 目が, 目の, 立派に, 箸も, 血統の, 銀様が, 顔が

▼ さすが~ (16, 0.2%)

61 といっ, とは思ふ, と思, と思ひます, なあ, なお, なア, ね, ねあれ, はははっ

▼ さすが~ (13, 0.2%)

1 [13件] のだ, もんです, 伊兵衛も, 大鷲, 孫兵衛も, 家康も, 燕作も, 者だ, 色香も, 虎も, 買い方も, 釘勘も, 間喜兵衛も

▼ さすが~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもう, 存候が, 尊敬し, 思う, 思はれるの, 思わせた故, 思われるが, 思われるもの, 見えたが, 言は, 頷かれる

▼ さすが~ (11, 0.1%)

1 [11件] 上手者の, 不満で, 商売柄犯罪者の, 大名だけ, 寂しいので, 庭の, 父子である, 父情お, 職掌柄で, 英邁で, 警戒と

▼ さすがその~ (8, 0.1%)

1 叱咤と, 大眺望, 娘の, 日は, 昔一刀流で, 時ばかりは, 表通は, 額ここでは

▼ さすが~ (7, 0.1%)

1 ブルジョアだけ, 名物だけに, 悪である, 探偵らしい, 泥坊の, 町人の, 英帝国の

▼ さすがこれ~ (6, 0.1%)

1 にはお腹, には検事, には答えない, には迷われける, は耳障り, をとはいひ

▼ さすが~ (6, 0.1%)

1 だけに御, だね, でわたくし, で眼, の心弱く, の胸

▼ さすが~ (6, 0.1%)

2 が高 1 が早い, が高い, に充ち, の内

▼ さすが~ (5, 0.1%)

2 ござります 1 はありません, はある, はお

▼ さすがなお~ (5, 0.1%)

1 前も, 十夜も, 十夜孫兵衛も, 心根と, 蝶も

▼ さすが~ (5, 0.1%)

2 に動じない 1 におどろかぬ, には驚かぬ, 馴れた平次

▼ さすがこの~ (4, 0.0%)

1 人も, 使いに, 新お代官, 日暮に

▼ さすがである~ (4, 0.0%)

1 という風, とニヤリ, と私, 岩の

▼ さすがはと~ (4, 0.0%)

1 その人, 思われるよう, 拝せられ世上, 言って

▼ さすが名人~ (4, 0.0%)

1 だと, でもこういう, の心理, は違つて

▼ さすが大家~ (4, 0.0%)

1 に生れた, のお嬢さん, の主人, の御寮さん

▼ さすが大阪~ (4, 0.0%)

2 の牛丼 1 である, の奴

▼ さすが専門家~ (4, 0.0%)

1 だけあっ, だと, の要, は違います

▼ さすが気丈~ (4, 0.0%)

1 な女, な怪童子, な武士相良金吾, の赤堀先生

▼ さすが~ (3, 0.0%)

1 婦人です, 自慢だけの, 評判の

▼ さすがそこ~ (3, 0.0%)

1 は芝居, までの厚顔, までは云

▼ さすがその道~ (3, 0.0%)

1 の名人, の老練家, の通人

▼ さすがにも~ (3, 0.0%)

1 また優, 名に, 振切りかねて

▼ さすがのかれ~ (3, 0.0%)

1 もそのまま, もついに, らも

▼ さすがよく~ (3, 0.0%)

1 分ってる, 参るの, 筆を

▼ さすが~ (3, 0.0%)

1 の表情, はおだやか, を乱され

▼ さすが手練~ (3, 0.0%)

1 の旧, の米友, の舊兵

▼ さすが~ (3, 0.0%)

2 の全盛 1 は東洋文明

▼ さすが~ (3, 0.0%)

1 将の, 將の, 猪と

▼ さすが豪胆~ (3, 0.0%)

1 な壮太郎氏, な安治川舟三, のルパン

▼ さすがあなた~ (2, 0.0%)

