青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「これ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こない~ この~ このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こむ~ ~こめ こめ~ ~これ
これ~
~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ ころ~ こわい~ こん~ こんだ~ こんど~

「これ~」 185009, 1777ppm, 45位

▼ これ~ (52104, 28.2%)

432 私の 369 どうした 334 これは 186 私が 143 僕の 129 自分の 125 非常に 116 日本の 106 確かに 102 彼の 87 いけない 85 一つの, 何か 84 驚いた 79 何も 78 大変な 75 いったいどうした, 人間の 70 面白い 69 どうも, 明らかに 65 後に 63 いかん 59 一体どうした 57 俺の, 大変だ 56 一種の, 何う 55 普通の 52 いけないと 50 したり, 他の, 何という 49 これで, 不思議だ, 何の 47 どうだ 46 わたしの, 何と 45 何だ, 僕が 44 今の, 例の, 前に, 容易ならぬ 43 立派な 42 おかしい, 自分が 41 たいへんな 40 お前の, ひどい, 失礼 39 ただの, どういうわけ, 彼が 38 どういうこと, 今日の, 前の 37 明かに 36 たいへんだ, 或る 35 人の, 女の 34 わしの, 何かの, 困ったこと, 誰でも, 誰の 33 あなたの, 君の, 大變 32 おれの, なんという, 一つには, 何を, 変だ, 当然の 31 また何 30 昔の 29 当時の, 昔から, 本当の 28 またどう, 今から, 後の 27 とんでもない, どういふ, 不思議な, 疑いも, 重大な 26 一つは, 何うし, 有名な, 珍らしい, 私に, 誰にも 25 あとで, ぼくの, 何でも, 支那の 24 いい, わたくしの, 何です, 妙だ, 私には 23 ごもっとも, 不思議, 困った 22 どうでしょう, なにも, なんだ, なんの, わたしが, 怪しからん, 現在の 21 ほんとうの, 作者の, 大事な, 彼女の, 確に, 私も, 非常な 20 中, 今まで, 前にも, 吾, 實に, 現代の, 誰も, 錢形の, 駄目だ

19 [14件] いうまでも, いずれも, こうし, ひょっとする, またなんと, 一体何, 今でも, 大切な, 少しも, 後から, 男の, 誰が, 銭形の, 面白いと

18 いかんと, これはと, 一人の, 何だろう, 別の, 意外な, 絶対に

17 [13件] あなたが, すべての, その時, なかなかの, ほんとうに, また別, わしが, 一體どう, 人を, 今も, 何んだ, 單に, 我々の

16 おもしろい, おれが, ずっと後, また意外, ホンの, 何うも, 俺が, 私と, 私は, 第一

15 [14件] おどろいた, このまま, へんだ, ようこそ, 一体どういう, 世間の, 主人の, 今までの, 先生の, 冗談だ, 夢では, 妙な, 日本に, 異な

14 [24件] うちの, お前が, ここだけの, ちよつと, どこから, なか, また, まったくの, われわれの, アメリカの, 二人の, 何といふ, 全くの, 天下の, 子供の, 少くとも, 文学の, 日本人の, 次の, 殆ん, 海の, 父の, 自然の, 飛んでも

13 [23件] あなたに, いったいどういう, きつと, その人, どういう意味, なるほど, 一般に, 何に, 又何, 固より, 多くの, 容易な, 当然な, 彼らの, 成程, 日本人が, 最初の, 本當, 母の, 気が, 無理も, 申すまでも, 西洋の

12 [17件] あたしの, おかしいと, お前に, ことによる, どうでも, どこの, なんだろう, 一般の, 世界の, 主に, 云うまでも, 家の, 彼女が, 最初から, 油断が, 父が, 結構な

11 [27件] いいもの, おまえの, この国, さう, すばらしい, なんでも, もつと, わたくしが, 二つの, 人間が, 仕方が, 他人の, 併し, 夢の, 大変に, 彼等の, 後日の, 従来の, 御挨拶, 意外だ, 我々が, 手の, 是非とも, 村の, 江戸の, 真の, 自分に

10 [47件] いいこと, いつもの, お土産, こ, この人, これと, さすがに, どうなる, なかなかむずかしい, なかなか面白い, ほかの, ほんの一例, よくある, フランスの, 云ふまで, 何, 何故であろう, 個人の, 偶然の, 兄の, 全く私, 内證, 危い, 問題の, 国家の, 夏の, 夢だ, 大へん, 尋常の, 平次の, 彼らが, 彼自身の, 怪しいと, 昨日の, 止むを, 永久に, 神の, 私たちの, 私だけの, 私にとって, 私を, 私共の, 素敵だ, 自分で, 迂濶, 重要な, 餘り

9 [45件] ありそう, いいと, いったい何, うっちゃっては, おもしろいと, しまったと, すぐに, ただごとでは, たまらぬ, だめだ, どちらが, なんとした, まあ何, またあまりに, 一と, 一に, 一体どう, 人生の, 何んで, 先生が, 博士の, 去年の, 又あまりに, 唯の, 外の, 大変, 大変と, 弟の, 思うに, 日本では, 時代の, 東京の, 此の, 母が, 物の, 現実の, 生きて, 相当の, 真面目な, 簡単に, 話が, 誰しも, 近代の, 近頃の, 驚きました

8 [66件] あまりにも, ありがたい, ある意味, いらっしゃい, えらいこと, おめずらしい, ここに, さっきの, しまった, どうかと, どうする, どうです, どこに, どこまでも, はじめから, もっともな, 一刻も, 不思議で, 世の, 事件の, 事実である, 人に, 余談だ, 前から, 危険だ, 問題に, 国の, 失礼しました, 奇妙な, 如何に, 始めから, 完全に, 実際に, 実際の, 少しだ, 少しばかり, 強ち, 彼に, 彼にとって, 彼等が, 恐れ入りました, 悪かった, 意外, 我国の, 政府の, 日本で, 最初に, 最近の, 氏の, 水の, 物に, 珍しい, 當時の, 相当に, 確かな, 社会の, 神様の, 私一人の, 秋の, 簡単な, 紛れも, 自分でも, 誰か, 貴方の, 遠縁の, 間違ひもなく

7 [103件] あとから, あなたも, あぶないと, いつでも, いつまでも, うっかりし, おそろしいこと, お初に, お珍, お見, ぐずぐずし, ここの, この地方, これ, これらの, たいしたもの, ただ私, とんだこと, どういう訳, どうも失礼, どうも恐れ入りました, どこかの, どっちも, なぜかと, なんです, なんとし, また何と, むつかしい問題, もう, よほどの, よろしい, われわれが, ッ, ドイツの, 一例に, 一方から, 一時の, 不思議と, 今では, 今度の, 今日では, 今日でも, 何んと, 僕には, 先生に, 初めから, 別な, 別に, 厄介な, 古代の, 只事では, 可笑しい, 名案だ, 君に, 土地の, 多分この, 大したもの, 大事の, 天の, 失礼いたしました, 如何とも, 妹の, 妾の, 将来の, 少年の, 山の, 弱った, 思いも, 恋の, 恐縮, 悪魔の, 愉快だ, 愉快な, 愚かな, 我輩の, 手前の, 文化の, 極く, 極端な, 歴史の, 毎年の, 無事に, 犯人が, 相当な, 知って, 秀吉の, 私ばかり, 純然たる, 素人の, 考えものだ, 自分だけの, 自分も, 芝居の, 芸術の, 蒙古, 見事な, 言葉の, 読んで, 誰に, 誰にでも, 近所の, 間違いも, 間違って

6 [130件] あとに, いいところ, いったいなん, いつの, かねて, がんりきの, この世の, この頃, これを, その日, たまらん, ともかくも, とりも, どう, どういう理由, どうしたら, どんなもの, なんでしょう, ひとつの, ふしぎだ, ほんとの, ほんの少し, ほんもの, まあどうした, またお, またひどい, また不思議, むしろ当然の, よい, よいところ, わずかに, 一たいどう, 一体, 一場の, 一昨日の, 事の, 事実だ, 事実な, 二十七八の, 京都の, 人々の, 人が, 人間に, 今年の, 今日まで, 仏教の, 他に, 何が, 何だい, 何れも, 何んという, 何人も, 何故だろう, 余談である, 俳優の, 傑作だ, 僕に, 僕らの, 元の, 充分に, 先代の, 全くその, 冬の, 前述の, 口に, 只の, 君が, 君も, 困る, 変な, 大きい, 大事に, 大事件, 失敬, 失礼を, 好い男, 如何な, 妻の, 姉の, 娘の, 学者の, 少し変, 己の, 已むを, 後でわかつた, 後で聞いた, 御承知, 御無礼, 心の, 怖ろ, 思いがけないこと, 恐ろしいこと, 所謂, 拙者の, 捨てて, 敵の, 文字の, 明治の, 普通に, 有難い, 気の, 気を, 無理な, 犬の, 猫の, 相手の, 眼の, 私にとっては, 私達の, 純粋の, 結構, 老人の, 自分には, 自慢の, 興味の, 見て, 親の, 詩の, 誰のだ, 警察の, 迚も, 都会の, 間違いの, 隣の, 雪の, 面白いこと, 頭の, 驚きましたな, 驚くの, 驚くべきこと

5 [219件] あたしが, あつしの, あなたと, あの時, いけないこと, いずれの, いって, いつかの, いわゆる, うまい, え, お前たちの, お母さんの, お父さんの, お言葉, お邪魔, かの, きみの, こうと, こっちの, このたび, この上, この二人, この前, この時, この辺, これジュギュルタが, ごあいさつ, さきに, その家, その道, それが, それを, たいへん, ただその, ただに, ただ事でない, たまらない, たまらないと, たまらぬと, とんだ失礼, どうじゃ, どうだい, どうもへ, どうも御, どう考え, どう見, どこまで, どちらの, なかなかいい, なにか, ひどいな, ふしぎな, ほんた, ほんの私, まあ私, まぎれも, まずい, またな, また大, もういけない, もう長い, ものに, やむを得ない, ゆだ, よいお, よいこと, よくない, イギリスの, シナの, ロシアの, 一人で, 一体どうなる, 一切の, 一大事と, 一日も, 下女の, 不可ない, 中国の, 主人が, 二十五六の, 京極まで, 人類の, 今に, 今は, 今までに, 今夜の, 今日に, 仕事を, 以前から, 以前の, 何じゃ, 何て, 何でございます, 何でしょう, 何とかし, 何と云, 余計な, 作家の, 便利だ, 俗に, 信じて, 僕も, 先に, 全く別, 八五郎が, 冗談です, 凄い, 別だ, 前記の, 勿論私, 医者が, 十九の, 単にその, 単純な, 参った, 又, 又これ, 又何と, 友人の, 可怪しい, 右の, 君には, 唐の, 喧嘩の, 嘘では, 困ったと, 地方の, 坊主の, 外国の, 夢で, 夢でも, 大なる, 大変面白い, 大秘密, 大體, 天地の, 天然の, 失敗った, 失敗に, 失礼な, 女が, 婦人の, 孔明の, 実におもしろい, 実に大変, 実に面白い, 容易でない, 容易なら, 容易に, 小説では, 島の, 幕府の, 店の, 当座の, 当然だ, 彼女に, 後で聽, 思ひの, 恐入, 悪いこと, 意外の, 愕いた, 成功しなかった, 戦争の, 抑も, 拙者が, 支那で, 政府が, 旅の, 日本が, 日本には, 日本ばかり, 明らかな, 最後の, 最近に, 本人が, 本物だ, 本物の, 東洋の, 横に, 死んで, 気の毒な, 決して偶然, 決して私, 河童の, 洵に, 温泉の, 源氏の, 滅多に, 火の, 火星の, 無理の, 男子の, 相手が, 祖母の, 私から, 私どもの, 簡單に, 純粋な, 絵の, 綺麗な, 翁の, 考えて, 自分は, 自分を, 自然に, 英語の, 説明する, 誰かの, 誰れ, 諸君の, 逆に, 過去の, 違う, 酒の, 酒を, 非凡の, 黙って

4 [363件] あきらかに, あたりまえの, あなた方の, あの人, あるひ, ある人, ある程度まで, いい思いつき, いかな事, いかにも, いかぬ, いったい何ん, いったい何事, いつ頃, おかしいぞ, おそらく私, お上の, お互に, お前も, お浜, お銀, お銀様, かの女, かれが, かれの, きっと誰, けしからん, こうしてはおられぬ, こうだ, ここへ, こちらの, この, この土地, この山, この男, これだ, これだけの, さもあるべき, しまつたと, ずっと前, そうする, そう容易, そこに, そなた, その, そのま, その前, その土地, その場, その当時, その後に, その方, たいしたこと, たしかな, たしかに, たしかに私, たとえて, ちやうど, ちょいと, ちよいと, つまりその, とても駄目, とんだ事, どうあっ, どうだろう, どうにも, どうもおかしい, どうも仕方, どうも飛んだ, どうも驚いた, どう云, どう云う, どこか, どこかへ, どこで, どちらかと, どの位, なかなか困難, なかなか大変, なかなか容易, なにを, なんじゃ, なんたる, なんといっ, なんとかしなけれ, のちに, へんな, ほんとうは, ほんのお, まことに結構, まじめな, またどういう, また一層, また一段, また何ん, また余りに, また奇妙, また少し, また格別, まだ誰, めずらしい, もうお, もう何, もう十年, もう立派, もっともだ, もと, もとより当然の, やって, やっぱりこの, やはりこの, よいと, よく, よけいな, より以上, わけも, わたしたちの, わたしに, われらの, われわれには, イカン, チベットの, ドアの, ベートーヴェンの, ボスと, ヨーロッパでは, 一つ, 一の, 一例である, 一国の, 一寸面白い, 一面から, 万一の, 三人の, 三次空間の, 上に, 上流の, 上等の, 下の, 不思議に, 世に, 世界に, 世間で, 世間に, 主人を, 乱暴だ, 事に, 二人で, 人々が, 人から, 人情の, 他人に, 会社の, 何とかしなけれ, 何よりの, 何ん, 何んの, 何事か, 何処から, 何処の, 何故かと, 余が, 余程の, 作者が, 作者自身の, 信仰の, 信長の, 俺に, 僅かに, 僕たちの, 僕は, 兄が, 先の, 兎の, 入らっしゃいまし, 全く事実, 八丁堀の, 八五郎の, 冗談な, 冗談や, 初めまして, 剣術の, 博士が, 危いと, 危険な, 又どう, 又何ん, 古くから, 古今の, 古風な, 可い, 君を, 吾人の, 唯一の, 唯事では, 商人の, 單なる, 困ったな, 困つたこと, 困難な, 国民の, 在来の, 外から, 多くは, 多分に, 大したこと, 大に, 大抵の, 大阪の, 天が, 太陽の, 夫に, 夫の, 失敗, 奇妙だ, 奉公人です, 女だ, 好い, 始めて, 婆さんの, 嫉妬と, 子供を, 学問の, 宅の, 実に不思議, 実の, 家内の, 寝て, 察する, 小生が, 少しの, 少年探偵団の, 己れ, 希臘の, 幕府が, 平凡な, 平次にも, 平次も, 年の, 年寄の, 当って, 当り前の, 当然に, 彼にと, 彼を, 後で判った, 後にな, 後世の, 御世話, 御覧の, 心外な, 必しも, 忘られぬ, 恐れ入ります, 想像に, 意味の, 意外に, 我々に, 或は私, 戯曲の, 手に, 手や, 抽斎の, 持って, 支那人の, 敵わ, 文句が, 日の, 日本でも, 旦那の, 早や, 明の, 明日の, 明白な, 明瞭に, 昔この, 有難う存じます, 朝鮮に, 東京で, 東京に, 梵語の, 歌の, 武蔵の, 死の, 殿の, 比較的に, 水だ, 決して, 注意すべき, 深刻な, 渠が, 漢の, 漱石の, 片時も, 特別な, 特別の, 生の, 生活が, 甲州の, 男が, 異なお, 當然の, 皆な, 目に, 着物を, 矢張り, 確かだ, 神聖な, 秀吉が, 私だ, 私一個の, 私自身の, 科学の, 稍, 種々の, 立派に, 竹の, 第三版, 筋が, 米友が, 米国の, 素敵な, 考えれば, 背の, 自分等の, 興味ある, 船が, 良い, 芭蕉が, 芭蕉の, 花の, 若干の, 著者が, 著者の, 西の, 角の, 誤って, 誤りである, 読者の, 謂わば, 豚の, 貴方に, 近年の, 迷惑な, 途方も, 適当な, 金の, 長い年月, 間違いで, 間違ひ, 院の, 雨が, 非凡な, 面白いぞ, 面白かった, 面白そう, 飛んだ失礼, 馬の, 馬琴が, 骨の, 魔法の, 鳥の, 1で

3 [782件 抜粋] あたくし, あながち主人, あなたへの, ありがたいこと, ありがたいでは, ありがとう, あんたの, いい機会, いくらか, いくらだ, いけねえ, いける, いっその, いったいなんとした, いつごろの, いつに, いづちの川, いまの, いらっしゃいまし, いろいろの, うっかりする, うまいもの, おいで, おじいさんの, おそらくだれ, おそらく事実, おそらく自分, おそれいった, おめにかかって, おもしろいこと, お前さんを, お君, お早い, お父さま, お父様, お米, お粂, お雪, お駒, かれら, きっとこの, ここで, この女, この家, この部屋, この間お, これなりに, これまでの, こんなもの, しかしこの, しくじった, すまん, すみません, ずっと以前, そういうこと, そのころ, そのよう, その中, その実, その年, その男, その葉, そんなむずかしい, たいへんなお, たしかに僕, ただ一つ, だれでも, ちょうどいい, ちょっと聞く, つまり, ですね, どうか, どうかする, どうします, どうで, どうであろう, どうもいや, どうもお, どうもとんだ, どうもへん, どうも困った, どうも有難う, どうも私, どこかで, どこかに, どちらも, なかなか大切, なかなか好い, なかなか重大, なぜか, ならぬと, なんといふ, ばかに, ひとりこの, ひよつと, ほぼ確実, ほんとうだ, まあお, まあなんという, まえに, まことにありがたい, またあんまり, またいつも, またおそろしく, またし, また妙, また案外, また途方, まだ内密, まちがいの, まづい, みじめな, みんなこの, みんな私の, むしろ当然な, むずかしいぞ, むずかしい問題, もうこれ, もうどうにも, もう一つ, もう人, もう人間, もう駄目, もとより, やはり一つ, ゆうべの, よその, わが家の, わたしから, われ, われわれに, カントの, ガラッ八, ゴーリキイが, スペインの, ズッと, デカルトの, トルストイが, ファラデーの, ホントに, ヨオロッパの, 一ツの, 一体な, 一大事だ, 一大事である, 一座の, 一方に, 一昨年の, 一月の, 一生の, 一般的な, 一言で, 一部分は, 一面に, 三十五六の, 上の, 上方の, 上述の, 不幸な, 世の中の, 世界中で, 世間には, 両方とも, 中休みと, 主人と, 乳母の, 予定の, 事実そのまま, 二三の, 二三日前に, 二十三四の, 二十日目に, 五十五六の, 人形の, 人間では, 人間として, 人間を, 人類普遍の, 今後の, 今日も, 今考え, 今迄, 他にも, 他日に, 仮の, 仮りに, 伝説の, 伝馬町の, 何ごとか, 何な, 何よりも, 何んです, 何んにも, 何処で, 何分にも, 何時か, 何時頃から, 何等かの, 何者の, 余りにも, 余談です, 余談に, 便利な, 俺たちの, 偉大な, 僕ばかり, 僕を, 兄さんの, 先妻の, 先生も, 兎に, 全世界, 六かしい, 内々の, 内密だ, 内密に, 内緒の, 内証です, 出生の, 初めての, 初心の, 別です, 別項, 制度の, 前世の, 割合に, 劇作家の, 労働者の, 医師の, 医者の, 半蔵の, 南の, 単に, 単に私, 厳密な, 又一層, 又特別, 反対に, 取とまらぬ夢, 口で, 口の, 古歌, 只事でない, 吉良家の, 名を, 呉の, 命令だ, 唯事でない, 問題にも, 嘘だ, 嘘な, 四十年も, 四里や, 困った事, 地上に, 地獄の, 地球が, 多分, 多分今, 多分私, 多数の, 夜光の, 大人の, 大勢の, 大変恥しい, 大失策, 大晦日とて, 大間違い, 天から, 太陽が, 夫人の, 失敗だ, 失礼ながら, 奥に, 女性の, 好いこれ, 妻が, 姉さんに, 子供に, 存じも, 学校の, 孰れ, 実に彼, 実に私, 実に立派, 実は私, 実際問題, 家に, 家中の, 家康が, 容易じゃ, 容易ならざる, 實は, 寺の, 専門の, 尊氏の, 小供, 小林の, 小生の, 少くない, 少しひどい, 少し冗談, 少ないが, 巨大な, 己が, 常識の, 平安朝に, 幸いに, 幾分の, 弟に, 当事者の, 当人が, 当然である, 彼れ, 後日に, 御意に, 徳川時代の, 必ずしも, 必ずしも私, 必要だ, 思ったより, 怪しからぬ, 恐らく支那, 恐らく私, 恐怖と, 患者の, 悲しむべきこと, 想像である, 意志の, 憚様です, 成らぬと, 成功し, 成功した, 手つかずの, 手紙です, 支那人が, 文学者の, 文芸の, 新たに, 新聞の, 日本だけの, 日本と, 日本人に, 日本人には, 旦那, 旨い, 明末の, 昔は, 映画の, 昨日まで, 昭和十年の, 時と, 時代を, 時間に, 曹操の, 曾て, 最後まで, 有益な, 木の, 本の, 本人の, 本論の, 村から, 東京から, 東国の, 根が, 根本的に, 極々の, 様子が, 次郎にとっては, 正しいと, 正しくない, 正当な, 正真正銘の, 此処だけの, 歯を, 歴史的に, 死骸を, 残念だ, 母親の, 気の毒だ, 水が, 水を, 永年の, 汝の, 江戸中の, 池袋の, 決して他人, 決して容易, 決して左様, 油断の, 深く考え, 清澄の, 演劇の, 火事と, 煙草を, 父親の, 特殊の, 狐の, 珍しいこと, 珍らしく, 珍味, 理の, 理屈では, 生命の, 生活の, 用心しなけれ, 男にも, 男女の, 画の, 番頭の, 病人の, 病気と, 痣蟹の, 白い薄, 皮肉で, 皮肉な, 目前の, 相撲の, 県の, 石の, 石器時代の, 硬くて, 社会に, 祖母が, 私, 私としては, 私にも, 私よりも, 秘密に, 稀有な, 穏か, 第二, 筆者が, 素晴しい, 素晴らしい, 結局, 結構だ, 絶好の, 維新の, 置いて, 翁が, 考えなければ, 考へて, 聞きもの, 脈が, 自分としては, 自分にとって, 自分達が, 自己の, 自殺じゃ, 自然が, 自身の, 舞台で, 良いもの, 色の, 芸術と, 若しや, 茂太郎の, 荒川の, 菊の, 藩の, 虫の, 血だ, 西洋では, 西行の, 親分, 親分さんで, 言ふ, 話に, 誠に結構, 誰です, 誰とやらの, 諸書, 變だ, 趣味の, 足の, 近江の, 道徳の, 違ふ, 酒に, 酔って, 重い, 重大なる, 鉄の, 長かりし, 間違いだ, 間違ひない, 陽気な, 電気の, 電車が, 青年の, 面白いところ, 面白いもの, 面白くなっ, 革命の, 首を, 馬鹿に, 驚きましたね, 高さ

2 [2805件 抜粋] あたかも我, あなたです, あの大柄, あまりに人間, あまり自慢, ある友達, あんまりだ, いい家, いい花, いかなるもの, いかんぞ, いけない外科, いは, いよ, いわば私, うそである, うまい考え, うるさいこと, おえらい, おそらくその, おもちゃだ, お世辞, お冬, お前を, お半, お嬢様そう, お島, お手, お母さんが, お照さん, お白洲, お紋, お話でございます, お返し致しあんす, お駄賃, かなりに, かねてから, きっと僕, きっと私, きれいだ, ここが, このあたり, この修道院, この小僧, この者ども, この附近, こんなふう, ご前様, さつきから, しかし彼, しっかりした, すぐ分る, すてきだ, ぜんたいどう, そのお, その何, その寝室, その根元, その鼻, それまでの, たいへんと, たしかに同情, ただ何, ただ者では, だう, ちつとも, ついこの間, つまり十位の, てつきりあの, とんだ無調法, どういう風, どうしても僕, どうすれ, どうもおみやげ, どうもならぬ, どうも弱った, どうも気, どちらへ, どんなに骨, なかなかやかましい, なかなか立派, なぜだろう, なによりの, はじめの, はや金子, ひどいと, へたに, ほんたう, ほんの御, まあ, まことに軽少, まずいと, またうどん, またどこ, また一面, また問題, また思いきり, また是非, また私, また酷い, まだ新しい, まったく生命, まァどう, みんな私が, むずかしいと, めずらしいもの, もうただ事, もう人間同志, もう普通, もう疑ひ, もしこの, もちろん僕, もっともの, やつて, やはり私, ゆめで, よい者, よく気, よほど面白い, わが国独特の, わたくしに, わたし一人の, アイヌ語の, アメリカ人が, ガラスの, コラムが, スコットランドの, チェーホフの, トンピーさん, ハッキリもう自分, ヒョッと, ブロズキーの, メリメの, ヨーロッパでも, ワザと, 一体どこ, 一匹の, 一学の, 一年に, 一座を, 一旦お, 一朝一夕に, 一番先に, 一般的に, 三五年度あたりまでは, 三十過ぎの, 三根夫が, 上官の, 下谷の, 不尽の, 不思議の, 世子の, 世間から, 両親たる, 中からは, 主としてその, 主題の, 九州では, 事件が, 二人とも, 二十四五の, 二百年近く古い, 五枚の, 交通の, 人形だ, 人生を, 仇討の, 今日で, 仏の, 以前にも, 会衆の, 佐渡ヶ島でない, 何ぞと, 何事に, 何処にも, 何心なく, 何者が, 余儀ないこと, 作中の, 例外中の, 俗物であった, 修羅の, 俺にも, 偶, 偶然に, 働き者で, 僕にも, 兄さんには, 先方が, 光の, 全くあなた, 全く性質, 全く自ら, 八月の, 六つに, 其の後, 兼ねて, 内証だ, 冷たくて, 出來, 出来る, 初めは, 別問題, 刺身の, 前川より, 劇の, 勘定に, 勿論何びと, 北方に, 十四五の, 半年程の, 単なる論理, 単独に, 厄介です, 厳たる, 又ひどい, 又不思議, 又女形, 又謙遜, 口上の, 古く日本, 古里の, 可愛らしい娘, 各地の, 同じよう, 同時に彼対友人, 名探偵, 君は, 呉侯からの, 味覚の, 哲学者の, 商売人の, 喧嘩に, 嘘の, 四月十八日の, 困つた, 国木田独歩です, 土地が, 地形学者の, 堂守の, 墓である, 変でござる, 多分あの, 夜な, 夢に, 大した問題, 大変結構な, 大昔の, 大藩の, 天子の, 天狗が, 失敗つた, 奇遇だ, 奉化州判, 女として, 女軽業の, 妙です, 始めまして, 嫌だ, 存外骨が, 守将の, 宋江の, 官等の, 実に吾, 実は博士, 宣長翁の, 容易ならん, 富士正晴氏の, 實際は, 尋常な, 小児に, 小林流の, 小聲, 少し前, 少し無理, 尾張の, 屋根の, 山門の, 崩れる山門ぢ, 工藝の, 帯の, 常識的にも, 年が, 幼稚な, 幾度も, 店中で, 弟子の, 当時この, 当然疑い, 形容と, 彼女も, 後で又次郎, 後学の, 御勘弁, 御新造さん, 御返し, 徳川家の, 心が, 必然的に, 思いの, 急病人, 怪塔王の, 恐らくこの, 恐れいりました, 恐入りました, 悪いところ, 悲しい事実, 愈, 意外といった, 感謝する, 或ひ, 手が, 手軽に, 拙者のだ, 探偵小説に, 損な, 政治的に, 教育の, 文字も, 断った, 新らしい, 新発明, 旅が, 日本人として, 旦那から, 早くも, 明智探偵が, 明治初年版の, 昔し, 春の, 是非も, 晩年の, 曲者が, 最も完全, 有りがたき, 有難う, 朝家の, 未曽有, 本当であろう, 本来が, 本線に, 来年の, 東雲の, 枯木の, 校長さんの, 案外だ, 梶子様, 椿の, 極めて自然, 標題の, 次男に, 正当である, 正面から, 此手紙の, 歴史上の, 母屋の, 毎日の, 比較的な, 気がつかなかった, 水に, 汀の, 江戸時代の, 決して僕, 決して日本, 決して自慢, 注意を, 浅草の, 海底の, 渋川の, 源氏が, 演出家が, 灯を, 無論, 然も, 熱い, 爾雅, 物と, 特殊と, 犯罪を, 猪之, 玉井の, 玩具の, 珍品, 現在に, 理窟で, 甚だ危険千万, 生え抜きの, 生憎不在, 甲先生や, 申上げ, 町内で, 異な仰せ, 疑は, 病気が, 痩せても, 百万坪どころで, 皆君の, 目の, 直接の, 眞實で, 眼に, 知っての, 石炭の, 破格な, 確実でない, 社会的に, 神前に, 禅宗の, 私だけが, 私一人だけの, 科学に, 秘中の, 稍激し過ぎる, 空魔艦の, 笑ひ, 第四版, 築地の, 精神の, 納めて, 紺の, 結局同じ, 統計の, 絶対です, 縁起の, 美しいよろこび, 美しくもあり, 義雄には, 老公が, 耳よりな, 聡明な, 肝腎の, 胸の, 腹の, 自動車の, 至極道理, 舟の, 良い水, 芝居に, 芽出度い, 苦労人の, 英語で, 荷物の, 蔵前橋です, 藤沢の, 蛇足です, 蟹の, 術です, 西班牙の, 覆面算の, 見る人, 覚悟の, 親分方, 親類方と, 言って, 記者が, 詩人の, 語るに, 誤解だ, 誰で, 講中の, 貴公の, 貴樣, 赤が, 趣味と, 軍人の, 近代に, 近衛兵の, 迷惑だ, 通例, 道庵が, 達ちゃんの, 遺憾ながら, 酒も, 重大でありすぎる, 野村新川君です, 釣筆でございます, 錢形平次の, 長い長い便り, 間違いである, 関西の, 陸上に, 随分無理, 雲では, 青白き大佐, 面白いぞと, 面白うなった, 音に, 頭が, 顏をも, 風の音だろう, 飛んだところ, 食えない, 餘計な, 馬籠の, 駄目です, 驚いて, 骨董の, 髪を, 鯛の, 鹿鳴

1 [30006件 抜粋] назад, あたしから, あなたへ, あの安っぽい, あまりに先走り過ぎた, あやまらなければ, あるいはそう, ある期限中, あんまり過ぎ, いい案, いかにもとっさ, いかん不吉, いけない娘さん, いたって, いつか一寸話の, いつも部内, いよいよどうも困っ, いわば慷堂派, うつし世, えらい病気, おことわり, おそらく自他とも, おばあさんと, おれより, お前とは, お嬢ッちゃん坊ッちゃん, お房, お玉の, お説, かう言, かなしい今日, かよは, きっと告別式, きっと誰か, くだらない布地, こういう眼鏡, ことに朝, この劇, この火繩銃, この頃中, これ目前の, ご師範, さつきひろ子の, しかし修練, しっけいしっけい, じつにむずかしい, すこしコッケイ, すでにわたし自身, すばらしい考え, ずいぶん出来る, ぜひ知っ, そそっかしい熊蔵一人, その上丁寧, その弊害, その模範, その負傷, それほど重要, たいてい道, たしかに今大, たしかに福松, ただついでに, ただ昔, たなごだ, たんなる脂肪腫, ちとお, ちょうど水中, ちょっと要らぬ, つまり一営利会社, つまり近代主義, できもの, とても簡単, どういう, どうしても久助さん, どうしても立ち昇っ, どうもいくら申し, どうもまことに失礼, どうも実に判然, どうも誠にどうもどうなすっ, どう考えたら, どんなに人夫, なかなか人間一世, なた同, なんとも軽率, はたしてドイツ人, ばかばかしいこと, ひとり彼等の, ひどく酔った, ふとって, ほんとうです, ほんの短冊, まあ大変私, まことに奇妙, まさしく当然であった, ますます暴虐無道, またたぶん, また一面人々, また地面, また恐れ入りやした, また無気味, また言語, まだはつきり病気, まだ日本人, まったくひどい, まつたく問題, まアおっそろしく, みな誑惑癖を, みんな祖国の, むしろ軍使, めずらしい金属, もうほうっ, もう人生, もう実に骨がらみ, もう殺人鬼, もう頭自体, もちろん単純, もっとも多い, もとより信じ, もと豊後の, やがて民藝館, やはりとても得難い, やはり民衆, やられた, よい女の子, よく生き, よほど私, わが汽船, わたしにとって, アナトール流に, イギリス語でございます, エクセントリックな, カステラより, キャンデーの, ゲテ中の, サプライズだ, ジイドだ, スヰスの, タルミミ隊の, ヅケイと, ドイツでは, ネギマの, パイプを, ピアノの, フーラー毒ガスより, ペトロが, マズイと, ムクだ, ヨクイニンとよむ, リーダーズ・ダイジェストの, ロミオも, 一つペテルブルグへ, 一九三〇年型の, 一例たるに, 一向逃げ, 一層切迫, 一方には, 一杯食わされた, 一番適當な, 一見愚問, 一風雲必ずや, 万人が, 三十代の, 三稜の, 上等過ぎる, 不信に, 不思議誰も, 世にたぐい, 両年の, 中毒に, 主として国内, 主題とは, 九月三日の, 事件当日の, 二三度教室であった, 二寺の, 云わでもの, 井上安治の, 京でも, 人形です, 人間には, 今や間違い, 今日尚書を, 仏恩という, 他日所見を, 仮定や, 伊那地方の, 伸子に, 何かを, 何とも申しわけ, 何処にでも, 余りに大き, 佛教と, 例外のね, 保守的で, 俳優自身の, 偉大なる, 備前岡山で, 儂が, 元来歌舞伎劇という, 先づ問題外と, 先程払つた五リラ以外に, 全くこの, 全く実際の, 全く独特, 全体どう, 全部懐中しました, 公明正大な, 兵庫を, 内地人を, 写しも, 凡夫が, 出発以来ずつと, 切りが, 初耳そう, 別に赤く, 刺戟としては, 前身たる, 加十も, 動きません, 勸業銀行から, 勿論天子, 北でなけれ, 十一時に, 十勝アイノの, 千浪様の, 卑近な, 単なる模倣, 単に子供たち, 単に音楽, 即ち内外表裏, 厭な, 又代表的, 又若々しい, 収入が, 口説です, 古来武士階級を, 可能に, 合戦後の, 同作者, 名句でござる, 君大変な, 呪詛されね, 唇に, 啓蒙時代には, 嘗て彼, 四十匁の, 困った神さま, 国木田独歩の, 土佐で, 地方紙記者の, 城方の, 塵埃を, 変てこだ, 外国製で, 多分二〇, 多少慎しみ, 夥しいガラクタ, 大きな意義, 大して影響, 大出の, 大変可笑しい, 大層徳用, 大東京, 大胆で, 大騒ぎを, 天然が, 太陽光線中の, 失言だった, 奥様禁制品じゃ, 女用の, 如何なる意味, 妾と, 婦人協議会から, 字を, 学者や, 安積玄心斎なる, 宜しくジュコーフスキー, 実に困った, 実に違礼, 実演と, 実際鳥, 家ニレの, 寄生虫でない, 實現されなかつた, 対馬隠岐辺から, 尋常だ, 小名浜から, 小氣味, 少々大人げ, 少し云い, 少し興味, 尚更の, 山に, 山賊猛獣毒蛇の, 峰丹波一味の, 工藝品としての, 市民の, 常時見張りが, 平林さんの, 幸福を, 広く容易, 延ばす事, 弥次では, 当今は, 当然さうなけれ, 彫金で, 後でもう少し詳しく, 後醍醐にとっては, 御参詣, 御用の, 心から素気, 必ずしも女性, 必ず美人, 怒った語調, 思想過激と, 恐く彼等, 恐らく聞き, 恐ろしく退屈, 悪い仲間, 情無い, 意志でも, 慎重に, 成功致しましょう, 我慢ならない, 戦力も, 所謂ヒューマニズムと, 手答えなし, 投書に, 指紋から, 推測である, 支那鳥などと, 敏行さましばらく, 数日か, 文学にのみ, 斬れそう, 新しく買つた内, 新聞には, 既に動植物, 日本人形劇であります, 日比谷公園の, 旨く仕上がった, 昇天の, 明治二十三年東京で, 昔宅の, 昨夜一緒の, 是非の, 時期が, 景樹が, 更に愉快, 最も大切, 最終回の, 有難いな, 木や, 本人も, 本当に照子さん, 本質的に, 来る途中, 東洋放送の, 果して事実, 柳吉の, 案内書や, 棄ておくべからずと, 極めて外面的, 極端に, 横路へ, 欧州一般の, 正しい態度, 正月の, 武家態で, 死ぬより, 殊に奥さん, 母子草父子草も, 比較的はっきりした, 気狂いかしら, 水牛仏が, 江州地方で, 決して一個人, 決して愉快, 決して虫, 油断も, 泥棒でも, 流行って, 海月に, 深江輔仁の, 測定が, 滿開の, 潜行奇襲軍にとって, 灯の, 無残千万彼奴らの, 無論秋川家, 焼きものだ, 熱帯国の, 片づける事自身, 物蔭に, 犯人なんて, 独身を通して, 玄陰池と, 珍しい花瓶, 現実では, 理論的には, 甚だ疑問, 生命誕生の, 田の神の, 申し遅れました拙者こと, 畏れ入りますもとより, 異様な, 疫病よけの, 痩せこけた顔, 百万石の, 皆分類法の, 皺だらけで, 直ぐ判つた, 相手を, 真実な, 矢張その, 短刀か, 確か, 祕中の, 神秘な, 秀逸だ, 私自身を, 秩父の, 空想では, 競子の, 第一自分, 箱根竹に, 粟田口だ, 純黒, 素研清楚なり, 結局この, 給料では, 綿密な, 繩を, 美作にも, 翌八月十日, 考えるべき余地, 聞き捨てならない, 肯入れ, 脳溢血の, 自作に, 自治体で, 至誠の, 良い考え方, 芬蘭の, 若いとき, 苦悩であり, 荒れて, 落語の, 薄紫であった, 虎井満, 衆人に, 表面的な, 西北の, 要するに演劇, 見知越, 親方さんでございます, 言い換えれば, 訊問です, 詩人だけの, 語根が, 誤植では, 調子なども, 警固の, 豊国の, 貧富の, 買わず小さい, 赤塚家に, 路を, 軽くて, 近い, 近頃に, 逃げた方, 連れの, 運慶作の, 道路側からは, 適任であったろう, 郷里に, 醜悪だ, 野菜が, 金銀の, 銘仙だ, 長い時間, 門弟に対する, 間違えて, 阿波へ, 隅田川で, 隣同志で, 難しい実に, 電流の, 青赤黒で, 面白い観物, 頓作問答だ, 顕著に, 飜訳という, 飽くまで争わなけれ, 馬車が, 驚いたね, 高商出, 魅入られたに, 鳴門や, 麻睡酒だった

▼ これ~ (32528, 17.6%)

547 見て 255 聞いて 238 聞くと 201 もって 194 持って 186 見ると 154 読んで 96 書いて 81 見れば 80 機会に 72 きいて 67 知って 64 見ても 59 して 58 きくと 52 自分の 51 手に 43 しも 39 着て 38 口に, 逆に 36 見るに 35 聞きて 32 他の, 称して 31 人に, 名づけて, 見ろ 30 聴いて 29 眺めて, 評して 28 みるに, 利用し, 実行する, 持つて, 私は 27 一つの 26 利用する, 説明する 25 みて, 思うと, 読むと 24 もつて, 御縁 23 みれば, 認めて 22 知ること 21 実際に, 渡して, 見ること 20 どうする, 使って, 公に, 明らかに, 用いて, 知る, 見る, 見るが 19 思えば, 私の, 買って 18 かいて, やって, 日本の, 機に, 研究する, 私に, 言えば 17 信じて, 御覧なさい, 発見する, 観れば, 証明し, 証明する, 飲んで 16 いえば, お前に, ごらんなさい, 今日の, 指して, 最後に, 知らず, 耳に, 見ては, 見よ 15 あなたに, 使用し, 使用する, 忘れて, 書いたの 14 やるから, 出して, 理解する, 研究し, 見た時, 迎えて

13 [13件] このまま, 他に, 保護する, 実地に, 彼の, 得て, 御覽, 排斥する, 殺して, 説明し, 讀んで, 身に, 預かって

12 [18件] 人間の, 何と, 区別する, 取って, 基礎として, 完全に, 定める, 実行し, 己が, 明かに, 普通の, 書きながら, 行ふ, 見い, 見給え, 詳に, 認めなければ, 食べて

11 [13件] かぶって, ここに, 二つに, 俗に, 具体的に, 外に, 如何に, 捨てて, 携えて, 最後の, 用うる, 神の, 聞いた時

10 [32件] お聞き, きっかけに, やる, 一種の, 一緒に, 一言に, 別の, 受けて, 地に, 売って, 失えば, 実現する, 征服する, 御覧に, 支配し, 望みて, 発見した, 相手に, 知ると, 筆に, 置いて, 考うる, 表現する, 見せて, 見ながら, 見るの, 許して, 読んだ時, 貸して, 避くる, 避けて, 開いて

9 [29件] お前から, つけて, もつと, 助けて, 区別し, 十分に, 問題に, 大に, 引いて, 彼は, 御覧, 応用し, 懐に, 採用する, 支配する, 次の, 発表する, 知る者, 示して, 縁に, 聞くや, 自己の, 見たまえ, 記して, 証して, 読めば, 迎えた, 述べて, 食って

8 [49件] き, ごらんに, そのままに, どう思う, ながめて, みても, よんで, 何に, 信ずるもの, 借りて, 内に, 前に, 前の, 叙述する, 君に, 否定する, 呼んで, 如何とも, 届けて, 心に, 忘れては, 想像する, 意識的に, 敢て, 斬って, 機会として, 求めて, 求めること, 汝に, 無視し, 生かして, 知るの, 知るもの, 総称し, 翻訳し, 翻訳する, 考えて, 聞けば, 行って, 見つけて, 見るもの, 見る人, 証する, 説き給, 説明しよう, 集めて, 非常に, 食えば, 食べると

7 [63件] みると, やろうと, わが国に, 一に, 上げるから, 世間に, 主張する, 人の, 他人に, 仮りに, 充分に, 基として, 大別し, 守って, 待って, 後世に, 恐れて, 拾って, 指導する, 救ふ, 水に, 焼いて, 物に, 現代の, 理解し, 略す, 真の, 知らずに, 神と, 私が, 種に, 簡単に, 粉に, 続けて, 考えると, 聞いたとき, 聞くなり, 見たもの, 見るを, 見る時, 見る者, 覚えて, 解いて, 解して, 言ふ, 評すれ, 語って, 誤解し, 説いて, 説明せん, 読みながら, 調べて, 論ずれば, 讀むと, 軽蔑する, 迎へ, 連れて, 適当に, 里言に, 金に, 防ぐには, 飲むと, 飲めば

6 [84件] いうの, いかんとも, お渡し, ご縁, やると, キッカケに, 一人の, 一括し, 事実として, 作るには, 先生に, 切って, 反対に, 受ける者, 合図に, 奨励する, 完成する, 実行に, 実験し, 客観的に, 審に, 左に, 差別する, 廃し, 引用し, 征服し, 後に, 御覧下さい, 心の, 応用する, 思ふと, 思へば, 思念せよ, 恥と, 或る, 手本に, 承認する, 捕えて, 採って, 支那の, 攻撃する, 放却, 文字に, 書いた, 書きます, 書くこと, 最後として, 棄てて, 機として, 殺さんと, 決定する, 決行する, 煮て, 現在の, 疎外する, 発表し, 目し, 知る事, 統一する, 聽い, 自然の, 苦に, 行う, 見これ, 見た, 見たとき, 見たの, 見たり, 見ば, 見ますと, 見付けたの, 観て, 解釈し, 言うの, 記念に, 許した, 試みしに, 試むるに, 語りて, 読むに, 論じて, 軽蔑し, 駁して, 黙って

5 [154件] おいて, きつかけ, ごらん下さい, ご覧なさい, しおに, その人, どう説明, なんとかし, ひとつの, みろ, やろう, よむと, 一の, 一読し, 上手に, 世人に, 主人に, 久しゅうした, 事実に, 享受する, 人間に, 今の, 作りて, 作ること, 使えば, 信ずること, 僕に, 元の, 公表する, 処理する, 分けて, 切っかけに, 利用した, 制限する, 取り出して, 受くる, 受けた, 口の, 召上って, 名けて, 含んで, 吹いて, 唯一の, 喜んで, 囲んで, 報告した, 天の, 天下の, 始めて, 実行した, 実行せん, 実際の, 宮し, 家に, 容る, 尊敬する, 小に, 小耳に, 小説に, 幕府に, 形容し, 彼に, 得んと, 必要と, 思想の, 想うと, 我々の, 承認し, 持ち出して, 指すの, 指摘し, 排斥し, 排斥した, 描いて, 放置し, 政府の, 政治の, 教うる, 教えこれ, 教えて, 教へて, 文学の, 断行する, 是正する, 有す, 栽え, 標準と, 歓迎し, 正確に, 気に, 治する, 混同し, 混同する, 無理に, 無視する, 狙って, 用いる, 用ひ, 略して, 疑うもの, 疑う者, 発表した, 発見し, 知らない, 知るには, 破れば, 破壊し, 科学的に, 立証する, 繞る, 繰り返して, 纏めて, 聞いた人々, 聞いても, 聞くを, 胸に, 自分で, 自由に, 英語に, 行うの, 行えば, 行使し, 表沙汰に, 要するに, 見たこと, 見た私, 見に, 見ようと, 見よと, 見るや, 見る事, 見付けて, 見出すこと, 見給, 見逃して, 視て, 観察し, 観察する, 解決する, 言って, 言ひ, 認めない, 認めること, 読者に, 調査し, 諒と, 諾し, 述べた, 迷信と, 過去の, 限りに, 頭に, 食した, 鬼と

4 [314件] あが, あけて, あげるから, いって, おあがり, お前は, お持ちなさい, お目, お読み, お飲みなさい, かきはじめました, かきます, かけて, くれて, こ, ごらん, ごらんください, さとるを, すぐに, た, とって, どうぞ, どう思ふ, どこかへ, なくする, なさしむる, はっきりと, まこと, まっすぐに, もて我, やめて, やらないと, よく知っ, わが国の, わたして, わたしは, われわれの, われわれは, 一と, 一人で, 一口に, 一定の, 一時の, 一篇の, 一読する, 上から, 上げましょう, 上へ, 上演する, 下に, 不問に, 与うれば, 世に, 世界に, 中心として, 主張し, 事実と, 二人の, 享くる, 今日に, 代表する, 伝えて, 何だ, 何度も, 作って, 作ると, 使うこと, 侵しては, 保存し, 保証する, 保護し, 信ず, 信ずるの, 信ずる人, 個人の, 僕の, 先生の, 克明に, 冬の, 凌駕する, 出版した, 別としても, 利用しよう, 勤めて, 即座に, 取りて, 取りに, 受取って, 召して, 合して, 否定し, 咀嚼し, 喰ひ, 喰べて, 国家の, 国民の, 圧迫する, 基礎と, 墓に, 売つて, 大事に, 大切に, 天下に, 失う, 奇と, 如何ともすべからず, 妨害する, 婦人の, 学べば, 実行しない, 実行し得る, 実行すれ, 家の, 家へ, 尊重し, 尊重する, 尋ねて, 少しでも, 巧みに, 巨き, 己の, 市場に, 幾度も, 度外に, 弁護する, 引受けて, 当時の, 彼らの, 得るの, 御覧なすっ, 心配し, 忍んで, 忘れること, 怪しんで, 意識し, 扶け, 承認した, 抵当に, 拒否する, 捕らえて, 採用し, 探して, 推して, 換言すれ, 握む, 支持する, 救うには, 救うの, 救わんと, 教育し, 整理し, 敵視する, 斥ける, 新たに, 日の, 日常の, 日本に, 明に, 明確に, 書いた人, 書きはじめました, 書く, 書くの, 望むに, 望んで, 東京へ, 検討し, 極端に, 楽しみに, 構成する, 模倣し, 横から, 機縁として, 機縁に, 歴史に, 歴史的に, 死刑に, 残して, 殺しこれ, 殺せり, 比較し, 活用し, 活用する, 減額する, 漢字に, 父母に, 片手に, 特殊の, 独立した, 狸の, 率いて, 現今の, 理論的に, 生かすこと, 生産する, 用いた, 用いるの, 用うれ, 用ゐ, 用ゐる, 申上げる, 畏る, 疎外排斥する, 疑うこと, 目撃した, 真似て, 真直ぐに, 知つてゐる, 知らざら, 知らざるなり, 知るべからず, 知るを, 知れり, 研究せん, 破ること, 破るもの, 確かに, 祀る, 神から, 神に, 祭る, 穿いて, 突き破って, 素直に, 細別すれ, 紹介し, 綜合し, 綺麗に, 縦に, 繰返して, 考うれ, 聞かば, 聞く, 聞くの, 聞くもの, 聞くより, 聞て, 聴くと, 肌身に, 肯定し, 能く, 腰に, 自分に, 自身の, 舞台に, 芸術的に, 蘭軒に, 行うが, 行うと, 行うも, 表向きに, 表現し, 裂きて, 裏書きする, 裏書し, 裏書する, 見ず, 見た人, 見つめて, 見るなり, 見るも, 見ろと, 見ろよ, 見送って, 見遁, 観るに, 解くこと, 解する, 解釈する, 訂正する, 記する, 記憶し, 記述し, 証拠に, 試みて, 試みに, 詳らかに, 認めねば, 語つてゐる, 語ること, 読まば, 読みて, 読むの, 読む人, 読んだとき, 諒せよ, 論ずるに, 論ぜん, 譲って, 賤しむ, 越えて, 軽ん, 追ふ, 運用する, 遣る, 選んだの, 酒に, 鎮定する, 鑑賞する, 開けて, 防ぐため, 防ぐに, 防止する, 限りと, 除いては, 離せば, 難じ, 電気に, 非と, 頭から, 養子に, 餌に, 馬の, 験する

3 [621件 抜粋] あげよう, あずかって, あとで, い, いいこと, いつまでも, いつもの, うけて, おきき, おくれ, おまえさんに, おもへば, お前さんの, お土産, お届け, お書き, お食べ, かき出しました, かたに, きみに, ここへ, このやう, このよう, さして, さへ, しては, そなた, その中, たずねて, ただの, たとえて, どうか, どうしよう, どうすれ, どう解釈, どこまでも, なんだ, なんとかしなけれ, なんの, ぬいで, ひそかに, ほかに, ほかの, まとめて, まねて, みますれば, みること, もらって, やられると, やるには, やるの, やるよ, ゆるした, よく見, よく見る, わたくしに, モデルに, 一つに, 一度に, 一掃する, 一番先に, 一般の, 一見する, 一言すれ, 一言で, 上に, 上梓する, 上演した, 上策と, 世間の, 中に, 丸呑みに, 久しうした, 了せよ, 予想し, 二つの, 二条の, 云えば, 云った, 云って, 享け, 今まで, 今少し, 他人の, 代表し, 何う, 何か, 何よりの, 作ったの, 作るに, 使う, 使用した, 例する, 例の, 促進する, 保護し養い, 信ずるを, 信ずる者, 信ぜよ, 信ぜんと, 個々の, 個人に, 偶然の, 傍観し, 傳へ, 償ふ, 先に, 克服する, 入れて, 入れれば, 全世界, 全体として, 公布する, 公平に, 写して, 写真に, 凝視し, 処分する, 分りやすく, 分配する, 切つ, 列挙し, 判断し, 制すること, 制止する, 削除し, 功に, 動かして, 動かせば, 包囲し, 占領し, 反駁する, 収めた, 取つて, 取り上げて, 受ける人, 合理的に, 名付けて, 否むこと, 呑んで, 味う, 味わって, 呼ぶに, 咎められるとも, 回想し, 図に, 圍み, 土産に, 在来の, 地方の, 地球上に, 培養し, 塩漬に, 境に, 売りに, 変えること, 多量に, 天災と, 天然の, 失うもの, 奇貨として, 奪って, 女と, 如実に, 妖怪と, 妨げること, 妻に, 嫌って, 学びて, 守ること, 完成し, 実行しよう, 察せず, 實際に, 實際の, 将来に, 尋ぬる, 導いて, 導きて, 小説だ, 少しも, 山中に, 崇拝する, 差上げて, 平易に, 幽霊と, 広く世間, 庭の, 廃止し, 弁解する, 引けば, 強ひ, 形に, 彼が, 彼女に, 得たるかと, 得ること, 御覧よ, 徳と, 心理学と, 忘れると, 怖れ, 思いこれ, 思うに, 怠っては, 想ふ, 愉快なり, 愍み, 意味する, 愛して, 愛す, 感じて, 感じること, 憂えて, 憐み, 懐中に, 成就せん, 所持し, 所有する, 手がかりに, 打つの, 扱うもの, 批判する, 批評し, 批評する, 承知し, 承諾した, 把握する, 抛擲し, 抛棄し, 担当する, 拒むこと, 拒絶した, 拒絶する, 拝し, 拡張する, 拾い上げて, 持て, 振り廻して, 捕えんと, 排斥せん, 掘って, 採取し, 採取する, 採用した, 推すに, 推測する, 措いて, 描く人, 提供し, 撃つの, 撃破した, 撃破する, 支那に, 改めて, 改良する, 攻撃し, 放って, 政府に, 教育する, 整理する, 料理し, 斥けて, 日本民族の, 日本語に, 明白に, 明瞭に, 暗示し, 書いたとき, 書いては, 書かなければ, 書きはじめて, 書きはじめます, 書き出しました, 書くに, 書く時, 書に, 最後にと, 最後まで, 有効に, 朝に, 本当の, 本来の, 机の, 村の, 東京の, 根に, 根本的に, 楯に, 極度に, 概する, 構成し, 機會に, 欲するの, 正して, 正当に, 殺した, 殺すと, 殺すに, 殺せば, 求むるに, 汝の, 江戸の, 江戸へ, 注意し, 海に, 消化し, 火鉢に, 照し, 父親に, 物理学と, 特別に, 犬の, 犯して, 犯す者, 犯せば, 狐狸の, 理想と, 理解し得る, 生の, 生理学と, 用いること, 用う, 用ゆる, 用意し, 畏敬せざる, 略する, 疑うの, 疑うわけ, 発行した, 皮切りに, 目印に, 直して, 看破し, 看過し, 真直に, 眺めし時, 知った, 知ったの, 知らざるに, 知らないもの, 知るに, 知るのみ, 知るや, 知る我, 知れば, 研究した, 破った, 破って, 破ると, 破壊する, 破棄し, 確める, 示す, 神隠しと, 禁ず, 禁止する, 秀吉に, 私共は, 秘して, 空に, 突きつけて, 窓から, 窺うこと, 立てて, 立派な, 第一, 第三, 第二, 筆記し, 米と, 純粋に, 組み立てて, 経営する, 絞殺した, 統治す, 統率し, 維持し, 縦横に, 罪人と, 罰して, 罰すること, 罵倒する, 羨みこれ, 翫読し, 考えること, 考究する, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いた私, 聞いた者, 聞きながら, 聞きますと, 聞くこと, 聞く人, 聴かんと, 聴きて, 聽き, 聽く, 自家の, 自殺事件に, 自然に, 自覚し, 蔽えば, 行ったの, 行は, 袋の, 補ふ, 要するにその, 要求する, 要約し, 見たか, 見たりという, 見ない, 見なさい, 見のがしてはと, 見るため, 見るより, 見物する, 見物に, 視るを, 視れば, 観る時, 觀る, 解説し, 解説する, 言い換えると, 言ひけり, 言葉に, 訂正し, 計算し, 記念する, 記憶する, 記述した, 訪ねて, 註して, 詠まんと, 試みたること, 試みんと, 試むべし, 詩人の, 詳論する, 誇りと, 認めないわけ, 認識し, 説かん, 説き給え, 説明した, 読みその, 読め, 読んだ, 誰が, 調査する, 論ずるの, 論述する, 讀みて, 讃美し, 責めて, 貰って, 買うの, 買った, 賞讃し, 賤し, 超越する, 越えると, 載せて, 載せない, 迎うる, 迎へる, 述べる, 通読する, 進歩の, 運命という, 運用し, 道理の, 遣わす, 適用する, 遺憾と, 避けるため, 録し, 鎮圧する, 開けば, 防ぐこと, 防ぐ方法, 陛下に, 除かんと, 除去する, 随意に, 隠して, 青年の, 非難し, 非難する, 頭の, 顧みて, 食うこと, 食うに, 食った, 食ひ, 養いこれ, 黙視し

2 [1881件 抜粋] あげましょう, あたりの, いい機会, いただいて, いわばすなわち, おあがりなさい, おさえんと, おほ, おもへ, お前の, お母さんに, お糸, かかえて, かの女子, ききつけて, くりかえして, くれと, こけ猿, この一書, ごく約め, さしあげます, しまって, しろと, する, そっちへ, その国, その配下, たべな, だれかに, つまびらかに, どうし, どう処置, どんな風, なすには, なわに, はく也, はつきりと, ひく, ふところに, また, みたるを, もとでに, やらかして, やれば, わたしが, イエルサレムに, ツブサに, バケツに, フランス語で, ヤマトと, ヨーロッパの, 一任した, 一年半も, 一日も, 一般に, 丁寧に, 上げて, 上げるよ, 上等に, 下方に, 不思議に, 世に公, 世間から, 両方の, 中止し, 主観的と, 了解したなら, 予防せん, 二十二日つい, 五つの, 京都に, 人民に, 人知れず大臣, 今すこし, 仏教に, 他物に, 仰ぎ見るの, 企て, 会議に, 何とかし, 何処で, 余に, 作りたりとて, 使うと, 依頼する, 俗語に, 保管し, 信じる習慣, 信ずる事, 信心と, 修正し, 俳優の, 借り覧, 偶然と, 傳ひ, 償うこと, 免るる, 八卦の, 公開しなけれ, 内界に, 冗漫に, 凌駕し, 出します, 出ると, 分解しすりつぶし, 分類し, 刑罰に, 別つ, 利用も, 制止し, 割って, 加へ, 助成する, 動かすに, 勵まして, 区別しない, 十分し, 単に公衆, 印刷せね, 参考に, 反映らし, 取りかえしに, 取り除くと, 取るに, 取出して, 取締る, 受信し, 叙事詩に, 句尾に, 可と, 右手に, 同化し, 名詞と, 否と, 告げた, 呼びて, 唱うれば, 問えば, 善導する, 喰べながら, 嗅ぎながら, 回復する, 国会に, 國民の, 土地によっては, 地名に, 執行する, 報ず, 墨, 外国に, 大体の, 大疑獄, 太鼓の, 奉じて, 奴隷以下に, 妨ぐこれを, 始めに, 嫌がって, 嫌ったもの, 子細に, 学ぶより, 学者の, 守るの, 完成した, 実見した, 宮廷の, 容れざるなり, 寝台の, 實行し貫く, 専門に, 尊ばず百年間, 尊重しなけれ, 小太, 尚び, 山に, 崇拝し, 巣に, 左右するであろう, 差し上げます, 帯し, 平手で, 年に, 広い世間, 広重の, 座敷に, 弁解し, 引くと, 引率し, 強いて, 当然と, 彼等の, 後の, 得べし, 御奉公, 御承知, 徳として, 心理学にては, 忌避し, 忘れちゃ, 快と, 怒ったの, 思い合わして, 性と, 怪しむもの, 恥じざるのみ, 悪ん, 愉快と, 愛したとて, 愛好し, 愛護する, 感謝し, 憎んで, 懐中し, 成す, 戒むる色に, 所持する, 手放して, 手長という, 打つと, 批判し, 抄出する, 抑制し, 投げれば, 抱容し, 拒むの, 拝むと, 拡げて, 持ち出したの, 持久戦争と, 指定し, 挙げて, 捉へ, 捕らえんと, 捨てては, 掌に, 排除せん, 採る, 掣肘する, 推進する, 掻き集めて, 提げて, 搜し, 撃たんと, 擁しその, 擱き, 支持した, 改めること, 放任する, 放棄する, 政府へ, 救うという, 教えるの, 散所, 敵と, 文学について, 斎の, 断って, 斷つ, 日光に, 日本国民が, 日本読みに, 明日の, 昔から, 是と, 書いたこと, 書いてから, 書き終って, 書中に, 會議録に, 望むと, 朝廷に, 本当にやる, 材料に, 東洋に, 枕頭に, 栽培する, 梓に, 植えて, 業と, 楽しみこれ, 楽しんで, 模倣した, 樹の, 欧文で, 歌って, 正しく理解, 正直に, 殺しては, 殺戮し, 比較すれ, 永久に, 求めたれど, 汝等に, 江湖に, 決するには, 治すには, 泥に, 洗って, 浮かべて, 深く憤っ, 済みませんが, 渡って, 測定する, 演繹し, 火で, 灰に, 無から, 無役無謀, 無用の, 焼く, 熟知し, 爲す, 版に, 犯すとき, 狐狸または, 献上したい, 王様に, 現實, 理由として, 甘やかして, 生活の, 用いる語, 用うるも, 用ゐたる, 男に, 画の, 異しと, 疑わば, 発揚する, 発表するべくし, 盆花と, 監督する, 目睫に, 直訳します, 眞である, 真似ること, 眺めながら, 着けて, 知ってるか, 知らさずに, 知らないで, 知らぬもの, 知りて, 知るべし, 研究しない, 破却, 確かめる機会, 礼る, 神という, 祭るの, 禁止した, 私から, 秘密に, 種々の, 積極的に, 端緒として, 第三者に, 節約する, 精しくせん, 精読し, 約めて, 紙に, 経営し, 給するや, 絵に, 絶滅する, 綜合統一し, 編入し, 繞り, 繰返しては, 罰するを, 考証し, 聞いた俊夫君, 聞かれよ, 聞きに, 聴くこと, 肌に, 育てること, 脱いで, 腰へ, 自己に, 自負する, 良寛様の, 芸術と, 英国の, 草木に, 蓋然と, 蜘蛛の, 行うて, 行へ, 表向に, 裁断する, 補うこと, 補ふために, 製造する, 西洋の, 要するに今日, 要するに彼, 要するに氏, 見ざるもの, 見せたらば, 見たため, 見たらどんな, 見た坊さん, 見つ, 見ないの, 見のがして, 見るという, 見るもの真, 見んとて, 見出す事, 見物し, 見逃しては, 視害, 観ると, 觀れ, 解けば, 解決し, 言う, 言は, 言わん, 記したもの, 記述する, 設置する, 許すこと, 訳して, 証明すべき, 詠んだの, 詩と, 詳しく説明, 誇張し, 認めた, 認めると, 認定し, 語り伝えて, 誤算した, 説明し得る, 読む, 読んだこと, 読んでも, 調べた, 論じてもを, 諸侯に, 證據と, 警官に, 議論する, 讀むもの, 買いに, 買う時, 買ふべし, 賞するは, 賤み, 赦して, 越えるもの, 足代にと, 車馬に, 輔け, 輸入する, 辿って, 近代化し, 返納し, 追えば, 追想する, 送ると, 逍遙子が, 逐ひ, 進げます, 遂行する, 運命と, 道具に, 遠くへ, 適度に, 選んで, 避けた, 避けんと, 鄭重に, 里俗の, 重視し, 鎮撫せしめた, 開くに, 防いだ, 陛下より, 除きては, 隠そうと, 雁の, 離るる, 難しと, 露国の, 音または, 頼まれて, 額に, 顧みるに, 食うには, 食え, 食べようと, 養成する, 駆逐し, 體驗した, 鬼神の, 黙殺する

1 [18248件 抜粋] あいつらに, あたしが, あやつりフランス, あわれな海豹, いかに用いるべき, いちいち解く, いへ導者, うごかすと, うれしいこと, おしひらきて, おもひする, お召し下さい, お忘れな, お祭りした, お返事, かきはじめます, かつての, かりに第, きいた豚吉夫婦, くだこうと, けがらわしく恥, こっそり天皇, この死美, ごらん下さいまし, さげ出したの, さらに詳しく, しばらく見つめ, じつと, すまして, ぜひ持っ, そのまま形, その子宮, その肩, たしかに, たった一字, ちょっとそこ, つくりあげた青木学士, つまんで, とられたらわたし, どうして日本, どう考えます, なかなか買います, なし歌えと, なんとかせね, のみいたがり物, はなすの, ひとつはつきりお前の, ふだんに, まくと, また盗人, みた原地人たち, みんな残し, めでたし, もっと徹底, やっぱり墓場, やり得るの, よいと, よく考, よろこばないもの, わが答, アケボノズイセンと, イタリーの, エミシといへ, カタに, ギリシア美術東漸の, ゴッチャに, シロブドウと, ゼニバすなわち, チョコと, トンボグサという, ハタケゼリと, ヒュッテと, プラトオが, マジメに, ヤオヤという, レシプロシチまたは, 一つあなたの, 一ぱいだけ, 一冊子に, 一宵の, 一日三十セントで, 一概に定め, 一般に民権論派, 一面なり, 三分ぐらい, 三演出家の, 上下へ, 下ろすに, 不必要, 与えるもの, 中国人に, 主宰し, 乘り越し, 予決問題として, 二十一世紀の, 云々する, 五十音図式に, 交易する, 人垣の, 人間同士で, 今夜殺し, 仏蘭西に, 仙谷と, 任じ一人, 会得し得る, 伝唱し, 住みこなすの, 何とや, 作すを, 作曲した, 使は, 供えざれば, 俊秀鋭敏警視庁切っ, 信じただ, 信ずるゆえん, 信頼と, 倒したるは, 偉人と, 備後三原町南方の, 償わざるべからず, 先方の, 入れたについても, 全部列挙する, 公布された, 兵卒に, 内藤家長の, 写し取られたもの, 凡下が, 出そうと, 分つ三階級, 切支丹へ, 判じ当てること, 利用し始めた, 刺さうと, 剖き, 力攻した, 助成し, 動揺せし, 包まんと, 医し癒さんに, 十年十一年の, 半年ほど, 単に経済, 即時手術し, 厳につつしむ, 友白髪まで, 取らしむいわく曲, 取り去られては, 取るべし, 取返さんやう, 受ければ, 受け止めました, 口を, 叩かれる, 叱す, 吃又, 同じく住人, 名人の, 吟味します, 吹き出しその, 告白する, 呼ぶ, 咎むるのみ, 唐草瓦と, 問うて, 喋れど, 喰え, 嘘だ, 四十八高と, 図書館へ, 国王に, 圧迫した, 垂れしめし山, 基線として, 塵の, 売つて金, 変に, 外面的な, 大の, 大智たらしめる, 大體二つ, 太陽暦と, 奇として, 奥州への, 女性に, 妖巫に, 妻恋坂の, 娘時代の, 嫗に, 学ばうと, 孵化さす, 守るべし, 完成させた, 定めねば, 実行す, 宣言する, 容れられざるに, 實世間に, 封切りの, 將來に, 導くは, 小犬といっただけが, 尽せり, 山より, 島に, 差し上げますという, 市外の, 常の, 平民的の, 幾度繰返し, 度外視し, 建造する, 引き上げ一列, 引受けたの, 弧に, 強調し, 形の, 往来に, 後ろに, 得たらん, 御使いなさい, 御茶の水に, 徴せん, 必要なる, 忘るべし, 快適と, 思い彼, 思想問題だ, 怪しみ速やか, 恐れ気, 悟らずまた, 悲しいと, 想起する, 愛する余, 感ずると, 慰めその, 憤って, 成しこれ, 我が王子, 戦陣に, 手のひらの, 打ちこれ, 打眺め, 承った細君, 抑制され, 折取る, 抵当物に, 押へ, 拒んだもの, 拡張しよう, 拿捕しよう, 指し示した, 振れば, 捜し求めすなわち, 据えたり, 排斥するなり, 採掘した, 控へ, 掲げ眺めて, 描けるもの尠, 援けた, 摺り抜けて, 撥ね返す神経, 攪き混ぜ, 收むるを, 改造せん, 放つ, 救うかという, 敗戦の, 散らすを, 敵方から, 文献も, 斬り殺されたとか, 新しき栄養摂取, 新設した, 日天様に, 日本風に, 明朝に, 是認せざる, 普通民と, 曳網に, 書いた時六十歳, 書きつづけるワケ, 書き残すの, 書けるもの, 最も有意義, 有りぎり, 望むだけで, 未来に, 本職に, 東夷と, 果樹の, 根雪と, 棒寄せと, 極めて卑俗, 楽観的には, 模写説に対して, 欄干の, 欺くといった, 止むる事, 正月一週ものに, 歴史的意識と, 殺さうと, 殺すべしと, 比するとき, 気紛れに, 求むるも, 汚して, 沈むるも, 治むるために相応の, 波及せし, 洞庭へ, 浅草の, 消し止めた後, 清く製, 温めこれ, 滅しその, 演りたい, 濁し若者, 為し得ぬ友, 無形上の, 然るべき手, 熔接し, 父のみかどへ, 物色し, 犢鼻褌と, 独学の, 獲たならば, 珍重し来った, 理想という, 甚だしく疎外, 生活上に, 用いたわが, 用ふる, 申上ぐるについて, 畜い, 當てた, 疑わばなんぞ, 発明しましょう, 登場俳優一同に, 皆殺しに, 盛るに, 目立たぬ街角, 相手と, 看護し, 真綿に, 着これ, 督励せむこ, 知っても, 知らずには, 知らねえの, 知るなき, 知識の, 砕きて, 確かめて, 礼拝する, 祝す, 神農の, 禁ずべきに, 私共が, 移そうと, 穢れたるもの, 突き詰めて, 立て少しく, 笑った, 第二會社, 築いた人々, 精神によ, 約言せ, 索め出だしこれを, 組み直せない, 結婚菓子と, 絶好の, 綰ねて, 緩服する, 織り上げて, 繼ぎルイフランス王, 罵る, 義朝一族の, 老狐, 耕地に, 聞いたりこ, 聞いた将軍, 聞いた課長以下, 聞きたるとき, 聞き流して, 聞ける同村軍人分会長, 聴かれて, 肉声化した, 背負います, 脱却する, 自己にのみ, 至高の, 船橋の, 花魁の, 英本国へ, 菊窓偶筆と, 著述し, 蔓の, 藩地外に, 蜀山らの, 行うだけが, 行つてゐる, 街道筋の, 袖手傍観し, 補う, 褒めしに, 要するにひとたび混乱期, 要するに国民, 要するに深山, 要約するなら, 見ざるのみ, 見ただけでも, 見たる人々, 見た外国人, 見た目で, 見つけた者, 見のがす筈, 見るひと, 見ろ幽, 見守る人々, 見耳これ, 規定し得る, 親友の, 観耳, 解剖する, 言い表わす国語, 言葉によって, 訓練し, 訪れまして, 許しまた, 訴えて, 評さしむれば, 試みた者いわく, 詩境という, 誇る者, 認めるもの, 語つた, 誤り傳へ, 説き示したの, 読まないと, 読むとき, 読んだ場合, 調整し, 論ずすなわち, 論難した, 謂つて姪と, 識心と, 譬へて, 讀了する, 負担せしめられる, 責めしかして, 貴婦人と, 買え, 賛し, 賤むものがあってもそれは, 赤ずきんちゃんおばあさんの, 越えられるか, 踏み殺しまた, 転蓬, 輔くる, 農民と, 近きに, 述べた嬢, 追い退けようと, 退くるに, 逆列, 通過した, 連結する, 遇する途, 道家に, 遠慮なく朗読, 遵奉した, 避けるには, 郷党篇の, 釋し, 量るを, 銀之助の, 鎮撫する, 長襦袢の, 開拓の, 防ぎたいもの, 阻止し, 除け者に, 隠せば, 離れれば, 霊感で, 面倒な, 順次に, 頼もしと, 風と, 食う権利, 食べるには, 飲ませた, 飽かしむる三重, 養育する, 馴付け, 高きに, 魂と, 麻骨と

▼ これ~ (17811, 9.6%)

361 ために 232 私の 97 自分の 93 彼の 77 最後の 74 本当の 72 僕の 60 為に 57 第一 49 ためである 48 人間の 47 今日の 46 普通の 43 日本の 40 わたしの 37 今の 36 おれの 33 一つの 31 始めて 30 俺の, 最初の 29 有名な, 非常に 28 他の 27 ためには, わしの 26 ほんとうの, 例の 25 あなたの, 最後だ 23 唯一の 21 お別れ, お前の, なければ 20 ほんとの 19 われわれの, 昔の 17 現代の, 第二 16 この世の, 彼女の, 現在の, 真の 15 ぼくの, 一生の, 彼らの 14 あたしの, 本當, 為めに, 表沙汰に 13 あれば, ないと, 何よりの, 爲に, 私が 12 ほかの, 一つ, 一種の, 二人の, 人の, 君の, 爲めに, 私たちの 11 いい, すべての, なくては, わたくしの, 今度の, 動機と, 女の, 我々の, 江戸の 10 いわゆる, おまえの, 主人の, 人生の, 初めてだ, 初めてで, 初めてであった, 最後に, 父の, 男の

9 [16件] あいつの, かれの, そうです, なかったら, はじめてで, 事実である, 何か, 先生の, 初めての, 当時の, 支那の, 東京の, 私に, 私を, 縁で, 落ちて

8 [24件] いいと, この家, この男, すむと, そうだ, そうな, ただの, ためなり, どうした, ほんとうに, 不思議な, 中, 今から, 今生の, 何よりも, 何を, 出て, 娘の, 彼を, 日本に, 最初だ, 最初である, 済むと, 精一杯の

7 [19件] その人, まこと, また彼, 初めてです, 反対に, 吾輩の, 多くの, 大切な, 天の, 己の, 成功すれ, 抑, 最大の, 為である, 目に, 縁に, 芸術の, 非常な, 驚かずに

6 [40件] あの, あると, いつでも, いつもの, きっかけと, その時, ためだ, どうなる, また大変, よかろう, 世にいう, 世界の, 世間の, 事実だ, 二度目の, 人生だ, 今年の, 僕には, 初めてだった, 初めてである, 問題に, 夢でない, 将軍の, 戦国の, 拙者の, 日本人の, 昔から, 最後で, 此の, 毎日の, 為めである, 生きて, 真実の, 社会の, 私には, 第三, 自然の, 西洋の, 見納めに, 重要な

5 [70件] あの人, ありましたよ, あるため, い, いいこれ, いつまで, お絹, この子, せめてもの, そも, そもそもの, ためです, はじめてだ, はじめてであった, はじめてです, また非常, まづ, もつと, わかって, わたしたちの, アメリカの, 一番だ, 事件の, 事実と, 人を, 今では, 今まで, 何に, 俗に, 兄の, 出ると, 出來, 博士の, 反対の, 取りも, 古山田寺だ, 国家の, 地球の, 多い, 大事な, 大問題, 大変な, 大變, 天下の, 好きで, 子供の, 孔子の, 完全に, 少しも, 広太郎, 彼に, 後には, 恋愛の, 意外にも, 我輩の, 戦争だ, 文学の, 日本で, 日蓮の, 映画の, 最上の, 本物の, 母の, 確かに, 第四, 縁と, 詩人の, 賊の, 重大な, 音に

4 [97件] あるから, いちばん大切な, いつまでも, いは, いまの, うちの, お前に, かれら, ここに, この人, この頃, それです, たいへんな, つまり, つまり今日, なかなかの, はじめて, はじめての, また問題, ものを, よいと, 一番いい, 一番よく, 二つの, 二十面相の, 今でも, 何かの, 何の, 何んと, 信長の, 僕だ, 僕を, 八五郎の, 出来上ると, 初めてでした, 原因で, 又彼, 吾人の, 問題です, 問題な, 問題の, 夏の, 外の, 夢の, 夫人の, 妙に, 妾の, 家の, 尋常の, 工藝に, 当って, 彼が, 彼には, 彼女には, 彼等の, 必要だ, 恋だ, 恋という, 故郷の, 書いて, 最初で, 最初では, 最初に, 最後, 最後である, 最後と, 本当だ, 本当なら, 武士の, 気に, 永遠の, 治療に, 泣かずに, 海軍の, 源之助の, 為には, 無事に, 現代人の, 生れて, 町の, 盛んに, 神の, 終ると, 脳髄の, 自分が, 自分たちの, 自分だ, 自分に, 見えないか, 見えないの, 見えぬか, 見納めか, 解決を, 話に, 間違いの, 雄針, 6以下では

3 [283件] あったん, あつしなら, あつた, あなた方の, あのお, あの子, ある, あるの, あるので, あるばかりに, あるん, ある以上, あれほど, あんたの, いけないと, いけなかった, いちばんいい, うまくゆけ, おれだ, お前さんの, お父さんの, かの女, きつかけ, きみの, ここで, ここの, この, このまま, この事件, この地方, この女, この時, この物語, すなは, すなわちいわゆる, すなわち私, その, そのとき, その最後, それだ, ただ一つ, ためであった, ちよつと, できるよう, できれば, どういふ, どうしても, どうです, どこに, どこの, どこへ, どこまで, なにより, なによりの, はじめてだった, ほしいん, ほんとうなら, ほんの發端, またすこぶる, またひどい, またひどく, また一通り, また大当り, また実に, また第, まほう, みんなの, もしほか, よかった, れいの, わからないの, われ, われらの, オレの, カントの, キッカケに, 一座の, 一生か, 一番安全な, 一行の, 三浦さんの, 三番目の, 下手と, 不思議でならなかった, 世に, 世の, 世の中だ, 世の中という, 世の中の, 世間に, 世間へ, 主水, 事実であった, 事実なら, 二十世紀の, 五右衛門の, 人々の, 人間だ, 今回の, 今日まで, 今日までの, 仏の, 他人の, 以前の, 伝説の, 伯耆の, 何う, 何でも, 何んの, 余の, 作家の, 作者の, 使われて, 使者の, 候補に, 偶然の, 全軍, 全部です, 冬の, 出来ると, 出来れば, 分りを, 初めて, 別れだ, 則ち, 前に, 前にも, 前の, 剣道の, 動機で, 即ち, 即ち今日, 又一つ, 又私, 又非常, 口を, 右の, 名歌, 君を, 吾, 唯の, 問題である, 單に, 土地の, 声の, 外国の, 夜の, 大へん, 大マチガイ, 大切だ, 失敗したら, 失敗の, 奈良朝の, 好いと, 好きと, 如何に, 妙な, 妾手かけに, 姉の, 始めてな, 始めての, 始めである, 子多, 孔明の, 学問の, 完成の, 宗教の, 実行された, 実行は, 実際に, 将来の, 導火線と, 小僧の, 小林君の, 小説だ, 小説なら, 工藝の, 幸福な, 当然だ, 当然な, 彼女が, 彼奴の, 後に, 後の, 後日の, 心に, 怪塔王の, 恋な, 悪かった, 悪魔の, 成功する, 我々に, 我国の, 或る, 戦争な, 手前の, 手軽な, 抑も, 政府の, 文化の, 日本における, 明治の, 昨夜の, 時よと, 普通だ, 普通に, 最初, 最後かと, 最後かも, 最後な, 最終の, 月の, 有名なる, 東京で, 東京での, 極端に, 機会と, 欠けて, 次の, 欲しさ, 正しいと, 武蔵の, 残って, 氏の, 永久の, 永遠に, 海の, 為であった, 無いと, 無くては, 無限に, 王さまの, 王様だ, 現今の, 現代日本の, 甚内の, 生活の, 病みつきで, 癖に, 癪に, 皮を, 目下の, 真だ, 真相な, 社会的に, 私から, 私と, 私は, 秋の, 種々の, 立派な, 竜之, 第五, 精一杯です, 約束の, 紛れも, 素人の, 自然に, 自由に, 花嫁の, 若し, 苦労の, 茅野雄には, 葉之, 蟻の, 表向きに, 製造に, 見おさめかと, 見納めだ, 調査に, 謎の, 象徴でなく, 貴様の, 身に, 近ごろの, 近代人の, 迷信である, 通常の, 進んで, 運命という, 間違って, 雌針これが, 青年の

2 [999件 抜粋] あたりまえの, あなたがたの, あなたに, あの岡田, あの方, あの有名, あの私, ありのままの, あるおかげ, あるが, あるぢ, ある時代, いけないの, うまくいけ, うまく流行っ, おめ, おれたちの, お前さんのだ, お吉, お屋敷, お手, お楽, お竹, お邸, お銀様, かい, かの有名, きっかけで, きょうの, ここへ, このひと, この島, この方面, この種, これが, こんな風, さいご, さっきの, すなわち, すなわち彼, すめば, そうだった, そのお, そのやう, その二, その内, その年, その日, その男, その頃の, そもそも私, それな, た, ため, ためで, ためであろう, ため大変, ため従来, だんだんと, つづいて, つまり子供, どういうこと, どうして人間, どの程度, どんなこと, どん底だ, なか, なかつた日, なかなか馬鹿, なによりも, なんという, はじめてだつた, はたして法水, ひとつ, ほしいと, ほんた, ほんの序で, ほんの発端, まあ自由思想, まさにマルクス, まず第, またこの, またどうして, また一種, また二度め, また俳優, また同じ, また奇妙, また恐ろしく, また父, また素敵, また頗る, まだ頑是, みんな私に, もうこの, もし人間, もとの, よくなかった, わかるか, わかるの, われ等の, アリョーシャの, アルマグロの, インド人の, ケルミッシュの, セザンヌの, チベット人の, ナカ, ピアノの, フランス語で, ホントウの, ホンモノの, マルクス主義的唯物論の, モスクワに, ローレライで, 一の, 一代の, 一国の, 一年前の, 一時に, 一歩進む, 一番さっぱり, 一番の, 一番よい, 一番大事な, 一番繁昌し, 一等です, 一緒に, 一週に, 三人の, 三月も, 上塗りが, 上野の, 不思議で, 不思議に, 世に言う, 世の中と, 世界だ, 世界一の, 世間な, 両方とも, 中学二年生の, 乃ち取りも, 了り, 事実で, 二つに, 二十年前の, 五年前の, 京都の, 人心の, 人生という, 人生を, 人間だったら, 人間と, 人間に, 人間を, 人間界の, 今この, 今は, 今や全国的, 今日のを, 今日此頃の, 今生での, 仏教の, 他人なら, 仲間や, 伯爵の, 何, 何処に, 何故に, 余人の, 保の, 信仰です, 俳優の, 偉勲の, 偶然であろう, 備を, 僕んです, 先づ, 先刻の, 先祖代, 全く見, 全篇, 八幡神社, 兵の, 内儀が, 出るの, 出掛けの, 出来た時, 出来なければ, 出来るの, 分らんかいな, 分れば, 切っかけに, 初めてな, 初めである, 初対面の, 別れ, 前記の, 加えて, 動けるロゴス, 化けそう, 北上川だ, 十三の, 十歳の, 印象を, 即ち現今, 即ち私, 原因である, 又ひどく, 又わ, 又助の, 又大, 又珍無類, 友人との, 口あけな, 口切りで, 古え, 右門流の, 合図だっただ, 同君の, 名代の, 君江の, 呼びものの, 唐氏旧, 商人の, 問に, 喚起したる, 喜劇では, 嘆きの, 嘘の, 因果の, 土地を, 地獄の, 埋めて, 堅気の, 変だ, 外国であります, 大そう, 大事件, 大変, 大好き, 大評判, 大金の, 大黒屋の, 天下を, 天稟の, 夫だ, 失恋という, 奇態です, 奈良屋の, 好い, 好きだ, 妹分の, 始でございます, 娘です, 嫌いと, 存在を, 宇宙服だ, 安永六年の, 完成した, 宗教に, 実の, 実行に, 家内, 宿の, 寒子の, 対抗策を, 小一郎には, 小生の, 小説を, 山の, 島秋人の, 工藝である, 巫女の, 巴里, 布佐で, 師匠の, 平凡な, 平左衛門の, 平次殿お, 幸福の, 広い荒地, 序開きで, 度重なると, 建築の, 弟の, 当り前だ, 当分の, 当日の, 当時評判の, 当然である, 彼らにとっても, 彼奴等の, 従来の, 御縁, 徳川家康の, 心霊を, 必要な, 思い出の, 思ったより, 急に, 怪物の, 恋とか, 恋の, 悪いと, 悲しまずに, 惨めな, 意外に, 感服それ自身に, 成功した, 我が日本, 我らの, 戦乱の, 戦場の, 手に, 手紙です, 手紙の, 抽斎歿後の, 拾得だ, 指導に, 描き菊石, 支那人の, 政治の, 救済改善の, 教訓だ, 文明の, 斗, 新時代, 旗本の, 日本か, 日本一か, 日本料理だ, 日本流の, 日頃の, 早く判らなかった, 明かに, 昔で, 昔は, 昨日までの, 昨日今日の, 昼間なら, 普及を, 晶子さんの, 暗号文だ, 曲者, 更に後, 最も適当, 最上な, 最後だらう, 最後であろう, 最期の, 最高の, 木戸番の, 未発の, 本家の, 本当に緑玉, 本筋だ, 本道に, 札幌で, 条件として, 東京へ, 果して弟殺し, 森の, 機縁と, 欲しいか, 欲しくて, 正銘の, 此処に, 武具など, 武田の, 歴史の, 死だ, 死骸の, 毎晩, 毒婦, 民藝の, 気持の, 水の, 永代へでも, 江戸に, 江戸中を, 汽車だ, 泊に, 浪人の, 渠の, 源太の, 準備に, 災難の, 熱海の, 父親の, 犬の, 犯人だ, 狸肉である, 現われること, 現実だ, 現實, 甚く, 生の, 生命ある, 生死の, 生涯の, 田舎者の, 男で, 畠山殿の, 異教の, 疑いなく, 病人の, 病院の, 監督または, 目的の, 直島です, 相当な, 相当評判, 相手の, 真である, 真実な, 真相だ, 眼に, 研究に, 神を, 私, 窓の, 第一歩だ, 笹屋の, 筒ぬけ, 答を, 終りで, 結局は, 続いて, 繁あ, 美女の, 義党の, 翁の, 習慣に, 肉体の, 胸に, 自分らの, 自宅に, 自然である, 船宿, 良人の, 芝居なら, 芭蕉の, 若し自分, 苦に, 菅沼丸沼大尻沼の, 著しく海盤, 藩の, 虔十の, 行動とか, 表沙汰にな, 襁褓と, 見えねえか, 見おさめかも, 見られる, 見付かれば, 親分を, 解けて, 解決です, 解決の, 解決策として, 訛って, 評判に, 説明を, 誰の, 謀叛を, 谷の, 責任を, 貴方の, 質問の, 越前の, 近代の, 近年の, 通俗に, 道化役かと, 道誉の, 遺書な, 邪魔に, 釈尊の, 金の, 鈴木君の, 錢形の, 鎮撫に, 長者丸へ, 開拓を, 陣十郎の, 雪子の, 露顕すれ, 青空の, 順当だ, 頭の, 顔の, 風の, 風呂場で, 風流の, 首尾よく, 馬庭念流の, 髷の, 鶏の

