青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ごろ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ございません ございません~ ~ごと ごと~ ~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~ ~ごらん ごらん~
ごろ~
~さ さ~ さい~ ~さう さう~ ~さうな さうな~ ~さうに ~さがし さがし~

「ごろ~」 5361, 58ppm, 1985位

▼ ごろ~ (754, 14.1%)

104 なって 57 なると 8 なっても 5 達して 4 お庄, して, なつて, なれば, ゃん, 家を, 帰って, 来て 3 かけて, なった, なったの, なっては, 似たり, 出て, 眼を

2 [24件] いたわって, うれしき棚田, そこを, なってから, なりました, なりますと, なるでしょう, ファンティーヌは, モコウは, 二条の, 問うて, 外から, 彼に, 彼女は, 昼の, 書かれたもの, 江戸へ, 源氏は, 目が, 葬って, 話した, 起きて, 達したの, 銀座から

1 [479件] あしらひたい, あのいわゆる, あの方, あるもん, ある離れ小島, いう, いけなくなって, いたして, いたはれば, いたると, いた游蛇類, いって, いつでも, いひて, いよいよアルゼンチン政府, いよいよゲノア, いるという, えらい禅宗, おいで, おそよが, おなかが, おん物語りしたい, お作, お嫁, お寺の, お弔い, お振舞, お礼を, お稲荷さん, お経, お薨, お見舞い, お銀, かえるでしょう, かかれた, かけること, かならず参候, きいて, きっと来る, くらべて, こう言う, ここで, ことさらに, このキャバレー, この一隊, この家, これを, さ, した一人, した女房, しと, しばらく忘れ, すっからかんで, すでに知っ, すなわち一九一八年五月, する男, そこに, そこらが, その女, その家, それを, たおれ図書館協会, たずねて, たたいた, ついたらてっちゃ, つかえる夫, とろき櫓, どうして独りぼっち置き去り, なったとき, なったら与えようと, なったら久しぶり, なったら蚤, なった三男, なった娘, なった若い, なっちまったん, なってからの, なつた, なつたり, ならないと, ならば, なりそれ, なりましたので, なりましてから, なりましょうな, なりますかと, なりますわ, なりむくむく, なり二, なり宝塚, なり日比谷, なり気づいた心, なる, なるか, なるかな, なるだろうが, なるだろうという, なるだろうなどと, なるとき, なるにつけ, なるにつれ, なるね, なるの, なるので, なる娘, なる宗太, なろうという, なろうとも, ふるまひ, ぶらりと出, ぷっという, ほとけを, またまた一通, また来, また爆発, また驚くべき, みかん箱の, みな集まっ, もう帰っ, もし漢語, もてなす婦人, やたらに, やって来た, やっと切りあげ, やっと帰っ, やっと東, ようよう自由, わたしは, われわれの, アジアの, アメンホテプ四世, ウチへも, サルは, ジャン, トラック三台に, パヴェ・サン・タンドレ街の, ホルトショ, マルセーユへ, メトロポリスという, ラカジーブ島の, 一の, 一人の, 一人やられる, 一別以来の, 一度夜なかに, 一度手馴らし, 一度目を, 一通の, 七八つぐらいの, 三条の, 三流どこの, 上野行きの, 下部屋, 世を, 世話し, 中国の, 中村宮千世丸という, 主上が, 主人の, 主従最後の, 予を, 事件を, 二ひゃくばかりで, 二人の, 二人は, 二人打ち連れ, 云った, 云へる, 交された話, 京都を, 人の, 人びとは, 人物の, 今では, 今戸の, 仰っしゃって, 伊佐子さんが, 会社を, 会釈した, 伸子は, 余りと, 供養させ, 便所に, 僕が, 優しゅう物問い, 充分でない, 六兵衛老人は, 再びお, 再びシンガポール, 出かけて, 出かけること, 出したいと, 出来上りますさっぱり, 出版された, 出発した, 出直して, 別辞を, 到着した, 労を, 勤めさきの, 勤めましょうお, 勲功を, 十八分五十八秒いくらかぐらい, 十巻完了に, 午後の, 半蔵らは, 参りました, 参りましたら宜しゅう, 参拝祈願する, 又, 叔父を, 取り換, 取り行, 受けた影響, 受けて, 受け入れた感化, 口唇周囲に, 台所から, 吉日を, 同じく焼けない, 吾の, 周防に, 営んで, 回向を, 国へ, 土かきあげ, 坐って, 変な, 夕陽宿せる, 夢の, 大きな洞穴, 大きな野象, 大和田建樹さんという, 大学助手を, 大将は, 夫が, 奈々子の, 女と, 女の, 妹と, 姉が, 始まったと, 子供が, 宇治へ, 守れとの, 官林を, 定めし御, 客を, 客間に, 宮の, 家に, 家族に, 宿屋を, 寝たかね, 寝床を, 小さな生活, 小幡景憲が, 小説としては, 少し明り, 少し突出, 少し雨模様, 山王台の, 岡田文部大臣の, 市場に, 帰ると, 帰れと, 帰省する, 帳場へ, 床の, 店の, 庶民の, 弔った, 弔われた, 弔われまた, 引き揚げて, 強い北風, 当たるであろうという, 当って, 彼は, 彼女を, 後に, 御案内, 御菩提, 御長皇女, 必ず現れる, 念仏を, 感謝し, 成ると, 戦いの, 戻つて, 手を, 手紙を, 扶持し, 持って, 掃除を, 換骨奪胎し, 教えて, 日中の, 日本の, 明智探偵は, 昨夜の, 普通の, 暗示し, 書いた手紙, 書かれた本, 朝昼兼帯の, 朝食を, 来たとき, 来ても, 来ましょう, 来るが, 来ると, 東京に, 松江へ, 松浅, 枕の, 枯死する, 棺に, 楊家店という, 楊枝を, 楽しみに, 横浜に, 死んだお, 死んだそう, 残って, 汝の, 江戸に, 江戸を, 沙汰が, 没して, 沸いて, 洗礼を, 流した, 浅井が, 浪子の, 海中より, 源氏が, 源氏の, 濡れて, 火事の, 災難が, 焼けないと, 父の, 現われたの, 現出する, 生まれなかったよう, 田島さんが, 由来を, 申し入れが, 申し込んで, 病死する, 病気に, 発行した, 皆中宮, 目の, 目を, 相なる, 相当する, 相応し, 看病し, 看病を, 眷顧たま, 石山行きの, 破れて, 磯貝が, 神戸駅から, 私が, 私は, 突如と, 突然家出, 突然巌谷家, 窓外の, 立ち止って, 第一, 答へて, 箱型の, 糺と, 紐育の, 終った, 終わったこの, 経て, 給仕が, 織田どの, 老婦は, 老木の, 老母を, 耕一さん三時ごろに, 聞えさせたもう, 自宅全, 至り同所, 至り同町, 致し候段, 芝居の, 花咲く, 花散, 苦痛鎭むる藥塗り, 菊五郎が, 菩提を, 葬い菊之助, 葬ったという, 葬りました, 葬わ, 蒲団を, 蓉子姉ちやんが, 薫は, 蚊帳に, 行って, 行っても, 表の, 西宮が, 西郷はじめ維新の, 要求する, 見つつよ, 言い聞かされしを, 言別給ひ, 言葉を, 訓え, 訪ねた, 話して, 話を, 認ためられた, 語りつ, 誡め諭し, 説いて, 説きました, 説き伏せるの, 説くの, 読経し, 諭されたけれども, 諭したまひ, 講ぜられたもの, 講堂で, 谷川君が, 質すと, 起きた, 起きては, 起きると, 起き上がった, 起き始めます, 起こった出来事, 身は, 辻は, 迎えに, 近くで, 近く黒ずんだ, 迫って, 通りも, 逝くもの, 造りて, 道場の, 達した時, 達するまでは, 酒の, 酒は, 酒屋の, 醫者の, 閉場する, 関白の, 闇を, 限つてゐました, 陣取って, 陣外へ, 階下へ, 雷門の, 青銅の, 音楽は, 預かって, 頭を, 頼まれました, 頼めば, 食卓の, 飲むべき薬, 養うて, 養って, 首を, 高い前駆, 鶴子たちは, 麻布の, 龍太郎が

▼ ごろ~ (604, 11.3%)

26 ことです 12 ことであった 10 ことだった, 娘が 8 ことでした 7 ことで 6 ことだ 5 日の 4 ことな, 娘に, 娘の, 子を 3 ことである, ような, ように, 人である, 女の, 娘を, 時間に, 月が

2 [27件] お月さま, こと, ことか, ことを, できごと, もの, ものです, 下宿は, 事と, 人が, 女の子が, 女性と, 娘たちは, 子どもを, 少年と, 山いもの, 或る, 戦争の, 日が, 東京の, 気候なり, 者が, 若い女, 西の, 話だ, 話な, 雨が

1 [426件] ああそれ, あの買物ばなし, あやしい工合, ある一カ所, ある午後, ある日, ある晩, うすいピンク, おかっぱ, おかみさん, おきれいさ, おさない昔, おなご衆が, お友だち, お姫さまが, お年頃, お手水場, お手紙, お粂, お豊, かわいらしい妹, がじいじい音, きれいな, ことが, ことじゃ, ことだったろう, ことだろう, ことであっ, ことであったろう, ことであります, ことであろう, ことでしょう, こととかや, ことなりし, こと二人の, こと何年の, こと入り口へ, こと波に, こどもを, この人, この若い, こんもりした, ごとく陸上, ごとし, ご予定, ご時勢, そのひと, そりの, たあいも, だれも, つもりです, つもりな, なすまたは, ぬくさ, はっきりわからない, は本当, は演説, ひとたちの, ふりしきる雪, ほかの, むすめ, ものじゃ, もので, ものと, やつれを, よい月, りりしくも, わしの, わたくしの, わびしい時刻, インド人に, エジプト王ランプシニトスの, オリガが, カイゼル・ウィルヘルム第, カフェーには, ソヴェト同盟の, ヒヨッコでは, ファシズムに, フォックス, メトロに, ヨーロッパ各国人の, 一つの, 一人娘が, 一組さえ, 世の中は, 両側が, 中学生や, 乙女に, 事かと, 事がらが, 事だ, 事だった, 事で, 事である, 事な, 事を, 五人の, 人か, 人の, 人形を, 人数には, 人清原某, 人類と, 代官たる, 伜を, 体温は, 作かと, 作であり, 作である, 作品で, 作品評や, 俗語とを, 俗語に, 信心を, 信念でも, 僧侶と, 僧尼の, 児童用から, 公子である, 写真である, 写真は, 冬の, 凉し, 処に, 処女が, 処女も, 出来事である, 出来事であろう, 出来事にて, 出水に, 出版でした, 分は, 分裂病の, 初秋で, 前世界動物, 創業です, 創立で, 力蔵という, 加減の, 十二三歳の, 十二三間上から, 半襟の, 単なる放埒者, 博文館は, 印旛びとかも白の, 厚い漆喰, 厭な, 友だちが, 友だちに, 友達仲間にも, 古い洋館, 古い舞踏曲, 古い農園, 古典ディドロなんか, 右側に, 和助に, 唄うたい, 善政に, 土用干し, 夏の, 夕方, 夕月は, 外交官に, 外光の, 外国地理の, 大ざっぱな, 天長祝日に, 失策が, 奥州人間に, 女が, 女だ, 女という, 女とは, 女なんで, 女の子とは, 女中達が, 女性らしい, 妹に, 妻たちは, 娘お, 娘さんが, 娘さんさえ, 娘じゃ, 娘たちで, 娘たちと, 娘だった, 娘である, 娘です, 娘とか, 娘なら, 娘なり, 娘は, 娘ふたりに, 娘大, 娘心と, 婦人は, 子と, 子どもが, 子どもたちに, 子どもとしては, 子供が, 子供たちから, 子供に, 子供らが, 季節だ, 季節でした, 季節に, 季節の, 学べること, 学友たちが, 学生よりは, 孫が, 定期で, 宮廷の, 家内が, 家庭には, 寒気を, 対峙ごろから, 小坊主だ, 小娘たちだ, 小娘なら, 小帳面, 少女が, 少女としては, 少女にとっては, 少女の, 少女みんな凜, 少女らしい, 少年から, 少年が, 少年たちが, 少年で, 少年は, 少年を, 少年少女と, 嵐山を, 巴里の, 帰りとは, 平均賃金が, 広い橋, 建築であろう, 弱い半弓, 彼らを, 従兄弟と, 御きしょう, 御きしょうでござりますから, 御心配, 御歌であろう, 徳川家の, 心の, 心掛けが, 快晴に, 念願も, 思いも, 意外な, 感覚でしか, 戦争についても, 手紙で, 手記である, 折助に, 推込じゃ, 政党の, 故か, 文献として, 新次, 新緑, 新聞の, 新聞を, 方であった, 日ざかりは, 日ざかり過ぎの, 日光に, 日差しであった, 日本に, 日盛りを, 日誌を, 旧九月三十日, 明るい日, 映画人や, 昼御飯を, 時の, 時候でありました, 時分には, 時分を, 時厳格な, 時思いさえ, 時浮浪少年と, 時間には, 晝間私の, 晴れた日影, 智恵しか, 暑い日, 暑い日影, 暑い最中, 暖かい冬, 月や, 月日が, 有り様であった, 朋輩でした, 朋輩を, 望みかの, 木曜会は, 東京に, 東山に, 柳の, 楽聖セントセリシアの, 槍だ, 様子を, 毎日の, 気候に, 気温では, 水かげろふ, 江戸上流階級において, 汽車で, 河豚食う, 沼の, 洗濯屋と, 浦賀にでも, 涼しさ, 深夜であった, 烈々たる, 焼きざ, 燕嬢である, 爺さんであった, 物かも, 猫脚を, 獨身娘が, 王子が, 生々しい姿, 生えた砂山, 生活を, 産かしら, 田舎の, 由です, 男です, 男の子が, 男の子で, 男の子と, 男の子は, 男女が, 画であった, 痛々しい雛妓, 痩形の, 発明で, 相手に, 相識なり, 睫毛を, 私の, 私は, 積もる怨み, 空の, 空を, 空模様みたいに, 竹である, 箱入り娘の, 築地風俗に, 細君に, 綺麗な, 織物とか, 美しいお嬢さん, 美しい娘, 美人だ, 者たちだらう, 者とばかり, 者なるべし, 者にとっては, 者までが, 者を, 聞きずて, 若いひとたち, 若い人たち, 若い女性, 若い方, 草心尼と, 葉子に, 薄ら陽が, 薄明り, 記憶を, 記録に, 話, 話では, 諸評論, 赤ちゃんである, 距離に, 距離にまで, 軍隊経験であった, 軍需インフレーション時代出版インフレと, 遅いお, 運動屋並びに, 遠さ, 郊外は, 部分で, 酒については, 酒屋の, 重い空気, 野外を, 銭湯は, 鑑定は, 間だ, 間と, 陽あし, 陽ざしが, 陽気なり, 陽氣だ, 陽脚, 集録である, 雨上りの, 雷雨性の, 電車でなく, 青年が, 青年よりも, 面影と, 頭領でも, 題材を, 風の, 風を, 風俗を, 食うや, 飴の, 餓鬼大将としては, 馳せ参じさえ, 馴染みじゃ, 髪結ひ, 鮎の, 鹿鳴, 齢で

