青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~さうに ~さがし さがし~ ~さき さき~ ~さげ さげ~ ~さし さし~ ~さした
さした~
~さして さして~ ~さす さす~ ~さすが さすが~ ~させ させ~ ~させた させた~

「さした~」 1126, 12ppm, 9030位

▼ さした~ (168, 14.9%)

1211 である 6 であった 5 か, です 4 だった, では, も無理 3 だと, だよ 2 かも知れねえ, さ, であろう, は, は君たち, は近々と, を持たせ

1 [97件] かそれ, かちょっと, かどう, かも知れない, かも知れませぬ, かポン引, か始終, か弦, か東, か獣, か知れない, か私, か虎之助, か道行く, が, がお, がしたたる, がすら, が一方, が二三本, が仰向け, が例, が出, が却つて, が成長, が明治三十九年, が飯, じゃ, ださ, だそう, だその, だつた, だという, だとも, だろう, だろうと, だ僕, であって, であると, であろうと, でございます, でしたが, ですが, ですつまり, ですね, でないこと, でないと, で御座いましょう, との二枚, とは違った, どす, はいくら, はいましめ, はお嬢様, はかかる, はかわき, はせっかく, はただ今, はつまり, はコレラ病, は二葉亭, は六, は勿論, は半ば, は卑しい, は向う, は唯今, は大和, は実に, は宮廷, は容疑者, は恐ろしい, は斜, は机, は浜田ゆき子, は禎輔自身, は笠松先生, は若い, は誰, は赤城, もあの, もいる, も今夜喜兵衛, も口紅, も彼女, を中江, を初めて, を奥, を女, を知っ, を縮緬, を自覚, を見, を見る, を象徴, んかしらん, 菩薩が

▼ さしたもの~ (50, 4.4%)

3 です, らしい 2 か暇, でしたから, では, と見, と見え

1 [34件] かその, かフツ, か問う, か四方, か妹, か覗い, があっ, だった, だろう, だろうか, であつ, であらう, でこれ, でご, でしょう, ですから, で其上, で家, で樂律, で見るからに, といえよう, ともお, と信じ, と取れぬ, と思われる, と見えます, にすぎなかった, にそれからまた, に外, に違い, はない, は何, らしいと, をチラリ

▼ さした~ (42, 3.7%)

1 [42件] いつも可, かたくて, こちらにも, この促繊, この際躊躇, しかし生理, そこは, そのうち, その後で, それから, それきり彼女は, ちつとも, どうも巧, どこへ, なぜか, みるみるその, やがて歩きだし, やはりいい出せなかった, 中江は, 二三日いる, 何処にも, 信長は, 借りて, 僅か數百字, 其後マルセーユの, 原因も, 夜に, 夜の, 女は, 少しでも, 後から, 怪異は, 河村は, 無言で, 熱い日本酒, 片手は, 相手は, 瞬間に, 老婆は, 踪跡が, 酒は, 間もなくまた

▼ さしたよう~ (41, 3.6%)

2 な気

1 [39件] だ, だった, でした, です, ですしばらく, でどんなに, で見る, なうるわしい, なもの, な不安, な事件, な反対党員, な妙, な始末, な歓声, な気持ち, な眉, な美, な美しい, な陰気, にいや, にならべ, にならん, にはっと, には覚え, にぼう, にパッ, に一寸一分の上り下り, に思わず, に思われました, に明るい, に明るく, に災難, に瞳, に美しい, に美奈子, に赤らんだ, に赫, に闇

▼ さした~ (36, 3.2%)

5 見えて 3 思うと 2 書いて, 言ふ

1 [24件] いうが, いうので, いって, みえて, みんなが, 云うもの, 云うん, 云う事, 云う話しです, 同じくその後寛容, 大意張の, 後でぼく, 思えば, 思ったら夕方急, 思ったら彼, 思って, 思つたら, 申しましょうか, 申すもの, 私は, 見え固, 覚しく猶予, 言うから, 言う事実

▼ さしたこと~ (30, 2.7%)

6 がある 2 もある

1 [22件] かとも思われず, があったろう, だった, だと, では, と弟, にはちょうど, はあります, はついぞ, はない, はなかっ, は一, は最早, は言う, もあった, もあつ, もかう, もなかろう, も一度, も幾度, をかつて, をすでに漠然と

▼ さしたので~ (28, 2.5%)

