青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こしらえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こうして~ こえ~ ~ここ ここ~ ここら~ ~こころ こころ~ ~こし こし~ ~こしらえ
こしらえ~
~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~

「こしらえ~」 1729, 17ppm, 6628位

▼ こしらえ~ (1249, 72.2%)

33 いた 22 それを 17 いる 13 いるの 11 おいて 10 あった, もらって 9 あって, ある, くれた, しまった, 持って, 来て 7 やった, 置いて 6 あったの, あるの, いるもの, そこに, やりました 5 いて, いるところ, もって, 待って 4 いたの, くれて, くれました, そこへ, その中, それに, どうする, やったの, やろうと

3 [27件] ありました, あります, あるん, いたが, いった, いるから, いるん, おかなければ, おく, おくれ, おく必要, おりました, ください, くれたの, くれと, しまったの, それが, みたり, やったり, やって, やる, やるが, やると, 川へ, 私の, 自分は, 貰ったの

2 [60件] あげます, あげよう, あげると, あるので, いたかも, いたよう, いたり, いたん, いた二, いた奇異, いましたが, います, いるが, いると, いるよう, いる処, いる細胞, おいたもの, おかあ, お前を, くれ, くれましたの, くれるはず, くんな, これを, しまうと, しまって, みた, みたいの, みても, もどって, やったもの, やろう, ゆきました, ゆくこと, 上げましょう, 下さい, 下さいました, 下すった, 今でも, 住んで, 出すと, 出た赤い, 呉れた, 嫁の, 彼の, 掏り換え, 来たの, 狼森と, 王子に, 神に, 舗を, 見せた, 見せました, 見たい, 見たが, 貰うの, 貰ったという, 酒の, 頂いたという

