青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「さき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

さ~ さい~ ~さう さう~ ~さうな さうな~ ~さうに ~さがし さがし~ ~さき
さき~
~さげ さげ~ ~さし さし~ ~さした さした~ ~さして さして~ ~さす さす~

「さき~」 7800, 84ppm, 1324位

▼ さき~ (2874, 36.8%)

72 立って 37 たって 15 なって 14 来て 12 行って 11 出て, 立った, 立つて, 腰を, 述べたよう 9 私は 8 おあがり 7 けり, ちらついて, 紹介した, 見つけたの 6 して, たてて, 帰って 5 のべたよう, ふれたよう, 口を, 引用した, 我に, 正成が, 死んで, 浮んだ, 目を, 立てて 4 こっちの, ちらつく, ついて, 挙ぐるところの, 曹操が, 自分が, 見えた, 起きて, 降りた人たち

3 [36件] かかって, きて, けるかも, ここへ, すわって, それを, ちらちらし, のぼって, 一人の, 云って, 僕が, 出して, 出た, 力を, 姿を, 寝かせて, 彼の, 我は, 我を, 手を, 持つて, 本国へ, 東京を, 死んだ, 水を, 皺を, 眼を, 私の, 私を, 置いて, 自分の, 言ったよう, 言つた, 走って, 述べたところ, 述べた通り

2 [137件] あって, あらわれた, あるもの, あるよう, いろいろの, うずくまって, お前に, かざして, こ, ここを, こすりつけようとして, これへ, これを, ごはんを, する, せよと, たったおまわりさん, とりついたん, なりますが, なり門口, なる, なるか, はいれ, ひろげて, ふれて, ぶらさがって, ほふ蔭, まず聖書一巻, まわって, みんな這入っ, むかって, もって, やって, われ泣きいだし, 一つの, 一匹の, 一書を, 並べて, 並んで, 人の, 人間の, 休んで, 俯伏し, 僕は, 出かけた, 勅勘を, 受けて, 可愛い頬白, 呉へ, 四散した, 垂れさ, 大隊長, 天涯と, 妖怪の, 家を, 宿の, 寒の, 尊氏へ, 少彦名命, 屯し, 己が, 帰っとれよ, 帰つて行つた, 帰ると, 座を, 彼は, 彼女に, 徐庶が, 悪口を, 我この, 戦争に, 指を, 挾んで, 政党の, 文豪を, 於いて, 日が, 春の, 書いたよう, 月見の, 本庄鬼六の, 森の, 楊は, 歌ひゐたる, 歩いてよ, 汝が, 流れて, 浮かんで, 消えて, 清月に, 濡れながら, 無数の, 照る日, 玄徳が, 珍らしき, 申しあげなければ, 申した通り, 男の, 異らずして, 発表した, 白き馬, 直義が, 着て, 石を, 私が, 私に, 穴の, 突っ立っ, 立ちながら, 立つ, 老爺が, 自ら革命家と, 血が, 行くの, 行くを, 見えて, 見える, 見える気, 見て, 見ゆ, 触れた, 謹記せる, 走る, 蹴られる場所, 身を, 迫って, 述べた, 述べたるが, 逃げたが, 遠く望みし, 部屋の, 錦の, 門口を, 閃光が, 階下の, 風呂に, 黒い鉤

1 [2138件 抜粋] あいつを, あがると, あげた諸郡, あつまって, あなたに, あの世に, あらはれて, あるき出した, ある交番, ある山, ある目的, あんなにあの, いきおいよく弾かれた, いそぎ登らむ, いた与次, いった三層どころ, いった第一高等学校, いつたといふ, いでたちし處, いま操縱す, いる奴, いわゆる心理療法これ, いわれた, うたへる, うれしかりしもの, おちかの, おばこ節を, おやすみ, おり立って, お入り, お坊さんたち, お歩き, お話しし, お銀様, かえって着, かけた葭, かたづけなければ, かるい引っかき, きらきらと, くるくるとま, けり毎朝, こちらが, この仙臺, この川, この町, これだけ, さされた時, しおくれた殉死, しまいになる, じぶん, すでにこれ, すべきか, すること, そ, そっと開封, そのはじめて, その室, その方, その用, その窓口, その頭, それが, たしかに薄, たたずみ遙, たち麻ひもの, たつ心, たてたサーカス, ちよツと, つ, ついた一種, つきまとう, つける鰻針, つながって, つまんで, といへるは, とりつけたもの, なげだす子ども, なったもん, ならねば, なりお, なりて, なり私, ねた子に, のべたこと, のぼるから, はっきりと, ぱつと雪を, ひとつ置かれた, ひらめいたかと, ふつさり, ふれたが, ぶらさ, ぺしゃんと尻餅馬鹿っ, ほふ馬酔木, まいって, まるい石ころ, みずから試験を, もう家族, もちだすと, やられたん, やろう, ゆきました, よこして, れいが, わが契りおきつる, わが逍遙子, わたしたちは, われわれの, ゐるちり, アケロンテの, イドメニュースを, カラニシを, ガラス戸の, クン, サーベルを, スパンベルグの, チラつく, ドサ貫がも, ハノーヴァ王家の, パレツトを, フォンビュロオ伯が, ボートの, ヤアパンニアに, 一つ一つ水玉が, 一ぱいに, 一捷を, 一種の, 一葉も, 三の, 三浦が, 上れと, 上海の, 上野よりの, 下りたが, 下駄を, 世界に, 並べた侘び, 中国露国と, 丸い玉, 主人の, 乗りこんだ, 九十九里浜の, 争つて喰ひつい, 二脚ほどの, 云つた通り四月二十日の, 五月中に, 今夜は, 付けて, 伊那丸の, 伯耆の, 伺おう, 位に, 体じゅう熱い, 余り長く, 使われて, 來れるみ, 俘虜と, 信長公の, 借りた茶碗, 備前で, 僕退出し, 先ずこれ, 兜兒の, 入れた, 八里半と, 兼吉から, 内地へ, 冷えたり, 出かけて, 出ちま, 出んならん長男, 出掛けて, 出迎えて, 列へ, 別れて, 剃髪し, 劇場に, 勘平の, 包み藏, 北畠親房が, 十手を, 半分も, 南朝に, 原田家の, 参ったの, 叔父さんが, 取次に, 口走って, 右近の, 合戦を, 吊るした吊龕籠, 向いあって, 君を, 告白を, 和歌の, 商業的体制を, 喜んだ, 嘲けり笑って, 国会が, 国民旨義を, 土佐論を, 坂川上と, 城の, 城兵五千を, 堰いた新しい, 声が, 夕飯を, 大きなしし, 大宇宙遠征隊, 大西富美子女史あり, 天使の, 天武天皇の, 太平洋の, 失敬した, 奉行の, 女大臣の, 妙な, 妻の, 嫁妻母という, 子供は, 宇津木兵馬と共に, 安易の, 客を, 家へ, 富士裏の, 寝むことに, 寡婦に, 射影の, 尊氏を, 小さい真っ赤, 小さな道標, 小料理屋の, 小浜兵曹長は, 小鳥を, 居あわせた一人, 屋敷の, 山田へ, 岸兩つ, 差しかかろうと, 市田これも, 帰った, 帰つて, 帰りし時, 帰ろうとして, 幕府への, 平地に, 幽閉を, 床に, 店を, 廻って, 引きかえしはじめた, 引ッ捕えろ, 弘前に, 張苞を, 当ったもの, 影響と, 彼を, 待つと, 従えて, 御命, 微寒, 徳川家に, 必ずもう一度日本, 怒り出すの, 急派し, 怪塔王の, 意識させられ, 慢心和尚は, 我ひとり後より, 戯曲の, 戻りました, 扇ヶ谷に, 手ぬぐいを, 打ちたおした黒衣, 抄訳した, 投げ出されて, 折田知事に対して, 拙者が, 持ち出し更に, 挙げて, 捕えて, 探偵小説の, 掬いとると, 握拳大, 支えて, 故郷へ, 数回頼朝討伐の, 敵将の, 断りおけるが, 新聞で, 旅行先の, 日本に, 早し紅つば, 昔播磨国で, 普通の, 書いたとおり, 曹操に, 朝食を, 木村嘉平について, 来そう, 来ても, 東京中が, 枕した, 染めて, 柿の木の, 梅雪の, 森林が, 楠木家へ, 権門勢家のみ, 横顔が, 次いで, 歌舞伎座の, 武男を, 歩き出し次郎右衛門, 死せり, 死ぬやう, 死んだ人, 残して, 母の, 民衆に, 水ばなを, 汁を, 汝は, 河と, 泛かび出しました, 洗って, 流れに, 浦賀を, 海に, 涙が, 渇いた眼, 渡りあと, 湯殿には, 演劇の, 潺湲たる, 火を, 焼き払って, 熊の, 燕王を, 片側から, 牛小屋を, 物故した, 狩尾博士を, 獲物を, 玄関まえ, 現はる, 生まれたんだい, 用いた, 田村麿が, 甲板に, 申しましたやう, 申す通り, 申上候銅像の, 畑から, 畳を, 痺れるの, 登子を, 白の, 盆燈籠の, 盟を, 目覺めて, 眼には, 知って, 知ろうと, 石見に, 示すごとく応用心理学, 祁山渭南の, 神文の, 私たちの, 移し植えたら荒涼たる, 突きつけた, 突きつけられて, 突つ立つた, 立たず一太刀, 立ちただ, 立ちました, 立ったが, 立った土生仙, 立つ涙, 立てた, 立て二陣, 竜の, 竹中半兵衛を, 答えなかったので, 米人の, 米食物の, 紙か, 紹介し, 結わえ田, 続いて, 編輯寮にて, 繃帶された, 置いた, 義貞が, 習字机を, 耳と, 聞えながら, 聞きとり遊ばしては, 肉體を, 脛を, 腰かけて, 自分から, 自動車の, 興奮し, 花の, 若き新門様光瑞師, 若郎子, 草履取りを, 菊ちやんを, 菫の, 落葉が, 蕨を, 藤枝林田の, 蛇の, 蟹江あたりを, 行かせて, 行くお, 行く砕花氏, 行つて, 街亭の, 袁術を, 製紙法傳來の, 西鶴と, 見える伊豆, 見たが, 見た外, 見るべき刑罰, 見出して, 親から, 触れたの, 触れ渡して, 言うた三輪山, 言つた様に, 討伐せい, 記して, 許都から, 試みたもの, 話せし愛媛県, 誓つた約束を, 誰か, 諦めて, 護法先だち, 負傷し, 買ひたる, 赤岳だの, 走らせて, 超音波, 越府を, 足利高氏は, 跳り狂っ, 踏出すもの, 身支度した, 近いうち, 迫りよる瑞瑞し, 述べたとおり, 述べたる鬼門, 述べた大寺, 述べた如く客観, 述べた簡, 述べ置いた如く儒教, 退院後と, 逃げます, 逗留し, 通るあの, 進み入る, 進んだところ, 道庵先生の, 遠州灘の, 邂逅ひたる, 都田川の, 重さうに, 金語楼また, 釣針ひ, 鎌倉で, 鑁阿寺の, 長野市弁天町に, 開けアジア西部, 附け加えて, 陽が, 隣の, 集まって, 雪の, 電車の, 露子の, 青の, 頂戴いたしました, 額の, 顔将軍を, 飛びおりて, 飛び降りた, 養子の, 馬に, 駁撃する, 駈け付けた男, 高次の, 髮を, 魔法博士に, 鳥居忠広と, 鴛鴦鳥の, 黐竿を