▼ ごろから~ (437, 8.2%)

4 来て 3 起きて

2 [19件] ここへ, して, そんなこと, だ, です, ですか, ますますこの, 七世紀ごろまで, 僕は, 十時ごろまでの, 夜の, 始まって, 急に, 日本の, 目を, 私は, 結婚の, 落伍者に, 風が

1 [392件] あった, あったもの, あった事実, あるか, あるんだい, あんなにやいやい喧しい, あんな青竹, いくつか, いくども, いったいこんな, いまにも, いよいよ戯曲, いるの, おさまって, おたより, おみえ, おわずらい, お目見得に, かきはじめること, かれこれ一時ごろ, がぜん大, ここに, こちら様に, このお, このお寺, この不吉, この付近, この作品, この土地, この天童谷, この娘, これは, こんどは, こんにゃく売りを, ご丈夫, ざっとでも, しきりに往来, しつこく私, しばらくの, すさまじい突風, すでに, すでに東北, すべてこの, すべての, ずっと御, ずっと落, そういう古代人, そういう風習, そっと来, その影響, その構想, その額田部, それを, そろそろヴァイオリン, そろそろ西, そろそろ雪, そんな評判, だか, だったと, だれら, だろう, だんだん工面, ちょうど今晩嫁, で, であった, であったか, であつ, できたかは, でご, でござった, でしょう, でしょうか, でしょうと, で十八, とりかかったが, どうかする, どこへ, どんどん熱, ならあたし, ねだつて, ねて, はじまった, はじまった取調べ, はじまった演劇改良会, はじめて昔, はじめて雪, ひしめき集う大衆, ひとりで, ひとり籠もっ, ふきはじめた風, ふり出した雪, ほぼ半年, ぼつぼつ切開いた, ぼつぼつ始まつた, また毎日大阪, また街頭, まったく知れない, みられた, めいりこんで, めったに人通り, もうそろそろ秋, もうコゼット, もう昼間床, もう泳ぎ, もう電燈, ものすごい勢い, もみはじめた, やっぱりきのう, やんだ, ようやく収支, らいてうとか, わるいん, アドレッセンス中葉に対する, エセックス邸に, ジャーナリズムの, スミ子ちゃんは, ソヴェトでは, パチンコやっ, ヒューマニズムの, ブローニュの, プツリと, ボツボツ, ボツボツ準備, マアちゃんが, リザヴェータを, ロシヤ文学に, 一寸も, 一時ごろまで, 一時間ばかり, 七度五六分, 七時まで, 七時八時ごろまで, 三十年頃にわたる, 三時ごろの, 三条の, 不快にも, 不渡手形を, 世の中が, 中へは, 中央公論から, 九時ごろまで, 予定どおり出版企画が, 二三日図書館通いしよう, 二人で, 二十がらみの, 二十五六の, 五十の, 五時四十分ごろまでの, 京大坂に, 人が, 今日まで, 今日までの, 仕事しはじめました, 仕事にとりか, 以前よりも, 伊賀の, 休んで, 住んで, 何千語ある, 作者は, 係争中であった, 俄かに, 倉持と, 僕も, 兄さんが, 兄は, 入ったが, 八つぐれえ, 八時半ごろにかけて, 六十歳ごろまでに, 内地に, 内大臣さんが, 内面的危機を, 出かけたの, 出かけて, 出した町, 出たり, 出た原始人類, 出てや, 出来たこと, 出来たもの, 出鳴り, 初まった, 初まり右党, 別して足, 北町奉行所では, 十三年ごろまでは, 十二時すぎ迄で, 十時半ごろまで, 原子医学を, 又つけ, 又八, 又少し, 友人松根東洋城の, 双調を, 台州福州を, 吉野築城の, 唐船の, 喫煙室で, 噂に, 四五年の, 四時半までの, 国府津へ, 声を, 売って, 変わり種が, 夏にかけてが, 夕方近くまで, 夕食を, 多く廿年代, 夜中まで, 夜八時まで, 夜詣り, 夢でも, 夢想の, 大病を, 天然痘が, 太陽は, 女は, 始った, 始まったの, 始まった関係, 始めたらしく七月以前, 始めて, 子供を, 存在する, 孝子夫人は, 宮様の, 家にを, 宿を, 寄り道を, 寝るって, 察する, 尊氏の, 小やみを, 小屋を, 小此木先生へ, 小舟を, 小説で, 小雨とも, 小雨にな, 少し書く, 居たの, 山下の, 嵐山まで, 川の, 巾着ッ切の, 平山検事に, 年々か, 年々甲斐の, 店, 弁天さまへ, 引き籠って, 強い北風, 当地に, 当寺, 彼に, 彼は, 彼女と, 後は, 後醍醐に, 御異常, 御病気, 心に, 忍び忍びに, 思うと, 怱々に, 恋を, 恐ろしいあらし, 息子の, 悪いん, 悪くなっ, 意識的に, 慮外な, 戀仲にな, 持病の, 数十分間巣鴨三田間を, 文武の, 文芸に, 新七, 日本に, 日没前までの, 日課点の, 旦那様の, 早や, 明け方へ, 春の, 時々見た, 時々飲む, 普通でない, 晴れて, 暇を, 暗い日, 暮れがたまで, 暴風雨と, 書かれた数篇, 書き出す予定, 替って, 最近までの, 月を, 木挽町の, 本格的な, 来た, 東京へ, 東南アジア諸国で, 東海道の, 林の, 果して青年団, 正月にかけて, 殖えた新しい, 気を, 気色の, 江戸へ, 江戸中を, 流れ込んだもの, 浦子は, 海辺へ, 消化器障害が, 深い仲, 深川富岡門前の, 滑る, 熱心に, 熱海へ, 父の, 物怪に, 狂言の, 狐河の, 現われ始めた, 琵琶湖の, 用い始めたか, 田圃の, 田植の, 発展し, 発行される, 百五十年も, 益々萬葉調, 真夜中までの, 神経衰弱の, 私の, 秘かに, 稼ぎたくも, 積極的に, 空も, 突然に, 笛の, 粋な, 納豆を, 結婚までぐらいの, 翌朝八時までの, 聞かれなくなったか, 肉眼でも, 脊の, 腰が, 膃肭獣は, 芥川賞直木賞文芸懇話会賞等が, 菊人形を, 落ちはじめる桜, 葉子の, 著しく財政困難, 蓑笠を, 薩軍の, 蠣殻町に, 行の, 表札が, 見なれて, 見ると, 言っても, 話が, 読んで, 調子が, 足が, 足掛け十二年の, 身の上相談の, 軍用金押借りの, 較べると, 追いつく姿勢, 逆上の, 遊びを, 道楽の, 酸い物, 醸造り, 降りだしたと, 降り続けた小雨, 隣家に, 雨は, 雪国の, 静まりかけて, 非常に, 非転向, 食べはじめ三月, 飲み始めた, 魚市場が

▼ ごろ~ (364, 6.8%)

