青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こちら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ここ ここ~ ここら~ ~こころ こころ~ ~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら
こちら~
こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば

「こちら~」 12845, 119ppm, 882位

▼ こちら~ (2574, 20.0%)

29 方へ 23 方は 21 方が 19 顔を 18 世界の, 世界へ 17 方で 15 世界に 14 世界で 12 方に 11 二人は 9 ことを, ほうが, 岸に, 御主人 8 心を, 方の, 様子を, 気持を 7 ことは, 三人は, 世界では, 婦人の, 方を, 言うこと, 顏を 6 ほうは, 岸から, 心の, 胸に, 部屋の 5 お店, ものに, ようすを, 事情を, 室へ, 岸の, 岸へ, 眼を, 頭が

4 [23件] お父さんが, お絹さん, ほうに, ほうへ, ほうを, 三枝さんの, 名を, 声が, 奇異なる, 女の, 姿は, 姿を, 家は, 家へ, 手に, 手を, 方も, 枝に, 窓の, 船へ, 話を, 部屋で, 顔に

3 [57件] いうこと, お嬢さんは, お屋敷, お庭, ご主人, ご都合, ものだ, ような, ように, 三人が, 三人と, 世界には, 二人が, 云うこと, 井上の, 人の, 側は, 先生に, 姿が, 婦人は, 宮様の, 座敷へ, 庭に, 御厄介, 御殿へ, 心は, 心も, 思うよう, 方から, 方には, 旦那と, 様子は, 樣子を, 殿様が, 殿様の, 気に, 気を, 気持ちを, 気持も, 犬は, 男に, 男は, 町と, 番に, 目が, 眼が, 眼の, 耳が, 肚も, 胸を, 腹を, 船の, 船頭が, 船頭は, 若侍, 部屋に, 都合が

2 [153件] おかみさん, お世話を, お二階, お住持, お内儀さん, お嬢さんが, お宅, お母さんも, お館, こと, ことなど, ことも, ことよ, このお, すみに, すること, ために, ふたりは, ほうも, ぼんやり白い, ものじゃ, ものである, テーブルの, ヘリコプターは, ベンチの, 不埒を, 不覚, 世界にも, 世界は, 九郎兵衛様が, 予備が, 事は, 事情は, 事情も, 二疋は, 云い分, 人たちの, 人に, 仕事の, 側に, 先生も, 動静を, 友之助さんは, 受け方を, 口上を, 名は, 名まえ, 味方に, 四人が, 国の, 土手を, 声も, 声を, 多くの, 奥さんに, 奥さんを, 奥様に, 奥様の, 女が, 女は, 妹に, 姫君に, 定窯鼎, 室で, 室では, 室を, 家でも, 家に, 寝息を, 山と, 岸には, 岸を, 工場の, 希望を, 店で, 庭へ, 庭を, 庭園の, 御新造は, 御殿で, 御老人, 心が, 心に, 心持は, 意の, 意志が, 意志を, 態度を, 手で, 文字房さんには, 方こそ, 方角へ, 旦那様は, 書類を, 望みを, 村の, 桟敷に, 椅子に, 様子も, 権利に, 殿様は, 気が, 気持が, 氣が, 水が, 水溜りでも, 河岸へ, 治子と, 海女は, 溝渠から, 爲めに, 物に, 生活で, 生活の, 生活は, 生活を, 申し出を, 男が, 畠の, 看視人, 瞳孔が, 知ったこと, 秘密を, 窓から, 窓も, 窓下で, 端を, 耳には, 肌に, 肚を, 肩へ, 胸の, 脂燭に, 自分は, 舟と, 舟へ, 藪の, 言葉を, 計略に, 話しの, 警官は, 負けで, 身の, 車は, 運転手は, 部屋を, 都合で, 都合も, 領分へ, 頭に, 頭の, 顔ばかり, 食堂の

1 [1616件 抜粋] あまかつ, いつもの, うちから, うわさでも, おかみさんです, おごつた酒に, おだやかな, お不動様, お力に, お坊ちゃん, お婆さんでも, お嬢さま, お嬢さんも, お客様に, お家でも, お寺で, お座敷へ, お暇, お殿様, お祖父さんや, お若い, お話は, お鉢に, かたが, かわいいあにい, くさむら, ことで, ことの, この仏, この美し, ご意中, さきを, したこと, すぐ胸, せまい道, そばを, だんな, だんなに, つけ目, なぐりこみを, なんで, はしまで, はただ, はマグネット・クレン, は信州, は殿様, は餅, ふたりも, へたばるの, ほうだ, ほの, まがい雛, めがねで, もの, やうな, ゆだ, ようすには, よりも稍, わやわやを, アジプロの, カンに, ガラじゃ, スタヘイ・ミトリツチユさんに, ハイヤーのべつ, フィリッピン材を, ヘッドライトで, ベンチに, ヴェランダが, 一団は, 一方へ, 一番線側の, 一行を, 三人を, 上酒は, 下妻の, 不手際である, 不行状, 不親切が, 世界から, 世界を, 丘へ, 中隊へ, 主人の, 予期通り律義に, 事を, 二つの, 二人も, 二階に, 云いたいこと, 云ひ出す, 井戸は, 亭主の, 人ごみの, 人は, 人よく, 人格が, 会社だ, 住所姓名などを, 体を, 作戦目的や, 例の, 便宜で, 個性を, 側には, 働きかたが, 兄さんに, 先生の, 入江に, 六帖へ, 兵隊は, 写真の, 几帳の, 出口から, 出版の, 分は, 利に, 前の, 割が, 助手の, 動作を, 勝が, 勝である, 勝手な, 十両は, 千々子さまを, 南の, 博物館毎日開けず, 厚物, 友達に, 叔父さんに, 取り分を, 口つきを, 古馴染で, 右の, 同勢が, 名前は, 名義に, 味方でなく, 命を, 商人で, 問うこと, 営養の, 四十面相は, 困って, 国も, 土手も, 地主たちから, 地域の, 坊ちゃんで, 堂々たる侍姿, 堤防へ, 塚山では, 塾生たちの, 境内に, 壁に, 変化は, 大きな中庭, 大一座, 大国主神は, 大臣が, 大輪は, 太夫元が, 失敗を, 奥さん, 奥さんの, 奥さん一人きりという, 奥様と, 女性と, 女房衆の, 妹御さん, 始末を, 娘さんと, 婦人が, 婦人も, 嬢様の, 子分衆に, 学生では, 安楽椅子に, 官舎から, 室から, 室には, 宮家へ, 宮様は, 家と, 家主さんとも, 家計は, 寂しく見棄てられた, 寝息に, 寺院の, 封筒の, 小さな枝, 小学校の, 小屋に, 小者達に, 小路からは, 居間に, 屋敷は, 山で, 山の, 山は, 山笠は, 岩を, 岸で, 岸べは, 岸近く, 島田市蔵の, 崩れた膝, 希望だけを, 師匠の, 平地に, 床几へ, 店も, 座敷では, 座敷を, 廊から, 廊下の, 建物と, 建物は, 弱って, 弱点を, 弾丸の, 形こちらの, 往復に, 後ろへ, 御主人さん, 御仁です, 御内儀, 御夫妻, 御屋敷, 御様子, 御用人様から, 御隠居さん, 徳次郎さんは, 心中を, 心持ちを, 応接室へ, 思い通りには, 思うつぼすぎる, 思うつぼには, 思う所, 思わく違い, 思案次第で, 恥に, 恥辱と, 悄気かたを, 悲しみを, 想像する, 意向を, 意気地を, 愛の, 感情に, 慈悲も, 態度如何によりましては, 我とが, 所有に, 手から, 手中に, 手抜かりに, 手紙まで, 手落ちな, 打ち物, 押し入れの, 指を, 挨拶を, 提燈を, 操縦士たちは, 救急と, 敵に, 文の, 新聞の, 方でも, 方な, 方にも, 方二人は, 方針に, 旗色が, 日本店で, 旦那に, 旦那様と, 早瀬さんなんかでも, 明治節の, 時計を, 景色の, 暗いところ, 暗の, 書生姿に, 望みどおりに, 望んだ結果, 木かげから, 木蔭で, 本当の, 村へ, 村道といふ, 東京都西部の, 松下のよ, 松明が, 林と, 柱のく, 梯子へ, 棚や, 椰子や, 樋口さんが, 横丁から, 樹に, 機嫌を, 欧羅巴の, 歓迎の, 歩道へ, 段々の, 母に, 気の, 気もちを, 気待ちを, 気持まで, 氣持が, 水準が, 水際へ, 決心の, 汽車を, 河原で, 油断に, 注意を, 洞察現象の, 浜へ, 海との, 海岸に, 消息に, 源七どん, 潜航艇に, 火夫が, 為組みを, 熊太郎どのと, 燈火を, 片隅に, 牡丹屋は, 物にな, 物売りと, 特別な, 状態を, 理屈の, 生垣の, 生活に, 産の, 用意を, 田舎へ, 申條を, 町には, 留守番の, 畦畦に, 番地を, 番所の, 疎開荷物の, 疲れ方, 白っぽい男, 皮膚も, 目に, 目前で, 真似を, 眼から, 眼違いであろう, 知らないこと, 知識慾の, 石油かんの, 祈願を, 神経を, 秘密も, 穴の, 空は, 空高く, 窓ぎわに, 窓へ, 立合は, 童女は, 端をか, 笑いに, 米価とやらを, 紅葉も, 組と, 総領の, 縁の, 縁者に, 繁茂した, 罪を, 老人が, 考えたほどの, 考えどおりな, 者として, 耳へは, 職業婦人と, 肩を, 胸が, 胸中を, 腕に, 腹さえ, 腹へは, 自主的な, 自尊心や, 自由など, 舌の, 航路を, 船は, 艫にも, 芝生に, 芸人だ, 若様じゃ, 茶室から, 草は, 荒地を, 蔓が, 薬が, 藩主にとって, 血肉へ, 街, 街道から, 衣嚢から, 袖に, 製品は, 西側へ, 要求に, 見ようと, 見立てちがいで, 視線を, 親分を, 親戚です, 親族の, 角封筒の, 言い値どおりに, 言ひ, 言葉で, 言葉の, 計画が, 計画を, 訳を, 話が, 話です, 話には, 話は, 誠さんの, 説得を, 調べでも, 調子は, 谷では, 豫想通り泣いてた, 負けと, 責任で, 資格の, 質問を, 足跡は, 路次の, 身の上の, 身を, 身分も, 身装を, 車を, 車台と, 軒から, 返事の, 迷惑も, 通路へ, 運が, 過失だ, 道場では, 遣り方一つ, 郊外の, 部屋へは, 都会を, 都合上日取, 醜い心, 野良や, 鉄の, 鋪道にも, 鍵穴の, 間から, 間を, 関所に, 防空演習でした, 陣地へ, 隅々を, 隅には, 障子が, 集まって, 難局を, 電報御覧に, 電線横木と, 靜かな, 項目を, 領分を, 頭を, 顔にばかり, 顔まで, 風船は, 食堂から, 飯を, 馬が, 騷を, 高層建築や, 鳥の, 鷲の, 黄金怪人と, 鼻を

▼ こちら~ (2338, 18.2%)

116 近づいて 98 来て 66 歩いて 44 おいで 35 いらっしゃい 34 出て 31 向って 29 向けて 20 向いて 18 走って, 進んで 17 おいでに, 来てから 15 帰って, 背を 12 顔を 11 ちかづいて, はいって 10 こちらへ 9 いらっしゃいよ, お出で下さい, きて, とびかかって, やってくるの, 来たの, 来るよう 8 いらして, どうぞ, 入らつし, 向かって, 来い, 来た, 来ると, 背中を, 近寄って 7 きたまえ, 向けた, 寄って, 持って, 近よっ, 飛んで 6 お見え, やってきます, やって来るの, やつて, 持つて, 来るの, 移って

5 [11件] お出でなさい, かけて, やってくるよう, 來る, 参って, 寄せて, 手を, 振り返った, 渡って, 送って, 駆けて

4 [22件] いら, いらし, いらっしゃいな, お入り, お寄り, お帰り, お移りに, つれて, やってくるでは, やって来た, 上がって, 伺って, 入って, 参ったの, 戻って, 来いと, 来たまえ, 来るという, 来る前, 横顔を, 迫って, 連れて

3 [44件] おいでください, おいでと, おはいり, おはいりください, お上り, お上ん, お伺い, お入りなさい, お出, お向遊ばし, お寄りなさい, お越しに, お這入り, きてから, きては, こちらへと, とんで, のびて, むいて, むかって, むけて, やって来て, やって来る, よこして, 下さい, 乱れする, 人の, 來た, 來て, 後ろを, 急いで, 投げて, 振返った, 振返ると, 来たん, 来なさい, 来るまで, 来る人, 泳いで, 流れて, 訪ねて, 逃げて, 遊びに, 靡いて

2 [107件] あるいて, いらっしゃいませんか, いらっしゃれずに, いらつし, おいでなさいませ, おかけに, おかけやす, おつれ, お入りやし, お入り下さい, お出でに, お泊り, お着き, お通し申せ, お通り, お邪魔, きたり, くるが, くると, くれば, ござれ, とって, とびだして, ねじむけて, ねじ向けて, はいよっ, ふらふらと, ふりかえると, むきかえると, もどって, やって, やってきて, やってきました, やって来ます, やろうと, わたって, 亂れする, 伴れ, 入らしって, 入らつして, 到着する, 参った時, 参りますまで, 取って, 向いた, 向かせまいと, 向きかえると, 向き直って, 向けられて, 向けると, 向け直して, 呼びかけた, 声を, 寄つて, 寄れ, 帰つた, 廻って, 後を, 御伺い, 御厄介, 御奉公, 御通し, 抱いて, 押しつけられて, 振り向いた, 振向いた, 提供し, 支店を, 来たもの, 来たり, 来てからは, 来ては, 来ましてから, 来られない, 来られること, 来ること, 来るつもり, 来るん, 来る姿, 来る途中, 来れば, 渡せ, 漕ぎ寄って, 登って, 眼を, 着いて, 私が, 置いて, 腹や, 行きして, 行ったり, 行って, 越して, 足を, 近ずい, 近づきながら, 返つて, 送られて, 避暑に, 郵便で, 降つて, 降つて來, 頭を, 顏を, 飛びかかって, 駈けつけたの, 駈けて