▼ さき~ (1109, 14.2%)

9 ことは 8 ことを 7 方に, 日の 6 日に 5 がいいだした, やうに, ような, 方から, 方が 4 ことで, 世の, 事は, 浜, 男は, 花

3 [14件] びろうどの, ほうへ, ほうを, 器用を, 小さい花, 方で, 方の, 方は, 方へ, 男が, 石の, 花を, 藤の, 雲の

2 [62件] ことに, こと出来が, こもりしたしく, どこにも, ほの, ものが, ものだ, ものと, ように, ジヤンパーを, 丸まっちい女学生靴, 丸岡の, 九重の, 事を, 井戸が, 偽盲, 円弧燈, 凍み光こもれり, 刑事は, 古い色, 地に, 夜と, 夜の, 女の, 女房を, 寮生から, 小袖に, 尖ったくるみ, 山の, 布を, 往来で, 微細な, 怪しき笛, 恐しさ, 意向に, 暗くなりたる, 柘榴の, 樹に, 河原で, 泥光りまされり, 瀬, 煙の, 生活を, 畑の, 空気を, 笛の, 老媼は, 考えも, 舅の, 色の, 花の, 草むら青み夏むしの, 蝶や, 袴の, 見込みが, 質屋の, 都の, 闇に, 闇の, 隅田高橋の, 障碍を, 順序も

1 [857件 抜粋] あなが, あの大鷲, あまいことば, あるか, いうが, いわゆる有, いわゆる祈, うす暗いところ, うららかな, おけには, お友達, お邪魔, お願いであった, ききめしか, きらびやかな, ことだけより, ことであった, ことなぞ, ことなにか, ことまで, ことも, こと過ぎた, ごくせまい, ごとく, ごとく我, ごとく輪, さおに, さきまで, しぼりの, すぐそば, そうだ, その木, それに, だるい声, ついいった, つばき, とがったくるみ, とがったハイカラ, ところに, とんがった鯨髭, どぶ, ない腕, なぎなたほうずきを, なぞと, にくさ, はなびら, ばらの, ひとりが, ひと稼ぎ, ふれるよう, ふろしきに, ふろしきの, ほうが, ほうで, ほうの, ほそさ, まがった金具, ものです, ものよりも, やぶの, わらくずが, カフスを, ガラス戸や, ケースを, サーチライトの, ショー, ダットだ, トルコ帽の, ネジを, ハンカチを, ビタは, ピストルを, フェライラの, プラノ・カルピニといふ, マッチ工場の, ラムネの, ランプが, 一人が, 一台が, 一戦に, 一本故に, 上に, 上流へ, 上田の, 下駄屋の, 世が, 世のちぎりやありけん又, 世界は, 九四歩同様再び, 乳母としての, 乾いた舌, 事だ, 事でございます, 事と, 事なり, 事も, 二つの, 二の, 二人と, 二人は, 二十円の, 二種あっ, 二階に, 五年か, 五湖の, 亭主が, 人数を, 今浜の, 仕事は, 伊庭鏡太郎の, 会話の, 位置に, 佐々木道誉が, 何十倍もの, 作家クラブの, 使いは, 例が, 例の, 供述と, 便利は, 保証金と, 修験者が, 偽筆は, 傾斜の, 兄の, 光りかた, 光りものを, 光代に, 光線が, 全べてを, 公達袴は, 六波羅舟数隻は, 円外套を, 処に, 出ようが, 出京の, 分遣隊も, 切立てに, 初瀬で, 別な, 力で, 加減一つで, 勝利者であった, 匂の, 南が, 危険を, 厚味は, 口説も, 名古屋の, 向いたほう, 向けて, 問いを, 喫茶店へ, 器用な, 四条通とは, 國家といふ, 土に, 土堤の, 土間にも, 地主の, 坂に, 執権時政公の, 堅そう, 堤の, 場合と, 壮い, 変ったもの, 変った探偵芝居, 夕, 外国でまで, 外川の, 夜に, 夜戀の, 夜檜垣の, 夜犬の, 大きい炉, 大きな槍, 大久保, 大敗を, 大里町子嬢が, 太い鉛筆, 太史令司馬遷, 失言を, 女が, 女であった, 女は, 妃為子の, 妻の, 姿が, 婦人を, 子達に, 學生は, 安土城にも, 宝満寺を, 家から, 家へ, 家老相馬志津之, 宿舎へ, 寺の, 小さい寺, 小さな露, 小供, 小屋より, 小文治, 小病室, 小窓, 少女が, 少年は, 尖った朸, 尖つたくるみ, 山気とともに, 巖本, 巡査が, 希望や, 席を, 帳幕と, 常平太貞盛, 幅で, 平たい沓, 平たい靴, 年大阪へ, 幸福の, 庄内川の, 床几に, 廊下も, 弓なりに, 弧燈の, 当然訪れる, 影は, 役人や, 後嵯峨の, 御亭主, 御依頼, 御小姓組, 忙牙長の, 思ひ出, 恐れを, 悲しさ, 感覚が, 慰問使と, 我生れ故郷富山に, 戦争中に, 戦訓を, 所に, 所天たる, 手紙が, 打水に, 投術のみ, 拓本である, 提灯は, 政府の, 敏い商人, 敗北で, 数学的解釈の, 敵を, 文句より, 文筥の, 斑点は, 方さけ, 方にも, 方を, 方法と, 旅籠屋などで, 旗や, 旗手の, 日傘あけたる, 日加古川の, 日尼寺の, 日帰りの, 日本武尊の, 日河原で, 日法性寺へ, 早い川上, 明るい花電燈, 時計を, 晩なりの, 晩与兵衛が, 暗がりから, 暗き火, 曲り角に, 會場には, 有志の, 木に, 木山老人の, 木芙蓉の, 木通の, 杉の, 村会議員の, 松の, 松尾山から, 林から, 枯れた草道, 某文士, 柳の, 柿の, 桐の, 棒は, 楚の, 楽しき花, 榎の, 様子を, 権幕とは, 樹木に, 樹群に, 歌を, 歩みを, 死骸が, 残党狩りの, 気に, 水夫が, 水道の, 江戸奉行で, 沈むまで, 沈黙の, 沓脱ぎ石に, 波しろい, 洪水で, 活動の, 浜という, 浪打際に, 海から, 海浜を, 温室から, 溜池停留所の, 滝の, 漁小屋で, 潜水艦を, 瀬戸物の, 灰の, 煙が, 煙草屋の, 燐火の, 爪革の, 牛の, 牡丹の, 物置小屋の, 犬が, 狭ッ苦, 狹き, 獨逸宿屋なる, 瑠璃色なる, 生涯は, 用件に, 甲山に, 男も, 男客を, 町まで, 町名や, 町角に, 異性と, 畳の, 疑惑が, 疣を, 癖で, 白玉は, 百日紅の, 皮剥けんかと, 目的は, 直義党の, 相談を, 着物を, 知己てっきり, 石垣の, 石畳を, 砂に, 示すところ, 示談契約の, 神奈川に, 福田友作氏の, 空き地の, 空へ, 空地の, 立派な, 立石在に, 笠置挙兵では, 答は, 策戦を, 籐椅子に, 糸で, 納屋の, 紐が, 細長い明るい鏡板, 紳士連中は, 綱を, 線まで, 纖毛に, 罪も, 罪購は, 美しき, 老婆を, 考へも, 者いざ疾く, 者の, 肉翅の, 脛を, 自然林の, 舟底に, 良持公, 色ふかく, 花じや, 花咲き, 花零せし, 若い登山家たち, 苦しさ, 英語の, 草ぞ, 荷と, 菖蒲に, 菖蒲の, 落葉樹は, 葡萄酒の, 蒲団の, 薄い布地, 薬けずり取っ, 蝉しぐれが, 蝋燭立が, 街角の, 衝立の, 衣装を, 袋に, 袖垂れ, 襖を, 襟が, 西洋の, 覆面二十三騎くつわを, 見えないこと, 見と, 見聞を, 見込みに, 見通しは, 角まで, 言の, 言を, 記述に, 詩を, 話である, 話の, 話を, 説明で, 論文と, 諸所, 講義これを, 變つた, 豆畑に, 賜物である, 赤いよう, 赤い目, 路ばた, 路を, 躑躅園まで, 車に, 車も, 軍紀を, 軒に, 輪を, 農家の, 通がりの, 通りを, 運びとともに, 運動, 運勢の, 道にあたって, 遠方から, 都田川で, 酒うつくしき, 酒店に, 里見亭だ, 野武士三人の, 野菜ば, 金色の, 鉱車よりも, 銃声ならびに, 錘を, 鏡や, 鐵板と, 長崎奉行で, 関係者二三それに, 闇黒に, 陣立て, 陽の, 隣家の, 集落で, 雨乞いと, 雪, 雲に, 雲は, 霞の, 靄の, 音樂, 風に, 風呂場を, 食いものと, 饅頭を, 馬糞も, 駕籠に, 驛へ, 高いところ, 高野山, 鯉は, 麓から

▼ さき~ (459, 5.9%)

7 撫でながら 6 争って 4 出して, 掠めて, 流れて 3 切って, 考えて

2 [32件] いそいで, きれいに, しっかりと, そろえて, とつひ, ぶらりと宙, みて, 借りて, 出離れ何, 動かして, 反らせながら, 口に, 向けて, 媒妁しよう, 少し擦り切った, 延ばした, 持って, 持つて, 握って, 放れたから, 歩いて, 眺めて, 知らせるため, 私に, 考えねば, 見つめながら, 見て, 見ながら, 見ると, 越えて, 通りか, 駈けて

