青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~ ~けれ けれ~ けれど~ けれども~ ~げ
げ~
げに~ げん~ ~こ こ~ ~こい こい~ こいつ~ ~こう こう~ こういう~

「げ~」 15347, 142ppm, 741位

▼ げ~ (5611, 36.6%)

69 云った 45 見えた 42 言った 39 笑った, 顔を 35 眼を 31 眉を 29 叫んだ, 眺めて 27 いった 25 見て 24 声を, 笑って 23 して, 頭を 22 呟いた, 首を 21 目を 20 手を 19 微笑し, 答えた 17 身を 16 なって, 見えて 15 それを, 見える, 見えるの 14 あたりを, 口を 13 立って 12 微笑した, 肩を, 言って 11 いいました, 唇を, 息を, 眺めた 10 呟いて, 私の, 笑いながら, 聞いて, 自分の, 訊いた 9 いうの, いって, 云つた, 帰って, 歩いて, 眺めながら, 話して, 話を 8 出て, 尋ねた, 彼の, 見えたの 7 ほほえんだ, 彼を, 答えました, 覚えて, 言つた, 訊ねた, 頷いた

6 [14件] きいた, ながめて, ニヤリと, 主人の, 動いて, 怒鳴った, 溜息を, 睨んで, 笑うの, 見た, 言はれ, 言葉を, 記憶し, 面を

5 [21件] うなずいて, とり上げられた, なりました, 彼は, 彼女の, 待って, 微笑んだ, 微笑んで, 揺れて, 横抱きの, 涙を, 盃を, 相手の, 相手を, 考えた, 耳を, 見えました, 見やって, 見守って, 言い足した, 近づいて

4 [48件] いつまでも, うちながめた, うなずいた, きっぱりと, そういった, そう云った, だが, つぶやいた, ながめた, なる, にやにや笑っ, ニヤニヤ笑っ, 人の, 何か, 働いて, 分って, 呟く, 啼いた, 囁いた, 坐って, 垂れて, 小首を, 居眠って, 思われた, 思われて, 泣いて, 煙草を, 笑いました, 笑う, 笑ったが, 答へ, 聞えて, 胸に, 胸を, 舌打ちを, 見つめて, 見まもって, 見ゆ, 言いました, 話した, 話しだした, 語って, 遊んで, 頬を, 顏を, 風に, 飛んで, 黙って

3 [98件] いつた, いひて, うなだれて, こう云った, ささやいた, すや, その顔, たずねた, なつた, にこにこし, ほほえんで, またたいて, みえる, わかるよう, ニコニコと, ニヤニヤと, 一同を, 一杯に, 上を, 云う, 云って, 人々は, 佇んで, 光って, 動き出した, 反問した, 口の, 呼んで, 哄笑した, 唾を, 啼いて, 女を, 寄って, 少年の, 巷の, 廊下を, 微笑を, 感じて, 手に, 手足を, 折ふし供する, 接吻しぬ, 暮色を, 書いて, 杯を, 楽しげ, 母の, 水を, 泣いた, 注意した, 消えて, 照らして, 父親の, 物を, 眠って, 眺めやった, 眼の, 瞬いて, 私が, 立ちあがった, 立つて, 笑ひ, 笑ふ, 紙幣と, 罵った, 考えて, 考え込んで, 自分で, 舌打ちし, 街を, 見えたので, 見えても, 見えます, 見やりながら, 見ゆるを, 見上げた, 見上げて, 見送った, 見送って, 見送りながら, 話しかけた, 話し出した, 財布を, 踏んで, 進んで, 部屋の, 酒を, 針を, 震えて, 響いた, 響いて, 頭の, 頷いて, 頸を, 食事を, 飾って, 鳴いて, 鼻を

2 [342件] あえいで, あざ笑った, あたりの, いい放った, いとあどけなき, うごいて, うつむいた, うつる, うろついて, おとなびて, おどって, お笑, かうして, からからと, からだを, きき尋ねました, こういっ, こたえました, こちらを, こつちを, ことばを, こなたを, さけびました, ささやきました, しかし或, しるし, し見ゆ, じろじろと, するも, そう言っ, そしていかにも, その手, そよいで, ちよこまか, ちらと, つづけた, では, どこかを, どなりつけた, どなりました, ながめました, なった, なつかしげ, なりましたか, なるの, なんの, にやにや笑った, にやりと笑った, ひき張りて, ひとり勝手な, ふいて, ほほえみながら, ほほえみました, またたきつ, またたきながら, みえて, みえまた, もてなせば, ものを, ゆっくりと, わかった, わかって, わが顔, わたしの, エスキスを, カラカラと, カンテラを, ニコニコし, ハラハラと, ペンを, モスリンの, 一礼し, 下して, 下を, 両手を, 並んで, 主人に, 二人に, 二人の, 二人を, 云うの, 云ったが, 云つて, 云ひ放つた, 人々の, 人に, 仕事を, 仰いで, 伏し沈み, 伏目を, 会話を, 低く唸っ, 体を, 余を, 傍に, 僕の, 僕を, 先づ野村, 光った, 光り初めた, 入口の, 冗談を, 出掛けて, 力なげ, 動かせて, 十字を, 十年の, 受けて, 口に, 口笛を, 叩いて, 叫ぶ, 叫ぶと, 叫ぶの, 叫んで, 吐息を, 吹消した, 呟きて, 呟くの, 周囲を, 呵々と, 呼びかけて, 咲いて, 問う, 問懸け, 喇叭吹く, 喚いて, 嘆息し, 嘘を, 囁き合って, 囁く, 囁くの, 四辺を, 垂れさ, 城太郎は, 変って, 夜を, 妻は, 室の, 室は, 宮の, 寄り添って, 寝て, 審判を, 封を, 尋ねました, 尋ねる, 左右に, 左手に, 差し出すので, 帽子を, 床を, 座に, 座りユヅリハ, 庭の, 庭を, 廻って, 当った, 彼が, 彼等の, 往き来する, 後ろに, 微笑する, 微笑みかけて, 微笑みながら, 心の, 念を, 思われる, 思われるの, 急いで, 悄然と, 意味あり, 愛想よく, 打ち眺めて, 打ち笑み, 打まもり, 打頷き, 持さりけり, 持って, 指招く, 挨拶を, 振舞って, 故郷の, 断定した, 新しい下駄, 明は, 明智探偵の, 映って, 昼寝し, 暮らして, 曇って, 椅子に, 槇氏の, 横に, 横わっ, 横を, 欄干の, 歌いながら, 歌って, 正三, 残って, 気の毒な, 泣く, 流れて, 浮んで, 海に, 海の, 滑らかに, 熱心に, 燃ゆる, 父親を, 生を, 男と, 男の, 疲れて, 病弱な, 白茶金らんの, 目で, 目と目を, 目に, 眺めたこと, 眺める, 眺め合って, 眼くばせし, 眼で, 着て, 睨みながら, 睨めつけて, 瞳を, 瞻りぬ, 知った事, 知らせた, 礼を, 私に, 私を, 積まれて, 空に, 空を, 突きとばしたので, 窓の, 窓を, 立ち上がると, 笑いかけた, 笑い出した, 笑ったり, 笑つた, 笛を, 答えて, 答えるの, 答ふらく, 箸を, 経巻を, 続けた, 繰り返して, 置かれて, 美奈子を, 老人の, 聞えたので, 聞こえた, 聞こえて, 肯く, 背を, 腕組みを, 腰を, 臥して, 自分に, 舌を, 船の, 船を, 苦笑いを, 苦笑し, 袖を, 被衣引延へて, 見えたが, 見える詩, 見え給ふ, 見おろした, 見せた, 見せて, 見そしてまた, 見つめた, 見つめながら, 見ながめて, 見まわして, 見られた, 見る, 見るの, 見下して, 見下ろしながら, 見廻して, 見据えて, 見詰めたの, 視線を, 覗いて, 言いながら, 言い出した, 言い放ちました, 言うの, 言ったこと, 言ったの, 言ふ, 記憶に, 訴えた, 話しかけて, 話しながら, 話すの, 語られて, 語りあって, 語り合って, 語るの, 語るので, 警笛を, 蹴爪の, 車内を, 輝いて, 返事を, 遊行した, 運んで, 道を, 遠くを, 銀座の, 関羽へ, 闇の, 隅の, 階段を, 雨戸繰る, 雪之, 青年の, 青年を, 音を, 響き始めた, 頬笑んだ, 頷きぬ, 顕しはじめて, 顧った, 顫へる, 顯し, 騒いで, 驚嘆する, 高らかに, 鳴らしぬ, 鳴る

1 [3197件 抜粋] あいさつする, あげて, あたりに, あて向こう側, いいすてて, いい直した, いかばかりなりし, いった声, いふので, うごいた, うずくまった, うだるよう, うち笑ん, うつむいては, うなずいたが, うなずきました, うなって, うろうろいたし, おおわれて, おし戴い, およぐしろい, お名前, お時儀, お経, かえり見た, かく問出, かついで, がみがみ云った, きっとああ云う, ぎらぎら見つめ, くねくねさせ, くるりと, けれど同時に, こう叫ぶ, こう答え, こう進言, この場, これ時に, ご帰還, ささやく, さし控えたまま, さわって, しかし幾分, しかも怒, しきりにあたり, しげしげ見下し, してさえ, しばらく見送っ, しょんぼりとして, しんと照らし, じっと見入った, すぐ去っ, すでにいくら, する相談, せせら笑って, そう叫んだ, そこで, そして念, そつと, そのまま帰らせ, その後を, その腕, その音楽家, ぞろぞろと, たずねる, ただ肩, たれ下がって, だらりと, ちろちろ動く美しい, つづける, でましたところが, とりだして, なお食い, なさりおんおば上, なった蔵海, ならべて, なるん, にっこり笑いました, にらむの, のぞき込んだ, はたある, はや落去, ぱちくりさせ, ひきま, ひとつところで, ひとり考へこむ, ひらひらと, ふくらませた, ふり向いた, ぷかぷかふかし, ほくそえんだの, ぼくらへ, まくしたてますので, またたいたり, またよわよわしい, また恋し, また立つ, また頭, みえた, みつめて, みること, めぐらして, もだえて, もれ聞えた, やって来た弁解, ゆがんで, ゆれて, よく解つて, わかっただけ, わかるであろうと, イワン・フョードロヴィッチを, ククと, ションボリ頭を, スタンプを, ゾシーモフらを, ツカ, ドゥーニャを, ニヤニヤし, ヒイと, ファシズムの, ポパイの, ヨハンの, 一つ一つの, 一寸細君の, 一瞥しつ, 一語一語を, 三味線を, 上人が, 下駄屋さんから, 与吉は, 両側に, 並木の, 中津に, 久慈の, 争って, 二官の, 云い出したの, 云い放った, 云ったそして, 云つて笑つた, 云わるる言葉, 交じって, 人好く, 今日は, 仰せられて, 伏せたまま, 伝って, 佇みながら, 住みなしてあつ, 何事だ, 侘びしい笑い, 俯向け, 傾けながら, 働き始める, 優しげ, 兄高氏の, 光り, 八対の, 其足駄を, 再び運転手, 凝然と, 出入し, 分った, 初霜, 前の, 動かして, 動き廻って, 勝手の, 包まれて, 半蔵を, 博士に, 又ささやい, 反問する, 取り立て, 口數少く, 叩く木魚, 叫び何, 叫んだり, 右手に, 同じ目的地, 名を, 吐息し, 否と, 吹き起した, 告げても, 呟いたよう, 呟けり, 呻き声, 呻りつづけ, 呼びかけました, 呼び戻した, 呼留めた, 咲き亂, 咳き込んだ, 唇から, 問いか, 問は, 啼きぬいて, 喘いだり, 喜色眉宇に, 嘲笑った男, 噴き出して, 囁き交されるの, 国政を, 土間に, 垂れ下り, 堂に, 墓を, 夕づい, 外記の, 大きく見開い, 大声で, 天井へ, 太陽を, 奥から, 女主人イレエネ, 始められた, 婆惜は, 学士の, 定刻待合に, 宮田を, 寂しげに, 寄ると, 察して, 射して, 小走りに, 少女の, 尻尾を, 居眠りし, 岡崎まで, 左の, 巻いて, 帰つ, 幸福さうに見えるだらう, 庭も, 引きのばして, 弛んで, 張飛は, 弾いて, 彩ったり, 彼れ, 往来する, 待つて, 御母さん, 御邸内, 微笑みました, 徳利かたむく, 心愉しく, 応酬した, 思いかえされた, 思った, 思われたので, 怪人の, 息も, 悩みながら, 想像し, 意識する, 愛弟子の, 感じられて, 感ぜられたので, 憶えて, 我等二人を, 戸口へ, 手の甲で, 打ち消しました, 打傾き, 打笑い, 承諾の, 抱えると, 拒んだ, 拾ひあげ, 挨拶し, 振り向くと, 振立てて, 探りながら, 推量し, 握って, 揺らぐもの, 撲いた吸殻, 改めて兄, 教へて, 数えた, 文次が, 旗を, 旧暦四月の, 明るく若々しく見えた, 映して, 時々車簾, 暗示され, 曇つて行つた, 書き物を, 月明の, 末席の, 来て, 枯れたる木の葉むら, 格子を, 棺車の, 楠に, 横たわるのみ, 次に自分, 止めた, 歩いた, 歩む音, 死んで, 母を, 気難かしく黙りこん, 求むるもの, 沈み込んで, 沖の, 法会を, 泣きじゃくって, 泣出しまし, 泳ぎ底泥, 洩らした, 流盻, 浮いて, 浴びたり, 涙で, 湖上の, 滅入れば, 濡れた着物, 灯が, 烈しく追求, 無邪氣, 煙草の, 父の, 片曇りせる, 物語を, 独り呟いた, 玄関より, 現在の, 生存上十人前くらいの, 甲板に, 申上ぐれ, 畏まって, 疑いの, 登って, 百姓達の, 盗見し, 目送する, 直覚された, 眉根を, 眠つてゐる, 眩きけり, 眺めまわした, 眺め合, 眼くばせ, 睨みつけて, 瞬かれた, 瞼を, 石段の, 祓する, 禁門省垣の, 私たちの, 空いた椅子, 突き伏せ, 窺はれた, 立ち上がりつ, 立ち去った, 立ち止まる, 立てられて, 立連った, 笑いあった, 笑いさんざめい, 笑いつづけて, 笑い笑い, 笑つてゐる, 笑み, 筒井を, 答え乍ら, 粉飾させ, 細まる, 絨毯を, 綻びかけた夢, 繋留氣球よりも, 罫の, 美しいもの, 羽ばたきながら, 老人が, 考え始めて, 耳傾ける, 聞えたかね, 聞かれた, 聞き噛, 聞こえること, 聴いては, 肥えたる農夫, 背負子を, 脣を, 腹を, 自分と, 自覚しはじめたらしく思われる, 舌打ちした, 船客を, 花ぐさを, 苦情を, 荒尾は, 華麗な, 落ち山畑, 葉を, 藤蔓を, 行きかわす中間小者, 行く難破船, 衝くと, 表現し, 裏門を, 見あげる, 見えしかし, 見えたるが, 見えとうとう, 見えるから, 見えるばかりか, 見える人, 見える此道綱, 見える髪, 見え細か, 見かえると, 見たのみ, 見まもりながら, 見やっては, 見ゆること, 見ゆる中, 見るを, 見下した彼以外, 見入ると共に, 見守った, 見惚れ居たりき, 見渡して, 見返りながら, 見開いた目, 覚一は, 観察し合っ, 言いかけたが, 言い放った, 言った声, 言含め, 訊くので, 訪ひ, 訴えて, 話しかける, 話しつ, 話し合って, 誘はれて, 語らい合って, 語り伝えるの, 語るという, 説くところ, 誰か, 諸君の, 谷間を, 赤ん, 走り行く, 起き直って, 足元で, 踊って, 踏んばって, 身動し, 軋みたつ鈍い, 転りだす, 辞儀を, 迎え入れた, 退かうと, 透通るよう, 通りました, 進み寄った, 道の, 遣る瀬, 部長の, 重なって, 針も, 銀鱗を, 門の, 闇とともに, 附け足した, 隠居は, 離れたところ, 震える, 青空へ, 面当てを, 響くばかり, 頬笑み, 頷ずいて, 顎で, 顔見合わせた, 顫なき, 颯々と, 飛び立ちいま, 食べはじめたとき, 飲み干し大空, 餅の, 首肯きます, 馬車へ, 騒ぎ合った, 高く笑う, 鳴いた, 鳴く小鳥, 鳴りひびいて, 麹町の, 黒黒と, 黙念

