青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こめ こめ~ ~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~ ~ころ ころ~
こん~
こんだ~ こんど~ こんな~ ~こんなに こんなに~ ~ごく ごく~ ~ございました ございました~ ~ございます

「こん~」 5451, 59ppm, 1952位

▼ こん~ (4106, 75.3%)

208 いた 195 しまった 122 いる 79 きた 70 いたが 68 いるの 56 来た 44 しまいました 39 いて, きて 38 来て, 行った 33 ゐた, 来たの 32 いたの 31 いるよう 29 しまったの, しまって 28 くる 27 いると 26 ゐる 25 きたの 23 しまう 20 いました 18 いった 16 ゐるの 15 いること 13 あった, しまうの 12 ゐたの, 行く 10 いるので, おいて, くると, みると, 来る 9 いたので, います, ゐて, 来たもの, 来るの 8 いるところ, きました, しまひました

7 [11件] いましたが, いるから, いるという, いるん, くるの, くれ, しまうと, ゆく, ゐると, 行って, 行つた

6 あって, いるうち, いるか, きたが, それを

5 [13件] いらっしゃるの, いるが, いるとき, いる様子, おけば, おしまいに, しまったが, しまったので, ゐたので, ゐるので, 出て, 坊角を, 鬘と

4 [24件] いたこと, いたと, いたとき, いって, いる者, おいたの, おけ, きたから, きたこと, くるなんて, くるよう, みたが, やろうと, ゆくの, ゐたが, ゐるやう, ゐるん, 来たので, 来た者, 火を, 私の, 耳を, 自分の, 行ったの

3 [44件] あったの, ありました, いたん, いったの, いらっしゃるん, いるふう, いるもの, おいた, おいで, きたところ, きたよう, きたん, ください, くること, くれた, しまうこと, しまえ, しまったこと, しまったと, しまふ, それから, ゆくよう, ゐたから, ゐたに, ゐること, 來て, 参りました, 嘘の, 居たの, 居るの, 彼は, 息を, 来たよう, 来ると, 来るよう, 来る者, 消えて, 置いて, 行きました, 行くの, 見ると, 踏切り番, 酒ばかり, 酒を

2 [136件] あったが, あった古い, あつて, あるの, いく, いたところ, いたもの, いたり, いた二人, いた伸子, いた者, いな, いないの, いなかった, いますと, いるけれど, いるため, いるだけ, いるだろう, いるでは, いるのに, いるらしい, いるらしいの, いるらしかった, いる下, いる人, いる彼女, いる時, いる母, いる浪花節語り, いる間, いろ, いろいろな, おきながら, おくと, おこうという, おしまひ, きたか, きたので, きたもの, きた三成, きた努力, きます, くるか, くるばかり, くるやう, くる時, くる月光, くる月影, しまいましたね, しまいましたよ, しまいます, しまうもの, しまうよう, しまうん, しまったから, しまったという, しまったもの, しまったよう, しまったん, しまふと, しまふの, じっと考え, そこに, その中, それからさも, やった, やる, ゆくと, ろ, ゐたさ, ゐた時, ゐました, ゐます, ゐるかも, ゐるから, ゐるぢ, ゐるでは, ゐる人, ゐる入江, グイグイひい, ビールを, 丘の, 中から, 了つた, 予定の, 人殺しを, 來た, 來る, 僕の, 取り澄し, 坐って, 壁にも, 外へ, 夜陰の, 妙に, 居た, 居る, 帰って, 庄吉が, 彼女は, 手を, 暮して, 来たが, 来たこの, 来たため, 来たと, 来たらしい, 来た列車, 来ます, 来ようと, 来るかと, 来るやう, 歩いて, 母に, 目を, 私を, 考えて, 腹を, 自分も, 行きそう, 行くと, 行くところ, 行くやう, 行こうと, 行ったこと, 行つたのである, 見た, 見たら金沢, 足の, 身を, 部屋の, 錠を, 飛びこんで, 首を, 髯を

