青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと
こと~
~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば ことば~ ~こない こない~ この~ このごろ~

「こと~」 636044, 5904ppm, 6位

▼ こと~ (133190, 20.9%)

2042 知って 1844 して 1617 考えて 1169 言って 854 私は 778 いって 685 聞いて 674 云って 628 忘れて 552 知った 501 話して 495 意味する 478 考えると 461 考へて 422 覚えて 416 思い出した 403 彼は 393 忘れては 389 示して 380 思い出して 372 話した 362 思って 361 書いて 356 言ふ 355 するの 351 思うと 317 やって 312 した 287 発見した 277 いうの 275 云った 274 感じた, 言った 270 信じて 262 考えた 259 言うの 254 したの 231 しても 223 したと 221 見て 218 気に 217 云ふ 211 口に 209 いった 205 よく知っ 202 考えながら 199 いう 190 きいて 187 意味し 185 知つた 180 心配し, 教えて 175 云つた, 知つてゐる 166 思えば 164 知りました 163 恐れて, 私に 161 感じて 158 云うの 157 すると, 聞いた 155 語って 150 しては 149 言う 146 示すもの 145 非常に 144 考へると 143 知ったの 141 望んで 140 僕は 138 少しも, 知ると 135 忘れなかった 134 したもの 133 認めて 131 しや, すれば 130 思った 127 言つた 126 許して 125 明らかに 122 いうと 121 言ひ, 証明する 120 思ひ出した, 知らない, 考へた, 記憶し 114 述べて 112 するもの, 思ひ出して 111 しました 105 やめて, 聞くと, 証明し 103 いいました 102 彼女は, 思いだした, 言うと 101 必要と 100 話しました 99 思い出しました, 知らないの 98 しないで, 告げた, 知らせて 97 目的と 96 思ふと, 申して, 考えるの, 言いながら 92 いうな, 想像し 91 発見し 90 する, 思いだして 89 希望する, 知つてゐた, 言ったの 88 云い出した 86 記して 85 心得て, 思いながら 84 承知し, 言いました 83 思出した 82 思い出したの, 許されて 81 いつて, するん, 得た, 知らなかった, 繰り返して, 自覚し, 説いて 80 したん, もって, 云ひ, 吾, 欲し 79 考える 78 主張し, 私が 77 敢て, 理解する, 知らずに 76 おぼえて, 自分の, 訊いて 75 云うな, 彼に 74 平気で, 得べし 73 云う, 物語って, 言うな 72 云うと, 告げて, 得ず 71 いいながら, 意識し, 明かに, 欲しない, 話すと 70 云つてゐる, 注意しなけれ, 知らねば 69 しなかった, しなければ, 思い出すと 68 主張する, 説明し 67 したか, 主張した, 教へ, 要求する 66 云ったの, 思へば, 想像する, 私の 65 希望し, 知るの, 考へながら, 言うん, 許された 64 心に, 耳に 63 思い出す, 考えたの, 言い出した 62 はっきりと, やつて, 人に, 問題に, 得ない, 知ること 61 わたしは, 感ずる, 書いた, 止めて, 知らなければ, 誰も 60 考えたり, 考えました 59 ここに, するな, 喜んで, 思いついた, 思つた, 悟った, 発見する, 避けて 58 しようと, 何か, 語った 56 したり, 怖れ, 知る, 言っても, 言つてゐる, 訊いた 55 いったの, しない, 云いながら, 望む, 頭に 54 したって, 命じた, 期待し, 理解し, 言つ 53 云ふと, 十分に, 君は, 心の, 言ひます 52 あなたは, お聞き, 説明した 51 やるの, 忘れない 50 予想し, 人々は, 注意し, 約束し, 言い出して, 言は 49 するよう, 指摘し, 自分で 48 予期し, 恐れた, 繰返して, 覺えて, 言出した, 認めた, 述べた

47 [11件] いうん, いえば, 尋ねた, 得たり, 知らないで, 考へ, 聴いて, 言い出しました, 許されない, 説明する, 誰が

46 きいた, せずに, 後悔し, 得たの, 知らして, 知るに, 自分は, 言っては, 頼んで

45 させて, するか, 念頭に, 申上げる, 言うもの, 言ったって

44 俺は, 胸に, 言ったもの

43 いふの, おっしゃるの, やる, 忘れないで, 感じたの, 書いたの, 書いたもの, 話しながら

42 いうもの, 云うもの, 云っては, 好んで, 思う, 正直に, 第一, 聞きました, 調べて, 論じて

41 した覚え, 云は, 後悔した, 憶えて, 書くの, 考えても, 考えなければ, 言ってるん, 許さない

40 [11件] あなたに, すぐに, ひそかに, 忘れること, 求めて, 痛感した, 確信し, 祈って, 考えては, 証明した, 話すの

39 [12件] いっても, したな, われわれは, 教へて, 暗示する, 申すな, 示した, 私たちは, 考えれば, 言えば, 頼んだ, 願って

38 [13件] いい出した, いろいろと, 伸子は, 否定する, 喜んだ, 報告した, 尋ねて, 感じます, 暗示し, 知れば, 確めた, 見せて, 言わないで

37 いいだした, 僕に, 免れない, 君に, 呟きながら, 怖れる, 想って, 承知した, 指すの, 自分に

36 [11件] おっしゃって, する奴, 云つ, 喋って, 忘れなかつた, 思ひ起した, 痛切に, 知らなかったの, 考えること, 聞くの, 言います

35 [13件] するもん, 云うん, 云えば, 平次は, 感じました, 知つ, 約束した, 考えるよう, 要求し, 覚えた, 言つてゐた, 言われて, 誰にも

34 [14件] いうが, いつまでも, ここで, したよう, しちゃ, しないの, する人, 思い出しながら, 想い出した, 感じる, 聞いたこと, 聞いたの, 訊くの, 許さなかった

33 [14件] いうよう, いっては, すっかり忘れ, 後に, 期待する, 欲した, 母に, 熱心に, 申すの, 知った時, 示すの, 祈る, 考えたこと, 言や

32 [12件] いたしました, いったもの, お前は, 云ひ出した, 何も, 呟いた, 好まない, 得て, 率直に, 空想し, 言ふと, 認めなければ

31 [18件] いう人, お考え, こ, 今も, 口走って, 告白し, 告白する, 察して, 明瞭に, 望むの, 注意する, 申します, 痛感する, 知りながら, 示すため, 考へる, 苦に, 許されなかった

30 [15件] しゃべって, するから, する者, やったの, やめた, 云っちゃ, 云っても, 呟いて, 得るなり, 申しました, 申上げ, 確める, 確信する, 禁じて, 聞かして

29 [28件] したこと, したよ, しなくても, やつた, よろこんで, わたしに, 今でも, 僕が, 切望する, 得, 忘れずに, 思うて, 思ひ出す, 我々は, 期して, 条件と, 残念に, 申し上げて, 痛感し, 知らせた, 研究し, 考へるの, 見た, 言うなよ, 言うよう, 話す, 語るもの, 頭の

28 [15件] いいだしました, したという, 何度も, 半七, 好んだ, 彼女に, 心配する, 思わせる, 楽しみに, 楽み, 注意すべきである, 潔しと, 聞いたので, 言おうと, 言われると

27 [25件] いわないで, きくと, しみじみと, 云ったって, 今更の, 他の, 伝えて, 忘れたの, 想い出して, 想像した, 感じるの, 極度に, 父に, 發見した, 知ったので, 示す, 聞かされて, 見出した, 見抜いて, 言うて, 話し出した, 誇りと, 認めざるを, 語つた, 語る

26 [25件] あなたが, ちゃんと知っ, まざまざと, やった, よく考え, 云つてゐた, 今は, 力説し, 口の, 報じて, 報告し, 忘れませんでした, 怠らなかった, 指摘した, 理解した, 申しますと, 発見しました, 白状した, 知つて居る, 簡単に, 聞いても, 見ても, 言ったり, 言ひました, 訊くと

25 [17件] したもん, する人間, 余儀なくされた, 嫌って, 御承知, 思いだしたの, 思ひながら, 意味した, 源氏は, 知らせに, 繰返した, 考へたの, 言ってるの, 訊ねた, 話したの, 話し合って, 読者は

24 [27件] いつた, おつ, したね, しながら, よく知つて, 世間に, 云うもん, 云ったが, 仰言, 学んで, 彼の, 彼らは, 得なかった, 感謝する, 拒んだ, 教えた, 疑は, 知ったから, 知ったが, 知るもの, 考えねば, 聞いたが, 聞かない, 言うから, 言うが, 言へ, 語るの

23 [35件] あとで, いふ, おも, お言い, その時, たずねて, 云ったもの, 云ったり, 云つてる, 彼が, 待って, 忘れたよう, 思いだしました, 思いついたの, 思わせた, 思出し, 恐れたの, 悟ったの, 悲しんで, 指して, 書くと, 望みます, 案じて, 知っては, 知りません, 確かめた, 禁じられて, 聞かせて, 自慢に, 要求した, 言っちゃ, 言ひ出した, 話しますと, 話し合, 身に

22 [37件] いいます, いったって, かんがえて, くり返して, したとは, しないよう, しましたね, するはず, 云うよう, 云や, 何よりも, 先に, 告げると, 報告する, 幾度も, 強調し, 得るの, 忘れた, 忘れないよう, 思い出したから, 承認し, 欲しなかった, 欲せず, 注意しよう, 申しますが, 知つてゐ, 知らず, 研究する, 示したもの, 考えたもの, 考えるもの, 言い出したの, 言ったこと, 訊きました, 語つてゐる, 避けた, 願ふ

21 [42件] いうね, おそれて, おれは, くり返した, さへ, されては, しましたよ, すること, なさるの, 一つの, 云いだした, 充分に, 好む, 妻に, 始めた, 完全に, 容易に, 忘れは, 思い出すの, 思つてゐる, 怠って, 悟って, 教へる, 書いた本, 書く, 理想と, 直感した, 相談した, 知らないから, 確かめて, 聞かされた, 自分が, 自覚した, 見て取った, 見逃しては, 言いだした, 言う人, 言ったが, 言ひ出しました, 言わずに, 証拠立てて, 詳しく話し

20 [42件] あれこれと, いったが, お言いでない, さとった, したが, しないでも, しませんでした, するかも, たずねた, ちやんと, よく覚え, 云い出して, 云ひました, 叫んで, 夢みて, 希望します, 後悔する, 得ずして, 忘れるな, 思いますと, 思ったの, 意識した, 意識する, 望むもの, 物語るもの, 疑わなかった, 目的として, 知ってるの, 知らなかつた, 知りその, 知りませんでした, 知るよう, 絶対に, 聞くもの, 能く, 覚えたの, 言つてる, 訴えて, 証して, 認めないわけ, 認める, 説いた

19 [43件] いったり, したかと, しようとは, する筈, その特色, なんでも, わたくしは, 一と, 云うから, 云わずに, 今から, 信ずる, 前から, 力説した, 否定し, 好まなかった, 学んだ, 思い出したり, 思い出します, 思ひ出したの, 思ひ出すと, 思ふ, 惧れ, 感ぜずには, 感づいて, 承諾した, 根に, 沁, 無上の, 白状する, 知つてる, 知らぬの, 確かに, 祈ります, 私も, 考えずには, 考える時, 致しました, 見落しては, 覚悟し, 言ったん, 訊くよう, 訊ねました

18 [43件] くどくどと, くりかえして, しなかつた, する必要, つぶやきながら, ほんとうに, もつて, よく聞い, 云うなよ, 云う人, 云ってるん, 云はれ, 何と, 勧めた, 口走った, 喜ぶ, 妨げない, 始めて, 希望した, 怖れた, 思いついて, 思うの, 急に, 感じながら, 感謝し, 申すと, 白状し, 知ったとき, 知らざるべからず, 知らせました, 確かめると, 考えついた, 考へなければ, 聞いた時, 自覚する, 記した, 証拠だ, 話題に, 躊躇した, 遺憾と, 隠して, 駿介は, 黙って

17 [54件] いうので, いふと, いろ, お耳, きめて, したなあ, するじゃ, それは, たしかめて, つぶやいて, わすれて, 云うて, 云ってるの, 人は, 信じます, 俺に, 前提と, 口実に, 唯一の, 夢に, 夢の, 学ばなければ, 心配した, 思い起した, 思っては, 思出す, 打ち明けて, 断念し, 新聞で, 明白に, 極端に, 欲する, 決心した, 相手に, 知ってるん, 知らないもの, 知らないよう, 続けて, 考えますと, 考え出した, 聞いては, 聽い, 要する, 覚った, 覚悟しなけれ, 言い出すの, 言ふも, 証するもの, 認めるの, 語りました, 誰に, 證明する, 遺憾に, 長々と

16 [52件] いうて, いうもん, いわずに, お忘れ, したので, すすめた, すすめて, やめなかった, やろうと, わしは, 主に, 云いました, 云い出すの, 云わないで, 云われて, 今まで, 仰有って, 保証する, 得なかつた, 得む, 得ん, 御存じない, 思いつきました, 思いました, 思い出したので, 思ったり, 思ひだした, 悦んで, 承認する, 教えたの, 望んだ, 氣に, 求めた, 理解しない, 申すよう, 真面目に, 知らせようと, 知らない人, 確めて, 確認した, 示したの, 考え出して, 考へたこと, 考慮に, 聞けば, 茲に, 言うもん, 言ったので, 言ひ出す, 話しかけた, 話したが, 話しだした

15 [67件] あきらめて, いろいろに, いわれて, お前に, かれは, きいたの, こまごまと, されて, したわけ, するという, だれにも, ほめて, やったもの, やるん, よく承知, 一度も, 主と, 云う者, 今に, 他人に, 伺うよう, 信じた, 切望し, 勘定に, 告白しなけれ, 報じた, 少しばかり, 彼女が, 得ないの, 得るに, 忘れたこと, 恐る, 恐れる, 想起する, 日本の, 楽しんで, 標榜し, 現は, 申しては, 申上げた, 百も, 知らないので, 知らないん, 知りたいと, 知る者, 示すに, 示そうと, 祈つて, 神に, 繰り返した, 考えついたの, 考えないで, 考へたり, 考へれば, 聽か, 自分でも, 自覺, 見ると, 言つて居ります, 言つて居る, 記憶する, 警察に, 身を, 述べたの, 附け加, 附記し, 離れて

14 [86件] あの人, いうやつ, いう奴, おきき, お知り, お話しする, きくの, されても, したねえ, しでかして, するなんて, するので, たくらんで, たしかめると, どんな風, ぼくは, みんなに, もつと, やれば, ゆるして, 了解した, 二人の, 云はれる, 云ひ出す, 仕事に, 何でも, 何の, 俺が, 光栄と, 別に, 前提として, 勧めて, 如実に, 実行し, 家の, 小説に, 希ふ, 強調する, 彼等は, 得る, 思いだしたので, 思つてゐた, 恥と, 悟りました, 想うと, 憚る, 手紙に, 教えるの, 断って, 早くも, 明に, 明確に, 最初から, 本気に, 欲す, 申しまして, 知つて居た, 知らば, 知りぬいて, 確信した, 禁じ得ない, 私達は, 秘密に, 答えた, 約した, 約して, 聽いた, 肯いて, 要しない, 要求され, 見逃すこと, 言いに, 言い合って, 言うね, 言つても, 言われるの, 訊ねて, 許した, 許す, 話したり, 話し合った, 話すとき, 話そうと, 詳しく聽, 躊躇し, 頼みに

13 [84件] あからさまに, いうなよ, おっしゃらずに, おっしゃる, お互に, お願, きかないと, きく, この時, さして, したから, してるん, しないと, どう思っ, ハッキリと, 一生の, 不思議に, 了解し, 二人は, 云い出したの, 云ったこと, 人から, 仰しやつ, 伝えた, 何う, 何かの, 公言し, 反省し, 告げたの, 命じて, 回想し, 多くの, 実際に, 尋ねたり, 常と, 当然と, 得ば, 御存じです, 怒って, 思いやって, 思い出さねば, 思い浮べて, 思つ, 思はせる, 意味しない, 拒んで, 持って, 書けば, 望んだの, 条件として, 注意した, 熟知し, 父は, 疑って, 疑わない, 直覚した, 知らされた, 知らずして, 知るであろう, 知るべきである, 知る人, 示すこと, 禁じた, 立証する, 考えだした, 考えつづけて, 考えてるん, 聞くよう, 自分から, 覺え, 言い出すと, 言う奴, 言わなければ, 訊きます, 許さず, 許されたの, 認めました, 誓った, 読んで, 読者に, 請う, 追想し, 遠慮し, 餘儀なく

12 [111件] あなたの, いい出して, いったこと, いったと, いふな, いわれると, おっしゃいます, おっしゃっては, お話し, お話しし, お話しに, かいて, かの女, さとって, したやう, しなかったの, するに, するより, そんな風, たしかめた, たずねました, なさると, はじめました, ひとりで, ほのめかして, ぼんやり考え, やると, われわれに, チャンと, 云へば, 人が, 人間の, 今の, 今日の, 仕出来す, 何よりの, 信ずるもの, 兄に, 先生に, 具体的に, 半蔵に, 含んで, 吹聴し, 命ぜられた, 囁いた, 好むもの, 学んだの, 得意と, 心がけて, 忘れません, 思い出すこと, 思わずに, 思わずには, 意味します, 感ずるの, 感謝した, 承知の, 承認した, 抜きに, 拒絶し, 持ち出して, 指摘する, 描いて, 教えられた, 断念した, 書いては, 本気で, 根掘り, 楽しみと, 母が, 決定する, 注意せね, 注意せよ, 申したの, 發見し, 發見する, 相談し, 相談する, 知ったと, 知つたのである, 知つてを, 知らせるため, 知らない者, 知るのみ, 示すよう, 約束する, 経験した, 考えたが, 考えたん, 考えようと, 考えるん, 考える必要, 聞きに, 肯んじ, 自分も, 表は, 要求される, 見ること, 見れば, 見出して, 言うじゃ, 言はれ, 訊きましたが, 訊くやう, 許さないの, 証示する, 話しあって, 話しても, 語り合った, 誰か, 誰しも

11 [132件] いい出すの, いうから, いう者, いおうと, いやがって, おっしゃるん, お思い, お書き, お訊き, きかなかった, この上, したかも, してでも, してるの, しようもの, する男, せねば, それからそれ, たしかめてから, つく, つくづくと, です, なさるん, ふと思い出した, みて, よく理解, わかって, わたしが, わめきながら, 一人で, 一生懸命に, 一種の, 世間では, 主人に, 二度も, 云々する, 云うが, 云うじゃ, 云うね, 云う奴, 云つてゐ, 云われると, 仰有るの, 何人も, 余儀なくされ, 信用し, 僕も, 先生は, 兵馬は, 前に, 口々に, 吹聴する, 告げに, 呟いで, 問題と, 外に, 妙に, 希って, 得んや, 得意に, 忘れちゃ, 忘れなかったの, 忘れるよう, 思い出しては, 思うとき, 思ひ出したので, 悔いて, 悟つた, 悦んだ, 憶い出した, 指す, 控えて, 教えられて, 断言する, 書いたが, 書きます, 書こうと, 欠いて, 次の, 欲するもの, 正確に, 殆ん, 気の毒に, 特色と, 理解しなけれ, 申し出た, 申す, 申上げました, 白状しなけれ, 直接に, 相談しました, 知っても, 知らないと, 知らない人間, 知りそれ, 知るには, 禁ぜられて, 空想した, 約束しました, 細々と, 経験し, 考えたもん, 考えます, 考えるだけでも, 考えるとき, 考へました, 聞いたから, 聞いたん, 聞くん, 薫は, 要す, 見たり, 覚えました, 観察し, 言いだしたの, 言はずに, 言出し, 計画し, 許さぬ, 許されないの, 許されるならば, 許したの, 証明しよう, 試みて, 話し合つて, 認めること, 認めると, 誰かに, 述べたが, 逆に, 静かに, 願つた

10 [146件] あげて, あの男, いいだすの, いえ, お聞きなさい, きくよう, この人, この頃, したいと, した者, しちや, しなくとも, しません, するかと, するつもり, するとは, するやつ, する女, そのままに, だれも, つい忘れ, なすったの, なすっては, のぞんで, はじめた, はっきり知っ, はつきりと, ぼくに, やりました, わきまえて, 一緒に, 一言し, 不審に, 中心に, 主眼と, 予言し, 云おうと, 云ったん, 云ひます, 云われた, 仰し, 作者は, 出来るだけ, 切に希望, 利用し, 力説する, 努めて, 勸めた, 厭は, 厳禁し, 口走ったの, 叫んだ, 否むこと, 呟くと, 商売に, 噂し, 報らせ, 夢想し, 嫌った, 宣言した, 察した, 少しでも, 彼らに, 得ざら, 得と, 得るは, 得可し, 心ひそかに, 思いだす, 思いつめて, 思い浮べた, 思はせた, 思ふの, 恐れるの, 悲しむ, 意と, 感知し, 慮って, 打明けて, 承知する, 推測せしめる, 教える, 明言し, 暗示した, 書いたこと, 書いたり, 本能的に, 棚に, 欲するの, 母は, 無視し, 特別に, 申せ, 発表した, 目標と, 直ぐに, 直覚し, 真剣に, 眺めて, 知つたのです, 知らされて, 知らないか, 知らぬ, 知るから, 知ると共に, 知るべし, 知るや, 確かめてから, 祈った, 立証し, 米友は, 約す, 素直に, 経験する, 考えてるの, 考えないでは, 考える余裕, 考え出すと, 聞いたと, 聞いたとき, 聞いたもの, 聞かないと, 聞け, 聽きました, 自然に, 表わして, 言いやがる, 言い出したもの, 言い出す, 言うこと, 言うやつ, 言う者, 言つてし, 言へば, 言明し, 訊ねます, 記憶せよ, 話すこと, 話そう, 誇りに, 誰よりも, 避けるため, 願った, 願ひ, 顧みて, 饒舌って

9 [198件] いいだしたの, いい出しました, いたして, いろいろの, いわれたの, いわれるの, おっしゃると, おもいだしました, おもって, お云いでない, お約束, お銀様, かいつまんで, かねて, かんがえると, き, きかない, さとりました, されると, しそう, したい, したんで, した人, しって, しなくなった, するぢ, するなよ, するわけ, する気, その人, その通り, だれが, どうお, なすって, はっきり感じた, はばかって, もう知っ, やったもん, やるもの, よくおぼえ, よく心得, 一言も, 世間へ, 二人で, 云ったか, 云ったと, 云つても, 云はれた, 云へ, 人々に, 今では, 今日も, 他に, 保証し, 信ずること, 信ずるの, 信ずる者, 初めて知った, 勝手に, 博士に, 原則と, 厭ふ, 君の, 君も, 告げました, 告げる, 命じたの, 喋った, 喜びと, 夢にも, 夫に, 女に, 妨げて, 存じて, 実行する, 宣言し, 密かに, 専門に, 尋ねるの, 彼も, 後から, 得たが, 得ないもの, 心掛けて, 忘るる, 忘れたか, 忘れる, 思いうかべて, 思いだしたから, 思い出したが, 思い出そうと, 思っても, 思わねば, 恥じた, 悔いた, 悟らねば, 悟ると, 悲しんだ, 想いだして, 想った, 想ひ出し, 感じないでは, 感ぜざるを, 我々に, 或る, 打ちあけて, 打ち明けた, 断言し, 明示し, 書きつけて, 書きました, 条件に, 欲せぬ, 止めた, 残念がっ, 母親に, 求める, 決意し, 注意したい, 満足に, 現わし, 理由として, 理由に, 申せば, 申上げます, 発明し, 皆に, 盛んに, 目的に, 知ってる者, 知らした, 知らないが, 知らないでは, 知らなかったので, 知られて, 知るが, 確かめるため, 確実に, 確認し, 禁止する, 考えたから, 考えつきました, 考えつつ, 考えなかった, 考えも, 考えよう, 考えるから, 考えるが, 考えるならば, 考へるやう, 聞かないで, 聞きましたから, 聞き出した, 聞き知った, 聞く, 職業と, 肯ぜ, 臆面も, 自慢し, 自慢する, 自由に, 自白する, 良人に, 行って, 見のがしては, 見出すであろう, 覺えた, 言いなさんな, 言ったと, 言ってる, 言つて笑つた, 言はれた, 言ひだす, 言わせて, 訊かれて, 訊くが, 許されるの, 訴えた, 試みた, 話せば, 誇って, 認めずには, 認めねば, 語り出した, 語り合, 誤解し, 説く, 諸君に, 警告し, 躊躇する, 軽蔑し, 避けねば, 間接に, 院は, 非常な, 非難し, 駒井が, 駒井は

8 [246件] あえてしなかった, いいこと, いうじゃ, いさぎよしと, いったので, いっちゃ, いってるん, いつでも, いつまで, いひながら, いろいろ考え, いろいろ話し, お島, お庄, お母さんに, お言いだ, お許しに, お話する, かんじた, ききに, ききますと, ききません, きけば, きらって, これまで, さ, されるの, したのに, しないもの, します, しやべ, しようという, すなお, するため, するには, するにも, するね, そこへ, それが, それと, たのむ, たのんで, ちらと, である, なして, なすの, ぬかすな, はじめて知った, ひとに, ぼんやりと, やったん, やめない, やらかして, やらせて, やるか, よく存じ, よく聞く, 一般に, 一途に, 不可能に, 世界に, 世間は, 並べて, 予言した, 二人とも, 云ふも, 云わなければ, 人の, 今度は, 今更に, 仕出来し, 仰しゃって, 仰有, 企てた, 伝へて, 伸子に, 何とも思わない, 信じたから, 全く忘れ, 勧めるの, 勧告する, 口走りながら, 叫びながら, 名誉と, 否むわけ, 告白した, 報告しました, 大きな声, 大声で, 天下に, 好まず, 好みません, 尋ねました, 屑し, 工夫し, 希う, 希望したい, 幸福に, 彼等に, 得ざりき, 得るもの, 御存じでしょう, 御話, 忘る, 忘れないの, 忘れるの, 念じて, 念と, 思いだすと, 思います, 思い出させた, 思い出したよう, 思い出せば, 思はずには, 思ひだして, 思ひつ, 思ひ浮べた, 急いで, 恐れては, 悔ゆる, 悟つて, 悪しざまに, 想えば, 想は, 想ひ, 想ふと, 意に, 意味するなら, 感ずること, 感ずると, 憚らない, 憶い出し, 憶ひ出した, 承諾し, 拒むこと, 拒絶した, 持ち出した, 持つて, 指示し, 推定する, 教えること, 教わった, 昔の, 是認し, 望まない, 期す, 期待した, 楯に, 次から, 欲しなかつた, 欲せざる, 歎い, 止めること, 気づいて, 注意しなく, 洞察し, 熱望し, 父が, 現実に, 申しましたが, 申し上げました, 申し上げます, 申し上げるの, 眼中に, 知ってから, 知ってるか, 知らせたの, 知らせるの, 知らぬ人, 知らねえの, 知らんと, 知りつつ, 知りまた, 知るため, 知るという, 知れり, 研究した, 確かめること, 確認する, 示さんと, 空想する, 笑って, 經驗する, 繰り返すの, 繰返すの, 考へては, 聞いてるん, 聞かなければ, 聞きながら, 聞きまして, 聞き出して, 聞き込んで, 聞こうと, 聽く, 自分ながら, 裏書きし, 裏書きする, 要求します, 見るの, 見落して, 覚って, 覚悟した, 覺える, 言いだしました, 言いだすの, 言いながらも, 言いますが, 言い出します, 言うぜ, 言う男, 言ってや, 言つては, 言ひ出し, 言ひ出します, 言われた, 言外に, 言葉に, 訊く, 訊くん, 許さなかつた, 許される, 訴へ, 話さなければ, 話し, 認めたの, 誓って, 誓ふ, 語ると, 語るに, 説明しよう, 誰れ, 請うた, 請ふ, 謝し, 警戒し, 豫想し, 迂濶, 遠慮する, 避けようと, 除けば, 電話で, 露骨に, 頭において, 願います, 願う, 願うの

7 [299件] いいだしたもの, いうか, うちあけて, えん, おぼえた, おれに, お互いに, お前の, お尋ねに, お思い出し, お角, お許し下さい, お話しした, きいても, きかないから, きかないの, きくもの, きくん, この女, この際, こんな風, ご存じない, ささやきました, さすの, させるの, さと, さのみ, したつもり, したとき, した覺, しっかりと, してや, しないという, しないやう, しなかつたの, しは, しゃべった, しゃべりながら, しゃべるの, しらべて, するだけ, するなあ, するなと, するよりも, すゝめた, せずとも, せめてもの, そのとき, た, つとめて, どうして知っ, なされました, のべた, はじめたの, まじめに, みんなが, もう忘れ, やったな, やり出した, やり出すかも, やるから, ゆるした, よくきい, よく知ってる, よして, わけて, クリストフに, 主題と, 予期した, 云い, 云いだしたの, 云い出すと, 云い合って, 云ったから, 云つたつ, 云ひだした, 云ふんです, 云われたの, 今だに, 仕出かして, 仰しゃる, 仰っしゃる, 任務と, 伝え聞いて, 伺いますが, 伺って, 何うし, 何とも思っ, 何遍も, 依頼した, 俗に, 信じる, 信じること, 信ず, 信用する, 公然と, 初めから, 努めた, 友人に, 口を, 口走る, 口走るよう, 可能に, 否定しよう, 命じられた, 喋つてゐる, 喜ぶの, 嘆いて, 嘆じ, 土地の, 大切に, 失わない, 好まないの, 好まなかつた, 如何とも, 嫌つた, 定めて, 実証し, 宣言する, 尋ねる, 尋ねると, 小耳に, 岸本は, 引受けて, 強調した, 当時の, 得じ, 得たもの, 得ないで, 得なかったの, 得ると, 得るやう, 徹底的に, 心で, 心配しない, 志して, 忘るべからず, 忘れかねて, 忘れがち, 思いつづけて, 思いまた, 思い付いた, 思い出さずには, 思い出したん, 思い出すたび, 思うよう, 思ったこと, 思ひついた, 思ひ浮べて, 思わせるよう, 怠らなかつた, 恐れたから, 恐れるから, 悟るであろう, 悟るに, 悪くいう, 惧れた, 想い起す, 愉快に, 愛して, 感じさせた, 感じたから, 感じたこと, 感謝します, 憚って, 我々が, 手短かに, 手紙で, 承って, 承知で, 承諾する, 推定した, 措いて, 提議し, 提議した, 放送した, 教えました, 教えられたの, 教わって, 明言する, 暴露し, 書いたん, 書いた書物, 書くつもり, 最初に, 望んでは, 村の, 樂しみに, 欣ぶ, 欲するから, 欲する者, 此の, 此処で, 母から, 気にも, 求めるの, 決定し, 決心し, 注意すれ, 注目しなけれ, 清三は, 物語った, 生涯の, 申しあげて, 申し上げると, 発見するだろう, 目に, 目撃した, 知ったこと, 知ったという, 知ったもの, 知つたのは, 知て, 知らせずに, 知らん, 知らんの, 知りこれ, 知りて, 知りながらも, 知り得るの, 知るだろう, 知るなり, 知る必要, 知れ, 知ろうと, 確めました, 示すと, 神の, 私共は, 種々と, 立証した, 答へ, 米友が, 紙に, 細かに, 綜合し, 繰りかえして, 考えずに, 考えその, 考えちゃ, 考えないよう, 考える暇, 考え出したの, 考へても, 考へること, 考へ出して, 考慮し, 聞いてから, 聞きます, 聞くが, 肯定し, 自分自身に, 色々と, 虞れ, 表して, 褒めて, 要するの, 見せるため, 見なければ, 見出す, 見通して, 言いだして, 言い出したので, 言うので, 言う必要, 言え, 言ったか, 言ったそう, 言ったよ, 言わして, 言出す, 記憶しなけれ, 記録し, 許さねば, 許すこと, 証する, 話し合いながら, 認めながら, 認めます, 認めるであろう, 認識する, 語り合って, 語ろうと, 説き, 説くもの, 読んだ, 諸君は, 證する, 證明し, 躊躇しない, 載せて, 避けるの, 防ぐため, 除いては, 非難する, 頭から, 頼むの, 願は, 顧慮し

6 [420件] あまり気, いいあって, いいながらも, いいなさんな, いいますが, いい出したので, いうかと, いう男, いたした, いたしまして, いったかと, いったんです, いった人, いってるの, いひ出した, いまでも, いわせて, おいいでないよ, おしえて, おっしゃっても, おやり, お信じ, お感じ, お言, お言いなさる, お頼み, お願いする, かくして, かくも, きいたこと, きいたり, きかせて, きかないで, きかなくなって, ききました, くど, くりかへ, くわしく話し, くわしく話しました, このとき, これほど, これも, させたの, したおぼえは, したといふ, したとか, したら, しないから, しよう, しらせて, すすめたい, すすめたの, すすめました, すつかり忘れて, すでに述べた, すまいと, するが, するほど, するよりは, せずして, そう呼ん, そう言っ, そのま, その男, たずねると, ためらって, ちっとも知らなかった, ちゃんと心得, ついでに, どうする, どんなにか, なごの, なさいました, なすに, なにも, なによりも, ぬかして, はっきりさせ, はっきり意識, まず注意, まづ, もう一度繰り返し, やったり, やっても, やめよ, やめよう, やめる, やるよう, ようく, よくお, よくきく, よく注意, よく知, よく知らない, よく考へ, よく見, よしと, よろこんだ, わしに, わたしたちは, クリストフは, ヌケヌケと, 一体何, 一刻も, 上手に, 不快に, 与八は, 世間の, 予は, 予想した, 予感し, 事実に, 云い出しました, 云うぜ, 云うない, 云え, 云ったので, 云っちゃあ, 云つたら, 云つてし, 云つては, 云はせ, 云ひたい, 云ひ出し, 云ふなら, 云ふんぢや, 云へる, 人生の, 今こそ, 今日は, 今日まで, 仔細に, 仕事と, 仕出来した, 付記し, 仮定する, 企てて, 企らんだ, 伝えると, 伸子が, 伺ひますが, 何を, 何んとも, 余儀なくされる, 信じては, 傳へ, 傳へて, 免れず, 免れません, 八五郎は, 切りに, 切実に, 初めに, 単純に, 即座に, 厳重に, 口へ, 口走つた, 口走ると, 吉田は, 同じよう, 君が, 君たちは, 否定は, 含めて, 吾人は, 告げ, 告げるの, 告白せざる, 呟やい, 周囲の, 呼んで, 命令した, 唱えて, 喋舌つた, 喚きながら, 喜びながら, 喜ぶよう, 喜んだの, 囁いて, 堂々と, 変に, 女の, 女中に, 好むの, 妨げるもの, 妾は, 始めたの, 娘に, 子供の, 学ぶこと, 実証する, 小声で, 少し詳しく, 希望いたします, 平気でし, 平氣, 幾度か, 引き受けて, 強く感じた, 彼れ, 彼女の, 彼女も, 得き, 得ざるは, 得ざれども, 得ずに, 得たと, 得たるは, 得ぬの, 得べしと, 得よう, 得るか, 得るも, 得るや, 御存じな, 御存知ない, 御心配, 心配してる, 忘れたやう, 忘れようと, 思いめぐらして, 思い出さずに, 思い出させて, 思い出しても, 思い合せて, 思い浮かべて, 思うから, 思う時, 思ひ出したか, 思ひ出しました, 思ひ出します, 思ひ出すこと, 思ふとき, 思や, 思わしめる, 思出しました, 怠つて, 恐れるもの, 恥じて, 恥ぢて, 悟るよう, 惧れる, 想い出しながら, 想い出すと, 想像すれ, 想起し, 意識しない, 感じては, 感心し, 慥かめた, 憤って, 憤慨し, 懇, 我に, 我慢し, 承知させた, 承認せざる, 拒んだの, 拒絶する, 指摘したい, 挙げて, 提案し, 教えるもの, 断わって, 新聞は, 斷わ, 日記に, 旨と, 明らさまに, 昔から, 書かうと, 書かなければ, 書くこと, 最後に, 望むこと, 機会に, 欣んだ, 欲しなかったから, 欲しません, 武蔵は, 気づかないで, 求めたの, 決めて, 決意した, 決議した, 深刻に, 物語る, 特に注意, 理解しなかった, 申し上げては, 申すやう, 申すやつ, 男に, 町の, 疑わぬ, 發見しました, 皆が, 皆は, 目撃し, 看破し, 看破した, 真に受け, 真実に, 眼の, 矢代は, 知ってるから, 知つてゐました, 知らないわけ, 知らなかったから, 知らなかったん, 知らぬ者, 知りすぎるほど, 知りたがって, 知りましたが, 知りまして, 知り得た, 知るであらう, 知るを, 示す為, 祈る者, 神は, 禁止され, 種に, 立派に, 端的に, 答へて, 繰返し繰返し, 考えさせた, 考えさせる, 考えただけでも, 考えた時, 考えだして, 考えついたもの, 考えついて, 考えないわけ, 考えに, 考えはじめた, 考えるより, 考へずには, 考へないで, 考へねば, 考へますと, 聞いたよう, 聞いたり, 聞かないの, 聞かぬ, 聞かれて, 聞きて, 聞きましたが, 聞きますと, 腹の中で, 自分たちの, 自分では, 自覚しない, 自覚しなけれ, 自認し, 英語で, 見出すの, 見拔, 見遁, 覚える, 覚ったの, 言いますと, 言い出すもの, 言うた, 言うとき, 言うない, 言うに, 言うのに, 言うよ, 言うんだい, 言ったもん, 言つたと, 言つてを, 言はせる, 言ひだした, 言われる, 訊かれるの, 訊くな, 訊こうと, 訊ねると, 記したが, 記したもの, 訴へる, 証するに, 話された, 話しかけて, 話したこと, 話し合う, 詳細に, 誇りとして, 誇張し, 認めれば, 認識した, 語つて居る, 語ります, 語るとき, 語るよう, 説いたが, 読んだこと, 誰でも, 豫期し, 身を以て, 述べ, 述べる, 述べる必要, 遠慮した, 避けたの, 重ねて, 銘記すべきである, 長い間, 防いで, 頼まれた, 頼まれて, 頼むと, 頼んだが, 願ったの, 饒舌る, 鵜呑みに

5 [594件 抜粋] あたしに, あたしは, あてに, あまり好まなかった, あらは, いいだして, いいに, いいましたが, いい出したもの, いい合って, いうけれど, いうこと, いうとき, いうなあ, いうねえ, いうのに, いうんだい, いう必要, いくども, いったという, いってらあ, いつたの, いつも考え, いへば, いわなければ, いわれた, いわれたので, いわれても, おそれました, おたずね, おっしゃいました, おっしゃいますが, おっしゃいますな, おっしゃっちゃ, おっしゃらないで, おぼろげに, おもいだして, おもうと, おもひだ, おもふと, お伺い, お君, お尋ねする, お忘れなき, お父さんに, お考, お話しします, お話したい, お願いし, かすかに, きいたので, きかして, ききませんでした, きっかけに, こう言っ, この作者, これまでの, さう, さけて, ささやいた, さしたの, させること, したんだい, したッ, した後, してから, してまで, しでかすか, しなくっても, しに, しましたか, しみじみ感じた, すこしも, すっかり話し, すべての, すりゃあ, するならば, するのよ, せず, せんでも, そしてそれ, そんなふう, たがいに, たしかめました, だしぬけに, ちつとも, ちよつと, ぢつと, つぶやいた, つぶやきました, どうしよう, どこで, どの程度, ながながと, なさる, なんの, ぬきに, のこらず話し, はっきり知った, ひどく後悔, ひろ子は, ふしぎに, べらべらと, ほめた, ぽつりと, まっすぐに, まともに, みても, みとめた, むやみに, やったと, やってるん, やめなかつた, やらうと, やりながら, やるもん, やろうという, ゆるされました, ようしなくなった, よくいっ, よく了解, よく言っ, わたしも, われわれの, ズバリと, 一つも, 一同に, 一度に, 一日も, 一番よく, 不安に, 不愉快に, 中心として, 主人の, 主張しました, 之は, 乞ふ, 予知し, 予知する, 予言する, 二人に, 云いなさんな, 云いますと, 云い出したもの, 云うか, 云うこと, 云うとき, 云うのに, 云うよ, 云うわね, 云う男, 云ったそう, 云ったよ, 云つて居ります, 云ふない, 云われる, 亭主に, 今迄, 付け加えて, 仰しゃらないで, 仰せられます, 仰っしゃって, 仰有るもの, 余は, 作者が, 使命と, 依頼し, 信じても, 信ぜずには, 僕の, 先生が, 先生と, 光栄に, 免れた, 免れなかった, 八五郎に, 出來, 切り出して, 初めて知, 叔父に, 叙し, 口では, 口走ったり, 口走るの, 否定できない, 否認する, 呟いだ, 呟やいた, 命じたり, 命ぜられて, 唱へ, 問わず語りに, 問題として, 喋つた, 喋舌つてゐた, 喚いて, 喜びました, 喜ぶもの, 嗅ぎ出して, 回想する, 基礎として, 堅く信じ, 多計代, 夢みながら, 夢想した, 大急ぎで, 女が, 女王に, 好きな, 好まないので, 妨げたの, 妻の, 始めました, 娘は, 婉曲に, 嫌う, 学ばねば, 学ぼうと, 守って, 実験で, 宣伝する, 少しは, 屡, 左の, 己は, 希ひ, 希望せざる, 引合いに, 強いられて, 当てに, 当然だ, 彼等が, 得ずと, 得たので, 得ないが, 得べからず, 御相談, 心にと, 心掛けなければ, 忘れたり, 忘れるという, 快しと, 快と, 念願と, 思いその, 思いだしたん, 思いだしながら, 思いだすの, 思いつづけた, 思いやった, 思い出しそれ, 思い出したもの, 思い浮べながら, 思い起して, 思い返して, 思い返すと, 思うだけでも, 思うに, 思った時, 思つて見た, 思はずに, 思ひ出, 思ひ出しながら, 怠っては, 怠らなかったの, 怨んで, 恨んで, 恩に, 悪く云う, 惡く, 想ひ出す, 想像します, 意味するであらう, 意味するであろう, 感じさせる, 感じその, 感じないわけ, 感じること, 感じると, 感ぜしめる, 感謝いたします, 慥かめて, 慥かめてから, 憶い出す, 懼れ, 我々の, 我は, 手帳に, 打忘れ, 承りました, 拒む, 拒否する, 推測し, 提案した, 教えねば, 教えられる, 断つて, 早口に, 明示した, 昔は, 普通の, 書いても, 書かれて, 書きながら, 書く必要, 曾て, 望むは, 望むん, 本質と, 果して, 根拠として, 楽しむの, 欲するか, 欲すると, 欲せなかつた, 歌って, 止めなかった, 止めねば, 正しいと, 残念がった, 母の, 気が, 気にかけて, 気にかけては, 求められた, 決して忘れ, 決心する, 法然に, 洩らした, 源氏が, 無理に, 熱望する, 爲し, 特に強調, 独言の, 王さまに, 理解させる, 申しあげるの, 申し上げましょう, 申し合せた, 申すか, 申すが, 申す奴, 申上げたい, 疑うもの, 疑う者, 疑はず, 発明した, 発明せり, 発見するであろう, 発見せり, 的確に, 相手の, 眞に, 眼前に, 知った彼, 知ってる, 知ってるよ, 知つても, 知つてゐます, 知らせるよう, 知らないこと, 知らないところ, 知らないとは, 知らないほど, 知らない女, 知らない男, 知らない筈, 知らなかつたの, 知らなくては, 知りそして, 知りましたから, 知りも, 知り彼, 知り抜いて, 知るので, 知れる者, 確かめた上, 確信させる, 示さなければ, 示さんが, 示唆する, 祈りながら, 祈るの, 祈るもの, 祈念した, 神かけ, 神への, 禁じたの, 私から, 私たちに, 私自身に, 窕子は, 立證する, 竜之, 笑ひ, 第二, 節子に, 綜合する, 繰り返しながら, 纏めて, 習って, 考えさせられました, 考えたって, 考えついたん, 考えない, 考えないの, 考えなくては, 考えは, 考えるたび, 考えるには, 考えるひま, 考えるよ, 考へさせられた, 考へてを, 考へやう, 考へるもの, 考察する, 聞かなかった, 聞かなかったの, 聞くから, 聞くこと, 聞くに, 聯想した, 聴くと, 肝に, 肯じ, 肯じなかった, 胸の, 自白した, 致しまして, 致しません, 虞れる, 表現する, 要するは, 要せない, 見つけた, 見ねば, 見のがすこと, 規定し, 覚えたもの, 親身に, 観察した, 解決し, 言いかけて, 言い出したね, 言い出せば, 言い残して, 言うか, 言うかも, 言ったよう, 言つたつ, 言つてゐました, 言はれる, 言ふんだ, 言われたの, 言われたり, 言われても, 訊きに, 訊ねるの, 記する, 許されたい, 許されたが, 許されぬ, 証言した, 話しかけると, 話したので, 話した時, 話してから, 話しに, 話しはじめました, 話すよう, 話す時, 詳しく話した, 誇つて, 誌した, 認めても, 語りだした, 語りながら, 説くの, 誰から, 調べるの, 諦めて, 諸君の, 謂ふ, 警視庁に, 責めて, 質問する, 軽蔑する, 述べたもの, 述べなければ, 述べるの, 追想する, 進んで, 頼む, 頼んだの, 願うもの, 顧慮する, 饒舌った, 鼻に

4 [980件 抜粋] あえてする, あたくし, あて人は, あらわして, ありのままに, あれほど, いいたいの, いいましたね, いい立て, いうため, いうない, いうわね, いかにし, いたしましたが, いったんだ, いつたもの, いふので, いろいろな, うか, うつかり, おこって, おすすめする, おっしゃるもん, おもいました, おもふ, おろそかに, おツ, お前が, お増, お望み, お知らせし, お訊ね, お認め, お願いした, お願いに, かんが, きいたが, きかされて, きかなかつた, ききましたので, きくこと, きけ, ここでは, このうえ, この子, これらの, さとると, しくさる, したがって, したくなかった, したつて, したならば, したまで, したわい, した奴, した私, しちまったん, しないし, しなかったが, しましたねえ, しますと, しゃべりだした, しようとして, しらせました, すすめたが, すっかり聞い, すらすらと, するくらい, するところ, する馬鹿, ずばりと, そこに, その場, そんなに気, だれかに, ちゃんと承知, つけ加えた, ですね, どうかお, どう説明, どこまで, どのくらい, なさいます, なさるはず, なぜか, なんとかし, なんども, ぬかす, ぬかすやつ, のこらず話しました, はっきり感じ, はなして, ひかえて, ひどく心配, ふと忘れ, ほかの, ほんた, まことし, またその, まったく忘れ, まるで知らない, むしろ不思議, もう一遍, もっと詳しく, やったか, やめたが, やめないで, やめました, やりだすか, よく, よく云っ, よく心, よく知らなけれ, よく知り, よく記憶, わたくしに, ダシに, 一般の, 万, 不仕合せの, 世界の, 主なる, 主張したい, 主張し得る, 予想しなけれ, 予感した, 事の, 云いたいの, 云いだすん, 云いますね, 云い出したので, 云い出す, 云い表わして, 云うなんて, 云う筈, 云ったよう, 云ってる, 云つたツて, 云つてゐられる, 云われたので, 人間は, 今はじめて, 今初めて, 今日から, 仰しゃいます, 仰せに, 仰っしゃいます, 企んで, 伺いました, 体験した, 何とかし, 何もかも知っ, 余りにも, 例の, 保証され, 保證し, 信じたの, 信ずるなり, 信ずるには, 信ぜざるを, 全然知らない, 其ま, 冷静に, 処理し, 前提しなけれ, 勉強し, 勧める, 去年の, 口ば, 口実として, 口走つて, 叫ぶ, 可能ならしめる, 吝ま, 否む訳, 呉葉は, 告げられた, 呪って, 問うた, 喋ったり, 喜ばなかった, 嘆いた, 回顧する, 堅く禁じられ, 多少知っ, 夢中に, 大事に, 大儀に, 大胆に, 夫人に, 奥さんに, 女は, 好きだ, 好むが, 妨げた, 妨げられて, 嫌がって, 学びました, 学ぶの, 実地に, 実証した, 宣した, 家康は, 小坂部は, 少くとも, 少しの, 少年は, 巧みに, 帆村に, 希望致します, 平次も, 建前と, 弁明し, 弁護する, 強ひる, 強調したい, 当人に, 当然の, 後悔しました, 得ざるを, 得ました, 得るであろう, 得るのみ, 得れば, 御存じで, 御聞き入れ下さいまし, 心から希望, 必要以上に, 忘れたので, 忘れないが, 忘れなかったが, 忘れぬよう, 忘れるから, 忘れるならば, 忘却した, 怒つて, 思いあわせると, 思いだしたが, 思いだしては, 思い付いたの, 思い出さないこと, 思い出しその, 思い出しまして, 思い切って, 思い合わせて, 思い知らせて, 思い詰めて, 思うが, 思うた, 思え, 思ったとき, 思はせるの, 思はねば, 思ひますと, 思ふやう, 思わざるを, 思わせるが, 思わないで, 怪しんで, 恐れない, 恥じるよう, 悟ったので, 悟らなければ, 悪く云い, 悲しいと, 悲観し, 想い出したの, 想う, 想ひ出した, 想像させる, 想像せしめる, 想起しなけれ, 意識的に, 感じたり, 感ぜずに, 慮りて, 憚った, 憶出した, 我輩は, 打ち明けました, 打開け, 承知しない, 承認しない, 折に, 拒まれて, 指摘しよう, 振返って, 控へ, 提議する, 攻撃した, 政府も, 教えたり, 数えて, 文吾は, 断念しなけれ, 日本人の, 春の, 是認する, 暴露した, 書いたその, 書かねば, 書きとめて, 書くよう, 書けと, 有力に, 期せり, 本署に, 案じながら, 業と, 欲しなかったの, 欲する人間, 止して, 止めなかつた, 正三は, 此処に, 死ぬほど, 母親が, 気づいた, 気を, 気附いた, 求めそして, 決定した, 涙を, 為て, 無暗に, 爲し得る, 片づけて, 物語つてゐた, 物語るの, 現して, 理想として, 生きて, 用意し, 申しあげました, 申しましては, 申しますよ, 申し上げましたが, 申すもの, 申上げたら, 疑うこと, 痛いほど, 発見したら, 白状すれ, 皆の, 目標として, 直感し, 看取した, 知ったならば, 知ったん, 知ってからは, 知ってるな, 知つてから, 知らしむる, 知らないかの, 知らないため, 知らなかったという, 知らぬでは, 知らねえか, 知りたり, 知りぬ, 知るはず, 知るまい, 知る機会, 知ろうはず, 知覺する, 確かめれば, 示します, 示唆し, 祈るのみ, 神様に, 禁止し, 私かに, 第一義と, 米友の, 素朴に, 紹介した, 繰りかえした, 罷めて, 習慣と, 考えさせるの, 考えたか, 考えどんな, 考えはじめました, 考えまた, 考えるという, 考えるな, 考え出しました, 考え込んで, 考へさせた, 考へたので, 考へに, 考へます, 考へる時, 聞いたって, 聞いたよ, 聞かされても, 聞かぬと, 聞きたいの, 聞きつけると, 聞きませんでした, 聞くじゃ, 聞く気, 聞込んで, 聴かないの, 肯かなければ, 肯定する, 自分にも, 自知, 自認する, 致したの, 致します, 船長に, 若君は, 薄々は, 表明し, 複雑に, 要せず, 要請し, 見たと, 見て取って, 見も, 見る, 見守って, 見届けて, 見破られて, 見越して, 規定した, 覚らざるを, 親分さんに, 親切に, 言いあって, 言いだすと, 言いません, 言い出すん, 言い合った, 言い触らす者, 言うわけ, 言ったかと, 言ったという, 言つたのか, 言つて, 言つてゐ, 言はう, 言ひたい, 言ふなら, 言わねば, 言われたと, 言ッて, 計畫, 訊いたの, 訊いたり, 訊きたいが, 訊く人間, 訊ねたり, 記載し, 許さないという, 許さる, 許されないので, 許しません, 許すの, 訴へて, 証拠立て, 証明しなけれ, 証明せね, 詠んで, 詮議する, 話したあと, 話したとき, 話しつづけた, 話し合ったり, 話に, 認めない訳, 誓います, 語らせて, 語り合いながら, 説いたの, 誰かが, 諄々と, 諒解した, 論ずるの, 諷したの, 警察へ, 責めるの, 質問し, 超越した, 辞さない, 辞せなかった, 述べたて, 述べると, 適切に, 避けるよう, 防ぐこと, 附け加えて, 隠すため, 難ん, 願う者, 願ひし, 風の, 馬鹿に, 鶴見は

3 [1786件 抜粋] あえてした, あしざまに, あなた方も, あまり好ん, あるとき, い, いいだしたね, いい残し, いうだけ, いう女, いたすこと, いったね, いつたつて, いまさらながら, いやがりました, いわないよう, いッ, うち明けた, うれしく思った, おうかが, おそわって, おっしゃったって, おぬ, おぼえました, おもへば, お勧めしたい, お忘れです, お教え, お母さんから, お知らせしよう, お聞きする, お角さん, お許しください, お願い申す, かれに, きかないとき, きかれた, きこうと, きらったの, くりかえしました, こころみて, この本, こわがって, ご存じ, ご存じでしょう, ご承知, ささやきながら, させは, さっきから, されようとは, しきり, したじゃ, したらあたし, したらすぐ, した時, してこそ, してるうち, してを, しでかすに, しないのに, しなかったのに, しまいまで, しましたわ, しみじみ感じる, しるして, すぐ口, すっかり見, するそう, するわ, する勇気, する時, せざれば, せぬよう, そうし, そなた, その本質, それとなく言っ, たしかめたうえ, たずねても, ただの, たよりない, ちゃんと見ぬい, つくづく覚った, つづけて, ともかくも, どうしてお, どう云っ, なげいて, なさずして, なさる方, なされば, なすっちゃ, なせ, なんなり, ねがつて, のこらずお話し, はじめて知りました, はっきり自覚, ばかな, ひどく恐れ, ふと思い出し, ぶつ, ほのめかしたの, まず最初, まとめて, みんな知っ, もう少し詳しく, や, やったじゃ, やってる, やめないの, やめること, やらない, やりだす, やりますね, やり遂げるの, やるため, ゆめ忘れ, ゆるされた, よく知りぬい, よく胸, よそに, よろこびます, わからせて, んなの, コゼットに, ハッキリ自覚, ラジオで, 一つでも, 一寸でも, 一息に, 一言述べ, 不思議がった, 中将は, 丸で, 主張なさる, 予想させる, 予約し, 事細かに, 云います, 云い出したが, 云い触らして, 云うつもり, 云ったそんな, 云った時, 云ってる場合, 云つてや, 云て, 云わせて, 云われたって, 人びとに, 人間に, 今想起する, 今注意せね, 他から, 以前から, 仰しゃると, 仰せられますな, 仰有っても, 企らんで, 伺うの, 何という, 何より先, 何度か, 例と, 信じないかも, 信じるやう, 偶然に, 兄さんに, 免れて, 兎や, 兵馬が, 内々で, 分って, 初めて発見, 別の, 力めて, 努めなければ, 勧めたいの, 勧告し, 医者に, 卒直に, 厭が, 又八, 反覆し, 口外し, 口走るな, 可能と, 吐かして, 吹きこんで, 告げるため, 呟いたの, 問いかけて, 喋りだすの, 喚いたり, 單に, 回想した, 固く信じた, 堅く約束, 声明した, 多く考え, 大きな聲, 大変に, 天皇に, 奏請した, 女中の, 好まなかったの, 好みませんでした, 如何に, 姫君は, 嫌ひ, 嬉しそう, 子供に, 学んだが, 學ぶこと, 官長の, 宮様に, 寝たまま, 實行する, 尋ねかけて, 少しお話, 帆村は, 希望せり, 平次の, 幸福だ, 弁明する, 引き合いに, 強く意識, 当然な, 彼女から, 待つて, 後日に, 得ざるなり, 得ず米友, 得たりと, 得なかつたの, 得るが, 御存じありません, 御本人, 心から祈らず, 心では, 志望し, 忘れかけて, 忘れた後, 忘れないだろう, 忘れまいと, 忘れるとも, 忘却し, 怖れました, 思いおこした, 思いついたわ, 思い出させられて, 思い出したと, 思い出しは, 思い出すよう, 思い合わせた, 思い心, 思い耽って, 思い起こして, 思うならば, 思つては, 思はせるやう, 思ひだす, 思ひ出すの, 思ひ起す, 思わせました, 思出します, 怠りませんでした, 恐れるため, 恨みに, 悔んで, 悦びます, 悲しく思った, 惜しがっ, 想い出したが, 想ひ起す, 想起するなら, 意味するらしい, 愛した, 感じたに, 感じまた, 感ずるよう, 感得した, 慕ふ, 憚らなかつた, 懇請した, 或ひ, 打ち明けるの, 承諾いたしました, 拒んだので, 指示する, 探して, 提言した, 教えようと, 教は, 敵に, 断わった, 新田先生に, 斷念し, 日記の, 明言した, 普通に, 書いた小説, 書いてを, 書き添えて, 書くわけ, 會得した, 望むと, 本当だ, 染, 極く, 欠かさなかった, 欲するが, 欲する心, 歌つた, 歎じ, 止めよ, 止めると, 歴史に, 残らず話して, 毎日の, 気まり悪, 求む, 決して忘れなかった, 決心しました, 洩らして, 深く心, 深く考え, 滝本は, 為そうと, 無下に, 然う, 物語つてゐる, 犯人が, 現したもの, 理解したい, 理解せしめる, 田舎の, 申してを, 申し上げたの, 申し上げますと, 申す者, 男性に, 疑ふ者, 痛感しました, 発表し, 發明した, 皆さんに, 直覺, 真に理解, 眼で, 知っただけでも, 知ったわけ, 知ってるよう, 知つたら, 知つて彼は, 知らざりき, 知らざれば, 知らせましたが, 知らせること, 知らない人たち, 知らなかったよう, 知らぬ女, 知りかつ, 知りたいの, 知りませんから, 知り申候, 知るならば, 知る事, 確かめたから, 確証する, 示さねば, 示しながら, 示すので, 示す方程式, 祈願し, 神尾主膳が, 私と, 私へ, 突きとめて, 立派な, 範宴は, 終りまで, 絶えず頭, 続けた, 繰り返す, 習った, 考えさせられる, 考えただけで, 考えた人, 考えてたの, 考えてるよう, 考えなくちゃ, 考えるもん, 考える人, 考える者, 考ふる, 考へたつて, 考へだした, 考へる事, 聞いただけ, 聞かされると, 聞かれた, 聞きこみました, 聞きなさい, 聞き伝えて, 聞くまでは, 聞こう, 聴いた, 聴くか, 職と, 聽込んで, 胴忘れし, 自ら認めた, 自証する, 致したな, 落ちついて, 行なった, 行ひ, 裏書する, 要するが, 要請する, 見つけたの, 見ながら, 見るならば, 見出すで, 見屆, 見破って, 覚えない, 覚りました, 解して, 言いたてて, 言いっこなし, 言いましたよ, 言いますよ, 言い出すこと, 言うけれど, 言うねえ, 言ったでしょう, 言った時, 言つたさうである, 言つたら, 言つて居ました, 言わないと, 言ッた, 計画する, 訊いては, 記憶え, 記憶に, 許さなかったの, 許されず, 許されない筈, 許されれば, 許し得なかった, 許す慣例, 訴えるの, 証明したい, 証明するであろう, 詠じたもの, 詮索する, 話さなかった, 話されるの, 話したと, 話しちゃ, 話しましょう, 話し出しました, 話すため, 話を, 詳しく聴きたい, 誇示する, 認めなくては, 認めるよう, 誓ったの, 語ったと, 語りたい, 語ろう, 説明された, 調べたの, 論じたり, 諾か, 證明した, 議決した, 買って, 軽々に, 述べました, 追想した, 選んだの, 避けるが, 重大に, 閑却し, 陳べて, 雪子は, 電報で, 面と, 順吉は, 頑強に, 頼りに, 願ふも, 饒舌りだした, 高調し

2 [4956件 抜粋] あいつは, あそばすもの, あのるつぼ, あまり重大, あれの, いいだしたので, いい出しては, いうつもり, いうわけ, いえと, いたく気, いったな, いってや, いつも思い出し, いひますが, いへ, いやだ, いわないという, いわんでも, うち忘れ, えしむ, おくびに, おすすめ申した, おっしゃいますわね, おとが, おもしろがっ, お勇, お尋ねいたします, お此, お知らせしたい, お言いなさい, お話なすった, かう書いて, かまわなかった, きいただけでも, きかないので, きかれた時, きくわけ, くちに, ぐずぐずいっ, こちらの, この人たち, この畸型, こばむこと, ごぞんじない, さう呼んで, さして言う, さっして, さらけだして, しあわせに, したいもの, したそう, したばっかりに, したら僕, した商売女, しつて, してる身, しないであろう, しない限り, しなくったって, しばらくやめ, しゃべったもん, しゃべるな, しらせましたので, し兼ねない人間, じつと, すこしここ, すべて忘れ, するであろうか, する世の中全体, する悪漢, する親, せずただ, そう云った, そのまま実行, その娘, その筋, それも, たしかめた後, たのまれて, だらだら書く, ちゃんと見抜い, つけ加えること, でき得るだけ, とてもいや, どうか, どうして彼, どれだけ, どんなふう, なさいましたか, なさらないで, なされて, なしたの, なぜかと, なんにも知らず, はかなんで, はじめるか, はっきり知り, ばらして, ひどいという, ふと心, ぶつぶつ口, ほのめかし, まいに, また云, まだ知りません, みな言っ, もうご存じ, もくろんで, やかましく言う, やったね, やっとるの, やめようとは, やられたの, やりやがったな, やるだけ, ゆるされないの, よくご存じ, よく御, よく自覚, よろこばれました, わしも, われわれ男性は, オタツに, サエは, ハッキリさせる, ペラペラと, モットーと, 一々考へ, 一層深く, 一毫の, 一義的に, 三吉に, 不安にも, 世に, 中止しよう, 久左衛門が, 了解せん, 予期しすぎ, 二十年間まもりつづけ, 云いたまえ, 云いますから, 云い出しちゃあ, 云い表わすため, 云うでは, 云う女, 云おうもの, 云つたのすら, 云つてみ, 云つて頼んだ, 云ふとき, 云わねば, 五幕の, 人民の, 今ふと, 今更誰, 仕組んだの, 仮にも, 仰っしゃらずに, 仰言って, 休めよ, 伯父に, 何て, 何んの, 何時もそんな, 余程の, 依託した, 保証しない, 信じてを, 信じようとは, 信ずるから, 健は, 兄の, 先見した, 免れなかったが, 全然否定, 公言した, 再認識, 出でなかつた, 切望いたします, 判事に, 努めながら, 勉めたり, 勤めたり, 勿怪の幸いと, 卑しみ, 厳命し, 叔父から, 取留めも, 口走ったという, 叫ぶの, 名づけて, 君達の, 否定出来ない, 告げたとき, 告げ君, 呟いても, 命じてから, 唱えはじめた, 問うた訪問者, 問われて, 喋りだした, 喜ばずに, 喜ぶなり, 嗅ぎつけられたが, 噂する, 国の, 報道し, 夜中に, 大将が, 夫人へ, 奨めたの, 好まないで, 好みしか, 好意だ, 妹に, 始めより, 嫌う理由, 存じながら, 守るの, 実質的に, 容し, 實行した, 尊敬を, 尋ね出しました, 少なからず, 島の, 差控え, 希ったの, 常々感じ, 平尾氏に, 幾度と, 引きうけて, 強制されない, 彼へ, 待つ, 後悔しはじめた, 得ざれば, 得たれど, 得べきや, 得れども, 御存じ, 御息所は, 御願いする, 徹底させ, 心から悲しん, 心ゆくばかり, 心配しつづけ, 必要だ, 志しその, 忘れたくない, 忘れないこと, 忘れまい, 忘れる訳, 念じた, 怕れ, 思いたったの, 思いだせないか, 思いつづける, 思い出させようと, 思い出したでしょう, 思い出し何, 思い合せた, 思い知らせるため, 思うにつけ, 思ったかと, 思は, 思ひ出さうと, 思ひ出しリヽー, 思ひ耽つて, 思わないわけ, 怠らなかった彼, 怪しむべきでは, 恐れます, 恐怖する, 息も, 悟らずんば, 悟れば, 悲しみました, 想い出したから, 想像し得られる, 想起させる, 愛すの, 感じたであろう, 感じは, 感ずるだろう, 感心する, 慎しむ, 憂慮し, 憶ひ, 我ながら, 手柄顔に, 打忘れた, 承わりましたが, 承諾しました, 拒むよう, 持出して, 指す言葉, 掌る, 控えた, 提唱した, 政治家の, 教えやがったん, 数えれば, 断念しよう, 方々で, 日課に, 是から, 暫く忘れ, 書いた所, 書きながらも, 書き給え, 書こう, 最も痛切, 有仰つた, 望むだけの, 望んだり, 朧ろに, 本当によく考える, 東京の, 栄介は, 條件と, 楽んで, 樺の木に, 欲すれ, 止めたこと, 正しく判断, 母と, 気づかずに, 気楽に, 求むるに, 江口さんは, 決定的に, 注意しました, 涙が, 渡世に, 漠然と感じた, 無視する, 爲た, 物足らぬ, 独語し, 理解しはじめ, 由子に, 申しあげたの, 申したな, 申しますのう, 申し上げれば, 申す様, 留守の, 疑った, 痛感せざる, 百姓は, 皆告げぬ思はぬ, 目当てに, 相談に, 眼付で, 知ったとしても, 知ってながら, 知つたといふ, 知つてるだらう, 知らざるは, 知らず知らずの, 知らせるまで, 知らないで生きながら, 知らない彼, 知らなかったに, 知らねえ者, 知りたいため, 知りましょう, 知り給えば, 知るとともに, 知ろうという, 砂馬は, 確信し得る, 示されたの, 示すだけ, 示そうとして, 祈るは, 祷って, 禁じ得なかった, 私と共に, 稼業に, 突きとめそれから, 笑ったん, 米友に, 細ごまと, 結果する, 縷々として, 繰り返すばかり, 繰返すもの, 美徳と, 習ったの, 考えたかは, 考えたならば, 考えた方, 考えてたよう, 考えふけりながら, 考えるだけで, 考える余地, 考え出しては, 考げえる, 考へてるん, 考へるから, 考へる必要, 考慮した, 聞いた彼, 聞かされました, 聞きこんだの, 聞きましたか, 聞き知つて, 聞くはず, 聯想させた, 聴くよう, 肯くか, 腹立たしく思出, 自分を, 自白す, 致すの, 色々話した, 苦痛の, 薦めた, 行動人よりも, 褒めると, 要求したい, 見せようと, 見つけました, 見やぶった, 見事に, 見出した私, 見窮めずに, 見逃せない, 覚えるよ, 親分, 解決する, 言いたがるもの, 言いましたが, 言い出したぞ, 言い現, 言うじゃねえか, 言うまいと, 言う学者, 言ったけれども, 言ってから, 言つたのだ, 言つてや, 言はれました, 言ふお, 言わなかった, 言出される, 訊いてや, 訊き返しその, 訓え, 記憶せざるや, 許さなければ, 許されないと, 許されると, 許可され, 証拠立てるに, 証示せん, 詩の, 話しかけたの, 話したに, 話し出したが, 話すん, 詳しく記した, 誇張した, 認めぬ譯, 認めるのほか, 語ったこと, 語らなければ, 語り聞かせた, 説きたるも, 説こうと, 誰にとも, 調べ上げて, 諒と, 論証する, 謂つたのである, 證據だ, 譽めて, 貴殿に, 車中で, 返すがえすも, 述べたので, 追求する, 遊んで, 遠くから, 選んだ, 避けたがる様子, 鉄路の, 長谷川は, 附加へて, 隆夫の, 隠そうとも, 露ほども, 須いない, 頼むという, 願う次第, 首肯させる, 高唱し

1 [36695件 抜粋] ≪顔の, あせつた, あの病み衰えた, あまり聞かない, ありったけぶちまけ, あゝ火事, いいの, いい出すので, いうって, いう気イ, いくぶん悲壮, いたし主人, いったかという, いっといで, いつも忠実, いはんけりや, いまから, いやしくも口外, いろいろ話し合いました, いわん坊主, うっかりしゃべった, うれしく思ったでしょう, おいいなさい, おじさんがね, おた, おっしゃるに, おぼえ壺, おり, お前自身も, お忘れなさいます, お確かめ, お訊ねし, お話し下さいません, かえって大, かたく戒め, からかったこと, きいたら彼ら, きかなかった勁, きくし, きみたちは, くどくど君枝, くれぐれもお, こういう方法, ことわった, この席, この黒岩万五, こんどウィーンに, さいぜんも, さして見せ, さっ, さも不思議, ざっと述べ, しきりに考え込んだ, したそれでは, したら中傷, した感動, しつこくくりかえしつづける, しでかしたな, しない盲目聾唖, しのびながら, しまって, しゃべりながらも, しらせすぐ, し尽して, すぐ考え, すっかりおい, すつかり存じてを, すまなくも, するならしかえしを, する奴ア, する詩人ら, せずわざわざ, せりふか, そこで今, そのまま三人称, その妻, その苦痛, それとなく説いた, そ云ってる, たしかに光子さん自身, ただちに手工, たのみに, だれ一人, ちゃんと考え, つい忘れさせる, つげようと, つまり談話, とぎれとぎれに, どうか纏まり, どうして軽蔑, どの日, なお御, なさぬよう, なさんが, なすつたん, なにか知っ, なんにもご存じ, ねだったり, はかり遂に共に, はっきりあたし, はっきり語ろう, はばかり彼, ひとつ約束しよう, ひどく避け, ふと思ひ出し, ほかへ, ほめるもの, まざ, また人々, まだ文芸協会, まるっきりご, みそのは, みんな書かう, めいぜられたから, もう一度念, もし出来たら, もっと自覚, やったあと, やっぱりヘリコプター, やめるだろうよう, やらなくても, やりましたか, やるでないか, ゆるさない自己, よくよく君, よく照子, よく説明, よろこんだらしく私, わざわざ報告, われ等, ウノミに, ガンたちに, サヨは, センセと, ドイツ人流の, ハッキリ言える, ブランデス自身が, ポツポツ思ひ出す, ヤマ甚さんに, 一々かぞえたて, 一つ書の, 一切忘れ, 一層容易, 一概に感傷的, 一言せん, 三人は, 下僕に, 不謹慎に, 中山は, 主張するであろう, 了め含ん, 予防する, 二人も, 云いだして, 云い出したネ, 云い表わす処, 云う可愛, 云ったらいい, 云つたという, 云つて了つたのです, 云つて私に, 云ふけれ, 云わねえで貰えて, 五年生全体の, 人間である, 今のがれ, 今日知らぬ, 仏教では, 他意なく, 仰しゃっていたが, 仰っしゃらないで, 企てその, 伝えたの, 伺いたいの, 何とかかん, 何一つ隠さず, 余り気, 依田氏に, 信じた上, 信じ得なかつたら自分, 信念として, 偲び戦場生き残り, 兄さんだ, 先祖代々の, 入れた方, 全部のべよ, 兵馬の, 再びきい, 処理した, 切りだすには, 初めるよう, 刻める記憶, 助成する, 勘づかれてよ, 勧める人, 十分には, 半年の, 却って問う, 又むし返し, 取りたてて, 受け継いだ柔らか, 口走つたやう, 只管希望の, 司令官から, 同様に, 否まなかつた, 告ぐるなり, 告げ知らされたの, 呪つてゐる, 命ずるッ, 唱うる者, 問ひ詰め, 喋りまくって, 喜びあいました, 喜田博士が, 嘲笑し, 図に, 地理学的に, 報せ合うの, 多く考えた, 大いに強調, 大切な, 大聲, 失うため, 女との, 好まないが, 好み戦慄, 妨げなかった, 始めた山, 娑婆娑婆と, 嫌つて居たらしい, 孟子が, 学校当局は, 定められた地方, 実見する, 寂しがる, 寧ろ父等, 尋ねたので, 小父さんに, 少女に, 山上元に, 差しおいて, 師の, 平中に, 幾ら書い, 廃止に, 引受けたこと, 強ひられ, 彼なれ, 待構え, 得々として, 得ず例, 得たる是, 得ぬ問題, 得る奇法, 御免蒙り, 御話しなさる, 心から恥じ, 心得なければ, 必ずしも意, 忘るべからざる, 忘れたという, 忘れない祖父, 忘れる癖, 念い, 怖れられ, 思いだした汗, 思いつくぐらいの, 思い出させるに, 思い出してか, 思い出すのに, 思い按摩, 思い空, 思い返しました, 思ったから, 思つて胸が, 思ひつき二三度, 思ひ出し子供達, 思ひ込んで, 思わせ一風, 怠らなかつたで, 恋の, 恐れるが, 恥しいこと, 恥辱に, 悟ったですから, 悟るが, 悪む, 悲しんだからに, 想いだしたため, 想つて辛抱した, 愈々痛感, 愛によって, 感じなお, 感じ羨望, 感歎します, 慰めが, 憤ってるの, 成しとげたよう, 戦争裁判の, 打ち忘れそのまま, 批難し, 把握しない, 拒むところ, 持ち出しますと, 挨拶を, 探り得たと, 描写せず, 改めて言われます, 教えられたふつう, 教授会に, 文化文学の, 断乎として, 旅行中だ, 早く世間, 明示せしめた, 時々思い占め, 曝露し, 書いた大きな, 書きこむこと, 書き度, 書く奴, 最も謙遜, 望まないよう, 望むわけ, 期する士人, 本家で, 村岡氏は, 柿江は, 棒読に, 楽しむ心, 欠くよう, 欲する民衆, 止めたならば, 正しく立証, 歸順と, 残酷だ, 民族的に, 気味悪がる, 求むれども, 江戸といった, 決するまでには, 波多野は, 津川玄三に, 深く信ぜよ, 清水氏は, 漸く認めた, 為すとも, 然る, 父母たちは, 特にここ, 独り合点した, 現象性の, 生れながらに, 申されるそう, 申しましたに, 申し付く, 申す其の, 畏れます, 疑ふ余地, 発散させない, 白木に, 皆聞き知っ, 直ちに理解, 眞でない, 知ったおれ, 知った女王, 知つた始である, 知つて恐怖心を, 知らしたからには, 知らず剣, 知らせられながら, 知らないらしいこの, 知らない湯殿, 知らなかつたか, 知らぬ息子, 知らんで, 知りはじめたの, 知り大, 知り私, 知る位, 研究し出した, 確め次に, 示したるなり, 示す即, 祈りし聖者, 神童と, 禁ぜられたので, 私達に, 穿鑿する, 立証すべき, 答えるの, 紀州に, 細かく書き留め, 絶えず生き生きと, 繰りかえし繰りかえし叫ん, 繰返されて, 美しい実感, 習わせられた手練, 考えず芸術, 考えだしたよう, 考えてるらしく煙草, 考えますもの, 考えるほどの, 考え出し大, 考え来ると, 考へただけ, 考へるがい, 考察すべきであろう, 聞いた外, 聞かせましょうか, 聞かれたって, 聞きなおした, 聞き周, 聞くですなあ, 聞然る, 聴き給え, 肯じたら, 臣下の, 自分達だけの, 自認せず, 興あり, 芸人衆様と, 茅野雄は, 薦めて, 行なうよう, 裏書きするであろう, 要せず体験, 見せたい, 見て取りそれ, 見出された, 見抜かせようと, 見逃そうと, 覚えるため, 覚悟させられた, 覺悟した, 言いすてて, 言いなすった時, 言い出さねば, 言い始めると, 言い触らしては, 言うのア, 言える義理, 言った先生, 言つた覚えは, 言つて夜中に, 言つて笑つてゐた, 言ひやす, 言わないだけが, 言わんでもう少しゆったり, 訊いてるの, 訊くわけ, 記した末, 許さず親戚, 許されここ, 許されなかったから, 許してから, 訴えるが, 証明なさいました, 詫びて, 話しあったが, 話したら清水君, 話し出せば, 話すやう, 詳論した, 認めさらに, 認められる本, 誓いまた, 語りあいました, 語り聞かせたり, 誤りを, 説き天然, 読み上げた, 調べようと, 論じた人, 諭告し給うた, 謝絶った, 譽むべし, 責め幼君, 赦さぬか, 軽く考え, 辭せず, 述べそれ, 迷信と, 進める, 道庵は, 選ぶならば, 避け大いに, 重んじたこと, 銘記すべきであります, 間断なく, 附記し得る, 隠居に, 非実用的, 頓悟し, 頼み聞えぬ, 願い貴方, 顧み寂しい, 馬耳東風と, 魚を

▼ こと~ (115161, 18.1%)

6219 ある 2564 出來 2379 あった 2025 出来る 1764 できる 1538 出来た 1509 できた 1422 ない 1285 できなかった 1196 あるの 1187 あつた 1088 なかった 1043 あります 1008 出来ない 993 できない 919 できるの 916 あるん 902 出来なかった 839 出来るの 772 あるもの 725 あると 715 あっても 684 あって 671 あるが 638 できないの 603 出来たの 536 ありました 510 書いて 507 できたの 489 わかった 461 多い 418 出来ないの 417 できません 385 わかる 384 あるから 371 できました 351 分った 345 わかりました 338 あつて 333 多かった 329 あるので 325 ないの 315 あったが 310 出来ると 306 あれば 304 わかって 295 できるよう 293 できませんでした 286 必要である 280 あったの 277 気に 276 できると 274 できます 265 あるか 263 出来よう 254 ありません, 出来なかつた 247 出来るよう 236 できなかったの 224 あるもん 218 分って 217 できよう 214 できぬ 209 出来ました 202 ないと 201 出来ます 192 ありますか 182 あるよう 178 あっては 176 ありますが 175 できれば 174 出来れば 172 できて 171 ないから, 分る 170 できるか 167 あるかも 165 出来ません 162 ないので 158 出来て 149 できるもの 147 なかつた, 出来なかったの 146 ございます 145 出来るだろう, 出来るであろう 143 できないで 139 第一 137 私の 135 出来るか, 出来るもの 132 できるであろう, 彼の 130 できるという 127 あるよ, 頭に 125 おこりました, できなかつた 124 わかったの, 非常に 122 出来ぬ, 出来るという, 判った 120 あってから 119 起って 117 出て, 起った 112 多いの 109 あるそう, できないと 108 多かつ, 必要だ 104 明らかに 100 あるという 99 わかるの 98 あろう 97 よくある 96 ありますよ 94 できないから, わかります, わかると 93 必要な 92 わかつた 91 出来ずに 90 できましょう, ないよう, 出来ませんでした 89 できないよう, 出来ないので 88 あったと, あつたら 87 できないので, できるかも, できるから, ないという, ないん, 出来るかも, 判る 86 出来ないで 85 できずに, 出来ないと 84 あるだろう, 出来ないから 82 しばしばある, なければ 80 できなくなって, できるん 79 ありませんでした, おこったの 78 出来るが 77 大切である, 私には 76 あるに 73 できるが, できるだろう, 出来たが 72 出来るから 71 あったん, 自分の, 起ったの 70 できたが, 一つの, 出来るやう, 判って 69 あったので, 出来なくなった 68 判明した, 好きな 67 あるかい, あろうか, できないという, 何よりも, 書かれて 66 できるだろうか, 出来たと, 問題に, 明かに 65 ないとも 64 あったから, 分ったの, 分るの, 無い 63 わかつて 62 出来ないよう, 分かる, 分つた 61 らを, 多くなった, 起こって 60 ありますから, わかるであろう, 出來よう, 出来ましょう, 可能である 59 あるでしょう, 出来なくなって 58 あるわ, できるはず, ないが, 分りました 57 あるだろうか 55 ありましたが, 何か 54 できないもの 53 ないでも, 分ると, 心配に 52 あろうと, 判つた, 知られる 51 あるし, できなくなった, できるし, できるであらう, できるであろうか 50 あるかね, おこって, できたから, できようか, 出来る筈 49 あったそう, ございました, できたと, よくあった, 彼には, 知れる 48 ありは, できなければ, できるでしょう, できるわけ, わかったので, 出来そう, 出来ないという 47 ありまして, できなかったから, 如何に, 私に 46 あったって, すぐに, 出来るわけ, 出来るん, 彼女の, 絶対に 45 あるやう, できないほど, できないん, 分ります 44 あったか, あろうとも, 好きで, 思い出された, 起りました 43 あるさ, ございません, 出来たから, 分つて, 大切だ 42 ある筈, なくて, 一つある, 明白に 41 ありましょう, しばしばあった, できたので, できなくなりました, 出来たので, 大切な, 起こった 40 あるけれども, できそう, できなくて, ないのに, 不可能である, 出来なければ, 出来るならば, 判りました, 心に 39 なかつたの, よくわかる, 出来るかと, 後に, 肝要である, 起こったの 38 できても, 云える, 出来るだろうか, 出来るに 37 あるはず, たくさんある, できるやう, ないで, 出来なかったが, 出来ること, 多いので, 必要で 36 あるでしょうか, わかれば

35 [11件] あったよう, ありそう, あるわけ, はっきりと, らが, 出来たん, 出来ても, 分ったので, 察せられる, 想像される, 明瞭に

34 ありその, あるかと, 出来たならば, 発見された, 起るの

33 あるけれど, できるならば, 出来るでしょう, 困難である, 急に, 明らかと

32 [14件] ありましたよ, できまた, できるに, ないだろう, 何よりの, 出来ないもの, 出来るし, 出来るので, 妙に, 思い出されて, 日本の, 知られて, 私を, 胸に

31 あるぞ, できたという, できなくなる, 今日の, 出来また, 度々ある, 知れた, 記されて

30 [13件] できなかったので, できるので, ないとは, よくわかった, らは, 今の, 出来ようと, 彼を, 新聞に, 殆ん, 沢山ある, 見えて, 起こりました

29 [15件] ありますので, あろうとは, おわかり, ござります, できたか, できたであろう, できるかと, できるでしょうか, ないし, ないもの, わかったから, 出来なかつたの, 出来ぬの, 出来ようか, 少しも

28 [14件] あったり, ありますの, あるらしい, これで, できないこと, できますか, できるほど, 一般に, 人間の, 出来たか, 多いと, 考えられる, 解った, 証明された

27 [13件] あったら, あるね, ございまして, ございますが, できたならば, できたん, できなかったが, 出来ぬと, 分かった, 困難な, 必要です, 行われて, 頭の

26 あったでしょう, あるとか, わからないの, 世間に, 出来なくな, 出来るはず, 感じられた, 目に, 許されて, 話題に

25 [15件] ありましたか, ありまた, あるだらう, なかったら, 出来ないこと, 出来なかったので, 出来るであろうか, 可なり, 彼に, 必要と, 望ましい, 浮んで, 知れて, 考へられる, 解って

24 [12件] あったもの, あるだけ, あるな, あるんで, おできに, できるだろうと, よく分った, 出来たという, 出来るだろうと, 知られた, 解つた, 言へる

23 [17件] あってはと, あるとしても, できたらどんなに, できなかったと, できぬの, よくあります, らの, 不可能な, 云へる, 出来ないん, 出来るであらう, 夢の, 心配で, 思はれる, 無いとも, 知れると, 解る

22 [28件] あったに, あったね, ありそれ, ありませんから, お分り, して, できること, できるであろうと, なくなって, よくわかります, 一度も, 何も, 出来たかも, 出来ないやう, 出来なくなりました, 出来なくなる, 出来ますか, 判ると, 判るの, 多いが, 幾度も, 往々ある, 必要に, 最も必要, 有りました, 無かった, 考えられて, 記して

21 [21件] ある位, ございますの, できたら, できないが, できないだろう, できましたが, ないほど, ないやう, ないよ, 云われて, 出来ませんから, 多いよう, 多くて, 好きだ, 好きだった, 必要であり, 残って, 無いと, 語られて, 起こるの, 重大な

20 [19件] あってね, できたもの, できないため, できませぬ, できようと, まざまざと, 一つあった, 出来たもの, 出来ないが, 出来なくて, 出来なくなつ, 分かって, 判ったの, 多いから, 多いもの, 思われて, 有る, 確かに, 起るかも

19 [22件] あったっけ, あなたの, あり得るだろうか, あるといふ, できたし, できないであろう, できなかつたの, できますよ, できませんから, よくわかりました, わかりましたので, 不思議に, 今は, 何の, 出来たし, 唯一の, 問題である, 好きであった, 実際に, 容易に, 必要であった, 自然に

18 [20件] ありませんが, ありませんよ, あるって, おこるの, ございますので, それを, できたよう, できなくなったの, できぬと, わかったが, 今に, 他の, 出来やう, 分かります, 嫌いな, 山ほど, 感じられる, 流行し, 現実に, 確められた

17 [33件] あったかも, あったならば, ありありと, ありましたね, ありましても, ありますもの, あるその, あるそれ, ございましょう, たびたびあった, どんなこと, ないね, なかつたので, はっきりし, よく分る, わかるよう, わたしの, 一目で, 不可能だ, 何を, 出来たとしても, 分るであろう, 吾, 大切です, 明らかである, 氣に, 無いの, 癪に, 知られるの, 確かめられた, 誰にも, 起つて, 起る

16 [39件] あったけれど, あったわ, あとで, あらう, あるだろうと, あろうはず, すべての, せめてもの, できたろう, できないし, できなくな, できは, できるもん, ほんとうに, よくありました, 不思議な, 俺の, 僕には, 僕の, 出来たよう, 出来ないほど, 出来なかったから, 出来ませぬ, 出来るほど, 出来又, 判ったので, 困難に, 多くなっ, 少なくない, 屡, 度々あった, 無かつ, 私は, 考えられるの, 行はれ, 訣る, 起りそう, 起るか, 身に

15 [48件] あったという, あったとしても, あったよ, ありますね, ありますわ, あること, あるじゃ, あるため, あるだらうか, あるでせう, あるとは, あるならば, あるのに, いつまでも, ござる, できたとき, できたらと, できないわけ, できなかったという, できなくなつ, できなくなるの, できるかという, できるだらう, できるとは, はっきりわかった, またと, わかるん, 一種の, 不可能に, 事実である, 伝えられて, 出来さえ, 出来たわけ, 出来ぬから, 出来ましょうか, 出来るかという, 出来る様, 分ったが, 分らないの, 原因で, 大切で, 始まった, 彼等の, 往々に, 必要だった, 最大の, 自分に, 言える

14 [52件] あったし, あったらどう, あったろうか, あり, ありさ, ありましょうか, あるからと, いわれて, ございますから, ござりましょう, しばしばだった, しばしばである, その時, できずその, できたこと, できなかったん, ないか, なくなった, ハッキリと, 世間へ, 伸子に, 出来ず従って, 出来その, 出来たであろう, 出来たろう, 出来ないといふ, 出来ぬという, 出来ようかと, 出来るだらう, 出来るでしょうか, 出来る訳, 分かりました, 分ったから, 問題な, 多いん, 大事な, 嬉しかった, 少ない, 少なかった, 帰結する, 幾度か, 必要であろう, 思われた, 思われる, 我々の, 氣にな, 無いので, 発見される, 盛んに, 第二, 起こるか, 起ると

13 [50件] あったらそれ, あったろう, あらうか, ありましてね, ありますからね, ありますのよ, あろうぞ, いえる, いろいろある, おこった, お好き, できたかも, できたでしょう, できるだけ, ないらしい, なかったなら, なくいつも, なんの, はっきりした, ままある, らである, わかるだろう, 一時に, 上手で, 二人の, 今では, 出来たらどんなに, 出来ないし, 出来なかったと, 出来は, 出来るとは, 出来るもん, 分れば, 可能に, 変に, 少くない, 念頭に, 明白である, 流行した, 珍しくない, 私にも, 結果する, 耳に, 肝心だ, 見える, 解りました, 言われて, 許されるならば, 起こりそう, 載せて

12 [55件] あったけれども, あったのよ, あるくらい, あるぜ, あるまい, あろうかと, おあり, おありでしょう, この際, ございますのよ, ござりました, しみじみと, その一つ, その特色, たびたびある, できたに, できたのに, とりも, ないじゃ, ないであろう, ないといふ, ないなら, ないわ, わかつたの, わかるが, 世の中に, 今でも, 何かの, 何度も, 僕に, 出来そして, 出来ないであろう, 分らない, 判ります, 判明し, 察せられた, 少い, 屡々ある, 必要であります, 想像せられる, 或る, 明かと, 時々あった, 有った, 有るん, 歸結する, 気にか, 父の, 確実に, 窺われる, 美奈子にも, 肝要だ, 能く, 証明される, 起こる

11 [64件] あらうとも, あらば, ありますと, ありませんので, ありませんわ, あるからね, いくらも, いけないの, おありです, この時, この頃, そのとき, たくさんあった, できずまた, できたとしても, できたはず, できないに, できなかったもの, どれだけ, ないな, なかつたから, なくても, はつきりと, よくあつ, らに, らも, わかったん, わかるはず, わかるもの, 人の, 出来ずその, 出来たに, 出来ないだろう, 出来なくなったので, 出来ぬが, 出来るだけ, 出来るで, 出来る場合, 十分に, 取りも, 多くなり, 女の, 彼らの, 彼女を, 忘れられて, 想像された, 明かである, 時々ある, 普通の, 有つた, 有るもの, 此の, 無いから, 現在の, 眼に, 知れるの, 神の, 続いて, 自分には, 見られるであろう, 許されるの, 証明され, 起つた, 馬鹿

10 [104件] あったとは, あった場合, あってよ, あなたに, ありますけれど, ありませんか, あり得ようか, あり得る, あり得るの, あるでせうか, あるなんて, あろうもの, かれの, この上, ございますか, すぐわかった, それである, それに, できただろう, できたり, できないか, できないでは, できないといふ, できないのに, できないはず, できなかったこと, できなかったし, できなかったろう, できましたので, できましょうか, できますが, できようとは, できるそう, できるばかり, できる人, できる筈, どこに, ないこと, ないだらう, ないって, ないに, なくそれ, なにより, ひとつの, よくわかっ, らでは, わかったと, わからない, わかりましたから, 不可能であった, 不安に, 人々の, 仕方が, 充分に, 先決問題である, 全然ない, 出来た筈, 出来ないに, 出来なかったそう, 出来なかったという, 出来なくなるの, 出来ますが, 出来るであろうと, 出来るでは, 出来るばかり, 分つたの, 口に, 可能と, 君に, 問題だ, 問題と, 多くの, 大事です, 好きである, 少ないから, 平気で, 彼にとっては, 御座います, 怖ろ, 感じられて, 手に, 有ると, 本当の, 歴史の, 気が, 浮んだ, 発見され, 発覚し, 皆の, 真の, 科学の, 考えられた, 肝心である, 行われた, 記憶に, 認められる, 誰の, 起きて, 起こったか, 起こるかも, 起つたの, 起ろうと, 非常な, 頭を

9 [115件] あきらかに, あらわれて, ありましたっけ, ありましたの, あるぢ, あるであろうか, あるでは, あるばかり, いやに, うれしくて, お出来, ここに, しばしばであった, たくさんあります, たった一つ, できさえ, できたで, できたよ, できないくらい, できないだらう, できないとは, できないのよ, できないまま, できないらしい, できなかったよう, できぬよう, できまい, できまして, できるかね, できるため, どんなに危険, ないかと, ないかも, ないそう, ないでしょう, なかつたし, なくその, なくな, なくなつた, なくまた, はじまって, はっきりする, ほんとうだ, よくわからない, よく分っ, らにおいて, らについての, わかつたから, わからないん, わかりましたよ, わかるから, 一つ, 上手であった, 上手に, 主に, 人に, 先に, 出来ず, 出来それ, 出来たこと, 出来たといふ, 出来ないばかり, 出来ない程, 出来ない筈, 出来なくなったの, 出来まして, 出来ますから, 出来ようぞ, 出来ようとは, 出来るけれども, 出来るといふ, 出来従って, 分ったん, 原因し, 原因に, 可能であろう, 含まれて, 問題で, 多くある, 大事だ, 大好きな, 好きに, 嫌いだ, 嫌に, 容易である, 当時の, 心を, 思ひ出されて, 急務だ, 急務である, 悪いこと, 悪いの, 推定される, 有つて, 本当だ, 次の, 決定された, 流行って, 無いでも, 無理な, 目下の, 知りたいの, 示されて, 私たちの, 腑に, 自分で, 自分ながら, 自分にも, 行われたの, 要求され, 起こるん, 起ったか, 逆に, 重なって, 間々ある

8 [139件] あったかと, あっただろうか, あったとか, あったのに, あったらしい, あったらその, あっての, あつたさうだ, あつたり, あの人, あまりにも, ありましたけれど, ありましたので, あり得るもの, あるとき, あろうなどとは, うんとある, おありなさる, おこるん, かいて, ここでは, これによって, ございますもの, じきに, その中, だんだんに, ちらと, できこの, できずただ, できその, できたけれども, できたらそれ, できぬから, できませんでしたが, できませんので, できようぞ, できるかい, できるくらい, できるで, ないもん, なくただ, はじまったの, ままあった, むずかしい, むずかしかった, むつかしい, わかったという, わかったよう, わかつたん, わかりましたもの, わかる筈, ハッキリした, ハッキリ分る, 一番の, 一般の, 上手だ, 上手な, 不思議で, 世間の, 事実に, 云はれ, 人生の, 人間として, 伝わって, 例に, 俳優の, 僕を, 先決問題だ, 出来, 出来ず又, 出来たであろうか, 出来たのに, 出来たらその, 出来たらそれ, 出来ないけれども, 出来ないため, 出来ないとは, 出来ないばかりか, 出来なかったこと, 出来なくなると, 出来ぬので, 出来ぬよう, 出来ましたが, 出来ましたの, 出来ますよ, 出来ませんでしたが, 出来るかを, 出来る程, 分かると, 判るだろう, 前から, 可能であり, 可能な, 噂に, 困難だった, 多いだろう, 多いという, 大事である, 好きでした, 始めて, 少なからず, 少なくなかった, 山の, 幾度あった, 度々あつ, 彼女には, 心の, 心配にな, 想像され, 抑, 推察される, 明に, 有って, 有るか, 望ましいの, 正しいと, 澤山ある, 無いとは, 無いん, 目的では, 直ぐに, 眼の, 知れたの, 考えられねば, 考へられて, 肝腎である, 要求される, 見て, 見られる, 解ると, 解るの, 言はれ, 言へ, 評判に, 認めて, 起ったん, 起っても, 述べて, 間違って

7 [151件] あったあと, あったかい, あったため, あったらすぐ, あったらば, あったんで, あった時, ありませんね, ありませんの, あり又, あるからな, あるきり, あるこの, あるであろう, あるなら, いいじゃ, いえるの, うかがわれる, お前に, お耳, この人, この男, ございましょうか, ございませんから, すぐわかる, すぐ分った, それだ, できたため, できただけ, できたろうか, できたわけ, できないでしょう, できないほどに, できないやう, できなかったため, できなくなったので, できようかと, できるけれども, できるであらうか, できるでは, できるとしても, ないくらい, ないらしく, なかろう, なく又, なぜか, なによりも, はっきり分った, はつきりし, ふと彼, また彼, らについて, らについては, わかりその, 一つあります, 一層彼, 一見し, 不可能と, 主な, 二つあった, 二つある, 二度も, 二重に, 云え, 云へ, 今まで, 今度の, 仕事の, 俺に, 出来ずただ, 出来たで, 出来たでしょう, 出来たら, 出来たら私, 出来たり, 出来な, 出来ないか, 出来ないかも, 出来ないのに, 出来なかつたので, 出来なくては, 出来にくい, 出来ましたので, 出来ませんので, 出来るそう, 出来るだらうと, 出来るです, 出来るのに, 出来んの, 分かりましょう, 分るだろう, 分るので, 分るもの, 分るん, 判ったん, 判れば, 動機と, 厭に, 口から, 困難だ, 困難で, 困難であった, 多くなつた, 大切であります, 大好きで, 好きだつた, 嫌で, 容易でない, 後から, 後悔された, 心配な, 必要だろう, 思い出されます, 思い出される, 思はれた, 恐ろしかった, 感じられるの, 我々に, 文学の, 日記に, 明らかで, 昔から, 普通である, 最上の, 有ります, 有るから, 本当にある, 本當, 湧いて, 珍らしく, 理解され, 理解される, 生活の, 痛切に, 益, 知れては, 禁ぜられて, 考へられた, 考へられるの, 自分を, 見出される, 見出されるであろう, 解ります, 解るだろう, 言えるの, 許されなかった, 認められて, 起るん, 追, 重要な, 露顕した

6 [218件] あったその, あったでしょうか, あったもん, あったらと, あったら俺, あったら私, あったら遠慮なく, あつたつ, ありうるの, ありましては, ありますかい, ありますけれども, ありますそれ, ありませうか, あるあの, あるがね, あるだよ, あるとも, あるなどと, あるんぢ, ある人, ある時, いいの, いかに困難, いけない, いやで, いろいろあった, いろいろと, いろいろに, うれしかった, おこるかも, おこると, お気に, かなりの, ここで, この場合, これほど, ございましたが, ございますよ, しきりに気, しばしばで, すきで, その原因, その日, それから, それが, た, ただ一つ, できしかも, できそして, できたけれど, できたであろうか, できたといふ, できたばかり, できたやう, できたらその, できた筈, できないうち, できないじゃ, できないだろうと, できないならば, できない人, できなかったか, できなかったくらい, できなかったけれども, できますまい, できませんし, できやう, できるじゃ, できるだけの, できるだろうかと, できるよ, どういうこと, どうした, どうしてできよう, どうしてもできない, どうしてわかる, どうして出来よう, ないけれど, ないぞ, ないのよ, ないわけ, なかつたが, なくとも, なんに, はっきり分っ, ほとんど不可能, また一つ, まちがって, もつと, よかった, よく判る, らと, わかったとき, わかったもの, わかっても, わからなかった, わかるでしょう, わかるもん, わけも, ハッキリし, 一番大切な, 一目見, 不可能で, 不安で, 主と, 事実だ, 事実と, 云えた, 何が, 何でも, 何にも, 何より大切, 併し, 俄に, 信一郎には, 全くない, 出た, 出來さ, 出来ずそれ, 出来ずまた, 出来たかという, 出来たもん, 出来たよ, 出来たらと, 出来た時, 出来ないでは, 出来ないならば, 出来なかったに, 出来なかつたが, 出来ますもの, 出来るため, 出来るよ, 出来ん, 分かつた, 分るが, 分るよう, 判明しました, 原因である, 原因と, 厭な, 反って, 問題であった, 問題では, 多いであろう, 多くその, 多くなれ, 大すき, 大なる, 好きです, 始まるの, 察しられた, 少かった, 少くなった, 少なかつた, 少なくなった, 幾たびか, 幾らも, 度々であった, 当然である, 当然の, 彼にとって, 彼女に, 必要であらう, 思いだされた, 悲しかった, 想い出される, 新たに, 日本人の, 時々あつ, 書きつけて, 書き添えて, 最も大切, 有るの, 有れば, 本当だった, 本当なら, 本来の, 次から, 次第に多く, 正しいの, 比較的に, 気の毒に, 決定した, 沢山あった, 流行する, 無理か, 物の, 現われて, 現実の, 生きること, 相手の, 確められ, 示される, 私にとって, 簡単に, 続いた, 美の, 肝心な, 胸いっぱいに, 能なかっ, 芸術の, 苦痛に, 行なわれた, 行なわれて, 解らなかった, 解るであろう, 記録に, 認められるであろう, 起こるという, 起ったもの, 起りさ, 起るから, 起ろうとは, 載って, 載つて, 違って, 面白くて

5 [313件] あったかしら, あったかね, あったこと, あったそれ, あったな, あったなあ, あったらこの, あったら何, あったわけ, あったわね, あっちゃ, あってな, あつてよ, あとに, あなたにも, あらあ, あらうと, あらうとは, ありがち, ありましたから, ありますかね, ありますがね, ありますぜ, ありますて, ありまする, ありませぬ, ありませんでしたが, あり得よう, あるかしら, あるかの, あるしかし, あるだけに, あるです, あるには, あるらしかった, あるらしく, ある程, あればこそ, い, いいこと, いえるもの, いくつも, いつまで, いまの, いやだ, いろいろな, おありな, おこるから, お上手, お出來, お前の, お増, お角, かえって幸い, かかれて, かれら, きつと, きらいで, きらいな, ここから, この世の中, この女, これまた, ございませぬ, ござりまし, さう, しば, すくない, すぐ分かった, そこでは, その人, それの, それらの, たび, つまりは, できず自分, できたであらうか, できたらなあ, できないけれども, できないばかり, できないばかりか, できないよ, できない程, できなかったであろう, できなかったらどう, できなかつたが, できねえ, できようという, できるかを, できるそして, できるそれ, できるぞ, できるであろうという, できるといふ, できるところ, できるのに, できるのよ, できるほどの, できるらしい, できるわ, どうしてできる, どうしても必要, どうも気, どれ程, どんなにか, どんなもの, ないけれども, ないため, ないのみ, ない程, ない限り, なかったであろう, なかつたか, なからう, なくっても, なくなる, なによりの, なんでも, ねえん, はじまった, はじまるの, はっきりわかっ, はっきりわかる, はっきり分る, ばれて, ひと目で, ほとんどない, ほんとうの, まるで夢, みんなに, もう一つ, よく分らない, らだ, らで, わかつたわけ, わからなかったの, わかりましたが, わかりません, わかり私, わたくしの, われわれの, キリスト教の, 一つである, 一つも, 一と, 一度ある, 一方に, 一緒に, 一般的に, 不必要, 不意に, 世の中には, 世界の, 二つあります, 人間に, 今までに, 今も, 今日は, 今更の, 伸子の, 伸子を, 何である, 何に, 何度か, 何故に, 余りにも, 先ず第, 先生の, 公然と, 出來やう, 出来かつ, 出来さうに, 出来たけれど, 出来たこの, 出来ただろう, 出来たやう, 出来ないでも, 出来ないわけ, 出来なかったばかり, 出来なくなります, 出来ねえ, 出来まい, 出来ますの, 出来ますので, 出来るかい, 出来るとしても, 出来るね, 出来る位, 出来る気, 出来之, 分かったので, 分かるの, 分かれば, 分った時, 分っても, 分つたので, 分らなくて, 分るし, 分るでしょう, 初めから, 判っただけ, 判明する, 原理的に, 君の, 土地の, 変って, 多いらしい, 多くそれ, 多くなりました, 多ければ, 大問題, 始まったの, 始まって, 子供の, 学問の, 完全に, 実に多い, 実証され, 容易で, 容易でなかった, 察しられる, 少いの, 屡々だつた, 幾度ある, 度々ありました, 度々で, 思いだされて, 思いやられる, 思ひ出された, 恐ろしくて, 恥かしい, 恥ずかしくて, 悪いと, 想像されます, 想像できる, 想像出来る, 意識に, 愛の, 感ぜられた, 我ながら, 折々ある, 推定せられる, 描かれて, 日本では, 明らかだった, 明らかな, 明瞭である, 明瞭と, 昔の, 昔は, 是非とも, 最も大きな, 最後の, 有ったと, 有ました, 朝に, 期待される, 本当か, 根本の, 極めて稀, 次々に, 殆どない, 残されて, 気がかりで, 気がかりな, 気にな, 沢山に, 無いが, 物忌み, 現はれ, 男の, 発表された, 発見されました, 真実であるなら, 確に, 確認された, 禁じられて, 私たちには, 稀だ, 立派に, 立証され, 習慣に, 考へられます, 肝要です, 肝要な, 自分でも, 自然と, 自然の, 苦しかった, 見られるの, 解ったの, 記録され, 許されたの, 許されると, 証拠立てられた, 話された, 話に, 認められた, 起きた, 起こったかを, 起こりは, 起ったと, 起りは, 起るかと, 適当である, 重って, 長い間, 間もなく分った, 随分ある, 青年の, 頭から, 頭へ, 頭脳に

4 [531件 抜粋] あったとき, あったらいつ, あったらこれ, あったら知らせて, あっちゃあ, あってからは, あつたらう, あらうかと, ありましたがね, ありますわい, ありませんけれど, ありませんし, あり一度, あり得ないと, あり得ること, あり得ると, あり相, あり私, あり自分, あるくら, あるだらうと, あるだろうが, あるであらう, あるとして, あるとよ, あるのみ, あるほど, あるゆえ, あるらしいの, あるン, ある場合, ある様, ある様子, ある相, ある私, ある者, ある訳, いい, いえると, いけなかったの, いつでも, いやであった, いろいろの, うなずかれる, おこったか, おこつた, おこりそう, おこります, おこる, おこるか, おこるはず, おぼろげながら, おまん, おわかりでしょう, お君, お解り, きっかけで, ここにも, この, この世に, この事件, この家, この時代, これは, ございましては, ございますね, ございませんので, ござりまする, ござりませぬ, さすがに, ざらに, しっかりし, しばしばあり, すつかり, すでに彼, ずいぶんある, そこに, そのよう, その本質, その理由, そもそもの, それと, それは, たびたびあります, たびたびだった, たびたびであった, だん, だんだんと, だんだんわかっ, ちょっとでも, ちよつと, つぎつぎと, できさ, できずこの, できずそれ, できず従って, できず遂に, できたであろうと, できたらどんな, できた時, できないかも, できないとき, できないとしても, できないにも, できないのみ, できないタチ, できない事情, できない人間, できない故, できない有様, できなかったかも, できなかったけれど, できなかったじゃ, できなかったでは, できなかったほど, できなかったり, できなかつたので, できなくても, できなくとも, できにくい, できぬという, できねば, できまいと, できましたけれど, できましたし, できましたの, できましたよ, できますし, できようが, できようはず, できるかの, できるからね, できるけれど, できるだらうか, できるって, できるでありましょう, できるとき, できるまでに, できる喜び, できる限り, できん, でき自分, ですよ, ときどきある, どういふ, どうし, どうしてお, どうしてもできなかった, どうしてわかった, どうして出来る, どうして可能, どうも私, どのくらい, どれほど, どんなに妻, ないからと, ないこの, ないなんて, ないはず, ない人, ない様, なかったでしょう, なかつたと, なかつたならば, なくては, なくなったと, なくなると, なくなれば, なく常に, なく私, なんだ, ねえよ, のこって, のちに, はじまりそう, はつきりわかつた, はやって, ひしひしと, ほかに, みんなの, めったにない, もとで, やがては, よくは, よくわかつた, よくわからなかった, わかったわけ, わからないで, わからなくて, わからなくなって, わかり, わかりまた, わかるかも, わかるでは, わかるので, わかろう, わしには, わたしたちを, わたしに, わたしには, ハッキリ分った, マザ, 一度に, 一度や, 一番よい, 一般には, 一部の, 上手である, 不可能だった, 不安であった, 不安な, 不思議です, 不自然で, 不自然でない, 世に, 世の中の, 世上の, 主で, 之で, 之を, 二三度あった, 二度ある, 云いたいの, 云は, 人々に, 今から, 今と, 今や明らか, 他に, 伝えられた, 何う, 何うし, 何うにも, 何かに, 何よりだ, 何より必要, 何度ある, 何時でも, 便利である, 先だ, 全く無意味, 全体の, 具体的に, 出来この, 出来さ, 出来さうである, 出来しかも, 出来して, 出来たかと, 出来たかを, 出来たけれども, 出来たでも, 出来たろうと, 出来ないくらい, 出来ないだらう, 出来ない上, 出来なかっただろう, 出来なかったであろう, 出来なかったもの, 出来なかつたから, 出来なかつたこと, 出来ぬであろう, 出来ぬのみ, 出来ねば, 出来ましたよ, 出来ましてね, 出来ますけれど, 出来ませう, 出来ませんよ, 出来ようが, 出来ようという, 出来るからと, 出来るじゃ, 出来るだろうかと, 出来るだろうから, 出来るだろうという, 出来るであろうという, 出来るや, 出来る性質, 出来る程度, 出来んという, 分かったそう, 分かったの, 分ったと, 分らないよう, 分りそれ, 分りますが, 分るから, 分るだけ, 分るであらう, 分るはず, 分るやう, 分るわけ, 判ったが, 判らないの, 判るよう, 判るん, 判ろう, 刻下の, 危険である, 却って私, 却て, 原則的に, 原因の, 又と, 口惜しくて, 可能か, 可能だ, 可能で, 可能であった, 可能であらう, 各個人, 告げられて, 哲学の, 善いこと, 報じられて, 報ぜられて, 報告され, 変だ, 多いこと, 多いため, 多いでしょう, 多いに, 多いやう, 多うございます, 多計代, 大きい, 大きいの, 大きらい, 大嫌, 夫人の, 如何に多い, 妻の, 嬉しい, 嬉しいの, 嬉しかつ, 実によくわかる, 察せられます, 實に, 将来の, 少くなかった, 少しずつ, 少しは, 少しばかり, 少年の, 尠く, 屡々あつ, 幾分か, 当然と, 当面の, 彼にと, 彼等には, 彼等を, 後にな, 得策である, 御座いますので, 御座りませう, 御自分, 心外に, 心配だ, 心配です, 必要なら, 必要条件である, 忘れられないので, 思い出されるの, 思われるの, 恥しくて, 想われる, 愉快で, 愉快に, 意味を, 意外な, 意識される, 意識の, 感ぜられる, 我々には, 技術の, 持ち上がって, 持上った, 指摘され, 支那の, 文化の, 文明の, 新聞で, 日本に, 明かであ, 明である, 明らかだ, 明らかでした, 普通に, 暴露される, 最も効果的, 最も少い, 最も自然, 最初の, 有り得ようとは, 朧気ながら, 果して正しい, 極めて多い, 楽しみな, 欠けて, 次々と, 次第にわかっ, 正しいか, 正義に, 此, 殆どなかっ, 残念だ, 残念に, 母親の, 毎日の, 気がかりに, 決してない, 決定する, 沁, 沢山あります, 浮かんで, 消えて, 深ければ, 無いで, 無くなつた, 無意味に, 特別に, 珍しくなかった, 珍らしくない, 珍らしくなかつた, 現代の, 理解できなかった, 甚だ多く, 生の, 異常な, 發見された, 目の, 直ぐ分った, 真実だ, 真実である, 眼前に, 知りたくて, 知れたから, 知れよう, 知れ渡って, 確かである, 社会の, 稀で, 稀れ, 窺はれる, 窺われた, 立証された, 第一条件, 約束され, 絶對に, 繰り返された, 美奈子の, 習慣の, 考えられます, 肝腎な, 肝要であります, 自分にとって, 自己の, 自然である, 自由に, 覚束ない, 解ったん, 言えるよう, 言って, 訣ります, 許されない, 許されないの, 証明せられ, 証明できる, 話されて, 認められたの, 認められるならば, 説かれて, 誰にでも, 誰にとっても, 證明せられる, 警察の, 起こってるかを, 起こるよう, 起ったかと, 起ったに, 起ったよう, 起った時, 起りかけて, 起りまして, 起ります, 起ること, 起るもの, 足りない, 辛かった, 近いうち, 連想された, 重なるもの, 重大なる, 重要である, 降って, 難かしい, 露見した, 面白い

3 [1015件 抜粋] あたまに, あったくらい, あったっけね, あったところ, あったはず, あったらあたし, あったらお前, あったらわたし, あったら僕, あったら彼, あったら言って, あってからという, あつたかい, あつたらしい, あの子, ありうるだろうか, ありそして, ありますかな, あります私, ありませんでしたので, あり今, あり得る筈, あるお, あるかという, あるすなわち, あるだが, あるで, あるといった, あるなら私, あるねん, あるめ, あるよし, あるらしいん, あるわね, あるんだい, ある中, ある所, ある然し, ある通り, あろう筈, いえそう, いえるか, いくたび, いけないので, いまは, いやな, いよいよ明らか, いろ, うかがわれて, おありでしたら, おこっても, おざりませう, おのづか, お留守, かわいそうに, きっかけに, きらいだった, ここの, この二つ, この小説, こびりついて, これが, こんなにまで, ございますわ, ございませんが, ございませんの, ござった, さ, しかたが, しるされて, じぶん, すくなかった, すぐには, すぐ分る, すでに一つ, そこで, その主, その意味, その特徴, その目的, その頃, そもそも無理, それぞれの, それだけの, たいへんな, たくさんあっ, たくさんに, たびたびありました, たまたまある, ちつと, でき, できすべて, できずしたがって, できずついに, できず今, できず心, できそこ, できたかと, できただろうか, できたでしょうか, できたほど, できたらこの, できたらしい, できた点, できないそれ, できないだろうという, できないであろうか, できないとも, できないのみか, できないゆえ, できない何, できない気持, できない状態, できなかったそして, できなかったのよ, できなかつたと, できなくなったから, できなくなること, できぬが, できぬばかり, できまいという, できますから, できますと, できますわ, できませんが, できませんけれども, できませんの, できるかな, できるただ, できるだろうという, できるであろうかと, できるでしょうが, できるなら, できるのみか, できる即ち, できる性質, できる男, できる者, できんの, でき易い, でき芸術, でて, とりとめも, どうかする, どうしてできましょう, どうして分る, どこから, どんなに幸福, どんな意味, ないお, ないかの, ないくら, ないだけに, ないです, ないなあ, ないばかり, ないまた, ない位, なかったろう, なかつたのに, なく, なくなるの, なく今, なく自分, なさ, ならぬ, なんとし, ねえから, ねえだ, ねえの, はじまるん, はっきりしない, はやった, ひどく気, へんに, ほんとうである, まず必要, またここ, まだわからない, むずかしいの, むつかしいの, ゆるされて, よくお, よく分かる, よく判ります, らであった, わかった場合, わかつたが, わかつたよ, わからないでは, わからないよう, わからんの, わかりましたか, わかりますか, わかり彼, わかるかね, わかるに, わたくしに, われ等の, カンジンだ, チャンと, バレて, 一つありました, 一つ二つある, 一ツある, 一度ならずあった, 一番いい, 一番彼女の, 不可能の, 不思議でした, 世界に, 主張され, 了解されるであろう, 事件の, 二三の, 二人に, 云われる, 人間を, 今やっと, 今日に, 会得され, 伯父の, 何から, 何だか一種, 何となく気, 何んの, 余りに多い, 信じられるか, 俳句の, 偶然でない, 僕にとって, 兵馬には, 出る, 出来ずいつも, 出来ず何, 出来たうれし, 出来ただけ, 出来ただろうと, 出来たとは, 出来たなら私, 出来たらうと, 出来たら自分, 出来た様, 出来ないあはれ, 出来ないかの, 出来ないそれ, 出来ないだろうと, 出来ないなどと, 出来ないまでに, 出来ない事, 出来ない位, 出来ない性分, 出来ない故, 出来ない様, 出来ない自分, 出来なかったよう, 出来なかつたで, 出来なくても, 出来なくなるから, 出来ぬだろうと, 出来ぬ身, 出来ますからね, 出来ませなん, 出来るかが, 出来るかといふ, 出来るかね, 出来るけれど, 出来るそして, 出来るそれ, 出来るだらうか, 出来るだろうし, 出来るでありましょう, 出来るとさえ, 出来るなら, 出来るまでに, 出来る人, 出来る所以, 出来る時, 出来んで, 分かったから, 分かるが, 分ったという, 分ったばかり, 分ったよう, 分つたとき, 分りかけて, 分りさ, 分るか, 分るじゃ, 分るもん, 初めて判った, 判つ, 判明いたしました, 判然と, 半蔵を, 即ちその, 原因だった, 又もう一度, 双方の, 古くから, 可能だろう, 君を, 周知の, 問題であります, 善いか, 嘘でない, 困難であり, 困難です, 堪ま, 多々ある, 多いし, 多いのに, 多くあります, 多くなる, 多少でも, 大きかつ, 大そう, 大切であろう, 大好きだ, 大嫌いで, 夫婦の, 好きでありました, 始まったん, 婦人の, 嫌いで, 嫌いです, 嫌ひなので, 実現された, 家族の, 察せられるの, 小説の, 少いであろう, 少かつ, 少くも, 少ないので, 少なくは, 屡々あった, 屡々な, 帰結しなけれ, 平気に, 幸福だ, 幼い私, 幾つも, 度々あっ, 強調され, 当然で, 彼が, 彼女にとって, 往々あります, 待って, 後悔される, 御座いますが, 心苦しかつ, 心配なら, 必然である, 必要であるなら, 必要でした, 忘れられない恨んで, 怖かった, 思い出されたの, 思はれます, 思ひ出されるので, 恐かった, 恐ろしくなっ, 悔いられた, 悪いとは, 悲しい, 想い出された, 想像し得られる, 感ぜられて, 懐疑の, 戯曲の, 手紙の, 指摘された, 控えて, 推察できる, 推測される, 数々ある, 文学では, 既に, 日本外交の, 明らかであった, 明白と, 明瞭だった, 昨日の, 時計の, 書いてない, 最も困難, 最も望ましい, 最善の, 最近に, 有りうるの, 有りますが, 有るだろう, 有利である, 有益である, 望ましいと, 期待され, 本当な, 来た, 根も, 極く, 楽しかった, 楽に, 機縁と, 次第次第に, 此に, 残念だった, 殖えて, 比較された, 気附かれます, 注意せられ, 流行った, 深かった, 滅多に, 無いじゃ, 無くて, 無ければ, 無数に, 珍しくは, 現れて, 甚だ困難, 生じて, 生理的に, 癪だ, 発覚する, 皆な, 目的である, 直感された, 着々と, 知られたの, 知りたい, 知れました, 研究の, 確かめられたの, 確実と, 示された, 私が, 稀に, 窺い知られる, 米友には, 結果に, 絶對的に, 繰り返されて, 罪に, 老人の, 考えられるであろうか, 考へ, 聞えて, 聞えるか, 胸中に, 能は, 自分が, 自分にとっては, 自覚され, 苦しくて, 著しく眼, 行はれる, 表現の, 見えない筈, 見付かったの, 見当が, 解つてゐる, 言い伝えられて, 言えるか, 言われた, 言葉に, 記事に, 記載され, 許されぬ, 許されるか, 証拠だ, 証明され得よう, 詳しく書い, 説いて, 諸人の, 豫期した, 起きるの, 起こったので, 起こっても, 起こるはず, 起ったり, 起らうとも, 起りそれ, 起れば, 身を, 辛い, 近頃の, 遅いの, 運ばれて, 遙かに, 重なると, 長々と, 間々あった, 間違つてゐた, 難い, 雪子の, 面倒に, 頷かれた, 馬鹿らしくな

2 [2705件 抜粋] あきらかと, あたって, あっただけ, あったなんて, あったらしいの, あったらどんなに, あったらわし, あったら相談, あった程度, あつたさう, あつちや, あべこべに, あらうぞ, ありうる, ありさうに, ありなお, ありましたな, ありましたらどう, ありましょうとも, ありますよう, ありゃしませんか, ありアキ, あり夜, あり得るはず, あるからさ, あるぐらい, あるそして, あるだろうそう, あるでしょ, あると共に, あるなら自分, あるほか, あるらしいのよ, ある以上, ある年, ある此, あろ, あろうよ, いい得られる, いかにもあり, いくつか, いたく主人, いっそう必要, いつかの, いつもと, いまでも, いろいろあります, うかがえるの, うまい, おいや, おこるよう, おのれの, おりおりある, お伽話を, お庄母子, お角さん, かえって気, かの女, きめられて, この一つ, この十九, この意味, この種, この風説, これほどの, こわかった, こんに, ございましたら妾, ございませんのよ, ござる故, しぜん, しばしばあります, すぐわかっ, すっかりお, すな, そうな, そのこと, その二つ, その前, その証拠, それ故, たいていの, たしかめられました, たびたびに, ためらわれた, だんだん分りかけ, ちゃんとわかる, つづいた, てんで分らない, できずいかなる, できず何物, できず或は, できたかという, できたさ, できたとは, できたなら人間, できたらきっと, できたら文句, できないくらいに, できないただ, できないであろうと, できないなんて, できない上, できない悲し, できなかったそれ, できなかったばかりか, できなかったわ, できなくなったほど, できぬあらゆる, できぬまた, できましたけれども, できますでしょうか, できますよう, できませんでしたから, できやがて, できるくら, できるだらうが, できるだろうよ, できるなどと, できるまで, できる仕組み, できる次第, でき様, とっても楽しい, どうしてある, どうしても出来ない, どうして今, どうして悪い, どこかの, どれほど危険, どんなに仕合せ, どんな場合, ないからね, ないそれで, ないなどと, ない少年, ない為, ない野原, なかなかむずかしかっ, なくかえって, なくちゃ, なくなったので, なくほとんど, なく唯, なく春, なく肉体, なつかしく思いだされる, なんであった, ねえや, はじまるからね, はっきり思い出された, はつきり判る, ひそめられて, ひらめいた, ほかの, ほんとうで, ぽつりぽつりと, またその, また私, まだ岸本, まるで田園小説, むつかしいので, めつたに, もっとも大切, やがて分る, やつて, ゆるされました, よくそれ, よくわかりませんでした, よく分らなかった, よく言, らある, わかったそう, わかったのよ, わかったらどんなに, わかつたといふ, わからなかつたの, わかりかけて, わかりましたね, わかり切って, わかるという, わかるよ, わずかに, われわれには, カントの, ゴーリキイの, ネチネチし, パッと, ホテルの, 一つと, 一代の, 一家の, 一層気, 一度ならずある, 一杯に, 一番大事な, 一番正しい, 一面の, 三度ばかり, 下手で, 不審でも, 不快で堪らない, 不思議でならなかった, 与八の, 世間には, 主張された, 了解された, 事実であり, 二つありました, 二人を, 云えます, 云わば, 人々には, 人生において, 今までの, 今日一部の, 仔細に, 伊太夫にとっては, 伝統の, 何となく危まれ, 何より先, 何んと, 何度あった, 余計に, 便利だ, 信じられるかい, 俺たちの, 偲ばれるの, 元来無理, 先へ, 全くよく知られ, 全部は, 内から, 出来あの, 出来ずありのまま, 出来ずそれで, 出来ず此, 出来たぞ, 出来たとも, 出来たらこんな, 出来たらば, 出来た上, 出来ないからに, 出来ないだろうか, 出来ないとの, 出来ないぼんやり, 出来ない最後, 出来ない訳, 出来なかったです, 出来なかった場合, 出来なかつたん, 出来なくなった時, 出来なくなれば, 出来ぬもの, 出来ぬ程, 出来ましたけれど, 出来ますのに, 出来ませんが, 出来るからには, 出来るだけの, 出来るであろうから, 出来ると共に, 出来るのよ, 出来るわ, 出来る即ち, 出来る故, 出来る機械, 出来んでは, 出来難い, 分かるし, 分ったけれど, 分ったり, 分らないん, 分りしかも, 分るといふ, 分明る, 初めて彼, 判ったよ, 判つたのです, 判らないん, 判りましたよ, 判るだろうと, 判然し, 別当に, 前後左右縦横に, 勝平にも, 協力の, 即ち私, 却つてこの, 厭だつた, 反射を, 口惜しかつ, 可能です, 名人だ, 含まれるが, 唯無, 問題だった, 嘘でなけれ, 国家に, 堂々と, 報道された, 外の, 多いけれども, 多いのでね, 多かったり, 多く他, 多く高子, 大きいな, 大事だった, 大切だった, 大嫌いだ, 大抵お, 天文の, 女には, 好ましい, 始まつた, 始まる, 始終頭, 嫌ひなリヽーは, 子供心に, 学者に, 実に上手, 実現され, 実際の, 家の, 容易ならぬ, 専門外の, 少くその, 少く無い, 少ないよう, 屡々であった, 巧で, 市民の, 平凡でも, 幸福であり, 庄吉にも, 度々に, 引合いに, 当るか, 彼と, 彼等から, 後に私, 得意だ, 御有りです, 心苦しくて, 必然と, 必要だつた, 必要条件であるらしい, 忘れられないの, 怖しいと, 思い出されたが, 思うよう, 思想家の, 恐ろしいほど, 恥ずかしくなった, 悪い, 悪さ, 悲しまれた, 想ひ出される, 愉快だった, 意義ある, 感ぜられそれ, 成功すれ, 手さぐりで, 持ち上がってね, 推察された, 推論せられる, 放送された, 教育即ち, 文壇の, 料理の, 既におかしい, 日が, 早くも, 明らかです, 時々考えられた, 暴露された, 更らに, 書物に, 最も有力, 最も重要, 月に, 有りましたか, 有り得るから, 有るやう, 有難かった, 朝の, 本当である, 本望だ, 来る日, 根柢に, 極めて容易, 楽しいよう, 次第に私, 正しく私, 武士の, 死である, 残念で, 段々に, 母親を, 民衆の, 気持よい, 沢山あっ, 法律で, 注目される, 流行りましたが, 淋しい, 深かつ, 減って, 滑稽に, 無いであろう, 無くなった, 無駄である, 物を, 特殊な, 珍しくて, 理想的である, 理解し, 理論的に, 生じるの, 生活な, 疑問である, 登山の, 益深く, 目的で, 目的に, 看取される, 真実か, 知らされた, 知られるであらう, 知れたという, 確かなら, 確実だ, 神崎清氏の, 禍いして, 私達を, 稀である, 空頼みに, 笑いの, 第一義であった, 精神の, 終ると, 絶えず心, 絶望だ, 緊要である, 繰り返される, 美しさ, 考えられなかった, 考えられると, 考へられたの, 聞きたかった, 能きた, 自他の, 自由で, 至難の, 苦しくなっ, 苦痛の, 薄々分っ, 行われる, 要点な, 見出されたの, 観られるであろう, 解つたのでした, 解りましょう, 解るもの, 言えようか, 言われると, 許されても, 許されるもの, 証明されます, 詩の, 詳しく記され, 誤りな, 誰に, 諒解された, 起こったから, 起こってるか, 起こるもの, 起ころうとも, 起った場合, 起らないとも, 起りつつ, 起るかは, 起るとは, 躊躇された, 近所の, 逆説的な, 遅れたの, 道理に, 遠い昔, 適當である, 重大に, 長ければ, 闇に, 際立って, 難かつ, 露骨に, 面白くなかった, 頻りに考へられた, 馬鹿に

