青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こんど~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ ころ~ こん~ こんだ~
こんど~
こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます ございます~ ~ございません

「こんど~」 5561, 60ppm, 1907位

▼ こんど~ (3310, 59.5%)

18 自分の 16 急に 15 僕の, 私の 12 私が, 自分が, 逆に 10 何か, 別の 9 彼の, 私も 8 僕が 7 あなたの, それを, ぼくの, 前よりも 6 おれが, わたしが, 例の, 彼が, 自分で 5 こちらから, わしの, 両手を, 何を, 彼女の, 私は

4 [26件] あべこべに, おれの, お前の, そうは, それは, どこへ, べつの, ほんとうに, ぼくが, みんなで, わしが, 一ぺんに, 三人の, 人間の, 他の, 何と, 僕も, 反対に, 右の, 彼も, 彼女は, 手を, 東京の, 私に, 笑って, 耳の

3 [50件] あたしの, おれに, お前も, お手, こっちから, こっちが, これを, その穴, どうした, どんなこと, なにを, ほかの, まえよりも, またお, また別, やさしい声, クリストフの, クリストフは, フランスの, ポケットから, 二人の, 何, 何が, 俺が, 僕を, 前の, 反対の, 口を, 向うから, 向うの, 大丈夫です, 娘の, 左の, 彼女が, 木の, 本当の, 本気に, 横に, 海の, 父の, 用心し, 男の, 真正面から, 自分から, 落ちついて, 誰か, 返事が, 非常に, 頭を, 顔を

2 [169件] あたしに, あなたに, あの男, いつもの, いやに, お前が, お君, お父様, お綱, お舌, からだを, きさま, きっと私, きつと, くるりと, こういうこと, このひと, この街, こんなこと, さちよは, さっきの, そこに, そこは, そこら中の, その中, その大, その政府, その方, それが, それこそ, それに, そんなこと, だれの, だれを, どこに, どんなふしぎ, なにかしら, なんにももたない, なんの, はっきりした, はっきりと, ひとの, ほんとに怒っ, ほんとの, ぼくやります, ぼくを, またべつ, また急, もう出, もう大丈夫, もう疑う, もつと, やや強く, やや明瞭, れいの, わけの, わたくしが, わたしも, わたしを, われわれが, アントニイが, ジユウルが, ステッキを, ステツキを, パパさんいない, メタルの, 上等のを, 二つの, 二人で, 二人とも, 五歳の, 人間が, 今までの, 他へ, 低い声, 低くつぶやく, 何に, 何も, 何思った, 作爺さんが, 僕だ, 出来るだけ, 前より, 助けて, 助七, 北の, 南の, 博士の, 反対が, 向うが, 向うへ, 君だ, 四男の, 土間の, 声に, 声を, 外へ, 太い濁つた, 女の, 安心し, 家康の, 小さい太郎, 少しも, 山烏が, 左, 帆村の, 広島の, 弟の, 彼は, 彼を, 彼方に, 徹底的に, 心底から, 房枝の, 手が, 故郷を, 敵も, 日本の, 明らかに, 本式に, 杉作ばかり, 東の, 柳吉の, 森の, 機関車の, 母の, 母親が, 水いろ, 決心の, 河岸を, 湖水の, 玄関の, 生きては, 相手が, 真面目に, 秀吉が, 窓の, 素子が, 細い坂道, 縁の, 胸を, 自信の, 自分でも, 自分も, 自分を, 若い男, 英語の, 藪から, 蟹江が, 誰の, 足を, 踊りの, 身体の, 身勝手だの, 車の, 逃がさんぞ, 連れて, 醤油屋が, 金助は, 針が, 鈴を, 鏡の, 陸の, 革鞭を, 頭が, 頭の, 顔の, 風が, 風の