1 [364件] あけろっ, あらそう, あらそって, いいたいくらい, いいますと, いくつにも, いせい, いそぎますから, いそぎますゆえ, いそぐおしたくを, いふの, うつしみ, うながすばかり, うまそう, うろつく花子, おられました, お急ぎ下さるであろう, お見送り, かたくにぎった, かたわらの, かわしながら, かんで, きかすにも, きつく握りしめた, きらりと, く, くぐるよう, くらました, くる, くるっと, くわえました, こすつて, このそツ, さげて, さしのべた, さそうよう, さへ, しや, じっとみ, すかしすかし店, すぐ僕, すっかり薄, すっかり雪, すぼめた文字若, ずぶりと犬, せわしく動かし, そっと片手, そのおでき, たかく空中, たずねに, ちょろちょろと, ちよぼつと, ちよろちよろと, ちらりと見る, ついと出る, つかまえられたよう, つかんで, つきとめようと, つきとめるの, つきとめるほう, つけますと, つげると, つっこんで, つついて, つつんで, つねるつて, つまみ撓いたる枝, つまんだ, つまんだお, とがらしいくつ, とがらせこんな, とがらせた製図鉛筆, とって, とめて, とるぞ, どうする, なめて, なめながら, なめます, なめるの, ならして, のぞかせた, のばした, のびあがらせるの, はいて, はるかに, ばたばたと, ひたすだろうか, ひっつけて, ひよこつかせ, ぴんとそらせ, ふみしめて, ふみつけられた, ぷつんと短く, まげて, まごつくの, まず右, まったくしら, まつかに, まわりおえると, みてなんて, むけて, もって, もつ長い, やき出されて, ゆく男, ゆずりあって, よぎるの, る石竹科, わって, カスッた, グッと, サッと若僧, サッと薙いだ, ステップに, チヨチヨツと, ヒヤリと, ヒュッと, ピストルで, モルガンの, 一々洗っ, 一けん, 一層光らした, 一本ぶつり, 一通り辛抱し, 上に, 上皮だけ, 不思議そうに, 丸々と, 予言し, 争うよう, 争った, 争ひ, 二つに, 二ツに, 二三本掛け, 二本の, 云ふ, 互いに突き合せ, 交錯した, 人間が, 仕へて, 休んで, 何か, 何事も, 借りる者, 借用する, 停車場の, 光らせて, 凝視し, 出て, 出でたり, 出ると, 出雲の, 切ったところ, 切ったの, 切った三角形, 切り途中, 切るよう, 刻んで, 剪り揃えさせ, 力一杯に, 力一杯ひっぱたい, 動かしつつ, 動かすほど, 勧められました, 即座に, 反れて, 取りあっさり, 受けら, 叩いて, 合せる一応, 向け難なく, 吸盤の, 告げた, 唇にく, 唯ぼんやり, 嘉助のせ, 噛んだ, 器用に, 囲んで, 地に, 墨田堤の, 変えて, 変へて, 大屋へ, 天に, 失った, 奥歯に, 嫌と, 嫌ひである, 家鴨が, 小鬢に, 少し尖らせた, 尖らしたもの, 尖らせて, 尺八を, 尼は, 左の, 左へ, 帯止めに, 幾ルーブルかで, 廻って, 弄びながら, 引っかけて, 引っ張って, 引つかけたので, 当てた, 彼の, 彼は, 急いだ, 急いで, 急いでを, 急ぎましょう, 急ぐと, 急ぐ旅, 急ぐ長三郎, 愚弄し, 愛づるばかりにゆく車かな, 感ずること, 戦かせただけ, 打ちすえて, 抓み抓み, 抓むで上げつ, 抓んで, 折って, 折られて, 折られる樣, 折ッぺしょった, 拇指の, 拭くその, 拭くという, 持ちあげて, 指で, 振って, 振り返へること, 捜すか, 掃いたり, 掻きむしったの, 揃えた悍馬, 握られて, 摘もうと, 撫でま, 擦りつけて, 支へて, 散って, 敵に, 斬られたよう, 斬られて, 斬りつけ返す刀, 明かさないの, 明らかに, 暗くし, 曲げた芒, 曲げるわけ, 最大限度に, 染めて, 梅の, 歩く人, 歩く少年, 洗って, 流る, 流れる犀川, 浅く入れ, 海老瀬の, 湯の, 滑りゆく水枝, 無心に, 焦しさうに顔, 焼いたとさ, 照らして, 畏むため, 異人が, 白歯で, 盗人が, 盲人の, 相手の, 眞黒に, 真紅に, 知って, 知ってるか, 知らないの, 知られたくないから, 祝福し, 稲妻の, 突きつけ, 立て, 立てならべた, 端書で, 竹童に, 素通りし, 縦横に, 義雄の, 考えた, 考えない仕様, 考えない点, 考えようとしても, 考えるん, 考える人, 考える余裕, 聞きたいかね, 聞くと, 聴官に, 背に, 脱疽で, 臆させ, 自分も, 葉で, 行ったり, 行った後醍醐, 衣に, 見かえりながら, 見せ, 見た, 見たまんま大急ぎ, 見つけた, 見つければ, 見つめた, 見つめて, 見まわした, 見る, 見るや, 見わたして, 見廻して, 見廻しながら, 見計らつて, 見詰めながら, 覗かせるよう, 覚えて, 評議した, 話して, 語りつづけた, 読みつづけた, 貸して, 走って, 越されて, 越し身, 跟ける, 蹴あげた, 追って, 逆むき, 透かし視て, 途, 通ったの, 通って, 通りかかって, 通りながら, 連ね船尾, 遮ぎつて, 酷く小, 野べに, 鈍らせては, 集めて, 離るる, 離れてから, 離れますと, 雨に, 靴に, 韮を, 飛び出した, 駈けおる, 駒八の, 鼻と, 鼻の

▼ さき~ (396, 5.1%)

10 出て, 行って 9 立って 5 帰って, 持って 4 いって, 手を, 来た 3 来て, 行くと, 行くの, 駈け抜けて

2 [18件] おりて, ころげ落ちた, さきへと, はいった, やすませて, 一足でも, 出た, 帰った, 戻って, 歩いて, 死んだの, 突きつけた, 突きつけると, 突き付けて, 立つて, 落ちて, 逃げ出すと, 顔を

1 [297件] あがって, あの紫, あるいた, いくお, いくと, いったん地, いっても, うなぎ屋へ, おいて, おしつけるので, おはいりなさい, おめ, おりた, お福, お送り申す, お配りなさいます, かえって, かえれか, かえれと, かかると, かけだした, きたらば, こいつに, この相談, これへ, こんな事, すくすくと並ん, すすみましょう, するすると, その芽, だして, ついたもの, つかへて, つきつけて, つき出した, つけ庭から, つぶれたか, でて, とても怖い, どさりとおいた, ぬっとあらわれる, ぬー, ねれそういう, のせて, のばして, はいって, はいりこんで, ひとごみ, ふれるばかりに, ぶらさげて, ぶらさげる, ほとばしるよう, ぽっかりと, またぞろ竹童, まわって, むらむらと, もちだしたえ, もって, やったの, やって来たよう, やりすごすと, やり過ごそうと, ゆくと, ゆくに, ゆくの, ゆくひとり, ゆく女, ゆく行列, よろよろと, ゐたならば, ズデンと, バラバラと, ピストルの, 一人で, 一人の, 一口遣つけ, 一太刀浴びせ, 一寸とか, 一風呂, 丁度に, 三挺の, 三郎さんは, 上から, 上つて襟卷を, 上陸しおった, 下りて, 両手を, 並べて, 乘り移る, 二尺ばかりの, 二階へ, 今度の, 今度陽吉さんが, 休ませて, 何か, 來たら, 倒れたが, 先妻の, 冷えたの, 冷えたもの, 冷酒です, 凡俗の, 出かけて, 出たあと, 出たところ, 初荷が, 助ければ, 募りかかって, 半七, 又もやこの, 又今度, 口輪を, 叩きつけた, 吉弥を, 君より, 呼び出した, 呼び出して, 圧しつまつてゐる, 埋めました, 執念く, 壺を, 大あぐら, 大きい白い蝶, 大菱屋, 失敬され, 失礼いたします, 姿を, 宙を, 室に, 宿の, 寝かした方, 寝かして, 寝させて, 少し兀げた, 峠の, 差し向けた, 帰ったので, 帰っては, 帰りたまえ, 帰るからね, 帰るが, 帰るつもり, 帰ると, 帰るならば, 帰るの, 広げて, 度々お, 廻って, 廻り侍臣, 引っ越して, 引っ返して, 引返して, 弾丸を, 彼女の, 往った, 往って, 往て, 御免, 御飯を, 忍んで, 急いで, 急ぐこと, 愚かにも, 手探りながら, 投げこんで, 投げやった, 投げ出して, 投げ込んで, 抜け出した, 押しやると, 拉して, 招いて, 持ち上げること, 振って, 斬る, 曳かせて, 書いて, 来い, 来かかった頃, 来た時, 来ると, 桐箱に, 植えて, 様子を, 樺太に, 歸つてし, 歸らせず, 死ぬわ, 死ぬん, 死んだので, 死んで, 氷山を, 泣きついてとも, 流れるよう, 海の, 渡って, 渡れ, 測らずも, 牛の, 物語ろう, 牽き出させて, 牽き出された, 現れた, 番屋へ, 痛くない, 発表した, 相見した, 真っ逆さまに, 着いて, 瞳が, 矢羽根を, 石の, 石塊なと, 私を, 移した, 積んで, 突きだした, 突きつけたので, 突きつけられた美しい, 突きつけられて, 突きとばした, 突き付けたそう, 突き付けたら先生, 突き出したの, 突出した, 突然出馬, 突然現われた, 突込む, 立ち寄ると, 立った由良, 立つた彼女, 立つと, 筑紫の, 籐椅子を, 紅玉ほど, 紐に, 紙きれを, 腰を, 自分の, 舞って, 菓子袋を, 落ちる此, 薬湯の, 藺筵を, 行かしてから, 行かれて, 行く一人, 行く壺, 行く尊氏, 行った斜酣, 行っては, 行つ, 行つた, 視線を, 言問の, 走った竹童, 走る子供, 跳り出た, 踏ん込んで, 転げ出すところ, 辷り出しそれきり何処, 近く切れ, 返事などを, 迫って, 迷い出た, 送り込むと, 這入れっ, 連れ込んで, 進むと, 進むまえ忘れると, 進める前, 進んだ, 進んで, 運んで, 銚子だけ, 鍵の, 門口へ, 階段を, 雪の, 青竹を, 顔と, 飛びだして, 飛び刺さって, 食ったが, 馬鹿握, 駆けこみました, 駆け出すと, 駈けぬけて, 駈け出して, 駈け去つて, 駕尻が, 駕籠が, 鶏を, 鶯が, 黄色いゴミ, 鼻づら, 鼻毛を

▼ さき~ (308, 3.9%)

4 歩いて, 笑った 3 笑って

2 [17件] こころもちよく, ござります, そつと, でも, ならして, 二ツ三ツは, 口の, 困るの, 土を, 椀の, 歯ぎしりし, 無器用な, 私の, 笑うよう, 脾腹を, 輕く, 靴を

