青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「この~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば ことば~ ~こない
この~
このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こむ~ ~こめ こめ~ ~これ これ~ ~これから

「この~」 318207, 3294ppm, 27位

▼ このよう~ (5314, 1.7%)

376 にし 151 なこと 87 なもの 53 な場合 43 な意味 34 な事 2524 な所 2219 なところ 18 な問題, な大, な考え 17 な形, な時, に申し 15 なお, な状態 14 なとき, な事実, な人間 13 な事情, な言葉 12 な男 11 な不思議, な人, な場所, な物, な美しい, な話, に私 10 な社会, な種類, に考え, に考える 9 な概念, な私, な考え方, にお, になっ 8 な土地, な性格, な方法, な点, に思う 7 なわけ, な人々, な仕事, な処, な恐ろしい, な文学, な現実, にいう, になる, に自分

6 [21件] すでは, な例, な区別, な姿, な実験, な御, な心, な有様, な条件, な深夜, な特殊, な生活, な立派, な結晶, な結果, な騒ぎ, にご, に思っ, に思った, に早く, に申しました

5 [37件] な世界, な事件, な云わば, な偉大, な傾向, な光景, な動機, な名, な変化, な夜, な大きな, な実例, な小さな, な山, な心持ち, な思想, な怪しい, な手紙, な新, な日本, な次第, な物語, な現象, な矛盾, な立場, な経験, な絵, な自分, な自然, な説明, な音, にいろいろ, にその, に云う, に多く, に彼, に申されました

4 [49件] では, なあさましい, ないきさつ, なことば, なの, なイデオロギー, な一般的, な乱暴, な人物, な作品, な原始的, な女, な女性, な存在, な小, な強い, な性質, な態度, な新しい, な日, な時代, な景色, な様々, な民衆, な気分, な激しい, な理論, な環境, な眼, な研究, な調子, な運動, な運命, な関係, にいっ, にいった, にすべて, にする, にたくさん, に使用, に大きな, に弘, に心, に書いた, に熱心, に申した, に美しい, に錯雑, に高く

3 [103件] なおそろしい, なご, なひどい, なやり方, なりっぱ, なレコード, な一つ, な三つ, な不自然, な人達, な会話, な偶然, な先, な内容, な分析, な単純, な否定, な命令, な品, な噂, な困難, な国, な型, な夜中, な大事, な奇怪, な小さい, な小説, な差別, な建物, な形態, な彼, な微妙, な心理, な思い, な感覚, な手, な批難, な政治, な文章, な普遍性, な朝, な機械, な歌, な歴史, な気持, な波, な浅ましい, な特徴, な珍しい, な理由, な疑問, な発展, な目, な空想, な空虚, な精神, な純粋直観, な統一, な絶対的, な者, な自由, な表現, な解釈, な醜悪, な重大, な長い, な顔, にある, にうまく, におっしゃっ, にこの, に二つ, に云った, に人, に人間, に元気, に問題, に密接, に小さい, に平和, に彼女, に感じた, に日本, に明るく, に書い, に極めて, に水, に無, に物, に現実, に生きた, に申しまし, に申しましたなら, に発達, に目, に科学, に突然, に考えた, に考えられた, に親しく, に解釈, に静か

2 [304件] であるから, でした, ないたずら, ないわゆる, なうれしい, なおびただしい, なきびしい, なただ, なたわい, なふう, なダメ, なポーズ, なモース先生, な一定, な一種, な不平, な中心問題, な事態, な事象, な二, な二人, な些細, な人生, な仕方, な仮, な伝説, な位置, な低い, な住居, な何, な作家, な候補者, な優しい, な優雅, な出来事, な刀, な努力, な動き, な千鶴子, な危険, な原理, な可能性, な同じ, な和歌, な喜び, な喜劇, な団体, な境遇, な変則, な多, な多数, な天然, な夫人, な失意, な失敗, な奇異, な始末, な娘, な婦人, な孤独, な家, な対象, な将軍, な工合, な幸福, な幻想, な広い, な店, な弁証法, な形式, な形式的, な影響, な役割, な微塵, な心持, な恐怖, な意見, な愛, な感情, な感想, な手法, な手続き, な批判, な方向, な方面, な施設, な旅行記, な日本人, な映画, な暗澹, な服装, な本, な本質, な林, な根本的, な植物, な楼閣, な模様, な機会, な機械的見解, な欺瞞, な正直さ, な段階, な気持ち, な水, な法則, な淫ら, な深い, な灰色, な無, な父, な特別, な特定, な特殊性, な特異, な特質, な独立, な生産手段, な田舎, な異変, な異様, な疑惑, な発音, な直接, な相違, な真理, な知らせ, な知識, な破綻, な社会的, な神経, な秘密, な種々, な積極的, な空気, な簡単, な純粋, な素晴らしい, な組織, な結論, な絵画, な絶海, な美, な美しく, な習慣, な考えかた, な肉体的, な能力, な自己批判, な自然科学, な興味, な色, な色々, な花, な虚偽形態, な行き方, な行為, な表現式, な装置, な要求, な見事, な見方, な視線, な親, な観察, な計画, な訓練, な記憶, な設備, な誘惑, な誤解, な諸, な警告, な議論, な身の上, な辺鄙, な道, な部屋, な酷い, な醒めた心, な重宝, な錯綜, な闇, な際, な難解, な雪, な雰囲気, な頭脳, な食物, な高い, な麗しい, にいかなる, にいちいち, にお金, にした, にただ, になった, になれ, にはげしい, にひどく, にふらふら, にめぐまれた, にわが国, にカメラ, に一つ, に一人, に一定, に不安, に事情, に云っ, に作者, に信長, に円い, に冷静, に利用, に古い, に君, に国内, に國, に國民, に堂々, に声, に外, に外界, に夢, に大, に大きい, に大きく, に大切, に妙, に姿, に宇宙間, に定義, に対立, に小さな, に広い, に広汎, に広範, に形式的, に思い, に思いました, に思え, に急激, に恐ろしい, に悲しい, に意外, に成長, に抽象的, に教育, に数, に明らか, に時, に暗幕, に最も, に朝夕, に植物, に正体, に毎日, に民衆, に決心, に深い, に深く, に無造作, に申され, に申し上げた, に申す, に異, に着々, に社会的, に立派, に簡単, に純粋, に綱, に美しく, に自然, に興味, に苦しい, に華々しい, に著しい, に行われる, に表現, に複雑, に見, に見られた, に見る, に規定, に言った, に言われる, に説く, に諭吉, に謙虚, に貴重, に身体, に連句, に重く, に鍵, に長い, に雪, に霧, に非, に非情, に頭, に高い, のもの

1 [2569件 抜粋] こその声, であったから, でございましたわねえ, なあどけない, なありさ, ないやしい, なうらないを, なおのれ, なかき消えた自然さ, なかりに, なこちら, なさまざま, なしるし, なすべて, なちょっとした, なとり方, ななされ方ゆえ, なのろわしい, なふしぎ, なぼろ貨物船, なむさくるしい, なやつぎばやの報告, なよく, なるもの今, なわかりきった情ない, なアプリオリ, なカフェー, なギセイ, なコンクリート, なデニー博士, なニュアンス, なフイルム, なプロレタリア文化, なモラリスト, な一体的, な一応, な一種異様, な一見平俗, な丁髷, な不, な不合理, な不当, な不良, な世界観, な並木, な乖離, な事柄, な二重人格者, な人体, な人種, な人間関係, な今日, な仕打, な仮定, な企て, な余興, な価値, な保守的, な修業, な個別的事実, な偏土, な働き方, な優れた人々, な元素, な先生, な公式的批評, な兵力, な内心, な冷酷, な出版物, な切れ切れ, な利器, な前代未聞, な劇的, な労資協調, な勝負, な卑しい, な印象, な原子量, な参照用, な反問, な収集, な受動的従順, な古来, な史実, な合流, な名誉心, な呪術的演劇, な哲学的構成, な嘆き, な固有, な土, な地名, な地理的, な報告, な墓場, な変形, な夏, な多少, な夜陰, な大家, な大蛇, な大雪, な天幕張り式, な天皇制廃止論, な失態, な奇抜, な奥儀, な好漢ロボット, な妹, な媒介, な学問性, な安心, な宝玉, な客観的, な寒暑, な対話, な専門家達, な小説構造, な屈託, な山村, な巌, な巨星, な巷間無名, な常識, な平行関係, な幼少, な庭, な弁証法的方法, な弁護文書, な強力, な形式的直観, な形而上的呪文, な役人, な往来, な微分的追究, な心理学的, な必然, な思い出話, な怪しげ, な怪談, な息苦し, な悲しい, な悲喜劇, な情態, な想像, な意識, な感動, な憎悪, な成金, な戦犯, な所在, な手配, な技術, な抜け目, な指定席, な支店長, な放心状態, な敍景, な敬意, な敵意, な文学的教養, な新書, な旅人達, な明るい, な時勢, な晴れやか, な暴挙, な書出し, な有名, な未開, な条件つき, な板の間, な染め方, な根本概念, な楚々たる, な模範, な機会以外, な欠点, な歌曲, な正確さ, な歴史的文学, な残, な比較対照, な気合い, な江戸, な河野磐州, な活溌, な海岸, な消防, な淡泊, な渡り, な湿っぽい, な潮流, な災難, な無数, な煩悶, な爆音, な物理現象, な物静か, な狂想曲, な独断論者, な獣, な現前, な現象形態, な理解, な生き恥, な生活様式, な生理的現象, な田村, な町駕, な異様さ, な痛い, な発生, な皺くちゃ, な盲, な直観的, な真実違犯, な真綿, な知識社会学, な研究録, な礼遇, な社会的条件, な神秘, な禁慾的精進, な科学, な稀, な穢れたもの, な突出部, な窮屈, な笑い, な筋, な粉骨砕身, な精神成長史, な系列的分類, な素材, な終局的価値, な経験的, な統一的, な絶対者, な緩慢, な罪, な義務遂行, な能動的, な自然人, な自由芸術, な良い, な芝居, な若い, な苦渋, な菊池家, な蒸し風呂, な血, な衣裳, な衰弱, な補綴, な見え透いた細工, な見受ける所, な規定, な観念形態, な言い廻し, な記事, な証拠, な認識, な説明原理, な調査, な論証, な譬喩, な豪壮絢爛, な貴い有り難い, な起訴状, な身分的, な辛辣, な迷い, な連関, な進化, な遊猟, な道徳的感情, な遠隔, な部落, な醜態, な鈍物, な鐘, な閲歴, な隅々, な集合, な難問題, な露出面, な静止固定, な非情, な音楽, な題材, な類似, な颱風, な騒がしい, な高度, な鮮やか, な鼻, にあずけられる, にあわただしく, にいい出した, にいつ, におおきく, におっしゃいまし, におよそ, にお詫び, にかなしい, にきびしく, にここら, にこんど, にしなけれ, にすぐ, にず, にたった, にちゃんと, にどこ, になろう, にふかい, にぶらぶら, にまでする, にみにくう, にもの, にも愛し, にも美しく, にも飛離れ, にゆれはじめました, によろこん, にわれら, にキリスト教, にシツコイ, にチェホフ, にドイツ, にヒューム, にポツン, に一しょ, に一心不乱, に一株上, に丁寧, に下士官, に不平, に不毛, に世界, に中国神仙道, に久しく, に云われ, に人々, に人生, に他, に仰せられました, に伝道, に佐川, に使い分けた, に修験者共, に個人的, に充ち満ち得る, に全く, に冷汗, に切るべきだ, に別れ, に力強い, に区々, に午後, に厄介, に反対, に取計らいました, に各地まちまち, に同格的, に君たちトロ族, に味方, に唇, に囃し立てる, に国家, に執拗, に声楽合唱, に夏稼ぎ, に夜もすがら, に大変, に太陽, に好い, に嬉しい, に孤独, に安堵, に実, に実際, に密林, に対象, に小説, に山尾, に布片, に幸福論, に引いた, に張松, に弾丸, に彼等アイヌ, に御返事, に応対, に思われた, に急, に恒星, に悲しく辛く, に意識, に慌しい, に我ら, に打ち寛い, に抱きかかえ, に拷問, に掛引, に掻き鳴らします, に撲っ, に攻め, に教えられた, に数千里, に文芸思潮, に日本人, に早, に明し, に易々, に普遍的, に書きとめ, に最大, に本場, に松, に柔か, に植物界, に樹木, に歓待, に殆, に気, に気温, に永い, に沈下, に泰然, に浪費, に涙, に滋養, に火勢, に無心, に無理, に焼かれる, に父, に状態, に現在私たち, に生きる, に生物, に申, に申し上げ, に画面, に疲れ切っ, に白髯, に相反, に真面目, に破壊, に禿げた, に積極的, に窮屈, に答えた, に精細, に素, に結婚, に縮小, に群れ, に考えられる, に聖書, に肉親的愛, に脳みそ, に自己, に自然的, に花弁, に苦しん, に荒れ狂う, に落胆, に蝶, に見きわめました, に覚一, に観念, に計らず, に評判, に話す, に語, に説明, に論ぜね, に講堂, に賞罰明らか, に超然, に転倒, に退屈, に進められ, に過ぎ去っ, に遠い, に邪心, に野, に金銀, に長時間, に陳腐, に雲, に音, に颱風, に飽くまで, に高価, に鮮やか

▼ この~ (5137, 1.6%)

10954 のこと 34 のため 33 は私 28 にし 24 の絵 2120 が, の顔, はその 19 の心 18 の手 17 もまた 16 は今, は何 14 と一緒, の世, の名, は自分 13 の癖, を見よ 12 の歌, はこの, はもう 10 の言う, を 9 がまた, が私, のお, のよう, の前, はただ, はどこ, はまだ 8 だと, の, のほう, の家, の方, はまた, は非常

7 [11件] が好き, ったら, である, です, のもの, の事, の作, の作品, の口, の頭, はそれ

6 [11件] がこんな, が来, でなければ, ならばと, の場合, の學問, の話, はお, は気, を知っ, を連れ

5 [25件] が自分, ですよ, と同じ, と結婚, にお, のいう, の命, の小説, の死, の生命, の生涯, の目, の胸, はこれ, はこんな, はどんな, はまあ, はやはり, は不思議, は人, は君, は眼, は誰, をお, を愛し

4 [41件] がこんなに, がまだ, が僕, が来る, こそ, だったの, であった, ではない, と私, ならと, ならば, のいい, のお菓子, のところ, の一生, の世話, の伝記, の力, の名前, の声, の好い, の姿, の性格, の文章, の本, の身, はいつ, はいつも, はきっと, はなん, はほんとう, はもと, はよく, は前, は家, は思っ, は日本, は本当に, は母, は自身, を見る

3 [98件] がお, がこの, がどう, がなかなか, が一番, が何, が後に, が誰, だった, といい, と二人, と夫婦, なら, なり, にその, には, には子供, によく, によつて, に向っ, に連れられ, に院, のあと, のこの, のせり上げ, のそば, のやう, の上, の云う, の人柄, の仕事, の伝, の全, の半生, の右, の唯一, の外, の夫人, の妹, の子, の形, の性質, の意見, の愛, の持つ, の最も, の来た, の母親, の父, の眼, の耳, の肉体, の言, の詩, の面影, の魂, はあたし, はあの, はあらゆる, はあんた, はこういう, はここ, はさ, はすでに, はそういう, はその後, はそんな, はとても, はなかなか, ははじめ, はぼく, はチベット, は一体, は人間, は全く, は別に, は子供, は少し, は当時, は後, は昔, は東京, は正直, は父, は知らない, は面白い, は頭, もその, もやはり, よりほか, をこんなに, をし, をもっ, をよく, を今, を愛する, を自分, を訪問

2 [331件] あ, あって, ありと, あるが, かしら, から, からお, があの, がある, がいい, がいる, がお家, がここ, がする, がそう, がその, がそれ, がだれ, がつい, がと思う, がもし, がネ, が一人, が一体, が今, が何より, が初めて, が塗れ, が女, が帰っ, が常に, が当時, が持っ, が日本, が来た, が母, が生き, が言った, が訊きたい, が話し, が貝, が近く, くい鬼, この人, じゃありません, ずいぶん不幸, だけだ, だけである, だなと, だよ, ったらいつ, であります, であるから, であると, でした, では無い, と, といっしょ, とこの, となら, と今, と共に, と自分, なの, に, にあ, にある, にかく, にこの, にそんな, について行っ, になら, にはお, にはない, には似, には少し, には敵, には負けたくない, に付け, に何, に信長, に及ばず, に向う, に子供, に対する有効利用, に就い, に師事, に心, に悪い, に深い, に物, に相談, に私, に自分, に見覚え, に親しみ, に親しめなかった, に言わせる, に譲った, に逢っ, に関する限り, に限っ, に隔て, に頼もう, のあ, のおかげ, のお世話, のどこ, のほか, のよい, のゐる, のカバン, の万年筆, の人徳, の他, の代, の代り, の作風, の修養, の俳句, の兄さん, の内, の出, の卓見, の原稿, の句, の固有, の女, の妻, の娘, の子孫, の存在, の学問, の小品, の弟子, の影響, の後, の心持, の心臓, の悪い, の意志, の態度, の我が, の才能, の抱い, の持ち味, の描いた, の文, の書いた, の本来, の様子, の樣子, の母, の特徴, の生活, の申し立て, の画, の病気, の真似, の硬い, の節制, の精密, の細君, の考, の聡明, の臆病, の荷物, の著作, の藏書, の血, の言った, の言葉, の記憶, の身の上, の運命, の過去, の部屋, の郷里, の門人, の阿, の音楽, の顏, の首, はあかん, はあまり, はえらい, はおれ, はおれたち, はかなり, はからだ, はこ, はこう, はそう, はたいへん, はたしか, はたしかに, はと選まれ, はどう, はどういう, はどうして, はどうしてこんなに, はどうしても, はどちら, はなに, はねえ, はほか, はま, はまるで, はよほど, はわし, はわたくし, はわたし, はわたしたち, は一種, は三十, は不破, は中央公論社, は今日, は以前, は何事, は俺, は偉い, は元, は医者, は千曲川, は又, は口, は古, は太棹, は女, は好人物, は始め, は子ども, は孤独, は學者, は実に, は寂しい, は山国, は己, は常に, は幕府, は年, は弁護士, は御, は心, は恋愛, は恐るべき, は恐ろしく, は情, は技術, は抽斎, は政治, は救助区域, は果たして, は死ん, は死んだ, は永らく, は決して, は法然, は流行作家, は源氏, は漢学者, は無, は煙草, は男, は町, は皆, は神戸, は私たち, は結婚, は美人, は義雄, は胸, は若く, は見覚え, は言っ, は評判, は詩, は選挙違反, は酒, は酔っ, は酔っぱらっ, は銀座, は長い, は頗る, は顔, は風呂好き, へコゼット, またいわく, も, もお, もそれ, も元, も前, も定次郎氏, も自分, も良い, よくこれ, をお手本, をここ, をこの, をと思う, をどう, をどうして, をより, を介抱, を他, を伴, を兄弟, を出し, を助け, を夫, を好ん, を尊敬, を師, を得, を思う, を愛してる, を措い, を改良, を欺, を殺す, を浪人, を知ってる, を知り, を見, を訪ね, を許し, を起こす, を郊外, を非常

1 [3034件 抜粋] ありこの, ええと, かと思い, からその, からは特殊, から先, から始め, から漢籍, から迷惑, があろう, がいなかったら, がかう, がぐずぐず, がこれ, がじぶん, がたやすく, がどこ, がにいさん, がひとり, がまさっ, がやって来ました, がわたくし, がキリスト, がペテロ, が一ばん好き, が万福寺, が下宿, が乗り出したなら, が亡, が今夜ここ, が伯父さん, が僧正, が凝, が包み切れない, が受け持つ, が唯一, が坂の下, が大統領, が妙, が家, が將軍, が差し支, が座, が徳川幕府, が急, が惑星, が所有, が指輪, が文句, が旧, が晩年, が最も, が来れ, が死ね, が江戸っ子, が滅茶苦茶, が獨, が用いた, が眉山人, が石屋, が等身, が綾之助, が自由, が荒町, が蛇, が親, が話, が返し, が重, が飛天夜叉, が黒部平, こそと仰いだ, こそは先年, こそデニー博士, こそ孔明, この近所, さえ帰っ, すこぶる現代的, その鵠, だけが源氏, だけには何もかも, だけに頼もしい, だけはどうしても, だけは面影, だとは, ったらなん, つたらけ, であろうかと, ですがね, でもい, で成島柳北, とお, とが決死, としての声, とそれ, とても外交, との俳事往復, との間, とは何, とは直接, とも口, と並ん, と別れ, と合致, と実, と思いきり, と我が, と死ぬ, と精神的, と親しみ, と離れる, なき真昼, などきっと, なので, ならはと, なら慥か, なら私, なる語, なんか幸福, にあて, にうちあけ, にこそと思いそめた, にさまざま, にそう, にだけはよい, にだけ優者, については御存じ, につつかれ, にとってのただ, にとっては大坂築城, にとってまれ, になっ, にはおかみさん, にはすぐ, にはできる, にはほか, には一家, には会った, には先, には微塵, には渡さねえで, には病気, には苦し, には道, にふかく, にむかっ, にもこんな, にもやはり, にも職業化, にやつ, によって真, にわかる, に一つ話, に五万円, に会う, に依っ, に出, に助け, に同郷学生, に売っちまったで, に嫁, に実証, に対しては決して, に尋ねたら, に当った, に怨み, に感心, に捨てられた, に春秋教, に標品, に毎週二通, に添えたら, に特別, に看, に組みつい, に罪, に聞け, に苦労, に言わせ, に語られたるなり, に買っ, に迎, に逢いたる, に逢わなかったら, に邂逅, に靡こう, に頼んだ, のあだ名, のいふ, のうつくしい, のかいた, のこれ, のただ, のはか, のみが巨大, のもっ, のよく, のショパン, のヒステリイ, の一座, の下, の丹精, の事業, の些か, の伊賀上野, の作りたる, の保護, の傾向, の公事扱い, の出し得る, の創作, の努力, の半分, の友達, の味いし経験, の四十台, の夏冬, の天性, の好意, の嬉, の學説, の家族, の将来, の履歴, の帰り先, の平生, の庇護, の従順, の心情, の忠告どおり, の性根, の悪口, の感覚的, の手前, の持っ, の捕物綺談, の教, の新, の明治味感, の暗黒時代, の曹司, の村あたり男陶氏, の権威, の江戸前, の演奏, の煙草, の父親, の現在, の生活その他, の痩せ細った, の盛, の眸, の研究材料, の禅林, の立居振舞, の筆頭, の素質, の美, の考えかた, の肺腑, の自伝, の色彩, の薨去, の衷情, の見た, の観察, の話した, の議論, の趣味, の返事一つ, の連れ, の邸, の長所, の青年, の頭脳, の館, の髪の毛, はあたい, はあんまり, はいたましい, はいま, はいろいろ, はおも, はお家, はかならずや, はこまかい, はさっき, はずいぶんよく, はそのうえ, はたしかにもう, はちっとも, はときどき, はどうか, はなり終わる, はねそりゃ, はね酔って, はふたり, はまず, はもうだいぶ, はも早, はわが国鉄道, はイギリス政府, はコニャック, はシェイクスピア党, はトラ十, はビジネス, はローヤルアカデミー, は一人乗り, は一年間, は三千子, は上つて, は世の中, は中尉, は事変前, は亡くな, は今に, は仏印, は伊豆七島, は何とも, は何等, は例, は働く, は先代伊之助, は光明優婆塞, は内親王, は出, は初対面, は助かりましょう, は十一二, は千八百二十八年, は口数, は吉原, は名古屋, は商人, は四年間, は土州人, は城二カ所, は夏冬, は夢遊病者, は大和守, は天保, は夫妻, は妙, は嬉し, は実に堂々, は寝台, は少年, は帝, は平生, は幸福, は弁舌, は当時山口県庁, は後日映画界, は必ずしも, は恐らく, は想像, は憎むべき, は手始め, は持ち, は攻める, は文久元年, は新体詩, は日本基督教青年會, は早くから, は明治四十三年上野, は昨夜鼻加太児, は普及, は有名, は村, は東雲, は案内係, は槍, は武家, は母堂, は気がつかなかった, は求め, は洋裁, は温和, は漢法, は父さん達, は狂言作者, は甚だ, は生涯元朝, は町人, は白い, は県内, は知りなさるまい, は神, は禮教, は立派, は米国有名, は結局, は縁, は聡明, は自分自身, は船, は苦業者, は萬事, は虚子, は見る, は言おう, は説明, は財, は足利時代あたり, は近藤, は運ばれ, は酔っ払っ, は鉱物, は闊達明朗, は青天白日, は顔いちめん, は駄目, は鶴, ばかりはいつも, ばかりは百姓, へなら, へわが, へ言う, ほど人生, ほんとにどうした, までもかく, もおいら, もこの, もとても, もまだ, もよほど, もヤコブレフ, も両親, も仕事, も勿体ない, も名古屋, も大いに, も屹度, も故人, も本国, も没した, も泰子, も生れ落ちる, も着物, も突き放し, も落目, も追, も頼まれた, やわ, よ, より上品, より起る, らしいという, らしくも, をうとんじ, をかつぎ出す, をこうして, をしかった, をそうっと, をたよっ, をなつかしく, をば母, をまい, をもらわない, をわたし, を一生風変わり, を乗せ, を何と, を傷つけませぬ, を前, を取り返した, を喜ばせ, を多吉さん, を好かぬ, を守る, を小父様, を常, を引き寄せ, を得た, を思おう, を悲しませる, を憎む, を拾う, を昔, を歓迎, を残らず見, を汝等, を特色, を生かし, を知らざるべからず, を祝福, を第, を自己, を裏, を覚え, を訪わなかった, を軽蔑, を通して岸本, を面, を頼んだ, を飾る, 取って, 懐しさ, 泣かぬので, 知れぬ廢道

▼ この~ (4555, 1.4%)

141 になっ 74 のよう 3532 のこと, の私 25 になる 21 の若い 19 の事, はお 18 のやう, はもう 16 のお 15 になつ, はどう 14 の人, は何 13 である, になつて, の彼, の生活 12 ではもう, は少し 11 の雨, は私 10 はすっかり, はよく 9 から私, の日, はこの, はどこ, はまた, は自分

8 [11件] であった, の, の暑, の自分, はあの, はすこし, はだんだん, はちっとも, は夜, は大分, は誰

7 の寒, はいろいろ, はその, はだいぶ, はまだ

6 ではお, ではそれ, に至っ, の僕, の夜, はこんな, はずっと, はそれ, は時々, は滅多

5 [16件] では, では何, では私, の季節, の文学, の日本, の様子, の空, はそういう, はどうも, はひどく, は余り, は全く, は又, は大変, は毎日

4 [30件] から彼, だん, です, ではすっかり, では僕, どうかしてる, のもの, の人間, の君, の天気, の子供, の小説, の御, の心持, の新聞, の日本人, の朝夕, の様, の癖, の農村, の青年, はさ, はそう, はめっきり, はやる, は世の中, は女, は学校, は段々, 考えて

3 [85件] お酒, から, こういうもの, この家, じゃア, だ, ではその, ではそんな, ではほとんど, では人, では全然, では子供, どうし, どうした, にない, には既に, のあなた, のおれ, のお前, のこの, のこんな, のモスク, の不景気, の世の中, の事情, の夜寒, の妙, の子供達, の彼女, の心, の新, の新しい, の春, の暮し, の本, の毎日, の流行, の町人, の良人, の言葉, の陽気, はあなた, はあまり, はいつも, はうち, はここ, はここら, はどうか, はぼつぼつ, はまるで, はガソリン, は一日, は不景気, は世間, は主, は主人, は何だか, は僕, は前, は君, は夢, は大, は始終, は実に, は家, は年, は思う, は日本, は時候, は朝, は毎晩, は毎朝, は汽車, は漸く, は男, は病気, は耳, は送りこしたる, は酒, は金, またあの, もやっぱり, 何だか変, 出て, 書いて

2 [246件] あまり釣れない, いったいに, いろいろと, いろいろ経験, かくの, かの女, からし, からずっと, からで, からであった, からである, からのこと, からようやく, から変事, から既に, が一番, この, この辺, この近所, こんなこと, こんな事, こんな気, じゃもう, すこし悲し, すこし眼, そんな事, ぞ降り, だったの, ちっとも私, ちつとも, ではお母さん, ではこの, ではさう, ではそう, ではただ, ではだいぶ, ではどうも, ではまた, では一層, では京, では以前, では余り, では全く, では夜, では大分, では家, では少し, では彼, では明るい, では次第に, では殆, では毎日, では眼, では秋, では自分, では貴女, でも時々, とても忙しい, どうかする, どんな塩梅, ならね, ならば, にこの, になつてばつ, になりまし, にはもう, に又, のあの, のいろいろ, のはやり, の上野, の世, の世論, の世間, の人々, の人気, の俳句, の噂, の多く, の天気予報, の天気癖, の夫, の女, の女学生, の娘, の子ども, の学生, の容態, の小, の或, の手紙, の方, の旅行, の日常, の時代, の服装, の東京, の模様, の気もち, の気候, の気持, の汽車, の海, の漱石氏, の状態, の生活ぶり, の病, の病気, の短い, の秀吉, の秋, の空気, の経緯, の苦しい, の行動, の質屋, の農作物, の都, の長い, の雑誌, の風, はああ, はいい, はいかにも, はいくら, はいくらか, はからだ, はこう, はこういう, はご, はさっぱり, はずいぶん, はそんな, はただ, はちと, はちょいちょい, はときどき, はとんと, はどうして, はどんな, はない, はなかなか, はなんだか, はほとんど, はシナ, はモーロー, は不眠症, は中, は二人, は些, は人, は仕事, は体, は余程, は例, は修善寺, は元, は全然, は古本, は右, は夏, は夏期休暇中, は外, は外国, は夢見, は大抵, は妙, は子供, は学問, は寒い, は帰る, は庭, は彼, は御, は忙, は思っ, は手, は手紙, は折角, は新しい, は新聞, は方々, は日, は昔, は時, は最う, は朝飯, は本, は東京, は様子, は気, は江戸, は深く, は熱, は生活, は監獄, は相当, は眼, は碌々, は私たち, は私達, は絵, は胸, は脾腹, は自分たち, は若い, は英語, は變, は都, は閑, は随分, は雨, は静か, は非常, は頬, は頭, は飲む, ほとんど朝鮮, ます, までこの, まで其家, やたらに, やっとその, よく, よくある, よく家, よく雨, よりは思ひし, より官長, 何だか様子, 入って, 全くの, 全く手, 変って, 少しずつ, 少しも, 屡, 感じるの, 或る, 日に日に貴方, 漸く居, 漸く正三, 漸と, 特に目立つ, 目立つほど, 聞くと

1 [2745件 抜粋] ああべこべ, あの下足番, あの曲芸, ある一つ, あんな芝居, あ昼間, いそがしいので, いつのまにかそんな, いつも工場, いやまして, いろいろモスクワ, いろいろ話す, おしやれで, おもしろい心持, お手, お留守, お静, お鳥, からあなた, からたまに, からなんだか, からは天文方, からジャーナリズム, からメキシコ, から佛教, から其の, から堺, から奥山夫妻, から彼女, から戦争, から晶子歌, から洪次郎, から私達, から藏書, から顕著, が一等しのぎ, が迥, こういうの, このこと, この国道, この村, この線, ご本復, しきりに例, しきりに考える, しのび候, じゃあっち, じゃこちら, じゃア茶断, じゃ夢, じゃ軍隊, すこしどうかしとる, すこし勉強, すっかりごぶさた, すっかり貧乏, すでに日本, ずっと仕事, ずっと製作, せつに回想, そう気付きます, その人たち夫婦, その絶頂, そんなキリコ, たいへん悩ん, たのみ, だいぶ穏, だという, だんだん愛嬌者, ちっとも子供, ちっとも見えない, ちと晩酌, ちょいちょい講義, つくった詩, つくづくミサちゃん, つくづく考へはじめた, であった美術家, であれば, でさえも鰒, ですよ, ではある, ではうちの人, ではこれ, ではじっと, ではとうてい, ではなんだか, ではまるで, ではようやく, ではバス, では一流, では世間, では二人, では他人, では八時, では十一時過ぎ, では君, では塔頭, では大して, では夫婦, では始終, では尾張, では幾分, では彼女, では手拭, では文化的, では昔上方, では最も, では東京, では殆ど行方不明同然, では注意, では燕, では生活費, では目先, では稍, では自然, では蠣殼町へん, では親, では辷らぬ, では頗る, では髪結い銭, でもうち, でも何, でも室, でも病床, でも網, といっ, とくにこの, とても元気, となっ, とりわけ心, どうかし, どうしても仰向け, どうです, どうも死ん, どの詩, どんな繪, なって, なので, なんだかお, にかけての私, にても普通, になつてこ, になつて院内, にはどうして, にはめずらしく, には時計, には誰, にわかにお, に一度, に何, に北九州, に始まった, に於, に深い, に相当, に行われ, に養われたらしい, のあやしき, のおから, のがある, のその, のならわし, のぼく, のやや, のわたくし, のエタ扱い, のシンジケート, のビスマルク, のロンドン, の七, の不行跡, の世界, の事態, の交通機関, の他人, の作品, の先生, の内心, の切り詰めた, の勢力, の原稿用紙, の召使い, の唐沢氏, の四部, の夕暮空, の夜更け, の大坂城代支配下, の大阪, の奉公人, の如く, の孤独, の客, の寄席, の寢雪, の少年, の平次, の強盗殺人, の心情, の怖, の悪, の憂鬱症, の手前役柄, の振る舞い, の新緑, の日々, の日没, の昼間, の晶子歌, の曇った, の朝, の村井, の櫨, の歴史, の江戸, の流行り, の淀橋, の滝, の無, の牡蠣, の理想, の田舍暮らし, の白い, の石, の社会教育観, の空襲, の絵, の義男, の能, の良吉, の蔭口, の蜜柑, の街, の記事, の読書, の豆腐, の辞書, の遊蕩三昧, の酷く, の闇, の雨期, の霜壊, の食塩, の髪, はあっち, はあわれ, はいたずら, はいつ来, はおと, はおります, はお湯, はお里, はかよう, はこうして, はさいさい銭, はしばらく, はじょうし茂一, はせつせ, はそれら, はちっと, はっきりこういう, はでも, はと言, はね私, はふところ都合, はますます, はめかし, はもう悉皆, はもの, はよくよく, はわけて, はエロ, はスケッチ, はダイヤめちゃめちゃ, はチョット, はバター, はホテル, はヤキ, はルーム, は一人きり, は一向, は一滴, は一週一度, は万国, は上海, は不漁, は中風, は九時すぎ, は二水, は人並, は今, は休み勝, は体以上, は余, は使われない, は倹約, は光線, は其怨霊, は出た, は別, は創作熱, は半ば丸み, は参右衛門, は口, は味覚, は四十六, は土地, は売れません, は外食券, は夜中, は大分世間, は大変風邪, は天才, は女子, は子供たち, は宝石, は専門学校以下, は小説, は屋根, は巡査, は希, は底, は建築屋, は影, は御飯, は忘, は恋, は悪い, は戦前, は押上町, は文学, は新聞紙, は日曜毎, は早婚, は春, は時代, は暇, は有力, は机, は桜, は槍, は正しい, は死ぬ, は殊に, は毎年肥料, は毎日毎日鰻取り, は気持, は永遠, は波, は浅草, は満, は澄明, は無法者達, は物騒, は犬, は現在, は生活費, は申しまする, は異性, は痛, は百三十何円, は相役, は着流し, は祭礼, は窕子, は筆, は細君, は美しい, は考へ, は背水, は自転車, は英国, は菓子, は薄々, は蛇, は複雑, は見えなくなった, は親鸞聖人, は話, は貨物自動車, は起きる, は近衛さん, は道灌山, は都大路, は金板みがき, は開, は集っ, は電子, は面白く, は顔, は食事, は養生訓三ヵ条, は馴れ, は髮結, は鯔, は黄金, ひどく健康, ふたたび頭, ふと失意, ぼんやり鬱ぎこん, またその, また上野, また毎晩色もの, まだ, までの雪華, までは實, までもそうした, まで少し, まで洲崎, まで矢張り不便, まるで病んだ, めだって, もあったらしい, もうかなり, もちろん先生, もやはり, も或, も毎日, も藤屋, やっと, やっと書き上げた, やっと芽, やはり静山, ようやく冬, ようやく気, ようやく身, よくくる, よくふさがっ, よく古典文學, よく感じ, よく江戸, よく飲める, より全く, より演劇改良, わが神聖, を眺めるなら, 一層改めて深く, 両軍, 今松, 何かとつげぐち, 何だか岡部, 何だか頭, 何やかやで, 例えばお, 再び司法省, 出来かかったって, 切に思う, 又すこし進歩, 又ヒョッコリ, 又何, 名高い医者, 唱えたり, 夙に盛ん, 大てい, 好んで, 実に微妙, 少々さぐり当てた, 少しふとった, 少し凝りかけ, 少し痩せた, 屡々, 待ちきれずに, 御近所, 思いだしたよ, 思ひだしたよ, 悪くなりました, 我が胸, 持て囃すの, 新しい作家達, 日増しに冷淡, 時々優勝, 暗き力, 書くもの, 来ないの, 某新聞, 殆ど毎日, 毎土曜日, 泣く子, 流行る伊達羽織, 深く感じ, 減ったそう, 漸く育っ, 点された大, 狙われてるから, 甚だ心, 生れつつ, 益々気, 眠れない夜, 知ったから, 続いて, 聞いたこと, 聞く事甚稀, 色んな探偵事件, 萌して, 見えはじめた自分, 見違, 読んだ小説, 追, 逢って, 随分うち, 面白い時節, 頻りに説かれる

▼ この~ (4010, 1.3%)

58 である 57 始めて 41 はもう 34 になっ 28 の私 27 のこと 25 であった 24 の事 18 に限っ 17 に当っ 16 の彼 15 が初めて 13 が始め 12 だ, に私 11 はまだ 9 だと, です, に当り, の, ほど私 8 から私 7 が最初, だった, に, に当たり, のお, は私, ほど驚いた 6 からであった, この際, に初めて, に至っ, の歌, ばかりで, もまた 5 からこの, がはじめて, だけである, にはもう, に当, に於, の言葉, は, はさすが, ほど彼

4 [20件] だしぬけに, にその, にはじめて, にはまだ, に彼, に至る, の印象, の彼女, の心持, の経験, の話, はどうしても, はまた, は少し, は既に, ばかりは全く, まで私, も亦, よりし, 始めて見た

3 [46件] お銀様, からし, から始まった, がこの, が始, この場合, この瞬間, であつ, であります, とばかり, なり, にお, にこの, になる, にはその, には私, に始まった, に自分, に限つて, のやす子, の上京, の余, の作, の女, の小夜子, の左膳, の心, の航海, はじめて頭, はその, はちょうど, は何, は前, は御, は最早, は父, は第, ふいと, までに彼, まではまだ, まで気が付かなかった, まで自分, もやはり, を境, 出て, 思い出したの

2 [230件] あわてて, お君, お浜, お静, からその, からで, からである, からです, からのこと, からわずか, からナポレオン, から始まる, かれの, がはじまりであった, が彼, こう云う, こそ彼, こそ道, こそ釣人, この場, この女, この孫, この有様, この館, こんなこと, しも得, すぐに, すでに, すでに彼, その人, その皺, そんなこと, だけであった, だけです, だけはさすが, だけは良秀, で, であ, であると, でした, と勇み, どつと, なの, にあたり, にあり, にある, においてその, において彼, にかぎっ, にし, にはじまる, には何, には信長, には既に, にふと, にまた, にまだ, にもう, にもまた, にも相手, にやっと, にようやく, にチラリ, に修禅寺, に候, に出, に出来た, に大和, に御, に歌, に父, に現, に當, に眼, に箸, に脱稿, に至って, に萌した, に薫, に見た, に起った, に起つた, に道庵先生, に限らず, のこの, のひろ子, のやう, のゲエル, の七兵衛, の中幕, の予, の俺, の先生, の兵馬, の大, の将軍家, の役割, の御前相伴衆, の恐ろし, の情景, の感じ, の感得中, の感想, の有様, の演説, の狼狽, の真名古, の紋也, の自分, の苔, の表情, の記録, の診察, の豹一, の趣, の返事, の道庵, の郁太郎, の音, はあまり, はお, はこう, はこの, はじめて, はじめてお, はじめてそれ, はじめてわが, はじめて口, はじめて彼, はじめて徳さん, はじめて気, はじめて気がついた, はすでに, はそんな, はただ, はまるで, はむしろ, はもうすっかり, は不思議, は二十一二, は僕, は実に, は実隆, は小, は彼, は森, は相手, は誰, は針ノ木峠, ばかりであった, ばかりでなく, ばかりはい, ばかりはさすが, ばかりは何, ばかりは彼, ばかりは私, ばかりは青年, ふとある, ふと一種, ふと彼, ふと自分, ふと頭, ほどお, ほどの失策, ほどはっきり, ほどひどい, ほど仰天, ほど平次, ほど強く, ほど美しい, ほど腹, ほど自分, まざまざと, また扉, まだ若く, まで, までいた, までお, までまだ, までも定まらず, までも目, まで息, もう冷たく, もそう, もその, もただ, もちょうど, もどうしても, もまだ, も一人, も何, も例, も僕, も先, も前, も彼, も彼女, も私, も随分, やっと気, ゆらゆらと, よ, ようやく口, より外, をもっ, を以て始め, を始, を機会, カラカラと, ハッと, フッと, ホッと, 一方では, 初めてお, 初めて知った, 到らば, 忘れて, 既に世人, 早くも, 未荘, 気がついて, 漸く平次, 生れて, 程私, 突如と, 突然机上, 若い聴講生, 走って, 遅く彼, 重い地響

1 [2730件 抜粋] あたかも導者, あの日ひろ子, あわただしく戸, いきなり何, いまだ自然, うける肩衣, おそろしき塔, お千, お桐, お袖, か, かつて祭事, かの時, から, からだ, からというもの, からもう, から一層, から人間苦, から凡愚, から印象, から始め, から幕府方, から従軍新聞記者, から敬意, から松木弘安, から正に, から煩悩, から秀吉, から蘇我氏, がさがさと, がらり表, が南雲さん, が成功, が結婚倦怠期, くらい東京, ぐらい吉野君, ぐらい親, こそあの, こそと思っ, こそわたし, こそ好, こそ楠公一代, こそ私, このよう, この外国人, この景, この色, こよなき憐憫, さわがしき物音, しみじみこの, じっと座, すでにひとり, すでに七人, すでに呉, すでに将軍家, すでに敬太郎, すでに県庁, すでに警視庁部内, すれ違った覆面, そのひき蛙, その卓越さ, その手, その男, その馬天, ただ一つ, たった一回, たれか, だけでした, だけはちょッ, だけは一同出席, だけは夫, だけは気, だけは道子, だったん, だよ, ちょうど隣席, ちょっと筆, つかつかと, つくづく感じた, であったろう, でありドイツ, でございまして, ですみなさん, でも水蒸気, といっ, とて渡河点, とばかりうんと, とばかりに努め, とばかり城, とばかり満々, と云う, と同じ, と早速, と近く, どす黒い波, なお周囲, なやめる心, ならぬ物々しい, なりと, にあたって古谷氏, にあたって本格探偵小説, にあらわし, にいたっ, においては俄然, において北陸, において彼ら, において自ら俗世, における港湾, にがんりき, にこそ金三, にたのみ, にどんな, にはお, にはそれ, にはまた, にはやはり最も, にはシルヴァ, にはヨーロッパ文化, には事件, には仕事, には先生, には区内, には国, には孫権, には息, には旧来, には極貧, には率直そのもの, には蝶, にひらかれました, にもその, にも先ず, にも大きい, にも男, にやめ, にわかに千, にわかに現われた, にオシクマ, にフカダジ, に一度, に与左衛門, に乗じ, に今日, に何, に先, に再発, に別, に加持, に及ん, に国難, に奥, に宇治山田, に寺僧, に年三十八, に当たって文禄, に心臓, に我が, に掴んだ, に於ける, に格子, に氣, に海, に為りし, に王立協会, に異人氏, に発した, に知った, に私たち, に竹藪, に結ばれた, に背後, に自覚, に若林博士, に虫, に討死, に起る, に逸早く, に鎌倉将軍, に際し外国, に駒井能登守, のかれ, のさだ子, のつら, のみ何, のよろこび, のシンシャア, のピサロ, の一行, の中, の事勢, の代作, の俤, の兄, の内弟子ら, の前芸, の十八首, の合戦, の和睦, の執, の多鶴子, の姉, の宗助, の寶掘り, の山, の帝, の幸福感, の延焼, の御, の悲劇, の戦い, の振興, の教頭, の料理, の春琴女, の来客, の死, の流, の漱石氏, の爆発的, の用意, の盗難, の着, の笑止千万, の紋太夫, の習い, の苦し, の處分, の衰耄, の記念, の談話, の走り, の造営奉行, の陳列, の音楽, の駒ヶ岳, の黒衣, はいくら, はお松, はかなり, はしかと, はじめてはっきりした, はじめてわれ, はじめて余裕, はじめて大川, はじめて廊下, はじめて本当に原稿, はじめて知りました, はじめて竜, はじめて見た, はじめて黒い, はそう, はた, はっと気, はどういう, ははや, はめっきり, はもうどうして, はやや, はらはらと, はコガネ虫一つ, はトック, はホームズ, は一層, は一番目, は中幕, は二, は人, は余程, は催眠薬中毒, は内地, は午前, は参っ, は呆然, は夜更, は大変, は妙, は実は, は小名木川, は平, は彼ら, は心臓, は悲鳴, は戦争騒ぎ, は折角, は斯, は早く, は本当に, は楽屋着, は毎日新聞, は湯, は特に, は生徒, は眼, は私自身讃岐, は結婚, は色情, は袴, は辰之助, は間違い, は面, ばかりだ, ばかりはいろいろ, ばかりはす, ばかりはなん, ばかりはよほど, ばかりは丸い, ばかりは十手捕縄, ばかりは呪, ばかりは大声, ばかりは得意そう, ばかりは指先, ばかりは涙, ばかりは理窟, ばかりは神主, ばかりは話, ばかりは鬼, ひどく奇妙, ぴたりと, ふと三越, ふと売っ, ふと思いだした, ふと母, ふと親切心, ぶなの, ほどうまく, ほどの立派, ほどエリザベート, ほど先生, ほど君太郎, ほど妻, ほど怒った, ほど旅人, ほど残忍, ほど痛烈, ほど立派, ほど良い, ほど誇らしく, ほど錢形平次, ほんとに何, またお, またもひとしきり男女, またも呼子, また一人, また何, また変化, また思文, また聖, まだわずか十九歳, まだ奥, までうつ, までその, までにはその, までに俳諧, までの消費時間, まではウェルギリウス最初, までは彼, までは考え, までもなお, までも思い込ん, まで一同息, まで主人, まで兄, まで双眼鏡, まで地下室, まで室内, まで差, まで接吻さ, まで構え, まで生き, まで能登守, まで隅, も, もう一つ, もう十一時, もう左門, もう気, もう老人, もう階段, もかれ, もさらに, もしや今の, もせいぜい, もはや一つ, もはや省作, もやはりいつも, もヒラメ, も予, も作衛, も半鐘, も唯, も天井, も小首, も幸子, も恒例, も板木, も深く, も町, も笞打, も脈打っ, も薄暗い, も返事, も鳴っ, やっと云, やっと居直っ, ようやく勘づいた, ようやく枕, ようやく立っ, ようやく顔, よほどおかしかっ, よりぞ始め, より一際, より少しく, より既にどうやら, わがた, わが恐れ, わが立ちし, わーツ, をはずす, を以て最, を措い, カッと, バタバタと, 一層落ちつき, 丁度家茂将軍, 両藩, 何だか他人, 何と申し, 入り乱れた人声前, 再び家, 切り込んで, 初めてこの, 初めて一大事, 初めて勘定, 初めて外国船, 初めて平常, 初めて感じた, 初めて日程, 初めて気がついた, 初めて生活信念, 初めて腕, 初めて黄金魔左膳, 半九郎, 取出せば, 同じ声, 問われた対象, 変って, 大梁, 始めて病人, 小栄, 尽きて, 御病, 忽ち他, 忽焉として, 怖るべき, 思い出したこと, 思わず口, 悠々と, 打って, 振り返った, 故に解き, 新羅, 既にアノ鯉のぼり, 既に他, 既に娘, 既に既に自覚, 既に病, 既に起きゐ, 早く無茶先生, 昇ったばかりの, 曇った空, 来たの, 死んで, 深き叢, 漸く主人, 漸く落着, 濃紅姫, 甘えたよう, 睡って, 程日本, 突然お, 突然一種異様, 突然屋敷内, 突然扉, 突然聴衆, 立ち上って, 第三, 細い声, 至れば, 表わした位, 見し一, 言うべき詞, 諸大衆今日, 起き上らんと, 近処, 進み出たの, 遅し前後, 長き哀哭, 隣りの, 高く

▼ このこと~ (3870, 1.2%)

3327 があっ 25 である 24 は私 2320 は誰 18 は彼 17 は日本 15 は決して 14 は何, をよく, を知っ 13 は後, を聞い, を話し 11 あるを, であろう, では, なの, はこの, はまた, は今日, を知らせ 10 からし, はすでに, は既に, を警察 9 を報告, を忘れ, を理解, を考え 8 がまた, だと, なくし, なり, の中, はおそらく, は更に, をお

7 [12件] が彼, です, のため, はこれ, はしかし, はその, はそれ, はよく, は又, をあなた, を知らせました, を私

6 あって, に就い, のある, は今, は特に, は私たち, もまた, をお話し, を知る, を聞く

5 [21件] か, があつ, でしょう, について私, のうち, はあと, はすぐ, はすべて, はただ, はどんな, はもう, はもちろん, は併, は君, は当然, は我々, をなす, を云, を御, を知らせる, を話す

4 [52件] から神, がなかっ, が私, たるや, だけで, だった, だったの, だよ, だろう, ですよ, について何, に就, に注意, に関係, はお, はこれら, はほとんど, はもはや, はマルクス主義, は一般, は他, は別に, は前, は吾, は多く, は必然的, は忘れ, は明らか, は明瞭, は絶対, は自分, は逆, ばかり考え, よ, を, をある, をきい, をこの, をだれ, をどう, をなぜ, をはっきり, を他, を何, を君, を彼, を相談, を聞き, を証明, を語る, を警視庁, 歩いて

3 [78件] から何, が, があ, が一層, が起った, さ, じゃ, すなわち私, だな, だらう, でも, ならん, なん, については, についてはここ, については私, について一つ, になる, によつて, に気がつかなかった, に気づいた, はあまり, はある程度, はいずれ, はきっと, はけっして, はここ, はだれ, はつまり, はまだ, はやがて, はわれわれ, は一つ, は伸子, は作者, は勿論, は単に, は婦人, は実に, は実際, は必然, は文学, は昔, は次, は注目, は相当, は眞, は真, は第, は自然的生, も亦, も私, をいう, をお知らせ, をしらせ, をしらせました, をつたえました, を主張, を人, を告げ, を告げた, を思い出した, を思え, を教え, を明智先生, を明白, を本署, を決して, を眼中, を知らない, を考える, を自分, を見, を言っ, を話しました, を誰, を諸君, を非常

2 [293件] あるは, お含み, かなへ, から, からいろいろ, からそして, からその, からそれら, からまた, から我々, から手, から確か, から私, がある, がきっかけ, がこの, がどんなに, がばれる, がまだ, がよく, がら, が不, が二重, が今度, が僕, が可能, が当時, が当然, が彼等, が成功, が新聞, が新聞記者, が日本, が明瞭, が最もよく, が気, が父, が理解, が知られ, が空間, が考えられね, が芸術, が露顕, こそ器, こそ美, だけは今日, だけは君, だけは御, だけは私, だろうと, で, であります, でした, と関係, にこれ, についてその, についてのみでなく, についてはこの, についてはすでに, についてはもし, については何, については前, については口, については彼, については必要以外, について一言, について他, について教え, について知っ, について考察, につき, にばかり興味, にもっと, に人間, に具体的, に意, に應, に掛り, に気がつい, に気がつかない, に気づい, に気付い, に気付かない, に着手, に興味, のあった, の是非, はあなた, はあまりに, はある, はいかに, はいろいろ, はおのずから, はおまえたち, はお父さん, はきわめて, はくれぐれも, はしばらく, はずっと, はたいへん, はたしかに, はたれ, はだいぶ, はだんだん, はちょっと, はとり, はどんなに, ははっきり, はまさに, はもつ, はやはり, はよき, はよほど, はアメリカ, はアリョーシャ, はトリビューン紙, は一人ジイド, は一層, は一方, は一時, は一見, は主人, は二人, は些細, は京都, は人々, は人間, は仕事, は他日, は他者, は何人, は例えば, は僕, は児子家, は処, は制度, は博士, は即ち, は却って, は口, は各, は同, は同時に, は否定, は土地, は女, は如何, は如何なる, は小説, は少く, は少し, は建築, は当時, は彼女, は必ずしも, は忘れる, は恰も, は或, は文芸, は断言, は新聞, は早く, は早速, は明, は映画, は時代, は曹操, は最初, は最後, は有りうる, は未だ, は未だに, は本当, は次郎, は父, は特別, は現代, は画家, は疑えない, は直ぐ, は確め, は秀吉, は空間, は童話, は美, は職業, は自ら, は自己, は自然, は西洋, は説明, は遠い, は非常, は頼母, は驚くべき, は黙っ, ばかりはどう, への理解, もやはり, も一つ, も後, やつて, をあまり, をいっ, をおぼえ, をお尋ね, をお母さん, をお父さん, をここ, をこれから, をたびたび, をどうぞ, をみんな, をむしろ, を一つ, を一同, を一言, を予想, を云っ, を他言, を伝えました, を信じ, を信じない, を十分, を可能, を吹聴, を呂宋兵衛さま, を喜, を大いに, を夫, を如実, を完全, を少し, を当時, を後, を御存じ, を心得, を心配, を忘れる, を思い出す, を思う, を急報, を想う, を意味, を感じ, を明晰, を書いた, を書きのこさね, を書く, を次, を歌, を歎, を決め, を注意, を特に, を率直, を申し上げ, を申し上げます, を疑う, を痛切, を痛感, を皆, を目前, を知った, を知つて, を知らせた, を知らせなけれ, を知らせよう, を確かめ, を種, を立証, を考えた, を考えました, を考へ, を考査, を胸, を自覚, を要求, を言う, を言明, を記憶, を話したい, を話したら, を詳しく, を語っ, を説い, を説明, を論じ, を論ずる, を長い, を頭, を頼ん, 出て

1 [2082件 抜粋] あのこと, ありて, いつしか近村, かい, かと自ら, かも知れない, からこの, からま, からカフカ, から七兵衛, から会稽の恥, から勇氣, から彼, から最初, から経済, があった, がいかに, がいわれはじめ, がすでに, がそれほど, がとうてい, がなかつた, がなんとなく, がぼく, がやがて, がわかる, がパッ, が一番彼女, が九つ, が云われなけれ, が人, が何, が個人主義的段階, が分った, が口, が和歌自体, が国境, が大きく, が孔子自身, が実によく, が少し, が平生頭, が彼ら, が忘れられ, が悔み, が投企的視覚, が新しく, が早瀬, が最も, が未然, が果される, が正しい, が沖縄, が浮藻, が生涯, が真, が絶対, が自分, が行われ, が観察, が調わず, が返, が長く, が館界, こそは工芸, このこと, すなわちただ私, そんな馬鹿, たる全く, だけがどうして, だけだった, だけでも私, だけで昌造, だけはいかに, だけはこの, だけはわたし, だけは予想, だけは筆, だけをしょっちゅう, だけを配達夫, だっ, だといふ, だろうし, だろう自分, ちょいちょい違っ, であったろうか, であろうか, でお腹立ち, でございましょうか, でしょうナ, でなに, でよそ, で一層, で何, で幾分, で憤っ, で未来, で疑われる, で苦しむ, で長谷川, とがどういう, とはなかなか, とむき出し, と原書癖, と思われた, と練達, と關係, なし, など忘れ, にいったん, にかけてだけいこじ, にこそ人民, にたいして驚き, についてお, についてすべて, についての僕自身, についてはいろんな, についてはその後一八三二年, についてはなんにも, については一言, については以上, については僕, については別に, については婦人, については後, については松村, については沈黙, については著しい, については顔, についてもよく, についても先生, についてわたし, について世界中, について反省, について大, について当時, について日常, について梅崎氏, について現在, について眞, について被害地, について赦し, につきかつて, につきましては永年研究, につき政府, になれる, には二つ, には学生, には権右衛門, には社会, にまったく, にも充分, によってまた, によって私, に不, に冷淡, に向っ, に安兵衛, に対し私たち, に想い及ばない, に最も, に気がつかなかつた, に氣, に照応, に異存, に話, に連関, に関して一言, に関して私, に関する事情, に関聯, に驚いた, のなか, のやや, の余りに, の当然, の恐し, の承認, の最も, の理由, の証拠, の鍵, の驚異, はあった, はあらためて, はいえる, はいつか浅草金龍山内, はいふ, はうっかり, はお前さん一人, はかなた, はくり返し, はこんなに, はし, はすぐさま, はそのまますぐ, はただちに, はだれそれ, はどう, はなお, はなに, ははなはだ, はほか, はまことに如何, はもし, はやっぱり, はよい, はわが国現代, はわたしたち婦人, はアクション, はキネマ, はジャン・コクトオ, はソヴェト社会生活, はドラマ, はバック, はブラームス, はプロレタリアート, はペーピー, はマグロアール, はロゴス, は一仍, は一義的, は一部, は上, は世界中, は久光, は事實, は二面, は井伏さん, は人生一般, は今度, は今日自由主義者, は仏教隆盛, は伊豆, は何びと, は作家たち, は信ぜられませぬ, は僅か, は充分, は全く, は六百六十一頁, は出来ない, は分らなけれ, は別, は刻まれるであろう, は十八世紀, は卒業後, は原隊, は口外, は各々, は吉田内閣, は君たち, は唯物論, は四十餘年後, は地主, は変質者, は夢, は大分県滞在中, は大局, は大衆文学, は奧さん, は始め, は孔子, は実感, は客體面, は家内, は将校教育, は小欲, は尾州藩, は岡田博士, は己, は常住私, は幾たび, は建武中興, は当分秘密, は形態心理学, は後で, は従前, は徳永, は必要品, は恐らく, は成功, は或いは, は戦前, は打明けられぬ, は攘夷派, は文化科学, は新しい, は日本人, は日本固有, は明治, は映画俳優, は曲率, は朝日新聞, は末法, は本文, は東海諸国, は根源的生, は概念, は歌, は武田家, は殆ど, は気象学, は沖縄, は消費者, は滅多, は烏類, は無産者的存在そのもの, は犯罪遂行その他, は現, は現実, は瓶, は男, は皆さん, は相撲, は知る, は礼儀, は私自身, は移し, は純理的, は経験, は繰返し, は義元, は考える, は自省, は良かれ悪しかれ, は花, は英国, は藤原, は製造業, は言い, は話, は諒, は議論, は起り得なかったであろう, は近代日本女子教育, は通信, は進化論, は過日, は郷土固有, は金, は長く, は間接, は陸中, は隠れ, は非難, は顕著, は風間君, は鮓久, ばかりで, ばかりはそう, ばかりは堪忍, ばかりは陣十郎, ばかりを思っ, へと精進, ほど馴染みすぎ, もあっし, もその, もはっきり, もポオ, も全く, も友達たち, も御, も書き留め, も決して, も磯五, も誌, やろ, よくよくお, わが本意, をあたし, をいい出す, をいっそう, をいはう, をおい, をおし, をおもいつづけました, をお松, をきいた, をきかれ, をきょう, をさ, をしっかり, をしらせた, をすっかり, をたずね, をちゃんと, をつたえる, をないしょ, をなんと, をばかり思い悩んだ, をひとつデカデカ, をむす, をもっ, をも種, をわたくし, をエリザベス, をフロイス, を一刻, を一番不満, を不思議, を中央公論, を予期, を云う, を今夜, を企てよう, を伝え聞い, を何故, を依頼, を兄, を全部御存じ, を分っ, を前提, を十分考慮, を厳粛, を取扱っ, を司令室, を告白, を報ら, を多吉夫婦, を大学連, を奏上, を好まない, を宗教, を将軍, を少年探偵団長, を島田越後, を師, を当然, を必ずしも, を念頭, を思い出し, を思ひ出し, を想, を感じる, を懇請, を我国, を扱, を持ち出さぬ, を捉え得たる, を方法論的, を明らか, を春琴, を書き, を期し, を本部, を東京じゅう, を正ちゃん, を気, を決心, を洩れ聞く, を火夫, を物語る, を王さま, を用意, を申し上げました, を発表, を知, を知らさなけれ, を知らないだろう, を知らね, を石川, を示し, を神, を空中, を筋道, を考えはじめました, を考慮, を聞かなかつた, を聞き伝えたる, を能登守, を船長, を苦, を表示, を見抜い, を言, を言い出す, を計画, を許しますなら, を証する, を話さなけれ, を話し合わない, を認める, を語り合った, を論ぜり, を賀古氏, を逆, を道元, を里子, を鎌足, を雲長先生, を風評, 乗りこめるだろう, 実につよく, 御願い致しとう, 思ひ出, 歩くところ, 申し上げましたね, 考えて, 話そ

▼ この~ (3788, 1.2%)

142 の主人 93 の中 47 の前 40 を出 28 の娘 27 の者 23 にいる 20 の主, へ来 19 に住ん, の細君 18 から出, の人 17 に来 16 のこと, の二階, の女, へ来た 14 の主婦, の人たち, を出た 13 のお, の人々, を出る 1211 のどこ, を建てた 10 に奉公, のうち, の外, の庭, の生活, の裏, の跡, の門 9 に住む, のあるじ 8 にお, に居た, に居る, のまわり, のもの, の家族 7 にいた, の主人公, の周囲, の様子, の玄関, へ来る

6 [12件] に引, の亭主, の先代, の内, の奥, の女中, の女房, の習慣, の若い, の身上, をお, を出たい

5 [16件] で生れた, に, にある, にゐる, に来た, のなか, の下男, の屋根, の息子, の持ち主, の窓, の長男, は前, へ來, へ連れ, を訪れた

4 [36件] だ, ですよ, にい, にお前, にし, にとどまっ, には何, に何年奉公, に出入, に出入り, に就い, に来る, に着いた, の, のある, の上, の人達, の仕事, の入口, の台所, の地下室, の御, の戸, の持主, の書生, の裏口, の跡取り, の軒下, は今, へお, へやって来た, へ入り込ん, をお前, を去る, を訪ね, を辞し

3 [61件] から外, だと, で, であった, で一番, というの, にこの, にはいっ, に一人, に來, に嫁ぎ, に帰っ, に常に, に泊っ, に火, に移し, に移っ, に移つて, に若き, に起居, に逗留, のすぐ, のやう, のようす, の何ん, の内儀, の内部, の召使い, の壁, の客, の家族たち, の方, の旦那, の表, の財産, の門口, の間取り, はこの, はまるで, はもと, はやはり, は主人, は何, は或, は私, へ, へはいる, へはじめて, も世間, も少し, を, を前, を去った, を建てる, を知っ, を立ち, を立ち去る, を見, を見た, を追, を逃出

2 [213件] からお, から出た, から離れ, から飛び出し, がそう, が出来, が厭, が気に入っ, が私, ぞうべ, だつて, だなと, ったら, である, でこの, でどうして, ではお, ではもう, では一番, では土間, で主人, で生まれた, で生れ, とり壊されて, と庭, ならば, にどんな, にはいる, にはお, にはたれ, にはどんな, にはもう, には別に, には私, には誰, に一カ月, に三十年, に住つて, に住んだ, に入った, に入れたら, に十年, に取っ, に女, に娘, に寝る, に居, に居ない, に引っ越し, に悪い, に戻っ, に暮し, に残し, に潜ん, に現われ, に用事, に移った, に移り住む, に置い, に茶代, に金, に預けられ, に養子, のおかみ, のかみさん, のご, のすべて, のせい, のまえ, のよ, のよう, の一人娘, の一角, の三階, の下, の世話, の中心, の主人たち, の主人夫婦, の主人鶴, の事, の仏壇, の住人, の侍従, の傍, の元, の兄弟, の先祖, の出入り, の召使, の名, の品, の土間, の地所, の塀, の外部, の夫人, の夫婦, の奉公人, の娘たち, の家主, の居心地, の後ろ横, の御寮人, の忙しい, の戸口, の持ち, の敷居, の最後, の棟, の構え, の構造, の標本館, の深窓, の犬小屋, の留守番, の相続, の祖先, の空氣, の總領, の若旦那, の血統, の裏手, の親戚, の足, の身代, の道具, の遠い, の金, の鐘, の閾, の附属物, の階段, の飯, の養子, はいったい, はいつも, はいろは, はお, はこれ, はその, はどう, はなかなか, はのち, はヒマラヤ杉, は二階, は住み, は何者, は僕, は出られない, は化物屋敷, は坂, は変, は大, は恐ろしく, は焼けず, は焼ける, は空, は空家, は簡素, は茶店, は陰気, ばかりで, へきた, へは, へ入, へ入っ, へ入った, へ婿, へ嫁い, へ尋ね, へ帰っ, へ引, へ引越し, へ戻っ, へ来られる, へ立ち寄っ, へ訪ね, へ越し, へ越した, もこれから, も前, も古い, も引越し, も最後, をたずね, をで, をとりまい, を今日, を借り, を出よう, を包む, を去ろう, を売却, を守る, を守ろう, を建て, を引越す, を我が, を支, を日本橋, を永久, を狙っ, を畳ん, を継ぐ, を見る, を訪ねた, を訪問, を譲る, を買, を門庭, を離れ, を離れる

1 [1985件 抜粋] いいでしょう, かどっち, からきまって, からで, からは諸国, から一派, から人間, から出る, から去らしたくない, から夜, から尋ね出された, から引き出さ, から揚り, から早立ち, から泥棒, から生き, から目, から繩付, から足, から追い出そう, から逐, から連れ出そう, があやしい, がお, がごく, がそれ, がにわかに, がやれる, が一番適当, が何屋, が取り壊され, が建った, が急, が東京, が潰れる, が物部守屋連, が直, が繁昌, が見えだす, が騒ぎ, こそ彼, この店土蔵, じゃない, だけが供出, だけでもこの, だけは会社, だっ, だって幸雄, だって穢らわしい, だツ, であるという, でおれ, でこれこれ, ですぜ, でだけでももう, でどんな, でなぜ, ではいまだに, ではじめて, ではたつた, ではまだ, では下女, では働き, では子孫代々, では必ず, では猫, では雨, でもありがたく, でもまだ, でも矢張り, でモオニング, で与えられた, で人殺し, で何, で共に, で大, で寝た, で心から, で昔藤花, で東京, で毎日なに, で清治, で狙, で神経的, で立っ, で結構, で育つ, で舟, で薬, で赤ちゃん, で酒屋, とこの, との旧き, とは大屋, と三百両, と地所, と皆さん, と親類, なぞはことに, なの, なら知つてるわい, なんぞは建て, にあの, にあらん, にいたっ, にいなけれ, にいられる, におけない, におり, にお客様, にかれこれ, にこう, にしばらく, にたてさせ, についぞ, にて或, にとっては大黒柱, にとまっ, にない, にのがれ, にはあれ, にはいられない, にはいろう, にはぎっしり, にはじめて, にはだいぶ, にはなぜ, にはやって来ないだろう, にはイワン, にはランプ, には三四頭, には二度と, には他, には住居, には兵庫屋, には吉次, には妻君, には悪漢共, には暫らく俺達, には理由, には百人以上浦上, には自分, には裏, には足踏み, には鉄, には震災, にふたたび, にまで浸水, にもたちまち, にもゐない, にも奥さん, にゃ何, にやってきた, にわだかまつ, にゐない, にジーナ, に下宿, に二人, に人殺し, に他, に伝, に伴う, に住まわれ, に住むだらう, に何もかもすっかり, に傭, に入っ, に入浸り, に初めて, に十何年, に古参, に向, に執心, に奇, に嫁い, に宛てる, に宿, に寝かせ, に対しては前々, に対する人気, に居った, に居られなくなる, に居残っ, に年始, に引き移った, に御, に思ひのこす, に愚図愚図, に慰藉, に持ち込んだ, に数年前, に日, に朝, に来り泊り, に歌留多牌, に毎日, に泊, に泊まらせ, に泊るべく, に滯留, に火事, に生きつづけ住みつづけるであろう, に田舎, に留まった, に監視, に磯山, に稽古三味線, に立寄った, に粗, に自炊生活, に落着, に訪ね, に責任, に起臥, に近づい, に這入っ, に遊び, に酒, に長く, に関する限り, に隠まわれ, に集まり来たり, に預け, に顏, に馴れ, のあちこち, のあるじ漁師六兵衛, のいれ, のおばさん, のお松, のここ, のすみからすみ, のたたずまい, のとっ, のどの, ののら息子, のほか, のもつ, のサムライ気質, のフウ公, の一室, の一番, の一部, の世話女房, の主人フィリップ・イ, の主人大利根博士, の主人福島, の主従二十幾人, の二, の井戸, の人事, の仕事場, の伜, の何処, の便利, の兄嫁, の八方, の准家族, の初代新次郎翁, の動物ども, の医者, の厠, の可愛い可愛い, の名声, の向う角, の唯一, の図, の執事, の大, の奇怪, の女房三度, の妙齢, の娘マリヤ・コンドゥラーチェヴナ, の嫁さん, の宝, の客間, の家族一同, の家風, の小さ, の少年, の屋敷, の左近中将, の常連, の廃園, の建築費用, の後ろ, の心安い, の悲劇, の慣わし, の戸主, の抱え, の支配人, の敷地, の旧, の書斎, の松茸, の案内, の横領, の歓迎, の母親, の淋し, の焼ける, の生命, の男共, の白龍, の相続者, の神秘, の竃, の筋向う, の総, の美術室, の職掌, の自殺, の若き, の藤侍従, の裏庭, の親父さん, の誰か, の豪奢ぶり, の赤犬, の軒端, の遠縁, の金庫, の陰気, の隅々, の集まり, の電話, の食堂, の馬小屋, はあなた, はあらゆる, はお前, はげに, はじめてだつた, はそんなに, はとかく, はどういう, はながらく, はぶ, はもと一軒, はアメリカ人, はマタ・アリ, は一つ井戸, は上, は人殺し, は以前, は何だか, は停電, は全然, は別に, は化物, は同じ, は地震, は夜, は如何にも, は実に, は少し, は建っ, は引越さなけれ, は御, は慶安, は日本風, は明日, は暑い, は板塀, は武州高尾山, は河原町, は焼けた, は独, は留守, は眺望, は空いてる, は箱惣, は縁側, は膏薬練り, は葉子さん以外, は裏, は親戚, は足かけ五年, は酒, は開祖, は風流気, ばかりはじめ, へあらわれる, へおお, へき, へご, へだけは一芸, へとまっ, へはいり, へは亭主, へは新聞, へは親類, へも, へも伝わっ, へやって来られ, へ下宿, へ二, へ住み込まし, へ使, へ入らなく, へ入り込む, へ入れるべき, へ勅, へ大将, へ女中, へ家族, へ居候, へ引き寄せられ, へ引取つたの, へ戻る, へ来られ, へ歸つて貰, へ泊り, へ片付い, へ病み疲れた, へ移つたの, へ移る, へ置い, へ行った, へ誰, へ近づい, へ逃げ込ん, へ連れ込まれた, へ闖入, へ養女, も, もお前さん, もつい, もみんなお前, もようやく, も一月末, も人様, も凶宅, も大晦日, も建築中, も戦災, も用材, も空家同様, も自分, も財産, も近く宿屋, も類焼, よりももっと, らしいと, をいつ, をきい, をたずねあてる, をだれ, をとりかえし, をどうこう, をはなれる, をまるごと, をも絶, を一万円, を乗っ取る, を今, を作っ, を借りた, を再興, を出たら, を出ました, を出ろう, を卜, を去りたい, を取卷く, を咀, を壊し, を売る, を家内, を建設, を引き払う, を懐, を抜け出しましょう, を持っ, を撰んだ, を早く, を明け渡す, を深く, を焼きたくない, を目ざし, を眺めます, を立ち去っ, を立っ, を背負っ, を芳太郎, を見つけさせ, を見廻し, を覘, を訪い, を調べ, を買い取る, を賑わし, を賣り飛ばし, を逃げたい, を通り過ぎる, を陰気, を離れられません, を飛び出し, 去れとて

▼ この~ (3555, 1.1%)

3026 の顔 25 のこと 23 は自分 21 は何 19 の口 16 の前, はこの 14 はその 13 が自分, の癖 12 のため 11 の話, はどこ, はまだ 10 の家, を見た 9 にし, の姿, の眼, を 8 だ, の手, の言う, はそれ, はもう, は少し, は私 7 がその, である, の事, の外, はあの, は僕, もまた

6 [13件] が, がある, が何, に向っ, のよう, の人相, の心, の頭, はいつも, はお, はどう, はまた, は前

5 が今, が彼, には何, のいう, のところ, の方, の言葉, はなかなか, もやはり

4 [22件] があの, がどんな, が何者, が犯人, です, と一緒, なの, にこんな, の傍, の取柄, の名, の名前, の性格, の意志, の考, はいったい, はこれ, はどうやら, はまるで, は人, は気, を見る

3 [61件] か, がお, がこの, がまた, がまだ, がわたし, が仕事, が私, が長い, だよ, といっしょ, と結婚, に注意, に目, のほか, のやう, の世話, の人, の仕業, の児, の右, の外貌, の性質, の態度, の望み, の柄, の様子, の正体, の生涯, の目, の細君, の美し, の親切, の頸, はいま, はおそらく, はここ, はたしかに, はちょっと, はどんな, は一体, は人生, は今, は刑事, は多分, は女, は己, は心, は既に, は時々, は時計, は死んだ, は見かけ, は頭, は馬鹿, まさりの, もその, も私, を愛し, を殺し, を識

2 [242件] からお, がいる, がお前, がかつて, がここ, がこちら, がこれから, がし, がつまらな, がどう, がどういう, がどこ, がもつ, がやがて, がやっ, がやはり, がわし, がわたくし, が二人, が亭主, が人, が何時, が例, が僕, が嘘, が女, が始め, が少し, が左利き, が帰る, が書い, が最近, が杜九如, が浮き彫り, が飛んだ, こそ私, だった, だったの, だつたよう, だと, ではない, で左官屋, と, とあの, として相当, との間, と二人, と女, と娘, と知り, と知合い, と言葉, なしには, なん, に, にこの, にすっかり, にそれ, にそんな, には, にはこれ, にはそれ, にはもう, には人, には問題, には恐ろしく, には歯, に会った, に先, に出会った, に同情, に向, に好意, に微塵, に興味, に言ったら, に逢っ, に金, に限っ, の, のおかげ, のどこ, のひどく, のほう, のようす, の云, の云う, の人品骨柄, の人生, の仕事, の伝記, の住居, の体, の側, の全部, の出現, の動作, の取り柄, の右手, の呪, の唯一, の固着観念, の報告, の大きな, の奇怪, の守り本尊, の容子, の弟子, の心もち, の思い, の所在, の持前, の挙動, の書いた, の案内, の正直, の父母, の理想, の痩せた, の筆跡, の耳, の職業, の胸, の舌, の荷物, の落ちた, の見すぼらし, の身上, の身体, の身許, の防風林, の霊気, の面, の顏, はあまり, はあれ, はいかにも, はいつたい, はおれ, はきっと, はきわめて, はしばしば, はすぐ, はすでに, はすべて, はそんな, はただ, はつぎ, はなんと, は一種, は一言, は不思議, は世の中, は世界, は中国ビル, は中学時代, は主人, は二人, は五人, は人間, は今度, は他, は何者, は俺, は全く, は八五郎, は別段, は博士, は又, は嘘, は妙, は妻, は子供, は小柄, は山, は岡田, は平気, は後, は思案, は我慢, は戦争, は持っ, は斯, は日本, は日本一, は早速, は昔, は時代, は本当に, は正気, は正直者, は決して, は無事, は熊坂長範, は狂人, は生れ付き, は生来, は生涯, は確か, は綺麗, は色男, は誰, は金, は鉄人, は長い, は非常, ほど若く, も, もあの, もお, もただ, も例, も出鱈目, も婿, も精神, も結局, も自分, をこう, をこの, をし, をどう, を信用, を俺, を前, を尊敬, を差上げます, を御存知, を憲兵隊, を捕え, を放免, を斜, を殺した, を泊め, を知っ, を知ってる, を自分, を見, を見直し, を見送った, を逃がす, を連れ, 振れ込み

1 [2255件 抜粋] あの男, かあまり, かもしれぬ, からそんな, からは風流, から寺, から日比谷, から聞いた, から話, があなたがた, がいささか, がいま背中, がおどけ, がきらい, がこの世, がしくじった, がすこぶる, がただ一人石段, がだれ, がと高, がなかなか, がふたたび, がほんとに, がもう一度, がろくろ首, がゴルベンコ, がストライキ, が一人, が一肌, が世の中, が主膳, が今夜, が仲間, が使っ, が傍, が光学技術研究所, が共犯, が出獄, が動かぬ, が南条, が去年, が名主, が咳, が売った, が大体何時, が好き, が寝過ごし, が常に, が広東, が彼女, が思い上がりおる, が悪口, が我が, が敏子, が書いた, が本当に, が来い来い, が此奴, が死ん, が殺人者, が水練, が深い, が犬商, が生れつき, が異常, が目下, が眼, が秘密室, が給料, が考へ, が自動車, が著作, が西の宮, が詩人, が賣, が近藤勇, が鉄人, が関守氏, が青白い, が饅頭笠, が鳥銃, こそかねて, こそは現場, こそ人, こそ名乗り, こそ碓氷峠, さえかつい, たしかに三斎屋敷, だけが初対面, だけで, だけはただ, だけは普通, だそう, だったらやりかねないこと, だほんとう, であったが, であるな, でごぜ, ですが, でそのうち, で何, とうん, とかねて, とこんな, としては公然, としては意外千万, としてもこういう, とどんな, とはすっかり, とは縁, とももう, と一生連れ, と交際, と叔母, と四隻, と影, と日, と田端, と立合, と融け合ったなら, と話, と逢いました, どうして第一ホテル, なざ小詩人, ならちょっと, ならやりかねない, なら決して, なんかこの, にあなた, にある程度, におめおめ, にきいた, にたいして彼女, にだんだん, については何とも, について一つ, につれられ, にとっては寝, にとって平生, にどうして, にはかなり, にはやはり, にはアリバイ, には似, には何度, には友人, には女王, には思いがけない, には感じず, には欠け, には珍しい, には私, には育ち, には軽蔑, にばかり麻目, にもよい, にも同情, にも良心, にわざわい, にムザ, に会釈, に何年, に再度, に到っ, に嚇, に奢っ, に威圧, に対してはあまりに, に対する態度, に怪しげ, に愛子, に戀, に抱かれ, に曳, に毛, に滅ぼされ, に男爵, に知られた, に聲, に薪, に見張らせます, に討たれ, に語っ, に逃げられる, に酒一斗, に附い, に顔, に魂, のうえ, のおもしろ, のきのうここ, のことば, のずきずき, のそば, のはなはだ, のみが畳, のもっとも, のやしき, のエティケット, のフランス語, の一喝, の一言, の下郎, の予言, の人格, の低い, の体勢, の作品, の俤, の兄, の全, の写真, の出, の刀, の前身, の助力, の勘, の博覧, の友情, の周囲, の命, の噂, の変った, の天分, の好意, の姓名, の子ども, の寵, の小伝, の幻影, の弁護, の影, の御蔭, の思想, の怪力, の悪い, の情事, の想像力, の愚昧さ, の戀, の手引, の持つ, の揶揄, の早く, の服, の槍先, の横顏, の歩ん, の死んだ, の気イ, の激し, の燃える, の特性, の王仏元, の生れ性, の番, の目的, の眼つき, の知っ, の碁, の秋田人, の笑声, の精神, の経歴, の翌日, の肉眼, の脚もと, の腰, の致命傷, の苦心, の行動, の要求通り, の親, の言いなり, の訪問, の話題, の説明, の貴い, の足もと, の身分, の述べた, の通らぬ, の配下, の面影, の風情, の食物, の髪の毛, はあ, はあんまり, はいくら, はいつかどこ, はいろ, はお人好し, はきちんと, はこないだ, はさうで, はさつき平吉, はそちら, はそれ以外, はたとい, はてんで, はどっち, はな, はなんとなく, はばか, はふたたび, はほとんど, はまだしも, はもしや, はやくざ者, はゆうべ, はよわい, はアイルランド, はウチ, はコートランド, はスグ, はテーブル, はフリードリヒ, はベートーヴェン, は一八六八年, は一本, は一言無作法, は七兵衛, は上方, は不義, は中風, は二十二三, は云う, は人々みんな, は仕事, は伯爵様, は佐渡, は依然として, は備考書, は全然, は判断, は力, は勘定, は医学, は単に, は反応, は叫びました, は君, は唖, は四十, は土地, は坐っ, は多, は夢, は大抵, は女房, は妾, は孔子, は学者作家, は実体, は家老本多意気揚, は小, は小説家, は居眠り, は左顧右眄, は年二十, は廻り, は彼女, は心得, は快活, は急ぐ, は恩義, は悪所, は意識, は或, は打ち寛いだ, は拙者, は数年来, は日本人, は昼間象, は曲がりくねった, は最近頻々, は本国, は村, は根, は死ぬ, は毎日ここ, は江戸, は海洋学, は火, は無知, は熱情, は片足, は狂っ, は甘く, は生れる, は甲府, は痩せ, は百五十枚, は相当, は眼, は礼儀, は秦啓源, は立ち去る, は米屋, は終日歩きづめ, は考え違い, は胃, は腹, は自己, は船員, は芋, は茨城, は蓋, は見, は詩, は調子, は豆州戸田, は赤毛布, は身體, は近在, は返す返す, は避難ぶり, は酔っ, は銭, は雌犬, は音楽家, は香美郡, は高潔無比, は黒, ばかりがちょいちょい, ばかりを信じ, ほどあらゆる, ほど精勤, まで一緒, もお前, もそれ, もなかなか, もまだ, もリーロフ同様, も五日, も何やら, も四十, も始め, も御, も江戸, も老後, も色んな, も足, も驚きし, よりはかえって, よりも物淋しい, をあてこす, をかつぎ上げ, をしみじみ, をその後釜, をつきだし, をなだめ, をびっくり, をみる, をわれわれ, を一時ここ, を乗せ, を今日, を使っ, を処刑, を刺し, を十分見識, を取りまい, を呼び付け, を坊主, を好人物, を射殺, を底, を強く, を得る, を急, を悪者, を愛する, を手, を拝みました, を搦め取れ, を文字, を易々, を更生, を水, を無罪放免, を狼狽, を疑っ, を相し, を確か, を立たしめよ, を罰しなけれ, を茶化す, を見つめ, を觀察, を謹慎, を贄釜, を追い出す, を長蔵さん, を鞭撻, を馬鹿, 元来某, 少し甘い, 斬れるか

▼ この~ (2705, 0.9%)

18 の事情, の地理, の山 16 のところ, の人 15 のこと 14 の者 1312 でお, の海, の百姓 11 にいる, の景色, の消息 9 の土地, の村, はもう 8 でいい, にある, になる 7 に住ん, の土民, の地勢, の家, の農家 6 だ, へ来る, を通る 5 に来る, の町, は, は一面, まで来る, をよく

4 [26件] だと, でよかろ, でよく, で見た, にあった, にこんな, によく, にウロウロ, に住む, に来, に立っ, のどこ, のもの, の事, の住人, の女, の子供, の様子, の海岸, の海底, の道, の風景, は物騒, をうろつい, を徘徊, を散歩

3 [45件] が, がいい, だな, だろうと, でこの, ですか, でなければ, ではあまり, ではまだ, ではもちろん, では珍, でもう, でやめ, でやめる, で一休み, で休もう, で待っ, で御, で私, なん, に, にお, になっ, にはあまり, には人家, に何, のお, の人々, の人達, の住民, の名物, の寺, の川, の注意, の猟師, の農夫, は屋敷町, は水, は静か, へ来, まではまだ, まで約, をお, を一応, を通った

2 [175件] かと思う, からお, からし, から二人, から何, から段々, から走っ, がその, がちょっと, がよかろ, が一番, が俺, が釣り, じゃない, そろそろ上り坂, だそう, でいよいよ, でお待ち, でご, でございましょうか, でしたが, ですこし, でそう, でその, でちょっと, ではこれ, ではついぞ, では昔, では珍しい, では私, でゆっくり, でよい, で一杯, で一番, で何, で子供, で幕, で有名, で止まっ, で止め, で消えた, で満足, で筆, で終り, で見かけた, で見切り, で話, で読者, と思う, なら大丈夫, にあり, にお住い, にくる, にさっき, にしかるべき, にその, にそんな, にちがい, にはある, にはいろいろ, にはお, にはこんな, にはまだ, には人, には他, には何, には宿屋, には川, には樹, には無い, には珍, にも存する, にホテル, に君, に四谷, に外科, に多く, に夜鷹, に太子殿下, に家, に宿屋, に来た, に棲む, に珍しい, に生じ, に私, に糧秣廠, に至っ, に見馴れない, に隠れ, のはず, のよう, の乾いた, の人心, の人気, の人間, の児童, の印象, の呼吸, の地味, の地形, の地所, の娘, の山道, の山間, の底, の悪い, の散, の方, の方言, の昔, の機微, の民家, の気持ち, の水, の河, の河岸, の河岸通り, の浦, の海上, の渓, の盆踊り, の程度, の習慣, の若い, の論, の路, の路次, の連中, の雀, の雪, はこの, はこんなに, はさして, はどう, はまるで, はみんな, はむかし, はよく, は一体, は一帯, は人家, は何, は便利, は全く, は危, は場末, は夜, は家, は小, は日本, は昔, は最も, は真実, は花見遊山, は雪, へ来た, へ足, までくる, までは幕, まで遊び, もすっかり, もだいぶ, より出, より悟入, らしい, をうろつく, をぶらつい, をぶらつく, をウロウロ, を中心, を少し, を歩い, を漕ぎ廻り, を通らなかった

1 [1785件 抜粋] ありきたりの, かしら, からあの, からそろそろ, からついで, からの読者, からは騎馬, からも一つ, からセメント, から一応, から先, から出られる, から割出した, から吾妻橋, から奄美大島, から少々, から左右, から徐ろ, から所謂国維会, から文脈, から望む, から植込み, から海上, から潮流, から猿若町, から真壁, から絶頂, から裾野式, から話, から起った, から陶然, から龍神, がいったい, がしおどき, がつまり, がやっと, が一番最初, が世間, が何, が切り, が大水, が小関, が恰好さ, が昔, が桶狭間, が焼けた, が発狂, が筆, が絶頂, が落, が郊外, この辺, じゃあみな, じゃと云われた, じゃ一円, じゃ別に, だけで, だった, だったわ, だらうと, ちっともおいしい, であと戻り, であること, でいっそ, でおつもり, でかかっ, でこっち, でごく, でごらん, でしばらくぶらぶら, ですね, でそろそろ, でちと, でついぞ, でどこ, での名刹清光寺, ではいさり, ではかなりよく, ではしない, ではただ人, ではとても, ではのろま清次, ではみかけない, ではアメリカ, では不吉, では二年, では例, では周防山, では塩, では守備隊長, では屡々, では彼店, では斯, では最も, では煙管草, では珍しく, では目, では穏やか, では荒物屋, では言っ, では雨畑山, では騒ぎ, では麺類, でひと休み, でみんな引取, でもかかる, でもまだ, でも同じ, でも消息, でも相当, でも評判, でよし, でカラ松, でコワリョーフ, でタネ, でプロマイドサイン, でペン, でヴィザ, で一つカサッ, で一度かた, で一番上等, で下りるだろう, で今, で仮, で僕達, で共同, で切り上げましょう, で勘弁, で唄, で塩, で大抵, で奥様, で家産, で小店, で少しぶらぶら, で巫女たち, で帰る, で引上げ, で待ってるだ, で御意, で懐中, で手, で打ち切ろう, で打切る, で拾つたの, で斬, で月, で止す, で殿, で沢山, で温泉, で熊野, で珍, で発砲, で着席, で立戻り, で筆者, で納まれ, で考えろ, で自己, で落ち合う, で行わるる, で見かけなかつた, で話頭, で起き上ろう, で釣り, で間違, で雪子, で食事, で高頭君, という頃合い, とすれ, とよく, なども形, なら下りられますね, にあ, にあらう, にありゃしない, にいらっしゃる, にうろ, にお前さん, にかん, にすばらしく好い, にちょっと, にできる, になけれ, にはいちど, にはいる, にはござんせん, にはその, にはちっとも, にはどうも, にはまだところどころ, にはイワツツジ, には一匹, には乞食, には僕, には医者, には同じ, には大木, には少く, には御, には思わしい, には月勝, には此処一軒きり, には沢山, には灰色, には珍しい酷く暑い, には碌, には自分たち, には装束, には誰, には雉子, にほんとう, にまだ, にもあった, にもとさがし来, にも因縁, にも本能寺, にも色々, にゃここよりよい処, にやつ, にりん, にアルチュ・ラマ, にドッカリ, に一寸, に中納言様, に二階, に伝馬町, に住まう, に住み, に兄弟, に出, に咲く, に土着, に塩谷さん, に大作, に子供, に小さな, に屯, に島嶼, に彼, に懲罰, に数戸, に旅, に根来組同心, に棚田, に残っ, に比べたら, に沢山, に洪水, に渡舟, に漲っ, に生え, に留まっ, に白鮫号, に神軍, に立ち廻っ, に絶えず, に聖人, に菊五郎カブキ, に虚無僧寺, に行商, に見張っ, に貸家, に踏み止っ, に達した, に金魚屋, に限らず, に隠密, に青森県, に飯盛, のうるさい, のこなし, のさかな, のながめ, のひなげ, のカフェー, のレコード, の下層売春婦, の中庸, の人たち, の何文堂, の光景, の写生, の切妻, の南部, の只見川, の右側左側, の名所, の唱え, の喊声, の土地全体, の地下, の地大部, の地理不案内, の地頭, の売春婦, の夜店, の大き, の女房, の娘たち, の子供たち, の家主, の将棋, の屋敷屋敷, の山出し, の山村, の島, の川魚, の平野, の座敷, の御馳走ごと, の心持, の意味, の所, の文章, の新開地時代, の日記, の曠野, の木, の柳, の森, の横町, の母親, の民謡, の沖, の泥, の浮気, の湖, の炭坑主, の特種, の狐, の用意, の田端田圃, の男達, の畠, の百姓町人, の矢場, の磯, の童, の素人, の縄張, の草木, の菊, の虎滅多, の表現, の要害, の観察, の諸, の豪族, の農民, の遊び人, の道筋, の郷土, の都会地, の金色, の関係, の霜, の風物そのもの, の飲屋, はあなた方, はいつも, はお前, はことにいつも, はすでに, はそれ, はとくと, はなにしろ, はひっそり, はまだ, はもう全く, はゴッタ返し, はワラビ, は三輪, は世間, は乾い, は人通り, は今春, は佐原山, は余, は便所, は停電, は先程, は凶年, は到る, は半農半漁, は古い, は同じ, は地上, は墓原, は多分, は大分霊跡, は学校, は小さい小さい, は山住い, は平素あまり人, は弁当, は御, は慣れてる, は拠り, は旗本, は昆虫採集家, は時には, は暖かい, は杉, は柴田勝豊, は極, は橋, は殊に, は波, は海面, は漢, は田舎, は皆仏教信者, は真夏, は砦, は立売町, は経世家, は自分, は荘右衛門沢, は西北原, は見, は貧乏人, は赤新聞, は遠浅, は鐘一つ, は降らない, は風, は高台, は麦, ばかり徘徊, ふかい竹藪, へお, へきた, へつく, へは滅多, へもお尋ね書, へも飛ん, へ使い, へ出来なけれ, へ商売用, へ打っ, へ用事, へ立ち廻ったら届けろ, へ通りかかっ, へ鈴屋, までお迎え, までしか水, までは完全, までは来ない, までは芥川さん, までも流れ弾, まで一帯, まで入り込ん, まで当り, まで来た, まで殺到, まで研究, まで話, まで進んだ, も, もかつて, もす, もだ, ももう, も助かるまい, も夏場, も捜したなれ, も浅草式, やったなあ, より一層, らしいの, をあるきまわる, をうろついてた, をきざ, をすべて山王下, をばあちこち, をまだうろうろ, をウロ, を俗, を右, を女房, を廻っ, を往診, を打っ, を掩, を根, を歩かない, を片, を用足し, を立っ, を総体, を見廻る, を迷う, を通過, を飛び廻る, を馬, 御決心, 最も手薄

▼ この~ (2531, 0.8%)

336 もない 335 もなく 33 なしの 27 もなき 20 はただ 19 なく完全 1412 もありません 10 のお, もなく美しい 9 の御, はもう 8 なしだ, はこの, はせめて, も無い 7 なしです, は一日 6 のお願い, の方, は一刻, もなかっ, もなく楽しい, もなく美しく, も無く

5 [13件] なしである, に, になお, に何, のこと, の苦労, はその, はどう, はもはや, は何, は拙者, は是非, もなく嬉しい

4 [15件] なく有力, なし, なしと, にある, にまた, にまだ, にもなお, の義理立て, はお, はぜひ, は早く, は自分, もないよい, もない美しい, もなく尊い

3 [19件] ありません, なくきれい, なく幸福, なしであった, にいる, には何, のない, の欲, の洞窟, はどうしても, はなんと, はわし, はわれら, は何とか, は彼, は御, は神, もなかつた, もなし

2 [107件] あるべからず, お幾, かれこれ申す, ぐずぐずし, ご迷惑, だ, つ代, ともこの, とも万事, なき名物, なくいや, なくうれしかった, なく厭, なく善, なく愉快, なく感心, なく老獪, なく魅力, なしという, にいっそう, にそんな, にどんな, になほ, にはいでじ, にもまた, にも何, にも愚, に寝, に更に, に永久, に登っ, に進歩, のよろこび, の事, の使い, の大谷風呂, の家, の希望, の幸福, の恥, の手掛り, の望み, の涙, の満足, の罪, の苦しみ, の詮議, の部屋, はあの, はお前, はそれ, はてまえ, はどんな, はない, はもっと, はわれ, は一, は一歩, は万事, は三十八人, は下屋敷, は主人, は人, は何とぞ, は兵力, は出来る, は君, は唯, は外, は女, は如何, は如何なる, は娘, は少し, は彼女, は恥, は手, は止め立て, は正直, は私, は米屋, は自身, は親分, は誰, は重ね, もがくと, もございませぬ, もない好い, もない惜しい, もない楽し, もなくうら淋しい, もなくむつかしい, もなくよい, もなく優しい, もなく可愛い, もなく嬉しく, もなく恐ろしい, もなく明るい, もなく楽しかっ, もなく狡い, もなく甘い, もなく面白い, を時々, を飛ぶ, 押して, 進むこと, 頑張つて

1 [1213件 抜粋] あの人たち, あの女, いい気, いうこと, いろ恋, おことば, おまはり, お互に, お祖母さま, から, からこれ, から五十銭銀貨, から御覧, が川床, きげん, こうし, この美しい, こらえて, さらに一鍬加, さらに何事, さらに忍術, しいて女, しいて総督, そうまで, その旅, そんなにし, そんな馬鹿, だな, つっこんで, でいくら, でしたから, ですから, でよう, で働ら, で又, で料理番, で武士風, ともお, ともご, ともに, ともに輝高, ともよろしく, とも利助, とも十分, とも愛し, とも月報, とも眞面目, とも良い, とも騒ぎ, どうして安, どうす, どうなる, どのよう, どんなに零落, どんな事件, どんな憂, どんな風, ないかなしいわかれでした, ない準備, なお一日, なお私娼整理, なきめでたきこと, なき冥福, なき恥辱, なき曲事, なき真理, なき誇り, なき難病, なくうつくしいもの, なくうらやましく思ひました, なくこっけい, なくしなやか, なくひとすじ, なくよい天気, なく一寸, なく下手, なく不愉快, なく優美, なく冷, なく力, なく印象的, なく大切, なく奇怪, なく嬉しいと, なく尊い賜物, なく張合, なく心, なく恐ろしい悲しい身の毛, なく恨めしいこと, なく惧, なく慕わしい, なく日本, なく暖かくお, なく栄養, なく楽しみ, なく淋しい気持ち, なく清潔, なく物堅き人, なく真, なく簡明, なく美くし, なく美しい事, なく美味いもの, なく自尊心, なく苦勞性, なく貧弱, なく貴重, なく違っ, なく重要, なけれど, なしそうして, なしを, なし外国, なる三, にあの, にあり, にお, にかさね, にし, にそれ位, につ, にとり上げ, にどうにも, になに, にのぞきこんだ, にはいで, には一ノ森, には変った, には白骨, には親, にむろん, にもお, にもこれ以上, にもない, にもよかれ, にも一大事, にも不才, にも国財, にも女, にも心, にも本城, にも無い佳い, にも狼藉, にも私, にも親, にも重ね, にゐる, にパデレウスキー, にマンネリング家, に一頭地, に両手, に乘, に今, に何物, に出, に原稿, に吊, に喰い込む, に垂れ, に多大, に妨げ, に学問, に孫三郎, に尚, に弱い, に御, に押し返し, に新しい, に書きつけ, に望み, に東天紅, に泥, に深い, に為, に片, に生れ, に発明, に盤桓, に立っ, に立つ, に綿, に聾, に腰, に船食虫, に蛇足, に袴, に詮議, に諸君, に質問, に載せました, に重ねる, に金時計, に頼む, ねえ, のうも満足, のところ, のふしぎ, のアイスクリーム, のワザ, の世の中, の中二階, の人心動揺, の仕様, の傷み, の千魂塚, の名誉, の喜び, の増長, の天井板, の妙案, の学問, の展開, の平和, の彼女, の快楽, の悪い, の情熱, の想像, の慾, の成功, の探索, の森かげ, の洞, の火, の焼, の用心, の祝着, の細かい, の縁, の解説, の証拠, の論及, の辺り, の遠慮, の長居, の門, の院, の願, の高原, はあすこ, はあれ, はいっそ, はうまく, はかくす, はげしき心神, はこと, はさい, はしょせん, はすべて, はそれら, はたった, はという, はとそれら, はと理解, はと自身, はどこ, はのる, はひたすら, はまだ, はもうなんにも, はやむを得ません, はわたし自身, はジョン・ストレーカ殺し, はポチャ, は一体どう, は一方, は一転, は上州吾妻, は上杉景勝自身, は世界同盟, は乃公, は予, は二官殿, は五郎左, は人間一人, は今一度京都, は仏, は仕様, は伊之助, は余り, は依頼, は光子さん, は全快, は兵団長, は刀, は前条, は勇太郎, は化物屋敷, は南宗寺, は単独, は吉田様, は吾, は唯一図, は喬, は国元, は城, は塾僕学僕, は夜, は天主閣, は天命, は女子社会, は威力, は学校, は家康, は尋常, は小癪, は山吹, は帝, は帰藩, は幸い, は広い, は彼ら, は徐州, は御用専心, は念, は愈, は我等腹, は手早く, は手荒く, は探題英時, は改めて, は敵, は文角, は旧藩地, は明日, は昔奉公, は時節, は更に, は最早, は本当, は東京, は松茸, は栄三郎殿, は武夫君, は武蔵, は残り, は永禄元年, は治郎右衛門忠雄, は深度計, は清十郎先生, は漢中王, は火星人, は然るべき, は父, は獄則, は生き, は男三人, は白旗, は皆, は直ちに, は眠らせる, は神聖, は私ども, は程遠から, は筑後守, は約束, は羽柴, は胆力, は自ら重井, は自分一人, は自殺, は自身指揮, は自重, は艦長, は花見始め, は荊州, は行者, は見る, は詮, は諸, は赤穂, は躊躇, は身躰, は途中, は道鬼, は郷里, は鉄砲, は長安, は関羽, は陸, は青々, は靴, は飛行島, は馬, は鴨田, ふざけちやゐられなかつたのさ, へあの, へもう, へ乗る, へ御, ほうって, またお前, また何, また宅, また葬式, まだ何ぞ欲しい, まだ踴, まで車, もあるまい, もう何, もう起き上る, もし生き抜く, もっと深く, もないかわいい, もないたのし, もないひどい, もない心強い喜ばしい, もない悦ばしい, もない有難, もない正しい, もない重, もなかりき, もなくあわただしい, もなくうつくしい, もなくうるわしい, もなくおかしい, もなくおもしろかっ, もなくし, もなくたのし, もなくなつかしかっ, もなくめでたいめでたい, もなくやさしかっ, もなく冷たい, もなく厚い, もなく可愛がられ, もなく可愛がられました, もなく可愛らしく, もなく変った, もなく寂しい, もなく怖, もなく恐ろし, もなく悲し, もなく愛くるしい, もなく暗く, もなく淋しく, もなく清く, もなく物悲しい, もなく用心深い, もなく良く, もなく貧しい, もなく輝かしい, もなく酷い, もなく面白かっ, もはや語らない, もボーイ長, も生き, やがて何事, より三十里外, ゐら, をとびすぎ, を御馳走, を歩い, を流れるでしょう, を行っ, 争うわけ, 会っては, 何で食う, 労するには, 古神, 困らされては, 墜ちよう, 好い機会, 尋ねるすべ, 少々の, 引っぱったら足, 強いて, 待たせるの, 御軫念, 忙しい思ひ, 我が儘, 払わないと, 拗るも, 控えては, 斬るの, 施すすべ, 更にいうべき, 未練がましく申したく, 極力敵方, 歩く事, 殖やせば, 永くむさくるしい人間, 求めて, 深く会話, 煽らして, 生きたところ, 痛い目, 知らぬ顏, 笑わせられたら死んで, 美味いこと, 若樣, 行く氣, 見つめられること, 話す必要, 負わされるの, 踏み止まって, 遅くなる, 長くは, 雇われた話家, 預けて, 黒く干し

▼ この~ (2252, 0.7%)

154 では 66 に於 34 でも 27 に就い 19 から見 16 に注意 11 から云っ, になる 10 から見れ 8 である, にある, に注目, を明らか 7 につき, よりし 6 から云う, から考え, で私, については私, にふれ, に就, は僕, を考え, を考慮 5 からいっ, から見る, が最も, が私, については後, について私, に来る, もまた

4 [15件] が大切, であった, であなた, においては彼, において私, に於い, に重き, は十分, は安心, は実に, より見れ, を力説, を強調, を深く, を追求

3 [33件] からし, から僕, でそれ, においてこの, においてはほとんど, においては彼ら, においてもまた, については彼, に力, に横たわる, に深く, に目, に着眼, に触れ, に関係, はよく, は同じ, は大いに, は大変, は少し, は必ずしも, は明らか, は重大, は非常, も私, をどうか, をまず, をハッキリ, を一応, を利用, を最も, を注意, を私

2 [118件] からいう, からいえ, から云え, から考える, から論ずる, がきわめて, がすでに, がまた, がよく, が何, が問題, が実は, が将, が西洋, が重大, が非常, が面白い, じゃ, だ, だけで, だけは不良少年, だよ, で, でいくら, でこの, でほとんど, で不敬事件, で他, で何等, で如何, で容疑, で彼, で彼等, で日本, で最も, で競争, で詩, で非常, に, にあり, においてお, においては, においては改進論派, においては自由論派, においては該論派, において何人, において境遇, において大いに, において自分, において見れ, において解脱, において足利時代, にかかっ, にかかる, についての彼女, についてはあなた, については人間, については僕, については極めて, についても御, について世, について最も, について確信, について非常, に向っ, に在り, に変り, に大, に大いに, に存する, に意, に気, に留意, に疑問, に私, に触れた, に連関, に関する彼, に限っ, の反省, の右, の横, の相違, は, はあまり, はかの, はその後, はどう, はやや, は充分, は却って, は大切, は恰も, は既に, は日本, は比較的, は注目, は特に, は社会科学, は私, は自然科学, は酒, も考慮, をどう, をはっきり, をもっと, をよくよく, を修正, を外, を大いに, を忘れ, を指し, を指摘, を明, を理解, を裏書, を話し, 少しも

1 [1369件 抜粋] あの歌舞伎芝居, あらためて上塗り, おのずから明らか, から, からそれ, からであります, からなら, からもない, からも判る, からも砂防工事, からヘラクレイトス, から今日, から入っ, から尋常, から当然, から来る, から申し, から眺め, から続い, から観察, から言っ, から説明出来, があやふや, がかなり, がどこ, がはつきり説明, がまずはっきり, がもっと, がやはり, がわかっ, がハッキリ, が両性相剋, が作者, が先, が却つて, が同じ, が大事, が大変デリケート, が寛大, が従前, が所謂, が明らか, が果して, が比較的, が深刻, が疑わしい, が而, が著しい, が詳細, が論争, が重要視, こそわが, こそ大切, この頃, さすがは, その酒, だけから言う, だけです, だけでもまずどうか, だけでも大した, だけでも心霊学, だけなら, だけはあくまでも, だけはどうしても, だけは不思議, だけは僕, だけは如何なる, だけは断言, だけは特に, だけは言, だけよ, だけを彼等, だけ切り離し, だったの, であって, であろうと, でいろいろ, でさえ, でだけはすこし, でのみ一般, での教養, での認識, でひどく, でも充分遺恨, でわたし, でスペンサー, でハンディキャップ, で一致, で二十日, で僕等, で全く, で到底, で取り逃がし, で品物, で変り, で存外, で寧ろ, で幸福, で広告欄, で彼女, で思い当る, で意見, で我々, で支那, で敵, で新国劇, で歴史, で決定, で物理学, で独歩, で疲れる, で私たち, で稀, で精確, で羊羮, で自然主義, で芭蕉, で著しい, で言うなら, で賛成, で重大, で顕微鏡写真, とある, どう判断, どう返事, などは私ども, なの, なん, にあっ, にあらん, にいたっ, にいわゆる, においてかの, においてである, においてはお, においてはすなわち, においてはなお, においてはパリー, においては今日, においては依頼, においては先, においては吉田, においては奴隷, においては恢復, においては新, においては曾, においては正直, においては海陸, においては祖先崇拝国民, においては自由帝政, においてまさしく, においても充分, においても彼, においても既に, においても芭蕉一門, においてわがまま, においてゴドウィン氏, においてヘーゲル, において世上幾多, において両者, において争うべからざる, において人類, において何事, において個人工藝家, において先生, において効果, において古今政界, において同様, において国民論派, において大, において天下婆羅門僧, において宗教, において対蹠的, において帰化漢人, において彼ら, において快楽説, において成功, において探偵小説家, において新, において日本, において東洋画, において欠, において毛織布, において深く, において特に, において甚だしく, において純然, において自, において読者, において長房, におき, における同志小林, にかけては一人前, にかけては世界, にかけては彼, にかなり, にしかない, にたしか, についてあなた, についてかなり, についてさらに, についてぜひ, についてのわたくし自身, についての認識, についてはいづれ, についてはおそらく真に, についてはこれ以上, についてはさらに, についてはたしかに, についてはなかなか, についてはわれわれ皆, についてはハンス, については今, については何人, については先生, については土語, については専門家, については支那, については日蓮, については校長, については深く, については疑問, については自分, については諸氏, については道元, についてももっと, についても真偽, についても諸君, についてわたしたち, についてプライス博士, について一般, について一通り, について他, について先生, について合理的, について大きな, について寺田先生, について弁護, について徹底的, について教える, について検事自身, について激論, について疑, について疑問, について自ら, について詳しく, について議論, について邦人, について黒田氏, につき私, につき質疑, になれ, にのみ存する, にはすこし, にはオウイン氏, には全然, には触れ, にまた, にまで及ばざりし, にもとづき, にも浴衣, にニュース映画, に一種, に人間, に何ら, に切実, に努力, に向かい, に喜び, に大きな, に存, に対するかなり, に対する注意, に対する誤解, に差別, に彼, に思い到らざる, に意識, に懐疑, に払うなら, に斉魯河間九篇本, に於ける, に根本的, に比較的, に気がつくなら, に気づい, に気づき出した, に気付かない, に深い, に無意識的, に生れた, に発し, に盲目, に眼, に結び付け, に自ら, に自覚, に興味, に触れよう, に謹慎, に達すれ, に関しいまだ, に関してのロラン, に関してはゲーレン, に関しては三上, に関しては例えば, に関しては確か, に関してひろ子, に関しても今日, に関して代, に関して当, に関して非常, に関しよほど, に関するその, に関するハーシェル, に関するワルラス, に関する心理的考索, に関する正しい, に関する相違, に関する社交的, に関する私自身, に関する行為, に関する諸般, に関心, に集約, のうま, のみからいへ, のよう, の価値, の商売熱心, の態度, の批難, の様子, の理解, の結論, の許し, の追求, の高貴性, はいくら, はうなぎ, はかなり, はじゅうぶん, はすでに, はそれほど, はちがいます, はとくに, はね, はひどく, はまだ, はみんな, はよくよく, はわが国, はデカルト, はファラデー, はプロフェッショナル, は一応, は不明, は中国, は五十年前, は今後, は今日, は伊達捷平, は例えば, は先, は六三制, は分からぬ, は到底, は動かない, は単に, は又, は同様, は国民精神総動員, は大寺警部, は天才, は実は, は将来, は小さい, は幾, は当時, は後で, は意, は我が国, は抜かり, は日本国民, は明, は暗示, は最も, は机竜, は根本的, は歴史社会, は注意, は滝川政次郎氏, は狗, は用心, は百貨店, は社, は米, は翁みずから, は芸術, は西洋, は論議, は豊臣家, は違う, は間違い, は順序, ばかりを考えた, への究明, へ念, まだまだ私, までは認め, まで学問, まで決定, まで論定, もいかが, もっと俗悪, もなお, もゆるん, も亦, も大いに, も巧, も改めて, も研究, やはり隈, よほどお互い, より推測, より言え, より論ずる, らしい, をかなり, をことごとく, をそれとなく, をつきつめ, をとくと, をなお, をはつきり, をもう少し, をも興味, を一つ, を一寸, を一般, を中心, を予め, を介し, を具体的数字, を十分, を協力, を君, を学ばずし, を少しく, を彼等, を忘れないなら, を忘却, を怠らなけれ, を感銘, を抗議, を捉えよう, を教育, を明らめね, を普通, を本書, を根本的, を気づいた, を混同, を特筆, を申し立てよう, を知らぬ, を突, を自分, を興味, を見きわめる, を見失う, を見逃がし, を解しましょう, を記憶, を誤る, を説明, を諒解, を諦め, を超える, を軽んずる, を辿れ, を逆転, を重んぜず, を重要視, を除け, を黒田氏, 云うまでも, 全く他, 切に先生, 到底春陽堂, 多少似, 大いに興味, 少なくとも読者, 最も明らか, 極めて尋常, 然し君, 甚だ文化的, 益々難解, 詳しい分析, 重ね重ね銘記

▼ この~ (2166, 0.7%)

33 の人 22 のため 1817 は自分 14 のひと 12 の口 11 の顔, はおれ 9 のこと, は何者 8 が自分, の前, はどう, を連れ 7 は私 6 の手, はどこ, はまだ, は何, を愛し

5 [12件] が私, だ, と一緒, の姿, の方, の肉体, の首, はお, はもう, を, を殺す, を見る

4 [24件] が, がこの, が好き, だったの, ではない, とこの, に気, のよう, の事, の家, の淫蕩, の病気, の素性, の言う, の言葉, の足, はいつ, はこの, は人, は処女, をどこ, を殺した, を知っ, を見

3 [44件] があの, がその, がまた, が僕, というの, といっしょ, となら, との関係, と別れる, に心, に相違, のからだ, のどこ, の仕事, の凝視, の名, の声, の心, の性質, の持つ, の持物, の最後, の本, の為, の眼, の表情, の頭, はいったい, はその, はそれ, は何処, は俺, は少し, は彼, は恐ろしく, は男, は船, は随分, もまた, よ, をお, をここ, を放免, を母

2 [146件] か, から淫蕩, がここ, がこんな, がどうして, がなぜ, が出, が夢, が容易, が居る, が死んだ, が殺された, が美しい, だけには限らない, だつたの, で, であった, です, でなければ, でよ, とお, とき, とは限るまい, と二人, と同じ, と対する, なの, ならば, にある, にくつ, にこんな, にはまだ, には一目, には亭主, には生れ故郷, に会った, に施し, に自分, に興味, に訊け, の, のした, のそば, のところ, のやう, の不具, の並々, の亭主, の今, の住居, の何処, の先生, の児, の内, の叫び, の噂, の場合, の外, の天性, の姿態, の対象, の強かさ, の強情, の心持, の意志, の態度, の持っ, の最初, の死, の気, の浮気, の異常, の癖, の目, の相手, の相棒, の縹緻以上, の罪, の美, の美し, の胸, の自殺, の落ちつき, の身の上, の運命, の部屋, の魂, の魅力, はある, はうぬぼれ, はお玉, はこうした, はどんな, はなかなか, はまた, はまるで, はもと, はもはや, はオッチョコチョイ, は一生おれ, は今, は今日, は何とも, は何ん, は何物, は単純, は厳格, は奉, は娼婦, は容易, は己, は年, は悧口, は昔, は武家, は父, は生き, は用, は着物, は笑っ, は美しい, は聾, は近頃, は逆上, は髪, も今晩, も時折, も東京言葉, をおれ, をどう, をわれ, を助け, を妻, を完全, を恋人, を手, を揺さぶる, を殺させる, を殺し, を申, を番所, を自分, を自由, を荷, を見た, を身請け

1 [1361件 抜粋] あおれ, ある朝, かこの, かと思はれる, からこう, からは何ん, から一, から借りた, から受け, から可愛がられ, から大店, から嬰児, から手掛り, から搾ろう, から筋, から若, から起きろ起きろ, から頼まれ, がいきなり, がお, がきわめて, がこう, がそう, がたしかに, がつらつら, がどう, がどんな, がべつだん, がまだ, がやってくる, がジナイーダ, がゼラニュウム, がヨウさん, が上京, が乘, が亂, が今, が何者, が六カ月間入牢, が又, が四五日, が外, が大学出, が如何にも, が威嚇, が小利口, が己, が平気, が座席, が怒る, が怪しい, が情婦筆頭, が扱えない, が持とう, が掘, が明日, が最近, が最近紐育, が服, が殺される, が毎夜, が江戸, が深山, が温かい, が狐, が真ん中, が眼元, が節子, が縊れ, が自由, が若, が變化, が通る, が重大, が闖入, が顔, が髪, こそこの世, こそ狂人, この時艶, さえ捕縛, じゃあなかっ, だけが人, だけが親爺, だけは, だけは正真正銘, だけをここ, だけ初め, だそれ, だって信玄袋, だな, であったこと, であると, でございます, ではありません, でもそう, でも自分, で昼間, とおれ, としての願, とその, とどちら, との同棲, との縁, との辛酸, とは長い, とも公, とやがて, とを思い比べ, と人生, と以外, と会うた, と共にさまざま, と初めて, と合わない, と大喝, と差向い, と情事, と最後, と疑う, と結婚, と給仕頭, と繼母, と親しく, と近々と, どうやら女役者, なぞに比べ, なら家, なら料理茶屋, なん, にかくまわれ, にこれ, にすてられれ, にそんな, にだけは優しい, にとって自然, にとりつかれ, にはいささか, にはその, にはたしか, にはどう, にはなんとなく, には乳呑児, には何, には何処, には剣難, には普通, には無い, には発火, には秘密, には自分, には見覚え, には鐵火, には随分, にばかりはかしわ, にふところ, にもこの, にも同じ, にゃ何一つ罪, にイタズラ, にベーゼ, に二重, に会う, に何ら, に優しい, に出っくわし, に口, に大望, に女らし, に対してはそうポンポン, に対して酬, に対するとどうも, に少年, に引きずりひん廻される, に惚れ, に惚れました, に接近, に時々, に柿, に殺される, に注目, に甘えかか, に用, に相当, に精神的, に罪, に自然, に見覚え, に贈, に近づく, に逢い, に遇, に間違い, に限っ, のあこがれ, のいた, のいる, のうち, のこうして, のすぐ, のせい, のたつた, のなじみ, のひす, のひと達, のみに強いられた, のハリアイ, のミナリ, の上, の不意, の主人, の互に, の今日, の体, の俤, の働き, の兒, の処分, の出来ぬ, の功名心, の勝手, の十年, の印象, の叔父, の叱られぬ, の呪わしき, の唇, の土地, の夢, の奇声, の妹, の嫣然, の実体, の家屋敷, の寿命, の幅, の影, の心像, の怜悧, の性情, の性格的, の恵まれた, の情夫, の慰藉, の所業, の招く, の持前, の持論, の放, の教え子, の敵, の智惠はく, の望み得べき, の本統, の楽, の檀那, の歴史, の毒氣, の気前, の法諡, の激しい, の無作法, の爽やか, の特長, の獣的異変, の現住所, の生命, の生涯, の用い, の着, の神経, の筆跡, の精神, の聰明さ, の肩, の舞台, の苦心, の虚栄心, の行動, の街, の言, の記憶, の誘惑, の説, の貞淑, の足もと, の身の上咄, の身分, の達辯, の酔い, の鍛錬法, の面影, の風, の馬鹿さ加減, の體臭, の黒髪, はあまりに, はあれ, はいいました, はいつのまにか, はいよいよ, はうわ, はかのむらさき鯉, はこういう, はここ, はこんなに, はしょッ, はそいつら, はそもそも, はた, はだめ, はとても, はどういう, はどうしても, はなか, はなにもの, はね, はほんとう, はまったく, はもうちゃんと, はやはり, はよほど, はわざと, はわたくし, はアルキシー, はオシ, はカシム, はタイプライター, はナンシー郊外アヴィアン村, はビュルストナー嬢, はルパン, は一度, は一見, は三島家, は下着, は世界一, は主人, は主膳, は二三年前, は云, は人違い, は今朝, は以前両国辺, は何事, は何時結婚, は元帥, は全部筋書, は兵馬, は初め下向, は加賀, は十五, は十日, は又, は古市, は嗅ぎ付け, は坂下, は大した, は大方, は天性, は女軽業, は婦人病, は嬉しい, は宿, は小屋, は左翼, は常に, は常道, は幸福, は心から, は忠義, は思ひ, は愚かさ, は成り切れない, は我儘, は捕吏, は新撰組, は既に, は昼間, は最前, は机, は柏木, は櫓下, は歯, は死なぬ, は気違い, は江戸, は浜, は淋し, は溺れる気づかい, は無頼漢ども, は独軍, は琵琶湖, は生れた, は男勝り, は盛ん, は看護婦, は立派, は羅馬, は耳, は肺, は自殺, は芹沢東洋, は表, は西洋絵, は見物心理, は親分, は豊太閤, は貴様, は転ん, は迷え, は道づれ, は重大, は金銭, は間違っ, は非合法, は飛んだ, は高島, ばかりの家, ばかりを真正面, へは一伍一什, も, もいずれ, もこの, もこんにちは, もそうした, もつれて, もやはり, も二十四五, も僕, も塀, も尼, も我が, も明治時代, も毎日自分, も男, も自分, も若し, も青扇, よこの, をいつ, をお前, をからかった, をす, をちょ, をなぜ, をひとり, をもっ, をやつら, をコキ, を一目, を井戸, を何とか, を使用, を切っ, を刺す, を古い, を叱っ, を奇麗, を嫌っ, を射落とそう, を引きいれ, を形容, を後, を思わず, を愛しかけ, を憎む, を憎んだ, を扉, を打砕こう, を招い, を捨てた, を撮ろう, を新鮮, を更によく, を死なせなく, を殺さね, を泊め, を溺愛, を犬, を生さ返らせ, を相手, を称し, を突出, を苦しめたら, を苦しめ汚した, を襲い, を見かつ, を見据えました, を記憶, を誘惑, を護っ, を返す, を追い出す, を逃し, を道伴侶, を還した, を雇った, んとこ, 愛らしい男児, 生きて

▼ このまま~ (1847, 0.6%)

131 にし 24 でいい 21 死んで 16 黙って 14 じっとし, の姿, 放って 11 で行け, の状態 10 帰って 9 お別れ, 別れて 8 でいる, では, ではいけない, 捨てて 7 だと, ほうって, 帰るの, 放して 6 そっとし, で, 別れるの, 行けば 5 で失礼, にはし, に捨て, 帰っても, 消えて, 黙っては

4 [17件] お帰り, すぐに, でいれ, でこの, では自分, で行く, に, にお, になっ, の方, ほって, 寝かして, 寝て, 抛って, 死ぬの, 死んでも, 進んで

3 [31件] いって, お暇, このまま, この家, でいたい, でいたら, でいったら, でいつ, でお, ではすむまい, ではやがて, では済み, では済むまい, でよろしい, で居る, で居れ, に放任, に残し, のほう, のめのめと, の関係, 出て, 帰る, 帰ろうかと, 打っちゃって, 放っといて, 死なせて, 死んでは, 溶けて, 行こう, 進むこと