1 [20459件 抜粋] ああいう下らぬ, あったい, あったというくらいの, あったらご, あったらわたくし, あったら役に立つから, あったら祖母上, あった大きい, あなたいつまで, あの通り好き, あまり沢山ありすぎ, ありいや, ありそんな, ありましたら申しつけくださいまし, ありますでしょう, ありませんって, ありやしないかね, あり其中, あり就職, あり応急手当, あり相手, あるいは一カ月, あるけい, あるだな, あるでございますよ, あるならうちあけて, あるなら遠慮, あるらしいその, あるんでして, ある俳句, ある宇津木兄弟, ある泥, ある親族, あろうそれ, いあわす役人, いえんよう, いかに稀, いけない逃げるという, いちばんの, いったい人生, いつもぐら, いへるといふ, いやらしく下品, いろいろ沢山ありました, うかがわれると, うまく口, おありでせう, おこったぞ, おこるぞと, おそらく男鹿, おますが, おれにとって, お富, お話しの, かえって害悪, かつてある, かの解き, きっと眼, きわめて訳, こいしくおとうさん, ことごとく蟻道, この上なく重要, この名, この民藝館, この説話, これに, こんなに自分, ございましてね, ございます申しても, ごたごたし, さっぱりわからん, さんざんの, したいという, しばしば行なわれる, しんから, すくなくない, すぐ頭, すつかり出来上りました, すでに奇蹟, すでに間違つて, すべて精しかっ, せめて腹癒せ, そう考える, そのまま科学, その土壌, その朝, その行為, そもそも主君, それほどたやすい, そんなにおかしい, たいせつである, たくさんたまった, ただわけ, たどたどしい文字, たまらなくかの, だんだん困難, ちゃんと分る, ついこんな, つづいて, てんで可笑しい, できずこちら, できずグラグラ, できず四次方程式, できず戦慄, できず結局, できたありがたい, できたならその, できたらしいから, できたら大変, できた俺, できないかという, できないなどと, できない土佐八, できない男, できなかったとしても, できなかった者, できなくなったんで, できなくなるだらうと, できぬなら胎児, できましたならその, できます走りすぎたといふ, できません大河, できるかのう, できるであろうから, できるなら小説, できる商売, できる然し, できんで, でき客, でき直撃, でき陽, とつぜんはっきりと, とり出されたとき, どうしてもその, どうして判る, どうにも残念, どうやら良心, どれ位他の, どんなに無法, ないかな, ないのでね, ない前, ない爲め, なお矢代, なかなかおもしろい, なくかつて, なくなったらしいが, なく三軒長屋, なく平次, なく玉泉, なく野, なぜ僕, なにごとかを, なんだかうそ, なんとなく滑稽, のぞましいという, はじめて出来た, はっきりわからなかった, はつきり心に, ばかばかしくなっ, ひと目に, ひろ子を, ふと思ひ浮んだ, ほぼたしか, ほんまだ, まざとお, また, また大切, まだあった, まだ本当にわかっ, まづ彼, まるで文子, みな無意味だ, むしろあたりまえ, むずかしいもの, めんどうくさくなり, もう既に覿面, もし確認, もっと容易い, やがてわかつ, やっと分かった, やはり真実, ゆるされるなら道楽者, よくよく分っ, よく的中, よほどお, らでも, わかったらしく洞穴, わかつたとお, わからない様子, わかりすぎて, わかりませんが, わかり彼女, わかるじゃ, わがインド, われわれによって, オルジェル夫人に, システムであり, チビチビ月評より, ハッキリ分かります, ファシズムを, ミツによ, 一々みんなスタールツェフ, 一つポルジイ中尉が, 一パイで, 一向眼鼻, 一層僕, 一応真実, 一特色に, 一番嬉しく, 一目りょうぜんでした, 丁坊の, 三十日ほど, 上手らという, 不可能なら, 不思議でならなく思われる, 不貞を, 両者間の, 主意では, 乱歩氏に対する, 事実あっ, 二三度くりかえされた, 二百何十年かまえ, 云われずに, 井上君その他の, 人生行路にも, 今すぐ, 今思いあたる, 今樣, 代官の, 伝わらなかったの, 何ございましょう, 何で大言壮語家, 何とわたくし, 何より自分, 何故行われ, 作られたもの, 信じられて, 修業な, 傳は, 充分俺, 先決問題であろう, 全く判らない, 全然分らない, 六ツかしか, 内地で, 出きキリスト教伝播, 出来おかしく, 出来ずうまく, 出来ずドクタア・ビゲロウ, 出来ず可哀想, 出来ず当局, 出来ず残余, 出来ず躊躇, 出来たつもり, 出来たなら自信, 出来たら一番, 出来たら逃げだそうと, 出来た源, 出来ないただ, 出来ないほどの, 出来ない好い, 出来ない経験, 出来なかったならば, 出来なかった正直さ, 出来なくなったという, 出来なくなる筈, 出来ぬ詰り私独り, 出来ました秋, 出来ませんでしたのに, 出来ようわたくし, 出来るだろうとの, 出来るなら家庭, 出来る夜分, 出来る第, 出来一般均衡, 出来大慶至極, 出来生活的, 分かっても, 分かるならこの, 分ってるでしょう, 分らぬとは, 分りません, 分るなら他, 切腹しろ, 判ったら政府, 判りはじめそれ, 判明せりとぞ, 前後を通じて, 勉強させない, 十分よく, 卑劣と, 即ちブルジョアジー, 却って娘夫婦, 原因かも, 又一昼夜, 受難の, 可悔, 叶ふ, 同時に和歌所領世襲, 否み難く, 哀れです, 善いと, 嘘を, 困難いや, 土台と, 堪えられなかったに, 変らざる念願, 多いばかりか, 多くうっかり, 多く子供たち, 多く身辺, 夢だった, 大きくなる, 大事と, 大変切なく, 大昔から, 天體から, 奥村栄実の, 好く解らない, 妙子に, 始めから, 嫌いに, 子供には, 学者の, 定る, 実に驚嘆, 実現し, 客観的にしか, 寂しいので, 實際上頗る, 将門に, 小説といふ, 少しく注意, 少ない許りか, 屋敷に, 島田の, 師匠と, 平均とは, 幾分私, 度々言われた, 引き出せるわけ, 強く頭, 当然起こっ, 彼女に対して, 後でようやく判明, 従来技術を, 御政治むき, 心変りかの, 必ずしも無稽, 必須の, 忘れられなかつた, 怖しく, 思い出の, 思ひ出され涙, 急場の, 恐ろしくも, 息苦しくて, 悪いわけ, 悲堂を, 想像せられます, 意識せられた, 感覺的な, 憶測せられ, 我田引水でなく, 手紙を, 拙い筆, 挙げられる, 掲示に, 政宗の, 数寄で, 文芸, 新日本主義, 既に久しい, 既に私, 日本音曲の, 明かである又, 明確には, 時々あり, 晉の, 更に一層必要, 書物に対する, 最も簡単, 最近先生の, 有りましたね, 有るぞや, 有益に, 期待せられる, 本当に分った, 村中の, 果してそう片付け, 果たして右, 案外軽く, 極ります, 機嫌から, 欣しい, 正を, 武士道に, 死者に, 残るの, 母を, 気がかりでございます, 気懸りな, 江戸へ, 決して間違っ, 沢山にござります, 注意に, 浄化であり, 深くくいられ, 減り私, 漸く分つ, 無いぜ, 無くも, 無茶な, 牢であります, 特別な, 玲子さんを通じて, 現場の, 理解めません, 甚薄かつ, 生存の, 男子にと, 疑いなし, 発明され, 皆を, 目について, 直ぐ考えられた, 直線を, 真に商道, 眼目として, 知られまた, 知れたらみんな, 知れ彼, 確かめられ一応, 祖母さんに, 秀ちゃんへの, 科學概論についても, 空間と, 立證され, 筋肉の, 納得されよう, 終りました, 結局最大の, 絶対媒介だ, 綺麗さっぱり, 續いたさうです, 義務として, 考えられること, 耳へ, 聞き取れないほど, 肝腎で, 脈々と思ひ出され, 自分達の, 自然話題を, 興味深く思われた, 芸術で, 苦しみ悶えるので, 萩野に, 藤原師輔に, 行は, 表向きの, 見いだされる, 見のがされて, 見当らなかった, 解ったよ, 解りそういう, 言いたいだけにも, 言えますね, 言われはじめたとき, 訣つたのです, 許されるけれど, 証明されるであろう, 話し出された, 語つてある, 誰いう, 諸科学, 責めてもの, 起きたのう, 起こりかねないの, 起ったため, 起つたもの, 起りを, 趣味に, 軽々しく口, 近代劇の, 途方に, 遂行される, 道樂とか, 適当だろう, 酷く丑松, 野蛮人の, 長崎を, 間違いでない, 院長の, 雜然一緒に, 非常である, 順調に, 題材や, 養生第, 高圧ぶりな

▼ こと~ (105936, 16.7%)

3404 ない 1630 なかった 1169 出来ない 1107 ありません 949 できない 758 ないの 579 出來 528 いうまでも 506 ないと 496 ないが 456 出来なかった 440 できなかった 386 できません 335 ないよ 334 どうでも 326 あるまい 293 知って 291 できないの 274 何も 268 できぬ 265 なかつた 251 出来ないの 242 ないん 241 前に 239 絶対に 235 一度も 234 少しも 231 云うまでも 224 私の 206 事実である 202 出来ません 200 ありませんよ 197 ございません 195 彼の 189 わかって 183 忘れて 177 非常に 175 出来ぬ, 確かである 172 明かである 164 明らかである 160 ないか 158 不可能である 156 無い 152 何でも 149 勿論である 148 あるまいと, 自分の 144 ありませんでした 141 分って 140 ないでしょう 138 私は 137 ないだろう 133 確かだ 129 日本の, 言うまでもない 128 あるが 124 あっても 123 誰も 121 私には 119 して 118 誰にも 117 ありませんが, 申すまでも 110 言ふまで 109 ないさ 108 できないと, 誰でも 106 それが 104 ないじゃ, なんでも, 一つの 103 ありませんか, しない, 言うまでも 102 しなかった, 私が 101 決してない 100 容易に 96 ないであろう, 聞いて 95 どうで, 人の, 出来ないと 94 出来ないが 93 ある, 滅多に 92 なにも 90 前にも 89 云ふまで 88 今の, 言ふ 87 後に 85 できないが, 殆ん 84 周知の, 私に, 考えて 83 できませんでした, 許されない 82 他の 81 ないから, 私も 80 もちろんである, 困難である 79 これは 78 ありますまい 77 人間の, 出来なかつた, 無かった 76 ないで, 今日の 75 ないわ 74 よく知っ, 不可能だ 73 なかつたの 72 ないよう, 事実だ 71 たしかだ 70 何にも 69 彼が, 確かです 68 ないので, 明らかだ, 確かに 67 できないもの, 彼には 65 一つも 64 それは, 疑いも 63 不可能な, 非常な 62 何と, 彼女の 61 ないけれど, 何か, 多くの 60 疑いない 59 ない筈 58 思いも, 想像に 57 できなかったの, ないし, 出来まい, 容易でない, 知らないが 56 とりも, ないという, 自分で 54 誰しも 53 出来る 52 あとで, できる, 何う, 気に, 確かで 51 あつて, たしかである, ないはず, 明白である, 無いの, 知らない 50 出来ないから, 出来ないもの 49 できなかつた, 当然である 48 なかろう, 我々の 47 あつた, これで, しません, 出来ないであろう 46 これを, どうだ, めったにない, 事実で, 僕の

45 [11件] あまりにも, これまで, しないで, すぐに, できないから, ないもの, ならぬ, 何の, 出来ませんでした, 前から, 自分が

44 われわれの, 何を, 出来ない筈, 吾, 私にも

43 どうだって, むずかしい, よくわかっ, 今まで, 出来ないので, 出来なかったの, 明らかに

42 いふまでも, なかろうと, 出来なかったが, 当時の, 覚えて

41 できないであろう, できるが, 勿論だ, 口に, 確かな

40 できないだろう, 何という, 出来ても, 出来ないだろう, 疑う余地

39 あるまいが, できまい, なくて, 一般に, 事実です, 何人も, 問題に, 知らなかった

38 ありませんわ, あるの, ないかと, 僕には, 容易で, 容易な, 既に述べた, 疑いを

37 あり得ない, できなかったが, ないぞ, なかつたが, よくない, 不可能であった, 仕方が, 次の, 知れて

36 ありそう, ここに, 云ふ

35 それを, ないけれども, 云は, 僕も, 別に, 彼も, 明らかな

34 ございませぬ, さすがに, できませんが, 今も, 出来そう, 当然の, 普通の, 疑いが

33 あったが, ほとんどない, わからないが, 今でも, 固より, 女の, 私たちの, 言う迄も

32 一種の, 一言も, 不可能で, 初めから, 或る, 明らかだった, 無いと, 誰の

31 [13件] すでに述べた, やめて, わからない, 云へ, 何よりも, 分つて, 判って, 問題では, 彼にとって, 疑うべくも, 確実である, 言へ, 間違いない

30 [13件] あなたも, たしかです, できませぬ, ないかね, 今までに, 出来ぬと, 別として, 十分に, 少くとも, 明らかで, 無かつ, 私にとって, 論を

29 [14件] あなたの, ありませぬ, だれも, ないのに, よくわかる, わかりきって, わたしの, わたしも, 今では, 出来ませぬ, 明である, 最初から, 現在の, 許されて

28 あるめ, これらの, ただの, できないし, なかったであろう, 出来ないし, 出来ないという, 明かに, 自分でも

27 [18件] ございませんか, それで, できても, できないでしょう, できないという, どういうこと, むつかしい, 云う迄も, 僕が, 到底不可能, 御座いません, 想像する, 明瞭である, 決してなかっ, 注目に, 火を, 知りませんが, 言を

26 [14件] あった, この上, すべての, なからう, わかりませんが, 争われない, 今に, 容易である, 明らかであった, 疑を, 百も, 確かだった, 確である, 自分に

25 [19件] ありませんね, あるもの, ございませんが, その人, できた, できますまい, ないでしょうか, なかったでしょう, やって, 不可能だった, 事實である, 今は, 君も, 困難な, 心得て, 必しも, 昔の, 私を, 黙って

24 [24件] ございますまい, しないと, できそう, できないはず, ないけど, ないだろうか, ないわけ, なんの, ほんとうに, よく知られ, 事実な, 人に, 併し, 出来ないで, 前述の, 可能である, 君の, 困難で, 当然な, 殆どない, 現代の, 稀である, 第一, 言わない

23 [19件] ありませんでしたか, いつでも, さう, ならん, ほとんど不可能, よくある, わかつて, 上に, 不可能であろう, 世界の, 中, 之を, 僕は, 出来ますまい, 出来ませんが, 彼等の, 明らかです, 確かであろう, 間違って

22 [23件] いって, これだけ, さきに, しなかつた, た, だれにも, できないよ, ないですよ, なさそう, めったになかっ, わかる, 二人の, 出来まいと, 否めない, 夢にも, 彼らの, 慥かだ, 昔から, 直ぐに, 確に, 言って, 言は, 許されなかった

21 [28件] ありますが, ありゃしない, お前も, かつてなかっ, これまた, ないかも, なかったろう, ほかの, 一目で, 云えない, 今から, 先に, 出来ないん, 出来ませんよ, 分りきって, 判り切って, 勿論で, 否定できない, 困難であろう, 如何に, 彼に, 彼は, 気が, 知りません, 私と, 考えられない, 自分は, 見て

20 [16件] ありませんから, すっかり忘れ, そこに, その時, できないん, ないだろうと, ないのよ, 一見し, 事実であった, 伸子に, 大切な, 子供の, 歴史の, 考へて, 興味が, 誰にでも

19 [28件] ありは, いいこと, いたしません, これまでに, これも, ござらぬ, できないので, どこまでも, まずない, 不可能です, 取りも, 困難であった, 平次も, 彼にとっては, 心配する, 想像も, 慥かである, 敢て, 断じてない, 此の, 無いよ, 眼に, 知らないの, 確からしい, 自然の, 許して, 誰に, 過去の

18 [32件] あります, ございませんよ, しませんでした, たしかな, できないか, できないこと, ないだらう, ねえん, はじめから, よくわかります, よく分っ, 不可能に, 以上の, 何人にも, 分らない, 前の, 可なり, 大変な, 察する, 我々が, 明白だ, 本当だ, 無いが, 無いで, 禁じられて, 私にとっては, 考えても, 自己の, 言うまでもないが, 認めて, 読者の, 逆に

17 [43件] あの人, あるまいな, しないの, しませんよ, それだけでも, それらの, ちつとも, できないよう, できぬが, できまいと, できるの, とてもできない, どっちでも, どんなこと, ないそう, ないに, ないらしい, なかつたで, なんにも, やめに, 一と, 事実だった, 人間が, 例の, 充分に, 出来ないかも, 出来ないこと, 分らないが, 困難だ, 彼にも, 彼女には, 後の, 必要である, 承知し, 棚に, 極めて稀, 決してありません, 疑いの, 目に, 稀で, 致しません, 解って, 誰よりも

16 [42件] ありませんからね, ありませんでしたが, いくらも, たしかだった, できない筈, ないかな, ないぜ, ないといふ, ない私, なかなか容易, ほとんどなかっ, まえに, わたしには, 不思議な, 世間に, 世間の, 争えない, 人生の, 何んにも, 全く不可能, 出来ないけれども, 出来ませんから, 右の, 嘘だ, 夢の, 大目に, 始めから, 実際に, 決してしない, 無論である, 現実の, 申す迄も, 知つてゐる, 知られて, 私にと, 考えも, 自分には, 自分にも, 自分も, 言えない, 許されないの, 難かしい

15 [42件] あり得ないこと, あるかも, いちども, いやだ, おくびにも, すこしも, それだけ, できなかったであろう, できぬと, とても出来ない, ないです, ないな, なく, なんという, わかりません, 作者の, 出来ぬの, 出来るが, 出来るの, 出来るもの, 危険である, 同じである, 家の, 察せられる, 彼を, 御承知, 悪いこと, 書いて, 有名である, 殆ど不可能, 永久に, 父の, 生きて, 男の, 疑えない, 確だ, 第二, 自分を, 自然に, 親分も, 説明する, 誰が

14 [48件] あって, あなたに, ありませんけれど, ある意味, いう迄も, いわない, ここで, この, この際, これが, しないから, その頃, それに, たいへんな, ただ一つ, ちよつと, できないで, できるもの, どうした, どう考え, どこの, なか, なくとも, なりません, まちがいない, よろしくない, わかります, わたしが, われわれが, 事実であろう, 些っとも, 人々の, 人が, 人間に, 余りにも, 出て, 同じだ, 存じませんが, 實に, 当然だ, 想像される, 日本に, 相手の, 確かであった, 確かであります, 確実だ, 覚束ない, 重大な

13 [62件] あらじ, あり得ないと, あり得ないの, あるけれど, あるまいよ, あるん, いずれの, いまの, いらない, いろいろな, かねて, ここでは, このよう, この時代, ございませんわ, しないだろう, せずに, できます, ないそれ, ないやう, なかなかむずかしい, ならぬと, なんとし, もうお, わけは, わたくしの, 云わなかった, 何が, 僕に, 出来ないよう, 出来なかったであろう, 出来なくなった, 分りきつ, 分り切って, 判りませんが, 別としても, 別問題, 到底出来ない, 妙に, 存じて, 容易の, 山ほど, 彼と, 彼女が, 従来の, 心の, 必要だ, 忘れたよう, 忘れなかつた, 想像が, 文学の, 日本では, 明かだった, 止めに, 無いでしょう, 生れて, 疑問の, 知らないから, 神の, 絶對に, 考えずに, 至難である

12 [64件] あなたが, ありえない, ありやしない, あると, いろいろの, かれの, しないつもり, しないよう, せぬ, たった一つ, できないに, できませんから, できませんよ, とうてい不可能, なかなかむつかしい, ねえか, むずかしいこと, よく分る, よして, わかったが, 一方に, 一般の, 不可能であり, 不必要, 事実に, 今度の, 仲, 何んで, 何んと, 俺は, 先生の, 出来たが, 出来ん, 判りません, 勿論です, 否み難い, 單に, 大なる, 完全に, 平次にも, 彼らが, 彼女に, 想像し, 明かであるが, 明らかであり, 止めて, 決して出来ない, 決して無い, 物を, 珍らしい, 知れきって, 私達の, 立派な, 能く, 自明である, 自然的な, 言わないから, 言わなかった, 認めなければ, 諦めて, 諸君も, 迚も, 面白い, 頭に

11 [88件] ありませんし, ありませんな, あるけれども, あるはず, あるまいね, ある筈, いかにし, いくらでもある, きまって, こ, しないよ, しない方, その一つ, その日, それこそ, そんなこと, たくさんある, ちやんと, できないかも, できなくなって, できねえ, できませんでしたが, できん, ないぢ, ないでしょうね, ないとは, なしに, ねえの, はっきりと, まだ一度, むずかしいと, めったになく, よく知らない, よく覚え, わたしに, 万, 万人の, 不可能と, 争へ, 事実であります, 云って, 人間として, 今後の, 今日では, 今日まで, 他に, 伸子の, 何から, 出来ないけれど, 出来ないよ, 分りませんが, 分る, 初めてだ, 判らない, 却て, 同じで, 否定する, 多少の, 大切だ, 存じません, 日本人の, 明かであった, 明瞭に, 昔は, 最初の, 有名な, 極く, 武士の, 水に, 注目すべき, 無いん, 無意味である, 珍しくない, 甚だ困難, 生活の, 疑ひない, 疑ひも, 知つてゐた, 知らずに, 知らなかつた, 科学の, 簡単に, 聞いたこと, 自己を, 自明の, 至難の, 芸術の, 難しい

10 [106件] あるに, いずれも, うれしい, おれが, お互, お前が, お前の, かの女, この国, この場合, ございませんから, しませんから, その時代, できたが, できぬもの, できるかも, どういふ, どうな, どこでも, ないかい, ないがね, ないそんな, ないつもり, ないね, なかったです, なかつたか, なかつたし, なかなか困難, なさらないで, はじめてだ, まず不可能, もう忘れ, よかった, よくわかった, よく承知, よく知つて, わかった, わからなかった, わかるの, わたくしが, 一度だって, 三度ある, 世界が, 争はれない, 伸子を, 何に, 俳優の, 元より, 全然不可能, 出来たの, 出来なくなって, 分かって, 分るが, 分明である, 判り切ったこと, 判る, 勿論であります, 勿論の, 君には, 君にも, 否定出来ない, 好きだ, 容易だ, 已むを, 平次の, 平気だ, 当然と, 彼女にとって, 心配しない, 心配しなく, 必然的に, 忘れては, 恐ろしいこと, 意味ふかい, 支那の, 断わるまでも, 明白な, 時代の, 曾て, 有り得ない, 本当です, 止むを, 正しいと, 歴史に, 母の, 気にも, 決して不可能, 注目される, 無いか, 無理だ, 爭はれない, 甚だ稀, 真実である, 確です, 確実な, 考えられません, 自然である, 自由である, 茲に, 覚悟の, 記憶に, 説明を, 読者も, 近代の, 難い, 驚くばかり

9 [142件] あきらめて, あたりまえの, あり得ないという, あり得る, あり得ること, あるまいという, いえない, いけない, いつの, いまでも, おれの, かつてない, きいて, この物語, この頃, これからの, これこそ, これでも, これに, これまでの, ございますまいか, ございませんの, ざらに, しないん, しまいと, それだけで, それと, それの, たしかで, だれにでも, できないけれど, できないけれども, できない相談, できなかったでしょう, できなかったろう, できませんか, できやしない, とうていできない, どうしてもできない, どうしても出来ない, どうなる, どこにも, ないお, ないこと, ないこの, ないその, ないまるで, なくても, なくまた, ならんぞ, ねえが, まだなかっ, もつと, よく分らない, わからないの, わしの, わたくしも, われらの, 一人の, 一遍も, 一部の, 不可能でしょう, 不思議に, 不自然で, 事実の, 事実らしい, 事實で, 人を, 今迄, 以前の, 何度も, 余の, 信じて, 俺が, 俺に, 僕にも, 全くない, 出来た, 出来ぬが, 出来ねえ, 出来まいか, 出来ませんか, 出来ると, 分ります, 半七, 危険だ, 問題でない, 夢にも考え, 大したこと, 実に稀, 実際には, 少ない, 当然であった, 彼女を, 必然である, 想像出来る, 放って, 日常の, 明かだ, 明白で, 望ましいこと, 本当の, 村の, 極めて自然, 決して偶然, 流石に, 滅多にない, 爭はれぬ, 爭へ, 物の, 珍しい, 珍しいこと, 理の, 疑うまでも, 疑へ, 相成らぬ, 知らないと, 知らなかったの, 知らぬが, 知りませんでした, 確実だった, 確実です, 立派に, 絶対の, 考えなかった, 考えられる, 考へ, 耳に, 致しませぬ, 興味ある, 言わずに, 言わないで, 話して, 読んで, 誰と, 誰にだって, 諸君の, 近所の, 避けて, 長い間, 間違いが, 驚くべきこと

8 [174件] あったの, あとに, あなたには, あなたは, あまりなかっ, ありませんがね, あるには, あるまいから, いえる, うれしかった, おれは, お前に, かれら, けっしてない, この人, この時, この男, これまでにも, こんに, ございませんでした, しないが, しないもの, しなかったが, しまい, すぐわかる, せめてもの, その, そのこと, そのとき, それだけの, たしかであろう, たれも, ついぞなかっ, できないぞ, できないわけ, できなかったけれども, できなかったに, できなくて, できぬの, できませんね, とてもできません, ともかくとして, ともかくも, どうかと, どうであろう, どちらでも, どんな場合, ないくらい, ないだらうか, ないだろうが, ないでしょうが, なかつたと, なくかえって, なくなった, なくなって, なにより, なりませぬ, なんと云つて, ねえさ, ねえよ, はっきりし, ほかに, ほとんどできない, ほんた, ほんとうだ, ぼくも, まったく不可能, むずかしいでしょう, むずかしかろう, もちろんの, もとより, もはや疑う, よくお, よもあるまい, わかりました, わかるが, わたしにも, アメリカの, オレが, 一生の, 一通りでない, 上の, 不思議で, 世の, 世間が, 人間と, 人間には, 人類の, 今までの, 今日に, 今日も, 他人に, 俺には, 俺の, 兎も, 全く無意味, 出来ないでしょう, 出来ぬから, 出来ぬという, 出来ますまいか, 別の, 到底出, 前と, 問題じゃ, 国民の, 大した問題, 嫌いだ, 学問の, 容易ならぬ, 少なかった, 平気です, 度々ある, 当然だろう, 当然で, 彼にと, 御存じでしょう, 心に, 心配し, 忘れない, 忘れなかった, 念頭に, 怖ろ, 思ひも, 意に, 慥からしい, 我々に, 断るまでも, 断念し, 明かです, 明らかであろう, 昔も, 最近の, 正しい, 正しくない, 正直に, 殆どなかっ, 民衆の, 氣に, 水を, 決してあり得ない, 決して容易, 沢山ある, 注意すべき, 無いから, 無いぢ, 無い筈, 無理である, 父が, 特に注目, 申しません, 申上げる, 疑ひが, 眞である, 真である, 知らないで, 知らないよ, 知らないん, 知らなかったが, 知らん, 確かであり, 禁物である, 私自身の, 稀であった, 紛れも, 絶えて, 覚悟し, 解らない, 許されなかつた, 認めざるを, 誤って, 議論の, 身の, 身を, 頭から

7 [205件] あたしも, あてに, あの時, あまりない, ありがち, ありますまいか, あり得ないから, あり得べからざること, あるまいけれど, あるよ, いえないが, いかにも残念, いつまでも, いへ, いろ, いわないから, いわなかった, うれしいこと, おできに, おわかり, お互に, お分り, きわめてまれ, ここから, ここへ, この二つ, この前, ごく稀, したくない, しても, しなかったの, すまいと, する, するが, するつもり, ずっと以前, その当時, その男, たしかであった, ただそれ, たとへ, だれでも, ちゃんと知っ, つまりは, できずに, できないであろうか, できなかったから, できなかったけれど, できなかったと, できなかったはず, できなくても, できませんからね, できませんわ, どうする, どのよう, ないこれ, ないただ, ないなあ, ないなどと, ないやね, なくってよ, なくなりました, ならない, ねえ, ひとつの, まあいい, まちがいありません, まちがって, むずかしかった, むろんである, もう疑う, もちろんだ, やめよう, やらない, よく判っ, よほどの, わしには, わしも, わすれて, ソヴェトの, 一日も, 二つの, 二人が, 今までにも, 今日は, 今更云う, 似て, 何といふ, 何とも思っ, 何と云つて, 何よりの, 偶然の, 僕と, 兎に, 全然ない, 出たが, 出来ないでしょうか, 出来ないに, 出来なかったろう, 出来なかつたが, 出来なかつたで, 出来ます, 分らなかったが, 分りません, 初めてである, 判らないが, 判らなかった, 前章に, 勝手である, 危険な, 口で, 口へ, 古代の, 吾人の, 国家の, 土地の, 多い, 多年の, 多数の, 大事な, 大切である, 天下の, 娘の, 嫌いな, 実に驚くべき, 容易であった, 専門の, 将来の, 尤もだ, 屡, 平気で, 幾度も, 広く知られ, 弟の, 当人の, 当然であろう, 当然です, 彼等が, 往々に, 必然的で, 忘れられて, 忘れるとも, 思って, 愉しいこと, 愚の, 抜きに, 拙者も, 断念した, 日本人が, 明かであります, 明かですが, 明白であった, 明白です, 明瞭だった, 最早疑う, 有りません, 有難いこと, 極めて困難, 極めて容易, 正しいの, 歴史が, 歴史を, 残念だ, 残念ながら, 気を, 決してあるまい, 注意し, 注目を, 火の, 無用の, 無論出来ない, 珍らしくない, 生命を, 申上げられません, 當時の, 當然である, 疑い得ない, 疑ふべくも, 疑も, 皆が, 皆な, 知つ, 知る人, 神が, 私たちに, 私たちには, 私としては, 考えられないこと, 興味の, 西洋の, 親の, 解つてゐる, 記憶し, 許されないこと, 話に, 話の, 読者に, 誰だって, 誰もが, 誰れ, 識者の, 近頃の, 避け難い, 露ほども, 頗る困難

6 [316件] あきらかだ, あたしの, あったに, あなたにも, あまり知らない, あらじと, ありうること, ありました, ありますか, ありませんでしょう, ありませんの, ありゃしませんよ, あり得ないであろう, あり得べきこと, あり得るの, あるもん, あるよう, あるわけ, ある程度まで, あれは, いけないと, いやです, いわぬ, うそだ, うそでは, おあり, おもしろい, おれも, お島, お絹, お雪, かなり困難, かまわない, ここでも, この一事, この事件, この問題, この地方, この平次, この種, この間の, これまでも, さておいて, さのみ, しなければ, すつかり忘れ, するな, ずっと後, その中, それぞれの, それだけだった, それによって, そんなもの, ただに, たやすいこと, ちっとも知らなかった, できたの, できないそれ, できないわ, できなかつたが, できは, できますが, できますまいか, とても出, どうだろう, どこへ, どこまで, どなたも, ないからな, ないからね, ないだらうと, ないですが, ないわよ, ない自分, なかつたので, なくいつも, なくその, なくな, なんにもない, ねえや, ほ, ぼくが, まことに残念, まことに驚くべき, まだ誰, みんなの, みんな忘れ, むずかしいの, むつかしいが, めったにある, もうない, もう問題, もちろん出来ない, もちろん必要, やさしいこと, やめた, ゆるされない, よいこと, よく存じ, よく考え, わからぬが, わかりきったこと, わかりませんでした, わけも, わしが, わしに, わたしは, われ, われわれには, われわれは, モスク, 一ぺんも, 一切の, 一定の, 一方から, 一方では, 一日の, 一点の, 上手だ, 上述の, 不可能だろう, 不可能の, 世人の, 世間には, 世間周知の, 主人の, 主體, 争われない事実, 二人とも, 二人にとって, 二度や, 云ひ, 些とも, 些細な, 人間を, 仕事を, 以前から, 伸子にとって, 何かの, 何であろう, 何とも, 何事に, 何事も, 何処までも, 何等の, 俺も, 個人の, 偶然では, 僕だって, 六ヶ敷い, 具体的な, 出来ずに, 出来ないそれ, 出来ないはず, 出来ないまでも, 出来ないやう, 出来ないわけ, 出来なかったし, 出来ぬもの, 出来まいかと, 出来よう, 出来るかも, 出来る筈, 分ったが, 初めてであった, 別に不思議, 厭だ, 双方の, 只の, 同じこと, 同じだった, 同じです, 同時にそれ, 君が, 君に, 否まれない, 否めなかった, 吾人が, 周囲の, 問題にも, 噂に, 困る, 困難だった, 困難と, 多勢の, 夢に, 大きらい, 大勢の, 夫人の, 女に, 好ましくない, 子供を, 存じませぬが, 実に容易, 実際問題, 察しが, 察して, 尋常で, 少いと, 岸本の, 常識に, 当って, 彼らにとって, 彼女にとっては, 後から, 徒らに, 御自分, 必ずしも不可能, 思い切って, 思想の, 恐らく不可能, 意味の, 意味を, 意味深い, 我慢し, 承知の, 政治の, 教えて, 文化の, 文学を, 文芸の, 新聞で, 新聞の, 既に前, 既定の, 早くも, 明かで, 明かであったが, 明かであるから, 明らかであります, 明白に, 昔に, 是は, 時々ある, 普通に, 最も大切, 最早や, 本当だろう, 本書の, 本當, 東洋の, 棚へ, 極端に, 殆どなく, 毎日の, 注意しなけれ, 注意に, 淋しいこと, 無いよう, 無理な, 無駄である, 爭ふ, 特別の, 珍しくなかった, 珍らし, 珍らしく, 珍らしくなかった, 現実に, 理に, 町の, 疑が, 疑ない, 目の, 省いて, 真の, 真面目に, 知ってるん, 知つてる, 知つてゐ, 知りませんから, 知りませんよ, 知ること, 知れる, 確実と, 社会の, 神様が, 禁ぜられて, 禁物です, 私たちを, 私どもの, 私自身が, 稀だ, 種々の, 簡単である, 考えたこと, 考えないで, 考えにくい, 考へられない, 耳にも, 自然であり, 自身の, 良いこと, 色々の, 苦に, 見えて, 見当が, 言えないが, 言える, 言わないが, 言わないこと, 言わぬ, 言葉を, 話さなかった, 認めなくては, 誰知らぬ, 貴方の, 近来に, 返す返すも, 遺憾である, 遺憾ながら, 間違いは, 間違ひない, 面白いが, 面白いこと, 駿介には, 驚くべきもの

5 [477件] ああいう, あたしが, あたしに, あなたを, あの人たち, あの時代, ありましたが, ありますよ, ありませんけれども, ありませんぞ, ありませんです, ありませんとも, ありゃあ, ありゃしないよ, あるさ, あるだろう, あるね, あるべきはず, あるまいか, あるまじきこと, いいから, いいん, いえません, いかな, いたしませぬ, いつたいどう, いは, いままでに, いやな, うそじゃ, えすまい, おことわり, おどろくばかり, おぼえて, お嫌い, お聞き, お銀, お銀様, かなりの, かねがね聞い, きれいに, きわめて稀, けっしてありません, けろりと忘れた, こういうこと, ここの, こちと, こっちの, このたび, このやう, この世の中, この俺, この意味, この日, この点, この社会, ございませんでしたか, ござるまい, ござんせん, ご承知, さすがの, しては, しないこと, しないだらう, しないであろう, しないはず, しなかったであろう, しなかったでしょう, しばしばある, しばらく措く, すぐ分った, すつかり, すべてが, すべてその, すまい, せぬが, ぜひも, そこの, そのほう, その人たち, その作品, その作家, その地方, その声, その点, その理由, その間に, その顔, それから, それだけか, それだけだ, それより, それよりも, たいていの, たくさんあります, ただその, ただ自分, たび, たれにも, だれよりも, ちっともない, ちゃんとわかっ, ちゃんと心得, ついぞ一度, てんで問題, できないおれ, できないだろうと, できないでしょうか, できないやう, できないらしい, できなかろう, できぬという, できぬよう, できるであろう, できると, ですね, とうの, とても不可能, どうかする, どうでもよ, どうなった, どうにでも, どこから, どちらも, どんなにか, ないからと, ないしかし, ないって, ないとしても, ない人, ない積り, なかろうじゃ, なかろうに, なくそして, なくただ, なくって, なくなる, なによりも, ならないぞ, なるまい, なんだ, なんです, なんといい, ねえだ, ねえだろう, ひとことも, ひとつも, ほとんどなく, ほんとうです, まかりならぬ, まことに興味, まことに遺憾, まずあるまい, またこの, まるで忘れ, みんなが, みんなに, むかしから, むずかしいので, むずかしいもの, むずかしくは, むづかしい, めずらしくない, めったにありません, もういい, もうどうでも, もう何, もう考え, もちろんです, もっともだ, もっともな, もはや誰, やつて, やはり一つ, やりかねない, ゆうべの, よくあります, よくわからない, よくわかりました, よく分った, よく分りません, よく判らない, よく御存じ, よく知ってる, よく知りません, よけいな, わからないん, わかるもの, わが国の, わたくしには, わるいこと, ゴーリキイの, ハッキリし, マルクス主義の, メッタに, ヨーロッパの, 一体どういう, 一切知らない, 一向気, 一年の, 一度や, 一時の, 一眼で, 一致し, 下に, 不可能でなけれ, 不思議でも, 世上の, 世間でも, 予期し, 争われなかった, 事実であり, 事実でございます, 事實です, 云いません, 云わない, 云わないから, 京都の, 人々に, 人も, 人生に, 今なお, 今日でも, 今日までの, 他人の, 他日に, 以前に, 仲間の, 伏せて, 何である, 何人と, 何人よりも, 作品の, 作家として, 作家の, 例が, 信じられない, 信長の, 個々の, 僅かに, 兄の, 先生が, 全くの, 全く想像, 全く明かである, 全く確実, 全然知らなかった, 八五郎も, 出来ず従って, 出来な, 出来ないか, 出来ないかと, 出来ないじゃ, 出来ないといふ, 出来にくい, 出来ますが, 出来ませんけれど, 出来ませんな, 出来ませんね, 出来るだけ, 出来んの, 出来難い, 分らないの, 分りましたが, 初めてで, 初めての, 判りますが, 到底出来る, 前よりも, 努めて, 勿論, 勿論であろう, 厳禁され, 古くから, 古くからの, 同じであった, 同一である, 否めないの, 哲学の, 問題と, 單なる, 嘘では, 困難です, 困難に, 国の, 堪忍し, 外に, 外の, 多いが, 多かった, 夜の, 大切です, 大抵の, 夫の, 女を, 好きで, 妙な, 始めて, 実にこの, 実に愉快, 実に驚く, 実はどう, 実は甚だ, 実際であった, 容易でありません, 容易でなかった, 容易でなく, 寔に, 寧ろ彼, 小説の, 少い, 少しの, 差支へ, 帰結しない, 常識で, 平凡な, 平次に, 平気な, 年に, 幸いに, 幾度か, 当り前の, 当分の, 当然すぎる, 当然であっ, 当然に, 彼としては, 彼女は, 彼女も, 彼自身も, 後にも, 御免を, 御存じで, 必ずしも彼, 必然に, 必然の, 必要で, 必要な, 忘れたが, 忘れないで, 忘れられては, 恐ろしい, 惜しい, 想像できる, 想像以上で, 意識し, 慎んで, 我々には, 我々は, 我国の, 我慢が, 我慢する, 戻つた, 推察が, 推察される, 推測する, 敵の, 既に云つた, 早や, 明かだつた, 明かであろう, 明かな, 明らかだろう, 明白だった, 昔からの, 昨年の, 是れ, 是非も, 時間が, 時間の, 最も必要, 最後の, 月に, 来たが, 構は, 構わないで, 歌の, 止して, 正しいこと, 正しかった, 此郎女, 歴史的な, 歸結しない, 死ぬこと, 死ぬよりも, 死んでも, 殆どありません, 殆ど無い, 比較的容易, 氏の, 気の, 氣が, 永遠に, 江戸の, 決してしません, 決してなく, 決して口, 決して口外, 決して無理, 決して無駄, 洵に, 無いさ, 無いぞ, 無いだろう, 無理で, 無理も, 無類で, 父親の, 犬の, 現代に, 甚だ危険, 甚だ遺憾, 生の, 生まれて, 生れてから, 田舎の, 疑いなかっ, 疑うこと, 疑う可, 疑はれない, 疑ひを, 相当に, 相当の, 相手に, 省略する, 知らないけれど, 知らぬと, 知るまい, 知る由, 確実で, 私たちにも, 稀な, 精神の, 純粋な, 結婚の, 結局その, 罪悪である, 考えない, 考えものである, 考えられなかった, 考えること, 考えれば, 考へられる, 聞いたが, 能く知られ, 自然と, 自然な, 致しませんから, 芸術を, 苦しい, 要らない, 見逃せない, 解りませんが, 言いっこなし, 言いません, 言うまでもないこと, 記録に, 訣る, 許されないが, 許されぬ, 許されません, 訳は, 話を, 認めないわけ, 認めねば, 誤りである, 調べて, 警察の, 起こらない, 身に, 避けなければ, 重要な, 錢形の, 間違いだ, 間違いの, 雪の, 面白くない

4 [768件 抜粋] あったと, あとにも, あの女, あまり多く, あまり考えない, ありえないの, ありながら, ありますけれど, ありますけれども, ありますまいよ, ありませぬが, ありませんぜ, ありませんでしたよ, あり得ないよう, あり得ません, あるでしょう, あるまいに, あるやう, いい, いいっこなし, いいません, いうを, いかにうれしい, いくらでも, いづれの, いはば, いまは, いままで, いろいろと, うけあいだ, うそです, おまえも, おやめ, およしなさい, お互いに, お君, お忘れ, お角, お高, かなりに, かまいません, きみも, きらいな, きわめて困難, くだくだしく申, けっしてできない, こちらの, このあいだ, このこと, このごろの, この本, この辺, この間も, これからも, これより, こんなもの, ございませんでしたが, ご自身, さして困難, さっきから, さっきの, さほど困難, したくないと, しないし, しないでしょう, しなかったけれど, しなくても, しばしば耳, しばらく別, します, しませんが, しようと, すぐわかった, すでに, すでに明らか, すべて忘れ, そうあり, そこから, そっちのけに, そのため, そのよう, その夜, その形, その後に, その後も, その方, その方面, それ故, それ自体が, そんな草原, たいしたこと, たしかに私, ただこの, ただ彼, たとえそれ, たやすく想像, だれだって, ちょうどこの, できないかと, できないかという, できないでは, できないとしても, できないねえ, できない自分, できなかつたの, できなくなった, できぬであろう, できまいか, できませんし, できませんな, できよう, できるはず, とうてい出来ない, とりわけやかましく, どういう意味, どうしても出来なかった, どうでしょう, どこか, どこに, どれも, どれ程, ないそして, ないだろうという, ないて, ないといった, ないほど, ない何, ない俺, なかっただ, なかつたけれど, なかろうが, なくそれ, なけれど, なさらない, ならんと, なるほど, なんらの, ねえから, ねえぜ, はじめてです, はっきり分っ, ひと言も, ひと通りでない, ほとんど疑い, ほとんど疑い得ない, ほんとうらしい, ぼくの, まえにも, まぎれも, まことに意味, まことに違, また同時に, まだない, まだ何, まだ私, まだ聞い, まれだった, まれである, みな知っ, みんな, みんなこの, むだな, めったに, もうどうで, もう一つ, もう仕方, もう自分, もちろんで, もちろんであった, もって, もっともです, やがてその, やさしいが, やめましょう, やめます, よいが, よいとして, よくあった, よくは, よけいに, よしに, わかってるん, わからないと, わからなかつた, わしは, わたくしに, わたしたちの, わたしと, われわれに, われわれも, カントの, シナの, フランスの, 一つである, 一切なかつた, 一刻も, 一方において, 一緒に, 一般的な, 一通りで, 万に, 不可能かも, 不可能であらう, 不幸に, 不幸中の, 不愉快だ, 不適当, 世界に, 世間一般の, 之れ, 事実でした, 事實の, 二重の, 云えなかっ, 云つてゐられない, 云はずに, 云ふも, 云わないで, 京都に, 人々が, 人間としての, 人間業では, 今後も, 今猶, 今考え, 仕事の, 仕方の, 仰有らないで, 何かに, 何とよかっ, 何なり, 何れの, 何れも, 何一つない, 何時でも, 余りない, 余計な, 作者も, 信じません, 信じられません, 兄が, 先にも, 先生も, 免れがたい, 全くその, 全世界, 八五郎に, 公の, 冷静に, 凡ての, 出來よう, 出来ず又, 出来たかも, 出来ないだらう, 出来ないであろうと, 出来ないわ, 出来なかっただろう, 出来なかったに, 出来なかったので, 出来なかつたの, 出来なかろう, 出来ぬかも, 出来ぬので, 出来ませんと, 出来ようが, 出来んと, 分らないと, 分らなかった, 分り過ぎて, 判ったが, 別と, 別な, 到底できない, 前すでに, 前後に, 前後の, 勿論その, 勿論できない, 千に, 単純に, 博士の, 却, 又別, 口にも, 古来の, 右に, 同じな, 否むべくも, 呉, 味方の, 問題の, 喜んで, 嘘でない, 困難であり, 地球の, 堪えられない, 多言を, 夢にも考えなかった, 大丈夫だ, 大問題, 天の, 夫が, 女王の, 好くない, 好まなかった, 如何だ, 姑く, 嫌な, 子供が, 孔子の, 学者の, 宜しくない, 実に非常, 実際である, 実際の, 容易じゃ, 容易ならざる, 小学校の, 少くて, 少しでも, 少なからず, 少なくとも私, 山の, 岸本には, 差控へる, 己れ, 常識的に, 幸福である, 幾度と, 店の, 当てに, 当り前な, 当然であり, 当然であります, 彼女と, 彼自身が, 往々ある, 御免だ, 御免蒙りたい, 御存知でしょう, 御心配, 心配ない, 必ずしも, 必然的である, 必要でなく, 忘れても, 忘れること, 思うに, 思わずに, 恐らく誰, 恥かしい, 恥ずかしくて, 悪かった, 悲しいこと, 想像にも, 愉快な, 意外な, 愚かな, 憶えて, 我々にとって, 我輩の, 或ひ, 承知した, 抽象的である, 措いて, 支那では, 改めていう, 故人の, 文学に, 断じてできない, 新聞にも, 既に書いた, 既に記した, 日本文化の, 明かでは, 明瞭であらう, 易々たる, 昔より, 是で, 時々あった, 普通で, 暫く措く, 書いてなかった, 最早疑い, 有りませんか, 有りませんよ, 有り得べからざること, 有り得べきこと, 未だかつてない, 本人の, 本当らしい, 東京の, 枚挙に, 案外に, 極めて危険, 楽しいこと, 様々の, 次郎に, 正当な, 死んで, 殆ど記憶に, 気がかりで, 決してありませんでした, 決してその, 決して出, 決して嘘, 注目すべきだ, 注目すべきである, 源氏の, 滅多に無い, 無いぜ, 無いであろう, 無論出, 無限の, 爭ふべからざる, 物が, 甚だ多い, 申して, 申し上げるまでも, 男子の, 町内で, 疑いありません, 疑いなく, 疑って, 疑は, 疑ふ余地, 疑ふ餘地, 皆さんが, 皆さんも, 目前の, 相当な, 相成らぬと, 真実に, 眼中に, 知つて居た, 知らないし, 知らねえ, 確かでした, 確で, 確実であろう, 神様の, 禁じて, 私から, 私たちが, 私だって, 私自身に, 稀有な, 筆者の, 素人の, 結構な, 絶対的に, 罪の, 考えません, 考えられて, 考えられないから, 聞いた, 聞かぬ, 聽いた, 能ない, 自明だ, 自由です, 色々な, 苦しかった, 茲では, 血を, 行つた, 見合せて, 見合わせて, 解らなかった, 解りません, 言っても, 言ひ, 言わなかったが, 言われないが, 言葉に, 訊いて, 許さない, 許されても, 許されないので, 認める, 誓って, 誠に残念, 誤りで, 論理的に, 起こらなかった, 辛い, 農村の, 道理だ, 郎女の, 金輪際ない, 間違いありません, 間違いなかった, 限りも, 難しいの, 非常なる, 面白いと, 顕著な, 願っても, 餘り, 餘程の

3 [1446件 抜粋] あきらかである, あきらめなければ, あたり前である, あのとき, あまりに明らか, あまり愉快, ありありと, ありましても, ありませなん, ありませんさ, ありませんねえ, ありゃしません, あり得ないやう, あるし, あるな, あるまいとは, あろうはず, いいとして, いかなる意味, いくら考え, いけません, いざ知らず, いたして, いたの, いつだって, いままでの, いらないの, いるの, いわないよ, いわん, うっちゃっといて, おくみ, おっしゃらずに, おのずから知られよう, おめ, おわかりでしょう, お庄, お耳, かえって危険, かくの, かつて一度, かねて聞い, きっと出世, きらいです, けっして忘れない, こうだ, こちらが, この世の, この劇団, この家, この文章, この書, この瞬間, この話, これから先, これだけの, これによっても, こんなとき, ごく最近, ございませんと, ご心配, さして難事, さもあり, しかたが, したが, したけど, しないけれども, しないほう, しなかったろう, しばしばだ, しますが, しやしない, すぐ判る, すでに一つ, すでに諸君, するなと, せん, そう云う, そちの, そのこと自身, その上, その内容, その実, その意味, その様子, その状態, その翌日, それだけです, それ自身ひとつの, たしかだろう, たしかに一つ, ただそれだけ, たと, たまらないこと, ちっとも心配, ちょっとも, つまらないこと, てんで頭, できないであろうと, できないもん, できぬし, できませなん, できませんけれども, できませんので, できようが, できるだろう, とうていできなかった, とてもできなかった, とても出来る, とんと七つ, どうか, どうしても考えられない, どうです, どこにでも, どんなもの, ないおれ, ないしょに, ないだろうな, ないでしょうな, ないみんな, ないんぢ, ない今日, ない方, ない決して, なかったで, なかつたかね, なかなかない, なかろうか, なかろうという, なくして, なく彼女, なさ, ならねえ, ぬきに, はじめてな, はっきりとは, ひと目に, べつだ, ほとんどすべて, ほぼ確実, ぼくは, まえから, まざまざと, まずもっ, また, またと, まだありません, まだ言えない, まれで, みんなも, むしろ当然と, むだで, めずらしい, めつたに, もう二度, もう御, もう沢山, もっともだった, もっと大切, もとは, ものの, やがて社会人生, やや意外, やれません, よくありません, よくわからん, よく人, よく知られた, よせ, よほど困難, わからん, わかりすぎるほど, わかりゃしない, わずかに, わたしを, アダム, ザラに, ハッキリと, 一から, 一つ一つの, 一体何, 一切し, 一向平気, 一寸も, 一層岸本, 一目に, 一通りでなかった, 三日も, 下女の, 不可能であります, 不幸の, 不思議と, 不明だ, 世界を, 並大抵の, 予が, 予期しない, 争えません, 争われません, 事実が, 事實が, 二三年の, 二度とない, 云うなと, 云えるかも, 云わずに, 云わぬ, 人には, 人情として, 人生において, 今この, 今までには, 今更いう, 仏の, 仕合せである, 以前にも, 伸子たちの, 何だ, 何だろう, 何とかし, 何よりうれしい, 何処の, 何時までも, 作品に, 例外な, 信仰の, 個人として, 健康の, 兄から, 先生に, 全くあり得ない, 全くもつ, 全く出来ない, 全く知らなかった, 全然なかっ, 全然気, 八五郎にも, 兵道家として, 具体的には, 内証に, 凡そ無意味, 出來さ, 出来て, 出来ないだろうから, 出来ないであろうか, 出来ないでは, 出来なかったけれど, 出来なかったはず, 出来なくて, 出来なくは, 出来ませんもの, 出来も, 出来るか, 出来るであろう, 出来んが, 分かる, 分るの, 初めてでございます, 判ったとして, 判り過ぎるほど, 到底困難, 前もってわかっ, 動かし難い, 勿論であっ, 勿論出来ない, 半之, 半蔵も, 単純な, 原則として, 口が, 古より, 各方面, 同君の, 向に, 否む由, 否定し, 哲学者の, 嘗てなかつた, 嘘です, 困るの, 困難でない, 国民が, 地球が, 変な, 外から, 多し我, 夢であった, 大きい, 大丈夫です, 大分前から, 大嘘, 大局から, 大自然, 天下第, 夫に, 女が, 好きな, 如何で, 妻には, 子供に, 學者の, 実に困難, 実際上, 家門の, 宿の, 實際に, 尋常の, 小説に, 少しばかり, 少ないもの, 山を, 岸本に, 希望を, 常人には, 常識の, 幸いであった, 幾多の, 当に, 当然過ぎる, 彼女にも, 彼等にとって, 後代の, 御座りませぬ, 微塵も, 必ずしもその, 必定です, 忍び難い, 忘れたやう, 忘れませんよ, 忘れろ, 思い止まって, 怪しむに, 恐ろしいが, 悪いと, 情において, 想像以上である, 意外にも, 感じなかった, 慎まねば, 慥かに, 慶賀すべき, 我々にと, 我らの, 戯曲の, 承知だろう, 捨てて, 改めて述べる, 数々あった, 敵に, 断じて無い, 新聞に, 既に多く, 日本が, 日本にも, 日頃の, 明かであって, 明に, 明らかであっ, 明治の, 明瞭で, 昨今の, 是が, 時による, 普通は, 書けないの, 最も普通, 最上の, 最高の, 有りうべきこと, 有る, 望ましいが, 望外の, 本人も, 来て, 極めて聡い, 楽しい, 構わないが, 止せ, 正式に, 此頃に, 残念である, 母は, 氏が, 水の, 決してございません, 決してなかつた, 決して他, 決して想像, 決して無用, 決して稀, 決まって, 法律の, 海の, 無いこと, 無いとも, 無か, 無意味な, 無理であり, 無益である, 無論だ, 爭ふべく, 片耳にも, 特別に, 特筆すべき, 現代文学の, 甚しく, 生れつきできない, 申されませんが, 申しませんから, 申上げません, 画家の, 當り, 疑えないよう, 疑なき, 疑わない, 病気の, 皆の, 直ちにその, 相ならぬ, 相手が, 省略しよう, 眼を, 矛盾である, 知つてるだらう, 知らないけれども, 知らなかったん, 知りませぬ, 知識の, 破天荒の, 確かであらう, 示して, 神を, 私たちも, 私自身にも, 秘密に, 稀に, 空間が, 笹村にとって, 終った, 結構である, 罪人にも, 美しい, 老人の, 考えないこと, 考えられます, 考へずに, 考へまいと, 聞かないが, 聴いて, 胸に, 自らの, 自分一人で, 自己が, 自由に, 興味ふかい, 芭蕉の, 若い者, 苦痛です, 衆目の, 西洋でも, 要りません, 親が, 解りましたが, 言うまでもなかった, 言う必要, 言えぬが, 言つてゐられない, 言わねえ, 言外に, 許されないと, 許しませぬ, 証拠に, 認められる, 誠に遺憾, 説明の, 読者諸君も, 誰だ, 誰一人として, 論ずるまでも, 議論に, 貴様も, 起り得ないと, 辛いもの, 述べた, 造作も, 道に, 違って, 適は, 避けるよう, 間々ある, 間違いなしだ, 間違ひ, 阿母さん, 雀の, 難しかった, 非常で, 面白かった, 頭を, 馬鹿げて, 駄目な

2 [4243件 抜粋] あえて難事, あたりまえだ, あったろうが, あなた方の, あまりしない, あまり空想, ありえないという, ありませんからな, ありませんもの, ありやしないよ, あり得る私, あるまいがの, あるめえな, あれで, いいじゃ, いえないはず, いかにも自然, いくらか, いた, いっそうの, いつもの, いまだかつてなかっ, いやに, いろいろあった, いわんでも, うるさくて, おくとして, おそらくなかろ, おなじな, おまえは, お上の, お前たちに, お弟子, お涌, お美乃さん, お預けしました, かつて自分, かねての, かまわんで, きくの, きまりの, きわめて少なく, けっしてしない, こちらでは, この一点, この先, この婦人, この方法, この村, この街, これだけは, これ等の, ごくつまらない, ございませんので, ご存じの, さしひかえた, さっぱり捨て, しかとその, したため, しないそう, しなかつたから, しねえよ, しやすまい, すぐ分りました, すこぶる簡単, すでに周知, すでに述べた如く, すべて賢い, すんだこと, せめて自分, そうたくさん, そこで, そのひと, その人物, その啓示的, その幸福, その當時, その習慣, その顔色, それで充分, それ自, たしかでも, ただ僕, たといその, だいぶ前, だれが, ちっとや, ちょっと容易, ついぞ覚えぬ, つまらなくて, できがたい, できて, できないでしょうから, できなかったかも, できなくなつ, できぬかも, できましょう, できませんの, できるに, とうていできる, とても人間わざ, とるに, どうして出来よう, どうだつ, どこかに, どの人の, どんなに悲しい, ないあなた, ないかとか, ないこれから, ないだらうに, ないでしょうけれど, ないとでも, ないゆ, ない人間, ない安心, ない曲者, ない確か, なおさらである, なかつたでは, なかなかよ, なかツた, なくた, なく僕, なく手軽, なさらないでしょうね, なしたの, なみたいてい, なんか, なんびとも, ねえ親分, はなはだむずかしい, はぶいて, ひとりでに出, ふしぎな, ほとんどありえない, ほとんど望み, ほぼ想像, ほんとな, まことに面白い, まず第, また自然的, まだ十分, まだ遠い, まったく明白, まるでない, まるで知らない, みつめること以上, みんなくだらない, みんな大抵, むしろ当然の, むずかしそう, むろん出来ない, もうかかなく, もう一つ別, もう彼, もう許されない, もしそれ, もちろん不可能, もてなすもの, もとより私, やがてこの, やつた, やめねば, やる男, よくよくの, よく知ってるだろう, よく見, よした方, よほど特殊, わかった筈, わからないで, わかりきったはなし, わかり切つて, わたくしばかり, ゐるけれども, エホバの, クリストフの, スキーの, トリビヤリズムに, ピンと, 一々ここ, 一人や, 一切その, 一刺激に対しての, 一層その, 一度ならず, 一応忘れ, 一朝一夕の, 一般原則として, 一通りでありませんでした, 七分女を, 三度の, 下の, 不可能なり, 不幸である, 不愉快でも, 世に, 並大抵では, 之では, 予も, 争は, 事実として, 二重に, 云わないでも, 五月の, 人工の, 人間並みに, 今さらいい立てる, 今までと, 今以, 今後は, 今更云, 今説明, 仕合せです, 他者が, 伝に, 何かにつけ, 何と微妙, 何ら驚く, 何人にとっても, 何等神の, 余程困難, 侍れど, 信じられませんね, 個人的な, 僕を, 兄さんが, 先ず遠慮, 先生御, 全くです, 全く偶然, 全く忘れ, 全然想像, 六かしい, 内心諦め, 凡て, 出来さうも, 出来ないけだし, 出来ないところ, 出来ない因果, 出来なかつたから, 出来ぬはず, 出来ますまいかと, 出来るであらう, 出来んで, 分らないよ, 分るけれども, 初めてであります, 判つた, 判りました, 別にお尋ね, 別項, 到底望み, 前夜の, 加十の, 勿論だった, 勿論革命的形勢, 半ばは, 単にこれ, 即ち, 厳に戒めなけれ, 又章句, 取引所や, 口外しない, 只今の, 可能に, 同じけれど, 同情し, 名人だ, 君達も, 否定できません, 周知であり, 唯物論の, 問題でなかった, 困難だらう, 国を, 地質学者の, 変だ, 夙に聞い, 夢で, 夥しい, 大が, 大にが, 大嫌いだ, 大方の, 大部分, 天才なし, 失敗の, 奉公人達も, 女子の, 好きであった, 如何なる時, 妾ちやんと, 嫌いだった, 嬉しかつ, 存外むつかしい, 孰れ, 定まってしも, 実に不思議, 実に我々, 実は前, 実際は, 家でも, 容易であろう, 察せられるの, 封建時代を, 小説には, 少しお, 少女の, 山々だった, 差控える, 己も, 常に美徳, 平二郎の, 平素仕馴れ, 幾たびも, 広いが, 庭の, 当らないので, 当然でなけれ, 役者の, 彼等に対する, 後へ, 徒労に, 御用聞風情の, 徹底的に, 心配しねえで, 必ずしも悪い, 必定, 忘るべきで, 忘れるの, 思い切ると, 性来私の, 恐らくはこの, 恥辱である, 悲しいと, 想像された, 愉しかつ, 愛すること, 慥かであった, 成し得ること, 我々人間と, 戦前の, 手を, 抽象の, 推するに, 支配人の, 政治や, 数にも, 文字から, 断じて許さない, 新聞紙に対する, 既に云った, 既に説いた, 日本人としての, 昌造の, 明かで恐らく, 明白であり, 昔ばなしの, 時代に, 暗黙の, 書いたこと, 書けそう, 最も明白, 有つて, 有り得るが, 有限な, 望んで, 未だ誰, 本当な, 村では, 東日本一般の, 案外人々, 極めて必然, 極めて確実, 機械的に, 歐洲諸, 正当で, 此れ, 武門として, 死を, 残念で, 母上も, 気がつかなかったろう, 永久の, 決してこの, 決してまれ, 決して単なる, 決して必然的, 決して珍しく, 決して話さない, 決つてゐる, 注意すべきだ, 淋しかった, 演劇に, 無いかね, 無からう, 無情な, 無理かも, 無論たい, 無類だ, 父や, 特筆され, 玄徳が, 現在と, 理解し得る, 生じ得ること, 生活全体に, 申しませんよ, 申上げたくない, 男子に, 異国の, 疑の, 病人を, 皆人の, 目にも, 相当重大, 眞に, 真平だ, 矢っ, 知つてゐるだらう, 知らせないで, 知らない人, 知らねえや, 知るまいが, 石なり, 確実であり, 社長が, 秀吉として, 私ばかり, 秘密の, 積極的な, 笑って, 策の, 紀元前二千二百年ころには, 紳士の, 結局に, 絵でも, 絶望である, 繰返して, 義理の, 考えないよう, 考えやすい, 考える, 考へも, 聞かせて, 聞きも, 胸の, 能者の, 自分ながらも, 自己といふ, 自然を, 自由詩が, 致して, 船の, 芸術に, 若宮の, 落ちついたが, 蔭ながら, 行為の, 要するに一つ, 見向きも, 覚悟しなけれ, 解りきって, 言いませんでした, 言えないの, 言わないつもり, 言わん方, 許さるべきである, 許される道理, 証明される, 話す方, 認めること, 誠に自然, 読者にとっての, 調査し, 諸君は, 豹一の, 賀すべきこと, 贈物を, 起りは, 躊躇された, 近い将来, 迷信です, 遅いが, 道理だった, 遠慮しよう, 避けられるならば, 重いこと, 鋭かった, 閑却され, 関係が, 際限の, 難かるべし, 面倒だ, 頗るこの, 食事が, 馬鹿らしい遊び, 高貴なる

1 [35110件 抜粋] あ, あそばさないで, あつしに, あの外記, あまりいわなかった, あまり多言, あらう, ありえないん, ありませんでしたかって, ありゃしめえあんな, あり龍野氏, あるまいむしろ, ある限られた, いいがな, いえるだろうと, いかに不快, いくら慾目, いそいでも, いっさいゆるさなかった, いつか仕事を, いつも生き, いまだに村, いらぬ事, いわば藤原家, うちの人から, おおよそ揆, おそらく世界, おとら, おまへにと, おろか子供に, お前は, お断りしたい, お綾様承知, お雪ちゃんの, かえって純粋経験, かつて聞きました, かなり驚かされ, かれにとっては, きっと偶然, くせが, けっして弁慶, こうして会場, ことの, この一見平和, この叢書, この屋敷, この東海道, この結びつくべき, この附近, これから我々, こんな偏僻, ございませんやっぱり, さきごろ国立癩療養所の, させられません, さほど難, しかし容易, しないあなた, しなくなりました, しますよ, じつに人生, すぐ看破, すっかり果し, すでに千四百年, すでに言外, すべてあまりに, すべて悪い, するもの, せず目鼻, そういう自分, そこからも, そのまま大, その俳優, その奇妙, その手文庫, その決心, その葉, その香り, それだけ彼女, それらが, そんなに全く素子, たいへん名残り, たしかに古い, ただで, ただ芸術, たとえ見よう, だいそれたこと, ちっともむずかしく, ちゃんと聞き取った, ちょっと形容, つけたが, つまり又戦争, できざれども, できないそいつ, できない仕組, できなかろうと, できまいゆえ, できようという, とうてい若い, とてもお, とても説明, ともすれば彼, どうしてもあと, どうせ無, どうも不得手, どちらにとっても, どんなに大きな, ないあやまる, ないだろうだが, ないのにと, ない串戯, ない太刀, ない斬れ, ない級数性消化作用, ない鰻, なかつたらうと, なかりしとい, なくそんな, なく人間的情誼, なく所有, なく長い, なし二人, なに一つとして, なるべくしまい, なんとも思っ, にわかにあせりだした, ねえ縛って, はっきり判らなかった, ばかばかしいにも, ひどくつまらない, べつにめずらしく, ほとんど無い, ほんとによく考へ, まあ我慢, まことに有難い, まさに江戸時代, またおそろしく, また改めて, まだしもな, まだ土地, まちがいあるまい, まったく火, まづ絶対, まるで安楽椅子, みだりに想像, みな母や, みんな上っ面の, みんな赤井のしごとに, むしろ身, むろんその, もうあきらめた, もうちよ, もう三ケ月, もう少し後, もう申しました, もし原因, もちろん感心, もっとも自然, もとより小生, もはや滞り, やがて本当に受けん, やっぱり邪推, やはり支那, やめられない知識人, やり兼ねないからな, ようやく民主的共和制, よく分ります, よしたまえ, より人間生活, わからずまた, わかりゃしないいくら, わけなく覚えるが, わりあい楽, アベコベに, エヴァンストン以北の, ギュイヨーさえが, シキリである, ソビヱットを, デュルケムの, ハガキで, ファシスト的アクティヴィズムか, プロレタリア芸術家が, マンに, ラツール記者の, 一ことだって, 一代や, 一切引受けた, 一向に持ち出されませんでした, 一寸分析, 一応もつともで, 一条忠衛氏が, 一篇の, 一郎も, 万一の, 三千里外に, 上尾宿の, 不動様も, 不愉快な, 世にも忌わしい, 並たいてい, 丸梅の, 久野久子さんの, 予想以外に, 事実でない, 二つ第, 二洲が, 云った覚え, 云われず, 京から, 人物事象の, 今きみが, 今出来ない, 今日何人も, 今更特筆, 仕掛の, 仮に早計, 会得出来ない, 何うだ, 何とか言わなかった, 何にでも, 何んといふ, 何処までが, 何等詩集, 余先年哲学会において, 使いで, 俗物連中の, 信一郎にとって, 個人や, 傍から, 儂の, 充分出来るでしょう, 先づ次の, 克子の, 全くフェータル, 全く思い出さなかつた, 全く親, 全然屋敷, 八月一日の, 其の場合, 内大臣の, 凡そわかりきった, 出奔し去った, 出来ないからな, 出来ない同時に少なくとも, 出来なかろうから, 出来まいどちら, 出来るん, 分からぬらしい, 分りませんでしたよ, 判つて居ります, 別になかっ, 到底あなた, 到頭両親, 前記吉井氏の, 勇ましげ, 勿論お膝下, 勿論幾たび, 包みなく, 十分了解せられます, 千葉の, 南華其の, 単に精妙, 即ちプロレタリアート, 却って尋常, 原隊の, 友人から, 取消されて, 古今同じ, 只贅沢, 司令艇クロガネ号に, 同じ労働, 同時に柿沼, 君よりも, 呂覽が, 哲学そのものに, 問題ぢや, 喜兵衛さんは, 四つある, 固く禁じられる, 土台わたし, 基経氏も, 壮厳だ, 外敵を, 多分確か, 夢にも考えられなくなる, 大きい活眼, 大丈夫うまく, 大切なる, 大工助次郎と, 大正八年に, 天候の, 夫妻ともに, 女にこそ, 好く解らぬ, 如何ばかりか, 始終起っ, 嬉しいお話, 存ぜぬが, 學者めかし, 定まってるそう, 実にキリスト信者, 実に明日, 実はまだ, 実相が, 客観主義であっ, 家族主義に, 察しられたが, 寺内の, 尊氏が, 小牧に, 少しずつ, 少なくも彼, 居合せた証人, 山陽方面の, 巧みに, 帆村も, 常に見られる, 平次にとっても, 幼少から, 度々なん, 引受けたそれ, 当りまえでは, 当然あっ, 彼によつ, 往昔に, 後日の, 御仏, 御聞きでしょう, 心得ませんで堀切, 必ずしも出, 必ずしも風流, 忍ぶべからず平等, 忘れられた, 怖しいこ, 思った, 怠ってたに, 恐らく初めての, 恐ろしくあなた, 悉く奉仕, 悲しくて, 想像は, 愚か生き, 感謝を, 憲法が, 我が學界, 或は地勢, 所詮出来る, 批難が, 押したけど, 捜り, 描いても, 放二, 教育が, 文化社会学は, 文芸を, 断定し, 新日本文学会全体, 既に人, 既に頭, 日本古来の, 旦那樣も, 明かでありまたは, 明日から, 昔話だ, 時々ありました, 普通であった, 曇らざる眼, 書かないほう, 最も大きな, 最早堪へられない, 有り得る, 望まねえし, 木之, 本妻の, 本来何を, 来た人, 果していかなる, 栄之, 桑田熊蔵博士が, 極めて有り得べき, 構いませんよ, 次々に, 止めた方, 正宗氏も, 此遊びには, 歴然として, 殆ど理解し, 殺人動機として, 比類の, 気づらい, 永徳も, 決してそれほど困難, 決して出鱈目, 決して拒まなかった, 決して考えなかった, 河内赤坂の, 注意すべきであろう, 浜村と, 深くおわび, 渾心的です, 漸く知られぬ, 無いかしら, 無くなりましたけれども, 無理です, 無論当人, 煩悶の, 牛丸少年の, 特に驚ろ, 猶犬, 現代では, 理想として, 甚だしく当時, 生い立ちの, 生産界において, 申さぬ深い, 申上げますまい, 畢竟私自身, 疑うの, 疾うに見て取らない, 白状しなく, 皆んな坊主が, 皇帝玄徳と, 直ぐ判った, 相当主張, 真っ赤な, 睡ったが, 知らうとも, 知らなかつたと, 知りませんで悲しい, 研究が, 確然たるが, 祝詞に, 禁ずという, 私に対して, 科学的批評という, 空に, 童児の, 筋肉の, 精力の, 素より神話学, 経済状態が, 結局道徳と, 經濟學者と, 罪障まことに, 義経の, 考えなかったしかし, 考えるたび, 耶蘇教の, 聞きましたけれど, 肝要な, 臆せず, 自分自身に, 自然的生においてと, 至難で, 船長遠藤友吉機関長鈴木豐馬事務長吉田信夫諸君その他船員達の, 芸術では, 苦しくない, 萬人の, 薬草採りという, 行きますが, 衰亡途上に, 要するに今, 見たり, 見込が, 親方が, 解釈の, 言えなくなる, 言わないでね, 言語として, 記録と, 許したが, 詩境以外には, 誉の, 誠に欣, 誰あっ, 論外であったろう, 講釈師の, 貞節に, 赤ちゃんでも, 超越なし, 軍書や, 近世化學と, 迷信以上の, 通説で, 過ぎ去つたが, 違法に, 避けられるでは, 重々お前に, 金持に, 鍋に, 間々あつ, 阿闍利さま, 随分おかしな, 隱れ, 雹どころの, 面倒くさいから, 頗る穢, 風変りな, 首尾一貫を, 驚くべき事実, 魚が

▼ こと~ (59959, 9.4%)

4460 なって 3210 なった 2970 した 2927 して 2900 なる 1485 なるの 1319 なりました 1237 なったの 1066 なつた 973 しよう 754 なると 707 する 605 しました 484 なります 420 なつて 366 したの 314 なったが 291 なるかも 290 なるん 261 気がついた 249 なれば 235 しましょう 221 就いて 217 なるが 213 ある 193 なるから 183 なったので 180 なるか 162 氣が 161 なったん 155 なるだろう 154 成功した 150 致しましょう 148 きめた 147 なるであろう, 於て 144 したが 143 なったと 137 します 133 なりは 132 しようと 130 なりそう, なるので 128 気がついて 126 きめて 119 変りは 118 気を 117 興味を 112 気づいた 111 なるわけ 109 いたしましょう 108 就いては 107 なりましたが 104 なろう 102 あるの 98 決めて 95 就て 91 私は, 違いない 90 気づいて, 決めた 89 なったもの 88 気が 86 他ならない, 心を 85 なっては 80 決心した 77 なったから 76 なりますが 75 ちがいない, なるでしょう 73 相違ない 71 なりまして, 外ならない, 致します, 話が 70 いたします 69 成功し 67 就ては 61 しても, すれば, なっても, 気がつきました 60 しては, なりましょう 59 何の, 慣れて 58 なったぞ 57 依って, 依つて, 彼は 56 なりますと, 気がついたの 55 いたしました 54 間違いは 53 きまった, 思って 52 すると, なりますね 51 きめました, したい, なったという, 致しました 50 きまって, なろうとは 49 なるぞ, 気がつくと 48 なったか, 帰着する, 耳を 47 あった, したいと, しようじゃ, なりましたよ 46 なりその 44 過ぎない 43 なるだろうと 42 しませう, 気の 41 なるぜ 40 するが, 力を, 腹を 39 なったわけ, 定めて, 決定した 38 なるという, 気がつく, 違ひない, 馴れて 37 あると, なりますから 36 しようか, なるね, 努めて 35 するよ, なり, なりましたね, 決めました, 満足し, 話を 34 なるでせう, 努めた, 定めた 33 なるし, なるもの, なろうと, 全力を, 口を, 少しも 32 したので, したん, するから, なった時 31 したと, なり私, なるよ, 手を, 於ては, 気づいたの, 注意を 30 すぎない, なりさ, なりますよ, なるじゃ, 骨を 29 きめたの, なったもん, なってから 28 しますから, ほかならない 27 されて, 對し, 相談が, 私の 26 しようよ, なったそう, ならざるを, なるだらう, なるらしい, 非常に 25 したから, なったよ, なりそれ, 由って 24 こだわって, なってるん, なりましたから, 一種の, 候, 思われた, 成つた, 気が付いた, 落ちて 23 したらどう, なったらしい, なりませう, なるであらう, なるでは, なるとは, 気づきました, 気付いて

22 [13件] しなければ, しましたが, なったかも, なったこと, なったよう, なりましたので, なれて, や, 努力し, 外ならぬ, 彼の, 気が付きました, 相談を

21 あったの, ござります, なるよう, 何か, 同意した, 夢中に, 決心し, 移って, 違いなかった

20 したよ, つきまして, 彼女は, 成功する, 気付いた

19 するか, ならう, なりましたの, なるだらうと, 努力した, 決定し, 私が

18 [19件] かかって, きまりました, それは, ちが, なったな, なつたんだ, ならなければ, なりましたぜ, なるからね, 一致し, 属する, 氣づいた, 没頭し, 注意しなけれ, 疑いは, 自分の, 重きを, 頓着なく, 頭を

17 [14件] したという, するの, するわ, なったかと, なつたら, なりますからね, 他ならぬ, 存する, 定った, 思われて, 気が付いて, 決心しました, 自分で, 間違ひ

16 [16件] あらず, するん, それが, つきて, つとめた, なったり, なるかと, なるんで, 努力する, 多少の, 御座候, 成った, 気がつかなかった, 気が付いたの, 目を, 眼を

15 [18件] きまつて, しまして, なったとき, なること, 原因する, 妙を, 對する, 就いても, 帰する, 感心し, 気がついたので, 気附いた, 決まって, 注意する, 触れて, 誰も, 身を, 驚いて

14 [15件] いたして, いたしませう, なりこれ, なりますか, なるに, ふれて, 及んで, 意を, 於いて, 気づくの, 決めたの, 過ぎないの, 違いありません, 間違は, 非常な

13 [29件] あって, ござりまする, しやう, しようでは, つとめて, なったに, なったね, ならない, ならないよう, ならぬとも, なるそう, よる, わたしは, 変わりは, 多くの, 心が, 思った, 成って, 極めた, 気がつかない, 決した, 注意し, 満足した, 由来する, 興味が, 誇りを, 起因し, 関係し, 関心を

12 [23件] さへ, しましたよ, しましょうよ, しようという, ちがいありません, つきては, なつてる, なりましたな, なるかな, なるけれども, なるであろうと, なる訳, なんの, ほかならぬ, よると, 依るの, 定って, 専念し, 成りました, 気がついたから, 気がつかなかったの, 熱中し, 苦心した

11 [30件] あるので, かまけて, かわりは, きめる, しますが, しようかと, なりこの, なるな, なる訣, 一決した, 一致した, 不思議は, 僕は, 及ぶと, 反対する, 基いて, 平次は, 思いを, 成功しました, 気づく, 気づくと, 無関心, 疑いを, 肚を, 自信を, 自分は, 苦心し, 起因する, 関係が, 關し

10 [30件] あつた, いたそう, したこと, したわけ, ちがいなかった, なったぜ, なったであろう, なってる, なつたんです, ならねば, なりますぜ, なりますな, なり従って, なるであろうか, なるでしょうか, なるばかり, 依て, 俺は, 傾いて, 原因し, 反対し, 向って, 就いての, 従事し, 思つた, 意味が, 比べれば, 気がつかないの, 気づかなかったの, 致して

9 [42件] かかわって, したそう, したら, すぎなかった, それを, ついちゃ, なったその, なったため, なったです, なったのよ, なったらどう, なったわい, なってるの, なつたり, ならないとも, なりますので, なりまた, なり自分, なるかは, なるはず, なる筈, もう何, 喜びを, 少しの, 就ても, 思いました, 應じ, 於ても, 気がついた時, 気がつくの, 気づかなかった, 気付いたの, 決った, 決定, 決定しました, 注目しなけれ, 異常な, 相違なかっ, 至るまで, 變り, 過ぎなかった, 非ず

8 [60件] あたる, あるという, あるらしい, かけちゃ, かまって, きめたが, きめたん, したって, したり, してを, しませうよ, しようぢ, し私, すぎないの, なったし, なったとしても, なっちゃ, ならないと, ならないの, なりお, なりがち, なりここ, なりやがったね, なるだろうよ, なるといふ, なるところ, なるわ, 一決し, 不審を, 人は, 今は, 嘘は, 失敗した, 存じます, 彼女の, 思ひを, 思われる, 急に, 意見が, 感謝し, 慣らされて, 方針を, 気がついたん, 気がつかないで, 気も, 気附い, 決って, 決められて, 満足する, 疑問を, 相違ありません, 答えて, 約束し, 至っては, 覚悟を, 言及し, 賛成し, 賛成した, 通じて, 関連し

7 [79件] あらねば, あるが, あること, あるだろう, いたしまする, おれの, きまったの, きまつた, これは, し, したもの, したらいい, してからが, しましたの, しましょうか, しますわ, しようね, しろ, するかな, するさ, なったじゃ, なっちまったん, なってね, ならんとも, なりますわ, なりやすい, なるだろうか, なるだろうから, なるだろうが, なるぢ, なるもん, なろうから, なろうも, まちがいは, 不安を, 不満を, 今まで, 仕よう, 他ならず, 他ならなかった, 使って, 原因が, 同意し, 存し, 存するの, 安心し, 定まって, 属して, 帰して, 思う, 思えた, 思われます, 急で, 或る, 極まって, 極めて, 気がついたが, 気が付かなかったの, 気付くと, 氣づく, 氣を, 決議した, 満足を, 熱心な, 特別な, 異存は, 異存を, 異議は, 相場が, 腐心し, 自分が, 致しまして, 返事を, 違いは, 重大な, 金を, 間違いの, 頓着し, 驚いた

6 [92件] あるん, いたしまして, おなりに, きまる, したのよ, してるん, しようかな, すること, するつもり, だれも, なければ, なったって, なったでしょう, なったところ, なったとは, なったなあ, なったんで, なっちまって, なってからは, ならないで, なりましたなあ, なりましてね, なりますし, なりますると, なりやしないかと, なりやしませんか, なるかしら, なるさ, なるであろうが, なるでしょうから, なるネ, なろうが, びっくりし, ほかならないの, よれば, 一層の, 二人の, 二人は, 付て, 仰天し, 伸子は, 似て, 何らの, 何んの, 同情し, 基くの, 基因する, 外ならなかった, 多大の, 大なる, 定めたの, 専念した, 尽きる, 役立つの, 思い当った, 思い耽って, 思はれた, 成ると, 成功すれ, 有之, 極って, 気がついたと, 気がつくだろう, 氣の, 決まった, 注意せよ, 浮身を, 潜んで, 無上の, 特別の, 由来し, 疲れて, 相違は, 移った, 終始し, 腹が, 自分を, 至りては, 致しましょうか, 致しますが, 致しませう, 致そう, 誤りは, 責任を, 違ひありません, 長じ, 間違いない, 関係した, 関係なく, 願います, 驚かされた, 驚嘆し

5 [157件] あまり興味, あるよう, いくらか, いつまでも, お気づきに, かこつけて, きまると, こだ, したらよかろ, した方, してあつ, しましたから, しましょうね, しますか, しようが, しようぜ, し今, すぐ気がついた, するより, そこに, その中, その時, それから, それも, つけて, つとめなければ, とらわれて, なさい, なったお, なったけれども, なっただろう, なったとか, なったならば, なったら, なったらそれ, なったろう, なった以上, なっちまった, なってからも, なってはと, なってるが, ならずに, ならぬ, なりそこ, なりましたか, なりましたと, なりますれば, なりゃがったね, なり彼, なるかを, なるだけ, なるだろうという, なるだろうとは, なるで, なるであろうし, なるでせうね, なるならば, なるやう, なるやら, なるんだい, なるン, なろうか, はじめて気, はなつて, ほかならぬの, やつと, ケチを, 一つの, 一決しました, 一致する, 不思議な, 二つの, 人々は, 人間は, 付いて, 力が, 努めました, 君は, 在るの, 外なりません, 娘の, 存すること, 定めました, 就きまして, 尽きて, 尽力し, 帰着し, 彼等は, 従事する, 思いついた, 思ひ當, 思われるの, 思召し, 悦びを, 感心した, 日本の, 極めたの, 楽しみを, 構っては, 母は, 比べると, 気がつかなかつた, 気がつくであろう, 気が付いたん, 気が付くと, 気づかずに, 気づかない, 気付いたので, 気付くの, 気附く, 汲々と, 汲々として, 決める, 決心する, 注意した, 注意せね, 注目する, 涙を, 源氏は, 無理は, 無頓着な, 熱心に, 生活の, 生涯を, 留意し, 異論は, 當る, 疑いない, 疑いも, 疑ひは, 相成って, 着手した, 約束した, 約束を, 紛れは, 終って, 結びつけて, 考えて, 考えを, 自分でも, 致しましたの, 苦痛を, 落ちついた, 見えて, 觸れる, 趣味を, 進んで, 違ひ, 違ひなかつた, 重点を, 間違いが, 関聯し, 集中する, 頓着する, 頓着せず, 飽きて, 骨が

4 [235件] あいた口, あったと, あなたは, あらわれて, あります, あるであろう, あるもの, いたしましょうか, いたしますが, いつまで, かかりあって, かまけること, きまったので, きまりその, こだわる必要, この, この時, この男, これが, させて, しその, しそれ, したいの, したけれど, したところ, したならば, しちゃ, しなさい, しましても, しますよ, しょう, しようなどと, すぎぬ, するという, そこには, そこは, つけても, どうして気, どんな意味, なったかという, なったけれど, なったとも, なったらと, なったらもう, なったら私, なってよ, なっとる, なっとるん, なつたらしい, ならうかと, ならうとは, ならないから, ならないもの, なりあと, なりそして, なりそれで, なりましたわい, なりましても, なりましょうから, なりますなあ, なりやしないか, なり人, なり今, なり早速, なり易い, なり更に, なるお, なるかね, なるからな, なるがね, なるその, なるそれ, なるぞと, なるだろうかと, なるでしょう親分, なるでせうか, なるでせう親分, なるわね, なるわよ, なろうとも, ふと気がついた, ほんとうに, ソツが, フシギは, 一切の, 一驚を, 主点が, 人間の, 付いては, 何も, 余念が, 充分の, 免じて, 力めて, 努めたの, 努めなければ, 努めねば, 努める, 努力しなけれ, 即して, 及ぶ, 及んだ, 反對, 反感を, 口が, 口も, 同意する, 同意を, 向けられて, 向つて, 呆れて, 唯一の, 喙を, 困って, 執着し, 執着を, 声を, 失敗し, 好奇心を, 始まる, 始めて, 安心した, 専心し, 専心する, 帰って, 帰着した, 彼等の, 御注意, 徴し, 心づいた, 心の, 念を, 意義が, 感付いた, 憤りを, 成功は, 拘泥し, 捉われ, 於てのみ, 時間を, 最初の, 東京の, 極つた, 極つて, 極まった, 此の, 歸着する, 比べて, 気がつかないよう, 気がつかないわけ, 気がつきませんでした, 気がつくこと, 気が付く, 気づいたから, 気づいたよう, 気づかないの, 気づかなければ, 気づくであろう, 気付いたが, 気付かずに, 気附か, 気附きました, 氣づき, 氣付い, 決したの, 決まったが, 決まりました, 決めたが, 決めたん, 決定された, 決定する, 没頭した, 注意が, 深い興味, 無限の, 無頓着, 熱心であった, 熱心である, 甘んじて, 申し合わせて, 留意しなけれ, 異議を, 疑を, 目が, 直ぐ気がついた, 相当の, 相応し, 相應, 相成った, 相違なく, 眼が, 眼の, 私たちの, 私たちは, 私には, 移ると, 紛れて, 考え及ぶと, 聞いて, 胸を, 腐心した, 腹は, 自分ながら, 致しますから, 興味は, 舌を, 良心の, 苦情を, 落ちついて, 衆議一決した, 見て, 触れると, 触れるの, 觸れ, 話は, 誰が, 誰しも, 返辞を, 追はれ, 追われて, 運命の, 過ぎなかつた, 過ぎません, 関係する, 關係し, 限っては, 限られて, 限りない, 雨の, 頓着なし, 頭が, 飛んで, 首を, 驚いたの, 驚かざるを

3 [432件] あっけに, あったが, あの人, あらずして, あるから, いたしたいと, いたしましょうが, おかまいなし, おどろいた, お構いなく, お気が, かかりきり, かなりの, きまったよう, きまっておる, きまって居る, きめたと, きめたよ, きめた品子, きめましょう, きめられて, きめると, くらべて, くらべれば, ここに, こちと, ことを, これまで, これを, こんどは, ございます, ございまする, ござりますれ, さきに, さへも, された, したいという, したいもの, したか, したさ, したです, したほう, したまえ, したものの, した由, してね, してるの, してるよ, しないと, しながら, しなくては, しばしは, しましょうという, しましよう, しますかね, しようかしら, しようかとも, しようぞ, す, すぎないと, すっかり気, すべて自分の, するからと, するけれども, するぜ, するそう, するぞ, せう, そこへ, そしてその, その人, その部屋, それとなく眼, それの, ちがいあるまい, ちがいは, つきても, つきましても, では, とどめて, どれだけの, なさいました, なったどう, なったについて, なったのに, なったのね, なったまま, なったものの, なったらまた, なったろうと, なったわ, なったわね, なった事情, なった人, なった次第, なった由, なった自分, なった見習弟子, なっちまったの, なっちゃった, なっちゃったのよ, なっちゃったん, なってしも, なってたの, なってるから, なってるそう, なつたでせう, ならあ, ならうと, ならないこと, ならないやう, ならなかったかも, ならなかったの, ならぬと, ならば, なりあなた, なりかけたが, なりかねない, なりさうだつ, なりさうな, なりだんだん, なりつつ, なりて, なりましたけれども, なりましたねえ, なりましてから, なりましてからは, なりましては, なりましょうか, なりましょうね, なりましょうよ, なりますかな, なりますかね, なりますからな, なりますぞ, なりますでしょう, なりませんか, なりまんが, なりゃア, なりや, なり三人, なり僕, なり後, なり相, なり而, なり遂に, なるけど, なるだけの, なるだろうし, なるだろうな, なるだろうね, なるて, なるであらうか, なるでしょうね, なるとか, なるとも, なるなんて, なるには, なるまで, なるやも, なるゆえ, なるらしいが, なるらしいの, なるらしかった, なるんぢ, なる他, なる例, なる前, なる場合, なろうかも, なろうし, なろうぞ, なろうという, はじまつて, びっくりする, ふれると, ほかならなかった, ほかなりません, ほっとした, みんなの, よく気, よったらこの, よらなければ, わしは, 一所懸命に, 一生を, 一言も, 不審は, 不平を, 不快を, 不断の, 不服を, 不熱心, 主人の, 事を, 二人で, 人が, 人知れぬ, 今では, 今度は, 今更の, 何んにも, 何等の, 使つたら, 使われて, 依りて, 依存する, 候や, 働いて, 僕が, 兄は, 先代の, 兵馬は, 内定し, 出あって, 出遇つて, 初めて気, 初めて気がついた, 初めは, 利用した, 利益を, 前から, 力点を, 努めたが, 努めたので, 努めよう, 努力したい, 反対した, 反対しなかった, 反対は, 反対を, 吾, 命を, 嘴を, 因って, 在る, 基づく, 基礎を, 声が, 変って, 変りの, 夢中だった, 大きな喜び, 女の, 女は, 妙な, 妨げられて, 始まるの, 定められて, 定る, 容易に, 対応し, 就きましては, 就ての, 尽きるの, 帰着します, 帰着するだろう, 帰着するであろう, 平次も, 幸福を, 幾分の, 当たる, 当るの, 役立った, 役立ったの, 役立つて, 彼が, 彼も, 御同意, 心づいて, 心着いた, 必要以上の, 怒りは, 思いながら, 思い及んで, 思い当ったの, 思い当って, 思い至った, 思うて, 思つてゐた, 思はれて, 思へて, 思われたか, 思われたが, 思われたの, 恐れを, 恐怖を, 悔いの, 悪は, 悪魔的な, 想ひ到る, 感じて, 感心する, 慣れきって, 懸って, 懸つて, 成りましょう, 成功するなら, 成功を, 我ながら, 戸が, 戻りますが, 手はずが, 抵抗を, 拘泥しない, 掛けては, 改められた, 敬意を, 於いては, 於いても, 早くも, 昔から, 暇を, 最大の, 最早や, 有頂天に, 望みを, 構って, 止めて, 正直に, 母が, 比ぶれ, 気がついたよう, 気がついた様子, 気がつかずに, 気がつかぬ, 気がつけば, 気が付かなかった, 気が付くであろう, 気づいたという, 気づいたもの, 気づいたよ, 気づかねば, 気づくこと, 気づくであらう, 気づくもの, 気付いたから, 気付いたこと, 氣づい, 決ったそう, 決まったの, 決めたよ, 決定た, 決心致しました, 決意した, 決着いたしました, 決議された, 没頭する, 注意したい, 注意せず, 注目し, 深い注意, 満足せず, 滿足し, 漸く気がついた, 無理が, 無頓着で, 熱中した, 熱中しました, 狂奔し, 現在の, 理由が, 理解が, 皆の, 盡きる, 盲目である, 直接の, 相成つた, 相成りました, 相違ございませぬ, 着眼し, 着眼した, 礼を, 神経を, 私も, 移つた, 移つて行つた, 移ります, 答えるの, 精を, 絶大の, 絶対に, 置いて, 考えられて, 考へ, 肝を, 腰を, 自己の, 致しますわ, 致そうと, 興を, 興味の, 興味も, 苦しんで, 苦心を, 落着い, 見られて, 規定され, 親の, 触れては, 触れられると, 言及した, 託して, 話して, 読者は, 誰に, 論は, 責任が, 趣味が, 躊躇し, 躊躇しない, 躊躇する, 身に, 通ずるもの, 通暁し, 連関し, 過ぎぬ, 過ぎぬと, 違いございません, 適して, 間違ひない, 関係の, 關聯し, 限って, 頓着しない, 頓着の, 頓著なく, 馴らされて, 驚かされたの, 驚きは, 驚くこと, 黙って

2 [1297件 抜粋] あきらめて, あそばされた, あたりを, あたるゆえ, あったらしい, あなたの, あらざれども, あらずと, ありと, ありませんよ, あるぞ, あるといふ, ある如く精神, あれは, いたしましても, いたしやしょう, いたるまで, いっこう気, いろ, おうめ, おどろかされるの, おどろくよう, およぶと, お六婆ア, お勢, お秀, お菊, お雪ちゃんが, かう暗く, かぎられて, かまっては, かわりが, きまったから, きまったという, きまったん, きまってるじゃ, きまれば, きめた時, きめましたと, きめられました, ここの, こだはり, こだわる場合, この人, この日, これから先, これまでは, さすがに, させましたが, さほど興味, しそして, したいが, したかと, したそれ, したでしょう, したらい, したらえ, したら好かろ, した旨, してやらう, してるだ, しなくちゃ, しましたので, しましょうかな, しませうと, しようかね, しようその, し半, し盗んだ布, すぎないが, すぐ気がつく, すごした, すべての, するし, するらしい, せい, せめてもの, そつが, そのとき, その作品, その夜かぎり, その手, その晩紋次郎, その煙草入, その遠因, それに, それらの, たよって, ちがいありませんからね, つづいて, とりかかりそれに, どこまで, なさいましては, なされました, なったあの, なったかを, なったそれ, なったでしょうか, なったでは, なったとして, なったなと, なったらしいが, なったらそこ, なったら僕, なった今, なった後, なった模様, なった罪, なった連中, なっちまうん, なってたし, なってるって, なっとるが, なつたさうだ, なつち, ならうか, ならないため, ならないでは, ならなかったん, ならぬの, なりかかって, なりかれら, なりしかるに, なりそれから, なりつまり, なりひいては, なりましたすぐ, なりましたもの, なりました生憎, なりましょうもっとも, なりますこと, なりまするで, なりますわね, なりまっ, なりゃしないか, なりゃしなかったん, なりやがったもん, なりわれわれ, なり一人, なり全体, なり兼ねない, なり又, なり夜, なり寺方, なり従来, なり恰も, なり書いて, なり次に, なり田中伯, なり第, なり終った, なり船, なり親, なり遺書, なり間もなく, なるかの, なるがなあ, なるけれど, なるだ, なるだの, なるだらうよ, なるつまり, なるであろうから, なるでしょうが, なるです, なるなど, なるべきである, なるまあ, なるやろか, なるらしいん, なる前兆, なる恐れ, なる方, なる自分, なる道理, なろうもの, はじめて気がついた, ひけ目, ひとしい, ひとは, ふしぎは, ぶつかって, ぶつかると, ほかならなかつた, まるっきり気, むっつり右門, もう怒らない, やっと気, よったらあなた, よったらきみ, よったらもう, よります, わたくしどもが, わたしの, われを, ボンヤリし, レーニンが, 一も, 一同が, 一夜の, 一応は, 一生けんめいだった, 三人の, 下屋敷の, 不安が, 不満な, 不都合は, 中の, 二重の, 人間が, 今に, 今も, 今度の, 今日の, 今更ながら, 他なら, 付ては, 伴う結果, 伸子が, 何人も, 余念も, 作家としての, 使はれ, 依つて他, 係り合うの, 信念を, 俺にも, 候へば, 倣って, 倦まなかつた, 充分な, 全く無, 具体的に, 内儀の, 凹んで, 出来上がって, 出逢った, 到っては, 到達し, 力の, 劣らず明晰, 努めそれ, 努めても, 努めること, 努めるよう, 努力するだらう, 努力を, 十の, 十分気がつい, 占められて, 原因した, 反対な, 取りかかった, 口出しすべきで, 同じ部屋, 同意しました, 向けられただ, 含まれて, 周圍の, 嘘を, 四人とも, 固唾を, 圧迫を, 基くもの, 堪えて, 声も, 変りない, 多少とも, 大きな驚き, 大変興味を, 夫の, 失望を, 奥義書を, 好感を, 始まって, 嫉妬の, 子供の, 安ん, 定つて, 家の, 専念する, 少年の, 就てまで, 尽力した, 工藝の, 巧みである, 帰ろう, 帰著する, 幸福が, 庭にも, 建築術造船術等もろもろの, 当った, 当惑を, 役立ち得た存在, 役立つこと, 役立つであらう, 彼らは, 従いました, 御満足, 微塵も, 徹底した, 心づいたから, 心は, 心掛けて, 忙しい, 忙殺され, 思いいたり, 思いながらも, 思い到ったの, 思い及びました, 思い当りました, 思い至ると, 思えて, 思つてゐる, 思ひ及んで, 思ひ当る, 思われたので, 急である, 悪いこと, 悲観した, 惹かれて, 意識を, 感じられたの, 感情を, 慣る, 慣れるよう, 憧れて, 成ったの, 成るので, 成功したら, 我々は, 或愉快, 戻ります, 手出しを, 抗議し, 拘わって, 持って, 掛りそして, 改めて気づいた, 敢て, 文学の, 於いてだけは, 日が, 早く気, 昂奮し, 明智の, 昨日まで, 時を, 暇取っ, 最も多く, 本づく, 本能的に, 栄二は, 業を, 極った, 極めて居る, 構っちゃ, 機械は, 此方の, 死骸の, 気がついたかと, 気がついたとき, 気がついたり, 気がつかずうっかり, 気がつかなかったか, 気がつかなくては, 気がつきその, 気がつきます, 気がつき出す, 気がつくだらう, 気がつくやう, 気が付いたくらい, 気が付かないの, 気づいたが, 気づいたと, 気づかないでは, 気づき, 気づきながら, 気づくだろう, 気付かないの, 気付かねば, 気附かれます, 汗を, 決つた, 決まれば, 決めたので, 決めたよう, 決りお, 決定しかけた, 決心が, 決着し, 泣いたり, 注意, 注意すべきである, 注目せね, 浪費し, 渾身の, 滿足が, 無力な, 照応し, 熱して, 熱心だった, 爾来一層冷淡, 犯人の, 玄一郎は, 生命が, 生粋の, 由りて, 申合せ, 異様な, 疑念を, 疲れゆく, 病身で, 白旗直八は, 目の, 目的を, 直接に, 相なっ, 相成ったの, 相成り居り候, 相成ろうぞ, 眉を, 着眼する, 短かく, 確定した, 神経が, 私達は, 立至るの, 竹光を, 精力を, 精神を, 約束しました, 素人の, 経験を, 結構フラフラ打ちこむ, 結着しました, 絶望した, 罪は, 考へられて, 肝腎の, 胸が, 腹立たしくあしずり, 自分も, 自責し, 至らしめなければ, 致したの, 致しましょうと, 致しやした, 興味と, 苦しんだ, 苦労した, 荒し廻るの, 落着した, 血眼に, 袁, 裸女の, 見られる, 見るもの, 親方の, 触れた, 触れたくないよう, 触れないの, 触れました, 評議が, 話頭を, 誇りが, 誘拐された, 誰かが, 諸人の, 費して, 費やして, 賛成な, 趣味と, 転じて, 農民が, 迫られて, 逆らったこと, 過ぎないが, 過ぎなかったが, 過ぎませぬ, 道理も, 遠慮しない, 遠慮も, 都の, 金が, 長じた, 間に合うもの, 關する, 院は, 集中され, 難渋する, 頓着ない, 願いたいもの, 類するよりも, 飽きるよう, 馴れきって, 馴れるにつれて, 駭いた, 驚きを, 驚異の

1 [10258件 抜粋] ぁお, あきれたと, あたるとも, あなたには, あの草ッ原, あらうなどとは, ありました, あるらしかったが, ある生死, あんなに拘泥, いかほど刺衝, いたしてを, いたしませうか, いちいち棘, いつも同感, いや不思議, うそが, うるさいほど, おさまると, おどろかされた, おなり遊ばした, およそ気づいた, お嬢さんの, お栄, お耳, お願い申します, かかりきるの, かかわるまいと, かならず気がつい, かんさんから, きまった形, きめ, きめたらしかった, きめましたによって, きめ命令書, きや, くわしくても, ここでは, こだわり過ぎる傾き, このごろ気が, この五人, この小熊め, この空地, この駕籠, こんどだけは, ごまかされんね, さきほど述べた, さつきから, されると, しそれで, したがる, したつて, したらしい, したら心配, した伝馬船, した明石町, しちゃった, してるもの, しな, しましたその, しましょう本当に, しめしあわせて, しようじ, しよう少し, しろなんら, しろ矢野さん, し三日, し回, し差し当りは, し梶子殿, し第, し金づち, すぎませんでした, すこしの, すでに気乗り, するそれだけ, する何とか, すツぱりと云, せられたと, そこまでには, そのゴリラ, その十兩, その島原, その時代, その紅い, その馬上, それ等の, たいへん好感, ただ感心, だつて, ちっとも苦, ついちゃあ, つきまとう華美, つとめ他人, とかく秘密, とらへ, どうしても従わない, どの部屋, なくては, なすったら, なったけに, なったなあと, なったまったく, なったらこりゃ, なったらやはり, なったら寝ざめ, なったら私共, なった一角, なった僕, なった大阪, なった折, なった渡辺, なった葬儀, なっちまったどうにも, なってはという, なってるらしいから, なっとるもん, なにか, ならずには, ならないほどに, ならぬとは, なりいそいで, なりかねて, なりしかば, なりただ, なりどこ, なりましたけど, なりましたらいつわりの, なりました大, なりましょうそれ, なりますまいからね, なりまア, なりやがった, なりわれ, なりロンドン, なり三十三年七月, なり二人, なり休戦ラッパ, なり八方美人的, なり労, なり反対, なり因果, なり大正九年, なり嫁, なり将来, なり府内, なり心, なり抱え妓, なり昨日, なり極めて, なり殊に, なり消極的, なり甘美内宿禰, なり着物, なり終に, なり自己, なり葷酒, なり谷中三崎町, なり部屋, なり隨つて沖合, なるお父さん, なるしと, なるだらうといふ, なるつまらない, なると共に, なるのでネ, なるらしいとは, なるプロバビリテイ, なる反面, なる民さん, なる貴方, なれてる主人, なろう御, ぬかりなく, はじまるらしい, はなはだしいの, ひけめ, ひどく満足, ふかい意趣, ふれそれ, ぶっつかること, へたばった, ほとんど歴史, ぼくも, まず決め, また話, まだ陸, まるで受信機, みんな穴の, むなしくまた, もう決まった, もっと先, やあね, やや疲れ, よく思ひ, よったら夜, よったら謡, わあわあ騒い, わたしらも, イワン, ガス・ストオヴが, シゲキされ, タウンゼンド氏は, パンの, ベストを, ムラムラする, 一々君, 一分の束縛も, 一喜一憂する, 一応考え, 一生懸命だ, 一見する, 万口一致し, 下格者, 不感症に, 不都合で, 両手を, 主客とも, 予期も, 二年經つて志願兵で, 五年前に, 人間改造の, 今年度の, 仕ましょう, 他人の, 仮托, 伝六の, 位なんかが, 何と安らかさ, 何等相違, 使い分けられて, 使用され, 依つて此方, 依然として変り, 俺の, 倦んで, 働かせる, 先ず驚かされ, 入つて, 全然反対, 其処に, 决定した, 出っくわしてね, 出会して, 出遇った, 別だ, 制せられて, 力一ぱいらしくあった, 努めたい, 努めれば, 努力すべき, 勉める, 勢いこん, 十二月七日と, 半分に, 危惧の, 参って, 友人が, 反映し, 取り合つて, 古い木, 同じく不満, 同感しました, 向かなくては, 向は, 周囲の, 唯顔を, 四ほうの, 困つた, 在るは, 基づくとは, 堪え難い, 報いたいという, 変りありません, 外城の, 多数の, 大きい関心, 大に, 大吉郎が, 大狸, 失って, 女らしくある, 如くぞ, 妻子を, 婿に, 存じました, 孝子の, 定まったそう, 定めたるなり, 定りさ, 家は, 寸分間違いは, 専念したかった, 小姓の, 少しく慣れ, 就き色々, 属するが, 川田さまの, 師匠に, 帰るが, 干渉しない, 年寄りの, 庄司七郎は, 引っ掛かって, 当たらしめ長沢, 当日は, 役人は, 役立つべくあまりに, 彼自らかかりきっ, 後年よく, 従わなければ, 御座れば, 徹底する, 心づきました, 心付かず私, 心遣ひ仕, 忍従する, 怒られた時, 思いきめ申した, 思いもし, 思い及んだならば, 思い當, 思えども, 思はれる, 思ひ到るとき, 思へたので, 思われますでしょう, 怠りは, 怪盗の, 恩義も, 悪魔や, 想い到らなかった, 意味ふかい, 感じやすい, 感心を, 慕いよるという, 慣れちょっと, 憎むべき関心, 懐疑や, 成つたん, 成りゃしないか, 成功するだろう, 或はダイナマイト, 戻りましょう, 手柄が, 批評された, 抜かりの, 拘泥した, 掛かり合うよりは, 改めた, 敏感に, 整えられたの, 斯様に, 既に引目, 旦那様は, 明治以後多くの, 昨日今日一昨日そのまま, 曇つてゐた, 最も気, 有用である, 本気で, 松井君は, 極まったが, 極めて来た, 樂しみ, 止つてゐない, 正確に, 歸著する, 段が, 毛が, 気がついたよ, 気がつかずわたし, 気がつかなかった一生, 気がつきびっくり, 気がつき断念, 気がつく日, 気が付かれたそう, 気づいたので, 気づかしめられるの, 気づかなかったから, 気づきいささか, 気づき刀, 気づくたび, 気付かずあべこべ, 気付き自分, 気附きます, 永らくの, 決して国許, 決し雑木, 決まったわけ, 決めたから, 決めまして, 決定がっかり, 決心せしめた, 河岸で, 注がれた, 注目すれ, 涙が, 深い考慮, 湿気を, 源松の, 漢詩なりき, 火夫が, 無頓着であった, 煩わされつつ, 燃えないもの, 特色を, 王副, 理窟が, 甚だ賢い, 用は, 由つて纔に, 留意する, 疑う節, 疲勞を, 白痴は, 皆箱根名物, 盲腸炎で, 相成ったが, 相手は, 眞水の, 着眼しました, 磁器を, 私なども, 移るの, 突然同志, 立ち至った時, 立至った, 等しい, 米という, 紀久ちゃんは, 細田氏は, 結びつけたの, 絶対まちがいは, 纏まりスタインホイザア, 羞恥は, 考えつくから, 考え至れば, 耐えるだろう, 聯想した, 胡麻の, 腹立たしく感じ, 自分自身を, 至らしむるであらう, 致しとう存じ, 致し候, 興奮する, 若い世代, 苦労は, 落だけ, 葉之, 虚偽も, 表の, 見える, 見栄の, 親しまざるを, 解せられるが, 触れても, 触れ機, 言葉においても, 詠歎に, 詳しい人, 誤謬なき, 論及し, 議論が, 貧弱である, 費やされて, 賭けて, 踊り子たちの, 軍隊が, 近づいた, 迷ふとき, 逆行する, 逢著する, 運命が, 過ぎなくても, 達して, 遣えそう, 部屋が, 重要なる, 銀座の, 長崎まで, 間違いありません, 関わらず出かける用意, 關した, 限らず男, 陷つたのである, 集中した, 青味を, 音楽の, 頻々として, 願えますなら何より, 飽いた時, 馬の, 馴れぬ女王, 騙されて, 驚かなかったばかりか, 驚き島民等, 驚嘆すべきであろう, 魅かされた

▼ こと~ (41863, 6.6%)

2021 ある 1327 あった 863 ない 669 なかった 613 あつた 533 あるが 440 出來 310 あります 302 出来なかった 299 あったが 291 できなかった, ないが 283 できない 267 忘れて 258 出来ない 255 ありました, ありません, あるの 254 あれば 253 できません 194 できる 185 ないの 181 あるし 174 出来る 171 ないよう, 知って 165 できないの 154 なければ 142 あるまい 139 あるん 130 出来ません 119 なしに 114 あるもの 112 あろう 106 ないと 104 ありますが 102 できるの 93 あって 92 あるので 88 あるから, 出来ないの 85 考えて 84 なかつた 82 ないで, ないので 81 ありませんが, あると, ないし 80 あるまいと 75 できませんでした 74 出来ないので 72 事実である 70 あったの, 出来るの 63 ないん 62 出来た 61 できなかったの 60 出来なかつた 59 ありましたが, できた 57 わかって, 書いて 56 あろうかと 55 一つの 53 できるし 51 ないのに 50 ありまた 49 できないよう 48 できずに 47 ございません, なくて 46 あるかも, ないから, 聞いて 45 あるそう 44 何も, 出来なかったの 43 一度や, 出来ないで 42 私は, 聞いたこと 40 ございます, 出来るし, 気に 39 ありませんでした, 出来ないよう 38 ないやう, 言って 37 できます 36 ありますから, あるけれども, あろうに, 分って 35 その一つ, できないで, できないので, なくまた, 知らずに 34 あるだろう, して, ないだろう, なさそう, 不可能で 33 あるまいが, できないし, ないけれど, ないとは, なくその, 出来ませんでした, 無かった 32 あつて, ありませんよ, できなかつた, ないでしょう, 出来ずに 31 あるよう, なかつたの 30 どうする, よく知っ, 出来たの, 出来ぬ, 覚えて 29 ありますまい, あろうし, できるであろう, わかった, 事実だ 28 あるよ, できなければ, なくただ, 多かった, 私には 27 できたの, なからう, 出来ないと, 出来よう, 考えられる, 考へて 26 あったし, あろうと, ないという, 今は, 可能である 25 あるけれど, あるには, あるもん, できないと, 出来なければ, 出来るが, 忘れては, 私の, 自分の 24 あり, ありそう, できないこと, できよう, できれば, なかろう, なく, 出来なくなって, 有った

23 [11件] あったよう, ありましょう, あり又, あるという, あろうが, しなかった, できなくなって, できるよう, なし, 出来れば, 心に

22 あったと, あらう, あるめ, ないよ, 彼の, 稀で, 聞いた, 話した

21 あり得る, あるでしょう, なかつたが, 出来るよう, 無い, 考えなければ

20 しばしばだった, 出来ないもの, 出来なくなった, 多かつ, 知らない

19 あるさ, あるべし, せずに, できるが, ないほど, なかろうと, 珍しくない, 解って, 話して

18 あったそう, あらん, ありますよ, おできに, ございませんが, できぬ, ないわけ, わかりました, 出来ます, 多いの

17 [11件] ございました, しない, できないという, できました, できるわけ, ないさ, わかる, 事実です, 何か, 必要だ, 知つてゐる

16 [16件] ありは, あるだろうが, あるやう, しないで, できないん, なくなって, ねえが, 不可能である, 今の, 出来ないほど, 出来るであろう, 出来ると, 出来るわけ, 必要である, 珍しくなかった, 確かである

15 [21件] あるだらう, ございますが, しばしばある, できないほど, できなかったが, できるん, ないくせ, ないだらう, ないわ, ない人, 出て, 幾度か, 明らかである, 無かつ, 知った, 知らないで, 確かに, 考えた, 考えること, 見たこと, 非常に

14 [17件] あらば, ありますし, ありますまいが, しばしばあった, ないであろう, ないもの, ないらしい, なかろうが, また事実, わすれて, 事実であった, 出来ないし, 多い, 彼には, 彼女の, 忘れなかった, 明らかに

13 [16件] あったらしい, ありませんね, あるであろう, たびたびあった, 出来るだろう, 口を, 少なくない, 彼女は, 忘れたよう, 悪いこと, 想像される, 書くこと, 有りました, 無いの, 考えねば, 退くこと

12 [23件] あるらしい, あれど, いって, した, できずただ, できずまた, できそう, できなくて, できなくなった, できると, ないお, ないけれども, ないじゃ, なくこの, わかります, 出来そう, 出来なかったが, 分った, 容易に, 珍しくは, 知らなかった, 考へられる, 見て

11 [33件] ありその, ありまして, ありませんでしたが, あること, それが, たまには, できずその, できないから, できないが, できないもの, できは, ないだろうが, ないでしょうが, なくそれ, まれで, よくあった, 出来ないが, 出来ないん, 出来ない有様, 出来やしない, 判った, 前に, 容易で, 必要で, 敢て, 無いが, 知らないの, 私に, 聞くこと, 自分が, 許されて, 許されない, 起こって

10 [42件] ありき, あるじゃ, あるだらうな, あるだろうと, あるまいよ, あるわ, その時, できないほどの, できなかったので, できるでしょう, できるはず, ないかも, ない人間, ない私, なかったでしょう, なくなった, なく日, なにも, またその, ものを, やと, わたしは, 云つた, 僕は, 出来ないという, 出来ないやう, 出来なかったので, 出来ぬの, 出来は, 出来また, 可能な, 声を, 多いが, 度々あった, 彼は, 後に, 思って, 日本の, 耳に, 見ること, 言へ, 許されなかった

9 [48件] あったけれど, あったろう, あり得るの, あるからね, あるだろうし, あるわけ, あろうから, あツ, きいて, ございませんでした, そのため, それを, ちゃんと知っ, つまりは, できないでは, できまい, できるだろう, できるもの, ない大きな, ない女, なりません, またこの, やめて, よくある, よくわかっ, わかつて, 一緒に, 今では, 今日では, 何かの, 何にも, 出来ず, 出来たし, 出来なくて, 出来なくなりました, 分る, 口に, 容易でない, 少くない, 少くは, 幾たびか, 度々ある, 承知し, 教えて, 殆ん, 気が, 無いよう, 物を

8 [78件] あったかも, あったであろう, あらうかと, あらうが, ありしが, ありましたし, ありますからね, ありますので, ありませう, ありませんから, あるかと, あるくらい, あるでしょうが, あるはず, あるまいし, あるまいに, あるらしいが, あッた, いうまでも, いまは, ここに, ございますまい, すること, それと, できず, できようが, ないくらい, ないこと, ないぞ, ないといふ, ないに, ないらしく, ない男, なくして, なく何, なく私, ねえの, めずらしくなかった, 一再では, 一応は, 不思議で, 事実であろう, 二度や, 亦事実, 人の, 今に, 僕には, 僕の, 出來よう, 出来ないから, 出来ない程, 出来ますが, 出来ませんから, 出来るん, 夢の, 少しは, 屡, 心得て, 忘れた, 思い出された, 想像できる, 或る, 承知の, 昔の, 有る, 注意すべきである, 注目される, 滅多に, 珍らしく, 珍らしくない, 知つてゐた, 私が, 稀に, 考えられた, 言った, 言つた, 話しました, 身に

7 [84件] あったっけ, あったという, あったので, ありそれ, ありましたけれど, ありましたよ, ありましょうが, ありますけれど, ありますけれども, あるだろうな, ある位, あろうけれど, いらない, しないのに, しませんでした, すぐに, する, そこに, たくさんある, できないじゃ, できないだろう, できないところ, できないわけ, できますし, できまた, どうでも, ないからね, ないがね, ないこの, ないです, ないね, ない訣, なかったろう, なかつたし, なくいつも, なくな, なく暮し, なく無事, なげな, ならない, ねえん, また必要, よくわからない, よくわかる, 事実であります, 事實である, 云った, 云って, 他の, 何度か, 全く不可能, 出来ずまた, 出来たが, 出来な, 出来ないだろう, 出来ませんし, 判って, 動くこと, 勿論である, 十分に, 可能で, 可能に, 問題に, 困難である, 固より, 大切である, 容易である, 当時の, 当然である, 彼が, 思われて, 想像せられる, 明白に, 止めて, 気を, 源氏は, 無いと, 無くて, 珍らしくなかった, 確かだ, 考えられるが, 覚えた, 記憶に, 話すこと

6 [104件] あったから, あったでしょう, あったろうが, あらあ, あらうし, あらうと, ありさ, ありますのよ, あるであらう, あるです, あるでせう, あるでは, ある人, いった, いやな, お忘れ, これで, これと, ございませぬ, しかねた, しばしばである, すっかり忘れ, そのとき, たしかです, できたが, できて, できないくらい, できなかったし, できましょう, できませぬ, できませんが, できませんし, できやう, できようと, できるから, できるであらう, ないか, ない位, なかったであろう, なかつたのに, なきに, なくお, なくは, また何, むずかしい, やって, よくわかります, 一度も, 不可能であった, 不可能な, 不可能に, 事実だった, 事実で, 亦出, 人を, 今日の, 何の, 俺は, 出来ずその, 出来て, 出来ないこと, 出来るから, 出来るという, 出来るもの, 出来ん, 分つて, 前と, 叫ぶこと, 可能であろう, 同じよう, 同様に, 少しも, 尠く, 幾度であったろう, 彼女には, 御座いません, 忘れがたい, 忘れること, 念頭に, 思った, 思われた, 息を, 悲しいこと, 想像し, 想像する, 想像に, 意味の, 憎むこと, 打ち忘れて, 書かれて, 此の, 無いで, 現代の, 目に, 知っては, 知らなければ, 知れて, 笑うこと, 考えられないこと, 興味が, 興味の, 非常な, 面白い, 頭に

5 [172件] あったけれども, あったに, あったよ, あったり, あったん, あってよ, あつたらしい, あの人, あの女, ありあるいは, ありうる, ありうるの, ありまさあ, ありましたの, ありますからな, ありますがね, ありますね, ありませんので, あり或は, あるけど, あるだが, あるであろうが, あるといふ, あるとか, あるなり, あるのに, あるまいから, あるまいとは, あるらしかった, ある女, ある男, おぼえて, おもしろい, おわかり, この場合, これまた, これを, ございましょう, ございませんわ, ござらぬ, さすがに, したの, しなかつた, しなかつたで, しなければ, するの, そうだ, その人, その原因, それだ, それで, たしかである, ついでに, できたのに, できないであろう, できないやう, できなくなつ, できなくなりました, できなくは, できぬよう, できますが, できますまい, できやしない, できるかも, できるでは, どうかと, どちらも, ないぢ, ないでしょうけれど, ないふしぎ, ない様, ない筈, ない自分, なかつたので, なかりき, なくすぐ, なくなったの, なく夏, なく彼, なく自分, なく自然, ならず, はいって, またそれ, また一つ, また自分, わかるの, わたしの, 一度ならずあった, 不思議だ, 不思議は, 世間の, 云へ, 人に, 今と, 似て, 何う, 何でも, 信じて, 出来ないであろう, 出来ない位, 出来ない始末, 出来ない筈, 出来なくな, 出来まいと, 出来ませんが, 出来ませんでしたが, 出来ませんので, 出来るかも, 出来るので, 判明した, 可能だ, 否めない, 吾, 告げた, 多くなった, 多くの, 大切だ, 少ないの, 少なからず, 少なくなかった, 少なくは, 度々あつ, 度々あります, 張文成などの, 彼にとっては, 彼を, 御存じで, 御存知ない, 御座いますが, 御座いませんが, 心配し, 忘れられない, 想像された, 意味が, 意味ふかい, 明白である, 明瞭に, 時候の, 有つた, 有之, 死ぬこと, 殆どない, 永久に, 決してない, 決して不可能, 泣くこと, 無いやう, 無ければ, 無しに, 父の, 理解する, 當時の, 疑う余地, 知りぬいて, 禁じられて, 結局は, 絶対に, 考えないわけ, 考えなかった, 考えに, 考えられるの, 考える必要, 考へた, 考へねば, 聞きません, 自分を, 解つた, 起らなかった, 身うごきする, 釣りの, 食べること