1 [10979件 抜粋] ○○の, あったから, あなた様の, あの傲慢無礼, あの強欲医者, あの無, あの黒丸, あり天明, ある程度まで, いいだろう, いかにも奇怪, いけなかった東劇, いちばん大阪的である, いったいおれ, いつもながら, いま石田家の, いわゆるサムラフ形, いわゆる神無月, うまくゆかなかったら, おかしくない, おた, おまえが, おわりでございました, お前だ, お姫さまの, お新, お爺さんの, お花さん, かういふ地誌, かつてロシア皇帝, かんぞうだ, きッかけ, こちらでの, このさき, この制度上, この小説, この甥, この邸, こんどの, さうね, さるの, じっさいに, すっかり消滅, すなわちトキ, すなわち敵, すなわち良心, ずかずかと, そうでなく, そのよろず, その償い, その座, その方, その母親, その考, その鍋, そもそも今日, そも何, そんなに貴重, ただで, たまらない御快, ためにこそ, ため去年雨期, ため王立協会, だれだか, ちょっと解らない, つづみの与吉, つまり換算率の, つらいこと, でたらめな, とんだ可愛らしい, どうしてそうなる, どうして漂着, どうも一向に人々, どっちにも, どんな意外, なかなかお, なかなか思う, なけりや, にぎやかな, はじめてね, はなはだしい, ひどい, びっこを引きながら, ほとんどいつ, ほんの序の口, まあ本当に宝, ますますアレサンドロ氏, またおなじ, またなかなかの, またマルガリイダ, また今後, また勘定, また実によく, また手取り早い, また気に入りません, また神田ッ児, また酒樽, まだ広く, まるで通じぬらしく, みんなお互いに, みんな病の, もうほとんど動けない, もしかりにお, もし化かされてる, もし極悪, もし麓, もらえたの, やっぱり先ほどお話し, やまぬと, よくいぜん, よほど注意, わからない役人, わが国においては, わずか一年半, ゐるので, アルプスの, インフレーションの, オノゴロ島です, キチガイ地獄の, クリイム, サクラでない, ジャンジャンドンドン, スペンダーの, タンシチュウです, ディッシュの, ドッとこない, ハッキリ魚心堂先生, パリかな, ファウスト博士の, ブロックの, ホーキン氏の, マグネットです, ムコに, ヤルート環礁の, リアルか, ロウザンヌ市から, ヴェニスである, 一ばん好きです, 一五九一年の, 一円とは, 一夜づまといふ語の, 一度, 一時の, 一生に, 一番不思議な, 一番大きくっ, 一番疑われる, 一皿じゃ, 一般的に, 一馬には, 七月二十七日に, 三つあ, 三十日位続く, 三度まで, 三男の, 上手と, 下手人でなかつたら, 不思議であった, 不運だ, 世界と, 両氏の, 中小品に, 主人と, 乗物でございます, 予審判事の, 二つである, 二十二日附である, 二年半にわたる, 二羽ながら, 五年後, 井戸で, 京都へ, 人民の, 人間でない, 人魚を, 今年この, 今日人間社会の, 今朝着いた, 仕合せな, 仙波小太郎, 仮親と, 会津の, 似とらんなぞと, 何が, 何よりです, 何年か, 余人だつたら, 使用を, 保持の, 俳句に, 倭文子と, 偽善の, 儕輩を, 充分に, 先づ必要, 先生にとって, 入門だ, 全然新しい, 八時から, 六年も, 其一である, 再現を, 凡そ, 出來ん, 出来上ったの, 分りましたネ, 初めてじゃが, 初日の, 別れると, 利用を, 前衛だ, 功徳という, 動けば, 包括的に, 医療も, 十六世紀的表現であります, 千両も, 半之丞が, 単なるはにかみである, 印字と, 即ち前, 即ち春秋戦国, 即ち資本主義, 原名で, 又СССР, 又二人共痩形, 又小娘, 又決して, 又陣場夫人, 収まりゃそりゃ, 口止料だ, 古寺巡礼の, 台所会議の, 合図, 同一人物, 名物, 君人生かねえ, 味方の, 咲ちゃの, 啄木と, 善ければ, 嘘じゃ, 四五日目には, 回向院の, 国を, 土地が, 地味かなあ, 坊の, 堂守で, 声なら, 外から, 多く土地, 夜に, 大いに世, 大きな騷ぎ, 大体今年の, 大変に, 大庭常子です, 大物という, 大阪で, 天樹院様の, 夫人だ, 奇怪と, 奏状は, 女優川上糸子の, 好い男, 妖婦の, 始である, 娘なら, 子ども心に, 孝之進の, 安成貞雄氏であった, 宗教だ, 宝暦十年二月四日の, 実は一番肝腎, 実現の, 客観である, 家中の, 寄宿舎の, 寸時も, 将門の, 小倉服を, 小次郎の, 少しおかしい, 尠から, 山じゃ, 岡崎の, 嵩じると, 巧く, 常の, 平和事業の, 平素の, 幸福に, 広田先生, 庶民暮らしの, 弘一君の, 強兵を, 当を, 当時我が国に, 役に立ったならば, 彼奴らめを, 後に菩薩, 徐氏の, 御用聞き, 徳本の, 必ずしも美しい, 怖いか, 思想家として, 恋人だつたら, 恐らく帝, 恨めしくなく, 悪で, 情婦だった, 愛子これが, 應用研究, 我が古代史, 戦場なら, 所謂宣徳条約である, 手品な, 承久二年, 持主シツペから, 掛値のね, 擬声を, 改良され, 救いの, 散り散りばらばらであっ, 敵と, 文学としての, 斗満, 新に, 新聞政策の, 日, 日本全, 日除けの, 早瀬か, 明智自身でない, 昔だったら, 春子おばさんかい, 昭和九年帝展出品の, 時人の, 普通一般の, 曖昧で, 書けます, 最も多く, 最も穿った, 最少し, 最第一, 望だ, 末ちゃんです, 本当にわかん, 本業で, 本音です, 東亜共栄圏構成の, 東海道の, 林檎だ, 果して真理, 架空意想の, 株を, 桃と, 植峰の, 榮三郎を, 機会だ, 次第に拡充, 歌舞伎から, 正木の, 武士道さ, 歴史的に, 死相という, 殺人者だ, 毎日見廻り, 民間療法の, 水屋, 永代橋の, 江戸一の, 決して驚く, 法律に, 洩れたの, 流言家である, 海から, 混濁した, 温くて, 源三郎とは, 演劇と, 濟んで, 為彼女は, 無教育, 熔岩の, 父を, 物の, 犯人に, 猛之介, 珍しかった, 現代文章の, 現象学の, 甚公かしら, 生活上の, 田口という, 男どうしの, 畳針でございます, 痛かつ, 発行の, 白皙痩身の, 百花園かと, 益々私, 目明しの, 相州物の, 眉唾の, 真名古を, 真赤な, 知りたかつたの, 石川県, 砕けずに, 社会生活に, 神経的熱病の, 秀才で, 私への, 秘鑰を, 穏当だろう, 立山の, 第一期, 第六感という, 箏かと, 米連の, 約束という, 素人探偵の, 終りますれば, 結婚の, 絶えず変る, 続けば, 編輯を, 罪の, 群集と, 老師との, 聖都かと, 肩書附き, 能登守殿より, 自分だったら, 自殺でなけれ, 臺所と, 船岡の, 花子の, 若き批評家達, 若し義兄, 英国だ, 荒川の, 落札に, 薄弱に, 藪田助, 蝋人形です, 行われるよう, 表立たない客, 西アジアの, 見えないもの, 見つからなかったの, 見習士官で, 親子三人水いらず, 解らんのか, 記念物の, 評判が, 誘拐で, 誰れで, 諸地方, 警視庁から, 象徴と, 貴族院をも, 賭という, 越前守の, 身どもらの, 軒並みに, 近代における, 返事だった, 逆輸入, 逢えないと, 過ぎると, 道教の, 遠国へでも, 邏卒と, 酒だつたら, 野口か, 針金に, 錢形平次といふ, 長くかき廻す, 開かれなかったので, 関ヶ原以来の, 附いて, 陽性の, 雑種生物の, 雲の, 青年に, 面白いの, 順当でしょう, 頼みに, 風土という, 食台に, 首を, 馳走という, 高く売れる, 鬼導堂です, 鮒こっちが, 鶴見の

▼ これ~ (11093, 6.0%)

76 一つの 48 私の 42 一種の 40 何かの 27 同じよう 26 自分の 22 彼の 19 今は 16 何か 15 あとで, その一つ 14 また一つ, また一種, 後に 13 前の, 日本の, 私が 12 また, 一緒に 11 ついでに, ひとつの, 私は, 黙って 10 なにかの, 不思議な, 結局は 9 今では, 例の, 確かに, 私には

8 [13件] あなたの, いけない, 今の, 今日の, 仕方が, 前と, 前に, 女の, 昔の, 立派な, 笑ひ, 考えて, 自然の

7 すぐに, よし, 人間の, 他の, 天の, 相当の, 笑いながら, 面白い

6 [14件] いつもの, お前の, なか, 一人で, 人の, 何の, 僕の, 元は, 前のと, 時代の, 神様の, 近所の, 震災の, 非常に

5 [28件] おれの, それと, また私, やはり前, 一つは, 一時の, 丁寧に, 不思議である, 中, 作者の, 僕にと, 先生の, 刀を, 同様に, 土地の, 変えなければ, 当時の, 後の, 或る, 母の, 気に, 気の, 畢竟は, 目を, 相当に, 神の, 私に, 自分が

4 [55件] お父さんから, お蝶, しかたが, その日, その時, どこかの, なかなかの, また彼, もとは, やはり, よく考え, 一と, 主人の, 亦自然, 人が, 人を, 偶然に, 前世の, 同じやう, 喜劇である, 因果と, 因縁だ, 多分は, 夢の, 客観的の, 宿世の, 小声で, 山の, 已むを, 御縁, 念の, 息を, 悪くない, 戦争の, 早くから, 明らかに, 昔は, 普通の, 止むを, 正月の, 気を, 珍らしい, 男の, 相当な, 眼の, 眼を, 祭の, 私を, 絵の, 見事に, 親の, 買って, 酔って, 長くは, 顔を

3 [144件] あなたは, あの女, ある意味, い, いけませんか, いやな, おかしい, これで, これも, しまいには, その一人, その場, その意味, その方, その通り, その頃, た, つまりは, どうする, どちらかと, なかなか面白い, はじめから, ほんとうに, またなかなか, また不思議, また人間, また他, また何, また或, また美しい, また自分, みんなあの, もとはと, りっぱな, わかって, わかる, わたしは, 一応尤も, 一時は, 上等に, 世を, 世間の, 事務的な, 二年の, 亦, 亦一つ, 亦僕, 亦面白い, 人生の, 今まで, 今日は, 仏の, 仕方の, 以前は, 似たよう, 何う, 何も, 何んにも, 僕が, 元氣, 先月の, 先生に, 出て, 初めの, 初めは, 別の, 前生の, 力の, 博士の, 危険である, 厳密に, 去年の, 口の, 古色を, 同じだ, 同様, 同様であります, 同様な, 同様の, 国の, 天命だろう, 夫人の, 奥へ, 女房に, 妙に, 子供の, 家の, 家を, 小走りに, 序に, 座を, 当然の, 彼が, 彼には, 彼女の, 後にな, 後には, 我々の, 手が, 日光へ, 日本人の, 早々に, 時世だ, 最初は, 朝鮮の, 東京の, 樺太の, 此の, 殆ん, 江戸の, 江戸へ, 油断なく, 法然の, 涙に, 無言で, 生れて, 皆この, 目の, 相応に, 神さまの, 秀吉の, 立派に, 笑めるが, 粗末な, 老人の, 考えようによっては, 耳を, 自分で, 自分としては, 自慢には, 致し方が, 興味が, 西洋の, 負けずに, 道徳的に, 酒の, 重要な, 非常な, 面白いと, 首を, 駄目, 駄目だ, 驚いて, 鳥に

2 [677件 抜粋] あなた様よく, あまり風流, あれも, いいこと, いい加減な, いけないって, いけないと, いけなかった, いつまで, いやだ, おそらく蛾, おもひで, お互, お国, お揃, お氣, お福, お話の, お金を, からからと, かれに, きいて, この前, この国, この土地, この家, この頃, さっきから, しかし平次, しばらく何, すべては, ずいぶんと, ずっと後, そういつ, そう簡単, そのころ, その後は, その時分, それも, そろそろと, ぞっとする, ただもの, だめな, だんだんと, ちぐはぐな, ついでだ, とうとう妻, どうした, どうだ, どうも仕方, どこからとも, どこでも, なかなか骨, なんらの, のんきな, はじめの, ひどいもの, ほがら, ほんとうの, ぼくの, またあなた, またはなはだ, また一理, また並立, また作りごと以外, また元, また全面的, また同じく, また品, また平常, また意義, また我が, また手数, また甚だ, また画くべく歌うべき, また長吉, まだです, まだ私, まちがいの, みんなお, みんなこの, みんな此方の, みんな私の, むやみに, もうこの世, もっともだ, やがて廃れました, やはりそういう, やはりほんとう, やはり思いがけない, やはり日本, やはり蕪村, よかろう, よくは, よく売れた, わかりきつ, わたくしが, わたくしの, わたしの, わるくない, われ, アリバイは, ガラスと, ゴーリキイの, タクミの, チェーホフに, フラフラした, モラルを, 一つに, 一人の, 一刀を, 一分苅では, 一方的, 一族の, 一日の, 一時で, 一理ある, 一生である, 一興だ, 一説である, 一面の, 下へ, 不思議だ, 世界に, 両国の, 両面伝説の, 中学以来の, 中段に, 中途で, 事に, 事の, 事実である, 事実に, 事実は, 二人が, 五十近い, 五百が, 些細な, 亥太郎の, 亦その, 亦一瞬, 亦事実, 亦今, 亦大, 亦好奇心, 亦昔, 京助には, 人から, 人波を, 仁三郎を, 今から, 今と, 今までの, 今夜限だ, 今日では, 今更説く, 仕様が, 代助, 以前には, 仮名です, 何にも, 何んかの, 何故だ, 何者かに, 余計な, 併し, 例外なし, 俄かに, 修業の, 働き盛り, 元はと, 兄貴の, 充分に, 先に, 克明で, 全くの, 全国的に, 其の後何, 内攻に, 出来ない, 初霜, 前から, 前以, 加多に, 勉強だ, 動物の, 十二年の, 十円の, 参考の, 又可, 口を, 古人には, 古墳の, 只の, 可愛らしい紅筆, 右の, 同じい, 同じく盃, 同じこと, 同じ主人, 同じ結果, 同じ頃, 同郷の, 名代の, 名物の, 君に, 呻いて, 呼べ八方, 命の, 唐突である, 商売の, 問題では, 問題に, 善い加減, 嘘じゃ, 嘘では, 四五日前に, 四首中の, 国を, 型の, 墨の, 変な, 夕餉の, 外の, 多くの, 多勢の, 夜火でございました, 夢中に, 大そう, 大丈夫だ, 大事な, 大体の, 大凡菊五郎の, 大切な, 大抵は, 大變, 失われずに, 女が, 女房の, 妖怪の, 妙だ, 妾の, 娘と, 娘一人の, 婚家の, 学校の, 安心し, 宋江の, 宙を, 宜しいと, 実際に, 実際の, 実際は, 客觀的の, 家が, 容易には, 尊氏が, 小僧に, 小唄の, 小柄な, 少々酔っ, 少し無理, 少女の, 少食の, 島吉が, 巧みに, 帛を, 常にか, 常連の, 平日の, 年頃で, 幽鬼の, 幾分か, 廣重の, 当てには, 当世流行の, 役得さ, 彼としては, 彼に, 彼等の, 後で平次, 後で解りました, 後退り, 従来の, 御尤, 心の, 思ったより, 急場の, 怪しいもの, 怪しいん, 恰幅の, 悠たりと, 悲しいこと, 惚れないうち, 想像を, 意外である, 慌てて, 憲法が, 成功した, 我が子, 我は, 戦前の, 所在なく, 手の, 手口は, 手当を, 抜き身を, 持つて, 持上がる, 指を, 控室の, 教は, 敵だ, 新らしい, 新聞で, 旅の, 旅人の, 旗本の, 日本に, 日本橋の, 明日よく, 昔から, 昔と, 星の, 昨今は, 昨日の, 是非なし, 時世時節と, 時間が, 時間の, 暫く何, 最近まで, 朝鮮人の, 未来の, 未知の, 村人の, 束に, 条件よ, 東京に, 東海道の, 棒の, 正直に, 正直者だ, 正義に, 武蔵の, 歴史の, 死んだよ, 母親の, 気も, 水の, 水を, 水掛論に, 汚いモンペ, 泣き出す, 浪人者で, 深くは, 満更嘘, 満足な, 烈しく胸, 無事に, 無数に, 無理の, 無理は, 無駄だつた, 無駄な, 焼いて, 煮て, 父の, 物が, 独り者で, 現とは, 現代の, 理屈は, 甚だ不正確, 生きて, 用例が, 甲源一刀流名うての, 申分の, 町で, 疑いの, 疾くに, 疾風の, 病気に, 登山には, 白粉を, 皆んな出ました, 皆心の, 皆私の, 皮肉な, 相模生れの, 真相では, 真面目な, 矢つ, 知って, 知らぬ, 碁の, 神経衰弱退治と, 私としては, 私どもの, 程度の, 穀物の, 空想として, 空魔艦の, 立上っ, 立盡し, 競馬を, 筋の, 簡単には, 紀州の, 素敵に, 細々と, 結局習慣的である, 綱を, 綺麗だ, 美の, 習慣的な, 考えものである, 考へて, 聞いたこと, 職員が, 胸を, 腕に, 腕を, 膝の, 自分には, 自分を, 至難な, 興味ある, 船の, 良い女, 色の, 芸術の, 若い癖, 落着か, 藩の, 血に, 行くえ, 裃を, 裏の, 要領を, 見て, 見覚えが, 覚えて, 親心の, 親譲りの, 言葉の, 訓練の, 詩人の, 誰かが, 誰か人を, 調子が, 證據が, 貴婦人の, 跣足に, 身から, 身に, 身心整理の, 辟易する, 農民の, 近世の, 近頃では, 返事が, 迷信の, 透明な, 途中で, 遊びの, 運が, 運命だ, 道で, 違う, 違うこれ, 遠慮した, 遠来の, 遠縁で, 遠縁の, 重々私が, 野趣に, 金次の, 錠前を, 長い間, 開かない, 関羽の, 随分ひどい, 障子ごと斜め下から, 隣りの, 雪に, 雪にて, 雪之, 霧の, 面白いもの, 面白い言葉, 革命の, 頑固な, 顔の, 顔色を, 馬に, 駄目で, 駄目であった, 驚き呆れるお, 黙々として

1 [8142件 抜粋] ああん, あたりへ, あとから, あのインド人, あぶなかった, あまり話は, ある, あるので, あわてて, いいは, いかんか, いただきましょう, いつぞや述べた, いぶかしそう, いろいろ努力, うまからず, おおよそ三通り, おちついた声, おなじ人では, おもしろい迷信, お前だけに, お孃さん, お気の毒みたい, お茶わかし, お頼み, かなり危ない, きさまら, きょうの, ぐるぐるまわり, ここで, ことわるほどの, この兵士, この酒, こんなに新しく, さうばかりは, さもあり, しじゅう飲んだくれで, しやう, すいて, すっかりぼけ, すべて公家の, ぜひなき, そう云っ, そのつぎ, その一肢体, その呂宋兵衛, その当時, その時間, その草, その間に, たあいの, たそがれの, たちの, だいぶ涼しい, ちゃんと極, ちょっと異様, つきあいの, つめたくなっ, とうとううつし損ね, どうぞ後で御, どうも平凡, どんどん古く, なかなか御念入り, なつかしいばかり, なんだか関係, のちに, はっきり断わっ, ひとえにお, ひどく砕かれ, ふられて, ほとんど動かない, ぼくが, まこと, またあわただしい, またこれ, またどうして, またわるく, またメンデルスゾーン, また不可解, また今, また全然, また半ば居眠り, また否や, また大, また子供, また巨大, また後, また我々, また整然と, また有名, また津軽特有, また現代支那, また盥, また結果, また虚空, また貞奴, また鉄水母, また餌食, まだら, まだ未定, まったく賀川豊彦, まんざら悪く, みな一途君恩に, みな暑, みんなあんた自身の, みんなもとはと, みんな天道樣が, みんな籤が, むしろ恭一, もうふたり, もう駄目, もと言うたら, やさしく囁きました, やっぱり人民文化委員会, やっぱり心配, やっぱり裏漉, やつぱり山越えを, やはりため息, やはりナターリヤ・ヴァシーリエヴナ, やはり函館, やはり女, やはり手落, やはり無言, やはり蜃気楼, やはり馬喰町三丁目, やや例外的, ゆすりかも, よからう, よく考へ, よほど練習, わかりきったこと, われらへの, イカンと, エミイにとって, カンタンです, コテで, シーザーや, ソヴイエツト政府の, チャッカリしてやがる, トマトに, ハッキリ八百長, パリ人らしい, フィリップ二世の, ホントの, メジを, ラテン語の, 一々紹介, 一つ買う, 一代で, 一団体内の, 一年志願兵の, 一斉に, 一本調子に, 一生懸命に, 一茶さんには, 一週聞か, 七十年, 三分の一だけ, 三年掛かった, 三越で, 上手に, 下らず, 不可能な, 不思議な回りあわせであった, 不細工ウフフフフ都では, 世過ぎの, 並んでる友だち, 中村座見物の, 主人と, 久しく消息, 予め探し出し, 事実何事も, 二三秒唇を, 二十年も, 二月ばかり, 云ふと, 五十歳を, 亡くなつた主人重三郎, 亦たしかに, 亦メンミツ, 亦俳優芸術, 亦因果, 亦彼, 亦文学, 亦甚, 亦荒ぶる, 亦驚くべき, 人工の, 人間だ, 今しがた飲んだ, 今少し, 今日繁昌し, 仔細の, 他日薪炭に, 伊沢返事なき, 伯父の, 佐吉の, 何といとしい, 何年ぶりかの, 余程お, 佝僂である, 侯爵の, 俯向い, 偉い人, 偽虚無僧, 優しく言った, 兄者人の, 先へ, 先蹤が, 入手出来ず, 全く逆上, 公に, 共産黨員の, 兼ねて, 写生帳に, 凶を, 刀の, 切字といった, 判読で, 別段よく買つて, 刻んだ唐辛子, 前記の, 助けて, 勿論その, 化学における, 十三人目の, 千鳥足, 協奏曲同様この, 危ういところ, 厭なりで, 又ヒステリイ, 又直ちに, 取って, 古いスペイン, 古ほうけた, 可なりの, 合祀された, 同じく口, 同じく膝, 同じ下女, 同じ形, 同じ顏, 同時に門人, 名を, 名高い事実, 吸取るよう, 呑気である, 和歌より, 唱歌の, 啼声の, 嘘は, 四人は, 因縁事の, 固く辞退, 土井大, 地方歴史または, 城下の, 塚の, 売り上げの, 夕方引揚げなすった, 多分昨夜, 夜中には, 大いに分ります, 大きにあたった, 大丈夫よ, 大勢の, 大山さんの, 大杉と, 大空へでも, 天下の, 天草商事から, 奇怪な, 女優の, 好い形, 妄念の, 始めは, 嬉しいこと, 孝の, 學業は, 定めの, 実に微妙, 実を, 室生の, 家柄は, 密貿易に, 察する, 寿子の, 小さき料簡也, 小春の, 小説ばかり, 少し変, 少年時代の, 屠牛場へ, 岡っ, 川端の, 差すん, 市蔵の, 常よりは, 年々額が, 幻術の, 店使いらしくない, 延長三年六月十八日に, 弘法大師が, 強制読書生活の, 当夜の, 形代である, 彼れ, 後でわかつた, 後日追, 御奉公, 御池では, 微醺は, 必定支那から, 忠実勤勉であった, 思いちがいに, 急いで, 怪訝そうな, 恐らくは何, 息も, 悪病で, 惶しい, 愚痴の, 感慨に, 憲法の, 我々松山人には, 我流我伝の, 戦争前入谷の, 手つだってか, 手早く懐中, 打ち沈んで, 抜刀する, 拝領物らしい, 捕物の, 揃って, 放って, 教育といふ, 文壇の, 新しい村, 新調の, 日々の, 日本ゴキゲンなりし, 日本的という, 旧正月, 早晩城から, 明暸な, 星が, 昭和三十七年六月二十三日フジTVの, 時世, 普通よりは, 暗い顔, 書けば, 最早後の祭り, 有益な, 木に, 本人の, 本能的な, 東へ, 東野の, 果てしなくうつむい, 栄之, 案ずるより, 棘, 極めて有りうる, 槍突きの, 櫛を, 止むに, 正義の, 死なぬ疾, 残された江戸趣味, 母様の, 民謡風に, 気色ばんだ女房, 永いこと, 江戸ッ児の, 決して長く, 治まつた, 注意が, 活版だ, 海に, 深い欲得ずく, 渋沢氏の, 満員で, 漠然たる一般社会性, 災難だ, 無気味に, 無論必要, 焼けて, 燒い, 牛乳を, 特異の, 独り分け入っ, 猫背がちな, 珍しい装, 現役将校として, 瓦斯体と, 生憎で, 田舎者です, 町じゃ, 畢竟松井, 疎開組の, 痩せこけた頤, 白い虹, 百姓の, 皆上の, 皆秀子の, 盛衰記に, 直ちに発せられる, 省こう, 真暗な, 眼玉は, 矢張さうである, 矢張音楽学校か, 短命を以て, 確に, 神人の, 福々しい人, 科学的ジャーナリズムの, 稽古だ, 突き出された部屋, 立て板, 笑いひろげた, 策の, 精巧に, 紋切り型, 素人画として, 細かな, 経験な, 結構でなかった, 総てが, 縫いぐるみを, 美人だ, 習慣の, 聊か前, 肩書きが, 脇差を, 膝を, 自業自得という, 至って古い, 船縁に, 芭蕉以後の, 若いの, 苦勞は, 草の, 落第だ, 薄ぎたなくて, 藪から, 血が, 街の, 補食品であった, 西鶴の, 見たこと, 見知り越しの, 親しそう, 言いたくなし, 記憶不十分で, 詮方が, 語通り山の, 読者の, 諷語だ, 警察沙汰に, 貧弱です, 買い入れて, 赤い条だらけ, 越後に, 踏台に, 躾であっ, 輪廻か, 近年亡った, 返済しない, 這入った時, 逸話に, 運命なら, 道場の, 遠目と, 都に, 酔筆が, 野獣の, 釣りこまれて, 銘刀かね, 長々ありがとう, 長年手を, 間もなくやらなくなっ, 間違ったこと, 附き合, 随分たより, 離間者の, 需要あっ, 青年を, 面白いという, 面目玉を, 順調に, 頻りに芸人, 風邪の, 食わせて, 養女に, 馴れたら或, 驚くに, 鬪ひ, 鶯色の, 默つてゐる

▼ これ~ (9396, 5.1%)

111 見ると 88 いい 84 いいの 52 お暇 47 お別れ 46 よし 42 い, よしと, 失礼します, 私の 35 みると 32 私も 31 おしまい 28 いいと, いいん 26 よいの, 失礼いたします, 御免を 23 おしまいだ, おしまひ 22 安心した 20 おやめ, よかった, 自分の 19 よい, よかろう, 私は, 見ても 18 僕は, 筆を, 終った 17 おしまいに 16 よいと, 二度目だ, 失敬する 15 いいだろう, 僕の, 安心だ 14 完全に, 終りました, 話は 13 お仕舞, 私が 12 おしまいです, よろしい, 安心し, 少しは, 終って 11 すべてが, たくさんだ, わしも, 三度目だ, 何も, 俺も, 勘弁し, 彼の, 死んでも, 沢山だ 10 いいでしょう, おいと, お終い, もって, わかった, 仲, 分った

9 [11件] いいという, やっと安心, やつと, 一と, 十分だ, 大丈夫だ, 失礼する, 失礼を, 好い, 気が, 話が

8 [15件] おわかり, お仕舞い, さっぱりした, もう大丈夫, わたしの, 二度目の, 今日は, 俺の, 失敬します, 死んで, 済んだ, 結構です, 胸が, 良いの, 許して

7 あなたの, お前の, お終, せう, みても, やめます, わかる, 全部です, 大体の, 当分は

6 [38件] いいこれ, いいよ, いよ, おしまいである, おしまいな, おれも, お帰り, この一件, この事件, ござります, みれば, もうお, もうおしまい, よいか, よろしゅうございましょう, わたしも, 三度目です, 三度目の, 今夜は, 今年の, 仕事は, 俺は, 判った, 別れよう, 君の, 失敬しよう, 失礼, 安心, 帰って, 帰るから, 彼は, 我慢し, 止めます, 済んで, 終り, 結構だ, 自分は, 見れば

5 [41件] あつた, あらう, いいか, いて, おしまいよ, きょうの, ね, ほんとうに, わしの, わたしが, 一つの, 事件は, 今日の, 何だ, 何事も, 僕も, 充分だ, 充分です, 助かった, 十分である, 可し, 大和も, 失礼しましょう, 失礼致します, 好いの, 安心と, 家の, 帰る, 御免蒙ります, 御勘弁, 日本の, 永久に, 清々した, 満足です, 無事に, 片が, 確実に, 終つた, 終りだ, 間に, 黙って

4 [71件] あつて, あなたは, あなたも, あの男, いいです, いくらか, いよいよお, おしまいじゃ, おしまいでは, おまえは, おれの, おわかれだ, お分り, お別れいたします, お前が, お前も, お米, きまった, この話, ご免を, さあ, さつぱりした, すべてを, すんだ, たくさん, ともかくも, なか, はっきりと, ひとま, もうこの, もうだいじょうぶ, もう二度, もう僕, もう安心, もつて, やって, よいとして, よろしゅうございます, わかったろう, わりに, ナカ, 一切の, 一安心した, 一段落を, 三度目である, 中, 二人の, 僕が, 全部だ, 全部でした, 分る, 勘定を, 可い, 大丈夫と, 大安心, 安心しました, 安心という, 心配は, 押して, 明日の, 死ぬの, 満足し, 用は, 私に, 終ります, 結構でございます, 綺麗に, 自分が, 見ますと, 見事に, 貴女の

3 [142件] あたしの, あっしの, あの人, いいから, いいとして, いいわ, いいわけだ, ええ, おしまいか, おれが, お前たちは, お目, こっちの, このお話, この日, この男, ご免, さすがの, さよなら, すこしは, すっかりお, すっかり安心, すっかり用意, すんだん, せうか, たくさんです, どこまで, なにも, まず安心, また一つ, みんなです, もうあなた, もういい, もう何度目, もう十日, もう話, やうやく, やっと気, やめて, やめること, よいこれ, よいという, ようやく安心, ようよう安心, よかつ, よくなる, よしこれ, わたくしの, わたしは, 一人前の, 一切は, 一生が, 万事うまく, 万事が, 万事は, 三つの, 三度も, 三日も, 世の中の, 事情は, 二つだ, 二度まで, 二度めだ, 二度目な, 人が, 今夜から, 今夜の, 今月は, 仕事を, 以て, 以前の, 会はんぞ, 何でも, 充分に, 出して, 出て, 出来た, 切り上げて, 判ったが, 判るだろう, 助かつ, 勝負は, 十分と, 又仕事, 取って, 君も, 問題が, 問題は, 堪忍し, 堪能した, 失礼さし, 好いと, 始めて, 安心いたした, 宜い, 宜からう, 宜しう御座います, 宜しゅうございましょう, 帰ること, 幾分か, 底が, 役目を, 彼も, 思いの, 我々の, 擱筆する, 敵を, 日本を, 旦那とも, 梅雨も, 此の, 母も, 気を, 決まった, 沢山です, 準備は, 男の, 第二, 終ったの, 終りです, 終りと, 終りに, 終りを, 終る, 終わった, 終わって, 結構, 縁が, 自分も, 船は, 芝居に, 落着した, 見て, 解散だ, 解決した, 話の, 話を, 調べは, 重荷が, 間違いは, 雨にでも, 雪の

2 [504件 抜粋] あいつが, あたしが, あつしの, あとは, あなたに, あなたを, あの娘, いいかと, いいかね, いいが, いいこと, いいこの, いいで, いいといふ, いいとは, いいね, いい早く行け, いくらかは, いくらか謎, いくらと, いけなければ, いささかの, いざと, いつもの, いやね, いよい, いよいよおしまい, いよいよ気乗り, いろんな事件, ええの, おいらも, おさらばじゃ, おさらばだ, おしまいであります, おしまいという, おつもりよ, おまえの, おまえも, おれは, おわかりでしょう, お仕舞ひだ, お兄さん, お判り, お別, お宅, お拭き, お暇乞, お気に, お立, お許しを, お金を, お銀様, お高, かなりの, がまんを, きみの, きょうは, きれいさっぱり, きれいに, けっこうです, こ, ここは, このへん, この世の, この紙, この部屋, ごあん, ごあんすか, ごく弱い, ごめんこうむります, さようなら, さわぎは, しばらくお, しばらく生活, すぐに, すっかりいい, すっかりなぞ, すみました, すんだという, せいせいしました, せう親分, そうじゃあねえ, だいじょうぶだ, だめなら, だめに, だんだんに, ちったあ, ちゃんと生きてる, ちょうどいい, どう, どういふ, どうかこう, どうだ, どうなる, どうやらこうやら, どうやらこの, どうやら君, どこか, どちらも, なかなかむずかしい, なかなか忙しい, なかなか辛い, なかなか開けてる, なかなか面白い, なんだ, なんでも, はじめてわかった, はやりきれぬ, ひとまず途切れ, ひと安心だ, ほぼ見当, ぼくは, まずお, まず一安心, まず第, また充分, また当分, また当分ぴいぴい, まだ二十五, まに, みんなの, もうあの, もうおれ, もうこっち, もうたくさん, もう一人, もう一週間, もう三週間, もう事, もう今朝, もう完全, もう思い残す, もう疑う, もう私, もう終った, もし千鶴子, もし自分, もちが, もれつき, やっと息, やっと落着, やめよう, やめる, やや改善, ゆるして, よいとは, よいとも, よくわかる, よく分った, よく解りました, よければ, よしさあ, よしという, よします, よろしいでしょう, よろしいと, よろしいの, よろしうございます, わかったが, わかったよ, わかりました, わかるよう, わしは, わたくしは, わたくしも, わっしも, われわれの, ガッと, ドアを, フランスの, ライフの, 一か, 一まず, 一人の, 一人前に, 一体あの, 一区切り, 一同は, 一城の, 一家の, 一応の, 一思ひ, 一日が, 一時を, 一杯です, 一段落だ, 一段落ついた, 一段落で, 一生の, 一週間も, 一遍に, 三人に, 三人も, 三人目だ, 三度か, 三度だ, 三度目, 三度目よ, 三度目也, 不承知なら, 不足は, 不足を, 世が, 世間に, 両眼, 中止に, 丸六年の, 了解めた, 事が, 事情が, 二つの, 二人は, 二十年も, 二度目である, 五人目だ, 五分と, 人の, 人間が, 今でも, 今の, 今まで, 今年は, 今年も, 今度の, 今日も, 今晩の, 仕事が, 伊織七五郎の, 会見は, 会見を, 体は, 何う, 何が, 何です, 何を, 何事か, 借りは, 傷口を, 元の, 元は, 充分である, 充分でございます, 充分な, 先ずほっとし, 先ず不完全, 先生の, 兎に, 全滅だ, 全部か, 全部である, 全部身仕度は, 八五郎は, 其中庵も, 出ました, 出來, 分ったろう, 切りましたと, 切上げだ, 判る, 別れましょうよ, 功名しよう, 助かったと, 助かる, 勘定が, 勝が, 勝負を, 医者の, 十二本目の, 十分, 十分じゃ, 午だ, 却, 却つてサバ, 厄の, 厚化粧でも, 原因が, 原田さんも, 厶いと, 可いで, 合点が, 向うの, 君に, 君には, 君は, 君札幌は, 国家の, 土に, 堪能し, 声が, 売って, 外から, 多少は, 多年の, 夜に, 夜目に, 夢の, 大分明るく, 大尉が, 大抵は, 大方眼鼻が, 大體, 失敬, 失礼させ, 失礼しよう, 女が, 好いでしょう, 好かつた, 妖怪の, 妾は, 始めて出来した, 娘も, 子供の, 安心いたしました, 宜しゅうございます, 実験した, 家に, 容易に, 少なすぎる, 帰らして, 帰らせて, 帰りましょう, 帰ると, 帰るよ, 帰ろう, 帰ろうと, 帽子を, 平次は, 幾度か, 引取っ, 引込みが, 当分の, 当面の, 彼が, 後の, 御免ください, 御暇, 復る, 心の, 心中する, 思いを, 思い出すの, 思い残すこと, 恨みが, 愈, 愈々お, 意味に, 成仏し, 我ま, 戦える, 手を, 打切りに, 払ったよ, 押入と, 拭いて, 拭け, 探偵の, 支度が, 救われたと, 文句は, 旅の, 日本に, 旦那の, 明らかに, 明日は, 明白である, 明瞭に, 明石まで, 春徳寺の, 普通の, 最後の, 服でも, 望みが, 本を, 本当の, 村に, 村の, 村人は, 柳生は, 植惣を, 止します, 止めて, 正体が, 死ぬるの, 死ねば, 殆ん, 殺して, 気がついて, 気だけは, 気分が, 気持よく, 水を, 永年の, 江戸の, 沢山, 沢山である, 河合の, 済みました, 済みましたが, 済めば, 済んだの, 済んだわけ, 湯あがりに, 湯元まで, 溜飲が, 澤山だ, 煙草の, 物語は, 犯人は, 犯人を, 猫を, 王子の, 生きて, 生きてるし, 生き甲斐が, 生活が, 生活を, 用が, 用意は, 病院に, 皆が, 皆んなか, 皆んなかしら, 皆んなで, 皆んなでしょう, 目が, 目隠しを, 相当の, 眼に, 確かに, 私たちは, 私には, 私達は, 秘密が, 立派に, 立身しよう, 第三者の, 筋が, 筏の, 紙が, 終つてゐます, 終りだろう, 終りますが, 終るべき性質, 終わったの, 終了した, 綺麗な, 縁切りだ, 胸に, 自動車が, 自殺の, 船の, 良い, 芝居が, 花火見物の, 芽を, 落に, 蛭に, 血の, 行くと, 行くん, 覗くと, 観ると, 解けた, 解った, 解散に, 訣る, 診察出来る, 説明しよう, 読めた, 負けて, 趣も, 足を, 身の, 身代を, 身体の, 辛抱し, 通ったもの, 連日の, 遊ばせて, 遊んだもの, 道場を, 違って, 酒が, 重荷を, 重要な, 金さえ, 鎌倉の, 間に合うだろう, 間違ひ, 陽気な, 際限も, 電話が, 青天白日漸, 青年の, 面白いの, 顔が, 飛鳥白鳳天平の, 食糧は, 駄目なら, 鳧が

1 [5452件 抜粋] ああた, あたかも大きな, あたりの, あなた休職司法官などの, あの塔, あの赤痣, あらかたの, あんなにうなった, いいといった, いい映画, いぎりすへ, いくらか酔興, いちおう証人, いっちょう, いまこの, いよいよ事態, いよいよ日本, いよいよ王様, いろ, うなずかれるという, うら口の, おあと, おしまいかも, おしまいほほ, おたずね者な, おどして, おぼろ気に, おゆるし, おわかれ致します, お免, お前さん方が, お君, お島, お拭きなさいませ, お父, お終ひなん, お解り, お金が, かげながら君たち, かめは, がまんなさい, きょう思い切っ, ぐッすりできれ, ここに, このおれ, この土地, この工場, この物語り, この辺, これは, ごしごし垢, さがらせて, さっぱり往生, さるの, しまいにし, すぐ快く, すっかりおしまい, すっかりととのった, すっかり償われた, すっかり打ちこわされ, すっかり締めきり, すっかり解消, すべてわかった, すら地名, ずゐぶん, そういう種類, その娘, そんなこと, たすかつ, たんとらくにねむる, だいたい話, ちつと, ちょっと気, つつがなく下山, てうど三度目, とかく嫌, どういうこと, どうして夫婦, どうなり, どうやらひとり立ち, どうやら国, どうやら無事, どこへでも, どれ程, なかなかこういう, なかなか味, なかなか心細い, なかなか理想, なかなか苦痛, なかなか隅, なるべくあげる, ねおじさん, はじめて気がついた, はやりきれず断, ひとつしっかり, ひと先ず, ぶった斬って, ほとんど無尽蔵, ほんとに安心, まあ一週間, まあ容疑者, まずお上, まず出発, まず無事, またすぐ, また一儲け, また文, また趣味, まだ助教授, まったく事実, まとめて, まア安心, みんなが, むかしァ, もうあとかた, もうじゅうぶん目的, もうやや紀州人, もう一歩先, もう九時, もう二昼夜, もう六年, もう向き, もう少し手習い, もう怪人, もう決定的, もう的確, もう話す, もう青春, もし両, ものの, やっとおみやげ, やっとその, やっと奇怪, やっと第, やっぱし只, やみやみ死んで, やるか, ゆっくりと, よい何, ようやくはっきり幸さん, ようやく帰りついた, ようようお, よくわかるでしょう, よく洗っ, よさそう, よし歸ら, よろし, よろしくつて, わかったも, わかるだろう, わが演劇, わたしだって, アフレコを, オトナに, カーテンを, クロクロ島の, ザツと, スパイ団長を, チベット婦人は, トリまで, ハッキリした, ピッタリと, ペンを, マアいくらか, モー大概の, ローマ字の, 一つは, 一つ豪遊でも, 一両と, 一体あなた方の, 一先づこ, 一切始末が, 一向怖く, 一層此柱, 一廉の, 一応報告, 一掃する, 一日無理にも, 一期に, 一杯呑って, 一段落かと, 一生を, 一盃飲ん, 一般文人に, 一通り形が, 丁度差し引き, 七録として, 万事片が, 三つも, 三人目か, 三味線が, 三度である, 三日履い, 三番目だ, 上山に, 下肢が, 世紀に, 中学時代から, 丸っこいの, 九時近くなる, 事なきかの, 二つ君の, 二三ヶ月は, 二人揃った, 二十年来の, 二屈折取り申した, 二度めな, 二度目だつた, 二発目です, 五六度めだ, 五回目に, 五日分だけは, 交替, 人数は, 人間の, 今夜私の, 今朝顔色の, 付合うと, 伏せて, 伸子たちとの, 何か, 何もかもおしまい, 何もかも完全, 何んだって, 何年後かに, 何日経った, 作る, 俺たちは, 偶然に, 償ってるの, 兄貴も, 充分急いでる, 先ずほっとした, 先ず当分, 先刻から, 全くあの, 全部, 全部上陸した, 八十六に, 六ヶ国, 六回これで, 内外共に, 凌ぐんで, 出京, 出来ました, 分かりましたから, 分りましたわ, 切られちやなぶり殺し, 切れた, 初めてわかった, 判つたで, 別れねば, 別嬪の, 剣術でも, 助かったという, 労役に, 勘弁なすっ, 北沢事件は, 十二時と, 十分でした, 十分頂戴いたした, 十月中旬來引きつづい, 千里眼事件も, 半日乗り続けたら, 却つて女子には, 去年あたりと, 又五百円, 反って, 受ける氣, 可く, 吉川町が, 君いい, 呑んで, 命も, 唐米袋と, 喋るの, 四スーの, 四個師団, 四度目でございます, 国交断絶だ, 地主様で威張, 坊ちゃんにも, 基督は, 声量を, 夕飯を, 夜の, 大きなの, 大体, 大分損したらしい, 大得意, 大次郎も, 大體彼, 太陽を, 失敬し, 失禮しまし, 女を, 好いこれ, 妖怪も, 始まる, 嬉しいと, 学校へも, 安堵いたしました, 安心とは, 完成後は, 宜いんです, 宝の, 宣教師は, 家政の, 富田さんが, 察して, 専売特許を, 小森ヤツ子が, 少し争った, 少な過ぎる, 山とも, 岸本さんも, 巡歴の, 己惚れが, 帰らうと, 帰れ, 平々凡々な, 年少ながら, 幾らか異人, 幾組み他人の, 座は, 引きこみに, 引下がったん, 弱らせられる, 当り前だ, 当分フロおじゃんという, 当分隣家の, 役に立って, 彼自身自分を, 従卒三人そろっ, 御免蒙る, 御披露, 御納杯, 御飯に, 心丈夫だ, 思いが, 思わず手, 悔を, 惟光が, 愈々後生, 懲りたから, 我慢しなけりゃ, 戦前と, 手荷物を, 打ち止め, 払って, 持ちきり警察, 捕えられれば, 探偵小説愛読者が, 撮影は, 政府の, 散髪屋に, 數日の, 斬ったという, 新橋まで, 日本は, 旦那も, 明日から, 昔の, 昭和遊撃隊の, 晒しますと, 晴れると, 曙光が, 最初の, 有金残らず, 朧気ながら, 本家と, 本望よ, 来年一年の, 東京へ, 果てむと, 案外しおらしい, 案外重荷, 楽々と, 機嫌を, 止められて, 正月三ヵ日小さい, 武名を, 死にゃ人間, 死後三四十分しか, 殺されるの, 毎晩お, 気も, 永久の, 江戸表の, 油っ, 洋服を, 浅井秋夫という, 涙脆いこと, 渇も, 済んでも, 満足しなかった, 滿一年半に, 漸く一つ, 漸く終りました, 炭薪八百石御, 照らして, 父に, 片付いたが, 物入や, 犯人も, 玉村家の, 瑞西から, 生き返った, 生活に, 田圃さんも, 町へ, 疑いの, 病院での, 百フラン儲かった, 皆さんと, 皆んな済みました, 目丈けは, 相原医師の, 相談も, 真相が, 眼を, 知識経験は, 硝子壺は, 社長が, 私たちほんとに, 秋口に, 積むか, 突かれちや, 童も, 第一防毒室, 粂さまも, 納まれば, 終えた, 終りな, 終ろう, 終了いたしました, 結わえて, 結構やっ, 網さえ, 總てが, 美事あなたの, 老父の, 聲を, 育った, 脈が, 腹部に, 自分らの, 船が, 芝山宇平と, 芸術なんて, 苦労性です, 荊州の, 落着く, 蘭学は, 蠅を, 行く度, 袴を, 見えるん, 見るも, 親兄弟の, 解する処, 解るよう, 解決は, 討議を, 詩を, 説明される, 談話は, 讀者は, 貴方が, 資本家です, 赤耀館事件の, 足りたという, 身上の, 近所の, 追いつけないとは, 通して, 遁が, 道化役者は, 遺憾なく, 邸内の, 酒なと, 重吉は, 金の, 釣りなんぞ, 鎮まっては, 長屋總出に, 間に合うかしら, 関東における, 除かれたという, 隱居を, 雪を, 青春の, 頂上へ, 頼み方, 風邪も, 食物だけは, 餘程探求の, 驚かなかった日, 魂が, 鶏の

▼ これ~ (9268, 5.0%)

788 反して 63 加うる 62 對し 58 依って 52 よると 47 答えて 40 比べると 39 応じて 35 就いて 30 続いて 28 越したこと 27 懲りて, 由って, 類するもの 26 就いては 24 類すること 23 相当する 21 伴って, 似て 20 匹敵する, 限る 19 乗って 18 比べて, 比べれば 16 よく似た, よれば, 対抗する, 準じて, 類似の 15 くらべると, つけても, 似たもの, 依つて, 和し, 基づいて, 就ては, 比例し, 目を 14 代って, 力を, 向って, 拠って, 関連し 13 あり, 手を 12 伴ふ, 似たこと, 反対し, 因りて, 従事する, 心を, 書いて, 較べると, 類似した 11 伴なう, 加えて, 反対する, 和した, 基いて, 對する, 答へ, 該当する, 連関し 10 して, 同じ, 因って, 当って, 応じた, 次いで, 答へて 9 おります, こりて, 伴うて, 伴の, 倣って, 属する, 比すれば, 比ぶれ

8 [14件] くらべれば, 依りて, 反するもの, 対抗し, 就て, 火を, 答う, 答うる, 耳を, 賛成し, 違いない, 関係し, 関聯し, 限ると

7 [18件] おる, 代うる, 倣うて, 優るもの, 反対した, 呼応し, 対立する, 從ひ, 應じ, 気を, 由りて, 眼を, 過ぎるもの, 過ぐるもの, 關する, 類したもの, 類して, 類似し

6 [38件] おるは, すぐ続い, つきて, つきましては, つづいて, ふさは, 他の, 任ぜ, 似た事, 何か, 依るの, 先立って, 加わって, 加わりて, 参加し, 参加する, 及ぶもの, 反対の, 反抗し, 反抗する, 同情し, 向かって, 堪ふるを, 属す, 引きか, 従事し, 從ふ, 次いでは, 比べては, 水を, 相違ない, 続く, 署名し, 過ぎたるは, 配するに, 關聯し, 附属する, 類したる話

5 [37件] くらべて, しようと, なると, 一つの, 上越す, 代えて, 代った, 似たよう, 住する, 依て, 加ふる, 励まされて, 参与する, 反しもし, 合する, 和す, 対して, 対応する, 尽きて, 從は, 応えて, 抵抗する, 於て, 次ぐもの, 気の, 注意し, 相応する, 相當, 答えた, 答えました, 聯関し, 興味を, 越した事, 近い音, 関係する, 關し, 類したこと

4 [65件] ある, おるの, かかって, こしたこと, しても, しようか, ちがいない, つきては, つけて, ひきかえて, 乗じて, 乗つて, 乘る, 代りて, 代るもの, 伴わず, 似たところ, 似たるもの, 似た例, 似た話, 倣ふ, 出て, 加わった, 勢いを, 参加した, 反し, 反しその, 反し自分, 反対を, 同意し, 名を, 向つて, 和したり, 多少の, 対立し, 属して, 帰する, 引きかえて, 当つて, 当ること, 従って, 応ず, 接して, 控えて, 次ぐ, 比ぶべき, 比例する, 気づいて, 注意する, 注意を, 答えるよう, 答へる, 色んな聯想, 若干の, 触れると, 賛成した, 較べて, 逢うて, 達すること, 関係した, 関連した, 限るという, 随って, 雷同し, 騎り

3 [141件] あるの, いたか, いろいろの, おいでで, お懲りなく, さから, つ, つけ加えて, ならって, ひかえて, むかひて, もとづいて, やや似た, やや近い, 一人の, 一層の, 二つの, 代つて, 代る, 代るに, 代るべきもの, 伴は, 似たの, 似たる事, 似た現象, 住す, 何の, 何を, 依れば, 依頼し, 依頼する, 倣わんとして, 傚ひ, 先つ, 入れて, 共鳴する, 出席す, 判を, 刺戟された, 刺激され, 加えるに, 加へ, 加へて, 加わる, 加わること, 勝つ, 勝つこと, 勢を, 協力する, 参って, 反し敵, 反す, 反する一切, 反抗を, 反撥する, 取って, 各, 同情する, 同意する, 名称を, 向ひ, 告ぐるに, 告げて, 和する, 基づきて, 外ならず, 如くもの, 安ん, 対処する, 就いても, 序した, 当るの, 従ひ, 従事した, 御印, 応じない, 応ずるもの, 応へる, 感染し, 憑り, 應へ, 成功し, 投げ入るれば, 拠ると, 持参いたしました, 接近する, 描いて, 染まらぬ子供, 次ぐに, 止めを, 殊なり, 比して, 比べますと, 比べるならば, 気が, 気づいた, 添えて, 湛ふれ, 満足し, 満足する, 準ず, 滿ち, 灯を, 特別の, 當る, 種々の, 立って, 答えなければ, 答えるもの, 継ぐに, 自己の, 色を, 若くもの, 要する時間, 要する費用, 見覚えが, 触るるを, 触れて, 越すもの, 足を, 輪を, 近いよう, 近づくとき, 連れて, 連繋し, 適して, 適当した, 酬ゆる, 重きを, 閉口し, 間違いは, 関心を, 関聯した, 附け加えて, 附随する, 限って, 限るの, 随う, 類した事実, 飯を, 驚かされたの

2 [470件] あたる, あっては, ありと, あるぞ, あるは, います, うたれし, うつって, おいで, おなじ, おほはる, おも, おられましたか, おりますが, おりまする, おるが, おる者, お待ち下さいませ, かかりきって, かぶせて, かわって, くらぶれ, くるまつて, こたえた, こたえて, さへ, しくもの, したが, したがうもの, したがって, しよう, しようかと, そむく者, そんな名, ぞくする, つくる者, つぐの, つけこんで, できるだけ, とどまらず, のぼりて, のりたるを, ひきかへ, ひそかな, ふしぎは, まさるもの, まさる有益, むかって, ものを, やらせて, よったの, よらなければ, よりて事, わずかに, キリスト教の, ヒントを, マヨネーズと, 一つお, 一種の, 上こす, 不平は, 不思議な, 不足を, 与かる, 与ふるもの, 並行し, 並行した, 乗せて, 乗りて, 乗りもし, 乗ると, 乘り, 乘れる, 事を, 二処の, 亜いで, 付けて, 代ったの, 代へ, 代わって, 代わるもの, 代用したるなら, 任じたこと, 伴う, 伴うもの, 伴う名誉, 伴なっ, 似たやう, 似たり, 似たトリック, 似た二種類, 似た他, 似た光景, 似た感じ, 似た感情, 似た所, 似た気持, 似た畏敬, 似た美しい, 似た調子, 似た遊戯, 似寄ったこと, 位階勲章を, 併行し, 例外は, 侍づく, 依ると, 侮辱を, 倣ひ, 倣わんと, 備うる, 備えて, 備える事, 傾けば, 働きかけこれ, 優る何物, 充てむ, 先ち, 先つて書, 入りて, 入る, 全幅の, 共鳴した, 凌駕する, 凌駕せん, 処するに, 出入し, 出席した, 刀を, 列んで, 制裁を, 刺されると, 前の, 副う, 加えます拙, 加わるとき, 加わるもの, 劣らず, 劣らず重大, 劣らず重要, 動かされて, 動揺を, 勝ちその, 勝ちたるもの, 勝てば, 勝るもの, 勤仕した, 化かされて, 化せられて, 匹敵しうる, 十分な, 協力すべき, 厭な, 参与し, 參加した, 及ぶに, 反しかの, 反しここ, 反しそれ, 反し人間, 反し健全, 反し妻, 反し存在, 反し日本, 反し表, 反し辯證法, 反対せし, 反抗の, 同じである, 同化し, 同化融合し, 同意した, 同意を, 同感した, 同感を, 名づけて, 向いて, 向かい, 向ふ, 告ぐ, 味を, 噛まれると, 因んで, 堪えて, 堪ゆる, 報いた, 報ゆる, 外ならない, 外ならぬ, 夢が, 大材木, 天然の, 奉事, 婿を, 存し, 守られずば, 安心し, 家督を, 対すれば, 対面し, 小説が, 尚えん, 就いての, 就きましては, 就くこと, 尽くる, 居りまする, 属するの, 属するもの, 属する信徒, 屬する, 工夫を, 左袒する, 差し控えて, 己が, 布を, 平行し, 引かへて, 引き換えて, 当たって, 当てたの, 当てて, 当りその, 当る, 当るもの, 当る者, 形体あり, 影響を, 往とて, 従う, 従うこと, 従つてゐる, 従わねば, 従事す, 従事せる, 従属させる, 従属する, 從ふこ, 從へ, 御異存, 心の, 心酔する, 応ずること, 応ずるに, 応へて, 応対し, 応戦した, 応酬する, 悖るもの, 意を, 意見を, 感動する, 感応し, 應ぜ, 懲りずに, 打ち勝つこと, 打勝ったという, 扮し, 抗し, 抗するもの, 抗議する, 抵抗し, 挑戦し, 授くる, 接吻し, 接吻する, 携わった者, 教うる, 敵う, 數へ, 易ふる, 書を, 服従する, 本づく, 来て, 板を, 梅の, 極めた, 様々な, 模倣した, 模様を, 次ぎ, 次ぎて, 次では, 欺かれて, 止まりませんでした, 止まるの, 止めて, 歸る, 死した, 死したる石塔今, 死す, 死せり, 死を, 殉じた, 毒が, 比すると, 比較すべき, 気がついたの, 気がついた時, 気がついて, 気がつかずに, 気がつくこと, 気がつくと, 気づかうとして, 気づくと, 気付いて, 沈黙, 没頭し得る, 沿うて, 注意したる, 満足を, 準ずべきもの, 漆を, 照し, 照らして, 照応し, 熱中し, 物ご, 特に近代的唯物論, 特殊な, 特殊の, 獅子舞が, 王國を, 現はれ, 甘んじて, 甘んずる者, 生ず, 由つてこれを, 由来する, 異存は, 異議は, 異議を, 疑を, 登らんとて, 登るべき階, 登場し, 盛られた思想, 目をと, 盲従する, 直ちに続い, 直角に, 相当し, 相応し, 相応した, 相應, 相續, 相違は, 移りて, 答うべき, 答えること, 答えるため, 答の, 答ふる, 米すこし, 精神が, 統一を, 続くもの, 総入れ歯, 縁りて, 續く, 羽が, 耐へ, 聟を, 聲を, 胆を, 背を, 腰を, 腰掛けつ, 臨みて, 臨む, 臨めり, 臨んで, 興を, 花が, 花を, 落ちて, 薬を, 衝突し, 見覚えは, 親しみを, 触るると, 触るるとき, 触るるも, 触れざるも, 触れずし, 触れては, 触れること, 觸る, 言及した, 言及する, 註して, 責むるに, 費して, 賛同した, 賛同する, 賛意を, 賛成しない, 賛成する, 赴く, 超ゆる, 越したもの, 越した喜び, 越すこと, 身を, 較ぶれ, 載つて, 近いもの, 近し, 近づくこと, 近づくの, 近づくを, 近づけば, 返事を, 逆行し, 遇ば, 遇わば, 過ぎませぬ, 過ぐる, 達するを, 違えねえ, 違ひない, 適当な, 適用すべき, 配した, 配置せられたる, 酒を, 釣られて, 銭をも, 鍵を, 鑑みて, 間髪を, 関係を, 関聯する, 関連する, 關係する, 附属した, 附従し, 限らずさ, 限らずすべて, 限られて, 限ります, 限るよ, 随伴する, 随従し, 随従する, 隣り合つた, 隣接する, 隨ひ, 集中する, 非常な, 非常に, 鞭ち, 響応し, 頭を, 頼って, 類した, 類した事, 類す, 類する, 類する命題, 類する場合, 類する情念, 食物を, 餅を, 養はれ, 首を, 驚いたの, 驚いて, 黙って

1 [4801件 抜粋] あきたらず作家, あたるもの, あてられたと, あらはれて, あり船, あわけ, いたれば, いなかった, いる堀越殿, うえ越す宝, おうじて, おどろかされて, おられる寨主宋公明, おるか, おる少将どの, お前も, お控えください, かいばを, かかり泣き声, かぎるわね, かぶせ重ねて, きまったもの, くっつきすりつき, こだわって, これだけの, さいなまれないわけ, したがうこそ, しばしば美しい, しろ, すぐ焼跡, そのとき, その火, たえるべき糸, たよる必要, ちがいなかろ, ついで七段ただし, つきるの意味, つく者, つづきて, つながるべき胴体, とどまらず職業, ともな, どんどん挿画, なさいよ, ならうなかれ, なりましたぜ, なんの, のみ燃さる, はげまされ口, ひきかえロップ島, ひとつ答え, ふさわしい宗教, へたな, まけ終, まさるまいと, まさる聡明, また, また朝顔, むかった足利勢, むっとした, もとづきます, ゆだねて, よらしむべしこれ, わき板, オニドコロの, キスを, シンボルされ, トマトソースを, ビッシリと, ペンの, リュウノヒゲ一名ジャノヒゲを, 一ツを, 一寸趣向を, 一枚ある, 一筆三礼し, 一飯を, 三千の, 上絵を, 不満である, 与うる方良策, 与ったの, 両説, 中日両国の, 乗じ勁騎, 乗らなけりゃ工場, 乗るところ, 乗込んだ勿論, 事ふ, 云うなよ, 交って, 人間の, 仕えその, 仗り, 付属し, 代えるには, 代ふる, 代るの, 代るべき新劇, 代る新税, 代わりて, 代わるべき実直, 代用せしめた, 件の, 休息し, 伯爵領が, 伴う底, 伴う男, 伴っては, 伴わない場合, 似たしかも, 似たる者, 似た五箇, 似た哀話, 似た小曲, 似た所行, 似た比較論, 似た美しく, 似た觀察, 似た陰翳, 似る者, 位を, 住居させ, 余り捉われ過ぎない, 使用する, 依つてドイツ語全集本, 依らしめること, 依頼したれ, 便宜を, 保護奨励を, 倣い出す, 倣つた, 做つ, 備へる, 傚へ, 傾斜体文字が, 優る史料, 充てその, 充当する, 先生の, 光を, 入らざるさき, 入り込むこと, 入党した, 八十八音を, 兼ぬる, 処々の, 処するは, 凶刃を, 出場し, 刎起きた, 制せられようと, 副うべき, 加えなかったならば, 加は, 加へれ, 加わらなかったの, 加われば, 劣ったもの, 劣らないの, 劣らぬ虚榮, 励まされ来ったよう, 動揺しない, 勝つばかり, 勝る慰め, 化けたという, 十五年の, 単純な, 厭勝つ, 参与するなら, 參つて居ります, 及ばない, 及ぼす重力, 反しこれら表, 反しわれわれ, 反しヨリ個人的, 反し交, 反し全, 反し反対, 反し土地, 反し夫, 反し後者, 反し打たれても, 反し流失, 反し稀少, 反し貨幣, 反し集団, 反する例, 反対せる, 反映する, 取乗って, 古名ヤマスゲ一名ヤブラン一名ムギメシバナ一名コウガイソウを, 合う首, 合槌を, 同伴した, 同義の, 向い何, 向けよ, 向つて総動員, 告いて, 命を, 和せよ, 唯今ご, 嘆服し, 因ったので, 困るで, 在り, 坐する劣, 基かざるもの, 基づいた作品, 基づく経済力, 堪えない思い, 堪へられるだけの, 塗れぬ, 増る, 変らぬの, 多数を, 大体尽き, 天然に, 奥外科見習村山伯元が, 如かざるべ, 妨げら, 娶わ, 孝養を, 官印を, 宛てて, 客観性を, 寄つくべき, 対しました, 対応し, 専念を, 導かれて, 少しは, 就かむ, 就き更に, 尾行し, 居るの, 属するかういふもの, 属する者, 山口の, 己をも, 帰って, 干与する, 広告を, 弊が, 引き換え神様, 引換え出雲, 強い電流, 当たる風, 当てられたる胴, 当らなければ, 当ると, 当る人, 彦太郎は, 彼を, 従いて, 従え, 従わざるを, 従事せね, 從つて都市が, 徴し, 心をと, 心胸を, 応えざるを, 応じたこと古事記, 応じながら, 応じ老年, 応ずるエピソード, 応ずる態度, 応ぜざりし事, 応募する, 忠なれ, 思い当ってから, 恐れたと, 悩まされる, 惱まされる, 愚の, 感付かない, 愧じんや, 慣れること, 應ずる所の, 懸る, 我が君, 所持の, 手向かいするは, 打ち勝つ, 打込んだ第, 投じた, 投入した, 抗争する, 押されて, 拠りて, 持参仕りました, 捲き込まれた七兵衛, 掛合って, 接した部分, 接する食堂, 換うる, 携わる人々, 擬して, 教えて, 数えられる, 数箇月を, 數學的の, 斬新なる, 施して, 旭のか, 映つて学生等, 普通名称教育と, 書きこんで, 最少四人二分を, 服するに, 望みの, 木生ぜし, 材料を, 東京絵図を, 染みこんだ鮮血, 梟ける, 極力反抗, 樹を, 次いで小鼻, 次ぎたるは, 次ぐだろう, 次て, 止まらずまたぞろ, 此ぶれ, 殉じたるもの, 比すべ, 比べたならその, 比べるなら二次, 比肩する, 気がついたので, 気がつかねえよう, 気づくが, 気付くこと, 水四升ほどを, 決まつ, 法格を, 注意した, 注目を, 流れ込みさらに, 海人藻芥, 混ぜ或は, 添は, 渡しかれら, 満足すべき, 準じるもの, 滝夜叉姫という, 漬けたもの, 灌ける, 点綴し, 照らせば, 熱心と, 牛や, 狐狸天狗の, 獣魚野菜を, 理由を, 甚だしく粗笨, 生命保険を, 用いる音, 由て, 略傳を, 異なる, 當りしか, 登って, 百両ござる, 盡きない, 盲從せず, 相当しない, 相談し, 真水一合を, 着かえながら, 睛を, 石油の, 社会機構の, 祷る, 秘伝が, 移住せし, 突然私, 端緒を, 等しからん, 答えその, 答えよ, 答えるよりも, 答ふらく, 米の, 糊を, 紛れ込まない様, 経営を, 絡み付いて, 続きて, 続く時代, 緑苔の, 繼いで, 置きまする, 美女四十八人を, 耐えて, 聞いたら以前, 肉迫し, 背く者, 能く, 臨み一夜, 臨んだの, 致命的の, 舞踊的要素が, 芸を, 苦労し, 莫大な, 蓄餘を, 蝋色漆を, 衝突する, 裏書きする, 襲われ悩まされたの, 要する配当保証, 見付けられては, 覚えは, 観る処, 触れず, 触れ愕然, 言及しよう, 記していう, 評価を, 詩を, 誘われ酒, 誰も, 論理を, 譲らず河鹿, 豆の, 負けないほどの, 貿易を, 賛成を, 赤や, 赴くという, 越した幸福, 越す思案, 身廻りの, 載せられた本, 迎合せん, 近い名, 近い松下禅尼式, 近かる, 近づかなければ, 近づくも, 近付き演技半ば, 迫るは, 追ひつき, 退き入り手, 逆行する, 通じた, 通過すれ, 連る, 進めて, 運賃を, 過ぎたるはなし, 過ぎないサヨナラ, 達しかく, 達せんこと, 違反する, 適した少数, 適度の, 遭遇した, 都市警察庁を, 酒粕を, 酬いるとて, 重ねて, 金梨地の, 鉄槌を, 長たる, 関せざるもの, 関係付けられること, 防空に, 附加する, 附隨へる, 限らず勇吉, 限りまさア, 限るん, 際立て, 集まって, 雷同した, 靡ざるは, 鞭って, 頓着する, 頼つて發展し, 願望を, 類した一つ, 類した思はせぶり, 類した空中現象, 類するササヤキ, 類する作品, 類する家, 類する現代文人, 類する話, 飛びついて, 食物の, 饅頭を, 馳走を, 驚いた家内, 驚き商館, 骨が, 魅され, 黒地に

▼ これまで~ (3548, 1.9%)

57 一度も 35 自分の 28 見たこと 22 私の 18 私は 16 日本の 1514 幾度か 13 私が 12 多くの 11 人に, 書いて, 聞いたこと 10 いろいろの, だと, なかった, 何度も, 彼が 9 幾度と, 彼の, 自分が, 通りに 8 一度だって, 経験した, 誰も 7 幾度も, 生きて, 私に, 述べて

6 [12件] いろいろな, ただの, どおりに, まだ一度, 二人の, 以上に, 何の, 例の, 日本に, 来て, 知って, 自分を

5 [20件] いちども, いろ, して, どおりの, 住んで, 何も, 別に悪い, 南家の, 参りました, 幾たびも, 彼は, 彼女は, 持って, 殆ん, 種々の, 考えて, 育てて, 見て, 誰にも, 通って

4 [20件] あまりにも, お迎えに, どこに, なりと, もって, 一つも, 一度だ, 一遍も, 二度も, 内々消息を, 女の, 少しも, 感じたこと, 手を, 来ると, 歩いて, 永い間, 経て, 自分で, 隠して

3 [45件] いろいろと, お前が, お浜, お目, こんな不思議, それを, そんなこと, ついぞなかっ, ついぞ一度, である, どこと, ないの, ほかの, やって来たこと, わたくしの, 一人で, 一度として, 人間の, 以上の, 何かの, 何人も, 使って, 僕が, 口を, 君が, 君の, 居たの, 度々お, 彼を, 御厄介, 想像し, 抱いて, 持ちこたえて, 来たこと, 来たの, 来たもの, 私たちは, 経験しなかった, 自分は, 色々な, 話に, 通りの, 長い間, 類の, 骨を

2 [173件] あげて, あった事, あなたの, あの人, あの方, あまり病気, あれほど, いくたび, いくつか, いたところ, いっても, いろいろ瞞, お世話に, お出迎え, お連れ, かつてそんな, かつて経験, ここで, ここに, この国, この子, したこと, じゃッ, そのよう, そんなもの, たびたび通っ, だつて, ぢや, ついぞない, ついぞ聞いた, つとめて, つねに私, つひぞさ, つひぞ人, であろうと, でさえ, では, でも, でもう, どこにも, どれだけ, ない, なにを, ならば, なり, なんども, なんにも話した, なんの, ひとに, みたいに, みんなが, めったに, やったこと, やって来た, やつて, わしは, わたしの, ソヴェトの, 一と, 一度の, 一緒に, 一般に, 一言も, 三十年の, 世間の, 二人は, 二階の, 人が, 人と, 人の, 人を, 仕事の, 伸子は, 何でも, 何を, 何千何万の, 何回も, 何度か, 使いに, 俊夫君は, 信じて, 信用した, 修身の, 僕に, 分って, 半蔵の, 参った, 参ったもの, 参って, 口に, 商売上の, 外へ, 大抵の, 夫と, 夫婦の, 学校の, 実際に, 尊敬し, 小説に, 屡, 平気で, 幾たびと, 幾人かの, 幾人の, 彼も, 彼女に, 彼女を, 後を, 心の, 思いも, 思って, 感情の, 或る, 抽斎の, 文學者で, 新聞雑誌に, 日本で, 日本を, 日本人は, 普通に, 曽て, 曾て, 有したもの, 来たところ, 来た者, 東京に, 次郎が, 此舟で, 此高瀬舟の, 歩きぬいた身, 歴代の, 求めて, 沢山の, 浮いた噂, 灰色の, 点呼を, 無数に, 申したこと, 男の, 知らずに, 知らなかったよう, 私と, 私達が, 経験されなかった, 耳に, 育て, 胸に, 自分に, 花屋で, 見かけたこと, 見たすべて, 見た事, 覚えたこと, 覚えた事, 覚えの, 言ったこと, 言って, 話したこと, 讀んだこと, 起ったこと, 述べたよう, 追い込んで, 逃げて, 通り, 通りお前, 進歩した, 運んで, 道江の, 閑却し, 雑誌に, 順一の, 頭痛が, 食を

1 [2414件 抜粋] ああいう, あそこには, あちらで, あったでしょうか, あった戸棚, あつかいなれない器械器具るい, あなた様は, あの鳥, あまりひろく, あまり手, あまり深い, あやふやし, あらゆる恥, ありませんでした, あんたほど, あんなに寛大, あんまり先生, いかに彼ら, いくぶんせっかち, いく久しい, いたって, いちどだって, いって, いつもまけ, いつも自分, いろいろお世話, いろいろもと, いろんな荒仕事, うっかり見そこなっ, うらやましく思う, おったところ, およみ, お亡くなりなされました, お前から, お家を, お母さんに, お見かけ, お金の, かうした光景, かかる雑水, かつてそんなにも, かつて他人, かつて猫, かなり勝手気儘, かねて, きわめて受動的, けっして人, こうした文献学的, こっちから, この人, この土地, この村, この詩, これを, こんな下等, こんな感情, こんな相手, ごらんに, さへ, さんざん馬鹿, しばしばあった, しばしば行っ, しょっちゅうベッド, すでになすべき, ずいぶんあなた, ずいぶん世話, ずいぶん苦しい, ずっとそうし, ずっと久しい, ずっと毎朝毎朝そこ, ずっと細胞分子, そういうもの, そういう目的, そう云う, その, その一節, その希望, その限界, それ程に, そんな愚か, たずさえ合って, ただ生命, たびたびかれ, たびたび同じ, たびたび経験, たびたび鳥, たれも, だな, だんだん周旋, だ運, ちょいちょい人, ちりぢり, ついぞ出逢った, ついぞ経験, ついぞ詮議, つひぞ寺, であった或は, です, とてもいつ, とても二人, とても満更おぼえ, とんと花魁, どうせ分家, どおりここに, どおり一緒に, どおり君たちに, どおり検察当局の, どこでも, どのくらい, どの概念, どれほど, どんなに會, どんな人, どんな工合, どんな落度, ないもん, なさったよい, なぜ気, なら素子, なんら直接, にやりとおして来た, ひどい目, ふたりの, ほとんど一言, ほとんど確か, ぼくが, まいったるに, まかり下, まだ教師, まったく経験, みた労働者クラブ, もさうで, もてあつかったよう, やって, やって来ました, よくあんた, よく聞いた, よみたい新聞, ろくに見せ, わが國, わたくしどもを, わたしも, アカデミーにとっては, イデアと, ガマズミの, ゴシックの, スペイン国や, チベットで, ドイツ人は, パトロンの, ブルジョア作家労農派の, ホンの, ミサを, ラップ加盟員は, 一ども見かけた, 一二度映画化された, 一同の, 一家の, 一度ならず, 一時間あった, 一番感動された, 一部の, 三つの, 三十尋以上の, 上手に, 下手にばかり, 不自由を, 世界文学の, 中には, 中等の, 主人として, 久しくそれら, 事実上には, 二三話が, 二回殺人罪の, 二度脱けた, 互に跣足, 交番を, 京都方面に, 人として, 人口の, 今時分の, 仕馴れて, 代々隠岐守と, 伊之はんの, 会った女, 似寄, 何かと心, 何らの, 何事も, 何処へ, 何回と, 何度もの, 何時も主筆, 何百遍高島屋から, 何遍も, 余り古典に, 作家の, 保からも, 信者と, 偉大な, 僕たちの, 僕達が, 兄は, 入り込んで, 全然知らなかった, 公用兼軍用の, 六百件余の, 具体的に, 写真を, 出来るだけ, 出遇つた験, 判れば, 前田家の, 力強く築かれ, 動くこと, 勤勉に, 医学的に, 十何年かの, 十年ちかく, 千代子を, 単純に, 厳しく見, 参ったる由, 参りますのに, 反世俗的, 取扱はれた, 古生層の, 叱言, 各時代, 同じよう, 同様そういう, 君に対して, 吹く人, 味え, 唐沢氏の, 商民の, 喰わなかったので, 嘘ばかり, 四十二円です, 図書館は, 土牛の, 在るもの, 堅確に, 変りの, 外国に, 多く見, 夢にも存ぜず, 夢の, 大きくなった, 大てい一週, 大友氏の, 大概の, 大衆化の, 失った年月, 奥様の, 女に, 好い目, 妙な, 姉の, 婦人に対すると, 子供の, 学問を, 安らかな, 宗麟夫人に, 実に楽しく, 実験した, 宮原俊彦の, 家庭的に, 対男子の, 小娘一家が, 小説なんぞ, 尽くした御, 尾州藩で, 屡々手がけ, 川口辺に, 己は, 常にそうであった, 幕府が, 幻影に, 幾十たびと, 幾多の, 幾度ひとりで, 幾度生命を, 広く世界中, 度々そういう, 度々失策, 度々私, 度々鉄ちやん, 庶務課の, 延言と, 弟妹や, 当然の, 彼に, 彼等と, 御丈夫, 御奉公, 御足労を, 心を, 思えませんでした, 怠けて, 恭一との, 悪い噂, 想像も, 感じて, 憎み通しに, 戀し, 我れ, 戦いに, 所々で, 手紙が, 打ち込んだこと, 抗争を, 折角銭, 押丁なんぞで, 持ちつづけて, 指定汲取人が, 捨てて, 接した中国人, 擧げたいづれ, 教えられて, 散々失敗し, 数へ, 数学上の, 敵国が, 文に, 文化反動に対して, 文筆に, 料理された, 新世界, 新聞紙上にも, 日本では, 日本文学における, 旧教の, 映画は, 時々湖水, 暖かい台所, 書いたの, 書いた十代, 書きつけた事, 書けば, 最もこの, 朝倉先生を, 木造の, 本丸囲いへ, 本陣問屋で, 村へ, 来たり, 来た踵, 来らるるなど, 来れば, 東洋で, 桜川の, 極端に, 欠席した, 武器という, 歴史に, 死んだ農奴, 殆ど打, 殿様の, 毎夜村に, 比較的親しく, 気が, 水狐族に, 永い間私, 江戸を, 決して自分, 沖仲士を, 法律は, 注文した, 浮浪の, 深入りし, 満州ばかりを, 漁師を, 潜んで, 無かつ, 無数回, 焼餅やい, 父の, 片時だって, 物足らず思った, 特に彼, 狂暴な, 猩々が, 王様の, 甞て, 生死の, 生活上の, 用心し, 申し上げて, 男対女の, 病院で, 発見せられた, 登つたことも, 白鳥会という, 盗りっぱぐりはありませんでした, 直接に, 相親しまなかった, 着きて, 知らなかったこと, 知らなかった女性, 知らなかった男, 知りませんでした, 研究せられた, 祖母や, 祷りつづけた来たの, 私たち日本の, 私チットは, 秋元の, 種々な, 積めば, 突きとめ, 管轄し, 純文学の, 経営した, 経験いたしました, 絶対に, 縊死者の, 罵られはずかしめられても, 群青に, 考えたの, 聞いた事, 聞いて, 育て上げた娘, 能狂言などは, 自分だけで, 自分等の, 自重し, 良人の, 花を, 若いゴーリキイ, 苦しんだことども, 英国巡回中は, 荒々しい武道, 落ちのびて, 薄暗い庭, 行い来たった, 衒つたも, 裸に, 見かけないもの, 見たうち, 見た人, 見た最も, 見なかった大, 見られなかった森, 見慣れて, 見馴れて, 覚えて, 親分子分風な, 解けなかった, 言えなかつたの, 計画した, 訪れたこと, 訴訟に対して, 試みたが, 話してなかった者, 誘き出して, 説きに, 読んだ色々, 誰一人会得した, 諸君ご, 謂はば, 讀んだ御, 貧しい姻戚, 貴族等の, 賊徒に, 起ったすべて, 軽蔑し, 述べきたったあの, 述べた害悪, 追い返したが, 通りあれ, 通り今後も, 通り内には, 通り封建性, 通り江戸市中を, 連れて, 運んだもの, 遠山の, 重に, 金で, 針の, 鎖国独棲し, 長く付き合っ, 門前に, 間違って, 附き合って, 階級人として, 随分主人, 随分女, 隠れて, 集めたいちばん, 霊魂の, 面倒な, 頑固が, 食う物, 養って, 馳せつけて, 駈け違い, 魚の

▼ これ~ (2563, 1.4%)

129 いって 84 同じよう 54 反対に 42 云って 40 よく似た 30 同じこと 29 同様な, 同様の 23 同様に 21 全く同じ 20 同じやう 19 いつて, 異る 18 反対の 17 同一の, 言って 16 申すも 14 いうほどの, 同じ事 13 同じもの 12 云ふ, 前後し, 同樣 11 して, 同じ意味 10 一緒に, 似たよう, 同様で 8 似て, 同じである, 同様である, 正反対の 7 交換に, 似たもの, 類似の 6 よく似, 云うの, 申して, 違って, 関連し 5 ほぼ同じ, 並行し, 反対な, 同じ様, 同じ理由, 同種の, 時を, 比べて, 連関し

4 [16件] いうほど, これと, 全く同様, 同じだ, 同じ時刻, 同じ話, 同一理, 同時にその, 或る, 戦って, 比例し, 比較し, 目星を, 相対し, 肩を, 言ふ

3 [42件] いっしょに, ほとんど同, 一致する, 並ぶべき者, 並んで, 似た事, 何か, 別の, 反対で, 反對, 同じき, 同じくらいの, 同じころ, 同じで, 同じであった, 同じです, 同じ力, 同じ場合, 同じ現象, 同じ考, 同じ道理, 同一に, 同時に神, 大同小異で, 対抗し, 思って, 意見を, 戦うこと, 正反対で, 正反対に, 歩調を, 比較する, 申しますの, 申すほどの, 眼を, 矛盾する, 種類を, 縁を, 趣を, 逆に, 関係なく, 類似した

2 [131件] いうて, いくらか似た, いふ役にも, きめて, これだ, これとが, そっくりな, そっくりの, それとを, ちがって, なりうべき原質, ほ, ほとんど同一, ほぼ同様, まったく反対, やや似た, 一しょに, 一つに, 一致した, 二人で, 云うほどの, 云う特別, 云つて, 云つて特に, 交えて, 仲が, 似たこと, 似たところ, 似たの, 似た刺戟, 似た明細書, 先に, 全く別, 全く反対, 全く正反対, 全く異, 共通した, 前の, 力を, 反して, 反対だ, 反対である, 合体し, 同じい, 同じくただ, 同じところ, 同じに, 同じの, 同じ事件, 同じ位, 同じ例, 同じ傾き, 同じ味, 同じ品, 同じ性質, 同じ感じ, 同じ手, 同じ方法, 同じ物, 同じ状態, 同じ目, 同じ目的, 同じ程度, 同じ種類, 同じ筆法, 同じ色, 同じ花瓶, 同じ言葉, 同一道筋で, 同列に, 同時に, 同時にまた, 同時にわれわれ, 同時に世間, 同時に他人, 同時に弊害, 同時に彼, 同時に敵, 同時に日本, 同時に精神不滅, 同時に自分, 同様なる, 同質の, 同類, 名を, 名指すこと, 向合い, 定った, 寸分違わない, 寸分違わぬ, 対して, 対立する, 對角線的反, 思うもの, 思うよう, 思う人, 思う者, 思ふもの, 思ふ者, 手を, 明白に, 本名まで, 正面から, 殆ん, 比べると, 毫厘寸法の, 深い関係, 異った, 異って, 異なつた議決, 異なるもの, 異は, 目に, 相對, 相爭, 相錯綜, 競争せん, 等しく明かである, 結びついて, 結婚し, 罪を, 言ひ, 語りかつ, 語りて, 連なる事, 関係が, 関聯し, 際立つところ, 離る, 雪の, 非常に

1 [1247件 抜粋] あいびき, あそばしても, あなたが, あまり遠く, あれを, いいその後, いうだけの, いうぬきんじた才能, いつし, いひ大局, いふて, いわば非, おなじかしら, おなじこと, おなじやつ, おなじ品, おなじ狂暴, おなじ紐, おんなし, おんなじよう, お着, お穿き換えなさいまし, かなり異, かれとは, きまらぬまま, きめた一人, くらべあわせると, この次, これが, これといふ, これとを, これの, こんどの, すっかり同じ, そっくりである, そつくりだつた, その嫁, それと, たたかう, だいたいに, ちがうでしょうか, ちがった人生観, ちょうど同じ, ちょっと似た, つめて, てんで意味, どういうツナガリ, どっちが, ならびてあらはれいでたり, なり, はっきり心, ひとしく日, ふら, ほとんど同時に出す, ほとんど時, ほとんど等しく低い, ほぼ平行, まったく同, まつたく違つたやり方, まるで違う, やや似, やや異, よう似た, よほどよく似, アレクサンドレイアの, イタリア語とは, シュトルムの, タカラガヒの, ペンクラブの, ムキになって, 一つ一つ思い出し, 一寸女, 一峰を, 一旦決心, 一致し, 一鍬田と, 七粒の, 三分の二以上も, 三角筏の, 下で, 世界そして, 両国橋まで, 並べて, 並べると, 中味は, 争わざるのみ, 事柄は, 二度ある, 云うこと, 云う七つ, 云う不思議, 云う出来事, 云う品, 云う差別, 云う持物, 云う特徴, 云う用, 云う目立った阿漕, 云う確か, 云う言葉一つ, 云う證拠, 云う金高, 云った深い, 云つてとりたて, 云つてぴつたりしたものは何ひとつない, 云つて何も, 云つて取り立て, 云つて心を, 云つて打明ける, 云つて此處らの, 云つて特別には, 云つて絶対不可能な, 云つて話す, 云は, 云ふなら, 交った, 交わり終って, 交換しよう, 交換では, 交際すれ, 今までの, 他の, 以下三つの, 伴って, 似たので, 似たる風俗, 似た仕掛, 似た場合, 似た径路, 似た效果, 似た植物, 似た用語例, 似た装置, 似ては, 似よった恍惚状態, 似寄ったこと, 似寄つて, 何かの, 何らかの意味, 併せ考, 併行した, 倶ならしめ, 兄弟ほど, 全くその, 全く同, 全く対蹠的, 全く異なる, 全然似た, 全然同型, 共にありし, 共通な, 典故を, 出羽は, 分離する, 判別すれ, 別な, 利鞘との, 前後した, 前述の, 区別された, 区別しなけれ, 半分ほど, 協力する, 双壁, 反したるは, 反する聲, 反比例し, 取りかへ, 取り立てて, 受け容れる駿介, 古今後, 右派の, 合致してる, 同じ, 同じお祭り, 同じかったろう, 同じくする, 同じくひとたびここ, 同じくらい, 同じくわれわれ, 同じく一大石, 同じく世, 同じく人, 同じく全く大脳, 同じく和歌俳句, 同じく国民, 同じく実際なる, 同じく家具家材, 同じく彼等, 同じく感覚, 同じく昨日, 同じく特に人工的, 同じく真, 同じく私有財産, 同じく自分, 同じぐらい, 同じだらう, 同じであろう, 同じも, 同じやつ, 同じトリック, 同じ下痢, 同じ二つ, 同じ人生, 同じ作用, 同じ内, 同じ割合, 同じ印象, 同じ名, 同じ名前, 同じ地形, 同じ太, 同じ寂し, 同じ帖面, 同じ心持, 同じ思想, 同じ意見, 同じ所作, 同じ推理, 同じ文句, 同じ時代, 同じ曇った, 同じ本質, 同じ業, 同じ模造品, 同じ比例, 同じ特徴, 同じ理窟, 同じ白衣, 同じ秩序, 同じ笑い声, 同じ系統, 同じ織物, 同じ薬, 同じ誤謬, 同じ部類, 同じ鉛筆, 同じ順序, 同一で, 同一なり, 同一種, 同一體である, 同便, 同化しうる, 同巧, 同心に, 同数だ, 同日同所で, 同時にこの, 同時にべつ, 同時にアダムス, 同時にチベット古代宗教, 同時に一方, 同時に九州, 同時に九星位, 同時に人猿, 同時に其の, 同時に古来人間, 同時に各派, 同時に商品, 同時に地方, 同時に宗教, 同時に工学博士, 同時に彼ら, 同時に思い掛けなき, 同時に抽斎, 同時に旧, 同時に消極, 同時に現在, 同時に病気, 同時に私ども, 同時に総裁二人, 同時に視神経, 同時に賦魂, 同時に農民, 同時に隣室, 同時に頼朝, 同時代, 同様だった, 同様であります, 同様日本画も, 同程度, 同等に, 同系統, 同音と, 同類に, 向いて, 向う顱巻, 向ひあい, 告げる気, 和し, 問答し, 営業通りの, 図の, 国民が, 声を, 変った毛虫, 多くは, 大たい, 大同小異なる, 大昔の, 夫婦関係を, 奮闘し, 姉との, 始終の, 婚を, 存在とを, 定めて, 密接な, 対い合ッて, 対に, 対抗する, 対照せ, 對質すべく迫られ, 小型や, 少しも異, 山の芋または, 平均額の, 年玉とは, 引き合せて, 引換えに, 引違いに, 形勢を, 御心配, 心を, 必ず何, 思いめぐらして, 思い合わさば, 思い知らせやれるよう, 思うやつ, 思う人間, 思う姿, 思う家臣, 思う有力者, 思う自分, 思う音, 思ひ当る何物, 思ふの, 思ふ作品, 思ふ問題, 思わしい物, 思われるよう, 思案し, 恋愛との, 意味が, 懷中より, 戦うのみ, 戦つて勝つ, 戦わざるべからざること, 戰はずには, 戰へる, 打ち込んで, 抗すべき, 抱擁親嘴し, 指さし得るもの, 指し示すやう, 指で, 指示する, 接続する, 掻い摘んで, 擦違い, 数え立てられて, 斎藤の, 断水とを, 既に演劇, 日夜を, 明確に, 最もよく似た, 本文との, 東北沿海の, 根小屋と, 格闘する, 歌を, 正に反対, 正反対である, 正反対なる, 正確に, 此詞が, 殆ど前後, 殆ど同時にぼく, 殆ど年代, 殊にて, 比較すべき, 比較せんには, 汚れ方, 決った商売, 浮かれ坊主, 混同せられん, 火打道具だけは, 為ると, 照準せしめ, 父が, 独活及び, 生物学者とを, 申すたしか, 申す取留, 略, 略同様, 異なったもの, 異なった態度, 異ならんや, 異なり力めて, 異なること, 異なる例, 異なる語, 異り, 目ざした乞食, 目を, 目撃し, 目的を, 相並び, 相俟, 相合する, 相媒介, 相従, 相撲の, 相異し, 相見ん, 相談したら, 相関聯, 眞面目に, 着換へ, 睨んだもの, 祭礼と, 積って, 競争し, 競争も, 等しい額, 等しき例, 等しく虚栄, 答えますと, 細かに, 結びあふこと生命の, 結び付けて, 結合する, 絶対的に, 考え出すと, 考へては, 聯想する, 腹蔵なく, 與に, 苦楽を, 著しく異る, 處を, 血の, 裏返しの, 西洋畫と, 見ただけでも, 見やりつ, 見当が, 見解を, 親しむこと, 親友で, 言い不祥千万, 言うほどの, 言う異状, 言つ, 言つて何一つ, 言つて変つた様子も, 言つて金目な, 話したらよし, 話する, 話を, 読者に, 諍論ッて, 赤飯とが, 趣きを, 較べると, 近いもの, 近い話, 追, 逆ま, 通ずるを, 連想する, 連絡せる, 遊ばん勇気, 遊んで, 違い沢山捕獲し, 違い絶対的愛, 違つた種類の, 違ふ, 選んで, 醜関係, 長を, 関係あるらしく見える, 関係なし, 関係を, 関西地方の, 闘い抜き人造島, 闘った, 闘ふべきで, 關係の, 雁行し得る, 離れたりしも, 雲取山とを, 頡頏する, 類した, 類型的で, 駢列する, 黐竿で

▼ これには~ (2334, 1.3%)

84 何か 45 さすがの 30 私も 21 わけが 15 深いわけ 14 深い仔細 12 流石の 11 いろいろの 10 さすがに, なにかわけ, 理由が 9 僕も, 私は 8 驚いた 7 仔細が, 半蔵も, 彼も, 流石に, 訳が 6 いろ, 一つの, 一言も, 二つの

5 [11件] みんなも, わたしも, 何かの, 弱った, 弱って, 手を, 種々の, 色々な, 誰も, 間違いは, 驚きました

4 [14件] なにか, ワケが, 三つの, 事情が, 他の, 全く驚いた, 別に故, 反対の, 困った, 困って, 多少の, 実に閉口, 訳の, 閉口し

3 [38件] いろいろと, おどろきました, こまって, だれも, なにか秘密, びっくりした, わたくしも, わたくし当惑し, 一条の, 仔細の, 何の, 何んか, 半蔵は, 及ぶまいと, 呆れて, 困りました, 多くの, 少しばかり, 平次も, 度胆を, 悩まされた, 深い事情, 深い意味, 父も, 異論が, 種々な, 立派な, 答えないで, 胆を, 自分ながら, 自分の, 色々の, 賛成した, 辟易した, 途方に, 閉口した, 非常に, 驚いて

2 [106件] いささか驚いた, おきぬね, おまん, おれも, お母さんも, お民, きっと何, さしもの, ちょっとわけ, どんな秘密, なにか深い, なにか理由, ぼくの, むっとした, よほど愕, わけの, われらの, われわれの, アッと, ギョッとして, 一さい手を, 一場の, 一定の, 主人も, 二人とも, 二様の, 仔細も, 何ぞ仔細, 何でも, 何も, 余程の, 作家の, 例の, 俺も, 僕の, 全く閉口, 全く驚い, 全く驚きました, 半七, 参った, 参つた, 又彼, 反対する, 同感だった, 吹き出して, 唸らされました, 嘘は, 困ったと, 多分の, 大いに閉口, 大腹中, 女房も, 孔明も, 少しく恐れ, 少しも, 少し事情, 少し理由, 少し驚いた, 少なからず, 幾多の, 広太郎, 弟子も, 弱りました, 強圧を, 当惑した, 彼の, 彼は, 従わなければ, 思い違いが, 恐縮した, 意味が, 感心し, 新駒屋, 母を, 気が, 深い訳, 牛乳も, 牛乳を, 特別の, 用は, 異存が, 皆が, 相当の, 眉を, 私と, 私達も, 第一, 老公も, 自分も, 色ッポサの, 若侍, 葉之, 藤枝も, 賛成する, 返事が, 過ぎまい, 銀之丞も, 閉口したらし, 閉口しました, 随分閉口, 面喰った, 頭を, 駿介も, 驚いたらしい, 驚き思わず, 鮪の

