青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ころ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こむ~ ~こめ こめ~ ~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ
ころ~
こわい~ こん~ こんだ~ こんど~ こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました

「ころ~」 9894, 102ppm, 1059位

▼ ころ~ (1292, 13.1%)

46 ように 38 ことを 24 ことである 22 やうに 17 ことであった 16 ような 12 ことで 10 ことは, 日本の, 私は 9 ことが, 彼は, 話である 8 私の 7 ことだった, 話を 6 ある日, 事を, 父の, 自分の 5 ことだ, ことです, 事である, 記憶が 4 ことに, 東京の, 田舎の

3 [19件] こと, ことでした, ことや, もので, やうな, わたしの, 人の, 女の, 家を, 彼の, 思い出は, 思ひ出, 日記を, 東京には, 東京は, 私には, 自分は, 記憶は, 面影を

2 [56件] ある年, おくがた, おもかげ, おれは, お銀, かすかな, ことであったろう, ことも, これは, ままらしい, 人々には, 先生の, 出来事であり, 出来事である, 出来事は, 名残を, 君は, 夢でも, 天皇は, 姿が, 家の, 弁士の, 彼が, 彼も, 彼女の, 彼女は, 思い出で, 恋愛なら, 或る, 文化の, 新聞連載それも, 日本は, 樣に, 歌を, 死体は, 母の, 母は, 江戸には, 江戸の, 派手な, 源氏の, 甘い追憶, 町の, 目に, 目一つに, 私が, 習いで, 自分にとっては, 草木の, 記憶の, 話が, 話も, 遺風だ, 間抜け野郎, 面影は, 鴎座は

1 [813件 抜粋] あなたを, あまりこすく, あらゆる悪魔, ありかは, ある夕方, ある夕暮れ, ある日曜日, ある晩, いちばんもの, いわゆる, おなじ東, おもちゃを, おんことが, お乳, お友達, お園さん, お役所, お扱い, お父さんお母さんおばあさんの, お芳, お隅, お鯉, きかない性分, きわだったこと, ことかね, ことでありまし, ことでありました, ことでございましたろう, ことでないらしい, ことでも, ことなどまでが, ことらしく, こと初めて, こと私は, こと道を, こと震災後避難民として, この浅草, この謎, これらの, こわれた半, ごとなつかしき, すばらしい時期, そうした記憶, たけぞうなら, たとえば蛍, ちやうど, とおり紫インクで, ときでっかち, どんより, なるべし, はずである, はやりで, ひどく興奮, ぴかぴかする, ほうが, ほめられたい気持, まだ東京, ままに, まま事を, むかし語りまで, もあります, もう一つ, ものかも, ものであった, ものであろう, ものらしいっ, やさしい心持, やさ男が, やはり蘭書, やるせないよう, ようには, ようにも, わが館, アイスクリームって, アマーリアを, インドの, オゴリたかぶ, オモチャです, グリンカも, シオたれた, ドイツは, ハルトマンが, パパの, パーヴェル・パーヴロヴィチ・トルーソツキイこそは, フランス文学に, フランドンあたりでは, ママゴト道具の, メーデーと, レエヌさんは, ロシヤの, ロンドンだ, 一八八八年の, 一日一合七勺それが, 一流紙だった, 一里は, 三井呉服店今の, 三歳児も, 下町の, 下谷は, 世の中の, 世態を, 世界は, 丙午である, 中を, 中尊寺は, 中流人士らを, 中野には, 事であったろう, 事には, 事は, 事情で, 事情について, 二代目惣右衛門は, 五十銭で, 交情にも, 京大に, 京都大学の, 亮と, 人々は, 人たちは, 人であろう, 人を, 人士は, 人間の, 他に, 仙台医専の, 仮装行列でも, 仲間は, 伸子たちには, 伸子にも, 住居が, 何れも, 余をも, 作であるなら, 作品, 作者が, 作者気質や, 例の, 俺達は, 停電は, 僕には, 僕にも, 僕は, 兄の, 先生に, 先生は, 先祖が, 光景までが, 入洛軍にも, 八王子同心は, 公家は, 兵数十万と, 写生も, 写真が, 写真を, 初々しい朝, 制作に, 前後に, 劇場は, 動揺地区の, 勝海舟は, 千鶴子と, 半蔵だった, 半蔵を, 南蛮船もしくは, 南鍋町辺の, 印象を, 友が, 友だちである, 友だちの, 友人には, 友人達は, 双六は, 取り澄ました中流婦人, 句で, 同じ家, 同窓の, 名誉心は, 名譽心, 向こう見ず, 味気ない, 和一郎は, 唐が, 回想に, 団子坂と, 執拗と, 堺筋へ, 夏の, 夕食の, 多いところ, 夢で, 大宗師の, 大臣ダニエルス氏に, 天王寺は, 太宰は, 奇怪な, 奔放さを, 女としては, 女性に, 如く生活力が, 妾自身の, 娘は, 婆や, 孔子の, 季節の, 学校の, 学生が, 学窓気分美しい若い, 學生の, 安芸には, 宏子は, 宝塚の, 実隆は, 室を, 家には, 家持には, 家族は, 寂しかった, 寄席みんなが, 寄進状などに, 寺子屋時代であった, 寿美蔵と, 小学校では, 小山内君は, 小次郎は, 少年の, 少年雑誌倫理規定は, 山が, 山の手は, 山は, 山寨の, 岩元先生は, 川柳殆ん, 川辺みさ子は, 左翼の, 帝の, 常識であったろう, 平和な, 平民的な, 年を, 年齢の, 年齢や, 幸福な, 幸福は, 建築として, 弁護士の, 当主で, 彼と, 後を, 徳川政府の, 心地と, 思い出を, 怪我である, 恋が, 恥ずかしかった, 息子は, 悪口は, 悲しい経験, 悲劇だ, 想い出話に, 愛という, 愛人だった, 感懐が, 慎しみから, 戯れると, 手を, 投げられた所, 持ち主詳しく, 掟では, 放漫な, 政治という, 政治運動の, 教授の, 教道の, 文学的勇士が, 文学者は, 文章が, 文章である, 文芸の, 新宿殊に, 新文学, 新派三頭目舞台絵巻が, 新聞記事という, 新詩社中, 方に, 方のに, 方へと, 旅中辻川を, 日々が, 日和癖に, 日本における, 日本にだって, 日本を, 日本人の, 日本百年の, 日記である, 日記に, 旧友が, 明るいとも, 明るみとも, 昔話には, 星亨の, 春で, 春日影, 春雨に, 昼席だ, 時代を, 時間です, 書生らしい, 最も親しい, 最新知識の, 月, 月が, 有り明け, 朋輩は, 朝夕は, 木曾路の, 木村名人は, 末子は, 本丸には, 本末を, 東京では, 東京市内が, 東京市民は, 東方アジヤの, 松篁は, 柳原で, 桑名の, 構内は, 様な, 様子話した, 樣な, 次郎は, 歌の, 正香の, 武稽人の, 武蔵路大船から, 死因も, 殿守台や, 気もちな, 気持に, 気持を, 江崎一家という, 汽車の, 沙汰では, 活気立った, 流行唄に, 流行風習と, 浅草の, 浅草公園を, 消え去った思い出, 淡い哀愁, 淡泊な, 深川の, 渟代郡の, 源が, 漁夫の, 漱石の, 焼野原, 燈火は, 燦爛たる, 物語, 特色として, 状態として, 独歩は, 独逸の, 生徒は, 生活などが, 生活について, 生田春月, 田園生活の, 田島町は, 男の子は, 男女の, 町家の, 番頭が, 病院の, 白拍子の, 白菊を, 目が, 目を, 真面目くさい, 眼で, 矢代の, 知人みな四十五十の, 石畑一登君と, 社会悪と, 神社の, 神童は, 私と, 私に, 秋が, 秋草, 窮乏を, 笑子は, 箕輪は, 精神が, 糞を, 紀念なり, 紋付同じ, 紋様ある, 素性を, 経験を, 給仕人は, 練塀小路の, 美しさ, 美術雑誌で, 習慣だった, 老人は, 肢体を, 自分が, 自分と, 自分にとって, 船は, 色好みにて, 芝居情景である, 芭蕉の, 花である, 芸人の, 若々しい気分, 若い衆でございます, 若燕, 若緑も, 苦労の, 苦労は, 茶人仲間でも, 荒野の, 落葉, 葉子には, 著, 薄き皮膚, 蘇武の, 虚勢で, 蚯蚓に, 血気な, 衰えた顔, 西洋の, 西洋鏡, 見聞を, 記憶からか, 記憶では, 記載に, 詩という, 詩作上の, 話から, 話だろう, 話で, 話であったろう, 話などを, 話に, 誰も, 諸侯を, 警官は, 負けじ魂が, 貨殖家で, 賑やかだった, 賢三郎で, 軽さ, 輝かしさ, 辺陬の, 退屈さに, 通言に, 運命を, 達三を, 遠吠, 郊外は, 郷里には, 都の, 酒の, 金持番付では, 鉄道と, 長閑な, 門輩の, 間抜け野郎に, 闘争心や, 陽が, 雨に, 雨降りあげくに, 電車の, 青山は, 青年でも, 青年の, 青春的な, 面影が, 音が, 音楽会と, 頭脳は, 風光は, 風景が, 風鈴しきり鳴る, 食堂スケッチである, 食糧事情と, 駄々っ子の, 駐日英国公使, 騒ぎぢや, 驕慢の, 高時, 魯迅は, 鴎外の, 鼠谷は

▼ ころ~ (1067, 10.8%)

7 夜も, 私も 6 よかった, 私は 5 そこい 4 もう日, 海岸で 3 あれで, そうだった, そんなこと, 二十七八で, 母に, 非常に

2 [53件] あのよう, いつでも, かなりの, きっと一番さき, この辺, こまっけ, これでも, これまでの, その臭み, それで普通, ともかくも, どの家, ひがし窓の, ひとか, ほんとうに, ぼんやり暗く, まだそこ, まだそれ, まだ初心級, みんなが, もう十時, よく逢, われらの, アッパッパは, 二人は, 人に, 何の, 僕が, 六十を, 別に家康, 十銭スタンドの, 夕方に, 天下などは, 官吏とは, 小説の, 小説を, 左翼運動の, 年ごとに, 年に, 店座敷の, 彼に, 日が, 時代が, 殆ん, 毎晩の, 汽車の, 無人島だった, 碁の, 私の, 秋の, 血を, 電車や, 風も

1 [904件 抜粋] ああだった, あだ, あなたが, あなたの, あなた親切に, あの人, あの公園, あの確乎, あまり兄, あんなじゃ, いうまでも, いかにも牧童, いちおう名, いつもすごく, いつもふっ, いは, うわさの, おとうさんも, おのづか, おもしろかつ, おれの, お互いが, お日様も, お豆腐, かなり家運, かなり自由, きっといい, こ, ここが, ここで, ここは, ことにこの, この人たち, この山家, この手, この節, これが, こんなに処女, こんな早死, ごちそうを, さっき一度帰っ, さやぐ葦鴨の, した自分, しんみりと, すっかり前途, すでにあまり親しまなかった, すでに比丘尼, すでに過ぎ去り, ずいぶん那珂川, そういう横紙, そういわれ, そこにも, その乾ききった, その家政, その御, その村, その残月, そばの, それで良かっ, そろ, そんなにおそかっ, そんな名, そんな磐戸, たいしたもの, たえず国事, たしかに木戸, ただいま, ただ天下, たぶん一羽, だれを, ちく, ちやうど, ちょうどヨーロッパ勢力, ちょうど消え, とっくにねこ, ともするととろんとあぐね, どうしておいで, どうふけ, どうもそうは, どことなくひと癖, どこへ, どこへか, どれほどの, どんなにこの小さな, なおさかん, なかなか楽しん, なるべく沿岸航路, なんと言っ, のべつ賭け毬, はや頗る遲, ひどくせまくるしい気, ほんた, ぼくが, まず二十一, またヨーロッパ, また本所, また第, また頬, まだかなりに, まだごく珍し, まだその, まだそれほどで, まだそんなに勢力, まだのんき, まだほんとう, まだわれわれ二人, まだビール, まだブーム, まだ三十七, まだ二人, まだ写真術, まだ北佐久郡東長倉村, まだ医科大学, まだ千鶴子, まだ半分小作, まだ堺, まだ子供, まだ小, まだ岡松, まだ敗戦都市, まだ暑く, まだ東武線, まだ民俗学, まだ流行, まだ煙草, まだ真紀子, まだ秘術, まだ純粋, まだ結婚前, まだ訊い, まだ銀子, まだ鹿, まつたく泥醉状態, まるでもう配給量, もううれしく, もうすっかり夜, もうだいぶお, もうびんぼう, もうまっ, もうシンガポール間近, もうトンネル, もう一日, もう世間, もう二十四, もう五時, もう何年, もう倍, もう塒, もう夜, もう家, もう数え日, もう日本, もう死ん, もう目, もう稲, もう船, もう進駐軍, もちろんようよう成人, もっと玉井組, もつと, もんも, やがて出発当時, やがて新旧, やって, やはりまだ英文学, やや運, よかつ, よく喧嘩, よく聞かされた, わたくしの, わたくしむやみに, わたしども夫婦は, アノ確乎だらう, オリムピックが, オート・ミイルを, サンタンたる, スペインと, タダの, チョイ, デパートの, ドーランを, パパも, フランス第, プロレタリア文学の, ヤブレカブレで, ヨッちやんは, ルウナ・パアクの, 一ツくるり, 一人の, 一冬中海鳴りが, 一口でも, 一同休憩し, 一応フシギ, 一時潤う, 一番鶏が, 七時に, 三十あまり, 三十がらみか, 三十一二, 三十五六で, 三十前後どこかの, 三十四五かと, 三条河原町まで, 上海ロンドン間の, 上野の, 不断の, 不満の, 世界戦後の, 中学の, 主に, 事々に, 二人とも, 二十から, 二十を, 二十一二か, 二十七八いい, 二十五六の, 二十八九まだ, 二十六七三十がらみという, 二十四五でも, 二十歳ばかり, 二間造りの, 云ふまで, 五十がらみ, 五十五六白銀の, 五月である, 京や, 京都の, 人々の, 人並みは, 人里離れた, 人間は, 今から, 今日よりも, 仲, 伊藤野枝さんに, 休憩時間を, 伯爵でない, 何でも, 何処か, 例幣使の, 僕たちは, 僕も, 元は, 元禄十四年極月, 充分には, 児童福祉法の, 全然不感症, 六が, 六十あまり常人では, 六十有余とも, 其枝へ, 切支丹断圧最後の, 刈りとった稲, 初期である, 剣術を, 勝手な, 十七八歳, 十七八都風俗の, 十三四の, 十五六, 十八九で, 十六ルーブルの, 十円か, 十四五を, 卅七八西洋臭い, 半狂乱, 半蔵らは, 協同販売所という, 単にワニューシャ, 反対論者が, 古着屋の, 司馬遷は, 吉原の, 吉左衛門は, 同じ東山道方面, 呉服を, 商売も, 四人とも, 四十あまり剃刀の, 四十を, 四十五六で, 四十五歳か, 四銭木戸に, 固くなっ, 城攻め野合せが, 変り目の, 外で, 多少は, 夜ごとに, 夜は, 大いに勉強, 大人ものが, 大好きな, 大概うしろの, 大阪では, 天も, 太郎も, 女と, 妙に, 妻籠本陣の, 始めから, 婆アも, 孀婦ぐらしの, 学校へ, 宇津木さんは, 宗門の, 実に好き, 実際は, 家も, 家内全体に, 家族達が, 寂しさ, 富士の, 将軍家光の, 小僧だ, 小紋更紗も, 少し明るく, 山登りも, 工場の, 左大臣家の, 巻紙に, 幕が, 平家方に, 平気に, 幸福だった, 幽霊の, 延沢銀山と, 廿八九歳中肉中脊例の, 当家の, 当路の, 彼の, 彼も, 後醍醐方の, 御向い, 御親心, 御遠慮, 徳富蘇峰さんが, 心の, 忘れられない時代, 怪しく空, 恭一を, 我々も, 戦国時代では, 打ち橋, 政治執行の, 散在した, 文学的才能の, 斜に, 斬首や, 新しく奇異, 方に, 旅する, 旅館では, 既に広重, 日ようやく, 日本じゅうの, 日本と, 日本は, 日本人の, 日落ち, 明らかに, 明治二十六年五月ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の, 昔博文館から, 映画を, 春五月の, 普請の, 書斎の, 最うお引き上げ, 有名な, 朕という, 朝ごと薪を, 木曾の, 未だ二十代, 本人も, 本陣の, 杉の, 村民が, 東京に, 松崎蔵之助さんの, 根津へ, 楽しかった, 楽しゅうございました, 権妻という, 欧州戦争が, 正午を, 武士町の, 母が, 毎夜帝国ホテルに, 毎日鷲や, 民兵や, 汽車に, 泥棒だけは, 浅草が, 海は, 深い睡り, 深く思い, 清三は, 測量器械も, 湯ぶねに, 源氏も, 濡鼠に, 無いぜ, 然しはつきり言, 然し澄江, 煙硝も, 物価が, 特別に, 犀角も, 犬が, 珍品中の, 生何, 田舎から, 町, 番頭女中の, 疎遠に, 病気が, 登城を, 皆四十から, 皇室の, 直ちに四ッ足揃, 矢代も, 知らないが, 知人と, 碌すつ, 祖父の, 禅堂や, 私たち幸福だった, 私自身も, 空が, 空襲警報にも, 竹藪だらけであった, 笹村も, 節電の, 紐の, 紙の, 絵だけは, 絶えず訪れ, 罷り越し候, 聖法を, 肉体の, 肉体労働を, 胸の, 臆病で, 臨時雇い, 自由劇場が, 興味の, 船に, 船員は, 芝神明の, 花やかなる, 花よめ, 芸妓屋の, 若かった, 茨城県から, 菩提樹下で, 蚤が, 街道に, 裁判所の, 見すぼらしい弱々し, 見つかる玉, 見る目, 言葉も, 試合開始に, 誰が, 誰にも, 誰も, 誰もが, 貸金の, 身近な, 軍関係と, 近いもの, 近衛軍の, 速力は, 過ぎにけらしも, 酒さえ, 酒屋だった, 酔いが, 野焼きの, 金は, 銀座で, 鍬の, 長崎平戸堺などから, 阿園, 陸上競技の, 隆盛の, 随分私, 雨が, 霊岸島の, 面白うござんした, 須磨時代の, 題詠で, 風は, 風雨に, 馬も, 駿河は, 髪の毛の, 鯔背の, 鳥も, 麦が

▼ ころ~ (872, 8.8%)

133 なると 71 なって 14 なっても, なれば 6 あたる, なった 5 なりますと, 当たる, 彼は 4 なります, 私は 3 なってから, 二人は, 急に, 戒むべ, 比べると, 私の, 自分の, 至って

2 [27件] お民, この静か, しては, すでにその, でかけて, どこかで, なつた, ひとりの, みんなが, わたしが, 不意に, 今の, 先生は, 半蔵は, 向つて, 四五年乗った, 奥をな, 帰って, 幾羽の, 引かされて, 於て, 来て, 松吉杉作の, 深い愛惜, 源氏は, 秘めて, 躓いたこと