1 の子, の思ひ

▼ さすがあの~ (2, 0.0%)

1 人は, 人よ

▼ さすがごとき~ (2, 0.0%)

1 奴と, 明暸な

▼ さすがしっかり~ (2, 0.0%)

1 した冷淡, ものの窪田さん

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 なただ, なたは

▼ さすがです~ (2, 0.0%)

1 ねえ, よ

▼ さすがなれ~ (2, 0.0%)

1 どこの, ど此歌

▼ さすがにかの~ (2, 0.0%)

1 欧米の, 言質も

▼ さすがにが~ (2, 0.0%)

1 つかりして, つくり首

▼ さすがにと~ (2, 0.0%)

1 あなたには, いま新たに

▼ さすがにない~ (2, 0.0%)

1 から何, ようです

▼ さすがよかろ~ (2, 0.0%)

2

▼ さすがわたくし~ (2, 0.0%)

1 には刹那, は敷居

▼ さすが主人~ (2, 0.0%)

1 の死體, は驚愕

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 をそらさぬ, を見る

▼ さすが人間~ (2, 0.0%)

1 が大きい, 臭い人間

▼ さすが元気~ (2, 0.0%)

1 な叔父, にみちみち

▼ さすが先生~ (2, 0.0%)

1 だけにお, の好い

▼ さすが勇敢~ (2, 0.0%)

2 な少年たち

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 ある瓦口関, 探偵と

▼ さすが名代~ (2, 0.0%)

2 だけあっ

▼ さすが向う見ず~ (2, 0.0%)

1 な山手組, の山登り

▼ さすが呑気~ (2, 0.0%)

1 な道庵主従, の連中

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 の違った, は言い

▼ さすが~ (2, 0.0%)

2 を司る

▼ さすが大藩~ (2, 0.0%)

1 だけに宇喜多家, の劉

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 なれば, 飼から

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 いこれ, かろうと

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 にも身分, 若き女

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 胆な, 胆の

▼ さすが強情~ (2, 0.0%)

1 な親爺, の播磨

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 だけに整然たる, もその

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 の藤九郎, 獣の

▼ さすが悪い~ (2, 0.0%)

1 気持ちでは, 気持は

▼ さすが我が~ (2, 0.0%)

1 亭主だけに, 出入りまでは

▼ さすが折竹~ (2, 0.0%)

1 の声, もオロオロ

▼ さすが抜け目~ (2, 0.0%)

1 ない柳田, の無い

▼ さすが日本~ (2, 0.0%)

1 はエライ, を喰いあげた

▼ さすが旦那~ (2, 0.0%)

1 にも謹慎, は偉い

▼ さすが明智~ (2, 0.0%)

1 の川村様, の松島大佐

▼ さすが明智探偵~ (2, 0.0%)

1 のこぶん, の夫人

▼ さすが本場~ (2, 0.0%)

2 だけあっ

▼ さすが東京~ (2, 0.0%)

1 だね, は広い

▼ さすが正成~ (2, 0.0%)

1 もそれ, もカッ

▼ さすが武勇~ (2, 0.0%)

1 の木下大佐, をもっ

▼ さすが武骨~ (2, 0.0%)

1 の将たち, もころげ回り

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 の戒め, の気むづかしげなるを

▼ さすが洒脱~ (2, 0.0%)

2 な王様

▼ さすが~ (2, 0.0%)

1 智な, 邪氣の

▼ さすが生れ~ (2, 0.0%)

1 だけあっ, ながらにし

▼ さすが~ (2, 0.0%)

2

▼ さすが畜生~ (2, 0.0%)

1 の智慧, の浅間

▼ さすが疲れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て彼女

▼ さすが親子~ (2, 0.0%)

2 の情

▼ さすが詩人~ (2, 0.0%)

1 だけあっ, だ偉い

▼ さすが豪気~ (2, 0.0%)

1 な娘, の将軍

▼ さすが銭形~ (2, 0.0%)

