青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ございません~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます ございます~ ~ございません
ございません~
~ごと ごと~ ~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~ ~ごらん ごらん~ ごろ~ ~さ

「ございません~」 1650, 18ppm, 6408位

▼ ございません~ (433, 26.2%)

4 私は 3 それに, 私の

2 [23件] お嬢様, ここで, これからは, これが, これを, さすがに, そこが, そこは, その時, それでも小粒, なにぶんにも, はたから, 主な, 今度手前共の, 何を, 何んだ, 先生の, 実は私, 少しばかり, 木戸を, 正直の, 殊更わたくし, 道は

1 [377件] あいつが, あそこは, あのま, あの下手人, あの名古屋, あの年増, あの相生町, あの着物, あまり奴ら, ある時, あんな調子, あんまり烈しく, いかんせん世, いざという, いったんこの, いつでも, いつもの, いまいましいので, うちの, おでんなんて, お上の, お両人さま, お位牌堂, お催し, お別れ, お北さん, お団子, お嬢さま, お嬢様あなたが, お嬢様が, お差し, お惣菜料理, お梅ちゃん, お殿様, お母さんは, お気に, お目, お米, お萬さん, お葉さん, お話し申し上げれ, お話を, お雪ちゃんに, かく幼少, けれどもその, けれどもそれでもああ, こうと, ここに, こちらの, このりん, この上, この事, この二階, この仲間, この儘, この琵琶湖, この馬琴, これだけは, これで, これでも, これ以上の, ごらんの, さてその, さて其の, しかしともかく, しかし何, じたいこうした, じつはこ, すりかえるなんて, ずいぶん小癪, そうします, そうたんとは, そう仰っしゃられれ, そこを, そのくらいの, そのよう, その代り蚊, その叔父様, その御手許, その心安く, それだ, それつ, それでいい, それでもあれ, それでもこれ, それでもその, それでも一生懸命, それでも喉, それでも死ななき, それでも自分, それでも讀みたい, それなら, それにしてもあれ, それは, それより, それよりは, それ程までに, そんな考, たいへん気, たくさんな, たしかに殿, ただあの, ただ今は, ただ何, ただ特に, たとえお, だん, ちとどうも, ちと懇意, ちと折, ちょうどお, ちょうど震災前, ちょうはんを, ちょっと用事, ついその, つまり関東, でも掛川, でも正直, とがめ立てするの, ときには気付け薬, とにかくこちら, どういう筋あい, どうかお, どうかし, どうかする, どうした, どうしても, どうぞお, どうぞゆっくりお, どうぞ召, どうぞ召上つて, どうも暁方, どなたかの, どのよう, どんな事, なにしろ奥, なにぶんこの, なれども, ひとりでにじ, ほんのご, まあどうぞ, まあどんな, まあまあその, まあ一種, まあ若い, まず世間並, まだなん, もういま, もう一言, もう今, もう往来, もしもの, もし特に御, やっぱりいつもの, やはりその, わかい時, わたくしが, わたくし共では, わたしの, わたしは, われわれは, ソノマアお前様は, ツイ腹立ち, 一と, 一万円も, 一人弟子に, 一体何, 一口召上れ, 一向はかばかしく, 一周忌も, 一年の, 一度その, 一旦そうお, 一番に, 一腰その間だけ, 万一外, 三頭だけ, 不快な, 不思議と, 世間の, 主人が, 事と, 二三年前から, 二百余りの, 些とも, 人さんの, 人に, 人を, 人様が, 人間の, 人間同様の, 今一人志村を, 今夜は, 今度こそ, 今度の, 今度は, 今日こ, 今日は, 今晩この, 仕方が, 何か, 何かとあちら, 何かの, 何しろわたし, 何しろ国々, 何ぜ, 何でございます, 何でも, 何となく怖し, 何分私, 何時か, 余程の, 併し, 使者の, 信長公は, 元は, 兄が, 先代から, 先生が, 兎に, 全く旅先, 其の頃十両, 其換り, 其邊を, 内幸町のは, 前には, 前次様, 剣術好きの, 十一月に, 十七年の, 南波止場の, 及ばぬながらも, 召上っ, 召上る, 吾家の, 唯噂, 喜八は, 嘘に, 嘸御, 噛みしめると, 城中の, 変な, 多い年月, 天運なんぞ, 夫婦の, 女です, 好きな, 安斉先生が, 定業は, 実はあの, 実はあのお, 実はその, 実は慥か, 実は私一身, 客席が, 家で, 家名の, 将軍家ご, 将軍家の, 尋ねる人, 小さい子, 小林樣の, 少々お, 少々ばかり, 少々峻嶮, 少しも, 少し呑み過ぎ, 少し聞込みました, 少し調べんけれ, 少し閑, 帰って, 平常弱い, 年を, 弟と, 当てて, 当地の, 彼の, 御依頼, 御安心, 御実家, 御岳さんだけ, 御茶漬, 御覧の, 御覽, 志賀内匠樣は, 念には, 念の, 怖いです, 我々未, 打たれ, 折角の, 播磨守さまの, 新吉は, 日本左衛門と, 旦那様は, 旦那様歩く, 昔日の, 星は, 昨日良石和尚が, 昨晩大戸を, 是は, 時に桑盛さま, 最前峠の, 有合せで, 本夕, 材料と, 来年の, 東京見物に, 松の木が, 森川の, 權六が, 此の, 此の度遠方へ, 此処が, 母が, 毎年武田家の, 水飴は, 河原あたりで, 消えて, 滾, 澄んだ夜空, 父は, 生来私, 用心を, 當人も, 病人に, 白川郷へ, 百本杭から, 皆様お, 真に善人, 私に, 私共は, 秋山樣の, 終始チャン, 組立てが, 結構な, 絵そのものが, 羊羹です, 羽を, 能, 自然と, 花は, 苗代田が, 若いころ, 若い時分, 藤六どんとこへ, 蘆屋型と, 行けば, 表には, 親分の, 親方の, 誰かに対して, 貴女方に, 赤塚樣では, 起請などは, 軽視は, 轟の, 近いうち, 近年いろいろ, 近頃私, 迚も, 途中から, 運命を, 道楽と, 酔ったまぎれに, 里から, 重三郎は, 金子は, 門太郎さんが, 開けぬ昔, 随分生き, 離屋に, 雪や, 頂戴の, 餅の, 鰐淵さんとは, 鹿を