1 [527件 抜粋] あたるの, あちこちに, あの茂み, あの金兵衛, あらわれて, あらわれはじめた, あり古い, あると, あるという, ある枝, いくつかの, いつかひまな, いは, いよいよ霜, いれて, いわゆるブルジョア, いわれました, うす鈍い黄色, おきて, おみそめなされた, おもん, お三方, お増, お山を, お産が, お由, お目, お遊さん, かえって重い, かくされたる六天山塞, かくしてある, かの男, ぎょっとする, くらべて, けたたましく事務室, こういう手毬歌, こおろぎは, こぎ出された高瀬舟, ここで, この今, この子, この寺, この書, この木曾路, この邸, この馬籠, これと, さえ何一ツ, さる大福長者, したって, した悲しい, して, しても, すごすごと, すでに行なわれた, ずしりと, そこい, そっくりだ, そっくりである, そっと或, そのこと, その人, その土地, その時分深川, その死者, それらの, それを, そろそろ後車, たいてい寿命, たこを, ただ, たてたもの, たとえば大正十二年, ちょうどチャップリン, ちょうど丈吉君, ちょうど中納言, ちょうど君, ちょうど東京横浜間, つくった対話, できたもの, できた大山寺, どんなお客, どんなこと, なくなられまた, なったら珍, なつて, ならなければ, なりて, なりながら, なりました時, なりまして, なり突然, なる, なるかと, なるに, ぬかづきて, のんきでいた, はじまったこと, ひとりでに挙げさせよう, ふらりと, ふれ売りに, ほかに, ぼろぼろ零れる, ぽつりぽつりと, またおいで, または田植, またよく, また例, また参りましょう, また左大将, また必ずまいります, また私, まとめた荷物, みつけ出して, むかって, むすんだ結婚生活, もうほか, もうシナ, もう五十, もう徳川家康, もう降伏, やがて葉子, やさしい花, やって, やってきて, やって来る最初, やっと再び口, やっと原稿紙, やっと山, やっと御, やっと表, やにさがって, やわらかく心, よい教科書, ようやく帰っ, ようやく待たれた, ようやく御堂, ようやく朝日, ようやく殊勝, よくこうであった, よくその, よく似, よりゆたか, わたしたちに対する, われわれは, アタピン女史が, イキナリ飛びこむ, インキの, カブラルに従って, キューネが, サービスし, スコッチウィスキーを, ドクトル・ヘザーレッグの, ハイヤーを, パリイの, ブランデス時代の, ベルリンで, ボクシングの, ボーボーと, ヤマト, 一お, 一人の, 一同は, 一度顔を, 一番美しい, 一番鶏の, 一軒だけ, 一軒の, 一隻の, 丁度その, 三条の, 上の, 上座に, 上野広小路で, 下女が, 不思議な, 両親に, 中の, 中宮は, 中将の, 主人に, 乙の, 九州から, 九州の, 九日会の, 九月の, 乳母に, 五六人の, 井伊大老を, 亡くなったの, 亡くなったよう, 京の, 亭主が, 人の, 人間改造術という, 今川氏に, 今度は, 仕事したくなった, 似たよう, 似て, 住まったこと, 住んで, 何よりも, 何處と, 作った, 作ったもの, 例によって, 停車場を, 偶然な, 先生の, 光の, 入り込んで, 入れた, 六歳の, 兵部卿の, 再び感じた, 出かけて, 出かける源氏, 出たベートーヴェン伝, 出て, 出会したもん, 出家を, 出版され, 出立たせたと, 初めて学, 初めて平地, 初めて物, 初めて起こっ, 初代が, 到着した, 創設せられた, 十分なる, 半七, 半蔵の, 半蔵らは, 去年の, 又来る, 及んだが, 叔父さんに, 取りきめた規約, 取り交わした高, 受けた印象, 右に, 右の, 同じ仙台領, 命婦は, 和尚さんに, 咲いた花, 唾をは, 四つも, 固定した, 固定し始めた, 土人の, 土蔵わきの, 執筆した, 堅く蔵つて, 夜が, 夜は, 大国主命の, 大尼君, 大工の, 大根を, 大臣が, 大阪に, 天草島原などを, 奥州に, 女郎つつじなどといった, 妹分同様に, 妻を, 始まるの, 孔子の, 宇治で, 実際鰓孔, 客が, 宮の所へ, 宮は, 宮様は, 家の, 家は, 家へ, 富士裏を, 寒気が, 寸法を, 寿平次は, 寿平次らは, 小女は, 小学校で, 少しく学問, 山の, 山の下を, 左大臣家から, 市ヶ谷の, 市川で, 帝の, 帝劇の, 常陸坊海尊が, 年の, 幾万もの, 延ばして, 延焼の, 弟子たちを, 強いて, 当たったが, 彼に, 彼も, 征服された, 後ろから, 御訪問, 微風が, 心に, 必然が, 思いうかべられたこと, 思い屈した, 息が, 愚図ついてる, 愛する者, 感じて, 感心し, 或を, 手に, 手飼いの, 抱きしめて, 据えて, 掛鉄を, 擡頭した, 教わったこと, 教授を, 文芸では, 新体詩などを, 新聞は, 既にかなり, 日露戦争に, 明治二十年代の, 時雨は, 曲がったもの, 書かれた, 書かれたが, 書かれたの, 書かれたもの, 書き置きが, 書き親鸞, 最早小郡行, 月曜日に, 本所中の, 東京も, 東屋所長が, 松吉は, 松屋の, 枕もとの, 枕をは, 栄える庭, 棺は, 楽器類が, 欧米は, 歩いたこと, 歯黒めを, 死んで, 死んでから, 歿した, 残って, 殺された死体, 殿様の, 毎日出, 気がつくの, 江戸の, 没したと, 流行って, 浅井は, 浴室の, 海の, 消防夫梯子乗りの, 涼しい水亭, 渡来し, 渦巻の, 渾融的な, 満身の, 源氏が, 源氏の, 滝先生に, 漸く槌音, 父が, 父の, 独りで, 現われたと, 琴を, 生きて, 生まれました, 異ならず, 異境で, 疲れて, 発明した, 発表された, 登つてこの, 目を, 目的の, 眼を, 知って, 石黒忠篤君の, 福島の, 私が, 私たちは, 私と, 私も, 積木といふ, 空の, 窓に, 笹村が, 筆を, 筧の, 籾干し, 糟谷は, 紋作は, 細々と, 細君が, 経験した, 結婚なり, 緑林随一と, 老女の, 老婆は, 腹を, 至って小夜子, 至りては, 舞い戻って, 舟は, 花が, 若がえったよう, 若君は, 苦労の, 落して, 葵の, 藍本といふ, 藤の, 行けるの, 行なわれたの, 行動を, 行商し, 見たの, 見たまま, 見たり, 見た松旭斎天一, 見て, 見ると, 見出でて, 見覚えた過去, 親しみ今, 観音か, 触穢, 言いなれたあの, 言い為し考え, 設けられた宿場, 話を, 貝原益軒の, 貯金しときゃ, 起こったの, 起して, 身体に, 車は, 輸送問題も, 農やすみの, 迎えを, 近在の, 迫って, 迫っても, 迫つても, 退屈し, 通って, 造つて旅する, 造られたもの, 逸はやく, 運送屋が, 達したらしく糊, 違いない, 遠い所, 重要性を, 金も, 銀子は, 長寿の, 開港か, 開港の, 間の, 降り出されると, 限ったこと, 院の, 隙もる, 隠されて, 隠し持ったナイフ, 隠れん坊を, 雑多の, 雨が, 雨の, 雲は, 青扇と, 静岡の, 音楽の, 頭の, 願書が, 風が, 風呂場へ, 高輪の, 鰯の

▼ ころから~ (697, 7.0%)

11 見ると 8 である 7 私は 6 彼は 4 少しずつ, 自分の 3 して, だ, だんだんと, であった, 後の, 私の, 非常に

2 [33件] お日さま, すでに, そのいさましい, その袂, なん, ばつたり, また増さん, みんなは, 下手人を, 今も, 他人の, 何か, 作品を, 夜が, 好きな, 始まって, 孤独には, 宰相の, 彼の, 急激に, 早くも, 有名な, 母が, 母の, 流行りはじめた, 父に, 父親は, 習ひ, 評判の, 諸侯の, 身を, 雨は, 風が

1 [570件 抜粋] あずかって, あったと, あったもの, あなたを, あの正井, あまりお作り, あまり運, あるの, いくども, いくばくも, いくらかコマ人, いつか画家志願に, いつも少しずつ, いよいよ小説家, いわゆるぐれ始めたらしい, おいおい火事, おたがいに競争, おたね, おりおり頼み, お前は, お妾, お庄, お店, お洒落の, お照, お銀, かぞえきれない悪事, かれの, かれは, きゅうに, くらべると, くらべれば, こういう悪癖, こだわりも, この世から, この人, この国中, この地名, この女歌人, この家族, この年齢, この模様だいすき, この浦, この点, この秋, この若君, この馬庭念流, これを, ころ駒下駄の, こんな小さな隙間, さう, さっぱりした, さっぱり雨, さも小父, しだいにその, しばしば入りびたり, しみこんで, すでにその, すでにもうかなり, すでに東京, すでに父母, ずっとやっ, ずっと母, ずっと続い, そういう人物, そう教えられ, そして昨夜, そのこと, その年, その性質, その技術家, その発作, その運動, それが, それと, それを, そろそろ逃げはじめる, たいへんおとなしく, だったよう, だと, だとおし, だんだん晴れ, だ事務長, つたわって, てめえいやに, であったと, であること, であろう, でご, ですね, では, とかく店座敷, ときどきこんな, とくに文章, ともかくも, どうした, どうやら税, どこの, どこへという, どじょうが, ない知恵, なさけ無い, なにか新しい, なの, なんでも, なんとなくませ, はぐれて, はじまりエド時代, はじまり出す, はじまる, はっきりと, ふいと, ふっつりその, ほしいと, ほぼ四分の一世紀, ぼくと, ぼくの, ぼつぼつ中折帽子, またどういう, また一つ苦労, また一層親しみ, また何, ままごとは, みると, みるとずつと, むっと顔, もうだいぶ悪く, もうなんぞと, もうぼつぼつ外人間, もうプルチネッラ, もう私, もう老衰, もう自分, やはり昼寝, ようやく太田, ようやく彼, ようやく考えはじめました, よくじじ様, よくやった, よく大人達, わしは, わずかに, わたしにとっては, われらの, エゴイストといふ, オスカー, オレの, ジョンの, ストーブを, チラチラと, デューイの, トロンとして, ドイツには, パホエホエの, フェリクスは, フランスの, ボクシングを, マクス・ブロートとの, マリヤさまを, ヤケ酒を, ユダヤ史ユダヤ教ユダヤ文学などに, 一か月半以上も, 一つとして, 一と, 一九三三年著者が, 一人で, 一人の, 一方ならぬ, 一空さまは, 一脈の, 一行は, 丁度其時分, 三年ほど, 三月ころまでの, 三村本家の, 上に, 不服でも, 不眠症にか, 世人の, 両者結合の, 丸太ン棒一本あれ, 主家の, 九月の, 二三年の, 二三年位が, 二年以上たっ, 京丸の, 人が, 人物ばかり, 人生の, 仇敵を, 今だに, 今の, 今年の, 今度は, 今日までに, 仕事にか, 伊東は, 伏線的に, 伝統的な, 体が, 何かの, 俊才と, 修繕に, 傷ね, 僕たちは, 兄さんが, 先生の, 共産党の, 再度の, 冬にかけて, 出て, 出入りし, 初めたの, 利根川の, 劇しい, 助手たちを, 動物が, 勝邸の, 北風の, 区別し, 医者に, 十一月にかけ, 十六七時代までの, 十年前に, 千五百年も, 半蔵は, 単なる肉慾, 厚ぼったく封じた, 原稿を, 叔父の, 取出した物, 口の, 吉田茂の, 同じ病気, 同道し, 啼きそめる鳥, 喫茶室が, 器用で, 四五日置き, 国漢文を, 圓朝は, 土蔵に, 地下に, 地球の, 均一は, 執念ぶ, 変っちゃ, 夏の, 夕方などに, 多くの, 夜の, 大人にな, 大尼君, 大正にかけては, 大理想, 大阪魂とでも, 天狗様の, 太田は, 女だてらに, 好きだ, 好んで, 好意を, 妙に, 始まった, 始まる, 始めたという, 始めよう, 娼妓の, 子らは, 子供の, 存じあげて, 存じて, 安土桃山の, 宝鏡先生に対して, 寄るべない, 寒中でも, 察して, 将軍家に, 小学校で, 小説が, 小説を, 少々頭, 少女は, 少年探偵団には, 屋敷に, 嵐の, 川遊びを, 差立ての, 幕府の, 幾十回と, 広い日本, 店に, 弱い武者修行, 強かった, 強情だった, 彼女を, 後は, 心がけて, 心に, 心の, 心安くなった, 心臓移植の, 忘れない落語, 思い立って, 急速に, 怪しいこと, 想像され, 愛国の, 懇意に, 折折に, 持病の, 探って, 撮影を, 支那で, 政治と, 政祐の, 散歩に, 数理に, 文字通りイロハの, 文学に関し, 文学上の, 文珠屋佐吉も, 断崖百尺の, 断片, 新茶屋の, 既に開けた, 日の, 日は, 日記を, 旧知親戚の, 早春が, 旭川を, 明治四年までの, 春の, 春一は, 時々自転車, 晴れに, 暴力によって, 月の, 有栖川家と, 望んで, 朝廷に, 木村は, 本田の, 来たが, 来てよ, 東京の, 東方の, 松代藩の, 株に, 桜が, 植物が, 次第に活き活き, 母に, 母親とは, 毎日の, 毎日実の, 比べると, 氏神遷宮の, 民主的な, 気の, 永らく桔梗屋, 汝は, 江木氏の, 河太郎という, 沸かし延べ, 法本は, 泰平の, 活動写真に対する, 流れて, 浪費癖を, 海を, 消えた, 涙香などを, 清盛と, 源氏は, 準備せられ, 滝の, 漱石先生に, 漸く芝居, 無数の, 無縁坂の, 父上を, 片上伸氏たちを, 物忌み生活に, 犬猿の, 狂熱的な, 狭山の, 猜疑の, 珍植物の, 田万の, 男の, 町並地と, 画の, 病気は, 痛みは, 目から, 目に, 相手が, 眉を, 真名古に, 真理の, 知的守銭奴を, 神経質で, 禁じられだしたが, 秀吉の, 秀麗な, 私が, 私どもの, 私自身は, 空に, 空は, 窮地に, 竹之助様は, 笛を, 筆を, 筑紫の, 米湯なども, 紀元後へ, 素子にね, 経済状態が, 絞りつくして, 絶えずおびえ, 絶頂に, 緑の, 練習は, 繋が, 義太夫を, 老人の, 老子の, 考えた, 耳聾し治し, 聴きためて, 胃潰瘍に, 胃腸が, 自分たち兄弟は, 自分でも, 自分は, 自然に, 色の, 芝居などは, 芽ばえて, 英仏にとって, 草刈り奉公に, 草刈り奉公にも, 萌して, 葉子は, 行かなくなったよう, 行き馴れたもの, 行なわれて, 見て, 見ますと, 見れば, 見慣れて, 見物し, 見物人と共に, 親しく遊ん, 親という, 親方の, 言い合して, 詩を, 読んで, 諳誦させた, 賃仕事を, 身の, 身体の, 躯の, 逃亡兵の, 酒に, 金魚と, 長屋という, 長男を, 長者の, 関係の, 附けられた, 陰気な, 離婚し, 雪の, 雲も, 零落する, 雷は, 非常な, 音楽にたいする, 音楽の, 頂部の, 須美子を, 預けられて, 頭が, 頭の, 頼母木の, 顔も, 顔を, 顔色の, 風の音も, 飲みかた, 養われた, 騎射にかけては, 鮎は, 黄昏れ

▼ ころには~ (634, 6.4%)

5 彼は 4 葉子の 3 もう日, 吉左衛門は, 彼も, 彼らの, 私は, 私も, 自分の

2 [25件] おれは, これに, それが, まだこの, もうこの, もう何, もう夜, 二人の, 人間の, 半蔵は, 太陽が, 完全に, 寛斎は, 彼女は, 日も, 村の, 気の, 男を, 空が, 笹村の, 笹村も, 芳太郎も, 街道の, 近所の, 馬籠の

1 [554件 抜粋] あきらめと, あたしは, あなたと, あまり蔵書, あり得たの, ある大学, いくらも, いちばん低い, いつかマッチ箱の, いつのまにかすっかり消化, いつまでも, いつも喇叭, いよいよ半蔵, いろんな専門的, おそろしい水, おとこの, おどろくべき人数, おのが, おまん, おもしろい相手, お仕, お別れ, お庄, お手, かえって花, かしらの, かねて待ち受け, かねて馬籠, かれは, きっときます, きまってたたき, きわめて軽快, きわめて顕著, こうして行っ, こうだった, ここに, このよう, この大きな家, この宿場, この寺, この新しい, この稚い, これらの, ころもの, こんなこと, こんなもの, こんな新しい, さすがの, さっぱり興味, さんざ世話, しかしたいてい, したこと, しば, しばしば出くわす, すっかり暗く, すでにキリスト, すでに二百年, すでに地上, すでに家, すでに式部寮, すでに木地, する事なす事一, そういう心, そういう断層, そうじゃ, そこに, そこにも, そこは, そこらに, その両国橋, その先触れ, その全, その地域, その楼, その潮汐作用, その食堂, それこそ, それに, それは, それ等の, そろそろ人びと, そろそろ食事, たいてい本, たいてい本当, たぶん頂上, たやすく近い所, だんだん露骨, ちやうど, つきものの, つくづくそれ, つねに生存, とうに食事, ときどき気, ともかくも, どうやらぼく, どの地方, どんなだったろう, どんなに輝かしかっ, なかなか眺める, なかに, なるだろうな, なんとなくおごそか, にわかに人, のちに, はや十一月, ひやひやした, ひょっとする, ほとんど一人, ぼっとし, ぽつぽつ空き, まいと, またちがった, また別, また前, また牧, まだあの, まだお正月, まだこんな, まだほぐれなかった, まだ人間, まだ戸棚, まだ松茸, まだ残っ, まだ温か味, まだ珍, まだ魚住影雄, まったく透明, まっ赤なか, まつ先の, みなさういふ抒情詩, みな堕落し, みんなすつかり, むしろ青ざめ, むろんおそろしい, もう, もうあの, もうお, もうすっかり日, もうすつかり夜, もうたらい, もうとっぷりと, もうどちら, もうポケット小僧, もうレプロシイ, もう六, もう別, もう別れなけれ, もう夕がた, もう完全, もう少しも, もう御用掛り, もう息, もう手本, もう昼時刻, もう活動, もう浅井, もう浜名湖, もう深い, もう灯影, もう瓦斯, もう疑い, もう立派, もう老耄, もう誰, もう返し, もう雌, もう飯, もう黄色, もってのほかの, もはやつばめ, もはや二つ, もはや原色, もはや祖父卯兵衛, やがて一切, やがて馬籠, やんで, ようやく白み始め, よく夫婦, よく身分, わたしたちは, わたしは, アレキサンダー大王の, エフィム・ペトローヴィッチも, カタカタと, コンクリートの, ザビエルだの, ドシャ降りに, ハンスの, フランスあたりでも, ポルトガルの, ヤマトの, リーダーの, ロオラア・スケエテイングが, ロシヤの, ローマの, ヴェリチャーニノフは, 一同そろっ, 一同は, 一向宗, 一夏過した, 一段とだった, 三先生も, 三菱ヶ原と, 下座敷, 与五郎も, 世の中に, 世の中も, 世界を, 両家の, 中日までに, 中村係長は, 久しぶりの, 乙の, 九州や, 二人は, 二足の, 二階の, 五人の, 京に, 人々は, 人から, 人は, 人数が, 今度は, 代ると, 仲の, 伊之助も, 体刑も, 何かの, 何の, 何人も, 例の, 俗に, 借間を, 健忘症の, 僕には, 僕も, 先生自身も, 光秀の, 免れ難い, 全く私, 全然分からなくなっ, 八坂の, 八時を, 八百二十三人だけしか, 再びトルコ民族, 凧は, 出るは, 出来ますよ, 初夜近く, 利子が, 午飯の, 半蔵と, 半蔵も, 南都の, 印刷所が, 厳格に, 各先生, 各村戸長, 吉弥も, 同時にこの, 哀れな, 品物自身は, 啜泣, 四圍は, 土手を, 土肥庄次郎は, 地方の, 坂ひとつ向, 堺町に, 塾生たちは, 墨汁を, 夕日が, 外に, 多くの, 多く他, 夜が, 夜の, 夜も, 夜空の, 夜間だけ, 大きな汽船, 大した美音, 大抵塔も, 大方死ん, 大穴の, 大阪に, 大風と, 太陽の, 奉書二枚に, 奥で, 女の, 妻女山一帯に, 娘お, 子供が, 子供は, 孝二は, 学校へ, 定見取米, 室内の, 家が, 富士山が, 寺子屋の, 将軍は, 将軍足利義政の, 小さい湯宿, 小さな瀬, 小手桶, 小林君は, 少尉候補生と, 山へ, 岩倉公子の, 峠の, 川沿いの, 川越と, 師匠に, 帰って, 幕末期における, 広大な, 店の, 建仁寺の, 強い風, 彼の, 彼らは, 彼等は, 後方から, 得右衛門も, 御一新の, 御岳の山, 微賎な, 必ずこの, 応接間の, 怪しい空, 恩師上田万年先生を, 息子が, 患者の, 悲惨を, 惣兵衛ちやんは, 感覚が, 懐中物は, 我々は, 採つて, 揚子江流域住民の, 文吾どのを, 文字を, 日々その, 日が, 日ごろ本陣, 日の, 日は, 日本では, 早い夏, 早くから寝床, 早くも, 時を, 時代は, 暗碧, 最初の, 最早なんとなく旅, 最早何, 朝食の, 朦朧と, 木村が, 木枯しとでも, 末子も, 本郷からも, 杉の, 東の, 東西の, 松之助の, 枝に, 柿の, 森林は, 櫻花も, 次郎の, 歌を, 正雄は, 正香は, 武士の, 殊に多く, 民衆から, 水に, 永くなった, 江戸友禅も, 江戸方面からの, 沿岸一帯が, 沿道の, 流石物好き, 海の, 海軍将校に, 淮南江左に, 清三は, 濁った大川, 煙るよう, 熱海の, 爆弾は, 父母は, 父親と, 父親は, 版本でも, 物を, 物好きな, 生存の, 甥の, 甥も, 甲軍の, 町, 町では, 町全体が, 画家から, 病人の, 病勢が, 痩せて, 目上の, 相当な, 相応に, 相手は, 看護した, 石臼やも, 磯根に, 神梛木川は, 神社の, 私たち二人を, 空も, 空を, 空腹と, 筆または, 米国伊国普国の, 紫雲の, 細い雨, 細かい雨, 緑の, 縁側の, 義士の, 膚寒く, 自ら大いに, 自分で, 自分は, 自分を, 自由廃業といふ, 船会社で, 良心は, 良民と, 花びらを, 花も, 若い者, 若君の, 茶の間の, 草花と, 菓子という, 落葉樹の, 葉子は, 薬を, 蘭の, 蝉の, 街道を, 衰弱しきっ, 西南から, 西河岸の, 親の, 語学に, 読者も, 諏訪藩の, 警官隊の, 警視庁の, 走ろうにも, 足の, 足もとの, 路の, 身長一七一センチ体重七一キロという, 車の, 近処, 近在から, 逆さに, 通行人が, 過ぐる七年, 遼陽もろく, 金も, 金色の, 鉛筆の, 長崎ぢゆう, 長野県の, 陽も, 隣りの, 隱岐も, 雨が, 雨も, 露ほども, 青い小さな, 青江の, 静かな, 音楽の, 音楽学校に, 頬に, 風が, 馬場の, 鬼一口に, 魚の, 鶴の, 黒紫色と