▼ げ~ (3020, 19.7%)

102 顔を 59 微笑を 48 眼を 35 調子で 33 声で 31 声を 24 表情を 23 様子を 21 眼で 16 目つきで, 表情で 15 様子で 14 ものが, 口調で, 声が, 眼の, 視線を 12 姿を, 色が, 表情が 11 笑いを, 顔に 10 微笑が, 表情に, 顔で 9 ことを, 目を, 音を, 顔が, 顔つきで 8 が, 彼の, 様子に, 眼付を, 言葉を, 記憶の, 記憶を, 顔つきを 7 女の, 歌を, 眼つきで, 色を 6 ふうを, 一瞥を, 事を, 口を, 息を, 目で, 眼ざし, 聲で, 足どりで, 顔色を

5 [12件] ところは, もので, ものに, 光を, 影が, 手つきで, 様子だった, 眼つきを, 瞳を, 笑ひ, 笑みを, 面持で

4 [24件] のが, ものである, ものを, 口ぶりで, 女が, 姿が, 姿は, 微笑の, 様子が, 溜息を, 目つきを, 眉を, 眼に, 笑い方, 笑を, 笑声が, 笑顔を, 翳が, 自分の, 表情の, 言葉で, 言葉に, 記憶が, 顔は

3 [47件] ことばに, で, ところが, のを, ものだった, 一種の, 予感に, 人の, 光の, 口調に, 叫び声を, 夢の, 夢を, 女を, 家の, 微笑は, 息の, 悲鳴を, 春の, 様を, 片笑, 男で, 目の, 目配せを, 眸で, 眼が, 眼と, 眼差しで, 眼差で, 眼色を, 笑いが, 笑顔で, 聲を, 薄笑いを, 話を, 調子だった, 足音が, 電燈の, 靴の, 音が, 顏を, 顔, 顔つきに, 顔と, 顔付で, 顔付を, 鳥の

2 [166件] うめき声が, ささうに, さそうに, ざわめきに, しかしこれ, つら魂, ところや, なつかしげ, なよなよした, ぬるま, のう, まなざしを, ものだ, ものと, ようす, ようすで, ようすを, を気の毒, 一人の, 一個の, 世の, 丸坊主だ, 予感が, 二人の, 人々が, 人が, 人達が, 会話を, 低い歌, 光が, 全身に, 冷笑を, 動作は, 叫び声が, 叫び声は, 可哀, 含み笑いを, 呻きが, 呻き声, 呼吸は, 呼吸を, 和尚の, 咳を, 唄を, 嘆息を, 囁きを, 図が, 士分の, 声でも, 声の, 声は, 外出が, 大男で, 太い響, 女と, 女とも, 女房が, 姿, 姿に, 娘です, 娘では, 子供達を, 容子で, 容子に, 容子は, 容子を, 寝呆け顔, 寺が, 小さい家, 小鳥の, 少女の, 形で, 形を, 影は, 彼女の, 微笑で, 微笑み, 心置きなき, 恰好を, 態度で, 態度は, 態度を, 手の, 手を, 扮装を, 挨拶を, 教授に, 旅行者は, 月明り, 服装を, 木綿物です, 横顔が, 樹木にな, 武士が, 毎日を, 気の, 気もちが, 沈黙が, 活動小屋に, 漢だった, 無数の, 煮込みを, 物の, 状を, 男が, 男だ, 男です, 男女が, 町の, 目に, 目附を, 真面目な, 眸を, 眼づかい, 眼付で, 眼光を, 眼差しを, 眼差を, 空虚な, 笑いで, 笑いに, 笑いの, 笑味を, 笛の, 紅を, 美しさ, 船長の, 色に, 若い女, 苦痛が, 街か, 表情, 表情だった, 表情は, 視線の, 言葉だった, 言葉は, 言葉や, 記憶に, 記憶ばかり, 訴えるよう, 調子であった, 足音や, 路が, 身の, 輪廓を, 部屋が, 陰影を, 雲が, 静かな, 面を, 面影を, 面持ちで, 面持ちを, 領域である, 顏が, 顏し, 顏は, 顔である, 顔には, 顔の, 風に, 風を, 馬の, 髪を, 鳴き声が

1 [1613件 抜粋] あきらめた様子, あやに, いかれだった, いたずらっ子の, いろいろな, うさん臭そう, うめきが, おどけた顔, お客, からす共, がっかりした, けげんそうな, こぢんまりした, ことぞ, ことに, こと申す, この鯰, ご託宣, さまで, しかしどういう, しかも凛々しい, しみじみと, しょっちゅう咳, すすり泣きが, すずめの, せせら笑いを, そしてかすか, そして気づかわし, そのひと, その態度, その目, その露骨, それでいて丁寧, ためらひ, つめたいかぎ, ところだけ, どなり声が, なえたよう, のか, のである, のでハリス, ので心, のに, のろくさした, ばかりあたふた, ひどく凹凸, ふくみ笑いを, ふとった髭, へり下つた, ほほえみを, まざし, また安らか, また苦々しい, まぶしらしい, ものごし, ものだつた, ものでなけれ, ものの, ものも, やさしい会釈, ゆだ, ようすでした, ようです, れいの, わたしは, アクセントによって, イライラしたしまった, オルゴルは, カラカウア, シュラッギングまで, タヨリない, トコロじゃ, ビュフェーを, ベースは, ヨボヨボが, 一つの, 一組で, 一軍隊を, 三十がらみの, 上品な, 不安な, 不気味が, 両の, 中にも, 丸行燈を, 主計長の, 乞食の, 事である, 二人に, 亡き父, 人だかりである, 人体であった, 人妻らしい, 人影が, 人恋しげ, 人波衛舎の, 人物と, 人物も, 人間の, 仕事女が, 仙女の, 会話が, 伯父の, 低い調子, 住居で, 体格を, 何とも異, 何物かを, 侍だ, 供の, 假橋が, 偶然である, 儀式として, 優美な, 元気の, 光に, 公私の, 兵気を, 冬の, 処が, 処方箋を, 初老の, 前兆の, 前髪立ての, 力なげ, 勅額門の, 動きの, 勞働者たちで, 匂いを, 医者の, 千鳥足の, 博士の, 印象を, 又おだやか, 叔母の, 口ぶりだった, 口ぶりに, 口吻に対して, 口調を, 古びた幾棟, 叫声が, 合い図, 同情の, 同時に嬉し, 名まえ, 名所案内の, 否同僚, 呟きの, 呪文を, 呼び方, 呼吸づかひ, 咆哮が, 哀歌に, 唇を, 唸り声を, 問を, 啼聲を, 喪服の, 嗚咽を, 嘲笑が, 団長の, 地平線を, 堂々たる風采, 声だけが, 声である, 声や, 売り声や, 夕方の, 外線を, 多少嘲弄的, 夢から, 大将でない, 天変地異の, 太い鼻柱, 太鼓が, 奇妙な, 女だった, 女の子に, 女性を, 奴あらためて, 奴隷根性などが, 姉に, 姿だった, 姿ながらも, 姿勢へと, 娘の, 媼の, 子どもが, 子供だった, 存在を, 學帽を, 家で, 家ばかり, 家僕の, 容子と, 寄せあつめ, 寝息は, 対照である, 小さい声, 小さな影, 小唄や, 小姓の, 小才子, 小理屈なんぞに, 小蒸気船, 少年が, 尼さんである, 山に, 山伏殿ご, 山茶花が, 山鴿の, 川西に, 市人も, 帽子を, 幻影, 庖丁の, 廊下の, 弓の, 弱々しげ, 当字や, 彼等には, 後家風の, 御容子, 御顔, 微笑とで, 心が, 心もちが, 忍び泣きを, 怖ろ, 思い入れを, 怨めしそう, 怪訝り, 恐ろしげ, 息で, 息使い小宮山の, 恰好だつた, 患者とが, 悪魔の, 悶えを, 情の, 情性に, 想像は, 意識で, 愛想を, 感じが, 感情が, 慈しみやら, 態度が, 態度には, 憎悪ばかりが, 或ひ, 手付を, 手職を, 扮飾が, 指輪を, 挨拶ぶりであった, 捉へ, 探究といふ, 播磨守の, 数, 数人連れの, 文句だ, 旅の, 旋律を, 日中の, 日常を, 日頃を, 昂ぶりを, 昔語は, 時々は, 晝の, 暗い顔, 曲である, 月が, 有様だらう, 望みの, 木造の, 村で, 板前だ, 枝のみ, 根から些, 桝本を, 棧橋を, 構図だ, 様子でありました, 様子と, 様子は, 樣子が, 樣子に, 横目罪の, 橋が, 機船では, 歌が, 歓喜に, 武士であった, 武将ばらが, 歩調の, 歪んだ顔, 母子の, 気分かかる, 気味合で, 気持ちさえ, 気持に, 気色は, 氣分が, 氷島の, 池であった, 沈黙を, 泣き声が, 泣聲が, 流し目を, 流行歌が, 涙に, 清澄さが, 渡辺の, 温良な, 準之助の, 潤んだ瞳, 灌木の, 灯火の, 無執着, 焦燥が, 焼けトタンの, 煙が, 熊ン蜂が, 熱烈な, 父を, 父親を, 物であろ, 物思いの, 物音を, 犬歯の, 独居の, 王を, 生一本な, 産婦の, 申しいでは, 男でも, 男を, 番傘へ, 疲れたよう, 白いうす霧, 白の, 白犬の, 百説どれも, 皺この, 皺枯れ荒んだ, 目が, 目付で, 目礼を, 相貌に, 真似は, 眸であった, 眸は, 眼それから, 眼つきとを, 眼付きで, 眼眸を, 睫毛が, 瞳で, 石像であった, 祈祷師遊芸人の, 祠が, 秋思である, 程度で, 空を, 空氣が, 突然の, 窶れた姿, 笑いかたである, 笑い声が, 笑い話を, 笑ひであつ, 笑ひとも, 笑顔は, 答えであった, 節に, 紙の, 細い声, 絶え, 綿入を, 罵声の, 美女である, 翼を, 老人は, 老婆とは, 老翁が, 者でない, 聲にも, 胆の, 胸の, 腰つきで, 自らを, 臭い人波, 良人の, 色の, 艶に, 芸術の, 苛苛した, 若者に, 苦勞の, 苦笑を, 茶店の, 草よ, 荒廃の, 落ちついた口調, 葬に, 蓑浦係長は, 藁家の, 虎の巻を, 蝦が, 街燈の, 表情から, 表情とが, 袷に, 裏の, 複製が, 西洋人の, 見世物を, 視線で, 親船を, 観念は, 言葉である, 記憶しか, 記憶によって, 詞を, 話か, 話だ, 誕生日の, 語調で, 調子が, 調子である, 調子を, 謎めいた, 豆や, 赤ら顔を, 赭ら顔を, 足どりも, 足の, 足音ででも, 跛の, 身は, 軍歌や, 軽蔑的な, 農家に, 返事を, 迷いが, 追憶を, 連中を, 運命観や, 遠い一種, 遣る瀬, 郭公の, 重々しい樣子, 鉄製の, 銅像は, 鋭い鳴き声, 長い笑, 防備に, 陰気な, 隊長に, 雨は, 雰囲気を, 霞の, 露わな眼付を, 青い眼, 青年です, 非常に, 面だましいだ, 面もちでさえ, 面持である, 面構えを, 面魂の, 音は, 響から, 響を, 額の, 顏つきで, 顏付を, 顔さえ, 顔だけが, 顔つきは, 顔のみ, 顔付, 顔栗色の, 顔貌だけは, 顫える, 風だった, 風情が, 風景に, 飛沫の, 餘裕の, 駒下駄の, 高慢な, 高言を, 鱗の, 黄昏の, 黒い大きな, 黒衣の, 鼾の

▼ げ~ (1046, 6.8%)

20 いた 14 いる, しまった 9 行く 8 いるの, ゐた, ゐる 7 しまいました 6 ゐるの, 見せた 5 行った, 見た, 見て, 見ると 4 きました, しまって, 了った, 來た, 來て, 出て, 来て, 遁げた

3 [18件] いたが, くれる, しまう, その上, その中, みて, みると, ものは, やろう, ゐると, 下さい, 叫んだ, 往った, 第二, 行くの, 行つた, 見せて, 遊びに

2 [70件] あった, ある, いたと, いたの, いった, いると, いるので, おいて, くる, くれた, くれたまえ, くれて, くれました, この秀才, これを, しまいます, しまうの, しまつ, どての, みせた, みちを, みては, みました, ものの, よい, わらひ, ゐたり, ゐるお, ゐるので, ゐるもの, ゐる新, ヂツと, 下さる事, 下りて, 了ひました, 云った, 人々へ, 何か, 例の, 出ようと, 出る, 向合つた今井病院, 大木の, 居る, 居るん, 帰って, 戻る, 持ち霞, 指を, 来たの, 来たん, 男性たちの, 置いても, 胸へ, 蔑む様, 行きその, 行きました, 行く音, 行って, 行つて了ふ, 行つて石城なども, 表白する如き, 見せたこと, 見せました, 見ても, 言った, 計うべ, 身を, 飛んで, 首を