▼ ございませんから~ (167, 10.1%)

4 御安心 3 何う, 島へ 2 どうか許し, どうぞお, どうぞその, どうぞ御, 弟子は, 御迷惑さま

1 [145件] あたしは, あなたの, あれを, いったん外出, おひま, お売りする, お客の, お寺様の, お手紙, お構いなく往らしっ, お返事, お連れ, お餞別代り, かえって勝手, こいつを, こちらは, この短い, この辺, この鶉, これだけ, これも, ごくつまらない, ご安心, さしあたつて, すぐあちら, その中, その儘指, その噂, その悪, その日, その翌, それぎりで, それだけにかりに, それで御, それは, つい, つまりそれ, とうとう大臣様, とにかく健在, どうか, どうか御, どうすれ, どうぞそれだけお, どうぞも, なるたけ簡略, ひとつ見, へえ, まさしく間違えでございましょう, まず一休み, まず御, また後, まアお眼, やはり悲しん, やはり池上, よろしくございません, わたくしが, わたしが, ツイ腹立まぎれ, 一しょに, 一向存じませんでございます, 一寸あそこ, 世間の, 人の, 今夜は, 今晩だけは, 仕方が, 何は, 何卒身, 何時までも, 信州路へ, 元の, 先葛西の, 再度参りました, 凉み, 出来さえ, 又後程, 取る物, 取分けて, 多助も, 大王が, 好い加減に, 如何なる仕儀, 姉も, 婆や, 定めし母, 定めて, 家の, 少しばかり, 少しも, 左様御, 幽霊でさえ, 廃らないうち, 当ても, 当には, 当分は, 御心配, 御本望, 御用と, 心配という, 思う様に, 恐入りますが, 恰好が, 悋気では, 或は流, 手燭を, 旧来家に, 明後日という, 昔の, 是迄, 果して神主様, 果たして確実, 此処を, 母も, 比較する, 氣に, 決して御, 決して正眼, 渋々叔母, 渡して, 無沙汰に, 無理にも, 父の, 皆さん何を, 私の, 私は, 私も, 立派な, 笑わないで, 筋道が, 素より無い, 芸人と, 若し彼, 若し盗賊, 誰が, 誰を, 諦めて, 貰いました路銀, 質屋の, 身を, 返して, 逆上せて, 都合を, 重々お, 駒込片町の, 駕籠で