▼ ころ~ (261, 2.6%)

40 つてゐる 22 つてゐた 18 して 10 つた 86 し屋, つてゐ, つて居る, ッて 5 した 4 されて, つてゐました 3 つてゐます 2 あるよ, しこんで, したナ, しや, つたり, つてるん, つて行つて黙つ, 雪の

1 [107件] あって, あります, ある, あるってんで, いるだけ, うなり合いながら, おもしろい盛り, お腹が, き玉子, この闘牛全盛, されおき上りまた, された目, されては, しぎゅっと, しこっち, しして, しそれから, したまま, しだ, しっこを, しと, しなる遊び, しに, し掘り返し破壊, し蹴ころ, し遊び, そうと, その鋭, ちょうど陰暦, つたと, つたのです, つたばかりに, つた佐太郎に, つて, つていた, つておお, つてくたびれた, つてこれは, つてしまへ, つてじやれる, つてすや, つてた, つてぺろり, つてゆく, つてらアな, つてる, つてるじや, つてるやう, つてる松, つて一生懸命泣い, つて來た, つて倒れ, つて居た, つて朝露の, つて来小さな, つて水が, つて火の, つて眼鏡をは, つて笑つた, つて行きました, つて行つた, つて足で, どんなもの, ないといふ, なつかしいね, なつくよう, ぶすぶすと, まず三十五, やって来て, よい, ッた, 三つコロ, 今よりも, 何か, 何匹いる, 出て, 十二三で, 参詣人の, 国木田の, 多い, 大きな圓, 大乱の, 大好物, 序曲であった, 彼には, 彼女の, 思いだされて, 思いだせない性分, 思い出されるねえ, 思われた, 恥かしい, 来ると, 東京が, 死んで, 母としても, 無くては, 皆んな鼻を, 眼に, 落ちて, 走り, 身に, 逆上ってる, 遊んで, 都も, 際限も, 飢ゑて居, 馬車馬の

▼ ころ~ (165, 1.7%)

7 見はからって 3 見はから, 見計らって

2 [12件] いじくって, しっかりと, みて, 一期と, 振つて, 早く拾, 産む話, 見すまして, 見て, 見計って, 詰めた千両箱, 追憶し

1 [128件] あてて, いじくり廻わし, いじくるほどの, うかがって, お察し, お待ちなされた, かう改良, くれて, けとばしながら, ここの, さぐり始めた, さぐろうと, さすがごとし, さすごとくこともなげに, さすごとくたちどころに, さすよう, なぜむだ, のみくだして, はかって, ふった, ふりつづけた, また振り, みはからって, みんな俺の, もやさねえん, やけにな, やっつけやしたのう, よくよ, よく見ろ, ハゴジャと, 一つの, 一匹くれ, 一区画として, 中心に, 久しぶりに, 二つポケットから, 公卿や, 助かったん, 友だちと, 可愛が, 回顧し, 堪へて, 境として, 境に, 夏の, 大きく振つた, 奇数が, 始めました, 小さな飛行機, 左の, 座敷に, 廻って, 引張って, 待って, 待つこと, 忘れしめるばかり, 忘れたつもり, 思いえがいて, 思いだしたこと, 思いだすよ, 思い出した, 思い出したこと, 思い出して, 思い出しましたわ, 思い出すよう, 思うなり, 思えば, 懐中する, 手に, 投げこみを, 投りこんで, 押し潰したり, 押せえて, 拡げて, 拾は, 持って, 持つて, 指さす, 振ったり, 振りな, 振りながら, 振る掌, 探し其處, 探って, 掴んで, 握つて, 揮ってるじゃ, 揮ってるの, 斬っても, 早く益満, 最も多い, 毛唐に, 源氏が, 激しく責めました, 狙って, 生きのびるため, 畫けるなり, 相手に, 睨んで, 私よりも, 縁の, 考ふれ, 考察し, 聽け, 薫の, 表に, 見さだめて, 見せて, 見はからいこの, 見はからい先, 見られたが, 見ると, 見守って, 見計, 見計らいサン・スュルピス会堂, 詰めたくら, 起して, 蹴飛ばした勢ひで, 車から, 転がすこと自体, 較べたらそう, 載せて, 迎えながら, 迎えましたが, 過ごしてから, 過したやう, 選んで, 頬張りながら

▼ ころ~ (160, 1.6%)

14 あつた 4 少年は 2 あつたらう, あらうと, ござります, そのとき, そのとき私, 僕は, 彼らは, 栄子は, 高品さんの

1 [124件] あつて, あのホテル, あの晩, あの眼, あらうか, あらゆるもの, ある日, いちばん主に, いちばん有名な歌うたいでした, おぼえも, お暇, お道固め, ここは, この文化, こんな子供, こんな歌, ござりまし, ござりました, さかんな, しかも退屈, すべて吉左衛門が, すら暗, そのあたり, そのころ此, その合巻, その成果, それを, たくさんの, たしか七月, たださえ, とかく心, ところどころ薄, どこの, なでしこの, ぼくは, まだお, まだ私, みんなこの, もう四十年, ダンスを, ホルサムの, 一大三角州を, 一時身を, 三百人以上, 上中下の, 両親も, 中中よみたい, 二三度龍の, 今夜は, 今度は, 他の, 会ったな, 余裕の, 光り輝く青葉, 入院治療の, 六月には, 同商売, 坂から, 夕刊の, 外出し, 外出も, 夜に, 大阪から, 太子図書館ノートの, 妻籠から, 姫路出身の, 寒風の, 寝床と, 尾州藩では, 左様さちょうど, 市ヶ谷八幡の, 年も, 幾軒と, 座敷の, 当時は, 彼も, 徳川公爵や, 思い思いに, 折角やう, 揚げたか, 旅人を, 旗本御家人陪臣浪人に, 明治十二三年から, 昔は, 景蔵の, 暑中休暇に, 朝夕の, 木曾名物の, 村には, 横浜の, 次の, 気の毒だった, 深川の, 父の, 物価は, 狭い庭, 町は, 着物の, 祇園嵐山の, 祭禮の, 私の, 私は, 空には, 空の, 竹の子を, 笛なども, 腰に, 芽生えの, 若い人々, 茶屋の, 落ち着いた空, 行く先の, 親しい友達, 親とともに, 通る人, 遇った今, 道に, 銀子は, 長い留守居, 間もなくわたし, 陽気が, 雨も, 静かだった, 高い松

▼ ころ~ (122, 1.2%)

5 の家

2 [11件] のす, の絶望, はいま, はこの, はどこ, はまだ, はやっと, はよく, は叔母, は故郷, は本郷

1 [95件] がそう, が全く, が板場, が苦心, としげしげと, と一しょ, と同じく, と許嫁, には詩, に求婚, の二人, の仲間, の兄, の全, の力, の召使, の子供, の小学校, の店, の眼, の社, の結婚, の結婚相手, の考え, の隣り, はある, はいつか, はお, はここ, はその, はそんな, はちょっとした, はひそか, はひとり, はまた, はゆえ, はイサール川, はコナン, はナンキン町, はパリ, は三筋町, は不思議, は五目, は仲仕, は伊東温泉, は俳句, は北海道行き, は夜, は太っ, は女難, は孤独, は小学校, は小田原市, は已に, は心情, は思わず, は愛し, は戦火, は文科, は新聞, は早稲田, は時計, は未知, は東京, は東京駅, は東大生, は柳田家, は殆, は毎晩母, は毎朝, は求める, は浅葱, は猪, は生田幸子, は白金, は眼, は自分, は菩提樹, は西国, は見, は詩, は貴族院書記官長, は赤ん坊, は近代, は醜い, は銀座, は院長, は音楽, は鵠沼, へ託しました, まだ小学校, も病ん, も阿佐ヶ谷, をその, を訪れた

▼ ころ~ (118, 1.2%)

5 同じよう 4 なると, なれば, 駒下駄の 3 少しも 2 ちがって, なつた, 云うこと, 人形とを, 変りは, 思います, 思うが, 記憶する, 踏み鳴らしながら, 轉がり出る

1 [78件] あんまりちがわない, いうと, いえば, いっても, いわずつい, おじいさんの, おなじなん, すこしちがっ, すなは, するの, そっくりな, ちがわない兇暴さ, ちっとも変っ, でございます, なく, なって, なっても, なり, なりし庭, なりぬ, なり秋, なるには, ふたありで, まちがえてや, まちがえてるよ, みえて, やる事, 下駄の, 云う, 云ったの, 云へば, 今とが, 今日との, 古蒲団, 同じであった, 同じでありました, 同じもの, 同じやう, 同じ時代, 同じ樹木, 同じ自然, 名づけて, 変っちゃ, 変らない, 大した変化, 大して変りません, 天保年間と, 姫宮の, 定められたから, 少しの, 引続いた, 待って, 後世との, 忽ち思い出, 忽ち思ひ, 思う, 思ったの, 思って, 思ひます, 料理盤を, 桁梁の, 殆ん, 申します, 秋の, 符合する, 結びついて, 網張って, 街へ, 記憶し, 跫音高く, 車輪が, 軋む櫓, 転がり出そうて, 転り出る, 閃めい, 響いたの, 響いて, 頗る一致

▼ ころ~ (98, 1.0%)

13 へん 3 今も 2 いまも, させ, で涼し, 手の, 手掛りだ, 春過ぎ, 纏ひたる

1 [68件] あったらしい, あり殊に, いやに, いろいろな, かかれりと, かきよせ春, かたしき, がかり, このころ, し, ずいぶん迷っ, そうだった, そう懇意, たちしま, つづいて, で寒し, ない, ないこと, なつかしまれます, ねえもの, はいろも, ひき纏ひ, ひるが, また二九ざかり, まだ夜, まだ御, まと, みんな石に, ゆたけき, ゆたけく, よしと, よろしいおまっ, わかつて, エロであった, ジョングラーという, 不運な, 事務は, 二人は, 今の, 入口出口の, 吉原へ, 夜具に, 小竹林, 干しつつ, 座敷の, 思ひやられるやう, 手に, 手帳に, 更へつつ, 果たして何, 根岸の, 片敷き, 猪之, 真土の, 着せんもの, 終りがたには, 緑髪わかき, 縫ふ, 腕に, 芭蕉の, 花ごろも, 虎斑の, 袖うち振, 見えなくなったこの, 這奴は, 過ぎた二十幾日, 金に, 麻の

▼ ころまで~ (93, 0.9%)

3 私は 2 それが, 最も切, 残って

1 [84件] あつちこつち, あやか, ありました, いて, お高, かかって, くらがりで, ここに, このまま, この古文辞, この家, この樺皮, ごたごたし, そこを, そのいい, ただなんとなくいつも, つづいて, つづくの, である, でそれ以上, でも, まだ火気, よくかくれんぼ, わしの, オルガンを, クニツカミまたは, ハうちに, マタンは, マットレスを, モスク, 一ノ関近くの, 三四年間は, 乗りぬ蒙古, 人影が, 仕事を, 咲くもの, 商売を, 夕明りは, 家に, 宿を, 山村で, 帰ろうと, 幾度と, 彼は, 待ち月, 待った, 御酒を, 情人の, 打ちつづけようよう, 折, 捨てて, 新聞の, 旗岡巡査と, 既に長く, 昔は, 有名な, 本堂の, 机に, 歩きまわったこと, 水平を, 泣き続ける, 流行った商売, 海尊仙人を, 源氏は, 熱心な, 独り学校に, 病に, 皇太后の, 目新しかった, 直訳的に, 眼を, 続いた, 続いても, 群がって, 草原と, 行って, 裏の, 語ったり, 調布府中青梅などの, 送り旗という, 逆に, 飲み続けた, 飲んだ, 高等官は

▼ ころ~ (76, 0.8%)

6 と思う 4 という, と思っ 32 と彼, な, ね, よ, わ

1 [49件] から, からあっしア, からお前たちいっちゃなんねえぞ, からぜひ, からな, からね, からもう, から何千両, から昭和十年前後, から朝夕, から駅, か精確, がここ, がこの, がその, がそれら, がなア, が事情, が何, が来た, が神樂坂小町, が私, けれど, けれどどう, しそれに, そうだ, ぞ, だがそう, つたとお, つたので, つたらしい, つて寝られる, つて素通りは, というの, という者, とここ, とする, とだしぬけ, とて顏, とも思った, とロイド君夫婦, と喫茶店, と思われます, と憶, と矢代, と考えた, と言い出した, ねえ, ッた

▼ ころであった~ (73, 0.7%)

7 と思う 5 かと思う 2 か, かあるいは, から燈籠, がこれ, がその, が今, ように

1 [47件] お慶, かとおもう, かともかく, からこの, からそれ, からで, からどこ, から伺候, から夜, から女官たち, から御堂, から恐ろしい, から新た, から本郷, から流れ, から済んだ, から自然, から行く, から見物, があの, がおり, がこの, がしかも, がすでに, がそう, がそういう, がまるで, が中将, が先生, が初夏, が小舟, が木部, が突然, が鈍色, が青く, ことが, この日, しそこで, し追い風, ために, ため高齢の, という, と思い出し, にいたせ, ので, のでこの, のを

▼ ころ~ (51, 0.5%)

3 はある 2 の耳, はその, を訪ねた

1 [42件] があまり, が学ん, についてなされた, には他, には鳥渡気, に会った, のところ, のみつけ, の目, の知っ, の穴居, は, はあぶく, はこっそり, はすでに, はちょうど, はついに, はどこ, はふと, はまた, はもう, はやっ, はようやく, はアルモリカ人, はドイツ, はニュー, は大, は女, は宗教家, は家, は広い, は抗し, は有島武郎はじめ白樺派, は気, は澄江, は神経衰弱, は突如, は精力, は自分, は芸術的, は馬車, も招かれ

▼ ころより~ (47, 0.5%)

1 [47件] おい, およそ一歳あまり, かれが, きれいに, この偏狭, この玄恵, しばしば, なるたけその, ひどく腫れ, ぽつぽつ万福寺, わたくしに対しては, 世間にも, 享保以下に, 佐太郎とは, 入り来る馬車人力車, 再び, 厳重なる, 口に, 叨り, 同地の, 夜明けまで, 天候にわかに, 好みくひて, 好み食いて, 好み食ひ, 姥に, 実の, 少し前, 山を, 弓術に, 彼の, 彼は, 微かなる, 心を, 愛唱しきたった, 改めて日日, 来て, 死は, 漸次に, 産やや, 眼の, 私ずいぶん, 秋冬かけ, 継母の, 肥えたらしく肩, 落ち着いて, 遠野郷には

▼ ころこの~ (42, 0.4%)

2 路は

1 [40件] ことから, こと以上に, ひとたちが, サイゴンの, 一家に, 一農家では, 二つの, 人は, 人ばかりは, 元興寺の, 列は, 名門へ, 周辺は, 唯一の, 図書館の, 国と, 国は, 地方の, 城を, 奇体な, 少年は, 山奥にまで, 山峽六十戸ばかりの, 島から, 愛という, 改悟の, 村と, 村の, 村を, 森に, 無気力な, 男が, 町から, 碓氷峠の, 老桜, 街に, 語調を, 辺には, 近所は, 遊びに

▼ ころまだ~ (41, 0.4%)

3 東京の, 生きて 2 京大の, 若かった, 見ぬ幸

1 [29件] この家, じぶん, ほんのあかん, 一青年に, 三つ目にも, 京都に, 何にも, 僕は, 十という, 十分という, 十歳にも, 南北朝の, 博士の, 安次郎は, 少女期に, 床の, 意識が, 戸外の, 手術を, 新進であった, 日本の, 歌舞伎劇に, 海を, 源平対立の, 燈火の, 独身だった, 長火鉢の, 開いて, 顔の

▼ ころまでは~ (39, 0.4%)

2 江戸の

1 [37件] あった, お盆の, そうしたふう, そこに, その声, つづいて, はっきりと, まずまず無事, コマ家は, ヒマな, 京都の, 何を, 双親とも, 商店を, 大脳の, 如何かと, 常に相, 戸山君たち五少年が, 手前吹き, 放縦苛辣な, 書くでも, 村に, 東京にも, 松前, 残つてゐた, 流行って, 淫婦的な, 狐狸, 確かに, 私も, 自分が, 芝居や, 華やいだ賑やかさ, 蛭川真弓は, 見送り人も, 雨は, 鳩あまた

▼ ころからの~ (36, 0.4%)