1 [700件 抜粋] あげましょう, あったもの, あとを, あり棚, あること, あるの, あるん, ある向う側, ある欄間, ある耶蘇, いい設計, いく天作, いたに, いた日, いた武蔵, いつしよ, いつた, いても, いないの, いますと, いますよ, いらつし, いるかを, いるが, いるって, いるという, いるところ, いるにも, いるもの, いる以上, いる何, いる処, いる時世, いる点, いる限り, い雌, うろうろし, おかう, おきますから, おくん, おけ, おしまい, おほひ去る, おもしろや, お呉れ, お墓参り, お守り申すべき, お茶を, お豆腐, お願い申上げまする, かういふ大胆, かう云, かりそめ, きた, きたので, ぎょろ, くる熱い, くれたの, くれた人たち, くれないが, くれよう, くれるどころか, くれ手, けり力, ここを, ございます海図, ごらん僞善の, しばらくただ, しまいその, しまうその, しまうという, しまうよう, しまえ, しまおうと, しまったそれから, しまったとかいう, しまったの, しまったのに, しまったん, しまつて, しまつてこれあ, しまつてや, しまつて長い, しまつて顔を, しまひました, しまふと, しまふの, すぐに, そこに, そのあけ, そのぽ, その大野貝, その画面, その背, その高髷, それを, ただただ殿, ついて, ついて行く, どこか, なお物欲しそう, なにかの, ねむりました, ぴしゃりと, まいったこと, まいりますと, また一盆, まだ物, まともに, みせると, みせるの, みた, みたくなるので, みたの, みるの, ものおもい居る, ものな, もの的興味も, もらいましても, やがて理性, やっと, やつても, やりに, やれば, ゆくだけ, ゆくで, ゆくと共に, よいでは, よく吾家, よぼよぼと, わが古典, わが家へ, ゐたところ, ゐたの, ゐた文束, ゐて, ゐました, ゐるが, ゐるごとくであるし, ゐる一つ, ゐる以上, ゐる化粧道具, ゐる時, サツト帳を, ドノバンを, バヴァロアデミタッセ, ヨタヨタもので, 一つ, 一夜の, 一心に綿, 一歩を, 一足先へ, 一面に, 三太夫を, 上の, 上り口に, 上蒲団の, 下さいまし, 下せえな, 世にも落着, 世話人や, 主人から, 亂れ, 了う, 了つたやうな, 了つて其後へ, 了ふ, 二三間あまりも, 二度びっくり, 云いました, 云つた, 些か先生, 人々に, 人生の, 今の, 今一度玲子の, 今度は, 他一倍, 仰っしゃいますので, 佐渡平の, 何とか, 何人にも, 何處の, 作つ, 來ただが, 來たらしい, 來つち, 來ました, 停車場まで, 先生えらく, 入って, 入ろうと, 八房の, 其上へ, 其膝其手其肩其脛狂ひまつはり, 其處から, 其處に, 再び柄, 出かけて, 出づ, 出づ平潟より, 出で, 出來る, 出行たり, 初めは, 別に目立つふるまい, 前導, 勞苦しなけれ, 匈奴に, 単于, 厠に, 参ったの, 取り囲み私, 取繕わぬところ, 叫び哭びて白さく, 吊りまして, 同じもの, 呉れた物, 呉れる樣, 咄, 咎め立てした, 唐突両, 問いかえした, 器械細工の, 土が, 坐って, 堂々と, 多勢の, 多少しかつめらしい, 夢の, 大きな造り, 大きな鶏冠, 大へん立派, 大原君の, 大阪までの, 天の, 天涯の, 太刀の, 太政官は, 奈落から, 妻に, 妻を, 姿は, 娘の, 宣告した, 室内を, 宮は, 小蜜柑大, 少しは, 少許気息, 尻を, 居た, 居たよ, 居ました, 居りますナ, 居ると, 山々や, 山手の, 山車人形の, 差される猪口, 席に, 帰ったり, 帰つた, 帰らない, 帰ると, 帰るというの, 帰ろうと, 平次に, 年よりは, 幾度も, 広大な, 店口に, 廻て, 引受けて, 弱い, 当が, 当てが, 往昔を, 往来の, 待つほどに, 後ち, 後に, 後へ, 御用と, 御覧なさる, 心中の, 思ひ殘す事, 恭順を, 惜ま, 意気地なく, 戦って, 手, 押し止めました, 押し潰すもの, 拡ろげて, 拳を, 拾ひ, 捌を, 掌を, 接吻しよう, 搜しました, 播磨で, 放り出しお, 放浪の, 敬虔な, 敷居の, 數ふ, 文学を, 日光に, 明くなった, 明らかの, 昔遠い, 暗い方, 暫らくは, 曰く, 曰く楽は, 最早好い, 杖を, 来あわてて, 来さ, 来た, 来ただね, 来たとき, 来たよ, 来た大きな, 来た者, 来ました, 来る, 来るの, 来るよう, 来る土埃, 来る場合, 東の, 東へ, 桃太郎二倍なる, 榊原康政を, 横議し, 此オツールを, 歩いて, 歩み出します, 死んで, 毎度剣突を, 水の, 泣きふした, 流を, 浅葱の, 浴槽の, 海を, 深く朔北, 湯も, 満足する, 災難即, 煙草を, 爽かな, 物に, 独龍岡の, 猶自若, 現れて, 生きた気, 生き生きと, 用意を, 田甫道を, 申述べる, 男と, 登る厭, 白米を, 皺を, 盤面を, 目も, 眠るとき, 眺めながら, 眼を通して, 石を, 研究し, 神, 神に, 神の, 移るので, 突つ立つた, 立ちたると, 立ちはだかりました, 立ち止まった, 立つてる青銅, 立てるなり, 競争的に, 笑う, 笑つた, 答へ, 米駝鳥などに, 細い横木, 絵はがきを, 縁側から, 繁茂し, 置いて, 置きましたの, 羊三の, 者めら, 聞いた, 肥えた, 腰に, 膝ま, 膝を, 自分を, 自分一存の, 舞ひ立つた, 色々な, 芝居の, 草を, 草鞋を, 落した, 落ちたの, 蒼空を, 薄い唇, 行かうと, 行かないやう, 行かないよう, 行きます, 行くところ, 行くよりも, 行く日, 行く等, 行く軽い, 行ったか, 行ったこと, 行つたら, 行つた女を, 行つてし, 行つて了つたさうだ, 行つて了つてゐます, 見えて, 見えるわ, 見えるん, 見せようと, 見せられたやう, 見せること, 見せるという, 見せるところ, 見せる日, 見たいと, 見たこと, 見たばかし, 見たばかしで, 見たり, 見っと, 見なくては, 見へた, 見る, 見る方寸, 見事な, 親, 親の, 言い出した, 詫び入る体, 詰寄せたり, 読みにくい, 読み下して, 読み耽って, 読んで, 読本の, 誰にも, 警固し, 讀み上げた, 質問した, 赤土に, 起ちあがると, 足袋跣足で, 踊る振を, 軌道地下に, 近くの, 近所へも, 返ったあの, 追窮した, 逼れり, 遂に見事, 道を, 遙に, 遲くまで, 還ろうにも, 酒酣なる, 野菜は, 鍵屋の, 鏡に, 附近の, 陰影を, 隙も, 障子そとの, 青楓氏が, 順々に, 頼みに, 顏を, 願うよう, 顧みるとき, 飛び出し夢中, 食後戯に, 饑え, 馬卒に, 駕籠を, 黄色に, 默讀した, VANへ

▼ げ~ (575, 3.7%)

10 じいさんが 9 ように 7 おじいさんは 6 ような, 春よ 5 おじいさんが, 中から, 中に, 男が, 男は 4 じいさんは, ない奴, なかに, 中で, 実を, 水に, 老人は 3 おじいさんに, ことで, じいさんに, ない国中, 下に, 笑みを, 老人が, 赭熊といふ

2 [35件] おじさんは, お握りの, げだ, げの, ことを, さやぎはたはた, した, じいさん, じいさんです, じいさんの, たまに, ないの, ないもの, ないやつ, ない健康, ない國中, はえたおじいさん, はしに, ひとすぢ, りっぱな, ウマに, ニコラ博士が, ニコラ博士は, 下から, 伸びた顎, 巡査に, 日短かを, 様子を, 歌を, 猛獣使いは, 男の, 白いじいさん, 跡の, 身体を, 顔を

1 [390件] あいつに, あたりを, あるあの, あるおじいさん, あるすてき, あるとき, あるめがね, あるもの, ある上山さん, ある丸い, ある代物, ある作家, ある例, ある女, ある御, ある心, ある横顔, ある物わかり, ある目, ある眼鏡, ある笑顔, ある袖, ある西洋悪魔, ある顔, ある顔つき, あれなる, いきれと, いた, うえ追放に, うせた様子, うたを, うつくしさ, おじいさん, おじいさんと, おじいさんも, おじさんあんたは, おじさん貴方は, おとなこそ, おぼろに, お友達, お握りが, お握りである, お爺さんが, お爺さんに, お話は, かげに, からだの, くさびらめける, ぐあいから彼が, けむり立つる家々, ことなら, ことり, こと云う, こと信用しね, この巻物, ごとおなじ, さびしい微笑, さまなり, さわやかな, したため方, した旦那, じいさんだっ, じいさんっていう, じいさんで, じいさんでした, じいさんを, たぐいは, たって, たびごとに, ために, ちかみち, つつましき匂, つやを, とうもろこしが, ところだけは, ところへ, ところを, どんぐり目で, ない, ないいかにも, ないきょうだい, ないこと, ないしわくちゃ, ないその, ないなだらか, ないぱさぱさ, ないカッフェ, ないカツフエ, ないツルッ, ない下膨れ, ない丸顔, ない人, ない児, ない口, ない大, ない大作, ない好男子, ない娘, ない実力, ない態度, ない憎体, ない様子, ない深夜, ない湖上, ない為事, ない痩せた, ない砂浜, ない童顔, ない素養, ない芸, ない表情, ない顔, ない香気, なくなるに, においを, にがい老人, のつ, のびたきたない, のびた蒼ざめた加野, のびた頬, はえたからだつき, はえたきたない, はえたきたならしい, はえた丸い, はえた口, はえた大きな, はえた官員さん, びたとお思いに, びてゐるのだといふ, ほうは, まま家具を, まわりの, めし食う, もんで, やせたから, ようす, を生した, オッカネことは, オトトと, ジサマに, チンドン屋その, ネコじいさんが, ボッコレ小屋に, マドロス氏とは, 一升罎を, 一巻, 下で, 下へ, 世かな, 中へと, 中ほどに, 中途の, 久一が, 乞食みたいな, 事を, 井戸が, 人形つかい, 人間では, 今の, 伸びた祖父, 伸びて, 似非哲学が, 似非推量が, 侍と, 僧である, 先には, 先端に, 光りを, 八卦見だった, 凜然たる, 剃りあと, 勘太郎を, 博物館長さんが, 口から, 口上で, 口調で, 向こうで, 喇叭に, 喘ぎ, 四十前後精力的な, 図を, 土左右衛門が, 堅い指先, 場処で, 場処に, 塵を, 墓場へ, 声で, 声は, 多い先生, 夜を, 夢, 夢の, 夢はてしなく, 大きな武家, 大人の, 女では, 女らしい要求, 女らは, 姫や, 子分は, 子守唄が, 実といふ, 実父と, 客は, 家が, 家へ, 小さい葉, 小山の, 小桶壱, 小父さん, 少い松の木の, 少い空氣, 少しの, 少ないたち, 少ない山中, 尼の, 山を, 山伏の, 川の, 巡査は, 市長さん, 席で, 席に, 席を, 幟を, 床が, 弔いの, 形に, 後に, 徑の, 御じさん, 御様子, 微妙な, 微笑を, 心は, 心も, 心持ち長い, 思い出が, 怪老人が, 怪老人です, 態度じゃ, 所謂, 手付を, 手入, 手水鉢に, 扶持は, 挙動を, 方だった, 方で, 方を, 日頃の, 易者が, 時まで, 木の, 森の, 棺が, 様子であった, 歌が, 正ちゃんが, 死から, 水の, 水は, 水を, 水呑百姓などでは, 池を, 沫の, 浜の, 清水藤棚などを, 済んで, 温度が, 潮衣, 濃いさ, 濃いずんぐり, 濃い眼, 濃い見る, 濃くない, 火消しの, 無い女, 無い子供, 無い草原, 熊だ, 片ゑまひ, 物ず, 瑪瑙の, 生えかけがかの, 生えたおじいさん, 生えたおとなしい, 生えたやつれた顔, 生えた人, 生えた女, 生えた王さま, 生えた男, 生えた眼, 生前の, 男も, 男を, 男子であった, 白い方, 白い白髪, 白い紳士, 白い老人, 白鷺が, 皮に, 目を, 盲人よ, 真野の, 眠りの, 眼で, 眼百千は, 祭りを, 秘密を, 空に, 立ち上がる様子, 立ち方, 立つの, 立つ肉片, 童女さびに, 笑し, 籠とり, 糊が, 糸子に, 紳士が, 結び目を, 美しい刑事部長, 翁など, 老人で, 老人です, 老人とは, 老人に, 老人にも, 老人の, 老先, 老紳士, 老艇長スコール, 聲嘘か, 肌を, 背の, 胸は, 脣そと, 腰元であった, 膳を, 花の, 苗, 荷物を, 葉に, 藤の, 蛭田博士が, 蟇口を, 親爺が, 言葉で, 語の, 調ひ, 貧乏徳利を, 貯金の, 赤い服, 赤い異国人, 赭い, 身体は, 近道を, 退羽, 通りである, 逸物手綱さばきは, 遺骨は, 邊から, 部分は, 郵便貯金の, 鉦の, 闇を, 陰から, 際には, 電信棒の, 霧に, 靄の, 青い壁紙, 青年巡礼かたちだけでも, 面色なる, 音が, 頭を, 顎に, 顔は, 顔見ゆる, 願に, 風來者を, 風景が, 風車が, 香ばしいにおい, 馬上紳士, 駒おうみ綿など, 骨壺を

▼ げ~ (418, 2.7%)

26 やうに 18 ように 9 ことが 76 のを, やうな 5 ことに, ことは, ことも, のは, ような 4 と不可い, のです

3 [13件] から, ことと, ために, と, のか, のが, のだ, のである, のでした, のも, んだ, んです, 事が

2 [18件] お積り, が, ことを, つもりで, というの, といふ, と云う, のであった, のであつ, ほどいよいよ, ものと, も内相, よつて宇宙, ツて, 火口を, 無花果の, 目的に, 精舍の

1 [238件] あゝ朝酒, か, かが朝議, かね, かも知れない, からである, からといっ, からね, からねえ, から一銭, から危, から食, かッ, がい, がいい, が如く, が徳富蘇峰氏, ことさへ, ことで, ことなく, ことなどを, ことによ, さ, さかいなあ, さすがに, し家, ぜ, ぜそら, そう言っ, そして稀也さん, その音, たびに, ための, だけは仔細, っていう約束, つもりだった, つもりの, とあなた, という, といけない, といっ, といっぱい, といつの間にか, といふ意味, とかまたは, とこんな, としたら, とすつかり, とそこ, となしら, とねる, とは云え, とま, とまだ, とステッキ, と両手, と云, と人, と佐藤, と何事, と共に, と可, と右, と同じ, と孝子, と思, と成る, と斑, と旅籠住居, と暫らく水, と歡喜天, と水, と祭壇, と縛られた, と見せかけ, と見せた, と見る, と言った, と重い, と開く, と隅, ないどう, なんて, なんてもう, なんて神様, な哥薩克, に, にはどうも, には迯げ, には遁げ, にも忍ん, に力, に堪えない, に於い, に足る, に違, のじゃ, のだった, のぢゃ, ので, のであ, ので一同, ので其の, のと, のに尾, のに心, の観, は何故, は四時, は嶺上, ばかりに弱り, ばかりに息, ほどな, ほどに目貫, ほどの器量, ほど小勇, ほど横面, までもそれ, までも今日, ものか, ものかね, ものが, ものだ, もので, ものとは, ものの, ものは, もんです, も亦, も引く, ゆとりは, よりほか, より外, より工合, よ献げ, よ私しゃこれ, わ, わが愛, んでがん, アガペーにおいてのみ, ギセイ己れ, ココスや, サ, 丈け, 丈に, 中の, 事その, 人たちは, 人の, 人は, 人も, 人夫たちの, 代りに, 何十年以来の, 其誠心を, 処では, 利己心の, 力を, 動作の, 勢いです, 右に, 君が, 唇の, 場合も, 場所そういう, 場所である, 夢をも, 女性である, 家にて, 幸福な, 幾たびか, 弥兵衛の, 弥兵衛を, 役である, 心も, 必要は, 所へ, 方が, 春の, 時, 時から, 時に, 時にその, 時口惜し, 曲馬の, 月と, 村の, 梯子も, 様に, 権利は, 此処の, 気か, 気も, 湖に, 漁村のか, 火の粉と, 為に, 爲に, 物かげの, 物かと, 物が, 物なき, 犠牲などは, 狗尾とも, 狩野勝玉作小楠公図一幀わが, 用意は, 田を, 眼は, 着物の, 穴だ, 精舍に, 縁は, 老王, 者, 者は, 者も, 者や, 者多かりき, 者皆これより, 聲が, 興味の, 色も, 花車重吉は, 葉にこそ, 葬の, 許り, 身心共にや, 途端に, 遁げる, 遁げ方と, 運命論者では, 道も, 酔へば, 間の, 雪田も, 音などが, 鷄が, 齢でない