▼ ございません~ (133, 8.1%)

3 知ら, 私が 2 え, 何も, 旦那, 第二十一階選士

1 [119件] あのお, あの男, あまり奇妙, あやまって, あんな店子, いまさら考えごと, いやはや, おもち, お供を, お兄い様, お前さんごらんなすった, お友達, お孃さん, お家の, お母, お疲れ, お話しなさいまし, お話しは, お雪, かよわいわたし, こういっ, こうして田圃, ここへ, これが, これこの, これだけの, これへ, こんなあんばい, こんな時分, さだめてお, そこは, そしてあなた, その当座, その時, それが, それにあなた様, そんなこと, そんなしら, どうぞお, どうなる, どこの, どんな恰好, なにか理, ねえあなた, ばかされても, びっくりいたしまし, ほかの, まだあなた, もう一つ, もう一度考へ直し, もう何, もしわたくし, よしんばどの, わしゃし, わたくしどもの, わたくしは, わたしの, シュピネルさん, ダーネーさん, ハッ, ハツとして, 一と, 一体どうした, 一枚嘗め, 万一の, 人性の, 今の, 今晩は, 仏の, 何だって, 何でも, 何卒遣っ, 何所かの, 余吾之, 先生として, 助けると, 勘弁し, 合の手には, 大層お, 奥様, 尋常な, 御名代, 恨みを, 悪党でも, 旦那が, 旦那さま, 旦那に, 昔の, 春帆楼や, 曹達水を, 泣くが, 浦賀奉行に, 深川の, 清さんは, 焼けるもの, 狂犬の, 瓦版を, 留が, 発心が, 皆さん, 石見銀山鼠捕り, 私では, 私と, 私に, 私は, 種々私, 第一殿様, 約束を, 若しや, 荒いこと, 荒れて, 萩原さま, 西洋の, 親分, 親分さん, 譬えばあなた, 遊女屋の, 青春を, 鳩ヶ谷の

▼ ございません~ (42, 2.5%)

3 親分

1 [39件] おからかい, おほほ, お前さんの, お嬢様, お泥坊さん, この通り, その代り釣り, ですからそれ, どう遊ばした, なんだか癲癇, ふふふ, もうじき, もしわたし, 中気に, 主は, 何だって, 何百回と, 俵屋の, 兎角邪魔, 全く旦那, 可哀想に, 失礼な, 奥さま, 実はねえ, 家へ, 山下の, 岩崎弥太郎さんと, 新六郎さんと, 根が, 流行妓て, 犬に, 現にお, 田舎じゃ, 私は, 第一, 萩原さまの, 親分や, 誰が, 門口に

▼ ございません~ (40, 2.4%)

10 です 6 ですから 3 ですか 2 ですが, ですもの

1 [17件] かよう, それは, でしょうか, ですけれど, ですけれどねえ, ですそれ, ですね, ですわ, です米友さん, や寒い, わたしの, を娘, シュピネルさん, ホンの, 百辺も, 私ぼんやりし, 食事を

▼ ございません~ (38, 2.3%)

1 [38件] このやう, この子, ぜひ憶えね, それこそ, それに, それには, それは, そんなところ, はっきりおっしゃっ, ほんた, ましてこれ位お世話, まして葬っ, またこの, やはり行っ, わたしが, わっし, オメオメ牛に, 今もっ, 何でもちやん, 元より, 先生も, 出入口の, 召使たちには, 実は綾子様, 屍骸が, 後ろから, 思へば, 怪しいこと, 態度に, 煉瓦の, 男子と, 着せて, 私も, 自分の, 良人も, 近頃の, 道の, 道場も

▼ ございません~ (37, 2.2%)