4 [268件] あったかと, あったこと, あつたらう, あなたの, あらんかと, あらんと, ありうること, ありこれ, ありて, ありましたけれども, ありましたっけ, ありますのさ, ありませぬ, ありませんけれど, ありませんし, ありませんわ, あり得ぬこと, あり時には, あり自分, あり誰, あるか, あるからと, あるこれ, あるしね, あるぜ, あるだらうが, あるでしょうから, あるでせうが, あるに, あるべしと, あるまいけれど, ある奈良, いっしょに, いらないし, いらないの, うれしかつ, おこりません, おざる, お思い, お言い, かかれて, この時, この際, この頃, これまでの, これも, ございますから, ございますし, ございませんし, さう, しなかったし, しなくなった, しばしばであった, そこから, そしてその, その一, それに, それは, たしかだ, たしかだった, たびたびある, たびたびであった, できず息, できたで, できたはず, できたろう, できないこの, できないらしい, できない人, できない状態, できない自分, できなかったから, できなかったん, できぬが, できませんから, できませんでしたが, できるという, できるので, ないかと, ないぜ, ないそう, ないそれ, ないだらうと, ないだろうと, ないといった, ないところ, ないな, ないのよ, ないや, ない不思議, ない名前, ない方, ない癖, ない程, ない者, ない訳, ない顔, なかったです, なかつたと, なかつたやう, なくいつ, なくしたがって, なくた, なくなつた, なくやがて, なくわたし, なく二人, なく又, なく姿, なく逃げ, ならずその, ならぬ, なんの, ねえから, ほとんどなかっ, ほぼ想像, またこれ, また可能, また大, また想像, また私, まれであった, めずらしくない, もちろんである, もちろんであろう, やがては, よく分っ, よく知つて, よく覚え, わからない, わかれば, 上手に, 世間には, 事実では, 事実な, 事實です, 二三度あった, 云は, 云ふ, 云わないで, 今日は, 仕事の, 伝えられて, 例の, 偶然では, 出来ずただ, 出来ないじゃ, 出来ないでしょう, 出来ないのに, 出来なくなったの, 出来ねえ, 出来ました, 出来ましょう, 出来ますまい, 出来ませぬ, 出来るけれど, 出来る位, 判る, 前から, 原因し, 原因の, 叶は, 君は, 問題でありません, 問題では, 困難だ, 困難で, 困難な, 困難に, 多々ある, 多かろう, 大切で, 妙に, 嬉しくありました, 子供の, 存じて, 実はこの, 宮は, 容易な, 察する, 察せられる, 少くなった, 平氣, 度々で, 度々であった, 当然の, 彼女が, 後には, 必要であり, 忘れちゃ, 忘れない, 忘れました, 怖れない, 思いだして, 思い出される, 思ひ出した, 怠らなかった, 恐ろしいこと, 想像した, 想像出来る, 意識し, 手に, 手伝って, 早い, 早かった, 明かである, 明かに, 明らかだ, 時々ある, 有ました, 有ります, 本当だ, 村の, 植物を, 此ごろこの, 殺すこと, 氣に, 沢山ある, 無いこと, 無いし, 無いとは, 無いん, 無駄で, 珍らしい, 理由の, 理解される, 皆忘れ, 矢代は, 知ったの, 知ってるし, 知らなかつた, 知りません, 確かです, 確かな, 私たちに, 私にと, 私にとっては, 考えなくては, 考えます, 考えられない, 考へました, 考へられて, 考へられるの, 聴いたこと, 肯ける, 胸に, 自分には, 自然と, 自然に, 自由だ, 見当が, 言えません, 言は, 言へる, 言わずに, 言葉を, 記されて, 話題に, 語って, 誰も, 起るの, 過去の, 間々ある, 間違いない, 面白いこと, 面白いと, 頼んで, 飲むこと

3 [482件] あずかって, あたしは, あったね, あったのに, あったのよ, あったろうと, あつたさうだ, あつたり, あとで, あなたが, あまりなかつた, あらねば, あらんか, あらんには, ありありと, ありうるが, ありうるであろう, ありお, ありがち, ありそんな, ありますわ, ありませんでしたから, ありゃしない, あり主人, あり今, あり得るわけ, あり或, あり私, あり突如, あるお, あるこの, あるその, あるそれ, あるだらうよ, あるだろうよ, あるね, あるほど, あるまいそれに, あるまいという, あるまいね, ある代り, ある故, ある程, ある筈, あろうけれども, い, いいが, いえるの, いつもの, いまでは, いろいろと, いわなかった, いわれて, うなずける, おありでしょう, おざら, おぼえた, おぼつかない, おまへん, お絹, かなしいこと, かなり多い, かまわずに, きまり悪く, ここでは, このこと, この人, この男, これは, ございましょうが, ございますので, ございませんけれど, ございませんでしたが, ござる, ござるまい, ござろう, ござんすまい, さること, しかねて, したこと, しないが, しないの, しば, しばしばあります, しばしばでした, しません, じぶん, すくなくない, すくなくなかった, すでに述べた, すべての, すべては, するん, ずいぶんある, せず, せずただ, そうだった, そのとおり, その日, それらが, たしかな, たびたびありました, たびたびだった, できずそのまま, できたわけ, できないありさ, できないからね, できないでしょう, できないとは, できないのに, できないほどに, できないまま, できないよ, できない多, できない筈, できない運命, できなかったろう, できなくなる, できなくなるだろう, できぬの, できねえ, できねえん, できますよ, できませんからね, できませんね, できやしません, できるくらい, できるだが, できるのよ, できん, ですか, ないあの, ないかの, ないくら, ないけど, ないその, ないだろうけど, ないて, ないはず, ないほどの, ないやつ, ないらしかった, ない一人, ない名, ない国, ない大, ない山, ない彼女, ない恐しい, ない父, ない立派, なうなつ, なかったら, なかったらしい, なかつたか, なかつたから, なかつたけれども, なからん, なかろうけれど, なくあの, なくかえって, なくした, なくしばらく, なくそこ, なくそのまま, なくどこ, なくなりました, なくなる, なくぼんやり, なくまあ, なくむしろ, なくラッセル, なく世間, なく僕, なく寧ろ, なく少し, なく手紙, なく母, なく消え失せ, なく眼, なく示した, なく立ち去った, なく過ぎ, なく過し, なさ, なしかねた, なしまた, ならずお, ならずそのまま, ならずに, なりがたい, ねえさ, はなはだしい, ふくめて, ほかの, またたしか, また同様, また否定, また大きな, また容易, また明らか, また決して, また甚, めったに, めったにない, もう忘れ, よいが, よかった, よく御存じ, よく考え, よして, ろくに知らない, わかるし, わたしには, われわれの, ポンチ, 一つは, 一と, 一の, 一切が, 一切の, 一度は, 一種の, 三度や, 不可能だ, 不自然で, 主人の, 之を, 争われない, 事実でしょう, 事実らしい, 二三度ある, 二三度は, 云えない, 云わなければ, 亦あり得る, 亦た, 亦甚だ, 今まで, 今より, 仕方が, 他を, 伸子に, 伸子の, 何もかも忘れ, 何んにも, 信ずること, 偶には, 働くこと, 兄の, 先の, 入ること, 再三あった, 冷淡な, 出来ず又, 出来たから, 出来たはず, 出来ないかも, 出来ないこの, 出来ないといった, 出来ないといふ, 出来ないところ, 出来ないほどの, 出来ないらしい, 出来ない時, 出来ない相談, 出来ない運命, 出来なかったし, 出来なかったと, 出来なかったのに, 出来なかったん, 出来なかつたが, 出来なかつたの, 出来なくなったよう, 出来なくなつ, 出来なくなるの, 出来なくは, 出来にくい, 出来ぬという, 出来ぬので, 出来ぬ位, 出来ねば, 出来まい, 出来ますし, 出来ませんの, 出来ようが, 出来ようと, 出来ること, 分りました, 判り切って, 前の, 割合に, 勘定に, 半分は, 原因だった, 厠へ, 厭な, 厭は, 同じだ, 同じであった, 同樣, 含めて, 含んで, 周知の, 変に, 変りは, 多いと, 多くなっ, 多少は, 好きだった, 嬉しいこと, 子供が, 存じません, 安心し, 実際に, 宮の, 家の, 容易であろう, 寝ること, 少い, 少からず, 少なかった, 尠い, 屡々ある, 平気で, 幾度と, 序に, 度々ありました, 度々だ, 度々でした, 当然と, 彼に, 往々ある, 後の, 御存じでしょう, 御座います, 心配に, 必要であった, 必要であろう, 必要な, 忘れられて, 忘れられません, 忘れるが, 怒って, 怒ること, 思い出されて, 思い出した, 思い出す, 思つた, 思ひ出された, 思ひ出されて, 思ひ出します, 恨むこと, 悲しかった, 悲しむこと, 想像が, 想像し得られる, 意識の, 感じて, 感ぜられた, 我々の, 打ち明けた, 打忘れ, 斯う, 新聞に, 日記に, 早や, 明らかな, 明日の, 時々あった, 書きましたが, 書き添えて, 月の, 有ったが, 有りますよ, 有るの, 有明の, 本当です, 本当な, 本當, 正直の, 母の, 気には, 決して悪い, 注意し, 注意しなけれ, 注意に, 浮んで, 無いでしょう, 無いのに, 無い人, 無くは, 無さそう, 無意味で, 無理で, 無理は, 爭はれない, 珍しい, 生じて, 申します, 男の, 疑いない, 発見した, 白状する, 皆この, 皆な, 目的の, 相手を, 眠ること, 知ってるん, 知つた, 知らず, 知らずじまい, 知らないよう, 知りました, 知ること, 知る人, 確かだった, 確かであり, 神の, 私たちの, 私たちは, 稀な, 稀には, 稀れ, 立止る, 立派な, 笑ふこ, 考えては, 考えないでは, 考えました, 考えられて, 考えられなかった, 考えられますが, 考える, 考えるよう, 考へられた, 考慮し, 聽いた, 自分で, 自分では, 自分に, 自然である, 自然の, 自由である, 自由に, 苦しかつ, 要するにその, 見逃しては, 覺えて, 言いました, 言い添えて, 言うの, 言うん, 言える, 言つ, 言つてゐた, 言わなかった, 計算に, 許された, 許されないの, 許されるの, 話したの, 話に, 認めて, 認めなければ, 語られて, 説いて, 読むこと, 誰にも, 謂へ, 起った, 身を, 辞さなかった, 追, 進むこと, 重要な, 長くは, 間々あった, 間違いでは, 間違いは, 食うこと

2 [1446件 抜粋] あきらかである, あったくらい, あったっけね, あったなあ, あったまた, あったろうし, あつたでせう, あながち不可能, あなたは, あまりない, あらぬなり, ありうると, ありけん句集, ありそこ, ありと, ありましたな, ありましてね, ありますの, ありますめ, ありませんでございます, ありませんの, ありまたは, ありやしない, あり勝ち, あり多く, あり当たらぬこと, あり得ること, あり得るので, あり明, あり皆, あるからな, あるこうして, あるため, あるだらうと, あるで, あるでせうよ, あるとの, あるなどと, あるまいかと, あるまいなどという, あるゆえ, あるらしいよ, あるらしく家人, ある可, ある彼女, ある通り, あろうけだし, あわせて, いうが, いかにもあり, いけないと, いたしますまい, いつた然し, いやだ, いよ, いわないで, うんざりする, おびただしい, おりおりは, お出来, お心, お検, お茶の水に, かいて, かなり辛い, きかれた, きつと, くたびれて, ここまで, この上, この歌, この道中, これによって, ございまして, ございますまいけれども, ございませんよ, さらにない, しえないで, したと, しないだろう, しなかったの, しばしばありました, しやべ, しりぞくこと, すこしは, すっかりわかっ, すべてが, ずい分ある, せずまた, せなん, その一々, その基本的, その理由, その通り, それによって, それ自身としては, たいていは, たのむ, たびたびである, だよ, だんだん忘れる, ちゃんと心, つまらないこと, できずそれで, できず空しく, できたから, できたでしょうが, できた筈, できないくせ, できないといふ, できないはず, できない方, できない私, できなかったでしょう, できなかったよう, できなくなります, できにくい, できぬでは, できぬ問題, できますから, できやしないよ, できらア, できるだ, できるのに, できる人, できんの, でき言葉, とうの, どこまで, ないうち, ないかわり, ないそんな, ないだろうし, ないでしょうと, ないのみ, ないわね, ない事実, ない仲, ない声, ない奇怪, ない家, ない彼, ない父親, ない積り, ない西洋, ない金, なかつたで, なかなかの, なかるべし, なかろうじゃ, なくいわば, なくかれ, なくするする, なくそして, なくつまり, なくなるからね, なくぶらぶら, なくむろん, なくもとより, なくスラスラ, なく互に, なく今, なく別に, なく地上, なく安心, なく小さな, なく平常, なく恵美押勝, なく日々, なく本来, なく毎日, なく消え, なく狼狽, なく眺め, なく自由, なく要領, なく走り, なく過, なく顔, なけりゃあ, なしだ, なし勿論, なにから, ならずそう, ならず互に, ならず柳橋, ならないから, ならなかったの, なりますまい, にて, ねえだそう, ねえんで, はっきりわかっ, ひどく憤慨, ほ, ほんとうだ, ほんの一時, またしばしば, また今, また前, また否むべからず, また当時, また悲しく, また知れり, また著しい, まちがいありません, ままある, まんざら無意義, みんなわかっ, みんな知っ, めずらしくは, もし拙く, もっともだ, やはりこの, やはり単なる, やむをえなかった, ゆるされて, よい, ようく, よくありました, よく分らない, よく話, わかつた, わかりきって, わかるが, わしは, わるいこと, ゴーゴリの, 一つに, 一再に, 一度ならず, 一方法, 一般に, 一部の, 下に, 不可能であろう, 不思議と, 不思議に, 世には, 久しいもの, 予想し, 事実かも, 事実だろう, 事実に, 二度ぐらゐあつて神戸の, 云う, 云う必要, 云つてゐました, 云へる, 亦われら, 亦容易, 亦爭, 人々に, 人間の, 今更に, 仕事に, 以上の, 仲直りの, 伸子を, 何から, 何を, 余計に, 信吾は, 偽りの, 元より, 充分考慮, 全くこれ, 全く書かぬ, 公然の, 冷やかに, 出た, 出来しません, 出来ず唯, 出来その, 出来たで, 出来たん, 出来ないそれ, 出来ないほどに, 出来ないわ, 出来ない事実, 出来ない現実, 出来なかったこと, 出来なかったよう, 出来なかつたので, 出来ぬある, 出来ぬよう, 出来ねえん, 出来ましたし, 出来ようかと, 出来るこの, 出来るで, 出来るのに, 出来るほどの, 出来る性質, 出来んの, 出来無かった, 分らなくは, 判らない, 別の, 前後に, 勝手だ, 勝手に, 半蔵の, 厳として, 口で, 合点が, 同然です, 否めない事実, 告白しなけれ, 困ります, 地面に, 売ること, 変である, 多いだろう, 多いので, 多かったろう, 多し, 大いに問題, 大なる, 大体は, 大変面白い, 大體, 好いが, 好きであった, 妻の, 嬉しい, 学んで, 実に意味, 実際には, 家屋敷を, 容易でござろう, 察して, 少くなっ, 少しお話し, 少なくなった, 屡々あつ, 左右の, 巧みに, 平気である, 平気に, 店中の, 庸三の, 強く意識, 当然な, 彼女に, 彼等の, 御存じあるまい, 御迷惑, 心配だ, 必ずしも不思議, 必要と, 忘れたやう, 忘れよう, 忘れ期待, 忘れ通, 思いやられた, 思うの, 思はれる, 急に, 恥ずかしくて, 悪くは, 愉快だ, 意味深い, 意義が, 感じた, 感じます, 感じること, 憚られる, 戻ること, 手足を, 折々ある, 挙げること, 措いて, 散歩する, 日課の, 明かです, 明らかであります, 明日からの, 易々たる, 時々は, 時に考える, 更に注意, 書くつもり, 書物を, 有つて, 有らうぢ, 有りましたが, 有り得ないこと, 有り得るし, 有るそう, 木炭を, 本当だろう, 東京の, 根が, 栽培の, 業腹な, 楽しみに, 樂しか, 正直に, 気づかないよう, 気の毒に, 氣を, 決してむずかしい, 決して稀, 沁, 注目に, 滅びること, 無いから, 無いので, 無い不思議, 無かりし, 無制限だ, 無意味に, 無理でない, 父としての, 珍しからず, 現実には, 理解されない, 生まれて, 異議を, 痛切に, 皆んなよく, 目が, 直ぐ忘れ, 相談しよう, 真面目に, 矢田津世子の, 知つてゐます, 知らせて, 知らないでは, 知らぬげに, 知らぬ魂, 知るよう, 確かであります, 確かめられた, 確に, 社会の, 私を, 稀であった, 稀れで, 種々な, 立って, 笹村の, 結局郷土人に, 絶望に, 綾衣は, 考えずに, 考えてたよう, 考えないの, 考えられたので, 考えられるし, 考へないでは, 考へられないでは, 耳には, 聞いては, 聞かない, 聞きましたが, 聞くもん, 自分は, 至難で, 色々話した, 苦に, 草しげる, 行われた, 見ないで, 見抜いて, 見遁, 親分さんは, 解った, 解りました, 言いましたが, 言はれ, 計らぬ因縁, 記録に, 許しは, 話したであろうほぼ, 認めざるを, 語った, 調べて, 貴様は, 起こりますからね, 起ったわけ, 起る, 趣味の, 踏込んで, 身を以て, 辛抱する, 迅かった, 退ッ, 遠い昔, 遺族の, 金を, 関係し, 附記し, 随分あります, 面白かった, 頷ける, 餘り, 驚くばかり, 鮮やかな

1 [12380件 抜粋] あいまって, あたりまえな, あったであろうこと, あったろうよ, あっての, あなたという, あまりなかっ, あらうから, あらん古人, ありえます, ありしかども, ありときには, ありましねえだよ, ありませうがな, ありませんやね, ありようはず, あり三河守定基, あり信仰, あり台所, あり常磐線藤代駅, あり得ないの, あり得るん, あり昼, あり殺すため, あり相, あり落莫, あり遠く, あるあいだがら, あるからの, あるだろうか, あるでしょよ, あるひは, あるまいとお, あるものの, ある二十面相, ある女性, ある木曾, ある菊五郎, あろうかという, いいという, いかに大, いそがしい用事, いつかそこに, いとおしくそれに, いま直ぐには, いらぬので, いわずほとんど, うたって, うわさにも, おそいよう, おなごは, おもい出された, おわかりでしょう, お教え, お聞き, お鳥, かたく大学, かなわず申訳, かわらなかった, きのう柳田の, けっこうだ, こたへる, このふがいない, この信仰, この日, この頃ぢ, こわいこと, ございますからね, ござらぬが, ご縁, さびしいこと, しかし何, したが, しどろもどろです, しなかったと, しばしばあっ, しめえが, すくない, すっかり分っ, すでに書いた, すべて考へる, ずいぶん度々あった, せず御無沙汰, せなかった, そうと, そしておとうさん, そのひとつ, その作家, その意味どおり, その程度, それから, それに或, そんな慶事, たしかで, ただ時間, たびたび出, だんだん上手, ちゃんと見, ちらと, つひに, できずいく人, できずねがえりばかり, できず今, できず地団太, できず払いのけること, できず私, できず這うよう, できたよう, できないその, できないのみか, できない僕, できない戦争, できない破れないレコード, できなかったけれど, できなかつたらうと, できなくまた, できぬ時代, できねでせんめ, できませんで, できやせんぼろ, できるだろうお前, できる機会, でき同室, とうに一般的, とり殺して, どう言い訳, ないおかみさん, ないしさ, ないちっぽけ, ないのびやか, ないわさ, ない一握り, ない人群れ, ない別人, ない型, ない家造り, ない従姉, ない打明け, ない枝, ない法隆寺, ない生活, ない祖先崇拝, ない美しい景色, ない蜻蛉, ない退屈, ない頭髪, なかったやろ, なかつた自動車, なかるべきを, なきゃ何, なくうまいぐあいに, なくごろごろ, なくたがい, なくど, なくなる勘定, なくめいめい勝手, なくヂョウジアァナ, なく一杯, なく二人一緒, なく俊三, なく出帆, なく取出し, なく坂本城, なく安楽, なく帰って, なく往, なく急ぎ足, なく放し, なく晦まし去っ, なく歓待, なく永久, なく満ち溢れた, なく生きた, なく空中, なく続い, なく色々, なく話しこん, なく通り抜け, なく間もなく, なぐさめか, なしそういう, なし後悔, なすいと, ならずだん, ならず実に, ならなかつたので, なるほど, ねえかも, ねえ駄目, はた謂う, はる子に, ひまつぶしとしては, ふと思う, ほぼ想察, ぼーっとなっ, ますます深く, またおの, またはその, またわかるであろう, また分っ, また室内, また振り返る, また漸く, また約束, また言, まだできない, まったく不可能, まるで感じ, みなできない, みんな一緒に, むずかしい問題, むろん必要, もう一つ, もしかする, もちろん心, もどかしく大声, やってのける, やはり否めない, やはり自分, やらなければ, ゆっくり相談, よくあつ, よく合点, よく自, より恐ろしい, わからず彼, わかるから, わたくしは, イギリスの, コロンブスにとっては, ツと, マアああ, 一つ前に, 一切そんな, 一因と, 一度くらいは, 一昨年以来全く, 一興であろう, 万国色道哲学における, 上落合の, 不可解であり, 不満である, 世間に, 主婦である, 亀阜荘さまへ, 争われません, 二つながらさば, 二日にわたり, 云ったもん, 云わないので, 亦いろいろ, 亦却つて一, 亦戦力増強, 亦苦行, 人より, 仄めかしますと, 今日こそ, 仕合わせね, 仲介人が, 伝達する, 何という, 何ん, 作者は, 信ぜぬ訳, 偲ばゆよみ, 充分できよう, 先生は, 全く如上, 八百長といふ, 其の中, 再々で, 出れば, 出来ずお, 出来ずばったり, 出来ず仕方, 出来ず四方山話, 出来ず思いだすたび, 出来ず江戸, 出来ず遂に, 出来たろう反動下, 出来ないだけが, 出来ない不服, 出来ない心持, 出来ない短い, 出来ない風, 出来なかった関子, 出来なくなるだろう, 出来ぬ人間, 出来まいからね, 出来ませぬくら, 出来やしねえ, 出来るでございましょう取りあえず, 出来る淋し, 出来已に, 分かって, 分りますだって, 初めっ, 判り切つて, 前後の, 勉強の, 勿論大切, 十分わかります, 単に精霊, 厭うたでは, 又折, 口へ, 可笑しなくらい, 叶わぬ運命, 同じ程, 同然らしい, 否定する, 味いを, 問題であった, 噂された, 図に, 堅忍である, 外が, 多かるべし, 多少気, 大いに怠っ, 大人なら, 大変辛い, 天なる, 女には, 好きでした, 姉から, 娘子として, 子としては, 安土の, 実はちゃんと, 実際できる, 容易いと, 察しが, 対手が, 小野治郎右衛門の, 少く病気がち, 少なかろう, 就職とともに, 岩魚を, 巽小, 平気であろう, 幾つかの, 度々に, 弁った, 当に, 彦兵衛は, 彼等は, 従って都会人, 御座いました, 御配慮, 心配してる, 必ず困る, 忍び得ない, 忘れつい, 忘れるなよ, 忘れ珈琲, 怒りを, 思いついた, 思い出すの, 思うよう, 思ひ出したの, 怠らないという, 恋人らしい, 恥じる事, 悪いめぐり, 情熱を, 想像できない, 意識に, 感情に, 憐れむこと, 我慢する, 手ちがいなく達し, 打ち開, 抱いても, 捨て女優, 握手する, 救けねば, 数多ければ, 斬合いが, 旅では, 日比谷の, 明い電燈, 明記され, 昼は, 時折指摘され, 更にない, 書き加えた, 月さえも, 有りませんから, 有るべく互に, 有野村あたりまで, 未だ出, 束の間歩道一杯の, 根気よく, 楓の, 楽しいなんて, 次第に僕, 正しかったでしょう, 歩行も, 残らず終った, 比較的單純, 気づかって, 気遣われて, 決してしない, 決して悪く, 沈まって, 注目された, 深いが, 満更不可能, 濃霧に, 無いものサ, 無えん, 無くッ, 無しまた, 無用な, 無駄であるまい, 片づくと, 玄妙な, 理解しない, 生きる, 甲斐は, 申せないこと, 疎略には, 疲れたこと, 白昼である, 皆様は, 直ぐわかる, 眉つばものと, 眼中に, 知ってるはず, 知らず吹こうとも, 知らないこと, 知らない手, 知らぬらしく夢中, 知りたつた一夜, 知るまいし, 破れて, 社会的に, 禁物である, 秋旻に, 種んな, 笑い話に, 精神が, 結局わからなかった, 続けて, 罷り間違えば, 考えずあるに, 考えませんでした, 考えられる仮に, 考え得られるが, 考へなさい, 聖餐に, 聞かないよう, 聞こえないふり, 肯けた, 自から, 自己が, 自覚し, 船へ, 若い女性, 茲に, 薫にとって, 行為の, 要らない, 見のがすこと, 見舞にも, 覚え運動場, 解らない, 言いだした, 言えその, 言ってたぜ, 言わず自分, 訊かないで, 訣る, 許されないといふ, 許せるん, 話した筈, 詳しく話し, 語らない, 誰かが, 謂えぬか, 負債の, 起こらなかった, 起ること, 躰を, 辞さぬくらいの, 迫って, 逐一聞かされた, 遂人の, 遠い遠い昔語り, 避けること, 金で, 閉めること, 限りは, 雑誌の, 静かに, 預つて, 頼母しい, 食事を, 驚かぬぞ

▼ こと~ (26317, 4.1%)

3191 はない 1215 あつた 587 はなく 517 はありません 481 せう 473 あらう 467 はなかっ 417 もある 399 もない 372 はある 192 ござります 172 はあるまい 143 あつて 128 もあり 101 はございません 99 はあった, はなかつた 85 私は 80 はあり 72 もなかっ 69 あらうと 62 これは 61 もなく 60 はなかろう 59 は無い 57 ござりまする, それを, 自分の 56 はないだろう 53 はありませんでした, 彼は 52 しかない 49 もあろう 48 それが 45 はないでしょう 44 何か 43 せうが 42 ござりましょう 40 あらうか, それは 38 ござりました 37 私が 35 どうする, もありません 34 あらうが, もなけれ 33 あつたらう, もあつ 32 もあれ 31 は, 私の 29 はあります 28 もあります 27 あつたの, せうな 26 頭が 25 はありますまい, はあろう 24 はいけない, もお, も何 22 これが, はなくし 21 ね, はなし, は駄目, もそれ 20 これを, はござらぬ, もわかる, 何も 19 あらねば, それも, も考え, 気を 18 もなし, もなん, も無い, 私を 17 はありませぬ, 私も, 自分は 16 はないです, もあるまい, 今は, 彼の 15 その時, それに, はございませぬ, は決して, 心を 14 せうね, なしに, はあつ, はござりませぬ, は私, 今の, 俺は 13 これも, ござりまし, はなかったろう, はなから, 人を, 人間の, 話が 12 しかなかっ, はなかなか, 二人の, 人の, 伸子は, 夢中に

11 [18件] いいの, さう, せうか, な, はこの, はございますまい, もございません, もその, も私, も考へ, 何が, 僕の, 僕は, 急に, 日本の, 気が, 満足し, 自分に

10 [18件] いっぱいだった, こんなこと, すぐに, なくし, はとても, はな, は何, ほかの, も, も致します, 今では, 今日は, 何の, 満足する, 胸が, 自分が, 自分を, 頭を

9 [27件] あつたら, あなたの, あなたを, おざった, さ, そのため, その人, はあっ, はあり得ない, はございます, はござりませぬか, もあらう, もございます, もしなけれ, もすぐ, もどんな, もよい, もよく, も人, も自分, 世間の, 今日の, 他の, 御心配, 心の, 有った, 誰も

8 [21件] あとは, あらうかと, おざる, はあまり, はその, はだめ, は無く, もいたします, もこの, もまた, もわかります, 之を, 喧嘩を, 女の, 御座ります, 手が, 此の, 満足した, 知られて, 私に, 腹を

7 [38件] あなたは, いっぱいに, こちらの, さあ, さへ, さア, そこに, そのこと, そのとき, その夜, その日, はいつ, はお, はございませんでした, はまだ, は勿論, は困る, は御座いません, は無, もあ, もな, もなかろう, も云, も彼, 今でも, 僕も, 土地の, 少しも, 当時の, 彼を, 心が, 時間を, 朝の, 私と, 自身の, 誰が, 身を, 金を

6 [45件] あらうとも, あれは, これには, これまで, しよう, せうから, せうよ, せう親分, そこには, その中, はないだらう, はなくなっ, もありました, もあるなら, もしてやる, もないだろう, もやりかねない, も話し, よからう, よかろう, 一と, 世話に, 世間に, 二人は, 人に, 人間は, 以前は, 何う, 先生は, 十分である, 命を, 彼女を, 心配し, 手を, 文句を, 日を, 昔の, 昔は, 有らう, 有名な, 私達は, 而も, 自分で, 自分も, 苦しんで

5 [77件] あの人, あらうし, あツ, いい, いっぱいな, いろいろの, おぢ, おれは, ここで, ここに, ここまで, このこと, この上, この日, さえある, しかもその, そこから, その前, それから, それだ, それと, そんなこと, ともかくも, どうなる, なにが, なにも, はあらう, はどう, はなくなった, はもう, は人, は仕方, は容易, は満足, は自分, ほかには, もいう, もこれ, もできた, も判る, も心配, も無かっ, も聞く, も解る, も起こらなけれ, わしは, わたしが, わたしの, 一つの, 一ぱいな, 一ぱいに, 一種の, 三人の, 人は, 今まで, 他に, 他流の, 何を, 先生の, 口を, 多分は, 女が, 彼女が, 御相談, 或る, 是は, 本当の, 村の, 来たん, 満足しよう, 現在の, 男の, 自分たちの, 誰に, 近頃は, 非常な, 非常に

4 [118件] あつたらしい, あらうから, あらうぞ, い, いっぱいで, いろいろと, おれの, お前の, お蝶, がすよ, この場合, この話, ごぜえます, せうと, せう親分さん, そこへ, そのほか, そのよう, その晩, その話, それで, それらの, ちよつと, どこの, はありました, はいけません, はとうてい, はなくなる, は同じ, は君, は彼, は御, は日本, は気, は絶対, は誰, ひそかに, ほかに, もありますまい, もあるし, もう一つ, もそう, もとは, もやる, も一つ, も云つて, も他, も何ん, も出来た, も分る, も口, も平気, も思い出した, も皆, も話した, やつと, わかります, わたしは, われわれが, 一人の, 一寸お, 一杯にな, 一緒に, 一般に, 一般の, 主人を, 之に, 人が, 今から, 仕方が, 以て, 何かの, 例の, 僕が, 僕を, 出て, 別に不思議, 君に, 君は, 商売に, 声を, 変に, 多くの, 多計代, 夢中だった, 夫人は, 女は, 安心し, 客は, 容易に, 少しばかり, 彼が, 彼も, 彼らの, 彼女の, 彼等の, 後に, 成功した, 日が, 村人の, 来たの, 来て, 母と, 氣が, 済んで, 源氏の, 焼餅を, 父が, 父を, 物を, 相談に, 私たちは, 結局は, 胸を, 腹が, 自然に, 言ひ, 誰にも

3 [242件] あたしに, あつたさうだ, あなたが, いろいろな, おあり, おざりませう, おれを, お前が, お前は, お前を, お君, か, がす, ここへ, この, このよう, この家, この時, この点, これで, これまた, そこの, そしてその, そっちへ, そのあと, そのままに, その年, その当時, その後は, その時分, その点, その理由, その結果, その辺, その間に, その頃, それなら, それについて, それには, それに対して, それまでの, それまでは, それ以上に, それ以上の, ために, つまりは, とりわけ重宝, どうします, どうしよう, なあ, なし, なんか, なんの, はあなた, はあの, はお前, はすまされない, はずいぶん, はそれ, はねえ, はむしろ, はむずかしい, はもと, はやはり, は今, は大分今, は少し, は手, は日本一, は止み, は氣, は目, は腹, は随分, は面白く, びっくりする, ほんとうに, ほんとうの, まごまごし, もあなた, もあの, もありましたら, もありましょう, もありませんでした, もあるらしい, もうんと, もきっと, もございましたら, もござりませぬ, もしは, もすべて, もする, もすれ, もできます, もなさいました, もはっきり, もやつ, もやります, も云う, も他人, も僕, も先生, も出, も否, も実に, も彼女, も思い出し, も悪い, も我慢, も有る, も気, も相当, も胸, も言, も語る, よく喧嘩, わかるの, わたくしは, ゴーリキイは, ソヴェトの, 一ぱいでした, 一人前の, 一杯だ, 一杯な, 一杯に, 両親の, 中には, 主人が, 之が, 事件は, 二つの, 二人とも, 二日も, 人々は, 今も, 今度の, 仕事が, 仕事の, 何にも, 何んか, 何んの, 余りの, 僕と, 元は, 兄の, 兄弟が, 内実は, 分る, 切上げて, 前に, 十分な, 厶ります, 厶る, 右の, 同じよう, 向うの, 君が, 君の, 君を, 品子と, 問題は, 外から, 外に, 夜は, 大事な, 大切な, 天下の, 失敗した, 女中は, 妾の, 娘の, 実際には, 実際の, 家に, 家の, 家を, 小説の, 山の, 峠の, 市が, 年は, 庄造以上に, 彼女は, 往来の, 得意に, 御座り, 御迷惑, 怒って, 我を, 戸外には, 手に, 折角の, 早くも, 明日の, 昔から, 普通の, 最初の, 有る, 有ろう, 有名だった, 有名に, 本人は, 次の, 此方が, 死んで, 死骸が, 母の, 江戸へ, 済みました, 無慈悲な, 父は, 生の, 生活の, 男と, 直ぐに, 直接に, 相手を, 知って, 私自身も, 第二, 終って, 自分には, 自分にも, 自然の, 船の, 解決の, 言って, 話は, 話を, 誰か, 誰しも, 誰でも, 貴方を, 近頃の, 迷惑を, 部屋の, 間違いが, 雨が, 雪の, 面白いこと, 音を, 顔を

2 [893件 抜粋] あきらかに, あたしが, あなたと, あのとき, あの戦争, あらうあたり, あらうに, あり得るだろうか, あるいは一向, あれほど, あんじょうお, いい年配, いうと, いずれは, いっぱいだ, いつまでも, いまで, いやア, え, おさえつけて, おすがには, おみよ叔母, おもしろい話, お了, お互いに, お叱り, お噂, お民, お父様, お終, お菊さん, お許しが, お願いに, かい, からかわれてから, けんかを, こうも, この二つ, この人, この問題, この地, この女, この村, この草, この際, この頃, これだけ, これに, これほど, こんな話, ごあん, ござりますれ, ごまかされるよう, ご相談, さうし, さえあった, さすがに, しかもそれ, しようが, すこしでも, すべてが, せうお, そういえ, そこまで, そしてそれ, そのご, その上, その以上, その以前, その友人, その実, その後に, その思念, その意味, その最も, その瀬, その親切, その金, その間の, それすら, それの, それらは, それらを, たいていの, たとえばお, だれも, ちょっとお, つまりその, といふ, とっ組みあいの, どういう場合, どうしてもとみ, どうでも, どこまで, どんなに苦い, なおよく, なやんで, なんらの, はあ, はありましょう, はいい, はいかぬ, はいろいろ, はけっして, はこちら, はござりませぬが, はござる, はしようが, はすまなかった, はそこ, はだれ, はっきり自分, はなき, はならない, はなんにも, はひけ, はまるで, はよく, はわたし, はダメ, は一向に, は人後, は人類, は余り, は俺, は到底, は取出す, は女, は実は, は彼女, は心配, は成功, は有る, は済みません, は無かっ, は片, は白状, は苦労, は落ち, は起き, びくともする, ぼくの, まいったの, まことに人相, またこの, また文学者, まっ暗だ, みんなの, もあるだろう, もいい, もいつ, もうそ, もうそれ, もお前, もここ, もこらえる, もござりませぬ私, もしかねない, もしつ, もちゃんと, もつい, もと, もとの, もどんなに, もなさり, もはやお, もめて, もやはり, もわたし, も一応, も仕, も側, も同じ, も堪え, も大人げ, も家庭, も小平さん, も御, も忘れ, も手, も打明け, も母, も源氏, も無, も犬, も申, も発見, も直ぐ, も眼, も私ら, も私自身, も考えてる, も自然, も要するに, も起こる, も起る, も随分, やっきに, よかった, よくお, よくもまア, よく事務室, わかった, わかる, わしが, わずかに, わたしたちは, われわれの, イライラする, ケリを, ペンを, 一ぱいだ, 一ぱいの, 一切の, 一向要領, 一尺ばかり, 一応は, 一杯だった, 一杯だつた, 一杯です, 一般には, 三文字屋を, 三輪の, 下手人が, 不平を, 不思議は, 世の中が, 世の中の, 世間並に, 中, 主人は, 之は, 之も, 事実は, 事情止む, 二人を, 二年間織田の, 些かも, 京都で, 人と, 人民の, 人民は, 人間が, 人類の, 今日では, 今日に, 仏の, 仕事は, 仕方も, 他人には, 他国の, 以前から, 会社の, 何や, 何処から, 何時しか屋根, 使者は, 信長の, 俺の, 停車場前で, 偶然の, 僕に, 充たされて, 充分に, 六兵衛は, 六郎は, 其が, 出血の, 初めて自分, 別に, 別の, 到底生地, 前の, 前途に, 力量手腕を, 勘三郎は, 十一二の, 十分に, 半分は, 博士は, 厶りました, 去年の, 又た, 友人の, 口論し, 古今を, 同じ組屋敷, 向田大尉には, 君と, 命に, 咄嗟に, 問題を, 嘘を, 噂は, 報酬を, 多忙, 大した思案, 大事の, 大師が, 大概の, 天の, 失望を, 奔走し, 奥の, 女から, 女も, 妙に, 妻に, 姉の, 嫉妬を, 子供に, 子供を, 安田銀行支店の, 実の, 実を, 宮は, 宮様は, 家で, 将来の, 小言を, 少し話, 尻尾を, 山家は, 左右され, 帰って, 帰郷し, 平次は, 年に, 年頃も, 幸子は, 幾多の, 座敷牢の, 弟子の, 弱音を, 役目を, 彼らを, 彼等が, 御布施の, 御泉水あたり, 復り, 怒るもの, 思いちがいした, 思い悩んで, 恩を, 息を, 想ひ起す, 慰むの, 懲りて, 我々の, 我慢した, 或種, 戸障子の, 手の, 手は, 手紙を, 投書が, 持切りだった, 支那の, 支那は, 政府は, 斯う, 新聞の, 旅人を, 日に, 日吉丸が, 旦那に, 明らかに, 昨日は, 是には, 昼の, 暇を, 暖い, 書いて, 最初に, 有つた, 有名である, 本人達が, 本来なら, 来訪, 東京に, 極めて自然, 橋の, 歎く, 此場は, 死ぬなんて, 残って, 殺されるなら私, 母が, 母も, 民間の, 気持を, 江戸では, 決して或, 決定する, 河野の, 泣くの, 注目に, 海の, 深さ, 済んだの, 温故知新は, 湿気の, 満足しなけれ, 源氏は, 無事に, 無理も, 父の, 片が, 物蔭には, 特殊な, 現実に, 現実は, 現社会, 甚だ御, 生命を, 田舎では, 申上げる, 男は, 痛みその, 白菜と, 皆さんの, 直ぐ自殺, 相談が, 相談したい, 真の, 眼前に, 社会の, 私たちの, 私にと, 私風情では, 稽古に, 立派な, 竜之, 第一, 細かいこと, 終った, 終る, 終るの, 総てが, 群集の, 考えは, 肝心の, 能く, 自分から, 自分達が, 自己の, 自殺を, 船は, 芥川は, 苦しさ, 苦しんだ, 苦労する, 荒地や, 著者が, 蓮花と, 行きついたという, 表扉, 表通りの, 裁判所から, 褒めた話, 要するに彼等, 見えるもの, 見分けて, 見渡す川岸, 親の, 言いがかりを, 訪ねて, 話しかけられたの, 話して, 話す, 話に, 読者の, 諦める左母次郎, 警察へ, 貰ったほか, 貴方の, 赤面し, 趣が, 足は, 足りる, 身に, 農村には, 近いうち, 過去の, 道を, 遣り取りが, 酒の, 金が, 長崎の, 間違いは, 陽が, 雑誌も, 雪子の, 電話, 電話が, 面白いお話, 頭の, 飽, 馬の, 黒血が

1 [9847件 抜粋] ああいい, あたしに対する, あつたらしく思はれます, あなた様の, あの鶴見, あらうとのみ, あらましの, あんたと, いいだろう, いかに西洋風, いざご, いちばん悲観してる, いっぱいです, いつも早起き, いままでは, いろいろあり, いわばちょうど, うまく分らない, おかあさんやぎは, おせいは承知, おばあさんと, おやじに, お互に, お助け下さいまし, お悲しみ, お気を, お羨ましく, お話しに, お高, かけあいに, かなり高い, がすが, ぎくっと, けっして昔, こういう陽気, ここ二ヵ月余も, このおれ, この世で, この傲岸, この島, この杢太殿, この祭神, この運動, これから先, これ程の, こんな青二才, ごて, さうなつた, さえもが阿る, さして驚く, さほど窮屈, しかたなかった, しかも實際, しばらく機会, すくなくとも文化人, すぐ車, すっかり胸苦しく, すなわち中世以前人, すらが一種, せうけど, せう扨, そういうとき, そうしていたずら, そう呼んだ, そして, そのうえ船, そのへん, その上有名, その保存スペース, その地方, その建設, その方たち, その檄文, その特色, その神妙, その落差, その重要さ, それからズッ, それだけの, それにあの大, それ以上じゃ, そんなに遠い, ただこれ, たちまち血気, たびたび東京, だれの, ちょうど第, ちらほらと, つづけて, つまり之, てめえ達にまで, とうとう参加, とどめを, と云いかけた, どうしても打ち合わせ, どうぞあなたさま, どうも今, どこさ, どんなに苦悶, なかの, なったの, なにもかもとんとんびょう, にわかに恥ずかしい, のこって, はいつか自分, はかに, はございましょう, はじめてコップ, はずッと, はつかまりません, はなくなるらしい, はべつ, はもの, はキツシリ, は一致, は中村, は代表選手, は俊三, は出せ, は南洋, は変えられますまい, は姉, は小説化, は当然, は憂鬱, は放れない, は有りません, は極めて, は泣かない, は無かろう, は直接責任, は簡單, は自ら墓穴, は覚め, は通れません, は陶器, ひいてはこれ, ひどく汚く, ふさがれて, へえ私, ほとんど天国区隊, ぼんやりし, ますます美, またやめる, また榾火, まだ怖い, まったく目新しい, みなさんに, むしろむだ, もありましたでしょう, もいたしましょう, もうわが, もう少し生きよう, もおまえ, もきわめて, もしあなた, もしもおったら, もし自分一人, もだいぶ, もできない, もなかなか, もひどく, もやさしい, もわかるでしよう, も一寸, も云わず, も何でも, も初耳, も口ずさんだ, も和尚, も大義名分, も小さい, も後で, も思想家, も手伝う, も明治以前, も案じ, も無かろう, も男, も私たち, も耕地, も色, も言い付け, も起きた, も長唄屋さん, やう, やっぱり敵, やらなかったこと, よいの, よくよく悪い, よく諍, わかって, わざわざ妻籠, わたしを, アメリカ兵の, オランダの, キスし, コワれない, シャモニーの, ソルティーニが, ナオミが, ヒューマニティーの, フン, ボートの, モオリーと, ロケーションの, 一つも, 一九四五年八月六日の, 一匹の, 一寸人から, 一年で, 一方アウフクレールング, 一枚十銭の, 一種その, 一面あたり前すぎる, 万延, 三日目の, 上気せ, 下火には, 不思議に, 世界の, 両者間の, 中村屋は, 主砲射程外に, 九州へ, 事務官が, 二三度便りが, 二年も, 云い合ったけれど, 五色の, 人から, 人気なく, 今じゃてん, 今年に, 今更なんと思っ, 今頃行つても, 他人とは, 以後の, 会いに, 伯父上は, 体力を, 何だか別, 何ものかから, 何方が, 余儀なくここ, 例えば今, 信者の, 倉賀屋から, 傭われて, 元来わし, 先ず滞り, 先程朝鮮ホテルへ, 入札は, 全然方角ちがい, 兵団全体が, 具体的な, 冗談も, 出しぬかれても, 分りません, 初めて俺, 別にしっかりした, 別れましたが, 前夜兄の, 創作への, 動いて, 勿体ぶり威張るの, 北風の, 十分お, 半日でも, 単に知識, 即ち隠顕, 厭だ, 又最近, 反面他, 古い語, 叱られたこと, 同じ丸, 同胞の, 君らの, 告訴する, 命まで, 唯物論とは, 喧嘩したく, 噂を, 団体生活と, 国王代理と, 地図が, 城の, 墓場などの, 夏休に, 多分これ, 夜半に, 大きな家, 大ぶ食った, 大別し, 大層な, 大江山捜査課長を, 大騒ぎじゃ, 太后は, 夫婦という, 奥山一家の, 女子が, 妙心と, 始まるいろいろ, 威張れないと, 子を, 学校教育と, 安心を, 定見が, 実は光線, 実際裏書, 家事むきに, 宿直員は, 寝間着の, 対立した, 小さい衝突, 小者の, 少し慰められる, 尚侍は, 屋根裏だ, 岡が, 川上唱門を, 差し戻されたが, 帰された, 平助と, 幸伯父は, 幾分は, 床の間も, 延喜式に, 引続く, 強い郷愁, 当時サンキス号は, 役所の, 彼自身は, 徒らに, 御免を, 御損, 御追踵, 心中一パイに, 心配も, 忙が, 怒られるとは, 思い出しますが, 急いで, 恐ろしい兵乱, 悄気たり, 悪夢などまで, 惣七の, 愛が, 慣れ合, 懐しい記念, 戦争が, 戻って, 手拭で, 批評家は, 押さえつけて, 持ち切りであった, 採るに, 搦手という, 放して, 救われるもん, 數は, 文章に, 新しい司令官, 新聞社へ, 日の丸湯へ, 日本服などを, 日頃金が, 早速話, 明瞭に, 是非お願い致します, 時を, 暑い盛り, 暴風の, 最近この, 有ろうと, 朝御飯を, 未開国, 本気な, 来たと, 果して母, 栄養不良な, 桜田門という, 極簡短, 機能の, 正ちゃんを, 此方で, 歴乎と, 死天の, 段々と, 母さん達と, 毎日帰り, 気にいらないこと, 水には, 江戸中の, 決して口, 決戦戦争では, 治るよう, 泥棒が, 流罪に, 消し留めた, 深夜の, 渡を, 満足させよう, 準ツラン民族, 潜り抜けながら, 炭俵や, 無暗に, 然様なれ, 父信秀は, 牧水氏に, 特典を, 独逸の, 王宮の, 現世で, 瑞西なんか, 生存に, 田町の, 男子止宿一切ならぬ, 略奪結婚っていう, 疑われるよう, 発育が, 百何十里の, 盛岡中学の, 直下三十尺を, 真夜中に, 矛盾の, 短い枚数, 破裂した, 神学の, 私から, 私自身は, 秦以後に, 窓も, 竹川を, 筒袖を, 米相場の, 純吉, 終に合祀, 結局そういう, 絨毯の, 縄にかけて, 羅馬法王と, 翌日内裏の, 耽溺し, 育ち淺草, 自から藩, 自分らにも, 自然な, 興味ある, 船長は, 芝居見物に, 若い嫁御さん, 苦しまねば, 草津を, 葉書の, 薄謝を, 虚栄の, 血相変え, 街道往還の, 装甲車隊は, 要するにあきらめ, 親分, 解放された, 計らず少し, 試合を, 語学の, 誰とも, 諦めるの, 議員に, 貞之助達は, 貴君が, 賞金を, 越後口に, 身も, 軽蔑は, 近く三百年來の, 迷惑かけてる, 途中の, 進歩の, 道も, 遠慮する, 部屋から, 重要さを, 鉱区は, 鎮まると, 門の, 間違ったこと, 陛下が, 随分理屈, 集めた回答, 雪が, 露われる, 面倒を, 頭から, 願人坊主には, 飽き飽きしますよ, 駈けずり, 高円寺へ, 魯迅を

▼ こと~ (17859, 2.8%)

589 ように 386 出來 237 ないよう 213 方が 179 ために 162 やうに 124 出来ないもの 115 できないもの 105 なかった 97 あるの 96 出来ないの 93 ない人 92 好きな 91 ある人 89 出来るもの 80 ないもの 76 出来るの 61 出来ないよう 59 ないの, ような 58 できないの, ほかに 57 あるよう, ほうが 53 できるの 52 できるよう 50 ない私 49 出来たの 47 出来る人 45 ないやう 43 できるもの, ない人間 41 できる人, 出来るよう 37 うちに 36 できないよう, ない男 35 ある者, ほかには, ようにも 34 ある 33 ようである 32 ない, 一つの 31 ある女, できたの, なかに, ようだ, 必要を 29 できぬもの 28 ない者 27 中に, 外に 26 ようで 25 ないほど, ほかは 24 意味が 23 あるあの, ないお, ない彼 22 あったの, あるもの, しだいを, ない女, 嫌いな, 方を 21 あるお, ある男, ようです, 出来ぬもの, 出来るやう, 危険を 20 一つは 19 うちには, ついでに, できないこと, ないその, 上に, 出来ない人, 幸福を, 意味を 18 できない人, ないほどの, 代りに, 出来ないやう, 出来なかったの, 証拠である 17 やうだ, 上手な, 意味は 16 ある顔, できる人間, ない彼女, 不可能な, 中には, 出来ないこと, 出来ないほど 15 あるその, できない人間, できる者, 方に, 自由を 14 できない事実, できなかったの, 中で, 内に, 多かった, 如何に, 面白さ

13 [11件] あつた, ある声, できないほど, ないあの, やうで, やうな, 外には, 外は, 嬉しさ, 意外に, 無いよう

12 [16件] ある人間, きらいな, ためには, できない, ないこの, ないという, ない父, ほうを, やうにも, 一つである, 一つに, 出来ない程, 出来ぬの, 喜びを, 為に, 起りは

11 [15件] ある自分, できない者, ない僕, ない魂, むずかしさ, やうである, 一つだ, 出来ない一つ, 出来ない事実, 出来ない人間, 多いの, 必要が, 恐ろしさ, 愚を, 苦しさ

10 [13件] あるやう, ある私, うれしさ, すきな, すべてを, できないほどの, ないこと, ない不思議, ない顔, 出来る人間, 困難な, 悲しさ, 楽しさ

9 [18件] ある名, あろう筈, できないところ, できない力, ない人々, ない大, ない方, ない自分, 他に, 出来ない, 出来ないところ, 出来ない私, 出来る女, 出来る男, 意味も, 様に, 真相を, 証明に

8 [25件] あるはず, ある家, あろうはず, すべてが, できない自分, ないある, ないと, ないといふ, ないところ, ない子供, なかには, ほかの, ようだった, 一つだった, 一つであった, 他には, 出来た人, 出来ない大きな, 出来る性質, 困難を, 外の, 多くなった, 次第を, 無い人, 証拠に

7 [35件] あった後, あるこの, あるを, ある古い, ある名前, できない一つ, できなかったこと, できぬの, できぬ場合, できること, できる唯一, ない人たち, ない人物, ない名, ない名前, ない国, ない声, ない子, なかで, ほうに, ほか御, よろこびを, 一つです, 内容を, 出来ない自分, 出来る唯一, 出来る者, 尊さ, 快さ, 明らかな, 本当の, 甚しい, 絶対に, 辛さ, 難しさ

6 [57件] あるべきはず, ある人たち, ある子供, うちで, できそう, できないその, できない事情, できない点, できない男, できない身, できなかったもの, できる, できる日, ない世界, ない奴, ない妙, ない少年, ない様, ない母, ない母親, ない物, ない異様, むつかしさ, 一切を, 他の, 出来そう, 出来たもの, 出来ないその, 出来ない印象, 出来ない場合, 出来ない性質, 出来ない要素, 出来ぬ人, 出来ること, 出来る場合, 出来る場所, 半分も, 危険は, 原因を, 可否は, 可能性を, 困難さを, 多いもの, 容易ならぬ, 少いの, 巧みな, 明かな, 歸結として, 無いの, 真実を, 第一, 結果が, 結果は, 美しさ, 興味に, 証明を, 非を

5 [98件] ありそう, あること, あるとき, ある人々, ある人物, ある大, ある彼, ある方, ある時, ある道, ある顏, かげに, たのしさ, できた自分, できないこの, できない不思議, できない人々, できない彼, できない悲しみ, できない深い, できない罪, できぬは, できるところ, できるはず, できる力, できる女, できる心, できる男, ないあて人, ないわたし, ない乳母, ない大きな, ない姫, ない婦人, ない家, ない御, ない心, ない感情, ない感激, ない日本, ない狸, ない生活, ない眼, ない種類, ない美しさ, ない言葉, ない郎女, ほかお, ようであります, ようにさえ, 一つ, 一切が, 下手な, 不利を, 二つの, 内容は, 出来ないほどに, 出来ない心, 出来ない条件, 出来ない深い, 出来ない理由, 出来なかつたの, 出来ぬほど, 出来ぬよう, 出来る, 出来ると, 出来る時, 出来る筈, 切なさ, 十が, 可笑しさ, 唯一の, 喜びが, 外では, 多かつ, 心を, 心苦しさ, 意味の, 愚かしさ, 正しさ, 深ければ, 深さ, 無かった, 理由は, 真相は, 矛盾を, 結果である, 結果を, 考へは, 自由が, 裏には, 証拠と, 証拠として, 話を, 説明に, 起るの, 遅かった, 重大さを

4 [125件] あったあと, あったこと, あって, あるひと, ある人達, ある大きな, ある筈, おできに, ごときは, ごとく, しだいが, できた, できないやう, できない世界, できない女, できない存在, できない性質, できない私, できぬよう, できぬ人間, できる人々, できる性質, ないため, ないふしぎ, ないらしい, ない一種, ない叔母, ない品, ない女性, ない娘, ない手, ない本, ない涙, ない父親, ない町, ない知己, ない秘密, ない立派, ない習慣, ない見えすぎる, ない道, ない間柄, ない限り, なかつた私, なかりせ, なきこと, なりゆきを, はかなさ, ほかご, ようであっ, よしあしは, 一つな, 不可能である, 不可能を, 不合理, 仔細を, 何よりの, 価値を, 六つかし, 具体的な, 出来ないある, 出来ない事情, 出来ない人々, 出来ない処, 出来ない問題, 出来ない性分, 出来ない或, 出来ない様, 出来ない男, 出来ない関係, 出来ぬ者, 出来るこの, 出来るだけの, 出来る一つ, 出来る人々, 出来る人物, 出来る余地, 出来る処, 出来る力, 出来る問題, 出来る自分, 十分の一も, 口惜しさ, 可能なる, 困難である, 大なる, 大切さを, 大嫌いな, 好な, 当然さ, 必要な, 必要は, 恥かし, 悦びは, 愉しさ, 意味である, 意義を, 愚かさを, 成行きを, 方へ, 暗示を, 有力な, 毒物なし, 無いという, 無かつ, 理由が, 真の, 礼を, 習慣を, 興味が, 苦痛を, 言われて, 記憶を, 許可を, 証拠が, 証拠です, 証拠な, 証拠は, 証明には, 説明には, 速さ, 間に, 非なる, 願は, 餘り

3 [253件] あった前後, あとで, あとには, あまりに久しけれ, あまりに多く, あらましを, あらんと, ありよう, あるべき筈, ある一つ, ある一人, ある事実, ある友達, ある場所, ある宿屋, ある旅, ある日, ある日本人, ある本, ある森, ある様子, ある美しい, ある話, ある誰, ある身, ある連中, ある青年, あれば, あろう道理, いきさつを, おこるの, これが, ためでも, できたこと, できたその, できた人, できた者, できないあの, できないお, できないため, できない一人, できない一種, できない不幸, できない境遇, できない性分, できない意味, できない敵, できない時代, できない生命, できない真実, できない証拠, できない顔, できなかったある, できなかったこの, できぬある, できぬと, できぬ者, できますよう, できるあらゆる, できるその, できるほどの, できるわけ, できる動物, できる身, できる遺物, できる闊達自在, ないあなた, ないいつも, ないそして, ないそれら, ないのに, ないわたくし, ない仲, ない伸子, ない先生, ない光景, ない力, ない唯一, ない場所, ない変, ない夢, ない奇妙, ない妹, ない実験, ない左膳, ない建物, ない愛情, ない戦慄, ない日課, ない時, ない森, ない欲望, ない気持, ない海, ない神秘, ない程, ない筈, ない自己, ない草原, ない見事, ない親分, ない身, ない退屈, ない連中, ない部分, ない長, ない青年, ない馬, ない高等生物, なかつたの, なさそう, やうです, ようであり, ようにしか, ようには, わけを, 一つでは, 一つを, 不利なる, 不可なる, 不得策, 不自然な, 中にも, 事実に, 事実を, 二つである, 云える, 光栄を, 出来さうな, 出来たこの, 出来た時, 出来ないあの, 出来ないで, 出来ない一種, 出来ない不思議, 出来ない事, 出来ない事柄, 出来ない二人, 出来ない人達, 出来ない何物, 出来ない国, 出来ない女, 出来ない彼, 出来ない心持, 出来ない恩人, 出来ない痛み, 出来ない真理, 出来ない秘密, 出来ない質, 出来ない重大, 出来なかったこと, 出来なくな, 出来ぬ, 出来ぬこと, 出来ぬ平民, 出来ぬ理由, 出来るという, 出来る人たち, 出来る位置, 出来る作品, 出来る完全, 出来る日, 出来る時代, 出来る概念, 出来る機会, 出来る程, 利害を, 利益を, 危険と, 危険な, 危險を, 反対の, 可否に, 可否を, 可能を, 喜びで, 喜びは, 困難さに, 困難の, 困難は, 外お, 外御, 多くは, 如きも, 実際は, 寂しさ, 少なかった, 尠い, 工夫を, 平気な, 当否は, 当然の, 徳を, 快感を, 恥ずかしさ, 悦びを, 愉快, 意味に, 我は, 数々に, 早さ, 晩き, 書いて, 最大の, 本質は, 根本的な, 極めて困難, 楽しみを, 気安さ, 淋しさ, 満足を, 無い男, 無い自分, 無意味, 由を, 目的と, 目的の, 真実に, 確かな, 稀な, 究極の, 範囲で, 経験は, 結果として, 罪である, 腹立たしさ, 自覚が, 自覚を, 自覺, 良し悪しは, 苦痛に, 虚しさ, 記憶が, 証左である, 証拠だ, 証拠であります, 証拠であろう, 証拠では, 証拠には, 語り詞も, 誤りなる, 説明を, 責任は, 道に, 重大さが, 重大な, 重要さを, 限りである, 難いの, 難きは, 非常に, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しさ

2 [884件 抜粋] あさましさ, あたたかさ, あったとき, あった日, あとであり, ありがたく泣かゆ, ありしか, ありてか, あるそして, あるという, あるところ, あるわけ, あるクリストフ, ある一種, ある乳房, ある二人, ある俳優, ある児, ある勧業銀行, ある国, ある地方, ある外科, ある大和繪出, ある娘, ある婦人, ある小石川, ある少数, ある山, ある年, ある年上, ある庭園, ある或, ある旅館, ある昔, ある某氏, ある町, ある老, ある聞いて, ある街, ある親しい, ある読者, ある調子, ある酒, ある青木淳, ある魚, いきさつは, いっさいが, いやさから, いわれたの, うちにのみ, うちにも, おそいの, お出来, お祝いを, かぎりなり, かずかずが, この二つ, さまを, じょうずな, すべては, その事実, ためかも, ためだった, ためにも, できたころ, できたとき, できた人間, できた時代, できないある, できないうち, できないそれ, できないたち, できないだいじな, できないという, できないふしぎ, できない人性, できない人物, できない哀れ, できない問題, できない場所, できない声, できない大切, できない宇宙, できない山, できない彼岸, できない思い出, できない愛, できない感情, できない新しい, できない明確, できない最も, できない永久, できない珍しい鋭, できない現実, できない生れつき, できない瞬間, できない種類, できない約束, できない罠, できない美しい, できない臆病, できない衝動, できない表情, できない運命, できない関門, できない雪国, できない領域, できなかった人, できなかった男, できなかつた私, できぬこと, できぬところ, できぬまた, できぬ偶然, できぬ基礎, できぬ女, できぬ教養人, できぬ私, できぬ要素, できぬ身, できましたの, できるいかなる, できることば, できると, できる一つ, できる世界, できる位置, できる喜び, できる場合, できる多く, できる奴, できる子, できる家, できる所, できる機会, できる私, できる程度, できる能力, できる花, できる証拠, どこが, ないあたし, ないうち, ないお雪ちゃん, ないしかも, ないせい, ないぞっと, ないつまり, ないひと, ないひとつ, ないまた, ないものの, ないジメジメ, ないフランス人, ない一つ, ない一種不思議, ない不断, ない主人, ない主水, ない事実, ない仄, ない代物, ない作家, ない先人, ない冬, ない処, ない前, ない半蔵, ない右門, ない問題, ない四五年間, ない困難, ない土地, ない境涯, ない妻, ない婆, ない客間, ない平次, ない引戸, ない影, ない御用聞, ない恋愛, ない愛, ない憎悪, ない新しい感情, ない日本人, ない昔, ない木, ない柵, ない樣, ない民族, ない洋服, ない激しい怒り, ない熱烈, ない珍, ない田舎, ない空気, ない笑, ない笹村, ない精神的, ない綺麗, ない罪, ない美妙, ない興味, ない花, ない荒蕪地, ない袴, ない議論, ない路, ない門, ない閉扉, ない陰謀者, ない静か, ない頭, ない魚, ない黒衣, なかつた顔, なきよう, なほこの, はうが, はなはだ少ない, ひとつは, ひとつを, ふしぎなめぐりあわせに心の, ほかその, ほか優れ, ほか美し, ほか踊つてゐる, まえぶれの, めったに, やうな思ひ, やれ, ようであった, ようでも, よしを, よろこび, よろこびも, わかって, わかるの, 一つであろう, 一つでした, 一部は, 上には, 不可を, 不可能だった, 不合理な, 不当を, 不潔さの, 不経済, 中でも, 中心を, 二つ三つを, 云わば, 人では, 人格を, 仕放題, 体が, 何か, 何といふ, 価値が, 信念を, 偶然でない, 全部だ, 内容が, 内面に, 出来ずに, 出来たこと, 出来たよう, 出来た唯一, 出来た時代, 出来て, 出来ないここ, 出来ないため, 出来ないほどの, 出来ないもう, 出来ない事件, 出来ない伸子, 出来ない内容, 出来ない友達, 出来ない因果, 出来ない場所, 出来ない境, 出来ない夜鳥, 出来ない大切, 出来ない常識, 出来ない恐ろしい, 出来ない悪夢, 出来ない情熱, 出来ない感想, 出来ない昔, 出来ない歓喜, 出来ない歴史, 出来ない深, 出来ない焦燥, 出来ない状態, 出来ない真, 出来ない知識, 出来ない笑い, 出来ない美しい, 出来ない見方, 出来ない訣, 出来ない身, 出来ない限り, 出来ない音, 出来ない黒い, 出来なかった事, 出来なかつたもの, 出来なくなつ, 出来ぬこの, 出来ぬところ, 出来ぬ事実, 出来ぬ性分, 出来ぬ状態, 出来ぬ程, 出来ぬ身, 出来よう筈, 出来るところ, 出来るは, 出来る下の句, 出来る二つ, 出来る動物, 出来る家, 出来る小さな, 出来る彼, 出来る所, 出来る方法, 出来る最も, 出来る条件, 出来る濶達自在, 出来る程度, 出来る行動, 出来る限り, 出来んの, 初めだ, 前に, 前には, 前提と, 効果と, 効果を, 区別が, 危険に, 原因だ, 反映である, 反覆の, 可能な, 告白に, 命令を, 問題である, 困難が, 堪へ難い, 報酬として, 外信用し, 外多い, 外獲物が, 多いかと, 多いこの, 多いのに, 多い世の中, 多い人, 多くが, 多ければ, 多少の, 大小を, 好きだ, 姓名を, 完全な, 実例として, 実際を, 害を, 害悪を, 寓説である, 少いもの, 少い此邊, 少い私, 少ないの, 少なかつた, 巧妙な, 已むを, 幸福が, 幸運, 底には, 当然を, 影だに, 後悔, 徴標なりとして, 心細さ, 心配が, 必然的な, 必要の, 快楽を, 急に, 急務なる, 恐怖と, 悦びである, 惱み, 意味, 意味であり, 意義と, 愚かさは, 愛は, 感謝の, 成行を, 指図を, 推測せられる, 數, 文化問題としての, 新鮮な, 日本語を, 早いの, 明白な, 書かれて, 書き込みを, 最も困難, 最も有力, 最初の, 有るもの, 有利なる, 有難味が, 本質に, 根本には, 根本は, 極度に, 樂し, 機会が, 歓びを, 歓喜の, 気に, 浅ましさ, 淡泊なる, 深いもの, 深かつ, 満足と, 無いお, 無い人間, 無い彼女, 無い花子, 無きがため, 無意味な, 無理に, 煩は, 特殊の, 理由に, 理由には, 理由を, 理解を, 生ずるの, 疾い, 発見これを, 目的で, 真実が, 確信が, 神の, 稀薄な, 種々かき置きぬ, 立派な, 端にも, 続きや, 罪悪感に, 考えられたの, 自信を, 自然の, 興味で, 興味の, 興味よりも, 興味を, 苦しみ, 苦労を, 蓋然性を, 薬物なし, 行過ぎが, 裡には, 覚えの, 覚えは, 観念を, 許されて, 証拠でも, 証拠を, 証明, 証明は, 話が, 認識である, 誤りたる, 誤りを, 説明が, 講釈を, 證據が, 貞節を, 起こりは, 迅さは, 遅いの, 道の, 邪魔に, 重大さに, 重要さが, 重要なる, 限りで, 限りでは, 限りを, 難くない, 高い公子

1 [7412件 抜粋] あいさつに, あったアヤ, あっても, あまり新鮮に, ありましたの, あるある, あるお方, あるそういう, あるによって, あるほのか, あるれい, あるストーンパイン, あるバクチ打ち, あるヴェランダ, ある乃至, ある仁, ある兇悪, ある前人, ある厳しく荒く, ある呂宋兵衛, ある報知, ある天保十二年版, ある奴, ある実業家, ある少年雑誌, ある幽, ある怪しい, ある日清戦争中, ある木立ち, ある此, ある水辺, ある漱石居士, ある由良, ある石川五郎, ある笹村, ある能書, ある若旦那風, ある言語, ある車, ある重蔵, ある際, ある馴染み, いい例証, いかにむずかしい, いかに望ましい, いくらも, いぶかしい, うかがわれるため, うとましさ, おこりは, おもしろからず, お話を, かなはずなりたれ, きらひな質, ことばは, ご相談, しるしでも, すべてです, そこまでに, たいがいが, ためにでも, ちがいも, つもりに, できたたった, できた伊沢, できた彼女, できた母, できた話, できないいま一つ, できないずっと, できないひびきを, できないろくでなし, できないタチ, できない三日四日, できない二つ, できない作者, できない出発点, できない原始風俗, できない囚人, できない多く, できない嫂, できない宿命的, できない巡査, できない彼等, できない悩み, できない感想, できない日, できない根源的, できない母斑, できない消防手, できない焼印, できない画, できない真, できない空白, できない絶対唯一, できない船舶運用上, できない血みどろ, できない論理的, できない身分, できない重, できない陰気, できなかったいい, できなかった人々, できなかった心残り, できなかった母, できなかった諸, できなかつた美し, できにくい, できぬふう, できぬ何かしら, できぬ国語, できぬ平静, できぬ映像, できぬ神秘, できぬ重要性, できようもの, できるせかい一, できるだれ, できるわしゆえ, できる一石橋, できる何, できる卑俗, できる大悲, できる室, できる建物, できる数十万, できる橋, できる犬牙, できる知識, できる自分, できる財源, できる金鉄決意, できる高遠, ないあか, ないおそろしい形相, ないきわめて, ないすばしこく動き, ないどんな, ないほどに, ないやさしい声, ないアヒル, ないキャラコさん, ないタイプ, ないホテル, ない一, ない一種妙, ない下僕, ない久子自身, ない京山, ない仮装舞踏会, ない何処, ない信念, ない入っ, ない内匠頭, ない前人未踏, ない十露盤, ない卵, ない古い古い思想, ない呪禁, ない嚴, ない土民青年, ない執拗, ない外国人, ない天才, ない女髪兼安, ない子供たち, ない室生寺, ない小説家, ない岩魚, ない帳場, ない強いと, ない御馳走, ない思索, ない息子, ない想念, ない憐れ, ない承認, ない政治好き, ない新しい快感, ない明るい光沢, ない本能, ない楽しい夢, ない武将, ない気質, ない海水浴, ない清造, ない火燧石, ない物寂しさ, ない現象, ない生徒, ない疑問, ない直覚力, ない睦じい夫婦, ない社会状態, ない種目, ない純粋, ない美しい花, ない胸臆, ない芸術的, ない茂りだ, ない蟲けら, ない親しい愛情, ない課題, ない質問, ない農業, ない遠く, ない野蛮人, ない陸, ない電車, ない風守, ない髪, なかつたやう, なかつた裸體, なくなった生活, ならぬまで, ねえ所, はっきりわかる, ひとつであります, ほかかわいく, ほかほとんど, ほか何ら, ほか和清であった, ほか役場員自身が, ほか暑い, ほか百姓は, ほか著しく, ほぼ可能, ませ方, むだである, もつ欣び, やむ時, よく分らぬ, わかったの, わざとらしさ, シノニイムで, ラジオの, 一ツです, 一度ならず, 一証として, 三条を, 不利益な, 不可能性を, 不心得女は, 不法を, 不足主, 主意が, 予算を, 二事を, 亦復一理, 今ひとつの, 他人に, 体たらくを, 何の, 余情の, 便利さを, 信念の, 値段まで, 傍證で, 先決条件である, 全然不可能, 具体性を, 内的欲求を, 出来したの, 出来たイザベル, 出来た名称, 出来た愛, 出来た者, 出来ないうそ, 出来ないそれ, 出来ないもどかし, 出来ない一九〇五年, 出来ない不審, 出来ない人種, 出来ない作家たち, 出来ない其難問, 出来ない勇猛一途, 出来ない双児, 出来ない唯一, 出来ない多数, 出来ない女性, 出来ない実感, 出来ない幸福, 出来ない必至, 出来ない悪, 出来ない懐かしい, 出来ない日本的女性, 出来ない業績, 出来ない残骸, 出来ない混乱, 出来ない犯罪事実, 出来ない疑問符号, 出来ない程度, 出来ない縺れを, 出来ない自由主義者, 出来ない表情, 出来ない試み, 出来ない輝き, 出来ない隈, 出来ない鮮明美, 出来なかった二人, 出来なかった太郎, 出来なかった感情, 出来なかった自分, 出来なかつたまんなか, 出来なかつた精力, 出来ぬある, 出来ぬ人情, 出来ぬ場所, 出来ぬ心, 出来ぬ時代, 出来ぬ焦立たしさ, 出来ぬ罪, 出来ぬ関係, 出来るいわば, 出来るふいご, 出来る世界観, 出来る便利, 出来る古典, 出来る奇蹟, 出来る工夫, 出来る恐ろしい, 出来る新鮮, 出来る柄, 出来る炭坑夫, 出来る相手, 出来る美しい, 出来る誂向き, 出来る軍艦, 出来る限り矢鱈, 出来んよう, 分らぬ奴, 判断と, 前も, 力強さ, 動機と, 半分だって, 危い, 厚い右門, 厭らしい, 反対で, 取消などは, 可能なある, 合理化に, 名残である, 周りを, 問題を, 喜悦を, 因或は, 在る顔, 報復は, 変化は, 外今より, 外知る, 多いという, 多い僕, 多い日, 多かりき, 夢, 大儀な, 天才であった, 奨励が, 如きは, 妙所を, 娘の, 存在する, 安楽で, 実現しない, 宣旨が, 富なり, 少いらしい, 少くな, 少ない病床, 局外に, 常として, 幾つかを, 弁明も, 強いもの, 当然な, 影響が, 後に, 得な, 徴であった, 心理においては, 必然的發露である, 忠告と, 怖しい, 思想である, 性質筋とでも, 恐ろしい例, 恨み, 悪いには, 惧れ, 意味それが, 意義が, 愚かさ, 愛情は, 感謝と, 成りゆきは, 或は妥, 打ち合せを, 技術に, 提案を, 数えられるほど稀, 新たな, 日こそ, 明かなる例, 是非曲直を以て, 書けるわけ, 最も根本的, 有りよう, 有様が, 本質現象を, 根本が, 極めて早い, 概念から, 樂人の, 次に, 歓喜に, 此の, 段階は, 永遠の, 注文だらう, 深いかを, 淵なら, 準備である, 為めには, 無い代物ぢ, 無い実験室, 無い正しい家柄, 無い秘密, 無い露, 無意味で, 無益を, 煩わしさ, 爽やかさにも, 独創性は, 現実と, 理由について, 甚しきを, 生き証人, 由なき, 異議は, 痛感せられはじめた, 皮肉を, 相手に, 眞意は, 真相が, 知られようわけ, 確信を, 社会的階級的必然性が, 稀れな, 空想や, 端緒が, 範囲は, 純一に, 終局の, 結論という, 絶頂だつた, 練習と, 罪悪感との, 考えに, 背景には, 自己鍛錬の, 自由について, 至れる, 色とも, 苦痛な, 蒼蝿く, 行なわれてる間, 表情あれ, 裏面には, 見るべきもの, 親密さ以外の, 解釈も, 言われるか, 記念の, 許されなかつた時代, 証左でなけれ, 証明された, 評論としての, 詳しいゆく, 語り詞也此ば, 読ます書, 謬れる, 讖悔だ, 質問を, 起らぬよう, 足りるほう, 返事を, 連続が, 運ばれる間, 道徳的価値は, 適切な言ひ現し, 野卑な, 間違いだった, 障碍と, 難しいの, 面と, 願欲と, 驚異が

▼ こと~ (10492, 1.6%)

487293211 と思う 194191158 と思っ 150 から 134 と思います 129 と思った 8872 がこの 65 と思ふ 64 がそれ 56 がその 52 という 50 ということ 48 からね 4746 と私 4342 からその 39 と思いました 3837 からな, と思ひます 36 からである, と考え 34 からそれ, と思つて 33 がこれ, と 32 がね, つたのです 31 といふ 30 が私 28 からこの 27 と彼, と思, もの 26 かわからない, と思い 24 が彼, といっ 22 というの, の 21 から何, がしかし 20 がお, とお 19 そうだ, そうです 18 しそれ, と云っ 17 からこれ, か分らない, があの, が今, と思われる 16 けれど, なあ 15 かよく, しまた, というよう, とする, と考えた, と言っ 14 か, からきっと, つた, つたから, と考える, わね 13 がそんな, のを 12 からそう, がここ, が何, が僕, が自分, それは, つたと 11 からもう, からよく, から私, から誰, が併, と言った 10 かさっぱり, からそんな, からだ, から僕, がお前, と云, と云う, と僕, と知っ

9 [11件] からあの, からここ, からどこ, から今, かわからなかった, かわけ, があれ, そうである, つたのか, つたのだ, ねえ

8 [20件] え, からこんな, からさ, からそこ, からです, からどんな, からまだ, から仕方, から少し, から自分, がこんな, がそう, がそういう, が君, という点, とすれ, と思われた, と考へ, なア, のに

7 [22件] かちっとも, からお, から気, から間違い, か分らなかった, か私, が二人, が今日, けれどそれ, しその, つたかも, といふやう, といわね, とは思わなかった, と云わね, と信じ, と思ひました, と思われ, と考へる, と自分, と言つて, 私は

6 [29件] かどう, からなんとか, かわかりません, がさて, がもう, がもし, がわたし, が人間, が彼女, が日本, これは, し又, し私, そうで, つたが, つたで, つたに, とある, といった, とさ, と云った, と存じます, と彼女, と感じた, と言, と説明, な八, わい, ッ

5 [53件] おれは, からあと, からいつ, からこっち, からそういう, からどう, からどうせ, からなあ, からまあ, からまた, からわたし, から別に, から多分, から大丈夫, から彼, かわかる, がいま, がおれ, がそこ, がつまり, がとにかく, がどう, がほんとう, がまだ, がやはり, が実は, が実際, しする, しそう, しそれに, し相手, し自分, つたらしい, て, で, という考え, とし, とその, とは思っ, とも思った, とよく, とわたし, と伸子, と信ずる, と思ひ, と思われます, と栄二, と気がついた, と考えられる, と言う, と謂つて, のう, んべ

4 [71件] あの女, かあなた, かはっきり, からあなた, からあるいは, からいい, からお前, からそこで, からどうか, からどうしても, からどうぞ, からみんな, から人, から今度, から単に, から同じ, から君, から大した, から忘れ, から早く, から決して, から自然, か知らない, か訳, がいったい, がただ, がなあ, がまあ, がまさか, がまた, が之, が事実, が他, が同じ, が女, が山の端, が或, が現在, が過去, が金, けれどその, けれども, しお, って, つたといふ, つたな, つたので, つたのである, つて, といい, という意味, という風, といわれる, とか, としたら, とは思えなかった, とは思った, とまた, と云われ, と思いまし, と思え, と思ってる, と思わず, と感じ, と痛感, と眼, と考えられ, と観念, なと思った, ッた, ツて

3 [154件] あね, えそれ, お前の, かその, かまだ, かまるで, からいずれ, からうっかり, からうまく, からおそらく, からきつ, からきみ, からこう, からこういう, からこんど, からさぞ, からし, からすぐ, からせめて, からただ, からたぶん, からといつ, からどうも, からどれ, からない, からひとり, からまさか, からまず, からもし, からもしや, からよもや, からろくな, からわし, から今に, から今後, から他, から何とか, から俺, から又, から堪忍, から大, から大きな, から女, から家, から後, から心配, から或は, から普通, から水, から然, から見せ, から話, から赤い, から途中, から金銭, か一向, か云っ, か分りません, か見当, か解らなかった, があなた, がある, があんた, があんな, がいい, がこう, がこうして, がそれにしても, がそれら, がでも, がどうも, がな, がふと, が一つ, が一体, が人, が仕方, が全く, が古, が哲学, が大, が夫, が子供, が当時, が念, が昔, が殺された, が母, が確か, が第, けど, けどその, けよ, けれどこの, けれどしかし, けれどね, けれどもあんなに, けれどもこれ, けれどもしかし, けれどもそれ, けれども私, けれど私, しいっそ, しこの, しそんな, しわたし, し何, それに, そんなこと, つて僕は, といいます, というふう, という感じ, という話, といえる, といふ風, といわぬ, とこの, とそう, とはっきり, とは思う, とは思わない, とは決して, とばかり思っ, とひそか, とみんな, とも云, とも思っ, とわかった, と分った, と半, と喜ん, と御, と思いこん, と思はれる, と思へ, と感心, と教え, と気がつきました, と決め, と申します, と考へた, と聞い, と話し, と銕太郎, な番頭さん, のが, のにそれ, ものそれに, もんだ, んが, んね, 君は, 私の

2 [452件] あ, あんな立派, かおわかり, かさつ, かそれ, かぼく, かもう, からあまり, からある, からあれ, からいっそ, からいったん, からいま, からいや, からおいら, からおれ, からかならず, からかなり, からきわめて, からこいつ, からこちら, からずいぶん, からその後, からそれで, からたいして, からたとえ, からという, からといっ, からともかく, からと云う, からと説きふせられ, からなお, からなかなか, からなに, からなるべく, からなんと, からねえっ, からはっきり, からひょっと, からべつに, からみっともない, からむしろ, からむろん, からやっぱり, からわからない, からイヤイヤ, からハッキリ, から一, から一つ, から一人, から一層, から一度, から一応, から一日, から一番, から中, から丸, から京都, から人民共, から今年, から今日, から今晩, から他人, から何とも, から何処, から信用, から借り, から出し, から出来る, から勿論, から十年, から友達, から口, から問題, から土, から多少, から夢, から大目, から天下, から女房, から始終, から年, から庄吉, から当然, から後悔, から急ぐ, から悪く, から我々, から手, から放つ, から教, から文句, から日本, から明日, から毎日, から深い, から牛, から特に, から直ぐ, から相当, から碌, から自由, から茲, から行つて, から親身, から言, から言葉, から詳しく, から遂に, から遊び, から金, から間もなく, から雛形, から頭上, から馬, から高い, から黙っ, かわかった, かわからなかつた, かわからん, かわたし, かハッキリ, か云, か僕, か分からない, か分っ, か分らず, か分らなかつた, か分り, か判らない, か悪い, か想像, か知れません, か確か, か米友, か解らない, か誰, があすこ, があまり, がいまだに, がおそらく, がお前さん, がかの, がこいつ, がこうした, がこちら, がこれから, がさ, がさうかと, がさき, がじつは, がそうして, がその後, がそれでは, がそれでも, がちと, がでは, がどうして, がどうせ, がどうやら, がどこ, がどんな, がなぜ, がなんと, がほん, がほんとに, がまことに, がもしそう, がもっと, がわし, がわれわれ, が一人, が一応, が一方, が一週間, が三之助, が世上, が主人, が久治, が九州, が今度, が仕事, が仮り, が作者, が俺, が医者, が却って, が古く, が古風, が向う, が吾, が品物, が四人, が場合, が夏, が大きな, が大分, が娘, が宗教, が家, が将門, が少なくとも, が批評, が掘出し物, が旅人, が日盛, が早く, が是, が暫らく, が更に, が朝, が検事, が樫鳥, が江戸一番, が父, が物, が理由, が真に, が眼, が荷物, が要するに, が詳しい, が読者, が読者諸君, が誰, が貧乏以上, が近頃, が逃げ, が銀座裏, が雪, が飯, けどそれ, けどとりあえず, けれどあの, けれどお, けれども彼, けれども教室, けれども私たち, けれども誰, けれど君, けれど妾, けれど子供, けれど少し, けれど彼女, このうち, しあなた, しあんた, しここ, しこれ, しせめて, しちゃんと, しどんな, しな, しなお, しね, しひょっと, しべつに, しやはり, しゆっくり, しポンポン, し二人, し今, し今さら, し今日, し何しろ, し先, し同時に, し多分, し少し, し店二階, し彼, し息, し第, し自分たち, し長い, そうし, そうすれ, そうでございます, そうな, そのくれえ, そのこと自体, それを, ぞや, つたとお, つたなお, つたのかも, つたのであります, つた少く, つてない, つて出來る, つて考へ, つて阿, とあたし, というこの, というわけ, というん, という事実, という気持, といえ, といったよう, といひ, といわれ, といわん, とおも, とおもい, とおもっ, とおれ, とかいった, とかたく, ときめ, とこれ, とさえいえる, とさとった, とされ, とそれ, とつくづく, とでもいう, とでも思っ, とはよく, とは云, とは云え, とは思うまい, とは思えない, とは思はない, とは思ひ, とは思ふ, とは思われない, とは思われなかった, とは百, とは知っ, とは知つて, とは私, とまるで, ともいえる, とも思わず, とも思われる, とわかりました, とメンシコフ, と主張, と云わなけれ, と人, と人々, と仰っしゃ, と例, と信じます, と分る, と力説, と同情, と君, と報じ, と報ぜられ, と妄信, と存じ, と左門, と平気, と後で, と心, と心から, と思い直し, と思い返し, と思える, と思ったら, と思つた, と思つたの, と思はない, と思はれた, と思わせたい, と思わせる, と思わない, と是認, と歎, と気, と気がつい, と父, と申, と申し, と申しました, と登, と知る, と確信, と笑い, と答える, と考へたい, と聞きました, と胸, と自ら, と解し, と解する, と解釈, と言い, と言うだろう, と言わぬ, と言われ, と証言, と語っ, と諦め, と身, と首, なお前, なと思い, なと良一, などと言った, な三輪, ね主人, ね僕, ね番頭さん, ね親分, のと, のという, のにあの, のにこの, のにその, はははは, べが, ほんの四半刻, ま信仰, もしぼくら, ものだ, ものです, もの少し, やだら, よあの, よお前, よく考え, よ君, わあなた, わしは, わたしは, わねえ, ア, アな, 人の, 人道上から, 今の, 今度は, 今日は, 何を, 俺が, 俺は, 僕の, 僕は, 君に, 夜中前に, 姿を, 廻り路に, 彼等は, 徳利は, 敷居へ, 現に内儀, 私が, 私だって, 親分

1 [3922件 抜粋] ああいい, あの人, あれは, いいよう, いつの間にかお, いやはや, おぬ, お内儀さん, かあたし, かくの, かと云え, かまあ, からあたし, からいい加減, からいつか, からうつ, からお互い, からかかっ, からこいつ反抗心, からさだめし, からさ米, からすでに, からそうした, からその間一日おき, からそれに, からだった, からで, からとうに, からとつい, からとは何だい, からと云うなら, からと彼女, からと答えた, からどういう, からなおさら, からぬかり, からのんき, からほんとに, からみんな自分, からやがてひょっこり, からよさう, からわざわざ, からウン, からソロソロ疑い, からパンパン, からムキになっ, から一向, から一萬千百圓, から下宿, から之, から二十年, から人間, から以後, から何事, から使, から健康, から全然, から内心いくら, から出る, から別れたい, から包まず, から卑怯, から取り, から古ぼけた, から呵々, から四条通, から変り, から大分, から夫, から妾, から学術上, から容易, から小さい, から崖, から平常略, から庭, から当, から後でぐずぐず, から御馳走, から性根, から悪, から慾, から戸, から批判, から数千人, から早晩, から普段教頭, から會話, から村会, から案外, から止める, から気に入った, から浮きたて, から火急, から燒, から理窟, から用達し旁, から略式, から百枚, から相手, から知らせよう, から秘密函, から算盤, から結構, から聞け, から船頭, から英語, から蚊, から見学, から訊い, から豫定通り, から資本, から軽い, から逃げない, から道庵先生, から酒, から降り, から静か, から風来坊, から鳴い, かわかりかねます, かをよく, か人, か分らないだろう, か千代次, か彼女たち, か教, か知らず, か考え, か解りゃしない, があった, がいかにも, がいっそそう, がいろ, がおれたち, がくま, がこんな大きな, がじゅんさい, がすると, がそのまま, がそれほど, がたぶん, ができるだけ, がとッさ, がどうもよく, がなかなか, がなんぴとにも, がね仲平さん, がのオ, がふとした, がまつたく, がもしも, がよめない, がアドバルーン, がガン人, がタシナミ, がブルジョア新聞, がランドリュ, が一, が一寸相手, が一種, が三ヶ月, が不便, が主君越前守, が二十四, が人肉, が今夜あたり, が他人, が佐和山女史, が何処, が係官, が側室, が先ず, が全然, が六十三, が処, が利休, が十年ぶり, が印象そのもの, が古い, が和辻博士, が困難, が堕胎, が大塚氏, が奉公人, が始終, が孤木, が家内, が寺院, が小野太左衛門, が島原一揆, が常さん, が幾分, が強盗, が彼自ら, が御身, が怜悧, が恋愛, が想像力, が成る, が手前, が授業, が文学, が日, が昂軒, が春日家, が最近デュヴィヴィエ, が本郷, が林田, が極力, が正篤, が死體, が気, が汽車, が清正公様, が無口, が物見高い, が猪野, が理性, が當, が皆因縁, が相, が砲術, が秋山, が窓, が素直, が美術工芸, が聞け, が自分たち, が花々しい, が蓆旗, が西暦, が請人, が貴志君, が軍人志望, が遠い新しい, が長い, が隠した, が頂点, が類推, が鬼怒川温泉, きみ誤解し, けしから, けどへん, けもの, けれどこれから, けれどどうやら, けれどもきまり, けれどもとにかく, けれどもト書, けれども何卒くれぐれも, けれども小柄, けれども舞台, けれどコンクリート, けれど兄さん, けれど愛之助, けれど檜物町, けれど職掌上, こ, こちらの, この町, これからは, さう, しいつ, しお前さん, しかも手さぐり, ししかも, しその後鳥羽, したとい, しとさう, しへん, しよく, しスト, し一寸, し不, し今ここ, し何彼, し僧正, し前述, し味噌, し大いに, し妙子, し寄手, し平家以外, し思ひき, し推量, し早速, し棟梁, し治憲, し狭い, し男, し科学的, し考え, し血なまぐさい, し誰, し里, し隣郡, すっかりクサ, ぜ物騒, そうしたい, そこから, そっちも, その小, それで弥生軒, そんなの, ぞ生意気, だから剣法, だが戸惑い, っけ晩方旦那, つたさ, つたのだらう, つた樣です, つていふお話が, つてできやしない, つて世間の, つて別段, つて案外ごく, つて聽く, つて言つたぢや, つまらないよう, で右, とあった, といいぬく, という一点, という哲理, という批評, という自信, という議論, といえよう, といふぐらゐは, といふ簡單, といわれた, とおっしゃる, とかいう, とかはピアノ, とか大切, とか決闘, ときめる, とさえいっ, とさして, としてその, としても事実この世, として見る, とすぐ, とだけ思っ, とどうして, との説明, とはわかっ, とは夢にも, とは思われませぬ, とは考えられなかった, とばかりに返事, とほか, とも, ともわるい, とも悪い, とも考えられない, とわかれ, とクリストフ, と一先ず, と中る中らない, と云うであろう, と云ってるでしょう, と云われる, と伯孫, と信長, と内心得意, と勘ちがい, と博勞, と同伴, と善意, と大, と妾, と安心, と専門外, と帆村, と当家, と微笑まれる, と思いやす, と思い直した, と思おう, と思はれない, と思わなけれ, と惟光, と感じました, と慰め, と推論, と早, と松夫, と歩き, と深く, と申し上げ, と直ぐ, と知られ, と空嘯い, と笑つて相手, と考えなくなっ, と考へられた, と肯定, と至極, と見, と覚悟, と言い添え, と訊い, と話し合っ, と説いた, と警察, と退け, と頷ける, どうせ, どろぼう, なあそこ, なこんな, なとわかった, なと順造, などと冗談, などと讒訴, なんて思わない, なトン公, な氣, ねえほほ, ねとにかく, ね又, のにうまく, のにもう, のに私, はつきり云つたら, べ, まさかにほつたらかし, また喚き立てる, むしろ与えられた, もし縁縫い, ものおいらの, もの何か, もの男の, やっぱり仲, よく考へ, よとおっしゃるでしょう, よ三浦三崎, よ冷, よ抗日抗日, ろくなこと, わしが, わもちろん, んだ, ジエィン, ドコを, ヴィンナの, 一度忠告, 下を, 両方の, 二度目の, 人中で, 今まで, 今更どうなる, 位に, 何とも心許ない, 何故なら, 俺も, 先刻も, 冥加至極と, 勿論その, 又し, 同し, 味淋酒と, 土方人足に, 大体オペラは, 女子供では, 宜いか, 寝不足が, 岡っ, 年が, 当時本郷座は, 後でウン, 怪我人は, 戦場は, 日本だって, 明日断らう, 未練という, 案外に, 正面を, 気が, 深みに, 然し金三郎, 物干, 用意に, 皮肉でも, 眼の, 私に, 紙鳶堂の, 美花を, 自分との, 英雄豪傑という, 誰が, 足を, 酒は, 金銭に, 随分かなしい, 音響殺人が, 馬鹿なら

▼ こと~ (7913, 1.2%)

377 なった 239 なる 234 思う 153 思います 146 する 125 思って 111 なつた 101 した 99 存じます 97 なると 85 なったの 84 思われる 83 なるの 78 なって, 思うが 76 思いますが 68 思ふ 65 いえば 39 しよう 37 なるであろう 35 思われます 34 信じて 32 して 30 いうと 29 なりました 27 思ひます 25 存じますが 22 信じます 21 信ずる 20 なったが, 思ふが 19 なろう 18 思われるが, 考えて 17 されて, それを, 思はれる, 私は 16 すれば, 悪いこと 15 言わねば 14 いったら, 云うの, 云えば, 思った, 思ひますが 13 いわなければ, それが, なれば, 同じよう, 思いますから, 思われて, 関係が 12 いふと, この二つ, 同様に, 思うて 11 いっては, であった, なりぬ, なります, 云わねば, 存候, 自分の, 違って 10 いわねば, もう一つ, 同じこと, 同じである, 私の, 致しましょう, 見える, 言つたら 9 なつて, なりそして, 云わなければ, 思うから, 思われた, 思われるの, 考えられて, 言わなければ

8 [12件] いって, いへば, したの, なりまた, なるから, 云ったら, 何の, 全く同じ, 存じて, 思つてゐる, 考えます, 見えて

7 [18件] いったらない, いったらまるで, お察し, せり, それに, である, なりかく, なりその, なり従って, 云って, 今一つは, 彼は, 思い合わせて, 思うの, 思ったの, 思つてゐた, 想像する, 関連し

6 [21件] それから, なりて, なるが, なるに, なれり, 云つたら, 云は, 人の, 思いながら, 思い込んで, 思えば, 思つた, 想像される, 期待し, 比較し, 申さねば, 知りながら, 考えられる, 見て, 言うと, 言ふ

5 [28件] いう, いたします, おもって, しその, す, するが, そこに, ぞんじます, なす, なりましたが, 存じまするが, 存ずる, 対比し, 彼の, 思うと, 思ったが, 想ふ, 想像し, 書くこと, 申しますと, 眠ること, 考えられるの, 致します, 覚悟し, 解して, 言えば, 言は, 記憶し

4 [42件] いうので, いたしましょう, おもう, おもふ, しました, それからもう, なったので, なったもの, ならなければ, なるかも, なるであらう, なるでしょう, 一致する, 同じだ, 同じで, 同じやう, 同じ意味, 同じ程度, 同意義, 女の, 存じまして, 存じ候, 実際の, 密接に, 察せられる, 御承知, 心得て, 思われました, 思われますから, 知って, 結びつけて, 考える, 考えること, 自分が, 自分で, 自分は, 見つけたり, 言ったら, 言ふと, 認めて, 関係し, 音を

3 [95件] あなたの, あるの, いいこれ, いうに, いうべし, いたしまして, いっしょに, いったらお話, いったらそれ, いはねば, きめて, これは, された, したい, しなければ, すること, すると, そうでない, ぞんじて, ただそれ, どちらが, なしぬ, なったと, なったわけ, ならざるを, なり, なりそれ, なるか, なるだろう, ほとんど同じ, みえて, わたしは, 一つである, 之を, 云ふ, 云へば, 云わざるを, 今日の, 例の, 信じる, 信ずるが, 働くという, 僕が, 出来るという, 君の, 変りは, 多くの, 多少の, 女は, 存じますから, 存じまする, 安心し, 密接な, 察せられた, 少しも, 彼が, 彼女は, 思いました, 思いまして, 思うよ, 思えた, 思える, 思ひますから, 思ふから, 思へば, 思われたの, 思われますが, 思われるかも, 思われるので, 戸を, 書いて, 物を, 現在の, 申しては, 申しても, 白真弓, 相俟, 相成った, 相成り候, 矛盾しない, 私に, 考えますが, 胸を, 自分を, 致しまして, 覚えて, 言いその, 言って, 諦めて, 関係は, 關係し, 關係する, 非常に, 音が, 食うこと

2 [253件] あの人, ある, あるのみ, いいこの, いいその, いいそれら, いいますと, いい今, いうべきであろう, いうより, いえるだろうか, いたそう, いったらありません, いったらたいへん, いったらどう, いったらまた, いったら少し, いったら話, いっても, いへども, うなずいて, うんざり致します, おれが, お思い, お思われ, お悔み, お考え, きたら, ここへ, ことと, この, このこと, これを, される, しこの, したから, したが, したという, しなくては, しまた, し第, すべし, するは, せねば, そのこと, その中, その二つ, その前, その意味, その男, その見解, その間には, それから娘, それから母, それと, ぞんじまする, たかを, であります, です, どこで, どんな関係, なしつ, なすべからざること, なすべきなど, なったでしょう, なってから, なっても, ならう, ならば, なりこの, なりしが, なりすなわち, なりそのまま, なりそれから, なりついに, なりますと, なりエリス, なり同, なり深山, なり結局, なるなり, なんらの, ひとの, また少く, わかって, ヒューマニズムとは, ヒューマニズムなる, ピタリピタリと, 一緒に, 一致し, 三つだけを, 下駄屋の, 不可分である, 並んで, 主人の, 予期し, 二つで, 二つであった, 二人とも, 云いながら, 云うと, 云ったよう, 云わなくては, 人から, 人間の, 仰し, 何か, 何らか, 何らかの関係, 作るという, 信じられる, 信ず, 信ずるの, 共軛的な, 分って, 判って, 動くこと, 反対の, 受け取ること, 合点した, 同じく矛盾, 同じです, 同じな, 同じに, 同様だ, 同等に, 同義に, 品物が, 喜んで, 嘘との, 器を, 圓朝は, 土地が, 外からは, 女子供には, 女性の, 妙に, 娘の, 媚を, 嫁を, 存じますけど, 存じますと, 存じ申す, 存ぜられます, 定めた, 定めねば, 実際的, 実験室の, 将来の, 己の, 平行する, 庖丁の, 廊下を, 弟の, 当時その, 彼らが, 彼女が, 彼女の, 御了解願い度, 心の, 思いその, 思いの, 思いましたが, 思いますお, 思いまする, 思うか, 思うけれども, 思うであろうが, 思うよう, 思うわ, 思ったので, 思ったのに, 思ったもの, 思っても, 思つてその, 思はなければ, 思はる, 思はれます, 思ひ込んで, 思ふの, 思ふので, 思わないで, 思われない, 思われませんよう, 思われるから, 思われるけれども, 思召し, 悟って, 感謝し, 憎むこと, 成って, 我々が, 扉を, 手代の, 承知し, 振った, 支那の, 日本の, 書き認められた紙片, 本を, 次には, 次の, 次第ぢや, 次第では, 正面から, 死ぬこと, 死んだこと, 毫も関係無, 氣の, 水は, 決って, 現実に, 生きて, 産むこと, 申せば, 番頭の, 皆が, 相なり, 相なりました, 相容れないところ, 矛盾する, 社会に, 科学の, 第二, 結びついて, 考えられます, 考え合わせて, 聯關し, 肉体の, 自己を, 致そう, 花の, 行うこと, 見做, 観念し, 解釈し, 言うの, 言ったって, 言ったらまるで, 言っては, 言つたのは, 記憶する, 読むこと, 誰しも, 起きて, 越後の, 違いまして, 関係なく, 關聯し, 飯を, 飯炊きの, 鳴った, 鳴つた

1 [3177件 抜粋] あいなり, あきらめるより, あのおそろしい, あまたの, ありがたく父上ともども喜び, あるなり, ある栄養学者, あんたが, いいいま, いいこと, いいまた, いい仕事, いい彼等, いい洞内, いうか, いうべきでありました, いかなる締り, いずれが, いたしやしょう, いった, いったらおどろいて, いったらちっとも, いったらびっくり, いったらわたし, いったら人, いったら地面, いったら燕尾服, いったら見かけ, いったら飯, いつたらない, いつもの, いまだに共同風呂, いろいろに, いわれるまま, うなずいても, おかみの, おつゆ, おまえという, おりはじめました, お品殿, お案じ, お絹, かくして得られた, きたら全く, きまったが, きりはなせないこと, くるりと, ここでは, こっちで, この世界自身, この場, この月半, この發光物質, これさへ, これらの, ごっちゃに, さらにこれ, しかえって, しさて, しただろう, しとにかく, しましょうという, しやつ, し一五三一年一月, し今度, し十一月二十五日, し妻子一族, し慎重綿密, し本人, し犠牲, し茲, すぐ読めた, するならば, する習慣, せよ, そういう相手, そうして菊女, そこで必要, そして剃刀, そして長平, そのとき, そのハンドル, その井戸, その何萬兩, その報告, その後の, その意見, その時, その次々, その癖平生, その結果彼等, その苦, その金銀, その食事, それからまた源平, それから少女, それから温泉地, それから頼みたい, それによりて, そんなこと, たとえばバルナバス, ちがい理化学, つくり思ひめぐらします, ていたく疲れたる, でしょうか, どうかした, どう関係, どの位, なければ, なすなり, なったそう, なったのみ, なった第, ならねえこと, なりいつと, なりこちら, なりそうして, なりたる, なりぬ合作, なりましたため, なりますよう, なりファラデー, なり丁寧, なり之, なり代理, なり内外一和, なり古来, なり同年, なり城下町, なり女難, なり常識的概念, なり彼, なり改めて, なり旧暦, なり本日, なり漢字, なり私, なり終った, なり舞台, なり貧民, なること, なるであろうと, なるべくやつ, なる剰余生産物, なろうゆえ, のちの, はなつても, ひそかなる, ふたごの, ほぼ一致, ましてジイド風, また永年, まったくつながった, まるで反対, みえる, むき出しの, ものが, りかは, わが国が, わるいこと, イライザが, コマ村が, タカを, フィロソフィック・クールネスとは, ホテルで, ヴェスビアスの, 一ヵ月に, 一家一門の, 一方では, 一番涼しい, 一致しない, 三上対船長との, 三郎にも, 下手人は, 不断心得た, 世間が, 両方の, 中宮は, 之に, 予想された, 事情は, 二人が, 云いこの, 云い其他事件全体, 云うては, 云える, 云ったらとても, 云ったら昔, 云つては, 云われた, 人とを, 人数の, 人間を, 今一人別の, 今当分, 今日人が, 仏間に, 他人を, 伊都子が, 何かさ, 何ら変る, 余り反対だ, 作家である, 侍衆は, 係はり無き, 信じここ, 信じないわけ, 信じ難い, 倉富さんが, 僕の, 先に, 全く並行, 全く絶縁, 全然意味, 八度二分ほど, 兵隊ものとの, 内の, 再び敲く, 凍りつく時, 出版, 分かると, 切りはなせないもの, 判断した, 前後し, 努力の, 勝手に, 医師の, 南玉を, 原書癖とは, 又それ, 反対な, 取り極めましょうか, 古い陶器, 叩くと, 合点される, 同じくらいに, 同じでない, 同じ方向, 同一であるなら, 同感を, 同様これは, 同様近代における, 同量, 呂宋兵衛は, 呼声の, 唇の, 善い人間, 四哩を, 囲碁だけは, 地に, 執筆態度などについて, 壊れた宇宙艇, 変りなし, 多寡を, 夜眠られない, 大した相違, 大菱屋, 天皇の, 夫人に, 女を, 女流が, 如来たる, 子を, 子供を, 存じという, 存じまするただし, 存じ以後, 存ずるが, 存上候内方一同元気に, 存在させない, 学究的な, 宗教会議を, 定めて, 実行する, 客分として, 宮方の, 富ちゃんにも, 察し, 察しられますが, 察せられ候, 将軍が, 少し違, 山田さんの, 工藝を, 常にぼんやり, 幕府が, 幼いころ, 廚子が, 当つた, 彼も, 彼自身の, 後足の, 從つて人倫的活動の, 御覧に, 心に, 心理的という, 思い, 思いおるには, 思いそして, 思いちがいし, 思いますがね, 思います早う, 思い何分, 思い哀れ, 思い桔梗屋, 思い私, 思い込みまして, 思い違えて, 思うじゃ, 思うても, 思うわれわれ, 思う準備, 思えたであろう, 思えなかった, 思ったか, 思った人, 思つたに, 思つて家に, 思はるべしや, 思はれるので, 思ひて, 思ひ合, 思ふよ, 思ふ辰子さん, 思わざるを, 思わず風呂, 思われそして, 思われまして, 思われも, 思われるほど, 思ッてるだろう, 思惟せられる, 性急な, 恋心という, 恐縮し, 悲しいこと, 想われる, 想像し得られる, 愛されたい願い, 感じたの, 感じるほど, 慢性的な, 成る故, 或る, 手の, 批評家が, 抵触し, 拝察賀び奉り, 推定され, 推量し, 撞着する, 政治とは, 敷島が, 文学者である, 断定し, 新鮮な, 日に日に怒り, 日頃より, 明後日兵庫が, 映すこと, 時々女中頭, 暑いこと, 書いては, 最初は, 期待しなけれ, 本家に, 来たら此, 東北では, 根原に, 梳きまき毛, 極まりその, 槍穂高などと, 次第じゃ, 正しいこと, 正確な, 武蔵は, 死んだとき, 殆ん, 母の, 比較すれ, 気づき直した様子, 気転の, 水盤の, 決めたれば, 沢子さんという, 洋服の, 海へ, 深く感謝, 清さんは, 漢中軍が, 火星人と, 無理やりにも, 照しあわせ, 父の, 牴触すべき, 独りほくほく, 現れた卦, 現常陸, 理論的発展の, 生殖する, 産額の, 申した方, 申すより, 疑うであろうし, 百貨店の, 目下自分は, 相場に, 相成りましょう, 相成る可, 眉を, 真理の, 着て, 矛盾なく, 知っては, 知らば, 知れたが, 短くかき廻す, 確信しました, 社会的な, 神の, 私たちは, 秘密書類が, 穏かに, 竈の, 立派な, 第三番目, 等しく思っ, 築地に, 糞尿が, 終局に, 結びつけること, 絡みつく, 繰返した内容, 美しい作物, 老人の, 考えずに, 考えたに, 考えなければ, 考えられること, 考える習慣, 考え直して, 聖餐を, 聯關する, 背丈の, 腹との, 自分にも, 致して, 興奮する, 艶麗の, 若いといふ, 苦學し, 菅氏を, 薫は, 蘭書に, 行く汽車, 表現される, 裁けと, 見えただ, 見え六十, 見られて, 覚悟を, 解すべきもの, 解せられ今, 言いお玉, 言うもの, 言ったら一文, 言ったら眩暈, 言わなくては, 設備の, 認めず黙って, 誤解し, 諒承し, 諦めるより, 警官は, 貧苦を, 賞めそうな, 足音が, 軒並みに, 逃げ足の, 連絡ある, 運動神経の, 道江が, 違うの, 適当な, 郷里からの, 野見宿禰の, 金銭の, 長い雪, 関聯する, 防共の, 雑用が, 難行を, 青い青い田園, 須磨子の, 頭脳的という, 風紀が, 飲むこと, 馬田が, 驚き入るばかり, 鳴る轍

▼ ことには~ (5434, 0.9%)

98 ならない 40 ならぬ 36 少しも 33 それが, 彼は 30 私は 26 何の 24 彼女は 23 慣れて, 馴れて 22 なって, ならないの, 彼の, 私の, 頓着なく 21 なりません, 気が 20 違いない 16 それは, 誰も 15 何か, 相違ない 13 ちがいない, 変りが, 変りは 11 なんの, 一言も 10 意味が, 気がつかなかった, 触れなかった 9 そこに, ならなかった, なるまい, 一向頓着, 決してならない, 無関心, 違ひない 8 なるが, 彼女の, 気づかなかった, 氣が, 疑いない, 自分の, 違いなかった

7 [11件] これは, それらの, ならなかったの, なれて, 今の, 何も, 例の, 彼らは, 日本の, 私が, 間違いが

6 [14件] ならないから, ならないであろう, ならぬと, なるまいと, ほとんど疑い, 多少の, 彼が, 彼等は, 気を, 無頓着で, 理由が, 私も, 頓着しない, 馴れたもの

5 [25件] あらず, いっこう頓着, いつまで, おかまいなく, お構いなし, して, すこしも, その人, どうにも, ならないと, ならないという, ならぬの, 二つの, 二人の, 多くの, 彼女が, 成功した, 手を, 気も, 疑いは, 相手の, 相違なかっ, 自分が, 限度が, 非常に

4 [32件] おかまいなし, この人, この頃, これを, そこには, そこは, そのとき, その男, それから, それを, ちっとも気, なったの, なにも, ならずに, ならないこと, ならないでしょう, なりますまい, まちがいない, 一つの, 二人とも, 何等の, 僕は, 我々は, 次の, 気づいて, 水が, 相当の, 耳も, 自分は, 興味を, 雪の, 頓着せず

3 [80件] あまり興味, いろいろの, お前は, この, この種, これが, これらの, これ等の, そこにも, そこへ, その時, その水, それに, ちがいなかった, ちょうどその, なくて, なったが, なっても, ならないで, ならなかったん, ならなくて, なりは, なる, ふれないで, ふれなかった, わたしは, われわれは, 一向平気, 一度も, 一種の, 世の中の, 人の, 今夜の, 今度の, 何でも, 何らの, 何んで, 俺も, 僕の, 右の, 変わりは, 夜が, 女の, 妙に, 容易に, 寝床の, 少しの, 急に, 或る, 敏感な, 気がついて, 気づかずに, 気づかない, 無理が, 父の, 現在の, 男は, 異論が, 異議は, 疑問は, 神も, 私たちの, 私に, 精通し, 絶対に, 耳を, 腹が, 興味も, 行くまい, 触れず, 触れないで, 誰の, 賛成だ, 違いありません, 間違いない, 関係が, 関係しません, 限らない, 頓着なし, 驚かない

2 [272件] あたりが, あの晩, あの老人, あまり気, あまり氣, あまり耳, あまり頓着, あらざれども, あらゆる矛盾, ある晩, いっさい触れず, いまの, いろいろな, うちの, かまって, かまわずに, かれは, きょうその, きりが, この下の句, この二つ, この広大, この日, この時, この時以来, この男, この際, これも, こんどは, すぐに, その, そのお, その一つ, その上, その中, その声, その女, その方法, その晩, その者, その赤い, その身, その辺, その顔, それに対して, それに対する, それまで, それ相当の, であった, どういうもの, どうした, どちらも, どれも, ない, なくその, ならないさ, ならないし, ならないだらう, ならないだろうと, ならないわけ, ならないん, ならない筈, ならなかったに, ならぬであろう, なりませんし, なるであろうと, なるまいが, なれきって, なんでも, なんらの, ひどく退屈, ふれて, ほかの, ぼくは, また次, もう平気, らを, わしは, わたしの, わたしも, われわれが, 一と, 一切お, 一向お構い, 一向に不案内, 一向気, 一向無頓着, 一応の, 一方しか, 丁度その, 事件の, 事柄の, 二重の, 些し, 京阪の, 人間の, 今は, 今迄, 仕方が, 他の, 何う, 何と, 何にも, 何んだ, 何んな, 何んの, 何時までも, 俺が, 俺の, 倦き, 僕も, 充分な, 児女に, 全くこの, 全く無, 全く私, 兵隊に, 初めから, 勿論彼女, 反対だ, 反対の, 取ること, 口だしを, 口を, 名ばかりの, 君の, 吾, 問題は, 変りない, 外国から, 多分に, 大いに賛成, 夫, 失敗した, 女は, 妻は, 子供は, 家人の, 少し雪質, 山の, 山男は, 常に多少の, 平気だった, 幾多の, 彼と, 彼には, 彼も, 彼女も, 彼自身憤らず, 心が, 心の, 心を, 思わなかった, 性格的な, 意義が, 感心する, 慣れきって, 成程と, 我国の, 手も, 手出しを, 手足を, 文明の, 新たに, 日本で, 日本人の, 明るかった, 映画の, 昨日の, 月給は, 有効で, 有効である, 朝鮮の, 本当に倦, 東京にも, 格別異存は, 植木屋の, 極端に, 構は, 構わずに, 正月七日の, 殆ん, 残菊物語で, 気がつかない, 気がつかなかったの, 気の, 気付かなかつた, 水の, 泉氏は, 注意を, 注意深く考察, 深い理由, 満足を, 漸くその, 炉の, 無意識である, 無数の, 無頓着だ, 無頓着な, 無頓着に, 父は, 物理学の, 狎れて, 現代の, 用事が, 異存は, 疑いが, 疑いなく, 疑が, 疑は, 疑問の, 皆は, 目も, 目を, 相互の, 相違ありません, 相違は, 真面目に, 眼も, 眼を, 私達は, 科学によ, 窓は, 立ち入らない, 立ち入り兼ねます, 第三, 絵画の, 絶望しない, 総軍, 聊かの, 自信が, 自身の, 見知り人がねえ, 触れずに, 触れて, 触れない, 詳しい, 詳しかった, 誰よりも, 議論の, 責任を, 賛成です, 趣味を, 足の, 返事を, 逆に, 違いありませんが, 違ひありません, 違ひなかつた, 部屋が, 金も, 間違いありません, 間違いなく, 間違いは, 間違ひ, 間違ひありません, 関係なく, 関心も, 限らぬ, 限界が, 雨は, 雪が, 非ず, 頓と, 頭が, 飛騨の, 馬場は, 馬鹿に, 馴れきって, 驚かなくなって, 鼻が, 鼻の

1 [3426件 抜粋] 〇・五と, あえて干渉, あとの, あの先生, あの牢人, あまりこの, あまり慣れ, あまり關係, ありがたいこと, あれから, あんたは, いかないし, いくらあっし, いずれも, いっこう平気, いつこう興味, いつも必ず適中, いまだ思ひ及ばなかつた, いろ, うすい単, うわおおい, おかまいなしなん, おどろいて, おのれの, おもは, お光, お城, お日さま, お祖父さんは, お金持, かえって裏, かくの, かなり早く, かの地, かまわず土手, がんじ, きよ子は, こういう流転, こういう食事, ここにも, ことに敏感, このたぶん, このイタリヤ軒, このチヨコチヨコ, この三碑, この乱国, この作家, この初耳, この善良, この天才的剣士, この市内, この怪事件, この東北, この無人, この科学, この花屋, この足跡, この闇煙草, この項目, これと, これらが, ご主家筋, さして老, さつき彼が, しきわらの, しないで, しませんか, じつに熱心, すぐ鼻先, すでに大きな, すべて彼が, そいつは, そういう実際, そうして歩い, そこらの, そのか, そのほか, そのシカ, その一夜, その上衣, その人間, その光景, その反, その坊主共, その夫, その宮崎氏, その屋敷, その当時, その怪物, その時わたし, その椎, その死顔, その点, その白煙, その種, その紫錦さん, その翌年, その船, その薬, その運転手, その鐘, その黒い, それぞれ意見を, それほど重たく, それ迄の, そんな大きな翼, たしかに一面, ただ今織田信長, たとえ赤, だめだ, ちっとも御, ちょうど此処, つい一度, つごうが, できるだけ係りあ, とかく臨まれたがる, とり残された私, どうしても気, どうにも不, どうも一つ, どこを, どんな腕, なお多大, なったに, ならしやせんが, ならず見失うこと, ならないだろうか, ならないむしろ, ならない理論, ならなかったとは, ならなかつたの, ならねえだらう, なりかねないかも, なりませんぜ, なるかも, なるまいそう, なんなり, はじめての, ぱツぱと金を, ひどく人, ふだん按撫によってばかり, ふれたくございません, へこたれなかった, ほとんど出る, ほとんど興味, ほんとににっこり笑っ, まかり間違うと, まず何流, またそれ, まだ例, まだ近作, まったく無, まるきり別, まるで気がつい, みずから気づかなかった, みんな目が, むりがあろう, もうひとり, もう天下, もう絶対, もちろん執権高時, やかましい痩せ, やはり芸術家, よく慣れ, よわって, わたくしに, われわれの, アーマードは, カチカチと, キャラコさんが, ジオルジユ・グランと, スクルージは, タカを, デイヴと, ナガレ目が, パリから, ファニイ迄が, ヘーゲル批評家として, モダーニズムの, ロンドン, 一メートルばかり, 一先づ觸れず, 一切気が, 一口に, 一向変り, 一向答, 一年に, 一方当時, 一時私の, 一町ばかり, 一足ちがいで, 万間違い, 三度とも, 上の, 下駄や, 不思議に, 不満が, 両人は, 中野さんは, 之も, 事は, 二三日經つてはじめて, 二十年振りで, 二階座敷は, 五挺の, 京都の, 人生という, 人類の, 今何んと, 今日特に, 仏は, 他から, 代々若い, 伊之助は, 伝記は, 何うし, 何だかこう遠い, 何とも云え, 何らか, 何一つ興味, 何処を, 余り熱心, 作者には, 便利で, 俵へ, 値打が, 偶然に, 僕に, 充分御, 先生も, 兎角附會, 全く心付き, 全く興味, 全然心付かず, 全身ずぶ濡れの, 其内容の, 内部は, 冴子は, 出て, 列の, 別にそれ, 利江子夫人は, 前より, 劇や, 勇三には, 勿論ならぬ, 十中八九まで, 十分に, 十畳敷き, 半月あまりの, 即座に, 参りません, 又衰え, 双方一致し, 反対せざる, 反説, 口の, 可い探偵小説, 吉村氏も, 同意し, 同時に棄てられた, 向うは, 呉の, 咳を, 啓吉を, 嘘を, 四通とも, 困難が, 土を, 地方を, 堪えきれず, 場数を, 変りなし, 外湯な, 多年の, 夢中に, 大きな力, 大した興味, 大して骨, 大分自信が, 大抵何, 天と, 天狗に, 夭死した, 女坂口安吾と, 奴らは, 妙な, 姉自身も, 婆やの, 孔子は, 安手の, 実にくだらぬ, 実盛, 家には, 密接な, 寧ろ関係, 小さな戸, 小林さんは, 小鳥に対する, 尼妙了が, 山人の, 岩が, 工場街と, 差支は, 常日頃, 平助に, 年の, 幾度も, 庵中に, 弦之, 当時すでに, 役立っても, 彼女に, 征伐を, 従って, 從はずには, 御腹, 心がかりが, 心附かず, 必ず裏側, 忽ち子供, 思い到らずそれ, 性質が, 恥ずかしい申しわけ, 悪魔も, 愛之助の, 慣れたが, 憚りながら色, 成功しなかった, 我慢しきれない, 手前が, 手近の, 折が, 持って, 探偵小説専門雑誌なる, 支那服の, 敏かつ, 敬服される, 文壇の, 断じて退かない, 既に幾分鍛練, 日本は, 旦那隠居が, 明るい人物, 映画で, 昼寝の, 時どきびっくり, 暗然たる, 最もふさわしい, 最早頓着, 月平均の, 朝っぱらから, 未だ思い到らない, 本当に女, 朱に, 村に, 東京の, 枯れて, 根気よく色々, 森の, 構って, 樹林地帯では, 正しいもの, 此世話ものは, 武蔵が, 死ぬよう, 殆ど狂熱と, 母屋の, 毒虫の, 民蔵一族は, 気がつかず次ぎから, 気がつかなかったぐらい, 気がつかなかつたが, 気が付かなかったが, 気づかずつとめて, 気づかなかつたの, 気付いて, 気付きませんでしたね, 気附かなかつた, 水火を, 決してならず, 決して手ぬかり, 沈鬱に, 沼の, 津島は, 浜の, 淡白で, 深く意, 渡辺, 源三郎とも, 潔癖であり, 烏犀角の, 無神経な, 無關心, 照子は, 父親は, 物の, 牽掣を, 狸石が, 現に書き, 現場に, 甚だ不向き, 生命も, 生物学上正当の, 甲が, 男を, 画面を, 異議が, 疑ひが, 白い丸形, 皆で, 目方は, 直江津の, 相違なかつた, 眼が, 石坂洋次郎と, 確証という, 祈るほど, 神様今, 私たちと, 私にとって, 秋子と, 種々複雜, 立ちいらないで, 立木の, 笹が, 答に, 系図屋の, 素人離れが, 経験が, 絵の, 緑屋さんが, 美事な, 翌朝は, 耐えられなかったの, 肉に, 背かんの, 腰掛が, 自分たち二人は, 自然と, 至って無頓着, 興味ない, 船舶の, 色々の, 花畑の, 苦しまぬが, 菊池さんは, 蒼ざめた頬の, 虎の子の, 行きません, 表でし, 裏の, 見えなかった, 見る見る病勢, 親たちの, 解釈が, 触れたくないの, 触れなかったが, 言い分も, 訊問が, 話は, 誰しも, 諸氏ひとしく, 警察犬は, 豹一の, 賊が, 賛成なさらないでしょう, 超然として, 躑躅の, 近々に, 近江屋の, 追ひかけ, 連れて, 遂に絶滅, 違いは, 遠きもの日々, 部屋じゅうくまなく, 都会の, 重い鐘, 重藏, 釜場の, 鍛刀の, 長けたれば, 開襟シャツなどを, 間違ない, 関心が, 附近の, 随分限度, 雨も, 青蛇団が, 靴底の, 頓着も, 頭巾眼深, 風も, 饒舌を, 馴れてると, 騒乱の, 驚かないの, 驚きます, 鳥が

▼ こと~ (4188, 0.7%)

671 んだ 598 のだ 511 のである 436 んです 356 のです 132 のか 12367 のだろう 60 のであった 54 のよ 49 ので 41 んだろう 40 んでしょう 39 のであろう 38 のでしょう 36 んで 27 のであります 22 のかも, のさ, のね 20 のでございます 16 のだらう, のでした 15 んでございます 14 のかしら 13 のだった, のでその, んだい 11 のでそれ, ので私 9 のじゃ, のでお 8 のであっ, のに 7 のであらう 6 からし, のかね, のでこれ, んだらう, んでせう 5 のかと, のであつ, のでこの, のでせう, ので彼, ので彼女 4 のであり, のですぐ

3 [14件] のかい, のかな, のそれ, のでありました, のでそこ, のでもう, のでもし, ので今, ので自分, ので誰, のを, んかちつ, んでがす, んでしょ

2 [46件] からしむる, からしめ, からしめたる, けむ, けれど他人, のかを, のであの, のでこんど, のでご, のでございまし, のでし, のでしかるに, のですっかり, のですなわち, のでそう, のでそのまま, のでたんか, のでだから, のでちょっと, のでどう, のではじめ, のでひどく, のでぼく, ので一時, ので何とか, ので僕, ので告訴, ので女形, ので帰る, ので幸子, ので戦っ, ので父親, ので貞之助, のと, のにちがい, のに一言, のに自分, のねきっと, のは, んじゃ, んでその, んでそんな, んでも, んで日頃仲, ンか, ンです