1 [1550件 抜粋] ああ云う, あきれた, あきれ返った, あった, あなたを, あらずや, あッと, いくらかおどろいた, いささか仰天, いたくてれまし, いったいどんな, いつ如何, いろいろな, いろいろ手段, いろいろ訳ある, いわれた方, おそらく容易, おどろいたね, おどろきかつ, おまえも, おれの, お前が, お時儀, お米, お角, かえす言葉, かなり大きく, かまわずに, きっとこんな, くさった, ことに面白い, こまったと, さし出し人の, さすが御, さだめしし, しらがの, すこしわけ, すこし間, すっかり往生, すて姫, ずっと以前, その室内, それが, たしかに肝, ただ一つ, たましい, だいぶ凹んだらしかった, ちと込み, ちょっといや, ちょっとやられたらしかった, ちょっと当惑, ちょっと説明, ちょっと面, つぎの, てんで与えられ, とりつくしま, どうしても性欲的, どうにも手, どうも, どうやら困ったらしい, どう答え, どこも, どんな意味, なお七夕, なかなか及び, なにかいわく, なにか事情, なにか子細, なにより, なんとか方法, のこぎりはさみ, はたと色, ひどく困惑, びっくりし, ふかいわけ, ふだんまっ, ほと, ほんとうに, またいろいろ, またまったく, またカラマゾフ以上, また事実上, また徳川, また理由, また立替え, まだいささか時間, まだ定説, まったくよわりきっ, まったく彼, みな噴きだし, みな驚嘆した, みんながっかり, みんなバタが, みんな笑い出し, むろん訳, もう一方, もちろん一々証拠, もちろん物質的, もっとびっくり, もっと恐し, もとより原因, やはり科学的物質的, ゆいしょ, よく素人, よほど躰力, わたくしたちほとほと, アパリの, アルト, カン, キット深い, クリーブランドという, コン吉も, シサイが, ストライキを, ソーダビスケの, チップを, ディケンズが, ドイツ人も, バアトンも, ビックリするだろう, フレッシバターか, ヘトヘトの, ホトホト困却した, ミイも, モクゲモッキハチスキハチスキバチボンテンカなどの, レッキと, 一つ原因が, 一キロ以下のや, 一人一人お金出した, 一同じだんだを, 一同まったく, 一同面喰ったらしい, 一寸呆れた, 一彦も, 一族の, 一種芳しく, 一驚した, 七機一反の, 三ところしきゃけえてねえがきょうの, 三河以来の, 上記の, 不可抗的な, 不愉快な, 与吉ギャフンと, 両国の, 丸多の, 乃美元信が, 事情の, 二三質問も, 二派あ, 五人が, 五百万マルクを, 亡き寂, 人々も, 人民一同, 今もっ, 今生き, 仰天せざる, 伊兵衛は, 伊那丸も, 伯母が, 何が, 何とも云え, 何らの, 何度繰り返し, 余り積極的, 作者の, 俊亮も, 信長の, 偽指紋, 傳承, 僕よき, 優らざるべし, 先ず学校生活, 先づ新しい, 全くがっかりし, 全く参った, 全く好奇心, 全く疑問, 全く途方, 全然従われぬ, 公使らも, 六家を, 兵約, 内々びっくりし, 円本を, 凡そ四五十枚の, 出版と, 判官すっかり, 別に仔細, 別条ありません, 別段取り立て, 前の, 前述の, 勇み立った遠藤, 動詞に, 勝元も, 勿論もう一つ, 勿論想像, 勿論種々, 匪賊の, 十分の, 協会外の, 単に訳本, 危険が, 卵は, 参つたらしい, 又意味, 及ばず, 及ばないの, 及び申さず, 双鶴館, 反対で, 口を, 台座に, 各々防空監視員が, 同感であります, 名案が, 君は, 吾等一般の, 呆れ返ったらしかった, 哲学上の, 商売人の, 嘘も, 団十郎首肯すべし, 困りきって, 困惑したろう, 圓朝も, 圧倒されざる, 地方官憲から, 場内の, 声がわりか, 多少こたえたらしい, 多少驚かされました, 大いに弱っ, 大きに論, 大分手古摺った, 大字名と, 大巻運平も, 大抵誰, 大橋青湖氏の, 大略三つの, 大笑いした, 天井から, 夫人の, 奇に, 奥底が, 女子青年班も, 女王は, 妻も, 嫂が, 子細の, 安房守ばかりか, 定て, 実に格好, 実際ギクリと, 害が, 容喙できない, 宿命といった, 富有な, 實在の, 対流による, 将門自身が, 小形の, 少々困る, 少々狼狽, 少からず, 少しわけ, 少し弱った, 少し行き詰まった, 少し辟易, 少し驚きました, 尾張の, 山岸中尉も, 屹度何か, 左膳源十郎も, 帆村も, 平八老人, 平安朝当時の, 幾通りも, 庄兵衛も, 廊下を, 引掛かる, 弱ったん, 弱りぬいた, 弱る, 当て嵌らなかった, 当然な, 役人達も, 彼という, 彼女の, 彼女を, 往来の, 後藤君も, 御主, 御台所さまを, 御返事下さい, 必ずしかるべき, 必ず何らかの, 必ず深い, 必ず金, 応えない用意, 念の, 思はず度肝, 思わず慄, 性急が, 恐らく間違, 恵印も, 悲しくなっ, 意味は, 感動した, 感服した, 憤然と, 或いは深い, 手の, 手向かうこと, 技術の, 拾円札が, 挨拶として, 掛ものが, 撲り合, 敬四郎はたと, 文句の, 文観も, 新聞小説であり, 新賀や, 日本武士の, 日附が, 早川及び, 春木少年は, 昼も, 普請奉行の, 更に一つ, 曹洪以下だいぶ, 最も英語, 朝廷も, 本腰だ, 李白は, 材料の, 松五郎も, 林田英三の, 根拠が, 梵語で, 極く新しい, 橘翁さまも, 次郎太夫の, 正枝, 武松も, 歴史の, 歴史的の, 殆ど当惑した, 段々譯, 殿様はじめ重役連中額を, 母舒文も, 毎月欠かさず, 毫も疑い, 気がつかなかったと, 氣が, 江戸中が, 河井寛次郎が, 注意しなけれ, 津田も, 涙を, 深いシサイ, 深い原因, 深い理由, 清吉も, 満場騒然と, 源女も, 漫画家の, 炒り胡麻, 無理の, 無論種々, 煙草という, 燒けたコルク栓と, 牧野伸顕伯の, 犀星驚いた, 狼狽し, 玉子だの, 玉子を, 現実に, 甚だ窮, 生活擁護問題の, 田の神というばかり, 男は, 町内の, 異状が, 異議が, 疑いえない史証, 疑問ある, 白無垢の, 皆, 皆呆れ, 監房じゅうが, 目抜きの, 相当驚い, 相手も, 省作も, 真実らしからぬ, 真面目に, 石の, 砂糖という, 確答が, 神秘的な, 秀吉も, 私だ, 私もちよ, 秘密が, 種々深い, 笑い出した, 答えずやや, 算術が, 紋也の, 紙を, 細引が, 絨毯に, 綾が, 羊の, 翁さへ, 耳も, 聖武天皇説を, 胸が, 腰を, 臨時に, 自分としても, 至理が, 舌を, 船長は, 良薬が, 色々話, 芝居や, 苟くもわが, 若殿御, 苦笑し, 草も, 菊之助も, 落着いた, 蓄電池という, 薪兵衛も, 蛾次郎が, 蝮を, 表面に, 裁判官も, 複雑な, 見物も, 覚えが, 触れないこと, 証人が, 語つて詳ならざる, 説が, 読書週間などの, 誰の, 調度掛童放免が, 諸藩, 謂わばへたり, 象形が, 負けるな, 賛否両論が, 賛成せられた, 赤茄子ソースを, 軍右衛門も, 辟易致しました, 近くの, 返辞無, 通禧も, 遊びに, 遜も, 部類分け, 醤油の, 金貨の, 錦州と, 長いお話, 閉口いたします, 閉口する, 閉口なり, 間違いが, 阿波守も, 隆造も, 難儀を, 静岡ものが, 面くらったよう, 面喰つた, 面白い話し, 頑固な, 頗る弱った, 頷いた, 養育院の, 香水が, 駿河も, 驚いたくらいさ, 驚いたの, 驚かされた, 驚きがたがた, 驚き閉口した, 驚嘆の, 高石老人が, 魚が, 鳶ヶ巣の, 麗々しく月刊講座, 黒蛇まで

▼ これだけの~ (2076, 1.1%)

189 ことを 128 事を 46 ことは 36 ことが 35 ものを 26 ことで 25 事は 18 金を 14 仕事を 13 人数を 12 人数が, 人間が 10 事実を 9 話を 8 ものが, 事が, 事で 7 ものだ, もので, 材料を, 物を, 細工を, 言葉を 6 ことです, 中に, 人数で 5 ことしか, ことに, ものは, もんだ, 人間な, 仕事が, 傷を, 用意が, 話であります, 説明を

4 [20件] お金を, ことだ, ことな, ものに, 事実は, 人数の, 品は, 差が, 待遇を, 御馳走が, 文句を, 文字が, 条件を, 注意を, 用意を, 相違が, 者が, 話で, 説明では, 金が

3 [32件] ことである, ことであれ, 事です, 事情を, 人が, 人数では, 動作を, 品を, 問答で, 問答を, 大きさ, 子供が, 家を, 数の, 時間と, 景色を, 材料が, 材料で, 条件が, 業を, 物が, 犠牲を, 理由で, 理由でも, 複雑な, 観察を, 話な, 談を, 身上を, 重量を, 長年月, 騒ぎに

2 [105件] ことだった, ことであった, ことなら, ものです, ものな, ものなら, わずかな, ステッキを, ネタを, 事だったら, 事である, 事な, 事に, 事の, 事件が, 事件では, 事件の, 事実から, 事実が, 事実の, 人数なら, 人數が, 人物が, 人間だ, 人間です, 人間の, 仕事の, 会話で, 備えが, 働きを, 内容を, 前提を, 原稿が, 収穫の, 口を, 味を, 報告を, 変化を, 大仕事, 大店, 大戦争, 家だ, 寺だ, 尤もらし, 工場を, 広さ, 店の, 弁解を, 御馳走を, 心得が, 意味が, 挨拶を, 教養が, 数字を, 文句が, 文句です, 景色は, 暗示を, 枕を, 柳が, 楽しみであった, 歌を, 水が, 水量が, 準備を, 灯で, 物々しい前奏曲, 物語を, 理由が, 男の, 発見を, 相違は, 短い時の間, 短文に, 穴で, 範囲で, 範囲に, 簡単な, 考えを, 胃と, 自覚が, 色彩の, 苦しみを, 言葉に, 言葉の, 記憶が, 証拠で, 詩を, 話でも, 話なら, 誠実が, 説明で, 趣向を, 距離を, 身代に, 道を, 道具を, 道場を, 重量ある, 金だ, 金は, 長さ, 間に, 雄大な, 顔が

1 [983件 抜粋] うちなら, おどかしでは, お伽衆を, お喋りを, お手当, お濠, お立会い残らず, お金が, きょう一日の, くさったくだもの, けいこが, こぢんまりした, ことから, ことさへ, ことも, ことわり文句が, ごちそうだ, ご馳走が, しかけを, したい三昧, すぐれた綿密, そつの, たいの, ちがいが, ちょっとした庭, ところを, ひもの, べつに目, まとまつた仕事, むづかしい役の, ものいくら, ものさ, ものだろう, ものの, りっぱな, ウナギを, カレー料理を, ゴミが, タネを, トラクターを, ファウンデーションと, ムードを, ユーモアでも, 一致は, 上物は, 不安が, 不幸の, 世帯道具を, 中で, 丹念な, 乱暴を, 予備知識を以て, 事から, 事がらを, 事で御座いますれ, 事にしか, 事件であるなら, 事件もしくは, 事実であっ, 事実である, 事実でも, 事実によって, 事情で, 事情は, 事柄の, 事業が, 井戸に, 人々が, 人たちの, 人に, 人びとが, 人參一人觸つて一舐めし, 人命これだけの, 人形の, 人形を, 人数だった, 人数は, 人數を, 人氣を, 人間に, 人類の, 仔細で, 仕事にでも, 仕事は, 仕掛けが, 仕置を, 代物と, 仮名に, 会話すら, 会話を, 余力を, 余裕は, 作品しか, 例から, 俳諧史的知識を, 値打は, 偽物は, 傷で, 僅かな, 優れた大, 元手が, 兇暴な, 光線を, 兜を, 全曲レコードを, 兵站を, 兵馬が, 写真の, 出来事を, 分量の, 列が, 判断を, 別嬪が, 前置きが, 割合で, 力しか, 力は, 力量ある, 助太刀に, 労作は, 労働者や, 労役に, 効果が, 勇気を, 動機で, 区別が, 南京豆は, 印象を, 卵が, 原野が, 収入が, 収穫に, 収穫を, 収穫物が, 受答えを, 口上を, 古い事実, 叫び声が, 台詞を, 合圖で, 同勢で, 名乗りに, 名前を, 含蓄を, 呻きを, 品代金を, 品数を, 品物は, 商いを, 問答では, 噂が, 図を, 土地が, 地名を, 地盤が, 地面は, 城を, 報道で, 場合が, 墨汁を, 変化が, 変装を, 多量の, 夥しい缶詰, 大きなお, 大きな戦争, 大レース, 大事に, 大仕掛, 大光明, 大喧嘩, 大家に, 大屋台, 大工事, 大成果, 大渦巻, 大研究, 大都, 大金を, 天井を, 太さ, 奉公人は, 女に, 好意を, 妻子どもを, 子が, 子供の, 子達は, 学問が, 安心を, 宝を, 実力を以て, 実感を, 実験では, 実験材料を, 家は, 家具を, 家内労働力だけ, 家族で, 家柄であっ, 家賃を, 宿縁は, 寺に, 対話に, 小さい家, 小さな工夫, 小噺, 屈強が, 屋形で, 屋敷に, 山で, 山楽を, 工事が, 巨財を, 幸いの, 幼稚な, 広い地面, 広い屋敷, 広大な, 序曲が, 建物の, 建築に, 弁解が, 強勢, 弾丸が, 御邸内, 御陣具, 心尽くしの, 心持ちに, 心理をね, 心配りを, 応答が, 思いを, 思慮を, 怪事企む, 恐ろしい力, 恩を, 恵心が, 悪戯で, 情報が, 想像が, 意味だ, 愛嬌が, 感じが, 感想は, 態度を, 戦争の, 戦闘が, 所を, 手が, 手つづき, 手つづきである, 手当を, 手數は, 手紙じゃ, 手腕の, 手記から, 才分でも, 技倆を, 拵えも, 挨拶が, 挨拶でした, 振動に, 推称を, 收入だって, 改良が, 教義は, 整理によって, 文を, 文字に, 文書用語のみによって, 文章は, 文面だ, 断片から, 方言からでも, 旅行にも, 旗幟を, 日記の, 昔話を, 時日が, 時間もう, 景気が, 曰くづき, 書物が, 最大速度を, 月は, 月日ただ, 木材を, 本が, 本体に, 札束を, 材料と, 枝ぢや, 査問が, 條件が, 楽しい社会, 概念を, 構えの, 構に, 模倣は, 樹が, 機能の, 歌です, 歳月と, 殺人を, 民衆が, 気候の, 水いたずらされ, 水を, 水量にて, 油だったら, 法によって, 注意さえ, 注文に, 洞穴を, 流出物からも, 深刻な, 測り知れぬ危険, 準備と, 火気を, 灰を, 点を, 無理これだけの, 熱が, 片かなの, 物であろう, 物資これだけの, 特技が, 特殊相が, 犠牲が, 犬の, 狂言を, 猛者が, 現象の, 理由では, 理窟は, 理論的用意は, 生垣を, 生活を, 用で, 用事だ, 用向を, 用心は, 男が, 男なら, 画に, 異変が, 畳数を, 発達を, 相談として, 眼界では, 着想から, 石を, 研究が, 確かな, 神が, 福運を, 秩序が, 程度にでも, 種が, 突を, 笞打を, 箇条から, 簡單な, 精は, 精進が, 紙数を, 細工が, 紹介に, 経路を, 経験によ, 結論に, 絵に, 綱を, 総量が, 緒口を, 縁は, 美しい女性, 美人が, 美術品を, 群衆は, 羽織を, 考えが, 考察を, 聴衆が, 職人を, 脳力の, 腕も, 自分ではという, 自然の, 自由が, 船で, 艱難辛苦によって, 芝居を, 花を, 芸境に, 苦しみで, 苦心は, 苦戦を, 苦痛も, 荷物が, 莫大なる, 萱野によって, 著しい現象, 薬だ, 蛇足を, 行列は, 行程で, 表情を, 複雑広大な, 見知らぬ人たち, 覚悟が, 観物は, 解釈の, 言を, 言葉でした, 言葉は, 言責を, 計画を, 記事に, 記述しか, 設備が, 証拠が, 詫び言を, 話だ, 話の, 認識を, 語でも, 説明でも, 諷刺と, 證據で, 譬喩を, 變化の, 象げが, 財を, 財産と, 買物に, 費用と, 資料でも, 資本を, 資格を, 質草は, 距離が, 身上に, 身代と, 身支度を, 軍を, 軍勢で, 返事を, 返答で, 途方も, 連續が, 進歩を, 遊び處天上にも, 運より, 道具は, 道具立てが, 選手が, 邸地赤穂にも, 部屋を, 都会で, 重圧の, 野に, 金で, 金貨を, 銀と, 銃後の, 鐘なら, 長い報告, 長い数字, 長文の, 長蔵観が, 閑が, 間に合うん, 関係では, 関門を, 陰険な, 雅量は, 電車が, 露払いの, 面ぶれ, 音物を, 順序と, 頭の, 頭数は, 額には, 顔かたちが, 願と, 類似で, 食糧が, 飯を, 首でしか, 馬が, 騒ぎにも, 騒ぎを, 騒動を, 騷ぎは, 骨を, 高値に, 黄金は

▼ これでは~ (1759, 1.0%)

45 ならぬと 27 いけないと 24 手の 14 いけない 10 仕方が, 駄目だ 8 何の, 困ると 7 ならないと 6 困る 5 いつまで

4 [13件] あまり寒々, いかぬと, いかんと, いけないの, ないかと, 困るから, 如何に, 手も, 折角の, 生きて, 自分が, 自分の, 話が

3 [19件] さすがの, しかたが, とても善い, どうだ, どうにも, どうにも手, どちらが, ない, ならんと, なるほど, 今日も, 仕様が, 何でも, 僕が, 幕府の, 日本の, 果てしが, 私の, 誰の

2 [74件] あまり大き, あんまりだ, いくら何, いけないといふ, おれの, お勢, お村, お蓮様, きりが, しようが, せっかくの, たまらない, たまらないと, だめだ, だめな, とてもやりきれない, どう, どうした, どうにも仕方, どう見, ないか, ならじ, ならぬ, ならん, まだ不十分, まだ恐らく比喩, まづい, まるでこの, まるでその, まるでわれ, 一年級位の, 不可ない, 今まで, 他の, 何も, 何時か, 俺の, 僕の, 兄の, 先生が, 全く解りません, 冬籠り, 冷える訳, 勝負に, 取付く島, 嘘では, 国民は, 女が, 嫁の, 容易に, 小説に, 少しも, 少し兎, 息が, 恰で, 悪いの, 成らぬと, 気の, 源吉と, 無理だ, 私は, 秋の, 立つ瀬が, 立てませんネ, 約束が, 紹介状ドコロの, 花も, 説明が, 説明されない, 誰でも, 誰にも, 際限が, 食えない, 鳥の

1 [1338件 抜粋] あいそを, あたかも関東, あつけない, あの目細君, あべこべで, あまりに人間, あまりに片方, あまり生, あまり種属が, ありません, あわよくば綱, あんまり枕木, いいもの, いかな, いかなる策, いかな太閤様, いかな英雄, いかにもひど, いかに伝六, いかに女, いかんから, いかん絶対, いくら平ら, いくら町民, いくら老父, いけないぐらいの, いけないそれ, いけないひとつ, いけない多年, いけまい, いたるところ, いつまでも, いなやは, いまここへ, いよいよどっち, いよいよ増長, いよいよ無事, いわゆる舞台俳優志望者, うっかりし, うまい牛肉料理, おさまらんつもり, おまえには, お互いの, お前は, お寺参り, お日さま, かえって逆, かたつむりか, くわしいの, ここで, この女, この新しい, こんども, ございませんか, さすがに, さぞ困るであろう, しごと, しょが, すくなすぎます, すりの, せっかく蟻田博士, そうでしょう, その子, たしかに馬鹿, たとい水, たぶん君, たまらないだろう, たまらなくなる, たまりません, だしが, だれも, ちと気焔, ちょっとひど, つかないはず, てむかうこと, とうてい勝負, とうてい将来, とてもあたるまい, とてもお勝手, とてもここ, とてもつきぬける, とても今夜, とても吉岡拳法, とても敵, とても生き, とても結婚, とても記憶, とても頬, どうしても山地, どうしてスキー, どうせ, どうにも仕, どうにも評論, どうもたまらない, どうも仕様, どうも案, どこにも, どっちへ, どむならんわい, どんなに秀, どんなカラクリ, どんな忍び, ないほう, なか, なかなか埒, なくつて, ならないどうして, ならぬ二兎, なんとし, なんの, ひょっとする, ぼうしの, まじめな, また皆, まだいけない, まだまだ小さい, まだ信用, まだ少し冷たい, まだ形容, まだ死ぬ, まだ血祭, まつたく人間らしい, まるっきり化かされた, まるでお人好し, まるでじ, まるでひとりごと, まるでわたしたち, まるでロビンソン, まるで二十年前, まるで他人, まるで冬, まるで反対, まるで喧嘩, まるで大道, まるで嫐, まるで字, まるで支那, まるで歯, まるで気ちがい, まるで無, まるで私, まるで詐欺師, まるで逆, まるで風呂屋, みずから手がかりの, もうだめ, もうもうとても, もうピエロ, もう今, もう右門, もう往生, もう源氏, もう話, もう逃げ, もしかする, やがてたいへんな, やはり正面, やはり風邪, よい茶, よくない, よほどの, わかるまいが, われわれ美食家を, オニも, ガチョウの, ゴロが, シナの, ジャーナリズムが, セリファンが, タカでさえも, トリコニーが, ニュートンの, ハリッチの, ベルリンの, マチアが, リーズの, 一向得心, 一手専売の, 一族みなごろしで, 一等国日本の, 三代目か, 三四十人の, 下僚と, 不充分な, 不思議と, 不自然でなく, 世の中に, 中には, 中尊寺の, 丸で, 主婦に, 乙が, 事実もう, 二人の, 二虎競食の, 京都の, 人に, 人体の, 人間の, 仁王の, 今夜一晩ゆっくり, 今日は, 仕事は, 仕方ない, 仰いで, 伝兵衛でなく, 伯爵が, 低過ぎる, 何だかこの, 何と, 何もかも判っ, 何んの, 何分にも, 何様あっ, 余り優待せられる, 余り少ない, 作品批評と, 作者よりも, 俊夫君の, 俺が, 働ける筈, 儒者先生たちの, 先生の, 先輩知己の, 全き, 全く予期, 全く別物, 全く役に立たない, 全く話, 全然お客様, 八五郎と, 六十万石に, 兵書に, 内藤が, 冒頭の, 凍結によって, 判じ絵だ, 到底フランク, 到底実力, 到底被害調査, 到底詳しい, 前途遼遠だ, 動物園とは, 勝手もとから, 北京を, 午後は, 半さまにも, 卑屈にしか, 却, 却って充分, 参る海, 友だちの, 双方どちらも, 取り付く島, 句に, 可哀想にも, 合言葉が, 名のって, 向うに, 吸血鬼事件の, 周子と, 味方の, 和寇以上であり, 唯今の, 商売に, 問題が, 嘸混み, 四五町先も, 困るだらうお前さん先, 困るので, 国中が, 国語調査会が, 土地所有を, 埒が, 堂々たる白昼戦, 変って, 夏季豪雨の, 外に, 多すぎます, 多過ぎます, 大きな工業, 大凶作, 大根という, 大通りを, 天下万民も, 天道様に対して, 太平廣記と, 奥様の, 女房が, 女飢饉から, 妖怪変化なら, 妹菊めの, 始まらない, 婚家とも, 孔子の, 存立の, 安心し, 実際仕方, 客が, 宥免状を, 家庭が, 宿の, 寇準の, 寺泊へ, 将校が, 尋常の, 小児などに, 小説などで, 少々矛盾, 少しくらい, 少し剽軽, 少し薄着, 尾垣大将の, 山を, 工夫にも, 帰れない帰ること, 平安朝時代藤原氏全盛の, 平次でも, 幽霊だ, 店の, 廻り遠い, 当然だ, 彼ら端公役の, 彼等と, 後世足利家に, 得体の, 御婚礼, 御用きき, 復旧は, 心が, 急に, 悪いこと, 悪かった, 意味を, 慰めに, 懐中欠乏とは, 成らんと, 我々の, 戦争に, 手が, 手品師の, 折角, 折角早く, 捜索の, 摘まみ消されそう, 支店の, 政情の, 敵に, 文化指導者の, 料理の, 旅に, 旅立ちの, 日光消毒に, 日本は, 日本本国からの, 旱の, 明治時代明治以前の, 春木少年にとって, 暑くて, 暫く騒ぐ, 更に自然界, 月人が, 朝夕が, 木曾の, 本すじ, 本当に危, 本質的には, 来年は, 東京に, 東坡先生も, 果ても, 格別山桜の, 業を, 檀君も, 欺かうとして, 歌舞妓芝居が, 正しく朝敵, 武家も, 歩く気, 歩けやあ, 殺人事件は, 母に, 毎日日曜, 水の, 水掛け論に, 永久に, 汽船は, 派手かしら, 浴場美術では, 済まぬも, 満足しない, 潤一郎と, 火なし, 無垢な, 無茶苦茶な, 燻ぶる, 物の, 犠牲者は, 狭すぎるでしょう, 玉の, 玩具の, 生きること, 生地も, 生甲斐が, 申しわけが, 画中から, 畏敬どころで, 白米禁止の, 百成綾子も, 皆目見当, 目が, 直観に, 相模武蔵などは, 真暗な, 着物が, 矢張狂人な, 碌な, 神尾も, 私たる者も, 私はた, 稍, 突けない, 立派な, 米国百貨店の, 素人と, 結婚後不便だらう, 絵を, 纏まらない中, 罪に, 羽が, 考えざるを, 耕作者の, 職人も, 脂肪が, 腕力が, 自分で, 自分は, 自動車を, 自由平明少し, 花が, 芸が, 草木も, 著述を, 蒔く人, 蟹も, 行く末の, 行乞の, 表の, 西欧諸国にも, 見やぶられる気づかいは, 見覚えて, 覚束ない, 観客は, 観菊の, 訪ねずとも, 試験も, 詩人が, 話に, 語呂が, 読者は, 諦めかねた, 豊かに, 財布に, 貴殿拙者を, 足りない, 足りないで, 身を, 輪講や, 近づき得まい, 追う者, 逃げるにも, 逃れる道, 逆の, 通用しない, 道も, 遠くまでは, 酒の, 酒も, 金子洋文氏作, 長く歩い, 長持ちは, 間もなく会談, 隣人という, 雪の, 雷獣も, 露天の, 非常に, 革命などは, 頭から, 顔が, 食えんから, 飲めたもの, 餘り, 駄目である, 駄目な, 高い山, 鬼同士が, 魚は, 黒旋風も, 黙ってばかり

▼ これほど~ (1694, 0.9%)

15 確かな 12 では 11 立派な 8 危険な, 多くの 7 明瞭に, 結構な 6 確な, 都合の 5 安全な, 完全な, 熱心に, 自然な, 頼んでも

4 [13件] 事を, 人に, 便利な, 力を, 大切な, 完全に, 巧みに, 心を, 愉快な, 滑稽な, 美しいもの, 自分の, 骨を

3 [28件] お願いし, りっぱな, 不愉快な, 不自然な, 世話に, 云っても, 人の, 人間の, 厳重に, 大きなもの, 大規模, 巧妙な, 悲しいこと, 意外な, 愛して, 探しても, 明白な, 明白に, 有名に, 用心を, 申上げ, 痛快な, 興味ある, 苦痛な, 違う, 邪慳の, 頭を, 顕著な

2 [122件] いって, お願, けっこうな, しつこくは, たくさんの, たしかな, たよりない, つまらないもの, つらいこと, でも, なこと, な刀, な相違, はっきりし, はっきりした, ひねくれたエゴイズム, みごとに, ツレない, メチャ, 万事に, 下等な, 不合理な, 不思議な, 不振の, 世の中に, 世間を, 人情に, 仕よき, 判明に, 力みは, 功徳な, 努力した, 効果的な, 単純な, 厄介な, 叮嚀な, 叮嚀に, 国家にとって, 執念深く自分, 堂々と, 堂に, 堅く進ん, 堕落し, 多数の, 多様な, 多量の, 大がかりな, 大きいもの, 奇妙な, 嬉しい事, 岸本は, 幸福な, 彼が, 彼の, 彼は, 彼女の, 念を, 思いどおり素直, 悲惨な, 惨酷, 愛を, 手ひどい事, 手を, 手入れした, 明らかな, 明らかに, 明確な, 易い事, 時間を, 有利な, 有難い, 気味の, 沢山の, 深刻な, 無意味な, 熱心で, 熱烈に, 父の, 物質化され, 生命の, 申し上げても, 疵が, 痛切に, 皮肉な, 目出たい, 相対的な, 真面目な, 研究が, 立派な果し, 立派に, 端的に, 笑ったこと, 簡単な, 精巧な, 素朴であり, 綺麗な, 美しい女形, 美しい娘, 美しくは, 美味な, 苦に, 苦労し, 見事に, 親切に, 親身に, 言うても, 詰らねえこと, 適切に, 適当な, 重大な, 露骨な, 露骨に, 非人間的, 頭の, 頼りに, 顕著に, 馬鹿げたこと, 馬鹿で, 高貴な, 魅力を, 鮮かに, 鮮明に

1 [1209件 抜粋] あきらかな, あさましいもの, あなたが, あの女, ありがたい幸福, あるまじ, ある婿, あわてた顔色, いいこと, いうても, いささかな, いとしいと, いやな, うつくしい機会, うららかには, うれしいこと, おとなしいの, おどろくべくそして, おもしろくない, お吉, お座の, お誂え, お願いを, かわいい子供, きびしい御, きれいな, けちな, こたえるもの, ごうごうと湧き起る, さがして, さびしくは, しおらしいもの, しっかりと, しんけ, すくみ上つて, すてきな, ぜいたくな, そなた, そばに, たくさんに, たくみに, たのもしいこと, たやすく繁殖, だという, ちかごろ癪, つまらないこと, つよく根, でよかろ, どっさりある, なお味方, なの, なら朝茶の子, な中, な儀礼, な大典, な安, な建築, な恩師, な戦, な智謀, な田沼, な目, な空気, な良心, な距離, な馬数, はげしいあられ, はっきりいっ, はっきり現れ, ばかばかしいこと, ばかばかしく外聞, ひどいもの, ひどい忘恩, ひどくされる, ひどく怒つた, ぴつたりこやうとは思ひ, ふざけた奴, ふしぎな, まざまざと, また困難, また落し, みごとな, みずからの, むつまじく打解け, もろくできる, やっても, よい犠牲, よく, よく似合, よく私, よわりいたわられて, わかりきったこと, わしが, われわれの, エライ人は, センスの, デケエ川じゃ, ヌケヌケし, バカとは, ブルジョアが, ロマンチックに, 一の宮へ, 一方に, 一生懸命に, 一般的に, 万国交際の, 上手に, 下劣な, 不仕合せに, 不安に, 不平等, 不快な, 不確かな, 不見識な, 世に至難, 世智辛く, 世間に, 事件当時のみ, 云うても, 交通整理に, 京都に, 人口増加に, 人間に, 人間らしくて, 今この, 仕合せな, 似た人間, 低くも, 佐竹君を, 何でも, 作中人物が, 侮辱を, 信頼され, 俺が, 俺や, 偉いもの, 健全な, 偶然な, 傷ましくも深刻, 僕を, 優しくし, 儼然として, 入組んだ道具立, 全的な, 公式的な, 再び世間, 冷淡な, 凄い殺人, 凄惨な死に, 出すといふ, 分別ざかりの, 切な, 切実な, 別れて, 割に, 励ましわけ, 労力を, 勉強を, 勝れた人物, 勝負の, 南国的な, 単純で, 博士が, 厭らしい, 厳格に, 反動の, 反感を, 口惜しかつ, 可愛がった, 名高い人, 君主に対して, 周密な, 哀れな, 問題の, 嘘の, 困つた病, 地球の, 執着する, 堅固な, 塾生たちが, 壮麗幽, 変った景色, 変な, 外国の, 多く演奏, 多数な, 大きくなったむす, 大きくは, 大きく美しくそして, 大きな仕事, 大きな問題, 大きな怪人物, 大きな打撃, 大きな眼, 大きな誘惑物, 大事の, 大切に, 大胆不敵な, 天上地下とは, 奇怪な取りあわせ, 女の, 好い方法, 好い道, 好く思っ, 好意的に, 妙な, 始末の, 嫌わるる鼠, 孤独で, 安心な, 完璧に, 宗教芸術としての, 実証的な, 容易に, 密接な, 寐入つた自分の, 寛大な, 専門家の, 小さかねえです, 小鳥は, 山岳とか, 巧みな, 希いを, 平和と, 幽寂の, 広々と, 度胸の, 強いもの, 強い効果, 強かろう, 強く打つ, 強大な, 強行し, 当り前な, 彫刻的である, 彼女を, 御坐り, 御迷惑, 御馳走が, 微細に, 徹底的だ, 心から怒ったらしい, 心強いこと, 必要な, 忍耐強い, 忘れ切ること, 念に, 念入りに, 怖しい, 怖れよう, 思いきって, 思い切った稚気, 思って, 怪異な, 恋しあう, 恐しい魅力, 恐るべき事, 恐ろしい敵, 悪い影響, 悪太郎の, 悲しむふう, 悲哀に, 悲惨であった, 情けを, 想起しなけれ, 愉快で, 愉悦の, 愚かしいこと, 愛し合, 愛する心, 感服する, 慎重で, 憂欝, 我を, 手の, 手垢さえ, 手押車を, 手落ちなく, 手際よく, 折檻を, 抵抗の, 拙ない, 捉えこれ程, 揃いも, 攘夷の, 效果の, 数多くの, 整調った, 文人の, 新らしい, 既成の, 日本を, 旨いもの, 旨い物, 早く駆けさせた, 明白なる, 晩く, 普通の, 暢氣な, 有力な, 有名な, 有意義な, 有望な, 材料として, 東洋的な, 根本的な, 森林の, 極端でない, 楽しんで, 楽み, 機械や, 欣快至極で, 正しく見える, 残忍で, 残虐な, 殺風景な, 毎日医者の, 気が, 気に入った女, 気分に, 気楽な, 気遣われるもの, 沈着で, 泥くさいもの, 浄瑠璃に, 深いこれ, 深いもの, 深い当惑顔, 深い意味, 清々しくさ, 清浄を, 渋味の, 激しく, 烈しく濡れた, 無力で, 無力に, 無慾な, 無窮無限と, 無邪気には, 煩悶し, 熱愛を, 物が, 物寂しい場処, 特色の, 独得な, 狭い露路, 猛烈に, 率直に, 現代の, 瑣末な, 甘やかされた船員, 生かした作, 生意気に, 用心ぶ, 用意が, 男から, 異常な, 異様な, 病人にと, 痛切で, 癪に, 皴点を, 目に, 目立つ記録, 直截な, 相反する, 相許した, 真実な, 真摯な, 真正面から, 眼に, 矛盾を, 短気な, 確かに, 確実な, 礼節をも, 神に, 神経の, 秀麗なる, 私どもは, 私を, 秩序の, 空は, 空想的でなかった, 窮迫した, 簡に, 簡明率直に, 粗末な, 精巧で, 純潔の, 素早くこれ, 素晴らしい娘, 素直でない, 細かく捉, 組織立つて, 絶好な, 緊密な, 繁雑を, 罪跡が, 美くしい, 美しい愛, 美しくなろう, 美しく感じた, 美わしい, 美味しい事, 美術鑑賞の, 肉体を, 胸を, 自信を, 自分は, 自在に, 自由の, 至純なる, 興味を, 船頭は, 良好だった, 芸を, 若々しい心, 苦しきこと, 苦しくは, 苦しむの, 苦しめられた南京虫, 苦心する, 莫大な, 落胆すまい, 著しい相違, 著しく気分, 虚しくて, 行儀よく, 表面が, 裏の, 見じめ, 見聞の, 親しい間柄, 親しみにくい, 親切な, 角の, 言って, 言ひ, 設色を, 証拠が, 誂向きの, 誤った考え, 議論の, 豊かな, 豊富に, 貧しいの, 貴いもの, 買いあつめること, 赤裸々に, 越権至極な, 身を, 辛いこと, 農厚, 近くかつ, 近くに, 近く親く, 近しいこれ, 迷惑を, 退屈な, 連続的に, 道具幕が, 道楽な, 違うかと, 遠くに, 適した安息処, 適当した, 邪悪な, 酷烈な, 醜きもの, 重大問題を, 鋭く研ぎすまされた, 錆させたら, 長く考えね, 長老を, 陰鬱な, 隆盛を, 際立ったもの, 離れた場所, 雪と, 非芸術的, 面倒なる, 面白いこと, 面白い釣り, 頻繁に, 頼むもの, 頼り無い, 風変りで, 風流な, 飛躍した, 馬鹿げた話, 馳けずり廻らせ, 驚くべきこと, 骨の, 高い民衆芸術, 高尚な, 高性能を, 鮮かな, 鳴物が, 黒くなかつたら

▼ これより~ (1628, 0.9%)

32 外に 28 先き 27 して 26 ほかに 19 以上の 13 外には, 大なる 12 先に 10 他に 9 上の, 以上に, 前に, 後は 8 すぐに, 以上は 7 以前に, 後の 6 ほかの, 他には 4 さき, はなはだしきもの, 上へは, 先へ, 少し以前, 後に, 程遠からぬ

3 [13件] 先, 先この, 先は, 先へは, 先保は, 出づ, 前の, 奥へ, 引かれて, 生ずるところ, 確かな, 逍遙子が, 進んで

2 [67件] さきに, さらに乗車, すぐれたもの, ずっと前, その説明, のち此農夫家を, はっきりし, はなはだしきは, ひどい侮辱, ほかには, よくは, 一の, 一般に, 上に, 上へ, 下に, 下は, 中には, 二年目寛永三年九月六日主上二条の, 五分長く, 五日ばかりにて, 他木, 以上立ち入っ, 以下は, 何処へ, 余は, 先その, 先の, 先既に, 先私は, 別かる, 前にこそ, 北は, 南へ, 外の, 外は, 大きいの, 大きくは, 始まる, 學校へ, 安全なる, 宮の, 少しまえ, 少し前, 屡幸, 峠を, 後にも, 後も, 推して, 東に, 漸, 漸く繁く, 甚だしきは, 百花爛, 益, 相伝え, 知りて, 立派な, 舞技を, 行って, 諸国を, 起こる, 連れ帰る, 道理上その, 隣なる, 鯨の, 麗しい洞窟

1 [1169件 抜粋] あけやしませんよ, あとへ, ありがたい事, いいと, いい名前, いけないん, いずれへ, いづ, いやな, いよいよ事件, いよいよ大雪峰チーセ, いよいよ早く, いよいよ貧しく, うつくしくこれ, うれしいこと, おこるべし, おつれ, お前に, お待, お迎えに, かの帝政論派, きれいだ, この土師, この暴徒, この河原, ご城下, さきそも, さきぼく, さきアインシュタイン, さき一八二七年, さき両, さき二人, さき十四代将軍, さき外国, さき大倉桃郎, さき帝, さき彼女, さき政友会内閣, さき明治二十一, さき朦朧として, さき特に, さき聖武天皇, さき貿易公団では, さして, さらに車行九マイル, さらに進ん, すぐ海底, すれば, ずっと気味が悪い, その国策, その屋敷, その後有識者の, その秘法, その論, その隠れ家, ただちにいまわれわれ, ただちに道場, ちいさなもの, ちょっと日光, どうにも仕, なかつた, なほ輕し, ねる, のち出産あり, はるかに, ひと廻り, ひどい言葉, ほかは, ほぼ一時間, まかり出ずる, まさしく目的, まさに形, ますます進化, またチベット国, また畑, まだ堕落, むごたらしく殺しよう, めぐるべき三, もっとさびしい, もっともっと生命知らず, もっと大きな, もっと面白い, やつがれ十八番の, やや東, ゆたかなる, よきは, よろこぶべき事, わしと共に, わるい紙, アラハバードを, インド洋に, カーライル, グロモフの, セリフを, テームズ河口へ, ファラデーの, マラッカ海峡を, ロシアの, ロンドン市中まで, 一人ずつ, 一尺も, 一層微細, 一日一日の, 一目散に, 一身を, 一里ばかり, 万事店の, 三四年前に, 三里半, 上手が, 上記の, 下には, 下へ, 下合唱の, 不破の, 両三日, 両家の, 両犬義, 九日目を, 予は, 二三年前二葉亭の, 二時ばかりを, 五時を, 人の, 人穴城の, 他は, 以上すすむ, 以上或いは, 以上私達に, 以上通じない, 以前から, 以前二人の, 以前得三が, 以前検地の, 以前聖書は, 以外の, 以後何百年を通じて, 以後彼我の, 以来この, 伊沢氏桃花猫の, 休養だ, 低いであろう, 低きもの, 何町とか, 偉大で, 健康的である, 傍へ, 儒者の, 優る善き, 元治元年に, 先いずれの, 先いのじ, 先おきせ, 先ぐぢと, 先そこに, 先ま, 先シューマンが, 先スフィンクス等の, 先フレデリックは, 先一八六九年に, 先七兵衛は, 先三井家は, 先二つに, 先五百は, 先今宵の, 先代官屋敷からは, 先伝令一は, 先余過, 先優善が, 先刑事の, 先前妻鉄は, 先南渓子という, 先受爵の, 先地中海の, 先太閤は, 先妾の, 先子規居士は, 先寄手の, 先山本勘助晴幸は, 先師匠の, 先弘前から, 先彼等四人の, 先愛知県会の, 先感覺の, 先成善の, 先政府は, 先数年前英国サセックス州の, 先文明四年八月にも, 先早く, 先明治二十三年の, 先時の, 先榎本は, 先民衆詩人の, 先水戸の, 先浪人たちに, 先清川八郎は, 先狩谷, 先田中新兵衛の, 先病気であった, 先百二十余年前枕流王の, 先米国の, 先艮斎は, 先若井氏は, 先薩摩の, 先裸美の, 先貞観八年五月には, 先道庵の, 先遠, 先郷里の, 先開場の, 先黄成鎬は, 入ること二三歩, 八木の, 六波羅殿へ, 其心に, 再び名古屋, 凄じ, 出せねって, 出で, 出版書肆との, 出立ちまする, 分かれたるもの, 分居, 別るる, 前にも, 前一五六四年死, 前九条兼実は, 前太孫の, 前姿見を, 前弘化三年三月父正武氏の, 前湯屋の, 前相貌堂々として, 力を, 勉強の, 勝りたるは, 化けようが, 北へ, 北穂高に, 十マイルを, 十五年後の, 十分間休憩, 十年前の, 千島に, 千葉姓と, 卑しい下, 南四五十里は, 博物館に, 去りしほれ花, 古いという, 古市へ, 右方には, 各論に, 吉野の, 名誉な, 吾, 善き世界, 四方へ, 因果相続の, 国境を, 土浦に, 城を, 城中へ, 壬生へ, 多いか, 多うございます, 多くても, 多助の, 夜を, 大いに改むべきである, 大きく毎秒, 大きなハヤ, 大け, 大事件, 大潮に, 大論文, 奥には, 奧には, 妾の, 始まりて, 姫は, 学校へ, 学者を, 學ばむとする教訓, 安かりし, 安全な, 安田銀行に, 宗門の, 宴会を, 容易に, 寝所に, 寺に, 小さい, 小さい世界, 小さくは, 小さな渦巻, 少々まだ心残り, 少い場合, 少しく短見的, 少し後, 尤な, 尾州名古屋へ, 山の, 山を, 山中に, 山緩, 山道に, 岡崎への, 左折暫時小柴と, 巽の, 帝優游自適居然として, 帰寓し, 幕命を, 幽霊論そのものを, 幾層倍悪い, 庄兵衞の, 延い, 引き続き種々, 引返して, 強きもの, 当り前に, 当夜七時発の, 彼処へ, 後, 後であろう, 後もし, 後われは, 後十月七日跡始末の, 後山陽は, 後我, 後我を, 後茶山, 得るところ, 御亭主, 御礼の, 心中に, 快なる, 急に, 急速な, 恐ろしいこれ, 悪いこと, 悪かったら, 悪行面白く, 愈々この, 愈々本論, 慰藉の, 成る物, 我々は, 我に, 手に, 投壺の, 拔きたる, 採らる, 推理する, 支那の, 数年も, 数日復た, 數寄屋橋御門へも, 旅装を, 日本国中の, 早く我, 旬日の, 時々刻々汽船帆舟を, 曩四年の, 更に大きな, 更に奥深く, 替りて, 最急行, 朗らに, 木曾路に, 本校で, 本題に, 東は, 東方の, 栃内の, 櫂に, 正確なる, 段々に, 民間風潮の, 気強くならん, 永く彼女, 汝南の, 河口を, 沸かんと, 洋画を, 海女の, 海津の, 深かりし, 深く希望, 清朝一代を通じて, 減ずること, 漸く佳境, 激しくない, 火星へ, 烈しき言, 無い, 熱心に, 熱田路へ, 燦なる, 物理的妖怪に, 独行し, 猿の, 甚しきは, 生き過ぎては, 生ずべしと, 生ぜりと, 生る, 用意の, 発する燐化水素, 登りましても, 登山の, 白牡丹も, 百歩がほどなりと, 益々發展, 直ちに, 直ちに僕, 直ちに播州, 直に北, 直航し, 真怪, 石田堤に, 神の, 福沢に, 移民収容場を, 種々の, 穿って, 立ちますので, 立山を, 竹の子勝負, 筥崎, 紀州高野播磨大山寺伯耆の, 約三十年, 約四百年前, 繃帯に, 美しいとかと, 羽生領, 聊か海上, 聖者レザール氏を, 胸の, 自動車を, 至極な, 船員の, 花々しい軍, 苦き罰, 萌せるなら, 落ちるなり, 落着きようも, 藩財政の, 衆は, 行きて, 行路難い, 製造の, 西利根水源に, 西杉窪の, 見て, 見れば, 試みんと, 詳細な, 談話一転し, 諸君が, 貧しい者, 貴い唄, 起これり, 起つたとして, 起るべし, 越した事, 足かけ三年前正元, 身体痛み, 軽い薄手, 述ぶる, 追, 退くもの, 進むこと, 遅々として, 遊興を, 道は, 遠くの, 遠ざかりて, 郡人仏事を, 重かつ, 重く秋水, 野山大いに, 金庫を, 銀座松坂屋の, 長いもの, 長く地, 長じ, 門口へ, 関東全く, 陳曹操の, 雑誌発行所に, 静かな, 音楽会, 須原驛に, 類推し, 駒を, 高いところ, 高きもの, 高嶺に, 魅力の, 鼻糞ほど

▼ これだけ~ (1620, 0.9%)

166 では 46 あれば, です 29 である 2316 云って 15 ならば 11 であった, でございます, なの, 書いて 10 いえば, 持って, 言って 8 いって 7 いうと, だった, でした 6 だが, だと, であります, なん, 聞けば, 言っても, 證據が 5 ある, であるが, 云えば, 念入りに, 立派な, 言えば, 言ふ

4 [16件] ありや, して, そろえば, ぢや, でいい, ですが, ですよ, やるから, 借りて, 書くの, 本を, 申せば, 聞くと, 言うの, 言った, 話して

3 [28件] あつたら, いっても, いれば, たくさんの, だよ, でお, でこの, ですか, ですね, ならまだ, なら別に, 云ふ, 厳重に, 取って, 手を, 拾って, 材料が, 条件が, 残って, 考えて, 聞いたの, 聞いて, 聞かして, 見て, 証拠が, 話せば, 説明し, 集めるのに

2 [87件] あったら当分, ありますと, あるから, あると, あるの, いうの, いった, おくれ, お話を, ござります, さしあげて, であと, でこんな, でございました, ですわ, でよい, で御座います, ひき離して, や, やって, やれば, 云うと, 云った, 云っても, 亡びて, 何の, 僕が, 充実した, 入るん, 出せば, 切ると, 判ると, 力任せに, 取つと, 多くの, 大勢の, 怪物の, 恐ろしく拙い, 恥を, 戴きます, 所蔵し, 探して, 探しても, 教えて, 教へて, 斬り下げるの, 斬れるわけ, 明らかな, 時間が, 曲者に, 書くだけでも, 歌つた, 深傷, 物事が, 特性を, 用心を, 申上げ, 申上げれ, 真剣に, 続いて, 綺麗に, 緩慢に, 置いて, 考えても, 自分の, 苦労を, 見ても, 言うと, 言うのに, 言つ, 言ひきる, 評判が, 話の, 説明すれ, 読めば, 読んでも, 調べて, 調べると, 豊富に, 資本が, 酷いめ, 集まれば, 集めて, 集めるの, 頂戴いたし, 頼んで, 顛倒する

1 [777件 抜粋] あずかって, あたしの, あたたかい悦び, あったらちょっと, あったら何年, あったら女子供, あったら譲って, あどうも, あなたに, あります, ありゃどんな, ありゃア今月一杯, ありゃ大福餅, ありやどんな, あるし頭, あるです, ある首, あれぁたくさんさ, いいもの, いうても, いうもの, いただいて, いただきましょう, いちどきに失業者, いったぎりであった, いったのに, いったらあと, いつた, いつもこれ, いて, いる鎌倉武士, いろいろな, おおぜ, おからだ, おしゃべりを, おせい様, おとなの, お使い, お受けなすつ, お客が, お手許, お渡し, お父様, お話ししたら, お話した, お返し申しましょう, お金あげます, お預かり申しました, お預り, お願いする, かさばった証明, かしこそうな, かね, がんばって, きりない, きり云えません, くれるなら一層, こしらえたの, こちらさんに, これだけ, これでは, これを, こわさなければ, しけゃ知らない, しげって, しゃべれば, じゃ, すてずに, ずぼしを, そろって, たのしむ, ためあげたと, だある, だおまけ, だこれ, だつたの, だらう, だ柏屋, ちゃんときめたあったら, ちょっと植えさせ, ぢやあ, つきあふ御, つき合った間, つづく, であったが, であと半分, でありますが, であると, であろう, であろうと, でおっ, でかの, でこれ, でございましたとにかく, でござる, でさえ, ですけれど, ですと, ですの, でそこ, でその後, でないこと, でなお, でなかった富士男, でなん, でね, でひとつ, でまた, でわれわれ, でタクサン, で人間, で商売, で大概, で帳場, で彼, で感謝, で次回, で菊ちゃん, で言うこと, で赦して, で跡, とぎれた間, なので, なもの, ならさして, ならその, なら出しても, なら判って, なら少, なら彼ら, なら皇室, ねばるの, のけいず買い, のむと, のめば, のりものを, はかれの, はっきり云う, はやりたいん, ぶたれて, ほめられると, また預っ, まともに, みて, みんな買っ, むごたらしい殺し場, もてば, もろうて, やってきたぞ, やるには, やるべ, やれァ, やろう, よく保った, よく働いた, らしい口調, りっぱな, わかりゃたくさん, わたしの, ゐるん, サ, スラスラと, ハコに, ボクが, ミンナ蒟蒻をば, メンミツな, 一寸がっかり, 一心になる, 一息に, 七人必ず, 上げますが, 上昇する, 不細工な, 世界じゅうの, 世間を, 予備知識が, 事柄が, 云いかけた時, 云いたいばかり, 云ったきりあと幾度, 云ったばかり, 云った乳母, 云った敬太郎, 云つた, 云ふと, 云へば, 交通が, 人体に, 人数が, 人間を, 人類の, 仏の, 仕上げなければという, 他の, 付け焼刃の, 以上には, 伝えるには, 何處を, 借りるよ, 働けるん, 優れた絵, 充分に, 入れ, 全力を, 公に, 典雅に, 出して, 出たん, 出力が, 出来れば, 刃物を, 分ったという, 切って, 判ったら私, 判りゃ下手人, 判りや, 力める位, 力を, 効果的な, 効果的に, 勉強を, 勘の, 勝手に, 区分し, 十分な, 印刷文明が, 危險な, 厚い金属の, 参ると, 取つて, 取つとき, 取られるの, 受けるの, 受取ったの, 受取つて來た, 口を, 召上れ, 向日葵が, 商売熱心の, 問うた, 嘘も, 固まって, 国民の, 増俸した, 壊すには, 売りゃ大, 売り込んで, 売れば, 外部的な, 多勢居る, 多数の, 多額の, 大きな空気孔, 大きな篝火, 大じ, 大仕掛, 大切に, 大胆に, 太いもの, 失業し, 好遇, 嫌われれば, 宙で, 少くなつた, 尽して, 居ると, 居れば, 嵩ばった, 巧妙に, 常連が, 広く弘, 建てたと, 引き出せば, 引けば, 強い日射, 当り前すぎる, 微妙な, 徹底的に, 応用出来た, 思い当らせれば, 思って, 怪異の, 恃める, 恥や, 恨み憤つて, 情況証拠が, 想像させる, 憶えて, 我慢すれ, 戴せる, 手の, 手柄を, 手離せ, 打ち明けたらモウ, 打って, 批判され, 拓いたといふ, 拜借します, 拝借し, 拝見すれ, 拾つて行ける, 持つて, 持てましたね, 指きりした, 捕って, 掴まれ又, 揃うと, 揃えて, 揃って, 揃ってれば, 描いても, 描けるならもっと, 損傷が, 搜し, 改良せられ, 政子さんが, 教わって, 整って, 整然と合理的, 斬られると, 斬るの, 日本が, 日本と, 昔より, 暮し又, 書いたこんな, 書いたの, 書いたもの, 書きとめる, 書きました, 書くため, 書く間, 書けば, 根を, 案内者を, 歌い終えたらしんかん, 歩いても, 残して, 残してを, 殘つたから, 母さんが, 気に, 気に入って, 気を, 注意し, 洗い上げて, 深いわけ, 深い犠牲, 深く正しく理解, 満員なら, 為上げれ, 無理を, 犠牲者を, 現代女性の, 理を, 用意が, 由紀子は, 申しましたの, 申します, 申し上げたら親分, 申し上げて, 申し上げれば, 申上げたら, 男女関係の, 痛烈な, 百滴吸ったらなくなるでしょう, 皆な聴かし, 皆食べたら, 目印し, 真面目だ, 眼が, 知っても, 知らぬ, 知性ある, 研究し, 確言する, 私は, 種類を, 稲の, 立派に, 答えた, 答えると, 精巧な, 精細な, 素敵な, 經濟を, 総力を, 緑鬼どもが, 繁昌する, 繰出せる, 美しい弧線, 美しくなる, 美しければ, 考へが, 考へて, 耕して, 耳に, 聞いたところ, 聞いても, 聞き出すにも, 聴けば, 聽け, 腕を, 自分に, 興味を, 興奮する, 苦しめたらもうじゅうぶん, 苦労し, 草が, 落ちて, 藁が, 虎の, 血が, 行ったので, 表情の, 装飾を, 複雑な, 褒賞が, 見せれば, 見たって, 見とどけましたので, 見りゃもう, 見れば, 見定めた所, 親しみの, 観客に, 言いました, 言うこと, 言う通り, 言ったらおおよそ, 言ったらなんとか, 言ったら大将, 言ったら思い当るところ, 言つた, 言つたら, 言つて唇を, 言つて相原夫人は, 言ひかけた, 言わせれば, 訊いて, 訊き出すん, 訊ねました, 訴える, 証拠の, 詰めこんで, 話すの, 話を, 語って, 語学の, 説明したら, 説明する, 調べ上げました, 請け合つたに, 證據の, 讀んで, 貞世から, 責め道具の, 貯めるにゃ, 貰えるん, 貰って, 賄賂が, 距離の, 身装を, 込入ったかつ, 述べるにも, 送ると, 逃げ廻るの, 進んだこと, 進行し, 達者な, 違う, 遣るの, 重要な, 長いあいだ, 長い文章, 長文の, 附け燒刃, 降っちゃ, 陛下に, 隆々と, 集ったが, 集つてゐる, 集まってる人, 集まる筈, 集注した, 静かに, 静岡で, 順序よく揃っ, 預けて, 頭数を, 顔を, 食ったら, 食われては, 飲みます, 飲んでも, 飼い馴らして, 騒いで, 高い雰囲気, 鮮やかに, 鮮やかにや

▼ これ~ (1387, 0.7%)

52 の人々 37 のもの 34 のこと 18 の諸 10 の事, の問題, の言葉, はすべて 8 の事実, の人 7 の作品, の作家, の性質, の論文 6 のすべて, の中 5 の事情, の店, の概念, の点, の科学, の詩, の部屋

4 [14件] の, の事柄, の事業, の動物, の区別, の品, の品物, の子供達, の小, の手紙, の文字, の文学, の頁, 諸概念

3 [24件] の人達, の仕事, の作, の宝物, の寺院, の山, の島, の新しき, の本, の歌, の現象, の異, の結果, の花, の要素, の記録, の語, の貧しい, の青年, は, はこの, は全く, は皆, は私

2 [90件] が皆, に對, のあらゆる, のある, のお守, の三個, の不幸, の丘, の人物, の会話, の光景, の制度, の区劃, の原因, の句, の各種, の名前, の団体, の土地, の地下, の地方, の場所, の多く, の家, の対比, の小さな, の小舎, の小説, の屋根, の崖, の帯, の広告, の序説, の建物, の思想家, の怪物, の意識, の批評, の文章, の新, の新聞, の方法, の時期, の条件, の板, の構造, の死者, の犯罪的天才, の生物, の男女, の眺望, の知識, の石塔, の研究, の符牒, の管, の箱, の範疇, の結合, の絵, の美しい, の考, の芸妓たち, の芸術, の若い, の荷物, の著述, の衝動, の表現, の評家, の課目, の論理, の論者, の諸君, の貝, の趣味, の過程, の類似, の食物, の魚, はその, はただ, は何, は何れ, は恐らく, は時に, も打撃, を彼, を研究, を見

1 [807件 抜粋] から霊感, がすでに, がはっきり, が何千, が元就, が利いた, が大, が大学, が小さな, が最も, が東京, が発達, が見える, が陶器中, とはまるで, とは別種, と成分, と戦った, についていふ, については後, については私たち, にはほんの, に劣る, に対して私, に我慢, に手, に最も, に比べる, に番号, に要する, に見向きしない, のお, のかも, のことごと, のごみ排泄物, のさまざま, のほか, のものすべて皆, のアプリオリ, のガクモン, のバクテリア, のバラ, のルポルタージュ, のレベル, の一つ, の一群, の丁寧, の三人, の上, の下等動物, の不良少年, の不良少年少女, の主張, の事件, の二つ, の二律背反, の二本, の交った, の人人, の人員, の人気, の人間的感性, の仕切, の仮定, の件, の会見談, の例, の例外, の供物, の価格, の働く, の優しい, の元, の先輩, の八人, の公開講演, の内弟子, の内情, の写し, の冷血漢, の凡て, の分子, の利益, の労働者, の動物試験, の動静, の卓子, の博物館, の原理, の反, の反省, の古典, の古典詩, の同じ, の名目, の名称, の周囲, の和製詩派, の商人, の問答, の器械, の囚人達, の国, の国々, の土豪, の地下道, の地盤, の型, の基本動詞, の基礎的結果, の墓, の墓牌, の声, の売薬, の変化, の変装的陰謀者, の外, の夜曲, の大, の大学, の失業, の奇抜, の女, の妙, の妻君, の娘達, の婦人代議士, の子供等, の字, の季節, の学生達, の宗教画, の実行上, の家々, の家屋, の實施, の対立, の対話, の少く, の少年, の居酒屋, の属性, の履物, の山歩き, の山脈, の峰, の巖壁, の工作, の巨石, の常, の平和, の建物中, の建築物, の弱点, の強健, の当り前, の形式, の形相, の御作, の心やり, の心理的過程, の怖, の思ひ, の思想, の急, の怪談, の悪魔式鼻, の意匠, の意味, の意見, の感得, の感想, の我国, の扇, の批判, の批難, の持主, の探偵談, の支那人, の救助者, の教授宅, の教育家, の散文的, の数件, の数字, の文, の文人達, の文化組織, の文句, の断片的, の方, の方々, の日, の日本兵, の日本製品, の昆虫, の昔, の時間, の普通, の景, の暗い, の暗黒, の書, の會話, の月, の有無, の木, の本質的, の東洋語, の柱, の格言, の案内書, の梅, の棒, の構造物, の模様, の欲望, の欲深者, の歴史家, の死傷者, の段々, の母, の比島兵, の気分, の氷河, の氷雪, の決議, の汽船, の波濤, の洋食屋, の洞穴, の深窓内, の温泉, の準備的教課, の溪, の漁夫, の火鉢, の爲, の物, の物品, の物理教授, の物質, の特性, の特色, の犠牲, の犠牲そのもの, の現象的變化, の理論家達, の瑞々しい, の生きた, の生活的必要品, の生産機関, の男性, の男達, の番人, の発明, の登攀者, の發光菌, の百首, の目録, の真理, の真面目, の短刀, の石, の研究方法, の社, の社会理論, の祈願, の科学知識, の科学者達, の種々雑多, の稲叢, の立派, の竹, の答解, の箭筒, の簪, の粗末, の精神状態, の精緻, の精鋭, の系統, の紋章, の紙片, の索引, の細目, の統計, の綺羅, の罅, の罎, の群衆, の翻訳, の老大家達, の考へ, の者共, の聖賢, の自然条件, の自然的条件, の自由詩, の船舶, の色彩, の芸術家, の苦々しい, の荒い, の萱葺屋根, の葉, の藁製品, の處, の行商人, の補助機関, の裸体, の見, の見透し, の規定, の言辞, の記事, の試験, の詩句, の詩派, の説, の説教者, の論, の諸点, の謎, の豊富, の豐富, の象徴派, の買, の資格, の質問, の踊り場, の軒別, の近所, の通信, の連中, の運動合成, の運河, の達人, の遠方, の遠景, の適例, の部屋位陰欝, の重, の釘, の釜, の關連, の陶器, の随筆, の集配人, の雑草, の青少年時代, の非, の靴, の音楽, の領域, の顕著, の風物, の飲食店, の驚く, の驚くべき, の魚類, の黒い, の點, はいずれ, はいづれ, はことごとく, はごくざっと, はしょっ, はすべて彼, はすべて石, はすべて科學, はそれぞれ, はたいてい, はどれ, はまだ実際, はみな, はみな外国, はみな蕪村, はもちろん, はアメリカ輿論, はゲエテ, はフランス, は一セント, は一ドル, は一度, は一時, は丈夫, は中身, は二人, は互い違い, は五個, は今日, は他日野口記念館, は以下, は何とか, は假作的, は僕, は先祖, は其の, は冬, は前, は単に, は古典的, は吾, は四本, は垂直部, は多く, は大抵, は奇談, は孰, は実は, は家族, は将来, は屡々, は市有, は彼女, は往来, は微笑, は恐ろしく, は恵まれた, は感情, は我国, は支那, は日本語, は明, は昨夜, は最も, は月給いくら位, は村, は杜, は松, は歌, は正しく, は決して, は片手, は町, は皆向上前進, は皆埋葬場, は皆粗雑, は神道, は空瓶, は粗末, は紅白, は紹介, は絞殺, は背部, は製造, は要するに, は誠に, は贈物, は赤, は重, は開化, は顕著, は食料, は餘程豫備知識, は駄目, もまた, ももちろん, も十年後, も古い, も小数点以下無限, も矢張, も禹, も都会, やその他, より少しく, をまぜこぜ, をやいふ, を一向, を人手, を入れる, を労働服, を取扱っ, を單獨, を娯しみ終り, を我々, を打ちやっ, を故人, を次ぎ, を毀つ, を目的, を續, を聞かん, を蒐集, を見る, を親愛, を言い終る, を讀む, を足元, を部屋, を鑑識, を食わなかった, を鼈四郎, 及びこの, 及び他, 古驛, 殆ど悲劇的, 諸權威, 諸解決

▼ これまでの~ (1385, 0.7%)

64 ように 22 ことを 21 ような 20 日本の 15 自分の 13 ことは 11 私の 10 やうに 7 経験で 6 ところは, 生活の, 経験に 5 例で, 文学の, 生活が, 経過を 4 いろいろな, ものとは, 戯曲, 手紙で, 日本は, 生活は, 生涯に, 経験から

3 [26件] あなたの, いきさつから, ことが, ところでは, 事は, 事を, 二人の, 作品で, 作品の, 例に, 例を, 多くの, 履歴はと, 彼の, 旅に, 日本で, 日本には, 歴史が, 歴史の, 生涯を, 経験では, 自分に, 苦心も, 話を, 身と, 関係を

2 [64件] あらゆる場合, いきさつを, いつの, いろいろの, すべての, ところその, ところ俺の, ところ私と, ならわしに, ものに, やうな, やり方でも, やり方を, ゆくたて, ようには, 一切に, 不快な, 世の中の, 中で, 事情を, 何年間か, 何年間かの, 作品では, 作家が, 作家の, 作家は, 例では, 修行場の, 俸給の, 倍に, 偽りの, 凡ての, 分は, 力を, 地下の, 女の, 婦人作家の, 季節に, 彼女の, 悪事の, 文学で, 新劇団, 日本画が, 様に, 様子を, 生活から, 生活では, 生涯で, 生涯において, 疲れが, 経歴を, 経験でも, 縁と, 習慣で, 習慣に, 自分は, 苦労を, 行きがかりから, 説明で, 読書の, 通り美奈子に, 通説とは, 運命と, 阿闍利さま

1 [926件 抜粋] あいだに, あなた様は, あらましを, あらゆる驚異, ありよう, いきさつの, いっさいの, いつよりも, いらざる頭, いわばしきたり, うちに, うらみも, おびたゞしい, お前の, お話に, かえらない分, かたくるしい修養修養, かぼちゃは, きずなの, ことと, ことに, ことも, この男, ごとく幸福, ご恩, さまざまの, しきたりであった, しらべでは, すべてに, そなた, つづきで, では調子, とおり毎日遠方の, とおり自分の, ところで, ところを, ところ恰も, ところ私は, どこにおいても, どのすい星, どの仏菩薩, どの先生, どの天皇, どの御, どんなとき, ぶっきらぼうな, ぼやけた存在, ままの, もつれ水, ものです, ものより, やうで, やり口と, ゆきがかり上馬子たちは, ようで, ようでなかった, わが新劇, わたし達の, われわれの, アメリカ政府や, オランダ人の, キノ個人なし, ケイレキみたいな, ソヴェト文学は, テンポで, ドドには, ブルジョア的な, プロレタリア芸術理論を, 一二カ年間の, 一寸した, 一生に, 一生の, 万葉学者は, 不安心, 不自由な, 不首尾さし許すであろう, 世界に, 世界も, 世界文学の, 世界犯罪史の, 中産階級から, 九州は, 事も, 事件についての, 事柄を, 二倍に, 五十音図の, 交誼思う, 人々が, 人と, 人も, 人生において, 人生を, 人類は, 仕事と, 仕事には, 仕来りから, 伝統的の, 伝習が, 伸子の, 佐久間柴田などと, 何人かの, 何年かの, 作の, 作品, 作品が, 作品に, 作品的な, 作業を, 例が, 例としても, 修了者の, 修業も, 俺と, 候補者は, 偽瞞, 働きに, 僕の, 僧侶的な, 儒学は, 先生の, 全生活経験, 六十年に, 共和生活を, 内心の, 写真と, 処わずか, 出来である, 出来事は, 出版界は, 分を, 判断や, 刺繍の, 功績, 努力の, 労働者が, 勉強を, 勢いに, 化粧法を, 医学の, 十二三年の, 十幾年の, 十数年間を, 半分に, 卑しい生活, 協力を, 博士の, 厭味堪忍し, 友達としての, 反省は, 取次衆は, 古い家, 史上では, 史家の, 史説だ, 名前で, 君の, 君主の, 哲学であれ, 哲学では, 哲学的態度が, 商人の, 喜びを, 営利主義を, 四大が, 四箇章, 国家と, 国際的主題を, 城の, 場所で, 塾生の, 夏期の, 大きい作家, 大人の, 大小の, 大胆なやり, 天才の, 太平記や, 失敗と, 奥さまは, 奮闘生活が, 女先生, 好みも, 娘むす, 孤立しよう, 学校という, 学生生活が, 学者が, 学者や, 完全な, 宗教的な, 官僚的画一制度を, 定価に, 定賃金, 実験上ますます, 宮方の, 家は, 家庭生活が, 家族制度の, 対立を, 封建制の, 専門作家による, 小作料は, 小竹では, 小説を, 少年団は, 山の, 工場が, 巻中に, 席亭とは, 常識は, 平坦ならざる, 平静な, 年々に, 幾万の, 庇護を, 建武という, 弊を, 張りつめた心, 当てこすりや, 形での, 役者に, 役者みずからが, 彼とは, 彼女には, 後醍醐には, 御前には, 御寿命, 心外さを, 心持ちと, 心持は, 志保なら, 応対平に, 忠告を, 忠直卿は, 快楽には, 思想統制内容には, 怨敵も, 恩と, 悪政は, 悪業に, 悪評に, 悲しみが, 情愛から, 惨劇は, 惰性から, 愚かな, 感情では, 態度という, 態度を, 憤怒を, 我が輩, 戦いに, 戦争は, 戦後派を, 戯曲では, 戯曲の, 所はね, 所謂小説家と, 手口から, 手紙の, 手紙より, 扱いかたから, 抑圧は, 指南にも, 探偵小説に, 探検で, 探検の, 改造社版が, 政治に, 政治に対する, 教育が, 教育者も, 数々の, 数回の, 数年間を, 文の, 文化の, 文化を, 文壇的セクショナリズムの, 文士気質を, 文学が, 文学は, 文章で, 文芸は, 斎藤家加担を, 新劇といふ, 新劇には, 新劇の, 方々様の, 既成文学史と, 日本と, 日本において, 日本人には, 日本人民が, 日本文には, 日本映画の, 日本空軍の, 旧いリアリズム, 明治憲法に, 春一の, 時々刻々追い立てられ, 時間を, 普通の, 暦には, 書き方は, 書類の, 期待とは, 木ぐつの十倍も, 本に, 材料は, 東京の, 植民地関係を, 様々な, 次郎の, 歌舞伎狂言と, 歳時記に, 歴史に, 歴史を, 歴史家的判決は, 殆ど倍の, 殺人事件の, 民主主義の, 民衆生活を, 気儘な, 気持の, 永い永い年月, 沢山の, 河口慧海とは, 法王の, 泥だらけな, 活動の, 活動家の, 流浪生活で, 浦島に対する, 浪々生活の, 浮浪人の, 淡々として, 演劇雑誌は, 災難と, 無作法いや, 無禮, 無量の, 熱心さにも, 爆弾や, 物語文学には, 特長である, 狭い職業組合的, 現実を, 生き方という, 生命の, 生活について, 生活を, 生活方法を, 生活費だ, 生涯だ, 生物学者も, 画像石の, 疑問を, 疲れといふ, 發達は, 盟約などに, 監視ぶりは, 県会議員や, 真純, 着物では, 矛盾の, 短剣殺人には, 研究でも, 研究によって, 礼を, 社会で, 社会の, 祖母とは, 神との, 私たちには, 私たち日本人は, 私には, 私小説的手法では, 科学力に, 程度なら, 穴が, 空襲の, 竹内の, 算へ, 精神とは, 精米機では, 約束は, 純文学の, 純文学は, 累積には, 細かいこと, 経緯は, 経過は, 経験じゃあ, 経験による, 結婚という, 絵師の, 經過を, 縁だ, 縁は, 縁をば, 罪も, 美の, 美学では, 美学論では, 義理も, 習慣どおり二人は, 習慣の, 考えかたでは, 考えかたを, 職場を, 職業などを, 腹いせといふ, 自分が, 自分を, 自身の, 致し方は, 良い家庭生活, 良妻賢母主義の, 艱難辛苦で, 花前に, 芸術家から, 芸術理論を, 苦しい小説, 苦労が, 苦労も, 苦心が, 苦心水の泡と, 苦闘はなみたいてい, 苦難を, 落伍者と, 行きがかりにのみ, 行きがかりを, 行掛りを, 裁判官達は, 複数の, 要領の, 規模と, 親切は, 親密な, 解説振りが, 訊問にも, 記述の, 記録を, 評論は, 詞を, 詩業を, 詫びに, 話とは, 話の, 誇りとして, 調べでは, 調子には, 調査に, 諸生活, 象使いは, 貧乏暮しの, 貴族を, 赤字に, 足どりは, 路に, 身の上話を, 身を, 軍議にも, 軽薄な, 辛抱を, 辛苦お, 辛苦を, 近江八景が, 迷いから, 途中も, 通俗小説が, 運動で, 遍歴中ゆく, 過度の, 道中では, 道中探題方の, 道徳や, 遺伝学の, 酒煙草の, 鉱毒演説会が, 長いもの, 長い奉公, 長い封建的軍事的, 開塾式の, 間にも, 間を, 間糺問使を, 闊達らしい, 陰険醜悪な, 難航によって, 音であった, 音楽の, 風景に, 食費を, 養育の, 養育料として, 馴染以外相当, 鳥屋まかせ

▼ これでも~ (1382, 0.7%)

12 私は 10 ないと 9 武士の 7 ない, 昔は 5 あなたの, おれは, 君は, 持って, 私の 4 かっ, まだ小さい, まだ若い, 元は, 喰えッ, 小屋だって, 男の, 相当に, 立派な

3 [16件] おれの, へこたれないか, むかしは, よかろう, わかる, 俺は, 喰へ, 少しは, 延びるかと, 彼の, 折ふしは, 生きて, 精一杯の, 自分を, 若い時分, 酒の

2 [92件] あなたは, あの人, い, いくらか, お上の, お敷きなさい, お艶, かつ, くらえ, この頃, これでも, そのほう, ですか, ないあれ, なしと, まだお, まだ二十四, まだ太陽, まだ強情, まだ恰好, もとは, よくわかる, わしの, 一ツの, 一度は, 一種の, 三十に, 下手人は, 不可と, 人を, 人間, 人間の, 今日は, 仲, 何かの, 僕は, 元の, 出ないか, 分る, 加納流の, 動いて, 勤まるがな, 半歳この, 取って, 可なり, 君の, 君幾らか, 喰らえ, 喰らえッ, 困ると, 堅気の, 売るかな, 多少の, 多少は, 大事な, 女な, 女の, 未だ, 柔術は, 武士だ, 気が, 気を, 水族館に, 江戸で, 無いよりは, 独り者です, 男です, 町内で, 相当方々, 真面目な, 知れます, 知れよう, 福松が, 私が, 私には, 納得が, 紳士の, 職務外の, 自分で, 若い時, 蚤の, 見て, 討てぬか, 読んで, 謀叛や, 貴様は, 買はんか, 近頃は, 降参しない, 食べて, 食や, 食らえ

1 [1044件 抜粋] あげますわ, あたし長く, あっしゃ精いっぱい, あなた方に対して, あのおじさん, あんた島田髷や, いいの, いい絵, いくらかは, いくらか異人, いざと, いそがしいの, いなかの, いろいろと, いろいろ心配が, いわねえか, ういいでしょう, うつづけ, うまく行っ, おあがりなさい, おおよその, おっ母さん, おぬ, おれが, お付け, お前さんの, お前に, お前様たちが, お土産, お母さんの, お江戸, お粂, かけて, かっこれ, きさま, きみの, きょうの, くらうか, こ, ここ二三日は, この世が, この先何十年, この道, これお, ご合点, しかたが, しましょうね, し予想, じぶん, すこしは, すべて物事に, ずいぶん工夫, ずっと昔, そこらで, そちは, その次, たいへんな, ただの, だめ, だんなの, ちゃんと生き, ちょっと敏感, できるだけの, とにかく私, どうにか画, どんなえい人, ないには, なお梅渓家, なお満足, なかなか働い, なかなか忙しい, なかなか苦労, なかま, はたちに, まあいい, まあ信頼, ましな, まだありません, まだおれ, まだお前さん, まだたしか, まだちょっと分らないなら, まだまだ見え, まだわからない, まだアイスクリーム, まだ不明瞭, まだ今, まだ以前, まだ先生, まだ右門, まだ多い, まだ怪艦, まだ抗弁, まだ捨てられた, まだ文句, まだ比較, まだ疑う, まだ私, まだ笑わねえ, まだ罪悪, まだ訊く, まだ起きられません, まだ足りない, まだ迚, まだ革命, みんないくらか, もう七人, もし人並, やって, やっぱり北人, やつぱり世帯の, やらんよりは, やる時, よう解けまい, よほどお急, よほど我慢, りっぱな, れっきとした藤原一門, わからないか, わからんければ, わかるし, わかると, わかろうと, わたくしが, わたしは, わたし思い立て, われらを, イザと, インチキです, チャント貞操を, チョイチョイ入用な, ママなんかの, ヨーロッパ人だ, レイテ作戦に, 一つ出來たら, 一ミリくらいの, 一代の, 一匹一人の, 一定の, 一度亭主を, 一度讀み返し, 一本立ちお前さんも, 一生の, 一通りや, 三十五な, 上がって, 上目録だ, 上等の, 不動産, 不幸で, 不足の, 世界に, 世界中を, 中国筋では, 九州第, 事務所を, 二人の, 二十三よ, 二十二な, 二千円とか, 二本差しだ, 二郎君が, 亡びない国, 亭主持ちな, 人なし, 人樣に, 人知れない, 人間かと, 人間て, 人間を, 今は, 仏様だ, 仕方が, 代診こそ, 以前には, 仮髪, 会友の, 住める橋下, 何か, 佛樣だ, 侍だ, 信州人です, 信念の, 俳句と, 俺を, 働いて, 僕の, 元禄を, 充分力を, 先日までは, 先生の, 内側へ, 冥頑不霊で, 処女です, 出来るだけ, 刀を, 分らないかい, 分りましたやろ, 切れると, 判らないかという, 判るとおり, 判るやう, 判然する, 別に悪い, 利くつもり, 前放電, 力が, 勉強した, 動物園へ, 北京の, 医者だ, 十五歳の, 十分だ, 十分に, 十川の, 十手捕, 十篇近くの, 博多な, 参考には, 叔母さんと, 受けるか, 口舌の, 召し上がれ, 可い, 台石が, 同じこと, 名探偵, 名門で, 向柳原, 君を, 吟味致した, 命の, 啖え, 喰え, 喰って, 喰らえと, 喰らへ, 嘘だ, 四人位は, 土地っ子には, 堅気一方な, 場數を, 士分の, 売って, 夕暮が, 多島海第, 大いにある, 大きな社交的出来事, 大事の, 大分国威を, 大戦争, 大真面目, 夫婦だ, 失恋の, 女では, 女子に, 好いの, 妙だ, 妻も, 娘な, 子供が, 子供を, 学校では, 学者見た, 安ん, 完全に, 定量的には, 実際の, 容子さんと, 対抗策を, 将ち去, 小さい時分, 小手斧, 小説家の, 少年には, 居住人選択の, 履歴書や, 山嵐に, 岡崎としては, 島田髷やった, 左官と, 差が, 巴里で, 師匠造酒の, 幅が, 幻影か, 幽霊じゃ, 広重が, 度胸を, 弾は, 役者でございました, 得心の, 御主人様, 御前二十五円かかった, 徽宗皇帝さまの, 必要と, 念流と, 思い出せぬと, 急いで, 恐れ入らぬかと, 息子を, 悪人を, 惜しいです, 愛国者だ, 慾の, 我々には, 或る, 戸を, 手を, 技術的で, 抱いて, 拙者は, 掛けて, 揃って, 故国に, 文士の, 文学士な, 新前の, 新進作家と, 旅には, 日本人だ, 旦那一家の, 明白である, 昔の, 時々は, 暇は, 暖い, 書いて, 書家を, 月給が, 朝起きる, 木曾山中では, 未だ僕, 未だ自分, 本屋さんは, 本気で, 東京で, 柔道二段の, 根岸にゃ, 梵語に, 極楽下らねえ, 横浜ッ子だい, 檀那寺に, 歌を, 正体なく, 此処は, 此處だけは, 武田家の, 死にたくないか, 死ねると, 母の, 気は, 氷河とは, 江戸っ子だ, 江戸に, 江戸ッ子です, 決して間にあわない, 泳ぎは, 派手な, 浮浪児じゃ, 消費組合の, 渋いもの, 漢詩の, 濁世を, 無いより, 無口な, 父は, 物の怪は, 狂人かしらと, 独身だ, 獣か, 珍しいもの, 理学士で, 甘く選ん, 生れてから, 生前から, 生物です, 田丸主, 由緒正しい, 男だ, 町内の, 畳の, 疑う私, 疑念に, 痛くない, 相当な, 相当花柳界, 相当高尚, 相応考え, 相手と, 真剣な, 眼鼻は, 知って, 知つて居る, 知らねえって, 碑が, 神明前から, 私立探偵な, 私達は, 窃かに, 米を, 精一ぱいだった, 約を, 素人と, 結構住める, 結構読めるでしょう, 絵かきだった, 総督府の, 纏つた感じは, 美しい女, 美保子さんは, 考えてること, 聞えるか, 職業婦人だ, 肥って, 胸中には, 自分じゃ, 自分の, 自分らは, 自然主義を, 至って, 舊は, 良い方, 色男に, 芭蕉のは, 花恥ずかしい, 若いじ, 若い女ぢ, 若い者, 苦労を, 苫の, 草花は, 蔭に, 薬は, 虫で, 蝦夷萩でない, 衣物を, 製造部では, 見るとおり, 覚えろ, 親父が, 解けるから, 解らないかな, 解らぬか, 解る通り原子核, 言う事, 話を, 諷刺家な, 謀反の, 貰つて置く, 貴女ぐらいの, 貴方の, 貴様の, 買うたら三十銭, 賢いぞ, 贅沢といふ, 越後の, 足は, 足りぬと, 跳ね起きられるかな, 踏む土, 軍人で, 辛抱出来なく, 辻駕を, 追風に, 通らないこと, 遅まきながら改心, 遊んでばかり, 道が, 酒だけは, 酒を, 金が, 金儲けの, 銀に, 鏡の, 長い旅, 開場当時は, 阿房に, 随分我慢, 随分辛抱, 隨分稼ぐ, 雨さへ, 非常に, 預かっとこう, 食うだけは, 食えと, 食らえッ, 食らや, 食ろちょけ, 飲ってからと, 飲めと, 飼つて見れ, 駈け引, 驚かんか, 高いん, 鬼柴田権六の, 鳴るの, 黄身まで, 黒うござん, 黙つて

▼ これ~ (1205, 0.7%)

44 来て 23 呼んで 19 来い 16 出て, 連れて 15 来たの 13 呼べ, 持って 11 帰って 9 出ろ 8 参って, 来たか 7 乗って, 出して 6 おいでに, 出せ, 参ったの, 向って, 来た 5 お坐り, お見え, お連れ, ご案内, つれて, 曳いて, 来たもの, 来ると, 襲せ, 通せ

4 [11件] お越しに, もたらして, 入って, 参れ, 持て, 着いた, 聯想を, 臨む前, 臨んで, 迎えに, 馳けて

3 [14件] まいれ, よこせ, よんで, 出ませい, 参る途中, 急いで, 招いて, 持参いたしました, 曳かれて, 来たこと, 来たわけ, 来ること, 来るまでに, 駈けつけて

2 [71件] おつれ, お上り, お乗り, お乗りなさい, お入り, お入りなさい, お掛け, お通り, お運び, かかって, これからあれ, これへ, すすめ, ついて, まいりました, まいります, やって来たわけ, 一挺の, 二人の, 出い, 出しな, 出せと, 出よ, 参った, 参りました, 参ると, 同道し, 呼べと, 報らせ, 寄せて, 寄って, 差向けられたもの, 引きずって, 当って, 御召を, 御着, 忍んで, 戻って, 持参せい, 攻め寄せて, 来いと, 来たと, 来ても, 来ました, 来ます, 来られたの, 来るという, 来るの, 来るまでの, 来るも, 来る前, 来る途中, 殺到した, 火を, 登って, 着いたの, 置きまする, 落ちて, 行って, 見えた, 見えられましょう, 見せい, 見せて, 誘拐し, 迎えて, 近づきつつ, 迫って, 集まって, 集めて, 馬を, 馳け

1 [688件 抜粋] あったから, あなた様を, いっぱいの, いっぱい詰められ, いらせられましょうぞ, おいであれ, おいでなさる, おかしいただきとうぞんずる, おついで, おつかまりなさい, おひや, おみやげ持っ, おわたり, おわたりだわ, お下り, お乘, お代官様, お休み下さる, お供し, お先ぶれ, お出しなさい, お出でご, お出でに, お出会いめされい, お召し, お召しくださるなら, お召し下さいませ, お召し寄せ, お呼びください, お呼びくださいませぬ, お呼び下さい, お呼び下され, お坐り下さい, お席, お憩いなさる, お掛, お歸, お申しつけでございますれ, お目どおり, お箸, お糸, お見舞, お越しか, お越しなされました, お越しや, お越しを, お越し下さる, お通, お通しくだされ, お通し下さい, お通し申す, お通し申せ, お進み, お進みある, お運び下さい, かう角, かからば, かく桃, かけつけましたるぞ, きた先頭, くる一陣, くる途中, ことばに, ごあいさつ, ござあってはどうか, ござら, ご宿所割り, ご相談, さわること, したためて, じかに訴え出た, せせり出て, せよと, そのほう, たっぷり湿し, たどりついた, だして, ちょっと向う, つき出して, つたえて, つたえられた, つめかける, でて, とどいた, どうか御, どうぞ同, どこで, のしかかって, のぞんで, のりしないですんで, はこべ, ひとつ運ん, ぶつかって, まいって, まいっても, まいりました次第, まいりますぞ, まいるとの, まいる手はず, まいる様子, もて, やって来たまえ, やって来ました, よこしたの, よこしたのに, よび訴人, アレコリャ善藏寝, ゲストの, ズナル, セリー酒を, セント・ヂオジゲネスの, 一ぱいに, 一名の, 一筆, 三千の, 三好武蔵守が, 上げ下げしました, 上って, 上るが, 上陸した, 下ってでも, 中入りし, 乗せよう, 乗つて, 乗るッ, 乗れ, 乗ろうと, 乘つて廂へか, 乘り, 乾葡萄を, 二百法ずつ, 五を, 人数および, 会同し, 伝令され, 伴え, 伴れ, 伺いました, 伺いましたので, 伺うまでは, 何う, 何か, 何し, 使いを, 使者に, 備えてたも, 先に, 入つて身體, 入りたがる, 入り込みました, 入れかえて, 入れろ, 全力を, 出いっ, 出え, 出えこれ, 出さッ, 出しなさろ, 出しゃいい, 出し候え, 出すが, 出せ問答, 出せ思うさま, 出た, 出た右側, 出ませいでもの, 出よ汝, 出られい, 出るが, 出ろよ, 出ろ又, 出仕し, 出向いて, 出席した, 出直して, 刃向かって, 列席を, 加わって, 加わり給え, 加勢に, 北, 十人ほどの, 千寿王さまの, 参ったとき, 参ったも, 参ったよう, 参ったわけ, 参った仔細, 参られたか, 参られたの, 参られて, 参りましたもの, 参りましたよう, 参りまする, 参り合わせること, 参るであろう, 参るとは, 参るの, 参るはず, 参るまで, 参るよう, 参る様子, 参れっ, 参ろうと, 参向し, 參つてよく, 參れ, 取り出せい, 叩きこむこと, 召しのぼせて, 召しましょうか, 召し連れて, 合流する, 同道いたしました, 名を, 君を, 吹き付ける海風, 呼ばっしゃい, 呼びつけられやい聞けわれら, 呼びますが, 呼びよせろッ, 呼びよせ丞相, 呼び入れるが, 呼び寄せるやう, 呼び返さぬか, 呼べい, 呼べこれ, 呼ぼう, 嘆願に, 坐るなり, 坐るまでも, 報知を, 墨を, 大岩巨石を, 大挙し, 大量な, 始めまして, 姿を, 媽, 宙を, 宛てて, 寄った, 寄ったが, 寄らんかい, 寄れよく, 寄ッて, 尋ねあてて, 小三郎音羽の, 小松殿が, 届いた, 届けると, 山三郎の, 市松の, 帰ってからは, 帰るやいな, 幾組も, 建言する, 引いて, 引き据えエ, 引っ張って, 引っ返して, 引張り込んで, 往って, 徒らに, 御参加, 御手当金, 御案内, 御迎え申せ, 心当りの, 心當り, 急使として, 急告し, 急派される, 急襲し, 惠梅比丘尼を, 戻ったが, 手紙を, 打込みねえ, 押しかけて, 押しよ, 押し襲, 拉して, 拔抄する, 招きよせて, 持ちきたって, 持ちくるまでの, 持てい, 持てまいらぬか, 持て陣触れ, 持参する, 持参仕りました, 持参致させまする, 持參いたしました, 挑んで, 掛けろ, 掛け給え, 接岸し, 描いて, 搾ったもの, 攀じ登って, 攻めよせて, 敵上杉の, 文次が, 早う早う, 時々往く, 書きこんだ, 書きとめて, 書き入れないほか, 来たかと, 来たからには, 来たという, 来たに, 来たばかりの, 来たらしい佐々木道誉, 来たら三井寺, 来たら斬死, 来たる人, 来たん, 来た友, 来た宋江, 来た彼, 来た負目, 来た通り, 来た頃, 来てからは, 来ては, 来なかったはなし, 来なさい, 来ぬか, 来ました一刻, 来や, 来やったか, 来られた一道, 来られましたな, 来るか, 来るぞ, 来るだろう, 来るなり, 来るには, 来るまで, 来るまでは, 来るよう, 来る敵方, 来る様子, 来る頃, 来合わせて, 来援し, 来給う, 来給えと, 柴家の, 武蔵どのを, 歸つておいでに, 残らず出せ, 殺倒する, 殺到し, 毎晩の, 注ぎこんだが, 注進し, 消炭で, 渉って, 渡し玉へ, 渡られるであろうと, 潜行し, 潮の, 父を, 物問いにも, 玄徳の, 玄蕃允が, 率いて, 現れ, 現れたが, 現れます, 生捕っ, 男の, 疾走し, 登りそう, 登りつくなり, 盛られた人達, 目ざして, 相府, 眸を, 眼を, 着いたという, 着いたとたん, 着いて, 着きましたが, 着きましょう, 着くもの, 着くやいな, 着陣した, 神道徳次郎を, 神酒を, 秀吉の, 移して, 移りました, 立ちかえったり, 立ち寄りつい, 立ち寄ると, 立てよ, 立寄ったの, 立寄りますると, 簡単に, 絡むに, 縛り付けて, 繋いだもの, 置いて, 置く, 置くか, 置くぞ, 罷り出て, 罷出た, 腰を, 臨み幕府顛覆, 臨むと, 臨んだもの, 臨んだ直義, 自分から, 舞い戻った仏頂寺弥助, 船を, 茶入れとくと, 落して, 蕨を, 行く途中, 襲する, 襲って, 西南の, 見えそう, 見えたもの, 見えた斯波, 見えない, 見えなかったか, 見えぬか, 見えましたが, 見えますかの, 見えますから, 見えられたか, 見えられる日, 見えること, 見えるはず, 見えるよう, 見えるん, 訪ねて, 訪れて, 誘き寄せる手段, 誘き寄せ打たんと, 誘って, 諸方の, 賭けて, 赤紙を, 踏み込んで, 身を, 迎え鉤鎌, 近う, 近く参る, 近づいて, 近づき西, 近づくや, 追いかけて, 追っかけて, 退いて, 退がって, 送り届けて, 逃げ参ろうとは, 這入って, 通りかかりますると, 連れい, 連れまいりまする, 進まれるが, 進め, 進め道円, 進出する, 遁れ落ち, 運ばせた, 運ばれて, 運びました天下一, 運んで, 遣されたに, 遣わされてまでの, 遷しまいらせたか, 還ったの, 酌ぎますか, 野菜を, 金子を, 降参に, 陣鐘を, 隠岐, 集まるよう, 集合し, 集合した, 頂戴致します, 顔を, 香餌を, 馳せ参じて, 駆けつけて, 駈けこんで, 駈けって, 駈けつけ大和, 駈けもどって, 駈け降りて, 龍駕を

▼ これ以上~ (1165, 0.6%)