1 [778件 抜粋] あいつを, あげたいの, あげたく思った, あげたのに, あげたり, あげましょう, あげましょうね, あげますよ, あげますわ, あげるから, あったなわば, あったので, あった小豆粥, あった肥料, あなたがたに, あなたに, ありまして, ありませんから, あり居間, あるが, あるこれ, あるという, あるところ, あるね, あるらしいね, あるんかしら, ある室, ある物, ある金庫, ある鉢, いいか, いかせるの, いざ出立, いたから, いただきたいん, いただきましょうか, いたと, いたよ, いたら音, いた人たち, いた手, いた時, いた父さん, いた男の子, いつか押し, いないの, いました, いますかい, いよいよ十二月, いよいよ箱根八里, いらっしゃる, いらっしゃるところ, いるいろいろ, いるか, いるかも, いるつもり, いるという, いるな, いるに, いるひま, いるらしい, いる人, いる人々, いる凡庸, いる押し花, いる日本, いる服飾店, いる法律, いる石, いる私, いる者, いる薬, いる途中, いる騒ぎ, いる麦畑, うがいしました, おあがり, おいたの, おいたん, おいた吹流し, おいた抜け穴, おいた方, おおきになった, おかないで, おかなかったん, おかなくちゃ, おかなければと, おかねば, おきとうございます, おきましたよ, おくから, おくの, おくほう, おくれよ, おくわ, おけ, おさよさん, おめでとうと, おりますと, お万, お姫さまが, お嬢さま, お待ちしてた, お待ち申し, お松が, お民, お芋, お辞儀を, お送りします, かきまわして, かくし持って, がんを, きた, くださいました, くださらないでしょうか, くだされた難, くると, くれたから, くれたのに, くれたまえ, くれたり, くれたん, くれた塩, くれた守り袋, くれた真, くれた着物, くれた衣類, くれた頭, くれた黄色い, くれない老人, くれねえから, くれるだろうと, くれるちょっとした, くれるの, くれる人, くれろと, くれ水がめ, こ, この天井裏, この宝塚, この桟敷, この者, これまでは, ごらんなさい, さあ欲しい, さし出したもの, しまいました, しまうよう, しまうん, しまおうと, しまったのよ, しまったもの, すこぶる滑稽, すたすたと, すべての, すむ訳, ずらかったと, そうして理, そこで, そこでは, そしてこの, そのうえ横町, そのかき, そのそば, そのなか, その人たち, その割れ, その娘, その家, その火, その石井君, その身分, その顔, それおしめそれ着代えと, それから耕地, それから胸, それで天地四方, それで婦人画家, それには, それも, それらの, たべました, たべる皆, ちゃんと待ち受け, ちょいちょいした, でかでかと, できるだけあっちこっち, とぼとぼ附い, どうも私, どこへ, なにに, のがれ得させようとの, はまねこを, はまり込み売上げ, ふるえながら, ほうほう, まさに着物, まず前菜, まず手始め, また独木舟, まるで夜空, みせます, みせよう, みたいもん, みたけれど, みた結果, みなさんにも, みなひとりで, みる, みるの, みんなで, むちゅうになってるのをみてかなし, もたせて, もてなした, もらいたいン, もらいてえが, もらいました, もらうかな, もらった, もらった三人分, もらった竹, やったので, やったのに, やった寝床, やった石塔, やっても, やっと安心, やらずはじめ, やりその, やりましたもの, やりますこれ, やり寡婦, やること, やるぜ, やるなんて, やるばかり, やるもの, やるん, やれと, やろうかね, やろうじゃ, ゆく, ゆくため, ゆっくり見物, よんで, るれ, アザレエや, カフスの, クリストフに, ケタケタ笑った, ジョリクールを, ブラジルへ, ミミ族の, 一つの, 一と, 一家揃っ, 一日に, 七つか, 七十の, 三人の, 三人を, 三方折敷に, 上げたいと, 上げてるわけ, 上げようと, 上げるから, 上げる粥, 上へ, 上海に, 下さった藤づる, 下さる方, 下さッ, 下すって, 与えたとは, 与八の, 両方に, 丸ビルに, 二人で, 二人に, 云うこと, 五人の, 交代制で, 人形に, 仁科林之助の, 今度という, 仏さまに, 以後被害者は, 休めも, 伴れ, 何処へか, 使に, 傍に, 働く余暇, 先生と, 先生の, 公開いたします, 其処に, 再び柳原通り, 出したので, 出して, 出奔し, 出張させ, 出版した, 刀に, 前もって読者, 労働者を, 単身人眼を, 参じやした食, 参りとうございます, 取りかえれば, 可愛い子, 名づけの, 名前の, 否応なく, 呉れた水晶, 味な, 品川の, 唄い流行らして, 喋舌りだす, 喜ぶの, 四つの, 国旗を, 地蔵を, 塔の, 売りだしたの, 売りに, 売物, 外から, 外音の, 夜寒むに, 大いに努力, 大切の, 太平洋の, 夫婦向い合っ, 姐さまを, 孤芳という, 密林を, 富本を, 小さな虹, 小杯の, 屏風を, 差し上げますから, 差し上げよう, 帰ったが, 帰参の, 床へ, 店を, 引きしまって, 引取って, 形見の, 彼等仲間の, 往こうと, 待ちかまえて, 後生大事に, 御遣わしなされまし, 御飯を, 恩に, 息を, 成金共に, 戦争中毎日パァティを, 戸の, 所持し, 手で, 手鼻を, 持ち歩く興行師, 探偵を, 提げるよう, 文福茶がまの, 方々の, 旨そう, 是だけの, 時どき会おうで, 本物と, 村境まで, 来たる二時間, 来た周囲, 来た図面, 来た貯金, 来なくっては, 来るとは, 来るん, 林泉寺同様の, 某日山, 植民地に, 残して, 殿様の, 毎日の, 毎日乗りまわし, 毎月二度ずつ, 毬蹴, 水を, 氷の, 油断が, 海に, 深く埋め, 湯治場料理屋を, 滝に, 火種を, 無理押付け, 王様然, 玩具に, 生き返っても, 病院へ, 発送, 登場の, 百ものがたりを, 皆で, 盛りを, 直ぐに, 眠いという, 神田の, 私たちに, 突き出して, 精いっぱいやりました, 納めて, 織りあげたもの, 罪を, 置いたもの, 置いた火薬, 置いた秘密, 置かないと, 置きました, 置く, 置くから, 置くの, 置こう, 翌朝の, 耐えなければ, 背負って, 脱走しよう, 自ら手に, 自分に, 自分自身の, 船の, 葱が, 行きました, 行くうち, 行くだけの, 行った, 行ったの, 行手の, 衣裳を, 裂目を, 西陽の, 見せつけて, 見せて, 見たいという, 見ては, 見ましょう, 見ると, 親子を, 語りはじめたもの, 読者が, 貰った, 貰ったけど, 貰ったわね, 賞味した, 越後屋の, 載るという, 辻の, 近隣の, 送ったが, 送ります, 逃げやがったなと, 通りがかりの, 遊ぼうや, 遊んだり, 郁太郎の, 配ろうという, 針を, 銅の, 長さ, 阿母, 隠れて, 面白がっ, 頂いたと, 頂いたもの, 頂いたん, 頂いて, 頂戴, 顔じゅうを, 飛行機で, 食いまたは, 食うが, 食うだけ, 食べさせたいだろうから, 食べさせて, 食べさせるやくそく, 食べたこと, 食べる日, 食わすから, 食わぬと, 食料品を, 飯を, 飲んだり, 飽き足らず下の, 首を, 駅まで, 高級な, 魚の