▼ げ~ (388, 2.5%)

20 はやして 8 生やして 7 まさぐって 6 ひねって 4 ひっぱりながら, 取って 3 そって, ひねつて, ふるわせて, 剃って, 剃らせて, 片っ

2 [24件] くひ反らしつつ, して, しなければ, はやしたりっぱ, はやした三十, はやした東洋人, はやした男, はやした蟹, ひねりながら, ぴくりと, ピンと, 一つひねっ, 伸ばして, 剃ったあと, 抜いては, 持って, 撫でながら, 胸に, 胸まで, 見て, 長くし, 長くたらした, 風に, 食は

1 [273件] あたつ, あっけに, いじりながら, いたしました, うごかして, うごかしながら, お前も, かきむしつて怒り狂, かこむよう, きれいに, くらく夜, くわされたロシア, くわされて, ぐいとひっぱっ, こしに, こすって, させた, しかめて, しごいた, しごいて, しごく, した, したとやら, したよ, した大釜, しばりし, しまいこんだ違い棚, しやう, すつかりそつ, すまして, すると, するの, するよう, する工夫, そえた, そったり, そらず入浴, そられ髪, そりました, そるひま, そるも, そる気, たくわえその, たちのぼらせて, たてたるも, たてて, たらしたが, たらした鶏ちや, たれて, つかむが, つかんだかと, つくる程, つけしゃれためがね, つけたひげだらけ, つけて, つけ法体, つんつんと, とり顔, なでたり, なでて, なびかせた老後, なびかせて, なびかせながら, ぬく癖, のばした老人, のばして, はいでつた, はがし顔, はきだせば, はさみで, はじめ雇人だけ, はったり, はやしたあなた, はやしたおじいさん, はやしたそれ, はやしたよう, はやしたり, はやしたれい, はやしたアメリカなまり, はやした一人, はやした七十歳, はやした人, はやした人形師, はやした口, はやした大きな, はやした巨人, はやした年, はやした書記, はやした礼服, はやした肉, はやした背, はやした銅像, はやしちんちくりん, はやしはで, はやし古い, はやし白い, はやし顔, はやし黒い, はやすため, はりつけて, ひきちぎって, ひねったまま, ひねったまましい, ひねつたま, ひねりつつ, ひねりは, ぴくぴくさせ, ぴんとさせ, ぴんとひっぱっ, ぴんとひつぱつて, ぴんとひねっ, ぴんとひねつ, ふとくぬり, ふりまわしながら, ふるうのに, ふるって, ふるって手, ふるわせ新田先生, ふんだんに食, ほうほうあげ, ぼうぼうと, まきつけ彼, まさぐりだしました, まさぐりつづけて, まさぐりつづけました, まさぐりながら, まさぐりまさぐりなにごと, みじかくかつ, みて, むしりとりました, むしりむしり立つて, むしり取って, もうそんなに青く, もじゃもじゃと, やる, ゆうた支那, ゆすって, ゆびさした, よくする, よく見る, よせつけようと, よそへ, わたしの, ションボリたたずませ, チヨツキンと, ヒクヒク動かしました, ピクピクふるわせ, ピョンと, ポケットに, モリモリと, 一つぴんと, 一ばん好い, 一二分ほども, 一本ずつ, 主張し, 二三度ひねりました, 伸ばすこと, 催され, 催して, 分けて, 分し, 剃ったこと, 剃ったり, 剃りに, 剃り頭, 剃る, 剃ろうか, 剪って, 動かして, 動かしました, 動かすごとくに, 取ったらどう, 取りかこんで, 取り上げるが, 受けない, 口許に, 右手で, 吐いて, 吐き, 呈して, 呼び止めて, 喰うこと, 喰うぞという, 喰ったこと, 喰ったよう, 喰は, 喰ふ, 喰わされたでは, 喰わされたよう, 喰わされた気味, 喰わされる, 喰わして, 喰わない用心, 噛みながら, 垂らして, 垂れたが, 大へん, 妾にと, 引っぱりながら, 張って, 想像し, 手さぐり雨の, 打ち挫, 投げるだろう, 抜きながら, 抜き抜きこう, 抱いた本能的, 持った露西亜人, 持つて, 指さきでつまみながら, 指先で, 捻りあげて, 探しましたが, 掻いた時, 描いて, 握りながら, 撫でくり, 撫でて, 横の, 沢山出し, 無視し, 煽てて, 生やしいつも, 生やしたよう, 生やしたリスさん, 生やした一人, 生やした一番上, 生やした大柄, 生やした大男, 生やした男, 生やした痩せぽ, 生やした老, 生やした老人, 生やした農学校, 生やし四角ばった顔, 生やし錆びついた鳥打ち銃, 皮を, 立てそれ, 立てて, 結った中年婦人, 經過し, 肴に, 胸の, 落して, 落し平気, 蓄えた曹長, 蓄えた顔, 行うた事, 行ひました, 装うて, 見た, 見てから, 見れば, 見送って, 覚えて, 許されたとも, 貯へ, 越して, 近くの, 逆に, 避けるよう, 重ぬる, 針の, 長くたらし, 長くはやし, 長く生やした, 隱す, 震わせながら, 青く剃り, 頼みたいの, 食ったよう, 食わされた形, 食わして

▼ げ~ (236, 1.5%)

62 ねえ 7 せん 5 ねえと 4 げえ, だ, でごぜ, ねえと思ふ, を 3 げえと, したとな, せんか, てみる, にする 2 して, じゃねえ, たんだ, なく死ぬ, にしろ, になっ, ねエ, のか, のね, 私を

1 [107件] ありませんが, あるめ, かしたの, かと思う, から, から埓, があつ, がある, が有っ, こったな, ことくたばる, ことねえ, こと御, したわけ, しましたか, しやがったか, しを, せなけり, せん黒馬の, そのくれえ, たんだった, たんで, だからその, だから仕様, だから何処, だすぐ, だと, だらう, だらうな, だッ, ちゃいけません, ちやいけない, っと指環, ていなさる, てみろ, てりゃあいいんだ, であつ, であの, でがす, でここ, でもしでかすでねえ, という声, なあ, なし, なしに, ならまちげ, なんねえん, に, におり, にちげ, になり, になる, にオボコ, に参った, に御, に来る, ねえこ, ねえといふ, ねえといふ評判, ねえと思ひます, ねえ今朝塀, ねえ妹, ねえ引つ, ねえ成, ねえ手一杯, ねエと, のあり, のならだ, のねえ, のを, の人, の犬畜生, の罪, の褒美, の誰それ, ひなどり, ぶんが, もて子供, ものだ, もんだっち, やがっ, やな, ろに, をだしぬけ, をとひびい, を知らねえ, ゲロを, 云う音, 仕事だ, 先づ御輿を, 判っても, 吐いて, 命は, 察しが, 小言だ, 手癖の, 押しが, 水を, 犯人なら, 相談に, 眼を, 者を, 見えるだろうが, 辛抱が, 野郎が, 野郎だ, 面して

▼ げなる~ (207, 1.3%)

3 に言, を中, 目を

2 [16件] ことも, ぞ腹立しき, ところへ, に, をさ, を見る, 人の, 声を, 悲鳴を, 柳の, 溜息を, 片言なり, 笑を, 聲を, 色を, 農家など

1 [166件] うなじ高く, うわ目, おももち, おも持, かたゐ, かの青年, がかた, がこれ, が如く, が疵, が門, ことして, こと言ふ, この朝, すみれうり, そこら中の, ぞうたてき, と同, にはゆかしみ, に哀れ, に坐, に室, に目, に船頭, に誰, に顔色, はこれ, は接待係, は早, は深く, もどこ, もの, ものから, ものは, も片, よりわれ等, わが眼, をいと, を世, を慰め, を望むべき, を籠, を見れ, を骸骨, ベンチを, 一輛の, 下司の, 両面社会を, 中空には, 乙女子の, 事ある, 事がらも, 人は, 人家三棟籘もて, 人形を, 仔獅子の, 仕舞家の, 会話聞え, 傳統には, 僧の, 光景を, 児を, 名状すべからざる, 吐息, 啓示を, 声は, 声音にて, 大丈夫を, 大漢數人, 夫の, 夫婦の, 女房の, 好音, 娘の, 婦人一人同所鳥博士の, 子供あまた連れたる, 室, 家にて, 家のみ, 家へ, 容貌を, 宿の, 寢衣を, 小刻みの, 小女茶を, 小銀, 少女子さへ, 山に, 年賀の, 影を, 御息, 御所の, 御氣色, 御素振り, 微笑を, 心の, 心地も, 思索の, 息ほ, 惣雪隱ありたれ, 戀の, 所なき, 擧動を, 星が, 星の, 机卓の, 松の, 横笛が, 殼を, 毳を, 気色し, 氣色に, 水車が, 沢の, 波の, 漠然たる言葉, 煙立昇り, 片手をば, 状見え, 猫, 玉手御前, 珠運の, 男あり, 男に, 男の, 男心の, 目し, 目色にて, 眉を, 睫毛の, 笑ひ, 笑青じろ, 笑顏に, 筵の, 経験をば, 聲し, 聲は, 肌を, 肩の, 背後の, 舞踏にも, 茶屋に, 荷なれ, 薄ら笑ひ, 藤色の, 触覚を, 言い分では, 記憶に, 詞に, 豪傑だ, 赤味を, 連中の, 雲なり, 雲は, 霜夜の, 面のみは, 面持したる, 面杖, 面色なりし, 音の, 顏美しき, 顔を, 顔色の, 高笑に, 鱗葺の, 鳥の

▼ げながら~ (205, 1.3%)

4 判って, 知って 3 わかって, わかるよう, 推察する 2 一つの, 人の, 感じて, 或る, 気がついて, 知れるの, 私の, 記憶し

1 [172件] あった, ある程度意識的, いひ伝, いやらしいという, いろいろ別後, うつつて, この使, これらの, こんな批評, しきりと, そう言った, その情熱, その輪廓, それが, それと, ちょっと言葉, なおこの, わかった, わかったよう, わかつて, わかりかけて, わかりました, わが師, われぞ, われわれの, ゴタ, サンバードにも, ベツドにも, 一生けん命叫びました, 一種の, 丁寧に, 万里の, 不氣味, 予感できる, 事件の, 事情が, 二人に, 人かげが, 今掴め, 伊兵衛には, 伸子は, 伺はれる, 何か, 入って, 入る風呂, 其の意, 再び人, 分かるよう, 分ったから, 分って, 判っては, 判つて来た, 判る, 判然と, 勝誇ったよう, 又不問語, 取りよせたす, 同じ文句, 名詞語根説について, 吹上に, 咳払いを, 喚いた者, 嗅ぎつけたに, 夏子さま召上りものは, 夢と, 大体読めた, 好奇心を, 実認, 察し得たであろう, 察し得る境地, 察せられなくも, 察知しうる, 少し鼻声, 尚ほ, 市中生活の, 幸福な, 形を, 形成され得る, 彼に, 彼女は, 彼等の, 心に, 心の, 志保にも, 思いだすこと, 思い出すの, 悟つたかに, 悟るよう, 想像できる, 意識する, 感じた, 感じの, 感じられたの, 感じられる筈, 感得する, 我々の, 承はりて, 推察が, 推察してる, 支倉の, 故国の, 教師が, 文学の, 斯う云いました, 方寸の, 日本印刷術の, 早や, 明かに, 暗んじて, 木の実などを, 死を, 残って, 母を, 比較し, 比較する, 気がついたに, 気づきはじめた, 気味悪い不幸, 浮んで, 湯船の, 滝の, 灯を, 照り渡る, 理解し, 理解しかかっ, 理解した, 理解は, 発動し, 眼に, 眼の, 知りそめた, 知覚し, 石橋氏という, 示されて, 祈りに, 神という, 私は, 空想は, 突留め, 窺うこと, 筆者の, 納得する, 結び着け, 罪悪的な, 美の, 考へるの, 聞いた, 膝を, 自分も, 見える品性, 見て取って, 見られる, 見定める, 見抜く事, 覚えて, 親鸞が, 解って, 解るやう, 言う, 記されて, 貧しい場末, 身に, 辿れるやう, 近くの, 退屈男の, 連絡を, 遠いむかし, 長次郎達にも, 雰囲気として, 静かに, 頭脳に, 黒く見える

▼ げ~ (189, 1.2%)

4 いいました 2 ありません, おしづ, さけびました, すぐと, はつと, 奥がたに, 帰って, 言った

1 [169件] ああこの, あざわらいました, あっしの, あとかたも, あやまちを, ありませぬ, ある日, あわてて, いたしません, いたしませんでした, いまに, うなだれて, おきよに, おこった声, おとなしくあご一面, おもわずぎょっと, お相憎, かぎを, かぶりを, がっくりと, きかなかった, こういっ, こしたし, これは, さうだ, さっそく奥がた, さてない, しかしそんな, じっと眺め, すぐわかる, せぬかと, そこに, その酔ひ, そんな事, たしかに怪人, だまって, づけづけと, とてもそそつかしやで, ともかく六蔵, どうでも, どう言, ない, なお泣いた, なお追及, なかった, なくて, ひに, ひろがり環, ふさふさと, ふとかや, ふり向いて, ほんとにその, またとぼとぼ, また真赤, まだそれほど家業, まだ富士小学校, まつたくうつくしい, まるであわだつ, まるでお, まるで帆桁, むきに, むすぼれて, むつと, むつとして, むりにおしつけた, やみあがり, やんねえこと, るで, わがこころ, 一本欠けてる, 一杯うま, 一語一語うなずい, 不安らしかった, 中, 事の, 事実である, 何んだ, 充血く, 其の噺, 力を, 口惜しさうに, 呆れかえったよう, 嘲りをも, 困つて, 困ると, 壁の, 変り者の, 大に, 太って, 家ごとふるえる, 家で, 小娘らしい, 少しあきれた, 帯の, 常日頃客たち, 干からびたせんべい, 心配し, 思わず亭主, 想像を, 愛した, 感情が, 我に, 打ち上げといふ, 折箱と, 押されるやう, 指さきで眼頭, 日本人の, 旦那を, 明るい亜麻色, 時の, 暗がりを, 最後まで, 末吉が, 末吉より, 本所の, 板場へ, 死ぬ三日前, 死後四五時間経過したらしく, 殆ん, 水を, 泣きだした, 浚はれ, 海の, 深く溜息, 深更までも, 湯の, 漢字で, 激情に, 燃えいぶる竈, 片方の, 物に, 珍しいが, 生え目, 痛快だ, 白いと, 白くなっ, 百の, 相談事が, 砂だらけ, 立ちどまりました, 終るという, 縁の, 老女だけに, 考へを, 耐へ, 膝を, 自分で, 自慢し, 茶餉台の, 草むらの, 見せらん, 見たこと, 見廻してから, 話しました, 豊太郎に, 赤くなる, 赤く四肢長, 赤茶けた後れ毛, 長い間手入れ, 長くたれ, 階下の, 雪の, 露ふかい, 頭の, 風に, 髯と, 黄色く眼, 黒く頭髪, 黙つて

▼ げ~ (159, 1.0%)

