青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ごと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます ございます~ ~ございません ございません~ ~ごと
ごと~
~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~ ~ごらん ごらん~ ごろ~ ~さ さ~ さい~

「ごと~」 8766, 95ppm, 1169位

▼ ごと~ (4049, 46.2%)

34 私は 32 彼は 17 自分の 16 それを 13 彼の, 私の 12 これを 10 気を 9 彼女は 8 それが, なって, 一つの, 少しずつ 7 かれは, 一人の, 僕の, 私が 6 うつります, 何か, 出て, 手を, 来て, 花を, 顔を 5 そこに, わたくしは, 人が, 変って, 彼女の, 我は, 母の, 耽つて, 自分を, 足を

4 [19件] いろいろの, それは, わたしは, 一人ずつ, 並んで, 増して, 彼らの, 心の, 心を, 濃くなっ, 男の, 目に, 相違ない, 眼に, 眼を, 石で, 花の, 衰えて, 首を

3 [45件] あなたの, これに, して, すなわちわれ, それぞれの, われながら, 一種の, 一閃光を, 二つの, 人は, 人口を, 今日の, 他の, 係の, 僕は, 光を, 口を, 名が, 大きくなっ, 大きなむすび, 妹は, 家の, 庭の, 念を, 我を, 抽出し, 新たな, 栄えて, 注意する, 浪子は, 熱狂し, 空を, 肩を, 胸を, 自分が, 色々な, 花は, 葉子の, 薄れて, 見せて, 身を, 金を, 針を, 鏡に, 頭を

2 [185件] あとは, ある, いつもこの, いよいよ深く, いら, うしろを, うれしげ, おおむねみな, お前は, かかりました, かすかに, かねてお, この, こみ上げて, これが, こんな風, ござります, さそって, しても, すず子に, すなわち我, する驚き, その中, その人, その力, その憂愁, その手, その結果, たずねて, つけても, つぶらなる, ふえて, ますますは, むすび玉, わずかの, わたしの, われの, われらの, クリストフは, サルトルは, ハーハーと, ムクの, 一つずつ, 一人を, 一列に, 一枚ずつ, 一段の, 一身の, 丁度僕等人間, 三番か, 世評は, 世間の, 九廻す, 二人の, 二階の, 件の, 伸子の, 伸子は, 何程かの, 信一郎は, 兄の, 先登を, 再度生, 冷却し, 出でて, 判断を, 力を, 千人二千人と, 半分ずつ, 口に, 右手を, 同じよう, 吐くを, 吹聴した, 吾を, 呆れも, 呼び出されるらしいの, 墨を, 変る倅, 多くの, 天に, 女の, 好評を, 子供は, 子供を, 学校と, 屈託しない, 市が, 幼いお, 幾千言を, 幾度と, 廻って, 式の, 引上げられた, 強くなっ, 彼を, 彼女を, 後悔に, 御伴船, 復る, 必ずこれ, 必ず負い去り, 必らず, 志と, 思い出す, 思って, 急いで, 恐ろしく又, 意見の, 感心し, 成長し, 政府が, 数魂あり, 新たなる, 新らしい, 新手を, 暗さ, 本を, 杖を, 柿の, 桐の, 武蔵は, 毀たれ焼かれて, 気が, 泣ごとを, 注意し, 消えて, 深くなっ, 減って, 火かげの, 烈しくなる, 熱中し, 物見る, 狼狽ゆる, 現在の, 痛切に, 発展し, 白く突き出す, 目を, 目立って, 目迎え, 眼くるめく, 矢田津世子と, 知らず識ら, 祖父は, 神棚を, 私たちは, 私に, 私を, 種々の, 立ち寄って, 紅く咲い, 繁って, 繰り返されて, 繰り返すの, 胸が, 自分も, 興味の, 船が, 葉を, 葉子は, 血は, 行く人, 行われます, 見て, 見るその, 言ふめれ, 訊いて, 評判が, 赤い夕陽, 足の, 身に, 近づいて, 迫って, 通った, 進んで, 酒を, 金の, 集まって, 露骨に, 音も, 風に, 首が, 馬を, 鼻を

1 [3160件 抜粋] ああした思い出, あづかる人, あまり意表, あらたまって, あるいはこれ, あるでなく最も, あんまりかかり, いい自分自身, いくらかの, いちいちこだわってる, いって, いつもそうして, いつも勝ち誇った, いつも模様, いまや呉, いろいろな, うす白い波, うつくしい顔, おこって, おなじ生首提灯, おぼろげな, お世辞, お城, お悔み, お知らせだけは, お菊, お飲みなすっ, かかり一部屋, かかろうと, かけはじめました, かならずその, かのこと, かれの, がちん, きっと欠かさず出かけます, ぎいぎいと鳴る, くりかえされる闘争, ぐらり, こういう経験, こう違う, こだわらず自分, この優しい, この外, この思想, この洞穴, この老, これらの, さうし, さながら遠き, しずかに, しょっちゅう乞食, すぐ, すてて, するの, そういうこと, そぞろに, そのより, その人間, その名, その季節, その後の, その新しい, その横町, その物, その神社, その肉体, その論難, その量目百三十四ゲレイントロイ, そりが, それぞれ違った, ぞくぞくする, たたかれるよう, たちどころにクサメ, たのしんで, だれが, だんだん慾情, ちくおんき, ついには, つねに蜀軍, つむ雪, どうか東京市, どっちか, なぜ大, なやみを, なるべしよ, ぬくみ, はた, ひそかに, ひと笑い, ひょいひょいと, ふえるの, ふと娘たち, ほいほいと, まことに喜ばしくおも, ますます公然と, ますようで, また湯, まるまると, みんな黒点を, むづむづして殆ど堪らなくなる, もっと収穫, やさしい言葉, やはり鳰鳥, ゆらゆらと, よく聞く, よらずなかま, よりふかく, わかき姿, わざと一度, わりあてられた数, アイスクリームを, オドオドと, ガラッ八, クヨ, ゴーリキイは, ストーヴを, タコツボに, テラスを, ヒローの, ブルジョア社會の, マジナイを, ヤアヤアと, ロンドンと, 一々指頭, 一つ一つの, 一スー, 一人で, 一分二分時には, 一嚢を, 一寸御返事に, 一度ずつ, 一日の, 一杯の, 一燭を, 一童男被, 一調子ずつ, 一頁ごとに, 三〇万枚平均九五%が, 三味線の, 上は, 不利な, 不思議な, 不肖高定を, 中央に, 主張し, 予備大佐と, 二〇〇磅の, 二三十人の, 二十銭と, 二百貫の, 五人とか, 五百に, 交代の, 人を, 人溜まりを, 人類から, 仏前に, 付ける目印, 仰山らしく, 伊那の, 会おうという, 伸子を, 体湿り, 何にでも, 佗しく寝る, 作られたの, 來り, 信じ得ぬもの, 倍加され, 倒し石, 僕が, 元気らしく働い, 先生への, 児太郎の, 全くいやいやながら加わった, 八岐の, 六蔵を, 其処に, 内々恐縮の, 写生帖に, 処女権を, 出る, 出品された, 分って, 分離会得する, 別荘の, 前よりも, 加えれば, 勉めて, 勝ちながら, 区別を, 十勝へ, 卑劣で, 却って児太郎, 参詣群集を, 反抗の, 取扱いを, 口説くこと, 古賀は, 各室の, 吊りほせるかけ菜, 名人位を, 君の, 呟きだした, 呼びとめられかれも, 唄うの, 喚きながら, 噛みしめるよう, 四五文だけの, 団員の, 土の, 地位の, 埋って, 基督再生祭に, 場内は, 増加され得よう, 士気が, 変りて, 変動する, 外国型の, 多少椅子テーブル, 夢と, 大きな寺域, 大伍, 大役を, 大約毎分一個ぐらいの, 大量に, 天気さえ, 夫が, 失業者が, 好んで, 妻は, 嫁も, 存する神社, 守り神を, 宗治は, 客の, 家へ, 容れられないので, 富を, 寧ろ可, 将門は, 小さい赤旗, 小バカ, 小屋を, 少しも, 屋根の, 山伏や, 川底の, 巨万の, 市中を, 帯の, 常葉木を, 平均したら, 幸せを, 幾多の, 広がって, 度を, 延び延びと, 引っ担いで, 弦之, 当人より, 役人を, 彼へ, 彼女たちの, 後から, 従来これを, 御簾の, 心痛が, 必ずまず尾, 必ず先, 必ず改訂, 必ず釣り, 忌々しく嫉妬, 念仏し, 怒りつける譯, 思い当りながら, 思わず四肢, 怠りなき, 恋しくなれる, 悉く獲る, 悲鳴を, 意味の, 愛嬌たっぷりで, 感じ探そうと, 慕わるるに, 懸命に, 我が受, 我胸を, 戦争の, 手に, 手控へ, 投げ与えました, 拝領いたした, 持明院派大覚寺派の, 振動が, 掘ゆゑ, 接吻する, 搏撃しあっ, 改むべきこと, 教えて, 数百数干, 文明の, 斯うして, 新しい趣向, 新しくなった, 新聞に, 方陣は, 旧いヨーロッパ, 昔の, 時間が, 暗闇阪の, 書いたもの, 最も痛切, 朝廷を, 未だ嘗て其不幸, 本陣の, 来る, 東先生の, 枕を, 染み出来, 栖方の, 案内を, 梢から, 検査しない, 楢の, 様子を, 櫓の, 歌を, 武士も, 歪む口つき, 死に引き入れら, 残って, 殺人光線灯の, 毒蛇の, 気ぜわしく頭, 氣を, 汗を, 江戸見物に, 河面は, 波は, 注射した, 洗い流され今, 流された, 流行を, 浪うちよせ, 海老いろ, 涼しくなる, 深く印し来る, 清逸の, 減少し, 満場が, 溝を, 漸減し, 濃くまた, 火鳴澄み, 点されない頃, 煙幕の, 熱涙の, 爆笑と, 物ごとに, 狐狸の, 猪の, 玉虫色の, 現実に, 生けよ, 用じ, 甲賀組の, 画を, 異なり或いは, 疲労は, 痛むの, 発狂し, 白いささ濁り, 白みかかって, 皆, 盛んに, 直毘, 相次いで, 看守の, 眺めた彼女, 矢竹篠竹家垣に, 石油ランプに, 破片を, 礼拝を, 神社あり, 秀吉は, 秋を, 稽古に, 空寂な, 窓窓が, 立って, 竜宮から, 笑われ嘲られる, 籠一杯の, 糸で, 納涼の, 細い竹竿ごと, 紹介せ, 結ひ, 絶えずマルクス, 緑り, 縦列を, 繰り返される彼ら, 美しい布, 群集の, 老せぬ, 耳新しい事件, 聲あげ, 背を, 腰巾着の, 自づと, 自分に, 自由を, 舷で, 色を, 花祭あり, 若うし, 苦痛を, 荒い霜, 菊の, 葉の, 葡萄酒を, 蕃国の, 藩論が, 虹色に, 蜀の, 血が, 行う, 行く教会, 行燈の, 衣子を, 裁判所の, 西瓜を, 見る, 見廻りに, 見透かされた, 覗きたいという, 親切に, 解決を, 言ふ, 討たんと, 訪れる怒り, 話を, 誤りを, 読んで, 講釈を, 變化する, 貨物の, 貼らせた黄いろい, 賞銀五両が, 赤インキの, 起った, 足利勢は, 踊り祝って, 軍服厳めしい, 轟々たる発動機, 近づけさ, 述べて, 追憶の, 通る車数, 進歩し, 運動の, 過程を, 違った地角, 遣って, 邪魔された, 都会が, 重ねて, 金沢の, 鉄へ, 鋩子に, 鏡, 長き藤浪, 門前で, 閑寂に, 闇し, 陰気な, 隙間は, 集う客, 離れて, 電流が, 霜で, 青鞜時代の, 面白しとて, 音楽を, 頭の, 頻に, 額面に, 飛躍する, 飯を, 香火を, 馬車は, 驚くばかり, 高く石欄干, 高塔, 鳴った, 鳴る事鈴, 黄色い羽根, 黒く畳む