1 の平次, の親分

▼ さすが錢形~ (2, 0.0%)

1 の平次, の親分

▼ さすが風太郎~ (2, 0.0%)

1 も二千両, も二千兩

▼1* [553件]

さすがあきれて挨拶, さすがあなたさま方はお, さすがあれほどの御, さすがいとしい顔見, さすがうめえことを, さすがおさない折より, さすがおまえさんも山, さすがお膝下だ, さすがかくはなかりし, さすががやがやさわいで, さすがきまりの悪い, さすがここでは居睡り, さすがこたえたものと, さすがこんなさいに, さすがごとし奉行神尾元, さすがご三家のやんごとない, さすがぶしゑ心, さすがさうとはゆ, さすがしにせである悠々, さすがすぐ床几を, さすがすゞしさ, さすがせっかくのこと, さすがそちじゃな, さすがそら言いひしに, さすがたまらないものが, さすがだいたんな, さすがだったと思います, さすがだんなのやる, さすがてめえもご, さすがでありそのさすが, さすがであり書きにくい大阪弁, さすがでござんす, さすがというもおろか, さすがながねん薙刀, さすがなりと大路, さすがにあっとおびえ, さすがにあわれに覚ゆ, さすがにいさんらしくしっかり, さすがにおいしかつた, さすがにかあっと顔, さすがにくたぶれてか, さすがにぞっくり, さすがにたつた一人の, さすがにつめたいすばらしくつめたい, さすがにて答へ, さすがにといふ感じを, さすがにとり亂しも, さすがになかつたが奈良山, さすがにはひれずに, さすがにばくち好き, さすがによかつた, さすがにようぞ説き当てられた, さすがにわちきも, さすがにをなごやだけ, さすがにをかしからぬには, さすがねばり強かった, さすがのてまえも, さすがのと健には, さすがのぶこちゃんも堂々, さすがのまほうはかせ, さすがのよたとんも, さすがのわちきも, さすがはくせものまだ, さすがはてなき日数にや, さすがばくれん女のそろっ, さすがひとの婿, さすがびくとした, さすがほっと黛を, さすがめくら野郎に, さすがもう世嗣の, さすがもっと科学的に, さすがゆきかねたという, さすがよう寄り附かんか, さすがわが子のあわれ, さすがわたしの永年, さすがアンドレア・デル・サルトだ, さすがウトい役人, さすがカラフトの東海岸, さすがキチンとアイロン, さすがゴーゴリの出た, さすがジイドである, さすがソピエタ国だけあっ, さすがソヴェト同盟です, さすがダンスの先生, さすがテレ気味がおおいきれない, さすがドキッとする胸, さすがニヤケ男の田島, さすがバツわるそう, さすがホーキン氏は英国人, さすがポンポンと二, さすがミツシヱルの好み, さすがワーナー博士は誰, さすが一山のうち, さすが一座に立女形, さすが一時政界の怪物扱, さすが一瞬は死, さすが三浦大介が子, さすが三秋の風, さすが三角同盟の一隅, さすが上気して, さすが上覧相撲のありがた, さすが下町育ちだけあっ, さすが下谷で何番, さすが不安にさいなまれ, さすが不審と思召, さすが不撓不屈な山中鹿, さすが不敵の玄蕃, さすが不死身に近い, さすが世の中には鈍物, さすが中倉大先生様, さすが中国だけに面白い, さすが乳父吉田定房の家, さすが亂暴に狼藉, さすがになれた, さすが事ごとに惑える, さすが事勿れ主義の石井外務大臣, さすが二の句が継げなかった, さすが二の足がふまれ, さすが五千弗の提琴, さすが五百人もの輩下, さすが井戸だけはある, さすが井村先生の令嬢, さすが京