2 [95件] いて, おいと, おめおめと, お城, お帰, お見のがし, かえって, ぐずぐずし, こうし, この場, この馬, じゃ, じゃあんまり, じゃだめ, じゃ引込め, じゃ私, ずるずると, そっくりし, だまって, つけて, でい, でいた, でじっと, ですと, ではあと一時間, ではすまない, ではだめ, ではとても, ではどう, ではならぬ, では俺, では帰されない, では捨て, では決して, では海, では海底, では済まされない, では済ませない, では済まない, では自然, でやられた, でよい, で夜, で放っ, で済ます, で済め, で私, で終っ, で置く, で行ったら, で辛抱, で進め, にこの, になすっ, になる, には捨て, にもし, に免, に別れる, に打っちゃっ, に放っ, に放棄, に放置, に置く, に見捨て, のお, の句, の形, わかれて, 乗って, 別れること, 坐って, 帰すこと, 帰ったら俺, 帰らねば, 帰るも, 帰る気, 持って, 捨ておいては, 放っとくと, 死んだ方, 残って, 生かして, 置けば, 聞いて, 行って, 見遁, 逃がして, 逃げて, 逃げ出して, 逢わずに, 連れて, 進めば, 過ぎて, 隠して

1 [1098件 抜粋] あっけなく別れる, あの覆面, あの青年たち, いけば, いたほう, いっちゃって, いては, いよう, いること, いろと, うまく地上, おいては, おくと, おめおめ江戸, おられるつもり, おわかれしたい, お別れいたし, お屋敷, お思い, お持ちかえり, お止どまり, お白洲, お絶えなさる, お見のがし下さいませ, お逃がし下さいまし, お静, お髪, がいい, くらい夜, こうしてご, こうして居りましょう, こうして私, こうやっ, このあたり, この人々, この土地, この地底, この場所, この家庭, この山路, この年, この村, この者, この部屋, ご滞在, さわっては, しばらくの, じっと年, じゃあおけねえ, じゃあっし, じゃあ二人, じゃあ帰, じゃあ済まされねえ, じゃいられない, じゃかえって, じゃすまん, じゃやがて, じゃア駕籠, じゃ僕, じゃ女房, じゃ往生, じゃ死なない, じゃ済まねえ, じゃ蛇, すぐわし, すぐ包囲態勢, すぐ殿, すこし気, すごすごけ, すてて, すでに観賞, すましたほう, すませる気, すんなりお返し, ずっとお, ずっと居れ, ずつとこの, そっくりこうして, その座, たちます, だから梨枝子, だっていい, つくねて, であっては, であなた様, でいく, でいたなら, でいます, でうや, でおわっ, でかね, でさし, でしょうか, でだ, でできよう, でどこ, でなん, ではあまり, ではあんまり, ではいけぬ, ではいない, ではいられない, ではお, ではおさまりますまい, ではおれたち日本人, ではこちら, ではこれから, ではしようが, ではすまされません, ではすみ, ではとうてい, ではどうせ, ではならず者, ではばらばら, ではぼく, ではやりきれない, ではよほど, ではダラダラ, ではマリ子, では三人, では人心, では使い, では僕, では動かし, では危険, では地上, では地面, では夜叉, では好き, では実に, では家, では帰られなくなりました, では帰れぬ, では引合わない, では彗星二号艇, では怪塔ロケット, では懲罰委員会, では戦い, では手, では捨ておけん, では本艇, では武夫, では殺される, では気, では汽船, では治まるまい, では済まされなかった, では済まされますまい, では済ませなかった, では済まん, では熊本城, では狂人, では病気, では目的, では私たち親子三人, では第, では結局姑息, では置かない, では置けない, では腰, では藩, では語, では辛抱, では通されない, では過去, では閑却, では駄目, では鬢, でもう少し, でもすぐ, でもよく, でややしばらく, でゆけ, でペン, で一心不乱, で二人, で今, で何事, で俺, で出, で別れたら, で参ります, で同類, で夜明け, で大丈夫, で如来, で安んずる, で寝る, で小さく, で居, で居ります, で差し出す, で帰れる, で引上げ, で引込む, で御, で心, で思い切る, で我, で手術, で押しだせ, で押せ, で斬り立てられる, で時, で止むべきで, で死ん, で永遠, で済まし, で済ん, で無事, で生活, で直らなかったら, で空々寂々, で立ち退い, で經濟戰爭, で置いとく, で置けない, で苦しゅう, で行き, で行ける, で行っ, で行ったなら, で退く, で進ん, で進んだなら, で過す, で阿, で雪, で食え, とおっしゃっ, とまって, どうくつ, なおらずに, ながいお, ながくタル, なら死ぬるより, な消極策, な無頓着, にいれ, にうちすて, におけ, にかの尼, にした, にそっと, にてなお, にては何時, にて寐入らん, になつ, にはしまへん, にはすまされねえ, には彼自身, には打捨ておかれません, には捨て置かれじ, には棄ておかれぬ, には済まさぬ, には済まされぬ, には済まぬ, には置かない, には見のがせぬ, には許し, には通らん, にほっとく, にも置かれない, に二時, に凍え死なん, に制度, に唐天竺, に塩冶, に娘, に差置い, に帰す, に引っ返す, に引下がれん, に手, に捨て置いたら, に救われる, に時, に暮らし, に死な, に永別, に流され, に消える, に済まし, に済む, に無為, に眠つたらこれ, に続く, に続けさせ, に置け, に胸, に葬っ, に見捨て行っ, に見過す, に送る, ねむりたいと, のこと, のす, のめり倒れて, のわたし, の仮寓, の備え, の勢い, の單純, の形式, の方向, の服装, の樹, の淡い, の現状, の私, の考え, の調子, の醜い, の面, はんたい, は進めない, ひき返すわけ, ぶじに, ほったらかしても, ぼんやり歩き続け, まいります, また帰っ, むなしく帰らせる, むなしく還らない, もう一度持っ, もう二度と顔, もう少し走らせ, もう彼, もすこし, もつと, ゆるして, よくなれ, わかれては, わが目, をすぐ, ズルズルし, 並んで, 亡くなって, 亡ぼして, 会わないか, 伸びて, 住みついて, 保ちそう, 保つて, 信じるとして, 入れるのいや, 共に死なん, 凍り付いて, 出かけましても, 出たらてっきり, 分らないその, 分れては, 別れたらこれから, 別れられねえだろう, 別れるよう, 匿って, 又土, 取はず, 埋めても, 変えなくても, 寂しさ, 寝よう, 寝ようよ, 寝るだけ, 寝るより, 差し上げる事, 帰しちゃ, 帰せば, 帰ったら桂子様, 帰っては, 帰らなかったらどう, 帰られるもの, 帰りたまえ, 帰りますわ, 帰りやしょうか, 帰ると, 帰るまい払い, 帰る方, 帰れと, 帰れるか, 帰ろうかとも, 引きあげられたら骸骨男, 引きかえそうかと, 引きさがられませぬ拙者個人, 引き下がって, 引き籠って, 引ったて, 引っ込んじゃ, 引っ返して, 引下がるよう, 引込めるけ, 引返しては, 引返すわけ, 従いては, 御主君, 御命令どおり, 御発駕, 御自滅, 御近所, 御隠居, 悪くなっ, 戻ること, 手間取っては, 打っちゃっても, 打ツちやつて, 投げ込んで, 押し切れば, 押し進んで, 担いでるな, 捨ておいて, 捨ておくと, 捨て置いては, 捨て置かば, 捨て置くわけ, 捨置くこと, 控えて, 放っては, 放つの, 散って, 早くやれ, 書きつづけると, 朽ち果てるとも, 棄ておく譯, 棄てては, 止まる決心, 正題, 死なしては, 死にたいなあ, 死に得たらどんなに, 死ぬ心配, 死ねぬ, 死んだら自分, 殺して, 沈ませて, 泊まって, 泣きねいりには, 消え去り申すべく候, 済むべきでは, 為す無く, 燃えつづけねば, 生きうめ, 生き延びる工夫, 登っても, 眠って, 眠られそう, 眠るが, 眠れぬぞ, 知らぬかお, 硬ばった, 突出すが, 立ちあがると, 立ち別れるの, 立ち寄りも, 立ち退けぬという, 立去ろうと, 絞めおとすぞ, 続いて, 縛られて, 縮もうという, 置いて, 老いこむの, 腐らして, 薄く切っ, 行かずに, 行き過ぎては, 行けるだけ, 行ったならば, 見て, 見のがすわけ, 見上げ見下ろしただけで, 見捨てるには, 見棄, 見過ごし置くこと, 見過すという, 解けない感情, 認めて, 負けて, 走って, 踏みとどまって, 轢かれて, 返すも, 追ッ, 退くわけ, 逃げだすわけ, 逃げられれば, 逃げるぞ, 逃げ出すべきところ, 這って, 逝って, 進んだら僕, 過したいと, 遮る敵, 重い病気, 長らえて, 降り続こうもん, 離せるもの, 飛びます, 飛んで, 飲み続けようという, 飲むの

▼ この事件~ (1833, 0.6%)

41 に関係 36 の真相 21 の解決 19 の犯人 14 の謎 13 のため 12 から手 11 に就い, の底 10 を解決 8 に何 7 の中, の結末 6 に就, に限っ, の内容, の裏, の関係者, をどう

5 [17件] があっ, に重大, のあった, のすべて, の中心, の動機, の性質, の捜査, の真犯人, の結果, の起った, の顛末, は, は最初, を担当, を研究, を解く

4 [17件] について何, に大きな, のこと, のどこ, の名称, の渦中, の発端, の落着, の責任者, の起こった, の起る, はこれ, は全く, は私, は解決, をお, を報告

3 [31件] が平次, と関係, にどんな, になん, には何, には関係, に無関係, に關, に非常, のかげ, のアヤ, の一切, の報道, の探偵, の探索, の最初, の最後, の特徴, の発見者, の秘密, の記事, の鍵, はその, はよほど, は意外, もまた, を, をどんな, を依頼, を探偵, を観察

2 [122件] が, がいわゆる, がどう, がなく, が出来した, が北支問題, が如何よう, が彼, が解決, が起っ, であの, では最初, と何, に, にある, にかかりあった, についてお, についてはいずれ, について何事, にはその, には一人, には何ん, には教えられる, にひっかかり, にひどく, にまだ, によって社会的関心, によつて, に係り合い, に充分, に全力, に容喙, に対する政府, に手, に最初, に深く, に現われた, に私, に誰, に関して何, に飛び込ん, のうわさ, のよう, のヤマ, の兇器, の全体, の前, の原因, の場合, の失敗, の女, の張本人, の当初, の応援, の性格, の恐竜, の成行, の指導精神, の最大, の本当, の核心, の根本, の正体, の犯罪現象, の生, の発展, の直後, の眞, の眞相, の真っ, の真実, の眼目, の神秘, の糸口, の経過, の結び目, の背後, の裏面, の証人, の調査, の起り, の進展, の題名, はいつ, はすっかり, はなかなか, はますます, はまだ, はもう, は三輪, は何, は内, は前, は勿論, は平次, は後々, は急, は日本, は早く, は簡単, は終った, は自分, は落着, は迷宮, ほど平次, も解決, をお話し, をわすれ, を一氣, を八五郎, を契機, を引受けた, を忘れ, を怪しい, を新聞, を知る, を秘密, を考察, を裏, を解釈, を記録, を重大視

1 [1097件 抜粋] あって, から, からは強い, から君, から文学的, から解放, から身, があ, がいくら, がおしまい, がかたづい, がす, がそんなに, がどういう, がへん, がキリシタン, がデカデカ, が一税務署員, が世間, が何とか, が何処, が先ず, が判った, が周さん, が天皇, が始まる, が導火線, が当然, が悲しむべき, が攘夷そのもの, が新聞記者, が村じゅう, が殺人事件, が片づく, が真に, が私, が結局牛方, が翌日, が自殺, が藩中, が詳しく, が議会, が起きた, が起こる, が起らない, が起るまえ, が迷宮, が通報, が鎮まっ, このかた, だけが大して特に, だけには降参, だけは今, だけは例外, だけ警察, でありましょう, でいちばん, でかなり, でどういう, での最も, ではおれ, ではそれ程, ではどこ, ではまったく, ではワシリ, では僕, では博士, では気, では被告, でもけっして, でも折角, でも舞台, でわたし, で一番皮肉, で何度目, で初めて, で名, で大井子, で少なから, で彼, で検事局, で歩, で相談, で立役者, とが結びつけられ, とはまるで, ともいえぬ, とを如何, と例, と同じ, と呉井嬢次, と照合, と闘っ, などとも関連, なんかとても, にあなた, においては告訴, において幽霊, におけるヅーフ, における意義, にかぎっ, にけばけばしい, にし, にそんな, についてこの, についてのみ優柔, についての発表, についてはいまだ, についてはどちら, については何事, については最も, についても彼, について一人, について一番, について五箇条, について何彼と, について大勢, について始め, について必ず, について悪い, について最も, について熱心, について相当, について私達, について突然, について考えた, について語る, にとる, にはあらゆる, にはかかわっ, にはすっかり, にはたいへん, にはちょっと, にはなにか, にはもう, には二重, には余程, には全く, には再々アイビキ, には判然, には名, には妙, には常に, には平田門人, には我々, には救い, には更に, には犯罪, には疑うべき, には第三者, には表面, には隠顕両様, には餘程, にふれ, にまさる, にもそれ, にも何とか, にも直ぐ, によってうわべ, によってコルテス, によって初めて, によって受けた, によって惹起, によって表面, にわからない, にドンナ風, に一層, に一日一ぱい心身, に乗り出し, に乘, に依っ, に凄, に出, に参画, に嘴, に如何なる, に対してあらゆる, に対してまだ, に対して多少, に対して少し, に対して恐怖, に対して自己, に対するわたし, に対する判断, に対する吾輩, に対する最後, に対する法律的考察, に対する絵, に対する行動, に少なから, に引っかかった, に心身, に感じさせる, に捲込まれる, に於ける, に最も, に棚田判事, に気がついた, に深い, に犯罪, に狂奔, に生命不滅論, に疲れ果て, に直接手, に終止符, に聯関, に至っ, に蟹, に話, に関してわたくし, に関して今, に関して僕, に関するあらゆる, に関するなん, に関する出来事, に関する報道, に関する疑問, に関する精神科学的観察, に関する詳細, に関聯, に際しても慰め, に頭, の, のあつ, のいっ, のうしろ, のおかげ, のかかりな, のこれ, のため公判廷, のなぞ, のふくん, のほか, のもう, のオーソドックス的権威, のデテールズ, のファクター, のホントー, の一発展, の下手人, の並々, の中心的, の主人そのもの, の主任, の主題, の仕掛, の依頼人, の係り, の全, の公判, の六, の前後, の勃発当時, の取調べ, の各種, の善後策, の大きな, の大詰, の天, の奧, の始末, の容易, の審議, の帰, の年代, の幾何学量, の当座, の影響, の心臓, の恐ろし, の悪霊, の悲劇性, の意義, の成りゆき, の成因, の才智, の担当者みたい, の捜査主任, の数年前, の普通, の暗黒, の有る, の本体, の本質的, の根本的説明, の気の毒, の浪漫的, の爲, の片鱗, の特異, の猶, の異常, の疑問一覧表, の発生, の発生当時, の登場人物, の目的, の眞ん中, の示す, の社会的意義, の第, の終始, の経緯, の緞帳, の興味, の若い, の處置, の裏話, の覚書, の解決案, の記述者, の証拠品, の説明, の警畸, の豫審決定書, の質問演説, の起きた, の跡始末, の重大さ, の重大性, の開始, の難点, の魅力, はあらゆる, はいっそう, はうや, はお前さま, はかなり, はこういう, はこの, はさっぱり, はすくなくとも, はすこぶる, はそのまま, はそもそも, はそれで, はそんな, はただ, はちっぽけ, はついに, はどういう, はなか, はひみつ, はほとんど全く, はぼくら四人, はまさに, はみなさん, はもし, はわけ, はわれら, はウヤムヤ, は一小説家, は一日, は一軒, は事件そのもの, は今に, は今頃, は何者, は信長, は全然, は其後犯罪研究家, は凡て恋, は判然, は到底, は半蔵, は原子爆弾, は君, は善良, は土居三津子, は大, は大阪, は如何なる, は存外, は尾州藩, は常識, は当分埓, は彼, は従来, は從來社會改造, は忘れられ, は我々, は捨吉, は新, は明るみ, は明瞭, は更に, は有耶無耶, は本当は, は根本, は植物学, は殊更, は江戸, は洪秀全, は爺さん, は狐, は畿内, は省作, は示唆, は私ども, は簡單, は結局, は総督府, は美しく, は著者, は表面, は見方, は読者, は警察, は近ごろ, は迷宮入り, は関係, は隣家, は非常, は鼓賊, ばかりはガラツ八, への興味, ほど巧妙, もこれ, もそろそろ, もたちどころに, もどんな, もやっと, も一応, も下山氏, も五代綱吉時代, も割合, も手, も星, も無事, も終りました, よりも私たち, をうけもつ, をおどけ切った, をきっかけ, をこの, をその後, をどういう, をなお, をなんとか, をひきうけられた, をめぐつ, をもて余し, をキッカケ, をジャーナリスチック, をスッカリ頭, を一小事, を不, を二様, を他, を伝えた, を充分, を切掛, を厳重, を取り返し, を唯一, を嗅, を境, を序開き, を強力犯係, を念頭, を思ひ出し, を惹起, を承知, を捲き起した, を揉み消そう, を新聞紙月並み, を暗から, を書き立てました, を最初, を未, を機会, を正式, を毫, を決済, を清算, を無い, を猶, を監督委員会, を真先, を知っ, を知らせ, を知りました, を組み立て, を聞いた, を聞きつたえた, を自分, を表沙汰, を裁判沙汰, を見渡し, を解い, を計画的, を話題, を説く, を調査, を警察, を費用, を遂行, を重大, を頗る, を風

▼ この二つ~ (1747, 0.5%)

121 のもの 36 のこと 26 の場合 17 の言葉 16 の間 15 の事件, の点 13 の作品, の道 11 の事実, の問題, の要素 10 の科学 9 の契機, の規定 8 の, の中, の種類 7 の品, の型, の外, の条件, は同じ 6 のいずれ, の事, の事情, の傾向, の山, の意味, の目

5 [15件] だ, である, です, のうち, の事柄, の例, の大きな, の心, の現象, の理由, の眼, の論文, の部分, の面, の顔

4 [27件] のほか, の世界, の作, の出来事, の動物, の原因, の名, の国, の建物, の性質, の感情, の態度, の文学, の方面, の映画, の本, の植物, の極, の様式, の矛盾, の立場, の話, の語, の部屋, の音, は私, より外

3 [46件] が一番, が彼, に一つ, のお, のため, のモメント, の一つ, の中間, の人形, の何れ, の価値, の力, の句, の命題, の品物, の姿, の実例, の対立, の島, の川, の心配, の思想, の手紙, の歌, の流れ, の物質, の特色, の異, の相, の相反, の神, の窓, の精神, の考え, の者, の自己, の草, の見方, の見解, の詩, の説, の階級, は元来, は共に, よりほか, を区別

2 [100件] がお, がその, が僕, が合致, が大切, が最も, が私, しかありませぬ, だけで, でした, にあった, のどれ, のタイプ, のリアリティー, の世界観, の主張, の主義, の亂, の互いに, の交わり, の仕事, の修道院, の党派, の動機, の区別, の區別, の危険, の因数, の坂, の基準, の場面, の墓石, の声, の変化, の大, の女, の存在, の小説, の序文, の形, の快, の性格, の恋句, の悩み, の想念, の所属, の文章, の新聞小説, の方向, の方法, の方針, の星, の時間, の曲, の松, の枝, の柱時計, の根本問題, の概念, の概念内容, の武器, の歴史, の氣持, の溶液, の物, の犯罪, の理論, の生活, の疑問, の盃, の範疇, の系統, の組織, の藩, の蛇, の観念, の角度, の解釈, の言葉そのもの, の途, の違い, の部門, の金属, の鞄, の駅, の鼻, はいずれ, はともに, はどちら, は何, は決して, は相, は自分, を兼ね, を同義語, を対比, を最も, を結びあわせ, を結びつけ, を考へ

1 [792件 抜粋] からわりだし, から誘発, があっ, がいちばん, がくっつい, がざら, がともに, がどう, がどうして, がどこ, がなけれ, がなわれ, がひとつ, がまぜあわされ, がまわり燈籠, がわかる, が一つ, が一週間, が主, が二つながら, が伝六, が似, が供養塔, が充分, が別物, が古い, が同, が多い, が大, が如何, が対照, が対立, が広い, が役に立たない, が悪魔, が断然, が日本, が最後, が有力, が果して, が欠けた, が江戸末期, が現れ, が甚だ, が相, が確認, が結び付い, が結び付く, が缶, が興福寺, が見附, が長, が開化, が駄目, ぐらいな, ぐらいのこと, こそ拙者, さえあれ, しか世の中, しか書かなかつた, しか無, ぞと悪夢, だけが提灯, だけだつたさうです, だけであらう, だけにただ, だけの動物意識, だけは外道, だけは柄, だけ守れ, ださうだ, だった, であろうとは, で一組, で一群, で攻めた, とこの, と並べ, なしで, など単なる, にあつ, にかかる, について早速, にて兇行者, になんぞ聯結, には共通, には特に, によつて動揺, に依, に分けられる, に分れた, に別けられ, に取り添う, に就い, に月夜, に比べれ, に過ぎない, のあいだ, のいづれ, のうた, のかなり性質のち, のたたかい, のどちら, のどっち, のまなこ, のみであった, のイデオロギー的存在, のエ, のギヤツプ, のショット, のチグハグ, のトリック, のドス, のベル, の下等, の不思議, の両極, の両端, の中どっちかお取り, の中心, の主従, の事業, の事由, の交響曲, の人口実測, の人格, の仏像, の他殺事件, の任務, の任意, の伝統, の作品集, の作家志望, の例外, の価値尺度, の俳句, の偉大, の優劣, の入口, の公理群, の共通感覚, の内, の写真, の刀, の刀身, の分け, の分離, の別, の別名, の創作集, の労作, の動かし, の勢い, の勢力, の協奏曲, の博物館, の原則, の反した, の取扱い, の各々, の吉本系, の名詞, の商売, の問答, の喰い, の因子, の国民文学的血統, の土地, の土地以外, の基地, の基本的, の場合以外, の場所, の変遷, の大学, の大曲, の大阪弁, の天井, の如き, の子供, の学問, の学科, の學者, の宝物, の室, の宿, の寝床, の寝顔, の対照, の対立物, の対蹠的, の小, の小さい, の屍, の山水, の岩, の峯, の常識, の幻影, の幽霊, の庵, の建築物, の形態, の役廻り, の御, の心理, の心的状態, の怒り, の思, の思い付き, の性癖, の怪事件, の怪異, の恋, の恨事, の悪徳, の悲しい, の想い, の意外, の意見, の愛, の懸離れた, の戰, の手段, の折助, の押絵, の挿話, の接近, の提案, の故障, の教育, の数量, の文化イデー, の文句, の文学ジャンル, の斜平面, の新しい, の新劇時代, の旅中, の日本, の時, の時代, の時刻, の時計, の時間概念, の書, の書物, の札, の東西, の東西屋, の案, の極端, の楽器, の樹, の機能, の欄全体, の欠陥, の欲望, の歌仙, の歌曲, の正反対, の死体, の民族, の気合, の気持, の水道, の決定的, の洞窟, の流儀, の浪, の混合, の渡し, の源因, の源泉, の演技, の火, の火の手, の災い, の熱情, の物さし, の特徴, の玻璃房, の珠, の現実, の理解, の生きもの, の生命, の画, の畫, の異義同音, の発明, の發光物質, の目的, の目立つ, の相異, の真実, の矛盾物, の短詩形, の砦, の社会関係, の神仙的, の科, の科学的世界, の竹, の筆蹟, の策戦, の節日, の範疇体系, の紅跡, の級数, の組, の結果, の絵, の綽名, の線, の義務, の考, の耳, の聯絡, の職業, の背反, の背景, の腕木, の興味, の舶来語, の芝草, の花, の苦しみ, の菩薩, の菰, の著書, の虚偽, の蝶, の表現, の要領, の見分, の観点, の解釋, の言伝え, の言語, の訓, の記事, の証拠, の詞章, の詰所, の語族, の論争, の講, の議論, の貴重, の資格, の距離, の通報, の連絡点, の達摩, の選挙闘争, の部面, の部類, の重大条件, の野路, の金メダル, の錯覚, の長, の長持, の関聯, の限界, の階級性格, の集団, の非難, の頂点, の類, の高, の魂, の鳥, の黒い, は, はかなり, はぜひとも, はそのまま, はそれ, はたがい, はどうしても, はどうも, はまあ, はまるで, はむしろ, はもちろん, はもともと全く, はスコラ的, はヒューマニズム, はメイエルホリド, は一つ, は一般, は世態人情, は事実非常, は互に, は人生, は今, は今更どう, は似, は何れ, は併せ聴い, は全く, は全然, は分ける, は前後, は劇団, は勿論, は区別, は同, は同時に, は固, は夏, は大変, は実は, は少なくとも, は当時大阪, は後まわし, は必ずしも, は惜しん, は房一, は持統天皇, は日常生活, は本来, は欠く, は正直, は渠, は無論, は目的, は知りだし, は秋山図同様, は科学研究, は等しく, は見る, は観衆, は身, は近来, は違つた質, は関聯, は非常, ばかり年上, より法, わ実, をうまく, をおまえ, をこれからどう, をさ, をただ, をはつきり, をば別々, をもっ, をやった, を上げ, を並べ, を中心, を云い, を交換, を以て見る, を何とか, を併用, を例, を充分承知, を兼ねた, を出なかった, を切離し, を十分, を半々, を合本, を同時に, を吾, を問, を夜明け, を完全, を幾度, を得る, を心得, を性質, を拠所, を挙げ, を描き, を敵, を楯さん, を殆, を比較, を無くする, を百姓, を研究, を破, を粗雑, を組合わせる, を統一, を総称, を繋い, を見れ, を諾否, を較べる, を選びたい, を選ぶ, を頭, 実に日本

▼ この~ (1673, 0.5%)

88 を聞い 58 をし 43 をした 39 を聞いた 34 をする 24 をきい 23 をきいた 20 を聞く 16 の中 1312 を聴い 11 をしたら 10 の主人公, は私 9 はこれ, はもう, をきく, を私 8 をお 7 があっ, は今, を持ち出し 6 を聴いた, を読ん 5 はその, をしよう, を知っ

4 [14件] が出た, に耳, に興味, の冒頭, の間, はあなた, はお, はこの, はただ, は誰, もその, を聞かされ, を聞き, を聽

3 [20件] に出, に関係, のあった, のうち, のなか, の中心, の初め, の当時, の舞台, はちょっと, はどう, はまず, はわたし, は当時, をきき, を伝, を思い出し, を書く, を自分, を読んだ

2 [80件] から考える, がある, がたちまち, がほんとう, がまとまった, が今日, が本当, が済む, が非常, である, とてもこの, になる, による, のほう, のよう, の主題, の内容, の出来事, の女, の始まる, の方, の最中, の眼目, の筋, の終る, の結び, の続き, の要点, の類, はいかにも, はかれ, はそう, はそれ, はたちまち, はどうも, はコリンス, は事実, は人一倍, は他, は会議, は勿論, は子供心, は実に, は役立つ, は日本, は昔, は話, は進ん, は遠く, は非常, もこれ, を, をあなた, をある, をきかされた, をきかせ, をしました, をその, をただ, をはじめて, をほか, をよく, を人, を例, を僕, を娘, を山名禅高, を思い出した, を持ち出した, を斎藤彦麿, を申し上げ, を白状, を続ける, を耳, を聞いたら, を致します, を読む, を農民, を進め, を非常

1 [904件 抜粋] あり, からいくら, からしなけれ, から分明, から承けた, から昔, から美しい, があ, があった, があんまり, がいつしか黙々, がうそ, がおしまひ, がきまりました, がきまる, がさっぱり, がそんなに, がだれ, がつづけられた, がどう, がどの, がまったく, がもし, がわかっ, がわずか, が乳, が今年, が何, が偶然, が出, が出る, が出来る, が切り出されるだろう, が十八世紀, が単に, が多く, が大変, が妙, が実現, が少なく, が川越, が幾分, が彼女, が成就, が村方, が次, が私, が終らない, が耳, が荒唐無稽, が誰, が近頃, きいた村, ただそれだけ, だ, だけ, だけでも東京, だけは困っ, だったもの, だと, であった, であり又, でつかれ, ではきっと, では呼び戻そう, では竹村, では蛇, でみんな, でもち切り, でやっと, でコスモ, で一座, で妹, で思い出した, で持ち切った, で源氏, で皮肉, で自分, とこの, とても真偽, とも関係, とわれわれ, とピッタリ, と同型, と好一対, と関係, なかなか困難, などは青木, なども今, なども後, など風, に, にあらわれ, にかぎっ, にすぐ, にだけは無条件, についてうけた, についても私, について行われ, にならない, にはいつも, にはき, にはすっかりもう, にはだんだん, にはちよ, にはなんだか, にはサゲみたい, にはダンセニイ, には乗つ, には他面, には大して, には少し, には満足, には相当, には落ち, には誇張, には邪魔, にびっくり, にふれられない, にもちょっとした, にや口, によってみる, によって我々, に乗, に何, に価する, に加わる, に反対, に含まれ, に夜, に大いに, に大事, に対して部落, に引入れられる, に心, に感激, に止らず, に注意, に現われた, に現実主義的, に目鼻, に神聖, に継い, に落ち, に言葉, に連関, に骨, のあと, のきまって, のすべて, のついで, のとおり, のなりゆき, のはじめ, のまとまり, のデテール, のユウモア, の与えた, の事件, の享保時代, の体, の價値, の内, の出処系統論, の初, の初まる, の半分, の取得, の基, の外, の大, の大体, の始ま, の完, の平安朝, の後, の必要上, の成立つ, の控え帳, の日本, の書いた, の最後, の有無, の本旨, の根本, の様子, の海内, の済む, の濟む頃, の由来, の発生地, の発端, の真偽, の神秘的, の種, の穿鑿, の筆, の終った, の終わり, の結末, の継ぎ合せ, の緒, の裏面, の記憶, の語り手, の輪廓, の途中, の運び, の面白, の類例, はあの, はあらかじめ, はあんまり, はいちはやく, はいまだに, はいろいろ, はうちきり, はうや, はおしまひ, はおもしろい, はかう, はこれぎり, はさき, はしかし, はじつ, はすこし, はすべて遠野, はすんだ, はそんなに, はちゃんと, はつくり, はでは, はどうやら, はどっか, はなかっ, はのち, はまた, はまだだいぶ, はみんな, はもちろんたいして, はやはり, はやめましょう, はよしましょう, はよほど, はわれわれ, はオジャン, はチチコフ, は一さい, は一つ, は一見, は三上, は不完全, は九州, は了解, は事, は亡くなった, は人柱, は今日私たち, は今日耕書堂, は伸子, は何ん, は併, は傳説, は僕達三人, は優しい, は八五郎, は初め, は初秋, は前後左右, は勇吉, は北上山脈, は北町奉行所, は厭, は双方, は叔父, は受驗制度, は和歌, は堀田原, は多少, は大, は大正五年ごろ, は如何にも, は学理, は実際, は宮さん, は寺田先生, は山方石, は幼稚, は延喜式, は彼等, は後でもっと, は必ずもう少し, は恐ろしい, は我々, は我等, は或, は戦争, は打ち切っ, は承諾, は数多い, は断然, は新聞種, は旧, は早速, は明日, は明治四十三年十月, は書く, は最近, は本, は本当, は東京, は果して, は株, は次, は歌, は正確, は死んだ, は毎度耳, は決して突如, は河童, は済んだ, は烟, は特に, は現代, は田中支隊, は白, は白樺派, は真実, は眼, は秘密, は細川幽斎, は終った, は結著, は義貞, は聞き, は自分, は至極, は若狭, は衣子, は諸君, は象徴的, は軍人援護, は軍兵衛, は過去未来, は長谷川伸君, は音, は黒田藩, ばかりし, ばかりはまじめ, へのより, へ移る, もいくら, もおしまい, もお喋り, もそう, もそれ, もよく, も又聞き, も大抵, も後, も最初, も筆屋, やさつき眞夜中, をあちこち, をいたしまする, をうち, をおわる, をお父さん, をお爺さん, をかつて, をきいたなら, をきかし, をきかぬ, をききつける, をききます, をきめたい, をくりかえす, をここ, をされまし, をしあった, をしかも, をしてやったら, をしなかつただろう, をしゃべりつづけ, をしや, をじっと, をすこし, をそこ, をその後, をそば, をだれ, をつたえた, をとくに, をどんなに, をのこらずきい, をはっきり, をばほ, をまた, をみんな, をむしかえした, をもちこまれる, をやめ, をわき, をグリゴリイ, をハッキリ, をマン, を一つ利用, を久しい, を二度と, を云い触らさず, を今年, を以て想像, を伝えきく, を伝え聞いた, を伯母, を但馬守, を作った, を健, を克子, を兼ね, を内大臣, を切り上げたら, を加藤大一郎さん, を十二月, を同氏, を吹, を嘘, を基ちゃん, を大, を天井, を女中, を妻, を完全, を導き出し, を尾崎士郎, を岸本, を帰っ, を引張り出し, を引用, を後, を思い出します, を思い出す, を思ひ出し, を戸泉さん, を打消す, を承った, を持ちだし, を持ち込まれた, を挙げた, を新潮社, を早く, を昔, を書い, を書かない, を書き送る, を本, を本気, を東京, を槙, を残し, を父, を爺, を現実, を申し上げよう, を直木三十五, を省い, を矢代, を知らず, を知り, を祖母, を秘密, を細君, を終っ, を終りました, を綴ってる, を繰り返すであろう, を罷め, を美しい, を聞かされた, を聞かせよう, を聞かれた, を聞き込んだ, を聞き逃せ, を聴かせ, を聴き, を舅, を薫, を覚え, を語りおわる, を誰, を近所, を遮っ, を隣, を額, を鶉坂, 全くの, 急いたらあきまへん, 教えて, 甚だ不快, 聞いて

▼ この~ (1670, 0.5%)

64 のもの 3225 の結晶 22 の問題 21 の研究 16 のこと 15 の作品 14 の歌 13 の句 12 の人, の雪 10 の理想 9 の例, の文学 8 の人々, の人間, の女 7 の本, の粉雪, の芸術, の説話 6 の人物, の仕事, の作家, の小説, の映画, の犯罪

5 [11件] に属する, のトリック, の事件, の出来事, の動物, の哲学, の技巧, の方法, の書物, の洞窟, の詩

4 [15件] の人たち, の句法, の変化, の施設, の物語, の男, の病気, の経験, の結果, の美, の観察, の言葉, の運動, の関係, の鼻

3 [47件] なしに, のあらゆる, のある, のジャーナリスト, の一切, の事, の事項, の企て, の何, の作物, の制度, の区別, の叙述, の場合, の変態心理, の大, の学校, の家, の幻想, の形, の影響, の思想, の憂, の批評, の曲線, の欲望, の物, の理論, の生活, の画, の社会, の租税, の空想, の箪笥, の絵, の舞台, の芝居, の著書, の表情, の表現, の記事, の話, の読者, の議論, の食物, の鬼火, の魅力

2 [114件] のあやまつた, のこころ, のゴシップ, のスリル, のファルス, のフイルム, のブック・レヴュー, の一枚絵, の予言, の予防的予見, の事がら, の事例, の事情, の云わ, の人造人間, の他, の伝統, の伝説, の作, の作品中, の作者, の偽, の僧侶, の冒険, の写実, の刑罰, の制限, の原因, の名, の唯物論, の商売, の困難, の国際単位, の地位, の大学講義, の女性たちはいちよう, の奴隷, の実例, の工夫, の店, の弊害, の微細, の心理, の怪談, の患者, の悪, の悲劇, の情操, の情緒, の想像, の意識, の戯曲, の手紙, の批評家, の搾取者, の改良, の文化, の文章, の新, の日曜画家, の機関, の歴史小説, の母, の比較, の洋装, の漉き, の演劇, の火山弾, の焼物, の熱病, の特徴, の犬, の犯罪者, の狂人, の現象, の田舎者, の画家, の画題, の痴漢, の皮膜, の社会科学的, の神, の第, の細塵, の美し, の考え方, の考察, の背理, の脚本, の自然, の興味, の芸術家, の薬, の行動, の行為, の見物, の観測, の言論, の語, の誤り, の談, の論者, の諸, の講義, の遠, の鉢, の隱, の雑話, の雰囲気, の霊媒, の音楽, の飛躍, は支那, を蒔い

1 [824件 抜粋] から立派, が今, が大物, が極めて, にはいろいろ, にハマカンゾウ, に屬, のあれこれ, のいい, のいわゆる, のうらみ, のおしゃべり, のこの, のこまか, のさかな, のでき, のひと, のもの伝世, のアタヴィズム, のアンリ親分, のインテリゲンチャ論, のインド芸術, のオセッカイ, のジャンル, のテスト, のデフォルマション, のドクサ, のドラマ, のノート, のパニック, のパンフレット, のファッショ団体, のフェミニスム, のフラーゼ, のブルジョア哲学式技術論, のブルジョア理論家, のブルジョア社会イデオロギー, のプラグマティズム, のマルクス主義批判者, のヤナギ, のレコード, の一時的利益, の一致, の一般者, の三越日本画展, の下町, の不安, の不平, の不断, の不正商人, の世情悪心, の世界的古典, の両極対立, の並行, の中篇小説, の主題, の乞食, の事変, の事故, の事柄, の些事, の交通, の享楽, の人種, の人間活動, の仏教, の仙人, の代表者, の仮説, の企図, の企業, の休み, の会合, の会見, の住宅, の何もの, の作業, の供給, の信じたがらぬ, の信仰, の俳優養成, の俳句, の倫理的情操, の傑作, の催し, の傾向, の像, の僞, の元素的, の公共的報道, の公式主義, の共同, の内容, の再, の写本, の写真, の出版, の分割, の分裂, の刊行物, の刺戟, の副業, の創作, の劇評, の努力, の勇, の勝ち気, の協会, の単, の印象, の印象的散文, の反動家, の収穫後, の取り扱い, の叙情詩, の口伝, の口供書, の古墳, の句作, の吉祥天女像, の同盟, の名づけ, の呪術, の命名, の哀れ, の哲学的方法, の唯一人者, の唯物論者, の啀, の商人的態度, の商売人, の喜劇, の器械, の囁き, の因縁, の団体, の図書館, の固定, の国内統一運動, の土器, の地租, の型, の境界, の声調, の変人, の変形, の変態的関係, の変更, の外形的, の多く, の夢想, の夢遊病者, の夢遊行為, の大きな, の天下泰平劇, の天才, の奇蹟, の奨励金, の女子, の女等, の妖怪, の妖異, の妾宅, の婦人特有, の子供, の学界警備, の学術雑誌, の学説, の学風我国, の宗教家, の宗教情操, の宗教族, の実写映画, の実験, の客観主義者, の客観的, の寄附, の対立, の封建性, の小さな, の小娘, の少年, の屋根, の展覧会出品, の岩石, の工藝, の差異, の巴里女, の常識, の平凡, の平面結晶, の広告, の広幅樹枝, の延々, の建築, の建築物, の引用, の強がり, の強制, の当字, の形而上學, の形而下, の役, の復活, の微小角板, の心持ち, の心配, の思想境, の思考, の性的秘密出版物, の怪物, の恋, の恋歌, の悲哀, の悶着, の情報, の情調詩, の想像力, の意識概念, の愛校心, の感傷過剰, の感想, の慈善演劇, の慣行, の慨歎, の慾, の憎悪心, の成功, の戦い, の戦争, の所行, の手当て, の手段, の批判, の技術哲学, の技術家, の拡大, の指導, の挿画, の提言, の操作, の擺動, の放蕩漢, の放電, の救い, の教育法, の教育用, の数限り, の文化的施設, の文化的自由主義, の文字通り, の文学主義哲学, の文学的, の文学的文化人, の文書, の文献, の文芸同人雑誌, の断頭台, の新興邪教, の方法科学, の方策, の旋律, の昔, の星雲, の暗号, の書き方, の書籍, の有閑社交界, の木, の木材, の本邦野生, の果てし, の案内者, の楓, の楽しい, の楽屋落的報道, の構図, の様々, の標語, の歓楽, の武器, の歴史的事件, の殺人, の毒物, の氷, の永遠性, の汎神論的思弁, の法則, の法律事件, の泡, の海底火山, の深刻, の混同, の測量, の満足, の滑稽, の演劇殆数, の漫歩, の瀬戸, の火山特性, の災禍, の無力さ, の無頼性, の煩悶, の熟語, の熱傷, の牀板, の物名, の物質現象, の特権, の独断家, の珍, の現代文明論, の理論的検討, の環境研究, の生殖法, の生活感, の生理学的唯物論, の用語, の男女, の男性, の画様, の異例, の異常, の畸形ぶり, の病人, の病院, の痛ましい, の発光器, の発句, の目, の目録, の眞理, の眼光, の矛盾, の知的研究, の短, の短文, の破綻, の社会下部, の社会事業家, の社会学者, の社会統制, の神経病患者, の祭り, の私的グループ, の科学, の科学的研究, の秘伝, の秘密, の穢れた, の空間, の立法, の競争者, の笑い, の笠, の筆墨, の策士, の粗悪絵本, の系統, の紛争, の素質, の組織, の経営, の経済的自由主義, の統制, の絵馬, の綜合, の綜合計画, の縁, の織物, の罪, の罰, の美徳, の美感, の美術館, の習慣, の翻案, の老年, の考へ, の者, の聖句, の職業婦人, の職業組合, の自尊心, の自己抑圧, の自慢, の自然科学者, の自由主義的観念, の舞台的トリック, の色々, の色情, の花, の芸当, の芸術家等, の苦悩, の草双紙, の荒れ果てた, の荘厳, の葉, の著述, の蔓, の藝人, の街, の表出, の表彰, の裁断権, の製造家, の西域人, の見解, の観念群, の観念論, の観測事業, の觀念詩, の解り, の解釈, の計画, の計算ちがい, の記載, の許可, の詐欺, の評論, の評論家, の評論雑誌, の試験, の詩句, の話術, の誘惑, の語彙, の説明, の読書, の読物, の調査, の論文, の論文類, の論法尠, の論理学者, の講義様式, の議員, の象徴, の貝, の貼紙, の賞讃, の質問, の趣, の趣向, の軍人達, の輩, の農業, の農業関係統制法案, の迷信, の逆上, の通俗現代劇, の通俗講義, の造型美, の逸話, の遊戯, の道, の道楽, の道理, の遺蹟, の邪道, の郡立図書館, の部落的タブー, の重い, の重複, の金粉仕掛け, の金額, の錯覚, の閑人倶楽部, の闘争, の闘士, の限定, の陰影, の階級, の集り, の雑器, の青年, の非, の革新, の頭脳特有, の題材, の題目, の顔, の類型, の風説, の食堂, の高山, の高等政策, の魅惑, はどうも, は中国, は屯二千ドル, は山地, は渡来, は非常, をまき, を一般に, を植え, を消滅

▼ この部屋~ (1632, 0.5%)

80 の中 26 にいる 19 を出 14 へはいっ 13 のなか 12 へ入っ 10 に入っ 9 にある, のどこ, は 8 から出, の隅, へはいった 7 にいた, の主人公, の外, へ来る 6 にい, の主人, の壁, の空気, へ入った 5 から外, でお, に, に来, のドア, の前, の窓, へ入る 4 にはいっ, にはいった, にはいる, には窓, にゐる, に入る, に這入っ, の天井, の様子, を出よう

3 [17件] で, です, でどういう, でどんな, には何, に住ん, に入った, に居る, に引, に移され, の床の間, の方, の秘密, は暑い, へ入, へ戻っ, へ来

2 [96件] からでよう, が地下室, が好き, が嫌, だ, だが, だけ特別, であなた, ですよ, ではない, で何, で何事, で六郎さん, で寝, で少し, で海賊, で私, にあっ, にあなた, にいつ, にいれ, にこの, にたしかに, につい, にはごらん, にはだれ, にはなにか, には僕, には出口, には天井, には誰, には鏡, にひとり, にやって来, に入れられ, に出入, に居た, に忍びこんだ, に来る, に満ち, に現れ, に用事, に監禁, に臥, に転がっ, に隠れ, に隱, に集まっ, に集め, のこの, のまんなか, のまん中, のもち主, のテエブル, の主, の借り手, の奥, の戸, の扉, の押入れ, の構造, の照明, の特色, の謎, の隅々, の隣, はお, はその, は密室, は小さく, は暗黒, は母屋, は静か, は非常, へ, へお, へはいる, へは誰, へ出入, へ帰っ, へ案内, へ通, へ連れ, へ顔, も, もやっぱり, を, をさがす, を借り, を出し, を出る, を片づけ, を覗いた, を覗く, を逃げ出し, を開け

1 [1026件 抜粋] い入れ, から, からうける, からで, からのがれた, からは先刻, からみる, からもたくさん, から一歩, から出し, から出よう, から動かねえ, から去ろう, から奥, から家族, から早く, から消え, から消え去った, から消え失せた, から盗む, から立ちさらせる, から聞えた, から身, から送り出され, から逃げだしたい, から離れない, があく, がいる, がおそらく, がこう, がすんだら, がそんなに, がたえがたく, がどう, がなんとも, が一番しっくり, が今誰, が初め, が寮, が患者, が湿気, が球形, が私, が裂け, こそは私, この机, じゃどんな, だけが焼け残った, だけで, だけは誰, だったのに, だって今, だと, であちらこちら, である, でいちばんみごと, でいまむちゅうになって, でこうして, でござる, ですが, でその, でだけは大, でなきゃア, でなに, での読書, ではしない, ではよく, ではメグ, では何, では思ふ, では毎夜, では腹ばい, では芥川, では虚心, でまことに, でももっぱら, でやった, でトミー, で一夜, で一流, で五万円, で仕事, で僕, で前川, で君, で四年前, で大谷刑部, で寝る, で強盗, で徹夜, で拷問, で朝, で格闘, で此等, で死んだ, で溺死, で煙草, で生き, で痘痕, で眺められ, で空気, で脱ぐ, で行, で見, で見張り, で試作品, で遊ぶ, で隅, で首, といい, とはちがっ, と簀戸越し, と隣り, なら狂人, なんて気持, にあらわした, にあらわれる, にありとあらゆる, にあるらしい, にいたっ, にいたんだ, にいましょう, にいらっしゃる, にいれられた, にお, におく, におびきよせる, におりました, にかかる, にかくれ, にかたまっ, にこれ以上, にしっくり, にしのびよった, にそれだけ, にちがいありません, につれ, にで, にとらえられ, になん, には, にはあやしい, にはいない, にはいらせない, にはかくし, にはございませんでした, にはたえず, にはない, にはなに, にはね店, にはぼく, にはむしろ, にはよほど, にはオレ, にはベッド, には不思議, には人, には今, には仰臥, には何色, には嘉門, には墨汁, には寝床, には幽霊, には手下, には明るい, には洗面, には深谷, には目, には秘密, には糸子, には自動爆発装置, には芳江姫, には見当らない, には退屈, には違い棚, には青い, には餘計, にふさわしい, にみなぎる, にもどっ, にも朝, にも窓, にやって来た, にゐ, にチャック, にベッド, に不, に丸く, に云わ, に今夏花, に似つかわしから, に住みこむ, に何, に僕等, に入り, に入れ, に出, に加え, に呼ばれる, に四つ, に坐っ, に大, に孤独, に寝, に寝起き, に居, に居たくなかった, に居られた, に引張り込ん, に彼, に忍び, に忍び込む, に我, に戻, に手相, に押し入り, に掛っ, に昔, に机, に来はじめ, に止つて, に死者, に殘つて, に永い, に浸っ, に焚きこめられた, に爆弾, に生活, に目, に秘められ, に移つた, に移つて, に立ち寄った, に縁, に置いとく, に聞こえ, に落雷, に見える, に誘いこん, に赤い, に轉, に退いた, に逃げこん, に這入り込ん, に酔っ, に閉じこめられ, に闖入, に隠し, に飼っ, に飾る, ね, のあかり, のある, のいつも, のおさまり, のお客さま, のしかも, のずっと, のたった, のまえ, のカーテン, のスティーム, の一つ, の一隅, の三方, の下, の二つ, の人員, の位置, の使用, の先住者, の入口, の内, の出入, の出口, の半, の博士, の向う, の唯一, の変化, の客, の家具, の寝台, の屋根, の思ひ, の態, の戸棚, の敷地, の書棚, の有様, の板戸, の殺風景さ, の波, の灯影, の状態, の用箪笥, の真ん中, の真理, の空虚, の竹, の精密器械, の若者たち, の装飾一つ, の設備, の豪奢さ, の近く, の連中, の闇, の陰気, の階段, の隣り, の電気炉, の電燈, の靜けさ, の靴, の高, の鳩時計, はいったい, はうごい, はおちつかぬ, はかつて, はこの, はこれから, はずんずん, はそんなに, はだいじな, はちやう, はどう, はどこ, はひどく, はほとんど, はもと, はよく, はデマ, はラウンジ, は三根夫, は九大医学部長, は二本, は伯母様, は何, は何ん, は元来, は光線, は六畳, は動物小屋, は反吐, は君ら, は変え, は天, は嫌, は家, は寝室, は廊下, は房枝さん, は日本, は時どき, は普段誰, は書庫, は朦朧, は東側, は気にいった, は涼しく, は熱, は爆発, は珍, は田山先生, は百年, は科学者, は空気, は窓, は美しく明るかっ, は部屋, は鉄筋コンクリートだて, は陰気, は餘, ばかりにいた, へ≪死に神≫, へうかがい, へお前, へかえって, へしのびこんだ, へつかつか, へつれ, へどうして, へなんぞ入りっこない, へはいらなかった, へはいり込ん, へははいれません, へは入っ, へは電気, へまぎれ込んだ, へも時々, へやって来, へやつ, へ一人, へ上がり込ん, へ世, へ今や, へ來, へ入りましょう, へ入れられ, へ出入り, へ呼びこむ, へ呼び集め, へ寝床, へ幽霊, へ引き出し, へ忍びこんだ, へ戻つ, へ招かれた, へ探し, へ早く, へ来たい, へ椅子, へ歸つて, へ泊め, へ潜入, へ突入, へ立ち戻つ, へ置い, へ落ちこんだ, へ訪ね, へ足, へ逃げこんだ, へ這入った, へ連れこんだ, へ連絡, へ闖入, へ額, へ黄金メダル, までくる, までは導き入れられなかった, まで逃げ, もあの, もこの, もずいぶん, も一時, も全く, も壁, も実は, も板敷, も窓, も薄, も隣り, や縁側, よりも決して, わりに好き, をある, をうかがい, をおおつた, をかし, をしらべ, をじゅうぶん, をただ, をで, をぬけだす, をのぞきこん, をひらい, をわれ, をバー, を一目, を住み, を使つて, を借りよう, を充たし, を出かけた, を出で, を出なく, を出ませんでした, を包んでしまつた, を去れ, を外し, を完全暗室, を封じ, を廻っ, を後, を思ひだす, を所謂欧米風, を掃除, を掻き, を整頓, を横切っ, を満たした, を特に, を立ち, を立っ, を立去った, を考へる, を舟, を見た, を見る, を見渡し, を貸し, を辞去, を退散, を通る, を離れた, を飛び出す, 出るわ

▼ この~ (1569, 0.5%)

33 の人々 23 のもの 21 の人 17 第一 15 へ来た 14 の言葉 12 の人たち 11 の人間, の女 9 に来, へ来 8 の女王 7 の人口, の法律, の王さま 6 にある, に来た, に生れ, の前途, の土人, の歴史, の民, の神, はその, を去る 5 から出, で一番, の, の王様, の秘密, の者

4 [13件] に渡来, の住民, の土, の政治, の文化, の文明, の海岸, の王, の総理大臣, の霊, の食物, へ渡っ, を開く

3 [29件] では本, では非常, で生まれた, にいた, にはこの, に住む, に入る, に渡っ, に滞在, のどこ, のはじまり, の一番, の中, の人達, の古い, の地上, の富, の少年, の持つ, の生産物, の男子たち, の第, の風景, の首都, は, へ来る, へ漂着, をし, を通過

2 [101件] が英国, が養い得る, ではこの, ではよく, では三年, では才能, では本土決戦, では毎朝新聞, では毎週, では決して, では絞, では罪人, でも市民, でも醜聞, で一番不幸, で私, で蛙, と人, に, にあっ, にて禁じられたる, にて聞, には食える, にも戦争, にも教会, にやって来た, に住ん, に残っ, に生き, に生まれ, に生れた, に臨ん, に高い, のある, のおき, のことば, のほう, のやき, のストラルドブラグ, のプログラム, の上, の上下, の人口減退, の人民, の住民たち, の健康状態, の初, の労働, の君主, の国王, の大事, の女子, の娘, の守, の川, の巡査, の政府, の文壇, の文字, の文学, の方々, の最初, の根本, の死刑, の河童, の湿, の独立, の王子, の生んだ, の生活, の社会, の科学界, の綺麗, の美, の耕作, の若い, の草草, の誇り, の諸, の諺, の農業, の運命, の都, の領主, の風習, はこの, はそれ, はまた, は一体, は大きな, は明, へ生まれ, へ転げ落ち, へ連れ, をしばし, をすっかり, を支配, を欲し, を訪れた, を逃げ出す, を離れ

1 [934件 抜粋] いまだ人, からおいだし, からどこ, から出た, から出られる, から奪っ, から脱出, から追い出され, から逃げ出せませんです, があっ, がいつ, がその, がなお, がもっとも, が他国, が何, が全体, が古今東西無比, が唯一, が地球上, が天領, が安全, が島国, が引続き, が持つ, が未, が生きる, が生み, が示し, が絹, が自由, が葡萄酒, が農業, が野, こそ楽土安民, この地上, さえもこわし, じゃどこ, じゅうのこらずのたからをあげるから, だけが一風, だけには兵船, だけは断然, だっておとなしく, であったこと, でいちばん声, でいったい, でこれ, でたった, での一番, での紙幣, では, ではあらゆる, ではくら, ではさすが, ではどう, ではなんとも, ではめったに, ではオシャベリ, では不思議, では人間, では優れた, では八十歳, では初めて, では和紙, では嘘, では四年ごと, では夏, では妥協, では宮廷, では平均一箇月, では戦が出来ません, では昔, では時間器械, では王, では穀物, では若い, では贈物, では違う, では離婚, でまちがっ, でもやはり, でも一夜, でも一頭地, でも同様, でも田野, でも重水, で一番幸福者, で一番重要, で並ぶ, で今, で使える, で受けた, で多く, で当分, で暮らし, で最も, で死ぬ, で無事, で石占山, で絶対, で語られた, で起つた, で過ごす, とその, ととなり, との通商, ともおさらば, とよほど, とバルニバービ, と皇帝, と社会, なくし, にあふれ, にあり, にい, にいつ, にいなかった, にいる, にうまれ, においてはない, においてはまだまだ, においては権力者, においても植林, において初めて, において生産, において精神文化, における二つ, における恋愛, にき, にさまよう, にしかいない, について日本, にとっての大功, にとってはひじょうに, にとっては比較的, にとどまる, になにか, にはああ, にはあんな, にはいっそう, にはきみたち, にはこんな, にはどこ, には人間界, には冬, には名, には喧嘩, には多い, には存, には山, には故人, には極, には権力, には活気, には独身生活, には生まれなかった, には男, には石造, には肉, には賞, には額, には麻, にむかし, にもかなり, にもその, にも告げ, にも流行, にゐた, に一, に一種奇態, に三ヵ月間滞在, に三年, に与へた, に仏寺, に以後六十年, に伝えました, に伝わる, に住みつく, に作り上げた, に侵入, に停る, に入, に入れられた, に出, に到着以来, に向かっ, に呟く, に多, に大いなる, に存在, に寇した, に少なく, に居られない, に居れ, に年, に必要, に採り入れよう, に数年来, に文化, に於, に曾, に朽ち, に来よう, に来られた, に果し, に権力, に止め, に永住, に流れ込ん, に溢れ返り, に現われた, に留まっ, に疫病, に石, に私たち, に蛇, に蜀都, に進入, に適した, に金鉱銀鉱, に降る, に集っ, のあ, のあらん, のありとあらゆる, のおびただしい, のこと, のこらずの, のさむ, のため, のふしぎ, のまん中, のみが一般, のもつ, のやり方, のブルジョワ, のヤーフども, の一番丈夫, の一番外側, の一般的健康性, の上流社会, の不, の不為, の主, の主要, の乏しい, の事情, の五斗米教, の人上原白羽, の人口増加, の人口稠密, の人間共, の介, の仕合わせ, の他, の伝説, の保健状態, の倒れぬ, の僧侶, の元老, の先賢, の全土, の全純, の内, の内地, の内部地方, の剣, の動植物生産物, の勝, の勝ち, の勤勉, の南, の危機, の厳禁, の収入, の古き, の古びた, の古代, の司, の名所, の君道, の哀歌, の四分五裂, の囲炉裏, の国事犯裁判, の国是, の土中, の地下, の地殻, の坊さまたち, の城主, の士たち, の夏, の大きな, の大夫, の大滝山, の奈落, の奉公人, の女性, の威信, の娘たち, の子ら, の子供達, の季節的景観, の学問, の学術研究, の実業家, の客観的情勢, の家屋, の富強, の山ざくら花, の山野, の帝, の平和, の平均生産物, の広い, の庭園, の形勢, の思想界, の性質, の悲しみ, の憲法, の成長, の掟, の支配者, の政界, の教育, の文学研究, の旧, の春, の曇, の書物, の有様, の東半分, の武士, の氏神さま, の民族, の永久的人口, の永続, の法, の海軍提督, の漆器, の物, の物質的開化, の特殊, の特長, の王アブタル, の生れ, の生活資料, の生産, の町, の百姓, の皇帝, の皇統, の知性主義者たち, の知識人, の知識青年, の社会層, の祖, の福利, の科学理論研究, の科学者, の空, の繁栄, の羅馬旧教, の老人, の船, の芸術, の若, の葛城山, の蓄積能力, の行く末, の街, の製品, の西側, の見世物, の詩人, の語, の財源, の贅沢, の辱, の連中, の運転手, の過去, の鈴鹿峠, の鉄道敷設, の陛下, の難局, の青人草, の領土, の風俗, の風土, の駅逓, の魔法使, はいかに, はいつも, はこれら, はどんなに, はねヴィクトル, ははたしてどう, はもう, はもう二度と, はもとより, はよく, はシナ, は不思議, は久しく, は人口, は他国, は口, は同一量, は地面, は学者, は宇和島, は平和, は当然, は手仕事, は永い, は滅び, は経済, は英米側, は諸君, は輸出, は鉱山, は風土, ばかりのこと, へおく, へき, へたどりついた, へなだれ込む, へは籾種, へやって来, へ侵入, へ出, へ参り, へ外国人, へ夜光, へ島流し, へ帰った, へ来られた, へ渡来, へ特使, へ留学, へ見えられた, へ輸入, へ運ん, も, も任せ, も多事, も文化的, も至る, より大きくっ, をかし, をどんなに, をミルキ, を不断, を任せ, を侵さん, を偲ぶでしょう, を兎, を動かし, を半分宛, を去っ, を去られる, を去りたい, を取り返すであろう, を大きく, を奪うた, を守る, を害する, を御, を復興, を愛で, を掻き乱そう, を改良, を旅行, を横断, を焦土, を留守, を知らぬ, を立ち去らね, を立去らざる, を立派, を繞, を背負う, を脱出, を蔑視, を見よう, を訪づれることによつて, を訪れ, を護らん, を踏みにじらせ, を逃げ出し, を郡県, を開いた, を除け, 初まつ, 取って, 曳きの, 育ちそう

▼ この場合~ (1543, 0.5%)

2317 に於 11 のよう 10 に於い 9 にはそれ 8 には 7 は前 6 にこの, になっ, の問題, はその 5 どうする, に, に限っ, は, もまた 4 そんなこと, にはこの, にふさわしい, にもまた, にもやはり, のこと, の判断, はそれ

3 [15件] かれは, この運動, ならば, にはお, にはその, にも自分, に当り, に於ける, に自分, に適当, に限らず, の粉雪, の長, もあるいは, もそれ

2 [75件] かれにとって, この人, その国, た, であるなら, ですから, でそれ, では学術上, でもその, とてもそんな, と限らず, にあ, においてもまた, において散, になる, にはね, には他, には何, には六〇フラン, には前, には労働階級, には同じ, には問題, には外部, には彼, には彼ら, には第, には自分, にまた, にも, にもその, にも亦, にも他, にも例外, にも前, に僕, に政治的, に欺く, に決定力, に相当, に米友, に言, に起る, の判断力, の参考, の座標, の彼女, の感情, の技術, の方程式, の様子, の私, の結論, の論理, の適例, はすこぶる, はもちろん, は全く, は天井, は妻, は彼, は柱, も, もし, もその, も作業賃, も私, ゆずり渡し, をどう, を見, 一層つよく, 少しも, 最も適切, 第一, 若い男

1 [1182件 抜粋] ああし, あたかも大言壮語, あまり働かぬ, あるを, いかにも伸びり, いくら公認, いったん帳消し, いろいろ功利的, うっかり葉子, おのずと立ち向かった, お品, お感じ, お角, お銀様, かかる工業, かの精神的, かれこれ言うべきで, かれら, がちょっと, が一番普通, が困難, きまりきつ, けっして不自然, こうさばく, こそが一般的場合, ことさらに, このよう, この奥さん, この客観的存在, この怖, この方程式, この表現, この雨, さう, さすがに, しかしさう, しかも今夜言渡, すぐこの, ぜひなく, ぜひやらない, そうさっきゅう, そうしなけれ, そうとより, そのため, そのまますぐ役に立つ, その中身, その作者, その周囲, その形式至上主義, その方向転換, その生産, その答え, その製品, その質問者, そんなよけい, たいした智慧, ただ奇妙, たと, たとい芸術的企業的組織, たとへ, だから, だけで見る, だけは彼, つつしまねば, つとめて, でした, ですもの, でなかったら兵馬, ではあった, ではこれら, ではまた, では一つ, では厭, では宮殿, では彼, では放電現象, では誰, でもなるべく, でもユーモア, でも容易, でも我々, でも空間, でも進歩, で考えられ, とても恥しく, とりわけ単に私, と全く, どういうふう, どうしても敬太郎, どうして見下げた, どうするだろう, どうで, どうにも現し, どんなちがい, どんな形, なお観音力, などは此古典的, なら女房, なるべく軽く, なる程普遍者, なんという, なんらの, にあてはまる, にある, にうってつけ, においていささか, においてこの, においてそんなに, においてはおまえ, においてはその, においてはむしろ, においては人事法, においては当然, においては機先, においては相手, においては遠く, においてもお喋り坊主, においてもし, においてもドストエフスキー, においても予報, においても思索, においても発明, において一, において初学, において労働者, において思い出さない, において最も, において結果, において輸出, において馬方, における乙, における夫人, における温度, における精神運動, における読者, にかかる, にぐずぐず, にこれら, にし, にその, にそんな, についてもだまされた, にどうしても, になつて不意, にのんき, にはいづれ, にはおおかた, にはすでに, にはとうてい, にはなん, にはよく, にはシステム, にはミイリ, には一部分, には与えられたる, には中心, には事件, には交換, には人口原理, には企業者, には作家, には元来, には到底, には危険, には吾人, には商品, には善かれ悪しかれ, には国家意思, には土地, には多分, には失敗, には婦人, には少なくとも, には弱い, には必要, には我国, には技術, には探偵小説, には普通, には橋, には水, には消費者, には特に, には生命硬化, には相手, には神, には第三者, には純, には考えられる, には解けない, には許されません, には誰, には起, には適切, には零, には面白い, には韻律, にもあらゆる, にもおかし, にもこの, にもすぐ, にもその他, にもなまじい, にもわれわれ, にも一つ, にも一般自然界, にも交換, にも使っ, にも先例, にも口, にも国家, にも太平洋横断, にも彼, にも技巧, にも文化材, にも日本民族, にも曲線, にも母親, にも熱的対流, にも略, にも祈り, にも第, にも証拠物件, にも身, にも頭, によく, にわたしたち, にヨブ, に一見, に二つ, に似合わしく, に何事, に使われた, に利用, に加害者, に取っ, に召捕った, に同じ, に吾, に唯, に問題, に外記, に大将, に寺, に幼, に当, に彼女, に忘れた, に思い出す, に我等, に持ち出す, に普通一般, に欠点, に民族, に江戸, に灰, に特に, に用いた, に百ルピー, に科学, に箒, に結論, に考えられる, に臨ん, に著しい, に衛府, に計算, に語りつくせぬ, に謹慎, に身, に道徳論, に邪魔, に重要, に限り, に静粛, のいと, のおいしい, のせり上げ, のそれ, のみならず, のイデオロギー, のキッカケ, のベース・キャンプ, のモデル, のリッター, の万吉, の不安, の世阿弥, の予報, の事件, の代表者, の俺, の兩者, の分類, の動き, の勝敗, の単純さ, の古, の命名, の如き, の学問性, の宮, の左右, の平凡, の彼, の御, の思想, の恐怖, の感慨, の所謂文芸批評, の文化的自由主義, の文献的精神, の普遍, の本質, の松, の柳子, の概念, の標準, の機械論的, の武蔵, の歴史的社会的制約, の法則, の無い, の犯人, の生物理論, の畢極, の相手, の知能, の社会心理学, の空間, の立腹, の第, の結果, の統制, の考察, の自然弁証法, の色めき立っ, の規定, の記念, の論理学, の近代性, の道庵先生, の選択, の酒戦, の関係, の雑魚, の鷺, の鼓型, はいささか, はいたし方, はいづ, はかえって, はかれ, はけっして, はこれ, はしかた, はそういう, はそんな, はだらだら, はのば, はまた, はみなさん, はカンヌキ, はハガキ, はブシ, は万, は世界, は交換者, は他, は何, は俗, は先, は内部, は勿論, は却って, は地方, は大分主観, は大阪, は嫁, は子音始まり, は対局, は左横, は幻燈スライド, は弦, は意味, は或, は指さき, は斜め, は明らか, は更に, は果してどう, は次郎, は瓦, は相手, は私, は第三者, は簡単, は肉聲, は行こう, は証人, は適切, は重量, は銀行, は黙っ, ひにたつた一つ, ふむきであらう, まずこんな, まず最も広い, まだそれほどの, まだ明らか, まるで知らない, もさき, もしそれ, もしもドア, もし滴血, もし軽率, もぜひ, もちろん娯樂, もやはり, も亦, も全然, も出来る, も安定, も換気窓, も森, も演出者, も私情, も退屈, やがて起るべきある, やむをえなかった, ゆるして, より普遍的, を今日, を取扱わね, を眺める, を紛らせ, 一応その, 丁度楼主, 主として過去, 今さら世界歴史, 何とかし, 何となく権威, 何もかもお許し, 何よりやさし, 信じ得られないこと, 先ず気, 全然惚れ, 勿論多少の, 勿論西洋, 単なる思惟, 単に原因結果, 単に異, 及び他, 同時に人々, 多分彼等, 大して問題, 如何なる犠牲, 如何なる藝術的, 実に理論そのもの, 実際で, 常に個人意識, 引き受けたもの, 強いて, 彫と, 得る学問, 必ず大きな, 怒ること, 思い切って, 恐らくステッキ, 悪いとも, 愛するが, 捕える捕えないどころ, 断然連印, 是非とも徳光さん, 最も座, 最も有効, 最も重要, 本來一定, 極力避けなけれ, 止むを, 残されたもの, 消えて, 温い夢, 無論言葉, 特に主, 特に明瞭, 猛りたって, 生きたる心地, 破つた一つ, 突然女スリ, 笑うという, 約一二四, 絶えず弁信, 若し圭一郎, 薄汚ない, 見のがすこと, 親鷲, 言いたい事, 雇い入れるとしても, 飲むこと

▼ この~ (1541, 0.5%)

2014 に就い 13 を話し 11 あるを, があっ 10 である, は私 9 に就 8 は後, を知った 76 であろう, なり, を知っ, を聞い, を聞く 5 です, では, のため, はすでに, はどう, は前, は誰, をよく, を知り, を話す

4 [16件] あり, が私, じゃ, だと, については私, は人, は何, は僕, は決して, は自分, をお, を人, を先生, を思い出し, を考え, を非常

3 [29件] あつて以来, あるは, があ, があった, があつ, がなかっ, が実は, たるや, でしょう, のある, の眞, はその, はまた, はまだ, は今, は今日, は他, は或, は既に, ばかりで, ばかり気, を云, を御, を心, を私, を考える, を記し, を話した, を詳しく

2 [102件] ありて, ありとも, あるに, か, が世間, が公儀, が家中, が幽霊, が後, が知れる, が藩地, が露顕, が非常, だけでも私, だけは感心, だった, であった, で最も, に付い, に對, に就き, に当っ, に当る, に気, に關, のあった, のみで, の方, の起る, はあなた, はあらゆる, はお, はかつて, はこの, はすぐ, はもう, はハッキリ, は一層, は一見, は人間, は仕事師, は何人, は同, は多く, は大, は娘, は当時, は彼, は後で, は感謝, は日本, は明瞭, は最も, は果して, は特に, は真理, は非常, は黙許, も亦, よこの, を, をあなた, をここ, をこの, をし, を一言, を主人, を今, を他, を利用, を友人, を告げた, を報告, を報道, を家あるじ, を彼, を忘れ, を思出, を或, を指摘, を早く, を最も, を次, を母, を父, を知らずし, を知らせ, を知る, を考へ, を聞いた, を聞き, を聞きたる, を見, を言つて, を証明, を評し, を話します, を話せ, を話そう, を語り, を誰, 必ず丹波

1 [985件 抜粋] あった二月, あって, あつて以來, あらはれずし, あらわれ市尹, ありしは, ありてより後, ありと, ありわが, あり次第, あるべきです, あるべしか, あるも, ある前, おかしい位, かたり出ん, かな, かなあさっき, からだ, からも科学界, からラタム号, から光, から捕われ, から超然, が, がいちばん, がお母さま, がここ, がすでに, がその, がなけれ, がもし, がキッカケ, がヨブ, が一番, が世, が他, が余程, が偽りであるなら, が六十近く, が出入り, が十分, が叶わなけれ, が国, が大津絵, が学校唱歌, が少し, が彼, が後に, が心, が悉皆, が意外, が成就, が指導者, が新聞, が春琴, が最, が死, が流行, が漏れたら, が発表, が知れ, が程近く港, が絵, が藩主, が解った, が訛伝, が警視庁, こそ不思議, この事, さえお, たちまちわが, たる事態, たる頗る, だけで, だけははっきり, だけは全く, だけは別, だけは抜いた, だけは暫く, だけは黙, だけを願つた, だなあ, だになく, だね, だらう, だろう四時, であったか, であらう, であろうか, でございましょう, でございますよ, でしょうけれども, で一寸, で今そこ, で円く, で彼女, で私, で関, と, とにつながり, と無上, と頻, なくし, なししかして, なるべく候, にいくら, においてヨブ, にし, についてあなた, についてその, についての道理, についてはかつて, については何, については僕, については学長はじめ, については熊楠, については爪, については考えた, については頗る, についても一つ, についても本田, について今, について何故, について少しく, について心, について書いた, について申, について真剣, について私, について語る, につき, につき万事, につれおのずから, にのみ限った, にはすこぶる, には少し, には疑い, にばかり心, によっても十分, によって眼鏡, によって自分, によりてわれら, によりて小生幾分, に乗せる, に侵され, に南部家, に基づき, に外, に対して君, に対する詩, に就きまし, に当ろう, に従い微力, に御座候, に応, に感興, に手, に気がつく, に気付いた, に熱中, に目ざめる, に逢う, に間違い, に関して之, に関して次, に関して種々研究, に関する文献, に関する限り私, に限らず, の, のそら, のほか, のまとまる, のみに候, のみ遺憾, の一面, の他, の原因, の契約, の徴, の愚, の本当, の次第, の洩れない, の為め, の相談, の真相, の経過, の莫迦, の証拠, の起り, の長者, はあの, はあり得ぬ, はいつ, はいつも, はおのずと, はお上, はお父さん, はかなり, はかの, はきょう明日, はこれ, はすこし, はそこ, はその後幾日, はたくさん, はつぶさに, はどこ, はほうっとい, はまことに, はもし, はもっと, はやはり, はトーキー, は一, は一寸, は一時代中, は一高, は万葉, は世界, は両親, は了解, は互いに, は亦, は人間社会, は仙台, は仲祥, は何度, は係長, は充分, は兎, は八丁堀役人, は兵法家, は内密, は出来なかろう, は別項, は前講, は医者, は単なる, は厳重, は叙述, は古い, は只, は可能, は君, は喋らなかった, は大きく, は大戦中, は大正十三年七月, は失敗, は女性, は妄り, は子規, は官兵衛, は実際, は小さい, は少し, は山田博士, は巳, は幼稚園以前, は弟, は当然, は彼自身, は徳川時代, は必然父, は忠敬, は恋愛, は意外, は折り返し, は放射性, は數年前, は新聞, は明, は是非, は晋子, は書かれた, は最後, は本, は柳田君, は次項, は毎月毎日, は注意, は深く, は満州事変後我が国, は父, は独逸人, は現代日本, は生理学, は申し上げたく, は直ちに, は相談, は真, は知らない, は秀吉, は私共, は稲吉, は終り, は考えない, は若い, は茶山翁, は藩, は表, は西欧, は解らない, は言訳, は話す, は議論, は辞典編纂, は近代絵画, は運動, は邵弧, は野蛮人, は青山小竹両家, は風俗画報, は鴎外, は黙っ, ばかりが私, ばかりに心, ばかりはどんな, ばかりは実に, ばかりは老, ばかりを御, ばかり寝, ばかり思いつめ, ばかり懸命, ばっかり苦, もいずれ, もし能わず, もまた, も一見矛盾, も冷静, も忘れし, も未亡人, も聞い, よと玄蕃允, をあなた様, をいいかける, をいう, をいまこ, をおふくろ, をお前, をお話, をかいた, をき, をきき, をくりかえし, をささやい, をすぐ, をすっかり, をすれ, をその, をだれ, をどう, をどんな, をはつきり自覚, をば私, をもて, をも亦, をわたくし, をカレンズ飯, をダオイ, をペラオエングレー, をヨブ, を一つ, を一日, を上願書, を不審, を中野君, を二, を云う, を人伝, を以て後に, を仰し, を企て, を伝え, を伝え聞く, を何, を例, を信じはじめた, を元素, を力説, を勿論, を原子変脱, を友達, を口外, を口惜し, を可能, を同宿, を含意, を和尚様, を問題, を国, を国許, を報じ, を大いに, を大将李鎰, を奮発, を姉たち, を家令, を寺社, を小説, を希望, を庄十郎, を強く, を彼ら, を後藤貞行君, を心得た, を忘れ思い上がった, を思い付く, を悔む涙, を意識, を感じ, を懺悔, を我が, を打ち開けれ, を打明け, を指すなり, を捉, を改良, を敢, を敷衍, を断行, を是非, を書, を書き, を本人, を果す, を残らず, を決して, を決行, を洩れ聞き, を濃, を為す, を熟知, を申し上げます, を申入れ, を疑った, を発言, を直接, を知らせず, を知らせる, を知らなかった, を知らなく, を知らん, を知りたい, を確かめる, を示し, を称賛, を筆, を精しく, を絶対秘密裏, を考えたら, を考慮, を聞かし, を聞き伝え, を聴いた, を航海日誌, を行う, を行なう, を見る, を覚え, を親分, を観察, を言いました, を言い触し, を計っ, を記した, を記憶, を訴えた, を訴願, を話しあった, を話しました, を詳, を語りし, を説いた, を論ぜん, を警察, を豊吉, を轟, を通じた, を野村, を頭, を願い出る, を黙つ, 全世界, 古註, 多し, 微りせ, 必ず起る, 悉く同じく我, 既に漸新, 早く海外, 望みたる, 次第に世, 洩らすまじと, 甚だ奇怪, 知りて, 記しあるを

▼ この~ (1531, 0.5%)

3816 のため 14 の母 13 は私 12 が, は何 9 のこと 8 はお, を連れ 7 のお, の父, の親 6 の母親, の眼, はあなた, はいつ, はまだ 5 の前, の父親, はこの, はどう, はまあ, はよく, を抱い

4 [11件] があなた, の, のよう, の名, の目, はこんな, はまるで, は母, は病気, を, をお

3 [33件] がお, がまだ, が何, が可愛く, が自分, のおかげ, のお父さん, の両親, の命, の瞳, の運, の運命, はいい, はすでに, はその, はそれ, はなかなか, はほんとう, はまア, はもう, はわたし, は小さい, は誰, も, をあなた, をうち, をつれ, を残し, を殺し, を生ませた, を生んだ, を自分, を見

2 [100件] があはれ, がころがっ, がこんなに, がそう, がひとり, がまた, が可, が大きく, が女優, が好き, が来る, が生まれ, が私, が餘, だ, だけは成功, だけを形見, であった, と思へ, と話し, に, にこの, にもこんな, にやっ, に指一本, に話, に霊骨, のいう, のお母さん, のふた親, のもっ, のもの, の代り, の口, の声, の姉, の小さな, の性質, の教育, の癖, の血, の行先, の親方, の話, の身体, の面, の頭, の額, はあ, はあなた様, はあんな, はいつも, はうんと, はおぼつかない, はきっと, はこう, はしょっちゅう, はとても, はどういう, はどうか, はどんなに, はひどい, はまた, はもの, は一個, は不器用, は両親, は何だか, は名, は妙, は孤児, は学問, は少し, は悪魔, は成しぬ, は未だ, は死ぬ, は死ん, は母親, は父, は自分, は鼻, もこの, もまた, もやはり, も丈夫, をどこ, をのこし, を可愛い, を可愛がっ, を埋めざる, を失われた, を寝せ, を愛し, を捨てた, を産ん, を立派, を育て, を背負っ, を見る

1 [972件 抜粋] あり, ありである, あり烏, うらなへ, おそらくは大器, かい, からは肉体, から感じたかった, があたい, があったら, があなたがた, がある, がいい, がいちばん, がいなかったら, がいる, がお父さん, がかわいい, がここ, がこれ, がこんな, がさう, がじゅうぶん, がすねる, がそんな, がたどる, がつい, がとらえ, がどうしても, がどんなに, がないがしろ, がはだ, がほんの, がまだごく, がもう, がやっぱり, がわたし, がモンペつり, が一刀, が七歳, が下読み, が二月, が五つ, が今, が働ける, が入れられたら, が出まし, が十, が十八, が反対, が可愛くっ, が呼吸, が好いたらしい, が家じゅう, が少年, が帰っ, が役者, が思ひ, が悪い, が愛しく, が智恵, が欠席, が死ん, が段々, が気の毒, が為, が焦れ出し, が生まれた, が生れた, が産まれた, が秋, が縁, が義務, が育て切れます, が見, が誰, が配達, が長く, が餓え, この父, さえいなかったら, さえなけれ, じゃと思う, だけにはあたりまえ, だけはと弱, だけはほとんど, だけは不思議, だけは痩せぎす, だけは自分, だった, だってどんなに, だつたら余り, だよ, ってば, でござい, でしたが, で命, という言葉, といっしょ, といふ可愛き, とお, とは仲間, ともう, とも永久, と一緒, と仲, と別れ, と席, と知りぬ, と遊ん, なら少し, なりで, なる我, にいつ, にお, にきかし, にこ, にこそ父, にし, にたいへん, にちょっと, につけ, にとうとう, になっ, になる, にはじめて, にはその, には儒, には実, には引かされます, には手習, には無い, には福, にもいちど海, にもお前, にもやらなけりゃ, にも本, にも言っ, によい, によつて, にわし, にアンモニア, に三十フラン, に人間, に何時, に免じ, に去られ, に向, に就い, に心, に怪我, に接吻, に握らせる, に文句, に案外, に泣かれ, に生きうつし, に眠気, に科, に答え, に絶望, に縋つ, に聞かそ, に見ず, に設け, に酒, に飲ませ, のあこがれ, のおかあさん, のおばあさん, のおもちゃ, のお祈り, のかよっ, のかん, のくろぐろ, のしゃぶっ, のすこやか, のそぶり, のひどく, のまぶた, のアクセント, のポケット, の一番惡, の上, の中, の事, の亡くなりました, の仮り, の仲間, の伸び, の使い道, の兄, の喜び, の境遇, の大きい, の女中, の好い, の姉さん, の存在, の学資, の家族, の寝, の帰る, の弾き, の後ろ影, の心持通り, の忍び足, の思い出, の悔, の態度, の所為, の才気, の振舞, の時々, の机, の欠点, の死んだ, の気, の無心, の父親弾正, の狡, の生れた, の生立, の病身, の発育, の眉, の着, の禮, の空腹, の立場, の美, の肉, の背なか, の脚, の若い, の荷物, の行末, の見え坊, の言う, の足, の踊り, の通う, の面倒, の音楽, の顔, の髪の毛, の齢, はあて, はあわせない, はいじらしい, はいま釣, はうそ, はうち, はうわ, はおまえさん, はお前, はお寺, はかう, はからまで食う, はきれい, はこのごろ, はこよ, はさけび, はしよう, はずうずうしい, はそれでいて, はただ, はちょっと, はとうとう, はと言いたげ, はどうしてこう, はどうも, はどこ, はなにしろ, はなんてのんき, はね, はひがん, はびツくり顫, はほか, はほんとに, はませてる, はみじめ, はもし, はやがて, はやっと, はやや, はわがまま, はわなわな, はイタリイ, はオットセイ, はノボセ性, はフランス語, は一昨日, は七兵衛, は七番目, は三年前, は不器量, は与八さん, は両方, は二人, は仁徳, は今に, は今日, は何年何月何日何分, は元々, は入れ目, は初め, は十二, は原子爆弾, は叔父, は困っ, は声, は夕方, は夜明, は大事, は天界, は失明, は女の子, は女学校在学中, は嫁, は子供, は家, は容貌, は将来, は屹度悧口, は帰す, は当時五, は心, は性質, は悧溌, は感じ, は慾張り, は技術家, は揺籃, は放すまい, は日本人, は最後, は有望, は末子, は本気, は来客, は桶, は毒, は水泡, は永い, は深い, は然し, は爪, は父親, は生き, は生徒用, は疲れ, は百姓, は目, は相手, は知っ, は神童, は私たち, は立派, は笑った, は考える, は胡坐, は膏薬, は芸人, は葱, は虎之助, は親, は解ってる, は賢い, は足, は轉地, は迷, は運, は部屋, は降りない, は露台, は面白い, は音楽家, は頭, は餓死, は鳳眼, ばかりは, ば妙, までを不, まで何, もいる, もこんな, もせっかく, もだんだん, もどうやら, もやがて, もやはりしっかり, も中学, も哲学, も大きゅう, も失敗, も娘ざかり, も寒く, も意志, も父, も自暴, も親, も路傍, も随分, やこの, よ, をいったいどう, をいのち, をおい, をおろすでしょう, をお送り, をかわいく, をここ, をこの, をさずけ, をすこし, をたしか, をだにつつがなく, をつかまえ, をてばなす, をとどめ, をどうぞ, をなん, をぬすんだ, をふんだくろう, をほうり出したい, をほんとに, をみ, をもいれ, をも蝕ん, をよみ, をよん, をわたし, をガロフォリ, をローウッド, を一人, を下さいません, を乱軍中, を京, を仕込ん, を写し, を助け, を助けよう, を医者, を君, を太陽, を女房代り, を始め, を姙, を孤児院, を學校, を宿せし, を尋問, を干乾し, を引き取っ, を引き受ける, を引廻, を怯えさせ, を憤らせた, を手放す, を抱きしめたくなった, を拘引, を捕らえた, を捨てなけれ, を探し, を揺金樹, を教育, を本気, を構はんの, を死なせ, を殺した, を殺しちまった, を法律家, を父, を玩弄物, を生かす, を生みた, を産む, を監督, を神, を置い, を育て上げ, を船員, を荒波, を見せましたら, を警戒, を送り出す, を連れ戻す, を郷里, を降したい, を離し, を預けた, を頼みます, を養い, を養い育て, を養女, 一体あの, 有りかな, 生きるか, 行くは

▼ この~ (1501, 0.5%)

16 がいい 13 では, は私 11 がよっぽど 10 のこと, の御 9 が楽 8 がお, がむしろ 6 です, は御

5 [11件] が, がよい, がよほど, が余程, が御, が私, は, はまだ, は今, は何, をお

4 [12件] がい, がかえって, がずっと, がなんぼ, が一層, が勝手, が少し, が気楽, のお, のため, はあなた, はお

3 [26件] がいつも, がこの, がよつ, が便利, が好い, が自分, が都合, が面白い, だ, ですか, にお, の名, の研究, はこれ, はどう, はどなた, はね私, はまあ, はもう, はもっと, はハッキリ, は今日, は僕, もお, を, を好む

2 [76件] ありませんよ, か, かね, があなた, があの, があんた, がさばさば, がどれ, がどんなに, がはるか, がまた, がもっと, がより, がわし, がズッ, がホンモノ, が一段, が主, が今, が先, が心細い, が早く, が本当, が歌, が正しい, が氣樂, が求め参れ, が第, が結構, が遥, が適し, が適当, こそ何事, でも, と無二, にはもう, には趣向, に小さく, に属し, に属する, の, のお世話, のお伴, の事件, の仕事, の命, の問題, の大, の子, の手術, の母さん, の身, はあまり, はうまく, はさしたる, はさすが, はどこ, はね, はもも, は互いに, は何處, は声, は多分, は寧ろ, は常識的, は支那, は明らか, は無事, は現に, は程朱, は簡単, は純粋, は自分, は花, も, を見

1 [1058件 抜粋] あった覚え, あまり自由, いくばくの, いまだに知れない, いまだ感じなかった, お肚, かへつて危険, からは一顆, から充分, から切り出す, から多量, から申さね, から私, から觀, から逆寄せ, から離れ, がいき, がいらっしゃった, がうまい, がおそらくもっと, がおれ, がお前, がかわいそう, がけっく, がご, がさっぱり, がしばらく, がすっかり, がずつと充実, がそれ, がつかまえ, がどこ, がどの, がなさいましたら, がのんびり, がひどい, がまずい, がまだしも, がもつともつと, がよかっ, がよろしい, がらく, がダメ, がトランク, がマルセーユ, が一泊, が一番好, が三つ四つ, が中学校, が主膳, が乱れ, が人, が人目, が仕合せ, が似合, が何だか, が余儀ない, が佳, が俗, が働い, が先生, が具合, が出られた, が利巧, が効果的, が南條新子さん, が原因, が口, が古く, が吉本さん, が呼ん, が善本, が型, が場所, が多く, が多少, が大きかっ, が大丈夫, が太く, が嬢, が字体, が安心, が実際, が宮子, が尊い, が小門, が岩, が彷徨, が急, が愚存, が掛り, が数, が文学, が旦那, が旭岳, が昼とんび, が暮, が有難い, が本業, が本職, が来た, が林さん, が樂, が正規, が歩き, が毎度師匠, が気持がい, が水入らず, が活動, が清洲, が潮, が無地勝, が片付く, が珍しかっ, が生活, が畫以上, が當, が目先, が真実, が睡っ, が硝子, が簡潔, が純粋, が経典以上, が結局, が罪滅し, が自動車, が至急, が良い, が落ち着く, が著しく, が見, が見込みある, が親しみ, が親身, が調べ, が賑, が近い, が送っ, が道理, が遥か, が那智, が重傷, が開け, が雪, が頭痛, が駕籠, が魯迅さん, くらいの背丈, こそと思っ, こそ実に, この地上, こんな風, すなわち彼女, そういう風, その地方, そんなこと一番, だけには終に, だけはさすが, だろうと, で, であるが, でございますの, ですと, ですの, でやる, で反響, で鮎子ちやん, とがどういう, とした, とても御多分, とどういう, とは少し, とは縁, とんと不得手, と一しょ, と合体, と思い出し, と社長, と談判, などは若, ならこの, ならばと, なら大丈夫, に, にあっ, においても極力, にお話, にかけてはズブ, にこそ怨み, にずっとよく, にそれ, にため, にちぢこまる, にて取りおさえます, にはあまり, にはお, には何, には前, には場ちがい, には少し, には更に, には知名, には義理, には貴女, には類想, にもこまやか, にもたいした, にも好意, にる者, にイナセ, にプレンソーダ, に万事, に乗り, に五千円, に今日, に住ん, に冷たい賢, に力瘤, に坐つ, に対してはお, に対してもそち, に引き付けられ, に強味, に御用, に手間, に書面, に有る, に殺され, に流れ出し, に漸く, に発車, に相違, に聞い, に行つてポロ, に言っ, に送られ, に重点, ね自分, のいま, のお上さん, のお話, のさばり返った十二支組, のふところ, のチャンス, の不愉快さ, の乾き, の人, の人材, の伝統的宮廷文化, の係り, の催促, の分, の印籠, の口, の周囲, の埒, の売, の大軍, の奪い, の子供, の学間, の専門的, の弟子, の役目, の患, の手, の持場, の推算, の教育, の新聞記事, の望み, の条件, の武器, の生涯, の病気, の範疇, の義気, の耳, の苦し, の行列, の訴訟, の請願, の身性, の軽口, の運動, の鑑定委員, の陣所, の頭, はあるいは, はいくらか, はいつも, はおい, はおかまい, はおとなしかっ, はお客さま, はお釈迦様, はかえって, はこういう, はこれから, はさし詰め食つて, はさつき, はじめての, はすこし, はずいぶん, はそのまま, はそれで, はたしか, はたぶん, はとたずねたら, はどうせ, はなかなか, はなにか, はなる, はなんと, はね好き, はね農学博士, はほとんど, はま, はまた, はまったく, はもう少し, はやっぱり, はよく, はをかしく, はアンダ, はイタリー語, はジュヴェ, はテンポ, はピエロ, はモゾモゾ, はルリ, は一名ニワトリ草, は一層, は一茶, は上村君, は乗鞍, は九州一帯, は京童, は今度お金, は以前, は何だかモヤモヤ, は何人, は何用, は作家志望, は例, は俺, は僧侶, は先ほど, は全く, は刑事, は初瀬, は前, は前述, は助かった, は動き, は十三, は単に, は可能性, は司教閣下, は名, は名取さん, は君, は地域, は坊主一疋, は声々相雑, は外務省, は大丈夫, は大井町, は大変教育, は大抵, は女房, は妾, は子飼い, は安閑, は実母, は将来, は山高帽子, は巻十九の, は平均以下, は彼, は御利益, は心, は怪しい, は戦争, は手形, は探偵, は支配社会, は政府, は文学士, は日, は明る, は暮れる, は月二回位, は本籍, は東海林徹三, は柳, は楷書, は正反対, は毎日芝, は気象学, は注意, は浅井家, は済んだ, は熱電気, は現実, は甲府, は男らしく, は発見, は直接実質的, は眠っ, は確か三日前東京, は神像, は稍日本的, は笠, は結晶, は翻訳, は耳, は背丈, は芸術, は蔵前, は袖, は調べる, は辞句, は近来, は退職, は運, は鏡照子さん, は陰々, は雪, は青い, は面倒, は頬ぺた, は高, ばかり, へさり, へは玉子, へ向いた, へ少し, へ急い, へ神妙, へ職務, へ重き, ほとんど三年, もいけない, もう一世紀, もじきに, もその, もなかなか, もまた, も一杯, も何やら, も博士, も彼, も改めて, も死ぬ, も睡たい, も私たち, も間もなく, も飛べない, よ, より秀吉どの, をおかせ, をお通し, をこれ, をじろりと, をなぶりおった, を並べ, を借用, を先ず, を向い, を子, を宣伝, を御存知, を手術室, を探っ, を断念, を本当に, を泊め, を留め, を知らない, を自分, を見る, を読ん, を送りとどけたら, を釜石, を関所破り, を預け, 乗りました砌, 古い麻痺, 変らない異様, 実はもそっと, 忘れたこと, 探して, 潜って, 睡つて, 総入歯, 見慣れて, 起った著しい, 降ろうが

▼ この~ (1440, 0.5%)

16 に限っ, の朝 13 は朝 12 の午後 10 のこと 9 をもっ 87 もまた 6 の, のため 5 から彼, の来る, の祭, はまた, は何, を待っ 4 この時, に私, の夕方, の夜, の行事, は校長, は雨, を期し, を送る

3 [21件] から私, がはじめて, であった, に死んだ, のうち, のこの, の午前, の合戦, の戦, の敗戦, の話, はその, は必ず, は特に, は町, は空, は風, もいつも, もお, もその, もやがて

2 [73件] かの憎むべき, から三人, がさ, が始まり, が始め, が暮れ, ぐれ五六頭, この夜, づけは, である, にかぎっ, につなぐ, になっ, にはいつも, に賭け, に限つて, に限り, のかれ, の一切, の一等, の事, の兵火, の出来事, の千鶴子, の彼, の戦さ, の昼ごろ, の暮, の経験, の自分, の蝮, の行程, の近づく, の長い, の食事, の鮮やか, はかえって, はこと, はこれ, はただ, はちょうど, はどう, はひどく, は一日中, は二条, は他, は全く, は地獄, は実に, は心, は朝来, は殊に何だか, は私, は稀有, は自分, は誰, は雪, ほど三人, また, もある, もまだ, も例, も彼, も朝, も次, や, より後, を大師講, を子, を山, を選んだ, を限り, 満的パックス・ローマナ

1 [1062件 抜粋] あるが, いつもと, いよいよ藤原四代, おそくまで, かいた絵, からおばあさん, からさき二, からは忌火, からもう, から一小隊, から京都, から先, から十一日目, から半年, から堰, から天皇, から始まつ, から宗門奉行所, から新た, から松平肥後守, から淋しい, から突然, から胸, から都市, がくり, がその, がまた, が主婦, が偶然, が労働者農民一切, が大きな, が己, が来る, が照る, が私, が葬式, が過ぎる, ぐれの, こそは屈強, こそ千古, このあどけない, このとき我, この二人, この宿, この戦場, この街, この野, さらに特別, しては, すでに熱帯, その行列, たった半日, だけがちよ, だけだ, だけにもち, だけは供える, だけは歩く, だけ嘘, だった, ちょっと妙, づけを, ですと, でないと, でり堪ふべしや, とかぎらず, となっ, とみ, と翌日, なれば, において申さ, における余, にかけて祭, にさっそく, にしろ, にする, につづいた, にはお, にはつるさん, にはもう, にはバルブレン, には会し, には内田魯庵氏, には出来なくなる, には年, には必要, には鉛筆, には食後, にもなん, にも知った, にりよ, にジェンナー, にフランシスコ・ザヴィエル, に三浦老人, に会し, に告げた, に墓参, に始まり, に家康, に山, に常, に彼, に掛け, に新婚, に會, に来臨, に比良野, に發表, に祭られたまう, に続い, に至つて頂点, に茶, に行う, に解決, に起き, に逢う, に限つて子供, に限る, に集合, ねえ, のいたいたし, のかの, のさま, のたそがれ, のどんど焼き, のやう, のわたくし, のプログラム, の一万五千円, の一群, の二十日未明, の五条総門, の会場, の会議, の使い, の傍聴人, の儀式, の優勢, の八五郎, の公判廷, の内, の出陣, の前日, の労働, の勤め, の午前十一時, の午後二時, の午過ぎ, の名称, の土曜, の壮遊, の夕べ, の夕方六時, の夕暮マルバ山村, の夕餉, の夜半, の大凶時, の大火, の夫人, の如き, の嬉しい, の実験, の室ごと, の宵, の寒気, の小豆粥, の巡遊記念, の序戦, の式, の役目, の御, の惨敗, の成行き, の戦果, の拾い物, の敗北, の旅, の日記, の昼コエリョ, の昼頃, の晩, の晴雨, の暮れ, の朝喇叭, の条, の林田, の榮, の永, の汗, の法王, の派手, の演奏会, の為, の爆音, の爽, の発掘物, の真打, の瞬間, の祈願, の神, の神送り, の私, の突発事件, の第, の粥, の終り, の聴衆, の舞い, の舟, の落日, の虐殺, の行程十六里, の裁判, の言葉, の訪問, の詳しい, の講義, の謹慎, の遊客, の道づれ, の部分, の闘い, の降灰, の雑炊, の雲, の風浪, の饗宴, の騒ぎ事, の鷹, はあたれ, はいつも, はおそく, はお母さん, はかなり, はこうした, はことに, はこれ以上何, はさっと, はじめて位置, はじめて海, はじめて説明演説, はじめて近づいた, はじめて鮭, はすこぶる, はそのまま, はそれだけ, はたしかに, はどちら, はね革命, はひっそり, はまるで, はめづらし, はもっとも, はよく, はキリスト, はネクタイ, はヤソ教国, は一先づ琵琶, は一同荷造り, は一年中, は一日, は一粒, は一馬, は七くら水, は七時前, は三人, は上陸, は中, は丹那, は二, は二科会, は五月六日, は仏滅, は休ん, は何ん, は何故か, は僕, は全然, は冬山, は別け, は前, は勤めた, は十五日, は午前中, は午後三時ごろ, は受, は同情ストライキ, は四回目, は土用, は多く, は夜ッぴてこの通り, は大川, は大空, は大阪, は太宰さん, は妙, は寝殿, は少し, は少量, は岡田, は平戸先生, は年かさ, は幾何学, は弥陀三尊, は徳子, は忍び, は思はぬ, は恒例, は悪い, は数日来, は新, は新聞, は日曜日, は日本媼, は旦那, は早朝朝焼け, は昼, は暑かっ, は暗雲, は曇天, は本所, は柳橋, は業, は極めて, は欧羅巴, は殊に, は毎年, は江戸表, は浪, は源氏, は濃霧濛々, は無量寺, は特にそう, は犢, は玩具箱, は田辺侯爵邸, は白山祭, は皆, は第, は総じて, は考へた, は腹一ぱい, は舶来, は芝居, は落着, は親父, は言葉, は赤十字マドリッド支部長, は近々と, は遠く, は金曜日, は長女, は関東震災, は陰り, は陽気, は電灯, は非番, は餘程, は黄昏時, ばかりでなく, ひもじい思い, ほどあざやか, ほどの幸福, ほど司馬懿, ほど快, ほど豆腐, また一行, また常山, また比叡山戒壇堂, また雨, まで, までかけた, までしか田, までに幾多, までの悲壮, までの自分, までは当の, までは料理, までほとんどなんら, までまだ, まで何, まで勝頼, まで櫻, まで神, まで顔, むこうから, めづらしく私, もあたりまえ, もいつのまに, もかえり, もここ, もこの, もそう, もどこ, もやはり, も一刻, も亦, も何通, も先々, も冬, も別段, も午飯, も古式, も同じく, も君江, も外出, も大日坊, も宗助, も家康, も帷幕, も弟子, も御社, も戦局, も早朝彼, も暮れ, も曇天, も朝飯, も気分, も池, も浴客, も用い, も登壇, も秀林院様, も終日私, も良人, も難なく, も雪, も風, も驟雨的, も黄昏, や天気晴朗, ゆくりなく一片, よりこの, より再び, より単, より向かう, より小金井花見, より星, より疾く, より続, より萌しぬ, をお, をきつ, をどれほど, をイロハギ, をオサイニチ, をペテロ, を一日, を亥, を以て祀らるる, を作始め, を初め, を危険, を喜ばぬ, を境, を女, を定め, を忘れない, を思い出し, を想念, を手始め, を撰, を松栽, を楽しん, を気味, を済ませ, を皮切り, を祝う, を祭日, を花正月, を覚え, を覺, を迎え送りし, を陶里樺, を鼠, 丁度午, 久しく現れなかった, 再び晨, 出逢うこと, 初めてただ, 初めて彼女, 参り候, 取は, 各家庭, 啼きそめ山方, 売り初め, 奉進, 当の奉行, 必ず何等, 我が新作, 招かれて, 捕えた胡虜, 濁ったこと, 特に御簾, 第一, 若座が, 蔽いは, 行き着けなかった, 諸寺院, 追い込まれた峡谷, 逆将明智光秀

▼ この問題~ (1437, 0.5%)

37 の解決 26 を解決 10 を解く 9 に就い, を考え 8 に触れ 7 が解決, は解決, をどう, を研究 6 に對 5 になる, に答える, をもっと, を提出 4 である, に興味, に触れた, に関連, に關, はもう, は非常, を取り上げる, を考察

3 [24件] が, が重大, について私, につき, にふれ, に答, に関する吾, に関する限り, に関係, のうち, の前, の考察, はその, は私, を中心, を取り上げ, を直ぐ, を考える, を考へ, を見る, を解い, を解釈, を説明, を論じた

2 [95件] が全く, が出る, が刑法上, が流れ, たるや, では二桁, にうつる, についてこれ以上, については堅く, については私, について今, について語る, について適切, にはまだ, には四つ, にひどく, にふれる, に対してなんらかの, に対する私, に少し, に手, に深入り, に解決, に解答, に觸, に逢着, に関して私, に関する他, に関する法律, に関聯, の, の一つ, の中, の大き, の性質, の根本, の正面, の爲, の研究, の要点, の重大さ, は, はあなた, はいずれ, はこういう, はこの, はこれ, はしばらく, はそれ, はまだ, はもう少し, はもつ, は一歩, は今, は他, は内在的, は地球物理学的, は多く, は如何, は広く, は本書, は決して, は現在, は簡単, は至極, は色気, も自然, をかしこ, をとり上げた, をどうにか, をもつ, を了解, を例証, を取扱, を多少, を尋ね, を徹底的, を明らか, を書きたて, を検討, を極めて, を概観, を正当, を深く, を片づける, を理解, を私, を究める, を終る, を考えた, を解こう, を論ずる, を逆, を重大視, を除外

1 [986件 抜粋] およびその他, からも一そう硬化, から多く, から手, から見, から起筆, から離, がある, がいま, がおこっ, がすっかり, がそこ, がそれ, がでた, がまた, がもし, が両国識者, が何と, が俺, が僕, が内部動乱, が出, が十分, が古い, が大分, が定まれ, が実際, が平時, が思索, が抬起, が教育界, が時事的重大さ, が本気, が根本的, が決, が決まりますれ, が激しい, が片づかない, が現在, が私, が立場, が自分, が解けなけれ, が諸君, が起こりました, が連鎖反応式, だけである, だけはさし迫っ, だけを考えてる, だったの, でだけ大宮, ではなかっ, では上空, では各, では幕府, では次に, では誰, で孔子, で氏, で独自, で迷惑, ときりはなし, として穏やか, とはち, と全然, と聯關, なども夏目君自身, なる中心点, にあまりに, において最も, にかんする, にこだわつ, にさし迫る, にすぐれた, にたいして明りょう, にちかづく, につい, についてあなた, についていろいろ, についてきわめて, についてしばらく, についてその, についてどなた, についてのそれぞれ, についての学者, についての特別講演会, についての饒舌, についてはそれ, についてはまだまだ, についてはわたくし, についてはセンシブル, については以前, については僕, については娘たち, については少なくも, については当然後で, については次, については現在, については経済学者, については門外漢, については飽くまで, についてもう一度よく, についても何, についてよく, についてメンガー氏, について云々, について余り, について公, について単に, について意見, について智慧, について曰く, について法律, について深く, について男, について相談, について種々, について自分, について蒐集, について論議, について長い, について非常, につき極めてはっきり, につながっ, にとって少し, にとり何ら, にどう, にならない, にはいっ, にはふれない, には多大, には死体, には秀吉, には触れず, には赤見沢博士, には頭, にぶっつかった, にぶッ, にもあまり, によって大いに, にイブセン, に一つ, に一歩, に付, に働きかけ, に全然, に再び, に出会, に出逢う, に利用, に十分, に向, に否定的, に大, に大分関係, に奥深く, に対しては余り, に対しては私, に対してもまた, に対して冷淡, に対して普通, に対して曖昧, に対して無, に対して良心, に対して重々しい, に対するほどその, に対する作者, に対する公共的, に対する哲学者, に対する態度, に対する私見, に対する精彩, に対する解答, に専心, に就, に屡々, に帰着, に当, に応用, に想到, に於, に更に, に未, に比する, に注がれた, に深い, に無関心, に熱心, に的確, に立ち入っ, に答え, に答えん, に結論, に肯定的, に自分, に苦心, に触れたい, に触れなかった, に触れる, に話, に近づく, に連関, に重大, に関してその, に関してはほとんど, に関しては物, に関しては遂に, に関しても私, に関してロシア, に関して世, に関して実際, に関して正確, に関して行なわれた, に関して陥っ, に関し既に, に関し議会, に関するかぎり, に関するその, に関するブリュンチエール, に関する一般, に関する一般的印象, に関する事実, に関する余輩, に関する哲学的考察, に関する書物, に関する正当, に関する理論的知識, に関する私見, に関する総括的批判的, に関する誤謬, に関心, に限っ, に限らず, に非常, のきわめて, のご, のため, のつまらない, のスケッチ, の一切, の与件, の二つ, の他, の全体, の内, の出発点, の前半, の単に, の取り上げ, の埒外, の夜, の実践的重要性, の局, の影響, の応急的, の成行き, の提出, の提出方法, の攻究, の新奇さ, の本人, の本質上, の査問会, の概略, の正当, の決定, の火の手, の現象, の発展, の真髄, の究極点, の答解, の糸口, の興味, の落ちつかぬ, の裡, の解決如何, の解答, の解釈, の討議打切り, の課程, の論議, の起こる, の通俗科学書, の鍵, はあの, はいつたい, はお, はおのずから全く, はかつて, はきょう, はことに, はこれ以上, はじつはまだ, はそこ, はそれ位, はただ, はたとへ, はだから, はつとに, はどう, はなお, はなかなかそう, はひとり, はべつ, はほとんど, はまず, はみんな, はむつかしく, はもっと, はや, はよくよく, はりつぱ, はスポーツ, はヘーゲル, は一たびこれ, は一定, は一日, は一種, は世間普通, は云う, は人道, は今日伝記小説, は何, は併, は例えば, は充分, は全然, は内儀, は决, は出, は別にすこし, は単に, は可, は呉, は哲學, は在来, は城介, は大して, は始め, は実, は実質的, は實, は專門家, は常に, は幾何学自身, は従来, は思う, は恐らく往々そう, は意外, は成就, は我国, は手, は抽斎, は持ち出せない, は改めて, は文学そのもの, は日本, は最近キリスト教神學, は根本的, は極めて, は殊に, は比較的, は決して単に, は深刻, は潔, は物, は犬, は現実, は當分私, は直ちに, は研究着手中, は秀吉, は第, は経済問題, は結局, は総体的, は美術鑑賞, は考古学的調査, は自然等閑, は興味深い, は著者, は認識, は誰, は起った, は近年亜米利加, は過去, は遠から, は遺伝, は長年ブルジョア女性解放論者, は頻繁, への関心, ほどわかり, むしろ一層の, もいろいろ, もこれ, もしばらく, も何とか, も実は, も来年度, も落着, も論じだす, や兵役編入, より前, を, をあんまり, をいろいろ, をかね, をこの, をじっくり, をつかん, をつらまえる, をとった, をとりあげ, をとりあげる, をどんな, をはっきり, をひどく, をまだ, をめぐっての各, をめぐる, をもう少し, をよりよく, をキッカケ, をビール, を一人, を一生, を不問, を事務管理研究委員会, を何とか, を先づ解決, を処置, を出しまし, を切り出した, を卒業, を原因, を取り上げよう, を取り上げるなら, を取り扱った, を受入れる, を告げ, を噛み分け, を変更, を完全, を少しく, を島, を広, を心, を忘れます, を意味, を打ち切っ, を扱う, を指導, を採り上げ, を提供, を改めて, を故意, を日本人, を普通, を村会, を次々, を段々, を永く, を決する, を活かす, を父, を物理学的, を独立, を痛切, を眞面目, を真剣, を眺め直す, を確的眼, を私たち二人, を管轄, を考えない, を考えれ, を考え詰める, を考究, を芸術家, を見られなかった, を解くべき, を解け, を解剖, を討議, を詳, を詳論, を語る, を課せられ, を論じだす, を講究, を起し, を身, を追, を追究, を進め, を避けよう, を釈く, を隠蔽, を面白く

▼ この~ (1413, 0.4%)

18 城の 17 手紙を 15 手紙に 12 手紙の, 手紙は 11 屋敷の 10 屋敷に 9 邸の 7 二人に, 堂の 6 城に, 店に, 手紙で, 言葉を, 邸に, 部屋の

5 [11件] 二人は, 二方の, 坊さんは, 塚は, 手紙には, 社の, 邸へ, 邸を, 部屋へ, 酒は, 酒を

4 [15件] 二人が, 二人の, 二方は, 人は, 写真は, 城へ, 姿を, 嫁さんの, 屋敷を, 店は, 経を, 蓮様の, 見送りつてやつは, 部屋に, 面を

3 [29件] うちの, さむらい, せい様の, はなしは, はなしを, 二人を, 内儀さんは, 医者さんは, 城が, 城を, 子は, 屋敷には, 屋敷へ, 庭は, 手紙が, 手紙と, 手紙にも, 暑いのに, 経の, 経は, 艶の, 艶は, 芝居を, 葉は, 藤姐御, 言葉の, 邸は, 高が, 高祖頭巾の

2 [107件] うちを, かたが, かめどんぐりを, かめ人形は, かめ人形を, それは, ぢいさん, にいさま, ねえさま, ひいさま, ひざもとで, ふくの, ほきな, ほ袈裟, ツルさんは, 三方を, 二方に, 二階に, 人に, 今とは, 光に, 光の, 光を, 児さんは, 別れの, 坊ちゃんと, 城から, 堂が, 堂と, 堂を, 墓の, 墓へ, 墓を, 女中に, 妃が, 姿, 娘御, 媼さんは, 嬢さまが, 孃さんの, 子に, 子の, 子を, 宅に, 室の, 室は, 屋敷から, 屋敷で, 屋敷は, 店で, 店と, 店も, 店を, 庭で, 弓さんが, 弟子の, 役を, 徳は, 志保と, 手紙, 文倉に, 料理が, 料理を, 春という, 時代の, 月さまに, 月様に, 杉が, 歎き, 江戸で, 江戸の, 池の, 父様の, 瓢箪は, 町が, 町さんが, 社に, 社は, 祝は, 神さんです, 祭りの, 禮は, 稚児を, 粂に, 経じゃ, 美夜ちゃんの, 芝居が, 若い将軍家, 薬を, 藤, 角さんに, 言葉は, 近くに, 返事だけは, 返事は, 遊さんの, 部屋では, 部屋は, 部屋も, 酒の, 釜は, 銀様の, 関所を, 隣りの, 露が, 餅を, 高の

1 [843件 抜粋] あしが, あまりを, あるじに, いよさんが, うちに, うちは, おかみは, かたです, かたに, かたはなにごとにも, かたは何もかも, かたは総見院さまの, かたは雨に, かみさんらしい, きまり文句を, きみなぞも, くみと, くり物と, げんが, さかなも, さだ, さだまりの, さよ婆さんに, さるさんは, さるは, しまの, せいさんが, そばの, そばは, たかが, たねの, たまだけは, たんちんお客ぢや, だいばが, だてに, ぢさんの, つまはんの, つゆが, つ母, てんとうさまが, でかい貝, とぎ歌劇, にい, にいさん知つてる, はぎは, はつさんに, はなしの, はなの, ばばは, ひざもとに, ひざもとを, ふき婆さんを, ふたりの, ふた方の, へやに, ほおそ鳥を, ほん供に, ほ雪, まもりの, みやさんという, めず, もちや, もちを, もみに, やすさんという, れいは, わりに, 一方だ, 三人とも, 三人の, 三婆が, 三家でございます, 三方に, 三輪が, 上屋敷は, 世辞には, 丸だって, 久さんという, 乞食さんは, 乳で, 乳です, 乳の, 亀の, 二人だけで, 二方も, 二方を, 二階へ, 京である, 亭に, 人では, 人の, 人よ, 人を, 人形おじいさんが, 人形さんは, 人形さんを, 人形であったら, 人形の, 仏間に, 仕合せの, 代官には, 代官を, 仲立ちに, 仲間に, 企ては, 会式にも, 住居とても, 住居なぞは, 使いに, 侍が, 侍さん, 侍さんの, 侍さんを, 侍は, 侍を, 像でありました, 兄様がたに, 光は, 児こそ, 児さんが, 児は, 児を, 八重も, 公卿という, 六と, 六殺しの, 内へも, 内儀さん殺しには, 写真に, 出来に, 刀が, 刀は, 別荘を, 刺身の, 加久が, 化じみた, 化屋敷の, 北を, 医者さまが, 医者さんを, 十三夜には, 十夜の, 十夜を, 友達の, 取次は, 召状の, 叱りである, 吉の, 名刺も, 名前は, 君さんにも, 君の, 味, 咲で, 品が, 品では, 唇, 喋舌り, 噺下手の, 地蔵さまが, 地蔵さまと, 地蔵さまの, 地蔵様の, 坊さまを, 坊さんにも, 坊さんの, 坊ちゃんには, 坊つ, 坊様に, 城あとの, 城にも, 城へは, 城普請に, 堂は, 堂へ, 堂も, 墓は, 墓へも, 墓参りを, 墨付の, 墨付を, 夏の, 大尽から, 大尽なる, 大尽に, 奉行の, 女中この, 女中さんは, 女中背の, 好み焼屋を, 妃から, 妙を, 妻は, 妾が, 妾を, 姉様も, 姐ちやんと, 姿は, 娘さんは, 娘さんを, 娘子の, 婆ちゃんは, 婿さん工作も, 嫁さんが, 嬢さまを, 孃さんが, 孃さんに, 孃さん方の, 子たちは, 子たちを, 子なら, 子供さんは, 字ね, 宅が, 宅の, 宅は, 守護は, 安は, 定めも, 室で, 室には, 宿を, 富士山が, 寒さ, 小僧の, 小夜殺しを, 小姓が, 居間へ, 屋敷かな, 屋敷でございます, 屋敷でも, 屋敷と, 屏風は, 差し紙を, 市が, 市だけは, 布告を, 師匠さんが, 師匠さんに, 師匠さんの, 席でございます, 帰りが, 年紀で, 庇に, 床下へ, 店前川さんの, 庭へ, 庭番の, 弁当箱には, 弟子さんを, 役は, 御籤が, 心の, 志は, 志保の, 念仏の, 恵みを, 悦さんの, 悲しみで, 慈悲, 慈悲を, 手々に, 手な, 手なんて, 手元金を, 手形の, 手水場は, 手紙では, 手紙のと, 手紙書きました, 手紙速達で, 拳に, 振袖ぢや, 捌きが, 捕物御免とは, 敏の, 教室では, 数寄屋坊主は, 数珠は, 敷き物, 文さんの, 文を, 料理です, 料理には, 料理へは, 旗本は, 星さまは, 春っていう, 時さんは, 時さんや, 暇は, 書付な, 書付を, 月さまを, 月様を, 月樣だ, 杉でありました, 杉婆に, 杯が, 染の, 桃の, 梅さんと, 梅どんの, 椀を, 武家が, 武家たちに, 武家様に, 民が, 民さんは, 民に対してだけは, 水に, 水へ, 池に, 沙汰は, 洋服は, 淋しい道, 湯屋も, 灸の, 煎餠, 熱で, 父さ, 父さまつたら, 父さ抱きあげ抱きあげほれ, 犬係りは, 狸様にも, 猫さんは, 猿は, 猿を, 琴の, 町とかいう, 町とかいふ, 留守居は, 痛は, 痛わしいお, 皿のは, 相は, 眼この, 砂糖と, 碗を, 社だ, 祀りに, 祖父様方は, 神さんは, 神の, 祭礼の, 稲さんに, 稲荷さまへ, 稽古の, 竹を, 米様を, 粥には, 糸にも, 糸も, 紋といふ, 絃と, 組屋敷の, 経だ, 経も, 絵かきさまは, 絵かき様を, 絹さんの, 絹という, 絹といふ, 絹は, 綱さんに, 綱さんは, 綱でございます, 綱の, 綾さんの, 縁を, 縄を, 美しい殿様, 美しい風采, 美夜ちゃんが, 美夜ちゃんも, 美夜ちゃんを, 美夜坊が, 美野に, 美野の, 羽織お, 羽織を, 職人が, 肚の, 脈の, 腰元に, 膳を, 舟は, 舟を, 船の, 艶であろう, 艶という, 艶に, 芋は, 芝居によって, 芝居の, 芝居気この, 若いかたは, 若い主人, 若い衆は, 茶坊主が, 茶碗で, 荷物あれ, 荷物を, 菊が, 菊の, 葉さんを, 葉めが, 葉も, 蓮さまだけは, 蓮さまは, 蓮様ほんとに, 薬ときたら, 薬は, 薬園の, 藏の, 藤は, 藤も, 蘭しごきで, 蝋所の, 蝶さんが, 衆は, 袖といふ, 袖とは, 裁きいただきたさ, 裁き一つに, 見世へ, 親しみは, 角さんの, 角さんをさ, 角という, 角を, 言いつけに, 言葉だけが, 詫を, 調べは, 譚は, 豊さんだ, 豊なんていう, 財布の, 軽の, 輿入れの, 辭儀役達必ずしも, 辰まだ, 近であった, 返事の, 返事を, 通りに, 邸で, 邸にも, 邸内には, 部屋そんなに, 部屋だけは, 部屋を, 部屋好き, 部屋宮川町から, 部屋様を, 酒だ, 酒どう, 酒も, 金持に, 鈴といふ, 鉄との, 銀ちやんが, 銀様によって, 銀様は, 鍬入れに, 長屋に, 長屋には, 長屋も, 隣りに, 隱れ, 雛は, 雪に, 雪伯母の, 霜などの, 露という, 面は, 預かりの, 額の, 願ひ, 風呂按摩さんゐる, 館など, 館も, 饅頭も, 首級を, 馬場へ, 馬鹿さん, 馬鹿さん達この, 駒さんという, 駒ちゃんと, 駒という, 駒の, 駕に, 駕籠には, 高さんを, 魚です, 魚は, 鳥を, 鷹野の, 麗さんという

▼ この二人~ (1413, 0.4%)

25 の間 19 の女 12 の作家 10 のこと, の子供 8 のうち 6 が, のほか, の人, の男, は何 5 のもの, の人間, の姿, の娘, の婦人, の少女, の青年, はこの, は自分

4 [17件] のあいだ, のため, の上, の問答, の女性, の子, の学者, の対照, の少年, の老人, の者, の話, は, はすでに, はその, はどちら, は私

3 [21件] がお, がこの, が今, が同じ, だった, の中, の仲, の前, の博士, の友人, の名, の壮士, の方, の様子, の画家, の運命, の遍路, はもう, は全く, は前, を殺した

2 [89件] がこんな, がその, がどう, がどうして, が何, が坂田, が顔, だけが日本人, であった, である, と仲直り, にだけ愛され, にとってはかなり, に比べる, の, のうち一人, のお, のさま, のすぐれた, のどちら, の乞食, の争い, の亡者, の人物, の会話, の作者, の先輩, の友, の友達, の名前, の場合, の大, の夫婦, の姉妹, の娘さん, の娘たち, の学生, の客, の広告主, の恋, の意地, の武士, の武家, の浪士, の火星人, の物理学者, の禅僧, の立場, の素姓, の美しい, の芸術家, の若い, の若者, の親密, の言葉, の記者, の証人, の関係, の頭, の顔, の駈, はあの, はいずれ, はお, はそもそも, はどうやら, はまだ, はよく, は何れ, は何ん, は例, は共に, は大抵, は小さい, は川, は日本, は温泉街, は非常, もまた, もやがて, をくらべ, をし, を並べ, を中心, を招待, を田舎者め, を自分, を見, を連れ

