青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~さうな さうな~ ~さうに ~さがし さがし~ ~さき さき~ ~さげ さげ~ ~さし
さし~
~さした さした~ ~さして さして~ ~さす さす~ ~さすが さすが~ ~させ させ~

「さし~」 6299, 68ppm, 1663位

▼ さし~ (3196, 50.7%)

210 いた 118 いる 69 いるの 36 下さい 31 おいて 30 いて 26 います 22 いました, くれ 21 いたの 19 しまった, それを 18 いると, いるよう 15 くれと 14 いたが, おいた 13 きました, 来て 12 いった 11 あった, いるので, ください 10 やって, 頂きます 9 いること, やった, やる, 下さいませんか, 行く 8 くれた, ゆく, 私は 7 ある, いただきます, おくん, きた 6 あって, いたから, おくの, それに, みると, やりたいと, 頂き度

5 [18件] いたん, いったの, いない, いるところ, いる日, くる, くれたの, くれました, くれるの, みた, やつて, やるよ, やろうと, 彼女は, 自分の, 言った, 頂きたいと, 飛んで

4 [20件] あげるよ, いたので, いるもの, おく, おくこと, おくれ, きて, くると, くるの, くれる, しまう, しまうよう, しまったの, それが, まっすぐに, もらった, ゐた, 呉れる, 来るの, 貰って

3 [51件] あたりを, いただきましょう, いたもの, いた刀, いた日, いって, いましたが, いるが, いる奴, いる男, おきながら, おきました, おくが, おくと, おけば, お力は, くれたまえ, くれよ, これは, しまうの, ちらちらと, まっしぐらに, みせた, みたり, みる, もらいます, もらいまっ, もらって, やらう, やり度, やるが, やれ, ゆくと, ゐる, 下さいと, 下されば, 云った, 何の, 平次は, 引返して, 急ぎに, 持って, 来る, 自分は, 行かふ人, 行き, 行け, 行った, 言ったの, 走って, 頂きとう御座います

2 [160件] あげようか, あれは, いたこと, いただいても, いただくこと, いただけば, いたと, いたよう, いた一本, いた山刀, いっさん, いても, いましたから, いましたよ, いますが, いるあいだ, いるうち, いるお, いるか, いるかと, いるから, いるじゃ, いるその, いるだけ, いるだろう, いるでは, いるという, いるに, いるん, いる人, いる傘, いる女, いる方, いる方角, いる時, いる模様, いる障子, いろくづ二つ, おいたの, おいたん, おくさ, おくれよ, おります, おりますから, おりません, お客の, くること, くるところ, くる太陽, くれたよ, くれという, くれないん, くれません, くれるかしら, くれると, くれる事, しかと両手, しまうだろう, しまおうと, しまったと, すぐに, すぐ消え, すべてを, すッ, その上, その下, それへ, ぞろぞろと, ほころびの, みせる, みたが, みること, みろ, もらいました, もらう, もらうこと, やがて沼べり, やっても, やらあ, やらないと, やらなければ, やりたい, やりたいん, やりたかった, やるの, やろう, ゆけば, イタヤの, チエ子は, 一生を, 下さいな, 下さいね, 下さいよ, 下さると, 主人の, 二人共退散させる, 云ったもの, 云って, 人形を, 俯向い, 入って, 全滅とも, 匙で, 去年の, 叫んだ, 呉れた, 夢の, 大急ぎで, 夫人は, 女たちは, 女の, 嫌がる, 山の, 帰って, 彼の, 彼は, 手には, 手を, 携帯品を, 昔しの通りでなく, 来ること, 来るという, 来るもの, 来るよう, 来る方, 桃色のて, 欲しいと, 歩いて, 浴衣の, 男の, 白茶の, 白蛇と, 眼も, 私に, 続々と, 置いて, 自分で, 行くと, 行くも, 行ったの, 衣に, 見て, 言って, 貰おう, 貰った, 貰ふと, 足を, 邸内隈なく, 難かしい, 難くは, 雨の, 静かに, 頂いて, 頂きたいもの, 頂きましょうか, 頂けば, 頭を, 高い足駄, 黒木に, 黙って

1 [1621件 抜粋] あげたいと, あげましょうか, あげられりゃちっと, あげるつもり, あげるわ, あったかぎ, あったの, あった旗, あった長い, あとは, あらん限り, あります, あるきながら, あるの, ある三人, ある無, ある笹, ある身元帳, あんよ, いかにも浮, いくの, いく者, いたあざみ, いたか, いたその, いただきたいつもり, いただきたいもの, いただきましょうね, いただくと, いたところ, いたろう, いたローリイ, いた夕日, いた家, いた忘れな草, いた提灯, いた番傘, いた空, いた笛, いた若い衆, いた針, いた黄金, いった艦隊, いつた, いつも来, いては, いないので, いなかったら土地, いましたので, いまにも, いるありさま, いるかげ, いるかん, いるそば, いるだろう屡, いるとばかり, いるばかりか, いるらしい, いるらしい水, いる一刀, いる三尺, いる中山蒿岳, いる仄か, いる光景, いる写真, いる古い, いる問題, いる夕日, いる女たち, いる室内, いる富士川, いる尖った光線, いる広場, いる所, いる新しい, いる明り, いる木村さん, いる歪み足, いる濡れた雨傘, いる真夏, いる砂丘, いる経, いる老爺, いる般若丸, いる見世窓, いる鏡, いる静か, いる鼈甲, いわゆる薦骨奇形, うまく適應, おいたが, おいたら, おいた裁縫用, おきたいため, おきたかったの, おき寺男, おくといった, おくれよ頼んだよ, おけという, おこうかとも, おやんなさい, おりましたので, おれは, お千代, お産の, お貰い申すだ, かげ干しを, かんかんいう, きたとちゅう, きた嫌悪, きびだんごの袋, くださいね, くださいましたの, くるさ, くるまでは, くる光線, くる所, くる明るみ, くる頃, くれたらその, くれた人, くれた方, くれといった, くれないでも, くれなかったあの, くれなどと, くれますよ, くれるいい, くれるであろう, くれるねえ, くれるよりは, くれる家, くれんの, くれ私, く礼, こいで, ここでも, こちらに, こてこて白粉, この地方, こらえ切れなくなり妹, こんなこと, ごらん, さう, しかも雨, しまいたい, しまいますわね, しまう相手, しまったこと, しまったでは, しまったらしく, しまつたん, しまふ, すぐ向う, すこし錆びた, すっかり顔, ずんずん歩き出した, そいで, そこは, そして, そして考え, そして里, そのあと, そのなか, その効果, その女, その手, その昔基督, その男, その眼, その細い, その触れ味, それからお礼, それから私, それでいて飽く, それで土, たちまち櫛, ちがいが, ちょっとばかり, ちらりと金色, つづらを, てんでに引下つて往, とぼとぼ帰っ, どこでも, どんな冬, なぜか, なるもの, のそのそと, はらはらと, ひた走りに, ふいと, ふらふら坂下, ぶらりと山, ほしいよう, ほしい云, ほほほ, まいりました, またちゃあ, また話, みせて, みせる無理やり, みて, みな将来の, みるが, みろたたっ斬るぞ, むくむくと, もらいさえ, もらいに, もらいましょと, もらうと, もらう気, もらえば, もらおうじゃ, もらっても, もらひまつさ, もらふの, もらわっしゃいよ, やったん, やっぱりうれしい, やらうかと, やらないから, やらなきや, やりたいネ, やりたまえ, やりましょう, やりますよ, やるため, やるよう, やるツ, やれと, やろふと, ゆうべ食べのこした, ゆくに, ゆく人馬, ゆく術, ゆっくりと, よいとも, よちよち家鴨, わざとたぬき, わたくしには, わらわらと, ゐたんぢ, ゐる原因, カサ, コノお召縮緬の, ジロリと, チンマリと, ドサリ撞と, ハラ, メーソフの, 一せきの, 一つ一つ捻つた, 一人とぼ, 一匙ずつ, 一夜の, 一度やす, 一番奧の, 一隊の, 三男市太夫は, 上げましょうもの, 上げよう, 下さいまし, 下さいまし路用, 下さいツ, 下さったの, 下さらば, 下さるならば, 下の, 不用意な, 両人の, 中央の, 之を, 乾坤山日本寺の, 二つの, 二人の, 二泊の, 云つた, 五十ほどの, 今や開けよう, 仕事に, 仰っしゃるのか, 何か, 何とも, 何を, 例の, 信長の, 傘を, 働きに, 兄貴だの, 光悦も, 兩國橋より, 其の人, 再び退かむ, 凝然と, 出かけました, 判官とも, 前みたいに, 動きの, 十曲峠を, 南蛮と, 参りましょうか, 又た, 口の, 只で, 右左の, 吉良が, 向うへ, 呉れたの, 呉れない, 呉れるなら, 呉一郎に, 唇を, 四五人の, 困難な, 固くなっ, 坊ちやんの, 多くが, 夜明け雲の, 大きく迅, 大層意味, 大蛇の, 天晴の, 夾竹桃には, 奥の, 姿も, 宮は, 家を, 宿屋の, 審美眼と, 小ざかしくも, 少し寂しく, 尚寒き, 居ると, 山野の, 川べりを, 巣へ, 帝は, 年紀は, 床几と, 引けども, 引退く, 彼らの, 彼奴という, 後期王朝以後尊者と, 得意に, 御覧, 忽ち窒息死, 急いで, 急ぎ行く, 恍惚と, 恥なき, 悩ましい御, 情慾も, 慌てて, 戴きます, 手甲甲掛厳重に, 打案じ, 抱こうと, 担いゆく男, 指先で, 探しに, 揺, 故信長, 敵地行を, 新しい, 新皇様, 早く寝かし, 明朝七時までに, 昨夜した, 昼中歩く, 普通の, 暗にその, 暫く祈念, 更めて, 木賃宿から, 札差の, 村一番の, 来るその, 来るところ, 来るらしい, 来る力, 来る真, 来る道, 板橋を, 架け渡して, 案の定母親, 極めて徐々に薬液, 横道から, 次に彼女, 歓喜せる, 此様な, 母は, 毎朝祇園の, 気が, 水の, 泣き入った, 浪人とも, 海を, 液体空気の, 湖南を, 源次は, 濡れるの, 炉火で, 無事に, 片手ついた, 犯人を, 狸山へ, 猫を, 甘やかした千代田, 申しました, 疊の, 病院の, 白足袋を, 皆な, 目の, 直に, 着換えよう, 石の, 私ら銘々に, 穿きにくかろ, 立てて, 立退きを, 粛々としかし, 細い頸, 続いた, 縄で, 置くの, 義士だの, 肩を, 胸を, 臧に, 自身先に, 若林博士も, 草履を, 落ちたな, 著名でない, 蚕の, 行かざれど, 行きたが, 行くか, 行くくらい, 行くので, 行くよう, 行く二度, 行く方角, 行く青年, 行けば, 行ったと, 行灯の, 見た, 見なさったら証拠, 言ったと, 言はれぬ, 試しに, 誰にも, 警部は, 貰いたいの, 貰い度いという, 貰えるだろう, 貰ったん, 貰はう, 貰わにゃ, 赤い弁当風呂敷, 身じまいを, 輕く, 退却し, 逃げてる間, 逃げ帰った武族, 這うよう, 遊ばして, 道を, 遣らうよ, 遣ります, 酌には, 醇乎たる, 鉄鍋で, 鍬の, 長い顔, 降りて, 隠くし, 雪に, 霊地の, 青年は, 頂いた上, 頂きたいだけ, 頂きたい考え, 頂きますが, 頂き度い, 頂くに, 頂く時, 頂ければ, 須彌壇の, 顔色を, 風邪引くでねえ, 飛んでしまつた, 首の, 骸骨は, 高木君を, 麻を, 黙りこんで