都で育った, さすが人並賢く悟りたる, さすが人間恐怖の自分, さすが稽古を, さすが伊語の性質上原作以上, さすが伊豆守は知恵伊豆, さすが伊賀衆の三羽烏, さすが伝六もお, さすが声で, さすが佐古だと, さすがかただ事, さすが何百年の古い, さすが佞智の玄蕃め, さすがの妻女, さすが信州第一, さすが信心ごころの程, さすが信玄の孫, さすが修行の積んだ, さすがの子, さすが倣岸のドノバン, さすが倫敦は世界, さすが傲慢不遜の名匠, さすが僧門陣も叡山, さすが元日には夜番, さすが兇暴のダイヤル族, さすが先頭を争ッ, さすが八百善だ, さすが八荒坊もすっかり, さすがに気がね, さすが冷厳な山頂, さすが冷気が流れ, さすが冷静な巨勢博士, さすが出戻りだけにお, さすが刃魔の心臓, さすが別れを傷む, さすが利発な少年, さすが前山翁であると, さすが剛力の大, さすが剛情のあの, さすが剛愎の武家奴, さすが剛愎者の主人徳次郎, さすが剛気のおん大将, さすが剛邁な宮, さすが労働に慣れ切った, さすがなるも, さすが勇気満々たる金十郎, さすが動乱して, さすがいえ公, さすが勝れし勇將の, さすが勝安房守の名声, さすが北国では自分, さすが北条の大, さすが北条遺臣の中, さすが北越の梟雄鬼柴田, さすが千古の英雄, さすが千有余年の王城, さすが千葉町民の誇り, さすが半年食いつづけたらしまいに, さすが半月あまり吹き曝されて, さすが卑屈でない, さすが卓抜して, さすがの, さすが南側はいきなり, さすが博奕に苦労, さすが博識でわれ, さすが厄日の申訳, さすが叡智の殿, さすがのうめ, さすが口惜しそうな, さすが古い国柄だけ, さすが古強者のシュール・レアリスト, さすがならなかった, さすが右門は右門, さすが目に, さすが同君のこと, さすが同地にもやはり, さすが同心役を勤め, さすが名剣手の高大之進, さすが名医だけに言う, さすが名君の裁き, さすが名物の中津川, さすが名門の育ち, さすがは葉書, さすが呉国第一, さすが命知らずの長, さすが哀れを隱, さすが哲学者の御, さすが商業界の利者, さすが商界の一, さすが喧嘩を売る, さすが土地柄だけにこの, さすが土岐左近頼兼は, さすが地震学に関する業績, さすが坂東の豪族, さすが堅固の石壁, さすが堪忍無類の覆面, さすがのどこ, さすがな顔, さすが夕立の後, さすが多聞兵衛正成どのはとうに, さすが夜明かし商売を誇っ, さすがは薬, さすが大きな声も, さすが大内の御座, さすが大円房の四天王随一, さすが大勢である, さすが大局を観, さすが大槻玄卿殿は当代名誉, さすが大胆な鳰鳥, さすが大胆者長崎屋の短刀, さすが大腸カタールなり, さすがッ腹の, さすが太平の世, さすが女傑はちがった, さすが女囚の刑務所, さすが女性のほう, さすが女気の空恐ろしき, さすが女親方の取柄, さすが好かろうと, さすが好きな道, さすが好学のお雪ちゃん, さすが好男子の田島, さすが如しそれに, さすがが死ぬ, さすが子供のとき, さすが守銭奴の私, さすが宗匠はうまい, さすが宗治の決意, さすが実はこんな単純, さすが客商売の透かさず, さすが宮廷内に自己, さすが宮様だけの静かさ, さすが寄手の孫堅軍, さすが寅歳の産, さすが富強の大国, さすが専門にそれ, さすが将軍だ, さすが小判と小粒取り, さすが小町の名, さすが小鼻の左右, さすが少しは気, さすが西洋バタの, さすが尾州領だけのもの, さすが尾張の御