1 [36件] おなじみな, お弟子, ことが, ことだ, ことであった, ことである, ことばかりが, ご朋輩, わずらいに, 下地です, 不義の, 二大, 八十年にわたる, 唯一の, 問題です, 大好物, 孤独感は, 家来で, 引き続きも, 悪癖である, 慣わしであった, 慣わしらしい, 昔なじみじゃ, 深いなじみ, 源氏との, 癖でし, 知りあいで, 知り合いの, 私の, 習慣らしく, 自分の, 芸術愛好家であり, 計画であった, 話が, 馴染みだ, 馴染みで

▼ ころその~ (34, 0.3%)

1 [34件] あたりに, あたり一面は, ころの, ころまだ, そばで, 中の, 二つを, 人は, 分譲地の, 前に, 前を, 国では, 大学へ, 夫妻を, 女は, 家の, 弟と, 指導的な, 新機運, 春の, 時代の, 母が, 瀬によって, 物蔭で, 町に, 町中を, 界隈の, 病気に, 痛い嵐, 美に, 自動車の, 謎も, 路地から, 頃の

▼ ころ~ (34, 0.3%)

2 さきに, 両手を, 手を

1 [28件] あがってると, いくらおれ, おつれ, かけて, かけては, このあいだ, こんなもの, 上って, 修業には, 入って, 出るの, 大勢で, 届けに, 持って, 握り拳で, 死体などを, 氣が, 流れて, 消えて, 胴中を, 行きませうね, 行くなら許して, 話題を, 誘ふ囁, 逃げるが, 逆に, 連れて, 逸散に

▼ ころあい~ (32, 0.3%)

5 をはかっ 4 を見はからっ 2 の長, を計っ

1 [19件] だった, だと, である, です, に, に暮れ, に迷雲, のうち, のサヤアテ, の中, の宿屋, の者, をうか, をみはからっ, を知らず, を見, を見すまし, を見計らっ, 性は

▼ ころでも~ (32, 0.3%)

2 生きて, 立派に, 鮭くらい

1 [26件] あったろう, あったろうか, あらうか, あるかと, あるから, いいから, いわば少し風流, けるよう, すでに粗製, まだ押送, わたしが, わたしたちの, モダーンな, 云い得たもの, 使って, 働き盛り, 古都は, 大雪の, 少年雑誌を, 彼は, 感動せず, 棄てるよう, 母が, 田舎へ, 言語に, 非常に

▼ ころだった~ (30, 0.3%)

4 と思う 2 のかも

1 [24件] かも知れない, からなあ思え, から二十幾年, から十時, か八田校長, がここ, がそう, がその, がわからず, が何, が例, が太田君, が小僧, しぼく, と自分, と言います, ので, のである, ので波, ので目, ゆえ乳母の, よ, 私は, 突然一人

▼ ころでは~ (28, 0.3%)

3 なかった, なかつたらうか 2 ない

1 [20件] ありません, あるが, おばの, かなり辺鄙, これは, どこの, ないか, ないかい, ないかと, ないと, なかっただろう, もはや町中全部, 毎日だんだん, 無理が, 珍らしい, 芝居の, 記憶に, 養父郡の, 馴染の, 高い鼻

▼ ころよく~ (24, 0.2%)

1 [24件] あたしを, あったが, あの家, おとうさんに, お見え, そこの, ないこと, やって来たこと, ルーズベルトを, 体験した, 古老から, 地味な, 寄席の, 寝小便を, 店へ, 数学を, 毎晩の, 種の, 聞かされた遠い, 自分の, 訪れた所, 赤城下の, 雉子が, 食わされた

▼ ころ~ (23, 0.2%)

1 [23件] ぬいさんは, ぬしは, ひしば, ひで老人の, ほなゐふる, 京さんが, 其という, 午すこし, 君が, 国へ, 城下は, 嫁さんを, 小姓組の, 年齢は, 浜が, 父上に, 秀は, 立ち寄りください, 粂の, 艶は, 若い内, 銀は, 雪の

▼ ころである~ (22, 0.2%)

1 [22件] からこの, からこんなふうに, からしたがって, からそれ, からまして, から昭和十五年, から漱石, がそれ, がそれら, がと不安, がジェームズ, が仮, が大弐, が太子, が奥州相馬, ことを, しきりぎりす, という, とこんな, とそして, 三位中将は, 得がたい機会

▼ ころ~ (22, 0.2%)

6 んだ 3 んです

1 [13件] のだ, のでありました, のである, のです, のでパン, ので人身御供, ので会場, ので信越線, ので子供ら, ので私, のによく, のに西風, んで

▼ ころ~ (21, 0.2%)

1 [21件] の下宿屋, の家, の小遣銭, の父母, は, はお, はふと, はようやく, は何, は大, は大連, は妹, は学校, は本, は東京, は田舎初段, は米国, は自分, は街頭, は青扇, 丁度上海

▼ ころもを~ (19, 0.2%)

3 着て 2 つけて

1 [14件] とれば, ぬいで, まとった枯木, 借りて, 掛けて, 着せた半端, 着せまた, 着た, 着たりっぱ, 着ること, 纏へ, 草す, 被せて, 身に

▼ ころ~ (19, 0.2%)

2 が他

1 [17件] が, が生き, が見台, が転任, と共に利根川, と大, なる人自ら手本, に伴われ, の兆久, の寝床, の物語, の黄村, は一切, は子供たち, は茶屋, は足利, をなくし

▼ ころ~ (17, 0.2%)

2 たいへん流行った, 瓦か

1 [13件] ここに, ここは, して, そのぐらいの, なにかを, はっきり憶えぬ, ような, わたくしの, 何かの, 八時ころか, 悪僧どもが, 瀬戸を, 零れ散るころ

▼ ころやっと~ (17, 0.2%)

2 うちに, 車が

1 [13件] かくし戸, てっぺんに, とまりました, 伸子が, 出はじめるよう, 四時です, 思いきったよう, 春子が, 爆発が, 目的地に, 自動車が, 車は, 避暑客たちが

▼ ころもう~ (16, 0.2%)

2 いいだろう

1 [14件] 一人の, 何かを, 圓朝は, 宗右衛門町の, 年ちゃんも, 店屋も, 日は, 時を, 燃えつきて, 父親に, 眼が, 立上る, 落ちついた足どり, 身重に

▼ ころもの~ (16, 0.2%)

3 袖を 2 香を

1 [11件] うれしき夕, おかげだ, すそを, ほうがん, ほころびを, ままで, ような, ように, 尼達が, 色を, 首を

▼ ころよりも~ (16, 0.2%)

1 [16件] お目にかかります機会, さらに近づき, ずっと正確, なまめかしゅうつや, もっともっと私, よく理解, れいの, 一層濃く, 凌ぎよく, 半世紀, 寂しく思っ, 少いもの, 少しも, 横浜開港に, 深くひろく肉体的, 真相を

▼ ころ一匹~ (16, 0.2%)

2 出て, 居ねえ御, 飛出さないから 1 いなかった, の影, もいなくなり, も逃さない, 出ません, 居る様子, 居る樣子, 見付かりません, 逃さないよう, 通って

▼ ころある~ (15, 0.2%)

1 [15件] とき矢代の, 事情から, 地方の, 夜女は, 大学の, 寺の, 役所で, 日の, 日ふと, 日夕立の, 日本の, 書店で, 朝ごめん, 訴訟事件の, 講談師が

▼ ころにも~ (15, 0.2%)

1 [15件] あるかな, かかわらず昔, こんな大, こんな話, ずいぶん大勢, そのついで, まだかすか, よく上った, 兄弟たちが, 劣ったけがらわしい, 及ぶべく栄太楼, 場内に, 残して, 清水から, 耐えて

▼ ころからか~ (14, 0.1%)

1 [14件] こういう誤った, じぶん, シナ思想に関する, バッタの, 一人に, 不思議な, 世に, 円池サンという, 彼を, 松風の, 甲府に, 知らぬが, 破れたの, 足の

▼ ころです~ (14, 0.1%)

2 か, よ 1 からたそがれ, からなあ, がまあ, が叔父, が家, が目, こんなに夜, ぜ, ですからもう, わわたくし

▼ ころすでに~ (13, 0.1%)

1 [13件] かの仙人, そんなもの, 今で, 南洋に, 大蛇使用の, 小説の, 彼の, 現在から, 病床に, 米国に, 老先生, 茎の, 都心を

▼ ころまた~ (13, 0.1%)

2 しても, 急に, 次の 1 オリザに, 京都における, 南は, 役所へ, 戦争が, 旧の, 来ると

▼ ころ彼女~ (13, 0.1%)

1 [13件] が山荘, が書いた, の息, の知人たち, はある, はそれ, はふるさと, はもはや, は子供, は彼女, は旦那, は本郷, も妙齢十七

▼ ころ東京~ (13, 0.1%)

1 [13件] ではたいへん, ではまだ, では尾崎紅葉, で元禄模様, にい, にで, には火事, に見られる, に遊学, の大, の屋根, の山の手, へで

▼ ころようやく~ (12, 0.1%)

1 [12件] それを, われに, ロップ島の, 二十歳ぐらいの, 人家ある, 奏楽席に, 屋内で, 帰って, 憂鬱な, 新装が, 紹介されはじめた, 霧の

▼ ころりん~ (12, 0.1%)

2 と, と掻き鳴らし 1 である, と其, と掻き, と掻き乱す, と穴, と自分, と落伍, 爺い

▼ ころ二人~ (12, 0.1%)

1 [12件] でいっしょ, とも勤め先, の者, の若い, の間, の騎士, はずいぶん, はもう, は十未満, は帝国ホテル, は帝國ホテル, は扉

▼ ころだろう~ (11, 0.1%)

2 か堀 1 あんな変, か, といった意味, と信じ, と思う, と憎い, な, ね, 甲斐は

▼ ころちょうど~ (11, 0.1%)

1 [11件] クラムの, フランス留学から, ミリガン夫人は, 南洋群島附近を, 旅から, 日本の, 村はずれの, 東京に, 東都から, 青髪山の, 音楽会に

▼ ころとは~ (11, 0.1%)

1 [11件] いえ文学界中出色, おっそろしく, くらべもの, すっかり養生, だいぶちがっ, だいぶ違う, もう同じ, よく囀る, 世の中も, 宿賃から, 打って

▼ ころもに~ (11, 0.1%)

2 似たり 1 かさかさと, きぬ着け, して, ませる児ら, 包ませむ, 手を, 換へ, 隙き, 香る春

▼ ころわたし~ (11, 0.1%)

1 [11件] にとって栄さん, に良く, の不幸, はしばしばかつて, はやっと, は二度, は戦争, は死ぬ, は青山, は魚, もよく

▼ ころ先生~ (11, 0.1%)

21 から, と始めて, のお, の腫物, はだしぬけ, はやっと, は支那, は時々, を追いかけ

▼ ころ日本~ (11, 0.1%)

1 [11件] ではじめて, では珍しい, で有名, にも幾らか, に来, のファシズム権力, の古典, の新聞通信, の軍人, の進歩的社会科学者, へ帰っ

▼ ころ~ (11, 0.1%)

2 の名 1 がやたら, という名, と似, のさかり, の方言, は可愛い, もほうけ, を活け, を越後

▼ ころにな~ (10, 0.1%)

1 つてから, つても, つてもんは, つてやうやく, つて坂口文学の, つて寝床へ, つて戻りました, つて漸く, つて約, ッて

▼ ころまでの~ (10, 0.1%)

1 ような, わたしの, 人々の, 十年足らずの, 山々の, 左翼活動家たちの, 文学思潮の, 日記を, 間だ, 間最初の

▼ ころ~ (10, 0.1%)

1 さびた鉄, それから最も, はらかく, 土くれ, 学校へ, 小猫, 帯の, 現今の, 虫けらも, 銀貨や

▼ ころおい~ (9, 0.1%)

1 この一座, その街上なか, と夕方夕焼け, にはそれら, にようやく, に孟, に家, 不死身の, 江戸の

▼ ころからは~ (9, 0.1%)

1 そろそろ移植, たりと, ぢまった, 別な, 御自身, 法事の, 特に感動, 短剣の, 窓の

▼ ころそこ~ (9, 0.1%)

1 から脱走, にいた, にはこの, に盛業, に行っ, に逼塞, の二階, の試験係, までついて行った

▼ ころであろう~ (9, 0.1%)

2 と思っ, 蒸気河岸の 1 と思われた, と思われる, と駿河路, 病室内は, 酒を

▼ ころとしては~ (9, 0.1%)

1 ずいぶん新しい, ずいぶん高い, めずらしい大砲, 作家たちを, 大きな仮, 大金だった, 珍しい新刊書, 目を, 莫大の

▼ ころみたい~ (9, 0.1%)

1 なもん, な若造, な象, にお前, にもう, に二人, に捨てられたかつ, に腦天, に自分

▼ ころもは~ (9, 0.1%)

2 身に 1 仮の, 曾て, 母の, 父の, 皆仏子にて, 篠かけ, 糊つけし

▼ ころ~ (9, 0.1%)

2 うつくしき田蛙, と啼く, と歩み 1 ころころ, よ, 鳴く声さびしら

▼ ころわたくし~ (9, 0.1%)

1 には分かっ, はその, はやっと, はわが, はモリーオ市, は大抵, は市村水香先生, は病, は経営者中

▼ ころ~ (9, 0.1%)

1 が口, が身近, について近所, に甘, に連れられ, の心, はひとりごと, は大病, もまだ

▼ ころ自分~ (9, 0.1%)

1 が, で俳句, のいちばん末, の村, の無, の表面的, の通っ, は五, は何

▼ ころここ~ (8, 0.1%)

1 で教師, にありける, に悪しき, の北塔, の書棚, の澗, へ通い, を出る

▼ ころどこ~ (8, 0.1%)

1 かからもらった, かが痛む, かへたちさった, か二階, でもいい, に本船, の子供, の長唄

▼ ころはじめて~ (8, 0.1%)

1 きいたの, たいめしおきける, 俳句という, 先輩に, 図画の, 栗鼠射ち, 石碑の, 竹村の

▼ ころびばてれんの娘~ (8, 0.1%)

1 じゃない, だ, だが, だなどと, ですからネ, ですもの, という素性, として茗荷谷

▼ ころふと~ (8, 0.1%)

2 思い出したよう 1 この伯母, はるか下の, 持ち前の, 祖母の, 縁側に, 芙蓉の

▼ ころほひ~ (8, 0.1%)

41 に宵, の詩人, は遊士樗牛, 我は

▼ ころ葉子~ (8, 0.1%)

2 はふと 1 の家, はすでに, は例, は子供, は熱病患者, は美容師メイ・ハルミ

▼ ころでした~ (7, 0.1%)

1 かな, から吉野山, から銀色, がお, がその, ね, わ

▼ ころとも~ (7, 0.1%)

1 ちがい本家, ちがって, なって, なつて秋, なるだろう, なるの, 知れない遠い

▼ ころなら~ (7, 0.1%)

1 ば伯母さん, ば何とか, ば路, まず十七, やっと十五, ん, 汽車は

▼ ころぼく~ (7, 0.1%)

1 が作った, が森川町, に原稿, のこと, はあなた, は恋人, は終戦後三年間

▼ ころ三十~ (7, 0.1%)

1 がッ, ぐらいのす, と思はれる, ばかりになる, も大分, を二つ三つ, を幾つ

▼ ころ~ (7, 0.1%)

2 に出た, の噂, を去った 1 は太平

▼ ころ~ (7, 0.1%)

1 かの折り, かの雑誌, かピストル, か大病, か書い, であったか, によりいかなる

▼ ころ~ (7, 0.1%)

2 事件の 1 仕掛けな, 公爵邸の, 地軸孔探検についての, 東京は, 芝居即ち

▼ ころ~ (7, 0.1%)

2 の家 1 が私, はいったん, は蒼白い, は首, や子どもこれ

▼ ころ学校~ (7, 0.1%)

1 から伊勢参宮, で発行, の行, の近く, はどこ, へ行っ, を休ん

▼ ころ~ (7, 0.1%)

2 では毎日夕方 1 に新, の厄介, の店, を出, を出で

▼ ころ庸三~ (7, 0.1%)

1 に接近, の娘たち, の家, はしばらく, はふとした, は根岸, は目

▼ ころ流行~ (7, 0.1%)

2 して 1 したもの, し始めた活動写真機, のスペイン風, の攘夷家, の草双紙

▼ ころ流行った~ (7, 0.1%)

1 一種の, 唄に, 夜学校へ, 客同士の, 常磐という, 白い帛, 豪家の

▼ ころ~ (7, 0.1%)

1 かに電話, かの思いつき, が言, しも抱い, もがこう, もがよく, やらが自分

▼ ころ近所~ (7, 0.1%)

1 でかわいらしい, にあった, にこの, の年上, の某, の老, の醸造元

▼ ころじゃ~ (6, 0.1%)

1 ありませんか, この時分, ないかと, ないの, ねえの, ねえので

▼ ころまでも~ (6, 0.1%)

1 お愛し続け, なお折々, ゆるりと, 伯母の, 大学に, 水の

▼ ころ一人~ (6, 0.1%)

1 で想像, の, の恋人, の武士, の緑子, の風来坊

▼ ころ五十~ (6, 0.1%)

2 くらいで 1 に近い, ばかりで, ばかりに見える, ばかりの博士

▼ ころ京都~ (6, 0.1%)

1 にいた, には二人, に帰省, に行っ, の北, の町

▼ ころ伸子~ (6, 0.1%)

1 の全, は声, は多, は思いがけない, は泰造, は父

▼ ころ~ (6, 0.1%)

1 で拾った, にまた, に入り, の方, の深い, をくだっ

▼ ころ故郷~ (6, 0.1%)

1 から三里, では私, といふ課題, にあっ, の寺, の小川

▼ ころ~ (6, 0.1%)

1 には兄, に一軒, に老人, の人達ちよ, の森, はかなり

▼ ころ源氏~ (6, 0.1%)

1 の宿直所, はこうした, はしばしば, は二条, は夢, は少しうとうと

▼ ころ田舎~ (6, 0.1%)

1 から帰っ, でかいぼり, では珍しかっ, に婚礼, の都市, を飛びだし

▼ ころ~ (6, 0.1%)

1 がさめる, につく, のまえ, をさまし, をさました, を眩ませ

▼ ころ私たち~ (6, 0.1%)

2 の周囲 1 はすこぶる, はその, はどの, はベルリーヴ

▼ ころ銀子~ (6, 0.1%)

1 の家族, はよそ, は二度, は姉芸者二人, は子柄, は箱崎町

▼ ころあった~ (5, 0.1%)

2 実話の 1 にし, 成立学舎へ, 東京座だの

▼ ころあの~ (5, 0.1%)

1 一室で, 人は, 変な, 時代の, 赤い色

▼ ころかれ~ (5, 0.1%)

1 の弟子, は二, は手, は鷲尾, 等の

▼ ころころ~ (5, 0.1%)

2 と轉 1 と転, と閃, の糞

▼ ころそれ~ (5, 0.1%)

1 から寝ころん, に手, を歌口, を看板, を読んだ

▼ ころであったろう~ (5, 0.1%)

2 か, 私は 1 と思う

▼ ころどう~ (5, 0.1%)

2 したわけ 1 いふ歴史, にでもなれ, 思ったか

▼ ころなんか~ (5, 0.1%)

3 なぜ燈台 1 なぜ燈臺, 知るもの

▼ ころにでも~ (5, 0.1%)

1 なったら裁断, なって, なると, なれば, なろうもの

▼ ころまでには~ (5, 0.1%)

1 どうなり, どこかに, わたしも, 九州四国山陽の, 嵐の

▼ ころよりは~ (5, 0.1%)

1 またずっと, また進歩, 元気です, 少なくなり, 通いに

▼ ころ~ (5, 0.1%)

1 て近所, とみち, と人, と性質, と死

▼ ころ丁度~ (5, 0.1%)

1 また烈しく, ワシントン会議の, 停止する, 学年試験の, 寺男に

▼ ころ~ (5, 0.1%)

1 から一千年, とは違っ, のオポシュニャンスカヤ街道, の築地, を見

▼ ころ俊亮~ (5, 0.1%)