3 ありました, のびて, はえて, 生えて 2 あって, ない, 持って, 生じて, 立つて

1 [137件] あごに, あごの, あった, あったの, あったら今に, ありますけれど, ありません, ある, あるでしょう, あるでせう, いたならこの, いた時, いっぱい顔, いつぞやの, いなければ, お胸先, くつぬぎ, こもって, こわくて, こんなところ, ごそり, さがって, さし, しつとり霧, すぎた, その口, たい, つやを, とれて, ないと, ないという, ないわけ, ない下流, なかった, なくて, なくな, なく気力, なければね, はいるか, はるか上の, ひとりひとり結婚した, ひょっこりうち, びりびりと, また小さな, むにゃむにゃと, もじゃもじゃだ, もじゃもじゃと, やっぱり黄色, ゐざり出て, カツレツを, グロテスクに, スーッと, ドアの, ピンと, モジャモジャした, 一尺も, 上がるとき, 不意に, 両方の, 二いろまつ, 二つあった, 二階に, 交番へ, 伴うけれど, 伸びて, 何か, 余りびっくりした, 僅かばかり, 働いて, 出来りゃあ, 出来る, 十本ばかり, 去年ある, 取れるという, 口を, 咲き, 唇を, 変に, 大きな剣, 大きな吸物椀, 大分のび, 好きだった, 好きな, 始った, 小諸に, 少し伸びた, 少ないらしい, 帰って, 急に, 悪かった, 感じられないの, 扱って, 映画を, 時代が, 次の, 濃かった, 無くなって, 無理しない, 焦げだして, 物を, 物語って, 生えないと, 生えないの, 生え出して, 異様に, 痛い, 白い, 白い浴衣地, 目に, 目の, 真剣な, 眼ざまし, 立たんばかりに, 立って, 立つこと, 立つの, 繁こごりけり, 胸の, 胸まで, 脱落した, 自分にとって, 虫が, 見えて, 買って, 身を, 逃げ出して, 逆立つ, 酣である, 野分の, 針の, 銀色に, 長女として, 風に, 餌を, 黒, 黒い絵の具, 鼻の

▼ げ~ (152, 1.0%)

3 なし, まっ白な 2 しないで, なく, なくその, なくや, なく底, なく掛け, まるで灰, 眉も, 隠れも

1 [128件] あかるい, あたらずひどく, あたらなければ, あったわ, ありませんでしたし, きゅうに, しねえで居らつたん, じゃの, じゃら, すけたらよ, すさまじき, せずこの, せぬ乱れ髪, そのわれめ, そらず耳, ない, ないの, ない人, ない台詞, ない子供, ない旅行者, ない長物, なう翼, なくあげつらい, なくあたり, なくあちこち, なくお, なくおかしげ, なくお嬢様, なくかえって, なくこの, なくすて, なくそういう, なくそっと, なくそば, なくそれ, なくた, なくて, なくなげうっ, なくふるまった, なくれいれいと, なく丸木, なく人, なく人なか, なく伊那丸さま, なく低級, なく使っ, なく再版, なく切り花, なく剃り上げて, なく化物, なく告白, なく地べた, なく大々的, なく少年, なく巧, なく平, なく引き, なく折れた, なく振りあげて, なく捨て, なく散らし, なく文句, なく時, なく月光, なく横, なく歩い, なく火星, なく灯火, なく焼いた, なく物見組, なく現れ, なく現実, なく知った人, なく窓下, なく筒袖, なく答えた, なく腕, なく舞台, なく色褪せ, なく芝居, なく草, なく衣嚢, なく親しく曳い, なく語りうる, なく軒, なく野菜, なく髪, なしきたないはね, なし佐野, なし老い, なだめるよう, ならず立, ならない処, のう翼, のびた, のびて, びんも, ぴくぴくする, まっしろな, もう立派, やつて, よそ目には, わだかまりも, 一噺すべと, 一杯くん, 伸し放題の, 伸びきって, 伸びに, 切りとり手足, 剃って, 喰へば, 実と, 少なく蕭条, 引きも, 斯やとばかり, 気を, 無くすて, 無くその, 白い, 真白な, 立ち上らんと, 立てずきれい, 笑ひ, 置かないで, 起るもの, 長くのび, 驚いたの

▼ げなく~ (135, 0.9%)

7 訊いた 3 手を 2 お民, そこに, てもいい, 云った, 人の, 半蔵は, 峻烈を, 答えました, 麻裏草履を

1 [107件] いったつもり, いつも使っ, うち気な, うなずいた, おそらく面白, お弱う, お粂, お鳥, からむやう, このみ, この円柱, こぼしては, しかも速, その伊達絹, その境内, その視線, その話, てはならぬ, どこか, なかなか駈, のぞいた文次, ふいと, ほかの, ほほ笑んで, ほんとの, まったく何, よそおいながらも, スピードを, ッても, 上を, 不自由な, 主家を, 主膳は, 云いなおした, 云ったけれども, 云ったものの, 云った千鶴子, 今賭場から, 侍の, 保存する, 傍らの, 内へ, 冗談口を, 分別の, 初心な, 口を, 呟いたの, 咲きいでたる杜鵑花, 喰れ, 大の, 女房には, 宋江は, 少し工合, 巻を, 店先を, 彼の, 微笑を, 慌てて, 拭いて, 挨拶する, 振り向いた, 捕えた二人, 搦手曲輪の, 敷居を, 欄間の, 毫末も, 烏山へ, 父に, 玉置子爵です, 用ひ, 看過ごしに, 眺めた阿波座堀, 眺めて, 眼をも, 着々と, 碁の, 神経の, 笑いながら, 笑って, 答えましたが, 築地の, 翁に, 自分にも, 自分の, 舅どのの, 見えるく, 見せて, 見ると, 見過ごしたこと, 覚悟に, 言って, 言つた一言で, 訊きました, 訊ねた, 話し口, 談笑し, 豪快な, 越えて, 通り過ぎて, 閉てらるる, 開いたところ, 隣の, 鞏固に, 額部の, 顔を, 驚いて, 骨細に

▼ げ~ (129, 0.8%)

20 あつた 2 え, おおわれて, だから清潔, 光る, 来るべが, 貧弱で

1 [97件] あつたらう, あつて, いる容子, うす黒い紫色, おおわれ頭, おちかに, おはじきを, おわすばかりか, お玉には, かえ, かつ小さく, これから犯罪, こればかりは, ござります, さっぱり分らない, しかも慇懃, すんなりし, そうして日光, そして物事, そして白琅, その学問, それに, ただ宮居, とても手, どこか, なかなか莫迦, ならない, ふとそこ, また狭苦しかっ, もの言いぶりも, ら楢夫, ろうじんに, わざとピン, ゴンチヤロフが, ベレーから, ママの, 主人の, 乱れて, 仕合せだ, 何かこそこそ, 何かの, 兇悪の, 全面老い朽ち, 其根のが, 前より, 勞働の, 勿体ぶった様子, 包んで, 半分健康である, 口の, 変装した, 夜は, 奥床しくしおらしい, 子供らしい, 居乍ら一番弱げ, 岩を, 帳場も, 庇間に, 強い日光, 彼は, 意味の, 憂鬱である, 戦争前の, 才気煥発の, 打解けて, 放棄的だった, 故郷恋しい, 日に日に力, 時々は, 時には度はずれ, 晴れやかに, 東北弁こいつは, 正宗の, 歯がゆうご, 泥亀に, 無頓着だった, 煙と, 物ほし, 理窟っぽい男, 突き通すやう, 笑い声も, 笑って, 笑ふ, 細い鼻, 而も, 自分を, 自然の, 自由である, 蒼み, 蕎麦屋は, 蜘蛛の, 袖の, 重々しく鈍く始発電車, 閉口した, 音樂的な, 額は, 鶴の

▼ げられ~ (126, 0.8%)

7 ている 6 てゐる, て行く 5 てある, ていた 3 てあつ, てしまった, てゐた 2 ているであろう, てこ, てしまう, て來, て墓, て果さず, 霜月親鸞上人の

1 [74件] しかと保たれなけれ, そしてかくして單, たり, たり脛, たり閉ぢ, ちゃあ邪魔, ついにその, て, てあたり, てあった, てい, ていった, てうねり, てかの, てきょう, てこれ, てそれ, てそれで, てどうしても, てのやむをえぬ, ては, ては大変, ては消え, ても好い, てゆく, てゆるやか, てゐ, てゐるらし, てゼープロムナード, て一等席, て一艘, て了うの, て事, て其先, て列席, て参りました, て姿, て寝た, て心持速度, て昌盈, て杜, て来た, て果さなかつた, て此方, て私, て窖廩, て茶, て行, て行った, て西, て見え, て見えた, て酒, て銃身, でもし, はせぬ, また其前, やすやすと, 一方では, 両手で, 兎角の, 勅使万里小路藤房の, 化粧臺も, 可能性と, 実に何, 彼の, 方六尺の, 槍の, 焚火が, 甘い酒, 茶を, 部屋の, 陛下が, 養はれた

▼ げない~ (74, 0.5%)

2 ように, 貌で, 顔を

1 [68件] うなずきを, おことば, から密, こと, ご短慮, さッぱりした返辞, ためしばらく, てい, でいる, でしつかりし, で相手, となみが, ともう, ななき, ばかりにし, ばかりに子分達, ばかりに階子, ひでえ, ふうを, ふりを, ほど息, ものが, ものしか, ものなら, ようにと, んです, キイキイ声で, 不覚を, 事である, 全体と, 処へ, 分別者賢い, 名言を, 吐息を, 味の, 命じて, 命令的な, 嘆声を, 壮語を, 夜の, 大声を, 姿を, 小心, 度胸と, 弁舌で, 強靭な, 御粗暴, 心に, 性急さで, 態を, 才覚や, 才覚よく, 技能を, 抱負を, 掠れ切った声, 敏捷さを, 敏捷な, 様子を, 浅慮な, 海岸で, 激越の, 熊野詣, 神秘説を, 自嘲めいた, 顔で, 風に, 風を, 鳥で

▼ げ~ (67, 0.4%)

2 くれ, しるさん, なったの, なる

1 [59件] いうより, いうよりは, いって, かつらだった, この服装, した矢束一カ, しらが, しらがの, たれか, つけまゆげを, つけまゆ毛だった, つけまゆ毛を, ながいあご, なって, なっても, なりし絆纏, なり互に, なるなれば, なるゆえ, なる以前, なる徳川家, なる手車, なる物, ほかの, めがねです, ハイカラな, パラソルとを, マントを, 一座し, 二つの, 云い度い, 云ふ, 伸びるまま, 似て, 六蔵の, 口ひげの, 口髭を, 同い年の, 同じい, 呼びその, 大きな口, 彼は, 打下ろす, 有閑好色紳士めいた, 水腫れの, 深い眼, 申しますの, 申す者方, 目がね, 相反し, 眼鏡を, 称して, 絹の, 習いまた, 言ふ, 追取, 金ぶち, 頬ひ, 香油と

▼ げられた~ (65, 0.4%)

3 布の, 時に 2 ためしの, のは, のを

1 [53件] が宜, が故, ことでありませう, ことの, ことは, という訳, といふ話, のだ, ま, まぼろし, ものが, ものである, やうに, やうにも, やけ腹に, トゥーネルゼーには, 事橋梁河岸の, 傘を, 兄の, 光線を, 包を, 千切れ雲が, 原稿紙に, 土の, 地中突撃隊, 夏の, 宮の, 庭には, 往來の, 文学であった, 春は, 時の, 森と, 此女は, 気持ちに, 海を, 湖水の, 溪の, 片隅に, 男は, 異常な, 白炎の, 笊の, 紙へ, 結果遂に, 絵か, 絵を, 色情狂だ, 芙蓉咲い, 身を, 金持ち階級は, 雪田に, 黒い触手

▼ げ~ (52, 0.3%)

23 そりと 5 そりする 3 そりし 2 そりが, そりします, そり痩せ

1 [15件] そりした, そりやつれ, そり削, そり弱つて耳も, そり枯れた, そり痩せた, そり痩せたせゐ, そり空いた, そり頬の, ちやあ, ぢう, ともい, の, ぷが, ぷを

▼ げよう~ (51, 0.3%)

6 とした, とする 3 と思っ 2 との贈物, とは思はぬ, と思った, と思つて斯

1 [28件] か, かと云う, し衣服, じゃア, ぞ隠れよう, たあ, たって, でガタガタ, と, というの, という横着, といふの, とかどこ, としては不審, として居た, としました, としましたら, と一心に, と何程陰, と努め, と思い立った, と思ふ, と決心, と洪水, と願い, などという利いた, 揃うたもん, 要るなら取つとき給

▼ げ~ (47, 0.3%)

2 履を, 邪魔だです, 陽火の

1 [41件] いいな, いいのに, いくら孔明, お前の, お静, かせぐほど, じねんに, たぢろぐ, ちやは, ぶらさがつて, ほのめくゆめ, よい, 南京米食わにゃならんぞいですから, 咲いて, 天寒く, 小鳥の, 平らだはん, 手元狂う, 撰鉱だ, 新墾, 梅の, 死すと, 浪は, 無始, 生憎に, 空は, 立ちぬ里見勢, 胸に, 花漬めせ, 行人至る, 西の, 見得て, 足る, 農作物の, 雪ふりきたる, 雪も, 青梅ちよいと, 飲む宋江, 高い蒼空, 高き松が枝, 鳥は

▼ げ~ (46, 0.3%)

4 どもは 2 が表町, ている, て遥, 酒を, 金蓮花伊勢の, 風の

1 [30件] いくらです, がひとり, が思い切った, さのき, て, てあえなく, てある, ていた, てお辞儀, てだ, てはかえって, てはすまぬ, てへ, ても昭和合金, ても花柳界, て呼ぶ, て嗅ぎ込んだだ, て泣かせるだ, て生徒たち, て神奈川宿, て舐め, て鋸, どもはじぶん, の花, 一方を, 寡婦, 文の, 物よりも, 目刺かな, 野ばらすみれ

▼ げにも~ (39, 0.3%)

2 ならないもの, 思われた, 覗くらむ

1 [33件] あはれ花片ををの, あらず常, あらでなほ書生, あり気味, いら, そうやすやすと, それと, なくしんみり, 一つの, 不思議な, 亦靜, 人々高く, 似合わぬボンヤリ者, 呼吸づけり, 微睡むここち, 思ったが, 思われたから, 思われたの, 想像できた, 感じた, 感じて, 我が眼, 理が, 考えられた, 聞えたから, 自ら起居を, 見えた, 見えて, 見えながら, 見ゆる女, 見覚えが, 言って, 静かにも

▼ げ~ (37, 0.2%)

3 そうと 2 と思

1 [32件] からピカ一, がどう, がひいでた, がまた, がよく, が九華, が底冷え, が景色, が美し, が高く, ごとな, し, し容, つた連中が, つた顏が, つて手攫み, つて気性を, とあっ, と思召, と言った, と除夜, な, ね, ねえ竹永さん, のだ, ものです, ものの, よ, わ, 起ぎろ, 遁げだ, 銭どこで

▼ げ込んだ~ (35, 0.2%)

6 のは 2 のです

1 [27件] が二人, が心騷ぐまゝ祈祷, が東海坊, といふ, といふの, といふ女, のか, のさ, のだ, のであつ, ばかりである, ばかりの白河内岳, まま一日そこに, ものと, よ, ガラツ八, 三十男です, 作者を, 喫茶店から, 居候の, 時と, 木祠の, 石は, 私です, 程で, 者が, 膏藥だらけの

▼ げられる~ (34, 0.2%)