2 せう, 一同は, 城内の

1 [22件] うつくしく匂った, お若, お高, かれは, がすよ, ござりました, ござりましょう, ござりまする, それとなく注意, なにげなく障子, にわかにその, ますますふきげん, 前髪は, 名高いが, 娘の, 新開の, 有ろう, 服は, 目ざめた, 私は, 負傷者らは, 馬鹿に

▼ さした~ (24, 2.1%)

53 だよ 2 です, やな

1 [12件] じゃない, だから, だそう, だと, だな, だネ, でしょうか, ですか, ですね, ですよ, ですわ, では

▼ さしたという~ (19, 1.7%)

2 のか

1 [17件] ことだ, ことである, ことは, それに, のでしょう, のは, ものかしら, ものかも, んでしょう, 事は, 事件が, 噂に, 女の, 心に, 快い感じ, 話が, 話です

▼ さしたやう~ (18, 1.6%)

2 な気

1 [16件] でも, で出すとか, な唇, な圓, な柔かい, な百合, に, になつ, にぱつと, にぼう, にソハソハ, に成つて, に皮肉, に紅く, に血, に赤い

▼ さしたまま~ (16, 1.4%)

3 になっ

1 [13件] か, そのサジ, でうつむき, でその, と見え, など飲まない, なんにも言わなかった, の恰好, やはり眠っ, 動かなくなって, 畳み込んだ看板, 高い石垣, 黙って

▼ さしたところ~ (15, 1.3%)

1 [15件] から置手紙, が忰, さね, でこの, で一番近所, で精神, で累, で結果, で裾風一つ, なので, のそれ, のもの, はなん, は月, を頂点

▼ さした~ (11, 1.0%)

2 には見す, よく飛沫 1 その近衛騎兵, であった, にここ, にさ, には見す見す, はもう, は判りませんでした

▼ さした~ (10, 0.9%)

3 祟りでも 1 げは, どうか, 二三町歩い, 人買い, 密と, 平次は, 町通りの

▼ さしたから~ (8, 0.7%)

1 だ, であった, であったが, であります, であるが, 手を, 最前の, 見ると

▼ さした~ (8, 0.7%)

1 が暖簾, が流し, と現れた, のたった, のゐる, の姿, の後姿, を眺め

▼ さした若い~ (8, 0.7%)

2 女の 1 いなせな, 女が, 母が, 細君が, 職人の, 騎士の

▼ さした~ (7, 0.6%)

1 があった, だと, でせう, には後, のない, は実に, も忘れ

▼ さした~ (7, 0.6%)

1 が悔み, が来る, が通った, が通る, とか脇差, に吃驚, の往来

▼ さした~ (6, 0.5%)

1 けいちゃんが, 団子を, 増は, 庭つづき, 百姓が, 芋の

▼ さしたかと~ (6, 0.5%)

1 うっかりしました, 思うと, 思はれた表情, 思はれるやう, 思われる唇, 言うの

▼ さした~ (6, 0.5%)

2 に絡まる 1 がある, が昼ごろ, ではない, のしづく

▼ さした~ (6, 0.5%)

2 が可 1 がよい, がよかろ, の口, の女

▼ さした~ (6, 0.5%)

2 の肉 1 だの両頭, とは私, と原子爆弾, など甚だ

▼ さしたそう~ (5, 0.4%)

1 だが, だな, であるが, です, ですが

▼ さしたその~ (5, 0.4%)

1 全体に, 指を, 男に, 色に対して, 若い狂人

▼ さしたといふ~ (5, 0.4%)

1 ことは, もので, やうな, 名題の, 效能が

▼ さしたとでも~ (5, 0.4%)

1 いうか, いうの, 云おうか, 申しますか, 申すの

▼ さした往来~ (5, 0.4%)

5 をぶらぶら

▼ さした~ (5, 0.4%)

1 な気持, に俄, に声, に色づい, に見巡し

▼ さしたかの~ (4, 0.4%)

1 ように, 大敗北, 様に, 樣に

▼ さしたのに~ (4, 0.4%)

1 なんの, 相違ありません, 碁石を, 違いない

▼ さした~ (4, 0.4%)

1 が瓢箪, と船夫, になった, は訳

▼ さした~ (4, 0.4%)

1 などが今朝, の白い, の青い, も美しい

▼ さした~ (4, 0.4%)

