青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「この世~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば ことば~ ~こない この~ このごろ~ ~この世
この世~
この間~ こむ~ ~こめ こめ~ ~これ これ~ ~これから これから~ ~これら これら~

「この世~」 3890, 42ppm, 2765位

▼ この世~ (1323, 34.0%)

61 生きて 30 生れて 13 生を 12 存在する 11 何の, 生まれて 9 存在し, 存在しない, 於て 8 ないと, 出て, 残して 7 はおりません 6 あるもの, いない, 生きながらえて 5 あること, あるの, あろうとは, いないの, いない人, 二人と, 又と, 幸福を, 生存し

4 [15件] ある限り, いないこと, いるの, いるはず, おいでに, またと, 一人存在し, 二つと, 住んで, 実在し, 望みは, 未練が, 未練の, 未練は, 残って

3 [25件] あって, あつた, あるだろうか, いないと, いなかった, これ以上の, ない, ないという, なんの, ませし先生, 亡い, 女の, 姿を, 平和を, 成就し, 持ち來, 於いて, 望みを, 無いもの, 無数に, 生き残って, 生き永らえて, 生存する, 用の, 跡を

2 [87件] あらうか, あらわれずに, ありません, ありも, あるか, あると, あるという, あるべきでない, ある間, いて, いないもの, いない農奴, いなかったこと, いるうち, いるか, いるよう, おいで, こわいもの, こんなおそろしい, し楽しく, そんなこと, たった一人, できないこと, とどめて, ないこと, ないもの, ない人間, ひとつものが, ひとりの, またとない珍, もって, ゐない, ゐなくな, 一人しか, 一人の, 一人も, 交わるもの, 何か, 俺を, 其名きこえわたれる, 処して, 別れを, 呼び戻されて, 在る, 多いであろう, 実在した, 居て, 居ない父, 居なかった, 居ながら, 幸福な, 暇を, 暗黒の, 来て, 止め得るに, 永らえ得る悪, 求められないもの, 活きて, 無い人, 無事に, 無用の, 無限の, 王と, 現れて, 現われたの, 生かして, 生きては, 生きること, 生き返って, 生まれ出た二人, 生まれ出て, 生まれ来たよう, 生れたこと, 生れたの, 生れたるなれば, 生れた品々, 生れる前, 真に貴い, 罪を, 置いて, 美しいもの, 苦しむものの, 購い得るもの, 身の, 迷って, 頼るもの, 齎らす