1 [945件 抜粋] からずつと離れ, からは何, から帝, がああ, がある, がいかに, がいつのまにどうして, がお互い, がかなり, がこ, がこんなに, がし, がすこし, がそこ, がその後北野少年, がたまたま, がとも白髪, がどういう, がなにか, がねっから, がひ, がほか, がやってきた, がゆくえ, がわし, がヒラリー期, が一番, が世界最初, が主謀者, が之, が九十九里, が互に, が亡者, が今回, が仏蘭西劇, が何處, が兄妹, が共謀, が初秋, が功名, が勢いづい, が協力, が君, が奉行, が家出, が将来, が局外者, が左右, が布袋, が当て込ん, が当時, が徳川, が情交, が戦慄, が放牧, が故人, が文壇, が日月, が日本人, が最近, が朝刊, が本署, が来た, が柳町, が極めつけた, が残った, が無事, が生き, が疑へる, が発起人, が相談, が睨んだ, が窓ぎわ, が紫田彈右衞門, が組ん, が織り出した, が背後, が自分, が自身ら, が英雄, が親しく, が評判, が連れ立っ, が離れん, が餘, が駈け, が駕籠, が黄金メダル, ぐらいのもの, こそ三峰, ことに小林, しかない, その横山五助, だから, だけが何, だけが心, だけが暴化時, だけが薄々, だけだった, だけな, だけにすまない, だけは, だけはここ, だけは内蔵助, だけは別, だけは実に生き生き, だけは近ごろ鎌倉じゅう, だけを末席, だろうと, でございますね, です, では, で兩方, というの, という数, とときどき, とは何となく, とは違いました, ともまだ, とも住所, とも文久二年十二月, とケリイ・ジュッド, と一ばん, と一匹, と入れ代っ, と同盟, と徳永直, と自分, と門, と雖, にある, にきっかり, にくらべる, にだけは疑ひ, についてろい, について色々, にとってそれ, にとっては滑稽, にはある, にはめずらしく, にはわからない, にはオツネ, には上々, には到着, には右, には良い, には面識, にまさる, にも許し, に並ぶ, に会わない, に何, に八五郎, に同情, に変つたの, に好い, に対してなにか, に対しては余分, に対して感じた, に対して西村氏, に小便, に応対, に悩まされ, に接吻, に次, に段成式, に比すべし, に注がれ, に犠牲, に異, に目, に繋がる, に自分, に言わせる, に負け, に超える, に逢, に限っ, に限った, に食, のあぶれ者, のいずれ, のいで, のいる, のうめき声, のおとな, のこういう, のご, のし, のたたずまい, のばあさん, のほう, のみはなぜ, のもつとも, のやった, のやつら, のゆくえ, のジジイ, の一人, の下, の下級人民, の不快, の並んだ, の主宰者, の乗客, の事実捏造者, の亡霊, の交情, の仕事, の仕業, の代表的闘士, の伯父, の住ん, の作品, の使番, の俳優, の傷, の兄, の兄弟子, の全く, の内いずれ, の前科, の努力, の勇者, の勢力家, の協議, の卸売商人, の友だちぶり, の句集, の告白, の啓蒙期人物, の喧嘩, の喬, の声, の外, の大人, の天才, の夫人, の女たち, の妄想家, の姉, の姫神, の婦人作家たち, の存在, の対比, の小さな, の少年少女, の巨人, の師弟関係, の年上, の年齢, の幸福, の強い, の役, の後, の微, の思う, の怪しき, の恋愛, の恩人たち, の情死, の愚か, の憎まれ役, の手, の探偵, の政治家, の敵手, の新人, の智慧, の智者, の最高官吏, の村, の来訪, の歓会, の死, の死んだ, の死後如何, の毛布, の気楽さ, の沈黙, の浪人者, の淑女, の父親達, の特色, の珍客, の生涯, の画, の病人, の目, の盲目, の真影, の知恵者, の科学技術者, の童話, の競い合った, の答, の粋人, の組み合せ, の組合仲間, の結びつき, の綱, の美禰子, の老, の考え, の背後, の胸, の舞踊家, の荷持, の行方, の親子, の観測者, の評判男, の試合, の話し声, の説, の貪婪, の路, の身許, の農奴, の通称, の遭難者, の遺児, の醜男醜女, の閑人, の面倒, の首, はあくまで, はいっしょ, はいつも, はうらみかさなる, はきょうだい, はここ, はこっち, はさびしい, はずっと, はそれぞれ居住, はそれぞれ注目, はたいへん, はただ, はとても, はとりわけ, はどう, はどうもとても, はなんで, ははじめ, はほとんど同時に, はまったく, はやがて, はわけて, はアメリカ人, はスパイ, はバルブレン, はフリーダ, はユゴオ, は一度, は三月, は不気味, は主従, は二人, は今, は今晩, は何となく, は何時, は侯爵津, は偶然, は元々, は全然, は八百長, は凡そ, は別れた, は勤王方, は北海道, は半ば物珍, は叔父甥, は只もの, は喜ん, は地底戦車兵, は多分, は多少なりとも, は太平洋, は夫婦関係, は奧, は姉妹, は孔明, は定めし, は封建社會, は小諸, は屯所, は幕府, は徳川幕末政府, は怪しまれる, は恋愛戦, は成り上がり, は或は, は新田方, は日頃, は明るい, は時代, は最上, は有島, は本当に, は村, は板橋街道, は某侯, は死んだ, は母, は気違い, は江戸, は活動写真館, は浅草公園, は無二, は爺さん, は現に, は生地, は生理的, は相, は相談, は終生, は維新後, は美濃, は腰, は若い, は苦しむ, は藝術家, は見知らぬ, は調律, は跡, は通い, は重役, は長く, は雑兵, は離ればなれ, は駒次郎, ほどに長閑, まで敵, もその, もどこ, もまめやか, も亦, も別に, も彼奴, も支那, も知らず, も私, も苦し, も食事, よりない, よりももっとのろのろ, をあすこ, をお呼び, をその, をつかめ, をどこ, をのぞく, をはじめ, をまたとない, をみる, をも酒, をルドウィッヒ大尉ら士官一同, を一堂, を一室, を両手, を今年, を候補者, を僕, を全く, を助けた, を取り押さえ, を合せ, を唯, を囲ん, を尚侍, を帰らせない, を引きはなし, を後, を招, を揶揄, を文芸的, を斬っ, を歓迎, を死せしめた, を気持, を注意深く, を特に, を生かし, を疑わない, を目あて, を神, を結びつけ, を結婚, を縛る, を自己, を見つける, を見送る, を訪問, を迎えました, を通り越し, を離れ, 即ちかし子, 程兩極端

▼ この言葉~ (1296, 0.4%)

36 を聞く 28 の意味 20 を聞いた 19 を聞い 16 の中 12 は私 109 をきい 8 のうち, をきく 6 が私, を口 5 はその, は今, は決して 4 が終る, に嘘, の方, はこの, は少し, は彼, も亦, をきいた, を使う, を耳

3 [20件] が何, によれ, のもつ, の内容, の裏, はそれ, はどこ, はまた, は実に, は当時, は彼女, は最も, は殊に, をお, を引用, を残し, を発した, を私, を聴いた, を証拠立てる

2 [86件] がつい, がひどく, がふい, が人間, が今, が先生, が濫用, が示す, が終らぬ, が自分, が非常, だけで, である, で私, にし, にはさすが, には前, には少し, には少なから, によって云い表わされる, によって何, に依っ, に彼, に私, に耳, に関連, のある, の外, の奥, の持つ, の有, の特殊, の終らぬ, の終る, の見地, の調子, はお, はおそらく, はその後みんな, はたしかに, はやはり, はやや, はわたし, はチェーホフ, は一寸, は何, は先生, は単に, は古い, は嘘, は嵐, は帝王, は文書, は日本, は正しい, は死, は現在, は甚, は覿面, も実は, を, をかわした, をくりかえし, をこれ, をその, をどう, をもっと, をよく, を使, を使用, を僕, を味, を嫌悪, を楯, を理解, を用いる, を発する, を粗野, を聞き, を聴く, を聽, を肯定, を胸, を自分, を言, を避ける

1 [831件 抜粋] からうけた, からの動揺, からわたくし, から思い合わせる, から私たち, から頭, があつ, があるじ, がいかにも, がいま, がお雪ちゃん, がこう, がこびりつい, がその後方々, がそもそも, がとつぜん, がどんな, がなかっ, がまた, がみんな, がよく, がわかるらしい, がデステュット・ド・トラシ, がピン, が一応, が一言, が主として, が云われる, が仮に, が伝へる, が使, が僕, が全く, が初めて, が大変, が妙, が実感, が寅彦, が専務, が弟, が強く, が彼, が拡つて, が採用, が既に, が昨日私, が時々, が最高度, が本物, が松雲, が残っ, が気に入った, が流れ, が現在, が生き, が用いられる, が盛ん, が社会, が移った, が第一義式性愛, が終わる, が耳, が芸術家, が蠅男, が血涙, が許されるなら, が語る, が讖, が通常使用, が閃光, が電光, くらい僕, こそわれら, こそ今, こそ真に, このモットー, さえ心, だけでも悲しむべき, だけでも盜人, だけで表現, だけは女, だけは知っ, だった, です, ではじめて, では生ぬるい, でも感ぜられる, でエドワアドさん, で力強い, で大, で急, で殆ど, で私共, で粉砕, で精確, で表現, で霧, という縄, とその, とは彼, ともはや, と一本, と共に自, と共に霰, と同じ, と文章, と詫, なども回教, なども多少, にお, にその, については色々, につれ, には, にはあらゆる, にはすっかり, にはわたくし, にはわたくし感心, にはフロイス, には何とも, には含まれ, には嘗て, には実に, には少から, には従, には次郎, には武士たち, には真理, には耳, には脅迫, にひどく, にむしろ, にもかかわらず, にも一応なにか, にも半分, にも彼, によってこそ書き起され, によって一度, によって一派, によって代表, によって私, によって置き替えられる, にわれら, にブレエキ, にマウントジョイ, に一座, に乗じ, に二重, に今日, に代る, に伊賀, に依つ, に厭, に反響, に囚われ, に嫌悪, に子供, に実行力, に対しては常に, に対しても平生, に対して新九郎, に対して答, に対して警部, に対する不平, に少から, に尽き, に引かされ, に彼女, に心, に意味, に普通, に最大級, に注意, に涙, に深く, に現, に真理, に答えなかった, に終る, に総, に脅迫, に誰, に躓い, に返事, に追い立てられる, に逆, に違, に雷同, に青年, に頗る, のあと, のあり, のきびしい, のとおり, のまとも, のみが記憶, のもてはやされる, のウラ, のケヅ, の不用意, の不通, の使用法, の内, の分限, の単純性, の古典的, の周辺, の問題, の少し, の属性, の底, の微妙, の意義, の描き出し, の最中, の最後, の概念, の正当, の歴史, の混乱, の珍しく, の現す, の皮肉, の眞實味, の真, の純化, の終わる, の綾, の複雑, の言語学的穿鑿, の語根, の説明, の起源, の通り, の重み, の限られた, の限り, の音響的特性, はあちこち, はいつも, はおそらくいささか, はかなり, はかなり漠然と, はここ, はご, はごく, はしかし, はずっと, はそつくり小説, はそれでは, はそれほど, はたちまち, はつくづく, はです, はどちら, はなに, はなるべく, はふさわしい, はほんとう, はぼんやり, はまるで, はもう少し, はもちろん, はややこしい, はわかり, はわたくし自身, はキケロ, はシング, はスクルージ, はピン, はヘーゲル, はラ・フォンテーヌ, は一応, は一種, は一部, は三宅氏一人, は中国, は九州あたり, は二重, は今宵, は今日, は体系, は作者, は僕, は初めて, は力強い, は十分, は半分, は又, は取り消さなけれ, は四塚, は国定教科書, は地球, は多分, は如何にも, は孔乙己, は完全, は少く, は屈辱, は左門, は市民的素直, は常に, は幾らか, は彼ら, は彼ら特有, は彼等, は必ずしも, は忽ち, は恰も, は我, は或, は所謂技術, は手ひどく, は抑, は放たれ, は文学そのもの, は断じて, は早速, は普通, は書かれた, は朝倉先生, は本, は本当, は本県, は東京, は極東裁判, は機會, は次, は欲しなかった, は死語, は残っ, は氏, は気に入つた, は気分, は漠然と, は特に, は独楽, は理, は真理, は短い, は私たち素人, は素人, は結局, は船員ら, は芸術, は菅公, は藤吉郎, は触れる, は言葉, は訳す, は論理, は豹一, は農業者, は通用, は適切, は釈りよ, は長い, は間, は非常, は頗る, は顧みられず, への陶酔, ほどひどく, ほど京助, ほど然し, ほど都会, ほど都會, もやはり, もグズ弁, もフランス文学, も同様, も忘れ, も息, も明治, も本, も無駄, も紋也, やまた, よりもなお, をあなた, をいう, をいく, をいつも, をうけとる, をおぼえ, をかり, をきっかけ, をきっと, をくりかえしくりかえし考え, をこういう, をここ, をご存じ, をさう, をさながら, をた, をたとえ, をなぜ, をば伝, をまた, をもっ, をやめ, をわが, をシンボライズ, をボートルレ, をロオラ, を云, を云った, を人間, を今さら, を今日, を以, を何度, を何遍, を使った, を信じなかった, を信頼, を借りる, を先づ不審, を千代重, を単純, を友人フアウスタス, を古い, を可, を吐きかけ, を否定, を吾, を呪文, を善意, を噛ん, を土台, を変, を失意, を奉じ, を学ぶ, を守っ, を守り立て, を宛, を実現, を尊敬, を小耳, を小説, を少し, を常陸夫人, を平気, を彼, を待っ, を後, を心, を必要以上, を思いおこす, を思い出さない, を思い出した, を思い出す, を怯懦, を悪用, を意外, を所有, を承, を承認, を支柱, を暗い, を書き得なかった, を検討, を樹, を機縁, を決して, を浴せられた, を無視, を独占, を現在, を生活, を用い初める, を発したら, を相手, を知っ, を知らない, を穿きちがえ, を絶叫, を繰り, を繰返, を繰返しました, を考え出し, を聞きつけ, を聞きとがめた, を聞きます, を若い, を裏書, を裏面, を覆えす, を見合せ, を覚え, を言った, を記した, を許す, を讃嘆, を辿っ, を逸作, を面白い, 即ち実用, 言いたくなくて

▼ この手紙~ (1191, 0.4%)

31 を書く 26 を書い 20 を書いた 19 を持っ 14 の中, を読ん 13 を見 10 をお, を書き 9 を御覧 8 のこと, の内容, はあなた, はこれ, を書きます 7 は私, をかい, を書きました, を読む, を読んだ 6 に書い, は, をあなた, を御, を見る 5 があなた, の主, を出す, を渡し, を私 4 です, のよう, の意味, の文句, の着く, は彼, を, を出し, を受け取った, を見た

3 [21件] が着く, で見る, にある, のはじめ, の終り, はおしまい, はどこ, はもっと, は今, は僕, をかいた, をごらん, を上げる, を手, を書き終る, を自分, を見せる, を見たら, を認め, を読み, を開封

2 [78件] がお, がか, が君, が岸本, が着き, だ, でどんな, と同時に, には御返事, による, に御返事, に覚え, のなか, の一節, の上書, の中味, の事, の余白, の冒頭, の初め, の差出人, の文字, の旨, の着次第, の筆跡, の返事, はいつも, はいろいろ, はお前, はきっと, はそっち, はそれ, はたぶん, はとうとう, はひどく, はわし, は今日, は伯父, は俺, は先生, は彼女, は牧師, も今, も原稿料, をいれ, をお母さん, をかく, をここ, をごく, をご覧, をしまい, をみる, をもっ, をもつ, をよく, をよん, をポスト, を出した, を受取っ, を受取った, を受取る, を届け, を届ける, を差上げます, を彼女, を書かう, を書きはじめた, を書きはじめる, を書き出し, を書き出した, を書き始めました, を机, を破らず, を終り, を置い, を見せ, を誰, 見次第小田原

1 [636件 抜粋] いけねえ, いつ頃御覧, かいて, から推し, から誰, がある, がきっかけ, がここ, がこの, がす, がたたまれ, がただ, がつい, ができましたなら, がどう, がどんなに, がなるたけ, がやう, がイライラ, がポルトガル王, が一度, が三日, が下宿, が主人, が他日私, が倉地氏, が全部ほんとう, が出された, が届いた, が届いたら, が届く, が日記, が書かれた, が書けなかった, が書けません, が来, が来た, が来まし, が松江, が残っ, が無事, が現れなけれ, が着いたら来, が美佐, が自己, が舞い込んだ, が貴女たち, が身, が遺族, が野本氏, こそやがて, さえ戻し, さしあげます, しまいを, だがね, だけで終り, だけにいたします, だけは池田甲斐守, だけは許し, だけを読んだ, だけ念, だってそういう, だって本当に, だって相談, だって自分, で, であって, であなた, である, でどう, ではじめて, では九月, では急, では林町, では沢山書き, でむらむら, でナターリヤ・ヴァシーリエヴナ, で一先ずほっと, で云っ, で以, で初めて, で命令, で御免, で知った, で私, で見まし, で証明, といっしょ, とこの, とちがっ, とともにそれ, とゆきちがい, と一緒, と共に, と同じ, と同時, と昨日, など又, においては我ら, においてバルザック, にこんな, にした, には, にはおどろいた, にはどこ, には一杯食, には予告, には今, には何とも, には当, には日付, には直接なん, には自分, には衷心, には非常, にもございます, にもわざと, にも中年, にも居所, にも書い, によってどん底, によっても察する, によって急用, によって見る, により私, によれ, に三十両, に切手, に取りかかりました, に向, に在る如く, に対する返事, に排, に敬服, に時間, に書かれた, に本, に気がついた, に消印, に琉球, に目, に籠め, に至る, に覺, に論理的連絡, に返事, に長い長い, のあと, のあなた, のうつし, のご, のつく, のところどころ, のぬ, のほか, のまま, のやり取り, の事実, の事情, の二十九日, の任務, の住所, の公表, の前, の印, の原文, の名宛人, の命, の嚢, の字, の宛てられた, の慌てた, の持参人, の指示, の文面, の日附, の時期, の書き, の書きだしで, の曼陀羅先生, の末段, の本人, の来, の様子, の用件, の用向, の目的, の相手, の着いた, の着き, の結論, の表, の表書き, の要求, の謎, の身の毛, の通り, はあちき, はいつ, はいまアルハンゲリスク, はおまえ, はおれ, はここ, はさっき, はすぐ, はその, はそれで, はだれ, はぢ, はつまり, はどうやら, はなかなか, はなん, はねえ, はまだ, はまとまり, はやがて, はやる, はよし子, はシャンヴルリー街, はヘンリイ, は一先ず, は一枝, は上海, は下旬, は下田出發, は不思議, は世間, は今年, は今朝, は何, は何処, は全然, は内, は出さなかった, は出す, は前後, は勇, は印度, は去年, は受取らん, は君, は君一人宛て, は四個月後, は坂口さん, は大切, は女, は妾, は委員一同, は家, は宿, は密使, は少し, は島田, は当時, は必ず, は思ひ, は愛情, は我々, は新, は新聞紙, は日本紙, は日本風, は明日午後七時, は昨夜宵, は本当, は村, は村野伝, は来年, は松戸, は桜, は決して, は治安判事, は泉太, は法隆寺, は漁夫, は爺さん, は特別, は百合さん, は皆, は直ぐ, は破っ, は私事, は稀, は立っ, は素子様伸子様, は終わっ, は老, は能登守, は見せない, は話さね, は誰, は謂わ, は谷中宛, は齋藤緑雨, ひらいたとき, へ今さら, へ目, ほど津田, まるで郵便船, もお, もぜひ, もそう, もそれ, も乃至, も二日がかり, も其處, も娘, も宮, も日本, も昼, も母, も添え, も玉鬘, も終る, や記録類, よくよく味わい, よりどっち道, よりも先, をあづか, をいっしょ, をいつ, をおしまい, をお前様, をお受け取り, をお父さん, をかき出します, をかき終ったら, をくれた, をこうして, をした, をすぐ, をそ, をちらりと, をつけ, をつづけます, をとくべつ, をとりとめ, をと思っ, をどう, をなかなか, をば廻章, をひと, をひとつ, をひろげ, をほうり込ん, をみ, をみせ, をやる, をよこした, をよませ, をわたす, をテエブル, をネパール, をポカ, を三休橋, を三四日, を三通, を上げます, を両, を中, を二階, を云いつけた, を今, を他人, を伝達, を信じ, を光川様, を写し, を出さなかった, を出しましたら, を利用, を包ん, を十九, を午後一時, を半分, を印刷, を受け, を受けとっ, を受けとった, を受け取, を受取られた, を君, を園君, を大変, を子息, を封じます, を封じる, を小石, を届けた, を届けよう, を差しあげる, を差し込ん, を差上げたい, を差上げる, を引つ, を得, を快く, を急い, を打ち終る, を投, を投げいれ, を投げ渡した, を投函, を披, を抱い, を持ちだした, を持つ, を持参, を採録, を斎藤先生, を早く, を明智探偵事務所, を明朝, を晩, を書かず, を書かせ, を書かない, を書きつ, を書きはじめました, を書き上げましたなら, を書き出しました, を書き初め, を書き始めた, を書き掛けた, を書こう, を本籍地宛て, を本郷, を東京, を林町, を栄三郎, を次, を殿, を添加, を渡す, を渡せ, を父, を發見, を皮肉, を盗み取る, を研究室, を破, を破っ, を突っ返し, を素直, を細かく, を終, を結ぶ, を続け, を繰り返し読んだ, を繰返し読ん, を老松町, を自身, を英語, を見い, を見せたら, を見せられる, を見たい, を見付けました, を親分, を解釈, を訳し, を認めました, を認める, を読ませまい, を読みおえる, を読みました, を読み終っ, を読み終る, を読め, を読んだら, を読んでしまつた, を警察, を讀ん, を讀んだ, を貰った, を貰つた, を貴女, を貴男, を貸し与えた, を送った, を送る, を送れない, を通りがかり, を進げ, を開き, を閣下, を雪子, を飛脚屋, を饅頭, 下さいました, 差出します, 後でよい, 御披見, 持って, 書いて, 着くの, 終る迄, 見たこと, 読んで

▼ この~ (1164, 0.4%)

19 にある 16 にいる 13 に入っ 119 へ入っ 8 へ入れ 7 にあっ, にあり, に書い 6 で, で誰, の一人 5 で一番, に一人, に隠れ, のどれ, 申し上げた滋賀津彦 4 だ, にお, にはいっ, に入れ, の, のもの, へお

3 [20件] が怪しい, だな, だよ, にいた, にいるだろう, にお前, になに, には, にはおれ, に何, に入, に入れた, に含まれ, に居る, に竹青, の君, の誰, へはいっ, へはいる, へ入る

2 [79件] から出る, つ国, ですぐ, ではいちばん, では一番, でよく, で一人, で今, で寝, で彼, で真に, で私, で面白い, にい, にかくれ, にすずめ, にだれ, にて汝, にとじこめられ, にはあの, にはいる, にはきっと, にはずいぶん, にはその, には一体, には何, には前, には多少, には大事, には少数, には青銅, にもし, にも人間, にも書い, にゐ, にゐる, に人, に何もの, に個人, に入った, に入りこん, に入ります, に入る, に入るる, に出, に吾が, に埋め, に大, に安, に小さい, に少納言殿, に描い, に極めて漠然と, に犯人, に石ころ, に落ち, に見る, に身, に這入っ, に集録, の一, の一つ, の一名, の一曲, の人, の女, の第, の資格, の黒い, はビュロオ伯夫婦, へいれ, へおっ, へ入れた, へ足, へ送りこむ, へ這入っ, をお, を仮に, を見れ

1 [778件 抜粋] からあなた, からお前, からがちゃがちゃ, からちゃんと, からで, からとんでも, からどれ, からにげだし, からの奥様, からは例, からも十五匹, から一人, から何, から何らかの, から光っ, から出, から取っ, から囚人, から太一, から引き出した, から御, から暗い, から次ぎ, から浮き, から消え, から疑, から立退いた, から義眼, から見つかっ, から選び出し, がいったい, が何物, こそは睫毛, じゃろう, である, である特定, でうんと, でこそ生きる, でさけ, です, ですよ, でそんな, でただ, でぢ, でつかまる, でどんな, での符牒, では, ではござりませぬ, ではその, ではチビ, では一番家, では何, では吉岡方, では息, では書き尽せ, では最, では比較的, では私たち, でひろ子, でまとめられる, でもお, でもゴーリキイ, でも九州, でも千葉県, でも可, でも最も, でも本, でも特長, でも現在, でも石見, でも絶対不変, でわずか, でガス, でヌナクラフトタマシキ, で一ばん, で一体, で一番器用, で一番有名, で二, で今日, で住友, で何年, で働い, で原子爆弾, で友染模樣, で召誥, で啄木鳥, で存分, で安心, で寝たら, で待っ, で徳川君以外, で房吉, で指揮, で文字, で新, で暫らく辛抱, で暮さなけれ, で暮らす, で最初, で本, で死に, で殺され, で焼き棄て, で焼き殺され, で父上, で独り, で生産的用役, で田賦, で疑問, で真実, で確か, で私業, で章魚, で羅馬人自身, で聞え, で腕拱, で英語, で角逐, で鈴慕, で錆, で陽子, で露国, で飲ませ, と睨ん, なる民なほ多かりき, にあなた, にあの, にありです, にあるじゃろう, にあわれな, にあんな, にいう, にいない, にいます, にうち, にえんこ, においしい, においで, におりました, におります, におれたち, にかけ渡し, にこそ, にこそ自然, にこそ金博士, にしまっ, にすっかり, にせいようあくま, にそういう, にその, にたしかに, にただ, にて何と, にて息, にて独り頬鬚, にどういう, にどんな, にない, になかっ, にねぎ, にのりこんだ, にはあなた, にはある, にはいない, にはいらない, にはお, にはおらんでしょう, にはおれ達, にはからくり, にはさらに, にはそういう, にはそうした, にはどんな, にはなに, にはな画, にはひょっとしたら, にはわが国, にはわたし, にはアルメニアン教徒, にはチベット, にはモリプデン, には一人, には一切, には二年前, には今, には伸子, には例, には例えば, には先生等, には入っ, には八十六箇, には公家, には分析力, には切り端, には南蠻鐵, には君, には含まれ, には固形酸素, には国民, には多, には天下, には嫡子光貞, には孔子, には屹度, には希臘, には式当日, には後, には悪い, には政治, には明日大坂, には果して, には櫓下, には火星, には白ざとうが, には種々, には総て種々, には翼犬鬚龍等, には西京, には記憶, には警視庁, には賊共, には軍人, には銭, には随分, には電気鳩, には非常, にひそん, にひとり, にほうせき, にまぎれ込んだ, にまた, にみこん, にみち, にもどうして, にもむごい, にも変, にも愉し, にも竜, にも蛾次郎, にも輿舁, にやあ豚肉, によし, にアダム, にアバタ面, にウロウロ, にダイヤモンド, にホスゲン, にメドチ, にルミちゃん, に一本道, に万物, に三十枚, に三毛, に下手人, に主, に主人公太田豊太郎, に乗, に井上次郎, に交つて, に人々, に人間性, に仕掛け, に他力, に伊三郎, に住もう, に住ん, に何と, に何事, に何匹, に便所, に働く, に兄弟姉妹, に入ってる, に入らぬ, に入り, に入り交じっ, に入れられ, に六発, に処々, に処し, に出羽屋, に分類目録, に包含, に包圍, に十年前, に博士, に収められた, に取り残され, に叙せられた, に含むある, に含め, に吾ら, に善性, に四千万円, に図書館法案, に在る, に坐つとる, に埋れられた, に天野勇一君, に子供, に宗教的, に宝石, に尊氏, に山林局, に岩, に平安朝時代, に幸福, に彼女, に御旗楯無, に感じ直した, に感ずる, に投じた, に押し込められた, に拙者, に指, に挟まつ, に挿ん, に描かれ, に描きあらわし, に数えね, に於い, に日本全国, に日本武尊様, に書いた, に書かれ, に書く, に来, に橈, に死骸, に母, に沢山, に泊りこむ, に泰二君, に流れ, に浸る, に混, に溺れ, に潜りこん, に無意味, に煮, に牛, に猫みたい, に率八, に生きた, に生蕃小僧, に白魚, に盈, に神田, に立ち, に算入, に納められる, に緑, に置かれ, に美しい, に育っ, に英霊, に蔵せられ, に行われる, に西洋, に見出し, に詰め, に貼付, に赤壁八十馬, に逃げこんだ, に逃げ込ん, に這入る, に鍵, に間違った, に隠され, に隠れた, に飛び込んだら, に騒, に魂, に黄金の, に鼠, のあに, のお, のだれ, のところ, のほとんど, のわずか, のン, の一枚, の一枝, の一部局, の主人公, の二三人, の五十三種, の交聲曲詩篇, の人々, の仕様, の内海孫兵衛丞, の初め, の十八人, の半分, の句, の同勢, の夫, の女性, の川村, の年, の幾行, の惰気, の慈眼院, の指紋, の最も, の有名, の梅干, の水夫共, の私, の空気, の者, の肋, の誰か, の軸, の針, の頭分, は, はいろいろ, はお, はすっかり, はみんな, は人工, は大変, は極, は田舍, は赤, へいっぱい, へこの, へこれ, へしっかり, へです, へとじこめられた, へなに, へはいったら, へはいりなさい, へは僕, へひとつ, へも, へもぐっ, へやっぱり, へスッポリ, へ一緒, へ二人, へ入, へ入らう, へ入れました, へ八百人, へ加えます, へ呼び入れます, へ姿, へ干し, へ弾丸, へ懸け, へ投げ込まれ, へ抛, へ旅合羽, へ更紗, へ柔, へ水, へ消えましょう, へ無言, へ砂糖, へ置け, へ自分, へ菓物, へ葉書, へ葱, へ踏みこめ, へ逃げ込む, へ逃げ込んだ, へ連れ込まれ, へ銭, へ降り, へ非常時用, へ飛込ん, また一個, までくま, も小仏峠, よりいでな, より湧く, より萌え出で, より頻, をすっかり, をです, をのぞい, をよく, を半分, を折れ, を暖め, を突き進む, を縦横, を職場, を見, を覗き, を調べた, 最も大, 第一

▼ この~ (1131, 0.4%)

15 の人 13 の者 8 の人たち 7 に来, の人々 6 へ来た 5 に, の人達 4 には, に住ん, のあちこち, のある, のため, の小学校, の役場, の青年, へ來, へ来

3 [20件] にある, にい, にいた, にいる, にたった, に來, に帰っ, に滞在, に足, のこと, のどこ, のもの, の中, の先生, の出, の昔, はどの, へき, へ越し, を

2 [73件] からは遠近, から十里許, から姿, ではこの, ではだれ, ではつい, では新しい, でも一番, で別家, で唯一, で唯一軒, で屈指, で疊, で私, で誰, で面白い, にお, にし, にはある, にはまだ, にはもう, には今, にもこんな, にゐ, に住む, に住居, に寄留, に居, に生き, に福富, に私, に移つた, に貸間, に遣っ, に電燈, の, のお, のお寺, の上, の中心, の人間, の名, の娘, の子供達, の寺, の方, の旧家, の村長, の漁場, の生活, の田間, の男, の習慣, の自殺者達, の自然, の若者, の話, の釈迦堂, の鎮守様, の長, の青年たち, は山間, へも引かれる, へ帰っ, へ流れ, へ疎開, へ着く, を出発, を教化, を瞰下, を知っ, を通っ, を通過

1 [819件 抜粋] からいっ, からおじいさん, からさほど, からどこ, からはその, からはなれた, からは神父, からは紡績, からは陸海軍大佐, からもだんだん, からももう, から三四里, から二里, から出, から十里, から川上, から持つ, から汽車, から海底電線, から消え失せ, から町, から病人, から程, から追い出し, から離れる, がさ, がすでに, がそして, がどんなに, がわたくし, が一度, が始め, が平和, が春, が気に入りました, が水, が相当, さ引つ, だけでもほか, だけは浄土, だったよ, で, でお, でかて, でこんな, でなければ, でなら, でのまあ, でのわん, での彼女たち, での相当, での話, ではいちばん自然, ではこんど, ではさしたる, ではし, ではない, ではなく, ではよく, では一生風呂, では一番, では九割, では俺, では先生, では冬, では出稼ぎ, では却, では大出喜平, では女, では子供, では政治, では昔, では毎年春秋, では煙草, では知られ, では自分一人, では若い, では薄荷水, では誰, では誰一人, では貉, では道路, では青髪山, でもおよそ, でも初物, でも噂, でも心得, でも早朝, でも最早, でも目下一戸当り千円, でも見付け, でモームス, で一人, で一人きり, で一戸前, で一番重, で一番食物, で人, で何時頃, で初めて, で呼びたい, で商売, で夢想, で完全, で小学校, で必要, で操人形, で暮し, で知人, で結婚さ, で自分, で読み書き, で農業, で酒, で食えなくなった, で鮎, という村, とこの, とそれから, と小烏瀬川, と町, と隣, などでは十二日, などでは近年, ならこの, にいたん, にいつ, にいなかった, にいらっしゃる, にうまく, においてでなけれ, における二人, におっかね, にくる, にこうして, にさ, にそんな, にたいへん, にだいぶ, について諸君, にては松の木, にとってのこと, にとってもっとも, にない, にはいっ, にはいる, にはいるまえ, にはかね, にはこうした, にはじめて, にはどうも, にはどの, にはなはだ, にはほか, にはもっともっと, にはゐた, には一, には一年百円, には今後, には何ん, には勝らない, には外見上, には実在, には専門, には山田留吉, には怖, には木ぐつ屋, には沢山, には燕, には現在, には百八十二軒, には約, には自分, には興味, には薪, には越野, には開闢以來, には風呂屋, にふさわしい, にまだまだ, にもう, にもそれ, にもぽつぽつ, にも押し寄せた, にも昔, にも隣村, にゃ厭, にやあ稀, にやって来る, にや厭, にや置けねえ, にゐる, にウロウロ, にジャベ, にルル, に一人, に七郎兵衛, に三度, に下り, に二人, に住みつきたい, に住宅, に何ぞ, に何軒, に信者, に入, に入っ, に出, に出来る, に医者, に向, に善根, に困った, に大人しく, に大金持ち, に天然, に嫁ぎたる阿, に家, に対する紳士, に居る, に居るだらう, に帰り着いた, に平和, に幾百年, に御, に忍びこん, に怪しい, に振りかかっ, に掘りあて, に於, に来た, に来る, に止まっ, に歸, に殺人事件, に河井太一, に流れこん, に滑稽, に火, に火事, に物貰い, に現れ, に現われ, に現われる, に生まれた, に生み, に生れた, に用事, に男, に病人, に白軍, に着いた, に移住, に稀世, に聖天, に自分, に落ちつい, に蛇除伊右衛門, に見かけない, に見られる, に躍込んだ, に這入りこんだ, に達した, に鍛冶, に長良, に関所, に顔見知り, に餅, のあちらこちら, のいくぶん, のうえ, のげじげじ牧師, のしきたり, のずつと西北方, のどう, のなか, のふ, のやつら, のアク, の一番, の一般, の一軒家, の一部, の万福寺, の三原山, の三軒, の不景気, の中学, の久しい, の事件, の五分の一, の今夜, の今年, の伝統, の住民, の何某, の保健婦さん, の信者, の先祖, の全て, の全部, の前, の助役, の区長, の各々, の名物, の名誉, の周囲, の善良, の四囲, の土地柄, の土塀, の地主, の地先, の地内, の境, の外れ, の外人, の太政官, の始まらぬ, の娘さん, の字月ヶ瀬, の実例, の宿屋, の小作人, の小作状況, の小鳥共, の少年, の少年たち, の岬, の左下, の年中行事, の広き, の庄屋, の徐, の志文, の恒例, の悲鳴, の批評, の政治, の最も, の有志家, の未婚, の椎蕈山, の次郎兵衛, の歴史, の海, の濁り酒, の煙草耕作者組合長, の特徴, の状態, の獣医, の生れ, の生命, の田畑, の男たち, の百姓, の百姓小屋, の真中, の祭, の空, の空気, の競馬, の築港, の米, の美しい, の老女, の自分, の芥, の花, の若い衆, の草創, の荒物屋, の衆, の訓導, の誰, の識者, の路, の身うち, の農家, の農某, の近く, の通り詞, の連中, の郵便脚夫, の開けない, の開墾当時, の電話, の青年会, の青年訓練所, の風儀上, の鬼門, の麻畠, の黨與, は, はかつて, はじまつて, はその, はたちまち, はほとんど, はまるつきり人氣, はもうすっかり, はよほど, は一本, は下方, は二十八軒, は何村, は元来, は全く, は半農半漁, は太平和楽, は奇態, は小さい, は平野, は延暦寺, は海岸, は無医村, は若い, は金持, は青年, は鼻介, ばかりの優秀, へお, へこし, へつく, へとまる, へはいっ, へはいった, へはろくに, へは汽車, へまわっ, へも殺到, へやって来る, へパルチザン, へ一人, へ入る, へ出入り, へ地震, へ売り, へ届けた, へ帰りたい, へ帰るだ, へ建てよう, へ引かれ, へ引越した, へ最初, へ残された, へ毎年二, へ潜入, へ移っ, へ移つて四日目, へ落し, へ落ちつき, へ足, へ連れ, へ隠密, まで八里, まで来る, まで遠く, もそう, もそれ, もちかごろ, も今度ダム, も始末, も御多分, も金臭く, も集団農場, や山川, より出で, より東京, をあと, をお, をさっと, をとぼとぼ, をどり, をば私, を出, を出た, を去, を去る, を圧する, を引き払っ, を拓い, を望み, を無気味, を立ち去る, を背景, を脱出, を見, を訪れた, を貫, を軽蔑, を通った, を遠く, を開墾, を離れる, を食いつくしたら, 始まってから, 始まつて以來, 広しと

▼ この土地~ (1108, 0.3%)

27 へ来 20 の人 12 にいる 11 の人間 10 のこと, の者 9 へ来た 7 のもの 6 に住ん, の人々 5 の生れ, の習慣 4 の女, へ流れ, を去った

3 [17件] でそんな, に土着, に来, に来た, の, の事, の住民, の名物, の様子, の百姓, の言葉, の領主, へおいで, へ帰っ, を去る, を引上げ, を立ち退く

2 [78件] から出た, じゃア, すてて, でお, でこの, でどう, での恋, ではいろいろ, ではこれ, ではそんな, ではどこ, では一番, では一般に, では先輩, では冬, では少年, では松, で心中事件, で恋, で育った, とは切り離せない, にある, にき, にし, にどうして, には, にはこの, にはヨタモノ, には性, には縁, にゐ, に住む, に來, に出, に初めて, に大, に居, に居つい, に愛着, に於, に於ける, に残っ, に舞, に遺っ, に長く, に馴染, のこの, のひと, の人たち, の人達, の住民たち, の医者, の名産, の問題, の悪童ども, の文学青年, の旧家, の法華寺, の漁師たち, の習い, の芸者, の通言, の青年, の風習, は夕方, へ, へき, へきた, へはひつ, へ旅行, へ来なすった, へ渡っ, へ着く, へ足, もこの, を去っ, を離れない, 去るぞ

1 [761件 抜粋] あっての, からここ, からでた, から一歩, から出, から消え, から消え失せた, から生じた, から立ち去る, から言え, から逃げ出さなけれ, から飛びだした, がうんと, がすでに, がとくにそう, がひどく, がほんとに, が初めて, が口, が存在, が己斐, が新た, が繁昌, きっての, じゃあね, じゃあ目下, じゃまあ, じゃ古い, だけであっ, だけでなく, だけにしか産, だけはかれ, だって資本金, で, であの, でいう, でいちばん, でいつか電話, できつい, ですし, でただ, でたつた, でどなた, でなさなけれ, でなる, でのクリストフ, での自分, ではあなた, ではありません, ではいっ, ではお, ではかなり, ではじめて, ではすべて, ではそういう, ではそんなに, ではたいへん, ではどうせ, ではなるべく, ではまあ, ではまだ, ではゼンソクタバコ, ではネブタ, では一切酒, では一掃, では今熊野, では仲, では冷害, では出, では初めて, では危険, では土地, では夜明け, では大正開拓期, では婚礼, では影, では慣わし, では成績, では手, では旧い, では暗澹, では栃の木, では梅, では植, では毒, では無, では生き, では白粥, では相応, では知られ, では繁昌, では芸能, では落語, では行方不明, では見られなかった, では誰, では長い, では飯干, でふたたび, でほか, でほどもつれ合っ, でむかし常盤御前, でむなしく, でもずいぶん, でもっ, でもやはり, でも土, でも家, でも近年, でも骨, でも高かろ, でピポスコラ族, でフエルラアド, で一流, で不評判, で云, で仕事, で仕合せ, で何事, で全盛, で出た, で別格, で勢力, で医業, で厄介, で呼ぶ, で唯一人, で商売, で夏, で大, で奉公, で奴僕, で屈指, で幼時, で役, で彼, で挫折, で日本人, で暮し, で欧洲名門救済協会, で測量技師, で珍しく, で生まれ, で病み, で盆祭り, で穴, で立派, で芸者, で苦労, で行く末, で護国寺, で迷児, で追剥, で途方, で野蛮, で陽虎, で静養, としては君, としても十年, とに大, とはどういう, とは古い, と乙甲, と人民, ならその, なれば, にあらわれた, にありき, にいたがります, にいついた, にいつく, にいなくなっ, にいられる, にうずめました, において有数, におけるいっさい, における生活, におる, にしばらく, にたいへん, については一, にとっては危険, にとどまる, になかっ, になかつた, にのこっ, にはあいにく, にはいり込ん, にはおられません, にはその, にはどうも, にはなくなっ, にはなじみ, にはひり込ん, にはゐない, には古く, には小, には支那人, には旅, には極, には気, には海綿, には若い, には過ぎ, には限らず, にふさわしい, にまき広げ, にまこと, にもそろそろ, にも同じ, にも慣れた, にも春, にゃア話, にやって来た, にゴロー三船, にナジミ, に一万三千円, に七日間, に下車, に不, に今大, に任侠, に住い, に住まない, に住みついた, に住みはじめた, に住めなくなります, に住居, に別れ, に含まれた, に吹く, に埋め, に大して, に嫁, に孤島生活, に定住, に宿る, に対する全, に対する執着, に居ついた, に居つき, に居ます, に居られなくなり, に居残つ, に居着きなさる, に巨旦将来, に幾代, に慣れる, に投入, に未練, に東西南北, に梅本, に残し, に永く, に沢山, に流れ, に特有, に珍しく, に現われ, に生きてた, に生活, に田氏, に盛り返した, に相応, に相応しく, に着い, に稼ぎ, に端午, に絹, に置かねえ, に著い, に葬つた, に親類, に責任, に足, に適, に適した, に限っ, に限つてアマチユア, に靜, に革命者, のいちばん, のお, のしかも, のす, のてめえら, のどこ, のみの言伝え, のむかし, のアンマ, のネブリ流し, のラオチュウ, の一番年, の一部, の上, の世間話, の中学校, の事情, の人民, の伝統, の伝説, の侠客, の先生, の全体, の出来事, の勝手, の十くら, の口, の名, の商人イズマイロフ, の商業学校, の土人, の地理, の場末, の大, の奇麗の, の娘, の子ども, の守備隊, の家, の宿坊, の小, の席亭, の広がり, の形勢, の怨府, の感化, の持ち主, の持主, の文明開化, の新聞一種, の新鮮, の方, の最, の最上官吏, の村, の村人, の梅干, の極寒, の権門富家, の機宜, の歴史, の瀬戸村, の灌漑, の無料付与, の爽, の生ぬるい, の生まれ, の由緒, の男, の盛り上り, の監獄, の知事さん, の秩序, の籠, の素封家, の者たち, の聯隊, の良, の色, の芸妓, の若い, の薬屋, の話, の豪族, の貸し下げ, の軍隊, の農者, の郷士飯塚薪左衛門, の鈍重, の鉄道関係, の長い, の長く, の開墾, の雨乞い, の風俗, の風儀, の馬方, はあまり, はお前, はこの, はずいぶん, はぜひ, はそれ, はたしかに, はどこ, はなかなか, は三年間, は人情, は低い, は吹雪, は地主, は始め, は小作争議, は山国, は山間, は昔, は東京, は気候, は江州, は甲州地方, は町, は自分ら, は見る, は開墾, は陽, ばかりでなく, ばかりへも二度, へあそび, へお, へきか, へくる, へたった今, へはいつ来た, へはこれ, へは帰っ, へまで来た, へも千両役者, へやってきた, へやって来る, へ下りた, へ來, へ來たま, へ出稼ぎ, へ到着, へ参っ, へ参った, へ参りました, へ収穫, へ商い, へ始め, へ引ッ, へ旅, へ旅行券, へ来よう, へ来られた, へ機械, へ流れこん, へ現れ, へ着きました, へ続々, へ自分, へ諸, へ赴任, へ逃げ込んだらしい, へ通じる, ほど五月, までこよう, もい, もちっと, も拓けません, も湯の浜, も開けた, よりも何, をお, をはなれ, をはなれない, をひそか, をひたひた, をよこせ, をわれわれ, を人買い, を共有, を出たくない, を去, を去らないだろう, を去らなけれ, を去りえず, を去るべき, を引き上げる, を得た, を抜け出す, を拓く, を沸きかえした, を洗い清めよう, を消化, を熱愛, を立ち去る, を立退く, を絶海, を荒され, を見たい, を詳, を諸君, を買収, を距, を身, を追っ払っ, を逃げ延び, を通ろう, を開墾, を開拓, を閑却, を除い, を離れよう, を離れられません, を離れる, を飾っ, 第一, 第一流

▼ このとき~ (1076, 0.3%)

13 はもう 10 のこと 8 になっ 7 である, 始めて 6 だった 5 だ, だと, の彼, はまだ 4 であった, は私

3 [11件] から彼, の, の女, はすでに, はただ, ばかりはさすが, ほど自分, また足, までまだ, もまた, を機会

2 [43件] からである, からはじまった, から他, から始まる, が最初, ぐらい私, ちょうど私, です, にあり, に及ん, に当たり, に際し, のぼく, の三人, の事情, の御成, の旅行, はからざる大人物, はその, はなんとなく, は他, は大変, は心中, は江戸, ばかりは, ふいに, ほど私, また外, までしかた, まで黙っ, まるできらきら笑った, も, もまだ, も自然, ようやくこの, をおい, を最後, を逸し, 冠せられた近代的, 叫んだ, 悲しげ, 正三, 漸く下ろされ

1 [878件 抜粋] あたかもアネモネ, あの霧, あらかた無く, あるお, ある日, いいあわ, いくらか顔, いっそう師匠, いともアッ, うるは, おそし一丸, おそろしい犬, おのずから外国, お姉さん, お蓮様, かねての, かの女神等, からずぬけ, からだんだん, からであった, からどんな, からわたし, から三年, から三年後, から二人, から天皇, から小姓, から少し, から彼女, から忠利, から数年後, から日本, から次兵衛, から水腫, から矢代, から秀吉, から突如, から翌, から農作, から長い, かれの, かれら, がやがやという, が二度目, が始め, きっぱりいいました, ぐらい平七, けたたましいあし音, けたたましく電話, こえを, こそは大変, こそ総, こつこつと, このこまどり, この二人, この行列, この見知らぬ人, ご自分, しかし, しゃもじがその首環, じっとその, じつは信州, すこし隔たった, すでにバアナア街, すでに元, すでに国王エマニュエル三世, すでに巳, すでに母親, すでに法本, すでに禅宗, そっと鉛華, そのままそこ, その人たち, その声, その極, その萩乃, その誰, その頭, た, たちまちその, たまたま自然哲学, だいい, だけけんめい, だけだった, だけである, だけでも七百余人, だけはにこり, だけは妙, だけは怒る, だけは感じた, だけは真底, だなと, だ隠居, ちょうど, ちょうどはん, ちょうど同じ, ちょっと頭上, ちらちらと, つと一歩, つめたい風, であつ, できた, でなければ, と, とつじょとして, とつぜんだれ, とつぜんもうひとり, とつぜん土蔵, とつぜん戦艦オレンジ号, とつぜん秀吉, とのっぴき, とばかりにはやしたてた, とばかり知恵伊豆折り紙つき, と思っ, どうしても気, どうする, なにかの, に, にあたって岩波書店, にいたっ, において, においていずくんぞ, において唯一, にした, にであった, になつ, には, にはこの, にはじめて, にはどっち, にはふだん, にはもう, にはやはり, には上海, には何人, には吉蔵氏, には小さな, には式場, には彼, には心理, には斜, には毎晩二席, には目黒, には計画的武断行為, にもし, にわかに雲, にインド, に一挺, に二人, に出来た, に到っ, に団十郎, に執, に定まる, に師匠, に彼, に成立, に救民仁愛, に教諭白藤, に於, に時計, に格別, に江北, に決心, に潮見博士, に破壊, に確立, に空気中, に肉, に至り, に達せしめざるべから, に限っ, に際し人, に魔法, のお, のこの, のもの, のアカギタニタニタニ, のキュリー夫妻, のゴーリキイ, のロシヤ, の一事, の三原山生活, の中幕, の伴蔵, の何だか, の信長, の働きぶり, の八木少年, の創作, の勘定, の千鶴子, の君, の奥州兵, の嬉しかっ, の子供, の季節, の小, の少女, の帆村荘六, の思い出, の情緒そのもの, の感激, の手紙, の救われない, の数馬, の料理, の新吉, の早, の晴れ, の未曾有, の東野, の正成, の気持, の治明博士, の淋し, の混乱, の矢代, の神さま, の笑, の笑った, の若党儀作, の血声, の詔, の読み, の足利勢, の通詞主席, の長崎談判以來, の陸, の領事裁判, の魏, はあの, はいつも, はからざる後方, はげしい頭痛, はこの, はさすが, はじめていっしょ, はじめてカヤ, はじめてトオサン, はじめてヘリコプター, はじめて口, はじめて完璧, はじめて無, はじめて自分, はじめて農家, はたしか, はちょうど, はっと気, はつまり, はどしっかり, はほんとに, はまったく, はもうかれ, はやくも伯父, はるかあちら, はモリソン, はロシヤ側, は一緒, は丁度, は並木本村, は主従, は二階, は前, は千鶴子, は古い, は國民, は塩野, は多少, は大切, は妙, は山田清三郎, は帽子, は彼, は怪我, は既に, は朝鮮, は気持, は清潔, は物, は生き, は発令, は矢代, は空, は翻然, は自分, は謝罪, は采女, は雪, は頭, は魔法, ばかりはじつに, ばかりはにじみ出た, ばかりはほんとう, ばかりはもう, ばかりは両, ばかりは必死, ばかりは特別, ばかりは目, ばかりは若い, ぱっと目, ひじょうに香, ぴかりとなにか土, ふたたび田舎, ふとたいへんな, ふと一本, ふと吉雄, ふと旅人, ふと目, ほどうれしかっ, ほどきまり, ほどびっくり, ほどよく, ほど仕合せ, ほど困った, ほど心, ほど果実, ほど痛切, ほど神護, ほど腹, ほど自己, ほど骨身, ほど高山植物, まさしく旧, またもやおそろしい, また冷凍, また手, また衆言, まだこども, まだようやく三十一歳, まだズボン, まだ弱冠十九歳, まだ羽柴方, まだ送る, までおのれ, までだまっ, までにせいぜい, までに燃え, までも座, まで一箇, まで壁, まで忘れ, まで番頭, まで私, まで頭, むしろディルタイ, もうほとんどでき上がっ, もう二分, もう北山殿, もう彼, もう牢営中, もう私, もしわれら, もし愛, もたしかに, もっとも迅, もっと少年, もはやかの, もまたさう, もまもなく, も久左衛門, も伊東, も信玄, も先鋒, も参木, も呼び寄せ, も彼, も御多分, も思っ, も手, も最初, も次, も気, も水戸齊昭, も答え渋る, も行かれず, も身, も随行, も顔, やおら顔, やさしい少女, やさしそう, やっとわれ, やや離れた, ようやくお嬢さん方, ようやくまなこ, ようやく人心地, ようよう渠, よく見る, よりのち同国, より數年後, わかった, わがみし, わが勇士, わが立ちし, わッ, をいかに, を境, を指し, を除い, を陽春, カチンと, ハッと, ホッと, 一層蒼ざめたやうに, 両箇, 云われた文学, 低い声, 何故か急, 全くそれた, 出かけたあと, 初めてなにか異常, 初めてまだ家中, 初めてハリス, 初めて出来た, 初めて幼年以来身, 初めて思い知った, 初めて戦争, 初めて老人, 初めて自分, 初めて見た, 初めて覚一, 取りも, 叫ばれるの, 呆れたこと, 囁く声, 大きくうなずきました, 大きく肯い, 大きなこえ, 大きな声, 大姐, 大馬揃い, 子すずめ, 実に吻ツ, 少しく笑う, 少し怒った, 弾かれた錨, 当の人戴宗, 御城内, 御馬車, 忽ち一, 怒った大衆, 怖ろ, 思いがけない事件, 思い出した, 思い出しただけの, 思い当るの, 思わず, 思わず令嬢, 思わず身ぶるい, 悉く旧観, 悲しくは, 或る, 振り向いて, 捨て台詞, 救い出されたの, 既に二人, 既に印度洋, 早く, 早く七兵衛, 早く富田六段, 暴れたあげく, 書かれたこと, 最も生き甲斐, 来って, 死にか, 気がついて, 泣いて, 淡いも, 深密, 漸く吾, 漸く気がついた, 現はれた, 生れて, 用いたる竹, 疾く救護, 白い雲, 真に眠っ, 真坊, 突然にも, 突然店, 突然軍歌, 立ちどまって, 紅みがかった, 美しい花嫁, 考え込んだ, 聞き得ただけの, 若し地下室, 見えるの, 見出されない, 言い知れぬ懐し, 諸将, 通りかかった人々, 遅しかの, 遅し博士, 釣った八寸, 集まった人々, 頻りに私, 駈けて, 黒い人影

▼ この~ (1069, 0.3%)

2011 の意味, は 10 の中 9 である 8 では, になる, の如き 7 の心, の次に, を読む 6 などもその 5 が出来た, のやう, は第, もその

4 [17件] がある, で, などがその, には, のごとく, のよう, の作者, の値打ち, の場合, の姿, の結句, の菅, の近く, はどう, は何, は夷, も

3 [20件] が好き, で注意, に現れ, の上の句, の出来た, の意, の持つ, の様, の第, の調子, はそれ, は全体, は男, も前, を, をうた, をうたう, を作った, を味, を選んだ

2 [82件] が出, が強き, が最も, であった, です, と一しょ, などはその, に, にあらはれ, にある, にせ, につき, にも寓意, に似たる, に心, に聞き惚れ, に限り, に限る, のため, のモチイフ, の下, の伝称, の作られた, の作意, の全体, の前, の勢, の品下り, の感じ, の方, の時代, の最後, の模倣, の特色, の詞書, の詠み, の趣味, の返し, の通り, はいつ, はしかし, はそういう, はその, はそんな, はどうしても, はもっと, は三句切, は不思議, は前, は嘘, は如何, は字余り, は民謡風, は私, は花宵先生, ばかりは趣味, もなかなか, も何, も既に, も普通, をうたっ, をお, をご存じ, をし, をよむ, をよん, を三遍, を作り, を作る, を名所, を告げた, を後世, を教え, を書いた, を模倣, を獻, を私, を聞く, を見る, を詠んだ, を誦すれ, を読ん

1 [645件 抜粋] ありて後我, から予め, から感得, から獲よう, から私, から遊離, がお, がきかれる, がなけれ, が一ばん気, が七兵衛, が使われた, が出た, が分ります, が十内, が十分, が咏まれ, が安倍晴明, が幾分, が捨て, が日本人, が昔古今集, が暗示, が活躍, が流行り始めた, が添えられ, が終る, が聞こえ, が肉体的, が街頭, が赤彦君, が選ばれれ, が飛び出た, こそは如来, ごえに, さしたる難, すなわち, だけで, だけについて見れ, だけは忘れ, でうた, でこの, でただ, でないかと, ではそれ, ではそんな, ではまだ, ではアラノ, では一歩, では人麿, では元正天皇, では半々, では満天, では珍しく, でみる, でも語, でも鴨, で学ぶべき, で心, で月, で杜鵑, で私, で見る, となつ, と並ん, と共に女子, と同, と類似点, などから採られた, などが日本文学中, などその, などのよい, などの類型, などは, などはか, などはそんなに, などはまだ, などは今, などは作者, などは既に, などは立派, などは色彩, などもさうだ, などもそれ, などもどうもよく, なども唯, なども実感, なども真に, ならびに次, なら嶋, なら誰, なり荒城の月, にせよ, にそういう, について注意, にては, にては桑, になつ, になるであらう, にはしっくり, にはじめて, にはそれ, には仏教, には何処, には前途, には加行, には及ばない, には明, には異, には第, には芸術, には蒲原有明さん, には見える, には言語, には身分, には追懐, にふさわしい, にふさわしく, にもそれ, にも五番め, にも出た, にも広い, によって初めて, によみ込んである, により, によれ, に似た, に充てる, に先行, に免じ, に同情, に同感, に大海人皇子, に妙味, に専属, に応えた, に感じたる, に於, に朝, に本, に現, に私, に答える, に続く, に薫, に躍如, に限つて晶子さん, に面白い, に題し, に顕, ぬし, のあ, のあと, のいでたる, のうち, のおかげ, のかき人, のこと, のこの, のごとき, のさびしさ, のできた, のなかつた, のひと, のみでなく, のめざす, のよい, のよしあし, のレコオド, の一つ一つ, の一つ前, の上半, の中心, の何, の作風, の値打, の側, の傍, の全部, の内容, の分らない, の分る, の初め, の十一行, の句法, の基調, の大, の大意, の好い, の如く, の如く下, の如く客観的, の姉妹歌, の嬉し, の字眼, の季, の対照, の少し, の山ヂサ, の幼稚, の形, の快い, の成立, の批評集, の景, の末段, の格調, の次, の歌い手, の気持, の深い, の深い美し, の特徴, の狙, の瑕瑾, の生命, の眼目, の稍主観的, の純, の考へ, の興味, の舞台, の菅ノミ, の表現, の観賞, の解釈, の言葉, の評, の調べ, の返しせ, の道, の長歌, の面白, の面目, の音, の響き, の骨子, の鳥, はあっさり, はあなた方, はいずれ, はおなじ, はかの, はこの, はこんな, はさ, はすっぱり, はその後, はその後私, はたくましい, はたしか, はどういう, はどうか, はどうも, はなかなか, はならった, はほんとう, はまた, はみやこ近く, はもう, はもし, はやはり, はクズども, はサクラ, はレコード, は一首, は万葉, は万葉集最後, は中心, は予, は二句, は人麿歌集出, は仁明天皇, は以上, は余り苦心, は元治元年, は全然, は全部, は其の, は出来なかつた, は初め, は初句, は別に, は十首中, は単に, は即ち, は叙景歌, は古来, は只, は右, は同じく, は問, は國主, は多分, は夜景, は大勢, は大正九年五月大阪, は大正十年版, は天皇, は女, は如何なる, は嫁がれ, は安政元年, は客観的, は宮人曲, は富士山, は岡倉天心, は川久保, は川島皇子, は巻四, は帰り, は常に, は平凡, は年代, は序詞, は引馬野, は当り, は後, は従来万葉集中, は応詔, は思國歌, は思想, は急い, は恐らく, は意味, は或, は所, は持統天皇, は捨てなかつた, は敗戦国民, は旅中, は旅人作中, は既に, は明治, は昭和六年二月筑波山, は昭和十一年ごろ横浜, は朝顔, は桂園一枝, は桜田, は極, は歌曲, は歌調, は殊更, は民謡, は洲崎遊廓, は深夜, は渾一体, は激しい, は独詠歌, は独詠的, は環境, は痴情, は皇女, は皇子, は秋, は移居, は結句, は考へ, は臨終, は萬葉集, は蓋し, は表現, は読まれない, は調子, は謹んで, は趣向, は這入つ, は遙, は鍋, は長, は雄略天皇様, は雑, は雲, は響, は額田王, は齋藤茂吉, ひ手, ふやう, ほど緊張, まで来る, もああ, もきれやしまい, もし, もほんとう, もまた, も一気に, も上の句, も京情調, も今日, も伸, も余り, も内容, も別に, も単に, も取りたて, も影, も恐ろしく, も愛國歌, も感慨, も早馬, も民謡的, も民謡風, も素直, も若い, も薔薇, も諧謔, や和讃, や諺, よりも後, をいく度, をいつの間にか, をうたつ, をおもい, をき, をきいた, をききました, をくり返しくり返し, をささやかれた, をその, をとどけ, をはじめて, をば事々しい, をば事実, をもつ, をもて, をよめる, を三度, を以て宇治川, を低吟, を作つた時, を入れる, を八田, を出された, を取つ, を取り上げ, を口, を口ずさみ, を唄いはじめる, を唱う, を唱っ, を国風, を奏した, を奏上, を始める, を広く, を引い, を引用, を思い出した, を思ひ, を思ひ出し, を思ひ出す, を愛し, を感ずる, を持たしめし, を数, を是非, を書い, を朗誦, を歌い, を歌いました, を歌う, を此彼あはれ, を浅薄, を清書, を源氏, を為し, を申し上げる, を町, を知りた, を知んなさらん, を空虚, を紅, を繰り返し, を置く, を考へる, を聞かし, を聞き, を聴く, を自分, を見れ, を見出し, を覚え, を言わせた, を訳し, を評し, を詠む, を詠んだろう, を誦し, を読め, を読んだ, を讀んだ, を貼っ, を選定, を酷, を高唱, 全く取, 又變, 或本, 拙く候, 程大観的

▼ この~ (1000, 0.3%)

11 の人, の人々 9 へ帰っ 7 にある, の中, の人たち, へ来た 6 に住ん, に来た 5 に入っ, の医者, は 4 で一番, にいる, に住む, に来, に滞在, のはずれ, の名, へ来, を立っ, を通る

3 [15件] で出来る, で最も, にき, に姿, の, のこと, のため, の上, の住民たち, の病院, の空, の者, の郊外, へ来る, を占領

2 [64件] から四キロ, でただ一軒, ではときたま, でも幾度, で何, で評判, で誰, と, にいい, にいた, にこびりつい, になけれ, には咽喉, には非常, にも一つ, にやつ, に一つ, に一人, に到着, に唯一軒, に残っ, に生れ, に生れた, に逗留, のある, のお, のこうした, のすぐ, のどこ, のなか, のもの, の一番, の丘, の停車場, の公会堂, の初夏, の南側, の名誉, の外れ, の女, の最も, の町人, の界隈, の目貫, の近く, の達磨茶屋, の附近, の高い, はづれ, はほこり, へおいで, へき, へきた, へははじめて, へやって来た, もこの, も昔, を, をふたたび, を出, を去っ, を去ろう, を貫流, を通った

1 [701件 抜粋] あの村, か, からいなくなっ, からどこ, からほど遠く, からも東京, からも森, からメキシコ, から一リーグ, から三十ヴェルスタ, から三十里, から上野, から出, から出た, から博士, から去った, から吉田, から失う, から少し, から数里, から死体, から汽車, から火事, から発信, から自分, から近村, から逃げ, から逃げ出さなけれ, から逃げ出せ, から運び出される, か近在, が, がこれ, がすこしも, がどういう, がどんな, がまた, が一段と, が合戦, が敵, が東京, が気に入ってる, が火, が火事, が私, が見える, が離れたい, こそ大, この国, じゃ誰, だけであつ, だけに二十何カ処, であります, でいえ, です, でたくさん, でつい近頃, での唯一, での彼, ではいま, ではおそらく, ではたった, ではだれ, ではぢめ, ではまるで, ではパチンコ, では一流, では万事, では下, では使わなくなっ, では全く, では利巧, では名うて, では塩, では大尽, では彼女, では昔, では晩春頃, では決闘, では聞く, では色々, では謝肉祭, では酒屋, では銀子, でみんな, でもあなた, でもいちばん人通り, でも一ばん, でも一番鶏, でも別, でも場末, でも指折り, でも最も, でも栗谷川家, でも諭吉, でサフラン酒, でトトマーク族, でバクチ, でルイ, で一流, で七日目毎, で作る, で働い, で医者, で地味, で売っ, で大, で大人, で失業, で富永屋庄右衛門, で年, で政友会, で新しく, で日曜日, で生れた, で知らぬ, で自転車, で色々, で若くっ, で見つけた, で買物, で過し, で随分, で隠逸, で非常, で養蚕, としては, と近所, などでは座談会, なり通り, に, にあの, にあまり, にい, にいたたまらなく, にいなけれ, にいられねえ, にうろつく, においてはだれ, にきかかる, にきた, にしつかり, にすんで, にそう, にだしぬけ, については技術家, にて責め, にて責めら, にとどまる, になかつた, にのんびり, にはいませんでした, にはいられない, にはおらなかった, にはかう, にはそれ, にはひどく, にはほか, には七, には九江, には何でこんなに, には名前, には城壁, には宿屋, には尾芝, には山椒, には来, には気違, には濁った, には無い, には発生, には聞かせぬ, には西洋風, には貧乏, には軒なみ, には飲食店, にふさわしい, にもある, にもこの, にもなにかもう, にもフランス, にも住んだ, にも先祖, にも城, にも居, にも平和, にも普魯西, にも沢山, にも社交ダンス, にも種々, にも苔, にも長く, にも露店, にやはり, によくも, によって神, にゴルフクラブ, にホテル, に不思議, に人身犠牲, に仁術, に住みきれない, に住める, に入り込みいる, に入り込んだ, に出張所, に別邸, に南蛮寺, に土地, に塩, に大火, に居, に帰っ, に帰省中, に忽然と, に旅籠, に昔, に暮らし, に最近, に来る, に樺太製紙, に沈滞, に泊らう, に滯在, に演説, に無理矢理, に生存, に着きます, に私達, に移り住ん, に稀, に立ち寄った, に立派, に聘せられた, に腰, に行く, に近い, に迫っ, に遊び, に遣っ, に集まる, のあたり, のいずれ, のおかげ, のお方, のかう, のこの, のさる, のすぐそ, のすべて, のず, のまん中, のよう, のカツギ屋, のカフェ, のコモヒ, のサフラン酒, のタクシー, のワグナー協会, の一流, の上層階級, の世界ホテル, の両隣的性格, の主, の主権者, の乞食, の二頭立て, の五, の他日, の付近, の何人, の光景, の公園, の別, の到る, の助役, の勤労奉仕, の博物館, の収入役, の古本屋, の名誉職, の呼び物, の唯一, の図書館, の在る, の場末, の塵, の多く, の大きな, の大勢, の大通り, の奇人, の娘子供, の婦人, の婦人達, の子供ら, の学校, の守護神, の家屋, の小, の山寄り, の巡査さん, の工場, の幾多, の庄屋, の廓, の建物, の御, の性, の所謂上流, の旅籠屋, の旅館, の旧家, の昔, の春, の有名, の東端, の桂庵, の構造, の武野紹鴎, の民友会, の気楽, の気風, の消費組合員, の淫売女, の火の番, の灯, の為政家達, の特産, の特色的, の生活, の生活気分, の産, の目, の目ぬき, の眼前, の知識人, の破壊, の笑, の精神, の経営, の絵蝋燭, の美術遺跡保存会, の船主, の芸妓, の若い, の荒物屋, の行人, の裏, の西, の角, の訓練, の誰, の警察, の警察署, の賑かな店, の辻, の遠望, の重, の金持ち, の閑静, の防空訓練, の音楽, はいま, はこう, はこれ, はじまって, はその, はつぶれ, はどう, はどこ, はなんと, はむしろ, はもう, はもうやがて, はわたし, はアルプス, はケツァルコアトゥル, はマンヂ州, はヴェニス市, は一六一〇年代, は一年, は人通り, は今, は先ず, は和紙, は固, は塩, は夜間十一時ごろ, は大もうけ, は子爵, は家, は心臓, は打, は旅, は昔, は曲物細工, は活気, は煙管, は獲物, は祭, は空気, は笑い声, は老い, は背後, は芦屋, は長い, は関西, は陸前, は高知, ばかりでなく, へ, へお, へお出で, へかからず, へつれ, へなどやってきた, へは下村千秋, へもぐりこんだ, へやってき, へやって来, へやつ, へ住む, へ來, へ入った, へ入込ん, へ尽し, へ引越し, へ当の, へ復, へ戻りました, へ散歩, へ来合わせ, へ派遣, へ流れこん, へ着いた, へ置いとい, へ行く, へ買物, へ越し, へ這入っ, へ這入った, へ避難, へ黒い, までは三里, も危く, も無くなっ, も見慣れる, や水, よりもきれい, らしい哀感, をあ, をいよいよ, をうろつい, をしきりに, をその, をとびだし, をひい, をまっすぐ, をも去っ, をスペイン領, を二三度, を出はずれた, を出発, を助けなかった, を去らう, を去らず, を右, を含む, を堕落, を守る, を座, を御存じ, を忘れませぬ, を懐かしく, を振り出し, を捨てる, を攻略, を歩い, を毎日, を治め, を治めし, を特別, を男, を盗賊ども, を真直, を空っぽ, を見捨てた, を視察, を訪う, を評する, を逃げ, を通りかかった, を通りかかる, を連, を開いた, を離れ, を騒がした, 及び全, 第一流

▼ この~ (975, 0.3%)

44 の手紙 38 の時 31 のよう 23 のとき 20 と同じ 13 のお 10 の, の日曜, の日曜日 9 に来た, 来たとき, 見た時 8 の前, の戦争, を通っ, 来た時 7 会ったとき 5 のこと, の土曜日 4 のお方, の二人, を通った, 逢った時

3 [11件] にある, に私, に見た, のとおり, のとこ, の冬, の凶作, の第, の経験, を通る, 会った時

2 [44件] お目にかかった時, お訪ねした, お話しました, と同様, にお, にお話し, に一度, に会った, に來, に出よつた, に姉さん, に懲り, ね僕, のあの, のもの, のやう, のニダナトラ, の世界戦争, の会, の分, の土曜, の夢, の大, の大戦, の庭, の方, の日, の晩, の月曜日, の東京生活, の淵, の湾, の縁談, の表, の討伐, の話, の通り, の阿古屋, よりもっと, より周囲, を通り, 亜米利加に, 笑覧会という, 見たとき

1 [563件 抜粋] あの事, あの邸, あんな意地, いったユンカース, いらしたとき, うけた時, おそうじした, おっしゃった西, お会いした, お別れ, お手紙, お書き, お目にかかったとき, お目にかかったの, お目にかかって, お行きがけ, お見かけ, お話した, お話を, かいたとき, からここ, からこの, からしばしば, からどうも, からの風邪, から度々, から気, から見る, がまた, きたとき, きて, こうして三人, この同じところ, この地方, この島, この店, この雑誌, そうだ, その検査用紙, だって三好さん, だって何, だわね, ちょっと来た, ってあの, でこの, でございましたか, ですよ, では一般, で土, で懲りた, で私, といい, とって, とはちがっ, とはなんとなく, とはまるで, とは大分, とは違っ, とほぼ, と全体, と変り, と申す, と言っ, と違っ, と違わなかった, どうあろう, なぜ先生, などもつい, にいた, にいった, にいつどこ, にうかがった, において腰かける, にかの, にこころみた, にこちら, にこんな, になにか, にはこびこまれ, にはこんな, にはそんな, にはどんな, には更に, には王, にも, にもある, にもこうした, にもこうして, にもそう, にもその後, にもちょっと, にも一寸, にも伊豆, にも夜天神, にも矢ツ張り, にも知合い, にも立場, にも聞いた, にも言った, にも訳本, によん, にわたしたち, にキュリー夫人, にドラ, にフック, にラヴォアジエ, に一本足, に一緒, に不思議さうに突立つて, に云った, に五六人, に人口調査, に作った, に先生, に前田父子, に務めた, に君, に吾輩, に唐人船, に変らなかつた, に大将, に居りました, に思つた, に戸口名簿, に新庄, に旅順, に日本, に書いた, に月見團子, に植え, に水戸, に父兄会, に片づく, に立ちふさがり得る, に立っ, に聚まり, に聞いた, に脅迫, に船橋, に蛇使い, に行, に見, に見えた, に見かけなかった, に言った, に訊問, に貴女, に金木, に長崎, に鼬, のあなた, のあれ, のお前, のお嬢さん, のお寺, のお礼, のたより, のでたくさん, のときクラム, のとき部屋, のところ, のねずみ, のはん, のもそうでした, のわざと, のアムステルダム行, のカルナヴァル祭最終日, のガス爆発, のキハツ, のサイクルホール, のチェコ, のバルザック, のパナマ丸, のポラーノ, のヨーロッパ大戦, のヨーロッパ戦争, の一件, の一回, の一巻, の三之助, の上洛, の上海事変以来, の下向, の下宿, の世, の世界大戦, の乙亥, の事件, の事変, の二パラグラフ, の佐, の作品, の作家同盟講演会, の例, の借金, の六十余年, の円亭, の冬休み, の処女航海, の凶作中, の出会い, の北極往復飛行, の千兩箱, の参覲交替, の台, の君, の和服, の唐人飴, の商業会議所議員, の四人, の囲い, の地下戦車, の場面, の夏, の夕立, の夜, の夜会, の大司教ペリゴール枢機官, の大病, の失策, の失踪中, の失踪中もち, の女, の妾, の子, の寺, の対話, の少女, の山木さん, の岸, の川, の工合, の工場監督, の市, の常会, の幻灯会, の度, の庭番, の彗星, の御, の怪中国人, の怪塔王, の戦争以来, の手抜かり, の手術後, の拙稿, の散歩, の文展, の旅行, の日ヨウ日, の日清戦争, の日記, の時彼, の時間, の晩みんな, の書面, の會合, の月, の木曜日, の木立ち, の村会議員, の様, の様子, の欧州大戦, の欧洲大戦, の河原, の清十郎, の渡, の満潮, の演習, の火星探険, の火曜日, の灰色, の熊, の版, の牛, の猟期, の理由, の病室, の病気, の発病, の登山, の着物, の石井さん, の研究會, の祭り日, の私, の秋, の移住, の稲刈り, の紀行, の細君, の細胞会議, の組長楠本速男, の経営者, の続き, の総, の総領事さん, の自作, の航海, の船長, の芝居, の虎, の親類, の訪問, の評議, の調査以来, の講演会, の谷口, の資金, の赤い, の送金, の逃走, の通り紫, の道, の遠洋出動, の選挙, の金曜, の關東大地震, の防空演習, の雀, の集, の震災, の面会, の鞍馬山丸, の音, の音楽会, の食事, の駐, の騷ぎ, は, はあの, はうち, はこちら, はこの, はじめてお前, はぢめ, はもうすこし, はヒド, はムラサキ, はリボン, はロンドン, は今夜, は余り, は全身, は八月二十八日, は売り払う, は妾, は宮川さん, は島原, は御, は拘留, は搜, は正月四日, は真面目, は経験, は翌朝, は荷, は血走っ, は解剖, へいっ, へまでまいりました, ほど淋しく, まだ女, まで来る, みたとき, も, もあなた, もあんた話しん, もお, もお前, もお座敷, もさ, もその, もその同じ, もなんか, もやつぱりヲダハラ, もサンザン, もスターベア, も丁度, も九州大学, も云, も伺いました, も何だか, も信号, も僕, も外国, も寄る, も彼, も手, も手紙, も既に, も書いた, も申, も第, も話した, も通された, やったと, やったよう, やはり書き, やられたのでね, よりひどかっ, よりひどく, よりももっと, よりも姉さん, よりも幾倍, よりも海豹, より暗く, より近い, わざわざ手紙, をあわせた, をおそろしい, をかすめ, をバス, を乞食, を左, を真直ぐ, を行き戻り, を走っ, を通らざり, を通りかかった, を通りかかる, を通ります, を通るべきで, を過ぎる, チヤンと, ハンガリーの, フランスから, 上った時, 上った時分, 上京した, 上京に, 代助, 会ってから, 伺ったとき, 伺った二三日前, 何と感じた, 供えて, 入院した, 別れたところ, 勧められた時, 同じく新城, 同じ版元, 大きく拡大, 寄せて, 差し上げましたレター御覧, 帰った時, 帰る時, 御入院, 懐妊した, 戴いたの, 掘った旧, 採収, 探った時, 探査した, 放電の, 教えられたところ, 暑い盛り, 書いたの, 書いたもの, 書いてから, 来たとき新聞, 来たの, 来たスミルノーヴァ, 来た頃, 殺されて, 池田が, 泊った川岸, 申しましたよう, 申し上げた時, 申し上げなかったこと, 申出の, 療治を, 登った崖, 脱獄した, 英国の, 行くとき, 行ったとき, 行ったとき馴染, 裏切ったん, 見せて, 見た水夫ヤン, 見た燕麦, 見に, 見覺, 訪ねようとして, 訪れたとき, 診察した, 話したこと, 話した火消し人形, 読んで, 調べましたね, 買えなくて, 買った, 起ったよう, 通された部屋, 通った時, 遅くなっ, 隣りの, 電話で

▼ この~ (950, 0.3%)

60 の中 10 の麓 9 に登る 6 の頂, の頂上 5 に登った, の名, の峰, の木, を仰ぐ 4 に来, の姿, の娘, の家, へ来

3 [14件] とこの, のこと, の主, の奥, の娘たち, の巓, の森, を中心, を見, を見た, を見る, を越え, を越す, を降り

2 [54件] あひ, が名高く, が妙, その名, でこんな, でも斯ん, で働い, で生れ, と地質, にある, にい, にそんな, には猿, に住ん, に入っ, に入り, に就, に来た, に棲む, に生え, に登っ, のうえ, のその, のため, のなか, のふもと, の上, の向う, の土, の地主, の坑夫, の宿, の東, の泉, の海, の眺め, の立体的, の聖なる, の色, の草分け, の裏手, の西側, の辺, の間, はかなり, はカチカチ山つて, は流, へ登っ, へ登る, また山, をくだる, を脱, を越えよう, んなか

1 [664件 抜粋] からさらに, からそれ, からつづく, からどこ, からの見はらし, から去ろう, から国境山脈, から松茸, から立ちのぼる, から薊州, から踏みだす, が, がある, がそのまま, がなかっ, が一体, が一夜, が今, が冬山, が墳墓, が大きく, が妙高山, が安曇平野, が持っ, が日光, が望まれる, が活火山, が淡, が物騒, が発見, が白馬岳, が突然, が繁昌, が飛騨, が鳴動, ことに高し, この谷, だ, だけで, だという, だよ, であつ, でこそ, でなければ, での不幸, ではある, ではその, では何町, では私, では豐, でも石, で不愉快, で修法, で取れる, で大熊, で大蛇, で少し, で必ず, で採った, で採れる, で毎日, で私, で育った, で蛇, で見た, で見聞, で雨, で雪, で雲霧, としては少なくも, としては幸運, とともにいつ, ともお, と丹後山, と同時にけっして, と山, と山狩, と岩手山, と川, と扇ノ山, と日光山, と森, と水, などはまだ, などは春, ならば, なりの文化, にあった, にいか, にいない, におびき寄せ, におります, におる, にお宮, にかう, にかくれ, にき, にこもり居, にこれ, にこんなに, にさらば, にざら, にし, にすむ, にそ, にのぼった, にはいない, にはいま一つもっと, にはおまえ, にはすでに, にはたくさん, にはほん, にはよく, にはクマ, にはワシ, には人間みたい, には入りたる, には出ない, には千年, には古代, には大分, には小早川隆景, には少し, には山姥, には後, には徳川幕府, には怒, には武蔵, には沢山, には清水, には生えとらん, には美しい, には自分, には虎, には赤, には赤い, には道, には金鉱, には銅, にふみ込む, にむか, にむらがり, にもまた, にもスパイ, にも一時国樔人, にも美しい, にゃいろんな, にゐる, にミワ, に一つ, に一人, に三面独眼一本脚, に九十九谷, に五千, に住み馴れた, に住む, に住んだ, に住んでる, に來, に兄弟共, に入りまし, に君, に埋めたまい, に埋められ, に多い, に多年, に失い, に居っ, に屍, に巣, に怒れる, に拠っ, に挟まれ, に攻め上った, に来る, に棲める, に残存, に水, に池田, に消えず, に湧きいだしたる, に漂泊, に牛, に特有, に狐, に生る, に異変, に登つたの, に登りたく思っ, に登りました, に登ろう, に目, に祭る, に移り, に立, に籠った, に籠る, に結ぶ, に置き, に育っ, に蕨, に親しん, に親しんだ, に赤猪, に近づきたい, に近づく, に遊ん, に野生, に関係, に集まっ, に非常, に鴉, の, のあ, のある, のうしろ, のお, のおく, のく, のしづけ, のす, のすゞみ, のた, のつい, のとなえ, のどの, のなだれ, のみで, の一個, の一木一草, の一角, の中腹辺り, の中間, の主として, の事務員, の井, の仏, の任務, の伝統, の僧, の前山, の労働者, の北, の南二百余里, の南西腹, の原始地主, の地勢, の地図, の堂衆, の大, の大き, の大体, の天狗, の如く, の子ら, の実り, の小, の小国, の尾, の属する, の山形側, の崖, の嶮, の巡礼達, の広場, の底, の座り幅, の後ろ, の御, の性, の所有者, の所長, の持つ, の採集, の支配権, の数多, の方角, の春めいた, の景色, の村, の果物, の根雪, の樹, の樹樹, の水, の法師, の渓流, の湖畔, の湯, の熔岩, の特性, の特権, の狼, の生木, の生活, の男, の界, の番人, の登攀, の盛時, の真相, の石, の祖神, の空気, の経営者, の絶頂, の緑, の美しい, の者, の聖, の脊, の自然, の蔭, の裾, の裾野, の西, の賑やかし, の起伏, の通人, の鍋島焼き, の開けた, の開鑿, の隆々, の隣, の霊, の頂近く, の頭, の額堂, の高み, は, はあと何日, はいつ, はお宮, はかちかち, はこの間, はこれ, はずつと古い, はた, はただ, はたださう, はまず, はオカムイ, はヘルゼッゲン, は三百年来, は下り, は人, は人間, は何処, は僕, は函館, は北, は北海道, は南側太平洋, は古, は古い, は古来登山者絶無, は名, は嚥, は大毎寄附, は奇蹟, は宇宙開闢, は富士山, は山, は岩山ゆゑ, は平和, は掛けず, は日本海, は明治以来, は樹木, は水松, は深山中, は由布, は男神, は直立, は矢張り遠く, は私, は約, は自然, は茸狩り, は菅原, は要害, は見る, は貴様, は近時淺間山, は遠望, は険阻, は駒ヶ岳, は高, は高い, ばかりで, ばかりは何人, へお, へくる, へな, へのぼっ, へはいりこんだ, へはから身, へはて, へまいった, へも大粒, へやってきた, へ一庵, へ上っ, へ入込む, へ始め, へ寄せ, へ導い, へ引受け, へ来た, へ来り候え, へ現れ, へ笛, へ紛れこん, へ舞い戻っ, へ道, へ還らない, まで尾, もいつも, もそれ, もまた, も富士, も斯ん, も昔, も見る, も阿蘇, も麓, や女山, や森林, よりペルージア, をうろうろ, をうろつい, をかける, をめざし, をも開き得た, をドシドシ, を一つ, を一人, を一名, を三度, を下, を下っ, を不死, を仙人山, を仰い, を出る, を出来る, を切り崩す, を取りまいた, を向う, を向側, を塞, を塞い, を奪わ, を廻る, を彼処, を往来, を捨て, を揺り, を攻め取ったなら, を朝倉山, を構成, を止し, を歩い, を死地, を浸した, を甲斐, を留守, を登っ, を登る, を目がけ, を相し, を眺め, を神, を立ち去った, を立ち去りたい, を見つけ, を訪れ, を訪れた, を越えたら, を越えりゃ, を越える, を逃げ出す, を逃げ出そう, を過ぎる, を開い, を降りた, を降りよう, を鹿, 低しと, 住みで, 初めての, 又山, 斎けふ見れば, 棲みの, 永く栄え, 深い島, 籠り, 籠りを, 続の, 高さ千五百尺

▼ この~ (878, 0.3%)

14 都会の 11 事件を 8 事件の, 事業を 7 自然の 5 規模な, 道徳を 4 問題を, 宇宙の, 宇宙を, 寺院へ, 海原の, 爆発の, 秘密を, 騒動の

3 [23件] の男, スクープを, 事件が, 事業に, 事業の, 先生の, 問題に, 坂城の, 塔へ, 女は, 学校の, 宇宙には, 工事を, 恩に, 戦争に, 戦争を, 旅行の, 盃を, 芝居を, 衍暦は, 都の, 鍋の, 音楽家の

2 [60件] じかけ, ぜい, なる幸福, の女, コウモリの, 事業は, 仕事は, 作家の, 先達の, 古風鷹揚の, 問題が, 坂に, 坊主は, 宇宙に, 家族の, 寺院の, 山守の, 工事の, 帶日子の, 建築を, 成功を, 打撃を, 政治家の, 敗北は, 旅行は, 暴風雨では, 東京の, 格闘の, 椿事を, 歓喜に, 汽船の, 湿林, 琴の, 畏怖を, 発明を, 発明家の, 皇帝は, 真理を, 窓の, 絶壁を, 自然を, 舞台で, 英国の, 菩薩が, 蜘蛛の, 規模の, 詩人の, 身代の, 身代は, 遠征の, 部分が, 都会で, 都会には, 都会を, 都會の, 都會を, 金庫の, 頭は, 風呂敷が, 騒動を

1 [599件 抜粋] あたりに, いちょうにでもぶらさがるつもりだったんだな, うそつきめ, がめは, がもですました, がタダゴト, きなこぶ, くくりを, さに, さは, さわぎの, さわぎを, すっぽんを, それた行為, ぞら, たわけ, だわけ, だんなは, とらに, とりものの, とり物によって, とんちきめ, なる供給, なる実現, なる差, なる差異, なる式場, なる悦び, なる注意, なる牢獄, なる病院, なる空間, なる血なまぐさき, なる責任, なる鋳造, なる鯉, なる龍, ばくち, へんを, やけどは, をはからん, コウモリが, サンショウウオなる, ダムは, テーブルから, テーブルの, トカゲも, ニュースを, ヒューマニズムの, プリマドンナの, ヘビに, ムーア彗星には, ラマの, ワシも, 一座も, 三治さんへて, 三郎の, 不孝者の, 不調和を, 世転を, 中小の, 之進性来無頼の, 之進腹を, 乘佛説が, 乘寺の, 乾坤の, 亀に, 亀を, 予言は, 事件とともに, 事件に, 事件について, 事件によって, 事件は, 事実の, 事態に, 事態を, 五十銭玉は, 人数が, 仕事の, 仕事を, 仕掛の, 仕組みの, 任務を, 伽藍の, 伽藍は, 作品を, 作家等の, 作戦を通じて, 使命遂行の, 供養の, 倫を, 偉人と, 健児の, 傷を, 傾斜から, 先生が, 先生を, 先輩が, 先輩に, 先輩に対し, 先輩の, 八の, 八洲, 円周上には, 冊子を, 册には, 冒険に, 冒険にあたって, 冒険を, 凶作大, 制限法則の, 前に, 剪刀が, 劇場, 劇場は, 劇場も, 加美イナリは, 動亂の, 勝利かねてから, 勢力あらず, 勢力ある, 医と, 南風の, 危機事件であった, 危険の, 危難から, 危難を, 原因の, 合戦を, 吉備津日子の, 名人が, 名人の, 名物が, 商人の, 商人は, 問屋が, 問屋許り並ん, 喝采を, 噴火口は, 困難を, 図譜こそは, 土木工事の, 地主とも, 地震なんて, 地震に, 地震にも, 地震の, 地震避くる, 坂へ, 坂城で, 坂城では, 坂城へ, 坊ちゃんを, 坊っちゃんが, 坊主に, 坊主の, 城下に, 城郭の, 塊は, 変動に, 変動期を, 変革の, 夕立が, 夕立だ, 多根子を, 大名の, 大阪の, 天地に, 天才が, 失敗の, 奇談を, 奇蹟の, 女に, 女の, 奸, 好物を, 妖怪に, 妖怪は, 妻籠を, 子供たる, 学校中に, 學生に, 學生は, 學生何の, 宇宙が, 宇宙でございます, 宇宙大人生が, 宣伝政策は, 宣言に, 宮司へは, 宰相の, 宴に, 家族が, 家族を, 寨を, 將の, 屈辱を, 屋台を, 屋根から, 山脈を, 岩山の, 峡谷は, 島田に, 嵐が, 工事は, 工場が, 工場の, 工廠が, 左文字は, 希望を以て, 干渉が, 平原が, 平原を, 平等大, 床の, 廊下の, 建築から, 建築の, 建築事業も, 弥太は, 弼を, 弾圧を, 彗星が, 御国の, 怪我に, 怪我も, 怪物と, 恋愛詩の, 恩の, 悪事に, 悪人の, 悪魔, 悪魔ひとりを, 悪魔ほど, 惨劇が, 懸りな風呂通, 戦争と, 戦争の, 才大徳が, 技巧呪術書を, 捏鉢が, 捏鉢を, 捜査の, 掃除には, 探検隊に, 探険を, 提灯を, 收獲, 政治家に, 教師は, 敷布まで, 文学者が, 断層に, 新聞の, 方針に, 旅行家が, 旅館は, 旦那が, 旦那でさえ, 時化では, 景に, 暖炉だ, 暖炉の, 暖炉は, 暖炉を, 暴風雨の, 暴風雨悪, 會で, 會に, 木戸だけは, 木戸を, 根気大, 森林に, 森林の, 楓の, 機会を, 機械の, 檣は, 欅の, 欠伸によって, 歓喜に対して, 歓楽境の, 歡喜が, 歳の, 歴史中の, 残雪を, 殺戮から, 毒物を, 水郷を, 氷巓は, 汗では, 決心が, 決心を, 決戦に, 決戦において, 法律家の, 洪水が, 浴槽を, 混亂を, 混雑に, 清の, 清水の, 渦に, 渦巻の, 渦巻は, 温室の, 湖の, 湖を, 湖水は, 湖沼の, 激変に, 濤こそ, 濤の, 瀑布の, 火事の, 火山線純粋なる, 災について, 災害は, 災禍が, 炎上を, 爆発を, 爺が, 牡丹を, 犬と, 犯罪事件の, 獅子金剛宝という, 理想に, 理想を, 琴に, 璽は, 生産に, 画幅に, 畏怖この, 番頭も, 異変を, 疵を, 痘痕の, 発明が, 発明に, 発明について, 発明兵器深海歩行器に, 発電所だらけに, 百姓どもに, 百姓の, 盗賊の, 直日の, 看板を, 睾丸を, 研究についての, 研究家の, 破壊の, 磐石です, 祀とは, 祖お婆さんが, 祝典を, 神殿が, 秘境の, 秘境を, 秘策は, 空襲の, 窓は, 竜に, 竜は, 竜を, 笑の, 籠を, 組織網としての, 結, 絶壁が, 絶壁の, 編纂を, 罪悪を, 群衆は, 群衆中誰一人私に, 群集を, 膽さは, 膽に, 自動車旅行の, 自然そのものに, 自然と共に, 自然について, 自然界の, 艦隊は, 良心と, 艱難に, 芝居に, 芸術家の, 苦境を, 英博物館が, 茶目の, 荒れでは, 荒廃を, 荷物を, 菩薩の, 菩薩連嶺ほど, 著作に対する, 著述が, 著述に, 虎は, 虎杖の, 蜘蛛が, 蟹と, 血河へ, 行列の, 行軍の, 衍暦が, 街道を, 西風に, 要塞を, 見晴らしを, 規模で, 親たる, 計画に, 計画には, 計画は, 設計は, 評定と, 試合の, 詩人を, 誤謬には, 警戒の, 變な, 變革に, 象の, 豪に, 負傷を, 賓を, 質問に, 蹉跌に, 身代を, 軌道が, 追放は, 通行は, 速力の, 運命に, 運命の, 道路を, 遠征軍は, 遭難である, 邸宅に, 邸宅の, 部分は, 都を, 都会と, 都会に, 都会は, 都會に, 野暮奴, 金塊の, 金字塔の, 金庫には, 金庫は, 金庫内には, 鉢の, 銀杏は, 銀杏も, 鎧を, 長篇に, 闘牛場, 闘牛日だ, 陣立の, 陰謀を, 陽気を, 隠居は, 雀の, 集団に, 雨風の, 雪渓は, 雷が, 震動の, 霧の, 革命の, 革命を以て, 音声を, 音楽師が, 音響そして, 風呂には, 飢饉を, 饗宴を, 首府の, 香炉は, 馬揃いに, 馬鹿と, 馬鹿もの, 馬鹿者め, 馬鹿野郎, 馬鹿野郎の, 馬鹿野郎奴, 騒動は, 騒動大, 騙め, 高城兵糧入れこそ, 魔術に, 魔術の, 魔鏡こそは, 魚の, 鯛の, 鯛釣も, 鹿毛を

▼ この時代~ (843, 0.3%)

17 のこと 14 に於 9 になる 8 の人 6 であった, にあっ, の人々, の習い, を代表 5 である, になっ, にはまだ, のもの, の作, の作品 4 には, によく, の, の事, の人たち, の精神, の迷信

3 [14件] に, にし, にはこういう, にはこんな, に於ける, に日本, の戦争, の日本, の日本人, の末期, の物語, の特徴, の特色, はまだ

2 [48件] からである, からゴーリキイ, が, が文学美術全般, で長, にあ, における交通事故, における衆生, にかく, にこれ, にその, にはどこ, にはもはや, にはよく, には普通, には盛ん, には神隠し, には肖像彫刻, にイギリス, に作り出された, に入っ, に在っ, に於い, に既に, に珍, に生き, に生きる, のあらゆる, の人間, の作家, の和歌, の大, の夫婦, の建築, の後半, の心, の文芸, の歌, の江戸, の法, の特殊, の産物, の町奴, の相場, の美術的光栄, の習慣, の重要, は日本

1 [569件 抜粋] からきまっ, からそろそろ, からだらう, からとき, からの事, からの地方吏, から一大長編, から一葉, から初めて, から取り離れた, から女, から彼, から御, から怪異, から日本, から本当に, から流行, から漸く, から生れ, から行われ, から行われた, から見れ, から陝西, がいかに, がまさに, がやはり, が主観的, が外, が外来文化, が妾, が完成, が延喜時代, が支那, が最も, が来る, が椿岳, が生んだ, が英雄, が近, が過ぎる, が食えない, が魔法, だから, だった, で, であったろう, であって, でなければ, では一つ, では一応, では二十五歳, では何より, では容易, では斉, でもこうした, でも余り物, でも十五歳, でも単に, でも売れ, でも捕方, でも相手, でも遺失物, としてはあり得べからざる, としてはこれ, としてはそれ, としてはよほど, としては不, としては当然, としては甚だ, として最, として特に, として特筆, との連絡, と世相, と人間, と年代, と時代, にあった, にあり, にある, にうんと, においてかく, においてかなり, においてこそ, においてはさほど, においては硝子, においては莫大, においては辻斬, においては音楽, において世間, において到る, において大枚百両, において局外文士, において数学, において男子, において自分, における, における人間, における宗教改革, における梟雄, における鴨川, にかけて重大, にかの偉大, にことに, にこの, にこれら, にすでに, にすべて, にせめて, にそういう, については, にて戯曲, になお, にはいまだみだりに, にはいろいろ, にはこの, にはじまった, にはじめて, にはそれ, にはそんな, にはない, にはひつ, にはもう, にはもちろん, にはわが国, には一種, には世界, には伝統的, には俳優, には個人的, には兵学, には内政, には前, には古い, には和田, には大概, には大金, には女, には子供, には已に, には幻灯, には引きつづい, には批判, には教, には文学, には斯, には東京, には極めて, には死刑, には洋服, には海外遠征熱, には海賊, には無論, には珍, には珍しい, には男, には眼目, には石, には科学的分析, には種々, には算数, には箱屋, には詩, には連続映画黄金時代, には鎌倉初期, には電車, には食物, には高麗楽, には鶉, にふみ出し, にもう, にもゴーリキイ, にも人夫, にも句作, にも結髪, にも詩人, にやはりそう, によい, にスウェデン語, にスカンジナビア, にローマ, にヴォルテエル, に一つ, に一人, に不相応, に主人, に今日, に仏蘭西, に何, に充分, に先駆, に入る, に全然, に処する, に出来た, に十両以上, に君臨, に多年, に大, に始まっ, に宇野千代, に属する, に巣山, に広津和郎, に強, に彼, に御, に必要, に戯曲, に探し求める, に提出, に数十町, に新しい, に新た, に春琴, に是非, に書きました, に有り, に果して, に栄えたる, に極めて, に武蔵, に決し, に津軽, に流行, に然, に珍しく, に生まれた, に用, に禹域, に私, に秋, に空海, に立つ, に胚胎, に自分, に至る, に芽立った, に蓮如上人, に行われた, に行われない, に西方伝来, に西洋, に足弱, に輩出, に辛苦, に追従, に遲, に鑑真和尚, に開花, に限った, に音楽生藤原孝道, のあり, のいわゆる, のお茶の水, のこの, のずっと, のなか, のやかましい, のよう, のイタリア人, のイタリー, のエロティシズム, のゴーリキイ, のヨーロッパ, のロマン主義者たち, の一つ, の一流, の一番, の一部, の上流家庭, の下女奉公, の世相, の中, の中学生, の主従関係, の争闘, の人寿, の人物, の人間すべて, の人間らしく, の仙術, の仲, の作者, の俳人, の俳諧, の先生, の公卿, の写本類, の出来事, の出現, の出語, の初, の前後, の剣聖塚原卜伝, の創造, の劇作家, の労働者, の北斎, の区分, の千両, の反抗児, の古見, の句, の名物, の多く, の夜, の大きな, の奥羽地方, の女, の娘, の婦人, の婦人たち, の存在, の学者, の宮廷内, の少数, の尚古趣味, の岐路, の嵐, の市井人, の幾多, の庭師, の彼女, の彼女達, の御, の思想家マキャヴェリ, の思潮, の恋愛, の悲劇, の戦国社会, の戯曲文学, の所司代, の教養, の文化, の文學, の文明, の日本型ファシズム, の旺, の曠野, の有名, の東北, の板画, の枠, の柳橋, の欧羅巴, の歌人, の武士, の歴史, の歴史的特色, の殊に, の民族, の汐先, の泉石, の波, の活, の演劇, の漢文, の潮, の無力, の特有, の特質, の独歩, の珍重, の生まれ, の生み, の用例, の用兵術, の男, の男女, の画人, の異例, の盗賊, の目標, の知識, の知識人, の硯友社, の礼儀, の社会, の社會, の祖先, の空氣, の算書中, の絵画, の繪畫, の羅馬, の美, の群雄, の職人, の航海, の芸術家, の若い, の草子, の藁沓, の藤村君, の裾野, の記念塔, の記録, の誤解, の谷中辺, の豪族, の貴族的, の貴紳, の追想, の通念, の進歩的ロシア女性, の進運, の運動, の遺風, の野上彌生子, の野蛮人, の銀座, の鎌倉, の鏡, の鐵砲, の青年, の風俗, の風習, の駒井, の鶯谷, はかなり, はこれから, はすべて, はたしかに, はっきりと, はどうしてどうして, はどんな, はよほど, はニュートン, はフランス国内, はフランス芸術, は一年一年, は七百歳, は世界的, は両, は中国, は中国歴代, は丹, は主として, は元禄時代, は創造的, は古代神仙道, は同じ, は小康, は少年詩人的, は平安時代, は彫刻, は我国自身, は文壇的, は未, は李太白, は東京市中, は母系, は決して, は現代, は白樺派, は私, は群雄割拠時代, は芸術, は衣類, は複雑, は長い, は闘士, は陰惨, は非常, ひとり頼朝, ほど乱作, ほど制作慾, までは折々, まで個人, も今, より近世浮世絵史上, らしい歌人, をめぐる, をもっ, をよく, を人間, を以て人, を何とか, を学んだ, を支, を政権, を産む, を真に, を研究, を私, を称し, を見ずし, を見よ, を記す, を造った, を闇黒, を離れ, を青銅時代, を風靡, を體驗, 一層つよい, 既にこんな, 既に發達, 既に祖父

▼ この~ (841, 0.3%)

10 は, は自分 7 のため, の顔 6 の口 5 が自分, は何 4 の姿, の父親, はお, はその, はまた, をつれ

3 [14件] がし, に取, に惚れ, のところ, の名, の方, の母親, の眼, の美し, はきっと, はこの, は気, を殺した, を見る

2 [68件] から何, がいつ, がいよいよ, がこの, がわし, が一番, が俺, が手引, が父親, が私, だ, だけが甲州屋中, だった, だと, とは肉体, なり, にお, に小, に眼, に結婚, に行儀, の, の何, の兄さん, の唇, の場合, の家, の容貌, の宿命的, の心持, の恐ろしい, の持つ, の様子, の生命, の生涯, の病気, の癖, の素性, の表情, の裡, の言, の面倒, の頼み, の顏, の首筋, はあの, はさっき, はたしかに, はだんだん, はなん, はひどい, はまだ, はよく, は今, は十七, は手摺, は死ぬ, は生まれながら, は私, もやはり, も前, も変り者, をお, をこんなに, を五分試し一寸試し, を何, を僕, を愛し

1 [589件 抜粋] あるが, ある日クワ, お筆, からあの, からこれ以上何, からなに, からは引出せ, からも受取り, から人生, から求めはじめ, から滴り落ちる, から聞き出し, から香気, かるわざ師一座, があまり, がいう, がいつも, がこうソワソワ, がじ, がじつは, がそういう, がどの, がどんな, がぱったり, がまことに, がまだ, がよそ, がシモンヌ, がハタ, が一人, が一時, が与える, が主人, が人, が今夜, が今後, が何, が内大臣, が出, が出会った, が助け上げられた, が可, が唯, が大, が大吉ら, が好き, が嫁, が実在, が實, が小池, が思い, が怪しい, が恋人, が恥かし, が日ごろ, が早く, が末造, が段々, が無口, が玉, が生れました, が白い, が研究所, が紅く, が紫, が練物, が若旦那, が苦しむ, が茶の間, が見合かたがたお祭見物, が訪ね, が近い, が近頃, が長久保家, が隠し立て, が默然, こそ虫, この大河, ごは, たつた一人, だけが一切, だけが失わず, だけに訊きたい, だけは人並, だけを信じ, だけを引っ担ぎ, だけ例外的, だ今夜, であった, である, であるという, でした, ではなるほど, としてはそうした, とた, とでは或いは, との結婚, とはいつ, とはなし, とも常, と一しょ, と一緒, と七兵衛, と乳母, と共にする, と同じ, と婚礼, と対, と恋, と戯れ, と行くゆく, と親しく口, と連立っ, などは特別立居振舞, なども帰, ならば, にあの, にい, にいささか, にお茶, にきつ, にその, にたった, にだって御, について手紙, にとっては清潔, にどんなに, にはねられた, にはまるで, にはわし, には万事, には何ん, には何處, には参った, には参つた, には嚇された, には女, には愛情, には気の毒, には言う, には遠く, にふだん父親, にまで贈物, にむかっ, にも一光閃, にも容易, にゃあ, にやらせよう, に一つ, に乗り換えた, に今, に仕込まれた, に会うた, に伝言, に償わし, に助けられたらしい, に取っ, に嫌, に寄つ, に対して少し, に対して抱く, に対すると先達て, に対する私, に対する苦心, に山形警部, に思う, に明石, に水, に泣きつかれる, に聞きたい, に見られた, に見惚れた, に送られる, に遇った, に關係, に附き, に附き添っ, のいう, のいっ, のいったい, のいる, のお, のおかげ, のこ, のこと, のこの, のしんねりむっつり, のすぐれた, のどこ, のみ一人連れ, のもしも, のもと, のよ, のよう, のアク, の一, の上, の不思議, の両親, の事, の人がら, の人氣, の介抱, の仕合せ, の先々, の児, の十八番, の印象, の危な, の可愛い, の可憐, の名前, の周圍, の命, の品, の品位, の善良, の噂さ, の天性, の姿色, の嫁, の孤独, の左, の幸福, の幻, の幼い, の後, の心, の快活, の怜悧, の思う, の性質, の恩人, の息, の持主, の指導役, の放浪, の新鮮さ, の時, の本当, の松葉杖, の歓心, の正し, の正体, の母, の淋しい, の為め, の熱っぽい, の特別, の狂恋ぶり, の生活, の白粉気, の皮肉, の監視, の目的, の相談, の答, の素姓, の素行, の絵, の縹緻, の罰, の肉體, の肩, の船酔い, の良, の良人, の虫, の親切, の話, の語る, の賢, の趣味, の逆上的, の非凡さ, の頸, の風体, の養子, の魂, の鼻, はいささか, はいちどよそ, はいつ, はいつのまにかたいそう, はうんうん, はおとなしい, はおれ, はお前の, はこの間真実, はさんざん, はす, はすぐれた, はすこし, はすなわち, はずうずうしい, はそれ程, はそんな, はたった, はどう, はどういう, はどうも, はのと雪, はほんとう, はまあ, はまとも, はまるで, はもう, はもの, はわが子, はスープ, はズー体, はナ去年, はフランス文学者, はフリーダ, は一度, は三つ, は三吉叔父, は三味線, は不動尊, は両手, は中原中也, は久しぶり, は人, は人々, は人生, は人違い, は仮名, は何ん, は何年, は先, は先刻, は八ツ, は前回, は叔父, は口, は右, は唖, は器量, は変, は多分, は夜光, は大きな, は妹, は姉, は姉妹, は娘, は尋常科, は小さい, は少し, は山方, は平気, は年, は待たせる, は後, は必死, は忠実, は恋, は文武, は文治, は本, は正直, は正直者, は母, は深山, は火, は無, は無意識, は焼けない, は生れ, は町, は疲れ, は相手, は知らなかった, は知らなかつた, は神様, は程なく, は純, は絵, は美しく, は胸, は船岡, は若, は茂太郎, は藥研堀, は藪, は見ず知らず, は見掛け, は親, は言えやしない, は誰, は身, は部屋, は長平さん, は隠しだて, は飛んだ, は馬鹿, は高市郡, ばかりは生れ, ばかりは離屋, ほど手, まことに健康, もあんまり, もこんな, もすぐ, もそえ, もぶるぶる, もまあ, もまるで, もやっぱり, も可, も同じ, も引き立て, も後, も本当に, も男爵, も近頃, も酔狂, も間もなく, も飽き, を, をあげる, をあなた, をお前, をこ, をここ, をその, をちょッ, をとう, をとがめる, をとどけ, をひきとめる, をひどく, をほんとう, をもう一度, をやる, をよく, を一人, を一段と, を不仕合せ, を乗せ, を今夜, を介抱, を元, を先, を全裸, を切りさいなむ, を助けたら, を取り返し, を受出, を口説き廻した, を口説き損ね, を売る, を外国, を大切, を女中, を好き, を妃, を嫌う, を引っ, を引取つて養つて, を御, を思い捨てる, を慰め, を憶えいたもう, を戸口, を手取, を托すべき, を挙げた, を据, を断じて, を東国, を歸, を殺さ, を殺す, を比類, を狼狽, を獲得, を痛々しく, を看板, を知っ, を私, を育てなけれ, を見, を見直す, を誘惑, を誰, を責め, を身, を迎え, を送っ, を逃, を連れ, を選ぶだらう, を邪魔物, を非常, を非難, を預けた, を首尾, 売物, 頼むと

▼ この通り~ (840, 0.3%)

6823 です 11 でございます 8 に, の始末, 生きて 7 だと, なん, にし 6 じゃ, で, である 5 のこと 4 さ, だから, でご, でございますと, ですよ, の型, の闇

3 [12件] だという, であった, であるが, でごぜ, ですから, ですが, なの, になる, のお, の山, の病人, 少しも

2 [31件] おぬ, たのむ, だよ, だ見てくれ, であります, であるから, であると, でござる, ですからね, ですと, ということ, といっ, と言っ, に出, に酔う, の事, の事実, の取込み, の姿, の月夜, の美し, の賤, の頭, の騒ぎ, へ曲った, を往復, を真直, 拝みますから, 持って, 書いて, 第六十三番凶

1 [544件 抜粋] ああありがとうござりまする, あきらめました, あたま, あまり荒され, あんな高み, いいお, いけば, いたんで, いわんや上世飼養, うまく讀んだ, おとなしい色男揃い, お位牌, お元気, お勘定, お国, お斬り, お月見, お榮, お百, お羽織, お蔵, お達者, お願, かい, かかった竜泉寺, かけ離れた土地, かとたずねた, かね, かの者, がっちりし, がどの, が何ん, きつと, この儘, この室, この血, この部屋, ごたごたです, じゃげえせんか, じゃまた, ずっと爪先, その時, その時心象, ぞ, たき口, たった二, たつた二, たるべきもの, だお, だからね, だかんべん, だが, だったでしょう, だったの, だったら羅摩, だったろう, だつた, だつたらう, だね, だらう, だ三文字氏, だ幾百万年, だ明日, だ間違い, ちっともこわく, ちゃんと, ちゃんとお, ちゃんと人, ちゃんと四時, ちゃんと学校, ちゃんと死亡届, ちゃんと通用, ちゃんと道具, ちゃんと預, ちやほやした, ちょいちょいの, つまらない男, つまらぬ活計, であったからと, であったが, であっただろう, であったの, であったもの, であったよう, であったろうとも, であって, であるかも, であろう, でいなんしたら, でお, でがす, できたと, でございました, でございますが, でございますし, でございまする, でございます一切, でした, でしたね, でしたよ, ですこの, ですだ, ですどう, ですもの, です奥さん, でその, でたった, でどっち, では一番, では十年, でもうさん, で代官暗殺云々, で写真, で同じ, で商売, で巡査, で御在, で御座います, で御座います親分さん, で御座る, で皆さん, で矢はり, で誇張, で進ん, といった, といつ, とそんな, ととのいおりまする, とどしどし, とは申せ, とよしなに, と云う, と云わぬ, と仮定, と推断, と臼, と親しい, と言った, と雨外套, と鼻, どうやらこうやらし, ないに, なおりませんひとりでに, なるに, なれば, な不具者, な人出, な健康, な半, な善美, な汗, な深山幽谷, な無芸無能, な父, にあるだろう, にいく, にご, にただ今, にとぎ澄まし, にな, になっ, にね, にはところどころ, にぴんぴん, にやった, に二ヵ月, に仲, に何一つ, に倒れ, に候え, に僕, に切れ, に前川, に勉強, に右, に向, に咲く, に夜, に女房, に封, に小, に少し, に引っ掻いた, に怒つ, に感じた, に押し, に拵える, に損, に書いてる, に構えた, に正直, に毀れなけれ, に火星人, に猿, に白く, に立ち並ん, に自分, に致しました, に致します, に莫大, に落付払, に行われた, に見事, に詫びる, に負けず嫌い, に速記, に進ん, に違い, に鉄板, に鞣した, に頼み申す, に黄身, のあちら, のきりやう, のせまい, のひどい, のぼんやり者, のまま, のみにて七十五輌, のみにて七十五輛, のベヤー・フツド, のボロ, の不, の中, の人, の人物, の体だし, の偏土, の光, の写真, の出端, の口碑, の場合, の天氣, の太平楽, の女, の姿勢, の子供, の子持, の子細, の寂寞, の山奥, の山小屋, の岩, の年寄り, の快晴, の悠長さ, の情景, の我儘, の所労, の拙文, の景気, の暖さ, の暴風, の書簡, の有様, の様, の汗だく, の泥道, の渋い, の無骨, の状態, の狭い, の生活, の男, の病気, の病氣, の純真, の考え, の苦労, の著しい, の西側, の話, の貧乏, の貧乏人, の貧乏寺, の赤児, の足もと, の身体, の追払われ, の雑沓, の靄, の面, の額, の顏, の顏容, の顔, はなし, はモスク, は一町, は先刻買, は南, は城, は狸穴, ひどいこと, ふらりふらりと, ふるえて, へ入った, へ出たら, まずまず当座, また出来た, また別して, まだ匂い, まだ御, まだ未熟, まだ板仕切, まだ濡れ, まっくろかお, まっ新, まんまと失敗, めくらだ, めそめそする, もうよほどよくなりました, もう三十七万, もう夕ぐれ, もう崩れかかってる, もう後悔, もう腰, もっと奥深く, や, やられましたよ, やるん, やれば, ゆるんだ釘, よくつとめ, よくよく, よく歩き廻り, よく泡立っ, よく眠っ, よく膨れるだろう, よく見, よしさ, よほんとに, わざとじらす, ゐたぢ, をもと來, を主, を二度, を占める, を右, を百二十丁目, を越前守様, を通る, を馬車, キチンと, グラグラ沸き出し, ズタズタでございます, ピンピンし, 両眼, 亡ぼして, 人一倍丈夫, 何ともない, 何一つ不足, 倒れて, 停っちゃ, 入れたぢ, 写して, 出て, 出来て, 初めて卵, 前祝い, 剥がされて, 半裸体, 卑しめられて, 取っちめて, 取つちめ, 取押えて, 古い時代, 可也混乱, 可愛ゆい, 向うから, 向脛, 呑んで, 困り抜いてるん, 堂々たる国家, 壊れて, 多くそれ, 大きいから, 大きい札, 大きくなりました, 大きくなる, 大したもの, 大した怪我, 威張って, 寒いん, 寒くも, 寝まき, 小さいから, 小さい穴, 小さくなりました, 小さなもの, 少し耳, 少し跡, 平然と大, 広いの, 広いん, 引裂いて, 待ちかねて, 御二方, 御仏, 御宗旨, 御持參, 微笑んで, 忙しなく諸国, 思ひも, 急がしいわよ, 恵んで, 悠々と, 悦んで, 情けない小判, 愚かしいという, 憎らしいほどの, 投げつけたつて, 拝みます, 拝むだ国手, 持ってるよ, 持て参りましたと, 捕われ候, 捧げ持つて, 揃えた駒, 散らかしたまんま, 散らして, 斬れました, 早速頭, 晴がましい試合, 暑いところ, 暑うござんす, 暴れ出した現場, 更けての, 書いたある, 有る今, 未だに生き, 来て, 栄えて, 正しく裏, 歩きまわって, 死ぬわけ, 残して, 殺されて, 殺して, 比べて, 汚され引裂かれ落書, 汚して, 決して無条件, 治った, 洗えば, 淋しい宿場, 混んで, 済んじまったん, 無智, 無禄, 焼けて, 生きてるん, 生きながらえて, 生き返つてしま, 痛みまして, 痛んで, 盗まれて, 直つたの, 真似て, 着たっきり, 結えて, 続々と, 繕ったから, 美しいさかな, 肥り返って, 良い眺め, 若いの, 苦しいこの, 苦しんで, 荒らされて, 荒れ果てて, 見つとも, 見る影, 見透しだあ, 言おうと, 討ち止めて, 記して, 詰まらぬ事, 話しながらも, 諸羽流, 貴んだの, 起きて, 踏み潰して, 輝きわたって, 辷っちまって, 返り見ないで, 逃げる途中, 違います, 違うところ, 酔っても, 重いもの, 鋭い歯, 開きまする, 開けましたでそういう, 震えるわい, 飛んでも, 飲み残り, 騙しゃしない半分, 黒みがかったもの

▼ この地方~ (812, 0.3%)

8 の人々 6 のこと, の人 5 でいう, の百姓達 4 きっての, ではこの, の人民, の産物 3 ではその, に多い, のよう, の人達, の住民, の大, の農民, へ来た, へ来る, を占領

2 [40件] だけで, でわ, で最も, で有名, には白, に住ん, に到着, に於, に於い, に汽車, に産, のため, の人間, の動揺, の名所, の女, の子供, の小, の山, の山村, の百姓, の百姓たち, の習慣, の者, の若い, の蓑, の言葉, の豪族, の農家, の郷土, の風習, の飢饉, は, は一帯, は冬, は土地, は足利家, へ旅, を中心, を治め

1 [656件 抜粋] からは回教治下, からもそうした, から出た, から北方, から古文書, から彼ら, から朝倉家, から東京, から生まれ, から立ち去る, から高知県, がさつま芋, が初めて, が北, が地形上, が時に, が暖かい, が非常, しかない, じゃめん類, すなわち俗, だけに頻々, で, である, である伊尾木, でこれ, でしかも, でしか名, でどうにか, でなん, での一二, での幸福, での最も, での発音, での領土, では, ではいい, ではこれ, ではさ, ではしかも, ではすべて, ではそんなに, ではたいてい, ではちご輪, ではまれ, ではみんな, ではめずらしい, ではやる, では一ばん, では一般, では三月, では不相, では人間, では今一つ, では先づ中どこ, では先づ五目ずし, では別に, では土地, では塩, では外国人, では家系, では山女魚釣り, では幕府方, では征, では御法度物, では日, では春秋, では普通, では普通田打櫻, では有名, では有害, では有数, では武蔵, では決して, では沖仲仕, では焚付, では猿, では現在, では甚だしく, では皆十日, では私, では秩父, では肥松, では蒲公英, では藷焼酎, では見かけぬ, では見ない, では販路, では青い, でふだん, でもぐんぐん, でもめったに, でも女学校, でも旧家, でも有数, でも若い, でも隠れ, でよく, でネダド, でマタギ, で一二, で住民, で何一つ, で全盛, で出来る, で告解, で天然真珠, で小作百姓, で接する, で最上等, で田, で祭礼狂言, で米搗き, で聖武天皇, で進んだ, で集めた, で高松人, としてはこれ, としてはべつに, としては一時, との間, とは海, と江戸, と隣接, にあ, にあげし, にあっ, にあふれた, にある, にいたらしい, にお, においては歴史家, において余程, において漆喰, における古代民衆, における彼, における私, にきました, にこのごろ, にこれ, にし, にそう, にたいして持つ, にだけいる, にだけ見られる, については経験者, にて下女, にて子供, にて野, にできた, にない, にのみは巫女, には, にはさして, にはすべて汽車, にはそれほど, にはまた, にはまだ, にはよい, にはヤマト民族, には一つ, には三月四月, には冬, には取り立て, には名物, には多かっ, には実際, には巣山, には彼ら, には放火, には東風, には沼, には無え, には祝, には草鞋, には非常, には高, にふりまこう, にまで及ぼす, にも, にもその, にもたらした, にもキリスト教, にも伝えられ, にも妻室, にも平家崇拝, にも来る, にも田植時分, にやって来た, にアイヌ, にコーヒー, に今, に伝えられる, に伝わっ, に住みつい, に充血, に六人, に出, に動きつ, に十七年, に千年前, に古墳, に地方条令, に培っ, に多年, に夥しい, に大, に妖蛇, に寺, に居, に扶植, に捲き起す, に摩擦, に散らばっ, に敵, に敵方, に旅行, に本陣庄屋, に来, に来はじめ, に来り, に栄え得る, に極めて, に残る, に流れ, に流行, に牢固, に特別, に特有, に田沼侯, に移住, に稀有, に絶え, に良犬, に色木, に行っ, に裸麦, に見る, に足, に逃げ込み, に遍歴ら, に遺つ, に鉄道, に長陣, に防空演習, に限, に限り, に隠れ, に雪, に驥足, に黄巾賊, のこの, のどこ, のほう, のみならず, のやや, のわかい, のアイヌ語, のオコナイ, のクラカ, のピオニェール新聞, のヤキシメ, の中, の中心小都市, の交通, の人々自身今日, の人たち, の人たち皆, の人望家, の人物, の今, の何, の作法, の俗謡, の俚謠, の信用, の信者, の全土, の冬, の前途, の十一月, の口吻, の古馴染, の各所, の名称, の呪詛, の商人, の国司, の国情, の土俗的, の土壌, の地勢, の地図, の地殻, の城主たち, の夏, の多数, の女たち, の如く発展, の婦人, の守護大名, の守護職, の官憲, の家々, の小城寨, の小木江, の小舟, の山中, の山人, の山地, の山脈, の川, の平原, の平家遺蹟, の建物, の強敵, の恩人, の戸長, の押領使, の政府, の教育会, の教育界, の文化的有志, の新聞, の新聞社, の旅, の日本人コロニイ, の日本食, の旧, の昔話, の晩秋, の有志, の木枯, の本願寺門徒, の材質, の梅干, の様子, の樺, の歌垣, の歴史, の民心, の民治警備, の気風, の氣候, の沖合, の流火行事, の浜言葉, の海岸, の源平二氏, の火山性性質, の熊共, の牧童, の物産, の物資, の特徴, の犬, の犯罪, の状態, の現職, の生れ, の産, の甲賀大原, の真相, の眺め, の知事, の社会, の神, の稲, の管領, の米, の経済事情, の総督, の總稱, の織物業者, の美しい, の耕作, の背中当, の舊家, の苔, の若い衆, の話, の読者, の譬, の豆類, の貧しい, の賊害, の趙, の軍司令官, の農民生活, の進歩, の邦人達, の郷士, の酋長マクインナ, の野武士, の鉄工業, の錫, の開発, の雨期, の雪, の霧島, の青年たち, の風, の風俗, の黒人, はいう, はお, はまったく, はまもなく, はもと周防, はカガシ, はスコット隊, はチベット語, は余程, は倭寇, は八年, は初夏, は前記, は化石, は北極, は南部馬, は古く, は古来, は夏, は大人, は天下, は山谷険難, は山陰, は嶮岨, は戦禍, は既に, は旧暦, は暑い, は東海東山両道, は東電, は森林, は水田, は浄瑠璃, は牛, は牢固, は総じて, は茅野, は豪族赤松, は遥か, は都会人, ばかりで, ばかりでなく, へくる, へと引, への伝道, への大, へは普及, へ下り, へ住み換え, へ何, へ入りこん, へ出張, へ土着, へ帰っ, へ彼, へ忍び込んだ, へ来, へ来たら寄ろう, へ栽培, へ潜入, へ疎開, へ視察, へ逃げ込ん, へ逃げ集まっ, へ遊歴, ほどその, までえらい, もかつて, もずっと, も奴隷売買者, も応仁以後, も見直しましょう, や十州, を, をおとづれる時, をさま, をニーフェルハイム, を吉良, を含めた, を巴峡, を往来, を支配, を歩い, を統治, を自分, を行脚, を襲った, を西洋, を諸国巡閲, を逃散, を通じて最も, を通った, を領, を風靡, を馬, 第一

▼ この~ (811, 0.3%)

87 が, の 6 で, である, でございます, という人間, に相違, のこと, を 5 です, の考え, は 4 ではない, なん, に違, の命, の眼, の話

3 [12件] があなた, がそれ, が殺しました, ですが, というもの, の前, の手, の言葉, の説, の顔, は私, をご覧

2 [63件] がお, がその, が信じる, が十年前, が武士, が殺す, が確か, が私, が自分, が見た, が誰, が隱, が頂戴, じゃ, だから, だったの, だつて, だよ, でさ, ではなく, といふこと, ときたら, とした, と云う, なの, にし, にもわかり兼ねます, にも解らない, に何, に免じ, に取, に格別, のいう, のところ, の口, の外, の夢, の大, の姿, の家, の小さい, の心, の心持, の意見, の最後, の生命, の空想, の見る, の身, の身体, はあなた, はどう, よりかなり, をあなた, をお, をどうして, を一度, を何, を憎ん, を批評, を縛, を縛つて, を見