1 [2484件 抜粋] ああし, あすこよ, あたりを, あなた, あなた方の, あの人, あの方, あらゆる犠牲, あんたがた, いいお話, いかなる讒訴, いきなり対手, いくらかおどろいた, いっそう大きな, いったん筆, いつ二人, いままでとは, いよいよしん, いよいよ怪塔, いろいろわかり, うず巻く波, うまくやっ, うら若い女, えらい目, おかしくなっ, おけが, おじいさんよりは, おっとり坐りこんだ, おばあさんが, おめ, お主, お前さんの, お叱り頂かない, お才, お母さんの, お茶の, お袖, お風呂, かならずき, からだじゅうで, かんだかいこえ, がんりきが, きっととらえ, きつぱり答, きみだ, きわめてすごい, ぎゃくに四十面相, ぐたりとその板へ, こたつを, こっちだ, こどもが, この二階, この村, この紫外線, この赤い, これだけに, こんな小説, ごく近く, ご自分, さっきよりも, さるぐつわです, しっかりした, じぶん, すぐその, すぐ降参, すこしむずかしい, すっかりびっくり, するどいヤリ, せかせかと, そういう用意, そこへ, そのこと, そのなか, その三代, その卷頭, その小, その恩, その政治機構, その浄土真宗, その紳士, その遑, その青年, それまでの, たいへんつかれ, たくみな, たしか三日, たるに, だれいうと, ちがう, ちょいちょい下さる, ついでに, とうとういけませんでした, とても遁, どういうよう, どうしても逆らえない, どうも, どうやらお家, どこかの, どこを, どれくらいの, どんなすばらしい, どんな悪事, なかなか明るく, なぜか, なぶり斬りに, なんに, のろのろ歩きはじめた, はつきり, ひっそりと, ひとつ姿を, ひとり勝手, ひどく御機嫌, ひどく調子づい, ぴくぴく動き出した, ほうたいを, ほんとうの, ほんとに強兵, ほんとに金貨, ぼく自身にたいして, まえの, またぐっと, またクルリ, また例, また恐ろしい, また胆吹, まだ絶巓, まっさおな, まっ昼間, まるでちがっ, まるで輪, みさお役者の, みんなが, みんな息を, むちも二本もちだし, もういっそう大, もう一度この, もう帰っ, もう私, もっとはやく, もっと語勢, もどかしそう, もみ殻の, やつぱり家の, やや大声, ゆっくりし, ゆっくり歩いた, ゆるゆると, よしよし, よほど気, わざと敵, わたしとして, アウステルリッツの, アムステルダムへんから, イギリスに, エリーザの, ガラスの, コリた, ゴングじいさんの, シヤベルで, スッと, ソビエトの, ダイヤモンドだ, チョビ安の, テニソンだ, トンネルの, ドンコドンコと, ハッキリした, ハープまで, ビーカーが, フランス語の, ベスね, ボート三隻に, マッチを, ミドリの, ラサ府から, レエヌさんの, 一つお母様の, 一つよく, 一つ方向を, 一メートルも, 一列横隊だ, 一年半にも, 一方的, 一生けんめい我ま, 一通の, 丈吉君の, 三吉に, 三平の, 三鷹の, 上着を, 下り坂に, 不行儀な, 両手が, 両方を, 中学生だ, 丸彦も, 主権者でなくなった, 乾草の, 二人並ん, 二十日も, 二枚立っ, 二階の, 五年目その, 京都か, 人声が, 人間とも, 今までに, 他人より, 以前よりも, 仲よう歩い, 伊織が, 伸子が, 体操だ, 何でも, 何人も, 何百人という, 余程懲りた, 侍奉公し, 俊基の, 信一が, 俺さまが, 借金そのものが, 働いて, 僕らが, 先とは, 先刻一寸いった, 先頭に, 全くわかりません, 兵に, 内から, 凄じい勢い, 分った, 別な, 前とは, 前神, 力を, 動揺しだした, 北さんも, 十, 十五フランを, 十年前に, 半分泣き泣き, 博士が, 厳重に, 又八, 友だち同士の, 反動で, 口々に, 只じゃ, 右後を, 合戦に, 向こうから, 君まで, 呼吸の, 和服であった, 哲學者自身が, 四つ匐いに, 四十ちかい, 困ったよ, 国平を, 地下室の, 地獄で, 坐って, 堂々と, 塩田大尉が, 夕がたに, 外国の, 多計代, 大きいの, 大きなむかで, 大へん, 大五郎, 大変相すみません, 大正五年六月に, 大谷さんが, 天使の, 太刀川の, 失敗しない, 女を, 女言葉と, 妹の, 嫁を, 子供たちは, 孝二が, 宇喜多直家自身大軍を, 宝石屋に, 客間の, 家じゅうが, 容易に, 富士男がる, 専吉の, 小僧さんの, 小林君の, 小鈴, 少しく大胆, 少しゆっくり戻っ, 少し怒りました, 少し考え, 少し間, 少年たんていだんが, 山を, 山賊に, 島村さんに, 川口の, 左翼的な, 市十郎を, 帰りは, 平常と, 幾度目の, 度胸を, 廻れ右, 弟が, 影の, 待っても, 徒歩も, 御厨, 心から笑っ, 心臓が, 快く印綬, 怒れなかった, 急速に, 恐ろしさ, 悟空を, 愕然と, 憐憫を, 戦後派と, 手きびしく, 手の裏を, 手桶の, 打たれる, 投書欄では, 拡げた掌, 振向いて, 掛け軸の, 支那の, 政一が, 救援隊は, 文化窯の, 新印象派, 旅館とは, 日本左衛門へ, 早い早いまるで, 明智が, 春木少年の, 晴れて, 書生の, 最初の, 望み通り実を, 木戸番の, 本式の, 本当に三河, 本当に頭, 李, 村尾さんあたしの, 林の, 架台と, 栄三郎が, 梨花を, 楽屋口の, 横向きに, 機械を, 次女に, 正夫の, 此の, 武夫が, 死ね, 母が, 毒ガスを, 気味悪く声, 水兵さんの, 水道も, 江木さんが, 法然上人その, 泣き出した, 洗面台の, 海賊に, 深い深い穴, 港の, 漢寿亭侯雲長関羽と, 激しく噎せ, 焼け死ぬかと, 父なる, 片っぱしから, 犬だ, 独り言でなく, 猛烈なかずだ, 玄徳から, 王妃グラニヤが, 珍しく風邪気味, 生み出す方, 生活が, 産業銀行から, 用心ぶ, 甲板の, 男に, 留守を, 病棟の, 白い騎士, 白象が, 皮肉な, 目標を, 相違なく, 真剣に, 眼いつ, 着物を, 砕く目的, 祈りを, 私と, 私旦那の, 穴が, 空中作戦の, 窓框と, 竹童と, 符号も, 第五高等學校, 籠の, 精神的幸福は, 紙を, 紳士の, 絢子が, 総二階, 署長が, 義仲の, 羽柴秀吉から, 聞きたくも, 肩の, 胆に, 胸の, 腰が, 自分たちばかりが, 自分達が, 臼が, 船と, 艦影は, 若い将校, 草花の, 落ちつくぜ, 葉藏が, 薄ぼんやり, 虎に, 蛾次郎も, 血の気が, 表町の, 裏口に, 襟首に, 見て, 視線を, 計では, 試験だ, 読む, 誰に, 調子を, 谷地を, 貨物列車かも, 賽銭箱から, 赤ん坊も, 足もとから, 身幅が, 軍事基地施設を, 辞書の, 退屈で, 逃げる場所, 逢って, 過った, 達ちゃんも, 遠慮も, 邸内に, 酷く默, 重大な, 金で, 金吾個人の, 釣れますよ, 銀色の, 鏡台の, 長島君の, 長火鉢を, 門野支配人が, 間違いなくやります, 防毒衣を, 限りなく, 陸軍将校の, 隠された子, 雄二の, 雲の, 電気の, 電話を, 青くなっ, 鞄を, 頼朝へ, 風呂敷から, 食料の, 首を, 駒井さんが, 骸骨にまで, 髪だ, 魯迅さんの, 鶴雄の, 麦畠の, 黄金色の, 黙々として

▼ こんど~ (882, 15.9%)

15 事件は 11 ことは, ような 9 戦争で 7 ことで, 事件に, 事件の, 憲法は, 旅は, 旅行の 6 ことに, ことも 5 ことを, 旅の 4 ところは, やつは, ように, 事は, 事件で, 事件を, 憲法では, 旅行で, 日曜に

3 [13件] おなご先生は, ことについては, ばあい, 事に, 事件が, 仕事の, 合戦に, 地下戦車は, 小説は, 御合戦, 旅で, 旅行は, 相手は

2 [62件] あなたの, あのこと, おかあさんは, おかあさんも, お手紙, ことが, ことについて, ことには, ことの, ご縁談, やうな, ストライキは, ペンクラブ, 上京には, 上洛では, 上洛は, 事件では, 事件には, 仕事に, 仕事には, 件は, 会戦は, 使命を, 兄の, 先生どんな, 公演で, 冒険旅行で, 出陣には, 午の, 君の, 唐突な, 場合は, 変で, 大事な, 大会の, 大地震, 大戦を, 家は, 小旅行, 小説で, 小説を, 憲法で, 憲法の, 戦こそ, 戦に, 戦争では, 指令は, 探検隊が, 敗戦の, 旅では, 旅に, 旅行に, 旅行も, 日曜には, 暑さ, 樣な, 母の, 甲州入りには, 第二次大戦, 軍の, 選挙に, 須々木乙彦との