1 がふと, がまた, が思い出した, の声, は校長室

▼ ころ初めて~ (5, 0.1%)

1 和訳に, 墓場の, 日本の, 歯医者の, 私と

▼ ころ同じ~ (5, 0.1%)

1 くりげの, 二本榎に, 師範の, 相馬様に, 級で

▼ ころ四十~ (5, 0.1%)

1 ぐらいの品, ばかりになる, ばかりの病み窶れた, を五ツ六ツ, を幾つ

▼ ころ~ (5, 0.1%)

1 から誰, に置いた, はまったく, へ出かけ, を歩く

▼ ころ~ (5, 0.1%)

1 おそくまで, が明けた, たか, はしらじら, は白みかけ

▼ ころ~ (5, 0.1%)

1 にお客, に天候, に天地, に思い出したらしく, に盛ん

▼ ころ最も~ (5, 0.1%)

2 悪魔に 1 心を, 美しく懐かしきもの, 高名な

▼ ころ江戸~ (5, 0.1%)

1 で流行, の周辺, の松平春嶽, の町内, へ出

▼ ころ漸く~ (5, 0.1%)

2 空襲解除と 1 岩小屋に, 月は, 流行の

▼ ころ突然~ (5, 0.1%)

1 一隅から, 画面の, 私の, 車中で, 頭の

▼ ころ誰か~ (5, 0.1%)

21 がとうとう, が誰, が黒板

▼ ころあいな~ (4, 0.0%)

2 のを 1 ところで, また楽しい

▼ ころあたし~ (4, 0.0%)

1 が一年生時分, の精神, は毎朝, 一度来

▼ ころおかあさん~ (4, 0.0%)

1 が僕たち, とふるえ, はにわかに, をなくしました

▼ ころかと~ (4, 0.0%)

1 思うが, 思うと, 思ったが, 思ったわ

▼ ころこんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, 夢を, 言葉を, 話を

▼ ころさき~ (4, 0.0%)

2 に私 1 の小笠原図書頭, ほどまで泣い

▼ ころしきりに~ (4, 0.0%)

1 それを, はやった南京花火, 源氏と, 赤彦君を

▼ ころそういう~ (4, 0.0%)

1 ときわたしは, 女の, 衛生上の, 金持ちの

▼ ころだしぬけ~ (4, 0.0%)

1 に一時的, に奥, に母屋, に黒雲

▼ ころだの~ (4, 0.0%)

2 パンの 1 小鳥だ, 鼻糞や

▼ ころでございます~ (4, 0.0%)

1 がお, ものね, よ, よく母

▼ ころでしょう~ (4, 0.0%)

21 ぜ, ね

▼ ころという~ (4, 0.0%)

1 のは, ものが, 女が, 市子が

▼ ころとうとう~ (4, 0.0%)

1 一の, 二人とも, 大沢が, 父は

▼ ころなれ~ (4, 0.0%)

1 ば, ばかの, ば四十餘年, ば月

▼ ころよりか~ (4, 0.0%)

1 いくらか水気, かえって目, 不滅院量外保寿大姉という, 二処の

▼ ころわが~ (4, 0.0%)

1 ために, ホ型十三号潜水艦は, 故郷には, 郷里に

▼ ころアメリカ~ (4, 0.0%)

1 のウィルソン山, の色彩映画, は工業機構, へ連絡

▼ ころ四十前後~ (4, 0.0%)

1 であるらしく髪の毛, で生平, の眼つき, の顎鬚

▼ ころ大阪~ (4, 0.0%)

1 ですばらしい, で貿易商, の住友家, の工業試験所

▼ ころ少し~ (4, 0.0%)

1 ばかり天文, 片づいたので, 矢代は, 私に

▼ ころ彼女たち~ (4, 0.0%)

2 は醜悪 1 の父, は一家

▼ ころ~ (4, 0.0%)

1 があがっ, が暮れ, に夜, はようやく

▼ ころ時々~ (4, 0.0%)

1 これを, 京ニ出おり, 幼い折, 金まわりの

▼ ころ有名~ (4, 0.0%)

1 なボクサー, な学者, な話, な鰡八大尽

▼ ころ~ (4, 0.0%)

1 があった, と女, の事, の児

▼ ころ病気~ (4, 0.0%)

1 にもおなり, のため右大将, の方, を患っ

▼ ころ~ (4, 0.0%)

2 を澄ます 1 が次第に, にした

▼ ころ~ (4, 0.0%)

1 が旨い, のうまかっ, はたまらなかっ, をつくりました

▼ ころいま~ (3, 0.0%)

1 のあの, の華道会館, 言ったよう

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 いと, ものだ, をさとすであろう

▼ ころおれ~ (3, 0.0%)

1 は, はまだ, は突然

▼ ころこういう~ (3, 0.0%)

1 築泥, 話を, 雨の

▼ ころころした~ (3, 0.0%)

1 ものが, 恰好が, 毬を

▼ ころすべて~ (3, 0.0%)

2 にだらし 1 の音

▼ ころそう~ (3, 0.0%)

1 と身, 云うて, 云って

▼ ころそっと~ (3, 0.0%)

1 マンホールの, 自分の, 部屋の

▼ ころたしか~ (3, 0.0%)

1 女は, 新聞紙上で, 父が

▼ ころだれ~ (3, 0.0%)

1 かが, か家, も皆

▼ ころつまり~ (3, 0.0%)

1 どうやら妄想, 冬それが, 私たちが

▼ ころででも~ (3, 0.0%)

1 あっただろう, あったろうか, あったろうよ

▼ ころといふ~ (3, 0.0%)

1 ものが, 言葉を, 順序を

▼ ころとて~ (3, 0.0%)

1 前後の, 国語や, 私は

▼ ころにゃ~ (3, 0.0%)

1 あお店, 内藤新宿の, 土砂降りに

▼ ころにわかに~ (3, 0.0%)

1 あたりが, 空が, 美粧院の

▼ ころひとり~ (3, 0.0%)

2 の男 1 のかわいらしい

▼ ころふい~ (3, 0.0%)

1 に庭, に最後, に頭

▼ ころほとんど~ (3, 0.0%)

1 つきものの, 毎夜の, 毎月の

▼ ころほど~ (3, 0.0%)

1 かれと, 寂寞し, 百花園と

▼ ころまたは~ (3, 0.0%)

2 冬の 1 夕方その

▼ ころまでに~ (3, 0.0%)

1 できた, ひどくよっぱらっ, 数代つづいた

▼ ころもち~ (3, 0.0%)

1 がし, でも大福もち, を買つて帰

▼ ころやはり~ (3, 0.0%)

1 いいかげんに, おなじ師命, 研究し

▼ ころろからら~ (3, 0.0%)

1 としか聞えない, と鳴き, の声

▼ ころわたしたち~ (3, 0.0%)

1 のうち, は酔ひさ, は醉

▼ ころわれわれ~ (3, 0.0%)

1 にはこの, に向かっ, は形式

▼ ころイギリス~ (3, 0.0%)

1 にギルバート, の失業者数, の独立労働党

▼ ころジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 は拾った

▼ ころパリ~ (3, 0.0%)

1 にフレッド, に滞在, の郊外

▼ ころ一つ~ (3, 0.0%)

1 ない, の影, の鉢

▼ ころ一年~ (3, 0.0%)

1 その盛時, に三頭, ばかりも小夜子

▼ ころ世間~ (3, 0.0%)

1 から存在, では指紋, の景気

▼ ころ二十一二~ (3, 0.0%)

1 の女形, の小僧, の若年

▼ ころ二十二三~ (3, 0.0%)

1 であろうか, のイナセ, の目鼻立ち

▼ ころ二十歳~ (3, 0.0%)

1 ぐらいな背, と思われる, になった

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 の世途, の家, の少し

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 に探偵小説, のホール, の多く

▼ ころ以上~ (3, 0.0%)

1 にそうした, には扱っ, の文書

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 との生活紛糾, の住居, は毎晩伸子

▼ ころ健在~ (3, 0.0%)

1 であった, であったあの, であつ

▼ ころ先代~ (3, 0.0%)

1 とともにこの, の久木男爵, の番頭今居定助

▼ ころ全く~ (3, 0.0%)

2 馬鹿げた良い 1 同じで

▼ ころ北方~ (3, 0.0%)

2 の或 1 の空

▼ ころ十七八~ (3, 0.0%)

1 で翠, で翠袖紅裙, の自分

▼ ころ十八九~ (3, 0.0%)

1 の絵, の美しい, ばかりで

▼ ころ卓一~ (3, 0.0%)

1 の心, はひとり, は漸く

▼ ころ~ (3, 0.0%)

2 蹴りそこ 1 雪なき

▼ ころ合い~ (3, 0.0%)

1 に, になっ, の酸味

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 緒子の, 計代の, 計代は

▼ ころ多く~ (3, 0.0%)

1 に読まれ, の友達, の若い

▼ ころ大きな~ (3, 0.0%)

1 段々重ね, 洋館の, 西洋釘に

▼ ころ始めて~ (3, 0.0%)

2 羞恥を 1 従兄から

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 三治, 十郎は, 旗本の

▼ ころ帰った~ (3, 0.0%)

3

▼ ころ幼い~ (3, 0.0%)

1 二人は, 私は, 香川が

▼ ころ彼ら~ (3, 0.0%)

1 は壁, は驚天動地, もだろう

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 る学友, る日炉, 国の

▼ ころ振る~ (3, 0.0%)

3 事おぼえぬ

▼ ころ~ (3, 0.0%)

2 憲法が 1 国道を

▼ ころ新潟~ (3, 0.0%)

1 に, の医科大学, を立ち去らう

▼ ころ既に~ (3, 0.0%)

1 彼女には, 私は, 記憶力の

▼ ころ春陽堂~ (3, 0.0%)

2 から 1 の近所

▼ ころ時間~ (3, 0.0%)

3 でいえ

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 に一ぺん, のない, の宵

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の粉

▼ ころ毎日~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ ころ浅草~ (3, 0.0%)

1 の十二階, の馬道, を風靡

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 っとおれ, っと阿, と箸

▼ ころ澄江~ (3, 0.0%)

1 と他, に恋人, のリサイタル

▼ ころ由子~ (3, 0.0%)

1 は東京行き, は自宅, は野々宮

▼ ころ矢代~ (3, 0.0%)

1 の車, はもう, は無我夢中

▼ ころ祖父~ (3, 0.0%)

1 と二人, の勘十郎, の家

▼ ころ突如~ (3, 0.0%)

1 とし, 一友人に, 後醍醐は

▼ ころ素子~ (3, 0.0%)

1 が買っ, は不眠, は伸子

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 の神明, の青松寺, を苅る

▼ ころ若い~ (3, 0.0%)

1 教員などが, 母親の, 男と

▼ ころ若葉~ (3, 0.0%)

3 のころ

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 から, の部屋, は公園

▼ ころ~ (3, 0.0%)

1 をお河童, を両輪, を洗った

▼ ころ麹町~ (3, 0.0%)

2 の番町 1 の火

▼ ころあたり~ (2, 0.0%)

1 はもうすっかり, まではぽつぽつ

▼ ころあなた~ (2, 0.0%)

1 のラーゲリ, やトダさん

▼ ころあれ~ (2, 0.0%)

1 はひどく, ほど主張

▼ ころいくつ~ (2, 0.0%)

1 かあつ, か出

▼ ころいじり~ (2, 0.0%)

1 なんぞに手出し, をやっ

▼ ころいつも~ (2, 0.0%)

1 師匠に, 水鳥が

▼ ころいろいろ~ (2, 0.0%)

1 あったと, のこと

▼ ころうしろ~ (2, 0.0%)

2 に奇異

▼ ころうち~ (2, 0.0%)

1 へはあちこち, へ帰りました

▼ ころお前~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ころかも~ (2, 0.0%)

1 しれないよ, 知れん

▼ ころからとも~ (2, 0.0%)

1 なく射, なく猿

▼ ころがり~ (2, 0.0%)

1 だけが心, 方である

▼ ころぐさ~ (2, 0.0%)

1 の花, を活ける

▼ ころぐさがいっぱいに~ (2, 0.0%)

2 生えその

▼ ころぐさはもうすっかり黄金~ (2, 0.0%)

2 いろの

▼ ころこそ~ (2, 0.0%)

1 全くの, 矢代は

▼ ころこれ~ (2, 0.0%)

1 まで前田家, を見る

▼ ころさらに~ (2, 0.0%)

1 すさまじい一陣, 三人の

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 ゃあるめえしのそのそ, ゃけになおさらうまいんでがんすわいの

▼ ころそれから~ (2, 0.0%)

1 ひとつきたっ, 後も

▼ ころそれでも~ (2, 0.0%)

2 太陽は

▼ ころそろそろ~ (2, 0.0%)

1 茶づけ, 陸の

▼ ころたいてい~ (2, 0.0%)

1 の人, の場合

▼ ころたぶん~ (2, 0.0%)

2 五月の

▼ ころだって~ (2, 0.0%)

1 掴んだこと, 追い出す人

▼ ころちょっと~ (2, 0.0%)

1 有名な, 顔を

▼ ころつと~ (2, 0.0%)

1 落して, 逝かしつたんで

▼ ころであっ~ (2, 0.0%)

1 てある, ていろいろ

▼ ころできた~ (2, 0.0%)

1 口の, 緑いろ

▼ ころでさえ~ (2, 0.0%)

1 いったん他家, 彼は

▼ ころとか~ (2, 0.0%)

1 午後の, 長柄川に

▼ ころとして~ (2, 0.0%)

1 二円か, 無価値

▼ ころとつぜん~ (2, 0.0%)

1 家の, 重い足音

▼ ころとても~ (2, 0.0%)

1 思われて, 着換えどころ

▼ ころどれ~ (2, 0.0%)

1 だけの数字, だけ私

▼ ころどんなに~ (2, 0.0%)

1 花やかな, 行状の

▼ ころなく~ (2, 0.0%)

1 只一回の, 巻紙の

▼ ころなし~ (2, 0.0%)

1 ていた, の絹頭巾

▼ ころなど~ (2, 0.0%)

1 荷物曳ける, 見かけたこと

▼ ころなどは~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, 静かな

▼ ころなり~ (2, 0.0%)

1 けんゑちごの国, けん京

▼ ころなんて~ (2, 0.0%)

2 可愛い者

▼ ころにおいては~ (2, 0.0%)

1 これも, ソガ

▼ ころにかけて~ (2, 0.0%)

1 あれほどの, 三百七八十回の

▼ ころにかけては~ (2, 0.0%)

1 あたりの, 寂と

▼ ころのね~ (2, 0.0%)

1 うちで, だんで

▼ ころばかりは~ (2, 0.0%)

1 わがまますぎ, 晴れ晴れと

▼ ころびばてれんの今井二官~ (2, 0.0%)

1 は何, よ山屋敷

▼ ころぶせ~ (2, 0.0%)

1 ば枕, ば裾

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 ひならむと四五歩ゆき山谿み, ひより巧に

▼ ころまったく~ (2, 0.0%)

1 母の, 無意識的

▼ ころまでを~ (2, 0.0%)

1 お増, 語ったこと

▼ ころまるで~ (2, 0.0%)

1 棒立ちに, 理由なし

▼ ころみんな~ (2, 0.0%)

1 があすこ, 行ってるぞ

▼ ころやう~ (2, 0.0%)

1 やく譲葉, やく部屋

▼ ころやっ~ (2, 0.0%)

1 とここ, とみんな

▼ ころやつ~ (2, 0.0%)

1 と集り, と音楽

▼ ころゆっくり~ (2, 0.0%)

1 おくびを, 登っても

▼ ころよし~ (2, 0.0%)

1 と銅鑼, のニ

▼ ころわけても~ (2, 0.0%)

2 これが

▼ ころわざわざ~ (2, 0.0%)

1 仙台領の, 文楽は

▼ ころわれ~ (2, 0.0%)

1 ながら穢, は近隣

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 ころんと, だど

▼ ころカーマスットラ~ (2, 0.0%)

2 を読み

▼ ころサンムトリ~ (2, 0.0%)

1 がその, が赤い

▼ ころサーカス~ (2, 0.0%)

1 のその, の中

▼ ころジョーヌ~ (2, 0.0%)

1 が一月あまり, の絵

▼ ころドイツ~ (2, 0.0%)

1 で出会った, のある

▼ ころブン蛙~ (2, 0.0%)

2 はベン蛙

▼ ころポートランド刑務所~ (2, 0.0%)

2 に勤め

▼ ころラディゲ~ (2, 0.0%)

2 の年齢

▼ ころ一度~ (2, 0.0%)

1 この谷間, ヒルミ夫人に対して

▼ ころ一方~ (2, 0.0%)

1 の王四, 高橋さんの

▼ ころ一日自分~ (2, 0.0%)

1 がさる, が樺

▼ ころ一時~ (2, 0.0%)

1 に効目, の現象

▼ ころ一条~ (2, 0.0%)

2 戻橋

▼ ころ一般~ (2, 0.0%)

1 に文学者, の生活

▼ ころ七十~ (2, 0.0%)

1 には見えない, に余る

▼ ころ三人~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, は家

▼ ころ上洛~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ころ中学生~ (2, 0.0%)

2 で毎日学校

▼ ころ中津~ (2, 0.0%)

1 の家老, の旧

▼ ころ中野貫一~ (2, 0.0%)

2 という成金

▼ ころ九州~ (2, 0.0%)

2 に卑弥呼

▼ ころ乳母~ (2, 0.0%)

1 か誰, のお

▼ ころ二十~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの生意気, ばかりで

▼ ころ二十一~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ ころ二階~ (2, 0.0%)

1 から下り, の間

▼ ころ亡くなった~ (2, 0.0%)

1 早川孝太郎君が, 母に

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 から, へ売りつけ

▼ ころ京橋~ (2, 0.0%)

1 の角, へお知らせ

▼ ころ今度~ (2, 0.0%)

1 はその, は次郎

▼ ころ仙台~ (2, 0.0%)

1 に着く, の神宮

▼ ころ仙術~ (2, 0.0%)

2 といふもの

▼ ころ以後~ (2, 0.0%)

1 の民衆, はずっと

▼ ころ伏見~ (2, 0.0%)

1 に往復, の大納言

▼ ころ住ん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ ころ佐竹~ (2, 0.0%)

2 は語りはじめた

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の女

▼ ころ修三~ (2, 0.0%)

2 を訪ね

▼ ころ偶然~ (2, 0.0%)

1 にも父, みたこと

▼ ころ兄さん~ (2, 0.0%)

1 と川, の役所

▼ ころ入り~ (2, 0.0%)

1 きたれり, の千両箱

▼ ころ六条~ (2, 0.0%)

1 は気息奄々, もキンチャコフ

▼ ころ兵営~ (2, 0.0%)

1 へ行, へ行っ

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の車, 窓の

▼ ころ勉強~ (2, 0.0%)

1 した音程, に行っ

▼ ころ勘次~ (2, 0.0%)

1 と佐平次, は親分

▼ ころ北山殿~ (2, 0.0%)

1 の行幸, へ遊び

▼ ころ北海道~ (2, 0.0%)

1 に居, へ行啓

▼ ころ医者~ (2, 0.0%)

1 の命令, は椅子

▼ ころ十六七~ (2, 0.0%)

1 とみえる, になる

▼ ころ博士~ (2, 0.0%)

1 の邸内, は小使

▼ ころ博奕~ (2, 0.0%)

2 で夜更し

▼ ころ友だち~ (2, 0.0%)

1 と庭, に誘われ

▼ ころ受付~ (2, 0.0%)

2 に可愛い

▼ ころ古い~ (2, 0.0%)

1 墓地が, 歌物語で

▼ ころ可憐~ (2, 0.0%)

1 なニコロ, な小品的野営地

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 いのじぶん, な速度

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 年配の, 業者の

▼ ころ名うて~ (2, 0.0%)

1 のとりあげ, の合点長屋

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の御

▼ ころ周さん~ (2, 0.0%)

1 が, が一週間

▼ ころ品川楼~ (2, 0.0%)

