青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こんだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こめ~ ~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ ころ~ こん~
こんだ~
こんど~ こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます ございます~

「こんだ~」 1270, 14ppm, 8089位

▼ こんだ~ (165, 13.0%)

12 です 11 である 106 では 4 だろう, ですが 3 か, じゃ, だから, だった, だと, であった 2 が, だが, であろう, でしょう, ですか, はその, を見

1 [86件] お稽古, かおそらく, かしたり顔, かと思はせる, かなあ, か幾, か蹴倒された, がいけない, がと或, がもと, がケチ, がメッテルニッヒ, が二本, が偶然, が十四, が憎らしい, が花川戸, が見つかった, じゃありません, じゃない, だけれど, だそう, だその, だな, だね, だろうと, だ今日, であります, であるが, であろうか, であろう初春, でございます, でございますが, でした, ですから, と息一つ, に比べ, はいま, はこの, はこの小さな, はそれ, はそんな, はちょうど, は事実, は十月, は士官室, は新, は日光, は日頃沈着そのもの, は毒死, は珍しい, は男装, は相手, は祖母アクリーナ, は精神的, は逃げ道, も, もあの, もこうした, もそこ, もその, もみなあいつ, もやはり, も無理, やがあります, やくそく, をさも, をそのまま, をどう, をサトウハチロー君, をソップだき, を伝右衛門, を憶え, を懐, を桂子, を知らず, を見た, を見る, を認める, を追っかけ, 一件についても, 事な, 事について, 戦争に, 舞台を, 部屋では

▼ こんだ~ (62, 4.9%)

2 更に家康

1 [60件] あとで, いい考え, おそらくは誰一人, このあと, この得態, しばらくする, すぐには, すぐ顔, そうすると夢, そこで, そこに, そこへ, そのとおり, その後は, その時, その踏む, その顔, それから露地, それでも鍋, それと, たちまち一人, どうし, なお十三年頃, ふいに, ふと何, ふと初午祭り, やがて話しだした, やはり結局もの, オタツの, ミロク菩薩の, 一服投手を, 不意に, 中は, 今の, 何か, 刀を, 南無三, 同時に其様式, 客に, 室内は, 師匠は, 彼は, 彼方の, 思いだせない様子, 思い当ること, 思ひがけ, 最後この, 最後どこへ, 案の定そこ, 櫛らしい, 温かそう, 痔が, 自分が, 誰も, 警部は, 足だけは, 身を, 長い髯, 間もなく葉子, 鞍馬の

▼ こんだもの~ (59, 4.6%)

7 である 3 だが, と見える, らしい 2 かさちよ, だ, だったが, だと, で, でした, です, では

1 [27件] か, か何れ, が少しく, だった, だつた, だね, だ畜生, であるが, であること, であろう, であろう縁さき, でないかも, で彼, とか, とがある, としてもその, なん, になり, に相違, のよう, は一種, もいる, らしかった, を一朝, を作ろう, を求め, を灯火管制用

▼ こんだよう~ (53, 4.2%)

3 な感じ 2 だ, だった, なもの, な恰好, な気, にし

1 [38件] でございます, ですから, ですよ, でも, で砕け散った, で私, なきれい, なの, なひろびろ, なまなざし, な使用人, な口ぶり, な堀, な強い, な態, な戦慄, な様子, な濁り, な疼痛, な秘密的, な超, な音, に, にじっと, になっ, になり, にものすごく, にペン, に匙, に思われた, に感じ, に爛, に見上げる, に言った, に足先, に身, に青白色, に默りこん

▼ こんだこと~ (35, 2.8%)

4 があった 3 がある 2 を知る

1 [26件] かばかばかしい, かまた, があるだろう, がなかっ, がわかってる, が一つ, が信ぜられない, が分った, だけがたしか, だろう, である, とでしょう, については多く, について説明, になっ, にも叔母, はいりません, はまちがい, は私, もあった, もあつ, もある, をする, をやった, をやりやがった, を知っ

▼ こんだ~ (24, 1.9%)

3 なると 2 すれば, 思うと, 思って

1 [15件] いうよりも, いふでは, したら, すると, 云ふ, 伝えられて, 分るでしょう, 得意で, 思ふと, 疑うこと, 聞く, 見ると, 見るや, 見る間, 逆に

▼ こんだ~ (18, 1.4%)