1 [573件 抜粋] あたらしい憲法, いきさつを, うわさは, おか, おじさまの, おっか, おなご先生きた, おなご先生どんな, おむこ, おれの, お下向, お味方, お奉行, お家へ, お燗, お芳, かぜはたちが, きみの, ことだけは, ことまで, こと僕を, この荷作り, この造営, ご上京, ご出府, ご旅行, ご普請, ご道中, ただ時速, どさくさを, なぞは, ものこそ, もので, ものは, やうに, やく病, よろこびを, アトリエは, アメリカ大統領選挙で, アメリカ大統領選挙予測では, ウォール街の, クリスマス, シャツには, シヤツには, スキー行は, ヨーロッパ旅行について, ワルツの, 一切の, 一家総出の, 一戦を, 一行に, 三島君の, 三田さんの, 上りで, 上洛から, 上演で, 上野介の, 下向の, 不機嫌, 世界戦争は, 世界戦争も, 世話は, 中国戦を, 中外公論の, 中毒を, 主人は, 乾坤一擲に, 予算案を, 争いでは, 争義に, 争議は, 事が, 事件, 事件です, 事件と, 事件に対して, 事件も, 事件以後は, 事変によって, 二階の, 五ヵ年計画を, 亡者の, 京勢との, 人造人間戦車が, 人間性解放という, 仕事が, 仕事にゃ, 仕事は, 仕事ほど, 仲人役の, 件には, 任地では, 伊勢湾颱風では, 休みに, 会議に, 伯母さんの, 住居は, 住所を, 佐, 作戦などは, 使節の, 使者の, 供養は, 侵略行為の, 便りは, 信雄の, 個展に, 停車場で, 働きには, 僕の, 先生, 先生は, 先生何いう, 八坂行は, 公判廷に, 六助の, 兵学大講会だ, 冒険には, 冒険の, 冒険旅行についても, 処置については, 出兵こそ, 出兵を, 出兵令を, 出動は, 出師にも, 出来事で, 出獄を, 出陣, 出陣にあたっては, 出陣は, 初舞台, 制限運動も, 功に, 勘定役が, 勝負は, 勝軍を, 勢州入りでも, 医師は, 十六万人の, 十日間は, 協力會議へ, 南町奉行は, 博多召集には, 原稿は, 参戦ぶりでも, 句集についても, 召集された, 合戦には, 合戦にも, 合戦に際しても, 合戦は, 名人位挑戦試合では, 名折れは, 吸血事件と, 問題が, 問題じゃ, 問題は, 問題を, 営所へ, 四国攻めには, 回を, 回覧板も, 国際地球観測年の, 国難においては, 土曜日泊め, 土用丑には, 地方興行が, 地震は, 城ぜ, 場あいでも, 場合だつ, 場合でも, 場合に, 場合にも, 堺屋の, 声は, 夏休みには, 外船さわぎ, 夢とは, 大乱に際して, 大事で, 大会で, 大会は, 大会戦, 大変を, 大家さんは, 大役は, 大戦が, 大戦とを, 大戦にあたり, 大戦には, 大戦に際して, 大戦の, 大戦初めて, 大戦前, 大戦後一九四六年十月二十七日に, 大戦第, 大戰, 大敗は, 大殲滅戦, 大統領は, 大規模, 大軍上洛にあたって, 大造営, 大阪旅行は, 太平洋戦争で, 失敗は, 失策は, 奉行は, 奥さんにも, 奥さん気が, 女は, 女も, 女性の, 女笛師, 奴は, 如きも, 婚儀も, 嫁入口は, 子供が, 学校は, 宇宙旅行の, 安中攻めの, 官渡の, 室は, 宴会に, 家も, 家出と, 家族同伴の, 富士川は, 寸法は, 将は, 将軍様が, 尊氏と, 尊氏討伐の, 小刀は, 小笠原出動には, 小説でも, 小説の, 小説集は, 山の, 工事にあたって, 工事は, 席については, 帰洛には, 帰還者を, 帰郷が, 平治の, 広島の, 序戦に, 建艦計画では, 引ッ越しすべて背水の, 引揚げと, 往生は, 徒刑場は, 御使命, 御出馬, 御岳は, 御旅行, 御災難, 御経衆, 御陣, 思いたちの, 急死も, 怪人集団事件が, 恐慌についても, 恩典も, 恩賞にも, 感じも, 憲法でも, 憲法を, 憲法一つを, 憲法草案を, 戦いで, 戦が, 戦は, 戦を, 戦争に, 戦争は, 戦争までに, 戦争も, 戦争を, 戦場の, 戦場は, 戦災に, 戦端と, 戦闘中ひそかに, 戰爭で, 戰爭に, 戰爭にも, 戰爭を, 手は, 手柄として, 手紙には, 手術は, 批評は, 抱えぬしの, 拾い者, 指令によって, 挙には, 挽回策に, 掃匪征賊の, 授賞式では, 掛けは, 探検では, 探検には, 探検にも, 探検の, 探検は, 探険を, 控訴公判には, 支那事変が, 支那人は, 改元を, 政令の, 政変とが, 政府だ, 救援事業に, 整備で, 敵の, 文展に, 新しい炎, 新しい神秘, 新たな, 新刑事訴訟法, 方が, 旅から, 旅も, 旅程の, 旅行では, 旅行について, 旅行についての, 旅行中いろいろ, 旅行中どこでも, 旅行中はからずも, 旅行中唯一の, 旅行中諸州の, 旅行後もう一度, 旅行記を, 日光造営の, 日曜の, 日曜日に, 日曜日にっていう, 日曜日パーティに, 日曜日三時半に, 日本の, 日比谷の, 時は, 曲は, 末子だけは, 本には, 本の, 本郷座復興は, 村会で, 東くだりは, 検挙も, 機会にはと, 檄に, 欧州最後の, 歌は, 殺人事件の, 殺人事件は, 殺人傷害事件には, 母は, 決戦は, 汽車は, 波で, 津軽旅行に, 洪水で, 滞在中には, 演奏会を, 火野葦平氏のも, 災禍を, 熱症は, 爆発を, 物語の, 犠牲は, 犬は, 犯人だ, 犯人の, 犯罪の, 犯罪劇の, 状態は, 王子の, 甲州討入り, 男は, 病後の, 病気の, 病気は, 病気を, 白い幽霊, 盗難事件について, 研究所の, 禁制で, 秋水等の, 科は, 稚子, 空中村も, 空襲で, 突発事件の, 笑顔は, 笠置攻めに, 第七巻, 第三人目, 第二報, 第二次世界大戦, 経過と, 絲満事件を, 絵です, 絵の, 縁組みを, 縁談には, 縁談は, 縁談も, 臥床が, 自分の, 自画像も, 航海の, 船も, 船都合は, 芝居は, 草は, 荒木村重退治の, 蒋介石の, 蔦子を, 薬よく, 行商は, 行程の, 計で, 計画に, 計画も, 計略に, 記者の, 訪問は, 訴訟を, 試合は, 試験では, 試験に, 話では, 話の, 話は, 話先方では, 読売では, 談は, 請負は, 論功行賞には, 講和に際しても, 警衛の, 議会は, 負傷の, 賀茂祭の, 超冒険旅行, 超特大惨敗, 足いた, 軍は, 軍旅は, 追放解除で, 透明怪人の, 遊びは, 運動は, 運動會には, 運転手は, 道中にて, 遠征は, 遠征隊の, 遠洋航海の, 遠洋航海中随一の, 選挙で, 選挙の, 選擧の, 部屋は, 部屋光り, 都入りの, 采配ぶりには, 重大な, 重大原因である, 釦の, 鎌倉下りには, 鎌倉参戦は, 鎌倉召喚の, 長い遍歴, 長篇は, 間違いは, 阿波入りも, 陣に, 随筆集, 隠し鯨は, 難事件で, 難局には, 革命に, 音楽爆弾の, 風邪は, 騒ぎに, 騒ぎの, 騒ぎも, 驚異的大震災は, 鰯の, 黄巾の, 鼬は