3 どうし, どこに, 半七さん, 半七ッ 2 きつと, どこか, どの辺, 何を, 彼らは, 東京の, 眼の, 石の, 雲と, 頭が

1 [332件] あそびに, あちらでは, あのむずかしい, あのろくでなし, あの外国人, あの子供, あの屋根, あの男, あの町角, あの荷方, あの親子, あの買った, あの青い, あんな高い, いずれも, いそがしさ, いること, おかしいほど, おそらくほくそ笑ん, おだぶつ, おのおの十五ばかり, おやじさんさぞ, おれを, お寺詣り, お手前より, お艶さん, かえる, かえれます, かえれるという, かたくなっ, かなりの, かの女狐, きっとどこ, きっと同じ, きっと天, きっと太平洋, きっと神様, きみと, きみは, けいりゃくが, けんか腰に, こうしたこと, こちらの, このおれ, このしめやか, この扉, こんなにコーヒー, こんな未練, こッぴどい目に, さぞたいへんな, さぞムニャムニャ, さぞ米連艦隊, さんざんに, ずいぶん保吉, ずっと歩けなかった, そうだろう, そのよう, その船, その部屋, その體, たしかに知れない, たぶん盛岡附近, だれにも, だれも, ちょうどお, ちょうど古, ちょうど良吉, てめえと, どういうよう, どうしてい, どこかの, どこへ, どこまで, どんなにやさしい, なんにも, ぬくぬくし, へたな, ぼくが, またあの, またドア, また笑い話, まだ昼, まだ毎晩, まだ汽車, まだ眠っ, まだ福井県, まったく疲れはてた, まぶしいほどに, まんまとおれ, もうこうえ, もうこの, もうだいぶ行っ, もうとっくに行っ, もうぬすん, もうメーター調べ, もう二階, もう伊豆, もう十人, もう号外, もう四つ, もう妙高, もう少し人間, もう海, もう消える, もう溜池署, もう溺死, もう王様, もう相模灘, もう腕, もう言葉, もう遠い, もう頭, もう飴チョコ, もっとたくさん, もっと体, もはや亡き, やすみいり, やはりこうした, やはり西日, やまがらは, よかった, わが家の, アメリカを, キット忘れ, クロを, コンクリートの, シヤトルの, セセラ笑った, ドクターに, ヒリッピンあたりで, ペテルブルグへ, ロンドンへ, 一と, 一人で, 一円五六十銭の, 三つの, 三十がらみとしか, 三十ばかり, 三十三四, 三十二三でも, 三十前後である, 三方子川の, 上野の, 不良少年に, 世界劇場の, 世界館の, 世間並みの, 丹塗の, 丹塗りの, 丹波の, 二ヵ月も, 二人で, 二人とも, 二十七八で, 二十二三, 二十五六小股の, 五体ばらばらに, 京都の, 人々が, 人喜ばす, 会ったかも, 伝統派が, 似て, 佐藤春夫悪人なりと, 何処かで, 何処を, 何十着に, 先王に, 先生に, 六十あまりやがて, 共産党かも, 兵隊墓に, 冷たい屍, 冷たい海底, 冷たくなっ, 冷たく固くなっ, 出にくい, 出張し, 北海道が, 北畠具行から, 十七八で, 十七八眼附も, 十八九で, 千隆寺の, 千鶴子の, 午前の, 半蔵も, 又, 吉原へでも, 同じ二十五六歳, 吠え面かい, 四十一二度二時三時でも, 四十六七やがて, 四年生の, 困って, 国家の, 国旗を, 土左衛門が, 地下で, 地球は, 壇ノ浦を, 多分一篇, 多分古い, 多分名張, 大疫病, 大阪朝日会館の, 奥州口を, 女中を, 奴凧みたいに, 子どもの, 安楽に, 定めし国, 定めし暗い, 定めし笑っとるだろう, 実直な, 家に, 富岡は, 寝入って, 寝床へ, 尋ねて, 小さな白骨, 小屋を, 小歌は, 小石を, 屍に, 山には, 山椒の, 山火事の, 山腹あたりで, 岩瀬から, 島の, 市場から, 帰って, 幾つぐらい, 廊下を, 弁当箱を, 彼の, 彼らの, 彼女たち三人と, 待ちど, 後の, 後伏見, 心を, 思いの, 戦争に, 手が, 手枷や, 折々に, 押入れでも, 推して知るべしである, 教室で, 敬四郎をど, 断頭台が, 新聞が, 日本は, 日本も, 暑い日, 暖かい花, 暗号を, 月の, 松山館の, 柏餅に, 桃の, 極楽の, 此処へ, 死んだかも, 汽車で, 汽車にも, 油売の, 泡を, 泰軒と, 深い山, 混雜してる, 淺蜊, 満洲里, 無事に, 父が, 父と, 猛虎の, 猫も, 王さまの, 生きた心持ち, 生きて, 生き埋めに, 田川の, 田植えを, 男に, 疲れて, 白の, 百号大の, 監獄にでも, 直ぐ許し, 眠るであろうと, 砂糖水が, 破産せんけり, 社殿で, 神さまに, 神様に, 神様の, 私の, 私は, 私達の, 絶望かと, 網代の, 縄目の, 胸を, 自分の, 芝居小屋も, 若い別嬪, 苦しんで, 藤の, 蚤や, 血眼に, 行徳の, 誠一も, 警察の, 豊隆が, 貴くて, 赤, 赤い舌, 遠路を, 酔っぱらって, 野を, 金の, 金吾さんは, 鍋を, 雪が, 顔立は, 風説にも, 高山の, 魚の, 鱶の

▼ ごろまで~ (197, 3.7%)

5 かかって 3 つづいた, 遊んで 2 坐って, 待って, 続いた, 辛抱し

1 [178件] あったと, あったの, ありましたか, いそいだ, いた工芸博物館, いた独逸人, いったいどこ, いつもなかなかざわつきます, いつも小屋, いつも決った, いて, いました, いや十二時過ぎ, いるでしょう, いる由, うろついて, おいでです, おきて, おもしろく話し, およそ二か月, お客さまが, お待ち下さる, お書き, お臥ッ, かかった, かかりますね, ぐっすりと, この岩室, これは, さかのぼって, しまつて置く, しゃべって, ずっと一人, ずるずるに, せっせと稼いだ, そのあたり一めん, そのままに, そのまんま, それを, ただ一言, たった一つネタ, だそう, だね, ちょっとした百姓, ちよん, つ, ついて, つづく東京近海もの, つづく騒々しい, であろう, でしたか, で中食, で応神, どこに, どこへ, どこを, なにかゴソゴソ書い, なにを, のりと汗に, ひきとめといたらいい, ひとりでも, ぼんやりし, むなしく月日, もんで, スルスルと, トントンと, ヒョコヒョコ庭先を, ヨーロッパにおける, 一人の, 一日約, 一服致し, 三人で, 三代鶴を, 三輪神社裏で, 二十年近くイギリスに, 京に, 仕事, 仰向きに, 休みです, 佐藤次郎の, 何も, 何處を, 作品発表を, 作家では, 作文に, 倉田家の, 初夏の, 勉強なさる, 勉強を, 原稿を, 名誉教授であった, 呼出しを, 国内戦の, 坐り込まれたの, 外は, 大川を, 大牢の, 存続し, 実習は, 家に, 寝ころんで, 寝た, 寝て, 寝ない日, 寝坊を, 居たこと, 居ました, 山伝いで, 常木家に, 床には, 店の, 待たされた, 待たされたこと, 待たなければ, 待ちぶせる危険, 待つうち, 徹夜の, 快晴の, 息をも, 戻らない, 探して, 文字どおりな, 日本では, 時間を, 普通で, 書いて, 書きつづけて, 書きつづけるの, 書きもの, 書物の, 机に, 来たとき, 某大学, 横濱村に, 歩いて, 泣きて, 浪宅に, 渡ったかと, 渡り切ったとき, 滞在の, 激しい吹き降り, 灯を, 熊本鎮台の, 独りで, 病室に, 百四五十回の, 盛んに, 目だけ, 相談した, 眠った, 眠って, 眠りつづけた, 私の, 私は, 絲満と, 続いて, 続きました, 膃肭獣どもの, 船に, 苦難な, 話し込んで, 語りあった, 警察に, 賑やかでした, 起きて, 遊びまわった, 遊んでると, 邸内を, 酒を, 鉱石の, 長々評議, 閂を, 雪が, 電燈が, 露店の, 露店を, 飲み歩いて, 騒いで

▼ ごろには~ (140, 2.6%)

2 ここへ, 舞台の

1 [136件] いつも新聞, うす物, お小休み, お庄, お着き, かえって来るでしょう, かの熱っぽい, かんしゃくを, きっと大分まし, このノーマ号, この先, この旅, この部屋, さっそく僕, すぐに, すつかり, すでに敗北, すでに美濃, すでに過去, そうした技法, そちらさまへ, その数, その細い, それらの, たいてい片づい, たつた一つ, だれも, とうとう雪, どういうつもり, どうやらヒダ, どこも, どの辺, なって, ほころび夕方, また東国, まだ菊池勢, もうたいがい, もう大江, もう失望, もう家, もう店, もう東山, もう枕, もう電燈, もっぱら少女, よその, イギリス軍は, ウドン屋で, モントルイュ・スュール・メールにおいて, モンフェルメイュの, ロンドン着の, 三百五十名に, 上つ, 上に, 予約の, 事の, 二人は, 京都の, 仕事に, 先生の, 全校の, 内裏の, 前方の, 加州金沢藩の, 受出し, 名も, 四十八年の, 国王の, 圓瓦の, 地雨に, 外に, 大森の, 妓王と, 妾宅へ, 寛斎は, 少なくとも五六十銭, 尾州の, 山川の, 左衛門町へ, 帰ったと, 帰って, 床の, 当家へ, 彼らの, 御所の, 戸部の, 戻って, 手に, 援兵が, 故障が, 断雲を, 新しいふとん, 新しい作品, 日は, 日本人は, 春一は, 昼飯を, 時を, 木更津へ, 本式に, 東京に, 果然戦, 桟まで, 気に入りの, 涙が, 清さんも, 焼けた, 用が, 用意成り, 田沼先生が, 病院も, 目白へ, 私達は, 空の, 立派な, 約束の, 総じて, 腰に, 膝を, 船から, 芸の, 芽を, 蜘蛛を, 親子二人の, 解散する, 言わるるよと, 諸君に, 赤間ヶ関消毒所という, 起きて, 遂に, 都を, 降りだして, 限界が, 雪の, 馬に, 駕籠で

▼ ごろ~ (125, 2.3%)

17 にし 14 にする 5 にした, になっ 4 ていた 3 ている, に, にしろ 2 にいたし, にされ, にされた, にしてやる, にせよ, になった, になる

1 [57件] があった, がだいきらい, がゆるされ, が降っ, だけはぜったい, てい, てゐた, てゐる, てゐれ, て苦しむ, という, として址, とする, となる, と思おう, なんかする, なんかできっこない, にいたしました, にかかった, にかかれ, にすべし, にすれ, にできましょう, になし, になせ, にならん, になりました, にはならない, にもできない, に出かけ, に刺殺し, に召使, に捨て去らん, に敵, に片づけ, に見, に見すて, に追いつめろ, に遭い, に遭っ, の将門, の得物, の惨, の新聞記事, の現場, はきらい, はしない, は午前三時, をさせた, をする, を企てる, を加え, を恋, を計った, 下手人は, 兇状はな, 血みどろ一寸だ

▼ ごろ~ (86, 1.6%)

7 あつた 3 ござりました 2 あつたらう, ござりましたろう, さア, しよう, 銀子も

1 [66件] あたりは, あらう閉門, いいです, かけた, かるい粉雪, ござりまし, すべては, せうが, せう彼女, そういう大, その日, それを, たいがいの, たいてい蒼白め, だからふと, と甲斐, はある, はあるまい, はそれ, はない, は将来, は少し, は肉体的, は自分, は顔つき, ますます太る, もうすこしうすらさむい, もう東, もとは, よく気, わたしたちは, 一人ぼっちいなかへ, 三月と, 下町育ちの, 以前の, 偉大なる, 冬ながら, 大気は, 婦人なら, 容易に, 寒そう, 小熊秀雄さんを, 島崎の, 庸三の, 彼だけ, 月と, 木綿帯は, 浜は, 父の, 男の, 町道場へ, 程なく昼, 空が, 終了し, 経た生活感情, 薄暮の, 表向きは, 視て, 親の, 諸事終っ, 野の, 雨の, 額に, 顔つき格向も, 食べものと, 高等な

▼ ごろ~ (68, 1.3%)

8 と横 4 と仰向け 3 ところがっ 2 と寝, なって

1 [49件] して, と, とあおむけ, とうしろ, ところがった, ところがる, ところげた, とし, とした, としてゐる, とその, とながく, とひとつ, とやっ, と一つ, と一人, と一転, と下, と並木, と体当り, と動いた, と動く, と地面, と寝ころがっ, と寝ころがり, と寝ころべ, と寝ころん, と寝ころんだ, と寝た, と寝転ん, と寢, と扉, と手枕, と枕, と横臥, と石段, と肱, と肱枕, と落ち, と転がっ, と転がる, と転げる, と順に, 下へ, 寝て, 棒で, 棒などに, 棒の, 棒剣術好きの

▼ ごろまでは~ (51, 1.0%)

2 ゐるの, 何事も

1 [47件] お客を, こっちに, この殺人事件, じぶん, じッ, その母, たしかにこの, どうやら米, まず中, まだこれら, まま女, まア会社, ゆっくり骨, サト子は, 一番楽な, 九州種子島方面から, 九頭大明神と, 乞食部落とまで, 二合一勺だの, 何一つ入れてない, 其筆に, 国民教養第, 大鹽平八郎, 寝ずに, 帰らぬはず, 強盗し, 待合の, 扉の, 日の, 早くても, 村の, 来たが, 柳生谷や, 樹蔭の, 武夫の, 武州小金井に, 江戸の, 皮膚の, 稀に, 続いて, 西風そこで, 見た人, 調理場に, 調理場へ, 遊んで, 馬で, 鶴御

▼ ごろ~ (51, 1.0%)