55 のこと 21 のもの 12 の事 9 は何 6 の幸福 5 の言葉, は手 4 に何, はない

3 [15件] なん, にこの, の御, の深入り, の満足, の細かい, の表現, の説明, はお, はもう, は仕方, は私, 待って, 生きて, 苦しむの

2 [69件] くわしいこと, ぐずぐずし, こんなこと, すること, どうにも, には訊くべき, には遡りません, に人, に人物, に偉大, に出る, に増加, に毀す, に発展, に美しい, に訊く, に説明, のすぐれた, の不思議, の人, の人間, の何, の何物, の作, の保証, の名誉, の増大, の大きな, の大江, の好機, の屈辱, の恥, の慾, の方法, の楽しみ, の歌, の死者, の苦痛, の詳しい, の調べ, の質問, の酒, の騒ぎ, の高, は, はいけない, はかえって, はこの, はつ, はどう, は無理, は言うまい, は訊く, は退屈, は鐚一文, やると, を望む, 不必要, 早くは, 昇れぬという, 書くの, 聞くこと, 行くこと, 見て, 見るに, 詳しく述べる, 調べること, 進んでは, 飲めば

1 [861件 抜粋] あげて, あせるは, あたたかい服装, あぶない芸当, あまり宙, あんなこと, いい取引, いかにお, いっしょにやってゆくわけにはいきません, いつわって, いぶされちゃ, いわせんで, いわん, うかがうこと, うまい比較, うまく言えなかった, おさえがたい, おすがりあっ, おびただしい人命, お姉さん, お耳, かかり合っちゃ, かなしい目, かれこれ詮議, がんばったらいよいよ, きかなかつたの, くだくだしくいわず, くどい話, くどくどと, くどく画家さん, くは, くわしい印象, ぐすって, この問題, この峠, この新しい, この色彩的, この部屋, こんなところ, ご迷惑, しちくどくいう, しょうがねえつうんで, しらべよう, じらすの, すなわち一三・三分の一対一〇, すね者扱い, ずけずけ云われる, そのこと, そんな目, たいへんな, たえがたいほどの, ちょっと進みかね, つきあいきれない気, つづけないこと, つなげねえん, であるかも, であるならば, でないならば, でもこれ以下, とどまること, とどまるべき因縁, とめて, どうしてやり, どうして芋, どうにもこの, どうにもなるまい, どうもしよう, どうも出来ん, どう考え, ないという, なお仰せられるなら, なお必要, なこと, なやますこと, なんにもする, なんらかの形, な気, な睨み, な策, な音, にか, にすすむ, にだんだん, には, にはさ, にはさしたる, にはどう, にはなれない, にはよみがえりません, には上る, には伏せられぬ, には働き, には出ません, には出来ない, には展, には説けぬ, には進まなかったらしい, には進み得ない, にまた, にまつたく, にも歓ばせ, に予, に人文, に仙波, に働く, に出, に努力, に大きく, に完成, に尊い, に希望, に引出せ, に彼, に心強く, に心配, に愉快, に敵, に新しい, に最上, に正しい, に此群れ, に残念, に気味, に求める, に深く, に深まらなかつた, に物, に特長, に犬, に痛ましく, に真相, に私, に突き進める, に立ち入らない, に署名者, に聡明, に自ら侮蔑, に自尊心, に行人村家, に複雑, に言, に論議, に資料, に進ませ, に進化発展, に金め, に開き, に雜作, に食べる, のいい, のうるさい, のお, のかくれ, のがお, のこらえ, のさばらせず究極, のせつない, のぞめない程度, のとき, のばすわけ, のまず, のまったく, のよい, のコンディション, のデータ, のモットウ, のラシャ地, の三種破壞攪亂, の不便, の不安, の世話, の交際, の人慾, の作品, の価値, の侮辱, の偉大, の光栄, の兵法, の内容, の出世, の力, の助力, の効果的, の収穫, の古, の和英字書, の喜び, の圧迫, の報い, の変った, の大敗, の奉仕, の女性, の完全, の客観化, の富以上, の富貴, の峻厳, の巧, の布陣, の年, の建築, の強敵, の心痛, の必要, の応酬, の快適, の怖, の悦び, の悲しい, の感動, の成功, の戸外運動, の才覚, の承諾, の抵抗, の接近, の支配力, の新しい, の日本画, の智慧, の有力, の機会, の正確度, の歴史的社会的制約, の殺生, の波瀾, の深い, の混雑, の湾, の演奏, の点, の無理, の煩累, の特に, の珍味, の生産物, の男, の発言, の發展, の盗人, の真実, の真理, の矛盾, の知恵, の科学的条件, の程度, の窮乏, の答弁, の節約, の経済力, の絶望, の美しい, の美人, の耳より, の苛斂誅求, の苦惱, の薬, の行為, の親し, の親切, の言及, の記録, の詳細, の誉れ, の誓, の豪奢, の負担, の貴族, の贅沢, の軽蔑, の辱, の迷惑, の追究, の遅滞, の運開き, の適任者, の重, の重荷, の陣立て, の雨, の静か, の面倒, の面白い, の飜訳, の騒動, はあと, はいうべき, はいり込むには, はいわれない, はごめん, はっきりした, はできません, はというよう, はどうにも, はな, はなに, はふたり, はみぐるしい, はやむを得ない, はやむを得ません, は世間, は云われない, は他人, は何ん, は俺, は入用, は出しっこない, は出来なかった, は分割, は収容, は叡山, は叱られる, は同情, は吹き飛ばされる, は固まれ, は大抵, は小さく, は平次, は引出せ, は待てなかつた, は御免, は持ちこたえる, は描けない, は書く, は望まれない, は望むまい, は本当に, は歩き探す, は歩けない, は海, は独力, は申しません, は申し上げられません, は知る, は罰, は考え, は考えられない, は聞かない, は聞かれない, は見, は言はん, は言わなかったでしょう, は訊かれない, は語らぬであろう, は誰, は諦める, は諦めるだらう, は譲られない, は輸出困難, は遠慮, は飲めません, ひどくなっ, ひろげないこと, ひろげないという, ふれますまい, まずくいく, まだあなた, みすぼらしい風, めくる頁, もう一言, もう何, もう多言, もう見せなく, もはやなに, も吹かれ, やり込めるの, よい絵, よくなれ, わからないの, わずらわしくなる, わるくも, をもう, を我々, を氏, を求むる, を要求, を訊く, を重ねる, ハッキリした, 下がる心配, 云うこと, 云えなかった, 伸びなければ, 借りられないぐらい, 働かして, 働くこと, 出すと, 出ませんです, 切り合いを, 到底なんとも申し上げ, 加えるなん, 勝れた船, 勤めること, 危ない地上, 又以外, 叩けば, 同じ問題, 吹き続けば, 問うこと, 固まれそう, 増したら諸, 大きな家, 嬉しいことば, 寝て, 小さくなれなかつた, 居づらい, 延ばすこと, 延ばすわけ, 引きまわされること, 強いること, 強いるの, 彫り損じては, 待つもの, 御着, 御聞き, 恐るべき複雑, 恐ろしい形相, 悪いこと, 悪い状態, 悪くなり, 悪くなる, 惨酷, 打ち開けて, 折れないと, 放ッ, 断るの, 昂らせること, 暮して, 更にもう少し拡大, 書くこと, 書くまい, 書く必要, 書けない, 望むこと, 死んでからも, 気まずい顔, 汚されるの, 深まること, 温く強く, 無良心, 珍しい話, 生き長らえて, 申さなくとも, 申し上げなくとも, 申す必要, 痩せられないという, 登れやしないん, 知りたい読者, 穢くては, 立ち入ったこと, 立ち入って, 立入って, 第二, 粘つた, 絞れさ, 続けて, 続けられないこと, 美しいに, 美しくなる, 考えずに, 耐えられそう, 聞いては, 聴く必要, 苛めれば, 苦しむこと, 苦しめるの, 虐め続けて, 見たり, 見てばかり, 見棄てて, 観るという, 解るところ, 触れて, 言うこと, 言う必要, 訊ねても, 許されないと, 話しを, 語ること, 語る事, 論じたいよう, 買うの, 走ること, 迂濶, 近寄ると, 述べる必要, 逃げようと, 通されと, 進まないうち, 進まないとしても, 進むべきでは, 進める気, 酔ったら帰れなくなっちまう, 酔って, 長い詩形, 飛ぶこと, 飲めないと, 騒いだつて

▼ これこそ~ (983, 0.5%)

16 本当の 14 真の 10 天の 8 ほんとうに, ほんとの, 彼の, 私の, 自分の 7 ほんとうの 5 彼が 4 人間の, 俺の, 地獄の, 天来の, 神の, 私が 3 まこと, われわれの, 一の, 国民の, 本當, 正真正銘の, 真に, 立派な, 美の

2 [45件] おれの, ほんた, まったくの, わしの, わたしの, 一つの, 一個の, 世界の, 人生の, 人間にとって, 人間を, 今日の, 他ならぬ, 例の, 大根, 天が, 天下の, 己を, 彼らの, 彼女が, 彼女の, 彼等の, 後に, 心の, 日本の, 昔から, 柏手を, 正に現代的, 永久に, 火星の, 現代に, 現代日本文化の, 現在の, 登山具中の, 百発百中に, 真に国家, 真実に, 私は, 空間の, 腐れた政治, 自分が, 芸術である, 話に, 近代日本を, 進化学の

1 [750件 抜粋] あのじゃじゃ馬殿, あの書き物, あの親切, いい都合, いちばんうつくしい, いちばんだ, いちばん改革すべき, いま終りに, いろいろな, うわさに, おそろしいスパイ団, お前が, お城, お父様, お頭, かねて, かの有名, かれが, きっと神様, きわめて簡単, ここの, このフランス, この世の, この場所, この復古主義的, この書, この椅子, この男, この頃私, しばしの, じつにどんな, すぐにも, すぐれた男, すでにあるべき, すでに陳腐, すばらしい思いつき, その何より, その歌舞伎的情調, その統治, その道では, そもそもの, それと, たしかに僕, つまらない運命, とおも, どのよう, どの国, なによりの, なによりも, なんにもなりません, はさもさ, はもうほんもの, ひとつの, ほんとうだ, ほんとうと, ほんとに肯定的, ほんとに身, まことにご, まことに仏説, まことに天冥, まことに貴い, まさしく化物屋敷, まさしく驚愕中, まさにあの, まさに一石二鳥, まさに求め, まじりッ気, またとない機会, また案外, まったくわが, まったく勤労大衆, まつたくただただ, みっともなくて, むかしの, めっけ, もっと広い, もとよりしげく, ゆるがせに, よくいう, わが国に, わが大日本帝国, わが機械化部隊, わが独創, わが葛卷先生, わが血, わたくしの, わたしを, われらが, われらの, われわれが, われわれ民衆の, アラ・モードな, アーリヤ的であり, カキツバタに, クイクイの, ショパンが, ストランド, テレビが, テレビジョンの, ナチでなけれ, ニコラ博士に, ハステラーが, パリの, ブルジョア文化の, プロ文学を, ホントに, ボーマルシエが, リアル, ルイ・シャルルなりと, レッセ・フェールレッセ・パッセが, ロボットです, 一世一代の, 一代が, 一平の, 一文にも, 一生の, 一生を, 一番純粋な, 一石二鳥である, 一行の, 一連の, 七兵衛の, 三十余年ぶりに, 不合理そのもの, 不在証明中の, 不知火に, 不連続線の, 世界じ, 世界一の, 世界最初の, 世界最高の, 丸木であった, 丹礬質を, 乃ちあの, 乳離れ以後の, 予約され, 事件の, 二人の, 二十年来ときどき, 亡者に, 交靈術だ, 人に, 人文世界の, 人生という, 人穴城へ, 人間と, 人間に, 人類に, 今の, 今彼の, 今日か, 仙台の, 代衆生苦, 佐助の, 佐渡の, 何に, 何よりも, 作者が, 作者独得の, 便宜という, 保養じゃ, 信玄袋小説という, 修行中の, 倶係震卦教敵の, 偽らないニッポン人, 僕らの, 優遊自適だつた, 光線の, 光背の, 全くそっくりで, 全くの, 全く何よりです, 全く天与, 全く明日, 全く生きた, 其中では, 冷暖自, 利益を, 前に, 前代未聞でしょう, 剣の, 剣法の, 剣禅一味の, 勇気であり, 勘で, 勿化の, 化け物という, 千に, 千古の, 卑怯だ, 南蛮渡来の, 即ち天衣無縫, 去年甲府の, 又意外千万, 口へ, 名に, 名人の, 君に, 吾, 吾輩の, 呉越同舟だ, 唯一真正の, 問題に, 善知識だ, 善良な, 嘘の, 噂さに, 因業家主が, 国の, 国境山脈に, 国家に対し, 国賊と, 地上における, 地獄で, 堂々たるイントロダクション, 墓穴の, 変らず滅びない念, 夢である, 夢の, 大きな母性, 大それた, 大切な, 大切の, 大局を, 大江戸随一の, 大神の, 大英帝国, 天上という, 天下一品の, 天皇の, 天罰だ, 失われた世界, 奇を, 奥へ, 奥州中村相馬藩の, 女優には, 女史の, 好奇心を, 妄想狂の, 妾の, 姜維が, 娘の, 婦人を, 孤児が, 学校時代に, 宇宙旅行十九回という, 完全な, 官尊民卑の, 宙に, 実に世界的, 実に天, 実に数百万, 実に新日本, 実に自意識, 実はこの, 実践性の, 実際天縁, 實際富で, 寧ろ, 将来好戦的な, 尋常な, 巣に, 己に対する, 平和の, 平等と, 幽霊なら, 当代の, 彼に, 彼女だ, 彼女を, 彼女等の, 後の, 徐庶が, 御岳の, 御登攀, 心ある, 心理的要素を, 思いも, 怪物なりと, 恋した, 恐ろしい煩悩, 悪魔の, 愈々もつ, 愚僧の, 感覚の, 慣れっこに, 我々, 我が母君, 我が相続, 我友なる, 我慢づよいわが空の, 或は当然, 戦ひつ, 戯曲が, 戯曲家が, 手頃な, 技術者の, 押売を, 拙者の, 捜査史上空前とも, 支倉にとって, 故郷の, 数日前に, 文字通り北京に, 新しい心, 新しく生じ, 新興日本の, 日の本の, 日本が, 日本に, 日本にのみ, 日本労働者階級の, 日本文化の, 日本男児です, 日頃尋ね求める, 明日の, 明白な, 昭和の, 晁氏の, 時代の, 時限暗号という, 智馬を, 暢気屋さんで, 最も日本女性, 最も有力, 最も極端, 最も気まぐれ, 最大の, 最大最高の, 最高の, 有史以来の, 望むところ, 朝鮮の, 本來, 本式の, 本当にジュピター的威容, 本当に人食い, 本当に待っ, 本当に日本男児, 本当に生き, 本然的な, 本能的母性愛の, 本軍である, 某の, 柿油党, 梨枝子に, 森である, 椎だ, 極く, 槍先の, 機長の, 止みがたい, 正しくアナトオル, 正にその, 正に警視庁, 正真正銘ほんものの, 正銘に, 正銘偽りの, 正雪一党, 此年はじめの, 死の, 死骸, 殺気立つて, 気ちがいでなかったら言えない, 水天宮様の, 永遠の, 求めても, 汝の, 江戸前ハゼの, 河北進軍の, 泉とも, 泥沼に, 洞穴の, 深いところ, 深い恨み, 潜望テレビジョンで, 火星兵団の, 為すべき値打, 烈しい命, 燐寸, 父親が, 物語に, 特ダネと, 珍中の, 現代史と, 現代日本の, 理想的な, 琉球が, 琴手クレヴィンの, 生きた雪, 生きること, 生活だ, 生物個体の, 田丸組長の, 男子たるべき, 男性という, 男芸者の, 疑問と, 病的だ, 百歳にも, 百畳敷, 眞に, 眞の, 真にしか, 真にその, 真に写実, 真に利根川, 真に心, 真に文化, 真に日本, 真に日本アルプス, 真に田家, 真に驚きました, 真実の, 真実天下一の, 真物の, 真相だ, 真言秘密の, 知識層本来の, 神さまの, 神を, 神様の, 私たちが, 私にと, 科学を, 空間に, 窮余の, 第三, 系図の, 純文学よりも, 純粹藝術とい, 紛れなき, 素晴らしいわ, 統制の, 絶体絶命だ, 絹商人の, 纐纈に, 義である, 老後の, 胸底に, 腕力の, 自我と, 自治体の, 自縄自縛だ, 至難の, 落着か, 葉之, 蓮胤日頃あこがれ求め, 虫が, 蝙蝠の, 術だ, 表面は, 見もの聞き, 見馴, 親御さんの, 記述を, 記録すべき, 詩の, 詩人の, 誠に夢, 誠に絶好, 誠の, 誤りを, 読むに, 読者大衆の, 諭吉の, 諸君が, 謎の, 谷博士が, 豫て, 貪婪な, 貴女に, 賊の, 赤格子九郎右衛門が, 赫映姫に, 近代, 近代の, 近代劇運動の, 運命の, 達人の, 違いは, 酒の, 醇風美俗に, 野蛮人の, 錦の, 間違いを, 間違の, 陰惨な, 隠しインキ, 雲上の, 霊仏なり, 霊験とか, 非凡の, 類い, 風流の, 馬超だろう, 馬鹿に, 高い精神, 高空に, 龜鑑と

▼ これまた~ (935, 0.5%)

9 一つの 4 一種の 3 いうまでも, 他に, 偶然の, 同様に, 大なる, 当然の, 日本の, 止むを, 非常な, 非常に

2 [26件] うんざりである, それぞれの, 世間の, 人情の, 今は, 別の, 前の, 各自の, 同じ人, 天然の, 奇怪と, 当然でした, 御承知, 意外の, 東京の, 珍らしい, 相当の, 私の, 自然の, 蒼穹に, 蕪村の, 諸処に, 長だけには, 頼入り候, 驚くべきほど, 黒衣の

1 [840件 抜粋] あとで, あれよあれよという, あんな無理, いかにも学者, いずれに, いずれの, いっさい黙殺する, いつ結婚, いやに, ううと, おとなしく首, おほか, お取次ぎ出来ぬ, お杉, かつて林冲, かの烏啼天, かんばしからぬ死に, くらべもの, ぐるりと, ここに, この作品, ごく短い, ご趣向, さきに, さしあたり抵抗, さほど珍, しからず, しんせつに, すこぶるオペラ的, すこぶる疑問, すこぶる若く, すっかり惚れこん, すでに人工物, すでに植田, すばらしいもの, ずらりと商店街, そこからは, そのままに, その人物, その功名, その手つき, その材料, その死因, その理, その登る, その運命, その道の, それぞれ貴から, それらしき, そんなこと, ぞくぞく東国, たしかにそれ自体, ただは, たちまちイプセン, だんだん高く, ちょっと億劫, どういうもの, どうでも, どこに, なかなかな, なかなか注意, なぜそう書かない, なまめかしい白綸子づくり, なんぴとのものでもない, ばからしくて, ひとかたまりに, ひとつの, ふかく尊氏直義, ほかの, ほとんど異口同音, まったく無感覚, まっ白に, むかしからの, もちろん一般的, もって, も一つ, やむを得ない御事, よき引っ込み, よろめくよう, わかりました, わかろう筈, わが輩を, われがちに, われわれが, アメリカと, ギザ数である, クルクルッと, コックリの, シヅ子の, シンミリした, ジェスチュアだ, タマの, テロリストに, ドイツの, ハリー, フランス語教育の, ポーズという, マルセーユ人に, ヤンヤヤンヤの, ヨブ記の, 一も, 一ノ関さまの, 一国一城の, 一大問題なり, 一寸類の, 一層の, 一日二日の, 一概にそうだ, 一様で, 一益と共に, 一等官が, 一般に, 七八町の, 三日間で, 上役に, 下手人同罪を, 不可能の, 不思議でも, 不思議とは, 不思議の, 不滅と, 不穏の, 不覚筋動による, 不都合な, 世を, 世話の, 中国の, 中国出陣の, 主命なれ, 事と, 事実上一般普通民に, 二人などに, 云いあわせたよう, 云うまでも, 五人遠山家の, 五行九星と, 人に, 人力の, 人嫌いで, 人民社会に, 人為的秩序の, 人間が, 今さら言うまでもない, 今の, 今分の, 仏教の, 仏教研究の, 仕掛の, 他の, 他国に, 仲問の, 伸びて, 低頭御, 何であろう, 何ら非, 何を, 何事かを, 何百万何千万と, 作家の, 作者常套の, 例によって, 例外なく, 侘しすぎる, 俗説の, 俘囚に, 保護の, 信ずべからず, 信拠すべから, 俳優芸術に, 偶合と, 僕とは, 僕の, 元老院の, 光輝ある, 全くその, 全速力で, 共に泣く, 兵部の, 円心に, 凄まじい鏃, 出来ぬ第, 刀を, 切腹に, 別な, 別簡一封, 到底問題, 前と, 前年度の, 劇の, 力いっぱい殴りつけた, 勘定合っ, 勝手に, 勤務時間の, 北海道に, 十八番後にも, 千差万別なれ, 半三郎, 博士自製の, 厄介な, 厚くお礼, 古人の, 古風に, 可なり, 右の, 同じくカロリー計算, 同じく貝十郎, 同様にて, 名前と, 吾人は, 味わうべき言, 哀れで, 商業劇場の, 喜んで, 四方を, 固辞し, 国の, 国民と, 国民論派の, 国産に, 地の, 地廻りに, 地方大衆人に, 地質の, 執拗に, 堂内三分の二の, 堪へ難くさびしい, 変って, 多くの, 多く人の, 大ならず, 大へん, 大切な, 大変だ, 大頭痛中, 太夫の, 夫婦岩の, 奇妙である, 奇怪なる, 奥山どのから, 女性の, 好成績, 妖精の, 娘たちの, 子という, 子ほど, 学校として, 宇宙そのものの, 安定し, 定った, 実に余輩, 実業に, 実験の, 客観的に, 宸襟を, 容易に, 封建的道徳の, 将来人類一般の, 少しばかり, 少しも, 屈して, 山崩れによる, 山羊を, 帆とともに, 常に理性, 平生と, 平生学問の, 幸と, 序ながら, 府県が, 当時の, 当然認めなけれ, 形式主義的方法以外の, 役場に, 彼の, 彼らの, 後に, 後世の, 後世を, 後頭部の, 従来の, 得意の, 御承諾さ, 微妙な, 徹頭徹尾ありえない, 心性作用の, 心細い知識階級, 心臓が, 必ずしも甘い, 思いきりよく向う鉢巻, 思うばかり, 思わぬ反動, 急には, 怪声の, 恭しく捧持, 恰も巾着切り, 悪い意味, 悲しいこと, 惜むべ, 愉快な, 意外, 意外千万であった, 感動が, 慈悲の, 成仏する, 戦々兢々たる, 戦局の, 所謂教育の, 手薄にも, 持ち物の, 揃いも, 放任し, 政府に, 散々に, 数えること, 敵を, 文学や, 文学青年の, 文鎮に, 新しい生活, 新任の, 新聞は, 旗本の, 既に読者諸君, 日本には, 日本人の, 昂奮しきっ, 昔かわらぬ, 昨日に, 時世後れであろう, 普通に, 書名を, 最期の, 望み難い, 朝の, 期せずして, 未決の, 本人たちの, 本国羅馬に, 本能的に, 朱に, 村医者の, 柄頭から, 根掘り, 格別の, 棄つべからず, 歌麿なり, 止まらず, 正當, 此布教の, 武松に, 歿く, 殺風景な, 民族としての, 気味悪いほど, 水辺に, 永く出世, 決して事実, 決して疑われぬ, 決して言えなかった, 汽車の, 油絵そのまま, 泥の, 注意すべき, 浅草今戸橋の, 海の, 海人を以て, 淋しい, 混沌として, 渋色の, 満々と, 濁った低い, 瀬戸びきの, 点を, 無害有利と, 無言の, 無鉄砲なる, 無限個ある, 煮て, 特徴で, 猛烈に, 猛獣以上の, 珍本中の, 現実を, 現行盗である, 生の, 生意気に, 生活の, 由々しき結果, 異様ない, 疾風の, 登山服に, 皆さん御, 目前の, 相当な, 相当困難, 相次ぐ拷問, 相済まぬ, 真夏の, 真面目に, 眼鏡を, 矛盾の, 石像の, 礼を, 祇園の, 神を, 神泉といふ, 私は, 秋の, 稀な, 稀有だ, 空想に, 空想の, 端倪すべからざる, 第三種, 第十九世紀, 等しく一個, 簡単に, 粘着し, 系統が, 素性が, 細菌の, 組が, 絞り取るに, 絵に, 維新の, 習慣性の, 老大家だけ, 老婆心までに, 肉躰的な, 腕一杯に, 自ずから本来同一状態, 自ら首を, 自然同氏から, 自然発生的に, 自由を, 興味の, 般若心経一巻を, 船中の, 若い読者, 茶を, 莫大の, 衆目一致する, 術だ, 街路で, 褒めたこと, 見えないの, 見かけに, 見事な, 親しく見, 親類自慢と, 解脱しない, 証明する, 詩とは, 認識不足という, 語いささか, 誰とでも, 諏訪帰りの, 謙信に, 謹厳に, 貞夫よりの, 贅沢の, 越後にも, 趣味として, 身悶えし, 近ごろの, 近代演劇の, 迷信の, 途方も, 通れなくなる, 連珠すなわち, 過ぐる三年, 過渡期の, 道人が, 達観の, 遠くドイツイタリアと, 遺伝現象の, 都会の, 重要な, 金が, 錯覚的な, 長い年月, 阿片の, 陸へ, 険しい表情, 難問だ, 露を, 青くなっ, 面会すらも, 面白くも, 音も, 順序よく並ん, 頗る雄偉, 類を, 風の, 風雅の, 驚き申し, 驚くべきもの, 鮮やかに, 黄序に, 黄金で

▼ これ~ (805, 0.4%)

55 これだ, よ 42201816 から困る 1110 と思った 8 からいや, これが 6 からな, から日本, から私, と話す, なと思っ, なと思った 5 と思っ, もの, ツ, ナ 4 から, からいけない, から厭, と思う

3 [16件] から僕, から女, から素人, これに, ぜ, ぞッ, といっ, といふ, とする, とすれ, なあ, なと思う, よこれ, 八, 親分, 鍵は

2 [41件] あ, からいやさ, からお, からその, からです, からやっぱり, から万葉, から女房, から嫌, から家, から悪い, から敵, から旅, から油断, から田舎者, から話, から誰, から野宿, がねこいつ, この櫛, これな, これを, ぞっ, ぞよ, つたのか, という, という気, とその, とわかった, と云っ, と云つて, と思, と気がついた, と私, と言う, なこっち, なと私, もの塔が, よ八, 八五郎親分, 肌身を

1 [360件] あね, あまり手荒く, え, おれに, からあ, からあっしゃ, からあなた, からいかぬ, からいけ, からうっかり, からおそれやす, からおれ, からかえる, からこういう, からこそ日本, からこまる, からこれ, からそもじ, からそれで, からそんなに, からつい, からと小泉, からな自慢, からね, からねえ, からねおっかさん, からましてや, からもし, からやめられねえ, からやりきれん, からろくな, からわし, からわる, からガンバっ, からシロウト, からマーケット, からモスク, から一人者, から一国一地方, から丈夫, から上方, から世の中, から二人, から人間, から今年, から仕方, から休み, から伝六太鼓, から伝六様, から佐久間医院, から体, から何年いっしょ, から余程, から信じられぬ, から信心, から俺, から傘, から兎, から剣豪, から叔母さん, から可, から可哀そう, から吾輩, から困った, から困りました, から困ります, から夏中, から好い, から好きさ, から娯楽, から嫌ひだ, から学校, から安い, から宗, から家さ, から寄席稼業, から小田策, から山登り, から師匠, から平, から年寄, から幻滅, から建礼門院たち, から当節, から急, から成績, から担げません, から文学青年, から旧幕時代, から昔, から映画, から時々, から書道, から本, から流行らねえ, から満更, から滿更ぢ, から用心, から畜生, から當節, から眼, から箱根, から米友, から絶対, から繁夫さん, から自分, から自殺, から良く, から菊村宮内, から萬葉, から裁判, から解し, から調べ事, から議論, から豪い, から貧棒旅行, から過去, から配達費, から酔っ払い, から重い, から長州ッ, から隠岐, から面白い, から飲酒党, が, がこれ, がその, がね, が一読, が何, が君どこ, が手向ける, が見かけなかった, けむこう, ここに, この封筒, この情味, この玉, この菅糸, この金, これは, これをちゃあ, しのぼせ, そういう思い, そうです, その上煙草, ぞという意味, ぞと毎日毎夜古風, ぞと睨めつくれ, ちょっと急, つたが, つたのかしら, つたので, つたのです, つてあの, つてあまり感心できた, つてことによる, つてすこしも, つて中へ, つて今の, つて別段に, つて本, で国手, とあと, とあまり, とあれ, といいます, というもの, といえ, といち, とお, とおじさん, ときめ, とこの, とごく, としごきで, とするなら, とちょっと, とつまり, とて決して, とどうも, とばかりにそれ, とわかつた, と世間話, と丹念, と云ったら, と云われた, と今, と判断, と勢い, と十万分の一秒, と単に, と叫ん, と叫んだ, と大阪, と小指, と影, と得意満面, と心酔, と思いついた, と思います, と思ってる, と思つて, と思はせられる, と思はれる, と思わず, と恐らく, と想っ, と感じた, と指示, と料理屋, と断る, と断言, と昨夜, と書く, と木崎, と李陵, と林太郎, と残らず, と毎, と氣, と決め, と決定, と泣きついたら, と清, と滑稽, と猿, と申, と申しまし, と申します, と疾, と百パーセント, と盆, と答え, と答えられる, と紙, と考, と考え, と考える, と聞きます, と荷繩, と薄い, と虫, と袂, と裏表両面, と見, と見せられる, と見た, と触れ廻っ, と言い出す, と言っ, と言った, と言ってた, と話, と話しかけてる, と話しゃ, と貝, と躊躇う, と速, と阿久, と随分, と高, ど, どうしてこんな, どこに, どれ灯を, なあの, なお, なお初, なこれ, なという, なとおれ, なとさとった, なとはじめて, なとピチ公, なと僕, なと初めて, なと彼, なと思い, なと思いました, なと思つた, なと手, なと直感, なと義雄, なと認識, などと本家, などれ, などれ様子, ななるほど, なナニ, な主人, な人間, な例, な先刻, な我々, な手前, な時折舞台, な法事, な潜水夫たち, な畜生谷, な虎痴, な足痕, ね明智君, のを, ひと口めには, ひどい事, べ, ものお前様祖父殿は, もの油断も, よく見る, よこの, よする, よほら, よゲンドン, よ先生, よ八五郎親分, よ分らない, よ周吉親分, よ地理書, よ御, よ杉本さん, よ私, よ錢形, よ間違え, よ驚いた, ア, エライゾ加奈ちゃん, クソ, チョンマゲだ, ッと, ッサアうんと, ッ砲弾の, ナとピンと, ナと俊基, ナ魔, 今度ァ, 仕方がねえ, 侏儒の, 俺が, 先年自分に, 君の, 夜ふけには, 大きなずう, 奥さんお, 嬢様, 宮瀬さん岩の, 山野君, 我々に, 我は, 戸籍だ, 手が, 扨は, 水の, 決して番狂わせ, 源助窓硝子が, 犯人は, 甲板の, 覺え, 訳や, 邪魔だ

▼ これなら~ (770, 0.4%)

22 大丈夫だ 15 大丈夫と 9 と思う 5 安心だ 4 いいだろう, ば大丈夫, 大丈夫

3 [11件] だいじょうぶだ, と思ふ, ば, ばこの, ばと思う, ばと踏試, ばもう, ば何, もう大丈夫, よかろう, 大丈夫でしょう

2 [53件] あつしにも, あなたに, いくら採っ, きっとうまく, だいじょうぶだろう, といふ, と思っ, と自信, どこの, なんでも, ばという自信, ばなるほど, ばまだ, ば充分, ば夜, ば大, ば御, ば必ず, ば支那, ば漆喰, ば自分, まず大丈夫勝利, よいと, ネストと, 一本の, 上等だ, 五分と, 人に, 今夜よく, 何も, 俺が, 僕が, 先ず大丈夫, 別に論, 君の, 大したこと, 大丈夫だろう, 大丈夫です, 女護ヶ島へ, 娘の, 安心, 安心し, 幾らでも, 申し分は, 申分ない, 相当の, 私は, 立派な, 結び文は, 自分にも, 誰が, 誰でも, 間違いは

1 [568件 抜粋] あいつに, あつしだ, あとで, あの石, あんたにも, いいいわゆる, いいでしょう, いいと, いい御用邸, いい道, いくらも, いくら人どおりが, いくら遠方, いざという, いっそなに, いっそものおき, いっそ死ん, いつかその, いやでも, いろいろの, うまいと, うまくそれ, うまくはい, うまくゆく, うまく行き, おあつらえ, おれだ, おれも, お前たちと, お安く, お思い出し, かなり品物, かもでも, きっとお気, きっと夜明け, きっと日本一, きっと軍艦, きっと長く, こっちでも, このまえ, このまま明旦二人, この建物, こはれ, これだけでも, ごうせいな, さすがの, さほどに, さほど無理難題, すぐに, すぐ死ぬ, すべての, そんなにむずかしい, たくさん砂鉄が, たしかだ, だいじょうぶ, だいじょうぶでしょう, だいじょうぶという, だれも, ちっともお金, ちょうどよろしい, ちよいと, ぢき, で訪う, という人間, という家, という生活, という自信, と云つて, と大阪, と心, と思はれる, と選りぬいた, どうだ, どうにかいけるだろう, どうにかやっ, どうやらやっ, どこか, どこから, どこにも, どこへ, どちらか, どんなに多量, どんな俳優, どんな判らない, どんな名, どんな田舎, どんな神経質, どんな責任, どんな雨戸, なかなか転げ落つる, なぞという, なまじいあんな, にぎやかな, ばあなた, ばあるいは, ばいい, ばいか, ばお, ばかの, ばきかぬ, ばこちら, ばずんずん, ばそう, ばたしかに, ばだいじょうぶ, ばという, ばというプラン, ばという時分, ばといっ, ばといわぬ, ばと一縷, ばと度胸, ばと思っ, ばと思われる, ばと札, ばと眼, ばと私, ばと見立て, ばと見込ん, ばどう, ばなる, ばひと, ばまさしく, ばまちがい, ばまんざら, ばよも, ばベンケイ, ばラジオ放送, ばラヂオ, ば上品上生, ば不可, ば予定, ば人, ば以, ば任意, ば伏見, ば何ん, ば僧始終, ば先ず, ば先づ安心, ば入られる, ば全市, ば其織物, ば十二分, ば十分, ば印度, ば向う, ば命, ば多, ば大抵, ば大陸, ば如何, ば姫, ば嫌疑, ば存外もの, ば安心, ば完全, ば家庭, ば家柄, ば少なくとも, ば幸先きが, ば弟, ば弾まぬ, ば往生, ば心から, ば恐るる, ば文句, ば普通, ば本当, ば槍, ば歩い, ば死ぬ, ば気安い, ば法王, ば火災, ば燃やしたく, ば牛肉, ば物理学, ば狼, ば王様, ば申し分, ば監督, ば相手, ば私, ば立派, ば立退くであろう, ば競争場裡, ば第, ば蔵元屋, ば豪華船, ば買わず, ば躾, ば車, ば近代人, ば運, ば金庫, ば釣合, ば鎗, ば門, ば陪臣共, ば隨分, ば雑誌東陽, ば額, ば高尾, ふもと村へ, ほんとうらしい, まあどうやら自分, まあまあと, まあ大丈夫, まず不思議, まず大丈夫, まだしも神経衰弱, まだ油絵, まだ船, まだ静か, もうすこし休ん, もうだれ, もう三, もう安心, もう客, もう愛想, もう火, もう確, もう移し, もう鬼仏洞, よいでしょう, よかり, よく締めつけられます, よく鳴り, よもや判りっ, よろしい, よろしかろう, わたしの, をぢさん, んかなど, んと, アナトール, ウンと, キットお, ドンナ罪を, ピエロも, ベンケイが, マケる, マコモの, マチネーを, メンタル, ヨハンネスも, 一万五千人ぐらい, 一人の, 一人金一円を, 一戦やれる, 一杯が, 一生食い, 万まちがいない, 丈夫だ, 三味線に, 三日軽口師の, 三都の, 上の, 上乗だ, 上等, 上等や, 下手な, 世界の, 世話を, 二つ三つ持つ, 二三日は, 二十面相が, 二本で, 人には, 人間が, 人間の, 今後三十年の, 介抱窃盗も, 仕事が, 他の, 何とか今夜, 何とか辛抱, 何の, 使へる, 信用するだろう, 修行も, 僕だって, 元気が, 先ず誰, 先方だって, 先生も, 全く平温, 八十位な, 六貫平均出る, 其美しい, 前学期, 前進する, 剛健で, 勝負は, 区別は, 十中八九は, 十分に, 十里先からでも, 千秋楽まで, 半日ぐらい, 卓子の, 博士を, 可なり, 合鍵が, 同じだ, 命は, 商売に, 喉の, 四時半の, 場所へ, 外出し, 多少なり, 多數, 夜と, 夜中隣の, 大した心配, 大じょうぶでしょう, 大丈夫うまく, 大丈夫で, 大丈夫外から, 大丈夫屋台骨が, 大丈夫自家で, 大概の, 大騒ぎを, 奥様だって, 女に, 女の, 奴も, 好いでしょう, 好いわね, 如何に, 妾にだって, 妾達の, 始めから, 子供には, 安全でしょう, 安全です, 安心だらう, 安心だろう, 安心で, 安心です, 宜いでせう, 宮中でも, 寄場の, 寝床の, 尊氏が, 尊氏は, 小僧にでも, 小刻みに, 小屋がけを, 小松の, 小説を, 少くも, 少し位, 山名の, 岡田が, 左程, 師匠の, 平次と, 平等だろう, 強過ぎ, 彌八, 当代の, 当分手を, 当分私は, 彼の, 後に, 心置きなく, 必ず全快, 必ず弦, 必ず殿様, 悪魔の, 愉快で, 我慢が, 或いはなにか, 或いは分らぬ, 或は動くだろう, 手の, 持参金が, 指輪に, 捕縄の, 採集に, 数百石の, 敵にとって, 敵の, 文句なかろ, 文句は, 料理すれ, 断じてのがし, 新ロオマンチシズム, 新劇も, 新鮮な, 日に, 日本の, 明日一ぱいの, 明瞭します, 暇を, 替え玉が, 月世界くらいまでは, 有望だ, 末代物じゃよ, 本当に本, 本当の, 東京でも, 東京へ, 桃中軒の, 楽しみが, 楽だ, 気持ちが, 海を, 淋しがりやでないで, 満更で, 満潮とは, 満足だ, 満足や, 無事だ, 無事でしょう, 爆弾の, 父が, 特等室だ, 独語を, 甘いだろう, 生活は, 用心する, 申し分ありません, 申分が, 申分なから, 申分なかろ, 申分は, 町中へ, 相手に, 相手は, 相手方は, 真冬でも, 眺望が, 矢代君も, 砂糖に, 神様の, 私が, 私にも, 私ばかり, 秘法の, 空襲の, 籠の, 納得できるだろう, 組打ちを, 結構です, 背に, 脚色の, 自分も, 自由自在に, 舞台の, 良縁だ, 苦労が, 荷物は, 藩中で, 袂にも, 裏の, 規模は, 親類に, 訳は, 誠に自然, 誰にでも, 誰にも, 誰の, 請合いの, 豈夫, 貞任宗任の, 負けつこ, 貯金は, 贅沢な, 身の, 輸入ものに, 近所の, 過ちは, 野球試合に, 金が, 金さえ, 金の, 金塊だけ, 銀貨と, 閉口する, 間違いない, 間違いなし, 隅が, 雪を, 電車へ, 非常に, 面白いだろう, 順が, 順坊も, 頭も, 顔の, 食へる, 飯に, 馬の, 鬼でも, 鳩が, 黒人も

▼ これまでに~ (693, 0.4%)

14 なかった 8 して, 一度も, 見たこと 4 そんなこと, 例の, 経験した, 自分の 3 ないこと, ないほど, なって, なるには, 何度も, 幾たびか, 彼が, 私は, 起ったこと

2 [35件] あったこと, いろいろな, お話し, したの, するの, たくさんの, ついぞ一度, とられたご, ない優しさ, ない力, もう何度, 世話し, 丹精する, 二度も, 何か, 全部さし出しまし, 嘗てない, 尽して, 幾たびと, 幾度も, 彼女が, 復興した, 探偵小説を, 浮世の, 漕ぎつけたの, 私に, 私の, 聞いたこと, 見たもの, 見て, 覚えたこと, 覺え, 触れて, 訪ねて, 誇らしげに

1 [542件 抜粋] あった不思議, あった優れた抵抗論, あとから, あのげじげじ牧師, あまりひどい, ありませんでした, あんなにいや, あんなに気どった, あんな変, いうだけの, いくたび, いくたりか, いくどと, いくども, いくらも, いくら有った, いろいろに, いろいろの, いろんな計, お使, お嬢様の, お戦い, お粂, お育て, お話した, かず多く, かつてそんな, かつてない, かつて感じた, きいた覚え, くそ骨, ここへ, こつちが, この事件, この千早館, この山, この池, この穴, この窓硝子, この絵姿, これだけの, これと, こんな気持, ごらんに, さうし, さらに新婦, されては, しあげて, したくの, したといふだけ, したよう, した中, した佐々, した兵隊さん達, した唯一, した店, しても, しばしば危険, しばしば身辺, しょっちゅう, しろ子供, しろ小説, しろ彼, しろ誰, すすめては, すでに充分利用, するに, するには, ずいぶんと, ずいぶん手荒く, そうとう勉強, それを, それ程おいしく, そんな機会, たくさん作らなかった, ただの, たびたびおかしな, たびたびこの, たびたび反省, たびたび狩場, たよって, たんまり儲け, だれ一人, ちょいちょい耳, ついぞ今, ついぞ見た, ついぞ覚えない, ついでながら, つひぞお, つひぞ味, とどめて, どうにか解決, どこかで, どれほど, どれほどの, どんなに損, どんな不貞腐れ, ないある, ないことぢ, ないね, ないの, ないひどい捕虜, ないよい音色, ないよう, ないよろこび, ないテンダア, ない一番, ない上等, ない事, ない侮辱, ない命, ない大きな, ない好成績, ない希望, ない強い姉, ない思いいる, ない或, ない拒絶, ない文字通り, ない文学, ない新種, ない明瞭, ない正統, ない氣輕, ない決意, ない活気, ない深い心酔, ない演出, ない烈しい陣痛, ない物価騰貴, ない猛, ない相貌, ない真面目, ない眺望, ない硬い表情, ない精彩, ない純粋, ない腹立たしさ, ない親和感, ない親密さ, ない賞与金, ない醜い女, ない面白い一春, なか, なかったろうな, なかつたくら, なかつたやう, なくきれい, なくこの, なくやさしかった, なく何だか, なく優しい調子, なく優雅, なく力, なく可愛らしく感じられ, なく多勢, なく寂漠, なく少し, なく広汎, なく心, なく忌わしい陰, なく明らか, なく時々, なく晴々, なく気, なく淋しく感じた, なく深いもの, なく激しく感じられ, なく烈しかった, なく狼狽, なく生き生き, なく美しく見えた, なく躯, なく酷, なく金, なく静粛, なく鮮, なさった, なされば, なしとげたこと, なつた, なりますには, なるの, なんどと, なんども, ぶたれるよう, まだなかつた, まだ経験, まだ見た, まるで考えた, むろん縁談, めずらしくなかった, もうたびたび猫, もうわかった, もう二千圓足らず, もう幾たび, もう幾度, もって, もっとずんと難儀, やってきたこと, やつて, よく見かけ, よこした樣, わかったよう, わしに, わしの, わたしの, キツネが, セエラ程, メントール侯の, ヤッローの, 一つも, 一人だって, 一度あります, 一度だって, 一度でも, 一度として, 一度婿を, 一番自分の, 七たびも, 三度ございました, 世に, 世界の, 両と, 丸山の, 丹精し, 事も, 二三度あった, 二三度あの, 二三度お, 二三度も, 二人が, 二代目左団次の, 云つた通りである, 五つや, 五人も, 五十七本も, 五段目や, 人の, 人は, 人を, 人間の, 仕上げたん, 仕上げた店, 体験した, 何べ, 何人かの, 何冊かの, 何十度忌ま忌ましい, 何回か, 何回と, 何度あったでしょう, 何度か, 何度クラムに, 何度支払い部屋から, 何遍それとなく, 作った科学小説, 作り上げたの, 例が, 例も, 例を, 働いて, 僕が, 僕の, 僕は, 兎角癪, 全くなかっ, 全く例, 六度も, 出版された, 初めておそらく別に用, 励まれた, 勉強した, 医学者によって, 十分果たした, 受けた手, 味わったこと, 味わった百十九種, 商工奨励館や, 四の, 四回の, 四回も, 地球上には, 地頭の, 城に, 城へ, 執拗に, 変った噂, 変わって, 外に, 大きくなった, 大人に, 大猪, 失ったと, 失敗し, 女の, 女性の, 如何な, 存じ上げたかた, 学んで, 完全に, 実施された, 実際何, 家の, 尋ね得なかつた場所, 小娘に, 少しは, 尽くして, 展覧会場に, 工事が, 己に, 幾倍し, 幾多の, 幾度あの, 幾度お詫びを, 幾度と, 幾度家を, 度々お, 度び度びされるため矢代は, 建てた家, 建造した, 強くなる, 当の宮, 彼は, 彼らの, 彼女は, 得た人生, 得た研究, 徹底すれ, 思ふて, 恋の, 悪い噂, 想像し, 感じたこと, 感じて, 成さる, 成し遂げたとばかり, 成ったという, 成りましたから, 成就した, 扇面で, 手がけた事件, 手に, 払って, 払われた多く, 抑えて, 折が, 拜見した, 拵えたの, 掘って, 接したいかなる, 接した志士, 数えきれないほど, 数知れぬ, 於ても, 既に世間, 明かに, 明らかに, 書いた一等, 書いた最上, 書いて, 最も苦しい, 月人が, 朋輩から, 東京の, 果たされて, 検察庁や, 様々な, 様々の, 次々と, 死なせた敵味方, 死人の, 残らず出しつくされました, 気勢を, 沢山助けた, 浅井と, 浮いた噂, 深く見破った, 渉りあるいた, 滝尾どのを, 漕ぎ付けた役者, 漕付ける, 漠然と想像, 澤山小さな, 激励した, 火星兵団が, 為た, 無いです, 無い美くし, 無数の, 爲上げる骨折り, 父や, 犯したいちばん, 狂気の, 現れたこと, 現われた隠語以外, 現われ出た文字以外, 生きながらの, 生まれたし, 甲斐が, 疑問だった, 発表された, 発見する, 登場した, 皆な, 盗んだ金, 盗んだ金銭, 相当の, 知った女たち, 知らない深い, 知らなかった食卓, 知りませんでした, 研究し, 研究せられた, 研究に, 私が, 私たちの, 私を, 秋海棠が, 秋田, 科学的な, 種が, 竹槍蓆旗にも, 経文など, 経験したる, 結婚生活を, 經て, 縫いつくろいを, 罰せられた例, 翻訳劇が, 聞かぬこと, 育てあげたの, 育て上げたの, 腹心の, 自分は, 色々入っ, 苦労を, 苦心し, 草履屋の, 蒙った惨禍, 蝙蝠を, 見かける筈, 見せたこと, 見せた通り, 見たピカソ, 見た恋敵, 見た金州, 見ぬ寄手, 見られないほど, 見られなかったよう, 覚えたほか, 覚えた愛着, 覚えなき愁らさ, 覚えの, 言及した, 計営, 試合した, 認識論的範疇の, 読み落したの, 読んだ小説, 読んだ少数, 読んだ馬琴, 誰か, 誰でも, 誰も, 誰一人身代限や, 警保局から, 警視庁の, 谷博士は, 負わされて, 買い溜めた物, 起こったこと, 踊りこなすには, 踏破し, 身を, 述べたすべて, 述べた処, 述べて, 通つて來た, 通過し, 運ぶには, 遣わした手当, 随分ある, 随分ぬい, 随分流布, 随分色々, 随分長く, 随分面倒, 雛の, 電話で, 青木から, 類の, 風間三千子は, 飲んだこと, 飽きるほども, 馴れて, 骨折って, 鬼火を, 鶴さんが, 黄表紙か

▼ これ~ (681, 0.4%)

9 と考え 6 この, 時鐘の 5 を考える 4 いかん 3 お家は, と想像, を考え, 大変だ, 驚いた

2 [37件] あれや, この人, この常, さかいな, ただ事では, で, でこの, で御両, で親たち, とは話し, と手, と探し, と早稲田, と考えた, と考へ, と迷つて, どういうもん, のこと, の思い, の打合せ, の理由, の關係, また野, わが胸, をひっくるめ, を思い合わせる, を種, モウ程なく, 別だ, 怪しからん, 我が母, 日記の, 法界坊, 現か, 考えて, 考へ, 面白い

1 [562件 抜粋] あって, あなた見, あの十三号, あわただしい, あんなこと, いお, いかぬまた, いけない, いったいどうした, いったい何ん, いつたいぜんたい, いよいよ事難かしく, いよいよ真人間, いろいろの, いろいろやろう, い眠む気ざま, うたて遊びごと, うれしがる, えらいこツちや, おかしい, おかしい兵助殿, おまえが, おめ, おめずらしい, お前村に, お察し, お寺だ, お手紙, お涼やか, お経, お話に, かの若く, から国民生活, から話, がある, がこんがらかる, がそれ, が多, が如何, が寄っ, が廻り燈籠, が影響, が苦労, が誰, きびしい, ここへ, ここを, こつちの方, このあんころ餅, このこぞ, このまま, このナイル, このピサ, この天, この夫, この寒い, この慣れ, この極楽, この様子, この毛利孟夫, この江戸ッ子, この知る, この碓氷峠, この禁慾主義者, この絹, この行, この行く, この豊葦原の瑞穂の国, この逆さ, この酒仏飯仏, これ, これ以上奮発出来ない, これ末期の水ぞ, ご家老, さつ, しかし今日, しかたが, しばらくじゃった, しまうたわい, しまった, そ, そのまま浄土極楽, その他は, その時, その露, たいへんな, たまらん, たまらんと, ちょっと気味が悪い, ちよつと, てっきり昨夜, てつきりママお, でいろいろ, でお便り, でさすが, でその後, でつい, でひどい, でみんな, でグチ, でポシャポシャ, で一層, で一行, で今日, で伊勢屋, で何処, で余り, で大変, で夫, で家, で容易, で小, で小半刻, で小説, で少し, で彼女, で手, で暇, で氣, で留守, で益々, で石川さん, で私, で私たち, で積, で結局書き, で通っ, と, といそがしい, といつ, といろ, といろいろ, といろんな, とうるさく, とかんがえた, とかんがえる, とくよくよ, とこれ程, とし, としきりに, とすれ, とその, とちがった, とても駄目, とはづかし, とひっくりかえし, とひとり, とやっ, とんだ浦島太郎, とマゴマゴ, と人, と低下, と儀十郎, と切り抜い, と医療, と古代, と周章狼狽, と変った, と彌縫, と心, と心配, と忙しい, と思いめぐらす, と思い合せ, と思い巡らした, と思い迷っ, と旅仕度, と東上準備, と気, と物思い, と矢鱈, と神経質, と筋, と策略, と考えられる, と考え廻し, と考へま, と考慮中, と自分, と興味, と話し合った, と語, と論議, と身, と迷, と迷った, と過去, と選りわけ, と頭, と騒いだ, どういうこと, どういふ, どうかしとる, どうした, どうじゃ, どうする, どうでござる, どうです, どうも, どうもしかた, どうもなるまい, どうも今更考, どうも無理, どうも迂闊, どこへ, どっちも, なんです, なんでも, なんともなり, なんと説明, なんや, にてどうも, の, のお, のコケトリー, のゴタゴタ, のレコード, の不快感, の中, の事, の事柄, の作品, の偶然, の僅か, の努力, の原因, の呪い事, の問題, の弱々しい, の影響, の必要条件, の想念, の手違い, の文学, の時刻, の条件, の波だち, の物, の目的, の管理人, の細目, の経過, の聞き, の良心遊戯, の計画, の記事, の迷惑, の選択, の重なった, の野暮, の間, の関係, の雑色, の面, の音楽形式, はてしなくする, はア先生許, は今日, は終, ひどい, ひどい此方, ひどい酒, ぶったまげた, まあご, まあどうなる, ますますもっ, またたいした, またべつ, まつたく大, まづ, ま内証, みんなてめえの, みんな勝手ぢや, みんな肉親の, もうパリ, もうヨーロッパ人, もう四五日, もしかする, もっともな, ものトラックは, よもただ事, わ, わからぬ何万何十万, わが深み, わしが, わしの, わしひとりの, をいろいろ, をかしい, をちり, をみんな自分, を取り集め, を合せ, を合わせ考えれ, を少し, を差引け, を思いあわせます, を思います, を思う, を湊, を納得, を考え合わせ, を考え合わせまする, を苦, を見せつけられ, を話し, を話しました, を話す, ア, アえらい, アひどい, ア姉妹かも, ア尤だ, ア案外, ア貫之風だ, クリスマス, ツ, ツこれや, テッキリ盗ん, フィルムが, フランスも, ホンの, ボンヤリ店を, 一つ含月荘へ, 一体なんだ, 一体何, 一夜を, 一日仕事です, 一筋縄で, 一色, 一體何の, 七日の, 上にも, 不可と, 世間ざらに, 串戯を, 二疋です, 二階堂どのには, 云いぞ, 京へ, 今夜は, 仕方が, 伝右が, 何ぞ奢っ, 何と, 何とかせず, 何云う, 何者とて, 俳句にも, 俺の, 僕が, 僕の, 元々痩せ地, 先生にと, 全くよした, 全く不思議, 内密だ, 冗談じゃ, 冬中でも, 切腹だ, 初客, 別さ, 別の, 北風に, 匙を, 危いっ, 只もうにぎやか, 名代の, 君誰が, 君重役が, 吾が父, 嘘でねえだ, 国境で, 変だ, 変らぬ珍宝, 大きな商売, 大した問題ぢ, 大人の, 大功名, 大變, 大降りに, 天が, 天星宿地の, 夫婦には, 子供を, 孔雀の, 家康を, 宿業だ, 専務にも, 小歌の, 少し擽ったい, 差入れ物だ, 平常かんぺきの, 当り前さ, 当然越前守さま, 彼の, 彼女が, 後々に, 御亭主, 心の, 怎うも, 思いつづけると, 思ひあはせて, 恋愛じゃ, 恐らく何もの, 懐しい匂い, 戀を, 成功だ, 戦争には, 招待ぢや, 持って, 持論だ, 政治家に, 数右衛門そちまで, 於通だ, 日か, 日本人の, 旦那さま食はれ, 旦那は, 旦那樣食はれ, 昔の, 是非さ, 曼陀羅に, 最後の, 本を, 東洋の, 東野大学なかなか, 案外な, 歴史みたいだ, 死にそう, 残念だ, 殺生関白と, 気絶し, 水みたいな, 汚いね, 清麿の, 溢れむ神, 潮満つ, 炭酸ガスばかりじゃ, 無理な, 無駄なこんだ, 猟奇的の, 王禅寺の, 珍しいです, 甘い, 生れて, 男だ, 皆川半之丞宛です, 相当学生, 矢張り, 確に, 神さま何か, 神谷ぢや, 私が, 私の, 私情の, 稲刈りだ, 空想を, 立派な, 素晴らしいもの, 素的だ, 累の, 絶景だ, 習慣で, 考えもんだ, 考えると, 考えれば, 考へた, 考へて, 胸一杯に, 自分が, 苦しき脅迫, 裏店の, 見て, 見ものです, 見ン事, 親切に, 觸れ, 訪問客が, 談合しよう, 貴公の, 貸家物色中だ, 違ひます, 酒か, 重い, 野の, 金吾の, 銀子で, 陽春第, 難しくなります, 難事件に, 靈鳥の, 青痣, 静粛に, 非常に, 食べながら, 高くないです, 高けい, 高毬, 黄金の

▼ これだけは~ (666, 0.4%)

4 残して, 誰にも

3 [11件] いって, 信じて, 忘れて, 昔の, 気持が, 確かに, 確実に, 聞いて, 覚えて, 言って, 許して

2 [46件] お信じくださいまし, しなければ, たしかだ, どうあっ, どうする, どうにも, どこに, はっきりと, よく覚え, 一生の, 事実として, 何よりも, 俺の, 厳重に, 君に, 君の, 喜んで, 外に, 多少便り, 大丈夫と, 守って, 心得おくべし, 心配で, 忘れないで, 手を, 承知し, 明瞭と, 書いて, 死んでも, 殘し, 父の, 片時も, 確かだ, 確かでございます, 確かな, 私が, 私の, 絶対に, 自分で, 自分の, 許してよ, 誓います, 誰が, 警察へ, 頼む, 黙って

1 [533件 抜粋] あきらめる方, あたかも鳥, あなたに, あの人, あらゆる政党, あるいは家名, あるん, いいだろう, いかなる者, いかにも優しい, いくらか世, いくら学の, いくら怜悧, いっしょに, いつかは, いつか父に, いつもあたし, いつも不足, いつ来, いまだにわからない, いやです, いやでも, いる竹の子, うっかりお話し, おのづか, お分り, お受けできませぬ, お召らしい, お寿女さん, お待ちかねで, お忘れでない, お才, お斷, お父, お答えし, お聞き下さい, お許し下さるでしょう, お願いし, かえすの, かたく奉じ, きいて, くれぐれもお, くれぐれも頼みました, こっちへ, この宮, これだけは, ごまかせねえん, ご免だ, ご愛嬌, ご承知, ささやかな, さすがの, しなくては, すこしきたない, せめてもの, ぜひとも仕遂げたい, ぜひ見たい, そうでない, そちらへ, その時, その通り, それ以外に, たいへんはっきりし, たしかであります, たしかに三つ, たって聞きとどけ, だれにでも, ちゃんと結い上げた, ちょっと真似人, ついに成功, つねに姫, とうとうやらず, とてもかなわん, とにかく確か, どうか, どうかやめ, どうか繰返したくない, どうしてもいふ, どうしてもいわなけれ, どうしてもお前, どうしてもそれ, どうしても大きな, どうしても生活再建, どうしても自分, どうしよう, どうぞ曲げ, どうにもしようが, どうも不可, どう仕様, どこへ, どこまでも, どっちから, なんといたしまし, はっきりさせ, はっきり君ら, はっきり断わっ, はっきり約束, はっきり言えます, はつきり言つてごらん, ほとんど自制, ほぼ近代国家, ほんたうだ, ほんとうだつた, ぼく自身忘れえない, まあ私, まぎらわしいから, まことに厳重, まことに嚴重, まさか嘘, まさか疑ふ, まずよかっ, まず残し, まず確か, まだ久しい, まだ誰一人, まだ農民, みんなが, もう一度また, もう僕, もう大, もう日本中, もう立派, もつと, もと通りの, やっては, やめられないね, やられよう, ゆずれないとばかりに, ゆるして, よく知っ, よく解らない, わかるまいて, わざと送らなかつた, わたしひとりで, わたしも, わたし一人占めに, われわれ業者にも, カケネなし, クンクン鼻を, トロちやんは, ハッキリお答え, ハッキリ申し, メニュウを, リズムの, 一刻も, 一応心得, 一生かかっ, 一生に, 一生涯, 一組トランクの, 一脈残っ, 一見その, 万吉が, 万国共通の, 三千子の, 上手に, 上等交り, 下々の, 与市も, 世界一です, 主人の, 九州では, 事実だ, 事實だ, 云うまいと, 云える, 云っては, 云つ, 云ふ, 云わして, 云わずには, 人の, 人力では, 人柄の, 人間の, 今の, 今も, 今亀, 今後も, 今日と, 仕方が, 他人に, 以前に, 伊東まで, 伺えるでしょう, 何うにも, 何と, 何とぞ閣下, 何人でも, 余所の, 例外なく, 例外の, 保存せね, 保証づき, 信じたまえ, 信ずるに, 俺等が, 像に, 儂として, 全文を, 八幡大丈夫, 内分に, 内密に, 分って, 切にお願い, 別である, 別にまた, 別問題, 到底もの, 前以, 助けます, 動物みたいな, 厳守する, 取らんで, 口に, 叮嚀に, 合点が, 君にも, 君も, 喰べ, 困まる, 固く信じる, 国宝であった, 地頭に, 堪忍し, 声を, 売って, 売ること, 変らぬという, 多少謹慎, 夜一夜さがせ, 夢の, 大事そうに, 大切に, 大威張り, 大自慢, 大變, 太子の, 失恋の, 奥さんも, 女の子を, 如何なる絶望逆上混乱, 姿を, 子供達にも, 存続したい, 宅に, 守らなければ, 守らねば, 完全に, 実に贅沢, 実は母, 密と, 尋常の, 小児の, 少々閉口, 少し守り過ぎた, 屹度お, 工夫した, 巧い, 巧くゆこう, 己も, 常に考へ, 年相応だ, 幾皿も, 弟にも, 当然あなた方, 当然註文, 彼の, 御免を, 御合点, 御存じなかっ, 御存じなかつた, 御忠告, 御約束, 御許容, 心の, 心得おくべしと, 心得て, 心配は, 必ず承知, 必らず, 必要に, 忘れちゃ, 忘れるな, 思い切て, 恐らく歌舞妓芝居, 恥に, 意志を, 意識し, 感心だ, 慎しむ, 慥かに, 手ば, 手放すの, 手放すまいと, 手放すめ, 承知しなかった, 承認なさるでしょう, 技術の, 拭えぬ心, 拾って, 拾つて來ました, 持つて, 推量出来た, 放さないが, 政治力が, 教えて, 教えること, 文字に, 文学の, 断じて彼女, 断つて, 断りますよ, 断わって, 断念し, 断言できる, 新しいから, 新しい瀬戸物, 新しく書いた, 日々に, 日本から, 日本で, 旦那に, 早くしない, 明らかに, 明るい道, 昨日のね, 是非とも, 是非ともここ, 是非伺ひたい, 是非何とかしなけれ, 是非僕たちの, 是非御願する, 是非見, 是非見物する, 暫時ぽつぽつ, 最後の, 有難い, 木守りの, 本名を, 本当だ, 本物です, 李の, 柄に, 極秘だ, 欠くる, 次代の, 止めた, 正味名を, 正直に, 死ぬまで, 殆ど我国の, 残る, 残念です, 殺されても, 母と, 民弥も, 永久に, 決してわが家, 決して饒舌ら, 決めとか, 流石の, 滅ぼしたくないもの, 漁り続けて, 無事とは, 無理だ, 焼いて, 煩悩では, 父に, 特によく記憶, 特別という, 現実だった, 申しあげときますがね, 申したい, 申し上げて, 申し上げられます, 申し上げる, 申上げ, 申上げる, 白米で, 盗まれぬよう, 盗めるの, 相当巧み, 相談に, 眞面目な, 真実, 真実だ, 真面目に, 知って, 知らせたくないと, 知らねば, 破るまいと, 確かである, 確かです, 確かで御座います, 確だ, 確と, 確実だ, 確実だったろう, 確実である, 私に, 私は, 私厭です, 端金で, 笑ったり, 約束しなく, 約束だ, 約束を, 終生忘れない, 絶やさないよう, 総ての, 縫えましょう, 缺くる, 羨しいつ, 考へて, 聊か快, 聞かなければ, 聴かして, 聴かなかった, 職業と, 肌身に, 肌身は, 背負い込みたくは, 脚より, 脱そうと, 腰を, 腹掛の, 膠も, 自作を, 自分たち一家の, 自分に, 自然主義の, 船岡にも, 良心に, 良心にかけて, 艶かしく置い, 蒐集する, 蕪村の, 見て, 見のがして, 見られたくないという, 見られぬとの, 見事でした, 見事な, 見当が, 解って, 解る, 言えますな, 言えると, 言った, 言っとくから, 言つておきたい, 言へ, 言わして, 言わぬつもり, 記憶し, 証明する, 話を, 誓うと, 読めるよしや, 読破しなく, 誰でも, 誰の, 請合ふ, 譲れない, 讃美し, 負けられぬそういう, 質に, 贅沢らしい, 贅澤らしい, 躊躇されたであろう, 身に, 近頃の, 返事を, 逃が, 通り者に, 逸品だった, 避けた方, 鋏を以て, 鍵の, 長年が, 門の, 間違いない, 間違いなくいう, 間違いの, 隠さずに, 隠されなかった, 隠すこと, 隠すべきこと, 隱さず, 隱れ, 集めて, 離されんよ, 雨乞い祭りの, 非常に, 頼んで, 風精が, 風采が, 食べさせませんや, 駄目

▼ これほどの~ (632, 0.3%)

10 ことは, ことを 8 大事件 6 ものは, 大事を 5 事が 4 ものを, 喜びが, 騒ぎを 3 ことに, 事件を, 侮辱は, 大事な, 屋敷を, 美しい娘, 美を, 重大事

2 [41件] おかた, お方の, ことが, ひどい裁判, 丈の, 事件が, 人も, 修業を, 傷に, 功徳を, 印象を, 名薬, 変化を, 大家の, 女である, 奴等が, 娘とは, 強震に, 思ひでも, 怪我を, 情熱を, 手間と, 才女を, 歌は, 水甕に, 熱情を, 物は, 狭い庭, 猛毒は, 猛牛, 生活の, 用心を, 罪だ, 美貌の, 肉の, 苦しみを, 虐たらしい, 虚しさ馬鹿さ惨めさ, 騒ぎにも, 騷ぎを, 魔力を

1 [469件] ありがたさ, うまさ, うらみを, えらい将軍, おげん, おびただしいヘビ, お住居, お大尽, お悩み, お方を, お骨折, かよわい優美, きりょうならすぐ, こうごうしい魅惑, ことはござりませな, ことまで, ささやかな, さわぎを, すごい顔, すばらしい肉体化, すばらしい音楽, ぜいたくは, ところで, なさけは, ひどい扱い, ふしぎな, ぼろでは, みずみずしい美少年, ものが, もので, ものでなかった, ものなら, ものも, よろこびを, シケは, シャンとは, スクープを, ニュースである, 一大勇猛心といふ, 一大勇猛心は, 不合理, 不幸は, 不覚は, 不運な, 世間の, 乙女が, 事さへ, 事に, 事は, 事を, 事件について, 事件は, 交わりに, 人が, 人でなく, 人でも, 人とは, 人なら行く, 人には, 人の, 人を, 人他人に, 人出が, 人物に, 人物を, 仕合わせ, 仕置を, 他人の, 仮面が, 体験は, 余裕にすら, 供養は, 信頼を, 俳優を, 健康の, 傑作は, 催眠術師とは, 働きを, 優れた作家, 優れた美少年, 光栄も, 光線に, 冷えびえとした舌触りは, 凄じい光景, 出来事も, 分別ざかりな, 分別を, 切迫を, 利き目, 剛気な, 創作が, 力を, 効験も, 勇者が, 勢力を, 勤労と, 単純な, 友情が, 友情に対しては, 反撥を, 叫喚に, 名人でした, 名人とは, 名人を, 名作も, 名探偵, 名文が, 名物に, 名画に, 名誉を, 名馬が, 告白を, 周到な, 問題が, 善根も, 喧騒も, 因果モノ的ナンセンスを, 国家の, 国家を, 地位に, 地面を, 城は, 城を, 執着は, 執着を, 報酬に, 売れゆきを, 変化が, 変装の, 外交の, 大きい変化, 大きい銅像, 大きい雪達磨, 大きい鳥, 大きなもの, 大きな品, 大きな屋敷, 大きな思いがけない, 大きな転落, 大きな非凡犬, 大さわぎ, 大事が, 大事には, 大仕事, 大作が, 大作雪舟なら, 大先生, 大先達, 大入りを, 大兵の, 大出発, 大問題, 大善智識, 大学者しかも, 大家で, 大家に, 大工事, 大手柄を, 大新聞, 大木が, 大木ゆえじっと, 大業は, 大樹の, 大火傷, 大胆の, 大金を, 大面積, 大騒ぎが, 大騒動, 大鯉, 天才は, 失敗が, 失望に, 奇特を, 奔放さは, 女では, 女に, 女は, 女を, 女人が, 好成績, 姦策を, 娘が, 孝行も, 完成とは, 宝物を, 実感を, 家で, 容貌が, 容貌の, 容貌を, 寒さ, 小膽, 少数で, 屈辱を, 屋敷の, 履歴も, 巧妙な, 差が, 師にも, 常夏は, 幕舎が, 年に, 幸不幸が, 幸福が, 幸福は, 幼い人, 幼児で, 広い地域, 度胸は, 庭でも, 庭を, 強い忍耐力, 強さ, 影響を, 御念の, 御病人, 心づくしを, 心とは, 心を, 心一度起さずし, 心得が, 志を, 志望を, 忙しさ, 快感を, 念の, 怒りも, 怖い物すごい風采, 怖しい, 思いを, 思ひが, 怪事件は, 恐ろしい毒, 恐怖が, 恥に, 恥辱ご, 恥辱は, 恨みを, 恩こうむりました, 患いだったらなぜ, 悪い度胸, 悲しいこと, 悲しみや, 悲劇を, 悲境に, 意味で, 愛は, 愛情が, 慙愧の, 憎しみと, 戯れは, 手がらを, 手数と, 手柄にも, 手柄を, 手違いは, 手配りを, 才人であった, 扱いは, 扱いを, 抵抗を, 挨拶を, 捕手が, 探偵小説が, 接触が, 推理を, 損失は, 損害である, 数が, 数は, 敵に, 斬り手, 斬合いに, 時代に, 時代的な, 暴風雨で, 書格の, 松風は, 業を, 極悪人が, 構図に, 歌の, 歎き, 歓喜は, 歓迎は, 武器を, 死亡が, 殿堂が, 気持は, 気骨ある, 氣持が, 水深を, 池の, 決意を, 波瀾が, 波瀾に, 活手段は, 浸水だ, 深い造詣, 淵に, 源太を, 溢れるよう, 激語を, 火事を, 烈々たる, 無理を, 熱にも, 熱心が, 熱心をもって, 熱情で, 熱狂も, 爪痕を, 片田舎が, 物を, 物怪には, 犠牲を, 献身を, 生産力が, 用事を, 由緒ある, 男は, 男も, 男を, 痛みじゃ, 療治を, 皇室が, 目に, 目覚めるやう, 知恵が, 知識が, 知識を, 研究が, 神謀を, 移りやす, 程度のは, 種類へ, 稲から, 稲これほどの, 簡単な, 粗画に, 紀行は, 組み合せを, 組織人員を, 結果に, 結構を, 絵を, 絶望を, 緊張にも, 縹緻を, 罅隙が, 罪悪には, 美しい住居, 美しさ, 美なる, 美人, 美人は, 美女が, 者は, 肋骨君も, 能筆である, 腕まえ, 腕力が, 自分の, 船つき場であり, 良心の, 色の, 色は, 色気は, 芸当の, 芸術性を, 苦労を, 苦心を, 苦悩は, 苦悶の, 苦痛も, 苦痛を, 英気あら, 華麗な, 落つきが, 蒙昧を, 薄酢, 虚しい苦痛, 虚栄心を, 血の, 行きとどいた注意, 行列を, 行動は, 術を, 装束を, 製作を, 見事さを, 見事な, 見分けも, 見識家は, 親しい間柄, 親切が, 詠みびと, 語らいとは, 調節を, 講座は, 警戒な, 譲歩を, 財宝が, 貧乏に, 賢人は, 賢者は, 贅を, 贅沢が, 贅沢を, 赤染右衛門に, 赤絵なんて, 趣が, 趣向ある, 距離ある, 身に, 身上を, 身代を, 身分の, 軽重を, 辛苦を, 近さ, 造詣が, 道化役を, 都会人種が, 重大な, 長い引導, 間違ひ, 関係に, 闘いにも, 隔てで, 雄大な, 雄弁を, 雅量は, 集まりを, 難事を, 難題に, 難題は, 雪が, 雪を, 雪達磨が, 面白い話, 音では, 顔は, 顛倒は, 風が, 飛道具が, 養生を, 馬は, 馬鹿だ, 騒ぎだ, 騒ぎに, 騒ぎの, 騒ぎは, 騒ぎも, 騒動が, 騒動に, 騒動も, 騷ぎがあつても寄りつく, 騷ぎに, 騷ぎにも, 驚天動地の, 驚異が, 驚異を, 骨折は, 骨折りに対する, 高名の, 鬼火が, 鮮やかな

▼ これ~ (569, 0.3%)

8 ことを 6 ために 4 事を, 兄が, 小舟に 3 ものを, わけで, 一木の, 冊子の, 夫婦は, 方が, 次第で, 話の

2 [37件] あるうち, お蔭で, ことが, ことは, ところで, ところに, ところへ, ものが, わけだ, 下に, 世に, 亂暴に, 事は, 事情だ, 人を, 代りに, 倫理が, 処に, 前に, 品を, 太夫様に, 子を, 対象として, 文学が, 日に, 本を, 母親と, 点が, 男が, 研究を, 色を, 芸術が, 葉牡丹子らとこそ, 言うこと, 訳で, 話が, 鰹を

1 [445件] あつた, あとすぐ, ある人間, いうの, いきさつが, いってること, うちに, うれしさ, おおこの, おかげで, お兄様, お客が, お客様が, お祖母さんが, お袋が, お話などにて, お顧客さま, かくし場所, からくりは, ことか, ことかい, ことについて, ことも, この松, これが, ご用を, ご褒美, ためじゃ, つぎに, つづきに, つながりが, つまらんこと, つやつや林檎, できない親鸞, できる家庭, といじくり回し, ときに, ところから, と捻, と考える, と苦情, と言っ, どこが, ないもの, ない人, ない人々, なき方, はじめに, はつきりし, はねごく, は一向, ひとが, ひどいの, ふるには, ぶっつけこを, ほうにも, ほかには, まとめが, もすこし, もので, ものでなけれ, ものをと, ような, よさ, タンク培養によって, トれた, ノートへ, ハバカや, ハンドを, 一年の, 一特産物である, 一番発達した, 一番適切に, 一筆, 三分の一の, 上に, 上梓の, 不良な, 世の, 世界的経営の, 中流以上の, 主人も, 主旨の, 主義を, 乱暴に, 乾燥した, 事には, 事件だ, 事実なる, 事情が, 事情で, 事情の, 事情も, 事指図を, 二人連れが, 五月に, 亡くなつたおふくろ, 亭主に, 亭主は, 人々が, 人工製造を, 人民の, 人種と, 人間が, 仕事を, 代案として, 何倍かの, 作品は, 例証を, 個所は, 倍数である, 倭に, 偉力は, 傍に, 傍を, 兄さんで, 兄さんなんぞは, 兄に, 兄も, 先生に, 公布と共に, 具象せられ, 内から, 内容も, 再版か, 冒頭は, 出たの, 出来そこない, 出来たと, 出来ない人, 出版を, 分らぬ奴, 分布も, 分量で, 利益や, 刻限に, 割で, 力に, 効果かも, 勘定が, 区画に, 十二時間と, 十倍ぐらい, 半分を, 半面には, 卑小を, 叔母の, 叔父の, 口から, 右に, 右側を, 司令官と, 合一した, 合図に, 名義で, 吐く呼吸, 否定としての, 命は, 品物が, 問題が, 善悪は, 噺を, 国際機関を, 圖案を, 地方の, 場合には, 塩むしも, 変化に, 外套を, 大きな原因, 天分が, 失われる時, 女が, 女の, 女女女女ばかりの, 女童文字書く, 好評に, 如く驚を, 姉な, 始末にて, 嫁を, 子と, 子や, 子ら歎知らざり, 存する処, 定義から, 実物を, 客を, 客人が, 客人見え, 家の, 家を, 家来の, 實現に, 対策には, 小さいの, 小さい時, 小僧の, 小型な, 小舟のうへより, 小説を, 少ないもの, 島根の, 工人も, 工場に, 差別なく, 市街を, 布陣と, 常設館が, 幸福を, 廂に, 張本人が, 弾かれるの, 形の, 影響いかんという, 役に立つから, 從ふなり, 御庭, 御承引, 復興が, 心労にて, 悪事に, 悪徳に, 愈発達, 意味であろう, 感性的, 懸賞といふ, 戦場に, 所へ, 所有者さえ, 手を, 手当てだけ, 手紙を, 手鞠を, 才覚に, 打ち方, 批評などという, 批評は, 持ち主が, 振りが, 排除に, 撫民は, 支持を, 改訂と, 故事で, 教を, 教師に, 整理には, 文句を, 新聞家いも送っ, 方の, 方は, 方角に, 日向よ, 日本における, 明断などは, 映画は, 是非を, 時間を, 曠野に, 書かれた後, 書き直しの, 書物が, 最中な, 最初の, 最大の, 最高点は, 月に, 服飾を, 村の, 条件で, 根柢に, 根源的意義は, 検挙に, 業績を, 欠如は, 欠点従来の, 次第, 次第と, 歓びじゃ, 正しい位置, 武運に, 死骸は, 母が, 母は, 母親は, 母親を, 水の, 決潰に, 法外上手な, 注意すべき, 浅夜, 消耗を, 混然たる, 港く, 濟までは, 点は, 為めに, 無いこと, 無産者を, 燭臺なる, 爲ぢや, 父親も, 父親や, 爺さが, 物で, 物を, 特色が, 犬が, 状況においては, 猿面, 球根は, 甚だ軽き, 生品を, 用向きを, 男でし, 男と, 番号の, 病気の, 病気も, 発生, 発露した, 百円は, 皇神, 監視に, 目に, 目付と, 目算を, 看板を, 真偽を, 瞬間に, 知り初め, 石臼は, 研究に, 破裂で, 硝子戸夜風に, 硫化の, 社会的意義を, 祖先は, 移るは, 程度であろう, 稽古を, 空母が, 竣工には, 童は, 答えです, 答は, 米の, 約束によって, 紅葉は, 終りが, 終る頃, 終わるまで, 経営者は, 結合や, 結果の, 結論は, 続篇にも, 罪に, 老楽, 老樂, 者の, 聯想から, 肉身の, 背景を, 舞台に, 船路の, 色は, 花にも, 草鞋よ, 荒療治, 荷船が, 落ちて, 落ちないうち, 著しく目立つ, 葦邊に, 行われて, 行を, 行動は, 行動を, 衣類を, 表現が, 被害を, 裏には, 裏を, 襟に, 要素や, 見え方に, 視像, 親は, 親仁が, 親切を, 親父に, 親爺は, 解釈を, 訂正も, 記念に, 訳だ, 訴えかた日本の, 試写を, 語らざるは, 説明も, 調べを, 談判が, 諸原因, 謂である, 講義を, 變形である, 費用多く, 起す電気, 身分の, 転換を, 輪の, 農奴と, 返答を, 追従者と, 退化した, 這入つて, 連綿として, 遊びは, 運動に, 運動の, 道を, 道場も, 遠崎, 選に, 部分と, 都合ゆえどう, 金が, 金子を, 銀行へ, 鎮りなされた, 鏡は, 長さ, 長たり, 陰極像などは, 集成と, 雑用が, 離心率が, 鞠手触りすべな, 顕われ無い, 養子に, 驅除とで, 高さ, 高じたもの

▼ これによって~ (503, 0.3%)

30 見ると 12 これを 10 見れば 4 我々は, 見ても 3 考えると, 自分の

2 [11件] はっきりと, 人間の, 国民を, 彼等は, 想像する, 明らかな, 明らかに, 私が, 私は, 考うれ, 重大な

1 [415件] あえて自信, あなた方が, あらゆる物品, いい加減乏しい, いかに益する, いくらかでも, いくらか家族, いくらか家計, いっそう監視, いよいよ父祖以来, いわゆる雑戸, うかがわれる, およそ迷信, お前の, お知り, かかるとことん, かれ等, きっと定まるだろう, くずれ立つか, こうした発声映画, この交換者, この新しい, この男, この自由競争, この転換, すっかり忘れられ, そうして一歩, そこもとが, そのかなり, その人物, その年, その当人, その所有者, それが, ただちに他所, ただに, たちまち不明, だいたいうかがわれる, つき従って, どのくらい, なるほどと, なんら自身, はじめて可能, はじめて日本, ひとは, ひとりその, ふと心づく, ほぼ看取, ほぼ首肯, まず些かの, また思われ, また折角, また民衆, まったく覆され, みずから励み, みても, みると, わかる, わが沖縄, わたくしは, わたしは, われら守護する, イデオロギー論の, イワンが, ウォーカーへ, エネルギーの, カントは, ジェンナーはとにも, バクーに, パッカアは, ヒロイックな, マタ, ユトランドの, ユージェニックスという, ラーゲルレーヴさんは, 一つ一つ違った, 一九四八年度に, 一方において, 一日が, 一般の, 一財産つくった, 三囲堤の, 与えられるならば, 与えられる思想的訓練, 世界の, 世界は, 世界を, 世界中を, 世道の, 両面四手と, 主観に対する, 九州という, 乳房状積雲と, 亥の, 人々は, 人民の, 人間という, 人間は, 人間学や, 人類は, 今は, 今まで, 今日完全に, 仏様より, 仏道へ, 仕向けて, 代表される, 代表せられる, 以後一年間の, 以後苗字を, 会員其他の, 何か, 何らか, 作品の, 作品を, 作者は, 信長の, 信頼を, 個人的生活が, 傷いた, 僕は, 充分証拠立てられた, 先生は, 光明を, 免れるとしても, 全て氷解する, 其の実際, 再び二分, 写された日本語, 初代さんこそ, 判別すれ, 利用という, 制度は, 前言う如く, 前説の, 労働の, 十八九世紀に, 半面は, 博士の, 却って益々確実, 原始の, 原形を, 反省し, 受けるであろう, 古人力を, 右の, 同一人物, 同時に哲学, 名を, 君が, 吾, 吾人は, 周囲の, 呪の, 呼び起こされる技術, 哀れその, 哲学の, 善を, 土地の, 圧倒され, 地震の, 城内の, 堆積物が, 増加する, 変光星の, 外見を, 多くの, 多少明らか, 多数の, 大きな肉, 大小も, 天才の, 太平洋は, 奉行施政の, 好転し, 如何に, 始めて個人, 始めて和らぐであろう, 始めて常識, 始めて方向, 子無き, 季路が, 宇治猿楽は, 守護した, 実際の, 客観的に, 宮の死は, 家の, 寂しい太陽, 察しられるの, 察する, 察すること, 対外関係は, 将来の, 少なくも有益, 峰吉が, 工藝の, 左右せられ, 左右せられた, 己の, 己らの, 幕府方と, 幾分その, 弘前の, 強まると, 彼は, 彼らが, 彼らの, 彼らみずからの, 彼れ, 彼等が, 後に, 従来は, 得たところ, 得た所, 得られる満足, 忘れて, 念仏は, 思い合せること, 恐るべき国際事件, 恐ろしい凶行, 恒星が, 情操の, 意外に, 感ずること, 感性と, 感状を, 慰安を, 成就られませんでした, 成立する, 或る, 扶助を, 批評される, 指紋は, 推察される, 損害を, 擁護せん, 支持されない, 支持せられた, 敏捷な, 救いの, 教区は, 教団の, 数千の, 文字の, 文芸と, 文運と, 新日本, 新武器, 方針を, 既に各, 日々の, 日付の, 日月章の, 日本と, 日本の, 日本人という, 日独の, 旧主の, 旧文化, 明かなの, 昔の, 時間を, 暗に前日, 更に深く, 書に対する, 書状などにては, 最も新鮮, 望みを, 望月氏が, 未来の, 本質上の, 本質的に, 村井に対する, 根の国を, 根強い全, 概括せらるべき, 次第に養われるであろう, 欧州諸国の, 欧洲の, 欧風の, 歌劇, 止むを, 正像末の, 正確な, 正造の, 死んで, 死神エレシュキガルの, 段々力が, 殺人その他重罪の, 殺人鬼の, 殺害の, 母の, 民衆の, 永らく腐り切っ, 沙汰やみと, 河内の, 法を, 泥土に, 津軽を, 測定された, 滑走した, 火星の, 火星人の, 為政者なり, 煩わされて, 片端は, 物の, 物を, 特殊的な, 獄に, 現実の, 現象を, 生きて, 生前の, 生徒の, 生活し, 生活と, 田舎へは, 疑いを, 疑心を, 皆片目である, 益するスパイ行為, 盛り返した, 直ちに理解, 直に人格, 真理へ, 知られる, 知りうる他, 知識も, 破られた, 磁気力と, 祭します, 私の, 秘密通信の, 稀少, 立体派や, 競争者は, 第一, 第一式, 第一段, 第二式, 等しく労働, 筑紫地方の, 精神は, 約二割以上, 細やかなる, 経済上の, 結局は, 結果を, 統計的に, 縉紳界の, 纔に, 美の, 自分たちの, 自分も, 自大主義に, 自己の, 自由詩に, 良い世の中, 行くさ, 衣食する, 西洋では, 見るに, 見抜く美, 規定される, 規定し, 親分を, 観れば, 解るの, 訂正した, 訂正せられなけれ, 訳者は, 認め得られる, 説を, 説明されるであろう, 読者と, 論者の, 諸君は, 謎の, 警察と, 警察の, 象徴派と, 負けたこと, 起ったよう, 起った不幸, 起る, 辛うじて渡船, 速か, 連句という, 進歩する, 運命の, 過去の, 道鏡に, 遙に, 郷土の, 酒顛童子, 重要な, 野上の, 量りがたい, 鋭利凡鈍も, 長沼玄叔は, 開発された, 隆盛を, 隠れた驚くべき美, 隣の, 雪子さんと, 非常に, 類推し得られる, 食料の, 養われるべき各種, 驚くべき光景, 鬚髭を, 鴎外の, X線を

▼ これに対して~ (468, 0.3%)

8 私は 5 ヨブは 3 他の, 何らの

2 [15件] ある者, われわれは, 一方の, 一言の, 一言半句の, 今少し, 何か, 何と, 何人も, 前者は, 右の, 平松何か, 相当の, 肉筆美人画を, 親鸞は

1 [419件] ああ遣っ, あちらに, あなたが, あるいは次, あるもの, ある人, ある反対者, ある書, いかに反応, いくばくの, いくらかの, うたた同情, うちの, うっかりは, おそらく世界, おそれながらわが, お帳場, お銀様, かね子も, こう云う, この全能, この日, こんどは, ごまかしの, さだ子が, しばらく返事, すげなく頭, すべてが, そう命名, その先端, その出, それでは北, そんなこと, たとえば百メートル, だれを, どういう, どういう処置, どういう動き, どういう態度, どういう見解, どういう釈明, どうする, どう動い, どう言い返すべき, どの親戚, どれだけの, どんな解答, ならば心配, なんとも, べつだんの, ほぼ次, ほんの始, またわれわれ学生, また一つ, また利子, まだお, まだ答え, むろん清盛, もし正, もと女房たち, よびかけられた方, わしが, わたくしは, われわれが, アマディオは, アリナ夫人は, ウカレメを, エキゾティックな, ガスコアン大尉は, ギリシャの, クロオド・ベルナアルは, ザイデル弁護人は, シェリが, ジュスチーヌは, チェーホフが, ニイチェの, ニイチエの, ヒオモ・ヒナタまたは, フランス法学者は, ブルユツセルに, ベントレーも, モスコフスキーが, ヨーロッパ, ライブニッツは, ラップの, リップスは, ロェーマーの, ローリー氏は, 一つの, 一つ注意すべき, 一つ目小僧さんの, 一セントの, 一人も, 一体どんん, 一向専念, 一方に, 一方欧風詩体, 一方現実, 一方詩壇, 一種の, 一言も, 一部分の, 一騎当千と, 三百万ポンドが, 下坐, 下組の, 不利である, 不平を, 不断に, 不満の, 不満を, 不滅論者の, 不自然な, 不足が, 与うる自由, 与えられた事実与件, 与へる側, 世間の, 両方に, 両法典, 中村屋製品は, 中納言藤原吉野は, 主人が, 主婦の, 主観派に, 九州の, 二つの, 云うこの, 五分と, 五所川原代官所が, 些少の, 享楽の, 亭主を, 人道的の, 人間は, 今の, 今まで, 今謂う, 仏教は, 伯円師の, 低く平ら, 何という, 何とかこちら, 何とも不都合, 何とも言, 何事かが, 何処までも, 何時なり, 作者小林多喜二が, 信長は, 債を, 働きかけること, 僕の, 僕は, 兄弟姉妹たちは, 全く田地, 全世界, 内心, 出来るだけ, 判然たる, 別にムダ, 到底不可抗力, 功刀伊兵衛は, 功利主義技術万能主義が, 勅し, 勝治の, 化物は, 十二時間を, 十二月一日を, 十八日に, 十分に, 十歳ぐらいの, 博士の, 又一棟, 反撥する, 反道徳, 古事類苑の, 史邦の, 右と, 各自の, 合掌礼拝する, 合掌礼拝すれ, 同情と, 吾, 吾人は, 吾輩が, 和算と, 哲学館は, 唯心論者中には, 国の, 国家は, 国家成立の, 国民とは, 国民の, 国語学は, 園田氏は, 堂々と, 外からは, 外国語が, 外記は, 多少の, 多少軽侮, 夢を, 大いに悟る, 大いに覚悟, 大に, 大成会の, 大日本国家社会党, 天一坊は, 天才の, 失意の, 奈川渡から, 女も, 女子は, 如何なる訳語, 如何に, 妻は, 嫌悪の, 孔明は, 学生の, 安部井磐根君三崎亀之助君の, 完全なる, 実力ある, 実践理性の, 客観は, 寛大な, 対等の, 専門的な, 尊敬と, 小説家は, 山ワロ, 山間に, 己の, 帆村荘六の, 帆村荘六は, 常識の, 平塚さんたちは, 平塚さんは, 平手幹太郎は, 平気で, 平靖号からは, 店の, 弁信の, 弥五郎さんという, 弧形を, 当のうす, 当意即妙の, 当方が, 当時社会的な, 彼が, 彼の, 彼は, 彼も, 彼等は, 心痛した, 怒る気, 思想は, 想起される, 意見を, 意識的の, 愛が, 愛国社が, 感謝すべき, 慶長十七年に, 我々婦人は, 我が国を, 我国の, 我我の, 戸惑ひすれ, 所轄署の, 抗議を, 抱いて, 抵抗せざる, 探偵袋猫, 支配人は, 政府は, 故障を, 敢然と危機, 文功章が, 文化とか, 文化職能人団体, 新しい研究, 新劇の, 新国家建設, 新渡戸先生は, 方位の, 日常生計費は, 日本の, 日本人は, 日本民族こそ, 日比谷公園と, 時の, 時間極めの, 木戸, 本質にのみ, 村里に, 条約励行の, 東京の, 東洋には, 東洋諸国は, 柄の, 柳田君は, 栄之, 椋島は, 楠本から, 標準語の, 檀家からは, 櫛の, 次の, 次郎衛門牛は, 欧弗同盟側では, 歎息を, 正しい批判, 武蔵は, 殿下を, 水を, 江戸の, 江戸ッ子は, 決して不快, 決して急激, 沢山の, 法皇は, 注意を, 海底都市側では, 深厚なる, 潤一郎の, 激励の, 無益な, 父は, 父や, 片岡が, 玉藻の, 現代の, 現在の, 理想の, 生は, 生活機構の, 田の神昇りの, 男も, 男女二人の, 男性の, 畠山に, 異口同音に, 相応の, 真の, 真向う, 礼拝供養する, 神妙に, 神父は, 秀吉は, 秀衡は, 秀衡も, 私たち婦人は, 私の, 私も, 租税は, 税務署は, 窪川稲子の, 筑波の, 答えること, 答は, 米軍の, 精鋭を, 糧道を, 純粋の, 紫色のを, 絶えず野党的批判, 総兵衛, 総攻撃, 美術は, 老一人, 考えが, 考慮を, 聞くに, 自信ある, 自分苦難な, 自分達が, 自然主義前派の, 若い男, 荀子は, 董は, 蓮月は, 薩長の, 藁屋すなわち, 虚偽は, 蝶ちゃんの, 西方なる, 西行の, 親鸞の, 言う, 設置された, 訴え出た徒, 詩吟も, 説を, 謝意を, 豊後守の, 責任観が, 農業統制諸, 近頃, 追従憧憬の, 道元は, 道徳は, 酒後の, 醤の, 鑑賞の, 長文の, 闘いレーニン, 陶晴賢は, 陽気な, 青大, 非難の, 面白い観察, 頭の, 頭目は, 頼朝が, 頼朝は, 高く頂上, 魏も, 黒白を