▼ ごと~ (790, 9.0%)

43 して 31 いって 26 言って 20 いった 19 いいました 15 言いながら 14 いいながら, 言いました 9 云って 8 言った 6 しながら, 言ひ 5 いつた, したり, 考えて 4 いったが, くわしく話しました, つぶやきました, 云いながら

3 [12件] いう, くりかえした, した, しに, しました, するの, つぶやきながら, 云ひ, 知らせました, 聞いて, 言つた, 話しました

2 [38件] いうの, いったとき, いったの, いひました, おつ, きいて, くりかえして, さばいたり, したこと, した後, しようと, する, すると, するにも, するよう, たずぬるも知りたること, つぶやいて, もって, 云った, 云ふ, 信じて, 呟きながら, 始めた, 思いだして, 持って, 書くわけ, 洩らして, 知って, 耳に, 聞きに, 観察する, 言うと, 言うの, 言ったり, 言つてゐる, 言ひました, 言ふ, 話した

1 [436件] あかして, あたしが, あちらへ, あまりに楽観, ありのままに, あるとおり, いいつつ, いいつづけだった, いいつづけて, いいましたが, いいまた, いい出した, いい炭, いうこの, いうため, いうて, いうと, いうとったところ, いうなり, いうのに, いうばかり, いうよう, いう者, いたしますと, いたす術, いただいて, いったものの, いったよう, いったり, いってたじゃ, いつたり, いつて, いつまでも, いふやう, いふ癖, いろいろ受け入れた, いわせその, いわれて, おこなうの, おしつけるの, おっしゃって, おとずれて, おはじめ, お老爺さん, お聞き, お見, かいつまんで, かえたり, かくしたりとも, かこい求むれど, かたづけて, かたづけに, かもと, かれこれいう, きくと, きちんとやります, きゅうには, きらうこと, くりかえしくりかえし話して, くりかえすとは, くりかえすの, くわしく報告, くわしく話し, くわしく話します, こっそり覗きたい, ことごとく水泡, ことほぎまつるものの, この六週間, この黒板, さかんに, ささやいて, させて, させに, させようという, さとったこと, さとって, されて, しあげて, しあげなければ, したいからと, したかと, したと, したとしか, したもの, したよう, した大事, しつこく考え, してから, しては, しても, しなよ, しはじめた, します, しも, しゃべりちらすこともあった, しゃべりました, しようという, しようとも, しらせるため, しるさねば, し連想, すぐに, すこしも, すじみちを, すすめて, すっかり聞いた, すますと, すませると, すませ湯漬け, すること, するでも, するという, するといふ, するに, するについても, するので, するもの, する乞食, する時, する東北, せねば, その身, たてさせて, たてまつる, ちゃんと引きうけ, つ, つい二三日前, つきつめて, つきゃあがる, つくつて, つくるに, つたえました, つづけた, つづけて, つづけながら, つづけました, つづける, つぶやいた, つぶやきつづけましたもの, つぶやくよう, とり上げようとも, どもりどもりかいつまんで, なおす良薬, なが, なさって, なされること, なすったので, ならべたって, ぬかす, のこらず話し, のぞいて, はじめた, はじめたとき, はじめたの, はじめたらしい, はじめたり, はじめようという, はじめる, はじめる赤ン坊, はっきりさせない, はつきりさせる, はなして, ひとつする, ひねりまわして, まとめたもの, みだりにアバイタ曲者, みな子の, めぐらして, めぐらしますれば, もえられなかった, もたらして, もっと唯物論的, もっと突っこん, もらうの, やっつけようと, やって, やって来て, やつて, やめましょう未来, やめようとは, やらせようと, やりだそうと, やり一日, りふし, テキパキ手際よく, デカデカと, ハッキリと, バカに, 一々加算, 一いち思い出させる, 一つの, 一つも, 一つ一つ片づけ, 一月も, 三つも, 与へて, 主に, 云いかけては, 云いました, 云い触れる声, 云う, 云うほど, 云う様, 云う爺, 云う癖, 云ったこと, 云ってから, 云ってるだろうかと, 云つた, 云つておどおど, 云つてし, 云ひた, 五度ほど, 人に, 仕掛けて, 他の, 仰つし, 伝えるの, 伝誦する, 何でも良し悪し, 余りくよくよ, 作者は, 信じ切って, 個人的な, 偲びたい気持, 先づやたださん, 入り乱れて, 全体として, 写した小さな, 写した悲喜劇, 処理する, 出かす, 分析的に, 初めましたの, 判断し, 判断し切られ, 勿怪の幸いと, 南の, 単純な, 単純に, 叙する, 叙述しない, 口ば, 口実に, 叫びはじめた奴, 合理的に, 吐いて, 含めて, 呟いた, 唱へる, 喋るよ, 回って, 回らさうと, 報告しました, 報道する, 大きく書きたて, 大声で, 奉行所筋の, 好まなかったが, 始めなさいましてね, 始めるやう, 学ぶとは, 客に, 密かに, 寒く明け, 小林団長に, 小田切久之進とやら, 廻つて歩く, 引きうけた, 彼は, 忘れたとき, 忘れて, 思いだしました, 思いつづけると, 思いめぐらそうとして, 思い出した, 思い出しました, 思い出しましてな, 思って, 思ふ, 思ふとも, 思ふにぞ, 思案し, 怠るやう, 想像する, 感じとる力, 手つだって, 打ちあけようとは, 打ち明けました, 打ち明けるところ, 打ち通り, 打明けるの, 扱って, 批評し, 抱いて, 持ちて, 持つて, 持つ世界, 指すの, 捧げたり, 採用する, 新形式, 施す気, 星に, 書いた為, 書いて, 書きつけは, 最後の, 未解決, 構成した, 機縁に, 歡樂を, 正しく観察, 決められないの, 決めるやり方, 決裁なされ, 洩らした, 洩らしたり, 洩らすの, 洩らすまでに, 深く考える, 深く考へる, 滑稽と, 漏らしながら, 演って, 濫り, 為しつつ, 無電で, 片付けるなら一番あと, 物的に, 王朝の, 申し出て, 申すの, 畏怖なし, 発き立てられたので, 皆から, 皇室みずから行われなかった, 目的論で, 看板に, 真に受け, 真面目に, 知らせに, 知ろうと, 祈念し, 祈願する, 神經的に, 私に, 科学的に, 種々マリユス, 納めて, 経験熟練により, 綜合的に, 繰返すの, 習うの, 習って, 習ひ, 考えたり, 考えだしては, 考えながら, 考えはじめた, 考えました, 考えられないの, 考えると, 考えるにも, 考える習慣, 考え野武士, 考へて, 聞いたとき, 聞かされるよう, 腹たちて, 臆面なく, 蔑むやう, 表現する, 複雑に, 見つめて, 見て, 見まもって, 見ようとして, 見るよう, 見張るとき, 見物し, 見舞いあるき, 覗いたが, 覚えて, 解き明かす知的活動, 言いいい, 言いそうして, 言いその後さまざま養生, 言いますよ, 言い八つ当り, 言い出した, 言い出でようという, 言い始めた, 言い通して, 言うて, 言うので, 言うやら, 言う自分勝手, 言ったいやらしい, 言ったか, 言ったかと, 言ったの, 言ってから, 言っとるの, 言つたのです, 言つてゐた, 言つてゐました, 言つてを, 言つて見る, 言ひます, 言ひ出した, 言わせるの, 言わなかった, 記憶する, 訴えて, 話しますと, 話しマユミさん, 語った, 誰にも, 論理的に, 謂う, 識って, 警察に, 軽く考え, 軽く考える, 軽く考え過ぎ, 述べて, 述べるについて, 述べるの, 追い廻して, 通じ力, 遂行しよう, 運んで, 電話で, 頂戴しなくっ, 順序を

▼ ごと~ (652, 7.4%)

183 ように 41 やうに 13 ような 7 ために, やうな 5 中に, 変化が 3 あたたかさ, 様に, 真相を

2 [25件] あること, いとなみいとなみの, やうで, ようでした, ようにも, 世界に, 人口増加は, 境涯を, 寝覚めに, 差異も, 希望も, 心を, 数々が, 新聞の, 明るさ, 格子に, 紅き花百日紅, 美しさ, 蔓, 規定です, 話を, 邪魔を, 雪の, 霜は, 露