1 [1884件 抜粋] あいつを, あげようか, あったと, あった大事, あつた, あのお, あるじゃ, あるなかなか, あわや勘当, いかなる贖罪, いきました, いくと, いさぎよく離婚, いたから, いただきたい, いたところが, いたには, いたよう, いたらしいの, いたアコ長, いたチャンそば, いた人, いた佝僂, いた出羽守, いた器械, いた大蔵, いた左膳, いた手, いた時, いた様子, いた甲比丹, いた羊羹, いた蠅男, いた進少年, いた顔, いったきり, いったもの, いった後, いつか作者と, いつた事實, いても, いないよう, いなせえ, いますでな, いやあがる, いようとしても, いらしつて, いらっしゃれば, いりゃいずれ, いるけれども, いるせい, いるだろうか, いるに, いるものの, いるらしい刃物, いるらしく少年, いるんで, いるジジイ, いる三和土, いる乗客たち, いる人々, いる例, いる君, いる夜空, いる大石内蔵助, いる姿, いる小さな, いる帯, いる心, いる日, いる柳子, いる法, いる浮山, いる画家, いる私, いる考えかた, いる自分, いる貞操, いる青鼠服, いる馬春堂, いればこそ, うつむいて, うなずくと, おいたが, おいたステッキ, おいてからに, おきたい筈, おくうち, おくよう, おく気, おしまいなさる, おのが, おりおり取り出しては, おりましたから, おりましたので, おりますが, おり又, おり矢島, おると, おれるか, お槙, お祈りを, お願いが, かけ出し駅, がっかりし, きたかわり, きたって, きたり, きたッ, きた女, きた子供, きた甚だ, きた銀鋲, きつちり十ぺん, きましたな, きょうの, ぎんは, くるかも, くるじゃ, くるであろう, くるので, くる夜, くる暗い, くる花子, くる風, くれたり, くれる, ぐう, ここに, この壺, この秘密, これから百個, これも, こんな風, さかなは, さて顔, しいんとなった, しばらくする, しまいたいといった, しまいマキ子, しまうし, しまうだろう, しまうので, しまう恐ろし, しまおうと, しまったかの, しまったこれ, しまったね, しまったらしかった, しまった以上, しまった形, しまった気, しまつ, しまつてね, しまひ圧, しまふこと, しまふわけ, しまわないよう, しまわれたの, しもうて, じぶん, すこし淀み, するすると, せう, ぜひ頼み, そこで小諸, そして指, そのまま筆, その上, その創作活動, その後市人の, その機会, その腕, その近く, そばへ, それから実はたいへん, それでも年, それ證據にや, たずねた, ただ彼女, たのんだが, だから作, ついでに, とびこんで, どこで, なおさい, なにかしらん, なんとなく風情, のこって, はやく私, ぱッと, ひっぱりあげて, ひと晩泊めた, びっくりし, ぶつくさ云つて, ほうちょっと, まあ心配, まごまごし, また岸, まもなく自分, まわされた, みそ漬を, みたり, みれば, むりに, もともとの, もらっといで, やけに煙, やっと分った, やや久しく, やらなくちゃ, やりました, やるから, やれ, ゆかずつい, ゆくうしろすがた, ゆく姿, ゆく水, ゆり起す, ろい, わたしが, われわれも, ゐたところ, ゐたわ, ゐた加野, ゐなかつた, ゐるあの, ゐるし, ゐるところ, ゐるもの, ゐる千恵, ゐる図, ゐる少年, ゐる木村, ゐる露路奥, ゐればこそ, カレワラを, キャラメルの, サルに, シャブらせ, ストーブの, タノミが, トランクを, バケツの, パイプの, ヒゲまで, ピシャリと, フトコロ手で, ヘクタ貿易商会の, ボール紙の, ムシッと, ヨメに, 