1 [263件] あしらいえんりょなく≪, あしらい人, あしらった, あひし, あまりに, あるいた千世子, あんな風, いろいろさまざま, うず高い, おだてられるま, おっ始められる百姓ども, おどろかして, お悔み, お話も, かきあげて, くる, くるくると, けとばして, げんこを, こちらの, こつこつと, ことわって, ころがしました, しごいて, しっかり押えた, しっかり結ん, しぼんだ花, すること, せせら笑ったが, せせら笑って, そこらを, そこを, そっとかえる, そっと頸, その復讐, その目釘, その赤とんぼ, その金具, その頭, それを, だまして, ちびりと, ちょいちょいと, ちょっとわらった, ちよん, つついて, つとめるの, つばんで, つまむよう, つまんで, とまった, ともすると大勢, とらえて, なめて, はじいて, はらって, ぱっ, ひとり土い, ひらいて, ふかして, ふたりの, ふった, ぶっ倒れ, ほぐして, ほりつけて, まさぐりながら, まだ卵, まっすぐに, まわして, むしり取るやう, もえる火, もぐらを, もちやんと, もって, もみ消しながら, やりやがって, やる事, わざと落葉, わらうと, コツコツと, スッパリと, チョイと, テーブルを, ドアの, パチパチはねる, パン屑を, ピラつかせ, 上顎の, 不自由する, 丸髷の, 今の, 何か, 何やら人, 何事か, 俺は, 倒れとったん, 働いて, 光って, 兵曹長の, 再び海馬, 出來, 出来上つた熊, 切なそう, 切符の, 割り出しそれ, 劇しい, 劇に, 千鶴子に, 卷いて, 厭な, 反対を, 取り押さえようと, 取る瞬く間, 受けるとは, 叩いて, 叩きつけた, 呼びかけたよう, 嘗めながら, 嚇したばかり, 声こそ, 大怪我, 妻を, 寄せて, 小さいビスケット, 小さい子供, 小石を, 小突いて, 左の, 巨砲を, 弄びながら, 弄りそれ, 引く我々, 彼の, 彼女の, 徳利の, 忽ちに笑う, 思い懸けない人, 慈悲の, 戸を, 払い落したあと, 払うよう, 扱いて, 折々要地, 折合いが, 押えて, 押した, 押すと, 持ち主の, 指さし尋ねた, 振りまわした, 捻らなければ, 掌面から, 掘つて仕舞, 掻っ攫い, 揚げて, 揮つた, 揺れた, 数えて, 文字を, 断られる処, 新らしい, 新仏の, 斷られる, 星が, 暴れて, 曲線を, 書くと, 月卿雲客の, 桶の, 棟上げの, 止められて, 正餐を, 歩きながら, 歩く, 歯車の, 死んだ人, 死んで, 泊ると, 泡の, 涙を, 涼みながら, 濟ませね, 濡らして, 火鉢の, 無駄な, 焼き捨てさせました, 爪皮を, 犬の, 男と, 番号を, 番頭小僧が, 白, 白い水, 盤台を, 相手の, 眼が, 石ころを, 稼ぎが, 穿って, 突いたの, 突いて, 突きました, 突き出した泉, 突き崩した, 立ちあがって, 立ち上らずに, 立ち廻って, 答えると, 算盤を, 紋切り型の, 紛らわそうなどと, 細工物に, 終日愛撫し, 練って, 罵りながらも, 耳の, 耳朶を, 胄首と, 背伸びを, 腹を, 膝の, 自分の, 芋の, 芍薬の, 茂兵衛と, 落葉の, 蓋の, 蝶の, 衝いた程, 衝ッつきながら, 見たること, 見て, 触って, 訊いたからとて, 訊きてえこと, 話した, 講演を, 豹の, 負傷した, 蹴ったとか, 身を, 軽くその, 軽く乳, 軽く小, 軽く引っ掻い, 軽く弾いたら, 軽く掌, 軽く蹴る, 軽蔑を, 遠山に, 野村さんの, 鉄扉を, 鉦を, 長い間道, 階段を, 青い蛍, 頬っ, 頭巾を, 風が, 首根っこを, 馬を, 駕籠を, 騒がれては

▼ さきから~ (214, 2.7%)

3 足の, 頭の

2 [11件] じろじろ私, だんだん腐れ, まるで花火, 出た火花, 岸に, 帰って, 御承知, 戻って, 熊の, 矢代は, 頭まで

1 [186件] あなたに, あの女, いつだって, いなか者を, おなかが, お低頭, お叱, お屋敷, お目, お訊きしたい, かしらが, かなり気力, かれが, ぎりぎり歯, くるの, ぐでんぐでんに, こうして明り, この傾き, これが, さう, さきへ, さきを, ざぶりと飛び込む, しみわたる水, じきに, すぐこうお, すつと, そのこと, その名, それほども, たてつづけに, たらたらと, だれとも, だれも, とび落ちた, とんで, ながい鉄, にげて, にこにこし, のがすもの, ぱっと白い, ひっそりと, ひったくるよう, ひとり黙っ, ふうわりと, ふと陽あたり, ぷんぷんしてた, ぼくが, ぼつり, ぽたぽた滴り落ちる, また荷車, みんなで, もうちゃんと着物, もう心臓, もどって, もはやに, ササササと, ツイと, ツウと, ニューッと, パッと, パリを, ブランと, ベッと, 一座の, 不毛の, 乗りこんで, 乞食が, 乳母を, 事実ほのかで, 二三人の, 二三間さきの, 二三間距れた, 何か, 何となく労, 俯向い, 僕は, 六ノット六チェーンある, 分ったと, 厳重に, 又も, 取りあつめた十両, 問おうと, 執拗く, 塩野の, 声を, 外へ, 多計代, 大粒の, 大袈裟に, 天地が, 天聲に, 妙な, 子供を, 小六, 尻込みする, 山の, 帰りたくって, 帰りに, 帽も, 庭に, 廊下から, 廻って, 引き続いた女, 引っ立てられる頃, 御子息, 心の, 怪しいと, 意志を, 所帯の, 手紙で, 抜け出して, 揉み消す運動, 散るよう, 斜めに, 日本の, 暇を, 暴れたの, 有名な, 望みあるいは, 木切れを, 来て, 東野の, 林に, 柿の, 棕櫚の, 此室の, 気に, 河の, 消えた, 火事場の, 父は, 猫の, 男女の, 白い砂, 直ぐ下, 直ぐ大きな, 直ぐ立ち, 眸の, 眺めつつ, 矢代には, 知って, 知り合いだ, 私は, 籾を, 細君は, 続いた岡, 繁った梧桐, 續いた, 羞し, 聞覚えの, 背中に, 背筋の, 能登の, 脚気で, 腰まで, 葉藏は, 葦の, 蓮池の, 裏までを, 見つづけて, 見てるん, 観るよう, 話して, 買いに, 足を, 転宅し, 追い払った, 這い上って, 這入って, 金貨が, 釣る, 銀貨を, 関係も, 雪を, 青白い火花, 靴の, 風を, 飛び出して, 飛び出す昆虫, 首肯いた, 首肯いたり, 馳け, 髪の毛の, 鳴かうと, 黙って

▼ さき~ (214, 2.7%)

2 ひの, ふ, わかって, 小波を, 櫟林に, 闇の

1 [202件] いいたがらなかった, いったいどこ, いつの, いつも判らない, いつも大丸, いまより, うごかなかった, おつ, おれが, おれの, お前も, がさがさに, きめんじょうですね, このお方, こりご, じつに病気, すでに短銃, そう截然, それとは, だれにも, だんだんひろがります, ちぎれるやう, つい近く, とても助かり, どうした, どうなっ, どこかね, どこだった, どこな, どこに, どこへ, どこを, どの町, どんな風, ない筈, なか, なかなか長い, ひとしお威厳, ひを, ひ我, ふと言, ふ国, ふ或, ふ道, ぶるぶると, まったくたわい, まつたくくらやみ, まりなく, まるで釘抜き, みんなおそろしく, みんな原野に, もうはにかむ, もう声, もう綺麗, もう自動車, ものを, やっぱりここ, ようやっと前髪, よく知っ, よせつけぬと, わからないが, ギヤマン細工, ドイツの, 一しょに, 一寸の, 一時の, 両方とも, 九歳の, 二つに, 二人づれだった, 二号病室で, 云わずに, 交番だった, 仕合せに, 仰向きに, 伊那丸さまは, 伸びて, 何も, 何家か, 何故死ななけれ, 例の, 信州の, 信濃か, 倒映湖の, 僕に, 八丁堀霊岸島新川新堀永代際まで, 兼輔の, 分らないといった, 列び茶屋, 判らないとの, 刺されざりし先, 動いて, 博物館構内の, 又どうにか, 古い語, 叱られに, 同じアパリ, 咳が, 咽喉の, 品川です, 図書館でなくっ, 地下室な, 夜を, 夢うつつで, 大野屋という, 女に, 女子の, 妙な, 存じません, 寒さ, 寫り, 小さい包み, 小波が, 小砂利, 少し顔, 山口県の, 山路なりけり, 左右あまり強く, 帝王が, 平野が, 広くなった, 廊下が, 強国今までの, 彼女たちの, 急勾配, 息が, 悲しいこと, 拙者の, 掃き潔, 新聞にも, 日本橋の, 早いし, 昼じゅう志毘の, 暗であります, 暗とは, 暗闇だった, 朝露軒どの, 本道路, 朽木の, 松永町の, 柔らかい緑色, 案内を, 案外落つい, 梟か, 植竹氏私有の, 楠木河内守, 次第に闊, 武家屋敷が, 歩いて, 気が, 気の, 池田古新, 泣いた様, 海が, 海に, 涙を, 湊橋で, 満々と, 火の, 煙突の, 珍らしく, 生きる楽しみ, 生活の, 白い蝶々, 白く立っ, 相當, 知らんですよ, 神事に, 秀吉だ, 空が, 空っ風の, 空である, 空の, 米子まで, 細くなっ, 練馬区知っ, 美くしい, 美くしくすき, 老獪である, 若い人たち, 草に, 蕾腐り, 血糊を, 見当の, 覗いて, 覚えない, 触れた, 言わずに, 言葉には, 路が, 車が, 近くの, 道路で, 針の, 闇だ, 闇という, 頤を, 駄目だ, 高利貸でも, 鯰之, 黄金色を, 黒山の

▼ さき~ (211, 2.7%)