▼ さし~ (150, 2.4%)

9 老人は 8 煙草を 4 葉巻を 3 ように, 姿を, 巻煙草を, 煙管を 2 ならないところ, ならない破目, 盃を, 酒を

1 [109件] お銭の, ぎにはなるであらうが折角の, ことである, ぞきたる, ぞくに, たけが, できる三段, ならない力, ならない商用英語, ならない嘘, ならない宿命, ならない心, ならない感覚, ならない深田地獄, ならない玄人, ならない羽目, ならない証拠, ならない関係, ならなくなるよう, ならぬところ, ならぬ危急, ならぬ感覚, ならぬ母, ならぬ隠れた歴史, ならんこと, はら, ぶる使者近, ぶる諸手, ままでは, まま残し, コソ泥を, コップが, コップや, シガーに, シガーを, セント・セバスチアンは, チームであった, チームは, ドレスを, バットの, パンや, ビールの, ビールを, マツチを, レモン, 一升ど, 下に, 串にも, 二串目の, 二合壜と, 出来ないだけの, 出来ない破目と, 分も, 前を, 厚い本, 向いに, 姿が, 姿ばかりが, 布を, 平野水を, 形を, 支那家具が, 書は, 朝日を, 木が, 本も, 本職に, 材木一本横わっ, 林檎が, 林檎と, 枝を, 汁粉を, 沓足袋とを, 煙草から, 煙草の, 燗瓶も, 物の本を, 猫イラズの, 画の, 白葡萄の, 篝火の, 紅茶と, 紅茶を, 紙巻を, 絵が, 絵絹を, 老人も, 胸あら, 舞が, 花一輪も, 茶に, 茶の, 茶を, 草を, 葉巻が, 葉巻に, 葡萄酒の, 蚊遣火なほいき, 袋を, 裁縫は, 赤き毛糸, 金を, 金口が, 金口の, 銭を, 間に, 関守氏の, 韈を, 鳥黐である

▼ さし~ (87, 1.4%)

6 にしたがっ, をし 3 はうけない, を仰いだ 2 に依る, に従っ, の下, をする, を仰ぎ, を待て

1 [57件] があった, が下っ, でもっ, で美しく, で追いかけ, とか, どおり, どおりに, などし, などはそっちのけ, などもすべて彼, などをうけ, にちがい, にもその, によっていろいろ, によってである, によって自動車, によって遠く, によって鄭重, によらず, により帆足, による山林規則, に依っ, に安兵衛, に待とう, に従って進まね, に老母, に館員, のまま, のもと, のよう, はうけん, はしなかった, は受けん, は急, まで行房, や命令, をうけ, をうたがった, をした, をしなけれ, をしました, をどなっ, をなされ, をよい, を与え, を二三, を仰ぐ, を受け, を受ける, を待たない, を待ちかねる, を待ちかまえた, を待つ, を恩智左近, を聞い, 言葉は

▼ さしたり~ (79, 1.3%)

11 して 2 する, なんかしなけれ, バイオリンを, 減い, 自分の

1 [58件] あまつ光, お菓子や, したが, したがっていじめ, したくないと, したこと, したの, した家, しなければ, しましたよ, し船, すること, すると, するという, するの, するので, するよう, その他万遺漏なく, その邊, それにつれて, ひるねを, また時には, また止め, まるで人間, イな, ポーズ取らし, 一張羅の, 出来るだけの, 口を, 商取引を, 図星を, 声帯に, 奥さんを, 小さな簑, 小石の, 引いたり, 徳利を, 恥しい思い, 悪い好み, 戦死さしたり, 掻き乱したり, 時には下駄, 枝を, 毎日ていねいに, 汝ら暴れよ, 汝等暴れよ, 無駄話を, 番茶道具を, 畳んだり, 私共が, 種々な, 肩に, 腕自慢の, 花札を, 身に, 退いたり, 金の, 電燈の

▼ さし向い~ (75, 1.2%)

9 になっ 3 でいる, になった, になる, に坐った, に坐り 2 で話, で食事, になり, に坐っ

1 [43件] でいらっしゃるお話, でしんみり酒, でとじこめられる, では永もち, では経済能力, でやっ, で上方, で午前半日精, で吸取, で呉服, で夕飯, で安倍川, で楽しかっ, で酒, で飯, というの, となっ, ならば, におなり, にかけ, にし, にちょっと, になつて, になりました, に坐る, に永く, に罵り合っ, に腰, に腰かけてる, に食堂, に黙っ, のこの, の家, の席, の折, の晩餐, の暮, の朝, の為事, の顔, よ凄い, ギラギラと, 安らかに

▼ さしながら~ (73, 1.2%)

4 言った 3 何か 2 勘定の, 訊いた

1 [62件] あちらへ, あの紅い, いろんなこと, お急き立てした, お母ちゃんは, お雪ちゃんの, こたえられた, この優しい, しいて空嘯い, せつせ, そこらの, た, たえず武装, たがいに, びしょびしょ濡れ, ぶっきら棒, ガヴローシュに, 上さんに, 云った, 今しがた黒田官兵衛が, 公主が, 内の, 出迎えたの, 医者たちを, 右の, 呑んで, 喋って, 女の, 妖しい微笑, 尋ねた, 小屋の, 小腰を, 引用した, 彼は, 恵美須様の, 手指を, 早くも, 昔を, 橋板を, 片手には, 王に, 甘えるよう, 相手の, 眼を, 私に, 立上った, 罵った, 肚を, 胴体を, 自分の, 莞爾として, 菊池さんが, 藤波の, 言つた, 読み給えと, 起き上って, 透して, 這いだして, 離れて, 青年に, 青木が, 駒下駄を

▼ さし当っ~ (69, 1.1%)