1 [1013件 抜粋] あいさつを, あがりましたのに, い, いそいで, いちどいらし, いっては, いやここ, いらしつた時, いらっして, いらっしゃいって, いらっしゃいますか, いらっしゃい話して, いらっしゃらないの, いらっしゃると, いらっしゃるに, いらっしゃる道, うかがいませば, うしろを, おあがり, おいであれ, おいでなさりませ, おいでや, おいで勇一君に, おうつり, おかえりなされます, おかけなさい, おくられて, おしよせて, おすすみなさい, おそいかかって, おはいりなさい, おはいりなさらん, およこしなさる, おりて, お上がり, お上りやす, お伝えに, お傳, お入んなさい, お出し, お出で, お出でです, お出でなさる, お出で可愛, お出下さいまし, お出向きなさる, お向け, お呼び寄せに, お夜具, お客人, お宿りなさい, お寄り下さい, お寛ぎなさいまし, お引き向け, お引越, お戻り, お掛け, お掛けなさい, お掛けなせえまし, お掛け遊ばせ, お禮, お立寄り下さいます, お落ち, お譲り, お越しあそばされる, お越しで, お越しなさいませ, お越しやす, お迎えしなけれ, お返しくださいまし, お這入りあそばせ, お通しし, お通しと, お通し申し, お通り下, お運び, お願いに, かえされたの, かえってもし達ちゃん, かかるもの, かけだして, かけよって, きき合わせて, きたとき, きたんじゃ, きてからは, きらりと, くみついて, くるところ, くるまでは, くる時分, くる船, こい, こいという, こして, こちらから, この肱掛椅子, ご帰府, ご飯持つ, さあこれ, さけたり, さして, さし出して, さまよって, されて, しきりに何, しのびこむと, すこしうつし, せまって, その図体, それと, そんなもらい, だんだんに, ちかづきくるもの, ついたとき, つきすすんで, つないで, でて, とぶよう, とること, どうぞお, どうぞという, ねじ向けました, のしかかって, のりうつって, はいだして, はいりなさい, はって, ひき取って, ひねりしきりと, ふくらむほど, ふりむいて, ふり向けた, ふり返り, ぶらり都, ほしいとは, ほろ, まいって, まいりましたの, まいり三年以来, まいるまえに, まいる気持, まいる道すがら, まいれと, まず来, まわしつくづく, むきかわり二つ, むきなおり, むけえ, むけ二人, めぐらして, もう私, やってくると, やってくるらしい, やってくるらしいの, やってくる玉村君, やって来そう, やって来たとき, やって来た訳, やって来ました, やって来るて, やって来るもの, やって来るエポニーヌ, やって来る一団, やって来る馬車, ゆっくり歩く, よこしたの, よこしなさい, よこし給え, よこせ自分, よろよろと, わたしたまえ, カッポ, ズラリと, ノソノソ歩い, ペタペタと, 一人ずつ, 一歩ふみだし, 丁寧に, 上がったが, 上がりますこと, 上げて, 上った訳, 上つたのは, 上つて来る, 上ります道すがら, 上るまでは, 下つた, 云つて聽かせた, 人が, 今お茶, 会釈を, 伺いましたついで, 伺いますの, 伺うから, 伺おうと, 伺っては, 住むよう, 何うし, 作らせて, 來てから, 來ては, 依りして, 修行に, 光った, 入らっしゃりそうな, 入り込んだから, 入る時, 入れと, 入れるの, 六十ぐれえ, 凭れかかって, 出されます, 出せ, 出まして, 出向くから, 出頭させる, 分配した, 到着いたした, 前進し, 動かされするはかない, 包んで, 十四とおい, 半身を, 厄雑の, 参ったばかりの, 参ったらよ, 参つてから, 参りましたが, 参りましたの, 参りましてから, 参りますか, 参りますよ, 参る, 参ると, 参る途中, 参上致す, 參る, 取って返して, 取り返さなければ, 受けとった, 受取る, 合体せよ, 吐きかけたの, 向いては, 向かせる真, 向きなおった, 向きながら, 向き直った, 向き直り, 向け, 向けずに, 向けたが, 向けながら, 向けましょう, 向け前, 向つて, 向直っ, 呼ばれしました, 呼び寄せたならば, 呼ぶこと, 呼ぼうかとも, 回したり, 坂口アンゴ氏が, 大声で, 奪い返しませねば, 女の, 媚の, 寄せさすから, 寄ったところ, 寄つてみます, 寄つて行く, 寄りたまえ, 寄来す, 寄越した, 対するの, 尻を, 届きました, 差しこまれた, 差し出た枝, 帰つてからは, 帰つて来, 帰つて洗濯した, 帰りつきますの, 帰ること, 帰るの, 帰る日取り, 帰る船, 店を, 廻すわ, 廻つてきた, 廻つて注ぐ, 引いたわけ, 引き摺られるよう, 引き渡せ, 引き返しました, 引っ張って, 引取った, 引取る, 引移つて来, 引籠りまし, 引越したんで, 引返し給へ, 張り出し隣, 当たって, 影響する, 往来を, 徐々に近づい, 御えんづきなされまし, 御世話, 御出下さい, 御士官, 御座って, 御座を, 御案内, 御用を, 御相談, 御足労を, 御通り下さい, 御隠退, 忍んで, 急ぎ足で, 悪者が, 感じられた, 戴きます, 戻つたとき土地, 戻つて, 手活の, 払いあちら, 抜ける早業, 押しかけて, 押しよせて, 押し掛けに, 押掛けに, 招きお前, 招待申し上げ, 持ち帰りますから, 挑みかかるよう, 振り向けて, 振り向ける途端, 振向いたよう, 振向けて, 振返っては, 捩向けて, 捻じ向けペン, 掛けて, 揚屋から, 揺すぶって, 旅を, 春子さん来た, 暗に勇, 曲りそう, 来かかったが, 来させましょうか, 来ずに, 来たお, 来ただけ, 来たとて, 来たらまた, 来たろうと, 来た人々, 来た当座, 来た記念, 来てからばかりじゃ, 来な, 来ないつもり, 来ない間, 来なさるか, 来ますわ, 来ようと, 来られて, 来られなくって, 来る, 来るから, 来るそう, 来るに, 来るらしかった, 来る二日前, 来る吉岡, 来る方法, 来る旨電報, 来る気配, 来る迄, 来る間, 来掛かって, 来膳, 横顏を, 歩きはじめる, 歩き出して, 歩み寄つた, 歩るいて, 歸つ, 歸りたい, 泊めて, 泳ぎ出した, 流されて, 流れようと, 渡して, 渡り切るの, 漂い, 漏らすの, 濠水が, 燃えて, 燃え移つて, 珍しく二枚, 申し込, 登つて来る, 目で, 目礼を, 眼も, 着いてから, 着くと, 着く分, 着任した, 確かに, 私を, 移して, 移し用ゐる, 移った直後, 移られては, 移るとき, 移入する, 移転し, 立ちあがつて來, 立ち寄られなかったかと, 立返って, 笑ひ, 糸を, 細かい大島, 置かれたの, 聞えるの, 背なかを, 膝を, 自動車を, 舞い戻って, 落として, 行ききし, 行ったら出やしょうか, 見えたさ, 見えませんか, 見せた, 見せた一人, 見舞いに, 誰かの, 請求する, 護送し, 貰いましょう, 貰われて, 貸せこの, 走りして, 走り時には, 足踏みを, 跳びかかって, 転げ込んで, 軽く目礼, 輿入れを, 迂散らしい視線, 近くなっ, 近づいたの, 近づきとうとう, 近づき映像, 近づくと, 近づく犬, 近づく足音, 近付くの, 返して, 退出し, 送るよう, 送金なさいました, 逃げた, 逃げなければ, 逃げ出して, 逃げ込んだの, 這入って, 這入り給, 這入ろうと, 通して, 通ずるの, 通わないから, 連れられて, 遁げ歩く, 運ばせますから, 運ばれた, 運び返して, 運んでも, 開いて, 隠しまして, 電話かける, 電話で, 頂きましょう, 顏出しする, 風に, 飛びのいたが, 飛び附きさ, 飛掛つて来さう, 馬を, 駆けつけ人数, 駈け走って, 體を, 髪の

▼ こちら~ (1476, 11.5%)

215 見て 133 向いて 62 見た 36 にらんで 34 見つめて 27 むいて 26 睨んで 23 にらみつけて 21 眺めて 15 向いた 12 みて, 覗いて 10 見ながら 9 じっと見 8 のぞいて, むきました, 窺って, 見あげた, 見たが 7 ながめて, 見あげて, 見る, 見詰めて 6 お向き, 見おろして, 見ずに, 見ました, 見ると, 見上げて 5 からかって, ふりむきました, 眺めながら, 見まもった, 見上げた, 覗いた

4 [15件] うかがって, ねらって, ふりむいて, ふり向いた, ふり向いて, 凝視し, 向くと, 睨みつけて, 睨みながら, 睨んだ, 見たり, 見守って, 見張って, 見送つて, 覗き込んで

3 [16件] みつめた, みつめて, めがけて, 向いたの, 向いたので, 向きました, 向く, 指して, 振向いて, 振返って, 狙って, 見つめました, 見ても, 見まもって, 見るよう, 見向きも

2 [51件] じっと見つめ, じつと, じろじろと, じツ, ちよツと, にらみつけながら, にらみつけまっ, のぞくの, ふりかえりました, ふりむいたの, ふり向いたが, みつめながら, ウロウロし, 信じて, 信用し, 先に, 向いたり, 向かずに, 向きながら, 御覧に, 振り向いて, 振り向かれて, 振り向きました, 振向いた, 散歩し, 歩いて, 眺めたが, 眼中に, 睨むよう, 立ちます, 背に, 苛責る, 薄い鼠色, 裁判所と, 見い, 見たの, 見つめながら, 見ましたが, 見まわした, 見まわして, 見ようと, 見るの, 見る目, 見上げ見下ろした, 見下して, 見廻した, 見詰めながら, 覗きながら, 覗く, 調べて, 馬鹿に

1 [497件] あきらめて, あけて, あさった揚句, あゆびな, あゆびなよ, いじって, いつも通り頼り, うか, おって, おろそかに, お使, お使いなさいまし, お向きなさい, お引上げ, お持ちめされよ, お訪ねしたい, かえり見る形, かまわずもっと, からかっただけ, きらうだろう, こっそり覗い, この二つ目, ごらんなさい, ごらんに, ご覧なさいまし, ご覽, さして, さしてこいできた, さして云, さして寄せ, さして歩い, さして走っ, さし招いて, さすって, さすつて, さまよって, しげしげと見つめた, しらべはじめました, じっとすかし見, じっとにらみつけ, じっとみつめ, じっと眺め, じっと眺め入りました, じっと睨ん, じっと窺っ, じっと見あげる, じっと見まもり, じらして, じらし出した, すかし見ながら, すつかり畳んで, その有馬, それほどには, たつたの, ちっとも不愉快, ちらと, ちらりと見なすった, ぢつと, とがめるだけの, とめた, ながめ, ながめてる, ながめてるよう, ながめてる眼, なめた話, ならせて, にらみつけました, にらみつけ大きな, にらみながら, にらみ附けて, にらんだ, ぬすみ見しては, ねめつけて, のして, のそのそと, のそのそやっ, のぞきこんで, のぞきこんでるそれら, のぞきました, のぞみます, ばかに, ひきいれるところ, ふりかえった永田さん, ふりかえって, ふりむきます, ふりむくの, ふり仰いだ顔, ふり向かうとも, ふり向かなかった, ふり向きながら, ぶらぶらと, ぼんやりとして, ぼんやり見守っ, また無言, まだ内容, まだ見, みくびって, みた, みつめすり寄って, みつめ片手, みてる, むいたまま, むきにこにこ, むきまた, むくと, もしも眺め, やつた, よく知っ, ゑぐるやうにあまえた樣子だ, グッと, ジロジロ眺め, ジロジロ見, 一寸二寸ずつ, 一寸見, 一層い, 一生の, 下すん, 不思議そうに, 不愉快に, 不浄役人扱いしかね, 丹念に, 主人公に, 何やら呼びかけ, 何度も, 余りに弱い, 使うと, 例の, 侮辱した, 侮辱する, 保存し, 信じさせる手段, 信じないものら, 信用しやしない, 信頼してる, 偸み見る, 充分混乱させ, 冷淡に, 凝っと, 凝視て, 凝視めて, 処分する, 出し拔, 出て, 出来るだけ, 切りくずしに, 利用する, 労わった, 去ること, 叩きまわす, 可愛が, 同じに, 同様に, 向いたでございましょう顔, 向いたでしょうあれ, 向いたと, 向いたまま腰, 向いたやう, 向いたルリ, 向いた女, 向いた彼, 向いた彼女, 向いた眼, 向いた赤井さん, 向いてさ, 向いても, 向いてるこの, 向いてる多く, 向いてる鏡台, 向かっしゃいこちら, 向かれたらお辞儀, 向きさっさと, 向きたくなる時, 向きなおった森源, 向きましたが, 向きましたので, 向き五, 向き大声, 向き急速, 向き直るところ, 向き血, 向き返って, 向き返ると, 向くかも, 向くそうして, 向くとき, 向くどこ, 向く暇, 向く段, 向く気配, 向く顔, 向って, 呑みこんで, 呼ぶ声, 呼んで, 啼き渡って, 嘲つて, 国手扱ひ, 圧倒すべく, 壓しる, 失敗った, 女中とばかり, 嫌つてた, 守りましょう, 安いお客, 射たの, 射て, 少々説明, 尻目にかけて, 屹と, 差して, 差覗い, 引き揚げてから, 引き立てて, 引っかいたり, 当面に, 待つて, 後に, 徘徊し, 御訪ねする, 忌々しげ, 志した行程, 怪しむ風, 恨めしさうに, 意味あり, 慰める樣, 憐れむよう, 憤慨させる, 手招きし, 打って, 押えたり, 押すが, 拝んで, 拝見する, 持つ貴方, 振りかえった, 振りかえる, 振りむいたの, 振り向いた, 振り向いた皆, 振り向いた老人, 振り向き, 振り向きますと, 振り向くでも, 振り向こうとも, 振り返って, 振り返つたやう, 振り顧, 振向いたまま何処, 振向いた時, 振向き, 振返った, 振返ったが, 振返り見るの, 捕へるまでにも, 捜して, 排斥する, 採りして, 探したが, 探偵してる, 揉みつぶすに, 揮り返る, 撫で廻して, 教は, 旅行した, 時々見, 暇を, 暢気だ, 最初誰だ, 望んで, 検べ, 歩き, 歩きしながら, 歩きながら, 歩きまわること, 殺す氣, 民間の, 注意し, 注視しました, 済まして, 烱, 無理に, 無視する, 焼打ちする, 照らすの, 燃えるよう, 片づけたので, 物色し, 狂人扱ひ, 狙ったまま, 甜めてか, 町家の, 発つ時, 盗み見て, 盗み見る, 目指して, 目掛けて, 眺めあるか, 眺めかなり, 眺めそれ, 眺めた, 眺めたかと, 眺めただけ, 眺めたなり, 眺めてる祖父, 眺めなすつたらい, 眺めふと, 眺めまわし, 眺めまわした, 眺める気, 眺め廻して, 眼鏡越しに, 睥んだり, 睨みつけた, 睨みつけたまま, 睨みつけるよう, 睨み付けた, 睨み憎悪, 睨み返したから, 睨んだよう, 睨んだ眼つき, 睨んでは, 瞰み, 瞰みつけ, 瞰みつける, 瞶めた, 瞶めて, 知らないお, 示し傍ら, 称賛する, 窮地に, 窺い初め, 窺った, 窺ってるの, 窺つてるらし, 立ち広島, 立てるでしょうから, 紹介なすった, 聞き合わせて, 脅かして, 腐蝕し, 落すいつも, 落としすべて仕事, 薄いねずみ色, 行くの, 行くはず, 行く者, 見, 見あげたとき, 見あげた不平, 見あげては, 見あげながら, 見あげ月, 見い見いやつ, 見おろすよう, 見かえして, 見かえしながら, 見かえった主君, 見こころ弱げ, 見せた風情, 見それ, 見たお, 見たかと, 見たから, 見ただけ, 見たとき, 見たまま, 見たよう, 見たらしかったが, 見た人夫, 見た時, 見た時自分, 見た眼, 見た程, 見た鼠, 見つ, 見つけ, 見つけて, 見つづけた, 見つめたまま, 見つめたり, 見つめる三角眼, 見つめ手綱, 見つめ青ざめた頬, 見てに, 見ては, 見てる, 見てるの, 見てるので, 見てる千鶴子, 見てる者, 見てる黒目がち, 見てを, 見ない, 見ないでね, 見にっと, 見ましたけれど, 見ましたけれども, 見また, 見まもった志保, 見まわって, 見も, 見やう, 見ようとも, 見よという, 見られずに, 見ること, 見るので, 見るまなざし, 見るより, 見るイヤ, 見る叔母, 見る少年, 見る様子, 見る英之助, 見ろ, 見ろこれ, 見上げた今一人, 見上げた妻, 見上げてる丸い, 見上げてる顔, 見上げながら, 見下げて, 見下すよう, 見下ろされいまにも, 見下ろして, 見入って, 見刀, 見守ったまま, 見守ってるリュシアン・レヴィー・クール, 見守ってる少年, 見守ってる彼女, 見守ってる死人, 見守つて, 見廻った訳, 見据えて, 見殆, 見渡しながら, 見渡しむかし, 見濡れた手, 見眺めて, 見覚えて, 見詰めたまま立, 見詰める, 見詰めるところ, 見込んだその, 見返して, 見返すよう, 見返す目, 見返ったの, 見返って, 見返らず全く, 見返りながら, 見返りました, 見返りも, 見送って, 見限つたわけ, 視たの, 視め, 視詰めて, 覗いたよう, 覗いた表情, 覗いては, 覗きこんだ, 覗きこんで, 覗きして, 覗き込む, 覗くもの, 覘って, 覘つてゐる, 観ると, 計って, 訪ねたの, 認めたと, 認めない風, 誤用の, 誰だ, 誰何した, 軽蔑するであろう, 返り見て, 追跡する, 透かして, 透して, 透し見て, 透し見やった時, 造作し, 遠くから, 避けはじめた, 避けるよう, 閉めるから, 隠すよう, 離れて, 静かに, 顧みて, 顧みるの, 顧みる者, 馬が, 鴎が