1 [546件 抜粋] からで, があの, があんな, がいっさい, がいっぺんむらくにとっくり, がお前, がかりに, がぐんと, がこっち, がこの, がこれ, がする, がそう, がそんな, がちょっと, がです, がどう, がどんな, がはかない, がはしたない, がはだ, がひと言, がまぐれ当り, がまだ, がもしも, がやっぱり, がよく, がセメント山, がポキン, が一, が世にも, が二度と, が人殺し, が今, が今晩, が住ん, が何で, が何より, が何千匹, が内輪, が出た, が出現, が初めて, が助け, が参る, が呑み込ん, が命乞い, が喜三郎さん, が圧倒, が大きな, が婦人, が家, が寢, が希望, が帽子, が幸福, が引き受けましょう, が引受け, が怖がりましょう, が悪用, が手, が承知, が拵へた, が映画館, が昨夜, が曲輪, が棺, が殺し, が水, が済みません, が物凄い, が由緒, が病身, が盗った, が盜つた, が目, が真打, が立てかえ, が紳士, が老後, が耳, が腕, が藪原長者, が見れ, が証人, が證人, が貧乏, が追い出し, が選ばれた, が醜く, が金次, が銃丸, が閉めた, が黙っ, こそかえって, こそその, こそ右門殿, さ, さえそれ, さえ知らない, じゃなどと云っ, だけで, だけでご, だけはその, だけ誰, だったと, だったので, だってどんな, だって云う, だと, だという, だわ, つまり此處, であった, であったかも, であつ, でございましたよ, でございますよ, でさあ, でさえあの, でさえじれったい, でさえもいまだに, でさえも入る, でさえも昨年, でさえ気が付かなかった, でした父さん, ですよ, でなきゃア, でなく若い, でもヴァンデラーさん, でも自分自身, とあなた, という形骸, という馬鹿野郎, とが変, とこの, とで誘惑, との接吻, とは別れ別れ, とは飮, ともう, と一杯, と八五郎, と夫婦約束, と手筈, と話, と連れ立っ, なぞは大殿様, なぞは大殿樣, などそんな, などはまだ, なども罪, などよりはもっともっと, など多寡, なるもの, なんかともつき合わなく, に, にあった, におく, にお家, にお話し, にこそ力強い, にこの, にさえ希望, にした, にそんな, にだ, にできる, にです, にとってもどれ, にとり立て, にどう, にはお, にはたった, にはちやん, には一向, には三代, にまで嫌疑, にもお前さん, にもこれ, にも不思議, にも分らない, にも言, によってその, に一色家, に不慣れ, に二冊, に今, に任, に似過ぎ, に出来ない, に大変, に大空, に嫌気, に対しまして敵対行動, に対する邪魔, に怒つ, に意見, に慇懃, に手, に手向いしよう, に掃溜, に教え, に文, に様子, に渡し, に点, に現, に用事, に立ち, に立った, に継承, に言, に訊ね, に貴女, に間違, に預けた, に頭, に頼らね, のいのち, のうぐいす, のうしろ, のうれし, のからだ, のこころざしだ, のさせる, のさびしい, のせい, のそば, のため, のどこ, のはじめて, のはにかみ, のひたむき, のやう, のよう, のクラス, のシンセリティ, のシンセリテイ, のスペイン製, のドグマ, の三つ, の三人, の不作法, の不安, の両親, の丹誠, の主張, の乗り物, の事件, の仇, の仕事, の住む, の体, の作, の作風上, の傾向, の兄, の全く, の冷淡, の出方, の切, の創造, の勝手, の南向き, の印度, の友達, の名, の唯一人, の商売, の問, の因果, の大杉さん, の好き, の婚約者, の嫌がり, の存在, の寝室, の少年もの, の少年時, の居る, の希望, の希求, の床, の庭, の弛緩, の弱い, の心意気, の怒り, の思想, の性分, の悪魔, の悲しい, の想像, の感じ, の所有, の所有物, の所為, の手の甲, の提案, の文, の時折諸君, の書斎, の最大, の月下氷人, の本, の欲眼, の歌, の正体, の母子情, の浅ましい, の深い, の為, の目, の直感, の相談相手, の看板, の真心, の研究材料, の確信, の祈り, の突飛, の童心, の素人考え, の紳士性, の罪, の美し, の美しい, の考え方, の肉体, の背中, の胸, の腕, の腕前, の自問, の若い, の苦心, の薄明, の行方, の行為, の衰, の見方, の覺, の記述, の詩, の詩人, の誠実, の誤, の読書, の譯文, の豊沃, の身體, の近ごろ, の近所, の邸, の部屋, の間違, の頭, の願, の願い, の驚いた, の驚愕, の黒い, はい, はこう, はそういった, はその, はそれ, はどちら, はびく, はまるで, はもうそん, はろくろ首, はツイ二年前, は上部, は何, は僧正, は処刑, は利己的, は命, は天地万物, は如何にも, は学校, は少し, は引き止める, は思いませぬ, は抑, は日本, は果物, は歩く, は現に, は縛れない, は考えた, は腹, は自然伯爵, は苦力, は裏切り者, は貴方, は重大, は闇, は雄, は音, は顔, へあの, へお話し, へくだされ, への餞別, へ大変, へ襲, まで, までがこんなに, までがひどく, までを伊吹, まで引っぱり出さなく, も, もかなり, もこ, もどうぞ, もほぼ, ももう, も主, も娘, も存じ, も実は, も左利き, も御, も心, も必然的, も恋, も旅, も生甲斐, も病人, も知らない, も聞いた, も若い, も貴, も陽, よりほか, よりもあの, をあくまで, をあらためて, をかくし, をからかひなさる, をここ, をこれ, をすっかり, をそう, をどう, をどんな, をびつくり, をふみたくつ, を一人, を三好十郎, を不憫, を何と, を何歳, を入れる, を冷笑, を処分, を分っ, を切る, を助け, を励まし, を励ましたろう, を取っ, を古い, を吉本, を同志, を嚇, を埋めた, を大いに, を引っ, を彼女, を御覧, を忘れ, を思ひ出した, を感じ, を打ちのめした, を拝みました, を捉えよう, を斬る, を本位田家, を枕元, を極度, を玄関, を理由, を監視, を直属, を眼, を研究, を縛る, を苗木, を袋ダタキ, を裏切り者, を討ち果たそう, を責める, を連れ, を頭, を驚くべき, 本太平記

▼ このあたり~ (807, 0.3%)

9 の山 5 の村, の海, の風景 4 である, に住む, のもの, の峰, の景色, の者, を徘徊

3 [16件] だ, にあり, にある, には人家, に多い, のこと, の人, の土地, の歌, の農家, は, はもう, は昔, まで来る, をぶらぶら, を歩く

2 [47件] か, から書きはじめるべき, だらだらの, で, でこの, では村人, にいる, にても深夜, になる, には冬毎, には珍, にもう, に住ん, に灯, に符, に茶店, に言, のすたれた, の別荘, の地理, の姉さま風, の描写, の旅館, の景観, の様子, の海上, の盆地景情, の自然, の農民, の野生植物, の風習, はその, は一家全滅, は一尺, は一面, は多分, は家, は徳川幕府, は来る, は東京, は風, は鯉, までくる, まで見えました, をうろつい, を大音寺前, を見る

1 [613件 抜粋] あまり遠く, いずく, おちこちに, からこの, からであった, からなかなか, からにわかに, からアンリエツト, からボツリボツリ, から不動, から丘陵, から今, から力, から吹き起る, から幕軍, から後一日, から文学的自叙伝, から欣二, から正夫, から清澄, から病気, から益々, から真に, から私, から茨, から起こる, から退治, から金, がいずれ, がまるで, がもう, がメトロポリス, が一番, が主謀者, が塚, が本土, が気, が石類, が要害, ぐらい名所古蹟, こそ明治時代文芸発, こそ気勢, たしかに地上, だけ繁み, だったよ, だって寺, だと, だろうと, であったろうと, であるし, であろうと, でお茶, でくるり, でさえい, でさっぱり, です, でその, でといふ所, でどうやら, でどんな, ではこの, ではそう, ではそれら, ではだれ, ではほとんど, ではめつ, ではもう, ではよく, ではキリスト教, では一番, では人, では他人, では六, では冬, では名, では大陸的, では宿, では嶮, では明るい, では構内, では毎日雪, では湖, では珍しい, では白崩, では神, では聞きなれぬ, では苗代風, では開け, では鳴かない, でもほんとに, でも一つ, でも逃げおくれ, でよかろ, でゑごとよんでゐる, でウロウロ, でキツネ蛍, で一泊, で一流, で一番, で中断, で何, で佳品, で僕, で初めて, で古い, で名物, で名石, で地獄, で大, で恐竜君, で斯く, で昼食, で最も, で知らぬ, で祖国, で航海者, で行われた, で見受けぬ, で足利殿, で間に合わせ, と思はれる, どういふ風, にあっ, にあるべき, にいかに, にいたれ, にいるであろう, において最も, におった, にかけ, にかけての人種, にさまよっ, にしよう, にしろ, にす, にその, にたくさん, にちがい, にての泊舟, にてはかよう, にては潮, にて一応, にて宝蔵院流, にて斯く, になにか, にのこりける, には, にはさう, にはその, にはそんな, にはそんなに, にはむずかしい, にはめずらしい, にはやはり, にはよく, にはよそ, にはフンダン, には不, には元, には削り立つた, には古墳, には呑込み, には宿屋, には広々, には放牧, には昼間, には木, には私, には第, には落ち, には薄, には野生, には鉄, には雀, には雲仙, にへんぽん, にめずらしい, にもある, にも住ん, にも月光, にも知られた, によく, にゐる, にフワ, に上, に人, に低徊, に右, に名高き, に多少, に大, に宵, に尋, に彷徨, に悪い, に戦雲, に掘れ, に月, に来た, に来たら, に楠, に横たわっ, に水, に洋食屋, に流れつい, に混血児, に漁師, に潜ん, に狭くるしく, に理由, に産する, に稀, に空巣狙, に縁類, に聞えた, に草庵, に荒城, に落ち, に薬師町, に見, に評判, に賊, に違い, に部屋, に長居, に隠れすみ, に食事, のうを使う, のお札所, のたびたび, のなれ, のみすぼらしい, のアパッシュ連中, のドナウ, のブルジョワ, のベンチ, のライン河, の三味線, の不, の不思議, の両家, の事情, の人々, の人たち, の人夫, の人心嶮, の住民, の佳景, の光景, の六つ, の古寺, の名, の商店, の国境山脈, の土, の地形, の地相, の地質, の堤下, の夜の森, の夜店, の夜景, の大家, の大騒ぎ, の女中, の娘たち, の子供, の子供たち, の宗旨, の家々, の家持, の宿, の寄席, の尾の上, の山々, の山中, の山里, の平坦, の廊下, の廣場, の御殿女中, の数里四方, の文句, の方言, の旅, の日影, の時計, の景色北斎, の朝, の木, の松原, の林, の森閑, の樵人, の樹木, の歴史, の民家, の汀, の汚い, の汽車, の沼, の沿線, の流れ, の浜, の淋し, の深い, の深海圧, の溝, の猟師, の環礁, の田園, の田舎, の畑, の畠, の発音, の百姓, の百姓姿, の眺望, の知らない, の石垣, の空気, の絵葉書, の習慣, の舟, の船, の花, の衆, の行持, の行為, の裏屋, の記載, の記述, の議論, の谷, の豪族, の軟らかい, の農夫, の通り, の道, の野良, の長光寺, の長屋, の長者, の風土, の食物, の馬蝿, の駕籠宿, の鮮人, はあの, はかこまれる, はかつて, はこれ, はすべてお祭, はすべて漁師, はずつと小さい, はつい, はとくに, はどこ, はどなた, はどの, ははじめて, はほとんど, はほん, はまことに, はまだ, はまるで, はむかし通り, はめったに, はもうさすが, はもと, はパトロール, はメトロポリス, は一年, は不, は五年, は人, は住み, は便利, は入りくん, は共産党, は北極, は取り分け, は古戦場, は土質, は墓所, は多少, は夜, は大学町, は大竹藪風, は奇峭, は子供, は孰, は少し, は少少, は尾根, は山, は川楊, は成層圏, は拓け, は春, は春日山麓, は木曾川, は柿, は樹木, は武蔵, は比較的, は民家, は水脉, は水郷, は河原, は海外, は海岸, は満, は焼け野原, は直衣狩衣, は矢代, は知っ, は砂糖, は社内, は秀吉, は私, は粒子, は絶え, は繁華, は至って, は落葉, は落葉松, は蘆, は行人, は街燈, は見る, は谷, は軒提灯, は道, は酔, は針葉樹, は難波津, は静か, は高原, は高台, は黒潮, へかかる, へは小娘, へは影, へは現ぜられぬ, へ一度, へ下りた, へ何, へ土地, へ引越し, ほど安全, また最も, までの歌, まではモスコウ以来, までも評判, まで一人, まで來, まで来た, も, もうこれ, もう全くの, もぼつ, もまず, もやう, も南, も早, も死ぬる, も火, も町中, も菊作り, も蟲, よりようやく, より舞, をいふなるべし, をうろつく, をおおっ, をどんなに, をや過ぎさせたまわん, を一まわり, を一寸, を二日, を写した, を勘六, を去らない, を取り巻い, を散歩, を歩い, を歩いた, を独り歩き, を荒凉, を落ちついた, を蟻, を見物, を通った, を過, を鷹ノ巣, 低き雑木ひと山, 低き雜木ひと山, 大修羅場, 近い処

▼ この意味~ (801, 0.3%)

167 に於 35 に於い 31 に於ける 9 において私 8 からし, で, で私 6 である 4 に外, の 3 から云え, から云っ, がお, がわかる, では, で彼, においてである, において今, において最も, を含ん

2 [32件] からいう, からいっ, からは通俗文学, から見, から言え, が, であって, でこの, でなら, での粉雪, ではたしかに, では今日, では彼, でまた, で上海, で戯曲, で社会的集団的性格, で社会科学, で興味深い, で道元, において, においては私, において人間, において現在, において自分, における名字, に解されね, に解し, のない, の非人, はよく, をもう少し

1 [427件] からいえ, からいつ, からすれ, からたとい, からだ, からであった, からなら願っ, からはなかなか, からも三笠宮様, からナポレオン, から上野, から云, から云う, から云つて, から僕, から幸福, から我々, から或, から戦犯者, から日本, から最近, から欺討, から申します, から申せ, から男女道徳, から真, から私, から純正個人主義, から自分, から言, から言う, から言うなら, から詰襟, から重大, から陸奥, がちょっと, がはつきり, がよく, がわからなけれ, がわからぬ, がわかるだらう, が一時的, が分れ, が受取れ, が含まれ, が善く, が大人, が忘れられる, が解し得ない, が解釈, が通じなかった, だ, だけに於ける, だけは本, だったか, だと, だろう, であ, であの, であらゆる, であろう, でいま話頭, でいわれる, でかなり, でかの, でこれ, でご, です, ですべて, でその, でその間, でそれ, でだけ文学, でどうせ, でどの, での, でのこと, でのみ連続的, でのよい, でのダンデイ, でのハメ, での人間学, での個別的因果, での印象批評, での喧嘩, での外国, での大衆, での客観, での対象, での対象自身, での形式的直観, での戦争ジャーナリスト, での支那学, での方法, での本当, での本来, での涼味, での物質, での社会的機能, での精進, での詩, ではこの, ではこれら, ではともに, ではない, ではなかろう, ではま, ではゲーテ, ではルナアル, では今人, では前人未発, では婦人作家, では宗教的生活, では封建時代, では我々, では支那, では日本, では日本精神運動, では春ごろ, では有, では確か, では私たち, では艱険, では菊池寛, では蕪村, でまさに, でも, でも自分, でわが国, でわれわれ, でソクラテス, でディフォーム, でディルタイ, でブルジョア大学, でプラトニック, でプロレタリア文学, でリンピイ・リンプ, でローレンツ, で一人, で一番経済的, で一等発達, で一続き, で三浦さん, で上流, で下流, で不幸, で世界観, で世間, で主人, で人, で今, で今回国分君, で今日, で他, で会話, で何びと, で何等, で例えば, で例へば, で僧, で先生, で公武抗争, で共通, で初め, で取入っ, で変身願望, で多数, で大衆, で大衆サービス, で天主, で後世, で従来, で忠義, で思想像, で成功, で所謂実験, で技術, で探偵小説, で文化, で料理人, で新, で新劇協会, で日本, で日本人, で日本在来, で日本的, で早, で昨年来, で時々, で書いた, で東京, で楽園, で此岸, で歴史, で歴史的, で決して, で法則, で浄土教, で海, で演劇そのもの, で物化学, で物質, で現実, で現実主義者, で真に, で矢張家庭, で科学史的研究, で科学者, で細君, で絶えず, で美しい, で自分, で自己否定, で自然科学, で自由主義者, で自覚的, で興味, で若い, で菊池君, で見た, で覚醒, で言, で言うなら, で詩, で警官, で近, で近世哲学, で集めた, で雲仙, で非常, で音楽, で頭脳, で骨抜き, なき, なの, なら此処, においてあの, においてかの, においてきわめて, においてけっして, においてことに, においてこれ, においてすべて, においてその, においてのみ, においてのみアガペー, においての歴史, においてはわが, においてはわれわれ, においてはアイ, においてはタイカ改新, においては上代, においては新, においては書物, においては武士, においては永遠, においては集団, においては非対称的, においても日本, においてわれ, においてアダム, においてイズム, においてバッハ以来, においてパデレウスキイ, において一切, において三越, において主張, において乗るべく命ぜられ, において今夕, において仏蘭西, において件, において何とぞ, において余, において余輩, において共産主義者, において前書, において名, において吾, において天皇, において如上, において子供そのもの, において市村氏, において思想藝術, において悲惨, において愚見, において愛, において我々, において我ら国民, において我国, において政治家, において文芸, において既成, において明晰判明, において春琴, において昨年, において東洋, において狐, において現代日本, において田辺, において畢竟, において異色, において皆さま, において知る, において社会いっさい, において私ども, において絶對的, において自然主義存在, において茶人, において蕪村, において軌, において遥, において遥か, において非難, において魚住氏, におけるエタ, における不死性, における俗世間的地口, における必然的事實, における悪人往生, における文学, における文明, における日本最初, における観察, における谷, における飛鳥時代, にかけては着ず, にて沒理想, にほかならない, にほかならぬ, に取っ, に取る, に取れ, に固執, に慣用, に用いられる, に解する, に解するなら, のこと, のはっきり, のみに於, のもの, の不明瞭, の事, の傾向的, の出産性, の判らない, の危険, の大衆文学, の天然, の富, の常識的概念, の心境, の戦い, の数千言, の服從, の概念, の水源, の現, の理想的精神, の生活改造, の自己, の自然主義, の観念, の解釈, の言語, の詩, の説明, の論文, の責任, はあと, はお, はお母さん, はどこ, はまったく, はわかった, は一方, は人, は八五郎, は兵馬, は分かりっこない, は力学, は女房, は平次, は彼, は明らか, は私, は読ん, ふかい秘密, もある, もどう, もなく, も茅野雄, を, をおしひろめ, をさとっ, をたしかめる, をとく, をはき, をはっきり, をもっと, をよく, を一句, を以て五章, を君, を専ら, を少し, を指す, を暗号電文, を極, を極端, を正しく, を物語っ, を知らずし, を私, を簡単, を表したる, を解い, を解さない, を解せずし, を解釈, を説明, を象徴, を述べた, を頭, 深い, 深い大会, 深い懐疑

▼ この~ (781, 0.2%)

29 の中 17 を読ん 7 のなか, の著者 6 を手, を書く 5 に書い, の第, はその, を読んだ 4 の出版, の名, はもう, は私, を書いた, を読み, を読む, を貸し 3 である, に出, のこと, の序文, の表紙, は, を, をごらん, をよん, を私

2 [49件] が, がデンマーク, が世, が出, が出来る, こそ手, だ, だと, にある, においても最も, による, に集められた, のおかげ, のこの, のため, のはじめ, の作者, の写真, の目的, の筆者, の終り, の読者, の頁, の題名, はあなた, はこの, は俺, は古い, は実に, は日本, は月, は皆さん, は目次, は著者, は非常, は面白い, も, も哲学者, も挿し, をお, を写し, を出版, を初め, を搜, を書い, を獲, を讀む, を通し, を鞄

1 [529件 抜粋] あしたまで, いりません, から充分, から受けた, がある, がいくら, がきた, がこの, がその, がはじめて, がまだ, がまとまった, がもっと, がもつ, がよい, がソヴェート, がフランス, がボリソフ, が一向に, が一歩, が人間性, が他人, が偽書, が出る, が出来, が出版, が印刷, が古本屋, が同情, が和辻思想, が媒介, が当時, が普通, が書い, が正保四年, が現在, が疎開, が紹介, が編輯, が複雑, が訳され, が読まれ, が読書術, が買いたくなった, が限られた, じゃ, そのものの, だけだ, だけで, だけでも大伯母さん, だけで楽め, だけは焼き払っ, だしたら也有, だの元興寺伽藍縁起併ニ流疏記資財帳, だよ, ぢや, であった, であります, であろうと, でいちばん, でございます, でその, では, ではしょッ, ではひとりフォマ・グリゴーリエ, では具体的, では大変, では明瞭, では更に, では枚数, では直接, では鷹見忠常, でみる, でもっと, でもっとも, で一層はっきり, で十分, で容赦, で欠け, で特に, で見る, で読む, で諭吉, で述べよう, で釈迦, とは反対, とひっ, とサンクチュペリ, と以前, と南江堂, と直接関係, と私, と金を, などもぼろぼろ, なの, にくわしく, にごく, にしるされ, にたいする要求, については東京圖書館, について会得, について多く, について植物学, にとっては大きな, にとりいれられた, にとり集められ, にどう, には, にはその, には二つ, には他, には処々鉛筆, には十七年秋執筆, には明, には最近, には満足, には特別, には石版刷, には西南戦争頃, には賛否, には述べられ, にひきずり廻された, にもわりあひ, にも例, にも出, にも少し, にも求め, によってかどう, にカット, にニコニコ, に与えた, に依っ, に入っ, に入れ, に入れたく, に出し, に収めた, に取上げた, に基づい, に学んだ, に対してはロンブローゾ, に差, に扱われ, に於ける, に日本訳, に書いた, に書かれ, に沿っ, に現れる, に納めた, に苦い, に親しめた, に親しん, に誰ひとり怪我, に近づけさせる, に違い, に集められ, に集録, のあちこち, のあと, のあらゆる, のいくつ, のお, のかつて, のつつましい, のところどころ, のなりたち, のはう, のほか, のもっ, のよ, のよう, のイメエジ, のドイツ訳, の一つ, の一冊ごと, の不完全さ, の主人公エセルレッド, の主人公シッダールタ, の事, の代価, の例, の全, の内容自身, の冒頭, の出た, の出る, の出來, の出版記念演芸会, の初, の初め, の前半, の印刷, の印税, の原稿, の口繪, の各項, の含む, の増刷, の外側, の存在理由, の宣傳, の巻末, の弱点, の後, の性質上, の所在, の扉, の挨, の挿絵, の推せん, の数行, の新版, の書い, の書かれた, の書出し, の最初, の最後, の校正, の構成, の標題, の活字, の準備, の為, の発展, の皮肉, の直接関係, の紙面, の紹介, の背後, の背景, の脚注, の至る, の草稿, の著者ぢ, の表紙畫, の装釘, の裝幀, の言葉, の訳, の話, の読まれる, の赤茶色, の跋, の長い, の面白い, の題, の飜譯, はあげます, はい, はいくら, はおそらく, はおもに, はかう, はけじめ, はこちら, はずいぶん, はそういう, はたとえ, はどう, はどちら, はなかなか, はなつかしい, はまだ, はまつたく, はむずかしく, はよむ, はわれわれ, はマウンテニヤス, はルネッサンス時代, は一つ, は一揆, は一部, は万事決着, は三冊, は中止, は乃公, は之, は予測, は二十五年前上津浦, は云, は云わ, は人間, は今日, は八雲書店, は判らぬ, は前, は前漢, は勿論, は十二世紀, は南北合一, は単なる, は厖大, は友人郡山幸男君, は同氏, は君たち, は国分君, は在来南画家, は売れます, は多少, は大いに, は大変広汎, は実は, は希覯書, は年少, は幹男, は当初, は当時工藝, は彼女, は戦争中, は政界裏, は文部省, は日本大百科辞典, は明治十七年一月十六日, は是非日本, は時流, は普通, は未完, は東京, は東京帝国大学図書館, は樺氏, は欲しい, は歴史書, は殆ど市場, は気, は水明館, は清朝, は漢文, は火山岩, は特に, は現代, は現在むやみ, は生, は異人, は目録そのもの, は禅, は私ども, は第, は精神活動論, は脱, は自分, は自分ひとり, は良き, は若い, は英国, は註者, は読まれたであろう, は読者, は貴女の, は邦文, は長崎, は長谷川天溪氏, は難解, は雪, へ載せなかつた, もごらん, もそっくり, もそれなり, もまた, も一, も一夜, も二十年間, も今日, も他, も何時ポケット, も売つ, も實際, も少し, も猿, も紙型, も親し, も駄目, やさん, よめこの, よりかまだ, よりも成人, より復活, より数十年, をいくら, をおくった, をお母さん, をこれ, をごく, をしまっ, をその, をつくる, をとあれこれ, をとくに, をひっくり返し, をひらく, をひろげる, をみ, をみる, をもう一度, をよく, をよみ, をよみはじめた, をよむ, をナイチンゲール, を一冊, を一節, を一通り, を上梓, を世, を世に, を並べ, を二頁, を京都, を人間, を作った, を作る, を借出し, を倫敦, を出した, を出そう, を出版後, を初めて, を剽竊, を加納諸平系, を勧める, を卓, を取出し, を古い, を売った, を売つた, を大切, を学校, を実は, を庭山さん, を心籠め, を愛する, を感激, を所持, を持っ, を指し, を振返る, を探し, を放り出し, を教わった, を暗号用, を最上, を最初, を棄てさせない, を知つて, を知り, を精読, を紹介, を終っ, を結ぶべきだ, を置いといたでしょう, を蔵, を街, を見, を見た, を見ます, を見る, を見出した, を訳させた, を訳した, を読まされた, を読まされなく, を読ませよう, を読まれる, を読みたい, を読みで, を読みましたら, を読み終る, を読み返した, を読むだろう, を読め, を諸君, を讀ん, を買う, を贈, を贈ります, を通して博士, を通して多く, を遙, を選ん, を開い, を隠岐本, を馬鹿, を魅力, 乗っ込み, 全体が, 全体の, 八丁堀三丁目を, 國人にすら, 壘に, 柄湖へ, 気にいるだろう, 焼失し, 自身の, 自身少し, 舞台に, 街道を, 讀の, 阿彌, 面白いと, 駄賃の

▼ この~ (770, 0.2%)

21 の光景 13 の様子 12 の空気 9 になっ, のこと 8 の有様 7 に及ん 6 のなりゆき 5 をお 4 ですぐ, にいる, に於, に臨ん, の始末

3 [18件] からすぐ, でお前, でこの, で今, で死ん, のあり, のようす, の事情, の模様, の雰囲気, はこれ, へお, へやって来た, へ来る, を出, を外し, を立去る, を退散

2 [41件] でお, でわたし, で命, で早速, で殺す, で見せ, で返事, にのぞん, にはお, に不, に当っ, に於ける, に自分, に至っ, の事件, の事態, の仕儀, の会話, の処置, の情景, の成行, の緊張, はお, へかけつけ, へ入っ, へ来, へ通りかかった, を, をうまく, を去った, を去らず, を去る, を引上げ, を立っ, を立退きます, を走り出しました, を逃げだしたい, を逃げなけれ, を逃げ出し, を遁, を離れ

1 [524件 抜粋] あ私, から動きたくない, から即刻, から去らせ, から去りたい, から帰れ, から引立てられる, から脱, から落し, から追い出し, から追い払う, から逃げ出し, から逃亡, から離縁, から駈けつけ, がうまく, がすん, が明るい, が最も, が省略, が立ち退かれよう, が色っぽく, こそ又, じや, だけでもよい, だけでも姉, だけの事情, だけの光景, だけの坐, だけは外さなけれ, だけは無事, だけを円め, であった, であなた, でいのち, でおいそれと, でおいら, でおっ, でお返し, でききたい, できっと, できゃつ, でくたばっちゃえ, でこんなに, でさう, ですて, でそれ, でそれ等, でそんな, でてめえ, でできた, でできぬ, ででもまた, でどう, でなおす, でなくては, でなん, ではそんな, ではっきり, では一つ, では一応, では問われ, では平常, では必ら, では湯呑, では満潮, では田山白雲, では省作, では行われません, では通りません, でふっつり, でも働い, でやろう, でパッ, で一通り, で七兵衛, で二人, で云, で五千両, で五百金, で今宵限り, で伊那丸, で何とか, で何事, で内外, で十分我々, で即死, で品物, で善く, で土, で執るべき, で婚礼, で寺社奉行, で師匠, で彼女, で御, で御覧, で息, で房一, で承ろう, で拙者, で据え, で改めて, で文句, で斬殺, で明, で書け, で望み, で機関車, で歌っ, で正直, で死にまする, で死んだ, で殺さず, で殺されよう, で活写, で消え, で済ましたい, で煙, で現金, で申, で相手, で相違, で私, で空, で突き刺し, で米友, で聞きてえ, で胴巻, で腕試し, で腹, で自分, で舌, で行われた, で言, で言い渡された, で討ち果し, で証明, で読む, で貴様, で賞め, で蹂躙, で逮捕, で酔いつぶれ, で雑誌, で首, で高時, とどめまで, に, にあつらえ, にあらわれた, にありあわした, にい, にいたたまらず, にいたっ, にいない, にい合せ, においてお, において其方, において外, において天上皇帝, において尋常, において暇, において最も, において殺し, において生命, において試合, において鎗玉, におよん, にこいつ, にこう, にそぐ, にてお, にて御, にて腹掻ッ切り, にて門下, にとっては大, になつて, にのこし, にはふさわしく, には和藤内, には滑稽, には無関係, には見えない, にみちびいた, にも意外, にゐる, に伺わせ, に似合つて, に來らん, に先ず, に処し, に出現, に切腹, に召喚, に女房たち, に妾, に寄せ, に居合す, に居合せません, に広, に応わし, に思い合わせ, に成, に我, に於い, に明日子, に最後, に来, に来合せ, に来合せた, に来懸り, に歸, に死ん, に現われた, に留まらない, に疾風暴雨, に立番, に立至る, に臨み, に至る, に莅ん, に行われた, に見守っ, に見張り, に許され, に詰め, に諸君たち, に身, に通じ, に適しい, に限り坂本竜馬, に隠され, に集まった, のあらん, のおさまり, のおのずから, のお前, のお客達, のがれ, のすさまじい, のただ, のてれ加減, のにわか, のはずみ, のむごたらしい, のやりきれなさ, のゆきがかり, のよけいもん, のヤリ, の下物, の不作法, の不利, の不可解, の不用意, の中心, の事, の事実, の人々, の人物, の人間ども, の会見, の伯爵, の体, の働き, の出来ごと, の出来事, の出来心, の前半, の危険, の参考, の収拾, の叙述, の唐突, の大伴, の大立者, の奇妙さ, の妙, の容子, の将軍, の屍体, の座興, の当然, の心事, の心持, の急, の急報, の怪奇, の悪く, の悲しい, の悲痛, の慄然, の成行き, の打切り, の推移, の敗北, の晒し者, の暴行, の最後, の校合, の樣子, の死人, の気まず, の気持, の水難, の決定, の治まり, の演技, の無惨, の爆発的, の生命, の留め女, の番狂わせ, の異変, の異様, の真相, の破局, の穏, の突発椿事, の第一線, の終り頃, の経緯, の自然, の親切, の証人, の話, の話し, の調子, の重い, の陰惨, の雰圍氣, の風向き, の風情, の風景, の風趣, の馬, の騒ぎ, の騒動, はあれ, はお許し, はかんにん, はこの, はじじい, はそう, はやんや, は一寸, は一歩, は先ず, は全く, は凡夫, は去らせぬ, は去らない, は去れない, は変った, は妙, は承知, は採用, は最後, は来, は気, は物音, は知らん, は知識, は私, は穏, は自分, は見のがし, は親分, は追い払おう, は離れられ, へ, へさしも, へたとへば, へのさばり着い, へのそり, へもと, へやってこられる, へ今われわれ, へ使い, へ侵入, へ出, へ出し, へ出抜けた, へ出来, へ到着, へ古物買い, へ吉報, へ天降り, へ姿, へ持っ, へ新, へ来かかった, へ来かかる, へ来合せ, へ来合せた, へ来合わせた, へ流れ渡っ, へ現われ, へ現われた, へ立会っ, へ踏みこん, へ連れ, へ飛びだした, へ飛び出し, へ飛び込んだ, へ飛ん, へ馳せつけ, へ駈けつけ, へ駈けつける, へ駈け込む, へ駈け込ん, へ齎され, ほど当て, より松枝町, をあっさり, をあと, をうごい, をおさめよう, をきりぬけ, をさまたげ, をすませ, をすませたい, をそのまま, をつうじ, をつくろった, をつなごう, をどう, をなすりつけ, をはずし, をはずせなくなっ, をはずそう, をはなれる, を一層, を事, を人, を作った, を切りぬけ, を切り抜け, を切り抜けた, を切り抜けたら, を切り抜ける, を切り開かなけれ, を助かる, を動かねえ, を動く, を去っ, を去らせよう, を去り, を去るべし, を収拾, を外した, を外れ, を天上, を引き取っ, を引けっ, を引払う, を御, を心平さん, を急ごう, を扱う, を支配, を氣, を流動, を浚っ, を濁そう, を生かし, を生け, を眺め, を立たせぬ, を立ちましょう, を立ち上がっ, を立ち出で, を立ち去ります, を立ち去る, を立ち去れる, を立去, を立去らしめた, を糊塗, を納める, を繕ろ, を脱, を荒した, を見, を覗いた, を語る, を走ろう, を退け, を退却, を逃げ, を逃げなく, を逃げ出す, を逃げ出そう, を逃れる, を逃れ得た, を離れたら, を離れる, を面白い, を頭巾, を飛び出せ, 慣れた二人

▼ この~ (764, 0.2%)

8 だから, に於 6 のこと 5 である, になっ, に於い 4 どうしたら, の彼, 思い切って 3 こんなこと, に当り, の自分, はそれ, 何よりの

2 [33件] あらぬ噂, お味方, お銀様, この場合, この男, そんなこと, ですから, とても特に例年, どんな無理, なん, なんとかなるまい, なんらの, にあたり, に出た, に於ける, に見す見す, の処置, の勘定, の参考, の御, は, はお, は一応, は父, は自分, もつと, を期し, 思いきって, 採るべき態度, 最も必要, 殺して, 第一, 考えて

1 [634件 抜粋] あえてやさしい, あえなき最期, あの方, あの通り山鳴り, あの食べ頃, あまり具体的, あらかた噴き出し, あらためてわたしたち, あらためて集団, あるか, いい相手, いうまじきこと, いかなる作用, いかなる態度, いかにし, いかにもよい, いかに負けぬ, いくら欲張った, いちどきに貰っちゃう, いっその, いよいよその, いろんな人, うっかり平和, うんと本気, おえらい, おり入って, お労り, お打合, お申込み, お蓮様, お袖, お見舞, から私, がんばって, きっぱりお断り, きめて, こういわれ, こうした定義, こうして入り, こうして平気, このか弱い, このこと, このところ, この人柄, この区別, この呪われた, この地域, この展覧会, この文献学, この文献学者, この方法, この暴君, この歓楽, この点, この通り, こんな些細, こんな写真, こんな風, さらに一段と眞劍, さらりと, しいて女, しかしは, じゃから勿論, じゃきびしい, じゃそこ, すくなからず, すこし廻り道, すこし老人, すっかり忘れ, すっかり歯, すること, ぜひひとつ, ぜひ結婚式, そういうこと, そういうわけ, そういう家屋, そういったよう, そう云う, そのよう, その商人, その文筆出版活動, その聞え, その鼻, そんな前後, そんな用, そんな盲動, そんな講釈, ただただ安土, だ, だいぶ役に立った, だから人民戦線, だけはそれ, だもの, だ止そうすべて, ちょっと立てなくなりました, ちょっと脇, つまらない顔, つまらんこと, であった, できるだけ, できるだけの, できる丈何彼, できる限り, です見て, でもあり, でもとつよく, でもむしろ時, でも御, でも愛娘, でも本当に, としては天祐的, としては特に, とにもかく, とはいう, とばかり旧, ともかくも, と雖, どうか助ける, どうし, どうしても与八, どうしても少し金, どうしても未, どうしても鉱業停止, どうする, どうなった, どうにか成らん, どうにも仕方, どうも財政家, どつ, なおさらに, なお悪い, なかなか黙する, なすべきこと, なまじいの, ならどんな, なるべくなら, なれば, に, にあっ, にうんと, においてそれ, においてただ, においてどう, において交通通信, において心事, において我々青年, において有益, において歌われた, における, における創作的過程, における情操, における犬, にかかる, にすでに, にただ注意, にたとえば, にちよ, になおあくまで, になすべき, にはまた, には個人的, には前, には土地, には斉信, には第, には要点, には電子, にもしきり, にもまた, にもクエリョ, にも叔父, にも大胆不敵, にも成都人, にも正しく, にわかにそうした, にイボタ, にハッキリ, に一つ, に二重, に他, に何, に入道, に全国, に処せしむ, に取るべき, に古, に喪, に喫茶部, に在っ, に大地, に大通り, に大金, に女, に将来, に底, に強い, に当っ, に役人, に微生物, に心残り, に救はず, に最もよく, に気, に注意, に潰れ, に現, に発見, に白雲, に考え, に聞かされ, に至っ, に遂げさせ, に道庵先生, に野, に長者, のごまかし, のせめて, のそんな, のため, のファッション・アラ・モード, の一案, の一般問題, の三人, の仕合せ, の何, の動静, の大事, の太郎義信, の夫人, の威厳, の庄太郎, の建築, の心がま, の思想的, の態度, の憂い, の懸念, の政治的言論, の文化, の文学主義, の方策, の時, の時間, の条件, の楯, の用意, の病床, の白骨入り, の真理観念, の祝宴, の科学主義, の米友, の義務, の記述, の謀叛気, の遣, の重大, の雨, の雷鳴, はかり知れないもの, はっきりお断り, はっきりし, はっきりした, はっきりと, はどういう, はどの, はもはや決して, は一先ず, は不幸, は世間, は事, は何, は作者, は充分, は出ない, は単なる, は原稿, は反対, は大きく, は実に, は寧ろ, は少し, は彼みずから呉境, は後で, は手薄, は断然, は是非, は浅野方, は源氏, は漢詩, は石, は磯野丹波守, は簡単, は腹, は警察, は赤毛布, は逆, は金椎, ばかり特に, ひとまずひっこめます, ひょっこりと, ぶっ潰す, べつにNON, ほんとにやるべき, ほんのメモ代わり, まあしかた, まことに結構, まずまず祝着, まだ何等案, まだ十分, まだ混乱, みっともねえ, むしろ進ん, もういちど, もう俺たち, もう昨日, もしも名目上, もし技術, もし清麻呂, もし車掌, もっとも常識的, もっとも衝撃, もっと健康, もはや決して銀行, もゆるさん, も一応, も一應, も瀬戸陶工, も自ら, やさしくいわれる, やっつけて, やはり玄徳, やるところ, や読書訳文, ゆるすとして, よいこと, よく見直し, よし原, よほど気, より強い, よろしく家督, わけて, わだかまりが, を師, を選んだ, ハッキリと, ハッキリ犯人, ハッキリ認識, 一応でも, 一応吟味整理, 一応彼, 一気に大軍, 一気に片づけ, 万一にも, 主として社会教育, 之は正当防衛, 伺って, 何とか受ける, 何とか平家, 何とはなし, 何と答, 何より先, 何より肝要, 何ら問題, 使おうとは, 例えばギリシア的世界観, 俄然重要, 全く自然的, 再び麻酔薬, 再度申す, 処すべき道, 出る余裕, 出来る水滴, 出来難かっ, 初めて六等, 別に新しい, 別段に, 又し, 取り残された落伍者, 同じよう, 同じ物, 同じ長屋続き, 困ったという, 多く解放, 多少便宜的, 多少自家広告, 多少自己, 大いにカルナヴァル, 大いに助かる, 大いに尊皇, 大いに歓迎, 大いに英国, 大いに譲らね, 大いに魏, 大した問題, 大した相違, 大して必要, 大整理, 如何よう, 定助郷, 実はインテリ, 実際甚だ参考, 少々御, 少々業腹, 少しおかしい, 少しでも, 少しも, 平常の, 幸い自分, 強い同情, 強ひ, 当然な, 当然蜀, 御先代以来, 御快諾, 御指南番流, 御注意, 忘れて, 思い出す, 思ひと, 思ひ直す必要, 怨めしく思われた, 恭しく奉書, 我が国民, 戦うべからず降参, 打ち毀されて, 抛ち去るべからざる一件, 拝みたくも, 持ち合わせて, 持つて, 探しだして, 断じて賊, 断然実行, 断然政権, 断然結婚, 新発見, 早くわかっ, 早速に, 早速提督, 更にもう一つ, 更に文部権, 更に神文, 最もよく分った, 最も喜ん, 最も容易, 最も恐るべき, 最も注意, 最も驚いた, 本当に共同, 来た時, 案外近々しい, 極めて有意義, 極めて重要, 正しいとしてを, 残って, 決して使われた, 決して彼等, 決して悪い, 決して都市, 深くこの, 潔く患者, 焦げ付くほど, 焼き捨てる, 焼け出された人, 特にオットセイ, 特に意味, 特に注意, 特に申しあげ, 特に科学, 特に道庵先生, 甚だしく不自然, 甚だ必要, 用いなければ, 益々困り, 相済みませぬ, 省かれる, 突然と, 突然首, 笑うの, 第二形態, 考えたくは, 考えてなど, 考えようによっては, 考えるべきじゃ, 良い加減, 若し竿雜巾, 茶化されて, 見るの, 見落すという, 言って, 言っても, 試みて, 買入れとうございます, 返して, 述べること, 逸早く山口, 遮二無二一夜, 避けよう, 頼んだ人, 黙って

▼ この~ (763, 0.2%)

8 に来た, の底, を去る 6 にいる 5 にい, に来, の人々, へやって来, へ来, へ来た 4 にある, にお, に於, の領主 3 にとどまっ, に居, に御, に於ける, に根, に留まる, の上, をお, を立とう, を選ん

2 [39件] にあ, にあっ, にとどまり, に住, に封ぜられた, に府, に来り, に来る, に来るべき, に留まるであろう, に逗留, に都, に隠棲, の下, の中, の人, の名, の娼婦, の寺院, の教会, の風情, はまた, へ参った, へ参りました, へ来る, へ着いた, へ着き, へ着く, もまた, を出発, を去った, を天, を引, を称し, を訪れるであろう, を退去, を通っ, を離れた, を領し

1 [579件 抜粋] かならず, から, からさらに, から出, から去らしめ, から姫路, から掃, から放逐, から立ち去った, かるいの, がもと, が何と, が入用, が出る, が大陸, が島, が御身, が特に, が英領, が近く, が間違い, が雲仙名所, こそ柴田勢, この空恋, だけは臣下, であつ, である, でいちばん主, でいま一回, でとった, でととのえおけ, でなくなられましたあなた, でのめのめ, での係累, ではあなた, ではそんな, では丘, では事, では心, では知人ら, では腰, では誰ひとり, でやりあげる, で一悶着, で七十年ぶり, で世, で亡ん, で仏法, で再び, で力, で参陣, で大工, で学問剣術, で崩ぜられた, で支那人, で新た, で暴民, で最初, で朝鮮人, で生まれます, で生れた, で聞け, で自分, で致し方, で見る, で言う, で越させ, で過す, で陶器, で隊長たち全体, で飛脚, で黒髪, とのみは限らぬ, に, にあった, にあり, にあれ, にいた, にいたら, にいない, にいる優れた, にうろうろ, においてなんとか, においてまことに, においても営養不足, においても認めた, において再会, において懐古, において我ら, において神, において花馬車競技, において非常, においで, におく, における存在, におられます, におりません, にかかっ, にかつて, にたえる, について宿屋, につけたる, にてなし, にてはできる, にては十分の議論, にて癆, にて興行, にて蠻賊, にと, にとどめ, にとまる, になんとなく, にのこす, にはおすまい, にはなおも, には争奪, には後世唱門師, には徳川譜代, には昔, には梅雨, には残れません, には義雄, にひとり, にひろげられた, にも同郷人, にやってきた, にわたくし, にをります, に一大巨人棲居, に一寺, に上陸作戦, に下し, に久遠, に二人, に人, に仰ぐ, に伝わった, に住みついた, に住みつかせ, に住ん, に住居, に何もの, に來, に働く, に入っ, に入らん, に再来, に出稼ぎ中, に到り, に到着後四カ月, に十五日, に博物館, に卜居, に即し, に取材, に古く, に在りし, に在住, に地所, に執着, に多い, に多く, に定めた, に定着, に宿り, に居る, に属類, に帰る, に引きとどめ, に引きとめられた, に張繍, に戻っ, に投弓, に新政, に最も, に本拠, に杖, に来なけれ, に来りし, に来るなら, に来るべし, に棉産, に棲みつけ, に棲ん, に植民地, に止どまり, に残され, に残り, に殺到, に永住, に活計, に流浪, に滅ぼし, に漂っ, に牽引, に狩, に王侯, に現れた, に生きながらえ, に生じたる, に生まれ, に産, に用, に用意, に留っ, に留まられるなら, に発見, に発達, に着い, に着きました, に着く, に石, に祀られ, に移した, に移る, に移住, に稀, に竜神和泉守, に縁故, に至る, に興さん, に舞い戻っ, に船がかり, に落合, に行啓, に見るあた, に認める, に貰っ, に越した, に足, に逃げ住んだ, に進入, に遊びし, に遊びぬ, に遊ぶ, に遊んだ, に遊跡, に達す, に釘, に長谷久兵衛, に閑山先生, に降った, に限らず, に限る, に陣屋, に隠れ, に隠栖, に集ま, に集まっ, に靈驗あらたか, に駐在, の, のあるじ, のいずれ, のいわゆる, のお寺, のかかる, のさだめ, のもの, のよう, のカール説, のキリシタン, のサルタン, の人買い, の伝説, の住居, の住民, の信者, の信者たち, の先輩, の公卿, の処女, の出来値, の北, の十一月, の博物館, の厳寒中, の名妓仇国, の名所, の名族ピナモンテ・デ・ボナーコルシ, の名物, の名産, の唱門中, の唱門師, の土, の塚, の大, の大僧正, の天狗伝説, の奉仕, の奥, の姉, の季節, の官民, の実況, の小, の小さな, の居民, の山窟, の市会, の常磐座, の役人, の揚屋, の支店長, の新田一族, の日本人, の日本人間, の木地師, の村, の果て, の歓楽場, の治安, の活動写真館, の漁猟, の特種, の猴, の理想, の癩病患者, の磧洲, の祇園祭, の神楽歌, の答波樹林, の米, の精華, の経営, の習, の者共, の自然, の若い, の草野, の葱, の藩, の豪家, の豪農也, の起伏, の郡役所, の長, の長官, の雪, の領主大多喜, の領主河井右近太夫, の風俗, の首領, の驚くべき, の鵜舟, は, はお茶, はかつて, はちょうど, はとにかく, はどういう, ははなれ, はアフリカ, はブエノスアイレス市, はポルトガル船, はマン僧正, は乱世乱麻, は到底, は北緯五十八度, は吉, は大陸, は天下反覆, は安全, は幡随院長兵衛, は引, は当, は急速, は恐らく, は我々, は授けられ, は暖かい, は曾遊, は有名, は東北, は浅草寺支院, は海抜高一・六〇〇米位, は真珠, は鍋島家, は陰陽師, ばかりは亡ぼされなくし, ぶくろ, へかかり, へくだっ, へさまよっ, へぜひ, へつれ, への旅行者, へはじめて, へは帰らない, へまいりましたなれ, へも止, へやって来た, へやつ, へ下っ, へ入り込ん, へ入城早々, へ到着, へ参られました, へ参拝, へ国, へ土着, へ埋め, へ居, へ帰っ, へ帰り, へ帰り着い, へ引っ越す, へ旅行, へ来年, へ母, へ派遣, へ渡っ, へ無事, へ現われ, へ着任, へ移住, へ立寄り, へ落し, へ落ち, へ落着, へ行く, へ送らせた, へ送られ, へ這入っ, へ遁, へ運ん, へ遣わした, へ避難, へ集めた, までき, までたどり着い, までは来ない, まで七十里余, まで御, まで聞え, も到底, も捨てず, より立ち戻るべき, をえらんだ, をさして, をできるだけ, をのがれ, をはなれたい, をアジア大陸, を中心, を人格化, を再び, を出立, を初回, を動くなら, を南洋, を去, を去っ, を去るべき, を去れ, を受けた, を奧, を守り, を守る, を崇め, を平定, を引払っ, を得られた, を愛し, を択んだ, を拠点, を描いた, を撤退, を支配, を本陣, を棄て, を極東, を相し得, を立ち去れ, を立っ, を立った, を立つ, を立去った, を管領, を經過, を薄, を見い出し, を見物, を訪う, を訪ねた, を警備, を距, を踏まぬ, を踏査, を逃げ延びる, を通す, を過ぎ, を過る, を重視, を銃猟禁制地, を除き, を離れたく, を駿府, 更に鯛, 近來

▼ この~ (735, 0.2%)

10 にいる, の土人 7 に住ん, へ来 6 に来た, のどこ 5 の主 4 に来

3 [17件] にある, に上陸, に漂着, に生存, のうち, の上, の中, の人間, の名, の景色, の最後, の生活, の風景, へ上陸, へ流された, へ渡っ, を発見

2 [37件] から出, から千軒, から外, でもまた, で長い, にて死す, には珍しい, にやってきた, に一人, に住む, に渡っ, に着いた, に置い, に若い, のこと, のまわり, の住人, の南, の名産, の大, の女, の松林, の海岸, の火山, の運命, はまたの名, は何, は無人島, は身一つ, へき, へ来られた, へ流れついた, へ着いた, をで, をめがけ, を脱, を通り

1 [555件 抜粋] からお, からおろされる, からだされる, からだし, からつれ出し, からにげだす, からの友人, からわれわれ, からケタ, から一歩, から九マイル, から元, から右方, から多量, から時々, から更に, から海魔, から發掘, から脱, から脱出, から西方, から逃がし, から逃げ出したい, がアメリカ大陸, がニュージーランド, がブリキ缶島, が与えられたる, が世に最も, が予想, が人, が恐竜島, が満, が生む, が監視, が空中, が船, が見つかった, が豊か, が開け, さえがよくも, じゃ逃げ, その物, だ, だけである, であったの, でいう, でいったい, でおこなわれた, でおどろいた, でこんな, でそれ, でたった, での都, での食餌, ではじめて, ではなかったろう, ではまず, ではまだ, ではやがて, ではよい, では万葉, では光, では十三年, では天人, では打ちよせる, では日本一, では正しい, では流木, では浦島太郎, では珍重, では見かけぬ, でまず, でもアジサシ, でもタンポポ, でも人造人間, でも指おり, でも盆踊, でりっぱ, で一生, で一生涯, で八人, で宗家, で彼, で死なせよう, で死ななく, で死にたい, で比類, で生活, で私, で行われる, で越年, で送る, で逃げ出す, で開催, で難波, で飼い得る, との交通, と彼, ならん, に, にあっ, にあった, にい, にいた, にいなくなる, にいられる, にお, においてどれ, におき去り, における印象, における日本民族, における膃肭獣, にお出で, にかかる, にかくまっ, にがんばっ, にこういう, にこそあり, にこそは私, にこの, にこもっ, にこられ, にさ, にすん, にその, にたいする嫌悪, にだれ, について知っ, について誤った, につく, にて猫, にとっては大切, になる, になんの用, にのこぎり, には, にはおれたち, にはこれら天然, にはじ, にはすでに, にはそう, にはめずらしい, にはや, にはナルコテルコ, には一人, には三時間, には五頭, には人, には他, には何, には十何年, には地下, には大, には大きな, には天産物, には宝石, には小さな, には支庁, には本物, には桜, には激しい, には生活, には神山, には赤ん坊, には近世, には雨雲, には青い, には食物, には鬼, には黄金, にばかり集っ, にほか, にもいろいろ名, にもない, にも聞く, にも雨, にゃダービー, にやって来た, によつて, にゐ, にアシカ, にアーサア, に一箇, に三年, に二ヶ年滞在, に人, に人間, に住み, に何, に何年, に勃発, に取りのこされ, に同居, に名, に命, に多い, に宿, に寄せつけなかった, に寄っ, に居なけれ, に居着かなけれ, に居着く, に帰っ, に憧れ, に数多く, に於ける, に望み, に本物, に来り, に根城, に椿事, に止まっ, に死し, に残される, に残っ, に残り得る, に流され, に流されず, に渡来, に滞在, に漂流, に猟, に生れ, に産, に用, に田, に畑, に留まります, に監禁, に監視員, に私ひとり, に移り住ん, に立ち寄っ, に置く, に自分たち, に船, に船がかり, に落ちぶれ, に薩摩芋, に行け, に誰, に送り, に連れ, に遊び, に閉じ, に閉じこめられ, に関して研究, に関する多く, に闇, に闖入, に限った, に隠れる, に集る, に骨, のいろ, のおき, のこれから, のなか, のなまけ者ども, のひ弱い, のもの, のよう, のカッカ, のサマフォ港, のラヂャ, の中央, の主権者, の事, の事件, の人達, の人間ども, の付近, の伝説, の住民, の住民達, の信者, の児童, の入江, の内部, の分水嶺, の創造主, の北, の北端近く, の北部, の南部地方, の名物, の周辺, の土, の土人たち, の土地, の地, の地主, の地理学的研究, の女たち, の定, の小さな, の岸, の嵐, の常食, の年老いた, の強い, の彫刻, の忌わしい, の怪塔ロケット, の恋泊, の數日, の旅人, の有難く, の東方, の東端, の森, の植民者, の樹木たる, の歴史, の氷, の法, の流人, の海女, の清らか, の渚, の港, の牛ども, の牡蠣酢, の特質上, の状態, の猴声, の王, の王さま, の珍しい, の産, の産物, の白水郎, の神官職, の神様赤水明神, の秘密, の精神病院, の経済, の経済的疲弊, の美しい, の肌, の船, の裏海岸, の西海岸, の記事, の記録, の語彙, の財政, の郷社八幡宮, の陰, の雨量, の風土, の黄金, の鼠, の鼠送り, はあるいは, はいい, はこ, はじつは, はそれほど, はな, ははじめ本邸, はむかし蝦夷, はもと, はわかい, はわりあい, はアフリカ, はガードナー島, はコロンブス, はテルセイラ島, はマルセーユ, は人造島, は今, は全く, は北緯二十五度, は南緯五十一, は周囲, は周囲三十里余, は国, は大洋中, は天国, は天子さま, は天草, は年中, は忽ち, は怪塔ロケット, は怪塔王, は恐竜島, は日本, は東西, は東西十里, は極度, は次第に, は流れる, は漁業, は無論, は無風, は男, は相当, は突然, は竹生島, は軍艦, は酋長, は金, は静か, は非常, は黒潮, ばかりか大海, へあがりなさる, へおいで, へちかよらせ, へつれ, へとん, へはいった, へはひとり, へは近, へもドイツ側, へやっ, へやってくる, へやって来た, へやつ, へ上っ, へ印度, へ呼ん, へ寄せられた, へ引き上げられる, へ御, へ忍び渡っ, へ持っ, へ昨日上陸, へ来た, へ来たです, へ来ます, へ水, へ永住, へ流され, へ流れ, へ流れ着い, へ渡った, へ渡る, へ漂いつい, へ漂泊, へ稼ぎ, へ迷い込んだ, へ送りつけ, へ逃避, へ飛来, までやってきた, まで帰っ, まで追撃, もその, も身一つ, よりのぞく, よりももつ, より斫, より氣多, を, をあと, をつくづく, をでたら, をとめる, をぱっと, をみのがす, を一瞥, を中宿, を仮, を仮り, を元, を出, を出る, を去らぬ, を去られた, を去る, を取らん, を古宇利, を夜半, を大洋中, を引きあげる, を彼等, を思い画いた, を持っ, を新, を東海道, を根拠地, を歌わない, を沖縄, を琉球, を目指した, を立去っ, を立退かなけれ, を見, を見た, を見つけたら, を見捨て, を訪うた, を調査, を逃げ, を離れたがった, を領する, 住むに, 巡り大

▼ このやう~ (731, 0.2%)

42 にし 14 なもの 13 なこと 10 な事 6 な, な考へ方, に彼 5 なところ, な思想, な言葉 4 なお, な女, な心, な感情, な時, な生活, に考へ 3 な不思議, な事情, な交渉, な人間學, な大, な意識, な態度, な深い, な物語, に

2 [48件] だと, なとき, なの, な仕事, な伝説, な作風, な偶然, な名, な場合, な夢, な天候, な意味, な手, な文章, な日常普通, な時代, な無理, な眼, な私, な立場, な美しい, な義務, な自由, な詩, な話, な軽率, な關係, な静けさ, な靴, な頭, な馬鹿らしい, な魔物, な點, にあどけない, にありたい, にある, にまるで, にマオ, に兎, に年, に彼等, に所謂, に流れ, に激烈, に私, に罪, に鬼, の數

1 [465件] だ, であるならば, では, ないはば, なお方, なお歌, なかたち, なくだらない, なごたごた, なごまかし, なしぐさ, なつぶ, なつまらぬ私生活, なつむじ曲り, なとりとめも, ななされ方ゆゑ, なひと, なひどい, なやくざ, なゆとり, なる君, なる日, なる野趣, なを, なイデオロギー, なテーマ, なデモン, なビルドゥング, なフラフラ, なプラグマティズム, なユトリ, な一般, な一途, な不可測性, な不和, な不幸, な世の中, な世界, な予告, な事件, な二人, な些細, な享楽, な人為, な人物, な人生, な人間, な今日, な仕草, な会合, な何, な佗びしいおしやれは, な例, な傷, な像, な元気, な元素, な先生方, な公開状, な内在的, な冷, な冷めたい批判, な凡て, な力, な加, な勝利, な南北両極端, な単純, な単調, な印象, な厚い, な原, な原理的, な厳, な友人, な古びたペンキ塗り, な品, な唯, な問答, な嘘, な噂, な器用, な因縁, な困苦, な圓, な地蔵, な基礎, な場合プラグマチズム的方法, な境遇, な夕暮, な夜, な大きな, な大事, な大向, な大家, な天災地妖, な奇々怪々, な奥山, な奥歯, な好み, な好意, な好漢ロボツト, な妖しい, な姿, な姿態, な存在, な存在論的關係, な学問的意識, な安価, な安穏, な客, な寛容, な實存, な尊嚴盛大, な小さな, な小篇, な小説, な少女達, な就職, な山脈, な差別, な席, な平穏, な幼, な形而上學的問題, な彼, な御, な快, な怖, な思想的影響, な恐ろしい, な悟性, な悦ばし, な悩ましい, な悪口, な悲しい, な悲しむべき事態, な情景, な惡戯, な惨, な意見, な感慨, な慌しい, な憶, な我儘, な戦乱, な戦闘部隊, な所, な手紙, な持續, な排, な掛値, な攻撃, な效果, な教師, な文化, な文学少女, な文學, な日, な時間, な景気, な景色, な暗闇, な東洋的, な根, な條件, な様子, な歌, な歌二ツ出來, な正確さ, な残存, な母, な気持, な気持ち, な気風, な汚れた世, な流出的體系, な消極的, な淡泊, な混濁, な温度指示票, な測り知れぬ人, な激しい, な無残, な無邪気, な煩瑣, な特質, な状態, な狂暴, な狭, な狼藉, な獣, な現, な環境, な甘い, な生, な生れ, な生活者, な異, な百姓, な目覚しい, な目覺, な相, な眞, な真似, な眼つき, な眼光, な破格, な社交的, な科學的常識, な穩, な空想的, な笑, な約束, な組み立て, な結合, な結果, な經驗, な考, な者, な自分, な自己嫌悪, な自己活動的, な自我, な自然概念, な自然的, な自然科學, な苦しみ, な華やか, な華楊, な處, な行き届いた人, な行爲, な街頭, な見方, な見本, な言語, な記録, な詩味慈味, な詩集, な認識, な誘惑, な説明, な調子, な諸, な超越的眞理, な身持, な遊郭, な過去, な道化, な遠方, な長篇, な雑沓, な難題, な雰囲気, な青年, な静か, な非情, な題, な高官, な高昇, な高潔, な默想, にあつ, にあなた, にあはれ, にあらゆる, にあれわいさ, にいろいろ, にうた, にお, におぞましく, におのれ, におれ, にかならず, にこれ, にさびしく, にしか生きられぬ, にしつかり, にしばしば, にする, にな, になつ, にはなれ, には笑, にまかり出ました, にまち, にみすぼらしく, にむごたらしく, にも書い, にやつれ, にゲーテ, にドニェープル, にヒステリ, にプラトン, に一つ, に一国一城, に一夜, に一尊, に三つ, に不思議, に争議, に京都, に人生, に人間, に住所, に何, に作家, に修正, に健康, に傷心, に僅, に働き, に先生方, に判斷, に判明, に動詞, に印刷, に友人たち, に取, に古典的, に同じ, に名前, に呼ぶ, に和風, に器用, に因果的, に地味, に夕, に大きな, に大事さうに私, に大挙, に奇妙, に好い, に妙, に媒介, に存在, に実感, に宮廷, に専ら, に将軍家, に對立的, に小さく, に屋根さ, に展望, に山容, に幸福論, に形態, に御, に心, に必ず, に怖, に思惟, に悲し, に悲しい, に悲しかろ, に悲嘆, に悲愴げ, に悶々, に愚か, に感動, に慌しく, に我々, に抑制, に描き, に改善, に教, に文化, に新鮮, に斷, に日本芸術独自, に明るい, に明瞭, に晦澁, に普, に晴れ渡る, に書かう, に有効, に模寫説, に機嫌, に次ぎ, に残酷, に民族, に水, に泣い, に泣く, に津軽, に浅間, に漱石, に無, に無私, に無表情, に無邪気, に無限, に焼く, に物, に特に, に珍, に甘美, に田, に申します, に申し上げる, に發展, に發見的, に的確, に盛ん, に目下世間的, に眞理, に眼, に知覺, に私共, に秘密, に空, に立派, に第, に純, に紙, に經驗的對象界, に美しい, に考へる, に背中, に自分, に自由, に花, に苦心惨憺, に苦心慘憺, に落ち着い, に蟹田町, に行動的, に見られね, に見る, に見知らぬ, に見苦しい, に視凝, に親しめる, に親切, に親子二代, に親子夫婦, に解釈, に言, に詳細, に認識, に語つて, に論理學, に諦らめ, に豊か, に赤い, に身, に軽く, に逼迫, に酷い, に重要, に重要視, に院外, に雨, に静か, に靜, に面白い, に顏, に風, に風船, に飾つた花, に高潔清澄, に鴈治郎, の数々

▼ この~ (721, 0.2%)

21 の眼目 13 は, を読む 12 はそういう 11 の場合, を読ん 9 の如き, の特色, はその 7 の主眼 6 を作った 5 の意味, の生命, の趣, を解する 4 には, の, の中, はそれ, はやはり, もその, を見る, を評し 3 に比べる, の作者, の方, の詩情, の面白味, はそこ, は決して, は秋, を誦する

2 [48件] がある, が生れた, では, と趣, にあっ, には前, に似, に就, に或, のこの, の中心, の働き, の味, の妙味, の季題, の山, の文学趣味, の欠点, の背景, の興味, の表現, の表面, の説明, の通り, はこの, はただ, はできた, はどう, は五月雨, は冬, は後, は我々, は或, は明, は誇張, は誰, は風, も, もやはり, を, をなす, を作曲, を使, を味, を得た, を生んだ, を見, を誦し

1 [425件] あり, ある所以, かの語, からも十分, からも窺う, から受ける, から察する, から急, から想像, から感ずる, から直に, から窺い得る, から脱化, から銀, から鍵, が, がいい, がもし, がやや, が一番, が一見, が上, が俚耳, が凡人, が力, が多く, が平凡, が幾度, が思ひ出される, が悪く, が描い, が来た, が殆ど, が目, が自然, が若かっ, が蚊取線香, こそつね日ごろ, こそ去来, さえ見れ, だけ, だけで, だけで解った, だけをとり出し, だけを解釈, で, であった, であります, である, では季題, では梅, では鍵, でも前, で不明瞭, で現, で結ん, といい, とおも, としては余意, と原句, と歌, と殆ど, と相, と違う, なぞ知十君, などが俑, などは比較的, などは注目, などもちょっと, なども女貞, なども早速, に, にあらわれた, において作者, において多少, において特筆, において蕪村, において見るべき, におけるほととぎす, における主人公, における季題, における春, における蜩, にし, にした, にそう, についてだいぶいろいろ, についてもっと, について余, について吟味, について坂下也奈貴君, について思い出す, にて腹, にはそれ, にはそんな, には二個, には其角, には到っ, には前書, には去来, には妖気, には彼独特, には或, には此頃, には織り込まれ, には長い, にまさっ, にも, にも氷峰, によってはじめて, によってよく, によって一, によって限り, によつて, に三つ, に主題, に何, に使った, に出合いまし, に収められ, に味, に季, に対して特別, に対する味覚, に対する興味, に必要, に愕然, に我が, に我一風, に極めて, に比すれ, に深遠, に現れ, に現われ, に続い, に至る, に認め, に近い, に逢著, に遜る, に重き, に限った, のうち, のこと, のご, のごとき, のみだ, のみならず, のもと, のやや, のよう, のイメージ, の下, の下駄, の不思議, の中七字, の主人公, の作者木節, の価値, の働, の写生, の出来た, の初午, の前, の力, の咏嘆, の場所, の外, の天下, の奥底, の如く, の季, の巧, の強味, の影, の心持ち, の性質, の情味, の情感, の情操, の感じ, の手柄, の手際, の扱っ, の持つ, の捨げ, の早, の歴史的関係, の津々たる, の源, の無造作, の生れた, の用い, の目的, の真価, の真意, の秀, の絵画的, の絶対的価値, の線香, の美し, の自然, の舞台, の虹, の表, の裏, の裏面, の見つけ, の詩境, の語る, の調, の調子, の貝, の連想, の雉子, の題, の題目, はおおかた, はかつて, はそう, はちょっと, はつまり, はどうしても, はどんより, はなんと, ははじめて, はほとんど, はまごう, はまた, はやや, はよく, は万葉, は上十二字, は世, は中, は乙二調, は事実どちら, は五七五, は人, は人里, は何より, は作者, は佳き, は僕, は元禄, は凡聖, は凡聖一如, は別, は前, は勿論, は単に, は卯の花, は厳か, は又, は右, は君, は垣根, は変った, は夏, は夕方, は大名, は妙, は実, は実際, は岸の上, は峯, は川狩, は己, は巻十, は後者, は必ずしも, は必ずしもそう, は忘れ, は慥, は摂待, は文字通り痛切, は旅宿, は旧, は明方, は明治三十二年, は春, は春挙氏, は時節形色, は時雨, は月並調, は朝草, は板庇, は柳田氏, は植物, は決してそう, は洒堂, は湯, は火燵, は燭, は父性愛, は独り人物, は現在, は現在手, は現在雨, は町家, は白日, は真昼間, は私, は純, は絵踏, は美麗, は群来, は自己流, は自然, は芭蕉, は草相撲, は蓼太調, は蕪村, は蕪村俳句, は虫干, は蚊帳, は蛇笏, は西鶴, は見えず, は読んだ, は諧謔, は退場, は陸軍将校某, は隠れた, は雄, は雨催, は雪, は青簾, は非常, は飽くまでも, は馬上, は魚荷, は鵜匠, への続き, ほど下手, ほど高遠雄大, まで譬喩, もまた, ももう, もスイフロ, も七種, も其角, も前, も客人, も或, も抹殺, も期せずし, も歌, も無論, よりは大分複雑, より平面的, より引緊, をこじつけ, をこの, をし, をしきりに, をすぐれた, をそのまま, をつくった, をつまらぬ, をとらず, をはじめすべて, をボンベイ, を一, を三, を人間創造, を以て俳句中, を以て俳句変遷, を以て日本人, を以て自家, を以て自家集中, を優しい, を入れる, を再, を冒頭, を割っ, を創, を口, を口ずさむ, を含む, を咏, を喜代志さん, を天下, を好み, を好みし, を学ん, を工匠, を得る, を思い出し, を思い浮べない, を思ひ出し, を惟然, を愛せざりし, を指した, を挙げ, を敬遠, を斯, を旧, を書い, を有名, を棄てたくない, を渡され, を獲た, を生れ, を用いた, を知らな, を示しまし, を稲日野, を立派, を維新前, を置き, を聞かされた, を舌頭, を見たら, を見れ, を見直す, を詠んだ, を認める, を誦した, を誦むたび, を説く, を読んだ, を読んだら, を農夫, を額

▼ この~ (719, 0.2%)

63 になっ 50 になる 16 になつて 14 の暮, の秋 12 の夏 10 の春 8 の九月, の末, をし 6 をとった 5 である, になります, の七月, の五月, の四月, 若な 4 して, に東京, の二月, の八月, の冬, の十一月, の十月, の正月 3 で, でこの, になつ, のこと, の一月, の三月, の頃, もまた

2 [25件] から大正十五年, から翌, じゃで, とったお祖父さん, とったねこ, に, に入っ, の事, の六月, の初め, の十二月, の四旬節, の始め, の日記, は, はこの, は日本, は正月早々, は閏年, は非常, まで今日, まで生き, まで自分, を, 始めて

1 [374件] あたかも楽翁公, および翌, からお家, からである, からほんとう, から三十余年後, から三年前寛永十五年, から二二年, から五, から俳句, から初, から大阪府下中学, から新富座, から日記, から翌年, から足かけ四年, から都, から面目, がくれ, ぐらいのひとたち, こそゆっくり, この星, この月, しきりに死, じゃ, じゃあどう, じゃまだ, だけの出生超過, だったと, ちょうど三十歳, ちょうど徴兵検査, ってほどの年, つ喰, であった, であったし, でありませんと, であれば, でこれから, でした, ですよ, ではこの, ではとても, ではまだ, でもう, でもなほ, でも極り, で今, で以, で出世, で夜, で女房, で始めた, で日本, で水気, で藝者さん, で親分, というやつ, とったかし, とったがん, とったり, とった大きな, とった客, とった木, とった母, とった男, とった私一人, とつた婦人, とつた曾祖母さん, となる, なれば, にいたる, にどういう, になつてさ, になつて春愁, になりよる, にはいっ, にはすでに, にはキリスト教信者, にはダ・ガマ, には七月, には久保田万太郎, には今, には仙台, には四百五十万人, には弘前, には異教徒, には閏, にめでたく, にも, にイギリス, にサンカルロ・オペラ・カムパニー, にマクスウェル, に三女登梅子, に世界, に五百, に亡くなつた, に交付, に信長, に僧正, に凧, に同郷文芸会, に帰郷, に弘前, に彼, に成っ, に手廻, に提出, に於, に於い, に早く, に書いた, に書かれた, に来日, に森枳園, に父, に生まれ, に生まれた, に相, に築地座, に至っ, に藤堂, に行われた, に躋寿館, に電磁気感応, のお, のお父さん, のけじめ, のはじめ国民総動員, のよう, のポルトガル船, の一月場所, の一月末, の一月目白三, の一月終り, の七月六日, の三四月, の三四月頃, の三月三日, の三月小田原, の下半期, の中頃, の九月一日, の九月三十日, の九月十日, の二年, の二月十三日, の二月解消, の五月一日, の五月七日, の五月末, の五月若葉, の人物, の作, の全, の八月十七日, の六月中旬, の六月二十日, の六月二日, の六月十三日, の六月十五日, の六月頃, の出来事, の出生, の分, の初夏, の初雪, の初頭, の制定, の十月初め, の十月太政官, の半ば頃, の各国平均比率三〇・九%, の国外列強, の地震, の夏チブス, の夏休み, の夏安居, の夏彼等, の大, の幸い, の思想界, の抽斎, の日本, の早春, の春一つ, の春以来漸次減少, の春場所, の春竹川町, の晩春, の暑中休み, の暮近く, の暮頃, の梅雨, の極東, の正月記事, の歳末, の注目, の活動, の発表論文五篇, の秋ごろ, の秋猿若町市村座, の第, の結婚, の翌々年, の聯合教育会, の花どき, の若い, の虎列拉, の講演会, の越年, の間, の飢饉襲来, の騒ぎ, はいくつ, はこれ, はじめて妻縫, はじめて父, はその, はそれだけ, はどっさり, はまだ, はわが, はわれわれ沖縄人, はドイツ, はドストイェフスキー, はヒューマニズム, はプロレタリア芸術家, は三月三日, は丙午, は二月二十八日, は人, は佐佐木信綱博士, は例年, は信州, は八月, は初めて, は初春早々, は十二月六日改元, は囘暦, は国内, は天正四年, は婦人作家, は宮崎県, は広津柳浪, は戦争, は抽斎歿後, は文化, は文学評論集, は春早々, は暮れるであろう, は未曾有, は梅雨, は概して, は正月, は歴史, は残暑, は気候, は洪水, は特別, は現, は目貫きの街, は真澄, は私, は秋田餅, は終る, は肋膜炎, は蕨根, は鮎, ばかりは海水浴, ほど勉強, またまた兄, また二, また藤村義苗さん, また詩稿, まであるい, までいかに, までいろいろ, までいわば, までおれ, までたくさん, までつい, までともあれ, までには随分, までにほぼ, までにアメリカ, までに難行道禅, までの処女, までの十二歳十二春, までの處女, までは横断太平洋汽船航路, までほんとに, までま, までまだ, までもまだ, までアヽ齢, までラブ・アフェヤー, まで世に, まで久しく, まで二年, まで体, まで何度, まで僕, まで六, まで十日以上, まで同じ, まで四五六七八, まで坐りつ, まで夢, まで度々, まで恥, まで数々, まで断髪洋装, まで気がつきませんでした, まで河岸, まで無事, まで燻, まで独身, まで生きた, まで目明し, まで知らず, まで石巻, まで私, まで経験, まで続け, まで置い, まで育てられた, まで茶, まで薬, まで藥, まで覚えない, まで観る, まで鍛えた, も亦, も春, も晩, も暮れた, も未決, も毎年, も終え, も過ぎ, よりから父親, よりのいったん, よりのお守り, よりもなお, より諸方, をした, をとつ, をもっ, を以て逝く, を取っ, を取った, を含む, を待たず, を機会, を称し, を越す, を送る, 初めて彼女, 単に研究組織, 即ち大正十二年, 古りた石燈籠, 同藩, 大追放, 故にこの, 特に唐, 生れたばかり, 突然噴火, 第一次世界大戦, 第三期, 第二回総会, 若いお, 若い男爵夫人, 若き田宮, 若さ

▼ この~ (704, 0.2%)

9 を歩い, を通った 8 を通っ, を通る 76 の上, を行け, を行った 4 だ, をまっすぐ, を歩いた, を行く

3 [12件] ですよ, に, のほか, はどこ, ばかりは別, を, をこう, をも私, をゆく, を何度, を歩く, を通り

2 [49件] が天国, しかない, だけが天国, だと, で苦労, にはいっ, に入っ, に入った, に於, に日, のお, のない, のはて, の先, の外, の大, の手, の方, の朽葉下凍み, の苦労人, の進歩発達, の達人, ははじめて, はまた, は一度, は堤, は暗, は決して, は無限, は若い, ばかりは全く, ばかりは御存じ, へ来た, や朝, や行く, よりほか, をとっ, をどこ, をバス, を伝わっ, を参っ, を取っ, を取る, を引き, を真直ぐ, を自分, を行ったら, を踏ん, を通ろう

1 [495件] あよした, から, からこう, からは行けません, から先廻り, から入った, から参る, から横, から逃げだし, があり, がこれ, がど, がまたなかなか, が一番好き, が先日, が出来, が唯一, が好き, が実際, が広い, が愉し, が断崖, が昔, が癪, が眞, が経済的生活, が許され, が通えない, が開けません, こそは協力一つ, こそ唯一, こそ拙者, さ, さえ真直, じゃア, だけしか残され, だけで山, だけは相手, だこの, だった, つくりびとすがすがし蕗, でおっかね, です, ですわ, でだれ, でどれほど, での豪, ではございません, ではない, ではよほど, では日本一, では自分たち, では苦労, でも相当, で出あう, で叩き上げた, で好い, で日ごろ, で白い, で苦勞, で身, で飯, と, というよう, とおり, とを見, と毎日, と逃げ, と離れ, なの, ならお前, ならぬ恋, ならば, なら何処, なら大丈夫, なら有馬, なり, にうしろ, にうろうろ, において和尚, にかけたら, にかけての陛下, にかけてはたいして, にかけてはなかなか, にかけてはまる, にかけては一騎当千, にかけては全く, にかけては日本一, にかけても六韜, にかけて浮身, にかけて熟練, にくるい, にくわしい, にさえついて行け, にすこし, にた, にたずさわる, について何, につき到り尽し, にて名高き, にはいる, にはまったく, には僕, には全く, には執, には日頃, には死, には経験, には脆い, には迷います, には長けた, には陸, にめずらしい, にもいろ, にも特別, にも近ごろ, によってのみ保持, によつて余, による外, に一番大切, に便れ, に倒れる, に入りまし, に去り来る, に古人, に向かっ, に堪能, に好悪, に就き, に属する, に山賊, に役立つた, に従って御, に從, に徹底, に志す, に才能, に掛け, に於い, に殉ずる, に率い, に相違, に立ち, に腕, に至つて, に興味, に苦しんだ, に記録, に踏み込んだ, に躓い, に身, に進ませ, に進め, に過り, に鋭敏, に静, に靜, に面し, の, のおも, のお歴々, のここ, のさびれ, のつきる, のどこ, のほう, のほとり, のまつ, のみは聖賢, のズブ, の下, の人情, の余儀ない, の信者, の修業, の六つ, の分れ, の南方一帯, の味, の場, の大家, の妙訣, の妙諦, の学者, の宗匠, の後学, の最後, の本山, の東側, の権威, の泰斗名家, の熟達者, の片側, の状況, の現実, の相当強, の真, の砂, の研究家, の研究者, の神たち幣, の経験, の老舗, の者, の自覚, の茶, の蘊奥, の行儀作法, の行先, の規範, の豪, の通人, の達者世, の開通, の闇, の隆盛期, の面白い, はあたりまえ, はあの, はいつか, はおのれ, はこの, はこれから, はさして, はただ, はたびたび, はたぶん, はだめ, はとつぶやい, はどういう, はどの, ははじめ, はまつ, はやがて, はよい, はよろし, はわが, は一度通, は人, は今, は今ごろ, は今さら額, は今やいよいよ, は伊賀越, は何処, は佳き, は先夜, は八年前, は内務省, は初めて, は加賀, は又, は吹雪い, は困難, は壺坂寺, は夜, は大変大廻り, は始め, は安易, は寿永, は少し, は山峡, は平群, は広, は彼, は文豪芥川龍之介, は新, は日田, は早く, は昔, は昨日, は暗い, は暗く, は最近改修, は東, は東京, は横好き, は此処, は毎日, は泥, は海, は熊, は狭く, は現在, は理念, は理性, は百五十年前, は私, は窪んだ, は第, は絹笠山, は荒れ果て, は落葉, は行留りぢやあ, は貴公ら, は逆, は通れませぬ, は通行禁止, は過, は道, は遠く, は険しい, は随分, は非常, は高倉, ばかりはどうも, ばかりはまるで, ばかりは何と, ばかりは何十年, ばかりは分らない, ばかりは古い, ばかりは昔, ばかりは親分, ばかりは評判, ばかりは錢形, へお, へかかった, へかけ, への諸君, へはいったん, へ出, へ出られれ, へ宮様, へ寄せ, へ志した, へ行った, へ踏みこんだ, へ踏み込んだら, ほど興味, まで飛び下り, もいちど, もない, も問題, も地図, も容易, も悪く, も昔, も閉鎖, や心, や焼場, ゆかば, よただ, よりす, より左右, より遠ざかり, より高野, よ椎, よ踏む, をあるかね, をいく, をいそい, をいっ, をいつも, をえらん, をおりおり, をお前, をかよった, をこの, をご, をすうっ, をそんなに, をただ, をたどっ, をつとめ, をとおっ, をとつ, をとても, をとどのつまり, をとほつ, をとぼとぼ, をどの, をなこう, をはいっ, をひとつ, をまだよほど, をまつ, をむこう, をもう, をもう一度, をもう少し, をもっ, をやって来た, をよぎる, をトラック, をブルジョア, を上り下り, を下っ, を下れ, を二人, を二十年前, を二度と, を五里, を伝うる, を伝授, を先, を冒し, を切り拓くべき, を切り開く, を去る, を取つ, を取れ, を右, を吾家, を執らなく, を天下, を奈良, を奥, を好む, を学びし, を学ぶ, を実現, を巻い, を帰つて, を帰りませう, を彼, を往きます, を往く, を往復, を往来, を徘徊, を御存じ, を徹した, を忘れた, を怖い, を思い断っ, を急い, を戻っ, を採らなかった, を揺られ, を新, を日暮れ, を曲る, を来, を来た, を来る, を来るであろう, を歩かう, を歩かね, を歩きました, を歩ましめる, を歩み, を歩む, を歩ん, を歴史小説, を毎日, を海図, を溯り, を登っ, を登れ, を盛ん, を省みない, を眞ツ直ぐ, を眞直ぐ, を真, を真っ, を突破, を精進, を蜻蛉, を行かれる, を行き, を行っ, を西, を覚え, を覚込ん, を解した, を解すれ, を贈る, を踏まね, を軍勢, を辿っ, を辿らなかつた, を辿るべく, を迷った, を逆, を逍遥, を通, を通す, を通つたの, を通つた時, を通つて, を通つて湯屋, を通らなく, を通行, を選ばなけれ, を選ぶ, を避け, を駈け, 同じ方向, 必ずしも安心, 必ずしも鳥跡, 思ひ出, 或いは理念, 来る人, 無かね, 開くべからず

▼ このたび~ (688, 0.2%)

18 の御 13 のこと 11 の戦争 10 のお, の合戦 8 の事, の事件 76 の旅行, はまた 5 の大, もまた 4 のご, の大乱, の日光, の試合, は御

3 [13件] の上洛, の出陣, の失敗, の挙, の流鏑馬, の第, の縁談, の騒動, はえらい, はお, はその, はまことに, は自分

2 [46件] こそ, に限っ, のよう, のわが, のアメリカ大統領選挙, の一戦, の上演, の不覚, の仕事, の件, の儀, の功, の労作, の変, の大戦, の大捷, の如き, の怪事, の戦, の手紙, の政府, の日光造営, の甲州入り, の老中, の興行, の蝦夷見物, の費用, の道中, の陰謀, の震災, はあやまたず, はご, はそれ, はとんだ, はどうも, はどちら, は何, は前回, は名誉, は彼女, は御苦労, は御苦労さま, は留守, ばかりで, もその, 世にも珍

1 [430件] あらためて噴火, ある人, いよいよわれわれ外国行, いよいよ地球, お役目, が仕納め, が初めて, が最後, きいたが, きついご, こそここ, こそと軍備作戦, こそはきっと, こそはその, こそはと思う, こそはと起き上がり, こそはわが, こそは一期, こそは天下分け目, こそは幾久敷お家, こそは必然, こそは快く, こそは敵関羽, こそは有無, こそは死, こそは決死, こそは相違, こそは蛮土, こそは討たず, こそ上首尾, こそ兵糧, こそ司馬懿, こそ大事, こそ成政, この大, この女, させる軍功, さよう, ぜひとも博士, ぜひ殿様, だけは, だけはゆるし, だけは初犯五円, だけは御, だけは手前ども, だけは朝廷, だけは経俊, だけは羅真仙人, とてもそうならぬ, とて一死君恩, のあなた, のおれ, のお仕置き, のお便り, のお客様, のお礼, のすさまじい, のどさくさ紛れ, のなん, のまことに, のみにし, のみは養子, のもの, のやや, のオフィリヤ, のスト, のノオト, のパアマネントウェーブ, のミソギ行, のヨーロッパ旅行, の一挙, の三府一道三十余県, の上方のぼり, の上総, の下向, の下向中, の下江, の不心得, の不思議, の中入り, の乱, の事一, の二編, の人増し願い, の人魚, の仕損じ, の会津反乱, の使, の使い, の使命, の便り, の催し, の働き, の先生, の入院, の六十周年, の冐險, の冒険, の処置, の凱旋, の出兵, の出師, の出征, の出軍, の出陣以後, の刃傷, の劇薬自殺事件, の勝ち軍, の北上, の南征, の受賞, の同心, の和田左衛門尉, の和田左衛門尉さま, の和田氏, の喧嘩, の国目付, の園遊会, の地震, の壮挙, の外遊, の大事, の大役, の大戦大勝, の大敗, の大火, の大病, の大統領選挙, の天皇, の失態, の妖怪地, の小国川, の就職, の山中, の山入り, の山道, の山陰道, の川中島, の市長, の帰省, の序戦ゆえ, の建立, の役, の彼女, の御用, の急逝, の急難, の恋情, の恐慌, の愚か, の慮外, の慶事, の我が, の戦い, の戦乱, の戦場, の戦時中, の戦端, の扱い, の挙兵, の探険隊, の支那事変, の改革案, の救済行為, の敗れ, の敗戦, の教師, の教育会, の文子, の新しい, の旅, の旅費, の旅路, の旗揚げ, の日光修営, の日光造営奉行, の暴動, の朝比奈, の未曾有, の来着, の東大寺, の東征, の東海道中, の東照宮, の業火, の歌, の正面, の武勇, の水野殿, の汝, の池田家, の決議, の治安維持法, の津軽旅行, の浅慮, の浦, の海軍, の海軍拡張, の災害, の災禍, の無茶, の爆弾, の犠牲, の用紙割当事務庁創設案, の異人, の異変, の痛事, の発意, の登山, の盗難, の着物, の矢島, の祝宴, の移住, の築城, の米人, の紛争, の経験, の結婚, の縁組, の美挙, の美術争議, の羮, の羽柴秀吉, の老中評定, の自分, の船出, の船路, の芝居, の茶会, の著しい, の葬式, の蔵元屋騒動, の西下, の計, の試合済み, の試験, の論説, の謀り, の講演旅行中, の講習会, の警察沙汰, の議, の軍備縮小, の軍役, の農地調整, の追われ, の造船, の逸事, の遅延, の選挙, の選集, の金座, の門出, の防衛戦, の離反, の難, の露西亜, の食糧騒動, の驚異的, の鳴動, の鶴御成, の黄村先生, はあきらめよう, はあなた様, はいかに, はいよ, はいろいろ, はおどろきました, はお供, はかないませんでしょう, はかねて, はこちら様, はこっち, はこの, はこれ, はじっさい, はじめて知りたるなり, はぜひ, はそういう, はそち, はちと, はとし, はと千種忠顕, はふしぎ, はまア, はもう二度と, はもっともっと, はゆるさん, はよくよく, はよんどころない, はわけても, はソノ三題話, はビルダデ, は一人, は一方, は七百両, は不出来, は不思議, は中止, は主, は主として, は二の替り, は二人, は二十年目, は二度目, は但馬どの, は何かと, は何とも, は侍別当, は偶然, は公儀, は其許, は初め, は初陣, は助かるまい, は北さん, は北穂, は去年, は又, は君一人, は善, は四つ, は四十スー, は困難, は大きな, は天, は天下様, は天才, は女, は娘, は宗祇, は宮路, は将校, は尊敬, は少々, は差し, は幣, は店, は心して, は思, は急, は恐縮, は息, は惟任, は愚息, は日本, は是, は栄吉, は梁山泊, は源九郎様, は火急, は玄奘三蔵, は甲信二国, は甲州軍, は真にどうも, は矢代自身, は砂山, は神, は神性, は立ち別, は立て直し, は竜, は第, は織田徳川, は老骨, は脱線, は臣, は自動調整, は自動車どころ, は花, は裏切り, は見のがし, は見事, は親分様, は追分, は逆襲, は進ん, は運悪く, は道庵先生, は道案内, は釋, は鉄, は鋭, は長びく, は霧, は静か, は非常, は飛んだ, は高松, ひろく讀者, ほど事, もう一つ, もついに, も二目, も兄君, も同じ, も旧時, も特に, も私, も遂に, も運転手, や一人野中, わが呉, わが塾, を始, 催して, 再び出現, 出来た非常, 唱えられる民種改善学, 如何にも僕, 子羔, 当然の, 御当主, 御本山, 御開港等, 思いがけなく新聞切抜き, 思いたちて, 持って, 新しい当, 求めた北海道, 爾悟浄, 第十一号, 罷り下るうえ, 老妻, 見つかった故に, 諸葛丞相, 諸軍, 逢うこと, 雇い入れんと

▼ このへん~ (671, 0.2%)

18 では 13 のこと 11 のところ 6 の山 5 で, でも, の人 4 で降参, に住ん, のもの 3 でお, でよかろ, で勘弁, にある, の土地, の様子, は, を歩い

2 [45件] からそろそろ, から大, だと, でいい, でいちど, できまり, ですよ, でやめ, で例題, で別れようと, で医者, で天下泰平, で消えた, で私, で稼い, で貴君, と思ふ, なしるし, にいる, にたくさん, になにか, になる, に休む, に俺, に名, に工場, に野薔薇, の人たち, の地理, の大概, の子供, の村, の温泉, の異人屋敷, の草深い, の農家, の道, の酒場, はまるで, はもう, は父, をうろうろ, をぶらぶら, をウロウロ, を歩いた

1 [482件] いったいそうとうひろく, かな, から, からいよいよ, からその, からとびおりた, からバッジ, から丁度, から会議, から出, から奥, から川原, から彼, から急, から推す, から機微, から次第に, から海, から海流, から犯人, から私, から節, から考え, から聞えだす, から聞こえ, から起き, から逃げださない, がいい, がいちばん, がだいぶん, がなかなか, がまとも, がもうし, がギリギリ, がスペイン, がボーッ, が一ばん手, が一番, が別れどきだ, が前, が変った, が操縦士, が日本, が浅く, が渉外部長, が潮どき, が程度, が芭蕉, が華族様, が霊鳥, くどい話, さ, じゃあおばけ, じゃありません, じゃいっこう, じゃなかった, じゃ先, すこし歩い, だ, だぞ, だろうと, であみ, でいただい, でいちばん, でいよいよ, でおさっし, でおしまい, でおわりです, でお目にかかる, でか, でかえる, でこの, でさよなら, でした, でしばらく, でしょう, でじゅうぶん, ですか, ですがた, ですこし, でそろそろ, でたくさん, でたしかに, でだ, でちよ, でとれる, でどう, でなんだか, での鎌倉目付, でひと, でひとまず, でもう, でもときた, でやっと, でやめよう, でやめる, でゆっくり, でようやくパッ, でよし, でよしましょう, でよす, でよそう, でヘン, でマルモ隊長, で一杯, で一生一品, で一転機, で丈助, で中, で二, で五十分, で今度, で何処, で作者, で切りあげる, で切り上げ, で切り上げる, で切上げ, で別れ, で厳しい, で唯一人, で団体行動, で多く, で大丈夫, で家, で宿, で寝ようでは, で審判長スミス警部, で少し, で尻ッ尾, で屈指, で帆, で帰還, で幕つて, で引き返し, で戦い, で擱筆, で旗, で日本百科辞典, で日本百科辭典, で木の葉, で本, で火合図, で珍しく, で産婆, で発育, で着席, で睨み, で硬い, で秋吉警部, で筆, で終結, で締切る, で自分, で自殺, で若し, で英國大使, で見なれぬ, で見附, で貴様, で贋金, で道, で降りませう, で顔色, で魚とり大会, と思う, と思われる, と臭わし, と違う, なこえは, なの, なやつ, ならま, ならまず, なら人通り, なら何処, なら大丈夫, なら水, な事件, な仕事, な子ども, な客, な目, な臭い, に, にあつまった, にあらわれる, にあり, にありません, にいた, にいない, にいなくなった, にうろつい, にお, にお住い, にお立ち, にかつ, にございませんでしょう, にし, にすん, にそつくり, にそんな, にそんないろんな, にちがい, にちょっと, にどっか, にはあんな大きな, にはいえ, にはいくら, にはいねえ, にはいられないであろう, にはこの, にはほんとう, にはみかけない, にはウサギ, にはパンパン屋, には一本, には大男, には海岸, には猫, には知られ, には蛙, には複雑, にぶら下っ, にまごまご, にもある, にもやはり, にもクジラ, にも林, にゃめったにない, にや誰, にわれわれ, にハンコ屋さん, にペンキ屋さん, にホテル, にボタン, にモグリ, にワニ, に一匹, に京伝, に人家, に伯爵, に原因, に固, に地下水, に埋め, に子ども, に子供, に宿屋, に小さな, に居る, に怪物体, に悪い, に春, に暗い, に有名, に来, に気密扉, に水, に浦島太郎, に海外殖民, に物, に猿, に現代, に番所, に知った, に積みあげ, に空地, に草履, に落ちる, に見なれない, に見出され, に討死, に足場, に違い, に遠山, に金, に限っ, に飯屋, に飲ませる, に鮭, のうみ, のお, のこころ, のこころもち, のたいてい, のところが, のまあ, のやつら, のよう, のキャバレエ, のツツジ, のハイキング, のハンコ屋さん, の事, の人間, の儀, の冷気, の出来事, の加速度的, の勞働者, の名物, の堀, の女中, の子, の子供たち, の宙, の宵闇, の家, の小, の小径, の山中, の山村, の山畑, の山麓, の島近く, の工場, の平均雪線, の平家, の幸, の店, の弁え, の彼, の心理, の或, の所説, の手術, の旅館, の木, の村人達, の森, の検査, の概念, の正月, の武家, の民家, の流儀, の海, の海面下, の消息, の混雑, の漁師, の潮, の炭焼き, の焼け野, の物語, の町並み, の百姓, の百姓漁師, の砂漠, の章, の筍, の細い, の者, の若い, の草, の衆, の複雑さ, の言葉, の話, の詳細, の貧民, の農民, の道ばた, の部屋, の部落, の野薔薇, の隅, の雪線, の静か, の領主, の風景, の風物, の飲み屋, はお寺, はごらんの, はさ, はさすが, はさびしい, はそんな, はたいへん, はちっとも, はちょっと, はできる, はなかなか, はなはだ曖昧, はほとんど, はほんとう, はまあ, はまだ, はよほど, はコンクリート, はハッキリ, はフグ, はラ・メーゾン・ブランシュ, は一番アカシヤ, は上杉領, は上流, は下流, は下町, は井戸, は伊勢神話, は停電, は入牢肯定派, は六兵衞狐, は初めて, は勝手, は地球上, は垣根ひとつ, は多分, は夜, は大体, は大阪商人, は安, は実に, は富士, は寺, は巷談師, は序の口, は日本津々浦々, は明瞭, は昔, は曲, は歴史, は水, は海, は滝, は物騒, は田舎, は町, は美人, は蚊, は谷川, は足利時代, は近来, は遠く, は邪悪, は都, ぶらついて, へ現われる, へ落ち, へ遠く, へ飛びこん, へ駕籠, までとびだし, までにいたしましょう, までのこと, までひびいた, まで來, まで出, まで散歩, まで斥候, まで歩, まで荒らした, まで辷り出し, もだいぶ, もはなはだ, もぶっそう, もやはり, も好かつた, も手腕, より松川浦, をいく, をうろついとる, をうろつく, をお, をちょっと, をひとり歩き, を一まわり, を二三囘, を受持つた, を妥協点, を少し, を彼, を往還, を徘徊, を抑え, を源, を見, を見物, を通っ, 繰り返し讀むと

▼ この事実~ (665, 0.2%)

6 は何, をどう, を知っ 5 を忘れ, を知る 4 は彼, は日本, は私, を発見, を私, を説明

3 [12件] にも増し, に注目, の中, の重, はその, は僕, は当時, を如何, を指摘, を知った, を証明, を認める

2 [50件] からでした, からみ, から各, から推し, から産児, から眼, から考える, がわかる, が突き放された, と今, なり, によって減少, に依, に非常, のうち, のなか, の上, の前, の如何, の理論, の真偽, の証明, の隠蔽, は, は世界, は他, は文学, は決して, は非常, は館林, ほど我々, よりし, をもっ, をわれわれ, を人々, を否定, を思う, を戯曲化, を承認, を教, を明瞭, を無視, を眼, を知ったら, を知つて, を知り, を確証, を裏書, を認めない, を認識

1 [477件] から, からいわゆる, からきりはなし, からでも推測, からも理解, から吾, から変, から察する, から思, から思う, から我々, から推論, から独立, から直ちに, から立派, から考察, から見, から見る, から類推, があった, があつ, がいつも, がいよいよ, がこの, がこれ, がその, がそもそも, がどこ, がぬき, がはからざる, がもし, がわかった, が不道徳, が世間, が人間, が今, が判明, が加わっ, が可能, が否定, が大川, が始終, が婦人, が小説, が常に, が従前, が必然, が持っ, が政治上想定, が暴露, が有っ, が深刻, が珍しく, が発覚, が相手方, が破れた, が私, が素晴, が肯定, が著し, が観念, が語っ, が論理的, が適用, が間違っ, こそは工芸, こそは工藝, こそは明, こそは来るべき, こそわが国, こそ最も, さえ確め, だ, だけで十分, だけは何人, ではない, でも私, で満足, といふこと, とおよび, とこの, とを結びつける, とトーキー, と云う, と信念, と前述, と同じ, と思い合せ, と深い, と衝突, なくして, なので, なんぞは, にうそ, についてであります, についてはもつ, についてはミウレ氏自身多く, についてもこれ, について多く, について諸君, にはいろいろ, にはそれ, にはやっぱり, には日本, には近代日本, にふさ, にふさわしい, にぶつかる, にもいろいろ, にも何, によってどれ, によってみ, によって充, によって完全, によって家族, によりますれ, に全く, に出くわし, に向, に向けられ, に含まれ, に圧服, に基い, に対してどんな, に対して不, に対して何, に対し過去, に対する作者, に対する認識, に徴すれ, に思いいたる, に気がつく, に気が付いた, に気づかなかつた, に気づく, に気付かなかった, に混乱, に無神経, に照らし, に眼, に着目, に興味, に苦しまなかったであろう, に誤り, に較, に較べたら, に逢着, に遥か, に酔わない, に間違い, に関しては本人, に関して議会, に関する何等, に関する彼, に驚い, に驚きます, のあばかれる, のため, のなに, のみが経済的産業生産, のみは争うべからざる, のみをもっ, のもう, の一つ, の不思議さ, の内, の半面, の原因, の呑, の基礎, の存, の存立, の実体, の形式的類推, の我が, の方, の明瞭, の特に, の科学的表現, の考察, の裏, の裏側, の裏面, の裡, の観察, の証人, の認定, の認容, の認識, の間, はあいまい, はいかに, はいかにも, はいま, はうれしく, はここ, はこの, はこれら, はこれら二つ, はすこぶる, はすでに, はすべて, はそれ, はただ, はともかく, はどうしても, はどんなに, はなかなか, はなに, はまだ, はむろん, はもし, はもっ, はやがて, はわが, はわたし一個人, はわれわれ, はイギリス, はクリスト, はトーキー製作者, はナガサキ, はビジテリアンたち, はプロシア, はプロレタリアート, はマタイ, はラップ, は一九一四, は一九四六年一月, は一方, は一等運転士, は一面, は万人, は三人, は不思議, は世間的, は事実, は二つ, は云う, は人知れず, は今, は今日, は仙, は伸子, は例えば, は俳優, は偽, は先生, は全く, は別に, は前者, は動かす, は化かされた, は友人, は古来何人, は吾国民, は商品, は大満洲国承認, は婦人, は存在, は完成, は将来, は将来増, は尊く, は小酒井さん, は年, は当事, は忠, は性教育, は意外, は成立, は我邦, は戦争, は抹殺, は政治的, は数, は数世紀, は数分のあいだ, は数学的性質, は新聞, は日本人, は日頃, は明, は明治維新, は明白, は昨今新聞, は時代, は更にもう, は書物, は書類, は本日面会, は歴史的, は死なされた, は民法改正草案一つ, は深き, は特に, は現在, は生活程度, は産児四人, は疑う, は目下審議中, は真, は知らない, は確か, は秘密, は空気, は空間表象, は紳士閥, は翌, は肯かれる, は自殺説, は自然, は自然的事実, は芸術家, は英蘭, は蓋し, は見られない, は詩, は誰, は論理的, は貴方, は超, は農業, は逆, は長い, は間もなく, は雄弁, は露西亜, は驚くべき, もまた, も亦, より以前, より外, より恐るべき, を, をあげ, をいかに, をいちばん, をうなずかせる, をうなずくであろう, をおい, をおもしろ, をかたっ, をこの, をさらに, をすぐさま, をすら感じない, をずっと, をどんなに, をみ, をもってヨーロッパ, をもって各, をもって吾, をもって地球, をもって社会, をもみ消す, をわたし, をわれら, をコッチェスナイア, をスタインベック, をルナチャルスキー, を中井猛之進博士, を事件全体, を云, を人, を以てアグリパイナ, を以て直に, を何人, を例, を信じ, を信ずる, を先生, を公平, を冷静, を初めて, を十九世紀後半欧州各国, を十分, を反対, を叙, を同業人, を告げなかった, を呑み込ん, を問題, を報じ, を報告, を実証, を少し, を引用, を後で, を御存じ, を悲しい, を感じた, を慶賀, を投げ出せ, を指した, を探偵小説, を日本, を明, を明らか, を明晰, を最も, を最もよく, を本人, を東北地方, を検閲官, を楯, を歌った, を正しく, を氏, を決して, を活かし育てる, を深く, を無条件, を現在, を理由, を理解, を申, を疑う, を疑うなら, を疑ふなら, を痛切, を皮肉, を目のあたり, を直截, を直覚, を知ってる, を知らず, を知らずし, を知らせ, を知らせる, を知らない, を知らなかった, を知らなかつた, を知られたくない, を確かめ, を確かめる, を示したなら, を私ども, を私共, を端的, を結果, を統一説明, を考え, を考へ出した, を聞いた, を聞き取った, を肯定, を背負っ, を表現, を見ぬい, を見出した, を見逃す, を解剖, を解釈, を記し, を記念, を証, を詳しく, を認めた, を認めたつ, を認めぬ, を認めまい, を認めました, を認めるなら, を認め得たなら, を語っ, を調べ, を諸君, を述べ, を逆, を透し, を重く, を開い, を閑却, を除外, を隠し, を雄弁, 乃至現実

▼ この世界~ (652, 0.2%)

8 の中 7 にある 6 のどこ 5 の生活 4 から姿, にいる, に存在, に於

3 [11件] がどんなに, になかっ, に来る, に自分, に行わるる, のもの, の何処, の最も, の美, を構成, を越えた

2 [35件] がいかに, がいつ, がなります, がまだ, が存在, が感性的物質的, でこの, で過し, にあ, にあっ, には存在, には病い, に人, に住ん, に入る, に居る, に弱, に来た, に生き, に生れ, に集る, のあらゆる, のこと, のほか, の人間, の地上, の損失, は全く, は永遠, は決して, を, を支配, を照らし, を造りました, を造る

1 [507件 抜粋] から作られ, から全く, から別れ, から去りました, から喚び起される, から奪, から歴史学, から消え, から消失, から燻り出します, から独り脱, から生れる, から絶滅, から絶縁, から自己, から葬っ, から足, から逃がさない, から酒, が, があくまで, がいちばん多く, がかえって, がそういう, がどの, がはじめ一疋, がほんとう, がまっ暗, がまるで, がわたし, がスウィート・ファーン, が万事, が何, が作られた, が俄, が元, が広い, が成りたっ, が戦争, が浮き, が生き, が生み, が男性, が私, が空っぽ, が絶対, が美しく, が造られました, が造られる, が非常, が騒々しい, こそ町人, この物質, じゃあ憲法みたい, すでにみな不可思議, だ, だから, だけには著し, だけのこと, でいけない, でその, でない所, でなくても, でのみの恥辱, での寂けさ, での西域, ではありません, ではおまえたち, ではこの, ではざら, ではとかく, ではもう, ではもとより, では二人, では二十二三, では仕方, では千代子, では咀, では問題, では少し, では性器さ, では悪, では殆ど, では殊更, では生き, では自然, では謬, では賄賂, でふたり, でもつとも, で一番, で冗談, で彼, で最も, で有名, で果たしませんで, で死ん, で殺された, で生きる, で生活, で自由, で蛙, で見られる, で起こる, で適用, というもの, といふ狭い, といへ, とはどうも, とは交通, とは全く, とは関係, と交通, と別れさせる, と別れなけれ, と喰, と樽, と調和, と重なりあっ, と面, と黄泉, などよりも遥か, に, にあこがれ, にあの, にあらう, にあり, にあります, にあろう, にお, においてある, においてこの, においてたとい, においては個物, においても安全, において何処, において働く, において或, における生物, における驚くべき, におこる, にくだし, にさし込ん, にさまよっ, にさる, にすっかり, にその, にたぐい, にたつた, につまらぬ, にて叶, にて我等, にとっては大, にとっては自分以外, にとってまこと, にない, にはいつ, にはこの, にはそういう, にはまだ, にはものめずらしい, にはわたし, には佗びしく, には厚い, には感傷, には故, には新しい, には曾つて沈静, には死, には永久, には物, には物質的方面, には生まれなかった, には用意, には着物, には神様, には私, には自然, には見えない, には鹿, にふさわしい, にふたり, にまだ, にもう決して, にもすてられ, にもどらぬ, にもやっぱり, にもようやく, にもろもろ, にも見られ得る, にわが, にゐた, にゐよう, にゐる, に一人, に一定固有, に三絃, に事実存在, に二つ, に交わらず, に人間, に付与せり, に住む, に何事, に來, に停っ, に充満, に内在的, に出た, に別れる, に又, に取残され, に向, に呼び戻された, に單, に実現, に対してしでかすだろう, に届く, に屑, に己, に心, に忍びこん, に悪人, に憩い, に戦争, に打ちつけ, に於ける, に明るく, に昔, に普遍的, に暗い, に最も, に有名, に来, に殖え, に永遠, に独歩, に現れ, に現出, に現存, に生きてる, に生ませた, に生まれ出た, に生まれ変わっ, に生れ出でた, に移された, に移した, に笛, に草木, に菫, に許す, に課題, に論理, に起きた, に超越的, に近づいた, に逗留, に造り出さなけれ, に造り出された, に金, に階級, に顔, に齎した, の, のあくまで, のある, のいろいろ, のかぎり, のところどころ, のどちら, のどんな, のはじめ, のはらわた, のひらきかけた, のふしぎさ, のみに見られる, のよう, のイヴィル, のダアビイ, のヒューマニズム, の一つ, の一切, の一番始め, の万象万事, の上, の与論, の主観的, の人々, の人目, の内, の内幕, の切岸, の初め, の創造, の創造者, の動きかた, の十年, の各, の向う側, の善, の城壁, の基礎, の外, の多数者, の大きい, の大きな, の大勢, の女たち, の女人, の女性, の姉妹, の宝物, の家々, の實景實情, の小さい, の差別, の平野, の広大, の底, の座標軸, の御馳走, の持つ, の新, の日月星辰, の曲線美, の月倉庫, の本性, の果て, の栄達, の根柢, の永遠性, の波, の海, の涯, の現実, の現象, の生命, の生活者達, の真, の示す, の科学的表現, の空想, の組織, の縁辺, の若々し, の苦, の英傑, の表現, の表面, の視聴, の誕生, の諸, の起源, の輪郭, の造物主, の連絡, の陰, の雰囲気, の音楽, の飽くまで, は, はあたかも, はいかに, はいったいどう, はいわば, はおもしろかっ, はおれたち, はけっして, はすっかり, はその, はそれ, はどこ, はどんなに, はまだ, はまだまだ, はまやかしもの, はやはり, はよく, はわれわれ, は一つ, は一体どう, は一度, は三四郎, は三次元世界, は不健康, は不可知的, は人類, は全然, は別に, は多, は宇宙, は客観, は平生, は形而下, は愉しい, は成りたっ, は暗い, は活世界, は無限, は現代, は現実, は環境, は疲れ鈍つた自分, は痛ましい, は真剣, は知らなかった, は神様, は精神海面, は絶対的, は美, は美しく, は耶蘇紀元前四〇〇四年, は苦, は計り, は諸君青年達, は金銭, は長, は鼻, ばかりは変りました, への体系, へ呼び生かされ, へ来, へ生まれ, へ生れ, へ私娼, へ誘ひ込ん, へ這入, へ連れ込まれ, またその, まで行かなけれ, もこの, もようやく, もわれわれ, やこの, よりもあの世, よりももつ, よりも二十年過去, より悪, をある, をいかに, をうち, をこなごな, をこの, をし, をすべて麻痺, をながめ, をまったく, をハイデッガー, をユークリッド幾何学, を一日, を上げ, を不思議霊妙, を了解, を云い表わす, を信じ, を処理, を創った, を創り出す, を動かし, を包む, を占領, を取捲く, を唯心, を多, を大事, を安楽, を引き離す, を彼, を愛し, を拵, を描く, を旅行, を歩く, を渡し, を無視, を現, を現ぜざる, を知った, を知覚, を組成, を統一, を自然, を荒らすだろう, を表現, を見, を見なけれ, を訪れ, を象徴, を追い求め, を造, を造り上げた, を造り与えた, を陰氣, を離れ, を飾らん, を飾る, を騒がせ, 新記録, 第一流, 第一等

▼ この世の中~ (648, 0.2%)

23 にある 16 に生き 7 に生れ, のこと 6 で一番, に存在 5 というもの, に, には自分, に私 4 にありとあらゆる, にどんな, に在る, に生まれ, に自分 3 にあっ, にあんな, に出, の事, の有り様

2 [46件] から去っ, から消し, から美しい, があまりに, がどんなに, が面白く, でいちばん, でお前, でたった, では一利一害, で一番幸福, で人間, で何, で愛した, で最も, といふもの, にあるべき, にあろう, におさらば, にこ, にこれ, にこんな, にそんな, にない, には不思議, には運命, に一人, に二人, に住ん, に何, に恋, に活き, に現われ, に立っ, のため, のどこ, のもの, の出来事, の苛烈, の苦労, はきびしい, は闇, へ出, へ生れ, を善く, を渡る

1 [436件] からおさらば, からその, からちやほや, からほんとう, からまったく, からもとめる, から一人, から去った, から完全, から行方, から見放された, から退治, から隔絶, から隔離, がある, がいい, がいや, がうまく, がおもしろく, がそういう, がつまらない, ができ, がどう, がなっ, がはたしてよく, がひっくりかえる, がまるで, がもう少し, がイヤ, が一人, が人間的, が大, が嫌, が完全, が急, が恐ろしく, が持っ, が明るく, が昔, が暮し, が有難味, が苦しい, が辛く, が退屈, が遠から, だ, だってやっ, であなた, であゝ, でい, でいちばん好き, でいちばん真実, でいちばん貴重, でおよそ, でかんじん, できいた, でこれ以上, でさき子さん, でしかも, でその, でそれ相当, でただ, でたつた, でだれ, でと現代, でどんなに, でのうるさかっ, での頼る, ではあの, ではあり得ない, ではあり得べからざる, ではかう, ではそれら, ではたいてい, ではどんな, ではまだ, ではよう, では何, では報道, では機関車, では決して二度と, では痩形, では美しい, では騙, でまれ, でみた, でもっと, でも一番馬鹿, でも幾たび, でわたし, でグレ, でトップクラス, でドビュッシィ, で一ばん, で一ばん大切, で一ばん好き, で一番不幸, で一番苦手, で一番行屆, で一番輕蔑, で一芸一能, で不幸, で偉く, で受ける, で唯一人, で女, で嫌い, で実行, で幅, で支那, で最, で欲, で母, で泣く, で無邪気, で独り一番目, で真, で私たち, で第, で簡単, で経, で結婚, で繁夫, で行われた, で見, で隣同士, で風刺文学, というところが, といふやつ, と云, と今, ながら幸福, にあった, にあなた, にあり, にありゃしません, にあり得べからざる, にあるだろう, にあるでせう, にあるまい, にあんなに, にいかに, にいない, にいや, にいる, にいるだろう, において私, における並々, におまえさん, におもしろい, にかつて, にきれい, にくる, にこの, にすん, にそう, にそち, にそれほど, にたくさん, にただ, にたった, にたとい, につれ戻しなされた, にては一種族, にとって人々, にとんでも, にどっち, にどの, になくなる, になんと, にねずみ, には, にはあり, にはあります, にはいる, にはお, にはじつに, にはじめ, にはそういう, にはそんな, にはたしかに, にはどうして, にはどんなに, にはない, にはなはだ, にはなんと, にはね, にはまだ, にはみんな幸福, にはわれわれ, にはゐませんでした, にはヨハン・セバスチャン・バッハ, には一人, には人, には人情, には人智, には人間, には他, には何, には己, には帝王, には幾十万, には文芸, には満足, には無い, には現実, には神, には神秘, には種々, には絶えず, には自足, には良い, には親切心, には電子, には非常, にぱっと, にひとり, にべっぴん, にめった, にもう, にもときたま, にも世, にわし, にわたし, にわれわれ, にゐない, にイヤ氣, にクヨクヨ, にハルク, にポッ, にミミイ嬢, に一つ旗, に不幸, に不思議, に不愉快, に不用, に事業, に伝えよ, に何ひとつお金, に何一つ, に何事, に作りたい, に偶然, に先生, に再生, に処し, に出現, に効, に化物, に又, に合理的, に唯二人, に在るであろう, に奇蹟, に実行, に実際, に少ない, に居ない, に居ます, に居る, に平行, に幽霊, に彼, に彼等, に急ぐ, に悪, に悲劇, に愛情, に戦争, に捨てられ, に攘夷, に於, に於い, に於ける, に旧式, に最も, に未練, に来, に果して, に棲ん, に様々, に欲しい, に歸つてきた, に死ぬ, に殺したい, に母一人, に無駄, に父親, に現れた, に理外, に生き長らえる, に生れた, に生存, に白人, に真実, に確, に社会的, に神, に種, に素晴らしい, に続い, に行なわれた, に見えない, に見出す, に親子, に誰, に誰一人, に豊富, に起こっ, に送る, に運命, に遺したい, に金属人間, に鈴さん一人, に魔法, のあらゆる, のありとあらゆる, のうえ, のおもしろい, のたくさん, のたつた, のどんな, のひとり, の一部分, の事柄, の人たち, の人間, の何, の何もかも変, の全体, の地球, の女, の実に, の家常茶飯, の幾山河, の心, の思想家, の慣習, の景色, の最後, の有象無象, の毒虫, の沢山, の物事, の現実, の生活様式, の画家, の直接実用, の組織, の習ひだ, の芸術的作品, の被, の誰, の遊興, の重荷, の隅々, は, はあんまり, はいい, はおたがいに, はお父さん, はこの, はこれ, はすき, はすべて慣性, はせち辛い, はそんなに, はたった, はとうとう, はどこ, はどんなに, はなっ, はもう, はもんどり, はわかりません, はソンナ様, はヨ, は不公平, は何, は充たされ, は全く, は土, は堪忍, は完全, は張合, は悲しい, は悲嘆, は懐疑, は成り立っ, は文明開化, は明るく, は曲, は渡れん, は無事, は緑, は美しい, は闇ぢ, は阿, は階級, は馬鹿らしくっ, へおっぽりだした, へ出る, へ戻っ, へ放し, へ生まれ, へ生み出す, ほど面白い, もだいぶ, ももっと, を, をごらん, をすこし, をその, をはたして, をほん, をみんな, をズット, をブルジョア, を住み, を光明裡, を大手, を少し, を幸福, を征服, を捨てる, を樂しん, を渡っ, を猿同然, を私, を苦界悪所, を見, を見た, を見渡せ, を見直そう, を闇, を非常

▼ この~ (568, 0.2%)

19 の中 10 に乗っ 8 の上 6 に乗った 4 に帰っ, のなか, の船長, はどこ 3 にいた, には, の船員, は

2 [17件] か, がこの, だけである, でいちばん大切, ではじめて, にのっ, に一人, に乗せ, のよる, の人たち, の名, の宝物, の旅, の機関長, の運転士, を占領, を自分

1 [463件] から, からおりる, からきみ, から下りたい, から放りだした, から海中, から潜水夫, から逃げ出せる, から隔離, がここ, がしゃっくり, がつん, がもっと, がわかりました, がスマート, がゾイリア, がタッタ今出, が一艘, が与吉, が出来たなら, が函館, が到着, が動きます, が午後三時, が唯, が地球, が壞, が大きく, が大砲, が安治川口, が密猟船, が方向, が毎日毎夜, が気に入ってれ, が沈沒, が沖, が海, が独艇, が着く, が航海, が錨, が陸前, が鯨, こそはその, こそは日本, こそ余, こそ怪賊烏啼天, じゃあわし, じゃおれ, だ, だけは塩ッ, だけは無傷, で, であの, である, でい, でいっしょ, でいったい, でお, ですぐ, でなぜ, での第, ではそれ, では一等機關士, では二十三, では呪, では誰ひとり手, でむかえ, でもう一度, でも新しかっ, でよ, でアメリカ, でスリル, でドイツ人, でニューヨーク, で一番, で三浦環, で上海, で五穀, で僕, で内地, で図書館通い, で太平洋, で川崎, で帰国, で待受ける, で戦地, で旭一三六二四部隊, で明日, で時々, で朝夕, で松崎, で歸ら, で死ぬ, で殺され, で気に入った, で渡し, で無人国土, で米国, で詳細, で貴様, で送っ, というもの, とばかりは限らない, と同じ, と運命, なぞも駒井氏, などから見る, などにとどまっ, なら浜島君, にい, にいつ, にいる, にござらっし, にだって遊び半分, についてきた, について彼, について最高, にです, にでも乗っ, にとどまっ, にとどまった, にどんな, になに, にのこる, にはおれ, にはおれたち二人きり, にはずいぶん, にはそれら, にはたくさん, にはたしか, にはたしかに, にはなかなか, にはねらわれ, にはまだ, にはわし, にはアマゾン, にはサルベージ会社, には一人, には一等, には乗っ, には二人以上, には人ッ子, には何十頭, には初盆, には医者, には名, には嘗て, には平尾男爵, には死霊, には長く, にひきとっ, にひと, にまじれりけり, にまた, にも似たる, にも何, にも小さな, にゆっくり, にイギリス, に一刻, に一番先, に一緒, に中国人, に乗せられ, に乗ってる, に乗りこんだ, に乗ります, に乗り組む, に乗り込みました, に乗る, に乗ろう, に乗船, に二人, に今, に今日, に付いた, に停る, に別条, に加わりいる, に助け, に取付け, に女, に対する他, に居ない, に居残る, に引きずり込み, に強い, に悪い, に戻られる, に搬入, に救い上げられる, に於, に更に, に比べ, に泳ぎ着かれた, に添っ, に結ばれたる, に身, に連れ来たら, に頼ん, に魚雷, のある, のこと, のこの, のそば, のだれ, のつい, のほか, のほん, のよう, のキャビン, のコック, のブリッジ, の一日, の主人, の乗員ども, の乗組員たち, の事務員, の休養, の内外, の内部, の前途, の力, の壞, の大, の安全, の客, の客人, の寄らぬ, の底, の張本, の強奪事件, の心臓部, の悪事, の持主, の指揮, の挨拶, の支配権, の料理方, の料理部屋, の方, の最終, の極楽境, の構造, の横腹, の機械, の正体, の水夫たち, の汽笛, の洗濯係, の激しく, の牧師, の特別一等, の特色, の甲板, の発見, の真価, の秘密, の穢れ, の窓, の脳髄, の腹, の航海中, の航海中シヤトル, の船医, の船室, の船玉様, の船霊様ア, の船頭, の船首, の行く先, の行着く, の貧乏神, の連絡, の進路, の運命, の錨, の頭領, の風待ち, の食事, の鼠, はいかなる, はいったい, はお前たち, はかなり, はしずめられちまう, はじつに, はその, はとり, はど, はどうか, はな二千石船, はね表面, はぶくぶく, はほとんど, はもと, はよく, はアメリカ, はイギリス, はイタリア半島, はエヂプト, はキリスト教, はサンタ, はセドリック号, はトンキン, はモウ, は一体, は七百八十石積み, は三本マスト, は五日目, は享保十九年, は京, は今, は仕事, は佃, は何, は何式, は何時も, は何石積み, は元来三本, は元来真珠, は初め, は別に, は去年, は台湾対岸, は合衆国, は名, は喜望峰廻り濠洲行き, は囚人, は四日市, は国際的ルンペン船, は埠頭, は外部, は大き, は大阪, は実際, は小生, は少し, は年, は幽霊, は底, は想像, は我船, は日本, は日本人, は早船, は有名, は横浜, は機関, は欲しい, は水上機母艦, は氷, は沈没, は海賊, は特殊, は種子島, は米, は緩和圏, は縁起, は縦四十八間, は自分, は航路, は荷物船, は西, は貨物ぐるみ, は賄, は足, は震動, は駒井甚三郎殿, は黒, ばかりへ日, ばし, へ, へはやって来ません, へ乗せられた, へ乗っ, へ乗り込まう, へ人, へ便乗, へ戻っ, へ押しかけ, へ持ち込んだ, へ自分, へ送りつけ, へ駆け込む, までつけ, まで動かし, まで持込んだ, もこの, もオシマイ, も下流, も五六日, も好まん, も御召, も早晩入港, よそおいを, より危険, をいずれ, をおそっ, をおりよう, をごく, をさし止めろ, をしげしげと, をしらべ, をすでに, をそれら, をつけた, をつなぎとめ, をとい, をぶち壊し, をほうり出されたら, をやる, をゆすぶっ, をゆすぶった, をよそおう, をリスボン, をリスボン沖, を一挙, を二万トン, を仕置渡止場, を以, を俺たち, を出い, を出迎え, を利用, を動かし, を取り押さえ, を売つ, を奪う, を奪っ, を奪回, を家, を密輸入目当て, を尾, を島, を押し流さ, を押し潰し, を持ってる, を操縦, を教え, を普通, を最初, を焼けり, を爆沈, を狙っ, を王国, を着け, を空中, を立っ, を立退く, を脱, を自分たち, を襲撃, を買っ, を走らせる, を追っ, を退散, を逃げ出した, を降り, を降ります, を降ろす, を頻り