2 そのまた, 人相も, 童男の

1 [45件] あの小僧さん, うべこそ, きては, しぼつては, しめるも, たかき小, たちかへて, で小僧ども, また唐衣, また来る, よく似, オレが, オレは, 丁度おなじ, 丁度同様, 五たり, 匂ふ, 十七八で, 十五六の, 取りかくし天, 合う, 君が, 土用干しせぬ, 夕羽振り消え, 女の, 対くらゐ, 手袋がんじき橇橇橇, 日も, 汝が, 狐の, 白の, 真土の, 着れば, 祇園の, 竝み帰り, 篋に, 肩の, 葎茂れる, 裾長く, 見えつつ, 見えられたが, 買って, 近づくなべ, 返す返すも, 靡けたる

▼ ごろ~ (48, 0.9%)

3 思うが 2 なると

1 [43件] いい人相, いい家柄, いうと, いうに, いえば, いひ国訛り, くっついたの, くらべ人生, されて, すれば, その日一日, なく彼, なった, なって, なつて, なります, なり三年, なるに, なれば, やって来るの, 云う奥さん, 午前十時ごろ干潮が, 午後の, 同じに, 同じよう, 夜は, 思います, 思われた, 思われる, 思われるとき, 思われる谷川沿い, 決したが, 畳を, 結婚の, 考えて, 覚しい欄干, 言いますと, 記憶し, 転がって, 転ぶ, 遊んで, 雷が, 鳴るか

▼ ごろ~ (39, 0.7%)

63 という 2 え, そうです, わ

1 [24件] おらの, からあそこ, からめった, から他, から月, から焼いてる, から相応, か今, か私, が男, しかしまだ, っけかちょうど, つたと, つたのか, ということ, というわけ, とか皆さん, とすれ, と思う, と答, と苺, と言, と言われる, なと気が付く

▼ ごろ~ (38, 0.7%)

2 を献納

1 [36件] がいよいよ, がこんど献納, ができた, がはたして, だってお, でできた, という名前, といっちまった, と呼ぶ, と深い, と目, にあわし, にお, についてのおもいで, になった, に別れ, の出征, の前, の方, はあった, はひとまず, は僕たち, は出発, は深谷, は鐘, もあの, もきっと, をおろす, をずいぶん, をつく, をめぐって土塀, を吊りあげる, を拝ん, を撫で, を最後, を送っ

▼ ごろ~ (35, 0.7%)

2 のだ, のです, んだ

1 [29件] お托, ことばであった, ご希望, のが, のでしょう, ので水, のに, のにその, のにまったく, のに無邪気, んだつ, んだろう, 仲であった, 別を, 崇仏の, 御あいさつ, 御弔使, 御言葉, 御諚で, 念仏法門の, 情意を, 所と, 肉体そのものが, 自分の, 調子で, 談合わしとて, 関係の, 陣見舞いを, 願ひ

▼ ごろだった~ (32, 0.6%)

32 かな

1 [27件] か, かしら, かちょうど, かなあ, かなどについて訊問, かはっきり, から, から売女, か作家, か公判, か古河, か降っ, がその, が両親, が夕方四時, が部落, そうで, そうである, という, と思います, なア, ので眠りたらず, のも, 二階で, 伸子は, 多計代, 頃には

▼ ごろうじ~ (30, 0.6%)

10 ませ 4 なさりませ 2 ませそれ

1 [14件] てあれ, て下せい, ませい, ませいあすこ, ませいな, ませお, ませこちら, ませとか, ませ千枚分銅, ませ天樹院様, ませ手軽う, る, 読んで, 遊ばしましたらお

▼ ごろでした~ (29, 0.5%)

42 かお, かね

1 [21件] かしらん, かなア, かネ, か壁, か大鹿君, か私, か鮎, がその, がね, がドミトリイ・フョードロヴィッチ, が千章館, が篠崎君, さ, つけ, な, ね, もう床, よ, よって最初, よふい, わ

▼ ごろごろ~ (27, 0.5%)

11 して

1 [16件] いう音, うなって, が治らない, ころがって, として烟, とその, と畳, と転がっ, と転ぶ, と遊ん, と鳴る, ばかりし, 寝ころんで, 寝てばかり, 寝転んで, 鳴いて

▼ ごろです~ (27, 0.5%)

102 がその

1 [15件] から, からな, からねえ今, から銀座, が, がある, がさびしいやしき, がね, が赤レンガ, しね, そして風邪, なア, ね, よそこ, 表には

▼ ごろ~ (27, 0.5%)

11 横に 2 ごろり, よ

1 [12件] こちらへ, ごろりとまわし, ごろりとやっ, ごろりと横, ごろりと魚, そのまま横, っと海禪坊主横, 一寸寝る, 夜具の, 横にも, 轉が, 轉がる

▼ ごろ~ (26, 0.5%)

1 [26件] がこの, が勝手, が御, が毎日議会, が現場調査, が若い, が行く, が食堂, のお, はいつも, はちょうど, はひさしぶり, はカバン, は事務所, は人力車, は作家, は寝, は寝床, は急, は教科書, は新橋駅, は旧, は本, は死にましょう, は死にませう, も小西

▼ ごろ~ (25, 0.5%)

2 帰りでございましょう

1 [23件] つかれの, でかけでした, ひまに, 会いに, 伺いする, 帰り, 帰りでした, 帰りです, 帰りに, 帰りにな, 庄は, 庭の, 手が, 昼飯を, 正さんを, 濠ばた, 着きに, 着替えを, 米が, 葉の, 近くまで, 邪魔しまし, 部屋へ

▼ ごろであった~ (25, 0.5%)

4 と思う 2 かと思う

1 [19件] かそんな, かははっきり, かは解らない, からすこし, かを詳, か七ツ道具, か夥しゅう, か思い出せない, がかれ, がその, がどんより, が不意, が彼女, が矢, が私, ことが, ことを, しおそく, という

▼ ごろからの~ (22, 0.4%)

3 ことである

1 [19件] いいならわしか, ことだった, ことだったろう, ことで, ことであった, ことであります, ことです, 事だ, 夢や, 夫婦喧嘩に, 家系や, 店であった, 御前の, 流行で, 生き残り爺さんが, 知人, 習慣です, 話であった, 馴染みだった

▼ ごろまでに~ (22, 0.4%)

1 [22件] おくられた消息, かえり早, それなる, それを, みなさま御, みなぶち, 一乗寺村まで, 一応社会, 世話に, 兄より, 出来るんだい, 埒が, 小さなスケッチ板, 尾花川の, 届くよう, 川越の, 帰れば, 書かれたもの, 根津権現の, 濟まし, 病院へ, 自身当

▼ ごろにな~ (20, 0.4%)

2 つて, つてどこからとも

1 [16件] つてか, つてぐつと噴きあげる, つてなつかしく, つては, つても, つてやいやい, つてわかる, つて加野さんが, つて効い, つて太陽の, つて尋ね, つて涙が, つて私は, つて立てつづけ, つて身を, つて青い

▼ ごろ~ (20, 0.4%)

1 [20件] いたずらに羞, きわめたいぢ, すみし所, はかり丁と, ひらくと, もうよほど過ぎ, もって, よしと, 中心に, 危機の, 境として, 往来の, 待ちすまし急, 思い出すと, 明確と, 測り丁ッ, 見はからって, 転機として, 避ければ, 開き表紙

▼ ごろこの~ (19, 0.4%)

2 小社会, 小社會で

1 [15件] へんに, へんへ, ように, サ, 二幽, 奥庭で, 小説の, 時も, 暴風雨に, 片が, 玄蕃の, 立慶河岸を, 辺りに, 近所の, 部屋へ

▼ ごろ帰っ~ (19, 0.4%)

3 てくる, て来た 2 てきた, て来 1 ていい, ていった, てき, てこの, てゆき, て来よう, て来られる, て来る, て行か

▼ ごろにも~ (16, 0.3%)

3 達して 2 なって, なれば 1 このお母さん, なったが, なると, のしたまえば, 南風楼へ, 登つた, 盛んだった, 連日の, 鳴く

▼ ごろまでの~ (16, 0.3%)

2 間に

1 [14件] あいだに, かせぎであった, ひと区切り, アリバイは, 世の中は, 作品を, 出来事を, 布地なども, 御陵が, 猛烈な, 町の, 間であろう, 間と, 間毎朝毎夜こぶし大の

▼ ごろっと~ (15, 0.3%)

1 [15件] いくぞ, ころがしたの, した石, その場, なったらうと, ねころんだり, 仰向きに, 壁際に, 寝が, 後頭部へ, 横に, 石が, 藁に, 転がって, 転がる上

▼ ごろからは~ (14, 0.3%)

2 その若干

1 [12件] すでに書いた, はっきりと, ロシア語とともに, 世界じゅうで, 九段戒厳司令部の, 否みよう, 和歌や, 夜の, 寝ついて, 小隊を, 廊下に, 雨は

▼ ごろ~ (14, 0.3%)

1 [14件] あつまって, あの銭湯, いいかという, いいの, いいので, 一ばんいそがしい, 一番どう, 三つあります, 同じくらい, 年々最悪の, 治らないうち, 私と, 私の, 第三次大戦

▼ ごろより~ (14, 0.3%)

1 [14件] にわかに小石, 五時ごろまで, 他の, 午前二時ごろまで, 吹きはじめ五時ごろ, 四時ごろまで, 始めて, 患い出したかという, 数人の, 日輪の, 石火矢数百挺打ち放し, 神戸へ, 立ち出で, 饑渇を

▼ ごろうじろ~ (13, 0.2%)

1 [13件] あの山, こういうワケ, この木曾, この紅葉, この通り天, たとえ一箇, とても上り下り, とんだ, なんて, なんて久しく, やっぱり大黒さま, 忽ち江戸, 生きちゃあ

▼ ごろその~ (13, 0.2%)

2 大い

1 [11件] 一部を, 夫人の, 妹の, 妻を, 家へ, 建物を, 温泉へ, 湯浅勢を, 碑を, 蝋燭の, 触れを

▼ ごろまでも~ (13, 0.2%)

1 [13件] ぶっ通し, キャッキャッと, 京都の, 勉強し, 寝て, 帝の, 眠りに, 続くパリ, 續く, 表の, 見違えるくらい, 話し込んだ, 起きて

▼ ごろ~ (13, 0.2%)

1 [13件] がラズモル, が帰宅, の友人, の睡眠, はきまって, はすでに, は一人, は品川方面, は四〇〇〇フラン, は国境, は支配人, は起き上がっ, は階段

▼ ごろでも~ (12, 0.2%)

1 [12件] あったの, あらうすぐ, ありましたろうか, あろうか, あッた, きっと似合う, すっかりは, なさそう, 味が, 帽子を, 草双紙は, 薄いリボン

▼ ごろでしょう~ (11, 0.2%)

41 かな, かね, かネ, か昼間, な, ね, ねえ

▼ ごろという~ (11, 0.2%)

2 ことに 1 ある日, ことは, ご予定, のに, ような, 一つの, 今の, 考え方は, 鐘師が

▼ ごろどこ~ (11, 0.2%)

1 [11件] かの小さな, かの島, かへ消え, からか石炭, から這入っ, にいる, にどうして, に何, へ, へお, へ行った

▼ ごろ~ (10, 0.2%)

1 もっとおくれ, もつと, わからないが, わからなかつた, 何か, 何かと, 分らないが, 夜半には, 正しいこと, 水平線の

▼ ごろ~ (10, 0.2%)

2 へ帰る, を出 1 へかえりました, へかえる, へ帰っ, へ戻っ, をで, を出た

▼ ごろもの~ (9, 0.2%)

1 うらもなく, 山姫の, 松は, 氷の, 群れのぼり, 袖乞ひ祷, 褐の, 観音さま濡れ仏にて, 觀音さま濡れ佛にて

▼ ごろお母さん~ (8, 0.1%)

3 はどうして 2 はどう 1 から九月三日, がおいしい, はいっしょう

▼ ごろここ~ (8, 0.1%)

2 へやってきた 1 に居らっしゃる, の社殿, の食店, へ宿所入り, へ廻っ, へ押しかけ

▼ ごろこんな~ (8, 0.1%)

2 ところに 1 お寺の, ことを, ところへ, ものを, 所に, 花やかな

▼ ごろどう~ (8, 0.1%)

