青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ございました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ころ~ こん~ こんだ~ こんど~ こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました
ございました~
~ございます ございます~ ~ございません ございません~ ~ごと ごと~ ~ごとき ごとき~ ~ごとく ごとく~

「ございました~」 1087, 12ppm, 9310位

▼ ございました~ (385, 35.4%)

6 私は 5 わたくしは 3 この頃, これには, これは, その時, 弟の, 私の

2 [26件] あれは, ここに, これが, その父, その間私は, それが, それでも御, それは, それも, それを, どうしてまた, どこか, やがてその, 一口に, 今では, 今は, 今度は, 今晩は, 其明りで, 大殿油の, 御落飾, 或夜, 時刻が, 民の, 粟田口の, 近年は

1 [304件] あたしには, あたしは, あちらが, あとで, あの男, あの男の子煩惱, あの老爺, あの親方, あべこべに, あれ, いずれも, いよいよ彼等, いろいろの, うっかりそんな, おかげ様で, おっしゃる通り, おまきさま, お光, お商売がら, お察し, お師匠, お礼参りだ, お約束, お若い, お足が, お酒, かぜを, きのうは, きのうほんの, ぎっしりでございました, こういうよう, こうし, ここで, ここは, こちらの, このごろは, このと, この寺, この心, この曹, この雅経さま, これを, さて打っ遣っ, さりとて日本風, しかしあの, しかし私, しかし非常, しじゅう江戸, しまいには, すこし小柄, せめてこの, そういう天然, そこの, そのうち, そのうち三人, そのうち話, そのほか, そのまま一旦桜木町, その上昨晩, その下, その中, その夜, その後は, その御, その戦争後, その時代, その時旗太郎様, その気色, その涼しい, その澄んだ, その試験, その道すがら, その間に, その頃, それから, それからさらに, それからもう一度, それからファーナム, それでもあの, それでもやはり, それでも若, それとは, それとも日, それどころかは, それに, それよりも, ただいま行っ, ただお, ただ四辺, ただ庄田様, ただ御, ただ老いた, たつた一つ, だん, だんだんそうばかりも, ついこの, でもベッタリ, とうとうその, とにかく私, どういうもの, どうして容貌, どうもその, どうもはっきりとは, どうもはつきり, どうもも, どうもわたくし, どうも私, なおカラザースさん, なくなりました兄, なにぶん頑, なんに, はや東慶寺, ひょっくりやっ, ふとした事, ふと気づきます, ふと皆鶴姫, ぼんのくぼ, ぼんやり船の, まあそれでも, まことに案外, まさかと, また失敗, また後, まだお, もうお, やがてそれ, やがてふい, やがてまた, やがて例, やがて沙門, やがて高い, やはりもの, やはり昨夜, やめに, よんどころない用事, わが身の, わたくしが, わたし共, スパイ説など, チベットでは, トウベツの, ヘルンには, 一たいに, 一昨年も, 一昨日の, 一昨日までも, 一晩でも, 七年の, 不幸に, 丞相には, 両宗派, 中でも一番, 九時頃私が, 二十年奉公した, 二十日ばかり, 二度三度見, 人に, 今に, 今より, 今出川の, 仕方が, 以前は, 何しろごたごた致し, 何しろ両方, 何と, 何分の, 供養の, 僧に, 元より, 元年の, 先ずは, 先生を, 八十人力などという, 八時頃に, 其の名前, 内容精神は, 再び都, 加減が, 千蔭先生は, 南部の, 去年の, 只今では, 只遊ん, 可哀想に, 品川口から, 図々しい奴, 図らず以上, 夜の, 大きなテント, 大きに遅く, 大納言殿は, 大総督閣下, 大谷上人を, 如何にも麻布辺, 娘は, 子まで, 実の, 実際に, 宮様が, 容子あっ, 将軍家には, 将軍家は, 小笠原御牧の, 尼御台さまは, 山本志丈が, 帰り途に, 平太夫, 幽明交通の, 座敷の, 弱り目に, 当代に, 当節では, 彼を, 後には, 得体の, 御兄君, 御台所さまの, 御浪人, 御疑念, 御目的, 御長子, 忽ち木兎, 忽ち耳木兎, 思案を, 急いで, 恰度心配し, 恵印の, 意外に, 感心な, 憂鬱な, 憚りながらそれ, 承元, 折あしく, 折から, 支配人の, 新米の, 日本左衛門に, 旦那樣が, 星亨君の, 昨夜は, 昨日より, 是は, 普通なら, 暫くします, 書斎に, 月夜の, 有本先生と, 松戸の, 松若は, 案の, 極別嬪, 次の, 此の, 此點に, 武蔵野からの, 残念な, 殿様は, 母と, 法華堂に, 法蔵寺へ, 洋服よりも, 無学の, 然う, 燈で, 父は, 生憎の, 田郷さんを, 療治の, 盈つれ, 相談を, 眼が, 矢張り寿命と, 磯五さんが, 私が, 私たちには, 私どもの, 童子を, 箪笥も, 腕は, 自分の, 良人から, 芹沢先生と, 若殿様の, 茶わんは, 藤堂家からは, 親方にも, 貴方さまの, 途中の, 連れて, 運が, 運よく, 違つた意味の, 都合が, 里へ, 重変, 長煩いを, 門を, 雨の, 須利耶さまは, 風は, 駿河国建福寺の, 驚いたよう, 高麗大明は, 鶫を