7 ように 3 ような 2 ことが

1 [22件] あたりから, ことに, ことは, だけ擴げ, とか云, ところから, と仔細, と思ひます, のであった, のである, のは, もので, ものでない, ものと, やうな, ようだ, よりは蜜蜂, 一束の, 年紀は, 水にも, 癖が, 豪華版の

▼ げ出す~ (33, 0.2%)

2 のには, やうに, んだ

1 [27件] かあるいは, かも知れません, か動かざる, ことで, ことの, ことを, その時, ところを, と共に此, と大声, と媛, と抛, と追掛けよう, のだ, のであります, のです, ので滅多に, のみならず, ほどの勢, 供男, 態度すなわち, 態度であります, 者に, 足おとが, 跫音, 途中で, 響きに

▼ げたり~ (29, 0.2%)

4 して 2 斯くの

1 [23件] きは, けれども弟子, した, しては, しなければ, し始めた, し油紙, するため, すると, するの, するもの, する普請金, たたんだり, また虚, 引き立てたり, 手を, 擴げたり, 涙を, 破れたり, 船長の, 隠れたり, 隱れ, 麻の

▼ げたる~ (29, 0.2%)

2 歌十首但し, 盃ぞ

1 [25件] あたり土の, かと疑はる, がごとし, が如く, が弗, ままに, を疑い, キリストは, ニッケル鍍の, 中江篤介ある, 人なり, 仏壇を, 堅き誓, 太刀を, 山のみ, 文は, 樫の, 男現れ, 白帆來たる, 相好は, 眉を, 羽子板にも, 羽織の, 調子にて, 貫一なぞ

▼ げ~ (27, 0.2%)

1 [27件] い, いろいろな, お櫃に, かつらを, きのもじゃもじゃの, しらがの, せなか, たえず一しん, たてがみを, たんぽぽの, つてせ, つて置く, ひな菊も, まあどこ, めがねで, めがねを, アがった, トルコ帽や, 化粧道具などが, 懐中物を, 服を, 殊にあかんべえ, 知らんげや, 短い髪, 種子つつき居る, 釣鐘草が, 離宮や

▼ げ出した~ (27, 0.2%)

2 のです

1 [25件] からこいつ胡散, けれども煙突男, ことも, となる, のだ, のであります, のでしょう, のは, はずは, やうな, やうに, ような, ように, わ怪我, んだ, 人な, 伊豆の, 善八を, 地蜂の, 夫を, 女の, 時扇ヶ谷の, 時火は, 様子が, 草鞋の

▼ げ込ん~ (27, 0.2%)

11 で來 2 でゐる

1 [14件] でいかにも, でくれた, でしまった, でその, でなんかいらっし, で來たん, で到頭, で居た, で息, で来た, で泊, で行く, で行った, で見ねえ

▼ げ~ (26, 0.2%)

32 をし

1 [21件] げいやっ, だと, ぢう, にがい顏, の, の剣, の声, ばかりだ, をはなにかけて十五, をみせ, を習, を見よう, ッも, 古の, 古之を, 古社長が, 子や, 子舞子たいこ末社連の, 部へ, 部を, 部揃っ

▼ げ~ (26, 0.2%)

4 ァね

1 [22件] う, うで雲, うな, うになった, うに寄つて來て, すぎると, であつ, で心, な言, にいへ, にぐつと上, に感心, に言, の, へへへへ, へもたへ, ァ, 太皷ぞ, 忍びぬれ, 行かねげっ, 行ぐ時の, 逃して

▼ げ出し~ (25, 0.2%)

2 て来た, て行つて了

1 [21件] たさうですから, たりし, てある, ていっそそのまま, ておしまい, てさ坂, てしまいました, てしまう, てせっせと, てゐた, て云った, て人間行動, て何, て入社, て居た, て書く, て来られ, て畢, て笑つた, て英国, べたりと坐っ

▼ げには~ (23, 0.1%)

3 いって

1 [20件] あとつぎの, あらざりき, しやぎ, しやぎ廻つて, ひびきませんでした, まだどの, みえるが, アこんな, 人の, 呼んでも, 多大の, 察しが, 感じて, 手出しを, 書き給, 板倉, 気づかれなかった, 相違ない, 眼に, 知って

▼ げながらも~ (22, 0.1%)

1 [22件] そう感じ, だんだんはっきりし, わかって, 中の, 分り始めた, 剣の, 印象の, 察すること, 彼の, 意識を, 推察の, 推測が, 現わし, 知って, 知りたいと, 示したもの, 自覺, 葉子にも, 見分けられた恩田, 覚えて, 解らないこと, 記憶を

▼ げなお~ (19, 0.1%)

2 侍だった

1 [17件] かッぱや, ことばと, 人を, 口には, 唇もとまた, 噂も, 子供衆から, 態度を, 殿様が, 気もちで, 目を, 眼は, 蝶の, 言葉に, 通の, 顔の, 顔色にて

▼ げなれ~ (18, 0.1%)

3 ど誰 2 ども爪箱, ばあまた

1 [11件] どその, ども, ども昔, ど二三尺, ど客, ど役目, ど海, ばおぼろげ, ば悩める, ば此方, 智慧宏大と

▼ げ込む~ (18, 0.1%)

3 やうに

1 [15件] と, といふの, とぐたりと寢, と思つたの, のか, のだ, のを, やうな, より外, んだ, 前暫らく世話に, 女郎は, 石垣の, 草之, 身代だ

▼ げでは~ (16, 0.1%)

7 あるが 2 ないか 1 あったが, あったけれど, あつた, ありますが, いけない, しょせん願い, なくて

▼ げ落ち~ (16, 0.1%)

2 てその

1 [14件] さう, さうになつたり, しに, てし, てひどく, てゐた, て二匹, て參, て壞, て居るで, て見せ, て足, て門前, 掴んだ常春藤

▼ げ~ (15, 0.1%)

3 ままの 2 けどた, けどとうとう 1 なと心, ので出刃庖丁, ので反, ので素直, ので課役經費, のに譬, まま圭さんが, まま真

▼ げである~ (15, 0.1%)

2 かということ, が近づい

1 [11件] がその後, が普通, が梶井, が甘美, が静か, ことだろう, ことに, ことを, こと片目鼻っかけ, し肌, 漫然遠く

▼ げでも~ (15, 0.1%)

1 [15件] あげて, あったであろう, あまり野蠻, あり悲惨, ある小さな, えれえ, させる事, するやう, つかんで, なかった, 出しつちめ, 小作争ギおこった, 悲しげ, 抜いて, 立って

▼ げました~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] から角右衞門, かナア, が中, が私, が笹野新三郎, が羽生村, ことが, ぜ, と云, なあ, のでちょうど, のも, わ知らぬ

▼ げ~ (14, 0.1%)

1 [14件] にいや, にこの, には愛, に執達吏, に居られましょう, ね, ば国, 人殺しだろう, 土佐炭紅, 寺へ, 広い社会, 日の, 満々たる, 靜かに

▼ げなき~ (14, 0.1%)

1 [14件] こそをかしけれ, もの, ゆえに, 不覚です, 世間もう, 両眼, 人間よ, 勇気を, 厳粛な, 折々は, 推理の, 狂態を, 老巧である, 長編小説の

▼ げなし~ (14, 0.1%)

2 に云った

1 [12件] かめ顔を, といったよう, にその, に一字, に叱りましょう, に彼, に打明け, に正面, に見, に言った, わが右, 男

▼ げにて~ (14, 0.1%)

1 [14件] かこひもしめたらぬ, かこひも占めたらぬ, ついによそよそしく, のどかに, めでたからむ, 何れ華族で, 又我家, 口には, 和尚の, 子猫の, 常なら, 磯に, 顏には, 風俗も

▼ げ~ (14, 0.1%)

2 るること, るれば 1 か, せだぢ, にこれ, ば産し, る, るとの, るべき唯一, るるが, るるよう, を二羽

▼ げえねえ~ (13, 0.1%)

4 んです 3 んだ 1 から從兄妹同士, け, なお, なんて言, のさ, よ

▼ げても~ (13, 0.1%)

1 [13件] ここまで, それだ, どうか兄, よい意思, ツと, 一町とは, 何も, 従うと, 折角苦心, 行く此さ, 遁げきれない, 遁げても, 頓着せず

▼ げたい~ (12, 0.1%)

2 ものです 1 から真先, が, というよう, と思います, と思っ, と思つて, のである, ものと, んです, 一つの

▼ げつけ~ (12, 0.1%)

1 [12件] かけては, たる当人, てこわした, てそれ, ては機関銃, ても身, て小太郎, て暑い, て殺す, て重傷, まず相手, 引き裂き踏み躙って

▼ げ~ (12, 0.1%)

2 と驚い 1 あの豹子頭, いないって, お千絵様, さてはおのれ, それでは息, たら行げ, ではあの, と息, と血, 見た

▼ げした~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, がそこ, が幼少せい時分, じゃろか, とかなあ, な, よ, わけで, んじゃ, 因果だ, 訳だ

▼ げだらけ~ (11, 0.1%)

3 の顔 2 の老 1 なバロック式, のこじき, のよっぱらった, の男, の老人, の顔いっぱい

▼ げては~ (11, 0.1%)

1 [11件] いつきまつり, いない狡い, いなかった, おきまするが, 人の, 其の陵, 愛づるがごとくに, 更に長く, 踏み込んで, 運動場へ, 陰陽を

▼ げであった~ (11, 0.1%)

1 [11件] がしっかり, がむしろ, が官兵衛, が放, が暗く, が果して, が食べ物, という, としても声, ように, 様子心の

▼ げます~ (11, 0.1%)

2 から, よ 1 からね, からネ, から外国, が長生き, と馬, ような, 言葉が

▼ げ~ (10, 0.1%)

2 は日 1 が使, が形, であつ, は二重, は単に, は必, は轂, 或は幟竿

▼ げしき~ (10, 0.1%)

1 が色めい, である, と申す, の, の中, の唄, は, を一層, を俯瞰, を眺める

▼ げ~ (10, 0.1%)

2 糞, 風に 1 されど淑女, アンドレアは, 君は, 糞げり, 阿漕が, 雨は

▼ げ~ (10, 0.1%)

3 松は 2 ば遁げ 1 ばとて我親, ば可愛らしい, ば大当り受合い, ば弟子, 松が

▼ げだった~ (9, 0.1%)

1 がやがて, が二度め, が停っ, という, な, のでしょう, ので万三郎, 証人を, 顔が

▼ げにさえ~ (9, 0.1%)

1 なりその, みえた, 思われた, 見えた, 見えた程, 見える, 見えるの, 見える真面目, 見られました

▼ げにしか~ (9, 0.1%)

3 見えなかった 1 うかがうこと, わからない, 意識しない, 見えない, 見えなくなった, 見別

▼ げ~ (9, 0.1%)

1 がない, ということ, ない, は, を取, を拵え, を見, を遮断, を開く

▼ げこん~ (8, 0.1%)

1 でくる, でしまった, でも一向に, でやる, で危き命, で居れ, で置い, で置く

▼ げたら~ (8, 0.1%)

2 しゅっこは 1 いいでしょう, どうだ, よかねえか, 可か, 好いでしょう, 行げ

▼ げつける~ (8, 0.1%)

2 ことが, や否 1 と鉄, やうに, 割に, 暇も

▼ げなり~ (8, 0.1%)

2 ける, やもと 1 すぐれて, 冬紅葉, 男は, 裁判所の

▼ げえと~ (7, 0.0%)

1 ころが, はなん, 云うが, 吐いた, 吐いて, 吐きはじめた, 聞こえて

▼ げから~ (7, 0.0%)

1 おかわの, しめたで, そう尋ねられる, つららを, 剃刀を, 急に, 水を

▼ げさん~ (7, 0.0%)

1 か急, て, といってる, ねあの, はかわり, を知っ, を見

▼ げども~ (7, 0.0%)

1 われは, 吾は, 堅からず, 竹愈, 胸わろし, 騷げども, 麥稈帽子とばぬ

▼ げ~ (7, 0.0%)

1 あくまでも左右, ように, をよし, 何時迄も, 彼の, 急調とに, 海霞

▼ げましょう~ (7, 0.0%)

43

▼ げられたる~ (7, 0.0%)

1 この手, ものならざるべからず, 木の, 木曾の, 歌題は, 自然の, 赤新聞を

▼ げ~ (7, 0.0%)

1 さうに, するえ, です, よく凌ぐ, よく笑つて, 取り結ぶため, 殺せ

▼ げ~ (7, 0.0%)

4 そうと 2 て森 1 て跳ね

▼ げ果てた~ (7, 0.0%)

1 お人, ことには, といった口調, やつでは, 者どもでは, 腰抜け野郎だ, 逸楽である

▼ げ~ (7, 0.0%)

1 に美しい, に邪魔, の束, の波, の消毒, は水, を摂り

▼ げ落ちた~ (7, 0.0%)

1 けれど彼, ことだらう, と言つた方, のであつ, のは, のを, ノートは

▼ げ~ (7, 0.0%)

1 がぬっと, でガクリ, で眼, にほおばり, のひ, をがっくり, をにこにこ

▼ げいたう~ (6, 0.0%)

2 です 1 かね, でこ, で両手, をする

▼ げえて~ (6, 0.0%)

1 えんで, やがる, らあな, 下せえましよ, 引込んだらどう, 見ると

▼ げえる~ (6, 0.0%)

2 ほどご, んじゃ 1 とつまらねえ, ほどこの

▼ げこんだ~ (6, 0.0%)

1 が刀, に相違, のでしょう, んです, 平地人が, 顔を

▼ げさせる~ (6, 0.0%)

5 ものは 1 にし

▼ げそう~ (6, 0.0%)

1 だったってな, だの, な姫ぎみ, になる, にのッ, に冷たい

▼ げその~ (6, 0.0%)

2 兄すらも 1 上へ, 中天に, 噴水の, 恐ろし気

▼ げだるま~ (6, 0.0%)

1 がひどく, のよう, の目, の絵, の顔, もとても

▼ げつて~ (6, 0.0%)

2 ゐて 1 しまつて, ふるへて, わけて, 云うの

▼ げという~ (6, 0.0%)

2 あの娘 1 ことである, ふたりの, 二つしか, 達しを

▼ げとは~ (6, 0.0%)

1 どんな御, 古い馴染, 天皇の, 朝の, 染めて, 知りつつ

▼ げなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならない, ば可 1 ばならなかった, ば聖霊

▼ げにでも~ (6, 0.0%)

1 わき上がること, 作つ, 奇麗な, 暇な, 書き留めて, 読者に

▼ げ~ (6, 0.0%)

2 ば肩 1 えがらな, えと同じ, ばなりません, ば成らない

▼ げはてた~ (6, 0.0%)

1 やつだ, ような, 二タ股者です, 奴めが, 腰ぬけ, 魂を

▼ げもじゃの~ (6, 0.0%)

1 かおが, 二十めんそうが, 大きな顎, 方の, 男が, 顎と

▼ げよと~ (6, 0.0%)

1 いった, 云つたといふ, 命じた, 昔より, 言ふ, 踏付けられぬ

▼ げーん~ (6, 0.0%)

3 が, がげーん

▼ げ~ (6, 0.0%)

2 だの 1 して, その皮, と時々, をしなく

▼ げ止め~ (6, 0.0%)

2 は懐かしい, や前 1 が貧しい, は貧しい

▼ げいし~ (5, 0.0%)

31 やなどハ, ゆうか

▼ げえっ~ (5, 0.0%)

1 いつですか, というよう, と来ら, ぷうう, 沂嶺を

▼ げこと~ (5, 0.0%)

2 言うて 1 は日, は髯籠, 称するもの

▼ げこの~ (5, 0.0%)