▼ こちら~ (1192, 9.3%)

26 向けて, 背を 21 来て 18 向って 13 近づいて 8 背中を 7 出て, 向かって, 立って 6 向いて, 見せて 5 あるの, いて, 御厄介, 御座ります, 御逗留, 歩いて, 見える 4 いらっしゃい, おいで, まごまごと, ゐら, 向つて, 見えて

3 [17件] いると, くすのき, して, むかって, むけて, やつて, 來て, 向け, 向けた, 帰って, 散らばって, 残って, 用が, 眼を, 近よっ, 顔を, 首を

2 [59件] あるか, いても, います, いらつし, いること, いる筈, いる間, おいでか, おいででございます, おいでに, おいでの, お伺い, お出でに, お越しに, お預けし, かたまって, きかかりますと, きて, くると, とどまって, なびいて, ぼんやりと, やって来たの, クリスマスを, 一かたまり, 丁度大, 來る, 出して, 動いて, 向きを, 向き直った, 向けました, 向けると, 咲いて, 尻を, 居て, 居るつもり, 居るの, 引寄せられる, 弱みが, 控えて, 散らばつて, 散在し, 横顔を, 残るん, 気が, 気付いて, 注意を, 海苔漉き, 滞在中に, 畳みながら, 突き出して, 群れて, 見えるの, 越して, 転がって, 頭を, 飛んで, 飛込んで

1 [819件 抜粋] あいて, あって, あつた, あのう, あらわれそれ, ありました, あります, ありますね, ある, あるから, あること, あるので, あるもの, あるオランダ人, あろうとは, いいの, いい口, いた, いたけりゃ第, いたもの, いた少年たち, いっそう霊的, いなさいよ, いますか, いますから, いようか, いらっしゃいな, いらっしゃいね, いらっしゃいますわ, いらっしゃいませんか, いらっしゃること, いらっしゃるという, いらっしゃるとき一度, いらっしゃるん, いらっしゃる呂将軍, いらっしゃる本田君, いるから, いるには, いるの, いる新, いる時, いる時分, いる若い, いる限り有益, いれば, うずくまって, おあり, おいででしょう, おいでと, おいでなさいます, おしよせて, おそろいで, おでまし, おびきよせるもの, およこし, おりまして, おりますが, おる間じゅう, お世話に, お入りなさい, お出, お坐り, お待ちう, お愛想, お直, お綱さん, お越しと, お通ししなさい, お通し申し, お預け申し, かかって, かきよせて, かけて, かたまりして, かなふところは, かまぼこ小屋の, かまわずひっぱろうと, きたり, くぐりぬけて, くらべると, くるとき, くれば, けったい在る, こしかけて, この肥松, こられたの, ころがりして, こんな綺麗, ございます, ござります, ごゆるり, ご逗留, さいぜんから, さうず, さすの, さまよいながら, したがわなければ, しよう, しろじろと立っ, ずっとおいで, その人, その店, その気, ぞろぞろと, たこは, たずねて, たて違えて, たどりして, ちかづいて, ちよツと, ちらっと笑いかけ, ちらりと送られた, ついた一番おしまい, つい先, つれて, できて, とび少年たち, どんな事, ないに, なかった, なさいますか, なって, なれば, なんの, のこって, のぞき見して, のっしのっしと, のぼって, はかれら, ひっくりかえしながら, ひとり向うに, ひとり私, ふくらんで, ぶつかって, ぶらり千鳥足, まいって, まいると, まき散らす結果, また意外, むきなおりました, むけたの, むけました, もう一晩, もしや仙波先生, やさしく抱きつい, やってきたラツール, やってきた哀れ, やってきました, やってくる, やって来るの, よいの, よく聞える, よこしましたそれ, わたせ, ゐたいこと, ゐようと, ゐると, ゐる方, シミーズ一枚ズROス一つの, トウトウトウトウと, 一ツばらばらに, 一人二人と, 一人駅員も, 一団と, 一塊り, 一失あれ, 一組出来る, 一隊行く先の, 三人と, 三四本と, 三足行きつもどりつ, 上下させ, 不気味に, 不義理, 世話を, 乗り出して, 乱れ散って, 二時ごろかえりつきました, 交されます, 人は, 人家の, 人殺しが, 仕事机兼食卓の, 任して, 伏兵の, 伺いますこと, 伺つ, 佇みして, 住みついて, 住むよう, 住んで, 何かの, 何の, 何人かずつ, 停滞漂浪し, 備えあるも, 傾けばとだけ, 僕も, 光を, 内藤横丁豚屋横丁が, 出かけて, 出かけぬ方, 出張所という, 出没した, 分かれて, 分らない親しみ, 分らなかつた, 判って, 動いた島, 動きそう, 勤めて, 区分され, 十人二十人と, 危険を, 参ってから, 参っては, 参るでしょう阿賀妻さん, 参るは, 反射し, 取つて, 取り残されて, 受容れよう, 古井戸, 右近は, 向う態度, 向きました, 向き更, 向き直り, 向き直りながら, 向き返って, 向くかと, 向けた顔, 向けながら, 向けられて, 向けるよう, 向け並んで, 向つて來, 向つて續けた, 向ひ, 呼ばれるが, 咎は, 咲く, 咲く菜種, 嘲けりのろい, 回ったという, 坐りながら, 城を, 堆高く積まれ, 塊って, 声を, 大きな植木, 大しぶき, 大塚お, 大砲は, 女中さんは, 妙に, 存在し, 定めて, 客が, 害意が, 家具や, 寄って, 寄らないか, 寄り道し, 寄越した, 寝て, 寢卷き, 対って, 射斃, 小崎という, 小林君と, 小規模で, 局部的な, 居たさ, 居ます, 居られますか, 居られると, 居ります, 居り仕事, 居る間, 居殘つて, 届いて, 山吹先生おいででしょう, 山野の, 岩が, 差出してるザビーネ, 干されたる斑ら, 幸いする, 廻した, 引かれて, 引き返して, 引上げて, 引添って, 引越して, 引越してた私, 影響し, 役人の, 往き来し, 待兼ねた, 後を, 後戻りを, 御出, 御座いません, 御待ち, 御秘蔵, 御飯も, 心の, 思いも, 思わすよう, 急ぎ足で, 悪意が, 悶絶し, 感じさせて, 戒名が, 或ひ, 手を, 把手が, 抜き身, 抵抗力が, 押し寄せた, 持たせること, 持ち廻って, 持って, 振り向きざま, 捨てて, 探幽, 描かれて, 支度が, 散らかってる音楽, 散歩の, 新八, 於ては, 明るいガラス窓, 時間が, 晩餐の, 曳いて, 期待する, 来こちら, 来た, 来たいと, 来たの, 来たよう, 来た事, 来た由, 来てからも, 来ませんでしたか, 来るだけ, 来るつもり, 来るまでに, 来る前, 来る前後, 来る筈, 架けられた, 案あり, 植ゑ変へ, 権利が, 横たわって, 止まって, 歪めたり, 残されるもの, 残りあちら, 残りました, 残ると, 気がつかないや, 気がつかないらしく指, 気づかないらしい, 気づくと, 気の, 気取られるよう, 水車が, 油断の, 治療の, 泊って, 泊りに, 注いで, 注ごうと, 泳いで, 浮きあがった, 渡しては, 溜って, 溜まって, 滞留し, 滯在致すべく, 漂うて, 潜んで, 火事が, 灯さえ, 点々と, 無くなって, 無線電信も, 熟れ切つた山柿, 燃えて, 爬い, 玉村さんという, 現われて, 生まれるなら片腕, 男や, 留まって, 疎開し, 白や, 白状した, 目を, 直面し, 相違は, 真鯉緋鯉が, 着いた若い, 瞳を, 知った者, 知って, 私語が, 移しながら, 移し植えて, 移つて来, 移るお, 窓あける, 立ったり, 立つて, 笑いかけたの, 笑声が, 紐でしつかりとく, 網を, 罠を, 置いて, 耳打ちした, 聞える, 聞こえた, 聞こえるよう, 聽いた, 自分と, 自然に, 花を, 落ちて, 落葉した, 著ききょう, 蘆が, 蠢めい, 行くこと, 襲いかかる気勢, 見えた, 見えた時, 見えないの, 見えるであろう, 見せびらかすよう, 見て, 見ます, 見本が, 覗かせて, 覚えの, 計りある, 訊くよう, 話しかけ枯すすき, 誘い寄せること, 誰も, 譲って, 責任が, 貰って, 赤い小粒, 赴任いたしました, 起った, 身を, 車井戸井戸にと, 転って, 轉げて, 轉居した, 近づきくるの, 近づき二少年, 近づく, 近寄って, 迫つて来る, 追い必死, 逃げて, 逆まき, 通じないこと, 通ずるよう, 通ふ, 遊びに, 遠のいて, 遺つて, 邪心の, 配置した, 重ねるやう, 長くいる, 開らかせ, 防風林に, 隙が, 隙を, 集った舟, 雑然と, 雑談の, 雪の, 面白そう, 響いて, 頓着は, 飛びわめきたてて, 飛び散るやう, 飛火させた, 馬を, 高く低く揺れ, 黒ずんで, 黒田様という

▼ こちら~ (1060, 8.3%)

7 こちらで, それを 6 東京放送局であります 3 何の, 女の

2 [37件] おおぜ, お母さんと, お鳥, すぐに, すぐ着付, それが, そんなこと, そんなもの, どうです, もう黄昏, 不しあわせ, 丘の, 何と, 元より, 反対に, 呉侯の, 四人で, 大丈夫です, 子供が, 小林少年を, 日毎に, 木の, 東の, 死を, 無言の, 白いランチ, 目に, 私の, 穏やかに, 答えた, 自分の, 蔭の, 見向きも, 阿弥陀と, 阿彌陀と, 非常に, 面白くて