▼ ございましたから~ (108, 9.9%)

3 大殿様 2 あのお, これは, わたくしは

1 [99件] あれ以来, お困り, お婿さん, お嬢様育ちで, お屋敷勤め, お方様, お目, お譲り, この先十町, この方, この詞, これだけ, ご一見, さっぱり存じませんで, そう云う, そう申, そのま, その人, その以前, その自信, その頃, それが, それではその, それで只今, それは, それを, そんなの, ただ今何, ついあの, ついつい少しずつ, で, とても敵, どうおなり, なおさら驚きました, なるほど二十一年, まして一日二日, むげに, むやみに, もう何十里先, もし万一これぎりになっては大変, ようやく麦, よくも存じません, よく見えました, アノ穴を, 中には, 二人で, 二人腕を, 些とも, 人様も, 今日に, 仏勤めに, 何かに, 何とか一, 何者かを, 信用が, 出まして, 勘当致しました, 勘忍し, 参上いたしました, 大殿樣も, 寂しゅうございまし, 将軍家の, 小供, 嵯峨の, 幸いである, 幼時から, 店の, 引受けて, 役人では, 後々御, 後の, 後程に, 御大患後, 御覧に, 悪いこと, 愈怪しく, 押してお, 故意に, 早四郎, 東西の, 様子を, 氷の, 決してこんな, 流石の, 熱いお, 現実の, 睡らず工夫, 私が, 私たちの, 私の, 私は, 突然まいった, 自分も, 自然私の, 見る影, 誰も, 避けようとして, 間違えて, 飛んで

▼ ございました~ (74, 6.8%)

6 知ら 3 御免なさんせ 2 それは, よいところ, 何せ相手

1 [59件] ああおすがた, あのうつくしい, あの者, あの鈴慕, ありがとうございます, あれが, え, おいたわしい, おさそいした, お腹の, お願いで, この度, しからば, して, すると何, そのこと, その後は, その時, それで, それとも幕府方, それなら, ついお見逸れ, ついとりのぼせました, つい存ぜぬ, どうか, どうも, どなたを, なるほどなるほどご浪人, ひどい目, やっぱり馬市, わたしは, オオどこへ, 一向存じません, 三助でございます, 不知宜しく, 人の, 伊勢の, 何も, 先刻お越しでございました, 又如何, 夜分まことに, 実は私, 少しも, 或いは出, 承知いたしました, 旦那様の, 昔の, 昨日から, 昨日まで, 正当な, 汽車が, 知れませんが, 第一の, 親分さん, 誰も, 赤尾の, 遂ね, 間諜どころか, 面目次第もござりませぬ

▼ ございましたので~ (64, 5.9%)