3 ての問題 2 ての仕事, て何より

1 [62件] て, てお, ておるだろう, てここ, てこの, てこれ, てその, ての出発点, ての御, ての方法, ての暴風, ての狂言, ての生存必需品, ての目的, ての腹, ての要点, ての難関, てはあらゆる, てはさらに, てはどこ, てはなるべく, てはまた, ては上海, ては帰国, ては考えなかった, ては都, てぶらぶら, てべつに, てよい, てミシン, て一番おしまい, て予防, て他, て会った, て何, て作者, て信吉, て先ず, て光悦, て兵隊, て分別, て困っ, て多門, て後図, て心配, て新, て明日, て木村, て次, て生命, て生活, て目下, て税, て策, て美濃, て藤吉郎, て血止め, て訪問, て誰, て近ごろ南陽, て面倒, て高氏

▼ さし当り~ (65, 1.0%)

2 この辺, の問題

1 [61件] お手水, こうという, このまがい, この一箱, この三つ, この対立, この小舟, この意味, この隣り, こんなところ, そういう存在, その代理, その日常性, それだけ明らか, そんなこと, ては鬢水, どうする, のテーマ, の仕事, の代表者, の入, の区別, の最も, の目標, の目的, の社会的, の社会的機能, の結論, の規定, の連帯的, の連関, は, はそう, はない, はよい, は不用, は足りました, まず政治的自由主義, もう一度, 不必要, 之である, 例えばアカデミー, 全く人々自身, 出来るだけ, 取り除こう, 大した問題, 最も形式的, 最も手近, 最も著しい, 無論我が国, 現われねば, 異にし, 第一, 考えて, 考えられるもの, 要らないよう, 見たまま, 見て, 見易い一つ, 買いたいの, 送りました

▼ さし~ (56, 0.9%)

3 を背

1 [53件] あぶりくひなど, から直ちに, から諸, がある, が熊, が神事, だの家, と葵, などであった, などとも言, などに死出, などは用, などを沢山, などを見, など凄, など治部大輔今川義元, にした, にはまだ, には薄, にも将棋, にも用, に意匠, に欠く, の動き, の名, の名目, の多く, の画, の起り位, の陰, は弁慶, は此方面, は黄, へ参照, も馬印, や人数, や人馬, や槍, や甲冑, や馬簾, をさして, をひる, を全, を吹きちぎられ, を地, を打ち振っ, を揃え, を横, を翳し, を見, を見せ, を負い, を飾った

▼ さしては~ (55, 0.9%)

5 いけないと 4 いけない 3 ならない 2 いけないの, いけねえ, いない

1 [37件] いけないという, いけないとか, いけません気づかれないよう, いなかった, いぬわ, いよ, おかない, おけなかった, お父さア, くれない月かげ, くれまいか, けしからんじゃ, ならないから, ならぬと, ならぬ木綿合羽, なりませぬぞ, なりません戸外, もらえないだろうか, ゐなかつたと, 何と, 却つて冥途の, 喜んで, 大将の, 悪いと, 成んねえから, 捨て置き難い, 昨夜の, 来なかった, 済まない, 濟ま, 置きませんなぜ, 自分の, 頻りに食べ, 食い食っては, 食り, 飮んで, 鼠に

▼ さし~ (50, 0.8%)

2 床に

1 [48件] あてて, いて, かたっぱし洗え, かたっぱし洗っ, そのまま器中, だがさすが, まは, まわして, やけに火鉢, やめたの, テーブルの, ポンと, 切株の, 前の, 取って, 取りいまいまし, 取り落して, 受けとると, 口にく, 口の, 川の, 庭に, 所望所望という, 抓み捨てた, 投げつけ控室, 投棄てて, 拠りこむと, 拾って, 捜し回り有閑婦人達, 捨てて, 探しました, 揉消し, 数えて, 棄てるところ, 海の, 灰皿の, 無暗に, 盜んだ, 短かい, 突きだすなど, 置き診察服, 腰掛に, 膝に, 行火の, 見せて, 見に, 調べる段, 靴の

▼ さしても~ (48, 0.8%)

2 いいの

1 [46件] あげる, あたりますか, あつた, いうし, いけないと, おけますまい, かまわないから, こうだ, この二手, さすがここ, それは, それほど馬鹿, どなたも, なるまいと, まだしら, よいとまで, よかろう, よく食いついた, りら子, ヘボが, 上げるが, 不可なかっ, 人違ひです, 俳優は, 口を, 可笑しい態と, 各自の, 好いだろう, 宜しいん, 店や, 形は, 思わなかったが, 悪いでね, 構いません, 歩き続けようもの, 決してソツ, 照明部を, 目的の, 石を, 私の, 自分の, 色は, 起されぬくらい, 返事は, 重工業の, 間に

▼ さし~ (48, 0.8%)

3 けり, なりました 2 とられたけれど, 来る, 火を

1 [36件] いつぱいになつた, きた時, くる, さした銀貨, さして, した, ついたかすか, なった, なったピッケル, なった時, なって, なつた, なりぬ, なりませんでした, なる, なると, なる事, 一つ一つと, 上ると, 出て, 出合って, 刺した, 刺した銭, 差さった日本からの, 常を, 手を, 押し出して, 来た, 来たの, 来て, 行くの, 行くん, 行けという, 行ったあと, 貫かれて, 銭が

▼ さし~ (41, 0.7%)

7 ている 5 がましい 4 がまし 3 がま 2

1 [20件] がましいです, がましく聞える, ぐちも, て, てい, ていた, てくる, てゆるやか, てゐる, て来ました, て来る, でたま, でたる, でたるべし, でたるもの, でたる一枝, で人, の天の橋立海, の岩, の野島

▼ さしずで~ (39, 0.6%)

2 ふたりの, 数人の

1 [35件] あらためて寝室, おれの, お昼の, きみを, ここまで, この付近, さあね, さっそくにわとり, はあるまい, はなく, は助かる, みんなが, ろうかに, わしを, ガンバッて, ボーイらが, 一本の, 三木俊連が, 刑事たちは, 十人ずつ, 午後八時と, 同心が, 大勢の, 小林少年の, 小林少年は, 少し遅れ, 峠村の, 忌中の, 応接間の, 怪老人は, 探照灯が, 新しい墓標, 赤坊にも, 運転席に, 黒川記者小林少年運転手は

▼ さしずし~ (37, 0.6%)

5 ていた 3 ている 2

1 [27件] たが, たりし, たりすべて, ておきました, てなべ, ての闘い, てもっと, て事務長, て多く, て夜, て天井, て寝床, て書物, て死座, て水, て江戸橋詰, て火鉢, て発電室, て羅馬, て艇内, て荷造り, て車, て邸中, て部屋, ながらいず, ながらしきり, ながら一同

▼ さし入る~ (36, 0.6%)

12 月の 3 なべに 2 影は

1 [19件] ところは, のでした, のは, のを, はればれと, ものと, 光も, 十一月の, 夜半に, 小部屋, 影の, 日あたりに, 日光から, 日光の, 日光を, 月は, 月を, 月影, 靜夜には

▼ さし~ (35, 0.6%)

8 ひに 3 ひを 2 ひ, ひて, ひては, ひにな

1 [16件] くるに, これといふ, しに手早く, つては, つてる, つてゐる, つて聲が, つて腰かける, つて話す, ひとなり, ひの, ひ女, ふひがし, 何も, 或西洋人, 行くところ

▼ さし~ (33, 0.5%)

9 へはない 8 へのない 6 へない 3 へがない 2 へありません 1 なしと, へはありません, へはなから, へはなく, 不相済

▼ さし上げ~ (30, 0.5%)

5

1 [25件] それからコップ, ていけなかった, ていない, ている, ておこう, てくれ, てこちら, てそうして, てもみる, てもよろし, ても差支え, てよ, てパセティック, て云った, て何, て叫べり, て哀, て手, て暑, て用心深く, て親船, 申すなり, 裸足に, 裸足にな, 谷底へ

▼ さし入れ~ (27, 0.4%)

2 置きし者

1 [25件] かぎの, さえさせなかった, された菊, すぐ柳, その他の, たりし, たり抜い, だけにでもゆく, ている, てかくれ, てち, てなに, ての試み, てへし, てみた, て短刀, て縁端, て見る, というの, との他, に製作, のすし, の本, 別れゆくマフ, 軽がる

▼ さし~ (25, 0.4%)

8 いて 2 おった, ほる冬木立木

1 [13件] いては, おって, かんと, なつて, むるむぐらやしげき東屋の, インサイドパスとを, 一トまくりに, 中指と, 同様に, 呼んで, 思さずや, 数人網釣竿黐竿その他の, 鹽賣なり

▼ さし~ (25, 0.4%)

1 [25件] おろか犬殺しや, お鷹紛失, かけ蕎麦, きて, さめるくらい, さめる程, しない, しないかを, しなかった, すまいか, せぬゑゑ, せんぞ, それに, とり, もう五十, 今と, 夢中に, 止まったと, 看板の, 維新以前には, 習うて, 腰に, 菅笠を, 黙って, 黙つて

▼ さし俯向~ (24, 0.4%)

24 いて

▼ さし出す~ (23, 0.4%)