1 [960件 抜粋] あいにくたて込ん, あなたが, あまり好意, あるいはうつ, あんなお, あんまり片寄った, いかにも疲れ, いきなりがばとその, いくらか秋めいた, いささか櫓拍子, いち早く敵, いつかなひるまずに, いつまでも, いま巣へ, いやな, いりこんで, いろは屋文次と, うまうまと嘘, えがらっぽく笑っ, えろう人, おばけや, お内儀, お客の, お気の毒, お蓮様どころ, お金で, かくの, かねての, かまわなくても, からだの, きょうの, こういう場合, こうして暖か, こちらそちらは, こどもが, このお宮さん, このまま, この写真, この相, こばやしくんと, これからいつもこんな, これが, こんなに雪, ごぞんじ, ごらんの, さらにいっそう頒布, しずかに, しばらく待っ, しやれて, しらず候ゆゑ也, すかさずそれ, すぐ効力発生, すでに越前, ずうたいの, ずっと霊丘県, せんこうていの, そいつを, そういう話, そう一刻, そっと気, そのけんまく, その原本, その球, その辺, その頃, それでも氣, それどころじゃ, それには, そんな巧み, たいへんな, ただいまイギリス, ただの, ただ他人, ただ心, たった一人立, たとえおお, だんだんお, ちゃんと分っ, ちょっと寄る, ちらと, つるやの, となりの, ともかくも, どういう手配, どうしても指, どうもまだしつかり見, どこそこです, どちらでも, どの家, なかなか暑う, なるべくその, なんとかモンチ公爵夫人, にこりとも, にんげん, ねえ大学前, ひと腰, ひどかった, びっくりし, ぷるっと身震いし, へどもどし, べつに馬子, ほっと吐息, ほとんどもの, ほんとに寂しい, ぼくと, まあお, またあわて, またその, また南海, また織部, また部屋, まだゆだんしません, まだ小さい, まだ蚊帳, まるでお客, まんまと手代, みんなが, めそめそだ, もう彼, もう相手, もう誰, もう震え上がっ, もちろん文字通り寸鉄, もっと事実, もともと返し, もとより闘う, やせおとろえた盲目, やはり落ち着い, ゆるつとして, よけいに, よほどやりきれない, ろくなお, わからんよう, わざと捌けた, わたしの, アパートの, エミリイと, カモシカ号です, ゴクリと, スクルージさんと, スピードを, ドンドン舟, ハヤブサ丸から, ヒステリ, ヒョロ子です, ヘッド, ホクホクで, ポケットから, ヤクかと, ラキ子です, ワイシャツに, 一ヶ月以上も, 一人でも, 一介の, 一層おだやか, 一年や, 一文なし, 一族の, 一杯食わされた, 一生懸命に, 一生私が, 一間あまりも, 丁度昨日, 三人です, 三高の, 上山君枝さんたいへん, 不利だ, 不愉快に, 不足なく, 不遇の, 中は, 中村警部, 丸う出直せし, 主筋の, 乏しい食事, 九州の, 予めあらゆる, 予期し, 二人, 二人です, 二人ほど, 二歩進み, 云つたばかり, 五人で, 五月ごろ達ちゃんかえれる, 五百万と, 井上少年と, 京極の, 人をよけて, 人間の, 今井君兄弟です, 今日から, 仕事用の, 仲よく, 休ませたあと, 何お, 何しろ持病, 何しろ目下岩波, 何という, 何とも, 何もかもその, 何よりも, 侍二人である, 倉橋先生と, 停電と, 元の, 元気でやっ, 先刻御, 先日からの, 先生, 全体に, 八十二度から, 六畳隣り, 其天地だけを, 再三質問, 冬も, 凶行, 初から, 別か, 別に大した, 動かないこと, 動力所へ, 勝ちに, 十だ, 十人あい, 十円と, 千束という, 卑屈に, 南方の, 厚い潜水服, 又こちら, 友人の, 取り残された半平一行, 古井戸, 司令塔の, 吉見素子さんお父さんの, 名のりまで, 向ふ, 唯だ, 商売でも, 問い返した, 喰は, 喰われる方, 四馬頭目を, 困って, 土井さん大学で, 地獄の, 坑口を, 堅くなっ, 堪忍の, 夜に, 夢中に, 大まじめ, 大丈夫よ, 大変暖く, 大層好い, 大庭先生です, 大沽, 大統領閣下の, 大船だけに, 大阪に, 天城です, 天蕩山を, 失はねば, 女二人に, 好い心持, 如何でしょう, 姉さんな, 娘の, 嬉しそう, 孝助御, 学生さんみたいな, 安井神社境内の, 客, 室町家以来の, 家内一同相変らず, 宿屋では, 富岡兼吾君やつぱり本省の, 寡勢, 小さい子, 小さい時分, 小林団長を, 小林少年が, 小林少年と, 少々の, 少し離れ, 少年たちの, 山か, 山岡を, 山浦清麿さんの, 岸に, 左近先生, 幕の, 平気だ, 平然とやり返した, 広海屋いろは庫, 建物の, 強いて, 彦根様お, 彫刻を, 役者渡世そんな, 彼に, 彼女の, 待ちかねて, 待つ, 御新造樣で, 御神領, 必ず何らかの, 忽ち又, 思わず二三歩, 思わず機械的, 急所が, 恵みぶかい, 愈, 愚劣な, 慌てて, 戦場であります, 戸惑いを, 承知し, 押へて, 振向かずに, 推されて, 支那娘と, 放蕩と, 散歩, 文字の, 文珠屋佐吉だ, 新宮が, 旅僧魯智深, 旅館に, 日に, 早いこと, 早く逢坂山, 明智と, 明智夫人の, 昨年御, 時計店では, 暖かで, 暗くなった, 書き物に, 書類を, 曾て, 月曜附録とかいう, 木が, 木下藤吉郎どのと, 本家と, 本性院様よ, 札幌に, 李逵, 東京の, 東京ゴウゴウゴウ放送ガバガバガバ, 松ぼつくりを, 枕の, 果樹園の, 柳沢が, 根負けし, 梅の, 梢に, 機械的に, 歌人, 武器は, 死んだ人, 殿さまご, 毎日ちらちら, 毎晩こんなに, 気がつかなかった, 気の毒千万とも, 江を, 決死の, 法律の, 泣きだしたいくらいに, 泰二少年です, 洗濯場と, 浅く瀬, 浪人の, 涙が, 淋しくありません, 深い蔭, 混むと, 湖中に, 潜水カブトの, 火が, 無事だ, 無理な, 無言で, 無邪気に, 照り輝いて, 燕作の, 牛込警察署です, 牧野さんと, 特に近ごろ, 独り合点な, 玉太郎です, 珍探偵大辻又右衛門だ, 甘味ぬきかも, 甥御, 男たち三人だけで, 町方の, 畷手の, 白い紋, 白虎山の, 白骨島において, 皆ちがう, 目が, 盲の, 相手を, 眼交で, 着くずれた国民服, 知らないのに, 石川と, 砂糖を, 私に, 秘密の, 空中警邏機第, 窮すれば, 笑つて輕く, 第三学年, 第二十七會場, 第二十九會場, 第二十四会場, 第十九会場, 答えたが, 紀伊家びく, 素かんぴん, 細く美しくかつ, 絶望し, 総勢八人相手は, 繻珍こちらの, 考古学の, 肺病やみの, 腕利きの, 自ら耕す, 自働電話, 自分だけに, 自由の, 芙蓉です, 苅谷です, 苦しんで, 荒い風, 莫迦みたいに, 落第し, 藤枝です, 表寝殿, 西の, 見ずに, 見るかぎり, 見廻り兼ねて, 見物させ, 親分の, 話によっては, 誰方でござる, 警察とも, 警視庁です, 讃岐の, 財産税の, 貴島君こちらは, 貸家でございます, 質屋でしょう, 足の, 路傍の, 身じろぎも, 車組社長車善八氏です, 軽く頭, 近ごろひっこし, 返事を, 逃げ口上で, 遣り切れない気, 都合が, 重太郎を, 野上シゲさん, 鉄の, 銀座の, 銃を, 門人鈴木意伯と, 間にあわぬので, 闇に, 陸に, 随分足, 集まる者, 雪が, 露の, 面食っ, 順調すぎた, 頭から, 頼まれたお, 飄然たる, 飛行島であった, 養家さきの, 餡の, 首尾よく, 駒形村役場, 駕籠の, 騎士道で, 高崎さん, 高木博士, 高麗丸の, 黄八丈の, 黒白ダンダラの, 黙って, 鼻蔵の

▼ こちらから~ (739, 5.8%)

11 見て, 進んで 10 見ると 8 出かけて 6 先に, 出向いて, 声を 5 手紙を 4 尋ねて, 持って 3 あちらへ, それを, 御免を, 手を, 相当の, 積極的に, 覗いて, 言葉を, 逆に

2 [36件] あやまって, いえば, いろいろな, なかを, 二人の, 云へば, 交際を, 京都へ, 人の, 人を, 切り出して, 口を, 向うへ, 売るべきもの, 大声で, 少しも, 折れて, 押しかけて, 挨拶を, 望んで, 歩いて, 求めて, 物を, 眺めると, 結婚を, 聞きに, 行って, 見える, 見ますと, 見れば, 談話を, 身を, 迎えを, 近づいて, 逃げて, 頼んで

1 [569件 抜粋] あざ笑つて返却した, あちらの, あなたという, あなたに, あのお座敷, あまりご, あまり突ッ, あまり話, あんたを, いいたい, いうと, いくらでも, いくら声を, いく火夫, いって, いらっしゃい, いろ, いろいろ室殿へ, いろいろ容態, うち見た, おあげ, おいでおいでと, おいでなさい, おどろいた声, おねがいしよう, お伺い, お出, お勤めです, お参りを, お命, お宅, お客を, お宿, お得意様, お断りする, お断りだ, お礼に, お礼を, お紋, お綱, お話を, お豊, お送り致し, お金を, お雪ちゃんの, お願いさえ, お願いし, お願いします, お願い申上げまする, お鳥, かきとうございます, かの女, きかなくても, きりだした, きり出し, こちらへ, このトントコ, ご案内, さ, さう云, させるが, して, じきにネパール国王, すすんで, すべきはず, せつせと, せねば, そうした挨拶, そこまで, そのひきつぎ, その人, その光景, その浴衣, その誘惑, その金, それに, そんなこと, たしかめるべく馳, たずねて, たずねなければ, ただそういう, たづねたことを答, ちかづいて, では, どなりたてる, ながめむかふに, なんでも, ぬっと逆, ねぎらうと, のこのこ出, のこのこ出掛け, のも, はいって, はらはら見, はる子が, ぶっつかって, まざまざと, まるで何, もえて, もれて, やって, やつた, ゆくもの, ゆけば, よく見えた, よっぽどお足, わざわざ届け, わざわざ山上, わざわざ蠣殻町, わざわざ訪ね, アパート内に, シロホンを, タンゲイする, ボチボチ去なせ, 一人という, 一言も, 三つ目の, 三人全部では, 上がります, 上っても, 上告し, 上総へ, 下駄っ, 世に, 世間を, 中を, 中村警部が, 乗りこんで, 事情により, 二つめかと, 二三発応射した, 二人向こうから, 二度透かし, 二番めの, 云いださないうち, 云い出そうかと, 人に, 人造人間に, 人間の, 今日一日遊ばせ, 仕事を, 他人へ, 伝六の, 伯母を, 伺いますよ, 伺う, 伺うつもり, 伺うと, 伺わせますと, 何か, 何かと御, 何とか挨拶, 何も, 何を, 何分のお知らせを, 使を, 信長の, 借りに, 催促し, 催促する, 働きかけたもの, 兄さんの, 先へ, 先手を, 先生を, 入り乱れて, 入れた部, 全部打ち明け, 冬子の, 冴えざえときこえる鎌の, 出しても, 出ま, 出むいて, 出向いたもの, 出向いたり, 出向いても, 出向かない法, 出向くの, 出師する, 出掛けずとも, 出掛けて, 分けて, 切りだして, 切り出した, 切り出すの, 副隊長, 動いて, 十五ルーブリさしあげよう, 千人それに, 卑屈に, 卯槌を, 参りましても, 参ります, 参る者, 又腎盂炎, 反く, 反対の, 取りに, 取計らって, 叫んで, 各国の, 吉村を, 同情し, 名乗って, 君を, 呼ばなければ, 呼びかけても, 呼んで, 命令すれ, 和を, 咎められるを, 問いかけても, 問いかけなければ, 問いかけも, 問いただせること, 問を, 問合せて, 喜んで, 喧嘩に, 四国屋の, 国夫玖命が, 壁を, 夕の, 多代子さんの, 夜に, 娘の, 婆や, 嫁にも, 孔子の, 宗教だの, 家数を, 寄せて, 寄つても, 寄りつかぬよう, 射す電燈, 将棋を, 届けた羽織小袖, 届けますと, 屋賃を, 山岡の, 岩本の, 島田へ, 差向けて, 幸ちゃんの, 引きぬいたもの, 引受けて, 引返して, 強ひ, 当つて, 彼方を, 御催促, 御挨拶, 御接待, 御注意, 御礼を, 御禮, 御覧くださいまし, 御返辞, 快活に, 思いを, 思い切って, 思う存分, 恋を, 想像すれ, 愛してるので, 戒告の, 戦いを, 戦争を, 手つだいの, 手でも, 手出しは, 手早く鷲, 技術員も, 把んで, 投げ込むもの, 押しかけあそばしますて, 押しかければ, 押すさき, 押売し, 指図し, 挑戦する, 挨拶した, 挨拶すべき, 挨拶も, 捜す時, 探照灯を, 携帯し, 攻勢に, 教えて, 数えて, 文を, 料理人が, 断りますと, 断わろう, 暴露する, 曲目を, 更に近づく, 書簡を, 望んだわけ, 望んだ丈, 条件を, 案を, 案内した, 案内を, 橋の, 機先を, 正面の, 歩みよって, 死去の, 水を, 求めるまでは, 汽車に, 泊めて, 波止場を, 泣附いた, 注文を, 清に, 済まぬ事, 湖面を, 溶け込んで, 漕ぎ寄せて, 濛々たる, 火を, 烏瓜が, 無理に, 無理やりにでも, 無遠慮に, 煙草を, 熨斗を, 特に質問, 用意し, 甲府へ, 申し上げましょう, 申し出した, 申し出て, 申し込んで, 申す言葉, 発砲し, 白っぽい絽縮緬, 白状させよう, 監視を, 目も, 目を, 直に返書, 真正面に, 瞞す, 知らせようと, 研究問題を, 破門する, 示す明らか, 礼を, 私に, 移住し, 税金を, 積んで, 突きとめる, 突き進んで, 立ちのぼる霞, 紙と, 絶やすも, 緑色の, 締めてある, 縋り付く思い, 老中へ, 考えて, 聞いて, 聞えました鈴慕, 聞きたいこと, 聞くよう, 聞けない気, 聽いた, 背戸に, 自分が, 自動車の, 花江に, 血判を, 行くと, 行くという, 行こう, 行ったの, 行った留学僧, 袖を, 見えたん, 見えて, 見えないので, 見えは, 見えるあの, 見えるだけの, 見せて, 見たぐあいでは腰元ども, 見たところ糸杉, 見たり, 見つめて, 見ながら, 見る時, 見守って, 見物せざる, 見舞に, 覗いた光景, 親の, 観て, 観察し暮し, 解任する, 言った, 言ったの, 言ふと, 言わいでも, 訊いた, 訊いても, 訊ねた, 訪ねても, 訪ねないうち, 訪れて, 訪れる知人, 訪問する, 許しも, 話しかけたの, 話しかければ, 話しかけ屋敷境, 話し掛けたこと, 話そうと, 話を, 誘うの, 説話し, 請求する, 請負って, 謝らなければ, 謝罪させた, 貧窮人が, 買いに, 買って, 赤い悲しい炎, 踊の, 身ぐるみ裸に, 転用した, 軽蔑し, 辞そうと, 辞を, 辞儀を, 辿って, 迎いの, 近づいた, 近寄って, 近寄つて, 近寄るの, 返事する, 退学した, 送つたとも, 送られた程, 送る使者, 送る手紙, 逃げ出したい氣, 逃げ延びた五年, 逆襲し, 通知を, 通知書一つ出せ, 連絡しよう, 進み出て, 運動を, 遠く見る, 遠ざかつて, 遠藤に, 遣った人数, 避けるよう, 部下の, 鄭重に, 重ねて, 金を, 閉めて, 閣下の, 降服した, 隊員の, 隔てなく話しかけるよう, 隣へ, 集った農夫, 電報なり, 電報を, 電話した, 電話の, 電話を, 霊場聖地の, 霧笛を, 靜かに, 音物を, 頭を, 頼みも, 頼み度い, 頼み度いところだった, 頼めば, 頼んだわけ, 顏を, 願い下げだ, 願い度き, 願った退身, 飛びかかって, 餌を, 餘計やれ, 駈け向って, 騒ぎ立てた, 鬼に