1 であります, であるのに, でなければ, はそれっきり

▼ さしたかも~ (3, 0.3%)

1 しれなかった, 知れず又, 知れませんが

▼ さしたって~ (3, 0.3%)

1 仕様が, 言いますわね, 起きる者

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 妹も, 相違ある, 相違なく

▼ さしたばかり~ (3, 0.3%)

1 でこう, でなく自分, ぬるいよとて

▼ さしたほど~ (3, 0.3%)

1 あっちこっちに, うたつた身心が, 次郎が

▼ さしたもん~ (3, 0.3%)

1 だ, だすな, でしょうなあ

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 で大体次, 別に小さい, 更に臨時教員養成所

▼ さした人影~ (3, 0.3%)

1 にヒョイ, も増え, をあたり

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 にいい, もあれ, を虫

▼ さした小さい~ (3, 0.3%)

2 窓の 1 実を

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 ムスメが, 人が, 守殿ばかりも

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 に俄, に聲, に見

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 の内, の敷き, へ何人

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 が気に入らねえ, をうけつ, を受け取らんち

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 がある, が三十人, は無銭

▼ さした障子~ (3, 0.3%)

1 の紙, をうしろ, を見つめ

▼ さした~ (3, 0.3%)

1 で微, の皮膚, の肉

▼ さしたうえ~ (2, 0.2%)

1 で親, に戸

▼ さしたうつくしい~ (2, 0.2%)

2 妹の

▼ さしたけれど~ (2, 0.2%)

2 少し短い

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 きみや, まあい

▼ さしたそれ~ (2, 0.2%)

1 は, はそれ

▼ さしたつけ~ (2, 0.2%)

1 がほんに, がよ

▼ さしたでも~ (2, 0.2%)

2 あるまいが

▼ さしたとか~ (2, 0.2%)

2 云々の

▼ さしたとき~ (2, 0.2%)

1 ある時, そのいっぽう

▼ さしたとしか~ (2, 0.2%)

1 思われませんよ, 見えませんでした

▼ さしたとも~ (2, 0.2%)

1 いえるが, 言えるの

▼ さしたのにと~ (2, 0.2%)

1 思つて四辺を, 思つて四邊を

▼ さしたほどの~ (2, 0.2%)

1 調子で, 豪奢な

▼ さしたわけ~ (2, 0.2%)

1 え侍, では

▼ さしたんで~ (2, 0.2%)

1 げしょうな, せう

▼ さしたピン~ (2, 0.2%)

1 を一本一本, を落し

▼ さした一輪~ (2, 0.2%)

1 の椿, の花

▼ さした人間~ (2, 0.2%)

1 が何人, の果て

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 だが, なん

▼ さした効果~ (2, 0.2%)

1 はなく, らしいもの

▼ さした勝美夫人~ (2, 0.2%)

1 だったでしょうか, を冷

▼ さした十二階~ (2, 0.2%)

2 の聳え

▼ さした大きな~ (2, 0.2%)

1 原因らしい, 松竹梅の

▼ さした大学生~ (2, 0.2%)

1 の心, も出

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 商人か, 野道風の

▼ さした少女~ (2, 0.2%)

1 と異様, やその

▼ さした川魚~ (2, 0.2%)

1 を焼い, を燒

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 が見えた, の山茶花

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 から考えます, は小さく

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 をとっ, をぬい

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 だ, の光

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 をお, を快く

▼ さした案山子~ (2, 0.2%)

1 という御, のやう

▼ さした海老茶~ (2, 0.2%)

2 の袴

▼ さした源助さん~ (2, 0.2%)

2 の姿

▼ さした犯人~ (2, 0.2%)

1 の名前, はあらゆる

▼ さした眼鏡~ (2, 0.2%)

2 をかけた

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 からきょう, や自分

▼ さした立派~ (2, 0.2%)

1 な大将, な武士

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 も偏, も大袈裟

▼ さした美しい~ (2, 0.2%)

1 女が, 肌理を

▼ さした~ (2, 0.2%)

2 まで

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 で小さく, をだらし

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 のつぼみ, を枝

▼ さした赤い~ (2, 0.2%)

1 花と, 花を

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 だすけて, 臭い臭

▼ さした~ (2, 0.2%)

1 を向け, を恥

▼1* [355件]