1 [332件] あいだ赤門寺の, ありしか, あるたびごと, あるの, ある時, あわれさ, うえで, うぬぼれに, おかげで, おこったとき, おさまりを, おつとめ, おはこびです, おもいに, おわったあと, お屋敷勤め, お疲れ, お茶も, お袖, お邪魔, くせぞ, ことが, ことである, ことを, ごとは, さびしさに, しかかる姿勢, しげければ, しんの, すきな, ずれが, せりあいを, せりふが, そちの, そばに, ためには, だう, ちがいが, つかれが, つとめとして, つまらない変化, つもりで, できなくなりつつ, ない世の中, のりと詞は, ふすま, ほうへ, ほんとの, まえぶれだったの, またその, みち榮ゆべき, もあった, やうには, ようだ, ような叱, ようにしか, ようには, よく解り, わるいほう, ドタン場へ, バナナを, パンとして, ボヤまで, 一面に, 上から, 上で, 上では, 上に, 不動な, 不動様に, 不夜城を, 世の中友情のみ, 久しく人, 予想が, 二つと, 二つの, 交換を, 交渉は, 交際なぞには, 人が, 人口実測は, 人口実測を, 人口調査の, 今月今日七月七日に, 会に, 体当り, 例で, 例なる, 修営も, 催しが, 入浴だ, 全體, 公演を, 出來る, 出来せしやと, 出火は, 分化に, 分担をも, 切なさ, 初めである, 初心者ぐらい, 判断が, 利害曲直について, 前後のも, 力で, 労を, 勤行は, 半分または, 反響に, 収穫を, 取手の, 口を, 可笑, 味ひ, 商店を, 嗜味に対する, 四方山ばなしを, 地帯に, 声に, 声も, 変化であった, 変化と, 変化は, 変形, 変革ぐらい, 外に, 夢に, 夢も, 大さ, 大凶事, 大地の, 奥に, 女を, 好きに, 存する本, 守りの, 完全に, 実体が, 宣, 宮廻りでしょう, 寄り合いは, 寒さ, 審理判決を, 小さな群, 小事は, 就寝命令復習や, 屋根辻の, 山狩に, 差を, 幕あきの, 年久しい, 底を, 店累り合っ, 強弱や, 彼の, 後片付を, 後間もなく, 徘徊に, 徴発一戸一人の, 心に, 忍び輿, 忠実なる, 念仏年に, 怖ろ, 性質上荘厳な, 悲しみは, 意が, 意味が, 意味で, 意味の, 意味は, 意義が, 我を, 扉を, 把握の, 掟が, 推敲が, 支度を, 支払いが, 放屁かな, 政務を, 数が, 文句も, 新聞に, 新聞紙上に, 方から, 方法を, 方言だ, 日の, 日光お, 日光御廟御, 旧慣によって, 早いもの, 昔し, 昔話の, 星を, 春に, 時などは, 時刻には, 暗い露, 暗い面, 月, 月は, 本質については, 枕に, 枚数厚, 業もか, 歌題は, 正当さと, 正月にも, 正直す, 武者修行に, 歴史は, 決裁に, 没落から, 沿革を, 波まくら, 洗場や, 洪水に, 清水詣で止め, 渾沌と, 滑稽から, 火事に, 火事騒ぎは, 灯火さえ, 炊煙は, 点で, 煙両側の, 煩悶は, 燈火が, 燈火へ, 燈火も, 燈火を, 瓦斯と, 瓦斯燈が, 男やもめの, 略である, 異同が, 異変と, 発熱は, 発達は, 登場人物を, 相談だの, 相談会に, 眺望かゆい, 知的理解という, 砲声や, 破れたこと, 祈念も, 祈祷に, 神秘な, 秋の, 称へを, 移りか, 移動など, 窓よりも, 笑いを, 筆切れに, 筈は, 箸先を, 節操であった, 終りに, 結果な, 結果の, 緋の, 老御達, 考えかたから, 考えかたは, 耳新しさ, 聯絡に, 背後に, 自分の, 舞台に, 色を, 芝居茶屋通いで, 花売の, 花瓶や, 苦闘である, 茶を, 荷作りほど, 行乞旅から, 表裏を, 表面の, 裏を, 製作は, 西之丸の, 見かた取扱いかた, 見まわりです, 観念に, 解決が, 解決には, 言い伝えとを, 訓練が, 記憶の, 話は, 詳細は, 認識の, 語るすべ, 語義に, 調度なども, 諸兄姉にたいして, 謀では, 豊産と, 起原にも, 身振り面白く, 軒の, 軒より, 軒下に, 軒下には, 軒燈が, 進行を, 道具に, 道具を, 選挙で, 酒の, 鍛錬を, 鐘の, 鑑賞力が, 閃光が, 間が, 間に, 闇黒に, 降霜や, 雪に, 霜の, 面倒も, 面白さ, 領分に, 頭に, 餌に, 騒ぎを, 齟齬と

▼ ごと~ (265, 3.0%)

35 なかった 7 おこりません, なくすぎさりました 5 なし 4 おこりませんでした

2 [15件] ありませんでした, おこらないの, おこりませんでしたが, ないが, なかつたやう, なく, なくすぎた, なくて, なく終った, 予期し, 光りけるかな, 千世が, 忘れて, 決して私, 花あかしやの

1 [177件] あったので, あどけなく, あり祭, あるという, あるには, いいださない, いうこと, いうなという, いう方言, いきつき放題, いつしかあがっ, いで枝豆, いよよ良し, うなづきて, おこらずほんとう, おこらないで, おこらないので, おっしゃらず前, おもは, おもらしなきよう, お耳, きっとすらすら運ん, こ, こういう時, ここに, この内, ころげたりけり, ごまかすこと, すぎに, すでにその, すること, そこで決り, それしだいという, つごうよく, ない, ないおとめ, ないよう, ない様子, なかつたよう, なかつた以前, ながれゆく水, なくして, なくすぎさりましたが, なくすみました, なくすむ, なくふたり, なくやがて, なくアフガニスタン, なくハヤブサ丸, なく一日, なく一月, なく三か月, なく別れ, なく制作三昧, なく夏, なく夜, なく彼, なく日, なく晴れやか, なく暮し, なく解放, なく過ぎ, なく過ぎさりました, なく過し, なさるくせ, なし立つ, なるよう, のみこんで, ふえるので, まあ似た, まわりあわせと, みな天の, みな道理の, み旨, もう考へる, らんぷは, わすれて, ドノバンに, 一人あるきゆるされね, 二人は, 二十年あれ, 体験じゃ, 何も, 円満に, 凹める眼, 出来ねえから, 切りあげが, 前世の, 勉強に, 勘でばかり, 十二分の満足を, 単純で, 啼き狂, 嗔れ, 堪忍しよう, 夢中でいらっしゃいましたなれ, 大人と, 天意でしょう, 妹夫婦の, 始まって, 子を, 家門の, 富士男の, 工夫ひとつで, 年若い, 忍耐だ, 忘れたる, 恥かしくわざと, 想像せられ, 意の, 慌てたる熱き, 慎重に, 拙者の, 探偵の, 日の本一を, 明日に, 時世の, 時世時節, 時世時節で, 時節が, 曲解する, 最初は, 本当に自信, 本願を, 構わずぶちまけて, 権衡平均を, 歌反故いだき立てる, 歌声と, 正直に, 母に, 水は, 決心が, 涙ながれし, 深まる吐息, 無うすむ, 無かった, 父に, 物さび, 理せめて, 生活の, 申し上げねば, 疑心が, 盲ふる, 眼中に, 知って, 知らずただ, 知らなかったの, 知らぬさま, 知りません, 答えること, 習わされるよう, 聴き居つ, 胸に, 胸にく, 自分の, 舞台の, 若君の, 行われて, 言いませんでした, 言わずに, 語られて, 謙虚に, 責めること, 貴女ぐらいに, 貴様に, 起こらず平和, 起こらなかったろう, 起こりませんでした, 起らないから, 辛抱し, 運ものじゃ, 運命であったろう, 運命である, 運命と, 隠さずに, 雲は, 預かって

▼ ごと~ (232, 2.6%)

9 起ったの 6 あってから, あると 5 あるん 4 あって, おこったの 3 あっても, あつた, あれば, はじまったの

2 [13件] あつて, ある, あるの, おこって, おこりました, ござりましょう, 出来いたすこと, 好きな, 複雑に, 起こった, 起ったかと, 起ったん, 起っても

1 [160件] あった, あったが, あったって, あったの, あったらそれ, あってね, あまりにも, あやしい鳩, あらば, ありしか, ありました, ありまたは, あるけになあ, あるとき, あるとでも, あるので, あるもの, あるもん, あるらしく大勢, あるらしゅうござんすな, ある時, あろう, あろうかい, あんまりおもしろかっ, いまはっきり, おこったとき, おこるの, おころうと, おしまいに, おぞましくも, おわりました, お好き, かいて, こういうふう, ございまして, すぐそば, すべて原則どおり単純に, すめば, そっくりふい, その海, たくさんあります, つい大きな, つぎつぎと, でかでかと, できないと, できないの, できなくなりひどい, ないの, なやましくあなた, なんだかきみ, なんとも短く, なんに, はかどらないからと, はじまったかと, はじまり見事, はじまるかと, はじまるかを, はじまるの, はっきりいたす, ひとつふえました, へんに, ほとんどよそごと, まことに奇妙, ましい口ぶり, みんな集まっ, やくに, よい実, シナの, 一応かたづい, 一段落つい, 不意に, 中絶した, 二ど, 企てられるよう, 伸子に, 何もかも自然, 余程深い, 作りやすく, 信用出来ぬ, 催されて, 先で, 光る眼, 再開した, 凡て原則どおり単純に, 出そう, 出るかも, 出来まして, 切なくわたし, 判断される, 単に栖方個人, 即位式, 厳秘主義であった, 報道された, 多い, 夢で, 大好きだ, 大好きで, 好きで, 好都合に, 始まるの, 始る, 宙ブラリンに, 密やかに, 展ける, 巧く, 巨大に, 待ちかまえて, 待って, 忘れられぬので, 思いきって, 房総半島の, 手に, 持ちあがった, 持ち上がりましてねえ, 挙行され, 支那人のより, 敵国の, 斯う, 書かれて, 有るから, 歌としても, 段々一定, 決してない, 浮んだおかげ, 渦まいて, 源十郎の, 火夫に対して, 爽やかに, 理窟や, 生じても, 生ずるの, 生命の, 用いられ自分, 白く楽しく舞, 突如と, 突然起こっ, 突発いたし, 終った時, 終わるか, 終わると, 考えられず従って, 考えられる, 聞えたん, 聞こえました, 自分の, 行われる, 複雑化され, 見つかりました, 計られること, 起きたか, 起きたな, 起きたの, 起こったかと, 起こったという, 起こったの, 起こって, 起つたの, 起りました, 運ばれるん, 長い間

▼ ごと~ (137, 1.6%)

3 のりとの, 思ひごと 2 かなかりけり, さて置き, どこまでも, なんでも, 日本の

1 [121件] あくる日の, あらず, ありますが, あるがま, ある地方, いうまい, いくらも, いったいどういう, いつでも, うちへ, おこらないの, けっしてお手伝いさん, こういうの, ここに, こまかすぎ, させずただ, しみッたれる, じゃまに, すぐ暴露, すこしもさわぎ, すべて一種の, すべて整然と, すべて習う, するけれども, そのくらいに, たいへん意味, たとえ僕, だめな, ちょっくりはこぶものではありません, つきりと, できぬ, どうにも性分, どんどん出, どんどん進んだ, どんなに複雑, ないかなあ, ないもの, なか, なかつた, なに一つなかっ, のちに, のりとなる, はつきりした, ぼくにとっては, まだ根の国, まったく空箱, まったく考え, まったまま, みなそれぞれに, みんなさうで, みんな嘘ささ, むかしにおいては, もうひと, もちろんかげ, ものすごかった, やくざな, やってるの, らばへど, タアちゃんという, モントルイュ・スュール・メールに, 一切これを, 一城の, 一言でも, 云へ, 今彼らの, 何も, 個人的主観が, 全くちがっ, 共同一致団結和睦の, 其一部分の, 其用語例から, 別として, 十分ほどで, 却つては, 受けないでしょう, 品が, 外界の, 多くあ, 奉公人まかせで, 好きで, 学界の, 学術的研究としては, 少し意外, 後日に, 思いごとと, 想像だけで, 戦争であっ, 戦前ヨーロッパでは, 東京を, 死ななと, 汝に, 源氏物語の, 物語, 猛練習, 生命の, 用いられて, 相済みました, 真に受けぬ, 知ってるので, 短いながら, 私に, 穀物を, 空間, 立って, 絶えて, 絶えまなく, 縁起の, 臣従を, 自分には, 莫逆の, 行きません, 西洋と, 誰にも, 貴下に, 身に, 辛抱が, 近來何度, 逆に, 遂げられるよ, 遂にはかな, 面白かった

▼ ごとでは~ (116, 1.3%)

26 ない 10 ありません 9 なかった 7 ないと 6 ないぞ, ないの 3 ないよう, ないらしい 2 あるまいと, ございません, ないという, ないところ, 読みすごせない

1 [36件] ありませぬぞ, ありませんでしたが, ありませんよ, あり得ない, あるが, あんめえ, かなうまい, ございませんよ, すまされない事実, すまされぬ狂人, ないかと, ないから, ないからね, ないが, ないきっと, ないこと, ないぞと, ないので, ないまた, ないやう, ない今日, ない呼ばれる, ない女, ない手紙, ない璽光様, なくて, なくなって, なく自分, なささうである, なさそう, 十貫目に, 有るまい, 濟ま, 無いよう, 納まるまいと, 言ひきれない