1 [459件] あらたかさを, いやない, いやろう, いやろか, お数十年, か, からざる, からしむ, からしむべし, からしめよう, からしめる, からしめん, から云, かる可, きつねの, きもの, き死への, ぎむいま, けむ我, けれど, けれどぬれぬ, けれどむね, けれど名, けれど山里, けれど濡れぬ, けれど脚気, ささうな, さそうに, しぶなり, すいか者は, つて地面を, つて居る, のあたし, のかしらという, のかに, のが, のじゃが, のじゃろう, のだつた, のぢゃ, のであ, のであたかも, のであまり, のでありましょう, のであれ, のでいいだす, のでいい加減, のでいくら, のでいつも, のでいふ, のでいろ, のでうつ, のでえてして, のでおかあさん, のでお待ち, のでかえって, のでこ, のでこいさん, のでこうして, のでここ一, のでこちら, のでございました, のでございましょう, のでござる, のでごまかす, のでさほど, のでじかに, のですでに, のでそしたら, のでその後, のでそれと, のでた, のでただ, のでたちまち, のでちっとも, のでちょいちょい, のでつまり, のでてんでに, のでとても, のでともかく, のでとりなす, のでどういう, のでどだい, のでどんな, のでな, のでなく, のでなに, のでなにか, のではっきりなぜ, のではっと, のではらはら, のでひとしお, のでふと, のでほか, のでまあ, のでまず, のでまずいと, のでまた, のでまだ, のでまもなく, のでみんな, のでもうもう, のでもう一度改めて, のでもっと, のでもろく, のでやがて, のでやや, のでようやく, のでよけい, のでよほど, のでよんどころなく, のでエーワン, のでゴーシュ, のでシステム, のでタクシー, のでナイフ, のでハッキリ, のでバック, のでパインクレスト, のでパーラー, ので一, ので一つ, ので一信, ので一個, ので一夕, ので一年, ので一日雨, ので一般, ので一遍, ので七草過ぎ, ので万三郎, ので三千, ので三度, ので不思議, ので世に, ので両, ので中, ので丹後守, ので主客, ので乳人, ので了解, ので争, ので事物, ので二三日前, ので互に, ので五通話, ので京都行き, ので人数, ので今度, ので今更別, ので仏蘭西, ので他, ので以上, ので仮, ので伝え聞いた, ので何, ので何かと, ので俺, ので兄弟たち, ので先日自分, ので先生, ので全く, ので共同, ので其日, ので再び, ので出, ので出あう, ので初め, ので別に, ので到頭, ので前, ので副, ので割引, ので北原ミユキ, ので千寿王, ので危なく, ので又八, ので取り合わなかった, ので呉, ので唇もと, ので問い返した, ので問題, ので四里, ので困ります, ので外国, ので多く, ので多少, ので大きな, ので失礼, ので女中, ので好奇心, ので子供さん, ので学校, ので客車, ので宥恕, ので家計, ので専門医, ので尊氏, ので小, ので小説, ので少々, ので少し, ので少年たち, ので山小屋, ので岸, ので嵯峨塩, ので左膳, ので帝, ので常に, ので平井山, ので幾年, ので強, ので彼ら, ので往時, ので徐晃, ので従って, ので従姉, ので必ずしも, ので忍び松明, ので応接間, ので怏々, ので思いがけぬ, ので思わず, ので急場, ので怪訝, ので恥かしく, ので悦子, ので悪夢, ので慈円僧正, ので我が国, ので戸, ので戸惑い, ので所在, ので所持, ので折角, ので捜す, ので放水路, ので政府, ので敵, ので文学, ので斬り合い, ので既に, ので早く, ので早速, ので昨夜, ので時々, ので時遷, ので智恵, ので暫く, ので未亡人, ので机, ので村上さん, ので東一君, ので東京, ので東助, ので栄ずし, ので桓楷, ので棄て, ので機会, ので次第に, ので次郎, ので止めなかった, ので正成, ので正確, ので正面, ので此, ので死なず, ので母, ので毎夜繁昌, ので油紙, ので深い, ので無, ので特に, ので王子服ら, ので理解, ので生活不安, ので用度係り, ので田舎者, ので男, ので町, ので畏まっ, ので畝作り, ので疑いよう, ので病気, ので皆, ので皆笑つて, ので相良金吾, ので石工たち, ので破船, ので磯五, ので神戸行, ので秀吉, ので私達, ので立ちどまっ, ので笑っ, ので筆, ので素直, ので総, ので総じて, ので纏め, ので美沢, ので翌朝奥さん, ので考え, ので考へ, ので職屋敷, ので膳部, ので自宅, ので自然, ので船, ので艇長, ので艦, ので芸人たち, ので茫然, ので茶碗, ので行ったら, ので行子, ので表立っ, ので装幀, ので視線, ので覚え, ので親方, ので訊き返す, ので討手, ので記憶, ので談, ので豆店, ので起雲閣, ので身, ので車掌, ので辰代, ので返事, ので道, ので部屋, ので鎌倉じゅう, ので長く, ので長崎, ので障子, ので顔色, ので願書, ので馬遵, ので馬鹿正直, ので馴れた, ので馴れぬ, ので驚き, ので驚愕, ので魯粛, ので龍太郎, のどす, のにうつ, のにおまけ, のにこの, のにそういう, のにその, のにです, のにとどんなに, のになぜ, のになんとも, のにふい, のにもう少し, のにシヅ, のに但馬, のに地, のに彼, のに彼女, のに日本, のに椅子, のに灰色ガン, のに相違, のに眼さき, のに私, のに関東, のねえ, のね何, のまさか, のよそういう, のよツ, のよ分っ, のよ勘違い, のよ口, のよ私, のよ若い, のらしい, の八さん思いきっ, の嘘, の坊ちゃん, の当節, の我慢, の持ち切れない, の教, の日本, の此方, の給, の誰, の雪, ばかりか用意, もんです, をし, んざあどう, んざあなんにも, んざありませんよ, んざありゃしない, んざあ人間さまには, んざあ忘れちまった, んざあ聞て, んざお, んざァ, んざ心配しなく, んざ忘れる, んざ悪く, んざ無い, んざ知らねえ, んざ綺麗に, んざ耳に, んじゃが, んだいお前が, んだい木内さん, んぢや, んぢやけに, んであります, んでいろいろ, んでお, んでお上, んでお話し, んでがすから, んでげす, んでございましょう, んでござんす, んでごぜ, んでさ, んでし, んでしかし, んでした, んでそのまま, んでだいたい, んでつまり二十五年, んでどうしても, んでね, んではっきり, んでまだ, んで外交官, んで夫婦, んで奇代, んで婆, んで実は, んで御座, んで現, んで生れかわらなきゃ, んにも, んめづら, ん時間後の, ん語り伝え, ア人形さんの, リンピイ, ンだ, ンだろう, ンで, ンでございます, 民政党入党の, 熱心と

▼ ことです~ (4103, 0.6%)

450304225168132 から 1197259 からね 44 が私 40 もの 39 がね 38 がその, の 33 がそれ 30 がこの 27 がこれ 22 から私 15 からその 1312 からな, って 11 からそれ, が今 10 かい, がしかし, ぜ, ものね 9 からお, からこの, からねえ, から今, から御, があなた, ぞ, わい 8 かな, からもう, があの, がお, がそんな, が何, けれど, ねえ, わね 7 から決して 6 からあなた, からどこ, からどんな, から何, がある, が後, しそれ, のに

5 [12件] からこれ, からまだ, から自分, から誰, があれ, がそう, がただ, がほんとう, が昔, けれども, それは, よ親分

4 [26件] かそれ, かね, からいつ, からきっと, からそう, からそんな, からだれ, からどうぞ, からはっきり, からむろん, からよく, から別に, がそれでも, がなん, がわたし, が今度, が僕, が八五郎, が彼, が念, が若い, が近頃, けれどその, これは, ネ, 私は

3 [36件] からここ, からそういう, からわたくし, から何とも, から大, から家, から早速, から気, から自然, がさ, がさて, がそういう, がでも, がどう, がどういう, がなかなか, がねえ, がまだ, がもう, がよく, がわたくし, が事件, が人間, が兎, が妙, が実は, が心, が旦那, が私たち, が雨戸, しその, なあ, なア, ね親分, 私が, 親分

2 [158件] かそれとも, かよ, からあたり, からあまり, からお前さん, からお松, からこ, からこちら, からご, からさて, からしかた, からすっかり, からすべて, からずいぶん, からぜひ, からそこ, からそれで, からそんなに, からとても, からどういう, からどうか, からどんなに, からなにか, からねそう, からひょっと, からほか, からまあ, からまさか, からまた, からまるで, からもともと, からウム, からハッキリ, から一人, から万事, から人, から今さら, から今日, から今頃, から佐山君, から全く, から土地, から大がかり, から安心, から少々, から山, から店, から店頭, から忘れ, から我々, から是非, から時々, から氣, から物, から申, から私達, から華々しい, から許し, から辛抱, から道, から金銀, から非常, か先生, か親分, があと, があんまり, がいかに, がいくら, がいったい, がこちら, がこんど, がこんな, がすべて, がそれら, がた, がたとい, がだから, がちょうど, がちょっと, がつまり, がともかく, がどうも, がなに, がなにか, がなるほど, がねまず, がほか, がほんと, がぼく, がまだまだ, がみんな, がもし, が一つ, が一人, が一体, が一度, が三日消息, が三郎, が人, が仕事, が仕方, が他, が係, が先生, が口, が右門, が奪, が家, が宿, が左陣, が幸三郎, が御, が徳川時代, が我々, が或, が振袖火事, が普通, が曲者, が月, が死んだ, が献立, が由比正雪, が相手, が真実, が第, が老, が許嫁, が誰, が野幇間, が高い, けど, けれどあなた, けれどお, けれどしかし, けれどもわたし, けれども面, けれどわたくし, けれどわたし, これが, しこの, しつい, しわたくし, し度々, し私, それが, て, とさ, と云う, ねあの, ねあんな, ねん, のん, よよく, よ先生, わたしは, ネー, 僕は, 水

1 [1362件 抜粋] ああいう, あんなこと, いつか誰かが, お互い同士が, お雪さんが, かあたい, かいったい, かこれ, かだって, かと尋ねる, かと少女, かねエへエ, かね私, かまた, からあるいは, からいい, からいただきません, からいっ, からいっそう, からうっかり, からおとうさん, からお客さま方, からお話し, からかなり, からきみ, からこうして, からごく, からさだめし, からさっぱり, からさよう, からすぐ, からすこしく, からそ, からその後, からそれっきり, からそれで実は, からたいした, からたとい, からたまりません, からだめ, からできますなら, からところどころ, からとりあえず, からと母親, からどうせ, からどなた, からなあ御, からなまじい, からなんとなく, からなんど, からね仕事, からひろい, からへい, からべつに, からまさかに, からまわり, からめったに, からもし, からもと, からものなれた, からやりかねない, からよき, からよし, からよほど, からわが子, からわたし, からゾッと, からハツキリ, からバカバカしい, からヘエ, からワイシャツ, から一つ, から一口, から一度, から一念, から一概, から丈太郎, から上, から不平, から世間様, から九月, から事態, から二人, から些, から今年, から仕方, から伊豆山, から何かお, から何不自由, から何処, から信吉, から假令, から先生, から入念, から其の, から凡て, から出来得る, から前後, から勿論, から医者, から匿, から十分慎重, から単, から参詣, から叔母, から口先, から各々, から同署, から周囲, から喜び, から国際人, から土, から夏, から大いに, から大森, から天井, から奈何, から好き勝手, から姥神, から守らね, から宵, から家出位, から宿無しっ子, から小母さん, から屋根裏, から山賊, から左様, から常に, から庭, から引越し, から当然, から御免, から心配, から念, から思わず, から悲しい, から懲らしめ, から手術, から改めて, から斯, から新聞記者, から日, から朝, から桃, から極, から機体, から止む, から死ん, から母親, から気軽, から海岸, から混同, から湖, から無論, から父もさ, から玄関口, から申し上げません, から留守番, から當然, から皆, から直接株式市場, から瞳, から私ども, から稀, から窓, から紫縮緬, から美しい, から聞い, から腕ずく, から舟, から茂太郎, から葉書, から行届き兼ねます, から見る, から評価, から警察, から貴方の, から近所, から運転手, から遺言状くら, から醤油, から間もなく, から附近, から隠れ, から面白, から顔, から風説, から飲料水, から骨, から鷄, から黄金, かアレクセイ・イヴァーノヴィチ, か主, か存じません, か水筒, か警察, か顔, があたしたち唄, があるいは, がいっ, がいま, がいまところ, がうつ, がお嬢さん, がかんじん, がこういう, がこのごろ, がごく, がさつき, がさりとて, がじっと, がせがれ, がそうすると, がそれだけにまた, がそれなら, がたしかに, がだれ, がついで, がどうにも, がな, がなぜまっすぐ, がねあぶらや, がねすぐ, がね出入, がはからず, がひとつ, がま, がまさか, がまったく, がまれ, がみんな奥様, がもっと, がやはり, がわたしゃ, がアメリカ人, がイリューシャ, がガラッ, がケプラー, がドガ, がペンギン叢書, がラサ府, が一應, が一種, が三遊亭喜楽, が下谷, が世上, が中村新八郎, が予定, が事柄, が二人連れ, が云い切る, が五年前伯父殺し, が人数, が今年, が他人, が伴奏者, が何とか, が何分, が作曲, が例へば, が信之, が健吉くん, が先ず, が先代, が其の, が内村先生, が動物, が十九, が博奕打, が原, が古老, が台詞, が名, が向日葵, が商品価値, が国, が外国, が夜更, が大抵, が天皇陛下, が奥様, が女中, が妊娠, が孤独, が実際, が尊い, が岩, が巷間, が常に, が平常, が幸い, が当地, が影, が御所, が忠義者, が息切れ, が愚鈍, が成, が戸籍, が手近, が故郷鎌倉, が文子, が日当り, が易, が昨晩, が暑い, が本, が本当, が杏斎先生, が柳, が栖鳳先生, が楽観, が此等, が死体, が殺し, が毛虫, が注意, が浮氣, が滅多, が烏啼, が照会係, が物, が王羲之, が生憎, が畢竟, が畳ざわりのバサッ, が百餘宇, が皮肉, が真夜中, が碌々, が禁, が私自身, が秘曲, が結婚, が総べ, が羅門塔十郎, が老巧, が肉体的, が舊幕時代, が良吉さん, が若旦那, が薬, が見舞ひと言, が親しく, が解いた, が赤ん坊, が足利, が退校, が達ちゃん, が重要, が金之助, が長期, が電燈, が風当たり, が飯田, が高等学校, が麻布, が鼻唄, けどお, けども犯罪精神病理学者, けど噂, けど御, けど輸出禁止, けれどいま, けれどこれ, けれどそういう, けれどそれだけに, けれどただ, けれどちよ, けれどなんだか, けれどもああ, けれどもかえって, けれどもその, けれども今時分, けれども島, けれども日本民族, けれど与八, けれど彼, けれど犠牲, けれど見世物, こと, これからの, さ, さいぜん摘み取っ, しあなた様がた, しいわんや, しかたがた, しこれから, しそれに, しどうか, しほんとう, しまったく, しクラム, しヒント, し今度, し大して, し常識的, し時勢, し沢山, し相当, し聞け, し誰, すぐたち戻っ, そういう和らいだ, そう云う, そしてそれ, そなた, その人, それだけです, それを, たとえ教唆, ちょうど私, ついてはもっとよく, で, ではどうも, ということ, とどうせ, と丹三郎, と同時に, と坊さん, と宿, と磯屋五兵衛, どうかお, どこも, なぜ望ましい, なに酷く, な陸地, ねこれ, ねとお, ねなん, ねほとんど, ねんけど光子さん, ね問題, ね本当に, ね鞘, のこんど, ので, のでこちら, のよ, の妹, ほんとうに, めばい, ものいつ何どき, ものきっと, ものそう, ものひと月たったらいらっし, もの何か, もの私は, やら, よお, よお嬢様, よそやつ, よちよい, よと, よなん, よわたし, よ人助け, よ偶然, よ山陽線, よ新田先生, よ皆んな言, よ長崎屋七郎兵衞, わい皆さん, わたくしは, わね代々, わほらあの, わよ, わ無意味, わ足, ゾ, ドルフュスの, ポール, ロージャも, 一昨日終会後校舎の, 今度は, 何よりの, 別項に, 又かし借り, 名主さん, 大きにもっとも, 官員さまだって, 平地に, 弁信さんそれでは, 意に, 懶まける, 押入の, 敬二郎兄さんに, 昔の, 書類に, 東京三省郁文など, 死は, 水戸との, 病気な, 研究的態度を, 私には, 純粋な, 芝の, 覚者である, 貴方は, 阿賀妻さん

▼ ことである~ (3677, 0.6%)

78 がその 6563 がそれ 6149 と思う 43 がこれ 41 がこの 32 がしかし, が私, のを 27 かも知れない 25 からその 23 から 21 からこの 17 と思っ, のは 15 と思った 14 かもしれない, ことを, と, のみならず 13 かどう, が今, が自分, ということ, とすれ, と思います, ように 12 からこれ, が彼 11 という, と思ふ 10 かのよう, からである, が併, に相違 9 からそれ, しまた, と云, と思い, に違い 8 から私, が或, と同時に, のだ

7 [12件] からし, から自分, がもし, が実は, ことが, し又, といっ, と彼, と源氏, にし, のに, ような

6 [14件] かという, から今, があの, が又, が日本, しそれ, とお, とする, と云っ, と思われる, と私, と考える, のである, ばかりでなく

5 [20件] かそれ, からここ, からもう, がそれでも, がロンドン, が今日, が同時に, が彼女, が後, が是, ために, というの, といふこと, と云う, と思ひます, と思召, のか, のだろう, のです, 而し

4 [20件] かも知れぬ, からべつに, から大勢, から彼, から詳しい, から誰, がかく, がそう, がそういう, がまた, がやはり, が他, けれどもしかし, ことは, ためである, というよう, と宮, と歎, と薫, と言っ

3 [50件] かということ, かも知れません, からあるいは, からお, からこういう, からこれら, からと思い, からなお, から今日, から何, から此, がある, がおそらく, がここ, がここら, がそこ, がそもそも, がそんな, がただ, がため, がつまり, がどこ, が之, が人, が今度, が僕, が全く, が其の, が故に, が此, が此等, が父, が現在, が畢竟, それは, ぞ, といはれる, といふ, と云つて, と云わなけれ, と信じ, と考え, と考えた, と言, にちがい, には相違, のでその, やうに, 私は, 自己が

2 [227件] かしれなかった, かそれとも, かというよう, かといふ, かといふこと, かのごとく, かのやう, かは彼, かは知らぬ, かもしれぬ, からいずれ, からかかる, からこうした, からさして, からそう, からそこで, からその間, からそんなに, からたとえ, からだ, からと思っ, からどんな, からまことに, からまず, から万事, から之, から亭主, から今さら, から何もかも, から何人, から全く, から別, から別に, から吾, から多分, から娘, から家, から少く, から少し, から床の間, から当人, から当然, から彼ら, から必ず, から悪く, から抜け目, から択, から是非, から暫く, から李将, から無理, から父, から省略, から真実, から確か, から細かい, から自然, から芝居, から茲, かを看取, かを聴衆, か否, か悪い, か或は, か知れない, か私, がああ, があれ, がいま, がお, がかう, がかれ, がけだし, がこう, がこういう, がこれら, がこんな, がさて, がさらに, がしかしまた, がそして, がそれから, がそれにしても, がそれら, がともかく, がどちら, がなぜ, がまことに, がまだ, がもっと, がアメリカ, がガラス, が一, が一応, が一般, が一面, が丁度, が世界, が世間, が事実, が二階, が人力車, が伯父, が何だか, が其, が冬, が判然, が利潤, が半, が博士, が古, が名, が太平洋, が寝所, が小説, が少し, が少なくも, が当時, が心臓, が恐らく, が文明人, が昔, が普通, が最初, が本当, が桔梗屋, が歌, が歌右衛門, が氷点以下, が源太, が源氏, が然し, が特に, が生物学, が男, が相手, が私たち, が自然科学, が自身, が芥川, が西洋, が語り, が警部, が道場, が雑誌, が頭, けれどこれ, けれどじつ, けれどもこの, こ, ことだけは, これは, しかしそれ, し彼, それゆへ, それを, だから失望, だけにその, という思想, という気, という考え, とか, とかあるいは, とこの, ところに, とこんな, とされ, とし, とした, とそう, とその, とだけは言った, とまた, とみずから, とも思っ, と不快, と二人, と云った, と仮定, と信ずる, と右近, と同様, と夫人, と御, と思, と思いました, と思つて, と思はれます, と思われ, と思われた, と批難, と書いた, と皆, と知っ, と知り, と考えられ, と考えられる, と衛門督, と見え, と説いた, と論じ, な, にせよ, にも拘らず, に反し, に違, のが, ので私, のと, のにこれ, ほど世の中, よりも凡そ, よりも寧ろ, よりも習慣, フィクションの, 上に, 吾, 外は, 彼の, 彼は, 我々が, 故に, 是れ, 理由も, 筈だ, 等々, 自家に

1 [1774件 抜粋] あさましい存在, あれで, いよいよこの, かいずれ, かこの, かその, かとかそういう, かと説明, かねて顔見知り, かの樣, かはつきり, かは十分, かは知り, かまだ, からあわてる, からいくら, からいづれ, からくだくだしく, からここら, からさだめし, からそういう, からそんな, からたちまち, からつまり, からでなけれ, からと弁, からと義兄, からなおさら, からはあるいは, からひそか, からまったく, からもはや, からやむを得ない, からよもや, からガタピシ便所, からハッキリ, からヘルン, から一分, から一日, から一般国民, から世間, から事実, から人, から今度, から今更, から仮り, から何事, から余儀なく, から信長, から先祖代, から公的, から具體的普遍, から冬, から前, から動揺, から勢已, から参加, から右, から善かれ悪かれ, から囚人ら, から土地, から城, から多く, から大あ, から大体見当, から夫, から奥, から官給, から実は, から家来ども, から尋常, から左団次, から座禅, から形式, から従来出入り, から必ら, から急, から悪文, から感情的, から改めて, から敢, から文章, から明日, から是非子供, から時代, から書く, から服薬, から橋, から此處, から歴史, から民法その他, から江戸, から淡く, から漢, から熟考, から物珍, から生命保存, から畫家, から相当, から矢代, から知識人, から私共, から立腹, から給仕, から肯かれる, から自ら, から自然所, から良雄, から芯, から葬送, から褒め, から親戚, から話し, から身, から辻, から速力, から金, から長い, から院外, から面白い, から高く, から黙々と, かをお互い, かを告げ, かを捜そう, かを知った, かを説いた, か分からない, か大いに, か性急, か日記, か米, か闇夜, がいかんせん, がいつ, がお互い, がかかる, がこちら, がこれから, がこんど, がさも, がすこぶる, がその他, がそれでは, がたとえ, がつまらない, がとくに, がどうせ, がどの, がなる, がはからずも, がふと, がほん, がまったく, がもう, がやがて, がよもや, がわが国在来, がアルプス, がクリストフ・コロンブス, がスタイン, がタンポポ, がドン, がフィーユ・デュ・カルヴェール街, がポアンカレ, がメキシコ, が一々, が一団体, が一日, が一般的, が一貫, が三百年, が下谷花柳地, が不思議, が世の中, が二つ頭, が交通, が人情, が人間, が仏教美術, が以下, が仮名垣魯文, が何ん, が何者, が信長, が個性, が僅か, が兎, が六世紀, が其処, が其時座中, が切戸文珠, が前年, が勿論, が北部, が単に, が取り分け, が史的唯物論, が同じく, が命, が啓蒙, が困れ, が園, が地図, が墨子, が夕風, が多く支那, が大原家, が大菩薩峠, が奇抜, が女房側, が娘, が季節感, が宗教, が実業界, が宵, が小宮先生, が山, が崇文總目, が巴里, が年少, が庭, が役人, が往来, が必ず, が必竟書生風, が恐怖, が悪魔, が慶長, が我我, が戯曲作家, が持っ, が政府筋, が教盛, が敵機, が文学作品, が日本各地, が昇降機, が昔両国橋畔, が是非, が普遍的, が更に, が有名, が木, が本来, が東山時代, が梵語, が横浜港, が欧羅巴, が武士, が毎年, が汪主席, が法然, が海全体, が漱石, が熊野権現, が牧野さん, が玉置, が現在の, が生理的, が白井明先生, が真偽, が眼, が矮小, が社会状態, が福澤先生, が秋晴れ, が筆算式, が終戦後, が編輯者, が考え方, が肥前, が腰かけ, が致し方, が艶, が茸, が藤九郎, が裏面, が要は, が親王がた, が計算, が話, が財貨, が貴公, が身体, が近頃, が遊び時間, が遣らんで, が都合, が酒飲み, が金之助, が長い, が雇われた, が零度, が霧, が頭髪, が馬鹿丁寧さ, が鹽原, ぐらゐの経歴なら, けれどはっきり, けれどもそこ, けれども一たび, けれども之, けれども大別, けれども流行, けれどオデッサ, けれど風, ことかと, ことによ, ことをも, この人, これだけの, こんな心持, しいけない, しかし温ま, しここ, しそこかしこ, しどちら, しなんだか, しわれわれ, しヨーロッパ, し二人, し何ん, し前, し同時に, し女學生, し心弱く, し日本, し母, し育ち, し面倒, すなわち穀物その他, そういう考え, そしてうるさい, そして砲撃, それ, それと, たいそうな, だが笛, だけに新子, だれであろう, というあきらめ, というふう, という事, という信念, という犒いだった, という観念, という重大, といった精神, といふの, といふ人, といふ観念, といよいよ, といわね, とか自己, ところが平瀬家, とされる, としきりに, としてもこれ, としても博読, としても疑念, として看過, としなけれ, とせられる, とでも申しましょう, との意, とは思いました, とは思へない, とは考えなかった, とまで思っ, とも中, とも書い, とも言える, と一応, と中将, と云え, と人, と信じよう, と僧都, と共に内, と共に非常, と古賀, と同情, と多寡, と女房たち, と小, と御息所, と思い悩まれる, と思つたの, と思われました, と想像, と感じます, と抗弁, と時に, と残念, と気の毒, と源氏自身, と目, と答えられ, と考えられた, と考へました, と胸, と見えた, と解したく思う, と言わるる, と認められ, と諸君, と院, と高巌寺, なお多, などとはちょっと, なんという, には違, によって知識, に拘わらず, のかも, のでお, のでそれから, ので国家的意義, ので惣八ら, ので用人, ので近所, のにか, のにそれ, のにハンニバル, のに工学士, のに私, のに障害, はげしい性質, はずは, ふだん意味の, まさか私, まち子は, もつと, やっと, ゆえにきわめて, よ, ようにさえ, よりも罪悪的, わけでしょう, を吾, カムは, バスティーユの, ポイエシスによって, 一人の, 丁度日清戦争, 丈に, 不正な, 之は, 京都帝大, 今まで, 今日も, 以上その, 以上現在の, 何故彼, 価格も, 全く尤, 再婚しない, 創造的と, 即ち具体概念的, 又床, 句作即, 同慶これに, 地も, 声の, 大将が, 夫から, 山影宗三郎は, 常陸介を, 彼等の, 心も, 惡いのみ, 手塚は, 故にかつて最も, 故人智, 故旅, 日が, 春秋社の, 時世の, 更に意外, 木製の, 此時の, 歸り, 沢田君も, 源氏は, 然う, 独居は, 画面の, 私の, 筈であった, 自分の, 自発的に, 証拠に, 資本の, 過去と, 酒も, 限り脅かされた, 陸奧に, 頼胤は, 魂が

▼ ことによって~ (3290, 0.5%)

26 自分の 20 私は 1918 それは, 一つの 17 之を 15 私の 13 彼の, 自己の 11 それが, では, 真の 10 そこに, である, 我々は, 自己を 9 それを, 人間の, 我々の 8 人は, 彼は 7 一種の, 他の, 自分が, 逆に 6 女の, 彼女は 5 これを, われわれは, 一定の, 僅かに, 初めてその, 少しも, 必然的に, 或る, 自身の, 間接に

4 [22件] かれら, わずかに, われわれの, 一日が, 一般に, 人々は, 何を, 初めて夫, 初めて客観的, 初めて自分, 多くの, 如何に, 始めて可能, 対象を, 彼が, 彼女の, 心を, 知られる, 私が, 私たちの, 自分も, 自然に

3 [50件] その中, その人, はっきりと, 一切の, 世界が, 二人は, 云わば, 人間を, 何かの, 作者の, 個物である, 全体を, 凡てを, 初めて成立, 初めて批評, 利潤を, 利益を, 可能に, 哲学は, 夫, 始めてその, 安全な, 容易に, 己れ, 彼らの, 思想の, 成立する, 日本の, 日本人が, 明かに, 物質に, 現在の, 生きて, 生活を, 真実の, 知ること, 私どもは, 私も, 私を, 第二, 自らの, 自らを, 自分は, 自分自身の, 自己が, 自己自身を, 解決する, 読者を, 諸君は, 非常に

2 [174件] ある人, いろいろな, お銀様, かくの, ここに, こちらが, この二つ, この問題, この種, この運動全体, さらにその, すべての, すべてを, せめてもの, その存在, その対象, その性格, その意義, その時々, その特殊性, それと, それに, それの, それらは, たいへんりっぱ, でなければ征服, はじめて得られる, みずからを, もとの, わたしの, イデオロギーの, キリストの, ブルジョア, マドロスの, 一応の, 一般の, 世界の, 之まで, 事物を, 二倍する, 云うならば, 人に, 人を, 人間は, 人間愛を, 今日の, 以前の, 何とかし, 余計に, 僕は, 僕を, 光が, 凡ての, 分解し, 初めて与えられる, 初めて事実, 初めて必然的, 初めて思想, 初めて意味, 初めて成り立つ, 初めて正当, 初めて現実, 初めて発生, 初めて相互, 初めて真理, 初めて科学, 別の, 労賃を, 労賃以上の, 勇気を, 北支は, 協定に, 却って相手, 却って認識, 双方ともに, 可能である, 号令が, 同じ服従, 同時にこの, 国を, 国際人と, 在郷軍人的イデオロギーは, 増加され得よう, 大衆は, 天皇の, 天皇を, 夫から, 夫を, 始めて, 始めて成り立つ, 媒介された, 存在する, 実在する, 実践的に, 実際には, 客観的と, 宮の, 宮は, 岡氏の, 幾分でも, 彼も, 彼らに, 彼らは, 彼等の, 従来この, 得た智慧, 得た金, 得らるる, 得られる, 得られると, 得られるもの, 思い出し得たの, 意識の, 或いは使いこなし, 手の, 技術を, 故人を, 敵の, 文学を, 明らかに, 昔を, 時代の, 暗い孤独感, 更に又, 有名である, 構成された, 歴史の, 永遠に, 無に, 無限の, 片づけること, 現在を, 生れて, 生活し, 生活の, 男の, 発展し, 皇室の, 益々その, 目的を, 直接に, 相互に, 相手を, 真に表現的, 真実に, 示される, 社会の, 神に, 神の, 私達の, 科学の, 科学は, 租税を, 終る, 終局に, 結局は, 結果に, 罪を, 自らも, 自分に, 自分を, 自分自身を, 自己完成を, 良心を, 行われるの, 補おうと, 見事に, 解かれる問題, 説明されね, 読者の, 豹一は, 責任の, 難なく解決, 青べかの

1 [2339件 抜粋] あきらめて, あなたに, あの先生, あやに, あるいはヨハン・セバスチアン・バッハ, いいかえると, いかようにも, いくらかでも, いっさいの, いったん竹, いつも何, いよいよ好奇心, いわゆる演劇改良, えられるもの, おの, おのずから発見, おれに, お菊, かえってのびのびと, かえって国, かえって美, かなりの, かれらみずから, こういう風, こう尋ねた, このこと, この世的にも, この伯爵夫人, この前二句, この国そのもの, この女性, この席, この新しい, この椅子, この気合, この町, この社会不安, この自分, この表, この課題, これから先, これまた, これらの, ごまかそうと, さらに新しい, しばしば累, すすんで, すべてが, そういう広々, そうした言葉, そしてそういう, そのものを, その事件, その人物, その内部, その厳罰, その命題, その女の子, その実力, その形態自身, その意味, その文化, その本意, その理論, その病因, その社会現象, その絶大, その補償, その逃亡, その黴, それぞれ新らしい変った, それらが, たしかになに, たとい内容, ついには, つけた, であると, できるの, とかく商品, ともかく複雑, どうやらアジア艦隊, どんなに私たち, どんな損害, なされるであろう, なんとなし, のちの, はじまったの, はじめて不朽, はじめて自分, ばく大な, ひとは, ほとんど恒同, まさしく現われる, ますます心, またも, また堪えがたい寂し, まったく偽, まんまとデフレ, みずからイデオロギー論を, もう仙次, もはやそれ以上, もはや単純, やがて困難, やっと赤井, ようやく悲しみ, よりよき, より宇宙的人類, わかる, わたくしを, われわれが, アベコベに, イデオロギー, オランダの, シカゴを, ソヴェトにより, ドアを, ファシズムに, ブルジョア哲学として, マルサス氏は, リーザを, ロケットに, 一まず, 一先ず片づけられる, 一同も, 一層たしかに表現, 一層明晰, 一層魅, 一括めに, 一時は, 一段の, 一空さまは, 一見資本家, 万一にも, 不公平ばかりを, 不当の, 不自由は, 世界地理学も, 世間が, 中和され, 主人の, 主君に対する, 主観も, 事実は, 二つの, 二種の, 五磅の, 人事に, 人格の, 人間が, 今の, 今云った, 仏の, 他人と, 仙を, 会話以上の, 何かしら大した, 何ぴとも損を, 何物かが, 作られるの, 併せて, 保子の, 信長は, 俺の, 個体の, 個物と, 傷や, 働くもの, 優に所用, 充実されるだろう, 先生は, 全く僧侶的, 全体の, 兵馬は, 内心に, 再び証明, 出来た結果, 分裂した, 初めてこれ, 初めてレーニン的段階, 初めて人々, 初めて可能, 初めて存在, 初めて容易, 初めて悲劇, 初めて文化史, 初めて日本, 初めて概念, 初めて生き, 初めて真, 初めて社会学的, 初めて統制主義, 初めて自然科学, 初めて評論, 判断されたる, 利を, 制作と, 前者は, 創作的詩歌の, 劇を, 労働者を, 勝利感どころか, 十内は, 千恵造は, 単にこの, 単に感覚, 即ち主観主義的見地, 却ってそこ, 却って初めてその, 却って初めて開発, 却って戯画化, 却って最も強い, 却って現在, 参木は, 又国民, 又自分自ら, 取得されなけれ, 古参の, 台湾は, 各人の, 同じ効果, 同志細田は, 同時に歴史的, 向上し, 否定した, 命を, 哲学的考察を, 商品価値を, 問題解決の, 因襲に, 固定され, 国家全, 国民とは, 国際的協力を, 圧倒性に, 埴輪の, 墓制変遷の, 外形的に, 夜明に, 大いに彼, 大事業, 大団円と, 大新聞, 大衆の, 太陽系が, 奇妙な, 女が, 奴隷根性を, 妨げと, 始めて世界, 始めて成立, 始めて空間直観, 嫌悪と, 存立し, 学問概念を, 守蔵に対する, 完全な, 完結する, 宝石と, 実は空疎, 実物よりも, 実現すべく, 実際の, 客観本来の, 富み得るに, 寒暖の, 対自, 将軍家の, 小麦が, 少なくとも人間, 山田君を, 左右される, 希望の, 常に一人, 帽子の, 平生は, 年が, 幸福は, 幾何学は, 庄吉が, 弁済し得るなら, 引き裂かれその, 形成される, 形見と, 彼を, 彼自身の, 後悔なされた, 従来一キロワット時八セントだった, 得られようとも, 得られる項, 御主人, 徴収せらるべきである, 心情の, 必ず次, 忘れること, 忽ちその, 思惟の, 急に, 急激に, 恋人への, 恒同に, 悉く皆没落, 悪魔を, 想像力を, 愈々頭, 意味を, 愛する祖国, 愛情が, 感覚を, 成りたつもの, 成立した, 我から, 或はゆらめき, 戦争を, 所謂悪性インフレを, 払った苦痛, 技術家の, 折角の, 持つ処, 揺るぎなき確信, 攪乱する, 改善される, 政治の, 政治的境界線として, 救われるもの, 教育幼年学校としての, 数学が, 敵国は, 文字を, 文学的な, 斯学に関する, 新しい文芸, 新しい科学, 方法概念は, 日常実生活の, 日本国の, 明かである, 明瞭に, 普遍性も, 曇りも, 更に彼, 書斎を, 最も多く, 最初に, 朝の, 本当に機能的, 本質的に, 果してあなた, 検討すべき, 楽々と, 構成は, 次元の, 欲求的である, 正当な, 此娘から, 歴史的な, 歴史科学の, 死の, 民族生活の, 気分が, 水中の, 永久に, 池の, 決定せられる, 治療出来る, 流れを, 浮き上る, 涌谷を, 減って, 満足しよう, 演技の, 漸強, 無用不利の, 煩される, 物に, 物怪の, 物質界の, 特に面白い, 特殊科学を, 犯した罪, 獲られたもの, 現われ働くもの, 現代社会の, 現実的に, 理由を, 理論と, 環境と, 生が, 生きねば, 生じた脳波, 生ずるところ, 生ずる心象, 生まれたという, 生れるもの, 生命乃至, 生産物の, 田舎紳士は, 画名を, 痛快と, 発展する, 発達した, 皆さんを, 益々孤絶, 目覚しい進歩, 直ちにそれ, 直観空間から, 真に世界的, 真に日本的, 真に能働的, 真理又は, 眼界も, 知らず知らず敷衍, 知れた, 知識の, 研究は, 破壊される, 示されても, 社会には, 社会問題に, 社会科学や, 神御, 私たちが, 私的で, 科学である, 秘密は, 穀物地の, 空間直観という, 端初を, 第一, 範疇としての, 粗生, 素人を, 組織が, 経験による, 結婚を, 統一戦線を, 維持力を, 罪の, 美しさ, 美術の, 老蝮, 耐えて, 肉体を, 脳に, 自信を, 自分自身までも, 自我の, 自然は, 自然科学は, 自由主義論は, 至極目立たない, 良識を, 芸術的良心の, 苦労し, 莫大なる, 著しい信仰, 藤村が, 蜀の, 行われたもの, 表の, 表現の, 要するに時事的性格, 見ること, 見分けが, 観念上から, 解決の, 訂正の, 証明せられる, 話しは, 説得の, 説明せられ, 論告を, 諦めさすという, 豪奢な, 貨物の, 貸付け, 資本主義的資本が, 起された感, 起って, 身代を, 軽率にも, 辛うじて疳癪, 近代の, 追い払われること, 逆説的に, 進むべきところ, 遂に戦争, 過去の, 道を, 達せられるの, 遠く見える, 避けられるの, 野を, 銘々の, 間接ながらも, 院内が, 隊員の, 非科学, 頭脳的に, 食物を, 騒動に

▼ ことから~ (2835, 0.4%)

89 して 48 私は 27 考えて 21 考えると 13 始めて, 考えても, 見ても 12 であった, 始まって, 推して 11 来て 9 始まる, 見て 8 では, 出発した, 始めなければ, 彼の, 私の, 見ると, 起るの 7 である, でも, みても, 喧嘩を, 始まるの, 自分の, 話が, 離れて 6 出て, 手を, 私が, 話は, 話を

5 [16件] きて, しても, だった, です, 他の, 始めねば, 彼は, 心を, 推すと, 考へると, 自然に, 見れば, 言えば, 言っても, 話して, 転じて

4 [30件] ここに, それが, それを, であつ, はじめなけれ, 二人の, 何か, 出発し, 出発する, 出發, 容易に, 察する, 彼女の, 彼女は, 必然的に, 思いついて, 急に, 懇意に, 或る, 推察し, 来るの, 母と, 生じて, 端を, 自分が, 蜜蝋が, 言へば, 起る, 足が, 逆に

3 [36件] だん, つい別々, なん, 一つの, 人間の, 伸子は, 何が, 來た, 來て, 僕の, 先に, 免れた, 妙な, 妙に, 始った, 始まった, 始まったの, 始めました, 始めるの, 得た名, 推しても, 数字を, 来たの, 気が, 気を, 気分を, 狸の, 生ずる, 生ずると, 生ずるもの, 発したもの, 私達は, 自分は, 話しはじめた, 起ったの, 起って

2 [159件] あなたの, いっても, いつとは, お互に, かかるもの, かのもの, かれは, くる当然, このもの, この人, これが, これまでの, しぜん, すぐに, すれば, そこに, そして何等, その本性, その自然, その言葉, それの, それは, それらの, だと, で, はじまります, はじめる, まことに菩提, また私, みれば, より高い, わたしは, ア・ポステリオリに, 一種の, 三吉は, 事が, 事の, 二人とも, 二人は, 二年前大川へ, 云えば, 人は, 今の, 今度の, 今日までの, 仲違ひ, 何から, 何等の, 來る, 俺は, 働く, 僕は, 先ず根本, 先生の, 入って, 公事, 判って, 十分に, 名づけられたの, 基道にたいする, 多くの, 大きな利益, 大の, 大喧嘩, 女の, 女性が, 女房子供の, 始まったよう, 始まつて, 始まらねば, 始めたの, 始めよう, 始めようと, 始められたが, 始める必要, 嫉妬が, 子供の, 家事の, 察せられるの, 導かれるの, 少しも, 岸本は, 帰納的に, 平次と, 平次は, 彼女を, 御縁, 思いついたの, 思いも, 思えば, 想像される, 意外な, 我々は, 我々を, 手に, 推せば, 推定される, 推測し, 支那の, 日常の, 明かである, 明らかである, 昔の, 暗闘が, 暫く忘れ, 最初は, 来る, 次の, 此の, 温泉の, 湧いて, 父の, 物の, 生じるの, 由来し, 男は, 発生した, 発足し, 眼を, 知って, 知りあいに, 確かに, 神が, 神の, 神は, 神も, 私たちの, 私たちは, 私に, 私を, 私自身が, 第一, 精神と, 結婚の, 美佐子は, 考へて, 脱け, 自分を, 自由に, 解放された, 計らずも, 訊く話, 話さなければ, 話しだした, 話しはじめて, 話しましょう, 誤って, 説いて, 起こって, 起った, 起ったこと, 起る所, 踏出しました, 身の, 進んで, 酒を, 除いて, 隣の, 非常に

1 [1778件 抜粋] あいつが, あなた様が, あの妻籠, あるいは他, あるひ, ある近親, あんまり厭, いえば, いくぶん遠ざかっ, いったって, いつしか毎晩, いつの間にかパリ, いへばね, いよいよ雪子, いろいろ考えた, ええとこ, おこるエゴイズム, おして考える, おのずから歴史, お俊, お嫁さん, お梅どん, お祖母さんは, お蝶, お話ししなけれ, お話しましょう, お銀様, お鳥, かえって暗い, かくいろいろ, かれら, きき出した, くしくも開始, くわしく話, こういうふう, こうした苦しみ, ここへ, この, このごろ再び, この事件, この噂, この忠実さ, この物語, この芸術創造, この觀念, この間, これは, こんどは, ご迷惑, さえぎられて, さわぎだ, してが, しょうばいにとりついたそうだ, じゃ, すっかりお, すの, ずいぶん大きい, そういわれる, そう思われる, そして板垣, そのデパート, その位置, その名, その娘, その必然性, その手紙, その早, その盲点, その結果, その耳, そらして, そんなに見込まれる, たくらみが, ただちに人間, たまたまその, だからといつて神, だったか, だつたの, だれでも, だんだん世間, ちょっと東京監獄, ついには, つい考え, つけ加えられて, であると, できるだけ離れ, でした, でしょう, で血, とかく誤解, どうなった, どんなに卑俗化, どんな感情, ながいあいだ, なにか起こらなけれ, なんとなくその, ぬけだすこと, はからずも一件, はじまって, はじまり二階, はじまるとして, はじめたらどんな, はじめてもらいたい, はじめね, はっきりと, はなはだしくパリサイ人, ひいて, ひとりでにこの, ふせがれる, ふとこの, ふれて, ほとんど疑う, まず話しだした, またここ, またルッソー, また話, まったく自由, みただけでも, むずかしいこと, もう死ん, もはやこの, やがて文学, やはり結婚, よくよくその, わずかに, アダンエワの, イギリスに, カフカの, ゲエテの, セエラの, チベット国民は, ドスエフスキイを, ハフは, ヒントを, フェオドシヤから, プラットと, メダルを, ヤマトの, ロンドンに, 一か月も, 一ばん綺麗に, 一人の, 一同に, 一寸見る, 一層甲, 一歩を, 一般化された, 一転し, 七兵衛は, 三並先生には, 三年ぶりに, 下宿人を, 不思議に, 不知不, 世に, 中村は, 主我的に, 乱雑な, 争いが, 事業に, 二割余計の, 五人の, 交番に, 人々に, 人を, 人殺しを, 人目を, 人類が, 今この同じ, 今みたいな, 今朝主人の, 仏と, 仕舞には, 付近の, 以後前田家との, 会ったと, 伝さんと, 伺いましょうと, 何かしらもめ, 何の, 何を, 余程シヨツク, 作家たちが, 例外すぎる, 信長の, 働き行為的直観的, 働く世界, 允子は, 先ず決める, 先学期は, 光子は, 免れた例外, 入学難が, 全く恥ずべき, 全く解放, 八十助, 其方の, 写真ぎらいになって来た, 出たもの, 出生の, 刀を, 分るよう, 切りは, 初めて古い, 初めて説明, 判断いたします, 別の, 前代の, 努める心持, 北清事変が, 十分養生を, 半蔵は, 南条は, 却って彼女, 却つて退屈される, 又少しずつ, 又義兄, 友達の, 取りかかろうと, 受ける母, 口論し始めた, 右近には, 同じ点, 同語反覆的, 君侯の, 命を, 唖は, 問題が, 單刀直入に, 固定された, 国約, 土中の, 堕落が, 変化を, 夙く良人に, 夜営の, 大きな犯罪, 大体こういう, 大姫君, 大衆は, 夫が, 夫婦で, 奈良朝前後の, 女史の, 妄想は, 姉妹の, 始まりました, 始まり遭難後, 始まる表出, 始めたらいちばん, 始めなくては, 始めよう即ち, 始められたの, 始めるが, 始め必ずしも, 始る, 婦人閲覧室の, 嬉しさ, 学ばねば, 学生たちは, 守ろうと, 実にあきらか, 実行されるべき, 宮の, 察して, 対話の, 導かれたところ, 導かれた命名, 小谷の, 少し待っ, 尻尾を, 山師医者と, 崇高な, 左馬介が, 已むを, 帯出された, 常に常識的, 幕末の, 幾分の, 引きつづい, 引続いた, 当然だ, 当然具体的, 当然問題, 形代の, 影響された, 彼らの, 彼女までも, 往来する, 後病と, 得られる, 御息所も, 徳川家へ, 心象的に, 必然の, 思いかえせば, 思いつきました, 思い合わせると, 思合せる, 怪しからん, 悪人どもに, 惡人共に, 意味ふかい, 愛情とか, 成って, 我童狂死我童びいきの, 或時, 手討ち, 批判主義に, 持たない貧相さ, 捨鞭の, 推しますと, 推測しますれ, 推薦し, 攘夷清掃の, 放火を, 救った, 救つて呉れた, 教え始めた, 散文精神なる, 敵方の, 文学を, 斯んな, 新田先生は, 旅行の, 日本民族の, 早くやっ, 明雄さんの, 春の, 是非マエストロを, 時が, 智恵子が, 更にその, 書いたので, 書きはじめられて, 書くこと, 最後に, 朋輩の, 木炭の, 本当らしく思われる, 来たもの, 来るある, 来るに, 来る一つ, 来る制限, 来る弱々し, 来る生活, 来る落, 来る誤解, 来る限り, 柳浪は, 棋友の, 次第に動員, 次第に溯っ, 正しい結果, 歳の, 段々なれれ, 段々縁遠い, 母君を, 毎晩の, 気もちの, 水谷八重子夏川静江花柳章太郎などとは, 江戸に, 油が, 波紋を, 派生し, 浅間の, 海に, 深い腹立ち, 深く感じる, 測量の, 源十郎に, 激烈さが, 焚くこと, 無罪を, 熱と, 物質という, 特別の, 犬も, 独特の, 獨立に, 理解しない, 理路を, 生じた却って, 生じひいては, 生じると, 生じる得, 生じる色々, 生ずる一種, 生ずる便益, 生れた思わぬ誤算, 生れるもの, 田舎を, 由緒正しい, 申上げない, 疎遠に, 病中の, 痴話が, 発する, 発見された, 発足したい, 白石という, 直ちに反動的, 直接間接に, 睨まれて, 知りあひにな, 社会歴史の, 神代史の, 私などは, 科学そのものに, 移つて來て, 競馬に, 第二, 米生, 細かい用事, 経世済民の, 結婚式の, 結果としては, 結論され, 絶望の, 縁故や, 罪悪が, 義理と, 翌日朝夙く寝込みに, 考えついて, 考えられるの, 考へられるので, 聞くけど, 育って, 胸の, 脱して, 腕白が, 自分にとって, 自然おこっ, 自然七略の, 自由ならしめる, 至るところ西洋, 色々の, 若いころ, 茨城県の, 萬兩分限長崎屋の, 行き違い, 襲われて, 見直されるわけ, 親類の, 解せられよう, 言い出し文句, 言ひ, 計画は, 証明せられた, 話さう, 話しだすじゃ, 話し合って, 話題を, 詳細く申し上げる, 誤つて, 説き起した, 説明され得る, 読書に, 誰も, 證明せられた, 議論が, 貧弱に, 赤坂の, 起こった分裂作業, 起こる質疑, 起ったので, 起った衰弱, 起つたと, 起りうる結果, 起るので, 起る即ち, 起る本能, 跋文を, 身性が, 辛うじて免れた, 追, 逃げられ新, 連想が, 進歩的見解を, 過ぐる夜, 遙かに, 遠のいて, 重吉自身が, 鉱山を, 鎌倉で, 長野近辺の, 関聯した, 院の, 雑誌を, 離れるよう, 露八は, 静子は, 頭痛もちの, 風変りな, 食あたりを, 養父菊五郎の, 駒が, 騒動が, 鴎外を

▼ こと~ (2138, 0.3%)

16 何か 13 自分の 11 ある 10 それが 9 私の 8 彼が, 彼女の 7 何かで, 将来の 6 すること, な, 感じたこと 5 あらん, したこと, それらは, ないか, はある, 子供の, 家の, 悲しいこと

4 [18件] あると, いろいろな, いろいろの, そのほか, その他の, その時, それに, それらの, 家族の, 彼女が, 欲しいもの, 父の, 私が, 結婚の, 自分が, 自分は, 苦しいこと, 見たこと

3 [21件] あれへんが, おかしいこと, きいたこと, そこに, その頃, それから, それは, また自分, わ, 人を, 他の, 何かを, 口惜しいこと, 娘の, 未来の, 村の, 楽しいこと, 母が, 財産の, 買物の, 金の

2 [109件] あなたが, あの女, いろいろ, おふくろの, おやまあ, お互いに, お亡くなり, お前が, お品, この幸山船長, さう, さかい, さかい私, し, じぶん, そういうこと, そういえ, そこから, そして子供達, そのあと, そのため, その人, その他いろいろ, その死床, それからあの, それから彼, それから自分, それを, つらいこと, て, で, と思います, どこそこの, なんか, なア, ねん, ほかの, またこの, また人, また彼, また遠方, 一家の, 世の, 主婦や, 云うこと, 今いる, 今の, 今は, 他人の, 何かでは, 何かについて, 内儀と, 利八は, 又それ, 友人の, 商売の, 夏羽織を, 夜に, 夫の, 女学校の, 妙子の, 定吉の, 家庭の, 幕府の, 幾人の, 店の, 彼に, 彼女は, 思想の, 或る, 戦争という, 手足の, 政治の, 日曜日の, 日頃から, 普通の, 暗い瞑想, 朋輩の, 正業に, 死ぬこと, 水の, 永久的設備を, 消防組の, 現在の, 理由も, 生活の, 町の, 留守宅の, 着ること, 知って, 突飛という, 立派な, 経済の, 考えたこと, 自分たちの, 良人の, 色の, 薄手な, 誰が, 責任の, 長を, 間違ったこと, 陣十郎が, 雨滴式の, 雪の, 音楽の, 食うこと, 食事の, 魔の

1 [1638件 抜粋] あそこで, あなたたちの, あの宮様, あぶないこと, あらんと, あるいはあなた, あるひ, ある家, ある時, あれは, いうたらうち, いう態度, いずれこれ, いつに, いまの, いやに何, いろ, いろいろ学びます, いろいろ芸談の, いわゆる俗法師, おかれた不自由さ, おにの, おれの, お増, お母さんの, お筆, お金の, お關幾松母子, かい後廻し, かかること, からすが, かわいらしいこと, があんた, がとわざと, が僕, くわしくお話, けれどな紅梅派, ここ二年三年の, この世で, この地, こまごまイクラ, これから選定, さうし, さかい蔭, さては又古い, しかし, しぐさに, したがって従来二十五人二十五匹, し金, すずしい風, すべてどんな, そいから, そう云う, そしていつも, そして母親, そのとき磯五, そのほか各種多様, その不仕合せ, その主城, その仕事, その他すべて今日の, その他今, その他色々, その出入り商人, その勘三, その向こう, その場, その子供, その建物, その後に, その恋, その有名, その本堂, その栄輔さん, その準備, その猪, その留守, その結果, その製糸工場, それからあなた, それからほうぼう遊び, それからようやく, それから友だち, それから途中, それにしても試し, それに対する, それらによって, そんな不自然さ, そんな風, たったひとつ, だから各国, だらしなく, ついに伯爵, つて来る, でこの, といつも, とりこわした物置, と思う, と苦笑, どういうぬ, どこの, どの辺, どんな考え, ないかいな, ないわいの, なかなか腰, なし得ること, などを確かめ, なまめかしい長襦袢, なんかで, について経済的, の, はかない恋, は代議士, ばかばかしいこと, びっくりする, ふたりが, まざりき, またいたる, またこんど, または吉凶, または街頭, また北条家, また和歌子, また川沿い, また生き, また聯絡, また艦体, また造船部内, また金, まつつじ, みつの, めに, もっといい, もつと, ものが, やさしい子守唄, よいこと, よく阿, よりも南玉, りつぱな籠に, わざと耳, わっし, わるがしこいこと, アルミニュスの, ウェッシントン夫人の, キミの, クリストフが, クリストフを, シチョウユーソツが, ジョヴァンニの, スポーツにおける, ソヴェトから, ダンスの, テーブルの, ドミトリイの, ニューイングランド及び, フランス流の, ヘッベルの, ホールでの, ムッソリーニは, モスクワの, レマン湖の, ロージャには, 一人が, 一家路頭に, 一応目端, 一時無くなった, 一般の, 七ヵ月ぶりで, 三十尺の, 三度の, 上海全市を, 不安の, 不謹慎には, 世間で, 両手に, 中絶手段が, 丸木の, 久し焉, 二人で, 二度と拵える, 云わないこと, 亡書を, 交際なども, 京屋の, 人々の, 人気の, 人間の, 今この, 今度また, 仏像の, 仕事を, 仮象である, 会社の, 体に, 何かまで, 何もかもみんな愚劣, 余計な, 供養が, 俺が, 債券の, 元日に, 先庭口, 光背の, 八百円の, 其の中, 其の後, 其他の, 内地へ, 内部的に, 冬の, 凡そ想像, 初の, 別れて, 前は, 剣の, 労咳も, 勤労者によって, 医師クラブで, 千曲川の, 午前一時過ぎあたりに, 博士の, 危険な, 又その, 又は輕佻, 又小繋川, 取乱した服装, 口へまで, 古い本, 可笑しいこと, 吉川さんの, 同時にこれ, 君に, 呼吸する, 和琴や, 品ものの, 喉の, 嘘を, 国を, 国際会談の, 土子土呂之, 地位の, 地蔵さんの, 堀口の, 場所によって, 売上げの, 夕方庭の, 多少父, 夜よく, 夢を, 大げさだった, 大奥の, 大工の, 大留の, 大連の, 太陽の, 奈良の, 女の, 女房に, 妻と, 姉の, 嫌いな, 子供らの, 子孫と, 学問から, 学資を, 安く作る, 安心な, 宝冠の, 実の, 家に, 家宅捜索を, 宿料の, 寺を, 小ネヴァ河, 小屋の, 小野さんが, 少し背, 屈原についての, 山谷に, 川の, 川狩が, 巡警, 師匠の, 平民と, 年頃など, 幸福な, 幼年画報なぞを, 庭が, 弁当屋から, 弱々しいこと, 当夜は, 形式の, 彼は, 往くべき道, 得意場の, 微かな, 必要な, 怒りも, 思うとる癖, 思出した, 恋人で, 恐ろしいこと, 恥ずかしいこと, 息を, 悔い改めぬ者たち, 悪いこと, 惑溺を, 愉快でない, 慣れぬ模様, 憲法の, 或はこれ, 戦後の, 所謂躍進日本の, 手ばなしの, 批評が, 挨拶の, 損益の, 改易する, 敏ちゃんの, 数千人の, 敵将, 文学の, 文法を, 施療を, 既に仏果, 日本人は, 早川の, 明日食べる, 昔謙信が, 映画の, 昼間に, 時には貿易事業, 時計の, 暮しの, 曲ったこと, 更に, 書物にか, 最早子供, 有ること, 朝の, 朝鮮牛が, 未練らしい, 本所の, 東京にも, 松谷の, 某, 桃だけは, 森彦叔父の, 楽しんでる人, 槙三が, 横取りする, 檻禁され, 歌や, 此処で, 武蔵の, 死んだ後, 殊に幼年期, 殊に生れ, 母たる, 氏が, 気味の, 氣難しい, 水蒸気が, 氷河期の, 江戸長崎間を, 沢山本, 洋服や, 活躰解剖の, 海戦で, 温泉までの, 滝川家の, 火を, 災害保険などについて, 為したこと, 無くなったとき, 無智, 然うかと思ふ, 煩わしいこと, 爵位が, 父を, 父薪左衛門は, 物を, 物質の, 狂気の, 獨善的で, 王さまの, 珪次の, 琵琶の, 生活が, 生活上の, 男が, 男を, 畳の, 疑問に, 疵の, 病院の, 癩菌が, 白鳥号に, 益満の, 目立つほど, 真の, 着物を, 石の, 碌でも, 社交界の, 祈ること, 神さまと, 私と, 私は, 科学についての, 稚いおり, 種々話し, 窓の, 第一回討伐, 等等等, 簗で, 米国人が, 紅茶の, 紙の, 細かい神経, 結婚した, 緑が, 繩で, 美しい話, 考えること, 聖いこ, 聴くこと, 肌衣を, 胡桃の, 脅迫された, 臨終の, 自分でも, 自分一人だけが, 自分達の, 自治に対して, 航空便の, 色々な, 芸を, 苦々しいこと, 茅葺の, 茶碗の, 菩薩わが, 蒼古な, 薬の, 蜜蜂の, 蟷螂を, 行っても, 行為を, 衣裳の, 裏山に, 要らざること, 親たちの, 親戚の, 解りにくい, 言つてた, 記憶恢復後において, 訴訟の, 誹謗した, 諺に, 講談本を, 貝の, 負傷した, 貧困から, 貿易の, 赦すこと, 足を, 身軽で, 輸出部では, 農事の, 近代の, 近頃會ふ, 進歩が, 運河の, 遠い町, 里子に, 金を, 金杉橋の, 金銭上の, 鉄道馬車が, 銀貨が, 長くまたは, 長火鉢の, 間抜けで, 阿直, 陶工道八の, 階段を, 隣近所の, 離れて, 露骨な, 面会に, 頭の, 顕兄様の, 飛行し, 馬に, 馬鹿騒ぎは, 高山植物の, 魚に, 鼻の

▼ ことばかり~ (2132, 0.3%)

243 考えて 6968 では 62 して 50 言って 46 です 45 考へて 42 である 40 であった 35 だった 32 気に 30 いって 26 でした 25 書いて 20 云って 17 やって, 心配し 13 なの 12 だが, ですよ, 思って 8 だよ, でございます, なので, 云ふ, 申して, 言ふ 7 だから, だと, で, であつ, でそれ, 喋って, 繰り返して, 考えるの, 頭に 6 ですが, なんだ 5 あるん, でも, なん, 並べて, 云つてゐる, 思いつめて, 考える, 言うの, 話して

4 [11件] いう, いうん, いつて, じゃ, だつた, 仰有, 仰言, 考えつづけた, 言う, 言つて, 言つて居た

3 [30件] おっしゃって, おっしゃるの, かんが, しゃべって, するので, だったが, ぢや, でご, でございますが, ですから, でその, でなし, で御座います, なり, 出て, 口に, 口走って, 思い詰めて, 教わって, 氣に, 申上げまし, 申上げました, 考えつづけて, 考えては, 考えてや, 考えながら, 考えるよう, 聞いて, 言うん, 話した

2 [97件] ありますんでね, あるの, いうの, いうので, いってや, おこるので, おつ, お訊ねし, かいて, かんがえた, かんがえて, きいて, された人, したから, する, するそう, するん, だけれども, だったので, だろう, であったが, でありました, であります, であるから, であるの, ですからね, ですもの, ですわ, でない, でなくこの, でなくその, でなく様々, でなく社会, で他, で僕, で面白く, なさるん, ぬかしやが, やらかして, 並べたてて, 云ってや, 云つてゐ, 云はれ, 云ふん, 問題に, 喚いて, 多いの, 多かった, 多くて, 夢みて, 夢想し, 工夫し, 御意遊ばします, 心配する, 思い出して, 思い続けて, 思うて, 急いで, 想って, 教えて, 望んで, 気にかけて, 涙の, 狙って, 相談し, 空想し, 続くので, 続くん, 續く, 考えた, 考えたり, 考えつめ, 考えないで, 考えられて, 考え続けた, 考え通し, 考へつづけて, 考へてると, 考へてを, 見て, 覺えて, 言うから, 言うなよ, 言ってや, 言ってる, 言つてる, 言ひ出し, 言ふも, 言われるの, 計画し, 訊くの, 話しつづけた, 話し合って, 譬に, 起る日, 述べ立てて, 願って

1 [720件 抜粋] あったのよ, ありがち, あると, あるところ, あるもの, あるわけ, ある世界, ある町, いいながら, いい家人, いい歩い, いうから, いうからさ, いうだろう, いうて, いうと, いうね, いうもの, いっそ穴鑿, いったって, いった揚句, いっちゃ, いってるし, いってるん, いふの, いふ彼, いろ, いわないが, いわれると, うらやんだり, うわ言に, おおくて, おこなわれて, おすき, おっしゃる, おっしゃるけれど, おもって, お宅, お聞きなさっ, お言い, お願, お饒舌, かんがえそして, くだ, くよくよし, くりかへ, ぐずってや, ことごとくこの, この文化, これでは, ございました, ございますので, させられてるん, したそれ, した訳, しつ, しては, してやろう, してるだよ, しでかして, しましただ, しゃべり勝手, しゃべり合って, しや, しやべ, し合って, すべてこの, するあなた, するものぢ, する専売特許, する駻馬, ずっと考え, そしてわたし, その周囲, それでも世の中, それに, そんないまいましい, だお前, だからな, だぞ, だったうんざり, だったこと, だったし, だったでしょ寝て, だったよう, だったろう, だという, だなあ, だもう一度, だ朝, だ此上, だ絵解き, ぢゃ, つづくのう, つとめて, であったそう, であったちょうど, であったろうが, であつし, であなた, でありあるいは, でありこれ, でありましたから, でありますが, であるが, であるため, であろうと, でいっぱい, でお松, できないから, でこの, でさ, でさっき, でしかも, でしたから, でして, でしょう, でしょうよ, ですがな, ですけれど, ですっかり, ですね, ですべて, ですよって, でつらいつらい, でとりわけ, でなかった, でなく, でなくいくらか, でなくいろ, でなくこりゃあ, でなくすべて毎日, でなくそれ, でなくみずから志士, でなくもう, でなくもっと, でなく主婦, でなく同好, でなく大塚さん, でなく実際, でなく従来縄張り, でなく日常生活, でなく最も, でなく母親, でなく毒消し部落, でなく水温, でなく現在, でなく神, でなく精神上, でなく自分, でなく讀者, でなく赤ん坊, でねえ, でまことに, でやつぱりこれは正夢, で一, で一方, で一生懸命, で中根さん, で二合一勺, で京都, で厶, で古い, で大変失礼, で好い加減, で小田原, で少年達, で己, で御座いますが, で悩まされて, で方途, で書くに, で格別, で深く, で焦れった, で特に, で現代, で畏友, で苦しんだもの, で退屈, で部屋, で風声鶴唳, で食うや, とうとう人外, とおつし, どうにも拙者, なさるんで, なさる御, なすって, なんで, ぬかし手前, のぞむ, はっとする, びくびくし, ふいふいと, や, やかましく言っ, やったの, やっちまうん, やってると, やってるみたい, やって来たと, やらされた, やらなかったらたぶん, やりだしたので, やりました, やるから, やる少年, らしかった, わざわざ考へる, イヤ人生は, クヨクヨと, 一人でしや, 一口に, 一心に, 一生懸命で, 一生懸命では, 一途に, 世の中には, 並べて牛耳っ, 並べ立てた薄情, 並べ立てて, 云いつづけて, 云いなさるな, 云い暮して, 云い暮らして, 云うから, 云うて, 云うとったから, 云うな, 云うの, 云うやつ, 云うん, 云った, 云ったが, 云っちゃあ, 云つた, 云つてごろごろし, 云つてやらう, 云つてる, 云つてゐれ, 云つてを, 云つて僕が, 云ひ, 云ひたがる, 云ひます, 云ふで, 人倫の, 今空想, 仕出かして, 仕出来し, 仕出来した, 付き纏います, 付き纒, 仰っしゃって, 仰っても, 仰有るから, 伝えては, 伺ったけど, 伺わなくちゃ, 何から, 余吾之, 例に, 信じられて, 働いて, 出ると, 出来るの, 勇ましがっ, 口から, 口癖に, 口走り意味, 句切も, 君たちは, 吹聴し, 喋りました, 喋りました何とも, 喋るん, 喋舌り, 喚き立てて, 声明し, 夏と, 多いだろう, 多いので, 多くあたり前, 多くなった, 多く書い, 大事がる, 太鼓でも, 始めて, 始終し, 専門に, 尋ねて, 巻きかえされると, 弁って, 弁りやがって, 強いヤキモチ, 当てに, 待ち暮した, 待って, 御心配, 心に, 心の, 心配した, 心配してる, 心配な, 心配を, 念頭に, 怖れ, 思いつかれる先生, 思いつくよう, 思いつづけて, 思うよう, 思ったらどんな, 思ってたん, 思つてゐ, 思ひつくやう, 思ひ出すやう, 思われて, 思索し, 思続けました, 急かないで, 恐ろしゅう思いまし, 恥か, 悩みぬいてを, 想像した, 想像する, 意しきする, 感心する, 憶出せ, 手紙を, 持ちこむんで, 教えたの, 教えられて, 昔お, 書いたよう, 書いたり, 書いてや, 書いてるフランス, 書かれて, 書きつけて, 書きました, 書きましたが, 書きましたね, 書きまして, 書きますね, 書き送るの, 書くこと, 書くの, 書けたもの, 案じつ, 案じつづけて, 案じて, 構おうと, 樂しみに, 死ぬほど, 殘つて居る, 気ままに, 氣にか, 求めてる無気力, 注意し, 注文する, 無かった, 無気, 申したやう, 申してを, 申します, 申し上げて, 申し上げ誠に, 申すの, 申せません, 申上げた, 相談いたしました, 知った, 知って, 知りを, 研究し, 研究した, 私には, 穿くって, 突発する, 続いた, 続きますし, 続くけれど, 続くと, 続くという, 続く島, 繰返して, 續くけれ, 考えさせるよう, 考えず他人, 考えたがった, 考えたぼくら, 考えつ, 考えても, 考えてるこんな, 考えてるもの, 考えてるよう, 考えてる人間, 考えてる夢想家, 考えてる者, 考えてる食い辛棒, 考えなけりゃいけないよ, 考えましょうよ, 考えますわ, 考えられた, 考えられたが, 考えるもの, 考え一日, 考え耽って, 考え誰一人綿密, 考え込んで, 考へ, 考へたん, 考へつ, 考へつづけた, 考へてるぢ, 考へながら, 考へられた, 考へるから, 考へるやう, 聞いては, 聞かされるなんて, 聞かれるの, 聞きおりますわい, 聞くん, 聞く日, 聞されて, 能と, 脳に, 腐心した, 腐心する, 致しおる, 致して, 茂ちゃん, 蒐集した, 藩の, 見せられたので, 見るの, 覚えて, 覚えやがって, 言いおる, 言いたくなって, 言いつづけなん, 言います, 言いますけれども, 言い家中, 言い暮した, 言い暮らして, 言い立てるお爺さん, 言うでね, 言うと, 言うね, 言う人, 言う男, 言ったので, 言ってるから, 言ってるわ, 言ってるん, 言ってる子供, 言ってる病人ら, 言つたさうです, 言つてすまない, 言つてまつ, 言は, 言ひました, 言ふからおれはかへ, 言ふて, 言ふんだ, 言や, 言わなけりゃいけないのよ, 言われると, 言出す, 訴える日, 試して, 話しあって, 話しかけるの, 話したがった, 話したの, 話したわね, 話します, 話し出して, 話すと, 話すもの, 話すわけ, 話す女, 話そうと, 語った, 語って, 語るの, 警戒し, 責めて, 責めないで, 起るもの, 追い廻して, 重なり合って, 長い間, 雲集し, 頼まれるの, 頼んで, 饒舌っちまった

▼ ことなく~ (2005, 0.3%)

250 して 44 しては 11 んば 10 それを 9 却て 6 これを, ば, 彼の 5 くり返され, 人を, 私の 4 これに, 一つの, 何の, 掛けて, 自由に

3 [12件] どこまでも, またその, 任務を, 吾, 單に, 少しも, 我々は, 日を, 私は, 答へ, 過ぎて, 静かに

2 [84件] いつまでも, かの床穴, してかの, しても, すぐに, それに, それ自身の, た, ただ漠然と, てよ, て終, ばどうして, ば政府, ひたすらに, むしろ彼, やって, 一定の, 一書を, 今に, 今も, 他の, 以て, 何か, 余は, 作品の, 倉に, 内閣改造の, 刈ること, 前進し, 動も, 又怒り, 君を, 唯だ, 商人は, 堂々と, 妙に, 安心し, 宗教を, 實に, 彼等の, 心を, 悪びれず入って, 持続する, 日本の, 旧藩の, 明けた, 明らかに, 春に, 是れ, 正確に, 死んで, 永遠に, 流れて, 浮かれさせ橋, 無事に, 物語りし末, 独自の, 現実の, 生きたいと, 生きて, 生らの, 男女三人なれ, 直接に, 磨いたり, 笑いあった, 算盤を, 終った, 絶えず外, 続いた, 続いて, 縹渺として, 繰り返して, 耳を, 能く, 自らの, 自らを, 自分に, 自分の, 自然の, 草履脱い, 連続し, 道を, 重大な, 門を

1 [1424件 抜粋] あえて己自身, あたま, あの人, あの畫, あまりに微細, あらゆる武器, あるいは得意, ある部分, いかにも坦懐, いたづら, いぢ, いつまで, いつも一人, いよいよ幕, いわゆる侵略主義, いわゆる死に, うちかえして, おかげで, おしよせた会員たち, おのずから大逆罪, おもむろに進行, お供し, かえってこれ, かえって当の, かえって損傷, かつしば, かつまた事実, がらがら事を, くりかえして, こういった, こうして健在, ことごとく自分, このハードル, この仕事, この合戦直後, この字体, この感想, この様, この辺, これら学者の, さし出, さまよって, しかも何不自由, しかも痣蟹, したがって自分, しつとり, しんせつに, じっとどこ, すぎて, すなわち特権階級, すべての, すべて読書に, すむであろう, する立派, ずん, そこに, そして四分の一マイル, そののち向岳寺, そのままに, そのまま書き, その一部, その儘發, その博大, その場合, その實, その手, その泰然自若, その結果, その要領, その責, その身, その音響, それでも多少, それ故, たえず語れ, ただこれ人間, ただちに除け者, ただアンジョーラ, ただ単に, ただ同一, ただ客體, ただ忌日命日, ただ晩, ただ独, ただ端正, ただ飜弄, たとえ一年, だらしなく, ちらと, ついにその, つつつつと辷り寄っ, つぶさに述べ尽し, つむぐこと, てきぱき事, ても学問性, て効果, て東京, て皆水面上, できるだけあった, ときには月光, ともまた, どうして生きられよう, なし了, なるべく調和的, ぬす, はない, ばいかに, ばらばらに, ば何事, ば幸い, ば急場, ば美しく, ひよろりと, ぶらりぶらりと曲っ, ますます高く, またいささか, またかつて, またし, また下院以外, また何人, また回復, また少し, また押すべき, また気短, また私, みずからその, みな因果相続の, むきだして, むしろ懐柔, むしろ醜い, もし衝突, やはりその, よく自暴自棄, わが庵, われらは, アイと, エンジンを, シュッと, ズンと, ドミトリを, ビール瓶と, プロデューサーとしても, マシウスンの, 一々これ, 一人の, 一声二声の, 一心不乱に, 一散に, 一旦確立, 一犬一鶏一蛇一猿と共に, 一直線に, 一面に, 万物悉く, 上人の, 不平なく, 不思議に, 且つ今夕, 世界に, 主体として, 之に対して, 九時半飯島駅着十時の, 予が, 事として, 二つの, 二寸三寸と, 二日後に, 京都と, 人里遠き, 今まで, 今年三十一で, 今日に, 仏の, 仰ぎまつりし故, 伸びるが, 住居を, 体面を, 何となく相手, 何れも, 何物からも, 使つてゐた, 依然として小人奸者, 信長の, 俳句を, 偶, 傳へて, 働きつめるという, 僕を, 光に, 入れては, 全ての, 全部包ん, 六十余州の, 其仁慈化育の, 其結果が, 内容を, 冷淡な, 凝乎, 出京以来も, 分に, 初夜の, 刻苦しつづけた, 前口上などは, 力無い, 努力し, 労働者を, 動いた従って, 勝たば, 勤労に, 十一月十八日より, 千代梅の, 卑下する, 単にこの, 単に教訓, 危くされる, 即座に, 却って常にその, 原や, 去来する, 又これ, 又何人, 又必ずしも, 又獲物, 反抗する, 取揃えられて, 口論が, 只手紙, 右か, 各国の, 同じ一つ, 名前も, 否, 周囲の, 唯一途に, 唯所謂逐語譯を, 唯行け, 喧嘩する, 国民としての, 地は, 地府深く, 城門を, 堂上に, 声の, 夕とともに, 外見的に, 夜も, 大きな石, 大地を, 大抵の, 天下の, 天水を, 太古以来の, 失敗を, 如何なる場合, 妻が, 媚びること, 存外あっさりと, 宇宙を, 安らけ, 官位を, 実行に, 客に, 宣伝省は, 家臣の, 寄手の, 富裕に, 實體を, 審理の, 尋常に, 少しく画談, 屈すること, 展開する, 山内を, 川の, 己れ, 希望によって, 常に一定, 常に著, 幣帛まつりたまひき, 平野一帶が, 幸は, 幸福の, 店番配達皆ことごとく, 建てる, 強健に, 形態を, 彼は, 往来し, 待つて, 後者は, 従った, 従て, 御認め, 心が, 必ず家庭, 忍びいれる, 思いあがった, 思えるこの, 思想は, 悠々と, 想像も, 愚圖愚圖に, 愛は, 憤ること, 我も, 我身も, 戦うべき相手, 戸外に, 手術を, 批判した, 折に, 押し合いかたまっ, 持続し, 探し宛てた, 掴まねば, 描きつづけたという, 攫取する, 教えて, 散会し, 整然として, 文学という, 新刊書の, 新聞雑誌記者が, 旅を, 日月の, 旧家に, 早朝の, 旺盛な, 昔と, 映し出して, 昼寝の, 時には臭気, 時間の, 暢, 暮して, 曉は, 書いたもの, 書けないという, 最後まで, 朗らかな, 朝から, 未信者社会, 本や, 村の, 来世において, 栄子の, 案内役の, 案外早く, 椅子に, 極めて簡単明瞭, 極端な, 横を, 機械工業に, 欲するまま, 正しく分析, 正直に, 正造に, 此宇内の, 歩いた, 歴史の, 死ぬやう, 殊に支配階級, 毎日くり返さなけれ, 毎日毎日の, 気脈を, 江戸の, 注視し, 洗った遺骨, 流れ行く形, 消え去らうとして, 済んだの, 温情を以て, 滅びること, 漠然として, 火傷部の, 無人屋敷の, 無論その, 煙草を, 爛々の, 爾後王政維新の, 物言ひし, 犯人の, 猟も, 現在にも, 理解しよう, 生ぜしめ得たの, 生存し, 生活し, 生者として, 男の子に, 疲れること, 発達し, 目的を, 直ちに全, 直に各地, 直接端的に, 相手の, 眞直, 真に演劇それ自身, 真善美至極の, 真直ぐに, 眺められた, 着て, 短時間の, 研鑽の, 示すから, 祖父が, 福音を, 秘密を, 穎敏に, 穡ことを, 空中に, 窓の, 第一段, 筆に, 米友が, 糺弾する, 素直に, 細々と, 終って, 終つたのである, 終わること, 組織の, 絶えず巫山戯, 続けて, 繰り返し繰り返しして, 羅馬人に, 習慣みたいに, 老死なく, 而し, 耳目と, 聡明な, 聴覚を, 胡瓜だの, 胸壁の, 腐ってる茅屋根, 自らその, 自分お, 自分一人の, 自動車や, 自己の, 自己自身の, 自然利得のみを, 自身を, 舊藩の, 荏苒と, 華やかな, 虚無的だつた, 行きつ, 行って, 行為と, 衣食の, 製作の, 見つめること, 見ること, 見定め得る, 親鸞が, 解決を, 記號を, 診察し, 話が, 語らつて, 誰が, 諾々として, 謹んで, 警察にて, 貧を, 質問を, 起居の, 踏み越して, 軍隊的に, 軽快に, 辞書を, 追ひつめ, 退屈で, 通って, 進みゆく発展, 遅疑する, 過ぎたの, 過ぎ行くといふ, 過せた, 道場に, 還るさ, 酔客ひとりひとりに, 野中の, 金を, 長日月を, 開展したらしい, 闊き, 限られた劇文学, 雙眸涙に, 雪は, 霊媒の, 音声と, 顔色が, 風情に, 飽くまで現象, 餓死し, 首尾克く, 驚異の, 黙するかの

▼ ことなら~ (1829, 0.3%)

38 なんでも, 何でも 25 んと 19 ば, わけは 18 どんなこと 12 何も 11 ば何 9 ん, 私も 8 心配は 7 どんな事, ばそれ, 人の, 私は 6 何なり, 私の 5 いつでも, なにも, なんだって, わしも, 何を, 何んで, 僕の, 僕は, 私が, 自分の

4 [12件] あたし知ってる, お前の, ばこれ, ばその, もっと早く, んか, んが, 何でもします, 俺は, 大丈夫です, 自分が, 自分も

3 [27件] いいが, この私, それは, それを, どんな無理, なんの, ね, ばどんな, ばほか, ば別に, 一日も, 一緒に, 今の, 仕方が, 何か, 何から, 何でもし, 俺に, 僕も, 大概の, 宜いが, 彼は, 彼女の, 心配しなく, 心配する, 我慢も, 自分で

2 [95件] あなたの, あの時, いかようにも, いつまでも, おれが, おれの, お世話に, お兄さん, お嬢さま, お耳, からだを, ここに, この人, こんどだけは, さうし, ぜひも, そこに, その場, そんな心配, どうぞ御, どうでも, どのよう, ばお, ばこの, ばできます, ばとてもじっと, ばどの, ばもう, ばわたし, ば単に, ば自分, ば誰, む, むには, わたしは, んなれ, んや, 万事僕に, 三輪の, 京都から, 今から, 今まで, 今更めて, 仏も, 伯母の, 何でも知つてる, 何でも聞く, 何とかし, 何とで, 何な, 何んでも, 何んとか, 何んな, 何事も, 何処の, 何秘す, 僕が, 全く新規, 勝の, 否を, 呪の, 土地の, 大概な, 奈何な, 宮様の, 少しは, 平次を, 弁解も, 彼の, 心配せん, 早くそう, 明日に, 昔の, 最初の, 望みを, 本当の, 村中の, 此方から, 無事に, 無理を, 相談にも, 私に, 私にも, 私を, 老女が, 自分は, 自分を, 良いが, 若旦那新, 荷物を, 藤助の, 親仁の, 誰に, 農商務省に, 風景の

1 [1214件 抜粋] あいつが, あからさまに, あすきみの, あたしが, あっしが, あっしは, あつしだ, あつし一人, あなたに, あなたよりも, あなた方の, あの世への, あの娘, あの続き, あらかじめ, あれも, あんなにガブガブ, あんなに考える, いかにお, いくらあっし, いくらでもお前, いくらでも離し, いざ知らず, いちいち計る, いっそそんな, いっそ昨日, いつだって, いろいろある, うやうやしくその, うんと知ってる, おおかたそこら, おせい様, おまえさんたちの, おやすい, おれだって, おれに, おれにも, お佐代さん, お前たちでは, お前でも, お呼, お役に立ちましょう, お手, お案じ, お直参旗本, お蘭さん, かごにでも, からだのどこ, きっとききます, きっと喜ん, けっこうです, こうした機関, ここで, こちらの, こっちにとっては, この, このまま, この下, この俺, この四旬斎, この手紙, この渡, この船, この鏡, この鳶七, これまで, これを, こんな無作法, ご最期, さぞ十二人, さっき通りで, しかし頭取, じゃ河岸, すっかり知ってる, ずいぶん諾, せめて一日, ぜひどうかお, そうしたかった, そうなさいません, そこで, そちらへ, そのつもり, そのま, そのよう, その坊さん, その方, その椅子, その者, それこそ, それであれ, それにどんな, そんなに心配, そんな芝居, ぞうさない, たいがいの, たいていな, ただは, たびたびやって来たい, たやすいこと, だれだ, ちょいと, てめえも, とても詳しい, とにかくさもなければ, とにかく根っから夫婦一緒, とにかく現存, とにかく自分たち, ともかくも, ともかく永い, と尾張町, と思っ, どうかもう, どうせ女中部屋, どうぞおかまいなく, どうぞなおし, どうだって, どげんこ, どこにでも, どの被告, どんなお礼, どんなにか, どんなもの, どんな犠牲, どんな難題, どんな骨, なおのことでござる, なくに, なぜ楼桑村, なんでもやりましょう, なんとかし, なんとでも, なんぼでも, ねど, はじめから, はっきり申す, ばあまり, ばあるいは, ばいくらか, ばいじらしい, ばいっそ, ばおす, ばおん面影, ばさかずや, ばしごくけっこう, ばそれぞれ至当, ばただちに, ばたとえ, ばとびとび, ばどうぞ, ばならし, ばね, ばまちがい, ばもう一度, ばよろしゅう, ば一定, ば一文, ば万事休す, ば二日, ば今, ば仏頂寺, ば何故, ば兄妹, ば先程, ば初め, ば前半, ば同じ, ば固, ば大義, ば安心, ば容易, ば帰る, ば当分, ば御, ば思い切, ば抄本, ば改むる, ば新しい, ば早く, ば是非, ば村方, ば柿, ば次, ば氣, ば漸, ば獨身, ば申候, ば私, ば第, ば聞い, ば親鸞, ば講演趣味, ば速, ば長州征伐, ば鼻, ひとつここで, ふびんな, まあお, まあ大丈夫, ますます能, またそう, まだい, まだとしも, まだ前, むあはれ如是ものに, むしろ中央山脈中, むとおもひつゝ暮刻戻る, むと思ひ遣れ, もうこっち, もうとく, もうほんとう, もう一夜くら, もう二十日, もう何度, もう大丈夫, もう歸, もう結構よ, もう聞かない, もっとしかりゃ, もっと吹っかけ, もっと送るんでした, もっと高価, やはり危なげ, ゆうべの, よいが, よく知っ, よく聞きます, よろしい, わけなし, わざわざ兄さん, わざわざ遠い, わしから, わたく, わたくしには, わたしそれ以上の, わたしには, われわれは, んいいます, んぞう, んのみ, んを, ん寛大以て, ん然, アリョーシャおまえの, イビキなど, オレは, カテリーナよりも, ガネマサが, シベリアを, ダイヤー將軍を, ネズミの, ハイと, パンドーラの, マダマを, モオトン教會の, 一から, 一つ二つ空気孔の, 一切俺が, 一向かまわない, 一層自ら, 一年中ぶっ, 一思いに, 一時でも, 一歩進ん, 一生奉公でも, 一生流人村の, 一肌ぬい, 丁度幼い, 上へ, 下總, 不幸な, 世界の, 世間へ, 二つも, 二千円貸せ, 二階が, 五日も, 些とも, 人は, 人間という, 今この, 今日にも, 今私さ, 仕度い, 仕置も, 会計に, 伴れ, 体も, 何が, 何でもお答え, 何でもしかねない, 何でもよい, 何でも僕, 何でも好い, 何でも聴く, 何でも鐘太夫, 何でも頭, 何とか折合おう, 何なと, 何の, 何をか, 何んとしても, 何事でも, 何度いっ, 余人でも, 保存させたい, 俺が, 俺にも, 俺達禿鷹が, 僕に, 僕はきゃ, 僧として, 先々代の, 先刻お, 光子さんに, 光枝も, 公卿の, 六月に, 出来も, 切角来, 別に, 別に聴こう, 前から, 力を, 加代姫さまは, 勿論承知, 医者という, 十三屋へ, 十分感心してる, 単なる意見, 危ない命, 即座に, 去年だろう, 友達と, 古代の, 合点だ, 吉田親分と, 名称そのものが, 君だって, 吾も, 吾輩と, 問題には, 四人の, 国民全体が, 地所でも, 壁さえ, 外部の, 多分ご存じ, 大さわぎし, 大して難, 大丈夫じゃ, 大丈夫であろう, 大事な, 大抵人, 大抵自分, 大江時親なる, 太橋の, 女が, 女王様が, 如何なる努力, 姿を, 娘へ, 嫌とは, 子供に, 学問を, 安い物, 実の, 容易いこと, 寧そ君を, 小さな鯨, 少うし, 少しぐらい, 少女を, 屍に, 山陰道の, 帰国させ, 平次親分は, 年の, 幾何でも, 弟弟子の, 当方から, 彼としては, 彼れ, 往っても, 御免を, 御安心, 御心配, 御歳暮の, 御相談, 御返事します, 心配いりません, 心配はねえ, 忍耐出来る, 念には, 悪いけれど, 意味は, 憚りながらピグミー, 我らが, 或いは大きな, 戦争以来耳に, 手前は, 批評も, 投擲って, 拙者は, 政治の, 敢て, 敬二も, 文庫本でも, 斯うし, 早くさう, 早く歸, 早速救助, 明日一日で, 昔活動写真で, 時計の, 暗闇の, 月の, 朋友と, 本人は, 村の, 林蔵を, 栄蔵は, 根絶する, 檜垣の, 止めに, 正太さんとやら, 此方にも, 残念ながら, 母親に, 毎晩でも, 気に, 水分へ, 池を, 決して心配, 汽車に, 流産て, 海岸ばかり, 清作さんは, 火星人は, 無理にとは, 爆弾を, 犬や, 独りで, 現在まで, 男だって, 男らしく大きな, 発覚されず, 皮膚を, 直義の, 相談し, 真の, 矯正したい, 破綻も, 祝言の, 私以上に, 私聞く, 簡單に, 細川様へ, 義弟にだけでも, 職業の, 腹など, 自分に, 自分ひとりで, 自然そのものを, 船長と, 若夫婦, 若武者の, 落合の, 薄情な, 装置も, 親を, 親切気を, 言へるだらう, 訳なし, 訴訟に, 話は, 誰しも, 誰も, 誰人の, 議論の, 責任を, 質屋の, 辞任の, 農商務省を, 近いうち, 追っ付け来る, 達者の, 酒屋の, 野良犬で, 金離れの, 錢形の, 長くわが家, 関東とさえ, 隊長を, 隨分骨を, 雑作ない, 青塚の, 面白いに, 顔を, 首を, 鮑叔の

▼ こと~ (1636, 0.3%)

23 あるまいこ 20 どうか 13 悪いこと 1211 それは 9 しれない, わからない, 知らないが, 私には, 私は 8 分らない, 急に 7 それが, わからなかった, 彼は 6 わかりません, わるいこと, 知りませんが 5 あらん, それも, よく分らなかった, わからないが, 何か, 少しも, 解らない, 試して

4 [13件] これは, しれません, その中, わからないの, わからなかったが, ッ, 人を, 出来ないこと, 分らないが, 判らない, 知ら, 知らんが, 知れない

3 [20件] これあらん, しれませぬ, それを, よくわからない, よくわかりません, わからずに, わからないで, 不意に, 出來, 分らないの, 子供が, 平次には, 彼の, 意味が, 知らぬが, 知らん, 知れぬ, 知れません, 見当が, 解らなかつた

2 [80件] あつた, あなたに, あらんこの, いかに多く, え八, お分り, お前さんが, お頼, きょうは, この, この人, こんどは, さっぱりわからない, しばらく経っ, しらん, しれないと, しれぬ, そうでなけれ, そのこと, その余, その夜, その日, その頃, それから, そんなこと, どうかについて, どうかは, どうかを, なんだ, ふふう, よく分らなかつた, わかったもの, わからないけれど, わからないので, わからぬが, わからぬといふ, わかりませんが, わけが, リヽーにばかり, 今の, 今宵ばかりは, 今度は, 今日に, 伝六が, 何かで, 何かの, 何年の, 俺の, 僕は, 分らなかったが, 分らなかつた, 分りません, 判らないが, 半九郎, 受領, 否か, 少しでも, 平次察し, 店も, 彼には, 恐ろしいこと, 悲しむべきこと, 惡いこ, 手に, 死骸を, 町内に, 知つてゐる, 知れなかった, 祝福すべき, 私の, 肝腎の, 自分の, 血嘔吐の, 親分を, 解らなかった, 辻斬らしい, 近頃は, 返して, 返事が, 鞘が

1 [1145件 抜粋] あ, あすこの, あてには, あなたには, あのこと, あの仲間, あの源様, あの耄碌親爺, あの鯉, あらむとてゆるせり, あり得ぬこと, あるいはまた単に, あるいは職業的, あるぜ, あるめ, ある異, あんたが, あんなに惨い, あんな男, あッとしてしもて, いかに豆腐好き, いくら考え, いって, いつのまにか急, いつもは, いつも馴れき, いますぐ, いま道を, いよいよおしまいごろ, うその, おお根, おのれ資子行子一門一族血に, おらにも, お伊勢様, お前さん知っ, お察し, お組屋敷, かつてジイド, かつて二日前, かわいそうに, ぐしょ濡れの, こういう所, ここで, こちと, このごろに, このよう, この小僧さん, この恋煩, この矛盾, この話, この雪枝さん, これも, こんなに早々と, こんな立派, さう, さっぱりわからなかった, さっぱりわかりませんでした, さっぱり分りません, さつ, さもさ, さらに分らん, しかもそれ, しばらくさせる, しれぬ運命, すこしも, すつかり, せまい通り, そうか, そう思っ, そこは, そしてたれ, そつと, そのうち巣, そのお礼, そのすわり, その一冊, その人, その以後, その前夜, その噂, その妙見さま, その小屋, その後ハノーヴァーに, その文, その河, その町, その疑問, その赤子, その選, そりゃお前さん, それこんなに, それっきり八五郎は, それとも, それともお, それともすでに, それとも何, それとも子供, それとも小児, それとも恥, それとも風, それなり姿, それまで, そんなに気, そんな様子, そんな話, ただそれだけ, ただもう, ただ一棟, たぶんしん, だいそれた罪, ちかごろなんとなくおちつかない, ちやんと, ついこの, つて知らず, つまり契月氏, できたの, できるか, でなきゃ死骸, では, とても良人, とみには, どうかさえ, どうか分りませぬ, どかっと尻もち, どちらでも, どなたが, どれだけ, どれにも, なお迷っ, なかなか姿, なぜそんな, なにかの, なるほどあり, なんと強く, につこり笑つて, にわかに朝月, はいさうだから, はっきりしない, はやくも, はる季節, ぱったり食い, ひどくボケン, ひどく硬くて, ひよつこり千代子, ふしぎな, ふっくらと, ふツくり, ほぼわかっ, ほんとにわかつ, ぽろぽろと, まじめな, またきく, または, または横田さん, または読んだ, また一時, まだ一向に市場, まだ知らぬ, まっかです, まったく不意, まはず, まるでわからない, まるで乞食, まわずか, むしろ興, めきめき金回り, もしよかっ, もはやこの, やっとした, ゆらりと空, よく分らず, よく分らん, よく判っ, よく磨き抜いた, よほどよく考え, わかつて, わからずもじもじ, わからないかも, わからないさまざま, わからないやう, わからない君子, わからない絶対, わからなかつた, わからなかつたよ, わからなくなるので, わからぬ理由, わからん, わかりかかって, わかりませんけれど, わかりませんよ, わかるまい, わけも, わしも, わたくし事か, わたしには, アッと, エ, キリキリと, グラスの, サッと顔色, サッパリ判らないだろう, サッパリ様子が, ドアは, ハチロウの, ハッキリ分らなかった, ヒヒヒヒ, ボッと, ユンケル氏の, リリーにばかり, 一人として, 一人は, 一切不明である, 一婦人を, 一時は, 七郎は, 三ことで, 三日間位ゐ, 下手だって, 不備な, 不甲斐ない恋情, 世に, 世間の, 両腕, 中途で, 之れ有らん, 乞食小屋の, 二三日の, 二十四顆の, 云うまでも, 五月の, 人知れず葉隠れ, 今, 今に, 今まで, 今も, 今年に, 今日は, 今考え, 仔猫だ, 代々の, 会得しかねる, 伝馬船を, 何かと思ったら, 何せい, 何の, 何も, 何度やっ, 係長が, 俺たちは, 傍眼にさえも, 元の, 先ず特種, 全く見, 全然解らない, 六尺と, 其とも, 其入口に, 再びまた, 出て, 出来ぬこと, 出獄間近に, 分からなかったが, 分かりませんでしたが, 分って, 分らずに, 分らないけれども, 分らないで, 分らないので, 分らない事, 分らなかった, 分らなかつたので, 分らなくなること, 分らぬらしくプラット, 分りましたので, 分りませぬ, 分りも, 分りやせん, 分るもの, 切腹し, 判った, 判らぬ, 判りませぬ, 判然聞取なかった, 前に, 前世の, 功績の, 区別し, 十分も, 半年位に, 却つて心をか, 又その, 又はそういう, 古作品, 召使に, 右門が, 名人右門は, 君は, 君枝は, 周さんは, 咽喉から, 善くない, 嘘か, 困らぬこと, 土けむり, 土間に, 坐蒲団, 場所は, 売国的な, 夜半の, 大凡そ, 大変伸び伸びした, 大王が, 大陣幕, 女給も, 好い齢, 妻女が, 娘が, 嫉妬の, 存じませぬが, 実は知らん, 実家の, 客観的に, 宮方一統の, 容易に, 寝顔の, 封じ手の, 小屋を, 小母さんにも, 少なくとも何, 尺取り虫に, 山城守と, 左の, 左手に, 平七の, 年ごろ二十七八, 幾品と, 弁えて, 弾丸は, 当家滅亡の, 彼が, 彼女も, 彼等の, 待てども, 後世では, 御献上, 心ある, 心配いらない, 必要でした, 忘れ草といふ, 思いやられる, 思い当ること, 悪い無心, 悲しいと, 想像する, 愚かな, 感ぜられなくなって, 我れ, 或いは漆黒, 或は私, 戦場に, 扉には, 手柄だ, 手足は, 押入の, 指で, 挽き車, 支那の, 支那兵の, 敗戦後の, 敵わ, 方々に, 日本本土の, 明かだつたので, 明けて, 明記し, 時日も, 暴力で, 更に見, 最近の, 月末の, 有り得べからざること, 有金を, 東京の, 東照宮樣御朱印を, 杵太郎が, 某公卿, 校長が, 桂介には, 案内する, 楔を, 欺され, 歌の, 正午と, 此忠兵衞に, 歴史の, 殆ん, 母などには, 毎夜毎夜内儀が, 気の, 水, 水の, 江戸に, 泥棒の, 浦島武内も, 浮気でした, 海蔵寺三郎は, 無いこと, 無残な, 熊の, 片手に, 犬猫にも, 獅子が, 珈琲という, 現在この, 理解できなく, 生まれおちる, 疊み, 痛心する, 皆の, 目が, 目黒近在ぢや, 相手を, 瞬き一つ不可能だった, 知ってる人, 知らずに, 知らないけれど, 知らんて, 知ら何, 知れたもの, 知れないが, 知れないであろう, 知れなかつた, 知れませんが, 知れやしないといつて, 碌に, 神か乃至は, 私が, 私達が, 突然に, 竜之, 素人には, 終りに, 絵ハガキなぞも, 縄が, 美し過ぎ, 考えるまでも, 聞かして, 聞き慣れたその, 肝心な, 脱走者も, 腕の, 自分にも, 船の, 船へ, 花は, 若い女, 莞爾し, 蓋は, 藩主対馬守に, 蟋蟀が, 表題も, 裏にも, 裕然, 要領を, 見たり, 見受業師, 見当も, 親類の, 解らずた, 解らないが, 解らなかつたが, 解りそう, 解りません, 討たれるとは, 訳の, 讐を, 豹の, 貞奴は, 賭博ばかり, 踊って, 身分違いの, 車屋は, 這入って, 連名で, 道に, 重病人の, 鍵穴には, 門番の, 陳倉城外に, 陽吉の, 隣の, 雨戸の, 青山氏が, 頻りに気, 顔役千三屋も, 餘興を, 首の, 鶏を, 鶴見は, 黙りこくつて

▼ ことについて~ (1620, 0.3%)

23 何か 22 私は 21 考えて 10 彼は, 話して 9 である 8 何も 7 わたしは, 一つの, 書いて 6 いろいろと, 伸子は, 私の, 話を 5 であった, 口を, 熱心に, 話した

4 [12件] これまで, それは, です, 一言し, 何と, 何の, 知って, 簡単に, 考えます, 話し合って, 話すの, 非常に

3 [29件] お前に, ここで, そのよう, それを, ひどく呑気, 一言したい, 一言も, 云って, 何かの, 僕は, 少しばかり, 彼女は, 御返事が, 心の, 意見を, 或る, 気を, 注意を, 相談し, 相談を, 考えること, 考へ, 考へて, 自分の, 言って, 話しあって, 話す, 語って, 駿介は

2 [72件] あなたが, あなたの, いうと, いって, いろいろに, いろいろの, いろいろ考え, お互に, お前は, ここに, こんに, ご相談, たずねた, だった, だのう, ちとお, であります, どのよう, ならば, まじめに, まだ何, わたしたちは, 一つは, 一種の, 一言しなけれ, 云つてゐる, 云われて, 人々の, 人は, 他の, 何にか, 充分に, 先生の, 具体的な, 報告した, 報告を, 多少の, 妙な, 実に興味, 少しの, 御注意, 御相談, 心からの, 必要な, 忠告し, 忠告する, 批判が, 抗議した, 教えを, 書けば, 本気に, 次の, 深く反省, 現実の, 生徒へ, 相談が, 相談した, 相談しました, 真面目に, 私たちは, 私を, 考える, 考察を, 言ったこと, 話の, 語りあった, 責任を, 貴下を, 赦しを, 静かに, 非難する, 黙って

1 [1173件 抜粋] ああした, あなたがたは, あの人, あまりおしゃべり, あまり口を, あらかじめ君, あるいはあなた, ある判断, あれから, いい加減, いえば, いく前, いたく後悔, いちいち記し, いつか友達が, いつもその, いまパリで, いやが, いろいろお話, いろいろ書い, いろいろ考える, いろいろ聞かされた, いろいろ話す, うちへ, おかしい話, おどろきを, おむつという, お伺い, お家様も, お書き下さいました, お母さんに, お聞き, お話しいたしましたろう, お話しした, お話しに, お話を, かいて, かなりひどい, かれこれ言つて, かれの, がんばって, ききだそうと, きっとあなた, きのう国文専門の, きょうの, くどくどと, くわしく話, こういう一種, こう語った, この人, この序文, この頼もしい, これを, これ以上書く, ごくはっきりした, ご存じだけ, さまざまの, しゃべるの, じかには, すこしも不安, すべての, せっかちに, そうだ, その多く, その有益, その無力化, それから先日, それぞれ書き示しなど, それに, それ以上話しませんでした, たくさんの, たんとお礼, だこの, だったろうと, だろう, ちっともばつ, ちっとも考え, ちょいと, ちょっと用事, ちょっと考え, つまりああ, でしたが, ですか, ですよ, ではなかっ, とても詳しい, どう云い, どう思う, どう考え, どの法廷, どんなこと, どんな感想, なにかお話, なにか書く, なにも, ならいささか, なり, ねぶみの出来ない, はじめて一身, はてしない, ふり返, ふれては, ほとんど凡て, ぼくは, まずごく簡単, まず語らね, まだ科学的, まったくの, みなさんの, みんな迷っ, むしろ皮肉, もういちどわたしたち, もう少し政治家, もう少し論じ, もっとくわしく, もっと詳しく, ものうさそう, もはや疑ひ得ない, やや執拗, ゆっくり話し合った, よけいな, らしかった, わざわざ来た, わたくしたちは, わたしの, われわれの, キッチリ, クラムと, グラフィーラは, ゴーリキイは, ジルノルマン氏を, ダルガスは, トルーマンが, ハッキリ理解, ブランカは, ホテルの, モーロアは, ロージャは, 一つ発見が, 一人は, 一口も, 一寸お話したい, 一寸申上げます, 一寸面白く, 一度も, 一応お話し, 一枝に, 一般の, 一言を, 一通りの, 一面この, 三人で, 三木の, 三根夫少年は, 上野介の, 不安を, 不思議に, 与えた, 世界で, 両者の, 中央文学に, 主として青年諸君, 主任の, 久子は, 事件そのものよりも, 二つの, 二三附け加え, 二度も, 云々し, 云うの, 五枚, 人々が, 人に, 今し, 今の, 今より, 今何も, 今少し, 今日は, 今日ラジオを, 今日重大な, 伸子が, 伸子の, 伺ったの, 何が, 何ぞ明白, 何となし, 何ひとつ知らない, 何時間も, 余は, 余程考えたです, 作者は, 保は, 俺は, 僕たちは, 僭有し, 先師に, 全く気づい, 全然把握, 全然知らぬで, 共通の, 内所話し, 出すぎた世話, 出立前に, 判断する, 別に, 別に嘘, 前便かで, 劇的に, 動坂に, 十分な, 十分知らなかった, 南殿村の, 博士は, 又聴き, 反対なり, 叔父さまこそ, 口に, 古物研究家が, 各技術家, 吉の, 吉里が, 同誌九巻五号, 君と, 君笑う, 周の, 命令を, 問い合わせが, 問題に, 善悪を, 嘗て一度, 囁き合った, 困ったこと, 國民を, 壺井さんは, 多くを, 多少は, 大いにこねる, 大いに考えさせられます, 大きな意味, 大そう, 大人から, 大変感じます, 大巻先生に, 夫婦は, 奥畑が, 好い加減な云い, 妻も, 学びたいと, 学位論文を, 安藤夫妻の, 実によく研究, 実感が, 実際的, 宮は, 家族の, 審査官に, 尋い, 尋ねたり, 小林に, 少々お喋り, 少くとも, 少しでも, 少し勉強, 少し注文, 少し知っ, 屁理屈を, 屋敷内では, 岡本潤青山が, 帆村に, 平気では, 弁解や, 当局に, 役に立つたこと, 彼と, 彼ら同志の, 彼女の, 後から, 従来の, 御心配, 御示唆, 御話, 心ある, 心配し, 忘れがたい, 念が, 思いあたりました, 思った, 思索力そのものが, 怪放送を, 悔やむ必要, 悲しんで, 意味ふかく, 感じた次第, 感情を, 感銘しました, 憤りを, 我から, 或ははっきり, 或感, 手引きし, 投票し, 折り入って, 改めて考え直します, 政府は, 教わるけれども, 新しい事実, 新しい自覚, 新らしい, 新工夫, 日常の, 日本の, 日本民衆の, 旧例を, 明瞭に, 昨日申し上げた, 普通の, 曰く, 更に一歩, 書いたエハガキ, 書かれるべき感想, 書き人類, 書き添えねば, 書くの, 未だかつて考え及んだ, 本当に考へ始めた, 条件は, 来た, 林氏も, 検事は, 様々に, 次郎の, 止宿人の, 正確には, 歴然たる主張, 殆ど明瞭な, 残念でたまりません, 母と, 気が, 気づかひ悲しみひそか, 江戸の, 決して公平, 決して笑話, 沈思しない, 沈黙を, 注目され, 深い憤り, 深くかんがえこん, 深く心, 深く教えられた, 深く深く考へさせられず, 深く考え, 深刻な, 清三の, 満鉄嘱託将校, 漠然たる不満, 激しい感情, 無感覚に, 無罪である, 照子は, 熱病の, 父とも, 父へ, 父親に, 物語ったり, 特に重要視, 独特な, 現在の, 理解させる, 甚だ心細, 甲野さんは, 申しましょうか, 異議は, 疑は, 疑ふの, 癪に, 発見し, 皆さんに, 直接いろいろ, 相当に, 相談, 相談会を, 眞に, 真実を, 矛盾を, 知らないひと, 知りたいと, 知る時間, 短いもの, 研究し, 確証を, 社会の, 神経を, 私たちの, 私に, 私自身誰に, 種々は, 突然東京, 端なく, 笹村の, 答を, 素人考で, 素子の, 終りに, 罵倒なさいました, 考えこむよう, 考えた, 考えつづけて, 考えないでしょう, 考えました, 考える余裕, 考える時, 考え何, 考え込んで, 考へる, 考察した, 聊かの, 聞くも, 腹が, 膝を, 自ら反対の, 自分と, 自分に, 自慢らしく, 自覚も, 自身を, 良人とも, 若い人々, 苦心しました, 苦痛も, 落着い, 著者は, 蜂矢探偵は, 裁判長に, 見て, 親切に, 観察したい, 言い出すこと, 計算を, 記すの, 詫びて, 話したが, 話し出した, 話し合ったが, 話し幾度, 話そうって, 詳しく物語った, 詳細の, 認識の, 語つた, 語られて, 語りたいの, 語り出した, 語り合った, 語り合ふとき, 語ること, 誠心からの, 説が, 説明される, 説明者と, 誰かが, 誰にとも, 誰よりも, 調べて, 論じ併せて, 論及した, 諸兄とともに, 講釈を, 警告が, 警部モロは, 議論する, 議論を, 貞之助兄さんや, 貴君に, 貴様の, 質問する, 趣味の, 身の毛も, 軽蔑する, 述べたが, 述べましょう, 述べ終ったとき, 連絡し, 過去二年間しばしば, 適宜な, 重に, 野史を, 鋭く大衆, 間違を, 陛下は, 隠してること, 難色を, 青年時代から, 面白いこと, 面白くも, 頼んだこと, 饒舌を, 騒ぎだしたが, 鯉坂君は, 黙想し

▼ ことだけは~ (1609, 0.3%)

41 確かだ 36 確かである 27 知って 23 たしかである 16 確かです 14 確かな 12 たしかだ, 確かに 10 たしかだった, 確かで 9 たしかな, 事実である, 間違いない 8 たしかです, やめて, わかった, わかる, 確かであった, 許して 7 わかって 6 確かだった, 確実である, 聞いて, 覚えて 5 しなければ, 今でも, 分る, 忘れないで, 解って, 記憶し

4 [21件] かんべんし, たしかで, たしかであった, たしかであります, 事実であった, 事実です, 事実な, 信じて, 察せられる, 忘れなかった, 感じて, 明らかである, 疑いが, 確かでしょう, 確かでも, 確だ, 確実に, 言って, 誰にも, 誰も, 遠慮し

3 [37件] いって, これで, たしかでした, たしかよ, たしからしい, だれにも, どうぞお, どこまでも, はっきりと, まちがいない, よくわかる, わかりました, わかるが, 今日も, 分って, 判った, 判つた, 勘弁し, 安心し, 忘れずに, 忘れない, 明かです, 明である, 明らかです, 明らかに, 明白である, 明瞭に, 疑いない, 確かの, 確かめられた, 確である, 確に, 私は, 見えない, 見当が, 解った, 言は

2 [100件] あるまいと, いえる, おぼろげながら, お止め, さすがに, した, しないで, たしかであり, たしかの, どうか, なかった, はっきりし, はっきりした, まぬかれましたが, やって, よく知っ, よく覚え, よして, わかったが, ハッキリと, 争えない, 争われない, 事實である, 佐太郎の, 免れて, 出来た, 出来たの, 分かって, 分ります, 判ったが, 判るが, 十分に, 同じである, 君も, 否定できない, 報告し, 妙に, 娘らしい, 子供たちでさえ, 容易に, 察しが, 察しられる, 少しも, 平次も, 待って, 御免を, 心得て, 忘れない人間, 忘れなかつた, 忘れんよう, 思い止まって, 慥かであった, 憎んだので, 故意に, 断つて, 断言が, 明かさないで, 明らかだ, 明白な, 明白に, 明瞭である, 是で, 本当で, 本当な, 本当の, 止めて, 残らず云って, 氣が, 爭はれない, 疑いの, 疑いも, 疑う余地, 白状しました, 確かだろう, 確かであろう, 確かでございます, 確かと, 確かめました, 確実だ, 確実であった, 確実です, 確実な, 私が, 私に, 私には, 私にも, 私の, 約束した, 解るの, 言える, 訣る, 認めなければ, 誰の, 調べられると, 通説と, 間違いありません, 間違いが, 間違いねえ, 間違ひ, 頷ける

1 [877件 抜粋] あきらかであり, あきらめても, あたくし, あなた寝, あまり好い, あらかじめ心得, ありきたりの, ありゃあしねえ, いい得るだろう, いえないわ, いかに彼, いくぶんで, いくらその, いちども, いつまで, いつもの, いひたいとお, いまだにありありと, いまだに母, いまだに覚え, いやだった, いよいよ口, うかがわれると, うすうす感づい, うやめたら, おそらく許されるであろう, おぼろげながらにも, おぼろげに, おれに, おわかり, お伝, お信じ下さい, お前にも, お忘れ, お気の, お知らせしなけれ, お解り, お許し下さい, お願いです, かぎだせる, かなりくわしく, かなわない気持, かねて受け取った, かやせ戻せ, かんにんし, きちんとし, きっと頭, くれぐれも賢い, こうなっ, ことごとくいう, この場合, この方面, この辺, これによって, これ一つ彼には, ごめんねがいたい, さし控えます, させたくありませんの, さとれるの, したいと, して, しなくなって, すっかり疑わなくなっ, すでに一八六一年, すまいと, すんだから, その佐太郎, それで, それは, たしかであるらし, たしかに想像, たしかに見た, たしからしかった, だいたい話し, だれの, ちゃんと仕込ん, ちゃんと覚え, つとめて避ける, できないだろう, できぬわい, できません, できるけれど, できるね, とうとう云わなかった, とくとお, とめという, どういふ, どうかお許し願ひたい, どうかご, どうしても書い, どうにか事実, どうも確か, どうやら先方, どうやら現実, どちらにも, なかつたの, なくなるだらうと, なんとし, のぞきえない, はっきりさせ, はっきりしました, はっきり覚え, はつきり知れ, ひそかに, ひやかさうにも, ふしぎな, ふるい昔, ぺらぺらと, ほぼ察し, ほぼ疑い, ほんとうで, ほんとうに, ほんとです, ぼんやりなり, まぎれの, まさに証明, まずもってない, まず疑い, まず避けた, まだ弟たち, まだ私, まちがいなかった, まぬがれましたが, もうどうぞ, もうトック, もう十分, もう満場一致, やっと数尺, やはり誰, やめさせなくては, やめたいわ, やらうといふ, ゆるして, よかった, よくわかった, よく出来た, よく解る, よしたが, わかったの, わかってる, わかつて, わからずには, わかるつもり, わかるはず, わたくしにも, わたしから, われわれの, トルコ兵にも, ハッキリし, ハッキリ云えます, ハッキリ知る, ピッタリと, ホームズは, マイダス王も, 一ツ覚え, 一切云わない, 一寸説明, 一日も, 一様である, 一目で, 一致し, 一般にこれ, 一言も, 万吉には, 上手くいく, 不幸中の, 世界に, 主張され, 乞食の, 予想に, 争えません, 争われなかった, 事実だったらしい, 事実だろう, 事実でございます, 事実らしい, 事實の, 云い出しも, 云って, 云へ, 云わないこと, 云わないで, 人に, 人並以上な, 今ここで, 今まで, 今君が, 今日の, 今申, 仮定し, 仰しゃらないで, 何とかし, 何を, 何度も, 余り気乗りも, 余以外の, 保証いたします, 信じられると, 信用したらしかった, 俺に, 倫理上正しく, 僕が, 僕に, 僕は, 兄夫婦は, 免がれたわけ, 免し, 免れた, 免れるよう, 兎も, 全くあぶな, 全部丁寧に, 兵部卿の, 円みの, 冷静な, 出来たと, 出来ない相談, 出来ません, 出来るが, 分かったが, 分かります, 分ったが, 分ったけれども, 分ったので, 分つた, 分りました, 分りましたけれども, 判つてゐる, 判るという, 判別できた, 判明致しました, 別である, 到底常, 前説と, 勘辨し, 協わ, 厳禁し, 叔母にも, 叔父さんの, 受け取れた, 古今東西の, 同じ竃, 向ふも受け, 否まれない, 否む訳, 否めなかつた, 否応なく, 告げたが, 命を, 嘘では, 嘘とも, 固く信じ, 固く謹もう, 堅く禁じられ, 堅く豫期, 堪忍し, 夢から, 夢の, 大体察しられる, 天地の, 失礼でございます, 奥方の, 媒介人に, 子供の, 存じ上げて, 守って, 守らに, 完全に, 宥してやる, 察せられるの, 少し思想, 少し誇張, 希臘人も, 幾許かきくん, 廊下の, 引受けたに, 強い證據, 強情に, 当夜の, 形式的に, 彼女にも, 彼自身すでに, 後悔した, 御信用, 御相談, 心から脱, 必しも, 必須な, 忘れたいと, 忘れちゃお呉れでないだろうね, 忘れないと, 忘れないといった, 忘れなかったの, 忘れませんが, 忘れるん, 忘れ兼, 思いとまられ十歳, 思い止まった, 思い止まりましたが, 思い止まるよう, 思ひ出すもの, 思われた, 恐くは, 悟ること, 想像し得る, 想像せられる, 意外に, 感じる, 態よく, 慥かです, 成功した, 我劣らじ, 戦争だ, 打合せて, 承知しなかった, 承諾し, 拒絶された, 推察せられる, 推測される, 推測せられる, 推論する, 教えて, 断じてせぬ, 断る, 断定し, 断言しうる, 斷つて置く, 既にわかっ, 日ごろの, 明かじゃ, 明かである, 明らかだった, 明らかだつた, 明らかな, 明白です, 明瞭で, 明瞭な, 易々として, 是認しなけれ, 時を, 暁った, 書きたくないの, 書き添えなかった, 最も確実, 最後まで, 未だにありありと, 本能によって, 根来落ちと, 桔梗様にも, 極秘極秘と, 欠かさなかったが, 止せ, 止めといてね, 止めませんでした, 武蔵に, 残念です, 気が, 気づかなかつた, 永遠に, 決して他, 決して忘れない, 決心し, 淋しい限り, 父と, 物の本にも, 特別に, 独立独歩でなけれ, 生涯嫁に, 申されるだろうと, 申したつもり, 申上げ, 疑いなく, 疑いようも, 疑が, 疑はれない, 疑われぬ, 疑惑を, 白雲の, 皆同じ, 直接父に, 相手が, 省いて, 真実だ, 真平御免, 知ってると, 知ってるワ, 知つてを, 知つとる, 知らなかつたの, 知られて, 知り得たつもり, 知れました, 確かさ, 確かさ自分の, 確かだらう, 確かであり, 確かでございましょう, 確かでし, 確かめられましたので, 確であった, 確められた, 確らしい, 確信し, 確実だった, 確実であろう, 確実でなけれ, 確実よ, 確實である, 神樣を, 禁止され, 私ばかり, 秘め隠して, 突止められて, 窺はれる, 筆に, 答える, 糺の, 紛れも, 細説する, 結構だ, 絶対に, 翁においても, 考えないらしい, 耳に, 聞いたけれど, 聞かされた, 聞かないつもり, 聞きましたが, 聞き得て, 聞き知って, 肯定しましょう, 自ら認め, 自信を, 自分が, 自分でした, 自分にも, 自慢では, 自然に, 自発的に, 色々考えた, 蔽い得ない, 行く行くなお, 被害地並である, 見て取れた, 見合せて, 見合わせて, 見極めを, 見苦しいと, 覚ったと, 親達に, 解つてゐる, 解りましたが, 解りますので, 言い切れます, 言い憚, 言っても, 言わなかった, 言わぬよう, 記憶えて, 記憶の, 許されない, 許すと, 証明が, 話させて, 認めたその, 認めなくては, 認められた, 認められよう, 認める, 説かずには, 説明し, 読取れた, 誰れ, 證明が, 變り, 身振りで, 軽い嫉妬, 返辞を, 途中で, 通じたけれど, 遂に出, 遠慮する, 遠慮なくやめた, 避けたいと, 避けなければ, 避けるやう, 避け避けしたの, 間もなく君尾, 間違いな, 間違いなくいえよう, 間違いなく認められた, 間違いは, 間違なく, 間違ひありません, 間違ひない, 隠して, 電文にも, 頭の, 頼むから, 食い止めたに

▼ ことなど~ (1582, 0.2%)

56 忘れて 25 思いも 23 である 21 であった 19 考えて 10 少しも 8 ある, すっかり忘れ, 思ひも, 気に, 話して 7 一度も 6 あった, あつた, ありは, 今は, 何も, 思い出して 5 でした

4 [16件] それは, であるが, できるもの, です, どうでも, 問題に, 忘れたよう, 念頭に, 書いて, 眼中に, 考えたこと, 考えながら, 考えると, 考へて, 聞いて, 誰も

3 [23件] あったが, いろいろと, かいて, けろりと忘れ, こまごまと, だった, なんとも思っ, わすれて, 一つも, 出来そう, 口に, 彼には, 彼は, 心配し, 思い出しました, 思い出す, 思うと, 構って, 殆ん, 私は, 考えも, 話す, 誌し

2 [93件] ありません, あるが, あると, あれこれと, いずれも, いろ, おけらほどにも, おぼえて, おぼえてや, かまって, これは, ございません, すこしも, すっかりわすれ, すべてを, そういうこと, そっちのけに, だ, てんでお, であります, できそう, できは, できやしない, できようか, できるわけ, できる筈, ですが, とうてい出来ない, とてもできない, とても出来ない, とるにも, どうして出来よう, どうで, ないと, なかった, なかつた, ほとんどなく, ほんとうに, まるで色気, めったにない, めつたに, もうすっかり忘れ, ケロリと, 一寸立ち話, 一度だって, 一言も, 伸子は, 何んとも, 信じたくないの, 信じて, 信じは, 全く念頭, 出来なくなるの, 別に, 口にも, 夢の, 嫉く, 子供等の, 容易に, 心配する, 持ち出して, 書き添えられそれに, 樺の木の, 殆ど無い, 注意を, 無い筈, 相手に, 矢代は, 知って, 知らない子供, 知らなかった, 知りも, 知ろうはず, 私には, 考えたり, 考えても, 考える隙, 考へ, 考へると, 耳にも, 聞きも, 聞く銭形, 見向きも, 覚えたの, 覚えて, 話した, 話しながら, 話し合って, 話そうと, 詳しく知っ, 語って, 誰にも, 遠い昔

1 [1021件 抜粋] あきらめて, あたりまえの, あったの, あてに, あの老, あまり知らなかった, あらう筈, あらましの, あらんも, ありありと, ありえませんいつか, ありがたく思っ, あります, ありませんかった, ありゃしません, あり午後四時半塔, あるか, ある点, あんなに都合, いうもの, いかに日頃酒好き, いたしましょう, いっさい学者に, いったい出来る, いつでも, いつの間にか大人, いつ許しましたか, いひたる事, いふ新, いまだになんともいえず, いままで, いるもの, いろいろ妙, いろいろ思い出した, いろいろ相談, いろいろ訊いた, うちあけて, うっちゃって, おおよそ近郷四五里, おくれ毛一筋ほどにも, おちついて, おっしゃらなかったのに, おぼろに, おもいだして, おもい出すの, おもひつ, およそか, およそ出来る, およそ心外, おれは, お考えなさる, お訊ねしたい, お話しました, お話ねがいたい, かつて耳, かなりな, かまわず巌流島, かれこれと, かれの, かんがえたくないと, きいてるうち, きくもの, くれぐれも云い含め, くわしく説明, こういう想い, この事情, この石壁法, これからは, これっぽ, これまで, これを, ございましょう, ございますから, させなかったはず, さっぱり分からない, さまで自分, しかも敏子, しさうも, しつけないのに, しますもの, しょっちゅうだった, しれちゃ, すこしお, すこしもわれら, すっかり御, すっかり思いきっ, すっかり拭い去られ, すでに指摘, すべてそこに, すべて前の, すべて明らかに, すべて素人の, ぜったいにできない, そういう小さな出来事, そうも, そう気, そのほか, その一例, その日, そもそも今, それからそれ, それだけ切り, それとなく聞き出した, それ自, そんなこと私, たしかにその, ただの, たびたび訴え, だれも, ちっとも存じません, ちつとも, ちッ, つつましさ, つぶさに話し, つまらないよう, てんで忘れ, てんで考え, であったが, でありませう, できたの, できないもの, できましょうか, できませんでした, できるだけ詳しく, できる訳, とてもいえ, とても今, とても出来ません, とても望めない, とんとない, どうかする, どうしても思ひ出せませんでした, どうして私, どうにも仕様, どの土地, ないじゃ, ないもん, ない人, ない十八公麿, なおさらに, なかなか動けません, なかなか苦心, なく食物, なさいませよ, なし, なぜ僕, なにも, なんでも, のこらず話しました, はござりませなん, はござりませぬ見ら, はまるでなかったかの, ひどく原始的野蛮的, ふり捨てて, ほとんど主婦, ほんの片手間仕事, まあ大体目鼻, まさかに知っ, またスミス対ウェルキン, まだ何, まったく忘れ, まったく無遠慮, まったく知られ, まつたく思ひも, まるっきり忘れ, まるで夢, まるで思いつき, まるで無駄, まるで耳, むろん下手, めったになかっ, もうけろりと忘れ, もうどうで, もう二度となさらない, もう実際何, もう忘れ, もう思つて, もう考え, もござりませんので, もとより意識, もはや夢, もはや少しも, よく彼, よさせるやう, わからない普通, わかるはず, わしゃ知らん, わたしの, カラフトでは, ザラに, ベリナイスです, ミネは, ロクに, ワグナーの, 一々礼, 一ぺんも, 一切の, 一切関係しない, 一向に知らない, 一向に訊い, 一向意, 一大事の, 一度だ, 一瞬と, 一通りは, 不可思議さには, 不可能である, 不可能事であっ, 与り知る筈, 中, 主なる, 予想は, 二こと三ことと, 二度も, 云いだしたの, 云えぬ, 云って, 云ひ, 五郎中, 人間に, 今の, 今思い出す, 仕置きされる, 佐太郎は, 何かしら, 何でも, 何とも思っ, 何と教える, 何んで, 何一つ彼, 何一つ生まれ, 余り分らない, 作者は, 信じたくも, 信用し, 僕に, 僕は, 先ず予想, 先生の, 全く嘘, 全く教えられ, 全く耳, 全然相手, 全然考へ, 凡てそれらの, 出来さうに, 出来ないの, 出来なかった, 出来ぬもの, 出来やしません, 出来ようぞ, 出来相, 切ないほど, 判る筈, 別に気, 到底不可能, 勿論する, 勿論知らなかつた, 十何年前から, 千鶴子は, 厄介な, 又は生徒気質, 口ぐちに, 口走ると, 史料せんさくも, 吃り勝ちに, 告げた, 問い合せないで, 問ひ試み, 問わせ自分, 問題でない, 問題にも, 喋った, 嗅ぎ知つて, 困窮な, 圭子は, 塵ほども, 夢にも思っ, 夢にも有り得なかったでしょう, 夢想だ, 大抵恒夫, 女中に, 好きでない, 委しく知らぬ, 学ぶべきであろうと, 実に注目, 実はどう, 尋ねられたので, 小野田さんは, 少しづつ私, 尠なく, 屡, 平凡な, 年齡にも, 幼少の, 幾が, 幾分耐震的, 幾度も, 強い実感, 彼に, 彼女が, 彼女にとっては, 彼等一派の, 御安心, 御話したい, 心にかけては, 心配に, 忍びも, 忘れたかの, 忘れたふう, 忘れても, 忘れようと, 念押し, 忽ち忘れ, 思いだして, 思いだすあたり一面, 思いふけって, 思いめぐらして, 思いやると, 思い出されました, 思い出される山吹, 思い出した, 思い出します, 思い出しよけい, 思い出だせ, 思い合せて, 思い合わされたから, 思い合わせます, 思い浮かべては, 思い起しますと, 思えば, 思つては, 思ひだしてるうち, 思ひ出されて, 思ひ出して, 思ひ出す, 思ひ出す癖, 思ひ合せて, 思ひ浮べては, 思ふと, 思や, 思われます, 思合せ, 怪奇きわまる, 想い出された, 想ひ出し, 感動を, 憤りは, 我慢出来る, 戞, 手塚さんへ, 手短かに, 打ち忘れ見えなくなった菊女, 担当する, 按じて, 捨てて, 教えて, 教訓めいた, 断じて無用, 新しい味, 既に原始的法律, 昂奮と, 易々たる, 書いたらそれから, 書かれて, 書きたくない, 書けば, 最早や, 月に, 有りの, 望まない, 棄て置いて, 楽しい不意打ち, 構っては, 権利と, 歌もて, 死んでも, 残って, 毛程も, 毛筋ほども, 民心も, 気がかりな, 気づかなかった, 気を, 氣にも, 永遠に, 決してありませんでした, 決してお気, 決して出来る, 浅い馴染, 淡白な, 清輔の, 滅多にある, 潔癖で, 澄江その, 無いでしょう, 無視し, 特筆し, 率先し, 申して, 皆忘れ果てた, 皆過去の, 目に, 直ぐ気, 相談する, 眼中には, 矢代に, 知つた, 知らせたもの, 知らないはず, 知らない人間, 知らなかったし, 知らなかつた, 知らぬまま, 知られようもの, 知りは, 知るよし, 私にも, 種々です, 種々の, 空想も, 篤云いつかわし, 米を, 細い注意, 総じてこれから武門, 繰り返して, 老人には, 考えず一生懸命仕事, 考えたくありません, 考えたって, 考えないこと, 考えに, 考えました, 考えられて, 考えるの, 考えるもの, 考えれば, 考え合せて, 考え決断, 考へてや, 考へてを, 考へること, 耳から, 聞いたこと, 聞いては, 聞かされる, 聞き今年, 聞き聞き, 聞くの, 肺病が, 臆測を, 自分から, 自弁出来る, 自然と, 致した覚え, 致しませんよ, 興味が, 茅野雄の, 菓子舗の, 行きづり, 行方も, 見は, 見返りも, 覚えては, 言い出せないの, 言わない, 訊いて, 訊ねるの, 記すと, 許すはず, 訳は, 話され, 話しこちら, 話したが, 話しました, 話し合った, 話の, 話柄に, 話題は, 詳しく語つて, 語ってる時, 語らぬの, 語りだし, 語り出でて, 説明し出した, 誰に, 論じ合えば, 買って, 躊躇する, 達吉の, 金之助には, 閉伊の, 雑作なく, 雑談に, 露ほども, 面白くない, 頭に, 頻りと, 餘り, 馬鹿げたこと