曹司, さすが屋敷名を出す, さすがを出, さすが山歩きに慣れた, さすがきな, さすが巨岳の赤城, さすが差配の息子殿, さすが帆村探偵です, さすが希臘人だけに蹠, さすが帝王の寛い, さすが平次も煮えくり返る, さすが年の功だね, さすが年上だけに念, さすが海屋ほどの, さすが引返すでもなかっ, さすが強情我慢の庄兵衛, さすが強頑な唖, さすが当て名は書いてない, さすがでは, さすが後伏見院にはなかなか, さすが後年の新撰組, さすが後年九度山に身, さすが後醍醐もいたまし, さすが心身ともに綿, さすが忠三郎の望み, さすが忠実に, さすが快活な男, さすが思いに沈む, さすが思い出すことの, さすが思慮深い御, さすがある内, さすが悪びれた風も, さすが悪人の市九郎, さすが悪女の彼女, さすが悪漢毒婦にも罪業, さすがとして血みどろ, さすが愚直の弟子たち, さすが慄然うち震ふ, さすが慢心の東蔵, さすが慧眼だった, さすが我儘の義明公, さすが戦争の名人, さすが戦場のちまた, さすが戦嫌いな彼, さすがの出しよう, さすが手拭に顔, さすが手持無沙汰な事, さすが打ちしめつてを, さすが拳法の嫡子, さすが持て餘し, さすが捕物侠者です, さすが探偵小説愛読者だけのこと, さすが探索の意氣込, さすが援蒋ルートをふさぐ, さすが埓の, さすが政界の黒幕, さすが園情に, さすが数右衛門の子孫, さすが敵地にはいっ, さすがも筆蹟, さすが文中に籠っ, さすが文人の眼, さすが新婚学士ほどあっ, さすが新田党らしい死力, さすがの高い, さすが日本一と評判, さすが日本人だ, さすが日本贔屓のワーナー, さすが旦那さまはお, さすが明智小五郎だよ, さすが星田は愕然, さすがの雪, さすが時代の寵児, さすが暢気な道庵, さすが暢氣者のガラツ八, さすが曲者の正, さすが本家だけあっ, さすが本職である, さすが本能的に智惠, さすが柳村の技倆, さすが柿好きの余, さすが楽天的なわれわれ読者, さすが横着な両人, さすが機智縦横の一休和尚, さすが次郎君だ, さすが欧州人の家, さすが欲馬鹿のマイダス王, さすが欺すも気の毒, さすが武士であつ, さすが武家育ちらしくたしなみの, さすが武敏はすぐ, さすが武芸のたしなみ, さすが歴々の事, さすがを決した, さすが死にもやらざりし, さすが殺すというわけニハ, さすが殺生の罪, さすが氏素姓のちがい, さすがの強い, さすが気おいのお, さすが気の毒に思った, さすが気節を以て上方武者, さすが氣性者のお, さすが永年教師をし, さすが江戸の衆, さすが江戸っ子だえらい, さすが江戸ッ児のキチャキチャ, さすが江戸一の捕物, さすが江戸時代からの古, さすが江戸錦やさきざき大物, さすが江東の小, さすが決死の武者, さすが沈勇な老, さすが沈着の通太郎, さすが沈黙つて居られず, さすが法水は動ぜず, さすがのうねり, さすが海道一の三河勢, さすがのばらばら袖, さすが深山の清水, さすが温順な祖父, さすが漢朝の征旗, さすが炯眼な羅門, さすが無学の黒, さすが無常を観じ, さすが熊鍋を食わす, さすが熟練の功, さすが熱狂性の強い, さすがの名, さすが片足をひっ込め, さすが物狂いの人, さすが物語りの時代, さすが物質文明に慣れ, さすが狒々もか, さすが独剣至妙の刃鬼丹下左膳, さすが狙えて, さすが王様の威勢, さすがの身, さすが黨烏水の, さすが甘い胸さわぎ, さすが酔の, さすが用心して, さすが甲州流の軍学家, さすがのこと, さすが男親だけにお, さすが町内第一, さすが画伯だけあっ, さすが畫工らしい良心, さすが発見者レントゲン教授がこの, さすが白刃を取っ, さすが白髪は目立っ, さすがに見せ, さすが目貫の両替町, さすが直参お旗本, さすが相手の顔, さすが真田幸村の息, さすがを常, さすが神州海国男子も少々, さすが神様の仕事, さすが秀吉である, さすがの冷た, さすが立派なお, さすが竹葉竹をつかう, さすが米友の正義, さすが粗暴な捕兵ら, さすが精神医だけにほか, さすが純朴な彼等, さすが経験者の考える, さすが結尾の一節, さすが絶句して, さすが維茂どのも二の句, さすが練達のあや, さすがなしの, さすが繁華な大江戸, さすが美術国日本である, さすが美音会の会員達, さすが職年の功です, さすが老巧な黄蓋, さすが考証めんみつで故事, さすがへず, さすが聞えた大富豪, さすが職業が薬剤師, さすがの色, さすがっきき, さすが腕ぐみの中, さすが自負して, さすが自負自尊の念, さすが致したと御, さすが興味を湧かした, さすが船稼業だけあっ, さすが良心に咎められ, さすが芭蕉ね, さすが奢だな, さすが芸能者の行儀, さすが芸術世界に遊べる, さすが芸術家の観察, さすが若き身の, さすが苦みに堪へず, さすが英人であるだけに, さすが荒っぽい者共が, さすが落語家らしい口調, さすが董卓も暗愚, さすが蓋世の怪盗, さすが蔵帳の筆頭, さすが薬湯の匂い, さすが藤吉郎どのもとう, さすがの道, さすが血すじだけあっ, さすが行われず疲れはてた仲時以下の, さすが行長も思案, さすが街道かせぎの, さすが袁紹の帷幕, さすがかき合せ店, さすが見た目が美しい, さすが見ぬ振りに, さすが見上げたものだ, さすが見殺しにする, さすが覚悟を極め, さすがとしての威厳, さすが親分は違った, さすが親身の挨拶, さすが観衆も終電, さすが話好きの関守氏, さすが語義は祭司, さすが謀反を企む, さすがふには, さすが警保局長も哀れ, さすが警固の武士達, さすが警察の快速艇, さすが警部というもの, さすが豪勇の信玄, さすが豪富の伜, さすがの子, さすが豹一ははっと, さすが貪婪な私, さすが貴様は馬鈴薯党, さすがの不自由, さすが車屋の女房, さすが転動して, さすがを悔いたる, さすが道場らしい威風, さすが道庵の悪辣, さすが違うものかな, さすが違反を怖, さすが遼陽だの奉天, さすがだしく人, さすが酒好きの是公, さすが里方篠原家への聞え, さすが野放図なお, さすがの鯱, さすが鈍感の私, さすが鉄火な早耳三次, さすが鉄面皮の乃父, さすが鎌倉武士を思わせる, さすが鏡花だ, さすが長かった海, さすが長二郎ほどの男, さすが長六閣下の血統, さすが長夜の宴もなお, さすが長年連れ添うて, さすが長蔵さんだけあっ, さすが闊達の英雄僧, さすが防空演習でさわいだ, さすが陣中の人, さすが隣国の精兵たち, さすが難攻不落の地形, さすが霊山の神前, さすが青年団の口きき, さすが青春の気, さすが非人情の余, さすが順序なので, さすが頑強の長蔵さん, さすが頭巾笠のうち, さすが顕家の麾下, さすが饒舌の酔っ払い, さすが饗庭邸と同じ, さすがの疲れ, さすが馬専門の人, さすが馬産國だけに親馬, さすが馴れたもので, さすが驚きましたよ, さすが高位の御身, さすが高慢なる坊さん, さすが高氏もそれ, さすが高田氏だと, さすが鮮やかだった, さすが鴨川とは違, さすが鼎造のあの