▼ この作品~ (566, 0.2%)

16 の中 7 を書いた 6 を書く 54 に於, のよう, の唯一, を, を書い 3 で作者, には作者, のなか, はこの, は当時, は決して, は私

2 [41件] から私, が出品, が発表, ではそれ, では専ら, にはそういう, によつて, に對, に於い, に触れ, に記録, の, のかかれた, のどこ, のテーマ, の世界, の主人公, の内部, の幕切れ, の新し, の方向, の特色, の空想, の簡略, の翻訳, の背景, の荒筋, の調子, の重要, の骨子, の魅力, はあまりに, はその, はわれわれ, は他, は彼, は或, は第, を書きあげた, を舞台化, を見

1 [409件] から, からどんな, からは色々, からも受けとる, から大した, から後, から得た, から打たれなかった, から深刻, が, がある, がかかれた, がかなり, がたとえば, がどんな, がどんなに, がまとまる, がよい, がアメリカ, がディケンズ, が一八一八年, が上演, が二三年前非常, が五月号, が今, が作者, が健康, が全く, が写し出そう, が出来た, が判る, が同誌, が失っ, が日本, が昨年度, が比較的, が沙翁, が注目, が漱石, が生かされた, が生態描写風, が社会問題, が私, が芝居, が芸術, が逸れ, が道具立て, が選考委員会, が酷似, だ, だけを見, だつた, である, でかつて, でこの, でとらえられ, での試み, ではこれ, ではじめて, ではまだ, では一方, では三つ, では全く, では製鉄所, では関, でもそういう, でアメリカ, でゴーリキイ, で主人公, で人, で力づよく, で意識的, で画家, で私, で読者, で貧, で都会, とこの, としての問題, とその, とに一言, と読者, なぞもヒント, などの場合, に, にあふれ, にあらわれる, にある, においては主題, において一種素朴, において封建時代, において竹造, において謎, において野間, におけるよう, にかけた希いであった, にその, にたいする同感, にたいする私, についてのさしあたり, についての感想, についてもう, について沈黙, について私, について見る, にで, にといふぐらゐな意味, には, にはかつて, にはこの, にはもっとも, にはホフマンスタール, には今日, には充実, には実に, には文学, には気品, には筋, には自分たち, には至る, にも他, によってゴーリキイ, によって素材, によつてポヂテイヴ, によつて世評, に不安定, に与え, に与へよう, に人間らしい, に全, に到つ, に問題, に器楽, に変貌, に字, に寄せる, に対してまき起った, に対して何, に対して野心的, に対する期待, に対する私, に少し, に就, に彼, に愛着, に打たれた, に描かれ, に描き出され, に敬服, に現われた, に現われる, に登場, に着手, に興味, に語られ, に関して時代転換, に関わり, に限っ, に非難, に題し, のかき出し, のこういう, のさっぱり, のそれ, のため, のほか, のよい, のアダジオ, のカバー, のスケール, のストーリー, のヒューマニズム, のモティーヴ, のレアリズム, の一貫, の上, の上演, の不朽, の人物, の代わり, の仰せ, の伏線, の何処, の作られる, の作者, の価値, の値打, の傾向, の内容, の冒頭, の出来栄え, の出版當時, の制作動機, の前, の創作的実践, の勝れたる, の原稿, の基調, の失敗, の展望的, の底, の強味, の形式, の後, の後味, の心理解剖, の意, の扱いかた, の抄訳, の描写, の文学, の時間的順序, の書かれた, の最も, の最後, の未完, の本来, の根本的, の根本的欠陥, の標題, の決定的, の源泉, の熱, の特長, の生成, の異, の登場人物, の真実性, の真鶴, の短評, の稀薄さ, の空気, の章, の範囲, の素材, の終曲, の結末, の緊, の緊密感, の良し悪, の蔭, の血, の表現, の裏側, の製作, の見事, の解説, の試み, の距離, の載つた, の輪郭, の重要性, の靈感, の面白, の題材, の飜譯, はあくまでも, はいったい, はいは, はいわば, はかう, はぎりぎり, はくらい, はこれ, はさっき, はす, はそれ, はたしかに, はただ, はどう, はまだ, はよく, はカフカ, はトーマス, はベートーヴェン, はラユール会社, は一九一一年, は一九四〇年ソヴェト, は一人, は一層, は一言, は三百枚, は上記, は不備, は人間味, は今, は以前雑誌, は仰, は作者, は作者不詳, は作者自身, は個人, は全, は前, は十二月初め, は單, は報告文学, は大智氏自身, は天草, は如何にも, は婦人解放問題, は完全そのもの, は完璧, は小説, は少く, は川村花菱氏, は後向, は従来, は心理, は恐らく, は描かれた, は文壇清掃, は既に, は日本, は明らか, は更に, は書かれた, は書き, は書き直されなけれ, は朗読, は期せ, は未, は松井須磨子, は次, は江戸川乱歩氏, は浮世絵的情趣, は父, は発表, は発表当時, は矛盾だらけ, は自分, は芥川龍之介, は血だらけ, は表装, は表題, は西洋, は要するに, は阻害, は非常, は高村, は鴎外, ばかりで, までに高め, もきっと, もさすが, もし母親, もその, もやつぱりこれで戲曲, も探求, をあげる, をある, をかい, をこしらえる, をごくありのまま, をすでに, をたとえば, をつき抜け, をどう, をまとめた, をもうすこし, をよん, をフランス語, を上演, を介し, を全部大阪弁, を取り上げ, を問題, を好む, を幾分, を強く, を形象化, を彼, を心理主義, を必ずしも, を忘れ, を書かず, を書き, を書きつ, を汚す, を深める, を渾然, を激賞, を父, を特に, を玩味, を現在, を生んだ, を産み出した, を発表, を眺める, を眺め出し, を社会, を純潔, を考える, を見た, を訳した, を評判, を読み, を読む, を読んだ, を讀ん, を貫い, を軽んずる, を載せ, を鑑賞, を雑誌社, を黒い, 及び作者, 面白いかい

▼ この~ (560, 0.2%)

11 の中 7 の内容 6 の著者 5 をもっ 4 の第, はその, を手, を読む, を読ん 3 に収めた, の主人公, の出版, の記事, を見, を読んだ

2 [36件] である, なり, にある, において最も, によつて, により, の付録, の価値, の優れたる, の再刊, の出来た, の刊行, の初版, の恩恵, の最後, の特徴, の目的, の翻訳, の題, はわが国, は今, は今日, は日本, は私, もまた, を, をはずかしく, を世に, を写す, を出版, を後れ, を書いた, を稿, を著す, を通して二つ, を通読

1 [421件] からはいくら, から出, から宗教的農學者佐藤信淵, から老子是迦葉菩薩, が, があの, がいくら, がお, がかく売行, がかつて, がその, がたまさか, がなく, がまさしく, がまだ, がもし, がもって, がよしや, が上梓, が人生, が佐渡守, が何故, が再び, が出る, が同国, が哲学, が幾人, が形, が彼, が後れ, が御用, が復古的革命, が愉快, が愛される, が成立, が成長, が新, が日本, が書かれた, が未, が正確, が求められ, が現実, が眼, が移った, が若き, が装幀, が要求, が触れたなら, が読む, が諸君, が鎌倉時代, が隋書經籍志, が非常, が齎した, こそまさに, この点, たもの, だけにあった, だなから, だなの, でその, では分類, では少し, では結婚, では非常, で一日, とプドーフキン, とマクスウェル, などは現在, なるは, なるもの, に, にあっ, においてその, においてできるだけ, においても秀吉, において一つ, において名, において彼, において用いた, において私, にかかれ, については終に, には, にはいわゆる, にはかなりしばしば, にはことに, にはたくさん, にはまた, には七八万スタディア, には中村屋創立当時, には日本, には概略, には池田氏, には特に, には自分, には魯迅さん, にも符号, によった, によって信者, によって入門, によって哲学的思索, によって始め, によって示され, によって識者, による, に人間, に初めて, に収むるところは自分, に在る, に如く, に対する出版順序, に対する時, に対する未練, に対する要求, に幾分, に序, に引用, に慰められ, に拠る, に拠れ, に收録, に既に, に書い, に書いた, に正保二年, に注し, に滿腔, に熱中, に獲得, に現われた, に盛られ, に納めた, に結末, に説い, に謝, に載する, に載せ, に輟耕, に輯め, に近づく, に述べた, に選まれ, に集められた, の, のうち, のお蔭, のこと, のごとき, のすべて, のその他, のできた, のどこ, のねらっ, のはじめ, のほんとう, のみを殘, のよう, の一二章, の一冊, の一名, の一本, の一目的, の一読, の世, の中心, の主, の主人公レオナドダヴィンチ, の主眼, の云い, の企てた, の体裁, の余白, の作者, の全部, の内, の出づる, の出來, の出現, の刊行中, の刊行前, の初編, の到る, の前, の功徳, の取り柄, の史実的価値, の名声, の如き, の如く, の妙味, の妙所, の学術的部分, の寄贈, の巻端, の序文, の後半, の復舊, の思想, の惜, の成る, の所説, の政治的, の教, の文字變, の斉, の末段, の根據, の標題, の欠点, の注釈, の特殊, の発刊, の眞價, の短所, の研究者, の研究者註釋者, の神髄, の紹介, の終り, の終わり, の結論, の続篇, の考え, の著作, の著者段成式, の著述, の表題, の装訂, の要求, の記, の訳者, の語る, の説, の説く, の説明, の読書界, の読者, の責任, の題名, は, はいくらか, はこの, はすこぶる, はその亡き, はそれ自身, はたしか, はたしかに, はたとい, はつまらない, はなん, はまず, はもと, はもとより, はわたし, はペイン, はユダヤ人誰々, は一言, は一部, は丁抹, は万暦三十七年, は不可解, は世, は事實, は二世瑞仙晋, は二十六七日間, は仏典, は仏徒, は偽書, は僕, は元, は元禄八年, は全然, は十分信用, は十年以前, は古い, は同年発行, は問題, は單, は國, は大いに, は大正七年, は大正元年十月刊行, は天子, は始め八百枚, は学問的, は学習用, は実際, は寛永十一年, は岩野泡鳴, は序論, は彼, は心敬, は恐らくは, は我が, は我が国蚕業界, は我文久年間, は技法そのもの, は文句麁野, は文学書, は文淵堂, は明和四年, は明治十年西南戦争, は昭和二年四月雑誌, は時事問題, は時代, は時勢, は書肆, は最も, は會津藩, は有名, は未完, は正に, は武蔵, は決して, は現今, は現在, は生漉き, は當時, は発行以来, は純粋, は翌, は著者, は著者大島支郎氏, は表面日蓮, は訳文, は近世初頭, は過去, は鎌倉時代寛, は間もなく, は陸中国上閉伊郡, は青年, は青年羅山, は鼠, へこうして, もこの, も早く, より得る, をあたえる, をあらわし, をごらん, をその, をたずさえ, をどう, をぬけ, をひっさげ, をひもとく, をひらき, をよく, をよめ, をポルトガル, を一字一句, を一覧あれ, を一讀, を万感, を亡父, を伝え来った, を作つた, を作る, を僞作, を写し, を凡て, を初め, を前, を印行, を反復熟読, を名残り, を呈し, を和訳, を坐, を奉る, を得, を思ひ立ちし, を悪用, を愛し, を我文界, を手中, を捧ぐ, を探し求め, を改修, を書い, を書かしめた, を書き終わる, を書く, を枕頭, を栄三郎, を殘, を江戸, を理解, を発する, を研究, を美, を翻訳, を草したる, を著, を著した, を見のがし, を見れ, を見出し, を解する, を註釈, を認む, を読まない, を読まれるなら, を読み, を読み始めた, を読者諸君, を讀者, を貴, を貸し, を賞玩, を起稿, を通讀, を酷評, 出でて, 成って, 成るの, 若し諸君, 載するところ, 長く教科書

▼ この物語~ (533, 0.2%)

19 の中 13 の主人公 7 の冒頭 6 を書いた 5 に関係, の主題, の作者, の初め, の最初, の第, はその

4 [11件] に必要, のなか, のはじめ, の時代, の発端, の目的, の結末, の訂正, を聞い, を聞いた, を聞き

3 の上, の主要, の女, の著者, はこれ, を発表, を聞く, を読ん, を読んだ

2 [41件] である, では三年, にあらわれ, には必要, には所謂, には男, に出, に於, に現われた, に重大, のうち, のつづき, の上編, の値打, の全体, の原稿, の始め, の本筋, の本題, の特長, の真実, の筋, の記事, の進行, の骨子, はこの, はゴーリキイ, は戦前, は讀者, もこの, も今日, も他, をする, を作る, を宝石, を思い出し, を書い, を気違い沙汰, を終らなけれ, を耳, を舞曲

1 [300件] からある, からわれわれ, から丁度一年半, から出た, から容易, がいささか, がおそらく, がきわめて, がこの, がすんだ, がまだ, が一番確か, が三十年以上, が成立, が教えよう, が永久, が生きる, が純然, が言い伝えられ, が関東, この後, すなわち, で, でいう, では光源氏, では女主人公, では私, では花鳥風月, では萩原, でも最も, でよく, とあまりに, とこの, とは別, とは関係, と交渉, と作者, と思い合わされる, と時代, と関, なら必ず, にいよいよ, においてまさに, において初め, において孔子, において自己告白, における最も, にたったそれだけ, にとってあの, にとっても, にはそれ自身, にはわれわれ, には不, には何等はらはら, には余り関係, には皇室, には細目, によって見る, によって読者, によつて, にわれ, に不, に二人, に伴奏, に何等, に出た, に別れ, に参与, に因り, に大, に対して, に対抗, に展開, に手加減, に既に, に比べれ, に流れ, に現, に現われ, に現われる, に登場, に祖父, に興味, に詩, に誘われ, に關, の, のあった, のいずれ, のいちばん, のいわゆる, のうち長摩納, のごとき, のさき, のすすむ, のずっと, のはじまる, のヤマ, の一八五〇年版, の一切, の不思議, の不思議さ, の中心, の主人公アレクセイ・フョードロヴィッチ・カラマゾフ, の主人公土屋庄三郎昌春, の主人公旗本, の人物たち, の佛譯, の使命, の価値, の全部, の内容, の出た, の前おき, の前半, の前提, の前篇, の副, の原本, の四人, の大, の大体, の子爵某氏, の小, の局面, の序言, の序論, の当時, の形式, の後, の必要上, の成立, の数, の文体, の最初以来, の条件的, の根幹, の汎くま, の流行, の男女, の発展, の登場人物, の登場者, の真相, の眼目, の穉気, の筆, の筆者, の終わり, の終末, の終結, の続篇, の背後, の興味, の舞台, の舞臺, の訳本, の語り手, の読後, の読者諸君, の起こってる, の起つた, の起原, の途中, の進む, の進ん, の順序, の題材, の首, の魅力, はあまりに, はあらゆる, はあんまり, はいたく, はいつ, はおのずから, はかの, はかれ, はこうした, はさ, はさほど, はしかし, はその間, はほんの, はまず, はもと三十卷, はオルコット女史, はケント州, はディオン・カッシウス, は一体, は一八一五年, は一八二頁, は一六八頁, は一見, は三十幾歳, は世にも, は事実, は二番艦明石, は今日, は仏在世, は何, は児童教育, は前, は前後, は前者, は南朝, は可, は土地, は実に, は彼ポーニン, は成立, は日本書紀, は書き, は最初余, は江戸時代, は決して, は終っ, は自分ら, は芸術鑑賞, は茲, は著者コフマン, は西暦一千九百五十年, は誰, は頗る, へ出た, へ姿, もここ, もここら, もはや八十五回, も一応, も亦, も休みぬべし, も受け継い, も後数回, も終った, や討議, を, をかい, をさほど, をし, をした, をすべて, をただ, をつづける, をとっくり, をどんなに, をなめらか, をはじめた, をはじめよう, をはじめる, をもっ, をやはり, をよむ, をフォマ・グリゴーリエ, をミンミン島, を一, を不朽, を人形, を以上, を佛譯, を公, を利用, を単なる, を友人, を大分つじつま, を始めた, を始めましょう, を差し出したい, を思い出した, を思い出す, を思ひ出し, を恐らくは, を悪文, を書きつづる, を書きました, を書き記す, を書く, を最初, を最近, を極力, を物語, を生んだ, を直接, を知っ, を私以前, を終る, を結ばせ, を結ん, を綴る, を聞かされた, を裏打ち, を話し, を話した, を読まれる, を読み, を読み続け, を読み行く, を進めた, を進める, を隔晩

▼ この~ (522, 0.2%)

14 の日曜 9 の戦争 6 にし, にしよう, の土曜日, の手紙, はいつ 5 に来る, のパラグラフ 4 にしましょう, には何, のこと, のとき, の幕, の時代, の機会, の決戦戦争, の理科, は何 3 の, の仕事, の分, の日曜日, の時, の汽車, の雪, の面会, は, はどんな

2 [31件] から, からはもっと, から白粉, だ, におよばれしよう, にはきっと, に書く, に生れ変っ, ね, の仕度, の作品, の左翼劇場, の幕間, の次, の水曜日, の狂言, の番, の遊び時間, の駅, はおま, はおまえ, はきっと, は何処, は僕, は君, は家内, は御, は油屋, は私, は自分, までお

1 [327件] いつ内地, いらっしゃるとき, いらっしゃる時, お書き, お目にかかって, お目にかかるとき, お目にかかる折, お目にかかる時, お目にかかる迄, お目にかかる迄に, お逢いした, かえる時分, からあまり, からお前さん, からと順々, からの馬鹿学者, からはわし, からは松竹, からは私, からもっと, から了簡, から卓子, から国産品, から実習, から容赦, から捏ね直し, から薬, から買, から頂く, がどんな, がよし, がタンホイザー, が垂井, きっと入れ合せ, きっと逢っ, くるまでに, こそわが, こそ貴方, この人, この本, この次, こまかいこと, さらに努力, そんなこと, だぜ, だと, でおりましょう, です, でも花江, で下車, で降りる, という事, という便利, といっ, といふことに, との二パラグラフ, と云つたぢ, どういう態度, にしたら, にしなく, にします, にする, にと云っ, になったら, にはいかなる, にはいったい, にはうんと, にはお雪さん, にはきつ, にはこれ, にはこんな, にはせめて, にはぜひ, にはその, にはついて行っ, にはと辛抱, にはどんな, にはまこと, にはもう少し, にはカッポレ, にはキット, にはケナン, には一人一人, には一票, には三度目, には何と, には働い, には僕, には参ります, には各種, には大いに, には大尉, には小作, には小遣, には屹度あたり前, には岡部, には必ず, には思想, には日本, には是非切符, には曹操自身, には此処, には深呼吸, には熊, には男鹿, には眉毛, には確, には笑, には第, には考え, には誰, には足, には車輪, に出す, に貰っ, に逢った, のお, のお産, のお話, のすごい, のたより, のでは, のでやる, のなりと, のにつけます, のもの, のニュース, のバス, の一文, の三本目, の丘, の二十三夜, の二句, の人生, の休日, の会, の会合, の便利, の假裝會, の停留所, の公判, の兵站部所在地, の冬, の出し物, の切符, の十二度目, の号, の号あたり, の土曜, の変化, の夏, の夏あたり, の夏休み, の大戦, の婦人部会, の実験, の室, の富山発, の小, の小説, の市日, の市長, の征夷大将軍, の御, の御前会議, の戦, の手, の文句, の新しい, の日, の日曜日あたり, の時間, の最終戦争, の月, の月曜, の月曜日, の朝, の本, の横町, の機, の此方, の渡し, の満月, の火, の火曜日, の爆発, の父, の研究, の稽古, の章, の競馬, の第, の綱, の美人, の船, の花田はん, の蔵人頭, の行, の言葉, の試合, の議会, の賀, の過程, の部屋, の配給, の金曜日, の長い, の集り, の難問題, の食事, の馬, の鯉とり, はああ, はいきなり, はいつごろ, はいよいよ, はかならず, はこう, はこういう, はこんなに, はじき, はずっと, はその, はそれだけ, はどう, はどうして, はどうぞ, はどこ, はま, はもう, はもっと, はりっぱ, はわれわれ, はアツ, はアムステルダム, はウォール街, はサイベリア丸, はデカルト, は一ぺん, は一家, は一緒, は二万元以下, は二人, は何兵衛, は何日比, は何時, は個人, は僕ら, は入選, は八月一日, は十六時, は十通め, は各自申告, は名古屋, は呼吸兜, は土沢, は坊主, は大津, は失敬, は広小路, は役者, は後, は必ず, は抜かさず, は故郷, は新しい, は日本, は是非五月中旬, は機関銃, は海, は目白, は直接行動, は真昼間, は籠手, は絶対出入差止め, は若い, は褒められよう, は西洋, は誰, は遠慮, は遺物, は重ならない, は銚子行, は頑張っ, は飛行島, へこうして, またこの, またやきなおし, また別, まであずかっ, までお待ち, までには, までには結果, までに一馬力の, までに綿人形, までに考え, まで乗り越しましょう, まで待て, まで練習, もあすこ, もう一枚, もきのう, もし, もって, を待ってりゃ, を見, を見ろ, 会った時, 再び来る, 別に何, 別に太郎篇, 又あれ, 帰って, 建てるとき, 思い出して, 教えて, 来い, 来たとき, 来た時, 来て, 来るとき, 渡されるまでに, 若し, 行く気, 起ったら七回目, 迄に考へ, 逢えば

▼ この~ (521, 0.2%)

6 の心 5 は, は何とも, もその 4 などの考, の考へる, をお 3 とて, の, の朽ち, は八つ裂き, を無い

2 [28件] でこの, とて今, に, にし, には, にふりかかる, に与え, の周囲, の影, の殉教, の置き, はこの, はこれ, はそれ, はまた, は何, は悲しい, は見られる如く, をどこ, を以て親, を寄せ, を思う, を思ふ, を捨て, を殺す, を苦しめ, を許し, 終って

1 [417件] いかなる科, か, からすれ, から云う, から離れ, が, がいいつけた, がいたした, がいふ, がこうして, がこれ, がさ, がそのため, がだんだん, がつい, がどう, がひとり, がふ, がふとした, がふるえます, がゐる, が丈夫, が八ツ, が冷たく, が北, が十五億粁, が大坂城, が存命, が屍, が帝位, が常に, が忌々しい, が恨めしゅう, が悲しい, が悲しかろ, が最後, が武門, が泣かるる, が淺はか, が癒, が知る, が種, が解い, が解剖, が赤い, が額づき祈らう, こそ神, この体, この名, この容貌, この心, さながら空しき, その小次郎, だけを思う, であった, であると, であろう, ではある, で今, とが恰も, としては何, とてはかない, とて何, とて狛, とて生き, とで計ろう, とをお, と不仲, と思はれる, と皇叔, ながらみ, ながらも限りと, などとは何, などの考え, などの運命, などはこの, などはまだ, などは何, なの, ならん, なれど, にあまれる, にあらず, にうけ, にこぼれ, についた, にとってはこの, にとって子, にとれ, になつ, になつて, になん, にはいか, にはこの, にはなぐさめられる, にはなんと, にはもはや, には将軍家義昭公, には羨ましい, には話す, には賽, には過ぎた, にふさ, にまさる, にもわるい, にも自由, にゆるし給い, に下され, に不要, に享, に何, に余り過ぎました, に具體, に刃, に力, に及ぶべく, に向, に呪詛, に堪へ, に宝剣印綬, に害, に寸鉄, に対して劉皇叔, に対し心尽くし, に幸, に引き受けたく思っ, に引受けたい, に愛想, に感じられる, に打寄せ, に植えつけられた, に欲しい, に滲み渡る, に知つて, に纏う, に纏っ, に罪, に罰, に耐え, に衝けたい, に覚え, に親しい, に触らない, に負いあまる, に迫つて, に迫り, に関係, に雪辱, のあり, のある, のかわり, のこなし, のこの, のす, のすべて, のため, のつたない, のまわり道楽, のみ秋, のもの, のよう, の不幸, の不徳, の不覚, の事, の仇, の仕合, の何, の口, の変りよう, の変わり, の夜, の大事, の夫, の如き, の始末, の姿, の居つた, の幸, の幸い, の幸福, の得がたい, の心底, の恋人, の恥, の恨み, の愚かさ, の愚痴, の戀, の持つた, の指図, の操, の旧悪, の時, の本性, の朽果てん, の来た, の業, の武運, の気楽さ, の流転, の現われる, の眼, の破滅, の立つ瀬, の絆, の罪, の美点, の考える, の自惚れ, の若い, の行き, の行方, の行衛, の言, の誇り, の誤り, の諸悪罪業, の運, の運命, の隙, の魂, はあの, はいか, はいったい, はいつ, はいま, はお前, はかの, はごらん, はすでに, はその, はともかく, はどう, はどんなにどんなに, はひとり, はまさか, はもう, はやはり, はわれ, は一生, は今更, は出せない, は初め, は千里, は單, は困, は国, は堀川, は売りたる, は女子, は安全, は富士, は忘れ, は恰好, は打捨て, は捨て, は数, は暗い, は本, は決して, は涙, は淡雪, は猛火, は生きた, は生まれながら, は田舎, は畜生, は矢張旧, は粉, は緑, は自ら命, は見た, は遊芸手芸学校, は雲井, は風船, ばかり, ばかりか女房子, ばかり安泰, へ御, ほど骨肉, ほろぶまで, また君, まだわずか三千石, まで祖父, まで雪, も, もあの, もいつか五十四齢, もうれしく, もおさない, もかうした, もこの, もし, もそぞろ, もつらく, もびつくり, もむかし, もやはり, もわが, もわる, も伴, も何, も倶, も危い, も古稀, も妙, も心, も思つて, も思わず, も楠木家, も歴史, も死し, も死に場所, も殺し, も涙, も溶くる, も父君, も生き, も生きがい, も田居, も男, も知っ, も細る思ひ, より先, を, をけがさない, をこの, をさがし, をさし, をさそ, をし, をそち達, をどうして, をなくし, をはこべる, をまもり, をむけ, をもそこ, をやどし, をよく, をよろこん, を伴, を何, を信じ, を働かせ, を免れ, を切られる, を助けよう, を占拠, を卷いた, を喬さん, を嘲笑, を固め, を土, を圧迫, を変, を天, を奪, を委せ, を委ね, を守り育て, を官府, を密め, を尾, を巻い, を常, を庇う, を待ちこがれ, を忘れた, を思い, を恋し, を慰め, を投げかけ, を投げたであろう, を投げ出し, を捧げ, を昼夜, を案じ, を歎, を殘, を殺せ, を沈め, を洗, を洗わせたく, を消し, を潔く, を生めり, を目付役, を筒井家, を粉, を終らしめず, を締めつける, を置くべき, を罰し, を育ん, を葬るつ, を見, を見出した, を訝かり, を許す, を誘いだす, を責める, を起こす, を追, を遊女, を運ぼう, を運ん, を邪魔, を閉ぢ, を離れ, 失わんの, 捧げん壇あれ, 朽ち滅び神, 死におくれついで, 近き現在, 重くし

▼ この~ (517, 0.2%)

13 の中, を出 5 に入っ, に来, の前, の窓 4 から出た, にお出で, のどこ 3 から一歩, から出, から外, にはいっ, に入った, に入る, に居る, の主人, の扉, の空気

2 [29件] この机, で, でする, にいた, にはいる, にも病人, に侵入, に出, に起った, に這入, に這入る, に闖入, のこと, のこの, の内外, の戸, は, は他, へはいっ, へ入った, へ入り込ん, へ入る, へ来, まで借り, を出で, を出ない, を出る, を眺め, を飛び出し

1 [371件] いつもと, からは見えない, からは連絡, から一足, から出ない, から去らず, から四方, から姿, から幾間, から戸外, から掛けた, から朝, から起った, から遠ざけまし, から顔, がかよう, がごく, がどうやら, がひどく, が一等, が初めて, が密閉, が年中零下五十度, が必要, が悪い, が明るく, が永年, が活, が第, が美紅, が長い, こそ彼, この小さな室, だけでどれ, だけでも新築以来, だけは一番上等, であった, でありそれ, でお待ち, でこの, ですね, ですよ, での生活, での身分, では, ではただ, ではまるで, でも俺, でやがて, でよろしい, で二人切り, で交した, で介抱, で休む, で伯母, で妾, で実験, で息, で我慢, で最後, で朝倉先生, で柳江, で紡車, で行燈, で試みました, で起ったろう, で遭った, と帳場, と枝折戸, と煉瓦壁, なの, なのに, にあっ, にあまた, にある, にいつ, にいます, にいる, にいろんな, においていかに, におかれ, にこの, にじっと, にすわっ, にだってどんな, にとどまっ, にとりつけ, にどうして, にどこ, にない, になく, にはあなた一人, にはいった, にはしんしん, にはすこしも, にはすでに, にはたれ, にはのべつ, にははいる, にはひつ, にはまだ, にはタイプライター, にはベランダ, には一つ, には一月前, には三岸, には中央, には事実想像, には別, には古びたる, には塑像, には寝台, には相応, には私ら, には藍丸王唯一人, には誰, には錠, には長火鉢, には響い, にも箪笥, にも這い込ん, にゐた, にゐる, に一, に一人ぼっち, に一人置きざり, に一種, に丸部家, に代っ, に入れられ, に入れる, に其, に列べられた, に君臨, に命中, に品物, に宿り, に寝る, に寝台, に寝転ん, に居たら, に居とうございます, に居残っ, に居残った, に席, に帰っ, に座り, に引返し, に往来, に待たせられる, に御, に忘れ, に戻っ, に抛り込ん, に拡げた, に新た, に暫く, に来た, に残された, に残し, に滑りこん, に物音, に石炭, に絶えず, に続く, に臨む, に艇内電話機, に落ちつい, に薬品, に蠅, に走り込ん, に起居, に迷い込み, に這入っ, に這入った, に這入つ, に連れ, に連れ込まれ, に連れ込んだ, に運ん, に金銀, に閉ぢ, に響き渡る, に飛び込ん, に駈け込み, のうち, のしかも, のせい, のそ, のなか, のもの, のダリア嬢, の一方, の一部, の一隅, の上, の上下, の両, の中央, の事, の人々, の位置, の位置構造, の光, の全, の全員, の内, の内部, の北側, の南側, の四枚, の壁, の壁眼前, の変化, の外, の天井, の存在, の小さい, の屏風, の床, の想い出, の愉し, の戸棚, の掃除, の方, の有様, の本, の東, の構造, の模樣, の横, の気温, の気配, の異, の異様, の発明家, の眞中, の真, の真中, の眺め, の眺望, の空氣, の背景, の興味, の表象, の調子, の調査, の責任者, の鍵, の間近く, の隅っこ, の電気, の飾付, はいとど, はきもの, はこの, はそれ, はちょうど, はつまり, はなまぐさい, はね外, はほん, はわたし, はファラデー, は何, は何だか, は別, は十一時半頃, は午後, は大変, は女, は実に, は家, は宿泊, は密室, は寒, は少し, は扉, は暗室作り, は最近, は枕返し, は森, は死人, は気に入った, は深々, は漢于仁, は石, は砂壁, は私自身, は縁側, は自分, は蟻, は開けず, は音楽家, ばかりで, へはおとずれないらしい, へはせつけしめられた, へはひっ, へは入場, へもう, へわかい美しい, へ人, へ人眼, へ入っ, へ入れる, へ参りました, へ坐った, へ始終, へ姿, へ寄っ, へ忍び, へ忍びこんだ, へ戻っ, へ来た, へ来ぬ, へ泊りたい, へ移っ, へ訪ね, へ逃げ込んだ, へ這入っ, へ這入つ, へ通された, へ運ぶ, へ電気, までお, まで押しかけ, もボイロフ, も一体, も不思議, も九州大学, も吾輩, も純白, や標本室, より出, より外, を, をおもに, をさまよい出, をのぞい, をはしご段, をば直ちに, をわが, を中心, を作った, を作り変えない, を出なけれ, を出られたでしょう, を去つ, を去らしめる, を我ら, を捜索, を早く, を暖か, を永久, を沈鬱, を留守, を知, を立ち, を立去りぬ, を見舞わぬ, を訪れた, を走り出ました, を辞し, を退却, を退散, を逃げ出した, を過り, を重ね, を飾る, を驚かす, 備付けの

▼ この少年~ (516, 0.2%)

6 は私 5 の頭, の骨相, をし 4 のため, の心 3 の将来, の顔

2 [33件] から告白, がその, がなに, が僕, と一緒, に向っ, に手古摺る, のこと, のよう, の家, の容貌, の持っ, の挙動, の癖, の言葉, の面, の驚くべき, の鼻, は, はいったい, はここ, はこの, はその, はそれ, は三十年間, は前, は小学校, は少年探偵団, は山, は自分, は誰, を後ろ, を非常

1 [415件] おとなしさうに, から内藤氏, から受けた, から影響, から教えられました, が, がいた, がいる, がいろいろ, がかなり, がかわいそう, がこの, がこれ, がさっき, がすっかり, がそんな, がちがった, がどんな, がなあんだ, がにくらしく, がほんの, がウソ, がナリン太子, が世の中, が両国橋畔, が両手, が予審, が今川, が信条, が先生, が兵馬, が博士, が叔父, が可哀相, が同じ, が女, が妙, が子供, が属し, が怖, が手, が打つた, が最後, が来た, が殺した, が理科, が生み, が癇癪玉, が相, が祖国, が私, が純粋, が聾, が解放治療場, が鄙, が閏土, が馬鹿, こそあるいは, こそいつか自宅, こそこの, こそたれあろう, こそはクイーン・メリー号, こそ宇津木文, こそ小林君, じゃ, その両, だ, だけがただ一人, だけがなぜ, だけなら, だけは珍しく, だった, だったな, とその, とともに外, とはなんと, とは仲よく, とも少し, とオリヴィエ, と似, と共に今, と少女, と戯れた, と犬, と話, と遊ん, なかなか敏捷, にあっ, にあの, にあやまり, にうかつ, にくわしく, にぜひ, にその, にだけ欠け, にとつて, にのぞむ, にはたしかに, にはない, にはもはや, には友達, には死, には父, には葉子, には見, には近づかなかった, には響かない, に似, に似通った, に何, に何ごと, に働きかける, に出し抜かれた, に口さき, に向かっ, に多分, に天才, に天然痘患者, に子供達, に対して一種, に対して深く, に対して自分, に対する同情, に対する私, に尖端, に就い, に引きつけられる, に引っ掻き廻され, に惹きつけられた, に托した, に抱きつい, に持たせ, に接吻, に改悛, に教えられ, に敵意, に気乗り, に焦立たし, に特別, に理解, に目立つ, に眼, に聞かせました, に自分, に訊い, に話しかけました, に近づい, に靴直し, のいたましい, のいまし魘された, のうち, のからだ, のからだつき, のこ, のことば, のどこ, のなんだか, のひとみ, のふるまい, のほう, のませた, のコロール, の一家, の一時期, の不具, の事, の五尺二寸, の人生, の今, の仕業, の何もの, の作り事, の傲慢無礼, の元気, の兇行, の処分, の出來, の出現, の初陣, の前, の勝利, の同情者, の名前, の咽喉, の問, の多く, の夢, の夢想, の大きな, の小さな, の少しく, の希望, の平気, の平生, の心理遺伝, の悪, の悲憤, の想像力, の感じ, の感覚, の懸念, の手, の持物, の捨身, の時, の服装, の未来, の正則, の母, の渡航料金, の無邪気, の熱心さ, の犯罪, の献身的, の生れつき, の町, の眼, の知識慾, の祈り, の祈り方, の祖先, の神経, の純粋, の美し, の義気, の耳, の肩, の脳, の腮, の血統, の血色, の行末, の視線, の親切, の話, の讀本, の貧しい, の賢, の起居動作, の躾, の輩, の逞, の逞しい, の鋭い, の間, の非凡, の面倒, の面色, の骨相上, の魂, はあまり, はある, はいっこう, はいつか一度耳, はお前, はかなり, はこうして, はこれ, はこんな, はそこ, はたつた, はたぶん, はどちら, はなお, はなまじ, はなんと, はひそか, はひょうきん者, はほめられた, はまたも, はまるで, はもっ, はもっと実際, はやがて, はよごれた, はイエス, はイエスキリスト, はイングランド, はポルトガル語, は一キロ, は一生懸命, は上り口, は二年前, は五官, は今, は今夜, は今日, は何, は何事, は何者, は先生, は冒険譚, は出鱈目, は初, は功利, は十歳, は厳格, は去年, は又, は友永千二, は名, は呉, は夜目遠目, は大友君, は学校, は学業, は宇津木兵馬, は家, は寿女さん, は小さい, は小林君, は少なから, は少年, は川北先生, は帽子, は平常, は平然, は往来, は怪しい, は恰も, は悪人, は持っ, は支那料理, は数学, は數學, は日ごろ, は日本人式, は昔, は本年, は果して, は極めて, は正太, は決して, は無事平穏, は無意味, は無意識, は無我夢中, は無断, は無言, は物, は狭い, は生きた, は生れ, は生命, は相川泰二君, は矢, は第, は聾, は背, は背広, は色, は苦痛, は英語, は観察, は遠山, は野良犬, は雀, は鞆, へといっ, ほど母, もさながら, もまた, もロボット, も一概に, も亦, も哭かない, も後, も昨夜, をいま, をここ, をすつかり忘れ, をせめて, をつれ, をどうして, をにせ, をのぞき, をふり, をもてなした, をわし, を一目, を倒し, を僕, を別, を可愛がりました, を呼び起し, を問い, を奮いたたせる, を小僧ガヴローシュ, を幸福, を引, を愛した, を慰める, を憂えしめた, を手繰り出し, を打首, を招き寄せる, を捉, を捜し出し, を支配, を殺したくない, を殺す, を相手, を自己, を見, を見つめ, を見つめた, を見直す, を赤面, を追放, を連れ, を頼る, を食, を驚かす, を麻袋, 実朝

▼ この~ (507, 0.2%)

13 の前 9 の主人 8 を出 5 の中 4 へ来 3 にいる, のお, の亭主, の名義, の品, へ来る

2 [24件] が潰れます, で給料, で買っ, にだ, にはときどき, に休ん, に入っ, に入った, のこと, の一番, の二人, の先代, の名, の女中, の片隅, の給仕女, はおまえ, へくる, へ入っ, へ時々, へ来た, へ遊び, をお, を後ろ

1 [402件] から今晩, から炭薪, から男, から自分, から金, がその, がつぶれ, がはじめて, がほか, が前川, が古, が小鼓, が無くなる, が狙い, が繁昌, が自家製品, が都会, が長い, が駄目, ぐらいにたがい, さえ出来あがれ, だけが出さぬ, だけだった, だけはいつ, だけはどう, だってす, だな, であつ, である, でくわや, でさえ珍, ですでに, ですね, でそれ, ではいい, ではお, ではみんな無料, ではもう, ではカラカラ, ではミルク, では久保田万太郎氏, では二人, では彼, では時々, では毎晩, では礼子, では篤胤先生, でも変, でも美女, でよく, でコンパ, でスキー帽, で一生心配, で一番, で二千円, で働い, で勤めさせ, で太神楽, で左利, で市中, で帯, で帽子, で脚絆, で蓋物, で見ました, で見知らぬ, で買つた懐中時計, で買物, で酔, で錦絵, で靴, としては咎めず, とは熟し, とヤケ, と油屋, と馴染, などは東京, なれば, にあ, にあずけ, にある, にいつ, にき, にした, にだけは泊る, については小島政二郎先生, については私, にて憩, にない, になにか, には, にはいっ, にはいつ, にはいり, にはお, にはたくさん, にはなじみ, にはまだ, には今一つ自慢, には何, には千代紙, には堂々たる, には姿, には小さな, には御座いません, には心, には朝鮮人, には来ない, には自慢, には金字, には食う, にもゐた, にもサガミ女, にも年頃, にも店自身, にも行き, にも起らず, にやってきまし, にコップ酒, にラジオ, に一縷, に並べ, に休み, に伝, に使われ, に働い, に入浸る, に出た, に出入, に勤め, に十年, に取, に売り, に多く, に大きな, に居すくまった, に居残つ, に属し, に帰り, に幾年, に所属, に擔ぎ, に来た, に枯木, に毎晩來, に王子君五郎, に現, に益, に立ち寄っ, に立寄っ, に立寄られた, に立寄る, に置かれる, に這入っ, に限らず, に隙, に集っ, に集った, に雇われ, に食べ, に馴染, のあと, のいわれ, のおかみ, のおかみさん, のお客, のじまん, のため, のつくり, のまわり, のもの, のテント, のボックス, のボーイ, の下, の主人夫婦, の事, の傍, の先, の先祖, の入口, の内部, の写生図, の出入, の切り盛り, の創始者, の勘定, の名前, の名物, の品他, の噂, の売り出し, の売れっ, の外観, の大, の女, の女たち, の女房, の女給, の娘, の嫁, の客, の工合, の帳場, の常連, の後, の忰, の戸, の持主池田何某, の掛り, の支配人, の料理, の時間, の暖簾, の曲り角, の月々, の板前, の梯子段, の模様, の毛抜き, の特種, の目的, の筋向い, の経営者, の給仕頭, の習慣的, の者, の職人, の良心的, の菓子, の蕎麦, の表, の親方, の評判, の貴金属部, の贔負, の迷惑, の重, の間, の陶器, の電話, の顧問, の飛び, の飾り, の首塚, はありふれた, はいくら, はいっそう, はいつも, はいま, はかん詰め, はがらくた店, はきれい, はちょうど, はまえ, はもえる, はもの, はよく, はブロンズ扉, は一時非常, は一見, は二年前, は何, は凧, は卓, は反対側, は古い, は味, は唐変木, は器物食器, は場所柄先斗町あたり, は売上げ, は夏場, は多く, は娘, は安い, は山手, は当時四個拾銭, は必ず, は敬二, は木津, は案外しっとり, は正札正札, は気に入らない, は江戸市中, は熱海, は独特, は生田君, は町, は素晴らしい, は紹介, は維新, は酒, は銀座, は銀座界隈, は馬喰町四丁目, へ, へお客, へき, へきた, へはじめて, へは比較的, へは滅多, へは近頃, へやってくる, へココア, へマツチ, へ主人, へ住み, へ來, へ入, へ入り, へ出入り, へ味噌, へ奉公, へ岡, へ怒鳴り込んだ, へ手伝い, へ毎晩, へ瀬戸, へ煙草, へ筆, へ繰込んだ, へ荷為替, へ行儀見習, へ訪ね, へ買, へ買い, へ走り使い, へ這入っ, へ這入つた, へ連れ, へ雇われ, へ預け, へ飛び込ん, もおまえ, もしかるべき, もついに, もはやらない, もやっ, も一流料理屋, も二, も今, も出る, も古い, も古く, も妙, も師走いっぱい忙わし, も料理人, も最早, も自然, や四丁目, や妹, らしい落, をかけ出し, をかり, をきょう一日あっしら五人, をたずねる, をだし, をつぶし, をば慾, をひいき, をもやめ, をやめ, を五千円, を今, を借りた, を出し, を出す, を出た, を出ました, を別れました, を前川, を去, を去る, を叩き起し, を大きく, を始め, を始める, を守立て, を建てる, を引継ぐ, を張る, を思ひ出す, を手, を手つだっ, を持っ, を活かす, を禁物, を私, を立つ, を覗い, を覗いた, を追い出される, を通り越し, を閉ぢ, を開け, を預かっ, を飛び出しました, を飲みほす, を黙殺, 譲ります

▼ この小説~ (489, 0.2%)

14 の中 11 を読ん 8 の主人公 7 の第 64 の描写, を書いた

3 [11件] のよう, のテーマ, の世界, の作者, の冒頭, の最後, の題名, は私, を書い, を書き, を書く

2 [37件] が新聞, で作者, で私, に出, のなか, のポイント, の悪夢, の時期, の書かれた, の末尾, の筆致, の背景, の題材, はあり得べからざる, はその, はもう, はもうこ, は今, は作者, は失敗, は島, は徹底的, は徹頭徹尾, は碁盤, は筋, は続, は自分, は面白い, を, をお, をかいた, を企てた, を始める, を書かれた, を特に, を読む, を読んだ

1 [328件] から与えられた, から受ける, から強烈, から心, から私, から農村, が, があまりに, がお, がじつは, がその, がとにかく, がどんな, がひとつ, がもっとずっと, がアメリカ, がホーマー, が人間性, が今日, が先, が前回, が劇場, が実は, が当時, が後半, が書かれ, が書かれる, が果して, が権力, が現れ, が現れたら, が発表, が確か, が終ったら, が終戦後, が読売新聞, が連載, だ, で, であった, でありいわば, であるが, でこれ, では, では前歯, では古市加十, では外面的, では特に, でめずらしく, でも作風, でオルゼシュコ, でヘッセ, でポー, で世間, で何, で作者自身, で初めて, で明, で最も生き生き, で自己, とともに百年のち, なんぞで, にある, において, において本当に, における作者自身, にこめられ, についての抱負, についてはあなた, について後, について語る, につかっ, になに, にはこんなにビクビク, にはもはや, にはポーランド, にはモデル, には倫理, には小説的約束, には成っ, には通俗小説, にひかれなけれ, にむす, にも, にも納得, によって私, に主たる, に取りかかる, に含まれ, に就い, に掛り, に描かれ, に描き出され, に於, に於ける, に書いた, に書かれ, に書かれた, に本当, に根柢的, に没入, に発見, に見た, に避け, の, のあと, のいちばん最初, のすじ, のできた, のやう, のクライマックス, のトリック, のプラン, のヤマ, の一面, の一齣一齣, の主たる, の主人公クライド, の事実, の人生観, の作中人物, の作家, の作意, の傑出, の全, の全部, の前篇, の叙述, の名曲堂, の場面, の大阪弁, の妙, の妙味, の始まり, の安易さ, の弱点, の当選, の後半, の心理主義, の持っ, の挿絵, の文学的価値, の日本的, の時代, の未来, の本当, の構成原理, の標題, の欠点, の浅い深い, の特色, の犯人, の由来, の男, の畫題化, の発表, の目鼻, の眼目, の筆, の精髄, の結末, の続き, の綴り手, の総て, の縦糸, の翻訳, の胚胎, の臓腑, の訳者, の試み, の読後感, の調子, の讀後, の距離, の面白い, の題辭, はある, はいろいろ, はきょう, はこの, はこれから, はすでに, はそれで, はたぶん, はため, はちっとも, はとにかく, はどこ, はどんな, ははじめ, はまさに, はまだ, はもっと, はわたくし, はわれ, はイレッシュ, はジャン・クリストフ, はナチス, はパリ, はピン, はホンモノ, はポー, は一片, は一篇, は下品, は云う, は五百, は京都, は人間, は人類, は何主義, は作そのもの, は作者オストロフスキー, は僕, は先ず, は凡て無駄, は十九, は単に, は同じ, は唄, は唄い, は外, は大変, は大正十三年, は夫婦ともども, は完璧, は小説, は少し, は平語, は後, は惜しくも, は所謂意識, は探偵メーグレ, は日本, は日本文壇, は昭和二十七年六月二十日, は昭和二十年, は昭和初年, は昭和十九年三月, は昭和十二年, は書かれ, は書き方, は書けない, は未完, は権力, は氏, は混亂だらけ, は甚だしく, は発表, は端, は素晴らしい, は紫檀, は終られ, は終戰後, は結末, は美妙斎, は言っ, は重吉, は長く, は露西亜, は面白く, は革命的伝統, は題, への筋, へ出, まが, も, もこの, もしもさき, もただ, もまた, も一気に, も巧み, も長編, をあくまで, をいました, をお手本, をきょう, をここ, をどう, をよく, をよむ, をよろこん, をイケニヘ, をオペラ, を一通り, を作者自身, を好まない, を始め, を安, を実際, を当然, を彼, を忘れた, を思いつかせた, を手, を投げだした, を旧, を普通, を書いたら, を書かう, を書かしめる, を書きだした, を書きはじめた, を書きはじめる, を書き上げなけれ, を書き出した, を書き始めた, を書き続けられない, を書こう, を最後, を本, を正視, を破りすてる, を破る, を私, を終らね, を結ん, を考えた, を考へた, を読ませ, を読まれた, を読み, を読みする, を讀ん, を雰圍氣, 全篇, 書きあげて

▼ この方面~ (489, 0.2%)

33 の研究 9 のこと 5 に向っ, に於ける, の知識 4 の専門家 3 から考える, に於, に於い, の事

2 [26件] からいえ, からも少し, から尋ね, で活躍, につぎ込ん, には全然, により大, に使用, に全力, に向かっ, に多少, に心得, に注意, に着目, に関係, に關, のもの, の人々, の仕事, の問題, の学者たち, の感情, の智識, の権威, の興味, の資料

1 [364件] からくる, からで, からの一切, からの侵入者, からの反対論, からの影響, からの火勢, からはたった今, からは大きな, からもう一度, からもまだ, からも一度, からも手, からも確証, からも素朴, から一ツ橋家, から人, から仔細, から入, から加わっ, から十四人, から女, から少し, から山, から忍び込ん, から意外, から推測, から敵, から文学, から次々, から次第に, から見, から見た, から觀察, から試みられ, から論じ, から象徴, から追, から逃げ出た, が一般, が好き, が序戦, が後日, が特に, が理論的, だ, だけでも毎月幾日, だけは警戒, であると, である程度, でからっぽ, でこれ, でどれ, でのマルクス主義的観点, での一都會, での勉強, での支那学, ではない, ではなんとも, ではまるで, ではゾレ, では一般, では一般文学者なみ, では二葉亭, では作家, では坂本四方太氏, では少なくとも, では意外, では慎重, では或は, では殊に色々, では社会, では自分, では西部, でもほとんど, でもアマチュア, でも否, でも採用, でも稀, でも餘, でも鼈四郎, でゆるぎ, で今後どれ, で役に立つ, で新しい, で新た, で独自, で生活, で知名, で私, で進歩, で非常, で面白い, にある, にいく, にいわゆる, においてであった, においては他, においては悲壮, においては民間伝承, においては甚だしく, においては相応, においてもテナルディエ, においても一種, においても彼, においてよく, においてわが, において大いに, において日本国民, において若い, におけるすべて, における一歩前進, における二葉亭, における人的要素, における収穫, における決定的勝利, における石原純先生, における私, における私たち, における第, にかけてはそれ, にかける, にたくさん, にだいぶ, については彼, についても畫家, についてわが国, について卑見, にない, にはあまり, にはさかのぼっ, にはとくに, にはとても, にはない, にはまだ, にはむしろ, には伝うる, には何, には全く, には十台, には単に, には大いに, には岩倉公, には常に, には本, には汽車, には疑うべからざる, には誰, には進ませよう, には進まない, には進展, には醜, にまで分科, にもぬかり, にも充分, にも厳重, にも又, にも同じ, にも大分新, にも明か, にも武士, にも深く, にも目, にも関係, に不具者, に住ん, に修養, に先鞭, に全く, に全然, に再三, に出掛け, に出掛けた, に執心, に多く, に大, に大家, に委せ, に存する, に対する神経, に対する絶好, に少なから, に尚, に属します, に布教宣伝, に当っ, に志す, に意外, に投じた, に捜査, に探, に旅, に旅行, に旅行班, に日本橋, に注い, に流れ込ませた, に海賊, に深い, に漢族, に無, に独特, に用いられた, に用いる, に発展, に監視, に盲目, に相違, に立派, に総督, に編入, に興味, に責任, に遥か, に長足, に関しては私, に関して現われた, に関するスキアパレリ, に関する吾人, に関する指紋, に関する知識, に関する研究, に関する記者, に関する論説記事, のみに限られ, のロック, の主将, の代表作, の伝道師, の作戦, の作歌, の使い, の信仰, の優れた, の先駆, の力, の努力, の包囲, の叙述, の名所旧蹟, の唯物論的研究, の図書, の外廓, の外郭, の大家, の姦通, の学問, の学科, の學者, の実験, の実験技術, の専攻者, の専門学者たち, の専門家ユンゲ博士, の専門家ワトソン, の専門的研究眼, の将, の将士, の專門家, の小説家, の島人たち, の幕府, の形勢, の彼, の応用, の態勢, の戦局, の批評, の捜索, の支弁, の教化, の文化活動, の文学, の旅客車馬, の書物, の本, の残敵, の沢庵, の活動, の海, の海舶, の火, の用意, の登山者たち, の研究者, の科学者, の移住, の空想, の立派, の第一人者, の経験, の統計的知識, の苦労, の蝦夷, の融通, の行く先, の視察, の観察, の読者, の調査, の議論, の赤松円心, の越境, の進出, の釣, の開拓, の開拓者, の隣国, は上述, は不当, は主として, は今, は会津, は地理情勢, は日本, は明らか, は最も, は相当, は社会, は福建地方, ばかりでなく, へ, へお, への兵力増加, への影響, への進出, への邁進, へは明智光秀, へも来た, へ出た, へ向っ, へ崩れ立っ, へ御, へ志した, へ怪しい, へ手, へ様子, へ立, へ立廻, へ落ちよ, へ襲, へ走っ, へ足, へ転じた, へ逃げ, へ馬, へ駈け向っ, も種切れ, よりし, より來, より理解, より筆, より見れ, を上郷, を受けもった, を専門, を徹底的, を思い出し, を旅行, を発揮, を警戒, を通りかかる, を開拓, を閑却

▼ この~ (486, 0.2%)

10 の方 9 の場合 6 のこと, の意味 5 といえ, のもの 4 の事, の方針, もある 3 の御, は

2 [18件] とてもその, どうする, どんなこと, には一群, には山, に生れませる, のほう, の半分, の山, の時代, の者, はよろしく, は決して, は私, は英語, もなお, も何かと, も何分よろしく

1 [391件] ああした, あっても, あの醫師, あるいは君, あんまり手数, いかにし, いかになりし, いくばくも, いつも応用, いよいよ戦場, い但し書き, から生まれた, から軽, かれら, があの, がガンモク, が古事記, が少く, が思ひやられ, くどくどと, こう云う, この夜, この物ティト, この空想, この里, こんなに親しく, こんな場, こんな日, ごひいき, しばらくは, ずっと時, そんなに長い, そんな風, たとい太政大臣, たとい酒井さん, たびたび出た, たびたび出奔癖, だって楽, だつて, ちは, ちも, ち十七年, ち天保七年, ち慶長十七年八月, ち数年, ち明治七年六月, ち明治三年, ち明治三年二月, ち明治十二年, ち魯, でいわせ, でお, ですぐ, ではきっと, では柳生衆, で二十歳, で出る, で家族, で釵, とうてい復活, とても, とてもそれ, とてもチベット旅行中, とても世代, とても事, とても出来ない, とても幾多, とても決して口外, とても無論困難, とても私, とても露月同様, とも, ともあ, ともによろしく, ともに何分よろしくお願い, ともに敷島, ともひろびろ, ともよしんば, とも何分, とも兄, とも原田さん, とも定子, とも宜しく, とも宜しくっ, とも引続き, とも朕, とも末, とも案外, とも歩む, とも毛利家, とも無分別, とも精, とも計, とも飢え死ぬ, とやかく言, と入り, どういう縁, どうしていい, どうしてその, どうして置く, どうなさる, どうなりましょう, どうなるだろう, どんな事情, どんな名人, どんな大変事, どんな生活, どんな言, どんな間違い, なおいっそう, なお量, にあの, にある, においては宇都宮乕雄, においても彼, において蜀, にくる, にこそ本, にこの, にさらに, につづく, になお, になに, にはこの, には時々, には酒, にも, にもある, にもなほ人, にもまた, にも何, にも大抵, にも明, にも続々, にも続き, にも続く, にも色々, にも見え, にも起こった, によき, にハヤブサワケ, に二パラグラフ, に便り, に出かける, に多少, に挙げた, に来た, に来なけれ, に来る, に次, に研究, に私有地, に続く, に続くべき, に見えず, に見つかる, に起こるであろうでき, に起った, に通鑑, のあの, のいかに, のうるささ, のさまざま, のどんな, のに従, のやり方, のアメリカ, のインド貿易, の一年間, の一生, の一百年, の一藩, の三, の事件, の事情, の事態, の二つ, の二五磅, の五文字, の傾向, の光景, の六パラグラフ, の処分, の分, の十字記号, の危惧, の反対論, の古墳, の合計一〇パラグラフ, の命題, の商品, の問, の問題, の国事, の大厄, の太陽, の対立, の峰, の巻, の幸福, の幾晩, の形, の彼女, の征服事業, の従順, の思想, の思考, の恐ろし, の悪例, の意見, の成り行き, の成り行き次第, の成行き, の所, の数, の文化, の方法, の日数, の日本キリスト教史, の日本人町, の機会, の武田家, の歩み, の注文, の点, の率直, の發展, の目的, の私, の種類, の策, の行動, の見せしめ, の説明, の調べ, の諜, の諸, の貨物, の身, の軍, の迫害史, の迷惑, の部類, の首尾, の馳走, はいずれ, はお, はお話, はがっかり, はこういう, はこれ, はすぐ, はただ, はどんな, はない, はなお, はなぐさめ, はふるさと, はわが, はわけても, はケンブリッジ, は一人, は一段と, は一燈園, は三日目, は二人, は京都, は仲良く, は何処, は來, は別, は努め, は口, は君たち, は和氏, は嘘, は天意, は妹, は始終, は学界, は尊き, は御, は心, は折々, は抱擁, は書かず, は書きつづけられなかった, は東京, は次第に, は正行, は毎日, は永い, は永久ダムダム弾, は甚, は用事, は畳み, は百七十石, は私夫婦, は筑前守, は羽柴筑前守秀吉, は親爺同様, は訳, は誰, は道庵, は采女様, は録音, は長く, は随身, へもっ, へ來る言葉, ほどなく, まこと, ますます若く, またいつ, また一つ, また九度, また人, また輕, また退転, もあなた, もあの, もうこれ, もう一度私, もお, もする, もずつと続い, もそういう, もそれ, もそんな, もまあよろしく, もまた, もやっぱり, もやはり, もよく, も一五三九年, も人, も何, も何ぞ, も使う, も呪っ, も度々, も引きつづき, も御, も悪い, も成政, も日乗, も本願寺, も永久, も沢山, も流れ, も相, も私, も続々, も耕し, も身の上, も重大事件, よき事, より老, わが助け, わが見し, をつけ, を処理, を引き受け得る, を戒める, を聴いたら, を道, 二度とこの, 二度とそんな, 二度と再び無心, 又次第に, 大きい役目, 好い男, 実に一生懸命, 引き続いて, 御希望どおりあなた, 御無用, 描いたところ, 望み待つこと, 永い間, 永くお, 決して二度と世間, 相見ん, 約一年半, 約一行, 若し雨, 起らんと, 追追殖え, 遍く世, 遠からず, 長く獣仲間, 間もなく実現

▼ この老人~ (486, 0.2%)

4 の前, の言葉, の顔, はこの, もまた 3 が自分, の口, の話, は何者, を

2 [24件] がその, が事実, が今日, この老人, ではあった, と一緒, にここ, に運ばれる, のひしがれた, の命, の存在, の態度, の相手, の胸, の豪健, はご, はたいてい, はひどく, はもう, は廿日市町, をスケール, を助け, を見た, を閣下

1 [403件] かもしれない, からとっちめ, からは引出せ, からストーヴ, から何, から可愛がられ, から槍, から聴かされた, から農業, がいかに, がいつも, がし, がしばしば, がその小さな, がそれ, がだんだん, がなに, がなにか, がはいっ, がみんな, が不思議, が体, が入っ, が名倉, が外, が大層, が好き, が尋常, が居場所, が屏風, が年甲斐, が引張り込もう, が彼ら, が往来, が徳, が恐かっ, が或, が所持, が持ちましょう, が授けよう, が日本人, が明かしましょう, が果たして, が此夜, が珈琲, が現れる, が甲野ルミちゃん, が病家, が知っ, が立ちます, が臨終, が自腹, が興奮, が芝居好き, が訪ね来, が足輕, が身一つ, が陸軍大尉, こそフィリップ殿下, こそ享和, ご恩, さえつけ, たったひとり, だけには打明け, だけはべつ, だけは手錠, であった, でござるかな, でも亡, といっしょ, としては朝っぱら, とてもこうして, とはやく, とは女給, とは日頃, と別れた, と別れ様, と取組み合い, と約束通り, と自分, と若い, と話し, と青年, と顔馴染, などをこの, などを寄せつけない, なの, なら見おぼえが, にいつの間にか, にこんな, にさ, にその, にだ, にだんだん, にとってそれ以上何, にとっては木, にとっては雪, にはござらぬ, にはそんな, にはどことなく, には加福, には美しい, には藩用, にも日, にも逢われました, にわたくし, に人並み, に免じ, に出会わない, に向っ, に娘, に嫌われない, に対して済まない, に對, に就い, に従う, に従っ, に手ひどく, に打っ, に托し, に投げかけ, に敬服, に敵, に構っ, に無言, に相違, に話した, に負け, に逢い, に鏡, に随, に頼んだ, のあまりに, のいう, のいうごとく, のうえ, のうち, のこと, のことば, のなか, のはなしぶり, のほう, のみで, のやるせなき, のよう, のわし, のサモア語, のチョン髷, の一刻者, の一大事なんど, の不審, の不覚, の事, の人, の住ん, の信任, の倹約, の傳記, の前妻, の前生, の厄介, の可哀そう, の夢, の太刀, の如き, の妾, の娘, の完納者, の家, の平然, の年, の律義, の心, の心中, の心動, の心理, の思惑, の恩, の所, の所謂事実, の持ち物, の旅立った, の昔話, の本, の本気, の様子, の樣子, の死骸, の気, の気質, の無心, の爲め, の理想, の理解, の生命, の甥, の用, の癖, の皿, の眼, の窓, の窮迫, の第, の算盤, の素姓, の給仕, の縊首, の織ったふとん, の習慣, の老い先, の膝, の致命的, の興味, の行い澄ました, の衝撃死, の親しい, の触覚, の言う, の話し, の該博さ, の説, の過去, の重い重い, の鋼鉄, の長所, の頑固さ加減, の頭, の顏, の顫, の饒舌, は, はあるいは, はいつの間に, はうわさ, はかえって, はかね, はくせもの, はけちん, はこう, はさながら, はしいて, はすぐこう, はそう, はその, はそろ, はたっぷり, はたつ, はとっく, はどう, はどういう, はどこ, はどの, はひと, はまったく, はもと, はもともと, はよほど, はわし, はわたし, はわれわれ, はサケ, はメルキオル, は一日, は三年, は三段, は世界じゅう, は云わず, は今, は会所, は体, は何人, は光井金之助, は全く, は出来る, は友情, は古代インド, は同郷, は名前, は吝嗇, は吾, は嘆, は嘘, は土岐家, は堅実, は外人たち, は実に, は実戦, は家事, は富士浅間流, は幸福, は幾度, は強い, は当時, は御覧, は応対, は政治上, は数十年, は数年前, は文字どおり, は文政六年, は本所横網, は杉村, は桜戸玉緒, は橋本, は正しく, は毒舌, は熱心, は発句, は直樹, は相応, は瞞, は祖国, は祖父, は笑っ, は絶望, は義士, は耳, は若い, は莫大, は落語家, は薬, は裸, は起き, は辛い, は遠く国, は都会, は酒杯, は金鎖, は防禦, は非常, は頭, は魔法使い, は鶴, は黒光り, へ宛てた, へ眼, もこの, もこわがっ, もその, もたぶん, も不覚, も中村座, も同意, も外, も多少, も天国, も少年, も彼女, も悲しい悲しい, も私, も立派, も自分, も首, や青柳, らしい一応, らしくて, をあわれみいた, をお, をお手前達, をこんなに, をし, をそれほど, をつかまえ, をつかまへ, をびっくり, をみたら, をもかほど, をわずらわす, を一瞬此上, を中心, を信じ, を傷つけまい, を先生, を可愛がっ, を哂笑, を嚇す, を因業, を大臣, を心から, を念入, を念入り, を愛し, を慰め, を打ち取っ, を拉, を捕えた, を探しあるいた, を敬う, を殺された, を殺す, を気, を甚太夫, を畏れた, を疎か, を疲れさせ, を相手, を祝し, を胡散, を見たら, を見つめ, を語らっ, 最もよく知れり, 遮ってでも

▼ この~ (466, 0.1%)

14 どうなる 6 どうする 5 にある, のこと 4 きは, どんなこと, の方, の村

3 [13件] が案じられる, きどう, きに, き何, で逢った, どうしていい, どうして生き, に崖, に私, のお, は, はもう, へ行く

2 [23件] きこの, きも, で老人, ともお, どうした, どうしたら, どうなっ, に, にあった, に美味い, に行く, の, の山, の峠, の島, の杵屋さん, の運命, はどう, また無差別, もある, をどう, を考え, を話す

1 [335件] あの方, あまりいい, いきて, いくら行っ, いぜんたる, いよいよ乱暴者, いろんな人, おぬ, お直さん, お邪魔, から右手, がどう, がはっきり, がひらい, がむずかしい, が判然, が地獄, が蔓, が長沢村, が面白く, きいつに, きお前はん, きお父さん, きですよ, きどんな, きどんなこつに, きの, きへ, きを, きユウトピヤ, き一体どう, き何事, き何十年, き何時, き十年, き如何, き寒, き少なくとも, き庸三, き気随気儘, この一家, この俺, この異常運動, こんなよろこび, こんな日, しめし, じゃそこ, すら, そう云う, それではこの, たつた一, たびたび病気, だいろいろ, だ今, でがす, でがん, でございますよ, です, でたった今, で動く, で友達, で斬合い, で段々, で牛車, で頂上, で首斬り役人, という心持, とても, とも, ともあの, ともごき, ともずっと, とも僕, とも専念, とも小藩, とも思い出, とも林冲, とも若く, とも行く, とも遁, とも高家衆, どういうこと, どうして, どうしてやっ, どうしてパン, どうするでしょう, どうなさる, どうなり行く, どうなるだろう, どう生き, どう経過, どない, どの面, どんなお, どんなご, どんなに頼ん, どんなむちゃ, どんな事, どんな変化, どんな恥, どんな手段, どんな邪魔, どんな難儀, にいい, において織田家, にきみ, にございます, にだけは幸福, にどんな, には何者, には呉兵, にもあります, にも路, にも関所, によい, に上野原, に交番, に伯父さん, に住ん, に入れといた, に大河, に安, に木挽ども, に梅, に移転, に苦労, に葬儀屋さん, に集っ, のこと書き度, のこれこれ, のところ, のろうじ, のわし, のアパート, のケンペルスホーフ, のスタンレイ街道, の一丁目, の一条堀川, の七ツ屋, の不動沢, の不動院, の丘, の中院, の丹前風呂, の事, の二丁目, の二本松, の五丁目次郎兵衛店, の伯父貴, の何處, の信心者, の僕, の全文, の八幡, の写真館, の処分, の切崖, の別荘, の十年, の原, の右, の向う側, の問答, の四ツ角, の地方, の夏身, の大きな, の大崎, の大師下, の天見村, の宋林寺, の宿, の宿題, の寺, の小, の尖った, の山上, の山吹御殿, の山木さん, の山道, の岩崎山, の川隈, の廻転鋸, の御, の御用, の政治的, の散, の数珠屋, の文寿堂つて印刷工場, の斑鳩嶽, の断崖, の旅程, の旗亭, の時代, の暮し, の木陰, の東岳廟, の林, の桟道, の様子, の横丁, の横塚吉五郎, の機会, の汐, の河原, の洲, の浜, の浜伝, の深い, の清月, の渋江村, の物入, の生活, の町, の白, の相談, の相談事, の石浜, の笠森稲荷, の筑波屋, の結核, の網船屋, の線路, の興行, の船着場, の草叢, の蟠, の街道わき, の見透し, の親類, の計, の谷間, の豆腐屋, の赤い, の車屋, の辰さん, の辻, の返答, の鈴ガ森, の鉄管工場, の長い, の長者町, の開拓団, の間米山, の雪, の青山アパート, の青山墓地, の鰍沢さい, はいつかオール讀物, はただ, はどこ, はわれら, は伝七郎, は如何なる, は断り立てた, は真暗, は筋, は道, へはおいで, へまいっ, へまでま, へ二人, へ行け, またいつ, またつまらない, また我々同様, また梅, まだいろ, まだちょっと珍, まだどんな, まだまだ厭, まだまだ話, まだ一年, まだ二里半, まだ十年, まだ生き, まだ第, まだ逃げまわる, まだ道, まで一緒, まで參, まで帰る, まで道, も, もうねずみ, もう一つ, もう一苦労, もう少し事件, もう長く, もきつ, もさうだ, もし国, もし赤ん坊, もだんだん, もはたして, ももう少し, も判る, も同じ, も地球, も奉公人いじめ, も実験, も永久, も猶, も留学期限, も読もう, も貢がない, も長い, も飽くまで, をお, をきこう, をちよ, をみろ, を詳しく, を読む, 二度とお前, 何となされます, 全く異なった, 又氣, 困ること, 当知行所, 徐々に深まろう, 御迷惑, 放って, 更に何, 望むところ, 未だ続くで, 歩きたくも, 生きて, 続けて, 見えて, 見つかって, 読み続けるの, 送らなければ, 長く反対, 長く生き

▼ この人たち~ (451, 0.1%)

7 の批評 6 の作品, は, はわたし 5 はみんな 4 の, は誰, をだい 3 が, である, のため, の前, の間, はいったい, は今

2 [22件] がこんなに, がわたし, と一緒, と自分, ならば, にいっ, に聞い, のあいだ, の場合, の手法, の私, の経験, はこの, はそれ, はどんなに, はまた, は九里, は人, は気, は自分, もやはり, を逃がし

1 [344件] から新築, がいなかったら, がいわば大いに, がうちつれ, がお, がきょう, がその, がたいへん, がちょっとした, がとつぜん, がどう, がなぜ, がまず, がみんな芸術家, がコケシ流行, が不幸, が両, が休む, が住ん, が何, が僕, が写真機, が出る, が創作方法, が半年後, が堀河, が宿役人, が峠, が幾分, が影, が急い, が戦争, が損, が携え帰った, が明晰, が最近, が業者, が死骸, が火葬場, が現在, が自分, が芝居好き, が見逃がした, が軽侮, ぐらいいや, こんなに活溌, だけだった, だけには備わっ, だけの語ろう, だけは遠方, だけゆきわたらない, だったの, つたら一聯隊, でも自身, と, とお, との交際, との会見, と今, と共に暮すなら, と合致点, と同じ, と打ち合せ, と話, と話し, なりの信仰, にし, にだって負けない, についてあれこれ, にとうとう, にとってはそれ, にとっては必然, にとっては戦争自体, にとっては自由主義諸国, にとって最も, になる, にはこの, にはしあわせ, にはっきり, にはわかっ, にはわからない, には作者, には刺戟, には店, には母親, には秋, には見当, には誰, には露骨, にもう一度, にもかね, にも多い, によって不完全, に一番, に万事, に事, に会い, に便宜, に土下座, に好意, に対して尊敬, に対して強い, に対して強く, に対して私, に対する選択, に当然, に特別, に畏敬, に立てる, に育てられた, に自由, に頼ん, に食われ, のいう, のいっ, のお蔭, のからだ, のこの, のそうした, のつみ, のにぎやか, のほか, のほねおり, のやさしい, の一人, の一番, の上, の主張, の互い, の伊香保, の作り出す, の作家, の列, の力, の勇気, の勘定, の友情, の喜び, の喜ぶ, の噂, の好き, の平生, の幸福, の弟子, の復讐心, の恐怖, の悲しみ, の愛, の感情, の憂, の手, の抵抗論, の持ち出し, の持っ, の揚げる, の教区, の文学, の旅行法, の明晰, の普段, の期待, の栄養, の機嫌, の涙, の無性, の燃える, の父君, の片言隻句, の生き, の生活観, の申し分, の痩せこけ, の発音, の目, の目ざし, の眼, の着物, の研究, の破滅, の積極的, の美徳, の自由, の行き, の行く, の表, の見, の言う, の話, の話す, の誰, の誰か, の貧乏, の貯え, の身の上ばなし, の辿りついた, の遠い, の降る, の集まり, の非, の頭, の顔, はああ, はある, はいま, はうなずい, はかう, はかえって, はかつて, はかね, はかの, はからだ, はきょう, はこれ, はし, はしばしば, はそういう, はそれぞれ, はたいして, はたいてい, はたがい, はです, はどうか, はどうして, はどこ, はなんと, ははじめて, はみんなあなた, はみんな内輪, はみんな善良, はみんな戦争, はみんな立派, はもう少し, はもっと, はやっ, はわたしども, はアメリカ, はキリスト教徒, はダメ, はパリ, はヘラズぐち, はモンパルナス, は一体どう, は人間, は仲間, は住ん, は何, は何故, は作家, は働かない, は全, は占守島, は危険, は同じ, は啻に, は喜び, は士族, は大宮, は大概, は天, は天界, は好ん, は宿泊所, は少年, は当時, は思ひ, は思われる, は持っ, は摺付木, は文学, は文学芸術, は文芸批評, は新しい, は既に, は日光, は日頃, は昔, は果して, は正面, は氷屋, は決して, は涙, は源氏, は生き, は皆, は皆それ, は知らないらしい, は私, は私たち, は結婚, は能率, は自然, は船, は若い, は英国人, は虚栄心, は詩, は逢った, は遊び, は運, は郷里, は金光教, は間違っ, は陽気, ばかりの悲劇, ほど頼り, もえんり, もそう, もそして, もね, ももっと, もわたし, も半蔵, も思い乱れ, も死ん, も私, も道具立, も重い, をかばう, をこんなに, をし, をそう, をどう, を一, を助け, を助けなけれ, を大いに, を尋ねる, を思いやる, を悪く, を悪鬼, を慰め, を救う, を曳い, を満足, を片っ端, を理想的, を疲れさせ, を眺め, を自分, を見, を見つけた, を親切, を訪ねた, を駆っ

▼ この仕事~ (448, 0.1%)

6 のため, をし, をする 3 がどんなに, に命, に没頭, は実は, は彼, は私, をはじめて, をやっ, を完成

2 [32件] がある, ができあがらない, ができれ, が私, にかかった, について私, に参加, に取り, に取りかかった, に当る, に従事, に着手, に適し, の性質, の第, はやっ, はカヤ方, は他, は出来上がる, は大変, は大工, をはじめた, をやり, を仕上げる, を大急ぎ, を始め, を引き受け, を御, を早く, を私, を覚え込ん, を遂行

1 [339件] から偶然, から全く, が, がいや, がおわる, がこの, がすべて, がずるずる, がだめ, がどういう, がどの, がどんな, がない, がなし, がひとりでに, がひどく, が何より, が困難, が多分, が如何, が工業化, が当時, が或, が済み, が済め, が片づかない, が片づき, が盛, が約束, が終れ, が続かなかった, が辛く, が附属的事項, だけはやっ, だけを勤め, だすっかり, で, である, ではたしかに, では一晩, では敬, でノーベル賞, で一つ, で大いに, で彼等, で得た, で生きる, との繋がり, ならそう, なら皆, にあたった, にうち, において吾, において哲学者, において哲學者, にか, にかかる, にこそ命, にすっかり, については先ず, については甚右衛門, につかっ, にとりかか, にとりかかった, にどんなに, にはいっそうぴったり, にはその, にはどう, にはアーサー・シュスター, には仲, には四時間, には多数, には大いに, には耐えられなかった, には莫大, にみんな, にも一段落, にも馴染まれた, に一時間, に乗り出さぬ, に何, に使う, に努力, に厭気, に反対, に取りかか, に取りかかる, に向い, に堪える, に対して彼, に対する忠実さ, に対する要求, に専念, に差し向けるべき, に当った, に従う, に從, に意義, に慣れ, に憑かれる, に手, に掛からせた, に携わる, に最も, に溺れ, に特に, に献身的, に疲れ果て, に約, に終結, に組織, に自分, に記念塔, に間に合うた, に関する様々, に関係, に飽き, に首, のせい, のそば, のつら, ののち, のみならず, の一部分, の一面, の上, の世間的公認, の中, の主任, の値打, の先駆者, の出来ない, の制度上, の割あて, の功績, の叢, の口, の可能, の多く, の多少, の後継者, の意味, の成行き, の持つ, の方針, の有力, の本質的, の濟むの, の片づく, の生, の真相, の話, の遂行, の適任者, の采配, の間, は, はあくまでも, はあなた方, はあるいは, はいわば, はお, はおいら, はおわっ, はお前, はお寺さま, はかげ, はこの, はしかし, はしだいに, はすべて子ども, はそこ, はそっち, はその後, はだ, はちょうど, はときどき実に, はどうも, はなかなか, はまた, はまだあんまり, はもう, はやつ, はカンタン明快, はダメ, はロレンソ, は一人, は一応, は一日, は一昨年, は一時, は乗, は亜米利加, は人助け, は今, は仕上がった, は元, は十三四日, は困難, は夏, は夏川左近, は多分, は実に, は専ら, は少年, は延期, は思いの外順調, は思い切る, は急がせられ, は恐らく, は日本そのもの, は早く, は明日, は映, は最も, は本当に, は松村, は楽しみ, は気味, は永田組, は波浪, は無事, は無駄, は理性家, は生易しい, は盛, は相, は確か, は私ひとり, は端緒, は組合, は結局失敗, は職業的性格, は若い, は藤原家, は誰, は退屈, は造像, は静物, は面白い, は題目, ばかりさせられました, への没頭, への熱意, べやに寝起き, ももうすっかり, もやつ, も何, も余り, も大した, も書きはじめ, も漸く, も終った, も続きませんかった, やめようかと, や正に, を, をあっし, をおれ, をおわる, をさえ充分, をさせる, をした, をしたい, をすすめ, をすまさなけれ, をその, をたすけ, をたのん, をつづけ, をつづけました, をつづけろ, をとにかく, をなした, をなしとげさせるであろう, をはじめ, をはじめよう, をほか, をまかせた, をまとめる, をやった, をやってのけよう, をやりとげます, をやり終せ, をやる, をやれ, を一通り終, を三河屋, を二度と, を五日, を仕上げさせ, を仕遂げる, を他, を任し, を利用, を助けた, を勸め, を単独, を各々, を喜ん, を地下, を大して, を好い, を好もしい, を学校, を学生たち, を引きうけ, を彼, を徹底的, を思い立った, を急がなけれ, を成し遂げず, を成り立たせる, を手伝, を手伝う, を打立て任せ, を托された, を押しつける, を担当, を捨てられない, を断わった, を昭和聖代, を書きあげる, を果す, を棄て去った, を申込ん, を研究, を確認, を継ぐべきである, を続け, を続けた, を自分, を覚え込んだ, を試みよう, を調べる, を貴下, を遂げた, を重荷, を順

▼ この~ (442, 0.1%)

7 を見 5 が好き, です, を見る 4 の姿, の色

3 [11件] が咲い, のこと, の下, の中, の咲い, の咲く, はこの, を, をいざ, を愛する, を持つ

2 [36件] ありし日, がない, が多い, が私, だ, には捨て, に暮れし, に来る, に適し, の, のなか, のよう, の名, の寺, の形, の感じ, の持味, の為め, の白, の茎, の蔭, は, はいつも, はその, は昼間, は朝, は萩, は虫媒花, ばかりで, よりも紅い, をせせっ, をどう, を友, を愛玩, を見た, を見捨て

1 [307件] から口紅, から防暑用, が, がえい, がすき, がすん, がたくさん, がなくならない, がなつかしい, がまた, がよく, が一位, が一番, が南国, が咲く, が咲け, が大変, が庭, が御, が朝, が来, が開く, こそはか, こそ花後, さいた, た, だけはほのか, だにあら, であった, である, ではありません, でむずかしい, と, とさう, とを以て花御堂, とを結びつける, と一緒, と二種, と少女, と立花, と蝶々, と語る, と飲む, に, にいと, にかけ, にその, について妙, にならえ, にのみはかうし, にはさびしい, にはちっとも, にはみつ, には秋, にめぐり合った, にもしそ, にもつい, に似, に似つかわしい, に凝った, に凝つた, に利益, に及べる, に取っ, に名状, に宿り, に寄せ, に対して魂魄, に対する投票者, に対すれ, に對, に就, に得心, に忍ばるる, に意味, に感謝, に接吻, に於, に映った, に私, に逢った, に雨, ぬひたらばと, のあはれさ, のおし, のご, のさいた, のぜいたく, のそんな, のため, のほんとう, のみが踏む, のみつ, のやう, のわかる, の一つ, の一件, の丈, の上, の使者, の凋む, の前, の匂い, の匂う, の原産地, の咲いた, の咲き出す, の咲くべくなり, の国, の多い, の如き, の寂し, の工合, の幾群れ, の弁, の心, の感覚的, の慰問隊, の成長, の持ち主, の放つ, の散りつくす, の方, の時節, の本名, の本当, の枯れる, の歌, の満開, の灰, の特徴, の生々し, の生活, の画看板, の盛り, の真, の砂糖漬, の研究, の秋, の紅い, の絨毯, の美し, の群つて, の群れ, の自然, の色彩, の落ちる, の見た目, の視, の趣, の鉢, の鎖, の長く, の間, の露, の非常, の面白から, の頃, の香, の香い, の馬, の魂, はあるいは, はいわば, はこう, はここ, はじ, はどう, はなぐさめ, はね私, はほか, はほんの, は丁度二十四日, は不思議, は世界, は今, は仏, は優しい, は凜乎, は又, は好き, は始終, は寧ろ, は少, は幼い, は恐し, は摘む, は日盛り, は昔, は普通, は梅雨時, は正に, は死人花, は比較, は水, は牛, は畑, は知られなかったでしょう, は私, は種子, は聞かせ, は船, は色, は英雄, は薄, は見すぼらしい, は誰, は露, は青い, は非常, は香, は黒朱子, ばかりがほ, ばかりだ, ばかりは供, ばかりは殆, ばかりは町中, もただ今, もはや, もやはり, も五月闇, も亦, も今, も同属, も摘ん, も茎, も風, よたま, をいかに, をいただきました, をいと, をうつくし, をきっ, をくれた, をその, をつつむ, をとこ世, をのまなけれ, をはじめて, をぼく, をみた, をも賞する, をケイセバナ, をノギノギ, をヒルガオそのもの, をホテル, をヤケドハナ, を主題, を作っ, を作った, を作る, を入れ, を写生, を冷酷, を初めて, を嗅い, を売っ, を好き, を好く, を好む, を室中, を少なから, を山家, を広東, を引張る, を当時, を御覧, を心して, を愛し, を愛す, を折った, を持っ, を採る, を摘む, を摘ん, を日輪, を栽, を植え, を歌, を池, を浮かべたら, を王, を生じた, を知っ, を自分, を見かけ, を見たかった, を見つけ, を見つけた, を見つける, を見ない, を見られます, を見ろ, を訪れる, を贈る, を辞し去っ, を通じて自然, を那裏, を集め, を食ら, を鶏血草, 御嫌, 折るべからずの, 活けるには, 美しいで, 美しいでしょう, 降しは

▼ この~ (429, 0.1%)

1264 の事, は, を 3 という人間, の眼, の顔, を愛し, を馬鹿

2 [26件] がこの, がだ, が何と, が言う, が誰, さ, だぞ, という存在, と一緒, に達引, のこと, のため, のほう, の女房, の手, の救, はお, はそんな, はどう, は何, もお前, もよく, をこんな, を困らせる, を殺す, を見

1 [332件] あ前垂れ, か, からの感化, からもお, からも口, から永生, がおまえ, がおめおめ, がおれ, がお前, がお母さん, がか, がかう控え, がこども, がこれこれ, がこんな, がず, がそういう, がそんな, がたった今, がつい, がどう, がな, がなってる, がなんで, がな都合次第, がぶつかった, がみっともない, がむかし, がよ, がソヴェート, がデレリボーッ, がビク, が一番, が不気味, が主, が云い出した, が今日, が仕込んだ, が付け込む, が兩方, が処置, が千兩箱, が受取, が唸る, が外, が大人気, が奴, が居合せた, が山本始, が引受け, が悪者, が悪魔, が殺した, が殺そう, が気違い, が永生, が江戸, が決闘, が父親, が王様, が癩病患者, が盗み, が盗んだ, が目, が真打, が知, が私, が立派, が美しい, が聞き, が自分, が芳江姫, が表, が謀反, が謀反人, が貴様, が迷っ, が迷惑, が面白い, が飯, が首, が駄目, が高尚, が黙っ, くらいな, こそその, こそチット, こそ守り, じゃ, じゃない, ただひとり, だが, だけはなれない, だけは誑, だぜ, だったとは, だってこの, だってそこ, だって有難い, だって根から, だって死ぬ, だつた, だ俺, だ浪人, でも羨し, で口書, というもの, という者, とお, とが不和, とが同じ, とが夫婦, とが珍, とし, とそれ, とはドウ, とは何, とは浅い, とは義理, とを一緒, と小三郎, と思った, と話し, と較べ, なの, なら東京っ子, なるもの, に, にか, にこの, にさえ物, にたいして子供, にとっては, にとっては縁故, にどんな, になん, にはぞっと, にはちゃあん, にはどう, にはよく, には一コペックごと, には他, には出来かねる, には屁, には彼, には百ルーブル, には関係, にむかっ, にゃ一家, に些か, に今夜一, に任せ, に信心, に信頼, に判る, に向かわせる, に川上機関大尉, に当分ここ, に心, に惚れ, に感化, に指, に掴まえられる, に斬っ, に渡さない, に知らせ, に祟る, に聞け, に聟, に背, に言った, に訊く, に許す, に諫言, に頭, のお蔭, のどこ, のなら, のもの, のよう, の他, の力, の友人, の口, の名, の塾内, の家, の心根, の思い, の恋, の意志一ツ, の手記, の持物, の敵, の本心, の犠牲, の眼つき, の着, の考え, の考えた, の耳, の聞き, の胸三寸, の見分け, の許婚, の證言, の身体, の酔ひ振り, の領分, の鼻, はこの, はさしずめ, はどういう, はどうして, はなん, はまるで, は一體, は今, は今後, は俗物, は俺, は善良, は大変, は思う, は悪, は朝鮮, は林蔵, は生れ, は誰, は騒がない, は高価, ばかりじゃある, へぶつかった, へ姫, へ弟子入り, までもう, までを干乾し, まで傍, も, もとっちめられた, もどう, もどこ, も一人前, も周子, も少し, も林, も立つ瀬, も街頭, も駄洒落, よ, より外, より強い, をいっぺんに, をいろは, をえらんだ, をお座敷, をからかっ, をこの, をこんなに, をさんざん, をじっと, をだ, をだらし, をどう, をのけ者, をよ, をドシン, を一ぺい, を一ぺん, を一体, を一生懸命, を何, を使, を侮辱, を信用, を切りき, を刺客, を助け, を勾坂甚内, を嘲弄, を大, を嬲る, を安, を尊敬, を尾行, を幸福, を強迫, を待っ, を怨ん, を恋する, を恨ん, を息子, を悪党, を悲しみ, を抜い, を捕まえ, を捕まえれ, を探し, を描いた, を救い出し, を斬った, を水びたし, を沈める, を滅ぼせる, を無視, を生んだ, を白い, を知っ, を組織, を縛, を縛れといつ, を翻弄, を船, を苦しめる, を莫迦, を虫ケラ, を蟲ケラ, を行かせない, を見わすれた, を見下げ果て, を話相手, を賊, を踏付けや, を軽蔑, を追い越し, を邪魔, を隠密, を餌食, を験す, を高利, を鼓賊

▼ この~ (427, 0.1%)

28 恩は 5 人の 4 夫婦の 3 像の, 像は, 城内に, 婦人が, 屋敷に, 近所に

2 [32件] 下屋敷へ, 二方の, 城内の, 女中の, 姫様に, 婆さんの, 婦人と, 婦人の, 婦人も, 客たちを, 屋敷の, 屋敷へ, 恩に, 恩を, 手軽という, 書面を, 本の, 本は, 番所の, 相談は, 相談を, 着の, 着城の, 神籤の, 秘蔵の, 紋章が, 縁は, 縁談を, 茶が, 言葉だけでも, 警策の, 隠居が

1 [308件] いんきょはおとしをめしていらしったのにお気, うたを, えんぐみは, えんだん, きりやうで, きりょう, すゑは, 一方だけ, 一言で, 一語に, 三は, 三方に, 三方の, 三方は, 上書だ, 上書を, 下命の, 下命を, 主人の, 乗り物に, 二人の, 二人ほど, 二方が, 二方だけが, 人です, 人と, 人体を, 人唖や, 人形さんを, 人形の, 仏を, 仕着, 仰せには, 仲人は, 休処と, 住居の, 侍は, 依頼に, 便りを, 信念の, 修営がと, 修営に, 修覆, 倉さんが, 像には, 僧は, 兄さんはな, 先祖の, 公儀の, 写真を, 処置を, 出家一人の, 初地入を, 別荘と, 勢で, 厚恩は, 厚恩を, 厚情には, 同情の, 同胞がたを, 名前を, 呪文は, 呪文も, 商売を, 問答は, 営内へ, 四男の, 困窮の, 土産から, 城下に, 城下の, 城下へは, 報告の, 墓前へ, 墨附を, 壮挙には, 大役を, 天気に, 夫婦が, 夫婦に, 夫婦は, 好意に, 姫様と, 姫様の, 姫様は, 姫様御, 婆さんが, 婆さんと, 婆さんに, 婆さんは, 婚儀の, 婚儀は, 婦人だけ, 婦人は, 婦人方が, 婦人達にとっての, 嫁御は, 嬢さんは, 嬢さんばかり, 存亡の, 定紋に, 定紋目に, 客さんで, 客さんは, 客に, 客より, 客様を, 宴席で, 家族が, 容体ぢや, 寵愛最も, 寺の, 寺ばかりは, 寺も, 寺を, 屋形の, 屋敷と, 山の根に, 山荘へ, 巡幸の, 巡幸は, 布告を, 希望は, 年二十一歳さらに, 座敷へ, 庵室に, 当人の, 往生の, 心は, 心配は, 心配ばかりは, 忠告は, 怪我な, 恩報じ, 恩忘れ, 恩施を, 恩私一生忘れない, 恩義を, 恩賞としては, 悲願に, 愛用の, 慈愛なかりせ, 憂悶より, 成道を, 戦を, 手当として, 手当を, 手紙いただいた, 手紙が, 手紙に, 手紙の, 手軽主義から, 拝領は, 挨拶の, 改革の, 政治向さえ, 文言では, 旗が, 旗の, 時世である, 時世に, 時勢だ, 時節に, 暑いのに, 書を, 書状の, 書面に, 期待に, 木本島では, 本が, 本と, 本に, 本を, 本屋でも, 本陣においてすら, 柱が, 柱を, 様子では, 様子を, 横行の, 次ぎへは, 次ぎを, 正月でございました, 正月に, 正月白木屋へ, 母さんと, 母さんの, 母さんは, 気象が, 注文は, 洋服は, 消息が, 深切は, 災難でございませう, 爺さんの, 爺さんは, 牢人様を, 状態を, 生活の, 用件の, 用談の, 番所が, 番所には, 番所へ, 病気が, 病間の, 皇室の, 相談も, 着へ, 着も, 着を, 着城と, 知らせが, 知らせを, 祈祷に, 祈祷の, 神さんは, 神の, 禊を, 禮は, 空の, 籠りの, 系統が, 紋服を, 紋章の, 紋章は, 納屋の, 紹介状を, 経衆は, 結婚には, 結婚談の, 綱柏と, 縁に, 縁の, 縁を, 縁女は, 縁談の, 縁談ばっかりは, 縹緻が, 老中の, 老人は, 老齢まで, 職責を, 良縁を, 茶という, 茶に, 薩を, 見解より, 規則をすら, 親切は, 言葉, 言葉は, 計画が, 計画には, 計画は, 計画も, 訪問を, 評一も, 詞の, 話は, 贈答などでは, 趣旨を, 転婆を, 近所で, 近所です, 近所なら, 近所の, 近所まで, 近辺まで, 返歌は, 返礼を, 通行が, 通行の, 通行を, 通行筋へ, 連中も, 遊抄から, 道具類は, 道場が, 遠忌の, 邸の, 部屋で, 部屋は, 金蔵破りの, 鈴口は, 鈴口限りで, 鉢火口は, 鎮圧に, 関係は, 陣に, 陰徳が, 隠居, 隠居には, 隠居の, 隠居は, 隠居への, 隠居側に, 隠居娘思いな, 隠居様と, 集のちが, 集まりの, 難儀を, 頂きを, 領内には, 頸に, 顕示が, 願いを, 飛脚です

▼ この~ (425, 0.1%)

95 に限る, を離し 4 をこう, を放し, を用い 3 がある, だな, で成功, にかかった, は

2 [35件] だ, で, でおっ, です, でだいぶ, でもっ, でやっ, でやったこった, でやられる, で妹, なん, にし, にて君, に呪, に触れた, のこんだ, のよう, のニヒリズム, の傷, の分裂症状, の大将, の指, の正直さ, の跡, は何, は紛れ, やこの, をお, をさえさし出したい, をやっ, を伸ばし, を握っ, を握った, を放せ, を置かし

1 [309件] か, かどちら, から放れ, から突然, が, がおれ, がきびしい, がそんな, がちょい, がどうも, がなかっ, がむざとせっかくの機会, がもし, がよい, がよく, が二階, が付く, が使う, が入る, が太く, が妙味, が岩角, が得意, が悪く, が挙がったら, が昨夜, が母, が蒼ざめた, が触っ, が言う, が退屈, が鉄, が震えました, この足, じょうかい, じょうがじゃまじゃ, だけで岡惚れ, であいつ, であの, である, でいっぱい, でおまえ, でお仙, でお嬢様たち, でしかける, でした, でしなければ, でしめ殺す, でその, でそもじ, でたたきのめし, でただいま, でたばかったであろう, でつきのける, でとうとう, でとっちめる, でと思つた彼, でどうやら, でひつぱたいて, でひどい, でふれられる, でも洗わねえ, でも確か, でやられ, でやられちゃう, でよ, でわたくし, でウン, でドア, で一つ, で下手人, で事務員達, で介抱, で兵糧, で友人たち, で姉さん, で己, で幕府, で幾人, で引, で引っ, で彼, で彼女, で復讐, で捉, で掴みたかった, で掴もう, で暗に, で死んだ, で殺し, で殺した, で殺し兼ねた, で殺害, で浪人者, で父親, で犯した, で犯人, で男, で突き, で米友, で絞めた, で苦労, で草履, で葉巻, で誘惑, で誰, で調べた, で謀られたなら, で遣り, で開けた, で露西亜, で首, で鯉, とあの, とこう, とこの, とともに余, と共にいなけれ, と同様, と奇策, と彼, ならかうあの, ならこう, に, にお, にさわっ, にたしかに, にちょうど, につい, につかまっ, につかまぬ, につかんだ, にて, にて香, にとどかず, にとり, ににおい, にね, にはいくさ上手, にはお礼, にはかかっ, には気がつかなかった, には気づかず, にまで植物, によって不愉快, にキス, にキッス, にツバ, に乗せよう, に乗る, に会っ, に入る, に六十六分, に分捕っ, に力, に十二分, に取っ, に喰付, に帰, に引っかかっ, に引懸, に応, に惜し, に抱い, に持っ, に掛つて, に接吻しな, に曹操, に生れ, に百五十七, に見, に見覚え, に負えない, に近づい, に這入つた, に酒, に釘, のつけよう, のつけられない, のふざけた, のもの, のダニ, のボロ, の上, の中, の主将, の修繕, の効果, の動く, の吉川町人種, の名人, の呉, の商売, の婦特有, の客, の寝台, の心法, の所有者, の指揮者, の森林, の爪, の総, の美し, の肉, の脅し, の花, の菊水兵, の裏表, の足利方, の軍勢, の鉄砲, の骨格, はいい, はおまかせ, はすこし, はなかなか, はひさしく, はもう, はバレ, はビラ, はルーベンス, は二度と, は以前, は使われ, は利かぬ, は叫ばず, は單, は坂田, は大津, は安直本位, は家庭, は将棋, は彼女, は怖, は日本, は昨日, は柚子, は背骨, は菊, は読売, は諦める, ばかりゃ, へ駈け向かった, ほとんど力まかせ, ほらこの, もきかない, もて園, もやがて, もハートルプール, も一つ, も可愛い, も然, も自由, や足, より穫るる, よ腐れ, をくっ, をけふ, をこの, をしつかり握つ, をただ, をつかう, をなおし, をはなし, をば, をほどい, をもっ, をやろう, をゆるめ, をグッ, を人間, を併用, を使う, を使わぬ, を出す, を切っ, を加, を加える, を吹い, を喰う, を大きく, を引く, を引張っ, を引張つ, を抜く, を押え, を持っ, を接吻, を放す, を横, を洗わなけれ, を用いた, を用いました, を用いよう, を私, を考へ, を與, を見た, を見ろ, を見ろい, を警戒, を釈, を離さっし, を離さない, を離したら, を離しなさい, を食っ, を食った, 想いだすわ

▼ この~ (424, 0.1%)

8 の住職 5 の境内, の墓地, の本堂 4 の住持 3 に来, の前, の宝物, の檀家, の縁起, の近所, へ来

2 [28件] なり, に, にあった, にいた, にき, には何, に四十年, に来る, のお, の中, の僧侶, の内部, の和尚, の塔, の墓場, の大, の山, の本尊, の老木, の裏, の門, の開祖, は, はむかし, は佐々木盛綱, は裕福, へいらした, を辞し

1 [320件] かといつか, からある, から二町, から馬, が, がいかにも, がその頃造営, がどこ, が一番, が出来る, が嘗て, が大椿寺, が小さな, が建立, が昔時, が毒消し, が特に, が繁昌, が見世物式, じゃあぶない, じゃあ木魚, だけが遺, である, でいかにも, ではかね, で一夜, で出す, で坊さん, で大蔵経, で密教, というの, とはまったく, と背中, なの, にあずけた, にあっただろう, にい, にいなさる, にいるなら, におさめ, におる, にかくる, にかくれ, にかつぎ込みし, にきめた, にこうして, にしのび入った, にすわる, にそんな, について, につれ, につれて記憶, にはいっ, にはいません, にはただ, にはない, にはまだ, にはタクミ, には一切経, には不良分子, には今, には台, には和尚さん, には年寄った, には弁天, には後年本願寺, には文晁, には枳園六世, にまさる, にも一夜, にも怪談, に一個, に一匹, に一夜, に三要, に乗込ん, に仮, に住みたい, に住ん, に何, に保存, に兆, に入り, に全く, に務め, に厄介, に参る, に参詣, に周旋, に在る, に埋まっ, に墓, に客僧, に寝泊まり, に巣, に帰っ, に御, に押込ん, に残し置くべき, に残っ, に泊まっ, に泊め, に留まったであろう, に留まる, に留学, に登つて來, に移した, に籠り, に縁, に臨ん, に葬り, に葬礼, に衣鉢, に親戚, に観世音, に詣ずれ, に詰め, に遺し, に隠れ, に集, に集まった, に頼まれ, に高尾, のいたく, のうしろ, のこと, のため, のなか, のや, の上, の上り物, の主人, の今, の何代前, の価値, の保存, の僧四十余人, の先々住, の先住, の内, の出ボトケ, の別室, の名, の名物, の向こう, の和尚さん, の和尚どの, の善因殿, の土, の坊さんら, の報恩講, の墓所, の壁, の壮大華麗, の多い, の多く, の大部, の奥, の奥殿, の奴ら, の宗穎, の小僧, の岸, の巨きい建物, の広い, の庭, の役僧, の後, の御, の所在, の持つ, の方丈, の旧物, の書院住居, の本尊阿弥陀如来, の構造, の歴史, の沿革, の猿, の相当, の神壇, の納所, の絵, の罹災, の背中, の花見, の若い, の薬師堂, の薬師如来, の藥師如來, の裕福, の西, の見る, の見晴しの, の覚光, の講堂, の軒, の近, の銀杏, の鐘, の鐘性, の鐘楼守, の門前, の開山当時, の附近, の院主観覚得業, の風呂, の養子, はあまりに, はこの, はこりゃ, はごらん, はほとんど, はチベット, は三, は今川義元公, は何, は俗, は僧舎二百戸, は和泉式部, は境内, は変った, は大正二年八月, は宋風, は実に, は小乗戒, は市川小団次, は廢寺同然, は建物, は引越し, は弘法大師, は御所, は戦国時代, は故, は明治三年神仏混淆, は昔, は書紀, は松平氏, は海浜, は焼けた, は熱狂的伝道者行基, は牡丹, は由緒, は稲葉家, は草創以来明らか, は荒, は葬式, は谷あい, は貧乏寺, は醍醐天皇, は関白, へおいで, へきた, へくる, へたびたび, へはいっ, へはいった, へはいろいろ, へは一本, へは代々将軍, へもいよいよ, へ一人, へ以前, へ來, へ出入り, へ参りました, へ右大将殿, へ向い, へ向けられ, へ奉公, へ姿, へ御, へ散歩, へ来た, へ毎夜毎夜, へ泊まっ, へ泊まらせる, へ泊る, へ知らせ, へ第一歩, へ行っ, へ行った, へ訪ね, へ逃げ込ん, へ通う, へ避暑, もし, も二三年前, も供出, も古う, も大破, も暫く, も武宗, も火, も黄巾, をお立ち, をこ, をさ, をさし, をすくなくも, をつつむ, を価値, を出, を出た, を出でたり, を切りぬけ, を宿, を建てた, を志し, を枕, を焼いた, を目的, を立つ, を立とう, を襲っ, を訪ねよう, を訪れた, を訪れる, を開いた, 古え

▼ この~ (406, 0.1%)

13 のこと 5 の光景, は 4 の月, を 3 に限っ, の, の事, はこの

2 [21件] であった, と思ふ, のあて, のため, の中, の光, の宴, の山, の村, の深, の男爵, の篠藪, の興, の運命, の雨, は明けぬ, は気, もあける, もすわり, も明ける, 深に

1 [321件] あの一家, あの隣り, あるきも, いみじく, いよいよ断行, おあい, おそくまで, お登和嬢, お綱, お鳥, からお母さん, からさらに, からわずか, から八百八街, から咯血, から昼, から諏訪栄三郎, から風邪, かれは, がすみ, がはじめて, が二人, が初めて, が更け, が最後, が爽涼, が私, こそ, こそは山, こそ恐らく, こそ旧暦, こっそり忍び出, このよう, この事, この人, この城, この屋敷内, この時, この暗い, この機会, この炉端, しかも同じ, すさまじい雷, そのまま皇后ルイザ, たいへん遅く, ただちに探題, だけはいかな, だけは千鶴子, だけは南画, である, できた詩歌, でなければ, とこの, と晝, どうしても眠れない, なぶり斬りに, に, になっ, に初めて, に真面目, に見出したであろう, に起った, のあ, のあたり, のおぼつかなき, のない, のみはいといつくしく, のわけ, のカッフェ, のチーダンス, のパン, のボルシチ, の丑, の九時頃, の事件, の人気, の会合, の会議, の僕, の凄い, の別れ, の前後, の十一時, の午前零時, の地方, の報告, の夜中, の大会, の大将, の失望, の失策, の女史, の如く, の宿泊地, の帰り途, の帰国披露目, の座敷, の庭園, の彦兵衛, の彼, の彼等, の愉し, の晩餐, の景気, の景色, の暗, の暗夜行, の會記, の査問, の気持ち, の氣, の清興, の清風明月, の演奏, の演芸, の激戦, の灯, の独語, の琵琶法要, の私, の空, の空気, の空氣, の空襲, の突発事, の紙帳, の経験, の綿, の自由, の興味, の色, の襲撃, の親し, の解せぬ, の計画, の訪問, の訪問者, の貧民窟, の送別会, の酒宴, の長, の長き, の雪, の雷雨, の静けさ, の顛末, の餘興, の騒ぎ, はあたかも, はあまりいつも, はお, はおしまい, はきっと, はここ, はことに, はじめて大望, はその, はそんなに, はどこ, はなかなか, はのんき, はみな, はわざと, はカソリック, はタキシイド, はバクスター, はブロウニュ, はボート, は七年, は万事, は九月十九日, は二人, は二十六日, は二月十六日, は余程, は傍, は別け, は別して, は前, は同家, は夏羽織, は多感, は夜すがら寐, は大分酒, は娘, は子供等藁, は孔明, は将士, は小声, は山麓, は彼, は放歌乱舞, は早く, は星, は月, は月光燦, は村, は武装, は渠, は父, は特に, は牽牛星, は珍しく, は真夜中過ぎ, は真紀子, は碇泊, は私, は終夜まくらもと, は落着, は謝肉祭, は遽, は霧, は露, は静か, は頬, は頭, は馬鹿, は騒ぎ, は鶴岡, ばかりは恨み, ばかりは林冲, ひかる虫, ふかきに, ほど二人, ほど深い, ほど長, またお, また検疫官, まつくらな, まで自分, めずらしく大酔, もいつも, もこの, もさらに, もし佃, もその同じ, もただ一人府内, もついに, もほとんど, もまた, もやはり, も一文, も余りに, も六七人, も央, も姉, も山々谷, も後醍醐, も敵味方, も昼, も更け, も月, も母, も甲斐, も石工ども, も自分, も薫, も金, も闌, も雪, やすく睡らるべし, わが神霊, をかぎり, をすごし, を何, を基礎医学教室, を大事決行, を女たち, を徹, を思ひ起す, を明かす, を明かせ, を明し, を期し, を機縁, を過ごし, 主水, 会わずに, 出来て, 初めていや, 初めてわたし, 初めて矢代, 初めて秀吉, 助かった捕兵, 各, 同じよう, 図らずも, 堂々と, 孕まれた由, 寒くなし, 寝ずして, 小さな川, 帰らず, 忍び込んで, 持って, 揺りか, 故なき, 新王ロロ, 日ごろの, 更けた頃樵夫小屋, 更に, 更にあんな, 更にこ, 更にこの, 更にわたし, 更に乗客, 更に何, 更に変, 更に少しずつ, 更に時間, 更に羽ばたき, 殺されぬ, 浅きに, 灯さな亡き人, 無禮講, 短かい, 見たとき, 誓った, 読みつぐ, 買った紅巾, 遅い訪問客

▼ この作者~ (395, 0.1%)

11 が, のもの 75 の, の作品 4 にし 3 の態度, の歌, の現実, はそういう, はその

2 [25件] がその, が人間, が平安朝古典伝来, が現実, には, には効果, のこの, のもっ, の名, の懊悩, の書いた, の目, の示した, はある, はかう, はこの, はどんな, はもう, は一方, は唐, は淑, は甚だ, は自分, らしく, らしくない作者

1 [287件] がいたずらに, がかういふ, がこの, がこれ, がつよく, がどうして, がもう少し, がもし, がわが, がシナ, がロマンチスト, が一心不乱, が今後何, が他日さ, が先ず, が初めて, が勤労者, が喋らし, が外国, が女, が好ん, が好意的, が如何, が妻, が幼時, が我が国, が所謂良心的, が抒情詩人, が数篇, が文学, が昔, が歴史, が漆, が無, が理性, が田村, が真面目, が自然, が自由, が自身, が試みた, が近代的, が都会人, が都会俳人, が題材, が風蝕, ぐらい現実, こそ現代日本, だつた, だと, とが同じ, とこの, としてこの, としてとりあげられる, としてのある, としての統一完成, としては苦, とを繋い, と中戸川氏, と作品, と知つて, と自分, と親交, にある, にかう, にかぎらず, についてツワイク, にとっては別に, にとって人間的追求, にとって微妙, にとって良心的, にとつて, になじみ, にはこの, にはトルストイ, には一度, には他, には口, には特に, には適用, には鰊, によって一二年前提唱, によって初めて, によって書かれ, に判る, に向っ, に将来, に小説, に求める, に由つて自分, に私, に著しい, のあの, のあらゆる, のいう, のいふ, のおさな, のこころもち, のこれ, のその, のつれ合い, のどの, のねうち, のひたむき, のほう, のほとんど, のみならず, のよう, のよく, のリアリズム, の一幕物, の一番, の三つ, の世界, の中心, の主要, の云わ, の人, の人格, の人生, の人間抗議, の人間観察, の仕事, の代表作, の住ん, の傑作, の全, の再考, の処女作, の切なき, の前, の前衛性, の前途, の創作手段解明, の動かぬ, の勤労者, の勤労者性, の反省, の地味, の場合, の天質, の将来, の平常, の強味, の得意, の得手, の微妙, の心もち, の心象風景, の心頭, の応募詩, の思い, の恐るべき, の悲恋, の感興, の感覚, の才能, の投げる, の持ち出す, の持つ, の持つた, の捉えた, の描いた, の描く, の文学, の方法, の有名, の核心, の次, の温かい, の特徴, の特色, の特質, の特長的, の独創, の現実認識, の現身, の生き方, の生活, の生活意識, の発明, の発表, の立て前, の筆, の筆致, の絵, の老巧さ, の考へ, の脚本, の自然観, の芸術, の行なった, の表現, の見た, の見方, の観相術, の言, の軽薄, の進歩性, の運命的, の驚くべき, はああ, はい, はいつも, はおそらく, はこれ, はこれら, はすぐ, はそ, はそこ, はとっても, はどう, はどの, はない, ははっきり, はまだ, はもう少し, はもつ, はよい, はタキトス, はホント, は下手, は世間, は人間, は今後, は仮に, は凡, は初めて, は十世紀代, は喜劇, は天平, は宋, は小声, は小説書き, は御, は心理的世界, は急速, は性急, は恋愛, は意企的, は昔, は春先, は未だほとんど, は未来, は極端, は構成, は決して, は清, は物質感, は生々しい, は真知子, は第, は緑雨, は美し, は考へ, は膳所, は自身, は若い, は草間さん, は見, は詩人, は語ろう, は趣, は達者, は鋭い, は題材的, ばかりで, ほど既成興行者, も, もいよいよ, もしきりに, もその, も実に, も歩み出せた, らしいメロディー, らしい一貫性, らしい人生観照, らしい力, らしい勤勉さ, らしい雰囲気, らしくない粗末さ, をきらっ, を下, を真個, を知り, 早くも, 果して父親小説以外

▼ この三つ~ (390, 0.1%)

41 のもの 8 のうち 7 の要素 5 の点, の言葉 4 の時代, の条件, の物語, の異 3 のお, の作品, の傾向, の問い, の外, の感情, の方法, の理由, の者, の部分

2 [24件] が巧, しかない, の, のこと, のどれ, の世界, の事件, の事情, の内, の名, の場合, の契機, の完全, の岩, の時期, の根本契機, の生命, の生活, の結合, の資本, の都会, の音, を以て折衝, を同時に

1 [230件] がここ, がたちまちに, ができたら, がどうも, がふえる, がふんだんに, がわが, が一つ, が一つ闕, が今後自分, が僕, が全く, が出, が判らない, が別々, が固まり合った, が大事, が大町, が必要, が悉く, が或, が揃つて, が提出, が毛虫, が確実, が私, が秘密裡, が落ちあっ, が見られる, が記され, が長い, が関係, ぐらいのもの, じゃがもう, だけだった, だけは全部, だけは実際, だね, であった, であります, である, であると, であろう, です, ですが, でやる, でジェ・ターサン, で何, ともう, ならまず, にきめ, にそそのかされ, になる, によつて, に一つ, に対処, に帰着, に限っ, に隣村, のうす赤い, のうちどれ, のお蔭, のため, のつながり, のどく, のなか, のほか, のぽう, のもの夫, のイズム, のストランド, のフレース, のレブ, のヴァライエティ, の不, の丘, の中, の中どちら, の事柄, の事相, の人格, の代表的質問, の仮定, の作例, の偉大, の偶然, の働き, の像, の先入主, の入り, の創作方法, の力, の勢力, の區別, の原則, の反, の口伝, の句, の叫び, の名称, の呪文, の品, の品物, の問題, の固有, の国, の場所, の境地, の声, の変遷, の大罪, の大陸, の夫, の寶, の対し, の属, の山, の島, の建築, の廻転錐, の微笑, の心持ち, の性格, の性質, の態度, の成分, の手紙, の数字, の文学, の断片, の日本画, の星, の月, の材料, の椅子, の植物, の概念, の様相, の権化, の次元, の歴史的時期, の民主主義, の泉, の流れ, の点以外, の煩悩, の特徴, の特色, の状態間, の現象, の相, の相剋, の立場, の籠, の精神層, の精神的勢力, の精神能力, の考へ, の能力, の色彩, の芸術団体, の藩邸, の視点, の記念, の証拠品, の話, の説, の論文, の貴い, の質, の過程, の道理, の部屋, の都, の鈴, の鉢, の関所, の陶器, の階段, の階級, の電車停留所, の體裁, の鳥, の鼻, はこうして, はどうしても, はよく, はわたし, は一所, は三つ巴, は互に, は仮名, は仮名遣, は何れ, は全く, は切字, は吾, は引き離す, は悪魔, は果てしなく, は混同, は背, も年下, よりほか, より他, を, をことごとく, をどう, を一つ, を一度, を三つ, を並べ, を佐々木君, を併せ, を兼ね, を前提, を名文, を含む, を押しくるめ, を持っ, を早く, を机, を獲た, を目前, を目指し, を結びあわせ, を総称, を繋ぐ, を除いた, を非常

▼ この屋敷~ (388, 0.1%)

15 の中 5 の前 4 のもの, の主人 3 から出, に住ん, に出入り, の内, の門前, を出

2 [25件] から出る, だ, との間, にいる, に奉公, のお, のまわり, の一間, の中央, の内部, の奥, の庭, の秘密, の者, は大, へはいっ, へ入った, へ入り込ん, へ呼び戻し, へ奉公, へ隠し, を建てた, を引払う, を立ち出でた, 近い谷中

1 [292件] から一人, から出さなけれ, から大, から小石川, から屹度屹度, から或, から救いだし, から現われた, から生き, から盗った, から盗み取った, から盗んだ, から盜, から目の玉, から眼, から程, から立ち去られ, から脱, から誘い出し, から身, から逃げ, から逃げ出した, から逃げ出そう, がこれ, がさう呼ばれる, ができない, がもう, がよう, が不用, が即ち, が建てられた, が飯塚薪左衛門, この大蔵ヶ谷, ご承知, さてはお気, だと, でいちど, でどうも, での暴女王, では清水, では都合, では鼠, でまず, でもおどろきました, でもつ, でも奥方, で地方長官, で御, で本藩, で葬儀, で葬式, で見つけ, とはもう, どうでも, などあぶない, にあり, にあろう, にい, にうろん, においてはずっと, におちつい, にがんばっ, にこの, にした, にはいたたまれない, にはいっ, にはいねえ, にはたくさん, にはただいま, にはモルヒネ, にはヤリウス様, には不審, には主人夫婦, には五代, には六人, には家族, には志保, には時々, には有り過ぎる, には生き埋め, には留守居, には皎, には腰元, には落とし穴, には頼母, にぺんぺん草, にもたくさん, に一, に一時, に久しく, に乗り込ませ, に乘込ん, に住まっ, に入りこん, に化物, に十数年以前, に取っ, に変った, に女, に射込んだ, に居る, に幽, に幽霊, に忍び込ん, に怪談, に来てたもらぬ, に生まれ, に生れ, に相当, に相違, に祟る, に自分たち家族以外, に自訴, に見, に詰めきりだった, に踏みとどまっ, に近, に逃げこん, に逗留, に門標, に関してまだまだ, に関係, に附いてる, に限っ, に限った, の, のいずれ, のうち, のこっち側, のどこ, のどこかしら, のなか, のカクラリ, の上, の主人公, の二階, の人たち, の勘定方, の厄介, の古狸, の味方, の土塀, の外貌, の奧方, の家族, の家来, の広, の建て, の廻り, の御, の懸, の戸, の持主, の梅, の様子, の正当, の母屋, の爆発, の界隈, の留守居, の管理, の若, の裏, の裏口, の裏手, の裏門, の豪奢, の輪廓, の運命, の野菜畑, の長い, の長屋, の門内, の間近, の隅, の雄大, の頭株, は, はいったい, はお, はこ, はこの, はしまいに, はとても, はどこ, は何と, は出口出口, は前, は化物屋敷, は安全地帯, は宏大, は彼奴ら盗賊, は怖い, は村, は武芸専門, は王政時代, は甲府, へ, へお, へかけあつまった, へきりこんだ, へたどり着いた, へだ, へでご, へとんだ, への出入, へはいった, へはいる, へひそか, へひっこした, へまぎれこみ, へも出入り, へやって来, へノコノコ, へ乗込ん, へ住み込んだ, へ入り込みました, へ入り込む, へ参りました, へ夜毎出入り, へ夜這, へ大水, へ帰っ, へ帰らず, へ帰る, へ平生出入, へ忍び入り, へ忍び込まれた, へ忍び込んだ, へ招待, へ来, へ来た, へ来る, へ泊っ, へ泊まっ, へ潜入, へ狸, へ着い, へ着く, へ移る, へ縁付い, へ落着, へ西郷, へ見習奉公, へ送られ, へ運ばれた, へ運ん, へ飛ん, へ馬, まで抵当, まで送っ, まで送らせた, もその, も怪しく, や地所, をお前知つて, をお金, をさがる, をそつくり嫁入道具, をひと足外, をみんな, を一刻, を先, を出かけ, を出かけた, を出た, を出られまい, を出る, を初め市中, を包囲, を又, を取換え, を売っ, を左東左平, を左東左平が, を建てなおす, を引払いました, を怪し, を押, を明, を焼き払っ, を発足, を立ちのいた, を立退い, を落す, を買い入れ, を買取る, を逃げ, を逃げ出し, を離れ, を飛出した, を騒がし

▼ このあいだ~ (385, 0.1%)

26 の晩 5 のこと, の女 4 の夜 3 のよう

2 [18件] からその, から二度, から毎日, から演芸会, できあがったばかりの, にお, に五郎さん, に巡査, に店, に彼, に知っ, に警察電話, の一件, の御, の晩お里, の朝, の煙突, までこの