▼ ことにも~ (1519, 0.2%)

91 なる 79 なるの 24 なったの 23 なって 17 なるので 13 なった, なるが 10 なるし, なると, なろう, よるが 9 なるわけ, 気が 8 なるん, よるの, 何か 7 なります, なるから, 心を, 気を 6 なるだろう, 通じて 5 なったん, ならない, なりました, なれて, よるであろう, 慣れて 4 なりますから, なりまた, なるであろう, 意味が, 腹が, 腹を, 関係し

3 [33件] いろいろある, すぐに, なったと, なったので, ならないし, ならぬ, なりかねない, なりさ, なりそう, なりましょう, なるという, なるまいと, なるもの, なろうかと, なろうと, よるであろうが, よろう, 一種の, 同意し, 大袈裟に, 心づいて, 成功した, 気がついた, 気がついて, 気がつかなかった, 気づいて, 気づかなかった, 私は, 興味を, 言い及んで, 関係が, 関心を, 馴れて

2 [68件] あらわれて, あるの, いざと, うちやんと, それは, なったが, なったもの, なつた, ならう, ならうが, ならずに, なりがち, なりますが, なりやすい, なり君, なり限度, なるかも, なるぞ, なるだらう, なるまいが, ふれて, よる, よると, 一理は, 一生の, 不思議は, 事を, 僕は, 充分に, 努力が, 原因する, 及んで, 堪え難いほど, 変りは, 多少の, 夫人の, 尾鰭が, 希望を, 当らないからね, 彼は, 彼女の, 彼女は, 思いました, 悪いこと, 感心させられ, 気の, 注意し, 満足し, 無理が, 無関心, 理由は, 男の, 疲れて, 目を, 精進しよう, 胡桃の, 自分の, 触れて, 賛成し, 退屈し, 関係を, 関聯し, 限度が, 非常に, 顕れて, 飽きて, 驚いては, 驚かないよう

1 [844件 抜粋] ≪おばさん≫と, あさはかな邪推, あずかって, あった, あなたは, あの人, あらざるべし, あらねど, あらわれる, ありそう, あるかも, ある一種, ある夜, あれこれと, いくらか似よった, いたって, いまかんがえれ, いまは, いろ, うかがえる, うかがわれる, うその, うれしげ, おどろくほど, おのずから馴れ, おばあさんと, お尽し, お思われ, お悦び, お泣き, お雪ちゃんは, かうしたぐち, かかって, かかわらず自分, かなりの, かなり自信, かれの, がみがみ怒鳴ります, きょとんと, けんかの, ことごとく勝れ, こと欠くあり, この作品, この趣意, この遊廓, さして苦痛, したそう, したので, しゅんが, しろ女ども, じきに足ずり, じゃまされない, すぐ君, すぐ影響, すぐ我慢, すぐ焼餅, すこしずつ, すっかりなれた, すべての, せよ受け入れ, せよ物, せよ眼, そう重き, そそがれた, その子供, その感化, その男, その鮮やか, それが, それぞれその, それ自身の, ただ一言, ためらいなく, たれる興味, だから意味, つい腹, であ, ともすると赦し, なかなか深い, なかなか面白い, なったこと, なったに, なったろうが, なったんで, なつたであらう, なつたの, なつたらしい, なにも, ならないかも, ならないから, ならないと, ならないの, ならないばかり, ならないわけ, ならなかったから, ならなかったが, ならなかったであろうと, ならなかったと, ならなかったろうし, ならなん, ならんの, なりある, なりうる, なりうるわけ, なりかねないん, なりかねない状態, なりそれ, なりまして, なりましょうか, なりましょうが, なりますの, なりますので, なりまする, なりません, なりませんから, なり世間, なり又, なり小, なり得, なり旦那, なり時には, なり次, なり第, なるか, なるかと, なるさ, なるじゃろうの, なるすべて, なるだろうと, なるであらう, なるであらうが, なるであろうと, なるでは, なるべく彼, なるまいこうして, なるまいもの, なるまた, なるよう, なる禁じられた女, なれば, なればと, なろうという, なんの, なんらの, はっきり気, ひそかな, ひどくけんまく, ひどく驚かされた, ふれたらしい様子, ふれ当時, ぶっ倒れる, ぶつかる, べつに, べつに歓喜, ほとんどそれ, まことに筋道, まして私, またたのしい, また三夜, また多少, また涙, また間違い, まだあなた, まる損, みたないながら, むすびついて, めげない光りを, もうずっと前, もとづくの, もはや楽しみ, やっぱり歴史性, やはり空疎, ゆうべあんな, よく女, よく熱, よりますが, よりまた, よるけれども, よるだろう, よるであらう, よるでは, よる訣, わざと目, わたしは, わるい面, ウンザリし, ゾッとした, メモを, リーダーに, 一つ一つ嘴を, 一向に不都合, 一向気, 一向触れ, 一定の, 一寸し, 一応の, 一応驚く, 一理ある, 一致した, 万一の, 不愉快感じました, 不服を, 不自由し, 与ったもの, 与みされない, 争いを, 二三年来急に, 二頭共々, 亙りやはり, 些細な, 人を, 人手に, 人間が, 今度だけは, 今後一切手を, 代償作用という, 伝統の, 何といふ, 何らかの根拠, 何んの, 何一つ干渉, 余りこだわらず, 依りましょう, 候ひけん, 倦むと, 全力を, 全心, 冷淡で, 出来ません, 出食, 切という, 力の, 助け合う, 努力を, 動かなかった, 十兵衛が, 十兵衞が, 原因し, 又一致, 及びたいの, 及ぶこと, 反抗しない, 叔母の, 只の, 吉左衛門は, 名声承認賞讃羨望愛慕という, 君に, 哀しく現れ, 喜びを, 喜んで, 因るらしい, 圧倒されない, 圧迫を, 城中では, 執着心が, 堪えられないどう, 増して, 変って, 外国の, 多分の, 多大の, 大いに意味, 大いに期待, 大きな声, 大事を, 大矢シヅが, 大臣家の, 奔走する, 女は, 女王たちは, 娘の, 学校通いの, 実際上, 富貴名誉を, 小べやが, 少しの, 少しふれ, 屈せずヒマラヤ, 山徒の, 峯岸が, 帰因する, 常に心, 平気に, 幸福を, 幼稚で, 当時の, 役立ちますから, 役立ったとしても, 彼の, 彼女を, 彼等にとっては, 彼等の, 御幣を, 徳の, 心せき, 心底から, 心附い, 必ずしも異論, 忍耐できる, 怖じ驚くばかばかし, 思いいたらなかっ, 思い何, 思い到り手法, 思い寄らぬので, 思って, 思はれる, 思ひ合せて, 思われたれにも, 思われました, 恐れを, 恐れ入りましたが, 悲しいの, 悸え, 想い当った, 想達する, 意地に, 意義が, 感じなくなった家畜, 慣れきつ, 慣れた川, 慣れ頭, 憎むこと, 成つたのである, 成程と, 打ち克とうと, 抜け目, 抜目が, 拘らず同時に, 拘らず父母, 拘らず西田哲学自身, 敏感な, 文学の, 新しい光, 旅先らしい, 日本の, 日本海海戦という, 書くこと, 本堂な, 本質的な, 柿丘氏の, 構わずに, 止まらない, 正道正業と, 歯ぎしりし, 段々と, 比較され, 気がか, 気がつかずに, 気がつかずには, 気がつかないで, 気がつかないよう, 気がつかなかったの, 気がつかなかつたの, 気がつくの, 気がねが, 気が付かない程, 気づいた, 気づかずに, 気づかずまた, 気づかないらしかった, 気づかぬ風, 気づかねば, 気づかれは, 気づき浅慮, 気づくの, 気付いたの, 気付きますが, 気持の, 気附かず, 氣が, 氣付い, 氣附かぬらしい, 江戸は, 決して失望, 沢子と, 注意しない, 消息を, 消極的な, 涙ぐんで, 深い味, 深い意味, 深く思, 満足した, 源氏の, 激怒し, 無限の, 熱心だ, 熱心だった, 物哀れな, 特得の, 現れて, 理屈は, 理窟が, 理窟は, 甚だしきは, 生命の, 生活習俗や, 留学生は, 異存は, 疑いの, 疑いは, 疑念を, 疲れ思い悩むこと, 皮肉な, 直ぐに, 直に激し, 相当に, 相成り可, 眉を, 真実の, 眼を, 矢張度数が, 知られる, 研究を, 私たちの, 私の, 私的な, 種々様々, 笑い転げたり, 等しかった, 素養の, 経験の, 結果から, 緑色の, 義貞は, 義雄は, 考えて, 考え及ぶであろうから, 考へられた, 耐へて, 肩肘を, 胸を, 能く, 腕を, 臆病である, 自ら宜しき, 自然関聯し, 至らずそうして, 興味が, 色々の, 花魁太夫達に, 若干の, 苦しさ, 苦心した, 苦心を, 落ち度が, 見られる, 見送りか, 親戚中の, 解釈出来る, 言及し, 言及すべきである, 話が, 詳しかった, 語られて, 説得にも, 變り, 負けおしみし, 貧しい人たち, 責任を, 貴女らしい, 賛成した, 起因する, 躊躇しなかった, 身を, 辟易しない, 返辞が, 迷つた, 逡巡しない, 逢ふ, 逢わなかった, 適しては, 都合が, 鋭い観察, 閉口トンシュでございます, 間違いは, 間違は, 関係する, 関係は, 關係します, 關係する, 限りが, 雪子の, 非常なる, 頓着せず, 頗る早く, 顔色を, 飽いて, 飽くまでも自家流, 馬上な, 馴れた心地, 駿介は, 騒々しく騒ぎたて, 驚かされました, 驚かないといったね, 驚かなかった, 驚かぬが, 驚くん, 骨折ろうと, 高尚な

▼ ことじゃ~ (1500, 0.2%)

211 ない 156 ないか 67 ないん 59 ありませんか 57 ありません 54 ないの 48 ないよ 33 ねえ 21 アない 20 ないわ 18 ありませんよ 16 ないのよ 1514 ないから 13 ないさ 11 ございません, なくて 10 ないかと 9 ないかな, ないが, ないと, よ 8 あるまい, ないかね, 駄目だ 7 ねえか 6 あるめ, ないでしょう, なくって, のう 5 が, ないし, ないぞ, ないですか, なかったの, ねえの

4 [13件] ありませんが, ありませんね, ありませんわ, そんなこと, ないからね, ないけれど, ないじゃ, ないだろう, ないって, ないですよ, ないという, ねえん, わい

3 [14件] ありませんぜ, ありませんの, ありませんもの, あるが, い, から, それは, ないおれ, ないかしら, ないそう, ないだろうか, なかったん, アねえ, 仕方が

2 [40件] ありますまいか, ありませんかね, ありませんけれど, ありゃしない, あるまいと, あるまいよ, からそれ, これは, ございませんか, ございませんが, ございませんよ, ござんせぬ, て, ないお前, ないお婆さん, ないかよ, ないかネ, ないこと, ないこれ, ないただ, ないでしょうか, ないです, ないに, ないね, ないのに, ないわね, ないわよ, なかった, なかったが, なくこの, なし, ねえからな, ねえが, ねえぜ, アありません, ダチカン, 仕様が, 困る, 無いん, 駄目です

1 [371件] あったし, あったと, あの蛸入道, あらすか, あらゆる偽り, ありますが, ありますまい, ありませんあの, ありませんお前, ありませんから, ありませんからな, ありませんからね, ありませんかネ, ありませんがなあ, ありませんここ, ありませんし, ありませんそれ, ありませんでした, ありませんでしたが, ありませんでしたわ, ありませんでしょう, ありませんなあ, ありませんわたしたち, ありません何, ありません昨晩, ありません琵琶湖, ありません甲府, ありません長州, ありゃしないと, ありゃしねえ, あるけれども, あるし, あるまいか, あるまいがね, あるまいし, あるまいね, あるまい諦めろと, あるもの, あれは, いかんあまり, いけないでしょうか, いったいお松, いつでも, いつに, いな, おうおうこれ, おれの, お前には, お屋敷, お泥棒, お秀, お粂, からいよいよ, からおしゃべり, からこ, からそち, からただ, からな四十九日, からのうお父さん, から大, から忍, から本人, から気, から足許, から間違った, がい, け, けに早, けまだ, けまちがい, けれどなもし, けん, け不思議, こう, ここらが, こざいません, このおれ, この世の中, この女子, この石和川, これから二人, これから先, これでは, ございませんあなた様, ございませんけれど, ございませんぜ, ございませんそんな, ございませんでしたか, ございませんでしょうかしら, ございませんなあ, ございませんねえ, ございませんの, ございませんわ, ござらんてな, ござんすまい, ござんすまいね, ござんすまい私, ござんせぬが, ござんせん, ござんせんか, しかたが, しようがない, し明日, すむまいぜ, ずいぶんお, ずいぶん恨まれ, せめてもの, そのうち, その医学士, その工場, それから何, それでお, それではいつ, それでは去, それを, それ以来当, ぞ, ぞははははは, ぞよ, たとえ甚三郎様, だいいち喜七, だちかん, だまされない, だめ, つかめませんよ, てあ, てのう, で, でなんとか, でのう, ではっきり, で世間, で忘れても, で思い切って, で次郎君, で毎日, とても追, どうか暫らく, どんな用心, なあ, ないあの, ないあれ, ないあんた, ないおかしな, ないかって, ないかという, ないかねえ, ないかも, ないがね, ないけど, ないけどね, ないけれども, ないさという, ないしかし, ないぜ, ないそいつら, ないっ, ないっていう, ないっていうのよ, ないでしょうし, ないでしょうよ, ないですな, ないですなあ, ないというかも, ないとも, ないどうせ, ないどけ, ないない, ないなと, ないねえ, ないので, ないほどに, ないまた, ないや, ないよしんば, ないらしいんでね, ないヨ, ない亀田さん, ない人間, ない今, ない仮り, ない君, ない学校, ない実は, ない応用, ない拡, ない本当は, ない江戸ッ子, ない生兵法, ない罪, ない薄汚い, ない袖切坂, ない貴方, ない養子, なか, なかったかと, なかったっけ, なかったですか, なかったよ, なかったわ, なかったんで, なかなか楽, なかれゃん, なかろう, なかろうか, なかろうかね, なかろうと, なかろう君, なくあたしたち二人, なくあたりまえ, なくってよ, なくてよ, なくむしろ, なく君, なく第, なしどう, なしまた, なし体裁, なし因果, なし我々, なといわれた, なア, ねえお, ねえかよ, ねえから, ねえこの, ねえそれ, ねえと, ねえと言う, ねえどこ, ねえどのみち, ねえや, ねえやい, ねえやただ, ねえんで, ねえ一番褌, ねえ二三年, ねえ爪先, ねえ美しかろ, ねえ親方, ねえ貯める, ねえ黙っ, ねやあ, ねエ, のに克, ふびんな, まあその, まして人間並み, まだ足りん, もし万一の, もの, ものまた, やい, やって, やむを得ずん, やめろ, やらほんに, よそれ, ろか, わ, わいな, わしの, わしらも, わらわが, アある, アおんなじ, アございません, アなかっ, アね, アねえやナ, アシナの, ア慟哭します, ハハハハハハ, ビクとも, 一向におどろかない, 七万両の, 万が一お, 不可, 不可からネ, 不愍な, 不意に, 世間は, 云うて, 亜米利加に, 今まで, 何の, 何を, 何年経った, 何程らでも, 俺にも, 兄の, 先が, 出る案じ, 出来ないぜ, 利き目, 南部の, 口を, 命拾いを, 四方八方蜂の巣を, 困りますね, 困りますよ, 困るじゃ, 外科医には, 夜が, 大儀だ, 大変だ, 天道様の, 奇抜に, 女を, 子供でも, 子分の, 存分鍛ち込んであろう, 実は少々, 家来の, 届きませんよ, 年甲斐もねえ, 店の, 怖ろ, 怪我が, 手に, 手の, 捨て置くわけ, 採れっこないですよ, 摺差まで, 星野君に, 是方が, 有りません, 本名などと, 本当の, 来て, 気が, 求道者は, 江戸の, 決してそこ, 泣くの, 済むまいぞ, 源女殿と, 源次郎筑後守から, 無い, 無いですかなあ, 無いの, 無い黙って, 無え, 無かったん, 牝と, 牢へ, 生れたばかりの, 甲州を, 申訳が, 皆なくなし, 皇子誕生も, 相手は, 示しに, 私が, 私気が, 秘伝書と, 納まりが, 聞かせて, 聞くにも, 良い語り草, 落第する, 見当らぬ, 覚えないこと, 詰まらないよ, 誰が, 諦めて, 豊子に, 連れて, 面白いこと, 高位高官は, 黒馬博士

▼ ことさえ~ (1482, 0.2%)

132 あった 102 ある 30 出来なかった 27 忘れて 26 あるの 20 なかった 19 ありました, あります, なければ 13 できなかった 11 ない, 出来ない 9 しなかった, できれば, 出来ないの 8 あったの, あるん, できないの 7 できません, 稀で 6 できない, できなかったの, 知って, 私には 5 あるので, できる, 出来れば, 知らなかった, 禁じられて

4 [11件] しなければ, できませんでした, できるの, 出来ないよう, 出来なかったの, 出来なくなった, 出来なくなって, 出来ぬ, 出来る, 彼には, 気に

3 [22件] あったが, あるか, あると, して, しばしばある, できないよう, できるよう, なかったなら, なかったら, むずかしい, わかって, わかれば, 不可能な, 出来るの, 容易で, 忘れたの, 憚られた, 珍しくなかった, 知らなかったの, 考えた, 考えて, 覚束ない

2 [61件] あって, あまり気, ありますよ, ありません, あるじゃ, あるそう, あるという, あるに, あるよ, あるよう, あるわ, ある位, いって, いやに, おぼつかないのに, しばしばあった, できず黙って, できそう, できないで, できないん, できなくなった, できなくなって, できぬよう, ないじゃ, なくなった, なくば, よくない, 一つの, 一時忘れ, 不可能だ, 不思議である, 今の, 出来たならば, 出来ないん, 出来ます, 出来やしない, 容易でない, 少しも, 忘れたよう, 恐れて, 憚る, 時々ある, 気が, 気がつかなかった, 気づかずに, 無ければ, 知らないの, 知らないよう, 私にとっては, 私は, 稀である, 稀に, 考えないほど, 言って, 言わなかった, 許されませんでした, 辛抱すれ, 遠慮し, 避けて, 鉄路の, 面倒な

1 [707件 抜粋] あえてする, あったけれども, あったし, あったしかも, あったっけ, あったほど, あったほどの, あった七十郎, あった多感, ありうること, ありさながら, ありましたが, ありましたね, ありませんでした, ありゃたとい, あり得る, あるから, あるが, あるくらい, あること, あるそれ, あるとの, あるなり, あるもの, ある本当, ある村, ある貧しく苦しい, あれば, いい加減な, いくらか, いくらたずね, いちいち人, いった, いとやさしかっ, いとわしく片, いとわないの, いままでの, いままで私, いやである, いわなかったら自分, うとんじ, うるさくなっ, えらいこと, おそらくヘルン, おそれた, おっしゃらなければ, おぼつかない, お出来なさらない, お嫌い, お聞き入れない, かたじけないのに, かまわなければ, きちんと判っ, けっして稀, げにも, この人, この場合, ごくまれ, ございます, ございません, ご存じなかっ, ご存知ない, させませなん, さだかじゃ, しかねた, しかねなくなって, した, した位, しっかりし, しないだろう, しないで, しないとは, しないもの, しない不精者, しなかったらかれの, しなきゃア, しなきゃ一生善人, しょっちゅう持ちあがっ, しらされて, すぐに, すこしももう考えよう, すでにはやりだし, するの, するん, せにゃ, せめての, そんな余計, たいていじゃ, たしかに目, たまにしか, たまには, つとめて, てんから見透しつくまい, できずまた, できた, できたならどんなに, できたなら死んでも, できたらあの, できたらですね, できたら僕, できないのに, できないもの, できない大きな, できない自分ひとり, できなかったが, できなかったと, できなかったん, できなかった姫君姿, できなくなったの, できなくなった人間, できなくなりました, できなくなる, できぬじゃ, できぬ他, できませぬ, できるくらい, できるだろう, できるだろうか, できるならそこ, できるならば, ときどきある, とっくに忘れ, どんどんやれ, どんなに難しい, ないだろう, ないの, ないのに, ない外国, ない日, ない日本, なかったろう, なかなか困難, なかなか容易, なくし, なくて, なく僅か, なさらなきゃあ, なし得ない, なし得ないで, なぜか, なぜだ, ならずそのまま, ならぬ, ねえがな, はばかって, はばかられて, はばかられる役人, ひかえて, ひた隠しに, ほんとうに, まだ問題, まだ身, まるまま, むつかしくなっ, もう仰言っ, もう忘れ, やった経験, やっとでした, やっとな, やはり, やはりある, やらなけりゃあ, やりました, ゆるして, ようようであった, よくある, よく出来ない, よろこばなかった, わかったらその, わからせて, わからないこと, わからなかった, わからなかった広い, わからぬ謎, わかるもの, わすれて, わたくしには, わたしの, われわれには, パンシオン・ソモロフの, 一困難である, 一年前と, 一度も, 不可能である, 不如意な, 不平を, 不当で, 不快に, 不思議な, 不思議に, 不明の, 不自然でない, 世間に, 云い出すの, 云う作家, 云わなかったらわし, 云わなければ, 人手を, 人民の, 今あなたから, 今帝, 今日の, 以前に, 仰せられなければ, 任せられなかった, 伸子に, 何か, 何となく済まない, 何と一つ, 余裕なくなり, 侮辱だ, 保証が, 信じられて, 俺あ, 俺には, 俺は, 僕等には, 全く忘れ, 全く知る, 八月十五日以来の, 公然と, 六つかしくなった, 出来かねる保守的, 出来ずあぐんだ, 出来ず西, 出来ず蹣跚, 出来そう, 出来たら, 出来たろう, 出来ないこと, 出来ないそう, 出来ないでは, 出来ないという, 出来ないとか, 出来ないほど, 出来ないほどに, 出来ない始末, 出来ない性情, 出来ない様子, 出来ない科学者, 出来ない辛, 出来なかったらしい, 出来なかったろう, 出来なくって, 出来なくて, 出来なくなりました, 出来なくなるの, 出来なくッ, 出来ぬの, 出来ぬので, 出来ぬひとつ, 出来ぬほどの, 出来ぬまで, 出来ぬ身体, 出来は, 出来ません, 出来ませんでした, 出来るか, 出来るが, 出来るだけ, 出来るであろう, 出来ると, 出来るなどとは, 出来るのに, 出来るもの, 出来る或, 出来相, 分ったの, 分ったので, 判った人, 判らないかも, 判らなかった, 刻んで, 勿論一つ, 十分でない, 半信半疑でした, 卑しん, 厭であった, 厭に, 口に, 口走ったの, 口走りそれでも, 叶わず実に, 叶わぬ状態, 君が, 喜んで, 噂に, 困難である, 困難であろう, 在ったの, 堪えられなかった, 変な, 多い, 多いの, 夢にも, 夢想し, 大仕事, 大儀そうで, 大儀そうな, 奇怪である, 妾達には, 姫君は, 媒人の, 嫌うよう, 実質不明瞭の, 実践的には, 容易だろう, 容易でなかった, 容易に, 寧ろ不思議, 寿女には, 少なからず, 尽きて, 屡々ありました, 帰りで, 平静に, 度々あった, 度々有, 強いられながらも, 彼は, 彼女は, 後悔される, 後悔せられ, 得さして, 得しない, 心細い有様, 心苦しく思っ, 必要だ, 忌々しがる, 忌み嫌った, 忘れかけた, 忘れがち, 忘れそれ, 忘れただ, 忘れてるじゃ, 忘れなければ, 忘れなければい, 忘れるほど, 忘れるよう, 忘却し, 忽ちまた, 怖くなり, 思いながら, 思い出されて, 思い浮ばぬ程, 思うに, 思うの, 思われる薫, 思慮に, 怠らなければ, 恋しく源氏, 恐しいが, 恐れないのに, 恐れなければ, 恐ろしくなっ, 恥と, 恥る, 想像した, 意外の, 愚昧に, 感じた, 感ぜられて, 慎しんで, 憚った, 憚られる, 成り難い, 成功と, 我慢すれ, 我慢できなくなっ, 手がかりを, 打忘れ, 承認するでしょう, 拒まなかった, 拒んだ, 捏造し, 控えて, 文学的至芸と, 断念しなけれ, 日本では, 明瞭に, 昔は, 時間が, 有り得る, 望んで, 未だに知らず, 未来の, 本当に調べ, 果して正当, 極めて稀, 止められて, 正しければ, 殆ど心付かない, 殆ど無かっ, 気がつかない, 気がつかなかったくらい, 気づかぬらしく彼, 気兼ねし, 決してできない, 淡い妄念, 満足に, 滑稽な, 為さらなん, 為し得ず, 無意味と, 無意識に, 無駄には, 煩さがった, 犯罪行為として, 珍しくうれしいほどの, 珍らしく, 理解される, 理解する, 理解できなくなっ, 生命の, 生涯に, 疎んじら, 疑わしく思われた, 疑われるほど, 知らずその, 知らずに, 知らせない一つ, 知らない, 知らないらしかった, 知らないん, 知らなかったその, 知らなかったのに, 知らなかった人間, 知らぬ, 知らぬ井上, 知りませんでした, 知りや, 知る者, 確かめること, 禁じた, 私が, 私に, 稀だった, 笑いに, 第一, 約束し, 罪に, 考えず拳, 考えたとか, 考えても, 考えなければ, 考えものです, 考えるの, 考えるひま, 考えるよう, 耳に, 聞きいれようと, 聞けば, 聴かないん, 自分には, 致さずば, 良いとは, 苦しくて, 苦しくなっ, 苦しくやるせなく心恥, 苦痛であった, 苦痛に, 荷厄介に, 行われがち, 見当が, 覚えが, 言い出すの, 言わずじっと, 計られて, 許さなかったし, 許されざる農民, 許されない, 許されないいっそう, 許されないの, 許されなかったん, 許されなかった美しい, 許しそう, 許して, 許すほど, 試みて, 試みられて, 認めて, 認めなかった, 誰にも, 謂わば, 起こりました, 起らない時, 起るかも, 身体の, 辛かったであろう, 辛く感ずる, 辞さないの, 遠慮しなけれ, 邪魔に, 野暮であり, 長いあいだ, 閑子は, 雨上がりなんぞには, 順序が, 願って, 黙って

▼ ことだろう~ (1168, 0.2%)

139113 と思う 62 と思った 58 と思っ 5137 と思います 3018 と思いました 1715 と思われる, と私 9 と想像 8 が, と思われます 7 と思ってた 6 がお前, と考え 5 かと, から, がこの, がそれ, が自分, という, と思われた, と考える 4 と, とその, とそんな, と彼, と思い, と思ったら, と矢代, と考えた, と自分, に

3 [12件] おれは, かね, が私, さ, しまた, て, とお, とは思う, とわたくし, と予期, なあ, ッて

2 [37件] かと思った, かと考え, か悪い, があの, がこれ, がその, がそれで, がとにかく, がね, が今, し, しそれ, じゃない, その時, それが, ということ, というよう, とは思っ, とわたし, と予想, と云っ, と僕, と同感, と存じます, と察し, と気, と甲斐, と考えました, と見こみ, と見当, と言う, と言っ, なと長い, ねえ, 何も, 彼女は, 私は

1 [379件] ああそう, ああ本当に, あながちに, あの歩調, あの男, あれは, あんなにつれなかっ, いったいどうなる, おそらく従容, おまえは, お気の毒さま, かということ, かとかそれ, かときょろきょろ, かとせつ子, かとその, かとときおり, かとわたし, かとゲーナー少佐, かと一度, かと二人, かと心, かと思う, かと思われます, かと期待, かと気, かと江馬夫人, かと畏敬, かと矢代, かと考えた, かと顔, かねえ, からおえん, からこの, からそれ, からな, からなるべく, からね, からゆっくり, から今晩, から同, から小使, から早く, から明日, から気, から永久, から白菜みたい, から私, から結局罪, か一分, か山猫博士, か流石, か海上風波, があれ, がいう, がうち, がおれ, がおれ一人, がけっして, がこっち, がこんなに, がさ, がさて, がし, がしかし, がそう, がそんな, がただ, がたぶんまだ, がどう, がどうして, がなるべく, がね最も, がもう, がわが, がわたし, がエルランガー, が一つ船, が二杯目, が仕事, が何, が余り, が俺, が僕, が元来, が内儀, が前々, が厳密, が可哀想, が君, が女, が寒, が小野さん, が山陰, が彼, が悪い, が我々, が手元, が手間, が本人, が横着者, が正月, が気, が玄内, が田沼一派, が礼, が素人, が習慣的, が落ちつい, が裁判所, が見当, が隔, が隣, が高速度機, けれども現実, けれども由利, けれども触覚, けれど今日, こういうこと, こう云ってる, ことに近頃, この光景, この浮世, これは, さけれども, さしかし, しあきらか, しいかなる, しいつ, しおそらくは, しかし節子, しこの, しさだめし, しそう, しそしてまた, しその, しそのうえ, したいへん, したぶん, しまだ, しもし, しよしんば, しモロー彗星, し又, し反対, し吾, し壇ノ浦, し少なくとも, し彼女自身, し痛く, し貴方, し長い, じゃありません, すっかりあの, ぜ, そうすれ, そうだ, そう思っ, そしてしまいに, そして吾, そして神さま, そのうえ風, そのたんび, その日本左衛門, その点, それでもやっぱり, それを, だからオットセイ, だが決して, っておとうさん, ってそう, つまり要するに, では快く, でもてんで, とあと, とあり, とある, という心配, という気, という気持, という考え, という説, という面付, といささか, といっ, といったよう, といわれ, とおかあさん, とおしの, とおそるおそる, とおもい, とおもいます, とおもっ, とおもった, とおれ, とお父さん, とお茶, とか, とか普通, とか殿様, とこう, とこの, とこんな, とさえ思われる, とさる, としきりに, とて主人, とにかくここ, とのんき, とは察し, とは想像, とひそか, とひどく, とふと, とぼく, とまで考えた, とも考えられます, とも考えられる, とアリ, とオレ, と丁坊, と不審, と中川, と久子, と久慈, と予測, と云いたい, と云う, と人力, と仕事, と伸子, と信じ, と俺, と典膳, と内心, と判断, と前, と十二分, と半ばそれ, と可笑しい, と同情, と地面, と大いに, と存じ, と宗吉, と察しられる, と平次, と思いちがい, と思いまし, と思いみ, と思いやした, と思いやられた, と思いやられます, と思うた, と思え, と思つた, と思わず, と思わせ, と思われまする, と怪囚人, と悲しく, と打ち明け, と打ち消す, と押返し, と拝察, と推察, と推測, と断じて, と断定, と日傘, と昂, と最初, と期待, と木, と案じ, と母, と気苦労, と沈吟, と涙ぐましい, と源氏, と潸々, と片腹痛く, と独り, と独りごと, と睨ん, と神妙, と米友, と考えはじめました, と考えます, と苦, と苦笑, と親分, と解し, と言おう, と言ってた, と諦め, と身, と辛抱, と退屈, と酒, と金庫, と長い, と長者, と震え, と青二, と顫, どうもが, どちらかと, なと西山, などと何事, などと考える, などと語り合い, など話し合いました, なにぶんにも, なんていや, なんてひどい, なウィルフレッド, にと私, に彼, ねえ君, の, のになん, ほかに, ぼくは, また始まった, よけいな, よし, わたしの, ナ, ネ, ヨ, 一寸先は, 世間の, 主人のだけが, 今まで, 何かの, 何とかいう, 何の, 依田の, 俺達は, 僕は, 刃物で, 医者としての, 卑しい田舎, 南さんは, 又六, 友人たちの, 友江田先生とが, 口こそ, 向うは, 唖の, 大三郎, 女の, 女を, 女将に, 小間使を, 年月を, 幾日も, 弓子は, 後で引上げ, 思いも, 息も, 悲しいこと, 指が, 早く汗, 梶は, 横っ飛びに, 決闘の, 燧台の, 甲斐は, 私の, 竪横五メートルほどの, 第一, 自分で, 苦しいこと, 親切ご, 退屈した, 道中も, 雪が

▼ ことだった~ (1146, 0.2%)

105 のです 61 のである 42 のだ 3828 のか 19 のだろう 16 がそれ, ね, んだ 15 と思う, んです 14 がその 13 か, から, のでしょう 11 がこの 10 かも知れない, ので 98 にちがい, に違い, の, よ 7 からである, がしかし, が彼 6 が今, と思います, のが, のでその 5 かもしれない, という, のかも, のよ 4 かもしれません, がお, が僕, と思っ, と覚え, な, のであろう, ように

3 [13件] からだ, からです, か分りません, がこういう, がそれでも, が中, が銀子, というの, に相違, のでそれ, のは, ようだ, んでしょう

2 [37件] かしら, かどう, かも知れません, からそう, からな, から私, がある, がここ, が事実, が二人, が今日, が自分, が間もなく, けれどまた, しだれ, し何, そうだ, そうでございます, そうです, ぞ, と思った, と私, なあ, なお, のかしら, のかと, のでございましょう, のでございます, のでした, のでそれなら, のでそん, ので彼, ので私, ので自分, のに, のを, ような

1 [440件] いくら天才児だ, お蝶さん, かああ, かい, かさっぱり, かしれません, かその, かたずね, かつて若い, かとはじめて, かと云う, かと存じます, かと思い合せ, かと思う, かと私, かと記憶, かな或, かね, かはっきり, かも, かもしれぬ, かもわからない, かも思い出さない, かも知れぬ, かよく, からこの, からすぐ, からそれ, からね, からばか, からむかし, からよほど, からヘヒト, から之, から二十二年後, から今, から仕方, から先輩, から彼女, から恨めしかっ, から根室, から目撃, から科学一般, から自ら, から褒める, から見る, かわからなかった, かわかるだろう, かわたし, か分らなくなっ, か吾八, か悪い, か紀州さま, か覚え, か覚えない, か長崎県, か雨, があるいは, があんな, がいくら, がいっさい, がいつか, がいつも, がいま, がいよいよ, がおしまい, がお前, がお客, がかく, がかくべつ, がかりに, がきのう, がきょう, がこうして, がこのちょっとした, がこれ, がこんど, がこんな, がさて, がそいつ, がそう, がそういう, がそこ, がそしてまた, がそれにしても, がそれら, がそれ以来, がそんな, がたびたび, がちと, がちょっと, がどうもあまり, がなお, がなにか, がなん, がなんだか随分, がな橇, がねむろん, がね生, がはて, がひっかかり, がひどく, がひどくなまめかしい, がひな, がふと, がまさか, がまさに, がみさ子, がもう, がもし, がやっぱり, がやにわに, がよく, がより, がわたし, がわたしたち, がカミナー, がクリストフ, がフランス語, がボーモン, がマン, がモルガン, が一介, が一方, が七日, が万一, が万国骨董商チャンフー号, が三郎兵衛, が下, が乗組, が予審, が事情, が二階, が五月, が今や, が他, が以前, が伯父, が何かしら, が何と, が何者, が停車場, が光秀, が冗談半分, が冬, が冷淡, が凱旋, が前紙履買い, が千鶴子, が反対, が同じ, が同時に, が同盟, が四月, が大阪, が如何, が姿, が宇乃, が宝鏡先生, が実は, が宿, が寛一君, が小太郎, が山治家, が幹太郎, が弱い, が彼ら, が彼女, が往来, が後刻, が復員, が微笑, が思いがけない, が急, が意外, が愚図愚図, が或, が手, が拒む, が敵機, が昨日, が更に, が来, が柳河岸, が案, が槍, が武蔵守, が毎夜, が泰造, が涙, が準備, が然し, が父, が珍しく, が琉球, が田舎者, が申開き, が目, が真紀子, が眼差, が着物, が石田家, が研究, が確か, が社長, が秀吉, が私, が科学, が突然, が笑顔, が米国, が米英, が義一, が聞く, が育児事業, が腹部, が若松屋惣七, が菊千代, が葉子, が葛西, が藤五郎, が親しい, が誰, が譜代中, が貝谷, が貴様, が返電, が途中葬列, が通過, が造船, が部下, が都下, が酔眼朦朧, が門, が際限, が青年探偵帆村荘六, が須磨, が飢え, が高時, けど, けどこれ, けれどあの, けれどきゅう, けれどこれ, けれどそう, けれどそれにしても, けれどとは言え, けれども, けれどもう, けれども妙, けれども文章, けれど一つ, けれど今日, けれど先生, けれど村松検事, けれど東方会, けれど格太郎, けれど殊更, し, しその, しそのうえ, しどう, しふりかえっ, しまた, し北川氏, し又, し君, し外, し子供たち, し宿, し彼, し従って, し最近結び, し狼狽, し私自身, し第, し議事堂, し食事, じゃない, ぜ, ぜという調子, そうで, そうでした, それが, それとも自分, だけな, だけに伸子, だけに却って, だけに彼, だって数回, っけ, とある, ということ, というよう, という気, といっ, とうかがいました, とおれ, としいて, としか思えなかった, としてもそれ, としてもまだもう一度, とするなら, とはいえ, とはじめて, とはわかる, とも云わね, とも思い, とよく, とわかった, と今, と伸子, と告げる, と思い出した, と思はず笑っ, と思われる, と松蔵, と源氏, と答えられた, と考えられる, と見え, と言った, と記憶, と話しました, と迂闊, な番頭さん, にし, には違い, に過ぎない, ねえもうもう, ねでも, のう, のかしらん, のかね, のだい, のであります, のであるまい, のでいいえ, のでお, のでお前, のでかれ, のでこちら, のでご, のでございました, のでございまする, のでさすが, のですっかり, のでそう, のでそれから, のでつい, のでなけれ, のでアッ, のでオフィーリヤ, のでレーノォ, ので一そう, ので一年生, ので下宿, ので両者, ので亭主, ので働く, ので僕, ので元来, ので共に, ので別に, ので参上, ので周平, ので咄嗟, ので園, ので変, ので失敗, ので失望, ので女中, ので家内, ので宿屋, ので小屋, ので幸子, ので彼女, ので思わずカッ, ので悦子, ので意外, ので成, ので教授, ので昼食, ので時間, ので構わず放っ, ので正, ので矢張甲麓荘, ので聞く, ので胸中, ので荷物, ので蘇州, ので記事全部, ので詳しく, ので貞之助, ので静葉, ので食事, のにきのう, のにちがい, のにね, のにチャーチ博士, のに個性, のに紙帳, のね, ばかりでなく, みよは, もう九時, もしくはなし, もっとも織田, ものだ, ものでございます, ものです, もんだ, もんで, ようで, ようです, よとか上京, よふと, よわし, よ館林様, わけだ, わけである, わけです, わけな, わたしも, わね, わねえ, んだろ, んで, 午まえ, 姉さん姉さん, 嫁し, 少くとも, 心惹かれる, 手軽くいえ, 松江が, 様です, 熊城は, 由紀の, 私たちの, 罪であった

▼ ことまで~ (1129, 0.2%)

26 考えて 22 知って 14 して 11 書いて, 気に 10 言って 7 見て, 覚えて 6 心配し, 忘れて, 話して 5 云った, 云って 4 いった, いって, するの, わかって, 私は, 見ぬいて

3 [16件] いうの, した, よく知っ, 云い出したが, 分った, 判明した, 口に, 思い出した, 知ってるの, 考えた, 考えたが, 考えては, 考える, 考へた, 言い出した, 調べて

2 [82件] あなたに, いやに, うちあけて, おぼえて, お耳, お話し, お話しした, しても, しなければ, しや, すっかり知っ, する必要, その辺, ちゃんと心得, ちゃんと知っ, ちやんと, できた, なんでも, ぶつぶつ呟い, みんなわかる, もうわたし, よく知つて, よく覚え, わかつて, 一々気, 世話を, 云つた, 云はれた, 仕込んで, 何もかも困難, 先方の, 叔父に, 取決めに, 吹聴し, 咄嗟の, 型の, 彼は, 得々と, 御存じで, 思いつめるよう, 思ひ出して, 思出した, 手に, 打ち明けて, 抜目なく, 教えて, 正義化し, 気が, 気を, 氣を, 町方の, 白状に, 知つてゐる, 知悉し, 禁じましたが, 私に, 空想し, 約束した, 細かに, 考えたり, 考えました, 考えるよう, 考え出して, 考へて, 考へると, 聞いて, 聽い, 見抜いて, 見通しだ, 親分は, 覺えて, 言う, 言うの, 言つ, 言ふ, 訊く気, 話しました, 話すの, 誓言しました, 逐一解りました, 郷土出身の, 饒舌った

1 [757件 抜粋] あえて言上, あたしたちは, あたしは, あったが, あったの, あなたの, ありありと, あり余るほど, ある温泉, いいだしましたが, いいだすよう, いうよう, いかにも心安い, いたしました, いたしましたやう, いったが, いったんです, いつのまにかちやん, いつも夫人, いつ見た, いふの, いろ, いわして, うち明ける, うらない当てて, おほか, おもい出されたので, おれは, お前さんに, お客様の, お忘れ, お疑い, お絹, お聞かせする, お聞き, お通さん, かぎつけて, かくしは, かなり明白, かれこれ申す, きた, くされ縁だ, このおれ, この人, この老公, この連中, こまかく気, ご存じでした, ご存じない, ご存知で, ご心配, ご承知, さかのぼること, さしちゃ, さらけだして, さらけ出した, しきりと, しきりに思出, しでかして, しなくっても, します, しゃべったん, しゃべりましたご, しゃべり散らしたもの, しゃん, しらべあげて, しれたれども, じっくりと, すっかりわかった, すっかり並べたて, すっかり忘れ, すっかり紛れ, すっかり話, すっかり話す, すっかり調べねえ, すべて事実に, すべて天の, すべて言わなけれ, するじゃ, ずんと見通し, せんだつてい, そっくりその, そっくり先方, そのままで, その中, その時, それと, ためさなければ, だいたいすべて本当, ちゃんとけじめ, ちゃんとしらべ, ちゃんと知ってる, ちゃんと見, つきとめたん, つけ加えた, できたん, できなかった, とてもはっきりと, とても気, どうしてわかっ, どうして分った, なさらなくても, なにもかもいっぺんにわかりました, ねがうよう, のこるくま, はする, ばれでも, ふくめて, べらべら喋っちまった, ぺらぺらと, ほんとうに, ほんとにご, またこの, まちがいます, みんなありあり, みんなで, みんな知つてゐる, やった, やった関係, やって, やめた, やるの, よくツベコベ, よく心得, よく私, よく調べ, わかっちゃうの, わかつた, わかりまして, わかる, わかるん, わしに, わすれて, わすれるという, われわれの, ガラリと, ズバリと, ツケツケ言う, ネザメが, ハッキリ覚え, フェライラは, ベラベラしゃべっ, ランプシニトス王の, 一々きく, 一々分らない, 一々相手, 一々私, 一と, 一ぺんに, 一一吟味し, 一切合財申し上げた, 一層よく分り, 一気に申, 一種の, 一緒に, 万事ばんたん采配を, 三次も, 不必要, 不用意に, 丹念に, 主人の, 予想に, 事こまかに, 云い出して, 云うの, 云える, 云ったじゃ, 云つてお, 云つて了つた, 云ふ, 云わなくても, 今日では, 今日は, 今陽子, 他人が, 仰有るお, 何う, 何とソナータ, 何のかんの云, 何も, 余計な, 例えに, 偉そう, 偵知したらしく, 僅か五分間, 僕に, 僕も, 先から, 先方から, 先方からは, 先生と, 先生に, 全部あたしが, 全部やめに, 公言し, 兵馬の, 具体的な, 几帳面に, 出て, 出来るだけ, 分かった, 分ったか, 分って, 分らんよ, 分るはず, 初めに, 到達しなけれ, 前々から, 勘定ずみです, 勝手に, 包まず掩, 十分に, 単に気持, 及んで, 受付けて, 口説くよう, 口走った彼女, 口走ってるの, 口走つて, 吐き出しました, 君が, 君の, 否定した, 吹聴しない, 告げた, 呶鳴り散らし, 問うよう, 喉へ, 喋ったの, 喋って, 喋つた, 喋言った, 嘆かれるが, 噺を, 固く禁ぜられ, 壊せば, 変って, 大体分りました, 大河に, 天狗の, 天狗様と, 妙に, 姉の, 委しく打ち明け, 委しく聞きたがる, 存じて, 定めて, 実地に, 寄り集った, 小泉は, 届ける必要, 岸本は, 帰ると, 干渉する, 幽かに, 弁解し, 引受けた, 当って, 彼女の, 御存じと, 心を, 心細そう, 心配されます, 心配した, 心配する, 心配に, 忘れずあった, 忘れぬ夢, 忠告する, 怎麼に, 怖れ, 思いあたって, 思いついたり, 思いめぐらして, 思い出された, 思い出されたの, 思い出して, 思い出すであろうと, 思い惑うて, 思い浮べて, 思って, 思っとるならそれ, 思ひながら, 思ひ出す, 思ふと, 思わせるの, 思出し, 恩着せ, 悉く馬鹿気, 悪意にとって, 想いだして, 想ひ, 想像し, 我々に, 手を, 打ち合わせたり, 打ち明けた, 打ち明けるほど, 打ち明け合う, 打明けて, 承った, 承知の, 折衝し, 指摘し, 描いたの, 教えました, 教えられて, 教へて, 数えるよう, 数次お, 文句を, 日記に, 明かに, 明白に, 明瞭に, 暗闇の, 書いてや, 書きつづり最後, 書き入れた, 書き添, 書き立てられる女, 条件に, 東京の, 東京へ, 染屋の, 栄さん一流の, 極めて秩序的, 極秘に, 正確に, 殆ん, 残らず見, 残らず語った, 残るところ, 母に, 気がついたもの, 気がついて, 氣が, 求めたが, 注意し, 注意する, 洗い立てるの, 洗って, 流暢に, 深切に, 清逸の, 滔々と, 物語った, 物語りました, 用心する, 申しあげなくちゃ, 申し上げずとも, 申し出て, 男の, 略, 疑われ出すと, 発展だ, 発見した, 白状した, 的確な, 皆彼女の, 目標と, 相談し, 眞似, 矢代は, 知った, 知っちゃ, 知ってるん, 知つてゐ, 知らないよ, 知りませんよ, 知り合つて, 知れて, 知れました, 確めて, 神仏に, 禁じられ大人, 私が, 種々な, 突きとめました, 突き止めて, 突き留め, 突つ込ん, 窓を, 立板に, 立証された, 節子の, 米友が, 細々書い, 細かくつけ, 細心に, 練習し, 考えおよばなかった, 考えさせられる, 考えたもの, 考えちゃあ, 考えてるん, 考えなかったが, 考えながら, 考えましてん, 考えまったく, 考えるに, 考えるの, 考える様, 考え出しながら, 考え始めたもの, 考え詰め, 考へとかい, 考へなくともい, 考へるん, 考へる程, 聞いた, 聞かされては, 聞かせるに, 聞かれも, 聞きだして, 聴くの, 背負いこんじ, 胸に, 自分で, 自分の, 自由という, 自白した, 船宿の, 良人に, 芝山氏は, 苦労に, 薄らいだの, 表沙汰に, 見ぬくの, 見失って, 見届けて, 見破って, 見透されて, 親切に, 解ったん, 言いだして, 言いだす, 言い出す, 言い合って, 言い触らす者, 言うて, 言ったの, 言ったり, 言っちゃ, 言つたと, 言ひ, 言わなくっちゃ, 言われたのよ, 言われた昨日, 言われるよ, 言わんでいい, 訊かないわけ, 訊く氣, 記憶を, 記述し, 詮議を, 話が, 話したの, 話しましたよ, 話す, 話すと, 話せなかった, 話題に, 誇らしく思へた, 誇張も, 語りだした, 語り伝へて, 誤報は, 説き及ぼさねば, 説明し, 調べあげたの, 調べたと, 調べ上げて, 調べ抜いて, 論じて, 講釋し, 豊世は, 貴公に, 述べられて, 述べる, 道具に, 達して, 遠くに, 遠慮してる, 長田が, 間拍子が, 附け加えて, 附言する, 隠さずに, 隠さないの, 隠す必要, 隱し, 露見し, 面倒を, 頭の, 頼まれた, 頼んで, 飛び出して, 馬籠の, 驚くほど

▼ ことであった~ (1044, 0.2%)

25 がその, と思う 23 のだ 2219 がそれ 17 のである 1511 がこれ 10 がしかし, が彼, に違い, のです 9 から, が私 7 かと思う 6 が今, しまた, という, のを, ように 5 かも知れない, がこの, に相違, のは 4 かもしれない, からその, が今日, が彼女, しその, そうだ, と記憶, にちがい, のか

3 [21件] かも知れぬ, からお, からそれ, からただ, があの, がそこ, がそれでも, がまた, がまだ, が今度, が実際, が家, が幸子, そうです, と, ということ, と思います, な, のかと, のだろう, ので私

2 [46件] かかかる, かと思われる, かもしれぬ, からこれ, からせめて, からそんな, からであります, から彼, から自分, か判らない, がそこで, がその後, がただ, がちょうど, がつい, がどこ, が一人, が二人, が何分, が例, が同じ, が夜, が妻, が日本, が突然, ことを, しそれ, し他, し第, そうである, ために, という点, とすれ, と信ずる, と思われる, と申します, と見え, にし, のかも, のが, のであります, のでしょう, のでその, のに, のみならず, ようだ

1 [581件 抜粋] ああ危ない, かあるいは, かこうした, かここ, かそこ, かそれ, かそれだけ, かそれとも, かということ, かといえ, かと又右衛門, かと思った, かどう, かどうもはっきり, かに気づかなかった, かね, かはわからない, かは云う, かは知らない, かは遽, かもうはっきり, からあきれ, からいつも, からおれ, からかなり, からこうした, からことに, からこの, からこんなに, からすぐ, からすべて, からそうした, からそこ, からそっと, からだ, からちょうど, からつまり, からである, からです, からというよう, からとにかく, からなに, からまことに, からみんな, からもし, からもの, からアンリエット, から上京, から不思議, から中, から今, から今さら, から今日, から今更別段, から何とも, から何もの, から信長, から初め, から別に, から反感, から叡山, から同意, から多分, から大将, から大尽, から女房, から女連, から妾, から宮様, から寂照, から尊, から帆村, から年表, から当時佐々, から彼処, から心一つ, から必ずしも, から忘れ, から我輩, から授業, から最も, から月日, から柾木, から極秘, から決して, から注意, から深い, から源氏, から特別, から猫, から玉鬘夫人, から相, から眉, から私, から自然簡単, から自邸, から街路, から誰, から貴族院, から越え, から輸送, から近づく, から金, から院, から隅, から随身, から須磨, から驚き, かをはっきり, か一人, か不幸, か僕, か其の, か分らなかった, か射たれた, か悪い, か明かでない, か昭和十六年, か朝鮮, か殺す, か父, か過日彼女, か都, があと, があまりに, があれ, があんまりしっかり, がいやいや, がいよいよ, がうち, がお, がおそらく, がお茶, がここ, がこのごろ, がこん, がさて, がさらに再度, がしいて, がすぐ, がそう, がそういう, がそうした, がそうして, がそうすると, がそうつぎつぎ, がその後ソマビル, がそれから, がそれだけ, がそれにしても, がそれ以前, がたしか, がところが, がともかく, がどれ, がなあに中耳炎, がなお, がなに, がなんだか, がにわかに, がはっきり, がふと, がふとした, がべつ, がみる, がやや, がわたくし, がわたし, がわたしたち, がコガマス, がソヴェト, がタグチ, がタチメン先生, がニヤリニヤリ, がノブ子さん, がプツッ, がマホメット, がムリ, がラシイヌ探偵, がラヂウム元帥, が一体, が一八世紀, が一家, が一日暇, が一日私, が丁度三十七, が七代, が三一年, が三人, が三歳, が三週間目, が不, が不思議, が不意, が主君, が云われない, が五亭橋, が今年, が今年六つ, が以下, が伯父, が偶然向い合わせ, が僕, が僧, が元来, が入道, が八日, が其処, が円光寺, が初秋, が別れよう, が十月, が午すぎ, が取り, が右近, が司教, が吉野屋, が和歌, が四日五日, が地方, が夕飯, が外見, が多分, が夜毎, が大正十三年, が大王天皇, が夫婦, が女院, が妙子, が妻戸, が子供ら, が実は, が小諸, が尾張, が屋敷, が岩本氏, が左大臣, が市内, が帰り際, が常陸介, が幸, が幸い, が幸先, が広い広い, が当時左端, が当時私, が彼女自身, が彼等, が忠右衛門, が念流, が恋, が悩み, が愕然, が或, が扉, が拒む, が据え, が操縦士, が故に, が新しい, が旅装束, が日光廟修繕, が旦那様, が明くる日, が昔, が春木君, が時刻, が最初, が有名, が末松子, が本当, が本邸, が村, が松倉屋勘右衛門, が果して, が正造, が歩い, が歴史, が死肉, が殊に, が母, が氏, が気, が法然, が波, が洛外北山, が涼しい, が湯船, が物堅い, が特筆大書, が珍, が現代, が現実, が田舎道, が病気, が目的, が相手, が真黒, が眼, が眼玉, が知る, が磯崎恭介, が神田三崎町三丁目, が秀吉, が私たち, が科学, が立て続け, が第, が純, が素人, が細川侯, が翌日紋太郎, が脇の下, が自動車, が舎人, が芝三田, が花, が花嫁, が草庵, が落ち度, が行っ, が見た, が覚明, が読者, が誰, が警務庁, が豈, が賄賂, が近頃, が運, が道, が銀之丞, が長, が長屋同志, が隆夫, が雪子, が震災, が頼まれ, が顔, が食事, が駅, が鴨川, が鷹, けれどもこの, けれどもシナ文化シナ思想, けれども一歩々々, けれども右大将定国, けれど今, けれど北, けれど正吉, ここでは, ことが, ことは, これより, こんなにまで, し, しこの, ししかも, しぜひ, しそういう, しそれにまた, しと云っ, し世間, し人, し同時に, し夫人, し妻, し実力以外, し晴れ, し満, し稲田, し自分, し自身, せいか, そこで梅, そこで結局, そして外国, そして彼, そして神話, そのお, それも, だから私, だけでも今, だけに借りる, といいます, というの, というふう, という事実, という事情, という話, といつも, といわれ, とお前, とお恨めしくお, としたら, としても, としてもわれわれ, としても今, とそう, とみえ, とも考えられる, と一つ, と云, と云う, と云え, と云わなけれ, と以前, と前, と善昌, と喜多村さん, と大将, と思い出し, と思える, と思っ, と思った, と思ふ, と思われます, と玉鬘, と甲斐, と申さね, と私, と考えたい, と考えられる, と覚え, と言われる, と認めよう, と院, などと今, などと口, な搦め, にもしろ, に拘らず, のう, ので, のであろう, のでございましょう, のでぼく, ので不意, ので二人, ので今, ので大学, ので天皇, ので律儀, ので成田昌信君, ので或, ので旅籠屋, ので昼間, ので歴代, ので誰, ので途中, ので遂に, のなら, のにそれ, のには, のに免状, のに是, のに相違, のに近ごろ, のに静雄, はず, やがて飽きる, やら, よ, ようである, ようです, ろうにと, わい, わけである, ケリルは, 上に, 下り藤, 中にも, 中学校では, 例の, 先生は, 加藤子爵も, 南の, 大原孫三郎翁の, 小姓と, 巴里への, 弓之助は, 彼等は, 後年名将と, 悦子を, 情知らぬ, 或る, 故に彼, 故に是, 旅籠尾張屋の, 時平兼盛の, 東海道は, 洛外栗栖野小野の, 清い処女, 無論親しく, 然しそれ, 由, 紀州熊野中, 自分も, 訳で, 遠くから

▼ ことなどを~ (1028, 0.2%)

45 話した 30 話して 16 考えて 11 思い出して, 話しました 10 彼は, 知って 9 語った 8 気に 7 思って, 考へて, 話す 6 考えると 5 忘れて, 思い出しました, 熱心に, 知った, 私は, 覚えて

4 [11件] よく知っ, 口に, 彼女は, 思い出すと, 思ひ出した, 思ひ出して, 書いて, 細々と, 考へ, 聞いて, 言って

3 [16件] あげて, いろいろと, 夢の, 彼に, 彼女に, 思い出した, 思うと, 思ひ出しながら, 知ったの, 空想し, 聞いた, 言い出した, 話したの, 語ったが, 語つた, 説明した

2 [66件] おぼえて, おも, かいつまんで, からりと, きくと, くどくどと, くり返した, くわしく話しました, する人, それからそれ, わたしは, 云った, 云って, 伝えた, 力説し, 告げた, 告げて, 報告し, 報告した, 大げさに, 好んで, 妙に, 彼らは, 御話, 心得て, 念頭に, 思い出しながら, 思い合わせて, 思い合わせても, 思つた, 思ふと, 憶い出し, 挙げて, 物語ったの, 相談し, 相談しました, 知つた, 知らせて, 知らせると, 知ること, 研究し, 確めた, 簡単に, 細かに, 考えた, 考えてるの, 考えれば, 考へたり, 考へると, 耳に, 聞いては, 聞くと, 覺えて, 言い出して, 訊いた原因, 記憶し, 話したのち, 話しながら, 話し合, 詳しく話した, 語ったの, 語って, 語りあいました, 説いて, 述べた, 附け加えて

1 [597件 抜粋] あちらからも, あばいた本, あやぶんで, あらためて思ひ返し, あらまし知る, ありの, あれこれと, あれや, いい立てると, いうらしいが, いって, いつか彼等は, いろ, いろいろ想像, うきうきと, うちあけて, うわさし合っ, おうめ, おつ, おりおり考えること, お世話する, お告げに, お命じ, お庄母子, お思い出し, お母さんと, お物語りなさらぬ, お耳, お言い, お話し出しに, お銀, かきました, きいて, きいてからは, きれぎれ, くわしく手紙, くわしく話し, こうぎょうぎょうしく, ここで, こと新, こなしたところ, このよう, この家, この瞬間, こまかく聞き, こまごまと, さまざまに, しきりに説き聞かせ, しまいに唇, じゅんじょをおって, すぐに, すっかりあけすけ, すっかり博士, すっかり打ち明け, すっかり話し, すねた言葉, する男, そこに, そしてことに, その簡単, それとなく話し, それとなし, そんなふうに思う, たしかめました, ちゃんと見通した, つい話し, つぎつぎに, つけたした, つぶさにただした, つまびらかに, てんで気, できなくして, とりきめそれぞれ電話, とりきめました, とりとめも, どうして口, どうして大臣, どうして思い出す, どの客人, なつかしく想いかえす, なにくれ, のこらず王子, はじめから, はなすやう, ぱさぱさした, ひそひそと, ふと思ひ出した, ほとんどしらべ, ほとんどやみ間, ほのめかして, ぼつぼつもらし, ぼんやりながら, ぼんやり空想, ぼんやり考え, ぽつぽつ洩らした, ぽつぽつ話します, まだ将来, まるで当人, まるで知らない, むきに, もち出した, ものがたりました, よく覚え, よく覺, よしと, よむ, クド, クドクド言う, クドクド言ふ, クレブスへ, コゼットと, ベチャベチャ喋っ, ベラベラと, ポツリポツリ話し, 一つの, 一同の, 三吉に, 上手に, 不幸に, 不幸にも, 世間には, 主張し, 乙女は, 云々する, 云い置いて, 云つたのを, 云ふと, 人に, 今から, 今まで, 今更の, 仕込むの, 伯爵は, 伸子は, 何んとも, 何気なく話しあった, 何気なしに, 例に, 保が, 信じられやしない, 信用し, 全くしらない, 八重子は, 共通な, 其から, 具体的に, 内報し, 冗談の, 冷やかに, 凡て話し, 初めから, 初めて知った, 初めとして, 判断した, 別に未練, 別に考えず暮し, 勉強した, 匂わして, 原因として, 叔父や, 取り併せると, 叙した, 口説かれた, 同心としての, 含んで, 告げられた, 告げると, 告げ嫁いだ先, 命じた, 命じて, 命じてから, 命じ久馬, 和蘭語まじり, 問ひ, 問わず語りに, 問題に, 嘆きつつ, 固く約束, 執拗に, 報道せし, 多くの, 多少の, 夜明頃まで, 女中は, 妹と, 妻は, 始終聞かされ, 委細申しあげました, 娘達は, 学んだ, 學ばれたで, 定めた, 定めて, 実験談の, 寓した, 尋ねかけるの, 尋ねなかった, 尋ねられた, 尋ねるが, 小林くんに, 小畑に, 少しは, 少し言っ, 屡, 巧妙に, 平然と話し, 年齢までも, 幹太郎は, 座興的に, 引き合いに, 弟に, 弟嫁に, 強ひ, 彼女の, 御一考願い度, 微かに, 心には, 心の, 心配し, 忘れ興味, 思いうかべて, 思いだした, 思いだして, 思いつづけて, 思いながら, 思いめぐらした, 思い出させた, 思い出さなくなったよう, 思い出したの, 思い出しつつ, 思い出すこと, 思い出すの, 思い出で, 思い切ろうと, 思い合せ龍安寺, 思い合わせると, 思い合わせるならば, 思い浮かべた, 思い起す, 思うこと, 思ったの, 思つ, 思ひながら, 思ひました, 思ひ出したの, 思ひ出したり, 思ひ出しても, 思ひ出すこと, 思ひ出すと, 思ひ出でて, 思ひ描きながら, 思ひ浮かべながら, 思ひ浮べた不, 思ひ浮べると, 思ひ起した, 思ひ起す, 思出す, 恋々と, 悟ったもの, 悠々待っ, 悲しみながら, 想い出して, 想い出すと, 想像し, 想像する, 想像も, 意味し, 意識しない, 愚痴まじり, 感じさせます, 感傷的に, 感心な, 感謝した, 憤慨し始めた, 憶出し, 懇, 懐かしく思い出した, 手本に, 手短かに, 手短に, 打ち解けて, 持ち出して, 持って, 持出した, 指摘し, 指摘した, 挑戦的な, 改めてなぞる, 敏子に, 教えた, 教えて, 教え込みました, 教へる, 教わったの, 散々に, 新左衛門は, 日課の, 明らかに, 明らさまな, 明らさまに, 明言した, 暗示し, 書きました, 書き母, 書き添えた, 書くに, 書く時, 根掘り, 検事の, 楽しみに, 楽しむ源氏, 概括すれ, 次から, 正直に, 武蔵へ, 殉死を, 殊に美女, 残らず打明けた, 比べて, 比べ考えては, 比較的落ちつい, 注意した, 浅井は, 源氏に, 演説しました, 漠然と感じた, 無論少しも, 父は, 物語つてゐる, 物語りました, 玄四郎は, 理解し, 理解しなかった, 申し上げたの, 申し上げて, 申し上げるの, 申す身, 申立てた, 白状した, 盛に, 真に受けない, 真偽とりまぜ, 真面目に, 知つてゐた, 知らした, 知らして, 知らないかの, 知らない下僚, 知らぬわけ, 知り自分, 知る筈, 確かめただけ, 確かめたので, 私たちは, 私にも, 私の, 空に, 空想せられた, 立派に, 笹村は, 答える, 素子は, 細かくやかましくいう, 絶えず喞, 繰り返し語りました, 繰返し命じた, 考えずに, 考えたから, 考えたので, 考えるの, 考えるもの, 考える気, 考え出した, 考え出して, 考え合せて, 考え合わせて, 考え合わせなければ, 考え合わせると, 考え浮かべた, 考え耽るばかり, 考へた, 考へつづけて, 考へても, 考へながら, 考へにも, 考慮し, 耐へては, 耳にも, 聞いたもの, 聞いた時, 聞かして, 聞かれて, 聞き一人, 聞く男, 聞出すの, 職員室へ, 胸に, 能弁に, 腹だたしい様子, 自ら知る, 苦に, 蔭で, 薫は, 藤原威夫は, 表面の, 見つけ出しそれら, 見て, 見ては, 見ると, 見逃すこと, 覚えた, 親しいもの同士, 親しげ, 親達に, 観察した, 言いたてたが, 言い出したが, 言い合い, 言うらしかった, 言った, 言ったの, 言ひ出す, 言ふ, 言ッつけた, 言出した, 言合って, 訊いて, 訊き度いが, 記して, 記せる十数行, 記憶から, 詮議し, 話された, 話されたこと, 話しかける気, 話したあと, 話したこと, 話しただけ, 話したり, 話した爺, 話しだした, 話しまして, 話しますと, 話し出して, 話し合った, 話し私, 話し込んだ, 話すと, 話すの, 話すよう, 話そうと, 話出した, 話題に, 詳しく話しました, 詳細に, 誓ふ, 語つ, 語つて聞かせた, 語つて聽かせた, 語らひながら, 語りあった, 語りこんど, 語りながら, 語りました, 語り合, 語り合うて, 語り委しい, 語り聞かせた, 語る, 語ると, 語るの, 説いた後, 説明し, 説明しました, 請うた, 論ずるの, 諳んじて, 載せ明日, 近ごろは, 述べたけれども, 述べて, 述べてから, 述べ戦争, 述べ最後, 逐一諄々, 連想し, 遠回しに, 釋し, 附議した, 非常な, 面白おかしく, 面白がっ, 面白を, 頭に, 頼んだ, 頼んだの, 頼母は, 顔色を, 骨子と, 鹿爪らしく述べ

▼ ことなんか~ (1010, 0.2%)

27 忘れて 20 どうでも, ないん 19 考えて 12 ありゃしない, あるもの 11 ない 10 あるもん, なかった 9 どうだって 8 ないじゃ, ないわ, 気に 7 ありは, ありませんよ, 少しも 6 ありません, ちっともない, ないのよ, なにも, 一度だって, 一度も 5 ありませんわ, 何も, 心配する, 考えないで 4 ありゃしないよ, ありゃしないわ, ありやしない, どうで, ないだろう, ないと, ないわよ, 一つも

3 [15件] ちっともありません, できるもの, ないぢ, ないの, ないよ, わからないふり, わけは, 一言も, 一遍も, 何でも, 何にも, 心配し, 思ひ出して, 止めに, 誰も

2 [62件] あとで, あまり考え, ありゃしないじゃ, ありゃしないん, ありやしないよ, ありやしません, かまって, きれいに, した覚え, すこしも, すっかり忘れ, そんなに重要, ちっとも考え, ちつとも, ちょっとも, てんで問題, てんで思い出し, できない, できないの, できません, できやしない, とても出来ない, ないから, ないさ, ないでしょう, ないですよ, ない筈, なんでも, まるで忘れ, もうどうでも, もう忘れ, やめて, チットモない, 云やあ, 些っとも, 何んとも, 僕には, 全然わからない, 出來, 出来る筈, 実はどう, 平気だ, 思いも, 思い出して, 思って, 本気で, 本気に, 決してない, 無いん, 眼中に, 知らない, 知りも, 私は, 考えては, 考えても, 考えると, 考へて, 解るもの, 話しあったでしょ二人, 誰が, 頭に, 頭の

1 [558件 抜粋] あきらめた方, あきらめて, あたくし, あたしは, あたしも, あったでしょうか, あてに, あの人, あの男, あまりない, あまりにも, ありましたが, ありましょう, ありませんがね, ありませんでした, ありませんよと, ありませんわね, ありません本当, ありません私, ありゃあしなくってよ, ありゃしないさ, ありゃしないの, ありゃしないのよ, ありゃしないやがて, ありゃしない堂々, ありゃしねえ, ありゃしねえや, ありゃしません, ありゃしませんむさし, ありゃしませんもの, ありや, ありやしないぢ, ありやしませんよ, あるかい, あるだろう, あるでしょうか, あるの, あるわけ, あるん, あれっきりもう, あわてて, あ決して, いいませんでした, いうの, いえるもん, いたしません, いたしませんが, いっさい無用です, いつ迄, いよいよ忘れ, いらない, いらないん, いりませんけど, いりませんなん, いわれると, おかまいなく, おかまいなし, おとなしく聞く, およそない, お互いに, お忘れ, お構いなし, お父さんには, お考え, お話しに, お調べ, かまわないと, きいて, ききゃしないよ, ききやしないん, きく気, きく深田, きらいな, きらいに, けぶりにも, けろりと忘れてる, ここでは, この際, これからは, これが, これっ, これッぱかしも思っ, ごくたま, ございませんの, ござんせんよ, しじゅうあります, したおぼえは, した事, しって, して, してないさ, してないわよ, しないのに, しませんでした, しゃべって, しやしないじゃ, しやしないん, しやしません, すぐに, すこしも怨みません, すっかり断念, すっかり水, する殿様, そう心配, そもそもおかしい, それっきり考え, それつきり, そんなに何時, たいして意味, たくさんだ, ただの, だれも, ちっともあて, ちっともありゃしない, ちっともなくっ, ちっともなんとも思っ, ちっとも効果, ちっとも思いつかないらしい, ちっとも書かれてない, ちっとも気, ちっとも知らな, ちっとも考えてなかった, ちっとも聞きゃしなかった, ちつともき, ついぞ思っ, ついぞ無い, てんでかんがえ, てんで念頭, てんで気, てんで目, てんで耳, てんで聞えなかった, てんで聴かない, てんで聴こう, てんで通じない, であんな, でお, できそう, できたでしょう, できたろう, できないけれど, できないだろうよ, できないよ, できないん, できない人々, できなかった, できなかったの, できやしないわ, できやしねえ, できやしませんね, できやせんぞ, できるもん, でなかったかの, では, で私, とうていできない, とうに忘れ, とてもかまっ, とてもできない, とてもできません, とてもできる, とても出来やしない, とても出来る, どうして出来ましょう, どうせあんな, どうせ下らない, どうだ, どうだつ, どうもおれ, どんなに醜悪, ないこと, ないって, ないつもり, ないでしょ, ないでしょうけれど, ないです, ないですか, ないので, ないのに, ないはず, ないや, ない君, ない癖, なおさら知らない, なかなかわれわれ, なくってよ, なしに, なんとも思っ, なんとも思ってない, なんにも, なんにもいや, なんにもない, なんにも言っ, なんの, はじめの, ばかばかしさ, ほって, ほっといて, ほとんどありませんでした, ほんた, ほんとうに, まじめに, まだ一度きり, まったくわけ, まるっきり忘れ, まるつ, まるでなかっ, まるで問題, まるで望ん, まるで気, まるで金槌, みんなうそです, みんなは, みんな大将の, めったにない, もうお, もうおっしゃらない, もうすっかりわすれ, もうすっかり忘れ, もうすつかり頭, もう一, もう全然知らなかった, もう問題, もう結構よ, もう考えない, もう言い出さない, もちだして, もはや不感症以上, やかましくいわれないだろう, やる, やるはず, やるもん, ゆびきりしないわ, ようござんす, よくも, よく分らない, よく知っ, よく知つて, よそうかしら, わかつて, わからないね, わけなし, わけも, わすれて, わたくしは, わたしが, ケチケチする, サシミの, ニューラは, ピラミッドの, ヘイキだ, ベッドの, ポイ御免, 一切しらぬ, 一向かまわない, 一向気, 一向聞かなかった, 一度だ, 一度だつ, 一日だ, 一時に, 一時の, 不必要, 世間じゃ, 二の次で, 二の次に, 云うなよ, 云うもの, 云えますか, 云ってやしませんわ, 云や, 云わないで, 今の, 今明日, 今迄に, 他の, 何うなっ, 何か, 何が, 何だいといふ, 何だか莫迦, 何とも思つて, 何ひとつあり, 何を, 何一つあり, 何一つ知りたくない, 何事も, 保子にとっては, 信じません, 信用できない, 偉い奴等, 僕にだって, 僕わからない, 僕考え, 僕考へ, 全くすぐやっ, 全く初耳, 全然つくり, 全然思っ, 全然無視, 出来ずあわれイヴ, 出来ないの, 出来ないわ, 出来ません, 出来やしない, 出来やしないよ, 出来やしなかった, 分らん, 分りっこ, 分んないさ, 初めてだ, 判らんよ, 別として, 別に恥ずかし, 別に罪悪, 勝手には, 厭きちゃった, 取り上げやしませんよ, 口に, 口へ, 古い古い考え, 名前の, 向うに, 唾でも, 喋られると, 嘗てなかっ, 塵ほども, 夢にも, 夢にも知るまい, 大したこと, 大した問題, 大嫌い, 大嫌いな, 大嫌ひだ, 大嫌ひなん, 太刀川には, 嫌いです, 嫌な, 存じませんよ, 実にとる, 実に感じ, 少しでも, 屁とも, 岸本には, 希望し, 当に, 当然問題外, 役違いな, 彼は, 御存じある, 心配した, 心配しなく, 心配しねえで, 心配するなったら, 心配せ, 忘れたよう, 忘れちゃう, 忘れちゃったわ, 忘れてるン, 忘れます, 忘れられるもん, 思いやっても, 思い出してよ, 思い出すもの, 思ひも, 思ひやりが, 思ひ出せないん, 思出しも, 急ぐこと, 恐れは, 恥でも, 恨んでも, 意義の, 愚図, 愛して, 慎むべきですわ, 打棄, 持って, 指一本でも, 放って, 易々たる, 更に感情, 書いた覚え, 書いて, 書き立てられると, 書くの, 書く必要, 書く筈, 最後まで, 望んでは, 朝飯まえだ, 朝飯前だろう, 本当に忘れきっ, 材料に, 東京では, 極めて容易, 構わないたとえ, 正夫には, 気がついて, 気にも, 気の毒で, 海軍には, 滅多に, 無い, 無いよ, 無いワ, 無かった, 無かつ, 無さそう, 無視し, 犠牲に, 珍しくない, 珍らしく, 甜めきつて, 申しますと, 皆な忘れ, 眼中には, 知って, 知ってや, 知らず少し, 知らないって, 知らないよ, 知らなかったに, 知らねえから, 知らんね, 知りやしないすぐ, 知るもの, 神ほとけ, 禍では, 私が, 私の, 結局どう, 絶対に, 綺麗に, 考えずに, 考えず落語家全部, 考えたって, 考えちゃ, 考えてると, 考えないが, 考えなくともと, 考えなさんな, 考えも, 考えようとも, 考えるやつ, 考える余裕, 考える暇, 考へ, 考へること, 耳に, 聞いたこと, 聞いて, 聞いても, 聞かないでよ, 聞かないん, 聞かなかったし, 聞きたくない胸, 聞きも, 聞きやしない, 聞くもの, 聞くもん, 聴かないつもり, 自分で, 自明です, 自然に, 致しません, 船客も, 芸者と, 見ませんし, 覚えたんだい, 言うと, 言うもの, 言えない, 言つてた, 言は, 言ひだした, 言や, 言わなくても, 訊いてや, 訳なし, 訳は, 話さないの, 話さなくたって, 話してないよ, 話してるの, 話し込むわけがないぢやありませんか, 読者には, 誰にも, 負けたとは, 赤ン坊の, 起りっこありません, 身に, 軍部に, 迚も, 遠くへ, 関って, 頼みは, 馬の, 鶏の, 鼻汁も

▼ ことなどは~ (982, 0.2%)

39 忘れて 31 思いも 22 少しも 15 思ひも 12 すっかり忘れ 8 念頭に 7 なかった, 何も, 殆ん, 考えて, 誰も 6 問題に 5 おくびにも, けろりと忘れ, 一言も, 絶対に 4 すつかり忘れ, どうでも, まったく忘れ, 一度も, 何でも, 出来なかった, 彼の, 考えても

3 [18件] ごく稀, ない, まるで考え, もう忘れ, わすれて, 元より, 全く忘れ, 出来そう, 出来ない, 勿論始め, 問題では, 夢にも, 夢にも思っ, 念頭にも, 決してない, 知らなかった, 私は, 耳にも

2 [42件] ありませんでした, ございません, すぐ忘れ, すっかり途中, その後何度思い出し, てんで問題, できない, できません, とてもいま, とても出来なかった, どうで, もうすっかり忘れ, もうどうでも, もとよりおくび, 二人の, 出來, 別として, 実に驚くべき, 平気で, 当てに, 彼女の, 忘れたよう, 愚か父の, 打忘れ, 時も, 末の, 殆どなかっ, 気にも, 決してなかっ, 温和しい, 滅多に, 知らずに, 知らない, 知らなかったの, 知る由, 私よりも, 綺麗に, 考へて, 賢明な, 身に, 金輪際ない, 面倒臭くて

1 [624件 抜粋] あったが, あてに, あまり意, あまり考えない, ありません, ありませんそれ, あり得ないと, あるまじ, あんまり気, いいますまい, いい事, いっさいない, いっさい考えませんでした, いつか話した, いつこう考えても, いつに, いつの, いつのまにか忘れ, いとわしがる, いわばその, うの, うれしいこと, うれしいとも, おやめなさいまし, お察し, お望み, お知りあそばされず, かまいませんでしたが, かまっては, かれの, きっとできる, ここでは, この上, この事実談, この場合, この数年, この物堅い, これから勇敢, これも, さしてむつかしい, さらになかっ, さらに問題, さ程子供, しない, しないの, しばらくおき, しようと, すぐにも, すぐ目, すこしも期待, すこしも考え, すっかり思いとまっ, すつかり思ひ, すでに御, すでに知られ, すべて私の, せず紫夫人, そういつ, そうまじめ, そつちのけ, その代表的, その実例, その早, その朝, それが, それである, それに, それほど気, それを, そッちのけ, たしかに面白, ただ神意, だめです, ちっとも弁信, ちっとも心配, ちっとも考え, ちっとも苦労, ちつとも, ちゃんとしらべ, ちよつと, ちッ, ついぞなかっ, ついぞなかつた, つい忘れ, つきり, つねに人, つるつるした, てんで気, てんで考え, てんで触れよう, できないと, できないの, できないよ, できない侮辱, できない質, できなかったが, できませんからね, できませんよ, とうてい堪えられなかった, とてもできなかった, とても力, とても彼, とても覚束, どうしてか, どうしても口, どうだって, どうだろう, どうなっ, どう考え, どう考へ, どちらかと, どっちでも, どなたに, ないそう, ないで, ないよう, ない性格, ない涙, ない現実, なおさらだったであろう, なおさら思い, なかったで, なかったであろう, なかなかない, なかなか弁信, なく病気, なく面白く, なさらない, なんでも, なんとし, なんともおもっ, なんとも思わない, なんにも考え, なんの, ひとりでに解決, ひどく気, ほとんどなく, ほとんど全く手, ほとんど忘れ, ほとんど眼中, ほんとうでは, ぼくは, まあどうなろう, まえに, まず不能, まだ一度, まだ大した, まだ私, まったく気ぶり, まったく話, まるでない, まるで問題, まるで忘れ, まるで忘れた, まるで忘却, まるで無かっ, まるで考えなかった, まるで耳, まるで聞い, まッ, みんなつまらない, むしろかえって整理, むしろどうでも, むしろ男, むろんできない, むろんできぬ, むろんないし, めずらしくなかった, めったになかっ, もうたくさん, もう介意, もう介意つて, もう出来なくなっ, もう忘れ果て, もう念頭, もう思い出し, もう物, もう自分, もう顧みない, もちろんできない, もちろん想像, もちろん浩, もったいないこと, もってのほかである, もっとも自然, もとより夢にもおもわない, もとより望めず, もとより由藏, もはやさしたる, やめようそれ, ゆめ考えられなかった, よくおぼえ, よく知らない, よく知らないらしい, よく行, わたくしは, ケロリと, チャント万年筆出し, チーフメートから, トンと, 一つも, 一ぺんも, 一人の, 一切頭に, 一向お, 一向に考え, 一向わかりません, 一度だって, 一度に, 一言半句も, 一遍だ, 万, 下らん, 不可能である, 不得意でした, 世間に, 丸ビルに, 主婦と, 予が, 予に, 事実としては, 二の次に, 云わず単純, 云わないもの, 人が, 人も, 今さら恥ずかしく, 今の, 今思っ, 今日の, 今日まで, 今日既に, 他日誰かが, 他易く, 仮にまだ理論, 何う, 何かの, 何とも, 何とも云いません, 何とも思っ, 何一口いわず, 何人の, 何樣でも, 余りにたやすい, 余り深く, 作者が, 例も, 価値が, 先づ想像されない, 先生にとっては, 入院以来一たまり, 全くお, 全くない, 全く力, 全く厭, 全く当然の, 全く気がつい, 全く考えなかった, 全く見落し, 全体頭から, 全然なくなっ, 全然信じない, 全然忘れ去った, 全然秘密, 全然考え, 全然諸, 内地では, 出來さ, 出来ないであろう恐らく, 出来なかったの, 出来なかったろう, 出来なかつたらう, 出来なくなり随つて何事, 出来得よう, 初めてだ, 判りやせんよ, 判然した, 到底できない, 到底出来ない, 到底考えられなかった, 努めても, 勘定にも, 勿論云い, 勿論知ろう, 勿論頭, 千浪もとより, 単なる商売, 単に地図上, 即座に, 口へ, 口外は, 叭にも, 叶わぬよう, 唯その, 唯の, 問題でない, 問題でなく, 嚴重な, 困難でしょう, 地方には, 堪えうること, 外国へ, 多感な, 夢にもない, 夢にも及びません, 夢にも思ひ及ばぬ, 夢にも思ふ, 夢にも思わずに, 夢にも思ッ, 夢にも考, 夢にも考え, 夢にも考えた, 夢にも考へた, 夢想も, 大いに注意, 大きな成功, 大体の, 大嫌ひで, 大宅氏の, 大層誉めたで, 夫人としては, 奇蹟的な, 好ましくない, 好人物の, 如何に有益, 妾には, 嫌悪と, 学問でも, 宇治へ, 定めては, 実に国家, 家中にも, 實驗者によ, 寧ろ彼女, 寧ろ忘れられた, 少からぬ, 少し省略, 尚更知らない, 屁とも, 屡々心, 席を, 平凡な, 平気であった, 平生深く, 弥陀三尊の, 当然その, 当然な, 彼が, 彼には, 彼らの, 彼女にとって, 後に, 得意でも, 心の, 心配する, 忘られ, 忘れた, 忘れたやう, 忘れた風, 忘れはてて, 忘れられて, 忘れ切り結局, 忠相は, 怖くて, 思いあきらめた, 思い出す暇, 思い及ばぬこと, 思い浮かべようとさえ, 思はれない, 思ひ出す折, 思わず唯, 恐らくあるまい, 恐らく彼女自身, 恥でも, 想像の, 意に, 感じないで, 慎まなければ, 打ち忘れて, 抑, 捨てて, 放擲し, 数えるほどしか, 文壇では, 断念し, 新九郎に, 既に, 日は, 日本の, 明暗交錯し, 易々たる, 是だけ, 書かずいつも, 書くはず, 最早問う, 有り得ないが, 望み得ない, 望めない, 松風の, 栄三郎は, 棚へ, 構いませぬから, 欲しない, 殆どなかつた, 殆ど一度も, 殆ど事実, 殆ど私, 毛ほども, 毛頭知らなかった, 気がつかないの, 気恥ずかしく, 気振りにも, 決してございません, 津右衛門の, 滑稽どころの, 潰すなり, 為し得ぬので, 無い筈, 無用の, 無論最初, 爲し得ぬ, 物の数でも, 甚だしく警戒, 田舎風に, 男子の, 當てに, 皆なさういふ, 皆二人の, 皆忘れる, 目に, 眼底から, 矢代は, 知ったふう, 知つてゐなかつた, 知らないの, 知らないもの, 知らない小, 知らなかつた, 知らんかおで, 知りませんでした, 知りも, 知るまい, 神性の, 私に, 私には, 稀な, 絶えて, 絶對に, 絶無であろう, 考えない, 考えるひま, 考える余裕, 考える所, 考へずに, 考へても, 考へない, 考へないの, 考へなかつたた, 聞かない, 職人でも, 胸に, 能くわ, 自分に, 自分の, 興味も, 苦しいから, 著明, 薄っぺらで, 表向きの, 西王母の, 角兵衛は, 言い出せなかったの, 言って, 言わずただ, 許されない, 許すべからざること, 訳なし, 話して, 話題に, 説明する, 誰しも, 誰人も, 論外としても, 贅沢と, 軽率に, 追尋, 通常我々の, 造作も, 遠い昔, 遠い遠い少年, 金輪際やらず, 関つて居られなかつた, 院の, 隋書にも, 霞を, 露程も, 非常に, 頓着しない, 顧炎武が, 魏延は

▼ ことなし~ (945, 0.1%)

2315 にその 13 にこの 107 にそれ, に私 6 に彼, に自分, に過ぎ 5 という, といえ 4 と云, と聞き

3 [17件] といふ, と雖, にただ, には生き, にふつ, にまた, に口, に寧ろ, に我々, に手, に生き, に生きる, に而, に自然, に自由, に苦笑, に見

2 [50件] いふを, とどう, とは古人, と答, と雖ども, にこれ, にしかも, につい, にはその, には考えられない, にふと, にむしろ, にポスト, に世間, に二人, に他, に八五郎一人, に兵馬, に出, に單, に夢中, に如何, に家, に小屋, に彼女, に承知, に文科生たる, に日々, に春, に正三, に涙, に煙草, に物思い, に眼, に神, に私達, に立派, に笑っ, に繰返される, に舞台, に言葉, に身内, に過ぎた, に頭, まで講じた, 一度梟身, 内閣は, 再び電燈, 夫れ, 是れ

1 [683件 抜粋] あなたの, いやに, かはは十左, からかって, からかつて, さ, されども, されば, しかれども, しばらくそこ, そしてね, そのあたり, その製作, ただ人気, ただ涙, たとへばを, つれ笑い, で, では, とあり, とある, というは誤なり, というもまんざら, という名水, という有様, という証判, といふべからず, といへり, といわれ, とかや, ときめ, とする, とつぐれ, とて一同, とて今, とのはなし, との裁判, との説, とは申されまい, とは申されませぬ, とも極ら, とも言, とも限らざる, と主張, と云う, と云った, と傳, と思う, と申す, と考え, と聞く, と言, と言い, と言う, など, などいう, にああ, にあった, にある, にあれこれ, にあんぐり, にいたずらに, にいった, にいつ, にいつか自分, にいとも, にいや, にうけ流し, にうまく, にえがき出したであろう, におかぬ, におし, におとし, におれ, にお玉, にかいた, にかつて, にかへつて, にき, にこ, にこういう, にこせこせ, にこの間恥, にこんな, にし, にしまふ, にすべて, にそ, にそう, にそこ, にそこら, にそのまま, にぞつ, にたいてい, にちつた, にちらりと, につきあ, につばめ, にです, にとある, にとかしこん, にど, にどう, にどこ, にどんどん, にどんな, にねそべり, にはいかなる, にはえらく, にはこういう, にはこの, にはそれ, にはとうてい, にはどんな, には事実上, には事實, には人, には今や全く, には何事, には児童文学, には到底, には可能, には否定, には問題解決, には嗣法, には存在, には完全, には実際, には彼自身, には我, には日本, には済ませなくなった, には減少, には理解, には生きる, には用いる, には眞, には社会的, には社會的, には考えられなかった, には考へられない, には自己自身, には虚栄的, には行, には表現, には解かれえない, には認識, には青年次郎, には魚釣り, にびっくり, にふっと, にぶじいける, にまかなく, にまつし, にまとまらないで忘れかけ, にみずから指導者, にみだりに, にみな, にむちゅうに勉強, にもう, にも歴史叙述, にも無意識, にも現われ, にやがて, にやってきた, にやつ, にやれる, にようす, によく, によろしく, にわざと, にわたしたち, にわびたい, にわれわれ, にオランダ人, にカザノヴァ, にキリスト教, にダーウィン, にトランプ, にノラクラ, にハズミ, にバツト, にベッド, にポカポカ, にラムプ, に一そう, に一体, に一同, に一定, に一年近く, に一町近く, に一番, に一般的, に不安, に不愉快, に不断, に世の中, に両国橋, に中止, に之, に乗り込ん, に了解, に事務所, に二つ, に享受, に人, に人間, に他人, に他者, に任意, に会話, に伸子, に住居, に体, に何, に作業, に例, に俗, に俺, に個人個人, に元町あたり, に兄, に充分, に全て, に全力, に兩者, に共産主義者, に兵営, に其の, に冷靜, に凝, に効果, に動い, に動かなけれ, に十日以上, に半年余り, に単なる, に博士, に厳粛, に又, に取調, に口べり, に口笛, に只, に只一概に, に各, に同一量, に同志小林, に名人, に否定, に呼んだ, に唯, に喉, に器械, に困りぬい, に堂内, に塊つて, に墓場, に変, に多く, に夜, に夫, に奥州路, に如何なる, に妻, に始め, に安, に安心, に官, に実, に宮, に家庭, に寝つい, に小さい, に少し, に峠, に差し込ん, に幾度, に底, に店員, に座, に弱, に強く, に彼ら, に徒ら, に微弱, に微笑み, に徹頭徹尾, に心, に忠實, に思いだされた, に思ひ悩ん, に恐怖, に息, に悲しかっ, に悲劇的, に意志, に憤つ, に懐中, に成長, に我身, に或, に打ちすてられ, に打ち明ける, に抱いた, に按摩, に捨て, に推し, に救っ, に斃, に文学, に断行, に新聞, に昔, に時間, に暫く, に暮羊君, に書い, に書き続ける, に木影, に本国, に机, に柱, に機会, に欣々, に正面, に歩い, に死ななけれ, に死ん, に毎, に永く, に求めね, に泣きたくなった, に注射, に涙ぐんだ, に済ん, に済んだであろう, に渋々, に溜息, に滑稽, に為吉, に無事安穏, に無味冷淡, に無責任, に然, に煩っ, に父, に特に, に特性, に球, に生花, に男女三人, に百メートル, に益々, に盤面, に目的, に目的地, に看過, に真, に真先, に眠る, に眺め, に着, に社会条件, に神田界隈, に空, に空い, に空しく, に窓, に窮屈, に窺, に立, に立ちあがった, に立ち上っ, に笑, に笑った, に第, に笹村, に節, に純潔, に素早く, に素晴, に終らね, に絵, に続い, に続いた, に続く, に編物, に緩, に置い, に翌日二十八日, に老母, に耳, に肝, に腰, に自己自身, に良寛さん, に芳輔, に芸術家, に茶, に草鞋, に蔭, に藤田家, に蟄居, に行われる, に街, に裁断, に西海岸, に見つめ, に見詰め, に親, に親しく, に親方, に解決, に認識, に誘い合っ, に読み終る, に談, に責任, に起き上った, に身, に身心, に軽く, に農民, に辿る, に近所, に通つて, に通りすがり, に進める, に進ん, に遊びまわっ, に還っ, に重い, に重く, に開け, に陸中八木, に離室いっぱい, に雨, に雪, に音, に頤, に顯, に馭者, に駿介, に鶏, に黙々, にAR, の勉強, の徹夜読書, の推測, の条件, の気休め, の独酌, の節制, の行乞, の連中, はおまけ, もし我, よしよし, わが善き, ミネルヴァ氣息を, 世間日用の, 二回終っ, 云云, 仇なる, 伸して, 俄かに, 出るに, 剰さ, 又政府當局, 口に, 同塾同窓, 吾聞く, 基督は, 外国と, 子供も, 尤も怪獣, 平民新聞は, 従て, 思うに, 我度々, 故に仏, 散って, 朝廷嘉賞し, 機嫌よき, 汝何ぞ, 渠は, 爲さる, 目方も, 瞼の, 素直な, 自分で, 自負嫉妬貪婪は, 蠅営狗苟羊狠狼貪, 街の, 視る力, 起ち上った, 遊戲とは, 雑然とかかりまし, 黙って

▼ ことであろう~ (931, 0.1%)

17665 と思う 43 と思われる 18 と思った 17 と思っ 14 がしかし, と思います 12 と思われた 8 が, しまた, とお, と想像 7 が私, よ 6 がそれ, ぞ, という, と思い, と私, な 5 がその 4 と思われます, と考え, と見えた

3 [12件] かと思った, からと思い, からと思っ, がこの, が今, というの, ともその, と同情, などと思っ, に, の, 自分は

2 [30件] かそれ, かと, からここ, からである, がそう, がそこ, がなにか, が少なくとも, が彼女, が自分, が薄, しそして, し今, し港, それを, と, という気, とは思った, と信ずる, と察し, と思いやられる, と思われ, と思われました, と悲しん, と源氏, と玉鬘, と自分, と薫, と院, 自分の

1 [377件] あとで, あの一件, あの方, あの身分, あの辺, あまりに人情, いずれに, いやなん, かこういう, かそれでは, かということ, かとその, かと不思議, かと夢, かと彼女, かと心中, かと思っ, かと木原, かと考え, かと黒坂, かなしいそれら, かなどとつれづれ, かなどと一文, かのう, から, からいっそすぐ, からおし, からこの, からすぐ, からその, からそのうち, からそれ, からそんな, からとにかく, からと半分, からと源氏, からな, からもう, からよろしく, から一生懸命, から一般, から今, から帰ろう, から或いは, から最も, から無理, から真実, から私, から簡単, から追って, か一家, か今般, か河野父子三人, か猿面冠者, がいったい, がいまだ, がうら, がお, がこうした, がこれ, がさ, がじつに, がそういう, がそうした, がそもじ, がそれでも, がそれほど, がそれら, がただ, がと前置き, がなに, がやがて, がより, がわたし, がわれわれ, がアパート, が丁坊, が二ツ, が今後, が今更, が佐古, が何, が余儀ない, が作者, が六十枚, が単に, が四ツ時, が外国, が姫君たち, が実は, が宮中, が家康, が小生, が少なくも, が左, が幸, が幸い, が影, が快速ロケット, が悪気, が手, が断定, が昔, が月下, が本篇, が来月初め, が東京, が松居君, が果して, が歴史上, が残念, が毎年暮, が気, が特に, が田舎, が白石神社, が百, が社長依田賢造, が神官, が精確, が終戦後二年目, が西洋, が資料, が赤壁, が農事以外, が酸漿, が門外漢, が馬, が鼓型, けれど, けれどおそらく, けれども女, けれどわれら, ここで, ことも, これは, さあ遠慮, しあれこれ, しかしこの, しことに, しそう, しそれ, しつれづれ, しなれ, しひいては, しまして, しわが国, しんせつな, し之, し今後憲法改正, し周易, し妻, し宮, し市民, し従って, し悲しい, し折角, し日本演芸, し熱烈, し父母, し町内, し結構, し若い, し華北交通会社, し話, し読み違え, し金持, し院, すなわちもし, すなわち英国, そこを, そしてお, そしてこの, そちは, その時鎌倉, それにも, それは, それほどの, たいへんに, つまり過去, とあわて, ということ, というよう, という不安, という様, という点, といささか, といっ, といった, といよいよ, といろいろ, とうとうついにこんな, とおもいました, とおもわれた, とかわいそう, ときわめて, とこんな, とごく, とささやく, とさすが, とさっそく, とされ, としいて, とせつなく苦しく, とその, とそれでいて, とそんな, となかろ, となん, とはいえ, とはばかっ, とはもはや, とは思っ, とは思われません, とむしろ, ともあれ体, ともう, ともかくも, ともとにかく, とももっと, ともフリーダ, とも今後私, とも年, とも思う, とも思われた, とも恣意, とも考えます, とも躊躇, とも閑子, とわし, とわたくし, とわたし, と七蔵, と不, と不思議そう, と世人, と中, と中将, と予想, と云った, と何だか, と何ら, と信じ, と信じた, と信じます, と信ぜざる, と内心期待, と反省, と同時に, と哀れ, と啓之助, と大変, と大将, と夫人, と女夫, と女王, と存じ, と存じます, と察する, と察せられる, と小坂部, と師直, と店, と心, と心苦しく, と思い続ける, と思え, と思召, と恥ずかしく, と悔いた, と悲しみ, と感じた, と感激, と手紙, と手近, と推察, と推理, と断じて, と書い, と期待, と栄, と案じられた, と楽しみ, と残念, と毎日こころ待ち, と気, と気がついた, と汝, と生き, と由良, と男, と知っ, と短命, と磯五, と窮鳥ふところ, と立っ, と紫, と考えられた, と考えられます, と考える, と考えるべき, と聞かされ, と胸, と自身, と藤吉, と覚悟, と解し, と言わるる, と身, と軽侮, と述べた, と非常, と顔, と顔色, と首肯, などとはだれ, などとは誰, などと切実, などと思った, などと源氏, などと煩悶, などと穏やか, に梢, のう, まことに悲しい, また現在, もうすでに宮, もともと貧弱, やはり宮, ゆえうわさを, よくもこれ, わいの, わしは, 一人の, 一夜の, 丁重に, 不都合な, 世間で, 予期以上に, 云々, 云云, 人生とは, 今は, 今日さえ, 今日も, 仮にも, 何かの, 何にも, 何度たたいた, 信長は, 僧の, 凡そ今日世間一般, 前田利家からも, 同時にそれ, 大貴族, 娘の, 宗教家が, 左れ, 弥市おまえは, 御用を, 徹頭徹尾突きくずされ, 情けないこと, 惜しいもの, 挨拶を, 栂は, 格子や, 殿様が, 渡りに, 狂おしいよう, 相互に, 短期間の, 筒井は, 聡明な, 自尊心の, 軽々しく他人, 餓死人が, 鼻の

▼ ことであり~ (928, 0.1%)

8 それが 7 そのため, それを, 第二 6 それによって, もう一つ 5 それは, 私が 4 これは, そしてこの, そのこと, それに, 之に, 而も

3 [15件] これを, そしてそれ, またその, また自分, 世界が, 之を, 印象を, 形成する, 彼は, 従って又, 時としてそれ, 物を, 直觀, 私は, 逆に

2 [49件] あなたが, あるとき, これに, さう, そしてかかる, その中, その声, その第, それの, また巴里, また私, もとは, よく物, 一つは, 一方は, 且つ直接, 世界人となり万民国籍の, 人間を, 他方に, 何う, 何が, 個人の, 凡そ大人げ, 即ち神, 反対に, 各自が, 同時に限り, 名誉な, 国家に, 夫が, 嫌悪すべき, 対世間対名誉それだけ, 平生の, 彼が, 後者は, 村の, 東北で, 東北には, 決して一般的, 決して美談, 現在の, 男性に対する, 神経が, 私の, 第三, 自我の, 行方不明に, 観念の, 過去から

1 [710件 抜粋] あは, あんまり自分, いかにし, いかにも抜け目, いちいち分解的, いったんピヂン・イングリッシュ, いまと, いよいよ十四年普選案, いろいろ予想外, おそらくは非常, おそらく間違い, お妻, かかる徒輩, かかる汚名, かくして自己, かくの, かやう, がたくそこで, ここに, ここへ, ことには, このよう, この一山, この世の, この事実, この人, この先輩, この友人, この態度, この理, これからも, これが, これによって, さらに自分, さりとて夜, しかも, しかもかかる, しかも命令, しかも常に, しかも彼等, しかも自分, しかも雪解け時, すぐ近く, すでに十何年, すべては, そういう事実, そういう思想, そういう道徳, そうし, そうしてその, そうして主観, そうして忘れ, そうであるらしい, そこでは, そしてかく, そしてこれ, そしてすべて, そしてその, そしてついに, そしてまた一大進歩, そしてまもなく, そして凡て, そして実は観念そのもの, そして実際, そのう, そのじ, そのどこ, そのなか, その一本, その上, その主体, その価値, その反対, その妻, その家庭, その彼, その心, その必要, その意味, その態度, その数, その時, その時武蔵, その歌, その理解, その表現, その裏, その跡, その軌道, その逆, その際, その頃, それだけで, それだけにまた, それだけ娼婦, それには, それにも, そればかり, それゆえ, それ以後保養の, それ程政治家等, それ等を, ただそれだけ, ただの, だから造る, ついに宋江, つねに自分, つまり幼, つまり歩行出來, とくに原爆, どうぞこれからも, ながら, ながらかつて, ながらさ, ながらそんな, ながらともすれば, ながらよほど, ながら世間, ながら主人, ながら併, ながら思い出せない, ながら炬火, ながら送り狼, なにとぞし, なほ観方によ, はじめて彼, また, またあらゆる, またおもしろい, またかわいそう, またこれ, またすべて, またそういう, またたとい, または起っ, またほとけ, またもちろんもっとも, またスウェーデン, また一方, また人口, また仮に, また余りに, また例示, また副, また動物, また古来, また同門, また外国人, また大事, また希望, また常識的, また当て, また早晩, また時, また秘密, また絵, また絶後, また美しい, また論議, また近代, また近頃, もしあるなら, もともと悪気, やがては, ようはずが, ようやく紀元後一五一八年, われわれの, われわれ以外の, んす, アジテーションは, アメリカの, ギリシアの, クリストフが, ケージーの, ディアレクティクの, デユヴイヴイエの, ニッポン的でない, バイブルに, メフィストは, ヰは, 一つ一つの, 一とわたりは, 一例を, 一句万世に, 一定の, 一層適切, 一方作者, 一日も, 一般に, 一般的な, 上下顛倒する, 下らなく腹立たしいが, 不必要, 不意に, 不確定性原理, 且つ無理, 且つ陣中, 世界は, 世間から, 中堀や, 中大兄, 主としてフランス, 主体が, 主従の, 之によって, 之に対して, 二人の, 五年前の, 人の, 人情にも, 人生における, 人間は, 人間も, 人間的文化に, 今仮に, 今夜に, 仕事し, 仕事を, 他方は, 他方否定判断においては, 他面に, 代々黙認され, 代議政治は, 伸子は, 佐八も, 余人の, 來年の, 価格変動の, 信用に, 修身学的には, 偶然にも, 僕らの, 全くの, 全一と, 全体的一が, 其よりも, 内から, 初めから, 初めて愛, 利益を, 創造は, 劇を, 勇敢に, 北は, 十二神貝十郎が, 十四五分間の, 半月以上かかる, 単なる存在, 単に無益, 即ちそれだけ, 即ち之, 即ち封建制度, 又その, 又た喜ばぬ, 又一生, 又二人, 又多大, 又奉行, 又如何, 又更に, 又毎年正月, 又認識論, 又逆, 反對, 古代には, 古典主義という, 同じ年, 同時に印度, 同時に自己形成的, 善いこと, 單なる, 国内の, 国民の, 地温の, 塚田に対して, 多の, 大がいの, 大金を, 娑婆の, 媒介の, 子は, 存在は, 存在論的論證の, 学生の, 學問として, 安南都統, 宋江は, 宗教上より, 宝永の, 実にあぶなかっ, 実在的な, 実証的である, 実際そうなる, 実際には, 容易に, 實際に, 対立なく, 小さな事件, 小屋の, 小鳥に, 少くとも, 少しく皮肉, 少し離れ, 少なからず, 少数の, 山前山後是れ, 幸いに, 幸福に, 庫と, 弱者を, 張陵が, 彼を, 彼女が, 彼女の, 後の, 後夜を, 従ってフンボルト, 従って一応, 従って文明開化, 従って日本全体, 従って現在, 従って結局歴史, 従って逆, 従て, 從つてその, 思考する, 性格以外に, 恋人との, 恐るべきは, 悲しみの, 慎重を, 我々が, 我々の, 或いはこの, 或いは切り離した, 或は又新, 或る, 所謂学者とは, 手ぬるいこと, 手紙は, 抱えたちにも, 抵抗なく, 換言すれ, 支那では, 政治上より, 教化宣伝手段という, 教室用の, 文化が, 文化的進歩という, 文明に, 新しい生活, 新なる, 方法的とは, 族長時代には, 日本が, 日本といふ, 日本側の, 日本橋の, 明らかに, 昼間は, 時刻は, 曲者は, 更にこれから次第に完全, 更に云え, 最初は, 最後には, 服部家は, 朝倉先生夫妻の, 木村にとっても, 木村名人は, 木村大山を, 未来から, 東京帝国大学の, 染井右近の, 梟帥が, 検挙および, 楽しい事, 樗蒲一の, 機械主義の, 次にそれ, 次に住居, 歌川家へ, 正当な, 此教育は, 武士たちも, 歴史を, 殊にスピッツ, 殊に彼等, 毎日の, 水面に, 決して神話, 洪庵は, 深淵と, 済まないこと, 準備が, 無産者の, 無策の, 父に, 父を, 特に理由, 特に社会科学的ドクトリン, 犬死といふ, 狡さ, 独自の, 玉鬘の, 珠を, 現代日本の, 現在という, 現在を, 理解の, 環境が, 生即死, 生命の, 生存者が, 生糸売り込みも, 男ばかり, 畢竟するにただ, 畳の, 白兎とは, 皇室が, 直ぐにも, 真理とは, 石に, 神に, 神の, 神学的範疇の, 神田署は, 禁圧対抗手段という, 私も, 私一個の, 科学的世界観の, 科学的範疇によって, 空想や, 第二は種, 節は, 経験される, 結婚さへ, 絶対に, 繊細な, 罰が, 羅馬人の, 美人ベアトリーチェとの, 育児には, 自分がも, 自分たちの, 自分では, 自分に, 自分を, 自分自身である, 自分達の, 自己という, 自己に対して, 自己を, 自己自身を, 自覚においては, 興も, 芭蕉の, 苦しみを, 苦痛も, 蛍草の, 血を, 血潮と, 被告人にも, 裁判官の, 要するに技術発達, 要するに男, 言ひ, 言葉の, 討手が, 記憶とは, 訟と, 読書の, 誰が, 資本家も, 賢王としての, 趣味が, 辛いこと, 迅速に, 遍路と, 過去と, 過去未来を, 遠い山, 遠く大都市, 選挙という, 部屋の, 酒杯の, 野糞の, 関係に, 關係の, 階級としての, 随って, 雜律は, 静けさと, 非凡の, 非常に, 食器の, 馬田の, 駒井が, 高い恋愛, 鶴見の

▼ ことによ~ (920, 0.1%)

45 つてのみ 23 つて 19 つてその 13 つても 11 つてはじめて 10 つてこの 8 つて自分の 7 つて自己を 6 つて一つの, つて彼は 5 つてより, つて自分を, つて自己の 4 つてそれが, つてそれの, つては, つて人生の, つて僅かに, つて彼の, つて生ずる, つて私は, つて行はれる

3 [17件] つてかの, つてそれを, つてでは, つてまた, つて主, つて人間は, つて他の, つて初めて, つて同じ, つて吾, つて存在する, つて存在は, つて我々の, つて文学の, つて新しい, つて更に, つて自らの

2 [50件] つてあらゆる, つてある, つてか, つてしか, つてすべての, つてそこに, つてそして, つてそれに, つてでなく, つてともかく, つて世界が, つて主體を, つて人間の, つて人間的主, つて何等かの, つて僅に, つて僕は, つて其の, つて再び, つて別離に, つて即ち, つて又, つて可能である, つて可能と, つて史料の, つて否, つて單に, つて始まる, つて完全に, つて実在する, つて客體の, つて實在, つて成り立つ, つて成立つ, つて新しき, つて方式それみづか, つて明瞭に, つて樂しむ, つて次第に, つて活動は, つて漸く, つて現実の, つて理論を, つて益, つて知られる, つて知る, つて自らも, つて自己自身を, つて言ひ, つて読者の

1 [570件 抜粋] うく注意, つていよいよ, つておのづか, つてかくて, つてかなたの, つてかへ, つてきまる, つてここに, つてこの世の, つてこれから, つてこれが, つてこれを, つてさ, つてさう, つてさうな, つてさだ子と, つてさへ, つてしかし, つてすでに, つてすべては, つてすべてを, つてする, つてそこは, つてそのものの, つてそも, つてそれは, つてそれ等の, つてそれ自身體系的性質を, つてとにかく, つてどれたけ焦立つ, つてどんなに, つてなつかしん, つてなどの, つてなほ概念的表現に, つてなるべく, つてなるほど, つてに, つてひそかな, つてひとつの, つてほとんど, つてまつたく, つてまるで, つてむしろ, つてもとの, つてものに, つてもはや, つてや, つてやき, つてよい, つてよき, つてわたくしは, つてわれわれは, つてわれわれも, つてアポリアの, つてイデオロギーにと, つてキリスト教的信仰の, つてシェーラーの, つてスピノザの, つてトルストイの, つてパリ人士の, つてフィクションは, つてプラグマチズムは, つてヘーゲルは, つてヘーゲルを, つてベルグソンの, つてマルクス主義は, つてロゴスとしての, つてヴァレリイの, つて一人あく, つて一切を, つて一家三人が, つて一層, つて一度に, つて一座の, つて一挙に, つて一種社会的孤立の, つて上昇しつ, つて不, つて不思議な, つて世代の, つて世代理論は, つて世界の, つて世界を, つて中心も, つて中腹に, つて主體は, つて主體も, つて事変そのもの, つて事實も, つて二手損を, つて二重の, つて人と, つて人の, つて人は, つて人を, つて人柄と, つて人物の, つて人間的な, つて人類に, つて今は, つて今も, つて今後の, つて今日の, つて今現に, つて何が, つて何事をも, つて何彼と, つて何物か, つて佛と, つて作品の, つて作物の, つて俳優自身の, つて俺は, つて健やかな, つて傳統主義を, つて傷や, つて僕への, つて優越を, つて先づ歴史の, つて先づ読者と, つて先にの, つて全うせられる, つて全く, つて全てが, つて全ての, つて共に, つて其に, つて其光を, つて其家の, つて其持つ, つて其處に, つて具體的に, つて内容を, つて冬季を, つて初めは, つて別つべき, つて別の, つて利用し, つて利益を, つて到達する, つて制御する, つて制限と, つて創りだされる, つて創造され, つて医し, つて區別される, つて卓一を, つて即座に, つて却つて滅びぬ, つて却つて現実世界の, つて却つて自己を, つて却て, つて友情を, つて反, つて取りもな, つて古事記の, つて古来の, つて古賀に, つて可能で, つて可能であり, つて可能な, つて各々の, つて同時に, つて名声を, つて向上と, つて否かかる, つて否しか, つて呼び起される, つて哲學は, つて哲學史其ものが, つて哲學的エロースの, つて善人の, つて囘想は, つて因果的に, つて固有の, つて国民が, つて國民は, つて圧倒され, つて地上も, つて基礎附けられ, つて変態的な, つて外形的に, つて大体知り, つて天皇の, つて夫, つて失つた彼の, つて失ふ, つて失敗の, つて奉仕する, つて女の, つて女房が, つて女自身の, つて妻は, つて委員諸氏の, つて威力が, つて子供の, つて子供よりも, つて孤独の, つて学問を, つて安心立命の, つて宋の, つて宗教的表象は, つて定まる, つて実体を, つて実質以上に, つて客觀的實在世界が, つて客觀的觀念論は, つて客體は, つて客體的存在者相互の, つて宣詞から, つて家族を, つて實質的にも, つて対象にく, つて將來に, つて專ら人間的である, つて對立し得たで, つて少く, つて山上に, つて差止めにな, つて己れ, つて常に, つて平, つて平らに, つて平生は, つて平生既知の, つて年が, つて建築し, つて彈丸が, つて当人が, つて当然, つて影の, つて彼が, つて徒らに, つて心を, つて心境の, つて心理的主, つて心理的發生的な, つて必然的に, つて快よい, つて念仏の, つて怒, つて怒らせる, つて思え, つて思想の, つて思索する, つて性格を, つて恐らく, つて悠々自適の, つて想像し得る, つて想像出来る如く, つて意味される, つて意味を, つて感傷的に, つて感動し, つて成立した, つて成立す, つて成立する, つて成績の, つて成長, つて我々は, つて我等の, つて或は, つて或はまた, つて戦争に, つて所作事ある, つて所謂, つて承諾の, つて把握する, つて支那民衆を, つて政治の, つて政治を, つて救は, つて救はれ, つて教養と, つて散文と, つて文化の, つて文化的生の, つて文化的生本, つて文藝意識の, つて新たなる, つて新に, つて新劇が, つて新聞といふ, つて日本の, つて日本人の, つて日本国民の, つて旧劇が, つて明かである, つて明らかである, つて明日の, つて明白である, つて時より, つて時期を, つて時間といふ, つて時間性は, つて普遍に, つて智能ある, つて暴力を, つて曇り, つて有は, つて有馬情調その, つて本来の, つて来るべき, つて果して, つて楽々, つて様式上の, つて歌舞伎劇そのものの, つて歡喜し, つて歴史の, つて歴史を, つて歴史的意識の, つて殆ん, つて母親を, つて氏が, つて民族的特質に, つて氣持を, つて永遠性は, つて永遠性を, つて決定される, つて決定する, つて油絵の, つて滅びぬ, つて滅びる, つて演劇の, つて演劇的にも, つて無を, つて無言ながら, つて無造作なる, つて然し, つて父は, つて物語の, つて特権の, つて特殊の, つて犯罪を, つて現れる, つて現代の, つて現在の, つて現在も, つて現在を, つて現実を, つて理解し得るであらう, つて生が, つて生き, つて生きる, つて生き甲斐を, つて生じた, つて生じない, つて生れた, つて生徒の, つて生活を, つて生甲斐を, つて男は, つて男も, つて當時の, つて痛い, つて瘤や, つて発展し, つて發展し, つて發展した, つて百姓は, つて皆さんの, つて益々, つて益栄え, つて益益よく, つて益益より, つて目に, つて目的を, つて直ちに, つて直接の, つて直接或は, つて相手から, つて眞に, つて眞理を, つて真の, つて真実の, つて着, つて知覺せられる, つて破られる, つて確かめられ, つて確乎たる, つて社会の, つて社會を, つて祖先達の, つて神によ, つて神慮を, つて神経衰弱を, つて祭を, つて秀吉は, つて私たちは, つて私の, つて私自身を, つて私達は, つて移動する, つて稍たしかめられる, つて積極的な, つて穩か, つて精神を, つて紛れる, つて紛糾を, つて素子への, つて終極に, つて結合し, つて結局僕自身をしか, つて結末を, つて絶對者自らの, つて絶望を, つて維持しよう, つて維持せられ, つて線路の, つて罪悪感に, つて美しい, つて美果を, つて習得される, つて考へない, つて聯關そのものも, つて自らより, つて自らを, つて自ら外国から, つて自ら活きる, つて自ら自滅の, つて自主的存在と, つて自分が, つて自分たちが, つて自分と, つて自分にも, つて自分独特の, つて自分自らの, つて自分自身までも, つて自分自身を, つて自家の, つて自己に, つて自己は, つて自己も, つて自己弁護する, つて自我の, つて舞台の, つて舞台全体の, つて船に, つて良く, つて良俗と, つて苦も, つて苦悩が, つて落語で, つて葬る, つて藝術そのものも, つて藤原氏と, つて蘇つたのである, つて行はれた, つて行乞が, つて衝突の, つて表現は, つて要求される, つて見, つて見つめね, つて見る, つて見出し知る, つて見物を, つて覚える, つて覚悟を, つて観客を, つて觀想乃至, つて解釋しよう, つて解體しなけれ, つて詩と, つて認めた, つて認識されるであらう, つて認識を, つて認識本, つて謂はば, つて證明される, つて豐富に, つて負, つて財産の, つて賢い, つて贖罪を, つて足りる, つて辯證法は, つて返事に, つて逆に, つて通俗小説への, つて進歩が, つて遂に, つて運動する, つて過失の, つて達せられる, つて達せられるであらう, つて達成せられる, つて量感を, つて金に, つて金にか, つて間違つてゐる, つて防ぎ得られる, つて露はに, つて非常な, つて高まる, つて高次の, つて高貴な, つて鬼検事の, つて鮮やかに, つて黨は

▼ こととは~ (881, 0.1%)

17 全く別 16 知りながら 14 いいながら 13 知らないから 12 別の, 夢にも 10 別な, 思えない 9 なった, 思われない, 知らずに 8 存じますが, 知らなかった 7 別である, 思って 6 思いますが, 思えなかった 5 なんだ, 少しも, 思うが, 違って 4 ならない, なりぬ, 同じでない, 思ったが, 思わなかった, 思われません, 違ふ

3 [18件] おのずから別, ちが, なって, また別, 云いながら, 何であろう, 全く違う, 別だ, 別で, 別事である, 存じて, 思いも, 思われなかった, 意味が, 無關係, 言いながら, 言ひ, 関係なく

2 [50件] いえこの, いえ矢代, お思い, しばしば摩, ちがう, ちがって, どんなこと, まったく別, まるで違う, 一枚に, 一致しない, 二つの, 今の, 何の, 何事だ, 信じて, 全く反対, 同じで, 同じよう, 大に, 察して, 少し違, 心得て, 必ずしも一つ, 思いながら, 思いませんが, 思う, 思つた, 思つてゐない, 思へなかつた, 思わない, 思わなかったが, 思われないの, 感じないで, 決して同一, 無関係な, 申しながら, 矛盾し, 矛盾しない, 矛盾する, 知らない, 知らないで, 知らないもの, 考えて, 考えられないの, 話が, 違います, 違いますから, 違う, 違ひます