▼ こちら~ (578, 4.5%)

5 わの 3 なにも, 先に, 照れて, 黙って

2 [25件] じっとし, ほんもの, 一日生きる, 何も, 余裕を, 先を, 勝つて, 変な, 専門な, 小言を, 恥しいやう, 悪いの, 悪かった, 根負けし, 目を, 真心を, 確かに, 私の, 自分を, 蓼科その, 行って, 誰である, 追えば, 道に, 頭を

1 [511件 抜粋] あのお, あの通り逆, あぶないの, あゆめば, あれほど, あれを, あわてて, いいでしょう, いうこと, いきりたって, いきり立って, いくら困, いくら定石通り, いくら根, いくら賛成, いけなくなる私, いつまでも, いつも目立たぬ, いて, いのちなく, いらいらする, うっかりし, うっかり眠っ, おかみさん, おきみち, おしかり, おとなしゅう戻ろう, おなじ明神様, お噂, お客さまです, お客だ, お家だって, お師匠さま, お慕いした, お書き, お構いなさいません, お気に, お言いなすった, お隣り, お鳥, かえって恥ずかしく, かえって根負け, かの女, からかわれてるよう, がんばっても, ことに荒涼たる, このこと, この家, この爬虫館, これほどまでに, こんなに喜ん, さきかも, さきを, しあわせの, しびれを, しゃんとし, しんけん, すこしもの, すっかり忘れ, すべての, せめたらどう, そういう存念, そう思う, そこまで, そそのかして, その方, その瞬間, その臺所, それに, そんな氣持ち, ちやほやする, とまったので, どういうふう, どう思っ, どんなにやさしく, どんなわがまま, どんな御, ながめるより, なにか頼ん, なめられるといった, なんで, にぎっても, のぼせて, はつきり掴み取, はでは, ばかに, ひかえると, びっくりした, へこんだと, へばって, へんに, ほんとの, まいって, まるっきり仁義, まるで平然, みな殺しに, みやげも, むかしびとで印税の, もうまっぴらで, もっと親身, やさしくもの, よい, よく見える, よっぽどいい, よろしいかしら, わかって, わから, わからないの, わが, わざわざ日本語, わたくしの, わに, わに直立の, わを, カメラマンの, キスの, ジュラルミンそこに, タンケイいづれ, チャンポンや, ドロンを, ドンドン先へ, ハッと, パッと, ヒステリーに, ブッ倒され, ヘコんで, ヘナチョコでは, ユーモラスに, 一ぺんすんでから, 一分でも, 一呑み, 一字も, 一層喫驚, 一層科学的, 一緒に, 一言いう, 七千二百石の, 三高です, 上っ調子だった, 上で, 上段の, 下手に, 不注意な, 不良学生みたいに, 中毒の, 主人で, 主人の, 久し振りの, 乗り気に, 乗ると, 二段がまへの, 二目の, 云いかけても, 云つて聽かせた, 云ふと, 五六人向うも, 井河くん, 亡くなった夫人さん, 人殺しの, 今から, 仙波さまの, 仰け反らなければ, 仰しゃるんですもの, 会っても, 伝通院様でございます, 佐原嘉門殿で, 何とも, 何とも言えなくなります, 何者である, 余りに詮索, 來た, 信州地あれが, 倍も, 倒されるか, 健康喪失など, 元でも, 先きであった, 兜を, 全く可愛, 全部持っ, 八銭こちらが, 凱歌を, 出かけて, 出発点でございます, 出發點, 出鼻の, 初めから, 劉備玄徳と, 力が, 力なく, 力むほど, 力を, 劣って, 助からん, 助かるばかり, 動いては, 動いても, 動きも, 動けば, 勝ったと, 勝つ場合, 医者で, 十二畳でございます, 十銭こちらの, 危い, 危ないも, 原っぱに, 参ると, 反感を, 受けぬ介抱, 叩き込んだと, 可笑しくなる, 吉岡家の, 同情した, 名人鑑向うが, 向いますと, 呑みこむ暇, 呑気だ, 呼べども, 命を, 四歩進む, 困るばかり, 困るよう, 困るより, 声を, 多分米に, 多寡を, 大きに迷惑, 大人げなく, 大勢で, 大朝日, 天草社長, 天願様で, 奮発できた, 女に, 女優の, 好いと, 好意を, 妹さんさくらさんていう, 官軍だ, 客として, 害心さえ, 宵の, 寂しいと, 専門だ, 小人数, 少々あわて, 少しでも, 少しは, 少し陽気, 崩れたり, 帝大, 師匠である, 師匠に, 常務, 平土間見物席ゃよりどりお好みしだいです, 平山ノブ子さん, 弟さんです, 弥兵衛さんと, 弱気だつた, 強く出れ, 強ければ, 強硬に, 弾き出されるよう, 役人に, 彼自身のより, 後手に, 得を, 御祖師堂, 御迷惑, 微笑する, 徳川軍であった, 心持が, 心配し, 必要を, 忙しいので, 怖がって, 思うころ, 思うほど, 急ぎ足に, 急げば, 怪我し, 怪我を, 恐いもの知らず, 恐わ, 恐縮し, 恐縮しました, 恐縮する, 恥かしい, 恥づかしく, 悪いが, 悪いん, 想像で, 慈悲を, 我慢を, 手痛い損害, 押し入って, 招かねば, 持って, 捜査一課の, 探索を, 控え目に, 敏感に, 斃れる, 斎藤山城殿で, 断わりを, 新賀君, 旦那樣それから, 早いとき, 早いの, 早くお前さん, 明らかに, 明座さんでしょう, 昔の, 春に, 晴れる, 望水楼へ, 本宅な, 本当に悪けりゃ, 本氣, 東川内領で, 果てしない腐れ縁, 柔和に, 楽で, 横に, 正直な, 正直の, 死んで, 殺されて, 比較的小, 気がかりの, 気がついて, 気づいたとき, 気でも, 気の毒な, 気も, 気を, 水量が, 氷室検事です, 求めて, 決心しなく, 油断し, 淋しく感じられる, 済むと, 済んだらチヨツト此処, 滑り落ちた, 火星天文台の, 無くなると, 無学で, 無暗に, 無茶に, 無限の, 焼けて, 牛の, 牢頭様だ, 物を, 猫を, 現われアルベール, 現代小説に, 男は, 異邦人, 病気だって, 痩せるほど, 發した, 白だ, 百合子さんと, 相当な, 相当の, 相手を, 相手以上に, 真を, 真実だ, 真巻き, 真面目でいる, 眠り薬に, 着席する, 睨む, 知って, 知ってること, 知つてゐる, 知りたくも, 石に, 石を, 石川縣の, 破滅する, 確に, 社長そちらに, 空しき目, 突然また, 窓に, 立たずと, 立たずという, 立たない, 立ちどまると, 立って, 第一会場, 第一會場, 第七会場, 第七會場, 第三会場, 第三會場, 第十二会場, 第十二會場, 筆を, 答へる, 紙と, 素直に, 素裸だ, 結句出し抜かれ, 結納を, 緊張し, 編集局長の, 縄を, 罪せられるかも, 肩の, 腫物に, 腹の中で, 膝を, 自分で, 自分の, 自由に, 自重しなけれ, 興が, 花びらの, 苦しさ, 苧商人の, 草臥れて, 菊人形の, 落ち目に, 落ち着いて, 落付く, 落目に, 蟄居を, 血眼に, 行きかけても, 行き着くまでには, 表面の, 複雑で, 西部軍の, 要望する, 見えるので, 見つけた時, 見て, 見ると, 見張つてるとも, 親切ずくに, 言ひ寄る, 訊いた新子, 訊くので, 訊問される, 試みるちょっとした, 話しかけなければ, 話しかけると, 話を, 認められない便宜, 誰かを, 謝つてなだめすかす, 譲歩し, 谷の, 負けること, 貧乏で, 貴公の, 賛成し, 起きて, 足を, 身を, 身震を, 躰を, 軍用の, 辛いもの, 近いです, 返事を, 述べる用向き, 迷惑しなく, 迷惑します, 逃げ出したり, 過分に, 違うもの, 里離れ, 野本くんに, 金吾さん, 長いん, 関守でござる, 闖入し, 降れば, 降参した, 隣人たちの, 靜か, 面目ない, 面食らって, 顔を, 飽までも, 餘り, 馬鹿でなく, 驚いたほどに, 驚くほど, 黒こちらが, 黒須さんです, 默つてい, 4と

▼ こちら~ (502, 3.9%)

4 ござります, 冬を 3 いらっしゃいますか, それを, 結構でございます

2 [25件] あがって, お待ち下さい, ことりことりと, する, そう思いました, その姿勢, 働いて, 働らけと, 勝手に, 声を, 御厄介, 御飯を, 御養生, 手を, 持ちますよ, 泊って, 泊まって, 申すこと, 私の, 聞いて, 自分を, 興味を, 買って, 足を, 身を

1 [435件] あなたが, あなたに, あの世へ, あまり愉快, あやしまれますからね, あんなこと, いいかと, いうこと, いう常世郷, いかんとも, いくら不自由, いくら思っ, いくら持ちかけ, いたしますから, いただきましょうね, いただくよう, いっしょに, いて, いろいろ不平, いろいろ喋られる, いろは四十八音を, うさぎが, うまくあやつっ, おくつろぎくださいまし, おこった, おさせには, おひかえ, お会いする, お作りに, お先へ, お声, お待ちでございます, お待ちに, お待ち下さいまし, お払い, お掛け物, お接待, お気が, お洗, お済ませ, お父さま, お生れ, お祈りし, お茶を, お話でも, お送りする, お送りでも, お金が, お銀様, お預かり申し, お願いします, お飲, きめた夕霧, こう敵方, こしらえるわけ, こしらえれば, こせこせ気を, これだけ, これだけの, ござりましょう, ござりますかっ, ごん, ご休息, ご存じない, ご少憩, させて, して, しようか, すっかり疲れ, すっかり身体, する仕事, せうか, せう慈悲心, そういう, そうお願い, そう気, そっくりその, その機会, その編輯者訪問記者, それぞれ別です, それだけの, そろ, たずね出さねば, ただ軽蔑し, たった一人, ちょっと休まし, ちょっと極り, ちよい, つくりて, とりあいに, どうぞ, どうにか都合, どうやら封緘, どさくさ出, どんなに平均, どんなに愛想, どんな境地, ながめたほど, なんとか致しましょう, ねさせて, はい, はさほど, はさほどにも, はじまつた麥刈り, はねつければ, ひきうけると, ひそ, ひとつ店を, ぶらぶらし, ぼろを, まごついてるの, まだ三浦, もうけた物, もぐう, もつの, もみ消そうと, やって, やっても, やられては, やります, やるん, やる算段, ゆっくり養生, よろしゅうございます, ケラという, ジイドという, ズーッと, チャンと, ツルガ博士と, バアと, ポンプの, ラジオの, 一つ飛びこんでくるぐらゐのものでまして, 一ぷく遊ばし, 一匹おとなしくさびしく, 一時に, 一本あちらで, 一杯涼台に, 一骨折られる, 上げようと, 下僕を, 不憫な, 不服らしい, 不正工事の, 乘りましたら, 予定し, 二タンガーという, 二人を, 云うその, 云ふ, 云へば, 人が, 今を, 今日の, 仕上げた, 仕事し, 仕事す, 仕事に, 仕事の, 仕立てた偽物, 仕込む見事一年, 他に, 他の, 他所者として, 仲よくしたい, 休んで, 伺って, 何か, 何かの, 何かを, 何とかする, 何とか打開, 何となし, 何なり, 何は, 何も, 何んだ, 作らせますお召し物, 作ろうと, 侍女の, 保管し, 信さんと, 修業が, 修行が, 修行場が, 倒れ屋根, 借り倒して, 僕が, 僕は, 入用だ, 全部引受ける, 八十円の, 処分し, 出来る限り, 切ないところ, 判断する, 加害者を, 勉強さし, 務めること, 化けて, 取りそろえて, 取りはから, 取り計らうと, 取調べて, 可愛がられて, 吉良殿の, 向うが, 君と, 呼びかけると, 呼びかわしながら, 呼ぶとき, 咳を, 品位ある, 商売を, 啼いて, 囁かれる声, 困るくらい, 地境を, 坐って, 埋めて, 埒を, 埓を, 塾を, 売って, 売れた, 売れたの, 大っぴらに, 大ポンペイユス, 大事に, 大平は, 太鼓を, 奉公を, 姫さまに, 存じて, 存分に, 宝石の, 実地に, 宿直を, 寝転んで, 小さな不安, 小僧さんが, 少しとな, 少し余分, 差し上げさせること, 希望する, 幾らかまし, 建てるつもり, 引きあげること, 引き受けるからと, 引受けて, 引鉄を, 弟橘姫様に, 彼が, 待って, 待つて, 御起居, 御飯たべ, 心あたりを, 心配しなくっ, 必死に, 思いも, 思う人, 思ってること, 怪しい蝶, 恥かしくなり, 悪いこと, 想う人, 想像します, 愛馬に, 感じるよう, 懸命に, 戦争し, 戦争に, 手招きを, 手続きを, 払うからと, 承りまするが, 抛った幾つ, 拂ふ, 拝見出来る, 拾い上げたクリストフ, 持って, 挽肉の, 捕えた殺人, 捕えて, 捨てるぐらい, 探検に, 揺り廻されて, 支払い, 敵意でも, 新築は, 旅館の, 日頃の, 早まった騒ぎかた, 早寝し, 昔の, 時折長唄や, 暇つぶしを, 暫くお待ち, 暮して, 暮すも, 暮そうかと, 暮らしたの, 暮らして, 暮らすよう, 書いた私, 書き上げた物, 書類を, 最初置かれた, 有効に, 有名な, 望む以上, 未知な, 村と, 桜が, 梟が, 極めて, 極楽浄土の, 様子を, 横に, 橋が, 正月を, 歸つ, 気づかないうち, 気の, 気まぐれに, 気まずくなる, 気を, 氣を, 求めるとき, 江戸中の, 泊まると, 浮世絵展覧会が, 清潔に, 湯を, 満足の, 準備します, 澤山です, 無関係と, 燈でも, 物を, 玉を, 生活する, 申付ける, 疲れるよりも, 病気に, 療治を, 発かなければ, 白い影, 白い手巾, 目に, 目星は, 研究なんぞ, 私は, 私語かれた, 空氣を, 笑い出した, 笑う気持, 笠を, 箪笥が, 細工を, 置いて, 罵るところ, 聞いた, 聞かれる, 聞きいたしました, 聞く言葉, 育ったの, 腹を, 膠着け, 自分の, 致しますわ, 舌を, 良いと, 良くし, 虐待され, 行なおうと, 衝突し, 裁判所の, 要る時, 見かけること, 見た方, 親切に, 言い立てる事, 言うこと, 言うならば, 言うべきこと, 言わぬかぎり, 訊きたいこと, 訊きも, 訊くこと, 訊ねて, 話を, 認めさせるより, 読んで, 調べて, 講演が, 講演を, 負担する, 責任を, 貰うという, 買ってから, 起こって, 起った, 起ったが, 起ったこと, 起りそれ, 越さなければ, 身二つに, 迷惑します, 造ったらと, 逢いました, 過す事, 遠ざかって, 選ぶより, 避けるやう, 配合し, 配給を, 野村君と, 金を, 青い鶉豆, 面会を, 頂いた催眠剤, 預かるの, 預って, 預りましたん, 飛んで, 食べると, 食事を, 飮みま, 飲むコツプ酒十杯位, 養いたくないもの, 養生を, 鳴けば, 黙って