一つに, 一人殖え, 一口割込まう, 一寸形式, 一手と, 一本だけ, 一通りの, 三十五円の, 上に, 下さるでしょう, 下一杯に, 両手で, 中央に, 久方ぶりに, 了う, 事情を, 云えば, 人は, 今あと, 今朝の, 仕舞ったあと, 伏目に, 何を, 何時までも, 來たり, 修繕を, 停ったの, 傷に, 優しく抱い, 先生の, 兎や, 全く身動き, 其女を, 内部の, 再び凸型, 出かけるどこ, 出た少し, 出窓の, 刻一刻と, 剣尖, 十分ほど後, 半日も, 厭な, 反駁した, 取出口に, 古くこそ, 只納め, 合羽を, 名物と, 君の, 呉絽を, 呼ぶと, 唖男と, 喜代香の, 噴出する, 四方暗, 固くはきなおした, 圧迫止血を, 坐った, 壁に, 多年郷里を, 大きな声, 大賑やか, 天井を, 女には, 好きな, 妻を, 子供ばかり, 宝島を, 室を, 家を, 寝そべって, 寝入って, 小さくなっ, 小屋の, 小魚, 居たので, 居つたに, 居ますよ, 居りますね, 居れそれ, 山は, 川の, 帰った, 年中そこ, 底を, 建って, 引っ立てた, 彼を, 待ちかまえて, 後ろから, 得意に, 忽ち占領, 恐怖を, 成程, 戦線を, 戻って, 手も, 批評的精神と, 招じ入れた, 掃除を, 散々に, 斜に, 旦那様を, 春の星ばかりが, 時々思い出した, 暗い土間, 暫く出, 暮らした, 曹叡に, 本懐を, 杖を, 来そう, 来たおや, 来たこと, 来たところ, 来たはずみ, 来たん, 来た八弥, 来た大刀, 来た川風, 来た手紙, 来た液, 来た羊, 来た騎馬, 来ては, 来ない, 来なすって, 来ますか, 来られた時, 来るか, 来るという, 来るのに, 来る五月, 来る刃, 来る妹, 来る棒, 来れば, 柿沼と, 梅林の, 樹蔭の, 歌い出したのに, 此処らあ, 歩きだした, 歩くの, 死んだの, 毎年四五反歩位は, 水ん, 永年一つ部屋に, 法外な, 泣いて, 泣きぬれて, 浜辺を, 涙を, 渡を, 火が, 炊事場の, 無えぞ, 無慈悲の, 焼きました, 熊谷笠と, 爺さんの, 物思いに, 狂ったよう, 猫の, 現責, 男っ, 病人の, 白粉を, 百姓に, 盤石の, 相手の, 眠って, 眺め入る, 知らぬ顔を, 硝子の, 神妙に, 私に, 穀倉の, 窮余の, 立上つた, 筒の, 素ッ裸に, 縮かんで, 置きそして一方, 置く地中, 翌る, 而も, 背と, 腰の, 自分は, 自殺しよう, 芸術的衝動と, 苦勞させる, 荒んだ調子, 薪の, 蜻蛉売り, 行かずキラリ, 行きましたし, 行くかと, 行くそれ, 行くとき, 行くんでさ, 行く燈光, 行ったとき, 行った様子, 行つたのだ, 行李の, 袂を, 裸にな, 見たが, 見ますと, 見るま, 言へ, 訊問した, 調書を, 警察筋に, 貰いたいとの, 貴郎, 赤茶けた破れ, 足を, 身体中を, 軸列器を, 迎ふる如く, 逃げようと, 道場の, 郷愁の, 重吉の, 金庫を, 金銀の, 錆を, 長尾の, 阮大人が, 陰々滅, 隠して, 雨に, 雨戸を, 電気心働計を, 震えて, 順々に, 頼みの, 顔を, 顳, 餓鬼奴等までにや, 首尾よく, 骨を, 鬼の, 麦を