1 [506件 抜粋] あのこと, あの世からも, あべこべに, あまり違, あらかじめ測る, いいすぎだよ, いい条, いうまでも, いうものの, いえいつ応召, いえいよいよ, いえそれ以上, いえたとえば, いえたまらなく, いえとうてい, いえとんだ, いえどうも, いえないし, いえよう, いえ一人, いえ何ん, いえ同じ, いえ奇遇中, いえ宵, いえ幕府, いえ思いやり, いえ泰軒, いえ自殺, いかなる点, いっしょに, いまでも, いわぬ, おのずから別に切なかっ, おのずから異, おもへ, おもわれない, およそ縁遠い, およそ違う, お民, お粂, かかわりが, かかわりの, きっと関係, きわめて密接, くいちがったまま, ことにそれ, この問題, これである, これや, これを, されて, して, しなかった, しばしば同じ, すぐ結びつい, すこしも, すこし違うでしょう, すっかり勝手, すつかりかけ離れた, せずありそう, ぜひ一緒, そんなに違う, そんなに違わぬ, ぞんじましたが, ぞんじまするが, ぞんずるが, たいへんに, ただ辛抱づよく, ちがいますよ, ちがうから, ちがうという, ちがうよう, ちがう新た, ちっとちがいます, ちゃんとわきまえ, ちょうど反対, とかく両立, ともに古くから, どういうこと, どういうの, どういふ, どうしてそんなに疑問, どうしても鍛錬, どうして矛盾, どうも思われない, どこまでも, どっかで, どっちに, どなた, なおさら信じません, なかなか深い, なしぬ, なったの, なにか, なにかね, なにかを, ならずそして, ならないの, なれり然るに, なんでございます, なんです, はたして矛盾, はっきり別, はて何, はなはだ縁, はなはだ近接, また別に, また違, まったくべつ, まったく反対, まったく異, まったく知らなかった, まつたく, まつたく別, まるでべつ, まるで別, まるで反対, まるで意味, まるで方向, まるで知らず, まるで訳, まるで違, もうせ飛んだ粗相, より冷たい, わけが, クーパー君どう, ハッキリ別, ファラデー自身が, 一しょに, 一つことでない, 一つでない, 一つでは, 一向知らずせか, 一度だって, 一応別, 一応区別, 一応独立, 一體どう, 両立し, 両立は, 予想され, 予想も, 予期なさらなかった, 事かわり, 云うまでも, 云えあの, 云え何, 云え怖がらせ切, 云え短刀, 云へ, 云われますまい, 互いに相, 人後に, 今区別, 他でも, 他の, 仮にも, 仰せられなかったという, 似ては, 何か, 何だ, 何だか手紙, 何だろう, 何である, 何でしょう, 何ら矛盾, 余りに懸離れ, 係り合いの, 信じかねるよう, 信じきれないで, 信じますそれ, 信じません, 信じられないの, 信ぜられない, 信仰において, 全くちがっ, 全く別に前夜, 全く同一, 全く問題, 全く懸り合い, 全く無, 全く無関係, 全く縁, 全く違つて, 全然かかわり, 全然別, 全然関係, 全然關係, 凡そ縁, 凡そ関係, 出来ないので, 切り離せない関係, 切離すこと, 別さ, 別だろう, 別であり, 別です, 別として, 別なわからせ, 別にこれ, 別にまるで瑞々しい, 別に僕, 別に女, 別に気, 別に現在, 別に私, 別に自ら恃むところがなければならぬ, 別に関係, 別ものである, 別物である, 前途に, 勿論別, 勿論家族, 区別されね, 区別される, 區別し, 厳密に, 反対な, 反対に, 同じこと, 同じじゃ, 同じ意, 同じ意味, 同じ統一戦線的実践, 同じ臨終, 同じ頭, 同一人, 同意義, 同時である, 嚴密に, 囈けも, 場合が, 夢にも思いませんでした, 夢にも思っ, 夢にも思わず, 夢にも気が付きませんでした, 夢にも考え, 夢知らぬ, 大したちがい, 大分違うた, 大変よく, 大違い, 如何, 存じつつ, 存じながら, 存じながらも, 存じましたれど, 存じませんでした, 存じませんでしたし, 存じませんもの, 存じ上げながらも, 存ずるが, 存ずれども, 存ぜずさき, 定って, 密接に, 対蹠関係に, 少くとも, 少し相違, 少し違う, 少なくとも実地, 工藝においては, 差当り無関係である, 常に反対, 常に微妙, 当時も, 彼には, 往々に, 心の, 必しも, 必ずしも一致, 必ずしも全部, 必ずしも同じ, 思いながらも, 思いましたが, 思いましたけれど, 思いますがね, 思いますけれど, 思いますけれども, 思いませんでした, 思いませんでしたのに, 思いませんので, 思い申す, 思うても, 思うものの, 思えども, 思えないからね, 思えないけれども, 思えないし, 思えないとともに, 思えないの, 思えないわ, 思えなくて, 思えなん, 思えぬほど, 思えぬ美しい, 思ったけれど, 思はない, 思はなかつたが, 思はなかつたん, 思はれなかつた, 思ひませんでしたが, 思ふが, 思へないの, 思わずに, 思わずほとんど, 思わないの, 思わなかったけれども, 思わなかったので, 思わなくてよ, 思わぬが, 思わぬ故, 思われずあまり, 思われないが, 思われないで, 思われないであろう, 思われないと, 思われない中, 思われなかったの, 思われぬぞ, 思われますが, 思われますまい, 思われるの, 思召しますまい, 思想の, 想像される, 意味を, 感じられなかった, 感じられなくなって, 承知し, 断じて同じ, 新聞記者は, 明らかな, 明瞭に, 最初から, 最初には, 本來別物, 本質的に, 根本的に, 案外に, 様子にも, 正反対であった, 正反対である, 殆ど違った, 比べものに, 比較に, 比較の, 気がつかず或いは, 気がつかないから, 気がつかないで, 気がつかなかった, 気づかずに, 気づかないで, 氣が, 決して同じ, 決して矛盾, 汽船が, 海員という, 深く存じ, 深く思い, 無論お, 無論全く別, 無論別, 無論対立, 無関係だ, 無関係だった, 無関係である, 無関係に, 然程, 爭で, 理由が, 理論的に, 甚だ意味, 申されませぬ, 申されませんので, 申しません, 申せつい, 申せ先ほど, 申せ無礼, 申ながら, 異った, 異って, 異なって, 異りこ, 異る, 疑う余地, 疾くから, 目前の, 直ぐ知れ, 直に同一, 相変らず, 相容れず, 相当ヒラキ, 相連関, 相違が, 真反対, 矛盾いたしません, 矛盾した, 知って, 知らずただ, 知らずどんなに, 知らず伊之助, 知らず何儀, 知らず僕, 知らず朝, 知らず石小屋, 知らず話しながら, 知らず金持ち, 知らないもん, 知らない人たち, 知らない他, 知らない梶子, 知らない私, 知らない萩乃, 知らなかったと, 知らなかったの, 知らなかったん, 知らぬフランス人, 知らねえで十円, 知りつつも, 知りながらも, 知りませんから, 知りませんで, 知りませんでした, 知る筈, 石見守からも, 破壊であった, 確からしかった, 私には, 私の, 程遠いもろもろ, 種類が, 竜之, 符節が, 等しくない, 結び付けられて, 縁の, 縁も, 縁遠い, 縁遠い事柄, 考えなかった, 考えなかったの, 考えませんか, 考えられなかった, 考えられぬから, 考えられません, 考へられても, 考へられない, 自ら問題を, 自ら記述の, 自然に, 董承, 蘭軒の, 蝦夷という, 見えなかった, 見のがすこと, 解しえない, 言い乍ら, 言い条いままでの, 言えない, 言えなんとか, 言えません, 言え一切, 言え少し, 言へ, 訳が, 誰かが, 誰も, 誰不知火, 趣を, 逆に, 違いましょう, 違いますし, 違い隠して, 違うから, 違うけん, 違うぞ, 違うだん, 違うと, 違うので, 違う不謹慎, 違う返答, 違った尚侍, 違つてゐる, 違ふん, 違ふんだ, 遠いこと, 遠く何, 遠慮する, 野球場で, 関係が, 関係なし, 関係の, 限らず私たち, 限らぬの, 露知らざり, 露知らず一行の, 露知らぬ, 非常に, 驚きの

▼ ことについては~ (804, 0.1%)

21 何も 14 私は 7 何にも 6 一言も 5 自分は 4 いろいろの, なにも, 何の, 前に, 彼は, 後に, 私にも

3 [13件] かつて, ここで, これまで, わたしは, 僕は, 全く知る, 口を, 君の, 実にいろいろ, 次の, 私が, 私も, 自分が

2 [34件] あとで, いろ, いろいろと, お前の, こういっ, この書物, すでに述べた, それだけの, どこまでも, ひとことも, もしそこ, もっと具体的, 今まで, 他の, 他日別, 何とも, 全く知らない, 前から, 博士は, 問題が, 多くの, 少しの, 少しも, 当時の, 彼の, 必要以外の, 昔から, 沈黙を, 私には, 種々の, 誰しも, 諦めること, 長い間, 非常に

1 [616件 抜粋] あえて遅疑, あそこは, あたしは, あなたの, あの一件, あの人, あの夜以来, あまり考へなかつた, あまり説法中, あらかじめ読者, あらゆる難儀, いうこと, いかなる科学者, いささかの, いち早く地球人, いっこうにしりませんでした, いつか心静かに, いつも特別口数, いまと, いろいろ勘違い, いろんなことば, うたがって, おいおいと, おかみさんが, お嬢さま, かつて小泉八雲氏, かなりくわしく, かねてから所長, きょうの, くわしいもの, けだし種々, ここに, ここまで, こちらが, ことさらに, この位, この町, この貧しい, こよい, これと, これには, これを, これ以上もう, これ以上深入りし, さきに, さしあたり纏まつ, さまざまな, さらに同月十日条, しばしばいつた, しばらくふれず, すこしもかわり, すこし秀吉, すでに, すでに一, すでに書いた, すでに簡単, すでに記したごとく, ずいぶん教育上, ずっと前, ぜひ帆村, そうだ, そう心配, そしてこの, その事実, その分け与え, その大体, その当時, その後疑義を, その時, その際, それいじ, それが, それきりなにも, それほど訂正, たいへん警戒, ただそれ, ただ挙, だまった, だまって, だれとも, ちょっと暗い, ついまだ木村, つい一週間, つきり説明, つぎの, できるだけ便宜, とても理解, とりたてる方, どういうもの, どう考へ, どこか, どのよう, どんな落雷, なお別項, なお本論, なお次, なかなか喧しい, なさけなくなる, なした, なにか恐し, なにくれ, なにもかも一応知っ, なるだけ, なんとも言いよう, なんにもなんにも本当になん, なんにも言いませんでした, なんの, のって, はたしてなん, はっきりさせ, ひそかに, ひとつの, ふと矢代, ほとんどおんなじ, ほとんど何事, ほめない人, ほんのちょっぴり, ほんのわずか, ぼくより, まして機密, まだまだのべる, まだ何, まったく何, まるで嘘, まるで渾沌, まるで知つて, みずからを, みんな我々は, むろんの, めいめいの, もうこれ以上何, もうすこしプラン, もう何, もう俺, もう口, もう思い出せない, もう語ろう, もちろんこれ以上, もっと先生, もはやだれ, もはや何, よしその, わざと言訳, わしも, わたくしが, わたしも, わたし自身も, オデリコの, オールド・ベーリーは, クリストフに, クリストフも, ゴンクウル氏自身が, サト子さんは, スターリンも, ハロルド・レーバン氏も, パリの, ベルリン特電は, ホテルへ, ミネと, モー夢中である, 一々原典, 一つの, 一まとめに, 一切口を, 一切語る, 一向に無, 一字も, 一年じゅうじ, 一度常識者流, 一日の, 一波瀾も, 一般から, 一葉も, 一行も, 一言の, 万事彼の, 三年かかっ, 不完全な, 不服を, 不治の, 世界が, 世間で, 中国人の, 中姉ちゃん, 主君に, 争われないもの, 事件の, 二つの, 二人とも, 二十の, 云々する, 云うべき限り, 互いに一言, 互に一言, 五分五分です, 些の, 人にも, 今では, 今と, 今の, 今は, 今度は, 今御礼を, 今日でも, 今日まで, 今更に, 今更婿養子, 今私は, 他に, 他人さまの, 他日その, 他日また, 他日稿を, 以上の, 伜の, 伝二郎は, 伝統と, 伯爵の, 伸子の, 何うし, 何か, 何とも云っ, 何と答, 何のけ, 何一つもらさなかった, 何一つ云わない, 何一つ知らない, 何一つ隠してえへん, 何年も, 何時までも, 余が, 余り重大, 作者が, 作者の, 例によって, 保治の, 信ずる者, 俺と, 俺は, 偏見なし, 僕の, 先に, 先生に, 先生の, 全くそう考えます, 全く何事, 全く想像, 全く拒まれ, 全く逆, 全く鈍感, 全く門外漢, 全然そうでない, 全然書いてない, 兼好法師の, 内心何んの, 分らず, 別になに, 別に気, 別に注意, 別に詳しく, 別の, 力説した, 効果上ある, 勿論後, 勿論百分の一, 医学者間に, 十分諒解を, 千鶴子に, 半信半疑でありました, 半兵衛こそ, 却って叙述, 厭世的である, 反省しない, 口に, 叱るにも, 吉田は, 同情いたします, 君と, 君も, 吟味されなかった, 吾, 吾が友人帆村荘六, 周到な, 和一郎を, 唯心的に, 問題に, 四人を, 地元の, 執拗だった, 変ったこと, 多分に, 多少の, 多少書き添える, 多少知つて, 多計代, 夜を, 大塩平八郎を, 大沢も, 大隅は, 失望の, 女学校へも, 女性の, 妙に, 妻には, 婦人が, 子にも, 存外その後, 学問上種々の, 孫徳謙などの, 実は何, 実際の, 容易に, 富士男や, 寸分の, 専門家も, 将校は, 小宮さんの, 小生の, 小生も, 小言らしい, 少くとも, 少し心苦しい, 少佐に, 少佐ほどの, 尤もな, 展望十一月号座談会の, 常に私, 常識が, 平静沈着な, 幸いにも, 幾ら心に, 度々いろいろの, 度々熟考, 強弁の, 当分の, 彼が, 彼も, 彼らは, 彼女も, 彼奴等を, 彼等は, 彼自身率直に, 後になお, 後文, 御話, 心配が, 心配する, 志村も, 忘れて, 怒る人, 思いが, 思っても, 悲しみませんでした, 情状を, 慶賀すべき, 我々もとより, 或る, 戦争中の, 所以の, 所謂, 政府は, 敏子には, 数年前の, 數多の, 新聞の, 既に述べた, 日本の, 日本学者の, 書かないこと, 書かれて, 最も深い, 最上の, 最後において, 最近ある, 最近に, 本当にすみませんでした, 本当に一言半句, 本書自らが, 松村は, 柳田君の, 校長との, 森口君から, 極めて知る, 横道に, 機密に, 次郎は, 正確機敏な, 正義擁護を, 此所に, 武田先生藤田先生その他も, 殆ん, 比較的知っ, 決して話, 沈黙する, 注目の, 深い確信, 深い訳, 深く言わず, 満洲行き, 火薬以上に, 無罪であった, 無関心, 煙客先生, 熱心に, 特にそうだ, 特に帝, 特に選者, 独断であっ, 男より, 異存の, 疑いの, 疑問が, 白痴の, 皆その, 相当の, 相当承知, 相田どのとも, 相談を, 省内にも, 真面目に, 眼を, 知りませんけど, 知るところ, 石川旭山, 確かに, 確実な, 社会的な, 私たちが, 私にとって, 私一人で, 私少し, 私等何も, 私見が, 秋田の, 科学者の, 種々な, 種々議論, 窺い知りたく思って, 第一, 第二次世界大戦, 筆者の, 米軍当局の, 細心な, 纔かに, 美樹君に, 美津子さんは, 考えるべき何事, 考へも, 職を, 自分さえも, 自分で, 色々の, 若い世代, 若い専門家たち, 苦情を, 著者の, 蟻田博士が, 覆せる気持, 見て, 親戚友人から, 触れて, 触れなかった, 言うて, 言わないの, 記録は, 話が, 話さなかった, 話せば, 認めた上, 語らず彼ら, 語らないと, 説かんと, 読者も, 誰にも, 誰も, 諸君が, 識者の, 辛辣な, 述べなかった, 追って井谷嬢, 遂にいわなかった, 重ねて, 門外に, 間違うもの, 闘いの, 随分議論, 雇傭契約を, 雑誌, 霧の, 青年時代秀吉との, 風間君は, 香世子の, 駄々つ, 駒平も, 驚嘆の, 骨を, 默つてゐました, 黙して, 黙つて, 鼠達は

▼ ことだけ~ (777, 0.1%)

89 では 7060 である 49 だった 37 であった 25 です 14 考えて 12 でした 11 だと, なの 7 あって, なん 6 聞いて, 言って 5 でいい 4 して, だつた, でその, でもう, で私, 知って 3 だが, でさえ, ですよ, でそれ, で彼, ならば, わかりました, 書いて

2 [25件] あなたの, だから, だね, だろう, ぢや, であって, であります, であろう, でこの, でございます, でさ, ですわ, でその他, でただ, で俺, で天性, で自分, で若い, ならまだ, 云って, 憶えて, 答えて, 覚えて, 言うこと, 許可され

1 [270件] あ, あなたに, いい去らずその, いった, いったかと, いって, お思召, お考え, お耳, きいて, この時始, これは, こんならんぼう, しかもそれ, しきゃわからなかった, したいの, しっかり教え, じゃ, じや, するよう, せつかち, だったからな, だったの, だったらわれわれ, だったん, だつたが, だつたの, だよ, だ抱いて, ちらと, つけ加えて, で, であたたかい, であと, であなた, であの, でありしかも, でありました, でありますが, であり彼, であるならば, であん子, でいっぱい, でいっぱいになるがいいじゃないか, でいつぱい, でいつぱいになるがいいぢやないか, でいろいろ, でお, でおそらく, でお互い, でこれ, でご, でございますわ, でさえが, でしか, でしたよ, でじゃ, ですしねえ, ですそこ, ですつかり滿, ですでに, ですの, ですら, ですらも, でそうした, でそれから, でたいへん, でたがい, でためし, ででも, でどれ, でなくある, でなくなん, でなくほか, でなくまた, でなく不器用, でなく主, でなく何故, でなく正, でなく現在, でなく自分, でなく頭脳錬磨, でまったく, でもうすっかり, でやりきれなく, でわたくし, でわたしたち, でジャン, でトムプソン銃, でホント, で一部, で三倍, で京子, で京都, で人生, で佐内坂, で何, で作者, で信じられぬほどの, で僕等, で充分, で判定, で加部福代, で動く時間, で十分, で千枚, で即ち, で名前, で圧倒的, で奇妙, で如何にも, で嬉し涙, で子供, で学校, で実際, で少年, で当時, で彼女, で悪党ども, で新, で方家, で日比谷全体, で時に, で本当に, で村, で林町, で気に入ったもの, で泰造, で淫奔, で減少, で無上, で現実, で理性, で男, で男女, で確か, で経済現象, で結局, で老中, で而, で肝腎, で間もなく, で限り, なら, ならい, ならご, ならそれ, ならどんな, なら一番ドサ廻り, なら云つて, なら他, なら何, なら別に, なら堪忍, なら小山内, なら生きて, なら笑って, のぞけば, はい, はきまつて, はっきりし, はつきりさせ, はつひ, ほのめかした, まぬがれて, みて, もつと, やかましく云っ, やって, やってるよう, やりおおせたん, よろしく, わかってる, わかつた, わかりましたが, わかる, ハッキリしてる, ハッキリ言ったら, ハ御, 世間は, 了解した, 云うと, 云ふわ, 伺いたいの, 何なり, 使うの, 信用できる, 傳は, 入れて, 公表され, 分かって, 分る, 判ったの, 判って, 千鶴子に, 咎める, 喋ること, 喋舌りまくる, 委員会に, 役者根性で, 彼に, 彼は, 御記憶, 心がけて, 心配する, 忘れずに, 忘れないで, 忘れないよう, 念頭に, 思いつめて, 感心した, 教えるの, 早くいっ, 明白であった, 書きおくったが, 書き送ります, 書くとか, 気がつくよう, 気に入る利己主義, 注意したい, 父親の, 特別に, 現實, 甚しく, 知つてゐた, 知らされて, 知らせて, 知らせ受話機, 知られて, 知れば, 確かだ, 私は, 答えた, 簡單に, 考えても, 考えてるわけ, 考えるん, 考えれば, 考へて, 耳に, 聞かされたらそれ, 聞くと, 聞くの, 聞くよう, 腹を, 自分に, 見と, 覚えてる, 覺えて, 言うが, 言っといて, 言つておきたい, 言つて置きたい, 訊いて, 記して, 記憶し, 話さぬ久慈, 話して, 語り文学以外, 語ろうと, 読めた, 読者に, 誰しも, 辛うじて発音, 返事いたしましょう, 返事しろ, 逃げたり, 頭に, 食い止めること, 食ひ止める

▼ ことにな~ (777, 0.1%)

129 つてゐた 84 つたのである 59 つて居ります 32 つてし 31 つて居た 23 つた 19 つたのは 18 つてを 17 つてゐます 13 つたのであります 12 つては, つてゐ, つて居りました 10 つても 8 つたのでした, つてゐました 7 つてから, つてその, つて來た, つて居り 6 つたのも, つて, つて居ます, つて来た 4 つたと, つて來る, ッた, ツた 3 つたに, つたのが, つたので御座います, つて來て, つて居りまし, つて来ます

2 [16件] つたその, つたの, つたのかも, つたのださうだ, つたのださうです, つたのを, つてた, つてよ, つて一層, つて化粧を, つて居, つて急に, つて私は, つて私も, つて行つた, ツて

1 [172件] つたいは, つたお前の, つたしかし, つたそして, つただらう, つたといふ, つたとの, つたなら, つたのさ, つたのさ女の, つたのださうである, つたのだす, つたので, つたのでございます, つたのよ, つたやつと, つたわ, つたチロルといふ, つた保證人に対する, つた備中の, つた分去れ, つた即ち, つた同席の, つた圖書閲覽の, つた埼玉縣では, つた岸に, つた後の, つた恰も, つた晩飯が, つた機會で, つた母には, つた滅相に, つた甲記者は, つた痕が, つた直ぐ, つた緑平老の, つた罪亡ぼし, つた自分より, つた良寛さんの, つた訳だ, つた訳である, つた話は, つてあすこに, つていざ, つていま思ひ出し, つておる, つてからといふ, つてからの, つてからは, つてからも, つてこちらを, つてこの, つてさつ, つてしまつ, つてしまつたので御座います, つてしまつてゐた, つてしまつてゐます, つてせいせいした, つてそう, つてそこに, つてそれから, つてそれが, つてそれでは, つてそれには, つてとても, つてはじめて, つてひどく, つてふだんから, つてまさか, つてもしか, つてよせ, つてわたしは, つてゐたらしい, つてゐまし, つてハタと, つて一同が, つて一同ぞ, つて一揆側の, つて一時吻と, つて一生結婚は, つて一種の, つて一緒に, つて三日目の, つて両方とも, つて之を, つて今君の, つて今晩は, つて仕舞ふ, つて以來その, つて伯母さんは, つて來ようかと, つて俄に, つて備前組と, つて兄夫婦は, つて兄弟の, つて先づグループを, つて先刻美しい, つて先生の, つて先祖傳來の, つて兎に, つて其結果種々な, つて出, つて初めた, つて午後一時に, つて去年の, つて國家の, つて垣の, つて女子大学に, つて始めて, つて安永君も, つて宰, つて家中皆んなで, つて居たらう, つて居ました, つて居よう, つて居りまする, つて山を, つて工事も, つて後廻し, つて忽ち, つて惡いが安い, つて持ち, つて日々に, つて時代時代に, つて村長の, つて来れ, つて東京から, つて松さんは, つて枕詞といふ, つて歴々と, つて母親の, つて氣が, つて江戸へ, つて流弊甚だしく, つて渠の, つて王様も, つて用意し, つて申しわけない, つて男の, つて當主の, つて直に, つて相済まぬ, つて眺望が, つて矢張同じ, つて神を, つて私から, つて立退き, つて簡單明瞭な, つて累を, つて終る, つて總てが, つて自分で, つて自分の, つて自家を, つて船は, つて良い, つて若槻さんも, つて荷物を, つて行つたら, つて街を, つて見ますれ, つて誰も, つて豐臣方では, つて進歩が, つて遂に, つて遠い, つて面白く, むありける, ッたんだろう, ッちゃ, ッて, 足の

▼ ことをも~ (752, 0.1%)

23 知って 14 知った 11 忘れて 10 彼は 9 話した 6 知つてゐる, 考えて 5 思い出した, 意味する, 聞いた 4 云つた, 意味し, 感じた, 知らねば, 示して, 語って 3 忘れては, 深く信じたりき, 理解し, 知つた, 考えた, 考えねば, 考へて, 聞いて

2 [46件] あはせ, いとわずに, はっきりと, 予想し, 云ひ, 伝えて, 僕は, 十分に, 含めて, 報じて, 察して, 少し詳しく, 平気で, 彼女は, 心得て, 忘れし如く妾, 怖れ, 恐れなかった, 想って, 愛するの, 感じさせる, 感じて, 感じる, 感ぜずには, 敢て, 樂しみに, 欲する心, 牛乳の, 理解する, 発見した, 直ぐ聞き入れ, 知つて居た, 知らせて, 知りました, 示すもの, 私は, 考えなくては, 考へた, 考慮に, 言つた, 認識せざる, 説いて, 辞さなかつた, 述べて, 非常に, 頼んだ

1 [518件 抜粋] あえて辞さない, あえて辞せない, あえて辞せぬ, あきらかに, あげて, あの澄んだ, あらかじめお, いいましたか, いい渡した, いざその, いって, うたいましょう, おおうところ, おかしな取り違え, おぼえた, おぼえて, おまえに, おも, お考え, かれ等, きいた, くろうし, こ, ことごとく依頼, このひい, この覺書, こめて, これまでより, これを, さも悦, しらべよと, そういう処, そう言う, そこへ, そのとき, その時, その鉄, その鐵, それとなく語った, それに, たえがたく感じ, たしかめた筈, ちょうど仕事, つく, つけの, つけ加えるの, つまりその, なかなか信じられなかった, なさない, なした, なし得る能力, のべよ, はっきり頭, はばかるところ, ほめる者, また同時に, また彼女, また思い知った, また思わせず, また感ぜず, また望まなく, また確, やっぱり桃子, やはり意, やめないので, やりかねないという, やりかねない章三, やりとげなければ, やり得る青年, よくする, よく口, よく気付い, よく知ってる, よく聞き, よく訊, わかりよく, わたくしは, われわれは, オリヴィエを, クレエテルヤアン氏の, スラスラと, ツと, ハッキリさせるなら, フネという, ボイルは, マリユスは, 一つの, 一人の, 一切お, 一度心の, 一度念, 一度確かめ, 一度高い, 一応述べ, 一方近代生活, 一種の, 一考し, 上さんは, 主膳は, 了解した, 予てから知っ, 予見し得られない, 云つてゐる, 云は, 云ひました, 云われたと, 互にたのもしく, 亦吾, 亦感ぜざる, 亦認めざる, 亦認容, 今から, 今さら身, 今は, 仕出かそうと, 作者が, 作者は, 併せ考, 併せ認めそれ, 侮辱と, 信じます, 信ずる, 信ずるから, 信ずるもの, 信用しない, 傍証に, 優しく知らせ, 充分承知, 全然言っ, 共生するなら, 兼ねて, 再び云い出さなかった, 初めたさうだ, 初めて気づいた, 制約し, 勉強家のせゐ, 勘次は, 勧めたの, 勧められましたが, 十年計画で, 受け入れるという, 合せ考えさせられて, 同時に意味, 同時に承認, 同時に申し, 同時に駿介, 否認できない, 吩咐けて, 含むで, 含めた一層, 含めての, 含んで, 吾等は, 告げて, 告げなければ, 呑み込んで, 善く見直し, 喉元すぎ, 喚び起した, 喜びと, 囘想せず, 報告した, 多分に, 多少は, 夜だけ, 夢にも, 大きく欣, 大袈裟に, 女は, 女王に, 好まなかった, 嫌いましたけれど, 嫌は, 嬉しく思っ, 存じながら, 学んだの, 実験し, 実験で, 寛き, 寧ろ屈辱, 寿平次に, 少し聞き出し得ない, 岸本は, 希望し, 幾度も, 序でに, 引き合いに, 彦兵衛は, 彼に, 彼の, 彼らの, 彼等は, 得ずして, 得つべし, 心得たゐたと, 心理主義の, 心配し, 忌避された, 忍べ, 忍んで, 忍耐強い, 忘るる, 忘れさせた, 忘れさせて, 忘れた, 忘れたこと, 忘れたころ, 忘れたるなり, 忘れなあに, 忘れないであろう, 忘れないの, 忘れながら, 忘れもしも, 忘れるな, 忘れるほどの, 忘れ世, 忘れ朱檀, 思いだす, 思いました, 思い付いたの, 思い出して, 思い出します, 思い出し父, 思い出すと, 思い起こした, 思った, 思つ, 思つた, 思はざるなり, 思はしめた, 思ひ出した, 思ひ浮め, 思わずに, 思わずには, 思わせた, 思出す, 怠り早晩退学処分, 恐れたの, 恐れない蓉子, 悟って, 想い出した, 想ひ見ね, 想像し, 想像する, 想像せず, 意味あり, 意味するであろう, 意識した, 意識しなかった, 感じずには, 感じられた, 感じ驚異, 感ぜざるを, 感づくこと, 感得し, 感謝し, 慮ったの, 憚った, 憚らなかっ, 憚る, 我々は, 我らは, 手落ちなく, 打ち明かしたの, 批評の, 批難する, 承って, 承知し, 承知しなかった, 承認し, 承認する, 承諾した, 担当する, 拒んで, 持ち出すであろうそして, 指し示すもの, 指すの, 掛かりの, 推測する, 教えて, 数えなければ, 断って, 既に存在, 既に普く, 早や, 明かに, 明らかに, 明記し, 星野は, 是非考へなけれ, 時々彼女, 時としては, 暗示し, 暗示した, 書いて, 書かねば, 書きつけたい, 書き加えたの, 書き添えねば, 最早遺恨, 服装や, 期待し, 欲した, 欲しなかったの, 母に, 気がつかないで, 汚らわしい深み, 決して見, 注意し, 注意しなけれ, 注意せね, 添えて, 為さずして, 為し得る, 無視し, 熟知し, 爲し得る, 爲て, 率直に, 現して, 甘ったるい文句, 生の, 生命の, 生活をも, 申しあげなければ, 申し上げ共に, 留意しなけれ, 疑い得る能力, 疑うもの, 疑ふもの, 発見し, 白状し, 皆の, 皆各, 目的と, 直観し, 直觀, 看却, 知ったの, 知つて來た, 知つて大に, 知ら, 知らず又, 知らず科, 知らてゐた, 知らない, 知らないが, 知らないその, 知らなかったの, 知らなかつた, 知らなかつたの, 知らなければ, 知り, 知りすり, 知りたくなつ, 知り得た, 知るに, 知るよし, 知る政治家, 知ろうとして, 研究し, 確かめました, 確かめる必要, 確かめ翌年, 確に, 確信し, 示しました, 示します, 示すの, 示す面白い, 祈り期したいもの, 禁じたりけり, 禁じ慌てふためいて, 禁ぜられて, 私たちは, 筆の, 答えけるに, 結果する, 美術協会の, 考えさせられて, 考えずに, 考えずには, 考えず何, 考えないの, 考えなかったの, 考えなかなか, 考えながら, 考えなければ, 考えました, 考えよと, 考えるべきであろう, 考える余裕, 考え一緒, 考え及ぼさないわけ, 考え及ぼし, 考へたならば, 考へ特に, 考慮しなけれ, 耳に, 聞かぬ, 聞き直すよう, 肯定せね, 胸に, 自分ながら, 自慢そうに, 自覺, 自認し, 至難でなく, 致さねば, 致しまするあわれなこと, 苦に, 苦痛と, 藤原氏の, 行つたらう, 表面に, 複雑に, 要求した, 見て, 見なければ, 見のがし聞きの, 見付けましたが, 見出して, 見習うの, 見逃しては, 見逃し得ない, 見逃し得ないの, 見通しで, 見過して, 覚えて, 覚悟せね, 覚悟の, 言い出すの, 言うもの, 言った, 言わなくては, 許さずただ, 許さない, 許さなかった, 許された, 許されなかった, 許されなかったの, 許されると, 許した, 許したもの, 証明しよう, 証明する, 話された, 話しあうよう, 話したの, 話して, 話し愉快, 認めざるを, 認めずには, 認めそれ, 認めなくては, 認めなければ, 認めは, 認めるであろう, 語った, 語るの, 語るもの, 語れると, 説きその, 説き聞かせて, 説明した, 誰から, 誹謗したがる, 論証出来るだろう, 負担した, 身に, 辞さないほどの, 辞さなければ, 辞しないという, 辞しなかったであろう, 辞しません, 辞せない, 辞せないと, 辞せなくなった, 辭せざりしなるべし, 述べたに, 追懐せられ, 追求する, 過度の, 遠慮し, 遠慮なし, 遺憾と, 避けて, 重いこと, 長能, 附け加えて, 附言すべきであろう, 露骨に, 面白がる, 頓着せず, 頼みおきぬ, 頼んで, 願はずされ, 願わない, 顧みずして, 鴎外自身は

▼ ことでも~ (702, 0.1%)

59 して 47 あった 38 あったの 19 あって 10 書いて 8 あっては, いいから, したの, したよう, なかつた 7 あったから, する 5 あったが, あったん, いって, 知って 4 あったよう, あったろう, あってはと, したやう, するよう, できる, できるの, 訊いて

3 [15件] あったし, あったと, あったり, いい, いいの, します, しますから, しようもの, するつもり, すると, するの, やって, 云って, 考えなければ, 言って

2 [37件] あったか, あったですか, あったらそれ, あったらどう, あったら僕, いえるの, させて, したと, したん, しでかす, しますわ, しようと, するから, するが, するだろう, するより, する氣, みつけられたよう, 出来ないこと, 出来る, 出来るの, 出来る人間, 告げるよう, 喜んで, 大変な, 平気でやる, 思いだすの, 思って, 知れる, 聞いたの, 聞きますから, 言えば, 言ったん, 起こったの, 起ったの, 起ったらもう, 重大な

1 [304件] あざやかに, あったかと, あったかな, あったかね, あったかの, あったでありましょう, あったでしょうか, あったね, あったもの, あったらすぐ, あったらそこ, あったらと, あったらという, あったらどんな, あったらほんとに, あったらユリ, あったら中, あったら事物, あったら仮り, あったら全く, あったら双方, あったら収拾, あったら嘲笑って, あったら国家, あったら早速, あったら肝, あったろうか, あったろうが, あった日, あった時, あった様子, あっちゃ, いいあかし, いいさ, いいだろう, いいと, いい出されたよう, いい言って, いうて, いえる, いったよう, いってるの, いひだせば, いひ出されるかと, いふと, いろいろ深い, うこんがらかつて, おこったん, おしつけられたらその, おだやかな, おりない, かまわずお話し, かまわないから, かまわないとにかく, かんがえるの, きいて, ききます, ききますわ, ききも, ござろう, ごわせんしね, さぐって, されたがって, されて, されてはと, されると, されるもの, しおおせる男, しおって, しかねないの, しかねないよう, しかねねえよ, したいと, したいもん, したか, したかい, しただらうか, したらどうして, したらもう二度と, したら一回分, した人みたい, した様, してるかの, してるよう, しなさったらえらい, しますあんな, しますからね, しますよ, しようという, しようといふ, するからな, するけれど, すること, するしか, するだらう, するだろうおれ, するつて, するであろう, するでしょう, するという, するもの, するやう, するよ, するらしいから, するわ, するワ, する代り, する兄さん, する土産, する外, する奴, する気, する覚悟, する頼むから, その人, たくらんでると, たのんで, だよ, できないこと, できるいかなる, できるか, できるご, できるつもり, できると, できるという, できるはず, できる状態, ないしさ, なかつたか, なかつたが, なかつたし, なかつたで, なかつたの, なかつた往昔, なくなって, なすったの, はるかに, ひどいわ, やかましくて, やった, やってのけようと, やってのけようという, やってのける, やってのけるもの, やってのける氣, やってると, やり遂げようといふ, よろしいさも, よろしいし, わかった, わかったらと, ズルズルと, 不可能な, 不安が, 不思議な, 不愉快な, 主風に, 云えて, 云ったか, 云ったかい, 云ったらその, 仕出来した, 伺わせて, 信じること, 働いて, 充分に, 公明正大に, 出来ないもの, 出来なくなるじゃ, 出来るから, 出来ること, 出来るし, 出来るたとえば, 出来るという, 出来るところ, 出来るど, 出来るやう, 出来るよ, 出来るよう, 出来るわけ, 出来るん, 判って, 厭だ, 厭な, 厭わないよう, 可能です, 可能な, 呟いで, 問われたと, 喋れるだらうと, 変ったこと, 大ざっぱに, 奇妙な, 好きだった, 妄りに, 始めるの, 嫌とは, 宜しゅうございます, 容易に, 察せられる, 希つ, 平凡な, 平気でおっしゃる, 平気や, 幸福な, 引出そうと, 強引に, 待って, 御牧, 忍ぶの, 忍べると, 忘れられないの, 思いだしたの, 思いついたよう, 思い出すよう, 思い出そうと, 思ったの, 思ひつくの, 思ひ得ないこと, 急に, 悩んだが, 想いだして, 想いやられる, 想い出したの, 感じられる, 手伝って, 打勝つこと, 打明けるよう, 持ち上ったの, 教えるん, 明らかだ, 明らかだった, 明らかで, 明らかな, 明らかに, 書いたの, 書いてないか, 書いてるん, 書けるやう, 有ったらその, 有ったろう, 望むべき事, 構わない, 正しいこと, 為は, 珍しいこと, 珍しい部類, 甘えられるの, 知ってるよ, 知れると, 知れる通り, 素直に, 義党の, 考えよう, 考えられる, 考えると, 考えるよう, 考へなければ, 考へること, 聞いたに, 聞いたり, 聞いて, 聞きません放して, 聞き逃がすまいと, 聞こう亀阜荘さま, 肯いて, 自在に, 虚心平気に, 見つかったかね, 見付かったよう, 見抜いて, 見通すこと, 解って, 言いなすったらどう, 言いは, 言い出すつもり, 言い出そうもの, 言える, 言えるの, 言おうもの, 言ったかの, 言ったから, 言ったと, 言ったみたい, 訊いたの, 訊ねるやう, 訴えられるつもり, 詫びるよう, 話すやう, 話せるか, 話そうかと, 貫けるもの, 起こったかの, 起ったので, 起って, 起つたか, 起つたかし, 起つたの, 頼んで, 饒舌って, 馬鹿に, 駄目に, 騒ぎたてる日本, 高尚な

▼ ことその~ (646, 0.1%)

45 ことが 12 ことは 11 ことから, ことを 10 ことに, ために 8 こと 7 中に 5 ことで, ことである, ような 4 やうな, 二は, 前に 3 ことだけが, ことの, ほかに, 二つの, 方が, 時の, 時は

2 [28件] ことだけで, ことよりも, ためには, つぎには, ときから, チェーホフの, 事が, 二つを, 人が, 人たちの, 人なり, 人物が, 個性に, 国の, 坂道を, 外に, 数も, 数を, 日は, 最も大きな, 次には, 画家は, 眼が, 第三, 第二, 論文の, 近所の, 青年と

1 [428件] あとで, うちに, うちには, おじさんは, おやじを, お高, からだを, からの中, ことさ, ことすでに, ことそれで, ことだ, ことだけに, ことだけによって, ことであった, ことであり, ことです, ことと, ことな, ことなし, ことについて, ことにも, ことによって, ことばかりが, ことばかりを, ことほど, ことよい, ことをこそ, ことをば, こと不幸とは, こと以外の, こと怒っ, こと急い, こと自身に, こと認識する, ころから, ころに, さかずきは, すすり泣きを, すべての, たびごとに, ための, ため事件の, ため半年ちかく, つぎに, つむりで御, ときは, ときよく, ときわれらの, ときを, ときルミちゃんは, とき北海道の, とき土塀の, どっちも, どつち, なかで, にはとり, のっそり然たる, ふたつを, ほかいろ, ほかいろいろ, ほかお, ほかそれぞれに, ほかには, ほか伸子たちには, ほか合図の, ほか宗義教理上に, ほか本庁から, まきが, また美しい, まに, まんま入っ, もう一人, もとなどは, ように, アメリカの, カルタを, キツカケが, ケタちがいの, ダイナミックな, パンを, 一つでは, 一事を, 一心を, 一日の, 一派の, 三は, 上で, 上に, 上一寸法師の, 上政府は, 下で, 下には, 下劣な, 下駄の, 不安で, 不正行為の, 世話を, 丘の, 両者は, 中から, 中でも, 丸木が, 事に, 事の, 事件が, 事実が, 事実だけは, 事実の, 事柄は, 事自体に, 二つだけが, 二つは, 二三ヶ月に, 交際とか, 人たちが, 人と, 人は, 人品は, 人間的誇りの, 仔細ちう, 仕事に, 仕返しを, 付近には, 代りこの, 代りすっかり, 代り彼が, 伯母さんに, 住居の, 佛蘭西の, 作家とは, 侯が, 信を, 借金が, 働きによって, 儀式が, 先生は, 光景が, 内に, 写真を, 写真装置から, 分裂は, 切手が, 利己主義を, 前と, 前の, 前夜に, 創めた, 努力それについては, 動機で, 包を, 十字架は, 半ばを, 半分が, 半分は, 協力の, 危険が, 厄介な, 原因が, 原因たらずん, 原因は, 友人らと, 反き去っ, 口から, 同時代, 味という, 唯一の, 問い方の, 在舎中と, 地方の, 基礎すでに, 堂が, 場に, 場へ, 場合に, 場合において, 場合には, 場合は, 場合支那は, 境遇の, 声は, 売渡し先, 夜上に, 大げさな, 大友具簡が, 大群集, 大衆と, 大詰の, 夫は, 奇妙な, 契約書は, 女が, 女の, 姉の, 威力は, 娘が, 娘と, 娘は, 娘を, 婦人が, 婦人作家の, 婦人等と, 子が, 子に, 子供たちは, 子供を, 学を, 學生の, 定まった形, 実作者自身, 実在性を, 家の, 家人までが, 富農らに, 寺が, 対象が, 将来性に対する, 尊さ, 小さいスパーク, 小島に, 少女に, 尽力の, 山に, 山田が, 崖路の, 巴蜀地方に, 希望や, 席へは, 席上で, 常識に, 年玉を, 幾何といふ, 広瀬さんが, 底に, 度に, 庭園を, 弟子たちが, 形を, 形状も, 役目さえ, 彼は, 彼女は, 後任として, 心なき, 心理の, 必要を, 志摩子さんに対して, 応用の, 恐ろしい武器, 恩恵の, 情人とは, 意味で, 意味に, 意味において, 愛に, 愛を, 成員の, 手前二三丁の, 手拭を, 手毬が, 手筈が, 描写が, 放胆なる, 故にまた虚妄, 散歩も, 数幾つといふ, 文の, 文句を, 文芸も, 方々に, 方どもの, 方へ, 日々が, 日々は, 日から, 日の, 日も, 日本文字の, 昔の, 昔放心なる, 春風馬堤曲に, 時あの, 時お, 時に, 時には, 時代の, 時分の, 時姉の, 時季それを, 時懐刀の, 時青木の, 暮しぶりに, 曙の, 最良の, 有り様を, 木は, 未亡人が, 末代の, 本を, 条に, 条件で, 来歴遊び方散財の, 梅の, 楽しい生活, 橋は, 機会を, 次の, 次は, 歩き方, 歴史から, 死因すら, 残忍なよろこび, 残軍離亡の, 毒を, 毒性は, 比に, 気を, 気分から, 気持が, 気持ちを, 河洛の, 浅ましい死様, 消息は, 淋しさ, 深大, 深淵の, 演説会と, 漬物槽の, 点で, 為には, 無関心さで, 無限大の, 熱心から, 物は, 物蔭から, 犬の, 玄人には, 理由として, 理解によって, 理論の, 生の, 生家では, 用意の, 甲冑を, 男と, 男の, 男は, 盲目の, 眉宇の, 真意は, 知識によって, 石川五郎の, 神様が, 神秘な, 秀麗の, 突端へ, 窒息的に, 範囲だ, 米舂き, 紙端に, 結果から, 結果として, 結果は, 結果女子が, 老人が, 考えを, 者の, 聖十字架を, 聴衆の, 職業が, 肉は, 能立の, 脚の, 船の, 芸人社会の, 芸術は, 若い女, 落成式の, 蘊蓄の, 行燈の, 街の, 表面を, 見分け方, 規定の, 言葉が, 言葉に, 言葉は, 訓練は, 証拠として, 評論的質の, 話の, 詳しい事実, 諸関係, 豊富な, 費用と, 距り, 跡の, 身すこやかなれ, 辻野が, 迎える道, 退治, 逃げること, 逆流を, 通り, 通り似せ, 進行が, 野暮さの, 金看板の, 錠前の, 長方形の, 門前なる, 闇の, 陀羅尼經の, 限りある, 限りない淋し, 際の, 電話は, 青年の, 音色に, 頃から, 頃の, 顔と共に, 養家を, 馬の, 高塀, 鮮やかな, 鳥井さんは, 麾下の

▼ ことよりも~ (639, 0.1%)

10 自分の 5 もつと, 何よりも 4 私は 3 はるかに, より多く, 人間の, 今は, 困難である, 私の, 自分自身が, 遙かに, 遥かに

2 [42件] いっそう善い, いっそう大きな, これを, ずるい, その方, それらの, どんなに楽しい, なお一層, ほかに, むしろその, むしろ浦粕, むしろ苦しい, もっとしない, もっと大切, わからないこと, わたしは, ポーズを, 一層善い, 一層大きな, 今の, 何が, 何を, 僕の, 兄の, 先に, 光彩に, 多くの, 夫の, 実はもっと, 実はもつ, 己の, 彼には, 彼の, 彼女に, 明神下の, 決定的な, 目前の, 私において, 緊要な, 論理的に, 道徳的に, 鉄路の

1 [504件 抜粋] あての, あなたの, あなたは, あのけ, あのブラヴァンド, あの少年, あの歌, ある程度の, いい種, いっそういや, いっそう危険, いっそう明白, いっそう根本的, いわんや風習, うで, うらやましく思召, おいらたった, お初の, お前何うして, お婆さんの, お孃さま方, お寺詣り, お浜たち, かういふ風, かなり年増, かわいい子供, きょうお, こ, こうして一千年後, ここで, ここに, ここまで, このあいだ, このこと, このとき, この中納言, この人物, この光景, この場, この小説, この屋敷, この恰好, この手紙, この方, この純一, この雜誌, これだけ, これだけの, これで, これに, これらの, ご成人, さしあたって, さっき幽霊が, さらにつらかっ, さらに大, さらに新奇, さらに残忍, すこしもはやく, すべての, ずっと大きな, ずっと河童, せなか, そういう印象, そうしたこと, その一瞬, その中, その人達, その作品, その効果, その名前, その女, その戦い, その拒絶, その本体, その楽し, その沈没, その理論, その男, その自然, その詩, その酔っ, その魚, それぞれの, それと, それなれ, それに, それは, それを, それ等を, そんな自分, たのしいこと, だ, だまって, だまつてのそのそ, とにかく食いつなぐ, ともかくも, どうです, どんなにか, どんなに物思い, なくては, なぜ自分, なにかぼうし, なによりも, なんでも, なんにも見えない, にせの, はっきり憶え, はやく自説, ふだんの, ふだん虫も, ほらすぐ, まずわが, まず人間, まず抜き取っ, まず最初, まず第, まず自分, また珍しい, まだ少し残っ, まづ声楽, むしろありのままの, むしろあんまり平気, むしろそれ, むしろもつ, むしろわるい, むしろセンセーション, むしろドイツ, むしろ出版資本, むしろ印象, むしろ向う十五ヶ年, むしろ売笑婦, むしろ彼ら自身, むしろ心, むしろ感じ, むしろ本能的, むしろ武器, むしろ獄中, むしろ生々しい, むしろ革命的プロレタリヤ, むずかしい, むつかしいらしい, むづかしいのよ, もう一倍これら, もしあの, もっとあり, もっとはるか, もっとほか, もっともっとずっと私たち, もっともっと僕, もっともっと意外, もっともっと気, もっともっと越前守自身, もっともな, もっと会社, もっと傑, もっと刻薄, もっと彼, もっと恐ろしい, もっと深い, もっと細かい, もっと詳しく, もっと重大, もっぱら家康, ものを, やはり次郎, やはり武蔵, よい予審判事, よく似, よく知っ, よけい苦痛, よそで, よっぽど悲痛, よほどやさしい, より十分, より容易, より幸福, わしの, オルゴールの, オレよりも, ガチョウの, キミ子自身の, ジリジリ進む, ツと, パリーの, ピストルの, ヘレン自身の, ポマードだの, ミチミの, 一人の, 一分でも, 一家一門の, 一層あの, 一層明白, 一日も, 一般的な, 一週に, 下らないこと, 不快で, 不思議な, 世の中で, 中国みたいに, 事件そのものの, 事変が, 事物の, 五万円の, 井上流大筒の, 京都に, 人の, 人工的な, 人心には, 人権を, 人生を, 人間を, 人間生活にとって, 人間的に, 仁科六郎に対する, 今つけ, 今まで, 今夜が, 今年は, 今後の, 今後君達が, 何うも, 何かと余計, 何処か, 何故あの, 何故伯父, 余っ程, 依田氏の, 俊三と, 信ちやんを, 修辞的心理的要求の, 僕が, 先ずそれ, 先な, 全然科学, 具体的な, 初代に対する, 劣って, 勘の, 又初代, 古典の, 名画を, 君自身もう少し, 否定する, 呑気を, 品川信健の, 唄うこと, 唄ふ, 問題は, 困難で, 困難であります, 国民生活の, 地位は, 坂田が, 増長傲慢だ, 外に, 多分自分たち, 夜に, 夢の, 大事な, 大切じゃ, 大切な, 大坂の, 大島の, 夫婦の, 奥様の, 如何なる亂暴, 妻が, 妻の, 始終その, 子供の, 安心しきっ, 実に短篇, 実は妾宅, 実際に, 実際は, 実際人, 家中に, 家庭の, 家族の, 家柄格式という, 富山と, 寧ろこの, 寧ろこれからの, 寧ろ他, 寧ろ友人, 寧ろ無意識的, 寧ろ社會的動物, 寧ろ自分, 対社会といふ, 封じられたこと, 将棋そのものの, 尊く意義, 小さいもの, 小さな運命, 小川正子さんの, 少しでも, 少ないと, 少女たちに, 尤もな, 居たところ, 山に, 巖本君, 巣を, 差しづめ今後の, 差当, 平和の, 幾多の, 弥まし, 張コックが, 当時は, 彼にとって, 彼らの, 彼らを, 彼を, 彼女の, 彼女を, 彼等は, 待される, 後進子弟が, 復讐の, 心の, 心理に, 怖ろ, 思想的に, 恥かしくなっ, 恥づべき徴候, 恥である, 恥辱の, 恩知らずと, 悪いこと, 情の, 情婦を, 意外でなかった, 意義が, 感ずると, 感情を, 我々に, 我々にとって, 手ッ取り早く, 批評する, 把握する, 掴んだ男, 支那人の, 放送に, 教えまいと, 教師の, 敬四郎に, 数等増しで, 斬って, 新子の, 新将軍, 日常性の, 日本の, 日本語を通じて, 早く下宿, 早く八木君, 早く医者, 早く大, 早く蠅男, 早替りとか, 明日からの, 時としては, 時には, 更に, 更にいけない, 更に自分, 更に驚くべき, 最も私, 最大の, 最近の, 有利な, 有力である, 木米は, 本当の, 村方を, 東京劇壇へ, 栄二にとっては, 森野は, 機械を, 歌いはやされて, 歌うこと, 正勝が, 正勝の, 正義感から, 此の, 死んだこと, 死骸の, 殺された女, 民衆が, 気分を, 水に, 法師丸は, 法律と, 海底に, 深い悲みの情, 深く博士, 深く私, 火事の, 無念とも, 焦つて, 煙草の, 父が, 父親と, 牡鹿城内に, 物を, 犯罪者といふ, 狂人の, 生きながら, 用心する, 男役に, 病人臭い, 病院の, 百倍も, 皆の, 目隠しを, 相川良之介が, 知らぬところ, 知るところ, 確かに, 社会の, 私が, 私たちには, 私たちの, 私たちは, 私と, 私達は, 空を, 第一食物, 筋が, 節子の, 素子が, 細田氏という, 織田軍数万と, 罪悪の, 美とか, 美的嫌悪を, 義龍に, 老女が, 考へること, 肥ダメを, 肩書であり, 自分と, 自分に, 自分一人で, 良いこと, 苦しいで, 草履袋の, 莫大な, 蓆を, 蓮の, 行く末長く, 行なうこと, 要するに両者, 見も, 見物の, 親子の, 言うこと, 言わねば, 話すこと, 話を, 詳しい, 講義の, 議員が, 豊後の, 貴子の, 辻と, 近畿洛中の, 逃げること, 郡參事會なぞを, 配置は, 重大でした, 重要であるらしかった, 野口の, 金と, 金銭の, 鋭く批評, 間違ったこと, 院長殺害が, 隣人が, 隱岐は, 雪子の, 電気鳩が, 電話がか, 面白い話, 音楽の, 頭が, 顔かたちは, 風がわりだ, 食べること, 首斬, 馬その, 馬車の, 騒ぎたて, 高い望み, 髪の毛が, 鳴尾君の, 黄金塔は

▼ ことかと~ (634, 0.1%)

30 思って 18 いうと 17 思う 16 思った 12 いふと 10 心配し 9 思います 8 思うと 7 思つた, 申しますと, 私は 5 思えば, 思われます, 見て 4 いうに, 尋ぬれ, 思うが, 思うて, 思ふ, 息を, 手を

3 [11件] 云へば, 佗びる者が, 存ぜられます, 思いました, 思いますが, 思うの, 思ったの, 思ふと, 思われた, 案じて, 言うと

2 [37件] いいますと, おもって, ひやひやし, ハラハラし, 不思議に, 云えば, 云ふと, 侘びる者, 存じて, 存じましたわ, 尋ねて, 彼は, 心配で, 思いましたが, 思いましたわ, 思いますと, 思ったが, 思ったに, 思ったら, 思つたから, 思つたのに, 思われました, 思われる, 恐ろしさ, 拝察いたします, 気が, 気を, 生きた心地, 生きた空, 申しますると, 考えた, 考えて, 聊か後悔, 言は, 訝しく思った, 院は, 驚いた

1 [343件] いいますのに, いうぐらいの, いうけれど, いうだけでも, いえば, いきを, いっそうおちつきはらっ, いひますと, いろいろ考え, いわぬばかりに, いわんばかりに, うれしそう, おかしくなる, おっしゃるでしょう, おもいましたら上方, おもったらそれ, おもわず萎縮, おろおろし, お尋ねしました, お思い, お時, お雛様と, かえりには, きいたり, きくから, くやしくも, ぐしよ濡れ, こっちも, この噂, こわいもの, ご案じ, さすがに, さへ, じっと待っ, じっと見守っ, ずいぶんと, その惨, その方, その晩, その気がかり, そんな気持, そん時も, ぞんじられまする, たいそう心配, たしかめようと, たずねたの, だれも, ちょっと心配, はばかられる心, はらはらし, はらはらしてた, ひそかに, ひどくアマ達, ひやひやした, びくびくし, びっくりし, びっくりする, ふてくされた, ぼくは, まちかまえるよう, みて, みんなが, みんな心配し, もじもじし, もどかしく思われた, もどかしそう, やがて憂鬱, よく考え, より以上, わたしは, われながら, われわれも, クリストフは, サッパリわけが, ヒヤヒヤさせられた, ビクビクし, ビックリさせられた, 一かたならず, 一同が, 一言も, 丁坊は, 下の, 下唇, 不安がっ, 不安だった, 不安な, 不安ながら, 不安に, 不安を, 不審に, 九州訛りの, 乳人は, 二三度訊いたら, 云うこと, 云うよう, 云った調子, 云って, 云は, 云ひます, 云わんばかりの, 人に, 人並に, 今は, 今更に, 今更の, 侍たちを, 侍従などは, 俺が, 俺は, 僕は, 内心関り合い, 千二は, 危ぶまれたが, 危ぶまれるの, 反問した, 受付ドンの, 口惜しい気, 吃驚し, 呆れざるを, 呆れて, 周章狼狽なす, 唸つた, 唾を, 問ひか, 問われそう, 問われては, 坐ろに, 多少暗い, 大隅は, 天狗も, 女の, 女は, 女房らは, 委しく聞い, 威張り返って, 存じましたら, 存じます, 存じますが, 存じまする, 存じまするが, 存じられ候う, 存ぜられますので, 存ぜられまする, 存ぜられる, 安二郎は, 実に心配, 寔に, 尋ねたらまあ, 小さくなっ, 少し辟易, 尚侍は, 尼君は, 市民が, 幾分の, 彼が, 彼も, 彼女は, 待ちかま, 後に, 得意満面でありました, 御国の, 心ぼそい, 心を, 心細くなりました, 心細く思った, 心配いたされます, 心配した, 心配しました, 心配に, 心配のほど, 念を, 忽ち或, 思いこれ, 思いすごしする, 思いその, 思いながら, 思いましたけれど, 思い次に, 思い羨んで, 思うた, 思うたわい, 思うばかり, 思うほど, 思うよう, 思う者, 思ったから, 思ったので, 思ったのに, 思ったらあの, 思ったらお金, 思ったらそれ, 思ったら何, 思ったら酒月園丁長, 思ったわ, 思った丈, 思った三人, 思ってるん, 思つたら, 思つてる, 思つてゐた, 思つてゐる, 思はれた, 思はれます, 思はれる, 思ひて, 思ひながら, 思ひました, 思ひましたが, 思ひます, 思ふが, 思ふ位, 思わざるを, 思わせた, 思わる, 思われたのに, 思われたもの, 思われて, 思われますが, 思われるが, 思われるほどの, 思われる井出夫人, 思われる列席者, 思召す, 怪しみに, 恐しそう, 恐れまた, 恐察されまして, 息切が, 悲しがった, 悲しまれます, 想像された, 想像される, 想像します, 懸念を, 我ながら, 我自ら情けなく, 戦慄した, 手に, 春夫少年が, 暗い思い, 期待し, 本心から, 染屋の, 案労仕り, 業腹を, 歎い, 正直おもう, 気がかりでならない, 気がついたものの, 気づいたよう, 気づいて, 気も, 気遣って, 氣が, 流涙した, 涙が, 深く深く胸, 満堂の, 源氏は, 演技の, 父に, 独白いたしました, 猶ほ, 甚だ不審, 生きた心, 生れた児, 申すと, 畏怖し, 異様の, 疑いながら, 疑われる, 痛切に, 皷打を, 眠れるどころ, 私の, 私はい, 私ほんとに, 私も, 種吉を, 突き放すこと, 窓わくに, 立ち停って, 竹丸は, 笑い出した, 総角の, 繰り返して, 老人の, 考えられる, 考える, 聞いて, 聞かぬ先, 聞かれると, 聞くと, 胸に, 胸を, 自ら考える, 自分の, 自問しました, 興味を, 興味深くこの, 色を, 落膽の, 蒼くなつた, 見ても, 見まもって, 見まわす眼, 見れば, 見物一同ほっと, 覚悟を, 親方も, 言いますと, 言い合わしたよう, 言えば, 言はんばかりに, 言わなければ, 言わんばかりに, 訊いた, 訊き返した, 詮議した, 誇りちらし, 諸君は, 謂った, 豹一は, 貞之進は, 質問した, 身震いを, 返報する, 達吉も, 鋭く突, 長平は, 陰で, 震えて, 面目ない, 領解される, 頻りに心配, 頼母しき人々に, 顔を, 首を, 駿河屋の, 驚きましたが, 驚きまして, 驚くの, 黙ったまま彼

▼ ことそれ~ (628, 0.1%)

6 が彼, を彼 4 がすなわち, がどんな, が人間, は一たい何, は自分 3 が第, は何, は実に, を彼女

2 [47件] がこの, がし, がため, が唯一, が必要, が根本, が真理, が老, が自分, さえも忘れられ, だからこそ, だけが唯一, だけで, とはなし, につづい, にも拘らず, に反し, に就い, は, はあなた, はこの, はそれ, はとり, はよした, は一たい僕, は少し, は彼女, は性慾, は文学, は晩年, は私, は芝居, は近代, は静寂, ばかりでなく, も彼女, も必要, やこれ, をその, をどう, をどうして, をまた, をみずから, をよく, を一人, を自分, を自覚

1 [490件] からのがれよう, から伊達正男, から出来る, から四, から大隅学士, から思ひ出し, から数分, から更に, から死ぬ, から比べる, から生れる, から百フラン, から続い, から聖心会, から酔っ, から長く, が, がいずれ, がうれしい, がうれしく, がお, がおいそれと, がおそろしかっ, がおもく, がかなり, がけっきょ, がこんなにはっきりよく, がその, がとても, がどの, がなく, がはっきり, がぼんやり, がまざまざ, がまた, がみんな子供, がやかましい, がやはり, がわかっ, がわたしたち, がクリュシフィクシオン長老, がグスタフソン, がサンプリス修道女, がチッ, がブルジョア的理論, がマリユス, がリアル, が一々, が一つ一つ, が一旦, が一等, が万事, が不可能, が伯父, が何, が何より, が何時, が信長, が俺, が偶然, が僕, が僕たち芸術家, が全部, が印度, が即ち, が却って, が原因, が反乱, が同, が周囲, が問題, が場処, が女一人前, が安全, が巌, が巨大, が帰朝後, が彼ら, が彼女, が怯懦, が成功, が我々, が承知, が政治, が書かれ, が最も, が月夜, が月評, が望み, が松井, が某国, が歴史, が水, が法則, が然し, が物語り, が特に, が犬, が現象学的還元, が生ける, が生活, が畜生, が異常, が皆, が皆私, が真正, が確か, が私, が私たち, が私達, が科学的精神, が立ち去った, が結局得策, が聡明, が胸いっぱい, が自己, が自然, が自覚, が芸術化, が著しく, が著者, が蟹江, が許, が許せない, が誤り, が趣味, が辛い, が重大有効, が金龍, が願わしかっ, くらいな, くらい無, ぐらいであった, こそがほん, こそひろ子, こそ吾, こそ明らか, さえも脅威, しか考え, じゃあ半, すら私, だけがひろい, だけが問題, だけが大切, だけが手当, だけが確実, だけが語られ, だけであった, だけである, だけでもう, だけでも十分, だけでも已に, だけでも獲物, だけで大変, だけで生れ, だけを平面的, だけを書いた, だけを覚え, だったの, だつて頭, であった, でいろ, でかかった, でこそ必要, でしのい, でなくても, でなければ, でよい, でゐ, で云え, で抱き上げなけれ, とお松, とこの, とそこはかとなき, とない, とは全く, と共にまた, と決まら, なども明治文学, にお, におどらされ, にかかる, については会った, についてロダン, について全, について彼女, について意見, について退院前後, について野村, につけ, につづく, につれて自分, にともなっ, にはだれ, にはなんと, にはわが, には宿駅常備, には必ず, には料理, には東京, には林間学校, には近所, には遠から, には鼻, にもかかわらず, にもまして, によってまた, によって動く, によって又, によって失われるであろう, によって彼, によって恒川警部, による氣質, に下地, に今日, に他, に優美, に先立っ, に利殖, に勉強, に動じる, に土地, に基く, に対してあの, に対していま, に対して一葉, に対して抗った, に対して星尾, に就, に従, に従っ, に微罪, に心, に怯え, に患者, に手, に松源鳥八十, に此, に気がつく, に永遠, に目, に税金, に絡まる, に考えごと, に賃銀, に辻斬り, に違, のみが私, のみで, の可能, の秩序, はあながち, はあの, はいかに, はいかにも, はいや, はいろいろ, はお, はかう, はかうし, はかつて, はきょう手拭, はこれから, はこわい, はこんな, はすでに, はすべて, はすべて自ら手, はその, はただ, はちょうど, はちようど秋, はついに, はどう, はどうやら, はまず, はまた, はまったく, はむしろ, はもう, はもうなにか, はもう少し, はやっぱり, はわかった, はジャンガラ星人, はテーマ, は一個, は一向, は一言, は三月, は九月, は事件, は事実, は人, は今, は今しがた, は俗悪, は健全, は偶然, は先, は全く, は全く当然, は冬, は初秋, は前後十年, は労役, は動物, は勞役, は古い, は古から, は古人, は哲学者, は国語それ自体, は夏, は天狗, は奥様, は妻恋坂, は婚姻制度, は存在, は当然, は必ずしも, は忌むべき, は恐ろしい, は我々, は或, は探検隊長, は既に, は普通, は最も, は服従, は朝子, は未だかつて, は本当に, は武藏, は歴然, は死, は死なし, は母, は決して, は源平, は王, は生きる, は痛く, は皆, は皆順序, は相手, は真に, は短, は確か, は社会, は社会的, は私共, は築地, は終戦後二年半, は結構, は綿密, は老中, は膠, は自分たち, は自習時間, は航, は芸術, は芸術家, は言いがかり, は言い知れぬ, は話, は誰, は賢者, は賭博, は農家, は近寄っ, は金助, は間もなく, は須山, は頭, ばかりを彼, ばかり待っ, ばっかりはどう, への不安, へ出る, までいかなく, まではどう, までは卑禄, までは知らなかつ, までは雪子, までわれわれ, もあつ, もこの, もごく, もただ, もまた, もやはり, もわずか, も亦, も何処, も分っ, も同じ, も心配, も日雇い労務, も禁じられ, も縫, も言っとく, も足利殿, も野呂菜園の, よりこの, よりのぶ, よりはまた, よりも, よりもつと, よりもむしろ, よりも大切, よりも當時, より他, より先決問題, を, をあなた, をいくら, をお, をおのれら, をきっちり, をしっかり, をしない, をしまい込ん, をだれ, をちゃんと, をどうにか, をどん, をなさずし, をはつきり意識, をほか, をまざまざ, をみつめ, をみんな彼奴, をもっ, をも手, をゆっくり, をハッキリ, を世人, を中心, を事新しく, を云っ, を云つてみたいの, を人生, を今日人々, を今更, を伝え, を俺, を全体, を力, を唯一, を多く, を守る, を完, を実行, を密, を尊重, を小耳, を少年, を弟, を心から, を心がけ, を必死, を忘れ, を思う, を承知, を把握, を文学, を文学者, を東京, を歴史, を生涯, を私, を称し, を経験, を翌年, を考え, を自分たち, を見, を見つめ出し, を見る, を見分, を証したい, を語る, を読む, を読んだ, を銀行, を長く, を除いた, を飲む, 故にどちら

▼ ことであっ~ (567, 0.1%)

33 てその 21 てそれ 20 てこれ 19 てみれ 15 てこの 96 て実際, て従って, て決して 5 て私, て見れ 4 てはならない, て一般, て普通 3 てしかも, てそこ, てそして, てそれ以上, てたとい, てみる, て今, て自分

2 [38件] たりする, てあの, ていずれ, ていま, ておのおの, てかよう, てここ, てこれら, てしたがって, てすなわち, てそれら, てただ, てつまり, てひとり, てまた, ても, てもし, てもとより, て之, て今日, て何, て例えば, て単なる, て単に, て吾, て哲学, て実は, て実行, て彼, て後, て既に, て日本, て真, て社会, て而, て足利時代, て身, て近年

1 [310件] たりした, たりまたは, たり人民, たり前途, たり罪, ちゃならない, てある, ていい, ていざ, ていたずらに, ていちいち, ていつ, ていまさら, ていまだ, ている, ていわば, ていわゆる, ておなじ, てお前以外, てかかる, てかつお, てかつて, てけだし, てけっして, てこうして例えば, てことに, てご, てさしつかえなき, てさらに, てし, てしない, てそういう, てそうして, てそのうえ, てその当の, てその後, てその後仕事, てそれだけ, てたいへん, てたとえ, てたとえば, てつい, てとうとう, てなに, てなんら, てはいっ, てはこれ, てはならぬ, てはなりません, てひとり和算家, てふと, てべつだん, てほとんど, てむろん, てもうかれこれ, てもきっと, てもきのう, てもしも, てもそういう, てもその, てもその間, てもそれ, てもそんな, てもっともっと, てもなく, てもまた, てもやらなけれ, ても世間, ても事軍紀, ても今, ても伸子, ても僕たち, ても出来ない, ても勇ましく, ても名誉, ても大目, ても夫婦, ても寺, ても性欲, ても或, ても狼狽, ても私, ても私たち, ても自然, ても色彩, ても進ん, ても達筆, てやがて, てよい, てわたくしたち, てわたし, てアメリカ, てエッセイ, てチャーチル, てハシブト, てハル, て一, て一ミリ, て一日, て一朝こと, て一生, て一般民衆, て一部, て万一, て三月, て三郎, て上古以来戦国時代, て上述, て且つ, て世の中, て世間, て主食作物, て争う, て事件内容, て事実上, て五月, て人前, て人間, て今ここ, て今後人口, て今更, て今朝それ, て仏蘭西, て仰々しく, て仲, て作者, て侯みずから, て信長, て偉大, て健康, て偽り, て僕, て元来, て兄媛, て児童, て入学, て入山村, て内輪, て分析, て別に, て前後, て前掲, て十三日, て卒業実験, て即ち, て受け取らぬ, て古く, て古代, て各自, て同, て問題, て国史国文学, て国民, て土地, て夏, て外部, て天然, て妻, て娘, て孔子, て孤独, て完成, て実験炉, て客観的真理, て差, て帰朝後, て幕府積年, て年代, て広松さん, て度々, て弁証法, て引き続き, て張魏以前, て当人, て形, て彼ら, て彼女自身, て従来僧侶, て御, て心, て必ずしも, て悟性, て悪く, て意図, て意外, て慶安謀反, て我々仏教僧侶, て或, て所, て所伝, て承継的著作権者, て技巧, て技術, て折助, て捨蔵さま, て掏摸, て改めてわざわざ, て教学, て数千年来, て文学者, て文法的, て新た, て日本人, て日本民族, て日清戦争以前, て明治後期以後, て昔, て時間, て普通町人側, て書画, て最古, て期間, て未知, て村, て格別, て格調, て森入道西, て模倣, て武士, て歴史上, て殊に, て母后, て母親, て民俗学, て民衆, て水晶, て水資源, て氷, て決して一気に, て沢庵, て泉嘉門, て海賊, て満足, て漢字, て為政, て無, て無論, て物, て物理出, て特に, て特殊, て犯人, て独断, て玉置, て王道, て現に, て現実, て理窟, て生, て産卵前, て略文, て痴人, て盆踊り, て直接的, て直接苦痛, て相, て石, て破局, て硝子, て祈り, て神自身, て私一個, て私見, て科学, て科学ジャーナリズム, て第, て組織, て経験, て結局, て結果, て絶対, て美, て考え, て職人, て肉体的, て胃, て至極, て苗代, て蒙, て見る, て触れず, て言語, て言論, て計量, て記憶, て記紀, て認識, て語り伝えた, て誠に, て買主, て資本主義, て資本家性, て身勝手, て近年先生, て通常, て過去, て道元, て道庵先生, て部屋, て重, て重臣ブロック, て銭形, て錘, て院, て陶器, て順徳院, て顔, て食べ, て魚, て黄味

▼ ことすら~ (563, 0.1%)

24 ある 17 あった 16 忘れて 13 出来なかった 10 あつた 8 あるの, なかった 6 できなかった, ないの 5 たまさかにも, できない, ない, 彼には, 益々脅迫感, 知らなかった 4 あります, 出來, 出来ないの, 容易でない 3 しなかった, できないの, できなくなって, 出来ない, 出来ないほど, 彼は, 知らずに, 私は, 避けて

2 [26件] あるので, お雪, できないで, できないよう, できなかったの, できませんでした, できる, むずかしい, 不可能で, 不思議の, 出来ずに, 出来そう, 出来なかったの, 出来なかつた, 困難である, 困難な, 大変な, 忘れたかの, 既に滑稽, 有った, 欲した, 知って, 禁じられて, 私には, 私の, 覚束ない

1 [330件] あえて辞さない, あったが, あったくらい, あったという, あつたらう, ありました, ありませぬホント, あり従つて, あるし, あるであろう, あるという, あるとの, あるもの, ある道祖神, いかに至難, いけないの, いささかドン・キホーテ的, いぢ, いつしか忘れられ, いはれなく苦痛, いやで, いやな, いらない生活, おっくうな, おできに, お思われ, お悔やみに, お民, お目, かかる矛盾的自己同一, このとき, このとき一度, こんなに知る, さけて, されて, しかと記憶, しては, しないで, しないであろう, しないほど, しなかったの, しなかつた, しばしばあつ, し得ないほど, すっかりどこ, すでに不思議, すでに京吉, すでに厄介, だれも, つらくなっ, できずその, できず土方, できないだろうと, できないでしょう, できないとは, できないのに, できないほど, できない感じ, できない最下等, できなかったが, できなかつた, できなかつた未練, できなくなったの, できなければ, できまいに, できよう, できること, できるだろうか, できるであろう, できるの, どう考え, どう身, どこが, どんなに不可能, ないであろう, ないといふ, ないとの, ないみたい, ないん, なか, なきに, なければ, なし, ひとつ言えない, ほとんど不可能, ほとんど知りません, まだ早い, まれに, めったになく, もう月並, もう考へられなくなる, もさせなかつたで, もはやできない, もはや心, やらずむかし, ゆるさぬ気持, ゆるされないもの, よくできない, わからなかったと, わすれて, われわれ自身の, 一向訳, 一度も, 一般には, 一難儀であった, 不十分で, 不可能な, 不可能に, 不安に, 不幸な, 不思議な, 不馴れであった, 予期できない, 二人の, 今では, 今の, 今は, 仲, 何か, 信じ得ない程, 僕には, 僥倖だった, 僭越な, 億劫がっ, 全く無い, 公然の, 出来しませんので, 出来ず何となく, 出来ないから, 出来ないこと, 出来ないといふ, 出来ないとき, 出来ないもの, 出来ないやう, 出来ないよう, 出来なかったが, 出来なかつたん, 出来なくなるかも, 出来なくなるさ, 出来なくなるとき, 出来ぬ恐れ, 出来ませなん, 出来ませんでした, 出来るという, 出来るの, 出来る筈, 出来得なかった, 分らない男, 判明しない, 北國の, 十分に, 半蔵らの, 卑怯です, 危ぶまれるほどの, 厭な, 厭やが, 厭わない, 友人で, 受けぬもの, 可能な, 同時に自ら, 喜びであり, 困難であった, 困難に, 堪へ難い, 多くなった, 夢だつた, 夫婦の, 始めて, 学校の, 安らかな, 実は大変, 容易でなかった, 容易ならざる, 容易ならず, 容易には, 密かに, 小学生には, 少からず, 岸本には, 幾らか顔, 度外した, 弓子は, 後悔し, 心配な, 忘られた, 忘れかけました, 忘れとる, 忘れられて, 忘れられようと, 怖れられ, 思いも, 思い切って, 思っても, 思ひつくこと, 思ひ出せなかつた, 恋し合, 恋し合う, 恐れて, 恐ろしく思った, 恐懼に, 恥かしく思わず, 恥ずかしかった, 意に, 意識しなかった, 意識しなくなる, 意識の, 慷堂には, 憚りあり, 我々が, 我々にと, 振り落し, 描かれて, 擽つたさ, 放って, 教へ, 敢えてした, 断ったほど, 断念した, 斯う, 既にもう不思議, 既にもう切なく, 既に私, 既に秘密, 日本の, 時にこんなに淋しい, 有りながら, 有り得ないやう, 有り得やう, 未来の, 案外らしい, 楽しみに, 欲しなかつた, 殆ど友人, 殆ど忘れ, 殆ど意識し, 気が, 気づいて, 気づかない憾み, 気に, 気の, 気付いては, 気味悪そう, 水臭く思っ, 決して不可能, 決して容易, 決して許さない, 無い, 無いの, 無意味な, 無駄な, 現代の, 現在の, 理由が, 甚だ覚, 疑は, 痛切に, 真の, 眼に, 知らないかも, 知らないで, 知らないの, 知らない人たち, 知らなかったでしょう, 知らなかったの, 知らなかつた, 知らぬ地方, 知らぬ我々, 知り得なかつた, 知るまいとの, 確かでなく, 禁ぜられた, 私達には, 結果は, 羞じた, 考えて, 考えなくなった, 考へたが, 考へて, 考へてはを, 耐えきれなかったの, 耳に, 聞かされて, 聞こうと, 聴こえない, 肯われない, 腕に, 自分でも, 自己の, 自由でない, 自覚せず, 自覺, 至難であり, 致しますまい, 覚えて, 覚えては, 解禁し, 許さずに, 許さないと, 許さなかった, 許されず窮極, 許されて, 許されないこと, 許されないの, 許されない場合, 許されない多く, 許されない絶対, 許されぬの, 許されぬ様々, 認めて, 誤って, 誰も, 諦らめて, 貴族の, 赤子の, 起る, 躊躇し, 軽挙の, 迷惑な, 遅すぎる, 避けたかった, 避けたかったくらい, 邪魔な, 長いあ, 長い年月, 間違へて, 非常な, 面倒だつた, 頼母しがる, 魏の

▼ ことでしょう~ (525, 0.1%)

12178231297 ねえ 6 から 54 がこの, がそれ, これは, と思います 3 からね, が私

2 [12件] あなたの, からお, がお, がその, がわたし, が今, けれどその, しそれ, しまた, それは, 私は, 親分

1 [218件] あっという間も, あなたが, あなたに, あの人, あの通り, おそらく, お上さんが, お品, お父上様, お石どの, かあばれまわる, かこれ, かしら, かしんぱい, かどう, かな, かね, かねえ, かねえ胸, かひそか, かもし, かもしそう, からあんた, からお嬢様, からくわしく, からご, からごく, からその, からなに, からなるべく, からひとつ, から多分, から水棲魚人, から私, から話, から逃げる, から隙, か幸, か当方, か父, か知ら, か親分, があいにく, があなた, があの, がいずれ, がかんべん, がこうして, がこれ, がさいわい, がしかし, がすべて偉大, がその他, がそれら, がそんなに, がただ, がだが, がつきあっ, がどうか, がどうも, がね, がねえ, がね私なんざあ, がほか, がまだ, がもしか, がもっと, がもの, がわたしたち, がテレビ, が不満, が二人, が井上さん, が今日, が何分, が塾, が大浦先生, が実際, が引き立てられ, が恐れ, が文字通り神出鬼没, が昨夜, が本郷, が柿丘秋郎殺害犯人, が残念, が殿, が浅吉, が父親, が現在, が病気, が税金, が結局, が苦情, が輝かしい, が運命, が配給, が重, くいしん棒, けどでも, けれどこちら, けれどとにかく, けれどなにしろ, けれどもわたくし, けれどもリボン, けれども署長, けれどわたくし, けれど今時, けれど本当にもう, けれど私, こうやっ, この手紙, この目鼻立ち, これで, これという, こんな標語, さし当っ, さながら翡翠, しあなた, しいついつ, しかしその, しかし私, したとい, しどう, しなるほど, しばらくの, しもし, しわたくし, し湿度計, し父, し罪, し行け, し詳しい, そこでもう, そしてそれ, そのこと, その上山道, その普請奉行はじめ, その船, そりゃおっしゃる, それから武器, それには, それを, だから町内, って, でもあの, という者, という話, といった, と存じました, と存じます, と察しられます, どうしよう, どんな苦杯, にいっこう, にねえ, に神仏, ねえ雄々しい, ねお, ねこの, ねエ, ね人間, ね私, のに, またお, まだ一年半, もし私, もちろんわたくしたち, よなにしろ, よふびん, よ神田川, わたくしは, わたくし梅尾と, わたしたちが, わたしは, ナ, ナア, ネどうぞ, マダム, 三方四方慶たい, 両方の, 今度は, 今日の, 伊勢の, 側には, 兵部卿の, 動悸が, 古来支那に, 名前さえ, 大勢の, 婦人は, 宵の, 少年達の, 岸は, 幸い躯, 座禅を, 彼の, 御一しょ, 御免なさい, 心づくしという, 愛誦の, 暗い野, 歌は, 気を, 涌谷さまや, 眼が, 矢庭に, 私には, 私を, 素肌に, 肉体の, 苦労が, 親から, 親分さん, 親分さんこんな, 貴方には, 身を, 閣下, 面白いわ

▼ ことなども~ (494, 0.1%)

49 あった 25 ある 24 あつた 12 ありました 7 あって 5 あるが, 話して 4 あったが 3 あるので, その一つ, 忘れて, 思い出されて, 珍らしく, 私は, 考えて, 聞いて, 話した

2 [19件] あります, あるそう, あると, あるの, いって, お話したい, この中老人, その一端, ない, ないで, みんな妾の, 今は, 分りました, 思い出された, 書いて, 知って, 知らなかった, 覚えて, 調べが

1 [298件] ああした, あったくらい, あったそう, あったと, あったの, あったので, あったよう, あったらしい, あまりピンと, あらば, ありき, ありその, ありましたが, ありますから, ありますが, あり大石義雄, あり御苦労, あり種々, あり自負心, あり鹿, あるいはその, あるし, あるだらうが, あるであらう, あるのに, あるまいから, あるよし, いたく青年, いっさい忘れ, いつに, いつも思う, うつつない, おそらく原因, おほ, おぼろに, お前の, お思い出し, お話しいたしたい, お話しした, かいた, かけ離れた土地, かなりに, からっと忘れ, かれは, ききました, きめた, こうした用語, ここの, この態芸門, この書, この花火, この誤解, こまごまと, これで, これまた, これを, ございましたが, さすがに, しばしばあった, すこしばかり, すっかり忘れ, すべて前, ずっと以前, ぜひとも必要, そういうところ, そっくり腑, そのよい, そのよう, その一例, その一因, その夢うつつ, その小説, その忘れられない, その本, その理由, その結果, その部類, それから, それからそれ, それと, それとなく飮, たびたびあった, たまには, ちゃんと知っ, つぶさに告げ, てんで問題, できなくなって, どうしておられた, どしどし投書, ないの, なかなか承知, なく別々, なく殿, なんでも, にわかに想いだし, はつきりと, ひそかに, ひとえにお, ふたりの, ぼくの, まさに時代, またこの, また話, まだほんの, ままあった, めづらしくは, もう千鶴子, やがて伊織, よい, よく心得, よく目撃, よく知っ, わかりました御, わがままを, 一つの, 一切打ち明け, 一寸の, 不思議の, 不愉快だった, 不満として, 不面目だ, 与八は, 之と, 乱暴無, 予の, 今さらの, 今では, 仔細にわたって, 何かに, 俄かに, 僕に, 僕等の, 元康の, 兄は, 充分納得, 其の確か, 冗談の, 出た, 分って, 分つてる, 判って, 別に興味, 前以, 勿論あまり好き, 勿論云い添える, 参酌し, 及び難い, 双方ともに, 口に, 合わせて, 同じくその, 命じたの, 地方人士の, 報告し, 多かった, 夢想だ, 大切であった, 大和守一人の, 大変役に立っ, 天武天皇が, 妙に, 妾には, 婦人代議士は, 宮の, 少しは, 尼君は, 帝は, 広く見極めたい, 庄三郎は, 度々でした, 弁じて, 引合に, 引用せられ, 彼の, 彼一代生活の, 彼女の, 後には, 後世信長が, 心がけること, 心に, 心得べきこと, 心配しなく, 思い出される, 思い出した, 思い出して, 思い出す, 思い合されるの, 思い合わされて, 思い合わされ多少, 思い合わせわざと, 思ひやつ, 思ひ浮んだり, 思われ異性, 思出した, 思当つた, 想い出し泣いたろそう, 想ひだし, 想ひ出され, 想像できます, 想像出来る, 想出し泣いたろ, 感じました, 憶い出された, 我ながら, 我国の, 戰國から, 持ちだされましたが, 支那の, 早や, 明けッ放し, 明らかに, 明石は, 時々あった, 時々笹村, 時節柄急を, 普通の, 書いては, 書添へ, 有之, 本末顛倒としか, 欠くべからざる日課, 残らず始末, 段々知らされた, 民弥には, 気にか, 気付かないから, 汝ら一部の, 決して人, 注意する, 津山市から, 潤三郎は, 為兼などと, 無しに, 無視され, 父の, 珍らしくなかった, 現代武者修業とも, 発表し, 皆お話し, 皆この, 皆このごろの, 矢代は, 知つて居る, 知る人, 祖先の, 神のみ, 祭りの, 私が, 私の, 私能く, 稀で, 種々話に, 笑い話の, 総司の, 義兄が, 老人は, 考えられた, 考えられたり, 考えられて, 考えられるので, 考え特に, 考へた, 考へたの, 考へる, 耳に, 聴いて, 胸に, 能く, 至極自由, 艶な, 衒学的に, 衛生とか, 見えて, 見ませんでしたわ, 見よが, 親睦の, 言い置いて, 言って, 計算に, 訊いて, 記して, 記載され, 話しかけました, 話しました所, 話に, 詳しく報告, 認めて, 語られた, 語りたいと, 談義中の, 近侍者には, 追, 追懐しました, 重なったと, 重要な, 間違いの, 際限なく, 頭に

▼ ことでした~ (478, 0.1%)

342518151312 から 11 がしかし 98 がそれ, が私 6 がこの 5 がその 4 がこれ

3 [12件] かね, からこれ, からわたくし, がお, がしかるに, がすると, がね, がわたし, が彼, ね御, わ, 私は

2 [16件] からね, がある, がいろいろ, がこんな, がその後, が二人, が二階, が仲間割れ, が伝六, が修学旅行以外, が平次, が幸い, しまた, ねお, ねけが, のでこの

1 [242件] ええ, お体いかが, かそれと, かちょうど, かな, かなお, からあかり, からあの, からいかにも, からお待ち, からお迎え, からくちびる, からこっち, からじ, からじれじれし, からその, からその間, からとりあへず, からにらんだ, からねえ, からむろん, からもう, からやはり, からよう, からオランダ流, からキクッタ, から今, から伝六, から八, から前例, から勢い, から勧められる, から吾が, から図題, から夜, から後家さん, から悲痛, から改めて, から機械, から此方, から気候, から火足, から町内, から米友, から考えよう, から自然家中, から誰, から退屈男, から道庵, から隣り, から非常, かエルジン, か多分, があいきょう者, があの, がいかにも, がいずれ, がおと, がお父さん, がこういう, がご存じ, がさて, がされ, がしかし実は, がそういう, がその後数年, がそれでも, がそんな, がた, がたまたま, がでも, がどうも, がなに, がふたり, がまさか, がやがて, がやたら, がゆうべたしか, がスピード違反, がセエラ, がナオミ, がネどうも, がマア一種, が一体, が七兵衛, が三枝家, が上野高女, が世間, が中将, が中途, が久万ぶり, が今更, が何しろ, が何だか, が何千兩, が併, が例年, が僕, が兄, が兄さん, が先ず, が先妻, が内心, が前, が千代乃さん, が半月のち, が右門, が同僚, が同君, が名乗られ, が名人, が君, が外国, が大名, が大層, が天, が実際, が小屋, が少年達, が山中, が巻き, が帝国海軍, が廣介, が当時風間さん, が彼女, が御, が手, が数名, が早く, が明後日, が昨日, が最う, が最初, が未だ, が本人, が来, が来週, が某, が梅雨, が椎の木, が次に, が母, が深井少年, が無論, が父親, が猪之, が目分量, が真偽, が私ども, が私達, が米, が茂太郎, が警官, が變更, が谷中, が農家, が近所, が退屈男, が遠い, が金兵衞, が間違い, が雪, が青木普八, が駿河屋, が高沢寺, が鳩たち, けどねえ, けれどその, けれどもそれ, けれども有り得ない, けれどやや暫く, けれど念, し夢, し平田, し彼等, し最後の, し誰, そのうちみんな歌, っけ, つけ, つまり遊び, と, とあやまる, と何, と公署, と言う, なあ, な御新造, な心当り, ねあの, ねえ, ねえお, ねお嬢さん, ねなどと通人, ねよく, ね一寸, ね八五郎, ね小, ね御存じ, ね旦那, ね親分, ね詳しい, のう, のじゃ, ので, のでお待ち, ので洋一, ので磯五さん, ので私, ので約束どおり, のにそれ, ふと私, もの, ものなあ, もんです, よこいつ, ろうにねえ, わたくしの, わたしが, わね, わねなぜもっと, わもうもう, アイヌ達の, ツけ, ネ, 二条殿へ, 僕が, 僕は, 八五郎も, 十時頃僕は, 外で, 実は柏原, 少年は, 本人は, 決して日, 男という, 私が, 秋刀魚が, 血だらけの, 観行院様に, 雄二の, 騷ぎの

▼ ことある~ (474, 0.1%)

21 もんか 16 ときは 1110 のん 8 もこれ, 可し 65 ものか, もんです 4 のみ, ひは, べけん, もその, わ

3 [13件] かい, かいな明日に, がごとき, ごとに, ねん, はずが, は人, も, も之, も決して, を知る, んです, 者は

2 [28件] が為, が爲, のみと聞けり, は, は亦, は偶然, もそ, ものです, ものなり, ものなる, も亦, も尚, も憚, も指導, も是, も自ら識覚, よ, をいう, をかね, をや, を憂い, を見, を記憶, 人は, 場合に, 大隊長の, 筈ない, 職人風情は

1 [269件] うららかな, え, お人, かいな, かしら, かしら光琳, かとお, かと問, かと李, かな, かね, かはた, かも分れ, かも知れん, かわれ, かッ, か又, がこれ, がごとく, がその, が仮令, が天幕, が如く, が故に, が自分, くらいなら, けどあれ, ことない, じゃない, その一方, その時, たびに, ためであろう, ってあたし, とき例えば, とき名づけ, とき当時まだ, ところに, とて来, とによりて母上, とも他言, とも優, と知る, と私たち夫婦, なあ, なし, なり之, なり彼, においては精神, によりてこ, によりてウェルギリウス, により飛脚, による, に反し, に呪文, に徴, に愚俗, に至らん, に鈴竹, に鑑み, ね, ねんけど, ねんなあ, ねんやろ, のかい, のが, のここへ, のに, のみそ, のみと申す, のみならず, のみなりし, のみにて本, のよ, のを, の事情, の類, の類これなり, はあたかも, はいかん, はいわゆる, はしばしば, はずない, ははなはだ, はみな, は何, は卜筮, は因果, は大, は奇怪, は家族中, は容, は恰も, は意識, は明かなり, は是, は本, は止む, は此媼, は決して, は町中, は當然, は脳, は要するに, は音調上, は飢饉, ばかりで退屈, まじい, までたえず, みたいな, めえ, めェが, もあえて, もあるいは, もさ, もなお, もの, ものぞ, ものでございます, ものなれ, もののごとく, もやはり, もよく, もわが, もわれわれ, もんかいな電話懸らな, も一, も一二, も一時これ, も主人早世, も二個, も人力, も人間, も何とも, も併行, も充分, も全く, も八, も其, も其原始, も初, も勢い, も医者, も卑野, も商業上, も孟子, も官, も尊氏, も局勢, も常に, も年, も必ず再び, も恐る, も悪人, も手足, も日本国語, も朝夕, も殺し, も毫も, も火, も父母, も牧草, も独立, も理, も百苦, も神, も能, も自ら, も自家, も軽薄不実, も雲, も電気そのもの, や, やうに, やという, やない, やも測り, や常に, ゆえんなり, ゆえんを, ゆえ女子に, ような, よしいづ, よって蔭, よりこの, より起れる, よ島村大尉, わよ, わわたし, をいへり, をおも, をしばしば, をもってコックリ, をもって勢い, をも読者, を予想, を予期, を人, を以てなり, を信じ, を信ず, を基, を察し, を得, を忘れ, を思い出さなかった, を恥ぢ, を悟つた, を指す, を期すべし, を期待, を浪子, を知っ, を知つて, を知り, を知れ, を知れり, を聞かぬ, を聞く, を見ん, を覺, を豫想, んや, カルロは, 一人の, 世と, 人々の, 以上は, 前から, 友人から, 可き, 可く, 問題の, 国に, 場合には, 境遇には, 夕暮の, 夕暮時私の, 女流彫刻家なり, 学僧にて, 少年紳士なりき, 山伏が, 店から, 御方とは, 意味で, 所に, 所以である, 所以は, 日, 日おじいさんが, 日の, 日九兵衞は, 日島田三郎が, 日武蔵は, 時に, 時の, 時は, 時一番首でも, 有名な, 武士が, 毎に, 由, 由心臓病で, 知人に, 私つひ, 筈なし, 者よ, 際に, 雑誌社主催の

▼ ことしか~ (473, 0.1%)

28 考えて 12 できないの, ない, 出来ない 7 できない 6 知らないの, 知らなかった, 考えなかった 5 出來, 出来なかった 4 ありません, できなかった, 云へ, 出来ないの, 考えない, 考へて

3 [12件] しない, しなかった, ないの, ないん, なかった, 云えない, 出来なくなって, 書いてないが, 求めない, 知らない, 知らないが, 考えられないの

2 [30件] して, できないよう, できは, やれない女, わからない, 云は, 云わなかった, 出て, 出来ないと, 分らない, 手を, 書いてない, 書かないん, 書くこと, 知らない人, 考えないで, 考えないの, 考えない人間, 考えられない人間, 考えられなかった, 考えること, 考へない, 考へないの, 考へなかつた, 考へなくな, 聞くこと, 覚えて, 言えなかったのに, 言へ, 記憶に

1 [254件] あたしは, あとには, ありませんでしたけれど, いい得られないの, いえないが, いえなかった, いはないの, いへ, いわなかった, いわれぬよう, おっしゃいませんが, かけないし, きかず同じ, きくこと, ここでは, このしとやか, この仕事, ございません, した例, しては, しでかし得ないもの, しないが, しない虫, しなかったとき, しませぬ, しゃべらないで, しやしませぬ, しらなかった貧しい, する術, それを, つぶやき合わなかった, できずまた, できず私, できないため, できないだらうと, できないなんて, できないので, できないのに, できないほど, できないもの, できないやつら, できないわけ, できない不具者, できない十, できなくなった, できぬだろう, できぬ彼ら, できねえと, できません, どうにも, ないでしょうし, ないよ, ないわ, なければ, なし得ない, ふれ得ないの, ほかに, やれなかったの, やれねえですよ, わかって, わからないと, わからないの, わからないのよ, わからない頓馬, わからなかった, わからなかったが, 不可能に, 云えなかっ, 云わないもん, 云わないよう, 云わなかったし, 云わなかったそして, 今日では, 今迄, 他に, 仰しゃれないん, 信じられないと, 出来そう, 出来ないわ, 出来ない模倣国民, 出来ない筈, 出来なかったが, 出来なかったでしょうか, 出来なくなったので, 出来ぬ, 出来ぬが, 出来ねえとは, 出来ません, 出来る筈, 分って, 分らずそれから, 分らないから, 分らないので, 分らなかった, 分らなかった相, 判る筈, 判断の, 学ばなかったかも, 常に考え, 思いこんで, 思い出されない, 思い出せない, 思い浮ばんの, 思って, 思っては, 思わないで, 思わぬもの, 意味する, 意識の, 掛引を, 教えて, 教えること, 教へ, 教わって, 書いてない日, 書かないけれども, 書かないと, 書かぬ程自我的, 書かれて, 書けないという, 書けないの, 書けないのよ, 望めないの, 望んで, 来年の, 欲しない, 残されて, 残って, 気を, 無い, 無いの, 無かった, 申しませんからって, 申し上げられずに, 皆さんから, 目標が, 目的が, 知っちゃ, 知って, 知らず戀, 知らないお, 知らないし, 知らないその, 知らないところ, 知らないよう, 知らないらしい, 知らないわ, 知らないん, 知らない左近, 知らない行儀, 知らない農民, 知らない魂, 知らなかったお玉, 知らなかったから, 知らなかったの, 知らなかった私, 知らなかつたと, 知らぬ, 知らぬから, 知らぬやから, 知らぬ愚昧, 知らぬ町人, 知らぬ腐れ儒者, 知らぬ醜い, 知らねえな, 知りゃしないわ, 知りやしねえ, 知ること, 知るまいが, 知れない, 私自身にも, 考えずじつは, 考えずその, 考えずそれ以上, 考えてない, 考えては, 考えないといった, 考えないもの, 考えないよう, 考えない人, 考えない憎い, 考えない無, 考えなかったの, 考えなかったのに, 考えなかった新さん, 考えなかった頑固, 考えなくなるもの, 考えに, 考えぬという, 考えぬ女たち, 考えぬ自分, 考えません, 考えませんでした, 考えやしない自分, 考えられないから, 考えられないですよ, 考えられなかったとき, 考え付かなかった, 考へず青年, 考へちや, 考へてないぢ, 考へてを, 考へないから, 考へないといふ, 考へない人, 考へない人間, 考へられて, 考へられない, 考へられないもの, 考へること, 聞き取れなかったが, 能が, 能の, 自慢し教えない, 興味は, 表現できませんでした, 見なかった, 見出せなかった, 見分けられなかったの, 覚えてないん, 覚えない, 解らうと, 解らない, 解らないとは, 解らないやう, 解らない人間, 解らぬ, 言えないという, 言えないの, 言えないもの, 言えない奴, 言えない男, 言えない訳, 言えるはず, 言つてない, 言は, 言はず, 言わない種さん, 言葉には, 許されなかった, 話さずなるほど, 話さないという, 話さなかった, 話さぬ, 話し得ないの, 話すこと, 話せないわがまま, 語らなかった, 誰も, 識らない, 踏んで, 這入って, 遺って, 頭に

▼ こと~ (450, 0.1%)

191 やない 51 やありません 4912 やございません 11 やが, やねえ 9 やあるまい, やなく, やア 8 や無い 5 やある, やらう 4 やなし 3 やから, や御座いません, や駄目 2 やけんのう, やて, やな, やなあと, やなかつた, やね, やのう, やらうな, やわたし, や俺

1 [47件] つとして, やあごわせん, やあり, やいかん, やお, やが汝ぢ, やござんせぬ, やしかし, やすみません, やそれ, やぢ, やつた, やと嫌味, やと思ふ, やなん, やに, やねエ, やまつたく, やよ, やらうそれ, やらうまあ, やビク, や一, や下手人, や仕方, や何, や何年經つたつて熊吉, や口, や商, や天道樣, や娘, や御座, や手, や捨て置く, や新しい, や有りません, や死に切れる, や殊に, や治まるまい, や無え, や相手, や祕傳書, や納まり, や紛失, や船, や若旦那, や苦勞

▼ ことでございます~ (448, 0.1%)

494021 から, が, な 116 の, わ 4 ねえ, もの 3 から御, から私, がその, がそれ, が父, 親分さん

2 [13件] からその, がある, がいったい, がこの, がつい, がね, が実は, が御, が忠五郎, しその, と言っ, のね, わね

1 [221件] あちらでは, あちらへ, あれは, あれほど, おまつ, おめでたいこと, お屋敷うち, お手間, お蔭様で, かおばさま, かこの, かどう, かなあなたさま, かね, からいろいろ, からお, からおどおど, からお気, からこう, からさあ, からさっそく, からすぐ, からそのまま, からそれ, からそれに, からそんな, からどうか, からどうかまあ, からどうせ, からどうぞ, からな, からなお, からなにとぞ, からね, からねあなた, からねえ, からまた, からまだ, からもし, からよし, からよもや, からザッカケ, からハッキリ, から一概, から一言申, から云わず語らず聞かず, から今ここ, から今後, から今晩, から何, から只今, から大勢, から天, から宿, から小田切さん, から彼方此方, から怯えます, から或いは, から普通, から杭州, から此土地, から美しい, から船, から苦しい, から行届き兼ねまする, から詞, から陳弁, から隠さず, から面白い, かわたくし, か何ぞ, か実は, か旦那様, か水色, があの, がお, がお客さま, がかの, がこれ, がそう, がそんな, がともかく, がどう, がどうぞ, がどうも, がどっち, がな, がなあに, がなかなか, がなに, がねあなた様, がまだまだとても, がわたくし, がトマト姫さま, がヘエ, が一風, が丁度, が三田, が世, が世間樣, が之, が人間, が今, が他, が例えば, が加担人, が唯今摂氏五十五度, が壬申, が奥様, が家中, が当時, が拙い, が敦子さま, が時代, が此緑地, が母, が決して, が社会正義, が神々しい, が私, が私所, が第, が紋, が老女村岡様, が自分, が誰, が道路, が適当, が釜次郎, が非常, が風太郎, けど, けど常, けれどもそれ, けれども人, けれども何, けれども先生, ここで, ここでは, このとおり潔白, この通り, これも, し, し家中, し御, その前, その時, そりゃあまあ, そんなら, ぞ, ただ子供, では内所, でよく, というの, という言葉, といふ, といふ意, とお, ともかくも, と息, と申, と私, と言う, と述べた, どうぞお, なあ, なお, なんとなく私, な私, ねえ御, ねどこ, ねカタリナさん, ね私共, のでついなんにも, のでどうか, ので段々, のに, のに花魁, のリヴァズさん, はい今彼処, はるばる甲州路, もうなんともございません, ものあんたさん正直な, やら, ゆえ抵当が, よああ, よくない, よはい, よ今にも, よ私, ナお客様, ヨ, 人間界を, 今まで, 今日では, 何卒この間, 余りにも, 実に何, 巡礼の, 当家の, 御迷惑さま, 故につとめて, 旅の, 日本廻国の, 旦那様は, 是非聞かせ, 梵網経の, 歩兵さんに, 毎日婆アともは, 清い水, 眼を, 矢は, 約十年前, 血が, 辻斬なら, 通りその, 郁坊や, 長らく皆様, 閣下, 音を, 黒住宗忠様が

▼ ことない~ (447, 0.1%)

7318 でしょう 16 じゃない 15 んです 1310 さ, よ 87 ことを, のです, わよ 6 ね, や 5 のん 4 ぢや, で, でせう, と思う, のよ, やろか, んだ 3 ですよ, な, なあ, ねん, ように 2 かしら, けど, けれど, こと, こと告げ口し, だろう, です, に定, のを, わホント

1 [183件] あたし, お園, かえ, かって聞いたでしょう, かのよう, かも知れない, から, から先生, から把手, から眠い, から詩, か知らん, が, がもう少し, がラク, が実に, くらいです, けえ, けどあんた, けどうま, けどなア, けどやつぱり, けど学校, けど男, けど腰, けど食用蛙, こといい, こといろいろ, こといろんな, ことお, ことこの, ことさまざまに, こととりまぜ, ことに, ことハガキに, こと伴蔵に, こと何でも, こと取りまぜ, こと喋りまくっ, こと大, こと山門の, こと搗きまぜ, こと書き, こと果ては, こと様々に, こと泰文に, こんな花, さう, さお前, さかいいま, さかいちょっと, しとやかく, しサアヴィス, し光子さん, その仕事, その前進性, ぞ, ぞと流石, たゆみな, だいじょぶ, ぢゃないの, って第, つていふ, つてお, でしょうから, でしょうけれど, でしょうし, でしょうね, ですな, という意味, といく, ところである, とは限りません, と思います, と思ひます, と言う, ど, な雪子ちゃん, にきまってる, ねえ, ねんけどあんた, ねんけどそしたら, ねんけど疑がう, ねんさかい, ねんで, ねんわ, ねん数寄屋橋, ねェ, のか, のかい, のかと, ので, のである, のでしょう, ので持たなかった, のに可笑しい, のに早速, のねえ, のんで, はずだ, ばっかりか前, ものだ, もんで, やそんな, やろ, やろうか, やろ思います, よあり, よお, よたくさん, よってに, よな, よ何, よ呼吸器, らしい, らしく可笑し, わい, わお母さん, わけです, わじゃ, わそんな, わただ, わと冴子, わねぇ, わねえ, わよいま一寸, わわたし, わッ, わリラ, わ助けよう, わ嘘, わ第, プロレタリアート大衆は, 一旒の, 両性の, 二つの, 云うこと, 人が, 個人の, 児や, 内的生活に, 前進を, 午後の, 去に, 反覆, 好奇心とは, 実に大した, 尺度の, 平凡だ, 幸雄が, 徳風を, 思います, 思て, 意地悪な, 愛撫を, 戯作三昧に, 探求心その, 探求者個人主義者の, 新聞の, 朝鮮の, 歴史的飛躍が, 活動へ, 渡場を, 源泉と, 特種の, 生命によって, 由で, 男やったいう, 眉の, 看客を, 真心を, 私の, 筈や, 繁劇なる, 興味を, 英雄首領の, 被殲滅者, 話を, 貪慾な, 超人や, 進歩の, 闘争が, 静穏それ以上不足を

▼ ことかも~ (444, 0.1%)

93 知れない 47 しれない 27 知れないが 23 知れません 21 知れぬ 16 しれないが 15 知れませんが 12 しれぬ 10 しれません 9 知れないよ 7 しれないと 6 知れぬが 5 しれぬが, わかりません, 知れないと 4 しれぬと, しれませんが 3 しれないけれども, しれないな, しれないの, しれなかった, 知らぬが, 知れないし, 知れなかった, 知れねえ, 知れませんけど, 知れませんよ

2 [13件] しらないた, しらないまた, しれずまた, しれないけれど, しれないぞ, しれなかつた, しれませんね, わからない, 知れないけど, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないな, 知れぬと

1 [79件] うたえだえ, しさうでなければ, しれないがね, しれないけどね, しれないけれ共, しれないし, しれないたぶん, しれないとも, しれないわけ, しれない廻転, しれない男, しれぬぞ, しれぬとも, しれぬなどと, しれねえ, しれねえが, しれねえそいつ, しれませぬ, しれませぬけれど, しれませんそれ, しれませんでも, しれませんわ, しれん, しれんが, わかって, わからないの, わからぬ, わかりませぬ, わかりませんね, わかりません一年, 分らない専門, 判らない, 存じませぬ, 存じませんが, 知らずさそいに, 知らないんで, 知れず幸子, 知れず概して, 知れないから, 知れないがね, 知れないけども, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないそれなら, 知れないそんな, 知れないだとすると, 知れないであろうが, 知れないでは, 知れないね, 知れないねえ, 知れないの, 知れないはっきり, 知れないわ, 知れないわね, 知れないん, 知れない事がら, 知れなかったが, 知れなかつたが, 知れなかつたの, 知れぬけれど, 知れぬし, 知れぬなる程健康, 知れぬの, 知れねえと, 知れませぬ, 知れませんから, 知れませんがね, 知れませんし, 知れませんとにかく, 知れませんな, 知れませんね, 知れませんや, 知れませんわ, 知れませんわね, 知れん, 知れんて, 知れんな, 能く知らなかつた, 覚えて

▼ こと~ (436, 0.1%)

45 へある 29 へあつ 21 へ出 9 へ忘れ 7 ういふ, へ, へ出来ない, へ出来なかつた 5 へない 4 うした, へ容易, へ誰 3 ないよう, へあります, へできない, へなかつた, へなけれ, へ不可能, へ不思議, へ無い, へ私, へ稀

2 [27件] あれは, うして, おれは, それよりも, へあ, へありました, へありません, へしない, へできた, へできなかつた, へもある, へもできる, へも忘れ, へよく, へ一度, へ云, へ忘れる, へ殆ど, へ気, へ氣, へ珍しく, へ知らず, へ考へ, へ苦しい, へ許されない, へ鮮, 十万百万千万年千五百の

1 [203件] あたしが, あの男, いずれ, いつも通り, いま縁談が, ういふときは, ういふところ, ういふ築港, うしながら, うせぬまでも, うぢ, うっ, うならさうで望み通り安全, うなると, う言つて了つて, え, おらあ, お前様なろうなら, かしらに, これからひとっ走り行っ, さあ行こう, すれば, そう気, その, それ, それにしてもかの, たぶんぼく, でもなにか, どうして旅, なかなか, なにしろお, ぶちゃん, へあり, へありませんでした, へいや, へお, へお前, へが一つ, へが心配, へが私, へぐ国, へしなかつたらう, へしなき, へしなけれ, へしませんでした, へし得なかつた, へすでに, へせぬ, へそれ, へできたら, へできぬ, へできません, へできよう, へできる, へときどき, へとても, へなかなか, へなく, へなし, へなし得なかつた, へに忘れゐ, へはつきり, へほとんど, へまるで, へもう, へもうつ, へもすこし, へもその, へもできなかつた, へもなから, へもイヤ, へも不可能, へも不都合, へも出, へも出来ない, へも分らない, へも厳禁, へも大変, へも怖, へも恐れない, へも拒否, へも為し得なかつた, へも當, へも知らない, へも許されなかつた, へやりかねない, へゆるされない, へわからぬ, へわざと, へわすれた, へハッキリ, へ一種, へ不可解, へ不自由, へ並, へ中, へ今日, へ仕なかつた, へ仰し, へ何程, へ俺, へ僕等, へ億劫, へ其權能, へ出来, へ出来ず, へ出来る, へ出来れ, へ別に, へ半生, へ口, へ君, へ吝, へ困難, へ多, へ夢, へ定か, へ定められ, へ少から, へ屡, へ度度, へ彼, へ後妻, へ心, へ心勞, へ必要, へ忘れた, へ忘れました, へ忘れ果てた, へ怖, へ思ひ出され, へ思ふ, へ恥ぢる, へ意識, へ憚, へ憚ら, へ成り, へ書い, へ書いた, へ気づかずし, へ気づかぬ, へ決して, へ治りしならん, へ為, へ無く, へ甚だ, へ生涯, へ疑問, へ発見, へ知つて, へ知らない, へ知らないらし, へ知らぬ, へ知られ, へ知る, へ素人, へ總, へ考へた, へ考へられる, へ聞かせなかつた, へ至難, へ著者, へ覚え, へ覺束, へ言, へ言ふん, へ訊ねなかつた, へ許された, へ証明, へ辛い, へ追, へ避ける, へ難, へ露知らず, もちろんの, ァお茶, コソロートフという, ッさと, ッそく御, ボルネオ支所に, 一杯つきあわない, 今は, 何しろ, 何となく尊く, 俺だつ, 俺は, 凉しく, 君も, 品川歸り, 孝之助という, 小さな黄金人形, 少なくとも冷たい, 恐ろしく氣, 恥を, 書いて, 死んだ女, 結局両方とも, 縁台の, 肉焼き台, 芸に, 誰もが, 野球に, 顏色が

▼ こととして~ (433, 0.1%)

7 ここには 4 ここでは, それを 3 考えて

2 [16件] ここに, では, ともかくも, のみこんで, わかって, 一九〇〇年時代の, 云えば, 今は, 伝えて, 暮して, 私の, 私を, 考えられる, 聞いて, 認識する, 語って

1 [383件] あきらめねば, あの外記, あらゆる心労, ありましたが, あれは, いいくるめきれない女性歴代, いえば, いきなり私たち, いつの間にかもうつたわっ, いま一編短い, いわれたもの, おかあさんが, おきたいの, おすまし, お前さまが, きた者たちを, くい込んで, こ, こういう傾向, こういう科学, ここも, このこと, この子, この申出, この話, この間の, こまこました, これは, これまで, これを, こわくなく, こんに, さて前, さまざまの, すっかり諦め, せわしくなりはじめた, そういう人達, そこに, そとから, そのほか, そのまま肯定, その呼び声, その概念, その男, その道を通じて, その長所, その間に, それが, それぞれの, それぞれ自動車道まで, それとともに, ただあの, ただ暦の, だれも, ちょうど前後, であるが, でしょうが, でなくて, とにかくおい, とにかく兎の毛, ともかく仕事, とらえなかったでしょう, とりあえずかよう, とりあえず食事, とりあへずか, どうか大目, どんな感慨, はっきり日々, ぴったりわかった, ほか思えないだろう, ほんとうに, まず二つ, まず山内君, また純正, また習慣的, まだ君, まるで省察, みんなに, みんな異口同音に, もうこれ以上, もはや問答無益, やって, やっぱりあなた, やはり三月, よくわかります, よまれた, より以上, より東野自身, わかりそう, ゐるところ, イザヤ書講義は, サイゴンへ, シェクスピア時代の, ダルメイダに, プロレタリアート以外の, ポーズに, レインコートに, 一切の, 一方が, 一方講演, 一生懸命その, 一種の, 一葉が, 万一の, 上陸せず, 不健全な, 不思議と, 世人からは, 主力艦を, 予期し, 予見し, 事務上の, 二つの, 云うこと, 云う場合, 云ったの, 云われて, 互いにその, 人に, 人を, 今これから, 今作者, 今夜だけ, 今日省られなく, 今日私たちに, 介三郎は, 仏教流布の, 仕事を, 他の, 仰云ったこと, 伸子が, 体に, 何か, 何と, 何事か, 何気なく読ん, 作者バルザックは, 來た, 信じて, 信じようと, 偏解された, 傀儡師と, 傍観する, 僕は, 僞證罪にも, 先ず問題, 先ず当面, 兎も, 全く正当, 内容として, 出て, 出来事の, 分って, 初めは, 判断の, 別に不思議, 前記の, 勉強ぶりについて, 勘弁し, 北条安房守や, 北野家の, 十一月に, 十分に, 半ばは, 印象を, 印象的に, 反省する, 取り扱われるの, 取扱われて, 受け入れたの, 受動的な, 受取った, 受取られるの, 叙述され, 同人雑誌の, 否定されなけれ, 否定した, 含んで, 喜助の, 噂に, 圧えつける, 堅忍に, 壇の, 大方の, 女である, 姫君は, 学問上許容し, 守って, 家康は, 家賃は, 寛一君は, 寧ろ之, 審美的に, 少しの, 少しも, 少なくとも今日, 尼は, 局にあたる, 山に, 差しつかえ, 平気で, 平静に, 当時の, 彼に, 彼女は, 待ち設けられるほど, 待って, 待機し, 御諒恕, 思いとどまりうるほどの, 思いやられて, 思うとき男, 思ひだされた, 恋人と, 恐らくは異論, 恥ずかしい, 意味ふかく, 感じて, 感じとられ今日, 感じるの, 感じる感覚, 感ずる, 感ぜられるであらう, 我慢を, 或る, 戦い合う, 扱って, 押しきった, 拉して, 拒絶する, 捨象すれ, 排斥する, 採擇, 政治的成長を, 教会に, 敢へて, 散髪屋から, 断念し, 旅の, 旅装を, 旅館へ, 日本人においては, 明白な, 時には情熱的, 更に文化, 最近石原純氏が, 期待し, 期待する, 木山と, 未来に, 条件の, 来た公私さ, 来て, 東京の, 格別の, 極めて楽天的, 楽しんで, 歌いながら, 此処には, 死後まで, 残って, 残るもの, 気にも, 気楽に, 決定され, 沢を, 注目し, 派手に, 流行せし, 流行つた, 海上の, 深い感銘, 深くも, 清洲には, 炊事には, 煙突男が, 熱い実感, 特に書きしるす, 玉鬘夫人は, 現われますから, 現實, 理解され, 理解しなけれ, 理解する, 理解出来ない, 生きて, 申し上げるの, 男にとっても, 男女共通の, 盛に, 目に, 直ちに隊伍, 直接的でなく, 真剣に, 眺めすてず, 眺めて, 眼を, 示されて, 私が, 私どもが, 笑いながら, 答えて, 約束の, 納得できず, 紹介し, 結婚は, 結婚も, 絶対に, 考えたい, 考えないでも, 考えなければ, 考えるという, 考えるべき点, 聞流して, 聴いたかも, 聴きすてたの, 能わぬこと, 自分にも, 自分は, 自問自答を, 自覚し, 興味を, 葬および, 葬って, 衣類について, 表現した, 複雑に, 要するにチエホフ, 見た場合, 見られる部分, 見ると, 見るべきもの, 見る丈, 見受けるところ, 見送って, 見過して, 親虎, 解って, 計画を, 記されて, 記紀に, 記述する, 許して, 許せますがねえ, 診断書の, 話されて, 話されるの, 話した, 話すこれら, 認めねば, 認められる, 認めるに, 認知せられる, 語り伝えて, 語るの, 誤伝される, 誤解を, 読んで, 誰の, 諦め納得, 貞之助も, 責任を, 身に, 軽蔑すべき, 軽軽と取り扱う, 辛抱しなけれ, 述べたの, 迷惑に, 途中左慈という, 通つてゐない, 通用させる, 通用しない, 造作なく, 運んで, 道教の, 遠ざく, 遺憾に, 閑却する, 阿賀妻代理としての, 顔を, 顧みずに, 顧みなかった場合, 飢餓について

▼ ことだらう~ (431, 0.1%)

10824 と思ふ 22149 と思ひます 8 と思つて 75 と私 4 がお前 3 から, が, と思はれる, なあ, など, に, 私は

2 [13件] あゝあゝ, がお, がそれ, がまだ, し八五郎, と, とおも, とその, とそれ, と云, と思, と思つた, と思ひ

1 [183件] あいつの, あとは, あの乱暴者, あの良い, あゝ, お前が, お母さんなんか, お祭り見物, かと思ひ, かと私, かと谷村, からあの, からと言つて, からなんとか, からね, から少し, か三十分, か芥川, があと, があり, があれ, がお鏡, がきりやう自慢, がけふ, がこの, がそんな, がどうも, がほんとに, がやがて, がエハガキ, がフト, が主人, が人間, が何だか, が何れ, が俺, が兎, が唯さ, が夏, が天井裏, が廊下, が彼, が徳右衞門, が憎い口惜しい, が成, が横着者, が此処, が死に切つた, が物, が生き, が生きてる, が私, が訪ね, が金兵衞, が陰間崩れ, が隨分, が飛出し, けど, けれど, けれどふびん, この空腹, これだ, さ, さう, し今日, し何時親達, し四幕目, し土台, し年の暮れ, そして一, その声, その時, それから新内, それだけ愉快, とありあり, といふ, といふ話, とか何, ところでお前, とでもいふ, ととぼけた, とは思つた, とは思つて, とも考へられる, と不, と不安, と今, と今ごろ, と何ん, と俺, と僕, と僻まれた, と多少, と存じます, と察せられます, と平次, と御, と思うた, と思つた佐治, と思はれ, と思はれた, と思はれます, と思はれるむす, と思ひました, と想, と想像, と推定, と最初, と期待, と気づい, と氣, と沁, と注意, と甘く, と申し, と申します, と皆, と総評, と考えた, と見, と解し, と言, と諦め, と近所, と酒, どんな臆面, どんな風, なこの, などと噂, などと悲しんだ, などと考へ, なファウスタス, な話, ねえと憐れ, ねとかヒロシ, よ番頭, ジエィン, ハドリヤヌス橋に, 一人, 一杯つけ, 丁度毎日, 下手人の, 二十年の, 二階から, 人目に, 何と浅はか, 何んか, 何人である, 余程心して極めて低音, 僕の, 八, 別に推問, 匕首か, 匕首を, 十手捕, 可哀想な, 川の, 平次, 幸ひ, 彼には, 恰で, 悪くな, 我慢の, 手跡も, 朝から, 焼酎が, 私の, 色男台なし, 血溜が, 親だ, 親切ご, 誰も, 近頃本妻, 部屋の, 金彌, 鍛冶屋も, 隨つて細かに, 隨分不, 電車や, 面白いだらう, 領事団や, 馬鹿気た, 鬼の

▼ こととて~ (422, 0.1%)

6 何も 3 彼は

2 [18件] これが, これも, それは, それを, ひとりの, 一も, 今は, 何の, 何処も, 多くの, 客は, 庭の, 彼に, 急には, 磐石の, 私は, 行人の, 足を

1 [377件] あたりは, あによめ, あまり無分別, いかにも恐ろしい, いきなり身, いずれも, いたって, いっかな動き, いま彼女から, いろいろと, いわゆる博引旁索, うまくゆく, おばけの, お世辞, お先へ, お客は, お庭づたいに, お次は, かの特使, きちんと身なり, この怪人物, これは, これを, ございません, ござらぬ, ござりませぬ, さながら群がる, さまざま物語り, さわぎは, すぐに, すっかり乾い, すっかり心, すでにうっすらと, すべての, そこから, そのまま氷, そのもう, その下, その当然, その影, その手紙, その方, その日, その書状, その流弊, その間早く, その風評, それが, それも, それ以上詳しい, そろそろたそがれはじめ, たいそう苦しかっ, たくらまれたいやがらせ, ただの, だんだん勢力, ついうかうか, つい一個他, つい何, できたもの, できなかった, ともすれば私, とりとめも, とりわけ執着, とんと様子, どういう家庭生活, どうにも部屋, どうも思召, どうやら不評, どう間違っ, どこかで, どこの, どれが, なかなか大島氏父子, なかなか思う, なき草履, なく江戸中, なほさらである, はじめは, はたしてペトローヴィッチ, はら子, ばらばらに, ひたすらに, ひつそりとして, ひどく睡, ふと思わず釣り込まれ, まず各自, まだ充分, まるで世界, みんな驚き, めでたしと, もうその, もう少し静か, やみの, よく分らず, よもやここ, よろずに, わざとああした, わざと掴みどころ, わずかに, われわれには, われわれ老人は, シベリヤ廻りの, スキ焼を, ハマダ撞球場は, ポチの, 一々が, 一人あとに, 一向に何事, 一定の, 一度も, 一方の, 一日のばし, 一生懸命に, 一見旧知, 三寸か, 不思議で, 不時の, 世の中は, 中, 中国の, 予定を, 二三人も, 二人は, 互に手, 互に敵視, 互に顏見, 人の, 人通りも, 今なお, 今に, 今後非常の, 仏官憲の, 仕事は, 他に, 他を, 他人に, 会堂の, 伯爵を, 何か, 何かと失策, 何かと迷, 何でもかでも売る, 何れも, 何んとか, 例の, 保温装置も, 停車場前の, 充分な, 兇行に, 冷水で, 凍りつく許, 初心な, 判らないの, 別に他家, 別に剣, 別に劍, 別に気, 別に異状, 別に見送, 到底よそ, 前後錯雑序次倫なく, 前記の, 力を, 勿論まだ陽, 午前四時半は, 博士が, 厠は, 反りを, 取調べも, 古い武者人形, 古え, 合間合間には, 君が, 問題に, 嗚呼村人, 四季花が, 国府津を, 地味な, 基督とても, 塗料も, 壊れた橋, 外から, 外出用の, 夜間の, 大いに怒り, 大きな捏鉢, 大して可笑しく, 大人と, 大眼, 大騷ぎをしたと言, 天子の, 太い竹, 如何とも, 妖婆という, 妾にとりましては, 孔子の, 安兵衛も, 安楽椅子に, 実感としては, 室の, 家が, 家の, 家事紛雑の, 家人に, 寺の, 少しも, 尚更いちじるしい, 屋根は, 山の, 崔發の, 崩れた土台, 左右三指ずつにて, 巧い, 差し出だす, 差し障りは, 差控える, 市中の, 広い場内, 店でも, 店は, 座員の, 当らずさわらず, 当然で, 当然彼, 徐ろに, 御宿所, 御警護, 心動き何か, 心細さ, 思いきって, 思いきりその, 思わず眼下, 急に, 恐らく日本, 恥かし, 悪かった, 意に, 意味の, 戦争画が, 所謂焚經臺を, 承知しなかった, 技いまだ, 折々人, 掘り返すの, 掘出しの, 撫育仕るべき, 支那の, 放火と, 新交通路, 新入門, 新政を, 新聞などで, 旅館の, 既に東京, 日射し暖かに, 日本では, 星だけが, 昼飯を, 晩方涼しい, 晴れやいだ, 暫くぼんやり, 曲は, 更に無し, 書き物の, 書籍の, 朝から, 木彫りの, 未だ生々しい, 李陵も, 村人が, 検事は, 槍を, 櫓を, 此の, 此処に, 歯を, 殊に未亡人同士, 毎度仕事場を, 民子も, 気に, 気の, 気骨も, 水も, 泥棒には, 流石に, 流行の, 海は, 火は, 火事は, 炉に, 焚火を, 無情く, 無暗に, 煙草屋の, 物理学者の, 王テキサイという, 生徒等は, 生活事業の, 百姓どもが, 皆黙り込ん, 直ちに副島, 真紀子も, 眼に, 瞭りした, 矢代ひとり日を, 社の, 私たちの, 私の, 移転は, 積りかたは, 窗を, 立ちどころに兵糧, 立役の, 笑は, 箕面公園は, 米櫃の, 紅蓮さんは, 細い篠竹, 結婚の, 羊羹の, 美しかった, 聴衆は, 胸に, 能く, 脅えながらも, 腐敗した, 腰の, 自分の, 自然何の, 船室は, 良人も, 色々な, 色々東京, 芝居にでも, 芝田さんは, 花が, 苜蓿も, 苦しみは, 茂十さんの, 菜は, 虎松は, 衆口談柄は, 街は, 表面は, 西班牙の, 親しくこれ, 詩は, 話したらしい, 詳しいこと, 誰ひとり, 誰も, 調度の, 諸事おもてなしは, 諸方に, 責任ある, 贅沢は, 足は, 足場を, 身動きが, 軍艦は, 返事も, 遺族は, 部屋に, 金借りの, 金色に, 長いこと, 附景気で, 附近の, 降りて, 雙方の, 難なく甥, 雪の, 音も, 館前は, 駿河が, 魅力の, 黒く見える

▼ ことだけを~ (412, 0.1%)

17 考えて 11 知って 7 言って 5 考へて, 聞いて, 述べて 4 感じて 3 すれば, はっきりと, 見て, 覚えて, 記して

2 [28件] いつまでも, おぼえて, のべましょう, やって, 一生の, 並べて, 云いたい, 云って, 別に, 問題に, 彼は, 心に, 怖れ, 意味し, 慰めに, 書いて, 書けと, 望んで, 条件に, 申して, 申上げ, 目的と, 知ること, 考えても, 考えれば, 記すこと, 話して, 附け加えて