▼ こちら~ (413, 3.2%)

6 それに 4 黙って 3 魔法を

2 [14件] そういう気持, そのつもり, そんなこと, びっくりし, 一人で, 一命たすかる, 前と, 愉快だ, 意地に, 気を, 話したい事, 調子を, 身を, 驚いたが

1 [372件] あきらめが, あっけなくって, あまりパッパ, あまり思いがけない, ありのままの, あわてて, いいかげん大酔, いくらか, いそがしいので, いそぐ, いっしょに, いつしか冷淡, いつのまにかゐ, いろいろと, いろいろの, うるさくなっ, おつき合ひ, おなじ口, おもしろくて, お前が, お前さんは, お劣り, お化粧, お嬢さんが, お客に, お父様, お見舞の, きっと落付, くるしい云, くるりと, くわつと, こうやっ, この一週間, この傷, この年, この男, この頃, これで, これを, ご尤も, さう正直, さるもの, ざっくばらんに, しぜん, しんけ, じっとおとうさん, じっと睨みつけ, すぐに, ずっと平穏, ずるく全く, そこは, その人, その御, その方向, その月給, その通りいのち, それだけの, それに対して, それ以上の, ただ何, ただ投ゲ銭, たった一つ, たとえ悪い, だ, だめです, つい嬉しく, つい軽く, つとめて心, ていねいに, どうにも都合, どう慰め, どこかの, ないところ, なお聞きただしたい, なごり惜しい, なだめるやう, なにげなく扉, なんだか気の毒, なんとかし, なんとなく相手, にっこりと, にわかにわかわかしい, のみこみ顔, ひとつ腰を, ひどく暮し, ぴよんととぶ, ほんのうろ覚え, まごつきます, またある, またいつか云, またつまらない, またもしや, また坐りこん, また思う存分, また甚だ, まだお世話, まだなか, まだ見当, まだ遊び盛り, もう辛抱, やがて別れる, やはり遊ん, ゆく雲, よかった, よく注意, ろくろくえ, カンコが, コンコンと, ジタバタし, ズボラを, テレない, ニコニコし, ニャウと, ニヤッと, ハンケチを, パッパッと, 一の, 一も, 一度に, 一時に, 丁寧に, 丁度醉, 七八人ある, 三等に, 上ったり, 上も, 不良どす, 乱暴な, 二十三に, 亦そ, 亦その, 亦宿, 亦氣, 人目を, 人間の, 何か, 何かと物忌がち, 何だか気, 何とか便宜, 何も, 何を, 何喰わぬ, 便利であった, 信頼しない, 儲けると, 充分その, 先だっての, 先方の, 先方も, 先方様を, 先生の, 出来て, 勝則が, 南が, 単に買収, 取込んで, 口が, 口を, 口汚く罵りかえす, 句の, 叩いて, 合いの手に, 同じく鉄道省主催, 同じよう, 同じ思い, 同格に, 同様に, 向うを, 君の, 呼吸を, 命を, 咄嗟に, 唖の, 商売です, 喋る両々相, 四男坊で, 困りますので, 困る, 圖太く, 売る喧嘩, 夏らしくなりました, 多少の, 大いに努力, 大いに口汚なく, 大いに張, 大ごたつき, 大事な, 大人でない, 女らしい低, 女二人きりよりは, 嬉しくって, 存分に, 安心し, 実物に, 容疑者皆無です, 寝ようとは, 対抗せね, 小説的に, 少々からかい方, 少々急ぎ, 少し変則, 差し控えた, 巻き込まれること, 平気で, 平気な, 幾分自ら, 引き入れられるよう, 引返した, 張り合いの, 強いて, 強くいいはりました, 強制的態度を, 弾んで, 彼の, 御不自由, 御出征, 御無事, 御覧の, 微笑し, 微笑で, 心配であります, 必ず溺れ死ぬ, 必死, 忍んで, 応じなくては, 怒ったふり, 怖れ, 思うよう, 思ひ切れなかつたの, 思わず顔, 急ぐ, 恩返しに, 息が, 悦ばしいが, 悪い冗談, 悪かった, 悪魔に, 意外, 愛着が, 感情を, 慎むこと, 慣れ先方, 懸命に, 戦あげくの, 戦う, 手を, 拔け, 掻く, 支度だ, 攻撃の, 日本の, 早いから, 早寝に, 早速に, 望んで, 木の, 木曽へ, 本気で, 本気に, 本氣, 柱の, 根気よく, 楽な, 武装した, 死に神の, 死ぬつもり, 気が, 気の, 気分よし, 気楽に, 気違いの, 氷魚とか, 泊り舟では, 泡を, 泣きか, 注意ぶ, 流人一度, 浮きあがって, 渡りに, 満ざら, 漸く決心, 激励し, 火急な, 火急の, 無茶な, 無言で, 無駄口では, 片づきましたから, 理不尽, 甘しく出来てる, 生きて, 當分は, 疲れたし, 疲れると, 直ぐに, 相手を, 眼で, 知らぬげに, 示さねば, 礼を, 礼儀を, 私は, 空で, 窮地に, 立ったまま, 立つたま, 端席歩きを, 笑ひ, 精神の, 紙は, 素直に, 絵の, 緩, 考えが, 聽い, 肩で, 胸が, 腹を, 自分を, 自国流の, 自然に, 苦しんで, 英語の, 虚を, 表向きは, 被害者だ, 裸だ, 要心に, 見て, 角道を, 言わせて, 言葉を, 言過ぎだった, 話さず汽車, 話すだけの, 話に, 論鋒を, 譲歩を, 谺を, 負けじと, 負けずに, 負けては, 負けぬ気, 買えなくて, 起きこの, 辞退した, 近づけないの, 返事を, 迷惑よ, 逆に, 遊んで, 酒盛を, 金子の, 釣り込まれて, 鉄砲隊が, 銀で, 降るでしょう, 随分ボンヤリ, 随分寒く, 難儀その, 雪に, 青年だ, 飛び出した, 驚いて, 鬼カゲにの, 魔法つかいに, 魔法使に, 鳴る真昼十二時, 麦畑に, 黄金怪人向こうも, 默つてゐ, 鼻で

▼ こちら~ (220, 1.7%)

5 歩いて 3 しても, 歩き廻って, 飛んで

2 [11件] して, そっくりおなじ, 同じよう, 尋ねまわって, 彷徨った, 歩きながら, 眺めるの, 覗いては, 走り廻っ, 逃げ惑, 違って

1 [184件] あさって, あちらと, あちらの, あるきまわるので, いさ, いのちを, いろいろな, うろつきまわり獰猛, おなじよう, おなじ方向, お一つ, お変わらせし, お忙しかっ, かけ回りくるい回るので, かけ回り今や, これだけの, ご昵懇, さがしたが, さがしまわりましたが, さがし廻って, さまよ, さまようて, さまようと, さまよって, さ迷えも, さ迷った, しらべて, せきわけられるもの, その条件, たずねて, たなから, とりかえて, ながめて, ならんで, はねまわるの, ほらを, まごまごし, まはりま, まわったため, まわって, よろめきながら, 一ついらっしゃい, 一塊り, 一番よく, 一緒に, 両方で, 云はれた, 人から, 人立ちが, 伴われて, 侵略の, 働き回って, 共に見, 出没し出す, 助けに, 動いて, 動かした, 匍いまわり, 印せられて, 反して, 反対の, 同じやう, 同時に向う, 同時に燃え出し, 同樣, 國, 大股で, 太鼓を, 尋ねながら, 尋ね得られる限り, 小石や, 山から, 山の, 巡査等とに, 平行し, 幾度も, 引き廻す, 引っ繰り返して, 引越車を, 彷徨つてゐる, 彷徨を, 往復運動を, 往来し, 御知合, 御縁組, 御遊幸あそばされ, 意外な, 愛嬌を, 懇意だ, 投げ出し敵, 拾ふてあるく, 持ち運ばれて, 持ち運んで, 持廻った, 捜して, 捜しながら, 掘り散らさせその後, 探して, 探し始めた, 教えるから, 散々迷い歩いた, 文通によ, 新屋の, 方角を, 日暮ごろまで, 木田敏子さんと, 案内し, 検べて, 止宿し, 歩いたり, 歩かせつつ, 歩きはじめました, 歩きま, 歩きまわった, 歩きまわって, 歩きまわつた, 歩きまわりながら, 歩き廻った, 歩き廻る, 歩くそして, 歩む, 殆ん, 気ぜわしげ, 気を, 池の, 河野さんとで, 注意ぶ, 泳いで, 泳ぎまわったの, 活発に, 流されたあげく, 流浪し, 渡って, 漕ぎまわった, 漕ぐ水夫達, 無意味な, 物色した, 珍奇の, 留り留り, 眺めながら, 眺めると, 眼を, 知人の, 移されて, 空を, 突当りそう, 縁の, 縁側を, 縫うよう, 自分の, 若い公達, 薔薇の, 行乞する, 見せて, 見て, 見まわした, 見廻して, 見捜しました, 見物し, 言葉が, 誰かに, 躍りながら, 身体を, 転校し, 迷って, 追掛けて, 逃げまわるばかり, 逍遥し, 這い廻って, 通りを, 遊び廻っ, 遊び歩きし茶屋小屋, 部屋を, 部屋中を, 間を, 隊籍を, 顔を, 飛ばせて, 飛びまわって, 飛び回りその, 飛び移って, 食べものを, 駆け回り男, 騒ぎ廻る

▼ こちらでは~ (176, 1.4%)

2 お扱い, 時おり噂, 獣の

1 [170件] あくまでも, あっちこっち雨が, あまり独り, あんなおいしい, いつまでも, いないより, おくびょうものの, お子さんは, かなり明るく, こういう一大事, こぶしの, これが, これでも, ございませんかと, ご迷惑, さう, すずらんは, そう云う, そのため, その人, その姿, その子分, その機会, それと, たがいに, ただわき, ただ恐れ入っ, ちっとも脅かす, ちっとも都合, ちゃんと判ってる, どうしても手, どうする, ない, なにもかも調べ, なるべくそれ, なるべくなら, ひとりの, ひろい原野, まごつかされる, またお, また御, まだ手, みんな楽器を, めったにつきあい, もうさっき, もうすっかり仲, もう桜, もう關係, もっぱらそんな, よくわかります, よく覚え, わかるまいが, カキスなり, カッと, シロウマと, 一しょでも, 一と, 一人きりです, 一寸取り込み, 一泊以上の, 三団体が, 乞食が, 二等の, 二部及び, 今の, 休みの, 休之, 何とも思う, 何の, 何も, 何もかもわかっ, 何を, 何んでもが, 使われて, 別にどうと, 別に風邪, 十人並として, 又食糧, 咲かないかも, 問題と, 喋舌らない, 土中から, 夏座敷に, 夢にも, 大事な, 大変番号が, 夫婦だけの, 女に対して, 女達だけで, 官の, 実験室の, 家中だまっ, 小さな紙切ナイフ, 小林少年と, 岩見さんへ, 年ごろと, 年と, 後生大事に, 得難い雑誌, 御冷淡, 御身たちを, 徳山の, 忘れた頃, 忘れて, 息が, 悦に入って, 手ぜまでしょう, 手を, 扱わないで, 既に畠, 日曜に, 昇天節に, 明智探偵たち五人が, 時を, 時間を, 晩の, 朝日新聞が, 検束の, 毎年この, 気づかないけれど, 気分と, 水稲は, 法然天窓の, 海陸二つの, 清悦は, 温かい御, 満信城代, 準備を, 澄んで, 火事騒ぎを, 火消仕事が, 烏が, 無態, 無論その, 爐を, 物が, 生れるずっと, 生活が, 皆から, 皇子は, 直されないと, 真実の, 真理である, 私が, 私は, 竜宮と, 職人が, 茶の間では, 荷主と, 落ち着いて, 衝突する, 衣食住の, 観音一つ彫らす, 言う必要, 言わない, 試みに, 詰らないこと, 返事を, 通用しません, 通風口でも, 道祖神, 鈴懸, 陽気な, 青年が, 青木さんが, 青銅の, 非常な, 非常に, 馬が, 鳥の