2 手を

1 [21件] のです, もをかし, やり口が, ように, 友仙の, 娘は, 小指に, 懐中電灯の, 所為は, 扇から, 手に, 書状を, 柄杓を, 水を, 火桶も, 無数の, 白湯の, 箱を, 花札を, 茶の, 袴を

▼ さし向かい~ (22, 0.3%)

3 になる 2 です

1 [17件] でいろいろ, でした, でたいがい毎日碁, ではいかな, で何, で坐っ, で朝鮮将棋, で茶漬け, で酒, にすわっ, にすわった, にオートミール, に炬燵, の囲碁最中, の碁打ち, 奉るとて, 忍びの

▼ さし~ (19, 0.3%)

2 来て

1 [17件] いけませんもっと, うつ伏せに, そっと覗い寄っ, その機縁, みついて, みんななくなる, モチ棹を, 上に, 來る, 出るとき, 四つあります, 落ちて, 行先を, 見つかると, 詰将棋の, 違うて, 鳥を

▼ さし~ (19, 0.3%)

5 可申候 3 ませう女夫 2 つたが, 可申 1 けるもの, す何やら, た, たので, つて, まゐ, 不申候

▼ さし込む~ (19, 0.3%)

3 日の 2 のを

1 [14件] のだ, のに, やうに, ように, ガラスば, テーブルの, 光線に, 戸口から, 月の, 朝日暑けれ, 痛みを, 裡に, 赤い西陽, 部屋の

▼ さし控え~ (18, 0.3%)

6 ていた 2 ている, ておりました 1 ただお, ておりましょう, ておりまする, ておる, てきょう, てこの, てよい, 申して

▼ さしそれ~ (16, 0.3%)

1 [16件] から小暗い, がすんで, が一つづつ, が生えつい, が皆今, が開き, が陽炎, と同時に, に生命, に馴れない, は朱色, よりは二人, を一人一人菰, を力強く, を庁前, を父

▼ さし~ (15, 0.2%)

2 の現役線, を描いた

1 [11件] が一般, で心ゆく, に依らず, に直ちに, の未醒, は単色版, は藤澤, を以つて, 乃至さしゑ界, 即ホン絵, 及び漫画

▼ さし覗く~ (14, 0.2%)

2 ように

1 [12件] ごとに, だに好き心地, とそこ, と凛と, と幸い, 家内の, 小県, 巨勢が, 気勢に, 状し, 青いもの, 顔の

▼ さし込ん~ (14, 0.2%)

3 でいる 2 でい, でいた, で來 1 でいれ, でこない, でデスク, で来た, で来る

▼ さしうつ向い~ (13, 0.2%)

2 て, ていた, ている, てしまった 1 ていうの, てしまう, てゐる, て文聘, て涙声

▼ さし出した~ (13, 0.2%)

2 手を

1 [11件] その受け, のを, チェリイの, 傘に, 名刺を, 弾丸を, 書面を, 繪は, 茶を, 関羽の, 龕燈の

▼ さし上げる~ (12, 0.2%)

2 ような 1 お料理, お膳部, ことが, ことでしょう, ところだ, と感極まっ, と敵, ように, ようにとの, 訳にも

▼ さし向け~ (12, 0.2%)

2 て来た 1 て, てあげる, てある, ている, て浮く, ながら彼, の駒, まする, 後また, 身は

▼ さし~ (12, 0.2%)

2 近づいて 1 この段々, ごしら, その声, その窓, でこの, でもどっ, で廊下, で早朝, むこうにおいて, をのべ

▼ さしちゃ~ (11, 0.2%)

1 [11件] いかんよ, いけねえぞ, おかん, すまないですが, ならねえよ, 下さいませんか, 不可い, 悪いん, 気の毒だ, 燈が, 菓子も

▼ さしのぞく~ (11, 0.2%)

3 に黒く多き 1 と, とファンティーヌ, と奥, と御存じ, ように, 夜, 源十郎の, 華かな生の

▼ さし~ (11, 0.2%)

5 向いた 2 向いたまま 1 向いたが, 向いたの, 向いた頸, 向けたまま

▼ さし招く~ (11, 0.2%)

3 ような 21 とお, とこれ, と念, のを, ものが, 春に

▼ さし示す~ (11, 0.2%)

2 方角へ 1 その, であらう, のだった, のは, ままに, 対象は, 方角に, 見物申込の, 語である

▼ さし出された~ (10, 0.2%)

1 が茫然, 対手の, 帽子の, 手に, 手を, 手札を, 新聞を, 父の, 給仕盆に, 絵を

▼ さし出し~ (10, 0.2%)

2 ますると 1 さえすれ, だ, てある, ている, の案紙認候間, まする, 申しました, 申すべく只

▼ さし寄せ~ (10, 0.2%)

2 て言葉寡, 行き通 1 て, てその, て囁いた, て夜, て言った, 嗅ぐ鞠

▼ さし込んだ~ (10, 0.2%)

2 ような 1 その南向き, 光線は, 夜などに, 妻戸が, 左の, 月の, 穀倉の, 胸の

▼ さし~ (9, 0.1%)

2 ほひ外面 1 みつは, 目に, 目を, 眼に, 綱に, 線香を, 花は

▼ さしこの~ (9, 0.1%)

1 おじいさんは, はっぴに, 着物の, 石を, 老人, 足袋を, 頭巾や, 頭巾下は, 頭巾半

▼ さし~ (9, 0.1%)

1 かついで, 口も, 口を, 手を, 来たから, 海の, 行かなければ, 話すたんび, 遊ぶの

▼ さしむる~ (9, 0.1%)

1 が故に, と共にサタン, に到つた, に至りたる, に足る, に適當, の因, の機, 傾がある

▼ さし~ (9, 0.1%)

4 つた月 2 つて來た, つて来た 1 つて蒸し烟る

▼ さし招い~ (9, 0.1%)

3 ている 21 ていた, て昼間, て病院, でいた

▼ さし昇る~ (9, 0.1%)

1 ところなれ, に及ぶ, 太陽の, 太陽を, 庭に, 日輪の, 月の, 月を, 朝日を

▼ さし示し~ (9, 0.1%)

1 つつそっと, ていた, ています, ている, ては笑い, て見せた, て順路, ながら相, やさしい驚き

▼ さし~ (9, 0.1%)

1 か蒲鉾, ではない, に丹, に舌鼓, の角, の食べ, はない, もろくに, を並べた

▼ さしかは~ (8, 0.1%)

1 し, したる古木, したる庭, したる殊に, した影, して, し野生, す山松

▼ さしつつ~ (8, 0.1%)

2 うらさ 1 それでちらちら, 兄も, 夕焼早し, 恐ろしく睥, 自身も, 話して

▼ さしひき~ (8, 0.1%)

1 がある, がきつく, に漂, のほか, の早い, の間, をつかさどる, を代表的

▼ さし~ (8, 0.1%)

1 のふち, の下, の底, の色, はぎらぎら, も少し, をすまし, をむき出し

▼ さし障り~ (8, 0.1%)

3 のない 1 ありますが, があっ, がある, もない, も出

▼ さしそう~ (7, 0.1%)

1 でなりません, な女, な威厳, な方角, な晩, になる, 云ったよう

▼ さしのぞい~ (7, 0.1%)

21 てい, てみる, てゑゑ不器用, てゑゝ不器用, て恐々

▼ さし伸べ~ (7, 0.1%)

1 て, てゐる, て居る, て我, て枕せさせ, て洞門, て私

▼ さし~ (7, 0.1%)

1 がおちた, する髪, に月, は, をした, をどこ, 落ちて

▼ さし覗い~ (7, 0.1%)

1 て, ていた, ている, てゐる, て笑った, て行った, て訪れた

▼ さしその~ (6, 0.1%)

2 白が 1 一端に, 百姓屋の, 眼は, 貪り食うこと

▼ さしてから~ (6, 0.1%)

1 ようやく立ち去る, 二十年近くも, 正雄に, 海い, 漸くに, 見送り度いから

▼ さし~ (6, 0.1%)

2 赤い着物 1 大きな鮎, 庖丁を, 気が, 馬鈴薯の

▼ さしわたし一メートル~ (6, 0.1%)

3 もある 1 ぐらいのおわん, ちかくも, ほどのまるい

▼ さし上げた~ (6, 0.1%)

1 か, ことでしょう, ので, のです, のは, んだ

▼ さし入っ~ (6, 0.1%)

2 ている, て来た 1 てまだ, て来る

▼ さし出口~ (6, 0.1%)

1 であるが, とお, に過ぎない, はおけやい, はしなかった, はひかえろ

▼ さし向けた~ (6, 0.1%)

1 がこの, とか, のである, わけであった, 家来は, 松田太郎左衛門の

▼ さし~ (6, 0.1%)

1 へた, へて線路, へね, へよう, へる, へると共に

▼ さし措い~ (6, 0.1%)

1 てあと一日, ていかにも, てもらいたい, ても先ず, ても日常些細, て旗

▼ さし渡し~ (6, 0.1%)

2 にすれ 1 が一寸, にし, になっ, は五分位

▼ さし~ (6, 0.1%)