2 山車が

1 [35件] あの通り, いうので, いたしますと, いっても, いふ, うつりませんでございませう, お取り次ぎ, かえして, これから一足, そう言っ, その場所, はっきり言った, 主張する, 云う奴, 云ったが, 云ったけれ共, 云って, 受け合った, 存じます, 寝かして, 強情を, 彼女から, 思い切って, 明りを, 注意し, 湖とは, 申すもの, 申上げます, 私が, 答えて, 言いわけ, 言うの, 言った言葉, 言って, 言へ

▼ ございませんので~ (28, 1.7%)

1 [28件] おじゃまに, おとどまりなさいませ, おらち, お平が, お言葉, お通夜も, しようね, せうか, そこから, ただ今は, だんだんひどく, どんな用, なんとも申し上げかねます, まあ小遣い取り, まあ紛失物, わたくしも, 一つ皆さんで, 一度お目にかかりたい, 実に困っ, 実は主人, 実は固く, 屈託げに, 手紙の, 私が, 私共は, 簡単に, 自分の, 音が

▼ ございませんけれど~ (25, 1.5%)

1 [25件] あがって, あちらに, お嬢さん買いかぶっ, かねて肺病, そういえ, それは, それほどまでに, ただその, でもお, なまじつか, なんとなく私, ねえどうか, もしそんな, ヴァン・ダインなどは, 七兵衛の, 何しろこの, 多分その, 恐れながら母, 浅草の, 産婆に, 私の, 私弱りきりました, 芹粥を, 若様の, 身体だけは

▼ ございませんけれども~ (20, 1.2%)

1 [20件] しかしこうして奥様, その蔵, それが, それを, そんなこと, つまり仏教, よんどころない訳, マッサージか, 何だかあんまり, 夏に, 急に, 折々は, 此の, 殆ど同じ, 玄奘三蔵渡天の, 神仏の, 突然この, 自然と, 貴方の, 軒の

▼ ございません~ (19, 1.2%)

1 [19件] そそうが, ついでの, ともを, 借り申したもの, 内儀さんも, 医者さんで, 城の, 姓名を, 家主さん貴方何卒筆が, 屋敷へ, 気の毒様で, 為に, 父さまの, 目に, 目の, 礼物などは, 絹様から, 諏訪様どうか, 運び申した

▼ ございませんそれ~ (19, 1.2%)

1 [19件] が御, が悪い, じゃア相談, にいきあう, に今, に今度金沢, に右内, に悴, はあなた方, はお, はそれ, はとんでも, は全く, は時, は男, もこれ, よりか宇津木様, をお, を資本

▼ ございません~ (15, 0.9%)

2 は其の, は越中高岡

1 [11件] がすすめ, がそんなに, が此手, が縫つた財布, はもう, は十七, は放送局, は故, は斯ん, は此間, は誠に

▼ ございませんもの~ (13, 0.8%)

6 ですから 31 きっと讐, ですからね, ねえ, 売もの

▼ ございませんこの~ (11, 0.7%)

1 [11件] うえ融通し, お方が, とおり食らい酔っ, 土地では, 場で, 子は, 尺八の, 通り癇癪玉が, 通り金無垢で, 金は, 頃の

▼ ございませんのに~ (11, 0.7%)

1 [11件] お宅, さすがに, しかもあなた, ただ米友さん, どこかへ, やっと今こっち, 何でしょう, 御引留め申しまし, 御離縁, 角だって, 長治一人で

▼ ございませんよう~ (10, 0.6%)

32 です, なものの 1 ですな, な御, にどうか

▼ ございませんその~ (9, 0.5%)

2 公方さま花の 1 一念の, 上に, 代り私が, 時, 時うるさい, 調子が, 預け先という

▼ ございませんそう~ (8, 0.5%)

21 でございます, ですから, でどうも, で前, で菱屋太兵衛, 殿様の

▼ ございませんあなた様~ (7, 0.4%)

1 が男, が第, とお, にはほんとう, に祟り, の方, もまた

▼ ございませんあの~ (7, 0.4%)

1 人に, 人は, 土手の, 御別宅, 時から, 野郎に, 高い峻

▼ ございませんかと~ (7, 0.4%)