▼ こちらでも~ (151, 1.2%)

2 それと, それを, なく好き

1 [145件] あいつを, あがるその, あちらを, あなたの, あなたまかせ, あの妙, あまえる気持, あれに, いちどに, いつのまにか田山白雲, うわさを, おぎゃあと, おもい, お泊りなさい, お米, かつこう, こういう問題, これに, こんな音, さすがに, した, して, そういう経験, そうした失望, そのままその, その用意, それは, ちゃんと手, どうにもなりません, どうもますます重っ, なかッた, なされて, ひそひそ話が, びっくりします, ぽうぽうと, まだ確か, まだ貸す, まるで松明行列, もう留守居, もてあまして, もとは, ややしばらく黙っ, ゆきづまり万事, よくし, チューという, ツイその, パッパッと, ヒエや, ボソボソと, ポアと, ワーッワーッと, 一層烈しく, 万一の, 不足な, 与えること, 人声が, 今まで, 仕事に, 仕事の, 仰向けに, 例の, 先刻から, 内々は, 切符で, 動いて, 半分取る, 古い店, 古藤さんに, 向こうの, 吠え立ておるわい, 在名古屋一流, 声を, 売つて, 大爆発, 失礼に, 好意を以て, 嫌って, 子供たちが, 安心し, 家じゅう枕を, 實は, 小栗様なんぞは, 左様でいらっしゃいます, 形を, 彼の, 御同勢, 心がけましょう, 心元ない, 必死に, 悦し, 愁傷げに, 我を, 押し返しては, 捜して, 捨てられぬ, 新聞が, 方法を, 有りあまる程, 棒を, 極近しうし, 此の, 比較的楽, 気に, 気ぶりにも, 水車を, 決して珍, 洗吉さんが, 激賞され, 火星兵の, 火花の, 物音が, 用心し, 町の, 異存は, 皆の, 石を, 神の, 福島県の, 穴穂矢と, 笑い声が, 笑って, 笛を, 簡単な, 糸子さんやら, 聞かれた, 自分の, 至急考慮, 若殿が, 蝉が, 行届きかねて, 覆面が, 見當, 解せないと, 起き直, 足音が, 野菜を, 開いたり, 間断なく, 非常に, 騒ぎです, 騒然と, 驚いたの, 鳥の, 鳴いて, 鳴く夜

▼ こちらには~ (143, 1.1%)

3 分って 2 それが, なんの, 何の

1 [134件] あてはまらない, あらわれて, ありません, あると, いくらも, いらっしゃらないの, おおかみ, おおぜ, おくの手, おまつり, おやすみに, おらん, お友達, お酒, きれいな, こざっぱりと, これが, これぞと, これだけ, こんなこと, ずっと前, そういう名, そこが, その力, その方, そんな気, たくさんあります, たくさんい, たこが, ただ偶然, ちっとも悪意, ちゃんと証人, ちゃんと証拠, とりもちして, どなたが, びっこの娘が, また別, まだこれ, まだ統一, まったく無く, むろん敷物, もういられない, もろいかよわいもの, よくわかっ, よく通じない, わかって, わかってる, わたしが, バイオリンが, パル, ホルモンが, メジューズエコーアルギュスと, ヨーロッパ風の, 一々分つとる, 一人前働かなく, 一向にその, 一層危險, 三千に, 世界一上等の, 中村半, 乗気, 九, 交替した, 人殺しも, 今自分, 他にも, 以前から, 何ひとつ手出しを, 何もかもわかっ, 何よりも, 何一つない, 何物も, 全くその, 八人の, 分らなかった, 別の, 十四日に, 叉棒が, 土下座を, 土管や, 垣根に, 堂々と, 多いやう, 大きな霧, 始終お世話, 娘さんが, 宿りませんでしたし, 対抗すべき, 小笠原金三郎, 居ないん, 山案内人という, 御異状, 思はれた, 戻つて, 手首に, 打つ手が, 昼も, 未だ何, 末山大将が, 根拠が, 構わず濡れた足袋, 氣が, 火が, 灯も, 焦げた金庫, 然しそんな, 熱心の, 玉蜀黍と, 看守と, 矢代が, 確証が, 突然で, 窒扶斯が, 窮屈であった, 立ちん坊そっちには, 米も, 聞きたいこと, 聞きとれなかった, 背を, 膳が, 荒れた野, 褐色の, 見えないよう, 親子の, 誠意を, 読まなくては, 誰も, 貧しいパナマ, 路が, 防ぐ方法, 青々と, 頓着せずし, 風の, 食糧品が

▼ こちらにも~ (132, 1.0%)

3 おくみさん, 覚悟が 2 ある, 了見が, 同じよう, 小さな火鉢, 考えが

1 [116件] あったと, あったの, あって, あるし, あれは, いない, いる, いるん, いろいろと, うつくしい水, お出で下さい, お気の毒, お組さん, お銀様の, けが人を, この種, こんな作, ございませんね, しようが, そのつもり, そのもう, それが, それと半分以上, それに, たくさん犠牲者が, だいぶ妙, ちゃんともうひとつ奥の手, ちょっと見当, ふしぎな, また手段, めいめいが, やの, よい部屋, よく判る, わかって, チロチロチロチロと, 三ツ櫛の, 世間的な, 並べて, 亦二階, 代りが, 代表員, 伝染し, 何かの, 何百と, 傳はる度毎に, 出入り口が, 分けるからと, 分つて, 動きが, 動揺の, 十分責任が, 吉報が, 同じ話, 噴水が, 塹壕胸壁が, 多くの, 奇怪な, 小さな人, 弱味が, 彼女の, 待って, 思い切った策略, 恐ろしい火花, 手落ちが, 押し入りまして, 整えて, 文句の, 昨夜は, 木の, 条件が, 歓談笑声が, 毛利家の, 水上快速艇が, 決心が, 泊るの, 海も, 激しいも, 無い, 牛が, 物の, 琵琶の, 男女の, 白や, 相当な, 相当の, 眠つてゐる, 眼に, 神通力が, 策が, 紛失物の, 考へが, 耳について, 聞きたいこと, 自殺者が, 茅屋が, 落度が, 藝者の, 見えた, 見える, 言い分が, 詳しいこと, 誰も, 謡曲の, 起こりはじめました, 起りました, 転がって, 輩出し, 都合が, 里が, 鈍二兵衛という, 開店祝いの, 陽炎らしい, 隙の, 非常な, 餓ゑを

▼ こちら~ (131, 1.0%)

3 にある, の窓 2 にゐる, に向い, に立っ, の経蔵, へ渡った, へ静か, まで火照り

1 [111件] からはいりこもう, からむかい, から向う, から向側, から手, から掘っ, から見, が果樹園, が死, だが, でどの, ではそれ, では今週, では何, で尽きる, で平和, で是非, で自己, で見, で話し, で話し合う, で鉄屑, で靴, といふの, とにゆったり, とに対座, との距離, との間, と僅か, と言, なかなか散歩, にあつ, にいる, にしみ通っ, にはやはり, には低い, には閑静, には隨分空き, には願人坊主, にもありあり, にも射し, にも幾臺, にメンバア, に出した, に坐ってる, に坐り, に居並ん, に煙草, に立った, に立つ, に西洋小間物屋, の, のさ, のシグナル, のホーム, の下, の不, の二人, の会葬者席, の伸子, の何, の僕, の出張つた台石, の力, の北, の厚ぼったい, の堤, の壁, の屏風, の岸, の広, の往還, の思いすごし, の斜面, の水嵩, の生垣, の端, の終点, の肘掛椅子, の船, の裾, の長い, の陸地, の音頭とり, は, はいかにも, はす, はすべて焼け跡, はまだ, は清浄, へお, へちゃんと, へと心, へひき戻す, へやって来る, へ少し, へ引く, へ渡り返し, へ滑っ, へ転がっ, へ避けない, までつづい, まで行った, まで進ん, もなけれ, も向こう側, をまいりましょう, を打ち負かそう, を覗い, を軽く, 次にあちら側

▼ こちらからも~ (105, 0.8%)

2 あちらからも, 納豆を, 飛んで

1 [99件] いよいよ全快, おじぎを, お出, お礼に, お送りします, お銭が, かっこうと, これを, さすそれでも, さっそくお祝い, すぐ返事, すれすれに, その古びかた, それに, ついなぶる, なにかしてやりたい, ひらひらと, ぶきみ, まずセルコ, また苦しめ, みるみる地面いっぱい, よく思っ, よほど立派, アッアッアッと, キャーッキャーッという, ニューッニューッと, 一名の, 一度電話, 並木路が, 亦振, 今日は, 他人の, 冷淡な, 出る, 出産の, 可なり, 同じ方法, 同樣, 味噌汁の, 呼び合いました, 嘲けるよう, 囁かれ出した, 地下室の, 外國人を, 大時代めいた, 宿料を, 度々出した, 彼の, 復讐し, 心無き人々, 思わず小走り, 愛嬌を, 態, 手紙は, 提出され, 放たれて, 文を, 早くありし, 書面を, 東京へ, 機の, 歌で, 歩いて, 済まないとは, 渡そうし, 温い挨拶, 火を, 父を, 由々しい大物, 申さねば, 申し分が, 立ち上って, 立派な, 罵り返して, 美濃の, 聞えた, 聞えて, 薄羽, 薄羽かげろう, 見えました, 見える蒼白い細ながい, 覗き返し急に, 言いたいこと, 言って, 話しかけたいと, 語るべきこと, 負けずに, 走って, 起こって, 返しを, 返すといっただけの, 道庵で, 遠慮する, 遣った, 邪魔する, 隔てに, 音信を, 黒い影, 黒い頭

▼ こちら~ (101, 0.8%)

4 のお 3 で, でも 2 でございましたか, に, にご, に御, のお嬢様, のご, の御, の御用, へお, へ御

1 [71件] からお金, から督促状, がお, がやはり, が下谷, が先客, が市公署, が昔, が移っ, さえお, さえただ今, だろう, だろうが, だナ, でお, でお呼び, でご, でございますかな, でそんな, でちょっと, でなければ, では, で会っ, で御, で板場, とお, との取り引き, との話, においで, にすっかり, にだって嫉, にはお, にはどなた, に働かし, に害, に小島さん, に居る, に当の, に清澄, に相, に読ん, のおかげ, の商法, の奥様, の方, の本堂, はお, はどこ, はの大蔵殿, は五兵衛さま, は十時頃, は山岡屋久右衛門様, は源氏, は石好き, ばかしゃ面, ばかりだ, へあがっ, へお呼ばれ, へお礼言上, へただちに, へはたびたび, へは誰方, へ上りまし, へ上りました, へ上れ, へ参る, へ取り立て, へ帰っ, へ殿様, もたぶん, を知ってる

▼ こちらへと~ (64, 0.5%)

3 云って 2 云うから, 案内する, 案内を, 進んで

1 [53件] いつて, いわれて, お待受け, お言い, すぐに, つづいて, なにものかの, びかかってきたではありませんか, びかかってきたのではありません, びかかってくるようなしせいでうずくまっ, びついてきたではありませんか, やって来る足音, わたくしを, 云いながら, 云う, 云うに, 云うの, 互いに勝手, 何本も, 使者を, 処々生活の, 向けさせたわけ, 呂律も, 大げんかんの, 奥へ, 客間に, 家庭教師の, 導いて, 導く, 導くもの, 小さなからだ, 帆を, 引きつけて, 応接間へ, 慌てて, 手伝って, 掻き寄せました, 揺れ出した, 旅行した, 案内に, 注がれました, 渡って, 縁側を, 蓮歩を, 言うの, 言え, 言つて長い, 走りかかるの, 転って, 近づいた, 道を, 須臾の, 飛びまわって

▼ こちらからは~ (63, 0.5%)

2 すこしも見えません

1 [61件] あまりに毎日, いるとも, けっして命令, そこまでは, そのやさしい, その箱, それが, どこまでも, どれが, なにも, なんの, はっきりした, むこうの, もう一度手紙, もう何, もとより往訪, 一つずつ, 一寸見に, 二人しか, 何とお, 何にも, 何も, 使いを, 別に何ともお願い, 十月末まで, 半七, 反対に, 吃驚する, 呉, 小包行きます, 帯の, 広島の, 彼を, 御遠慮, 思ひ切ること, 掛け合, 教えること, 数発撃った, 斜めに, 横顔しか, 決してすすめない, 滞在雑費を, 物を, 生きた豹, 真正面に, 答へる, 行儀よく, 見えないが, 見えない側, 見えなかった方, 見えなかつた, 見えぬ側, 見えませんわねえ, 見える筈, 見ること, 見届け得なかった, 言葉も, 誰も, 軽い気もち, 進んで, 遊びに

▼ こちらへは~ (45, 0.4%)

2 手紙を

1 [43件] いこんで, いらっしった験, お出, お帰り, お豊さん, ご案内, その後まるで, たまに, ちょいちょい伺います, なれて, なんの, ひつて, まいりませんからね, まるで眼, もうお, もう何年, 九時に, 借りて, 僅に, 十三日の, 参らないつもり, 参りますまいが, 参りませんから, 姿を, 帰つて来なかつた, 帰られないと, 御不沙汰, 御帰り, 来て, 来ないで, 来ないの, 来なかったの, 来ません, 来られない由, 死骸の, 登つて來ない, 着きません, 背中を, 航空便来ません, 見えなかったが, 迷惑は, 間もなく大勢さま, 雪は

▼ こちらへも~ (40, 0.3%)

3 お見え 2 向うの

1 [35件] あまりお, あまり長く, いろいろ御, おじぎを, お廻り, ぜったいにいけない, ちと頂戴, ちょいちょいいらっしゃった, ものすごい勢い, よろこんで, 出て, 分けて, 又向う, 土曜日にでも, 客が, 密書が, 少しずつ, 廻して, 彼奴を, 御厄介, 御心配, 手を, 時々お客さん, 暇乞に, 来ますか, 済まぬわけ, 珍しい方, 監視飛行が, 知らせて, 脅迫状が, 話しに, 酌人を, 随分立派, 響き傾い, 飛んで