1 [18件] いっしょけんめいに, この道, その春子さんつう人, なにし, エライ人が, サンザン殺しや, ボロが, 仲の, 俺が, 厄介に, 大きなイクサ, 家が, 工合の, 気ばつて, 水が, 用意せ, 美事に, 若い女たち

▼ こんだという~ (17, 1.3%)

1 [17件] ことに, その恐るべき使命, それだった, のが, のだ, わけ, わけが, わけさ, わけだ, わけです, 姿勢で, 次第であろう, 次第な, 注進だ, 漁師の, 訳な, 風に

▼ こんだとき~ (17, 1.3%)

1 [17件] いて, かれは, その巨大, です, などかれ, にあの, にそれ, には神社, に喜三郎, に既に, の女二人, の激しい, はさすが, は既に, は私, もその, 思いがけなくグニャリ

▼ こんだ~ (17, 1.3%)

2 のよう

1 [15件] からこの, からそう, から彼, その小さな人影, にはいつ, にはほんとに, にはもうすつかり, には修作, にゃ何しろ, に得られる, のこと, の苦悩, はまだ, まで溯る, もかれ

▼ こんだから~ (16, 1.3%)

3

1 [13件] お隠し, その無茶苦茶, それまで, たまらない, だった, なう, もう一ぺん, 何が, 俺が, 吾ゃお前様の, 少し減る, 私云う, 考えなさるが

▼ こんだので~ (16, 1.3%)

2 私も

1 [14件] あろうな, おけいさん, 二匹の, 八風斎の, 吃驚し, 声を, 彼は, 日本一太郎は, 柱と, 目が, 矢は, 蔵人たちとの, 途中で, 防ぎ得ず左膳

▼ こんだまま~ (14, 1.1%)

1 [14件] その脊, だ, でした, とうとう姿, どうする, にある, にし, になっ, の年, ふと手, 再び姿, 抜けなかった, 暮すよう, 消えうせたとき

▼ こんだところ~ (12, 0.9%)

1 [12件] が分ってる, だったので, でなかなか, で物, との中間, なん, に閑寂, はどこ, は紫色, は調理室, をのしかかっ, を叩き起され

▼ こんだ~ (11, 0.9%)

2 上野公園や 1 あんたを, そんなお, 一升五合賭を, 少し早すぎら, 意地でも, 捨て, 旦那の, 止めて, 飛んだ交際

▼ こんだ~ (10, 0.8%)

1 じゃがこの, だ, だど, だよ, だろうねえ, です, ですからねえ, ですが, ですね, やな

▼ こんだ~ (10, 0.8%)

1 がいた, がついに, こそ辻ヶ谷少年, だという, の顔, はそつ, はそれ, は七之助, は娘, ばかりの住居

▼ こんだ~ (10, 0.8%)

3 がある 2 があった 1 が妻, が相手, はそこで, は武田伊那丸, は爆弾戦

▼ こんだあの~ (9, 0.7%)

3 詞が 1 二階の, 医者の, 柳の, 語が, 謎の, 部屋です

▼ こんだ~ (8, 0.6%)

1 会いしたらまるで, 吉は, 民結つても, 父様に, 蓮様は, 通を, 願が, 高祖頭巾の

▼ こんだやう~ (8, 0.6%)

2 な周囲, な氣 1 です, な気, な瑞々しい, な眼

▼ こんだ様子~ (8, 0.6%)

1 だった, だねえ, でした, でそして, で母, で鼻, なども読む, に釘勘

▼ こんだ~ (7, 0.6%)

1 いますぐ, どっちと, わからない, 分らないよう, 知れない, 私は, 竹矢来を

▼ こんだかと~ (7, 0.6%)

3 思うと 1 思うま, 思ふと, 思われるふし, 足を

▼ こんだ~ (6, 0.5%)

1 それが, ぽうん, 暴君ぶりを, 槍の, 球だ, 県の

▼ こんだその~ (5, 0.4%)

1 お前だ, お友達, 家庭の, 時刻な, 男は

▼ こんだわけ~ (5, 0.4%)

2 では 1 だ, だった, だね

▼ こんだ朝山颪~ (5, 0.4%)

3 に御 2 に御灯

▼ こんだ~ (5, 0.4%)

1 が赤く, でギロ, で眺める, の焦点, をぎょろりと

▼ こんだ~ (5, 0.4%)

5 物の

▼ こんだこの~ (4, 0.3%)