1 だいがくを, やうに, 理想實現の, 男も, 糞たれ

▼ げたっぷり~ (5, 0.0%)

1 だった犯罪者, なん, な態度, な装置, にそれ

▼ げって~ (5, 0.0%)

1 あるって, あるつて本当, そのながく, 薄白い, 長い枝

▼ げつと~ (5, 0.0%)

1 こぼれる程, それでもを, 今少し, 吐出さむとするも苦し, 少うした

▼ げてる~ (5, 0.0%)

1 からエーおい兄, ね, ねお, やうだ, んです

▼ げなと~ (5, 0.0%)

1 いきが, いきの, 云われたの, 仰云, 感じましたので

▼ げ~ (5, 0.0%)

2 日の 1 こしつち, わが僕ヨブ汝ら, わが獲し

▼ げられず~ (5, 0.0%)

1 に好き, に暮し, に真直, 声を, 寝返りさえ

▼ げるなら~ (5, 0.0%)

2 いまの 1 こんなくだらん, ば当然, 一緒に

▼ げ出され~ (5, 0.0%)

1 てある, ている, てしまう, ては大, て石

▼ げ面男~ (5, 0.0%)

1 に理解, の姉川五郎, の登場, は石, は黄金メダル

▼ げかけ~ (4, 0.0%)

1 たり, ていた, ている, てきらきら

▼ げこむ~ (4, 0.0%)

1 と始めて, やうに, ような, んです

▼ げしい~ (4, 0.0%)

1 声が, 憤懣が, 敵愾心が, 早足で

▼ げじいさん~ (4, 0.0%)

1 のあと, はじっと, はその, は原っぱ

▼ げつけた~ (4, 0.0%)

1 がそれでも, のだった, のです, 女達が

▼ げつつ~ (4, 0.0%)

1 ある, 午前六時の, 薄紫の, 青白い瞳

▼ げてあつ~ (4, 0.0%)

1 た, たが, た葢, た覚書

▼ げてもの~ (4, 0.0%)

1 味感が, 展覧会場あり, 趣味に, 釣りの

▼ げとを~ (4, 0.0%)

1 いっしょに, なんなくむしりとっ, 持って, 見ました

▼ げながらに~ (4, 0.0%)

1 拝みたてまつりし其夜, 知ったらしかった, 知って, 飲み込めて

▼ げなで~ (4, 0.0%)

1 お好き, このお, これからさっそく講ずる, ばあさんなにを

▼ げならぬ~ (4, 0.0%)

1 境地に, 契りとぞ, 殿ぶりを, 秋の

▼ げにか~ (4, 0.0%)

2 かつた 1 ぢけ, はるが

▼ げにぞ~ (4, 0.0%)

1 く, しや, 見えし, 頷かるる

▼ げにな~ (4, 0.0%)

1 つた上この, つた蔵海が, つても, まづ凧

▼ げねえ~ (4, 0.0%)

1 か何, しさ, のか, ようだったら

▼ げほう~ (4, 0.0%)

1 から二軒, といえ, の頭, は外法

▼ げ~ (4, 0.0%)

2 はつて 1 はり仰向けに, はること

▼ げられぬ~ (4, 0.0%)

1 ことも, と武士, と鍋釜, ように

▼ げ去る~ (4, 0.0%)

1 その辺, と云う, ものと, を常

▼ げ~ (4, 0.0%)

1 の粒々, の草生, を柔らげ, を歛め

▼ げ落ちる~ (4, 0.0%)

1 ことを, と傷口, ので仕方, 形の

▼ げ~ (4, 0.0%)

1 から岩波, のステキ, の中, を持っ

▼ げ~ (3, 0.0%)

21 づまいて来る

▼ げうっ~ (3, 0.0%)

1 てはどうも, てやっ, て発明官

▼ げえり~ (3, 0.0%)

1 がする, がするだ, が朝ッぱら鯉

▼ げえッ~ (3, 0.0%)

1 というよう, と戻し, と言う

▼ げさせ~ (3, 0.0%)

1 てしもうたの, て開かせる, 手を

▼ げざる~ (3, 0.0%)

1 つらき心, もなし, をえざりしなりき

▼ げすり閻魔~ (3, 0.0%)

1 だぜ, と名, と妙見堂

▼ げすわれ~ (3, 0.0%)

3 ばきん

▼ げたま~ (3, 0.0%)

1 はね, ふにぞ, までゐる

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 までやになつ, やよ, や無い

▼ げつくし~ (3, 0.0%)

1 てしまわなけれ, ても餘, て悔

▼ げつくる~ (3, 0.0%)

2 心を 1 釘箱才槌墨壺矩尺利器の

▼ げつた森林~ (3, 0.0%)

3 の樹木

▼ げてから~ (3, 0.0%)

1 そのまま眠っ, 隠居し, 鳥屋場の

▼ げです~ (3, 0.0%)

1 からどうか, が, よ

▼ げなかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たと, たら死んだん

▼ げなくした~ (3, 0.0%)

2 しろひつじ 1 白ひつじあつ

▼ げなす~ (3, 0.0%)

1 がたの, つても, まな

▼ げなら~ (3, 0.0%)

1 あすこに, が覚り出した, ん年は

▼ げなんぞ~ (3, 0.0%)

1 させるん, まさぐるに, 見せたり

▼ げにと~ (3, 0.0%)

1 くるす, ぼとぼと取っ, 客は

▼ げにに~ (3, 0.0%)

1 こ, ことして, やりにやりと

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 なんだ, 眼を, 行きすし屋

▼ げまして~ (3, 0.0%)

1 これを, 梯子を, 關兼元の

▼ げまで~ (3, 0.0%)

1 して, すっかり手入れ, ぶる

▼ げむじゃの部下~ (3, 0.0%)

1 の男, はなぜ, はなん

▼ げむり~ (3, 0.0%)

1 が立っ, の中, を含み

▼ げやう~ (3, 0.0%)

1 でとんだ, と思つて, などといふ利いた

▼ げ二上山~ (3, 0.0%)

1 に月, に鳴く, の夜

▼ げ入れ~ (3, 0.0%)

1 て安心, でなければ, の彼岸桜

▼ げ出された~ (3, 0.0%)

1 のも, 気が, 製造場の

▼ げ函根~ (3, 0.0%)

3 の山

▼ げ去った~ (3, 0.0%)

1 という, という話, とかいう

▼ げ口上~ (3, 0.0%)

1 で取る, とばかりお, は許さない

▼ げ帰り~ (3, 0.0%)

1 たりといえり, ぬ, 大いに煩い

▼ げ延び~ (3, 0.0%)

1 てから捨て, て大, て来た

▼ げ得る~ (3, 0.0%)

1 ために, ものと, 嬉しい境涯

▼ げ持ち~ (3, 0.0%)

1 て旅, て食わせ, ながら

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 とが置かれる, の忠, を取り寄せ

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 が出, でした, と見えた

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 である, のガラス戸, の硝子

▼ げ~ (3, 0.0%)

21

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 てえ, てゐ, 諸戸山

▼ げ遊ばす~ (3, 0.0%)

2 お意 1 処が

▼ げ附ける~ (3, 0.0%)

1 と細君, やうに, 時や

▼ げ~ (3, 0.0%)

1 あせん, はせる物, はせん

▼ げいかめしい~ (2, 0.0%)

1 チンドン屋から, 闘牛士は

▼ げいとうだ~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ げえた~ (2, 0.0%)

1 ことが, もんだった

▼ げえなもん~ (2, 0.0%)

1 が出来あがるっ, じゃねえだ

▼ げえもねえ~ (2, 0.0%)

1 からよそう, ことを

▼ げえられっ~ (2, 0.0%)

2

▼ げえりゃ~ (2, 0.0%)

1 あ他人事, 考げえる

▼ げおとし~ (2, 0.0%)

1 そしてホテル内, 下界の

▼ げかへ~ (2, 0.0%)

1 つた, つてゐる

▼ げきける~ (2, 0.0%)

2 がさり

▼ げけれ~ (2, 0.0%)

1 ば猟師, ば王

▼ げこくじ~ (2, 0.0%)

1 やう, ょう

▼ げこめ~ (2, 0.0%)

1 ばわけ, ば助かる

▼ げさす~ (2, 0.0%)

1 と二人, にも侍女たち

▼ げさせた~ (2, 0.0%)

1 ので, ものである

▼ げさ加減~ (2, 0.0%)

2

▼ げしたら~ (2, 0.0%)

1 ええか, ええん

▼ げそして~ (2, 0.0%)

1 右手には, 急に

▼ げそれ~ (2, 0.0%)

1 のみかこの, を認め

▼ げたっ~ (2, 0.0%)

1 ていい, て惜

▼ げつく~ (2, 0.0%)

1 げつく, とも聞こえれ

▼ げつそりしない~ (2, 0.0%)

1 が故に, たまもの

▼ げつひめであり~ (2, 0.0%)

2 とよう

▼ げでした~ (2, 0.0%)

1 からお, が書物

▼ げでなく~ (2, 0.0%)

1 ば雨夜, 存外柔和

▼ げといふ~ (2, 0.0%)

1 もので, 女を

▼ げとも~ (2, 0.0%)

1 云わず注そうかとも, 思える一つ

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 たて付よけれ, なほ重し

▼ げどこ~ (2, 0.0%)

1 か子供, までも届く

▼ げなう~ (2, 0.0%)

1 す笑い, めきを

▼ げなか~ (2, 0.0%)

1 つかうを, ほして

▼ げなかげ~ (2, 0.0%)

1 がすぎた, はたしかに

▼ げながらにも~ (2, 0.0%)

1 せよ人間, 記憶に

▼ げなすった~ (2, 0.0%)

1 そうな, もう是

▼ げなど~ (2, 0.0%)

1 よめきと, 喜ぶ

▼ げなどが~ (2, 0.0%)

1 方々に, 昔の

▼ げなどの~ (2, 0.0%)

1 場合だ, 感じられないリリ

▼ げなどは~ (2, 0.0%)

1 ないの, 落ちて

▼ げなどを~ (2, 0.0%)

1 とかして, 彼女から

▼ げなべ~ (2, 0.0%)

2 か舟

▼ げなりという~ (2, 0.0%)

1 のは, 風な

▼ げなりとも~ (2, 0.0%)

2 浮び上る私

▼ げなんか~ (2, 0.0%)

1 おくさん, 取らなくっても

▼ げな年取った~ (2, 0.0%)

1 その美しい, 顔は

▼ げにこそ~ (2, 0.0%)

1 なれ多, 萌えいでに

▼ げについて~ (2, 0.0%)

1 じッ, なお怒れる

▼ げにもの~ (2, 0.0%)

2 いひぬ

▼ げのび~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃいました, て来た

▼ げはじめた~ (2, 0.0%)

1 博文館の, 月に

▼ げはを~ (2, 0.0%)

1 かしくな, へつ寧樂

▼ げばいいん~ (2, 0.0%)

1 だ, だじゃ

▼ げぶり~ (2, 0.0%)

1 とやる, と吐いた

▼ げほう狐~ (2, 0.0%)

2 つかい飯綱

▼ げぼうぼう~ (2, 0.0%)

1 の日本人, の痩せた

▼ げまし~ (2, 0.0%)

1 てもお前様, の言葉

▼ げまする~ (2, 0.0%)

1 と僅か, やうに

▼ げまた~ (2, 0.0%)

1 女性を, 拾っては

▼ げむしゃ~ (2, 0.0%)

1 の小笠原, の青ざめ衰えた

▼ げむじゃの顔~ (2, 0.0%)

1 の大写し, を鉄ごうし

▼ げもの~ (2, 0.0%)

2 びほうだいに

▼ げられない~ (2, 0.0%)

1 のみで, 時には

▼ げられるであろう~ (2, 0.0%)

1 から鐘, 事が

▼ げら刷り~ (2, 0.0%)

1 とやらをせき立てられ, の原本

▼ げるで~ (2, 0.0%)

1 はありません, もあらう

▼ げるべき~ (2, 0.0%)

1 十分の空間の, 男性は

▼ げッそり~ (2, 0.0%)

1 したの, と削げ

▼ げポンプ~ (2, 0.0%)

1 のよう, を動かす

▼ げワシ~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 っと吐いた, を持続

▼ げ一本~ (2, 0.0%)

1 くらわせて, までもはつきり見分け

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 くると, くる釘箱才槌墨壺矩尺

▼ げ付け~ (2, 0.0%)

1 しに, ても暫く

▼ げ付ける~ (2, 0.0%)

2 様に

▼ げ其上~ (2, 0.0%)

1 で行, 眠り燦爛

▼ げ出さう~ (2, 0.0%)

1 としました, とする

▼ げ出したく~ (2, 0.0%)

1 なつた, ッてね

▼ げ出し穂吉~ (2, 0.0%)

2 はいよいよ

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 で二階, の柄

▼ げ切った~ (2, 0.0%)

1 やり方は, 質問ばかり

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 には生死, の空地

▼ げ去ら~ (2, 0.0%)

2 むと胸の

▼ げ去りたら~ (2, 0.0%)

2 むには

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 ある者, 蒲公英に

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 から吐き, でもさがす

▼ げ呉れ~ (2, 0.0%)

1 はぐつたこた, べと思ツ

▼ げ呼吸~ (2, 0.0%)

2 の続く

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 を失っ, を求め

▼ げ少し~ (2, 0.0%)

1 の商, は白き

▼ げ~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ げ左右~ (2, 0.0%)

1 からも吹捲, からも吹捲くつ

▼ げ帰った~ (2, 0.0%)

1 ときも, はずは

▼ げ廻つて~ (2, 0.0%)

1 るん, ゐる太陽

▼ げ得ない~ (2, 0.0%)

1 もののいかに, ものを

▼ げ得ないであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ げ御室~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 を揺がし, を搖

▼ げ持つた~ (2, 0.0%)

1 手紙の, 頃の

▼ げ搖下~ (2, 0.0%)

1 され今にも, し此方

▼ げ放し~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 を定め, を繰延べ

▼ げ更に~ (2, 0.0%)

1 三軍を, 其下に

▼ げ~ (2, 0.0%)

2 のひかり

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 の山, を憐

▼ げ殿~ (2, 0.0%)

1 と云, の別当

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 でそれぞれ, で六時頃

▼ げ物愛~ (2, 0.0%)

2 は器

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 に板敷, の慌し

▼ げ~ (2, 0.0%)

2 ふなり

▼ げ立ち~ (2, 0.0%)

1 てそれ, にける

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 とりて, を投じ

▼ げ終った~ (2, 0.0%)

1 とき金博士は, と見れ

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふといふ

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 なる矢立, のもった

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 へしよ, へその

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 ぬ許, るを

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 の成敗, を

▼ げ覆ふ~ (2, 0.0%)

2 を安

▼ げ走り~ (2, 0.0%)

1 たりといえり, たりと云えり

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 をする, を向う

▼ げ込まない~ (2, 0.0%)

1 もので, よ

▼ げ込み~ (2, 0.0%)

1 せめては, たちまち籃

▼ げ込みました~ (2, 0.0%)

1 がその, が先代

▼ げ返る~ (2, 0.0%)

1 には及ぶまい, 波は

▼ げ進むれ~ (2, 0.0%)

2 ばかの

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 が作者, の途中

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 の皆, は皆

▼ げ~ (2, 0.0%)

1 に紫いろ, に紫被布

▼1* [703件]