▼ こん~ (477, 8.8%)

28 ちでは 17 ちまで 15 ちに 12 ち日本 11 ちと違っ 10 ちの日本の 6 ちで, ちでも, ちわたしたち 5 ち, やくの 4 ちの歴史の, ちの言葉で, やくを 3 ちこの, ちの, ちの世界で, ちの文学の, ちの新しい, ちの現実の, ちの若い, ちの詞で, ち世界

2 [24件] ちかつて, ちから, ちここ, ちこれら, ちこんな, ちその, ちならば, ちにおいても, ちにおける, ちのところでは, ちの生活から, ちの男一匹は, ちの社会と, ちまだ, ちまでに, ちわたし, ちファシズム, ちヨーロッパ, ち在るは, ち心から, ち私たち, ち第, ち自覚, 願います

1 [269件] いたしたいと, して, そうしておくれなら, ちあらわれる, ちあらわれる二・二六実記, ちあるは, ちあれ, ちいくらか, ちおそろしい, ちお互い, ちお立ち, ちかえりみるとき, ちかぎり二分, ちかぎり僕, ちこういう, ちこそ, ちこれぎり浮世, ちこんど, ちすでに, ちそれ, ちただ, ちただ今, ちだけ, ちでさえ, ちとなりまし, ちとは, ちと明日, ちと違いまし, ちどう, ちどれほど, ちには, ちのあなた方から, ちのある, ちのうすぎたない, ちのお, ちのさびしさを, ちのすべての, ちのとくに, ちのまじめな, ちのように, ちのよろこび, ちのわたしたちから, ちのわたしたちの, ちのわたしとしては, ちのアララギ歌人すべての, ちのアロハシャツ的封建性への, ちのジャーナリズムの, ちのソヴェト作家として, ちのソヴェト同盟の, ちのソヴェト社会の, ちのパンパンに, ちのヒューマニティーの, ちのフランスには, ちのヨーロッパの, ちの三府四十三県ぜんぶにわたって, ちの世の中だ, ちの世界に, ちの世界は, ちの世界人民の, ちの世界文学の, ちの世界文学を, ちの亀井勝一郎の, ちの事情の, ちの二丁目に, ちの人々にとっては, ちの人民の, ちの人間が, ちの会合も, ちの作者と, ちの俄な, ちの倫敦に, ちの偽, ちの制度では, ちの努力と, ちの労働者と, ちの北大の, ちの十二時と, ちの午後の, ちの号外と, ちの同感を, ちの商業新聞は, ちの国際的な, ちの女子に対しては, ちの姑息ないいくるめ, ちの姿と, ちの学習院の, ちの嶮阻な, ちの常識において, ちの彼を, ちの御用は, ちの怪談会は, ちの情勢の, ちの意味を, ちの我れ, ちの抑圧的支配形態の, ちの政治と, ちの教育問題から, ちの文化の, ちの文化問題である, ちの新聞から, ちの日本として, ちの日本文学の, ちの日本独特の, ちの東南アジア諸国の, ちの歴史では, ちの段階で, ちの民主主義文学運動の, ちの民主的陣営の, ちの永代橋は, ちの流行詞で, ちの燃え立つ, ちの特徴は, ちの状態にて, ちの状況に, ちの現実, ちの現実に, ちの現実を, ちの生活と, ちの生活内容は, ちの目白の, ちの知識人の, ちの破滅を, ちの社会で, ちの社会情勢について, ちの社会現象の, ちの社会生活の, ちの社会的現実が, ちの社会的現実は, ちの私たちにとって, ちの科学は, ちの空虚であっ, ちの窮乏した, ちの若松屋惣七として, ちの読者には, ちの諸, ちの資本主義国内で, ちの途上で, ちの錯雑し, ちの闘病者たちには, ちの階級社会の, ちの青年および, ちふたたび, ちほんとに, ちまでの, ちも, ちもって, ちもっとも, ちよみかえす, ちよむと, ちよめば, ちわたしたち日本, ちをもって, ちエロティック, ちエンゲルス, ちジャーナリズム, ちジョリオ・キューリー, ちフランス, ちフロイド, ちブルジョア, ちプロレタリア作家, ちプロレタリア文学史, ちマルクス主義者, ちラジオ, ち一九二〇年, ち一方, ち一般, ち世界人民, ち世界各国, ち二十歳, ち人民, ち人類, ち人類社会, ち入金, ち公団, ち別, ち十八歳, ち南, ち占領下, ち反動, ち各国, ち吉田, ち商業新聞, ち国内, ち地球, ち外国, ち大, ち娘, ち婦人, ち学生運動, ち客観, ち川端康成, ち平和, ち平和擁護, ち彼, ち心, ち必要, ち思い出しても, ち戦争, ち揺がない大, ち政党, ち政府, ち政治, ち文壇, ち文明, ち新, ち新しい, ち日々, ち日本代表, ち書き, ち有名, ち朝鮮, ち本心, ち本質, ち権力, ち正統, ち歴史, ち殆ど, ち民衆, ち測らずも, ち片山哲氏, ち猛烈, ち現れて, ち現代文学全般, ち生きる心, ち病気, ち発表, ち的内容, ち目, ち真実, ち社会的矛盾, ち神道, ち私, ち私たち日本, ち積極的意企, ち立って, ち竹造, ち純潔, ち繁昌, ち罷り越した次第, ち肉体文学はじめ世相, ち自分, ち自身, ち色紙, ち若い, ち西班牙国内, ち言論, ち証明, ち認められる危険, ち語られるべきこと, ち語りはじめて, ち語ること, ち読むと, ち講道館, ち谷崎, ち都, ち長く, ねがって, やく, やくが, やくだま, やくの化け物, やくの舌, やくの色, やく本, 塗りたくって, 引き込まれたとか, 引っ張られるもの, 引っ込まれたとか, 願いますこの