3 きよう, 長くない 2 いまでも, たからしきり, ふっふっ鳴って, コンパスの, 冷い, 痛んで, 真似て, 腐り出したん, 見えて

1 [187件] あやまッ, ある, あるが, ある勝負, あんまり堅實, あんまり青黒く, いくつにも, いつも冷た, いま彼の, おののいた, お不動樣, きまつたら拂, きらきらと, きらりと, くらくなっ, ごとく肥え膨れて, しびれて, すうっと, すこし哀れ, すつきり, すらすら喋舌, だんだん白い, ちょっと黒い, つまって, つめたいな, ときどきポーッ, どうかした, どうなる, なお双六, なかなか大変, なにやら妙, ぬれるほどな, はっしと石, ぱっと開い, ぱらっと散っ, ひやりと腿, びりびりと, ふしぎな, ふたたび静か, ふら, ふらふらし, ふるえた, ふるえて, ほそくなっ, ほとんど信長, ぼーっと涙, またたいへん, まだ石, まっくろに, まつくろ, まるでみえない, まるで人間, みつかるも, むずがゆいと, むづ痒い, もやもやし, もやもやと, もやもや暗く, やわらかい赤土, ゆだ, よい, わからないと, わるくなっ, ズバリと, チカチカと, チラッチラッと, ピヤノの, ピリピリと, ブルブルと, ペシャンコに, メラメラと, 一つあらわれ, 一寸あたる, 一寸上向き, 上手だ, 不器用だ, 不明と, 主家を, 二寸ほど, 二度ばかり, 井戸の, 今も, 余りに強く, 俄かに, 俺たちに, 僅かに, 六つ入, 冷えきらないばかり, 冷えて, 冷たい裏藪, 凍えて, 分ってるわね, 勇二の, 動きみるみる, 半身を, 単に畏怖, 古道具屋と, 向いて, 四五軒に, 四時間ほど, 土に, 垂れの, 堅炭を, 大きく三四人, 大きく揺れる, 大事という, 少し離れ, 尖って, 尖つて, 届けば, 岩松の, 左右に, 布目を, 床に, 弓身の, 彩られて, 思いやられる, 拙かった, 挟った, 敵船の, 明かるく, 明るくな, 明るくなっ, 暗くなる, 暗んだ, 書いて, 根の, 案じら, 案外に, 止って, 沖だ, 油揚げ, 洵に, 海でした, 海岸だった, 深々とは, 火の手に, 無くなった口, 焦げはじめて, 煙草問屋煙管の, 甲板に, 畳へは, 痛い, 痛むという, 白鳥の, 百尺竿頭一歩を, 目に, 知れて, 短い, 短いよ, 短くなった, 私には, 空を, 窓の, 竹の子みたいに, 紫の, 結婚と, 結局どこへ, 縁側に, 背なかへ, 胸に, 苦しくなつた, 薄く白いという, 蘆荻の, 見えた, 見えないほどに, 見えないほどの, 見えるだけ, 見えるほどの, 見られて, 触れ合う音, 財産家だ, 赤くなりました, 追ひあふ, 逆睹できない, 進んで, 達きかねる, 鉤に, 鋭敏に, 長四畳, 限定された, 雲を, 震えた, 震えて, 顫えて, 顫つてゐる, 飜って

▼ さきには~ (164, 2.1%)

3 いって 2 一たびわれを, 人の, 大河の, 我を, 昔の, 秋草の, 貞盛の

1 [147件] あったん, あは, あれほど, いってかにゃ, いづれにも, いま, お心, お破り, これに, そこに, その子, たらこ, つきりと, とまれ戰場, ひとりの, ふとい金, また必ず, また旧派向き, まるい穴, みんな, むすびて, めでたき歌, よくこうした, よく眠れます, わが恩爵, タツソオの, ビタが, ポツジヨ我に, モーターが, 一匹の, 一本松の, 一艘の, 七八人の, 三条河原示威の, 丹波の, 京都の, 人気の, 人道問題だ, 何も, 六位の, 処々方々に, 出任せに, 勝手が, 化粧煉瓦で, 北, 又舊派向き, 友我を, 反対派の, 右の, 右枕に, 吉弥が, 同じよう, 向うが, 呉を, 命の, 善き檸檬水呑, 國境の, 大きい槐, 大きななまり, 大きな大人, 大きな水かき, 大塔, 天使中その, 天忍日命と, 太い青竹, 子供が, 室戸丸の, 宮将軍令旨も, 家康へ, 将門の, 尊氏も, 小さい銅, 小さい黒パン, 小さな旗, 小さな鎌, 少しも, 峰の, 左中将の, 常磐の, 引出物として, 当家の, 彼女と, 忿怒瞋恚の, 我に, 敬治兄が, 数ならぬ, 新宿をも, 旋風が, 映画小舎で, 書いたが, 月を, 朕に, 朝の, 朝日の, 東京に, 林檎の, 桑名の, 死なれないね, 死ねさ, 段々の, 毛受家照あり, 気がつかずに, 水ばなの, 汗出で, 潮入村といふ, 猫背の, 玉に, 田辺へ, 真黒な, 秋めいた陽光, 竹の, 竹刀が, 羅馬拿破里に, 美津が, 義雄が, 老将軍, 聳えて, 胸甲騎兵らが, 自分が, 自分も, 自身が, 若手の, 荒木を, 落下傘が, 薬品が, 蘇我氏の, 蛇の, 蜜柑や, 見たこと, 講釈などをも, 讒構を, 豪州の, 赤橋守時が, 足利結城いや, 遠慮を, 金剛山の, 鉱山の, 鎌を, 鎧を, 陰地に, 陸奥越後硫黄島へまで, 雨だ, 露の, 青い日本海, 養子の, 高山右近や, 麗々しくその

▼ さきまで~ (106, 1.4%)

3 まっ黒な 2 ピッタリ身, 営々と, 徒歩する, 患者が, 挽き込んで, 行つ, 辿りついたとでも, 駈けて

1 [87件] あったん, あなたの, うつるす, うつる大きな, かえる, かんが, きて, この尺取り虫, じろじろ見まわした, すっぽりと, ずっと並ん, そのこと, そばで, ちゃんと着込ん, ついて, つれて, とろりと, ふしぶし, ぶるぶるふるわせ, またげます, みおくりに, みとおしの, むき出しの, ゆつ, わざわざ届け, シャボンで, 人が, 人家の, 伊作に, 会うて, 伝わると, 何も, 使って, 元気でいた, 出かかったか, 出た時, 力に, 君を, 夏草が, 女と, 寝た, 幸福に, 感じて, 手に, 斑なく, 昏んでし, 映る大, 木の葉も, 来たとき, 来て, 来ると, 桃いろ, 歩き寄って, 河原町の, 泣きながら, 洗わせた, 浮かぬ顔色, 海軍の, 烏の, 熟視し, 生きて, 町の, 真っ赤な, 眺め上げ眺め, 策を, 籠って, 絹や, 聞えるほど, 脈を, 膚を, 行きかかると, 行ったとき, 見とどける周到, 見抜いてる, 見降ろして, 読んで, 走り廻つた, 身を, 運んで, 酒が, 野武士勢を, 金ぴかの, 雁皮が, 青銅で, 鬱々として, 黒いきれ, 黒ずくめの

▼ さきにも~ (87, 1.1%)

5 述べたよう 2 ただこの, 云った通り, 申した如く火, 行きその, 触れる

1 [72件] あの人, いったが, いったとおり, いったよう, いった通り, いふやう, お話した, お願い申し, かの女事務員ひとり, このとき, この一度きり, これが, こんな大, こんな恐ろしい, そのとき一度, その一度, その時, ただの, ただ一度きりあの, たった一度, たった一度お, たった一遍, ちょっと触れた, ちょっと言っ, ない, のべたよう, ひびいて, ふれたよう, まさる願, まんまるい処女らしい, 一寸申した, 丞相は, 云いました通り, 云つた通りこの, 云つた通りドアに, 云つた通り犯人, 云へる如く, 原作者フィリップに, 増して, 大望が, 天野山金剛寺や, 女が, 寄りは, 幕を, 我を, 書いたが, 書いたとおり, 書いたよう, 樒が, 母上が, 江戸忠重を, 犬山攻めの, 申しあげましたよう, 申したよう, 申した通り, 申しました通り脅迫状, 申し上げた通り, 知りつらん, 私の, 聞いたこと, 見たこと, 言いましたよう, 言ったよう, 言った欣七郎, 言つた, 記したごとく存在, 記した如く存在, 諸職, 述べた近頃, 述べた通り民藝, 鳥渡言っ, 鳥渡言つて置いた

▼ さきほどの~ (84, 1.1%)

2 大きさ, 月は, 風の

1 [78件] あの中川健斎老, あの人, あの梢, あの権, あの高札場, おしし, おろおろ声, お礼に, お言葉, お話では, お話に, お話拙者及ばず, がさつ者は, くりかえしに, ことを, そちの, その若い, それを, ほこりも, ような, ように, 人たちすべてを, 伝六が, 冷淡さには, 出来事は, 制服と, 十三の, 口上の, 品を, 大風と, 女が, 女この, 子供の, 客の, 家も, 広闊と, 微妙な, 念想は, 怒りも, 思いは, 怪老人とは, 恐ろしいあり, 恐怖が, 恐怖と, 悲しみを, 手紙を, 打身が, 折鶴を, 持論と, 敵の, 斎藤一です, 旅の, 校長の, 案を, 梵妻は, 母の, 気色も, 火は, 灰白色の, 無礼の, 狂熱は, 珍事の, 痩せ浪人, 発言とも, 白いい, 百右衛門の, 百姓の, 矢が, 破防法反対ストで, 自分の, 荒い言葉, 見のがして, 話は, 話合いで, 通告が, 風は, 馬の, 鶴の

▼ さき~ (80, 1.0%)

2 それから, 一秒あとも, 分りは, 正に然なすべく働い, 永久に, 逆立ちて

1 [68件] あるよ, あわせて, いまの, おせい, おのずと顫, おんなじやう, お話した, こごんで, こちらを, この割, せいせいと, その可能性, その長い, ない, ないので, なくかかって, なく口, なく圧倒, なく夫, なく自分, のこらず雲, ひれ伏した鬢, ますますことこまか, みること, わからない真, 一つとして, 丸田の, 久しからむ, 予測出来ない, 云ったとおり, 云ってたところ, 何とかし, 何処の, 初めてにやりと笑った, 判らなかった, 利いて, 前庭内庭も, 危しい, 同じ患者さん, 君の, 告げずに, 命の, 堪忍の, 多く地所家作, 槙さんと, 濃き春夜, 無い筈, 狭い, 生きものこつち, 硯の, 私に, 薄暗いが, 見えず勝つか, 見えつつ, 見えないほどの, 見えないよう, 見えない白いも, 見えない白夜, 見えない闇夜, 見えなくなる, 見えぬよう, 見えぬ波路, 見んと, 見付からねえで自分, 負けない気, 顫えて, 食う, 鼻の

▼ さきほどから~ (78, 1.0%)

3 私の 2 いろいろと, 夢を, 怪しかった, 正三

1 [67件] おいでに, お話を, かげに, きわだって, こ, ここに, この瀞場, さまざまご, そこの, その返辞, それを, のしつれい, ますます考え込ん, まだか, みるに, むらむらし, もう二度, わたくしが, 一同の, 一寸二人とも, 一首よもう, 不作法のみ, 両人の, 二人の, 人ごみに, 何か, 兵馬の, 再三宿, 友人の, 吠え連ねて, 噛みつくよう, 堪え堪えて, 大の, 大分時が, 失礼いたしました, 娘の, 実は何, 小止みに, 帳の, 庭が, 弾丸の, 急に, 恐ろしい企図, 拝見致し, 方々へ, 気がかりに, 気がついたものの, 熱心に, 猿は, 申し上げた言葉, 町ごとに, 神尾が, 私は, 穏やかでない, 米友の, 続いて, 聞いて, 背筋の, 自分の, 鈴川方の, 長い間ぼんやり, 隅の, 非常に, 頭の, 馬上りんりん, 黒頭巾黒羽織茶じ, 默って