▼ これじゃ~ (443, 0.2%)

7 しようがない 6 アまるで 5 よ, 仕様が 4 これじゃ, 駄目だ 3 仕方が, 何にも

2 [15件] あんまり自慢, いかな, そっちの, たまらない, とてもやっ, ないかな, なかった, まるで, アたまらない, 僕は, 手も, 生きて, 話が, 音が, 骨が

1 [376件] あたしだって, あたし凍っちまいます, あとが, あのめまぐるしい, あの馬鹿, あまり惨め, あまり閑静, ありませんか, あんまりお, あんまり殺風景, いかん, いくらお前ら, いくらわたし, いくら君, いくら怒鳴った, いけないかネ, いけないと, いけないよ, いったいどこ, いま病院中でも, うね, うまくなし, おもりが, お剰, お化けの, お念仏, お正月が, お歩き, お湯にも, お綱, お豊さん, かんしゃくの, がいの, きっと姉さんたち, この冬, この木, この町, この間鼻, しかし困る, しょうがない, しようが, じきに, すこし涼し, すっかり順序, たしかに太郎左衛門, たといよく世間, たまりませんよ, たりないか, たりないじゃ, だめよ, だれだって, ちょっとつきあい, ちょっと分らない, てんでクダマ, とうてい筆蹟, とてもしようが, とてもわが, とても上れっこない, とても僕, とても怖く, どうした, どうしても遣りきれない, どうする, どうにもしよう, どうにもなるまい, どうにも悲しく, どうもしよう, どうやら魔, どげんもん, どこからでも, どこでも, どっちが, どんなもの, どんな堅固, な, ない, ないか, ないかね, ないと, なかったかな, なかなか取れやしない, なにも, ならんと, ねえ, ねえか, ねじ山は, ひどすぎる, ぶこちゃん, ぽんと, またちっと, また阿波, まったく気分, まるきり話, まるっきりお話, まるでお, まるでお通夜, まるでわれわれ, まるで三題噺, まるで帝国ホテル, まるで後で血, まるで戦争, まるで据え膳, まるで智恵, まるで泣いてる, まるで自分, まるで船, まるで見当, まるで騒ぎ, みんなが, むこうが, むしろ荷物, めったに上海, もうロンドン, もう助かるまい, もう此処, やりきれない, やり切れません, やれるかも, ろくな蕎麦, わしにも, わしの, わたしも, アあんまり, アいきだって, アおれ達ア浮かばれねえ, アかけ出さなく, アさっぱり, アしょうがねえ, アしようがない, アだんだん, アとても, アどうにも, アどうも, アどうやら, アな, アない, アなかなか, アまちがえる, アわざわざ, アカクテルへ, アムリの, ア一向くだら, ア一日の, ア二分も, ア人々が, ア元も, ア出来やしねえ, ア助からない, ア受けた, ア喧嘩にも, ア変幻奇妙, ア大成おぼつかない, ア好意は, ア安彦さんで, ア実際, ア成仏できますまい, ア我慢が, ア有るまい, ア死ねねえ, ア源三郎が, ア総司さんの, ア義理にも, ア脱走武士が, ア自分は, ア蟒も, ア見当が, ア詠まない, ア話が, ア誰だって, ア警保局の, ア道がちがや, イクラ探し, ゴルフに, サルコフ号に, シベリアの, トテモ遣り切れません, ハッキリし, パリは, フランスにも, フランスも, ヨーロッパで, 一両が, 一体どうして朝飯, 一週間と, 三十碼挽回ね, 下手な, 不便ね, 乞食も, 乾し殺されやしないか, 予想し, 二人とも, 二進も, 云訳が, 五年経っただ, 人の, 人を, 人間が, 今にの, 今度は, 他を, 仲に, 何うし, 何が, 何だか葉村君, 何とも, 何処に, 何処の, 余りだ, 俺じゃ, 俺の, 俺ひとりで, 働きにくい, 僕にも, 僕も, 免れよう, 全く手, 全然私達, 公方様の, 共産軍と, 冥利に, 出そう, 出家遁世する, 出来なくなって, 分って, 分析も, 切れるの, 助からない, 助かるところ, 勘定が, 友だちだ, 口が, 同盟は, 向うへ, 命が, 唯だ食っ, 商品に, 商売に, 商売冥利に, 営養不良に, 噂の, 困ったもん, 困るね, 地方の, 場塞げ, 声を, 外海は, 大事な, 大掴みの, 大泥坊, 大部分, 天下を, 天井に, 妹さんが, 威張られたって, 婆娑羅の, 子供に, 学校へ, 実験室へ, 客が, 家賃も, 宿屋には, 寂しいとは, 富樫という, 寒くて, 寝られそう, 寝られやしないよ, 小さいとか, 居たたまらないわけ, 山脇玄内盗った, 幸い用意, 幾年経っ, 役割が, 彼奴兄貴の, 応接間を, 愚痴どころで, 我々自身が, 戦だ, 戸を, 手あたりしだいに, 手が, 探しても, 料理は, 新宿へ, 方角さえ, 旅行は, 日が, 日劇に, 日本の, 昨夜戌刻から, 時間の, 晩に, 普通の, 暑くって, 暗くて, 暗すぎ, 朝刊が, 木曾の, 未だ未だ途中, 本も, 本当に死にたくなかった, 本当に毎晩, 本当の, 東京の, 死んでも, 殺生は, 気に入らんの, 泣けまい, 泰さんが, 深入りしない, 無理だ, 煙も, 牛鍋の, 牢屋だ, 甘酒屋の, 町が, 畜生と, 疑いが, 癒着だって, 皆の, 盛岡からの, 目も, 直ぐ飲む, 碁じゃ, 空々しくって, 策に, 絃に, 網の, 義理にも, 耐らん, 聞いたって, 肺病で, 自分の, 臭くて, 興行ごとに, 舞踏会に, 船が, 芯が, 荷が, 葉山で, 表の, 見っとも, 見て, 覚えられませんよ, 話に, 話も, 誰だって, 賀川市長が, 路が, 身体が, 軟い, 近寄れないね, 途中で, 道理で, 遣り切れ無い両方, 野良犬が, 金玉均でなく, 長屋の, 間もなく本船, 降りられやしねえ, 雑誌に, 頓て, 頼もしくない, 顔に, 風邪を, 飛び掛って, 食いませんよ, 飢え死する, 首を, 馬の, 駄目な, 駈けつけること, 高くつい, 高くは, 鼓の, 鼠でさえ, 龍平が

▼ これこれ~ (407, 0.2%)

32 だと 13 のこと 11 しかじ 8 のもの 7 のところ 6 の事, の事情 5 のわけ, の次第 4 の男 3 いやさ, だ, だから, だが, です, になる, の点, の訳

2 [23件] かよう, こういうわけ, して, だろう, であったと, ということ, とお, と本名, と話, どうした, なん, の亂暴, の人, の処, の品, の女, の客人, の家, の文学, の日, の物, の芸術, を見

1 [240件] いうお尋ね者ゆえ, いうて, いうよう, いう取り調べ, お君, お鶴, かうい, かかるとか, がしかじ, が可, が春子おばさん, が真相, が私, こういうこと, こうこうと, こうこうという, こうで, こうと, こそ真に, この猫, こんな所, ざっと三千両, しかじか, した芸人, じゃよ, その剃刀, だぞ, だったと, だって木戸, だなどと, だよ, だろうと, だ邪魔, つたえて, で, であつ, であなた, でお, でおもしろく, でお前, でこういう, でここ, でこの, でございますから, でござる, ですが, ですと, ですの, でと右, でと打明け, でと断る, でと申出る, でと話, ではわかるまい, では食えない, で仕事, で出向い, で唐七どの, で国家, で子供, で家計, で實, で小森ヤツ子, で帰り道, で御免, で犬, で逆, という, というハッキリ, という知らせ, という者, という電話, という風, といふ風, とおっしゃいました, ときまってる, とばかりなんら, とも少し, とわし, とを修め得ざる, と伊平, と例, と其の, と出羽, と名, と向う, と告げる, と呼ぶ, と営業通り, と声, と始終, と小さい, と小声, と引札, と心得ろ, と思う, と持っ, と掻い摘ん, と教えた, と新出先生, と此詞, と父, と申告, と積, と答えます, と細か, と見当, と言う, と話し, と話したら, と話しだした, と話せなかった, と説明, と述べた, どどう, どどどう, などと密約, にちがい, にて朝廷, に分れる, に判決, のお, のお客, のお客様, のご, のご用, のつながり, のとき, のひと, のノート, の不良, の主旨, の主義, の乱暴, の事件, の事実, の二人連れ, の人々, の人民, の人種, の人間, の仕事, の作品, の個所, の先生, の内, の出版, の分量, の刻限, の割, の区画, の名義, の品物, の問題, の国際機関, の地方, の場合, の外套, の始末, の嫁, の客, の小説, の工場, の形, の役に立つ, の悪事, の悪徳, の意味, の懸賞, の所, の手紙, の故事, の文句, の新聞家いも, の方角, の書物, の月, の服飾, の本, の村, の条件, の業績, の欠点, の法外上手, の犬, の状況, の用向き, の番号, の目, の目算, の瞬間, の研究, の硫化, の程度, の空母, の約束, の罪, の者, の荷船, の行, の行動, の衣類, の要素, の親切, の記念, の講義, の身分, の農奴, の遊び, の運動, の道, の道場, の部分, の都合ゆえ, の金, の銀行, の長, の雑用, の養子, はこういう, はどう, は何, は配達, へこんな, へ京, へ書きとめ, へ行っ, へ送り届け, まだ笑う, をいう, をし, を化, を安心税, を御, を鬼, 云ったの, 何と云う, 出そう, 宜しいと, 御身分

▼ これという~ (379, 0.2%)

54 のも 9 ことも 6 仕事も 5 もの根っから, 手掛りも, 発見も 4 ような, 理由も 3 のは, ものも, 変わったこと, 特徴も, 病気も, 目的が, 程な, 程の

2 [24件] ものは, ものを, 名を, 商売も, 心当りが, 意味は, 手がかりは, 手がかりも, 手がかりを, 故障も, 特別の, 特徴が, 特徴の, 特徴は, 特色も, 理由が, 理由は, 用事が, 発見は, 職業も, 見世物が, 訳も, 証拠は, 話も

1 [215件] いいこと, いいもの, いとぐち, うまい手段, きっかけも, きまった仕事, ことに, ことの, ことを, さしたるあて, たしかな, のが, まとまった表情, ものが, もんを, やつが, わけも, アテは, チューインガムの, ハッキリした, 下心も, 不安は, 不審な, 不審を, 不都合も, 事は, 事も, 事業に, 事績も, 事項は, 人も, 人目立つ, 今夜の, 何んの, 価値ある, 個性の, 働きも, 優れたご, 兇暴なふるまい, 入用は, 共通点も, 内臓破裂の, 出来事が, 分別も, 力を, 動かぬ証拠, 勤めも, 印象は, 原因は, 原因も, 友人が, 友人も, 友達も, 反対運動一つどこの, 反応を, 取りたてて, 取り引きも, 取り立てて, 名前の, 名案は, 哲学的の, 商ばいは, 商売の, 噂は, 器具調度は, 変ったこと, 大事件, 大作は, 失策が, 奴は, 好運も, 娯楽も, 娯楽設備の, 学問では, 学習機関の, 安楽も, 定った, 定めた計画, 実も, 害も, 家も, 家財道具は, 容疑者さえも, 差迫った用事, 差違が, 師も, 師匠も, 強烈な, 強硬な, 当ても, 当は, 当も, 影響も, 役に立たないもん, 御用は, 心あたりが, 心当たりが, 思付も, 思案も, 怪しい人物, 怪しい点, 意味も, 意見も, 意見を, 感情を, 成案も, 所が, 手がかりさえも, 手掛りは, 手蔓は, 批判の, 持病も, 捜査上の, 探偵小説が, 故意と, 教育も, 新しい手掛かり, 新しい発見, 新らしい, 方法も, 明らかな, 明暸な, 曲者の, 期待も, 植木も, 極った, 極まった職業, 樹も, 欠点の, 欠点は, 欠点も, 気が, 気に, 決まった所, 注意すべき, 満足を, 源頭も, 災厄にも, 物も, 物的証拠も, 物音を, 特徴ある, 特徴を, 特殊の, 特色の, 特色は, 特長が, 犯人の, 狙いを, 珍らしい, 生産力も, 用が, 用の, 用事も, 異なった印象, 異なれる, 異変も, 病も, 病気に, 病気は, 病気を, 目ぼし, 目標も, 目的なし, 目的は, 目的も, 目的物は, 目論見も, 相談も, 相識も, 眼立った, 知らせだ, 知り合いも, 知己の, 知己も, 知恵も, 確な, 確証も, 種類の, 簡便な, 精神異常者は, 考えは, 者も, 者を, 聞きこみも, 職が, 職業にも, 職業を, 能も, 興味も, 芸の, 表情も, 見当が, 見当も, 見込が, 見込みでも, 親類も, 計画的な, 証拠が, 話らしい, 説にも, 謀略が, 貴重な, 資本も, 身寄りも, 返事は, 遊び相手も, 道楽の, 道楽も, 金は, 金目の, 隠れ場所も, 電話を, 顔でない, 風に

▼ これにも~ (341, 0.2%)

10 何か 6 増して 3 いろいろの, 彼は, 有がたう, 私は, 腸は 2 いろいろと, 二通りあっ, 亦異議, 同じよう, 種々あるらしい, 臭みが, 返事を

1 [296件] あまり手が, いい加減おぞ, いくらか理由, いささか辟易, いささか閉口, いちおう引い, いっぱいくわされた, いろいろあっ, いろいろわけ, おどろいて, お膳, お見送り, お話が, お豆腐, お驚き, からみついて, げんなりせざる, こしらえたところ, させたし, さっきむこう, しかるべき仔細, しぜん時日, すぐ事務所, その手紙, その贅沢味, たまげましたね, ない, なかなか所謂は, なかなか掛引, なるほどと, ひとつ与, ふたと, まさる工藝, まして賢明, また, またあるいは性格その他, またいろいろ, またちがった, またわけ, またクニブ, また人類学, また午後, また同じく, また唱え, また土地, また大, また妙, また深い, また監視, また諸家, また驚い, また魅力, みんなどこか, もちろんまださほど確か, もちろん多額, やっぱり結婚, やはりお婆さん, やはりそれ相当, やはり三通り, やはり手首, やはり洞窟, やはり相, やはり行く, やはり魚, よい悪いが, よい所, わざと負け, わずかずつの, わたしは, アマチュアの, アラベスクの, コレットと, サッカリン, ピンから, ブドー糖を, ラハマン教授が, 一つ困る, 一つ残らず, 一つ面白い, 一と, 一同が, 一定の, 一束の, 一案を, 一点に, 一理あっ, 一理が, 一発くれよう, 一種異様の, 一言明快なる, 一面の, 不服を, 世間には, 両者に, 主人は, 主薬と, 亀山天皇の, 二百九十九の, 五といふ, 井桁に, 亦塚, 亦芸術家各個, 人生は, 仔細の, 他殺の, 仰云, 何も, 何やら言いふくめた, 何んの, 係らず検事総長, 倦怠の, 偽怪, 働く人々, 優りて, 優る感謝, 充分に, 先生達数人が, 先祖の, 兵約, 出されるので, 初めは, 別になお, 前に, 前のにも, 劣らじと, 半分まで, 半日位は, 卵は, 厭じゃとばかり, 参りて, 又内蔵吉, 反対した, 反対する, 古来の, 同じ事, 哀れは, 唯々として, 噴射ガスが, 囚人たちの, 困って, 土地によっての, 増した悦ばしい, 壜詰の, 多くの, 多少恕, 多少理由, 大きな奴, 大天狗, 失望し, 女の, 女役者同様男まさり, 女房無言なれ, 奴隷娘を, 好んで, 娘は, 容れきれなくな, 實は, 尋常我々の, 小一郎は, 小林君は, 少からず, 少し節, 少年が, 尚今一つ前型, 布片を, 席次が, 幼いとき, 度合が, 弊は, 弥左衛門は, 弱らせられたが, 弱りましたよ, 当てはまります, 彼女は, 御腹, 忠實に, 思い出が, 怪塔王は, 感じられ味わわれるよう, 感嘆し, 懲りずに, 成功しました, 或る, 打勝ったすえ, 支那から, 数正の, 料理の, 既に棠助, 日本には, 時子の, 景気と, 書いて, 望みを, 李白は, 杖立て清水と, 梨が, 欺き終, 死ぬほど, 段階が, 母様は, 毒が, 気づかぬよう, 気臆れ, 水を, 求心性視野狭窄円筒状視野狭窄螺旋状視野狭窄などといふ, 海草の, 深いわけ, 湯の, 満足する, 無数の, 物前すなわち, 狼狽えて, 理屈が, 理由が, 理由は, 由来が, 男女を, 発覚の, 皆深い, 相当きこえた, 相違は, 眼を, 矛盾が, 矢っ, 礼を, 神明の, 神様が, 程と, 種々の, 種々種類, 穴を, 答えずもとより, 答えること, 節の, 簡単な, 籠の, 米友が, 素直に, 紹介し, 経緯が, 署名し, 聴き手, 職業の, 腹は, 腹を, 膓は, 色々ありがたき, 色々の, 若干は, 荷ご, 莫大の, 菅糸で, 萩を, 蕪村の, 行司あっ, 被害が, 見せて, 見られなくは, 見当らないが, 見識が, 触れようと, 語の, 誰も, 誰一人異議を, 論拠は, 貞之進は, 賛成し, 質したが, 贈言, 返事が, 返歌を, 逆らわなかった, 速戦即決的事情が, 達夫様古, 酒の, 金はか, 金糸の, 鉢植えの, 鍵が, 長所が, 間違いは, 関はらず, 関心は, 限りありまた, 限度が, 難関が, 霜の, 靈媒の, 面白い話, 頓着する, 驚いた, 驚いたよう, 驚いちや, 驚かずには, 驚きます, 黙阿弥作の

▼ こればかりは~ (340, 0.2%)

6 私の 5 仕方が 4 どうにも, 雲を 3 どうする, 他の, 何う, 親の

2 [18件] お蘭, どうにもなりません, どうも仕様, ピカピカする, 三輪の, 五月の, 人間の, 堪忍し, 女の, 姫の, 娘らしい, 手を, 町娘の, 眼の, 私が, 紅を, 致し方が, 親分も

1 [273件] あきらめてたもれ, あたしに, あなたにも, あんたたちも, いかなる目測, いかに老練, いかに駒井, いくらあんた, いくら兄さん, いくら見たい, いけねえ, いけませぬ, いつも放さない, いはないと, おあて, おことわり, おひきうけする, おゆるし, お前さんにも, お前さんの, お前でなけれ, お前にも, お生憎様, きたなくて, こじつけや, こっちもという, この口, ござりますまい, さう, さしあげられません, しようも, すぐに, すっかり腰, ぜひ見とうござんすわ, そのままに, ただただ不思議, だめよ, だれにも, つまり知識, とても信じられません, とれなくてね, どうし, どうしてもしかた, どうしても今人, どうしても天下一品, どうしても放さぬ, どうしても書き上げよう, どうしても止められない, どうしても私, どうと, どうにも仕方, どうにも仕様, どうにも出来ないだろう, どうも, どうもならず, どうもならん, どうも仕方, どうも他人, どうも致し方, どんなこと, どんな分類, どんな勇気, どんな名文家, なんだかわかりませんでした, なんの, まだ壽命, まだ寿命, まるつ, むずかしいだろう, やめられぬなどと, よく磨いた, わかりきって, わたくしの, イヤな, ムク犬も, 一生肌身を, 上手だ, 不思議だ, 主人も, 京都にも, 今も, 今もっ, 今もつ, 仏の, 何うし, 何うにも, 何とも憂鬱, 何処でも, 余り公, 俺の, 偽でない, 兄さんには, 光秀自身に, 全く思ひ, 全く身, 全体の, 六人の, 内証内証, 冷たさ, 分かるまい, 分不相応, 分不相應, 切のうございます, 判断が, 別だ, 別才, 前生の, 力を, 助けて, 勘弁し, 喧嘩に, 嗅煙草や, 嘘でも, 変らないよう, 変らない鮮, 夏の, 外の, 大の, 天魔太郎の, 奈良の, 如何する, 如何とも, 如何に, 妙な, 婆あ, 安成三五兵衛にも, 実に何ともいえぬ, 実地に, 実演し, 実物で, 容赦が, 巽の, 平次の, 年々欠かした, 幾ら憤慨し, 底の, 弁疏の, 後の, 御地に対する, 御形見, 御縁, 御辞退申, 心殘りだ, 必要と, 忘れは, 思いきれませぬあの, 思い切って, 思案の, 急に, 恐縮に, 想像が, 想像しなかった, 意気地なく, 我々の, 我慢が, 所在が, 手ば, 手離されず, 手離しかねた, 打ち明けかねるという, 放せねえ貞宗, 政が, 政府で, 教えて, 敵に, 文字ある, 文字春は, 文楽でも, 断って, 斯の, 斷わり續け, 昔から, 昔の, 暗い越後屋, 本式らしい, 本当に寿命, 本気に, 梅八に, 止せない, 止められませんの, 正直で, 死んだ実父, 殿御, 比丘尼に, 気が付きませなん, 決して油断, 決して法螺, 洋楽の, 派手に, 流石の, 激稱する, 無理圧しつけも, 熱を, 燃えるやう, 燃えるよう, 猿さえも, 現界では, 理屈では, 生れつい, 生れついた, 申しわけない, 申し上げられません, 目を, 看板を, 眞つ, 眞物の, 真物の, 知らん顔し, 磨ぎ澄まされ皎, 神様の, 私にも, 秘策の, 笑われまいと, 純情な, 素直に, 絶対に, 維新後の, 縁だ, 美しいき, 美しいきりやう, 翌日目が, 老爺が, 考古学者の, 聞かれないわ, 聞き倦, 聴き入れること, 脱ぐわけ, 自分の, 致し方ない, 與三郎の, 華美な, 虫も, 見当も, 親しく外遊, 親や, 解りません, 言うまいと, 言は, 言ふまい, 言わないと, 誰だって, 誰にも, 諦められんので, 譲れませんって, 豫想しなかつた, 買わずに, 身に, 身にも, 身体の, 迷亭に, 迷亭先生自賛の, 遉に, 酒も, 重いにも, 金づくで, 金づくで追っ払う, 金色燦爛と, 釣合ばかりを, 銭形平次も, 間違い無しです, 間違ひありません, 闕か, 防ぎよう, 防ぐこと, 隠せるもの, 風をも, 飛んだ見当違い, 飛んだ見當違, 馬鹿に, 馬鹿気て, 駄目である, 高等師範出の, 黙して

▼ これまでは~ (329, 0.2%)

2 あんなに雷, こんな時, なかった, ぼんやりとしか, 何の, 固より, 寒い気候, 私は, 非常に

1 [311件] あまり少なく, あまり心意現象, あやめに対して, いい, いいん, いつもそうだった, いつものほほんを, いつもひとり, いつも夜更け, いつも文化現象, いつも雨戸, いろいろ御苦労, いわゆる両部混同, いわゆる大覚寺統, おたがいに名, おのれの, おれの, お一人, お上から, お出, お前は, お弱い, お菊, きまって, こうより, このお, このモンラム, このルポルタージュ, こんなに長居, こんな事, さまざまな, さようでした, すべてを, すべて彼の, そういう大きい, そうし, そうで, その公正, その社, その関係, それが, それこそ, それらの, そんなで, そんな心, そんな恩典, ただあいつ, ただその, ただたのし, ただシルヴァー, ただ世間, ただ息子, ただ無知, たとえどんな, たとえ同志, だれの, ついぞ御, ついぞ見なかった, つぶやくよう, どうやら保っ, どうやら順調, どことなくそんな, どこやら, どちらかと, どれほどの, どんな些細, なじみの, なにぶん被害区域, なにも, なんとも思わなかった, ふざけて, ほとんと, ほとんど, ほんの申訣, ほんの申訳, まあ男, まだ一将校, まるで雲, みな火繩銃ばかり, みんな紹介だった, むしろ文字, もう最初, やれ舞踏会, よそから, わたくし共は, アルフレット君だって, エリパズも, シャボテンであった, ズット北の, ソヴェト同盟でも, チベットの, テントの, パン一式であった, フランツは, ヴォローヂャも, 一人前二十五コペエケン貰つてゐる, 一俵二円でした, 一年に, 一度だ, 一度として, 一日きまった, 一点非も, 一般にそういう, 万一の, 不和と, 世を, 両方とも, 中産階級の, 中途半端であった, 主として仮名, 主として産業組合あたり, 予想案として, 二十一歳以上の, 云わば, 互いに勝手戦略, 今の, 仕事即ち, 仕方なかった, 他人に対する, 他省に, 何を, 何人も, 例の, 俺らは, 偉大な, 働くばっかり, 僕らの, 先ず彼等, 全く作品中心主義, 六兵衛ひとりで, 其の事, 其様な, 内浦で, 出所の, 刺繍だの, 効果が, 北槻中尉にだって, 千香子の, 南北両, 反対を, 口には, 口止めを, 台所の, 叱り手, 各団体, 和尚さんの, 唯一の, 問題とは, 四辺に, 図星に, 国目付も, 多くは, 夜道ばかりじゃねえ, 夢中で暮し, 大したこと, 大丈夫だった, 大衆の, 大隈の, 女に対しては, 女に対すると, 女の, 女中頭として, 女監の, 妻の, 妾では, 学校という, 宗玄を, 宜かった, 実行出来なかった, 家庭の, 対立する, 専門装置家の, 尊氏が, 小さな漁村, 小野との, 少しも, 岩瀬商会の, 己の, 布地が, 平和であった, 年期奉公に, 幾度か, 弟の, 強ち, 彦太郎が, 影の, 彼らは, 彼女が, 彼女の, 彼女は, 御代替, 御隠居, 悲惨めい, 感性の, 懶くばかり, 我慢に, 戸外の, 抑えに, 抵抗し, 支那印度の, 政途の, 故障なく, 教育の, 文学の, 日が, 日曜日にも, 日本という, 日本の, 日表の, 普通の, 未就業労働者, 末造が, 本と, 柱一本根繼ぎする, 桜痴居士が, 権力の, 機械時代に, 次郎が, 欧米人が, 武家の, 武芸修業に, 母親が, 毎日の, 水無瀬川が, 決してこうで, 決してそんな, 決して插画, 法律は, 洋装を, 浪花節と, 涼しきに, 漢時代の, 漬物桶の, 火を, 無かった, 無事だった, 無事であった, 無統制, 無難であった, 熱つ, 牙彫, 猫を, 玄機の, 生きても, 生活に, 申されなかったの, 画家の, 癇癖こそ, 白鳥会を, 百姓が, 目的地に, 相當, 眠りや, 眼の, 知らないと, 私が, 私に, 私も, 空蝉階級の, 簿書の, 経済的労作を以て, 縁なく, 罰や, 考えられて, 自分でも, 自分の, 自然科学者たちが, 自由であり得た, 良人と共に, 芳の, 苦労を, 茨城県令を, 蒙古から, 薩州と, 藤吉に, 虚心平気で, 見なかった身体, 親兄弟, 話すこと, 認められなかった多く, 誠に文簡, 誰でも, 誰にも, 調和が, 談も, 謂わば, 谷の, 財産が, 貿易風について, 資本家どもに, 資本家地主の, 起らなかったが, 辞令の, 辱知の, 近習格であった, 追い払いは, 道理ある, 鎌戦さの, 長々の, 陰気過ぎた, 随分苦しかっ, 随分虐めた, 隠して, 隱され, 非常な, 革命前の, 鞭って, 順当な, 願書中に, 馬だけ, 高い見地

▼ これ~ (253, 0.1%)

25 にし, のこと 18 の事 16 ひの 8 のもの 4 の仕事, ゐの 3 でいい, のもの一首, の程度 2 で切り上げ, で勘弁, ならば, になる, の傷, ゐに, 穿った要領

1 [130件] あったら作れるだろう, あつたら作れるだらう, ありゃ肴, あれば, いに, が丁度, この国民, しか歌えません, じゃ気絶, で, でお, でした, ですかと, ですから, でどうぞ, では, でやめ, でやめる, でよい, でよかろ, でよろしい, で充分, で引き上げようじ, で止さう, で沢山, で略します, で諦らめ, なこと, なもの, ならばなどと, ならまだ, なら勉強次第物, なら取つて, な事, な消息, な音物, な高度, にしたなら, にて止め, にはできる, に出来れ, に切り上げ, に感動, に止め, に止める, に治癒, に致しまし, に行け, に遠大, の, のが, のこと仕方, のとこ, のところ, のん気, の些細, の使, の僅, の処, の函, の塩, の大き, の大きな, の夫婦, の女, の威, の娘, の寒, の小, の小さい, の広, の待遇, の心, の情操, の所, の技巧, の明り, の朝鮮文学, の森林, の気持, の決心, の熱, の用心, の用意, の病気, の眠り人形, の眼, の矛盾, の縹緻, の自負, の苦しみ, の苦勞, の補助, の覚悟, の警戒, の負け惜しみ, の逆, の逆襲, の酒, の金, の鍵, の長, の頼み, の願い, はありました, はお茶の子, はかないもの, は知っ, ひに, ひ大きな, ひ気分, ひ酒, ひ重い, また青年, より考へられない, わかり易い話, ゐで, ゐほんとう, 云わせれば, 取れるよう, 変って, 多く見られる, 嬉しいこと, 有り難い貴い重宝, 自烈度, 苦しむの, 苦しんで, 解らない本, 語って, 面白い生活

▼ これです~ (251, 0.1%)

655397 よ親分 4 かい, かえ, からね, がね, もの 3 が, これが, の, よ僕 2 が親分, けれど, これです, な, よ菱餅, んだ

1 [73件] ああ水, お蝶さま, かあなたア, かい工場, かこいつ, かこれ, かと少し案外, かと男, からな, からねえ, からわが, から堪りません, から奥様, から悪鬼, かわいいねこ, かんない, かイヤ, かスヰイトビイン, かスヰイトピー, か成, か機械, か正札, か海ほおずき, か親分, か驚きました, があなた, がしかし, がほんと, がまあ, が探偵, が私, けえ, この石, ごらんなさい, という案内人, という解答, といった, ところによって, と差出した, と手短, どうぞ, なあ, ね猪, ぶつぶつに, ものど, ものネ, もの可, もの殿方は, もの清さまどうして, もん, よあっし, よあつし, よあなた, よいい, よいま, よお, よここ, よこれ, よとひどい, よと説明, よほこら, よ偶然, よ幸いまだ, よ幸ひま, よ法水さん, わ, んで今度, 屹度, 年とった, 昔は, 消音式で, 素敵に, 自動冐險鐵車の

▼ これとは~ (239, 0.1%)

15 反対に 10 話が 7 違って 6 別問題 5 別だ, 反對 4 違う 3 別で, 別な, 反対の, 問題が, 趣を

2 [17件] お前全然, くらべもの, べつだ, また全く, まるで反対, 全く異, 別物だ, 場合が, 性質が, 比べものに, 比較に, 異り, 趣きを, 逆に, 違いますよ, 違うじゃ, 関係は

1 [138件] あまりに離れ過ぎた, いくらか違っ, いよいよ怨み, うらうえ, かたちが, ちがう, ちがったある, ちがったふう, ちがった気持, ちがって, ちつと, ちょッと, なんにも関係, なんの, はなしが, べつに泉阿弥, べつに飯淵三郎右衛門, またおのずから, まただいぶ, またちがった, また一種, また事情, また別, また別種, また少し, また独立, また話, また違, また違つた, また違つた意味, まったくちがった, まったくわけ, まったく没交渉, まったく違う, まるでちがう, まるでべつ, まるで別, まるで違います, まるで違っ, もう少し上, よほど趣, わけが, 一つ生命の, 一の, 一寸違う, 一見逆, 両立しない, 丸で, 事が, 事がらは, 似ても, 何だか別, 何と, 何んの, 何時から, 全くわけ, 全く世界, 全く事情, 全く別物, 全く正反対, 全く没交渉, 全く相反, 全く縁, 全く関係, 全然問題, 全然異なった, 凡そ意味, 別, 別々で, 別じゃ, 別ただいま, 別である, 別でございます, 別です, 別に, 別に次, 別の, 別問題ぢ, 別方面, 別物であろう, 別物な, 又大分違つて, 反対である, 同じよう, 同じ城, 同一か, 変って, 大いに違, 少しちがった, 少しの, 少しわけ, 少し種類, 少し系統がち, 少し遲, 恐らく創設以來密接, 意味が, 景も, 極めて異, 正に反, 正に反対, 正反対に, 比較する, 決して同じ, 決して同一視, 決して性質, 独立し, 独立した, 甚しく違った, 異いまさあ, 異った, 異って, 異なって, 異なつて, 異なるもの, 異なれども, 異る, 直接関係の, 直角に, 秩序を, 結局同じ, 背と, 血液を, 訳が, 話は, 違います, 違うわよ, 違うん, 違った考え, 違つた考へ, 違つても, 違つて繰り返す, 違ふさ, 遠く離れた, 関係なき, 関係の, 離れて, 非常に, 鷹の

▼ これに対する~ (217, 0.1%)

6 答は 5 答えは 3 著者の 2 あなたの, アインシュタインの, 判語は, 博士の, 反動の, 意見を, 方法を, 私の, 答解は, 説明を

1 [183件] お嫁さん, お応答, ことが, ことは, この日本人, ごとに, その人物, ときは, ともう何もかも, のが, ひろ子の, ものは, イデオローゲン側の, エリザベスの, カクノの, シプトン氏の, パンパンの, ビュッフォン, プラグマチックな, 一つの, 一の, 一応の, 一種の, 一般人士の, 一般的な, 七つの, 世評も, 世間とから, 主たる障害, 主観的地名の, 人民の, 今後の, 付け句を, 伝説の, 作家の, 信仰等に, 信頼の, 個人商店の, 備えを, 僕の, 先生の, 公平な, 内容主義の, 処置には, 処置は, 医者としての, 十分な, 厳しい批判, 反動は, 反対に, 反逆な, 反逆を, 各自の, 合理的解答らしい, 向い側の, 善後策に, 固有の, 国家の, 国民の, 圧迫, 報酬で, 外国は, 天津罪は, 女の, 婦人の, 婦女の, 孫七牛は, 尊敬の, 展望者の, 差別者側の, 市民の, 平生の, 幾つかの, 弁明を, 彼の, 彼女の, 徳慈善の, 徹底せる, 心理的抵抗は, 必勝の, 応急の, 応答, 応答も, 快味, 悪感とか, 情操を, 愛惜の, 愛憎喜悲の, 感じが, 感じは, 感情にも, 感想文の, 態度として, 態度を, 手段が, 手段は, 批判である, 批判は, 指令は, 攻撃を, 政府の, 政治的画策を, 故意の, 教授の, 散文とは, 新聞の, 明快な, 時は, 有益な, 朝鮮軍の, 村自体の, 楠緒さんの, 構えを, 様子を, 正しい判断, 歳入は, 決定的趣味を, 決心を, 治水費という, 浜である, 深刻な, 濁音の, 濃き緑, 用心も, 用意が, 男の, 畏敬を, 相手の, 相手方つまり, 短評を, 研究も, 確答は, 社会の, 社会的批評は, 社長の, 禁令が, 私は, 称呼は, 立憲党は, 立法も, 第三次, 答えを, 答としては, 答の, 答も, 答弁には, 米国の, 精神上の, 経済学者の, 絶対的証明は, 群集心理との, 自ずから輿論, 自分の, 良心の, 若い心, 苦心は, 血縁の, 覚悟も, 解決の, 解答は, 解答を, 解説を, 計が, 設備などは, 評論を, 説明の, 諸家の, 賛否の, 趣味嗜好を, 軽侮と, 返事を, 返答は, 防禦の, 防禦も, 防禦兵器は, 防禦手段を, 防禦法として, 防禦策も, 防衛手段を, 難点は, 非難は, 駁論としては, 鳥獣の

▼ これについて~ (215, 0.1%)

5 思い出すの, 私は 4 何か 3 面白い話

2 [15件] いつか三十六号船の, ここに, なにか意見, もちろん私, 一つの, 三角形についての, 何も, 当時の, 彼は, 次の, 考えて, 自分は, 若干試みる, 論じなければ, 面白い記事

1 [168件] いくらかでも, いろいろの, いろいろ段取り, かくしげく, かつて武内義雄氏, こんなに長々と, こんな話, そういう世代, それぞれ博学な, ただちょっと, つぎの, とやかくいう, どうお, なお考察, なお自分, なにか, なにか知っ, はっきり答える, ほとんど全く無感覚, まけずに, まず分る, また思ひ起す, わたくしは, ゐる振が, ダグラス, チベットに, デカルトは, ビウキャナン氏は, ホロベツの, ラプラスは, レーリーが, 一つ不審に, 一つ御, 一つ話が, 一例を, 一度どうしても, 一般の, 一言御, 一言辯じ, 一騒動の, 三とおりの, 上の, 不審なる, 不思議と, 世間に, 二十年余りも, 云うべきこと, 云われて, 亡くなられた佐藤巧一博士, 仙公狸は, 伊勢貞丈は, 何と, 何らの, 余の, 作文を, 先進国である, 兎角の, 出, 出雲の神郡それから, 前引, 力学的事項も, 原海軍大佐に, 又もう, 口を, 古人は, 古代の, 古来提出された, 可笑しきは, 右ようの, 君は, 吾人は, 和算家の, 問合わせが, 問題の, 坊さんたちには, 多く論じた, 多少の, 大いに当局, 大ゲサ, 天体力学の, 奇態な, 実験観察する, 富豪の, 小生の, 少し考え, 山ノ井は, 岡安の, 岸田君の, 平塚さんたちは, 弁明出来ます, 後に, 後日わが, 思い出す不思議, 思い合わされる一つ, 思い合わせること, 思ひ出すの, 想い起こすこと, 憶起する, 手近な, 政友会の, 教えて, 教育家と, 数十年前の, 文部省風の, 斎藤彦麿は, 斎藤香村さんは, 新田先生は, 明瞭な, 書いたの, 書かれて, 最も注意, 本屋は, 東京女子高等師範学校長の, 板澤武雄氏は, 某名流婦人, 母に, 沈黙を, 浮んだいろいろ, 激しい論争, 無関心, 狩谷氏は, 現代, 甲野さんは, 町の, 疑いを, 疑うて, 疑うべきであると, 疑ふべきであると, 知るところ, 研究し合う, 私の, 種々な, 答えること, 簡単にでも, 織江は, 老探偵, 考察を, 考証を, 聞かれた時妙, 自ら警むる所あらん, 興味ある, 若干の, 苦心を, 苦惨, 被告の, 見事に, 観察し, 話して, 詳説する, 語ること, 説を, 読者の, 調べたの, 調査を, 談話を, 論じたので, 諸先生方, 諸君の, 警心の, 質問を, 返事が, 述ぶる, 述べる, 追求する, 鄭玄の, 阮孝緒は, 階級的の, 面白い咄

▼ これにて~ (214, 0.1%)

4 お暇 3 お別れ, お拭きなされ, 一時の, 大方知れ, 完結の, 御免, 御家は 2 おいと, ご免くだされい, たれりいざ, 可し, 御免を, 永の, 決せり, 筆を, 見苦しとは

1 [171件] お会い下さいましょう, お前の, お引取り, お待ちある, お待ちください, お待ちし, お待ちなされ, お待ちねがいたい, お待ち下さらぬ, お待ち申しあげ, お手渡し, お控え, お控え下さい, お明かし下されたい, お暇乞い, お茶を, お解りで, かたばかり, この世の, ごめんを, ご免いずれ, ご免と, ご免蒙る, ご通過, さらば, すませたり, そちも, その道理, たいてい洋書, ちよつと, ところあらわし, とめて, なくば, はやおい, ゆるゆる見物, ようようお, よきか, よき程也, われを, カイシャク致せ, ヂュリエット離る, ハイハイご免, ペンに, 一切の, 一夜だけは, 一旦止むべし, 一間に, 三人に, 丞相を, 乗りて, 事済みたる, 二度目なり, 二銭種なし, 五十銭の, 今回の, 休み来春, 休んで, 体を, 何とか当分, 充分に, 全く忘れ, 共に扛, 兼ね一方, 刀を, 分かるであろう, 切れ申候, 切上げて, 切腹いたす, 別れん, 君子も, 回向の, 報酬に, 夜光命の, 大いに読書, 大団円と, 太陽の, 失礼いたします, 失礼させ, 失礼します, 好し場びらき, 妾も, 子を, 完結とは, 定まれりと, 宜しく御, 寐んと, 少し腹, 己が, 幕と, 式は, 弥助と, 弥左衛門, 待ちかねて, 待ちます, 待って, 後顧の, 御免仕る, 御免蒙る, 御疑念, 御辛抱あれ, 心痛められ, 思い残す事, 思ふに, 怨を, 愚僧が, 慰められき, 成就疑いなし, 我慢を, 打ち切りと, 打ち切りという, 擱筆いたし, 擱筆します, 斷絶す, 明なるべし, 明白なるべし, 書とどめ, 朝廷の, 木村丈八と, 本日は, 果てるつもり, 椎の, 権太びつくりし, 止み卓, 止めて, 母親が, 汝らの, 汝を, 渋川君は, 漸く二本榎, 濟み, 父上への, 猫を, 生けどりました, 痛む歯, 発足致す, 知らるべし, 礼服着用の, 祝盃を, 神仙の, 私も, 程よく醉, 突きて, 筆擱き, 粉に, 終りぬ, 終る, 終わり倶楽部, 結構, 続けて, 罷ります, 腹巻を, 船中の, 要領を, 見ん, 解決, 許されよとて, 評し到らざる所謂シエクスピイヤ, 諸国の, 足れり兄弟, 農夫の, 釣るなり, 雉子鷄等を, 雨乞い諸事の, 面目ない, 駕を, 高い所, 高下の, 魯西亜より, 魯西亞より, 黄泉路の, 黒き幕

▼ これを以て~ (195, 0.1%)

7 見れば 5 これを 4 見ても 3 人を, 心を 2 人に, 余は, 彼を, 新しき芸術, 自から, 自己を

1 [161件] あなたの, あらゆる場合, お関所, かの女, これが, しても, しもし, しるべくなげくべし, すれば, せば, その倒幕, その友, ほこりとして, みなさんに, やはり農民, わが邦, アマゾン河辺の, イザヤ書は, オシラ遊びの, ファラデーの, 一の, 一公用語を, 一家は, 一挙諸, 七百年来の, 上王者を, 不可解の, 世に, 了り, 人類が, 今の, 今回計画中の, 他に, 他の, 代表作と, 個人の, 偉大な, 償うこと, 先帝簡抜し, 凡そ物の, 単に権力, 古代人は, 古英雄, 史家当然, 史實に, 名裁判, 吾人男性に, 哲人中の, 唇歯の, 唯一の, 商業及び, 單に, 嚆矢と, 国民その道に, 土地を, 土木を, 基督教を, 堯の, 多くの, 大前提と, 大師の, 大抵出板の, 天下を, 奈良朝以前の, 如何に私, 妾を, 孔明も, 守戸の, 安んずること, 完し, 宗教的組織の, 官兵衛の, 容易に, 就任の, 山と, 工事報告と, 希臘人は, 彼に, 彼は, 彼非, 御裁可, 必しも, 忍び難き, 悲哀の, 我が国号と, 我を, 戦乱は, 所謂白鳳期の, 推して, 推古朝の, 攷える, 故ら, 教うべき, 敵を, 斬り捨てて, 新日本劇, 日本紀の, 日本語の, 昨日の, 最も将来有望, 有為の, 未だその, 松千代さまの, 松陰が, 松陰の, 極悪兇猛の, 楽に, 母国に, 決定すべきである, 法王ケレスティヌス五世を, 消息に, 淨火の, 無慮三万, 無限に, 特に賤, 甚だしく穢れた, 画と, 當時の, 疑を, 白銅貨の, 直ぐ憶良, 直ちにヤマト, 直ちに侵略的, 直に劇壇, 真個の, 神の, 私ども, 私の, 穢いもの, 空想なりとして, 空想的戦争観と, 箭を, 紀綱も, 終らないの, 終りと, 聖人御, 自ら得, 自ら感激す, 自ら遣り, 自ら鼓舞す, 舞台的経験が, 芸術家としての, 芸術家の, 萬葉及び, 藍を, 蛇色は, 衆議寵を, 衣食住を, 製した墨, 見るも, 観るに, 観れば, 貿易を, 資朝の, 足を, 近き将来, 野蛮なる, 隣家の, 雀を, 鳥類の, 黒鹿子又は

▼ これなる~ (187, 0.1%)

6 念いを 2 お墨付, は小, は源五郎鮒, 人物は, 女の, 妹早瀬に, 書き置きを, 父上の

1 [165件] お兄人八郎兵衛どの, お方は, お風呂番, お鶴, かなこれ, かなと嘆賞, かなと蛾次郎, が隨, この家, ご不幸, ご内室, しん粉をもちまして, はお嬢さん, はローデリンゴとい, は三間町, は京都寄竹派, は伜, は余, は即ち, は娘, は安房, は常務理事タコスケ, は当家, は有名, は汝等, は決して, は流産, は突鯨, は紀州光明寺, まつに, ものは, テーブルの, ハガキ着次第どうぞ, ベルトで, 一刀なかなか, 一刀は, 一刀斬れ, 一腰の, 七人の, 三人きり, 三先生だけじゃ, 三郎兵衛, 上申書すぐさま, 下人一匹些少ながら, 不届き者行徳助宗は, 不潔な, 丘と, 両名, 乗物飛脚駕籠に, 二つの, 五十両を, 人間は, 人非人, 仁と, 仏は, 仕着せの, 令嬢の, 伝六へ, 俳優に, 倉じゃが, 傷にて, 兵簿の, 冬は, 化物道場の, 十両惚れた, 古い建物, 古橋専介どのは, 唐茄子から, 四人の, 四本の, 堀口貞満も, 壺に, 大きな家, 女との, 女子拙者の, 女性を, 妻女が, 妻女と, 婦人を, 守り札の, 封印は, 専介と, 小箱一個私より, 少女が, 少女を, 屋台に, 巻き羽織が, 巻き羽織でも, 師業が, 広海屋, 床の, 座敷で, 建札早々に, 彫金魚政はじめ此処に, 御仁が, 御書状, 御書面, 御隠居, 怪しの, 恋尼に, 悪人は, 悪僧が, 我主の, 扇子と, 手ヌグイ包みであります, 本陣の, 松に, 森かげに, 椅子へ, 次郎松少年は, 死骸と, 死骸の, 沼は, 清の, 清高が, 源次郎の, 烏瓜一顆ここに, 無宿衆バルトリ君ならびに, 煙草入は, 燕作の, 片柳兵馬の, 物を, 物質は, 町人を, 皿は, 眉間の, 眉間傷が, 眉間傷の, 眉間傷より, 窈窕たる, 竜の, 紺屋たれ, 美人が, 美女は, 者は, 者を, 肝臓は, 胸もとの, 脇差が, 若いお, 若党が, 若年の, 若者が, 若者に, 若者身共は, 菩薩の, 蓋を, 蟇は, 袱紗の, 親方が, 越前も, 輿の, 辰が, 酌人を, 錠前あける, 錦の, 関に, 關に, 雛の, 頁の, 首は, 馬の, 髯男は, 黒鹿毛は, 黒鹿毛身共に

▼ これまでも~ (186, 0.1%)

3 幾たびか, 幾度か 2 そうだった, どんなに難事件, 不思議な, 僕は, 彼女を, 福松は

1 [168件] あちこちから, あったが, あったこと, あなた様へこそ, あまり正月, あまり気, あるとしても, いくどか, いくらも, いつも話し, いろいろと, いろいろの, いろんな人, いわれて, うるさいほど, お互いに, お友達, お姉樣, かつて受けた, このホテル, この定義, これからも, こんなこと, こんな役, さまざまの, しばしばあった, しばしばその, しばしば差向けられた, しばしば残念, しばしば用い, すでに同じ, ずいぶんいろいろ, ずいぶんと, ずっと野中, そういう種類, そうであった, その点, それによって, たとえばプロレタリア美術家, たびたびうまい, たびたび少年探偵団, たびたび御, たびたび母親, たびたび験された, たべずに, ちょいちょいそんな, つや子は, とかく被害民, ときどき花前, ないこと, ひどい勢, また現在, みすみす渡し, みんな不満で, もうずいぶんわたし, もっと手紙, やって来たし, よく人, よく叔父, よく往, よく食事, よそに, わしの, わたしは, われわれは, ストリンドベルクは, ズッと, ソヴェト同盟で, ソヴェト同盟の, 一度ならず, 世に, 二三度見, 二三度頼まれた, 二人の, 他人の, 佐々刑事は, 何かに, 何かの, 何だかどうしてもそうは, 何べ, 何度と, 何遍と, 余り正月, 余り華やか, 十数年来特殊民の, 多くの, 多く人に, 多勢出た, 夜っぴて部屋, 大変じゃった, 大層お前, 大平の, 太陽が, 如来衛門は, 妖気が, 始終ある, 子供の, 定った, 実にしばしば女, 実際には, 屡々あつ, 屡々申, 己は, 幕府の, 幾人と, 幾度と, 幾百たびと, 度々あった, 度々こんな, 度々出た, 度々方々, 度々見, 度々見た, 彼らは, 彼等は, 忠直卿の, 思いながら, 悲慘な, 意識的に, 慧鶴は, 我々は, 折々に, 折々は, 教育学者の, 散々と, 数え切れない程, 文学の, 新しい器械, 日本の, 日本人の, 易は, 時々伊集院さん, 時折そういう, 普通の, 暮らして, 書いて, 来たこと, 様々の, 正枝, 正造への, 歸宅し, 毎朝バターの, 滝沢どの一党の, 無い例, 珍らしい, 生活の, 田口の, 皆島田, 私と, 私には, 私は, 種々な, 立派な, 素子は, 自分が, 藩政に, 行われて, 表面化し, 見て, 親類同様互いに, 郷地の, 長いことヤン, 長靴の, 随分いろいろ, 随分血, 頻りに, 頻繁に, 黙って

▼ これくらい~ (182, 0.1%)

11 なこと 43 なところ 2 あるねえ, でいい, でもう, でよかろ, なもの, なんでも, な事, 写真機に対して, 派手な, 自分の

1 [144件] あらわして, あります, あれば, いらぬお世話, かわいそうな, きちんとし, こう血, こッぴどくやっつけられたらたいてい, たくさんの, だから, だろうと, つけて, つよくいっ, である, でお預け, でかんべん, でご, ですか, ですん, でたくさん, でちょうど, では, でひきとって, でやめて, でやめましょう, でやめるが, で充分, で宜しかろ, で差, で止めといて, で消えて, で私, で筆, で許して, で辞書, なおくりもの, なお邸, なら, ならと, ならば, ならまだ, なら大した, なら持ってるよ, な児, な内容, な努力, な嚇し, な常識, な年ごろ, な心入れ, な性根, な所, な板, な気くばり, な気魄, な物, な珊瑚, な用意, な目, な直言, な者, な道, な難儀, な霊感, はっきりした, むずかしいこと, ものわかり, よく読まれ, バカ扱い, プロゼックの, 上品に, 不便な, 世の中に, 人様に, 似ても, 似寄ったもの, 何も, 俺らの, 分り切ったこと, 劫を, 厄介な, 口も, 叩きのめせば, 坂田の, 坑夫にとって, 堅固で, 多量に, 大きな花瓶, 大なる, 大丈夫よ, 嬉しくそして, 安全な, 巧い, 年代が, 張合の, 当り前の, 微かな, 徹底すれ, 快適に, 思い切った盲目ぶり, 愉快な, 意思が, 愚な, 我々の, 日に, 日本美を, 書ける人, 有効に, 有難いこと, 気品の, 渋味を, 渡れないで, 滞在し, 無頓着であったら, 独得な, 珍しいもの, 甘い事, 痛めて, 痛快な, 確かな, 禅宗的な, 私の, 科学が, 立派な, 簡単で, 簡単明瞭な, 綿密に, 美しくない, 自分とは, 自然に, 見事に, 試せば, 話の, 誇りかな, 赤いロオブ, 辱しめたなら, 辻褄の, 長い間熱, 面白い研究, 面白くない, 顕著な, 顕著に, 食うの普通, 骨太でなけれ

▼ これによりて~ (181, 0.1%)

37 これを 4 考うれ 2 将来を, 感情を, 我を, 明らかなら, 考うる, 見れば

1 [128件] ある人, いかなる物, きたすところ, すでに老, すでに老媼, その中, その姿, その学, その心, その意, その挙動, その父, その目, その豚, その鑑定, なり云々, ひたすら芸術的感覚, ますます常備軍, まず図書館, まったく打破, みるも, ようやく二重生活, よろこび多し, わが心事, 世の, 今も, 作者の, 優生学は, 全く排せられ, 共に此處, 再び生, 凡ての, 初めて日本, 利を, 創らる, 加持祈祷神水等に, 卜見すべし, 占を, 印度に, 却つてわが, 受けるべくしたもの, 名譽地位從つて金錢, 吾人は, 国家が, 國, 大師の, 奉行あまりに, 妨げられその, 安ん, 安心を, 安心瞑目する, 寒暖の, 少年学生輩の, 師の, 幸福を, 幽霊ここに, 張り威力, 彼を, 従来乱用せられ, 得るところ, 徳心の, 感激し, 我等に, 我等の, 折衷派を, 推想ふも, 推算すれ, 救はる, 日頃は, 明なり, 是非曲直, 暗示さるる, 望みを, 未来を, 正月七日に, 此疑を, 気強くなり, 汝らの, 決死の, 治安を, 活く, 活胴を, 流矢を, 潤ひ, 火難盗難天災を, 物言ひ, 生くれ, 生じ知力, 生ずべからざるもの, 生ずるところ, 生活し, 生活を, 男女の, 画工の, 疚しからぬ, 目前直接の, 神變自在を, 窃に, 端緒を, 笑ふ, 米准那の, 統御の, 罪を, 義と, 聯想する, 自己の, 良心の, 見るに, 見るも, 観れば, 解決されるだろう, 詩文に, 誇ること, 誉れを, 身に, 身を, 造化に, 進み権力, 進むこと, 遂げしむることを, 郡立図書館を, 都鄙遠, 量らる猶, 門内に, 雪中の, 霊魂説を, 養育する, 高くその

▼ これだけで~ (173, 0.1%)

4 あつた, 済めば 3 帰るの, 満足し, 濟んだ 2 お互, すべての, みると, 半日つぶれ, 役者の, 済んだの, 済んでも, 片が, 終って, 訪問の

1 [136件] あても, いくらです, いらつし, おしまひ, お帰り, お答, お終ひで, この間の, ござります, すまなくなるわよ, すんだかの, せうか, たくさんだ, たくさんであります, たくさんでございます, たしかに博士論文, たりるかしら, ちよいと, ともかくも, なんの, まあ無事, もうヘトヘト, もう化学作用, もう満足, もう越え, もう身, やめたい, やめる, やめること, よして, よろしいこれ, よろしいの, よろしいん, よろしゅうござる, アカーキイ・アカーキエウィッチについての, オタチアイの, ロシヤ人の, 一と, 一家は, 一月掛っ, 一段落を, 一篇の, 一荷物だ, 丁度君, 了る, 事は, 事足るの, 二人共満腹それから, 二円ばかり, 五銭位には, 人間は, 何時間とか, 作り上げたもの, 信じるの, 充分だった, 充分で, 充分であった, 充分である, 充分でした, 充分です, 充分まとまつ, 充分動き, 充分御, 全部で, 六篇に, 切り離せぬもの, 別れる事, 劇作家の, 勘弁し, 区内に, 十七銭, 十二文字に, 十六銭, 取りたてていう, 四円五十銭に, 存分に, 帰って, 幕を, 御免を, 我慢し, 手紙の, 打ちきつ, 打ち切ります, 支那の, 数学を, 日本の, 明らかだ, 明瞭です, 最高の, 未だ私, 来て, 止めとして, 死ねるの, 気の毒である, 沢山だ, 沢山ぢ, 沢山でござん, 沢山な, 済む事, 済んだ, 済んだから, 済んで, 満足します, 満足し得る, 満足せず, 濟む事を, 無事らしい, 片づくまいという, 犯人を, 現在の, 畢つた, 私の, 私は, 穴に, 立派に, 端折りまして, 端書の, 筆を, 納まるもの, 納得し, 終わったの, 終わりを, 結構だ, 結構な, 義朝は, 自分が, 芝居の, 葬むられ, 証拠は, 足りずば, 足るの, 過す日, 鎮まるべしとも, 間に合います, 霊魂が, 食いとめたそう

▼ これについては~ (171, 0.1%)

3 一言も, 前に 2 何も, 別項, 後に, 教育者の, 更に後, 私の, 私は, 種々の

1 [149件] あとで, あまりに岐路, いずれゆっくり話す, いろいろな, いろいろの, いろいろ考えます, おそらくすでに文献, おそらく君, かねて, かれこれと, かれ自身, きみにも, くれぐれも心得たき, これに, さらに機会, さらに章, しばしばかいた, すでに専門家, ずっと前, その方面, たぶんその, どうか, なお諸, なお述, なほ後に, はなはだ僣越, ひたすらに, まず考え, またお願い, まだだれ, まだ書くべき, もう少し詳しく, もう追求, もちろんまだ語るべき, もとより男子, もはや疑問, やはり後, よけいな, わが輩に, ヂラク, ツルゲネーフの, トーマス, ニューヨークの, ベーロ・ボラージュの, 一切口外しない, 一条忠衛さんが, 一条忠衛氏の, 一言説明し, 一通りの, 世界中の, 世間に, 中国も, 了蓮寺伊藤祐晃師の, 二十三年前風守が, 人物証明の, 今さら言うまでもなく, 今まで, 今一歩を, 今言った, 住民の, 何べ, 何んの, 余りに穿ち過ぎた, 余り確か, 余白が, 佛教の, 俊亮と, 僕は, 兄さんとも, 先生には, 冨倉二郎氏の, 初めハーシェル, 判官, 別に, 別に昨日, 別に論ぜ, 別の, 別項の, 前にも, 卑見も, 又後, 古代バビロニア人の, 古来の, 各方面, 同じよう, 商店の, 多くいう, 多くいふ, 夢を, 大分不平である, 大変話したい, 将然副詞法, 帰国の, 平安朝以来種々の, 当時の, 当時ペテルブルグ・ソヴエトの, 彼の, 彼は, 彼女が, 後章, 我既にいと, 拙著, 既に各種, 既に少なから, 既述の, 日常自身直接その, 日本の, 明応七年十二月三日, 昔から, 最初から, 朝粥の, 本書一三二頁以降に, 材木を, 林田が, 次章, 正直に, 民族そのものは, 法律案の, 流すまいと, 特に一篇, 特に次, 現に理化学研究所平田理学士, 現在の, 田上が, 真面目な, 知らなかった, 研究が, 私が, 私共は, 科学の, 米国の, 紹興の, 考えらア, 自ら異, 自分は, 興味ふかい, 蕎麦屋側としても, 読者の, 責任を, 贅する, 軽卒な, 近く有名なる, 近く纏つた感想を, 近ごろの, 遠廻しだ, 郷土研究, 限られた領域, 項を, 高圧電源を

▼ これだけでも~ (170, 0.1%)

2 [11件] いい加減, 一度は, 三輪の, 八五郎の, 半月は, 受けて, 持って, 百歳までは, 私は, 記憶し, 随分厭

1 [148件] あの時, あらかたの, ありがたい事, い, いい気持ち, お前の, お豆腐, お里が, ききように, けっこう商売, この場合, すこし気分, せめて多少の, たいへんな, ただちに製造, ただでは, なか, なかなか大した, なかなか容易, なかなか結構, のこしと, ひっかかりが, ひどく気持, ままに, まる, まるまるお前, もう荒胆, やがては, よいこと, よく分る, わたしらの, サツパリした, デモクラシー的大衆の, ベニイの, ロマンチックの, 一つの, 一般に, 一通り以上の, 一部の, 世に, 世界観の, 人心が, 今と, 今度の, 今日の, 以前の, 仰天ものだ, 何という, 余の, 余程骨折っ, 保養に, 傷ついた私, 優に, 充分だ, 充分で, 充分以上に, 充分発表の, 先生の, 全部の, 其の壁画, 冒涜不遜そのうえ, 分る, 分るやう, 利子ばかり, 励行さえ, 十分八百長さ加減は, 十分理由に, 千里眼の, 召し上がるよう, 大したもの, 大そう, 大変な, 大手柄だ, 大抵あきらめ, 女という, 女性の, 寺本金之丞の, 巳之助には, 幸いである, 庭は, 想像する, 意味が, 成功すれ, 戯曲文学が, 採らせるの, 既に不思議, 既に世間的価値, 既に世間的價値, 既に二十五回, 既に私, 既に立派, 既に自家撞着, 日ごろの, 早くお返し, 明であろう, 明らかな, 明らかに, 昔の, 映画という, 普通の, 書かずに, 有難い, 柳田先生の, 正確な, 此処へ, 死因としては, 沢山じゃ, 沢山すぎる, 無事には, 無人島生活は, 犯罪の, 現代日本の, 生きては, 異う, 直ぐ御馳走, 相当危険性, 相当長い, 眩くばかり, 知らして, 示すのみ, 私に, 私一人の, 立派な, 第一目方, 素晴らしいセンセイション, 経済の, 結構だ, 総勢十五人, 羨しいと, 薄気味が, 被害の, 見分けは, 解脱の, 詩である, 讀んで, 贔屓目に, 身近に, 返答の, 造形美術の, 道具衣裳目の玉の, 鉄について, 開けたが, 阿Qに, 隋書經籍志は, 随分手がかり, 頼母は, 食べられます, 鶴子を

▼ これ~ (169, 0.1%)

4 どうも 3 いい, いかん, 驚いた 2 どうした, なんだ, ひょっとする, 不思議だ, 何と, 妙だ, 然し尤も, 駄目です, 驚きましたな

1 [138件] あっしの, あつしら, あの近ごろ, いい時計, いつたいどう, いつたいなん, うまい, おれにも, おれの, お前が, お前さんの, これあ, これで, ごくない, ずいぶんこの, ただあっし, たまらん, だけた獣, だけた獣ぢ, つて, つては, てつきりなんだ, てつきり宝物が, てつきり悪魔の, どうしてち, どうしても僕, どうもす, どうも御免, どなたの, どんなフランス, なかなか好い, なんでも, ねわたし一人, ね今日, はいって, ばらへ, ひどい, ひどいです, ひどいと, ひどいね, ひょっとすると, ほんの俺, まあ大概, まうけ, また駄目, まるで竹庵先生, まんざらで, むりもなかろうじゃあねえか, もうなかなかお, わたしの, アて, イヤナ処へ, ドウモ奥様の, ドウモ御馳走様で, ドウモ驚いた, ネ, マア先生カンジキも, レヴコーだ, 一人で, 一石二鳥の, 三厩泊りかな, 下手に, 不可ん, 不思議な, 人情だ, 今の, 代官からの, 何か, 何に, 何も, 余興だ, 俺は, 俺達の, 先刻云った, 出来がい, 別だ, 又いつたい, 又どう, 取り越し苦労だろう, 叶はん, 同じ渡世, 君赤栴檀ぢや, 器械だ, 困ったと, 困つたな, 変だ, 大変だ, 大変な, 失敗った, 奇体な, 好かつ, 如才なく, 存外莫迦, 実際掘り出しもの, 少しお待ち, 少しを, 少し悪い, 巡査を, 当り前で, 当家の, 御託宣だ, 思ったより, 怪しからん, 悪魔が, 悪魔ぢや, 悪魔では, 愉快だ, 意外かった, 手前の, 手厳しい, 教父つあんでねえだ, 来るぞと, 温泉焼けだ, 溜まらないと, 漢文, 濱菊つてまさあ, 為様が, 珍しい御, 理窟で, 畢竟空想, 病院に, 盛り場から, 眼違えだ, 祕密や, 祭司がと, 福の神様です, 秀ちやんだ, 空想どころじゃ, 窓から, 芽出度い, 英治さんの, 虐待です, 西洋室だ, 誰の, 道理じゃと, 酔つ, 面白い, 馬鹿ていねいに

▼ これ~ (169, 0.1%)

46 んだ 14 のだ, んです 8 のです 7 のである 4 がいき, の, んでしょう, んの 3 のよ, んでございます 2 のであった, のでございます, んで, んな, ん太

1 [48件] これな, ざあ面白い, のか, のかい, のさ, のじゃ, のだらう, のだろう, のなん, のねお前さん, のよお, んかつて, んここに, んこの, んこんな, んていう, んである, んでさ, んでさあ, んでさねえ, んひとつには, んもと柴田家の, んや, ん三百六十の, ん伊那丸の, ん呉の, ん咲耶子の, ん太宰先生得意の, ん孔明その, ん年久しく, ん御, ん春日重蔵と, ん曹操自身が, ん村では, ん楊雄とは, ん正しく, ん漢の, ん百姓姿に, ん菖蒲の, ん行者武松である, ん諸, ん逆賊尊氏の, ん釈迦に, アに, アもうし, ンです, 寂莫に, 渇きも

▼ これはと~ (169, 0.1%)

9 思って 6 思うよう 4 思うと 3 きくと, 首を, 驚いて 2 いって, 思う人, 思う人物, 思った, 眼を, 考え込ませ同情, 言って, 驚くと

1 [125件] あきれました, あせるほど, いう, いうので, いひ掛けしが, いよいよ悲観, おそれを, おどろいて, おもいまして, お思い, お笑, きめた相手, ぎょっとした, しに, しの, すぐ隠居, それまでの, たのみきったる者, ひとりごとを, ほうも, 一同顔を, 三人が, 云うほどの, 人の, 余の, 吃驚りさせられまし, 吉造首を, 呆れも, 問えば, 喜んで, 声を, 変な, 大きに驚き呆れ, 威儀を, 寒笑は, 少し気味が悪く, 庭に, 彼は, 心から辞退, 心着い, 思いあたったが, 思いただちに, 思う, 思ううまい, 思うこと, 思うその, 思うもの, 思うニホン, 思う事蹟伝説, 思う人々, 思う右, 思う土地, 思う娘たち, 思う婦人, 思う客, 思う新奇, 思う柄, 思う様, 思う物, 思う目, 思う石, 思う風情, 思ったが, 思ったとき, 思ったもの, 思ったらしいだんだん, 思ったら思い切った金, 思つた, 思つたに, 思つてそつと, 思つて引金を, 思つて手に, 思ひあたること, 思ひ定めた女, 思ふほど, 思ふもの, 思ふやう, 思ふ右, 思ふ心地よき, 思ふ間もなく, 思ふ題目, 思わしい相手, 思われるよう, 思われる武士, 怪しむべきもの, 恐れ謹みけるに, 打驚き, 敬服される, 敬服する, 気が付いた, 氣が, 狼狽えて, 珍物扱いで, 町中へ, 目ざす旅館, 目を, 目星を, 直感的に, 眼に, 睨んだお方, 見る間, 見込んだらとか, 見込んだ場合, 言った, 言ったとき, 言ったなり, 足を, 逃げかかるの, 逃げ去ること, 頬被を, 頭を, 額に, 首肯される, 驚いた, 驚かる, 驚きました, 驚く, 驚くお, 驚くとき, 驚くばかり, 驚くよう, 驚く処, 驚く小森, 驚く音絵, 驚ろく

▼ これ~ (161, 0.1%)

155 やア 3 やとても, や迚, や駄目

2 [15件] やありません, やいけない, やたまらない, やどうも, やない, ややりきれない, や何, や余り, や僕, や廊下, や手, や水道, や私, や親父, や話

1 [102件] あ, あどうも, やあ, やああの遠い, やあこの, やあさつき君, やあんまり, やあ一等, やあ家, やいかん, やいかんの, やいくら幽霊, やいけないだらう, やお, やお化け, やお話, やこの, やこれぢ, やちつ, やどう, やなん, やなんぼ, やによつ, やまた, やまとも, やまるで, やまるで後で, やもつ, やらち, やろくな, やわたし北さん, やア女, やコウモリ, やブルバラネク, や一寸, や三年, や上, や下手人, や不, や世間, や五十圓ぢ, や人間, や今, や仍且家, や仕, や仕方, や仕様, や仲, や何うに, や何処, や先, や先生, や免れ, や切なく, や勉強, や勘定, や可, や君, や命, や唯, や堪らない, や変, や大丈夫, や姉さん, や寂しい, や寒く, や寧ろ, や小説, や少し, や幸, や怪しい, や戸締り, や折角, や描けない, や擽つたくなるだらう, や明日, や昨夜戌刻, や根つき, や案内者, や次, や歩けない, や泣く, や満, や火事, や煙, や田舍娘, や疑, や痩せやしない, や登り, や短, や縮毛, や繕ひも繼, や脱, や自分, や補助金, や議論, や逃げられ, や遊廓, や駄目ぢ, や高く, や麥, や鼻

▼ これとても~ (155, 0.1%)

3 人間の 2 ゲエテの, 下手人でない, 不動明王に, 其故なく, 火の気が

1 [142件] あなたが, ありきたりの, ある個人, おぞましいこと, このよう, この室, さきの, すたれた, すべての, そういう時, その場, その時, つきつめれば, つまりは, はやくから, また近世, もうこの, もっともで, わたくしが, わたくしの, アニリンサッカリンで, 一度も, 一方では, 一概には, 一種の, 一般の, 一部の, 不安の, 不破の, 与えられた作物, 二人の, 些との, 亦並大抵, 他殺の, 住民の, 何の, 作者の, 偶然, 僧侶の, 儒教が, 先にも, 出入りは, 前に, 助かりません, 十分な, 半年以上を, 又相当, 反射的運動と, 同じこと, 同じよう, 同様である, 変化の, 夢中に, 大したこと, 好, 子供の, 孫である, 宛には, 屋根に, 強いブランディ, 強力政治の, 当には, 彼の, 徒らに, 御恩, 恋から, 恐れること, 惜しい生命, 惜福の, 想像に, 戦前から, 持続し, 推量は, 早晩その, 早晩の, 明確な, 昔は, 是非ない, 時と, 最初からの, 最巧, 最後涅槃経中には, 有れば, 朝敵同様の, 本心から, 東京の, 果物の, 機会を, 正式に, 武家の, 比較的な, 永い年月, 湯檜曾で, 滅相も, 潔いという, 狩野古, 独り田中英光に, 独断千万な, 現代式吉田御殿といった, 現在の, 用心さえ, 疑わしい奴, 真名古に, 研究さえ, 確とは, 神の, 私に, 私にのみ, 私の, 私自身の, 科学的に, 秘密の, 種々の, 穏和な, 竹を, 管を, 精確に, 糜爛しき, 絶対に, 考えよう, 自分で, 苦に, 薩隅日の, 虚実相半し, 蚊や, 螺鈿の, 見解の, 言うほどの, 誤解や, 起りは, 通常の, 遊びで, 酒の, 重き御, 間違いだらけである, 闖入者が, 靴跡其他と, 食えないこと, 骨は, 骨子は, 魏伯陽よりは, 鮫鰐の

▼ これこの~ (149, 0.1%)

10 通り 7 ように 4 通りだ 3 通りちゃんと, 通りに 2 とおりだ, 壺の, 通りじゃ, 通りと, 通りという

1 [112件] おれの, おれを, お召の, ことだろう, とおり, とおりお, とおりおれは, とおりかめが, とおりここに, とおりこの, とおりその, とおりに, とおりピストルが, とおり一生の, とおり君の, とおり手に, とおり正にまったく, とおり私いくらでも, とおり私に, とおり筵を, とおり籠の, とおり薄着に, やうに, アレクサンドロス今, チョンマゲこいつだ, メダルで, 人が, 価なんぼう, 写真を, 動物が, 包紙に, 十九貫廊下へ, 古帽先生が, 合羽占地茸はな, 国人馬を, 地の, 夏八月の, 大っき, 大都会, 妾の, 学園の, 家の, 將帥と, 山の, 山路を, 度の, 急迫の, 懐中の, 戰場に, 所の, 旗幟をか, 時にあたり, 時代の, 書の, 書を, 期に, 果物で御座います, 棒で, 槍に, 様に, 武士と, 池に, 法が, 無残な, 状態に対する, 猫, 生を, 画家の, 眼で, 福なる, 私みたいに, 紅の, 船中に, 菩薩濁世に, 語の, 足形を, 身の, 軸木の, 通りお, 通りきつ, 通りぢや, 通りで, 通りでございます, 通りな, 通りみんなまるで, 通りやれ, 通りソギ竹で, 通り一文も, 通り停っ, 通り労咳の, 通り和歌山の, 通り夢に, 通り天鬼と, 通り夫に, 通り女剣戟さえ, 通り小さい, 通り手を, 通り手首から, 通り拝みます, 通り曙光は, 通り汚し, 通り皮を, 通り盗まれ, 通り薬売り, 通り辞表を, 通り金銀米穀を, 通り開きまする, 通り震える, 通り騙しゃしない, 露に, 頃の, 駿馬なり

▼ これ~ (148, 0.1%)

10 けで, けのこと 4 けの事 3 である 2 けあり, けかと思ひ, けでも, けの大, で沢山, は私, を云

1 [107件] いえば, うれたの, が家, けしか残っ, けだ, けつとめれ, けである, けでも立派, けにし, けに止まらず, けのもの, けの事実, けの人数, けの多勢, けの子供, けの心細い, けの恥, けの恩顧, けの文字, けの用意, けの細工, けの経験, けの腕, けの苦心, けの証拠, けの話, けの證據, けの長い, けはそんな, けは初耳, けは前, けは心得, けは私, けは空想, けは見逃し, けは話しました, けは震災前, け上げよう, け下さい, け余計, け利いた, け味, け書き進んだ, け気骨, け熱, け申, け白状, け苦い, け見, け言う, け話, け説明, け骨, しか持つ, しみるのよ, だ別段, であつ, ですから, では何, では守備, では物, でも, でも推察, でも此, で其處, で甲田君, で病気, ならば, にまとめる, のくせ, のこと, のもの, の不安, の事, の人, の力, の印象, の反響, の問答, の因縁, の山, の感, の手紙, の技, の景物, の服装, の業績, の色彩, の説明, の資金, の迷惑, の高い, はと買った, はどうしても, はほんとう, は別に, は御存じ, は擽ったくっ, は決して, は記憶, 分るよう, 悲しい恐ろしい頼り, 果してある, 永い間病臥, 考えたけれ共, 見られます, 集めるのに

▼ これくら~ (146, 0.1%)

52 ゐの 25 ゐに 12 ゐで 72 ゐあるねえ, ゐ仕合せ, ゐ微妙

1 [44件] ゐが, ゐだから, ゐてれくさい, ゐです, ゐですか, ゐでよから, ゐとは, ゐなこと, ゐならば, ゐにね, ゐのこつて, ゐは, ゐはね, ゐぶざま, ゐアカデミツク, ゐラジィゲ, ゐ不幸, ゐ人樣, ゐ僅か, ゐ入れ, ゐ分りきつ, ゐ取りあげれば, ゐ坂田, ゐ徹底, ゐ快適, ゐ愉快, ゐ我々, ゐ文学的, ゐ来て, ゐ正確, ゐ清潔, ゐ理, ゐ確か, ゐ突, ゐ脱退者, ゐ興ざめた落莫, ゐ艱難, ゐ荒々しく, ゐ詩, ゐ身, ゐ面白い, ゐ面白き, ゐ面白く, ゐ鮮やか

▼ これ~ (142, 0.1%)

3 一度も 2 のとは, 十六年も, 幾度か, 随分旅

1 [131件] 〇・六斤の, あなたの, あなたは, あの金, あまり注意, あんまりふ, いかにヘクトール死, いつも有益, いつも貴方, うるさかつ, おゆるし, お出で下され, お杉さん, この会以外, この位, こんなに系統, すでに彼等, ずっといつも圧巻, ずっとお, ずっと住ん, そういうはかり, そういう記入, そこに, その作家, その町, たたかって, だ, であろう, です, ですと, どう思っ, どこへ, どんなニュース, どんな女, なかつた, なりと, のは, ひろ子個人の, ほかの, ぼくは, チヤンと, バルザックは, 一向に海, 一向注意, 一度でも, 一番いやな, 主観的に, 乗った船, 二度ひどい, 人工心臓の, 会社員を, 伸び切ったこと, 何かの, 何でも, 何と, 何ともなり, 何年間か, 何年間も, 何度も, 何百の, 余りしなかった, 余りはっきりは, 作家たちの, 借したこと, 働いた給料, 働きつめて, 冷蔵庫という, 出会ったこと, 出向いて, 出版業者にとって, 努力を, 動物の, 十二年の, 十年の, 取るだけ, 只の, 右の, 商品が, 喫った, 嘗て見た, 園遊会や, 売り込んだ名, 夢遊病の, 家ん中に, 屹度どこかの, 島田に, 常に鉱毒問題, 幾度と, 度々あり, 彼那に, 心配を, 念頭にも, 怒り出しいや, 思つた, 抑圧され, 文の, 日本人は, 明かせば, 暮して, 書いたこと, 此方面の, 殆ん, 牛鍋を, 男の, 発表した, 省みないで, 着けし甲冑, 知られ乍ら, 私と, 秋山要, 習慣的に, 考えられて, 考へた, 能才者という, 自分の, 草双紙の, 行つてゐた, 見たこと, 見て, 見聞した, 見落して, 議会を, 転々と, 述べられた学問性, 送って, 野營を, 閉ぢ籠められ, 随分旅行, 高等文官の, 鯉坂君は, 鰻を

▼ これなどは~ (140, 0.1%)

2 一つの, 明らかに, 普通の, 確かに

1 [132件] いかにも敗けた, いかにも旅行中, いかに彼, いまなお, いよいよ背なか, おもちゃの, かなり大切, ことに新, さらに醜悪, じつにその, その地方色, その最も, その真価, たしかによく熟した, たしかに執務, ただ自分, ちょっと想像, どう考え, どこへ, ほんの思い付き, まだ罪, まったく日本的, まつたく菊池流, まづ自然, むしろ私ども, もう下男趣味, もっとも好い, よい例, よほど姥, わたしに, ガラスの, ハッキリ当った, プラスマイナスに, マツという, ルイズや, 一世一代です, 一例を, 一本, 一段も, 一首の, 不朽の, 両端に, 人も, 今あっ, 今まで, 今取り出し, 今極めて, 今言つたよう, 他日清哲という, 僅か六ヶ月, 僕に, 先生の, 単純な, 名盤に, 唯拓本, 商行為としての, 国防上最, 圓朝にも, 外人向きと, 多分菜, 大手柄である, 大軍の, 実に特別, 実際さう思はれる, 容易に, 射ること, 少し変化, 山姥から, 巻中まだ, 幼年時代に, 廓と, 彼の, 思い切って, 愛嬌の, 慣れの, 或いは原始期, 戦後経営の, 断腸の, 日本国民精神に, 日蓮の, 早く下さい, 昭和二十年春浅く, 更にわけ, 最も徹底的, 果して昼飯, 正しく語呂, 此例から, 殆ど現在, 殊に前述, 殊に大きな, 殊に美しく, 決して拙い, 然しさ, 珍しい方, 現代の, 生れながら, 生活の, 男に, 画面の, 畢竟するに研究, 異例と, 研究すべき, 神武御, 私が, 私の, 秘密を, 立派な, 純毛です, 純粋という, 紛れやすい, 経済的には, 縄を, 罪な, 良い証拠, 若き人達, 荷馬車が, 萱の, 血法中で, 西日本の, 要の, 言はば, 語序問題について, 語序転換の, 豊津の, 釣にかけての, 随分不審, 霊感に, 非常に, 顯著な, 馬鹿念入りの, 驚目に, 高い山の上

▼ これさえ~ (136, 0.1%)

41 あれば 4 出来れば 3 なければ 2 ありゃア, 手に, 持って

1 [82件] あやしいの, ありゃ, ありゃあ, ありゃべつに, ありゃ敵何百騎, うまく行ったら死ん, お持ち, お聴き入れくださるなら, さほど恐怖, じか, すますと, つかまえたら島, つきつければ, なかったら, めずらしいのに, ややもすれば筆, やらなければ, ホホ笑ましく, 一つある, 上げれば, 下されば, 今の, 今は, 仕上げりゃ死んでも, 何う, 使えば, 処分し, 出して, 分れば, 切れば, 可なり冒険, 合点参れ, 在れば, 多くは, 夢の, 守って, 完成すれ, 完結し, 居なければ, 岸より, 引いて, 心に, 忘れなければ, 忘れられると, 成功するなら, 戻れば, 抑えとけば, 抹殺し, 持出せば, 描き上ればと, 書くの, 書けたらねえ, 有ったら俺, 来たの, 残ってれば, 気まり悪, 消さずに, 済めば, 熱烈なら, 猿真似一合の, 盗めば, 磨いで, 薄命の, 見えて, 見つかれば, 見れば, 覚えて, 覚えとけば, 解ければ, 解決できたなら, 記録に, 貰えば, 貼って, 越えれば, 近世の, 返れば, 避ければ, 隠して, 食べれば, 飲れ, 飲んで, 香わせて

▼ これよりも~ (133, 0.1%)

5 遥かに 3 以前に 2 もつと, 前に, 前の, 前進する, 美くしい, 遥かにより

1 [113件] いいもの, いい友だち, いちばんつらい, いっそうまさった, いっそう根本的, いまいっそう, えらいと, おそらくは両, おも, おらに, かしこそうな, さっぱりした, さらに古い, すくないであろう, ずっと悪い, ずっと永い, ずっと長い, つと朝, つと野趣, なおいっそう, なお面白く珍しい, はなはだしきは, はるかに, ひとつ前に, まえに, また諸君, まだまだ悪い, むしろ郷土風, もう一つ, もう少し真剣, もっと大きく, もっと奇妙, もっと怖, もっと深く, もっと現実, もっと辛かっ, もっと適切, よほど念, りっぱな, 一層この, 一層詳しく, 三倍半の, 上等で, 不公平な, 不定限に, 今すこし, 低い身分, 倍以上劇烈に, 先に, 先二年町奉行から, 具体的で, 具體的で, 劣るけれども, 十五六年以前西洋暦に, 半時間, 危険が, 又備前, 壮大な, 変動を, 大きく見積った, 大きな仕事, 大きな理由, 大きな自然的利点, 大である, 大ならしめる, 大分長い, 大切な, 学者を, 安定し, 小説を, 少しく不明瞭, 少しまずい, 広くし, 後に, 後れて, 急に, 悩ましい体験, 推移し, 数倍悲しむべき, 数倍数十倍ひどい, 数割の, 数十年間後れ, 早い速度, 早かりき, 明白な, 易きこと, 更に困難, 更に大, 更に大きな, 有力であろう, 武人の, 深かつ, 滑稽な, 濃い色, 無意味で, 甚しい, 短かい, 禍の, 秋山川の, 第一, 緋が, 緩なり, 美しい星, 美麗駿速な, 苦しき情, 見苦しきこと, 豪いの, 貴いどんな, 質量が, 遙かに, 関係が, 骨折りて, 高き約束

▼ これによ~ (132, 0.1%)

4 つても 3 つて見, つて見る 2 つてその, つて厚化粧を, つて各, つて国を, つて徳教を, つて心境を, つて或, つて自分と, つて規定され

1 [104件] つて, つていくらか, つていは, つてお, つておのづか, つてかの, つてこれから, つてひとは, つてわれ, つてスミス, つてデカルトの, つてニニギの, つてフランス浪曼派の, つて一国の, つて七録を, つて上述の, つて下層民に, つて世界は, つて予の, つて人の, つて人間は, つて克服され, つて兩者を, つて八方塞がりの, つて其の, つて分る, つて分明である, つて利を, つて却つて純, つて古事記の, つて司馬遷も, つて告げ知らされる, つて周圍の, つて國家の, つて國民は, つて地球の, つて外の, つて多く, つて天皇制に対する, つて定律詩の, つて家々に, つて家の, つて寂寥を, つて少し, つて左傳や, つて幕が, つて広々, つて得道の, つて御子水蛭子を, つて思ふ, つて想像される, つて我國に, つて我等の, つて戰爭を, つて拂われる, つて推察しうる, つて推察すれ, つて支配され, つて教へ, つて新しく, つて新人を, つて日本語はずつと, つて春秋の, つて最高裁判所は, つて極力, つて正しく, つて此の, つて氏は, つて民衆の, つて気持よく, つて求め得る, つて決すべし, つて現実の, つて生ずる, つて生命が, つて生活の, つて産業の, つて略, つて略ぼ, つて疑問なし, つて疫病が, つて皇位すな, つて看る, つて知る, つて短期期限付の, つて社會上の, つて神を, つて神意を, つて祭典の, つて科學者相互の, つて窺へば, つて精神は, つて罪に, つて考へる, つて自分の, つて自然を, つて舊來の, つて行はれる, つて衰えた, つて語の, つて諧音的の, つて運命など, つて都道府縣の, つて錦絵摺物等の

▼ これくらいの~ (131, 0.1%)

13 ことは 5 ことで 3 ことに, 事が, 事で 2 ことが, ことを, ものを, 高揚された

1 [96件] かわいいの, ことさえ, ことしか, ことだけは, ことです, ことなら, ことには, ことにも, ことの, こと言われた, さわぎは, したくは, ところで, ところです, むくいは, ものであろう, ものに, ものは, もの一首も, パラフィンを, 不思議は, 事に, 事は, 事を, 人数で, 仕返しは, 仙人なら, 余興が, 佳句, 使い手は, 偶然を, 傷が, 傷は, 厚い装甲, 名文は, 声なら, 変化は, 大あばれ, 大きさ, 大事を, 威かしに, 娘に, 字が, 寒さ, 小動物, 少年な, 常識が, 年に, 庭でも, 弟子の, 悪戯は, 意味変化は, 損害や, 改造でも, 明りなら, 時は, 時を, 景色を, 暮しは, 書き出しから, 月給に, 歯ごたえが, 殺し文句は, 温度なら, 熊手を, 玄関は, 生活が, 生活を, 用件は, 用意を, 眼が, 簡単な, 自負を, 舞台で, 艱難が, 苦しい仕事, 苦しい経験, 苦労は, 英断を, 行路は, 街が, 見識は, 謎が, 贅沢は, 違いなら, 金額は, 長さ, 電力なら, 風に, 風雨は, 馬に, 髪を, 鮎は, 鮎を, 鮒で, 鼻には

▼ これ以外~ (128, 0.1%)

5 にない, のもの 4 にはない, のこと 3 には何 2 になお, に近代, に道

1 [101件] ではあり得ない, な手, に, にありません, にある, にいろいろ, にお礼, にこんな, にしたい, にどんな, になく, になん, にはありません, にはこの, にはこれ, にはございません, にはできないだろう, にはな, にはないだろう, にはなかっ, にはなんにも, にはやり方, には一つ, には仕方, には全く, には別に, には別段, には南朝方, には大抵, には書くべき, には未知, には決して, には無い, には無かっ, には絶対, には自分, には道, にも, にもまだ, にも北国下り, にも因縁, にも学界その他, にも平田派, にも沢山, にも特徴, にも現代物, にも輻射圧, にやや, にスコットランド, に世, に人生, に今, に今一つ, に何, に何者, に僕ら, に全く, に別に, に劇芸術発展, に四十八, に多分, に定住, に寺, に往生, に想像, に拵える, に新しい, に方法, に更に, に満, に漢朝復興, に濁音, に無かっ, に特に, に理義, に私, に空間表象, に策, に自分, に覚え, に記録, に谷, に超大, のあまた, のいかなる, のクズレタ言葉, の何物, の侍, の名案, の如何なる, の字, の意味, の楽しみ, の決定, の法, の警察権力, はどうも, は俺, を語らなかった, 別段野菜, 変った料理

▼ これまでにも~ (126, 0.1%)

2 いくたび, お庄, たびたびこういう, ちょいちょいあった, なかった, 二度ばかり, 何度か

1 [112件] ありました, いくたびとなく泰山, いくども, いやと, いろいろな, いろいろの, いろいろ手がら, いろんな薬, おりおりそんな, おりおり使った言葉, おりおり食事, お前は, かなり桁外れ, かの女, このこと, この淫売, さうし, さんざん道楽, しばしばある, しばしばいや, しばしば日本, しばしば経験, しばしば自分, すでに柳田, ずいぶん立派, そういう事, そういう噂, そうした例, その点, そんな卑屈, そんな経験, たとへば地質学者, たびたびあった, たびたびありました, たびたびこの, たびたびそれ, たびたびひどい, たびたび引い, たびたび彼, たびたび書いた, たびたび気づいた, ちょっとした反抗心, なか, なんべ, もう何度, よく話題, わかって, わしは, わたくしに, 丁度これ, 三度か, 不倫な, 予定より, 事情によっては, 二人の, 云ひ, 今度の, 他の, 何かとよく引用書, 何度攻め, 例の, 出会ったこと, 叔母の, 口に, 可なり, 可愛らしいと, 同様の, 外国の, 多くの, 始終お, 密訴した, 小山内先生によって, 少くは, 屡々, 左内によって, 幾たびと, 幾人かの, 幾度か, 幾度と, 度々あつ, 度々君に, 度々盗ん, 弟子と, 彼を, 悪い噂, 惡い, 憂愁に, 文学碑と, 文藝作品の, 明智探偵を, 時々ある, 時々ふっと日, 民主の, 河原町に, 父が, 登が, 直義は, 私は, 老人の, 老女の, 芳太郎が, 警官から, 警部を, 議論に, 讃岐守から, 逸子は, 酔って, 重役小頭の, 長い間, 随分いい加減, 随分ウッカリ, 随分多かっ

▼ これまでと~ (125, 0.1%)