1 ってはとじつは, り世話, り新, り目當, り目的物, り陰鬱拔

▼ さしたま~ (5, 0.1%)

2 へる國 1 ひける心, ひて, へり

▼ さし~ (5, 0.1%)

1 その他に, つた, んした, 届く橋, 草餅の

▼ さしわたし~ (5, 0.1%)

1 が四, ている, に似ない, の話, 僅か十数間

▼ さし~ (5, 0.1%)

2 はしたる 1 はし, ふ, へて靡き寝し

▼ さし~ (5, 0.1%)

1 って若い, へた, へられ, へられる, へるやう

▼ さし向っ~ (5, 0.1%)

3 ていた 1 て三馬, て話し

▼ さし~ (5, 0.1%)

1 うけんわい, し, した, を待ち申すべく, を相

▼ さし~ (5, 0.1%)

1 の頭, は片手, も舞いたくなっ, を眩惑, を自分

▼ さし~ (5, 0.1%)

2 の名 1 が磯, じゃねえ, に天眼鏡

▼ さし昇っ~ (5, 0.1%)

1 ている, て来, て来た, て来ました, て道

▼ さし置い~ (5, 0.1%)

1 て, てまたも, ても, て彼, て日本画

▼ さし覗き~ (5, 0.1%)

1 たる少女, たる髪, て, て見れ, て身

▼ さしかへ~ (4, 0.1%)

2 寝るやと 1 なければ, 一夜ねん

▼ さし~ (4, 0.1%)

1 でわたし, に腕, わりないと, わりない他人

▼ さしさはり~ (4, 0.1%)

2 のある 1 のない, の出来る

▼ さしちや~ (4, 0.1%)

1 いくらお, いけません, くれよるけど, ならないの

▼ さしていう~ (4, 0.1%)

1 その巨木, 姓であっ, 意味では, 言葉である

▼ さしでの~ (4, 0.1%)

4 磯に

▼ さしなみ~ (4, 0.1%)

2 の隣 1 の国, の隣町

▼ さしわたし五十センチ~ (4, 0.1%)

1 ほどのまるい, ほどの丸い, ほどの土, ほどの穴

▼ さしゑ風~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 なもの, な仕事

▼ さし上げたい~ (4, 0.1%)

1 というお, と思う, と父, ものが

▼ さし上る~ (4, 0.1%)

2 月の 1 ころに, ということ

▼ さし交した~ (4, 0.1%)

1 下は, 枝が, 枝の, 樹

▼ さし~ (4, 0.1%)

1 ぶ, ぶる, ぶるファウヌス, ぶる手

▼ さし入り~ (4, 0.1%)

2 流れたり 1 たり, て

▼ さし入れる~ (4, 0.1%)

1 と取り出した, と咽喉, と鞄, 懐の

▼ さし出た~ (4, 0.1%)

1 内庭の, 所で, 槭の, 薔薇の

▼ さし加減~ (4, 0.1%)

2 と見え 1 で眞ツ青, で筑波山

▼ さし~ (4, 0.1%)

1 ながらたっぷり, になる, ばかりで, をもいた

▼ さし引い~ (4, 0.1%)

2 ている 1 て他, て私たち

▼ さし~ (4, 0.1%)

1 つた個々の, つてどう, つて何を, ッて

▼ さし当り何~ (4, 0.1%)

1 か御, であれ概念, という利用法, の関係

▼ さし扛げ~ (4, 0.1%)

1 ては更に, て他, られないのみ, るので

▼ さし招き~ (4, 0.1%)

1 ながらそう, ながら呼びよせる, 何事か, 各自に

▼ さし~ (4, 0.1%)

1 みました, み軍学上, んでみよう, んで相

▼ さし止め~ (4, 0.1%)

1 てありました, でご, となり, などとんでも

▼ さし置いた~ (4, 0.1%)

1 その洋燈, 時に, 棹を, 目録の

▼ さし置き~ (4, 0.1%)

2 火鉢の 1 候分は, 卓上の

▼ さし舞う~ (4, 0.1%)

1 ことであった, て, て堀尾どの, て見せ

▼ さし迫った~ (4, 0.1%)

1 引越しとでは, 必要を, 感情に, 飢餓の

▼ さしあたり~ (3, 0.0%)

1 の回避工作, の感想, の方法

▼ さしあら~ (3, 0.0%)

2 はなり 1 はなる

▼ さしいづる~ (3, 0.0%)

2 この日の本 1 奧の

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 で, にかい, の常識

▼ さしから~ (3, 0.0%)

1 手頃の, 火を, 銀の

▼ さしぐし~ (3, 0.0%)

21 の夕月

▼ さしそして~ (3, 0.0%)

1 帰して, 永田と, 独りで

▼ さしちゃあ~ (3, 0.0%)

1 おきませなん, 大変だ, 悪いね

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 だと, をし, をした

▼ さしてさ~ (3, 0.0%)

1 うして, う呼ぶ, それでいい

▼ さしてぞ~ (3, 0.0%)

1 漕ぎ來, 祈る君が代, 逃げ返りける

▼ さしてと~ (3, 0.0%)

1 云うので, 歌う, 言って

▼ さしひらめかし~ (3, 0.0%)

3 てお客

▼ さしまた~ (3, 0.0%)

1 新しい生活, 火ウチ袋を, 輿論のみ

▼ さしまつりし~ (3, 0.0%)

1 天つのり, 天都詞の, 時に

▼ さしむかい~ (3, 0.0%)

1 て話途絶, て語る, 官女たちは

▼ さしむかっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ての痴話, て私

▼ さしやう~ (3, 0.0%)

1 が同じ, もない, も眉ずみ

▼ さしよう~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, は知らなくっ, もない

▼ さしよせ~ (3, 0.0%)

1 ている, て寝れ, て来た

▼ さしわたし五メートル~ (3, 0.0%)

2 もある 1 ほどのまるい

▼ さしゑの出~ (3, 0.0%)

1 であるから, で別段, のせゐで

▼ さし上げました~ (3, 0.0%)

1 ところ水を, のに, よ

▼ さし上げましょう~ (3, 0.0%)

1 か, ね, 三本

▼ さし上げます~ (3, 0.0%)

1 から, ゆえ拙者を, わお

▼ さし上げられ~ (3, 0.0%)

1 ている, ておりました, て僅

▼ さし上っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て大河, て来る

▼ さし交す~ (3, 0.0%)

2 枝を 1 梢の

▼ さし伸べたる~ (3, 0.0%)

1 手にだに, 手を, 法皇授福の

▼ さし入れた~ (3, 0.0%)

1 名人の, 金入れの, 頤で

▼ さし出し人~ (3, 0.0%)

1 の名, は東京, や電話

▼ さし初め~ (3, 0.0%)

1 た時, た頃, ました

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 を挟ん, を結び, を開い

▼ さし向けられた~ (3, 0.0%)

1 まぶしい光, 次第, 秘密探偵社の

▼ さし向ける~ (3, 0.0%)

1 かこの, とすぐ, など孔明

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 いで深更, っていた, って酒

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 屏風机という, 桜革の, 芋目板し

▼ さし延べ~ (3, 0.0%)

1 ている, て合掌, ながら的

▼ さし挿ん~ (3, 0.0%)

3

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 ひて, ひ梅, ふ枇杷

▼ さし~ (3, 0.0%)

1 ひて, へし, へて暮ればか

▼ さし~ (3, 0.0%)

2 というの 1 であったと

▼ さし~ (3, 0.0%)

2 ひその 1 ひたけれ

▼ さし込まない~ (3, 0.0%)

1 その室, 側の, 家の

▼ さし込み~ (3, 0.0%)

1 きょうは, で留めた, 小鳥の

▼ さし閊え~ (3, 0.0%)

2 はない 1 がない

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 から顔, たつて

▼ さしあかり夕かげ~ (2, 0.0%)

2 あを

▼ さしあて~ (2, 0.0%)

1 しかな, たまふ

▼ さしいで~ (2, 0.0%)

1 て後, て葉裏

▼ さしいよよ~ (2, 0.0%)

2 尽きせね

▼ さしうつ~ (2, 0.0%)

2 向けて

▼ さしうつ向いた~ (2, 0.0%)

1 きりに, 千浪を

▼ さしうつ向き~ (2, 0.0%)

1 よく考えこむ, 聟の

▼ さしうらがれ~ (2, 0.0%)

2 ぐさの

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 えを, たまで

▼ さしかわし~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 に申した, れる

▼ さしさわり~ (2, 0.0%)

1 が起らない, のある

▼ さしずであり~ (2, 0.0%)

1 故意なる, 曹操の

▼ さしせま~ (2, 0.0%)

1 つた感じ, つた目的まで

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 ふ瑞枝, へ上坂

▼ さしそうして~ (2, 0.0%)

1 事に, 置いて

▼ さしそめ~ (2, 0.0%)

1 て未来, て来る

▼ さしそめた~ (2, 0.0%)