2 してるべなあ 1 したの, したん, して, しましたか, なされたか, 思って

▼ ごろまでには~ (8, 0.1%)

1 しょっぴいて, もう一度関東, 友愛塾に, 大抵溶け, 完全に, 後れて, 朝の, 返すからと

▼ ごろかと~ (7, 0.1%)

3 思います 1 いうに, 思い顔, 思うが, 思われる

▼ ごろからか~ (7, 0.1%)

1 あのそれ, 一人の, 持ち始めて, 知らないが, 禁酒同様に, 釣殿専門に, 隠し神の

▼ ごろそんな~ (7, 0.1%)

3 ことを 1 ところを, 商売を, 話を, 音させ

▼ ごろなら~ (7, 0.1%)

2 ば涼しい 1 ば奴ら, ば氷花, む茶の, 一ノ俣に, 衣紋竹に

▼ ごろなる~ (7, 0.1%)

1 が私方, この意見, にめで, のさ, よりかく, を先, 裁判

▼ ごろにゃん~ (7, 0.1%)

3 ごろに 2 ごろにゃん 1 ごろにゃ, のどを

▼ ごろ~ (7, 0.1%)

2 草に 1 人相や, 父と, 老の, 顔だちで, 風俗が

▼ ごろんごろん~ (7, 0.1%)

1 ところがっ, とした, としてゐる, と体当り, と落ち, と転がる, と転げる

▼ ごろ一人~ (7, 0.1%)

2 の男 1 の女, の将軍, の若い, の農夫, はいっ

▼ ごろ日本~ (7, 0.1%)

1 で云え, におけるアイヌ民族, に翻訳, の人民的, の旅客機, へ帰っ, へ帰る

▼ ごろあの~ (6, 0.1%)

1 ひどい濃霧, 乞食は, 子どもたちは, 方きっと, 方は, 紳士は

▼ ごろじゃ~ (6, 0.1%)

2 ないかな 1 ないか, なかったか, ねえかよ, アありませんでした

▼ ごろそこ~ (6, 0.1%)

1 にいる, にゐる, の敵, へ着いた, を出た, を辞し

▼ ごろだろう~ (6, 0.1%)

1 か, か知ら, これは, とし, と思っ, と考察

▼ ごろつと~ (6, 0.1%)

2 轉が 1 ねころんだならば, やられる, 寢て, 横にな

▼ ごろどうして~ (6, 0.1%)

2 こんなところ, できたの 1 ゐるの, 来たの

▼ ごろまた~ (6, 0.1%)

1 ああいった, お伺い致します, 伸子と, 斧四郎旦那や, 起きた, 高畑の

▼ ごろ東京~ (6, 0.1%)

1 にかえった, にインフルエンザ病, の真ん中, の芝居, へ行く, へ越す

▼ ごろ~ (6, 0.1%)

2 が覚めた 1 にたつ, に立つ, を覚した, を覚ました

▼ ごろ電話~ (6, 0.1%)

2 がかかっ, をかけ 1 したの, で輝

▼ ごろ~ (5, 0.1%)

1 が彼女, という鐘師, 虫が, 虫と, 虫の

▼ ごろすけ~ (5, 0.1%)

1 がき, ほうほう, ほうほうごろすけ, 一, 二

▼ ごろ~ (5, 0.1%)

4 ちゃらし 1 ごろっと

▼ ごろであったろう~ (5, 0.1%)

31 か病人, か私

▼ ごろであり~ (5, 0.1%)

1 これまでに, どこか, ながらただ, 五つだった, 彼の

▼ ごろまだ~ (5, 0.1%)

1 この家, てんてこまいで, 二十六七歳の, 営業してる, 自意識の

▼ ごろもう~ (5, 0.1%)

1 ホテルに, 店を, 最後に, 遅いわい, 鱶の

▼ ごろもを~ (5, 0.1%)

1 かたにかけ, つけた番人, 召され, 無雑作, 着た

▼ ごろやっと~ (5, 0.1%)

1 そんな当然, パンが, ホテルを, 床へ, 日が

▼ ごろよく~ (5, 0.1%)

1 ひきつけて, 候べく, 具しつる人々, 建てられて, 雪ね

▼ ごろ再び~ (5, 0.1%)

1 トラックに, 散歩, 白いつるバラ, 訪ねて, 霧が

▼ ごろ~ (5, 0.1%)

1 によばれ, に帰っ, に廃刊, に思い立った, に身震い

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 で遊ん, は少し, 用には, 盤の

▼ ごろそれ~ (4, 0.1%)

1 がし, とおなじ, に気づいた, も僅か

▼ ごろである~ (4, 0.1%)

1 がおそらくは, がなかなか, が小さい, 初めて書いた

▼ ごろどの~ (4, 0.1%)

2 辺を 1 あたりを, 時分もう

▼ ごろどんなに~ (4, 0.1%)

1 なって, ひとりで, 不安に, 驚いて

▼ ごろなお~ (4, 0.1%)

1 ことばの, 使いを, 宥り, 文である

▼ ごろにでも~ (4, 0.1%)

1 いらし, なれば, 立つかも, 覚えは

▼ ごろわたし~ (4, 0.1%)

1 の一家, はかわいい, は人力車, は突然

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 のい, のいふ, の影, の気配

▼ ごろ付い~ (4, 0.1%)

3 ている 1 て居ります

▼ ごろ伸子~ (4, 0.1%)

2 と素子 1 が外出, のところ

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 かのきっかけ, もする, をくつくつ, を食べ

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 によって伸子, のとなり, の山木元吉, の島

▼ ごろ其処~ (4, 0.1%)

1 の人口, を出た, を辞した, を辞去

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 ていらっしゃいます, てった, て行っ, 來た

▼ ごろ出かけ~ (4, 0.1%)

1 ていつごろ, て五時半ごろ, て日比谷, て目白

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 お目にかかりに, 一寸かえって来る, 書きます, 行った筈

▼ ごろ子供~ (4, 0.1%)

1 がいなくなった, はあらし, は墓, を描いた

▼ ごろ学校~ (4, 0.1%)

2 から帰る 1 へ行っ, を卒業

▼ ごろ帰る~ (4, 0.1%)

1 か判らない, か判らねえ, んだろう, 予定です

▼ ごろ帰宅~ (4, 0.1%)

1 いたしまして, した, したわけ, すれば

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

1 帰京に, 発足でございます, 結婚です, 都合が

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

4 にした

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

3 をさまし 1 を覚した

▼ ごろ自分~ (4, 0.1%)

1 が尋ね, と一しょ, のおもっ, の部屋

▼ ごろ~ (4, 0.1%)

2 啼き続けて 1 はた, 上野に

▼ ごろあんな~ (3, 0.1%)

2 崖の 1 ことで

▼ ごろいい~ (3, 0.1%)

1 声で, 捨ておきし句, 気持ちで

▼ ごろいつも~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 の通り露月

▼ ごろいよいよ~ (3, 0.1%)

2 高し 1 国境に

▼ ごろうじろ月二十両~ (3, 0.1%)

3 ずつ稼い

▼ ごろかえって~ (3, 0.1%)

2 来る由 1 来たら

▼ ごろこれ~ (3, 0.1%)

1 が三社前, が載る, へ着いた

▼ ごろさん~ (3, 0.1%)

1 と以来, と呼ん, の話

▼ ごろだったろう~ (3, 0.1%)

21 と思います

▼ ごろだれ~ (3, 0.1%)

1 が二階, だろうか, もこの

▼ ごろちょっと~ (3, 0.1%)

1 姿を, 日本に, 稽古を

▼ ごろにわかに~ (3, 0.1%)

1 三挺の, 狂暴な, 薄暗くなり

▼ ごろねを~ (3, 0.1%)

1 した, して, し私たち

▼ ごろひどく~ (3, 0.1%)

1 ひえびえする, 憔れ, 評判の

▼ ごろまでが~ (3, 0.1%)

1 一番油の, 智力の, 青年組それから

▼ ごろようやく~ (3, 0.1%)

1 会見の, 目が, 見破るとは

▼ ごろんごろ~ (3, 0.1%)

1 んし, ん下, ん寝

▼ ごろキャラコさん~ (3, 0.1%)

1 が山小屋, と茜さん, は雪ヶ谷

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

1 お松さんが, は亡き, 入港した

▼ ごろ付き~ (3, 0.1%)

1 あるいて, のよう, 歩いて

▼ ごろ何者~ (3, 0.1%)

1 かによって誘拐, かに誘拐, かのため

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

1 はやつ, は公用, は定夫君

▼ ごろ出かけた~ (3, 0.1%)

1 かね, のだ, んだい

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

2 をし 1 であるの

▼ ごろ小屋~ (3, 0.1%)

1 へ戻っ, へ戻る, を出た

▼ ごろ戻っ~ (3, 0.1%)

1 てき, てくる, て何

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

1 てくれる, てちやうだい, てみる

▼ ごろ来る~ (3, 0.1%)

1 のか, ような, ようにと

▼ ごろ気がついた~ (3, 0.1%)

21 が日野管長

▼ ごろ発表~ (3, 0.1%)

1 された, された宮本, した談話

▼ ごろ着く~ (3, 0.1%)

1 にはよほど, んでしょう, 汽車と

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

1 が晴れた, にはお, のまま

▼ ごろ突然~ (3, 0.1%)

1 あたしの, 巌乗な, 須山家から

▼ ごろ裏門~ (3, 0.1%)

1 から出, のところ, の番

▼ ごろ起き~ (3, 0.1%)

1 てチャン, て二階, て家

▼ ごろ退院~ (3, 0.1%)

1 するでしょう, です, と思っ

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

2 は歩けない 1 で会っ

▼ ごろ遠く~ (3, 0.1%)

1 から小さな, から蚊, で雷

▼ ごろ~ (3, 0.1%)

1 をきっちり, を七三, を結い

▼ ごろあかし春~ (2, 0.0%)

2 もいぬらむ

▼ ごろあっし~ (2, 0.0%)

1 が夜網, のところ

▼ ごろある~ (2, 0.0%)

1 グラフ雑誌から, 有名な

▼ ごろうじろそれ~ (2, 0.0%)

1 こそ本当に, こそ親子

▼ ごろうち~ (2, 0.0%)

1 に来る, へ帰っ

▼ ごろおい~ (2, 0.0%)

1 でください, で下さい

▼ ごろかえったら~ (2, 0.0%)

1 あなたからの, 咲枝が

▼ ごろかえります~ (2, 0.0%)

1 いよいよ, うちに

▼ ごろかれ~ (2, 0.0%)

1 はタッジオ, は中食

▼ ごろこちら~ (2, 0.0%)

1 へお, へおいで

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 出発です, 神縄にかけて

▼ ごろすなわち~ (2, 0.0%)

1 爆発から, 被爆後第

▼ ごろする~ (2, 0.0%)

1 な誰, のも

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 みころ, みごつ

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 石の, 石坂で

▼ ごろだつた~ (2, 0.0%)

1 かね, ね

▼ ごろだつたらう~ (2, 0.0%)

1 が白い, 何もかもかたづいた

▼ ごろっこ~ (2, 0.0%)

1 じゃ百姓, 頭が

▼ ごろついに~ (2, 0.0%)

1 兵太郎君が, 街路に

▼ ごろつき~ (2, 0.0%)

1 となっ, バスの

▼ ごろであっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て明治時代

▼ ごろであろう~ (2, 0.0%)

1 か一大音響, か髪

▼ ごろでない~ (2, 0.0%)

1 とでき上りません, と出来ない

▼ ごろでなく~ (2, 0.0%)

1 ては出勤, ては帰れない

▼ ごろでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば帰らぬ, ば見ない

▼ ごろとの~ (2, 0.0%)

1 あいだに, ことです

▼ ごろとは~ (2, 0.0%)

1 いえ始終, 非常に

▼ ごろどんな~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 道楽息子に

▼ ごろならず~ (2, 0.0%)

2 月夜きびしき

▼ ごろなん~ (2, 0.0%)

1 だろうな, の用事

▼ ごろなんの用~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ごろにしか~ (2, 0.0%)

1 しごくていねい, 達せられない一方

▼ ごろにと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼと帰路, 宮へ

▼ ごろはっきり~ (2, 0.0%)