▼ さきほど~ (58, 0.7%)

1 [58件] あなたの, あの席, ある紫水晶, おたずね, おみえ, およばれを, お出, お城, お役所, お目, お着き, お知り, お見え, かこい場, この石段, そこい, たった一人, つ, つねられた時, のも, やつとうとう, 三人の, 出逢ったお化け, 分隊長フランク大尉は, 名前を, 家主が, 家内が, 尺八を, 差上げた椀, 帰ったばかり, 張宗昌の, 役僧から, 彼に, 徳川さんが, 扇ヶ谷様, 手前どもの, 明智の, 書いて, 有村が, 欠いて, 正造, 物陰から, 申した宗教的, 申しましたやう, 申しました恵信尼, 申し上げましたルーイス, 相吟味, 私は, 立つて, 見た小さな, 言ったこと, 言った小, 軍師の, 述べたとおり, 途中で, 風守さまは, 鶴鍋などと, 黄金豹の

▼ さきごろ~ (50, 0.6%)

3 の戦争 2 からこの

1 [45件] あるグラフ雑誌, かけて, から, からお目見得, からの御前, からひとり籠, から変わり種, から尊氏, から小屋, から引き籠っ, から父, から狐河, から琵琶湖, この近所, ご神縄, その妻, その湯浅勢, その碑, の, の出水, の土用干, の天長祝日, の飴, は, はっきりした, は北畠具行, は又, は後, は戦争, までたった, までちょっとした, までは二合一勺, までは何一つ, までは大, までは柳生谷, までヨーロッパ, まで二十年近くイギリス, まで名誉教授, まで某, みゆるし, も汝, も見えられた, わが兄, 或る, 迄はた

▼ さき~ (47, 0.6%)

3 の煙 2 になっ, のハンケチ, の花

1 [38件] がかった肉, だという, で光る, にかすん, にさながら, になり, になりし, に幽か, に澱ん, のいなず, のけむり, のけむりはいゝ, のびん, のふじ, のふろしきづつみをこわきにかかえて, のみね, のカーテン, のビロード, のビードロ, の乞食, の半, の単, の地, の大きな, の小さな, の歯ぐき, の液体, の着物, の薄, の蛾, の闇黒, の雲, の霧, の鮮, へ消えよう, わく露, を呈する, を現

▼ さき~ (32, 0.4%)

3 みどりと 2 おなじのぼり, なり果, 一秒あとに, 艫に

1 [21件] いやしなかった, したの, すれすれに, なるの, 三段に, 二つを, 口だけ, 夕映の, 屋敷の, 心せいたの, 心の, 忍剣の, 柿色とを, 根とが, 注文した, 洋傘の, 熟した形, 申す誰, 縁の, 縁側とで, 荷との

▼ さきほどは~ (29, 0.4%)

2 有難うございました

1 [27件] ありがとうございました, あんな薄気味, お宅, ごめんなさいね, しつれい, せっかくあげた, たいへん失礼, どうして僕, どうも失礼, まことにご, クルクルと, 一族九十八人御, 三ツ又稲荷にて, 不体裁な, 伯母が, 天空を, 失礼, 失礼いたしました, 失礼いたしやし, 失礼しました, 失礼めぼし, 少し變, 御免なさい, 御迷惑, 星を, 腹が, 誠に有り

▼ さきほども~ (27, 0.3%)

2 申しましたよう

1 [25件] あらざるに, お話し致しました, ごろうじませい, わたくしが, わたしどもへ, 云つた經驗を, 五六人お, 別荘の, 口を, 大枚の, 施して, 栃鎮, 申しあげました, 申したと, 申したよう, 申した通り, 申しましたとおり, 申しました桜, 申し上げました通り, 私が, 聞いて, 自分に, 誰やらが, 路で, 駝鳥の

▼ さき~ (26, 0.3%)

1 [26件] お争い, お手紙, からきっと, からの叙述, からの討論, からもう, から一同, から客, から左手, から来, から横眼, この論点, その方共, ちょっと耳打ち, ちらりと見せ, どこへか, 云ったよう, 寮を, 恥を, 申しましたやう, 申し上げました美しい, 番町の, 病気で, 説明した, 述べた, 通つて来た

▼ さきほどまで~ (24, 0.3%)

2 声の

1 [22件] あれほど, いろいろ考え, おいででした, この店先, そこには, ちゃんとあった, ミシンを, 元気で, 塔の, 妻と, 少しも, 床の間には, 彼の, 彼を, 捨小舟の, 気の, 泣いて, 滅入りきつて, 確かに, 脅された解剖屍体, 遠近に, 静まって

▼ さきざき~ (20, 0.3%)

1 [20件] から連日, が困ります, が暗い, すぐに, で求め, には既に, には風, に断続, のため, の乳屋, の幸福, の異国, の縁故, の考え, へ配布, までの考え, まで子供, まで気遣っ, まで追いかけ, を考え

▼ さきどう~ (19, 0.2%)

2 すれば, なること, なるの

1 [13件] するつもり, する料簡, つき合うかが, なって, なりましょう, なる, なるか, なるかと, なるであろうかと, なるでしょう, なるでせう, なるん, なる女形

▼ さき~ (18, 0.2%)

2 そのはなびら, みそ萩に

1 [14件] うつろふ, ちりぬる, つひに, ほころべども, ほろろこぼるる, 出でに, 匂へ, 如月は, 常世島国なし, 散ると, 白に, 蔓に, 青葉しげれり, 音よき

▼ さき~ (18, 0.2%)

2 樺色の

1 [16件] あぶなッ, 乗って, 吉祥寺, 怪奇な, 手首を, 指を, 文学の, 普通の, 木の, 本堂の, 肩で, 茶の, 裾ぐけを, 詰所などで, 青や, 顎額から

▼ さき~ (18, 0.2%)

1 [18件] からこの, から途方, この曠野, この破れ屋根, ご舎弟直義殿, のよう, のハレー彗星, のベスト, のラジオ討論会, の戦書, の新聞, の映画, の矢, ふと手, まで熱心, 御安産, 忽然と亡くなつた, 見たと

▼ さきでも~ (16, 0.2%)

1 [16件] あった, あったらしい薄ぐらい, この部屋, ないま, ないまま, よくまめ, 何か, 十五年さきでも, 同じい, 多くの, 根掘り, 目障りに, 結構です, 聞きとれる音, 見かけたこと, 面倒くさがっ

▼ さきにと~ (16, 0.2%)

2 争って

1 [14件] いそぐ心, その小さい, まつて, 勧めた, 屋根へ, 帰って, 流れて, 立ちあがって, 走った, 車の, 逃げだしたの, 逃迷ひしか, 這い出て, 飛びだして

▼ さきでは~ (15, 0.2%)

2 ないか, 行かないもの

1 [11件] ぐあひが悪い, だめで, ちっと工合, どこを, ない, ようあんな, 兵書の, 出来たての, 洗い張り作業を, 私が, 虫の

▼ さきほどからの~ (15, 0.2%)

1 [15件] お話は, とおりあなたさまへも, 不埒の, 不審な, 事は, 会話を, 強雨, 感動から, 戦闘中あべこべ砲に, 手真似話に, 無礼何とぞ, 物々しい光景, 率爾は, 課長の, 青道心でした

▼ さきより~ (13, 0.2%)

2 こなたを

1 [11件] お招き, これを, これ欲し, ほとばしり出ずる, 広大だ, 恐ろしいもの, 早く枕, 東ハま, 蒼きを, 蟹ころび落つ, 踞いたる頭

▼ さきまわり~ (12, 0.2%)

7 をし 4 して 1 をした

▼ さき~ (11, 0.1%)

1 [11件] あけて, あとかは, かれが, ここが, ひとつ賭けしよう, へり, 何かで, 和泉屋が, 氷の, 知ってるか, 知らない様子

▼ さき~ (9, 0.1%)

1 からそこで, からだった, からである, ぜ米, ということ, とみとめなけれ, と道学流, もん, んだら

▼ さき羽織~ (9, 0.1%)

1 が, がさき, くくりばかま, で先, は武人, をつけ, を着, を着た, を著

▼ さきどんな~ (8, 0.1%)

2 ことに 1 ことが, ことで, ことを, 人間に, 働きを, 幸福でも

▼ さき程の~ (8, 0.1%)

1 あの怪しき, あの所司代番所門前, ように, 下女に, 傷口が, 娘は, 誰か, 變に

▼ さきあがり~ (7, 0.1%)

1 にあがっ, になっ, になった, の二町, の立峠, の赭土, 早や

▼ さきからは~ (7, 0.1%)

4 まるでひる 1 すきと, すきとおったつめたい, 濺ぎ終つたあとの

▼ さきこの~ (7, 0.1%)

2 憲法を, 死亡通知は 1 まま行こう, 問題はい, 娘を

▼ さきだけ~ (7, 0.1%)

1 であった, では, 出して, 温かい, 炬燵に, 見えて, 覗かせながら

▼ さきばかり~ (7, 0.1%)

1 だから, で今, で構えて, で胡魔化, 上手な, 見て, 赤くし

▼ さきへと~ (7, 0.1%)

1 うちゃくあそばされましてその, にげのびた, 一生懸命に, 渡る, 眼を通して, 腰を, 行かつし

▼ さき~ (6, 0.1%)

1 のだ, ので明け, ので私, ものです, んだ, んの

▼ さきのみ~ (6, 0.1%)

1 こと, だれ花, で, でたらせしが, 少しく衾, 此方より

▼ さきへは~ (6, 0.1%)

1 いけません, 一歩も, 行かなかつたらしいが, 行かれなかった, 行かれますか, 赤とんぼがと

▼ さき~ (6, 0.1%)

1 に何, の夜釣り, を一度, を内証, を売り込ん, を食う

▼ さきからの~ (5, 0.1%)

1 つそり, 名物男だ, 彼の, 心を, 自分の

▼ さきこれから~ (5, 0.1%)

2 さきあの, さきどうして 1 さきは

▼ さきさま~ (5, 0.1%)

1 が優れた, だって私生児, になりました, はそりゃ, もお

▼ さきては~ (5, 0.1%)

3 ちりぬ 2 紅き春花

▼ さきどうして~ (5, 0.1%)

2 一たい生き 1 いいか, ゆこうと, 生きのびて

▼ さきながら~ (5, 0.1%)

1 ただの, 焼いて, 玉太郎に, 突進した, 飮んで

▼ さきぶれ~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 が大気, の嵐, はその

▼ さきほどまでの~ (5, 0.1%)

1 ことには, 先へ, 懸念も, 癇癪は, 美しい蓮華

▼ さき~ (4, 0.1%)

1 はいんなさいって, マンさんが, 杉さんが, 角さんは

▼ さき~ (4, 0.1%)

1 かって, かつてゐる, きと, き渡

▼ さきだけは~ (4, 0.1%)