3 私も 2 さすがに, その御在所御在所, ただもうおそろしく

1 [55件] あなたに, あれこれと, いつもより早寝, おまわり, お伺い, お傍, お師匠さん, このごろでございましたら, これはと, せうけれども, そう云う, その場, その小さい, その日, その通り, それから, ただ印, たちまちこれ, つい相, ふいと, ほかに, ゆっくり拝見, 三の宮の, 三位様が, 事件を, 二三日様子を, 其比の, 処を, 初めただ, 初め只骨惜み, 剰余り金拾一両二朱, 十七歳ぐらいにしか, 妹思いの, 将軍家に, 少しおそ, 幾多著名, 御相談, 急いで, 或る, 早速この, 次第に人, 毎日遊ぶ, 父は, 申し出ました, 私が, 私たちに, 私たち親娘は, 私にも, 私は, 私達は, 茶, 親父も, 身代も, 鐘を, 開けて

▼ ございました~ (25, 2.3%)

2 お礼を

1 [23件] いうが, お辞儀を, その本然, 云う事, 云う詑言, 云つて歸りました, 今さら頼む, 向うの, 夫人が, 嬉しさ, 存じます, 定めて, 小さい棺, 小池看護婦が, 少し笑, 彦太郎は, 彼女は, 持ち出して, 挨拶し, 申上た, 礼を, 言えば, 言った

▼ ございました~ (23, 2.1%)

2 か, でしょう, です, ですが

1 [15件] かも知れませぬ, か其, が始終, が明治廿一年, それで自分, ださうですが, でしょう算哲様, ですかねえ, とで年輩, と妥女, をお, をそれで, を人, を当人, を見つけました

▼ ございましたけれど~ (20, 1.8%)

1 [20件] あのひと, うめだけが, これは, これより, すぐ下山, そのかた, その相州さま, それを, そんな時, もし少なかっ, わたくしだけには, わたくしは, わたしは, 夫は, 容易に, 左の, 本当に裸, 梅だけが, 美しい眉, 風邪を

▼ ございましたけれども~ (19, 1.7%)

1 [19件] いつも朝, おとも, お前さんに, このおびただしい, しかしすぐ, そっと気, それは, ほかの, 一旦お天道様, 今記憶, 何にも, 将軍家はちよつと, 左衛門尉義盛さまは, 当時鎌倉の, 徐々と, 拠んどころ, 海の, 秋の, 間もなくわたし

▼ ございましたのに~ (18, 1.7%)

2 この時

1 [16件] あの笹島先生, いつも不意, こうやっ, このとしの七月, さらにその, その将軍家, その時, にわかに絶息, まことに生憎, やや御, 一昨日から, 今こうして, 外へ, 御自身, 犬が, 許して

▼ ございましたそう~ (14, 1.3%)

3 で, ですが 2 です 1 でお, でその, でそれ, でた, でところが, で実は

▼ ございました~ (13, 1.2%)

1 [13件] お暑, お雛様を, さあさ, それならあなた, ほんのちょっと, みんなは, 奥様, 山神が, 徽典館へ, 抱茗荷なら, 早く御, 火元は, 私あ

▼ ございました~ (13, 1.2%)

1 [13件] あなたの, あなた様の, あの大きい, なかなか凄い, 備前の, 島屋の, 水戸在の, 私も, 街道を, 豪そう, 貴方の, 閣下, 首を

▼ ございました~ (11, 1.0%)

1 [11件] あなたは, その上, それからも, それに, なんでも, まさかこんな, またお, また人間らしい, 二人で, 二時間も, 母も

▼ ございました~ (9, 0.8%)

2 には彼是, に炎熱地獄 1 にこうした, にそれ, にももうそんなふうに, に知らぬ存ぜぬで, 真暗闇

▼ ございました~ (8, 0.7%)

5 せう 1 せうか, せうけれど, せうね

▼ ございましたあの~ (7, 0.6%)

1 お話の, お雪さんの, 広場な, 時の, 暗いお, 詩だけを, 道場には

▼ ございましたもの~ (7, 0.6%)