3 ちがって, 観念し, 違って 2 いうので, かわったところ, ちがったもの, 全く違う, 同じに, 覚悟を

1 [104件] あきらめて, あきらめよ, あって, ありったけの, いたしましょう, いたそう, いわんばかりに, おあきらめあっ, おぼしめされい, おもい高, おもって, お見極め, したらひとつ, じらして, ちがうどんな, ちがう心, ちがった判断, ちがった勤労婦人, ちがった態度, ちがった考えかた, ちがった豊か, はぐつと, まったく別, まつたく心構, まるでちがった, まるで違う, みがまえた, キューネは, ゴザイ, ドアを, 下から, 些も, 余り変らず, 全くちがった, 全く変わり, 全然違う, 刀に, 刀を, 同じである, 同じよう, 同様に, 変らないでは, 変らぬに, 変わった者, 変わらぬ以上, 夏の, 大して変わった, 大ちがい, 少しく方針, 少しちがった, 川上機関大尉は, 帰って, 庭へ, 弓矢も, 彼は, 思い, 思いて, 思い切って, 思い切りその, 思い棒, 思い殿, 思い腰, 思い部下, 思うところ, 思うもの, 思うらん, 思う彼, 思った, 思ったと, 思ったらしく今度, 思った僕, 思った帆村, 思って, 思ひ切りその, 思わせた, 手に, 桶皮胴の, 比較し, 水底の, 決意した, 決然と, 源三は, 滅茶苦茶に, 潔く座, 異った, 脇差の, 臍を, 見えたが, 覚悟した, 観たものの, 観念せず, 観念の, 言って, 警部は, 谷を, 迫った日, 違う基調, 違う心持, 違う経験, 違った気持, 違った生活態度, 違ひ, 食いちがい, 馬を

▼ これ~ (122, 0.1%)

2 作や, 園さんどう, 組を, 貞さんのよ, 鶴お

1 [112件] いくらです, さし殺さん, さよさん, せんべつだって, せんべつです, せんべつはがきと, たがいが, ぬしは, はき物が, ばあちゃんよ, みねさんしっかり, みやです, むすいい加減, めえ, めしなさいまし, やつだ, 一盞で, 三重さんとか, 上りあれが, 主は, 互に食う, 侍に, 八重何を, 冬, 冬どん, 友達から, 吉この, 同行衆や, 君お, 國や, 國手前は, 女中, 女中その, 女中水なぞ, 好きお, 妙さん, 妙汝ア気でも, 娘と, 宅の, 安お前は, 小遣いお, 岩さまもし, 師匠様のだ, 席, 常, 幾, 店の, 恍けなさるなと, 息子よ, 放しあれさ, 春このごろ其方にも, 梅, 武家何処へ, 洗足を, 浜どの, 浦どう, 清坊, 清坊孝行といふ, 清此の, 照さん, 父さまに, 父つ, 父様の, 百姓高沢町の, 磯笠と, 祖母さま, 祝です, 祭りだ, 種, 筆さんや, 米, 糸ちよつと, 糸どう, 糸や, 糸ゆふ, 累さんあゝまア, 累確かりし, 繼少し, 繼私の, 聞きったら, 艶, 芋よ, 花ごく, 蓮お, 藤どの, 藤貴様のぼせ, 蝶さんや, 袖この, 見やす, 見やすこんな, 解り, 証拠の, 豊, 豊お, 豐これ見ろ, 貞お, 通が, 通さん何を, 酒と, 録媒灼人役だ, 長母様の, 関所の, 隅何か, 隅手前名主の, 願ひしたい, 食べ, 駒, 駒も, 高そちは, 髯どの, 鶴, 麦たべる

▼ これこそは~ (121, 0.1%)

3 真の 2 ヒダの, 哀れなれ, 品物に, 日本國が, 自分が

1 [108件] あらゆる信徒, いつの, いま具行が, いわゆるブルジョアジイ, げに目, こけ猿, そのわかい, ほんとの, まさしくかれ, まさしく技, まさしく神秘, まさしく立派, まさに国民自ら, まさに黒塚氏, また美, めったにやる, わが剣, アルペンぞ, コラムが, チャイコフスキーの, ベートーヴェンの, モニユメントである, 人間の, 人間至美の, 人類の, 今日この, 今日及び, 俺が, 僕にとって, 全くもっ, 北国に, 反乱である, 右門流中の, 同胞の, 君が, 君の, 君等の, 吾等の, 命の, 嚴と, 国民を, 大なる, 大切の, 大天才, 大都会, 女性を, 宗竜王である, 実に僕, 実に我が, 実に誰, 実用一点張りの, 實に, 尾張半国の, 巴里の, 当時に, 当時の, 忘れては, 恰好な, 愛が, 我がため, 我宝と, 戦争の, 打ち勝ち得ない困難, 政治の, 数の, 文明から, 文明人の, 日本に, 日本一の, 日頃郵便切手や, 最も意味, 最大の, 朝鮮の, 本当の, 正義の, 此処の, 法に, 浅草だけにしか, 浅草独特絶対他に, 無限に, 父の, 犯罪という, 王様だ, 瑕なき, 相当凄味, 省みられねば, 真に日本, 真似て, 真言である, 私たちが, 私に, 私に対する, 私の, 稀有の, 窮余の, 粗略に, 純真な, 紛れも, 美風でなく, 聖書の, 臣道の, 自分の, 芸術の, 表向きの, 貴殿方藩侯, 関東を, 難民であろう, 馬庭念流という

▼ これある~ (117, 0.1%)

29 がため 6 かな, が為 4 がゆえに 3 が故に 2 か, に於, 哉と, 筈は

1 [61件] かなです, かなと快哉, かなと思ふ, かなと言った, かな東洋ペン鬼, かな松茸飯, かに窺われ, がごとき, がゆえ, が爲, ことを, ために, ときに, ところに, ところ今にては, とは心性, と思いませい, においては日本国大小, につき出頭, によってのみ法, によってのみ近代社会, によって人口, によって初め, によって御, によって現在鳴子, によりて地球, によりて屡, によりて理智, に付き, のみ, のみだ, のみで, はあらず, は其の, は勝敗, は多く, は決して, は独り人間, もまた, も人間, も自家, も蛙, やに, よう僕から, を悟らね, を望む, を知, を知らぬ, を見しか, を見る, 以上は, 侍ども申合せ候ところこの, 処は, 処存知届け候相違なく, 哉, 哉必要の, 御取計い, 由これみな本妻と, 趣きに, 間は, 限りたとえ

▼ これすなわち~ (117, 0.1%)

2 事の, 余輩の, 真怪, 神の, 精神そのものの

1 [107件] いわゆる濫僧, これ天徳に, その国, その心自ら地獄, ひとり幻身の, わが東洋, アイヌ人が, イリの, インドに, シロバナササゲ, スクリンの, ソあるいは, ホカイ人である, ヨブ記である, ロイヤルティーである, 一国人民たる者の, 一目惚れである, 三家者で, 上書建白の, 不発育, 世に暴政府, 両者が, 主観の, 乃公自身の, 予期作用なり, 二板橋何ゆえに, 人たる者の, 人の, 人民の, 人身御供でなく, 人間の, 今日の, 仏教の, 余が, 侍である, 僕が, 僕の, 六道輪廻説であります, 内に, 勝氏が, 同村の, 君臣の, 国民論派の, 国法の, 報国の, 大和魂じゃ, 天命を, 奇兵でござる, 女受け, 学問の, 学者に, 学者を, 守戸であります, 宗教的要求である, 宗祖家康公が, 山海共に, 帝王官長より, 彼の, 悪人の, 我が輩, 所謂日本民族な, 政府と, 政府の, 政治の, 既に, 智者たちが, 書を, 朝鮮の, 本懐と, 本邦固有の, 東京は, 梅花陣だ, 武士である, 水戸街道, 求むる道, 流星である, 流行品の, 海蛇で, 清行の, 湯かげんの, 狭義の, 猿子眠りだ, 理屈に, 生命である, 登竜に, 百姓, 真に覚った, 社会の, 社会間の, 禍の, 私が, 穂高登山道なら, 穢多だ, 第二回戦, 第十九世紀, 細糸を, 聖教の, 自己と, 自己表現の, 范蠡が, 茶の, 蛇の, 身分上古え, 運命に, 階級精神を, 食器の, 鬼神の

▼ これかと~ (114, 0.1%)

3 物色し, 考えて, 考へて 2 思出し, 捜して, 此菊池君に, 考えながら, 選んで

1 [95件] いやこの, いよ, おもいだすより, くみあわせて, さもこそと, しきりに頭, そちこち覗い, たづねる, のんきに, ひとつひとつ出し, まよ, わけを, ダネックも, 一時間もの, 云へど, 今後の, 今晩の, 働けさ, 厳重に, 友達を, 問い詰めた揚句ワッ, 問へば, 嚴重に, 四五枚選び出し, 変える人, 女の, 宮子の, 察せられる, 尋ね廻りましたけれど, 店と, 徒らに, 心あたりの, 心の, 思いめぐらして, 思いめぐらすうち, 思い当たるよう, 思い浮べて, 思い煩った末, 思う, 思うの, 思うん, 思って, 思ひ比べて, 思ふやう, 思ふ影, 思われるばかり, 思われる奇怪, 悩まされ往来, 想像し, 慥な, 戸棚の, 指を, 探して, 推測に, 摺れ違うよう, 撰って, 数えて, 書物を, 此方の, 沢山の, 爪弾きで, 物色した, 疑わしい者, 目移りが, 眺めた, 眼を, 瞠目せしめた, 私は, 空想に, 繰りひろげて, 考えた末, 考え抜いたの, 胸算用を, 臆病らしく考え, 見ゆる洞, 言った人, 評議し, 試しては, 詮議した, 詮議の, 詮議を, 語り合って, 調べて, 譜本を, 迷った上, 迷ふ, 遠目に, 選び悩んで, 選み始めた, 選り分けて, 選択する, 際限も, 顔を, 餘裕の, 馬の

▼ これだけを~ (114, 0.1%)

5 前提として, 見ても 3 承知し, 聞いて 2 お由, かかせて, 告白し, 持って, 確かり, 見て, 言って, 記して

1 [82件] あの人, いい放つと, いうこと, いつたが, お目, お耳, お願, しゃべりました, すぐ見た, そち一人で, ちょっと見た, はっきり断わっ, みると, もう一度臼, やって来て, やっとあの, イタと, チャンコ鍋と, ハッキリ申し上げ, 一章として, 中心に, 了知し, 云いました, 云う事, 云つた, 云ふ, 伝えたいそれ, 切取っても, 前提と, 取りたて, 君に, 問題と, 囁いて, 夢中に, 守つ, 守つて新劇が, 守る心, 実行すれ, 小脳と, 差し上げるよう, 待って, 御覧なされ, 意識し, 抽出し, 拷問に, 探すの, 曉り得ぬ, 書いて, 望むこと, 材料に, 樂んで, 毎月買ふこ, 比較し, 決めて, 洩らすと, 独りで, 独立し, 珍重し, 発見する, 相手に, 神様に, 私は, 答えたあと, 約二ヶ月, 紹介し, 絶対的に, 置き放しに, 考えれば, 聞いても, 聴いても, 見物する, 言うの, 言った, 言った女王, 言つた, 記すの, 記念物として, 話し終わった小田さん, 語り終つて, 貴公に, 述べようと, 選んで

▼ これほどに~ (114, 0.1%)

5 して 2 強大な, 思い込んで, 活動させる, 私を

1 [101件] いじらしくない, いたわって, お出来なさるた, お愛し, お願い申し, お願い申す, さながら行成, されては, してまでも, しなくても, すること, つかえるやつ, ととのいたるは, なくて, ならぬ前, へとへとに, もちがったもの, もとは, ゆけば, サンタマリアを, 一生を, 不慥, 主君が, 人が, 人の, 住み荒して, 使う者, 冷え切って, 凌辱された, 処女と, 出来たもの, 分娩を, 切なる, 切りつめられた世界, 動けば, 匿い立て, 同情を, 吾家の, 土牛の, 壊れても, 底深く力強い, 彼を, 復興せられた, 忘れ果てると, 怖がるの, 怖ろ, 思い切った荒療治, 思い詰めて, 思って, 思ひ詰めて, 悲しくそこなわれた, 懐しく自分, 懷しむ, 成効し, 手を, 打ちたたいたこと, 撃ち悩まされて, 早いもの, 昂奮した, 暮色が, 書ける神様, 書物とは, 有力な, 有難い, 朝顔を, 機略を, 武を, 気を, 泣いて, 深い意義, 深くまた, 深くも, 清潔でない, 濃く胸, 烈しい欲望, 狎れるもの, 申しても, 申し上げても, 異常なる, 知らねば, 確定した, 緑の, 縋って, 聞て, 腐りきった屋台骨, 自分から, 苦労した, 衝き込まれて, 親切な, 言うて, 言って, 言っても, 詠みいだすもの, 譲歩し, 貴女の, 迷い込んだ夢, 遣りこなすの, 長く感じられる, 離れて, 難しいの, 高く響き

▼ これ実に~ (114, 0.1%)

5 彼が 2 人泣かせの, 何たる滑稽, 君の, 宝暦明和の, 数年前, 本日白昼の, 白痴者なる, 自由論派の, 詐らざる, 邪教である

1 [89件] あさはかな嫉妬, いかなる喜悦, いかなる無謀, やむべからざるもの, やむを得ないの, われの, エタの, 一六二一年四月の, 世の, 中世以後家人もしくは, 主客合一知意融合の, 事実考証の, 事理の, 人世に, 人生最大問題の, 人類陶冶の, 今後, 仏陀及び, 他人の, 余輩の, 侮るべからざるハイカラ, 信仰家の, 円石を, 刑法第, 同君の, 国家の, 大なる, 大聖ソクラテスの, 天の, 奇怪と, 妖怪である, 妖怪に, 安政三年七月吉田松陰が, 安政元年九月十月の, 寛政四年に, 寛永以来の, 小生一生の, 広義における, 当時の, 彼の, 彼らが, 心性の, 悪しき者, 悪婆, 悲しむべき貧乏クヂぢ, 意外の, 愕心瞠目すべき, 憫然たら, 我が皇, 我等の, 所謂武士道の, 新興文芸の, 日本に, 日本における, 明治十七八年より, 昨十一月, 昭代の, 時日と, 暗中より, 暗黒洞中の, 最後の, 望外の, 本当の, 此年十月なり, 法典実施延期論の, 淑女紳士の, 独断的の, 生命身体に, 疑問である, 痛歎すべき, 発覚の, 真を, 真人間に, 破天荒の, 神の, 祭司長が, 私という, 私の, 空谷の, 第一, 第三期, 第二, 美尽くし, 聖人の, 自分の, 自然の, 至大至重の, 諸迷, 酔えるを

▼ これ見よ~ (113, 0.1%)

85 がし 4 がしな 2 がしだ, がしの

1 [20件] おそよ, かしの, がしだった, がしで, と, といふ風, といわぬ, とてここ, とばかりに一廻り, とばかりに好ん, とばかりに平次, とばかりに積み飾っ, と喚い, と奉行, と汝兄, と置い, と言わない, と高声, やつ, 家人どもわしは

▼ これだけに~ (110, 0.1%)

33 して 3 しても 2 しよう, する, とどまらない, 手際よく, 負けて

1 [64件] される仕事, したのに, したもんぢやけ, しときましょう, しましょうよ, します, するの, できて, できるまでの, とどめて, とどめよう, とめて, なった, なったが, なったもの, なって, のませるところ, まとめ上げて, やつて, 一週間かかった, 上達した, 両手を, 仕上げた人, 全力を, 出来て, 受入れて, 味を, 家らしくした, 尽い, 工事の, 思われて, 成ったん, 成長した, 手を, 手入れを, 斬る者, 止まらない, 止めて, 止めること, 止ること, 没頭し, 満足しない, 特に止めた, 生かしたの, 盡き, 目を, 筋の, 纒まった, 育てること, 致します, 見られるという, 覚えたもの, 躍進され, 迫ること, 追究しとり組ん, 進んだという, 過ぎなかった, 過ぎなかったが, 過ぎなかつた, 過ぎぬ, 過ぎませんですけれども, 釘を, 限るよ, 願います

▼ これほどまでに~ (109, 0.1%)

4 自分を 2 自分の, 芸術とか, 頼んでもか

1 [99件] おもしろくなく, かたくかたく言葉, この一質子, この女, しても, しなければ, すぐれた美貌, すぐれて, せつない思い, そばの, つくしては, できるもの, なったか, なろうとは, ののしられて, はっきりと, みんなが, わたしは, われわれの, ゴリラの, 一時でも, 一身を, 不幸で, 不思議な, 乱れは, 二つの, 云は, 人の, 人生的な, 何もかも世話, 侮辱しなく, 保子の, 倉地は, 僕を, 凄絶な, 切ない心もち, 刺戟的な, 南朝がたの, 原始的であった, 叔父様を, 叱られながら, 呉服という, 坊ちゃんが, 型付を, 多数の, 完全なる, 尊敬し, 幸福を, 広大な, 強く引きつける, 彼等が, 御親切, 徹底した, 思いやりの, 思ってるのに, 怨むの, 悪い人, 意気ごみ切っ, 愚図が, 感じたこと, 感じられるの, 慌しい働きぶり, 成功し, 早く現, 早朝これほどまでに, 晦冥を, 晴れが, 概念のしもべに, 水を, 深い海水, 激発させた, 理解を, 生命がけ, 皆様から, 眞摯な, 真率な, 着心地の, 秩序を, 精巧な, 胸を, 自分という, 自分に, 興味を, 苦しみは, 苦心する, 落魄れあそばしたの, 親しい甘いもの, 誠意を, 迂闊であった, 進捗し, 進歩しなかった, 重んぜないもの, 錬磨した, 陰惨な, 雄大である, 雄大無双の, 面負けが, 頼むの, 飾ったの

▼ これ~ (106, 0.1%)

10 へあれ 2 これさ, へあつ, へ出来れ, へ心

1 [88件] うの目たかの, う泣かず, お主, お前が, お待ちなさい, お照お前, この鶴, これさと, これ藻西さんお前も, しッ, そうびっくり, そう申す, そんな処, と芝居がかり, なぜそうせかせか急ぐ, なぜ黙っ, のせて, のろけぢ, びしゃ, へ, へあだな, へあり, へありや, へうまく, へすでに, へなかつたら, へはつきり, へもまあ, へやれ, へ人間, へ出せ, へ取れ, へ咽喉, へ守れ, へ岸, へ座敷, へ慎め, へ我心, へ持つ, へ昨日黒衣め, へ朱目, へ此度, へ水, へ治れ, へ活躍, へ無, へ片, へ登, へ聲, へ肌身, へ背負つて, へ色, へ適当, まあ黙, まア待ち, もう夜, もう好, ような, マカール・ナザーロ, 世間万事これです, 主人ばかり, 乾老, 仮令然るべき, 休んで, 何うし, 何を, 何故黙つ, 例の, 僕は, 兄い, 好い加減に, 娘さん, 師匠の, 師匠もう, 弥吉どんお前の, 待ちね, 悪くとっ, 早くあゆ, 爾う, 物を, 若旦那まあ, 薬だ, 見せなと, 返せと, 金を, 離せと, 静かに, 馬丁さんや

▼ これ~ (106, 0.1%)

2 ひとつの, 一方の, 大したもの, 次に天皇, 甚だ非, 秘密外交陰謀政治の, 自由の, 見上げた心掛

1 [90件] いかに尠, いつもニコニコし, おなじごとき, かえって失礼, かけがえなき, かねての, さる待合, ちつとも, とんちんかんね, ふしぎに, やむを得ない, やりきれるもの, わたくしの, クサリ, チエホフの, トンチンカンでは, ルリにと, ワンワで, 一つの, 一人一党ただ, 一大王国を, 一騒動持上っ, 万人の, 不可抗の, 不思議でも, 世界新, 今日の, 仙太に, 何と, 何という, 何の, 単刀直入, 各署総動員の, 同じ誤謬, 名題の, 喧嘩碁で, 四種に, 困ること, 基づくところ開港地, 大いにその, 大いに気, 大へん, 大腸で, 奇々怪々, 奇怪な, 婦人の, 宜しい, 実にさすがに, 実に私, 市見忘れ, 往年梶原千谷という, 微妙な, 応接に, 意外な, 慎しむ, 我が思う, 明に, 末期の, 本もの, 樹皮を, 正しく示される, 毎日腐, 滑稽そのものである, 滑稽千万な, 無理な, 無限に, 片想いで, 特別大いに, 犯行推定時間十時半乃至, 皆様方には, 矢の, 知って, 私の, 立派な, 自分を, 自分達の, 至って臭気, 苦しくて, 詩から, 誰も, 諦めも, 豊島さんの, 負ける, 軽率には, 返事が, 長寿を, 閉口し, 非常に, 面白くやはり, 黄白の

▼ これだけが~ (103, 0.1%)

5 私の 4 唯一の 2 この家, 看板の, 誰にでも

1 [88件] あなたへ, いつも廊下, うまく詰めこん, おに, おまえに, お姫さまに, お礼の, お秀, かつての, この少年, この数日間, この畫, せいいっぱいの, その優しい, ちゃんと置い, ほんとに私, やつと, わたくしの, モスコウへ, レーヌ公園の, 一ばん泣き虫だ, 一ヶ月の, 一縷の, 二人の, 二日の, 人間の, 今の, 仏天青氏の, 仕事である, 住まえる, 値打も, 僕らの, 入って, 全世界, 全部でない, 共通点の, 具備すれ, 冷静に, 分らぬこと, 十銭玉一つの, 半田屋九兵衛方に, 参列し, 喜びな, 土地台帳で, 外からの, 大切な, 家での, 審理に, 山野家に, 庭内に, 彼の, 恐らく地上, 悪魔どもに, 打揃っ, 支那の, 救命帯を, 早く商品化, 最後の, 有金全部であった, 欠点と, 残りました, 母家の, 汚職事件の, 浪之, 滿足で, 祭の, 私に, 私にとって, 第一日, 素人ばりの, 絶対不変な, 羽後の, 自分の, 芝居だ, 苦労で, 荒涼な, 行乞流転七年の, 見えるばかり, 言えた, 話の, 身について, 辛うじてわれわれ, 農村だ, 退屈でない, 陶磁本来の, 非常に, 風船の, 骨の

▼ これなども~ (101, 0.1%)

4 その一つ 2 一つの

1 [95件] あらかじめ用意, いろいろな, うつかり, おこりだけは, この人以外, その原因, その土地, それを, ただきょう, ただ人間, ただ材料, ときどき写しとっ, どうかし, どうせ残る, どんなふう, まあ一寸, またいい, もうひと息, やはりいろいろの, やはり他, やはり老, やはり軍略, よくわかる, よく怪我, ニューイングランドの, 一種の, 中途で, 主人の, 事を, 事實貴重な, 二つとも, 今後の, 他人の, 余り不足し, 作者は, 例の, 信帝といふ, 偶然が, 具体的内容は, 劇の, 口で, 古く祭壇, 同胞に対する, 味気なく, 啼く声, 多分あの, 多分に, 多分双方, 夢中に, 女子に, 実に, 実にいろいろ感じられる, 少しも, 山, 山と, 幾分か, 幾度も, 必ずしも事実, 懐かしい思い出, 戦記作者を通じて, 支解分葬の, 支那の, 文学的に, 新しい文化運動, 新しく出来た, 日本の, 明かに, 映画で, 最初は, 本来は, 桂華に, 欠陷が, 正しくは, 正岡子規が, 段々古い, 決して好い, 海から, 溌墨との, 画家の, 病後の, 矢張り, 神代以來の, 神経の, 私には, 立派に, 第三句, 美味そうな, 菓子の, 見れば, 道芝仇花の, 錦絵の, 錬金詐欺, 面白い, 飛んだと, 飛鳥井姫という

▼ これといふ~ (99, 0.1%)

6 のも 5 話も 4 ものも 3 物も

2 [11件] ものを, 事も, 大きなこと, 定まつ, 特徴も, 用事が, 用事も, 目立つた粉飾一つ, 考へも, 職業も, 風に

1 [59件] あらはれも, いいこと, きまつた職業, ことは, すぐれた感じ, ところは, ところを, のを, まとまつた仕事, ものは, やうな, 不出来しも, 事は, 人材を, 仕事が, 仕事は, 仕事も, 任務は, 傑作も, 原因も, 名案は, 奇行も, 娯楽の, 専門を, 御失態, 御愉快, 思案が, 悪人は, 惡人は, 感想も, 感興が, 手合に, 抱負が, 新しみ, 材料も, 欠点を, 氣が, 氣に, 特徴が, 特徴の, 特色も, 理由は, 理由も, 理窟で, 病気も, 皺も, 目星い, 目星しい, 目立つた悪業, 程の, 背景を, 親友も, 証拠が, 話題も, 贅沢の, 道楽を, 遺物を, 都合の, 面白い話

▼ これあり~ (93, 0.1%)

103 候に 2 という, との断定, と信ずる, に付き, 候ために, 候は

1 [68件] これを, これ必ず, しかまった飲ませられず, しかも要害嶮岨, その皮, その節, それにつき, てはじめて, て万物, て井伊掃部頭, て伯父上, て裾野, といふ, といへ, ややもすれば詞致雑揉, ソロ, 且は, 且傳吉衣類の, 互いに助け合う, 人獣これなり, 今後瀬戸通路つかまつり候え, 今日までの, 今日江戸へ, 今日魏公曹操の, 候か, 候が, 候ことゆえ, 候と, 候ところ表には, 候へども, 候ま, 候ようしかるべく, 候事と, 候地所一ヶ所ご, 候序に, 候得, 候次第悪しからず, 候然しながら, 候由も, 公辺においても, 叔母は, 右残党諸所へ, 品川宿の, 土石これなり, 大は, 大勢ニて, 奇怪なる, 孫八老其の, 安五郎は, 宿役相勤めが, 小生にも, 彼らが, 彼らは, 施政おおよそ, 曰く牛食は, 村国庄司内にて, 此頃長州ニては, 滞在日数の, 狂的男爵の, 珍らしき, 畢竟言語壅蔽, 百姓は, 種々熟考仕, 臆せず, 諸役人ども月番, 都人士の, 風霆これなり, 鬼神これなり

▼ これぐらい~ (90, 0.0%)

2 でいい, ですか

1 [86件] いまぼくの, つきあい易い, で止すよ, どこにも, ならちょうど, なら大丈夫, なら安心, なら当り前, なら親孝行, なんでも, なんの, また役に立たない, やったら六カ月, やらないと, やれば, ウルサクて, カンタンな, シャクに, タヨリに, ハッキリと, バカバカしい対局, ヘタクソで, ベラボーな, 不手際の, 世間の, 人に, 住み易く, 侮辱され, 信用の, 健康で, 内容拙劣な, 冷やかしゃ沢山, 力強く示し, 勝敗判定の, 勿体を, 区別の, 吉日は, 困った素質, 地味な, 太平楽な, 好きだ, 妙な, 安全な, 完全な, 実用向きの, 容易で, 対話として, 平易に, 強烈な, 徹底し, 心易い, 忠実に, 念を, 急激な, 意想外の, 愚痴ッぽく, 手際よく, 捜査の, 時間を, 月並な, 有難い事, 正気な, 気軽に, 深刻な, 滞在なすったら, 真剣勝負だけ, 真剣勝負に, 確かな, 突き放して, 竜頭蛇尾威厳を, 細くなれ, 結構な, 美事に, 羞かしい, 考えて, 腹黒いもの, 誂え向き, 調法な, 貧乏な, 適当な, 金に, 頼りなく, 食ったの, 馬鹿らしい存在, 馬鹿馬鹿しい話, 馬鹿馬鹿しく見える

▼ これじゃあ~ (90, 0.0%)

2 どっちが, 俺も

1 [86件] あともどりだ, あんまりと, いかさま出張ら, いくら考え, いたちごッこ, おかしい, おふくろが, きみ戦争に, くつろがないし, しようがない, しようがねえ, だれが, とても帰れない, どうしても豚小屋, どうもあなた, どうも喧嘩, なっちゃ, ひどいいまじ, まったく損, まったく無駄, まるでおれ, まるで山道, まるで本式, まるで飛脚, みんな好い, もう何, コツの, ソバケーヴィッチの, チットモ張合が, ラシャとは, リンピイの, ロケは, 一足も, 丸太ン棒よりも, 乱暴です, 今日殺される, 何かの, 何処へも, 余りいい, 全く物足りない, 全然癩地獄, 君を, 夜寝られない, 女房の, 容易に, 密通を, 市中の, 役に立ちませんか, 彼の, 御家騒動の, 御馳走に, 思うよう, 息が, 悪くする, 戦に, 戸を, 手が, 拵えようという, 損だ, 明日の, 森林などと, 殿様が, 汚らしくッ, 沖は, 浄書する, 浅草まで, 渡れやしない, 濡れ場も, 甘っ, 知れッこ, 私は, 穏やかにゃ, 箱だけは, 船長の, 芝居に, 赤ちゃんも, 踊り家台を, 道中が, 道路が, 遣り切れねえ, 金儲けも, 金魚だって, 風呂にも, 食いたりねえ, 飯も, 飲みものと

▼ これに関する~ (90, 0.0%)

4 自分の 2 研究を, 著述の, 観念が, 訓練を

1 [78件] あまたの, いちばん最初の, ことなく, ご下問, フレッヒの, マクスウェルとの, 一九三五年までに, 一挿話を, 主要な, 事どもは, 二三の, 人間の, 伝説も, 伝説を, 例の, 収入が, 同地の, 同記者, 周知の, 問答を, 国民一般の, 学者の, 完全な, 彼の, 御尽力, 御研究, 徳義は, 恐ろしい事実, 感想の, 感謝, 所見を, 挿話は, 文献は, 新研究, 新聞の, 新聞記事は, 書も, 書物も, 書類諸方において, 有名な, 有名なる, 条規を, 歴史的怪談多々, 民族と, 法律上の, 理論的説明ない, 発生目的変遷など, 知識を, 研究などは, 科学者の, 筋の, 簡単な, 細論で, 者を, 臆説を, 裁判官の, 要点は, 覚書は, 観察の, 言語学者間の, 討議は, 記事と, 記事の, 記事を, 記憶とは, 記録を, 評釈は, 話は, 詳しい解説, 説話をも, 講義が, 資料の, 近世の, 迷信は, 迷信口碑が, 逸話なども, 関孝和の, 鳥類学者の

▼ これきり~ (87, 0.0%)

4 になる 32 だから, だぞ, で死ん, にしよう, の話

1 [70件] いなくなろうとは, お会いできぬ, お目, お目にかからないかも, か, かそこ, かというよう, かといわぬ, かと尋ねた, か知ら, しかあげられません, しきゃ知らねえの, しませんから, じゃ, だと, だな, だのもう, であたし, であると, であろう, できり, でこの, でございます, です, ですみ, ですよ, で何, で別れ, で君達, で彼女, というつもり, とはあなた, と思っ, と知る, どうかなつ, ないん, なかった, なの, なのよ, にあそばされない, にいたしましょう, にいたします, にし, になったら寝, になりまし, にやめ, に径, ね, のこと, の一礼, の事, の交際, の人間, の御, の感, の縁, の飼葉, ふっつり思い切っ, もう帰つて, も一度, 亡びるの, 会わないかも, 別れて, 思ひ切れとなら思ひ切つて, 来なくなるやう, 終るとしても, 考えないこと, 行かないこと, 見放されたらど, 逢って

▼ これ~ (86, 0.0%)

1 [86件] おい何, からさき, くらいが彼ら, くらいな刀, これっ, そちは, たけじゃあ, ちかい, どこへ, なぜその, なぜそんな, ばかしでもいい, ぱかしじゃ駄目だ, ぱかしでもいったことだろう, ぱかしでも旦那や, ぱかしのことを糺す, ぱかしの災難で, ぱかしの石です, ぱかしの酒が, ぱかしもありません, ぱかしもがまんできない, ぱかしもしないで人の, ぱかしもできてねえんだ, ぱかしも人に, ぱかしも出来, ぱかしも分らねえ, ぱかしも持っ, ぱかしも用いた, ぱかしも考え, ぱかしも見えや, ぱかしも間に合わなかった, ぱかりか鄙吝, ぱかりしか持っ, ぱかりしか文庫に, ぱかりしゃべってもうるさいですかね, ぱかりじゃどう, ぱかりだったが, ぱかりでも言っ, ぱかりのはした金を, ぱかりの人蔘一本で, ぱかりの地面を, ぱかりの小さい, ぱかりの疲労も, ぱかりの縁も, ぱかりの酒で, ぱかりもございません, ぱかりもしませんよこれっ, ぱかりもその, ぱかりもない代りには, ぱかりもなかったほんと, ぱかりもなさらねえですお客さんは, ぱかりもね, ぱかりも他人に, ぱかりも口に, ぱかりも思っ, ぱかりも考え, ぱちか, ぱっちなんにも, ぱっちの寺や, ぱっちの酒で, ぱっち登っ, パカリの, 不届者, 伜, 伝七, 何という, 何を, 偽者返辞を, 切に往かない, 切りに, 切りの, 切り死なれたら, 又八, 史進っ, 市十郎, 智深, 李逵, 爺, 老母を, 自分の, 船頭の, 許りだ, 限しか, 限り, 限りだ, 面を

▼ これっきり~ (85, 0.0%)

63 だよ, 忘れて 2 か, さ, です, にし, の人間, の話

1 [61件] あの男, おやめなせ, お会いできない, お別れ, お屋敷, お目, お目にかかりません, かい, かえ, かね, かナ, この恐ろしい, しか来られない, しか無い, じゃない, ださあ, だったの, だった日, だらうこれっきり, だろうか, だろうと, であきらめる, でいい, でかえる, ですよ, です決してもう, でふるふる, でも縛れるでしょう, でわし, で別れる, で大黒屋, で御座いますよ, で済ん, で黙っ, というところ, というの, という感じ, とは, と思っ, と思われる, なの, なもの, なん, にしたい, にする, もうお, よ, よいや, よりつかない, 会えなくては, 会えぬよう, 埋れて, 恐らく一生, 晴れずに, 来て, 来ないで, 来ないであろうとも, 来ねえけれア, 決して人, 行かん, 逢えなくなるの

▼ これ一つ~ (83, 0.0%)

7 しかない 3 は年 2 だ, だけ, に限らず

1 [67件] あったら私, あらば, あれば, からツクツク, がさう呼べる, が亡くなつた, が晴れ, が私, くらい続けさせね, くれませんか, しかございません, しか読んだ, じゃ, じゃあない, だけじゃない, だけで, だけです, だけでも彼女, だけで充分, だけで出, だけで数十金, だけ埃, だけ聞かし, だと, である, でこの, でそれ, でたくさん, でなく尊氏, でなく蟄居中, でもこの, でもすでに, でも入場料, で一つ, で充分, で姥, で有名, で沢山, で理想的, で足りよう, というお客, という剰余, といふ事, といふ剰余, として特性神, なん, にかかっ, にはスキー, には金銭, に限った, のみなりき, のゴルガアタ, の大, の奪取, の箍, やは君, らしくこの, を捜さなけれ, を生理療法, を見, 忘れたという, 残して, 永く保存, 渡れば, 纏めれば, 違うだけ, 食べれば

▼ これなく~ (81, 0.0%)

153 候えども 2 てはの金主樣, どうしても正確, ば, 候ては

1 [55件] いづれも, そろ, ただおのれ自ら, ただアーツ, ただ北ドイツ, てそもそも, てはと飲み, てはの金主様, ては新た, ては私たち, という返事, とも仰せ付けられ下さるべく, と云, と決着, につかは, は宇宙, ばこの, ば太子, ば永遠, ば秋, ば豈, ほんとふ, またチョット, んば, 不断働か, 且つまた, 今は, 他の, 候いしかば, 候かかる, 候ひし, 候や, 候ゆゑしかと, 候察する, 候御, 候故, 候草枕につき, 候間新たに, 候間海岸にて, 先日大坂の, 其節寶田村百姓與次右衞門喜兵衞助右衞門八兵衞四人にて, 即刻ご, 家来ども七百戸三千七百余人の, 小生は, 思召し, 方便として, 条約を, 此段何卒, 白が, 相應, 老体に, 自然と, 誠に致方, 追い追い時, 運輸の

▼ これ~ (80, 0.0%)

13 をする 3 の花 2 ですか, になる, に由り, の兆, をいう, を云う, を言う, んぼ

1 [48件] うした, う車, かのひき合せ, からつくる, か内官, か飲みもの, がおかしい, が來, が悲しい, が故, さあ, しとるん, しに, だと, だね, だろ, ちゅうお菜, てお, て酒, ですの, ということ, という方, という草, といふ草, となれ, とは, なの, に使う, のこと, の列, の時, の民, の絵, の臭, の謂, の邑, は居らん, をお, をし, をしくさる, をします, をそれ大小, を呼び, を泣く, を申す, を致す, を馬鹿言, んぼや

▼ これ即ち~ (75, 0.0%)

2 デカダンで, 人間の, 今晩の

1 [69件] この麦, やがて巷談師, われわれが, アテネ市の, ウッチャリの, ナロードニーキの, フェノロサが, 一国の, 一番最初の, 乾酪なり, 亡国の, 人命財産の, 以心伝心です, 何物かと, 全體, 其試驗に, 十秒三の, 口説です, 吾人が, 国民外交の, 国貞風の, 封建制度に, 尚真, 師弟の, 当初の, 当山満行寺先代の, 当店なり, 形文字で, 形而上學である, 徳川氏の, 悪例を, 懸賞とは, 我輩が, 支那の, 敵人の, 文明的運動である, 新風だ, 日本に, 日本国民が, 日本現在の, 明治大帝の, 時勢の, 本能的な, 松下村塾血誓書の, 模範国民である, 欲しい欲しいと, 法医学の, 洗湯である, 深謀遠慮という, 準備なり, 熊沢天皇家に, 現代日本を, 男に, 相対性だ, 神話的英雄の, 私が, 籔原驛なり, 総ての, 自然の, 色気です, 菩薩です, 觸手ある, 農村の, 透視光の, 逸を以て, 運動の, 降りるの, 食物を, 黒子が

▼ これよりは~ (74, 0.0%)

2 何卒国家, 鋭次に

1 [70件] いっその, お目, ご馳走の, ずっと迫っ, その時, その第, ちッ, はるかに, ほかに, また我が, もう一歩, もう厳重, もう少し客観的, もう少し複雑, もっと品, よく知っ, ジエノワに, ナポリへ, 一本立ちで, 一足も, 予一人の, 二上時雨なつかしき, 五山へ, 人間と, 今一際の, 兄さんだった, 全然神, 八百屋の, 其批評の, 写生文の, 別して萬事, 口に, 唯邁進, 地を, 墓場の, 大きいです, 大きかった, 太刀打ちじゃ, 孤寂の, 安佃煮, 宵, 将た, 少し良く, 山陰道の, 復我を, 必ず蟇口検定, 恋や, 感情の, 拙者お, 法王とか, 深く複雑, 滝谷の, 知らぬ国, 篝が, 耶蘇の, 自然だつた, 行かれずといふに, 行くべき方, 謝肉祭の, 足の, 路嶮しく, 軽く一歩手前, 遅いけれども, 道よく, 遙かに, 野路山路およそ, 長の, 隠気, 騒ぐこと, 騷ぐことはなけれど精神の

▼ こればかり~ (73, 0.0%)

20 では 7 でも 3 でない 2 で無く, 探して

1 [39件] だ, ぢや, でありません, でいわゆる, ですが, でないほか, でなくこの, でなくその後, でなくわたし, でなく両, でなく人間, でなく今朝机, でなく兩傍, でなく新しく, でなく此, でなく洛内, でなく身, でよろしい, で一寸, で他, で日本人, で犠牲, ならば, なん, はねと, はみや, ゃいいますぜ, やって, 今に, 催促を, 冷たそう, 吹いて, 書いて, 気遣ひし, 焼け残りたりといふ, 用いて, 立派なる, 遺られたら猶, 食べて

▼ これとて~ (71, 0.0%)

2 しらべて, 一方から, 何んで

1 [65件] あまり面白い, すること, する事, その時代, その身, その釉薬, たいしたこと, どうしても助けなけれ, ないもの, なんら特別, まだ十一, やはり競争, よき日, ハッキリとは, 不届き千万では, 云って, 京極方の, 人間の, 今は, 今日から, 何かの, 便宜上の, 千早館と, 固有な, 地方色に, 多数者でなかったら, 対症的療法に, 幾たびか, 度を, 強ち, 当座の, 当流の, 所謂スキー場で, 持物は, 新野の, 日本の, 明瞭に, 昔に, 未だ海, 案じるほどの, 止むを, 母に, 気遣う事, 江戸ッ児には, 深い用意, 湿気臭い, 無心で, 牧野さんが, 独創の, 生前幾年の, 目星しい, 直ちにそれ, 石炭殻に, 確たるより, 私の, 綺羅な, 美しさ, 考えようで, 考えれば, 自慢し, 葉之, 要するに悉く頭, 見るべきもの, 話も, 雲を

▼ これをも~ (70, 0.0%)

2 ひとめ見た, 俳句の, 父の

1 [64件] おくりもの, お取り上, かれをも, この場合, そそのかして, ついでに, また何とか, また正当, やめた, よくない, チチュウ団子と, 一つの, 一つ別の, 一度一周りしよう, 三が, 亦仕れ, 人々は, 付けて, 体言といふ, 再び包摂, 包んで, 参照し, 可笑しとて, 同伴する, 含んで, 外らしたら結局, 多く殺す, 宝と, 差し上げるくらい, 忍びて, 忍ぶと, 忽に, 戀といふ, 我々の, 打ち叩かずに, 拾い取り出刃, 支配し, 文運の, 方便なりといふこそ, 日本化せしめ, 昔の, 書いて, 歌に, 殺したほど, 殺したるは, 殺して, 殺そうと, 液化し得た, 為遂げようと, 猶僞善, 白い花, 盗んで, 省略せず, 祈りて, 私費を以て, 美しと, 花鳥諷詠詩と, 行の, 読んだはず, 贔屓に, 軒より, 軽蔑せん, 食料に, 髪を

▼ これその~ (65, 0.0%)

2 とき巡査も, 回転する, 拒絶の, 業の

1 [57件] ころの, をはり, 一なり, 三なり, 両属区別, 二, 二なり, 人の, 人はじめより, 位な, 位置の, 剃刀を, 前に, 名の, 名人の, 四なり, 国を, 国力の, 堯舜三代の, 壺を, 婢なり, 宗の, 常例なり, 年の, 底に, 強補, 心に, 性情の, 悪しき所, 推理上能くすべき, 故何ぞ, 敵国なれ, 方は, 日稼の, 日見物の, 最終の, 望み, 本然の, 根本的誤謬の, 法の, 演説中数多, 特性の, 目黒き, 眼孔未だ, 第二原因, 繁きに, 花なり, 花を, 詮索を, 誤なり, 遺像, 青くし, 面白さ, 風俗風景の, 餘談と, 駕籠を, 鱗が

▼ これっぽ~ (64, 0.0%)

24 っちも 4 ちも 3 っちでも 2 っち, っちか, っちしか, っちだって, っちの事

1 [23件] ちさ, ちしか, ちでも, ちのお金しか, ちの値打も, ちの暑, ちの本が, ちの金しか, っしの, っちだよ, っちで十分二人, っちに, っちの, っちのかん, っちのサラリー, っちの人数, っちの給料, っちの間, っちの間違い, っちの飯, っちを, っち同じ, っち開いて

▼ これ~ (62, 0.0%)

3 がかつて, がさき 2 がいわゆる, がここ, が広重, が狐狸, が目前, が第, が諸君, の研究完成

1 [40件] が, がこの, がひとり, がもっぱら, がコックリ, が世間, が今度, が偶然論, が内, が国家, が大, が失策談, が妄斷, が妖怪, が妖怪学, が実際, が富者, が左, が弁解, が彼, が明治, が本校, が欧州政教, が欧米, が特に, が理論上, が研究, が貧富懸隔, が霊魂論, の僞ら, の卑見, の多く, の始め, の完全, の家憲, の成功, の最も, の聞かん, の自ら遺憾, をし

▼ これでもか~ (59, 0.0%)

23 これでもかと 10 これでもか 73 これでもかという 2 これでも, これでもかといった, これでもかといふ 1 こらこれ, これでもかの, ぶとを, ツ, 俺の, 小僧ッ, 小僧ツ, 生垣へ, 畜生これでもか, 石舟斎め

▼ これはね~ (57, 0.0%)

2 外が

1 [55件] いいです, いい事, うちが, お別れ, お前の, お友だち, お母さんの, お辞儀し, こうする, ここから, ここだけの, こっちから, じつは俺, その中, その石, そもそもこの, ただおまえ, ちょうどその, のうお, ぼくが, ぼくの, らんち, ブランと, モウセンゴケという, 一人の, 今までの, 今度は, 今日は, 仕方が, 僕の, 僕は, 先代様が, 八面大王の, 友達に, 多分大利根博士, 大きい人, 大工が, 大谷刑部少, 女にだって, 實は, 座敷で, 旦那様潮来の, 昨日ある, 暗い日, 曖眛な, 有名な, 次郎ちゃんへの, 此頃房雄が, 猶太, 皆仲間の, 私が, 西洋の, 途方も, 駿河台の, 魔法でも

▼ これだって~ (56, 0.0%)

1 [56件] いいって, いくらか飾り, いざと, いつ消えっちまうか, いわば武士, うちのは, この先, ずいぶんと, ずいぶん地味, その実に, ないより, なかなか立派, なつかしき故郷, なんだかヤケクソみたい, ひとつの, まだ着れます, まんざら捨てた, やっぱり人間, よく考え, わたしたちの, 一つの, 一室の, 上ります, 人が, 今頃は, 何の, 僕の, 判ると, 卑怯です, 同じこと, 君あの, 品行方正です, 大した特種, 天下の, 女です, 好きだって, 実際いいかげん, 実際には, 実際上, 御元気, 怨は, 悪戯じゃ, 月には, 木戸の, 案外愚, 次第でした, 浪ちゃんが, 石の, 自分の, 解釈は, 身の, 逆に, 金を, 間違いありません, 馴れると, 髢なんぞ

▼ これ~ (56, 0.0%)

4 きりで, きりです 2 きりの, きり会へ, ぽつ

1 [42件] きりい, きりお, きりか, きりだ, きりぢや, きりでも, きりに, きり二度とは, きり別れた, きり吹け, きり忘れ, きり會へ, きり根つ切り, きり歸る, きり言ふまい, きり閉される, ばかしの物, ぱかしぢやない筈だ, ぱかしも厭な, ぱかしも嘘では, ぱかしも居やしない, ぱかしも残つては, ぱかしも絞りだす, ぱかしも載, ぱかりなまるで爪の, ぱかりのこと, ぱかりのことで休ん, ぱかりの悪意も, ぱかりの穴を, ぱかりも歌なんぞ, ぱちかしらと呟やいた, ぱちか出ない, ぱつち, ぽちかしら, ぽちもつ, 切りかい, 切りだ, 切りで, 切りの, 切り別れ話に, 有名な, 許も

▼ これ~ (56, 0.0%)

3 どうした 2 いかん, 何か, 大変だ, 面白い

1 [45件] いけない, いけねえ, いつお求めに, いよいよ, いよいよもっ, えらいこと, お父さんの, お話に, ことに, この儘, とてもだめ, どうしたちゅう訳じゃろう, どうしよう, どうもチト, どうも弱った, どうも物騒, どうも重ね重ねと, なかなか烈しい, ますます痛烈, また後戻り, また途方, まだき, よッ, 一層悪く, 助かる, 器用に, 多分そんな, 大きいぞ, 大きにそう, 大事だった, 大分大きい, 弱った, 愉快だ, 昨夜に, 昨夜雪が, 椿事だ, 止むを, 種員さんの, 絶対に, 脅かしにも, 薬屋仲間で, 重さん髪の毛じゃ, 難物だ, 駄目です, 麻疹の

▼ これ幸い~ (56, 0.0%)

3 とその 2 と僕

1 [51件] でききたいと, と, とあそこ, といきなり, とうしろ, とさき, とそれ, となに心, とは思わない, ともの, とガッチリ, と一役, と丁稚, と何気な, と再, と同じ, と同じく, と君, と喜ん, と嘲弄, と場内, と声, と実は, と彼, と思い, と思っ, と我, と拝見, と持っ, と早速, と曲者, と書出し, と横, と泣きさけぶ, と瀧, と直通切符, と船員, と調査, と赤ン坊, と身, と道場, と郷里, と鏡丹波, と風, と骨休め, と鬼, に無心, のよう, 三頭目を, 有難からぬ, 詮議の

▼ これでこそ~ (52, 0.0%)

3 真の 2 十六人の, 感応寺の, 生甲斐が

1 [43件] この飛行島, どうやらあの, はるばる遠い, ほんとうだ, ほんとだ, ラヂオは, ロシアに, 中村屋も, 乞食みた, 人の, 今宵参った, 作者も, 兄さんを, 初めて天下, 命は, 多少の, 孝道が, 市村羽左衛門である, 彼も, 政治という, 新夫婦, 本望, 東京だ, 正三君, 武士, 温泉な, 父上も, 生きて, 生活と, 発見の, 立派な, 結構至極, 結構至極ぢ, 自分の, 自己に, 興亜の, 芝居は, 菊水旗の, 語られる言葉, 読めたなぜ, 講義の, 貫目の, 青い葉

▼ これまでとは~ (52, 0.0%)

4 違って 2 ちがって, 比較に, 違った形

1 [42件] かなりちがった, すっかりかわっ, すっかり変わっ, すつかり, ちがう意味, ちがう新しい, ちがったもの, ちがった固い, ちがった意味, ちがった新しい, ちがった父, ちがった角度, また違う, まったく変わった, まったく異, まるでちがった, まるで違う, まるで違った, 一段と技巧, 事情が, 全く方針, 全く異, 全く違った, 全く違つた意味, 全然別, 別な清まった, 別人の, 別様な, 変わり, 大ぶ, 幾分ちがった, 打つて, 新しい遠く, 格段に, 異った, 違うこれから, 違う唄, 違う心持, 違った別世界, 違つてそわ, 違つて未曾有の, 面目を

▼ これに対し~ (50, 0.0%)

2 非常に

1 [48件] いずれとも, どういう答え, まるで木, わが飛行部隊, チエツチエといふ, ローマ人は, 一念義という, 他力門を, 何か, 何らかの方法, 作者自身三ヵ月も, 個人の, 個人主義者は, 儲けるため, 六〇〇〇フランを, 千田氏は, 博士は, 吏党は, 啓蒙説得の, 国家連合理論を, 大寺警部は, 学生の, 得るという, 応分の, 我々の, 日本の, 桐生は, 次郎は, 正面からは, 法正が, 浴衣に, 淮南の, 火砲は, 為世の, 熱帯文明が, 直ちに高角砲, 相当と, 私は, 純に, 罰金を, 美しい民器, 自ら弁明した, 葛岡以上に, 警戒を, 貴族的な, 贈られたもの, 里見十左衛門の, 長門の

▼ これに対しては~ (50, 0.0%)

2 当局者も

1 [48件] いかなるもっとも, いかに大名, いくらかいっ, かくの, これらの, さすがの, そうも, その縄張り内, たたかわなけりゃならん, なんらの, はっきりと, クロポトキンの, 一つの, 人々は, 俊成の, 免租減租してやらね, 出来るだけの, 別に反対, 前二章, 十分警戒すべきだ, 単に形式的, 古来いろいろの, 右の, 国民全体に, 地球が, 多くの, 子育ての, 定基の, 専門家の, 彼らは, 憤りも, 方丈記の, 東洋豪傑流の, 校長は, 横槍の, 次の, 比較発生学化石学等に, 水も, 為兼が, 私は, 私も, 自分の, 色々の, 誰ひとり誰ひとりとして, 誰も, 過度の, 金属を, 黙りこんで

▼ これ~ (49, 0.0%)

3 え, これは 2 あれか, あゝ嫌, これが, しらん, ならずするならは, 今度の

1 [31件] あ, ああ嫌, あれかと, ういふところ, え大きな, かさんの, こいつあ, こりゃ何, これか, そうか, その識別, それかと, なにこれは, ならずかの, ならず行者, ほしいの, ようかよう, ようの, れ互に, チョビ安と, ッ, 名にのみ, 奴の, 新橋ステーションの, 是は, 皆の, 真蒼, 知らと, 私の, 考えつこうと, 頭が

▼ これぐらいの~ (49, 0.0%)

4 ことで 3 ことは 2 ことに

1 [40件] こと恐がっ, ところかも, ところが, ところである, ところに, ものさ, ものだ, もので, サテツは, メントル・テストが, ヤリトリは, ユーモアは, 事が, 事で, 人気が, 今日は, 余裕が, 出来栄えなら, 坂道が, 家庭が, 小僧だった, 嵐で, 心持ちで, 我儘な, 時から, 時には, 時刻でしょう, 武者ブリと, 異変が, 直観が, 程度だろう, 籠に, 苦労を, 設備を, 詩情は, 速度を, 道理が, 道理の, 道路に, 長さ

▼ これなり~ (48, 0.0%)

2 これなり, では, とある

1 [42件] おわかれ, この信濃, この奇男子, この時人, この論派, さ, しかるにこれ, しこうし, と, と呵する, と思った, と思はれぬ, と答えざる, と答えし, と聞き, と認める, もうあれ, よわりきっ, 一番よく, 云々と, 云云, 人の, 倉は, 別れて, 取り返しの, 大手を, 天人に, 官府の, 寒気は, 帰るの, 常見これなり, 時移っ, 然るに頼綱, 焼け死ぬの, 焼け死ぬもの, 物いはず, 省略し, 私という, 終るであらうと, 而し, 誰が, 遇はずに

▼ これ~ (48, 0.0%)

4 ぱかしのは無い 2 ばかしで, ばかしもない

1 [40件] かやれね, じゃあねえか, なそぶり, な事柄, な代物, な気持ち, な洋館まがい, ばかし, ばかしになった, ばかしのもの, ばかしの端, ばかしの虫, ばかしの道具, ばかしの酒, ばかしの金, ばかしも思っ, ばかしも色氣, ばかりしかお金, ばかりしかもらわなかった, ばかりしか氷, ばかりじゃあなた, ばかりだった, ばかりの品, ばかりの小さい, ばかりの時, ばかりの物, ばかりの白い, ばかりの端金, ばかりもありやしません, ばかりも嘘, ばかりも思, ばかりも間違, ばかりも間違い, ばかり働い, ばっかりじゃないでしょう, ばっかりも役, ばっち, ぱかしの若鮎は, ぼっちの石, ぽッちの疵

▼ これ迄の~ (47, 0.0%)

3 ように, 日本の 2 私の

1 [39件] ことだつ, この人達, やうに, やりかた, ようには, フランス文化が, 事務能力を, 例では, 例に, 俺には, 勤勉の, 娘の, 学説は, 富豪達の, 封建時代は, 小兒, 彼女が, 従け方, 御骨折り, 教育は, 文化伝統が, 文学という, 文学に, 文学の, 暮しの, 漫遊中の, 犯跡が, 生活は, 生活を, 生涯では, 画家は, 經驗やら, 織物や, 考へでは, 腹癒に, 苦心も, 見合いには, 話を, 足かけ八年間に

▼ これ~ (45, 0.0%)

3 誰か 2 これよ, 俺は, 平七平七

1 [36件] お勝, お松お茶だ, これな, これよと, これを, そを, 九八郎どん親分方を, 仕度を, 伊豆, 加奈, 即刻チンバ奴を, 哲山, 坊主貴様は, 大作, 女, 娘いや, 小僧さん, 小次郎冠者, 平兵衛火を, 時藏や, 曰くかかる, 桂は, 権叔父, 此の, 水じゃ, 町人, 直ぐさま, 石斎石斎, 私の, 花かと, 若いの, 薩州いか, 蛾次, 誰ぞ, 越前こんに, 運八粗忽なき

▼ これやで~ (44, 0.0%)

2 此の, 私は

1 [40件] あまりに神経, おもしろからぬ, お奥, こいさんは, こないだから, これまで, せっかくな, たいへんに, だんだん兄, とう, とうとうそのまま帰っ, どうも思う, はなかなか, ぱったり売れなくなり, わたしに, カメは, 一ばい人心が, 一九三〇年五ヵ年計画が, 両親も, 八月の, 初太郎の, 十六年間あらゆる, 古証文, 多賀ちゃんは, 大分初めの, 大塚は, 小母さんも, 彼女たちの, 東山道軍からは, 気が, 汽車や, 王仁を, 田宮は, 相良の, 自分も, 読者として, 野を, 釜ヶ淵へ, 食卓の, 鳥取の

▼ これだけしか~ (43, 0.0%)

2 無いの, 知らないの

1 [39件] いえなかったの, いわなかった, お金が, ございませんですの, できないん, ない, ないと, ない売れきれぬ, ない百二十文, なかった, なくて, のこって, もって, 云えない, 出せない或は, 分らなかった, 奉仕が, 当てがっ, 得言, 御座いませんが, 払いませんよ, 抱けるもの, 根が, 残って, 殘つてゐません, 無いといふ, 無いん, 物いう, 現れて, 生き残らなかったん, 盗み出せなかったん, 知らねえの, 考えて, 見当りません, 見当りませんでございますが, 言わなかった, 読めないの, 運ばないの, 開きませんよ

▼ これのみ~ (43, 0.0%)

10 では 2 ただこれ

1 [31件] ああ実に, いつも婦人, であります, である, ですべて前代, でなし, でも, ならず, ならずなだれ, ならず余, ならず忌まは, ならず明孝以下明光明徳教育上, ならず玄関, ならず脳, ならず蝙蝠, ならず間近, ならば, ならむ, ならむに, ならん, ひとり昼夜二回の, 也, 巫女の, 心残りに, 恐ろしく思われ, 愛しみて, 披くべく, 火災を, 申事に, 能く, 開封せずし

▼ こればっかりは~ (43, 0.0%)

2 いけませんなあ

1 [41件] あてられまい, いくら勧めた, おことわり, お庄屋様, お情, お茶番, お許しが, さすが米友, どうしても失っ, どうする, よく覚え, ムリである, 不可ません, 不思議で, 争われぬ眼前, 事件の, 分るまいと, 口が, 失礼ながら, 女の, 御勘弁, 御返事の, 戴けないよ, 挨拶の, 探究心の, 替玉を, 本当に学問, 正しく, 泥縄では, 浄瑠璃の, 現実で, 申されません, 男には, 神戸の, 見損ない, 見込まれたが, 誤魔化せねえの, 貰い手が, 運よく, 金輪際わかりっこない, 駄目じゃ

▼ これ~ (43, 0.0%)

1 [43件] この恐怖, た九十二, た庭木, た忽ち, た聡明, た雄, ひどきもの, わが情緒, 一つとして, 一つの, 人長の, 今までの, 何の, 余りに穿ち過ぎたる, 作者の, 僕の, 北條氏の, 口碑に, 大きな聲, 峻烈な, 平日行ふべき, 弘法大師の, 形而上学的方法から, 想像に, 我々の, 支那の, 明白でありましょう, 標山の, 民俗学と, 決して不都合, 決して人生, 満員, 独造底の, 現代の, 疑を, 相当なる, 義時人を, 至極当然の, 芸術は, 薄給の, 表現が, 都会の, 頗る面白い

▼ これだった~ (42, 0.0%)

7 のか 5 のです, んだ 4 のだ 2 にちがい, んです

1 [17件] か, かと見る, かと豹一, かなどと平凡, かもしれない, かも知れぬ, これだった, と云う, と思い出し, に違い, ねもう, のかしら, ので, のである, のでぼく, よ, 筈じゃ

▼ これどう~ (42, 0.0%)

6 したの 4 したん 2 した, したどう, したもの, するの, ぢや

1 [22件] あっても, かえ, かしましょうか, したこと, したことぢ, したぞよ, したも, したらいい, したらええ, する, だ, だ阿古十, です, でもいや, なさいましたと, なさいましたの, なさつたの, なさる何, なされた, なされた大層, なるもん, やどもならん

▼ これわが~ (40, 0.0%)

2 人民が, 人民の, 父の

1 [34件] ための, ちから, はなはだ惑う, ベルナルドオなり, 不信任案賛成の, 不幸の, 体なり, 作家行動十年来の, 依頼む処わが, 健康の, 兄弟わが, 前夜ろうそくを, 収入の, 夢わが, 寝そべって, 導者の, 悟り難し, 才徳の, 日本畫家の, 最も希ふところ, 殊に, 母と, 法なり, 流離の, 生涯の, 目は, 肉体滅亡の, 象徴の, 軍の, 邦人の, 邦人民の, 邦独立以来兵乱の, 配下である, 顏の

▼ これでございます~ (39, 0.0%)

10642 これを

1 [17件] あなたが, かこれ, から何, から月々いくら, が親分, こんないい, な, なかなか名, ね, の手箱, ものね, もの私の, よ旦那様, よ親分, ネ, 有難うございました, 親分さん

▼ これなき~ (39, 0.0%)

2 や, をさらさら, を歎

1 [33件] か, がため, こと, ことなり, ことに, ときは, なり, にあらじ, にあらず, においてはいかよう, に私, に至り, はなし, は天幸, は心外, ばかりか賭けごと, ほどのりちぎ, むね申立ける, ものに, も主人, やう仰, よう藩, よう願いあげ, を他国, を常, 上は, 仁にて, 大刺激, 所追, 旨委曲承知いたし候え, 旨申立しかば, 次第にご, 段堅く

▼ これにより~ (38, 0.0%)

2 人口は

1 [36件] いっそう広汎, おそらく十秒, その人, てかれに, われわれの, ヨオロッパが, 一般死亡率に, 不利益を, 円理の, 再び感応電流, 初めて短歌, 利益を, 原子, 右の, 土地は, 増加するであろう, 多數, 富士は, 少くも, 峰を, 嶺通り, 工業品や, 彼らは, 戰爭の, 救貧院外の, 望み即ち, 期せずして, 欺かれ易い, 武士の, 汝の, 生ずる人間行為, 生ぜんこと, 生み出されたこと, 研究所の, 航空機は, 養われる者

▼ これをば~ (38, 0.0%)

3 お預けなされまし, 友朋輩にも 2 もし私, 當てぞ, 結び髮に

1 [26件] おん身も, みんな船の, よほど大切, 何として, 借りて, 単に計算上, 単に金持ち, 姑く, 室内の, 当てぞ, 心付き候時は, 恋の, 朱を以て, 梅清処塾の, 汝に, 清凉紫宸の, 籠に, 結び髪に, 縱令忍ぶべし, 育てむと, 菊細工菊人形と, 襟半に, 西洋で, 言うまでもなく精神, 言ふまで, 誰も

▼ これ~ (36, 0.0%)

2 が第

1 [34件] がかつて, が三十歳, が世, が事業, が十四五年前住まひ, が安政元年十二月野山, が当世, が水戸, が水戸派, が満腔, が禅宗, が自, が自動的, が赤彦, が高弟高杉晋作, と明智, に降りたる, の, のすべて, の実験的, の実験談, の心, の操, の暗き, の最後, の罪, の言, の言説, の識, の野望, の面持, はその, は火, を誣いたるなり

▼ これである~ (35, 0.0%)

2 がこの, と断言

1 [31件] か, かと思われる, かと考へた, からあえて, から余りに, から始終, から院長, から頼もしい, がその, が心臓, ことが, という村人, と噫, と極めて, と決まっ, と院, なと大, のだ, ので嬉しかっ, のに人殺し, のは, のを, ものだ, んだ, 凡俗の, 右せよ, 悉達太子が, 樅の, 清水寺は, 筈失明の, 自分は

▼ これへと~ (35, 0.0%)

4 申せ 2 いえ, 見直して

1 [27件] あさって読む, ごたついて, びうつったこととしてだけは見られない, 丹念に, 云うて, 云われるので, 人様の, 人生風景を, 侍に, 側に, 命じた, 引き下がった跡, 心の, 戸別訪問した, 手にとって, 樹下に, 樹下の, 求めて, 渡って, 湯殿で, 犯罪に, 続いたが, 考へてばかり, 自分で, 藁の, 言われて, 言伝けせい

▼ これほどまで~ (35, 0.0%)

3 操といふ 2 執拗に, 深い根拠

1 [28件] いって, お思い, きれいに, よくその, よく相手, わたし自身の, 七兵衛おじさんを, 事が, 人と, 入念に, 凄いとは, 思って, 有能な, 満足し, 無惨に, 照れなかっただろう, 物の, 狼狽なさる, 申しあげても, 異常な, 発達し, 祝して, 自分の, 自由に, 見抜いて, 誇りを, 鮮やかな, 麻布の

▼ これしか~ (34, 0.0%)

7 じかの 3 ない 2 じか, じかと, ないと

1 [18件] ありません, うけとらぬから, おへんのど, しながら, てれ隱し, なかった, ほかに, もたない才能, 今の, 出せないと, 吸えないの, 当がっ, 書けなかったかと, 武器が, 無いと, 無いん, 着るもの, 訊かなかった

▼ これまでより~ (34, 0.0%)

1 [34件] あがって, いくらか, いっそうやさしく, ずっとひろく深く, ずっとまし, ずっと頻繁, どっかちがった, もっともっと苦労, もっともっと重大, もっと生産資源, もっと自由, ややまとまった, 一層すらすら読める, 一層めいめい, 一層大胆, 一層明瞭, 一層注意, 二時間延長し, 元気で, 冴えなく見えたもの, 大きく開い, 大股に, 明瞭に, 更に具体的, 楽にこそ, 深い息, 熱心に, 緊密に, 肺活量の, 良い品, 豊富に, 貧しくなった, 追, 長い時間

▼ これ有り~ (34, 0.0%)

9

1 [25件] かたがた非常の, ここに, その過去, とすれ, と申, と雖, 候か, 候ゆえお, 候処は, 候故, 別段自分, 加薩仙肥など, 子に, 孔子懼れ, 御吟味, 旁た, 既に明治四年穢, 最前の, 然も, 真味は, 精しく判ずる, 自ら進ん, 近く同情融和会の, 遊歴いたし, 高金の

▼ これ~ (34, 0.0%)

5 て下さい 4 て御覧 2 てくれ, て下さいませ, て呉れ, て貰ひま, 給へ

1 [15件] そな, たっとくなはれ, て, ておき, てく, てくれない, てごらん, てといわぬ, て下され, て安心, なこの, なやあ, やさんま, や捕物同心, 玉へ

▼ これでもかと~ (31, 0.0%)

1 [31件] いうほど, いつた絵, いやがらせに, いよいよすりよっ, いわぬばかり, いわんばかり, おさえつけて, おそろしい罪悪, ふたりの, 云つた位に, 云は, 云わぬばかりに, 余が, 兵馬は, 凄くも, 告げ知らせたかった, 喧嘩を, 圧迫した, 坂田を, 実に執拗, 彼を, 心の, 念入りの, 押して, 歯を, 歯軋, 眼新しい, 締めつける, 蠱惑な, 言ふて見せる, 豚に

▼ これにたいして~ (31, 0.0%)

1 [31件] あとから, この, わたしは, イギリスは, テッド隊長は, ノールウェイでは, ピヂン・ジャパニーズとでも, 一種の, 伊藤岩倉らの, 児玉は, 国民は, 塩田大尉は, 屋外の, 怒ること, 急進的な, 懐疑的でない, 教育勅語こそは, 断じてお, 日本の, 明智探偵は, 明治政府は, 書き送ったブラドン, 本国政府に, 株主の, 清河八郎の, 百九十八万余円という, 範を, 蘇我氏は, 買手の, 道徳教育とか, 黄金狂時代が

▼ これ~ (31, 0.0%)

2 に逢, の道, を欺き

1 [25件] が人, が来る, が見るだ, その人, と人, なりやいなや, なり豈, に君, に忍耐力, に気取られ, のよく, の世, の好む, の思想, の栄華, の汝等, の精神神経作用, の精魂, の罪, の肉也, の醒時, の頭, の骨也, の體, の魂

▼ これぎり~ (30, 0.0%)

3 です 2 であった, に縁, 帰って

1 [21件] だ, である, ですが, で伺いません, で最早二度と, で消え, で立ち上り, という際, にし, にします, に死ん, に殺され, のもの, の世, の話しである, の身, 切れた, 来ないと, 生まれた国, 空く相成候, 貰わないっていう

▼ これくらいに~ (30, 0.0%)

26 して 1 やらなければ, 両話, 内輪に, 火は

▼ これと共に~ (30, 0.0%)

1 [30件] あの風流, また前述, また資本家階級, われは, 事實上に, 二十三人の, 個人作家の, 公衆の, 北斎板画の, 南の, 増加するなら, 士官学校の, 将軍家慶に, 少しずつ, 我は, 我討論法の, 景教碑の, 有力に, 楮でも, 歌いこれ, 沒却せらる, 絶叫し, 罪を, 美育社は, 西域人の, 詩の, 赤も, 起らぬこと, 騰貴しなけれ, 鳥居派も

▼ これなど~ (29, 0.0%)

1 [29件] あすこへ, いささか直訳的, この山ごもり, そっくりそのまま現代式, どうです, どんな信仰, ほんの一例, まだ小心, まだ江戸風, よい例, トルストイを, 一寸考へた, 上の, 今まで, 例外で, 保護建造物に, 出雲の, 分明した, 名手の, 扱い方, 旨く取りあつかえ, 極端な, 歴史と, 沙汰の, 私たち一家の, 端緒の, 精力絶倫の, 自然主義的描寫に, 蟋蟀を

▼ これ以上何~ (28, 0.0%)

2 を望む

1 [26件] か云う, にも引出せ, にも訊く, のする, の付け加える, の喜び, もいう, もつけ加える, も云, も云う, も望まない, も申し上げません, も申し上げる, も申す, も知りたがらなかった, も聞きただそう, も聞くまい, も言いますまい, も訊く, も記すべき, を云う, を惧, を求めましょう, を申し上げましょう, を訊い, を躊躇

▼ これただ~ (27, 0.0%)

2 一つでは, 一つの, 一時の

1 [21件] その民権説, ならずと, の参内車, わが国に, 一つを, 一の, 一例のみ, 一艘, 一色で, 一色に, 一部分に, 万古の, 二三の, 大体について, 富の, 武備機関の, 現世の, 瞬時, 空中の, 蛇が, 軍隊組織の

▼ これ限り~ (27, 0.0%)

2 だ, です, のよう

1 [21件] おめにかからないこと, お目, かも知れぬ, その爪牙, そんな弱々しい, だろう, だ聞くこと, であ, である, でございます, ではない, で便り, で後, というつき, なるぞよ, のお, の縁, の話, よわたくし, 帰りまするからは, 消えて

▼ これによっても~ (26, 0.0%)

1 [26件] その繩, ふぐの, わかるとおり, 中将が, 人は, 判るよう, 古代支那語の, 大師の, 察しられる, 察すること, 察せられる, 小説としては, 当時世界風邪が, 彼が, 彼等が, 御息所は, 日本人が, 日誌を, 明らかである, 犯人が, 田楽の, 知られよう, 知られること, 蝦夷の, 蠅男は, 解るよう

▼ これもと~ (26, 0.0%)

1 [26件] すすめるうち, たたまり, つくに, なり合ったベンチ, よけいな, 一場の, 一時に, 三は, 佳き工合, 大極殿の, 孝之進は, 当つて, 思うと, 思うばかり, 思う心, 思って, 我なし, 手を, 持って, 昼夜心を, 気ばかり, 沢山あっ, 猴から, 知りつくした一流, 苛, 見学やら

▼ これ以下~ (26, 0.0%)

5 は第 3 の部分 2 のもの

1 [16件] ではない, でもありません, にはビタ一文, にも出来ない, に卑劣, に忍ばね, の, のこれ, の不道徳, の時, の本文, の無茶, の第, の記述, の語數, は全部

▼ これ無く~ (26, 0.0%)

42 候ては

1 [20件] その内下田港, それにては, それは, ただ器械的, ては全, ては迚, 不取, 中には, 他の, 候えども, 候えば, 加州の, 天朝, 夷秋は, 御深切, 最早六十日過ぎ, 此方共身命を, 現在すべて人手に, 自然行われざる, 船の

▼ これ迄に~ (26, 0.0%)

2 なかった

1 [24件] きつと, ちょいちょい此処, ない上機嫌, ない疲れ, ない親切, ない辛苦, なく魅力, なったの, アカイア軍を, ペルコーテーの, 一人の, 二百人も, 例の, 多く傷, 寝とぼける習慣, 工夫改良する, 幾度も, 度々聽, 拵えたが, 登って, 経験し, 行ったいろいろ, 見たこと, 見た如何なる

▼ これやあ~ (25, 0.0%)

1 [25件] いいもの, いけねえ此, いよいよ間違い, おどろき入ったもん, お断りします, こう見え, こんなもの, どうにも世の中, ほんの軽少, りつたけの, 一つ無沙汰の, 三枚じゃ, 何か, 出向かずば, 君の, 君百穗氏の, 城とも, 変だ, 大昔に, 安いもの, 怖くつ, 恠しからん, 父上女の, 紀州様の, 驚いた

▼ これいわゆる~ (24, 0.0%)

2 さきの, 外界の

1 [20件] オルソドクシー, オルソドクシーである, クダナガシなり, 人の, 偉大なる, 内界の, 学者の, 市民的権利である, 彼が, 新文明, 武士である, 濫僧なる, 濫僧供なる, 第十九世紀, 精神作用なり, 習慣に, 習慣による, 習慣経験による, 蛇の, 追風に

▼ これでなく~ (24, 0.0%)

2 ちゃいかん, てはいかぬ, ては値打

1 [18件] ちゃあありがたく, ちゃいけない, ちゃさっぱり, ちゃなら, ちゃならない, ちゃァ, ちゃア, ちやいかん連中も, てはいけません, てはとおもった, てはなりません, てはわたくし, ては冬, ては山, ては祝福, ては能, なつた, ッちゃ

▼ これのみは~ (24, 0.0%)

2 私から

1 [22件] とかく奥様, よもやとして, 七十五日の, 京の, 今も, 余りに深く, 別の, 多くの, 大學, 将来の, 小間使の, 年も, 幾度も, 後廻しに, 御自分, 樹木黒く, 無慚, 異常に, 真白に, 筆写し, 衰えないの, 餘り

▼ これ~ (24, 0.0%)

3 の教会

1 [21件] が世界, が悪人, という, と人, なりというよう, なるも, に対する呟きである, のあたえたまい, の不思議, の主宰者たる, の人, の使者, の御, の所業, の所為, の智慧, の義, を恐れず, を敬わん, を篤く, を詐り

▼ これ~ (24, 0.0%)

32 か七兵衞, じゃそこ

1 [17件] か, かある, かおらぬ, か来, か来た, が家, が頼んだ, しも頭痛, だか, ですの, なるかを, のあやまち, のため, の帽子だい, の歌, の行為, れか

▼ これでなけれ~ (23, 0.0%)

5 ばならない 2 ばいけない

1 [16件] ばいけなく, ばこの, ばだ, ばならなかった, ばならぬ, ばまったく, ば不可, ば力, ば地方, ば小, ば戦, ば新聞, ば櫛, ば自然, ば駄目, やならん

▼ これなくし~ (23, 0.0%)

2 てはよい, ては彼

1 [19件] てどうして, てはすまされない, ては人, ては今日, ては入れなかった, ては共同体, ては単なる, ては存在, ては生産理論, ては禁門, ては芸術, ては食う, ては食慾, て国民的表現, て得られよう, て映画界, て生きん, て知識, て美

▼ これ~ (23, 0.0%)

2 おかしい

1 [21件] いけないという, うまい, うまいと, すくなく, だいぶん事情, とても, どうしてバンと, どうもこんな, どうも毎度, どうも飛んだ, はア, 古い時代, 大きい星ぢ, 大したこと, 大暴風, 好い小僧, 少し変, 悪かった, 案外さう, 案外大丈夫, 飛んだ長話

▼ これ全く~ (22, 0.0%)

2 心性作用より

1 [20件] その一人, われわれの, サンチアゴ大, ペーターゼンなどの, 人為なる, 偶然の, 因果の, 失念し, 彼が, 彼の, 我が信仰, 我が本師釈迦牟尼仏, 日本の, 破壊の, 立法者の, 翁の, 老狐, 茶道精神の, 親父の, 釈迦牟尼如来の

▼ これ~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] があらゆる, が仁清陶器, が前々, が千辛万難, が日本古代史研究, と逢, と逢う, のだった, のやう, のホン, の一生, の兄さん, の性, の日記帳, の最深, の考え, の運命, の限り, はこんなに, も一箇寺

▼ これあに~ (21, 0.0%)

2 やむをえんや

1 [19件] しからんや, 不平等の, 不平等主義の, 不正義, 全知全能の, 吾人が, 奇怪に, 怪事に, 文学の, 昭代の, 書窓に, 武備社会の, 理を, 祖父の, 誇称すべき, 論理の, 軍制の, 避くべき, 驚くべきの

▼ これなし~ (21, 0.0%)

2 には如何なる, には存し得ない

1 [17件] これを, といふ, と断ずる, と申, と言うべからず, にいられよう, にえ, にはあの, にはいかなる, にはこの, には今, には何, には科学, に現代, に生き, インドの, 帰して

▼ これまでには~ (21, 0.0%)

4 なかった

1 [17件] あった, ずいぶん辛い, それほど深い, ない愉快, まだこれ, 何の, 何度か, 例の, 六波羅の, 彼も, 無かった, 相当の, 私が, 見られない図, 覚えなき三十日, 随分多勢, 隨分苦勞した

▼ これ~ (21, 0.0%)

3 の尤も 2 に逢ったら

1 [16件] が女, が幸魂, が罪, が高慢不遜, に顕れし, の依頼む所, の尋, の幸魂, の望, の様, の返答, はな, は何, は噴火山上, は正に, への懲罰

▼ これとの~ (20, 0.0%)

4 間に

1 [16件] あいだに, とり合わせつまり, 一致において, 両方を, 對照の, 對立に, 差が, 差は, 差引き勘定, 思は如何, 染め替ふる, 聯關に, 距離今より, 関係も, 關係に, 關係において

▼ こればかりの~ (20, 0.0%)

3 ことで

1 [17件] ことが, 事に, 些事を, 子供染みた, 戦ひでは, 採録の, 水では, 滾れ残ったよう, 短い詩形, 短文から, 薄いガス, 要求を, 貧弱な, 踏違へは, 金にすら, 鉈豆の, 髪の毛を

▼ これ~ (20, 0.0%)

1 [20件] それたこと, なる快楽, なる誤り, なる過失, なる過誤, に愆, に注意, に考究, 乘の, 働きの, 八よ, 公園だ, 功徳なり, 地震の, 天, 楽源太郎が, 次口を, 飢饉さえも, 鰓魚也と, 鷲の

▼ これこそが~ (19, 0.0%)

2 問題の

1 [17件] すべて南蛮の, その価値, フランス人口の, 亜羅比亜の, 個物, 問題な, 外国から, 大英帝国, 実は最も, 日本人の, 本当に自由, 本質的な, 波多伍若州で, 現在の, 真の, 科学的な, 芸術に対する

▼ これとともに~ (19, 0.0%)

1 [19件] めぐる雙魚宮, わが人民, 事を, 二里行け, 人々四方へ, 傀儡すなわち, 動くが, 増すわけ, 変ぜざるを, 宋の, 寺院指導の, 時々刻々その, 生きるため研究室, 生まれたもの, 舞うなり, 行く, 費用も, 足跡に関する, 高山に

▼ これまでだって~ (19, 0.0%)

2 ソヴェトの

1 [17件] いつも私一人, すいぶん, べつに気, やすくする, 一日ぐらい, 五ヵ年計画で, 僕が, 勤めて, 十分知っ, 十度と, 同じて, 唯の, 女を, 敦子さんには, 満足な, 農民の, 随分お座敷

▼ これまでよりも~ (19, 0.0%)

2 瞳に

1 [17件] ぐっと力強く, ずっと敏速, なほ一倍彼を, もつと, わるいん, 一そう放縦な, 倍旨い, 儲けようと, 勉強を, 大きな危険, 打ち解けて, 更に速く, 真剣に, 自分に対して, 若々しく軽く幸福, 負担の, 邪悪で

▼ これって~ (18, 0.0%)

4 ことも 2 いうほどの, ことは, ものも 1 きめては, のが, 云ったん, 考えが, 考えは, 註文は, 話も, 邪魔は

▼ これであった~ (18, 0.0%)

32 のか

1 [13件] かもしれない, ことは, というふう, といわれる, と公正, と思う, と私, と色々, と話し, のだ, のであります, のです, 鳥の

▼ これとを~ (18, 0.0%)

2 比較し

1 [16件] きりはなして, じっと見くらべ, どういふ風, 並用し, 主人の, 修め得ざるもの, 合せて, 同様に, 比ぶれ, 比較する, 混合しない, 特に比較, 結びつけて, 考え合わせたならば, 考え合わせると, 買いたいのに

▼ これもが~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの事件, いかが, まっ白に, マアレイの, 一人残らず, 一向に何, 一様に, 北斎もどきの, 所謂, 暫らくだつたといふ, 生きて, 申し合わせたよう, 皆, 皆本物の, 自分よりは, 銃弾で, 間の, 雪之

▼ これけだし~ (17, 0.0%)

2 当時の

1 [15件] もと食用, エタを, ベンサム氏の, ヤソ蘇生を, 余の, 四方より, 夫婦相念い, 宗匠なる, 従来その, 教法多端に, 熊の, 生殺, 祝部すなわち, 結果にのみ, 自然の

▼ これなれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] ども幸, ばあいつ, ばあばかれる, ばこそ可, ばこっち, ばと自分, ば人間一人十分, ば今夜, ば先ず, ば夫人, ば手間賃, ば格別危険, ば沢山, ば白昼往来, ば誰, ば身, ば遠距離

▼ これなん~ (17, 0.0%)

2 わがイイダ姫

1 [15件] その一軍, だと, だろう, ちゅうことや, でしょう, ですか, でもない, のため, の原因, の木, の理, の説明, 実は山岳切支丹族, 真定常山, 第一回

▼ これによつ~ (17, 0.0%)

4 てそれ 2 てはじめて, て彼 1 てこれ, てそれら, てみ, て同時に, て始め, て恰も, て暫く, て活かされる, て私

▼ これはい~ (17, 0.0%)

6 つたいどう 3 はゆる 2 つたいなんと 1 つたいた, つたいどこ, つたい何, つたい褒められたの, といえ, やみじゃあ

▼ これほども~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるもの, よく似た, 単純な, 年長者を, 底の, 思いの, 日本の, 染み込んで, 気楽で, 濁るもの, 現実的である, 生存の, 自分に, 苦心を, 見事に, 退屈な, 醜悪な

▼ これ~ (17, 0.0%)

1 [17件] この塊, この娘, こんなもん, ちょっと口惜しい, とってもありがたい, どうし, どうした, どうしても駄目, どうもあぶな, どうもこんな, また早く, わッ, 何もかもわや, 大したもん, 寒いじゃろう, 染めたん, 熱くて

▼ これ~ (17, 0.0%)

7 なし 1 なしなまじ, なし帰京, なし幾十年, なし我邦固有, なし本校, なし甲丁, ならぬ伊集院五郎, ならぬ四郎太, にいまだ, に説明

▼ これ~ (17, 0.0%)

2 の日

1 [15件] が初めて, が我輩, なりとして止まん, に逆らう, の, の一星, の与えた, の吾人, の呪詛, の成敗, の我, の戒むる所, よりの声, より与えられた, より張飛

▼ これ畢竟~ (17, 0.0%)

2 八卦の

1 [15件] この山脈, その結果, 不具である, 信門を, 刑法発達史を, 地震に, 多年の, 小説戯曲の, 我が國, 我輩の, 日本の, 神の, 詩歌三昧の, 諸邦割拠, 身を

▼ これ~ (17, 0.0%)

1 [17件] に丈夫, に三十歳前後, に儒教, に勧化, に十歳, に天産的, に学問, に宋儒, に政論, に気運, に煽動家, 少差異, 探勝の, 景略, 格例ある, 独り著者の, 穢れたるの

▼ これ迄も~ (17, 0.0%)

2 私は

1 [15件] ありませんですもの, なかった, 使い込みが, 努力し, 同じ思ひ, 壕で, 小説は, 屡, 屡々町役人, 幾度かお互に, 折々光井, 折角私, 珍しくなかった, 隨分研究せられ, 頻りに伺いました

▼ これここ~ (16, 0.0%)

1 [16件] で, にある, にあれ, にいる, におる, にね, にシシマイ, に住, に入れ, に差支, に持っ, に柱, に縄, はよい, へ出ろ, もここ

▼ これのみが~ (16, 0.0%)

2 或る, 自由の

1 [12件] この全, この目的, その自然価格, 力の, 彼の, 我々の, 決戦の, 真に彼ら, 私の, 許された唯一, 長持ちする, 高い意味

▼ これをこそ~ (16, 0.0%)

1 [16件] いくら恥ぢ, きみリアルというか, ほんた, ハルトマンは, 下帯と, 伝統のちからという, 呪縛という, 大望とや, 将に, 工藝の, 正に妖術, 浄福という, 真の, 稱へもすら, 美の, 趣向と

▼ これ以後~ (16, 0.0%)

1 [16件] にはこの, には外国市場, にもま, のこと, の作品, の四パラグラフ, の政治界, の日本軍, の歌, の源氏, の順序明瞭, はまったく, は若干, も従前, を現代, 引き續

▼ これ決して~ (16, 0.0%)

2 余の, 天然に, 狐狸鬼神の 1 両国生霊の, 余が, 余一人の, 公平無私虚心平気の, 将来東洋に, 弁士誇張の, 怪しむべきこと, 筑前が, 阿房に, 霊魂滅亡論の

▼ これ迄は~ (16, 0.0%)

2 自宅で

1 [14件] こういう工合, どこに, どんな工合, ダラダラと, 何年にも, 働く時間, 冠毛飾る, 唯いかめしく怖, 変則な, 大体小さい, 源太夫を, 父親の, 観念を, 黙って

▼ これぞと~ (15, 0.0%)

3 云って 2 云うほどの 1 いうて, いうほどの, いって, 云う事, 云う人格, 云う大, 云う手懸, 思うところ, 思う好いたお方, 思う発見

▼ これぞという~ (15, 0.0%)

3 手がかりも 2 物も 1 原因も, 妙案も, 所は, 手懸かり, 文学上の, 物をも, 異った, 発見も, 考えも, 親類も

▼ これだけじゃ~ (15, 0.0%)

1 [15件] しょうがない, どうも, ないもの, ないん, なんの, まだ風説, わからない, アとても, 事情が, 仕様が, 心細いわねえ, 第一酔い, 納得が, 美濃清の, 駄目です

▼ これについても~ (15, 0.0%)

1 [15件] また人, 不審が, 今ここに, 今をもって, 同様な, 大して威張れない, 張伊三が, 彼の, 御考慮, 本当は述べなけれ, 流体運動の, 真に科学的, 私は, 道元は, 長い説明

▼ これに従って~ (15, 0.0%)

1 [15件] その保護, プロレタリア芸術家の, 上部構造も, 不覚筋動を, 北に, 大に, 専六が, 改革を, 熱心に, 特に耆宿, 相当根本的な, 行動し, 行動せね, 見事に, 計算を

▼ これ~ (15, 0.0%)

7 ッかり 4 つかりは 1 しの, ッカリは, 何と言う, 床板に

▼ これをと~ (15, 0.0%)

2 云って, 思って

1 [11件] ぎらさずにやるとなかなか書ける, つて行く, わざわざ炭とり, 云うと, 仰せられました, 心がけて, 注文し, 渡したま, 白茶地に, 見こみを, 食べ物の

▼ これをもって~ (15, 0.0%)

2 教育の

1 [13件] アメリカの, 一定の, 公布と, 共同の, 商売の, 失敗と, 彦四郎取り返し宮家に, 慰安と, 日本の, 満足し, 熊野を, 物を, 著作の

▼ これ~ (15, 0.0%)

2 ぽち

1 [13件] あの時, くらい, くらいのこた, なぜ言わん, ななぜ, なんとする, ぽちの事, ぽちの怨みッこ, ぽっち, ぽッ, 待て, 待てと, 鎮まらんか

▼ これ人間~ (15, 0.0%)

1 [15件] が万物, が神, が粗相, だよ, ならずいと, のほか, の天職, の女, の宝, の涙, の理量, の社会生活, の私情, の種, の自然

▼ これ我が~ (15, 0.0%)

2 農奴等も

1 [13件] 一大市場に, 五色七いろ, 天職なり, 心を, 忍びざるところなり, 敵なりとて, 杜陵に, 病室の, 老いたる, 表姪王二姐, 見たる所, 軍の, 輩が

▼ これ有る~ (15, 0.0%)

2 よう相

1 [13件] においては不便, んでげす, 事に, 事承知委細に, 事故足下出牢の, 侍共申し合せ, 儀を, 哉紅茶と, 家柄ゆえ目付の, 家柄殊に, 所の, 筈なり, 趣き承り

▼ これ~ (15, 0.0%)

5 一に 2 三の 1 一の, 一は, 一や, 三章の, 二の, 六章に, 十一章である, 十九世紀の

▼ これ類似~ (15, 0.0%)

15 の第

▼ これいじ~ (14, 0.0%)

2 ょうに

1 [12件] ょうおまえたちに, ょうお金を, ょうかわいらしい美しい, ょうこの, ょうさきへいくことはできません, ょうさきへいく気は, ょうのものにはなれやしねえ, ょうふえる, ょうもう一本も, ょう奥の手は, ょう速力は, ょう進めなかった

▼ これごらん~ (14, 0.0%)

4 なさい 1 あそばせ上着, なさいこの, なさいまし郁太郎, なさいギンネコ号, なさい帳面尻, なさい私, なさりませ, になつて, よ, 遊ばせこの

▼ これ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ゃあおいそれたあ出ねえ, ゃあおれたちはどうしようもねえ本当に, ゃあわてるのがあたりまえじゃござんせんか, や, やいけない, やつまり, やとても, や來, や僕, や安閑, や畫室, や耐らん, や駄目, ア私たち恋を

▼ これなぞは~ (14, 0.0%)

2 まだよい

1 [12件] いや味が, ことに面白い, みんなしかられ, 囚人特有の, 大分変つてて, 恐らく日本, 普通見越鈎と, 江戸時代でなけれ, 特別の, 確かに, 随分変挺, 難解です

▼ これについての~ (14, 0.0%)

1 [14件] その対策, デカルトの, 先生の, 勇敢で, 意見が, 意見を, 手段に, 研究を, 確かな, 私の, 見方が, 解釈は, 記述であっ, 限定は

▼ これはな~ (14, 0.0%)

1 [14件] お雪お前の, まよい, 世に云う, 伝説による, 先生, 別に不思議, 天下の, 平家さんの, 当国三河, 昔ここに, 染奴が, 淺草に, 相国寺の, 蟇の

▼ これ努め~ (14, 0.0%)

4 ている 2 てゐる 1 たりし, てい, ています, て何分, て居た, て来た, て貧しき, 内地から

▼ これ~ (14, 0.0%)

2 を転じ

1 [12件] が変じ, たしと, においては互に, にし, まじく候, まじとの, よしにて, 候と, 候とも, 其傘に, 助, 又子供同士

▼ これぐらいに~ (13, 0.0%)

6 して 2 なると 1 いたして, なすったら, なるお方, 役に立たない文法, 止めて

▼ これに対しても~ (13, 0.0%)

1 [13件] いまさら他, その母, イベットは, 一方は, 亦微弱, 同一の, 娘は, 彼女は, 生理学者の, 番頭の, 篁は, 言語が, 選手は

▼ これに関して~ (13, 0.0%)