1 二人だった, 犬が, 痩形の, 高麗や

▼ こんだそう~ (4, 0.3%)

21 で, であるが

▼ こんだつもり~ (4, 0.3%)

1 だが, です, ですのに, では

▼ こんだといふ~ (4, 0.3%)

1 のである, 次第で, 窓硝子は, 話だつた

▼ こんだ~ (4, 0.3%)

1 とにかく安心, ア, 内心もう, 留さん

▼ こんだほど~ (4, 0.3%)

2 であった 1 だから, であつ

▼ こんだ~ (4, 0.3%)

3 の貴 1 の貴び

▼ こんだ~ (4, 0.3%)

1 が田舎, で日あたり, の戸口, の由緒

▼ こんだ~ (4, 0.3%)

1 だった, だつた, の長髪, はたしか

▼ こんだ構成法~ (4, 0.3%)

2 でした 1 をとっ, をとつ

▼ こんだそして~ (3, 0.2%)

1 古風な, 寝て, 柵から

▼ こんだとは~ (3, 0.2%)

1 云へ, 思うまいね, 知らないで

▼ こんだ一人~ (3, 0.2%)

1 であるなにぶん, にはちがい, の男

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 廊下を, 推理が, 花瓶を

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 がいます, なん, の顏

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 では誰, は昔, を鏡

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

2 は殺す 1 の黄祖

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 がそれ, がよかつ, が無論

▼ こんだ気配~ (3, 0.2%)

1 がし, が頭, には聞こえ

▼ こんだ物音~ (3, 0.2%)

1 はきこえない, を聞い, を聞きつけた

▼ こんだ細工~ (3, 0.2%)

1 だ, の波がた, はできなかった

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 でなければ, はマテイス, を持つ

▼ こんだ芝生~ (3, 0.2%)

1 に蔽われ, の上, を眸

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 が展開, だけでありました, をする

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 で立った, をし, をしなけれ

▼ こんだ~ (3, 0.2%)

1 が踊ッ子, であったが, に歩い

▼ こんだおれ~ (2, 0.2%)

1 の眼, 行って

▼ こんだお前~ (2, 0.2%)

1 の番さ, も渡り人足

▼ こんだじゃ~ (2, 0.2%)

1 あたし全部を, ないか

▼ こんだそれ~ (2, 0.2%)

1 を取りまく, を聞いた

▼ こんだなに~ (2, 0.2%)

1 かきかれたら, して

▼ こんだなんと~ (2, 0.2%)

2 いふ卑怯

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 したところ, 相違ない

▼ こんだまま返事~ (2, 0.2%)

1 もしない, もしなかった

▼ こんだまま顔~ (2, 0.2%)

1 も上げない, を天井

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 ああれ, 奥さん

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 あの娘ッ子, 九一金と

▼ こんだカフェー~ (2, 0.2%)

1 にいた, のショウ

▼ こんだチョビ安~ (2, 0.2%)

1 の喉元, の足

▼ こんだ丁度街端づれ~ (2, 0.2%)

2 の広

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 がまれ, もある

▼ こんだ人物~ (2, 0.2%)

1 だ, はどこ

▼ こんだ伊織~ (2, 0.2%)

1 のさけびである, を追って

▼ こんだ作品~ (2, 0.2%)

1 であった, よりもミッチェル

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 に酌, の名

▼ こんだ団子~ (2, 0.2%)

2 お食

▼ こんだ大きな~ (2, 0.2%)

1 グローヴを, 徳利を

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 の方, の浜座敷

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 がいる, が三万円

▼ こんだ少年~ (2, 0.2%)

1 の, もびつくり

▼ こんだ廊下~ (2, 0.2%)

1 の上, は足袋

▼ こんだ方法~ (2, 0.2%)

1 がとられた, を考え出す

▼ こんだ時良平~ (2, 0.2%)

2 はとうとう

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 な訳, に二人

▼ こんだ生活~ (2, 0.2%)

1 でありサンティーム, の嬉し

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 はいやがった, は逃げだす

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 が悪い, へ眼

▼ こんだ荷物~ (2, 0.2%)

1 なん, の中身

▼ こんだ言葉~ (2, 0.2%)

2 はなんで

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 だが, でも

▼ こんだ質問~ (2, 0.2%)

2 をうけた

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 に懐中, に這

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 あの突嗟, にお

▼ こんだ電車~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ こんだ~ (2, 0.2%)