▼ こんどこそ~ (150, 2.7%)

9 ほんとうに 2 だめだ, もう逃がさない, 克巳が, 間違いは

1 [133件] あいつの, あなたの, あの本, あまい柿, いよいよ本気, いよいよ死ぬ, うまくいき, うまくいく, うまく当て, うんとやる, おかあさんの, おしまいだろう, おもいしらせて, お信じ下さい, お終い, かつて島崎藤村, きさま, きっといいく, きっと致さね, きみを, けっして流れない, この地下戦車, この山, これで, これらの, ごちそうだ, したたか犬, つかまえて, とうとうつかまっ, とり逃がさぬよう, どんなにたのまれ, どんな目, にがさんぞ, ひとふんばり, ぶじに, ぶちあてたと, ほんとうな, ほんとうの, ほんとに医, ほんとに眠り, ぼくたちうずまっ, ぼくたちで, ぼくの, ぼくも, まちがいない, まったく異境, みごとに, めぐりあえるでしょうね, もうき, もう小林少年, やりそこ, よくわかった, よほど巧, わたしは, わたし本気で, クリストフは, グラグラしない, シャッターを, ピストルで, 一挙に, 世帯を, 世間の, 亡くさぬよう, 人類の, 何と, 僕は, 先生の, 六兵衛も, 冥土へ, 助からない危難, 北の, 厳重な, 呂布の, 命が, 命がけで, 命がけでした, 大丈夫だろう, 大丈夫と, 天下わけ目の, 失敗する, 女性の, 完全に, 実に広々と, 家屋敷が, 密かに, 巧く, 巨人を, 帆村の, 弦之, 息の根が, 懲りたって, 折檻され, 捕まるもの, 改心し, 昇給しなけれ, 晴明に, 本当にあなた, 本當, 欠点なし, 死の, 死を, 殺られる, 海底の, 煙の, 生きたいよう, 男の子が, 相手を, 眼が, 矢は, 私が, 竹童鞍馬山から, 縁を, 艇長さんの, 良ちやん, 草廬に, 薬を, 蜀勢数万は, 蜀軍は, 表面に, 見込みが, 誰にも, 負けては, 追放し, 逃がさないぞ, 逃がさないよう, 逃がさぬぞという, 逃がしは, 逃げだそうと, 逢いたい, 雨だらう, 飲まないからね, 首が, 魂を

▼ こんど~ (123, 2.2%)

4 すぐに 2 お百姓, きみの, そうだ, その伝, またそう, また子供, 多分は

1 [105件] あのおり, いい室, うその, おっ母さん, おとも, きみたちは, こうこうと, こうして山, さまざまな, すっかりあかるい, そうです, そのおなじ人, そのきず, そのとおり, そのやう, その間に, それだ, それと, それを, だめだった, だめです, だんだん短く, なにかに, はつきり遺書つてほど, またあいつ, またいのち, またおれ, またきみ, またじゃんじゃん, またそれきり, また二人, また兄, また公卿たち, また同じ, また待たされた, また悲痛, また愛し, また法外, また病気, また白雪姫, また蜀軍, また鬼, また魔法博士, また麦城, まちがいなくいいあてた, やっぱりしぶくっ, やっぱり火星研究, やはり, やはり善光寺, やはり愉快, やはり戸, やはり駄目, わらを, ジャックは, ノロノロ走っ, 三人でした, 予告を, 享保年間の, 京都から, 他の, 何も, 偶然に, 出て, 勝てる, 叛軍の, 台湾なんぞじゃ, 夏ぐち頃までは, 多忙の, 少部数, 幻覚では, 彼を, 御しょうばんをさせていたゞきますと, 御養生ひとつ, 思い違いでは, 怪人の, 断れと, 明智は, 最後に, 最後の, 未決の, 東曲輪に, 松次郎と, 柿沼が, 正しく手ごたえ, 水商売の, 洛外を, 海軍の, 生きかえって, 疑いの, 直義は, 私が, 私自身の, 自分の, 落胆は, 詩かと, 誰からとも, 迷って, 醫師加藤他, 門を, 間違いなく, 雨でした, 顔から, 餓えと寒, 駄目だ, 黙って

▼ こんどこそは~ (66, 1.2%)

2 私の

1 [64件] あたらないよ, あっしが, あの小僧, いかにもし, うんとあぶら, おまえを, おれたち四人しっかり, おれの, お藤, かならずそち, こちらで, この二人, さすがの, ただ置きゃ, だいじょうぶ死んだろう, だいぶ向こう, だぞ, だれにも, ついに霊感, どんな目, ひとつモノに, ひどい目, ほんとうに, まちがいなく, まるで飛び上がっ, もう身, もう逃がさない, ものの, われわれも, ギュッという, フォーシュルヴァンの, ルンペンの, 中央でも, 助からない, 大いにおとなしく, 大丈夫だ, 小人たちだって, 尾張様だろう, 怒りおったと, 手も, 故郷へ, 日本軍の, 是非そうします, 晴明が, 本当の, 本腰らしい, 東京都の, 沈んだらしいと, 痣蟹が, 癒りきる, 癒るまい, 石炭屋で, 砲弾が, 紛れも, 自分が, 艇長に, 行かずば, 見て, 親の, 謂わば, 足利家にも, 逃がさぬよう, 逃がしませんよ, 遁すまい

▼ こんどまた~ (25, 0.4%)