1 した反, 其が

▼ ごろひとり~ (2, 0.0%)

1 の少年, の百姓女

▼ ごろふと~ (2, 0.0%)

1 東京で, 目が

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 かけて, 目を

▼ ごろほど~ (2, 0.0%)

1 世の中が, 寂莫し

▼ ごろもう一度~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 行って

▼ ごろもかへ~ (2, 0.0%)

1 し賜らめ, すを

▼ ごろもと~ (2, 0.0%)

1 言うたは, 言ふ

▼ ごろよりは~ (2, 0.0%)

1 又一段腰, 如何にも春

▼ ごろらしい~ (2, 0.0%)

1 がその, わ

▼ ごろわが~ (2, 0.0%)

1 兄の, 病室の

▼ ごろんと~ (2, 0.0%)

1 因果な, 音が

▼ ごろアイビキ~ (2, 0.0%)

1 にでかけた, にでた

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 と向う, と寝

▼ ごろロンドン~ (2, 0.0%)

1 で創刊, で趣味

▼ ごろ一つ~ (2, 0.0%)

1 の変転, の立札

▼ ごろ一度~ (2, 0.0%)

1 元気な, 戻って

▼ ごろ三十二三~ (2, 0.0%)

1 の盛装, やはり普通

▼ ごろ三番町~ (2, 0.0%)

2 から中

▼ ごろ二十二三~ (2, 0.0%)

1 で顔, の色

▼ ごろ二十四五~ (2, 0.0%)

1 なるべく, の色

▼ ごろ二階~ (2, 0.0%)

1 に上っ, へ寝

▼ ごろ会場~ (2, 0.0%)

1 の前, は

▼ ごろ佐竹~ (2, 0.0%)

1 が來, が来た

▼ ごろ先生~ (2, 0.0%)

1 から社, は大野先生

▼ ごろ内証~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ ごろ出発~ (2, 0.0%)

1 しとうございます, だ

▼ ごろ同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 場所を

▼ ごろ咲く~ (2, 0.0%)

1 の, のです

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 なる障碍, クレーンの

▼ ごろ好き~ (2, 0.0%)

1 なお客さん, な笛

▼ ごろ家出~ (2, 0.0%)

1 させ墓地, しましたか

▼ ごろ宿~ (2, 0.0%)

1 に帰った, をたっ

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 ころんで, をし

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 てばかりい, て三時ごろ

▼ ごろ寿江子~ (2, 0.0%)

1 が上ります, が駅

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 にのぼる, を下る

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 つたが, つて

▼ ごろ帰った~ (2, 0.0%)

1 が私, と返事

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 に入っ, に入り

▼ ごろ彼ら~ (2, 0.0%)

1 が通る, は二人きりいっしょ

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 る人, る女

▼ ごろ拙宅~ (2, 0.0%)

1 でお目にかかりましょう, へお

▼ ごろ支払い~ (2, 0.0%)

1 の分, をすませ

▼ ごろ散歩~ (2, 0.0%)

1 からお, にでた

▼ ごろ文体編輯~ (2, 0.0%)

2 の北原武夫

▼ ごろ書かれた~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 にする, になる

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 のお, の方

▼ ごろ横浜~ (2, 0.0%)

1 の山手, の興行師

▼ ごろ死んだ~ (2, 0.0%)

1 ということ, ラリーサ・レイスネルが

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 は使, は夜中

▼ ごろ汽車~ (2, 0.0%)

1 がモスクワ, は山間

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

2 に立ち

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, に連れられ

▼ ごろ田舎~ (2, 0.0%)

1 から出, へのおみやげ

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 と女, を相手

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 なる某, を出発

▼ ごろ看守~ (2, 0.0%)

1 の男, の詰所

▼ ごろ神戸~ (2, 0.0%)

1 を出た, を出帆

▼ ごろ立っ~ (2, 0.0%)

1 てそちら, て部屋

▼ ごろ罹災証明~ (2, 0.0%)

1 がもらえ, がもらえる

▼ ごろ自動車~ (2, 0.0%)

1 が来, を

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 があつ, を咲い

▼ ごろ茶屋~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, へ戻り

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 が鳴く, の音

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, にくる

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 か階段, によって創成

▼ ごろ講ずる~ (2, 0.0%)

2 ことの

▼ ごろ警察~ (2, 0.0%)

1 へと, へ挙げられた

▼ ごろ迄に~ (2, 0.0%)

1 本に, 生活は

▼ ごろ退屈~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ごろ野原さん~ (2, 0.0%)

1 が見える, を先頭

▼ ごろ鉱泉宿~ (2, 0.0%)

1 へつき, へでかけよう

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 が降っ, の中

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

2 は蒸し

▼ ごろ馬車~ (2, 0.0%)

1 でグレーヴ, の先

▼ ごろ~ (2, 0.0%)

1 やへ行っ, をとり

▼1* [1066件]