3 ですから 1 でこんなに, でしたから, ですが, 御隠居さ

▼ ございましたため~ (6, 0.6%)

2 に私 1 でてまえ, にご, に御所, に手間取った

▼ ございましたそれ~ (5, 0.5%)

1 がため, が友造さん, というの, を村, を聞かせ

▼ ございました~ (5, 0.5%)

1 お孃樣, さだめしみなさん, どんな様子, のべつに, 相変らず

▼ ございました~ (5, 0.5%)

2 です 1 ですか, ですけれど, ですって

▼ ございました~ (4, 0.4%)

1 姿が, 店の, 手紙が, 邪魔を

▼ ございましたかと~ (4, 0.4%)

1 存じますが, 登勢の, 聞いた, 聞いて

▼ ございましたその~ (4, 0.4%)

1 お土産話, ころは, 勘定で, 矛先は

▼ ございましたつい~ (4, 0.4%)

1 お前の, また口, 取急ぎまして, 悪戯を

▼ ございましたやう~ (4, 0.4%)

1 ですが, で大騒ぎ, で日没, に心得

▼ ございましたかな~ (3, 0.3%)

1 お帰り先, 新田先生, 東本願寺の

▼ ございましたこと~ (3, 0.3%)

1 か, か一々, ね

▼ ございましたこれ~ (3, 0.3%)

1 で僕, と同, は後

▼ ございましたところ~ (3, 0.3%)

1 さああれ, へお, へ持つ

▼ ございましたどうぞ~ (3, 0.3%)

1 御勘弁, 殿様此の, 赤瀬の

▼ ございましたものの~ (3, 0.3%)

1 ああした, その間には, もちろん人

▼ ございましたよう~ (3, 0.3%)

1 にその, にわれわれ人間, に存じ

▼ ございましたろう~ (3, 0.3%)

1 で恐縮, に, にああ

▼ ございましたわたし~ (3, 0.3%)

1 が悪い, のこころもち, は怖い

▼ ございましたわね~ (3, 0.3%)

1 あなたの, あの時妾, おあきらめ

▼ ございましたんで~ (3, 0.3%)

1 いたずら半分に, どこへ, 夜中近い

▼ ございました~ (3, 0.3%)

1 厄介を, 様子で, 様子でした

▼ ございました~ (3, 0.3%)

1 の妹, の記憶, は昨年越後

▼ ございましたある~ (2, 0.2%)

1 坊さんが, 日朝から

▼ ございましたあれ~ (2, 0.2%)

1 は直ぐ, より怖

▼ ございましたおかげさま~ (2, 0.2%)

1 でいい, で淋し

▼ ございましたお蔭~ (2, 0.2%)

1 でいかさま, で本

▼ ございましたかしら~ (2, 0.2%)

1 宜しくば, 御主人

▼ ございましたそれで~ (2, 0.2%)

1 よくわかりました, 私の

▼ ございましたっけ~ (2, 0.2%)

1 ものの, 熟く見る

▼ ございましたでは~ (2, 0.2%)

1 あなた様に, 御機嫌

▼ ございましたという~ (2, 0.2%)

1 謝罪の, 讃詞と

▼ ございましたどうも~ (2, 0.2%)

2 雨が

▼ ございました~ (2, 0.2%)

2 しろお

▼ ございました~ (2, 0.2%)

2

▼ ございましたほど~ (2, 0.2%)

1 でこの, でこれ

▼ ございましたわたくし~ (2, 0.2%)

1 が悪い, のこと

▼ ございました~ (2, 0.2%)

1 け, て

▼ ございました~ (2, 0.2%)

1 で丑年, と存じます

▼ ございました大きな~ (2, 0.2%)

1 声を, 時計を

▼ ございました~ (2, 0.2%)

1 の病気, は一振り

▼1* [153件]