▼ こんだり~ (74, 1.4%)

16 して 3 した, します, する 2 すること, するの

1 [45件] ああいい, あいつは, けわしい山, さう, したが, したこと, したすえ, したもの, しちゃ, しましたが, するたび, すると, するので, する仕掛け, する犬, する間, そこの, そして始終, それから, それからまた急, それからまた自分, ほそ谷川, または知つて, みなごろし, フランス語で, 北穂の, 口の, 品物の, 塀の, 小僧どもが, 岩を, 引き出したり, 戦車を, 敵前上陸は, 横へ, 気狂いの, 漫然と夜伽, 狂態を, 瓶を, 脳みそを, 船中を, 若い者, 藪八と共に, 蝋油の, 通ったり

▼ こん~ (57, 1.0%)

2 のよう

1 [55件] から三日, こそ御, この時刻, だけ, だけはということ, にかぎっ, のうち, のお客, のこと, のほう, のみに限らず, の入札, の前, の捕縄供養, の果し合い, の演説, の終列車, の議長格, の頼母木, は, はあたい, はいい, はお, はおやすみ, はお客さま案内, はこの, はこれ, はそう, はどこの, はひどく, はもう, はよんどころない, はわが輩, はトム公, はハープ, は上総, は何名, は城内, は川筋, は彼奴, は橋本, は泊め, は津幡城, は食べたくない, は馬, は鮟鱇鍋, もいろいろ, もうま, もすこし, も崖, も役宅, も明夜, も浮いた, よくねむれるだろう, 書いたの

▼ こんでも~ (51, 0.9%)

3 底は

1 [48件] い, いいころ, いずれ藤波, いたんじゃねえか, ええが, しばらくは, じつはね, ただ曖昧, だめだ, つまらないとは, つや子の, なかなか貸し, ひとりが, みたさ, みるの, やる気か, わからぬほど, ゐたから, ゐたの, ツラは, 一両が, 一人の, 一向に底, 一向に酔ひ, 一座は, 三四反歩づつは作つてんだ, 仕方が, 何の, 助かるつもり, 単にそれ, 嘗めるよう, 小さいけど, 底の, 弟子入り志願者の, 当座身を, 彼は, 怒つてら, 怨みは, 横薦乘つけた, 此の, 直ぐに, 私に対する, 結構間に合います, 置ける, 自由に, 見えないよう, 試験を, 防火週間に

▼ こんがら~ (50, 0.9%)

11 とせいた 6 もせいた 5 の重 4 重兵衛 3 にせいた 2 せいたかの

1 [19件] とこの, に勝ち目, の兄, の前後, の太刀, の後, の真正面, の鳩尾, はいきなり, はそれ, は一笑, は対手, は左典, は当て身, は旅合羽, は話し終っ, へ, もこの, を荒縄

▼ こん畜生~ (42, 0.8%)

2 あ, っ

1 [38件] おぼえて, さもない, さんざん逃げ, だ, だまってると, だよ, って気, っびっくり, っ何, っ俺, つまらねえ事, といふやう, とおら, と云い, と思っ, と思った, と百, と起き上がっ, のおかげ, は, は泥棒, は馬鹿, ふざけたまねをしやがったな, また坐っ, もう一, もっとはっきり言え, やい何処, よくも先己達, 丁度いい, 出て, 又嘘, 太いやつ, 引っかけやがったな, 怪しいぞ, 捕まえて, 殴るぞ, 立たねえか, 黙って

▼ こん~ (33, 0.6%)

2 はこ, 銀河と

1 [29件] あいつが, あたりから, うらぐち, うらもんにて, きみの, ぎりのみぞれとなつた, ここへ, このヴェルダン, じゅうに, そよや, のむすめ, もうこ, もう一晩, らんと, 一晩だけ, 中には, 九時に, 二時まで, 來て, 嬉しいわ, 家に, 山家へ, 思いたった時, 旅だつこの, 最後の, 異装, 社の, 見せると, 遠くへ

▼ こん~ (32, 0.6%)