▼ ごと~ (107, 1.2%)

6 言ふ 3 いうほどの, 音が 2 して, なって, 民族生活との, 音を

1 [87件] いうべきは, いったらカルタ, いって, いっても, いわぬばかり, いわねば, からだを, さへ, しきりに揺れた, しないで, する, せられて, そのもどかしい, その事実, それから弓, なつたらう, ぬるい速度, のりとごととは, のろい北海道, まわりだした, みそなはせなば, りかえっ, ビーカーの, 一つの, 云う音, 云っても, 云ふ, 云ふと, 伝わって, 低い音, 別々に, 動いて, 動き出し乗客たち, 包んで, 区別し, 古い水車, 同じ事, 同じ系統, 吹聴され, 呼ばれるもの, 呼ぶもの, 呼ぶ様, 妙な, 寝巻姿の, 対人関係の, 己の, 平坦な, 弓に, 弓にばかり, 引かれて, 彼らの, 思えぬ年齢, 思わぬ所, 思われて, 戦国という, 戸に, 戸を, 書きつけたなか, 机の, 樹の, 機械の, 殺生が, 汽車が, 申して, 申すもの, 登って, 目の, 砂利道を, 称して, 称へ, 聞こえるの, 自てん車, 表面の, 言いましてな, 言うた, 言うたであらう, 言うたの, 言うた風, 言うの, 言ひ慣した, 貨車が, 走った, 走った揚句, 酒の, 関係が, 音立てながら, 鳴って

▼ ごと~ (92, 1.0%)

5 ささやきました 3 りき 2 ひそかに, ひそひそと, 早くも, 早口で

1 [76件] あったの, あるとき, いきなりドンと, おこったらすぐ, お世辞, ささやいたの, ささやきあう三つ, ささやきあった, すでにあった, すばらしい眼, ただならぬもの, ただならぬ事件, ただならぬ決意, たらむものを, なんの, にわかに陣, はかなかるらむ, ひくい声, ぶり付いた, または後日, わからず娘, わが感情, わめいた, サッ, ヒソヒソと, ボソボソ声, 争いを, 事件が, 五分間ほど, 伊那丸の, 分らぬ国, 協議し, 叫んで, 命令した, 囁かれてからの, 変な, 大事件, 女の, 始まるだろうという, 将来に対する, 常人に, 心覚えに, 思いついたと, 思いついたらしく, 思い当たったと, 思う心, 怨詛する, 恐ろしいたくらみ, 成算の, 揉めて, 決心が, 決心したらしい, 注意する, 深い子細, 深い計画, 深く沈吟思考, 災難が, 熱心に, 父と, 独り深く, 相談に, 看破した, 看破する, 確信でもが, 祈らんとして, 秘密を, 突発したらしい, 行事でも, 話しあっ, 論じて, 起こったと, 起こるの, 起るの, 重大な, 金色の, 飯食さしけむ

▼ ごとごと~ (87, 1.0%)

7 やって 5 と音 4 その小さなきれい, 鳴る汽車 3 鳴って 2 いう音, と走った, 走る音

1 [58件] あばれまわって, いふの, いわせて, おどると, その上, という怪音, という音, とからだ, としきりに, とする, とその, とぬるい, とのろい, とまわりだした, とビーカー, と一つ, と云う, と伝わっ, と低い, と包ん, と古い, と妙, と寝巻姿, と平坦, と引かれ, と戸, と書きつけた, と机, と樹, と機械, と汽車, と目, と砂利道, と自, と貨車, と音立て, と鳴っ, ばたん, ぶっつかって, ぶるぶるゆれ, ゆすられて, ん, 云って, 云わして, 云われた口惜し, 入つて, 動いて, 動かした, 揺り出して, 揺れながら, 聞えて, 言わせて, 走った, 走りました, 鳴らして, 鳴らす, 鳴るの, 鳴る音

▼ ごと~ (57, 0.7%)

4 あつた 2 でも, 夢物語を, 平次も, 消耗する, 真実の

1 [43件] あつたなら, あつたの, あつて, あらう, お分かり, この時分, さア, すらあつ, せうか, そこに, その唖聾, だれも, どうにか生計, な, はござりません, ギャングを, ナンセンスだ, ビリンスキー村には, 何が, 勤まるよう, 大人の, 女隠居の, 小田原の, 巻きあげやがったな, 彼は, 忙しく暮した, 恋の, 成るか, 無いやう, 無益の, 生じた人, 生活の, 百姓の, 空を, 結構だった, 胸も, 行こうという, 試みに, 話に, 話を, 誰と, 近所の, 送られる毎日

▼ ごとでも~ (38, 0.4%)

4 あるの 2 あるまい

1 [32件] あったので, あったん, あるかの, あると, あるらしい顔つき, あるらしく突き詰めた顔, あるん, いい聞かされたこと, おありなされる, すぐに, そうだ, その不条理, その道理, それが, ただ一方, なえべか, なかつた, なくちゃんと, なくまぎれ, なんでも, はばかりなく, 何も, 出来ましたか, 又直観的, 同様名人気質と, 快く承諾, 聞いて, 見聞きする, 言って, 起ったの, 進歩改良を, 遊ばして

▼ ごとかを~ (32, 0.4%)

3 うち案じ 2 考えて

1 [27件] いはせるので, うかがって, ささやいた, ささやきそして, ささやきました, しばらく考え, ひとりで, よきし, ボソボソささやいた, 三根夫に, 告げる主題, 命令した, 囁いて, 囁き続けた, 書きこんで, 検事に, 無線電信で, 発見し, 考えだそうと, 考えつづけて, 考えるかの, 考える心, 考案く, 胸の, 言ふ, 話しかけて, 謀議しつづけ

▼ ごとにも~ (32, 0.4%)

1 [32件] あづかつてみたい等, あれ知らぬこと, いつも東, さからわず命令どおり忠実, そこに, どんどんとびこん, どんどん弱っ, まじめな, 不便なる, 内外の, 出て, 器用で, 外観を, 大事を, 岡目八目と, 御辛抱づようござりまして, 忠君愛国などの, 思いきったこと, 怺え, 手の, 替え難い, 母の, 涙が, 深切に, 焦ら立ち易く, 目立たぬよう, 相応ずる本能も, 真実を, 符合するであろう, 終りが, 縁起の, 言いまた

▼ ごとには~ (31, 0.4%)

2 その芸

1 [29件] あはあ息, あらざりしが, かならずあの, かならず彼, かならず首, すくなからぬ, どうしてもなじめない, なにかわけ, ほとんど欠かさず, みんな大笑いを, もうたいていできあがっ, キット出, 備わって, 全然興味, 取り換えられるの, 受取り得よう, 口を, 島を, 彼方と, 思うてを, 有った, 朝から, 獄中の, 糸を, 肩代りし, 自分の, 花見幕やら, 門, 高き鼓動

▼ ごとながら~ (29, 0.3%)

1 [29件] あんなべっぴん, いささか寄るべ, いろいろ思う, こうなる, ほんとに気, まったく以, もう気, 先の, 再び繰り返せる, 冥加に, 冷汗を, 可哀そうに, 強いショック, 心配で, 心配に, 思はず涙, 感じて, 文武の, 有無も, 気に, 気恥しいので, 浅ましさ, 秘かに, 聴耳を, 胸が, 腹を, 自惚, 見ては, 頭痛に

▼ ごと~ (26, 0.3%)

1 [26件] あはははは, おん, からで, からである, がこんな, けれどまるで, けれど哀れ, し織姫渡米, ぜ弱虫, でなければその, というゴシップ, といっ, といつ, としか考え, と思, と思う, と思っ, と思つて, と推定, と申し, なという, なと心づいた, ぺとついていてまるで, よ, ん, ッ

▼ ごとでない~ (26, 0.3%)

2 ように

1 [24件] から本名, ことを, という気, といふ印象, とつぶやき, と思う, と悟っ, と感じた, と直様, と言い, ので泰軒先生, ものを, やうに, ようすを, 人生の, 形, 愛と, 感じ思へ, 昂奮剤の, 樣子な, 気配です, 激しさ, 神経の, 証拠だ

▼ ごとかと~ (24, 0.3%)

2 おもって, 思って

1 [20件] あたらしい驚目, あわてふためいて, いっせいにその, この騒動, カーテンを, ローリイの, 不思議そうに, 座敷へ, 当然花嫁, 思つたら, 思われたのに, 意外に, 満場の, 白石は, 眺めた, 羨望に, 老人と, 聞いたところ, 集まって, 驚いた

▼ ごとじゃ~ (23, 0.3%)

2 ないよ, ねえぞ, ッ

1 [17件] ありません, ありませんわ, あるめ, あわただしい, そうな, そなた, ないか, ないと, ないの, ないのねえ, ないわ, ないわね, ねえですぜ, ねえや, ねえらしいん, 夜討ちか, 御座いません

▼ ごとその~ (19, 0.2%)

2 声は

1 [17件] ドアに, 上から, 上に, 上を, 子も, 懐中時計を, 星を, 毒を, 毛皮外套を, 消え行く姿, 涙の, 結はせる, 赤いきれ, 身を, 邸に, 陰上に, 隊勢を

▼ ごと~ (19, 0.2%)

2 こもり息づく, 世の

1 [15件] きたならしい猥談, じぶん, 仕事や, 台所ごとの, 合点, 夏は, 晴れも, 来客などの, 祝いが, 空涙を, 考えごとを, 胸に, 親類の, 試みて, 負ふと

▼ ごとです~ (18, 0.2%)

64 かい 1 かと隼人, からな, がお, がなかなか, と言つて, ね, よ, んで

▼ ごと~ (18, 0.2%)

2 さは, のでしょう

1 [14件] さ, さの, つとです, のかしら, のだ, のであった, のであらう, のである, のです, びく冬日, んだ, 手ちがいを, 蛍に, 靴音は

▼ ごとから~ (17, 0.2%)

1 [17件] お芳, たいへんな, またシチ面倒, んこと, 一つの, 人間の, 受ける印象, 圧伏された, 引いて, 推すと, 次第に目的, 物語らう, 物語ろう, 目の, 行水の, 起ったに, 逃げ惑って

▼ ごと夜ごと~ (17, 0.2%)

2 に一身, に自分

1 [13件] が再開, にこの, に其聲, に和佐保, に文明, に明麗, に針, のせりあい, のよう, の忍び輿, の波まくら, の発熱, を入り乱れ

▼ ごとみたい~ (15, 0.2%)

3

1 [12件] なこと, なこと言ひつ, に, につぶやい, になり, にわずか, に云, に云った, に呟い, に座っ, に言い, に言っ

▼ ごと~ (15, 0.2%)

141 めや

▼ ごととは~ (14, 0.2%)

1 [14件] どういう関係, 一つには, 千里万里も, 千里萬里も, 思えず悲し, 思えないで, 思はれません, 思へずおそらく, 思へない, 思わなかったが, 思われず鼻翼, 思われなかったと, 政といふ, 見えない

▼ ごと日ごと~ (14, 0.2%)