1 [13件] いささか面, まだ十分明確, もうすこし大事, 何ら明瞭, 最も正確, 某紙上, 聞いたところ, 興味を, 行うこと, 行われた討論, 語る所, 読み書きしおり, 読者諸君を

▼ これに関しては~ (13, 0.0%)

1 [13件] かえって地質学者, かつて気象集誌, かなりいろいろ, かなり多く, まだ充分, キリストの, 全国民, 右の, 外に, 少しく脇道, 後に, 種々の, 議論し

▼ これ一本~ (13, 0.0%)

2 だから

1 [11件] が命, しか残っ, だけ, だけでもどうか, で押し通した, で沢山, で通し, として貰, なんかいる, の力, 伐つて

▼ これ一枚~ (13, 0.0%)

1 [13件] が身上, しかない, しか着物, だけである, だけです, でございますから, で御免, で見かねたの, で雨戸兼帯, の皮, の表, をしあげれ, を上げね

▼ これ以前~ (13, 0.0%)

1 [13件] からのこと, から一人, から穢らしく, から詩文, から髪飾り, にもある, にもこれ以後, にも爭, にナポレオン, に出した, に大塔宮様, の時期, の部分

▼ これ見ろ~ (13, 0.0%)

1 [13件] こいつに, このと, この匙加減, この手の甲, この手紙, この長い, これは, なんと女みたい, まア是, 作十誰か, 墨が, 宇津木ここが, 生塚

▼ これお前~ (12, 0.0%)

2 はこの 1 にくれ, には心配, にやる, の親, は与力, は今, は動く, は厩番, は植木屋, 書いたと

▼ これじつに~ (12, 0.0%)

2 我々が 1 おどろくべきこと, われらの, 人生の, 今から, 今日比較的, 偉大に, 教育家や, 空疎なる, 西暦千六百七十三年, 遠深なる

▼ これすら~ (12, 0.0%)

2 既に遠い 1 いなむに, なかなかむつかしい, めずらしかった, 一匹の, 凡そ職業, 完全に, 既に人目, 漸く回復, 身に, 馬鹿げ果てて

▼ これであろう~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, かとつくづく, かとのちのち人, かと思つたの, かと思わるる, かと思われた, とおもわれた, と思った, と思われる, ゆえ五両ずつ, 大槻が, 身体は

▼ これでと~ (12, 0.0%)

2 会釈した 1 一寸わるく, 云うと, 右の, 始めて花子, 引見の, 思いながら, 打明けむ, 断ると, 申出ると, 話を

▼ これどこ~ (12, 0.0%)

2 へ行く 1 かにさよ, ではない, のばあ, の人, の国, の犬, へいく, へゆく, へ参る, へ訴えりゃ

▼ これよと~ (12, 0.0%)

1 [12件] その笠手, もくろんだり, 世話を, 仰せら, 座敷も, 思案の, 探しはじめましたが, 撰り好む, 案じて, 繕いに, 考えはじめました, 説明し

▼ これッきり~ (12, 0.0%)

1 [12件] お別れ, かね, しか入, じゃない, だ, だと, だの, ですか, なもの, なん, になりたくない, もうどなた

▼ これ以上私~ (12, 0.0%)

1 [12件] としては何, と話したくない, のし, の立場, の膝, はお前, はそこ, はなに, は何, は彼, は自身, は見る

▼ これ先生~ (12, 0.0%)

8 にくん 1 がお, がたべる, のいわゆる, の一世

▼ これ吾人~ (12, 0.0%)

2 が今日 1 がわが, が今回, が講究, のいささか, の切に, の大いに, の屡々, の心胸, の聴かん, の面目

▼ これ日本~ (12, 0.0%)

3 に於ける 1 が再度, のかもしれない, の上流社会, の兵法, の国民, の新, の武士, の青年, の風景中

▼ これ~ (12, 0.0%)

2 の様 1 のやう, の如き, の安, の少い人, の手, の極めて, の者, の若, の通り, の通り廿五両

▼ これ読ん~ (12, 0.0%)

2 で, でみたら 1 でくれ, でびっくり, でません, でみ, でみた, で御覧, で見る, で見ろ

▼ これだろう~ (11, 0.0%)

31 え, これに, とつくづく, と彼, と思い, と思っ, と露出, な

▼ これといった~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことも, 仕事を, 伝六の, 信念は, 内容の, 取柄も, 所も, 木も, 目當ても, 相手が, 考えを

▼ これにつき~ (11, 0.0%)

1 [11件] スカルタッチニ, 一例を, 京伝と, 年来少しく, 森先生の, 種々概念上の, 美作は, 観察し, 近頃周壽昌, 長い念入り, 随って

▼ これにゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あどうも, あ何, あ奴, どうも, ア複雑んだ, 主人の, 弦之, 皆が, 相当の, 逡巡いで, 鼠薬は

▼ これのみにても~ (11, 0.0%)

2 寄りつかれぬ價値 1 なほ十分なり, なほ彼の, 人並の, 十分死罪に, 堅気の, 寄りつかれぬ価値, 彼は, 明なるべし, 眼覚しき

▼ これほどまでの~ (11, 0.0%)

1 [11件] はげしい情熱, 優美さは, 印象を, 執着は, 大地震, 心の, 志が, 愛を, 石や, 計画を, 軽蔑は

▼ これよく~ (11, 0.0%)

2 見ろ 1 お聞き, できたね, 昼を, 注意し, 猟師の, 聞け, 聞け愚か者め, 聞け貴様, 身を

▼ これ~ (11, 0.0%)

6 とし 2 を害 1 としてる, として国是, とする如き

▼ これ御覧~ (11, 0.0%)

4 なさい 1 あれば, お父様, じまし, ぜよ方々, と云っ, なさい甘い, になりません

▼ これ必ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] わが上世, 一つの, 天意にて, 天狗であろう, 失言もしくは, 怪しむべき人間, 悲喜両方と, 為さざるべからざる, 老狐, 野狐のみ, 長兵衛を

▼ これ~ (11, 0.0%)

2 を確か 1 でもふれた, の伸, の屈するなり, をつけ, をつけろ, を付けねえ, を引きとめ, を稟, 散じて

▼ これ無き~ (11, 0.0%)

1 [11件] ところに, には非, の姿, はず治部少, は如何, よう心掛け通船致すべき, よう相, よう願い奉り, を如何せん, 様自身取締りの, 筈にて

▼ これ等すべて~ (11, 0.0%)

2 のもの, を裏切る 1 が我々, に人気, の宝物以外, の新奇さ, の景色, の首無, を築き上げた

▼ これ自然~ (11, 0.0%)

2 の法則, の理 1 なり, の勢い, の屈伏, の改良, の籬, の約束, の衰微

▼ これあら~ (10, 0.0%)

2 ばそれぞれ, ば村役人 1 でいつなんめ, で兵庫沖, ば審美上, ば無御, ば蓋し, ば赤城家

▼ これあるべく~ (10, 0.0%)

51 お羞, その手段, 万一兵端, 候と, 候間この

▼ これ~ (10, 0.0%)

1 ていだら, 何それ何あの, 何を, 待たねえか, 待て, 御酒に, 早くし, 消したが, 私が, 離たざれ

▼ これかれ~ (10, 0.0%)

2 のわれ, 斉しく 1 かしこく, に勝る, ゆあみなど, 三十人餘同, 浴み, 酒なにど

▼ これでしょう~ (10, 0.0%)

2 か, 親分 1 これでしょう, と云った, な, ね, 家の, 昨夜の

▼ これでない~ (10, 0.0%)

1 と, とずいぶん, とどうしても, とは限らない, と不可, と元気, と金, ものは, やはり何となくあの, 堅いやつ

▼ これなんか~ (10, 0.0%)

1 わたくしは, 一寸いい, 一寸面白い, 始末が, 小学校や, 御覧なさい, 恐らく東京中, 無闇と, 結えて, 見えすいたおせじです

▼ これによる~ (10, 0.0%)

1 なり, のである, のでした, ものの, エネルギーの, 丈である, 国家の, 災害防止の, 社会の, 開墾地を

▼ これはを~ (10, 0.0%)

5 かしい 3 かしな 1 かしいと, かしい奴

▼ これへの~ (10, 0.0%)

1 ハネバシは, 夜襲に, 対策は, 御返事は, 意欲は, 探索から, 用事は, 迎えも, 途中源中納言どのを, 闘いである

▼ これまでが~ (10, 0.0%)

1 すっかり男, なにか用事, まことの, 前置, 徳川領鳴海から, 恐ろしい雑沓, 蜥蜴類これから, 親棄山, 贅沢に, 闘牛の

▼ これみな~ (10, 0.0%)

1 ある一種, その一, その先達, その名, その心, ただローマ人, わが旧, 同種類, 小会堂, 良実に

▼ これもとより~ (10, 0.0%)

2 偶然の 1 その理, 世の, 人より, 俗士とともに, 信ずべからずと, 枝末の, 樹そのものの, 迷信療法である

▼ これよりぞ~ (10, 0.0%)

3 聞え初 2 知る 1 われは, 始まる, 無茶と, 知ると, 知るべき

▼ これ~ (10, 0.0%)

1 とまとめ, と昔, には当時, に国民的精神, の事業家, の仮定説, の戦争予算, の疑問, の重宝, は彼

▼ これ恐らくは~ (10, 0.0%)

2 蕪村の 1 その客體常, 信用すべき, 基督教布教の, 夢でありませう, 天が, 天下太平の, 江戸の, 誤り説けるなるべし

▼ これ持っ~ (10, 0.0%)

1 ていらっしゃい, てく, てくれ, てっ, てって, ててく, てて下さいませんでしょう, て来ただ, て行きたまい, て行く

▼ これ既に~ (10, 0.0%)

1 ゴンスや, 予が, 人に, 六づかしい, 形式を, 柳亭種彦が, 汝が, 王國維の, 芸術の, 藝術の

▼ これ~ (10, 0.0%)

1 つたので, つて, はれるの, はれるやう, ふもの, ふわけ, ふ筋, ふ筋合, を二三, 多くし

▼ これ迄と~ (10, 0.0%)

1 ちがった心持, ちがった気持, ちがった腰, まるで違った, 一言仰せ, 數千の, 方針を, 機を, 覺悟しける, 違って

▼ これかも~ (9, 0.0%)

4 しれない 1 ねえもん, 知れない, 知れないと, 知れねえぞ, 知れません

▼ これこんなに~ (9, 0.0%)

1 埃だらけな, 大きいの, 太って, 弾薬も, 後足に, 汗です, 汚いで, 灰が, 茸を

▼ これだけはと~ (9, 0.0%)

1 かたく託された, 心懸けた, 思いつつ, 思う一点, 思う衣類, 思って, 思つて居た, 持ちだした器物, 日頃要心し

▼ これであり~ (9, 0.0%)

1 えねば, かつこれ, かの大きな黒い, そのため, 主観一方に, 塩魚も, 彼岸坊主という, 筑前その他で, 里虹一座の

▼ これでもかという~ (9, 0.0%)

2 ふうに, ように 1 あんばいである, ところを, ような, 態度で, 遣り口に

▼ これというも~ (9, 0.0%)

1 つまり沢井道場, とにかく仕事, みんなためを, みんな其方が, みんな親分の, われ尊公を, 人間が, 城内の, 平生の

▼ これなお~ (9, 0.0%)

1 ひとり房屋の, わが余命, 全州面積, 噴火山上噴火の, 目前の, 瞽者を, 該論派の, 馬に対して, 鬼神の

▼ これにても~ (9, 0.0%)

2 古の 1 なお死, なは, 大方は, 抜いて, 明らけし, 月は, 霊地荒し

▼ これに従い~ (9, 0.0%)

1 ここに, この淫夫, ハセツカベと, 一列に, 天下の, 居らるるという, 槍隊千余騎は, 白書院にて, 違背せざる

▼ こればかりが~ (9, 0.0%)

1 ひろく知られる, よくなっ, 心残り, 手がかりでござる, 昔の, 案じられる, 能では, 頼みだ, 願いでございます

▼ これほどとは~ (9, 0.0%)

3 思わなかった 1 予想も, 尊氏も, 思いませんでした, 思いませんでしたの, 思わなかったが, 思わなかったらしい

▼ これほどな~ (9, 0.0%)

1 不幸は, 名誉の, 堅実さも, 大事, 大事なかなか, 大事を, 大和民族の, 意気であった, 重大決意を

▼ これほどにも~ (9, 0.0%)

1 りっぱな, 分布し, 参らぬ家, 大騒ぎあそばす, 愛して, 物の, 神秘的な, 近世以来の, 飲んだの

▼ これ~ (9, 0.0%)

3 つちの頃 2 っちも 1 っちと, っちの, っちの頃, つちか出

▼ これまでなりと~ (9, 0.0%)

1 いうべきには, 思いお, 思ったの, 思って, 決心し, 覚悟した, 覚悟を, 覚悟致し, 観念したる

▼ これやがて~ (9, 0.0%)

1 その本領, 両国の, 小島, 明治維新の, 歌ふ, 気つけに, 自己を, 薩摩と, 遺伝の

▼ これをや~ (9, 0.0%)

2 あれ彼の 1 あれあの飛び, しきにおいて, しきへ, はらかに, ッた, 精神上の, 聴くを

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 に名分, に悪人, に数多き, に皆無, のいわゆる, の父たる者, の金持ち, を去っ, を忍ぶ

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 において東方, にくれつ, の小説, の時代, の欧米, の閼迦井, 帰つた, 聞いて, 若さま

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 に彼等, に永祿六年正月八日, に畫, に精神的, に織物, に至難, に關東, に非凡, に驚くべき

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 とあわて, とそこ, と一人前, と父, と銀, にまず, の事, ひに, やそ

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 だった, であった, ですよ, で押し通したら, にせんなら, の一坪館, の愛情, の農家, の酔漢

▼ これ~ (9, 0.0%)

2 が暮れ, の本, も足らざる 1 は暮れる, も給ら, も足らなかった

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 お丹, この玄白, その観察力, な待遇, ひとえに師匠, やられて, 一体どうした, 永く樂土, 異邦人

▼ これ~ (9, 0.0%)

1 の入不, の動物描写, の学術, の政治的運動, の臥猪, の見神実験記, 怪なり, 竜あり, 詩人の

▼ これ~ (9, 0.0%)

2 の時明, ふかくし 1 が上っ, のやう, のよう, の波, 之丞

▼ これあなた~ (8, 0.0%)

1 がこさえ, がこしらえた, たべても, に差上げます, のお, のじゃ, の切符, もいっしょ

▼ これあるまじく~ (8, 0.0%)

1 ことさら師伝, すべて鄙劣の, たとえお, と存じ奉り, わたくし帰国の, 候, 奇しく, 父の

▼ これあれ~ (8, 0.0%)

2 ども後世 1 の思いつき, の本, はあれ, ばいわゆる, ばこそ世間並, ばこそ食料品

▼ これかの~ (8, 0.0%)

2 淫蕩なる 1 お通, 事の, 二途に, 尊者の, 木に, 末に

▼ これさいわい~ (8, 0.0%)

1 というよう, とう, とくすね, とその, とだんだん, と嫌疑, と存じまし, と潜水服

▼ これですつかり~ (8, 0.0%)

1 お治り, 償はれた, 安心し, 旅の, 満足し, 縁を, 自分だけの, 解消した

▼ これにたいする~ (8, 0.0%)

1 ギンネコ号からの, 刑統, 安政の, 尊崇は, 抵抗は, 正成の, 管理と, 身代金を

▼ これにつれて~ (8, 0.0%)

1 はたと想い起す, 左右されるであろう, 平氏一門が, 書物を, 最近二年間に, 民藝の, 泣く, 舞は

▼ これ~ (8, 0.0%)

1 おじさんが, おじさん清廉潔白の, とってもおもしろい, なんだか冷たい, 中が, 先生の, 安息日の, 署長が

▼ これのみに~ (8, 0.0%)

1 ありという, とどまらず警察法, 信頼し, 偏するごとき弊, 止まる時, 真を, 眼を, 限らない

▼ これはか~ (8, 0.0%)

2 はりますか 1 がとへ力, ずらですよ, ぶと貝と, へつて彼等, へりに, やうに

▼ こればかりを~ (8, 0.0%)

1 くり返して, よそから, 好く者, 客に, 思って, 歌って, 羽お, 苦労の

▼ これへは~ (8, 0.0%)

1 いるが, お見え, ござった, ゴルチャコフや, 参加せず, 小さいころ, 来られないとでも, 羊羹を

▼ これまでから~ (8, 0.0%)

1 ある二軒, 存在した, 度々私, 恋を, 慈善行為が, 焦れて, 私には, 話し相手に

▼ これまでよりは~ (8, 0.0%)

1 いっそうお, いっそう思い切った, ずっと善く, 一層熱心, 一層緊密, 変って, 手広に, 親切に

▼ これもう~ (8, 0.0%)

1 あたしのに, そのよう, つかり彼, にがさんぞ, 七年が, 六十四に, 我慢が, 揉まずとも

▼ これヨブ~ (8, 0.0%)

1 がその, に起りし, の信仰, の味, の大, の悲歎, の暗中, の見神

▼ これ一人~ (8, 0.0%)

2 のみにあらず 1 つきり妹, に相成った, の感情, の老母, や, 御願い

▼ これ以上自分~ (8, 0.0%)

1 としてはどう, にない, の威厳, の有, の目, の足, は續, を大きく

▼ これ~ (8, 0.0%)

1 が憐れむべし, が鑿空, たる者, のお父さん, の友達, の家内, はこんなに, 貰って

▼ これ切り~ (8, 0.0%)

1 しか室, でキッパリ, で打ち切らなけれ, で終らぬ, ということ, ないの, になる, のもの

▼ これ~ (8, 0.0%)

1 にあげる, にはなはだ, に上げる, に宛てた, の不注意, の家, の画, の聾

▼ これ天下~ (8, 0.0%)

2 の大勢今 1 に憚, のため, の一大事, の公評也, の英傑, 第一

▼ これ~ (8, 0.0%)

1 お関所, なり, なりやいなや, の揚代, を生む, を知らぬ, 馬子どこへ, 馬子聞きたい

▼ これ最も~ (8, 0.0%)

1 危険なる, 可賀, 多と, 大切の, 私の, 自然の, 貧乏なる, 高遠なる

▼ これあり候え~ (7, 0.0%)

1 どもいささか, どもまず, ども右, ども押しかけ, ども畢竟, ばもはや, ば火急

▼ これあるいは~ (7, 0.0%)

1 やがて起らん, 僕が, 前に, 地獄に, 当時蹴鞠が, 成功である, 父の

▼ これあんた~ (7, 0.0%)

1 が描いた, にあげましょう, にあげる, のじゃ, のや, の友達, んじゃろう

▼ これこそと~ (7, 0.0%)

1 すがりしこの, 思う胸中, 思った, 思って, 思つて選ん, 思はれる戀, 見込んだ商売

▼ これすでに~ (7, 0.0%)

1 ビクトリア州なり, 人に, 姦淫です, 死せる, 無上の, 理内の, 迷信である

▼ これつとめ~ (7, 0.0%)

5 ている 1 これを, 辛くもなにがし

▼ これでなくっ~ (7, 0.0%)

2 ちゃァ 1 ちゃ, ちゃいけない, ちゃア話, ちゃ乗った, ては代官婆

▼ これとして~ (7, 0.0%)

1 お読み下さい, お預かり下さい, 一つの, 一篇を, 御愛顧, 来世の, 醇粋な

▼ これとも~ (7, 0.0%)

1 似て, 出逢って, 密, 少し早う, 更に思はぬ, 連絡が, 違い古典

▼ これどころ~ (7, 0.0%)

2 じゃありません, では 1 じゃなかった, の騒ぎぢ, やある

▼ これなりに~ (7, 0.0%)

1 いつとも, もう少しし, やがて逢魔が時, ドンと, 嫗の, 愚かながらも, 発達さし

▼ これにおいて~ (7, 0.0%)

2 私が, 私は 1 其許の, 翌年三月内閣に, 自然科学者と

▼ これにのみ~ (7, 0.0%)

2 心を 1 むかへるが, 事うべし, 本來, 本来観念という, 鳴きて

▼ これのみを~ (7, 0.0%)

2 遺憾に 1 もって, 別に離し, 取残し詳細なる, 待ち構えて, 讀んで

▼ これはという~ (7, 0.0%)

1 のも, ものも, 人材は, 動きの, 変化も, 段取りかも, 相手の

▼ これまさに~ (7, 0.0%)

1 世人の, 中心移動の, 強弩の, 江戸俗曲の, 神酒, 芸術的な, 風流と

▼ これまだ~ (7, 0.0%)

1 できて, 光ってるわ, 其様な, 化けては, 強情を, 笑うには, 練習な

▼ これやったら~ (7, 0.0%)

1 さも絵エ, どない, なかなか逃げる, まあ平凡, 今日でのう, 光子さんかて, 音せ

▼ これやに~ (7, 0.0%)

2 悩まされて 1 つい日, 分裂し, 利かなん, 呵られぬ, 就て

▼ これ一種~ (7, 0.0%)

1 の保安条例, の國民的自殺, の惨, の持藥, の機智, の謀計, の魔性

▼ これ~ (7, 0.0%)

2 が丙戌以前 1 が狐憑的妖怪, が超絶, のみならず, の俳句, の始め

▼ これ今日~ (7, 0.0%)

2 の常備兵 1 という日, の人, の出来栄え, の大勢, はどう

▼ これ~ (7, 0.0%)

1 て人間, て右, て我が, て甚だ, て短, て誠に, て長

▼ これ~ (7, 0.0%)

1 ち, ち不平, ち京都, ち十五, ち孝行, ち心, ち質実

▼ これ大いに~ (7, 0.0%)

2 毒ある 1 よろし, コックリの, 学者の, 攻究すべき, 日本と

▼ これ~ (7, 0.0%)

2 挨拶を 1 亭主客の, 同役一興ぢや, 濯足の, 覽ぜ, 身分を

▼ これ必ずしも~ (7, 0.0%)

1 しからずである, 個人の, 先人に, 意外ならず, 東夷の, 理髪師の, 詩人の

▼ これ早く~ (7, 0.0%)

1 くれて, けりを, 往け往かぬと, 御帰り, 持つて, 燈光を, 船を

▼ これ~ (7, 0.0%)

1 かに一, かに幕府, かに彼, かに資本主義, に此記事, の太祖, の詩人

▼ これ果して~ (7, 0.0%)

1 それらの, 主人側の, 何に, 実行し得る, 征討する, 愛なる, 我らと

▼ これ甚だ~ (7, 0.0%)

1 些細の, 傷なり, 弁じ易し, 愚なり, 東洋人たる, 無理の, 疑うべし

▼ これ真に~ (7, 0.0%)

1 不二の, 人事と, 今人の, 妖怪の, 恐る可, 滅するに, 達見では

▼ これ誠に~ (7, 0.0%)

1 危急存亡の, 名言で, 気の毒な, 納涼の, 至言で, 遺憾の, 魔術者の

▼ これあたし~ (6, 0.0%)

1 だけのお祝い, にくれる, の御, の持ち, の美術館, の長い

▼ これいかに~ (6, 0.0%)

1 その上三ヶ津, だ, とつぶやい, とね, と思った, 彼は

▼ これかい~ (6, 0.0%)

1 この梅, これは, ずいぶんひどい, 三輪の, 南無妙, 君の

▼ これがね~ (6, 0.0%)

1 いわゆる小頭, みなさん, 一番新しい, 仕事を, 殿様が, 親分

▼ これくらいな~ (6, 0.0%)

1 古渡り, 図太さ, 大発明, 早仕事, 気まずさ, 薄明り

▼ これくらいは~ (6, 0.0%)

1 あるという, はずまなけりゃなるまいね, ゆるして, わしの, 云っても, 年貢としても

▼ これこいき~ (6, 0.0%)

5 なおむす 1

▼ これこれこいき~ (6, 0.0%)

5 なおむす 1

▼ これこんな~ (6, 0.0%)

2 催促の 1 うつくしい花, ことを, 所で, 手

▼ これ~ (6, 0.0%)

1 ている, ておきましょう, てくれ, てはいかん, てやり, て御覧

▼ これすな~ (6, 0.0%)

6 はち

▼ これそもそも~ (6, 0.0%)

1 世界の, 予が, 人心の, 何が, 何の, 説あり

▼ これだけから~ (6, 0.0%)

1 でも, なんらの, 構成されてる, 私が, 見ても, 見ると

▼ これだけと~ (6, 0.0%)

1 する, なりました, 仰しゃったから, 旦那の, 決って, 言ふ

▼ これだけには~ (6, 0.0%)

1 ならなかっただろう, なんの, 書けやしない, 止まらない, 貧富も, 通せねば

▼ これであっ~ (6, 0.0%)

2 てこの 1 ては土台, て同一, て密生, て小

▼ これでござる~ (6, 0.0%)

21 かな, か天草一揆, よ一式氏, テ

▼ これなぞも~ (6, 0.0%)

1 その一つ, その一例, 人間性と, 僻んで, 大工の, 誰か

▼ これなんだか~ (6, 0.0%)

1 あてて, わかりますか, わかるかと, 分って, 知ってる, 知つ

▼ これにあたる~ (6, 0.0%)

1 万葉仮名には, 万葉仮名を, 仮名の, 仮名を, 例を, 相手の

▼ これはも~ (6, 0.0%)

1 うい, うごく大体, うごく簡単, うたいそう明瞭, 入りません貴方, 早や

▼ これへも~ (6, 0.0%)

1 参ったの, 宜奉, 宜御, 推薦演説に, 西園寺家から, 高徳が

▼ これわれら~ (6, 0.0%)

1 が万葉崇拝家, が不信任案, が第, が退陣, の太平洋, の智

▼ これをね~ (6, 0.0%)

1 あのエレベーター, おばあさんの, 序の, 急いで, 手の平の, 私極りが

▼ これア何~ (6, 0.0%)

4 だす 1 かお上, か大

▼ これ以上なに~ (6, 0.0%)

1 がある, もしゃべれません, も言わん, を伺え, を待つ, を言つて

▼ これ以上手~ (6, 0.0%)

1 がつくせない, のつくしよう, の尽し, をつけ得ない, を加える, を拱い

▼ これ以上追及~ (6, 0.0%)

2 する氣, はしませんでした 1 する気, はいらない

▼ これ何処~ (6, 0.0%)

1 なの, へつづく, へ参っ, へ往かっし, へ行く, へ行っ

▼ これ努める~ (6, 0.0%)

1 という風, といふ風, ほかなかっ, 心底を, 歌人などが, 風情は

▼ これ~ (6, 0.0%)

1 上田先生に, 太白, 心是仏なり, 第四級民, 金剛寺坂なり, 驕慢に

▼ これ~ (6, 0.0%)

1 において西方, より神, ブリストン人が, 戰塲桔梗ヶ原雨持つ, 服は, 歌に

▼ これ宗教~ (6, 0.0%)

1 なりよって, のその, の不可思議, の力, の影響, の目的

▼ これ悲歎~ (6, 0.0%)

6 の第

▼ これ~ (6, 0.0%)

2 を離せ 1 がこの, に墨, を出せ, を拱

▼ これ手前~ (6, 0.0%)

1 か向山, が幾ら, の荷物, はな御, は江戸屋, は銭金

▼ これ~ (6, 0.0%)

1 なり人, の一つ, の三, の最, の罰, の道

▼ これ~ (6, 0.0%)

2 く忍ぶ 1 く似た, く忍ぶなり, く面体, として省

▼ これ自分~ (6, 0.0%)

1 がさき, が特に, の利益, の家, への祝典, も何ん

▼ これ蓋し~ (6, 0.0%)

1 女の, 彼の, 深川綾子の, 狂者の, 異数に, 真理である

▼ これ貴様~ (6, 0.0%)

2 は何者 1 がここ, このおれ, は邪教徒, も苗字帯刀

▼ これ迄にも~ (6, 0.0%)

1 いろいろ檢討, なかつたさ, 内々で, 度々惱みの時, 時としてそういう, 雪子の

▼ これ迄より~ (6, 0.0%)

1 はっきりと, よいという, よほど楽, 一層収入, 条件は, 重視される

▼ これあらん~ (5, 0.0%)

21 ただ人の, という事, やだ

▼ これかえって~ (5, 0.0%)

2 太く凶 1 その作用, 健康を, 憶説空想の

▼ これぐらいで~ (5, 0.0%)

1 仕合せだ, 帰ると, 打切りましょう, 止めて, 沢山である

▼ これぐらいは~ (5, 0.0%)

1 まだ序の口, よかろう, 私から, 誰でも, 馴れてるん

▼ これぐらゐ~ (5, 0.0%)

1 まるで何とも思つて, ハッキリと, 下らないこと, 力強く魅力, 突き放して

▼ これそう~ (5, 0.0%)

1 いわずと, 云われても, 悶えては, 戴いて, 顔を

▼ これそこ~ (5, 0.0%)

1 な人, な武士, に居る, に籠, の職人

▼ これだけより~ (5, 0.0%)

1 書き置かれて, 残っとりませんけれど, 残つてゐない, 知らんと, 知らんの

▼ これではと~ (5, 0.0%)

1 くさったが, 思いましたが, 思つた, 私の, 障子を

▼ これとが~ (5, 0.0%)

1 すこぶるややこしい, 同じ音, 同一人物, 比べ合わせられたの, 自分の

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 どうした, ないして, ないしても, ないや, 同ん

▼ これなんかは~ (5, 0.0%)

1 いまの, もっともっといい, 一方から, 全く何うに, 端的に

▼ これなんぞは~ (5, 0.0%)

1 きっと眼医者, こんなに生々しい, どうも狐, 日常の, 百ほども

▼ これはて~ (5, 0.0%)

2 まえの 1 まえが, まえ隠居, ツきり都の

▼ こればかしの~ (5, 0.0%)

1 四角な, 病気は, 過程は, 道でも, 金で

▼ これひとえに~ (5, 0.0%)

1 かの特別製老酒, ネコに, 夫なる, 王さまと, 農村不況の

▼ これほどには~ (5, 0.0%)

1 あらじと, ないので, ならなかったもの, やれまい, 接近し

▼ これほどまでとは~ (5, 0.0%)

2 思いも 1 今日まで, 思いまっ, 思わなかったの

▼ これまことに~ (5, 0.0%)

2 われの 1 在来国史の, 嫌悪すべき, 御前の

▼ これみんな~ (5, 0.0%)

1 あげましょう, で頒, 戴いとくわ, 融けて, 飲んじま

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 いせのこの, が待つ, 充分に, 大方諸君も, 熊祭の

▼ これわし~ (5, 0.0%)

1 ではない, と一緒, にばかり謝, のかわい, の大事

▼ これわたし~ (5, 0.0%)

1 が五年生, の前, の姉さん, の娘, は少し

▼ これをめぐって~ (5, 0.0%)

1 争奪戦を, 人間同志の, 回転し, 宝地宝閣天人瑞獣など, 行きつ戻りつして

▼ これを通じて~ (5, 0.0%)

2 私の 1 でなければ消え去った, 二つの, 神の

▼ これジュギュルタ~ (5, 0.0%)

5 が孫

▼ これヨブ記~ (5, 0.0%)

1 が砂漠, に現われたる, の大, の提出, の特徴

▼ これ一時~ (5, 0.0%)

2 も百日 1 である, の勝利者, の戯れ

▼ これ上げる~ (5, 0.0%)

2 から一生懸命勉強 1 から, からあたい, わ

▼ これ以上ここ~ (5, 0.0%)

1 にいる, にまごまご, に居, に居る, に書く

▼ これ以上我慢~ (5, 0.0%)

2 ができない 1 が出来ない, のならない, をする

▼ これ以来~ (5, 0.0%)

1 お兼, でご, は何事, 忘れられぬ恨み, 益々山田春雄

▼ これ何ん~ (5, 0.0%)

2 だか 1 です, とか挨拶, と云った

▼ これ何者~ (5, 0.0%)

21 ぞや, と鴫沢, の為業

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 いとち, いとついて行ったら, いとは, いと後妻, いに飛田

▼ これ其の~ (5, 0.0%)

2 方は 1 外形に, 自身も, 長ずるところ也

▼ これ努めた~ (5, 0.0%)

1 お蔭である, がむだ, がアルガン君, が無駄, ものであった

▼ これ単に~ (5, 0.0%)

1 ヨブ一人の, 一例なり, 主張に, 欧洲教育の, 言葉によってのみ

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 が明ける, のあくる, の八ツ, の十時, の魂

▼ これ或は~ (5, 0.0%)

1 其附近の, 山岳と共に, 山嶽と共に, 政府の, 鞦韆の

▼ これ持つ~ (5, 0.0%)

2 てつて 1 て去んで見せとくれ, て行けます, といで

▼ これ故に~ (5, 0.0%)

1 今日以後真の, 天秤夜の, 特に和術, 神は, 花見の

▼ これ文明~ (5, 0.0%)

2 の仙境 1 の一大, の弊, の形

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 助, 坊, 大路や, 幡随院濡れ仏の, 意匠なり

▼ これ~ (5, 0.0%)

2 之助 1 と感ずる, の着物, をもっ

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 によみなし, に非, の腐敗, の陳腐, ふ者

▼ これ正しく~ (5, 0.0%)

1 マルコが, 仏国印象派の, 原書の, 地球の, 妙法寺村の

▼ これ正に~ (5, 0.0%)

1 小耶馬渓, 我ドイツ諸国の, 我儕の, 決闘裁判請求の, 海上の

▼ これ此樣~ (5, 0.0%)

2 うつくしい花, に四流 1 な可愛らしい

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 ことに, に付, 政府の, 礼者めが, 記すなわち

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 ころしには, なりと断, なりの叙述, にのみ執着, の代り

▼ これ~ (5, 0.0%)

2 か狸 1 なるが, にもなれ, よう聞け

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 たほる, 助では, 率いて, 見て, 謀りあれば

▼ これ等二つ~ (5, 0.0%)

1 のうち何れ, のもの, の場所, の性質, の根本概念規定

▼ これ等各種~ (5, 0.0%)

1 のお, のバケツ, の型式, の生物, の装置

▼ これ見た~ (5, 0.0%)

1 えまおと, か, かということ, ことが, まえ

▼ これ買う~ (5, 0.0%)

2 て来 1 てお, て来た, ときほら

▼ これ~ (5, 0.0%)

1 が要る, でない, と云え, なりと心得, 宜く聞け

▼ これ霊魂~ (5, 0.0%)

1 の作用, の存, の死, の粋, の肉体

▼ これ馬鹿~ (5, 0.0%)

1 な事, な馬鹿, のこと, 大きな声, 為るでねえ

▼ これあげる~ (4, 0.0%)

31 そつちの三百円私に

▼ これあっ~ (4, 0.0%)

1 てこそこの, てこそ良寛様, てはじめ, てはじめて

▼ これあの~ (4, 0.0%)

2 人の 1 すし売りを, 障子は

▼ これいう~ (4, 0.0%)

1 お尋ね者ゆえあゝ, てた, ように, 取り調べが

▼ これお前がた~ (4, 0.0%)

3 は三ちやん 1 も粗忽

▼ これお前さん~ (4, 0.0%)

1 のよう, の子供, は死ん, も良く

▼ これお前たち~ (4, 0.0%)

1 がいくら死, に掛け, は何者, もせっかく

▼ これかね~ (4, 0.0%)

1 これあ, これは, 寛政子年の, 白毛と

▼ これぐらいな~ (4, 0.0%)

1 信念が, 六ツか, 軍は, 雨何でも

▼ これことごとく~ (4, 0.0%)

1 文化政策ならざる, 次なる, 貞亮死節の, 鼠の

▼ これ~ (4, 0.0%)

2 なたは 1 そんなこと, も何

▼ これただちに~ (4, 0.0%)

1 タニグクの, 才人, 自らエタすなわち, 農民であった

▼ これだけじゃあ~ (4, 0.0%)

1 何にも, 済まねえ, 綺麗には, 芝居も

▼ これだけだって~ (4, 0.0%)

1 ちっとや, はなしの, 友達以上かも, 村の

▼ これちょっと~ (4, 0.0%)

1 卸して, 待て伊庭八郎, 手伝って, 訳が

▼ これできまつた~ (4, 0.0%)

2 といふ気 1 やうです, 訳だ

▼ これとに~ (4, 0.0%)

1 どこか, 一味通じあった, 交換の, 隔たれど

▼ これなに~ (4, 0.0%)

1 さ, によりてしかる, をする, を無慈悲

▼ これなる黙~ (4, 0.0%)

3 山の 1 山へは

▼ これなんじ~ (4, 0.0%)

2 の施し 1 の舟子, も剣

▼ これにかけて~ (4, 0.0%)

1 ゐる, 柳橋と, 見て, 訪客に

▼ これにこそ~ (4, 0.0%)

1 わけが, 子細あり, 法王も, 福を

▼ これにぞ~ (4, 0.0%)

1 つこん凝つて, 月の, 気を, 銀六の

▼ これにては~ (4, 0.0%)

1 いかないかな, 大に, 梅の, 行くすえ頼母

▼ これのみにて~ (4, 0.0%)

1 人を, 其論辨を, 詩人と, 足らんずらめ

▼ これはずつと~ (4, 0.0%)

1 前に, 後に, 後にな, 後の

▼ これはた~ (4, 0.0%)

1 いせつな, うていその, うとう最後, 誰が

▼ これはたして~ (4, 0.0%)

1 何者なる, 孝乎不孝乎, 東洋人として, 武田勝頼その

▼ これはとばかり~ (4, 0.0%)

1 笑み迎え, 話しこんで, 驚いた, 驚いて

▼ これはど~ (4, 0.0%)

1 つちか, つちかつていふ, ないしたこつ, ないぞ

▼ これはなんて~ (4, 0.0%)

2 ちっぽけな 1 ことだろう, 薬かい

▼ これはの~ (4, 0.0%)

1 つぺりした野郎, りうつぎと, 皆人を, 顔ばかりと

▼ これはよ~ (4, 0.0%)

1 かつた, ござんす, ささうな, つぽ

▼ こればかしは~ (4, 0.0%)

1 あげられますもの, いけないの, 知らない, 身代りが

▼ これひとり~ (4, 0.0%)

1 チリのみ, 我々の, 我々ばかり, 日本に

▼ これほか~ (4, 0.0%)

1 に神体, に鬼神, のお客さん, の人

▼ これほどで~ (4, 0.0%)

1 おわしたの, もちちう, 何よりでした, 終ったそう

▼ これほどにまで~ (4, 0.0%)

1 して, 善く戦った, 差異の, 意気地なく

▼ これほどは~ (4, 0.0%)

1 つきり, 来年もと, 清左衛門を, 清左衞門を

▼ これほどまでも~ (4, 0.0%)

1 心の, 心配を, 浅ましくなる, 草木は

▼ これぼく~ (4, 0.0%)

1 がもし, のえん, のため, の先生

▼ これまさしく~ (4, 0.0%)

1 人知以内に, 伊豆の, 国家の, 敵の

▼ これまでとて~ (4, 0.0%)

1 チチコフの, 一度でも, 女性の, 幕府への

▼ これまでにな~ (4, 0.0%)

1 つたのは, つたのを, つて此話が, ッて

▼ これもっ~ (4, 0.0%)

1 てっ, て断わり申し, て未だ, て来い

▼ これやも~ (4, 0.0%)

2 彼女の 1 あるので, 聞きたいし

▼ これやもう~ (4, 0.0%)

1 それ専用の, 君, 現実を, 誰の

▼ これやる~ (4, 0.0%)

21 から持っ, ぞ

▼ これよりや~ (4, 0.0%)

1 いよよ奥, アもう, 時雨落葉と, 落想しつる

▼ これらしい~ (4, 0.0%)

2 ぞ第 1 が色, よ

▼ これをさえ~ (4, 0.0%)

1 まだ疑わね, 人人は, 受売する, 私は

▼ これを以ても~ (4, 0.0%)

1 その時二人, 知るべきである, 証される, 鴎外が

▼ これアおいら~ (4, 0.0%)

2 の妹 1 がいう, の推量

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 おかしきもの, ずいぶんよき, ちとふし, とまるやどの事ニ

▼ これ一ツ~ (4, 0.0%)

1 しか授からない, と, という妄執, を殘

▼ これ世界~ (4, 0.0%)

1 なの, なりという, の定論, の歴史

▼ これ主として~ (4, 0.0%)

1 国家社会の, 国語問題に, 外人を, 彼らの

▼ これ云っ~ (4, 0.0%)

1 ておえい, ておく, て下, て下さる

▼ これ人民~ (4, 0.0%)

1 が悦ん, の敵, の節, の自治

▼ これ仏教~ (4, 0.0%)

1 から来, なり, にて善悪因果, の全

▼ これ仕方~ (4, 0.0%)

2 がない 1 がねえ, が無い

▼ これ以上おれ~ (4, 0.0%)

1 には我慢, の腕, は何, を苦しめ

▼ これ以上僕~ (4, 0.0%)

1 から訊ねる, が饒舌, にとつて, を好き

▼ これ以上大事~ (4, 0.0%)

2 にされる 1 な兵, にしたら

▼ これ以上彼~ (4, 0.0%)

1 とつきあう, のいる, の我儘, を追及

▼ これ以上深入り~ (4, 0.0%)

1 しては, しないこと, すること, はしない

▼ これ以上説明~ (4, 0.0%)

1 ができぬ, しにくい, しよう, する余地

▼ これ偶然~ (4, 0.0%)

1 に出でたる, の事, の出来事, の暗合

▼ これ同根~ (4, 0.0%)

2 より生ずる 1 の誼, より生じ

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 のみにて, まえは, を云う, を宣れ

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 と一場, と種々, より一朝一夕, より儂

▼ これ国家~ (4, 0.0%)

1 に規律, のため, の吉祥, の糧食

▼ これ多く~ (4, 0.0%)

1 の生活必要品, は事実, は外国人, は天

▼ これ~ (4, 0.0%)

2 の起こる 1 と云つて, の昼

▼ これ大きな~ (4, 0.0%)

1 不思議であります, 声で, 声を, 誤りである

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 た一, た一種, た特に, た辞みがたく

▼ これ少し~ (4, 0.0%)

2 待て 1 で失礼, よ

▼ これ屋久島~ (4, 0.0%)

4 の神代杉

▼ これ幸ひと~ (4, 0.0%)

1 この生活, その死に場所, 立寄り先づ酒, 駈るゼーロン

▼ これ当時~ (4, 0.0%)

1 の演劇及小説, の漢学者, の画工, の神学思想

▼ これ当然~ (4, 0.0%)

1 とし, に来るべき, の理何人, の順序

▼ これ後世~ (4, 0.0%)

2 の文学 1 の人々, までもアリヤ種

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 いわゆる時節到来, こそは天帝, の殊, れの

▼ これ我々~ (4, 0.0%)

1 がまさに, が既に, はこれこれ, を在っ

▼ これ支那~ (4, 0.0%)

1 から文字, でも蛇, の哲学, の蛟

▼ これ~ (4, 0.0%)

2 の者 1 にしあれ, のお方

▼ これ明らか~ (4, 0.0%)

1 にその, に演説, に社会的共同生活, に露国

▼ これ普通~ (4, 0.0%)

1 の例, の見解, の視力, の道徳家

▼ これ未だ~ (4, 0.0%)

1 今日の, 松島を, 松陰を, 社会的に

▼ これ歴史~ (4, 0.0%)

2 の幽玄 1 で見た, の興味

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 が恩, をめぐみ, を導く, を罔

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 であった, の土中, の寄る, を吹く

▼ これ~ (4, 0.0%)

1 が二階, やお茶, や狼藉者, 困りますな

▼ これ確か~ (4, 0.0%)

1 に一面, に富, に小田原, に彼

▼ これ考え~ (4, 0.0%)

1 ていたら, ている, ても分かる, ながらその

▼ これ見給え~ (4, 0.0%)

1 これなんか, といわぬ, 例えば, 日本画の

▼ これ邪魔~ (4, 0.0%)

2 すると 1 でしようが, で仕様

▼ これ食べ~ (4, 0.0%)

1 てい, てごらん, てもかめへん, て下さい

▼ これあいけない~ (3, 0.0%)

1 とあわて, と思つた, 富五郎さんお前さんは

▼ これあらざる~ (3, 0.0%)

1 なり, なりと, のみならず

▼ これあるべき~ (3, 0.0%)

1 こと, を裸, 趣奇怪の

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 はゆる, 化粧が, 地板へ

▼ これいい~ (3, 0.0%)

1 んです, 値で, 絵ね

▼ これいかなる~ (3, 0.0%)

1 ものにて, 事の, 理によるかを

▼ これいくら~ (3, 0.0%)

1 ですか, で取っ, で売ります

▼ これいつ~ (3, 0.0%)

2 までもそんな 1 までも何

▼ これいや~ (3, 0.0%)

3 さこれ

▼ これおいしい~ (3, 0.0%)

1 ですよ, とも何とも, のよ

▼ これおまえ~ (3, 0.0%)

1 が書いた, どうした, はいったい

▼ これかしら~ (3, 0.0%)

1 いつかお母さんが, こちらかしら, 何の

▼ これかつて~ (3, 0.0%)

1 北条高時が, 甲山の, 相識る

▼ これがさ~ (3, 0.0%)

2 後に 1 峠に

▼ これきっと~ (3, 0.0%)

1 吾, 沈香とか, 猴牽が

▼ これきわまる~ (3, 0.0%)

1 ときまで, とは啻に, もまた

▼ これくらいが~ (3, 0.0%)

1 ちょうどいい, 何であろう, 相応な

▼ これこう~ (3, 0.0%)

1 でごぜ, と話, やって

▼ これこういう~ (3, 0.0%)

2 わけで 1 ことが

▼ これこと~ (3, 0.0%)

1 とする, とせむか, とせられたる

▼ これこれこれ~ (3, 0.0%)

1 こそ真に, にちがい, を御

▼ これご覧~ (3, 0.0%)

1 じませ, なされい拙者初対面, なせえ

▼ これしかしながら~ (3, 0.0%)

1 この頃, 天賦の, 本来法師なる

▼ これしっかり~ (3, 0.0%)

2 しろ 1 して

▼ これしも~ (3, 0.0%)

1 空想的社会主義から, 経験を, 黙々と秒

▼ これすらも~ (3, 0.0%)

1 一日三合に, 不公平な, 随意に

▼ これそこら~ (3, 0.0%)

2 ぢゆう 1 に蝦蟆

▼ これそれ~ (3, 0.0%)

1 で婚姻, とあれ, はなんと

▼ これそんな~ (3, 0.0%)

1 かからとった, ことを, 事を

▼ これたやすく~ (3, 0.0%)

3 は買

▼ これだけずつ~ (3, 0.0%)

1 変って, 払って, 貰えるん

▼ これだけにても~ (3, 0.0%)

1 一廉の, 彼の, 御手

▼ これだったら~ (3, 0.0%)

1 三年かかった, 他は, 誰にも

▼ これだつ~ (3, 0.0%)

1 か喜劇, てただ, て僕

▼ これだに~ (3, 0.0%)

1 あれば, 容易には, 翻訳いたし申せ

▼ これだの~ (3, 0.0%)

1 その他戦後派の, 名誉だの, 福は

▼ これだらう~ (3, 0.0%)

1 あれを, か, と思ふ

▼ これつとめる~ (3, 0.0%)

2 のである 1 ことなども

▼ これでござい~ (3, 0.0%)

1 ごらんの, とはやし立てられ, と言

▼ これでした~ (3, 0.0%)

3

▼ これでもかといふ~ (3, 0.0%)

1 やうに, 広告ビラ, 風に

▼ これでもって~ (3, 0.0%)

1 全般を, 殺人が, 海軍将棋を

▼ これでもね~ (3, 0.0%)

1 大事な, 自分の, 芸術には

▼ これでようございます~ (3, 0.0%)

3

▼ これでを~ (3, 0.0%)

2 はりの 1 はりに

▼ これとても決して~ (3, 0.0%)

1 きつぱりと断定, 充分だ, 絶対的な

▼ これどの~ (3, 0.0%)

1 位な, 位に, 位の

▼ これなかなか~ (3, 0.0%)

2 健康に 1 の卓見

▼ これなりで~ (3, 0.0%)

1 もう帰つて, 居れば, 放って

▼ これなるべく~ (3, 0.0%)

2 そつと 1 現状に

▼ これなんめ~ (3, 0.0%)

2 りと 1

▼ これにか~ (3, 0.0%)

1 くる, はらじ, はり一年

▼ これにさえ~ (3, 0.0%)

1 多く動かされ, 当らぬもの, 気がつかなかった

▼ これにと~ (3, 0.0%)

1 むるごとく, 乗りまわして, 思って

▼ これにとも~ (3, 0.0%)

1 なつて, なひたりしかど, なふごとく新しき

▼ これにや~ (3, 0.0%)

1 一座も, 皆驚いた, 私も

▼ これのみと~ (3, 0.0%)

2 頼りに 1 いわんが

▼ これのみにては~ (3, 0.0%)

2 なほ我地位を 1 お慰みが

▼ これはかの~ (3, 0.0%)

1 フランスの, 斬りこみ直後, 独逸派を

▼ これはから~ (3, 0.0%)

1 かみの, だが, だの

▼ これはけ~ (3, 0.0%)

2 しからぬ 1 しからぬと

▼ これはず~ (3, 0.0%)

3 ゐぶん

▼ これはといふ~ (3, 0.0%)

1 句は, 材料が, 變化も

▼ これはなはだ~ (3, 0.0%)

1 企望すべき, 奇たり, 奇なりと

▼ これはやく~ (3, 0.0%)

1 いえ, 歩け, 背の

▼ こればかりはと~ (3, 0.0%)

1 思って, 思つた, 書いて

▼ こればかりも~ (3, 0.0%)

1 弱味を, 捗ったこと, 見せぬ元禄時代

▼ これほんとう~ (3, 0.0%)

1 にあなた, に四千両, のこと

▼ これぼっち~ (3, 0.0%)

1 も匂わした, も疑い, も驕った

▼ これまでのは~ (3, 0.0%)

1 渡りものの, 町内の, 短うて

▼ これもかの~ (3, 0.0%)

2 典禮問題に 1 悪魔の

▼ これもち~ (3, 0.0%)

2 よつと 1 ょうどうまくからだにあいませんでした

▼ これやっ~ (3, 0.0%)

1 たりし, て居た, て見れ

▼ これわい~ (3, 0.0%)

21 さのせ

▼ これわいさ~ (3, 0.0%)

21 の取り

▼ これをしも~ (3, 0.0%)

1 お聞き届けいた, お芝居, 奪い去られたれば

▼ これをすら~ (3, 0.0%)

1 ただちに剣, 妻の, 無視し

▼ これをのみ~ (3, 0.0%)

1 請ふ, 追ひ求む, 黄生こころゆかであれ

▼ これを通して~ (3, 0.0%)

1 きらきらと, 一年有余の, 見て

▼ これエリパズ~ (3, 0.0%)

1 が天地闃, の抱ける, の語る

▼ これキリスト~ (3, 0.0%)

1 がヨハネ, の医術, 降世以前

▼ これツ切り~ (3, 0.0%)

1 かと思ふ, この座敷, だと

▼ これヤソ教~ (3, 0.0%)

1 にあらず, の妄信者, 各宗

▼ これ一心~ (3, 0.0%)

1 なりと申します, なるのみ, を賭し

▼ これ一生~ (3, 0.0%)

1 のうち, の永訣, の面目

▼ これ一行中~ (3, 0.0%)

1 のハイカラ也, の才子也, の蠻カラ

▼ これ一説~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ これ上げよう~ (3, 0.0%)

2 かな 1 かと云った

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 の天子, の宝, の小さき

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 と問われ, の真理, 我と倶

▼ これ仏性~ (3, 0.0%)

2 と問 1 なれば

▼ これ以上あなた~ (3, 0.0%)

1 とお話し, に忠告, を煩わす

▼ これ以上他~ (3, 0.0%)

2 に極めて 1 を廻る

▼ これ以上先~ (3, 0.0%)

1 きへ, へ行く, へ進める

▼ これ以上口~ (3, 0.0%)

1 がきけぬ, に出し, も利けなかつた

▼ これ以上彼女~ (3, 0.0%)

1 が後醍醐, の繊細, の跡

▼ これ以上水~ (3, 0.0%)

1 が上れなくなった, に乏しい, を呑まない

▼ これ以上無理~ (3, 0.0%)

1 に君, に話, をし

▼ これ以上複雑~ (3, 0.0%)

1 な又, な正月, に出来ぬ

▼ これ以上話~ (3, 0.0%)

1 をし, をしたくない, をする

▼ これ以上辛抱~ (3, 0.0%)

2 して 1 が出

▼ これ位の~ (3, 0.0%)

1 がいい, でなきあ, になる

▼ これ何と~ (3, 0.0%)

1 いうな, 云うこと, 判じたもの

▼ これ何時~ (3, 0.0%)

1 にい, までも生きてる, まで子供

▼ これ余輩~ (3, 0.0%)

1 が金満家, のかね, の現下

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 が訊く, にくれない, はな

▼ これ~ (3, 0.0%)

2 に悲哀 1 に僕

▼ これ全体~ (3, 0.0%)

1 でいくら, で何段歩位, の趣向

▼ これ卑しき~ (3, 0.0%)

2 心より 1 願ひなれ

▼ これ及び~ (3, 0.0%)

1 この後, その次, 以下四つの

▼ これ取っ~ (3, 0.0%)

2 てくれ 1 て置い

▼ これ取り~ (3, 0.0%)

2 も直さず 1 に行く

▼ これ基督~ (3, 0.0%)

1 の一唱, の理想的人物, を野

▼ これ~ (3, 0.0%)

3 が高い

▼ これ多助~ (3, 0.0%)

1 よ去年, 見る影, 誠に懐かしかっ

▼ これ天命~ (3, 0.0%)

1 とすべて, なりとしてあき, の帰

▼ これ天地~ (3, 0.0%)

1 もかかる, も眠る, を枕衾

▼ これ天子~ (3, 0.0%)

1 の洪福, の詔, より庶人

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 がよく, の妹, を宮

▼ これ女中~ (3, 0.0%)

1 お銚子, どうなされた, 嘸驚いたろう

▼ これ女房~ (3, 0.0%)

2 よと呼びかけ 1 がまた

▼ これ~ (3, 0.0%)

2 が俳諧 1 刻半

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 助お詫び, 助お詫事, 助殿

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 の娘さん, の鍵, は直ぐ

▼ これ屈竟~ (3, 0.0%)

1 と雌雄, のもの, の大男

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 が悪い, に咎, れの

▼ これ平和~ (3, 0.0%)

1 なきこの, なり, を好む

▼ これ彼等~ (3, 0.0%)

1 えらばれし時, にのみ恵まれたる, には時

▼ これ待て待て~ (3, 0.0%)

1 そう拝む, その駕籠, 悪い奴等

▼ これ従う~ (3, 0.0%)

1 という方, ばかばかしさ, より外

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 を専ら, 清きもの, 附けだよ

▼ これ必然~ (3, 0.0%)

1 である, という, なり

▼ これ思想~ (3, 0.0%)

1 の伴念, の判断, の調和

▼ これ恐らく~ (3, 0.0%)

1 大阪の, 或事情, 最初の

▼ これ我人~ (3, 0.0%)

2 を薫育 1 の理想

▼ これ我輩~ (3, 0.0%)

1 が年来, が榎本氏, の最も

▼ これ教育~ (3, 0.0%)

1 の力, の弊, の道

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 から言う, の千両箱, も同じ

▼ これ暖国~ (3, 0.0%)

3 にはなき

▼ これ有り候う~ (3, 0.0%)

1 は疑い, 事まことに, 事勿論

▼ これ有るべく~ (3, 0.0%)

1 候, 候に, 英吉利仏蘭西などの

▼ これ有るべく候え~ (3, 0.0%)

2 どもこれ 1 ども愚論

▼ これ有るまじく~ (3, 0.0%)

1 と存じ奉り, 候, 自然漂流の

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 より大極殿, 當の, 迷本悟の

▼ これ東京~ (3, 0.0%)

1 でこそ相手, よりの順路, 第一

▼ これ果たして~ (3, 0.0%)

1 いかなる道理, ヤソ教の, 星の

▼ これ此処~ (3, 0.0%)

1 にござる, に有る, を何処

▼ これ此様~ (3, 0.0%)

3 に四流

▼ これ~ (3, 0.0%)

2 して 1 せる孔明

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 に怪むべ, に敝家, に遺憾

▼ これ然るべき~ (3, 0.0%)

3 事と

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 にふさわしき, に対して罪, の御名

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 ほ寺内, 今の, 後天より

▼ これ申し~ (3, 0.0%)

1 ては私, 今宵の, 度くもありません

▼ これ直ちに~ (3, 0.0%)

1 新白丁, 農民という, 非人の

▼ これ真理~ (3, 0.0%)

1 であるから, にあらず, の濫用

▼ これ石川さん村岡さんお力~ (3, 0.0%)

3 の店

▼ これ社会~ (3, 0.0%)

1 に保守党, に擾乱, に於ける

▼ これ究竟~ (3, 0.0%)

1 とそれ, なもの, の隠

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 を飛ぼう, 無なるのみ, 飛ぶ鳥

▼ これ等一切~ (3, 0.0%)

1 の其の, の諸, を取りまく

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 と化した, をかせ, 聞きであって

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 からの, 劣亭思案外史である, 語相違に

▼ これ自己~ (3, 0.0%)

1 の保身, の天職, の意志

▼ これ著者~ (3, 0.0%)

1 がこの, の希望, の死に

▼ これ表面~ (3, 0.0%)

1 にはちやん, には詩, の観察

▼ これ覚え~ (3, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てます, てゐる

▼ これ~ (3, 0.0%)

2 がまされる 1 を直さん

▼ これ足らざる~ (3, 0.0%)

1 もののみ, 名古屋城下に, 有様である

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 においての大難, の無事, は損

▼ これ迄とは~ (3, 0.0%)

1 ちがったもの, ちがって, 全く違った

▼ これ迄よりも~ (3, 0.0%)

1 い, ずっと真面目, 兇悪な

▼ これ~ (3, 0.0%)

3 はすべし

▼ これ静か~ (3, 0.0%)

1 におし, にさっせ, に致せ

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 をあげい, を挙げ, を見ろ

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 に光る, の動く, の落ち葉

▼ これ風以外~ (3, 0.0%)

3 の何物

▼ これ飲ん~ (3, 0.0%)

1 でごらん, でみ, で寝なさい

▼ これ~ (3, 0.0%)

1 の支度, は幾頭, は豆

▼ これ駕籠~ (3, 0.0%)

1 へのらん, を戻せ, 止めい駕籠

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 ひどいなあ, 大事件

▼ これあいけねえ~ (2, 0.0%)

1 わあいけ, 土間が

▼ これあおめ~ (2, 0.0%)

1 えはっきり, え今

▼ これあたい~ (2, 0.0%)

1 のヒミツ, んちの

▼ これあたかも~ (2, 0.0%)

1 三百の, 黄河の

▼ これあながち~ (2, 0.0%)

1 その根拠, 彼らの

▼ これあり候わ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば皇国

▼ これいかにも~ (2, 0.0%)

1 殊勝千万の, 適当であります

▼ これいただい~ (2, 0.0%)

1 ていい, て帰っ

▼ これいっ~ (2, 0.0%)

1 て下, ぽんあれ

▼ これいまだ~ (2, 0.0%)

1 人を, 妖怪と

▼ これおの~ (2, 0.0%)

1 が國, が好物

▼ これおもしろき~ (2, 0.0%)

1 方法なり, 言なり

▼ これおれ~ (2, 0.0%)

1 の大小, はな人相

▼ これお前達~ (2, 0.0%)

1 は何, は隣室

▼ これお客様~ (2, 0.0%)

1 に失礼, に御

▼ これお母さん~ (2, 0.0%)

1 がねえさん, の髪

▼ これお父さん~ (2, 0.0%)

1 にあげ, を起こさない

▼ これかかる~ (2, 0.0%)

1 とかかの, 者を

▼ これかぎり~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 逢うこと

▼ これかなと~ (2, 0.0%)

1 思ったほど, 思ふ位

▼ これかり~ (2, 0.0%)

2 そめの

▼ これがち~ (2, 0.0%)

1 しや, やんと

▼ これがと~ (2, 0.0%)

1 めぐり合いの, 思ふほど

▼ これがな~ (2, 0.0%)

1 お前か, 腹に

▼ これがや~ (2, 0.0%)

1 はやに, まいでね

▼ これきり当分~ (2, 0.0%)

1 会えないこと, 舞う折

▼ これぎりで~ (2, 0.0%)

1 お貞, やめます

▼ これくらいで~ (2, 0.0%)

1 分ったよう, 割愛する

▼ これくらいとして~ (2, 0.0%)

1 お別れ, さて夫

▼ これくらいには~ (2, 0.0%)

1 やって来そう, 大せつ

▼ これくれ~ (2, 0.0%)

1 え働きゃ, え立派

▼ これぐらいしか~ (2, 0.0%)

1 ないの, 分らない

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 え, ものの

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 なひだ, 奴が

▼ これこうこう~ (2, 0.0%)

1 という話, と母親

▼ これこそはと~ (2, 0.0%)

1 思われる一つ, 意気込んで

▼ これこの世~ (2, 0.0%)

1 ならざる日, における最も

▼ これこれお前たち~ (2, 0.0%)

1 がいくら死, もせっかく

▼ これこれそれ~ (2, 0.0%)

1 で婚姻, はなんと

▼ これさえも~ (2, 0.0%)

1 不可欠の, 奈落へ

▼ これしずか~ (2, 0.0%)

1 に, にしろ

▼ これじゃろう~ (2, 0.0%)

1 ね, の

▼ これじゃァ~ (2, 0.0%)

1 ひっ込みが, 怪談会でなくっ

▼ これすぎぬ~ (2, 0.0%)

2 といふ少女

▼ これすこぶる~ (2, 0.0%)

1 奇なる, 支那で

▼ これすべて~ (2, 0.0%)

1 この執着, 只記憶

▼ これせめて~ (2, 0.0%)

1 ものぬれ, もの附元気

▼ これそち~ (2, 0.0%)

1 が今, は一体

▼ これそんだら~ (2, 0.0%)

2 何です

▼ これたれ~ (2, 0.0%)

1 か信ずべきや, の力

▼ これだけか~ (2, 0.0%)

1 何か, 物頭一同は

▼ これだけとして~ (2, 0.0%)

1 この波羅夷罪, さてその

▼ これだけまで~ (2, 0.0%)

1 ちがった生活, ひろく国内

▼ これだけも~ (2, 0.0%)

1 ない銅銭三枚, 一仕事で

▼ これだれ~ (2, 0.0%)

1 かおらぬ, が書いた

▼ これちと~ (2, 0.0%)

1 たしなまッ, 声を

▼ これつきり~ (2, 0.0%)

2

▼ これつとめた~ (2, 0.0%)

1 挙句やっと, 熱意の

▼ これであります~ (2, 0.0%)

1 とどんな, と言う

▼ これでか~ (2, 0.0%)

1 いやもう少し, ぶとを

▼ これでし~ (2, 0.0%)

1 くじつたが, まひである

▼ これでしまい~ (2, 0.0%)

1 か, と決め

▼ これでしまいな~ (2, 0.0%)

1 のか, ので

▼ これでもかといった~ (2, 0.0%)

1 風で, 風に

▼ これでもと~ (2, 0.0%)

1 思う状, 申しては

▼ これでよう~ (2, 0.0%)

1 ござりまする, ごすか

▼ これでん~ (2, 0.0%)

1 ねんと出した, ねんと差し出した

▼ これといふほどの~ (2, 0.0%)

1 ラヴ・アツフエアを, 夢も

▼ これとうてい~ (2, 0.0%)

1 後三年の, 関雲長に

▼ これとか~ (2, 0.0%)

1 あれとか, たりて

▼ これとかれ~ (2, 0.0%)

1 とつとめて, と互に

▼ これとそ~ (2, 0.0%)

2 つくり同じ

▼ これとてもやはり~ (2, 0.0%)

1 せねば, 伝説化せられた

▼ これとてもよく~ (2, 0.0%)

1 わかる, 見れば

▼ これとても一向~ (2, 0.0%)

1 封建的師弟関係のせゐ, 珍らしく

▼ これとり~ (2, 0.0%)

1 もなほさず, も直さず

▼ これどんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, 気が

▼ これなどが~ (2, 0.0%)

1 ハケという, 本当の

▼ これならやれる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, と思う

▼ これなら返り~ (2, 0.0%)

2 血を

▼ これなりけり~ (2, 0.0%)

1 と心, と思ひ得たる

▼ これなる判じ~ (2, 0.0%)

1 文でも, 文を

▼ これなんかも~ (2, 0.0%)

1 変じゃ, 着想は

▼ これなんさき~ (2, 0.0%)

2 に白き

▼ これなんぞ~ (2, 0.0%)

1 決して奢り, 随分きれい

▼ これにあたり~ (2, 0.0%)

1 以て, 逐次警察

▼ これにすら~ (2, 0.0%)

1 悲しさ, 私の

▼ これにだけは~ (2, 0.0%)

1 手を, 門前町の

▼ これにつけ~ (2, 0.0%)

1 かれに, 加へて

▼ これにでも~ (2, 0.0%)

1 して, 巻いて

▼ これにばかりは~ (2, 0.0%)

1 叱言, 露の

▼ これにるゐする~ (2, 0.0%)

2 事あり

▼ これに対するという~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ これに関し~ (2, 0.0%)

1 異議を, 述べたところ

▼ これに関しても~ (2, 0.0%)

1 また西園寺家, 何かの

▼ これのみによって~ (2, 0.0%)

1 活きる事, 錯簡の

▼ これのみはと~ (2, 0.0%)

1 半夜の, 思ひきや

▼ これはかわ~ (2, 0.0%)

1 うそと, 女房だ

▼ これはとばかりに~ (2, 0.0%)

1 オッたまげた, 若者は

▼ これはは~ (2, 0.0%)

1 したある, ァ御先生様

▼ これはみ~ (2, 0.0%)

1 かわの隣, の吉さん感心

▼ これはやき~ (2, 0.0%)

2 もち半分の

▼ これはよう~ (2, 0.0%)

1 おこしやす, 云われました

▼ これはわ~ (2, 0.0%)

1 ざっとお, ざわざてまえをお名ざし

▼ こればかし~ (2, 0.0%)

1 な財産, 動いて

▼ こればかしも~ (2, 0.0%)

1 きかずいやらしい, 感じられない

▼ こればかりしか~ (2, 0.0%)

1 はいらないよう, もらわなかった

▼ こればっかりの~ (2, 0.0%)

1 窓硝子なんか, 隠身術

▼ これぱし~ (2, 0.0%)

1 の工事, の改修

▼ これひとつ~ (2, 0.0%)

1 さ, には自叙伝

▼ これふん~ (2, 0.0%)

1 とに不思議, とに奇異

▼ これへで~ (2, 0.0%)

1 ませいッ, よろしい

▼ これほどじゃ~ (2, 0.0%)

1 あるめ, なかった

▼ これほどのは~ (2, 0.0%)

1 ないでございます, 滅多に

▼ これほどまでには~ (2, 0.0%)

1 効果的でなかったでしょう, 効果的でなかつた

▼ これほど迄~ (2, 0.0%)

2 愛して

▼ これまあ~ (2, 0.0%)

1 玉の, 真さんお前は

▼ これまったく~ (2, 0.0%)

1 の未定稿也, 良能の

▼ これまでからも~ (2, 0.0%)

1 祈祷に, 私の

▼ これまでじゃ~ (2, 0.0%)

1 お家に, さあスッパリ

▼ これまでぞ~ (2, 0.0%)

1 死に恥じさらすな, 雑兵ばら討つ

▼ これまでという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 時には

▼ これまでとして~ (2, 0.0%)

1 二人は, 其方は

▼ これまでにだって~ (2, 0.0%)

1 いくらも, 再三逃げ出した

▼ これまでのが~ (2, 0.0%)

1 かかりすぎて, 全部で

▼ これまでや~ (2, 0.0%)

1 つて來た, つて来た

▼ これまでを~ (2, 0.0%)

1 つた處でございます, 前三国志

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 て, てくれ

▼ これみな人為~ (2, 0.0%)

1 に出でたる, の加害

▼ これみな余~ (2, 0.0%)

1 がいわゆる, のいわゆる

▼ これみな必然~ (2, 0.0%)

1 といわざるべからず, なりという

▼ これもけ~ (2, 0.0%)

1 しかるわ, しかるわざ

▼ これもって~ (2, 0.0%)

1 その性情, 精魂塚塔中に

▼ これもっと~ (2, 0.0%)

1 此方へ, 違ったお金

▼ これもな~ (2, 0.0%)

1 おまじないの, 直写し

▼ これもに~ (2, 0.0%)

1 こ, ちぇうぉ

▼ これもの~ (2, 0.0%)

1 も積, 猟犬を

▼ これもは~ (2, 0.0%)

1 アそういう, 殆ど仕立

▼ これもよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, せったって

▼ これもを~ (2, 0.0%)

1 かしな, はりの

▼ これゃア~ (2, 0.0%)

1 いよいよもっ, えらいやつ

▼ これややもすれば~ (2, 0.0%)

1 樹枝に, 自己を

▼ これゆゑ~ (2, 0.0%)

2 に雪

▼ これよりか~ (2, 0.0%)

1 この間の, 悪戯を

▼ これわが国~ (2, 0.0%)

1 において一, に天狗談

▼ これわれわれ日本民族~ (2, 0.0%)

2 の現実

▼ これをかも~ (2, 0.0%)

2 長々し

▼ これをなあ~ (2, 0.0%)

1 お子供衆, 西洋人が

▼ これをの~ (2, 0.0%)

2 するほどに

▼ これをのが~ (2, 0.0%)

1 るる唯一, るる法

▼ これを以てかの~ (2, 0.0%)

1 報酬を, 長風

▼ これァ大~ (2, 0.0%)

1 事件だ, 失態だ

▼ これアイルランド~ (2, 0.0%)

1 の実景, の首府

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 打てねえ奴, 本当に何

▼ これコックリ~ (2, 0.0%)

1 と同一, の原因

▼ これダンテ~ (2, 0.0%)

1 がかの, の理想

▼ これッ切り~ (2, 0.0%)

1 最う会えない, 来られねえもん

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 ぽつちだ, ぽツちの金

▼ これ一個~ (2, 0.0%)

1 の名優, の貿易国

▼ これ一尾~ (2, 0.0%)

2 で一かん

▼ これ一幅~ (2, 0.0%)

1 の唐山水, の大

▼ これ一度~ (2, 0.0%)

1 だけのよう, と言う

▼ これ一片~ (2, 0.0%)

1 の汗, の逸話

▼ これ一箇~ (2, 0.0%)

1 しか今, だけでも時価百五十万円

▼ これ一羽~ (2, 0.0%)

1 しかいない, になっ

▼ これ一色~ (2, 0.0%)

1 でも会席, で杉

▼ これ一重~ (2, 0.0%)

1 に平生ピート一等兵, に文華土地会社

▼ これ七八百年前~ (2, 0.0%)

2 より正月十五日

▼ これ三郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 おぬ, おぼえたか

▼ これ上古~ (2, 0.0%)

1 の二国, の正式

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 から着なおさなく, 裳なるべし

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 信仰者および, 解の

▼ これ不吉~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ これ不思議~ (2, 0.0%)

1 では, というほか

▼ これ世界中~ (2, 0.0%)

1 において南北, 第一

▼ これ世間~ (2, 0.0%)

1 に多く, の善

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 二, 二おれは

▼ これ中野逍遙~ (2, 0.0%)

2 が秋怨十絶

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に馬, 殺しに

▼ これ主観的美~ (2, 0.0%)

1 の行, の行われたる

▼ これ久しゅう~ (2, 0.0%)

1 した, したと

▼ これ乱暴~ (2, 0.0%)

1 な, なこと

▼ これ予期意向~ (2, 0.0%)

2 を促す

▼ これ二つ~ (2, 0.0%)

1 ずつ下さいません, で煮炊き

▼ これ二三百~ (2, 0.0%)

2 もつくらんなら

▼ これ二人~ (2, 0.0%)

1 には例, の者たち

▼ これ二反~ (2, 0.0%)

1 はあと, 借って

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 濁悪

▼ これ亭主~ (2, 0.0%)

1 の希望, は居る

▼ これ人口~ (2, 0.0%)

2 に膾炙

▼ これ人形~ (2, 0.0%)

1 の手袋, ははい

▼ これ人生~ (2, 0.0%)

1 の根柢, を無意味

▼ これ人違い~ (2, 0.0%)

1 にも事, を致す

▼ これ人類活力~ (2, 0.0%)

2 の一現象

▼ これ他生の縁~ (2, 0.0%)

1 ぞかし, です

▼ これ以上あたし~ (2, 0.0%)

1 が重荷, のそば

▼ これ以上いっしょ~ (2, 0.0%)

1 におります, にやっ

▼ これ以上わし~ (2, 0.0%)

1 の教える, を拷問

▼ これ以上不幸~ (2, 0.0%)

1 にしない, にする

▼ これ以上事~ (2, 0.0%)

1 を荒立てない, を荒立てる

▼ これ以上人~ (2, 0.0%)

1 と会い, を知っ

▼ これ以上便利~ (2, 0.0%)

1 で有益, で贅沢

▼ これ以上具体的~ (2, 0.0%)

1 に述べられない, の話

▼ これ以上博士~ (2, 0.0%)

1 をときふせる, を動かす

▼ これ以上問~ (2, 0.0%)

1 ひ詰めたら何, ひ詰めても

▼ これ以上平次~ (2, 0.0%)

2 に頼む

▼ これ以上幸福~ (2, 0.0%)

1 な存在, になれる

▼ これ以上後~ (2, 0.0%)

1 にさがれない, は向かれない

▼ これ以上怺~ (2, 0.0%)

1 えかねて, えきれないという

▼ これ以上接近~ (2, 0.0%)

2 しては

▼ これ以上日本~ (2, 0.0%)

1 に帰る, の劍道

▼ これ以上期待~ (2, 0.0%)

1 すること, 出来ないこと

▼ これ以上歩合~ (2, 0.0%)

2 を上せ

▼ これ以上無意味~ (2, 0.0%)

1 な行為, に浪費

▼ これ以上理窟~ (2, 0.0%)

1 も云いたくなかった, を云つて

▼ これ以上登場~ (2, 0.0%)

2 させたくない

▼ これ以上自然~ (2, 0.0%)

1 な径路, にやれまい

▼ これ以上誰~ (2, 0.0%)

2 が見

▼ これ以上軍部~ (2, 0.0%)

2 が無理押し

▼ これ以上迷惑~ (2, 0.0%)

1 かけちゃ, をかけられる

▼ これ以上追求~ (2, 0.0%)

1 したくないと, は止そう

▼ これ以上追究~ (2, 0.0%)

1 する興味, の仕

▼ これ以上間~ (2, 0.0%)

1 に入る, をおかず

▼ これ以來~ (2, 0.0%)

1 始めて, 少しくその

▼ これ以来私~ (2, 0.0%)

1 は別段, は色盲

▼ これ位たより~ (2, 0.0%)

2 ない芸術

▼ これ位困難~ (2, 0.0%)

1 しい探偵事件, なこと

▼ これ位芽出度~ (2, 0.0%)

2 い事

▼ これ何故~ (2, 0.0%)

1 ぞや, ぞ外交

▼ これ保ち~ (2, 0.0%)

1 得がたき度量, 得難き度量

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 へに仏神, へに和主

▼ これ偏に~ (2, 0.0%)

1 お得意, 国土の

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に上げる, のキャラメル

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 の責任, やこなた

▼ これ先生さア~ (2, 0.0%)

2 に見せ

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 き言, 人類覚醒すべき

▼ これ冗談~ (2, 0.0%)

1 に聞きなさん, はあと

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 が近い, の雪中一ツ

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ これ切支丹~ (2, 0.0%)

1 の煙草唖妣烟, の魔術

▼ これ利休~ (2, 0.0%)

1 が職分, の茶道

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 の修身, の子供

▼ これ勝伯~ (2, 0.0%)

1 が一身, の当時

▼ これ北斎~ (2, 0.0%)

1 の富士百景及富士三十六景, をし

▼ これ区別~ (2, 0.0%)

1 の一, の二

▼ これ医者~ (2, 0.0%)

1 ならば, を呼び

▼ これ千代~ (2, 0.0%)

1 や, 其の方

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 治手前は, 治聞け

▼ これ古人~ (2, 0.0%)

1 が日熱, の遺物

▼ これ只一~ (2, 0.0%)

1 の解釈たる, の解釋たる

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 わが家の, 藩て

▼ これ同じ~ (2, 0.0%)

1 かるべし, 事と

▼ これ同じく~ (2, 0.0%)

1 するところ, 社会に

▼ これ名利~ (2, 0.0%)

1 の学問, を専ら

▼ これ吹い~ (2, 0.0%)

1 てみよ, て見よ

▼ これ吾輩~ (2, 0.0%)

1 のいまだ, のここ

▼ これ味方~ (2, 0.0%)

1 にとっては大, の為

▼ これ商人~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, の女

▼ これ商売~ (2, 0.0%)

1 かな, ではねえ

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 なるか, はその

▼ これ喋る~ (2, 0.0%)

2 こと喋る

▼ これ国民~ (2, 0.0%)

1 としてこの, の思う

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 あるいは木脂, は水

▼ これ土生金~ (2, 0.0%)

1 なり, の理

▼ これ在る~ (2, 0.0%)

1 に於, 事を

▼ これ地上~ (2, 0.0%)

1 に起れる, のもの

▼ これ坊主三味せん~ (2, 0.0%)

1 も, をひけ

▼ これ堪忍~ (2, 0.0%)

1 して, ならぬところ

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 の絵

▼ これ夏秋~ (2, 0.0%)

2 の遊杖

▼ これ外見~ (2, 0.0%)

1 のドラマ, を飾る

▼ これ大いなる~ (2, 0.0%)

1 師なりと, 願ひ

▼ これ大熊~ (2, 0.0%)

1 の雄, の雌瀧也

▼ これ天下大勢~ (2, 0.0%)

2 のしからし

▼ これ天意~ (2, 0.0%)

1 であり人生, の成れる

▼ これ女子~ (2, 0.0%)

1 の男子, の貞操喪失

▼ これ好日~ (2, 0.0%)

1 だ, の生涯

▼ これ如何~ (2, 0.0%)

1 ですこれ如何, ですと

▼ これ如何に~ (2, 0.0%)

1 である, 其の方

▼ これ妃そ~ (2, 0.0%)

2 なたは

▼ これ妙法~ (2, 0.0%)

1 の死, の生

▼ これ娘お前~ (2, 0.0%)

1 は本気, 泣かずに

▼ これ孝助~ (2, 0.0%)

1 お詫, 一旦主従

▼ これ学人~ (2, 0.0%)

2 の自己

▼ これ学問~ (2, 0.0%)

1 の何たる, を独立

▼ これ学者~ (2, 0.0%)

1 の任務, の身

▼ これ定命~ (2, 0.0%)

2 で厶

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 彌控え, 彌止める

▼ これ尊王~ (2, 0.0%)

1 の大義, の犧牲

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 文枝の, 高原とも

▼ これ少々~ (2, 0.0%)

1 コハイみたいな, 旧い

▼ これ屋根普請~ (2, 0.0%)

2 の勧化

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 か, 之助

▼ これ山村~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ これ左義長~ (2, 0.0%)

2 とて昔

▼ これ已に~ (2, 0.0%)

1 涅槃を, 至福况んや

▼ これ市井~ (2, 0.0%)

1 の間漢, の隠

▼ これ幻想~ (2, 0.0%)

2 に非ら

▼ これ幽霊~ (2, 0.0%)

2 に相違

▼ これ強制~ (2, 0.0%)

1 する根性, に服する

▼ これ当世~ (2, 0.0%)

1 の腰巻, の若い

▼ これ彼ら~ (2, 0.0%)

1 が鎖国, の徒

▼ これ待て~ (2, 0.0%)

1 ここに, ッ

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 なる災い, へ退る

▼ これ後生~ (2, 0.0%)

1 じゃ頼む, だから

▼ これ徒労~ (2, 0.0%)

1 なれば, の心

▼ これ従来~ (2, 0.0%)

1 の大, の小僧制度

▼ これ徳川氏~ (2, 0.0%)

1 の基礎, の天下二六〇余年

▼ これ思う~ (2, 0.0%)

1 と何, に昼

▼ これ怪我~ (2, 0.0%)

1 つちや, を致す

▼ これ怪異~ (2, 0.0%)

1 なり, のなす業

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 なり, の最も

▼ これ恐れ~ (2, 0.0%)

1 をおこさし, 常に戦々兢々

▼ これ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 意味における

▼ これ悪戯~ (2, 0.0%)

1 しちゃ, をするでない

▼ これ悲しむべし~ (2, 0.0%)

2 人は

▼ これ意志~ (2, 0.0%)

1 の目的, の薄弱者

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 の笞, の鞭

▼ これ慈悲忍辱~ (2, 0.0%)

2 の士君子

▼ これ我ら~ (2, 0.0%)

1 が宿昔, の大

▼ これ我等~ (2, 0.0%)

1 がため, に前

▼ これ我邦~ (2, 0.0%)

1 のため, の特有物

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に夕, 折り

▼ これ拙者~ (2, 0.0%)

2 ばかりでなく

▼ これ摂理~ (2, 0.0%)

2 である

▼ これ政教混同~ (2, 0.0%)

1 の主義, の主義一変

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 である, 工藝美より

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 て北寿一人, て博士

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 が人, に糧

▼ これ方術~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ これ明日~ (2, 0.0%)

1 はあれ, まで読ん

▼ これ明智さん~ (2, 0.0%)

1 という, どうした

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ これ昨夜~ (2, 0.0%)

1 からし, を長谷

▼ これ暗中~ (2, 0.0%)

1 にその, に処する

▼ これ書い~ (2, 0.0%)

1 て來, て来ました

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 普通の, 末の

▼ これ最上~ (2, 0.0%)

1 のかつ, の孝

▼ これ最大~ (2, 0.0%)

1 の下策, の自己中心

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に非, の如く

▼ これ有りし~ (2, 0.0%)

1 天一坊殿の, 末御園中の

▼ これ有れ~ (2, 0.0%)

1 ども伺, ども払い

▼ これ有名~ (2, 0.0%)

1 なるみな, なる秦淮

▼ これ本校~ (2, 0.0%)

1 が独語, の世好

▼ これ本物~ (2, 0.0%)

1 だろうね, の髪

▼ これ楽しんだ~ (2, 0.0%)

2 糟だ

▼ これ権理~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ これ欧洲~ (2, 0.0%)

2 新思想

▼ これ正直~ (2, 0.0%)

1 に云え, に教え

▼ これ武士~ (2, 0.0%)

1 の小, の第一義

▼ これ歴史上~ (2, 0.0%)

1 の一大事実, の事実

▼ これ永遠~ (2, 0.0%)

1 にわたりて最も, の宮殿

▼ これ汝ら~ (2, 0.0%)

1 が屡, 覚えて

▼ これ泣く~ (2, 0.0%)

1 な泣いた, な泣く

▼ これ注意~ (2, 0.0%)

1 すべき点, すべき第

▼ これ浮気~ (2, 0.0%)

1 なもの, の特権

▼ これ消極~ (2, 0.0%)

1 の法, もまた

▼ これ深く~ (2, 0.0%)

1 天下の, 注意すべき

▼ これ漸く~ (2, 0.0%)

1 に覚醒, に覺

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 の兒, 満ちて

▼ これ無くし~ (2, 0.0%)

2 て已

▼ これ無責任~ (2, 0.0%)

2 の言語

▼ これ然し~ (2, 0.0%)

2 怪むべ

▼ これ然しながら~ (2, 0.0%)

1 不肖私の, 藩閥政府打破の

▼ これ父母~ (2, 0.0%)

1 に享, に孝

▼ これ特に~ (2, 0.0%)

1 注意すべき, 賤民として

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 り山水烟霞, り著者

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 朝廷の, 証なり

▼ これ理論~ (2, 0.0%)

1 なりしかれども, にあらずし

▼ これ生き~ (2, 0.0%)

2 ても塔

▼ これ生きた~ (2, 0.0%)

1 教員の, 教育の

▼ これ生命~ (2, 0.0%)

1 が無い, を粗末

▼ これ用意~ (2, 0.0%)

1 して, の駕籠

▼ これ由利~ (2, 0.0%)

2

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に卵, の面体

▼ これ画家~ (2, 0.0%)

2 の罪

▼ これ畢竟いまだ~ (2, 0.0%)

1 有形無形の, 霊魂の

▼ これ當時~ (2, 0.0%)

1 の予, 好一對

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 え米, すべし

▼ これ百万~ (2, 0.0%)

1 の妖鯨濤, の援兵

▼ これ百人長~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ これ皆雪~ (2, 0.0%)

2 に潰ざる

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 を掛け, を開き

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 諛なる

▼ これ真正~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の勇気

▼ これ石花菜~ (2, 0.0%)

2 を売なら

▼ これ立派~ (2, 0.0%)

1 なる探偵小説, な反逆

▼ これ等三つ~ (2, 0.0%)

1 の位置, の害虫

▼ これ等無数~ (2, 0.0%)

2 に立ち並ん

▼ これ粂之助~ (2, 0.0%)

1 ちょっと此処, ま此

▼ これ粗末~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ これ素より~ (2, 0.0%)

1 仇なる, 誠意に

▼ これ絞る~ (2, 0.0%)

2

▼ これ絶美~ (2, 0.0%)

1 なる獅身女頭獣, なる獅身女頭獸

▼ これ縁起~ (2, 0.0%)

2 の理

▼ これ縛る~ (2, 0.0%)

1 となる, 星の

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 の別種, は死

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 しかあ, とし

▼ これ美人~ (2, 0.0%)

1 と云う, のよう

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 に似, を無

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 人気を, 齡の

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 とはこういう, の人

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 したな, れたか

▼ これ自ら~ (2, 0.0%)

1 勝たれん, 欺き人

▼ これ芭蕉~ (2, 0.0%)

1 が蕪村, の句

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, をあはれ

▼ これ苟め~ (2, 0.0%)

1 にも天下, にも旅籠

▼ これ英国~ (2, 0.0%)

1 で竜, より取寄せられたる

▼ これ菩薩~ (2, 0.0%)

1 の本願, 入不二法門

▼ これ落さん~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ これ~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ これ藤助~ (2, 0.0%)

1 その天水桶, 其の方

▼ これ衆人~ (2, 0.0%)

2 の力相

▼ これ裸男~ (2, 0.0%)

1 が唱, が自製

▼ これ見い~ (2, 0.0%)

1 猿めが, 高時も

▼ これ見てくれ~ (2, 0.0%)

1 と, とみんな

▼ これ見ねえ~ (2, 0.0%)

1 ここは, この通り

▼ これ親分~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ これ觸手~ (2, 0.0%)

2 ある大

▼ これ言う~ (2, 0.0%)

1 ものは, 必要も

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 りの, り買って

▼ これ詩題~ (2, 0.0%)

1 のいよ, の長き

▼ これ誤解~ (2, 0.0%)

1 でなくし, なり

▼ これ読む~ (2, 0.0%)

1 といい, のかいと

▼ これ貧賤~ (2, 0.0%)

2 の報

▼ これ貴女~ (2, 0.0%)

1 に生命, の花輪

▼ これ貴方~ (2, 0.0%)

1 の, の洋服

▼ これ貴様たち~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ これ貸し~ (2, 0.0%)

1 てあげませう, てや

▼ これ赤城~ (2, 0.0%)

1 の眞相, の裏手

▼ これ赤道~ (2, 0.0%)

1 の近き, の近づきたる

▼ これ足りない~ (2, 0.0%)

1 のであらう, ように

▼ これ迷っ~ (2, 0.0%)

1 たりなんぞもしません, ていた

▼ これ迷信~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, より起こり

▼ これ運命~ (2, 0.0%)

1 の告ぐる, の手

▼ これ適中~ (2, 0.0%)

2 せる卜筮談

▼ これ酉刻~ (2, 0.0%)

1 じゃ, 近い刻限

▼ これ釈迦~ (2, 0.0%)

1 のその, の本意

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 我説より, 藏が

▼ これ鎌倉~ (2, 0.0%)

1 こそは源氏, の衆目

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 である, なるべし力

▼ これ限り断念~ (2, 0.0%)

2 して

▼ これ限り歸~ (2, 0.0%)

2 りまするからは

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 あらば, のごとく見せかけ

▼ これ隠す~ (2, 0.0%)

1 とそち, な

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 なのねと, ねと言

▼ これ雪国~ (2, 0.0%)

2 に一ツ

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 やどう, よ汝

▼ これ食っ~ (2, 0.0%)

1 て早く, て行きなせ

▼ これ駄目~ (2, 0.0%)

1 だ, でしょ

▼ これ~ (2, 0.0%)

1 という, なり山野

▼1* [3745件]