1 [306件] ある歌人, ある雑誌, あんな騒ぎ, いらしたお嬢さん, お光さん, お屋敷, お広, お引き移り, お目にかかった時, かなり寒かっ, からあいつ, からあたし, からいくつたこ, からいっしょう, からいったい, からうち, からおじいさん, からおまえ, からお客さま, からこの, からずいぶん, からそう, からそこら, からだれ, からちょっと, からどうも, からのこと, からのよう, からの一件, からの努力, からの敗辱, からの気苦労, からの火星人, からの疑い, からひま, からよい, からわっ, から一人, から世間, から中村警部, から丹波, から云っ, から催促, から切支丹, から大学, から姿, から幼い, から彼, から心配, から懇意, から手, から手相, から撞木, から東京中, から男, から眼, から美禰子, から腕, から自分, から若い, から行く, から見る, から諸人, から重助, から阿, から雨ヶ岳, から風邪, さる人, しじゅう筆, じゅうずっとどうかしていたのだ, ずっとお, ずっと彼, その友人, である, ですけれども, と同じ, などは乳母, なんにも言わず, に, にあっ, にあの, にうまれ, にこそたしかに, にこっち, にすき, にそれぞれ, になにか, にもう, にもゴルドン, にも兄, にも尊氏, にも細君, にも都, にモコウ, にユーリエ・ヴォーリツェク, に一勝一敗, に七日間, に三里塚, に与吉, に中国全土, に佐吉, に傍ら, に典膳, に初春, に又次, に安芸, に宗像, に宗良親王, に封印ずれ, に庭, に得石, に御所内, に料理用, に暗殺, に李, に正造, に源五郎, に猫吉親方, に空鞍, に築い, に美禰子, に観世清次, に角三, に足軽組頭, に雷, に馴染, のあらし, のお, のおわび, のじいさん, のちんぴら少年ども, のとおり, のところ, のばん, のひと, のもの, のやく, のバイオリン, のパン, の下り, の事件, の二歩, の五両, の人, の仕事, の伊蔵, の伊賀正, の何気ない, の出来事, の夕方, の大雪以来, の奴ら, の寮, の山, の幽霊, の怒り, の戦争, の手紙, の按摩, の探, の教員会議, の時化, の晩ぼく, の晩九時ごろ, の晩彼女, の母ぐま, の汽船, の淀橋, の湯島, の潮干狩, の熊, の爆弾, の爆撃, の石膏, の礼, の空巣, の約束, の義詮, の花, の萩, の蕎麦屋, の裁判, の賃銀, の返報, の遊山旅, の金, の金色, の銀座, の随筆, の鵜, は, はありがとう, はお母さま, はお袋, はかわいらしい, はじめてあった, はたいへん, はとうとう, はわずか, はクイーン映画館, は五万, は四分の一秒, は失礼, は弟, は明智先生, は月末, は桐畑, は鼓, まであなた, まである, まであれ, まできれい, までなかっ, までの女, まではおいら, までは不, までは北番所, までは次郎, までは武田勝頼, までは華やか, まで一文, まで大事, まで大学, まで大工たち, まで宅, まで将軍, まで聞こえ, まで茶汲女, まで重吉, まで青かっ, まで顎十郎, みて, もあなた, もあの, もある, もあれ, もいった, もきょう, もここ, もこの, もこれ, もそういう, もちょっと, もなす, もひどく, もらって, もテキサス州, も二晩, も勝安房翁, も十三夜, も千葉, も半襟, も南瓜, も古代エジプト, も大きな, も島さん, も旧友, も朝顔, も枯野見, も某社, も梅, も梅ちゃん, も楽屋, も申し上げた, も申し上げました, も自分, も薔薇, も言うた, も言った, も話した, も近江屋, も金田中, も長い, も麻雀賭博, 両軍, 亡くなった川合玉堂画伯, 亡くなった石渡荘太郎, 亡くなった黒沼さん, 亡くなッ, 借りたばかり, 切って, 差上げましたかしら, 帰ったのよ, 帰って, 御下命, 御養父様, 或る, 打ち砕かれた老, 来たとき, 来た時, 死んだの, 死んだフランス人, 生れたばかり, 痛めたばかりの, 縫わせたばかりじゃ, 聞いて, 行って, 見たよりも, 見た信州, 見た蒲田映画, 話したこと, 話したでしょう, 読み返したら乾葡萄, 読んだ牧野信一, 近々に, 連れて

▼ この青年~ (381, 0.1%)

4 の顔, はその 3 に彼, の心

2 [18件] が中学, が明, と九鬼, に私, の中, の眼, の素直, の胸, の魂, はかつて, はそういう, はまだ, はもう, は私, は誰, までが母, を相手, を見つめ

1 [331件] いよいよ存外, からパンパン, が, がいぶかっ, がいよいよ, がこの, がさして, がす, がその, がどう, がどういう, がなんと, がにせもの, がもし, がタマラ, がバグリオーニ, が例, が内側, が反抗, が墓地, が夜な夜な, が夜中, が天野, が好き, が好もしかっ, が好学, が家庭, が就職, が師, が彼女, が持っ, が曽, が最後, が用意, が私, が自分, が裏切者, が見えました, が計らず, が身, が辞書, が邪魔, が青嵐居士, ぐらいおとなしい, こそは率先, である, でこそ自分, でなければ, というの, とかなり, としての矜, とだったら, との会合, とむかし戦闘的, と一番さき, と同じ, と吾輩, と心安く, と東京, と相談, と相識, と素子, と絡みつけられたる, と順々, なかなかおしゃべり, などの手, などはさびし, に, にいつかいちど, にうちとけ, にかぎっ, にこんな, について肉身, について訊ねる, にとっては意外, にはいかにも, にはその, にはまだ, には犯人, には病的, には過去, にもの, に一種, に会わなかったなら, に何, に健康, に向かっ, に向っ, に噴きあげる, に大きな, に安き, に対, に対してあまり, に対しても人間的, に対して抱い, に対して限り, に対する同情, に帰国, に引かれ, に御, に恋し, に感じ, に教訓, に敵意, に智恵, に礼状, に見いだす, に言つて, に話す, に誘われた, に逢った, に重大, に限っ, のあと, のあらゆる, のありがとう, のい, のいい, のうち, のこれ, のふところ, のほう, のもの, のよう, のわざと, のわずか, のイメージ, のキチガイ, の上, の事, の云, の人柄, の他, の伍長, の傍, の内面, の動脈, の勤める, の印象, の口, の口癖, の口走っ, の名声, の味方, の嘗て, の場合, の声, の夢, の天性, の失礼, の好学, の姿, の存在, の容体, の希望, の弁舌, の心づかい, の心持, の心理試験, の心臓, の志望, の応答, の性格, の情熱, の意気, の憂鬱, の手足, の持つ秀でた, の柔嫩, の根気, の機敏さ, の正直さ, の死骸, の活動, の活気, の激しい, の特徴, の献身, の王子, の理智的, の生活状態, の男らしい強, の目的, の眉宇, の真似, の知性, の礼拝, の立派, の美貌, の肩, の背広, の腰, の自殺, の花嫁, の血液, の行動, の親達, の言おう, の言葉, の訪問, の請, の謙抑, の質問, の運命, の隊伍, の青春, の頭, の飢餓恐怖症, の驚異, の魅力, は, はある, はあわただしく, はいかにも, はかねて, はけっして, はこの, はこれ, はさる, はすぐ, はそもそも, はそれ, はどう, はどういう, はどうか, はどこ, はなぜ, はなんとも, はにこやか, ははなはだ, ははるばる, はまた, はやっぱり, はよく, はわたくし, はわれ, はキチガイ, はトリスタン, は一人, は一種, は三十, は三十代, は下品, は久美子, は二十五六, は今日, は何, は余ら, は元来, は元気そう, は公爵, は初めて, は去年上野, は国家問題, は増野俊春, は大, は大学, は夫人, は山稼ぎ, は屹度, は川村さん, は年寄, は強烈, は性情, は感激, は戦死, は抜群, は政治, は旅, は昼夜, は時代意識, は来た, は東京, は気ちがい, は決して, は沈黙, は熊岡嶺太郎, は玉井金五郎, は相手, は筒井, は綾子夫人, は至って, は見掛け, は親, は観念, は試み, は諸君, は金持, は非常, は鬱屈, へいっ, も今, も何, も何だか, も友, も復員軍人, も田舎者, も老人, も自分, も虫, をあしらい兼ね, をしゃくっ, をつかまへ, をとらえ, をどこ, をどんな, をもっと, をアラン島, をシン, をマン, を人殺し, を借り, を全く, を内陣, を取り巻い, を対告, を彼女, を心から, を恋, を指南役, を明瞭, を気の毒, を決して, を病的, を監視, を眠り込ませよう, を見, を見る, を迎えた, を遠き, を非常

▼ この~ (371, 0.1%)

5 事件は 4 わつ, 冊子は, 部屋の

3 [13件] っぽけな, 事件も, 事件を, 仏へ, 仏を, 冊子に, 冊子の, 冊子を, 卓子の, 文を, 法師は, 社会で, 蒜は

2 [33件] 事件が, 仏の, 伜は, 供が, 供の, 供は, 信を, 六が, 六正勝の, 冊子も, 動物の, 壺は, 學校の, 峡谷は, 庭の, 徑が, 悪魔は, 暴君の, 楽園は, 法師が, 流れを, 渠の, 父ちゃんが, 猿との, 猿を, 笛を, 紅亭の, 蒸汽に, 輩め, 都市に, 都市の, 都市は, 銀杏の

1 [249件] いさい, いの, い熊, かなる, がらな, き一室, き児, ちゃい黒子, ちゃな, っちゃな, っぽけ, つぽ, なる伝道, なる原因, な写真一枚, ばこ, べやだけはけっして, ぽけな, わッぱめ, をもっ, イちゃい, テヱエル河は, ネズミが, フリイデマン氏は, ページでは, ホテルに, ホテルの, ホテルは, ボス共を, ヴェールの, 一条に, 七小, 三の, 三を, 丘の, 丘も, 中心において, 亀一門の, 事件であった, 事件と, 事件とに, 亭が, 人数で, 人数に, 仏で, 仏に, 仏も, 仏越え, 仙寰には, 伜が, 伜の, 伜め, 伜を, 作品集を, 侍従だけが, 供という, 供泥棒した, 供達の, 僕ひとりが, 兀を, 兒の, 公園の, 六に, 六正, 六正勝に, 六正和という, 兼は, 冊子が, 冊子と, 冊子において, 冊子には, 冊子発売禁止と, 冊子的煽情に, 冊子説く, 册子に, 刺は, 劇場に, 劇場の, 助六今夜の, 動物に対して, 動物も, 動物を, 北の, 匣を, 区割を, 卓に, 卓子に, 厮を, 合奏に, 商人ときたら, 商人は, 商人を, 喜劇は, 噴火口を, 噺めいた, 国家の, 圈を, 地図を, 場面は, 塁を, 壺が, 壺とを, 壺な, 壺に対すると, 壺の, 壺を, 女王の, 妖精が, 妖精は, 婢の, 存在物を, 孤島の, 學校教員の, 家庭は, 家族が, 家族の, 寒いのに, 尼が, 尼は, 尼公には, 山脈を, 差配都合五人は, 市民は, 市民的ボンノムの, 帳面の, 帽子については, 庭へ, 庵で, 徑のは, 徑より, 徑を, 御所口の, 忙しい浮世, 怪物が, 憎め, 技曲芸を, 抽出し, 按摩は, 按摩を, 探偵の, 提灯といふ, 散歩で, 文が, 文は, 新聞が, 新聞は, 旅行の, 旅行中の, 時間の, 暴君は, 期間に, 枝を, 格子を, 椅子に, 楢の, 楽園を, 母ちゃんが, 母ちゃんの, 民を, 水滴の, 汽船は, 汽船米子丸は, 沛の, 法師の, 法師や, 法師甲斐の, 泥棒の, 流れから, 流れの, 渓を, 湖には, 湖は, 溝の, 父ちゃんの, 父ちゃんは, 牛は, 猫に, 猫は, 猴も, 猴病み付い, 猿だ, 獣が, 獣を, 瓦斯塊は, 略奪者たちの, 発明家は, 盲人の, 秘密を, 稿に, 稿においては, 窓を, 競合が, 競合の, 笊を, 筥と, 篠へ, 紙片が, 萬などが, 著述を, 蒜が, 蒸汽の, 藩に, 虎の, 虫にとっては, 虫の, 蛙は, 行商人は, 衝突の, 詩を, 詩集を, 論争を, 講義には, 講義は, 賢かしい, 遊星までには, 郡に, 部屋いっぱいに, 部屋に, 部屋には, 部屋は, 部落に, 部落を, 部隊には, 部隊の, 部隊は, 都を, 都会においてのみ, 都会へ, 都市で, 都市においても, 都會は, 都會をも, 酒屋の, 鉄屑を, 風呂敷程度から, 馬が, 馬は, 馬田に, 馬田へ, 駅に, 高原の, 鬼たちに対して, 魔人は, 魚が, 魚は, 魚を, 鱗の, 鱸が, 鹿田の

▼ この機会~ (371, 0.1%)

21 を利用 6 に乗じ 5 に少し, に私, を逸し 4 に, にそれ, に出来る, に於 3 にこの, にその, に何, に是非, に自分, をのがし, をはずさず, を捉え, を逃がし, を逃し

2 [22件] だ, だと, にお, にお詫び, にここ, にこれ, にこれら, にし, にせめて, にもう一度, にもう少し, にもし, に僕, に大, に男, に皮肉, をつかん, をはずしたら, をもっ, を外し, を失ったら, を逃す

1 [239件] あるいはこれ, が, があまりに, がこの, がどんなに, が到来, こそ神様, こそ逸すべからざる, でなくては, ということ, というの, というもの, と天祐, と自分, なら私, にあいつら, にいい, にいきり出した, にいま, において吉宗はか, におまえたち, にかれ, にこそ用, にこんな, にご, にす, にすこし, にすすがなけれ, にそんな, についで, にとりかえす, にと思いつき, にと思った, にどうしても, にどこ, になお, になすべき, になり, にはしなく, にはつきり申, にはやはり, にひとつ, にふたたび, にまた, にもう, にやっ, にやや, にやらなけれ, にわが国, にわし, にわれわれ, にケダモノ, にコラシメ, にスケッチ, にスケツチ, にニッポン音楽, に一休禅師, に一度, に一掃, に一言, に一足飛び, に上記, に世, に世帯, に並木, に云, に今, に今後, に伏見, に僧, に元服, に先, に全文, に写真, に切に切に, に前, に前半, に勝負, に印度, に厚く, に取り返す, に各自, に同君, に呉楚, に多年, に大川端, に大軍, に天狗, に失脚, に女, に好ん, に妙, に妹, に妾, に宣言, に宦官ども, に家運挽回, に将来円満, に少々, に岩手, に工場, に希望, に常に, に広告, に床下その他, に当局, に役者, に彼, に徹底的, に心, に心配, に悪い, に改めて, に敷衍, に新しい, に方々, に日本, に日頃お世話, に明治維新, に昔, に昨今, に更め, に最近, に月評, に本書, に村, に松山藩, に森谷, に武田領, に歴代羅馬法王, に毛利, に決断, に沙翁以来, に注意, に津軽, に源氏, に父母, に申し上げ, に皆さん, に皇太后, に真実, に着手, に確かめよう, に示された, に簡単, に翼賛会, に聊か, に職, に臣信長, に自分達, に自己, に自然, に見, に親, に言う, に訊い, に話, に誘われた, に説明, に諸, に諸氏, に謝恩, に警告, に貧者一燈, に逢う, に道庵, に達成, に遥か, に釈明, に長男, に開墾場, に闡明, に阪井, に陸口, に雪, に駒井能登守, のたまもの, はだいぶ, は天, は彼女, は恰も, は見のがしかねる, もはずさず, をいかによく, をいつ, をうかがっ, をかり, をすばやく, をとら, をとらえ, をとらえず, をとり外さなかつた, をにがし, をのがしたら, をはずし, をはずすまい, をも自発的, を与えられた, を与へた, を以て予め, を以て私, を充分, を力綱, を取りはずし, を取り外さなかつた, を取り脱し, を取り逃がさぬ, を取り逃し, を善用, を外さない, を外したなら, を失う, を失え, を失する, を存分, を完全, を待ちもうけ, を待ち設け, を得し, を得ん, を生かす, を私, を空しく, を窺っ, を緊張, を見のがさない, を見のがすまい, を覘, を貴女, を逃がす, を逃さず, を逃したなら, を逸, を逸した, を逸したなら, を逸すまい, を逸する, を遮, を長く

▼ この~ (351, 0.1%)

44 で見た 31 で見 10 の前 6 で見る, を見 5 で見たい 4 で見届け 3 がどうか, で, でこの, でたしかに, に見えない, に見える, の奥, の底, をし, を見る

2 [21件] かくし, から消え失せる, が承知, でしかと, でちゃんと, でちやん, でよ, で不思議, で二度, で凝, で現場, で見える, で調戯, に, に見, の及び, の為, の色, は倦怠, は潰れ, をつぶつた

1 [173件] から張り切りょうずる涙, から見まし, が, がありません, がその, がね眼, がまた, がもう一寸, が一等いや, が写実的, が基本, が悪く, が益々, が精神力, が見えない, が見ゆるなら, が醒め, が鋭く, が髪の毛, が黄身, こそは人間, この声, この左, さえよけれ, ざしの, そしてこの, だ, だけはごまかせない, だけは胡魔化, だっけ, でおや, でお嬢様たち, できられた繩, でした, でじかに, でその, でそれ, では, ではだめ, ではっきり, でまざまざ, でみた, でもう一度, でよく, でチャン, でハッキリ, でマドロス君, で一度, で三度, で二人, で人, で先日, で凋びた顔, で地上, で夫, で奇怪, で奴ら, で小生, で役人, で怪しい, で拝見, で犬, で現在, で現在自分, で眺めた, で睨ん, で確, で確かめ, で確め, で立ちどころに, で笑われたなら, で篤と, で腰元, で若い, で蜀, で見たくなった, で見なかったら, で見ました, で見よう, で見れ, で見学, で見届けました, で視た, で貴殿, といふもの, とこの, と向う, と手, におさめ, にこの, について私, にてさっき方, にはたり, にはっきり, には今, には多分, には生ま, にばかり頼る, によっても見たい, にわし, に万葉集, に出会っ, に土俵, に孔明, に愛嬌, に感じ, に浮かん, に猿蓑, に甦, に縋り付い, に触れる, に認めた, に負け, に間違い, のあと, のさめる, のため, のふらつかぬ, のまえ, のよう, のダラダラ, のチラチラ, のマクマク, の一瞥, の上, の下いっぱい, の中, の刃, の刄, の動かん, の嚴, の大き, の大きい, の対象, の惡, の表現法, の閃, はい, はこの, はそういう, はた, はただ, はどう, はな, はなか, は大体, は既に, は決して, は読んだ, ばかりよ, も口, も存在, も若い, も遊ばせ, をあざむかれ, をあなた, をくり抜い, をこの, をご覧, をつむった, をみろ, をもっ, を主人, を光らせ, を呼び寄せ, を晦まそう, を理論的, を疑わず, を睡, を見た, を見ろ, を閉じ, 遣の

▼ この~ (350, 0.1%)

19 ぢや 16 ならば 11 だと 9 で行け 6 で行く 5 ではとても, で行 4 では私, ならと, なら大丈夫 3 では, ではまだ, では今, では明日, なら

2 [11件] ではいつ, ではこの, ではそんな, では大した, でゆく, ならじき, ならばと, ならまだ, なら間もなく, なれば, 厘に

1 [230件] が残つて, きがたい, じゃあもう, じゃあ一ばん, じゃあ今, じゃあ今年, じゃあ十軒, じゃあ大した, じゃあ明日, じゃあ済まさねえ, じゃあ見舞, じゃいつ, じゃただ, じゃちっと, じゃちょっと, じゃとても, じゃどうせ, じゃもう, じゃア, じゃ五日間, じゃ仔細, じゃ出席, じゃ半時, じゃ大分, じゃ妻籠, じゃ明日, じゃ村, じゃ生涯落ち, じゃ間に合う, それ自身が, だけ書く, だったら明日, であきない, でいけ, でいたら, でいったなら, でいる, でいれ, でかきおろせ, でしたらきょう, ですと, でのぼっ, ではいずれ, ではいよいよ, ではうつら, ではこうして, ではこれ, ではさしおくまい, ではさすが, ではしずか, ではその, ではそれ, ではたしかに, ではただ, ではたちまち, ではどう, ではどうも, ではどうやら, ではなかっ, ではなかなか, ではひよつ, ではもう, ではやがて, ではやや, ではクロクロ島, ではモロー彗星, では一挙, では一杯, では一陽来復, では一面, では事件, では人間, では今夜, では仕事, では仕方, では仕舞, では何, では先生, では全速力, では六里, では初日二日目, では北ぐにはまだ雪, では半分, では夕食, では夜, では夜明し, では大, では大して, では奉天, では奪っ, では如何なる, では存外, では富豪, では寝る, では島, では川, では年内, では当分, では後, では意外, では所詮, では揺れる, では最初, では最後, では村雲笑子, では永く, では江戸, では海, では清洲, では無事, では物価, では狂言, では狼, では目的地, では相当, では矢張り, では秋, では総勢撫斬り, では老, では落城, では蜀軍, では表紙, では袋, では試合, では誰, では起し, では近く退院, では途中, では遅れますでしょう, では道中, では野辺山, では間もなく, では雪, では飛行機, では飲料水, でみる, でもう, でゆきましたら, でゆけ, でわたし, でミツシリやつ, で三里, で上方, で勉強, で双方, で夕方, で晴れ, で正面, で相撲小屋, で見る, で通れ, で進め, で野, で鍵屋, ならあと十六七分, ならあるいは, ならあんな, ならいい, ならお, ならお次, ならこの, ならこれから, ならなあに, ならもう, ならもうそろそろ, ならもっと, ならポケット, なら三日がかり, なら上野, なら人間, なら今年中, なら今日明日, なら仕合, なら俺たち, なら大した, なら大丈夫恢復, なら安心, なら家族, なら尻尾, なら川, なら延子, なら当分安心, なら慣れさえ, なら或, なら暖, なら火星, なら無理, なら熱, なら生命, なら産婆, なら申し分, なら相当, なら私達, なら続, なら脈, なら自分, なら若し, なら董卓, なら親父, なら試運転, なら誰, なら近い, なら阿母, なら順調, なら馬鈴薯, にてはやがて, にては一命, にては僕, にては到底, にては小生, にては折角, にては神様, にてもう, には済まされない, に限っ, の炭, はこれ, はついに, は今, は各地, は平気, は本, は殆ど, は納, は緑, は追い追い, を人々, 一番出来が, 前掲暑中御機嫌を, 速度は

▼ この~ (345, 0.1%)

69 二の 32 三の 28 一の 5 四の 3 一次の, 一第

2 [14件] 一印象は, 一回の, 一巻に, 一期の, 一次第, 三番目の, 三種の, 二回の, 二報は, 二省察において, 二篇で, 五の, 四号は, 四次元の

1 [177件] に防禦, 一と, 一代雑種の, 一位は, 一信は, 一印象が, 一句, 一問で, 一問は, 一囘の, 一回には, 一回を, 一回万国平和会議は, 一回公演に, 一回大会の, 一回展で, 一回沖縄訪問の, 一回航海は, 一回選挙に, 一図に, 一図第, 一国立オペラ舞踊劇場, 一実験室の, 一室に, 一局は, 一岬要塞を, 一巻には, 一帙の, 一常識と, 一常識の, 一影像を, 一感興が, 一振出為替手形一覧後三日以内に, 一日の, 一期と, 一条は可なり, 一案と, 一楽章に, 一楽章は, 一次五カ年計画は, 一次進駐の, 一款の, 一歌集を, 一段に, 一段階の, 一生活必要品に, 一矢で, 一種は, 一箇条に, 一節に, 一編は, 一編隊は, 一群の, 一課を, 一関門が, 一陣には, 一集の, 一頭字の, 七室辺りから, 七巻を, 七章冒頭の, 七集に, 三と, 三信から, 三十九号室へ, 三号の, 三回の, 三回大会は, 三回総会後に, 三局目は, 三幕が, 三弾の, 三時期の, 三条が, 三条の, 三次元と, 三段階の, 三段階は, 三種ディレッタントは, 三策を, 三篇にも, 三話が, 三関係の, 三集に, 三項の, 九室は, 九巻, 九年の, 九段階と, 二, 二に, 二世の, 二京丸は, 二代目の, 二公式は, 二句を, 二号室の, 二回旅行に, 二回目の, 二報を, 二巻には, 二巻は, 二日も, 二期で, 二期の, 二条で, 二欄は, 二次の, 二次世界戦争で, 二次以上の, 二次大戦に際して, 二次大戦の, 二次性質が, 二段の, 二法を, 二点は, 二無敵艦隊の, 二版においても, 二版の, 二種の, 二等の, 二箇条を, 二節から, 二節である, 二號の, 二行の, 二話の, 二説である, 二革新は, 五に, 五回大会は, 五局へ, 五巻の, 五座に, 五斥候隊が, 五斥候隊に, 五景で, 五自我は, 五號室, 五階には, 八十八鉱区の, 八巻には, 八章の, 六の, 六事務所が, 六意識の, 六意識は, 六條取消談判の, 六種の, 六識は, 十九世紀の, 十九願は, 十二巻, 十二篇の, 十五章を, 十六巻から, 十六巻一冊でも, 十六章は, 十条を, 四ディーゼル, 四人目は, 四人称的な, 四句が, 四句は, 四号に, 四巻には, 四期政論の, 四版で, 四版において, 四版は, 四種の, 四階級の, 四階級を, 四項目は, 百六番についての, 百四回で, 百年は

▼ このひと~ (344, 0.1%)

64 をばか 3 がお, と一緒, のため, の家, の生れ年, はいつも, も可哀想, を好き

2 [22件] か, があの, が突然, に逢, の, のお, のこと, のごとき, のもの, のよ, の日記, はあたし, はおかみさん, はきつ, はこの, はなん, はまだ, はもう, はもと, は案外, をいつたい, 群れは

1 [266件] おとなしいし, お兄様, が, がこれから, がこんな, がそこ, がそんな, がたった, がと思われる, がどんなに, がなかっ, がひとり, がもっ, がよく, がコーヒー, が作家, が出し, が外国, が女優, が来, が母, が父, が知らない, が砂糖水, が自分, が若い, こそは愛, じゃない, だ, だけにはおかあさん, だったと, だとは, だなと, ちゃんと字引き, ではありません, とい, といる, としたしく, とつき合える, とはあの, とはれい, と何時間, と僕, と実際, と結婚, ならお母さん, ならば, なら話, にし, にだけは私, になに, には, にはおく, にはまだ, にはムカムカ, には全身, にも似た, にも内包, にピストル, に会う, に伸子, に作品, に嘱, に宛て, に対する, に就い, に愛されたい, に最も, に移され, に見せ, に誓つて頂戴, に較べたら, に連れられ, に釈明, に限らず, に靴, のいい, のいのち, のおふくろ, のところ, のふだん, のほか, のスリップ, のタッチ, のピアニシモ, の一番下手, の世間, の二階, の亡くなった, の伴, の体, の優し, の兄, の前身, の友人, の友情, の右, の四つ, の執念, の姓名, の子供, の希望, の常, の当り芸, の後援, の心情, の感情, の才気, の指揮ぶり, の探索癖, の放埒, の明る, の書いた, の書く, の最近, の本, の机, の正体, の死, の気性, の求め, の深い, の演奏, の父, の父親, の病, の笑い顔, の粗笨, の純情, の素直, の細君, の経験, の老いた, の考えかた, の腕, の舞台, の芝居, の薬, の親切, の言う, の話, の赤ちゃん, の身, の陳述, の随筆, の面影, の音声, の食慾, はああ, はあと, はいったい, はいつ, はおくれるじ, はおととい, はかすか, はきっちり, はこういう, はこの間どっか, はたいへん, はたしかに, はちよつと, はどうして, はどんな, はなにか, はまた, はまったく, はもうよほど, はやはり, はらい病, はソヴェト, はダイナマイト, はトルストイ, は人間, は今日, は以前, は伊東署, は何と, は何故, は僕, は先, は其角, は十一年後, は十七歳, は君, は大島伯鶴, は女子大学, は子供, は実に, は宿痾, は小児痲痺, は小杉喜久子, は岡山, は帝國, は律気者, は怒っ, は日本風, は映画, は未だ, は本, は本当に, は楽器, は歌人, は清水君, は満足, は漢方, は程度, は糖尿, は細川藤孝, は紳士, は縮まっ, は肉入団子, は胡適, は自分, は船, は読んでない, は赤ちゃん, は身寄り, は違ふん, は遙, は釘, は驚くであろう, へ託し, ほんとにどうしていい, ほんとに船すき, まきを, まくらの, もきっと, もその, もなつかし, もハナ, も僕等, も可愛, も心, も怪人, も本, も東京千葉, も牛, も福岡, も苦労, をここ, をこの, をころし, をはじめて, を助け, を十六人目, を暗君, を案内, を殺し, を窘める, を紹介, を超え, を追い出せる, を連れ, を連れ出し, 何だかこわかっ, 夏は, 夏私が, 帰ったって, 帰らねえかなあ, 泣いてるわ, 焦れッ, 独特とも, 皆行っ, 突きであり, 自身が, 自身だった

▼ この不思議~ (343, 0.1%)

14 な事件 7 な話 5 な人物, な出来事 4 な事実, な光景, な力, な現象 3 な, な一致, な世界, な別箇, な報告, な外来人, な家, な情景, な男, に美しい

2 [31件] なこと, なもの, なよろこびを, な一般性, な動物, な厭, な唄, な因縁, な場所, な娘, な存在, な挙動, な景色, な有様, な物, な物語, な矛盾, な窓, な老, な装置, な言葉, な音色, な高い, な鳥, に就い, の的中, はマルクス主義作家, をあくまでも, を見, を見た, を解釈

1 [204件] があれ, がなしとげられる, が解けず, きわまる因縁, きわまる謎, こそ神, なありさま, なくらい, なじいさん, なとも, なる主従, なる争闘, なる事実, なる借家, なる夫婦, なる戦い, なる現象, なる軍隊, なる造化, なる革命, なる願, なクライマツクス, なゴロツキ, なスリッパ, な一つ, な一団, な一夜, な一時期, な一語, な不明瞭, な不自然, な二つ, な人, な人間, な会話, な作品, な使者, な信仰, な偶然, な僧, な光るもの, な児童, な共同者, な内儀, な加持, な動作, な化物, な半面美人, な厨子, な取合せ, な合致, な合金, な名, な品, な嚏, な嚢, な土壌, な地下道, な場面, な境遇, な声, な変形児, な外国人, な夜, な夜遊神, な夢, な大発見, な夫婦, な女, な妻, な子守唄, な字, な客, な寳掘り, な小, な小さな, な小男, な少年, な山, な平和運動, な幽霊, な店, な庭, な形, な影響, な後, な微笑, な心友, な思い出, な悩み, な悲しみ, な意図, な意外, な態度, な手紙, な文字, な時代, な有り様, な朗, な杖, な来客, な楽しみ, な模様, な歩行, な残忍, な沈黙, な灰色, な熱情, な爪, な爭, な犯人, な献身, な獣もの, な生きもの, な町, な画家, な画面, な療治, な瞬時, な石, な神業, な秀才, な秘密, な空間, な箱, な粘液, な紙, な結論, な緊張, な線, な美女, な考え, な自分, な自己, な自然, な色, な芳しい, な血統, な行列, な行方, な行為, な装, な訪問者, な詭計, な語法, な謎語, な貞操, な退化, な逆説, な道連れ, な遭逢, な都上海, な都会, な鉄, な雇傭契約, な雨, な雰囲気, な霊媒女, な音響, な飛行機, な食物, な首吊り繩, な駄賃馬, な魔性, に出逢っ, に対する疑い, に恐れ入っ, に漆黒, に無作法, に熱烈, に纏, のひかり, の原因, の大, の天地, の女, の妙味, の永く, の為体, の負債, はどう, はやっと, は不思議, は全く, は十二年間私, は間もなく, もはっきり, や静か, をそっとそのまま, をとい, をなしとげる, をなし得る, をまのあたり, を不思議, を何と, を思はざる, を演ずる, を狐, を知りません, を見せられ, を見守りました, を解い, を解明, を説明

▼ この方法~ (342, 0.1%)

4 を採用, を用い 3 が最も, で成功, により, によれ, を取っ 2 で一人, について自分, に拠っ, の一つ, の唯物論, の弁証法, は新しい, を実際, を用いる, 乃至体系

1 [299件] が, がいい, がくわしく, がなお, がよい, が上下, が不, が使われ, が例, が便利, が信頼, が出, が大体, が彼, が惰性, が成功, が果して, が案外, が極めて, が極端, が理論的論爭, が習慣, が行なわれたなら, が西欧, が詳しく, が詳細, が造り, が適用, が酒, が面白い, が鴫以外, こそが初めて, こそ五, こそ自国劇, じゃ盗み聴き, すなわち相対的方法, だけからみ, だけはよさう, であると, であるのに, でこの, でこれ, でできる, でなら, ではなかなか, では人生, では期待, では絶対, でやった, でやる, でよかろ, でよく, で一九一四年, で一番, で世界中, で何十年間, で全然, で六人, で十八隻, で壞, で大山, で将来, で少し, で梯子, で検査, で気持, で活動写真, で生きる, で瞬間写真, で細君, で蒸気, で買え, で逃げ出す, で運動, で遠く, で遡り得る, で選り分け, としての弁証法的論理, としての論理, とほぼ, と所謂対象, なの, にあっ, にお, において捉えられる, にた, には一つ, には併, には実は, には賛成, にまちがい, にもたれかかっ, によって, によってできた, によってでも, によってのみ乾燥, によってのみ彼等, によっては即ち, によっては米, によって一つ, によって一枚, によって世間, によって二三, によって十倍, によって可, によって妄想, によって実行使用, によって改良, によって沢山, によって温度, によって画面, によって確か, によって自己, によって言語, によって調和分析, によって進化向上, によつて成功, によつて決定, によつて発生, によつて確か, によつて訊問, によらなかつた, によりこんど, によりさえすれ, による, によるとき, によるべきであろう, によるほか, によるわれわれ, による科学, に依, に依らね, に対して次, に従い純粋経済学, に得意, に救い, に於, に由る, に立脚, に訴えた, に限る, のこと, のはなはだ, のクリテリウム, の下, の下手, の中, の内, の出所自身, の反省, の困る, の妥当性, の実際, の強み, の応用, の最も, の最盛期, の本来, の検討, の極度, の特徴, の現象学的, の発案者, の致命的欠陥, の良否, の行われた, の規定, の誤謬, の鰻取り, は, はある程度, はいかに, はいたずら, はいつの間にか, はいわば, はかなり, はすでに, はとかく, はどうやら, はなかなか, はまだ, はむだ, はよう, はわたくし, はアテネ, はパストゥーリゼーション, は不幸, は世の中, は久しく, は今, は今日, は何回, は個々, は先ずなかなか, は全, は別に, は十分科学的, は単に, は即ち, は原子物理学, は同情派, は大変金, は失敗, は始終, は実際, は寺院建築, は対象自身, は小説, は平安朝, は当時, は彼等自身, は後, は我々, は折衷式, は拷問, は既に, は殺人, は氷河, は法律的, は清朝, は漢時代, は無制限, は無効, は牢, は物理的科学者, は目的どおり, は真面目, は科学的, は紳士的, は自然, は自然弁証法, は良い, は裁判, は解決, は試験ずみ, は説明, は誰, は論理的, は農家, は農家一般, は重大, は面白く, は頑固, もよろしい, も不, も東洋, も百発百中, も結局ダメ, も附益, や体系, や論理, よりも残酷, より以外, より生ずる, を, をあてはめる, をとっ, をとった, をとる, をとれ, をのぞい, をのみ選び, をもし, をもちいました, をもっ, をも採用, を人間, を以てしたら, を以て新しい, を伝授, を使う, を個別化, を力説, を取つ, を取り入れ, を吾人, を実施, を実現, を実行, を巧妙, を応用, を採っ, を採らず, を改良, を放擲, を普通, を漸進近似法, を生んだ, を発見, を真に, を知っ, を確立, を神話学, を私, を繰返し, を行っ, を設, を試みる, を附近

▼ この小さな~ (340, 0.1%)

7 町の 5 島の 3 物語の, 窓から

2 [17件] 天地の, 姪は, 子に, 子供の, 室は, 家に, 家の, 家は, 帆前船を, 旅の, 村に, 森の, 正義の, 町に, 私の, 穴から, 蔬菜は

1 [288件] あい手に, いとなみに, ことを, すりガラスの, すれっから, つる草の, できごと, とるにも, ねんね, ひとり離れ, ひと間に, ひどいかた, ものが, ものにさえ, ものの, もみの, わび人たちを, カウスリップの, カンヴァスの, ガラスの, ガラス箱, コゼットを, スクリーンの, パンドーラって, フェルトの, プロテスタントの, ホテル, ボヘミヤンは, ムッシュウは, ラッパから, 一冊の, 一幕の, 一機智が, 一箇の, 一隊の, 三つの, 世界に, 世界人の, 丘に, 串刺しは, 事件だけは, 事件は, 五体の, 人たちが, 人間は, 仕事に, 仲間を, 会社の, 伝票の, 住宅地は, 体を, 佝僂が, 傴僂が, 先輩を, 光は, 児は, 公園の, 公園は, 冒険者に, 冒險は, 几帳面な, 凹地へ, 出來事, 出来事に, 労働者を, 動物に, 動物を, 化物は, 北国の, 匙を, 卓に, 印度の, 危険な, 古い家, 叫び声と, 吸血子に, 国の, 國の, 地球から, 報告書を, 場所に, 声で, 声を, 大人の, 天皇には, 太鼓を, 失敗に, 失敗も, 女俗っぽい, 女工の, 妖精, 姉弟を, 娘を, 子どもが, 子は, 子供が, 子供たちの, 子猫の, 字である, 存在の, 存在は, 学校には, 客を, 客人は, 室それにも, 室に, 室蘭の, 害獣の, 家が, 家には, 家全体が, 家庭の, 家庭争議の, 寂しい停車場, 寝台に, 寝室の, 寺院の, 小屋は, 尼が, 居心地の, 山吹の, 山間の, 島で, 島に, 島をさえ, 巴里娘の, 床屋へ, 庭を, 廃寺を, 徴にも, 心臓が, 怪物は, 悪戯者の, 悪者も, 悪魔的な刺す, 憎悪すべき, 所有農園は, 手のくらいの, 手帳を, 抒情小曲集に, 拗ね者の, 插話は, 故郷の, 散際, 料理場の, 新しい布団, 旅には, 旅は, 日本が, 日本を, 昆虫の, 時の, 暴君を, 曙覧評伝を, 曲者は, 書き物も, 書物が, 書物で, 書物に, 木の芽は, 木の芽を, 本を, 村で, 村の, 村会を, 棒と, 森を, 楽師さんは, 樽の, 檢温器が, 歌うたいどり, 油画の, 泉水に, 洋盃二三杯で, 活動の, 海の, 海は, 渓谷に, 港の, 港は, 港町に, 湖を, 漁村の, 火葬場の, 炭火が, 無三四, 無神経な, 物語も, 玩具を, 球を, 生き物が, 生命は, 生徒たちに, 生活を, 甥の, 甥や, 男の子の, 男の子を, 町から, 町で, 町では, 町と, 町へ, 町を, 畑ででも, 異常な, 白い華奢, 百姓家一家を, 盗みが, 看護婦だ, 石橋の, 研究と, 社交界の, 神主さんが, 私は, 種子は, 穴の, 童謠集に, 童謠集を, 筆筒も, 紙幅に, 結社に, 絵島丸が, 緑色に, 繭に, 群集の, 老人に, 者によ, 胸が, 胸には, 腕白たちは, 腹の, 舟の, 船の, 船も, 英吉利の, 草の, 荷物を, 菓子箱の, 萎びた婆さん, 藁小屋の, 虚栄の, 虫が, 虫で, 虫に, 虫は, 虫を, 蟲の, 蟹の, 裂け目から, 言葉を, 記録を, 詩集の, 説教壇にも, 財産の, 贈物は, 赤い自分, 赤ん坊が, 路傍の, 身体が, 輝やかしい, 輪よ, 透明な, 造物主の, 遊び仲間を, 部屋に, 部屋の, 部落から, 野蛮人, 金額を, 鉄片が, 銀の, 離れ島に, 面という, 音は, 顎が, 願いを, 飛ぶ虫, 馬が, 馬車つかひ, 高窓, 魂の, 魂を, 魚は, 鯨の, 鳥は, 黒い字, 鼻髭を

▼ このうえ~ (338, 0.1%)

43 もない 33 もなく 5 はただ 43 もなく美しい 2 とも御, なしと, のない, はぜひ, はなん, はもう, はッ, は高時, 生きて

1 [232件] あげつらう気, あんな大きな物音, おひざもと, かれに, このおそろしい, こんな生活, さらに映画, すると, そんな野郎, だってとても, つくる結果, つづいて, ともにその, ともにな, ともよろしく, とも伊那丸さま, とも娘ども, とも治郎君, とも泰文, とも自分たち, とも苦しめた, どうしてのめのめと, どうしょう, どんな事, どんな方法, どんな目, なお女, なくうれしく思っ, なくかがやかしく約束, なく愛した, なく美しくまた, なしじゃ, なしです, なしに, なしの, にか, にだ, にまだ, にもっと, にもなにか, にもまた, にもよく, にも自分, に幾世紀, に経験, に要求, に農村, ぬれて, のお, のおねがい, のこと, のご, の三国ヶ嶽, の凶事, の名誉, の岩, の御, の楽しい, の満足, の苦労, の願い, はあと, はあやしい, はいい, はいかに, はいさぎよく, はいた, はいっこくも, はおく, はおたがいに, はおれ, はお互い, はかず, はこっち, はこれ, はこんど, はさいわい, はその, はそれ, はちょうど, はどうか, はどうせ, はなにとぞ, はなんとか, はひとり, はまず, はまんがいち, はよき, はわたくし, はわたし, はわれ, はわれら, はわれ一人, はオルガ姫, はサイゴン警視庁, はパナマ, は一刻, は一歩, は万寿さま, は丸木, は予, は二人, は京都, は何事, は再度, は剣門, は北見, は君, は呉, は土手, は地下室, は夜来, は夜討ち, は大, は大儀, は天守, は天意, は官庁側, は宮内省, は家康, は弁護士, は弔合戦, は彼, は彼奴, は徐州, は愈, は救難信号, は敵, は早, は早く, は是非, は時日, は東京, は東昌府, は果心先生, は梅雪みずから, は死, は殿, は洛中, は源三郎, は潮流, は無理, は猛火, は玉砕主義, は皆様, は直義, は砦, は私たち, は穴山一族, は空中, は策, は箱根, は約束, は腕ずく, は自ら成敗, は親, は貴様, は遠く, は野辺地, は関東, は雑軍端武者, は高砂, ふざけて, またも, また一千貫, また君, また總勘定, まだどんな, まだ何, まだ合戦再発, まだ靖国, もないよい, もない怖, もない悲しい, もなかっ, もなき, もなくいまいましく, もなくうらやましかっ, もなくうれし, もなく忌わしい, もなく悲しい, もなく懐かしく, もなく手厚く, もなく楽しかっ, もなく淋し, もなく深い, もなく美しかっ, もなく羨し, もなく親し, もなく面白, よけいなぐられる, わが罪, イライラさせれ, 全スト, 卑しいもの, 尋ねて, 小知恵, 延ばすこと, 後れると, 恐れ入りますが, 恥ずかしめ, 悲しいこと, 悲しませては, 押して, 押しておねがい, 押すこと, 押すと, 押せば, 持ちきれないほどに, 望むべき何, 決して服従, 甘えること, 生きようとは, 生きれば, 畏み願う, 睨んだ日, 笑えないで, 聞こうとは, 苦しめたか, 見せつけられたら兄, 親しくしよう, 追いつかうの, 逃げると, 逆らうと, 酔ったらもう, 長くこの, 長くは, 長く放っ, 闘ったり, 隠して, 隠すは, 頑張って

▼ この三人~ (334, 0.1%)

16 のうち 8 の間 4 は決して 3 のほか, の中

2 [18件] が各, ずつの一組, だけで, のうち上, のどれ, の人達, の働き, の内, の外, の子, の男, の白髪婆さん, の關係, の顔, は, はその, はもう, は何

1 [264件] がああ, があの, がくじ, がこっち, がどうか, がどうも, がまた, がスコール艇長, がニヤニヤ, がバス, が三人, が互に, が今夜, が住ん, が何, が先鋒, が共謀, が別に, が十万円, が命, が声, が大, が姫君, が宿屋, が幹事, が敵, が現れる, が用, が相談, が硯友社, が級, が続け, が翌日, が至極, が舞台, が被告側, が訪ね, が諸国遍歴, が超, が途方, が重要問題, が附き添っ, が集まる, くらいであった, こそは御, しか知らない, しか社, しばらくの, ずつ二側, そろって, だけかと思う, だけである, だけでござる, だけでたくさん, だけの世界, だけの水入らず, だけは自然別, でこの, です, ですよ, でともかく, でないこと, では, でまず, で客, で散歩, で暗闇, で柳田先生, で首席, とてもなかなか立派, とも梅子嬢, とわたくし, と交際, と他, と家庭教師, と限った, なら学問, なんて僕, にある, にいたずら, にどれ位感謝, にはその, には最初, には限らぬ, にも同じ, による音楽, に任意出頭, に共通, に向っ, に対して締めつ弛めつ, に山吹教授, に榎木小僧加はり, に気づかなかった, に雇人, のあいだ, のうえ, のうち一人, のうち誰, のここ, のこと, のため, のつり合い, のひめ, のみにこの, のやりとり, のやる, のグループ, のスタイル, のポルトガル人, のワンピース, の一人, の世界選手, の人たち, の人間, の他, の作る, の作画, の使い手, の偉大, の共同事業, の写真, の前, の化物, の召し, の名乗り, の和子, の和子さま方, の型, の墓, の天使, の天才, の女, の姉たち, の姉妹, の娘たち, の学者, の客, の少女, の少年, の少年少女, の役人, の性格, の手, の擧, の方, の方々, の期, の未来, の歩い, の歩調, の死, の気分, の注意, の浪人者, の深い, の猛, の生母福島氏, の生活, の畏友, の白髪婆さん達, の目, の目前, の看護婦, の示す, の神, の秘密会, の紀行, の者, の自然科学者, の若い, の若党, の言葉, の話, の話し, の誰, の費用, の遺児, の青年, の騎士, の騎士達, の骨身, はあまり, はいつも, はお, はおなじ, はかなしい, はきまって, はこの, はそこ, はその後, はそれぞれ, はたがい, はどうも, ははつきり知つて, はひとこと, はまるで, はみんな, はもちろん, はもと, はマージャン倶楽部専門, は一番後, は三人, は二人, は二十億年, は今, は仏国戯曲史, は全滅, は前, は同じ, は同年, は国際的, は奧, は実, は実に, は家じゅう, は小林少年, は小隊長, は山岳切支丹族, は年来, は当の, は恐竜, は我が, は文展時代何回, は映画音楽演芸界, は昨夜, は梅雨, は極, は相, は石段, は社後, は立派, は薬師堂, は見る, は龍平, へも杯, もやがて, も同じ, をおい, をたたえ, をやとう, を主張, を乗馬もろとも, を信じなかった, を列べた, を同時に, を含めた, を巴, を意味, を抑えつけた, を新しく, を格子戸口, を極力, を殺す, を源助町, を組みあわせ, を結びつける, を誰, を追い駈ける, を通じて維新, を選んだ, を長い, を除い, 一味同腹, 寄ると

▼ この~ (324, 0.1%)

9 では 6 の主人公 53 である, の世界, の中, の主題, を書いた

2 [16件] ありと, が書かれた, で独自, によって初めて, に現われた, のほか, の強味, の評判, の近き, はその, もまた, も私, をも忘れたく, を成した, を読んだ, を讀ん

1 [257件] ありその後, ありとは, からなどはいくら, から享けたところ, から受け容れられた, から思, から感得, がある, がえられた, がこれ, がそれほど, がどんなに, がのっ, がプロレタリア文化団体, が人, が人々, が他, が何等, が凡百, が初め, が吾, が平安朝貴族, が日本, が物語, が甘く, が芝居, こそかの女, だけがそう, だけについて決定的, だけについて言う, であった, であなた, であります, であるよう, でこの, でした, でタロク・カード, で作者, で全然, で初めて, で意図, で書いた, で特に, で見た, と, という男, とどんな, と作者, と濤川氏七宝, と米原氏, なども決して, などを見, なんか, にあっ, においては利己主義, においては特に, において大衆文芸, において避け, にかく, について, についてはとくに, については戦後, について小説, について自信, につづい, にで, には, にはかなり, にはやつぱりさういふイヤ, にはアメリカ, には一八九三年八月三十一日, には欠陥, には誰, にふさわしい, にもさ, によって推測, によつて, によつて一躍新進作家, にメーテルリンク, に代表, に出, に力, に対しては記録者, に対して公, に対する評, に対する評価, に必然, に手, に持っ, に捧げた, に於, に求めよう, に注意, に筆, に表, に酷似, に關, の, のうち, のしかつめらしい, のた, のちよ, のつ, のもつ, のやう, のエピグラフ, のペン, のムード, の上演, の不十分さ, の不愉快, の中心, の中途, の主要, の主要人物, の作者, の内容, の処々, の創作過程, の力, の奥底, の始末, の姿, の存する, の底, の後半, の感性, の所謂追想, の描く, の效果, の書き, の最も, の最初, の有, の本当, の根本, の様, の様式, の欠点, の特点, の特質, の現在, の理想, の由来, の発表, の第, の純, の結末, の総体, の美し, の落ち, の表現形式, の親密, の重心, の顕著, の風景, の魅力, は, はあまりに, はある, はいつもきまって, はえられなかつた, はおそらく, はこの, はそれ等, はた, はつまらない, はどの, ははじめ筆, はやや, はオブザアヴア誌, はコポオ, はストランド誌, はディッケンズ, はドストエフスキー, は一八八五年, は三年間, は不思議, は丹誠, は二十世紀初頭, は人生, は傑作, は北京大学, は千八百六十八年, は厳密, は同, は大分, は大日美術院賞, は失敗, は当時異彩, は彼, は恐らく, は所詮, は救われ, は旧作, は明らか, は昭和十二年一月, は未, は本, は模範, は歐洲戰爭中獨墺軍, は漫然たる, は社会思想的, は胸, は興味, は芸術, は荒唐, は融川, は見ました, は証拠立て, は近来, は非常, は順序, も, もすでに, も前の, も更に一層, も本人, を, をかきます, をした, をする, をたびたび, をよめ, をわざわざ, をベスト, を世態小説, を假, を公, を初, を刺戟, を前後, を引用, を彼, を愛し, を手, を探偵小説, を推奬, を改造社, を書き終る, を書く, を書こう, を最も, を有名, を朝鮮作, を特に, を発表, を百済観音, を終っ, を育てた, を読み返し, を読ん, を讀まう, を讀んだ, を非常, 必ずしも面白い, 第一部

▼ この~ (318, 0.1%)

9 のよう 5 はすっかり 4 はお 3 は, はいろいろ, はどこ, はもう, は少し

2 [22件] ではもう, のお, の事, の娘, の暮し, の素足, の若い, はあまり, はちっとも, はどの, はやらない, は世間, は何, は嫌, は彼, は御, は毎日, は炭, は物騷, は私, は紺, をやった

1 [241件] あどんな, あ剣術, あ心持, あ数寄屋町, あ毎晩, あ県下, いくらある, お嫁, お念仏, かかって, かの息子, から出た, が今, こういうもの, このへん, しょっちゅうさ, じゃまるで, じゃもう, じゃ何, じゃ多, じゃ寝る, じゃ毎日, じゃ石, じゃ骨付き, すっかり耄碌, だいぶ火の車, だってお前, だもの, ではお前さん, ではすべて, ではそう, ではちょっと, ではなかなか, ではやり, ではトン, ではメリケン粉, では一ぱい, では一向に, では一行広告, では三本, では前, では唐黍, では国際結婚, では在所, では大抵, では御, では悪魔, では既に, では母, では母親さん, では気難しい, では玩具一つ, では病気, では硝子, では菊花鑑賞, としては大名旅行, として仕方, どうして居るだろう, なら銀座, におよび, にはずいぶん, には数片, に仇討, に合せ, に於, のうち, のお客, のこと, のひと, のやう, のアメリカかぶれみたい, の一般文化面, の主題, の人, の人心不安, の会計, の作家, の傾向, の僕, の勞働爭議, の医者, の十万ポッチ, の合理化, の地方新聞, の坊っちゃん方, の太郎さん, の女, の女中, の娘たち, の少年, の川柳研究家, の才子, の教育, の新築, の新聞記者, の旅館暮し, の日本アルプス, の日本人, の月, の村, の東京, の武家, の流行, の猫, の男たち, の直流, の系統, の若, の若者, の西北, の語, の議会, の農村, の都, の酔, の野菜, の金星, の電報, の風情, の飲食店, の高等アパート並, はああ, はあながちそう, はあの, はあべこべ, はあれ, はあんな, はいづ, はいや, はえたい, はおかず, はおと, はおま, はお上, はお湯, はごく, はさっぱり, はすこし, はずいぶん, はそれ, はそれでも, はそんな, はたいそう, はだいぶよく, はどういう, はなかなか, はなん, はにわか駕籠屋, はばか, はふところ工合, はほんとう, はまた, はむずかしい, はやらねえ, はわれわれ, はビルマ, はボー, は一緒, は万事, は下座, は不漁續, は両国あたり, は人, は人物画, は今日, は佐々, は何年ぶり, は余計, は兩國あたり, は力ずく, は半, は君, は国民, は売つ, は夏, は夜具屋, は大きに, は大分株, は大抵, は女の子, は妙, は宅, は安い, は宵, は巴爾幹, は年増, は弓, は役所の, は後半, は御存じ, は御触れ, は思いがけない, は戸塚, は手, は承け, は折々パラパラ, は斷髮, は日和, は早飛脚, は横着, は毎朝, は毎朝六時すぎ, は氏, は気, は汽車, は油断, は洋行, は流し, は海, は牛, は物騒, は生意気, は病気, は矢, は稀, は筍, は箱根, は結婚, は聖者たち, は聲, は腹, は自分, は自棄, は街道, は買出し, は遊び, は運動不足, は非常, は頗る, は顔色, は風邪, は食べる, は食事, は駄目, は鼻っぱし, また復活, もっともあてた, を反駁, を機, 何だか変, 流行る探偵趣味

▼ この先生~ (311, 0.1%)

5 のこと, は何 4 のお 3 である, の講義, はその

2 [11件] から出た, ただわあわあ, とき, に会った, のよう, の名, の有名, の温灸, の顔, は, は着物

1 [266件] あまりお, いいかげんの, か, からコーチ, から中江兆民, から借りた, から得た, から思想, から自由, から離れたくない, が, がいきさつ, がいちばん, がいなけれ, がお前さん, がこういう, がこの, がこのごろ, がそれ, がどうして, がやや, がわたし, がグッ, がハイキング, が一昨日, が世界一, が二代目, が人々, が信じ, が再び, が冬ズボン, が学者, が学課, が巧, が手紙, が教室, が旅籠屋, が板書, が枕添, が武芸見物中, が考える, が自分, が赤い, が転がっ, が附, が飄逸, が首里, が馬鹿噺子, こそは江戸, こそは相生町, こそは自分, こそ私, たった一人, たらあんな, だけには立派, だけには簡単, だけはあふ, だけは君, だって今, だって妙, だと, でありお, ですか, でまた, で再び, というはここ, といっしょ, とこんな, としてはあえて, とはふだん特別, とは親類, とむかい合った, ともっと, とよく, と同じ, と珠子, と生徒, ならそう, なんぞは気取っ, においていまだ, にお話, にした, にだけは逢いたい, にできる, にとってはそんな, にのさばられ, には地味, には親愛, にばかりでなく, にほめられた, にも嫌われ, にも相棒, によい, によって私, にジロリ, に一椀, に不, に便っ, に出あう, に教わった, に文章倶楽部, に減らず口, に狎れ, に聞いた, に診, に違い, に餌, のいたずら心, のいった, のおかげ, のお蔭, のする, のため, のハイキングぶり, の一矢, の下宿先, の令閨, の修羅場, の出現, の前記, の声, の外, の外套, の往診料, の得意, の心眼, の所, の手塩, の手柄, の持っ, の指, の文七, の新鮮, の日記, の最後, の死んだ, の死因, の気持, の気象, の気風, の生活, の祖先, の空気, の答申, の肚, の良心, の莫大, の行動, の言, の言う, の説, の謝恩会, の賜物, の趣味, の軍事的教練, の野党的空気, の食えない, はいくら, はいつ, はお, はこの, はこれ, はこんな, はご, はじき転任, はすこぶる, はすっくと, はすでに, はたいていいつも少し, はただ, はつい, はつまり, はどう, はどうも, はなにもの, はなんて, はね大学, ははじめて, はふだん, はほか, はまた, はまつたく, はむなしく, はよく, はイヤ, はオデンヤ, はカルモチン, はダルウィチ, はダルウィチ大学, はトンマ, はホトトギス派, はヤス子さん, は一方, は不仕合せ, は五十ぐらゐの, は五尺八寸, は人間らしい, は仕事, は佛蘭西, は僕, は児童たち, は内町, は列車, は動物學者, は医者, は十二月, は図画, は国民, は天下泰平, は少しどうか, は後見, は指, は探, は教室, は文字通り, は機械文明, は次郎, は歴史, は毒, は無理無体, は特別私, は王仁, は珠緒さん, は生かし返らせ, は生まれ, は生れつき有り金, は町, は私, は米友さん, は絵, は絶対, は脱線, は若い, は親切, は議会, は近頃, は酒, は金沢, は魂, への手紙, みたよう, もどちら, もまた, も剽軽, も当時, も曇りない, も私, も近頃, よりずつと肉付, をいじめた, をきらいらしい, をしめちまえ, をつかまえ, をはるばる, を口説き落す, を恐る, を憎ん, を手放したくない, を知らなかった, を見る, を訪ね, を訪ねる, を起し, クソ落ち, 小さな本, 折々奇矯

▼ この~ (310, 0.1%)

4 から, のこと, の日 3 の夜, の火事, の野, や水車

2 [21件] からわたし, から夏, から奥方, から建物疎開, から病臥中, この岩, だったか, でご, に巴里, の, のよう, の道者船, の雨, はここら, はインフルエンザ, は一緒, は花, へかけ, もまた, 亡くなりましたよ, 死んだの

1 [244件] ああは, あの男, ある海岸地方, お熊, かへりました, からいざ, からかわるがわるこう, からここ, からずいぶん, からだんだん, からでございます, からどんな, からのお, からの心痛, からはお, からは以前, からもう, から一, から中学校, から五, から初夏, から力, から勧化, から勧誘, から十一月, から十手, から十月, から原田家, から家, から家来, から寝泊り, から川上, から柳, から横浜, から此方, から泊つて, から町名主, から病気, から瘡毒, から着々, から秋, から秘密, から第, から聞きなれ, から記, から足, から輕, かりそめ, が問題, この清水詣で, ごいっしょ, さむき朝, そのこと, その原文, その娘, その藤夜叉さん, だよ, ちゅうわけにも, ちょうど夕方, でございました, でしたが, でしたよ, で四十歳, で逢う, で連載, とすれ, と共にもっと, と同じ, と夏, にでも事, になっ, になつて, になりまし, には, にはあった, にはいづれ, にはその, には固い, には大挙, には女子, には父親, には福岡, には結婚, には絵, にも母, に上京, に京都, に会う, に來, に出, に大, に筒井, に至り, に芽, に裾廻し, に遇っ, に霞, ね, のある, のうち, のお, のはやり風, のまだ, の三月, の上野, の二回, の二月, の仕度, の休暇中, の入院, の分, の初め, の原稿, の地, の夕, の大, の奇怪, の始め, の形見, の恐怖, の或, の戦火, の播種面積, の日向, の時, の最も, の朗読会ぎりだったね, の母, の江戸早駕籠, の流行, の浅野内匠頭, の潮, の町方一統, の相場, の空, の紀州, の終り, の興行, の花, の花園, の訴訟, の退院後, の通常国会, の遅い, の都落ち, の雪, の音, の齎せし, はきじ, はたれ, はとなり, はとんだ, はどう, はめずらしく, はもう, はよき, は一ばい, は二十七, は京都同志社, は仏心, は信長, は天下, は奥州, は平和, は当時大臣, は復, は新調, は柳, は正式, は猛然と, は眼, は神保町, は祭, は空巣, は考え, は聟養子, は越せ, は遍路, は酒, は鉱泉, は雨, は風邪, ひっぱって, ひどく疲れ, ふたたび河内辺, へのうつりかけ, ぽっくりと, までは下界, までは仰, までは安兵衛殿, までは当家, までは熊五郎, までは犬, までは當家, までまだまだ, まで十五年, まで厚木, まで御, まで犬, まで黄文炳, も, もう卒業, もやっと, も大, も巡礼講, も拝観, も春日野, も盲腸炎, も老いし, も障り, よし原, より御, をうまく, をかれ, をもっ, をゆるり, を歓び, を迎えよう, 一度寺, 亡くした, 亡くなりました, 初めてこの, 初めて府中, 前崎, 多計, 大きな損, 寝つく前, 建てた裏, 思わず声, 新響, 死にましたよ, 死んだ小倉嘉門, 死んだ志道軒, 死んだ歌唄, 死んだ駒次郎, 生まれたという, 生れたので, 生れたばかりの, 生んだばかりの, 突然やってき, 突然充血, 若やぎて, 討って, 這入った泥棒

▼ この~ (309, 0.1%)

64 のため, の名 3 がこの, のほか, の習性

2 [18件] がまた, が戸口, が来た, ですか, どうなる, にやっ, の主人, の場合, の持つ, の撲殺, の雌, はきっと, はどういう, を, をこの, を愛玩, を抱い, を見

1 [250件] あ今夜癇, かく定時, が, がいなけれ, がお, がそこ, がそれ, がそんなに, がただ, がどうしてこんなに, がどうも, がどこ, がのん, がやはりなにか, がわたくし, がわたし, が一見, が三匹, が並一通り, が人間, が仇討, が何, が何故, が作り上げられ, が偶然, が前, が化け, が吠え出します, が咋, が大変お気に入り, が或, が時々, が流れついた, が焼け死ん, が繋がれ, が自分, が躍り上る, が近所, が追いかけ, が非常, きつと, だけには一番最初, だけはいつ, だけは帯びているのだということがおわかりになったであろうと, だけみんな, だけ宿, だと, ったらイヤシンボ, であったか, ですって, として当然, との経験, と初めて, と別れる, と小, どうする, なぞも御覧, にちがい, には主人, には幾度, には毎日小豆, にも今晩, にも無限, にやります, に咬みつかれ, に啖, に対して特別, に対して自分, に対して至上権, に引張られ, に悲哀, に抱きつい, に特殊, に石, に追いつめられた, に逢う, に附けられた, に頼む, に食われ, のおかげ, のおかげできさま, の一挙一動, の享楽, の係, の個性, の入手, の写真, の出現, の力量, の原種, の名前, の嗅覚, の姿, の尾, の後, の怖, の性質, の持主, の方, の歴史, の毛皮, の無能, の特性, の病気, の皮, の目, の真似, の糞, の結核, の脳神経中枢, の行く, の鉄面皮, の銅像, の鋭鋒, の陶酔者, の面倒, の食費, の飼育, の飼育改良, はいけない, はいつ, はおじいさん, はおとなしい, はお前, はその, はその後大連, はただ, はだれ, はとし, はどこ, はどんな, はなに, はぼう, はもうたいへん, はりっぱ, はわし, はドウ, は三月, は与えるでしょう, は二歳位, は人間, は今, は今に, は仔もち, は何, は何種, は僕, は名, は奥様, は婦人, は子供, は山木テル子さん, は岐阜県, は岸, は年来, は後日, は忘れられ, は感心, は持っ, は放し飼い, は旅, は極めて, は毛色, は気, は無上, は猪, は番人, は知らぬ, は私, は突然, は練兵場, は臆病犬, は自分, は良い, は言うまでもなく, は話, は谷川, は足, は銀, は間, は非常, は首, は鼻, ばかりは小, まで普通, もいい, もずいぶん, もみんな首, も一緒, も同じ, も武者足軽, も表芸一通り, も買っ, や人, をいじめなくなりました, をいれ, をお, をおくれよ, をお前, をからかい, をかわいがっ, をこそ最も, をさえ, をじつによく, をその, をたいへん, をつかった, をどんなに, をひどく可愛, をポチ, を二ひき, を伴, を借り, を全快, を可愛, を可愛がりました, を君ら, を失った, を子供ら, を実験, を寿限, を心, を怖, を悪く, を愛育, を手がかり, を描く, を歌笑, を殺した, を殺しや, を洋行土産, を溺愛, を狂犬, を畏, を相手, を知っ, を石, を繋げ, を自分, を見つける, を見る, を解い, を買い, を買います, を走らしめ, を迎え, を追っぱらわ, を追廻す, を連れ, を養うべき

▼ このとおり~ (304, 0.1%)

3612 です 7 じゃ 3 だと, である, なの, なん

2 [13件] このとおり, さ, だったの, だよ, だろうと, でございます, に, に実行, に簡単, のこと, の人間, やって, 急いで

1 [211件] あついの, あやまりやすあやまりやす, あるが, ある日私, うまく体, おおせの, おそろいでお越し, おっかねえ, おて, おとなしくうしろ, おなわ, お内儀, お奉行, お約言, かかって, かどう, からだ, がらあきなこと, こくが, このひと, このふたり, この女, ご陽気, さるぐつわをはずしてやらあ, しっかりし, しっかりした, しなびて, しゃべれるよう, じつは奇術師, じゃない, じゃ丹波, じゅうぶんに, すっぽりと, ずいぶんり, その時心象, そろばんだこ, ぞうさ, たいへんなお, ただひとり, ださあ, だそう, だちょっとした, だったら梟, だよく, だんだんと, だ婆惜, ちがって, ちっちぇえからだを二つ, ちゃあん, ちゃんとあの世, ちゃんとした, ちゃんともう向こう, ちょっと馴染み, で, であったと, であります, であると, であろう, でいい, できかかっ, でご, でござい, でございまして, でございますもの, でさ, でしたよ, ですお気, ですから, ですよ, です勘弁, です病棟, でたいがい, でないか, でもはや, でやはり, で消す, で美, と云っ, どうも咳, どのよう, なおつまりません, なかなか広い, なにもかも見通し, なま, な人間, な田舎育ち, にいきいき, にし, にした, にすっかり, にて世の中, になる, になれた, にまだなんら, にやる, にょろにょろと, に信じ, に差上げ, に御座います, に意識的, に結びつけ, に話し, ぬすみましたという, ぬれて, のかっこう, のさびれ, のていた, のはげしい, のぽかぽか, のやせ, のりっぱ, の人込み, の口不調法, の姿勢, の心理過程, の恰好, の文句, の方, の木の芽, の毒気, の泥鮫, の満員, の焼, の状態, の男, の目, の穴, の腕白者, の見かけ, の課題, の顔, はにかんでばかり, はれ上がった, ひざまずいて, ひどい目, ぴんぴんし, ぴんぴん生き, ぴんぴん生きてる, ふさぎこんで, まえの, ましてすずめ, まだ人, まだ戸, まだ救い出しきらない, まっくら, むずかしい, めっぽううまい, もうおじさん, もうたかっ, もう今年六歳, もめん, やかましく追いたて, やること, わめきだしたん, ニヤニヤと, パッと, 上っちゃ, 亡くなって, 伝えて, 作るの, 作るん, 助かった, 厚いし, 同じよう, 固い岩, 多い惨死者, 大きな声, 大きな金具, 大喜び, 大損傷, 大汗, 寂しいところ, 寝て, 小さなやさしい, 少しは, 少し身体, 幾重にも詫びる, 広い部屋, 愚かしいと, 抜けめ, 抜けめがね, 捕ったばっかり, 教わりましたの, 正にまったく真実, 正躰, 残って, 泣けて, 深くおわび, 渡れるでは, 焼けて, 生まれたばかりの, 痩せ細りました, 真赫, 立って, 縛られて, 罷り出ました, 薄暗い, 見舞って, 訪ねて, 訴え申し上げました, 話し合って, 迷って, 連れて, 酔った, 重いの, 頼みますぞ, 頼み入る, 食らい酔って, 食わずに, 飲んで, 黒い

▼ この若い~ (304, 0.1%)

9 二人の, 男の, 男は 4 娘の, 男が 3 二人を, 女を, 婦人の, 教師の, 者が

2 [23件] お客を, のは, 侍は, 侍を, 友の, 女の, 女は, 女性の, 女教師から, 娘が, 娘に, 嫁に, 来客の, 武家の, 男に, 男を, 番頭の, 病後の, 細君は, 紳士の, 群が, 者の, 記者は

1 [208件] いのちを, おあるじ, おかた, おかみさんの, おかみさんは, おしゃれな, おだやかな, お内儀さん, お母さんは, そして新聞記者, そして若い, のの, のを, ひとの, ものが, もの余程, もみの, アンテナは, ドクトルの, ボヘミアンは, ボーイ達が, ロシア人の, 一商人と, 一義人の, 不能者の, 与力の, 中尉を, 中間が, 主君は, 主従も, 二人に, 二人は, 亞米利加人に, 亞米利加人には, 亞米利加人を, 人々こそが, 人たちとは, 人たちの, 人たちは, 人は, 人惡魔のを, 人達の, 仲間では, 住職の, 住職は, 作家が, 作家を, 作者が, 作者だけは, 作者は, 修行者の, 修道僧は, 修道僧を, 俺の, 僧が, 僧を, 僧侶から, 僧侶に, 党員である, 処女の, 刺青師の, 劇団の, 劇団は, 力の, 助手さんには, 勇将を, 医者が, 医者は, 呉服屋の, 商人が, 国語教師に, 士官に, 士官は, 夢想家の, 大地主, 大工さん夫婦の, 天才ヴァイオリニストに, 夫婦の, 夫婦は, 夫婦者の, 奥さんは, 女が, 女たちとの, 女などは, 女に, 女には, 女中を, 女優が, 女医を, 女性は, 女性も, 女教師の, 奴, 姿の, 威勢の, 娘さんの, 娘を, 婦人に, 婦人は, 嬢子を, 学生の, 学生達の, 学究に, 安南人, 客に, 客人の, 寡婦は, 少佐が, 尼は, 弟子いつも, 弟子に, 御支配, 御新造は, 心の, 恋の, 恐らく少尉, 感激を, 探偵について, 探検家は, 政治家は, 救世主を, 教授の, 文人も, 新妻を, 新聞記者に, 方が, 旅の, 日本の, 日本人が, 木霊は, 未亡人の, 栖方の, 株屋を, 楽匠は, 武士が, 武士の, 武家に, 武家は, 歴史家に, 殿の, 毛唐まがいの, 汽車乗りの, 油売り, 法學士は, 浪人何か, 無名の, 無電技師の, 燃ゆる, 父も, 父親の, 物理学者も, 犯人の, 独身の, 獅子は, 琉球の, 生もの, 男と, 男には, 男に対し, 男女の, 男女は, 町会議員は, 画家は, 番頭に, 番頭は, 盛りを, 祖先の, 神を, 禅僧の, 禅坊主には, 禅家の, 禅師さまに, 科学者フルハタの, 秘書には, 米國人の, 細君が, 細君の, 紳士は, 継母は, 編輯記者は, 美僧は, 群だった, 群は, 者たちは, 者よりは, 者同志の, 與力の, 船頭さんが, 蘇我の, 血が, 血と, 西洋人が, 西洋人は, 詩人に, 詩人の, 貴族を, 造られた物, 連中の, 都会人たちは, 隊長の, 音楽家が, 頃からの, 領主も, 馬が, 馬を, 馬商人は, 馬子を, 鳥は

▼ この~ (302, 0.1%)

27 を聞く 12 を聞い 5 の主 3 が耳, だ, と同時に, に応じ, に驚い, をきいた, をきく, を聞いた, を聞きつけ

2 [18件] がした, が聞える, が自分, である, とかの, とこの, に耳, に聞きおぼえ, のする, はその, はよく, は少し, も彼女, をきい, をききつけ, を耳, を聞かざりき, を聴く

1 [195件] ある毎, いかに響きつらん, かかる時, が, があるだろう, がおのずと, がおわる, がきこえたろう, がしずか, がすなわち, がたしかに, がだんだん, がついに, がひとしお, がまだ, がまとも, がニュージーランド, が不吉, が久しぶり, が分る, が土蔵, が御, が有効, が森, が次第に, が牢屋, が確か, が絶, が聞え, が聞えない, が貴様, が闇, が非常, が響い, きこえよと, こそは彼ら, こそ余, この力, この嘆き悲しみ, この囁き, この子ら, この感情, だけと戦っ, だけにはお, だこの, であった, ではあるまい, でも, で二人, で人だかり, で初めて, で大尽, で始め, で微々, で扇屋, で活, で満堂, で直ぐ, で眼, で米友, で豆, で集まっ, で驚かされ, というもの, とともに船子, となった, と云う, と共に学校, なき嵐, なら明けても, にあなた, にお, におどかされ, におどろい, にこそ不易不変, にしめつけられる, についての証言全体, について証言, につつましく, につられ, にはま, には力, にひれ伏した, にびっくり, にびつくり, にほつ, に仰天, に兵馬, に対して普通, に対して無感覚, に彼女, に押され, に清ら, に源氏, に皆, に目, に眠り, に睡, に研究室, に立ちすくん, に竜, に聞き覚え, に胆, に致しましょう, に誘われ, に貫かれた, に限られ, に鞭, のきこえた, のため, のみの変化, のニュアンス, の持主, の発する, の練習, の耳触り, の聞えやせむか, の脅威, の脈ゆるやか, の行く, の誰, の近づく, はここ, はさっき, はたしかに, はちっとも, はどうも少し, はどこ, はどんな, はない, ははや, はまた, は一体, は一致, は二階中, は人々, は何, は何処, は前, は口, は地, は寝床, は彼, は往時, は復, は忽ち, は恐らく, は我が, は普通, は最も, は無茶, は白, は私, は耳, は聞き忘れられない, は行列, は駕籠屋, は高い, ばかりが聞こえ, もおびえ, もこの, もまた, もロマンチシズムすべて, も聞えない, やしづか, を, をあの, をうしろ, をたてる, をコーゾー, をレコード, を他人, を伝えもせ, を出し, を出す, を岸本, を忘れた, を怪しみぬ, を打, を朝, を発せず, を第, を聞かざる, を聞かず, を聞かれる, を聞きし, を聞きつけた, を聞き付けます, を聞け, を聴い, を能, を艶子さん, を遠く, 聞いて, 高い叫び

▼ この~ (302, 0.1%)

8 の上 6 の幹 5 のてっぺん 4 の枝 3 のよう, の花

2 [25件] が他, が多い, だけは何, に二人, に停, のある, のこずえ, のそば, の頂, の鳥居, は切っ, は天, は少し, は彼, は細い, は高, をも私, を伐っ, を切る, を北門, を大事, を持っ, を木, を知っ, 樵りは

1 [223件] かの木, から二百ヤード, から出る, から外, が, がお, がこうして, がすっかり, がただ, がみんな山, がよく, が不思議, が今, が助かる, が土, が夏, が好き, が根移し, が澤山, が確か, が美しい, が見える, が野原, が非常, だけが共通, だろうか, っぱだすかいな, っ葉, でしたな, ですよ, では一番, でもながめ, で二円, とあの, とともに盡, とは思えぬ, ともお, と木, と水, と草, と話, などはどの, に, にいる, にただ一度, につきさし, にとってこんな, にとりつけ, にとりつける, になる, にのぼつ, にのぼつてつかま, にはサル, には数, には特に, には産地, には餅, にもたれる, にも何, にも登った, によじ登れる, に伝わっ, に信願, に出逢う, に卯の花, に参拝, に名, に対して片, に山茶花, に引っかかりました, に止まっ, に水, に注意, に登っ, に秘か, に縄, に縛りつける, に限つて小豆粒大, のあらゆる, のうち, のおかげ, のかげ, のため, のてつぺん, のところ, のどこ, のふり, のまわり, のみき, のもと, のわく, のテツペン, の両側, の並木, の中, の事, の傍, の冬, の分布, の古典的趣味, の声, の多く, の大木, の姿, の寂しい, の巣箱, の影, の御, の性, の手すり, の枝振り, の株根, の梢, の棒, の横着, の死, の無い, の燃える, の玉, の生命力, の用途, の箱, の繁茂, の美しく, の肌, の茂る, の落ち, の蔭, の装飾, の見事, の附近, の面白味, の黄葉落葉, はあたり前, はいくつ, はいつしか, はおまえひとり, はすてき, はその, はそんな, はどう, はなんにも, はもと, はわが, は世界, は今, は伐る, は大きく, は大切, は大森, は太田君, は寮, は山谷, は日蔭, は春盛ん, は木曾樫, は本名, は枯れた, は根, は樟科, は氷, は沖縄, は火, は然, は父, は爺, は秋, は竿, は老衰, は育つ, は花, は諸州何処, は郷里, は鳥木, ばかりが下草, ばかりでない, ばかりは喰わない, もあの, もうれし, もまた, も助かった, も若い, も草, より枝, をあげる, をさかき, をながめ, をば目印, をもっ, をもらっ, をゆすぶっ, をタイサンボク, をラテン語, を中心, を伐らせ, を信念, を切っ, を切つてしまつたの, を塒, を尊敬, を山, を山の神様, を怪し, を愛し, を携, を数える, を有難い, を枯らす, を樂園, を生かす, を用ゆ, を知ってる, を立て, を組ん, を美しく, を自分, を見, を見直し, を通りすぎた, 出でてかの, 惜しいな, 樵りの, 立ち囲い

▼ この連中~ (301, 0.1%)

4 の中, は 3 のこと, を相手 2 に向っ, のすべて, のほう, の蟇口, はいずれ, はこの, はその, はまだ, は何者, は彼

1 [267件] かな今日, からこうむった, からは嫌疑, から花札, かりにも, があわて, がいきり立つ, がうろうろ, がこの, がそんな, がたくさん, がどんなに, がひととおり, がほか, がみな, がみんな, がもうよく, がもし, がよから, がアッチラ汗, がフロック, が一つ愉快, が一時, が世話好き, が主膳, が今ここ, が何, が傲然, が喰, が四五人, が大変物, が寝る, が廊下, が彼, が意気込ん, が日本, が昌平橋, が時, が時間, が死んだ, が気, が海竜, が異様, が相談, が神楽師, が私, が立退かない, が西川, が解散, が識名園, が軍手, が集まっ, が雪崩, が面白, そうかと, だけだ, だけで特に, だけは私, だとは, であって, である, であるだけに, でそこ, ではなかなか, で仕方, としてはたあい, とつき合い, とつながり, とても自, とはちがっ, とは同行, とをはっきり, と一緒, と乗合せ, と戯れる, と渡り合わなけれ, と特別, と話, と道づれ, と道伴, と闘う, にいじめられ, にかかっ, にかかったら, にこう, にそう, にちがい, にとってはほんの, にとっては回向院境内, にとっては自分たち, にとって充分, にとっ掴まっ, にはどの, にはまた, にはや, には内容, には小, には強い, には敵, には殊によく, にまかせ, にまで伝わっ, にも殺気, によって発見, に今度, に代っ, に伝え, に兵船, に取っ, に取り巻かれる, に対して持っ, に射向けられ, に正面, に比べ, に氣, に英国生れ, に言ったらしい, に逢った, のあいだ, のあと, のいがみ合い, のいる, のし, のずべら, のなか, のまし, のモットオ, の一人, の一挙一動, の云, の仲間, の体, の作品, の全部, の内, の列, の勝手, の定型, の度外れ, の座, の想像, の愚, の新, の日本, の書く, の最近, の理論, の相手, の私的, の納める, の素姓, の行手, の見聞談, の観察, の言葉づかい, の話, の身分, の間, の頭, の顔, はあたい, はあなた, はあの, はある程度, はいいつけられた, はいったい, はおれたち, はかう, はかねて, はすべて海土蔵, はただ, はどういう, はどんな, はなん, はひどく悲し, はみな, はみんな, はよろこん, はわし, はガラクタ文士, はシューバル, は五月二十日, は人生, は今度, は仕事, は何, は俺, は元来謡, は内実, は冷笑, は出演, は別に, は勝てない, は向う見ず, は士族, は外交団, は客, は小ぢんまり, は常に, は常野, は年中, は年齢, は恐れ, は恨み重なる, は所謂海賊衆, は打, は文化問題, は新た, は有名, は本, は比較的, は法律, は深く, は物, は現に, は現在, は生まれ, は町角, は碁打, は色々, は親, は論外, は貴島, は赤, は農夫, は酒井, は野宿, は降りかかった, は頻りに, は額面, は食, は馬鹿囃子, は黒田, へ仲間入り, へ時々, まで人並, もたいへん, も二十二, も暇さ, も最初, やっぱり振切ろう, よく見れ, をこの, をし, をつっつい, をどう, をひとつ上手, をまんぞく, をよく, をタカ, を上方, を周茂叔連, を実に, を巧み, を我輩, を振切っ, を昂奮, を泊めよう, を絶えず, を脱退, を見, を誘っ, を説き伏せる, を軽蔑, を追い払っ, を集め, 思い立つこと

▼ この~ (297, 0.1%)

9 の御 7 のこと, の事件 5 の大 4 の事, の事変, の戦争, もまた 3 とりわけて, のお, の総

2 [20件] に限つて, のご, の儀, の大変, の大戦, の婚儀, の戦, の戦乱, の旅行, の狂言, の解散, の試合, はご, はぜひ, はただ, はまた, は大, は水, は見事, 仰を

1 [204件] お取り寄せ, が初め, ぐらいな, こそそ, こそと思う, こそはと見れ, こそは三河, こそは殿, こそ木曾, その白虹君, だけはお, だけはしばらく, だけは十万銭, だけは見のがし, でいい, で八年, どういう御, にかぎり, の, のまちがい, のよう, のわが, のギャング狩り, の一件, の一儀, の三鷹事件, の不信任案提出, の五ヶ国, の使い, の倉庫, の働き, の先, の全く, の内使一件, の処分, の出京, の出來事, の出陣, の十九名, の参宮, の合戦, の吟味, の和議, の図書館法, の国鉄, の大任, の大戦中, の失敗, の奉公, の女子, の如く, の対局, の屋敷, の役目上, の思い出, の恋, の戦勝, の戰, の拝受者, の捏造, の措置, の放, の旅, の旅行中, の日支事変, の暗黒星, の検閲, の極度, の様, の決戦, の法令, の浅野内匠頭殿, の王様, の生活探求, の発売, の私, の節約日, の結婚, の結構, の罪, の聖戦, の臓品, の興行, の舞台, の船, の議会解散, の費用, の賀, の転任, の近衛内閣, の逆臣退治, の選挙, の釣狐, の難事件, の音楽生活五十年記念演奏会, の騒動, は, はいよいよ, はお, はおそく, はこれ, はさだめし, はすこし, はぜがひで, はそち, はその, はそれ, はそれどころ, はたと当惑, はとんだ, はどうぞ, はまことに, はめでたい, はもう, はわけ, はシカゴ畜産組合, は一つ, は一方, は万里, は三日, は上, は世子, は中川, は亭主, は今日, は何, は何とも, は何奴, は信長, は俯向きがち, は別段, は又, は命危ふし母, は城下, は場処, は大高城, は天気, は天神, は女中, は小生清書, は左側, は幣, は当家, は御, は御坊, は念, は思う, は我々, は拳骨, は散々, は是非, は案内役, は正宗君, は無事, は田端, は留守中, は發光, は相手, は真に, は石板, は空気中, は築地二丁目, は米国人, は腰掛け, は蒔岡君, は見張り, は観音様, は許されなかった, は許したまい, は誠に, は貞夫, は赤穂浪士, は輝元様, は運, は金三千両, は陸, は食, ばかりで, ばかりでなく, もいつも, もそれ, も安土, も殿, も見廻り, や蒋侯神, ようやく黄巾, よんどころない事情, 仮令一命差, 入るべき薩州邸, 再板達磨, 各色ごと, 失った実印, 如何いたし, 射んと, 廻って, 御台所, 思ひ立ち都, 我が世子, 某学校, 生きながら, 生来未だかつて知らなかった, 第一, 第三種郵便物, 見ると

▼ この調子~ (291, 0.1%)

23 だと 98 で行く, で行け 5 です 4 だから, でした, でゆけ 3 であった, で進ん, なの

2 [21件] だった, で, であっては, である, でいく, ではお, ではこの, ではそっち, ではオレ, では今, では何, では全く, では私, で地代家賃, で押し, で書け, で行ったら, ならと, なら大丈夫, なん, を破る

1 [175件] かと思っ, かね, から推し, がその, がない, がまた, が出る, が永く, が甚だ, が読者, さ, さえ出れ, じゃあ, じゃどこ, じゃ俺, じゃ火, だったから, だつたん, だとも, だなと, だもん, だろう, であさっ, でありました, であるから, でい, でいけ, でいろいろ, でかえ, でかたっぱし, でがんりき, でぐいぐい, でここ, ですから, ですからね, でたゆまずやっ, でつっぱしらせ, でとうとう, でどんどん, でないと, でなら, ではいつ, ではさだめし, ではその, ではとうに, ではとても, ではどう, ではどんな, ではまだそうとう, ではもう間もなく, ではもし, ではスキー, ではパリ組, では七十円, では世間, では今に, では今年中, では佐久間町, では何だか, では何年先, では何物, では俺ときゃつ等, では先ず, では先方, では夕方, では夕飯, では屹度, では怪塔ロケット, では惣兵衛ちやん, では手のひら位, では春, では本艇, では根賀地, では無事, では見, では間もなく, では馬鹿, でまた, でやっ, でゴタゴタ, で一本槍, で乗, で二時間目, で些細, で全, で全体, で八月, で六年間, で其中庵生活, で内輪喧嘩, で受け, で受け答え, で向上, で夕方, で奈智, で学校, で寒く, で少年諸君, で敵, で星, で暁, で段々, で毎年, で照子, で生涯, で続く, で考える, で薄暗い, で行, で行き, で行きましたら, で行っ, で衰運, で裁判所, で西洋風, で見る, で解け, で話, で象牙彫り, で貯金, で踏み出し, で身体, で軽く, で進め, で運行, で道のり四五町, で間, といふもの, と句読, と思わなくっ, なので, なら, ならいくら, ならいま, ならきみ, ならぐんぐん, ならじきに, ならそう, ならまず, なら二, なら僕, なら先生, なら吾輩, なら夜, なら好い, なら安心, なら広河原, なら蠅男, なら頼めば, なればと, にすっかり, に陥る, のい, の低い, の強烈, の油, の狂, はその, はづれ, はどこ, ははじめて, はイタリア, は事務的, は画家自身, は藤原, やったら浜寺, をもっと, を保っ, を底, を成す, を押し進め, を斥, を盛り返す, を真似, を破ろう

▼ この~ (290, 0.1%)

15 がある 7 あり 4 が出来た, 探偵の 3 があった, を付けた, を覚え

2 [17件] ありと, ある御用聞, があり, が出, に値い, の響き, はあまり, もない, をもっ, を得, を得た, を採用, 御用聞を, 探偵が, 探偵を, 稱を, 臣を

1 [217件] ありこの, ありとぞ, ありとは, あるより, ある岡, か, からし, がこの, がこんなにも, がその, がそれ, がでた, がゆうべ, が一党, が付いた, が何者, が信仰界, が先以, が初めて, が印象深く, が口, が古く, が呼び, が如向, が当時, が昔, が来, が残っ, が生れた, が用いられます, が見え, が起った, ござる, ざしを, だけは御, であれば, でこの, で呼ばれ得るなら, で呼ぶ, で呼んだ, とそれから, などは同時に, なら造作, において二十曲, にし, にて書きたる, になじんだ, になった, にふさわしい, によって多く, によって自分, に値する, のいつ, のおこなわれ, のため, のつけ方, のほう, のゆかり, のゆゑ, のる時, のわたくし, の下, の与えられた, の人, の児童遊戯, の基く, の島, の持主, の方, の植物, の由, の著者, の語源, の起り, の起源, は, はいかが, はこの, はしかも, はその, はぞっと, はつい近頃, はどう, はなかなか, はなん, はねえ, ははやく, はもと, はよく, は今日, は俗称, は児島, は別に, は十五歳以後使用, は十吉, は単に, は各地, は君主, は大, は尾花沢町, は山村平吉, は廃絶, は後, は怖, は数年前, は既に, は日本, は明治, は昔, は時々, は末子, は村中, は梵語, は正しい, は決して, は犬, は珍しく, は疑い, は疾く, は皆様, は知っ, は私, は見えない, は誠に, は負, は越後方面, は輯製二十万, は門, ほど今日, ほど彼女, まえが, もそこ, もなつかしい, もまた, もコック, もデタラメ, も同じ, も知れない, も知れぬ, も知れぬ寂びしい, も確か, をあてよう, をはつきり言つた時, を与えた, を中外, を低く, を使, を使い始めた, を使う, を使用, を原稿用紙, を名乗つて, を呼び, を呼び続け, を嘆願, を墓標, を大変, を妙, を存する, を忘れ, を愛し, を持っ, を排斥, を日本, を永く, を生じた, を用い, を用いた, を発音, を称えた, を空し, を約めたるなり, を聞き, を聞く, を聴い, を胸中, を與, を藉, を見, を見る, を記憶, を讃, を負いし, を避ける, を釣出し, を附け, を附けた, を附与, を降し, 伯楽は, 例律には, 台詞は, 壺じゃからな, 始めて, 御用聞の, 打ての, 批評が, 探偵と, 探偵は, 探偵も, 探偵長大辻が, 校歌が, 樂器を, 汝等の, 灸の, 稱が, 稱により, 編集長がと, 興業師幸田節三が, 血族の, 記者を, 調子に, 講義の, 辞が, 鳥と, 鶉を, 鷹は

▼ この美しい~ (286, 0.1%)

3 娘を, 婦人の, 景色を

2 [20件] たびたび自分, 上高地の, 世界に, 光の, 夜の, 女は, 女中が, 女房の, 姿を, 娘が, 娘の, 孔雀が, 少女の, 少年は, 情景を, 景色が, 盛岡の, 花氷が, 都會の, 都會を

1 [237件] あまりに形, おきさきだった, おねえ, お師匠さん, お道, からだを, すみよかっ, そして子供子供, っていうこと, でっぷりした, とも何とも, のが, ひとが, ひとの, ものが, アラビアの, センネット・ガールの, タッチの, トリオと共に, ハイムダル伝説が, ピアノの, ペーには, モデルといふ, モナ・リザの, ヴエノスアイレスが, 不思議な, 世界にたいして, 中に, 中尉が, 主従の, 二人の, 二人を, 京の, 人が, 人たちは, 人を, 人情の, 令嬢が, 令嬢は, 伯母にだけは, 像は, 元気な, 兄妹は, 光景に, 光景を, 八角の, 公園の, 円堂に, 処女を, 南国の, 古典の, 名称は, 哲学的詩に, 唇の, 唇は, 図模様としての, 国この, 土人乙女が, 地上が, 地球この, 垢拔けの, 声が, 夏の, 夕暮が, 天然の, 天蓋の, 女優を, 女性, 女性に, 女房を, 女郎蜘蛛を, 妃が, 妹さんを, 妻が, 娘お, 娘さんも, 娘と, 娘は, 娘太夫を, 嫁さんに, 嫂の, 子供の, 宝の, 宝石をば, 客人は, 室の, 寝ざめ, 寝顔の, 寝顔を, 小舟の, 少年が, 少年の, 尼ならぬ, 尼の, 居間で, 山の, 山上の, 岩魚の, 峽谷をも, 嵐の, 平和な, 年を, 庭や, 建築を, 弱点を, 彼女の, 後家さんを, 心持が, 心根を, 応接間に, 患者を, 情は, 想像図は, 感情の, 手を, 手首には, 才気の, 描写全体を, 故郷を, 日に, 日本の, 日本髪の, 星は, 景色と, 景色に, 景色は, 晶玉に, 月光の, 服は, 朝の, 未亡人に, 未知の, 村に, 村の, 柳に, 梓川の, 楕圓形の, 楽器に, 樹木を, 機会以外に, 歌い手の, 殿堂の, 気持の, 水が, 水や, 水音を, 池の, 海で, 海を, 涙の, 涙は, 涙を, 深山の, 湯池を, 漆器を, 熔岩流が, 犧牲を, 犯人の, 珊瑚石きくめ石なまこ石シャボテン石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど, 珊瑚礁の, 理想郷を, 生きた贈り物, 男の, 町が, 町と, 画を, 畑と, 畫集も, 異国の, 異国人に, 異國人, 皮膚瞳これが, 看護婦から, 看護婦が, 看護婦とは, 看護婦を, 眺めの, 眺めを, 矢河枝媛を, 社会が, 私が, 私と, 穏かな, 空の, 立派な, 笑顔を, 籠や, 紫の, 終止符が, 組織を, 結晶が, 繼母からは, 肉体を, 背の, 自然, 自然に, 自然の, 自然も, 自由な, 舞踊家を, 若衆は, 虫も, 蛇つかい, 蠅を, 血色が, 行事を, 被害者が, 角燈を, 詞で, 谷, 貝を, 貴婦人が, 透明な, 部屋が, 部屋は, 都を, 銀の, 関係は, 限りない恐ろし, 隣の, 雪の, 雪景色を, 雲は, 雲をば, 電車を, 靄を, 青色は, 音は, 音楽の, 頬っ, 顏から, 顏と, 顔を, 魂の, 魔法が, 魔法の, 魚の

▼ この~ (281, 0.1%)

6 の初め 3 から秋, のこと, のはじめ, の初め頃, の夜, の終り

2 [17件] からもう, と秋, のある, のうち, の末, の間, の頃, は, はどう, はどちら, は一つ, は客, は賑やか, は軽井沢, またこの, もまた, 或る

1 [223件] あの会見, ある山間, ある所, いろんな小鳥, お下り, お姉さま, お神さん, かぎりもう二度と, からこの間, からさい, から一段と, から問題, から始終, から彼, から徐々に, から秋頃, から空屋敷, から騒いどる, から鮎釣, か秋, ぐらい一度顔, こそ思い, この別荘, この別莊, この寮, さる工学士, しらべて, そうした, その条件, だけは, だけは私, だと, です, でも出, でも別に, で学校, にはあの, にはうっかり, にはお, には余分, には室, にも一旦, にソヴェト同盟, に同じく, に咲く, に新, に於, に来た, に限っ, ねメグねえさん, のあいだじゅう私, のあの, のいろいろ, のお, のこころ, のさなか, のたそがれ, のはやり病, のまえ, のオーケストラ, のメンデンホール遠征, の一番, の七八夜あなた, の七月以来, の中野, の乾燥以來一緒, の事, の事務, の二千両, の休暇, の作, の公卿, の初めごろ, の北国出陣, の唯一日, の土用, の増大号, の夕ぐれ, の夕明り, の夕暮, の夜景, の夜更け, の始め, の引き, の旅行, の晩, の暑い, の暑気, の暑気あたり, の暴風雨, の末普請, の末頃, の歓楽境, の死, の水草, の流行, の海浜, の爆発, の猛暑, の田植, の盆踊り, の矢追村, の私, の終りごろ, の終り頃, の自分, の苦しい, の計画, の試験, の避暑客, の陣, の頃お世話, はあまり, はあ馬, はいつも, はお, はことに, はさるすべり, はじつに, はじめての, はじめて深山, はせっせと, はだいぶ, はのその, はまだ, はもう, はもうどう, はメロン, はロレンス, は一つテニス, は一九三二年五月三日, は一度, は二人, は二十日間, は伸子, は何処, は余り, は來, は六十名, は内地, は出かけません, は別に, は北海道旅行, は大いに, は夫婦, は少々, は山, は干, は御, は是非, は是非二三, は暑, は殆, は殊に, は毎日, は油, は法帖, は父母, は病氣, は百合子, は皇太子殿下, は糸瓜, は英語, は草, は運河, は運輸, は野々宮さん, は門, は雨, ふとしたこと, ぶりかえさずに, ほどよりおいおい, ほど思った, また追分, までに十万噸, までに餓死, までは右大臣織田信長, まで根津, もお, もっともっと早く, もひとつ, もトマト, も二三度, も君, も御陰, も方々, も末, も湖畔, やっと話, や真間, らしい烈しい, をいつ, をすごし, をコストローマ県, を漁村, を通し, を通しての最も, を過ごす, を過す, を限っ, 亡くなつた妻奈保子, 会った時, 入れた品物, 初めて知, 咲いた花, 唄い囃されて, 大きな収穫, 始めて, 彫つて, 新体制, 暑いところ, 暑い日盛り, 本当に苦しかっ, 泊った沓掛, 着て, 聞いたこと, 行かんと, 行った陸中国遠野郷, 見た或, 見た福神漬, 讀んで, 開かれた日本文化講座, 食べねば

▼ この~ (280, 0.1%)

8 を見 5 すがた, を描いた 4 の中, は, を見る 3 を見せ

2 [13件] がひどく, に描かれた, のこと, の前, の金網, の阿弥陀仏, はこれ, はよく, は弥陀仏, は私, を寺, を描く, を眺め

1 [221件] からは批判的, からは見る, からヴィンセント, から取り去, から感ずる, から推し, が, がいわれある, がお気, がここ, ができ, がどんなに, がよかっ, が入選, が出, が到底, が四谷以外, が大臣賞, が宋初, が描かれた, が暗示, が欲しかっ, が気に入りました, が決して, が眼前, が組立てられ, こそ大事, さえ見る, だけで二十枚, だけをみ, でちゃんと, での狙いどころ, では服装, でもこの, でもやはり, で椅子, で見る, とこの, とどう, と同じ, などが自分, などは単に, にある, にかかる, にくまれる, にそういう, について憶, にはおもしろい, にはお前, にはその, には別に, には多く, には少し, には次, には署名, には良く, には見た, にひどく, にもありあり, にもよく, によって世, に付した, に会い, に似, に何百年, に写し, に到, に対してひょうびょう, に対する今, に注ぎこん, に盛る, に色, に表現, のおかげ, のとおり, のところ, のなか, のやう, のよう, のテーマ, の一番, の下, の事, の余裕, の作者未醒, の出来, の動き, の味, の地獄, の場合, の女, の孔雀, の完成, の実感, の実物, の左手, の描かれた, の本当, の水彩, の着想, の竹, の箱, の紙背, の線, の置かれ, の胸, の裏, の解説, の話, の説明, の通り, の陰影, の青年, はあまり, はい, はいったい, はいつごろ, はいろいろ, はおそらく, はこの, はその, はたのん, はとうとう, はとり, はどこ, はなブラッセル, はね僕, はほんとう, はまた, はより, はわし, はわたくし, はアルプス高山国, はサロン用, はデティル, はパリ, はルネツサンス時代, は一体, は中, は今, は何, は何処, は億, は兄さん, は光線, は八方, は刺青, は動い, は四聖吸醋, は地, は売品, は大変, は好い, は宋初, は実に, は実物, は御池, は必ずや, は必然性, は成, は文学的, は果して, は気に入ったらしい, は父親, は版画的処理, は特に, は現代上流家庭, は現存六十翁, は百円違つたの, は相当, は美術品, は而, は良い, は若い, は落とされました, は貴女, は非常, は駄目, は魂, ばかりで, も, もそれ, もよかつ, をかいた, をかけた, をかけたい, をくっつけた, をその, をとっ, をとる, をみる, をみんな, をみんな裏返し, をよく, を作る, を僕, を充分, を吟味, を害, を展覧会, を手, を持っ, を探す, を描き上げたら, を数寄屋橋, を横, を片付け, を生かした, を盗ませた, を看る如き, を窓, を腕一ぱい, を見せたい, を見せたら, を見せられ, を見た, を見ました, を通じて感じられ, を頂戴, 必ず名人, 覚えて

▼ この~ (277, 0.1%)

3 らしい世界, 事実を, 嘗の, 時代の, 発見の, 発見を

2 [16件] らしい農夫, 作家の, 例に, 傾向が, 句法を, 思想の, 憲法の, 憲法を, 憲法草案の, 方法は, 武器の, 温泉に, 画の, 造船に, 銭座に, 首相が

1 [227件] と旧, なる予感, なる恩惠, な待遇, に出来た, に就か, に生じた, らしいやり方, らしい事件, らしい二人, らしい人物, らしい信者, らしい偶像崇拝, らしい協同体, らしい友, らしい友達同士, らしい報知, らしい境涯, らしい外国産, らしい宣教師, らしい形勢, らしい形成, らしい恋愛結婚, らしい手毬, らしい技藝, らしい描写, らしい敵, らしい断案, らしい方面, らしい書生, らしい有利, らしい校舍, らしい潮流, らしい熟語, らしい知己, らしい研究, らしい経験, らしい絲ぐち, らしい經驗, らしい考, らしい考え, らしい興味, らしい薪, らしい藁屋, らしい試験, らしい鎖, らしい関係, らしい随筆, らしい顔ぶれ, らしい高い, らしき士族, らしき機運, らしき湖, らしき路, らしき雅味, らしき題目, らしく勃興, らしく知つた人, カント主義の, カント学派は, カント派の, クレムリン宮も, ノルウェイ語で, リアリズムの, 七や, 世帯には, 世帯の, 世界の, 世界へ, 世界建設同盟会の, 世紀の, 主人, 事実の, 事実は, 事業の, 介が, 介は, 住職が, 佛譯の, 作家については, 例を, 傾向を, 元素に対する, 光明新, 光景が, 光景は, 光景や, 八景投票の, 兵衛の, 兵衛餅は, 分子の, 制度も, 助が, 助の, 労働者住宅へ, 勢力の, 原理を, 參者が, 古今述懐の, 古今集の, 名所の, 唐書藝文志, 唐書藝文志に, 嘉坡邦字雑誌の, 嘗に, 団長には, 土地と, 墓の, 夫婦は, 夫婦稲舟美妙の, 女御は, 妓に, 婿様を, 学年の, 学期に, 学理の, 学説には, 学説を, 學期で, 宇宙艇が, 宇宙艇は, 宗教の, 宗旨を, 官僚的中農主義が, 客が, 家庭は, 将軍が, 将軍であった, 工場へ, 帰朝者に, 府の, 府へ, 府を, 形式が, 形式論理学の, 思想が, 思想は, 思想を, 患者が, 意匠は, 感覚の, 感覚派であった, 感覚派の, 提説は, 政府にとって, 政治が, 教育制度の, 文化に, 文化を, 文明の, 文明は, 方法の, 方針の, 日本主義に, 日本国民同盟が, 日本地理に, 時代に, 時代を, 智識の, 来客の, 校長は, 様式が, 様式と, 様式に対する, 樣式の, 武器に, 武器を, 民主主義の, 洋行者の, 深刻派とを, 火山に, 火山の, 火山は, 熔岩流の, 熟語に, 燈に, 王の, 理想主義を, 理想的見地から, 生気論的説明は, 生活が, 生活に, 生涯の, 生涯も, 療法に, 療法によって, 発生動物層は, 発見に, 発見は, 百姓に, 知識から, 短歌を, 石器時代にな, 研究に, 研究の, 社会については, 租税を, 竹の, 籾は, 粒子が, 組織の, 羅は, 羅使は, 羅御, 考案を, 脚本は, 舞臺に, 舶来の, 菓をば, 華族の, 蔵が, 薬師寺では, 融雪法の, 製鉄法を, 見解は, 見解を, 詩社の, 譯に, 資本の, 道徳を, 道路は, 都市の, 陰堂は, 青年に, 領土に, 鼎は, 龜へ

▼ この書物~ (277, 0.1%)

9 の中 7 の内容, を読ん 6 に書い, を諸賢 4 に於, のなか, を出版 3 の出版, の著者, は私, を手, を読み, を読む 2 に, の一読, の価値, の名, はその, は少し, を, を書いた, を見

1 [194件] からし, から一寸, から受けた, から引き出した, から詩, から諸, が, がこの, がすこし, がその道, がそれ, がまだ, が一冊, が与える, が出版, が大変価値, が採った分け, が是, が私, が私たち, が竜, が與, が詩, くさいところ, こそは僕, こそ自分, だろう, である, でなした, でドレリンコート, で云っ, で挙げられた, で教, で私, で説明, で過去, といっしょ, となりました, と続編, と連関, と青い, などに現われ, にしるし, にすっかり, についてある, について一生, につかつ, になにもの, にはこの, にはその, には妾, には本当に, には白髪小僧様, には解義, には頻々, によって再び, によって唯物論的, によって愈々, によって私, によって自分, によつて救癩事業, による, に出, に十分敬意, に埋まった, に対しましてまず, に對, に就, に就い, に心, に於ける, に書かれ, に現われた, に親しむ, のこと, のどの, のまずい, の一ペエジごと, の一章, の上, の不思議, の主題, の内, の写本, の出版当時, の初め, の前, の名前自身, の問題, の多く, の大きい, の存在, の思想, の意義, の抜萃, の持ち主, の整理, の書き方, の格言気取り, の注釈書, の消毒, の無限, の狂気, の第, の第一義的存在理由, の紹介, の編輯, の著者達, の表題, の解説, の計画, の記事, の話, の課題, の論ずる, の貸借関係, の跋, の頁数, は, はいま, はかつて, はこれ, はすべて, はどう, はまだ, は上下二巻美濃紙摺六十頁, は世間, は今, は全く, は全体, は写本, は分析, は刊行, は十九世紀, は卑俗, は単に, は可, は幾冊, は断片, は新しく, は日本, は日本人, は旧版, は東北帝大, は某, は此, は沢山, は現代日本, は相当, は讀んでしまつた, は過去一年余り, ほど神, も現在, や資料, よりも分量, をあまり, をこんな, をさえ, をさし, をたずさえ, をよこ, を一読, を二十八部印行, を初め, を声高らか, を外, を夢, を大学, を大正十四年, を失う, を始める, を征服, を意味, を既に, を書い, を書く, を某, を無条件, を箔, を紹介, を荷造り, を見せましたら, を見つけ, を見つけた, を読まし, を讀む, を貫く, を貸し, を通してそぞろ, を選んだ, を閉ぢ, 或いはこの, 或ひ, 第一巻

▼ このほか~ (274, 0.1%)

9 にまだ 6 に, になお, にもなお 5 にもう, にもまだ 4 にもいろいろ 3 にこの, にも有るべし, に私, のこと 2 にいくら, にはなんにも, にまた, にも, にもいくつ, にもまだいろいろ, にも多し, の部分, 同じ手段

1 [203件] いたる所, いろいろの, この時代, その当時手, でもない, と知り, なお, なおいくつ, なお乗りかえ馬一頭, なり, にいう, にいくらでも, にいたし, にいふ, におくふかき, にこんな, にしかるべき, にたい, にてだて, にどれ位交際, にどんな, になかっ, になり, にはありますまい, にはなく, にはなにごと, にはほんとに, にはもう, には台所, には最初夕顔, には棒屋, には殆, には被害, には言い, には陵戸, にもあの, にもある, にもあるいは, にもいい, にもいくばく, にもいろ, にもおびただしく, にもきよす, にもっと, にもっとも, にもなかなか, にもやっ, にもやつ, にもエタ, にもラヴォアジエ, にも一人材木屋, にも一円以上, にも丸ビル, にも例, にも俗字, にも円朝物, にも剣道, にも化粧場, にも南方, にも古, にも各地, にも天皇, にも天童如浄, にも幾多, にも彼, にも所々, にも朝令暮改, にも木兎, にも村, にも橘, にも武人化, にも民族, にも泰文, にも犬神人, にも珍しく, にも磐次, にも秋田, にも種蒔, にも紀行, にも若狭, にも莫大, にも蒲生ひだ, にも蝦夷出身, にも輸出品, にも関係者, にも鬼, にやり, にわからせる, にわけ, にエリオット, にボイル, にメンデレーエフ, にラサ府, に一九〇三年, に一筋, に一語, に一風, に三男亀千代, に下げ, に不良読者, に二三, に五, に今, に今一つ重大, に今一人, に仕事, に位階勲章, に何, に依, に価八, に僕たち, に入口, に写真レンズ, に出すし, に刈田郡, に別に, に千葉亀雄, に取る, に各, に同国大野郡, に名前, に名誉, に商売, に問題, に在り, に変わった, に夜, に天狗, に天蓋, に女子一人, に女流音楽家, に委員, に小, に属中, に山吹社中, に巷, に庶民, に弁護士, に彼ら, に必要, に快, に我輩, に打つ手, に挨拶, に播磨, に文学者, に日本語, に書, に書いた, に替え, に月謝, に東京, に東京人, に松井, に極, に榮螺, に歳徳, に殿さま, に水夫, に水戸義公父子, に法隆寺, に澱河歌三首, に熊本奉行所日記, に目, に看護婦, に真実孤児, に眼, に禁衛軍, に種々, に箱根, に絹糸, に自分, に茨城県稲田出生, に茶釜, に行く, に行李いっぱい, に裏通り, に西洋小間物, に見込み, に言葉, に調べ窓, に諸家, に豚, に農業, に配光, に金, に間道, に雑誌, に難解, に風光, の恐ろし, の条, の歌, の金色, まだ, わが喜曲, 乏しからず, 余すなく, 同じよう, 名高い瀬戸, 小さい失敗, 新しく作品, 色々あり

▼ この~ (274, 0.1%)

21 にし 13 のこと 10 の事 8 のもの 5 なこと 3 なもの, な言葉, の理窟

2 [13件] でいい, でお, でもう, で止めときます, のうち, の声, の字, の密画, の机, の程度, の細心, の金, ほつと

1 [182件] ある, あるじゃ, あるぢゃぃ, いい素質, いると, い具体的, い尤も, い素直さ, かけば, がいい, がちょうど, が通用, きらひなもの, くたびれると, しかない, すでに変遷, たまると, だ, だし, だつた, だと, だのに, でおしまい, です, ですむ, ですむんじゃないのかしら, ですもの, ですん, でもよかろ, でも馬翁, でやめる, でよい, でよかろ, で一八三七年, で丁度, で充分, で切り上げ, で切り上げられる, で引, で御, で御免, で措きます, で料理論, で死ねたら, で片づけ, なお膳, なこと恥, なの, なのね, ならどう, ならば, なら充分, なら満足, なら物, なら病院中, なら私, なら若い, なら行けると, なスープ, な事, な体験, な処, な年配, な揶揄弄言, な明かなこと, な本, な楽, な気安い, な火, な無礼, な熱度, な皮切り, な覚悟, な陰徳, にしか思わなかった, にしとうございます, にしよう, にする, にとどめ, になった, になる, にはされたい, にやらね, に世の中, に就かれる, に就く, に拡大, に猫, に美味しく, に言つて願はん, の, のお金, のたのしみ, のはなれ, のひと, のテーマ, のドライブ, の人, の人家, の仲, の低い, の余裕, の俳優, の公然, の割合, の名人上手同志, の変調, の大, の大長テーブル, の威容, の小さい, の川, の幼兒, の愛, の所, の採集, の損害, の方, の日数, の時分, の時間, の智慧, の暑, の槙, の水, の洪水, の産院, の監督ブリ, の眼鏡, の知慧, の社会的待遇, の縹緻, の罰, の群像, の考え, の處, の表現, の規模, の覚悟, の贅沢, の近代性, の連絡船, の部屋, の雄大, の雨, の高, はかける, はつ, はよから, は健康上, は打明け, ぶさま, まで, までかな, まで上等, まで肥ったら, まとめると, よく分る, ゐでいい, ゐの, ゐ離れて, を取る, 利けば, 可笑しい物, 大きい瓶, 弾けたか, 怪しい人物, 憎むべき言葉, 持って, 整った顔, 明けても, 永くゆかなかった, 痛いもの, 痛か, 短かい, 美しい女, 美しい娘, 美しい純, 見て, 長いもの, 面白いもの, 面白い新作

▼ この大きな~ (274, 0.1%)

4 都会の 3 仕事を 2 家の, 山の, 川を, 拾い物は, 森林地帯を, 激励と, 眺めに, 蛾を, 青空は, 馬を

1 [247件] うたがいを, おとし穴, お寺の, お屋敷, お邸, お魚, かえるは, くちばしだけでも, くまに, けやき, こいを, ごみ箱を, しかも急速, そうして強い, ひきが, ほうを, みごとな, ものを, やんまは, インスチチュートの, カールを, ガタ馬車は, ギヤツプ造船技術航海技術を, ビラが, ベッドと, マアガレットの, マッスの, リズムの, 一枚岩の, 不幸, 世の, 主島だけ, 事実の, 事実を, 人口増加が, 人口減少にも, 人間の, 人間山の上衣の, 会堂へ, 体操場で, 体系の, 使命を, 信条の, 先生が, 兜を, 兵火を, 内海を, 円卓子を, 冬の, 出生超過が, 剰余生産物に, 剰余生産物を, 力に, 力は, 力を, 動物の, 半球型の, 単調を, 受難期を, 古い由緒, 古風な, 吸筒これには, 問題から, 問題に, 問題について, 問題を, 喜びは, 喪失が, 図体で, 国民全体の, 土木工事には, 土産は, 土産空魔艦を, 地上から, 地球の, 地球全体を, 声が, 変動が, 変動期を, 変調を, 変革の, 変革を, 夜は, 夢を, 天下の, 天地も, 失敗は, 奇蹟を, 子供みた, 孔孔の, 室の, 室内に, 家も, 宿に, 富を, 小屋がけの, 屋敷の, 山が, 山に, 山も, 山を, 岩が, 岩へ, 岩山の, 岬の, 川に, 巣窟の, 工場を, 巨人的水車は, 常にぬれ, 幸福に, 広い沙原, 店と, 店を, 庵を, 建物に, 建物の, 建物は, 建物内に, 建造物は, 後ろ楯の, 怪物の, 意味の, 意義の, 愛情を, 感激の, 戦争を, 戸口から, 手が, 損失は, 改革は, 文字すなわち, 斜面を, 星を, 時代の, 景色を, 暗黒の, 曲馬団の, 朝の, 木の葉が, 松の, 栄誉を, 森の, 森林は, 樋に, 樋の, 歴史的な, 毛むくじゃらの, 氷の, 波の, 流動し, 混乱の, 湖の, 湾が, 火の, 火を, 煖炉からは, 爪が, 犠牲は, 獲物の, 獲物を, 球である, 理想の, 男まったく, 男まつたく, 町で, 町を, 病院全体が, 発展の, 白壁の, 盆景を, 目的を, 相違の, 真面目な, 眼が, 石で, 石の, 石を, 破壊の, 社会と, 神祕について, 神風に, 突変は, 窯場の, 立山の, 笈の, 箱, 箱の, 篝を, 組織の, 結婚率には, 絨毯の, 総国, 罪を, 背嚢は, 背景と, 臨時の, 自然が, 自然力に対して, 色を, 若い男, 苦悩から, 草原向こうに, 菖蒲を, 萱草の, 葉の, 蓮の, 蔵の, 虎を, 虹の, 表題の, 袋なんです, 被害も, 誤りを, 謎が, 賭に, 賭を, 赤い鯉, 赤ン坊みたいな, 近代風の, 違いを, 部分が, 部屋には, 部屋の, 部屋は, 都会いたる, 都会です, 都会に, 都会も, 都市を, 都會の, 酔つ, 鐘の, 鐸を, 闇に, 震災の, 青年を, 靴の, 頭の, 頭を, 風流を, 魚漁家の, 鮎は, 鮎を, 鳥が, 鼻が, 龕灯で

▼ この界隈~ (274, 0.1%)

4 に住ん, に出没 3 の名物, の家々

2 [12件] きっての, には猫, に斃, に火事, の人, の屋敷, の屋根, の者, の長唄, の長屋, はどこ, は土

1 [236件] からは然るべき, から一時あまり, から外, から少し, から薬, がまだ, が十七世, が宇治茶, が非常, じゃア, じゃ評判, すなわち, だけじゃない, だけでも生易しい, でおととい, でかくれない, でございますか, でそんな, でちっと, でとら, でなら, での共同, での旧家, での物持, での舊家, ではそれ, ではなかなか, ではまだ, では一番, では南雲さん, では厄介者視, では四五歳, では垢抜けした, では夜学, では富ん, では市人, では彼, では用心, では発田, では相当, では葉子, では裕福, では評判, では近ごろ, では近ごろ誰, では錢形平次, でもきこえた, でも一, でも厭, でも名, でも喧まし屋, でも娘, でも無職渡世, でも私たち, で不景気面, で夜叉権, で家, で寂光院, で巡回音楽師, で悪, で拙者, で有名, で気焔, で湯屋覗き, で物音, で男女, で發見, で百瀬, で盗まれた, で盜まれ, で知らねえ, で草木, で蝶子さん, で誰, で金田さん, で頻々, で顔, で餌, で鼻つまみ, と見込み, にうろうろ, にくる, にそういう, にちょっと, につき, にどんな, にはお, にはこう, にはたくさん, にはまだ, にはめつ, には今, には全く, には小堀, には手工業, には焼夷弾, には珍, には真人間, には飲み屋, にもうろつい, にゃ且那, によく, に下宿, に住みつき, に匪賊化, に古く, に名高き, に噂, に在っ, に在る, に執着, に娯楽場, に左手利き, に散ばっ, に滞ります, に潜ん, に炎天, に無, に特有, に知られた, に立ち, に若い衆, に行方, に見つける, に起居, に陣取っ, に隠れ居ります, に集つて, に集まっ, に顔, に魑魅魍魎, のあらゆる, のお, のお河童, のこった, のこと, のちんまり, のどの, のひと, のまだ全く, のパンパン, のビルディング街, のビル街, の下, の中, の乞食, の事, の人家, の使い, の侍屋敷, の元, の入り, の内儀さんたち, の右方, の名高い, の噂ばなし, の地廻り, の地理, の夜, の大, の女, の娘, の子達, の工場, の役者目当て, の書家, の朱総, の漁村, の物騒, の町中, の画かき, の痩せこけた, の目標, の空気, の組合仲間, の老人, の老人連, の英雄, の衆, の製紙, の褒め, の親分面, の貧民窟, の踊り場, の農民, の連合委員会, の遊女, の道ばた, の野伏, の銀杏, はことに, はさながら, はしずか, はどちら, はまだ, はもう, はもとより, は人, は人間, は労働者, は弓之衆, は彼, は日本人, は物騒, は筍, は綱張内, は馬鹿, ばかりは明るかっ, へは近づく, へも雨, へ朝鮮色, へ来, へ移住, へ近寄る, へ集っ, までの強盗山賊, までも及ん, も, も灰色, も穏, をのたうち廻った, を夕方, を探し廻っ, を救った, を散歩, を朝夕, を根城, を歩い, を歩く, を残らず捜し, を毎日, を流し, を焼き討ち, を覆っ, を通る, を酒

▼ このくらい~ (267, 0.1%)

14 な事 6 なこと 5 でいい 3 だから, なもの, ならば, な程度 2 だろうと, です, で御免, ならなぜ, やれば, 人に, 大きくなれ, 悲惨な, 自分を, 骨を

1 [210件] あった, あったら足りましょうでがんすかなあ, ありがたい事, ありゃあもう, いい兄弟, いっても, おかしい話, お客様を, お部屋, かんたん, くだらない時代, この野郎, しみじみと, すくない, だ, だからと, だった, つき合えば, で, である, である処, でかん, でここ, でたくさん, でちょうど, でないと, では, でもうこ, でやめて, でよそう, で充分, で前口上, で尽きたわけ, で引きさ, で引返そうでは, で捜すこと, で旅籠賃, で止めて, で止めては, で許して, なあっさり, なことし, なの, なやつ, ならいいだろうひとつおまけ, ならいっそ, ならとにかく, ならわかりますか, なら何, なら大した, なら大丈夫, なら寧ろ, なら我慢, なステッキ, な上玉, な不鮮明さ, な世の中, な仕事, な作略, な光景, な刻限, な器量, な大声, な天候, な影響, な思, な植物, な横着, な燈芯, な物言い, な盗難事件, な細工, な絵, な義理, な肉, な肉体, な背丈, な胴中, な自由, な蛭, な辛抱, な道, な達引, な間, のなら, ばかばかしい人殺し, まではまず, まん, みぞれ, やかましく云ったら, やっつけたら二度と, やれそう, よくできた, よくない, エラいぞという, 一寸以上ある, 上へ, 不得要領な, 不憫な, 人から, 人が, 信濃金梅の, 個々の, 偏屈に, 公然と, 内と, 冒険は, 出世の, 出来れば, 分らなければ, 切実な, 前へ, 力を, 労力を, 勧めるもの, 単純な, 危険な, 古い物, 叩いたら, 召し上がるの, 呪わしい言葉, 多くの, 大きい誘惑, 大きな声, 大きな洞窟, 好い天気, 好い年, 嬉しい心もち, 客の, 害を, 寂然と, 強いもの, 強硬に, 待って, 心持の, 念を, 思いきりの, 思い切って, 思って, 悟り得ない事, 悲哀を, 愉快な, 愉快に, 愛して, 憎むべき言葉, 懸隔の, 我儘な, 手近かに, 拝ませられりゃあ, 持って, 文化の, 断乎として, 日本という, 明瞭な, 普通です, 暢気でない, 曲線という, 有機的に, 根の, 権威者に, 歴史の, 残忍に, 気の, 注意の, 注意を, 無邪気と, 珍しい事, 甚だしい認識不足, 生命の, 田舎で, 皮膚が, 確かな, 私の, 秘密の, 立派な, 簡単に, 糸が, 紙が, 結構な, 綺麗な, 肥ったの, 自由な, 舌を, 苦しむの, 虚仮な, 衰えて, 言えば, 豆を, 走れば, 趣味が, 辛抱し, 辞儀斟酌の, 述べて, 逢うくらい, 遅れること, 遊んで, 違った迷信, 違って, 遠慮するなら, 重い病人, 重宝な, 関係の, 障子が, 離れて, 離れると, 静かに, 面白い法則, 食わしても, 馬翁が, 馬鹿を

▼ この宿~ (265, 0.1%)