2 書きなすつたらもう

1 [23件] いらっしゃい, お伴させ, お好き, くるよ, なにか見立て, なにか頼み, もう話す, ゆっくり話す, アメリカへ, 上野駅で, 会おうと, 奉公先から, 寄りなさい, 御礼に, 復興した, 戦争に, 旅に, 最初から, 来るよ, 機會を, 王さまから, 被害者宮川が, 選挙期に

▼ こんどだけは~ (22, 0.4%)

3 許して

1 [19件] うそを, おれの, かんべんし, これこの, したくない, なんだか別, 下知に, 僕の, 別だ, 勘辨し, 智恵を, 本当らしい, 特に大目, 特別であった, 私の, 良人の, 許す, 金輪際こっち, 面目玉を

▼ こんど~ (18, 0.3%)

3 始めて 2 はじめてです, 初めてで

1 [11件] いつに, はじめてだ, はじめてな, 三度目である, 六十四人目だ, 初めだった, 初めてです, 初耳だ, 始めてさ, 始めてな, 恐らく事件

▼ こんど~ (17, 0.3%)

2 閑でしたら

1 [15件] つれ申しましょう, ぬしが, むこさん, 借りに, 兄さんが, 出やす時, 別れに, 大尽様へ, 弟子さんに, 手紙の, 汁を, 江戸から, 目に, 貸しくださいまし, 駒さんを

▼ こんどばかりは~ (16, 0.3%)

1 [16件] あっしも, だんだんだんな, どういうこと, まったくの, もう黙っ, ミイも, 初めから, 味噌を, 困り果てて, 彼は, 手も, 文字通りに, 昔の, 荷が, 負けられぬ, 逃げ出されないぞ

▼ こんどから~ (15, 0.3%)

1 [15件] あちらで, あれだけは, おまえにも, お鍋や, きっとなくなさない, このお, そんなこと, わっしも, 三るいし, 僕は, 太陽の, 山へは, 来るん, 独りで, 落ちること

▼ こんどという~ (15, 0.3%)

11 こんどは 1 こんどが, こんどこそは, こんどばかりは, 今度は

▼ こんど~ (13, 0.2%)

5 限って 2 限っては 1 かぎっては, しよう, 懲りて, 限ったわけ, 限らずいつも, 限らず帯

▼ こんどその~ (10, 0.2%)

2 風の 1 お薬, 公孫樹を, 十三篇の, 最後の, 石川左近将監どのの, 老母と, 規則書を, 遠野に

▼ こんど~ (10, 0.2%)

2 の家 1 いいお, がうまく, がし, が中国, にそんな, の友人, はノオト, は入学祝

▼ こんど東京~ (10, 0.2%)

2 へ出 1 で覚え, で電気試錐機, に帰ったら, の造船所, へゆく, へ出たら, へ引つ越す, へ行く

▼ こんど~ (9, 0.2%)

4 たちに 2 らしったら 1 てお前, てくれれ, らッし

▼ こんどこの~ (9, 0.2%)

1 ところへ, 上海に, 土地に, 地へ, 応接室を, 日光を, 本が, 話を, 高いところ

▼ こんど~ (7, 0.1%)

1 あつたら, いかに私, 三度目だった, 何回めだ, 別な, 四度目だ, 四度目である

▼ こんどはじめて~ (7, 0.1%)

1 この本, 亭主の, 戦の, 気の, 目に, 知ったの, 随筆集という

▼ こんど~ (7, 0.1%)

4 て来たら 1 てきた, て来た, て来たら取

▼ こんど~ (7, 0.1%)

2 がよく 1 がきっと, が借り, の考えました, は君たち二人, は故郷

▼ こんどあの~ (6, 0.1%)

1 ひとに, ろう仮面に, 人が, 壁へ, 山の上に, 護摩堂の

▼ こんどからは~ (6, 0.1%)

1 あいつと, おあにいさま, なんとかたしか, バスでも, 御飯は, 稿料を

▼ こんどくる~ (6, 0.1%)

1 からといっ, ときに, 先生の, 先生は, 女先生をも, 歌舞伎芝居の

▼ こんどだって~ (6, 0.1%)

1 あの本, お母様が, 弘子さんの, 必要な, 立派に, 駒込の

▼ こんど会ったら~ (6, 0.1%)

2 優しい言葉 1 きっと負け, ぶち殺し, 仔犬の, 顔を

▼ こんど初めて~ (6, 0.1%)

1 こんなところ, 喀血を, 妊娠した, 手に, 月世界旅行について, 陽の

▼ こんど来る~ (6, 0.1%)

2 時には 1 ことに, ときは, までに畳, 時に

▼ こんどこそはと~ (5, 0.1%)

1 いって, 思うの, 思って, 思われる逸品, 決心し

▼ こんどそれ~ (5, 0.1%)

1 が戦地, を描い, を葉山さん, を見, を軽罪

▼ こんどよく~ (5, 0.1%)

2 注意を 1 きて, なったら転地, 見ましょう

▼ こんど出たら~ (5, 0.1%)

1 どこか, 君が, 少し小説, 彼の, 本当に堅気

▼ こんど~ (5, 0.1%)

1 がはじめて, がやって来た, はおじいさん, はとうとう, は忠宗

▼ こんど~ (4, 0.1%)

2 おれあ, 汝あ

▼ こんどおれ~ (4, 0.1%)

1 が助けられる, が見, はあの, 行って

▼ こんどこちら~ (4, 0.1%)

1 にちょっと, に滞在中, の万屋, へ帰っ

▼ こんどだけ~ (4, 0.1%)

2 では 1 はかに, まっすぐな

▼ こんど~ (4, 0.1%)

1 うちやんがとつつ, 云うこんど, 同じやう, 小さい声

▼ こんどわたし~ (4, 0.1%)

1 がすき, がとっつかまえ, が書いた, が隠居

▼ こんど一ぺん~ (4, 0.1%)

2 だけは特別, だけゆるし

▼ こんど~ (4, 0.1%)

2 かあったら 1 かまた, を差し上げましょう

▼ こんど~ (4, 0.1%)

1 家老に, 案内しましょう, 目に, 相談しましょう

▼ こんど日本~ (4, 0.1%)

1 からその, の国, へ特派, へ遊び

▼ こんど来た~ (4, 0.1%)

1 ひろ子が, 時に, 校長は, 検地の

▼ こんど津軽~ (4, 0.1%)

1 の事, へ出掛ける, へ来, を行脚

▼ こんどあいつ~ (3, 0.1%)

2 がおれ 1 に会ったら

▼ こんどあちら~ (3, 0.1%)

1 がという時, の村, へ行く

▼ こんどきたら~ (3, 0.1%)

1 お面, ひどいめ, ぼくも

▼ こんどくらい~ (3, 0.1%)

1 よくわかった, 気持の, 金の

▼ こんどはも~ (3, 0.1%)

1 うまるで, 少しよく, 少し地味

▼ こんど上京~ (3, 0.1%)