2 で情死

▼ ころ四十二三~ (2, 0.0%)

1 の女, の骸骨

▼ ころ土地~ (2, 0.0%)

1 でやかましく, の人

▼ ころ坊主~ (2, 0.0%)

1 の叔父, の食べ物

▼ ころ外國~ (2, 0.0%)

1 の現代大家, の軍艦ども

▼ ころ夜中~ (2, 0.0%)

1 にそつ, にふと

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ ころ大塚窪町~ (2, 0.0%)

1 にあつ, に住む

▼ ころ天下~ (2, 0.0%)

1 の名妓, を取っ

▼ ころ天井裏~ (2, 0.0%)

1 の大, を金庫

▼ ころ太田~ (2, 0.0%)

1 は大阪, は張り終えた

▼ ころ夫人~ (2, 0.0%)

1 はみんな, は興奮

▼ ころ女の子~ (2, 0.0%)

1 の逆立ち, を産んだ

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 がそば, の百合

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 から譲りうけた, は女学校

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 のこと, はまだ

▼ ころ學校~ (2, 0.0%)

2 の行

▼ ころ宮中~ (2, 0.0%)

1 にをられた, に召された

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 に柔, の力

▼ ころ小鳥~ (2, 0.0%)

1 の巣, を飼った

▼ ころ少しとろとろ~ (2, 0.0%)

2 しただけ

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の茶屋, の頂

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 に居残っ, の段

▼ ころ巴里~ (2, 0.0%)

1 のサロン, をうずめつくした

▼ ころ市中~ (2, 0.0%)

1 に張りだす, を歩く

▼ ころ市内~ (2, 0.0%)

1 の一種, の細流溝渠

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の御, は

▼ ころ帰る~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ ころ常に~ (2, 0.0%)

1 兄弟の, 武あり

▼ ころ幾つ~ (2, 0.0%)

1 かのごく, かの絵

▼ ころ座敷~ (2, 0.0%)

1 で琴, の騒ぎ

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の者, の裏

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 はとうとう, をよん

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 から薄色, の方

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 亭主は, 登攀遊ばされた

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 に絡わり, の底

▼ ころ思いがけなく~ (2, 0.0%)

1 一群の, 千鶴子が

▼ ころ恭一~ (2, 0.0%)

1 が言った, に対して感じた

▼ ころ我々~ (2, 0.0%)

1 の話題, はふたたび

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 さぐるやう, を肌

▼ ころ投げ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ころ播州~ (2, 0.0%)

1 では亥, と兵庫

▼ ころ文吉~ (2, 0.0%)

2 は腹

▼ ころ新聞~ (2, 0.0%)

1 には毎日, の随筆

▼ ころ新造さま~ (2, 0.0%)

2 と申し

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 にで, に出

▼ ころ日比谷~ (2, 0.0%)

1 の公園, や池

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の夜更け, よしの

▼ ころ書生~ (2, 0.0%)

1 が幻燈会, の二

▼ ころ最早~ (2, 0.0%)

1 この塔内, 私の

▼ ころ朝倉先生~ (2, 0.0%)

1 が人力車, は自分

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の花, を伐出す

▼ ころ~ (2, 0.0%)

2 の兄

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の国, の空

▼ ころ東小川村~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ ころ栗栖按吉~ (2, 0.0%)

1 にひとり, は不思議

▼ ころ根岸~ (2, 0.0%)

1 の夢, の方

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の中, の奥

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の平中, の本

▼ ころ毎年~ (2, 0.0%)

1 大きな寺, 必ず出かけ

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 のついた, を使っ

▼ ころ氷上~ (2, 0.0%)

2 ではリント少将

▼ ころ河岸~ (2, 0.0%)

1 に出ず, の胸壁

▼ ころ流れ海苔~ (2, 0.0%)

2 を拾い

▼ ころ浅草六区~ (2, 0.0%)

1 に大人気, へ赴く

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 だけがなんだか, へ戻っ

▼ ころ湯島~ (2, 0.0%)

1 ではもう, に住ん

▼ ころ澄んだ~ (2, 0.0%)

1 その流れ, 渓水の

▼ ころ父親~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の恋愛事件

▼ ころ牛乳~ (2, 0.0%)

1 をしぼる, を配達

▼ ころ牛込~ (2, 0.0%)

2 の赤城下

▼ ころ牧野信一~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 は今, は家

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 三笑亭可楽と, 三笑亭可楽君

▼ ころ瓢庵先生~ (2, 0.0%)

1 の捕物, の捕物小説

▼ ころ生意気~ (2, 0.0%)

1 だったらしくこれ, にも

▼ ころ生蕃~ (2, 0.0%)

1 は屋台, は得意

▼ ころ甲斐~ (2, 0.0%)

1 が覚書, を迎え

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 りて, 人種異

▼ ころ登った~ (2, 0.0%)

1 ことの, 多良山の

▼ ころ白秋さん~ (2, 0.0%)

2 の詩

▼ ころ砂丘~ (2, 0.0%)

1 から街, のあ

▼ ころ祇園~ (2, 0.0%)

1 から若王子, に三十六人

▼ ころ神月~ (2, 0.0%)

1 に送った, の別荘

▼ ころ私達~ (2, 0.0%)

2 は酒

▼ ころ結婚~ (2, 0.0%)

1 したが, するばかりに

▼ ころ美術学校~ (2, 0.0%)

1 の先生, の塑像科

▼ ころ肩揚~ (2, 0.0%)

2 をおろし

▼ ころ自動車~ (2, 0.0%)

1 は場末, は彼女

▼ ころ~ (2, 0.0%)

2 の小舟

▼ ころ街道~ (2, 0.0%)

2 を散歩

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 のコンクリート塀, の林

▼ ころ製作~ (2, 0.0%)

2 された三等客車三輛

▼ ころ西洋館~ (2, 0.0%)

1 の百メートル, の門前

▼ ころ見たい~ (2, 0.0%)

1 に, に見えやしない

▼ ころ親しく~ (2, 0.0%)

1 見聞した, 近所交際を

▼ ころ親しんだ~ (2, 0.0%)

1 場面を, 青い湖

▼ ころ親たち~ (2, 0.0%)

1 が北京, と伸子

▼ ころ訪問~ (2, 0.0%)

1 して, を享けたこと

▼ ころ読者~ (2, 0.0%)

1 の一人, もまだよく

▼ ころ讀んだ~ (2, 0.0%)

1 ものか, 夢窓國師の

▼ ころ路上~ (2, 0.0%)

2 でふと

▼ ころ辻川~ (2, 0.0%)

1 にいた, には狐狩り

▼ ころ近く~ (2, 0.0%)

1 の村落, の消防署

▼ ころ遊んだ~ (2, 0.0%)

1 あの草地, 牧場は

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 が二つ, を下り

▼ ころ遠く~ (2, 0.0%)

1 でさかん, の方

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 にて習いおぼえし, は難波

▼ ころ野原~ (2, 0.0%)

2 へ着い

▼ ころ銀座~ (2, 0.0%)

1 ではあまり, にあった

▼ ころ銀座尾張町~ (2, 0.0%)

1 の四辻, の松屋

▼ ころ長崎~ (2, 0.0%)

1 に生い立った, へき

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 の前, を敲く

▼ ころ関東~ (2, 0.0%)

1 の農家, 第一

▼ ころ闇太郎~ (2, 0.0%)

1 はいつか, 突然バラバラと

▼ ころ雑誌~ (2, 0.0%)

1 の同人六, の同人六七人集つて下落合

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 が山, はやみ

▼ ころ雪婆~ (2, 0.0%)

2 んご

▼ ころ青年~ (2, 0.0%)

1 は娘, は従来

▼ ころ順一~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ ころ馬場~ (2, 0.0%)

2 はまじめ

▼ ころ高田~ (2, 0.0%)

1 が梶, の馬場

▼ ころ~ (2, 0.0%)

1 を当て, 赤き五十

▼1* [1874件]

ころひな長短で, ころあそこは奇妙, ころあちこちで論議, ころあとから歩い, ころあや目も知れない, ころあるいはもう一時間, ころあんたに乳, ころあんな泣き方, ころあんなに張切って, ころいかに美しくいかに, ころいかりの肩, ころいささかばかり剣術, ころいたずら盛りでこの, ころいちど結婚したが, ころいちばん難しい実際, ころいっていた, ころいっそう宇治は, ころいったん法験を, ころいつからともなく, ころいでや白木, ころいとわしい死の, ころいよいよ流は, ころいろんな事業家を, ころおい通い詰めた人達, ころおかえり遊ばせも, ころおかみさんの考え, ころおくがたは, ころおしかさんは, ころおじいさんは思いだした, ころおそらく追手の, ころおなじ練馬区に, ころおのれを仕合せ, ころおよび母の, ころお上がそう, ころお出かけなすって, ころお嬢さんが人形, ころお盆のとき, ころお礼に夢中, ころお祖母さんがやっと, ころお花畠ともいうべき, ころお茶などを嗜ん, ころお針を頼ん, ころお隣へあらた, ころかうひとりが, ころかがわたくしの, ころかとよ久しくなりてた, ころかに第一高等学校の, ころかねて上京中であった, ころかの黒眼鏡の, ころからかは知らぬが, ころからさえよく記憶, ころからでも心当りの, ころからめつきり身體に, ころかわいがってくださった, ころがたんとかけ, ころがっかりした様子, ころがねぽかん, ころがらがらがらとあの, ころがんじょうな岩山, ころきっと横町から, ころきのこをとり, ころきまって地下室から, ころきみのわるい, ころきれいなの, ころくらゐにしか, ころくらいなら何とか, ころくらいには行けるから, ころくらいの小さい箱, ころぐいと糸が, ころぐっすり寝込んだん, ころぐつと絲が引かれた, ころこいつあやられる, ころこう言った時, ころこうした夜分などには, ころこれ一つ兵道家の心得, ころころころッとみち, ころころころッころころころッとみち, ころころッとみち, ころころッころころころッとみち, ころこわい顔を, ころこんどはおなじ, ころたぶん, ころさえきまれば, ころさる法印の, ころされてしまう, ころてしまうだろう, ころしかたでなくくし, ころしつけのきびしい, ころしみじみと人間, ころしも霜月下旬の, ころしょぼしょぼとしおたれた, ころじつにふしぎな, ころじつになんともいえないきみ, ころじつは私共の, ころじゃあ判るめ, ころじゃったの, ころすあまなどが好物, ころすぐそばの, ころすぐれた彫師の, ころすっかり住み慣れたパリ, ころすでにかなり盛名を, ころすべて主観に立つ, ころずつと巴里に, ころせわになった, ころそちらに向い, ころそっちこっち引っ越した果て, ころその間を泳ぎまわり, ころがいに, ころたいがい集めて, ころたえず病気を, ころたしかに覚えが, ころただ腕白に, ころたちまち物に, ころたった二畳敷の, ころたびたび私の, ころたまに呼ばれる, ころだけでそれ, ころだけにしき硯, ころだつたが昨夜, ころだつたらう黒い海水着, ころだらけのどこ, ころだんだんそれが, ころだ云うに落ち, ころちとばかり画道, ころちふこともある, ころちやうど千枚ちかい小説, ころちょっぴり詩や, ころって随分異性, ころついぞないこと, ころついに二ヶ月近い, ころつた家ッて提灯, ころつねに餌を, ころつぶやくように, ころであったらしくその後も, ころでありそのころぼく, ころでありましたから金, ころであれば呼聲, ころできました女の, ころでございませうか, ころでしたら末の, ころとおもふ, ころとが思い比べられも, ころときの叡山, ころときどきお見え, ころところどころへ名, ころとろとろと唇, ころと共に私の, ころどうも規則の, ころどうやら自動車が, ころどんなくらしを, ころなお調和的に, ころなどと異って, ころなにもかも, ころなら死ぬのが, ころなりしと聞く, ころなるや知らず, ころなんでもおお, ころなんぞったらなかっ, ころにおいて一層それ, ころにおいても常に奥羽, ころにおける授刀衛の, ころにかありけむ, ころにかの地方に, ころにせ警官隊が, ころにだけあって, ころにとまつて, ころになど花の, ころにのうっと顔を, ころにはも少し形, ころによりその国事, ころのきしたにつるし, ころのびのびと新春, ころはさ目抜きの, ころはずゐぶん雲, ころはにはかな夕立が, ころはやくも何, ころはよかつた, ころはよう寄せて, ころばかり思いやって, ころばかりをそうは, ころぱっと灯が, ころ有しか, ころひとしきりあまりにお園, ころひとたび江戸へ, ころひとつの謀叛気, ころひどく胃が, ころひょっくりこの町, ころひろ子がつべこべ, ころびくさるが, ころびそれにいまはもう二人ともみち, ころびになつた四脚の台, ころびばてれんころびばてれんと衆人にさげすまれ, ころびばてれんと憎みました, ころびばてれんと衆人にさげすまれ, ころびばてれんのお前の父親, ころびばてれんの二官ところばぬ, ころびばてれんの汚名にも甘んじ, ころびばてれんを父とし, ころふうちゃんと蛇骨湯, ころふして見れ, ころふたりはやっとどうやら, ころふりしきる雨を, ころふるい考えを, ころへちまの生命, ころへでも引っ掛ったん, ころへもたんまり廻っ, ころへやの外, ころべに絵の, ころべにや板の, ころほうぼう外国の島々, ころほかの方たち, ころほどにも思はぬ人達, ころほのかに消え, ころほのぼのと夜, ころほひわかぬ燠く, ころほんとうに階級, ころほんものの今井君, ころぼくたちはおじさん, ころぽつぽつ発見された, ころづ珠の, ころまず上作の, ころまだ一寸くらゐ, ころまでとにもかくにも, ころまでのはすべて歴史的事実の, ころみずから自分に語っ, ころみな一せいに起き出し, ころみゑ子は突然, ころみんな仕事に出た, ころむやみに御, ころめいめい自分の夢想, ころめ尻尾を捲い, ころもうすでに大衆性を, ころもうどっぷり日いっぱい, ころもう一度立ち止まって, ころもかへうき木曾, ころもがえ, ころもちあがった教会裁判問題について, ころもっぱらもてはやしたことでござりますからさだめし, ころもっとも一時の, ころもと書いたソヴェト紹介, ころもとしても煮物の, ころもには青と, ころものの使ひ, ころもやふんどし, ころやたらに河豚, ころやっと青々とした, ころやはり同じく留学し, ころゆりかさんがじ, ころゆ夕されば, ころよとごまかして, ころよんだというエノックアーデン, ころらしいんでわたしたち, ころれいの遺産, ころろかいろくくく草, ころろぐ聴けよ聴けよあはれ, ころろそこもきらら, ころろ大変だ, ころろ小をどる, ころろ楽しめり玉, ころろ樂しめり玉, ころわいせつ本の発売, ころわが国の植物学者, ころわが身を庇う, ころわけおしくま王忍穂井忍坂など, ころわずかな歳月, ころわたくしどもは北山, ころわれらのごとき, ころをからかふやう, ころをも碎く拳, ころを通じて彼は, ころアテネ・フランセの校友会, ころアルチバセフの快楽主義, ころアントアネットにはまったく, ころアントワープの町, ころアンナ・リヴォーヴナの声, ころアン巻きの道具, ころイイダの君, ころイカバッドはヴァン・タッセル, ころイタリアの国境, ころイタリアパドワの古い, ころイタリヤのパレルモ, ころイツチヤイツチヤイツチヤナとか唱, ころイデンは天使ら, ころウィリアムとエリザベート, ころウチにはナギナタ二段, ころエビスビールあたりの帰り, ころオジイサンがきかせ, ころオランダ遠征軍を率い, ころオリムピックの帰途, ころオリヴィエが姉, ころカチュウシャの絵看板, ころカングリ警部がぶらりと, ころカンコの声, ころガラガラとつづい, ころガンダーラからアフガニスタン, ころガード下に生活, ころキタ助だのサブ郎, ころキャラメルが初めて, ころクラマールの終電車, ころクラムと最後, ころクリスチャンになっ, ころクリストフの友人ら, ころクロノスの位, ころグエルフィ黨にまじり, ころケンプ博士は, ころケーテの生活, ころゲエテの, ころゲーテは六十過ぎ, ころコミンターンのブハーリン, ころゴットフリートは彼女, ころサヨはひどく, ころサンタマリア病院の若き, ころジャックはなるほどお, ころジャバに猿, ころジヨバンニは拾つた活字, ころスコットランドの友人, ころスポーツで鍛えた, ころスミ子ちゃんは近く, ころセシルはフランス, ころセント・ヘレナにいた, ころゼイムショからハガキ, ころソマビルといっしょ, ころソヴェトでははっきり, ころソヴェト市民はドイツ, ころタヌは立ち上がっ, ころタネリはやっと, ころダイアモンド関係の仕事, ころダグラスフェアバンクスが全日本, ころチウチウ燕路といわれ, ころチェジルストウの家, ころチフスが発生, ころチブスにかかっ, ころチベット語の大家山口恵海先生, ころッころころころッとみち, ころくわら, ころツころツくわら, ころディンプル・ハンドだと, ころディーネルとたいへん, ころデパートの事務所, ころトキ子さん三人家族は早朝, ころトリニルという所, ころトルコ国の領地, ころドイツ見物に数週間ベルリン, ころニトベ氏の, ころニュースに文学, ころノオス・カロリナで弁護士, ころノンス街道の角, ころよきたより, ころハイカラな商売, ころバイブルを読んだ, ころバルカン半島を劫掠, ころパイレートの煙, ころパリー臨時政府に関係, ころヒップから拳銃, ころピタリととまり, ころフランスの本, ころフランス駐在の外交官, ころブルンスウィックはちょっとした, ころブロミディアを飲ん, ころプラークのアナーキストたち, ころプロレタリアートは彼等, ころプロレタリア作家としてより, ころプロレタリア美術家団体からフランス, ころヘルムホルツ博士の名, ころベルリンにいた, ころペテルブルグで彼, ころペトログラードとよばれ, ころボストン市に逗留中, ころボツボツ出はじめた当座, ころボルティモアの付近, ころボートをさがし, ころポツリポツリと雨, ころマタンは北, ころマダム・レムブルグが瀝青, ころマックスウェルの, ころマニラには三千余人, ころママがようやく, ころママ薯は日本婦人会, ころマンは顔, ころミコサマが彼女, ころミッシャエルマンが最初, ころミュンヘンから帰っ, ころメイエルホリドが表現派風, ころメーヌ大通りのまばら, ころモスクワから招聘, ころモリーオ市では競馬場, ころヤス子は大学英文科評判, ころヤマハハ来たりて娘, ころラショワ島の岩城, ころリスボンは欧州, ころリューマチで家, ころリーズのところ, ころルターの友人, ころルール関門の近く, ころロゼチの描く, ころロンドンのこっとう屋, ころローマの詩人哲学者ルクレチウス, ころヴェリチャーニノフはよく, ころヴォージラールのホテル・ガリック, ころ一つ木の兵営, ころ一ばん名高い大将たち, ころ一ばんさきにおぼえた, ころ一ばん好きであつ, ころ一ぺん来たきり, ころ一ツ橋にあった, ころ一トンについて室浜間, ころ一七九三年の騒動最中, ころ一人前の人間, ころ一六か三八, ころ一円二十銭かで何, ころ一匹側へ寄つた足跡, ころ一匹往年の小, ころ一台の自動車, ころ一同を甲板, ころ一団の旅人, ころ一寸閃いた秋, ころ一度帰朝しまた, ころ一度薬がぜんぜん, ころ一座の気分, ころ一時父の友人, ころ一月あまりを私, ころ一本五銭だったの, ころ一本枯たりし, ころ一歩先んじて, ころ一流の剣法, ころ一生懸命になっ, ころ一疋の雌猿, ころ一緒に帰った, ころ一行の前, ころ一通り馬車の手入れ, ころ一週間もめちゃくちゃ, ころ一部の人, ころ一隅から美しい, ころ一高生を多く, ころ七つで小学校, ころ七十いくつとかでも, ころ七時ごろにでもい, ころ七番目の子供, ころ七軒町の裏店, ころ七郎左衛門の家内, ころ万事が皆, ころの高き, ころ丈二尺にあまり, ころのころ, ころ三ちゃんは水洗平皿, ころ三つか四つぐらゐになる子供, ころ三万からの民間人, ころ三上の用事, ころ三代家光の頃, ころ三代将軍家光の死, ころ三代目で初代, ころ三十一二の男, ころ三十七八のまるまる, ころ三十七八猫背で獅子鼻, ころ三十二三と見受けられる, ころ三十五六で色, ころ三十五歳で幾らか, ころ三十前後で顔色, ころ三十四五の痩せた, ころ三十歳くらいのヘロイン, ころ三吉と大辻, ころ三吉少年探偵は師, ころ三四度お友達, ころ三宅島の伊ヶ谷, ころ三山の諸侯, ころ三島の宿, ころ三度のほか, ころ三度義枝に縁談, ころ三斎隠居はわが, ころ三月か四月ごろ, ころ三津木春影が, ころ三流どころの料理屋, ころ上がりまして宮様, ころ上京して, ころ上層の窓, ころ上州三社といっ, ころ上杉顕定に仕え, ころ上泉伊勢守は甥, ころ上演されて, ころ上野の宮, ころ上野寛永寺の御用, ころ下士官を志望, ころ下宿屋から下宿屋, ころ下宿屋住まいでしたが, ころ下村君の秘書官, ころ下町でそんな, ころ下総の法典ヶ原, ころ下見村の富人大納言, ころ下馬さきの酒井邸, ころ不安定平衡の位置, ころ不快な顔, ころ不意に前方, ころ与一は木綿, ころ与謝野寛生田長江永井荷風氏らが鴎外先生, ころ世に名高き遊女, ころ世の中を騒がし, ころ世帯を持った, ころ世田谷警察署の刑事, ころ世界一さかんであったアメリカ中, ころ世話になった, ころの横, ころ三度シュール博士に, ころ両国水茶屋の茶汲女, ころ両国駅の始発列車, ころの御門京極, ころ中仙道大宮駅に奉職, ころ中務の宮, ころ中国の社会, ころ中央公論社は, ころ中学の五年生位, ころ中宮の御殿, ころ中村宗義は銃, ころ中津藩の空気, ころ中田に来, ころ中西屋の看板, ころ丸の内の或, ころ丹波の大江山, ころ水が, ころ主人夫婦のす, ころ久しぶりで庸三, ころ久世氏はひとり, ころ久慈は茶, ころ久木男爵はまた, ころ乗組員たちがぼつぼつ, ころ乙女達が手, ころ乞食男爵の三人組, ころ乳房を含む, ころ亀山の本城, ころ予定の如く, ころ予期したとおり, ころ争いで受けた, ころ二三度逢つたこと, ころ二三間ほどの前面, ころ二八ばかり, ころ二十七八でもあろう, ころ二十七歳のおぼろ, ころ二十三四で色, ころ二十三四眉の鮮かな目附, ころ二十五六歳の小柄, ころ二十五歳ぐらい屈強, ころ二十八九の若い, ころ二十六七の働き盛り, ころ二十才前後極く, ころ二年ばかりも前, ころ二科会に数多出品, ころ二銭団洲と謳われた, ころはせて, ころ云われていた, ころ云われた作者は, ころ五つだった娘, ころ五六歳のアンポンタン, ころ五六里離れた鳩崎, ころ五十あまり鬢髪はそそげ, ころ五十がらみの上品, ころ五十前後でいかにも, ころ五厘で焼, ころ五大力仁平という人, ころ五平が病気をし, ころ五郎吉は妻子, ころ井上の兄, ころ井戸掘りやって, ころ井戸側の蔭, ころ井戸端で人, ころせたり, ころ亡くなつたが父親, ころ京太が眼, ころ京橋木挽町にあった, ころ京都帝大に学ん, ころがガラス板, ころ人々の笑, ころ人々皆起きいでて, ころ人事不省の両人, ころ人口一万ぐらゐだつたその町に墓, ころ人気の絶えた, ころ人知れずにやつ, ころ人穴城の望楼, ころ人間の肩, ころ今日でいう, ころ今里保育園の仕事, ころはふたりとも, ころ仏京に滞在, ころ仏壇の抽出, ころ他国から帰った, ころ付近の山々, ころ以下でなければ, ころ以前にも増し, ころ仮宮の御, ころ仲たがいをし, ころ仲平の学殖, ころ仲見世に勧工場, ころの縁側, ころ任地に送られた, ころ伊東の瓶山, ころ伊藤という友だち, ころ伊豆の沼津あたり, ころ伏兵が後, ころの一人, ころ会って見る, ころ伶人が召し出された, ころ伸子たちはセイヌ, ころ住吉の浦, ころ佐久間町二丁目の例, ころ佐太郎は目, ころ佐藤と私, ころ何かと聞いて, ころ何人かの親しい, ころ何心なく伸子, ころ余らは加藤子爵, ころ余燼を絶たう, ころ侯爵夫人が薄, ころ係二十人一斉に自転車, ころかに病気, ころ俊三に対して抱い, ころにかいた, ころ信じることが, ころ信子は二十一二, ころ信濃川の河口, ころ信玄の死, ころ信長は評判, ころ修学団体などで雑沓, ころ倉地が葉子, ころ健康な人格主義, ころ偶然あなたが私, ころにのこつ, ころ僕らの先生, ころは莱, ころ僧尼の激増, ころ儀十郎はついと, ころ優しき卿に, ころ優れた対手と, ころ刑事の, ころ元明天皇が選ん, ころの家, ころ児島丸という美しい, ころ入り口のドア, ころ入口で葉子たち, ころ全盛をきわめ, ころ兩國の川開き, ころ八丁堀の釘抜藤吉, ころ八丁堀合点長屋の釘抜藤吉, ころ八王子を中心, ころ八百屋を始めた, ころ六つの太吉, ころ六十近い師匠, ころ六十一二赭ら顔の薄, ころ六十以上の老人, ころ六十路がらみの法師, ころ六甲山からも遥か彼方, ころ共産党中央委員であった岩田義道, ころ兵免令が降った, ころ内務大臣はソロソロ, ころ内務省の中, ころ円石の流心, ころ再び校門を, ころ写真に凝, ころにし, ころ凡そ全国的に, ころによる, ころたての, ころ出奔した母親, ころ出家しようと, ころ出来たある大きな演芸会社, ころ出版したばかりの, ころ出版社が怪しく, ころ函館奉行津田近江の世話, ころ切ない恋の, ころ切りにつかはれた, ころて木造, ころ初代燕枝門下の新進気鋭, ころ初夏の風, ころ初期の作品, ころの女, ころ別に一軒出し, ころ別荘の古びた, ころ利江子さんの身辺, ころ到着して, ころ前代の加茂, ころ前途有望とされ, ころ前駆の者, ころ剣客仲間の呼慣わし, ころ剣術使いをヤットー使い, ころ創作のため, ころ力めて近代, ころ加世子の死んだ, ころ加減なり, ころ勃興した社会主義思想, ころ勇士の運命, ころ動く島の, ころ勝手で茶碗, ころ勧工場のなか, ころ北国から四千, ころ北国通いをした, ころ北岡三五郎という新興成金, ころ北方ゲルマニヤに恐ろしい, ころ北条新蔵, ころ北浜界隈は車, ころ北面の武士, ころ十一時ごろがあの, ころ十七でした, ころ十三四名まえ, ころ十三四手甲脚絆仕着せはんてん, ころ十九の若い, ころ十二三で小学校, ころ十二匹をみんなここ, ころ十二月のこと, ころ十二歳からの彼女, ころ十二階演芸場の出演者, ころ十五六でもあろう, ころ十八九あいきょうたっぷりこいつ, ころ十八九歳人間という, ころ十六歳の夏, ころ十四五でまだ, ころ十四五モモの花, ころ十四五歳の少年, ころ十四歳のわたし, ころ十字架の上, ころ千代古屋ではお, ころ千住の大橋ぎわにいい川魚料理, ころ千円を越し, ころ千草さんの遺骸, ころ千駄谷の田畝, ころ卅二三の専太郎好み, ころ卅歳ばかりの白皙美髯, ころ半年たらずの, ころ半蔵はまだ, ころ卒業に近かっ, ころ卓上電話がまたし, ころの暖かい, ころ南シナ海を中心, ころ南京に住ん, ころ博士邸の外, ころ博文館から, ころ博物館の建物そのもの, ころ占めていた, ころ印東はひきつった, ころ即ち十二世紀の, ころ原始的蓄積会社の観, ころ原子学はどの, ころ参加して, ころ友人の横田, ころ友達の横田, ころ双葉山を評し, ころ叔父の知っ, ころ叡山の奥の院, ころ口火を切った, ころ古びた一棟の, ころ古代研究所長の松波博士, ころ古田中の奥さん, ころ台北のどこ, ころ台所の柿の木, ころ各国から集っ, ころ吉備といっ, ころ吉原の駿河屋, ころ吉川鎌子と運転手, ころ吉田首相が文教審議会, ころ吉見さんがひどい, ころ吉野山へ村, ころ同伴者作家という表現, ころ同僚達のあ, ころ同然な掃溜, ころのあらわれた, ころ名代の刺青師, ころ名古屋に金色夜叉夫人, ころ名古屋地方には, ころ向い合った室から, ころ君香の仕込んだ踊り, ころ日支事変の, ころ吸音器からぼそぼそ, ころ吹くとおばあさん, ころは行く, ころ吾ら夫婦島よりここ, ころは二十七, ころ呟いた自分の, ころ咲子はその, ころ哀れな父親, ころ善吉はまるっきり, ころ喇叭節や奴さん, ころ嗚咽がかすか, ころされて, ころ噴行艇の横腹, ころのある, ころ四ツ谷の方, ころ四十五六白布を鉢巻, ころ四十五歳だと, ころ四十左右連れはまだ, ころ四国方面では伊予, ころ四年前それは東京, ころ四条の御幸町角, ころ国木田独歩や宮崎湖処子, ころ国清寺の三門, ころ国王ルイ十八世はほとんど, ころ圓朝贔屓のおんなたち, ころ土蔵の二階, ころ阪の, ころ地上にまた, ころ地主の誰彼, ころ地平縞の派手, ころ地底へ持っ, ころ地球はずっと, ころ地理ではじめて, ころ坪内先生のお, ころの一族, ころ城門の警戒線, ころ執事を呼ぶ, ころ堀川はまだまだ, ころ堂々と名乗り出る, ころを下れ, ころ塚由が長考, ころ塩田大尉や小浜兵曹長, ころ塩野の叔父, ころ壱百両といえ, ころ売り出しのブロチン, ころ売り出し盛りであったので, ころな雲, ころであつ, ころ夏ごと遊びにきました, ころ夕方になる, ころ夕煙巷をこめ, ころ外国のサーカス, ころ夙に流寓, ころ夜遊びに出, ころ夥しく輸出される, ころ大人の真似, ころ大人気ない行動, ころ大仏と言う, ころ大分自暴気味になっ, ころ大勢をつれ, ころ大吉郎は海苔屋, ころ大名の通人, ころ大名行列といえ, ころ大変ひどくて, ころ大宝寺小学校に尋常四年生, ころ大将の子息たち, ころ大山県令に寄せた, ころ大川端をさま, ころ大戦後の疲弊, ころ大晦日の一夜, ころ大本営に於, ころ大江山課長はにがりきっ, ころ大津から東京, ころ大浦の神学校, ころ大石橋の戦闘詳報, ころ大胆かもしれない, ころ大谷や阿部, ころ大連すなわち大将, ころ大門前から堀割, ころ大阪城に江戸, ころ大陸は空気, ころ天の川の端, ころ天候にわかに旧, ころ天子さまのお供, ころ天真な自然児, ころ太平洋には眼, ころ太田健造は, ころ太田君一家も奥多摩, ころ太郎とチヨ子, ころ太陽というもの, ころに死, ころ奈良に住ん, ころ奈良県の某, ころ奏楽が終った, ころ奠都祭というもの, ころ奥州船は右, ころ女優となっ, ころ女學生であつ, ころ女流キリスト教徒の先覚者, ころ女王は砦, ころ好きな男, ころ妃たちの手, ころは四度, ころ姉たちが読ん, ころ姉妹たちは六月, ころ威勢のいい, ころへの愛, ころ婦人たちが遅れ, ころ婦人倶楽部で懸賞, ころ婦人部の仕事, ころ媒介をし歩いた, ころ子供のため, ころ子路は急, ころ学んだ小学校が, ころ学校内で奇怪, ころ学校所在区の不良少年, ころ学生として自然哲学, ころ学習院の新進教授, ころ学芸大会に鎌倉名所, ころ孫策はふい, ころ宇津木さまがお, ころ宇都の山, ころ宇野浩二氏が嘉村夫人, ころ守旧的な佐幕派, ころ安成子の來車, ころ安芸をはじめ柴田外記, ころ安部がブラリ, ころ宋慶齢蔡元培楊