7 の主人 5 のお 4 に泊っ 3 にいる, の娘, はほん

2 [16件] が意外, なしの, にい, に雨, の中, の二階, の亭主, の冬, の本陣, の裏, の食事, へついた, へ来, を出, を出た, を立つ

1 [208件] からさっさと, からふたたび, から出た, から出る, から茶屋, がその, が判りました, が安住, が当夜, が感じ, が特に, だけが辛うじて, でお, でどこ, ではからずも, では全然, では滅多, でまかない, でまた, でも一両二分の金, でも一室一燈一張, でも八月, で一息, で下り, で入湯中, で即座, で原稿, で売ってる, で大阪, で寝込まれる, で待ち合わせる, で最下等, で泊る, で泊れ, で留まっ, で納まる, で落ち合う, で落合, で襲われたならなる, ときたら何, とても, と古い, と本所三つ目杉野十兵次どの, なし犬め, にあふれた, にいた, にいぬらむ, にうつりました, にはござらねえ, にはほか, にはもう, には一年以上滞在, には三, には湯, にゐた, にジョセフィン, に來, に入っ, に入った, に入る, に冬, に同じ, に奉公, に居続け, に島原ゆ, に案内, に止宿, に泊つて, に泊つて旅, に泊まりました, に着いた, に硲君, に碧梧桐君, に立寄り, に立寄るであろう, に育ち, に踏止, に逗留, に運び込まれた, に釜屋, のうち, のかみさん, のすべて, のどこ, の一ツ手前, の主, の主人言, の主婦, の人達, の住民, の内儀さん, の出はずれ, の前, の午飯, の周囲, の堆朱, の外れ, の女中, の女中頭, の客人, の家, の家族, の小, の居心, の庄屋, の棟, の楼上, の次男, の水, の清潔, の湯殿, の生, の男の子, の番頭, の番頭手代, の真中, の繪葉書, の老, の者, の若, の若い, の茄子, の西, の設備, の遊女, の閾, の雰囲気, の風呂場, はきたない, はこれ以上, はしづか, はひろ, はよい, は上等, は可, は土地, は坊, は大変, は大正十五年, は夫婦喧嘩, は子沢山, は安, は小松, は少し, は彼, は悪く, は最下等, は蚊帳, は見, は評判, は長浜, へおいで, へかかっ, へつひ, へはいる, へは泊れません, へは震災前, へよく, へ二十年, へ來, へ入っ, へ入り込みました, へ入り込ん, へ参った, へ向っ, へ婦人, へ寄る, へ戻っ, へ泊っ, へ泊らない, へ着い, へ着く, へ私, へ米友, へ足, へ連れ込む, へ連れ込んだ, までの間, まで担い, もい, もすっかり, もよく, も悪く, を, をやっ, を出かけました, を出で, を出なけれ, を出外れ, を占領, を去る, を尋常, を発足, を發, を立たぬ, を立ち, を立ち出でた, を立ち去らう, を立ち去る, を立った, を見つける, を訪ねた, を越し, を軒なみ, を転がり出た, を通らなけれ, を通り抜ける, を通る

▼ この最後~ (265, 0.1%)

20 のもの 15 の言葉 9 の点 8 の一句 7 の場合 6 の一人 5 のこと, の部分 3 の場, の段階, の疑問

2 [15件] のことば, の一行, の一言, の句, の大, の家, の幕, の想像, の本, の洒落, の物, の瞬間, の結果, の頼み, の願い

1 [151件] にいった, についてはいかにも, にもう, によって一時, に乗り込ん, に提出, に至っ, に述べた, の, のかそけく, のちっぽけ, のとき, のひと言, のもう, のやつ, のパラグラフ, のパルチザン, のフェーズ, の一つ, の一台, の一幕, の一撃, の一日, の一点, の一節, の一通, の一首, の主張, の事, の事実, の二つ, の二人, の二品, の交換, の人の, の仕事, の件, の会見, の佇立所, の信念, の個所, の假定, の僊道関係, の光, の冒険, の冷笑, の努力, の勝負, の原因, の叫び, の問題, の喧嘩, の噂, の嚇かし文句, の困苦, の国民性, の圧倒的, の報告文, の失策, の好意, の委員會, の審判, の對面, の希望, の幻滅, の急, の怪事, の怪異, の情愛, の意味, の憤慨, の手段, の打撃, の捨科白, の教, の文, の文句, の文書, の方程式, の日, の明白, の時, の時期, の晩餐, の書, の最後, の期, の期間中, の業, の機会, の歌, の比較, の水饗応, の法則, の泣き合い, の物質, の理由, の生涯, の産, の知らせ, の砲手, の磨き, の祈り, の種類, の空間, の章, の策, の箇条, の結婚, の線, の考, の考え, の者, の聲, の芝居, の芸, の芸術的秘奥, の荷物, の落し話, の行動, の要, の見解, の規定, の記号, の話, の説, の論證, の講義, の質問, の賭博, の贈り物, の踊り, の通信方法, の遊戯, の選択, の部類, の金, の長線, の間際, の陳述, の食物, の驚くべき, の麻薬, は必ずしも常に, は日本武尊, まで八幡原, まで嘘, まで戰つた忠義, まで踏み止まっ, を待たぬ, を見

▼ この社会~ (264, 0.1%)

5 にあっ 4 に於, に於ける, の現実 3 の女, の歴史 2 で女, と文学, にどの, に何, に存, に存在, に対立, の必要, より貧乏

1 [223件] から受け, から生きる, から異端視, がどう, が今, が成り立つ, が浅薄, が負う, が階級的構成, が非, が飽くまで, こそ実に, この国, じゃア, であるから, でどういう, でどの, でなんとか, でのあり, での哀れ, での在り, での場所, での女, での婦人, での現実, での生れ, での立場, での自身, での足どり, では, ではそう, ではそして, ではたいがい, ではみんな, ではもう, ではフアウヌス, では一同腹の中, では一向, では一定, では千, では大, では女, では対立, では恐ろしい, では技術家, では極めて, では現に, では生まれ, では結婚前, では誉, では誰, では軍人絶対, では階級, でまとも, で一人, で一人前以上, で人間, で何, で作られる, で勤労階級, で受身, で同じ, で圧迫, で家庭, で当り前, で抑えられ, で暮し, で最高, で法外, で表現, で高められた, と, というきたない, という言葉, とそこ, とは交渉, と世界, と全く, にあり, にありません, にある, にいかに, においてどこ, においては実に, において名誉心, において無, におけるあらゆる, におけるあり, における地位, における存在, における存在権, における孤独, についての学問, について考える, にとってさ, にとっての公, にともに, にはいろ, にはどれ, には中流人, には家号, には捨てっ, にもっ, にも仏教, にも自由, に一人, に一定, に作られなけれ, に価値, に働きかけ, に入っ, に公明正大, に出入り, に利益, に吐き出した, に向っ, に太刀打ち, に実現, に対し, に当てはまる, に意義, に或は, に放たれた, に既に, に暮らす, に最後, に有り, に民族的特質, に渇望, に現れ, に生い立った, に生き, に生きる, に生まれ, に生存, に用, に絶望, に育っ, に舞い戻っ, に要求, に通用, に階級, に首, のあらゆる, のどういう, の一定層, の上, の不, の不幸, の世俗, の中, の人, の人々, の人間関係の, の何, の傾向, の共産主義的煽動, の内, の分析, の土台, の変動, の大, の市民権, の弱者二つ, の形態, の急激, の性格, の技術水準, の有力, の木鐸, の概念, の機構, の正義, の活ける, の混乱時代, の現実関係, の生活, の病弊, の発展, の皮相, の真相, の知識人, の総括的特徴, の者, の自己疎外, の良心, の行儀, の裡, の輿論, の通念, の階級対立, の馴致, はあたたかい, はいま, はその, はまだ, はゲルマン民族的, は包み切れる, は既に, は民衆, は決して, は浄化, は現在, への誕生, へ何, へ入っ, へ女, へ提出, へ身, もまた, も公平, をもう少し, をも見損なっ, をよく, をより, を人間, を去り, を恨み嘆い, を発展, を矛盾, を称し, を間違い, を離れ

▼ このほう~ (261, 0.1%)

6 がいい 5 がはるか 4 がよく 3 がよっぽど, が好き

2 [13件] がいっそう, がかえって, がずっと, がよかっ, が主, が便利, が本業, が楽, が気楽, はこれ, はどうやら, はむしろ, はもう

1 [214件] からちと, から初太刀, から始めなけれ, から結果, から訊ねたい, があたりまえ, がいかにも, がいくらか余計, がいちばん顔, がいった, がうまい, がおもしろい, がお話, がかえっ, がさっぱり, がさらに, がじつは, がすき, がたしかに, がたずねる, がたのしい, がだいじな, がなお, がひき受けた, がふさわしく, がほ, がほんとう, がむしろおそらく, がむしろよく, がわし, がわれわれ, が一つ前, が一生懸命, が上手, が二人, が他人, が体, が先日焼け跡, が利益, が問題, が多かろ, が大, が嬉しい, が帝展, が必ず, が悪気, が我が国, が早い, が普通, が有利, が正直, が正確, が比較, が気合い, が確実, が自分, が血筋, が規則, が近い, が這入り, が面白く, が風, だけは人並み, だった, だって試合, では, で二百五十倍近く, で専門家, とて威, に, にかけつけたくなった, にくっつい, にころがっ, にそれ, にちゃんと, にはべつに, には思い寄り, には耳, にもいなくなった, に何, に変っ, に心, に恥, に愛情, に用事, に譲れ, のいい, の人々, の係, の前, の嫌疑, の宛名, の専門家, の屋敷内, の志, の意志, の戦い, の文献, の案, の死骸, の玄人, の研究, の研究調査, の蔵書カード, の話, の軍配すべて乱脈, の駕, はあの, はあんまり, はいつも, はきっと, はご, はしゃがれ, はすっかり, はずっと, はぜんぜん, はたいがい二十, はついに, はとうてい, はどう, はどこ, ははっきり, ははなはだ, はほとんど, はまあ, はまだ, はまるで, はまんなか, はむずかしい, はよっぽど, はよほど, はわけ, は一時可, は不可, は主として, は切符, は前, は叔父, は四十スー, は外部, は夢, は大和流, は大御所様, は失礼, は奇妙, は女中頭, は婆さん, は完全, は実相, は宰領, は密通, は封印, は少し, は建築, は手, は新聞, は暗く, は母親, は毬, は永久, は汚れ, は泣い, は流石, は火, は物, は珍しく, は登州与力, は県城, は真実, は美しく, は肘, は近江, は送り役人, は遺体, は長かっ, は間一髪, は隣り, は領主重喜公, は高家筆頭, は鮟鱇鍋, へ, へお下げ渡し, へとっ, へにじりよっ, への書状, へ渡す, へ渡り, へ申しうける, へ膝づめの, もあっさり, もいささか, もしきりに, もしら, もずいぶん, も人助け, も大丈夫, も幸い, も当惑, も恐れ, も手, も自分, も飽浦, よりむしろ, を, をうかがっ, をすすめたい, をつけ, をのぞきこん, をサスオコ, を先, を好む, を愛し, を謀叛人, 必ずとも

▼ この考え~ (260, 0.1%)

3 は, はしかし, はどう, は彼, は後, は私, をもっ

2 [12件] ている, には少し, に従え, に心, はある, はその, は今, は少し, は間違っ, も今, を裏書, を話す

1 [215件] いいだろう, からする, から今, から脱却, から見れ, が, があと, がいくら, がしきりに, がすっかり, がだしぬけ, がつまり, がのべつ, がぴいんと頭, がぼく, がわし, がムジュン, が信じ, が全く, が十分, が十分根拠, が半蔵, が又, が古い, が女房, が彼, が彼女, が復, が心, が急, が来年, が正しい, が浅, が浮んだ, が湧きました, が直ちに, が真理, が石, が終生, が老父, が見送り, が起こる, が閃く, が附きまとっ, こそ, こそいかなる, この感じ, だったが, てみる, てもぞっと, であったこと, であって, では方則, と編み交ぜられ, などは忽, におそわれ, にしたがっ, についてわれわれ, にはあまり, にはいわゆる, には間違い, にゆき当る, による, によれ, に余り, に到達, に嚇, に基づい, に基づいた, に対して長, に対立, に従っても哲学上, に徹する, に愕, に木崎, に次ぐ, に注意, に突当る, に行きあたる, のなか, のもう少し, の中, の主体, の方, の普遍性, の根本的, の許, の適用, はいま, はお, はこの, はさらに, はすくなから, はすこし, はすっかり, はすでに, はすばらしい, はその後リッター, はだいぶ, はだれ, はどうか, はどうもしっくり, はどうやら, ははたしてそれほど, はまことに, はまず, はまた, はまだ, はやはり, はゆっくり, はよほど, はわたくし, はオリンピア, はサロン, はデカルト, はフォーシュルヴァン, はローマ, は一ヶ月, は一七九八年, は一人, は一層, は一縷, は一般, は一見はなはだ, は不幸, は亡びただろう, は今さら, は今や, は何, は何事, は余りに, は前, は単に, は古く, は同感, は堯, は実に, は実際, は岸本, は常に, は幾度, は後に, は懐しい, は成, は或, は揺がなかった, は既に, は更に, は未だ, は極めて, は正しい, は正しく, は正太, は特に, は現在, は甚だ, は神聖, は私達, は科学的見地, は素晴らしい, は絶望, は美事, は肯定, は至って, は英米, は誤り, は諸, は軍民一致, は輻射圧, は近世, は近年, は通例, は間もなく, ほど岸本, もまた, も実は, より先, をすっぱり, をただ, をだんだん, をとりのける, をどう, をわたし, をスウェデンボルク, を今, を他人, を共に, を実行, を実証, を強力, を心, を応用, を思い付い, を懐く, を押しすすめ, を押し拡げ, を押し進め, を持っ, を持つ, を持つらしい, を捨てまい, を捨てる, を採用, を敢, を更に, を最初, を果たし得る, を母, を深く, を確証, を説明, を起こし, を起こした, を逆, を進め

▼ この~ (259, 0.1%)

6 の中 4 の主, へはいっ 3

2 [16件] と運命, に火, の人, の守り, の守将, の持ち主, の遠祖, の門, は落ちる, へ, へお, へもとめ, を築い, を築く, を落す, を落ち

1 [210件] あって, あつて, から一歩, から側面, から出し, から出よう, から城外, から桶狭間, から討っ, から追う, から逃げださね, がいかなる, がその, が保った, が後に再び, が攻め落された, が水攻め, が物, が陥ちない, こそはさき, こそ孫子, こそ我が家, この助右衛門, この国, だが, であるかの, での姥, で二度, で物見, とこの, とともに田土, とは離せぬ, と共に御, と共に死なん, に, にある, にい, にいた, にいたい, にいない, におい, における単調, にかく, にしがみつい, にたてこもった, には, にはこの, にはなお, にはまだ, には亡君内匠頭, には光春, には押, には重政, にふみ止まり, にも実際, によって反, により後, にわし, に二ヵ月, に人, に会津, に勤め, に宗徒, に宿る, に居る, に帰っ, に御, に意気, に来る, に滞留, に立, に籠っ, に長く, に魚, のなか, のはな, のみんな, のよう, の一つ, の一方, の主将, の人々, の今, の他, の値打ち, の先祖, の内, の前, の南, の占領, の取締, の名, の喪中, の四天王, の四方, の土臺, の地, の城主, の大, の姿勢, の家相, の工事, の強味, の後ろ, の掃除番, の支え, の本丸, の柱石, の歴史, の潰滅, の熨斗がわり, の特色, の特質, の留守, の破れない, の礎, の終末, の自殺, の設けられた, の運, の金, の陥没, の雛型, の高, はおれたち, はこの, はすでに, はつまり, はわざと, はアペンニノ連峰, は上, は今, は保ち, は保守的, は古風, は天嶮, は天草四郎, は持ちきれない, は支えられます, は来る, は樂, は殆ど難攻不落, は穴城, は西軍, へかかる, へきた, へさえ帰っ, へさし向けられた, へやって来, へよ, へ入るまえ, へ入れない, へ帰っ, へ引きとっ, へ手, へ無事, へ納まっ, もまた, も危うく, よりはまだ, をこわし, をとり巻こう, をどうして, をも焼かず, を中心, を二人, を亡, を出, を出た, を出なけれ, を出る, を包囲, を占領せり, を去っ, を去る, を取り戻せ, を取巻い, を名古屋, を囲ん, を地獄, を委す, を守っ, を守り通し, を守る, を巡っ, を得攻落, を我が, を捨て, を捨て給わ, を攻め陥, を望み, を枕, を死守, を渡し, を滅ぼし落した, を無血, を発見, を築いた, を築き上げた, を落し, を見学, を託し, を退かない, を退く, を遠征め, を開けわたす, を陥, を陥し, 久しくマラテスタ家, 保ちがたし

▼ この小屋~ (259, 0.1%)

12 の中 3 に泊る, の前, の附近, へ戻っ, を出た 2 で見た, に並んだ, に住ん, のなか, の内部, の庇, の近所, は特に, へ足, も半分

1 [212件] からお, から一, から上, から出, から出なかった, から別れ, から更に, から槐, から西南, があてがわれた, が今, が天堂, が心, が焼け, が空き物, こそは十数年前, だけは金, ではけもの, ではじめて, ではやたら, でもなかっ, でも自分, でよく, で仕事, で休泊, で何年, で働かせ, で引き渡し, で綱渡り, で見かけねえ, で覚えた, で誰, で起居, で迎, で送った, で開かれ, としては九分, とは棟, と離し, なども百年, なら妻, にかくれ, にきた, にし, になきゃ, にはいっ, にはおりません, にはずいぶん, にはなく, には一人, には一階, には同じ, には地下室, には惡, には木版, には燈火, にゃ年中, にやって来る, に不調和, に丸山, に二ツ, に住む, に出, に取, に女手, に姿, に寝, に寝泊り, に必要, に忍び込ん, に於, に材, に樵夫, に残っ, に泊っ, に泊つて, に泊りたい, に留め置く, に着い, に粂八, に茶釜, に逗留, に長く, に集まっ, に飼われ, の, のある, のかげ, のすぎ去った, のまわり, の一つ, の一方, の上, の不足, の並びに, の主人, の主人公, の二階, の五人, の何処, の六七十倍, の内, の前景気, の前身, の呼び物, の強み, の扉, の投げ, の数, の方, の明り, の木材, の渓, の火, の火の番, の煙突, の番人, の異臭, の空間, の窓, の表, の見物たち, の親方, の親爺, の近く, の雑用, は, はあした, はここら, はその, はつまり, はどれ, はもう, はスキー客, はズッ, はデコボコ・バラック, は中房温泉, は丸太, は今, は十勝, は去年, は喧嘩場, は壁, は後, は必要, は折角, は普通, は正当, は母家, は母屋, は清潔, は燒, は目下休業, は船, は見る, は軽業師, は適当, は閉じられ, は非常, は風, へうかがっ, へおそっ, へくる, へはいっ, へひっぱり, へ入, へ入っ, へ出演, へ御立寄, へ来, へ来た, へ立ち寄った, へ船, へ花嵐, へ貯え, へ辿りついた, へ連れ, へ運び込まれ, へ運ん, へ飛びこん, へ飛びこんだ, までが排斥, まで来た, もわたしたち, も住み慣れ, も打ち上げた, も押流, も満員, や地面, をうかがう, をかり, をかりた, をすき間, をで, をまた, を一切, を出, を出る, を吹き倒す, を守っ, を建て, を建てた, を建てる, を引きあげる, を彼, を爆発, を立ち出で, を襲った, を訪ね, を辞し, を逃げ出し, 荒しに

▼ この様子~ (259, 0.1%)

50 を見 18 を見る 13 を見た 6 だと 4 じゃいつ, で見る

2 [14件] じゃとても, じゃもう, では, では女房, ならば, に気, をじっと, をぢ, をながめ, をみ, を最前, を眺め, を見守っ, を見詰め

1 [136件] から自分, から見ます, から見る, があまりに, がよく, が二階, が又, が見える, じゃ, じゃあとても, じゃあどこ, じゃあ皆, じゃきつい, じゃだいぶ, じゃまた, じゃめったに, じゃもう一度, じゃ人, じゃ千山行, じゃ大した, じゃ大丈夫, じゃ寝, じゃ幻, じゃ形見分け, じゃ決して, だけでもすでに, だけでも老婆, で, でたいてい, ではあいつ, ではあす, ではいくら, ではいつ, ではきょう己, ではことに, ではこれゃ, ではせっかく, ではちと, ではとても, ではと自分, ではなかなか, ではよほど, ではよもや, ではわる者, ではカルル, ではピース提督, では両, では予後, では事実, では今しがた庭, では今日, では余, では半月, では城下, では多分, では大森, では左右, では市中, では思, では我々, では新吉, では最早, では楽観, では汐, では火星人, では留守中, では聴衆, では胸, では花陵島, では茶, では行った, では青江, では飲料, でみる, でみれ, で三廻り, で家, で密通, で心臓, で推すれ, と語調, ならまだ, ならチベット人, なら大丈夫, なら晴れ, なら死ぬほどの, なら降りでは, なり気風, なれば, にては骨牌, にて察しますれ, にて推す, にはすぎなかったろう, には頼春, にわが, に小宮山, に愕, に東助, に気づいた, に気付いたなら, の山, はどう, はまだ, は一体どう, は内地, やったらまあ, を, をあの, をいぶかっ, をこちら, をさっき, をちら, をつぶさに, をどこ, をば怪, をぼく, をぼんやり, を内, を垣間見, を岸, を御覧, を早く, を望み見た, を申し上げたら, を納戸, を腹の中, を般若心経, を蔭, を見せ, を見つめ, を見ましたら, を見られ, を見下し, を見定める, を陸, を黙っ

▼ この~ (258, 0.1%)

8 の水 6 の上流 4 の中, の岸 3 へ身

2 [12件] でも泳い, に沿う, に鮎, のかれ, の下流, の前, の流れ, の鮎, は, はと聞く, を, を渡っ

1 [209件] からも幾首, から出る, がすなわち, がどこ, がマナサルワ湖, が一杯, が其処, が古, が只見川, が境, が幾つ, が昔, が気に入った, が洪水, が流れ, が海, が猿ヶ石川, が石和川, が貫い, が鴨川, しばしが, しもや月, すぢ, だ, だったの, っぷちとも今年, では鮎, でよく, で大変, で家鴨, で揚がった, で死ねる, で死ん, で泳い, で溺れかかった, で硯, ともう, と合さる, と町, にあわさる, にこれ, にすむ, についてどんどん, には, にはきつ, にははっきり, にはまだ, には別, には大きな, には幽霊, には橋, には水, には決して, には魚, にほた, にも鮎, により, に三寸厚サ, に多い, に大きな, に小さい, に掛, に接続, に棲む, に棲めない, に棲ん, に橋, に沿っ, に注ぐ, に添う, に添つて, に落つる, に親しみ, に近づく, に馴染んだ, に鰍, の, のあった, のいちばん川上, のうえ, のはるか向こう, のほとり, の上, の両, の中心, の二階, の作った, の側, の優勢, の出ずる, の北岸, の十町, の原台, の口, の古名, の名, の向, の姿, の岩質, の川相, の巣, の年魚, の意義, の或, の最, の気象, の水源, の沿岸, の流れ出す, の流域, の源, の源流, の特色, の石, の緑, の縁, の美し, の蟹, の近く, の近所, の魚たち, はある, はいきなり, はいずれ, はいわゆる, はかつて, はかなり, はたいそう, ははば, はわたし, はマナサルワ湖, は一たん, は上流下流, は人, は何, は北, は南バイエルン, は吹弾歌舞, は夕日, は富士川, は小, は小舎, は常夏, は数日前, は數日前, は既に, は東, は森, は水中植物, は水温, は水筋, は海, は瀬, は蓼川, は音, は鰍沢, は黒血川, へたびたび, へ何, へ出, へ放流, へ来, へ泳ぎ, へ流れ, へ浮き出した, へ硝子罎, へ落とし, へ覗き, へ飛び込ん, へ飛び込んだら, まづその, まで水, もずいぶん, もまた, も人, も以前, やまだ, より天神川, をつまらぬ, をどう, をはだ, をまた, をまっすぐ, をわたっ, を上つて來, を下っ, を乗っきっ, を人, を出る, を半分防岸工事, を半町, を向う, を向こう, を大きく, を左岸, を持ってる, を渡ら, を渡る, を游ぎ渡っ, を溯っ, を見つけた, を詠んだ, を跨い, を跳び越える, を過, を飛び渡っ, 冷たいなあ, 渡ること, 直に隅田川

▼ この新しい~ (257, 0.1%)

3 問題を

2 [11件] 友人の, 塔の, 家の, 形勢を, 政治の, 材料を, 生活についての, 生活は, 生活を, 神の, 認識が

1 [232件] うんてん手, おりんには, お友だち, お友達, かくれがの, しかけ, ついぞ味わった, つづら笠いいえ, できごと, なぐさみに, のを, やりかた, わき役なる, ベコニアを, ペンネームなる, ホテル生活の, マルクス主義的観念の, ヨオロッパの, 一日を, 不幸が, 不思議が, 中佐は, 主人に, 主張が, 主義と, 事実を, 事情の, 事業に, 人間を, 人類の, 仕事に, 代が, 仲間の, 会堂で, 位置が, 何年型かの, 使命について, 傾向に, 先生を, 内容, 写実文学の, 出発に, 出発を, 出発点としての, 分配によって, 制度は, 創意が, 劇団の, 劇團は, 力を, 力学の, 労働者住宅へ, 労働者技術家の, 動作は, 勤め口は, 匂ひ, 友だちの, 友は, 友を, 友人らとともに, 友達が, 友達の, 司令官の, 司令官は, 同棲者の, 君と, 味方が, 品位と, 商人の, 商品の, 商売の, 商売は, 問題は, 問題への, 国々を, 国で, 国を, 土地に, 地理学の, 城府に, 堤防さえ, 報道によって, 場所を, 境涯に, 境遇が, 夏帽子, 夢を, 大陸を, 姿に, 家へは, 家を, 寝台を, 就業者も, 居心地の, 崇高優美な, 希望の, 希望を, 年を, 弟子の, 形の, 形勢に際して, 形式を, 形式論理は, 役員を, 性格が, 怪物の, 恐怖は, 情勢が, 意味での, 意欲こそ, 感じ方, 或は正しい, 戰慄こそ, 打撃に, 提案の, 支店で, 支那人の, 教会の, 文化について, 文化の, 文学上の, 文学理論の, 方へ, 方法が, 方針, 方針を, 日本の, 日本人が, 日本赤化主義について, 春に, 時代の, 時代を, 時間や, 普遍的な, 服を, 朝鮮を, 木橋が, 村の, 柱時計が, 権威である, 歌劇が, 歌集, 段階に, 段階の, 母親に, 水平面に, 法理がが, 波動の, 洞と, 洞窟の, 活気ある, 浴衣を, 海へ, 温泉雰囲気の, 港に, 港には, 港を, 渾沌から, 渾沌の, 点から, 父や, 現象を, 理論を, 生命を, 生活から, 生活形態に, 生活法は, 産業合理化は, 町で, 町には, 町の, 病気を, 発見は, 白鳥の, 相手の, 真理こそは, 知り合いは, 確信に, 磯五こそ, 磯五の, 社会の, 社会も, 神学は, 科学意識だった, 科学的精神に, 組織や, 経営によって, 経験から, 編輯に, 考えから, 職業では, 自由感は, 興味ある, 舞台芸術の, 芝居が, 芸術観に, 英雄の, 表札を, 表現部門を, 要素とは, 視界が, 解釈による, 言葉も, 証拠品に, 調和の, 資本が, 贅沢な, 趣向は, 近づきに, 連盟が, 遊びは, 遊戯を, 道を, 道具を, 部屋へ, 都に, 都の, 都市の, 金属材料で, 銀座名物の, 鋼鉄で, 開港場へ, 関係が, 関係を, 隣人は, 隱れ, 雲は, 領域で, 風習が, 魂も, 鰒を, 黒土が

▼ この~ (255, 0.1%)

10 婦人の 7 婦人は 6 先生の 5 僧の, 夫婦の, 婦人を 4 僧は, 夫人の, 夫婦は 3 作家の, 僧が, 夫婦が, 婦人が, 将は, 武士は, 看守は, 紳士の, 紳士は

2 [15件] 僧も, 先生が, 友も, 婦人と, 学者を, 将の, 将を, 将軍は, 尼は, 巡査は, 押丁の, 浮浪者は, 科学者の, 紳士が, 詩人を

1 [148件] たる婿, とった私, の胸, ひぼれの, を如何, アフリカ軍人の, ガニマールも, ピアニストの, ボーイを, ラッパ手の, 主人と, 主人の, 令嬢の, 令嬢は, 伯の, 伯爵夫人は, 作家も, 侏儒の, 侏儒は, 侠骨に, 俳人は, 僧だけは, 僧に, 僧を, 先生お, 先生に, 功な, 勇士の, 医家が, 医師と, 医師に, 博士に, 博士は, 参謀の, 友にたいして, 友に対し, 友を, 史学家は, 史学者は, 名人の, 和尚の, 和尚を, 哥薩克の, 執事にも, 大樹の, 夫は, 夫を, 夫をば, 夫人が, 夫人に, 夫人ケントは, 夫妻と, 夫婦に, 夫婦も, 夫子の, 女ものの, 女優は, 女将を, 妻は, 婦人だけが, 婦人で, 婦人には, 婦人のみは, 婦人も, 婦人以外には, 婦人画家の, 学士と, 学者が, 官女の, 将だ, 将には, 将軍には, 尼の, 巨匠は, 巨獣を, 差配の, 市長を, 席亭は, 幇間も, 御用聞を, 怪の, 悪漢は, 押丁とは, 押丁に対してだけは, 按摩が, 探偵の, 探検家の, 政治家の, 政治家を, 教師は, 教授の, 文人が, 文豪が, 書家は, 書生は, 朽ちた主人, 校長を, 桜が, 樫樹は, 歌人の, 武人の, 法師は, 海女の, 爺さんも, 牡馬は, 猪めなにを, 猿を, 画人が, 画家の, 画師が, 画師としても, 画師に, 番頭に, 番頭には, 番頭の, 看守に, 看守には, 知己に対する, 石工は, 碩儒の, 祖母の, 神父も, 美男を, 聖者は, 聖者も, 芸人には, 藝術家が, 虜将の, 蜜蜂飼ルードゥイ・パニコーの, 蝉と, 蝮の, 蝮は, 訓導であった, 訓導の, 詩人は, 貴婦人の, 貴族の, 賊が, 軍師は, 道士に, 院長の, 陶工は, 隠士に, 隠者は, 騾を, 鶯は, 黒人は, 龍が

▼ この~ (254, 0.1%)

64 の意義, を使っ, を用, を聞い 3 の中, の意味, を使った, を用い, を用いた, を用いる 2 こそは山谷, の持つ, は何, ばかりにては国語, を使わず, を無造作, を聞く, を襲用

1 [198件] あり, あれば, から連想, があつ, がある, がかかる, がかく, がかなり, がここ, がひろがりけ, がよく, がインキ, が一般, が世に, が宛然, が形容詞, が彼, が必ずしも, が思い合される, が持っ, が泥烏須, が涅槃経, が現われた, が用いられた, が禊ぎ, が耳, が自分, が著しく, が適当, この文字, だけで見ますれ, だけは解しかねた, であった, で好く, で徹底, というふう, とともに八犬伝, と一三六行, と共に今, と共に八犬伝, なくし, なども古調, なども本来, にあざむかれず, についても遠い, について何, について少しく, について考える, につれ, には, には二つ, には反, には多分, には深き, には詩歌俳諧, には辟易, にゆき合うた, によって昧爽, によつて表現, に乏しく, に使う, に動かされ, に及ぶ, に当る, に接し, に明瞭, に牽かされた, に続い, に限つて, のかつて, のとおり, のわりこんだ, の主唱者, の二字, の伝統, の偉大さ, の内容, の出處, の前半, の原形, の原意, の唱え出された, の固有, の妙味, の存在, の意, の意味内容, の成立ち, の新案, の暗示, の最, の活き, の猶, の用例, の由来, の真, の純正, の色調上モデイフイカチヨン, の行われ, の表現, の説明, の論策, の變化, の遠祖, はあっ, はかなり, はかれ, はこ, はすぐ, はすでに, はそも, はそれ, はどの, はまだ, はもと, はもともと, はヒンツペエテル博士, はヨブ, はヨブ記, は以前私, は何人, は余り, は古事記, は同時に, は唐, は固, は坂, は大体, は大昔, は宗祖, は所々, は新, は明治十三年以来, は梵語, は無, は縁, は自分, は自然的態度, は色々, は苦悶, は西インド語, は陽貨篇, またはその, もまた, もまったく, も明治, も牟尼, わ鱒, をあて, をあてはめる, をあなた, をその, をなした, をもつ, をわれ, を両様, を中心思想, を以て無意義, を以て評, を使, を使い, を使う, を分析, を名, を周, を善用, を廃, を採用, を推す, を提示, を普通, を東風, を根拠, を洒落, を洩らさ, を活用, を狭い, を用いず, を用いたる, を用います, を痺れ, を発し, を発した, を発音, を知らざる, を祭典, を繰り返し, を置いた, を聞いた, を聞きつけ, を聞こう, を聴きおる, を覚え, を解し, を誤解, を鮮, を鳥, 誠に然る

▼ この~ (252, 0.1%)

8 な事 7 にし 5 なこと 4 な大, に 3 な危険, にその

2 [13件] なもの, なムキさ, な仕組み, な姿, な悪, な考え, な自然, な言葉, な訳, にこの, にする, に執拗, を見る

1 [192件] が最も, である, な, ないい, ないまわしい, なうき, なおう瀬, なからくり, なけち, なためし, なの, なぶちまけを, なら又, なる所, なる美しき, なイキサツ, なムキ, な一家, な不, な不善, な不思議, な不意, な不祥事, な世, な丸髷, な事件, な事柄, な人, な人形, な仏教的世界観, な仕合わせ, な仕向け, な会, な作品, な兵士達, な内乱, な処, な句, な可憐, な名, な名前, な呪術, な哀れ, な品物, な唄, な場合, な場所, な変貌, な大名生活, な天然, な夫人, な女, な妾, な実例, な寒空, な山中, な山間, な幼時, な思い切った変装手段, な恐し, な悪戯, な情ない, な意久地, な意嚮, な感覚, な戦慄的, な手紙, な技能, な挨拶, な文学, な星, な時代, な時大抵, な有様, な機会, な残酷, な活動, な活用, な準備, な演目, な焦熱地獄, な物, な犯罪事件, な状景, な畸形, な病気, な目, な破綻, な笑, な肉類, な自ら, な色々, な芝居, な花子, な苦闘, な薬袋, な蛇, な表現, な見込み, な論議, な豪奢, な足らん女子, な身柄, な途方, な願文, な高い, な鬼, にいた, にいわしめた, にいわば, にしか出来ない, につまらない, になさも, には勤めなかつたらう, にみすぼらしい, にアイヌ, にウメ, に三部類, に事件, に人情味, に何もかも, に何処, に信長, に厳粛, に口惜しい, に君, に哲学, に声, に多数者, に大, に夫婦とも, に宇田川榕菴, に実際, に宮廷, に巧, に巧妙, に御, に心得, に思い, に思っ, に思われた, に懼, に成育, に手, に明軍, に時々, に木, に本, に本心, に来た, に東北, に正に, に段々, に沢山, に独り, に異人, に真相, に礼儀, に私たち, に空気, に終止, に続く, に美しい, に羽織, に考え, に自然, に色, に苦労, に菫, に虫, に複雑, に解釈, に計画的, に説明, に過ぎ, に非常, に頻々, に顔, に飛ぶ, に驚い, の憂き, の病人, の迎, はどう, は一体どう, は気の毒, を場内, を怪しむ, を見, を見たる, を見下し, 見るや

▼ この~ (252, 0.1%)

5 に賛成 3 による, のよう, は正しい, を採っ

2 [17件] によら, により, によれ, に反対, に同感, に従う, のため, の当否, はまだ, は一応, は今日, は全, をし, を主張, を採る, を是認, を聞く

1 [201件] あったはず, ありしかれども, あるいは然, がある, がかなり, がどれ, が伝わっ, が幾分, が後に, が日本, が普及, が正しい, が浸, が結局, が行なわれた, その極端, ならと, においてアウグスティヌス, にし, にはしばらく, にはなお, にはまだまだ, には一言, には僕, には充分, には前, には従来確か, には有名, には服し兼ねました, には異論, には私, には首肯, にぼく, にも一顧, にも反対, によった, によって試み, によるにあるいは, に不利, に代るべき, に依る, に傾い, に全然, に共鳴, に合, に基づき, に対してそれら衝突, に対してはべつだん, に対して予, に対して反駁, に対して毛利先生, に対して疑惑, に就い, に従, に従わ, に從, に惑, に有利, に服し, に未練, に根拠, に疑い, に私, に賛同, のこの, のすべて, のみで, の中, の先駆者, の内容, の前半, の創設者等, の半分, の基礎, の大, の宣伝, の意味, の方, の根拠, の無意識, の熱心, の秘密, の缺陷, の聡明さ, の設定, の誤, の誤聞, の誤解, の間違っ, の難点, は, はあまねく, はある程度, はいまだ, はかなり, はこの, はしばらく, はその, はた, はなはだあたる, はなはだ有力, はなはだ理, はほんとう, はまことに, はまた, はもはや, はバトラア, はボッカッチョ, はモーズレー, は一応もっとも, は一番, は一顧, は不満足, は世間一般, は主として, は事柄, は事物, は余, は初めて, は前, は取りませんでした, は君, は問題, は四次元世界, は四種類, は孔子以前, は実に, は尊王, は小人, は少し, は当時, は憲法, は或, は既に, は明, は牽強附会, は犯人, は狂信的, は眉ツバモノ, は真理, は経済学史上抛棄, は興味, は衝突, は言うべくし, は誤り, は速度, は遺伝, は革命, もかなり, もけっして, もその, もまた, も一つ, も相当, も霊魂不滅論, やもっ, をあまり, をあんまり, をくつがえす, をとっ, をなす, をほか, をも少し, を一応, を一笑, を信ずる, を信ぜり, を初め, を半ば承認, を取上げ, を唱, を唱え, を唱えたる, を嫌った, を宮内, を容れざる, を容れね, を持, を持ち出そう, を採らず, を敷衍, を正し, を淡白, を無視, を熱心, を真理, を空想, を立つる, を立証, を組立てる, を継承, を聞い, を聞き, を肯定, を裏書, を見いだした, を見た, を記述, を誤れ, を適用, を非

▼ このおれ~ (250, 0.1%)

5 の手, を忘れ 4 が生き, だ 3 だったの, のよう, は何処

2 [14件] が, だよ, なん, に入れた, に迷惑の, の眼, の部屋, は, は何處, をいや, を侮辱, を殺そう, を盲目, を誰

1 [195件] か, から紀久ちゃん, から自由, から雪, がいまだに, がか, がかい, がこう, がここ, がそう, がそうやすやす, がその, がだ, がつける, がどこ, がみちのく, がシステム, が一度, が云, が付い, が何一つ, が何十年, が円め, が出馬, が化けた, が可哀そう, が堅気, が堪忍, が夢, が大, が好き, が娘, が將官, が小男, が局長, が彼女, が後生気, が憎い, が教, が昔, が格別, が歴, が汝たち, が消える, が盗み取っ, が知らない, が粋, が経験, が罪, が至る, が蛭田博士, が西班牙, が親殺し, が達者, が釣り, が頼ん, じゃ, だぞ, だったが, だって手こずっ, だつて, だという, であったという, であると, ではない, と, というもの, といふの, とさえ仕事, とちんぴら, とほとんど, と夫婦, と来, などの例, ならかかるよ, にあずけ, にあの, にきい, にこの, にさえいわねえ, にさえ隠す, にし, にとっては目, になんと, にはとんと, にひとつ京都, にも, にも倦きが, にも心, にやれるだろう, にチャンス, に二度頭, に何, に何処, に取っ, に対して責任, に意, に意見, に手, に沙港, に相談, に礼, に頼み, に飛んだ, のいう, のこつた, のどこ, の力, の夢, の姿, の寿命, の小屋, の彫った, の心, の心理, の方, の清々, の監視役兼, の目, の目の玉, の細工, の罪, の美術館, の耳, の胸, の落ちこんだ, の足, の身分, の邪魔, の面, の魂, はあらゆる, はこうして, はだれ, はどうも, はまた, はまるで, は相, もあいつ, もいくら, もだ, もミーチャ, も一度, も予想, も御存じ, を, をからかっ, をからかふ, をしんじつ三世, をとらえる, をなん, をなんと, をねらっ, をコニャク, を不倶戴天, を京, を免職, を出さない, を出す, を刺戟, を前, を取, を口説き, を嘲弄, を好い, を小, を待っ, を怪しい, を恐れ, を愛した, を懐柔, を捨て, を探し, を無, を無視, を疑, を疑っ, を疑っとる, を病人扱い, を眺め, を老いぼれ, を蛾, を見, を見かけ, を見る, を認めさせず, を護っ, を質, を蹴った, を追いかけ, を逃がしたい, を避ける, を降参, を風流人, 即ち四馬剣尺様

▼ この~ (245, 0.1%)

7 の誇り 6 の中, をもっ 4 の臓 3 が落着き, の眼

2 [13件] がある, が如何, なき忠告, の新しい, の疼き, の秘密, は私, をお許し, を受け, を失わ, を痛ましめる, を解, を貴方がた

1 [190件] あたたまる境地, あってこそ, ありまた, いよよは, からの要求, から出発, から城壁, から生れた, から逃れ, が, があこがれる, があれ, がちっとも, がどう, が出来, が判っ, が剣刃上, が受け取り, が常に, が幾らか, が救われよう, が更に, が私, が落ちつきませぬ, が解, が解けあわぬ, が躍り上っ, こそは真に, こそ明治, この身, さえなくなれ, さえ楽しん, さえ除き去れ, すなわち霊魂, たのしまない旅, である, ではあんまり, で事物, で妬く, ということ, と心, と戦っ, なき洋画家, なき洋畫家, なる宮, にあまる, にかかる, につくられまとめられた, にて修行, にはまだまだ, によって仏菩薩, によつて, に劫, に感ずる, に接する, に桓武天皇, に燃, に等しい, に翻弄, のあやし, のあり, のありのまま, のある, のいい, のこり, のたけ, のどこ, のなか, のほこり, のま, のやり場, のゆるみ, のよろこび, の三助, の不安, の不満, の企み, の傷, の働き, の像, の動き, の動揺, の君臨, の喜び, の声, の実, の底一面, の循環小数, の悩まし, の悲しみ, の愛する, の慰め, の持ち, の欲しき, の歩み, の母, の激変, の燃え上り, の発露, の秤, の臟, の自由さ, の苦痛, の計画, の間, の飢ゑ, の騒々し, は一度, は云い切れません, は人間, は今, は何, は動い, は同じ, は始, は安んずべき, は実は, は強い, は念念, は永久, は永存, は決して, は深く, は無い, は自ら, は船, は誰, は金鉄, は関勝, ぼそさ, も少し, も静か, も騒がしい, よ, よしと, より推し, より激務, を, をいうなら, をお互い, をくみとっ, をそして, をつきつめた, をどり, をな, をなぜ, をほか, を一, を不断, を以てせ, を傳, を利用, を受取っ, を失っ, を察し, を忘れ, を慰むる, を慰めしむ, を憐れ, を憐れん, を持つ, を敬守, を暁, を有, を服し候わ, を本能, を歌, を汲まず, を汲ん, を深く, を潔め, を片時, を眺めおろし, を知っ, を知つて嗤, を知らず, を知り, を研究, を磨い, を繋ぎ, を見物衆, を誰, を誰か, を通じさし, を養う, 元な, 懸けが, 懸けは, 破れんと, 見たか

▼ この自分~ (245, 0.1%)

3 が, というもの, に何, の心, の手, の肉体, の部屋, は

2 [13件] がいる, だ, だった, なの, にある, の庵, の特徴, の生, の見解, の頭, は一体, は街, をどう

1 [195件] かもしれない, からお, から自分, から言, があの, がこの, がそんな, がどんな, が世界, が二十歳, が今, が同じその, が同席, が咲き揃う, が大, が抑, が掌中, が本当に, が次, が止る, が死ぬ, が気に入らん, が甚だ, が生まれ, が自分, が誰, こそジャック, さえ其処, じゃない, だけほか, だけ二人, だという, つまりこの, であること, でしたがって, ではあるまい, ではない, では大して, では無い, でも不思議, でも読め, で書いた, で書き下ろした, という人間, という日本人, という者, といふもの, とても特に芥川, とはなん, とは年, とほとんど, とソックリ, と直接, と話, ながらすばらしい, などにこんな, にさせる, にだけ天下御免, にはいったい, には既に, にばかりはガミガミガミガミ, にもし, にも当然, にも本能, に与えられた, に対してか, に対して憎悪, に対する変らない, に對つて, に彼一流, に殿下, に渡された, に真打, に胸, の, のからだ, のこと, のことば, のため, のどこ, のほう, のキリスト, の不安, の不幸, の中, の乳首, の事業, の件, の会話, の傍, の出家志願, の前, の喜んだ, の境遇, の失策, の姿, の娘, の媚び, の建てた, の役, の性質, の恋, の惠まれ, の憎しみ, の手踊り, の推理, の推量, の方, の書院, の槌, の気持, の気持ち, の物思い, の状態, の生命, の真, の眼, の矛盾, の突飛, の精神, の罪, の考えどおり行動, の考へ, の自画像, の芸, の苦痛, の解釋, の言つて, の豊満, の責任, の身体, の身體, の輕率さ, の返事, の阿呆, の難, の非常, の願望, の黒馬, はこの, はすでにもう, はもう, は一体どう, は万事万端あまり, は今, は孤児, は暗黒, は更に, は母, は顧みれ, までがそんな, もあの, もまた, も曠野, より遙, をさげすみ, をさそっ, をそう, をたとえ, をだました, をなんと, をのけもの, を乗り越え, を人丸左陣, を何とか, を到かしめ, を厳罰, を可哀そう, を呼ぶ, を変っ, を完全, を引き立て, を引留め, を形作り, を待つ, を忘れよう, を押し潰し, を捨て給う, を敵, を棄て, を父親, を産みの親, を目す, を眺めた, を神, を粉微塵, を育て上げた, を苦しめ, を虜, を見たら, を誰, を迎, を追跡, を遠ざかる, を離れ

▼ この~ (244, 0.1%)

6 にまだ 53 になお, にも, に何

2 [14件] でもこの, にいろいろ, にない, にもう, にもなお, にもまだ, にも五六人, にも同様, にメンデル, に三人, に尚, に私, に老眼鏡, に雪

1 [196件] かつて徒歩主義会, かとは思う, からくる, からで, からとり入れられた, が浜, であるの, どういうこと, なるもの, なる寒気, にあるべからず, にいる, にいろんな, にお, にかんた, にこれ, にたくさん, にては, にてはこ, になかっ, になき, になし, になほ, になんにも, にはあらぬなるべし, にはどこ, にはどんな, にはない, にはないだろう, にはなし, にはみじ, にはもう, にはハーシェル, には一文, には何, には持っ, には文集以外, には最早, には無い, には狐狗狸, には考へ, には色, には葉, には這松, にまた, にまだまだ, にまで訪れ, にもある, にもいろんな, にもお前, にもお話, にもたくさん, にもたんとたんと, にもつ, にもどんな, にもなほ汝, にもまう, にもまだ色々, にもわたし, にもパン, にもポプラ, にもマグラース等六・七人, にも乱歩氏, にも二, にも二次元世界, にも二花, にも倉庫, にも先生, にも出, にも前, にも參考, にも固体, にも変態, にも多く, にも学校連中, にも小規模, にも後代, にも所見, にも数学遊戯, にも新暦, にも森林, にも樹枝, にも犬猫, にも珍陀, にも私, にも美作, にも色々, にも護法, にも通鑑, にも長崎附近, にも間人姓, にも駒鳥鸚鵡目白頬白, にサンチー, にフンボルト, にマダ二人, にリオン, にワット, に一人, に一個, に万物物語, に不時番入, に中村粂之助, に中野重治, に主人, に主神, に二, に二月, に人胆, に今一人独美, に仙波親子, に仮装, に何一つ, に何者, に優る, に几董, に処女作, に出ない, に出なかった, に劇場以外, に北海道, に又, に品物, に四鹹菜, に城攻め, に場所, に多少, に大変, に大正四年, に奇妙, に婦人, に尚書, に幾万倍, に広重, に得られる, に御飯, に必ら, に意志, に我輩, に或は, に文壇, に文庫, に新しい, に昔, に未だ未だ, に東隣今川氏, に水夫, に無事, に爾, に牛肉料理, に牡蠣料理, に生きる, に碾茶, に第, に策, に結局何, に繁殖, に美しい, に考え様, に花, に蔵幅, に薬局生, に西郷どん, に見し, に言う, に語りたい, に豚, に農業國, に透きとおらん, に道, に酒, に附録, に青年婦人中, に静岡県, に頬部, に黄金, に鼠, のもの, の奴, の景色, の更に, の歌, の点, の線, の軒先, はどこ, は内庭, は或, を流れる, を通, 又その, 多少蘭方, 小さいいろいろ, 忘れて, 撰ばれた画, 続日本紀神護景雲元年三月, 被は

▼ この騒ぎ~ (244, 0.1%)

27 の中 5 に驚い, のなか, は, を聞い 4 です, のうち, を聞きつけ 3 にまぎれ, の最中

2 [12件] が持, だ, に梳, に眼, に隣室, の前, の時上, の間, は何事, を眺め, を見, を見る

1 [155件] から火事, があった, がいつ, がおちつく, がきこえる, がし, がもと, が一団, が二階, が奥, が始まった, が揚る, が江戸中, が漸く, が起った, が起りました, が静まっ, が静まれ, この悦び, さえも知らなかった, じゃ, だからね, だったもの, であった, であるから, でいよいよ, でございましたから, ですっかり, ですもの, ですよ, ではどう, では休み, では多分, でもう, でも兵馬, で五条源治, で今晩, で坑夫達, で女中, で学校, で宇津木兵馬, で往来止め, で機関室, で聞き入れられず, で誰, で近所, で駒井能登守, といふもの, と悲鳴, と猿ども, なので, なん, にあほう, におっ魂消, におどろい, におどろかされ, にこの, にせっかく, にたたき起こされ, にどう, にはなん, にひきかえし, にびっくり, にまだ, にもほか, にも起き出さない, に共鳴, に出会った, に呼延灼, に家中, に家人, に寄っ, に少し, に少女, に投出された, に揉まれ, に植木屋, に気がつかず, に照常様, に百姓ども, に真に, に義士, に船, に顔, に驚いた, に高田, のあいだ, のあいだじゅうチチコフ, のあと, のうわさ, のきれ, のこと, のため, のまま, の元, の原因, の名残, の影響, の後, の折, の最初, の真っ最中, の真中, の途端, はいま, はこれ以上発展, はすんでしまつた, はどう, はなにごと, はようやく, は一体どう, は何, は僅か, は宮, は昨夜, は最初, は甲府, は瞬き, は知らなかつた, は納まった, は鎮まりました, もほどなく, も繁華, も誰, をおこせ, をきい, をくだらぬ, をよそ, を余所, を半さん夫婦, を実見, を少し, を後, を機会, を看, を知らせない, を知る, を耳, を聞, を聞いた, を聞きつけた, を聞きつける, を聞き付け, を聞く, を聞付け, を聴い, を見せつけられ, を見た看, を見下し, を見物, を見聞き, を誰, を鎮める, を門口, を静めよ

▼ このうち~ (236, 0.1%)

7 にいる 6 の中 4 で客, のどれ, の主人 3 にいた, の, の一つ

2 [20件] があやしい, で毎日, に, にある, にい, において私, において精神, にずっと, にはきみたち, に用事, のある, の何れ, の女中, の誰, は料理店, は馴染, へはいっ, を出, 第三, 第二

1 [162件] うや, かならず吉原, からさらに, からよく, から子供, から幾人, から心, から東洋, から追い出し, から逃げだし, がどんな, が面白く, じゃもの, でそれ, では, ではいちばん, では一番, でぼく, でもっとも, でもやる, でも私共, で一番, で他人, で兵太郎君, で勝負, で年, で後, で曹操, で柄本, で池部さん一人位, で独身者, で眠る, で知, で神, で考, で遊ん, とお, と金田, にあった, にあり, にいなけれ, にいれ, にがんばっ, にきっと, にそんな, にたった, にてもの, にて物, にはあの, にはいま, にはかねて, にはそんな, にはただ, にはまだ, には住ん, には城, にひきいれた, にふたり, にもいかに, にもお, にも最も, にも武州, にやすらふ, に人殺し, に住ん, に医者, に妹, に帝, に正面, に気がつい, に酌みとれる, に附木, に集まり, に音楽, に馬鹿者, に魏軍, のいくつ, のお, のおばあさん, のこと, のごく, のしかけ, のため, のなか, のなん, のほか, のまわり, の一, の一合分, の一島, の一部, の三名, の下っぱ, の不思議, の人間, の何, の前, の北条宗時, の坊や, の大, の妙, の姉さん, の家族, の将, の待遇, の救援隊, の暮らしぶり, の洋數字, の第, の者, の花, の花房助兵衛, の若干, の裏, の財産, の長い, の長女, の隠居, の馴染, はおばけ, はたして幾人, はふ, はネコ, は変, は山賊, は知らない, は警官隊, へおい, へしのびこむ, へしのびこん, へは, へはいった, へへえっ, へやって来, へ子ども, へ聞き, もあんた, もひま, よ, をおしえ, をとりかこんだ, をねらいはじめた, を二両, を借りた, を探しあてた, を焼, を焼きたくない, を脱, を買った, を追われた, 双趾類, 固より, 強いて適者, 御三方, 最も大きな, 最も教育的, 最も早く, 第一種, 第三時代, 約三千枚, 遠村, 集まって

▼ このかた~ (236, 0.1%)

5 のこと 2 いつも同じ, に我々, のご, の事, 始めて, 恐るべき鬪爭中, 暑さ, 黒いもん

1 [215件] あ, ああし, あの別荘, いかなるとき, いっそうよく記憶, いつと, いまだこの, いまだにただ, おちこちの新関, お咲, お由良さま, かうした女, かの女ら, が, がお, がおっしゃった, がらり考, が何, が先, が可愛い, が小林さん, が輸入部長, ことの, この国, この女, この屋敷, この日, この検事局, この標語, こんなに取りみだされました, こんな気味, こんな面白い, ご自身, しげしげと訪ね, ずっと勤続, その待遇, その時代, その歪み, そんなに齢, だよ, ちょうど腕, ついぞ知り合った, ついぞ耳, つい一度, つひぞ召しあがつたこと, である, であろう, でさえ幾千百, でせう, とお茶, とかく身心, とは話さないだろう, ともすれば彼, と御, と言います, と話, などにはお, なんにも食わない, にそれだけ, にとって問題, にどうして, には永久, には附, にまだ, に会っ, に従わない, に答えする, に話し, のいらっしゃった, のお, のおっしゃる, のお父さん, のなさる, のほう, の下, の作, の古, の右, の名人, の名人ぢ, の大難, の大雪, の天台宗, の妃たち, の家財道具, の寒, の御, の御無沙汰, の恋, の愛情, の慣例, の戦争, の断定, の日本, の旦那様, の書き物, の来, の欠食状態, の武門, の独立, の真理, の立脚, の肚, の自分, の至極, の苦しい, の街道, の頼朝崇拝, はいかにも, はいったい, はここ, はじめての, はずいぶん, はその, はそれ以上, はただ, はつまらない, はどう, はまるで, はもう, はよく, はクラム, は今, は僕, は全く, は各, は妾, は小野, は東洋一環, は皆, は警視庁捜査課, は身, ひじょうにさかん, ひじょうに進歩, ぷっつりと, まえより, まだかつておのれ, まだ一度, めずらしい鑿, もすべて, もっとも賢い, も安心, も直義, よくある, をお供, をとがめられましょう, をひやかし, を任命, 乾ききって, 今や木曾山, 伝わって, 住み荒した家, 全く改造, 全く確立, 初めてだ, 初めて不幸, 初めて伊達家, 初めて冬宮, 初めて恋, 初めて見る, 助正間雑, 勤めて, 半世紀, 同じ場所, 同じ家, 同じ料理屋, 味わったこと, 堪えて, 変ること, 大名取潰し, 大自然, 始めての, 実にお話, 実に何年ぶり, 寄りつきも, 巡りあつ, 御功名, 御垣, 御本城, 御父母君, 感じたこと, 打ち絶えて, 探って, 既に三十五年, 暮して, 書き連ねたる百千, 未だ王化, 来る日, 殊に寛永年度, 殊に病, 比べるもの, 流行り始めた頭, 満洲, 漸くに, 特に山崎, 生めよ殖, 真に敬虔, 知った, 第一次大戦, 約一年, 約二三十年, 終始かたわら, 絶えて, 聞いたこと, 若い娘, 落ちぶれて, 行くえ, 見たこと, 見たり, 起こった天体, 起りかけて, 連れ添ふうちの婆さんぢ, 道行く彼, 開けたこと, 預かって

▼ この作家~ (236, 0.1%)

5 のもの 4 の作品, は 3 が, の, は自分 2 がその, が潔く, のなか, の優れた, の力量, の精神, の言葉, はもう, はもつとも

1 [196件] から不断, がこの, がこれ, がさ, がそれら, がたつた, がもつ, が万一, が二三年, が人間, が作品, が先々月, が呼吸, が将来, が強く, が彼, が戦場, が文学上, が断定, が書いた, が本当に, が次々, が独立, が自宅, が自己, が自然主義, が複雑, が西金堂, が頽廃, だって当時本国, ではない, でも, としての問題, と共にこの, と評論家, などは思索, に, にくらべたら, については知りません, について論じる, につきもの, にとってどう, にとって主観的, にとって独特, には二つ, には本当, によく, によってどう, によって意企, に不明瞭, に存在, に対する, に就い, に親しむ, のいかにも, のきわだった, のこころ, のそういう, のその, のところ, のねら, のよう, のリアリスト, の一つ, の一番問題, の世界, の中, の二重性, の人気, の人間, の代表, の代表作, の作品集, の作風, の倫理性, の偉, の偉大, の偉大さ, の出現, の初期, の創作系列, の単純, の名, の哲学的質, の天成, の奥深い, の好ん, の実行運動, の寧ろ, の将来, の小説, の少年時代, の属し, の弱味, の弱点, の強み, の強味, の強調, の從來, の心理的, の応接間, の性格以上, の感覚, の成長, の或, の才能, の批評位, の持ち前, の文章, の日本的, の書き, の最も, の最良, の未だ, の本質, の構成, の正義感, の死, の母, の気質, の特徴, の特質, の独特, の独自性, の生長過程, の発展, の眼, の筆, の精進, の純, の経た, の考える, の臍, の自伝的, の良き, の苦心, の苦悩, の著しい, の資質, の農村, の連載物, の長所, の魂, はいま, はいや, はこの, はすこぶる, はその, はそれ, はた, はつけ加, はとりあげなけれ, はどうして, はどんな, はもうあまりに, はやっぱり, はドイツ, は一生涯, は一生涯習作, は他, は勉強家, は味気, は嘗て, は執拗, は大丈夫, は少し, は島木健作, は文学的自伝, は新, は明子, は最初, は梶鶴雄さん, は特別, は特長, は生きられなかった, は私, は笑い, は肉体, は自然, は静穏, は駄目, への箇々, ほど深く, ほど自然, も, もまた, も他, も時代, や橋本正一氏, をもつ, を不遇, を伸ばさない, を好かぬ, を愛する, を社会的表面, を罵倒

▼ この子供~ (235, 0.1%)

4 の頭 3 だ, のよう, の心, の顔, を育て 2 が大きく, に何, のこと, はいつも, はこの, は家内中, を見る

1 [202件] かい, からラム, から教わる, が, がある, がお, がお金, がくさび, がここ, がそこ, がたとえば, がない, がひりひり, がまあ, がまだ, がゆっくり, がわざわざ, が今, が先生, が十七, が器用, が大きゅう, が大好き, が好き, が弱った, が彼, が後, が既に, が木の実, が生き, が生れた, が町, が私, が空魔艦, が笹村, が長ずる, が黙っ, くさい帽子, しかありません, だけが私, だったの, だったよ, っぽいひと, っぽい可愛らしい顔, っぽい果敢ない望み, でございます, と一緒, と同い年, にはこれこれ, にはこんがら童子, には梯子, には神秘, には空, には良く, にまくし立てられ, にも與, にやっ, に向っ, に対して満足, に対するよう, に対する態度, に彼, に怨まれ, に教えた, に衣食, に近い, に食べさし, のあ, のあがなわれざる, のいう, のいのち, のいやがる, のうち, のえび, のお母さん, のそれ, のやう, のやさしい, のようす, の一番上, の不幸, の事, の人相, の出鱈目, の咽喉, の唇, の嗜好, の地蔵, の声, の多く, の始末, の家, の小林君, の少い, の役, の心もち, の心境, の方, の様子, の死にました, の気質, の為, の父親, の特異性, の町, の疑問, の病気, の眼, の知識, の祖母, の育児係り, の要求, の親, の親父, の言葉ちがい, の言葉尻, の訊く, の許, の訴え, の身, の返答, の遊び, はあ, はあえなき, はあなた, はいつ, はいつのまにか, はえらい, はお, はおぼえ, はお茶, はかういふ, はかならず, はこんな, はずいぶん, はどうしても, はどこ, はまあ, はむやみ, は不断, は今, は今ン, は他人, は何, は兇暴, は八ヶ月, は前, は唖, は地, は女性, は完全, は悪戯, は教師, は数え年七ツ, は新聞記事, は時々, は母, は母乳, は母親, は毎日私, は片隅, は特別, は男, は私, は素姓, は自分, は誰, は遠く, は長男, は鳥, も役者, も手, らしい人, らしい冗談, らしい単純, らしい意味, らしい質問, らしき誇り, らしさ, をそう, をだいじ, をスタニスラウス様, を別もの扱い, を家, を御, を抱き, を押しつけられた, を指し示した, を日光, を生ん, を笑えなかった, を縁, を育てたら, を育てる, を育て上げ, を背負う, を見た, を見つめ, を負い, を連れ, を遠縁, を養っ

▼ この程度~ (234, 0.1%)

16 のもの 8 のこと 53 ならば 2 である, にし, に不自然, の家, の序詞, の弥次馬根性, の簡単, の話, を超え

1 [184件] かとおかしく, がとり, が第, しか書かれた, で, であった, であって, であるという, であれば, でいる, でおさまる, ですむ, でで, でとまっ, でなんとか, ではハッキリ, では済まない, でも済む, で働けない, で充分, で小説一つ, で打ち切られた, で打切り, で満足, で異議, で納得, で終る, で落着, で逃げ, で頑張っ, と計られる, なの, ならだれ, ならとして, ならまあまあ, ならまず世に, ならむしろ, なら句, なら歎くに, なら空気, に, にあっ, にけなす, にしか実現, にすら紹介, につ, にて遊べる, にでも物, にとどめ, になる, にのみとどまらなかった, には止まらない, には討究, にぼかしたい, にぼやけた, にまでこっち, にまで手加減, にわが国, にガンゼ, に事変色, に型, に堪忍, に変更, に大事, に整理, に止まっ, に生活, に眺め, に精密, に肉声化, に至っ, に薄め, に過ぎない, に達し, に達すれ, に達せざれ, に離れる, のお, のおめでたい, のところ, のウソ, のキズ, のバラック, のリズム, のレコード, の一致, の不思議, の交渉, の交際, の人間らし, の修業, の修業年月, の俳優, の入湯, の写実的技法, の出来事, の効果, の勝負, の厄介, の和歌, の問題, の善行, の国文学者, の売笑性, の大, の妥協, の威力, の学生, の容疑者, の小, の小康, の山坂, の強, の心得, の思いちがい, の怪我, の悦び, の悪党以上, の感慨, の成功, の抽象力, の指導振り, の接近, の改作, の散逸法, の日本語, の明る, の水準, の燈籠, の物珍し, の猫背, の現代風, の生活, の畏, の病気, の症状, の皮, の相似, の知識, の社会意識, の稚, の空虚, の粉, の精神異常, の絵, の考へ, の脱線, の膨張, の表現, の補助, の補助金, の評語, の詩的, の誤, の誤り, の誤差, の説明, の軍事予算, の軽い, の通俗性, の連中, の金, の鑑別, の長, の開展, の雄弁, の颱風, の鬱屈さ, は概括的, までしか進ん, までになり, までに思考, までは誰, まで制度化, まで来る, まで鼻, を二期, を出なかった, を甚だしく, を第, を高める, を高め得た, 押しても, 続くもの

▼ このため~ (232, 0.1%)

9 である 7 に私 5 に彼 4 であります 3 にそれ, に大阪市 2 だった, です, なの, にあと, にお, にはもちろん, にひどく, に必要, に活き, に自分

1 [181件] おくれて, か, か今日, か幸い, だ, だったの, であ, であった, であらう, でありそれ, であるが, であろうか, でした, でついで, ではなかっ, でやりつけない, で我輩, で現在, とまた, なり, に, にあの, にあまりに, にあらゆる, にいっそう, にいったん, にいよ, にいよいよはっきり, にいろいろ, におおわれ隠される, にかえった, にかえって, にこ, にこそいよ, にこそロシヤ, にこそ文化機関, にこれ, にご, にすでに, にその, にだけでも何人, にでき, にでも将来, にとはいっ, にどう, にどんな, になおさら, にはいかに少し, にはその, には云う, には僧都, には先, には口, には大分がん, には少々, には恐らく, には書店, には来るべき, には毎晩, には現在魯侯, には用いられた, には確固たる, にほかならぬ, にもちろん, にも祭日, にわざわざ, にわたし, にわれここ, にイギリス兵, にイブン・サウド, にイムペリアル平原, にラスコーリニコフ, に一日, に一時病気, に一躍, に下流, に中国, に丹波路, に五万円, に他, に他人, に会, に佐竹, に侍者, に依る, に俄, に俺, に倒れた, に全, に六回, に努め, に勇気, に千円以上, に半地召上げ, に向う側, に大分, に存在, に学生たち, に家, に市内, に師, に帰国, に広大, に往来止め, に徹底的, に思わぬ, に我, に扁平足, に手早く, に捕はれ, に摂政関白, に放射線室, に救い, に新しい, に新税, に日の丸, に日夜, に日本民族, に旧, に旧家, に時々, に最も, に朝起き, に東洋, に欧州大戦, に此, に歴史的理解, に死ぬ, に毒せられ, に江戸詰, に活動, に漸次病, に炎天, に物, に特に, に独り, に獻金, に現在, に生, に生さながらえ, に生る, に生徒, に痍, に益々, に盲目, に研究室, に祈願, に神話, に私たち, に科学, に移動, に籠, に米国, に経験, に職工, に腐蝕, に色々, に芝居, に若干, に苦しん, に虚偽, に裂かれた, に要する, に話し, に誰, に貴, に費された, に越後, に軽蔑, に迫害, に道元, に銘々, に阿蘇郡, に非常, に騒ぐ, に黄河, のご, の支出, の自己批判, 本会議, 浮いた金額

▼ この現象~ (231, 0.1%)

4 の説明, は日本 3 の原因, は単に, を説明

2 [13件] のなか, の中, の発見, は何, は勿論, は決して, は色々, は非常, をどう, を如何, を根本的, を発見, を私

1 [188件] あらざるべからず, あるに, からむしろ, からよく, から出発, から日本人, があっ, があり, があります, がいつ, がおこる, がどうして, がまことに, がシェストーフ, が一人, が一層, が不審, が事実上一つ, が人目, が出逢う, が大, が大体ひと月くら, が宇宙空間中, が少し, が春日, が最も, が物理学, が現れる, が稀有, が統計的型式, が都会, が電気動力線, が電気工学, する人生, そしてこの, で落語, と一方, と似通っ, と戦争, と時, については最近, についても私, について飾り, にとって根本的, にはたしかに, には現代固有, にも亦, にも罪障, によつて, に他, に伴ふところ, に対しても今さら狼狽, に対する感じ, に対する浅薄, に対する現象的, に対する認識, に平行, に直接影響, に突然, に適用, に間違い, に関係, のうち, のみについて成立, のもっと, の一般的, の外, の多様, の大, の実体, の客観的, の成因, の物理的本性, の理解, の生成, の生物学的機巧, の発見者アップルトン教授, の目立つ, の研究, の第, の観察, の面白, はあるいは, はいかなる, はいろいろ, はこういう, はこん, はしかしながら, はすでに, はその, はその後, はた, はつまり, はどう, はどんな, はまじめ, はまだ, はもう既に, はもっと, はやはり, はわが国建国以来, はアメリカ, はカント, はトーキー, はドイツ演劇学, はピグミイ族, は一応, は一般社会, は丁度, は三年, は並々, は事件以前, は二ツ, は人民戦線時代, は今日, は今日あきらか, は他, は伝え, は例, は個々, は列挙, は及ん, は古い, は土, は多く, は大いに, は寧ろ, は小, は巴里, は我々, は拡散, は探求, は新聞, は方向, は明石夫人, は昔, は最近こと, は本年, は案外, は極めて, は海中, は物理学, は現代日本, は短い, は短時間, は社会そのもの, は私たち, は私達, は維新以後, は職業教育, は自然科学者, は説明, は説話構成, は誰, は貿易, は近代資本主義制度, は風俗, も詳しく, をさういふ, をすぐ, をなんと, を一つ, を一括, を代表, を以てこれ, を促, を別, を利用, を吟味, を定, を少年讀者, を抜き, を指し, を日本, を決定, を目, を目撃, を眼, を称し, を考えよう, を自分, を見, を見た, を見なけれ, を解し, を面白, を黙視, 即実在

▼ この~ (230, 0.1%)

14 の中 5 の底 3 で顔, の上, の下, よ開け

2 [17件] が名古屋, だ, でお, で飯, と水, にある, の右折, の色, は, はどこ, を汲み, を汲ん, を渉, を飲まし, を飲む, を飲ん, 呑むの

1 [165件] あの水, あびせを, あるが, から五〇〇カロリー, が, があの, がきれる, がご, がその, がだ, がなくなっ, がインド, が一度, が人, が凍る, が実に, が川下, が日本, が段々, が流れ込ん, が熱く, が蒸溜水, が路端, が鐘, じゃ助かる, である, でございましょうか, ですからのう, でその, では一人, で冷した, で勇気, で失, で晒し, で書い, で朝夕, で洗う, で洗ったら, で育てる, というやつ, とこの, と同化, と字, と思う, と肉, にし, につかっ, にて洗い去れ, には宿っ, には菖蒲, に向う, に弱い, に月, に湧く, に生え, に聯関, に育つ, に蒸溜水, に配された, ぬくいよ, のあと, のある, のいろ, のかかった, のじくじく, のため, のつめたい, のほとり, のみが活物, のみな, のやつ, の世界, の使用, の冷めた, の利用度, の味, の天龍, の定常振動, の宮離, の層, の柔らか, の流れ, の淀んだ, の温か味, の源, の漂, の澄ん, の状態, の終, の表面, の都, の防波堤, の面, の音, はあの, はいったい, はこりゃ, はすぐ, はのむ, はのめる, はポリビニル, は一滴目, は今, は体, は何, は変, は大, は大切, は山間, は源, は漫々, は潮, は濁らない, は無くなる, は甘い, は真, は良い, は進みつ, は飲ん, ばしら, ぶくれの, へ影, もやはり, も実は, も汲ん, も飲めない, も黄海, や君, をこぼされた, をさも, をとこ, をどうして, をどこ, をのみ, をのむ, をまとも, を与える, を他, を冷やす, を利用, を得ん, を愛する, を捨てたら, を掬ん, を掻き廻し, を描い, を毎日, を水道, を汲ました, を潜る, を用い始める, を田, を真面, を見る, を覗く, を貰い受けたい, を飮め, を飲め, を飲めよ, を飲んだら, 早し, 流る, 清し風, 集まりて, 飲むの

▼ この~ (229, 0.1%)

5 の作者 4 の前, を描いた, を見る 3 の女

2 [14件] とアジャンター壁画, のうち, のごとき, のよう, の中, の色彩, の芸術的価値, の蓮, は, はいま, をかいた, を見, を見た, 描きは

1 [181件] からはメーデー, から教えられる, が, がお気, ができ上っ, が中, が初, が天平, が平安朝初期, が現在, が甘く, が薬師寺聖観音, こそは東洋絵画, こそは真実, こそ墨竹, さえ仕上げれ, だけが特に, だけはよほど, だけは思い切っ, だけは特殊, だけは色, だってニセ物, でもう, でも見, で問題, との間, とはどこ, と同じ, と木彫, と正, などは危くごまかし, などは肖像画, における詩, にかかれ, にくらべる, についての詳しい, について心, について真偽, について話し合っ, には一, には存, には意志, には非凡, にひどく, にぶつかった, によって代表, によって初めて, によって日本画, によって知りうる, にペルシア, に塗り残された, に対した, に対してした, に対してなんら, に対して十分, に対するとその, に対すると非難, に対する情熱, に対する親しみ, に対する認識, に心, に東菊, に没入, に精神, に金箔, のごとし, のため, のなか, のほ, のほか, のやう, のヘレナ, の上, の主, の主題, の偉大, の具だらけ, の写真版, の印章, の印象, の場所, の如き, の如く別, の完成, の寂しい, の意味, の感じ, の新鮮, の旋律, の本来, の毀損, の気韻, の筆者, の精彩, の結構, の線, の色, の邪魔, の顔, はいかん, はこ, はそういう, はでき得る, はとてもそんなに, はともかく, はね会員, はへん, はやはり, はグレー, は一つ, は一五一四年, は人間, は今何処, は伊太利亜, は何, は先年淡島家, は全体, は十年, は厭, は地震, は場中, は壁, は売らない, は大作, は女, は守田宝丹, は実に, は市民生活, は平家, は当時, は彼, は御, は描き上げられる, は新しい, は日本人, は本当に, は構図, は武蔵, は清らか, は清浄, は私, は芸術, は芽張り柳ぢ, は藤原時代, は見る, は誰, は非売品, もまた, も実は, も手, よく出来た, よりもさらに, よりも所謂写生, を, をお, をかく, をこの, をごらん, をどこ, をながめ, をひとめ御覧, を一万円, を一眼御覧, を三年, を出品, を売る, を得意, を思い出されます, を描く, を描こう, を未, を画, を眺め, を知っ, を緊密, を胴裏, を見なおし, を見入っ, を責, を通じてこの, を鑑賞

▼ この傾向~ (226, 0.1%)

4 がある 3 が著しく

2 [17件] がだんだん, が特に, が甚, が見られる, に屬, のある, の主, の最も, の著しい, はまた, は彼, は決して, を余り, を助長, を帯び, を愈々, を指摘

1 [185件] ありと, からし, からの脱却, からバルザック, から二つ, から察, が, があっ, があった, があり, がことに, がちゃんと, がどこ, がはなはだしく, がますます, がわが国, が傾向, が多い, が幾分, が当時, が日一日, が最も, が極端, が残っ, が永久, が減少, が現われた, が現在わが国, が甚だ, が甚だしい, が発展, が目, が盲目的, が第, が絶体, が著しい, が行きつく, が進ん, が選択, が鋭く, すなわちいわば, であること, では一つ, で彼, で死ぬ, で進め, と深く, と相反, につきま, にはプロチフ, には過般, によるもの, に伴う, に大, に対してこれ, に属し, に抗, に拍車, に真面目, に示唆, に触れた, に追従, のかなり, のさら, のため, のもの, の一面, の中, の人々, の今日, の作家たち, の反面, の大, の太鼓, の存在, の徹底, の押す, の時局的, の認められる, の貫徹, は, はあたかも, はあり, はいずれ, はいっそう, はいろいろ, はその, はたしかに, はたまたま, はだんだん, ははなはだしい, はますます, はもう早くから, はもともと, はカフェ, は一九三七年度, は一九四七年以来日本民主化, は一方, は一般, は上層, は下論, は世界大戦後急, は久しく, は人, は今後, は今日, は例えば, は信長, は動機, は十五世紀以後, は単に, は古, は可能的, は吉原, は喜ばしい, は多く, は大変, は奈良朝末期, は孔子以外, は宗教家, は実際, は強ま, は徒ら, は意地, は意識, は承, は支配的, は文章道, は新劇, は既に, は最も, は未来派, は極めて, は河間七篇, は治療, は清朝, は漸次, は特に, は現に, は現代文学, は甚だ, は町村, は病気前, は目下, は相当, は相手, は真, は第, は自然主義, は至極, は著しい, は著しく, は見方, は追, は連想, もなかなか, もまた, をあらわし, をいよいよ, をことごとく, をとつ, をね, をもっ, をもっとはっきり, を代表, を刺戟, を助け, を大, を如実, を性慾, を手伝っ, を持っ, を持った, を明瞭, を普及, を最も, を焦点, を益々, を立証, を認める, を逆, を重量, を阻止, を首肯い, を高めた

▼ この関係~ (225, 0.1%)

3 に於, はこの, は幾何学的, を最も 2 に本質的, のアンバランス, の中, の微妙さ, の数学的表現, は, はある, は云う, は非常, を

1 [193件] からこの, からであり, からほぼ, から小説家, から行く, から詩, から辿っ, から逃れたい, があるだろう, がそのまま, がもっと, が一層, が世論同志, が今, が公一君, が出る, が分らぬ, が卑小, が変われ, が小林秀雄, が明白, が最も, が最も屡々, が極めて, が科学そのもの, こそ上代文化, だけを切り離し, づけにこそ, で円, で知られ, で約, で音楽, としての認識, とはこれら稀少, なくし, にある, においては苦行者, においてもう, においても第, における離反, にこの, についてこれ以上, については充分, について始め, について述べね, にはあてはまりましょう, には一口, によってはまだ必ずしも, によって個々, に基き, に好意, に想い, に気がつくであろう, に気が付い, のその, のみを独立, の一つ, の実際, の弁証法性, の性質, の枢軸, の裏, の見事, の誤認, の関数, はあたかも, はいくつ, はいつも, はおもしろい, はしかし, はすでに, はどこ, はもう全然, はもとより, はやがて, はオルガンチノ, はカント, はカント的範疇, はデューエム, はルナチヤルスキー, は一切, は一定, は一般, は丁度, は万葉集, は不自然, は世代, は交渉, は亦, は人間, は何, は修辞学, は優れた, は全く, は共通, は具体的, は出来, は切っ, は反, は収, は叙述方法, は同様, は吾, は大衆文学, は天体, は実は, は当然, は後, は徐々に, は従来, は掴む, は政治, は文芸, は明らか, は時間, は本当に, は次, は歌舞伎, は正しく, は比較的, は氏族, は決して, は無論, は父, は片づくまい, は物理学的測定それ自身, は物理的空間, は特に, は生涯, は相互関係, は相当, は私, は空間, は自然, は芸術, は重力, は風俗, への注目, もきわめて, も単純, も複雑, をさ, をはつきり理解, をほか, をもし, を一般に, を二つ, を云い, を云い表わし, を云い表わす, を信義, を克明, を味わい得ぬ, を味わい得る, を味わう, を噂, を基礎, を広義, を彼, を忘れる, を意識, を押し進め, を抽象, を捉え, を探知, を改良, を改造, を文学, を新, を書き直す, を正視, を歴史的, を無視, を父母, を物語っ, を用い, を知った, を破壊, を示す, を秘密, を等閑, を考える, を肯定, を脱却, を表, を解釈, を言い表わす, を語った, を説明, を通過, を顕著, を髣髴, 故に吾

▼ この戦争~ (224, 0.1%)

5 のため 3 がはじまっ, であった, はどう

2 [22件] がそう, が始まる, が日本, が本土決戦, が終る, で殺された, と革命, に参加, に於い, に負け, の, のあと, のおかげ, のとき, の影響, の惨禍, の時期, の結果, の虚偽, の軍配, の際, を暫く

1 [166件] から一転, がこれ, がどんな, がなけれ, がはじまる, が一番, が人生, が先, が勃発, が図らず, が如何なる, が始まっ, が将来, が最初, が来る, が終った, が終るべき, が続くだらう, が続くだろう, が長引い, じゃア, だ, で, でありがたい, でだ, でつくづく, ではどう, では一軒一軒, では何もかも, では在来, では地上戦争, では夫, では策戦万事, でわたし, で僕, で利得, で前, で勝っ, で徳川, で故人, で死ななく, で死んだ, で無駄, で焼, で真実, で酒場, で飛行機, といふもの, とファシズム独裁, と敗北, と決して, と関係, においてラスク, において東洋, にし, についても戦記, になん, にはもちろん, にゃ反対, によってにわかに, によってもイヤ, によって人類, によって全く, によって幕府, によって流した, によって空前, によって血みどろ, にシナ, に加わる, に努力, に勝ち目, に勝てません, に反対, に対して非常, に対処, に巻込まれなかったなら, に必ず, に忍術使, に応用, に我々, に於ける, に最初, に潜水艦, に負けたなら, に負ける, に運命, に関係, に限った, のどさくさ, のはじまる, のよう, の中, の中途ごろ, の人類, の何百万人, の初期, の唯一, の実体, の実状, の影, の後, の惨害, の惨禍中, の手段, の敗北, の教訓, の最中, の最初, の最後, の渦中, の激しかっ, の犠牲者, の目的, の真, の経過, の結局, の見, の遂行中, の間, の陣立, の陰, はいったいどう, はいろいろ, はおこなわれ, はたしかに, はもはや, はゆき子, はわが, は二年, は人, は今度, は勝つ, は多く, は大, は大丈夫, は実に, は容易, は必ず, は日本人, は東北戦争, は永く, は無意味, は甲, は聖戦, は過去, は馬鹿げた, も子, も或いは, も支那, も結局, をきつ, をとほし, をどう, をどんな, をものがたっ, をやった, をやめろ, を成り立たしめる, を戦つて, を持続, を止め, を生きのびた, を目, を繰返され, を聞い, を記述

▼ この~ (222, 0.1%)

5 に列 4 にいる 3 の中

2 [14件] で一くさり演技, におられる, につらなっ, にはいない, に来, のこと, の一隅, の人々, はこれ, へ姿, へ持っ, を動く, を外し, を辞し

1 [182件] から博士, から厚く, から姿, から抛り出し, から突破, から述べさせ, がしいんと, が急, が熊, が終ったら, じゃあちっと, じゃまったく, で, でこない, でこんな, でその, でそれ, でたった, でなくとも, でなくはじめ, でのべろ, ではせいぜい, ではそんなに, ではなあ, では最近, では江崎, では禁句, では誰, では郷里, でみなさま, でもやはり, でも上, でフロイス, で一見, で三角君, で両, で人, で名前, で幻, で東, で源氏, で疵入り, で白鳥博士, で皆様, で神尾, で私, で観, で話, で詳細, で論争, で講演, で飲まされた, とつづい, にあり, にい, にいあわさず, にいく, にいた, にいつも, にいない, にいなけりゃ, にいよう, においてもあるいは, において供述, におらぬ, にこんな, にだいじな, につらなった, につらなる, にて開催, にはあ, にはいなかった, には一人, には下枝さん, には女, には炊事夫, には現地, には町長夫妻, には薩州論, には銀杏加藤, には顕れけん, にやって来た, に一しょ, に一人, に一杯, に三つ, に入, に出で, に列ならない, に参りまする, に呼ばれ, に四十面相, に坐った, に安, に小, に居る, に居残っ, に山陰道, に招こう, に持ち出すべき, に於, に於い, に来た, に現われた, に真, に着いた, に立て, に見えない, に計り, に辛抱, に連な, に進呈, に道庵先生, に限っ, に限り, に面, に顔, のきたな, のこの, のもの, の一人, の主人, の人気者, の人間, の外, の習慣, の見物, の誰, の談笑, の雰囲気, は夜, は立っ, は軍議, へあらわれた, へいま, へお, へこなけれ, への出入り, へはお越し, へは何人, へは出席, へ入っ, へ入り込んだ, へ入る, へ再び, へ出した, へ出た, へ加はつ, へ呼び寄せ, へ官兵衛, へ座らせたかった, へ招かれ, へ招待, へ持ち出す, へ来, へ来た, へ来る, へ東野, へ現われた, へ立寄っ, へ見物, へ踏み込ん, へ野放し, へ顔, も立てない, をはずし, をはずせる, をみつける, を何と, を出た, を利用, を去る, を取持つ, を外しました, を多勢, を姫君, を抜け出でよう, を終り, を退くまえ, を選ん, を離れ, を飛び出し

▼ この~ (221, 0.1%)

8 の声 6 の啼く 54 の名, の姿 3 のこと, の聲

2 [14件] が啼け, が翼, が飛び去つ, の事, の介抱, の異名, の翼, の言葉, の鳴, はその, はどんな, はよく, も容易, を満足

1 [160件] あるのみ, がいろいろ, がこの, がさも, がたいそう, がたとえば, がどんな, がない, がみんな, が上空, が人家, が出, が出る, が啼いた, が啼かなかったなら, が啼き始める, が啼く, が地上, が実際, が家, が来る, が雨, が高空, くらい物おじ, こそは今, だけが我々, です, で或は, で生計, となっ, となる, と成った, と自分, に, にかぎつ, についてかく, について面白い, になっ, になった, になり, にはすっかり, にはとても, にはなん, にも獣, に乗っ, に児, に出会つて, に導かれ, に生まる, に贈られ, のあわただしい, のいう, のけたたましく, のこえ, のこゑ, のため, のつばさ, のみが数多く, の一声, の住ん, の前生, の啼い, の啼き, の啼聲, の囀り, の地方名, の大群, の女, の寓言, の巣, の心, の念願, の性, の慇懃さ, の捕獲, の有望, の枝, の癖, の目, の竹の子, の群, の言, の足, の鋭い, の雨, の音, の風浪, の飛行, の鳴いた, はいたって, はそれから, はなかなか, はね, はほん, はもう, はイングランド, はモネーモネー, は主人, は今, は何だか, は到る, は啼きつづけ, は啼き入っ, は声, は売り物, は天, は少ない, は巣, は幾十年, は心, は日中, は普通, は晴れね, は晴天, は私, は羽, は聲, は聴く, は葬式, は過, は邪見, は食物, は鳴く, も, も下, も二聲, も郭公, をあなた, をいくら, をいちばん, をかう, をこれからどう, をその, をながく, をほめちぎりました, をまた, をキヨモリ, をクラ, をココチン, をコナベヤキ, をゴロスケ, をゴロッチョ, をトウガラシゴマ, をホクロク, を一度, を三光鳥, を使者, を呼び集めた, を国民, を心から, を持っ, を聞く, を豆蒔鳥, を踏ん, を載せ, を逐い出そう, を阿, を食えよ, を鳴かせ, 恐らくはその

▼ この時分~ (219, 0.1%)

15 になっ 5 にはもう, のこと 4 には私 3 はまだ 2 から伊藤, から初めて, から時雨, である, になる, にはまだ, には私たち, に天下, の人

1 [169件] お銀様, から, からすでに, からそう, からだ, からちゃんと, からどこ, からのこと, からの劇道熱心家, からもうすでに, からももっともっと, からようやく, からわかっ, から三人, から今日, から俺, から少し, から居士, から忙しい, から持っ, から残忍, から段々, から決然, から私, から翌年, から重吉, から雪, から首, がその, が最も, このところ, この宿場, じゃなく, すっかり覚め, すなわち徳川時代, だ, であったと, でありました, であり自分, であろう, であろうと, でも西瓜, となつて, どういう折, なん, にある, にここ, にさいぜん, にする, について面白い, には, にはお, にはこんな, にはすっかり, にはその, にはスクーナー船, にはズブ酔い, には先生, には吾, には女, には幾らか, には当時, には彼女, には彼等, には悪漢ども, には春の者, には朝, には柵壁, には植物, には潮, には現代, には町奉行, には相当, には知っ, には碇泊所全体, には秋, には計り炭, には銭湯, にも亦, によく, にエリカ, に丸山, に二人, に偶然, に八幡宮, に凧, に国防色, に太政大臣, に峠, に式部卿, に彼女, に思い出し, に橋, に死霊, に水道尻, に海, に短刀, に神下し, に神様, に米友, に至っ, に見物, に買っ, に赤色, に起き, に陸路, の, のお寺, のドイツ, のラサ府, の三条西家, の世の中, の事, の二葉亭, の作品, の俗曲演劇等, の刀劍, の北海道行き, の四部目録, の山, の延一郎, の張紙, の彼女, の心持, の江戸, の田舎, の癖, の私, の米友, の解き, の雑誌, は, はかなり, はこうした, はこれら, はちょうど, はまだまだ, はもうあまり, はピナ・メニケリ, は一層, は二階屋, は何, は例, は大方, は手持無沙汰, は新聞, は明治六, は暗澹, は正に, は江戸市中, は漸く, は痴呆症, は酔眼, は金蔵, は雌伏時代, までには吾, までには彼, までには自分, までは木戸, まで店, もう一つ上達, もう再び琵琶, もう短, もはや密談, を比良八荒, 悪い若, 情けない声, 最夜中, 殊に周囲

▼ この~ (219, 0.1%)

3 に住ん, の井戸, はもう

2 [12件] だと, にウロウロ, に居る, の農家, はよく, は山の手, は田舍, は高, りには, りの, を散歩, を浮浪

1 [186件] か, かこの, かも知れません, から上流, から始まる, から新しい, から漸く, から解け, か知ら, がお, が場所, が手前, が開いてる, こそと思つて, さ, だつたな, だらうなどと, だ又吉, でありそして, でお, でございました, でしたよ, ですが, でせう, でつひぞ見た事, ではた, ではない, ではもちろん, ではムグラツト, では一番物騷, では他, では名物, では斯, では有福, では朝, では野菜, でひと先づ引, でよく, で一本極め手, で一番, で事件, で俺, で八五郎, で原運算, で各々, で失禮, で宜いと, で小菊, で少し, で引導, で待つてる, で御, で本, で江戸, で皆んな, で紋次郎, で終ります, で聽, で行詰, で話, で鳥打帽, と來, と睨ん, と見る, にあり, にある, にいらつ, にうろ, にお, にくつきり, になんか, にはけ, にはまだ, には動かした, には舟, には蚊, には蛇, には觀音講, には誰, には麻, にや珍しい, によつて圍まれ, に入り込ん, に土屋さん, に大, に天神さん, に引かれた, に旅館, に泊つて, に珍しい, に當, に積む, に良い, に誰, に馬, に高名, に魚屋, のお, のこと, のコツ, の一箇所, の中心點, の事, の人, の内海ぢ, の名所, の周圍, の地, の地勢, の坊さん, の女, の子, の子供, の宿屋, の寮, の小路, の山, の川, の所, の文章, の方ぢ, の景, の景色, の海岸, の田園的風致, の甲州, の町, の稱, の筈, の繩張り, の見世物輕業, の谿, の豐川, の賑, の野山, の開通, の風景, の飾り屋, は, はあれ, はさ, はさして, はなかなか, は乾期, は伊奈半左衞門, は千二百尺, は右, は向う十四五町, は四ツ目, は場末, は夜, は宵, は家中, は師匠だらけ, は強請, は御, は惡, は按摩, は昔, は番地, は私一個, は藤澤署, は震災, へは姿, へ姿, へ空巣狙, へ立, へ鈴屋, までさかん, まで上つて來, まで來, まで散歩, もいい, も名題, よほど木立, りでは, りは, をかうし, をちよい, をウロウロ, を幾度, を持場, を流し, を漫歩, を繩張り, 少し考へね

▼ この~ (219, 0.1%)

4 を使う 3 は, は私, を, をどう, を持っ, を持つ

2 [17件] があれ, と妹, に目印, のある, の入, の工面, の性質, の板, はもう, は女, は必ず, は江島屋, は父, は邵大尉, をこの, をどこ, をもっ

1 [163件] あらば, ができなけれ, がなくなったら, が明らか, が欲しい, が自宅, が非常, が馬の背, こそ全く, さえ渡せ, だがね, だ己, であつ, である, でおれ, でお前, でことし, でしかるべき, でな, ではいろいろ, でもっ, で一杯祝盃, で何, で何処, で国債, で往かれる, で早く, で死後, で田辺家, で病院, で身なり, で運動会, で魚, ということば, と牛, には佐渡平, によつて女給, に利子, に手, に誘惑, に飽かした, のつづく, のなか, ののべ, の中, の事, の代償, の入用, の冠, の出どころ, の出入り, の到着, の功力, の口, の塊, の威光, の帯, の帽子, の素姓, の翼, の腕環, の蔓, の行き, の調達, の鍵, の餅, はかならず, はここ, はこの, はさっき, はさっそく, はしまっとい, はせっかく, はそれ, はたいした, はたいへん, はとにかく, はと思う, はどう, はもと, はやれない, はウィルソン, は三十両, は二人, は亭主, は使われぬ, は俺, は八口, は出されない, は官庁, は封, は当然, は日本人, は月々前払ひで本人, は来ませんでした, は正成, は決して, は渡さなく, は直接敏子, は私きり, は要らない, は金, は預かっ, ばかりは決して, もさ, もたしかに, や木乃伊, をお前, をお前さん, をくれる, をそっくり, をそつくり, をつくる, をどうして, をない, をやっ, をやる, をスッ, を一度, を上る, を不浄, を以て妾, を何時, を出しちまったら, を利用, を加え, を十万両, を受け取りましたら, を受取っ, を唯, を器用, を宿, を工業, を彼方, を得, を得せしめ, を手, を探し出したい, を握る, を旅費, を横取り, を母, を母親, を渡し, を潔く, を独り, を生かし, を用, を科学研究, を米友, を納めましょう, を納める, を誰, を請求, を譲り渡す, を返済, を銀行, を電車賃, を預けたら, を預ける, を馬の背, 使って, 掘め

▼ この地上~ (213, 0.1%)

4 のもの 3 に於ける, に生き

2 [14件] から永久, から消え, でこれ, にあろう, においてのみ教会, にもし, に住む, に帰っ, に教会, に新しく, に日本人, に現れた, のあらゆる, を徘徊

1 [175件] からその, からなく, からまた, から不幸, から亡, から失った, から奪われる, から姿, から平々凡々, から影, から消え失せ, から消滅, から貧乏, から追詰められ, が地上, でこんど, でただ一人, ではけっして, では人間, では自分たち人間, でわれわれ, で僕, で受けた, で地獄, で恐ろしく, で持ち得る, で本当に, で栄える, で殺した, で演ぜられた, で火, で癒, で眺める, で私, で被, で試験, で遭遇, とほとんど, にあり得べからざる, にある, にあれ, にいる, においての生き方, においてはその, においてはない, において何, において何者, において最高價値, におけるありとあらゆる, におけるこう, における人間, における新, における義務, におった, にすん, にた, にただ, にただ一人, にたった, にどんな, にはある, にはじめて, にはむやみ, にはもう, にはわたしたち, には人間, には戦争, には無数, には真実, には見られなかった, にも楽園, にゐ, にゐない, にタタキ, に一つ, に一人, に一寸, に一物, に人間, に作った, に修羅地獄, に再び, に取残された, に呼びおろし, に在っ, に変貌, に大, に存する, に存在, に実現, に建設, に愛, に描く, に日本人位正確, に本当に, に来らす, に棲む, に湧き来ったなら, に満, に満ち満ち, に現れる, に現われた, に現われる, に現出, に生かせ, に生きる, に生じた, に生み付けられ, に生活, に生滅, に男, に真に, に移住, に積, に立っ, に立つ, に約, に絶える, に繁殖, に誰, に論理的思考力, に讃歌, に足, に足跡, に遺し得, に齎し, のすべて, のどこ, のどんな, のやり方, のゆたかさ, のパン, の一切, の世, の丘, の争覇, の事物, の人, の人間的苦しみ, の全面, の到る, の営み, の天使, の奮鬪世界, の女, の嵐, の放浪者, の文化, の最も, の業, の楽園, の熱, の生命, の相, の誇, はあかるく, はそれ, は万物陰, は人間, への大きな, へ帰っ, より天涯, をつかさどられた, をわびしい, を去つた, を吹かれ吹かれ, を完全, を少し, を息苦しく, を楽しく, を流転, を源平, を獣, を離れ, を離れます

▼ この附近~ (213, 0.1%)

3 にいる 2 にてカエサル, には鮎, に来, の山, の村, の谷, の風光

1 [196件] から出, から武蔵野電車, から見た, から雪, が村, しかない, すでに浅井方, だけであっ, であると, でないと, での鳥, ではお, ではまるで, では丹後守, では単に, では女, では最も, では珍し, では目立っ, では言われ, でまだ, でももつとも, でよく, で一仕事為, で一本, で名立, で呉, で小, で捜し続け, で本, で止つた事, で竜, で見た, で集め, で香魚, に, にあった, にあり, にうろつい, にかぎらず, にはすでに, にはそんな, には余りに, には十姉妹, には又, には古画, には堂塔伽藍, には大きな, には弘, には沢山, には狂犬, には至る, にまだ, にもし, にもコタンカ, にも水, にも珍しく, にも近頃, によく, にケリオン, にコークス工場, にサウツオラ, に三光節, に上宮太子創建, に二人, に住居, に何, に作られる, に出没, に在り, に多い, に多く, に夜, に夥しゅう, に大, に姿, に小さい, に居る, に平家, に店, に彷徨つて來, に於, に樵夫, に沈んだ, に潜伏, に發, に耶蘇, に足場, に逃れ, に限っ, に露国, に青城山, のどこ, のやすい, のジャングル, の不知哉川, の予備知識, の二つ, の二之木戸三之木戸, の人, の人たち, の人家, の伊東, の伊賀谷, の余りに, の名, の土地, の土民, の地理, の墨屋敷, の女学校, の子供たち, の家, の居留者, の山中, の山容水色, の山芋, の山間, の岩, の敵, の文化発祥, の景色, の最, の木, の村落, の村里, の林中, の植物, の樵夫小屋, の海岸, の海面, の漁民たち, の産物, の田鍋谷, の町, の町内, の石占山, の神社, の竹林, の絵図面, の者, の色里, の若, の警備, の路面, の農家, の農村一帯, の道, の郡村, の酒場, の野, の長屋女房, の開け, の飛行場, の駅, はこれ, はどこ, はまだ, は一面, は下宿屋, は五里四方位どこ, は偃松, は南向き, は国分煙草, は山の手, は岩, は昔, は昨日, は晩霜, は極めて, は殊に, は物騒, は秀吉, は蛤, は谷幅, は随分, は雪, は風, へもぐり込んだ, へ乱波, へ用足し, へ立ち廻っ, までの間, までは駒草採り, まで海, もすつ, もひどかっ, や壇ノ浦あたり, や道すじ, より送り出し, をお, を中心, を尋ね, を探, を踏査, を通った

▼ この~ (212, 0.1%)

6 にいる 5 の村 4 からは貝がら, の沢 3 の谷, を通る

2 [18件] なん, に, には何, には雑多, に伏せ, に墓, に繋い, に隠れ, に1, のみち, の子, の弟, の方, の渓流, の町, の道, は4, を流れ

1 [151件] から直, がごしよで, がてまえ, が三人, が刻刻, が十三橋, が吉浜, が安徳天皇, が本場, じゃぞ, だ, だね, でしょう, ですが, でバク, で何, で何だか, で大, で幾人中国人, で御座んす此前, で棲んだ, で水音, で法界屋, で瀬, で短銃, で腹, で飴, といふ意味, なる, なる民, なる自我, なる苛責, にあたい, にある, にいたれ, にいままで, にいらっしゃる, にお, につい, には壁, には大, にべつ, にまだ, にも古い, にやはり, にわたし, に一度, に今, に仮名, に住ん, に何, に例, に充分尽力, に大利根博士, に天子, に天罰, に学界, に川, に当る, に投げ出し, に機械, に歎, に熱い, に町, に稲妻, に穴, に立つ, に膝, に自分たち, に船, に花子, に見, に起す, に通り, に酔どれ, に集まり候え, に電燈, に鞭, に馬車, のさ, のしぶき, のとき, のところ, のほう, のベッド, の一枚, の世界, の二階, の五圈, の仮庵室, の入口, の処, の吾妻村, の土手, の塵間塚, の大地, の娘, の寝台, の寺, の小母さん, の川, の平原, の方の, の村さ來, の梅ヶ辻, の毛氈, の水田, の洞, の淵, の煙硝庫, の猿, の礎, の穴蔵, の紙, の蛇滝, の街街, の諏訪, の谷間, の通り, の里, の開墾役所, の黄金沢, は丁度, は僧正ヶ谷, へ, へご, へ参れっ, へ寄せろ, まで六波羅兵, よ, をなに, を二人, を抜ける, を掘れ, を敵, を潜れ, を立去れない, を見, を見たまえ, を調べ, を通っ, を通った, を通り, を通ります, を金鍔谷, 副官の, 受人の, 市場などは, 席は, 顎の, 顎を

▼ この文章~ (212, 0.1%)

13 の中 6 を書く 4 を書い, を読ん 3 に於, の目的, は, を書いた, を読み 2 には真実, のなか, のはじめ, の冒頭, の切り目, の前半, は元来, を作る, を書き

1 [152件] からは分らない, からは様相, からも察, から同氏, がつまり分裂, がわづか, が出来, が君, が好き, が彼, が立野女史, が誰, が雑誌, であの, であるわけ, ではフォールズ, では分析, でみれ, でも, で山川菊栄, と一致, と絵, なども巧, ならいい, にあらわれ, においても志賀氏, にし, について何, には一般, には少から, には次, には現実, には長崎, にまさる, にも図入り, に対して思ひ, に対して私, に對, に目, に結末, に魅せられた, のうち, のごとく, のため, のわき, の一等初め, の主題, の全体, の出発点, の初め, の前, の味, の始め, の形式, の潤色, の特徴, の第, の終り, の結び, の結論, の翻訳, の興廃, の要点, の誤謬, の読者, の間, の順, の骨子, はかなり, はここ, はこの, はたしかに, はどの, はなにひとつ, はなるほど, ははたして, はよく, はイデオロギー, はベートーヴェン百年祭, はマユミさん, は三十年, は三晩, は人, は何, は十七年前, は単なる, は友人某氏, は君, は大工, は大正十年二月長崎, は奈良朝, は如何, は学士院, は巡礼, は当日, は意味不明, は文壇, は日本, は昌造, は明らか, は明治四十二年発行, は昭和二十八年, は最近わが国, は永遠, は決して, は無用, は當時, は簡單, は若干不親切, は違った, は都合, は雑誌, ばかりを読む, もおもに, も五十回, をあみだした, をおし, をかい, をここ, をこの, をしや, をとりあげ, をもっ, をよみかえした, をよん, をワザ, を七節, を以て穏当, を何気なく, を作った, を作り, を尊敬, を志賀氏, を時々少し, を書きたい, を書こう, を示さず, を私, を穏当, を終わる, を綴り, を綴る, を艸, を草, を草し, を補足, を読み直し, を読む, を讀まれる, を起草, を通じて現, 又は例

▼ この~ (212, 0.1%)

9 の上 4 の下 3 のよう, の中

2 [11件] が沈む, に腰, のところ, の沈む, は動かせる, は大, は安山岩, へ寝よう, を取っ, を待っ, を手

1 [171件] かべをのぼっ, からさまざま, があんまり, がき, がともに, がねえ, が一つ, が動かせる, が地面, が御用, が気遣った, が猫石, が目印, が祟つて, が苗木, が鉄砲, こそ血, さえなけれ, だが, だけはふむ, だけはわざ, だそれ, であの, でつくる, ではない, でも殺さなけれ, でやられた, で厨子, で圧殺, で姐さん, で犬, で転ぶ, となれり, とはお, と石, なら大丈夫, に, にした, につま, になっ, にはみ, には交, に今, に倚凭, に当たった, に憩っ, に滲みこんだ, に腰うち, に腰かけ, に触れざる, に風車, のあたり, のある, のおち, のおば様, のなか, のやう, のイヌ, のゴロゴロ, のシャベル, の上の, の事, の動物, の卒塔婆, の厚, の國, の地蔵尊, の壁, の子孫, の室, の崩れ, の所, の手腕ひとつ, の持つ, の方, の根, の桟道, の段々, の漂着, の牢屋, の狆, の石質, の祠, の箱, の精, の結晶, の舟, の記載, の通り, の重, の門, の隣, の青, の音, は, はいつ, はいづれ, はきわめて, はこう, はこの, はそこ, はただ, はどこ, はもう, はもとどこ, は今, は何, は何ん, は地震, は大井子, は子供, は小さな, は手放し度, は持ち帰っ, は日本, は村, は神功皇后, は自分, は表面, は見た目, は遠い, は餅, ばかりの墓場, もお前, もて成る, もまた, も今, をいか, をさら, をとびこした, をねえ, をば無用, をほんとに, をみがい, をパン, を下, を二つ, を使う, を切らせたまえ, を包んだ, を取りのけ, を取り除け, を城下, を妙, を子供, を家, を嵌めた, を懐, を抱いた, を持ちあげ, を持っ, を振り上げ, を掘り起し, を橋梁用, を浸し, を焼い, を用い, を盤, を目がけ, を神前, を立てる, を線路, を背負う, を見, を見つける, を見る, を詠んだ, を誰, を起し, 投げという, 投げ武芸

▼ この~ (211, 0.1%)

7 の中, の実 6 の花, の葉 4 の名, の実は 3 は茎 2 の上, の原産地, の種子, は, は冬, は日本, を食べる, 取るべからず

1 [158件] がいちばん, がいつか桃色, がくれ, がはえ, が久しく, が容易, が春, が春霞, が海辺, が群, が長く, が風, こそ我々, っぱらと畑, であったこと, であるという, です, でその間, で作った, で酢, と競争, なん, にからだ, につき関心, にとってどんなに, になった, には別に, には右, には怪しく, には狐, には香気, にも幾つ, にも色々, に付与, に劫, に取っ, に愛想, に憩う, に関する記事, のある, のこと, のしぼり, のなか, の一群, の三角形, の下, の中国名, の俗名, の割れ, の力強, の古い, の地方名, の實, の形, の所在, の方言, の昔, の本名, の本名チャンパギク, の枝, の栄養価, の漂っ, の生, の生え, の異名, の種, の穂, の細かい, の結び, の臭気, の花穂, の花茎, の茎, の通称, の連なった, の香, はあえて, はいつも, はこういう, はどうして, はなこぬかぐ, はなこの, はキツネノボタン科, は丈, は不思議, は中国, は人, は元来北米, は姿, は寒い, は支那, は早く, は春, は普通, は極めて, は生じ, は眼子菜, は絶え, は親しい, は通常家, は麝香, また御輿草, も庭先きの地, も木, や木, や木同様, をすっかり, をとり, をなぜ, をオスギ, をオトノサンヨモギ, をキンギンソウ, をコウヤノマンネンゴケ, をコンガラ様, をコンボ, をゴシャギトンコ, をシビト花, をソウレバナ, をチンチロ花, をツンボグサ, をトゥルクナー, をトビグサ, をニギャナ, をネコノチャ, をネコンピン, をネバリブツ, をバチグサ, をフジ菜, をマンガレ, をマンジュシカシカ, をヨッパライ, を三枝九葉草, を何と, を使う, を俗, を取っ, を口, を唾棄, を嘗め, を庭, を折る, を漢名, を焼い, を熱愛, を珍, を用, を用いる, を萱草, を詠み込ん, を選んだ, を金糸雀, を鏡草, を隣, を食う, を食つて後蛇, を飼料, を餅, んとこ

▼ この婦人~ (210, 0.1%)

3 の態度, の顔 2 に向, のこと, のため, の名, は私, は顔

1 [192件] かい, からお, からくる, からよき, からホーランド男, から学びとった, があまり, がある, がそういう, がその, がよかろ, がわたし, がパリ, がマサチウセツツ, がロムブローゾ, が世話, が世間, が人形, が子供, が幕府, が快く, が毛利元就, が浜中屋, が痛ましく, が眼, が紛失, が結婚, が輿入れ, が逆上, が量長, この婦人, しか無い, だ, でしょう, とあなた, とてもよほど抜け, とは日本, とまんざら, と共著, と心, と相, と結婚, と諜, にあ, にあなた, になにか, には一人男, には何, には憂鬱, には當, にむかし, にも次駅, に与えられました, に会い, に向い, に対して弱み, に対する一見知的, に対する権利, に就, に征服, に愛, に浮いた, に無限, に畏敬, に私, に負う, に違い, に邪慳, のこの, のもの, のママゴト, の一命, の人柄, の例, の写真, の冷笑, の助言, の厚意, の取調べ, の口, の問題, の場合, の変装, の失踪, の宝石踊り, の家, の山上, の底, の建築, の心持, の念願, の恋, の患者, の持つ, の方, の机, の死体, の泣かない, の王位, の生涯, の病気, の目的, の立ち去る, の立場, の答, の籐椅子, の精神的, の結びつき, の考へ, の若い, の蒼ざめて, の行為, の話, の身, の里, の頭, の風俗, は, はいっ, はいつも, はおくれ, はこの, はさらに, はずいぶん, はたれ, はとっさ, はどうせ, はね僕, はジルベール, はタケノコ料理, はブカレスト, はレース工場, は一日中, は三四郎の, は亡くなった, は人形, は他, は傍, は働く, は全く, は兩手, は反っ, は吾, は和歌, は大した, は大阪, は女, は女賊プロテアそっちのけ, は家常茶飯事, は小寺政職, は山口さん, は彼, は教養, は村雲笑子, は東京, は案内, は渠, は無遠慮, は監督, は米人, は自分, は荷物, は虔, は誰, は路上, は過去, は長い, は驚くべき, は鬼村博士, は魚, もこの, もやはり, もママゴト, も共に, も定め, も自分, よし五, をいよいよ, をそそのかし, をどう, をめとり, をもらい受け, をパトロンヌ, を中心, を勦, を受取っ, を愛します, を白い, を眼, を私, を読者, を階下

▼ この病院~ (210, 0.1%)

6 に入院 5 の中 4 へ来た 3 に収容, へ入院

2 [15件] にかつぎ込まれ, に入っ, に這入った, のどこ, の中庭, の内部, の副, の大, の建築師, の患者達, の面会室, へくる, へ来, へ送られ, を一歩外

1 [159件] から全快, から出, から外, から救い出し, から解放, から逃げ出す, がもう少し, が実験用, が武蔵野特有, が温かく, が開院当時, つづきの, で, でいつ, でお, でその, ではでき, では三階, では何, では外部, では毎朝看護婦, では結節注射, では許され, では軽症患者, でもいい, でもコンナ無作法, でも医者, でも古い, で全身麻痺, で制定, で手術, で暮した, で暮らした, で死ん, で足, で迎, といい, と寺, と少し, にいた, にいれられた, にはありません, にはてつ, にはない, には上顎腫瘍, には人間, には今, には僕, には紫外線治療室, にゐる, に一年, に二十年余り, に依, に入, に入る, に入れ, に居りました, に居残っ, に岩本, に手入れ, に投資, に担ぎこまれた, に於ける, に暮した, に未練, に来, に来る, に癩肺二つ, に移った, に程, に落着, に這入っ, に這入る, に通い始めた, に連れ, に運びこまれ, に運び込んだ, に関する簡単, に離れ離れ, のお, のこの, のため獻身的, のまわり, のみで定められた, のヤッカイ, の一室, の一枚カンバン, の乱脈, の事, の人間, の加勢, の医務局, の医者, の名, の外壁, の外科部長, の夜, の大浦博士, の宿泊料二万七千円, の帯び, の廊下, の性質, の患者, の新聞広告, の最も, の機関紙, の清ちやん, の特殊病棟, の特等室, の現在患者, の留守番, の看板, の者, の薬局, の裏手, の規模, の設立, の近所, の門, はこの, は万事, は儲け主義, は土地, は放射線科, は父, は素晴らしい, へつれ, へはいっ, へはいった, へはひつ, へは三円以上, へは來, へは親子兄妹, へも入れ, へ五年間, へ來, へ入れとく, へ入れられた, へ出入り, へ収容, へ来る, へ送られず, へ送られる, へ這入, へ通う, ほど住みたい思ひ, まで来る, も九州帝国大学, をでない, を出す, を出る, を去, を夜中, を御, を第, を見捨てた, を訪う, を足場, を開きました

▼ この~ (210, 0.1%)

3 になっ, は何で 2 から冬, にし, の, の初め, の夜, の日, はあの, はこと, は少し, よ雲

1 [184件] あの水田, ある家, いかに在, いよいよ潔斎生活, からは切符制, からフランス語, から一年, から七つ, から住み込ん, から冬じゅう, から初めて, から年貢, から彼, から支那服, から朝鮮, から江戸, から焼け跡, から珍しい, から田舎, か冬, が代わっ, こそはどうやら, こそ一気に, こそ大兵, すこぶる御, ぜひなく, ただ今日, ってどうも, でした, ではや, でまる, でも越し, で二年七ヵ月, で五十二, という字, と磨きあう, なんとかし, にある, にうけた, にこそはいよいよ, にでもなつ, にでも上京, になつて, にならなけれ, にのぞん, にはすでに, にはよい, にはローサンゼルス, には一, には亀山六万石, には何とか, には僕, には危く, には多分, には妻すべ, には帰つて, には御, には新しく, には新田, には祝言, には簇, には部屋, にふさ, にわたし, に事実, に二人, に京, に出版, に当っ, に於い, に東京, に源氏, に生れ, に生れた, に示す, に秀頼公, に結婚, に肩, に返, のさびしさ, のとり入れ, のとり入れと, のわが, のサロン, の中山, の中頃, の出水, の初, の取, の叡山攻め, の君, の哀れ, の夜半, の夜長, の大, の大和, の大阪府, の季節, の庭, の彼, の徳川家司宰, の旅先, の早慶戦, の暮, の洪水, の湖上, の物色, の狂言, の祭禮, の稻, の空, の立つ, の終り, の終わり, の行幸, の重陽, は, はいよ, はいよよ, はお, はおよそ, はこの, はじめて薬師寺, はずっと, はずつと晴天, はそんな, はまた, はもっ, はマルタ, は一体, は久しく, は京都, は体, は四ツ, は夕暮, は庵, は彼女, は感銘, は暖, は江東楽天地, は祝言, は秋刀魚, は絶える, は見, は越せまい, は踊り, は逢坂山, は邸, は陽気, ばかりは寂, ばれに, ひどい不作, へと日に日に, までだ, までにすすむだろう, までには必ず, までに世継, までに十五六枚, までに取り壊し, までは余り, までも誰, まで吉良, まで延ばされた, まで根本, まで音楽, も定め, も無事, も見ろ, も越前経略, や, よく聴いた, をどこ, をむなしく, をもっ, を寺, を書, を楽しむ, を部落, 再びと, 夥しく咯血, 帰った湯治, 新薬師寺, 相府, 買ったん

▼ このところ~ (209, 0.1%)

2 お聞き, でこうして, に存する, に於, へのたり着いた, へは訪ね, へ来, をよく

1 [193件] あの幸吉, いこう気, お体, かけ違っ, からはいろう, から始まる, から直角, から道庵先生, がどんな, が非常, こそ十九年以前, このとき, この制御台, この道, さすがの, さっぱり何, さっぱり訪問, しばらくポーデル博士, しばらく免れ, しばらく姿, すくなからず, すっかり嬉し, すっかり男, すっかり自信, ずうっと, ずっと半死半生, ずっと女, ずつと店, たいへんかわった, たいへん優勢, だ, だいぶつづきました, だいぶタイプライタア, だなと, ちと脚気, ちょっと, である, でいう, でいく, でお, でこの, でさまざま, でしょう, です, でたしかに, でたじたじ, ではおたがいにあんまり, では記紀, でもいくら, でろうそく, で何故か, で偶然, で制裁, で坐り直さなけれ, で彼, で戦塵, で計らず, で討ち捨てた, と荻野山中あたり, どうしよう, どのよう, に, にあった, にあまり, にうめ, においては綿衣, において四国遍路, におきましてお, におさまるべし, にか身, にそうろう, には二代将軍霊廟造営, に一千年, に住ん, に來, に変てこ, に安全洞, に建てる, に引, に彼, に御座, に本, に来, に来たれる, に永らく, に眠る, に立っ, に血, に通りかかった, に集められた, に飛び狂う, に鬱屈, の彼, の文意, は, はこれこれ, は執拗, は少々, は川幅, は恐らく, は文学, は明瞭, は真空, は私たち, は見, は露路裏, は非常, ばお, ひどく神経, ひどく神経質, ひどく黄いろく萎びた, ひッぱりだこや, へさしかかっ, へはほんとう, へわざわざ, へ今, へ入っ, へ参上, へ外, へ安着, へ新た, へ狙い寄った, へ真直, へ立, へ立ち, へ立寄りまし, へ膝, へ近づい, へ通り, へ通りかかった, へ連れ, へ閉門, ほとんど三日, また頭痛, まったく私, までの警告前文, まで押寄せ, まで来た, まで生長, まで退出, まで進ん, まで随, まで飛ん, もいろいろ, もう大変, やや時, やや焦心, ゆるんで, より遠見, をお, をこの, をまっすぐ, を五行論, を住まい, を去る, を御, を思い起した, を突, を考え, を読ん, を走るべからざる, を走るべき, を逃げ出そう, を通りまし, を通行, を避けん, 与の, 両天狗, 些か芸当, 全く圧倒, 困って, 売れゆき, 大いにさばけ, 大いに仏説, 大出来, 大喜び, 大失態, 大得意, 好晴, 実に錚, 少しおもしろく, 少てれ, 広海屋万々歳, 引きつづいて, 抜かりだらけ, 永い過去, 決して楽観的, 深さ, 甘寧, 老先生, 聊か過労, 脅かされつづけでかわいそう, 致しかた

▼ この~ (208, 0.1%)

8 のほとり, の中, の水 4 の茶屋, の魚, より竜 3 に身, のまわり, の底, の王さま 2 でその, のそば, の名, の縁, の魚類, は神様, を有名

1 [146件] あやしげ, かへさせ, からし, から先, から出, から氷, があった, がこれ, がこわく, がどういう, が大池, であったこと, では恒吉, では時おり, でもやはり, でも画こう, でも鯉鮒, で何, で手, で泳いだ, で見付けた, で釣魚, といふは所, とこの, とは二重, と塘, と言っ, にすん, にちがい, についておもしろい, についてしらべ, については仏教, になった, にはまっ, には大きな, には水, には浮藻, には葭, にも可, に勧請, に悲しい, に懸け出した, に投げこまれた, に持っ, に来, に漂う, に白, に竜, に落ちる, に落ち込む, に血刀, に金, に魚, のぐるり, のさぎどもを, のところ, のふち, のもの, のムジナモ, の一部, の上, の下, の主, の何, の傍, の出来損い, の勝手, の向側, の周り, の周囲, の四方, の地学的, の堤, の尊, の岸, の排, の景色, の水中, の深, の片目, の王者, の畔, の真ん中, の竜舌蘭, の緋鯉, の脇, の辺, の辺端, の開闢以来, はこの, はそう, はそういう, はなん, はなんと, はまた, はもと, はよほど, は一度, は中, は今, は先ずいかにも, は周囲五里, は女, は山崎主税, は広い, は底無し, は湯, は風致, へおちつく, へ投げ込ん, へ放しなさる, へ落ち, へ身, へ身投げ, へ通い裏田んぼ, もむかし, も源氏, や広く, や廣, をいちばん, をこしらえ, をさかい, をさらつた, をば稚, をほんとう, を一巡りせん, を中心, を今, を優しい, を取巻く, を天魔ヶ池, を帯取り, を廻っ, を御, を掘り拡げ, を掻, を教信, を泳い, を潰し, を照らしなさる, を独り占め, を見いだした, を見る, を通行, を選ん, を金魚

▼ この少女~ (207, 0.1%)

4 の運命 3 の屍体, の額, の顔 2 が心, だけは家, のこころ, の容色, の心, の胸, はこの, は夜毎, は街頭

1 [176件] からの愛慕, から容易く, から気兼, が, があの, がいとしく, がお雪ちゃん, がその, がそば, がまだ, がまったく, がピストル, がムリ, が人間, が何者, が勉強, が医学上, が思ひ切, が歌, が炭坑労働, が自分, が良驥, が芸者, が蒼ざめたのか, が起きあがっ, が間もなく, こそは前回, こそ私, であったろう, というの, とは鶴子, とも思えぬ, と四十女, と歌人, と私, なかなかの, なかなか利発もの, にとって療養所, にどうも, にはまだ, には通じない, にも試み, によって証拠立, に加えられた, に及ばぬ, に対して残酷, に対する一種, に感謝, に持っ, に熱烈, に立っ, に自分, に関聯, に駆け落ち, のおち, のこと, のし, のそば, のため, のみは一言, のみょうに, のもの, のよろこび, のイメージ, のチグハグ, の上, の二重, の優れた, の全貌, の全身, の前, の口, の名, の哀しい, の大人びた, の家庭, の心持, の悩み, の情熱, の意見, の愛, の手, の智恵, の歌謠, の死, の死に, の母親, の無邪気, の申立て, の素晴らしい, の美しい, の耳, の聡明さ, の花, の行動, の行末何, の話, の身の上, の身元, の身辺, の迫った, の霊魂, の面影, の頭脳, の顏, の顔容, の髪, の魂, の魅力, はあきめく, はあの, はかぎ, はじつに, はどうやら, ははちきれる, はまだ, はもしや, はもちろん, はわが, はわが子, はキチガイ, はダフウト, は両親, は人間, は例, は全く, は前, は嘘, は夜なか, は夢想, は娘, は家族, は少し, は恋, は息せききっ, は明らか, は服部浪子, は欧洲, は瓦片, は睡り, は私, は芸者, は親しく, は身なり, は黒い, もときどき, ももはや, も私, らしい手紙, をあの, をいろいろ, をこの世, をさらった, をしばっ, をそれ以上, をつかっ, をまあ, をよく, をモデル, を一目, を仮死状態, を取り巻く, を彼, を憎から, を振り棄て, を敬慕, を生きた, を目, を直ちに, を結びつけ, を襲, を見, を誰, を鍾愛, を雲井秋生, を麻酔

▼ この近所~ (207, 0.1%)