2 云うの, 四角な, 突くころり, 頭を

1 [24件] いひしは, ごむ靴, ていで, 一声, 三つはげしく, 二つ弱い, 云う者, 交り合い, 凹んだやう, 弛んで, 打診し, 抱込んだもの, 煮えて, 盛上っ, 脹れ上つて, 藪の, 説明し, 跳ね上るよう, 連ね給ひし, 鍋の, 音を, 飛び散つて, 駒下駄の, 鳴真似

▼ こんどの~ (31, 0.6%)

1 [31件] からどんな, にはだめ, にはクリストフ, には竹早町, は, はあんな, はお, はたいした, はちょっと, はちょっとこじんまり, はどうも, はどんな, はまさしく, は一番, は世, は今, は倉光さん, は前, は前の, は割り, は卒業, は同じ, は大きい, は大変発育, は少し, は洋酒専門, は浮び上った, は血, もまた, 事件の, 監視つきと

▼ こんでは~ (24, 0.4%)

1 [24件] いたが, いない, いなかった, いなかったが, いられません, いるが, おらずまるで, しまわせて, どうする, どうだ, どうでしょう, なおさらすまない, なるべく老, イケませぬ, 又貼っ, 呑みこむ, 喋つてゐる, 居なかつた, 居れんぞ, 弥生の, 心に, 父から, 説明し, 身も

▼ こん~ (19, 0.3%)

1 [19件] うわさは, お浜ッ子, かぎりの, だから, 下駄の, 人の, 兄哥が, 兄哥ただ, 兄哥の, 兄哥も, 切り口の, 山へ, 山へとか, 島家の, 悪を, 洋服を, 間に, 間柄だ, 饂飩の

▼ こんでから~ (17, 0.3%)

2 嵐の

1 [15件] あとを, きいろい骨ばった, この問答, すでに一年近く, ですよ, はじめて遠江, ひどく酔, ふわりと, もう十数年, 五六分のちの, 四日に, 急に, 札束を, 財布を, 飛騨の

▼ こんやの~ (15, 0.3%)

3 できごと

1 [12件] ことは, ような, 佐々さんは, 宿は, 宿も, 宿屋は, 寝床は, 時計の, 最終は, 殊勲者は, 演奏は, 革命記念祭の

▼ こんでばかり~ (12, 0.2%)

2 いるの 1 いた, いて, いては, いないで, いる, いるじゃ, いるんだい, である, ゐて, ゐるやう

▼ こん~ (12, 0.2%)

1 [12件] から官展, で生れた, にい, にはスウプ, にもそんな, にゃだいぶわざと, に人, に何, に何と, に銭, へ入れとくだ, へ詰め込ん

▼ こんだけの~ (10, 0.2%)

1 人数が, 女の, 家を, 家屋敷が, 山茶花この, 歪みしゃくった木, 沢山の, 物です, 腕を, 金吾の

▼ こん~ (10, 0.2%)

3 んの 1 んあかりが, んお, んか, んから, んよ, んワ, ん五つはんいつも

▼ こん~ (9, 0.2%)

1 な, なヨボヨボ, な齡, にかまえ, につらまっ, のオッカネこと, のジサマ, のボッコレ小屋, の火消し

▼ こんにゃは~ (9, 0.2%)

3 ァ, ァこん 2 ァと 1 ァという

▼ こん~ (9, 0.2%)

1 で掻き立てた, にかけた, の上, の後, も大, や土鍋, を囲む, を大きく, を持っ

▼ こん~ (8, 0.1%)

1 の, の計画, はじっこん, ゆだ, より以上, われわれの, 新しい文学, 次郎の

▼ こん兵衛~ (8, 0.1%)

2 が, がひだり, がわな, が野原

▼ こん~ (8, 0.1%)

4 が焼いた 2 が, があなた

▼ こん~ (8, 0.1%)

1 の暮し, の美俗, はおめでとう, はまた, は辰, も小林殿, を待ち, 御道中

▼ こんがら童子~ (7, 0.1%)

2 のよう 1 が痙攣, せいたか, そのままだった, に渋, の憑

▼ こんばん~ (7, 0.1%)

1 あそびなさい, おあがんなさい, からだってねえ, ごぜん, さっそくその, つれて, にじの

▼ こんやも~ (7, 0.1%)

1 あの手, ぐつすり, そつと, 又早く早く, 山が, 星空の, 私達の

▼ こんらん~ (7, 0.1%)