さしたあめ屋が太鼓, さしたいたいけない子供役者, さしたいつもの姿, さしたおばあさんがテエブル, さしたお茶などはどう, さしたくらいのもので, さしたぐらいじゃ分らないねえ, さしたこの魚の, さしたこんにゃくを買っ, さしたむらいが夏木立の, さしたさし物から直ちに, さしたさるとりいばらの, さしたしなやかな指, さしたせいか熟睡, さしたその後で鉄, さしたそれから発狂した, さしたそれだけのこと, さしたためにわかに前, さしただけの加奈子が, さしたつもりか, さしたとおり河岸っぷち, さしたときそれはどんなに, さしたところよなもし, さしたとの事な, さしたとはいうものの, さしたなりさっさと帰っ, さしたのみだった, さしたのよそれは, さしたはははは自分でも, さしたひとりの六部, さしたひろ子とつれ, さしたふ, さしたまっ白な顔, さしたまま一時間も二時間, さしたまま俺の前, さしたまま元の所, さしたまま前においてあります, さしたまま往来に立っ, さしたまま手にナフキン, さしたまま木工場の扉, さしたまま源内はヒョッ, さしたまま真黒な顔, さしたまま私にお, さしたまま逃亡しようとして, さしたまるでバーレンな, さしたみそ萩などが額縁, さしたやからをも憤りました, さしたやはりお仲間風, さしたゆえんはその, さしたよう円髷の高い, さしたわらじ穿きの, さしたんぢや, さしたん知つてるかい, さしたインディアンがいたら, さしたグラスの中, さしたコツプを一度, さしたてどう, さしたニガリの如き, さしたニコライの高い, さしたネーの意外, さしたブンガ・スンピンといふ匂, さしたベスのしぼみかけた, さしたマンが駈け, さしたルンペンと女, さしただわね, さした一つの原因, さした一二寸の細茎, さした一人坊っちの腰弁当, さした一大恐怖ノンセンス劇のドン詰め, さした一手だけが当面, さした一本の紫苑, さした丁髷日本人たちが維新, さした三ばい酢に漬けた, さした上口を塞ぐ, さした下町の女風, さした合理も, さした不幸の最初, さした与八が立っ, さした眼に, さしたを見る, さした中尉の童顔, さした乞食のよう, さした事つて無いん, さした事ツて無い, さした事件以来あおざめて, さした事実等は疑う, さした二つだった, さした二人の東洋人, さした二十三四歳の未婚者, さした二階食堂でその, さした人々のため, さした人一人やっと通れる, さした人影中の様子, さした人柄な前立, さした仇名であるが, さした令嬢風の女, さしたの人間, さしたかの花, さしたでキザ, さした光線の中, さした六部らしい風采, さした共和党の大会, さした其後で鐵, さした其方が入牢中, さした内儀がときには, さしたつこい, さしたの木, さしたに忘, さしたを抜く, さした功労によってエリゼェ, さした十二本の簪, さした十五六歳の少女, さした十銭芸者のうらぶれた, さした千代子の姿, さした千鳥と云う, さした原因の一つ, さした口もとの締り工合, さした口紅ににおや, さした沼の上へ, さした可愛らしい御姫様, さした同じ窓から, さした同情も無けれ, さした吝嗇家ほど激しい, さした品川女郎衆の素あし, さした品物であるが, さしたで軽く, さした唇鉄漿をつけた, さした唐津焼きの釣り花活け, さした嚥脂のこれ, さした団子のよう, さしたへでる, さした太り肉の丈, さした太刀でスパリ, さした太政官は他人, さした女中の斜, さした女郎の幽, さしたや泥だらけ, さした威勢の可, さした婦人のそれ以上, さした子供達がこの, さした孔雀の羽, さした害人であり従って, さした宿に落ちつく, さした小づくりの顔, さした尺八に雁, さした屈托もしない, さした工匠風だれかと思う, さしたが去年, さした帯皮を両, さしたの広い, さした平打を抜い, さした幾十の紅白, さしたに入っ, さした店先で, さした当人が後, さしただ, さしたの短篇小説, さした彼方の大将, さしたで地面, さした後余等五人は穴, さした後彼はパリー行き, さした後悔もなかっ, さした徳利を置い, さした怪奇な老人, さした悪い毛虫だ, さした憎いやつです, さした我家の響, さしたがそこ, さしたを