杏仏林語堂魯迅などで人権同盟, ころ公の, ころ宝冠のつつみ, ころ宝石売り場のほう, ころ実業学校の生徒, ころは今, ころ客間の呼び, ころ室内は荒波, ころの御, ころ宮内の私事, ころ宮内大臣より陛下, ころ宮方軍の殲滅, ころ家主の家の子, ころ家出して, ころ家康が江戸, ころ宿場の六個, ころ宿屋のま, ころ寄席の芸, ころ富士はつねに噴煙, ころ富士山印東京レコードへ吹, ころ富士駅に着いた, ころ富津付近は竹藪, ころ寒稽古の床, ころ寝床へはいっ, ころ審問を終, ころへ泊った, ころ将兵が斬り合い, ころ将軍家大坂ニ参り長州, ころ小さい輝夫を, ころ小さかったから, ころ小夜の中山, ころ小学校の生徒, ころ小屋の外, ころ小林君はスカート, ころ小牧の家康, ころ小田原駅ちかい富士屋, ころ小石川原町にい, ころ小説のよう, ころ小野が結婚, ころ小高いところに, ころ少将の尼, ころ少年捜索隊の篠崎君, ころ尾上一家の細かい, ころ居た女中が, ころ展覧会会場の近く, ころ山かげを廻った, ころ山の手の郊外, ころ山チイはシゴイさん, ころ山城国稲荷山をうつし, ころ山姥は大根, ころ山岡屋に丁稚奉公, ころ山岸の別荘, ころ山紫水明処といふ離れ屋, ころ山陵というもの, ころ岡田君も一緒, ころの村, ころの方, ころ岸沢で大, ころ島原の乱, ころから拾い上げた, ころ川口の浅瀬, ころ川治に旅館, ころ川田淳平は桑湾, ころ左京之介, ころ左京太夫致忠の四男, ころ左様な異変, ころ左褄を取った, ころ左門の生き, ころ巨勢博士が戻っ, ころ巨富をつかんだ, ころが目, ころ市岡が大阪, ころ市村家橘といっ, ころ市野さんは十九, ころ布佐の町, ころ希臘人は今, ころ帝大の山上御殿, ころ師範代をつとめ, ころ帰って来る, ころ常泉寺の裏手, ころ幕府が江戸, ころ幕府がたの勝海舟, ころ平兵衛は路傍, ころ平塚雷鳥などの青鞜社, ころ平安末期の法隆寺, ころ平次は八五郎, ころ平田さんは日本, ころ若く見られる, ころ年々のとり, ころ年越の晩, ころ幸運にも一三八八七番, ころ幾人か日本, ころ幾度も石盤, ころ広い霧が, ころ広い太青洋, ころ広津和郎氏がたしか, ころについた, ころの者, ころ店先をちょこちょこ, ころ座間にとっては思いがけぬ, ころに人影, ころ庸太郎はその, ころ廊下がいや, ころ建ちそめた無線電信局, ころ建てた流れ旗や, ころ建武の後, ころ廻れ右の, ころ廿四五のまだ, ころ弁当は多分, ころ引っ越した築地の, ころ蟲の, ころ弱かったでしょアギレルー性躰質, ころひて, ころ強盗が押し入っ, ころ当の金博士は, ころ当時の中学校, ころ当路者ににらまれる, ころ彫塑に凝りだした, ころ彰子はもう, ころ役人であったので, ころ彼女たち母子の傍, ころ彼女ひとりを残し, ころ彼是であつ, ころ彼自身にさえもわからず, ころ彼親達を識, ころ後宮で藤壺, ころ後藤末雄氏によって訳された, ころ従兄の財産, ころ御影の陣所, ころ御所からそこ, ころ御旅の汐見松, ころ御用商人に早変り, ころ御陵を巡, ころ微熱を出し, ころの父, ころ徳さんは別個, ころ徳川君は, ころ徳次郎の声, ころ心臓の鼓動, ころ心苦しくてなりませんでした, ころを抱い, ころ忠助が台所, ころ忽然として, ころ怒り狂う猛牛, ころ思いがけないところに, ころ思いたって私, ころ思い出したように, ころ急速に資本, ころ怪塔の頂上, ころにさめかけ, ころ恋人から文, ころ恋愛を解, ころ恐ろしく高価な, ころ恨めしいあまりに軽蔑, ころ恩田さんの門, ころも脈, ころ恰度天から与えられた, ころ悉くおきか, ころ悟空は自分, ころ悩まされていた, ころ悲しみに身, ころ悶々して, ころ惜しいとおもわなけれ, ころ意地わるく南, ころ愛人の鹿島, ころ愛宕の下屋敷, ころ愛宕山の麓, ころ慈善事業で目立っ, ころに金, ころ成りけん白皚々たる, ころ戴宗は, ころの外, ころ戸ヶ崎十松の門, ころ戸塚にあった, ころ所謂世にいふ, ころ手づるを求め, ころ打ち明け話に, ころに投げ出しました, ころ折りおりに行なわれる, ころ折田知事が現れ, ころ折竹がいいだした, ころ押勝の専横, ころ拂方町の教會, ころの無い, ころ挨拶にきた, ころ挿したような, ころ捷報また捷報, ころ探偵事務所の裏庭, ころ摘んで茹づればそのくさみは拔, ころ支那では史家, ころ改めて妾の, ころ放送局の表口, ころ政一はまだ, ころ政府は米, ころ政府委員の出席, ころ政策のスローガン, ころ故郷辻川にはニジュウソ, ころ敗戦後の自己, ころ教育界を騒がした, ころ散歩がてら, ころ数十万の婦人, ころ文化祭でもうけた, ころ文子は外出, ころ文字から來, ころ文学の純粋性, ころ文章などを書い, ころ文芸倶楽部の編集主任, ころ文芸家協会の事務所, ころ斎藤君などが新, ころ斎藤妙椿という坊主, ころ料理店の一隅, ころ新しく生まれた婦人作家, ころ新入社員の鈴木茂三郎君, ころ新吉はしもふり, ころ新堀を隔てた, ころ新宿の寄席末広亭, ころ新居見舞にいらし, ころ新田は笑, ころ新聞記者だったという, ころ新聞記者団との会見, ころ新興の, ころ新調のお召, ころ方々の国々, ころ方丈裏に当たり果たして, ころ方三間高さ一間余, ころ旅客機の操縦室, ころ旅立ちの用意, ころ旅籠の庭, ころ日々仰ぎ見ては, ころ日ごとにうた一つ二つづゝよみてはかき, ころ日支事変はまだ, ころ日暮らしの里, ころ日本中が赤く, ころ日本人画家としてパリ, ころ日本全国に充満, ころ日本唯一の西洋型船大工, ころ日本帝国の植民地, ころ日本橋区人形町附近の葭, ころ日本橋通一丁目辺に, ころ日課にし, ころの師走, ころや夕, ころ早くも初期作品, ころ早くからあの母親, ころ早大内部の学生運動, ころ早稲田文学の新年号, ころ早飛脚の織る, ころ明るく輝き出した目, ころ明智はまた, ころ明智探偵が捜査課, ころ明智探偵事務所の地下室, ころ明朝は覆滅, ころ明治十三年ごろか, ころ明神の兀天窓, ころの群, ころ春先の野, ころ春季の出品, ころ春廼屋朧といった逍遙, ころ春日山の城下, ころ春鶯囀の, ころ昨夜この港, ころ昭和十四年の一月, ころ昼飯後のブルヴァール, ころの流行, ころ時事新報の雑誌部, ころ時刻でいえ, ころ時子は広島, ころ普通の処理法, ころの風, ころ暑中休暇を得, ころ暫く叔父を, ころ更に奥の, ころ更にもう一つの, ころ書いて慎太郎さん, ころ書かれたままの, ころ書き始めていた, ころ書斎に一枚, ころ書生気質は評判, ころ曽根の社, ころてめづらし, ころ最初の外国語学校教授, ころ最新流行のセルロイド, ころ有りがちな, ころ有数の剣客, ころ有楽橋の角, ころ極く, ころ朝倉夫人と二人きり, ころ朝日が東山, ころ朝食をのせ, ころ木のぼりが好き, ころ木の葉のさやぐ音, ころ木場の若い, ころ木彫家にも五郎兵衛, ころ木曾寄せの人足, ころ木村荘八画伯もその, ころ木田市郎がトラック, ころ未だ珍しかつ, ころ未申の沖あい, ころ芝四丁目鹿島明神の, ころ本因坊秀哉名人と何ヶ月, ころ本家の梅屋, ころ本当に悪かった, ころ本所深川の炭問屋, ころ本所鈴川の屋敷, ころ本格的にゆすりはじめ, ころ本町のリーガル商会, ころ本郷の高台, ころ本郷三丁目の燕楽軒, ころ本郷西片町のある, ころ朱色の印肉, ころ杉本健吉氏も訪ね, ころ杉野君は東中野, ころ村山の両親, ころ村長になっ, ころ東両国の国技館前, ころ東京中の町, ころ東京全市を席捲, ころ東京市内京橋采女町に一怪事, ころ東京帝大の教授, ころ東京日日だつた今, ころ東京横浜を中心, ころ東京近郊では井, ころ東向きの雪, ころ東山の常緑樹, ころ東巖子という仙人, ころ東成禁酒会の宣伝隊長, ころ東洋大学における日本倫理史, ころ東海の生れ故郷, ころ東海道は新橋, ころ東通のはずれ, ころ東野はセーヌ河, ころ松吉たちによく, ころ松坂の陣屋, ころ松山には四つ, ころ板の間にころがっ, ころに就いた, ころ林三郎も清水, ころ林檎があった, ころ果してルイザは, ころ振よき, ころ某々口演の長編, ころ柔かくゆたかな, ころ柔らかな青色, ころ散る頃, ころ柳沢はどっか神楽坂あたり, ころ柳派で大御所, ころ栄えていた, ころ栖方は梶, ころ株式に勤め, ころの花さ, ころ桜井さんのガレージの, ころ桜場はよんどころない, ころの如き, ころに縛りつけられた, ころ森林のある, ころ森槐南先生が宮内大臣秘書官, ころ検屍万端済んで, ころ検挙されて, ころ楠本の口説, ころを失っ, ころしげ, ころ権威ある, ころなぐりに, ころ横浜市はあの, ころ横溝正史君の家, ころ樹明君来庵お土産, ころ樹木の枝, ころ橋場今戸小松島言問など隅田川, ころは高度, ころ機動演習にやって来た, ころ機織そめて, ころ次郎に宛てた, ころ次郎兵衛はやっと, ころ次郎吉の腕, ころ歌子式多津の二美人, ころ此處に來, ころ武子さんは二十三歳, ころ武田伊那丸はゆらゆら, ころ武田信玄の軍勢, ころ武装警官の一隊, ころ歩いた道, ころとした, ころる, ころ殿が續, ころ母親に連れられ, ころ毎夜屋後に拍子木, ころ毎夜戌亥の空, ころ毎年村の祭, ころ毎日一ぴきのはち, ころ毎日横浜の焼跡, ころ毎日毎日歌日記をよこし, ころ毎晩のよう, ころ比叡の横川, ころ毛利氏に亡, ころ気がついて車内, ころ気がついたように, ころ気分がいらいら, ころ気分劇と云, ころのほとり, ころ水天一髪の彼方はるか, ころ水戸の大浜海岸, ころ水槽をそなえた, ころ水無月中旬二十日余り照り続きたるけ, ころの中, ころ永田町の内相官邸, ころ江戸じゅうに眼, ころ江戸中に散っ, ころ江戸府内で鶉, ころ江戸派の彫金師, ころ江戸湯島に長崎水右衛門, ころ江戸鍛冶橋御門前南隅, ころ池田の会社, ころ池袋の平和館, ころ汽車にひかれ, ころ汽車賃が足らず, ころ沙車の町はずれ, ころ沛然と豪雨, ころ没階級的なリアリズム論, ころを距, ころ河内の国, ころ河幅二百六十間といわれ, ころ河童の宴会, ころ波間に島, ころ泣きながらもぼく, ころ泰文は東山, ころ泳いであの, ころ洞窟のはるか, ころ活動写真でもその, ころ沙河の, ころ流浪のあげく, ころ流行つた客同士の盃, ころ流行らなかったものです, ころ流行り出した鳥打帽子を, ころ浄杖の先, ころ浅草公園の北側, ころ浅草学校いまのよう, ころ浅虫様へ親方, ころ浜子の母人, ころ海上には破片一つ, ころ海上風光の鑑賞, ころ海老塚が母屋, ころ海舟について剣術, ころ海道きっての, ころ淀江あたりを中心, ころ淡紅色の小さな, ころ深く相愛し, ころ深尾好三, ころ深川洲崎の料理茶屋, ころ清子の健康, ころ清澄な世界, ころ渋谷の方, ころ渡した時計の, ころ渡来せる西洋曲馬, ころ渡船を業, ころ温泉場にいた, ころ港区の南, ころ湊入りした津軽船, ころ湧き出づ, ころ湯殿山の行者, ころ満州馬賊はなやかな時分, ころ満身創痍の態, ころ源氏一家は六条院, ころ溝板を鳴らし, ころ溝河にかかった, ころ滑川の妓家, ころ漬物屋の店頭, ころ漱石は志賀君, ころ潜水作業のおこなわれ, ころ潜航艇はみさき, ころが満, ころ澄明な空気, ころを漁る, ころ瀬川雅夫が, ころのついた, ころがそこここ, ころ炉べりに聞かされた, ころは不意, ころ無名の詩人, ころ無敵といわれた, ころ無難な仮, ころ焼け跡から戻っ, ころ焼死者と焼鳥, ころ煮ふなのこぶ巻き, ころ煮豆屋から急, ころは穴, ころ熊本で夏目先生, ころ熊谷の小滝, ころにうなされ, ころ熱心に読んだ, ころ熱海発の汽車, ころ燈火で尻, ころ燗酒ひと口ぐっと呑み干す, ころ爆弾のよう, ころ父吉左衛門について, ころ父子相伝のこの, ころ父母に連れられ, ころ片岡町の方, ころ片里が住居, ころ牛なべをつつく, ころ牛込御門内に住居, ころ牧野博士が出現, ころに怖気, ころ物理は一番, ころ特色のある, ころ犀川の上流, ころ狂女のお, ころを少し, ころ独歩の両親, ころ独言に詠みつ, ころと貉, ころをし, ころ猪野の詐欺横領事件, ころ獅子文六さんと会ったら, ころ玄関の板の間, ころ玉子は緑, ころ王さまのお, ころ現実的な労苦, ころ生まれてはじめて, ころ生まれた子で, ころ生活といふもの, ころ生涯の運命, ころ生田葵君のやつ, ころの捲き込まれ, ころや池, ころ田島はそっと, ころ田村三治などの仲間, ころ田植をどり, ころ田能村直入だとか, ころ田野は寂しかっ, ころ甲州の精鋭, ころ甲府の町, ころ甲府市で検事, ころ甲板のうえ, ころへおろされた, ころ町方で検校, ころ畑中に赤い, ころ番医の定員, ころ異人の黒船, ころ異変はそろそろ, ころ畿内を分, ころ疎開先の山村, ころ病みて失せ, ころ病人は少し, ころ病後の保養, ころ病歿しました, ころ病身であったため, ころ発兌の娯楽雑誌関係者, ころ発展の気運, ころ発掘せられた日本, ころは森, ころ登山に一応, ころ白い花が, ころ白絹と, ころ百間先生は法政大学, ころで一しょ, ころ皇后は亡き, ころ皇帝はすっかり, ころ盗まれた神宝の, ころ盛んに廃仏棄釈, ころ盛名のあった, ころ盛岡に放送局, ころ目白台に住ん, ころ会した詩友, ころ眉山のふもと, ころの新聞, ころ県庁所在地で市, ころ真佐子から来た, ころ真夜中に門口, ころ真如堂の北, ころ真実のこと, ころ着いた時には, ころ着くだらうと何, ころ着手して, ころ着物に鈎裂, ころ睡り睡っている, ころは的確, ころ知っていた, ころ知ってて, ころ知らせに行った, ころ知らないものは, ころ知られてませんでした, ころ知合つた人達の上, ころ知識欲の熾, ころ石井という老人, ころ石川啄木は海軍, ころ石庭に糸桜, ころ石田三成が西国, ころ石町に檐, ころ石黒はシベリヤ, ころは北風, ころ研究して, ころ砲台下の洞, ころ破綻しかけて, ころの方, ころ碁会所で知り合った, ころ社主は三木善八老, ころ社僚の本山荻舟君, ころ祈祷の明, ころ祖母のお伴, ころ祖母夫婦は楽屋新道, ころのお, ころ神保町の古本屋, ころ神棚も神, ころ神様から彼, ころ神田明神は芝崎村といッ, ころ神田橋下の外濠, ころ神田淡路町にあつ, ころ神経衰弱でね, ころ福井の方, ころ福島支庁からの召喚状, ころ福島競馬も始まり, ころ福沢翁の著, ころ秀吉の使い, ころ私たち日本人はいわゆる, ころ私どもの単純, ころ私らが生まれ, ころの通り雨, ころ秋元安民伝を, ころ秋子は然し, ころ秋海棠の絵, ころ秋雨のよう, ころ秘蔵の孫, ころ秩父山の方, ころ近い愛宕神社, ころともすれ, ころ稚児髷だったからなあ, ころ種畜場は農商務省, ころ空模様も時雨, ころ突然バタバタと小径, ころの下, ころ立候補がきまっ, ころ立場に憩う, ころ一創作集の, ころ第一流の新, ころ笹屋庄助と小笹屋勝之助, ころ筆記者に雇った, ころ筑後の前, ころ算術と舎密学, ころ築地のホテル, ころ築地小田原町二丁目の本願寺裏, ころ築地本願寺裏から明石町, ころ篠崎君のお, ころ篠崎始君や相撲選手, ころ米ソの関係, ころ米一升十二銭であった, ころ米価暴騰につられ, ころ米国での流行, ころ米国哲学博士の荒川重秀氏, ころ紀一郎といった, ころ紀州この前, ころ心学園の, ころ紫色のかわいらしい, ころ終電車をつかまえよう, ころ組下の若者, ころ経済界に恐慌, ころ経験した事柄, ころ結局自前で食った, ころ給仕の河瀬, ころ絶えずこの事, ころ綱封蔵に置い, ころ綺麗な娘, ころ総計六十七家のみであった, ころ線香をあげ, ころ縁日のあった, ころ繁昌した躑躅園, ころ織田信長のころ, ころとしてまっ暗, ころ署長さんが黒い, ころ羅生門方面のたたかい, ころ羅馬より歸, ころ美穂子は赤い, ころ義弟の住居, ころ義賊と称した, ころ羽左衛門は昔日, ころ習い初めた琴, ころ習い始めたメンデルスゾーンの, ころ習慣になった, ころ老体の弓削法外, ころ老僕グリゴリイ夫婦と共に傍屋, ころ考えたことである, ころ耕平は進行中, ころ聞えたる各藩士, ころ聞かされたので意味, ころ聞きあいた言葉の, ころ育った場所である, ころの思い, ころに凝りだし, ころ脱船しコロンビヤ河, ころ腹掛法被に, ころ腹痛の時, ころ臣下の中, ころ臨安府には火災, ころ自ら学生の左傾思想, ころ自動車強盗の被害, ころ自負心と冒険心, ころ自身の生まれた, ころ舞台では当日, ころ舞妓に出, ころが幾艘, ころは私, ころ船舶通運を支配, ころ船艙から出た, ころ船頭はろ, ころは水平, ころ艦隊はすでに, ころ良い男の, ころ良人の青木, ころ芝公園内の紅葉館, ころ芝居でする, ころ芝浦かどこ, ころ芥川家で偶然, ころ芦屋の富豪, ころ咲くを, ころ花やかな人気, ころ花月に出, ころ芳町には抱え車, ころ芸界ではもっと, ころ芸術三昧の境, ころ苦労をかけた, ころ英国大使館につとめ, ころ英田川を中心, ころ茂兵衛は深川, ころ茶室に入れ, ころを採り, ころ草秋はお, ころ荒船山の南方, ころ降ろしも, ころのまだ, ころ落葉のころ, ころ葉月の叢雲, ころ葬式をどこ, ころ蒼白な顔, ころがよく, ころがじまん, ころ薄々思い出せたの, ころ薄幸な女, ころ薄紫の花, ころ薩南に遊ん, ころ薫中将は長く, ころ藤九郎は伊丹屋, ころ藤井先生が例, ころ藤原信実の子息, ころ藤夜叉さんがお, ころ藤野先生の講義, ころ蘇武はすでに, ころ虎列拉病が両, ころ虚言策略暴力偽善そのほか, ころの蝕, ころの益州城, ころの大群, ころ行きつけの悪所, ころ行きつけた湯へ, ころ行く手の水, ころ行けばい, ころ行われていた, ころ行手に黒, ころ街上は逃げまどう, ころ街頭スナップとして尊い, ころ衰えて老女, ころ物の, ころ裏庭にちかい, ころ補祭の家内, ころ複写されたもの, ころ襄子は, ころ西の京の六条, ころ西インド諸島のスペイン領, ころ西光寺野の入口, ころ西南倒幕派はすでに, ころ西国より京, ころ西播の赤穂あたり, ころ西暦はついに, ころ西氏は脳疾, ころ西洋の音楽, ころ西瓜や真桑瓜, ころ西陽はようやく, ころ西隣へ縫箔, ころ覆面をした, ころ見えずなりけるとのみなり, ころ見た絵草紙から, ころ見なれた山の端の, ころ見ますと屋根, ころ見よ一匹の, ころ見物に出かけた, ころ見物席に恐ろしい, ころ見聞きしたといふ, ころ見覚えのある, ころ覚えた不快な, ころ親子はこういう, ころ親山女魚を釣る, ころ親戚のもの, ころ親方浜さんも大, ころ親父橋から荒布橋, ころ親類のジイサン, ころ觀音の山, ころ触れつつは居る, ころ言われたそうである, ころ言問橋の方, ころ記代子と青木, ころ記者に出来, ころ許嫁であつ, ころ評判だつたアメリカ探偵映画, ころ詠み十九歳の, ころ試験勉強などの最中, ころ詩人の耽, ころ詩壇では新しい, ころの本, ころ話題になっ, ころ説き伏せ度い, ころ読み疲れた書物を, ころ読んでいた, ころ読んだというシェークスピア, ころ諭吉はきゅう, ころ謡曲の, ころ議会の形勢, ころ議郎まで勤めた, ころ谷中の真如院, ころ豆店という棟割長屋, ころ豆腐を適当, ころの代り, ころ貞世から愛子, ころ財産を傾け失い, ころうして, ころ買ったんで品, ころ賀古を説い, ころ資本額二百万円ばかりの中, ころ賞勲局に横田香苗, ころ贔屓にし, ころ赤く大いなる五本, ころ赤十字連盟と収容所, ころ赤坂にあった, ころ赤線区域の某所, ころ赤耀館の壁体, ころ赤間ガ関に法一, ころ起った綴方の, ころ趣味をもった, ころのうえ, ころがあッ, ころ軍務に服し, ころ軍団の兵士, ころ軍国主義精神の日常化, ころ軽井沢へ出かける, ころ軽蔑して, ころ農政に関するスペイン, ころ溶けやらずして, ころ近代数学がそんな, ころ近江に行っ, ころ近江征伐が再興, ころ近県のある, ころ途中からひそひそ, ころ通例成牡と呼ばれる, ころ通油町に住ん, ころ通訳の居住, ころ通路は急, ころ逢った幾人かの, ころ連中のうち, ころ遊びをやっ, ころ運転手と並ん, ころ道太の頭脳, ころ道後の町, ころ達者だつた百人長, ころ遠い町の, ころ遠乗りの家老, ころ那覇のまんなか, ころ郊外の妾, ころ郡書記の首席, ころ部屋の襖, ころ郷里の愛媛県, ころ郷里高知では正月, ころが味, ころ酒井邸では, ころのこと, ころ重吉は水戸出身, ころ野々宮は雑貨屋, ころ野外杏花ようやく開き, ころ野球にいそがしかっ, ころ金ちゃんは千本, ころ金五郎は口癖, ころ金田一博士や先輩, ころ金魚が好き, ころ釣り場へ着いた, ころのついた, ころ鉄也さんは二十一, ころの鎖, ころ銀閣寺に近い, ころ鍛えて来た, ころ鎖国前の享保四年, ころ長く大きく伸びて, ころ長友先生が突然, ころ長椅子の三ツ四ツ, ころ長男がひょっこり, ころ長老の庵室, ころ長谷の通り, ころ門司で上海コレラ騒動, ころ開かれてまだ, ころ開墾の現場, ころ閑散な家, ころ間もなく次の, ころ閲武坊の酒屋, ころの奥, ころ阪部が上京, ころ陸上の人々, ころ隅田川に架せられた, ころ随意に皆, ころ障子だけしかなかっ, ころの家, ころ隣国他郷にもその, ころ隣組座の横暴, ころ雅楽頭が, ころ雅衛はこれ, ころ集めた本を, ころ雑草園には荷役, ころ離れにた, ころが降っ, ころ電報が三日, ころ電燈はまだ, ころ霍乱と言いける, ころ深い大気, ころ露伴の, ころ露西亜をバイロニズム, ころ青木医師についで, ころ静坐会といふもの, ころかな晩, ころ靜岡で牧師, ころ非常に気, ころ鞍馬山に入り, ころ取かく, ころ音楽会と言え, ころ須磨の謫居, ころ頼朝にはじめて, ころを水, ころをだす, ころに煽られ, ころ風景を描く, ころ飛行機のりの猛者, ころ食べるだけのお金, ころ食べ馴れたのは, ころ食事は終った, ころ飯台の端, ころ養女にやる, ころ饅頭の売子, ころ香水の朝風呂, ころ馬車屋が前面, ころ馴染を重ねし, ころ駄賃を業, ころのポスト, ころ駒下駄の音, ころ駒形に兼久, ころ駒彫りの名人, ころ駒込の炮碌地蔵前とき, ころ駿河大納言の奥方, ころ騎馬で進んだ, ころ體操の時間, ころ高岡より一里, ころ高崎藩に村上天流斎, ころ高師の生徒, ころ高度の物質文明, ころ高徳の聖, ころ高橋さんの口, ころ高氏は観音堂, ころ高知の城下, ころ高等女学校にいる, ころ高等学校では硬派, ころ高麗人数千をひきい, ころが今, ころ魯迅さんの頭, ころが箱根山, ころの餌, ころ鳴して出, ころ鴨下ドクトルの留守宅, ころ鶴子の住居, ころ鹿島氏は本郷三丁目, ころ麻子の新しい, ころ麻布本村町林念寺前にあった, ころ黄昏には間, ころ黒木孫右衛門というもの, ころ黒焦げになった, ころ黒田官兵衛はもう, ころ黒雲が空, ころ黒馬旅館の女, ころDDTという薬