1 いって, わたくしは, セシルが, 云うと, 宿の, 尋ねて, 言って

▼ ございませんわたくし~ (7, 0.4%)

2 はこの 1 の五体, の勘, はマクシーモフ, は初め, は琵琶

▼ ございません~ (7, 0.4%)

2 うも 1 うかして, うぞ, でもちゃんと, もございません, を証拠

▼ ございませんどうぞ~ (6, 0.4%)

1 お気を, お見のがし下さいまし, てまえ, 嬢様は, 彼女を, 御勘弁

▼ ございませんあれ~ (5, 0.3%)

2 は私 1 だけあれ, はたあい, やあっし

▼ ございませんこと~ (5, 0.3%)

1 で或, などから自分, は女たち, をまあ, を仏様

▼ ございませんこれ~ (5, 0.3%)

1 お繼, でも男, はまた, まで種々御苦労, も出来ませんでした

▼ ございません~ (5, 0.3%)

1 これでも, ただの, なぜと, 子供が, 永年海で

▼ ございません~ (5, 0.3%)

2 せう 1 せうか, せうけれども, 済みました

▼ ございませんどうか~ (5, 0.3%)

1 いつでも, お遊び, して, 何時までも, 打捨

▼ ございません~ (5, 0.3%)

1 しかし商売人, アレ塩煎餅の, 他の, 旅から, 親分

▼ ございませんがね~ (4, 0.2%)

1 なんだか気味が悪い, 先生, 少々お尋ね, 私の

▼ ございませんけど~ (4, 0.2%)

1 この清水, すべてが, ただちょっと, やはり父

▼ ございませんこれから~ (4, 0.2%)

1 こちらの, は茶店, 大急ぎで, 遊び半分に

▼ ございませんさあ~ (4, 0.2%)

1 この通り潔白, どうか, 大変だ, 相手に

▼ ございませんでも~ (4, 0.2%)

1 まず安らか, 伺いまして, 御修行者, 親分さんあの

▼ ございませんという~ (4, 0.2%)

1 のでございます, 事を, 即答で, 返事

▼ ございませんとも~ (4, 0.2%)

1 この路筋, アッタスンさま, 旦那さま, 言って

▼ ございません~ (4, 0.2%)

2 エー 1 い三井さん, い私

▼ ございません実は~ (4, 0.2%)

1 こういうわけ, 召使の, 少々尋ねる, 私の

▼ ございませんいつも~ (3, 0.2%)

1 お越しくださる, この通り, の通り

▼ ございませんそこ~ (3, 0.2%)

1 にいる, はあなた方, へお

▼ ございませんそんな~ (3, 0.2%)

1 ことなら, ことを, ときには

▼ ございませんただ~ (3, 0.2%)

1 わたくしの, 人生を, 話の

▼ ございませんどう~ (3, 0.2%)

1 かお入りくださいまし, かまあ平に, と来る

▼ ございません~ (3, 0.2%)

1 いったいびたてえのは, へい, ア

▼ ございませんもし~ (3, 0.2%)

1 あなた様が, また真如, 私が

▼ ございません~ (3, 0.2%)

1 おばさまありがとう, 外に, 私は

▼ ございません其処~ (3, 0.2%)

1 が私, に懇意, へお

▼ ございません少し~ (3, 0.2%)

1 ばかり尋ねたい, 思い上って, 身体を

▼ ございません~ (3, 0.2%)

1 から思っ, の田舎料理, 蒼に

▼ ございません貴方~ (3, 0.2%)

1 そんなに可, のお家, は衆人

▼ ございませんああ~ (2, 0.1%)

1 して, もうやがて帰っ

▼ ございませんお前さん~ (2, 0.1%)

1 の発心, の量

▼ ございませんお嬢様~ (2, 0.1%)

1 が何, のお気

▼ ございませんかね~ (2, 0.1%)

1 この真昼間, 旦那様

▼ ございませんこんな~ (2, 0.1%)

1 ことで, ところへ

▼ ございませんしだい~ (2, 0.1%)

1 で, です

▼ ございませんせっかく~ (2, 0.1%)

1 こうして危ない, 天皇様が

▼ ございませんそれで~ (2, 0.1%)