2 に鏡

1 [12件] ずっと私, にお, におぼつかない, につとめる, にぽうっと, に歩い, に沖合, に見る, の, のこと, の祈念, を一つ

▼ ごとである~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, かの協議, かはこんな, がこの, が精霊, という, と云, と共にその, と同時に, と見抜いた, に違い, のを, 戦いは

▼ ごとだった~ (12, 0.1%)

2 からです, のでしょう, よ 1 かそう, がどういう, ね, のだ, のです, んだ

▼ ごととして~ (12, 0.1%)

1 [12件] まづ行, やって, 上に, 国民の, 天皇のせられる, 日本の, 朝倉夫人に, 消え失せついに, 真澄の, 神の, 聞かれなかった, 行われたこと

▼ ごとくん~ (11, 0.1%)

1 [11件] ばかく, ばこの, ばすなわち, ばみずから, ば大川氏, ば惠果和尚, ば掏摸, ば溺れます, ば耕者みな王, ば議会, ば霊怪

▼ ごとなら~ (11, 0.1%)

4 峠の 2 んと 1 ば末の世, んかと, んや, 何人を, 朱の

▼ ごとある~ (10, 0.1%)

2 が, のう 1 がわたし, が明日, ぞ, なあ, 声出し, 弥彦かな

▼ ごとそっくり~ (10, 0.1%)

1 ここへ, このせまい, その白みがかった, よこせ, 剥ぎとられて, 姿を, 引っ越す必要, 流されは, 田舎の, 荷送され

▼ ごとという~ (10, 0.1%)

1 のは, ものが, ものは, ものよ, ように, わけに, カラの, 怪音それに, 所に, 音が

▼ ごとだろう~ (9, 0.1%)

3 と思っ 1 かと思った, という顔つき, と富士男, と思い, と思った, と正木署長

▼ ごとならぬ~ (9, 0.1%)

1 ものに, 不祥な, 二人の, 人だかりが, 悶々の, 慄然たる, 様子だけは, 苦しみ様, 面持に

▼ ごと間ごと~ (9, 0.1%)

1 が思いきっ, に我, に蝋燭, の灯火, の燈火, の花瓶, を云い触れる, を打ち, を追い廻し

▼ ごという~ (8, 0.1%)

2 音が 1 ことを, てゐた, て寝る, て狂人, ものが, やつだ

▼ ごとくに~ (8, 0.1%)

1 さえ感じられた, さえ見ゆる, ではなく, のみ思われ, のみ説いた, まで一, 勇ましくも, 口惜しくお

▼ ごとごとごと~ (8, 0.1%)

4 その小さなきれい 1 とビーカー, と一つ, と妙, と機械

▼ ごとであった~ (8, 0.1%)

1 かと合点, かも知れない, ことは, ために, のだろう, のである, のにその, ような

▼ ごととも~ (8, 0.1%)

1 つかずに, つかず言, つかない陰々, 共通する, 思えない, 思はれんなあ, 言えたでしょう, 言ふべきしぬ

▼ ごとなど~ (8, 0.1%)

1 いふ, いふ形, さまざま思い出し, して, しないですん, するには, 呟いで, 言いながら

▼ ごと自分~ (8, 0.1%)

2 の前 1 がたべ, で洗っ, の方, の胸, の自由, の顔

▼ ごと~ (7, 0.1%)

1 つぽ, つよくなっ, 千世の, 憤りを, 這入りに, 酒を, 露お

▼ ごとならず~ (7, 0.1%)

1 うれしくて, とささやき, とさっそく, ぼくは, 実感を, 心配し, 重荷を

▼ ごとなる~ (7, 0.1%)

2 もの 1 かとかたわら, と密, ものから, 恋という, 行事の

▼ ごとやっ~ (7, 0.1%)

3 ていた, ている 1 ていました

▼ ごと汽車~ (7, 0.1%)

4 はきらびやか 1 のなか, はいっしんに, は走った

▼ ごと~ (7, 0.1%)

2 へ走りぬ 1 なれども, にあつまり, ははた, へ放りあげられる, 仰ぎいま

▼ ごとごとごとごと汽車~ (6, 0.1%)

4 はきらびやか 1 はいっしんに, は走った

▼ ごとごとごと汽車~ (6, 0.1%)

4 はきらびやか 1 はいっしんに, は走った

▼ ごとごと汽車~ (6, 0.1%)

4 はきらびやか 1 はいっしんに, は走った

▼ ごと~ (6, 0.1%)

2 流るる 1 ていた, て経る, て近く三河, どこを

▼ ごとについて~ (6, 0.1%)

1 事実を, 何を, 回った, 知って, 話を, 語るの

▼ ごと白き~ (6, 0.1%)

2 夕日や, 花のみ 1 寝台の, 寢臺の

▼ ごと鳴る~ (6, 0.1%)

4 汽車の 1 のを, 音が

▼ ごとについても~ (5, 0.1%)

1 いたずらに, ヒョコヒョコと, 不完全な, 器用であった, 最善を

▼ ごとばかり~ (5, 0.1%)

1 いつて, で, なすつて, 恨めしく思はれました, 言い通したの

▼ ごと~ (5, 0.1%)

1 と云う, と廻転, と聞え, と聞こえた, と運転

▼ ごと~ (5, 0.1%)

1 ごとごとん, ごとん, とたった, と揺れ, と椅子

▼ ごと持っ~ (5, 0.1%)

2 て来 1 てき, てガイセン, て行き

▼ ごと持つ~ (5, 0.1%)

2 て來 1 て歸つて, て行かう, て行かれ

▼ ごと焼い~ (5, 0.1%)

1 ていざ, てみせる, ても食える, て出された, て食べる

▼ ごと~ (5, 0.1%)

1 ふるはせて, をあげ, をかしげた, を手元, 絞められて

▼ ごとかな~ (4, 0.0%)

2 しかりけり 1 どう云, のであろう

▼ ごとこの~ (4, 0.0%)

1 巌殿から, 竹葉の, 若武者が, 蛙を

▼ ごとごとごとごと~ (4, 0.0%)

4 その小さなきれい

▼ ごとごと音~ (4, 0.0%)

2 をたて 1 のする, を立て

▼ ごとせしか~ (4, 0.0%)

1 ばその, ば其身もと, ば我が身悉, ば蛇おの

▼ ごとその小さな~ (4, 0.0%)

4 きれいな

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 うき, 四天王以下の, 夕まぐれ人は, 梅雪の

▼ ごとであっ~ (4, 0.0%)

1 てもいったん, ても勅命, ても断じて, て一般人

▼ ごとであろう~ (4, 0.0%)

21 かとおどろい, と思っ

▼ ごとなっ~ (4, 0.0%)

1 ちゃあお互い, てしちくどう, て寝とる, て痩せん

▼ ごとについては~ (4, 0.0%)

1 いわなかった, 一つも, 固く口, 誰も

▼ ごとにでも~ (4, 0.0%)

1 しねえげ, 会って, 屈托しなけれ, 死ぬ覚悟

▼ ごとにと~ (4, 0.0%)

1 いうほども, いおうよりも, いっても, 云える

▼ ごとにばかり~ (4, 0.0%)

1 かかって, 亙りますが, 眺めると, 耽つて

▼ ごとにまで~ (4, 0.0%)

1 いって, 云うぐらいや, 云う位, 言ったん

▼ ごとまで~ (4, 0.0%)

1 かぶせられるよう, 催したの, 彼の, 思浮べ

▼ ごとを以て~ (4, 0.0%)

1 寝つき, 祝詞に, 総称せられ, 重言の

▼ ごと二階~ (4, 0.0%)

1 なるわが, の方, の窓, へもち

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 といふ, とが向う, などいふ, の素生

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 て云, て云う, とし, によらず

▼ ごと~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の上, を掘り取

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 不利な, 大将みずから采配を, 満足に, 賢察願わし

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 かぢ, にくわえる, にし, へすべっ

▼ ごと~ (4, 0.0%)

3 はまし 1 ひさ

▼ ごと~ (4, 0.0%)

1 かに渡す, かの大きな, でもある, にだって出来る

▼ ごと~ (4, 0.0%)

2 をたて 1 のする, を立て

▼ ごと食う~ (4, 0.0%)

2 ところに 1 わけには, 夢を

▼ ごとごとごとごとジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 の乗っ

▼ ごとごとごとジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 の乗っ

▼ ごとごとし~ (3, 0.0%)

1 てでも居なけれ, てゐた, て居た

▼ ごとごとジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 の乗っ

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 かかわるより, ぐりもて, っしゃるかね

▼ ごとさし~ (3, 0.0%)

1 つくる監獄, 出した, 出しました

▼ ごとだつた~ (3, 0.0%)

1 がそれ, のでこれ, ので登美子

▼ ごとって~ (3, 0.0%)

1 それは, 何だい, 簡単で分からない

▼ ごとでしょう~ (3, 0.0%)

3

▼ ごとなき~ (3, 0.0%)

1 三人の, 人々が, 姫の

▼ ごとなどを~ (3, 0.0%)

1 して, 見守りました, 話し成

▼ ごとなんて~ (3, 0.0%)

2 あるの 1 聞きたくないや

▼ ごとに対する~ (3, 0.0%)

1 はっきりした, 御返事即, 態度に

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 がりだ, しよるとな, たんば

▼ ごとぶっつけ~ (3, 0.0%)

1 てドア, て働ら, て行く

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 うなずいて, べつべつに, 醒めよ醒めよとばかり

▼ ごとをも~ (3, 0.0%)

1 なすこと, よくし, 欲しません

▼ ごとジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 の乗っ

▼ ごと一つ~ (3, 0.0%)

1 だって次, も言えず, 言わずに

▼ ごと一人~ (3, 0.0%)

2 思はる 1 の男

▼ ごと云っ~ (3, 0.0%)

1 て, ている, てお金

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 にテンピ, に石段, に突き出

▼ ごと光る~ (3, 0.0%)

2 ものあり 1 もの

▼ ごと刺せ~ (3, 0.0%)

1 という言葉, と叫んだ, 自分の

▼ ごと同じ~ (3, 0.0%)

1 ような, 場所に, 形の

▼ ごと喧嘩~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 じって, じつて, りながら

▼ ごと大き~ (3, 0.0%)

1 なるその, 星昼の, 星晝の

▼ ごと~ (3, 0.0%)

2 の中 1 へ捨て

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 から掬いあげられた, に叩きつけ, の上

▼ ごと~ (3, 0.0%)

2 寄せられて 1 たぐるという

▼ ごと抜い~ (3, 0.0%)

1 て来, て横, て穴

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 えてたぞ, かつたん, 穿鑿に

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 に渡し, 呑み込まれて, 這入って

▼ ごと~ (3, 0.0%)

2 はなつかし 1 はいかめし

▼ ごと~ (3, 0.0%)

1 ひたま, ひて, ふの

▼ ごと買っ~ (3, 0.0%)

1 て, て届け, て帰りました

▼ ごと~ (3, 0.0%)

2 の立葉 1 ありき

▼ ごと鳴っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て全身

▼ ごと鳴らし~ (3, 0.0%)

1 ては虚空, て太い, ながら吹き過ぎる

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 無ぃがったもの

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 しますべ, は

▼ ごとあり~ (2, 0.0%)

1 けらし, 何の

▼ ごとあるいは~ (2, 0.0%)

1 担架に, 歌枕という

▼ ごといっ~ (2, 0.0%)

1 てもこれ, ても少年探偵団の

▼ ごといつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, たりき

▼ ごとうる~ (2, 0.0%)