1 したよう, して, する人波, におとし入れ, になやん, の中, はまだ

▼ こん~ (7, 0.1%)

31 さっそく首, はごめん, はその, は勇一君

▼ こんじゃ~ (6, 0.1%)

1 いないよう, うわよ, それが, ぼりぎー, ア押しかけ, 仕様が

▼ こんやは~ (6, 0.1%)

1 この手紙, ほんとにありがとう, 一ツ静ちゃんに, 変な, 庄野さんが, 暖かな

▼ こん通り~ (6, 0.1%)

51 だこん通り

▼ こんから~ (4, 0.1%)

1 ことゆきやる, こん, こんと, こんの

▼ こん~ (4, 0.1%)

1 すりとの, 引き込むとか, 引くこん, 引くと

▼ こんだけ~ (4, 0.1%)

1 いうたら見る見る額, だね, 変って, 待つて

▼ こんだに~ (4, 0.1%)

1 ちがいない, 由つて翁の, 相違ない, 違いない

▼ こん~ (4, 0.1%)

1 やつた, やふから, ややれ, や二三日

▼ こんなり~ (4, 0.1%)

1 こうな, こうに, 放つても, 死なして

▼ こん~ (4, 0.1%)

4 こんと

▼ こんれい~ (4, 0.1%)

1 がご, しました, でもさびしい, はできるだけ

▼ こん畜生こん畜生~ (4, 0.1%)

1 とおら, と云い, と百, 引っかけやがったな

▼ こんお初~ (3, 0.1%)

2 にご 1 にござんす

▼ こん~ (3, 0.1%)

1 え, かん, 話して

▼ こんきよく~ (3, 0.1%)

1 ついて, 働いた, 追跡を

▼ こんこと~ (3, 0.1%)

1 じゃ, は覚え, 降つて來

▼ こんこん~ (3, 0.1%)

1 かかん, と二つ, と交

▼ こんだって~ (3, 0.1%)

1 とがめられること, 僕は, 十年前の

▼ こんでからも~ (3, 0.1%)

1 たくさんな, ナーヂャは, 一人残っ

▼ こんでや~ (3, 0.1%)

1 がって, がれ豚, しないか

▼ こんどの戦~ (3, 0.1%)

1 でかく, で予, には始終

▼ こんなど~ (3, 0.1%)

1 えらい邸宅, つさり註文, ろぼう町へ

▼ こん~ (3, 0.1%)

1 の酒, も古着屋, も高い

▼ こんぐらがって~ (2, 0.0%)

1 来て, 行った心理

▼ こんげん~ (2, 0.0%)

1 はつよう, 遅くまで

▼ こんこん小石~ (2, 0.0%)

1 は, は罪

▼ こんざつ~ (2, 0.0%)

1 にもまれまし, はひととおり

▼ こんでか~ (2, 0.0%)

1 しきりに私, 看護人に

▼ こんでしもて~ (2, 0.0%)

1 あと行方知れずや, 孫が

▼ こんでに~ (2, 0.0%)

1 こ, なって

▼ こんでの~ (2, 0.0%)

1 サイソクである, 革色の

▼ こんぴら~ (2, 0.0%)

1 参りした事, 詣りか

▼ こんふう~ (2, 0.0%)

1 に, にし

▼ こん~ (2, 0.0%)

1 けして, らつ

▼ こんやこそ~ (2, 0.0%)

1 忘れずに, 透明怪人が

▼ こん夜ここ~ (2, 0.0%)

1 での楮幣, へ泊まっ

▼ こん小石~ (2, 0.0%)

1 は, は罪

▼ こん~ (2, 0.0%)

2 はとても

▼ こん畜生いや~ (2, 0.0%)

1 な称め方, に気

▼ こん畜生め~ (2, 0.0%)

1 怖ろ, 覚えて

▼ こん~ (2, 0.0%)

1 のよう, を追っかけ

▼1* [162件]