▼ こしらえたり~ (68, 3.9%)

10 して 2 しなければ

1 [56件] ありとあらゆる方法, いろいろの, お三宝, お裁縫, お針を, かたちの, ここは, した, したの, したん, した上, した大きな, しては, しながら, しはじめた, しましたの, しまして, すると, その他, それを, なんかすりゃ, またどうか, または六つ, また夕方空, また蝋燭, やって, トンボや, 何かばっかり, 何に, 又菜食病院, 口あきを, 叫んだり, 器物を, 四十分ピクニックを, 好きな, 孤児院の, 家を, 富士山を, 座布団や, 廃し, 弓で, 往復の, 手に, 旅へ, 朕という, 棒を, 正式の, 沈殿した, 湯滝を, 牛や, 菓子を, 蜜柑水を, 買い歩いたり, 逆行し, 雪合戦を, 馬鈴薯を

▼ こしらえもの~ (42, 2.4%)

2 だし, だと, である, の首

1 [34件] だったの, であったの, であり心境小説, であること, であるという, です, ですよ, でその, でたくさん, でないから, でない小説, でない真実, では, で中, としての感じ, として彼ら, とそう, ね天井, のあと, のいかもの, のよう, のトラ, の事, の小説, の活劇, の矛, の雪, はおもしろい, は好かぬ, は実に, よりも素人, より毬唄, らしいところ, を語っ

▼ こしらえ~ (27, 1.6%)

3 なって, なりました 2 来て

1 [19件] かかったの, かかって, かかるん, かかる手順, なっただけの, なったもの, なった由, なった贅沢品, なっては, ならないの, なりそれから, なりましたが, なり若い, なるもの, 比較し, 派手ばかり, 細竹の, 行った, 額や

▼ こしらえ~ (20, 1.2%)

1 [20件] お出ましに, すっかり灰汁, びくと, へやは, リッパな, 三人は, 二十二三の, 出て, 刀を, 向島へ, 家を, 少しくあと, 干菓子の, 引き馬に, 引っ詰めに, 擁立された, 神詣り, 観客を, 贔屓役者が, 鬘だけを

▼ こしらえながら~ (20, 1.2%)

1 [20件] いいこころもち, こう言っ, さっさと玉ころ, その机, それからどこ, それでもうれしかっ, どこにも, もうすこしで, ブラリと, 子供は, 宅助も, 店中の, 店番を, 必死と, 指の, 田山白雲は, 知らん顔を, 自分でも, 調理台の, 起きて

▼ こしらえても~ (16, 0.9%)