1 [287件] あたしは, いいつづけて, いうと, いうの, いうもの, いちばんのも, いって, いつて, いつてる, いつも頼む合い, おさせに, おはなし, おやり下さっ, おれは, お喋りさせ, お考, お考え下さいまし, お話する, かれこれ言っ, かんがえてね, がんばったつもり, ききたい, ききとること, きっぱりお知らせ, きめて, こ, ここに, この世の, ごく冷淡, しきりに考へ, しきりに考へた, したいん, したもの, して, しのんで, しゃべりだすの, しゃべりまくるん, しょっちゅうくり返す, じっと考え, じれるほど, する, すると, するやう, する作品, そのまま物語る, その任務, その批評, その武器, それも, たしかめて, ただ申し上げ, たよりに, ちゃんと遂行, つけ加えて, ともかくも, とりあえずしるし, どうして考えおとした, なさればいいん, なるべくザハリッヒ, なんだかうれし, はつきり答へる, めくらめ, もくろんで, もって, やつて, ようやく思い出した, よろこんだ, わたしは, ハガアスさんに, 一番に, 一番は, 一言説陳し, 与惣次は, 予期する, 事と, 云々し, 云々する, 云つてゐる, 人生の, 今も, 今国民, 今後も, 仕事に, 付加し, 任されて, 会った時, 伝えさせた, 伝えたの, 伝えて, 余程案じ, 僕は, 兄に, 先に, 克明に, 免かれた, 全部の, 内容と, 切りは, 切り離して, 切離して, 十分聞い, 南原杉子に, 単に告げる, 又手, 取りたて, 取り出して, 君に, 告げた, 告げに, 命令し, 喜んだでは, 喜んで, 單純に, 営めば, 回答し, 夢中に, 大いに呪つて, 大声に, 女院は, 存じて, 実に有効, 尋ねて, 小出しに, 届けたいん, 希つてゐる, 幸福に, 引合いに, 強いられた, 強調し, 当に, 形式的に, 彼の, 後日の, 微かに, 心がけるよう, 心において, 心任せに, 心得て, 心掛けて, 心配してる, 忘れずに, 怒鳴った, 思いながら, 思い詰めて, 思って, 怨んだ, 恥じて, 息せききって, 悲しんで, 想い続けて, 意味しない, 意味する, 感じもし, 慰めと, 懇願し, 懸河の, 打ち明けた, 抜きに, 指すの, 挙げて, 教えるという, 断わって, 断言し, 時折思いだした, 書いたの, 書きつづるが, 書きつらねたわけ, 書きつらねて, 書き置いて, 書き記すだけに, 書く, 書くこと, 最後に, 望んだのに, 期待し, 朧ろげに, 本誌の, 根掘り, 楽しみに, 残して, 母に, 気に, 気の, 注意された, 注意しよう, 派手に, 滿ちたりる, 理由に, 甘受し, 用心深く実行, 申しあげたいと, 申しました, 申し上げたいと, 申し上げること, 申上げた, 男子一生の, 発見した, 皆さんと, 皆慰めに, 目あての, 目ざして, 目的に, 矜り, 知ったならば, 知ったのみ, 知つてゐる, 知り得荒れた南欧風, 確めた, 祈って, 禁じて, 私どもは, 私は, 答えた, 答えたが, 答えれば, 節子に, 米友は, 習い覚え, 考えこの, 考えたの, 考えつづけて, 考えてる, 考えに, 考えようでは, 考える, 考えるが, 考え思って, 考え裁判官, 考え過ぎて, 考へなさい, 考へるの, 耳に, 聞いた, 聞いたの, 聞かされて, 臥ながら, 舞台に, 苦しんだ, 行い必要, 表白し, 補足し, 見ても, 見立てても, 覚悟しよう, 言いますと, 言う, 言うといった, 言ってるのよ, 言つておれ, 言ふとい, 訊ねると, 許さないので, 許されること, 許して, 許諾し, 註して, 話しあうよう, 話したの, 話しました, 話し合うこと, 話すこと, 話すつもり, 話そう, 詳しく取り扱った, 認識する, 語ったの, 語って, 語り得る, 説いて, 説明しよう, 論ずれば, 講じ後, 赦されたに, 述べる, 過大に, 配達夫に, 釈明した, 開発だ, 附記し, 隠しだてし, 非常に, 順造は, 頭に, 頼りの, 頼んだぜ, 頼んで, 風の

▼ ことより~ (377, 0.1%)

19 ほかに 16 外に 12 ほかには 9 他に 8 外には 5 外は 4 ほかは, 他には, 自分の 3 今日は, 先に

2 [20件] かくあらね, さきに, して, なにより, ほかの, もっと悪い, もっと緊急, 一枚上手ぢや, 人間は, 他は, 他人の, 以上に, 以上の, 兎に, 彼女は, 早くいっ, 昔の, 普通の, 栄さんの, 考えて

1 [250件] ああいう, あすこで, あなたの, ありません, あるいはむしろ, あるきながら, あれほど, あんた気が, あんなビール樽, いかに劣ってる, いっそう悲しい, いっそ奥様, いま世界中が, いわば運命, おいらの, おできに, おれが, おれは, お前さん自身を, お前の, お前は, お前様こそ, お杉, お父さん学校の, お高, かもっと, きょうは, ここに, こっちの, この義, しては, しなかった, そのほう, その人, その後僕が, その真面目さ, その船頭たち, そんなたか, たかが南京豆, たった今し方, たやすいこと, ちつと, できないの, どうしてあんな, どうして避けよう, どれだけ, どんなに御, ないです, ないと, なお以上, なかった, なにかもっと大切, なほ以上の, なんかしら, はとを, ひとの, ふき出る, ふやすこと, ほか何一つ発見できなかった, ほか全く, ほか出来なかつた, ほか分るまい, ほか望ん, ほか知らなかった, まあ一杯やりましょう, まえに, まずご, まず私, まず馬, みて, みなみな申す, むしろそれら, むしろ人口, むしろ怪談, むしろ病人, もっと, もっとほか, もっとわからない, もっと重大, やがては, よいこと, よっぽど大切, よろこんで, わが受けたる, コリントでも, ハッキリした, モトムの, ヨーロッパの, 一太には, 一層危険, 一度で, 一日に, 一枚上手なら, 一歩も, 三味線や, 上下一般に, 下でも, 下手人の, 不愉快な, 主婦の, 云え, 今から, 今の, 今は, 他の, 以上には, 以外に, 以外には, 伝説の, 何も, 何よりそれほどの, 何より今, 何より強く, 例の, 僕だって, 優なら, 出づるなり, 出づるを實際主義, 出来は, 利き目, 勝るなれども, 千倍も, 又その, 吉兵衛の, 困難である, 外ありません, 外へ, 外国の, 多いもの, 多く他, 大いなる又, 大きいこと, 大きな恐怖, 大事な, 大佐殿の, 大分手紙が, 大勢で, 女を, 好いこと, 妙な, 婚姻とまで, 安芸の, 宗春様を, 宮からは, 家の, 寧ろその, 寧ろ何処, 寧ろ和紙, 小であろう, 小柳雅子が, 小田が, 少いのみ, 少からしめた, 島村は, 年忘れまず, 幸太郎の, 弟や, 強味は, 彼の, 後かたづけが, 後が, 徒労と, 得すること, 心得て, 急に, 怪しき媼, 意趣と, 憑司が, 我々の, 我輩が, 抜目なく, 接触点が, 推して, 推測する, 描かれたもの, 文芸雑誌, 斷たる, 方法が, 施寧は, 早くごはん, 早く帰っ, 早く肝腎, 早く誰, 書くこと, 松を, 林田の, 栖方の, 根本の, 根本的である, 楽で, 機械そのものを, 此処に, 此所は, 殿が, 母が, 母の, 沢子さん僕に, 法水の, 滝さんもっと, 無錫, 現にわしら, 現在の, 現実に, 生ずる重刑主義, 生の, 男女の, 當然期待しうる, 相当或いは, 知らない歯, 知らぬ武士, 知らぬ者, 神月に, 私にも, 第三回目, 精神的に, 綾子の, 繁青年の, 考えやせんの, 考えられぬもの, 耳寄りな, 臨床訊問, 自分が, 自己が, 至細の, 色と, 見えないもの, 規則正しい生活, 親切を, 言っては, 話を, 詳しくは, 説明せざるべからず, 諸君には, 貴方には, 起こって, 起るの, 農商務の, 迷惑である, 通常の, 遊ぶので, 遊星植民の, 遙か, 適切な, 郷里マントヴァの, 酒の, 離れたる旦那, 食べること, 餘り, 驚嘆すべき, 黒を

▼ ことながら~ (373, 0.1%)

4 僕は 3 私の, 私は

2 [18件] この家, この寒, これが, それが, それに, それは, わしという, 他人に, 取り返しの, 夢の, 大江朝綱が, 客の, 彼には, 我慢の, 漠然として, 瑠璃子は, 目に, 第一

1 [327件] あまりにも, あんまりでございます, あんまりで御座います, あゝそう, い, いかに御, いつまでも, いつも少々毒気, いまこれらを, いまの, うかうかと, おげん, おのが, おのずからに, おれの, お三輪, お目, お通, かたい晶質, こうお願い, ここしばし, ここで, ここでも, こっちの, このミトス, この一両年, この儘, この半, この句, この嚇かし, この娘, この婦人, この排斥, この眼光, この美少年, この麻薬, これから手前, これまで, これも, これを, こんなもの, さていわば, しかし見うけた, しばらくは, すっかりどぎまぎ, せっかくの, せっかく店内, せめては, そういう主観論的, そのかなた, そのとおり, そのにく, その上, その人気, その代り, その住居, その作行, その向い, その哲学的理論, その当事者, その手形, その昔光明皇后樣, その毒薬, その蔭, その青茎, それではおおせ, それでは師, それには, それのみに, それも, それゆえに, それより, それよりも, それ以上に, そんなこと, ちっとも芝居気, ちょっとその, ちょっと不思議, ついに私, とかく兄, どだい君たち, どの場合, どんな点, なお御, なかなかにあわれ, なぜもっと早く, なんとなく懐しく, なんともはや, はっきりは, ひとえに上人, ひとつには, ふと意味, ほとんどわが国, また主題, また原文, まだ半信半疑, まるで他, むえきの金を, むしろ囮, むっとした, もう少し主人公, もし自分, やっと二人一緒, やはりそれぞれ, やはり小学校, やはり民衆, よくよく考えられた, よく自分, より総合的, わが君源三郎様, わが御身, わたくし館は, われわれは, アーチ形の, イギリスの, インテリゲンチャの, ウロウロし, エタという, サシャは, シングルベツトに, ジョン, ピレネエ山麓の, ブルジョア観念論一般と共に, ペンネームでも, ポカンと, モウ結納を, 一たび明治天皇の, 一と, 一九五〇年大いなる, 一二の, 一切の, 一日でも, 一望の, 一般民衆の, 一行の, 万一自殺者, 不可能らしい, 不明だ, 不行届まるで, 世にも美しく, 主観的の, 久兵衛の, 之が, 予は, 事物の, 二人は, 二十七の, 亜米利加式に, 人々の, 人々は, 人間が, 人間は, 仄かなる, 今かうし, 今こうして, 今さら怖気, 今では, 今にオレ, 今は, 今夜は, 他の, 伊助を, 伝通院前, 低調な, 何しろ二十五万, 何よりは, 余りにも, 余りに涙, 便利この, 僅かな, 僕が, 僕の, 元来特有, 兄の, 先づ第, 先生には, 光秀を, 冷静を, 初めから, 十月われらも, 単に思考, 取っ付けないもの, 右門の, 同席の, 吾, 品川四郎の, 唯だ恐れ, 嘘にも, 器体, 在り得べきと, 地方郡役所へは, 大体右翼張った, 大抵の, 大空そのものの, 天下の, 失礼申し上げました, 女郎花の, 妻子たちの, 子供らしく, 実に好い, 実地に, 実際には, 實に, 小生の, 少しちがった, 就職半年と, 尽すべきこと, 左中将どのも, 帝の, 帯の, 年貢が, 床に, 弥右衛門は, 当惑し, 彼女の, 彼等の, 後村上天皇は, 御刃傷, 御赦免, 心まで, 心中惑乱し, 忘られない, 思わず会心, 恥を, 情けない次第, 戦争には, 手が, 批評活動は, 技は, 政治乃至, 故主御, 敗残的な, 新しい意義, 新しい注意, 既に皇孫, 日本橋室町三丁目のといふ, 旧い伝説, 明治節の, 昔は, 春から, 暮しの, 書を, 最早や, 本所番場町の, 村口多鶴子の, 根本的には, 桔梗の, 森雅之君の, 極めて倫理学的, 此の, 此世に, 殿には, 母とも, 母親たちが, 民衆に対して, 江戸宗家を, 決して左様, 洋服では, 清元は, 滿足氣な, 然し矢張り私, 然樣, 特に強靭, 狂気の, 玄徳は, 玉砕を, 甚だ短命, 生徒に, 生来の, 生活を, 目を, 眼を, 矢張り新聞紙の, 社会的には, 祇園と, 私共の, 私共までも, 空腹の, 立女形であり, 童伊の, 笹野新三郎も, 細君の, 終日怏々として, 罪滅ぼしの, 老妻, 肉親と, 能く, 脚色も, 腹に, 自分からは, 自分たちの, 自分にも, 自分の, 自覚され, 良人の, 芸術の, 荷兮の, 華盛頓の, 萬事は, 藤吉郎の, 虚構の, 蝶子さんあなたは, 親が, 許生員は, 詮ずるに, 誠一の, 誰かが, 買い方持ち, 距離と, 路, 軍隊として, 逆さに, 途中茅野原を, 郷里の, 都会人の, 重要書類が, 長い間, 阿呆らし, 階級イデオロギーの, 階級性を, 雪の, 霊性の, 露人の, 頭も, 食物一方に, 駕籠に, 高度の

▼ ことなき~ (362, 0.1%)

6 にあらず, に非, のみならず 54 ように 3 か, なり, にしも, の一事, は勿論, ようにと

2 [19件] が如し, ことを, ときは, にあらざる, にあらざれ, に似, は則, ものなり, ものを, も善く, を保す, を奈何, を得る, 人間の, 労働と, 家の, 永久の, 空の, 者は

1 [279件] うえは, かの階, かわれ, かを恐れ, か選挙人たる者, が, がごとく, がどの, が如き, こと, ことが, この民間神話, この者, さまに, そういう世界, その永遠, ぞとの意, ために, ため義弟と, ところに, ところの, とを知らん, と同時に, なり但, なり啻に, にも限らざるべし, により, による, に似たれ, に由る, に至っ, に至らしめた, に至り, の故, の比喩, はいふに, はこれ, ははなはだ, は今日学術上, は大, は実際, は明日, は疑, は與, は遺憾, ばかり深く, ほどにいと, ほどの出來事, ほどの感謝, ほどまでになりたれ, までいと, まで大いなる, もしかも, もただ, ものこの, ものと, ものとして, ものに, ものは, ものも, ももし, も其, も其實際, も実際, も間接, やの感, や否, ゆえんなり, ゆえんの, ゆえ国を, ゆえ荷蘭は, ゆへに, よう, よう切に, よう常に, よう機先を, よう細心の, よう華美なる, をいふ, をえた, をお, をこの, をや, を保せず, を保証, を得, を得ず, を得た, を得べきなり, を得べし, を悟った, を期し, を期す, を期すべからず, を期せず, を歎, を知らざる, を知らん, を知り, を知るべき, を祈っ, を要す, を見, を証す, エロスが, デューラーその他, ハムレットを, リヴィオの, ワルツを, 三昧が, 不徳義である, 世の中と, 並行線に, 事業に, 享楽の, 人も, 人もかの, 人物たるを, 人類の, 以上は, 伊太利第, 佳饌を, 偉材が, 光かな, 八十二斤の, 出来事の, 初対面の, 前後繼起に, 力を, 劣れる, 労働者金属女工の, 勤勉が, 勧善懲悪式の, 友人として, 反復の, 古典の, 品々です, 喉の, 國に, 地上を, 地獄の, 執拗さを, 場合と, 大いなる書, 大いなる流れ, 女なれ, 妻に, 婦人との, 孔明の, 存在が, 存在と, 存在の, 宝の, 密教を, 尋常の, 島か, 平生には, 彼の, 彼は, 律動が, 御客様, 心は, 必然的契機である, 性格を, 情愛とを, 情熱の, 意, 愛に, 慈愛にのみ, 憧憬を, 我慾の, 所以は, 所多し, 所有による, 所有慾や, 抱擁という, 拡充性が, 掠奪の, 数万の, 文化の, 文明の, 新らしき, 旅, 旅である, 旅を, 旅路に, 星を, 春を, 時間でなく, 有様を, 望月も, 未来への, 柔和恬静なる, 栄光の, 楽しみである, 楽しみを, 楽欲に, 機械的冷血を, 權利の, 欲望が, 欲求を, 歌の, 武蔵野の, 歴史の, 水あり, 水永遠餓する, 永遠の, 永遠よ, 活動を, 清爽たる, 渇望を, 減価である, 灰の, 無謀千万の, 熱望は, 狂気の, 猛火, 獣性の, 生一本な, 生命に, 生命の, 生活に, 生活戦線に, 生涯である, 由を, 男ならん, 盟約下に, 真実だ, 真実の, 瞳を, 確信を, 神でなけれ, 程に, 稍, 種々の, 突発の, 立派な, 竹は, 笑いである, 米友は, 精力を, 精進の, 組織を, 絶対的な, 肉體と, 能はず故に, 腐剥, 自動車購入の, 自在な, 自己の, 自然の, 荷風かな, 莫大の, 虎松や, 處を, 血を, 衝動は, 衣を, 詩歌と, 談論を, 豪傑だ, 貪慾の, 走馬燈でも, 超越的な, 趙子, 躍動を, 身と, 軍国主義が, 近代主義の, 追求は, 透き通る蝋, 進行を, 運動によ, 鉄の, 関連において, 飲食の, 魂であり, 魅力と, 點に

▼ ことなれ~ (338, 0.1%)

16 ばその 6 どもその 5 ばこれ 43 ど, ども是, ば如何, ば彼, ば決して, ば衣

2 [13件] どもそ, ども今, ども今日, ども余, ども我輩, ども知識, ばこの, ばさ, ば人, ば今, ば地名人名, ば必ら, ば身

1 [263件] とも我國法, と平生, と謳歌, どこの, どせつに, どせめて, どそんな, どつひ行き, どもあるいは, どもこ, どもここ, どもこの, どもさりとて, どもその間, どもそれ, どもただ, どもなに, どもまだ, ども一, ども一同, ども三百年来, ども人心, ども人間, ども今日自主独立, ども仮に先ず, ども何故, ども保守論者, ども假, ども元来, ども公然, ども其上, ども国法, ども夫, ども女, ども女子, ども学者, ども孫, ども少壮, ども尚, ども就中これ, ども幼少, ども彼, ども御, ども悉皆然るに, ども愚民, ども我日本, ども或は, ども明治, ども月, ども此批判定, ども死する, ども残夢, ども爰, ども片仮名, ども田舎, ども畢竟, ども真実真面目, ども私, ども筆算, ども遥遠, ど人, ど余, ど同人, ど名, ど宗旨, ど寒, ど往, ど御, ど是, ど申譯, ど聞け, ど蕪村以前, ど農事, は数百, ばあと, ばあながち, ばあるいは, ばいかにも, ばいずれ, ばいまだ, ばうむ, ばおそらく, ばおのずから, ばかかる, ばかまえ, ばこう, ばさしたる, ばしるす, ばじっと, ばそこ, ばその後, ばその間, ばそれ, ばたとい, ばたとえ, ばとて, ばとて未だ, ばともかく, ばと苦き, ばどうぞ, ばなり, ばなんにも, ばひと言, ばむさくるしき, ばもっと, ばもはや, ばやい, ばやりかけたる, ばよく, ばわたくし, ばアさ, ばウェルギリウス, ばヨブ記, ば一人一人, ば一国こ, ば一定武勇, ば一時, ば一概に, ば万事, ば万事質素, ば上士, ば不味かろ, ば不思議, ば世の中, ば世間無数疵, ば中, ば二間, ば互い先, ば人々笑, ば人生, ば人類, ば今年, ば今度, ば今日, ば今日男子, ば今日遽, ば他日, ば仮令, ば何, ば何卒, ば何心, ば何樣, ば余す, ば作っ, ば傍, ば僕, ば償, ば其, ば其不都合, ば其幾分, ば其有樣, ば内実, ば冷然, ば別段, ば十兵衛, ば友, ば双方忍耐, ば口惜しき, ば只管, ば司法官, ば名立, ば君臣主従, ば吾人, ば多分, ば大乱以後, ば天下国家, ば嬢, ば子, ば孝徳, ば実に, ば寂漠, ば寛大, ば實朝, ば將來改善, ば小生, ば少し, ば己, ば帝室, ば常々, ば幕臣, ば店つき, ば当然, ば待たん, ば後, ば後先, ば後来, ば従来, ば必ず, ば快, ば怒る, ば思わず, ば悪い, ば悪う, ば惣勢一所, ば我, ば承ろう, ば抜かり, ば政治的民本主義, ば敏き, ば斯, ば斯く, ば早速, ば昔, ば是, ば時, ば書く, ば木ノ芽田楽コセエタリ, ば木生火, ば村, ば松浦郡, ば枕木, ば果して, ば業務, ば止まれ, ば正直者, ば此, ば此儀, ば母型, ば江戸, ば注意, ば浪, ば海岸, ば渠等, ば湯, ば無理, ば然々, ば煙, ば熊, ば狐, ば王, ば甘, ば田原町, ば益, ば直ちに, ば相応, ば碁, ば私, ば素人, ば素知らぬ, ば総じて, ば縁, ば縦令, ば總身肉落頬骨, ば翌朝記憶, ば聞きとどけ, ば苟も, ば議員, ば路, ば近, ば邪魔, ば金持ち, ば金銀, ば開設後, ば闊, ば阿賀妻さん, ば陸路, ば隅田村以上千住宿あたり, ば順序, ば食物, ば館内, バ肥料を, 我は, 爾曹

▼ ことだって~ (331, 0.1%)

8 あるの, あるん, できる 6 ある, できるの, できるん, 出来る 5 あるわ, できないこと 4 あるだろう, わけは, 僕は 3 あなたは

2 [12件] あるでしょう, するひと, そうです, ちゃんとあたし, できるわ, できるわけ, 何だって, 出来ます, 出来るの, 出来るん, 同じです, 君には

1 [234件] ああし, あいつのは, あたしには, あったじゃ, あったの, あったろう, あなたの, あのまんま何てこ, あの二十人百人, あの村, あらあな, あらましの, ありうるの, ありえますよ, ありは, ありました, ありましたよ, ありましょう, あります, ありますからなあ, ありますのよ, ありますよ, ありますわ, あり得ないと, あり得るだろうし, あり得るの, あるからね, あるけれど, あるさ, あるだろうし, あると, あるもの, あろうじゃ, いい, いうこと, いったい気, いつかは, いやと, いろいろの, いわずに, いわば一つ, いわれたこと, おありであろう, おかしくない, お父様, がまん出来る, こっちの, このまま, この世には, この四五年たび, この頃, これからほんとう, これで, させて, しかたが, した, しなくちゃ, しますわね, そうだ, そうでした, そうよ, そのころ, その外, その当時, それに, それは, それを, ただの, たんとあるだろう, ちゃんと忘れず, できたの, できたのに, できたわけ, できたん, できないよ, できない限り, できましょう, できます, できますよ, できるからな, できるでしょう, できるでしょうに, できると, できるはず, できるよ, どうも様子, ないとは, ない癖, なかった, なんだって, のろまで, はばかられるでは, ひとと, ほとんどなくなっ, またその後, また最後, まア久慈, みんなあり, みんなこいつらの, みんなたやすく, むろんあなた, もう後悔, もしおれ, もちろんあっ, やさしいこと, やっつけます, やって, やっぱり独自, やはり永久, やりかねないやつ, やります, やる, やれるかぎり, やれるさ, よくある, よくわからない, よして, わかっては, んじゃいい加減, スパイの, ヒョッと, ボーイの, 一の, 一行も, 不可能で, 世界を, 世間では, 二三度しか, 二十回に, 云ってるじゃ, 今または, 仰言, 会社は, 伸子の, 何か, 何とも思っ, 何を, 信用しやしない, 信用する, 先刻の, 先生なら, 全然分らん, 処理できる, 出来ないし, 出来ないだろう, 出来ない限り, 出来ますよ, 出来やしませんもの, 出来るから, 出来ると, 出来るのに, 出来るよ, 分ってや, 勉強だ, 十一時に, 十二人も, 十回や, 可なり, 同じこと, 同じりく, 同様に, 君ひとりの, 唐土には, 在り得る, 堪えるわ, 大きなこと, 大して不動, 大目に, 天井へ, 奴めは, 存る, 容易に, 平気で, 幾度あった, 度々あるだろう, 弘子や, 当然な, 忍耐が, 忘れられない, 思想問題に, 恐しい, 恐れは, 我慢できない, 或は全, 救うこと, 敢えて辭, 新賀の, 時タマ浮世には, 普通の, 書いて, 有り得たでしょうし, 服について, 本当はどうなる, 本当よ, 正しい知識, 母は, 気に, 永久に, 決して全部, 無いとは, 無理に, 物の数では, 珍しいの, 申しあげる決心, 皆んな見, 知ってるん, 知りゃしません, 私の, 結構で, 罪では, 考えて, 自分の, 自由だ, 自由に, 自由自在だ, 若い人, 蜘蛛の, 要するにただ, 許して, 訳は, 話してるの, 話しゃあしません, 誤解してる, 誰にも, 誰も, 象徴的で, 賊に, 造作は, 遊廓に, 遠い思い出, 銀ちゃん学が, 随分肩身, 難儀で, 黙ってや

▼ ことなどが~ (331, 0.1%)

11 書いて 9 ある 6 あって 4 あった, あつた, わかると, 書かれて 3 ありました, それである, ぼんやりと, 出て, 彼に, 思い出された, 気に, 話題に

2 [15件] あったので, しみじみと, よくあった, わかりました, 今更の, 分って, 分る, 彼の, 思い出されて, 思ひ出されて, 想い出された, 胸に, 記されて, 話されて, 身に

1 [235件] あきらめきれずいつも, あったが, あったそう, あっても, あつて, あまりに意気地, ありありした, ありそれ以来, ありましたが, あります, ありますかな, あり毒薬, あり町医, あり町醫乍ら苗字帶刀, あるから, あるだらう, あるだろう, あると, あるの, ある樣, ある爲, あれば, いかにも安倍, いろいろ書い, おくびにも, おも, お今, お増, かなり重要, かれを, きっと書い, きゅうを, この和洋式應接, この女, これからは, これを, ございました, ござりました, しばしばサークル, じきに, すぐそこ, すでにその, そのおも, その一つ, その手紙, その淋し, その背景, その証拠, それからそれ, それとなく私, そんな中, たえず頭, たくさんあっ, だん, だんだんに, ちよいと, つぎから, ていねいに, できるもの, できるわけ, どうして認められるであろう, ながく一般, なにか丞相, はっきりした, はっきり思い出されます, はっきり思い出される, はつきり思ひ出されます, ぱっとします, ひっそりと, ぼんやり念頭, また二人, もちだされた, やや恥ずかしく, やり切れない, よくある, わかった, わかった程度, わかるといった, わかるもの, トラックは, 一つの, 一つ一つ回想された, 一寸つじつま, 一層彼女, 一日一日と, 一緒に, 三段に, 世間へ, 二人の, 交されて, 今更に, 仕事だった, 伸子の, 伺いたいん, 何となく思ひ出せた, 何れも, 作者の, 兄の, 先ず第, 具体的に, 出ても, 出来る筈, 分った, 分ったばかり, 判っただけ, 判つただけ, 判然した, 原因と, 原因を, 口に, 含まれて, 告げて, 咄嗟の, 嗜みを, 城中へ, 報じられた, 報ぜられて, 夜遅く, 夢の, 大々的に, 好きで, 如實に, 妙に, 妨げと, 実隆の, 家の, 小さなあり, 少しでも, 岸本の, 差当, 平仮名ばかりで, 役署の, 彼によって, 彼を, 彼女が, 彼女の, 心に, 心の, 必要です, 思いだされそんな, 思いだされた, 思い出されたの, 思い出される, 思い出されるの, 思い合わされるの, 思い合わされ正統, 思い浮べられた, 思い浮べられる, 思うよう, 思ひ出された, 急に, 情味に, 意識の, 感じられる, 憎さげ, 探偵小説に, 推定された, 新邸の, 明確に, 昔話の, 昔風の, 時々思い出される, 時の, 書き附けられて, 最適切, 有つた, 朧げに, 朧気に, 本能的に, 来るたび, 案じられて, 検討されました, 歴々と, 気の, 浮んで, 涙ぐましく懐かしく思い出される, 涙ぐましく懷, 特に感心, 理解される, 生徒間の, 生蕃の, 異彩であっ, 発見されれ, 發見の, 皆それであった, 皆不快な, 皆思い出された, 目に, 目立って, 直に窺われる, 瞬間彼の, 知れたため, 知れた爲, 確言し, 私には, 私の, 稲妻の, 紀行に, 細かい字, 繰り返し考え出された, 繰返された, 考へられて, 胸の, 脳裏を, 自ら思ひ出された, 自分の, 自己自身に, 薄暗い中, 解くこと, 解った, 解って, 言い出された, 訳も, 話され日本, 話し出された, 詳しく話された, 認められて, 認められようはず, 論ぜられて, 資本の, 起こっても, 載って, 述べて, 連想され, 達筆に, 重大な, 重要な, 錯然と, 長く展, 関係する, 非常に, 順序も, 頭に, 頭脳に, 鬱陶しいなら

▼ ことそして~ (330, 0.1%)

9 それが 6 それを 5 それは, 何よりも 4 最後に, 私が 3 今でも, 自分の

2 [14件] この神, その人, その個性, それらの, 今後の, 仕事の, 将来とも, 当人が, 彼女が, 最も完全, 有限な, 物質的な, 私は, 都合が

1 [263件] あたしたちが, あなたさまが, いくらで, いまこの, いまは, いま決闘を, いわゆる, うつかりし, おせんが, おそらくこれからなお起こる, おそらくはあまり十分, おみや, お信さん, お宅様, お母さんの, お駒, かぐわしき洋酒, かれが, きょうの, ここに, こだ, このまま変化, この人生, この仕事, この仙台, この処女, この嘆賞, この大, この家, この犬, この種, これに, さう, さしたまま逃亡, さっそくそこ, しかったり, じん少年の, すぐ自分, そこでは, そこに, そのあげく, そのおかげ, そのこと, そのため, そのほか, そのよう, その中, その人物, その代り, その内容, その品々, その女, その尼, その後で, その意趣返し, その愛, その憲法, その挙句, その瓶, その生活性, その生涯, その相剋, その節, その結果, その老人, その老師, その術, その計画, その詩集, その費用, その金, その階級, その頃病人の, その魅力, それなりに, それに, それによって, それも, そんな大切, たえざる緊張, ついに吹雪, できれば, どうせお, どんな苦しい, のぞき孔, はるかかなた, また得がたい, まだいろんな, まるっきり対等, むかしわしが, むろん自分, もうこれ, もうそこ, もしも自分, もしキリスト, もし王, やがてそれ, よかれあしかれ自分, わが国では, わたしが, わたしは, サア・ウィリアム・ノリスの, パンフレットを, ヒサが, ポン公も, ムードの, ロビイに, 一つの, 一めんに, 一晩中大声に, 一部屋しか, 万一他人, 主人が, 之等の, 井上君も, 人間存在の, 今いかに, 今に, 今もう, 今日では, 今自分, 他の, 佐々木殿へ, 何より悪い, 何を, 作家は, 保たれること, 全く妥当, 全体として, 八日目に, 再び市井, 出来たら専門以外, 別の, 勝手に, 勝手気儘に, 北朗の, 単に知識, 厭味めく, 去る者, 又家, 同じ日トルケー, 問屋から, 外の, 多くの, 多分自分, 夢の, 大地が, 大衆を, 天上的な, 太子は, 太虚寺の, 妻の, 娘の, 子供が, 子爵は, 完全に, 官憲は, 実際彼, 寒いとこ, 小さな貯水池, 尚いけない, 川北先生が, 幸福な, 弟子の, 当時一年ほどの, 役所の, 彼が, 彼の, 彼は, 彼も, 彼女の, 彼女は, 彼等の, 徹底した, 心霊と, 必ず彼女, 念の, 恋する者たち, 恋愛は, 恐らくそうした, 悔恨の, 感じた丈, 感じられるといふ, 感服さす, 我々の, 折に, 敏子は, 文子は, 日常生活の, 日本の, 明かに, 昨夜は, 時折戦闘も, 最も厭, 最後には, 最近後に, 月並な, 来年の, 柄の, 案外に, 殺風景な, 母の, 民に, 民族文化の, 水の, 決して自分, 沈黙を, 泣いたり, 浅草橋の, 淫楽に対する, 無一文に, 父が, 牛は, 物わかりの, 独創性なる, 生れながらに, 男が, 病んで, 病身の, 着いたらすぐ, 知って, 礎石の, 私たちにとっては, 私に, 私生子そのものが, 私的な, 笑ったり, 第一番, 第三, 筒井が, 純粋な, 終りに, 経文を, 結局すべての, 結局どうもいっこうに, 縦横寸分の, 肺病だ, 自分から, 自分は, 自分も, 自然そういう, 舅さんが, 若殿の, 英雄の, 著者が, 蘆屋へ, 要するに人間, 計らずも, 託児所の, 話と, 読者を, 誰かが, 警戒を, 農村支配が, 透明だ, 開帳へ, 間もなく怪塔王, 顔全体の, 風の, 驚いて, 骨盤の, 骨董じまんを, 鼠と

▼ ことやら~ (313, 0.0%)

7 わけが 5 分らなかった 4 訳が 3 わからない, わからなかった, 其処までは, 見当が

2 [21件] さっぱりわからなかった, さっぱりわかりません, さつ, せめてその, それは, それを, わかったもの, わかりません, 僕は, 其處までは, 分らなかつたが, 判らずお, 判らない, 意味の, 目当ても, 知れません, 私には, 私の, 私は, 自分の, 蔭で

1 [243件] あそこで, あたしには, あたしは, あなたの, あのよう, あの女, あべこべに, あれが, いっこうに知りませんでした, いっこう分から, いまから, いろいろから, いろいろの, うち知らん, うっかりする, えたいが, おわかりではござりますまい, お伊勢参り, お判り, お帰り, かつては, けじめが, ここに, こちらの, この撮影, これから先, ご養子, さっぱりわからない, さっぱりわからねえ, さっぱりわかりかねます, さっぱりわかりませぬ, さっぱりわけ, さっぱり分らない, さっぱり分り, さっぱり分りません, さっぱり見当, しれない, すべての, すべて女の, ずいぶん先, その他いろいろ, その後の, それすら, それに, ただもう, たちまち飛び起き, ちんぷんかんぷんです, ちんぷんかんぷん私には, つらいこと, では参りましょう, で毎日, とんと私, どだいだ, ないこと, なけゃ, なにやらで, のみこめませんもの, はかり知れない, べつに何人, まさに出よう, また, またそれら, またやや, また其の, また新潮十月號, まったくわからぬ, まるで前後忘却貴君, まるで見当, みなして, む, もう三十六, もちろん私, よくのみこめない, よくわかりませんでした, よく分からない, ろくに判り, わかったもん, わかっては, わからずはじめ, わからず玄関, わからなかったが, わからなくなる, わからぬ, わからぬまま, わからねえど, わからへんがな, わからんだろう, わからんの, わかりませんでした, わかりませんわ, わけの, わけは, わたくしどもでさえ, わたくし察しまする, アファナーシイ・イワーノ, サッパリわからなくなりました, サッパリわからん, ツイぞ, ツヒぞ, ブルブルと, ヤブレカブレの, 一向お, 一向にわからない, 一向に見当, 一見人を, 主上の, 五流山伏と, 人形を, 今に, 今の, 今朝夜明け, 仔細も, 何とかゴルフ, 何やら噺, 何処で, 僕には, 全く到る, 全然わけ, 出来ないこと, 出来ぬこと, 分からずぽかんと, 分からなくって, 分かりませんわ, 分らずに, 分らない, 分らないが, 分らないと, 分らないので, 分らないほんの, 分らない筆者, 分らなかったが, 分らなかったけれど, 分らなかったらしい, 分らなかつたやう, 分らぬの, 分りませんが, 分るまい寧そ, 判らずアッケラカン, 判らないで云った, 判らないので, 判らなかった, 判りかねた, 前夜の, 又は人間, 合点が, 名うての, 君の, 四日程前に, 困ったこと, 国ちゃんに, 天然痘で, 女の, 婚姻に, 子供の, 存じませぬ, 孫娘が, 実に測り, 実は少々, 家庭の, 容易に, 将来の, 少しばかり, 巣鴨女學校の, 床屋の, 彼女自身にも, 心細いでのう, 忘れたが, 忽ち飛び起き, 思いやるだに, 思えば, 思わざりしや, 怪しまれずに, 恆星の, 恋の, 悪い男, 悲しい事, 意味を, 憎らしい, 我ながら, 戦争の, 故郷の, 文面が, 新派の, 日の, 旧友の, 明星派の, 暗澹たる, 曇りが, 書置の, 木下の, 枝葉の, 柳の, 梨の, 死んで, 殊に著述, 気まぐれにも, 涯しも, 熱海の, 理由すこしも, 理解の, 田の, 當地へ, 病気やらで, 皆目事情, 皆目掴み, 皆目見当, 皆目解らなかつた, 知る人, 知れませぬ, 確かには, 神様にだって, 禅師の, 秀吉は, 糺して, 肝心の, 自分で, 自分でも, 自分にも, 舊北辰新報の, 苦い数々, 薩張り意味が, 西と, 要領を, 見当も, 覚えも, 覚束ない, 解らないから, 解らなかったの, 解らなかつたの, 訳の, 訳も, 詩の, 読者には, 誰も, 譯が, 近頃に, 途, 阿弥陀さまは, 頓と, 餓死寸前に, 騒ぎが, 鹿島みなとへ, 齧つて

▼ ことこれ~ (307, 0.0%)

21 である 12 なり 7 が第

2 [21件] が, がこの, が僕, が私たち, だけだ, であります, で三度目也, で二度目, なし, に反し, はあなた, はつまり, はもう, は今日, は同時に, は私, は誰, ほどの虚し, も旗本, より甚だしき, をこの

1 [225件] あるなり, いと愛, があらゆる, がいかに, がいわゆる, がここ, がこのごろ藤吉, がそもそも, がたいせつだ, がつまり, がはじめて, がはつきり, がほんとう, がまさに, がまた, がわかつた, がキリスト, が一年, が人民, が人間それ自身, が人間性, が今, が何より, が充分, が先, が助かる, が即ち, が又, が反動, が器, が四郎, が夢, が大, が天命, が幸子, が心, が教育, が日本人大多数, が日本女性, が日本神話, が最も, が根本ルール, が此処, が父親, が私, が組織力, が美, が自分, が若様, が藤村, が近ごろ, が近代人類史, が重大, が防空戦, が非常, くらい誇り, こそはまさしく, こそ彼, こそ東西人, さえあれ, じゃあ今日, その常例, その特性, だけあれ, だけが支那, だけである, だけの注文, だけは私, だけは隱, だけを望む, だけ知っ, だけ証拠, である凡俗, です, ではいかにも, では朝夕, でも分りましたやろ, で二度, で今夜, で先方, で其方, で十三回, で社長, と古く, と殆どそっくり, なく候, などは要, などもその, なども他人, なりと, なる扇子, にいる, にてお, にて明, にはかなり, には毫も, には誰, には農民組合, に与る, に代り, に及ぶ, に比すべく, に気がつく, に永井柳太郎, に若く, に連関, に関しては議論, に類した, のみにても堅気, は, はあらゆる, はありがたい, はいかに, はいかにも, はお話, はきっちり, はきつ, はこ, はこのほど, はさ, はぜひ, はたしかに, はただごと, はつつしまね, はどうも, はなはだ奇, はなん, はふだん誰, はほんの, はまことに, はまた, はオレ, はケーテ, は事実, は仕事, は会社, は何, は保守的, は個人, は免れ, は全く, は出版界一九五〇年度, は前, は印度, は君, は否定, は国防国家, は多く, は大夫, は少しく, は彼ら, は戯れ, は手力男, は方法論, は是非, は書面, は本当, は某, は眼鏡屋, は確か, は絶対, は芸術的, は草深い, は静岡県西部, は順序, ばかりが能, へ参向, ほど握, ほど玄妙, また例, また恰も, また我が, また袂, また貞夫, までずっと, までにない, までになかっ, までに渉, までのこと, までの縁談, まで愛し, まで覚えず, もこの, もずいぶん, もその, もまた, もよく, もわれ, も亦, も人, も仏法, も名高い, も多分, も山岳地帯, も正しい, も滋賀県, も相違, も私, も終った, より大, より甚, より甚しき, をおい, をその, をわすれ, をキリスト教的, を事実, を今, を信じる, を信ずる, を向上, を大目, を盆花, を真宗的, を知っ, を禅宗的, を私, を繰り返し, を船上, を見ろ, を譬へば, を遺書, 亦明白, 又私, 最も多

▼ ことこそ~ (306, 0.0%)

65 真の 4 私の 3 プロレタリアの, 人間の, 作家の, 彼の, 必要な

2 [22件] あれ, なかった, カントの, 今後の, 具体的な, 出來, 勝れた写実家, 唯一の, 器にとって, 国民の, 多ければ, 彼女の, 思想が, 文学だ, 本来の, 現代の, 発見の, 社会生活で, 第一, 自己の, 避くべき, 願は

1 [232件] あなたに, あるまい, あるまい天時, ある仕事, あれ世の, あろうはず, おかしなこと, おたがいに遠慮, おれの, お家の, お殿様, かかる學問的抽象, かれの, この哲学, しないが, しないけれども, その原因, そもそも笑止千万, それの, である, とりあげて, どうでも, なかつたけれど, はじまったぞ, はなを, はばかりが, はや彼, ほんとうに, まことの, まさしく人生, まさしく創造生産, まさにお, まさに哲学的精神, まさに潰れん, まさに父, みずからを, もっとも悪い, もっとも日本的, やがて民藝, より大きな, わたしたちの, われわれに, われわれの, ジャーナリストの, ブルジョア社会学の, マスコットな, マルクス, リッケルトの, 一層切実, 不可能であろう, 不道徳と, 世の, 世界恒久平和實現への, 主家の, 人の, 人間らしさ, 今の, 今までの, 今云った, 今川家の, 今日新劇の, 代議士の, 何よりの, 何より伸子, 作り手や, 俳優とはなんぞ, 俳優の, 億劫だ, 優なら, 先君の, 先生の, 光栄である, 其の目的, 具体的であるであろう, 具象的な, 出来ないが, 出来ないけれども, 出来ぬが, 出来るか, 却って両者, 却って大きな, 却って存在, 却って御家, 却って良心的, 史的唯物論による, 叶はずとも, 合理的で, 君が, 周囲の, 命だ, 品物の, 唯物論による, 問題だ, 国家の, 地上の, 基本的な, 多かった, 多くの, 夢の, 大切だ, 大切で, 大切であった, 大切である, 大切な, 大目的, 大衆文芸作家の, 女性本来の, 婦人全体の, 学問の, 学問的態度な, 宗教への, 実にわれわれ, 実に意味, 実は時事解説, 実験の, 客観的な, 家康にと, 少くとも, 工藝の, 平凡の, 幸いじゃ, 彼が, 彼等にと, 律法本来の, 御仁政, 必勝の, 必要だ, 必要だろう, 志村との, 忘れては, 思いたれ, 思へり, 恋は, 愛の, 慨嘆すべき, 憲法に, 我々が, 我を, 所謂改革, 批難されるべき, 折角の, 探偵小説の, 文学における, 文学の, 新しい意味, 方法, 日本文化の, 明日の, 映画技術家の, 時によっては, 時事解説の, 普通人々が, 最も不可解, 最も真実, 最も願, 最上の, 最大の, 最近の, 望ましくなけれ, 望ましけれ, 未来の, 本当にやらね, 松山文雄さん前島ともさん, 模写だ, 正しい第一歩, 此の, 武士の, 民主化である, 民主的理論活動の, 永遠の, 注意すべき, 注目に, 深さ, 濃い回想, 独自なる, 王冠側の, 現在の, 現実の, 現実性を, 生きた批評, 生きるよろこびだと, 生活の, 生涯の, 由々しい誤謬, 眞の, 真に人間, 社会や, 社大, 神への, 神聖なる, 私たちの, 科学の, 稀有だろう, 筆者を, 緊要である, 罪だ, 美に, 美を, 肝要である, 自分を, 自己と, 自然であった, 自然である, 自然です, 芸術家の, 若い自覚, 菩薩を, 見極められなければ, 覚えて, 観念論が, 許すべからざる罪悪, 詩人の, 誠に能率的, 諸君が, 警戒すべき, 資本主義の, 賢明だ, 起りたれ, 起り得る可能性, 近代の, 近代的修養の, 重大である, 重大な, 重要である, 階級的文化闘争の, 非常な, 面白いと, 願わしく出版, 願わるれ, 風俗作家の, 骨折りがい, 高尚幽

▼ ことばかりを~ (300, 0.0%)

30 考えて 9 思って 8 して 6 書いて 5 気に, 考えた 4 繰り返して 3 云って, 思いつめて, 知って, 考へて, 考へながら

2 [14件] いうの, いって, かんがえて, 云ったもん, 云ふ, 問題に, 夢想し, 強調し, 心配し, 知つてあの, 空想した, 考えるよう, 聞いて, 語って

1 [190件] あえてした, あなたは, あれこれと, いい立て, いうつもり, いうでは, いたして, お喋りし, お思い出す, お話しに, くどく遺言, この上ないうつくしい詩, したでは, したの, しだしたの, しゃべって, し自己, じまんし, せずに, たてま, つとめた, ならべたてて, のせラジオ, やって, やってる些事収集家ら, やって来たこと, やるという, わめきたてどこ, キヤツ, ケイ女史の, 不作法に, 並べたてて, 並べ立てて, 中心要素と, 云う, 云ってるね, 云つてゐたつ, 云つて漸う, 云ひ, 云ふて居る, 人づてに, 先に, 八郎は, 勉強し, 口に, 口癖に, 口走つたといふ, 哀れに, 喋つた, 喋舌つ, 喋舌り, 喋舌り出す, 喚いて, 多く話した, 夢見て, 大びら, 好んで, 如何に, 妾は, 婆やは, 守って, 尊ぶ意味, 常にその, 引き受けねば, 強ひられる, 当に, 彼女が, 待ち暮らして, 待つて, 後悔いたし, 後生大事に, 後白河法皇, 得々と, 心に, 心掛け二階, 心痛し, 心配した, 念頭に, 念頭において, 怖れ, 思い廻らして, 思い詰めノタウチ, 思う, 思うてを, 思うの, 思えと, 思った, 思つてゐた, 思ひ出して, 思ひ出すの, 想いひとしお, 想つてゐた, 意味し, 意味しない, 意味する, 感心してら, 懐しく思つて, 懸念し, 拾ひ, 捜して, 探って, 探ろうと, 教えるの, 書かなければ, 書くが, 期し親, 未亡人は, 案じながら, 楽しみに, 欲し, 欲してる, 歎いた, 歎息し, 殆ん, 毎日考へね, 気づかって, 気にかけて, 源氏は, 照子が, 独りごとに, 真面目さうな, 真面目に, 知ってる深谷, 知ってる癇癪もち, 知つて感謝する, 知つて自然に, 祈って, 祈願した, 私は, 続けて, 繰り返されると, 繰り返した, 繰り返しながら, 繰返し繰返し考え続けた, 繰返すよう, 羅列し, 習った人, 考えあぐんでるかということが, 考えさせて, 考えじぶん, 考えつづけた, 考えつめて, 考えてるからね, 考えてるのに, 考えますのに, 考え早くから, 考え自分, 考へ, 考へ入, 考へ医者, 考へ続けて, 考へ豫想, 聞いた, 聽か, 能として, 能事と, 自ら誇りと, 致されまする, 行って, 見て, 見慣れて, 覚えて, 言いやがる, 言い合った, 言う, 言うので, 言うよう, 言う源氏, 言う音楽家連中, 言って, 言ふ, 言出す, 記す目的, 訴えて, 話されて, 話ししかも, 話しは, 話し合いましょうねぇ, 話し合つて興奮, 話すこと, 話材に, 話題に, 誇り合つて毎日を, 語りあっただが, 語り合って, 責めて, 述べたが, 選んだの, 重んじたもの, 願って

▼ ことまた~ (299, 0.0%)

4 神の 3 これを, それを, 自分の

2 [14件] かくの, しても, それが, 一日の, 人間は, 山の, 常陸の, 彼らが, 明らかなり, 星や, 現在私は, 神は, 私が, 至当に

1 [258件] あの二人, あらしめては, ある一つ, いずれか, いったん通用, いつかの, いつもの, いつもは, いろいろの, おそらくその, おそらくそれ, おとうさんは, お国さん, お宮の, お目, お米, お茶の水は, か, かかる観念, かかる觀念, かれら, こうしたとき, この人, この女, この機会, この相違, この進化論, これが, これと, これまでの, これらの, さらに若干, すくなからず, すべて魂に, そういうところ, そういう漂浪, そのあと, そのかわり, そのため, その乏しい, その写真, その国体, その大, その女の子, その好ん, その子, その将来, その後の, その手がかり, その時, その火, その瞬間, その臨終, その藝術, その被害者, その足跡, その身体, それぞれの, それによって, それへの, そんなにうたがわれるなら, そんなにし, たくまに, たった今も, ともかくも, なにごとにも, はなはだ易し, ひいては綱宗さま逼塞, ほかに, もっぱらその, わたしの, アダムと, カヌカハラとも, クレルヴァルの, コンミッションを, シナ及び, シナ海日本海の, ジュール, パスカルなどについて, プロレタリアの, プロレタリアートが, ベンチの, 一つには, 一の, 一層消極的, 一日しかも, 一時間ばかり, 一私人の, 一里半, 一里半こ, 三田家には, 世界第, 争うべからざるなり, 事務に, 事態が, 京方の, 京都中を, 人に, 人間の, 今の, 今度は, 今度も, 今日の, 今更に, 他に, 以前の, 仰天の, 伯父の, 個人, 到底それ, 刺客の, 前の, 劇場側から, 動物学者が, 勤王家として, 半時あまり, 却つて他よりも, 史蹟天然物保存会の, 右門の, 各方面, 同病の, 名産地であった, 商工農業運河造船医師獣医契約代理等に関する, 地方により, 地球は, 報恩的な, 多くの, 多し, 夜が, 大久保甲東が, 大古墳, 大志大望ある, 大敗を, 太陽は, 女に, 女学校, 如何なること, 姉が, 子供たちが, 子供たちの, 存在を, 学生さんの, 家扶は, 将来においても, 少なからず, 少時, 山葵も, 常に相当, 平常は, 広く民意, 当然, 当然の, 彼が, 彼は, 彼らの, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 従って, 從つて無限なる, 御姉宮, 必要なり, 思ったこと, 恐らくそれ, 恐らくは眼, 恥ずかしいこと, 悲しいこと, 慎慮, 手を, 探査についての, 数日なりき, 敵の, 既に述べた, 早し, 明治以来の, 易からず, 時間は, 更に数年, 曾子学派の, 未だ現, 未だ現実的, 本人の, 村へは, 枚挙すべからず, 楽に, 次郎に対しても, 武士らし, 歯牙に, 毎月出し, 毎週の, 汝に, 汝の, 深いところ, 深し, 為すべきこと, 為ない, 無思慮, 熊襲踊りなぞも, 燕子花が, 爲すべき, 物質的な, 特に孤島, 特別に, 現在それが, 現在の, 現在みんなの, 現在氾濫の, 生来おもいやり, 由来すこぶる古し, 百回な, 皇室に対する, 相惚れ, 瞭然たり, 石灰を, 社会道徳に, 秋から, 窓にも, 笈川の, 精神の, 総監が, 老先生, 耶蘇教を, 聞いたこと, 自づと先生, 自ら静かに, 自分が, 自分に, 自分には, 自分自身の, 自由でなく, 良太郎が, 芸術家は, 苦しかった, 苦痛の, 茉莉氏の, 西人の, 親に, 詩の, 諸小国, 警察に, 超越的な, 越春さんが, 軽薄な, 遊星が, 過日小幡民部から, 道具屋の, 院が, 集まること, 難からざるべし, 青銅器時代の, 音響砲の, 食事の, 食味や, 首里大島の, 高い階段, 高加索, 鯛釣の, 黒が

▼ ことだけが~ (296, 0.0%)

4 私の 3 わかって, わかりました, 僕の, 分った, 分って, 唯一の, 明瞭に, 自分の

2 [21件] せめてもの, ただ一つ, はっきりわかっ, わかった, わかると, わかるの, 人々の, 人間の, 今の, 全部で, 商売な, 問題である, 彼の, 彼女の, 彼等の, 残って, 毎日の, 男に, 私達の, 許されて, 詩人を

1 [226件] あざやかである, あつた, あの人, いつもと, うなづかれた, うれしかった, お好き, ぎっしり彼, くどくどと, このごろの, この人, この夢, この間からの, こびりついて, これで, さもあたりまえ, すっきりと, すべて, すべてであった, すべてな, すまないん, すらすらと, そのたんび, その事実, その人, その学校全体, その法律, その際通俗科学, それを, たしかだった, ただひとつ, ただ一つ可能, たった一つ, たのしみである, だれにも, ちやんと, ちょっと人, つぎつぎに, つとまりさえ, つまりは, つらかった, どうして思いだせなかった, どうやら彼女, のこつて, はっきりし, はっきりした, はっきりわかります, はっきり事実, はっきり彼, はっきり頭, はつきりし, ひたすらに, ほぼ明, ほんとうの, まあ有り難かっ, まざまざと, まだ残ってる, もはや唯一, よい方, わかったばかり, わずかに, われわれには, ページから, ーんと, 一さいが, 一日の, 一致した, 一途の, 不幸中の, 不確実, 云える, 人生の, 今は, 仕事だった, 仕事である, 仕甲斐, 伯爵に, 住民達の, 何も, 侍の, 個性でも, 僅かに, 全部であった, 内心には, 刀だ, 分つた, 分明する, 判った, 判るん, 別で, 勿怪の幸い, 印象に, 危険な, 即ち見る, 収獲だ, 取柄, 向上でした, 問題で, 問題であった, 問題な, 善を, 変ったほか, 大きく強く見える, 大きな疑問, 大なる, 大事である, 大切です, 大変な, 大目に, 好きな, 存在を, 実現しました, 家族の, 宿の, 寝覚, 尊いの, 小市民, 少し気, 平衡を, 強味に, 強調され, 彼が, 微かに, 心を, 心残りだった, 心残りで, 心残りであった, 心残りに, 心理学的, 必要だつた, 必要である, 必要な, 思いだされるの, 思想化という, 恥ずかしくて, 意義が, 愛らしいとても, 感じられて, 慰めだった, 推察せられる, 文名一世に, 旧稿, 書いて, 最も意外, 最後の, 望みの, 期待され, 朧げに, 朧気に, 条件であっ, 条件では, 条件に, 根本的な, 樽野の, 正しくて, 正月風景らしい, 残されて, 残る, 残念千万であった, 気が, 気がかりな, 気に, 水音で, 決められて, 源氏の, 特性である, 犇, 犯罪の, 玉の, 現在彼の, 生きて, 生の, 生命と, 生活であり, 生甲斐に, 疑問として, 疑問を, 痛感された, 登山の, 皆の, 目あてで, 目的で, 目的でした, 目的では, 目的な, 真実な, 眼に, 知れた, 知れて, 確信できる, 私たちの, 私にとっての, 私を, 私達にも, 空の, 答えられる, 純粋で, 罪と, 罪に, 美徳である, 羨ましいの, 聯想される, 芸術家を, 若人の, 苦痛でありました, 見えたの, 解って, 解る, 言えた, 語られて, 起って, 辛うじてゆるされた, 進歩では, 重要だった, 長いの, 難と, 非常に, 面白いの, 頭いっぱいに, 頭に, 願いであり, 願ひであり, 願わしいよう, 駿介に, 驚くべき御, 骨身に

▼ こと~ (293, 0.0%)

23 つし 7 わかりに 5 びたゞしい, へん, へんか 4 嫁に, 訊きに 3 ありに, ききに, へんえ, 天気の

2 [16件] びたゞし, ッし, 云いでないよ, 兼とは, 分りに, 含みの, 教え下さいませ, 望みなら, 杉は, 物語るもの, 目に, 組の, 考えに, 聞きに, 豊お新, 道と

1 [196件] あやまりに, ありでしょうきっと, ありにな, いたわしいこと, かんは, きかせしましょうか, きき入れなくば, くには, ことわりし, さくが, さらを, しらぬものニ, せいの, たずね中, たねは, たまじゃ, たみは, たよりも, ぢいさん, つとめなの, ぬしの, はなしに, びたゞしい全く, へんの, へんよ, ほかり, ほかれ, ほし我酷, ほつぴら, ほよそ二十五處, ほ津浪, まこと, ませんか, めえ, もてより, もひえたる, やめなさいと, ゆうの, よしつたら, よしなさいよ, よしに, わかりにな, わるくいらつしつた, アイヌわ, アイヌ語で, 三輪が, 主婦が, 主婦さんは, 久米の, 云いでない, 互にいくぶんは, 互にどうだって, 互に当然の, 互に見合, 伺いする, 体に, 使いなされ, 信さんは, 優との, 元の, 兄さまたちの, 兄さま好きな, 兄さんに, 光の, 八重ちゃん師匠には, 兼が, 出が, 分りでしょう, 勢の, 医者さんは, 友だちと, 友だちの, 友達の, 取り上げに, 取上げにも, 取次ぎはしておいた, 取止めの, 台所では, 后方東宮から, 品の, 困らせに, 土産に, 堂の, 墓へ, 妃さまが, 妃さまは, 妻の, 姉さまが, 姉さんに, 姉さんは, 姉様と, 宅の, 安いご用, 安いところ, 察し願い上げそろ, 小屋を, 小高坂辺ニて, 届けしましょう, 屋敷から, 差料そのものの, 師匠さん, 帰りを, 幾才に, 廢めに, 弁当にも, 役所に, 待たせいたしました, 心がかりは, 心づきありがとう, 忘れなくね, 思い出しに, 思ひにな, 思ふニ, 恨みなど, 恨みを, 感じに, 慈悲の, 手を, 手紙で, 招待きしたら, 振袖は, 救い米の, 文に, 易き御用, 杉の, 楽に, 止しよ, 武家か, 毛色などと, 民と, 気の毒でも, 清が, 清さんと, 清の, 父さまには, 父様に, 父様や, 留伊には, 目こぼし願えますれ, 眼に, 祖父さまは, 祭り好きの, 筆は, 粂の, 約束そうして, 約束を, 約束出来ません, 綱は, 義兄さまは, 考へやして, 耳に, 耳にゃ, 耳へ, 聞かせせんかて, 聞かせ遊ばすなとて, 聞きかの, 聞きくださいましょうか, 聞きなさったん, 聞きにな, 聞き取りでござろうが, 聞き届け願います, 聴きするよう, 船手組の, 花が, 花さんが, 茶代宿料およそ, 菊に, 蝶が, 見合せ下さいますか, 覚え遊ばして, 覚悟は, 言いでないよ, 言いなら私, 言ひでない, 訊きするよう, 認めに, 賽銭を, 身様は, 返事できません, 通さんに, 通の, 通阿, 遊さんは, 邪魔しました, 酒を, 銀ちやんの, 銀様が, 銀様は, 隠し申し, 雪は, 頼まれして, 馴染の, 骨に, 高と, 鳥は, 鶴が

▼ ことこの~ (289, 0.0%)

14 上も 11 二つの 10 上なし 6 二つが 5 二つを 4 ことは, 二つは 2 うえない, ことの, ことを, 一つの, 三つの, 二つだ, 家に, 手紙を, 紙片を

1 [217件] うえなし, うえも, お侍, お手紙, くらいの仕打ち, こといっさいの, こといろいろ, ことから, ことが, ことその, ことちょいちょい, ことという, ことほど, ことより, こと二つの, こと自体悪徳であり, たびの, とおりであります, どさくさまぎれ, へんは, ほほえましい俗信, ままで, まま火を, やうに, ようであった, ように, オシャベリ姫は, スパイたる, 一つのみ, 一途だった, 三つが, 三つであろう, 三つを, 三ツが, 三要素が, 上な, 上は, 上無しだ, 下の, 不忍, 世知辛い世, 中心点の, 丸髷は, 主従と, 事と, 事は, 事実が, 二つだけで, 二つで, 二つです, 二つについて, 二カ条が, 二ヶ條を, 二人の, 二点について, 二藩の, 人が, 人この, 人に, 人の, 人は, 人民を, 人生に対して, 人達は, 信玄も, 兎角に, 全く單純, 冬は, 冬次郎知らなかった, 動かしがたい, 原則さへ, 句集は, 可能性の, 四五年前の, 回り道は, 国が, 国の, 国へ, 国人の, 土地へも, 地上に, 地方が, 場に, 場合では, 場合に, 大切な, 大問題, 大男を, 天分を, 奇妙な, 奇怪なる, 女の, 娘さんは, 婆の, 子の, 學務部長さん, 実雅, 室も, 家にも, 家の, 寝台に, 寺に, 寺の, 小づくりな, 小屋は, 小町ほどの, 少女を, 尾羽打枯らした, 屋敷から, 屋敷の, 山中の, 峠の, 平地にて, 店に, 度一回に, 当り前の, 徽典館へ, 心理的欠点を, 忰を, 恩恵によって, 息子と, 悪魔の, 悪魔は, 意味に, 戦いが, 批評性の, 新しい国, 日の, 日の本に, 日本の, 春までは, 昭和四年一〇〇に対し, 時が, 時東の, 暮を, 曹操が, 村に, 村の, 村へ, 村を, 棧橋に, 武蔵の, 歴史から, 気立ての, 水に, 池から, 沖合に, 泉より, 渦中に, 点だった, 点は, 無限の, 父も, 牢を, 犬を, 猟師が, 現実の, 現実を, 生命力を, 田舎に, 田舎には, 男が, 男の, 町人ほど, 界隈に, 真実の, 真理なく, 知覚の, 石の, 研究所の, 神明の, 秀吉の, 私に, 竪川に, 第一, 第二, 簡単な, 紛乱錯綜した, 結果の, 絵は, 習慣が, 自由に対する, 至極判り切った, 艇内において, 芥川さんの, 袷を, 証文書か, 語の, 調子なら, 論派の, 豪家の, 貧乏人の, 身体も, 辞典完成の, 辺りまで, 迷妄を, 通りのみにて, 酒の, 酔い心地と, 野は, 野原の, 野良猫が, 鎌倉へ, 関係は, 阿部川町から, 際伸子が, 雪で, 雪晴れの, 雲母坂から, 頃の, 頃郷里の, 顔を, 類なり, 飛騨の, 鳥の, 鳥は, 鹿は

▼ ことあり~ (277, 0.0%)

11 という 76 といふ 4 とする 3 て, と雖

2 [26件] うたふらく, げに, こは, しも其信用, しも未だ, しも若し, てその, てより, て其の, といえ, といへ, とすれ, ともその, とも我, と告ぐる, と申し, と説き, はしない, や, や否や, ピールの, 余は, 光悦の, 感覚作用を, 格別の, 父は

1 [191件] あと口わるし, あるいは並び, あるいは店員, あるいは柔, いわんや労働, およそ形, か, がほ, げな, この心惺, この故, この理, これは, これを, されどそれさ, されど汝此等, しも当時, しも我, すなわち某, そこに, そのうち御, その例, そも, それが, それまで, それより, たり, たりという, ていまだ, ていろいろ, てかしみじみ, てこそ百石, てこの, てのたま, てのぼらず, てはじめて, ては今, ては遺憾, てふく, ても別段, て一行, て久保博士, て他人, て其履歴, て參, て心, て我耳, て改易, て日曜日, て時, て曰わく, て横川, て欠かさず, て歌, て此, て火箸, て熊谷陣屋, て相場, て自作, とある, といい, というも人, といえり, といひし, といふ意, といわん, とおも, ときけり, としてその, とせ, とぞ, となす, との信仰, との意, とはおぼさずや, とは驚いた, ともいかで, ともまた, ともわれ, とも他, とも冷徹, とも母上, とも汝僞, とも決して, とも生活必要品, とも種々, とも老, とも覺, とピエール, と云, と仮定, と伝う, と信ずるなり, と奄美大島, と思ふ, と想, と断言, と申されけれ, と知り, と聞く, と聞けり, と見, と言う, と記した, と讀んだ, と頷い, なお洩れたる, はせぬ, またことさら, また前記ウィリアム, また善く, また奈良朝, また学者, また数年前, また自ら識覚, まだはっきりせず, もし悪, や何年, や我, や淵, よってご, わが父母, 七一行に, 上士は, 不意に, 云く, 今すぐ, 今も, 偽怪, 八歳の, 其改刪の, 其瓦硯は, 前途には, 午の, 同県西北隅, 吾人は, 善くす, 善哉, 国民神話学の, 塔婆二三本倒れた, 大丈夫と, 実際を, 家庭的に, 實にや, 左の, 巨人なる, 帝と, 強いて聞かざれ, 怪物なる, 或はその, 或は學校其他公共, 或は極めて, 或は神界, 或年浜田, 拙者へも, 方今政談の, 曰く, 月々数円以上の, 朝に, 正直に, 此は, 此奴の, 此會談は, 気に, 汝この, 汝は, 洞に, 然れ, 猶予踟, 珍しく人目, 発行者に, 皆の, 神よりの, 禅房まで, 筑波の, 老松館の, 而し, 至つて太過, 至つて至らざる, 要するに是皆神, 設令甲の, 詞は, 語釋の, 趙氏の, 足を, 運動作用を, 酒を, 長州方は, 飢饉の, 養生法において, 鶉奔

▼ ことでなけれ~ (255, 0.0%)

124 ばならない 72 ばならぬ 11 ばなりません 5 ばなるまい 3 ばならなかった 2 ば, ばその, ばならず, ば判らない, ば私, ば聞きません

1 [28件] ばあたし, ばお, ばお答え, ばこの, ばこれ, ばただ, ばならなくなる, ばならん, ばなりませぬ, ばやっ, ばよろしゅう, ば仕事, ば他人, ば何, ば其噂, ば円タク, ば喧嘩, ば富士, ば御免, ば折角集中, ば本当, ば涙, ば演劇, ば結婚, ば自分, ば興味, ば詠めない, ば面白く

▼ こと~ (243, 0.0%)

109 はざる 25 はざりき 17 はざれ 15 はざりし 14 はさる 13 はずして 10 はざる所 7 はざるもの 6 はざら, はす 4 はじ 3 はずむば 2 はざる者

1 [12件] く古今, ざりしは, ざれど, ず, はざらしめむとする, はざらむ, はざりしならん, はざりしなるべし, はざること, はざる時, はざる間, はぬごとく

▼ ことでない~ (239, 0.0%)

13 のは 7 ことは, ことを 6 ような 5 か, とすれ 4 が兄公殿, ということ, と思った 3 かもしれぬ, かも知れない, と云, のだ

2 [13件] かと思う, からである, がただ, ことが, ことだけは, し又, とわかる, と思っ, と院, にし, のを, ように, んだ

1 [146件] あちらへ, かあれ, かぎりホシは, かぎり生徒が, かしらいつか, かそれ, かと存じ上げます, かと思います, かと考えました, かどう, かの如く, かは科学的, かも知れません, からいつぞや, からいづれ, からこの, からこれ, からそれ, から今, から何ひとつ推察, から大分前, から朝, から真偽, から立前, から纏頭, から自分ひとつ, から間違つて, から黙, かを示す, か知れませぬ, が, がこれ, がしかし, が二十人, が大殿, が昨今, が要するに, くらいな, けれどもいかなる, けれど結婚, けれど飛び降りる, こうせね, こう両, こと, ことと, ことに, ことも, さう, し一種, し小次郎自身, し歌風, その万一, ぞ, だけに実は, って気, といい, という態度, という気持, という証拠, といっ, とお, ところが, とそういう, となら, との考え, とはどんな, とは承知, とめったに, とも主張, とわかっ, と今, と信じた, と信ずる, と分った, と同じ, と困ります, と庄吉, と心から, と思, と思いまし, と思いました, と思う, と思えた, と思ひます, と思われる, と戒め, と断念め, と村人, と気, と源氏, と私共, と考えられた, と自ら, と行きたい, と言う, と誰, どころか, にきまっ, にはきまっ, にもかかわらず, にも拘らず, のかも, のが, のだらう, のである, のでしたら, のです, のでそのまま, ので誰一人手出し, ので黙っ, のと, のに彼等, はずです, みなの衆ようくまご, みなの衆ようくまごころを以て, ものには, ものは, ものも, やうな, よ, ようだ, よ紀元前二千二百年, わけで, 事は, 今日は, 以上ひとつざっくばらんに, 何とかし, 僕の, 善い方, 大将に, 奇蹟の, 少しの, 弁信さんの, 恐らく幾星霜, 汚なさ, 海道という, 現象でございます, 田山白雲, 秘密なら, 約束事としか, 老眼の, 自分一身の, 荒々しい力, 證據は, 限りは, 限り人間は

▼ ことであります~ (236, 0.0%)

8 がそれ 7 がその 6 が, がしかし 5 がこれ 4 がこの 3 から, からその, よ, 是れ

2 [13件] からし, から今, から是, がここ, がさ, が今, が兎, が或, が支那, が私, さう, し, のう

1 [162件] からお話, からここ, からこの, からこれ, からこれから, からそれ, からと云, からな, からぼく, からめったに, からもう, からもし, からもちろん, からわれと, から一々, から一月, から不孝, から世界, から事件, から今度, から仏, から他人, から何とか, から其の, から別段, から十惡, から即, から只, から各自, から喜舎場朝賢翁, から多少, から大, から女, から尚, から形, から彼, から必, から我々凡人, から氣持ち, から沖, から特に, から疾うにこれ, から私, から端近く, から篩, から警視庁, から負ける, から食いぶち, がお, がかう, がかかる, がこ, がこういう, がしかしまた, がそうして, がたとえば, がともかく, がどういう, がまだ, がもう, がケネディ博士, がシナ, がヨーロツパ, が一つ店, が一方, が一生, が下伊那郡, が云々, が人, が人間, が今日, が代り, が何, が何時何日, が余, が例, が例えば, が個々, が元, が八ツ橋, が其の, が其文字, が初め, が前, が南北, が博士, が反, が只今, が同時に, が夏季, が夜半, が大分, が奈良, が女房コンスタンチェひとり, が子供, が実際, が富永, が幾歳, が彼, が徳川幕府, が必ずしも, が惜しい, が我々, が所謂エライ人物, が支配, が文学者, が明治以来こと, が是, が時代, が普通, が智慧, が東北, が樵談治要, が次, が武力戦, が歴史的分析, が満州人, が父, が爾後, が科学者, が竹, が第, が細密, が結果, が群衆, が自由結婚, が芥川さん, が茲, が貴女, が隅々, が雲, けれど, けれどもこれ, けれどもその間, けれどもそれ, けれどもインド, けれども弘法大師全集, けれども支那, けれども茲, けれど僕, しその, しなほ北方, しまた, し何, し森蔭, し言うまでもなく, すでに世界, そうで, そしてその, その會合, ただ諸君, とこの, のでなにか, のでほんとう, ので分, ので私, 不肖何ごとも, 其の行者, 印度では, 尚斯, 弁信が, 水銀の

▼ ことでなく~ (224, 0.0%)

20 てはならぬ 4 てはならない 2 てなん, てはなりません, てよかっ, て何, て作る, ともよい, 他の, 却ってそれ, 却って自己, 自己の

1 [180件] あたしの, あとの, あまりにすらすら書ける, いつでも, お役目, かえって善い, かならず二人以上, きまりよく, この奈良井屋, この結合, この都会, これは, さ, さあんた, さう, さっきの, さつ, そういう風, そうな, そこに, そして婆さん, そして直接, そのぜんたい, その所在, それは, ただ日本人, ただ義務, たとえ楽しかっ, ちゃならない, ちや厭だ, ちや困ります, つてよ, てお, てその, てつまらない, てはいけない, てはならぬだろう, てはなるまい, てひたすら, ても, てもとにかく, ても勅勘, ても脅喝, てよかつ, てイギリス, て他人, て何より, て何ん, て宜, て恐い, て成り出, て村, て柚子, て済みました, て相手, て自分自身, て芸術, て親, て貧乏, て道徳的, ともまもなく, とも咎める, とも大概, とも自己嫌忌, どこまでも, なつて, ほかの, ほとんど全国的, またこれ, またし, また学業, むしろ全, むしろ自然, むしろ逆, もっと身近, やはり山, わしの, サア我々は, ドイツ等においても, ブリアンの, 一定の, 不利を, 世間じゅうで, 中堅層の, 人事で, 人間性一般の, 人類の, 今も, 仏教の, 何か, 何品でも, 作の, 俺が, 先生の, 内容を, 円環的である, 列国が, 前, 前年の, 前進させたい, 千代乃さんの, 千葉房枝の, 単に実証的, 却って, 却って真に内, 却て, 参加する, 可哀そうであります, 四国の, 困苦欠乏に, 国家一般の, 国語の, 土地の, 外なる, 大島と, 女なら, 完全でない, 実は後宮, 実際の, 實に, 寧ろそれぞれ, 寧ろ豫料, 平安朝の, 座敷の, 形成作用的という, 悦ちゃん曰く, 情意的な, 惑星と, 想像に, 成程, 或る, 技巧の, 数百数千の, 新しい美しい両性生活, 新築祝の, 方々に, 既に明治三十四年公布, 日本の, 日本自ら一度, 昔から, 最も必然的, 月夜は, 本人は, 構成である, 歌舞妓芝居には, 此ら其の, 此處から, 歴史や, 死の, 殊にその, 殊に当時水戸, 母も, 永い歴史, 源氏の, 濟みました, 無意味な, 父を, 物の, 物を, 犬の, 生理的に, 男女共通あるいは, 町全体の, 皮を, 相互に, 真剣に, 社会や, 私が, 私の, 窮迫した, 素子に, 自分の, 自己が, 自覚的に, 行為する, 西山への, 過失に, 都下屈指の, 都会の, 随分ながい

▼ こと~ (213, 0.0%)

3 がまだ, はふと

2 [14件] が言った, ききました, の家, の母, の肩掛, はいつも, はこの, はこれ, はその, は両親, は夜, は自分, は苦しまね, を苦しめ

1 [179件] がおくれ, ができない, がまた, がキャッチボオル, がキヤツチボオル, がハシゴ, が今, が友人, が宿舍, が宿舎, が川, が廿二歳, が当時十日余, が彼, が彼女, が後ろ, が心理的, が捉, が書齋, が欲求, が苦しん, が英學, が行く, が見た, が見つけた, が釣魚, だってちゃんと, だってよく, というもの, とても同じ, と同じ, にきい, にきく, にとってあんな, にはおかしかっ, にはちっとも, にはでき, にはよく, には何, には堪えられない, には腑, には興味, にも分つた, にも楽しみです, にも責任, にやその, にカマ, に似, に信じさす, に出来やしません, に取っ, に向っ, に売っ, に対して距離, に絶対, に関する限り, に雇われ, のかわいい, のこと, のごときで, のねえ, の下, の二十一二, の先輩, の分, の勤務先, の医者, の友人, の妙てこ理屈, の妻, の室, の家庭, の少女時代, の心, の心配, の方, の早寝早起き, の未来, の楽しい, の様, の為, の為す, の独房, の生命, の疑問, の知つて, の神経, の育てた, の花瓶, の見聞, の許, の象牙, の身, の養女, は, はいくつ, はうれしい, はお, はこれから, はすぐ, はそう, はそのまま, はそれ, はそれら, はつかわれ, はどうしても, はなかなか, ははじめ雷, はひどい, はふい, はほとんど, はほんとう, はウィリアム・ルグラン君, はステッキ, はヤナギ, は一切, は予感, は二三名, は云っ, は人, は今度, は偶然, は再び, は前夜, は又もや, は友だち, は名, は嘗て, は大阪, は小, は小さい, は小石川区金富町, は彼, は彼女, は思いがけなく, は思い切っ, は所在, は昼, は普通, は朝, は本来, は森, は欲しかっ, は死ぬ, は殿下, は母, は民話, は涙, は甲田伸太郎, は知らない, は硬く, は私, は窓際, は結局, は自分ひとり, は見た, は赤インキ, は電話, もそう, もその, もたいへん, もよん, も何とも, も実験ずみ, も少々, も悲しい, も残念, も毎日地, も締切間近, も行きたい, も足利, を一人きり, を乗せ, を叱りました, を父, を運搬, を養っ, 忘れて, 考へてはを

▼ ことゆえ~ (210, 0.0%)

2 今度は

1 [208件] あからさまに, あなたお, いかなること, いかなる鼻, いたく恐縮, いっさいは, うかとは, うっかり胸, おうかが, お会いできる, お伴れ立っ, お刀, お取次, お受け, お城, お定め賃銭, お富, お志, お断り申しあげた, お途中, かくお, きっとそれ, きっと硫黄ヶ島, こういう噂, ここの, このたび, このまま, この上相増し候儀, この信仰, この口, この場合, この意味, こやつ, こよい, これまた, さぞ, さだめし水, さだめし義朝, さだめし迷惑, さては今日, さようの, さらに驚く, すぐお, すぐ出仕, すぐ出立, せめての, そのおかし, そのへん, そのままに, その中, その御, その智恵, それが, それくらい, それを, そんな噂, そんな時, たとい剣甲, たとえ味方, ちとどうも, ちょっと輪飾, といや, ともかくも, と申せ, どうせ一度, どうせ碌, どうぞお, どうぞ主, どこで, どこに, なお上策, なにせい, なんぞもったいつけ, なんとか若君, ひとたび江戸, ふとお, ほとんど衆みな, まずまず大丈夫, まだ事務所, まっすぐな, みじかい時間, みなさまの, みんな早く, むろん露払い, めいめい自宅へ, もうこの, もうその, もしやご, もし熊野, ものやわらかの, やがて仏弟子, やはり女, わきの下から, わけの, わしの, グニャリと, ジタバタせず, 一二年は, 一層勇気, 一方口, 一時の, 万事控え目控え目に, 上人の, 上流下流正面の, 下妻の, 下宿は, 不承でも, 世上へ, 世間も, 人の, 人様が, 今さら母, 今は, 今宵にも, 何か, 何の, 何も, 兄夫婦も, 充分成算, 充分用心, 先刻の, 兵を, 初めの, 別に, 前もって稽古, 匹夫下郎の, 叔父も, 古いお, 台所の, 名前が, 咲耶子の, 国策に, 多分もう大丈夫, 夜半を, 夜明けを, 大きに遅く, 大主人, 妻の, 始めから, 嫁女の, 嫁女や, 宇治拾遺物語などは, 安閑と, 実は叔母さま, 察する, 島では, 帆村は, 常に有り, 常時の, 影は, 彼が, 彼とも, 彼の, 彼女の, 後日に, 御ぞん, 御ほうこう, 御復命, 御心得, 御知, 御貴殿, 御身も, 心利いた, 必ずや死後, 恐れ多い願い, 憚りながら家内, 我慢の, 戸ごとに, 手で, 拾って, 早くても, 明夕溝口家, 時には兄, 最初は, 本人の, 武蔵めの, 気の毒がって, 水理を, 片手が, 療治を, 知らぬと, 私に, 経済の, 絶対に, 翻然大悟, 自分は, 自分も, 自分を, 自然に, 衣裳代が, 裏梯子を, 親御さまたちに, 諸院, 財産上の, 跡を, 身支度も, 軽々しく事, 迚も, 遠慮なく戸口, 邪魔物も, 重吉ぬ, 鐘楼も, 長い苦しみ, 間さえ, 難なく相談, 雨露の, 面を, 館には

▼ こと以外~ (203, 0.0%)

15 には何 11 に何 8 にはない 5 の何物, は何 4 にはなに 3 にない, に意味

2 [19件] ではない, にその, には, にはあまり, にはあり得ない, にはなかつた, にはもう, には人並, には何一つ, には誰, に何等, に喋らず, に外, に方法, に絶対, に諸君, の何, は, は頭

1 [111件] ではあり得ない, ではした, では極端, で争, で実隆, どう仕様, なら何でも, に, にあなた何, にあまり, にあり, にありえない, にありません, にお, にお喋り, にくわしい, にさらに, にそしてまた, にただ, にです, にとうてい, にどんな, になお, になに, になん, になんにも, にはあなた, にはあるまい, にはしや, にはなかっ, にはなく, にはひと, にはほとんど, にはまったく, には何ら, には全く, には向かなかった, には意味, には手, には書かれ, には正当防衛, には無意味, には狭い, には生命, には関心, には食事, には餘, にほか, にまだ, にもクナアク先生, にも色々, によけい, に一つ, に一歩, に世間, に予防, に伸子, に何かしら友情, に個人, に別に, に古賀, に多く, に夢, に如何なる, に家, に少し, に形式, に或大きな, に手紙, に文芸復興, に明治十四, に時間, に最早, に有り得よう, に果して, に柵家, に正当, に沈黙, に直接, に私, に精神的, に考へぬ, に自ら, に興味, に親しく, に軍隊, に道, のこと, の一つ, の中, の事情, の事柄, の何もの, の性交, の理由, の用事, の研究, の話題, はあまり, はお, はなに, はなにひとつ, は信じません, は信じる, は北川君, は口, は山口さん, は知らなかった, まつたく無, を考えなく, を自分

▼ ことさらに~ (194, 0.0%)

5 これを 3 それを

2 [16件] それに, はある, 三つに, 三等分の, 乱暴な, 仰山なしかめつ, 大げさな, 惧れおどろき, 生ひなん, 留意し, 疑いあるべからず, 皇国の, 私の, 綺麗ごとで, 行うもの, 黒味を

1 [154件] あざやかに, あとから, あとへ, あの方, あるべき普請, いうとも, いうには, おそろしがった, おもて, かきあら, かく, かよう, きれいに, この旅行, この罪, これなく, これに, その, その口真似, その機会, その考, その自由, その鉤, にがり切つて見せ, はげしくなった, はよき, は尊氏, まいる人, またわたし, また専門家, よそから, わかりきったこと, われらが, われを, アルプス大山系を, スマートを, ティトレリは, 一国に, 上品ぶっ, 下品な, 不廉, 世と, 主水, 事実を, 二洲を, 云々したるなり, 人を, 今の, 企てたる不埒, 余を, 信孝を, 僕の, 兄, 冷淡な, 出で, 厚き幕, 反抗的に, 反革命的, 取りつめた顔色, 古今審美學者の, 君の, 呻吟する, 哲人などと, 四半刻, 夜に, 大きく太い文字, 大きな聲, 大胯, 女權運動, 孤高を, 富貴の, 尊敬する, 己が, 彼は, 御苦痛, 心に, 悪衣, 悲しそう, 我が世, 我らを, 打笑い, 捜すまでも, 政府の, 数日ある, 数馬を, 敵意でも, 文法を, 新奇を, 日本第, 星を, 暗くなる, 暴露する, 最後に, 有るべき普請, 束縛する, 東戸松村から, 歌うたふ類, 歩を, 残酷な, 民衆教育を, 気分を, 求めた中庸, 深いよう, 深い宵, 深きこの, 混乱し, 渋き風, 無益な, 爪先を, 独自性を, 珍しい面倒, 現代の, 瓦斯の, 生野暮, 用ひられた, 砂糖や, 破壊し, 礼壇を, 祈るという, 私に, 笑ひこけ, 第二, 美しく染めた, 美装し, 背を, 胸に, 自分は, 荒々しくこずきまわした, 融通が, 行を, 複雑なる泣き, 親しむというくらいの, 解釈しよう, 触れようと, 言うならば, 許したとかいう, 註文したい, 論理の, 逍遙子が, 逢いたいと, 連想さそわれる, 遅く満目一色, 遠い, 避けて, 野寄の, 長き黒髪, 陋巷を, 陰鬱だった, 陽気に, 隔りたれ, 風流を, 養生衛生に, 駒下駄の, 鳴く気色

▼ こと~ (187, 0.0%)

3 それは, 私は 2 あたしは, これよ, みんなの, よくって, ウ, ッ, 今日は, 若旦那が, 若旦那の, 誰も

1 [161件] あたし, あたしが, あたたかいはず, あなたが, あなたに, あの, あれあ慥か, あれで, あれは, いいお, いつまでも, いやよ, いろいろあたり, うるせえな, おいらにゃ, おじさんが, およしなさい, おらあ, おれに, お兄様, お前の, お約束, かつぎの, がまア, きっと, くすぐって, くどいな, ここで, こちと, こっちで, この位, この頃, これっぽ, こればかしが, ござんすわ, さしたま, さしまつりき, さしまつりし, さし給ひ, さし給ひし, されどこ, しらばっくれるない, ずっと昔, そうでしょ, そしてちゃかちゃか, そのこと, その色, それ, それが, それぐらいの, それぐらゐのことをしてやらなきや清吉も, それじゃ, それなら兄, そんなに何時, そんなに楽しみ, そんな腐, そんな腐った, たいしたこと, だってあたしたちきょうだい, だって妾, ちやんと, でも嘘, ところがところ, ともかく他人, どうして, どうせ岡, どこかの, どんな事, な, なし, なんにも, なア, ぴしりっ, まあそれ, まことは, まさにまさしく自害, まだやっと十時頃, もう何, もしそんな, よくて, りっぱな, わしは, わたしには, わたしも, われがに, アドルフ, コン吉今度こそは, ダーシェンカ, ホホホホホ, 万花とや, 二三日經てば, 云わないわ, 井伊掃部頭様が, 人が, 今夜此の, 但し蒔く, 位な, 何, 何ぼ, 何時かも, 作に, 俺あ, 先づ云, 先に, 出し抜けに, 却って静か, 地位の, 多分, 大家と, 奥さん, 女にては, 好きと, 好きな, 妙な, 宿命, 察して, 屹度, 庄さんあたし約束どおり待ってた, 彦, 御無沙汰し, 微塵だ, 心も, 心立ては, 悪写生, 悲風惨, 新さん二人で, 景陽岡を, 有効に, 此二品を, 此方で, 殆ん, 気高いかおり, 汝は, 江戸っ子にも, 決してわるく, 犬に, 猶身, 生かして, 生れて, 直ちに二郎, 真剣よ, 眼を, 私嫌だ, 竺洋は, 網を, 若しや, 蓋しかれ, 袖なんか, 見て, 見ッ, 貴様ぐらいの, 貴郎, 身に, 運不運も, 郡代前へ, 重ねねえな, 銀杏の, 阿母さん, 顔つきも, 風よ, 飯なら

▼ こととも~ (178, 0.0%)

6 思って 3 なる, なるの, なれば, 思わなかった 2 いえる, しないで, ならう, なるであらう, 一つは, 云へ, 思わねば, 知らずに, 解せられる, 関係が

1 [140件] いう, いうべきである, いえない点, いえませんが, いって, いへるでありませう, いわれます, うけとられて, おぼえぬが, お前軍に, お思われ, くいちがって, この場合, これを, して, しらないで, しれなかった出発, するで有らうが, せずざんざざんざと水, せず病気静養後, ちがうので, つかず丁度, つかず自分, つかず鳥羽, なく二人, なく彼, なく恋, なった, なったに, なったの, なって, なってね, なつたの, ならば, ならんずらん今, なります, なりまた, なり得るの, なり稿料, なるので, なるまい, なるもの, なる慣れは, なろう, ひとつ惡魔とも, わからずどうして, わからないので, わからぬ, わるいこと, 一寸違, 云うべきで易道, 互いに関係, 互ひ, 亦本, 分らないあるいは, 分らなかったけれども, 分りも, 可憐な, 存じて, 存じ候, 察せられて, 御覧に, 思いましたが, 思いませんでした, 思うわけ, 思えない, 思えないよう, 思えなかった, 思えぬ, 思えねえ, 思った, 思はず丹右衞門, 思はず無駄, 思はれない, 思ひませんでした, 思ふ, 思へない, 思わず自分, 思わなかったと, 思わなかったの, 思わなかったらしい, 思わぬらしい, 思われず候, 思われない, 思われないが, 思われないこと, 思われないと, 思われないの, 思われなかった, 思われました, 思われません, 思われませんが, 思われませんし, 思われる, 想われる, 想像が, 想像されず, 感じては, 推測された, 断じがたい, 比例し, 気が, 気が付かなかった, 気づかなかったであろう, 知って, 知ってること, 知らず五更, 知らず従つて, 知らず片腕, 知らないで, 知らないの, 知らないので, 知らなかったので, 知らはらんやろか, 私などには, 結びついて, 繋って, 考えお, 考えられますが, 考えられるでは, 考えられるの, 考へぬが, 考へられませんが, 見えなかった, 解らず謎, 言える, 言えるであろう, 言ふ, 言へる, 言へれ, 言われぬと, 軍治の, 通ずるの, 連関し, 違う, 違ひ, 違ふ, 関係する, 関聯し, 院は

▼ ことさえも~ (177, 0.0%)

7 ある 6 あった, なかった, 出来なかった 4 忘れて 3 ないで, 厭わしく思う, 意識し 2 できなかった, できる, ない, 知らずに, 自分には, 自由で

1 [127件] あえてし, あり得る, いうの, いって, いましめられて, お互に, かえって淋しい, これだけは, ございます, しないの, しないらしい, しなかった, しなかったそう, しなかったの, しらなかった, すべて私を, する, せずに, せず卑怯, せず寂然, そう切実, その人, その経済上, つつましいこの, できず極端, できないの, できない自分, できなくなって, できぬから, できねえのに, できませんでした, できるよう, どうもあやしい, ないかの, ないよう, ないよそよそしさ, はっきりみずから, まったく思わず, まれであった, むしろ知らぬ, むずかしくなっ, やめて, ようできる, わかった, わからないの, わざわざ自国, 一寸見た, 一層肝, 一度ならずあった, 不安であった, 不愉快だった, 今は, 今日の, 何ものも, 億劫がっ, 億劫に, 出来ず立てつづけに, 出来ないの, 出来ないよう, 出来なかったの, 出来ませんでした, 出来る, 厭う軽薄さ, 厳秘だ, 取り返されない損失, 問題外である, 善良に, 天主の, 存じませんでした, 宇治の, 容易に, 容易には, 少い没交渉, 少しも, 弱味を, 彼の, 彼女には, 心が, 必しも, 忘れたよう, 念頭に, 怖しくなった, 恐れて, 恐ろしかった, 恐ろしく悲しい, 恥かしく思い, 意味が, 意味の, 感じよく美しい, 慳貪そうに, 既に忘, 権勢に, 民主主義そのものへの, 為し得なかった, 無く過し, 無視し, 珍しくなかった, 珍しくは, 甚だ稀, 知った, 知った人, 知らせて, 知らないこと, 知らないで, 知らないという, 知らなかったが, 知らなかったでしょう, 知られて, 確かだ, 私たちは, 私を, 稀な, 空々しいほど, 笑うこと, 考えて, 考えない, 考えなかった, 考えられて, 苦に, 見透しが, 覚悟しなけれ, 許されなかった当時, 警められた, 辞さない, 辞せないの, 避けたかったの, 重吉への

▼ ことだけでも~ (171, 0.0%)

3 それだけでも, 容易な, 私は

2 [11件] いいの, きめて, たくさんだ, よかった, よろこんで, 大きな収穫, 容易で, 後から, 控へ, 私には, 身に

1 [140件] ありがたく思う, あるまいでは, ある数量, あんたの, いい, いっさいを, いよいよ花, うれしかった, おむね, おれは, かの女狐, この水, この部屋, さびしい, したいと, すでに大きな, すでに彼女, すでに普通, すでに碁, すでに読者, すべてに, せめて何, せめて知っ, そういう大きい, その人, その存在, たいへん顔, できたら, できませんか, とうに出立, とってもむずかしい, どんなに名状, なみなみの, ひじょうに困難, ぼくは, ぼくを, まだしも仕合せ, まだ珍し, よく判る, わしには, わたしたちは, わたしは, われわれは, アラビアの, スッパリと, 一つの, 一寸六箇敷いものである, 一応は, 一本の, 不思議な, 不破は, 世間に, 世間並の, 争うこと, 事実だ, 二重三重心苦しい, 享楽であった, 人を, 人間の, 人間失格よ, 何かしら, 何かしら輝かしい, 何かに, 何となくうれしい, 何となく未来, 俺は, 僕には, 僕は, 充分である, 充分な, 割引し, 問題に, 喜んで, 大きな生きがい, 大変です, 大変な, 大膽, 寿女は, 将来が, 平常と, 幸子は, 廣い, 彼と, 彼は, 彼等の, 心ゆくだけ, 心を, 恋人の, 恥じるべきもの, 悪くは, 愉快で, 意外に, 我慢が, 控えさせた方, 政府にとって, 日本の, 書いて, 有難い, 有難かった, 楽しむほか, 歌舞伎俳優と, 歴史に, 殆ど奇蹟, 母に, 気持ちが, 決していい, 決してたやすい, 沼田藩は, 満足な, 炉辺を, 無上の, 無意味じゃ, 無罪の, 生きの, 生命の, 眼の, 瞬間心は, 知つてゐ, 私にとって, 私の, 範宴にとっては, 素人には, 絶望を, 良いと, 苦痛で, 葉子は, 解ると, 許すべからざる悖徳行爲, 話し合いたいと, 誰よりも, 調べても, 貴下に, 足りないという, 足りないの, 足りるの, 近頃の, 重大な, 関係者に, 隔世の, 頷かれた

▼ ことに対して~ (169, 0.0%)

3 なの 2 ひそかに, ひどく又, 人間の, 少し憤りました, 私たちの

1 [156件] あえて自然主義, あれを, あんたは, いくらかでも, いささかの, いまさらセンチメンタル, お父さんも, かなしむ時, きっと責任, きわめて確信的, けっして快く, こういう反抗, こちらも, この男, これを, こんな気持, さほど自責, しんからの, すべての, それが, それだけの, それに, それほど警戒, それを, ただもがく, だれが, だれも, つよく感じる, である, とても気, とにかく親切, どういう責任, どのよう, なお空疎, なら彼, なんとお礼, のべられて, ふだんこう, まず愧, また深い, まだまだ安い, まったくなみなみでない, まるで反抗, もし苦しん, より以上, わたくしは, アメリカ生れの, エルランガーに, デマゴギストという, ヒューマニズムは, 一言お礼を, 一読者から, 不平が, 不平でありました, 不平を, 不決定, 与之助は, 世間の, 云われて, 今までの, 今日非常に, 伸子は, 体じゅうを, 何う, 何んな, 何度も, 何物をか, 余り鋭敏, 保の, 全職工, 冗談まじり, 冷淡で, 冷淡であり得ない, 冷淡である, 別に何, 劇しい, 南条力が, 却って本能的, 呻きました, 嘗ての, 多くの, 夢にでも, 大した抗議, 女の, 妙に, 娘達に, 婦人を, 学生が, 少しの, 少しも, 岡君も, 弁解する, 強い愛着, 強い非難, 当然に, 当然尊敬, 彼は, 彼女は, 後悔しました, 心に, 心の, 快感を, 情熱を, 意外の, 意見を, 感じた憤りを, 憫れみ, 我々は, 我々を, 我とわが身, 敏感に, 敬虔な, 日本の, 明かな, 時の, 本当に同感, 果してその, 正しい返答, 殆ん, 毎年米百俵の, 注目し, 無性に腹立, 無意味, 熱心である, 現代の, 用意が, 疑ひを, 皆さまに, 瞠られる, 礼を, 私が, 私たちは, 私は, 私共は, 織江は, 腹だたしいこと, 自ら責任を, 自分では, 自分の, 自分は, 若い決して, 覚醒しなけれ, 諸君が, 謝辞を, 責任を, 身を, 適当に, 遺憾の, 重々お詫びを, 重ねて, 鋭い批判, 非常な, 題材万能から, 顔を, 驚きと, 骨を

▼ ことそれから~ (167, 0.0%)

5 それへと 3 それと, もう一つ, わたしが, 今度の, 他の 2 今一つは, 或る, 私が, 第二, 自分は

1 [137件] ある程度舞台, あんな奴, お前が, お清, お美代ちゃん, かの国, かんじんの, きっとその, ここへ, このゴム, この大, この石棺, こんどは, さう, そういう条件, その人たち, その他事務家の, その商店, その墜死, その子供, その時, その時やす子, その生物たち, その目, その足りない, それまでの, てんでに荷物, どんなこと, どんな事, なにかざわざわ, なるべく早く, ひとたび獲物, びっくりした, まだそんなに進ん, みんなの, めしべの, もう一組, アマゾン女族の, オーラが, ガロフォリが, タバコを, 一昨夜私が, 三崎町の, 三色菫これは, 中央に, 人間の, 今に, 令嬢に, 会話と, 何よりも, 例の, 僕が, 僕ら自身もつ, 全体の, 去年の, 又一, 同居する, 執拗らしい, 壮い, 夕暮に, 外に, 大學, 大昔神戦が, 大村方, 夫婦別れの, 妙な, 子供たちの, 子供を, 字の, 実の, 屋根の, 巫女で, 巴里の, 庭先を, 彼が, 彼は, 後の, 後は, 御本人, 怪人丸木が, 恋愛など, 戸籍謄本です, 推して, 救助に, 文藝に, 新企画ロッパ五人娘, 新聞広告で, 時世が, 暫くし, 曾て, 最後に, 本が, 東京へ, 森の, 次で, 死体, 殿様の, 民衆自身が, 水星や, 清さんの, 潜水夫が, 犯人レッドが, 現在の, 生活に, 病気や, 矢坪坂の, 砲術の, 社會的な, 社長室の, 禹が, 私の, 私達の, 第三, 純正美術だ, 絶対に, 腕を, 腹話術で, 臨時の, 自分の, 良人が, 色事に, 若し家内, 若松屋惣七, 荷物の, 蘆名義広を, 親方が, 観水楼で, 貴族的な, 足音を, 近藤崩れにて, 連日連夜の, 長野へ, 間も, 難破し, 雪の, 鞘に, 飯山へ

▼ こという~ (160, 0.0%)

27 までもない 76 のは 4 もんじゃ 3 の, のん, までもなく 2 ことが, てはりました, てました, なよ, ものじゃ, もんか, んだ

1 [93件] けど, けど考え, ことは, じゃない, じゃねえか, たって世間, たって授業, たって無理, たって通りゃせん, たりし, たんや, ちゃ悪い, てあんたはん, ておだて, てから傍, てしかし, てそれから, てた, てちょっと, てなかなか, てなその, てなる, てねえで, てはえらい, てはお金, てひやかすなら, てもわたし, ても怪しまれる, てわしゃあ, てん, て三人, て下さっ, て丸めた, て來, て光子さん, て家, て復讐, て手, て来た, て来る, て欲し, て頂戴, て顔色, て騙す, とあと, とい, とまた, とまだ, と変, と怒られます, と怒られる, と榊原健吉, と皆, と芋, と貴様, なあ思い, なよおい, なア罰あたり, にもその, に及ばず, ねえ, ねんなあ, ねんほんま, のかい, のが, のごめんなさい, のに, のね, のよ, は婆, ばかりなし, ばかりもなく, までもありません, ものでありません, もんでない, やつだ, ようです, より自分, よ此人, わ, わねあなたッ, んじゃ, んじゃろ, んでしょう, んです, 人きらいよ, 人でしょう, 人随分, 奴や, 度に, 権利ありません, 訛り言葉を, 訳さ

▼ ことにかけては~ (156, 0.0%)

2 人後に, 天稟の, 当時道庵の, 自信が, 融通無碍の, 鬼神の

1 [144件] あたかも花, いつも眼, うちの, おそらく北海道, おそらく日本人, おのずから一定, お前は, かなり自信, けだしピグミー, こいさん以上な, こいつに, こうも, ここは, ことごとく豪傑ぞろい, この土地, これくらい, これでも, そのため, その道の, その鈍感, その頃, それに, たいへんきれいずきで, たいへんに, たっしゃなものでございますからな, とても素, どこへ, なか, なかなか考えぶ, なかなか達者, ひどいこと, へたな, まだまだ万能, わたしほど, われらの, アリョーシャじゃ, ガスコン人の, ドジでも, ヌカリの, 一と, 不具的に, 不得手至極な, 世界でも, 世界の, 世界一だ, 乱暴な, 京都の, 人一倍の, 人一倍熱心, 他の, 他人を, 他藩, 何事でも, 何度と, 保君が, 信雄は, 全く意地汚い, 全く無遠慮, 全然しろうと同然, 前例の, 名人だった, 大きに目, 大変な, 大變, 天下一品だ, 天才さ, 天才と, 天才の, 天朝の, 女の, 妙を, 姫様が, 子供の, 定評が, 実に一致団結天才的, 密かに, 寺社の, 寿平次とても, 封建時代から, 山崎は, 島国根性という, 川越侯は, 巨人や, 常習犯の, 当時この, 彼の, 彼女と, 彼女は, 得意だ, 感情が, 我輩の, 敵は, 新撰組の, 日本一だろう, 昔の, 本能的である, 極度に, 武蔵の, 殆ん, 気転が, 油断も, 泥棒以上だ, 漆掻き, 父藤孝に, 由さんと, 町内に, 益満の, 目の, 盲目な, 相手を, 真実どんなに, 硬派中の, 神坂村小学校の, 福沢先生ほど, 私など, 私は, 私共は, 稀有の, 稼業柄の, 精が, 老中の, 考え無し, 腕が, 自ら冷やかな, 自信を, 自慢では, 薩長諸侯に, 薮医者でも, 虎の, 見かけに, 親分の, 誠に遅く, 誰にも, 誰も, 誰よりも, 趣味の, 身命をも, 軽輩の, 遠慮は, 邪念が, 里雀に, 鋭い人種, 雄の, 顎十郎の

▼ ことにおいて~ (153, 0.0%)

2 そうである, 常人の, 平等です, 彼は, 直接に, 私が, 誤って

1 [139件] ある程度まで, いっそうしばしば過ち, いっそう多く, いわれて, おれは, お役, かえって重要, かの灌木, この一座, この山国, この親鸞, これは, これらの, これら諸種の, すでに必ず一元的, その, そのうち, その師授, その特殊的, その茎, それが, である, では, なお現実, ならみか, はなはだしき誤解, まぎれも, まさに天下一品, ますます美, まずシューベルト, よくその, キリスト教の, ゲエテは, パリーと, ポルトガルにも, 一つの, 一層しばしば過ち, 一層多く, 一石橋の, 一種の, 一致した, 一般歌人よりは, 人の, 人は, 今の, 今度の, 他の, 何らか, 倫を, 僕を, 全く背中合わせ, 又かくして成立つた, 同じ穴, 同情される, 多少とも, 大差は, 如何なる意義, 学問に対する, 実現される, 専制的であり, 將來は, 師の, 常識と, 幾分の, 幾百反歩の, 弱い, 当時の, 彼の, 彼女が, 往くこと, 後世の, 微妙に, 徳義も, 必修科目の, 忌むべき罪悪, 悪と, 感じられる確実さ, 感ずる快楽, 成功した, 成功である, 成立する, 我々の, 我々は, 我の, 我は, 文芸に, 文芸作品を, 新しい天地, 新趣味, 時代が, 最近は, 有利な, 有名な, 末法時は, 正善な, 民衆の, 浅薄であり, 無より, 特に著しい, 現はれる, 甚だしい誤解, 生命に, 生活する, 甲州街道の, 異彩ある, 當時の, 相交渉, 相当の, 知られたもの, 知るもの, 社会主義者ならぬ, 社会改革の, 私の, 私は, 私達は, 第一流, 精神に, 経験論に, 罰せられて, 美も, 聰明でなけれ, 自信の, 自分の, 自己矛盾である, 自然ここに, 茶飯を, 西巻は, 見られるもの, 見出される喜び, 親鸞は, 詩人として, 距離位置範囲が, 近代文明の, 過去は, 邪魔を, 野卑である, 非常な, 類を, 風景の

▼ ことについても~ (150, 0.0%)

3 いろいろと, 疑問が 2 はっきり心, 浅からぬ, 私は, 考えます, 非常に

1 [134件] あなたに, あなたの, あのとき, あまり多く, あれも, いくらか, いつの間にか決心, いろいろの, いろいろ心, いろいろ感想, いろいろ打合せ, いろいろ考え, いろいろ自分, うたいましょう, お宅, お宮に, かなり詳しく, きっと叱, ことごとく長, この二種, この点, これによって, さまざまの, じぶん, すこぶる怪奇事件, そうだ, そうとうの, その当人, それは, ともかくも, ないじゃ, なんと恐ろしい, ぱったり口, また考慮, まだあやまり, まったく触れなかった, もう一度も, もっとも注意, もつと, やつぱり全体との, よく話しあった, よほどよく知られる, わしは, わたしたちは, クリストフは, プロレタリア作家の, ホントから, ロング, ローマは, 一應訊い, 一言いい, 一言お, 主君から, 人後に, 今は, 何か, 何一つ勘, 余りよろこばない, 作家の, 信仰によって, 先生は, 全く同様, 全然なんらの, 全然触れ, 其だけ, 冷静に, 出来得る最上, 前に, 友達の, 反省されます, 同じじゃが, 同じよう, 同様である, 同様です, 命じるところ, 喋らないこと, 固く申し渡された, 大てい, 婦人は, 学問は, 実の, 実世間, 少からず悩まされた, 少しは, 彼の, 彼女に, 彼女は, 思って, 性格という, 感じるところ, 憂いは, 折れて, 持久戦争時代と, 指図し, 教えます, 新聞に, 旧支那文化, 昨夜だいたい, 昨夜の, 時には窕子以上, 津々たる興味, 源氏の, 無頓着だった, 父が, 特に頼ん, 理事会は, 町の, 相当に, 相当突っ込ん, 知りたいニュース, 研究を, 確信さへ, 私たちは, 縁故者として, 縫針という, 考えずに, 考えて, 考えられます, 考える, 考えるだけの, 聖戦では, 自らオルレアン家と, 自分自身の, 落付い, 言及された, 記憶は, 話したいの, 話して, 語り合った, 軽く考え, 造詣が, 随分わたしたち, 餘り進ん, 鼻に

▼ こと~ (150, 0.0%)

2 の如し, 之を

1 [146件] あたり一帯場末の, あっさり断ったら, い, いずれは, いつも何ん, いづれは, いやとも, お召し, くわしくは, ここまで, こっちと, このう, この人々自ら製作, この地球, この方, これは, これを, さっぱり見当, さほどムザン, すっかり古式, そこらあたり, そのよう, その場, その場かぎり, その方, その日, その束ねかた結びかた, その気, その水, その習慣上貿易品向き, その足跡, それは, ただ一つ, ちょっと稼ぎた, と三人, どこかで, なかなか金が, なるべく目立たぬ, もう一日, よく, よもや兄, わしが, ワイングラス一杯で, 一心不乱と, 一生懸命に, 一般に, 一足先へ, 三人に, 上野浅草と, 世間一般に, 中には, 主人にも, 二三時間も, 人口の, 今夜は, 今日は, 休息の, 伝三郎は, 何か, 何とぞ不悪御, 何事なりとも, 何卒實父富右衞門が, 例によって, 信ずるにも, 元の, 其の衣, 其悲し, 凡ての, 初めから, 別に気, 勿論露払い, 十三絃の, 同氏からの, 告別式参拝者の, 喜ぶ, 圉人が, 塩田真氏前田健次郎氏平山英造氏大森惟中氏などを, 多分一晩位庵, 天王寺公園の, 夫, 家庭的な, 寝ずの番も, 將來の, 尊信する, 小吉は, 少しは, 尚更心, 庵を, 彼は, 彼れ, 御飯が, 心配いたし, 心配なり, 思い切って, 急に, 戸毎に, 手が, 折入っ, 拒んでも, 支度を, 改めて其方, 政教を, 斯かる, 是より, 是非とも当, 時間的な, 書き続ける, 書添へ, 服装なども, 杉の, 村の, 東西互に, 林藏は, 極めて無造作, 欧州の, 正直に, 水あたり食あたりなど, 無理も, 特に申し添え, 犯罪の, 王の, 甚だ失礼, 病人も, 相当両親, 私の, 終には, 結構だ, 美しく描かね, 自作を, 至極殘念に, 菓子など, 蓑を, 見舞いに, 角まで, 誰にも, 謹んで申し出づる, 途中で, 間違いは, 離れの, 静かすぎる, 風邪も, 飛行機を, 食ひものも, 養生は, 鶏を, 黙って

▼ ことほど~ (148, 0.0%)

5 左様に 3 彼の

2 [13件] よいこと, 人の, 力強い事実, 客に対して, 容易に, 左樣に, 政治上いけない, 明かなこと, 気の, 激しい苦痛, 能登守の, 自分を, 重大な

1 [114件] いつも當, いやな, うれしいという, おそらく出来, お松は, このうえ, このすばらしい, この世に, この場合, この当人, この棄てられた, さよう早く, それは, それほど七兵衛, たやすいこと, ながい年月, なつかしいもの, なやみのますもの, ねばり強く恐ろしい力, のぼせて, ばかばかしいこと, むしろ為し, ややこしいもの, よろこばしき儀, メタフィジックの, 一心に, 下らぬこと, 不合理な, 世に, 主觀的, 人を, 人間の, 伝わって, 何人も, 切口上で, 単純でない, 危険な, 困難な, 国民を, 型を, 大きな過失, 大事な, 大切で, 嬉しいこと, 実着, 実際偉大, 容易で, 幸福な, 彼を, 後悔し, 得意を, 心苦しいこと, 怖るべき, 恐るべき害悪, 恐ろしいもの, 恐ろしい事, 悲しいこと, 意外千万な, 愚かしいこと, 憐れに, 文化の, 明かなるもの, 普通の, 有意義な, 朧気で, 欲せぬ, 歪められた暗, 淋しいこと, 淫乱後家の, 演劇にと, 無惨に, 現在の, 異様な, 確かに, 確実には, 私にとって, 私には, 私を, 立派な, 章三を, 笑ふべき, 米友の, 粗野な, 純直な, 経済学において, 美の, 老人の, 考え難い, 耕作の, 胸を, 自分では, 自己の, 自己を, 自然に, 自由人にとり, 舞台を, 芳子を, 苦しいこと, 苦しい罰, 融和の, 親切に, 言い易く, 話し甲斐, 誤った議論, 豹吉にとっては, 辛いもの, 道庵先生に, 重大で, 野暮な, 難しいこと, 非凡な, 非常に, 馬鹿な, 馴染みすぎて

▼ ことあら~ (147, 0.0%)

14126 ばこれ, ばその, むや 2 ばわが, ば国, ば彼, ば政府, ば是, ば論者, むされど, むも

1 [87件] ざらん, そりや, はれて, ばあまんじ, ばいかなる, ばいかに, ばいざ, ばいへ, ばおのずから, ばこの, ばすなわち, ばそれ, ばた, ばとても, ばなん, ばなんぞ西洋人, ばまた, ばやすく, ばよく, ばわし, ば上下, ば不死, ば不治の病, ば主人, ば人身, ば今日, ば他日これ, ば仮令, ば会社, ば何, ば何と, ば何事, ば何故, ば余, ば其結果, ば其處置, ば前夜, ば原稿, ば各, ば吉良家, ば同一, ば君, ば呪, ば善人みずからこれ, ば奈何, ば安藤, ば害, ば家康, ば小, ば平和会議, ば幸甚, ば幸福, ば御殿, ば必ず, ば悔い, ば憶, ば我, ば我当, ば或は, ば数年, ば敵將, ば文明, ば日本, ば時, ば暫く, ば果して, ば死水, ば民権, ば気脈, ば水神, ば深切, ば甚, ば疾く, ば社会, ば禍, ば親戚, ば読者, ば請, ば遂げず, ば過去現在, ば遠慮なく, ば阿, むとて監督として, むと諭しける, むや渠等が, む人は, む軍旅の

▼ ことあれ~ (147, 0.0%)

8 しません, へなん 7 ばその 5 ばなり 3 しませんけど, しませんし, しませんわ, ばこれ 2 かしと, しませなん, しませんか, ども常に, ば, ばすなわち, ばただちに, ば必ず

1 [91件] からお話, から此方頻繁, しませんと, しませんねんと, しませんの, だけでもきょう, だね, ど, どおのれ, どかく, どすべて雲, どもし, どもその, どもその後, ども之, ども今, ども僧徒, ども嘗て, ども大, ども山水, ども心中動気致, ども樂園, ども進む, ども遂に, ど决, ど彼, ど心, ど枝葉, ど災禍, ど箇様, ど而, ど芸者, ど記行文書き, はお, はな甲府, は何, は傑作, は別人, は日本, ばあるいは, ばかかる, ばかくい, ばここ, ばこなた, ばこの, ばす, ばすぐ, ばその後繼者, ばただ, ばたちまち, ばなにとぞ, ばみづか, ばよく, ばわれ, ばサント・ヴォルト, ばダンテ, ばミノスこれ, ば三河, ば不愉快, ば不義者, ば之, ば今, ば今に, ば今更, ば仮, ば其説諭, ば再, ば厳しく, ば察し, ば山, ば左, ば彼等, ば我, ば正札, ば気抜け, ば気遣わるるなり, ば生涯, ば眼病, ば能, ば荘子, ば薄, ば衆人とも, ば誹謗, ば諸, ば辛き, ば逃げん, ば面白き, へんな, みんな要之助さんの, を言, を読ん

▼ ことのみ~ (147, 0.0%)

9 である, では 5 であった, 考えて 2 であって, であろう, でございました, なり, 口走りて, 多かった, 多きこの, 気に, 聞かされて

1 [101件] あるであらう, いい, いうて, いうので, いたくおそれた, お案じ, お耳, お頼み, かかわって, して, し出したる我が, たいへん熱心, たくさんありました, だが, だった, だつた, であつ, でありました, であると, である山陽道, でございます, でございまする, でなく死後, で嘸, で多く, で失敗, で成り立ったり, で測るから, とたんに思ひ出され, ならず, ならず世間, ならず今, ならず何処, ならず毎年稲, ならず江戸, ならず私, なりき, なるべければ, なれば, によつて, ひたふる, やり乙, ゆえなかなか, よみふける哥人, 今の, 励ました, 口走って, 吠えて, 吾は, 多いらしい, 多い生活, 多かるこの, 多きこのほど, 多きを, 多き心, 多き浮き世, 多くさすが, 多くつい, 多くてよ, 多く候, 多く考え, 多ければ, 多し, 夢みて, 専念し, 希つてゐる, 待ちたま, 心がけて, 思いつづけて, 思いつづけ悲しき, 思い出で, 思い暮らしましょう, 思い続けて, 思ひつづけて, 思ふは, 思召さる, 急がれて, 探しては, 書きつらねました, 書きました, 極めこんで, 残されるから, 汲々として, 特別に, 申しうわ言, 申合い, 眺め考え, 知って, 空想し, 綴り候今時の, 考えれば, 考へ, 考へつ, 自由である, 言ひ暮らしぬ, 語りあえり, 語る物語, 起こって, 道綱を, 陰で, 頼むが

▼ ことまでも~ (147, 0.0%)

6 考えて 3 彼は, 知って 2 心配し, 想像し, 父が, 私は, 訊きます

1 [125件] あげて, あるの, ある彼女, いやな, いろいろと, いろいろ思い考える, おいおい悪く, おれに, お仕度, お冬, お案じ, お浚, お考え, この少年, ご寛大, したの, すこしも秘密, つい寢物語り, また恨めし, よく心配, わかって, わかるはず, フイで, 一年間は, 世話し, 主膳は, 云ったの, 云つたのです, 交渉し, 今なお, 仰せに, 伝えた, 何の, 何一つ聞き取っ, 分ってるらしいて, 判明しました, 印刷され, 口へ, 同様だ, 否認し, 含まれて, 吾, 大臣は, 子供らの, 学理と, 容易に, 小説に, 幼稚な, 引き受けて, 引ずって, 彼の, 御想像, 御親切, 御話, 心に, 必死とね, 忘れたの, 忘れない私, 思い出して, 思い起させたが, 思うという, 思ったに, 思ひやつ, 思ひ出させられた, 思わせるよう, 思出し, 思出した, 恐れるよう, 悪しざまに, 想像され, 想像する, 感じて, 感づいて, 手ずから世話, 拾い集めて, 材料と, 根本から, 洩れなく観察, 申しあげます, 男の, 皆やった, 皆知っ, 盛んに, 知つたかぶる, 知つてゐた, 知らうと, 知りました, 約束し, 習った, 考えつねに, 考えながら, 考えるという, 考えるもの, 考える意見, 考え出すもの, 考へ, 考へた, 考へて, 耳に, 聞いて, 聞かされて, 聞き込むこと, 聯想させた, 臆測なさる, 親切に, 言う, 言うの, 言ったよう, 言って, 言わした, 言わなければ, 言葉に, 訊ねましたが, 試みたの, 話した, 話し合うよう, 話し合った, 話すだらう, 話すよう, 誇大に, 説明し, 載て, 違ったもの, 遠くおぼろげ, 遡って

▼ ことだの~ (141, 0.0%)

2 それを, 母の, 自分の

1 [135件] あのりっぱ, いくつも, いろいろしゃべってた, いろいろな, うまい酒, うれしいこと, お友達, お粥, お茶を, かすかな, ことにあの, この家, これから大叔父, さう, すー, その家来たち, その柔術, その母親, それから, それからそこ, それから其処, それから理知, それから笛, それから谿間, それから軽, それと, それに, そんなこと, たらし餅, ちょっと手招き, つ, つい今, どこかの, どこかへ, はからずも見, またそこ, または葉子, また昔, アイルランド派の, オスカアワイルドが, ガリビックの, サーテネいったい何故, ニコジーム・フォミッチの, ルイ十八世の, 上菓子を, 上野山内に, 世の中の, 主人の, 五色の, 人生の, 人間の, 伝馬船と, 信心深い, 僕が, 先生の, 内部の, 副署長, 勝海舟が, 勤務上有利な, 南京虫の, 可愛い子供, 同窓会の, 喰べ, 四芸術祭に, 国元の, 土産ものの, 地震だの, 売り払って, 変に, 大学教授や, 奇妙な, 奥様が, 女房連の, 好者の, 姉が, 安達の, 家庭の, 寧子に, 専攻した, 小説の, 少年時代の, 山の, 巴里だ, 市井の, 後藤宙外君の, 心配だ, 念仏の, 恐縮な, 折助や, 日常の, 日本へ, 日野の, 映画を, 最近に, 木履の, 桂が, 様々の, 武者小路君の, 水上瀧太郎君の, 永遠の, 温泉の, 炭を, 犬の, 真珠の, 着物の, 矢継早に, 私は, 秋から, 穀物や, 空いっぱいに, 竈の, 筥の, 管絃祭やら, 考えて, 肱を, 自由自在に, 舵を, 芸も, 薩長の, 藤壺の, 血を, 西洋映画の, 輿入れの, 辻番に, 逆葉, 郷里だの, 配給の, 鎖の, 阿武隈川が, 雑俳の, 面白くも, 食物の, 馬なんかとは, 駕籠の, 鳥と

▼ ことごと~ (140, 0.0%)

4 にすなわち 2 なるもの, に, につぶら, に意見, に染み, の蔓, の露, や世

1 [120件] かたら, がいま, がへん, が光る, が単に, が決して, くろくでも, たかくうり, たふさぎを, たまゆらと, と対人関係, にあたっての役人たち, にあたって行く, にあらわれます, にいじめられた, におかしく, にお松, にかばい, にこんな, にご, にじゃま, にそう, にそり, につけ, にと云, にはっきり, には口, にわが, にわたくしども, に不利, に久吉, に交渉, に人, に仰天, に仲, に仲間, に使う, に係, に兄頼朝, に党規, に冷笑, に動, に反抗的, に反撥, に反目, に右門, に啀, に増す, に外れ, に大きな, に娘, に存在, に学校, に富士男, に小, に岩下一家, に常に, に幕府, に形, に得体, に思い当り, に怯, に意地, に意外, に感じられた, に感心, に憎悪反目, に打ち負かした, に敵, に文句, に新, に暴露, に東方, に気に入る, に気持, に泣き乾しき, に満たされ, に火, に現実, に相貌, に眼, に示し, に私たち, に突っかかっ, に競争心, に結婚, に自由, に色, に荒あらしい, に過程, に道塞ぎ, に適度, に邪魔, に部落, に長き, に闇, に露骨, に非凡, に顔, に驚異, に鳴り, に鼻, の人, はつきり, は想像, は死な, は貴下, をことごとく, を叙, を思いつづける, を想像, を批評, を滑稽, を畏怖, 思ひつ, 新しくなる, 朽ちはてぬ, 浮び出でて, 芽ぐみたり, 見せましもの

▼ こと~ (138, 0.0%)

6 れが 2 がこの, が敵, が西崎, の如く, の家, ははじめて, は例, は女, は家

1 [114件] いふ女, から期待, がそんなに, がどんな, がなした, がスペイン人, が一人, が二世たち, が人間, が僕, が十五, が如く, が妻, が彼, が愛猟家, が欧洲, が犯人, が現在, が生きてる, が留守, が荒木, にとって頼まれる, には定職, に会わんであろう, に木戸, に話しかけた, に負う, の, のうち, のこと, のごとき, のごとく, のため, のところ, の一身, の下絵, の乗ろう, の人格, の作品, の口, の周囲, の如き, の子, の心, の息子, の愛, の成功, の批評, の描いた, の母, の母親, の気, の細君, の若く, の行, の術中, の衣嚢, の言い草, の身, の頭, の顔, はいつも, はこっそり, はしみじみ, はそのまま, はそれ, はついに, はひとり, はテーブル, はバクチ場, は一つところ, は一人燈火, は二三, は二三日それ, は今度, は右, は娘, は少し, は島村, は師匠, は彼, は往来, は快, は或, は日頃, は昔放蕩, は歌子, は死んだ, は消防団, は片手, は疲れた, は相, は突然, は美枝子, は老婆, は自分, は言った, は郊外, は隣席, は雑踏, もつづく, も承知, も生活, も自ら, より大, を悩ましける, を愛してる, を社交界, を見送っ, を訪ね, を誤らし, を責め, を載っけ, 敢えて為さん

▼ ことって~ (137, 0.0%)

10 あるもん 7 あるもの 5 どんなこと, 何です 3 ありませんわ, あるかしら, のは 2 あって, いうと, いったって, それは, なかった, 何, 何な

1 [87件] あたしが, あたしは, あの菊子さん, ありますか, ありませんよ, ありませんわねえ, ありゃあしない, ありゃしない, ある, あるか, あるかしらん, あるだろうか, あるだろか, あるの, ある訳, いつ思い出すの, えもの, えわけ, おそらく外, おっしゃって, おまえすべてだ, おれがか, おれにかい, お前の, お話に, ことは, ございませんでしょう, ごぜえ, そうざら, ただの, たったあれ, ったら, できないもの, どういうこと, どんなことだい, どんな事, ないじゃ, ないのよ, ないよ, ないん, なさそう, なに, なにも, なによ, なんだい, なんだろう, のはな, はじめてなん, ばかばかし, べつにない, まるで裏長屋, みんなこうした, めったに話せる, もう何ん, ものは, よく知らない, 一人に, 一体どんな, 一体何, 一生に, 世の中に, 云えば, 今まで, 今までに, 他に, 何が, 何だい, 何だえ, 何でしょう, 何にも, 何よ, 何一つない, 何一つも, 兄貴の, 千草という, 告白し, 困ると, 曾て, 望めやしませんぜ, 残してないし, 湖西に, 湖西へ, 無いん, 知らないわ, 聞いたこと, 言葉だけ, 馬鹿な