こんぺとう, こんいちにょ, こんかぎりに青江, こんかのこねんけんやの, こんかもしれんぞ, こんがら兄哥の居所, こんきよくおもたい袋を, こんくりいと平面, こんくりーとの石段, こんくわゐでご, こんぐらかつた暗い幻想的, こんぐらかつた歌が玻璃, こんぐらかつた話のゆき, こんぐらがっているので日本一太郎は筋みち, こんぐらがってきたとみえて母は癇癪, こんぐらがってしまいとどのつまりは, こんぐらがってもち出されて, こんぐらがって何から訊ね, こんぐらがつた無数の中, こんぐらがらせ発展させて, こんぐらがるばかりでなく世間からはきっと, こんけにも生活に, こんげ苦しか浮き世, こんになっ, こんこんこんこんつてね, こんこんな馬鹿な, こんこ小松のした, こんこ霰やこんこ, こんごろはおかしい, こんさしあげたくとそういう, こんざつした気持を希臘時代, こんざつしている桜門の方角, こんざつしてたくさんの人, こんざつにひきかえてものすごいほど, こん志を, こんせいくわつ, こんせきをきざみつける, こんだけが代表で, こんだけにしときまひょなあ, こんだこッたろうが, こんだてに似, こんだにはワケが, こんだりもするの, こんだるぞ, こんだろうと生命, こんちょろチビ奴, こんちりさんさから, こんつてね, こんつら小僧め, こんでからに早う死んだら, こんでけつかるん, こんでこそ師と, こんでさえいなければ, こんでしもたらどん, こんでて動かねえから, こんででもいるよう, こんでとまるで自分, こんでなあ切れるかや, こんでなど来たらそば, こんでねどうも大層, こんではと気がついて, こんでばっかり青息吐息, こんでまで事を, こんでようく話, こんでをり私, こんでんのよ, こんとおりだ, こんとも限らん, こんどこどは人間, こんどしたらひどいから, こんどっからは白菜種, こんどの分として置いた, こんなどもむやみに, こんならもう穴石, こんなりで酒飮ん, こんなりにしといたら時々, こんにゃかぶうく, こんねにむしやぶり付く, こんのよ大吉, こんばかりは誰も, こんばんうしのこく, こんばん宝冠を見せる, こんばん宮中のえんか, こんぴらさまもみな石で表わされ, こんぴらは多度津から一番, こんぴらまいりはじぶん, こんぴらよりいいし鹿が可愛い, こんぷるめんととしてではなくてとにかくに, こんぷるめんとの有無によつて有対自動詞, こんぺいとふのいがたがおしろいにてふさがり, こんぺいとふのいがたに一日のあいだ, こんやから早速著, こんやにかぎって, こんよくつきまとって, こんろかアルコールランプかで, こんろなぞから来た, こんことに, こんわてが言, こん酔うとる, こん夜っきりおれにかかわらず, こん夜ひとばんはきっと, こん夜何がある, こん夜俺につきあう, こん夜卑怯者といわれ, こん夜片桐のもっ, こん夜縁日あるムラサキ組, こん夜茶事をなさる, こん夜誰か夜半, こん夜豆腐屋らが張, こん天気のえい, こんとまち, こんが小学校, こん心持が悪い, こんわるく弱々しくそして, こん惚れてる奴の, こん日ここへあの, こん日主上が短冊, こん日島津の太守, こん日拝まして下, こん時何んといふ理由, こんへかけ, こん爺さんだよう, こん爺さん嘘言いいたい, こん畜生め暮れの, こん畜生あっちへ行け, こん畜生おれだって肉桂, こん畜生こいつは本当に, こん畜生こん畜生こいつは本当に, こん畜生それで賣り, こん畜生だれがその, こん畜生ひでえ目に逢いやがる, こん畜生めおれがまだ, こん畜生め何んでえ, こん畜生め穂先の無え, こん畜生ナニ汝助けて, こん畜生モ一つ擲るぞ, こん畜生今度は棒, こん畜生今日こそはつ, こん畜生勘定のこと, こん畜生口をこっち, こん畜生嚇しやがる, こん畜生奴ただは置かねえ, こん畜生奴何を喧まし, こん畜生数が知れねえ, こん畜生横着な事, こん畜生死人に猫, こん畜生温順く降参, こん畜生狂犬だな, こん畜生行儀がよく, こん畜生金を見たら, こん畜生馬に乗りたけりゃ, こんにて小石, こん粉微塵に打ち砕い, こんがって来ました, こん給候べく候, こん野郎つれて, こん野郎そつちで無え, こんのかざし, こん限り喘いで, こん風しづかなるみ吉野の山, こん餓鬼アふんとに何, こんふた眼