▼ こちらさま~ (28, 0.2%)

7 のお 2 でございますか, へご

1 [17件] となにか, などが五百, なもん, にお, にきっと, にはいつも, には御, のに善く, のラプンツェル, の大, の御, はよく, は丸梅, は酒屋, へ上っ, も一つ話, よつたの

▼ こちらです~ (27, 0.2%)

1242 こちらです, ね 1 かい, か余り, けど, ぞ, と叫ん, と楼婢, のよ

▼ こちらまで~ (27, 0.2%)

1 [27件] おいで, お出かけ下さい, とんだ迷惑, ひびくよう, やって来たよう, わざわざクリスマス, 不信任に, 人生が, 何だか麻酔, 出て, 参上いたした, 女つ, 妙に, 持ち出すという, 気持が, 泳ぎ渡って, 漂って, 穴に, 聞えるほどの, 聞こえないこと, 行った, 迎えて, 迎えるつもり, 随分遠方, 響いて, 飛んで, 魯鈍の

▼ こちら向き~ (24, 0.2%)

2 になり, に立っ, 飛び飛びて

1 [18件] にすわっ, になっ, になったはぎ, にならせる, にズリ, に並ん, に人, に受付, に向き直る, に坐っ, に捻, に椅子, に立った, に立つ, に腰, に腰かけ, に起, に顔

▼ こちらからの~ (16, 0.1%)

1 [16件] お返事, お願い, たよりにも, ように, シャツの, 何か, 小包は, 手紙これが, 申し込みを, 登城を, 端づれが, 話が, 送金は, 電燈の, 音信さえ, 音信など

▼ こちらこそ~ (16, 0.1%)

1 [16件] いいつらの, お変りなく, ごぶさたし, ご無沙汰の, ご迷惑, そう願いたい, たよりない, なんの, ふきだしたくなるの, よろしく, 不満で, 失礼を, 御禮, 王様や, 突然失礼千万, 飛んだ粗相

▼ こちらでございます~ (15, 0.1%)

641 かおそく, から, どうか面倒, な, よ

▼ こちら~ (13, 0.1%)

2 に大きく

1 [11件] からあちら岸, には一面, には高い, に横切っ, に近い, のでこぼこ, の崖, の柳橋, の籠渡し, の高い, は何

▼ こちらより~ (10, 0.1%)

1 あちらで, さきに, 上だ, 両三人, 主従の, 先方が, 向こうの, 左近将監づれが家へ, 物を, 頼まれるよう

▼ こちらさん~ (7, 0.1%)

1 でございましたね, にこんな, に忠義, のお, のよう, の前, 無かったの

▼ こちら~ (7, 0.1%)

2 といふ 1 つて中国の, という, ということ, という見当, と左側

▼ こちらへの~ (7, 0.1%)

1 お出かけを, そりの, そりウチワ太鼓踊り狂う, 云いわけ, 御滯在, 経験に, 親切だろう

▼ こちらよりも~ (7, 0.1%)

1 さらに速かっ, 一層哀れ, 一層注意, 弘く, 早く気がつい, 自分で, 訪れ先生

▼ こちらだって~ (6, 0.0%)

1 中国の, 別館でしょう, 戒厳的混乱は, 日本物の, 腹が, 迷惑だろう

▼ こちらでしょう~ (6, 0.0%)

6

▼ こちらでの~ (6, 0.0%)

1 ごようす, 出来事は, 変形について, 小生の, 最も古い, 賣り捌き方

▼ こちらとは~ (6, 0.0%)

2 反対に 1 どう云う, なし廻つて, 果してどうなるだろう, 逆に

▼ こちら歩い~ (6, 0.0%)

1 ていかなる, ていた, ている, て居る, て涼, て珍しい

▼ こちらじゃ~ (5, 0.0%)

1 もう科学, よ, 一騒ぎでした, 君が, 貸すばかり

▼ こちらへという~ (5, 0.0%)

2 ぐあいで見 1 こなしで, 合図を, 手まねきを

▼ こちらからこそ~ (4, 0.0%)

1 お願, お願いしたい, お願い申さなけれ, 見えるが

▼ こちら~ (4, 0.0%)

1 へ其氣, までごぜ, まで高い, アは

▼ こちらへより~ (4, 0.0%)

4 して

▼ こちらまでが~ (4, 0.0%)

1 のこって, 何か, 自分でも, 重苦しい気分

▼ こちら見廻し~ (4, 0.0%)

1 つつぶらぶら, ていた, ている, てみ

▼ こちらだけ~ (3, 0.0%)

1 しんけんで, でなく北海道, 万事分った

▼ こちらでございましょう~ (3, 0.0%)

3

▼ こちらでと~ (3, 0.0%)

1 つて貰ふ, 控えの, 言つて隅の

▼ こちらとの~ (3, 0.0%)

1 境界に, 間に, 関係も

▼ こちらとを~ (3, 0.0%)

1 引き合せ, 見比べながら, 離して

▼ こちらなら~ (3, 0.0%)

1 ば誰, 仙台の, 真向きと

▼ こちらはね~ (3, 0.0%)

1 やはり暮, 役署の, 片原へ

▼ こちらへでも~ (3, 0.0%)

1 お掛, 寄つて聞いたら, 突然伺った

▼ こちらもち~ (3, 0.0%)

1 ですし, という条件, よいと

▼ こちら二人~ (3, 0.0%)

1 の今, の先生, の自由

▼ こちら探し~ (3, 0.0%)

1 ていた, ておりまする, てみた

▼ こちら桂川~ (3, 0.0%)

3 の幕

▼ こちら歩き~ (3, 0.0%)

1 ながら何, まはつ, まはりました

▼ こちらかと~ (2, 0.0%)

1 思って, 訪ねて

▼ こちらからと~ (2, 0.0%)

1 はんたいが, 婦人警官が

▼ こちらがはの~ (2, 0.0%)

1 山々の, 銅線全

▼ こちらさえ~ (2, 0.0%)

1 寛大な, 忘れて

▼ こちら~ (2, 0.0%)

1 ていた, てみた

▼ こちらそれ~ (2, 0.0%)

1 が例, じゃあおかみさん

▼ こちらだけが~ (2, 0.0%)

1 それを, 無際限

▼ こちらだけで~ (2, 0.0%)

1 すること, 引受ける

▼ こちらとしては~ (2, 0.0%)

1 どうもお, 取り扱いにも

▼ こちらとでは~ (2, 0.0%)

1 役者が, 段が

▼ こちら~ (2, 0.0%)

1 のよ, んでしょう

▼ こちらにて~ (2, 0.0%)

1 お控え, がらを

▼ こちらにとっては~ (2, 0.0%)

1 まあ倖, 不意打ちでは

▼ こちらにまで~ (2, 0.0%)

2 その薄汚

▼ こちらにもという~ (2, 0.0%)

1 のであろう, 有様で

▼ こちらに対して~ (2, 0.0%)

1 借りが, 寸毫も

▼ こちらへばかり~ (2, 0.0%)

1 やってくる, 足が

▼ こちらむい~ (2, 0.0%)

2 てみんな

▼ こちらむき~ (2, 0.0%)

1 にそろえ, の

▼ こちらもと~ (2, 0.0%)

1 堅く手, 紐育で

▼ こちら三人~ (2, 0.0%)

1 とも物識ら, 殊に慎太郎さん

▼ こちら以上~ (2, 0.0%)

1 にある, に不正

▼ こちら合せ~ (2, 0.0%)

1 である, でスレ鈎

▼ こちら向い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てみろ

▼ こちら方面~ (2, 0.0%)

1 からいえ, よりは標高

▼ こちら~ (2, 0.0%)

1 のお客樣, のもの

▼ こちら歩いた~ (2, 0.0%)

1 が今更, 時に

▼ こちら歩きまわっ~ (2, 0.0%)

1 てなるたけ, て何

▼ こちら海岸~ (2, 0.0%)

1 を逍遙, を逍遥

▼ こちら~ (2, 0.0%)

1 ては笑うた, て歩いた

▼ こちら見捜し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ こちら覗き込ん~ (2, 0.0%)

2 では呶鳴

▼1* [235件]

こちら〇時三十分というの, こちらあてに送つ, こちらあるものは, こちらいつかお宅でお目にかかった, こちらいやに抹香, こちらうちのママさん, こちらうちかえしてその, こちらお辞儀をした, こちらお高くッて, こちらさてどっち, こちらかきまわしている, こちらかって幕の, こちらからかわずが尋ねました, こちらからじゃない, こちらからでもはつきり, こちらからという工合に, こちらからのみ言質を, こちらからよけて行かうと, こちらがよける方, こちらこちらと教える, こちらさまもと銀座にいらした, こちらさまようて桶屋さん, こちらしだいで言う, こちらしばしば鳴いて, こちらする人びとの, こちらそちらはそちら, こちらそれとなく見ながめたが, こちらそんなこと信じない, こちらたずね歩いたのち宿屋に, こちらだけとしてすませたい真紀子, こちらだけの特徴も, こちらだろうと見当, こちらやございません, こちらてえのは, こちらでありますがあなた様, こちらであるか, こちらでかへつていろいろ, こちらでこそぜひ逢いたく, こちらでございってな面, こちらでございやしょうか, こちらでござんしょうか, こちらでしている, こちらでしたか, こちらでたづねて水月山円通寺跡の, こちらでたくが料理, こちらでないやうだ, こちらでなくちゃいけない, こちらでばかり暮らして, こちらでまで出来ないし, こちらでもって自分の, こちらでもようくわかっ, こちらというものは, こちらとしましては実にたやすい, こちらとて佐々木殿の, こちらとても用は, こちらとでもまともに, こちらとにこんなこと, こちらとにかけ渡しそれに, こちらどうなすつたの, こちらどっせお土産, こちらなぞでは, こちらなどが困って, こちらなどで噂する, こちらなりと指さしたれ, こちらなりを噛り習っ, こちらなんか大不自由, こちらなんぞは当分の, こちらにおきましていろいろの, こちらにかけては済むまい, こちらにかへつてゐた, こちらにごろんと横, こちらにたいして使って, こちらにたいする構えは, こちらにと移動し, こちらにとって心臓へ, こちらにねぢ向け, こちらにまでもひきずり込むので, こちらにもかの女の, こちらにゃあるが, こちらによほどの忍耐と, こちらにをりませんでして, こちらに対する感情とか, こちらのけはいを, こちらのそのそ歩いて, こちらのにお召しなさいまし, こちらのびて一つ, こちらのみかたです, こちらはかへつて, こちらはさほどで, こちらばかり指して, こちらばかりに恨めしさうな目, こちらひとりできめ, こちらひねって一所懸命, こちらふとってらッ, こちらへとて奥まりたる座敷, こちらへとはいまわりながら, こちらへねさああなた, こちらへまはしました, こちらほど不順で, こちらほんとに物好きねえ, こちらまたいらっしゃいねぇ, こちらむく山と, こちらむけわれも, こちらめっきり寂れが, こちらもちゃくりく, こちらもという意気込みで, こちらものに手, こちらやわらかくほころびかかって, こちら折角貰った, こちらよと彼女は, こちらよりはずっと日, こちらわが身でわが身, こちらをと捜して, こちらをも探すは, こちらな, こちらハイボールですつて, こちらヒョイヒョイと曳い, こちらミンナたッ, こちらリスボンからいらした, こちら一睡も致さず, こちら上座の方, こちら井戸ばかり掘っ, こちら井深です, こちら京野等志さんいつかお話, こちら住居いたして, こちら佐々木さんぼくの美術, こちら何キロ二十二三貫でしょう, こちら何メートルハアあらそう, こちら先生のご, こちら兎沢でございます, こちら八時四十五分に出, こちらでは丈, こちら参考にし, こちら取調べをした, こちら合わせですいすい, こちら合計して, こちらになつて肘, こちら向いたら仏だ, こちら向かんせ雪の, こちら向く山の, こちら向けえの, こちら向けわれもさびしき, こちら向け山物凄き夜, こちら向け我も寂しき, こちらな方, こちら大庭先生です, こちら守敬は非常, こちらの中, こちら人数です, こちら小説家の倉橋君, こちら小郷ですと, こちら巡査に出喰わす, こちら彷徨った, こちら彷徨今夜も湯田泊, こちら往き来してるの, こちら往復した, こちら往来するには, こちら手入れをする, こちら打ちこわされ銃弾の, こちらけ裏, こちら持ち運びながら彼, こちら振向くかと思っ, こちら捜しても見当らない, こちら描いて又, こちら散らばつてゐた, こちらの越前様, こちらをしました, こちら様さへそれ, こちら歩き出し二つの, こちら歩き回っていた, こちら歩き回りてハヤ時, こちら歩き廻ったり一寸, こちら思ひしよりは, こちら気兼ねのない, こちらにぬれ, こちら永井様の, こちら河床が現れ, こちら泳いでいる, こちら消しだらけなの, こちら滋賀の海, こちら物色して, こちら独特の方法, こちら独自の弱音器, こちら生え出していた, こちら生れでないから, こちら発掘して, こちら盆踊の太鼓, こちら石油を掘る, こちら礼子さんの昔, こちら移りながら聞え, こちら移り住んだものだった, こちら箸まめにあさり歩く, こちら綿だけ, こちら合せたあげく, こちら職人がよろし, こちら自分には策略, こちら自身の平生, こちら花井先生の奥さん, こちら落葉を掻き起し, こちら蕎麦の茎, こちら螺旋のよう, こちらの女子, こちらつたり, こちら行き来して, こちら裂けた白い紙張り, こちら西村山の方, こちら見まわしていました, こちら見廻すと, こちら見比べていました, こちら見調べていました, こちら視察しつつ, こちら言ってたわ, こちらりが, こちら読んでいた, こちら調べていた, こちら貴方が大好き, こちら走り使いにやられる, こちら起きよ起きよの太鼓, こちらと同時に, こちら洩れましたな, こちら這い廻ったがどこ, こちら連続と隠顕, こちら遮られてる牧場だった, こちら鋭い強い目が, こちら阿賀妻どのをいろいろ, こちら降ったりやん, こちら障子を引あけ引あけ, こちら音楽家でしょう, こちら飛び歩るいて, こちら飛び回ってることなどは, こちら飛び回りささやき怒鳴り全員を, こちら飛び移る火の粉それらの, こちら飛んで歩きました, こちら骨董屋を見, こちらを追いまわす