これぁお前金貨, これぁずっとさかのぼって備中青江鍛冶ではない, これぁどうもひどく述懐, これぁどうも変なこった, これぁどうも己にゃまるで, これぁどうも当り前じゃねえと, これぁどうも恐れいりやした, これぁなかなか気持のいい, これぁアラダイスだろう, これぁイミないです, これぁ不可ん, これぁ便利な入江, これぁ大して, これぁ己だけのこと, これぁ平水夫にし, これぁ指針だよ, これぁ立派な暗, これぁ縁起がよく, これぁ自然じゃあねえ, これぁ船乗の服, これぁ辞職や切腹, これぁ駄目だと, これああちゃんと幸坊, これあいま来たばかり, これあえて鬼神の, これあお孃さんに, これあお主ぢやつたわい, これあくまで君を, これあけてみい, これあげませうおあがんなさい, これあずかって下さんない, これあそこへ持っ, これあたいたちの工場, これあたし達が前, これあったとアクソン, これあつて初めて, これあてにゆずっとく, これあてつきり悪魔の, これあなたこれに違い, これあばれるな, これあへえ諍えねえ, これあまた青紫斑を, これあまたどうしたと, これあまアおめずらしいところ, これあもう天地神明に, これあらかたひとりで, これあらず皆西域より, これありしといへども, これありしむすめ実に, これありそうろう条そうそう, これありたるごとくに装い, これありとてなんぞあえて, これありともそは一箇人, これありましたればなにとぞ, これあり似より下手人, これあり候いしももと, これあり縋るとて扇子, これあり頼まれました義理かたがたちょい, これあるは守武に, これあるべからざる事, これあるべく思し召され候, これあるべしとは山陽, これあるまじき事, これあんたあんたも衣もの, これあんまり嬲るもの, これあ何だええと, これあ御挨拶でございます, これいいかげんで, これいえばまあ, これいかで金之介方に, これいかんとなれ, これいくつ買った, これいささかよそと, これいずこの国, これいたずらに死物を, これいちばんいい, これいったいどういうこと, これいったん家を, これいっち好いの, これいつか話したあたし, これいつかあなたにいただいた, これいつもの, これいつ誰が払う, これいと愛悲し, これいはゆる矮小, これいま来ましたのよ, これいよいよ女には, これいらいは老, これいらんの, これいろは引節用集の権輿也, これへお前, これうちの井戸, これうっかり触って, これうらぶれか春, これえお焼物が, これおおかたの定め, これおかあさんにあげ, これおこの, これおじさまの仕業, これおじさんのを借りた, これおすかし島原の, これおそらく出羽の, これおっかさんの髪, これおっしゃらない方が, これおとうさんの御, これおとなしくしや, これおどかしちゃア, これおのおのその本元, これおばあちゃ, これおばさんとこの, これおばさんのでなくて, これおまえ一人で考え, これおみやげよ, これおもろいな, これおよろしかつたら, これおらの国, これおれたちの兄弟分, これおわびしないか, これお供の衆, これお前亀さん亀さんツたらお前, これお前様心得違えを, これお婆さんの大きな, これお待ちなさい, これお爺さん何をそんなに, これお答えせぬか, これお茶をよ, これお迎えの軍卒, これお金じゃなく, これかいなこれは古い, これかうと手, これかか様士の, これかかれかと問い, これかがもはや許されぬ, これかしこにては人, これかしこいでしょう, これかしらなどと栄さんと, これかちどちらへ, これかてキュウキュウ云うてる, これかという情けなさ, これかなアシュワルツコッフ博士という, これかなあと朧ろげながら, これかならずしも誰にも, これかぶらはると飛んだ, これかへの考えかたは, これかみがたの, これかりにも武士, これかわいいやさしい金の, これかを指の, これがてうどよい, これがなんぞの罪科に, これがに偽物とでも, これがねえ旦那え, これがのし負けて, これがはぢめて, これがもゆる子, これがよささうですよ, これがらつきようの花, これがら出掛げて峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜, これがら町さ行っ, これがわあッと, これがをりふしガンジェ, これがんりき貴様も忍び, これがネ一月や, これきいて, これきしリボンもつて, これきつとわれわれ, これきのうならいました, これきみの部屋, これきみたちの探偵団, これきよやあれ, これきりあなたをよこし, これきりあなた達と別れ, これきりおうかがいもできません, これきりお金も食べる, これきり一切口にしない, これきり仙台に来られ, これきり会ふことも, これきり何も話, これきり原隊に帰らない, これきり家へ入れない, これきり彼はどこ, これきり彼女たちは旅立っ, これきり未来まで逢えなかろう, これきり疎遠にいたします, これきり親でもない, これきり選挙に出る, これきり鎮静すると, これきり鑿を手, これきり髯のぢいさま, これぎりお忘れ下さいまし, これぎりかなんと思っ, これぎりかいと聞くと, これぎりかもしれなくてよすぐわからなくなる, これぎりご免蒙るよ, これぎりじゃによってそう心得て, これぎりじゃ僕は貴女, これぎりでお戻りになりませぬ, これぎりでその娘さんの話, これぎりでたくさんだと締切った口元, これぎりではないかと思うの, これぎりでよござんすからどうか二三節, これぎりで一足ずつ出, これぎりで店をしまおう, これぎりで当分は別れ別れ, これぎりで発展せずに, これぎりで貴方も, これぎりと打ちだしたとき, これぎりとする大木や大石, これぎりと果太鼓とともに御簾, これぎりなら夏らしくも, これぎりにしてそろそろ帰ろうじゃ, これぎりにするかその返事次第, これぎりになっては大変だと, これぎりになるなんて僕はたまらない, これぎりになるものとしてご機嫌よう, これぎりもうないものと思え, これぎりやめにしてさらに新, これぎり世の中へ顔, これぎり何にも云わなかった, これぎり余は学校, これぎり兄を見る, これぎり声の出ない, これぎり実家へ帰っ, これぎり手紙のやり取り, これぎり死神をだしぬく, これぎり浮世の望み, これぎり舞台と別れる, これぎり親たちの国, これくいて, これくださつたの, これくらいでもういいだろう, これくらいのでなきゃあ, これぐらいって相場を, これぐらいでも結構綺麗, これぐらいにでも打ち解けて, これぐらゐで投げ出して, これぐらゐでたくさんだと思つて威勢よく書きまくつた, これぐらゐで沢山である, これぐらゐなところで吉日を選ばなけれ, これぐらゐに捌けねば, これぐらゐにいけば一日に純益千五百ぐらゐあり, これぐらゐにとどめて置くとして, これぐらゐのことで数学を引合, これぐらゐのことに数学など微塵, これぐらゐのことはなんでもないと案外芝居, これぐらゐのところでも意外に新しい, これぐらゐの道理がお, これぐらゐの間の半音, これぐらゐわたしの心を永い, これぐらゐ下手だと, これぐらゐ不手際のとり方, これぐらゐ好きなくせ, これぐらゐ美事に自分, これぐらゐ胸のすく, これぐれえのところ, これけしからぬ, これこいつらをふん縛れ, これこえが高い, これこそかの浅瀬の, これこそというものは, これこちらの奥さん, これこっちへ顔, これこの間撮ったん, これこれあなたこれに違い, これこれいつまでもそんな, これこれいつ誰が払う, これこれおまえはいったい, これこれお前は今, これこれこれお前は今, これこれこれこれお前は今, これこれこれよせと云う, これこれそなたは, これこれよせと云う, これこれ三代目はしかじ, これこれ人が見るだ, これこれ倒産しこれこれ, これこれ坊主三味せんをひけ, これこれ女そこの硯筥, これこれ平家蟹とは, これこれ広告がこれこれ, これこれ我々はこれこれ, これこれ斯様の人間, これこれ明智さんどうした, これこれ時刻はちと, これこれ永居は平, これこれ浦島どん浦島太郎どんわしはなきのふ, これこれ約束とは対等, これこれ茂助よ, これこれ親分さんもいらっしゃる, これこれ金が要る, これこんなにまざまざ眼先に, これれであること, これごろん棒, これごろうじませ抜けましたるベルト, これごろうじろこの紅葉, これご覧下さりませ, これさいわいすたこらここへ, これさえが駄目に, これさかりのみやこ, これさっきは瓔珞, これさわいでいる, これさ一個産神様へ届け, これさ人のいう, これさ島君驚いたか, これざっと三千両ばかりの, これしかじか, これしかと返事を, これした芸人が, これしたがい左へ, これしたがうこの子, これしょうねえ, これしようかと一人, これじっかり楽な, これじっとして, これじゃといわぬばかりに, これじゃといういい伝え, これじゃろが, これすぐ持って, これすこぶる漠然として, これすすぎを早う, これすっかり読んで, これすべて一億に近い, これすべて不合理不健全な男女, これすべて色彩の祕密, これすべて芝居浪花節の題, これするうちに, これずいぶん古い新聞, これえ纏まれ, これせがれそんな果報, これせがれどもの捨てた, これそいつがどう, これそうっとして, これそっちへ, これそつちさしまつて, これそのちから, これその後に西, これその間の消息, これそばへよる, これそれではあの近視眼, これそんなに寝てばかり, これ敗けいくさ, これあなんだい, これたしかに宗教的絶対の, これただに彼ら特殊社会の, これただ事に非, これたった一目後生だ, これたった今なん, これたのまれて書きし, これたまうぞ, これた準じて燦かなり, これだからといっていまさら, これだけかい心細いな, これだけかな手拭を, これだけからはなんの, これだけぐらいのことで, これだけさ何が, これだけさえしっかりつかん, これだけでももうその, これだけという気持である, これだけといふ気持である, これだけとか申したな, これだけとしては出来栄えにや, これだけな赤地の, これだけにて四方すべて霧に, これだけによつて今, これだけによって推想し, これだけに対しても三百三もんがほどの, これだけへ来る十八日正二時弘前市, これだけほどになっとった, これだけよでもこんなに, これだけよと言つて指を, これだけを以て見れば, これだしてみれ, これだすわと言い, これだすてばちの怒号, これだそうさ, これだつたね君の, これだつたら一応文章, これだほい見てくん, これだらう宥め賺してやつ, これゅう理由あった, これちやんおいらも, これちょうどよい, これちょっぴり功労が, これちょんさんここへ来い, これちょッと待て, これちよつくら, これぢゃ安くても, これぢゃあなんぼか, これぢゃあ入りもよく, これぢゃあ家で飯, これぢゃあ誰だってできる, これぢゃ大変なこと, これっきりあとから来る, これっきりあなたと逢う, これっきりおまえとも会わない, これっきりお前とは逢わねえ, これっきりモスクワへ立っ, これっきり一生会えないよう, これっきり一生眼があかなかったなら, これっきり三人とも死ん, これっきり丸多へ因縁, これっきり仲たがいしたくなったよ, これっきり何処かへひそか, これっきり兄に逢わない, これっきり別れ話になる, これっきり大好きななつかしい, これっきり女を綺麗, これっきり妾たちは何事, これっきり姿を隠します, これっきり母さまとお, これっきり生家とは義絶, これっきり着物はない, これっきり神戸に来まい, これっきり縁を切る, これっきり貴女を思いきっ, これっきり赤の他人, これっきり退社するよう, これっくれえで, これっしつかりせえよ仙太公, これっていう縁談が, これっやろうとは何, これっ切り我子と, これっ去なぬか, これつきり無いと思ふ, これつけてませんでした, これつたえてくれ, これつたなけれども人, これつていふもの, これつとめて幕命を, これつとめようともしない, これつまらない反古の, これつまらぬ事を, これつ切り私が, これつ切り忘れてくれるなら, これ清々した, これてめえ白湯をしかけろ, これてめえ達は悪い, これでありまして日光光線, これでありましたがそういう, これである荒れに荒れくるう, これであればこそ吾, これでくのぼう, これでございましたかしら, これでございましょうか, これでござい入らはい, これでござろうがな, これでござんすもの, これでさえ踏板が, これでさえもこれほど, これでしつれいさせていただきます, これでしまいだなと気がついた, これでしまいであるが約め, これでしもてに逃げる, これでしょうちし, これでじぶんは, これですつかり解るのです, これですますかと思う, これでずつと小さいのよ, これでなかっただろうか, これでなかったらこんどは, これでなきやいけません, これでなくちやあ, これでなけりゃあ竹, これでなとだけは楽に, これではからだが, これでもかの數寄好みである, これでもに古馴染や, これでもねえあたいは, これでもねをあげないか, これでものの三日朝から, これでもへい家, これでもよけれど, これでよござんすか, これで御座いますよ, これで無ければ嘘, これというのもそなた, これというはなき小, これといつての読書, これといつて人の眼, これとう日向守の, これとおそろひ, これとじゃうんてんばんてんの違いが, これとっくり考えて, これとてもあまり正確だ, これとてもいわばわがままでございます, これとてもおおよそはわかる, これとてもおそらくは自分の, これとてもけっして無言の, これとてもそう繁, これとてもそんなに健康ぢや, これとてもなかなかの見物, これとてもまだわが君, これとても全く勧進奉加を, これとても全くなんらの原因, これとても全然はなから, これとても実に巧妙精緻を, これとても必ずしも新聞に, これとても本当に気まぐれな, これとても段々と消え, これとても決してそうは参らない, これととつぎつぎ数え, これとねまあ話し, これとばかりなんら怪しむ, これともかく五十七里も, これともの語り事情, これどうかわしの, これどうしてよそから, これどうしても返さないか, これどうぞ見て, これどうもへえ, これどどどうした, これなあ姉ちゃんの, これなあにと小, これないのである, これなく寒さにも, これなければ一国民, これなぜうごく, これなと染替, これなどからでも彼奴等が, これなどでも消化器という, これなどと密約した, これなどになると, これなどにもどうかと, これなほ過去を憂ふるごとき, これなまずの子, これなむ一宇の, これなめて寝床, これなめり鈍し, これならず多かれども, これならできるといふ事柄, これならなし遂ぐべき可能性が, これならなるほど人, これならなんでもない, これならはいれるぞ, これならびなき詩人オーメロなり, これならまぎれもなく, これならむすめの, これならわかると思つて, これなら上れぬことも, これなら使えねえことは, これなら出そうも, これなら出来ましょうね八重梅さん, これなら分るところあり, これなら動かないもっと他, これなら干ぼしになったら, これなら成る程二人が, これなら戻って呉れない, これなら担う者も, これなら持って行っ, これなら書けると思いまし, これなら来てみ, これなら枯れっこは, これなら案じることは, これなら死んでも善い, これなら気に入ったと思い, これなら気に入るかしら, これなら消える筈だ, これなら知っている, これなら知れまいとし, これなら聞えようとまた, これなら行けるぞ, これなら見られる自分の, これなら通るだろうと名乗らせ, これなら願ってもない, これなら食えると感じたなら, これなら食べるとちょうど, これなりきある短き, これなりけんと肩, これなりしよ, これなりなど思ひて, これなりはふつて, これなりふッと, これなるこけ猿の, これなるべしと, これなんきのう孟獲が, これなんざあ御銘々, これなんざアまずのっぴき, これなんぞにはあつと, これなんぞもどうしてもこの, これなんといふ悪戯, これなんびとにとっても満足, これなんらの突然, これなん一族の陸, これなん人気女優の秀英, これなん今天正時代の海国武士, これなん先に魏, これなん先ごろ召抱えたばかりの, これなん先頃から洛陽郊外, これなん兎捕りの, これなん卯つ木, これなん呉の宋謙, これなん味方の一人, これなん大円房が四天王, これなん大円房覚明と見えた, これなん孔明がふたたび, これなん安国寺恵瓊であったこと, これなん弘農の人, これなん彼の待っ, これなん徐晃の放った, これなん戒刀の名人木, これなん文官の劉長官夫妻, これなん日本左衛門と先生金右衛門, これなん晁蓋を殺した, これなん曹操の寵士, これなん梁山泊の一人王矮虎, これなん歴城の撫夷将軍姜叙, これなん死せし孫策, これなん河内石川郡東条磯長の霊廟, これなん漢の伏波将軍, これなん狸の腹鼓, これなん當時の國色, これなん蜀の猛, これなん赤兎馬であり馬上, これなん選挙の自動車, これなん長安の夏侯淵, これなん鳥雲の陣, これなん黄金丸が養親, これなん黒旋風の李逵, これにあたってますます光輝, これにあたりはいたしますまいか, これにおけるやもって, これにからかつちや損, これにけとかきとか, これにこそと七兵衛は, これにこそは驚こう, これにしもかぎるべからず, これにせものでしょう, これにたいしてもにせものの, これにというように, これにともなひて, これにとり付いて, これにのた打ち廻られては, これにはの組仕事師中の, これにはべン・ガンが, これにはも一つ理由が, これにばかり没頭し, これにまで既に媒介, これにもからかひの, これによってこそ傑作は, これによってのみ可能だった, これによりても錢の, これにをさな, これにナ許嫁が, これに対してにふ, これに対しての賞賛を, これに対してのみ決定される, これに対しましてわれわれが, これに対しもつとよき, これに対するか又は初め, これに対するとこれを, これに従うほかは, これに従うは草の, これに従ってしかこれを, これに関してのご感想, これのう健の, これのみか御車の, これのみかと云ふ, これのみなりといへば, これのみにもあらざりけりこれ, これのみの表現である, これのみを以ては吾妻鏡は, これのむとほんとに, これのれの字, これはいかい粗相を, これはいり糠か, これはうがいの, これはうでましてそれから, これはおまいのだ, これはかなさか, これはかまはない, これはからの壺を, これはかるはずみな, これはくすしき宿縁としか, これはけふの祭り, これはこぶの清, これはごきげんが, これはさむらい体では, これはしかしさう大して, これはじめての見参, これはずッと後年, これはぜンゼン村田さんの, これはたとへ質, これはって怒ったでしょう, これはでも面白いテーマ, これはといったうなずきを, これはとも角一応, これはなはだしく怪しむに, これはなみたいていの, これはになって, これはねこんや, これはねエとてもお話し, これはね謂わば日本, これはぶつきら棒に云, これはへえ鮒, これはみかたによっては減刑運動, これはめちゃだ, これはめててもよろしい, これはめッたに, これはもうとつく, これはもや水たまりの, これはやまにんじんそつくりで茎, これはやり易いこと, これはわてに払わせとくな, これはナ俺が, これはネお前さんに, こればかしが何だ, こればかしじゃ足らないかしら, こればかしになって, こればかりじゃないん, こればかりで食べると, こればかりに溺れては, こればかりをもおれたちに, こればか者気をつける, こればっかしぢゃ仕方, こればっかりゃ病みついた, こればっかりが楽しみで, これぱかりもなかったのにそうよ, これひとことだけという顔つき, これひとり参禅弁道のため, これひとり国家のため, これひとり妖怪学の本尊たる, これひとり狐に限り, これひとり職人の罪, これひとり財布の中, これびた公何か珍しい, これびっくりしては, これふき矢をいれる, これへとも何とも, これほしいな, これほったらかしといていい, これほどこだはる惨めな, これほどさように, これほどとも思わずに, これほどにだってとうてい書ける, これほどまでともおもわなかったお, これほどまでにと思いますと, これほどまでにも憎悪され, これほど迄に罵られ恥, これほんとに家の, これほんの手土産です, これほんまに妾, これぼくたちの大事, これぼっちゃん, これぼんぼんそんな事, これたこ, これまあちょっとお静か, これまことに当然の御意, これまことに結構至極の, これまずければ, これまたすなおに, これまたただそれだけで, これまた或いは所謂白鳳期の, これまつたく神仏の, これまでかと思います, これまでかなとも思われた, これまでぞと云うまま, これまでとにもかくにも, これまでとばかり杜襲を, これまでとや逃足いづ, これまでにおいてでさえ, これまでにさえ膝に, これまでにて筆を, これまでにもからだの, これまでのたりついたで, これまでのてがら金だ, これまでのと違って, これまでのとはかけはなれて, これまでもの冬私は, これまでよまされて, これまでよりかもつともつと強く, これまで程君墨という, これまア私が, これまアお儀式みたいな, これみいさいや, これみっともないそそんな, これみなおじさまの子ども, これみなマジナイそのものに効験, これみなヤソ教なれば, これみな一に松陰, これみな五行生剋, これみな人工的植林なり, これみな先祖の勲功, これみな公衆便所学校の卒業生, これみな原動にあらずし, これみな善悪因果の規則, これみな因果の理法, これみな国家の慶事, これみな外貌の虚飾, これみな大なる過失, これみな平時反復経験の際, これみな心中にその, これみな心正しからず, これみな思想を一点, これみな恬澹な名僧, これみな悲風苦雨の暗夜, これみな想像説にし, これみな撥乱反正, これみな政府の余力, これみな文章上の意味, これみな明治政府の事業, これみな昔の河原者, これみな時のはづみぞかし, これみな月性に向っ, これみな有志の結合, これみな未来の吉凶禍福, これみな本妻という, これみな東洋の文物, これみな欠点の重なる, これみな犠牲の修業, これみな真実として信ぜざるべからず, これみな矛盾である, これみな祈祷除災予言の専業者, これみな精神上の文明, これみな習慣より生ずる, これみな腕力運動の結果, これみな自らヤソ教徒にあらざる, これみな論理に暗く, これみな趙雲のふところ, これみな連想より生ずる, これみな連想上縁起を祝する, これみな阿弥陀さまが教, これみやもうこんなに積, これみよかしと, これみんなきみのうち, これみんな二階へ持っ, これみんな前には馬車, これみんな助ちゃんの, これみんな向こうへ行く, これみんな火事なぞどう, これむかし名高く聞えたる, これむかし甚兵衞が禁, これむかし落ちたる錢, これむろん国法上より, これむッと熱い, これめせと乳母, これめ組の住居, これもうし吉ちゃん, これもうすもので, これもうよしたまえそんな, これもう一度お父様, これもう少しその篝火, これもかぶと貝の, これもかといろいろ考へる, これもごうごうの非難, これもしそこの, これもしくはかれの, これもずつと前から, これもずつとの昔の, これもちようど藤枝, これもったいないもったいないことを, これもったいなくも, これもっとも知り易き, これもという家財道具の, これもとよりたとえに過ぎぬ, これもとより当然のこと, これもと一度におきません, これもなああんた早う, これもなと言は, これもはや十數年前の, これもほどなく夕闇, これもむんです, これももやー, これもらっていい, これもナほんとの, これゃあほんのお, これゃあいいものがあったと私はそれ, これゃあっちへ行けい, これゃあ驚きだ, これゃいいや番犬がわりにうち, これゃいいよ句もなかなか, これゃただごとじゃない, これゃちょっと僕の云い, これゃどこの本どいや, これゃどっちにしろ, これゃもう問題はない, これゃわやじゃ, これゃダイアモンド・ゲームじゃない, これゃチャンコロの仕事, これゃ一つ参らねば, これゃ何の本, これゃ内地のマッチ, これゃ大変なところ, これゃ巨大な鉱石, これゃ常着にゃよすぎるわい, これゃ慈悲を享, これゃ戦争にならず, これゃ捜査の対象, これゃ支柱をあてがわ, これゃ敵なわん, これゃ本物だよ, これゃ見ものだ, これゃ駄目だな, これやあ高え, これやい此処へ, これやいつたい買つたの, これやかましいお話は, これやかんに入れ, これやすいね, これやちよつと素人, これやっと片手を, これやっといて下さい, これやで尋ねに行った, これやはり自分で, これやめんか, これややその性質, これやらうねさあ, これやりせえすり, これやろうねさあ, これや困つたことにな, これや遣つてるよ, これや阿蘭若, これゆえにたまらない, これよか興津鯛の, これよくよくの事, これよこしたぞい, これよさないか罰あたり, これよせと云う, これよっちゃん, これよっく聞け大岡様は, これよっぽどしたっぺよ, これよとばかりに高く吊し上げた, これよりずつと暗い, これよりと朧なる, これよりの苦を, これよりもと來し, これよりゃ隙が, これよりをおのれが, これよろしと入り, これよろしいでは, これらしいですね, これりんどうじゃないでしょう, これわかき日の, これわかるか, これわがいわゆる心理療法の, これわが国人の通弊, これわが家なり, これわが身の被告, これわが輩がもっぱら, これわざわざあんたの, これわたくし作って, これわのさツさい, これわれこそは八幡, これわれと永久に, これをかど出, これをかへすあ, これをこそと思ひければ, これをこそは待ち得たれ黒い, これをぞつくりと, これをちゃあんと, これをてのひらに載せ, これをという気に, これをとがむることなしにそのままに忘却の, これをとのお伝え, これをとはいひ出, これをとばかりに示して, これをなここの, これをにぎってどうするつもりか, これをねえわたしの, これをはぢし, これをべんと, これをべに絵と, これをもちまして本日の, これをもやーさん読む, これををくにざうす, これをネ五日も, これを以てにあらずと, これを通じては奴婢とも, これを通じまして天野検事が, これァ何だッ, これアきみ傷口の血, これアたしかに胃, これアフガン争論のつねに, これアフリカ州の最南端, これアブラハムがその, これアルバムなん, これアンタにやる, これアンナンの南端, これア一もめもめるべよ, これア一体どこへ来た, これア一体俺をどう, これア不思議ですネ, これア何家の娘, これア俺が悪かっ, これア卓越した方法, これア大変なもの, これア女のきる, これア寝言だぜ, これア己が孫, これア惡い空氣, これア戦場だ, これア敵かたきでない, これア気の毒だア, これア犯人は逃げた, これア神経衰弱だよ, これア私の孫, これア秘密だろうと, これア耐らんまつたくの燻し出しだ, これア見世の出しよう, これア誰の船, これア貴方のお家, これア赤ブイの仙太, これア骨だ, これイタチの子, これインスピレーションの言, これインチキはあるまい, これインドスカンデナビヤ等の各国, これウィリアム・コンクェロール王の古戦場, これエジプトにあり, これエタは神, これエトナ山の地, これエホバがその, これエ爺様ようちょッくら往ッて見, これオランダ領セレベス島なり, これオールドミスのセンチメンタリズム, これカサカサになった, これカンの働き, これカント先生在世のとき教授, これガラス玉であり牛骨, これキミのだろう, これキャラメルこれ健に上げる, これキリスト以前に生まれし, これキリスト以後に生れし, これクロよおいら, これグリゴリイ泣くな, これケープタウンなり, これ御旅人, これサお前そんなところ, これサタンの人間観, これサ乙女やなに, これサ其様な事, これサ待ちねえという, これシエクスピイヤとバイロン, これシカゴから今, これシマダさんあります, これシャボンと歯磨, これシリベシという地名, これシロクシナス是はな予, これジャボの初め, これジュンメンよって云う, これジュースです, これジーナや, これスイス山水中一二指を屈する, これスカートよ, これスモモだね, これタヾかね, これチャンポロの奸智, これチユウリツプつていふのよ, これチョビ安とやらそち, これチョビ安どの, これチリ国第三, これチルゴーが路易十六世朝, これヂドとエネエアス, これッおのれは, これッきりお宮を止め, これッきり声が聞えなくなっ, これッここな呆ぼけ者奴, これッこれッなにをうろうろ, これッそちは狂気, これッだれかおらぬ, これッなにをうろうろ, これッぱかしでも怨みたくは, これッぱかしも思って, これッぱかしも魚の肌, これッぱかりの疑惑もさしはさまなかった, これッぱかりもいやァがらない, これッぱかりも私に云わない, これッよけいなとこ, これッ五平如何致した, これッ人が物, これッ今宵は金輪際, これッ仔細を言え, これッ位でい, これッ切り御苦労は懸けない, これッ加山指切りの郁次郎, これッ汝も京極方, これッ狐の奴め, これッ菊王他人のすなる, これッ限り兄妹の縁, これッ面を上げん, これツいまに呉れつ, これツきりの格構, これツきり來ないつもり, これツぱかりのことでまたそんな心を起し, これツぱかりのことで此方の気, これツぱかりのことケチ臭い, これツぱかりの事を何, これツ切ですと, これツ切りおれをあの, これツ切り行き倒れになつて, これツ切り見舞つてやるまいと, これデュークは英国, これリー君, これドストエフスキーが, これおばさん, これネーブルって言う, これネ私もあなた, これハはたごやニ, これハチの名, これハ小松帯刀が見, これバイロンニエチェらの近代文士, これバワリアの首府, これパパから, これパパさんです, これパリのエッフェル高塔, これパンこれ牛肉これジュースです, これヒュームの認識論, これビショ濡れだ上着, これファリセイに勸め, これフェチニヤ羽根蒲団と枕, これフラついてるが, これフラア・ヂヤヲロの故郷, これブランデスさんは山林官, これプラト怒るの, これプログラム中にある, これヘラクレスがツォイス, これペキン政府の次第に, これペラゲヤや, これホンコンそのものの前後, これボクばかりの意見, これボラだろう, これボロニャス殿いやさ, これポケットから出し, これポルトガルの一大都会, これマア迚も駄目, これマグサだ, これマッちゃんにわたし, これマッちゃんひとりの先生, これママさんです, これミチミおよし, これミチミ何をいう, これミツギという樹, これムクでないこと, これメダケ及び多く, これユーのかとか姉妹, これナポレオンぼんやりし, これヨーガヨーガお客さまじゃ起き, これラチオの者, これリアルなりや, これリスボンがかく, これルイ十五世が死に, これレスパネエ家の洗濯物, これローラさんの写真, これ一つきりしか私, これ一つ一つ見ましょうね, これ一つ兵道家の心得, これ一つ周囲と調子外れ, これ一つ彼には不安, これ一つ手放べきや, これ一つ違ふだけ, これ一ツ卓絶て出来る, これ一三〇四年プラートのカルディナレ, これ一串十五圓位するン, これ一事だって明らか, これ一例なりもって, これ一円札どつせ, これ一冊じゃあない, これ一切諸獣, これ一切自己の功, これ一句遠慮なくやがて, これ一句春風駘蕩たる野道, これ一品で売り込んだ, これ一回だ, これ一国の一主義, これ一場の喜劇, これ一大事じゃ来, これ一女なり因って, これ一字でヒノエウマ, これ一年にもなる, これ一度きりしかない, これ一心ぢや寒い, これ一心顛倒するに, これ一挙両得です, これ一昨日から彼, これ一時代一国民もしくは一事件, これ一暗弱の太子, これ一暗弱太子のみ, これ一月に及ぼう, これ一朝御陣, これ一条の大, これ一杯ずつ飲んだら, これ一枚きりないこと, これ一枚っきり無いの, これ一枚大変失礼ですけれど, これ一枚限りだお, これ一枝なのよ, これ一椀の羹, これ一点張りであった, これ一点狂激の行, これ一生上妙の快楽, これ一番安いのよ, これ一番チビの洟, これ一番近道である, これ一疋虫を捕, これ一瞬の事, これ一石と下ろし, これ一筋と思い, これ一箇市井の老爺, これ一般に部分的, これ一般宗教通有のもの, これ一艘ぐらいはと思っ, これ一行だけ, これ一識にし, これ一足しかなかつた, これ一路であります, これ一軒という飛び切り, これ一途に身, これ一道より出たる, これ一郎も次郎, これ一部を以て全部, これ一面のうねり, これ一顆の碧眞珠, これ万一敵艦江戸湾を扼する, これ万世一系の聖天子, これ万事を処する, これ万民の望む, これ万法の根本, これ万物の霊長, これ丈うちのため, これ丈けが残念である, これ丈助手前に斬られた, これ丈助石川のみゑじゃと, これ丈勉強もする, これ丈戲曲的な人間關係, これ丈独立性をもたせた, これ丈神経質になっ, これの杙, これ三代目はしかじ, これ三十九年の勅令, これ三十分になる, これ三十近くにもなる, これ三十郎正直に申せ, これ三千石を過, これ三右衞門幸い貴様, これ三弥拭いを, これ三弥紋右衛門早く参っ, これ三弥紋右衛門明日もおおかた, これ三昧の他, これ三月二十七日外人の上陸, これ三期ぶっと, これ三本だけでございました, これ三河足利党の兵馬, これ三種と名, これ三等分すれば, これに立つ, これ上原さんの噂, これ上帝この社, これ上方の国, これ上総介であったから, これ上聖の聖, これ下ごしらえしたん, これ下司な言葉, これ下山の道, これ下手の一着, これ下着が羊羹色, これ下話が有ったら, これ不仁いづれに, これ不倫の申しわけ, これ不倶戴天の夫, これ不合理である, これ不善の人, これ不壊に精神, これ不愉快のもと, これ不能女人にあらざる, これ不良少女の巣窟, これ与吉この徳利, これ与吉ついでに金, これ与吉坂道でくたびれた, これ与次郎手白猿はどう, これ丑刻容易のこと, これ丑松や猪子, これ丑滿時と思へ, これ世にいうところ, これ世上を欺瞞, これ世人の夙に, これ世人一般に金, これ世界百有余の大学, これ両ながら荒くて, これ両人きょうは古, これ両者の間, これ中世の神学者, これ中人以上家道やや豊富, これ中国のため, これ中山道の三木村, これ中後の界也, これ中等教育の教員, これ主人自から, これ主君秀吉の身, これ乃ちわが国が完全, これ久しゅうしてもほめきれないぐらいでしたが隣が, これ乗越したんです, これ九星により, これ乞食手前はドコ, これ乱逆の端, これ乳臭の児戯, これ亂世の基, これ予報の範囲, これ予防主義から見, これ争うの勢い, これ争うべからざる衆知の, これ事実の上, これ事實に非, これ事情の然, これ二つともに成らず, これ二三日陰干しにし, これ二倍というところ, これ二国の相違, これ二月分よ私, これ二月号の編集, これ二種の道理, これ二羽撃つて, これ二論派の明白, これ二路であります, これ二郎が手紙, これ云うなとかと真赤, これ云えば増長, これ云ったのだ, これ云つてしまつては加藤君, これ互に暗い所, これ五代の変ぜざる, これ五位以上の者猥, これ五十七だ, これ五平その若, これ五百円は大金, これ五行を天地万物, これ井戸掘り何, これ井谷さん所へ持っ, これとべい土蔵, これ亢竜角というもの, これ交会の後雌蝮, これ交番で叱られる, これ享樂主義であるとは, これ京城の女, これ京都の冬, これ人々の見る, これ人一人殺されねえこと, これ人力や芝居茶屋, これ人様の前, これ人欲のまなこ, これ人物と背景, これ人神にむかひ, これ人種の戦争, これ人間交際の起こる, これ人間業じゃあねえ, これ人類の至情, これ人類自然の性情, これ仁者の言, これ今お友達から, これ今そこの街角, これ今一度お返事, これ今井さんの奥さま, これ今代に於ける, これ今回の航海中最長距離, これ今後の研究, これ今日んです, これ今日私が妖怪学, これ今金色の精氣, これ仏家一大事因縁なり, これ仏教者の共, これ仏法の器物, これ他人に不幸, これ仙女の笑, これ代えたげる冠りなさい, これ代物も此, これに所謂, これ以上あてにする, これ以上あんたを責めた, これ以上いま戸田さんのこと, これ以上いやなこと, これ以上いろいろの事情, これ以上おしゃべりをし, これ以上おまえに苦労, これ以上おれたちの腕, これ以上お世話になっ, これ以上お答えすること, これ以上お腹がふくらむ, これ以上お話すること, これ以上お話しするには, これ以上かつ子を学校, これ以上かんが発達, これ以上がまんができなくなりました, これ以上ここらにうろうろ, これ以上これらの忌まわしい, これ以上ご無沙汰をつ, これ以上せいせいした住み心地, これ以上せわをやかせる, これ以上それらの点, これ以上たしかな話, これ以上だれが助け, これ以上つばさを動かし, これ以上どこまで昇進, これ以上はたから墨縄, これ以上ひとを偽る, これ以上ぴつたりした部屋がどこ, これ以上ほかの友人, これ以上ほんとはない, これ以上みじめな気持, これ以上むだだと, これ以上むりな搾取を領下, これ以上われ等は此問題, これ以上アブノルマルな話, これ以上エセックスの出世, これ以上オドシ利かん思, これ以上カッフエに勤めさせ, これ以上ガン張るの, これ以上キンギン国の領土内, これ以上シャベッている, これ以上ジエィン・エアみたいな子, これ以上チッポケな湯殿, これ以上ピアノと取組む, これ以上メデューサの首, これ以上一つの部屋, これ以上一刻のがまん, これ以上一語を加, これ以上一足だって歩けやしない, これ以上下をむかない, これ以上不信きわまる艇長, これ以上不合理な考え, これ以上不思議な事, これ以上不相応なこと, これ以上不覚をかさねる, これ以上主上にせ, これ以上主張をつづける, これ以上乘せて, これ以上乱の波及, これ以上予の健全, これ以上事件の起りよう, これ以上井戸掘を, これ以上交際っている, これ以上人命を失う, これ以上人民の歴史, これ以上人氣のある, これ以上人間は何, これ以上仇敵の男, これ以上体を疲らせなけれ, これ以上何んにも引出せ, これ以上何物をも彼女, これ以上作家としての才能, これ以上例を列挙, これ以上信長公の忌諱, これ以上信頼すべき同志, これ以上俺には我慢, これ以上催促はしなかった, これ以上先生の意志, これ以上八五郎から聽, これ以上公平な物, これ以上分解されないと, これ以上前途がない, これ以上前進しようと, これ以上力の強い, これ以上勝敗の遷延, これ以上包容する余地, これ以上北航しても, これ以上区別がつきません, これ以上卑怯者と譏られない, これ以上叔母さんに頭, これ以上古典の神話, これ以上右顧左眄して, これ以上君に云う, これ以上呉が天下, これ以上咆哮して, これ以上商売のひろげ, これ以上問答無用です, これ以上問題の新しい, これ以上喋舌る元気, これ以上喜劇的な場面, これ以上執拗にうんぬん, これ以上堅固なもの, これ以上場所を取らない, これ以上増加されえないという, これ以上壁面を探しまわる, これ以上大国の隷属, これ以上大目に見, これ以上天津北京にむかっ, これ以上奇妙な事, これ以上奥へは踏み込めません, これ以上奥畑の眼, これ以上奮発出来ないよ, これ以上女剣戟なんか見, これ以上女房に出来ない, これ以上始末におえぬ, これ以上孔明を論じ, これ以上孤獨ではゐられない, これ以上安上りなこと, これ以上安心して, これ以上完全に彼女ら, これ以上官吏らしいもの, これ以上実例を列挙, これ以上実刑を求める, これ以上家に置いたら, これ以上家畜を飼う, これ以上審問を続け, これ以上対坐すること, これ以上尊氏方へ転ぶ, これ以上小沢に心配, これ以上巨密なふでを, これ以上希望に類する, これ以上帰任を延す, これ以上幕府の栄禄, これ以上平易な器物, これ以上年寄りの寂し, これ以上延引いたす場合, これ以上弁解のよう, これ以上心配して, これ以上急速な増加, これ以上怪奇な事実, これ以上悩乱せしめること, これ以上悪化すること, これ以上情けのない, これ以上惡化させないため, これ以上惨めなローマンス, これ以上愚図愚図して, これ以上愛を續けた, これ以上折角のよい, これ以上捜索の歩, これ以上損をすまい, これ以上搾取されること, これ以上政子へ誡, これ以上文藝時代ともあらう, これ以上断末魔の彼, これ以上断食すること, これ以上新らしく現, これ以上斷然たる不屈不撓, これ以上旅をつづける, これ以上日本民族への侮辱, これ以上明白たること, これ以上明瞭な不安, これ以上明証的に何物, これ以上明證的に何物, これ以上映画界に害毒, これ以上是非得失を論じ, これ以上時間をさく, これ以上曖昧にし, これ以上更に恐るべき, これ以上朕を阻む, これ以上本筋のチャボ, これ以上果敢いとか, これ以上根ほり葉ほりはご, これ以上棟梁のした, これ以上椅子の上, これ以上検分する必要, これ以上機嫌を損じ, これ以上正確な知識, これ以上武蔵所持の刀, これ以上歴史的認識の問題, これ以上殆ど生きがたい, これ以上残念なこと, これ以上残酷な瞬間, これ以上母を泣かせたく, これ以上母上にご苦労, これ以上水気は不, これ以上水源の探勝, これ以上汗をかく, これ以上法廷を乱す, これ以上流行の粋, これ以上海岸の方, これ以上深間へ入っ, これ以上滞在するにおいては, これ以上演者としてはなに, これ以上火星人をおこらせない, これ以上無辜の人命, これ以上無闇に困らせる, これ以上煩らはせるには, これ以上熔岩がたまる, これ以上熱をあたえる, これ以上父の皇, これ以上特記する必要, これ以上獰猛な行為, これ以上生くるは, これ以上生産しなくなるまでは, これ以上用心のしよう, これ以上申上げられないの, これ以上男くさくなっ, これ以上留置場や保護室, これ以上異論をさしはさむ, これ以上病的に非, これ以上痛心にたえない, これ以上発展しなかった, これ以上発達せしむべ, これ以上的確な写生, これ以上相手になる, これ以上真実な聖なる, これ以上真理を知る, これ以上研究を進める, これ以上確かな筋, これ以上確実に認識, これ以上確實に認識, これ以上祖母さんや久米, これ以上私たち自身を甘やかし, これ以上私達豊かになろう, これ以上積極的に現代, これ以上穏やかな貴方, これ以上立入つて訊くこと, これ以上立派な形, これ以上立身をし, これ以上筆を進める, これ以上策も備え, これ以上節約の仕様, これ以上簡潔にこれから, これ以上簡素には出来ないであろう, これ以上米の増産, これ以上精密にでき, これ以上精神的苦しみはない, これ以上細君に説明, これ以上結婚で束縛, これ以上続行すること, これ以上綿密に記録, これ以上罪を重ねる, これ以上署長に聞く, これ以上美和子に掻き乱されたくなかった, これ以上美学の先生, これ以上羽に力, これ以上老人をなやませ, これ以上脅迫して, これ以上腕ダメシの必要, これ以上自己紹介するかわり, これ以上自軍を疲れさせまい, これ以上艦隊のうえ, これ以上若殿の気随気まま, これ以上落目になる, これ以上表現のしよう, これ以上複雑怪奇な姿, これ以上観察する必要, これ以上解き方の詳しい, これ以上觸れると, これ以上言つても無駄, これ以上調停役に乗り出す, これ以上談合すること, これ以上論争する心, これ以上諸君から収める, これ以上講演はやめ, これ以上警官の手傳, これ以上譲歩できません, これ以上貴女にお, これ以上貴重な誌面, これ以上躊躇するの, これ以上身体を支え, これ以上身動きしては, これ以上車が通らない, これ以上辯解の樣, これ以上追窮する必要, これ以上通俗的な常識的, これ以上速力が出ない, これ以上適切に現し得る, これ以上適当な人間, これ以上遷延は出, これ以上邪魔をすまい, これ以上部屋の中, これ以上都合のいい, これ以上酒を呑め, これ以上重大な危機, これ以上金になった, これ以上金ヶ崎一城に日, これ以上金吾の身, これ以上録音すること, これ以上長居ができない, これ以上関羽を窮地, これ以上隊長に気, これ以上隠し立てをする, これ以上難かしい教理, これ以上難民の話, これ以上雪が降ったら, これ以上雪害及び雪, これ以上鞭をあてる, これ以上頑固な抵抗, これ以上頭を混乱, これ以上類似の政策, これ以上馬鹿になる, これ以上骨がじゃ, これ以來變りは, これ以前一等属より進ん, これ以前私は未だ, これ以外何にも言, これ以外多くを語る, これ以外隣家については何, これ以後ポウの不幸, これ以後北条氏の力, これ以後彼のポケット, これ以後秦の時, これ以後豊田の館, これ以後長編だけを作つて, これ以来手紙が通う, これ以来日本の政治実権者, これ以来皆が新, これ以来註文なしで, これ山水の, これ仮令悪事を, これ仰しゃって下さる, これ伊豆の大島, これ伊達政宗の軍兵, これ伊部熊蔵をよべ, これ伏はず禮旡き人ども, これ伏姫が洞, これ伝受女なり覚束, これ伝右どの貴公, これ伯父さんにも伯母さん, これ位いの罪, これ位お世話になり, これ位ひで競馬騒ぎも打ち止め, これ位ほか思い出せぬ, これ位アクドイ残酷な悪戯, これ位プロザイツクな文学論, これ位リアリスチックな生きもの, これ位不愉快なもの, これ位人を馬鹿, これ位僅かな物, これ位劫を經, これ位厄介な遺言, これ位大胆不敵な奴, これ位常套手段は無い, これ位微かな燈火, これ位急激な変化, これ位性急な, これ位恥辱な事, これ位新鮮なもの, これ位明白な事, これ位波瀾なき平和, これ位理屈のわからぬ, これ位白ばくれ, これ位積極化すれば, これ位突飛な対照, これ位純粋なの, これ位苦んで生死, これ位軽快な車, これ位都合のいい, これ位金を納めれ, これ位隔てなくした, これ位高尚で玄妙, これ佐久間の勝場, これ佐平や, これ佐藤次信忠信兄弟, これ佐藤継信忠信兄弟の妻, これ何たる言である, これ何だ大声を, これ何だか分かる, これ何とも以て, これ何らか神, これ何アにあれ何ア, これ何上人の遺骨, これ何事ぞ, これ何人の思想, これ何喰べるだらう, これ何大師の遺骨, これ何本京都ではまた, これ何者人違いをする, これ余りに多く, これ余一人の冀望, これ余人ならず例, これ余寒の暁, これ作仏の直, これ作者の自負, これ使つて破れた文字, これ例外のみ, これ価値ものよ茶碗, これに山ワロ, これ俗中の俗, これ俗人の好まざる, これ保証の限り, これ信仰に屬, これ信仰上の問題, これ信玄の勢力範囲, これ信長の新, これ信長公をたばかり, これ信門を開かず, これ修業の地, これ修羅道を打, これ俳優的所作に過ぎず, これ俳句の曠野, これ俺様はな強い, これ倉卒なり, これの卵, これ倒産しこれこれ, これ借りますよと起ち, これを上げる, これに屍体, これ倶楽部の窓, これ偉大なる希望, これ健ッもう二日我慢, これ側面観なるが, これ偶像に願, これ偶像破壊者の危機, これ偶合の理, これ偶然油煙の付き, これせ札, これ偽物の展覧会, これ偽造の幽霊, これ催眠薬なの, これ催眠術の心部, これ傲慢に屬, これ傳説の傳説, これ僅かなもの, これ僕んじゃない, これ僕等は馴染, これ僕頂戴して, これりの, これなりし, これの落度, これ億兆の日本魂, これ儒教的政論の粋, これ優しいサーヴィスでは, これ優しく取做, これ優等児製造はかく, これより江戸時代, これ元来が主意, これ兄弟考えたが, これ先刻小峯に口, これ先年ペルーと交戦, これ先漢の興隆, これ光子さんに上げ, これじゃない, これ児らの志, これ児曹のみ, これ入れている, これ全て遠来の金博士, これ全幅の信頼, これ全部で, これ八ツ下り四時頃と覚えます, これ八卦屋の漢語, これ八右衞門さんアは, これ八年の余, これ八識無記心にし, これ公園地内に六勝亭, これ公道なり, これ六十五でございます不, これ六平やそ, これ六条村の名, これ六筒じゃない, これはこばむ, これ兵変のある, これ兵家の任, これ兵法の天象篇占風訣, これ兵隊共此奴を王宮, これ其下は欠け, これ其子を産んと, これ其方ごとき者, これ其方そこで何, これ其方達は駈, これ其説話の大要, これ其類似一致の第, これ内乱の師, これ内緒よよくっ, これ内金でございますなん, これ円本は正に, これ再び相見ざる, これ冠履顛倒で余弊済, これかなる, これ冷遇に止まらずし, これなり力, これ凡眼の愚夫, これ凧糸の切りあい, これを吹, これ凱旋の群衆, これ凸凹と観ずる, これそうそして, これ出してくれ, これ出来たら下しと, これ出来損ひですけれど, これ出発点において全く, これ出羽守お気に入りの家臣, これ出臍の瀧也, これね, これに循うに, これだと, これ切りおしまいにいたしましょう, これ切り再発しなければ, これ切手はらないでいい, これ切符僕上野まで送っ, これ刈込むと言っ, これにつく, これ初めて夜半の, これ初度の子, これ初恋の面影, これ別れ辛き事, これ別人ならずよく, これ別段理由も, これ別種の草木, これ到底実行し, これ刺激を受ける, これ剃刀だあじゃあねえ, これ前日余等三人の來, これ前章に述べた, これと化し, これ剣客の心, これ剣精構えのない, これ剥がすの大変よ, これ割ってあげましょう, これといった有様, これ力めた擧句に, これ加奈暫らく翁屋へ手傳, これ助兵衛の致す, これ努力して, これ勇一君の写真, これ勇吉何をそそう, これ勇士はその, これ勇気と元気, これ勉め以て, これ勉公好く聞け, これ動揺の種類, これ動物の保護色, これ勘八手前は何故, これ勘公逃げさらすなよ, これ勘兵衛汝は今, これ勘次汝其様な事, これ務めたのである, これ務めるといつた, これ勝つかを無私冷静, これ勝太郎足の豆, これ勤王論の起こった, これ勿來關址なりと, これ化けたも真実, これ化物美留藻も香潮, これにのみ, これ北人野外の樂, これ北支問題である, これ北斗が帝王, これ北条家の武運, これ北辰一刀流手裏剣用の五寸釘, これ十九は, これ十九章二十五節にある, これ十二景の一, これ十二神聡明達識その方, これ十五六年になります, これ十五年もお, これ十余年せまじき恋, これ十八節である, これ十兵衛よ思う存分, これ十兵衞よ思ふ, これ十四歳の時, これ十圓高いな, これ十方を通貫, これ十日にもなる, これ十月の二十一日, これ千代それ道具棚にある, これ千代毀りよう, これ千吉つぁん, これ千島の比, これ千年の深林, これ千浪暫時遠慮致せ, これ升天行法かここ, これ午近くだろうと, これ午餉になりまするで, これ卑屈なる精神, これ卑怯者竹刀を取れ, これ卓上の珍, これ南イングランドの大, これ南岳の句, これ南極にときどき, これ南洲が維新, これ南洲留魂祠にし, これ南部氏集五郎氏小梅田圃で耳, これ南陽の諸, これ単なる仮の, これ博徳が所謂麁蝦夷, これ卜筮そのものが未来, これ危険の分子, これ却って未知の, これ卵甲よ, これ厚きにその他, これ原文のわかり, これと云う, これぬる夜惡少年, これ去年癸亥七月十二日わが狎友唖, これ又八貴様武蔵とそう, これ又案外の交通不便, これの滯, これも直さず, これ取られてなる, これ取り乱してはならぬ, これ取去れと云った, これし得て, これがすぎる, これ古い権力政治を, これ古今普通の観念, これ古書に出でたる, これ古来学生の, これ古池の句, これ古語のたまたま, これ古風なこと, これ句中に現さぬ, これ召しゃがるの, これ召使いども当家の亭主, これ成りの, これ可愛いもんで, これ史学の根底, これ史家の識見, これ史觀のうち, これ右大臣様へ上げる, これ右記述中にて殊に, これ司税者の常に, これ各個連合の力, これ各国に国教, これってば, これ吉兵衛の二心め, これ吉次少々明神下, これ吉田寅次郎なりと, これ吉田松陰の幽魂, これ宗の, これ同伴の喜多八, これ同時の人, これ同時に神の, これ同業同色のたばこ, これ名作を刻んだ, これ名前何といいます, これ名残い惜, これ向うの隅, これ向上の我, これ君ここへ来, これ君命あるのみと, これ君子の言, これ君鎖とも五円, これ含羞の有, これを縊, これを視, これ吾党の本望, これ吾妻の丸山, これ吾妻鏡の史料, これ吾子たちよ些か, これ呂宋兵衛の腹心, これを脱走, これ呉竹さんに渡しとい, これ味方敗北の主因, これに従っ, これ命これに従わね, これ命これ従がう, これ命取りだからね, これ和主に進らせんため, これ和吉はどう, これ和樣なり, これ和田栄三郎の有, これの羽織, これ哲人の心地, これ唖川小伯爵, これだ海辺, これ唯々力の移動, これ唯々現象のみで, これ唯一の敗因, これ唯一瞬間の事, これ唯一羽の雁, これ唯心的の見方, これ唯物的の見方, これ商工業の中心, これ善人にし, これ善士の互に, これ善意の搾取, これ善藏や玄関, これ善行の報, これ喜六よくお礼, これ喜助確りしろ, これ喜海仕度は好い, これ喜野あすこの広間, これ喧嘩する端, これに顯家卿忠孝, これ営利の商業, これ嘉十もう鎌, これ嘉十手前も一緒, これ嘉永六年癸丑の八月, これは申しませぬ, これに聞ける, これするやう, これはその, これ四十に近い, これ四峰あり阿, これ四年には成る, これ四方に沼, これ四時のうち夏, これ四百四病じゃない, これ四賢良妻なりなどと, これ四間間口の表店, これ困っちまアな, これ困りたるものなり, これ困窮の余, これを誤, これ国史の明記, これ国士無双謙譲もつて人, これ国教宗の管長, これ国民統一の実, これ国民自身に大, これ国民論派の発達, これ国法なり, これ国防の主眼, これ国風の争い, これ國これへ出ろ, これ國恩のもの, これ國貴様は一番孝助, これ園遊会の貰いもの, これ圓らかに, これ圓朝かなあ, これ土手で売る, これ土気上升し草木萌動, これ土瓶の尻, これ土蔵から出し, これ土部の御, これに關, これ地中の火気, これ地名にほぼ, これ地氣のこれ, これ地理の然, これ地理風質の異, これ地相と家相, これ地神を汚さぬ, これ地蔵の一変身, これの上, これ坊さまも沢山, これ坊ちゃんのよう, これ坊やがふくら, これ坊主わしがおまえ, これ坐ってはならぬ, これ坤竜が慕う, これやぶり, これも知らぬ, これ基督教にはあらざるなり, これ堅気に成れ, これ場所を占むるにあらず, これ塔建つるもの, これ墳墓地ともいい, これ壁辰殿拙者はかほど, これんで丁度, これ壮二君のおもちゃ, これ壮年の者, これ売僧よく聞く, これ壺振りの作法, これ変ったと云え, これ夕日の高く, これ夕時の礼拝, これの事, これ外人旅行のため, これ多分一夜に, これ多助さんは三百石持, これ多年坊主を商売, これ夜光命が二年半, これ夜襲の兆, これ夢中に起これる, これ夢物語の一章一節, これ大かた魯人の仕方也, これ大事に直しとい, これ大体牛鍋の話, これ大八よく聴け, これ大君の物, これ大地の化身, これ大審院なり, これ大小もあった, これ大川だよと, これ大工というもの, これ大弓場の爺樣, これ大手一の門二, これ大枚の謝礼, これ大河が片身, これ大盗の象徴, これ大神呪なりということ, これ大祭開式の辞, これ大脳中の不覚作用, これ大蔵一ト晩寝て, これ大計というもの, これ大隅君の指摘, これ大雪の一半, これ天われを助くる, これ天下無比の壯觀也, これ天使の愛, これ天則か, これ天堂一角であった, これ天女なりと判断, これ天宮の一将星, これ天徳にし, これ天性にし, これ天狗の所為, これ天職われとわが, これ天草の焼場, これ天蔵どのこれ, これ天象の太陽座, これ天馬うち見るところ鈍, これ太夫様から, これ太師の賢明, これ太根になった, これ太田道灌が攻落, これ太郎承われ, これ太郎幾歳になる, これ太閤様名残りの伏見桃山御殿, これ太陽の光明熾, これ太陽晨に天, これ夫子みずから事を起こし, これ失敗せる政治, これなり怪, これ奇巖怪石かと見れ, これ奇怪の時勢, これ奇病患者たるに過ぎないで, これ奉公人仲間いわば同, これ奢ってもい, これの院也, これ嫡の, これ奮闘の敗北, これ女これを夾む, これ女そこの硯筥, これ女ども袴と腰の物, これ女ども酌せぬか, これ女中下物を此処, これ女人衆や少し, これ女仇敵を狙ってた, これ女子怪我はなかっ, これ女性のせい, これ女面を挙げえ, これ好む実にかれ, これ好奇に出でたる, これ如何なる世にも贈賄, これ妄覚不知は無, これか, これ妖怪研究の起こる, これ妖蛇婦人に変ず, これ妙法蓮華経なり, これ妙義の特色, これに下んせ, これ妾一人の身の上, これ姉さんが書いた, これ始審裁判なり, これ姦通にも事情, これやせめて, これ娘出ろッたら出るん, これ娘茶が冷えた, これ娘顔を上げろ, これやにやろう, これ婆さん早く一杯, これ婆さんお前はまあ, これ婆ア是は詰らん, これ婆ア此処へ連れ, これ婆ア脇差を出せ, これ婆明日は孝助殿, これ婆羅門かくのごとく, これ婚姻の当夜以来, これ婦人といふもの, これ婦女に会う, これ嫌いですね, これ子供よ, これ子供たちやこの, これ子供たち誰か貸, これ孟子の梁恵王, これ学問上の智識, これ学者講学の障碍, これ学術のため, これ学術上の宗教, これ学説上の妄想迷信, これ孫子流の兵法, これでございますの, これ宇宙を支配, これ宇宙自然の作用, これ守るを第, これ安いよ, これ安永年代一般の画風, これ安積艮齋の紀行, これ完成である, これ宗吾が直訴, これ宗教信者の死, これ宗清お身, これの公金, これ其の茶屋町, これくも己を, これ宜しいと訛り, これ宜しく注意すべき, これの持ち, これの実, これ実に主として彼らが, これ実際あり得ぬ事, これが一生, これ宮内さまこの子, これ宮戸座の舞台, これ宮確乎しろよ, これ宮貴様はまあ, これ家屋の前面, これ家康から義, これ家来の無調法, これ家計不如意のため, これ容易ならぬ六波羅, これ宿屋の亭主, これ宿屋飯盛が文, これ寂寥の眼, これ密夫貴様は何処, これ富人は御札, これ富士信仰の村民, これ富江松代誰もいぬ, これ察すべきことなり, これ寫眞店の主人, これ寺院堂塔のみにもあらず, これ対抗につとめ, これ対照すれば, これ寿限無寿限, これが切っ, これ封建社会顛覆の日, これ専らとする, これ専門の失, これ将来政治の変動, これ将軍へお, これた讃むる日, これ尋常人に非, これ小一時間も, これ小僧おちつけ, これ小僧台所へ連れ, これ小児ばっかり使わない, これ小判たったひと晩, これ小半時も頑是, これ小平それじゃア是, これ小平汝は情, これ小生の宗教的救済, これ小舟のごとき, これ少しくいい過ぎた論, これ少年自身の罪, これほ奇, これ尚書斉泰の疎, これ尤も強し, これ見わ, これ尼棚の澤也, これ尾張の国, これ居合の芸当, これ居留地外国商館のため, これ屈強と網, これ屋敷奉公に出す, これ屏風がさ, これ履物を出し, これ山みこという者, これ山一山これ島島中絶えて, これ山伏どこへ通る, これ山川風土氣候等地理的關係の然, これ山神怒りをなす, これ山窩の伝令法, これ山雨きたらんとして, これ岩亀楼の娼女洋銀三枚, これ岩櫃山という, これ岩石のよう, これ島君よ泣い, これ島島中絶えて, これ島後の会合, これ島抜けの, これを広く, これ工匠の労, これ左京何をウロウロ, これ巫女廟の花, これ已むを得ざる, これ市十郎とやら, これ市川に來, これ布団を出し, これ布子から単, これ帰せずんばあらず, これ帰ってから食べ, これ常吉やあの, これ常見の方, これ常識を甚だ, これ帽子の材料, これ幕末の際, これ山子龍先生の, これ平地より山岳, これ平家蟹とは, これ平常我人の, これ平民の子, これ平生の口吻, これ平生神経質なるが, これ平生食物問題に不注意, これ平馬さんこの俺, これ年七歳になりし, これ年来の御, これ年長者の智慧, これ年齡とつちやこつちの, これ幸ひとそれを私, これ幸ひと一人先に金清楼, これ幸ひと十五分の出勤も省略, これ幸ひと懐中に手, これ幸便と燈下, これ幸吉さんの妹さん, これ幸吉どんしっかりしなさい, これ幸長の力, これ幻界なり, これ幾らに見えます, これ海屋ほしゅう, これ広き字義に, これ広告がこれこれ, これ広重の常に, これ広長舌山色あに清浄身, これ庄吉聞えるでは, これを拡げ, これ店員の憤慨談, これではない, これの七戸前, これ弁者得意の時, これ弓之助ちょっと待て, これ弓勢たらずして, これ弓箭の根元, これ弓馬の家, これよ, これ弥勒仏の謡, これ弥陀の本願, これ当りくじなり, これ当家の主人, これ当年北畠親房が一時, これ当年親房が結城親朝, これ当時一般の状態, これ当時世人のすこぶる, これ彗星が久しき, これにし, これ形式を内容, これ形見とも見, これ彦兵衛来ぬか, これか夢, これ彼処に下足, これ彼奴等に打殺され, これ彼得大帝の宿志, これ彼様に親切, これ往々にし, これ往来だ, これ待たぬか, これ待たんかと声, これ待ちに待った, これ待機の姿勢, これ後代アンテノルを以てトロイア, これ後日聖主となり, これ後楯がつい, これ後漢の傾頽, これ後身と威張り続け, これにあらず, これがう, これ従いただちに手, これふの, これ御坊からはまだ, これ御家來と云, これ御者が静か, これ御行よ, これ御覧おっかさんこんなにあった, これ御覧お前たつた一枚, これ御覧伯父さんの爪, これ御覧綺麗な長じゅばんだっしゃろ, これ御覧腮から鼻, これ復活再生の希望, これ徳どんそこからお, これ徳どん其處からお, これ徳川氏彼自身が恒, これ心情の偏重, これ心理の法則, これ心腹の大患, これ心臓の強, これ心部よりの療法, これ心霊実験上の事実, これ必定駈落, これ必賞必罰の神, これ忍剣の首, これ忍術の名人, これのあり, これ忘れてはと小脇, これ忘れたの, これ忘れやしないでせう, これ奔せし, これ忰のを貸し, これ忰手前なア何, これ忰貴様の親, これにすべ, これ思いしずんで, これ思い合せるとわれわれ, これ思い合わせれば石山本願寺, これ思い違いを致す, これ思ったら子供らしい, これ思ってるとただ, これ思ふにわが, これ思わないかも知れない, これであったの, これ急行だから, これ性慾じゃない, これ怨みたくも怨みよう, これ怨敵の欲樂, これ怪しからん奴だ, これ怪しまんや, これ怪人物の電話, これ怪物があま皮, これ恋愛の本質, これ恐るるものの如く, これ恐怖といわば, これ恐縮といった身振り, これを知れよ, これをも吐かせぬ, これ息子が生き, これ息子阿呆な事, これ患難相扶陣だ, これ悪く取れば, これ悪人のその, これ悪人必衰必滅という陳腐, これ悪僧護持院隆光めを亡き, これ悪態をつく, これ悪漢が持, これ惟死を救う, これ惡人にし, これの適する, これ意外に出, これ意志万能論だね, これと呼ばずし, これ愚かなる批評, これ愚人の計算, これ愚僧の師匠, これ愛する清浄を, これ愛国なり他, これ愛嬌商売なれば, これ感傷の徒, これ感情激発の語, これ感激てふ, これ感納性の上, これ感覚の粋, これ慈善会に赴かん, これ慌てんでもよい, これ慎しんで祖法, これ慢心和尚の道力, これ慰藉の言, これもこれから, これ憂苦の初め, これ懐中ランプというもん, これ懐疑学者の一大謬見, これ懲治である, これ懺悔の間, これ成功せしなり正義, これ我々自身の希望, これ我儕が大, これ我儘者の花桐さん, これ我國の有力, これ我夷種とは異なれる, これ我物ならずと, これ我種族伝来の最善, これ我自らわが言, これ我親友の細君, これ或いは山住の, これである彼, これ戦乱のせい, これ戦乱後新興の時代, これ戦闘力といったよう, これ戯曲はよせん, これ戯謔の初め, これ戴いてはすみまし, これ戸締りをいたす, これ所謂る政学, これ所謂儡すなわちくぐつ, これ所謂熟蝦夷なり, これ手拭でも畳ん, これ手附さ, これ才子の御方, これ捨っても, これ打つた處なら持つ, これ払うべき金子を, これ批評の道, これ技工をもっ, これは尤も, これ折れてやがる, これ抜打ちの辻斬, これ押すな押す, これ押韻の際ダンテ, これ拗り立ての, これ持つてらつしやい, これにて強く, これ指圖をし, これ挽碓なり, これ捜らんとした, これより重い, これ控訴裁判なり, これ推究せずして, これ提灯を腰, これ揚がり桜井の, これ摘んでもかま, これ撲ると疵, これ攘夷よりし, これ攘夷一偏の壮士輩, これ改進論派と自由論派, これ放さねえかてえ, これ放せ放さぬか, これ政七余の品, これ政教分離の極点, これ政権を一種, これ政治家の注目, これ故人の忠告, これの基礎, これるる事, これ教えずして殺すなり, これ教理のため, これ教育者であるから, これ散り萎む時の, これ敦さんにあげる, これの天然, これ敵国の, これ敵愾的精神を発揮, これ敷松葉の数寄屋, これ敷物もこれ, これ數多けれどもその, これ文三何をする, これ文壇の驚異, これ文章の力, これ文調が役者絵, これ斎戒さ, これ斎藤道三の子孫, これ斬って見せねえ, これ断食すること, これと心, これ斯様の人間, これ新七何をしやる, これ新九郎にとってみな鬼, これ新吉表を締め, これ新境の現前, これ新撰組の一人, これ新日本なれば, これ新橋ステイションの側, これ新田義貞に從つて戰死, これ新蔵わたしはもうどうしても, これ新開急進の文明国, これ旅人なれば, これ旅館ですか, これ族姓にし, これ旗艦にし, これ日ごろ聞き覚えたる怪談, これ日本一の富豪岩崎家, これ日本三菱公司の忍野半三郎, これ日本人の特徴, これ日本国あるを, これ日本国中の日本, これ日本左衛門のさしがね, これ日本当代特異の風習, これ日本文学史に特書, これ日本料理の特色, これ日本有数の高山, これ日本神仙説の発生, これ日蓮上人一代記八枚続の, これ日露戦役後日本の国名, これ日頃のつかれ, これ旦暮の資, これ旦那さまのお, これ日本の, これ旧時とまったく, これ旧記にいふ, これとして魏軍, これ旨いから一枚, これ早う御味噌汁, これ早速あれを, これ明史の藝文志, これ明治における江戸浮世絵最終, これ明治三十三年わが二十二歳, これ明治三十五年に故山階宮菊磨王殿下, これ明治三十六年初夏のこと, これ明治四十四年四月一日横浜を出航, これ易占により, これ昔天孫降下ましましし時, これ昔馬を殉葬, これ昨年の夏, これ昼夜の道, これの現在, これ時に起れるなるを, これ時刻はちと, これ時藏は, これ時計だろう, これに和えよう, これ普通拝礼の状, これ景気わるきこと, これの声, これ暑中休暇のお, これ暗き死の, これ暗澹物色を弁ぜず, これに合せ, これ曲亭馬琴暗に人, これ曲汝にあり, これ書いたの, これ最初無落款, これ最早ヂドならず, これ月夜に兎, これ月性に向っ, これ有しに五兵衞持參金, これ有べからず候, これ有らんと云, これ有りたる由に, これ有り候わばその, これ有り候わんや, これ有るべきに付き, これ有徳院様お代替り, これ有無相通世間の不公平, これ有野村の藤原家, これが家事, これの絶えたる, これ望んで精神, これ望外の僥倖, これ朝廷の軍馬, これ朝時の礼拝, これ朧銀で松, これ木剋土なり, これ木生火の理, これ木綿よ何, これ刻半, これ末期の水ぞ, これ本当かい, これ本当に銘仙なんか, これ本心にない, これ本朝の二大賊, これ本来迷いの道, これ本職たるの有様, これ本邦慾張り連が子孫七代, これ本陣だとか, これ札幌にもある, これ杉田よんだの, これ杉田そんならすこしも, これ村野の人後患, これ杞人の憂ひ, これ東京近郊の特色也, これ東北第一, これ東夷なりと指斥, これ東洋豪傑肌の人, これ東西大陸の中心, これ東西宗教の相違, これ東西文化最初の接触, これ松川浦の十二景, これ松平忠輝が軍兵, これ松本治子と田宮峰二郎, これ松浦川の上流, これ松蟲ね, これ松門に教え, これ松陰が十一歳, これ林三平さん静かにしない, これ枝葉の問題, これ某らがこの, これなりとは, これ栴檀の林, これは素朴善良, これ根源的な歴史, これよ, これ桔梗はいない, これ棄てんとしても棄てる, これ棒寄せの呪文, これ棟梁殿この暴風雨, これ棟梁殿此暴風雨に左様, これ植林に劣らぬ, これ楠公子に別, これ楢雄何を言, これ極まりながら演壇, これ極めて凄涼, これ極楽浄土の歌, これ槍術家がわ, これ模様というよう, これ権三までもどう, これ権利または報賞, これ権太どの何うろてえる, これ権教の意, これへやれ, これ樹板にあらず, これ機屋といいたい, これ機械とも云, これ權六どうも怪しから, これ權六以来予に悪い, これ權六權六如何致した, これの姉さん, これ次郎そう騒ぐ, これ欧州近時文明人民の通論, これ欲しうおも, これ欲しいからこの, これ止せッ, これ助, これ正しき意味の, これ正一どうした, これ正義なり, これ正邪の問題, これ正風の尊, これ此作の精神, これ此妾の今, これ此方の人此方の人ッたらホホヽヽヽヽ, これ此方の人此方の人ツたらホホヽヽヽヽ, これ此等の物, これ此行第一, これ此通り泳げるわいな, これ此通り雨戸の下, これ此間もちらりと, これ武家の禄法, これ武村兵曹此少年を撫恤つて, これ武村兵曹足下はなか, これ武松わしはそち, これ武田家再興の大願, これがあつ, これ歴々たる勝算, これ歴史地理学的に古代東国, これ歸還兵の戰地, これ死ぬ者せ, これ死んだからって言訳, これ死一道の覚悟, これ死人の怨恨, これ死後の意識, これ死後個人の魂, これ死所世に身, これ死者は陰府, これんど, これ殆ど当って, これ残りもんですが, これ殿様がお, これの青, これ母様いつ親父様, これ母衣組目付の番組, これ母親の死, これ毎日やらされたら何, これでしょうかしらと, これ比較的純粹, これ比類なき主宰いまなほ我等, これでも進げ, これ水兵少年は痛く, これ水戸っぽ, これ水狐族の遺訓, これ水生木の理, これ水田にする, これ水鳥の下る, これ永く相別, これ永代橋下の猪牙船, これ永劫の歓び, これ永居は平, これ永生の蝶, これ求林斎ちょっと聞きたい, これ汚れるからや, これ汝らどこへ行く, これ汝ら何者だ娘, これ汝等世俗の人, これ江戸の俗謡, これ江瑶柱なりほか, これなり, これ池鯉鮒さまの罰, これ沈着かない, これ沙漠の中, これ河口なり, これ河西の瀧也, これ河野はお前, これしといで, これ油屋その方, これ油屋其方が宗次郎, これの蛙ども, これ泊めて置いた, これ法律なり, これ法然道理の聖, これ波瀾より平坦, これ泣いている, これ泣かないが宜, これ泥棒を要心, これ泥鰻金蔵閣下一人の頭脳, これ泰ちゃん泰ちゃんたら, これ泰助なり, これ泰西画家のなす, これ洗濯に出し, これ洞中の別天地也, これ津軽の名, これ津軽家の藩士, これ活動家に毛, これ活動物一般の常性, これ派出へ来なさい, これ流星のご, これ少し待て, これ浦島どん浦島太郎どんわしはなきのふ, これ浦島説話の骨子, これ浮世絵の人物板画, これ浮屠通家説を窃, これ浮気以外に何事, これ浴室のタオル, これ海神の宮, これ海賊の子孫, これ海賊船がわが, これ海鵝なり, これ消閑の為め, これ涯分の自証, これ淑女中の大, これ淫念を絶, これ淫薬どつせ, これ深切で言います, これ深更なるに, これ淺野セメント會社の烟突, これ清吉由松お座蒲団, これ渡して置い, これ渦巻の漏斗状, これ温泉山に限る, これ温順しく寝てるもの, これ湖水湖岸に程遠から, これ寵満, これ源三郎殿何をなさるる, これ源兵衛何事じゃ, これ源兵衞手前は何, これ源助孝助を取逃がさん, これ源氏の縁坐也云, これ源蔵やよく, これ滅多な事, これ滑りなが, これ滑稽中の高等, これ漁人海に泛び, これ演劇の妨害, これ漢中の軍, これ漢朝の人, これ潘逍遥の詩, これ火の玉が幽霊, これ火剋金の理, これ火打箱の隅, これ火遁幻惑の逃術, これと土, これ灰色の気分, これ災難を免れる, これ烏合の徒, これ烏帽子もきざる, これ無かるべき事を, これ無ければ僧, これ無やと尋問ら, これ無人の境, これ無代よ無代, これ無形なり, これ無意味なこと, これ無用の徒事たる, これ無神論者の言, これ無論馬自身が, これ無遠慮もいい加減, これ無頼の小人, これ無駄にたま, これ煩悩の一語, これ団子の, これ煽がずして自然, これの気息, これと光, これ熱これ力といった有様, これ熱帯地方にあり, これ熱血至誠なる者也, これ燐火なること, これ燒物を玩讀, これ燕作さんおめ, これはな江戸, これちょっと訊きたい, これ牛乳のみを以て生児, これ牛肉これジュースです, これ牝馬人よりも能, これ牧師たる予, これ物の具を取れ, これ物理的自然の現象, これ物蔭にうごめい, これ物質のほか, これ犬豕が世, これ犯人のまた, これへるわざ, これ狂人二度とさよう, これ狂歌の吟咏, これ狐惑中のやや, これ狐憑きにあらずし, これ狐狸木石の政府, これ狛家千余年来の守護神, これせっかくだ, これ狹斜の地歌舞, これが説法, これ之はどう, これ猫間の白旗云々, これの豪い, これ猿臂将軍の蔡陽, これ獄中立春に際して兄, これ獅子が比較的, これを捉え, これ玉関の情, これ王政復古である, これ珍しきものなり, これ現今学術の許さざる, これ現代俳句界の趨勢, これ現実に立脚, これといふ字, これ理外の理, これ理性と論理, これ理想発現の経路, これ理想的の状態, これ甚しき誤なり, これ甚しき矛盾であ, これ甚兵衛よく見てくれ, これ甚太郎何が可笑しい, これを喜び死, これ生え抜きの日本人, これ生死の大分, これ生活の方便, これ生滅の法, これ生滅門の上, これ生身を持った, これ田地に大, これ田舎者のせい, これ由次奥へ行っ, これ付けても, これ申しましたか, これ男女の同じ, これ男性の権能, これ町じゅうが戦時態勢, これ町人まてッ, これ町人ども見れば, これ町人わしはな十年, これ町人身共は尊王, これ畏き傀儡たるに, これ留守居や懇意, これ留守番拙者は我々同志, これ畜生が仏法, これなりとは, これ番頭が並べ, これ番頭これへ出ろ, これ異なるところなり, これの濫觴, これ當流の奧儀, これ當面の問題也, これ疑いの第, これ疲馬を殺すなり, これ病みさらばえて, これ病人を前, これ病者悉く熱, これ病苦を慰む, これ痛いよお母さん, これ発狂もくそ, これ登攀甚だ高き, これ白昼の大公盗, これ白木綿瀧の下, これ白河樂翁公の建つる所, これ白状しろまっすぐ, これ白虎太郎これが解る, これ白銀の鏡, これ白面の中書生, これ白馬城主の金魚, これ白骨ではありません, これ白髪でしょう, これ百合の花, これ百姓の害, これ百足じゃ, これ皆あなたのもの, これ皆あなたさんところのばかりです, これ皆上天の賜也, これ皆世上の有様, これ皆中洲を伺い, これ皆人道に本, これ皆伊藤画伯の手料理, これ皆俗中の俗, これ皆君家のご, これ皆国家の大事, これ皆天命で素より, これ皆天地の恩, これ皆天然の色彩, これ皆尊君様の御, これ皆師の御, これ皆愛の分弁, これ皆慰安の種, これ皆我儕のまさに, これ皆戰の習, これ皆拙者の安住地, これ皆欧州文明の長, これ皆氣の共鳴作用, これ皆無謀行為の自業自得, これ皆物質万能主義の反動, これ皆町の息子親, これ皆目録の體, これ皆膽を寒, これ皆自然より小, これ皆自由詩が旋律本位, これ皆親切な神様, これ皆謙遜の念, これ皆養父が賜物, これ皇恩に酬ゆ, これ皇紀の二千六百年, これなきわざ, これし怪しむに, これ盗難に遇, これ目まぐるしい交響と, これ目前の出来事, これ盲目すべもなく, これ盲腸の傷, これ直接の利益, これ相俟ってその, これ相州西鎌倉長谷村の片辺, これ相続の法, これ相良さんから, これ相談して, これを顰めた, これの暴, これ眞鏡か, これ真如にし, これ真心は常, これ真情なり決して, これ真理王国の使徒, これ時は, これ眺めることに, これの前, これてください, これ矛盾またはアマノジャク, これ知っておられる, これ知らぬ顔の半兵衛, これ知らんかなア, これ知るまいと思う, これ知れるなり, これ知力に富みたる, これ短慮不信なりといわれ, これ石敬塘の事, これ研究の態度, これ破廉恥の市井売文, これ碓氷峠に於ける, これの上, これに來, これ社会万民の敵, これ社會全般の夙に, これ祇園藤次だった, これ祖五郎此の松蔭, これ祖先伝来のまま, これ祖父ちゃんがあがっ, これ神人共に許す能わざる, これ神代より馬, これ神以外のもの, これ神妙にしろ, これ神学的態度のあらわれ, これ神恩滿ちみつる天使, これ神意に依っ, これ神楽師どもにも杯, これ神様の眼, これ神知の一種, これ神神すなわちこれ形, これ神秘的解釈の下等, これ神経と化し去っ, これ福禄の六兵衛, これ秀才お前の考え, これ私きょう一円二十銭で買い, これ私事なり儂一女子, これ私等婆様の中, これ秋田犬愛の熱血, これ秘密だけれど, これ秘密だらけといっ, これ秘蔵の事, これ秘訣じゃ, これ稀代な築城法, これ稀有の現象, これにし, これ種々覚えたり, これ稲羽の素兎, これ稲造汝は近ごろ, これ稻妻しつかりやれよ, これ稻妻汝は世, これ穀精を標す, これ積極の法, これ積極的方法なりとは知れ, これが開い, これ空望のみ, これ空論に非, これ空谷の跫音, これなるべし, これ窮屈ですといふ, これ立ってどこ, これ立山連峰が槍, これと識, これ竜王宮なり而, これ童於四郎という, これ竹刀を永く, これ竹帛に著す, これ竹田氏とやらよい, これ竹童そちはクロ, これ竹童なにが生意気, これ竹童伊那丸君のおん, これ等いかさま社會主義者の合成分子, これ等アジア的叛乱様式に限っ, これ等イデオロギー分野をばその, これ等ブルジョア技術家の中立, これ等ブルジョア社会科学と決定的, これ等一つ一つの托鉢先, これ等一二のもの, これ等一家の意, これ等一式がすごく厚い, これ等三地方人の気質, これ等三様の態度, これ等不幸な人達, これ等不朽の作物, これ等並に他, これ等事の経緯, これ等二人の若者, これ等二本の簡単, これ等二篇を以つて, これ等五つの島, これ等人間の故, これ等以外に我々, これ等何千万年の惰性, これ等全部に書かれる, これ等兩氏の型, これ等八人に対する案内, これ等凡てよしと, これ等南の海洋, これ等古典觀念と量子論, これ等各様の髷, これ等団体の自己批判, これ等外国からの新, これ等多くの意味, これ等大学乃至専門, これ等大家の作, これ等大昔の異教徒, これ等婦人の動作, これ等幾十と指点, これ等建造物の宏大さ, これ等思想家達の, これ等意味の轉用, これ等技術否定イデオローグの観念, これ等技術家の生活条件, これ等数人が各, これ等数多の目, これ等数種の積極的条件, これ等新制の影響, これ等新旧両慾, これ等新派の巨星, これ等暴力団が後日釈放, これ等根本の性格, これ等植物については其の, これ等様々の形態, これ等様式の矛盾, これ等欧州大戦中又欧州大戦直後, これ等欧州文明とか物質文明, これ等水夫達の守神, これ等無限の精神病患者, これ等物々交換の市, これ等物質文明の進歩, これ等特殊学問の夫, これ等生活の消長, これ等皆あたかも機械仕掛, これ等相方の申分, これ等神聖な記念物, これ等神護寺所藏のもの, これ等種々の律動, これ等総ては近代的, これ等總ての水夫等, これ等義勇の行動, これ等諸分出は終に, これ等諸君の黽勉, これ等郡領の一族, これ等醜業婦のため, これ等雑草の中, これ等青年団員が出, これ等類推の裏, これ筑波の途上, これ筵席を織っ, これ篁守人はっはっは, これ米価の沸騰, これ米国政府より命じ, これ米国水師提督ペルリ軍艦四隻を帥, これ米藏と一緒, これ粂手前はまア, これ浅の, これ粥河此女ア芸者だ一人, これ精悍と思われた, これ精神に関係, これくそみ, これ糧食なくし, これ糯米と区別, これを惜しむ, これ約束とは対等, これ紅い糸で, これ紅丸その者, これ紅葉の岡也, これ紋付羽織袴にて足袋, これ紋右衛門拭いを, これ紋太夫云い遺すこと, これ純一無雑の心持, これ純正哲学の起こる, これ純然たる霊魂不滅論, これ細い葉を, これ終身忘るる事, これ経済問題が最も, これ経済学者等が, これ経済的自然の順序, これ結びては互, これ結城の遺臣内山氏, これの題材, これ絶望の悲声, これ經驗から言, これ続生して, これ続生死生に間絶, これ綜合的なる法式, これ維新前のこと, これ綱紀の頽廃, これ編者が本書, これすれば, これ縫ったのです, これ繁塾の先生, これ公も, これ織田信長が禁裡, これ罪斉泰にある, これ罪障深き人類, これ罵るひまに, これ美しき詞の, これ美味しいわねどこ, これ美術の価値以外江戸末期, これ義侠ではござらぬ, これ義公が老, これ羽柴勢の甲冑, これひ得ざらん, これ習慣遺伝の影響, これ翠葉なり, これ老幼男女の區別, これ老松巨杉かと見れ, これ老生の近辺, これ考へてゐる, これ耳感にあり, これ聊かも巧む, これ聖武の陵, これ聞きたい語れ貝十郎, これ肉体の濁り, これ肉体的自殺と相, これ肉親の兄, これ肖像畫の如き, これ股引きがねえ, これ肥えて馬鹿, これ能事となし, これ能登よりの行商, これの子, これ腹ア立っちゃ, これが先帝, これ自ら淘汰の法, これ自体は学生生活, これ自業自得天の配剤, これ自殺にのむ, これ自由の意思, これ自由論派に反対, これ自身も昔, これ自身唯物論と名づけられる, これ致し方なし, これ興るものなる, これるよく, これが揺れる, これ舶来の硫酸, これ船中の余興, これ良ろし, これ良寛さんの鉢ぢ, これ良心の麻痺病, これ良風習というべし, これみ多き, これがわるく, これ色男がりたる気, これ芥川さんに聞こえる, これ花世何が恥しい, これ芳江様いえお姫様, これ芸人の真, これ芸者たちはどこ, これ芸術家のコンフィテオール, これもう物, これ若い者少々, これ若い衆約束の酒, これ若き日と, これ若者よ, これ若草汝は伊之助さん, これ若衆でさえ婦人, これ苦心の余り精神, これ苦悩に重く, これ英傑が偉大, これ英国中第五番, これ英国人のもっぱら, これ英国人民の学校, これ英国国教宗の総本山, これ英国近時の財政, これ英語の, これ英雄であるかを, これ茂助よ, これ茶代は置いた, これ荵摺ですよ, これ荷物を開けろ, これ莫迦者何を言う, これの行書, これ少し蹲ん, これ萌黄の紋綾子, これ萩丸様を当方, これ萬助どん余計なこと, これ葉迦流の跳躍術, これ葛藤としれる, これ董卓乱をなす, これ葬式の費用, これ蒲生泰軒は切実, これ蓋しすでに腹の, これ蓋然なり, これ蔭膳のお, これ蕗の薹の権輿, これとは違います, これ蕪村が従来, これを一袋, これ薬湯なり人間, これ藝術家のコンフイテオール, これ藤吉郎われは果報者, これ藻西さんお前も男, これの花, これ蘭名アープ古ドイツ名アフォ等, これ虚心の自然児, これ虚空を転ぶ, これ虫気の小児, これの松原, これ蚊帳の釣手, これ蚯蚓の散歩, これ蛇形なりと, これ蛇王の信号, これの顔, これの敗滅, これ蜈蚣の脊骨, これ蝋人形だと, これ蝋燭をその, これも蚊, これですか, これ衆民を籠絡, これ衆生なり, これ行生死も亦, これの鎖鑰, これ表現とする, これ衰え彼滅ぶれ, これを拂, これ袂糞でも付けさんしょ, これに丹下左膳, これ裏坂の仁作, これ裏面の沙汰, これ製作性の上, これ西土の書, これ西洋画または南画没骨, これ西行法師の歌, これ西豪の連山, これ西郊の一名物也, これ西郷大久保の意, これ要らぬと申し, これ覇気ある東北人士, これ見えるの, これ見ずや吾谷, これ見とお見, これ見なされたしなんでもこの, これ見のがしてなるべからず, これ見られい明日の, これ見る様体の, これ見忘れはせぬ, これ見方に依っ, これ見様体の歌, これ見逃すべからざる点である, これ見馴れ聞き馴るる, これ規矩男さんのおとうさ, これて知れ, これ親分さんもいらっしゃる, これ親子の交際, これ親方の字, これ親類というわけ, これ観光の無事帰航, これがお, これ覺醒の愛, これ解けている振, これ解らぬか迂, これ解剖學者に取, これ解剖実習用の死体置場, これ計りだなどと, これ許してくれ, これ詐りの証拠, これ試驗なる者, これに魯頌, これ詩人の使命, これ詮索立てもいた, これ詰めておかなけ, これ詰らないことを, これ詰らんそんな, これに聞きし, これ話しながら見物, これ誇張なり, これ語るに足らず, これまれり, これ説き得て甚だ, これ読めお云, これ読んだか, これ誰か外へ行っ, これ誰そ早う来てた, これ誰人においてもしかる, これ誰方なの, これ誰袖よく聞け, これ諂諛の老臣, これ談林が品格, これ請け負い者の弊風, これ論ぜんや, これ記憶の, これ謀叛人によく, これ不生不滅, これ譲らず龍攘虎搏の, これって心中, これ象山が去年, これ豪州の北端, これ豪州最近の統計, これ豪州東北隅クイーンズランド州なり, これ豫め見ゆる矢, これ貝十郎よっく聞け, これに似, これ貧乏で貧乏, これ貧乏線測定の標準, これ心を, これ貪るのため, これ貰うて來たん, これ貰っといてもいい, これ貰つて行くよ, これ貰つて行きす, これ殿方助太刀無用我ら二人だけで, これ貴き神に, これ貴さま達の中, これ貴んだ中古の, これ貴人但だ, これ貴婦人の帰途, これ貴様とんでもないもの, これ貴様何者だ, これ貴様無礼千万だぞ, これ貴様達は何者, これ貴殿の一助, これ買ってくだせ, これ買ったか知んねえけん, これ買つたのよ, これ買物をした, これ貸したげるさかいな早く, これ資本の足し, これの遺物, これ購うので董, これ贅沢に似, これ赤坂三会堂で演奏会, これ赤城家第一, これ赤城山彙のお, これ赤壁火攻の術, これ走るは国家, これ起きよ目ざめよ, これ起きろと申す, これ起んかえ, これ足らずと努め, これ足らぬ有樣, これの向き, これ路傍の人, これ躄車の形, これ身上をなげ出し, これ軍陣の常, これ軍隊に規律, これ軽井沢からのお, これ輓近各国の識者間, これ輪船の起点, これよ, これ辰ッわかったか, これ辰馬の申す, これなくも, これ農家なり, これ迄ずつとこの約束, これ迄で受けた親切, これ迄とてわれとわが身, これ迄には數多く, これ近代の秀歌, これ近代人といえ, これ近寄ってはならぬ, これ近年櫻の名所, これ近所のもの, これ近時の政界, これ近来の特種, これ近江屋の一群, これ近藤重藏が生前, これ近郊に於ける, これ近頃は弱っ, これ返さあ, これ返すよ, これ返せ云うてそれだけ, これ返答をしろ, これ返辞を何故, これ逍遙が沒理想, これ逍遙子を影, これ途方もなく悪い, これ通してけれ, これ通常夢といわざれ, これ造化が人, これひ引き云, これやお, これ進んで目的, これ進物の額, これをもっ, これ遅疑せんや, これ遊佐守人が拝む, これ遊女タイデなり, これ道中をする, これ道人が一行, これ道場である, これ道徳修身の上, これ道理一辺に偏する, これ違算にあらず, これはしき, これ適以て軍旅, これ選挙の干渉, これ遺すことあらん, これ遺伝的に先祖, これ遺習なり, これ邪中の正, これ邪智ふかきゆゑ也, これ邪道中の邪道, これ邯鄲枕上盧生の夢, これ郡内におこりし, これ都下において如何, これの子産, これいでやれ酌, これをもて, これ酒中の仙, これ酒保をし, これ酒樽に罪, これ酒肉の兄弟たる, これ酸鼻の極み, これ釈尊の辞世, これ釈尊成道後はじめて法輪, これ重大なる恥辱, これ干が, これ野菊がと僕, これ野郎立たねえか, これ野郎ども介抱せい, これ金沢の爺, これ金生水なり, これ金鎖で候, これのふたども, これ釜中の空気, これ釣れたぞよ, これ釣舟の銀, これですよ, これ鉄蔵という人間, これ銅地金の濫出, これ銭塘の小吏, これ銭竜ならん, これ銭貰いとは何, これ鍛冶屋の袋, これ庵悪戯にもほどが, これ長吉ちよつと来い, これ長吉ツどんナ旦那, これ長吉ツどんうつかり番頭さん, これ長吉車呼んで, これ長松ここがの金沢, これ門倉何をなさる, これ開けてはなんねえち, これ開墾者の巣, これ開封して, これ閑居して, これを隔てた, これ間接の益, これ間違つてやしない, これ関城の趾也, これ閨中に術, これ闘志と云, これ關東第一, これ闡明された, これ防ぎおのおの防ぐ, これ魔ア, これ阿古十郎貴様が中間部屋, これ阿呆するな, これ阿武隈川の本源, これ限りお宮を見なくなる, これ限りそなたの, これ限りわたくしの役, これ限り手断れとお, これ限り稽古はやめます, これ限り絶縁して, これ陛下が臣, これ院主院長医師看護婦看守のはて, これ陣中の一武士, これ陰陽の差別, これ陰陽和合の証, これ陰陽思想により, これ陶土であって, これ陸地諸水, これ陽子待った, これ陽子何をし, これ陽火の日, これ随分重そう, これ隙それがよい, これ隼団からの果し状, これと雄, これ集まったやくざ者共何を, これ雌狸正体を現, これ雑兵の首, これ雑巾のおう, これ雙兒宮の星, これ離せという, これ難中の難, これ難問なり余, これ難局に処し, これ雪あんちゃんに見せた, これ雪山の大, これ雪頽んとする, これならず, これを鉄製, これ電気の作用, これ電気船ですもん, これ電車の奇, これ需要供給の然, これ霊丹一粒鉄を点じ, これ霊魂不滅説だ, これ露国がコンスタンチノープル, これ露西亜の政策, これ霹靂的の粉砕, これ靈界の機微, これ青己が出れ, これ青年の一大奮発, これ青貝摺の器, これにしろ, これ非人にあらざる, これ面白くねえから, これ革命の世, これ音調の連想, これ音調上苦の連想, これの飾, これ頂いときますよ, これ頂上の小屋, これ須走りの, これ領民の見る, これ頭たち今日せっかく元服, これ頼山陽が, これ顏これ尻見わ, これはちっとも, これ風光の画き, これ風呂に関係, これ風教に害, これ風早法学士の高利貸, これ風流韻事の旅, これ飛行機の滞空時間, これ飛雪の姿, これへば, これ食いおわらんと要した, これ食うためだ, これ食べないおいしいのよ, これ食べようや, これ食事のあしき, これ飲まぬか息子, これ飲みなちゃい, これ飲んだらどうだ, これ飲用水をいるる, これ養生なるべし, これ香具師もっと進め, これ馬子様お腹も立とう, これ馬術に堪能, これ馬鹿何を寝, これ馬鹿者それでは其の, これ馬鹿者めそこから下りろ, これ駅弁じゃない, これの瘤, これの者, これ騎兵の行進, これ騒ぐな何, これ驚くに足らず, これ驚くべきことばかしの, これ骨董蒐集の楽事, これ高天原から天, これ鬼神が天上, これ鬼神力の具体的現前, これ鬼言なり, これ鬼魅にし, これ魏王の命, これ魔窟なり, これの楽しむなり, これ魚栖めりという, これの鬚, これを籠中, これ鳥居清信以来春章文調清長らの似顔絵, これは物, これの生む, これや, これ鸚鵡石殿こっちにばかり物, これ鹽原の所謂七不思議, これ鹿鳴館, これ黄屋に易, これ黄文昨夜見えよと申した, これ黄昏の野, これ黎明の光景, これ黒ん坊の魔法使い, これ黒塚のあるじ, これ黙ってて下さい, これ黙らっせえ平, これ鼈甲がめ, これ鼻感の夢, これが水, これ龍宮の正, これ龜藏手前も泥坊