▼ ことなぞ~ (133, 0.0%)

6 忘れて 3 すこしも, 一度も 2 おくびにも, 決して想像, 覚えて, 誰も

1 [113件] ありは, ありました, ありませんわ, ありゃしない, ありゃしない俺, ある, いまは, いろ, おぼつかないと, お竹, さう, それは, それほど珍, であった, であるが, でも, とうの, とても我慢, どうしても出来ん, どうだって, どうでも, ないよ, ないよう, ないん, ない証拠, なかなかに, なに一つご, ひとに, ひと言も, ぽつん, まかりまちがっても, まるで忘れ, まるで無視, もうどうだって, もとよりこれ, ゆめにも, よういたしませぬ, よく知らねえ, わからんケダモノ, わかりませんよと, わかるもの, わすれて, 一つも, 一応想起, 一生見, 一遍に, 上辺の, 云つて置かう, 云は, 今の, 何が, 何でも, 何とも思う, 信用は, 出来ようか, 到底出来よう, 取りあげて, 口に, 圭子に, 執り上げても, 夢にも有り得, 夢にも有り得よう, 夢にも知るまい, 夢の, 大反対, 彼にとっては, 心配しない, 忘れた顔, 念頭に, 思い出しつつ, 思ひ出して, 想像も, 手伝わせた, 持ち出して, 持出したこと, 日本の, 書いちゃ, 構っては, 構ふこ, 次ぎから, 殆ど氣に, 氣合を, 永い間, 深いこと, 無視した, 生きるが, 皆この, 省いて, 真に受け, 知らないもの, 知らない人々, 知るはず, 知るもの, 知る由, 絶對に, 考えても, 考えは, 考へた, 考へては, 考へても, 考へてや, 耳にも, 聞いて, 聞き伝えて, 自分で, 自分でも, 虫ケラ一匹ひねり潰す, 覚束なく, 言い出して, 言い出すもの, 訊けなかった, 長い月日, 駄目だ

▼ ことなり~ (133, 0.0%)

7 ませぬ 2 けむ, それも, と被, と言, と記し, 二人の, 月日は, 然る

1 [110件] いかにし, いずれ帰っ, お早, ければ, しより, すなわち主人, せば, その他疾病, と, という, といふ, といま, とおも, とかたまたま, とか一日客, とご, とさんざん, とし, とぞ是, とてあやまる, とて血, との説, ともどうぞ, とも羲之, とも苦, と三ヵ月, と強制, と思いし, と思へ, と惘れ, と早く, と是, と源左衞門并, と片岡堀部前原なんど, と空嘯い, と言われた, と語れり, と近隣, ながら痒き, のぶな, まして女子, まだ嫁入, やお疲れさま, 一應いと子さまの, 中, 云云, 今の, 今度は, 但し死體, 但し顔面, 何か, 何心なく, 俊雄は, 候心積也, 兼ねまする, 前に, 又平, 唯見れ, 問はば, 夜も, 大いに困っ, 女房深, 如何なる心, 定なき, 実行する, 家にても, 察する, 少も, 尤も先達て差, 強いて然ることせん, 弾正病気と, 彼れ, 彼自身には, 心理なりが, 憎らしきこと, 我れ, 我等の, 扨も, 日頃の, 早く歸, 早速下田, 昼飯貰いまでは, 暴正に, 此上病氣重り, 此時の, 殊に其家來, 氏も, 汝は, 漸く舟人, 然ら, 盗賊を, 直ちに重井, 確めて, 私し, 程過ぎ, 舜も, 芳之助は, 若い者, 若し後世, 詞かは, 譬へば町内, 象を, 車代といふも, 隣翁が, 難く流, 難波或は, 頃は, 馴れぬ貧苦, 鬼ご, 鶴ヶ岳の

▼ ことにより~ (132, 0.0%)

2 それを, 多くの, 彼が, 我々は, 自分の

1 [122件] あとは, ある意味, いかに国民全体, お得意, お迎えの, かつそれ, このたぐいまれ, この世よりの, この傾向, この危険, この躍進, この類, これとの, さらにその, しかし更になかんずく, しかも化学肥料, そこに, そしてこれら, そして後, そして書かれる, その全体, その属性, その植物, その穀物, それを通じて, それ自身の, たふとき, つねに各層, てこの, はじめて成立, ほかに, または何, または農業, みんなが, ようやく時刻ぎりぎり, より少数, イングランドの, 一人の, 一層筒井, 世界の, 主として利益, 事實の, 二つの, 互に共通性, 亜麻大麻羊毛綿糸鉄その他必要なる, 人格主義と, 人間學の, 他と共に, 他の, 他方に, 体外の, 個體的有機體と, 初めて具體的, 初めて歴史的, 到底幸福, 動物力の, 却つてそれの, 又その, 又幸, 古人の, 四分五裂する, 国内市場の, 土地の, 土壌の, 増加される, 増加し行く, 外国人の, 多く気を, 多分恢復, 奨励金は, 季節の, 実際には, 富んで, 寺田さんの, 己れ, 形が, 彼れ, 忘られる, 或は自ら, 或は論理, 戦闘能力の, 日本特有の, 日本語を, 早晩我々, 昂騰し, 明らかに, 春の海の, 最も根本的, 最も無私, 東北陲の, 権右衛門は, 歴史は, 毛織布を, 物理的な, 特徴が, 現在よりも, 生ずるもの, 生産物は, 由也めが, 病気を, 真価を, 知らず識ら, 磁石砲は, 私は, 科学は, 笛吹川画伯の, 筆を, 答案全体の, 糸くずを, 結局発表する, 統治を, 老公の, 自在に, 自己の, 英国農業に対し, 著しくその, 西洋人の, 記録の, 詩の, 輸出を, 農業階級と, 間接に

▼ こと~ (130, 0.0%)

6 である 3 なり 2 がそれ, が仔細, であった, に氣, は少し, 色々の

1 [109件] ありろくな, およそ這般, からどう, から反感, がある, がなん, が全く, が判っ, が判った, が判明, が当時日本, が彼, が新聞, が明記, が次, が決議, が甚だ, が知られる, が禍, が話題, が諸, こまかく一つ一つ日本, であ, であるが, であると, です, で此理, と關係, においてウォロンスキー, にし, については特別何ごと, については軽々しく, によって, に原因, に関聯, のこと, の像, の分かつた, の勇気, の数条, の条々, の概略, の権限, の殆, の箇条, の習慣, の記事, はこの, はすなわち, はすべて遠慮, はひとり, はまるで, はもちろん, は一層, は前, は創作方法, は恐らく, は或, は昔, は民藝館, は研究者たち, は第三者, は話せなかった, も目覚ましい, やまた, より田代, を, をその, をもこの, をも云い含められ, をも附け加え, をプレハーノフ, を一纏め, を合せ考える, を命ぜられた, を報じ, を思い合せ, を思い浮かべる, を思出, を想え, を慮った, を掲げ, を掻い摘ん, を數, を申し上げ, を白状, を知った, を知らせ, を示す, を考える, を解らせる, を訴, を話した, を話す, を語った, を説い, を説明, を述べた, を部分的, を順序, 力説し, 思い出すまま, 思出し, 曝露される, 漠然と考えはじめた, 疲れた頭, 約束し, 綿密な, 面白い研究

▼ こと自分~ (126, 0.0%)

4 のこと 3 の家 2 の力, の方, の考え, をし, を個性

1 [109件] かて分って, から出かけ, がその, がそれ, ができる, がなにか, がアメリカ, が兄, が先, が好き, が居ない, が探っ, が欺, が気化, が現にこう, が生きた, が神明, が立ち去る, が自分, が長く, だけのこと, だけの考え, ではただ, でもわからない, で義兄さん, で自分, で鍬, としては今, とは, にうつっ, にとっては臨終, にも愛情, にも許し, に反射, に関する限り, の一生, の一言, の不思議, の世界, の人生, の信じ, の前途, の名声, の周囲, の家族, の尊大, の工場, の心, の思想, の性, の悲しい, の手, の故郷, の文体, の日々, の最初, の母, の父, の生んだ, の病気, の着物, の精神, の繰り返した, の考え等, の胸, の芸術家, の行状, の身体, の長, はあまり, はお, はこれから, はその, はそれ, はたのしん, はどう, はふさ, はまだ, はジョージ三世陛下, は丈夫, は五年, は今, は和子, は平中, は我家, は所用, は棺, は益, は科学, は縁先, は若し, は苦労, は金持ち, は驚い, もいつ, もこの間, もしばしば, もどうにか, もどんなに, ももう, も嫌い, も彼, も後, も所労, も疑われる, も芳造, を愛してる, を追いぬく, 嬉しさ

▼ ことを以て~ (125, 0.0%)

6 した 3 能事終れり 2 したり, 招いたけれども, 見ても

1 [110件] あえて不思議, この上, この小論, この理, この蕪稿, しけれども, した程, しても, しるすなり, し二十五日, し八月上京, す, せし也, せずして, せば, せよ, その任務, その大部, その最初, その権利, その義務, それに, みても, みれば, よいこと, 一句の, 一種の, 主眼と, 主義に, 人々の, 人生の, 今も, 何か, 修行の, 偏に祖先, 光栄に, 其の方針, 其の能事, 其不平を, 其哲學の, 劉備は, 効果多い, 即ち不偏不党, 史学の, 名誉として, 名高い英国, 唯一の, 大得意, 如何に, 始まるこれ類似, 始めねば, 孔子が, 学問性が, 學問と, 家の, 山を, 己れ, 得意として, 徳川氏の, 恰も今日, 意と, 慰むること, 慰藉と, 政宗を, 日本を, 曖昧の, 最上の, 有名であります, 楠木党の, 武家の, 永く政治, 満足すべき, 満足する, 滿足せね, 物質生活を, 特権と, 犯罪構成条件の, 独り淋し, 甚く, 生計の, 畢生の, 目下における, 目標と, 直ちに健康, 相互の, 知られたところ, 知られて, 究極の, 窺うこと, 第一著, 策の, 粋道の, 精神と, 習として, 聞こえて, 能事了れり, 自ら任じ, 自分の, 自分も, 自分を, 自由詩の, 見ると, 見れば, 詩歌そのものの, 賢明の, 足れりと, 通人と, 遊部の, 邪道淫風から, 面目と

▼ ことこと~ (124, 0.0%)

6 と, と音 4 と叩く, やって 3 と戸

2 [13件] とそこ, とひそか, と云う, と何, と庖丁, と扉, と振った, と水, と鳴った, と鳴つた, 叩く, 歩いて, 鳴って

1 [75件] いうの, いわせて, おりた, かきまわして, からだ, ころころよく鳴頻ってる, させながら, さらに御, その漬物槽, という, という足音, という音, とおと, とおりはじめました, とノック, と下り, と中, と人, と先, と再び, と叩い, と叩いた, と叩かした, と叩き, と呟く, と塒, と寂し, と左右, と当, と後, と打ちはじめた, と揺れ, と敲い, と晩飯, と機関, と歩く, と狭い, と用, と登っ, と立ち去った, と簾戸, と置いた, と羽目, と行く, と足音, と鍋, と門, と靴, と鳴, と鳴き出す, と鳴し, のため, ひちゃ, やってる, やりだした, 云って, 働いて, 叩いたまた, 叩く音, 戻って, 揺れて, 歩いた, 歩きながら, 激しく鳴っ, 煮えて, 行くよりはと, 言わせて, 走る音, 踏み鳴らして, 踏んで, 這って, 震うよう, 鳴らしたり, 鳴らしつつ, 鳴らしながら

▼ ことだけで~ (124, 0.0%)

5 満足する 4 満足し 2 あつた, いっぱいだった, 他の, 充分だつた, 充分に, 平和な, 生きて, 私は, 簡単に

1 [97件] あの感じ, ありがたいこと, いうと, いッぱい, しよう, じゅうぶんうれしい, じゅうぶん罪, すっかり満足, すでに一種, すでに私, すべてを, その意味, その掃除, それに, たくさんである, どうやっ, なか, なしに, ひたすら圓朝, もう十分, もって, 一ぱいな, 一日を, 一杯じゃ, 上気せ, 上野山の, 不当に, 世の中は, 事足りたであろうか, 云いきれないでしょう, 人物は, 人間の, 仕事の, 何でも, 僕の, 充分な, 凡てを, 判断した, 十分に, 十分満足し, 君は, 増加し, 外に, 外らせれば, 好いの, 安心し, 尽きたの, 帳消しに, 幸福だ, 彼は, 心が, 慰めるほか, 手いっぱいで, 文明人は, 新婚の, 新聞は, 既に罪悪, 日が, 日を, 昌造が, 明けそして, 止まつて, 気が, 決して解決, 沢山だった, 沢山でございます, 泣くには, 活動してる, 満足した, 満足したい, 満足しよう, 満足できましょう, 満足を, 満足出来る, 滿足する, 特徴づけられた, 独立し, 王の, 生きること, 申し訳が, 目が, 着て, 私に, 精いっぱいに, 精一杯で, 純潔は, 結婚が, 結婚したら, 結構です, 胸が, 若い人達, 茶人は, 話などは, 誰しも, 足らないで, 非常に, 頭が

▼ ことという~ (122, 0.0%)

40 のは 13 ものは 4 のが, のである 3 ことが, ことに 2 ような

1 [53件] こととは, ことについても, ことは, ことへの, ことを, こと新しい, たら, つきぬ思い出, つきはなした見かた, ので, のであります, のでなく, はっきりした, ふうに, ほかは, ものはね, もんな, わけで, わけであっ, わけは, 三つの, 具体的な, 堅い約束, 好奇心と, 微かな, 悪いこと, 感じだ, 感じ云っ, 感銘の, 戒律が, 方が, 方向で, 条より, 歌が, 気も, 禁札が, 秩序ほどに, 程度を, 章を, 第一箇条, 筋道は, 範囲の, 約束であった, 自信が, 許しは, 課題を, 談話の, 足音が, 過小評価が, 音が, 音は, 風に, 風にだけ

▼ ことについての~ (122, 0.0%)

3 わたしの 2 反省は, 感想を, 疑いを, 私の, 話は

1 [109件] あなたの, いっさいの, おことづけ, おしゃべりである, お互, お話を, これ以上の, ほのめかしを, ように, よろこびと, チャンピオンが, 一反省, 不用意の, 中の, 二十枚近い, 人々の, 信念が, 僕自身の, 処理の, 利害得失に関しては, 動かされるこころもち, 十分な, 十分の自覚が, 印象である, 同僚たちの, 哀惜を, 唯簡単な, 喜びか, 大きな訓練, 大河との, 実感であった, 実証と, 小伝記, 差別と, 年月日についての, 弁明では, 彼の, 御心づかい, 御返辞, 悩みを, 悲しみの, 想像を, 意見で, 意見として, 愚痴らしい, 感じかたの, 感傷描写巧みに, 感想, 感想は, 戒心が, 手紙も, 才能という, 批評の, 承認を, 抗議に対し, 抗議は, 探求や, 政府の, 文句さえ, 書物を, 注意は, 漠然たる予感, 父さんからの, 物見高さ, 独得の, 独白, 率直な, 現実的な, 理解が, 理解も, 異議を, 疑問を, 発言が, 相談が, 相談役世話役説明役と, 真実が, 真面目な, 短いお, 研究は, 社会人の, 紛擾が, 素朴な, 考えかたそのものの, 考えは, 臆病だった, 自分の, 自己嫌悪, 自己批判も, 自己批判を, 芸術描写巧みに, 苦痛と, 見と, 見透しは, 言葉である, 言葉を, 討論だった, 話, 話を, 詳しい考証, 説明を, 調書を, 議論だ, 責任である, 責任は, 質問で, 軽薄なる, 速達ありがとう, 金銭の, 陳述

▼ ことにでも~ (122, 0.0%)

22 なれば 8 なると 5 なって 4 して 3 なったらそれ 2 すれば, その過程, なったら, なつたら, なるの

1 [70件] お逢いなされました, きっぱりと, こまっかくオパアル, したらちよ, しなけれや, しましょうッ, します, しようか, しようかと, すぐお, すぐおしよげなさるから, すぐそれ, すぐ涙ぐんだ, するか, するより, せんと, それに, ちょっぴり言及, なすったらどう, なすつたん, なったの, なったらあたしあなた, なったらかえって, なったらこれ, なったらどう, なったらどんなに, なったらわれわれ, なったら何, なったら実際, なったら細川忠興, なった暁, なっちゃ, なっての, なっては, ならなければ, ならば, なりそう, なりは, なりましたら私, なりますると, なりゃあしねえかと, なるだろうが, なるわけ, なる前兆, なろうか, ひと通り意見の, ぶつかれて, ピリ, 何かしら善い, 力を, 反対を, 取り掛かン, 堪え忍んで, 大げさな, 大聲たて, 屈託など, 平気に, 成らなけりゃ本当に, 成れば, 気の, 父の, 申し立てたらいくらか, 目の, 盲従する, 相談ずくで, 立ちいたれば, 賛成する, 進歩の, 顔を, 願つたら

▼ ことばかりが~ (120, 0.0%)

5 気に 4 思われて 3 頭に 2 思はれて, 書かれて, 目に, 考えられた, 考えられて

1 [98件] あった, あとから, ありやしませんわ, あるから, あるの, いつぱいであつた, いろいろと, うれしくて, おもしろい人, お思われ, この上, こんな時, ございますから, そういうこと, その本質, つき纏う, つづくだろう, つのって, ないやう, なつかしまれるの, 一生つづい, 上手に, 不安にも, 今の, 仕事で, 付きまとう, 似るもの, 信心では, 勉強だ, 双方の, 取り残されて, 口から, 口惜ま, 執拗に, 多い, 多かつ, 多くて, 多く含まれ, 多く思ひ出され, 学問である, 巧く, 引き継いで, 彼の, 彼女に, 待ち遠しい, 待って, 心に, 心の, 必ずしも幸福, 思いだされましてね, 思い出された, 思い当るよう, 思われた, 思われる夫人, 思われる薫, 性の, 恋しくて, 想い出される, 想われた, 抒情的じゃ, 折り重なり目立つて, 書いて, 望みしかし, 条件に, 案じられました, 武士でも, 気にな, 氣にな, 沢山あつ, 煩悶の, 玲子の, 理解の, 生活では, 痛切に, 眼に, 私の, 経験では, 絶えずぎりぎりと, 続いた, 続いたの, 続くので, 美挙の, 考へられた, 考へられて, 胸に, 胸の, 薫には, 行なわれて, 話の, 話材に, 起こって, 起った, 道具では, 重った, 重なり合つて, 頭へ, 頭全体を, 願われるの

▼ こととを~ (118, 0.0%)

4 しかしむしろ 3 結びつけて, 考えて 2 一緒に, 比較する, 混同する, 言って

1 [100件] あの薬, いまここに, きれぎれ, その物理的根柢, その物質的根柢, つけ加えた, てらし合わせ私, べつべつに, ぼんやりと, まったく計算, みな述べまするなら, よく知っ, よく説明, セッセと, 一しょくた, 一様な, 一緒の, 一見した, 仕事に, 付け足した, 何と, 何故とも, 併せて, 信じたの, 分けて, 別々に, 別に, 別物扱いに, 前者は, 半ばづゝに, 単に歴史, 又話した, 取交ぜて, 合せて, 合せ考へて, 合わせて, 同一視し, 同時に感じ, 図面を, 外崎さんに, 夫に, 失ったら何, 妙に, 子供の, 学んだ, 峻別した, 差し引きする, 幸子は, 強調した, 忘れては, 思いあわせ私, 思いつづけた, 指し示すもの, 指摘し, 挙げた, 断った, 明かに, 殆ん, 比較されます, 求めます, 決めれば, 注意し, 混同し, 混同しない, 照し合わせ, 物語った, 理解する, 申告しやしない, 痛感する, 知った, 知らせたの, 知らせて, 知りたいだけ, 知る, 知る人, 確かめること, 禁じられて, 私たちに, 笑って, 細かに, 結び合せて, 統一する, 考えると, 考えれば, 考へて, 聞かねば, 要求される, 見きわめての, 見せて, 見て取ること, 許可された, 訴えて, 話した, 話しました, 語りだした, 説明する, 調べて, 除いても, 除外する, 順序立て

▼ ことまでは~ (118, 0.0%)

2 わかるもの, 知って, 知らないの, 知らないよ, 考えて, 考えませんでしたの, 考へ

1 [104件] あなたに, いい出したくねえや, うすうす分っ, おぼえて, お気の, お言い, これによって, これまでも, こんに, さすがに, して, しなかったろう, しなかったろうと, しませんよ, その時, できないで, できるかと, とうてい証明, とても, どうしても, なくても, ほとんど観察, まず疑い, まだ考え尽くさなかった, もうお, もう記憶, よくわかっ, わかったが, わかつたと, わかつて, われら風情には, ハッキリし, 云は, 伝えられなかったが, 信じきれないん, 俺も, 出来なかったろう, 分かって, 分った, 分ったが, 分って, 分つた, 判って, 判明し, 制止し, 却, 地下家伝によ, 察しが, 崔禹も, 思いが, 思いだしたり, 思い出せるが, 思い遣れない, 思ひ及んで, 想像も, 手が, 承知し, 明確で, 暗示され, 朝日や, 極つた, 気がつかないよう, 気づかなかったの, 気付かぬらしいが, 氣が, 決して実行, 決して申し上げないでしょう, 流石に, 理解出来るであろう, 白状した, 皆様も, 知つて居ます, 知つて居る, 知らないが, 知らないさ, 知らなかった, 知らなかったでしょう, 知らなかったの, 知りません, 知り得なかったが, 知るまいと, 確かに, 確認し, 米友の, 義雄も, 考えない, 考え付きましたが, 考え及ばなかったの, 考え及んで, 考へて, 見さだめる余裕, 見分けるべくも, 覚えて, 親分の, 解らなくても, 訊きとれないが, 記憶に, 記述が, 詮索が, 話さず, 誰も, 通弁にも, 頼んだ覚え, 顧みて

▼ こと自身~ (117, 0.0%)

3 が, がすでに, が何

2 [11件] がその, が問題, が大, が既に, が良い, に於, に興味, の内, の可能性, は事実, を決定

1 [86件] があらかじめ, がお, がここ, がこの, がそれほど, がだから, がもう, がもう既に, が一つ, が一種, が不可能, が事実, が云わ, が人生, が信仰, が判っ, が却って, が只, が哲学, が唯物史観, が嘘, が国防, が大気汚染, が婦人, が少く, が形而上学的, が彼等, が愉しく, が把握, が抑, が新税, が最も, が歴史的過程, が沈滞, が法主, が独立, が現在, が生活, が社会的論理, が自分自身, が読者, が電子, すでに自然主義, つまりそういう, にある, にいや, においてすらいつ, において卑怯, にても不思議, にはさして, には問題, には意味, には私, には誰, にも腹, によって却って, によって却って正に, によって対象, に反対, に外, に彼, に芸術的, のうち, の中, の力量, の外, の概念, は何, は何物, は僕, は別に, は問題, は善い, は大いに, は少し, は決して, は疑う, は科学, も珍しい, をもっと, を内容, を見る, 例へば生産活動, 即ち住宅, 即ち私, 誤った右翼的危険

▼ ことをば~ (115, 0.0%)

4 私は

2 [11件] いかなるもの, まさにこの, もしまだ私, 大工の, 容易に, 必然的に, 我々を, 或る, 流石に, 私が, 逍遙子みづか

1 [89件] お互に, かねて人, かまえて, きんか頭と, これら諸国の, さすがに, しきりに願ひつ, しばらく他, せずに, その最も, その積極的, とりわけ後に, とりわけ後にな, どういふ, まう一度, まだ忘れ侍らず, わが淑女, われ非, イサーラも, イデアとして, シュトゥンプフと共に, ブルートと, リカルドが, 一言も, 中丸昌庵が, 今や趣味識, 今一とせ許させ, 今夜に, 今年も, 今後の, 今生の, 何れをも, 何故だ, 何様し, 信ずる, 先ずこの, 古い本, 呉, 唯別説として, 喜ばざるべし, 嘗て論じおきつ, 大変いけない, 太郎坊次郎坊と, 好まなかったので, 妨げる, 始めてつく, 嫌ひ, 嫌わず物, 定かに, 寧ろその, 後の, 御一分の意地, 必ずしも日本人, 忘れざりき, 怠るな, 恐れない, 恥ぢない, 悪魔の, 憚ります, 我々も, 我に, 敢て, 明白に, 昔は, 昨夜上高地で, 是と, 望まなかった, 期せなかつたらしい, 某も, 無理想, 理論的にも, 疑は, 積誠を, 約したる, 純粋な, 考えませんでした, 考へて, 自らの, 至って手軽, 虚偽以外の, 見せぬやう, 見て, 見逃すこと, 言ひ出し, 許さざりしならむと存じ候, 認める, 豆を, 避けた表現法, 非科学者

▼ こと即ち~ (114, 0.0%)

3 是なり 2 その意味, それが, 希望が, 自己の

1 [103件] いつも眼, いま少し, この先験的予想, この現象, すべての, そこに, それぞれの, それを, アダムの, ウガチという, クリチシズム・ヲブ・ライフに, メスメリズムの, 一全, 一流の, 世の, 事実を, 人より, 今の, 低俗猥雑煽情的という, 何処から, 何等かの, 何等の, 俗な, 内在的に, 判断が, 前の, 前者は, 創造も, 劉向, 原理とも, 參政が, 反省の, 哲学を, 哲學を, 商業的価値が, 單獨性を, 国民としての, 地獄に, 多くの, 大変神秘的な, 大雨又は, 太子の, 如何に, 客の, 対象と, 対象の, 射物, 山を, 己自身を, 帝國の, 弓箭と, 形を, 忠君今一つは, 愛國である, 感じると, 感覚乃至, 或宗教上, 戦闘隊形が, 抑圧を, 支那分割の, 数概念を, 新嘗, 日月交接の, 日本文化を, 曲率が, 歌舞伎劇又は, 油絵具の, 治水の, 注意を, 無から存在, 無軌道の, 燒物を, 現実的な, 生きること, 生活に, 白い絹, 眞に, 真に純粋, 真理が, 真理である, 知識と, 確率に, 神谷の, 科学を, 空間の, 空間曲率が, 純粋直観である, 結果を, 自分自身に, 自己を, 自然を, 色別を, 表現作用的に, 裁判所は, 言葉を, 詩の, 諦観する, 質の, 軍陣の, 開墾事業で, 關係の, 革命運動の, 魚釣を

▼ ことにて~ (113, 0.0%)

2 人の, 人を, 何年何月何日に, 珍らしから

1 [105件] あまりむつかしき, ありき, ありしが, いかなる境界, いずれを, いって, この時, この権, これまた, これを, ございますによって, ご他界, しゃれにもならぬつまらぬ歌, すなわち学校, その年, その数幾千万, その父やう, その生徒, た, ないし年老い, なんの, ましてあなた様, むなしく成る, わが力, われわれに, 一々蕨縄, 一口に, 一番善い, 不思議に, 今人も, 今朝などは, 他の, 仮面道化を, 仲間も, 何れも, 余の, 俗の, 候, 候えば, 候はずや, 候や, 候ゆえわたしは, 兄弟の, 先夫迄は, 全身には, 公事では, 其途中には, 冬季休業の, 別段斬新, 半日くらしけり, 単に情夫, 双方よかれ, 台石は, 各藩, 国民は, 夕方までも, 大方の, 天保十四年生まれの, 天津日嗣と, 奥州の, 女房の, 如何なる物, 実に目, 実は前述, 少し失望, 度々論じ, 弟を, 御喫驚, 御知り, 御返事の, 恐れ多くも, 慣れたること, 我危ぶみゐ, 所謂神來即是なり, 拍子よく, 文学的には, 早速お, 明後日は, 明治時代に, 木の葉は, 某の, 死去致し, 殊に母早世ゆゑ, 毫も怪しむ, 活平等相は, 熊野は, 生も, 生国も, 真に人, 知れ申候, 私おして, 私し, 策略をも, 聊か不安, 荷兮野水等に, 蝋の, 被告は, 要害に, 赴く, 足る筈, 身密とは, 近時金七万両を, 金剛山の, 開港の, 黒田家の

▼ こと~ (112, 0.0%)

774 れと 2 れです, れわれ, れ吾人

1 [25件] からん, くんば, し, し故に, と云ども流石女氣, に若, に若なし, れた, れですか, れという, れとて, れトロイア, れ今平穩, れ今年, れ優しき, れ凌ぐを, れ安静, れ巴, れ彼, れ心惱むも休ら, れ持, れ未だ, れ此儀, れ汝, を欲

▼ ことだけに~ (111, 0.0%)

3 夢中に, 心を 2 妙を, 於て, 気を, 注意し, 熱中し, 答えて

1 [93件] あった, あるの, あるん, いささか心丈夫, いらだたしい気持ち, お答えなさい, このわくわく, これは, した, しては, しよう, すがりついて, その興味, ついつりこまれ, ついて, つながって, できない者, とらわれて, なった, なって, なつて, なる, なるの, デニー老, 一層不安, 一心に, 二年有余の, 互に奇遇, 人々に, 今一歩を, 今日明日の, 仰山に, 兄の, 全神経, 別にいや, 別に拘泥, 口を, 安んずること, 実在を, 専心し, 専門に, 小さな私達, 就いて, 就いては, 帰着する, 幸され, 役立ったとも, 役立つもの, 彼は, 必死の, 情熱を, 意力を, 意義を, 懸って, 或る, 止まらない, 止まる文学, 止めましょう, 正造には, 気が, 気がついても, 没頭したら, 満足し, 漸くな, 狐に, 生きて, 生きるよう, 産れ, 疲勞困憊し, 相違ない, 矢代の, 答えること, 答えれば, 簡単に, 紀ノ, 純潔が, 見解を, 視野を, 評価は, 話の, 諸将, 追われて, 過ぎないが, 過ぎないの, 重兵衛, 限って, 限らずどんな, 限らず時局そのもの, 限られて, 限りましょう, 集中し, 驚く, 骨を

▼ ことなんぞ~ (109, 0.0%)

3 ありは, 考えて 2 ありませんよ, どうでも, ないん, 一度だって, 云ひ出せ, 忘れて, 気に

1 [89件] あった馴染, ありゃしない, ありゃしないと, ありゃしないん, あるわけ, いかな, おくびにも, おれ達みたいな, お父さんは, お言, きいて, ききやしないん, ざらに, して, すっかり忘れ, ちっともなえじ, ちょっと思い出せない, ぢや, とおりゃしねえ金, とんとおま, ないだろう, ないわ, なさるはず, なんにもできません, みちゃ, めったにあれ, もう二度と苦情, もう何とも思っ, もう考え, もう興味, わかる筈, 一言だって, 一遍も, 云いだすん, 云い出せも, 云ひ, 云ふんぢやあない, 何とも思っ, 何にも, 何を, 何んにも, 先ず無い, 出來, 出来るもの, 分るはずあれ, 可笑しくも, 外聞惡りい, 少しも, 微塵も, 心配し, 忘れてるらしいわ, 忘れるん, 思いも, 思っては, 思ひ出せません, 悉しくいつ, 悉しく謂っ, 放っといて, 構っては, 構はん, 気取られようもの, 決してない, 無いので, 爪の, 疾う, 直き, 知らねえと, 神様に, 私は, 素人に, 絶対に, 考えちゃ, 考えては, 考えないで, 考えも, 考へたこと, 聞きゃしないよ, 聞くだけでも, 聴いちゃ, 聴こうと, 言ってるん, 訊くな, 話して, 謂われたもの, 起ったタメシ, 跡形も, 身にも, 遠慮し, 馬の

▼ ことによつ~ (109, 0.0%)

14 て初めて 10 てはじめて 9 て始め, て私 7 て彼 5 てそれ 3 て一層, て我々, て更に 2 てそれら, てそれ自身, て又, て彼等, て得た, て最も

1 [34件] てかかる, てこれ, てすでに, てそれ自身ひとつ, てともかく, てはじめ, てまさに, てまた, てわれわれ, て何, て何とも, て例へば, て僕, て僕等, て切り離された, て即ち, て囘想, て実は, て実際, て彼自身アノニム, て恰も, て愈, て我々自身, て最もよく, て果たされる, て極めてよく, て活かす, て漸く, て突然, て見出された, て起された, て辛うじて, て辛くも, て齎される

▼ こと~ (109, 0.0%)

8 つたつて 6 つちや 5 ふの 4 ふまでも 3 はない, はねえ 2 えるもん, ひましたかいな, ふ, ふてしまうて, ふても, ふなよ, ふもんや, ふ奴, ふ迄も, へしまへん

1 [60件] あねえで, えるかいな, つたつ位, つたよ, つたら可笑しい, つたら返事, つてるから, つてると, に相違, は, はせた, はなかっ, はなく, はねえで, はれちや, はれると, ひお, ひたる事, ひないな, ひながら, ひませんでしたか, ひやがるし, ひ出したの, ひ出すもんぢ, ひ合, ふけどさ, ふこと, ふぜ, ふだね, ふて見る心, ふと, ふとお, ふともううち, ふと聽かん, ふな, ふない, ふのよ, ふばかり, ふばかりも, ふみたいだけど, ふもんだ, ふもんぢ, ふもんでねえけに, ふもンぢ, ふやつ, ふわねえぢ, ふ君, ふ必要, へこれ, へば貫ちやん, へやがん, やあがった, やあがったら, やあんた, やせん, やア, や君, や寮, よれバチ, を須

▼ こと~ (109, 0.0%)

18 二に 10 三に, 二は 9 二には 8 三は 5 三には 3 四に, 四は 2 一の, 五に, 五は

1 [37件] 一, 一そんな, 一である, 一に, 一回より, 一文学なんかを, 一次的には, 一第, 一衣服は, 七は, 七明石防備の, 三ファッショ化過程の, 三並木のや, 三卷には, 三日小黒部を, 三条火薬その, 三臣下の, 三自分の, 九は, 九回いまぞ, 九百七十条その, 二, 二の, 二卷には, 二學者の, 二幕府の, 二式の, 二文字が, 二次大戦で, 二点は, 二繃帯を, 五条水火夫小使等無礼ある, 八は, 八日御前岳へ, 六は, 十は, 四条乗客手廻り荷物は

▼ ことにまで~ (108, 0.0%)

6 なって 4 到達した, 干渉する, 気を 3 ふれて, 及んだ, 及んで 2 なった, なつた, 口を, 必然的に, 烈しく波立つ, 進んで

1 [69件] あるべき道理, いちいち殿様, お調子, お金に, ぐんぐん出, こうして緻密, これほど, しらずしらず気, すげないこと, なりつつ, なること, なるの, のびて, アイデアリズムを, アメリカ人一流の, タッチする, プログラムが, 一々世話, 事が, 仕事が, 働いて, 先生たちの, 到つて, 及ぶと, 及ぶ思いやり, 口走つて, 失敗する, 干渉し, 干渉を, 引つ張り出すの, 拡がって, 最新の, 歩を, 気が, 気がねを, 気の, 源内談義が, 現われるという, 発展し, 相談が, 私は, 移行させ, 立ち入って, 立入って, 立入る権利, 笑ひ, 細かく気, 翻訳し, 考え込んで, 考へが, 耳を, 興味が, 行く場合, 触れるの, 觸れ, 言い及んで, 言及せず, 説き及ぼして, 軟化しきっ, 辿りつけるかも, 近づき得たもの, 進まなければ, 運ばせたが, 運びが, 運びました, 遺憾なく, 金と, 頼まれなければ, 首を

▼ こと~ (107, 0.0%)

11 たはず 7 ねえ 3 つて, 有りやしない 2 たわざ, だかも, ない, 不可ねえ

1 [75件] あたしかに, あっしの, ありは, ありゃしない冗談, あるめ, あるもん, いえません, いくら何ん, いわねえよう, おいら根に, おら大, きれいさつ, そいで, たくし, たくしなんだか, たくしには, たくしは, たはじ, つてよ, つて後まもなく, できねえ, できは, ともかく税金, と言う, どうだ, どうだって, ないぞ, ないだろう, ないでしょう, ないよ, なかろう, なにも, ならねえから, ならねえが, ねい, ねえちっと, ねえて, ねえの, ねえやな, ねえん, ねえ筈, ひての, またたび, まるで縫い目, やって, よい, わかるもん, トコトンまでやらね, 一人手に, 一度あっ, 亭主の, 今始まった, 何んで, 儂は, 出来ない, 出来ら, 口に, 命にかけて, 定かね, 寒中でも, 心得てら, 忘れて, 念が, 未来永劫あり, 本当な, 無えや, 知らねえの, 細け, 考えても, 考えてる隙, 考えねえで女, 考へてる隙, 蔡大臣直々の, 言や, 隠せねえ

▼ ことすらも~ (105, 0.0%)

5 忘れて 2 ない, 出来ないの, 父の, 知りませんでした

1 [92件] あった, あったの, あるの, いやがった, うちあけませんでした, おこがましいが, この境地, して, ぜんぜん知らなかった, ちょっと躊躇われた, ちょッと, できずに, できない, できないだろう, できないの, できなかった, できなかつた, できなくなりその, できなくなろうと, できぬの, どこへ, ないから, ないで, ないという, ないといふ, ない幽気, なかった, なかつた, なし得ない, なんとかし, なんら判断, やはり空想, わかったごとく権右衛門夫婦, わからない無風流人, イサギヨシと, ウソである, 一般には, 人々は, 今君に, 例が, 全然知らず, 出來, 出来ない, 出来ないという, 出来ませんでした, 出来るであらう, 刀屋で, 分らない時, 厭わしく思う, 口に, 告げなかった, 困難である, 夏川左近を, 多くは, 大伴家の, 尋ねようとは, 尚一般的, 平氣, 彼が, 忘れ閉め切った部屋, 恐ろしくばかり, 恥辱なりとして, 惜しくて, 意識しなかった, 断言しうるであろう, 断言し得るであろう, 気に, 気の, 洩らしがたい, 清逸の, 無くな, 無自覚な, 甚だ不十分, 異様である, 知らずに, 知らないけれども, 知らないの, 知らなかった, 知らなかったほどの, 禁じられて, 稀れ, 習慣が, 考えて, 考えては, 耻辱なりとして, 自然で, 自由で, 見当が, 記載が, 貴女に, 邪魔を, 野々宮に

▼ ことなぞを~ (104, 0.0%)

9 話した 3 言出した 2 して, よく思い出す, 忘れて, 思い出した, 父に, 考えた, 考えて, 考へて, 胸に, 語り聞かせた

1 [72件] いつもよく話し, いろいろと, この先輩, そこへ, とりとめも, なさらなくもい, ぼつぼつ話し, めずらしく言, ゆるゆる話し, ラジオで, 云つてや, 以前の, 何くれと, 何も, 勝重らの, 半蔵に, 取り合って, 命ぜられた, 娘に, 尋ねた, 岸本に, 弟に, 心配し, 思いながら, 思い出して, 思い出し顔, 思うよう, 思わせた, 思出し, 思出した, 悪しざまに, 想像し, 意に, 書いて, 枕の, 楯として, 概念に, 病院から, 白状し, 皆に, 知った, 知つてゐる, 知らず違った世界, 知らせに, 知る, 私に, 穿くりたいと, 簡単に, 考えると, 考える度, 考へ, 耳に, 聞いた, 聞きたいと, 聞きやしません, 覚えさせその, 覚えて, 言い出した, 言った, 言出す, 話したの, 話して, 話しました, 話す時, 話題に, 語った, 語って, 語り聞せた, 説き明かした, 途, 酷く心配, 静かに

▼ ことぐらい~ (102, 0.0%)

5 知って 3 なもの 2 して, わかって, 許して

1 [88件] いくらうぬぼれ, いやな, うれしいこと, おらだって, おれが, きかなくても, この家, この小四郎, すぐに, すぐわかる, そのとき, その筋, たかが知れ, だ, だな, だわ, ちゃんと分っ, ちゃんと心得, である, できるだろうと, できるつもり, できるはず, でした, です, ですよ, で乙女さま, で女房, で殆ど平常, で気, で決して, で現場, で腹, とうぜんわかっ, なにほどの, なもん, ならまだまだ, なら走りまわって, なんでも, はこ, もう知りすぎ, わからないと, わかりきって, わけなくやれてよ, わしの, 一と, 万々そちも, 仕様の, 僕だって, 僕にも, 分らんかなあ, 分りきって, 前から, 十分に, 困難な, 孤児は, 容易である, 察しは, 察せられたでしょう, 平気だ, 平気に, 平氣, 強いもの, 彼が, 彼らも, 心得て, 心得てるね, 悪いこと, 悲しむべきこと, 感づいて, 新吉にとって, 最初から, 武家にだって, 気が, 気づかないで, 生きる上, 知っとらい, 知らないで, 知らないと, 知らないわけ, 私だって, 聞き取れるだけ, 自分で, 蠅が, 訳なし, 読めないで, 誰だって, 誰にでも, 辛抱し

▼ こと自体~ (102, 0.0%)

4 がすでに, がモラル 2 がまるで, がもう, が一つ, が悲し, に一種, に対して感激, に意味, の悲し

1 [78件] あまりひと, いたわり方自体, がいかがわしい, がいくら, がいや, がこの, がその, がたのしい, がまさに, がませた, がわたくし, がカイビャク以来, が一, が一般, が不快, が不自然, が中毒症状, が二人, が何, が先生, が全く, が力量, が名人, が国辱的, が夢幻, が忌々しく, が探偵的, が救, が救い, が既に, が既に幾分, が日本精神, が業縁, が横綱たる, が武力, が淋しく悲しい, が無意味, が無謀, が犯罪, が罪, が西の京, が遊び, が違法, が間達つて, が面白い, が馬鹿げた, すでにおかしい, たとえ母, だから, ですでに, でなにか, としてけっして, としての問題, に二重, に就い, に逆ら, のうち, の中, の善し悪し, の困難, の自覚, はそれほど, はむしろ, は不幸, は別に, は吸った, は問題, は文学, は私, は馬鹿, もショック, も十八世紀, も同然, も映画, をも軽蔑, を恥しく, を現代文化, 導き出すもの

▼ こととの~ (101, 0.0%)

19 間に 17 間には 4 区別が, 区別を 2 ために, ちがいを, よしなれ, 二つに, 二つの, 聯關に, 間の

1 [43件] いきさつが, この対立, こまかな, たたかいの, なかに, まだら, 不穏当な, 両極端の, 二つだけに, 二つである, 二である, 二事なり, 他の, 分別が, 判別を, 区別である, 区別は, 外には, 完全な, 実証が, 対比が, 対比で, 差は, 意義が, 概念である, 混同愛される, 眞なる, 矛盾的自己同一を, 矛盾的自己同一的体系が, 結びつきを, 結合した, 融合は, 見境が, 計算すらも, 調和を, 起源に, 退屈な, 連絡で, 遠さ, 関係で, 関係であった, 関係に, 関連で

▼ ことなぞは~ (101, 0.0%)

6 忘れて 5 どうでも, 少しも 2 彼女とて, 滅多に, 頭から

1 [79件] あと廻しに, いかがな, いっさい秘密に, おそらく現代物, けっしてない, ことごとく慶喜, ことにその, して, すっかり忘れ, それで, とても危険, どうとも, どうやらわかる, どっちでも, ないと, なおなおもってのほか, なかった, まるでうかん, めったに無い, もう忘れ, わからない, わかりきった用, わかろうはず, オクビに, サッパリし, ミジンも, 一切発表されませんでした, 一向に知っ, 一度も, 一目瞭然たる, 事新しく言う, 他では, 何が, 何とも思っ, 何にも, 何らの, 余りに平和, 先ずございますまい, 冷笑にも, 出來, 初めから, 前にも, 功者だ, 勿論云いません, 半蔵に, 半蔵自身で, 噫にも, 小問題, 平気な, 当人以外に, 当分御, 御心配, 微塵も, 心得て, 忘れ顔, 忘却し, 忘却の, 思いがけないこと, 思いだすこと, 思いも, 村の, 次第に忘れた, 気に, 気にかけて, 永久に, 無用だ, 相手に, 知らん顔を, 碌に, 私一向, 絶対に, 絶念めて, 考えずに, 考えない又, 考へたこと, 誰も, 諦めの, 遠慮しなく, 青梅あたりにも

▼ ことなんて~ (100, 0.0%)

3 一度も, 云や, 考へて 2 あるもの, ないわ, ないん, 気に, 絶対に

1 [81件] あたし一遍も, あたりまえの, ありあしない自分, ありうること, ありえないと, ありませんからさ, ありませんよ, ありゃあしない, ありや, ありやしない, ありやしないぢ, あるであろうか, あるもん, いったら, さっぱりわからん, しようとしてや, すこしも, そりゃなかっ, それも, そんなにある, そんなばか, たかが, ちつとも, つれない道づれ, でけへん, どうだって, どうでも, どが, どげん, ないから, ないな, ないのよ, なんでも, なんの, はかないもの, まだいちど, まるで知らんかった, みぢ, めったにない, もうどうでも, わけは, わたくしに, わたしたちは, 一回も, 一番やさしい, 云へ, 何う, 何んで, 出来そう, 出来ないん, 出来ません, 出来やしませんや, 出来よう筈, 出来るもの, 出来る筈, 分って, 別に自慢, 喋舌つてゐる, 夢にも思わなかった, 天から, 嫌ひと思ふ, 忘れるん, 思いも, 思ひ出す余裕, 恐れは, 断じて許さない, 日増に, 書かうと, 無いん, 照ちやんた, 知らないよ, 紹介した, 考えて, 考へれば, 見て, 解りも, 近頃思ひ出した, 道ちやんに, 金輪際で, 馬鹿な, 駄目だ

▼ ことに対する~ (98, 0.0%)

2 感謝の, 非難の

1 [94件] ある大胆さ, あわれみの, いい反応, この冷やか, この工学者, この限り, それ自身力強い, どうにもしよう, プロテストの, 一つの, 一同の, 一抹の, 一種の, 不快だった, 不満が, 不満な, 不満などが, 不満箇人の, 不純さ, 作者ヴェデキントの, 個条をば, 允男の, 先鞭の, 割り切れない気持, 反感か, 反感も, 反撥であります, 反省が, 反証にも, 各自独特の, 咒咀と, 問題の, 大自然, 夫とを, 好奇心に, 好意, 嫌悪の, 嫌悪は, 嬉しさ, 彼の, 彼女の, 心持は, 必要な, 怒りと, 怖ろ, 怖畏よりの, 恐れに, 恐怖に, 感じが, 感謝が, 態度を, 憎悪な, 憤りが, 憤懣とで, 憫笑や, 批評の, 抗議であった, 抗議は, 抵抗の, 支配力を, 歓喜が, 正しい評価, 沢山の, 淋しい怨恨, 深い憤り, 満足の, 焦燥とで, 理論を, 真に文化的, 礼は, 礼を, 社会主義の, 私どもの, 純粋な, 罰として, 羞恥と, 自分の, 自然の, 自覚的な, 興味であっ, 西洋人の, 要求の, 解釈によって, 証拠は, 謝罪の, 譴責の, 責めの, 趣味が, 通り一ぺんの, 釈明については, 鋭敏感は, 闘志の, 非難と, 鬱積と

▼ ことじゃあ~ (96, 0.0%)

13 ない 11 ないん 5 ねえん 3 ないか, ないが, ないさ, ないでしょうか 2 ございません, ないから, ねえさ, ねえので

1 [47件] ありますまいが, ありませんが, ありませんただ, あるめ, ございましたが, ございませんからな, ございません目明し, ないいわば, ないおろし, ないかね, ないこっち, ないしんそこ, ないそして, ないそれ, ないただ, ないだろう, ないでしょうな, ないと, ないの, ないもっとあっさり, ないよ, ないよう, ない世間, ない国史創, ない平気, なかった, なかったでしょう, なかったろうおれ, ねえから, ねえが, ねえぞ, ねえだろうな, ねえの, ねえやそそっかしい, まだ未練, まるで無, 仕様が, 僕清水を, 埓が, 妙に, 折角男, 済みませんぜ, 無いから, 舞台が, 落選と, 面白くねえ, 龍に

▼ こと~ (96, 0.0%)

4 も昔 3 の世 2 のうち, の鯰このしろ, まで云った

1 [83件] あっしも, いう間食, おも, からすぐ, から一時間, から他人, すぐに, すぐにでも, では彼一人, では御, では歌沢, では洲股城, では用, でもいつ捨てられ, でも何, でも分厚, となっ, においてなほ忘, に分る, に始まった, に止まず, に至る, のお母さん, のこと, の会社, の兒曹, の内, の問題, の妻, の彼, の時代, の水戸, の汝, の沢村宗十郎氏, の漢學, の生活, の生涯, の私, はお前, はその, はなし, はほとほと, はむかし, は已に, は済まない, は私自身, は自然, ほど急, またこの, まであの, までに何, までのは前置き, までの形, までの御, までの経歴, までわかった, まで云, まで考へ, まで言った, もあなた, もお, も人, も年, ゆくりなく, よりは構, より期し, わかりそう, 一足にて, 云ったこの, 出て, 分った, 善人の, 始まったこと, 始めて, 少し申上候, 尚此風, 我を, 暫く酔い, 書かれつ, 汝の, 考えて, 背を, 迄我慢

▼ こと言う~ (96, 0.0%)

6 なよ, のは 5 もんじゃ 4 な, もんの 3 んじゃ, んだ 2 て來, ない, のか, もんです, んです

1 [55件] かとむくれる, かも知れん, から直ぐ, が僕の, が農夫, けれど, けれど僕, ことには, ことの, ことみんな素晴らしい, こと一から, ちょります, てお, てくさる, てもええ, ても判らぬ, て居られへん, て径一丈あまり, て径一丈余, て悪, て来よるこたあらへん, て舌, とお母さん, ところの, と変, なあなん, なともがく, なんて, なッ, なボーイ, ね, の, のおかしい, のかい, のも, のよ, のよせよ, のわたしきまりが, のを, のん, の悪い, までもあるまい, までも無い, ものじゃ, もんじ, ように, わね, んだろう, んなら, ナイわれらの, ナイ吾等の, 人だ, 人不良よ, 可から, 迄も無し

▼ ことども~ (95, 0.0%)

4 を告げ 3 である, を 2 だ, をお, を考え, を自分, を選みた

1 [75件] あり自動車, いで, お耳, がうち, がきわめて, が彫り付けられる, が心, が想い出され, が明瞭, が浮き上っ, が異様, ご繁忙, さまざま問合せ来りぬ, すべて児戯の, だった, であった, であります, であろう, でおおわれ, でございます, です, ではない, で日, などいうべき, なり, なりと, なり是其方, に帰し, の思い, は一片, は同じ, は煙, は細大, みだりに書きしるし, みなこの, やいい, や私ども, よく胸, をささやき, をそれから, をつい, をはっきり, をわすれぬ, を付け加え, を喜び, を囘想, を夢, を實母, を廃れし, を忍びつ, を思い浮かべ, を打明ける, を書き連ね, を注意, を語り聞かせ, を辛い, を長々, を頼ん, を髣髴, 何分頼み, 侍りけれ, 口ぎたなく悪しざま, 噂は, 委しく申立後父銀五郎病死, 思えば, 思ひ偲ばる, 承り私, 次々に, 江戸表へ, 疲労飢餓疲弊した, 私は, 罵り廻るにぞ, 聞かせて, 責むるが, 責むるがごとくに問いぬ

▼ こと~ (95, 0.0%)

6 ひ換 5 つたつて, はない, ふの 3 ふまでも, をまたず 2 つちや, ははる, ひて, ふこと, ふもの, ふんだそんな, やしません, やはる

1 [52件] た, つたこと, つたわね, つて, つてるん, つてる場合ぢ, つでお, はいでも, はいでもう, はしち, はせたくない, はせて, はぬ, はね, はねば, はば今夜, はれ, はれね, ひしのみ, ひに, ひやがる, ひ出したぜ, ひ出しては, ひ出せば, ひ合, ふ, ふあやしく, ふけど, ふて, ふてはる, ふと, ふな, ふなよ, ふばかり, ふもんぢ, ふもんや, ふんだ, ふ奴ッちや, ふ子供, ふ方, ふ時, ふ様, ふ語, ふ迄も, へるのね, やあし, やがっ, やがる, をひるがえす, をまたざるなり, をまたない, を待たぬ

▼ ことのみを~ (94, 0.0%)

5 知って 4 考えて 2 もって, 勉めた, 思いつめた, 述べたが

1 [77件] あとで, いおうと, いつて, おそれ他方, お話しよう, しようと, ならべ立てようと, ひたすら考へ, 一途に, 中心の, 主張する, 云ひ, 人に, 今日から, 以つて充したい, 以つて滿足する, 傀儡子だ, 写生し, 務めと, 勧むるにあらず, 夢に, 専らと, 強ひ続ける, 強制され, 心にかけて, 心得他, 志しこれ, 快しと, 念頭において, 思いつづけて, 思い煩いて, 思い耽った, 思って, 思ひ假令藥違, 思ふ人, 恐れるよう, 意味しない, 指すもの, 旨と, 望んで, 案じて, 欲し, 欲する魂, 歌ひ, 正確に, 爲さない, 現実と, 用意し, 申し上げて, 目的と, 目的として, 眼中に, 知りて, 知ること, 祈って, 考えさせ絶望, 考えずに, 考えた, 考えた私たち, 考え未来, 考へこれ, 考へさせ絶望, 考へたの, 考へたり, 聞き慣れて, 行え, 見て, 言うの, 記述し, 許すから, 話したり, 語り合いつつ, 誤魔化しと, 説いた人々, 責むるを, 頼りにナ, 願った

▼ こと~ (92, 0.0%)

5 うでも 3 の役 2 かにつけ, でもない, と云っ, も

1 [76件] うか, うしても, うだか, うも, かいっ, かお話し, かがその, かが憑, かつくり出し, かなさる, かの助力, かの理由, かの縁, かの雑, かもぐもぐ, から何, か変, か変った, か立ち聞, か薬, か言ったでしょう, か話し, か貴女, か重い, か頬, か默想, がそれ, がなんだか, がはたして, が不足, が目的, が面白い, して, しても, しに, だって聞い, て乱暴, でもあッ, でもきく, でもする, でもとにかく, でもやんちゃ, でも構わず, でも自分, というすばらしい, とし, にもいわん, にもしらなかった, の余計, の歴史, の気, の評議, の難き, はあの, ぼ私, もあれへん, もおかまい, もしない, もしやしません, もせず, も好ん, も度胸, も彼, も思わぬ, も急ぐ, も持出さなかった, も知らず, も計画的, も食べさせない, よりもまずは, をあて, をかブツブツ, をか悔み候, をやっ, を描く, 分るッ

▼ ことする~ (90, 0.0%)

4 ことに, のん, んだ 3 ことが, ことを, の 2 ことは, のだろう, のは, もんぢや, わけじゃ

1 [59件] くらいなら, ことことごとく, ことまるで, ために, だけあっ, とくたびれる, とこれからずっと, ともう, と承知, と私一人, と罰, な, なと思っ, なよ, な是, にはまだ, にもほどがご, ねんさかい, のだ, のまるで, のよ, のよ地上建築, のわれわれだって, は, ばかり生意気, ほどに密, ほどの才, もなあ極, ものかと, ものかね, ものだ, ものぢや, ものです, ものない, ものよ, もんか, もんじ, もんじゃ, やなんてやっぱり, よりよしんば, わ, わけが, んじゃ, んです, 人ある, 人ね, 人は, 仕事じゃあねえ, 元氣, 半五郎, 奴が, 子じゃ, 弱いこと, 必要が, 必要ない, 男じ, 男じゃ, 罰は, 訳あれへん

▼ こと~ (89, 0.0%)

6 てい, ていた 5 ている 3 ちゃ 2 ちゃいけない, て, ていない, てくれ, て来, て来た

1 [57件] ちゃあ, ちゃいけ, ちゃいけません, ちゃいや, ちゃア, ちゃダメ, ちゃ困る, ちゃ大変, ちゃ速水さん, ちゃ駄目, てあげ, てあげる, ていい, ていたら, ていねえで, ていません, ていやし, ていれ, てええ, ておそるおそる, てお前, てきた, てくださいました, てくれし, てくれる, てくれ云えしまへ, てさがし, てしまいました, てしまいましたけん, てしまった, てしまったらしい, てしもたら, てたっ, てでもきっと, てのける, てみたかった, てもらお, てやしまい, てゆく, てゆこう, てゐ, て今日, て僕, て儲け, て分った, て呉れねえ, て悦ばせた, て悪い, て持っ, て死ん, て行っ, て試しなさっ, て話し, て貰っ, て集めた, やがるな, やべら

▼ ことなどに~ (89, 0.0%)

5 就いて 4 就いては 2 かまって, なんの, 心を, 氣が, 耳を, 関心を

1 [68件] あまり気, あります, うるさくかかわり合う, かかは, かかわり合って, かまけて, かまっては, かまわず伸子, からんで, くらべれば, こだ, しても, だんだん尊敬, つきての, つまらぬ誇り, つまらぬ誇を, てんからなれ, てんで耳, とんちゃくなく, なる, なると, はちよつと, ふれ反, もっとも気持, シンミリと, 不審が, 事寄せて, 何故も, 依っても, 係わって, 優れた手際, 全く氣, 却って後々不審, 及んだ, 向けられるとの, 容易ならぬ, 就て, 屈托し, 屈託し, 引かされたらこの, 従事せし, 心が, 思いを, 思ひを, 思慮は, 惑わされずに, 惜み, 憤慨し, 拘泥も, 是非を, 構って, 気づいて, 気づく者, 気を, 注意する, 注意を, 無関心, 真心を, 秀でて, 移った, 移つたが, 考え及びあいつ, 言葉を, 話を, 造詣が, 関わって, 関心は, 驚いて

▼ ことだつた~ (86, 0.0%)

124 よ, んだ, んです 2 か, か支那, が以前, ねところで, ので私

1 [52件] かその, かとても, かと思ふ, かのやう, かはつきり覺, かまるで, か何時, か後年何, か戯談紛れ, か海山, か知, か逆, が, があれ, がうち, がか, がその, がそれ, がの, がのべつ, がぼく, がま, がまち, がやにはに立ち, が事実, が出身, が多分, が彼, が果して, が植木屋, が海岸橋, が生れつき内氣, が私, が集中, が雪江, けね, けれどもそれ, しその, し十八日, ぜ, ので, のであの, のでかねてから, のでわれわれ, ので成, ので無論, ので面會日, やうな, わ, んでね, 為に, 筈である

▼ こと~ (85, 0.0%)

2 一つしか, 僕は, 私は

1 [79件] あたしの, あたしも, あのこと, ありがとう, あれなんか私, あれは, あれを, うーむなんて, え人, おお可愛い, お二人, お君さん, お毒味, くすりが, この二階, この前, こんな字, さう, しかし風, そうでしょう, そう思い, そして今, その場, その点, それに榮, それは, それ私が, た, つまり, でもお, でも字, でも私, どう思う, ねえお前さん, はじめて室, まあ鏡, みんなに, わたしは, シュピネルさん, 上を, 事実は, 今眠, 兄さん, 写真で, 前便で, 即ち日本, 去年経験いたしました, 坊や, 夜は, 学生さんに, 封建の, 年月を, 彼の, 思いかえすとき, 日本では, 普通の, 本当に, 本梅雨, 案外初子, 此の間も, 殆ど一日用の, 気持が, 沁, 田辺侯爵の, 男の, 破れ傘の, 硼酸を, 私が, 秋の, 種子板が, 継母も, 芸術の, 読むこと, 踊りましょう, 近代武器に, 達ちゃんから, 野心さえも, 青い鳥, 非常に

▼ ことばかりに~ (84, 0.0%)

10 気を 4 没頭し 3 かかって, 心を 2 かまけては, こだわって, 堪へよ, 骨を

1 [56件] あまり気, あらわれて, かかわって, こだ, こだわってる不親切, これ努めた, しろもの, そそがれて, では, とらわれて, なって, なれて, ひたすら心, ぶつかるので, 一所懸命で, 一所懸命に, 今もっ, 努力した, 囚はれ, 執着し, 堪えよ, 堪えよ最後, 夢中に, 専心し, 専念し, 工風を, 希望が, 心惹かれた, 思いやりが, 思われた, 想ひ, 憂身を, 憬れて, 拘泥し, 日夜アタマを, 気が, 汲々たる, 注意力を, 満ちて, 焦慮し, 熱中し, 熱心に, 生きようと, 私が, 終始し, 肩を, 興味を, 苦しんで, 話を, 費やして, 賢こく, 追はれ, 重気, 限らずかかる, 限らず本, 頭が

▼ ことにのみ~ (83, 0.0%)

4 全力を, 汲々として 3 力を, 心を, 没頭し 2 唯一の, 專心する, 気を, 注意する, 腐心し

1 [56件] あこがれて, あせると, その努力, その意地, ついて, つとめて, とどまる, なれて, 一生懸命に, 假令慰藉されない, 努めて, 努めるという, 向けられて, 向つて, 営々と, 執着し, 執着したがる, 多くの, 奪はれ, 妻の, 存する, 専一な, 専念し, 専用する, 專ら私の, 屈託し, 役立って, 役立つたこと, 御一笑, 心が, 忙しかった, 急で, 急である, 急でない, 急なる, 意味を, 愛を, 拘泥し, 止まらないで, 止まるべきでは, 汲々と, 沒頭し, 熱中する, 熱心である, 狂える, 生きて, 相手の, 腐心せず, 苦労し, 詞を, 身を, 重きを, 限つて考へる, 限らない, 集中させ, 馴れ切って

▼ こと~ (83, 0.0%)

4 に過ぎ, の行動 3 に侮られぬ, の噂, の知る 2 に貸しといた, のいやがる, のこと, の前, の如し, 見て

1 [54件] から聞いた, から話, が住ん, だと, という言葉, といったの, にさとらせぬ, にしられぬ, にでも聞かれたら, にどう, にはゆめ, には内証, にもまれ, に命令, に喋っ, に寄せる, に対面, に羨まし, に菩提, に衣食, に褒めそやされる, に話せる, に馴れたる, のわざ, の上, の常, の恋しい, の手, の気, の物, の目, の能, の能率, の自然, の見のがす, はこれ, はそれら, は自然, もいひ, も訪ねず, よりも多き, よりも甚深, をあっ, をいやがらせる, をよろこばせ, を呼ぶ, を好く, を待っ, を御馳走, を愛し, を殺した, を苦しめる, を裁く, 歩むらしき木履

▼ ことによってのみ~ (82, 0.0%)

2 である, できるの, 可能である, 彼は, 得らるる, 成立する, 真の

1 [68件] いやされるもの, かの, この世界, この種, そしてまたかくして実現, その倦怠, その対象, ただ無, なされ得るもの, はじめて崇高, ひたすら心, シナ日本における, 事実保たれ, 以上の, 位置を, 僕の, 効用を, 単に彼ら, 堪え得られる事実, 多少なりとも成長, 大衆である, 始めて, 存分に, 存在する, 実現される, 実現され得る, 尊い, 左右され得, 彼らが, 得られるという, 成り立ち得る, 我々は, 支那の, 救いを, 文壇は, 明かに, 昼間は, 有の, 果され得るという, 正しい文化, 歴史的運動の, 決定されね, 決定せられる, 満足させられ得る, 無理なし, 物質である, 獲得し得られる, 現実に, 現実的である, 理解される, 生じる固有, 生徒たちに, 生活生命が, 生長し, 男女の, 真に確信, 私に, 立証される, 緩和され得る, 行なわれるの, 表わし得た, 解し得られる, 論理的であり得る, 農村と, 達せられる, 達成され得る, 電車を, 高くそして

▼ こと及び~ (82, 0.0%)

8 これに 2 かかる性質, その他である, その他自然的な, それに

1 [66件] いわゆる立雛, この三異本, この度, これほど, これを, その他の, その作つた歌, その危険, その色ちがい, その遺骸, それが, どれほどの, ゴシップ的な, ゴーリキイ自身物心づく, スターリンが, スペイン人に対し, テキスト自身の, バベル高塔の, プロレタリア文学運動の, 一般に, 両性間の, 事件進行中の, 人々が, 今ある, 余にも, 其に, 其成分に, 其連嶺の, 初江が, 労銀の, 印刷局関係について, 印度の, 各大学, 同一場所, 問題を, 四年間に, 堀井渡米の, 外交の, 外面的な, 大仏殿前大, 婦人の, 小畑の, 局長さんが, 山形県に, 幇内の, 弟が, 当時は, 悪条件に, 政策である, 日本は, 晩唐の, 書籍を, 本書全, 此高揚は, 狭隘なる, 真の, 穀物の, 第二, 芸術作品に, 解放運動に, 貞ちゃんが, 過去の, 音律の, 風向きの, 風教上悪影響ある, 鯰が

▼ こと言っ~ (81, 0.0%)

63 てやがら 2 たって, ちゃ, ちゃあ, ていい, ていた, ている, てもいい, てらア, てわたくし

1 [54件] たってお, たってお前, たってわかりやしない, たって仕方, たって放しゃしない, たって欲, たって満員, たって爺, たって真実, たりし, たりした, たりしてる, ちゃいけない, ちゃいや, ちゃ厭, ちゃ可, てあかるく, てあたし, てあなた方, てい, ていばっ, てうまく, てお前さん, てくれた, てしまいます, てしまおう, てっ, てなげ出し, てなんと, てはいられません, てみたかった, ても真に, てやがる, てやらない, てやりたかった, てよ, てら, てゐた, てマント, て何, て可, て大変失礼, て威張っ, て朗, て村長, て来る, て枝折戸, て比島人, て洟, て皆, て目, て私, て置きたい, て脇坂様

▼ ことにつき~ (80, 0.0%)

3 私は 2 ここに, ものの, 余が, 執念を

1 [69件] ある書, いと熱心, お忙しき, かく熱, かつて世人, これ以上話を, その後の, それほど注意, たびたび現場, だんだんと, また他, よむ, よろしく御願, レオナルド, 一言せざる, 一言も, 不断の, 伸子は, 何か, 余は, 全然その, 前もって相談, 又娘, 又目, 取り調べたるうち, 問題が, 宮へは, 寄書者は, 左の, 当たった, 彼は, 後世の, 御意を, 或話, 政府の, 教えたの, 斡旋した, 是非とも, 書き出す, 書くのに, 木村正辞井上通泰の, 未決監の, 来すぐ, 林町へ, 森口の, 次から, 無礼なる, 父の, 男火性女また, 異つた意見, 當節土木局の, 疑い悩ん, 疑ひ惱, 直接駿介に, 真相を, 種々考える, 第一報, 翌日これを, 色々と, 色々話す, 言及し, 記事写真を, 話したけれども, 談ず, 諸君から, 述べたところ, 述べたれば, 野上さんに, 静かに

▼ ことへの~ (79, 0.0%)

4 感謝の 2 不安であらしめ, 怖れで, 悲しさ, 疑いが, 返事が, 驚きが

1 [63件] つながりの, 不承知が, 不服の, 不服を, 不満の, 仄かな, 信頼とを, 全く私, 反発から, 反省であった, 反省と, 反省の, 喜びにも, 天邪鬼の, 奇蹟的立ち後れ, 女らしい渇き, 嫉視は, 嫌悪に, 張りあ, 張りあいに, 従順さこそは, 復讐である, 忿懣だ, 怒りが, 悔い, 想像が, 愛が, 愛と, 感傷的な, 憤りで半生, 憤りも, 懺悔に, 抗議として, 推移を, 敵愾心と, 気おくれ, 気持で, 深い不安, 準備を, 熟慮は, 理解こそは, 理解なく, 畏服を, 皮肉な, 目ざめ以外に, 目鼻が, 羞恥こそ, 腹いせでも, 自問の, 自覚は, 自覚への, 自負心を, 苦悩である, 要求であった, 証明でも, 話である, 誇りであります, 謝意と, 變化だ, 追求が, 逼迫などと, 関心の, 驚愕した

▼ ことからも~ (78, 0.0%)

4 察せられる 3 考えられる 2 容易に, 察しられる, 興味が

1 [65件] ある小説, いいと, いろいろフエン, おこって, かかわって, くる, これは, それが, だいぶ氣, ひろ子は, またやつら, また自分, わかる, わかると, わかるの, わかるよう, わしには, クラムとの, リアリスティックに, 一つの, 一九〇五年後の, 不吉な, 佐藤君が, 來て, 凌ぎにくい, 判断される, 判断出来る, 刺戟され, 変動を, 多少來, 嫌われる, 察しが, 察せられるの, 想像されよう, 想像される, 想像されるであろう, 想像せられる, 想像出来る, 推察される, 推測出来る, 明らかである, 暗示する, 来て, 柴岡といふ, 残滓の, 生活が, 當時の, 病気が, 知られた, 知れる, 窺われるが, 考えねば, 考えられると, 自分の, 至極自然, 見られて, 見当の, 解るよう, 証明せられる, 諒解される, 證明せられる, 起った, 遠くなり, 金を, 非常に

▼ こと云う~ (78, 0.0%)

9 んじゃ 4 のは, までもない, もんじゃ 3 とい 2 な, ようだ, 必要は

1 [48件] けれどもまアまア, けれど嘘, ことする, ことの, ことは, じゃない, たかて, たんか, てあんた, ている, ております, てくれへん, てくれる, てしもうて, てみい, てもどこ, ても何, てやない, てんと置いとい, てオッカナがらすか, て一日, て来, て来た, て矢ツ, とあたし, とつた, と叱られる, と妙, と矢代, と雌, なよ, なよちい公, ばかりもなく, までも無い, ものを, もんでない, もんやない, やつは, やろか, わねえ, わねそん, を要せず, んだ, んです, んで信吉, 和鮒と, 貴方って, 迄もない

▼ ことすなわち~ (76, 0.0%)

2 それを, 確実な, 私が, 私は

1 [68件] あたかも精神, この媒質, その使用者, それが, それについて, たしかにその, どういう世界, ままごとと, わが我, コゼットに, 一切の, 一千二百万人に, 不完全で, 中間ならざる, 主客協力し, 今日の, 今日われらの, 休息を, 体系の, 信仰が, 働きそのもの, 僧侶型に, 十二因縁も, 同情である, 善でも, 地球の, 大略この, 字の, 当然な, 往生な, 昔の, 未知数に, 歌を, 歪みを, 歴史の, 死の, 無威無力, 物質とか, 現代人の, 現象が, 理性で, 生の, 真実を, 真実心を, 知能を, 社会家政学の, 神と共に, 神は, 神より, 神霊と, 祭壇の, 私かかる, 私の, 私を, 空棺が, 精神が, 糸口を, 結果が, 美の, 自分の, 芸術という, 身変りでは, 辛苦艱難に, 近代的芸術論も, 逍遙する, 道の, 風速が, 高く価し

▼ ことによる~ (76, 0.0%)

12 のである 7 ので 2 とその, ともうすでに, のかも, ものだろう, もので, 以外には

1 [45件] いらいらした, がもう, ことに城, とかれら, とかれブリグス, ときゃつも, とき印し, とこむらが, ところの, とそやつこそ, とどッ, とばあや, のだ, のであろう, のです, のでない, のは, ものから, ものであっ, ものであり, ものである, ものと, ものらしく, らしい, リアクションの, 乞食橋の, 二つの, 余裕や, 僅かな, 受難の, 幾何学的解, 影響である, 権威の, 物質の, 生活の, 真理表現の, 範疇の, 経済上の, 自分の, 自己の, 観念論, 説明は, 農業に対する, 連続であっ, 風邪それに

▼ こともう~ (76, 0.0%)

13 一つは 3 一つには 2 ひとつは, 止めなければ

1 [56件] あらましの, いいん, いい加減に, いわずと, おつ, お忘れ, こここそ, これこんなにまざまざ, これで, したくないのよ, しつこなしよ, しないって, じきわかります, じき噎っぽい, すすり泣きの, たくさんでは, はさのと, ひざまずいたり, ひと思ひ, やめましょうね, よしたー, わかって, わかってるわよ, トックの, 一つの, 一つ両者の, 一つ兄さんが, 一人の, 一日滞在を, 一歩進ん, 一遍よう考え, 世に, 両三年, 今いわん, 住み手, 午後の, 四十日に, 夏でありました, 夜の, 寢る, 御存知でしてよ, 忘れつちま, 日の, 晩秋と, 書きましたね, 止したい眠, 死んで, 気狂いに, 済んだこと, 確かな, 蜂が, 覚えてなんか, 追っつけ幕, 逃れるみち, 遠い時期, 麹町の

▼ ことでありまし~ (75, 0.0%)

7 てその 4 て私 3 てこれ 2 てもし, て今

1 [57件] て, ていったい, てかう, てこの, てしかた, てすべて, てそういう, てそれ, てそれなら, てそれ以後日本国民, てそんな, ては到底, てまた, てもおたがいに, てわたし, てキリスト紀元, てメシヤ, て一般, て上海中, て人民, て人間, て今度, て今日, て何と, て信友, て其の, て又, て名古屋, て実は, て家庭教育, て幹事長, て後世, て従って, て必ずしも, て我々, て所謂芳賀博士, て支那, て日本, て昔唐, て暮らし, て東北地方, て江戸入部以後, て河, て煤煙, て現存, て百姓, て皆, て私ども, て私共, て科学者以外, て篠原良平, て自分, て親, て親子, て農民以外, て青年, て黄金

▼ こととが~ (75, 0.0%)

3 一致し 2 一緒に

1 [70件] あった, あるでな, あるばかり, あるもの, ことし正月の, ごっちゃに, それだけで, ちょうど半々, どういう関係, なんといっ, ぼかされて, まるっ, まるであべこべ, まるでちがってる, もう実際に, ややこしくなっ, よくわかる, わかるはず, 丁度釣り合い, 不可分離的でなけれ, 云われて, 他の, 伴なっ, 何か, 僕にとっては, 全くさか, 全く矛盾, 全然目的, 判れば, 同じよう, 同じ意味, 同一で, 含まって, 変に, 大抵の, 完全に, 定法ど, 対照的に, 幼弱な, 引き離せない処, 彼を, 必要であろう, 感じられて, 是だけの, 暗合した, 有る, 此短文に, 残った, 混乱する, 混雑し, 相違し, 相重り合っ, 矛盾し, 矛盾的自己同一として, 矛盾的自己同一的である, 知られる, 禁物で, 私を, 結びつく理由, 統一され, 絶対の, 行はれる, 表面の, 記されて, 超自然, 近頃の, 違うよう, 錯雜し, 頭に, 頭の

▼ こと~ (75, 0.0%)

3 ひは 2 のもの, は, は私, は誰

1 [64件] あるかも, お利口, が楽しみ, この国民, さして問題, しか伝えられ, しか認められ, その時, だった, だろう, であらう, である, であろう, でしかなかっ, です, ではこんなに, ではし, で容易, で新しき, で暮し, で殆, で破談, で胸, で自分たち, どうだって, なん, に過ぎなかった, はこの, はちゃんと, はつんと, はわかつ, はわけ, はわたくし, は何, は何でも, は何ん, は俺, は出来, は分りきった, は却って, は奥さん, は屁, は己, は平気, は彼, は知っ, は知つて, は窓ガラス, は羊, は詩人, は造作, ひが, ひを, よく知っ, らしい, わかるよう, ゐで, ゐの, を知らん, 何であらう, 出来るぢ, 出来れば, 分つて, 知って

▼ ことなる~ (74, 0.0%)

3 がその, を 2 か, かな, がなにゆえ, 信仰と

1 [60件] かなとて肩, か併, が, があるいは, がこれ, がしかも, がそ, がそれ, がとにかく, が二, が人, が和歌山市外, が唯物的観察, が故に, が是, が更に, が横浜市内, が此, が水, が目堀, が知る, が肉眼, ぞや, に, にぞ此百兩, にと思い返し, に世間, に今, に何, に如何なる, に悪鬼来, に薄氷, に道春, のを, は理, もかく, もその, ものなれ, やその, ゆえ一命を, ゆえ右の, ゆゑ, ようにしか, をある, を以て北方, を何取り出, を知らん, を自訴, を見極め得べし, 下紐, 事なき男の, 事に, 可し, 心の, 心無, 木刀を, 生活を, 自我を, 詩を, 飛鳥川の

▼ ことらしい~ (74, 0.0%)

7 のです 4 のである 32 がこれ, な, の, のだ, のであった

1 [50件] から, からこの, からその, からという話, からどこ, がお, がその, がそれ, が云う, が信一, が健康, が君, が啼声, が宮古島, が是, が物, が私, が通詞ら, けれども, けれども私, けれど謎, し家族ぜんぶ, そう大病, ぞ, と, という, ということ, とは感づいた, と山口, と思いました, なははははは, のでございます, ので赤痢, ので銀子, のよ, もしそうだ, や, よ, ようです, わ, んだ, 七日おきぐらいに, 大将に, 彼は, 気が, 滑稽な, 理論上の, 田井中比売の, 証跡の, 電話な

▼ こと~ (74, 0.0%)

3 自分の 2 それよりは, 汝は

1 [67件] あかつきが, ある人間, いくら文, お父さんが, かきます, この人生, この旅行, しても, その人, その御, その承諾証書, それが, それの, どの非, もしこの, サモア人という, チャイコフスキーの, ピアノ屋さんの, 一方では, 事実人々が, 人の, 人間関係の, 仮令水音, 其を, 判断する, 勝見が, 半里, 同じ年, 唐土そのものも, 四五丁川と, 夫の, 女の, 子が, 学問性概念が, 安全保障理事会が, 密貿易を, 將來に, 工場の, 差入れについて, 年を, 引続い, 彼が, 彼の, 手前以外の, 敦忠が, 書くこと, 書くよう, 有り得べからざること, 楢夫などに, 歩かせちや濟まね, 死の, 洋風建物内にては, 漢書藝文志は, 生活に, 療養の, 箇人の, 結婚の, 聞いても, 聞くこと, 色々考えた, 西田系の, 規律ある, 護法の, 速水女史の, 遠からぬ, 高加索, 高嶺氏の

▼ ことであれ~ (73, 0.0%)

3 ばこれ, ばそれ 2 ば, ばこの, ばなかなか, ば私, ば隠す

1 [57件] これと, これ迷っ, ばある, ばお, ばかかる, ばかくかく, ばかならず, ばかれ, ばこそ世間, ばこれ以上残念, ばさき, ばそう, ばそこ, ばその, ばたとえば, ばぼく, ばまず, ばまだ, ばわたくし, ばわたし, ばマゴマゴ, ば一応, ば三遍, ば世, ば今, ば何, ば余, ば八重, ば別に, ば半時間, ば問題, ば安心, ば将軍家, ば廣, ば忠告, ば批評的, ば明治大正, ば是, ば母上, ば現在, ば直ちに, ば美文, ば考違, ば自分, ば致し方, ば親, ば豪勇無双, ば負傷, ば貴女, ば辞退, ば離縁, ば鳥熊, もしその, やこれ, 例令親の, 悪いこと, 明確な

▼ こと勿論~ (72, 0.0%)

22 である 6 であるが 4 だが 3 だ, では, なり 2 だった, です, なりそれ, なりと, なるも, の話

1 [19件] その説, であ, であった, であって, でありますが, であり異流同職, であるかく, である以上, であろうが, で二, で字引, で彼, で随, といはね, なるが, にし, ト書が, ノートに, 私の

▼ こと甚だ~ (72, 0.0%)

5 多し 4 易し 2 大なる, 少い, 易からず, 深い, 深刻に, 稀なり, 緊要なり, 遠からざる, 遠し

1 [45件] うといもの, おそい, 久しく萬葉詩人, 僅なりし, 具は, 冷薄だった, 力めたりと, 厚きチベット人, 困難だろう, 多い, 多く他界滞留説話, 多しと, 大である, 大なり, 少くなかつた, 巧い, 巨し, 心苦しゅうござりまするが, 忙は, 懇なり, 懸念なり, 早し, 旺んである, 明らかに, 明瞭なり, 易からざる, 深く日常生活, 激しいの, 短くて, 罕なり, 罕に, 著しきもの, 著しく国民, 薄く伊沢氏, 詳なり, 謹厳だ, 過大に, 遠い者, 遠からず, 遠からぬ, 遠くは, 遠しと, 遲か, 難し, 難しと

▼ ことどう~ (70, 0.0%)

13 だっていい 12 でもいい 2 でしょう, です, でも, でもよご, 思いますか, 致しまして

1 [33件] いふ罪でか, お思い, お考え, かしらと思っ, か無事, したもんだい, したらこの, したん, しようかしら, するの, だ, だってかま, だってかまわない, だつて, だどう, であろう, でした, でもい, でもええ, でもかまわない, でもよし, でも宜, でも宜しい, でも構, なったか, なったの, なって, なつたの, なるもの, やわたしようわけ, 斷念めても, 考えた, 育つ力

▼ こと~ (70, 0.0%)

8 との物音 7 と音 4 とも音 2 という音, との音, ともさせない, ともしない, とも物音

1 [41件] がまた, がわるい, だけがうたいました, と, といふ物音一つ, とだれ, となにか, との物音一つ, ともこの, ともしなかった, とも云わぬ, と一筋, と下駄, と叩かれた, と当, と拾っ, と東, と消える, と物音, と甲, と落ちました, と表, と軋りつづけた, と静か, と靴, と鼠, に目, ねもほそく, のうた, のこと, はうたう, はおなじ, はじっと, はワルツ, もずいぶんながらく, よ, よわたし, をお, をはこん, をゆびさしました, 拝観を

▼ こと云っ~ (70, 0.0%)

5 ている 3 てい, ていた 2 て, て居りました, て承知, て騙す

1 [51件] たってお家, たってもう, たって仕様, たって君, たって当人, たって駄目, ちゃあ厭, ちゃいけない, ちゃいない, ちゃダメ, ちゃ何, てあなた妙, ていい, ていました, ています, ていらした, ていらっしゃる, ていられない, てお, ておきました, ておどそう, ておら, てお前, てお気, てくれれ, てこの, てごねる, てその, てっ, ては悪い, てまた, てもあれ, てもだめ, ても決して, てよ, てよこしました, てゐた, てゐる, てズカ, て一息, て大笑い, て大蔵省, て居ります, て憎らしい, て旦那, て泣い, て私, て見たかった, て頂戴, て頬, て騙し

▼ ことそこ~ (68, 0.0%)

1 [68件] からはなれる, から六十二万石, から土器, が人間知識, が犯行, で死ぬ, にある, にこそすべて, にこそひそか, にこそ人, にこそ青年, につっこん, にとどまっ, には, にはなんら, にはわれら, には一種, には何, には何より, には小さい, には明確, には警固, にほとんど, にみ, にも探偵小説, に三日間, に不安, に人間, に人間生活, に佇っ, に佇ん, に何, に健全, に坐っ, に外傷, に天才, に女, に愕きが新た, に抜かり, に於, に歴史小説, に献身, に確信, に私たち, に立ち尽くした, に立っ, に素子, に草色, に黒い, の住民, の塀, の子供, の工場, の息子, の町内, の縁先, へつれ, へもつ, へゆく, へ今, へ兄, へ行かなけれ, へ記事, までは考え, をはっきり, を地盤, を引き払いたい, を旅人

▼ ことばかりは~ (68, 0.0%)

5 いかついが 4 ないもの 2 ございません, して, どうにも, なかった, 忘れずに

1 [49件] いわれない, お取り上げくださらねえ, かかず小学, この広, ぜひ言い遺し, そうは, その時, ただ天これ, だめです, できなかったという, とてもできない, どうぞ大目, どうにもなるまい, ない, ないでしょう, ないと, ないという, ないので, ないもん, ないわるいこと, なかつたが, なかつたの, まこと, よくよくおなか, 一人で, 云えない, 今でも, 全く思いがけない, 出来ません, 嘘も, 器械で, 堪忍し, 太古からの, 如何ともし, 彼女が, 御同意, 断じて申されませぬ, 気永に, 無かった, 私共の, 胸が, 腹から, 見えず世の中, 見当が, 言わなかったもの, 許されぬ, 通らねえの, 陣十郎にも, 頑として許されない

▼ こと~ (68, 0.0%)

18 しい 74 しきもの 3 しければ 2 しく成上り, しく椅子, し若しくは

1 [30件] きとき, しいが, しいじゃ, しいの, しいので, しいもの, しいやつ, しい神様, しい譯, しかったが, しかつた, しかりければ, しかりしと, しくいきなり, しくし, しくスモーク, しく主従, しく之, しく常に, しく恋いこがれ邪推, しく旅行, しく目, しく直ちに, しく遂に, しく雨, しけれども, しと, た難し, 多くその, 少く偶

▼ ことぐらいは~ (67, 0.0%)

6 知って 2 できるでしょう, 何でも, 分って

1 [55件] ありその, お前も, お約束, かれら, ご存じであろう, ご承知, しかたが, して, するかも, ぜひとも知っ, ちゃんと分り, ちゃんと心得, ちゃんと知ってる, できます, できるの, もちろん承知, よくわかっ, わかって, わかるはず, わたしが, 仁木が, 仏教でなく, 何の, 出来そう, 出来たかも, 出来ると, 分かる年齢, 各, 命令し, 多寡が, 子供の, 将軍も, 常に当然認識, 当然あり得た, 彼にも, 忍耐しなけれ, 感づいて, 承知し, 推察する, 改まって, 朝飯前の, 此方とても, 無論知ってる, 物の数では, 皆が, 知れて, 私の, 自分でします, 見当が, 言わなくたって, 誰にだって, 誰にでも, 誰も, 謝恩の, 靱負としては

▼ ことよく~ (66, 0.0%)

4 わかります 2 わが心, 分って, 知って

1 [56件] ありますから, あること, おにらみ, お分り, お考え下さいまし, お話し, かきました, くい下ること, ご存じ, しらべて, ねて, は判らない, ひき十四歳, わかったね, わかったわ, わかったわね, わかって, わからない, わからないん, わかりましたから, わかりますし, わかり鋭い, わかると, わかるの, 乗客の, 人の, 信子が, 出かける山科, 分りました, 分りますので, 分りますわたし, 分んないわ, 判りませんから, 動くこと, 存じあげて, 御存知だ, 承わっ, 承知いたしました, 明日研究し, 本などを, 気を, 泣く人, 活かすよりは, 熟れた唇, 申上げましたら, 眠って, 知つてゐます, 笑ふ, 考えたら分るでしょう, 考えるわ, 考へて, 聞込ミ又, 見かけて, 覚えて, 話して, 調べて

▼ こと~ (66, 0.0%)

3 けで 2 けは確, けは確か, けは間違い, である, は信じました, は僕, をやつ

1 [49件] が既に, けでした, けです, けでも, けでも三郎, けなら, けはどう, けは保証, けは書く, けは爭, けは疑い, けは知っ, けは見当, けは記憶, けを云, けを記し, け省い, け聞い, け頭, しか出来なかった, しか出来なくなった, であったが, ですもの, でも自分, ならば, に我, はしない, はたしか, は争われない, は事実, は何, は兎, は八, は其中, は分かつ, は分かつた, は分った, は明かだった, は明かだつた, は知っ, は確か, も余り祝福, をきい, を営め, を考える, を行い, を覚え, 並べましょうか, 考えて

▼ ことあの~ (65, 0.0%)

2 お返事, へんな, 人は, 弱い浪人者

1 [57件] ことつい, ことと, ころの, とおりさ, ときの, ときは, アルバトロスなんぞも, ヤミ宿での, 一座の, 三人は, 上に, 世にも輝かしい, 人が, 人と, 人に, 厭な, 台本は, 名高い中世紀, 大仰な, 女を, 娘に, 子の, 子は, 子よりも, 家の, 屋根裏部屋の, 山岡屋へ, 帽子が, 復興最中の, 悪魔の, 手合いにゃ, 方が, 方の, 日すぐ, 時から, 時も, 時自分達は, 晩あんたが, 朝も, 正木博士すら, 水なら, 泉の, 洋裁学院の, 男の, 男は, 真理子が, 禿頭にでも, 笠屋町の, 糸と, 者たちの, 詩人の, 識別の, 農家の, 道この, 陋屋あの, 顔を, 鳥は

▼ ことあたわざる~ (64, 0.0%)

3 ものなり, ものは, をもっ 2 がゆえに, による, は必然, は明らか, 場合には, 日である, 状態に, 者あり

1 [39件] か, か貴兄, くらいの土地, ことあり, ところに, なり云々, に至らん, に至り, に至ります, に至れ, のみならず, の勢い, の状態, の理, はあたかも, はなんぞや, はひっきょう, はみな生死, はもとより, は多く, は彼ら, までに至りし, もいやしくも, もその, ものあり, ものある, ものと, もの多し, も人, ゆえんは, ように, をいかんせん, を知り, を見, 事物の, 以上は, 状態, 等は, 者が

▼ ことでございましょう~ (63, 0.0%)

10643 から, ね 2

1 [35件] あなたの, あの娘, いかが, から云々, から八重, から私たち, か裸身, がこれ, がどうか, がまだ, が今, が同じ, が妙, が日ごろ, が私共, けれど百姓, このごろは, しちかく, それでは早速, というの, とかお松, どうか早く, なあ, ねえ, ひょいとそういう, よいところ, よそいつ, 万一嫁, 今日は, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏, 奇怪な, 徳が, 成功する, 殿方との, 私の

▼ ことまでが~ (63, 0.0%)

2 はっきりと, 想像された, 書いて, 神経の

1 [55件] あった, あなたに, いかにもでたらめ, いかにも神秘的, いくらかはいり込む, いちいち彼女, いろいろ気, うまくいかなかった, おっくうに, これな, しぜん, その言葉, なんとなく宿内, はっきり悟られた, はっきり見え, はやり出したとの, ほとんど驚き, まるで現実, ややこしくなっ, わかりましょう, ウソに, ハッキリと, フランクに対する, 一々洩れなく伝えられた, 一つ話に, 一時に, 不可能に, 予期した, 二少年の, 何となく岸本, 共犯の, 堪え難い努力, 夏見た, 夢の, 平素から, 心づかれ考えて, 念頭に, 思い合わされ不吉, 思ひ合, 思われて, 感傷的であった, 手伝っての, 気に, 気懸り, 真面目に, 眼鏡の, 腹立たしくなっ, 自然周囲の, 誇大に, 論ぜられるやう, 陵への, 露顕し, 頭の, 馬鹿らしくなった, 馬鹿らしくなつた

▼ ことでございました~ (62, 0.0%)

862 から, が民, ね, よ

1 [40件] あの時, いまますます, おわかりでございます, お手紙, からそれで, からただ今, から寂しゅう, から小, から幸い, から誰, かわたし, が, がお礼参り, がこう, がその, がなお, がまだ, が意外, が是, が普通, が此點, が無学, が私共, が賀川弥左衛門さま, けれどもお, それを, っけ, なお, ねそれなら, ね山神, のでその, ので私, もっとお, もの御, ゆえわたしが, 上名古屋の, 仏御前に, 奧樣, 本来から, 母は

▼ ことをと~ (62, 0.0%)

2 九尺二枚の, 叫ばれひたと, 少し涙ぐん

1 [56件] いわないばかりに, いわぬばかりに, いわんばかり, おかしいよう, おっしゃるかも, お笑いに, しが, それを, つくに, つくりと, ふと思いうかぶ, ふと思ひうかぶ, ほして, むしろおどろい, むることができません, やこうと, ヒヤリとして, 一段下に, 一笑に, 乾は, 云ふ, 云わぬばかりの, 他の, 光代は, 奮ひ, 寧ろ希いたい, 少し涙くん, 平五は, 幹太郎は, 思いながら, 思い食物, 思う, 思っても, 思へるくら, 慎九郎は, 投げ調子, 新左衛門は, 松江は, 気もちが, 独り語に, 申しますと, 申す面持, 異議を, 目に, 笑われて, 綺麗に, 考えたの, 舌打を, 言いかけふっと, 言いたそう, 言って, 言ひ, 言ひ放つ, 誰しもが, 誰も, 辞退した

▼ ことそんな~ (61, 0.0%)

13 ことを 5 ことが 4 風に 3 ことの, 話を 2 ことから, ことは, ものが, ような

1 [25件] いやらしいこと, いろいろな, こと, ことも, こと云ふと, こと以外には, わけだ, 事に, 事は, 事情で, 内容の, 合法の, 心労を, 時に, 次第で, 理由から, 空気も, 考えが, 表現機関が, 話お, 話の, 話は, 顏も, 顔も, 馬鹿な

▼ ことつまり~ (61, 0.0%)

2 作品の, 自分の

1 [57件] あの事件, ある条件, あんたは, おどしつけて, お前たちの, お前の, こわれること, こんなこと, そうなり, その言語, それが, は生活安定, は私, みんなの, ディフォームさせる, ペトゥルーシカが, 一枚の, 中世的カトリック的な, 今は, 他の, 努力し得る, 反対な, 各自の, 堕胎な, 妙子の, 対話の, 小さな自己, 小細工を, 山川草木の, 当時の, 彼が, 彼らの, 後進者を, 従兄の, 快活の, 悩むという, 情勢が, 政治や, 文芸評論を, 格式上の, 森林を, 母の, 活字の, 浮彫の, 現在の, 現実と, 理外の, 生産活動を, 盲人と, 社会の, 神経衰弱の, 私の, 私は, 芸術的座長を, 行雲流水の, 郷土愛や, 醜いなにもの

▼ こと~ (61, 0.0%)

12 なり, れなり 3 の如し 2 れなりき, れなり完全, れなり我輩, れなり換言, れなり星氏, を以てなり

1 [22件] がまた, が一つ, が時代, ぞ吉良家, なり出没自在, なり前, なり即ち, の如く, の如くなる, はまた, は今, は御, は此前, は竜宮様, も他生の縁, れなり然, れは, れも, れわが, れ也, れ摸写小説, れ解す可

▼ ことであったろう~ (60, 0.0%)

256 と思う 4 と思われる 2 と, 私が

1 [21件] かと残念, かと霹靂, がこの, がそこ, がその, がそれ, がツルゲーネフ, が定基, が小, が幸い, が持っ, が若者, ということ, とおもう, とその, とはいえ, と二女王, と思います, と申します, な, ふと俳句

▼ ことによりて~ (59, 0.0%)

2 多大の, 知るならずその

1 [55件] あきらかなるべし, おん身に, かえって我, この問題, この對立, これを, さらに有名, その圧力, その子孫, その生命, その素足, それが, つぶされるから, ともかくも, もと安芸なる, よりよき, 一層尊い, 一層自由自在, 一層鮮明, 世界将来の, 今日の, 其の家發展, 其の被害程度, 内より, 問題は, 回復すべき, 外面の, 多くの, 始めて社会, 學ぶと, 将来の, 屡, 屡ば, 批評的精神の, 拔苦與樂の, 明らかなら, 満足し, 火の, 爾の, 生じたの, 生ずると, 生理学及び, 目的を, 相互の, 真実の, 確乎たる, 私は, 私を, 組織の, 絶頂に, 自分の, 自然の, 自由を, 説明される, 説明し

▼ こと~ (59, 0.0%)

3 が知る 2 からもそんな, がいう, にきいた, に聞いた, れが

1 [46件] かと喧嘩, かにすっかり, から聞いた, か叩く, か欲, か言いました, があなた様, がため, が云った, が仰有る, が保証, が武, が読んだ, が誰, が顔, しも変らぬ, だって当然, だって知ってる, だつたか, でも分りきっ, でも知っ, とといふ, ともわけ, とも話, にか劣り, にもいっ, にもおっしゃらない, にもそんな, にも云い給う, にも云う, にも引け, にも聞かはらん, にも言いたくない, にも言う, にも言った, にも話した, にも黙ってる, に向っ, に習った, に連れ, もそこ, もほか, もゐない, よりも如水, よりも敏, れ知るべきならねば

▼ ことによっても~ (58, 0.0%)

4 知られるの 3 知られるであろう, 知れる 2 源氏は, 知られる

1 [44件] いささか意義, およそその, およその, この場, この運動, そうと, その性格, その達し, それは, なんら自分, ますますこの, またその, また知られる, 今更に, 分ろう, 判る, 十分察する, 増加される, 変ること, 大将は, 女王の, 少くとも, 徴されます, 想像せられる, 想像できる, 推測せられる, 故人が, 明かだが, 明白である, 明瞭である, 理解せられなく, 知られよう, 知られるが, 知られると, 知られる如く屡々, 知れた, 確かめられ得よう, 神の, 窺われる, 立証できるだろう, 考えられる, 装いを, 近年は, 阿闍梨の

▼ ことありません~ (57, 0.0%)

25962 のよ

1 [15件] か, からね, がねまア, けど, けどナ, けど谷窪, けれど, けれど嘘, ことよ, ね, もの, よお前さん, よそんな, よニコニコ, わぜひ

▼ ことここ~ (57, 0.0%)

2 に, に及ん, に居る

1 [51件] からなにか, から多く, から雪, がおもしろい, がそれ, が辛う, でお, でくどくど, でくらす, で切れよう, で新妻, で見, にあり, にいたっ, にいる, にこそ矛盾, にすでに, には虎, には誰, にも我々, に七年, に三世, に三十有余年, に三月, に二日, に到る, に十一カ月, に十回, に十年, に十有五年, に日本, に立ちいたっ, に繋がれ, に至った, に至る, に至れ, に身, に門番, に集まる, の一歩, の先生, の国民, はあやし, へ, へマコンデ, へ入る, へ来た, へ火, までに至っ, まで来る, をひきあげ

▼ ことそう~ (57, 0.0%)

9 して 6 やって 2 しようかと, 思って

1 [38件] ありたいこと, お, か仕方, したら病人, してやるしか, すりゃ人気, すると, するまでも, すれば, だいっそ, だそう, だと, だろうね, であったの, でしたか, でしょう, でないもの, でなかったら始め, でなけあ, でなければ, でもない, とした, な, なったらば, なれば, な帰路, ね, ねあたし, 云ううち, 云う訳, 云えば, 云っても, 厳格に, 多くは, 改まられては, 案じるに, 言うの, 願うの

▼ ことだけしか~ (56, 0.0%)

5 考えて 2 印象に, 覚えて

1 [47件] ありません, いって, きけませんでした, ご存じでない, しなかった, しなかつた, できないし, できないで, ないん, なかった, なさいませんね, ものを, やっては, わかつて, わからなかった, 伝はらない, 修業し, 出来ねえん, 分からないん, 問われなかったが, 尋ねなかった, 後に, 心配し, 思わない娘たち, 求めない, 知らないなど, 知らないならば, 知らないの, 知らなかった, 知らぬ, 知りませんでした, 考えなかった, 考えなかったの, 考えますまい, 考えられない今, 考えられなかった, 考へないの, 聞き取らなかった, 船会社は, 見えなかった, 見えなかったの, 解らなかった, 言わない, 記憶に, 許されなかった, 語って, 語らないが

▼ こといっ~ (55, 0.0%)

4 てら 3 たって, て, ている 2 たってむり, たって仕様, てます, てやがる

1 [34件] たってあの, たっていつ, たってお, たっておまえ, たってお父つぁん, たってそれ, たってもう, たって無理, たりなんかする, ちゃあ冗談, てあげよう, ていた, てお, てお許し, てお金, てから一日, てくる, てくれ, てこの, てすまん, ては少し, てもよかろ, てやれ, てらア, てローリイ, て困ります, て実は, て小, て御, て来年, て歩い, て汽車, て眼, て誤魔化した

▼ ことなす~ (55, 0.0%)

11 ことが 8 ことは 3 ことに, ことの, ことを 2 ことことごとく, こと人見

1 [23件] こと, ことおまえの, ことがよ, ことしっかり, ことすべてを, ことどうして何もかも, ことなに一つ見, ことについて, ことには, ことひとつひとつが, ことへまばっかりを, ことみな無駄に, ことニヤケて, こと一々, こと何一つ, こと周囲に, こと小さく, こと小言を, こと彼女の, こと私には, こと食い違い, ッちゃ, 事々によって

▼ こと以上~ (55, 0.0%)

2 にすけ, にはなに, には一句, の如く

1 [47件] かも知れません, が煩, であった, でございました, です, で蝕し, なんにも知っ, に, にこれ, にそこ, にない, になお, になんら, にはその, にはほとんど, には其教育, には出来ぬ, には申し上げません, にまた, により, にグレ, に不思議, に人間, に何, に作家, に出る, に城, に大分不気味, に好き, に悲しむべき, に明瞭, に深く, に特にはっきり, に真に, に見知らぬ, に踏みだす, に重大, のべたところ, のよろこび, の事, の大きい, の強い, の強み, の意味, の理由, はなんにも, 実は無

▼ ことにゃ~ (54, 0.0%)

5

1 [49件] あここ, あこんな, あしっかり, あどうにも, あなに, あなん, あわからん, あ変り, あ気, おせんちゃんは, おまえさんを, おやおやお爺さん, こいつあ, このたけ長, この恢復, ご家人, せっかく道庵, そつが, ちょっくらと, ついこの, とてもまた出掛ける, どこまでも, はっきりしねえ, わからん, わしらは, わっし, わて, アその, アまた, 一向慣れねえ, 三蔵めには, 世の中の, 世間から, 何とも分りません, 俺等の, 判らねえや, 女房の, 将軍様が, 役者が, 拷問される, 日本娘に, 東海道の, 私ア不安心で, 絶対間違いありません, 罰が, 葬式も, 身体の, 退屈し, 飽き飽きしちまっただし

▼ ことばっかり~ (54, 0.0%)

5 考えて 4 して 2 なの, 言って

1 [41件] ああしたら, いうが, いうし, いうて, いうよって, いう勝手, いう奴, かいて, かんがえて, くよくよ心配し, だから, だったの, で, でありました, でこれ, で一向に, ぬかして, ほほほ, 云い合って, 云って, 今まで, 仕腐って, 心配してる, 思いめぐらしながら, 思い詰めて, 思って, 思ってたん, 思ふ, 書いて, 申しまして, 真に受け, 繰り返して, 考えたり, 考えてけ, 考えてた, 考えてるあたし, 考えながら, 言うな, 言ってる, 言ってるね, 陳べやがって

▼ こと明らか~ (53, 0.0%)

22 なり 9 である 5 なれば 2 なりと

1 [15件] だ, だと, であ, であります, であるやう, でご, です, となれり, ならずとか, なる上, なる以上, にし, になりたる, に保証, に知るべし

▼ ことした~ (52, 0.0%)

3 んだ 2 んじゃ, んでしょう, んです

1 [43件] あれは, うえに, か, かいなあ, かしら, がそのまま, がつて誰, けどあたし, ことお, ことすべて嘘だった, ことない, ことについて, ことを, とお, とだに思つて貰, とは思, と思いまし, と思う, と思っ, なあ, な世間, の, のか, のでバチ, のねえ, のは, の可哀想, の可哀相, はりまん, ばってん権じゃあ, わ, わけじゃ, んでえ, ツて, 丈の, 事も, 兵隊を, 思て, 者を, 菓子買っ, 覚えの, 訳で, 軟柔かな

▼ こと等々~ (52, 0.0%)

2 である, の覚書, を云っ, を語った

1 [44件] およそ世, がぼんやり, が主, が事実, が語られ, であって, であるが, であると, であるらしい, について相談, には心づい, にまで日, のこと, のよう, の事情, の噂, の注意, の理由, の相談, の結論, の話, は何, までも納得, も判っ, も判明, をいつの間にか, を否定, を告げ, を彼ら, を彼女, を挙げる, を書, を橋寺, を注意, を滔々, を申し合せ, を知らせ, を答える, を約束, を考える, を見, を記し, を語っ, を説述

▼ こと~ (52, 0.0%)

2 一時間に, 三週間で, 二十二年後に, 二時間なり, 半時間

1 [42件] にし, 一ヶ月, 一ヶ月です, 一刻, 一千三百年ソロンの, 一千五百年ゴルチーン法は, 一千六百五十年である, 一千六百年である, 一年に, 一年を, 一時間, 一時間の, 一時間話し, 一里に, 七日ばかり, 三キロ鬱蒼たる, 三十キロの, 三十分それが, 三十分杉田子衣水子木川子など, 三十町に, 三十町志方野を, 三十里鵲尾坡の, 三千メートルで, 三千五百支那里である, 三尺, 二ヶ月細川勝元も, 二丁に, 二十余合すると, 二十年に, 二十年の, 二時間流石の, 二百年である, 八十年なり, 八呎ダンテの, 十五町一部烏島に, 十年先生四十六歳の, 半年更に, 半年社内に, 四十キロの, 四十年前即ち, 四千百余年以前に, 百十年に

▼ こと能わざる~ (52, 0.0%)

4 ものなり, 可し 3 ものである, 者なり 2 ところの

1 [36件] うちは, がゆえなり, が如き, が如く, が患, が故に, そのあこがれ, にいたらん, によりて致す, のみ, のみか, のみならず, の事情, の観, の証拠, はこれ天, は是, は畢竟, は自身固有, ものあり, ものあれ, ものと, ものに, ものは, もの多し, も原始, ゆえ早晩移転する, 也, 人間と, 可く, 場合も, 所の, 者に, 者は, 者より, 者を

▼ こと多き~ (50, 0.0%)

5 が故に 2 なり

1 [43件] かな, がゆゑに, が爲め, ことを, と同時に, にあゝ, に基づく, に引き換え, に従い次第に, に見, に過, はこれ, はみな脳中, はわが国, は予, は人, は人生, は余, は取り, は實際, は巣林子, は常に, は爭, は言, は誠に, ものは, もの情死の, も亦, も未だ嘗て, も未来, ゆえんに, ゆえ一層, を常, を思っ, を知るべし, を知れり, を見るべし, 古代人には, 張三李四の, 時代においてこそ, 者と, 能感の, 風なら

▼ こと実に~ (50, 0.0%)

2 驚くべきもの

1 [48件] ありがたい, ありがたかったです, いやん, かくの, つまびらかであった, つよく感ず, は, ノートに, 一万五千五百尺以上に, 一種の, 不純僧に, 不調和の, 世界一で, 世界第, 久しかった, 二十五年然, 二時間半マイクを通じて, 五ヶ年, 五百六十哩の, 亡父の, 切なる, 多しすべて, 妙だ, 容易なり, 寂厳その他近世の, 小半時に, 山を, 希れなりし, 思いがけず, 思うに, 恐入ましたね, 教師の, 旬余辛酸を, 旱天が, 比類が, 油断が, 生ながらの, 百余合, 百八十余年の, 百八十有二編者の, 目ざましいもの, 至難の, 蘭学界の, 見て, 面白い, 驚くに, 驚くの外, 驚くばかり

▼ こと~ (50, 0.0%)

2 ねがいいたします, 演説を, 贔屓を

1 [44件] たづねにあづかりうれしく候日本, つたへ, のこり多く, 一人きり, 不自由で, 主人の, 主人三五兵衛は, 修行中は, 先祖八幡太郎義家公此御神の, 出入りさせ, 分家の, 勉強の, 厄介ね, 同感の, 同感を, 城内で, 奉公を, 如才は, 座りしを, 弟帥の, 当人は, 待合せの, 心配なすっ, 心配には, 恩に, 承知で, 承知なら, 支配を, 武家様を, 牧氏が, 用心御, 申しこしなされ, 申是ハ妻ニも, 異存ない, 目ざしの, 眼と, 諒承下され, 賢察願わしゅう, 贔屓に, 贔負に, 趣意に, 迷惑かけた, 願い致しとう存じ, 香宮に

▼ ことあたかも~ (49, 0.0%)

1 [49件] これが, サンスクリットや, シヤルル・ダンジュー自身の, 一帯の, 一陣の, 上人が, 不倒翁の, 六の, 劒が, 千葉が, 友禅の, 噛み砕いた篠竹, 大正期の, 大連の, 女物の, 子が, 孤婦の, 屋上に, 年々時様の, 彗星に, 樂器より, 毛虫の, 水が, 汝が, 活ける泉, 火打鎌の, 燃ゆる, 燭臺に, 現象の, 用の, 百二十一代の, 盆の, 目的地に, 盲人が, 破竹の, 神の, 空しき象, 職業紹介所の, 肉挽き, 自分達の, 舞の, 舟にて, 行人が, 西国の, 走り疲れし獸, 近年の, 長篠より, 長編の, 馬が

▼ ことそれら~ (49, 0.0%)

3 のこと 2 はただ, を彼

1 [42件] から考え合わせ, がゴーリキイ, が一団, が今さら, が極めて, が淡い, が甚だ, が私たち, が金比羅舟, について三時間半, にはそれぞれ名, によってもその, の事情, の屍骸, の店員達, の恋, の条件, の渦巻, の話, はすべて馬籠, はたしかにはなはだ, はみな無事, はみんなうそ, は伸子, は十分, は国政, は已に, は彼女, は新聞, をお, をこまかく, をすべて承知, をよく, を不満, を世間, を体験的, を取り扱う, を夫婦, を気, を逐一, を非常, 多少の

▼ ことでありました~ (49, 0.0%)

2 が, があの, がそれ, が私

1 [41件] か, かこの, かしれません, からちょうど, からやむなく, から今日, から帆村, から支倉, から最初, から無上, から貨車, がこの, がしかし, がそういう, がその後, がそれでは, がなかに, が不幸, が二週間, が今日, が何, が前, が即ち, が同時に, が宋以來, が常, が文人畫, が止む, が翌, が考へた, が谷村博士, が迎え, が近頃, が週刊, が黒漆, このこと, しまた, ので私ども, よあなた, 吉原の, 碓氷峠の

▼ ことなんかは~ (48, 0.0%)

2 どうで, どうでも, 一言も, 判らないが, 気に, 考えも

1 [36件] かくしておかなけれ, けろりと忘れはてた, すっかり忘れ, すっかり忘れはて, どんなに大きく, ないの, なかんずく得意, ほとんど考え, まるで無関心, もうきれい, もうどうでも, もう久しい, もう遠く, よく覚え, 何とも思っ, 何時でも, 全くでたらめ, 少しも, 念頭に, 成る丈, 打忘れた, 殆ん, 決してわかりっこない, 特に興味, 病気や, 神様の, 私に, 考えず昨日, 考えても, 耳に, 耳にも, 言えませんわよ, 詳しく知らない, 頭にも, 頭の, 願い下げに

▼ ことに対しては~ (48, 0.0%)

2 条件を

1 [46件] あの女, いくら永い, いずれあと, いろいろの, これらは, すこぶる敏感, ずっと前, たとえ空気, なるだけ, なんの, ますます不安, もちろんの, わたしは, ジャーナリズム本来の, ソヴェトの, 云うを, 今まで, 何に, 優れた感覚, 全く平気, 全然意志的, 全然考えよう, 刺戟も, 反対するであろう, 大いに不満, 小学校の, 山城摂津の, 徹底的に, 情熱的に, 感謝を, 掛り合いを, 書けないかも, 案外無感覚, 案外避易, 正直に, 水錆の, 無力である, 片言も, 猫の, 登山者は, 皆ひと通りの, 私は, 種々の, 責任を, 返辞を, 非常に

▼ こと一つ~ (48, 0.0%)

4 の道 2

1 [42件] あります, さえ全力, したわけ, だけあなた, だけがわれわれ一同, だけで, だけでもさっきロージャ, だとでも, であなた, でさえ思う, です, ではない, でもかの, でもしたでしょう, でもプロレタリア文学, でも世間, として成らざる, として物的証拠, とって, に尽き, に此娘, に終わっ, のまなざし, の時代, の責任そのもの, はそれ, はマリユス, は人, は何, は修道院, は瀬川, は神社, もなく, も人知, も道理, を男爵, を除け, 出来ねえ人, 欠ければ, 知らないん, 考えても, 聞かさなかった

▼ こと~ (48, 0.0%)

4 の一つ 3 に類 2 に其の, の誰

1 [37件] にまさる, にもその, に其比, に比, に比し, に比類, のあらゆる, のアイヌ, の一面, の五名, の人々, の人間, の元, の元勲, の六つ, の功名, の土地, の多く, の女, の患者達, の歌, の禾本, の総て, の罪, の羨望, の職業, の論派, の道, の酔客, はマドレーヌ氏, は則, は同年十月, は堀井帰阪, へは寸法, へ譲られた, 巳吉が, 藩と

▼ こと多く~ (48, 0.0%)

6 して 2 かつ彼, 南宗の, 衆人同時に

1 [36件] あれど, いやでした, お味方, ただ頭痛, ついに戦争, の山林, の船員, はてはもと, は僻事, は謂, また余, 人間の, 他に, 低声, 佐保山姫を以て, 偉大の, 国民上下全, 廣き, 従って後世芭蕉派, 従つて後世芭蕉派と, 從つて出來上つた紙質も, 恩には, 文字も, 書きたる源平時代, 死傷少から, 汗流しつ, 甚しく, 生産する, 禍転じ, 行なわるるは, 行われたるが, 謂わば, 退嬰する, 遂に永久, 重大なる, 雲母の

▼ こと彼女~ (48, 0.0%)

2 が自分

1 [46件] からは返事, が包み隠し, が友だち, が彼, が突然, が結婚前, が黒い, と日の出, と自分, と輝かしい, には可笑しく, にむかっ, に完全, に物, のうち, のこと蕗, の名, の噂, の子供, の尊重, の思ひ, の急死, の敵, の母, の求め, の無知, の父親, の目つき, の肖像, の若い, の見ない, の身ぶり物ごし, の身分, の面影, はいつか, はまっすぐ, は一人, は不人情, は何処, は外, は子供たち, は数年前夫, は本気, は自分, をどんなに, を犠牲

▼ こと最も~ (48, 0.0%)

2 多しと, 大なる, 緊要なり

1 [42件] はなはだしくもし, 今日の, 其謂れなく, 切なり, 厚い人, 厚し国家, 多きが, 多きこと, 多きを, 多き人, 多き新聞, 多し云云, 大, 大である, 大なり, 少い作家, 少き方向, 少き者, 少くかつ, 少ない一方面, 少ない人々, 少なき嬰児, 巧みに, 得易し, 必要に, 民族に, 深かった, 深きが, 深くまた, 深く最も, 深し, 甚し, 痛切であっ, 肝要であります, 膚浅, 自省的に, 詳しいの, 詳しきもの, 近し, 速し, 遠い地点, 遲かりし

▼ ことあなた~ (47, 0.0%)

2 はそれ

1 [45件] お考え, があの, がいちばん, がお, がお母さま, が不快, が中立団, が安定, が強く, だって何, だつて, にお, にお便り, にはそれ, にはどう, にはわかっ, には出来ます, には思いがけなかっ, にも喜ん, に出来る, に心配, に捨て残された, に珍しかっ, に目, に見せる, のお, のため, のよう, の商売, の知った, の衣料切符, はどう, はなお, は何, は土, は奥さん, は家, は断言, は本当に, もこの, も一生, も多分, も無事, を待ち, 知って

▼ ことなかれ~ (47, 0.0%)

62 というなり, とて, と優しき, なんじら

1 [33件] いわんや自ら不誠実, か, ことなかれ, ただ神, ってこと, ということ, という事, ときょくりょく, とも言う, と云, と制せ, と即ち, と命じたる, と戦いつづけ, と教, と時代, と苦ごろ, はからず不忠不孝, 且つ彼, 中にも, 今出づる日は, 今日学ばずし, 古来ここは, 寢ざむるなかれ, 彼が, 我が家の, 我狂する, 明日は, 時事の, 汝の, 相手の, 見よ我, 貪ること

▼ ことにさえ~ (47, 0.0%)

2 して, なった, なる, なるの, 関心を

1 [37件] いちども, いつしかなれ, されたから, ずるいの, そこに, つけられる名称, なるが, なるだろう, なるであろう, なるであろうと, なるよう, なれば, ブルブル慄, 伸子は, 作品を, 同じに, 堪えられない憤懣, 彼は, 心が, 思い迷った, 慣れない月世界, 成功したら, 母屋の, 気が, 気がつかずおどおど, 気がつかぬ様子, 気がつけば, 気づかないふり, 気づかないよう, 涙が, 独特な, 猜疑を, 苦しんで, 見られるという, 触れなければ, 責任を, 頓着なく

▼ ことのみが~ (47, 0.0%)

3 主と 2 それを, 日本國民に

1 [40件] しきりに注意, すでに確定, その悪徳, その本職, パノラマの, 了解せられ, 伝えられて, 価値を, 僕等に, 分つたから, 受け入れられその他, 多いが, 家臣としても, 強調される, 彼の, 彼を, 彼女の, 待たれるの, 心を, 必ずしも旅行, 必要な, 忘れられない, 打込まれ百姓, 批評家の, 新しい俳句, 気懸りらしく, 生き甲斐だった, 生き甲斐だつた, 目的であっ, 真に健全, 真実では, 美しさ, 美を, 胸の, 能では, 自己と, 自由を, 貴いと, 遺憾と, 重大な

▼ ことをさえ~ (47, 0.0%)

2 しないで, すれば, 忘れて

1 [41件] いとわぬ人, ひけめ, また恋しく, 云った, 危ぶんで, 厭えり, 回避し, 幸運だ, 忌むの, 忘れさせるの, 忘れそう, 忘れたよう, 思って, 恥さらしだ, 想像し, 意味し, 感じて, 憚った, 憚らぬ, 抑えられて, 敢て, 止めるよう, 気がつかずに, 為し得ず唯々, 知らずに, 知らなかった, 私は, 経験する, 考えます, 自ら知らなかった, 見たこと, 許さないの, 許さないよう, 許されない我ら, 許すの, 証明し, 語らない, 諾した, 辞さぬ勇気, 辞せなかった, 隠す関守さん

▼ こと従って~ (47, 0.0%)

2 日本の

1 [45件] このこと, このため, この思惟, この整備, その研究, それだけ匿名批評, もし私, 一つの, 一切の, 一般読者の, 世界は, 両つ, 今夜の, 仏教に, 会議によって, 体力が, 又他方, 又当然或, 受動的に, 団員は, 地理的に, 少くとも, 幸福という, 当時の, 文学として, 日本のみが, 春曙抄本の, 時代とともに, 未知の, 林氏亀井氏保田与重郎氏の, 歴史的に, 無は, 病院の, 登山者の, 神は, 自分達も, 芥川を, 菊池の, 西廻りの, 親類の, 言葉の, 読者は, 謙吉には, 赤い模様, 野寄横屋青木

▼ ことじゃが~ (46, 0.0%)

2 すべて卜筮には, それは

1 [42件] あとの, あの沢庵坊主, あんたにも, おいしいもの, おかげで, おまえの, お主, お婆さんが, この二者もと, この場合腹, これを, しかしあぶない, せがれは, そなた, そのお, その執念, その宗, その恋人, その術たる, それについては, たしかにその, とんだ果報, どうか水野, なぜそれほどに, ほんとうか, まことであろう, よくは, わざわざこちら, わしは, わしも, 三浦安針の, 今宵の, 他ならぬ, 仙波の, 伊勢神宮の, 元々汝, 失礼ながら, 憎いは, 所労保養の, 次郎を, 過って, 黄門様の

▼ ことだらけ~ (46, 0.0%)

104 である 2 だから, だよ, で, であるから, なの

1 [22件] だが, だったから, だったそう, だったん, だつた, だと, だな, だもの, だろう, だ懺悔, であった, でございます, でしかし, でしかも, でぼんやり, で胸, なら自分, なん, になる, の中, の原っぱ, の竹村

▼ ことでござる~ (46, 0.0%)

54 か, な 2 ぞ, のう, 左様な

1 [27件] かいの, かな, からいつ, からその, からそれ, からやはり, から嘘, が, がいっそ, が人, が棋譜, が殿, が真実, が知っ, が貴殿, とな, と言つて, と言つて各々太閤, の, のか, ゆえ, よあんな, わい, わなう, 予て噂, 城下の, 故に姉上

▼ ことに関して~ (46, 0.0%)

1 [46件] ある, いかなる径路, きいた, こんな話し出し, したためた, である何故, どうせ門外漢, どうもこうも, なら別に, もう一つ質問, ゐます, アメリカ人中久しく, 一切を, 一言し, 二重の, 何とか解決, 何も, 共通の, 兵部省は, 勉助を, 危険の, 口争ひ, 女給達が, 彼が, 彼の, 彼女へ, 微塵も, 来ると, 桂子を, 森の, 水よりも, 発せられた場合, 研究した, 神様に, 私は, 系統的に, 行った哲学的考察, 西洋の, 視学, 観察する, 話が, 話したかった, 語らず無邪気, 議が, 間違いを, 高重の

▼ ことのみに~ (46, 0.0%)

4 專念し 3 専念し 2 心を, 汲々と, 頭を

1 [33件] あらず, あらずなお, あるの, おき自身, きめるもの, ぶつかつ, 候あはれ此數行の, 出っくわす, 努めて, 向いて, 在る, 存する, 就いて, 屬し, 引張られて, 役立つて, 必死と, 月日が, 止まつたらば, 止まらないよう, 汲々として, 注意する, 潜心し, 焦心し, 眞實變る, 私の, 突進し, 興味は, 許されて, 重きを, 限りすべて他日, 限りません, 集まる

▼ ことをのみ~ (46, 0.0%)

2 主張する, 問題に, 念じて, 念と, 恐れて, 知って

1 [34件] ただ念願, つとめり他, ひたすらに, 云って, 姉と, 希って, 幸と, 心がけた, 快哉としては, 思ひ悩んで, 思ひ明かし候, 意味する, 憂えあるいは, 憂ふるを, 懸念する, 明暮の, 望みたれども, 期待し, 標準と, 求めて, 求めてるかの, 生き甲斐として, 申しましても, 目的と, 知つてゐる, 知り孤独, 示威する, 祈りける, 繰返した, 考えさせられて, 考えたの, 言ふ, 説いて, 追求した

▼ こと~ (46, 0.0%)

3 覚えて 2 がふと, が知る, と妻

1 [37件] がする, が田端, が盗ん, が霧, だって知ってる, だって言, とし, にはさっぱり, にははじめ, にはよく, には分らん, にもわかる, にわかる, に訊いた, の所, の方, の目, はいま, はもう, は何とも, は全く, は夕刊, は夢にも, は彼女, は忘れ, は独り, は知らない, は考える, は銀座裏, もうきらい, も少し, も考え, よりも一層, を叱ります, んとこ, 一向知らん, 実に申訳

▼ こと無く~ (46, 0.0%)

1 [46件] これに, そのまま次に書き記す, て, てぞ, てもいや, てわ, て世に, て居る, ば, また仏法, 一つ船の, 一年に, 三百年の, 何時と, 何百年を, 作中に, 又此家, 天下を, 天運星移と, 學を, 居ねば, 川面を, 常に善人, 後に, 後には, 微笑し, 憂ふる勿, 或は却, 打ち返し打ち寄せる波, 扨も, 接近した, 朝も, 極めて単純, 次々と, 此處に, 民の, 汝は, 然して後, 犇, 目的の, 目科の, 肩あれ, 観察的に, 赤髪裸身灰黒色に, 通過し去る, 静かに

▼ ことしかし~ (45, 0.0%)

2 それを, 人間の

1 [41件] いったん帰っ, おなかが, これは, その人, その大志, その習性, それは, なんの, ふだんは, ミミ族は, 主張する, 人間は, 今は, 優待された, 口に, 困難即, 妨げること, 嫁いだ先, 実務上の, 家族が, 幾ら迫害され, 彼の, 故人の, 早晩そう, 春風楼へ, 昨日一彦が, 書かれなければ, 歴史の, 汽車が, 私たちは, 秘帖を, 立って, 細々申さず, 自分の, 自分は, 行衛は,