2 はしみせよ

▼ ごとおれ~ (2, 0.0%)

1 が努力, はする

▼ ごとお前~ (2, 0.0%)

2 にやる

▼ ごとかが~ (2, 0.0%)

1 ゆくての, 起ったら君

▼ ごとかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, しれないが

▼ ごとくい~ (2, 0.0%)

1 うたなら, ひなし居る

▼ ごとくし~ (2, 0.0%)

1 て三条西実隆, て赤尾

▼ ごとくに三部~ (2, 0.0%)

1 に分かち, に分け

▼ ごとくに生~ (2, 0.0%)

1 をつづけてる, を享

▼ ごとくみ~ (2, 0.0%)

1 の, ゆるの

▼ ごとぐるり~ (2, 0.0%)

1 と下駄, と挿した

▼ ごとここ~ (2, 0.0%)

1 へも顔, へ持っ

▼ ごとこれ~ (2, 0.0%)

1 を仰ぐ, を助

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 とんと奥, 君側の

▼ ごとした~ (2, 0.0%)

1 そうだ, つて

▼ ごとじゃねえ~ (2, 0.0%)

1 おれたちも, どいつか

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 なは, ぼっとはいりこむ

▼ ごとすっかり~ (2, 0.0%)

1 天空へ, 明けは

▼ ごとすっぽり~ (2, 0.0%)

1 とその, 蔽われて

▼ ごとずっと~ (2, 0.0%)

1 上へ, 私の

▼ ごとそくそく~ (2, 0.0%)

2 と氷柱

▼ ごとそこ~ (2, 0.0%)

1 にやつ, へ坐りこんだ

▼ ごとそれ~ (2, 0.0%)

1 を取り出しました, を持っ

▼ ごとだけを~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ ごとだらう~ (2, 0.0%)

1 か, よ弱者

▼ ごとちる~ (2, 0.0%)

2 落葉あり

▼ ごとであり~ (2, 0.0%)

1 其名が, 唾棄すべき

▼ ごとでございます~ (2, 0.0%)

1 かお姫さま, がいつ

▼ ごとでなく~ (2, 0.0%)

1 姥ごとの, 鞭撻に

▼ ごとといふ~ (2, 0.0%)

1 わけに, 言葉の

▼ ごととしか~ (2, 0.0%)

1 思えない, 考えられんという

▼ ごととしての~ (2, 0.0%)

1 効果は, 特色を

▼ ごとなぞ~ (2, 0.0%)

1 いたしたとて, 思いも

▼ ごとなどは~ (2, 0.0%)

1 すっかり忘れよう, 耳に

▼ ごとなんか~ (2, 0.0%)

1 ぢや, ねえだ

▼ ごとにつき~ (2, 0.0%)

1 四八〇磅が, 連合艦隊と

▼ ごとにより~ (2, 0.0%)

1 広く見晴, 進んだより

▼ ごとに対して~ (2, 0.0%)

1 不満を, 復讐を

▼ ごとねえ~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ごとひらひら~ (2, 0.0%)

2 とこそあり

▼ ごとぶっつかっ~ (2, 0.0%)

1 てみ, て鳴っ

▼ ごとぶつかっ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てみた

▼ ごとぼく~ (2, 0.0%)

1 の前, の態度

▼ ごとよりも~ (2, 0.0%)

1 さきに, 前から

▼ ごとわれら天誅~ (2, 0.0%)

2 を加えたれ

▼ ごとをか~ (2, 0.0%)

2 思ひわ

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 へ下っ, へ置く

▼ ごと仕事~ (2, 0.0%)

2 が一きり

▼ ごと六寸~ (2, 0.0%)

1 もあらう, もあろう

▼ ごと出し~ (2, 0.0%)

1 てみる, ながらも一度

▼ ごと動い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ごと厚く~ (2, 0.0%)

2 なりける

▼ ごと取っ~ (2, 0.0%)

1 て差し出す, て枕頭

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 三軒両隣と, 直る

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 あらぬ日, をこそ待て

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 べちやつた, べて

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 に酔はん, の国

▼ ごと大きく~ (2, 0.0%)

1 うなずいて, 左右に

▼ ごと奈落~ (2, 0.0%)

1 の底, へずりこむ

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 られた其時人足, られること

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 はあれども, をすて

▼ ごと家ごと~ (2, 0.0%)

1 向三軒両隣, 少くとも

▼ ごと寂しく~ (2, 0.0%)

2 ましき

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 と掘りくるどる, を捜す

▼ ごと山山~ (2, 0.0%)

2 のへっ

▼ ごと左右~ (2, 0.0%)

1 に大きく, に揺すぶり

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 に持出され

▼ ごと引きつけら~ (2, 0.0%)

1 る, るるよう

▼ ごと引く~ (2, 0.0%)

1 ら返りまし, 毎に

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 に心, の方

▼ ごと必ず~ (2, 0.0%)

1 成就し, 癒えなん者

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 に云, も坐ら

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 でつかん, を振る

▼ ごと折々~ (2, 0.0%)

1 に聞ゆ, 小さく動かし

▼ ごと抜き地~ (2, 0.0%)

1 において手, に置い

▼ ごと抱え~ (2, 0.0%)

1 て来, て高林家

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ ごと斜め下~ (2, 0.0%)

2 から突き

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 なる相手, に分れる

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 ねもす, は光る

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 の羊群

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の中

▼ ごと沈み~ (2, 0.0%)

1 こみさ, て匂

▼ ごと泣け~ (2, 0.0%)

2

▼ ごと消え~ (2, 0.0%)

1 て, て無くなりやがった

▼ ごと濡れ~ (2, 0.0%)

1 てにほひし, てにほへる

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 の中, の酒

▼ ごと燃え~ (2, 0.0%)

1 つつ湿, てしまひたい

▼ ごと特に~ (2, 0.0%)

1 ヨウロッパの, 学問の

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 でたべる, のもの

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 が受取った, の方

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 のなか, はおびただしい

▼ ごと真向~ (2, 0.0%)

2 から仙太

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 のみ光りぬ, の前

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 に下す, に摂る

▼ ごと突き~ (2, 0.0%)

1 をくれる, 倒しながら

▼ ごと美しき~ (2, 0.0%)

1 もの, 洞に

▼ ごと考え~ (2, 0.0%)

1 たりし, て人

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 をならべず, を押し進め

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 を埋め, 落す朱欒一木

▼ ごと言つて~ (2, 0.0%)

1 は針, ゐるかんぺう

▼ ごと走る~ (2, 0.0%)

2 音が

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 つ風

▼ ごと~ (2, 0.0%)

2 はふる

▼ ごと青葉~ (2, 0.0%)

2 かがよ

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 へかぶさっ, を大地

▼ ごと~ (2, 0.0%)

1 に吹きゆすられ, の対立

▼ ごと飛ぶ~ (2, 0.0%)

2 落葉かな

▼ ごと食っ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て激烈

▼1* [1001件]