1 が見え, はほとんど

▼ こんだ顔付~ (2, 0.2%)

1 が彼, でね

▼1* [458件]

こんだあうぬが, こんだあげくに負け, こんだあたしに訊い, こんだあとペンを走らせた, こんだあるはしっこい女, こんだあんた振る, こんだいい廻しで, こんだいくつもの爆発, こんだいたずら書きの紙屑, こんだいつ被入る, こんだいつ頃になりやしょう, こんだおそろしく鼻と, こんだおばあさんはまだ, こんだおらが附い, こんだおれ行つて見べが, こんだお金だけがもう, こんだかしらないが, こんだかもしれない, こんだからとてそれは, こんだからのキャンセルが, こんだきりであった, こんだくず屋が大分, こんだくせに, こんだくらいである, こんだるから, こんださ大丈夫だ, こんだこりゃ推進機に, こんだこれでいっちょう, こんだこれ多助よ去年, こんだこれ多助さんは三百石持, こんだこんな鈍才の, こんだそれが, こんだせいか遂に, こんだせかせかした調子, こんだそこの岩礁, こんだそつちだ, こんだそぼろ助広はとっさ, こんだえ, こんだためであろう, こんだだけで平気, こんだって邪魔に, こんだえ覚え, こんだてはカツオのさ, こんだてめえがあの, こんだといった形に, こんだとか引っこまない, こんだときカケガネがおり, こんだとき汝らはわが, こんだとき自分の持っ, こんだとき銃庫へなだれこん, こんだところが当日房吉は, こんだところそれを発見, こんだとて砂糖が, こんだとも思われる, こんだなかへ川瀬勇, こんだなどと話は, こんだなりダラリと, こんだなんとかいう大, こんだのに館内の, こんだのべつ幕なし, こんだのみならず何かと, こんだはずだが, こんだはずみに逃げ出し, こんだばかりでそれ, こんだばかりの庭木を, こんだばっかりにわが家に, こんだふうをし, こんだほどの気鋭の, こんだほんものだそう, こんだまた近路, こんだまでは上出来だった, こんだままそこを退いた, こんだままほかの椅子, こんだまま主を失っ, こんだまま唇をかん, こんだまま地上を離れない, こんだまま姿をかくし, こんだまま悄気かえった姿, こんだまま斜に横町, こんだまま灰のなか, こんだまま知らん顔をし, こんだまま行方が消え, こんだまま身動きすること, こんだまま返辞もしない, こんだみごとな形, こんだみたいに頼り, こんだここへ, こんだもんだし, こんだやつは一体, こんだよく見屆, こんだわしも芸事, こんだアあすこの縁, こんだアこっちの方, こんだアコ長ととど, こんだアリバイの示しかた, こんだア誰の餓鬼, こんだイギリス風の花壇, こんだガラスの風除け, こんだクリーニング氏は苦, こんだサクはまもなく, こんだシーオリーが立てられ, こんだソロチンツイの陪審官, こんだタンクの内容液, こんだてなア, こんだデカダニズムなど, こんだトリックをする, こんだパズルのよう, こんだパンフレットの発行, こんだヒゲがわずか, こんだビールの缶, こんだブランドとブルーク, こんだペップに多少, こんだペツプに多少, こんだホントに信じられなくなった, こんだミルク色の疵ひとつ, こんだメフィストの笑い, こんだメモと首ッぴき, こんだワーシカは窓, こんだ一ちょうの短剣, こんだ一つやるから, こんだ一つ本当の肖像画, こんだ一の橋の橋杭, こんだ一万円近い札束, こんだ一如の境地, こんだ一枚を手帳, こんだ三つの人かげ, こんだ三人はフーリ, こんだ上京する時, こんだ上皆な気, こんだ不思議な細工, こんだ不自由な手頸, こんだ与八小屋がおのずから, こんだに交っ, こんだ乘つてもい, こんだ予定ができてる, こんだがあっ, こんだ事件のよう, こんだ二人の計画, こんだ五軒からお, こんだ亜麻袋を鞍輪, こんだ享楽的な感覚, こんだ人々も決して, こんだ人影をみとめ, こんだ人生観が容易, こんだ人間の動勢, こんだ仕事が有ったら, こんだ仕掛をする, こんだ仕掛け時計はざら, こんだ仕組みであるの, こんだ他人からぶっ, こんだ仙吉を取り, こんだ伝記類はきわめて, こんだ低いたくさんの, こんだを彼, こんだか見える, こんだ何処までも隠し, こんだ作業とそれ, こんだだ, こんだ係官たちも, こんだ側板の彫刻, こんだ僚友に呼びかけた, こんだ僧俗もかなり, こんだで外, こんだ儘時折くり展げては, こんだの兵隊, こんだ兄さんから神, こんだ入隊する前, こんだ八幡のヤブ知らず, こんだ六人をもろとも, こんだ六人目でせう, こんだ兵隊の中, こんだ凡ての市街, こんだ刃物なんぞを持っ, こんだ殊の, こんだ刺繍がし, こんだはすぐ, こんだ創作態度から云う, こんだのやり場, こんだ助五郎は大枚, こんだ十一人は忠兵衞, こんだ千浪が裾, こんだ卓一は, こんだ博奕打ち喧嘩師, こんだ博徒らの張っ, こんだに塀, こんだ厚いいくらか, こんだひきこまうと, こんだの肩, こんだ口髭を撫で, こんだ古いクラウゼル街の, こんだ台辞であるという, こんだ各々の家, こんだ名前だから, こんだ向う側一辺倒と言う, こんだ喜助の仕掛けた, こんだ四国屋のお, こんだ図面であった, こんだ土蔵の中, こんだ地鶏の血液, こんだ報告文学であると, こんだ外国文明に郷土文化, こんだ大丈夫でさ, こんだ大地の春, こんだ大坂から帰っ, こんだ大臣やなんど, こんだ大道具が大変, こんだ大金の穴埋め, こんだ太刀傷があり, こんだ女の童は局, こんだ始めのころ, こんだ姿を持つた, こんだ婦人をこれ, こんだ子供らが, こんだ孫六は喘, こんだ孫兵衛の刃, こんだ実体を今文学, こんだ実際を見届け, こんだの中, こんだ室内では夜更け, こんだ容疑者というの, こんだ寒ざむしい室内, こんだ寒月さんが来たら, こんだ寸分のゆるみ, こんだ専暴と人民, こんだ舸の, こんだ小さな一本マストの, こんだ小童であろうと, こんだ島崎隊の数人, こんだに添う, こんだ左膳の体あたり, こんだ左近を洋次郎, こんだ常緑樹の生垣, こんだ常設館ニュウ・ギャラリイのスクリイン, こんだ平地人が山小屋, こんだをしみじみ, こんだ幾つもの小さい, こんだと人, こんだ張英は兵, こんだ当夜から男, こんだ形跡がない, こんだ彫刻縁の姿見, こんだは口, こんだ後軽蔑的な微笑, こんだ御殿山の北側, こんだ心境を見せた, こんだ心理小説も結核, こんだ思いがした, こんだ怪しい人間の, こんだ怪人に相違, こんだ恐ろしくふとつた男が, こんだ恰好でやって来た, こんだ文化に, こんだ慶子の眼, こんだ憂鬱さうな樣子, こんだ房一はまつ, こんだ所轄警察署の警官たち, こんだが顔, こんだ手拭をばさげ, こんだ手腕を具, こんだ手際にある, こんだ技芸士の栄号, こんだ拍子に杉田, こんだ指先にカチリ, こんだ推理だ, こんだ敏子さまを見た, こんだ文子が毎日晩, こんだ文身ではありません, こんだ新しい建物から, こんだ新聞記者の顔, こんだ日本の民主化, こんだ日本人は今, こんだ日記帳をとりだした, こんだ日課を, こんだ早速俺が, こんだ春風がその, こんだ時あなたはなにか, こんだ時のはづんだ息, こんだ時代があつ, こんだ時如何とも全力, こんだ時澤山の聲, こんだ時計の下, こんだ更生資金をそっくり, こんだ最初の船, こんだ木版の輪廓, こんだ木立になっ, こんだ本格的理學者たちに逃げられ, こんだ村会議員をあばこう, こんだもきょう, こんだの枝, こんだ果報やけがする, こんだがあり, こんだがちゃんと, こんだ栄三郎の初, こんだ根木につらまっ, こんだ格子を開ける, こんだ桃井直常の七千人, こんだやアカシヤ, こんだ梵妻が啀, こんだ棟割長屋がこと, こんだ森啓之助は, こんだ構えの苔, こんだ構成のなか, こんだ標札には, こんだにひとしい, こんだを洗いおとし, こんだ武田どのの残党, こんだ武蔵の顔, こんだ歩兵は引き上げる, こんだ残敵の自首, こんだ母親の言葉, こんだが附い, こんだ気合の掛声, こんだ気持はわかります, こんだ江戸は火, こんだ汽車というもの, こんだ治郎左衛門元成に打ち明けた, こんだ泡鳴は, こんだ注意深い編集振りである, こんだ浅草へ連れ, こんだ浮き浮きした調子, こんだ清元の稽古, こんだ清純な気魄, こんだ渓あいの小さな, こんだ満身これ秋田犬愛の熱血, こんだ漆喰の上, こんだ漆黒の髭, こんだ父親とこの, こんだ牙みたいなところが, こんだは宙ぶらりん, こんだ特別製のよう, こんだ犯人がこの, こんだ犯罪がある, こんだ狭い街に, こんだ猛烈な風, こんだ瓦葺の屋根, こんだであるが, こんだ男女がてッきりそれ, こんだ異国の文化, こんだ疼痛を感じた, こんだ病人のよう, こんだであつ, こんだ白鳥会の文庫, こんだ百万円を突然, こんだやしなび, こんだ盗人らしい, こんだ直人もはっと, こんだ相手の大小, こんだの濃い, こんだ真似をし, こんだ真弓を中, こんだ真面目な羨望, こんだ知識を雄弁, こんだ短い髭すこし, こんだ短刀の肌, こんだ硝子窓の下, こんだ硝子越しに葉, こんだ硬い頭髪裸に, こんだ種板で欄間, こんだが真四角, こんだ立派なもの, こんだ笹屋よして, こんだがなく, こんだ篠町からぢ, こんだ粉雪は夜, こんだ粉飾と礼儀, こんだ糞尿を横, こんだ紐育のデヴイツド・ブルース, こんだを貼った, こんだ紙片がで, こんだ紺絲が古い, こんだ結核性の腹膜炎, こんだなので, こんだ織田徳川の連合軍, こんだばかりで, こんだ置時計であった, こんだ罰金になれ, こんだ美しい女の, こんだ翌日から庄次郎, こんだ先生は, こんだ老境を描い, こんだであった, こんだ職業的な一種, こんだ自分が少々, こんだ自分達が出世, こんだ自動車もあった, こんだ良い料理であった, こんだ良人の冷, こんだ芝居を秀吉, こんだのうま, こんだ芸術を内, こんだ薄物を肩, こんだ薔薇や百合, こんだが流出, こんだ蚕婆いつものし, こんだのよう, こんだ蛾次郎のす, こんだ蜀兵もあらまし討たれる, こんだ血まみれなる法師武者, こんだ衣裳の一つ, こんだ装置や化学方程式, こんだ装飾や繊美, こんだ覆面の少女, こんだ見知らぬ男が, こんだ覚悟は挫け, こんだ親父抱いて, こんだ訊問を行った, こんだ誤り易い困難, こんだの番, こんだ課長は三分, こんだ調子ででも, こんだ警部を尻目, こんだ谷あいを照らし, こんだ谷底で滝壺, こんだ貨車に飛びつい, こんだ責任を感じたらしく, こんだ貴顕紳士がざら, こんだ資産を捜査二課, こんだ贅沢な珍品, こんだもなけれ, こんだ車内を見わたした, こんだ農民等はいわゆる, こんだ辺りで大きな, こんだ退院するとき, こんだ送電日記表の大きな, こんだ連中ての, こんだ選手のよう, こんだ遺言状を一人一人, こんだ邦人のほとんど, こんだが三万円, こんだ金属の棒, こんだの棒, こんだ錠前へ鍵, こんだを開け, こんだは無数, こんだの巣, こんだ陰翳で示される, こんだ陳留王を位, こんだ隅っこでも総監, こんだ隠れ柱との三方, こんだ雑兵などは放, こんだをかみ, こんだ青い電球板を, こんだ青島への避難者, こんだ頤髯を頤, こんだ頭背がすらり, こんだ頭髪はもう, こんだ頭髮の下, こんだ風来坊がた, こんだ食事です, こんだ馬鹿だ, こんだは奥, こんだ高田の坑内, こんだ魔法は作用, こんだ鮮血がまだ, こんだ麝香か何, こんだ黄色い杜若の, こんだ黒衣の袖, こんだの先