1 いっこう心配, わかって, 決して人間, 見えて

▼ さきです~ (4, 0.1%)

1 か, か手前, よ, よまだ

▼ さきという~ (4, 0.1%)

1 のが, のは, 女と, 条件も

▼ さきについて~ (4, 0.1%)

1 いて, 伸子に, 居る房, 意見は

▼ さきにまで~ (4, 0.1%)

1 立ったが, 繊細な, 酒が, 飛んで

▼ さきまた~ (4, 0.1%)

2 どんなこと 1 さっきお, それを

▼ さきもて~ (4, 0.1%)

1 しきりに草の根, ゆびさして, 地の, 押えたる五色

▼ さき~ (4, 0.1%)

3 れて 1 れたり

▼ さき廻り~ (4, 0.1%)

2 をし 1 すれば, にし

▼ さき~ (4, 0.1%)

1 にはリンゴ, のあ, の子供, ゆきて

▼ さき生き~ (4, 0.1%)

2 てゆく 1 ていた, てゆこう

▼ さき程は~ (4, 0.1%)

1 ありがとう, ついそこ, 叡山四明ヶ岳の, 失礼いたしました

▼ さき自分~ (4, 0.1%)

1 がつけ, がどう, がどれ, はどう

▼ さきいくら~ (3, 0.0%)

1 でもある, もありましょう, も存命

▼ さきその~ (3, 0.0%)

1 家の, 用水桶の, 花に

▼ さきだの~ (3, 0.0%)

1 きれいな, 其の他, 鍋下だ

▼ さきでの~ (3, 0.0%)

1 きれいごとは, そういう心理, たべもの

▼ さきとの~ (3, 0.0%)

1 結合が, 腫れあがった, 談判やらの

▼ さきなど~ (3, 0.0%)

2 痛むまでに 1 でよく

▼ さきなる~ (3, 0.0%)

2 はさも 1 が我手

▼ さきにに~ (3, 0.0%)

1 ほうて, ほひそめけり, 屡

▼ さきにを~ (3, 0.0%)

2 かしいの 1 どみの垢がくツ付き

▼ さきのち~ (3, 0.0%)

2 ひさ篠 1 ひさ

▼ さきへも~ (3, 0.0%)

1 掘り進められて, 行って, 踏み出すこと

▼ さきまでが~ (3, 0.0%)

1 しつかりと, 余分に, 謀の

▼ さきまでを~ (3, 0.0%)

2 見た婆さん 1 見ぬいた計略

▼ さき~ (3, 0.0%)

1 うする, うなるかは, をしよう

▼ さき出版部~ (3, 0.0%)

1 から出す, で神田, というの

▼ さき幾年~ (3, 0.0%)

1 かの間, こんなところ, 生きて

▼ さき日本~ (3, 0.0%)

1 がどう, には陸軍, に止つて

▼ さき~ (3, 0.0%)

2 でも 1 の歓迎会

▼ さき程も~ (3, 0.0%)

1 あのよう, 申した通り, 申し上げました通り旭

▼ さき立て~ (3, 0.0%)

1 てかるく, て歩いた, て部屋

▼ さき~ (3, 0.0%)

1 の, のし, の背向

▼ さき~ (3, 0.0%)

2 のお 1 というハンケチ女

▼ さき~ (3, 0.0%)

1 はうつろい, は散り, も散りつくし

▼ さきあの~ (2, 0.0%)

2 男は

▼ さきいかなる~ (2, 0.0%)

1 ムーザをも, 生活の

▼ さきおとつい~ (2, 0.0%)

1 の日, までにみんな

▼ さきかけ~ (2, 0.0%)

1 てつっこめ, て疾風

▼ さきからも~ (2, 0.0%)

1 暗黙の, 隊商の

▼ さきがた~ (2, 0.0%)

1 この前, 謎の

▼ さきがたから~ (2, 0.0%)

1 つき穂, 降り細った雨

▼ さきけり~ (2, 0.0%)

1 と, 花蔭の

▼ さきこれ~ (2, 0.0%)

1 で三度, もま

▼ さきころ~ (2, 0.0%)

1 までは何, まで本堂

▼ さきごろそれ~ (2, 0.0%)

1 がし, とおなじ

▼ さきごろ文体編輯~ (2, 0.0%)

2 の北原武夫

▼ さきさえ~ (2, 0.0%)

1 その辺, 良けりゃ盆暮

▼ さきさえも~ (2, 0.0%)

1 戦がなかった, 見えない日

▼ さきさき~ (2, 0.0%)

1 どうなる, に

▼ さきざきで人~ (2, 0.0%)

2 は彼女

▼ さきしかば~ (2, 0.0%)

1 おもしろに, 土ご

▼ さきじゃ~ (2, 0.0%)

1 なかったですか, 幼馴染だ

▼ さきじゃァ~ (2, 0.0%)

1 役者として, 若宮が

▼ さきずっと~ (2, 0.0%)

1 ひかげ, 大きな遺産

▼ さきそう~ (2, 0.0%)

1 思ったよう, 言ったでしょう僕

▼ さきたり~ (2, 0.0%)

1 けるとて, 松の

▼ さきたる~ (2, 0.0%)

1 を見, 樹あり

▼ さきだけの~ (2, 0.0%)

1 おどしに, ようね

▼ さきだけを~ (2, 0.0%)

1 みて, 見せつけられて

▼ さきちぎれる~ (2, 0.0%)

1 よう, ようにて

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ さきである~ (2, 0.0%)

1 からこの, から少し

▼ さきでござる~ (2, 0.0%)

1 のう, よ

▼ さきでした~ (2, 0.0%)

1 から, からさすが

▼ さきとは~ (2, 0.0%)

1 目の, 言は

▼ さきとも~ (2, 0.0%)

1 何事か, 自分は

▼ さきどこ~ (2, 0.0%)

1 へ行, へ逃げる

▼ さきなどが~ (2, 0.0%)

1 いい合わせ, はさまれて

▼ さきなどに~ (2, 0.0%)

1 感じられたから, 打ち水が

▼ さきなむ~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ さきなんかは~ (2, 0.0%)

1 がさがさし, 少しは

▼ さきにでも~ (2, 0.0%)

2 一寸取りつかせ

▼ さきにな~ (2, 0.0%)

1 つてマントの, つて歩いた

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 といへ, どれが

▼ さきぬべき~ (2, 0.0%)

2

▼ さきのほど~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 世の

▼ さきふと~ (2, 0.0%)

1 居酒屋で, 見れば

▼ さきへけ~ (2, 0.0%)

1 えっとれ, えるぞう

▼ さきほどと~ (2, 0.0%)

1 申しますると, 違ったかすか

▼ さきほどより~ (2, 0.0%)

1 しマロサマ, 申す通り

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 はりし, はりを

▼ さきまだ~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, 何年くらい

▼ さきまつくら~ (2, 0.0%)

1 で思ひ悩ん, な氣持

▼ さきまでの~ (2, 0.0%)

1 不機嫌, 狂い立つ

▼ さきよりの~ (2, 0.0%)

1 事を, 月旦評の

▼ さきらしい~ (2, 0.0%)

1 短い捧, 短い棒

▼ さきを以て~ (2, 0.0%)

1 地面を, 敵陣を

▼ さき上がり~ (2, 0.0%)

1 に少しく, に登っ

▼ さき二人~ (2, 0.0%)

1 の父娘, の風流客

▼ さき二十年~ (2, 0.0%)

1 くらいは男, でも生きなされます

▼ さき何十年~ (2, 0.0%)

1 かかったって, かかつ

▼ さき何年~ (2, 0.0%)

1 かたって, でも島

▼ さき~ (2, 0.0%)

2 で心張棒

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 でたり, でつやり水

▼ さき~ (2, 0.0%)

2 を治め

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 に潤, に茂り

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 かのテーヴェロ, その一

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 から忠興, より近く

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 には餅, 起きた筈

▼ さき来た~ (2, 0.0%)

1 ばかりなん, より最

▼ さき水晶~ (2, 0.0%)

1 の小, は

▼ さき深く~ (2, 0.0%)

1 咲き出でに, 谷に

▼ さき~ (2, 0.0%)

2 にこの

▼ さき滿~ (2, 0.0%)

2 ちて

▼ さき真っ暗~ (2, 0.0%)

1 でねえ, で眼

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 が田圃, は大いに

▼ さき程より~ (2, 0.0%)

1 わざと大炊, ストオヴの

▼ さき立ち~ (2, 0.0%)

1 で登場, の従者

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 は百合, へが載つ

▼ さき~ (2, 0.0%)

2 にかかり

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 に今日, に何

▼ さき薄く~ (2, 0.0%)

2 ふりしきる

▼ さき~ (2, 0.0%)

2 にちり

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 のさき, の先

▼ さき電車~ (2, 0.0%)

2 は鉄橋

▼ さき~ (2, 0.0%)

1 に吹かれ, に吹き流され

▼1* [499件]