7 に住ん 4 の者 3 にあった, にいる, の人, の家, の百姓

2 [12件] か, であったら自分, では誰, に, にある, にはございません, に自動車, に避難, の人達, の子供, の田島屋, の衆

1 [157件] かね, から出, から物色, だから, ださうだ, だそう, だったそう, であったの, でございますの, でございますもの, での噂, での鮎, ではあの, ではついぞ, ではひびい, では亀島河岸, では最も, では見付, では飛騨, でもたびたび, でやけ野原, で人気, で今夜あたりお産, で僕, で別れた, で君, で大, で引っ張り, で御, で池鯉鮒様, で火星, で生まれた, で荒物屋, で蛇, で見た, で誰, で近ごろ評判, にあ, にあっし, にあの, にあり, にい, にいくつ, にいらっし, にいらつ, におじさん, にかかっ, にでもございましょう, になし, にはいたずら子, にはこれ, にはそんな, にはどなた, にはない, にはわたし, には一寸, には人家, には写真, には千葉, には武家屋敷, には猟犬, には貧民窟, にほか, にまあ, にまごまご, にも大尉, にゃあ, にゃ違い, にエルライジ, にオマンルパ, にカンヌ, にビール, に住つて, に住居, に兄, に動力, に勤め, に医者, に外科医, に大, に大きい黒い, に女中, に学校, に小さい, に居ない, に居る, に屋敷, に御, に森, に槍, に水, に泊る, に用, に蘭法, に誰, に道場, に長く, に長屋, に隠れ, に隱, に馴染, のもの, のアパート, のスマトラ島, のホテル, の万隆寺, の人びと, の古, の名代, の噂, の噂ぢ, の国道, の國道, の地面, の夙川ハウス, の娘, の子どもたち, の宿屋, の富裕, の屋根裏部屋, の山伏山, の山岡屋, の揚弓場, の書生, の木, の植木屋, の生れ, の田舍, の田舍婆さん, の病家先, の薬屋, の農夫, の高等農林校, の魚屋, はお寺, はもとより, は割合, へきた, へは足踏み, へやつ, へロケーション, へ二, へ使い, へ家, へ引っ越し, へ御立寄り, へ来る, へ沈ん, へ相当, へ草庵よう, まで来る, も遺族だらけ, をうろつい, を徘徊, を御, を荒し廻らない, を通る

▼ この~ (206, 0.1%)

4 になっ, の日, の最中 3 の末

2 [17件] のはじめ, の京, の休暇, の初め, の寒き, の寒気, の真最中, は, はことに, はじめて奈良, は炭, は越え, は雪, も生き, を送る, 籠りに, 籠りの

1 [157件] いつもの, うんとま, お寒かっ, お風邪, かけて, からかけ出した, からことし, からアルヒミステン街, から出発, か来春, が去つたら, が彼, が思いやらるる, が思いやられます, が最後, が過ぎる, ぐらいは生き伸びるだ, こそ青髪山, この年, この手紙, さえ支えれ, じう彼等, すこし風, ぞら, だつて耕耘部, であろう, で二, どうしてあなた, にうんと, にかかっ, にない, になつて, には両, には歸, には相, に向っ, に肺, のうち, のかかり, のさなか, のよう, の一夜, の僕, の凄まじい, の初め頃, の到来, の午後, の夜, の寒, の寒い, の座敷, の晩, の暮, の氷, の流行性感冒, の海, の温泉, の演劇シーズン, の状態, の王, の議会, の銀河軽便鉄道, の長い, の間, の雨, はお, はここ, はこだわり, はこれからまだ, はじめてと, はじめて森, はずいぶん, はとかく, はとても, はなんか, はまかせ, はもう, はわし, はモスクワ, は一人一冬炭一俵, は一千万人, は例, は例年, は俺, は僕, は喰, は城, は外套, は子供, は寒気, は市長自らヘリコプター, は恐ろしい, は断じて, は春, は是非嚊, は本当に, は樺太, は流行, は白骨, は碧瑠璃海岸, は米国, は貧, は貸, は賑やか, は越せ, は過ぎた, は風, は風邪, は餓え死, までにはかならず, までに最後, までは保つまい, までまだ, もきびしい寒, もずつと僕, も同級, も壁, も大丈夫, わざわざ僕, を, をこし, をこちら, をどうして, をパリ, を休戦, を其処, を凌ぐ, を凌ぐべき, を動こう, を守っ, を持ち越す, を期し, を森, を滿足, を炬燵, を無事, を羊蹄山麓, を豊後, を越す, を迎えた, を通して白骨, を通して立て籠り, を過ごされる, を過ごす, を過されまい, を過したい, を髭, 何だつて, 初めて燈下, 即ち一五六八年, 打つて, 死んじまった, 死んだ妹, 籠り連, 越して, 軽い肺炎, 集った客たち

▼ この建物~ (205, 0.1%)

27 の中 7 のなか 2 の一廓, の一隅, の周囲, の軒, を, を美しい

1 [159件] から出られない, から外, から夜, から扉, から火, が, がいったい, がこんなに, がそれ, が何処, が倒壊, が全部抵当, が大変, が彼, が戸山ヶ原, が目障り, が破壊, くらいは一遍, こそわが, じゃない, と不調和, と壺, にいる, にしのびこん, にそんな, にはずい分金, にはだれ, にはどこ, にはふしぎ, にはエレベーター, には窓, に付, に住ん, に何, に出入り, に吸いこまれる, に命中, に当然, に教會風, に暮す, に滲ん, に警手, に近づかう, のあらゆる, のどこ, のまわり, の一つ, の一角, の一部, の三階, の他, の全, の全体, の内外, の内庭, の内部, の出口, の別, の南側, の右半分, の同じ, の名, の唯一, の四方, の土間, の地階, の塀, の外, の左手, の廊下, の影, の意志, の持主, の揺ぐ, の最上階, の横, の玄関, の直接的, の礎壁, の私, の端, の管理委員会, の華麗, の裏, の隙, の震動, はある, はおお, はきわめて, はこうして, はすっかり, はそういう, はなかなか, はなに, はめくらだ, はもと, はホール, はモスク, は一八一四年, は一聯隊, は事務室, は今, は住宅, は何だか, は倫敦市, は凹字形, は化物, は古く, は外国, は大丈夫, は学校, は家, は少年, は山, は市民, は強酸工場, は日露戦争, は旧, は昔, は潰れ, は異様, は盛装, は相当, は石, は粉片微塵, は郊外, は長, は非常, へつれ, への電気供給, へ来た, もそつくり将軍, もみんな将軍, も何, も別に, も奇妙, も始め起工, も将軍, も現在, や近所, をありがたく, をこしらえた, をさがし当て, をわたくし, を中心, を囲った, を恐れる, を戦病兵収容, を支え, を望み得た, を用い, を見た, を訪ね, を買っ, を足がかり, を選定, を陰気, 見とくな, 見れば

▼ この野郎~ (202, 0.1%)

54 ですよ 3 がお, この野郎 2 が恋しい, だツ, でございますよ, と思う, に違い, は八五郎, ふざけやがって, 生かしちゃあ

1 [171件] いつの間にかえった, うさんくさい, えいっ, お手討, かくすと, か師匠, が, があんまり, がいきなり, がおのれ, がかなり, がそっと, がと心中, がまたし, がもたらす, がイキ, がツ, がノコノコ, が一番, が下水, が夫婦喧嘩, が将軍さま, が彈みきつて手, が持っ, が支倉, が有頂天, が汗, が百助, が眼, が立てつづけ, が藏, が裏, が計略, が農奴, が逃出, が隠した, が隱, きさま, こきや, この大, そうなった, それとも水, たった今ここ, だが, だけで, だっ, だの, だよ, っ直に, です, でせう, とあの, といきなり, とう, とおれ, ときたら俺, とつかまえる, ととっちめたくなっ, と一, と一味徒党, と一汗, と云っ, と僕, と叫ん, と吾輩, と打っ, と組, と英語, と言っ, と言った, なんてい, にお, にかないません, にはこの, にはわからない, には伊勢, には家, には過ぎ, に早く, に襦袢, のどじ, の伯父, の兇状持ち, の背中, の言草, の足, の面, は, はあつし, はお, はお先, はきのうきょう, はそんな, はほう, はまだ, はもうかなり, はネタ違い, は一年, は五人, は今晩, は仙公, は何, は何と, は何ん, は内儀さん, は動きません, は容易, は平常, は怖, は知つて, は私, は臭い, は親方, は言つて, は酔, は醉, は首尾, ふざけたこと, ふざけた事, ふざけた野郎, ふざけるな, ふてえ, また捕つ, まだか, までなんと, もう一ぺん, もう一度云, もう一度云っ, もう一言, もう僅かの, もう我慢, もう承知, もおっちょこちょい, やったな, よくも師匠, よくよく食意地, らしいと, をウチ, を坊主, を差し上げ, を彼方, を打殺し, を押, を押え, を接吻, を搜, を締めあげ, を締めて, を縛, を縛っ, を縛つてしま, を縛らなかつた, を袋叩き, 一度うんと, 何故口, 全く気色, 少し抜作, 少し酔っ, 引っぱたくから, 打つぞ, 打殺して, 早くかか, 本当に片, 殺しちゃうぞ, 洒落たやつ, 申し合せて, 要らねえ事, 言って, 逃げようたって, 飛んだ世話, 黙らんか

▼ この~ (202, 0.1%)

21 の中 5 に爺, の日, 之丞 4 に, の結晶, の降る 2 に跡, のふる, の夜, の深い, の野, は何, をもっ, を眺め, を見

1 [136件] あがりに, が今にも, が少し, が山, が春, が来た, が残らず溶け, が溶け流れこむ, が空中, が終る, が解け, が降りつもっ, が降り出さう, この夜, じゃありません, じゃおいねえ, だからねえ, だもの, でさえなく, でしょうそれに, ですから, でどう, では, ではとても, ではねえ, ではねる, では倉沢, では外, では夜道, では明日, では美濃, では行け, では途中, では閉口, でまだ, でもある, でもう, で作った, で持病, で日, で暫く, で額, という小娘, と冷水, と寒さ, と来, と水, なので, ならば, にご, にそんな, にだけ伝, にと思ひ, にのう, にはそれでも, にまあ, に世間, に今頃, に僕, に凍えた, に出掛ける, に向っ, に埋まった, に埋められた, に埋れた, に寢, に濡れ, に燃え, に行かれる, に遇, に道, に野宿, のあいだ, のこと, のため, のなか, の一夜, の三国峠, の上, の上一杯, の両側, の冷さ, の化石, の地面, の夜中, の夜道, の奴め, の宝殿, の山道, の幻像, の広場, の早い, の消, の為, の白骨, の粒, の行程, の調査, の賜物, の降り, の降りあんばい, の降りやまぬ, は, はどこ, はまるで, はめずらしい, はやがて, は三尺, は二万尺, は伊香保, は先年劒, は夕方, は昼夜共, は生き, は積, は降った, もよい, も野, や氷, をかぶっ, をふみ分け, をみ, をめづらし, をわざわざ, を冒し, を千円, を孕んだ, を得たる, を恐れた, を掘る, を漕い, を見給え, を越える, を跣足, ん中, 白く氷

▼ この~ (199, 0.1%)

8 のうち 5 の光り, の夜 4 の末 3 になっ, の光, の始め

2 [20件] といっ, に佇む, に入り, のはじめ, の七日, の三日, の世界, の仕事, の内, の分, の初め, の十一日, の十三日, の十五日, の給金, の魚, は, は春, をアンゴラ兎飼, を小竹

1 [128件] いつぱい, からは牢獄, から一月後, がかくれる, がちようど, が選ばれた, ぐらい人, こそと用意, こそ旅, この夜, だ, で脱ぐ, となった, なの, にしばしば, にすん, になつて, になつて雨, には外洋, には田島秋夢, にもお, に一度, に一葉, に入, に入っ, に多い, に対してわたし, に本能, に東條内閣, に泣きたる, に潜ん, に照, に照らされ, に自分, に行うた, に認めた, に誓う, に酔い, のある, のいかに, のす, のその, のない淋しい, のわたし, の上, の下旬, の中, の中ごろ, の中旬, の中旬イルコック, の九日, の二十一日, の二十九日, の二十八日, の二十四日, の二十日, の二十日前後, の五日, の今日, の体験, の八日, の前, の前半, の十八日, の十四日, の十日, の句会, の名, の山, の常会, の廿五日, の思い出, の日課, の明き, の晩, の曇らぬ, の楽しみ, の此処, の芝居, の路, の過ぎ隠れまく, の隣組常会, はしかた, はじまりの, はたくさんほか, はちょうど, はどう, はなっ, は京都, は佐渡守, は北, は北町奉行, は北番所, は城下, は墳墓, は妹, は尊い, は当, は成功, は我等, は昨夜海, ばかり, へ入っ, までなりぬる, も二十日, も又, も忽ち, より国許, を, をこの, をごらん, をながめ, をめぐらし, を以て挙行, を入道, を忘れる, を眺め, を見, を見ずや, を見せぬ, を見まし, を見る, を見ん, を観よ, を避け, 之抄, 出て, 讀んだプロ作品中

▼ この~ (199, 0.1%)

2 のため, の命令, は

1 [193件] あるうち, いかなれ, いかに狂う, から一種, がお, がそ, がどこ, がなかっ, が下手人, が不和, が今, が何處, が召され, が地獄, が官憲, が家令, が将軍, が山, が常に, が度々, が日本, が曹操, が申す, が訪ね, が訴人, が詳しゅう, が説明, こそこの, こそは時雲, この後眞, その言, その體, たちまち霧, だ, だけには洩らしたくなる, だけは調子, であるの, ですか, では, ときまっ, とてはじめ, と不測, と六月二十六日上洛, と共に医学, と同じ, と同時に, と思う, と手, と用事, ども, どもみなかれ, ども胆, ならばと, ならん, にお, にこうした, にたいして新しい, について学ぶ, には特に, によりて一, に不自由, に二百ルーブル, に冀城, に出逢う, に帰っ, に旧師, に時, に最も, に渡し, に糺したい, に聖なる, に良い, に見切り, に関しては我々, のお, のみ, のやう, の不幸, の亡父, の伝手, の俊敏さ, の傷所, の兄弟五人, の入門, の処分, の利腕, の力, の口, の口上, の口吻, の土語, の姿, の存在, の市俄古, の方, の智慧, の物語, の特徴, の病, の目, の脚, の腰, の請人, の面前, の靴, の首, はすこし, はそ, はその, はなわし, はなん, は世子, は人間, は今年大学, は住吉, は佳香, は北海道農科大学, は地球人, は妻, は妻シノブ, は妻恋坂司馬道場, は岩, は幾日, は当年三十歳, は日野朝臣, は春, は最前ここ, は武田伊那丸, は死ぬ, は毎夜, は江戸, は生, は由来, は罹災者, は脊柱側彎, は見かけ, は誰, は赤坂区青山南町, は身寄り, は間違い, は防寨, は青侍中特別, は頭, は馬鹿, ばかりは大罪, ばかり生きぬ, へ, もあの, もその, も一たい, も持呪者, よく汝等, わが邑, をいぜん, をお, をこの, をその, をもゆるし, をも拘引, をッ, を下屋, を交え, を交州, を倒せ, を助け, を召捕れっ, を味方, を存じ, を心, を指した, を放ちやる, を曳き出し, を溺らせ, を熊野本宮, を生, を眞實, を真実, を知らじ, を突っぱなそう, を自分, を載せ, を都, を離れん, 何ぞかの, 元来同村, 切られし首, 即ちヴィルジリオ, 大いに弱った, 有りて, 未だ最後, 求めて, 第一, 約に

▼ この~ (198, 0.1%)

6 を読ん 5 の中 4 の意味 3 の作者

2 [12件] が好き, のやう, のよう, の場合, の插繪, の朗読, の眼目, の第, は, を思い出す, を誦する, を読んだ

1 [156件] かい, から出た, から美, がすき, がよく, が危険思想, が思い出される, が書い, が迸り出でる, だけで終つて, だけは私, とこの, と句, と吟, などから得, にあらわれた, にある, にいう, にうた, についてはすべて発表時, にはリズム, には作者, には泣く, によってグレイ, によりてか, に似た, に含められ, に対して歌, に感服, に新しい, に於ける, に汝, に響く, の, のとおりディスマス, のモチーヴ, の一句, の一節ごと, の一篇, の五十六字, の出来上つた時, の前書き, の味い, の喚起, の對象, の平明濶達, の平明闊達, の幽, の心, の意義, の方, の方面, の曲, の植物, の構圖, の権威, の精神, の結句, の美し, の言葉, の起句, の連作, の道, の面白味, の題, はい, はいかに, はこ, はさき, はすでに, はなか, はなかつた, はまた, はイバニエス氏, はミス, は仮名, は作者, は全く, は全然, は六月十日, は千余年前シナ, は原稿, は四つ, は字, は実に, は尾崎喜八さん, は彼, は必ず, は恐らく, は抒情歌, は晶子, は最後, は本当, は此處, は灰, は灰雨, は田舎, は私, は私達, は稀, は維新後森枳園, は豪放磊落, は響, は題, ほど多く, または和歌, も明治二十三年, も美妙, も近ごろ, よりも六蔵, をえらびたる, をば先づ, をよみます, をわたし, を低吟, を作っ, を作った, を作つて, を作りし, を入れ, を助手, を受け, を口ずさん, を喜劇, を孕んだ, を幾度, を広く, を思い浮べた, を愛し, を愛誦, を指導者, を採らず, を書く, を最終曲, を理解, を発表, を瞥見, を知っ, を知り, を示された, を聞く, を見, を見た, を見つめ, を見る, を解し, を詠じた, を誦した, を誦し去り, を読みまし, を読む, を贈る, を通じて私, を録す, を高らか, 正しくわれ

▼ この~ (194, 0.1%)

7 である, なり 6 のこと, のもの 5 の事, の者, の話 4 だ, であろう, ひの 3 ならん, なるべし, の総 2 に属する, に屬, に算, のうち, の奇瑞, の実例, の書物, の物語, の詩, の語

1 [112件] いでこの, からイタヤカエデ, から範囲, が少なく, けだし少から, だまだ, だネ, であった, であったらしい, であった分けても, であるから, であろうと, でいずれ, です, で他, とすべし, なおあまた, なの, ならざるはなし, なる莫, にあらざる, にすぎない, にてこの, にてやあらまし, にほかならない, に入れられない, に属し, の, のでたらめ, のない, の一つ, の不平, の中腰, の亡者, の人, の仕立て方, の住地, の作品, の信念, の僅か, の動物, の動物説話, の卵, の口碑伝説, の句, の商人, の地名, の夢想, の妄説, の小さな, の山, の愉快, の政治家, の文章, の方式化, の方言, の昔話, の暗殺, の曲者, の最も, の果敢な, の槍, の浪人, の物, の特徴, の狐, の珍本, の男, の病気, の皿, の石棺, の神, の神社暴滅, の神隠し, の禁令, の程度, の穴こ, の経典, の絵本, の絵馬, の総称, の考案, の落首, の著作, の薬師, の表裏, の補食方法, の触覚聴覚, の言い伝え, の話し, の話数, の誤り, の読者, の諸, の議論, の迷信, の迷信中, の遊廓語, の高原, の鳥, は数限り, は梨子地, は極, は皆一人, ひ稀, へ近づく, も用いられ, を求め, を漏れず, 多くこれ, 多し, 測に

▼ この一事~ (192, 0.1%)

10 をもっ 7 を以てし 6 を見 4 である 3 から見

2 [14件] あるが, がいかに, だけで, だけでもその, だけでも私, で私, につき, にても彼ら, のため, のみで, の中, は私, は精神, をみ

1 [134件] あるによって, からでも君, からも窺われよう, から判断, から子, から推量, から生ずる, から考え, が僕, が見過され, ぐらいは認め, こそ探偵小説, こそ至高, さえはっきり, たしかに奉, だ, だけがせめて, だけでもこの, だけでも彼らフランス人, だけでも想像, だけでも捕り, だけでも新聞, だけで論定, だけはとうてい, だけはどう, だけは断っ, だけは確, だけは私, だけは見失っ, であった, であります, でさえもどれほど, でした, でもおよそ, でもわかる, でも一掃, でも判る, でも婦人, でも幕府全体, でも彼, でも推知, でも新宿, でも王政維新, でも知られる, でも知れよう, でも能, でも解っ, でも遺憾, でも非, で米国, で自分, ならずんば, にある, においてさえ若い, においては往々, にかぢりつ, にかんし, にさえ心づか, については後醍醐天皇, にもおのずから, にもとづい, にも十分, にも東洋精神, によってもその間, によってもはっきり, によってもみごと, によって全, によって経験, によって見る, によって閣下, によつて, に在る, に存, に安, に思い, に気づかず, に焦げつき, に精魂, に触れる, に貴き, のみ, のみな, のみにあらず, のみは心から, のみをみ, の外, の秘訣, はいよいよ, はオースチン, はロシア, は他, は四国出身, は天地, は学者, は実に終生, は彼, は日本人, は明確, は疑問, は藝術家, は馬子, ばかりとも云えた, もやはり, も亦, も孤塁, も至急, より外, をし, をとっても, をのみ思い煩う, を以て推して知るべし, を以て証拠立てる, を偲びまつる, を僕, を卒然, を呪文, を御, を忘, を忘れ, を思いつづけた, を抛た, を指し, を捜索検討, を日本, を深く深く, を目的, を知るべし, を考えつめた, を考へる, を言う, を証明, を證明, を除い, 推して

▼ この映画~ (190, 0.1%)

10 を見 9 を見た 8 の中 3 に現われる, の監督, を見る 2 でいちばん, でもっとも, と同時に, にもそういう

1 [146件] いったいの, からもう, があらゆる, がその, がはたして, が写し出された, が扱っ, が日本, が現代小学校生活, が終っ, が良く, つまらずでも, であるかとも, であるという, でいちばん成効, でいちばん自分, でおもしろい, ではこういう, ではその, ではまた, では光, では見られなかった, では電話局, で自分, で要求, で軍事的, とを比べ, と比較, においてはその, における男性, についての場合, にとっては本質的, にはうるさい, にはさほど, には一つ, には女士官, には日本, には美しい, には自分, にもやはり, にも前, によってわれわれ, によって吾, に使われ, に取り入れられた, に取り扱われた, に堪能, に濃厚, に現, に現われ, に現われた, に限った, に限らず, に限り一週間中午前十時開館, の, のいい, のうわさ, のおもしろ, のこの, のすじ, のそうした, のどこ, のよう, のクライマックス, のストーリー, のタイトル, の主役, の価値, の俳優, の俳諧的雰囲気, の傾向, の写っ, の前半, の創作者ルーバン, の劇中劇, の原作, の大蛇, の律動的和声的要素, の所在, の文法, の時間, の最も, の本来, の演劇的, の特別試写, の独自, の現実味, の生れた, の目ざす, の祖母, の筋, の編集ぶり, の色彩, の芸術的現実, の視覚的要素, の観客, の話, の語る, の除幕式, の隆盛, の面白, の頂点, の題材, は, はさぞ, はすべて, はたしかに, はたとえ, はたまたま, はなにしろ, ははじめ, はまた, はまだ, はもう, は一つ, は一面, は先, は全体, は全部フルシイン, は割れ返る, は大いに, は女子教育家, は実に, は必ず, は成効, は捧げられた, は文部省あたり, は貴志君, は途中, ばかりで, ばかりに限った, へ多く, も監督, も見る, も言わば, やそれからたとえば, をし, をみる, を一外国人, を一種, を再び, を撮影, を紹介, を見れ, を見終った, を観た

▼ この~ (190, 0.1%)

5 の中 4 の人々 3 の上空, を訪れる

2 [24件] が今後, が最後, で, でははじめて, で生れ, とともに滅び失せ, にある, には何ごと, に住む, に姿, に投弾, に現れ, に移り, に親しん, のいたる, のわかい, の入口, の子供, の真中, へ棲む, もいきなり, をめぐる, を包囲, を死守

1 [127件] から少し, から逃し, がなん, が好き, が嫌, が定子, が起りである, が開かれ, が開拓, だけで, であった, でいい, ではちょうど, ではもうすぐ, では一目, では今, では吉田派, では生産, では閾, では鳩, でもこの, でもそろそろ, で一番, で一番繁華, で久しく, で珍, で過す, とかの山, にありき, にいろいろ, にかえって, にくっつい, にはある, にはどこ, には一流, には土地, には市街掃除夫, には昔, にも一人, にも仏蘭西風, に一人, に一郎, に住ん, に巻き襲っ, に焼夷弾, に著い, に這入る, に関しては誤り, に電力, のあたり, のある, のかみさんたち, のこと, の七ふしぎ, の上, の人, の人達, の令嬢方, の住人たち, の住民, の公然, の出来, の力, の名だたる, の周囲, の堅気, の変革, の外郭, の多く, の女たち, の子供たち, の小, の態, の成り立っ, の戦災, の新しい, の明り, の最後, の楼門, の民, の混乱, の生まれ, の神様, の空, の胃袋, の街端, の誰, の運命, の道, の顏, の黄昏, はこの, はほんとに, はまことに, はまだ, はやっぱり, はアメリカ人気質, はチロル, は初め, は手品師, は最上, は溺れさり沈み, は無意味, は物騒, へは降りられぬ, へ入り込ん, へ来た, へ来る, へ着任, へ這入っ, ほど大切, まで二里, まで今, もあたし, をうしろ, をうち, をうめつくし, を営む, を眺める, を自分, を襲つて, を見, を訪れた, を通りかかりました, を離れた, を養っ, 第一

▼ この日本~ (189, 0.1%)

13 の国 3 の國, の土地, の社会 2 に起つた, のこと, の中, の小, の武士

1 [157件] がこんなに, が今, だ, だってこの, で, でもつ, でもできない, でも聞いた, で一ばん最初, で一番, で今日世界, で初めて, で女, で決闘, で自分, という国, という国号, という大国, という孤島, といふ國號, と直, に, にあっ, にあの, にあまり, にありましょう, にある, にこの, にのこっ, にはおるまい, には君, には未だ, には男, にひとつ, にやって来た, に一人, に住ん, に大, に并存, に慣れない, に於ける, に武将, に求め, に洋学, に渡り来った, に特別沢山, に生, に生まれ会うた, に生れた, に神, に禍いし, に関してどんな, に革命政府, の, のうごき, のうた, のお寺, のしず, のため, のみんな, のよう, のアブラナ, のカフェー, のキモ, のシェークスピアー, のブルジョアジー, のムスメ, の三, の人間, の今日, の住民, の作曲者, の保守勢力温存, の出版物, の古墳, の国体, の国土, の地形的特徴, の地方色, の声, の大, の大衆, の学者, の官僚, の実状, の家, の将校, の島, の島々, の島国, の帝都, の悲憤, の愛する, の憲法史, の我愛, の教育, の文明, の東京, の植物, の民主主義, の津々浦々, の海岸, の清潔感, の状態, の現代, の現在, の現実, の環境, の田舎児, の白い, の秩序, の移り変り, の空, の紳士, の自然科学, の興行用語, の藩閥政治, の見出すべき, の谷川, の近世, の進みゆく, の関する, の陶磁器, の面積平均三百分の一, の革命, の餅, の駒ヶ岳, はです, は平和, は支那, は真実, は美国, へ, へさがし, へやって来た, へ対し, へ来た, へ流浪, へ海, べやの建物, よ, をどう, をもっと, を主導者, を売ろう, を少し, を強く, を征伐, を救い, を救わね, を民主化, を蔽う, を開い, を養っ, を魔界, 御料理さくら, 第一

▼ この~ (189, 0.1%)

22 の中 8 の夜 6 のなか, の降る 5 の音 4 の日 3 だ, のため 2 だから, には一種特別, をまた

1 [126件] あがりにとて, があがったら送り出そう, があがれ, があした, がかえって, がみんなみぞ, が中, が峠, が木の芽草, が止んだら, が深く, が見えねえ, が降っ, さ, じゃねえ, じゃ大変, だと, だもの, だもん, で, である, でご, ですから, でせっかく, でだいぶ, でとても, ではああ, ではある, ではそう, ではどう, ではどうにも, ではほん, ではもう, では伴, では凌げる, では屹度鮎, では怪物, でも上, で九寸, で困っ, で弱, で水, で濡れ, で稲, で道, と微, と水, と荷物, と風, なり雪, に, におそく, にさ, にしっとり, にとどけ, にどう, にどこ, にぬれ, には, には閉口, には驚く, にふり, にやられた, によく, にをさなか, にズブ濡れ, に大抵, に打たれ, に暮れむとするやひもすがら牡丹, に樺色, に汚点, に濡れ, に猫, に生徒, に苦しん, に追われた, に遇った, のすくない, のせい, のぞきださなければ, のふっ, のふる, の工合, の恋しかっ, の明け方, の晴れ, の樺太車前草, の深夜, は, はちょうど, はまもなく, はもう, はやがて, はやまず, はやむ, は上がります, は予算, は地雨, は多く, は天, は容易, は毎日, は竜, は間もなく, は雪, までがなかなか, も月, やどりという, やまなきゃあわれない, や春雨, や芽立, をしまいこむ, を凌い, を孕ん, を帰れる, を待, を悲し, を浴び, を聞き, を聴い, を聴く, を衝い, を見た, を見る, を降らせたくない, 収まらば

▼ この人々~ (188, 0.1%)

6 のため

2 [11件] が私, すくひ, のよう, の心, の生活, の胸, の運命, の間, はいわゆる, は彼ら, もその

1 [160件] ありといふ, から日本, から逃れ, がこういう, がベルリン, が今日, が余, が奥, が始め, が描いた, が決して, が生き, が益々, が知る, が自分, が身辺, が逆境, こそ最も, さえ連れ, ぞ志, であるかと, です, でも日常, で守られよう, とつきあっ, との関係, と共に亡び, と種々, と築城論試合, と連絡, にさえ寝耳, にとっては習慣, にとって人民戦線, にとって愛すべき, にとって東京, にはなかっ, にはなかつた, にはもはや, には余りに, には特有, には落ちつい, によってなされた, によって行われ, によつて, にゴーリキイ, に判らない, に対しては, に影響, に教えられ, に東京, に求めたい, に瞻, に約束, に限った, に随分, のうち, のこ, のみそ, のもの, の一団, の中, の云う, の健康, の内面, の利益, の前, の努力, の古, の唯一, の影, の持っ, の描いた, の欠点, の深き, の為め, の為事, の爲め, の生涯, の眉色, の立場, の絵, の絵画, の習慣的, の背, の行ない, の行動, の行為, の言の葉, の註文, の話, の謂う, の足跡, の身分, の遺族たち, の金, の阿, の障碍, の顔, はその, はそも, はなぜ, ははっきり, はふたたび, はまた, はみな陰気, はもう, はやって来る, は今や漸く, は他, は何, は何と, は作左衛門, は俄, は台風, は夜, は大概, は天秤棒, は好ん, は官民間, は容易, は旅, は日本, は早く, は書いた, は殆ど神がかり, は決して, は深き, は源氏, は濃紫, は火, は疑い, は皆少壮気鋭, は私, は絶えず, は聖母, は荷物, は謝肉祭, へ処分方, もあの, も同じ, も多年, も小田原, も痛切, をこそさす, をし, をそれほど, をはなはだしく, を他人, を何者, を別, を助ける, を子息光, を忘れ, を恨めし, を消耗, を私, を自分, を驚かせた, を魔薬, 互いに相

▼ この広い~ (187, 0.1%)

9 世界に 3 東京で, 野原の

2 [16件] 世の中で, 世の中に, 世界の, 世界中に, 宇宙の, 家に, 屋敷に, 屋敷の, 日本の, 東京に, 東京の, 江戸の, 海の, 海へ, 野を, 野原に

1 [140件] お国, お庭, お江戸, この気忙しい, そして僅, ほら穴を, ガランと, 一室の, 上之間と, 上地も, 上海の, 世の中には, 世界が, 世界で, 世界にも, 世界へ, 世界を, 世界を通じて, 二階に, 倫敦を, 傾斜を, 光仙林の, 入江の, 公園の, 兵器工場を, 北海道は, 区域にわたって, 原っぱには, 原っぱは, 原の, 原を, 原ッぱ, 土地, 土地いっぱいに, 土地に, 土地を, 土間では, 地域にわたる, 地域を, 坂東の, 城郭に, 場所に, 場所の, 場所を, 境内は, 多彩な, 大きな客間, 大空を, 大道を, 天下の, 天地に, 天地へ, 宇宙には, 室の, 宮中は, 展望から, 山岳地帯を, 島は, 工房に, 平地に, 平坦な, 平野全面の, 底部は, 店の, 店中央の, 座敷に, 座敷には, 座敷の, 座敷へ, 座敷へは, 庭に, 廊下を, 建物の, 往来で, 往来に, 往還の, 支那じゅうで, 新道を, 明りの, 曠野どこまで, 書院に, 東京です, 果しの, 枯野で, 武蔵野で, 江戸にも, 江戸市中ぜんたいに, 江戸表へ, 池は, 沙漠の, 河の, 河原に, 洛中で, 浴場は, 海が, 海原敵の, 湖へ, 湖水の, 湖沼は, 演奏場に, 灰色の, 盆状の, 眺望を, 砂浜を, 神領に, 窪地の, 耕地を, 芝原を, 茶園までも, 草地を, 荒野の, 血の, 街中で, 試験地区内は, 試験室の, 諸国に, 路を, 運河の, 道が, 道を, 道路も, 遠望の, 邸じゃ, 邸の, 邸宅は, 邸宅を, 部屋に, 都会を, 野に, 野ツ原の, 野原が, 野原は, 野原も, 野原を, 鎌倉中御意の, 闇の, 領地を, 領域の, 馬場の, 黄土と

▼ この~ (187, 0.1%)

7 を見 64 を見た, を見る 3 が, の中, は 2 には見覚え, に見覚え, の型, は誰, をごらん, をよく, を眺め, を見ろ

1 [141件] かと思案, からは何, から受ける, から急所, があわされよう, がしわ, がなまめいたら, がひどく, がまた, がタクミ, が向けられよう, が外国人, が実に, が彼, が怖い, が芙蓉, が見えない, が見えよう, が見える, が近づき, こそは我ら, こそ本当, この衣, さえあれ, だつて, だなと, で, でこそもう一度, です, でね, ではなかっ, では急, では此の間法蔵寺, でびっこをひきながら, で他人, で好い, で苦労, とこの, とそっくりそのまま, とその, なの, ならあたっても, ならやりそう, にいっそう, におぼえ, にきわだった, にし, にはいろいろ, にはどんな, には表情, にもお, にも見おぼえ, によく, に似, に似た, に出食わし, に取り巻かれる, に始め, に年配, に母親, に漲る, に甚だ, に附, に鼻祭り, のある, のどこ, の一つ一つ, の一切, の印象, の年, の持主, の方, の黄色い, はありふれ, はこれ, はどう, はどうも, はにせ, はコマ, は今しがた, は僧侶, は先日京都, は初め, は到底, は双方, は夏, は夢, は妙子さん, は少し, は幟, は恐れ入る, は昨夜, は気にいらない, は永い, は無気味, は私, は見た, は見覚え, は野生, ばかりはかの, またあんまり, もこの, もしばらく, もそれから, も可愛い, も彼女, も鉄, を, をありあり, をいくら, をうけ, をかがやかし, をこの, をさらす, をじ, をみい, をよーく, を一目, を大, を姉, を幾度, を御覧, を忘れ, を思い出し, を拝まし, を捉え, を映画, を是認, を知らない, を自分, を見せ, を見せれ, を見たであろう, を見たら, を見なさる, を見られね, を覚え, を隠し, 振れを, 触に, 触を

▼ この学校~ (186, 0.1%)

9 の生徒 3 が出来た, を出た 2 にゐた, に入学, に於, のオルガン, の卒業生, の名誉, の所在地, の教授, へ来た, を卒業

1 [151件] から何度, から出た, から思想問題, がいけなけれ, がたち, が予備門, が出来, が初めて, が十五年間, が如何なる, が建った, が漢学, が都合, が間, こそは, じゃ校長, でお, での生活, ではあまり, ではありません, ではどんな, では一学期, では上級, では八時, では日本人小学校, では朝子供たち, では講堂, で三十人前後教育, で初めて, で家庭料理, で払う, で測量技師さん, で育った, というもの, という言葉, としても全く, とそれ, とのあいだ, と学校, なぞは親切, に, にいた, において鉱山, にて雛形, にはたしか, には友達二人教師, には小使さん, には居られない, には米国, には粗末, にも託児所, にゐました, にゐる, に一つ, に一学期, に三, に住み, に入った, に勤め, に四年間, に学ぶ, に学ん, に帰, に愚図愚図, に所属, に改革, に放火, に教え, に来, に泊まっ, に溢れる, に職, に要, に関して悪い, に雇われ, のいろいろ, のなかっ, のよう, のモットー, の一つ, の一番, の三年生, の中, の先輩, の創立, の創立者, の向う, の夜間部, の守護神社, の寄宿舎, の寮生活, の性質, の或, の教授法, の教育, の校友, の病根, の組織, の経営, の習, の規則, の運動場, の門, の風俗, の首領, はこの, はたいへん, はよほど, は不公平, は中学, は今, は令嬢, は働い, は初めて, は大分縁故, は天幕, は学内, は官立, は寄宿制度, は当時, は来年, は決して, は約, は自由, へいれられた, への同じ, へはいっ, へは西洋人, へ上がった, へ出られない, へ勤める, へ向け, へ押しこんだ, へ新, へ着いた, もウィネッカ町, も繁昌, をでる, をやめた, をよく, をクルウ大尉, を何, を信じき, を出, を出身, を去られる, を去りまする, を維持, を見, を起した, を選びました

▼ この~ (185, 0.1%)

46 になっ 30 に及ん 14 に臨ん 8 におよん 5 となっ 4 に何 3 に至っ 2 に, になお, にのぞん

1 [69件] だ, となる, にあたって人たる, にあたって殿, にいたっ, にお, において, においていのち以上, においてこと, においては涙, において入声, において城, において心外, における彼, におよび, にしろ, にのぞみ, にはこれこれ, にはなかなか, には早くから, にもまだ, にわが身, に一奮発, に区々, に卑劣, に及び, に在り, に姿, に属し, に当っ, に得た, に怠慢, に意, に於, に朝, に未練がましい, に来, に槍, に生きる, に糺す, に臨み, に至り, に見苦しい, に達した, の塑像, の女性, の悲嘆, の所謂, の政論, の政論派, の政論状況, の特質, の肚, の致命, の諸, は極度, まで高時, をはずし, をはずす, をはづしちやあならんぞ, をはづしてはまたとわたしの生涯, を休息, を勾当, を外さず, を外し, を失わず, を記念, を通じてその, 失うべからずと

▼ この~ (185, 0.1%)

6 の中 3 とこの

2 [11件] こそは, だよ, と共に寒, に一緒, に乗っ, に向かっ, の利用, の寒い, は, はどこ, やこの

1 [154件] あの混む, が, があった, がありました, がすっかり, がそちら, がない, がなかっ, がなくなりました, がガラス一重, が一般化, が吹きまくる, が吹け, が味方, が大, が強い, が惜しい, が早く, が時々, が止まぬ, が特に, が盛ん, が起らなかった, が起れ, さえなけれ, じゃ, じゃ心配, だ, だから, で, でこの, です, ですから, ではどんな, では子ども, では田植, では降り, では鳥, で今年, で捕手ども, で最後, で歩いたら, で浪, で海賊, で船, で行, で風下, で鱒, と玄海丸, と雲, ならご, に, におどろいた, にこの, にさえ腰, にそして, にどうして, になった, になら, には弱, には遠い遠い, にもかかわらず, にも裂けませんでした, によって凋落, にカブレ, に七分の帆, に乗じ, に倣い, に危ない, に吹かせ, に吹きまくられ, に吹き当てられる, に吹き散らされ, に吹出され, に居眠る, に当っ, に抗, に抵抗, に早く, に火の手, に白帆, に粋, に辟易, のうち, のごとき, のない, のなか, のやまぬ, のよう, の名, の吹き通す, の底, の暴れる, の止んだ, の清く涼しき, の牢乎, の磯山道, の言葉, の足蹈, の風下, はいま, はけふ, はこ, はしっ, はすこぶる, はすな, はそこ, はたしかに, はどう, はスペイン, はマア, は一般, は今, は先づ余り, は南洋, は四国, は多分, は守りおおせた, は我が, は早晩日本, は昼間日照, は氷, は永く, は烈風, は生温い, は談林, も丹波, や北, をこの, をし, をば恐れた, を互いに, を伝えた, を冷たく, を利用, を助成, を助長, を反省, を変改, を孕む, を心得ず, を採るべき, を沖縄全体, を発せし, を移し, を肴, を行う, を見せた, を起信論, を身, を間切っ, 時々に, 行われたは, 行われた地

▼ この~ (184, 0.1%)

6 の中 4 の一番 3 を眺めた 2 に, に一木二木, に蟋蟀, は何, や後ろ邃, を眺め

1 [159件] から出る, から石一つ, がついた, が今, が大層, が父, が芥川さん, だか, で, でごらん, でたつた, でね, でも見, で十何頭, で午後, で啼い, で彼女, で焚く, と一つ, と茶室, なんか丁度八九坪, にある, にいっ, にいる, にう, にしのびこみ, にはいろう, にはお, には一面, には下駄, には似合わない, には入らないでしょう, には奇麗, には意味, には門, にも来るでしょう, にも沢山, にシューッ, にハマっ, に下れ, に切々, に向い, に巣, に忍び込む, に植え, に植ゑ, に石一つ, に立ちつくした, に立つ, に臨ん, に落ちる, に行った, に面し, の, のある, のいちばん端, のかがり火, のこれ, のさましづか, のすみ, のなか, のまん中, のむこう, の一等, の中央, の主人, の仕上り, の何流, の作り, の全, の叔母さんたち, の向, の土, の大, の奥, の左方, の広々, の性質, の敷石, の方, の日, の春, の春しづか, の景色, の朝顔きり, の檜, の湿り, の片隅, の王妃, の番人, の百日紅, の真中, の石灯籠, の自然, の良石, の芝生, の菊一枝, の薔薇, の造意, の部分, の野生の, の隅, の霧, の静寂, の魂, の黒塀, はあなた, はお家, はすぐ, はと驚かるる, はろくな, は三百年, は今, は低い, は八百フィート四方位, は実際, は密閉室, は彼, は提唱, は燈籠, は白紙, は百人, は私, は花, へしのびこん, へ三人, へ二十七, へ入っ, へ放し, へ来, へ来る, へ砂, へ誘き出した, へ鶯, まではまだ, までやつ, まで忍び込んだ, もこれ, もその, もねすっかり, も池, も狭, も狹, も現実, をこうして, をどう, をなあ借金, を一面, を中心, を取り囲ん, を客, を楽しみ, を歩き, を独占, を玉, を見, を見まわしました, を賃貸, を造る

▼ この~ (184, 0.1%)

36 の中 3 の直ぐ 2 がいつごろ, が私, にかこまれた, の奥, は, はすっかり, は仲, を出る

1 [129件] から追, がなかっ, がまるで, がもう, がドイツ人, が一番好き, が出来, が見える, この祠, だけが取り残され, でいちばん, での唯一, ではつい, で一しきり, で一度雨, で時鳥, で生れた, で秋安様, で首, というの, とこの, と家, と柴田, と海, にいる, にき, にそんな, にと, にはその, にはまだ, には昔, には烏天狗, にもあき, にも思い出, にゃ昔, にゐる, に何處, に來, に対した, に放列, に散歩, に集つて, のうえ, のおくで, のさき, のすぐ, のため, のなか, のはずれ, のまん中, のむこう, のよう, のマロニエ, の上, の下道, の先, の出端, の動かね, の向う, の向こう, の奧, の女王, の怪物, の感じ, の木の葉, の果て, の樹, の無限, の物凄, の狐, の神, の空, の精, の臨時祭壇, の高い, はおれ, はこんなに, はどう, はな, はなにか, はもう, は一度, は三日, は内部, は物すごい, は自然, は魔, へやっと, へ出かけ, へ迷い込んだ, へ這入っ, へ這入らね, へ遊び, もその, も入口, や, や日, をけっして, をこしらえた, をぬけ出さう, をはいっ, をパリ, を下, を中, を入, を出た, を単独, を印鑰, を宴会場, を峠, を彷徨い出た, を怖がっ, を戯曲, を抜け, を抜けた, を抜けられまい, を抜けられる, を横断, を深夜, を私, を美沢, を職場, を見た, を見渡し, を越す, を踏み越えなけれ, を通りぬけれ, 深く逃げ込め, 然たる

▼ この瞬間~ (184, 0.1%)

3 の私, ほど私 2 である, に或, に私, の感情

1 [170件] ある戰慄, いかに彼, お富, からいっさい, から思った, から芸妓, から誕生, がいつ, が永遠, が自分, が過去未来, こそ心, こそ魔性, この城, しか理解, じつに小, すぐ目, すさまじい速力, その男, そらここ, だけで, だけは, だけは葉子, だった, だったの, だつたの, であった, であつ, です, でなくいつ, では一そう, という点, とまわり, とも刹那, にあなた, においてまた, において仕合わせ, におけるやう, における彼, における自分, にこの, にこれ, にさ, にし, にじじい, にすっかり, にでもそう, にどんな, にのぞい, にはありません, にはおの, にはおのずから, にはその, にはどの, には人影一つ, には元来, には彼, には彼女, には彼等, には昨夜役場, には輝く, にひらめい, にもたがい, にもただ, にもたらします, にも彼, にわたし, にロオプゴット・ピイプザアム, に一変, に三千代, に中断, に中野君, に事故, に二人, に低い, に何, に僕, に味わっ, に始められた, に導き, に庄太郎, に心, に思ひ, に思ひだした, に悟った, に支店長室, に於, に於ける, に死, に決して, に決められ, に熊野, に犬, に玄関, に理解, に直感, に突然, に考えだされた, に誰, に起った, に通じる, に銅線, に食卓, のうち, のため, のよう, のリーザ, の不思議, の傾向, の僕, の光彩, の冥契, の出来事, の印度, の印象, の喝采, の対話, の弓なり, の彼自身, の心持, の快感, の意義, の感情的生活, の早技, の現, の現実性, の発明, の絶望, の自己, の覚醒, の誇り, の静寂, はまさに, は一寸, は彼, は緊張, は頸, ひょっとしたら彼女, ふとひらめいた, ほとんど的確, ほどよく, ほど不具者, ほど世の中, ほど世界, ほど優しい気高い, ほど娘, ほど美しい, ほど自分, またもや嘆声, までその, まで人, まで彼, まで私, まるでだれ, もじ, も何者, やはり忘れ, を利用, を失, を幸福, を思い起こし, を捕えた, を放心, を経た, キラキラと, 使うべきもっと, 全世界, 宛ら風, 実際うらやましい, 思わず頭

▼ この人達~ (183, 0.1%)

4 と一緒, の中 3 は自分 2 にだ, の仲間, は, は又, は私, は終生, も, もまた

1 [156件] からよく, から離れ, があれ, が云った, が今日, が初めて, が本当, が皆んな一緒, が私, が自分, だけに案外, だって気, である, とこうして, とちがった, とわたくし, と一日, と一般社会, と僕, と同じ, と御, と懇意, と来た, と申します, などが一番, なら助けて, にうまく, について父さん, にとってまことに, にはそんな, には何, には永久, には花見, にも内, によって批判, によりそっ, に会釈, に励まされ, に取っ, に対して子供, に心残り, に文化, に聴かせる, に貴様, に違い, に隠し, のせい, のま, のまえ, のやう, の世間話, の事務, の人生態度, の今日, の伊達寛達, の信念, の働く, の先, の先祖, の前, の家庭, の居る, の年配, の幾日, の悪意, の手, の批評, の新, の方, の気に入らない, の氣持, の湯治, の物憂, の特徴, の生活, の町, の目的, の知らない, の絵, の話, の話声, の質実, の跡, の避難, の陣取っ, の顔, はあの, はえらく, はお, はお巡りさん, はこれ, はすでに, はそして, はそれぞれ, はそれぞれ祖国, はどちら, はねいま材木屋, はのべつ, はまだ, はまるで, はタヾ, は一人, は人, は今更, は体, は何ん, は何故, は何者, は公然, は医者, は古い, は合点, は夏休, は子, は害, は岸本等, は平民, は所謂英国人, は政治家, は早速, は普通, は森彦, は楽し, は決して, は父さん, は物, は皆, は皆生れつき, は知らない, は私共, は科学, は米, は薄情, は行き, は見かけ, は電車, は香港, も左翼, も己, も短い, も私, も評判, よりも幸福, より外, をあやつり使っ, をかばふ, をもてなした, をレディス, を一種, を僕たち, を城跡, を宿, を愛し, を掻きわけ, を知っ, を見る

▼ この~ (182, 0.1%)

11 の下 4 の外 3 から見, のところ, の戸 2 から, からあの, から堤防, から投身, から遥, の内, の向う, の所

1 [142件] あき紙, あけて, からか, からそ, からそっと, からだんだん, からとん, からのぞい, からの景色, からはあかり, からはありし, からはいっ, からはちょっと, からはまるで, からは蔭, からは見えない, からは門番, からも見える, からよく, からトラ, から万国堂, から中庭, から人間, から俺, から出た, から大きな, から大空, から屋根, から山木, から帯, から帶, から庭, から後ろ姿, から忍び入った, から忍び出す, から忍び込んだ, から投げ出した, から眼の, から私, から突きだされた, から見る, から見れ, から見わたす, から見張っ, から覗い, から逃げ, から逃げだした, から遠く, から遥か, から顔, から飛びこん, から飛び下り, から飛び出し, から駈け込ん, がどうして, が三つ, が残された, が開い, さえが外, だけはのぞくまい, でさえずっ, ですか, で埋, で目ざめた, で見る, にいた, にさしかけ, にとりついた, にのぼらせた, にはまっ, にばかり降っ, にもたれ, にヒロイン, に小説家, に就い, に心張棒, に恰度, に明り, に當, に起こった, に面した, に鬼影, のあいた, のかけ金, のガラス, の上部, の中, の処, の前, の女, の左, の格子, の永遠, の真下, の研究, の神秘的, の鉄格子, はあなた, はうまく, はさっき, はすぐ, はそんなに, はただちに, はちゃんと, はゆめ, はよく, はタンク, はトタン, は一旦, は外, は心, は明い, は暗黒, は破れん, は通り, へすえられ, へ来, へ踏台, へ鈎跡, へ鳴りわた, ももう, をあけ, をしめよう, をながめ, をひと晩じゅう, をふり仰いだ, をみ, を使う, を厳重, を叩いた, を撰ん, を攀じのぼる, を明けた, を破っ, を見ぬ, を見る, を調べ, を通し, を開けた, を開けよう, を開ける, 開けて

▼ この同じ~ (181, 0.1%)

3 ような, 屋根の, 言葉を, 道を

2 [13件] ものは, ピタゴラスが, 問を, 場所で, 実在性をば, 實在, 年に, 心理が, 挨拶を, 文句を, 瞬間に, 谷中の, 部屋に

1 [143件] ことは, ところで, ところに, ものによ, ものによって, ものわかり, アダム, イギリス海峡を, エンタシスの, オセロが, コウスを, ソファに, ソフアに, トリックを, ビスケットを, ヘブライ語が, マリー・ロジェエが, メールヒェンなる, ラッパの, 一点に, 一般原理に従って, 主題が, 事は, 事実を, 二月十九日に, 二派の, 人々が, 人々の, 人かという, 人が, 人に対して, 人を, 人民戦線なる, 人魚の, 企業者によって, 作家が, 作者が, 光景が, 全文明, 分類が, 列車に, 利益が, 力関係が, 半島の, 原因から, 原因が, 句から, 哲学的範疇を, 商品の, 問題が, 問題は, 国の, 土地に, 土地を, 地つづきと, 地上には, 地方に, 場所に, 夜の, 大工の, 大胆さが, 大膽さ, 室に, 家の, 宿屋だった, 対立は, 川筋の, 常識語を, 年の, 形勢の, 心持で, 必至の, 思想は, 恐れを, 恐ろしい土地, 悩みは, 悩みを, 意味であろう, 所へ, 所有者に対する, 手を, 手首が, 批評家も, 教区において, 文を, 文化七年に, 文字が, 新聞紙は, 方面である, 日に, 日の, 昭和二年に, 時刻, 時刻に, 時間に, 曲線の, 月の, 服装の, 条件が, 東京商科大学ギルドの, 流れの, 浪漫派への, 温泉地は, 牢獄に, 物語を, 珪藻の, 現代学生層が, 現実の, 理由によ, 町に, 瞬間どこかの, 社会層の, 社会構造が, 私な, 精神が, 精神を, 純収入, 経験は, 線の, 自分が, 自分で, 自然観が, 見せもの, 見方から, 角砂糖を, 詩人は, 質問は, 道に, 邸内で, 郡の, 銀河区域に, 長屋に, 長崎の, 関係の, 関係を, 雜誌に, 電車の, 青雲の, 順序を, 風景は, 風邪で, 食卓が, 黄鼬鼠の

▼ この一つ~ (180, 0.1%)

18 のこと 8 の眞理 6 のもの 5 の事実 4 の例

2 [11件] の, のため, のほか, の事, の問題, の欠点, の点, の現象, の生活, の線, の論文

1 [117件] がかれ, が不吉, が実に, が心, が紳士道唯一絶対, ずつの例, だけがくさらなかった, だけがくさらぬ, だけが掛金, だけしかゲーム, だけだす, だけで, だけでもずいぶん, だけでも日本史最大, だけな, だよ, でありまた, でさえも一端, です, でも分ります, で伸子, で十分裏書, ということ, にさえ充分, には松村先生, に決った, に眼, に腰, のところ, のみである, のニウス, のプルーフ, のボタン, のポエジイ, の事實, の事柄, の会, の作品, の修辞的方程式, の効果, の単純, の厠, の古い, の古城, の名, の場合, の声, の大きな, の大事, の天然, の奇異, の字, の宗教的動機, の家, の家敷, の小さな, の小規模, の年輪, の幻像, の建議案, の情緒, の想像, の愉快, の感情, の所行, の挙動, の文学, の方法, の景象, の望み, の未墾地, の椅子, の比喩, の気持, の火術弩, の煙草, の物, の特徴, の特色, の理由, の目的, の着物, の瞑想, の社会, の移り變, の穢れざる, の窓, の笑い話, の経験, の線路, の船, の花, の觀念, の言葉, の記念, の話, の話題, の讃美歌, の踊り, の輪, の運動, の部屋, の鈴, の鉢, の雑誌, の頭, の骨格, はと意, はよく, は少なくとも, は淫虐的, もやはり, よりしかない, より立つ, をその, を感知, 置いて

▼ この光景~ (179, 0.1%)

19 を見 8 を眺め 5 を見る 3 は, を眺めた 2 が焼きつけられた, にさらに, に接した, の映写, はもし, は大, を一層, を眺める, を見おろし, を見た

1 [121件] から私, がすべて, がどうしても, がなぜ, がローリイ, が何, が如何, が毎夜深更, が燒, が見たく, が見られる, でどう, との違い, と庄兵衛, と酷似, にあまり, にうそ, にすっかり, にたいして少し, にひどく, にふさわしい, にまた, にやっと, にピアノ, に不機嫌, に出逢う, に呆れ, に愕, に接す, に接すれ, に深く, に留意, に相対, に眼, に私, に見とれ, に視, に酔った, に非常, に驚いた, に魅入られた, のなか, のまん中, の一部, の中, の伴奏, の神々し, の聯想, の裏, の雄大さ, はすぐ, はたしかに, はどうも, はない, はグラン・ブル, はスペイン人, はテレビジョン, は一切, は一幅, は予期, は何処, は地, は少し, は巴里蚤の市, は幽鬼的, は恐ろしかっ, は既に, は次郎, は永く, は決して, は活動写真, は美しい, は見られない, は見る, も亦, も町, も若い, をいぶかし, をこ, をこわごわ, をしばらく, をすら見ず, をぢ, をのぞき見よう, をみる, を一瞥, を何所, を写す, を初め, を忘, を忘れる, を息, を想, を想像, を愉し, を戸倉老人, を捕捉, を斜め, を楽しみ, を横, を横目, を珍し, を目撃, を知らない, を私達, を窓, を笑っ, を表現, を見し, を見せたら, を見つめ, を見まい, を見まもった, を見上げ, を見下した, を見守っ, を視せられ, を観, を記し, を遠巻き, 怪しく凄し

▼ この人間~ (178, 0.1%)

3 の, の世の中, の世界

2 [13件] が今, が居ない, のありのまま, の世, の存在, の対立, の心, の港, の社会, の花, の魂, をその, を殺す

1 [143件] あんなちょろ, から利, から説明, がしかも, がすなわち, がはたして, がゐる, が今日, が地, が地中海産, が最初, が着, が知っ, が造れる, くみしやすしと, だか, だけをこの, という超, といふもの, としての, としてのこの, としての宝, とに対して一種, との雰囲気, とはそれ自身, とは思はれない, と云, と人間, と猿, どうし, にあったらしい, にこの, にだけかからない, にだけ与えられ, について人間自身, にはあの, には不思議, に呶, に喋った, に対して個別, に対して感じる, に対して絶望, に対するほとんど, に最後, に窮局, のいっそう, のうち, のこしらえた, のそのまま, のぶっきらぼう, のほこり, のよう, のヒゲ, の中心, の住ん, の体躯, の全, の共存共栄, の内面性, の出し入れ, の力, の労働, の右半分, の咽喉, の嘲笑, の国, の夢, の天狗, の子, の学, の実践, の実践活動, の廃物, の弱小, の弱点, の忠実, の愚痴, の態度, の手, の持ち前, の文化, の日常感覚, の最高, の根本的規定, の正体, の無知, の無礼, の特性, の猛然, の生活, の生涯, の社会生活, の種族, の精神, の絶対的価値, の肉, の脱出, の苦しみ, の要求, の計, の課題, の遁, の頭, の顔, の騒々しい, は, はいったい, はこの, はである, は今日学者, は偽もの, は単純, は妙, は文化人, は決して, は無礼, は神さま, は自己, は見たくない, は誰, は長年, は非常, は黒い, ばかりが町中, もいけない, も追い立て, より脱出, をおれ, をも先, を不幸, を亡ぼす, を仆, を手, を生理学者, を直視, を紹介, を蠅, を見つめ, を貰っ, を造った, を造りし, 共に仰有っ, 臭い悟り切れない

▼ この研究~ (177, 0.1%)

7 のため 3 に従事, の完成, の結果, は主として, を完成 2 こそ他日端, に潜ん, の中, の成果, の最後, を企てた, を続行

1 [141件] からまた, から導かれた, がかく, ができない, がどう, がどんなに, が一, が中絶, が即ち, が始まった, が幾分, が進む, が進められ, であったこと, でいちばん, で分った, で毎日, と併行, と限らず, にあらわれ, において単なる, にとりかかられた, にはやはり, には何, には大, には捨て金, には数年, には根本, には着氷条件, によっても確かめられた, によりて幾分, によりまた, に一々, に一生, に二十億ドル, に偶, に大, に失敗, に専念, に当っ, に志した, に恥, に携わっ, に明示, に欠くべからざる, に沒頭, に深き, に着手, に結びつけ, に芽生えた, に莫大, に賛成, に身, に関する報告, に関する未練, のさなか, のみにて人, のイロハ, の代表的, の優れた, の全, の内容, の助手, の動機, の場合, の対象, の意味, の成功, の概要, の爲, の発表, の続篇, の関わらざる, はお, はこれから, はその, はその後, はその後余り学界, はその後私たち, はとうとう, はほぼ, はもう, はもっと, はアルゼンチン, はローマ大学時代, は一九五四年, は一時中止, は不完全, は中央気象台, は人, は今後, は何, は先生, は取つく, は四六年五月戦争目的以外, は声聞師研究, は大地, は専門的, は將來, は抛棄, は最近, は水素, は氷, は立派, は純然, は終っ, は航空医学, は飛行船, は高山, もし, も仕上げた, も初め, も大団円, も実は, も結局誰, を, をかんぜん, をし, をすっかり, をねたん, をやっ, をやり遂げ, を中止, を中絶, を助け, を助けられたい, を始めた, を委託, を実際, を引きつづき行っ, を引継げ, を思い立たれた, を手, を推進, を留保, を続け, を行なった, を読ん, を読んだ, を選んだ, 特に執筆

▼ この~ (177, 0.1%)

4 に乗った 3 に乗っ 2 が千両, の前, の国, は疳, もその, 騰に

1 [158件] か, がいかに, がこうして, がイヤ, がガムシャラ, が今度堀口さん, が天才, が私, が耐える, が聞い, が跳び立つ, が近づい, が迷惑, が鞍, が馬場, その一, だ, だけは奪おう, だぞ, だって普通, でおれ, でもいい, で先, とおいら, とはくらべ, とわし, と一所, と攻め, に, にお, にかぎっ, にすこし, にとっては手綱, には我々, には頭, には魔性, にまたがり, に乗る, に乘, に何処, に召さるべし, に引かせる, に悩まされた, に気, に見おぼえ, に鞍, のしり, のつかれきった, のみには非, のやう, のやつ, のヒーロー, の三倍, の代, の力, の努力, の命名, の姿, の尾, の履歴書, の役目, の息, の手綱, の描写, の特性, の状態, の狂乱, の罪, の覊綱, の蹄, の頸, の顔, の飾り, は, はあるける, はえん麦, はおれ, はおろか, はかつて, はこの, はこん, はそんな, はだめ, はどう, はなかなか, はなにか, はやがて, はよく, は一度, は僕, は前, は吹き, は夕方, は嬉しかっ, は弱っとる, は強い, は彼, は欧羅巴, は死, は死ぬだろう, は渡せない, は源三郎, は甚介, は癖馬, は眼, は等々力, は背中, は脊, は貴様, は貸し, は蹴ります, は近在, は鞍上, へ乗っ, へ乗る, また水, また蹄, までが従順, もこの, もひどい, もやや, も今, も等々力, も飼い主, や尾, より幾倍, を, をうかうか, をこの, をこんなに, をそち, をつかまえ, をもと, をもらっ, をやりこなせる, を一時, を二階, を伴, を使主, を少し, を御覧, を愛し, を日本一, を渡し, を牽い, を百倍, を粗末, を買い得た, を買っ, を返し, を雇う, を離す, を馴らす, を駆っ, 傷ついたから, 弔うて, 痩せて, 返すからな

▼ この現実~ (175, 0.1%)

8 の世界 5 のなか, の中 3 の事実 2 から遊離, とつなぎ, と理想, に於, に絶望, の世, の瞬間, の矛盾, を冷酷

1 [136件] から民主的文学運動, から立ちあがつ, から遠く, が却って, が問題, が巨大, するところ, する世界, そして我々, である, では作家, では満, というかね, という言葉, としての虚偽, とそして, とはちがった, とは別物, とブルジョア文学, と以上, と深い, と狎れ, と生殺与奪, と直接, と言, に, にそして, について私たち, につながり, にはさ, にはなるべく, にはみ, に亡びざる, に即した, に只, に定着, に対してただ, に彼等, に救, に新, に未練, に決して, に生き, に知らず, に立っ, に触れよう, に身, に限られた, のあくどい, のいい, のうち, のまま, のみじめさ, のわれわれ, の与えられた, の世の中, の世界史的, の他面, の低, の俗, の冷厳さ, の前, の卑小さ, の場, の壁, の天地, の太陽光線, の奇蹟, の姿, の安逸, の客観的情勢, の彼自身, の思想, の描写, の方, の日本, の有, の束縛, の灰色, の焼却, の状態, の理, の理想化, の理由, の生活, の社会, の社会感情, の社会的陰鬱性, の組織自体, の美, の耕作状態, の自己, の苦労, の裡, の認識, の重量感, の闘争, の頂点, はたとひどれ, はどの, は今後, は何時, は作家, は如何なる, は必然, は思想, は手, は絶えず, は退屈, への再現, ほどああ, ほど退屈, も夢, も自分, をどう, をばもっと, をまじめ, をプロレタリア作家, を一つ, を世界, を夢, を夢物語, を愛する, を慾, を抜き, を最もよく, を模倣, を直視, を空しく, を語っ, を謙虚, を踏み越えよう, を遊離, を鍵穴, を顧み, 乃至存在

▼ この小さい~ (174, 0.1%)

3 動物を, 家を 2 のが, のを, 一つの, 女の子の, 子が, 新装の, 村の, 草土手に, 虫に, 魂の

1 [148件] あばら家に, あらゆる点, いじけたの, お友だち, お子たち, お延, が愉快, が逞しい, けれど生物, ことの, せっかちな, ながらもわれら, のだけ, のみだけを使う, のも, ほうの, ほとんど目, ぼうえんきょうは, ぼくが, ものが, ものどもは, もの全部で, カブトムシは, セラックスの, ヨハンネスは, ラジオが, 一きれ, 一冊の, 一山城に, 一村の, 一点に対する, 一篇は, 三日月を, 不愍な, 丘の, 事件を, 二つの, 人たちだけは, 人の, 人を, 人間は, 仏像について, 仕事部屋で, 何處の, 俺達一人, 公園が, 卓子の, 台の, 唖の, 嘆美者には, 女中の, 女王さんを, 妹の, 娘に, 子は, 子供が, 子供は, 孔を, 家に, 家根裏の, 小間使を, 少女が, 屋根の, 岩端から, 島の, 島を, 工芸品が, 幽かな, 従妹から, 情景が, 手形は, 拘泥を, 探偵の, 插話は, 文章の, 方の, 旅人を, 日本近代史を, 本で, 本の, 本をめぐって, 朱塗りの, 村に, 村皆な合せ, 杯が, 桃色の, 樽の, 武士団の, 水たまりの, 海に, 海は, 涙の, 港町が, 火の, 為事は, 無理解, 爲事は, 犬を, 猛禽達の, 獣の, 生命が, 生活に, 申譯ばかりの, 男が, 男の, 町で, 発端が, 白点は, 眼から, 祠の, 禅寺の, 穴倉の, 窓から, 箱の, 組では, 組の, 經驗を, 織田の, 置家も, 者に, 者にも, 者の, 而も, 職人の, 肉の, 脳髄は, 舟に, 舟は, 艦隊を, 花売娘に, 花嫁の, 蕎麦店の, 行商人を, 解説的研究は, 記事は, 諷刺的な, 貴婦人の, 貸家を, 赤ん坊の, 透明な, 連中が, 郵便箱の, 長火鉢を, 雪景色の, 頭の, 飄浪者を, 馬車に, 黒ん

▼ この~ (174, 0.1%)

4 の百本杭 3 見れば

2 [13件] づく日, の, の景色, の紅き, の青々, はその, は誰, やなに, や大, や靄, を部屋, 早く藁靴, 明しぐる

1 [141件] いや朝, うきうきと, おこなわれた大, からの愚痴, から半年後, から右, から彼, が始め, ぐらい感じた, け, け桜島, この, この草かげ, しかも鰹船, その老幼, ぞ, ぞくぞく縛められ, だ, だけその, だけは自分, ちょっぴり乙, である, です一雄, とくにハンナ, なども警察部, なり無, にもまた, に今後以何, に抱き合った, に持った, に限っ, に露, のおとなしくやさしい, のこと, のさくら, のびて, のよ, のよう, の不気味さ, の久しぶり, の予想外, の仁田峠, の出来事, の出迎え, の劇的, の勝家, の大いなる, の字, の官軍, の寒, の尊氏, の小雨, の川中島, の引潮, の彩雲, の彼, の手紙, の教員室, の日光, の時間, の時鳥, の有様, の桜花, の氣持, の決戦, の浴場, の火の手, の瞬間, の礼拝, の経験, の総, の臭気, の見事, の足利勢, の門司, の閲兵, の静坐, の靜かさ, の騒ぎ, はこうした, はここ, はじめて身体, はただ, はもう, はココア, は京橋, は初め, は取分け, は如何, は寒い, は少し, は幾分, は柔, は桑, は毎日, は特別, は神楽坂署, は粥, は胸, は荒涼たる, は非常, は餅, ふたたび石清水八幡, ほどあざやか, ほどその, またここ, まだ日記, まではそう, も, もなほ耳, も一枚, も何, も失敗, も巨勢博士, も早く, も春, も気, も泣き, も狐河, も途中, や妻, や山, や風, をいぎたなく, をもって老い, 全く思い, 再びお, 同時に引きはらう, 執り行う例, 大賓, 当の日野俊基, 採ったもの, 早くからもう宿次, 早くから刺さつ, 早くそれら, 早くまだ, 早く子供たち, 早く街, 死にこの, 老いた母, 聴けば

▼ この写真~ (173, 0.1%)

7 を見 3 で見る, の中, の主, の前, をよく 2 にある, のよう, の人, はどう, はどなた, をごらん

1 [139件] からみる, から下げ, から取った, から想像, がいい, がいま, がこんな, がその頃, がとどけられた, がやっと, が一切, が届いた, が手, が来た, が物議, こそは貴方, ごぞんじ, さえあれ, じゃ随分, だけはきっと, だの電信機, でうまうまと, ではわからなかった, では白い, では髪, でみる, でも判る, で分る, で騙された, というもん, と前, と文夫さん, と預り証, どうした, ならずや, にうつる, にお母さん, については知らず, については面白い, になりたまい, にはおどろいた, には君, によって直ぐ, に入った, に入らない, に川上機関大尉, に気づいた, に血, に要求, に見参, のうち, のおかげ, のここ, のとおり, のどこ, のない, のエレアーナ王女殿下, のカール, の上, の外, の娘はん, の彼女, の曲者, の汽車, の無くなった, の父親, の達人, の隅, の顔, は, はいつ, はこの, はすなわち, はそう, はそこ, はその, はちっとも, はどうして, はなお, は上方, は今, は余興, は到底, は前, は当人, は春, は札幌, は机, は生後五ヵ月半, は甲府, は私, は美しい, は色々, は見える, は誰, は退屈, は鐘, は高城君, まで手, みて, みると, を, をいれました, をうつした, をおりおり, をとった, をどう, をみ, をもと, をもらっ, を一見, を何, を写す, を即刻連合艦隊旗艦, を取り出し, を受け取っ, を引伸し, を当分, を拝借, を持っ, を持つ, を持参, を挿入, を撮った, を撮ったら, を撮る, を撮ろう, を残し, を焼付け, を眺め, を破っ, を秘蔵, を移した, を見せた, を見た, を見ます, を見る, を進上, 並びに幻灯

▼ この~ (173, 0.1%)

3 の信仰, の像, の前

2 [12件] がオカミ, に, に私, に關, の子, の観念, の觀念, は御門, は足, を, を奉ずる, を祭れる

1 [140件] がかかる, がはじめスガ, がアシナダカ, がアメノサギリ, がアメノツドヘチネ, がアメノミカヌシ, がサシクニオホ, がシキヤマヌシ, がヒナテリヌカダビチヲイコチニ, がヒヒラギ, がフノヅノ, がワカヒルメ, が不誠実, が世界, が今, が何ら, が何等, が保食, が加わる, が医薬禁厭, が始め, が彼, が從つて下つた, が最初オシラ神, が災害, が親, が遠野郷, しばしば睡, でなくば, という新しい, としての推測, と人間, と冊, と成った, と気, と笑, と詞霊, ながらの道, ならずは, によって現に, によつて, に人格, に似た, に似たる, に供物, に對, に捧げられた, に最も, に祈っ, に祈り, に祈る, に見放されない, に追いかけられた, に関する研究, のくだす, のため, のやう, の一族, の一言, の世界, の使物, の冠詞, の力, の加護, の啓示, の国, の壮麗, の威力, の威霊, の子達, の宮居, の宮殿, の宿りた, の形, の從者, の御名, の御子, の意志, の本体, の材料, の死, の氏子, の為, の現れ, の由来沿革, の界, の発生, の相好, の矢, の石像, の神, の神体, の系譜, の罰, の言, の起原, の踏ませる, の輪舞, はあるいは, はまたの名, はレー, は一体, は丈, は元来米, は同じく, は多く, は大國主, は最も, は父, は琉球, は祈り, は米, は色々, は近, は陰, は頭上, への犠牲, もわれわれ, も一々, を勧請, を北方, を安倍貞任, を崇めよ, を崇敬, を持ち伝えた, を放し, を本尊, を求める, を祭った, を祭る, を背, を見た, を認識, を路, を降し申す, 比比羅木, 若晝女, 諸難, 酔うて, 鳴が

▼ この時期~ (172, 0.1%)

5 に於 4 であった 2 でありしかも, である, に, に到っ, に於い, に日本, のこと, の大, を中心

1 [145件] からである, からますますはっきり, から一七七一年, から彼, から降っ, が世界史的, が到来, が気持, が過, こそガリレイ, だったから, では空, との隔り, にあっ, にうなぎ, においてことに, においてどうしても, において一平方リイグ当り, において公, において大, における客観的叙述, における教養尊重, における茶, にかれ, にそうした, にそれぞれ一定, になる, にはガンダーラ地方, には人間, には内, には夜中, には本書, には漁師, には生涯, にも宮仕え, にわけ, にウロツイ, にゴーリキイ, にラジオ放送, にロマンチック思想, に入っ, に入る, に出生率, に別に, に労働者, に動い, に唯物弁証法, に多種, に家族, に居た, に岡本かの子, に当たってシェクスピア, に後, に後進国, に急速, に成立, に文化, に新聞, に於ける, に林房雄氏, に求めね, に準備, に率先, に現れた, に発生, に発表, に至って, に萌えいでた, に萌え出, に行, に評論集, に読者, に起った, に踏み, に輸入, に間, のあの, のほう, のもの, のベートーヴェン, の作者, の傾向, の全部, の前後, の勉強如何, の印刷者たち, の反動, の婦人作家たち, の定まらぬ, の彼, の徴候, の心中, の必ず, の性格, の息づんだやうな歌舞妓, の文学, の文學, の新聞界, の末, の特徴, の生き, の登山, の直後, の精神生活, の自然哲学的研究, の自然的健康性, の西洋活字, の評論, の農民, の通り過ぎ, の進歩的, の遥か以前, の間, の青年, はいかによく, はまさしく, はフランス, はヨーロッパ, は一・九, は仏家, は僅か, は先代我童仁左衛門狂死, は大体一月, は婦人, は彼, は成る, は日本, は日本文化, は決して, は茫然自失期, は読書人, は青年, までには笑うべき, をやはり, を一区画, を一生涯, を子供, を展望, を経過, を脱却, を貫い, を逸し, を除い, 故に不安, 更に一歩

▼ この~ (172, 0.1%)

17 の上 7 の下 4 を渡った, を渡る 3 の名, の欄干, を渡っ, を渡り

2 [12件] に立て, のある, のたもと, の下あたり, の両側, の出来る, の名前, の袂, は, を渡つて, を渡りきる, を越し

1 [104件] から下, から向う, から四, から放生会, から間もなく, がある, が五条, が宇治橋, が水際, が落ちる, が難関, が鬼門, くらいで, でこの, についた, には今, には刺戟的, に余程, に近く, に関係, に限つて私一人, のあたり, のうえ, のかかっ, のところ, のもう, の上流, の下手, の南, の外, の川上, の感じ, の材料, の樣子, の渡り賃, の畔, の番人, の邊, はおお, はかからない, はこれ, はどんな, はまだ, はまっすぐ, はやや, は不思議, は両端近く, は凄い, は壮麗, は妙, は幅三間位, は断橋, は斷橋, は残っ, は池, は渡らせない, は渡り切れねえ, は男, は痩せ, は非常, へ一人, ほどのもの, まで一所, まで五十町, も池, よりはじまる, よりもっと, をおもしろ, をわたる, をわたれ, を一緒, を利用, を境, を守り, を年中日, を幾度, を愛し, を浅草, を渡つた, を渡つたこと, を渡つたもの, を渡つて去年, を渡らせろ, を渡らない, を渡らなけれ, を渡らね, を渡りかけた, を渡りきらない, を渡るだろう, を渡るなら, を渡れた, を渡ろう, を眺める, を落とし, を行き戻り, を行っ, を越した, を通り, を通る, を通れる, を過ぎ, を里程, 渡らなきゃならぬか, 高さ一丈余

▼ この目的~ (172, 0.1%)

41 のため 15 を達する 5 に使用 3 に適う, を遂行, を達した, を達せ, を達成 2 に向かっ, に最も, は前もって, をもっ, を実現, を果す, を達し得ない

1 [82件] から彼, から我等, から私, がかなり, がとり, が世界, が最も, が特に, が達せられうる, が達せられない, が達せられるなら, こそ我, こそ課題, さえ達せられるなら, すなわち貧民, だけのため, でえぐり取られた, で即ち, で売られる, とは逆, と駈引か, なら十分, なるもの, にかなう, にかなっ, にかなわぬ, にとって便利, には公園, には方法, には足らない, には金星, に仕える, に叶う, に合致, に向っ, に当てざる, に必要, に応じ, に應, に比べれ, に特に, に用いた, に用いられなけれ, に貢献, に達する, に適, に集中, の下, の外, の根柢, の範囲, はこの, はほぼ, はもちろん, は徒労, は成功, は本質的, は決して単に, は私, は達せられない, をどうしても, をより, をよりよく, を一刹那, を以て, を以て教育, を以て既に, を充, を可, を忘れてた, を抱いた, を本位, を果さなけれ, を眼中, を逸脱, を遂げない, を達し, を達したい, を達しない, を達し得, を達すべき, 乃至想定

▼ この人生~ (168, 0.1%)

3 に於 2 と文学, なるもの, に, にあり, に存在, に対して露骨, の生活, を, を立派

1 [147件] から若い, から駆逐, が不滅, が彼, が片づけきれる, この地球, である, でさえもそんな, でどういう, でもとめあぐん, でマリア, で最も, というもの, という処, という愚か, といふ一字, といふ處, とは違つた別, とめっぱりこな気持, と交渉, と人間, と別れるなら, と歴史, と芸術, にある, にお, において今夜カフェ, において単純率直, において合理的, において空虚, において美しい, において自分たち, におけるある, における天国, における座, における最も, にちよ, についての考え方, にとって畢竟, にない, にはありません, にはね, には實, にむけ, にもし, にもっと, にもシャレた, に一文, に何, に共通, に取残される, に向っ, に向った, に寄与, に対してさまざま, に対して強い, に対して殆ど, に対して誠実げ, に対する愛, に抱い, に持っ, に揉まれる, に日本, に明らか, に明日, に最も, に求める, に無限, に生き, に生まれ, に発言, に真摯, に真理, に私たち, に立ち, に築きあげ, に自分たち, に解決, に選択, に重大, に附加, の, のあるあり, のいや, のこと, の上, の中, の人間性, の前面, の動きかた, の危機, の只中, の姿, の小遣銭, の徒爾, の戦ひ, の損, の断片, の最大, の根本義, の氷河, の準備期, の生, の発展, の航海, の良き, の行路, の譬喩, の逆風, の重大, の重大面, はいかに, はその, は万朶, は実際, は寂しく, は常に, は平和, は確, へのいた, への不満, への愛, や宇宙, をお, をとらえよう, をりっぱ, を全う, を可能, を如何せん, を居心地, を愛し, を愛す, を愛する, を感ずる, を戦っ, を楽しむ, を横切つ, を歩み出した, を清潔, を生き生き, を知る, を私, を絶望, を見直したかつた, を進みましょう, を金テコ, 及び自然

▼ この運動~ (168, 0.1%)

5 に参加 3 が他 2 がそれ, の諸, は他, は精神, をし, を徹底

1 [148件] からこの, から手, から来る, から身, が, がアメリカ, が中途半端, が十幾年ぶり, が右翼小児病, が従来, が盛, が盛ん, が直ちに, が起つ, こそ今, だけでも実に, とこの, とはリー, と方向, にはもとより, には大本教, には階級性, にも一定, によって他, によって止揚者, によつて, に乗り出す, に依っ, に出, に反対, に取り残された, に各, に奔走, に対応, に巻き込まれ, に援助, に於, に眞實, に結びつくべき, に見切り, に際して実在, のあらわれ, のこの, のトップ, の一環, の中, の主力, の主導的, の主眼目, の優れたる, の具体化, の分析, の初期, の制動機, の前, の効果, の動機, の合間, の国際的連帯, の実践, の尖端, の弁証法的, の影響, の必然性, の意義, の感覚, の方面, の明確, の最も, の本来, の狭隘さ, の現代風, の目的, の経過, の背後, の輪郭, の週刊雑誌, の重要, の闘士, はあくまで, はいつも, はそして, はその, はそれ以後, はつねに, はポルトガル人, は一時, は人々, は今後, は何, は併, は十四世紀, は単純, は四六年一月, は国民精神, は大正八年, は学生, は官権, は当面, は必然的, は愛, は打ち切った, は最も, は有効, は東洋思想, は決して, は物質, は磁針, は科学者, は終戰後極端, は表面, は近来, は遂に, は運動, もまた, も亦, をする, をつづける, をば之, をまとめる, を中止, を二つ, を俊敏, を名づけ, を宗教問題, を導く, を指導, を断片的, を水筒中, を消滅, を減殺, を測定, を為す, を熱心, を直ちに, を確証, を称し, を終え, を経験界, を継続, を続けよう, を緩和, を要素, を見失っ, を起す, を進めよう, を進める, 乃至変化

▼ このくらいの~ (166, 0.1%)

16 ことは 8 ことで, 事は 4 ことに 3 ことが, ことを 2 事で, 変遷は, 芸事が, 酒で

1 [116件] お金な, きわどい芸当, ことしか, ことなら, こと痛い, ところ, ところで, ところなら, ところに, ところは, ところわたしだって, なまぬるさ, はらいせは, まるい石, ものだった, ものである, ものであろう, ものに, ものは, ものを, アヤは, ロマンチックな, 事が, 事なら, 事を, 事をと, 人数が, 仕事を, 仕打ちは, 仕置きは, 余裕は, 侮辱は, 傷で, 働きは, 像を, 内輪に, 円さ, 刀や, 刀を, 分量で, 別嬪なら喜ぶであろう, 努力で, 大きさの, 大きな貴石, 大渦巻, 大艦に, 天罰は, 女なら, 奴に, 威嚇で, 定義を, 実験で, 宿屋を, 屈辱には, 山道は, 差で, 年配に, 年配の, 年頃の, 弁当を, 恐ろしさ, 恥を, 悪口では, 愉快は, 所であろう, 所を, 手を, 才能を, 技巧の, 振合いを, 教育は, 敬意を, 旅は, 暑さ, 暑で, 本は, 歌でも, 歌は, 歌を, 正直さ加減は, 決心であったらしい, 海が, 濃さ加減, 理窟は, 瑞兆が, 用意あっ, 用意あった, 男は, 番組が, 眼付は, 秘密の, 秘訣は, 程度なら, 程度に, 縁頭や, 美人は, 芸術が, 苦労で, 苦労を, 草原を, 落語家が, 見識を, 話で, 誤謬は, 説明に, 貫禄の, 贅沢は, 距離を, 途は, 道理の, 遠さ, 難事件には, 額が, 風流が, 騒ぎだ, 高音に

▼ この~ (165, 0.1%)

17 で見 14 で見た 8 の前 5 に見えぬ 3 でみ 2 でぢ, で見る, の働き, の外, の裏づけ, は常に

1 [106件] から鼻, が, がどうか, がねのところ, がめがね, がポン, が僻目, が光ったら逃がさねえ, が描けない, が気に入った, が物, が見えなくなっ, が見る, が許さん, が阿, が黒い, こそ本当, であの, でたしかに, でちゃんと, でみつけた, でやわらげられ, でシカ, でシンドバッド, で二人, で何, で太守, で実地, で手近, で日本, で沢山, で男, で眺めたら, で確, で確実, で見えねえ, で見てた, で見てる, で見なかった, で見なく, で見ました, で見られなかった, で見られなかつた, で見られよう, で調べ, で陳列室, というやつ, と眉, と鼻, には似ず, には左右, には見えぬ, にみえ, に浮ぶ, に狂いはござりませぬ, に立つ, に見たら, に見る, に触れた, のいたみ, のうち, のきかない, のくらんだ, のつぶれた, のまえ, の上, の光り, の周囲, の大きい, の幻, の恰好, の疎い, の痛み, の盲, の色, の芸, の観る, の角度, の調子, はなん, はまず, は昔, は正面, は浮目, もみんなあなた, をごらん, をし, をすっかり, をつかんだ, をとられ, をなおし, をほそめ, をみい, をもっ, を光らし, を六ツ, を放し, を見, を見える, を見ろ, を通して何事, 醒しい大, 醒しい風景, 醒ましい大, 障を, 馴れない景色

▼ この有様~ (164, 0.1%)

28 を見 96 であるから, を見る 5 です 4 を見た 3 となった, なので, は, を眺め 2 だから, である, なの, をどう, を眺める, を見れ

1 [82件] がつづけ, さ, じゃあねえ, じゃ何とも, じゃ所詮, だと, で, であった, でいつ, でござる, でした, ですから, ですからね, ですもの, ではなんと, ではなんびと, ではやがて, では国, では手, では日中, では明日, では火星, では独立, では目ざす, では誠に, では鳥合ヶ原, でもお, でヘエ, で何, で呻, で御, で悲観, といい, なん, におびえた, にした, にはまつたく, には私, に仰天, に全く, に吃驚, に怒髪天, に息, に意外, に眼, に耐えられなくなった, に諸行無常生者必滅, に近づき得る, に驚い, のうち, の中, はどうも, はよく, は何, は何事, は君, は珍しく, は遺憾, よ, をお, をびっくり, をみ, をみる, を一, を一瞥, を俯瞰, を告げたら, を大変面白, を夫, を家畜, を密, を少し, を工合, を心配, を想像, を月, を牛丸少年, を空, を荒尾譲介, を見たら, を見まもっ, を見守つ

▼ この計画~ (164, 0.1%)

8 を実行

2 [13件] が実現, が成功, に荷担, のため, の中, の区域, の実行, はまったく, は中止, は早速, を思い立つ, を洩らしやす, を遂行

1 [130件] があったれ, がうまく, がどこ, がもし, が並, が例, が図, が失敗, が完成, が父自身, が発表, が結果, が金銭上, だけでも征服者, で若返った, で苦しんだ, といいます, にかかっ, にしたがう, について私達婦人, について繰返し繰返し, にはひっかかる, には或は, には絶対, にもあずかった, によって新しく, によって殺される, による, にエセックス, に一頓挫, に乗, に加はつ, に加わっ, に反対, に合致, に含まれ, に対してはもし, に心, に必要, に破綻, に自信, に追随, に飛び込んだ, に驚いた, の一部, の下, の全, の内, の可能性, の外貌, の実際, の必要性自身, の意味, の決定, の発端, の能, の花形ボルダー, の責任者, は, はあまり, はおそらく, はかなり図, はけっして, はしばしば, はすぐ, はすっかり, はたちまち, はちょっと, はなかなか, はひどく, はまんまと, はゆめ, はウォルシンガム, はピック, は中途, は九分通り成功, は今日, は到頭, は単に, は吉川公, は外港, は大, は大きい, は失敗, は実行, は已に, は彼, は後, は意外, は愛する, は成功, は数年来, は明智探偵, は暴露, は本国, は松平武蔵守, は案外, は深刻, は立派, は結局着手, は腰折れ, は見事, は非常, へ手, も亦, も悪天候, も神, をたてた, をなしとげよう, をやめ, をやり通し, を企てたる, を伝へ, を促進, を再び, を冷笑, を家, を思, を書い, を果たそう, を棄てたら, を母, を父, を発表, を立てた, を立てる, を終り, を聞い, を言い聞かせる, を迎えた

▼ このもの~ (163, 0.1%)

6 によつて 3 は彼

2 [19件] から次に, がまた, が我々, が種々, と有利, にそれ自身, について眞, について真, について肯定, に同意, に属する, に屬, に於, のため, の第, はいまし, はそれら, は私, は第

1 [116件] いふ, いわぬは, いわぬ謙虚, がいや, がこの, がそれ, が判断, が各人, が單, が實際, が形成, が既に, が本来, が神学, が神學, こそが進歩的, こそ今後, こそ最も, と共にこの, と雖, どもうらみ侍らん, ども取り調べ, にすべて, にとつて, にのみ固有, によつて根本的, に凡て, に向っ, に喚び起され, に奇異, に生きる, に見, に通ずる, のいった, のいと, のわからぬ, の人, の内容, の口きき, の奇質, の媒介, の形式的論理, の後, の意義, の所為, の政治, の本性, の為, の生国, の發展, の目標, の知的性質, の結合, の観念, の觀念, はいは, はその, はた, はただちに, はたとい, はどこ, はまったく, はまつたく, はもちろん, はプラトン, はリア, は一般, は人間, は体積, は何處, は先驗的, は勿論, は厳密, は取り, は嚴密, は外的機能, は大, は彫刻絵画, は放射能塵, は新興市民階級, は既に, は既にあまりに, は本体論的, は本来的, は本質化作用, は片付く, は現実そのもの, は生, は経験, は結局娯楽, は結局娯樂, は考えれ, は行動, は誰, は超越的意味, またモーデナ, もまた, も前者, わかりよ, わが血筋, をお召, をさらに真にさらに, を山女, を更に, を構成, を綴り合わせ, を造りおけり, 全く世の常, 凄い山道, 凄い有様, 凄い虞, 凄い静寂, 凄い風の音, 寂しい室, 思わしげ, 果して売

▼ この~ (163, 0.1%)

6 と子 3 と娘, の言葉 2 からの便り, が不承知, が許しません, との間, の乳, の前, の気持, はただ, 思へば

1 [133件] が, がききませぬ, がこんなに, がその, がわる, がゐる, が人出入り, が側, が出入り, が叱られました, が年甲斐, が心配, が手, が新田殿, が杉子, が私, が膝, が長岡家, こそ女権論者, この妻, であった, であったの, では, とこの, とていとう心, とて万一, と妻, と父, と自分, などはまだ, などは岩屋, なる男性, に, にある, にし, にだけいっ, にちがい, にちょっと, には甥, にも信じられませぬ, により逸早く, に一人, に似, に免じ, に孝行, に比し, に盗賊, に育てられ, に酌, に限らず, のこの, のそば, のため, のもの, のやう, のわたし, の他, の再縁先, の冒険, の力, の呟き, の墓碑, の姪, の子, の家, の年, の後姿, の愛, の慈愛, の態度, の時代, の歎, の特質, の甥, の眼, の精神, の美しく, の老, の耳, の胎, の胎内, の腹, の衣, の裡, の許, の難儀, の驚く, は, はこの, はころ, はそれ, はどこ, はなんと, は下, は何とも, は元々, は同時に, は告げん, は多く, は家族中, は年, は怜悧, は思わず, は悲しゅう, は慧鶴, は朝, は父, は疾, は療治, は百姓, は私, は終に, は身, へは優しく, ほども年上, もいおう, もうれしい, もそう, も世間, も以前, も共に, も恨み, をこれ以上, をも何もの, をも共に, を力づけた, を大切, を措い, を残し, を殺す, を見, を身代り, 共々争い

▼ この状態~ (160, 0.1%)

4 になる 3 が長く, のまま, を脱却 2 がどう, が続いた, で暮し, で約, の変化, の鋭敏さ, を打開

1 [133件] から, から一歩, から救, から救われたい, から新劇, がこの, がついに, がなん, がまた, が一時間, が一般, が十年後, が半年, が嵩ずる, が撮影, が時として, が更に, が根本的, が民主主義文学運動, が永びくよう, が私, が自分, こそ凡, じゃいない, すなわち交換, ぞ, であったに, であったの, である, であるから, でいなけれ, でだいぶ, でどんどん, ではその, ではとその, では何時, では水蒸気, では特に, で判断, で摂氏マイナス五度, で支配者, で新, で本国, で逼塞, なの, にいる, においてあらわれた, においては企業者, において民衆, にかかる, にとどまるであろう, に入った, に入る, に対してわたしたち, に対する意識的, に対する最も, に思い当っ, に気, に気がつい, に達し, のほう, の中, の助長, の徴候, はあまりに, はいつ, はおそらく, はこれ, はその, はついに, はどうしても, はなお, はなんらかの, はまだ, はもう, はやはり, はエトナ式, は一変, は一時性, は一見, は交換, は今日, は何, は何度戦場, は保ちえられる, は同じ, は吾, は多少, は大して, は実は, は当分, は心, は最近, は極端, は永く, は決して, は私, は私ども, は稀少性, は長く, も長く, を, をみ, を一変, を一年, を予感, を以下, を保った, を保存, を充分, を具体的, を出でざりし, を君, を大人しく, を察知, を感受, を招いた, を持續, を推し進め, を最もよく, を根本的, を歎, を正常, を毎日, を沈める, を特別考慮, を甚だしく, を眺め, を竹藪, を精神転換, を続け, を自然, を説明

▼ この~ (159, 0.0%)

6 三日は 5 つの, 名の, 名は 3 名が, 説は 2 の手, 岸の, 方面から, 種の, 管領との, 系統の

1 [120件] の情, の者, の腿, デカダンが, 三句は, 三年お尋ねの, 三年が, 三年の, 三年は, 三年個人と, 三年已来再び, 三年市ヶ谷監獄署後の, 三年来の, 三年間と, 三日の, 三日まるで, 三日中の, 三日処置に, 三日職務上他行し, 中尉の, 主義が, 事件に際しての, 作品には, 作家の, 作家は, 先生に対しては, 先生の, 剣の, 区を, 口を, 句の, 句を, 名だけに, 名に対しては, 名も, 名を, 名僧初対面である, 名優の, 名家の, 名有志一同に, 品は, 回を, 図を, 国境山脈は, 地に, 地には, 大家は, 大通りを, 太郎右衛門が, 女は, 女史は, 委員会の, 室の, 害悪は, 家老は, 将に, 展覧会が, 属の, 山脈から, 山脈の, 山脈は, 州の, 州を, 巨人を, 巨漢は, 巨頭を, 式は, 心友の, 思想の, 探偵は, 方面における, 方面を, 時代の, 時期の, 書は, 期の, 条件を, 樹の, 樹は, 武器に対して, 武器は, 武将は, 民族の, 湖が, 湖について, 漫画は, 王の, 眼で, 眼の, 神が, 種を, 等は, 箇が, 箇の, 節の, 篇における, 老を, 脇士の, 腕が, 菩薩の, 著書に, 藩が, 藩を, 袖は, 詩形の, 語は, 語を, 説の, 説を, 資格は, 軍を, 郡を, 部隊長の, 都の, 都市で, 長老の, 隊は, 階級の, 難民区に, 駅の

▼ この二三日~ (158, 0.0%)

4 というもの 3 のこと

2 [14件] でほんとう, のうち, のよう, の潮時, の間, はなんにも, はめっきり, はわけて, は又, は枕, は馬鹿, ひどい風, 何かと気, 見えないよう

1 [123件] あの親娘, えらい忙しそう, おめ, お石舟, お粂, お鶴, がさかり, が過ぎれ, こっそりと, ことにあきらか, すこし子供, すこし気分, ずっと南, そのため, それとなく拝見, だけ仕事, だってこと, だつてこと, ちつとも, ちょいと, である, ですっかり, でもやめたら, で処分, とりわけても, どうした, どうしてこうポカ, どうもあの, どうもおかしい, なにか考えてる, なまあたたかい天気, なんだかぼんやり, なんだか少しジレ, にこの, にのっそり, に事, に迫っ, に迫つて, のあいだ, の中, の喫烟, の天気癖, の容体, の寂し, の春めいた, の晩, の暑, の灰色, の疲れ, の睡, の睡眠不足, の私, の空気, はあんまり, はおれ, はさしかかった, はすこしも, はちょうど, はちょっとした, はどういう, はびしやびしやと霙, はめずらしい, はろくな, は丁度盛り, は今, は仕事, は休ん, は余, は元気, は冴え返りました, は別に, は取り, は各, は夜床, は少し, は幾分, は御用, は来る, は機嫌, は武蔵, は毎晩春松, は浜, は蒸し, は薄ら寒い, は賑, は靜, は頭, は風邪気味, は黒焼屋, は鼻, ぱったり止まった, ひどくしょげ返っ, ひどく煩, ひどく疳, またスモッグ, また身体, まるきり見えねえ, まるで顔, やっとすこし落ち着い, やっと冬, ややともすると眼, よほどの, ろくに寝てない, を安全, 入浸りに, 夜な夜な出歩き, 夢みが, 実になる, 少し仕事, 急角度, 悪くってね, 持って, 暑さ, 暖かい上天気, 本当にぼんやり, 来なかったよう, 来る人, 汚な, 漸く五月心地, 物思わしげに, 眠ったよう, 続けて, 考へ事

▼ この場所~ (158, 0.0%)

2 が, が好き, に立っ

1 [152件] からスミス, から呪, から家, から立ち去る, から立ち去ろう, がこわく, がつくづく, がどこ, が一番初め, が世界, が分らない, が初め, が地上, が日本鉄道隅田川線荷物列車踏切, が柴田勝家じだんだ, が選ばれた, が霊感, こそは命, じゃあせいぜい, だが, だけで, で, であった, であるという, でこれ, でした, ですから, ですごした, ですばらしい, ではこんな, ではすでに, ではまるで, では僧, では非常, でまた, でミイラ, でラマ, で丸腰, で今, で小さい, で弁当, で待ちたい, で服用, で残忍, で白日, で私, で隠元豆, というの, にあっ, にある, にいる, におい, におられぬ, にこの, にじっと, にそぐわない, にはいまだになにか, にはもったいない, にはゐなかつた, には多田, にまいった, にまで私, に互に, に向っ, に坐らされ, に埋めた, に居なかった, に居る, に彼女, に暫く, に書く, に来, に止まりました, に相応しく, に私, に移された, に立ちたる, に立ちもどり, に腰, に行っ, に設けられてた, に足, に近, に青春, に魔法, のあり, のある, のまんなか, の小径, の感覚, の本質, の条件, の権利, の眺望, の祟り, の靜かさ, の驚く, はあんたがた, はずいぶん, はその, はねる, は事務室, は二百年以上, は人, は他, は何, は何ん, は僅か, は割合, は勿論, は土曜日, は少し, は明瞭, は樹, は現在, は看守, は近年, は青森県, へいらし, へこんな, へただ, へとどけ, へもどっ, へ新, へ牛車一台, へ立, へ立寄った, へ金吾, まで持ち続け, も, も松兵衛, を, をさがす, を全く, を動かなかった, を動く, を取りまく, を思いつい, を手, を択ん, を指定, を支那軍, を照らしだし, を立退かね, を絶海, を覚え, を逃げだす, を選ぶ, を選んだ, を離れ, 及び前, 或はさ

▼ この~ (158, 0.0%)

6 を聞く 4 を聞いた 3 をきい

2 [14件] が好き, だった, とこの, と煙, なん, にひやりと, のため, もない, をきいた, をきく, を真似る, を聞い, を聞かされ, を聞け

1 [117件] あのかげ, いろが, か, からつるはし, からのがれる, から起る, があいず, があまり, がきこえる, がここ, がながれ出た, がひびきわたりました, が亦, が伝わっ, が何処, が嗜, が平安朝, が心臓, が気, が気に入っ, が津波, が絶える, が耳, が致します, こそ争えない, こそ夫, たまらないわね, だ, だけはいつも, である, でアラジン, で初めて, で夕陽新聞雑報記者古市加十, で夢, で女神, で眼, で私, というもの, という風, とその, と光, と形, にかけおり, にききほれる, につれ, には勿論, にや驚き, に交つて, に元気, に怪物, に耳, に脅, に脅かされ, に驚かされない, のおくれ, のした, のつきつめ, のない, のなか, のほう, のイワレ, の不思議, の仏蘭西語, の弛張, の流れ, の発する, の知らせ, の記号, の調, の起る, の醸し出す, の響き, の響きひとつ, の響く, は, はあの, はいっそう, はこれ, はその後, はだんだん, はなん, はひどく, はみんな, は今日, は前, は卑下, は同, は同じ, は妙, は彼, は校舎, は盲目, は私, は私自身, は背後, は腸, は骸骨, ばかりが響き渡る, もやん, も同, も無く, も聞こえなかった, をききつけ, をききつけた, をたより, をはるか, を写した, を変化, を発する, を知らないで, を耳, を聞かなかったら, を聞きつける, を聴い, を退治, を遠く, を院

▼ この恐ろしい~ (157, 0.0%)

4 事実を 3 光景を 2 事件の, 出来事を, 想像の, 精神病院を, 結果に, 話を, 護法の

1 [136件] ことの, ことばが, しかし不思議, ばけものども, ほど透明, やつと, スッパ抜きは, 一致に, 下手人を, 不思議な, 世の中で, 世の中には, 世間という, 世間に, 事が, 事件について, 事実の, 事實を, 事實即ち, 事情の, 企の, 作者は, 偶一致には, 光景が, 冒涜行為が, 凶行の, 凶行は, 出来事が, 刑罰の, 単調な, 吸引力の, 呪の, 問ひ, 器械群だ, 因果噺は, 場所の, 場所を, 墓地に, 夜を, 学術の, 学課とも, 室へ, 崩壊は, 巨き, 引力の, 張りつめた心, 強敵に, 弾奏を, 形容詞が, 影の, 役目を, 御託宣を, 怪事件の, 怪人二十面相だった, 怪物の, 恐怖と, 悲惨な, 惨劇について, 慘劇には, 手籠の, 手紙を, 敵の, 敵は, 日の, 暴風の, 暴風雨の, 有様を, 木に, 歓喜を, 殺人を, 殺人罪を, 殺意の, 母性の, 母親そっくり, 毒焔の, 活動写真という, 混沌の, 溝を, 漏斗の, 演奏と, 激動から, 災厄を, 災難を, 物を, 物語りの, 物音が, 犬神の, 犯行を, 獣どもは, 獣は, 現実に, 生命の, 男の, 男は, 疑ひから免れて, 疑問は, 疑問を, 疑惑を, 病気は, 病気を, 目に, 盲目な, 矛盾の, 確信が, 科学実験の, 秘密を, 突発的の, 素人探偵は, 結論に, 纐纈を, 老人グルックに, 考えに, 考へが, 脱走計画に, 臭気は, 苦悶の, 行為を, 街の, 角度の, 言葉と, 計画を, 証拠を, 誘惑の, 質物を, 近代戦に, 醜悪の, 陥没を, 隣人たちを, 難問を, 難題に, 雲を, 雲鶴青磁を, 青江の, 頑固と, 鬼の, 魔術の

▼ この記事~ (156, 0.0%)

10 を読んだ 9 を読ん 4 を見 3 による, を見た 2 が出, が出る, に疑惑, の内容, の筆者, の読者, は支那人, を一読

1 [111件] からも窺われる如く, からプロレタリア, から飜, がそうした, がその, がなに, がもと, が事実, が写真入り, が動機, が夕刊, が或, が東京朝日新聞, が流布本, が縁, じゃアここ, だという, でうずめる, でも分る, で充満, で大, で窺われた, と写真, などは実話, におどろい, にくさっ, について家内, には多く, には年月, には神殿, によれ, に何, に少し, に従え, に拠った, に拠る, のおかげ, の上, の中, の價値, の始め, の存在, の小心, の日本将校, の材料, の終り, の調子, の謄写, の通り, は, はあまり, はそれ, はたしかに, はどう, はソノ, は今, は何となく, は前, は尊重, は必ずしも, は拝見, は明治三年, は決して, は特に, は翌日, は軽率, は適切, は長, ほど時宜, もまったく, もファラデー, も亦, やや了解, より二年前明治四十二年十一月, をのせ, をみる, をよん, を事実, を作る, を写真入り, を取り, を受けもった, を基礎, を基調, を夕刊, を如何程, を年代錯誤, を忌み嫌われる, を掲げ, を掲載, を敷衍, を新聞, を書いた, を書かせる, を書く, を根據, を殘, を消し, を熱心, を発見, を研究, を種, を終る, を見せられた, を見る, を読み過したであろう, を載せ, を載せた, を載録, を適当, を雪姉ちゃん

▼ この~ (156, 0.0%)

9 の中 4 の主人, へ来た 3 へ帰っ, を出 2 に監禁, の前, の天井裏, へ来

1 [125件] からずらかった, からブッ, から外, から居なくなった, から忍び音, から搬び, から船, から退去, から逃がし, がこんな, が江戸攪乱, が獄舎, じゃありません, だけでなく, でどんな, ではかなり, では奴婢, では家族, でもかつて, でも男ぎれ, で仕事, で働き, で奇怪, で曾, にいたい, における人目, における現実, における風間光枝, にはいない, にはいなくなった, にはふつう, にはみょう, にはドクトル, には勿論, には十七万磅, には大砲, には当月, には秤, にやってきよりました, にペンペン草, に似ず古び, に住み込み, に出入, に土龍, に奇寓, に奉公, に居, に居た, に居合わせた, に居堪れず, に憑物, に来た, に私, に美しい, のため, のまわり, の下女, の不思議, の中六カ所, の主, の主人玉屋総一郎, の主人鶴, の主権者, の内, の外, の屋根瓦, の庭, の庭園, の掟, の旦那様, の最上, の構内, の現在, の裏門, の門前, の門外, の階下, の雇人, の馬丁, は, はまだ, は南堀, は士族屋敷, は女三, は少し, は手品師, は昔アンブルメディ, は総理, は見る, は邪教, は非常, へお, へおかえり, へお立ち寄り, へかけつけた, へはいっ, へは訪れ, へ入っ, へ入った, へ入りこもう, へ到着, へ同行, へ持っ, へ着いた, へ着きまし, へ訪ね, へ酒気, まで届け, もこの, も持ちきれなくなった, をたった今, を乗っとられ, を伊沢鉄三郎, を出れ, を包む, を去らせ, を暇乞い, を留守, を立ち出で, を見張っ, を踏倒そう, を退きます, を逃げ出す, を開い, を離れた

▼ この~ (155, 0.0%)

5 の言葉 3 だ, のため 2 が自分, に極められる, に逢つた, の口, の名, の忙し, はからだ, は今, もなかなか, を甘く

1 [124件] がおる, が一生, が三吉, が二三日借用, が二十七, が代っ, が力, が後に, が怖い, が決断, が誰, が郷里, が鼻じろむ, ご自身, だけは居る, というの, といふの, とこの, と妹, と家庭, と対, と弟, なる人, にさら, にその, にとって我儘, にとって最大, には自分たち, にもまさる, にも黙っ, に何, に対してありふれた, に成り代っ, に連れられ, のかお, のくるしみ, のこと, のみ余命, の一ばん, の二番目, の出, の前, の力, の命令, の嘆き, の家, の居る, の屋敷, の得意, の心持, の志, の手, の手許, の方, の歌そのもの, の現, の生れた, の直接関係, の神, の立場, の言う, の許諾, の身体, の辛, の非常, の飯, は, はあまり, はそちたち夫婦, はそんなに, はちっとも, はとうとう, はないかにも, はなくなる, はみんな, はもう, はや, はわがままもの, は一平民, は以前, は充実, は先ず, は冗談, は可, は大, は座, は彫刻, は彼, は新規, は無念, は煙草, は病死, は短い, は編輯長, は美術学校, は自分, は若い, は谷崎潤一郎, は長ずる, は非常, へ深く, までを悪党仲間, もおる, も何となく, も共に, も刀, も心, やもったいなく, や千浪殿, や友達, や同族, や母, をおよそ, をさしおい, をもう, を二階, を叛逆者, を庇, を庇う, を押し傾けよう, を殺す, を見, を見忘れ, を見舞

▼ この~ (155, 0.0%)

22 の中 3 から出, の奥, の底, は少し, を埋める 2 のそ, の向こう, はどこ, は長崎屋, をどう, を掘った

1 [106件] か, からさしこむ, からどう, からのぞい, からはとても, から中, から先, から入っ, から入りこみゃしない, から右, から水, から浮世, から虫, から飛び出る, があの世, がなかっ, がなかなか, が何, が百六十八尋以上, だ, だよ, ですね, で地中, にあてれ, にいっぱい, にずっと, にはいっ, には瓶, には空気, にほうり込ん, に一匹, に入った, に入り, に平和, に引つ, に手首, に耳, のあいた, のへん, のまわり, の上, の下, の入り口, の入口, の出口, の口, の外, の天井, の存在, の縁, の開け, はあの, はある, はおく, はきっと, はこの, はこんなに, はしばらく, はだんだん, はどう, はふだん, はまっすぐ, は何ん, は加十, は十二年, は地獄, は外, は宝庫, は横, は空虚, は解らない, は部屋, へおちる, へはいっ, へは入るまい, へ女, へ流れ, へ落ちこん, へ落ちこんだ, へ落ち込む, へ転げ落ちた, ぼこ, ぼこから, まで掘りつなげ, をおさへ, をかくし, をふさぐ, をウエンルパロ, を出る, を埋め, を塞ぐ, を大きく, を実見, を彷, を抜け出したら, を掘りさげ, を掘ろう, を探っ, を故意, を紹介, を見, を見た, を逆, を通して盃, を飛びこそう, ん中

▼ この人物~ (154, 0.0%)

2 である, の外貌, は, を

1 [146件] がこの, がし, がゐる, がチェーホフ, がテレフォース, が一, が人間, が何, が何物, が同心, が名古屋城下, が四十, が四十年, が学問, が将棋, が尖つた, が相手, が破邪検非, が自己, こそ, こそ目明し, だけがとくに, だけにいっそ, だったという, であったればこそ, です, ではあるまい, とはたった, とふとした, にお前, にかう, にきめ, にこういう, について若干, には, にはげしい, には兜, にますます, に傾倒, に出来る, に対しては露骨, に対する信頼, に対する奇怪, に対する好奇心, に扮する, に書生, に親睦, のうち, のこういう, のこの, のする, のなか, のやった, のアリバイ, の不思議, の何故, の名前, の妙, の存在, の密告, の底, の心, の心事, の心理, の悪徳的活動範囲, の手, の才能, の担っ, の持味, の正面向き, の油絵, の特性, の生命, の秘密書類, の職業身分, の肚, の膝, の謎, の長所, の頼母, の顔, の類, の食えない, はお, はこの, はその, はそれ, はちゃんと, はちよ, はまた, はゆっくり, はトガキ, は一個, は仏国大使館員, は何者, は依然, は保証, は元来, は兄, は刈谷老人, は坊主, は大正十一年, は宿六, は幸, は度胸, は彼, は御嶽冠者, は意外, は所用, は普通, は東, は牧野信一, は自分たち, は自分自身, は蚤, は衣裳さ, は親父, は身, は途方, は非常, は面白い, ばかりであろう, へ行くべき, ほどどこ, まぎれも, まだ若い, もかく, もたしかに, より文明, をとり囲ん, を以つて学士, を偶然ぼく, を創造, を加えた, を咏題, を大分奇妙, を好み, を描い, を新来, を碁会所, を突止め, を自分ら, を表現, を見込み, を買いかぶった, を鑑定

▼ この~ (154, 0.0%)

4 の前, の美し 3 を拝, を見 2 が貞観時代, にはその, りが, を白鳳, を見た

1 [130件] から頭部, がいつ, がこんなに, がそんな, がわれわれ, が塑像, が天平時代, が朝鮮作, が木, が薬師三尊, が鏡, が飛鳥的, こそは泰西, こそ日本人固有, すでに多く, だけはその, ではベートーヴェン, では殆ど, といい, となった, なども詰らない遣り, に, には感心, には既に, には起居, には足, にひきつけられた, にも認められる, にも鎖され, に似る, に値, に偉大, に天平, に底力, に当, に現れ, に美し, に近づき, に関する伝説, に飛び懸り, のできた, のどこ, のどの, のまだ, のわき, の上, の下, の世にも, の中, の主要, の人, の仕上げ, の作られた, の値打, の円満特殊, の処置, の力強, の半, の右眼, の持つ, の新しい, の方, の本質的, の生成, の肉, の脚下, の豊満味, の足, の造型感覚, の面影, の顔, はそう, はそういう, はその, はそれ, はどこ, ははっきり, はほんとう, はまた, はわれわれ, はリリシズム, は三輪山, は世界, は人間, は今, は作られた, は只, は新しい, は昔専光寺, は木, は未曾有, は本来観音像, は横, は正, は永久, は漢人, は百済観音, は聖徳太子, は見事, は飛鳥, は飛鳥的, への讃嘆, ほどに成功, もなかなか, も今宵, も密教芸術, よりさほど古く, をながめた, をながめなおした, をほめる, を先駆, を凝視, を南梁様, を喜ばしめる, を堺, を天平, を天平仏, を天平時代, を実物, を得た, を描いた, を日本的特質, を研究, を紙, を置い, を見ました, を譲っ, を貞観時代, を造り, を造り上げた

▼ この両者~ (153, 0.0%)

7 の関係 6 の間 2 が同, の一致, は一つ, を区別, を比較

1 [130件] からすばらしく, があいまっ, がいかに, がかの, がこの, がなかつたら, が与えられなけれ, が交感, が全然, が共同, が別, が太平洋, が完全, が必要, が時に, が構成成分, が生涯, が融合, が議論, が類, さえ分れ, とはちがっ, とは特別, ともにその, とも個人, とも行き, と同様, にかけて右, にはそう, には根本的, によって天皇, に同じ, に対する尊敬, に接し, に於, に欠け, に相, に逢着, のいずれ, のバラバラ, の一, の一方, の中, の中間, の中間性, の争い, の人々, の代表作, の価値, の共同, の別, の効, の区別, の協同以外, の同盟二十余年間, の対比, の持合, の接触上, の接近, の比較, の爆発, の相, の相互作用, の相違, の社会階級的, の立脚, の統一, の綜合, の縫合線, の距離, の身体使用法, の類似点, は, はある, はいかに, はそれぞれ独自, はともに, はにわかに, はまことに, はもつれ合っ, はヘルツ, は一如, は一般的, は互いに, は互に, は全然, は共に, は其外見頗異, は分つべからざる, は勝負, は単なる, は同時に, は大変, は夫婦, は実は, は常に, は志願, は手早く, は日本アルプス, は日本的, は混同, は畢竟, は相, は禅, は空中, は等しく, は紙一重, は結局, をはじめ, を一貫, を交換, を今日人々, を兼ね備える, を制約, を前, を参照, を合せ考える, を同一視, を同時に, を圧倒, を実に, を密接, を性格的, を打っ, を活かす, を現存, を結びつけ, を結びつける, を結び付ける, を融合

▼ この~ (153, 0.0%)

3 のない, はそれ, を 2 がその, により, は何, は形, は極めて, は自ら, を用, を用い, を神

1 [126件] あたへる眞空, ある一瞥, ある発言, ある説我, ある身, がありあり, がひとりでに, がもう, がゆるむ, がゴーリキイ, が一国, が出た, が千日前, が國民ぜんたい, が彼, が欠ける, が正に, が活き活き, が漲っ, が続く, が衰えたら, が進化中, が野獣, こそまた, こそ俺自身, こそ科学的研究, このデモニッシュ, この力, この集合, でぐっと, で世界, で巧ん, で自己, と思し召さぬ, と暴力, と清きつめた, ない虚ろ, にはなん, によってその, によってゴーリキイ, によって人間, によって外, によれ, に抵抗, に結論, の上, の中, の使用, の充実, の前, の効果, の場, の威圧, の存在, の平均, の強い, の支配, の泉, の源, の為め, の相違, の研究, の競争, の美, の見えざる, の觸, の象徴, の陶酔, は, はその, はまぎれ, は世界, は人間, は人類全体, は今や, は他, は他日, は大きい, は大変, は恐ろしい, は時, は正しく, は歴史, は物体, は私, は軽く, は金錢上, もどこ, をかり, をこの, をつけ, をどう, をどうして, をねらっ, をますます, を以て己, を使用, を供せられる, を公衆, を原動力, を吾, を培養, を失っ, を失った, を彼, を応用, を惰力, を感じた, を感じないで, を撲滅, を本源的能力, を止める, を濫用, を無視, を発揮, を破らなけれ, を自ら, を要求, を見せびらかす, を認めた, を鍛え上げる, 又は物質力, 常に眠れ, 弱き腕, 無い表情, 諸天

▼ この辺り~ (153, 0.0%)

3 の風景 2 で, の空気, の道

1 [144件] あの食堂, からぐるぐる, からよほど, からボツ, から出た, から始, から私, か商金門, が法典ヶ原, だ, だし, だらうと, でさしも, ではちっとも, では八月, では十銭, では啼く, では屡々, では心づかれなかった, では珍しから, では自然, では見た, でも有力, でよかろ, で呼ばれ, で振り返っ, で暖, で葬っ, で話, とて油断, と聞い, なら, なりと思った, にうろつい, にただ一軒, にちがい, にて腰兵糧, にはあまり, にはついぞ, には女狐, には家, には御, には必ず, には樹, には水車場, には沢山, には珍, には篠谷, には蓼, には近来, に一人, に下屋敷, に参っ, に古道具買徘徊, に多い, に夜, に夜半徘徊, に幾つ, に御, に珍しい, に見た, のすでに, のすべて, の乱軍中, の事, の人, の信者, の原始的, の土人, の地形布陣, の地理, の天候, の屋敷, の山, の掃, の散, の料亭, の森, の橋, の津々浦々, の浦, の海, の渓村, の特殊, の筏, の者, の舟芸人, の高原, の麦刈, は, はこの, はまったく, はもっとも, は与力町, は人, は人家, は伊賀, は函館市街, は初夏, は千早, は屋敷町, は川幅, は平家, は昔, は暗く, は木立, は毎年河水氾濫, は浮田秀家様, は荒川西, は西北, は豊か, は近く, は郊外, は駈, は麻生, へかかつ, へひき移っ, へ叩き, まで六波羅, まで彷徨, まで手, まで敵, まで来, まで来た, まで梅花, まで畑, も, も知れ, も軍馬, も避難, をうろつい, をうろつく, をさまよっ, をもう一度, をウロツキ, を中心, を彷徨, を徘徊, を散歩, を材, を歩み, を油断, を能篠畑, 概して牧場

▼ この矛盾~ (152, 0.0%)

4 を止揚, を解く 3 のため, はどう, を解決 2 の止揚, の解決, はヘーゲル, は私, をどう, を感じた, を指し示した, を歴史的必然性, を融和

1 [117件] から来る, から生ずる, から神楽坂署, から脱, から逃れ, がかつて, がすでに, が一纏め, が博士, が無かっ, が現れた, が現在, が私, が腹立たしく, が醸す, さえなかっ, したところ, したやう, した両面, した二つ, した内容, した反対, した特色, せるしかれども, せる事実, とは俗, とは論理的規範, なる現象, について作家自身, には悩まされる, によってその, に充ちた, に基い, に堪えぬ, に対して手早い, に気がつかず, に気がつかなかった, に気が付いた, に氣, に泣きぬ, に苦しみ, のこっけいさ, のごとく見える, のひどい, の世界, の両面, の中間, の克服, の兼ね合い, の原因, の多い, の爲め, の瞬間, の統一, の綜合, の美, の表現, の追随者, はいつも, はおのずから, はしかし, はすでに, はどっち, ははなはだ, はまた, はようやく, は一体, は一体どう, は一波毎, は一見, は世論, は何とか, は再び, は前者, は双, は可能, は善い, は如何, は当時, は心理学者ども, は日ごと, は時, は更に, は本章, は残る, は決して, は生じ, は生活, は発生, は要するに, は間もなく, への注目, をある程度, をこそ人間的, をただ, を一つ, を克服, を冒し, を冒す, を切りぬける, を切り抜ける, を即座, を君, を大いに, を実地, を得意, を意識, を指摘, を敢えて, を根柢, を理解, を發見, を腹立たしく, を解きほごし, を訝, を避ける, を除かん

▼ この街道~ (152, 0.0%)

6 を通る 4 を通った 3 の世話, の空気, をお, を往来, を通行 2 にもあらわれ, に伝わっ, に活気, の真中, は今日, を歩い, を踏ん, を通り過ぎ

1 [111件] から脱, が三つ, が近道, が鍋づる形, つづきの, でそれら, での大, ではおれたち二人, ではめずらしい, では例年, では四月二十七日, では栗色, では江戸出府, でめずらしい, で刃傷, で彼, で見かけた, なの, にあらわれ, にてはまま, にて磔刑, にね, にはがんりき, には相応, にまであらわれ, にやって来る, に三度, に上っ, に伝わる, に働い, に働いた, に出, に初雪, に待ち受けた, に於, に添う, に生えた, に生まれ, に穏便, に結びつけ, に続い, に続いた, に群れ, に荷物, に起こっ, に迎えた, に迎えたかった, に迎える, に隠, のうつりかわり, のこと, のほか, のトラック連絡, の上, の先, の古風, の変遷, の巨, の最後, の橋袂, の盛衰, の神様, の華やか, の車夫, の輸送, の開通, の難儀, はこうして, はどう, は一層, は刻一刻, は江戸, は真っ直, は道, へは尾州家, へ打, へ折れた, へ来, へ現われた, や宿場, をちょッ, をどう, をどこ, をぶらぶら, を上り, を上下, を下っ, を中心, を丹波, を京, を今朝, を国栖, を奔走, を帰る, を往, を戻れ, を托鉢, を歩く, を浅野, を琵琶, を登っ, を行く, を踊り回った, を踏み出し, を通っ, を通り, を通りつけ, を通りませぬ, を進ん, を騒がす, 通したら他国

▼ この疑問~ (151, 0.0%)

5 を解く 3 に対して, に答える 2 が解決, である, の解決, は彼, を提出, を解決

1 [128件] から出発, がきざす, がこの, がすすん, がつよく, がまたまた, がまだ, がむくむく, が事, が俺, が先ず, が君自身, が新, が氷解, が決して, が結局理論的, が起っ, が遂に, さえ解けなかった, でさえ, と無関係, に, についてはそれ, につき十分の研究, には誰, に向, に奇妙, に対してなんら, に対しては吾人, に対しては警察医, に対してまず, に対してもっと, に対して全く, に対して私, に対して自分, に対して解決, に対する彼, に対する答, に対する答え, に対する答解, に対する組織的, に對, に惱, に格別深入り, に立ち, に答, に答え, に答えられる, に答え得る, に閉された, のある, のこけ, のなか, の中, の