1 [16件] あれほど, おいしい, これを, それは, どれ一つとして, また丸, よい, よい場合, テキに, 人の, 仕様が, 大概は, 始まるまい, 完全な, 皆攫っ, 驚かないと

▼ こしらえては~ (15, 0.9%)

1 [15件] いけない, いけなくなったため, いるが, いるけれど, お銭を, しじゅうこの, なぜいけない, ならないという, 妾に, 彼女の, 欠伸を, 独りほくそ笑ん, 膝が, 自分で, 鈎を

▼ こしらえそれ~ (12, 0.7%)

1 [12件] がまた, が大きい, で新しい, にライター, に実物, は柄, をこの, をホテル, をムク犬, を使っ, を水辺, を足し

▼ こしらえ~ (12, 0.7%)

1 [12件] である, であるという, でなくて, で全市, というわけ, となり, のほう, のよう, の恐, の感じ, を売る, を紅がら

▼ こしらえ~ (11, 0.6%)

2 して 1 いたしました, させられて, したその, したり, すました若党儀作, やって, ジロジロ眺め, 他人に, 始めた

▼ こしらえごと~ (10, 0.6%)

1 だでなければ, だと, であったかと, でございます, です, ではない, としか考えられん, をいっ, を口実, を言っ

▼ こしらえ~ (10, 0.6%)

1 ぐあいを巨細に, まずい者, 寝床に, 手伝いも, 東京の, 火爐を, 知識だけは, 立派な, 者が, 説明を

▼ こしらえその~ (9, 0.5%)

2 上に, 中に 1 ために, 上へ, 事件について, 前に, 次に葬式

▼ こしらえてから~ (7, 0.4%)

1 あがるので, ご主人, 岩の, 後に, 答えた, 行ったん, 雑詠を

▼ こしらえ~ (7, 0.4%)

1 がきわめて, がどうしても, にきまり, はあまり, は知っ, まで習っ, を見た

▼ こしらえ~ (6, 0.3%)

1 して, すぐに, なんとなくのんびりと, 大したもん, 春の, 江戸末期的の

▼ こしらえかた~ (5, 0.3%)

1 が伊豆, に一つ一つ, のよう, は異例, を教え

▼ こしらえちゃ~ (5, 0.3%)

1 いけないん, ただ楽しん, アいけません, 学問が, 悪いの

▼ こしらえそれで~ (4, 0.2%)

1 やっとブレフスキュ, キセルの, 両足の, 娘の

▼ こしらえ~ (4, 0.2%)

1 どの松, ひどく時代, 朱磯草研出しの, 粗末で

▼ こしらえ~ (3, 0.2%)

2 した 1 したの

▼ こしらえそこ~ (3, 0.2%)

1 から民衆, へ弁当, へ隠し

▼ こしらえでも~ (3, 0.2%)

1 して, するよう, 自然に

▼ こしらえ~ (3, 0.2%)

1 言い華, 言い要, 金無垢と

▼ こしらえ~ (3, 0.2%)

1 この男, それぞれに, やったん

▼ こしらえものの~ (3, 0.2%)

1 さよなきどりでした, 誇張や, 鋭さ

▼ こしらえ~ (3, 0.2%)

1 はそこ, は皆他, をいたわる

▼ こしらえこれ~ (2, 0.1%)

1 がどういう, を炉

▼ こしらえそして~ (2, 0.1%)

1 元々こんど, 其は

▼ こしらえつつ~ (2, 0.1%)

1 ある, その殖え

▼ こしらえてと~ (2, 0.1%)

1 何度も, 本当にお

▼ こしらえ一軒一円五十銭~ (2, 0.1%)

2 ぐらいの家賃

▼ こしらえ~ (2, 0.1%)

1 も洗わず, を拍

▼ こしらえ自分~ (2, 0.1%)

1 で売る, はきれい

▼ こしらえ~ (2, 0.1%)

1 でどうやら, のよう

▼1* [133件]