ごろせっせと流れ, ごろあかりもきゆる, ごろあすこを通った, ごろあす正午重大放送がある, ごろあそこへ来, ごろあたしが外, ごろあたりがしんと, ごろあちこちから噂, ごろあちらでなさいます, ごろあなたはどこ, ごろあなた方はこちら, ごろあれはアメリカ, ごろあわせじゃない, ごろあんなに尊重してらした, ごろあんのじょう青銅の, ごろあッしが, ごろいう音や, ごろいくらくやしがっ, ごろいずれも泥, ごろいそいで十五分間, ごろいったん会社へ, ごろいつたいチップが, ごろいらつしやいませ, ごろうじましな, ごろうじろお前はお前, ごろうじろわれ金をもっ, ごろうじろテレカラフの針, ごろうじろトテも親孝行, ごろうじろ一部にはなかなか, ごろうじろ共喰いの, ごろうじろ弁天さまのお, ごろうじろ軽井沢の伝, ごろうじろ道庵だって考え, ごろうじ骨はわしたち, ごろうちの人がみんな寝室, ごろうつらうつらして, ごろうなってゐる, ごろうろついている, ごろおきて三時頃, ごろおくれた朝の, ごろおこったところで, ごろおじいさんはどこ, ごろおだいじにと, ごろおちついた木谷博士が, ごろおまえの隙, ごろおまえさんはなに, ごろおみおつけとパン, ごろおめにかかれることに, ごろおりて行っ, ごろお作りになつ, ごろお出ましになります, ごろお前さんが夜網, ごろお姫さまはどう, ごろお父さんはお家, ごろお目にかかりにゆきたい, ごろお茶づけの, ごろお隣の女中さん, ごろかえり玄関に, ごろかえるかしらとそれ, ごろかえるでしょうおし迫っ, ごろかえれるだろうという話, ごろかえろうと思います, ごろかかって唯, ごろかけてあった, ごろかしらずっと不景気, ごろかしらんもう三時, ごろかなア, ごろかなり湖水近く, ごろかに彼女の, ごろからでせうか, ごろからと思いますが, ごろからという確な, ごろからともなく笛, ごろかわいかわいと撫で, ごろかんかんだぞ, ごろきっとひじょうな意気ごみで, ごろきまって変な, ごろきみがわるいわね誰, ごろこういうふうに, ごろこうしたことが, ごろこそわからぬいずれ, ごろこちら〇時三十分というの, ごろころがっているらしく, ごろごろごろごろーンと方途, ごろごろごろーンと方途, ごろごろごろ遠くで雷, ごろごろーンと方途, ごろごろ云ふ, ごろごろ寐ころんで, ごろごろ遠くで雷, ごろにさえもろく, ごろさし入れだけにでもゆく, ごろさすがの電光, ごろさんざん鴨を, ごろさん持ちで事, ごろした事は, ごろしの目に遭った, ごろしみてえ, ごろま, ごろすこし熱っぽい生理的, ごろずっと切迫した, ごろせんだってのみつば, ごろそうして子どもたちの, ごろそこで人殺しが, ごろそして日に, ごろそちらに立つ, ごろそっと鶴子の, ごろそれから正月に, ごろたたって参った, ごろただならぬ空気が, ごろたった二三日この, ごろだいすきな星, ごろだした手紙を, ごろだしたやろな, ごろだしぬけにいったい, ごろだっただろうか, ごろだったでしょうか, ごろだったらこの人, ごろちよつと病氣, ごろってきまってまさア, ごろつきあいしすえわが, ごろつきますか, ごろつくまでの生活環境, ごろつくづくと考えさせられた, ごろつてものは執念, ごろつみ出させひるすぎ出かけ, ごろてっちゃん, ごろてっとりばやく書かなくて, ごろでありましてチーズ製造人ら, ごろできていつごろ, ごろでございましょうか江戸, ごろでござんしたのでだんだん, ごろでしたでしょうから鹿, ごろでしたらあなたは, ごろでしたろう十杯許の, ごろでなけりやかへれない, ごろで急げば九時ごろ, ごろとかたへ寄りつつ, ごろとが一ばん, ごろとして烟の, ごろとだけもお言い, ごろとっぷり日の, ごろとても筆紙には, ごろともおぼしきころ, ごろともかく一度そちらへ, ごろッせ, ごろどういう病気で, ごろどこ行つたて, ごろどちらへ行かれる, ごろどやどやと部屋, ごろなどその室, ごろなにをし, ごろなにやら奥床しいよく, ごろなまめかしい廂髪に, ごろなら泳いでいるだろう, ごろなりければ, ごろなりしもその家, ごろなれやいつ, ごろな励ましの言葉, ごろにか純次や, ごろにかけて四五人の, ごろにけふも了, ごろにしかも軽く分娩, ごろにとりあつかふ, ごろにゃんと, ごろねたりしての, ごろのこってさ, ごろのっそりと帰っ, ごろのんびりと晝飯, ごろはげしい十ヵ月間の, ごろはじまっている, ごろはじまった将棋は, ごろはやりもしない, ごろばかりして, ごろばけもの世界裁判長, ごろひきしおになる, ごろひそかにお移り, ごろひっそりと夜店, ごろひとまず現場を, ごろひむがし, ごろひめじ釣りに, ごろふくの懐中物, ごろふさがってしまった, ごろふとした想念が, ごろふふむ蔦の, ごろふらと外, ごろぶじ左門洞に, ごろべつな一隊, ごろほろ酔いのブローカー, ごろほんとに目を, ごろぼくはのど, ごろぼんやり家へ帰っ, ごろまさしくあの夜, ごろまじわってきた, ごろまっ赤な, ごろまっ黒になっ, ごろまでしか持たない, ごろまでにも生じた, ごろまでやつてゐます, ごろまゆをぬらした, ごろゆるしも, ごろみんなはどう, ごろむこうへ出かけ, ごろむし暑い汽車の, ごろめいて今宵, ごろめいたのか, ごろめかして独り, ごろもうしろで, ごろもうすごろも, ごろもうどうなって, ごろもちはうち, ごろもっとも盛んなり, ごろもなどとつぶやき候, ごろもに花びらを, ごろもの分はあたい, ごろもは西日を, ごろももかの皮, ごろもや腋羽の, ごろもよりも赤いぢ, ごろやうやく左門, ごろやすむのか, ごろやったと思います, ごろやつと田端, ごろやはり青森県出身の, ごろゆうべと寸分, ごろゆくゆくは二人, ごろゆりの花, ごろようも己, ごろようように仕度, ごろよりどっこの家, ごろよりももっともっと赤, ごろりしてゐる, ごろり寝ころびいとせめて油, ごろり寝ころんだままその, ごろり寝転んだり又, ごろるつぼの中, ごろと鳴らす, ごろちきは, ごろわたくしは小さな, ごろわたしたちは裁判所, ごろアイタというよう, ごろアメリカの帆走船, ごろアルスタアの王, ごろアントレピードという小さな, ごろイエズスは山, ごろイギリスの戦線, ごろイタリー映画に, ごろイヴはフィニアス, ごろウパニシャド製作の時代, ごろエッフェル塔の下, ごろォくに五ォばん負け, ごろオキナワにまわされ, ごろオツネは退去, ごろオトメさんが押しかけ, ごろオーアンの凹路, ごろオーカミイナリへ到着, ごろカチカチというひょう, ごろカラコロと鼻緒, ごろカンヌキ山の頂上, ごろガッチリと荷物, ごろキッピイの自宅, ごろキャバレーの前, ごろクリストフはごく, ごろクールフェーラックがボシュエ, ごろグプタ朝の最盛期, ごろグラジオラスの球根, ごろグラッドロンはひと目, ごろコーズからかえって, ごろサイゴンの沖, ごろサンムトリ火山の頂, ごろジョルジュ・ジャンナンが訪れ, ごろジンギスカンの義経, ごろジープに乗っ, ごろスケッチを終る, ごろソーモンの通路, ごろタクシーで帰, ごろタケノコなんか売っ, ごろタローがひとり, ごろチャアリイと二人, ごろチラと聞いた, ごろッちゃらして, ごろツちやらして, ごろトメが, ごろトントンと表, ごろトンネルを越し, ごろトーマスはポート, ごろドイツ楽壇の女王, ごろニース市は予期, ごろハ杉やの, ごろバイカル湖附近を通つて, ごろバスは人見, ごろバラさんが外, ごろパリ行きの列車, ごろヒマをもら, ごろフィンランドの公爵, ごろフランスでナチス, ごろブラウンは彼女, ごろブラリと探偵事務所, ごろプリューメ街を通った, ごろプロレタリア文化運動が弾圧, ごろベルネのうち, ごろホヴァスの東京支局長, ごろボルドーを通り, ごろボーレンの表, ごろママが帰っ, ごろマリウスボーメルという百姓, ごろマリユスはゴルボー屋敷, ごろマルガレートのお, ごろマルセーユへおいで, ごろミケランジェロの事, ごろメトロにのっ, ごろモンテエニュの随想録, ごろヨーロッパへ戻る, ごろラモト伯爵夫人によって惹起, ごろラユーの町, ごろロッジへ帰ったら, ごろローマで再会, ごろヴェルダン駅前のホテル, ごろーンと方途, ごろ一しきり驟雨が, ごろ一すじの川, ごろ一パイのん, ごろ一九二〇年ごろから今日, ごろ一人旅は飛脚, ごろ一区切りつきますから, ごろ一台の大型, ごろ一同は岩壁, ごろ一寸試し五分だめし, ごろ一度眼をさまします, ごろ一度葉子をここ, ごろ一方の長野街道, ごろ一旦ねて, ごろ一時にドッ, ごろ一時ヒゲを生やした, ごろ一足さきに帰る, ごろ一頭のラマ, ごろ七時十分前ぐらいそんな, ごろ七軒町へ家, ごろ万屋から使い, ごろ三人はようやく, ごろ三十にはまだ, ごろ三十五六歳美人という, ごろ三十四五の眉, ごろ三尺に余る, ごろ三隻のボート, ごろ上って見ます, ごろ上京するそう, ごろ上方から帰っ, ごろ上洛して, ごろ上田村に出る, ごろ上野駅へ着く, ごろッ引が, ごろ下加茂の茶荘, ごろ不幸にも急死, ごろ世に流行しはじめた, ごろ世話好きにそう, ごろ名の, ごろ中学校の校庭, ごろ中橋は自家用, ごろ中野重治が二つ, ごろ中野駅前の屋台, ごろ主人の政職, ごろ主治医と二人, ごろ久しぶりで会いたい, ごろ乗捨てたものか, ごろ乾燥所のまえ, ごろ亀千代どの抱守, ごろ予定通りオーカミイナリの住居地帯, ごろ事務所にいた, ごろ二三日風邪をひい, ごろ二人が勤め先, ごろ二十ぐらいで, ごろ二十あまりともおぼしき, ごろ二十めんそうは目, ごろ二十キロの速, ごろ二十七人が急死, ごろ二十七八にし, ごろ二十五歳になっ, ごろ二十八九の小, ごろ二十円のカタ, ごろ二本さして歩ける, ごろ二百三十円前後の収入, ごろ二組家へき, ごろ二郎は砂山, ごろふ, ごろ云ったってもう, ごろ五十歳あまりもと陸軍, ごろ五月の節句, ごろ五色から二人, ごろ亡くなったのでございましょう, ごろ京なまりの女, ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, ごろ京都市中京区間町竹屋町上ルの私, ごろ亭主のユシュルー, ごろ人力でゆき, ごろ人影もない寂しい, ごろ人数を調べ, ごろ人見は倉庫, ごろ今度はエチエネット, ごろ今時分ここまでおいで, ごろ今村さんはあなた, ごろ仏頂面をした, ごろ仕事の一ぷく休み, ごろ所行支度で, ごろ付かせて置け, ごろ令嬢はあなた, ごろれの, ごろ佐々の一家, ごろ何ごとを学び, ごろ何でこんなところ, ごろ何人が, ごろ何処で夫婦, ごろ何時もは見慣れない, ごろ佗住居な仕る桑原甚内, ごろは未知, ごろ使いの者, ごろ使屋が封じ, ごろや得態, ごろ便所へ行く, ごろ俊成が撰集奏覧, ごろが筒袖, ごろ保吉は三人, ごろ信濃北越に大兵, ごろ信用組合へ現れ, ごろ俳友の国手石亭, ごろ倉地が下宿, ごろ偶然道で一しょ, ごろ備中総社の町, ごろが或は, ごろの司祭, ごろ兄さんはひどく, ごろ兄夫婦や僕, ごろに宿, ごろ先ず細君という, ごろ先鋒の一部, ごろ光井の方, ごろ光秀のうるわしい, ごろ全く出ませんでした, ごろ全国の各所, ごろ八九歳の可憐, ごろ八十からになつて, ごろ八十松クンは車, ごろ公園の園丁長, ごろ六十かもう少し, ごろ兵庫合戦でまだ, ごろ内山敏氏がある, ごろ内田魯庵が翻訳, ごろ近い日, ごろ冬眠から眼, ごろ凄い不良に, ごろ出かけたいと言伝, ごろ出かけましたよ, ごろ出かけられたのです, ごろ出かけられるかもしれません, ごろ出かける古町まで, ごろ出したのだったろう, ごろ出られたでしょうか, ごろ出られるとも書いてない, ごろ出入りのさかな屋, ごろ出掛けたね, ごろ出来上りますからそれから, ごろ切ってしまった, ごろ初めて旅の, ごろ初めて公然と厚母麻子, ごろ初夏真昼間だから, ごろ剣客をばたばた, ごろ加納さん見える, ごろ勝家公にたいし, ごろ医者のブラウン, ごろ医者風旦那てい, ごろ十七世紀の初め, ごろ十七八の色白, ごろ十八九の小, ごろ十四五に渡らせられる, ごろ睡の, ごろ半島の町ハンゴ, ごろ半平か誰, ごろ南方でたぶん, ごろ南江堂の書棚, ごろ博士の書斎, ごろ博士邸にへん, ごろ厳重なる法律, ごろ参議雅経どのより御, ごろ友人の檀一雄, ごろ友人保田与重郎の文章, ごろ叔父と一緒, ごろ古典はその, ごろ古実君との問答, ごろ召抱えたばかりの悪来, ごろ可笑しい虎の, ごろの狼, ごろ司馬道場の婿, ごろ各自の寝室, ごろ吉田八十松が熱海, ごろ字関谷清一郎の, ごろ探偵明智小五郎が, ごろ名人の聞え, ごろ名称なんかにこだわっ, ごろ名誉教授をやめたい, ごろ名高き誰れ, ごろ向うを出, ごろ向島の寮, ごろは忘れず, ごろ呂昇は咽喉, ごろ周章えて, ごろ和一郎が来, ごろ和田金のこんろ, ごろ咲いてゐる, ごろ咲枝が赤子チャン, ごろ哀歌と聞く, ごろ品川の海, ごろ営門を出ました, ごろ囚人を伝馬町, ごろ四十一二歳にて背, ごろ四十三四の浪人ふう, ごろ四十二三の色, ごろ四十五六の堅, ごろ四十五六洋