へず停車場, げあげて草鞋, げあげた法師たちが, げあごひげ身にはくず屋, げあご鬚の年長, げあたかも粟餅屋が, げあとをなで, げありとしていつも, げあるところ也, げあわせて武蔵守, げあわれ肩をも, げいがあつて, げいしゃです, げいしゃ芸妓だと, げいする処です, げいと口から, げいひあんせんから, げいむだから興亡, げいやっている, げいや幻術に負け, げうせ島には, げうちしが, げうまく食ふとき, げぇーと吐き出す, げえあひだ信用し, げえてるか知れた, げえなものには怯えまい, げえなんですよ, げえな思いして, げえな罪があるだ, げえな色してる, げえのこたあ, げえみてえなやつ, げえられたよ, げえられるぜ, げえんだべ俺ら, げえ仮橋の, げ茶入え, げおおせないように, げおおせるのとに, げおきを, げおったな, げおとすのであろう, げあらん, げかえる覚悟を, げかかっている, げかくいひて, げかけられることでしょう, げかけるのでした, げかけ並べた燭臺に, げかすかになれる, げかたを見る, げかなた烟のいと, げかはしいと, げかもしれないぞ, げからも鼻からも, げがとおッ, げきたない背広服を, げきった一つの, げきめつツえいツえいツ, げきれないやうな, げきんぽうげ, げ行く家, げくさい熱が, げくっつけて, げくれると云ふた, げ知らんぞ, げげげ知らんぞ, げげげげ知らんぞ, げげ玄蕃とな, げげ現実ですよ, げこうが咲二, げこがして蛤貝比売水, げこまれた苅萱のみ, げこれまでの自分, げさあ仮りに, げさうな淋しさを, げさくな味感, げさっそく庁の, げさまに裾, げざいを飲まなきゃいけない, げざまにト掌, げざま向直ると, げざらざら唄ふ, げしかば二箇の, げしかも一日の, げしく物凄くこ, げしくなるにつれて二人, げしことも夢, げしのうしろの方, げしめよ, げしめむと欲するの, げじゃけれども私, げじゃが調所殿の, げじゃと仰せられて, げじゅうにひと, げの考える, げすぎたが, げすくなく東京, げすこし左の, げすしの方, げすてた友情が, げすてられたその殻, げすべての人, げすべて彼女がやっ, げすり閻魔さまへお参り, げすり閻魔それから湯島坂下, げずしてかえって, げせし高どのの, げは決して, げそこにひとつ, げそめて稍寒げ, げそりと年, げそり終へて立た, げ袖に, げぞろぞろ附いて, げたいこともあります, げたい位だ, げたく思うような, げたちまよ, げたつて駄目, げたらしく新鮮な, げたりといふ聖經の, げたれば誰, げだけなの, げだけはあまり頭, げだけんなったど, げださうとしました, げだされて瘤, げだして来た, げだつたがやがて, げだの手打の, げちゃずるいよ, げちゃあならんぞ, げちょろの重箱, げぢげぢまでやになつ, げってなあに, げっとよろしく感心, げつくす勝負師で, げつけたいように, げつけだしたのである, げつけましたが馬, げつけまゆげをとり, げつけられてしまった, げつけられたのだ, げつけられる嫂さんという, げつた夏草の中, げつた小山がある, げつた杉のほとり, げつた森のなか, げつづけている, げつてわし等げ斯うた物遣しあん, げつとまたかへし, げつと少しばかり脚, げつない俳優トルコ人を, げつらの男, げづら男の, げてさえ行くならもう, げてたもれ, げてだに相見ん, げてつと陣小屋, げてと言ふ, げてねさて身体, げてをるの, げてんのうち, げてんかとまるで, げであり久子が, げでございましてその, げでござれど私, げでなもし, げでないことも, げでる油煙は, げで御座るが何, げといふものつゆも, げとかいううしろへ, げとこそ船を, げとしてイブセンの, げとてもおほき, げともかくも一寸, げとられてごめんなさい, げどうも十兵衛それは, げどきになつ, げどころかその必要, げどはこの巌, げどれにでも自然人事, げなあなどりの雷雨, げなある期待の, げないむごたらしい戯れに, げないやさしさが, げない可愛い声を, げない暖かい早春で, げない荒っぽい言葉や, げなおさんと沈痛, げなおももちで, げなかざがするがい, げなかたちさえ消え去った, げなかたちこれが果たして, げなかつたが度胸, げなかれの性分, げながらでもできたで, げながらへえと腑, げなくしてごめんなさい, げなく帰って来, げなく立ち上がったがなお, げなく繰りひろげてゆく, げなけになあ, げなけんそのお, げなげにいっ, げなこっぽり, げなさいましお遁げ, げなすって, げなぞの理想で, げなぞも何とはなし, げなという感じが, げなとはいえ厳つい, げなどに対しては籠の, げなども生やしたくせ, げなははもっともそれ, げなふぜいでありました, げならず申伝えられましたる, げならずあてこすられてさすが, げならずさとりしなり, げならずゐや, げならず言い出で, げならないのでございましょう, げなりといふに, げなりに感じられて, げなるべきに拘らず, げなる見るに忍びざりき, げなんざ勿體ねえ, げなんていうの, げな凍るやうな, げな曇った眼で, げな鳴声が, げにかの女に対して, げにかへつて来た, げにがつしり, げにすら相手を, げにつきまわらんと, げにつけ加へ, げにとは云えいかにも, げにのみあれば, げにのみも見えよかし, げにや惜しからむ, げによりたかる私ども, げにをかしげに, げねんだ, げのびたが藪, げのみでは, げのよね一升や, げはくすと笑つた, げはのてふの, げはぶつきら棒に云, げはりがね, げはをとことを, げばかし喰つ附いてた, げばかりひねつて, げばかりのような, げひかつたくつから, げふくわげと申します, げへねえ違げ, げへねえいくら酔つて, げいさ, げほう好みだったので, げほう福祿寿であるが, げませうか, げまたはそれらを, げまだまだ死ぬの, げまっかな唇, げまつりし蓮の, げまつる鉄鉢の, げまつるなれば人, げまでにこ, げまどって面白かっ, げみじめ見せて, げみなよりてう, げみ合ってやりましょう, げの話, げむかしの友, げむくじゃら, げむじゃに抱かれるよりは, げむじゃのきたない顔で山男, げむじゃのまま仕事に打ちこん, げむじゃのイギリス人と同じ, げむじゃの大男なんかなら, げむじゃの炭やき男, げむじゃの首領がその, げむと思ひし心すべ, げめがね服装などによるごく, げめぐる痕, げもちつと出, げもとで赫, げもはあ斷つて, げもん一つ頂くん, げやすめてくれる, げやとて興に, げやられて仕舞った, げやれば, げやんなそつ, げゆくを, げよかったらお, げよこしたつて本, げよという一条の, げよとはいわぬ, げより醜いて, げらいて, げらげ笑いだした, げらしている, げらしいがそも, げらしめ赤ばらえぞ, げられし経文を, げられずして, げられた覆衣の, げられなかつたのである, げられましたのね, げられませんから洋燈, げられようとしてゐた, げられるだろう光景を, げられん心持で, げら赤げらを二羽, げりきけんだれき, げりゃそれな, げりやのげ, げるらしい紙音が, げる引くくるくる廻っ, げる恐れたぞ, げる見たいに鏡, げる誓いを立てた, げれることは, げざせさすもの, げわしょうのう, げをかとの間は, げをでもつまみそう, げウラーニアよ歌, げと云うた, げエホバはヨブ, げギラギラと油断, げコウモリのよう, げダイナマイトの用途, げチヨロケた黒木綿, げッそそれは大ごと, げッそり落ち見て, げッ何とし, げッ梁山泊だって, げッ母上が, げッ親鸞はもう, げッ鉄屑ぶとりめ, げといつ, げツソリ頬の肉, げドビグラスのうま, げマリアのため, げれば, げモジャの職工服, げモジャモジャのしら, げリスター・バッグの水, げーげーを持続, げ一つ寄せて, げ一昼夜という, げ一本やり損じた者, げ一生を賭けた, げ一見大兵と, げ一面の小柄, げ三十日分の食物, げ上がるとその, げ上げそれ自らの, げ上げられて鯉, げ上らんとする, げ上り框に手, げ上杉景勝と和, げ下りて來, げ下ろすと二つ, げ丑松や文平, げ両手をついた, げにところどころ, げ乍ら飛出します, げ乍ら一日苦しんで, げ乍ら味はひたる, げ乍ら言ふ, げ乱れて鷺立, げ云うなあ, げ交親通商の期, げが坐り, げ人参の髯, げ人蔘の髯, げ今日より後, げ今日明日の小説欄, げ仕事はあ, げ付けようと決心, げ付け續いて, げ付け自ら恥づること, げて徳川氏, げ任せて不承, げ任せろよ, げ何事もな, げ何枚たのむん, げ使の二人, げの睚, げの青地清左衛門, げ修養の助, げ倉子は関係, げ儀今朝伊留満共相従, げ七どんしらばくれ, げ入りたまいつ, げ入るのも, げ入れよ棺の, げ入れるとマッチ, げ其の合の手には, げ其妻は敵, げ其妻モンタギュー夫人それを止めつ, げ其横に日の出, げ具さに緯度, げ出さざるとに論, げ出さないという自負心, げ出さなくってもいい, げ出されるか抛, げ出さんとし, げ出したるにヤマハハ, げ出し世話するもの, げ出し髮を振, げ出せば直ぐ, げ出づれば縛の縄, げ出ると御, げ出入りをなすっ, げ分けてなんざあ, げ切ってい, げ切つていそいで, げ初めた, げ剃って出る, げも無くなり, げ加減に欄干越, げつた後へ, げ去られたり, げ去りて富士山, げ去る如く遂には, げ取っては抛, げ古い脂を, げ右左と顧, げ同時に自分を, げ同様に非難, げ同然な俄発心, げ同道にて隣村, げ吹き下すので砂丘, げ命毛の細々, げ和ませ清らかに, げ和吉を呼, げ咲く草原を, げ唐もろこしの苗, げをとばし, げに佛手柑, げ堂内の百観音, げ堪忍しろと, げ夕げという名, げ外套取りて, げ漢四百年の, げ大地へたたきつけ, げ大月の早速, げ大根玉葱までたべ, げ天下ひとつの楽土, げ天井には隙間, げ天窓の小男, げ奉り聊なぐさめ, げは水底, げ嫁世話されるもん, げ子孫繁栄朝廷にお, げ宣言文を書き始めた, げ容れずにゐられよう, げ宿敵斎藤氏を岐阜, げの悪僧たち, げ小指で口, げげしい, げ尖げしいものに, げ尽したる光景を, げ屍体は事件, げ屍體の占むるすべての地, げを持っ, げ山路を登っ, げ崩して安気, げをも改めて, げつた, げ帰りましたそうであります, げ帰り小家の内, げ帰る事あり, げ年貢の外, げ座敷へ通っ, げ延びたが何かしら水, げ建國の基, げ廻った末やっと, げ廻るほど笑, げ之丞様, げ強刀物を落し, げに立てせ, げは云う, げても明日, げ得ず今日十四貫を, げ得たものと, げ得たるに今日, げ得ぬやうに, げ御馳走をこし, げ微々たる創作劇には, げ徳右衛門町を訪ねる, げ思わず失礼を, げ怨めしいことが, げ恨めしげに余, げ悲境にいた, げ情なし三軒許手前なる, げ惑うはずみに, げ成しが旦那さま好き頃, げひは, げ戻ってきました, げ戻つてきました, げ戻るでもなし, げ手代丁稚も大勢抱, げ手拭もて鉢巻, げ打任かせ他者, げ捨ててしまえ, げ捨てるやうな, げ掛けると忽ち, げ掛し守り袋取出し, げ揚げた船持輩この, げ攫んでは抛, げる所ろ, げ斯うた物遣しあん, げなる力, げつたつちいん, げまでに残り, げ暴漲の虞, げに無く, げ有りと飽迄, げ朝鮮を属領, げ本家の快諾, げ朱塗りのカラス面, げ来して天地寂然, げ来すおまへの, げ来った橘飩を, げ来りいわゆる吹雪, げ来るがおもしろ, げた奴, げの花, げ棄てておいた, げ棄てた一片の, げ棄てられなければならない, げ棄てるように, げ棘げしい早足, げと焦った, げ模様になっ, げ機械のそば, げ煮て, げ此方へ避け, げ此書付は何者, げ此遣んべと, げ武者のアイノ, げ歩いて熱心, げ歩き芸妓屋の, げ歩くのか, げと眼, げ歴史観を統一, げ死後の幸福, げ残りければ, げりの, げを撫順, げ洗濯石鹸をつけ, げ活ける人に, げ淡紅色のいはか, げは身体, げ源三郎迷惑しごくに, げ濡鼠のやう, げ無い事なら, げ無き姿ぞ, げ焦れたんぢや, げ眼で, げ片手の水差, げ片方で生れ, げ片肌脱ぎて, げ狭くるしい路次の, げ猶又進んで, げ玄白斎の最期, げ玄蕃とな, げ現実ですよ, げ然去, げ番手桶を積み, げも青々, げ登山袋の中, げ白くて大きな, げ目出度し明の, げ相摸殿よく承, げ真黒な立木, げ知らんぞそんな, げ砂漉にかけ水, げを低う, げ私どもは蔭, げ程度の者, げ突然杉村の, げ立ったような, げ立つたやうな, げ笑いながら少し, げの世界, げのうらなみた, げ箱根の海はけ, げ終つたと見れ, げ終りぬとこそ, げ継いだ女中で, げ翌日僕にニヤニヤ, げを奮え, げをかたむけ, げ耳打して, げ背広をき, げよれと, げの速い, げ白き右足, げ自分の寢着, げ自身もいい気, げが入っ, げしか浮き世, げ茄子か南瓜, げ荊州の劉表, げ荒けた鉄の肌, げを担ぎ, げ落して我, げ落す鐘破れ瑕つけり, げ落ちちや一とたまり, げ落ち私は平均, げ落ち肝腎のお, げ行く道を, げ行李と二つ, げ見せるものあんだ, げ見るからにゾッと, げ見れば糸, げ民を, げ謝罪つたらどう, げ讚め言葉をま, げ豪刀濡れ燕を片手, げ貰つて來た火傷, げ買ってきとく, げ買つて來たんだ欲し, げ赤いの白い, げ赤子たるの光栄, げ走りたるも足, げ起こされざるを得ざりし, げ足元を暖かく, げ跡取りはまだ, げをまわした, げ転びては遁げ, げ転んでゆく, げ輝く国, げで燒死, げ込まうとし, げ込まれた外發的の, げ込み場所には屈竟, げ込み女房気取りで三月四月, げ込み障子も張れ, げ込むべしという, げ込もうとした, げ込んださうですが男, げ込飯を貰, げ近頃は荊州, げつてし, げ返された上小間物屋の, げ返つた悪魔が, げつ捲りつ飛, げ退げて, げ退きて又, げ退きたまひき, げ逃ぐる數十の賊, げ遊ばされてはと, げ遊ぶのである, げ遠き葦間に, げつて置く, げ遣りのよう, げ遣るが如く, げ遺族には領内追放, げ還れりという, げ酌げさ, げ鍬形草暮春の花, げ鐘馗が睨む, げ開き頬が, げ附けて殺す, げ降りかかって来る, げ限界の彼方, げ隠れてまた, げして, げ霜柱を踏み, げ静かに言い続け, げ面先生は睡っ, げ音づれ來る何故か, げ順々に十数種, げをしのんだ, げ題目の古びた, げを背け, げに思わせる, げ風呂を沸かせ, げ飛ばし先の, げを食い, げに酷似, げ餌料撒えて, げ馬超を逐つた後, げ馳行けり然, げ駄目だぢ評判, げ鳴く蛙, げの豌豆, げや金時大角豆, げ黒いセビロを, げ黒く延び筋骨, げ鼈甲縁の大きな