こしらえある時は, こしらえいたく重んぜられて, こしらえいやはや見る, こしらえいよいよ二十八日には, こしらえ文庫の, こしらえから町与力あたりと, こしらえがちである, こしらえぐったり弱って, こしらえさまざまに試食, こしらえしかを考へ, こしらえしかも投票の, こしらえそれから窓を, こしらえそれに大きな紙, こしらえたてには少し, こしらえたりと申し上げねば, こしらえだけを外して, こしらえちょいと肩, こしらえってのが, こしらえてからのことそれには, こしらえてさ何て, こしらえてでもあったよう, こしらえてのことだ, こしらえてばかりいる, こしらえてやらア, こしらえてよもぎを, こしらえというものが, こしらえとしてもチャンと, こしらえなかなか満足した, こしらえなどにはあまり心, こしらえなんとかいう唄, こしらえにんじんは湯呑み, こしらえ人間の, こしらえばかりやつて, こしらえふたりを手招き, こしらえまあどっちへ, こしらえまた必要なら, こしらえまたは同じ月, こしらえまで十分に, こしらえむずかしい顔を, こしらえもし途中の, こしらえもの大人君子の興味, こしらえもんだけれど, こしらえアがった, こしらえナースチャに見せる, こしらえニヤリ口の, こしらえブラスバンドまでもっ, こしらえプラチナの腕時計, こしらえメキメキと派手, こしらえレンズで集めた, こしらえ一日じゅうそこから外, こしらえを女, こしらえ上げ推理し組み合わした理想, こしらえには木, こしらえ中身お手ごろ, こしらえ二人の婢, こしらえ井上馨のもと, こしらえ他人から補助, こしらえ全知全能なる師, こしらえ再び都へ, こしらえ千川上水印旛の水田, こしらえやりなおす, こしらえでしめし, こしらえにまみれた, こしらえ地下戦車長になる, こしらえ地面を打ちまわる, こしらえ塩漬けにした, こしらえはおそく, こしらえ大いに奮発し, こしらえ大勢並んで, こしらえを片付け, こしらえ寒中にかたびら一枚, こしらえ小娘をひっかけ, こしらえ小生が船長, こしらえ小鼻は丸太, こしらえ左右の柱, こしらえ巧みな砦塞, こしらえ平巻きの鞘, こしらえ広間は彼是二十二三畳, こしらえ弁当を用意, こしらえ弾型に入れる, こしらえ彼等が元気, こしらえ怪我人や子供, こしらえを捕んず, こしらえ採集船を改造, こしらえ支那で売る, こしらえ新しいきれいな, こしらえ新たにこれ, こしらえ映写機及びその, こしらえ昼食を食べ, こしらえの枝, こしらえのところ, こしらえ柏餅をその, こしらえの葉, こしらえ法律ありと, こしらえ洗濯し近所, こしらえ濁り酒で腹鼓, こしらえに翳し, こしらえ獣油にひたし, こしらえ玉川上水印旛の新田, こしらえ甚兵衛は荒れはてた, こしらえ留守番をひとり, こしらえを食べさせた, こしらえへあてがっ, こしらえ社員の結婚相談, こしらえと祖霊, こしらえと端, こしらえをふき, こしらえ二に, こしらえはこの, こしらえ綿撒糸を裂き, こしらえ美術協会へ出品, こしらえ羽織は別の, こしらえ聖なる運命を, こしらえ胡粉を塗り, こしらえをすりむき, こしらえ草いきれの中, こしらえ薬味までちゃんと, こしらえ藤九郎の卵, こしらえ言葉少なく形象豊か, こしらえ計画を立て, こしらえ調子をとり, こしらえの御飯, こしらえ農事をもすべし, こしらえの肴, こしらえ酒屋のせがれ三蔵, こしらえ金屏風を立て廻し, こしらえ金比羅山の南北, こしらえ鎧兜弓鎗すべて軍中のいでたち, こしらえ頭目らしい者, こしらえには瘤, こしらえ食後付近の原, こしらえ馬車に並ん, こしらえ鶏舎のガラス窓