1 して, するとき, するの

▼ こんど~ (3, 0.1%)

1 がお母さん, が奪っ, もいっしょ

▼ こんど安土~ (3, 0.1%)

1 から姫路, で官兵衛, を立つ

▼ こんど~ (3, 0.1%)

2 てみる 1 て見る

▼ こんど来たら~ (3, 0.1%)

1 あの皺面, そう云っ, なんだか男

▼ こんど田舎~ (3, 0.1%)

1 の中学校, の小学校, へ帰る

▼ こんどあなた~ (2, 0.0%)

1 から, 踊りなさい

▼ こんどいつ~ (2, 0.0%)

1 また坊, 会って

▼ こんどいろいろ~ (2, 0.0%)

1 と知識, な人

▼ こんどお父さん~ (2, 0.0%)

1 にお願い, にしらん

▼ こんどかける~ (2, 0.0%)

2

▼ こんどきり~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だという

▼ こんどくぐる~ (2, 0.0%)

2 門どこの

▼ こんどここ~ (2, 0.0%)

1 へ犬, を通る

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 びょうき, 披露いたしませう

▼ こんどしばらく~ (2, 0.0%)

1 おまえと, おまへと

▼ こんどすっかり~ (2, 0.0%)

1 埋められた, 自分でかく

▼ こんどついで~ (2, 0.0%)

1 があったら持っ, の時

▼ こんどはじぶん~ (2, 0.0%)

1 の前, の腹

▼ こんどはず~ (2, 0.0%)

1 ばと言った, ゐぶん

▼ こんどはつきり~ (2, 0.0%)

2 わかつたわ

▼ こんどはね~ (2, 0.0%)

1 ある宇宙艇, わたしについて

▼ こんどほど~ (2, 0.0%)

1 容易くかつ, 苦しいもの

▼ こんどみたい~ (2, 0.0%)

1 な目, に体

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 から会うたら, は誰

▼ こんどやったら~ (2, 0.0%)

1 ポマードの, 俺が

▼ こんどわし~ (2, 0.0%)

1 が戻っ, は雷

▼ こんど一人~ (2, 0.0%)

1 でゆっくり, で来

▼ こんど代議士~ (2, 0.0%)

1 とか参与官, の選挙

▼ こんど何時~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃいますの, くるの

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は東京

▼ こんど兄さん~ (2, 0.0%)

1 が行ったら, に逢ったら

▼ こんど先生~ (2, 0.0%)

1 のところ, の顔

▼ こんど出来た~ (2, 0.0%)

1 字かも, 招魂堂です

▼ こんど出版~ (2, 0.0%)

1 される筈, する豫定

▼ こんど卒業~ (2, 0.0%)

1 だから, と同時に

▼ こんど博士~ (2, 0.0%)

1 が大きな, はいや

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 できるん, 書きましょう

▼ こんど國民新聞~ (2, 0.0%)

1 で短篇小説, の短篇小説コンクール

▼ こんど大和屋~ (2, 0.0%)

1 が名題, が小

▼ こんど始め~ (2, 0.0%)

1 ての取引, て家庭

▼ こんど小田くん~ (2, 0.0%)

1 のうち, のお

▼ こんど帰っ~ (2, 0.0%)

1 てきたら, て来

▼ こんど帰ったら~ (2, 0.0%)

1 いちど存分遊ぼう, お墓

▼ こんど常盤座~ (2, 0.0%)

1 へ行かない, へ行っ

▼ こんど広島~ (2, 0.0%)

1 へ行, へ行ったら

▼ こんど~ (2, 0.0%)

2 が店

▼ こんど彼女~ (2, 0.0%)

1 は泣き, を澄代

▼ こんど戦争~ (2, 0.0%)

1 がはじまる, になったら

▼ こんど戦地~ (2, 0.0%)

1 へ行く, へ行っ

▼ こんど改造~ (2, 0.0%)

2 した家

▼ こんど新しく~ (2, 0.0%)

1 マルクス, 求めて

▼ こんど新た~ (2, 0.0%)

1 に持っ, に築きかけ

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 つたら訊いて, ふときは

▼ こんど江戸~ (2, 0.0%)

1 から来た, へ出たら

▼ こんど生れ~ (2, 0.0%)

1 てくる, やがったら

▼ こんど生れる~ (2, 0.0%)

1 嬰児を, 子供の

▼ こんど痴川~ (2, 0.0%)

2 を殺す

▼ こんど立候補~ (2, 0.0%)

1 するの, なさいますそうですね

▼ こんど素子~ (2, 0.0%)

1 が移った, の仕事

▼ こんど結婚~ (2, 0.0%)

1 したら女, するん

▼ こんど自分~ (2, 0.0%)

1 で南天堂, のところ

▼ こんど~ (2, 0.0%)

1 ておい, て來

▼ こんど買っ~ (2, 0.0%)

2 てき

▼ こんど釣り~ (2, 0.0%)

1 にゆく, に来

▼1* [547件]