服の風采堂, ごろ四十五度ぐらいにし, ごろ四十前後の男, ごろ団子坂の方, ごろ国立癩療養所の病者, ごろ国粋主義のさかん, ごろ国老に就任, ごろ土佐のある, ごろ在宅じゃ, ごろ基本財産完備せずとも, ごろ埼玉県北足立郡中野村青木氏の報知, ごろ堅吉の宅, ごろ塹壕の中, ごろ墓場へ行き見し, ごろ売るのです, ごろ変った色の, ごろ変化が起るだろう, ごろ夕立のする, ごろ夕食を摂られ, ごろ外出をした, ごろ外遊から帰っ, ごろ介屋本店へ, ごろは十時ごろ, ごろ夜汽車の中, ごろ之助, ごろ夢二の装飾的画, ごろ大久保村まで食物, ごろ大仙陵の法師狐, ごろ大川の闇, ごろ大御所お直々, ごろ大森海岸のバス, ごろ大江山より道誉, ごろ大池と夕食, ごろ大隅の国, ごろ大隊長とともにグリンマ, ごろ大雪になった, ごろ大騒ぎをし, ごろ天井から降り, ごろ天性の怪足力, ごろ天気のよい, ごろ太宰さん目覚めて, ごろ太石の街道, ごろ太郎坊まで来, ごろの勤務先, ごろ夫婦で歩行, ごろ奈良ホテルとある, ごろ奉行の人たち, ごろ女中が私, ごろな顔, ごろ妙見さまへ駆けつけ, ごろ妙高山麓に旅, ごろと娘, ごろに近づかん, ごろ婦人公論にのせた, ごろに行く, ごろ学者の家, ごろ宇治へおいで, ごろ宇津木さんが王仁さん, ごろ宇都宮に着いた, ごろ安房守に叙爵, ごろ宗皇帝に誘われる, ごろ宝島へ着い, ごろ宮邸を出た, ごろ家内の二人, ごろ寄島すること, ごろ富山市に移り, ごろ寒い日に, ごろ寝ころんでいた, ごろ寝ぼけた機関銃, ごろ寝ようとして急, ごろ寝床へ入った, ごろ寝転んでい, ごろへ葛岡, ごろにいた, ごろ尋ねる仇が, ごろ尋常六年生の耕一君, ごろ小林さんや明智先生, ごろ小林君は山男, ごろ小牧山のつなぎ城, ごろ小田原の例, ごろ小田原駅で誰, ごろ就任ですか, ごろ局長室の扉, ごろ居間に引っ込み, ごろ山木元吉が屋根伝い, ごろ山越しに南, ごろ岡崎町の桔梗屋, ごろをおりる, ごろの汀, ごろ巨勢博士がきた, ごろ差し向けられると聞きました, ごろ巴里市第十一区三人姉妹街三番地, ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, ごろ帰つて熟睡した, ごろ帰りかけると二階, ごろ帰ッた時, ごろ帰宿酒がこころよく, ごろ帰着して, ごろ帰郷したの, ごろ干潮が午前四時ごろ, ごろ平清から駕籠, ごろとった白髪, ごろ年ちゃんはお, ごろ幸民がある, ごろ幾次郎にむかっ, ごろも掃かね, ごろ廊下の戸, ごろに近き, ごろ建つの, ごろ廻って来ます, ごろ弁当とどけて, ごろなんか持った, ごろやお母さん, ごろ港岸壁にて, ごろ当社の広前, ごろ彫ったものか, ごろあり, ごろ彼女も瞬く, ごろ往診の院長, ごろ待つてゐる, ごろ待合にかけます, ごろ御馳走を食べさす, ごろ復員なさったの, ごろ微恙だったという, ごろ必ず眠りますそして, ごろ忙しく片付け物, ごろ思いましたのどかだったでしょう, ごろ思い立って世, ごろにとらわれ, ごろ恢復退院したが, ごろ恭ちゃんのところ, ごろ恰好の子女, ごろ悪寒がし, ごろ愛妾松谷鶴子の住居, ごろ愛誦して, ごろ慧憧がやってき, ごろ懇意にし, ごろ成った証が, ごろ我々を訪ね, ごろ戦死した或, ごろ房州方面へ行った, ごろ所用ありて, ごろ所長の家, ごろ手入れして, ごろ抱いていた, ごろ押田仙十郎は宙, ごろ持ち古したらしい無, ごろ採れるタカナに, ごろ探したとて六日, ごろ探訪記事の取材, ごろ控室まで入っ, ごろ揉み消すことに, ごろ揺り起されて粥, ごろ攘夷を行った, ごろ支局の若い, ごろ支柱を取る, ごろ支那学者内藤湖南氏の息子, ごろ政商加納五兵衛が仮装舞踏会, ごろの連合艦隊, ごろ文壇で報告文学, ごろ文学サークル協議会の指導者, ごろ斎藤弥九郎の長男新太郎, ごろ新しく借りた居間, ごろ新橋の駅, ごろ新潟の浜, ごろ新聞記者を志望, ごろ於次丸の軍, ごろの私達, ごろ旅亭に帰り, ごろ旅人が店頭, ごろ既に先の, ごろ日光の山中, ごろ日吉の五重塔, ごろ日本思想史の講案, ごろ日本橋の区役所, ごろ日比谷の近く, ごろ日比谷公園の, ごろ早くも皇帝, ごろ早めに食事, ごろ明智先生からいわれ, ごろ明智探偵事務所の応接間, ごろ明治昼夜銀行目黒支店に突如, ごろ昼餐にはむしろ, ごろ晩御飯を持っ, ごろ暗夜ではあった, ごろ書いたソヴェト報告は, ごろ曹仁の部下, ごろ最澄空海と共に入唐, ごろは真, ごろ月世界の見世物, ごろ有名だったその, ごろ朝井刑事は帰っ, ごろ朝食の後, ごろは頭, ごろ本堂が落成, ごろ本社から金口宛て, ごろ本郷真砂町の中橋別邸, ごろ本陣じゃ水, ごろ来たらよろしいです, ごろ来ましょうか, ごろ来大江山に立ち往生, ごろ東京駅発の急行, ごろ果たして堂後に, ごろ染屋主人と二人, ごろき湯気, ごろ柔道家であり漫談家, ごろ柳ずしに現れ, ごろ桑名で少し, ごろ森川夫人があわて, ごろ棺車は棺, ごろ検事が, ごろ槇子をもらいたい, ごろ横浜桜木町七丁目第十七号鉄道線路踏切, ごろ横浜港外へ仮泊, ごろ次兄の遺品, ごろ次郎が昼寝, ごろ歌川家の裏門, ごろ止まっていた, ごろ正気にかえる, ごろ正雄さんは海辺, ごろの滝, ごろ此処から去った, ごろ此処ら歩てるな, ごろは様子, ごろ武家ぐれ旗本, ごろ武者小路において何者, ごろ歩き疲れ途中で, ごろ歩くのだ, ごろとで踏ン, ごろ歳晩にも一度, ごろつたよ, ごろ死体を検視, ごろ殺された子どもの, ごろ殿は胴, ごろ毎日きまってここ, ごろ民間に行われ, ごろ気づいたのかね, ごろがつく, ごろをと仰有った, ごろ水夫が二人, ごろ水平線を見はっ, ごろ水沢君と工藤君, ごろ水産講習所教授殖田三郎さんと共に相模川, ごろ水野にもおとらない, ごろ永田町内相官邸では内務外務, ごろ江崎家には三十人, ごろ江戸屋敷からの手紙, ごろ江戸表に在府中, ごろ池水碧くして緑あざやか, ごろ河竹を殺す, ごろ治郎吉はまた, ごろ沼津小田原辺からくる, ごろ法医学教室をたずねた, ごろ波間も見せぬ, ごろ注射を五本, ごろ泰二少年はなにごと, ごろ泰親がかの, ごろ浅草柳橋二丁目の京屋吉兵衛, ごろ浅草警察署の手, ごろ浅間山が大, ごろ浜園町の附近, ごろ浜松に停車, ごろ浜辺のほう, ごろ浦賀へ着いた, ごろ浪人へ飯, ごろ海豹島の西海岸, ごろ海賊たちは酒宴, ごろ海賊岩松の唐梅紋, ごろ燈し, ごろになつて, ごろ涜職事件で検挙投獄, ごろ深川へんを通っ, ごろ深川区森下町より本所林町二丁目, ごろ清月というナジミ, ごろ済むつもりかね, ごろを渡っ, ごろ湖水会の管理人, ごろ湯河原に一ヵ月, ごろのほう, ごろ漁師の家, ごろ漸く実行し始めた, ごろ瀧口三衣の袖, ごろがやっと, ごろ炉辺に坐っ, ごろ炬燵でうと, ごろ無事に帝国ホテル, ごろ無事モミヂへ戻っ, ごろ無事帰庵そのま, ごろ無産派婦人政治運動促進会というもの, ごろ煎茶の流行, ごろ煖炉の寝, ごろ煙山は五百万円, ごろ熊本の細川藩, ごろ熱射病となり, ごろ熱川で感じました, ごろ爆撃が終り, ごろ爺さんは村, ごろ片岡鉄兵の, ごろが二三度, ごろの音, ごろ物おき小屋なんかで, ごろ犬山へもお立ち, ごろ猟船がこの, ごろにし, ごろ玉泉という者, ごろ王様が日比谷公園, ごろ珍しいわねなどと自然, ごろがあっ, ごろ用いたのでしょう, ごろ甲府の南, ごろ男女はもう, ごろ町内の湯屋, ごろ町医じゃあるめぇし, ごろ町家の女房, ごろ町風呂へ行っ, ごろ病家から帰っ, ごろ病気になった, ごろ病院から抜け出した, ごろ発つのでござんす, ごろ発疹チブスがでた, ごろ発送したそう, ごろ登山っておる, ごろ登志子が不, ごろ白地に赤二本引き, ごろ白縞の袴, ごろ百合子の住む, ごろ百姓はその, ごろ百姓風俗の変, ごろ皮剥のももんじいの, ごろ盗んだのです, ごろ目黒行人坂大円寺から起こった, ごろ眞日中とも言はず, ごろ真名古が松沢, ごろ眠ってすぐ, ごろの由, ごろ着いたのである, ごろ着きましたか, ごろ睦ましき中は, ごろ矢代は京都ホテル, ごろ矢代寸兵氏とあやか, ごろ矢筈の森, ごろ石倉から大池さん, ごろ石村さんの家, ごろ石見に疫病, ごろ研究室の鍵, ごろ磯部へ着いた, ごろ神さまなどというおじいさん, ごろ神田橋下で地下線工事, ごろ神田駅のプラットフォーム, ごろ神社の前, ごろ禁令を出し, ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, ごろ秀吉どのには世にも, ごろ私自身も一度, ごろの落葉, ごろ秋雨のしとしと, ごろ稲ちゃんに偶然, ごろ空くように, ごろとして電話, ごろ突発的に身辺, ごろ立ちたもうや, ごろ立てば三時, ごろ立春でしょう, ごろ竣功の見込みかね, ごろ築地の山城, ごろ篠崎始君のお, ごろ約束のガーリン, ごろ終ったように, ごろ終りますから, ごろ終戦連絡事務局の田川さん, ごろ絵所の工匠, ごろなどを使つた図案の, ごろ綿貫は自分, ごろ緑雨が初めて, ごろ線香花火に関する学位論文, ごろ縁側の日向, ごろ缶詰会社は野州, ごろ罐詰のシチュウ, ごろがあっ, ごろ美術学校や早大慶大, ごろをなし, ごろ聞けば濃, ごろの小, ごろを撫で, ごろ自分たちの家, ごろ自宅に居ない, ごろ自由主義者と目, ごろ臭気ふんぷんたる二人の露西亜兵士, ごろ船長達がそちら, ごろは狼, ごろ青ざめて, ごろ芝居がはねた, ごろ芝浦へ小, ごろ花川戸の私, ごろ花茎が葉, ごろ芳夫が日比谷, ごろ芸術座のカチャーロフ, ごろ夫婦が, ごろ若い将校から, ごろ茅屋に帰りぬ, ごろ茨木に着き, ごろ茶の間にパン, ごろ荒巻の姿, ごろ荒巻敏司が現れ, ごろ菫色のカシミヤ, ごろ落したのだ, ごろ著述の草案, ごろ藤村作博士から, ごろ蝙蝠は川蝉, ごろ行かれたのでしょう, ごろ行って見ましょう, ごろ行ったときには, ごろ行李を始末, ごろ行灯凧が厩, ごろをあける, ごろへ伺ったら, ごろ補祭の家, ごろ裾野の猟人, ごろ西へ行け, ごろ西国探題の名目, ごろ西戸部の少年懲治監, ごろ西石川の二階, ごろ西空に落ちゆく, ごろ西野先生のお, ごろ要求するの, ごろ見つけたんだい, ごろ見受けるが裏日本, ごろ見知らぬ男が, ごろ見馴れない混血児が, ごろ親戚へつい, ごろ親父のはね上げた, ごろ解放といふ雑誌, ごろ解散になっ, ごろ言論抑圧の困難, ごろひし時, ごろ訪ねたんです, ごろ話しごろと, ごろ詼談師三遊亭の叟, ごろ誕生日が来ます, ごろ誰一人客のない, ごろ警防団員警察官三人で来ました, ごろ貴国では兵, ごろ部屋を, ごろ貸家も何, ごろのかくれ, ごろ赤石沢の落ち口, ごろ出て, ごろ起きたが女中部屋, ごろ起こるか前もって, ごろ起床昨日の残物, ごろの遅れた, ごろ跡式の儀, ごろ身振りを信ずる, ごろは無事, ごろ転がって歩い, ごろ軽犯罪法なるもの, ごろ輕井澤驛に着く, ごろ輦輿に先だって, ごろ辛労をし, ごろ農本主義といふもの, ごろ辻野君が逗子, ごろ迄とか云って, ごろ迄には帰る, ごろ迎えにくる, ごろ逗子に滞在, ごろ通る時の, ごろ速達でうつし, ごろ造営再建のありがたい, ごろの人, ごろ連隊にゆき, ごろ進化論を真理, ごろ過ぎて上田, ごろ達ちゃんかえれるという, ごろ遠い国から, ごろ郊外へ帰った, ごろ郵便を入れ, ごろからこの, ごろ酒井雅楽頭の侍医, ごろ酔歩蹣跚として新橋, ごろ重いブックエンドもって, ごろ重罪裁判廷でこしらえられ, ごろ野口着駐在所に届け, ごろ野尻の別, ごろ野菜の袋, ごろ野辺の若, ごろを盗んだ, ごろ金五郎が釜, ごろ金座の川, ごろ金持ちになっ, ごろ金蔵を召捕った, ごろ鉢ヶ峰寺の一堂, ごろ銚子の船長, ごろ鎌倉のお, ごろ鐘さまも行っ, ごろ鐘楼から見, ごろ長崎からお, ごろ長崎屋という呉服屋, ごろ長州様軍艦乗り下り右碇泊いたし候アメリカ船, ごろ長平は放, ごろ長戸検事がこんな, ごろ長謙さんが電話, ごろを叩いたら, ごろ門人の門人たち, ごろ開場するそう, ごろ関東地方に大, ごろ関白忠通から正式, ごろ関西に何, ごろ阿南陸相をだしぬい, ごろちゃんきっとまいっていてよって, ごろと石倉, ごろ雑人通行の群れ, ごろ雪崩が起る, ごろ電車どうだろう, ごろのいた, ごろ霞む麓べは, ごろがはれ, ごろ露国がふたたび, ごろ青少年労働者が浪費, ごろ青年たちは私ひとり, ごろ静岡あたりを中心, ごろ非常梯子をつたっ, ごろ面会に来た, ごろ順助とこの, ごろ須藤時一郎から贈られた, ごろに長い, ごろを見せたら, ごろ顔かたちみすぼらしい服装, ごろ食べるといい, ごろ食事をなさった, ごろ食堂を出入, ごろ飯島の近く, ごろ飲ませるようにと, ごろ飲むようにと, ごろ飾磨の浦, ごろ餓えて死にたく, ごろを捻っ, ごろ駅館へ着いた, ごろ日公使として, ごろ騒がしい辻斬問題と, ごろ騒ぎですぜ, ごろ高い山の上の, ごろ高橋さんのところ, ごろ高等学校の横, ごろ高野を下り, ごろがなく, ごろ鳴いてゐる, ごろ鶴子の部屋, ごろの青々, ごろJOAKから国際放送