1 ころに, をち

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 のは, ものだ

▼ さしちや惡~ (2, 0.0%)

1 いと思, からう

▼ さしつかひ~ (2, 0.0%)

1 候, 候御

▼ さしつづきし~ (2, 0.0%)

2 づめ候も

▼ さしてあつ~ (2, 0.0%)

1 たチユーリツプ, た桃

▼ さしてさえ~ (2, 0.0%)

1 おれば, 頂けば

▼ さしてに~ (2, 0.0%)

1 らいか, 組の

▼ さしてまで~ (2, 0.0%)

1 中学へ, 差配を

▼ さしとる~ (2, 0.0%)

1 のと, もん

▼ さしなら~ (2, 0.0%)

1 ね予感, ね息抜き

▼ さしにも~ (2, 0.0%)

1 その消化, 手首の

▼ さしぬき~ (2, 0.0%)

1 と改名, を足

▼ さしぬき振ふ~ (2, 0.0%)

2 落花かな

▼ さしのぞき~ (2, 0.0%)

1 すばやい小鳥, て声

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 はるあんし, 彦など

▼ さしまくる~ (2, 0.0%)

1 心さやらず, 情障らず

▼ さしもの~ (2, 0.0%)

1 を借り, 日露戦争の

▼ さしゆび~ (2, 0.0%)

1 に認印つき, を立て

▼ さしより~ (2, 0.0%)

1 泣いて, 舅役で

▼ さし~ (2, 0.0%)

2 たつて

▼ さしわたし一尺位~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ さしわたし五十メートル~ (2, 0.0%)

1 の月世界, もある

▼ さしわたし五十間~ (2, 0.0%)

1 ばかりを瞬く, までは離れ

▼ さしわたし六十センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのせまい, ほどの丸い

▼ さしわたる~ (2, 0.0%)

1 と緑葉, 朝日影石仏は

▼ さしゑ界~ (2, 0.0%)

1 から最後, なるもの

▼ さしラムネ~ (2, 0.0%)

1 をのみ, を飲み

▼ さし上候~ (2, 0.0%)

1 こなた心, やとも覚申候

▼ さし下る~ (2, 0.0%)

2 のみなり

▼ さし乍ら~ (2, 0.0%)

1 きいた, もう一本手

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 というあの, といふあの

▼ さし交し~ (2, 0.0%)

1 ている, ながら薄

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 の声, の話声

▼ さし伸し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ さし伸ばした~ (2, 0.0%)

1 その若く, 手の平に

▼ さし伸ばす~ (2, 0.0%)

2 手に

▼ さし伸べた~ (2, 0.0%)

1 彼の, 熱の

▼ さし伸べられた~ (2, 0.0%)

1 ので, 令嬢の

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 も, る椎

▼ さし俯向き~ (2, 0.0%)

1 て往來, て往来

▼ さし入り階下~ (2, 0.0%)

2 に響く

▼ さし出される~ (2, 0.0%)

1 とうもろこしの, 手に

▼ さし出せ~ (2, 0.0%)

1 と, ば梅

▼ さし出せる~ (2, 0.0%)

1 を握る, 火には

▼ さし出でた~ (2, 0.0%)

2 木の

▼ さし出る~ (2, 0.0%)

1 場合でも, 白膠木が

▼ さし出申候~ (2, 0.0%)

1 から, から恥

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 のない, ひに

▼ さし向う~ (2, 0.0%)

1 すぐ目前, には頃

▼ さし向った~ (2, 0.0%)

1 その膝, ときその

▼ さし向ひで~ (2, 0.0%)

1 何となく黙りこくつ, 食べれば

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 むべき, むる風情なり

▼ さし圧重~ (2, 0.0%)

2 し昂騰

▼ さし夕日~ (2, 0.0%)

1 てりそ, 照りそ

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 なら提燈, になつて傷

▼ さし大きな~ (2, 0.0%)

1 笠を, 金いろ

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 と看護婦, を側

▼ さし寄せた~ (2, 0.0%)

1 私の, 頬に

▼ さし引き~ (2, 0.0%)

1 するよう, する安らか

▼ さし弛緩~ (2, 0.0%)

2 さし圧重

▼ さし当りどこ~ (2, 0.0%)

1 に在る, へという当て

▼ さし当り三つ~ (2, 0.0%)

1 の根拠, の要素

▼ さし当り問題~ (2, 0.0%)

1 になる, の混乱

▼ さし当り無関係~ (2, 0.0%)

1 であるかの, な統計的相関性

▼ さし当り生産~ (2, 0.0%)

2 諸関係

▼ さし戸棚~ (2, 0.0%)

1 から敷蒲団, から敷蒲團

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 できよう, の美々し

▼ さし掛かる~ (2, 0.0%)

1 とまた, と又

▼ さし掛け~ (2, 0.0%)

2 て濡らすまい

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 へる度, る番組

▼ さし支え~ (2, 0.0%)

1 ありますまい, はない

▼ さし支えない~ (2, 0.0%)

1 が徒ら, また大して

▼ さし来る~ (2, 0.0%)

1 勢最も, 椎の

▼ さし止められ~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまった

▼ さし残る~ (2, 0.0%)

1 冬の, 小芝

▼ さし~ (2, 0.0%)

2 を隔てた

▼ さし添っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 のやう, 持って

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 がつい, でもカット

▼ さし白い~ (2, 0.0%)

1 ウチカケを, 着物を

▼ さし矩尺~ (2, 0.0%)

1 もって, もつて胸三寸

▼ さし立て~ (2, 0.0%)

1 そのうえで丞相, て順逆

▼ さし築かしし~ (2, 0.0%)

1 殿星月夜夜ぞ, 殿星月夜夜空の

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 ひし事, へ

▼ さし置かれ~ (2, 0.0%)

1 てみ, 候を

▼ さし置く~ (2, 0.0%)

1 わけには, 気にも

▼ さし自分~ (2, 0.0%)

1 で徳利, も音

▼ さし舞おう~ (2, 0.0%)

1 と言っ, 程にそ

▼ さし舞っ~ (2, 0.0%)

1 て見せられた, て見せる

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 にした, を吹い

▼ さし草履~ (2, 0.0%)

1 の緒, ばき

▼ さし蔽う~ (2, 0.0%)

2

▼ さし覗いた~ (2, 0.0%)

1 が中, ものの襟

▼ さし覗け~ (2, 0.0%)

1 ば神器, ば袖

▼ さし賣り~ (2, 0.0%)

1 か押借, に來

▼ さし起りまし~ (2, 0.0%)

1 てとても, て暫らく楽屋

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 このうち十六足, をよく

▼ さし迫つた乾坤一擲~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ さし通す~ (2, 0.0%)

1 のが, 針であった

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 はたちまち, を歩くだ

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 じゃございません, でご

▼ さし障る~ (2, 0.0%)

1 ことを, と至極

▼ さし青い~ (2, 0.0%)

1 色の, 衣を

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 をさ, をさそう

▼ さし~ (2, 0.0%)

1 はたぶ, は髻

▼ さし~ (2, 0.0%)

2 の羽

▼1* [768件]

さしあかる道ほそし, さしあけたいと申し, さしあて矢をつがえ, さしあなたは両方, さしあのひつきりの, さしあはれ静かなるこの, さしいかなる類型を, さしいつでも両手, さしいよいよ滑らかに, さしいろいろな役目, さしうつむひてゐる女を馬鹿, さしうらぐはしもよ我が, さしえらばって, さしお湯を切らす, さしかかって来た, さしかかるころやうやく, さしかた手に, さしかわすすぎの, さしがさを開きたる, さしきたる天つ, さしきれいな手袋, さしくされると嬉し涙, さしくべ財布の, さしくべし風呂の, さしくりを忘れず, さしくれし春雨傘を, さしけむ越の, さしなを, さしこまやかに射す, さしこもりたる溪の, さしさえすれば, さしさながら輝きだすよう, さしさらに桑作にも, さししづけき幹に, さししるしを残し, さしじゅう外にばかり出, さしすっきりと高い, さしすてしか凋, さしずしつぎにのこった, さしずじゃねえか, さしずするとおりに, さしずだったか, さしずつ辷らせた, さしずであるが傍ら, さしずでしょうが, さしずなさるところへ, さしず通り藁と, さしそえこれを, さしそこでついに逃げ去っ, さしそのうえ金百斤布帛十匹を, さしそめたおちこちの峰から, さしそめるときに, さしそれから筵を, さしそれで場所を, さしたけんどみんなもらい泣き, さしたった一人仇打ちの, さしたっとくなはれんか, さしたつて仕様, さしたての潮, さしたりなどしたの, さしたりなんかしながら, さしたれば明らか, さしだの鋏だ, さしちがいなどしたくない, さしちまつたよと泣い, さしちや多賀屋も冥利, さしちり紙の上, さしちは, さしっけえよ, さしってねその春, さしかへがあるだらう, さしつかえがある, さしつくる監獄うれし, さしつぐくすしの, さしつた城ヶ沼の四手場, さしつた時手足も顔, さしつた通りでがす, さしつた通り五位鷺が漕ぐ, さしつづいて親しむべき, さしつまりたる所ハ, さしつまりしきづかいなしとて, さしつめさしつめ矢を, さしつめ矢を射る, さしつらぬいてゆく, さしつらりでついと退いた, さしつれて若紫, さしづで八方からかかる, さしづめそれにふさはしいのが葛子である, さしづをうけると指令にした, さしづをしてゐましたかんとくさんがお, さしてかへる, さしてからの後の, さしてこそ豪いん, さしてでもいた時, さしてね金吾さん, さしてはかへつておちる, さしてよそれから出直した, さしてる真白い顔, さしであることを, さしですね, さしという将棋さしは, さしといふところを, さしとか篦の, さしときながらそんな, さしときどき醤油を, さしとに精を, さしとは打ち解けて, さしどうぞと女, さしどちらかという, さしよ, さしながらの会話, さしなどして, さしなどを目撃した, さしなべに湯, さしなみのにほふ, さしなり難くなりつ, さしにでも捕まつて, さしになつて小降りに, さしぬきした神官の, さしのぞいたのです, さしのぞかれたものは, さしのぞけば向, さしので食事かえり, さしのばした雪白の, さしのばす手情理を, さしはさまるものが, さしはさみの音, さしはじめて波は, さしはずかしそうに, さしさみ, さしばさむわけにはゆかない, さしばらの花, さしひらめく刀の, さしびきの綱, さしびしょびしょ濡れた鋪道, さしふるしもと木, さし針を, さしぺんぺん草の二三本, さしほかの者, さしまきももな, さしまさる関の岩, さしまで変ったの, さしまでも集めたという, さしまるで砂ぼこりの, さしみうまからず半人前を, さしみぎりの, さしむかう鹿島の, さしむかえで暮す, さしむることである, さしむることに由て危險, さしむるのが最も練磨, さしむるべくあるか又夏, さしむるべくあるかといふ事を考察, さしむるべく彼に曰, さしむるをよしとし我は全く, さしむる多くの黒き, さしむる是より大, さしむる能はざる, さしむる顔立なり, さしむれば今, さしめぐらしき惱まし, さし思はで頼無き言, さしもう一人の, さしもしくはたった一人, さしゃった錦絵にそのまま, さしゃんしたら半七さん, さしゃんせと澄まし, さしやつたか, さしやら派手な, さしゆびをたかくさし上げて, さしゆるし候事ニ仕, さしよせし知らねども涙ぐまし, さしよせよわすれ草しるし, さしよって来た, さしよりて透見を, さしよる清子が, さしわけたりする, さしわたし一メートル半ぐらいの丸い, さしわたし一寸ぐらいで, さしわたし一町とは離れない, さしわたし三寸くらい深, さしわたし二十センチもある, さしわたし二尺あまりもある, さしわたし二町ばかりはある, さしわたし五センチもある, さしわたし五六メートルもある, さしわたし五分ぐらゐの皿形の頭, さしわたし六百メートルほどの岩, さしわたし十センチほどのいびつ, さしわたし十フィートあるいは十二フィート, さしわたし十メートルもある, さしわたし四尺ばかりある, さしわたし百米を超え, さしゑだけの仕事に精進, さしゑでは, さしゑで背景のたね, さしゑと口絵の別, さしゑなり漫画に先達, さしゑは廣津和郎に似, さしゑも大時代, さしゑや口絵に, さしゑ出身であると, さしゑ時代にさしゑ, さしゑ画家として鳴らした, さしゑ画家漫画家の大, さしゑ界一般の低下, さしエッフェル塔の下, さしオペラ館の舞台, さしオランダへ行った, さしコクリの来る, さしたろう大きに, さしッただアの, さしトットと行っ, さしトンネルの中, さしバナナや竜眼肉, さしピンをさ, さしフィギエ・サン・ポール街のゴーシェお上さん, さしフロをたきつけ, さしヨリ落チコボレタル米の称, さしランボオは未練, さし一さし銘々のお茶, さし一方の手, さし一本だけお, さし一緒にいらっしゃる, さし三十四人え申渡, さし三田が飮, さし上ぐるのなれ, さし上げそうろうまま一服盛りにでも, さし上げたらよろしいで, さし上げたるがその, さし上げなければならぬ, さし上げぬ限りも, さし上げませうにも全, さし上げられるだろうと思いまし, さし上げんと, さし上げ体を避けよう, さし上げ得る者も, さし上つた日輪の爛々, さし上候うたは御, さし上候事細々御, さし上申度候へ共, さし下心よしうたて, さし両国橋の袂, さし両手に榊, さしの柩, さし主人飯島平左衞門より形見, さし乗換馬を傍ら, さし二人男のほう, さし二十面相のにくにくしい, さし交された枝枝の, さし交わす土手の, さし人々のそれ, さし人げもなく, さし今夜の月夜清明け, さしくるつもり, さし付けらるるは, さし付燒にし, さし代わればさし代ッ, さし代ッたなりに, さし伸ばして背後, さし伸べられたすくいの手, さし伸べられる手は, さし供奉しまつるは, さし俎板形の大き, さし俯いて, さし俯くおかみに, さし俯向けば旅ごこち, さしの手, さし龜天正風な, さし先づ努めて, さし免すが構え, さし入った木の下なぞを, さし入りたくも容易, さし入り厩舎の影, さし入れうつつなく, さし入れたる窓を, さし入れましたが, さし入れやうとする, さし入れられる思いが, さし入れ何か粒々, さし入れ通知の紙, さし入れ,頭をさしこん, さしヨーロッパに, さし公子には簪, さしに生き, さし其他の者, さしが来, さし出されて拍手, さし出し候あとにて箱, さし出し候使の者ハ小曽根英四郎, さし出し書きではすこし, さし出だしながら, さし出づるころで都にある, さし出づる八月九日此の天主堂, さし出づる月の, さし出てる壁の, さし出セし曽根, さし出候へどもいまだ, さし出候中島作太郎に申聞候間, さし出候事ハ誠に小, さし出候帯屋も助, さし出申候間唯今より駕, さしの目釘, さしめしが, さし初めて雨が, さし初めるとこの, さし初め雀がチュウチュウ, さし前のを倒し, さしへぬ, さし加えるということ, さし医科大学へ通学, さしる, さし半ちゃんは紺蛇目, さし卒業間際になっ, さしにおさえられ, さし叉袖がらみ目つぶしから梯子, さしの小脇, さし合いがあったら, さし合つてゐた, さし合つて菊の花, さし合わせた釘一本の, さし向い生活っていかに, さし向かえば些, さし向かひでゐ, さし向き人間の方, さし向けらるるとは, さし向けられようとした, さし向つた別莊の雨戸, さし向九月ごろまでしまつて, さし吹矢のよう, さし商売は嫌, さし四ツの手, さし四方から自分自身, さし四辺は燦爛, さし堅めて手, さし堅め夷をふせぐ, さしかいほど, さしがない, さし塗足駄を穿いた, さしもて黛, さしのしろ, さしならぬ声, さしではある, さし夕べは親し, さしよりは月, さし外套の襟, さし夜中十二時になる, さし天井裏にさして, さし天王橋を後, さし天蓋をかぶりかけ, さしれを, さし失恋のうらみ, さし失意の人, さし夷子の絵はがき, さし奉りし時に, さし奎吾は言, さしの心, さし女の子なるらし坂, さし姉さんも年, さし嬰児を膝, さし子どもたちを置き去り, さしへ帰っ, さし宿仕候間, さし寄せしぱしぱと見入るなら, さし寄せられるとかかる, さし寄せ唇を押し当て, さし寄つて眺めると, さし寄らせたまひこれには, さし寄りましたのです, さし寄り申しけるは, さし對ひでゐては, さし小さな形の, さし小