ごとあけたる町, ごとあしらへり, ごとあっておれ, ごとあったが俺, ごとあったら二人でも, ごとあとへ引っ, ごとあの下の, ごとあばれまわっています, ごとあらたまらむとせし頃は, ごとありけるものを, ごとあれ心に, ごといえませんものね, ごといかんともすべ, ごといがみあっていない, ごといち時に献納, ごといつか森啓之助にのり, ごといひて我生, ごといひたいやうな, ごといふのが, ごといふ声のつぶれた, ごといふ音がお祖父さん, ごといや一分間ごとに, ごといわせていた, ごとうずまるくらい深い, ごとうのみにし, ごとうまく中へ, ごとおいて行きたい, ごとおそくなるにつれて, ごとおどると強い, ごとおなじ昔噺を, ごとおもかげの, ごとおん身等も忍べ, ごとかくふうがついた, ごとかごとの宵, ごとかざしてはっ, ごとかじりつく歪みと, ごとかじる習慣を, ごとかというように, ごとかとばかりけしきばみながら, ごとかならず差えなむ, ごとかなんぞのように, ごとかの兆が, ごとかはわからないが, ごとからの推定を, ごとかりしを, ごとかりしかば豊太閤, ごとかるべしとは期せざり, ごとか月ごとにその, ごとがたがたと動出し, ごときいろ姫が, ごときがすなは, ごときすばしっ, ごときたましひよ, ごときつく首を, ごときものの苦労なぞ, ごときもの口に蓋, ごときよい著述を, ごときらきらと化粧部屋, ごときれいに斬られ, ごとき死をまぬがれ, ごとくいず地かへ, ごとくいたしことに, ごとくいるが当節, ごとくおもはれ, ごとくかれらの, ごとくぐしゃりとなったがむっくと, ごとくさきみちて, ごとくそひたま, ごとくちぢに, ごとくどきんなどとは, ごとくどよみを沈め, ごとくにめで慈しむ, ごとくに一本の木刀, ごとくに一枚の紙, ごとくに二度青ざめたの, ごとくに二週間あれば, ごとくに二階へ通された, ごとくに五十人も六十人, ごとくに余の眼, ごとくに先から先, ごとくに千手を有するなら, ごとくに名を改める, ごとくに四ん這い, ごとくに四社協定というもの, ごとくに坂の上, ごとくに外から通勤, ごとくに帯の下, ごとくに打ければ, ごとくに杯のやりとり, ごとくに盤旋するだろう, ごとくに目のま, ごとくに相通ずるもの, ごとくに角に纏いつい, ごとくに過ぎにけり, ごとくに風を起し, ごとくるんで小気味よく, ごとくろうかへ降りた, ごとくろくでもない, ごとくわれ先にと, ごとくわれいひけるは, ごとぐっと砂交り, ごとぐらいに画房の, ごとぐらいの等高線を, ごとぐらゐが関の山ぢや, ごとぐるッと一まわり, ごとければすなわち, ごとこそ謂わば, ごとこれぢや案内者, ごところげ込んで島々駅, ごとこんがり燒かれ, ごとこんにゃくも何, ごとごっそり削られたと, ごとごといふ音がお祖父さん, ごとごとごとごとジヨバンニの乘つて, ごとごとごとジヨバンニの乘つて, ごとごとときかいのなる, ごとごととろ火で煮つめる, ごとごとジヨバンニの乘つて, ごとごと二階の方, ごとごと土の上, ごとごと自動車に揺られ, ごとさえあるじゃ, ごとさげさせてしまう, ごとさらふやう, ごとさらって行き, ごとさらわれるような, ごとさりげなき不実, ごとしかかかないという, ごとしすなはち, ごとしずくをたらし, ごとしたら法律が, ごとしとるらしゅうてわたし, ごとしなけれど, ごとしねえで少し休んだら, ごとしめ殺されていた, ごとじっと押えた, ごとじみてみえる, ごとじゃあなかった, ごとじゃねえと思ったからね, ごとすうっと日本人, ごとすりつくよう, ごとすればゴギノゴギオホン, ごとつくり剥ぎとられて, ごとそいつを取り除ける, ごとそういう難所に, ごとそちと共に大坂城, ごとそっち向いて, ごとそつと妻戀坂, ごとそつくりはづして曲者, ごとそのものがぼく, ごとその他の残留, ごとそばへずり, ごとぞと手に, ごとたいしたことは, ごとたえず首を, ごとたかくうりて, ごとたたきおとしそうな, ごとただかき曇る, ごとたとえば他の, ごとたふさぎを解き, ごとたべるのである, ごとたまさかに蜥蜴, ごとたまゆらと空ゆ一期, ごとたわごと真あること, ごとだけで塗りあげられて, ごとだけが人間の, ごとだまさね, ごとだ取りかこんでからめ捕っ, ごとちらぼふなか, ごとち切れ飛ぶ青柿, ごとやありません, ごとっていうのじゃありません, ごとつかんではげしく, ごとつき琵琶これなり, ごとつっこむんだ, ごとつまみあげてそこここ, ごとつめたう流れした, ごとであったろうか, ごとであるべきものが, ごとであるべき食べることの, ごとであれ私の, ごとでしたがかく, ごとでないらしいのは, ごとでなくなって来る, ごとでなく乱れていた, ごとでなく感じながら旅行者, ごとでなければなりませんでした, ごとでねえんだ, ごとで御座いますよ, ごととかにおいてはすぐれたもの, ごとときかいのなる, ごととけこんだような, ごととこそ聞け, ごととしては無邪気を, ごととでもいおうか, ごととともに大事に, ごととの対立の, ごととろ火で煮つめる, ごととを組合わせたプログラム, ごとさっと下, ごとどうも眼について, ごとどこかに姿, ごとどころでは, ごとどしんと駭ろか, ごとながらもナサケなく, ごとなぐられて泣き, ごとなった生命に, ごとなつかしきひと, ごとなどがもてはやされた, ごとなどに勝つとして, ごとなどには注意を, ごとなどの新作を, ごとなどへなぜ要らざる, ごとなどもおそろしく下手, ごとなほわからないか, ごとならず察しられていた, ごとならず思ったよ, ごとならないものに, ごとならぬけはひ, ごとならぬはりきりかたで, ごとならんもんじゃ, ごとなら知らないものが, ごとなら知らぬことご, ごとなりぬれば, ごとなるべきやを疑へり, ごとなんかはしませんでした, ごとなんとなく宙に, ごとにあたっての役人たちの, ごとにあたっても実現する, ごとにおいていかに民衆, ごとにおいても相当な, ごとにかけても彼女は, ごとにしか考へなかつたの, ごとにぞつとします, ごとについてのいわば外部的, ごとにつけ後醍醐の, ごとにて思はん方, ごとにては何かは, ごとにという程の, ごとにととのつて行く, ごとになつて親の, ごとにまでも日向臭い匂, ごとにやッ, ごとによつて過去の, ごとによっても自分の, ごとにわづかな町, ごとに対しては誰しも, ごとぢ込ん, ごとねえだと吐い, ごとのみを興あり, ごとはからつぽ, ごとはがすめえがね, ごとはした金ではすまない, ごとはずしジャッキ, ごとはずすと改めて, ごとはた天つ, ごとはといえば, ごとはやきしるしの, ごとばかし見ずに, ごとばかりを繰り返しながら, ごとばり言って, ごとばりばり食って, ごとがごと, ごとひいてパン, ごとひたわめく呪詛と, ごとひっくりかえしたりします, ごとひっくりかえってたいへん, ごとひっくり返して踏みつけ, ごとひと息に呑み込ん, ごとひらめいて芬, ごとふきたおすほどの, ごとふきつけると大きい, ごとふるえるほどの大ごえ, ごとふわーと, ごとぶつかつて弓弦, ごとぶつかりたいほど気, ごとぶつけて扉, ごとぶら下げたやうに, ごとぶら下りたり, ごとぶりを高く, ごとぶるぶるゆれて, ごとへまで銭何貫あるいは, ごとほそきかなしみの, ごとほのかにならぶ, ごとほんと云う, ごとまことあるなし, ごとまつわりついて赤い, ごとまでがなおその, ごとまでも妨害する, ごとまでを語り出したので, ごとまるで飲んだくらいじゃ, ごとまろく拡がる, ごとてえ, ごとみしみし喰べて, ごとみとあたはしつ, ごとみんなまるめて, ごとむきし佛手柑, ごとめいたことで, ごとめかして云った, ごとめりめりと裂き, ごともござりますゆえいずれ, ごとものう相かわらず, ごともやある, ごとやけくそな武人, ごとやさしく君が, ごとやじょうだんごとには身のはいらない, ごとやはり武技を, ごとゆくとき, ごとゆすられてくる, ごとゆする程度に, ごと傍つきにじり寄り, ごとよういうては, ごとよく煮上って, ごとよびさます星は, ごとより俺家では, ごとよんで何, ごとらしいものが, ごとり叩かれるのを, ごとわかった以上は, ごとわが先考の, ごとわが家に来り, ごとわきへ廻っ, ごとわれはたどりぬ, ごとウラル大理石の床, ごとオレが当家, ごとカジって, ごとコン吉は干潮, ごとゴボッと大穴, ごとシッカリと押え付け, ごとジャーナリズムの中, ごとジヨバンニの乘つて, ごとスバシコイ上に坑長, ごとダラアと前, ごとダラリと下った, ごとテンピの中, ごとデスクごとを廻つて, ごとドアにぶっつかっ, ごとドッコイショと持ち上げ, ごとニ惣官参謀あり郷, ごとパッとわざと, ごとパツと引つ, ごとピンとはずし, ごとブツ切りにし, ごとリュウマチスが起こっ, ごとなの, ごとヴァイオリンに挑み掛っ, ごと一たび読みされば, ごと一つ噛つたが, ごと一人きりで歎, ごと一兩で賣, ごと一口かじつた, ごと一尺近いの, ごと一日の内, ごと一時間ごとに変っ, ごと一流の剛力, ごと一緒に遠く, ごと一週間も前, ごと一隅に蛇, ごと一面に散らばっ, ごと七つ許りも, ごと万づ祝ひのばさん, ごと三十分ごとに時計, ごと三笠の山, ごとへ引張りあげ, ごと両手を大きく, ごと両方から話しあう, ごと丸めてそこ, ごと丸漬にした, ごと主義は歌, ごと乗り出してくる, ごと二三間先へ投, ごと二口で食っ, ごと二度道糸をきられた, ごとひながら, ごと云いながら赤い, ごと云うがね私, ごと云わして, ごと云われた口惜しさ, ごと五体は飛べり, ごと五兩の小判, ごと五条大橋の上, ごと五百何十兩の金, ごと人ごとに死ん, ごと人待ち顔をそこ, ごと人樣におくれ, ごと人見けらずや, ごと他愛もない, ごと以外に古典的, ごと仰向けにひっくり返る, ごと伐つてこれ, ごと伐り口の, ごとへばよく, ごと伸子の方, ごと住み給へ, ごとが急, ごと何んの苦, ごと何物かを探し, ごとつ, ごと修理めたまはば御子, ごと倒れそうに, ごと倒れた大杉や, ごと借りにばかり往, ごと健康をはこん, ごとに貸し, ごと先生とがいらっしゃった, ごと光りて落つるたまり, ごと光明のごと, ごと光秀たりと繰り返し, ごとつて来た, ごと入れておくる, ごと入江に出, ごと全部売って, ごと公孫樹の黄葉, ごと六月の雜誌展望, ごとのかがり火, ごと兵列小さく曲り来, ごと其他の語義, ごと其陰上を指し, ごと凍てしを染むる, ごと凍りはつれ, ごと出した一刀平次は, ごと出し抜けを食わされ, ごと出来ねえのが, ごと分厚に切っ, ごと分子を増し, ごと切れば鞘, ごと切合ってどうして, ごと別々の袋, ごと刻み込んで醗酵, ごとの井戸, ごと前列の椅子, ごとや弾盒, ごと剥がれてゆく, ごと剥がれるのが, ごと力まかせに突け, ごと勉強しなさると, ごと動かさないと横, ごと動き出したぞ, ごと勝負とだまし合い, ごと包むような, ごと匍ひもとほら, ごと南座に入る, ごと参内する主人, ごと春の, ごと取り出してランプ, ごと取り出せばいい, ごと取るので無く, ごと取巻いていた, ごと受けいれ得る性格に, ごとにくわえ, ごと叩き落として, ごと叩き付けて來たん, ごと台所に持っ, ごと右手をあげ, ごと吉瑞がある, ごと吊されてあっ, ごと吊り上げそうに, ごと名馬が厩, ごと向きなおって, ごと向き直ったとき壁が, ごと吹きちぎつてしまふやうな荒々しい, ごと吹き飛ばされ微塵に, ごと吹き飛ばしそうな, ごと呉れてやる, ごと呑みこんでしまう, ごと呻きをはれ, ごと和井元口の附近, ごとへ当て, ごとみ合, ごと問罪所の白洲, ごと問題の図書館, ごと啼けるあり人よ, ごと強し