1 何う, 遅れを

▼ ございませんでは~ (2, 0.1%)

1 ひとつ夜の, 御免

▼ ございませんどこ~ (2, 0.1%)

1 といっ, の物置

▼ ございませんなんて~ (2, 0.1%)

1 そんな野暮かたぎ, 言いわけ

▼ ございませんまた~ (2, 0.1%)

1 それは, 姿を

▼ ございませんみんな私~ (2, 0.1%)

1 が悪い, の不調法

▼ ございませんもう~ (2, 0.1%)

1 ここへ, 十二時五分前よ

▼ ございません~ (2, 0.1%)

1 けれどもその, 八州の

▼ ございませんわし~ (2, 0.1%)

1 はお, は武州

▼ ございませんわたし~ (2, 0.1%)

1 が間, のため

▼ ございません主人~ (2, 0.1%)

1 から預かっ, さえ世

▼ ございません二人~ (2, 0.1%)

1 でやりました, に死ね

▼ ございません人間~ (2, 0.1%)

1 が人間同士, の原始

▼ ございません伯耆~ (2, 0.1%)

2 の安

▼ ございません先ず~ (2, 0.1%)

1 まアお芽出度, 請書を

▼ ございません先生~ (2, 0.1%)

1 のお, 早くわたし

▼ ございません全く~ (2, 0.1%)

1 人違いでございます, 男で

▼ ございません其の~ (2, 0.1%)

1 上殿様思いで, 次は

▼ ございません~ (2, 0.1%)

1 から相, へ永禪

▼ ございません婿~ (2, 0.1%)

2 を取る

▼ ございません平次~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ ございません怪我~ (2, 0.1%)

2 にでも一人

▼ ございません手前~ (2, 0.1%)

1 は相州東浦賀, も剣道

▼ ございません~ (2, 0.1%)

1 どうかこの, 昨夜貴方が

▼ ございません旦那~ (2, 0.1%)

1 の御, 忘れても

▼ ございません旦那様~ (2, 0.1%)

1 が聞い, をかついだ

▼ ございません~ (2, 0.1%)

1 は主家金森家改易, は家造り

▼ ございません最初~ (2, 0.1%)

1 は猟師さん, 第一

▼ ございません~ (2, 0.1%)

1 ではい, をはぐくみ育てる

▼ ございません確か~ (2, 0.1%)

1 においで, にもう

▼ ございません親父~ (2, 0.1%)

1 が寝付いた, の店受

▼1* [348件]