こんどあっしアお客で来る, こんどあっちへいく, こんどあべこべに見物人, こんどあめ屋さんになった, こんどあらしがある, こんどあらたにつくられた, こんどあらためてあなたの, こんどあれを連れ, こんどあんな戯けた真似, こんどいい布が, こんどいくよ, こんどいくつになった, こんどいつか送って, こんどいつか気分のまし, こんどいつごろ御帰京, こんどいつ国へ帰る, こんどいよいよ火星へ, こんどいらっしゃったらきかしてあげる, こんどいらっしゃるのは, こんどお前の, こんどうさえ門, こんどうずら打ちにいこう, こんどうちへ持っ, こんどうんと窘めて, こんどおいでなさる時, こんどおいでのとき聖書, こんどおこなわれようとする, こんどおじさんの番, こんどおっ母あ, こんどおとなりの本田さん, こんどおばさんは善吉, こんどおびき出すのだ, こんどおまえがお, こんどおもしろい話を, こんどおれ行つて見べが, こんどお上からお, こんどお前がサナトリウム, こんどお母さんにいい, こんどかえったら銃殺だ, こんどかえり間際にでも, こんどかくものにも, こんどかなり遠い宇宙旅行, こんどからも少しせりあげ, こんどてみる, こんどきたらかえしてあげる, こんどきなさるときわすれず, こんどくにのお, こんどぐらい馬鹿な, こんどこいつを, こんどこうなって, こんどこそと意気込む, こんどこそというように, こんどこそとばかり再び招きよせた, こんどこそはとかいうような, こんどこっちへ来る, こんどこれが切れたら, こんどしげみから立ち, こんどしたらおじいさんは, こんどすこし暇を, こんどすずめの巣, こんどそういうことが, こんどそこの当主, こんどそれだけの金, こんどそれらの人, こんどだつて彼奴, こんどつかまえた時には, こんどつかまえたらおのれ, こんどつくづく自分て, こんどつくづくそう思った, こんどつれあいに死なれました, こんどえこんど, こんどでもすぐまとまった, こんどといふこんどは, こんどとかこのまえ, こんどとはお出ましの, こんどとれてからはじめて, こんどとんでいく, こんどどこか旱魃, こんどどんな幻を, こんどなぐってやる, こんどなさると大きな, こんどなどは盛んな, こんどなどもちよつと, こんどなんでも持っ, こんどなんか博物館の, こんどなんかは余分に, こんどなんかもそのなかんずく, こんどにでもしようと, こんどのくわはたいへん, こんどのったら明石まで, こんどはおつかぶさるやうに, こんどはかへされたくないと, こんどはかまどをぱくりと, こんどはからだが, こんどはがつしり, こんどはこたにわり, こんどはじぶんらの離別会, こんどはじめてつくづくと知った, こんどはじめる仕事は, こんどはずつと近くで, こんどはぞつとく, こんどはっきり間違いを, こんどはとひらめくよう, こんどはにほひあらせいとう, こんどははははははと大ぜ, こんどはやすりを, こんどはよつぽ, こんどはわたいたちが, こんどばかりでは, こんどばら撒いて, こんどひき戻されるともう, こんどひけた電気という, こんどひとつただわけ, こんどひとつ手品ばかりの小屋, こんどひるがえって如来という, こんどふしぎなもの, こんどふたたびこの世界, こんどふぢ子さんが東京, こんどふるさとへ帰る, こんどぶっ放されたが, こんどえったあの, こんどほかのをとったら飼っ, こんどぼくにかし, こんどまとめて一本, こんどみつかればきっと, こんどみんなが蓮華, こんどめ生れ代つて来たらわ, こんどもかぶとを, こんどもっといいの, こんどやってきたら鉄砲で, こんどやってきたらつっついてやろう, こんどやって来たような, こんどやって来られた方で, こんどやっと魔法が, こんどやまぶきでしたかやまぶき, こんどやらしてもらう, こんどやるならという意味, こんどゆっくりいらっしゃいよ, こんどゆっくりまた来ます, こんどようやく家が, こんどよほど強固な, こんどよんで御覧, こんどが, こんどわしどもの要求, こんどわたしたちが放し飼い, こんどを以てそんな蔭, こんどウィーンに来, こんどオンナとカンナ, こんどキリスト教をしんずる, こんどクラリネットと合わせ, こんどコスモスでチップ, こんどコンクールに當選, こんどゴーリキイの, こんどサムに相談, こんどショパン論を改めて, こんどタマをいじらせ, こんどチェホフ全集発行の任, こんどニューギニアから帰っ, こんどフイリツピンヘ行くので, こんどベルリンで公開, こんどマリア・グレゴーリエヴナが現れたら帰ろう, こんどミズーリと米国大使館, こんどヨーロッパから入っ, こんどロシアへい, こんど一つマア坊に真面目, こんど一寸あいさつして, こんど一度きりですよ, こんど一般委員会で批判, こんど七十年ぶりに区名, こんど七四番の室, こんど三人が何処, こんど三十俵だけ馬, こんど三年振りに広島, こんど三越のホール, こんど上った新米議員の, こんど上程された法案, こんど不肖藤吉郎が炭薪奉行, こんど不都合があれ, こんど中国役の総, こんど中央できい, こんど中学校を受ける, こんど中館の作品, こんど丸木に出会ったら, こんど主人が航海中, こんど主人公の希望, こんど久し振りで三途の川, こんど久保井校長が東京, こんど乗っていく, こんど乾物屋を出る, こんど亀千代さま御家督, こんど事務所がそこ, こんど事情が変っ, こんど二号さんや三号さん, こんど二階借りを, こんど五冊目にとりかかっ, こんど五年生になつ, こんど井上さんがいらしたら, こんど交響曲の順, こんど京大阪へ乗込ん, こんど京都の新聞, こんど人間を見たら, こんど今君の勉強, こんど仕事があつ, こんど伊予へ帰ったら, こんど伊那丸が小太郎山, こんど会いましょうね, こんど会った時話したい, こんど会合に連れ, こんど会社のご用, こんど伺ったら一度あなた, こんど住宅管理法がかわった, こんど佐内秋山その他の人たち, こんどが癒, こんど何事が起っ, こんど何日に來, こんど作る地下戦車の, こんどに取り立てたい, こんど停年でやめ, こんど偶然の機会, こんどへでも寄つて, こんど傲然たるは民, こんど働きに出れ, こんど僕等で同人雜誌, こんど入れかえてこれから, こんど六十の手習, こんど内地へかえって, こんど再び兵部省付きの, こんど出かけたとき念を, こんど出た時に, こんど出ましたが結婚生活, こんど出やがったら村の, こんど出る全集の, こんど出来たら間曳いちまう, こんど出来る食堂の, こんど出来上った翻訳に, こんど初めて本当に味わったよう, こんど別所君が僕, こんど制定される行政施行法, こんど前橋の連隊, こんど創作第一集, こんど勅使の巡察, こんど勝治の卒業, こんど募集があったら行こう, こんど十七歳での出陣, こんど十八九年ぶりで大阪, こんど南洋へ連れ, こんど古賀がかう, こんど吉之助の部屋, こんど吉野から帰っ, こんど同時に三名の, こんど同行する湯浅芳子さん, こんど名主職を受継ぎました, こんど名古屋新聞に連載小説, こんど呼ばれた名前の, こんど呼び寄せたのです, こんど呼んだら返事を, こんど和太郎さんがよっぱらう, こんど四季社から刊行, こんど地方へ越し, こんど地球に戻る, こんどにあたる, こんど塾