寒稽古, ごと喜びあそぶ, ごとり空腹, ごと喰べたのだと, ごと嗚呼われこ, ごと噛つてぺつぺつとはき出して, ごと噛みくだいて見せる, ごと噛らないやう, ごと四ツ竹を持った, ごと囲んでろ, ごと土瓶に投, ごと土蔵の大戸, ごと地上に浮きで, ごと地主樣にでも聞えたら, ごと地獄の責苦, ごと坂道へ雪, ごと型どおりな繁忙, ごと埋けられてゐる, ごと埋めてし, ごとをとられ, ごと城外へ出, ごと堅城の, ごとで長く, ごとはゑりしか, ごとりて, ごと売って居る, ごと売物に出しました, ごとをところ天屋, ごと外されて掛矢, ごと外れたのは, ごと多かれど皆, ごと夜ごとこれを助, ごと夜ごと光秀たりと繰り返し, ごと夜ごと和井元口の附近, ごと夜ごと地獄の責苦, ごと夜ごと暴れ狂って, ごと夜ごと通い初めていた, ごと夜ごと鎮守の森, ごと大きな賭博が, ごと大して好きでありません, ごと大抵馬を飼う, ごと天井へはい, ごと天狗から剣法, ごと太い麻縄で, ごと失くなったといい出した, ごとを謳ッ, ごと奥がたのあんま, ごとの後々, ごと女出入りは申す, ごと女史の前, ごとの鼻っ柱, ごと好きな弱い, ごと如来様ばかりが御, ごとごひ, ごと姿を現, ごと子等の丈, ごと宵ごとすっかり明け, ごと家作をともよ, ごと寄り添ひ, ごと寄り來と樂, ごと寄り来と楽し, ごと寒くなりさ, ごと寝かせて置いた, ごと小さき町に, ごと小指を懐中, ごと小鳥なきすぎ, ごと少くとも二匹, ごと少年の寝室, ごとも鰭, ごと山々に立つ, ごと山坂の御旅, ごと山川のうつろ, ごとをのぼれ, ごと岩間に流れ, ごと峰右衞門が金, ごと崇められたるアイネアス, ごとの上, ごと崩れて海, ごとにむらがるいななき, ごと布巾へ包, ごと帆村の手, ごと師匠夫婦のほう, ごと幕営へ色, ごとったくならないよう, ごと平凡な生活, ごと平次に突き出しました, ごと平鉢に盛っ, ごと幻滅的な世態, ごとなかる見, ごと床屋につれ, ごと店店に青みすわりき, ごと廻ってしまった, ごと引いて行った, ごと引き開いて, ごと引き千切られ玉垣, ごと引き継がれてゆく, ごと引ったくろうと, ごと引っぱって顔, ごと引出すとそんな, ごと引千切られ玉垣, ごと引奪るやう, ごと引拔いて, ごと引込まれそうだ, ごと強からず, ごとねかへる, ごとも形, ごと彼ら震ひて, ごと彼女の手, ごと彼等汝を畏れ, ごと往来する白, ごとに連, ごと従って無名の, ごとてまし, ごとやはら, ごと心配するより, ごとしも奏詞, ごと怖しい訪れを, ごと思いの外三つ目小僧だの一つ目小僧, ごと思はましかば, ごとにあがりじたく, ごと恋しきは彼金柑, ごと恋しく君が, ごと恐れつつ露天湯, ごとなしと, ごと悲しげに廃墟, ごと情けに篤い, ごと愛しきに, ごときて, ごと憎めどもその, ごとへ入れた, ごと我が心にも, ごと或いはどうかする, ごと或はのりごとと, ごと戦争にまきこまれはじめ, ごとの引手, ごと手放すのだ, ごと手紙を引き裂こう, ごと打ちこむように, ごと打ちこんで掛った, ごと打棄っても宜, ごとり出されて, ごと投げそうな, ごと投げ付けました一角が, ごと投げ出してしまう, ごと投げ捨てて来た, ごと折ったり何, ごと折らるるしろがねの櫛, ごと抜きとり持ちかえってわが, ごと抜けてしまい, ごと抱きか, ごと押えられてしまいました, ごと押しこんで何, ごと押しつけてあるく, ごと押し倒すところであった, ごと担いで奥山, ごと拔取つて娘に渡さう, ごと拳骨を叩き付け, ごと持ちあげて大友君, ごと持ち去られていた, ごと持ち帰るものと, ごと持ってると人, ごと持参の冷飯, ごと指先がわなわな, ごと捕へられにけり, ごと捨ててしまった, ごと捨てられる時が, ごと据えて立直っ, ごと掘られた穴の, ごと掘り捨てたつて文句, ごと掛け竝め日ざかりや関, ごと掬い上げられた経験は, ごと掻練好むや, ごと揉まれている, ごと揺りあそぶを, ごと揺り出していた, ごと揺るほどになりました, ごと揺れながら走った, ごとるほどに, ごと撒水夫きたる, ごと撥ね返すよう, ごと救いをもたらす, ごとへしかば平, ごと教え給いし故にやすく, ごと散る春の, ごとへ挙げれ, ごと数え挙げればなお, ごと敷居から外れます, ごと断定されは, ごと新しくなる, ごと新奇を好む, ごと日ごと問罪所の白洲, ごと日ごと酒よし女よしの, ごと旧恩のごと身, ごと明るき瞳このごろやせ, ごとの雲, ごと時にひろご, ごと晴着をみな, ごとき午後, ごと暗黒の夜, ごと暴れ狂って, ごと暴れまわって太刀, ごとの里あたり, ごと曲馬場の荷物, ごと更けるのを, ごと書いてあるだらう, ごとがよかっ, ごと月光は青, ごと有るめえ, ごと有金二三十兩盜つた上十四になる, ごとをきた, ごと朝ごとコン吉は干潮, ごとを彫, ごとの花, ごと村長の前, ごと村雨のごと, ごとてわが, ごと東国武者の群れ, ごと並ぶるおのれ, ごと果物は籠ごと, ごとを握った, ごと柳河や橋, ごと根元から鋏, ごとの盛り, ごと梅連りて, ごと棄てたのでした, ごと棄て去ったものと, ごと森行かば, ごとをこの, ごと椅子をこちら, ごと検査所の台, ごと楽しさは, ごとえまさむ, ごとしさ, ごとわたる見ゆ, ごと欠くことの, ごと歓声をあげ, ごと正宗の燗, ごと此処に茂れり, ごと此所に置く, ごと此處に茂れり, ごと武者の酌, ごと歩いて行く, ごと歩廊を蹴る, ごと死んでしまふ, ごと死骸から拔, ごとんど, ごと残しておきました, ごと残りのお捻り, ごと残りたる上に, ごと殺気がみなぎっちょ, ごとに先立たれた, ごと母親にふ, ごと毎日わびしげに, ごと毎日煽情的な思い付き, ごとをつける, ごと水垢離とって, ごと水洗いしたあわび, ごと水田の中, ごと求めて持ちかえった, ごと散ると, ごと沁みきたり瓦斯, ごと沈んでしまい, ごと沈黙に鎔, ごとに浮きき, ごとでいため, ごとが浮きます, ごと泣くは誰, ごと泣くならむ鳶とまれり, ごとが堆かっ, ごと流されほとんど無一物, ごとべを歩む, ごと浮いた一軒の, ごと浮きあがって見え, ごと浮きたる心と, ごと浮び出でて, ごとを流す, ごと添い臥しの身, ごと清らにあまき, ごとに贈, ごと渡津海のとよむ, ごと湧きて翅, ごと湧くや甘酒, ごとの中, ごと湯さ入れで洗, ごと滲みるゆめかも, ごと滴るがごと, ごと潤味帯び, ごと濁る毒水の, ごと火鉢にかけて食べさせ, ごと濁みて, ごと灰色の渋晦, ごと炉側へぶら下げ, ごと炭燒く人, ごと点々といろどっ, ごと無いのは, ごと無えんだから早く, ごと無き上, ごと無我夢中で仰向けざま, ごと無限の空間, ごと焼き殺される事を, ごと焼くのは, ごと焼けちゃってその, ごととなっ, ごと照りて闌, ごとにひっくり返され, ごと熱い息を, ごと熱うなっとった, ごと燃えたてど, ごと燻りただよふ, ごと父親らしいの, ごと爺どのを推, ごと牽牛星と織女星, ごとをま, ごと狼星が青白い, ごと玉藻なすよりにし, ごと玻璃のごと, ごと琵琶のお, ごと瓦斯を用い, ごと申す文字であろう, ごと疎開者たちの女性, ごと疼くいたでに, ごと病床で考え, ごと痒きながら札, ごと發音する, ごと白浜にある, ごと白眼に人, ごと白色軍を蹴ちらし始めた, ごと白金のごと閃め, ごと百年の豐, ごとにのせ, ごと盈ち乾よ, ごと盗んで深夜, ごと上る尻, ごと盛り上ったそこで, ごとにしみじみ, ごと相済み候ひて, ごと真珠塔をとりだし, ごと真紀子の方, ごと真黒焦げに成っ, ごとにつく, ごと眠らむ心, ごと眺むとすらしこれの子や春山霞, ごと眼前に目撃, ごとに花, ごとがへ蟲, ごと祝いの殿, ごと秀吉の家来, ごとを埋め, ごと突き上げ誰か一枚でも, ごと突き出してやるん, ごと突ッかける, ごと窓外に放りだした, ごと窯業芸術となっ, ごと立ちてゐる, ごと竪さに割か, ごと競争をやらぬ, ごと笑ったのは, ごと節ごとに溢れ, ごと籠められて, ごと粘液でとかし, ごと糊つけ衣夕まけて, ごと系統のもの, ごとの色, ごと納屋の用箪笥, ごとの雲身, ごと細やかに, ごとにつかれ, ごと絶えざるこの頃, ごと続く御代の, ごとを揺れ, ごと線路の外, ごとに思ほししか, ごと縋り付いた花枝は, ごと縺れ入るい, ごと繰り返されぬいた言葉な, ごと繻子張を持出した, ごと羽虫たかれり春, ごと耀く槍に, ごと聞えてきました, ごと刺す夕, ごと背骨を抜い, ごと胸高に締め, ごと腐れ仰向くや, ごとから拔, ごと腹切りの型等, ごとやる姥はや, ごと自動車に揺られ, ごと自転車を梅, ごと船見山嵐山赤壁渓の附近, ごと花輪編みつつ, ごと芽ぐみたり桜, ごと若い者の, ごと苦しみゆ明るき藝術, ごと苦しみ身は不仁, ごとでて, ごと茶碗を出した, ごと茶箪笥から取り出し, ごと荒ぶる神どもを, ごとえ騰る, ごと落したらガラスが, ごと落ちて来た, ごとのさき, ごと著くるところ, ごと葦原の中, ごと葬ろうとした, ごとや大根, ごと薄く切って, ごとをとり, ごとはなく, ごとの鳴く, ごとを滴, ごと行くに常, ごとをながめ, ごと要素をもこめ, ごと覆したのである, ごと見せましものを, ごと見舞ひ給, ごと覺悟の前, ごと解決するごと, ごと言ってまだ, ごと言わせて戸棚, ごと言わねえがら, ごと言わるる得の, ごと言痛しくれなゐの, ごと訪ねきて積, ごとり云って, ごと詮議はあっし, ごと詰められたもン, ごと話していた, ごと読書眼鏡を取り出し, ごとにつらく, ごと貰って一つ, ごと貴殿との間, ごと買い取ったものが, ごと買い取りに来た, ごと買い取りましたときに, ごと買い取ろうとする, ごと買うて来る, ごと買える安価な, ごと貸すにより胴巻, ごと賽の目にブッタ, ごと走り出で槍, ごとを踏みこん, ごと跳ね上ったよう, ごと跳び越えるのも, ごとにしむ, ごと身の毛竪立ちて, ごと身体が下, ごと軽卒しく悲しき, ごと載せられて揺り遊ばされ, ごと輝きて居る, ごと輪鍵を外せる, ごと活字に, ごと近づけば, ごとてぐど, ごと送って行ぐて, ごとにゆく, ごと透きとほる, ごと通い初めていた, ごと造れる宮それ海神の, ごと遅々なれば, ごと遊びにきました, ごと遠く行く雁, ごと遼東の野, ごと部屋の中, ごと部屋じゅうがぐるり, ごとよし女よしの, ごと里ごとの変化, ごと重吉を車内, ごとを歩む, ごと野良猫めにしてやられた, ごと鍵穴の中, ごと鎌倉殿の下, ごと鎖しつつ, ごと鎮守の森, ごと長く養ひまさばとぞ, ごと長明入道さまの言, ごと長蔵さんに渡した, ごと門前へすえさせた, ごと閃めけり, ごとかなる, ごと間ごと瓦斯を用い, ごと着いたの, ごと関東へ媚び, ごとを組みつ, ごと階級制度の厳重, ごとの部屋, ごと雛妓とわたくし, ごと雨ふりくれば, ごと雪乱り来ぬ, ごとのうごける, ごと雲居に見ゆる, ごと震亨れりと, ごと霞川の底, ごと青み萎えよ, ごとけき, ごと鞍馬谷へわし, ごとすりつけて, ごと頭巾にかづく, ごと頻繁を加えた, ごとに押し当て, ごと顔ごとの笑い, ごと願ってもない, ごと顧客のもとめ, ごと飛び下りてもいい, ごとへりけり, ごとへるから, ごと食ったという, ごと食べてさ, ごと食わないように, ごと食膳に運ん, ごと養われていた, ごと餌壺に入っ, ごと饐えて顫, ごと馬車をひっくり返し, ごとの名, ごと駱駝の荷, ごと騒ぎいかなる妖魔, ごと騒ぐ子ありき, ごとけ來, ごと驚かされながらツン, ごともなき, ごと高く掬い上げられその, ごと高倉を見舞っ, ごとの帰りこよ, ごと鳴く日きたりぬ, ごと默つて平次の前, ごときまつれ, ごと齧つてしまひ