翻, さした指環を気, さした振袖の女, さした揃いの侍, さした撫子の花, さした方角を東, さした日の丸のバッジ, さした日傘がすぼめた, さした日光に恨み, さした日本の遊女, さした日本人のかっこう, さした日私のすべて, さした旦那は今, さした明る味の, さした時そこにはハッキリ, さした時彼はじっと, さした時試験の最中, さした暗示がこの, さしたの光, さした月光は空, さした月影であります, さした服装は純粋, さした期待が持てなくなった, さした木の葉の二枚三枚, さした斑布の, さした村上を微笑, さしたに根, さしたに芽, さしたの箱, さしたの花, さした桜井林治という者, さしたの枝, さした植木屋の兄イ, さした植込みの梅, さした楼主がやって来た, さした樣子です, さした横笛を引き抜い, さしたの葉, さした機関のよう, さしたに附け, さした武者が二三, さした武蔵の栗色, さした歴史があっ, さした死骸の頭, さしたのうたった, さした母子に会う, さした毎日手紙を書く, さしたを白い, さした毛織物なんぼの値, さした毛虫の野郎, さした民衆は再び, さした気の毒である可愛, さしたのやう, さした泉田筑後の家, さした法螺の貝, さした湿地も草, さした漁夫が禮裝, さした濁水の中, さした濕地も草, さしたを嘲笑, さした無色の風景, さした焼鳥が大きな, さした煮物をくわえ, さしたの中, さした燒餅でして, さした燭臺やランプ, さしたの色, さした頬痩せ, さしたもガヴローシュ, さした物影のっぺらぽうの顔, さした狂言師の嘉門, さした狐憑きのやう, さしたの親分, さした猟師に峰越し, さした玉虫色の口, さした毛の, さした生命の本, さした生活の糧, さした田舎くさいドイツ人夫婦, さした略帽を無, さした當人が後, さした疲労と苦心, さした白い花が, さした裸体の, さした短刀ちゅうもんが, さした破裂弾も雨, さした硝子の花瓶, さした神聖な櫛, さしたはこの, さした空漠熱烈な観念論, さした竜胆や鈴蘭, さした端麗な顔, さしたの不思議, さした筆立電燈の笠, さした策源地は彼女, さしたを両手, さしたも無けれ, さしたのビラビラ, さした紅茸だあ, さしたの雛, さしたにぬりつぶされ, さした紫藍の肌, さした細腰の風情, さした細長い爪かも, さした紳士が右手, さした紳士たちが奇抜, さした結果としてでき上る, さした綺麗な御, さしたの簪, さした美しさを, さした脇差の方, さしたに見える, さしたに向っ, さした舞妓が橋, さした芋田楽を買っ, さした花洛女郎衆も桑, さした花簪で頭, さした若者が愛嬌, さした若芽をのぞかせ, さした苦痛のある, さした草花など特に, さした莨入をまた, さした菜の花ばかりが冴え返る, さした蓆壁にぴったり, さした之助, さした薔薇の花, さしたは燒芋屋, さしたのよう, さしたを有する, さした裸女の群れ, さした複雜な心理, さした西の空, さした西洋人の男, さした西窓の障子, さした見所もなき, さした見物もない, さした覚えがある, さした暴動は, さした豊かな頬, さした豪刀の鯉口, さした責任から退職, さした責任者の罪, さした貴婦人が一人, さした赤ばんだ日影, さした赭味は四尺, さした越後結城か何, さした足袋の影, さした足跡は大き, さしたでデコボコ, さした踊りと平行, さした近在の百姓女たち, さした通りに今日, さした造花の百合, さしたもなかっ, さした部屋部屋がそら, さした酌婦上りらしい女, さした野郎もお, さしたを投げ込んだ, さしたの棒, さしたの平打, さした銀貨ばかりであった, さした雪子がこちら, さした電気の白い, さした電燈の光, さした露わな肉塊が現れた, さした青羅紗の帽子, さしたと細長い, さしたをふりかざし, さしたを感じた, さした頬クローバ型に小さく, さしたを下げ, さした頭巾を被, さしたの色つや, さしたはまだ, さしたは醜態此上, さした飴屋の前, さしたは皆, さしたを曳いた, さした騎馬武者が幾人, さしたの飾り, さした鮎鮠鰻の類, さしたを焼い, さした鴛鴦の姿, さした黄楊の櫛, さした黒髪が空, さしたの少し, さした龍膽や鈴蘭