ございませんあなたこれをかけ, ございませんあんな弱氣, ございませんいずれも屈強, ございませんいっそ黙って, ございませんいまいった通り, ございませんいまお知らせ申そうか, ございませんいやただ世間には, ございませんいわば主人といった, ございませんおいしい物を, ございませんおかみさんのお, ございませんおれの行く, ございませんお出でなさいちょい, ございませんお前に又, ございませんお客様が折角, ございませんお母様誤解して, ございませんお許し下さいませ, ございませんお金が欲しい, ございませんお雪ちゃんが昔, ございませんお願いするの, ございませんかって裏ぐちから, ございませんかといふ見るだけでも, ございませんからと申しまして, ございませんからなそれでさすが, ございませんがてまえが, ございませんがと言って, ございませんこいつは三年子, ございませんこうして, ございませんこういうことに, ございませんここで殺される, ございませんこちらの小屋, ございませんこの大きな力に, ございませんこりゃ狼藉者め何等の, ございませんさあお入りなさいまし, ございませんさいぜんも申し上げる, ございませんさきほどからお話, ございませんさきほど店前で, ございませんさぞ御愁傷様でございましょう, ございませんしかしあなたの, ございませんじっさい私は, ございませんじゃない断わりなし, ございませんすぐにまた, ございませんすべての人, ございませんせいはすらり, ございませんそうこうして, ございませんそこでどうか精一杯, ございませんそつちへよつて, ございませんそりゃアもう, ございませんそれだけ長い手紙, ございませんそれともたって入っし, ございませんそれにあなた附添のが, ございませんそんなれば, ございませんたしかに女が, ございませんたとえ大千世界を, ございませんためか背中, ございませんため屋の棟, ございませんちゃあんと, ございませんちゃんと一々お検め, ございませんちょっとこの辺, ございませんちよいとその, ございませんつい一夜参りました, ございませんつて返事しちや, ございませんてねそんなに言いました, ございませんですから一つです, ございませんといふ大層御, ございませんところの幽, ございませんところが青嵐の, ございませんとにかく一通りお, ございませんともかくも白骨谷, ございませんどうぞたんとお打ち下さいまし, ございませんどうも眼ばかり, ございませんどのみち殿様に, ございませんどんな事が, ございませんなあ大分眼を, ございませんなかには涙を, ございませんながいことあられ, ございませんなどと調べに, ございませんなどという云いまわし, ございませんなに宜しゅうございます, ございませんなにしろこの通り, ございませんねえ有難うございます, ございませんのでへエ, ございませんのねそうお, ございませんのよ何十万という, ございませんのよと言うと, ございませんはい何故に, ございませんほんとうはわたし, ございませんほんの前触れで, ございませんほんのこの目と, ございませんまあ一合上戸ぐらいの, ございませんまず原始的という, ございませんまだあとが, ございませんまったくは此者, ございませんみんな二束三文に売払っ, ございませんみんな寿命でございます前世, ございませんみんな白骨温泉の炉辺閑話, ございませんもともと一切が, ございませんもと安房国清澄の山, ございませんもろもろの災難, ございませんもんな, ございませんやっぱり西洋流に, ございませんゆえ何うなすった, ございませんゆえ半信半疑に聞い, ございませんゆえ明早天出立致す了簡, ございませんゆえ永井喜八郎から用達, ございませんゆえ誰あって, ございませんよくなりました, ございませんよし怪我が, ございませんよと言いたい程, ございませんわたくしどものため, ございませんわたしどもこそお嬢様, ございませんわね申し遅れて, ございませんイエまア又, ございませんイヤな夢, ございませんコレお國, ございませんダイヤ族の首狩, ございませんって, ございませんドチラへつとめまし, ございませんヘイ何方のお, ございませんホンの有合せ, ございませんポウと一つ, ございませんロック鳥の卵, ございません一つ残らず手製, ございません一体盗られたと, ございません万が一間違っても, ございません三八ですと, ございません三八さんのお, ございません下手人は思い, ございません不意でしたから, ございません不束でございますが, ございません世間見ずで, ございません世間並みのゴザ, ございませんには私等古参, ございません中納言のお, ございません九死の中, ございません乞食同様になっ, ございませんよ, ございません二人おいでになりました, ございません五六日前から山の手, ございませんのお, ございません水を, ございません今ここで煙草, ございません今や信仰の, ございません今日はただ, ございません今日親類方に寄つて, ございません今晩お酒宴, ございません仏道修業が自分, ございません仕方がない, ございません仕様が無い, ございません仕立ましたばかり, ございませんに屁ッチョロ, ございません伊東の放言, ございません伊香保饅頭は温かい, ございませんのこと, ございませんでございますから, ございません何しろがんりきは, ございません何でもちやんと, ございません何とかして, ございません何とも名状の, ございません何んと何, ございません何処の物置, ございません何者に対しましても求めざる, ございません何蕨でも生えてりゃ, ございませんし斯, ございませんが馬, ございませんが慰み, ございません僕なんざ年の暮, ございません先代から御, ございません先刻お約束, ございません先生わたしが踊れるなら踊っ, ございません先祖代々の禅宗, ございませんも角, ございませんらっしゃいましよ, ございません内儀さんに怨, ございません出たとこ勝負でいたずら, ございません別してお俊, ございません勝負事は時, ございません勤め奉公でございますから, ございません勿論牛は, ございません十石三人扶持御作事方賄い役, ございません千両といいてえ, ございません古城の方, ございません畑の, ございません名前までお, ございません向うは馴染, ございませんは君, ございませんでももしもまだ, ございません唯もう御覧の, ございません善縁悪縁にかかわらず, ございませんを突い, ございません喜六やお前, ございませんの母親, ございませんあなたさまも, ございません四年已前に死, ございません因州鳥取あたりにその, ございませんに唯, ございません多くはその, ございません大悪非道の, ございません太公望様それ自身の本心, ございません奉公人のうち, ございません女の子でございます女の子, ございません好きという扉, ございません如何でございましょう往き, ございませんに気, ございません委しい事は, ございませんは売っ, ございません存分に御, ございません孝行のしたい, ございませんには古びた, ございません宅助に聞い, ございません安息の疲れ, ございません宜しきようにと, ございません実に悔しいと, ございませんを建て, ございません寄合にも上席, ございません小名路の花屋, ございません小川様のお, ございませんましては, ございません尺八の音色, ございません川留めになる, ございません之松さん, ございません帝王の都, ございません座敷好みなんぞし, ございません弁信さんは疲れ, ございません当分は室堂, ございません彼方からいらっしゃる, ございません城下の, ございません御免こうむります, ございません御存じの近頃江戸中, ございません御新造様は早くから, ございません徳三郎を銭形, ございません恐らくわずかばかりで, ございません悪い地主なり, ございません憎い奴でございます, ございません我儘を申します, ございません手前どもでは一本一文, ございません拾い物でございますよ, ございません政府に楯, ございませんのこと, ございません方丈様のおっしゃる, ございません旅費のところ, ございません早い話が, ございません早くあの峠, ございません昔恩になった, ございません昨夜風邪の氣味, ございません昨年から引続き, ございません昨晩からの陣触れ, ございません是非ともお世話, ございませんにはいったいどう, ございません時分で只今, ございません本当に小増さんを, ございません本来女には家そのもの, ございません本来女人というもの, ございません本道をサッサ, ございませんが水, ございませんへ徳川天一坊殿御旅館, ございませんが出まし, ございません此処に参っ, ございません此處から聖堂, ございませんの来る, ございません殿様もよく, ございませんもお, ございません江戸の町奉行, ございません流祖の反町, ございません浜松の大, ございません浜町まで参らなけれ, ございませんが叔母さん, ございませんをお, ございません物貰ひにも, ございません独逸のお, ございませんの首, ございません玩具にくれ, ございません現にこうしてお嬢様, ございません理窟のため, ございません甲州の山, ございません男同士でも交情, ございません男振りがよう, ございません病気の経験, ございません白妙さんのお客様, ございませんの野郎, ございません百姓には限りません, ございません皆きんが悪い, ございません皆んな良い方々, ございません皆んなぼんやりして, ございません皆んな義兄に養, ございません目明しの猿, ございません目黒にも桐ヶ谷, ございません相州の五郎入道, ございません神楽師であります, ございません神経を御, ございません神経衰弱の薬, ございません私たちを監視, ございません科学などはそれ, ございません程なく御全快, ございませんかな日, ございません空腹の余り, ございません一御, ございませんだけは慥か, ございません米友さんとのあの, ございません紀州の師匠, ございません素人でございましても, ございませんの木綿糸, ございません締りは内, ございません繊細い身体, ございませんというもの, ございません脊伸をし, ございません自前でございます, ございません至極高味でげし, ございません與三郎さんが憎く, ございませんと金, ございません芝口二丁目の仕事場, ございません花屋でございます, ございません花魁の御, ございません若い衆さんに一口, ございません苦み走った芝居, ございません薩摩の泡盛, ございませんの出る, ございません見苦しゅうございますが, ございません親類が深川, ございません親類内から到来, ございません評判の宜, ございません誠にお恥かしゅうございますけれどもべん, ございません誠に宜く働き人足, ございませんにもできる, ございません諸侯方の御, ございません貧乏でございますから, ございません貧乏暮しのうち, ございません郎でございます, ございませんにつまされました, ございません身體の恰好, ございません軽業を土台, ございませんの源松, ございません近衛の町, ございません遠く離れて, ございません郁太郎がかわいそう, ございません重々悪い事, ございません鈴慕の悪気, ございません闘争のため, ございません雁皮を細く, ございませんに埋れた, ございません面目次第もございません, ございません預り物でございまして, ございませんを食っ, ございませんなんか恐く, ございません首実検のため, ございませんは鼻, ございません駕籠が重う, ございません騒ぎを起こす, ございませんの丸い