姓袴をはき, さし小菅五郎兵衛赤のを指し, さし少し落ち窪んだ眼, さし居酒屋のこし, さしべています, さし左膳が人, さし帰朝後は些, さしは四十がらみ, さしかったん, さし延し私は瞬間, さし延べた頸背を, さし延べるときが, さし延べ我れも, さし延べ手を裏, さし建て古言, さし廻された偵察者である, さし廻してくれた, さしと矢, さし引きそれが消滅, さし引きマイナスになっ, さし引く汀を, さし当たりの問題, さし当てるとはどう, さし当りあなたはトラさん, さし当りここで止め, さし当りこちらにのしかかっ, さし当りこれ以上実例を列挙, さし当りそれをどういう, さし当りどうしようもない, さし当りどちらへ向っ, さし当りカントの哲学, さし当りサッポロ近傍に武庫, さし当りジャーナリズムを一つ, さし当り一つのもの, さし当り一寸心細くなっ, さし当り七月二十六夜の月待ち, さし当り之が本当, さし当り二つの特色, さし当り人々の又は, さし当り人手は不要, さし当り今度文芸春秋社が新劇協会, さし当り今日の始末, さし当り今晩これに旅籠, さし当り代表的な二つ, さし当り佐田やすがおかしい, さし当り余り甘すぎ, さし当り作家と評論家, さし当り便宜的であらざるを, さし当り保証の限り, さし当り個々の常識内容, さし当り傷痍兵士などはどういう, さし当り僕はフランス帝国主義, さし当り兎なんぞがいい, さし当り入用な机, さし当り内分にとの話, さし当り切支丹を槍玉, さし当り創作方法と云った, さし当り口を突い, さし当り君の大当り, さし当り啓蒙という観念, さし当り夏の部, さし当り多様なわけ, さし当り大阪では中の島, さし当り夫を繰り返す, さし当り存在しそう, さし当り学問性の規定, さし当り就職難にある, さし当り手元にある, さし当り手証といっ, さし当り手近な辞書, さし当り技術家の啓蒙, さし当り抽象態に於, さし当り捌口はない, さし当り政党政治もマツリゴト政治, さし当り文学上から見た, さし当り朝日に出, さし当り楯家が女子大生, さし当り概念ではない, さし当り歴史上第一, さし当り水だ, さし当り江州長浜ッコと受取った, さし当り浮浪の徒, さし当り物質の夫, さし当り特別の手段方法, さし当り現代学生層に於, さし当り現在の処, さし当り理解して, さし当り白の冤, さし当り目黒のおとうさん, さし当り着手する事業, さし当り社会科学に於ける, さし当り私の知りたい, さし当り種の論理, さし当り米味噌であった, さし当り純白の日本猫, さし当り絶版ものでしょうことに, さし当り自分のほか, さし当り茲に止め, さし当り誰が朝夕, さし当り逓信省にあろう, さし当り道具乃至機械, さし当り金融資本の利益, さし当り間接的な場合, さし当り関与する処, さし当り雨だけはという, さし当り高利貸の厄介, さし当麻と名づける, さしが美女, さし彼らの四つ, さし得る不弥, さし舞い候えと, さし心得て露, さし忽ちに息は, さしを云わせ, さしに顔, さし急いだ旅なれ, さし悩ましそうな, さし悲劇的人物としてあらはれ, さし戻すと氏富, さし手さし供奉しまつるは, さし手提をさげ, さし手踊りが器用, さし手造りのわらじ, さし手首には人造石, さし扛げた手の如き, さしへ, さしへられ, さし担ぎにて駕, さしねく, さし招いた十騎の, さしって来る, さし挙げて笑った, さし挙げ停るのを, さし振りに私, さし振放見ればみやこ, さし挾まれている, さし挿む余裕もなかっ, さし挿む隙も与えなかった, さし挿めなかった, さしのおいらん草, さし捨てて, さし捲く夜に, さし掛りしに, さし掛傘も杖, さし控えたいと思います, さし控えなければならなかった, さし控えられた手を, さし控えるがジード, さし措いた中尾の, さし措き年月夜ごとに, さし撃鐵を起した, さし擔ぎにて駕は菊, さし支那から手, さし救命具をつけ, さし数年後まで披, さし数日間留めて, さしで自分, さし方足の踏み, さし日本人を廃業, さし昇りかけていた, さし時々病的な, さし時雨の雲, さし更に何処か, さし替る光りを蝙蝠傘, さし木魚の音, さし来り溺れて底, さし枕槍をひっさげ, さしが酌, さし榮養のわるい, さし横木を入れ, さし櫛月姫うるみて, さし櫛落ちにけり, さし次に職喉鉢巻頬当から, さし次第すぐにも, さし止むるがよい, さし止めたがあの, さし止めなければなるまい, さし止めるわけにも, さし死がいを浮藁, さし残ったところと, さし殺さんとはかりし, さし殺して自分, さし殺したかもしれない, さし殺す身が, さし殺そうとし, さしは私, さし永劫が間世, さしがさしてた, さし汽船が黒, さし油紙をしっかり, さし派手な派手, さし添う日光と共に, さし添えてお, さし添つて來る日, さし渡し一尺位の穴, さし渡し三寸ばかりのお, さし渡し三間もある, さし渡し間数をとつ, さしも釣り込まれ, さしの潮目搖, さし潮ひき潮があっ, さし濾紙を敷い, さし無産階級を奮起, さしべて舞い立つ, さし煉瓦の仕切り, さし照りあはれなり鶏, さし照れる月夜に, さし爪革のかかった, さし片手に鉄づくり, さし片方の目, さし物武器馬具など絢爛, さし物類の発達, さしへるが, さし現われちぢれた前垂れの, さしふる橘, さし田代さんにさす, さし甲冑騎馬で金, さし申世にて候間, さし留めなん, さし登る朝日の, さし百万円の宝くじ, さしのふち, さし目玉は昨日, さし直義はうけ, さし真っ先に立った, さし硝子を透し, さし磯二に向, さし示された所を, さし示した沖合は, さし私たちは船長, さしった白雪, さしの麥, さしりて, さしけり力, さし立てた二挺の, さし立てませうか, さし立テ御受取申, さし立龍を打取る, さし笹子峠へ金, さしをかつい, さしみたり, さし素わらじに紺, さし細君に機織, さし組んで来る, さし絹帽の老い, さし続く幾むれ, さしを沈め, さし網鰯とて砂, さし綺麗に雨, さしの長襦袢, さし縁側に坐っ, さし置かんぞ, さし置きし三す, さし置くまいぞ, さし置給ふ勿体な, さし美事な殿様姿, さし羽織はつけず, さし翔ける白濱に, さし翳した笠を, さし老い衰えて, さし背中がすっかり, さし胡桃醤油をかけ, さし脚ぬき脚して, さしを抱え, さし自由な形, さし舞い済ました小さな角兵衛獅子, さし舞い舞い終るとすぐ, さし舞うたらどうじゃ, さし舞つて舞ひながら, さし舞ふかね, さし舞わんか, さしも鮮, さしが添っ, さしが咲い, さし花田八段的攻撃と称する, さし若い心を, さしいに桶屋, さしの三度笠, さしの芽生, さしが繁ります, さしひ, さし薄情では, さしを添, さしをもらつ, さし行方もしら, さしをはいた, さし裁判所がこれ, さし裸足でザブザブ水, さし複雜な表情, さしにさした, さし西国北国の大名総計六百三十八万七千四百五十八石三斗, さし西海岸でわ, さし見たいほどである, さし覗いたら左の, さし覗かぬほどぞ, さし覗きざまに雪洞, さし覗きし時畫工は, さし覗きますとただ, さし覗き両の腕, さし覗き數丈の高, さし覗き遠くでは鶏, さし覗ける窓の, さしけば, さし親指ほどの麻繩, さし触りは元, さし許さんぞもう一度, さし許しておる, さし許すと称し, さしを以, さし詰った苦しさ, さし詰め食つて行かなければ, さし詰る癪押え, さし貫かれるような, さしへる, さし賢者を戒め, さし赤い絹糸で, さし起り試合大儀の様子ゆえ, さし足ぬき足で彼, さし足カナリヤねらう黒き, さし足盗賊のよう, さし足窓の所, さし足自分の部屋, さし足駄をはい, さし足駄がけで一里余, さし踊子の赤い, さし身体は経帷子, さし軒ばには門立ち, さし輪かざりを軒, さし込まれている, さし込まれた孔が, さし込みかた自分がいつも, さし込み式になっ, さし込めたる事よとて, さし込総つきの花かんざし, さし込總つきの花かんざし, さし迫つたいやおう, さし迫つたいやに刺々しい, さし迫つた作業の為め, さし迫つた問題はあの, さし迫つた状態では全く, さし迫つて初める為, さし送り申候間内, さし逃げて走り喧囂, さし透し落葉樹の, さし透せる油絵は, さし通していた, さし通したので弱, さし通せば喜んだ, さし通りかかる人, さし通るのを, さしへた, さし遣わしたれば御, さしぐらいには役, さし酷しい態度を, さしはせる積り, さしに出れ, さし金品を巻き上げ, さしが内部, さしで突け, さし鉄づくりの鞭, さし銀色に光っ, さし銀鼠の透綾, さし銅拍子を鳴らし, さし銘々のお茶, さしに湯, さし長安十二代の泰平, さし長靴を肩, さし閃いている, さし閊えないようだ, さし閊えなかったのであり, さし閊えなければ聞かし, さし開く棕櫚の, さし附近は少し, さし陽かげ干しに, さし隠しながら出, さしりましき, さしにぬれ, さしは紫, さし雪洞のかげ, さし電灯ともし, さし電燈ともし, さし青年のよう, さし静かに茶, さし面白いものに, さし響いたかしれなかった, さし頭痛がした, さしが吹く, さし飢死せざるよう, さしに輪宝, さし駒井の前, さしが折れず, さし高く裾を, さし高下駄を履い, さし高山植物の茂, さし鳳雛とは, さし鴨ロースに幕の内