ございましたあちらからバタバタ, ございましたあとで隣, ございましたあなた様が父上, ございましたあんたなんの不服, ございましたいつかからお話し, ございましたいつものよう, ございましたいまますます悪い, ございましたいやはや昨晩, ございましたいろいろ解りました, ございましたおやシオンの, ございましたお客様が見えまし, ございましたお蔭さまで, ございましたかいそうとは, ございましたかなんて揶揄って, ございましたかね其の時私, ございましたかは貴方様の, ございましたからずつと手狭な, ございましたからね一時は, ございましたかわいそうにそそのかされた, ございましたがからだが, ございましたがてまえは, ございましたがはひつて, ございましたがも漸く欺, ございましたけどあたしゆうべ飲ん, ございましたことモットモット叱られても, ございましたこと何はあの, ございましたこの方が, ございましたこれから一生懸命に, ございましたころでお, ございましたこんな高い処, ございましたさあどうぞお茶, ございましたさぞお忙しい, ございましたせめてその笛, ございましたそれからこちらへ, ございましたそんな事だらう, ございましたただ浦島と, ございましたってからっぽに, ございましたっていうお言葉, ございましたついでに寄っ, ございましたつまらない事を, ございましたといふのは, ございましたときに殿さま, ございましたところ近年は諸家様, ございましたともかく腕に, ございましたどうか許して, ございましたどうせ夜が, ございましたどうやら仲間喧嘩でも, ございましたどんな用心を, ございましたなあ折角組み伏せた, ございましたなと信助が, ございましたなるほどおじさんなら, ございましたねと謂いますとね, ございましたのみならず永年, ございましたはずですよ, ございましたほかの世界, ございましたほんとうに有, ございましたほんとにどうしてこれに, ございましたまことに人の, ございましたまた辻斬が, ございましたまる三つに, ございましたまア是迄, ございましたもう十五六年にも, ございましたもしお役人様, ございましたもっとお寛ぎくださいませ, ございましたもんですから, ございましたゆえこいつさいわい昔覚えたさる, ございましたゆえそればっかりはお, ございましたゆえわたしがじかに, ございましたゆえ恨みをうけた, ございましたよかったわね, ございましたよとその子, ございました本当に, ございましたわけでそれだけ, ございましたナニ金さえあれ, ございました一円八十銭を添えまし, ございました一寸ランプを, ございました三十の上, ございました世間には一枚, ございました二十二号の桝, ございました五勺の種, ございましたは御, ございました今夜という今夜, ございました今日のお, ございました仏御前に寵愛, ございました何だか私の, ございました先生がいらし, ございました八右衞門様じゃア, ございました其の時拝借した, ございました其所へ材木, ございましたが私, ございました前日の夜, ございました務はじめ留守許は平生, ございました危ないところを, ございました原田どのは双, ございましたとか左, ございました四日の手負, ございました場合には金銭, ございました多分西洋の, ございました更けて, ございました夜更けて通る, ございました大方浪人の食詰め, ございました女中たちはなかなか, ございました妹たちを, ございました猿が, ございました小判五十二枚ですから, ございました尤も雷が, ございましたましては, ございましたの上, ございました師匠とつまらない, ございましたであれ, ございました御免下さい, ございました恁麼高いところ, ございました悲しいお話も, ございました折柄昨十二日, ございました拙者がすすめ, ございました揚羽の蝶, ございました故かくの如く, ございました故子供には余り, ございましたにその, ございましたに慣れた, ございました時代のやう, ございました時分我々の憐れむべき, ございました本来からいえ, ございました村里が見える, ございましたにあの, ございました毎度御贔屓, ございました永寿庵という村, ございました江戸生れの私, ございました沢井様の裏庭, ございました浴衣がずたずた, ございました湯あがりの水髪, ございましたを貰いたい, ございました由風のたより, ございました神様の一人子, ございましたで世間様, ございました箪笥はまだ, ございました米友さんはただ, ございました脚気がしきりに, ございました良いことを, ございました良石様のお, ございました袈裟を挙げ, ございましたに御飯, ございました親分さんお蔭様で許され, ございました親譲りの財産, ございました訴人をし, ございました責任がわたくし, ございました貴方は一寸, ございました配偶の改姓, ございました金森家の仇討, ございました間もなく赤樫さんが, ございました難波へ嫁, ございました青梅の方, ございましたの面