さきあざやかにこの, さきあなたのお, さきいかにつ, さきいってくれや, さきいっしょにいる, さきいったハムレットを, さきいつまでそんな, さきいびってやる, さきいろいろ良い仕事, さきうしろ暗い事, さきうすくふりしきる, さきうなぎ畷と呼ばれる, さきおいらをバカ, さきおととひ, さきおとどしやっとまあ, さきおまえがいつも, さきおもいめぐらし候うち私し, さきおろすも休む, さきお茶を啜つた, さきかへて幾日へ, さきかも知れない, さきここはおまえ, さきごろここへ宿所入り, さきごろミケランジェロの事, さきごろモンテエニュの随想録, さきごろ上方から帰っ, さきごろ下加茂の茶荘, さきごろ不幸にも急死, さきごろ中野重治が二つ, さきごろ亀千代どの抱守, さきごろ信濃北越に大兵, さきごろ兵庫合戦でまだ, さきごろ博士の書斎, さきごろ参議雅経どのより御, さきごろ友人保田与重郎の文章, さきごろ司馬道場の婿, さきごろ名誉教授をやめたい, さきごろ国立癩療養所の病者, さきごろ国老に就任, さきごろ埼玉県北足立郡中野村青木氏の報知, さきごろ大御所お直々, さきごろ大江山より道誉, さきごろ夫の勤務先, さきごろ当社の広前, さきごろ微恙だったという, さきごろ房州方面へ行った, さきごろ攘夷を行った, さきごろ日吉の五重塔, さきごろ来大江山に立ち往生, さきごろ柔道家であり漫談家, さきごろ桑名で少し, さきごろ水産講習所教授殖田三郎さんと共に相模川, さきごろ江戸屋敷からの手紙, さきごろ海賊岩松の唐梅紋, さきごろ町家の女房, さきごろ秀吉どのには世にも, さきごろ絵所の工匠, さきごろ缶詰会社は野州, さきごろ罪があっ, さきごろ裾野の猟人, さきごろ訪ひし時, さきごろ警察へ挙げられた, さきごろ貴国では兵, さきごろ跡式の儀, さきごろ軽犯罪法なるもの, さきごろ輦輿に先だって, さきごろ造営再建のありがたい, さきごろ金蔵を召捕った, さきごろ関白忠通から正式, さきごろ露国がふたたび, さきごろ須藤時一郎から贈られた, さきさがりになった, さきさけるさきに, さきざきあまりかせげそうもない女をことさら, さきざきお尋ね遊ばして, さきざきかきつくして筆もつひゆびもたたぬ, さきざきその人を尊敬, さきざきちょっとした用事を言う, さきざきでかわっているがそれはたいてい, さきざきで子供を四人, さきざきで祭りの酒, さきざきで闘争をした, さきざきどんな怖ろ, さきざきどんな惨めなこと, さきざきにむずかゆい感じを起させ, さきざきに付纒って私, さきざきに戦のある, さきざきのことをかんがえて勉強するよう, さきざきの国にあろう, さきざきまでも正確に綿密, さきざきも宮の渡り給, さきざき別れ別れになる, さきざき力になりましょう, さきざき収入が殖える, さきざき四年間沈黙で押通せる, さきざき大物になるだろう, さきざき実家でどんな, さきざき幸福なの, さきざき珍らしい事, さきざき親の助け, さきざき高等学校から大学, さきて下さい, さきしといたほうが, さきしろき月夜を, さきしんと眺めて, さきじゃあ話は, さきすがめて見る, さきすなわち去月三十日東京より, さきすべて逆しまに立っ, さきすんだものです, さきそれから弓鉄砲なども, さきなつかしき一, さきたちがうち, さきたてて雀みたい, さきだいだい色なんどで葉, さきだけが左の, さきだけしか食えない, さきだったあね, さきだって二つ三つお, さきだっての戦の, さきだんなさまが手, さきちっとも粗野な, さきちる時の, さきっぽまで行っ, さきつかへてたづがねののどかにすらん難波津に, さきつづいていました, さきつづくにほひ, さきつぶしてしまった, さきつらなつて, さきづまりでのろのろ動いて, さきてともしき黄菊一う, さきであったが弓, さきであり美談ずきな, さきでありますからようす, さきであろうが, さきでけりながら今にも, さきでさえ身の, さきでしやべる, さきでなければこ, さきといふのは, さきとがまずめし, さきとして世間通途の, さきとともにびっくりした, さきとに眞紅な, さきどういう行為を, さきどんがの話, さきどんなに美しく変わる, さきなおどれだけ, さきながすわが髪, さきなしに記憶, さきなす紫荊の, さきなどは鴻造にとって, さきならあまりうるさく, さきなんになる, さきなんぞへむやみに, さきにあたってあッという, さきにかけて万千代の, さきにから待っとった, さきにぎわえば賑わう, さきにくだれる路, さきにけつまづいた, さきにつき刺し大声, さきにて聞きゐしが, さきにでぐちの, さきになんてんに, さきにのりか, さきにべにいろな, さきのさむるも夢の, さきはいったばかりの怪人, さきはどつちの方角, さきはへ世の中の, さきばかりがこまかな光り, さきばかりと思われたくないばかりに, さきばかりに白き浪, さきさに, さきひらいてゐます, さきふかし今日も, さきふたりはこれ, さきぶれしたように, さきへにほつて來, さきへまはつて, さきへまでも通うよう, さきほどだって東野さんから, さきほどながらす管から, さきほどに小さく見える, さきほどまではこの近く, さきほんとはわたし知, さきほん五分に生, さきぼくは霊山寺, さきまっくらの, さきまっくろになっ, さきまでかへる, さきまでに何を, さきまでもはっきり見えます, さきまどかにも, さきみたいに小さな, さきめがけて手, さきもう発展し, さきやさしくにらんで, さきよいぞ, さきわたしの寝床, さきわたる大思想, さきわれはクリスト, さきをかッと, さきをつつ込むと, さきをもッとつ, さきアインシュタインは光電池, さきイギリスのヴアンクヴア大佐, さきウンと労働, さきオゾンのにほひ, さきチロオヌは九月, さきツツジもそろそろ, さきハナが検挙, さきハナヤの入口, さきパツチパツチと虫, さきビロードのふく, さきしほ, さき一めんに菜の花, さき一丈ほどの赤土, さき一人で歩こう, さき一八二七年にロンドン大学, さき一寸の内, さき一寸五分のところ, さき一年間を自分, さき一年間お互いに助け合っ, さき一度は単独, さき一片の衣襞, さき一生涯のあいだ, さき一筆さきは暗, さき一語を加える, さき一里余の畠, さき丁字の花, さき七十ばかりの老, さきを魚, さき三四ヵ月生きて, さき三四ヶ月生きて, さき三尺離して, さき三年のあと, さき三百年生きられるでしょう, さき上り山へ, さき鉱毒事務所が, さき中学校へはいり, さき九月一日に総, さき乱れ野菊また花開く, さき事局はどう, さき二つに裂けたる, さき二ヵ年ぐらいのたきもの, さき二三日の間, さき二十手さきへいっ, さき二尺に足らぬ, さき二年間もつか, さき五六反の田畑, さき五年十年の無人島生活, さき五本ずつ逆さ, さき京都に来, さきうつくしき, さき人類の恩人, さき仏頂寺弥助が何故, さき仕事ではない, さきをよく, さき伊藤内閣は官紀紊乱, さき何処まで耐, さき何度も死ぬ, さきはあと, さきに鰻畷, さき保田の町, さきの端, さき健吉さんと, さき六七間の眼界, さき六日ばかりだ, さき出会った千鶴子の, さき出発したが, さき分らぬ思案貌で, さきひたり, さき匂う青春くれ, さき医者の心配, さき十メートルほどのところ, さき十五町ほど湖畔, さき十四代将軍が上洛, さき十月中に正造, さき千鶴子に沈み込まれ, さき反古どもあまた取出しける, さき取りかたづけさせたあの五人, さきはきくまい, さき司馬道場のようす, さき君たちの生活, さき君みたいな男, さき唐崎の千本松, さき回りをしよう, さき國大和すみ棄て, さきじみた赭, さき埔里武徳殿や付近, さきにて微笑, さき夕影に, さき外国で日本人, さき夙く漫画家として名, さきはぐれさせつる, さき大倉桃郎の, さき大子駅まで四, さき大正二年の春, さき大経師が店先, さき奈良朝時代に華厳宗, さき奥羽の中心地, さき女房たちから梶井, さき女郎花がひょろひょろ, さき如何になっ, さき妙応寺坂の門前, さきの涙, さき姉さんと二人, さき安政三年から四年, さきのれるこの, さき実るにいたる, さき客さきからの心, さき專門の作家, さき小雨がふり出した, さき小鳥はない, さき少しお読み, さき少しく灰に, さきと呼ん, さきみづにさくらいざよふ清滝, さき山蟻のゆきき, さきにゐ, さきだ, さき巧者だが, さきがよけい, さきの同勢, さき年々に實, さき幾十年を生, さきのうち, さき建物といっ, さき弟子たちに与え, さきを相手, さき彼女を包囲, さき後れたきりしまの, さき自分の, さき御門から西町, さき恐らく格別の, さき悪いことを, さき手の内に丸め, さき手めえで, さき払いにそして, さきに法, さき投げ出して行った, さき撫子膳風呂敷など台所, さき政友会内閣は予算問題, さき詮吉は, さき教育は武家, さき方嚊さ迎に行ったれ, さきをつづける, さきをぶらさげ, さき日本政府からもらう, さき春風楼の女達, さきへの聯想, さき時として足の, さき時計の音, さき景色がいかにも, さき朦朧として雪ぢ, さき木蘭が盃, さき本流と看做すべき, さき朽ちる草草や, さき杏葉牡丹を織りなした, さき来福寺西光寺二カ所あり, さきになっ, さきを振りひらめかした, さき次郎兵衛の心中, さき正造がまだ, さき死ぬまでになほ, さき残った字の, さき毎日今井田, さきに入, さき水晶草入り水晶などの置き物, さき求めてきた, さきに落せ, さき注射の痕跡, さきをこぼす, さき洋食屋にいた, さき淋しき庭のう, さき淋しくてしようが, さき清さんを呼ん, さき港ニ着船仕候, さき湖水の北側, さき湯帰りの勘次, さき漕ぎ廻み, さき青に, さき炎上して, さき点いたばかりの白昼, さき烏瓜や藪, さき無邪気そうな顔, さき無限の修羅道, さき煙草の銀紙, さき父出発の際, さき牡丹おちたり, さき物語の進展, さき特に一個この, さき生きながらえることが, さき生姜の薄, さきに麥, さき百世紀かかっても, さき百年も千年, さき皇太后の, さき盲人をや, さき眞黒に目, さき闇に, さき真暗全身鳥肌立って, さき短い手前が, さき確固たる古代の, さきの森, さきの恵み, さきは実り, さき立ち気味にし, さき立つ名誉村長は, さき立派な黄手, さき竜王の鼻, さき竹のは枕詞, さき竹原の幸子坊, さき一の, さきなど言, さきの行列整, さきにつながれ, さき純粋の奥州語, さき組大田町には臙脂組, さき結搆人にて終りやせん, さき絶対にない, さき続きたり, さき縅しの具足, さきを着, さき美しいふうを, さき羽織自然木の杖, さき羽織誰が見, さき羽織陣笠姿で四人ひと組み, さき者達は与へられ, さき聖武天皇は出家, さき聞くこといらない, さきをぬく, さき脇差をつきつけ, さき腹の虫を動かせ, さきのさき, さき良しと思わね, さき色のもあっ, さき色白りんどうの気高い, さき芝居の女, さきの花, さきの三葉四葉, さきになりつ, さきがさき, さきの音かき立つる竹, さきをすすっ, さき行ってや, さきの侍, さき西洋の中世, さき親どもに手, さき観音さんの絵エ, さき言はずに中, さき言わずに中, さき話しつつあった, さきと芝居, さき警察の方, さき貞婦孝女は遂, さき貿易公団では第, さきなど目, さきは歩い, さきにつりて, さき逃げて, さき迄は美しい同級, さき近々と窓の, さき近く流れて, さき近く端居して, さきふ人, さき這入ったばかりだ, さき遠くにはひろがっ, さきゆく行人, さきに奥様, さき金之助は事故, さきの注水, さき鉛筆で所々, さき鋭く二等運賃を, さき長生したとしても, さき門司を出た, さき開きになった, さき降りて来た, さき隣りに小さい, さき雑言交りの, さきじり幾千萬, さき静かに辷り出る, さきの巾着, さき頃セルパンに今度, さき頃二代廟の奥院, さき頃仏印地方に日本画, さき頃君は陣中, さき頃新たに小日向臺, さき頃燒け失せ, さき頃筆者が山女魚, さき領地からあがる, さき頼みになり合う, さきながらほかほか, さき駈けて正義, さき鰻掻にかかっ, さきなるカンナ, さき黄色などのうつくしい