長に就任, こんどなこと, こんど外国にゆく, こんど計代, こんど大きなくじらが, こんど大坂へ行かれたら, こんど大寄越ゆるなら, こんど大阪へ演奏, こんど天下無双の武芸者, こんど天城山に登っ, こんど好い春着を, こんどが到着, こんど姉上からお金, こんど子供を連れ, こんど子供たちはみんな, こんど孝二にいいました, こんど宣撫班になっ, こんど宮崎さんへあがったら, こんどへ奉公, こんど寄るよ, こんど将軍様御他界, こんど鰭の, こんど小田をお, こんど小鳥に生れ, こんど少尉が踊り出そう, こんど展覧会に出す, こんど岡崎へ立ち寄られたら, こんど岡村さんといふ所へま, こんど島田へ行っ, こんどへいっ, こんど川上機関大尉をひっとらえたら, こんど川端さんにお, こんど工場へはいり, こんど帝展の審査員, こんどの武蔵, こんど師父が欧州, こんど帰る時には, こんど幕府が外国, こんど年賀の拝, こんど年雄くんはお父さん, こんどへ来はったら, こんど度々の難題, こんど建てたあの櫓, こんど張飛に会ったら, こんど当地の別荘, こんどにたった, こんど御門札を新, こんど徳川さまの手, こんど徳川家康と一つ, こんどな病気, こんど息子がぼくら, こんど悪者がのぞき, こんど慰問袋の中, こんど憲法らしい形, こんど手前が帰国, こんど手合せしたらおまえ, こんど手紙をもっ, こんど拵えたの, こんど持ってきた, こんど指す時は, こんど按摩さんにもん, こんど捕まえたら八丈島の, こんど描いている, こんど携えてきた, こんど改めておばさんたちに, こんど改正された治安維持法, こんど改築のとき, こんど改造社から井伏さん, こんど政府に買いあげられ, こんど故郷へ帰っ, こんど故障を起す, こんど教えて下さい, こんど教わる時には, こんど教授所のよう, こんど整理の日, こんど文化部でさ, こんど文学座で上演, こんどらしいの, こんど新しい別館が, こんど新作の所作事, こんど新帝の朝, こんど新潟高校から招待, こんど新調した, こんど日光へゆく, こんど日向からお召, こんど日当たりのいい, こんど日本橋の方, こんど春日の料理, こんど是非一度ご来臨, こんど是非松浦さんや中江さん, こんど晴れて帰還, こんどがあつ, こんど暫く草津の, こんど曳き出される時には, こんど書くなら反對, こんど最年長者の小笠原老人, こんど隠と, こんど木田氏から親しく, こんど未亡人になつ, こんど本国へ帰ったら, こんど村はずれの小さな, こんど村中で相談, こんど来たらどなってやる, こんど来られるご家中, こんど来るときゃたくさんいっぺんに, こんど東北地方を旅行, こんど東宮の御, こんど会館で, こんど案内して, こんど桑名のほう, こんど極東方面の平和, こんど歌わねばなん, こんど歌舞伎が来, こんど止められたら突きとばして逃げましょう, こんど正月がくれ, こんど此処の合戦, こんど武蔵さまに訊い, こんど歩いたコースは, こんど残つたのは底, こんど殺されたとしたら, こんど気がついたときは, こんど気分のよい, こんど汝南から帰っ, こんど江戸表へまいる, こんど池田村さ行, こんど河出書房から近作, こんど法務庁に人権擁護局, こんど津田玄蕃という人, こんど津軽地方を一周, こんど浅井朝倉の平定, こんど深夜あの河岸ぷち, こんど清ちゃんに向島, こんど湯川君が受賞者, こんど火力發電のため, こんど火星へ着陸, こんど焼増しして, こんど煉炭屋へやとわれ, こんど熊本に戻つ, こんどの義明, こんど牛込から素晴らしい, こんど特攻隊に志願, こんど犯則があれ, こんど独りで両方, こんど献納されるとき, こんど獄舎につないだ阿, こんど理科の時間, こんど生け捕りになった, こんど生まれるのが, こんど生まれ変わる時は, こんど生れた赤ちやんだ, こんど生れ変るときは, こんど生意気なまね, こんど生活が楽, こんど生蕃の親父, こんどれて, こんど田代さんのところ, こんど甲州の山, こんど甲州入りの役, こんど男子のよう, こんどに家, こんど病気でいよいよ, こんど痙攣がおきたら, こんど発作をおこしたら, こんど発見された, こんど發表した分は全, こんど皇子が秀仁親王, こんど皇帝の補佐, こんど直治の部屋, こんど相談にのっ, こんど真直車を押し, こんど真赤なお, こんど砂子屋書房で四六判, こんど磁石をもっ, こんど福井へおいで, こんど禿になつたの, こんど秀公がうち, こんど秀吉のいい, こんど私たちの学校, こんど私どもが親戚, こんど窪川君の御, こんど竹田さんが来たら, こんど二次大戦に, こんど答えなければ本式, こんど約束を違えたら, こんど紹介してやろう, こんど組立てた受信機に, こんど練馬の春日町, こんど義経の手, こんど耳もとへ口, こんど良くなつたら生活, こんど良雄が遠縁, こんど若君の侍医, こんど茶門の徒弟, こんど菊五郎と狂言座, こんど落としたら罰に, こんど蒐集陳列されたもの, こんどを探し, こんど藤吉郎が立ち寄ったしお, こんど藤野先生から研究, こんど蘭学の塾, こんど蠅男にやられ, こんどはれる, こんど行くのは, こんど行ってみる, こんど行われる日本ペンクラブの, こんど製造工場を起こす, こんど見えたらその道誉とやらを, こんど見せて上げましょう, こんど見せたらあたした, こんど見つけた宝島の, こんど見つけたら石を, こんど見合ひするかも, こんど親たちにつれられ, こんど親方にもその, こんど解放されたん, こんど解放後のフランス, こんど訪ねたとき, こんど話してあげよう, こんど誠くんだ, こんど読みかえして気がついた, こんどが二番, こんど谷博士の作りだした, こんどの火, こんど財政をやる, こんど買った農奴ぐらいには, こんど起きた時で, こんど越したホテルを, こんど越中の或, こんど蹴球部に一年生, こんど軍隊からかえって, こんどいくわを, こんど近くへきたらのがすまい, こんど近江の国, こんど返さねばならない, こんど返すよ, こんど追い出されても家, こんど追想集が出る, こんど逃げてみろ, こんど逃げようとしたら, こんど通ったときに, こんど通過の折, こんど造った人造人間の, こんどふの, こんど逢うまでお前, こんど逢った時僕の, こんど逢ったら殴ってやろう, こんど連れてこられた, こんど進駐して, こんど遠い船出を, こんど遠野で慈善音楽会, こんどに上っ, こんど都合でバー, こんど釈放された人, こんど里見十左がくにもと, こんど里見十左衛門が使者, こんど重吉が戻ったら, こんど野々宮君に会ったら, こんど野原へいっ, こんど金堂の中, こんど銀行ってもの, こんど長浜へ来たら, こんど長男の和一郎, こんど関白になられた, こんど遜とかいう, こんど陸軍病院へ傷痍軍人たち, こんどな時, こんど雑司ヶ谷へ新, こんど雑誌やるの, こんど雜誌を出される, こんど離婚するの, こんど離縁したもん, こんどの夜, こんどのない, こんど雪岡が来たら, こんど雲井に話し, こんど風邪にやられた, こんど飛行島で顔, こんど養子に入れた, こんど餌ちょくの中, こんど首都のさる, こんど高山へ出, こんど高木卓に会, こんど高等学校を卒業, こんど魏軍が長安, こんど鴎座で先生, こんど麦飯山の出征