1 [755件 抜粋] あったであろうか, あったと, あったの, あつて反抗, あなたの, あらしめるため, あらわして, あらわれて, ありうるところ, ありしや, ありとあらゆる威嚇, あり得ようとは, あり得ること, あるお, あるかぎり, あるでしょうか, あるならその, あるべからざる世の中, あるまじき美, あるや, ある吾, ある諸国, あろうか, あろうとも, あろうはず, あんたあ, いくちとせ, いた, いたくない, いたという, いたとき, いたよう, いたらね, いても, いないかも, いないであろう, いないという, いないばかり, いないひと, いない人たち, いない動物, いない母, いない父親, いない阿南さん, いない限り, いなかった者, いなくっても, いなくなったらこれから, いなくなった後, いなくなっては, いなくなること, いのちを, いますならどうか, いませぬ, いらない人間, いられなかった, いるかしらん, いること, いるという, いるとき, いるもの, いるもん, いるん, いる内, いる限り, うける前, うろついて, おいでなき, おさらばの, おさらばを, おはしけりや, おらずば, おられない, おられないの, おられると, おりませぬ, おれの, おわさぬ, お互いは, お兄様, お化けなんて, かかる中, かかる親, かくも, この地上, この庵, こんな大, こんな暗殺, ございません, すみふるし, そのよう, その杖, そんなどん底, そんな美しい, たたかはむ, ただ一人残された, たった二つ, たった私一人きり, つかは, つかわされた女, つたへる, できるだけ, とてもすてき, とどまりて, どれだけ, ないかも, ないであろう, ないの, ないはず, ないん, ない下手人, ない城, ない親しかった, なかった, なかつたといふ, なきもの, なき人, なくなった昔, なくなった気, なく一人, なく自然, なさそう, なしと, のこさんため, のこして, はおりませぬ, はじまると, はばかる程, ひどく不釣合, ふたりと, ふやすもの, またとない好い敵, また相, まだおります, まだ分別, まだ生き, ままある, みれんが, めづらしく思はれる, もうない, もう一つ, もたらす真理, もたらす芸術家, やっと生れ, よい種, わたしが, われと, ゐたといふ, ゐないので, ゐない人達, ゐなくつたつて, シューベルトの, ピューリタンが, ブルジョア, ロマンチックは, 一つの, 一人だって, 一人でも, 一人残っ, 一日だって, 三つある, 不平を, 不思議なんて, 不用な, 並び出したもの, 争闘が, 二つとは, 二つ無き, 二人とは, 二人の, 亡かった, 亡き人だ, 亡き数, 亡き者, 亨けて, 享けたいのちを, 人命ほど, 人間が, 人間の, 今一人住ん, 伝来しおる, 住まふ翅無, 住んだうち, 何にも, 何一つ期待, 何万人何十万人も, 何物をも, 作った, 保存する, 信じうる原則, 信じる心, 偶発し得る, 充ちて, 先輩という, 光明も, 全く新しき, 具現したい, 内在する, 再現した, 処するあいだ, 出し参らせむ, 出たの, 出たみんみんに, 出で, 出ようという, 出來, 出現し, 初めて作った, 勢力を, 匹ふべき, 十人も, 取り残されたかと, 取り残されたやう, 同一の, 名案などという, 呼び戻されたもの, 呼び戻した, 呼吸の, 咲いた最も, 唯一の, 唯一人の, 四人ある, 在さずなって, 在ったの, 在った頃, 在りても, 在りますか, 在りやしないです, 在り得ようか, 在り得るだろうか, 在るか, 在ること, 在ると, 在るやう, 在る以上, 在る目的, 在ろうとは, 執着し, 執着は, 多いこと, 多かろう, 大慈大悲という, 大望が, 失つてからの, 奇蹟なんて, 女性という, 存しない, 存在しないであろう, 存在しなかった, 存在し得た, 存在するであろう, 存在を, 孤獨の, 守る者, 実在するなら, 実在せんです, 実証ゆるされ, 家族も, 少くない, 少しでも, 居たの, 居たら共に, 居ないぞ, 居ないの, 居ない方, 居ない自分, 居なくなって, 居らっしゃった六日, 居りますこと, 居りわが輩, 居るもの, 居る吾等, 市十郎という, 希望を, 平和が, 幽霊という, 幾人ございましょう, 引き出したところ, 引戻した, 影を, 得がたく尊い所以, 御法規, 心強く生きる, 心残りといふ, 心配な, 必然的に, 忘れられて, 怖ろ, 思いの, 思い残すこと, 思い残す事, 思い置くこと, 恐れるもの, 恐ろしいもの, 悪という, 悲しみという, 意識させる, 愛情の, 慰めが, 成長した, 戦いより, 手数の, 投げ返して, 持ったと, 持った闇, 捨てて, 放った最後, 新しいくそ, 於ける人, 於ける大いなる, 於ける女, 於ける最大, 於ける殆, 於てさえ, 於ての, 映し出す詞藻, 暇する, 曝して, 曳き遺しそれ, 最も頼り, 最後の, 最高無条件の, 有らうとは, 有りとあらゆる, 有りふれて, 有り得るもの, 有るべきもの, 未練も, 未練を, 来したいばかりに, 来たので, 極端は, 楽しみという, 欠くべからざる用, 欲望を, 正理, 正義が, 残された思い, 残された満足, 残した仕事, 残した幸内, 残す妄執, 残す痕, 残らぬよう, 残るあなた様, 残る妄執, 残る心, 殿方の, 永らえて, 永久に, 求める創ろうと, 法律が, 活きる権利, 浮かみ上って, 淋しくも, 渡って, 点ぜられた神々しい, 無い, 現はれ, 現はれる, 現れた虫, 現れなかつたで, 現れるもの, 現われたそもそも, 現われた来由, 現われた者ども, 現在し, 現在する, 理想の, 生かしては, 生がいを, 生きてること, 生きと, 生きながらえること, 生きる何, 生きる女, 生きる時, 生き残つて, 生き給いし如く, 生き返ったらドウ, 生くる, 生ける人, 生まるるあによく, 生まる悲しい, 生まれさせなさるの, 生まれたけれど, 生まれた者, 生まれてから, 生まれる刹那, 生まれ出たという, 生まれ出るため, 生まれ来るの, 生み数, 生るるは, 生れたか, 生れたり, 生れた以上何, 生れた時, 生れてから, 生れては, 生れなければ, 生れる或は, 生れ出た不幸, 生れ出た以上, 生れ出た其瞬間, 生れ出ました時, 生れ合わせ数々, 生れ落ちる日, 生れ落ちる最初, 生命の, 生息すべき, 生残った, 生残つて, 生甲斐が, 生誕しない, 産まれ出たその, 産みいでし, 産み落としながら, 用が, 留めたいと, 留めようとして, 痩せし少女子, 百年以上生き延びる, 目的の, 知られて, 社会主義社会を, 神様という, 私一人だけ, 稀である, 立ち後れけん, 籍が, 精神病者でない, 糞を, 経験する, 經驗する, 罪の, 罪人は, 置きざりに, 置き去りに, 美しく生れ出る, 美を, 肉體が, 育てて, 自分の, 自分ほど, 興行師の, 苦の, 英雄なかりせ, 蘇生し, 蝙蝠は, 要なき, 見ゆる力, 見る最も, 見事に, 解決といふ, 訊く人, 認め得たもの, 誕生した, 譬えるもの, 贅沢し, 起ったできごと, 起って, 起るすべて, 起る事, 踏みとどまって, 軽蔑される, 迷いしこと, 迷い出して, 追つて, 送られるか, 送り出されつつ, 送り出されて, 送り出したわけ, 送り出す危険性, 速度という, 造らなければ, 遊ばせて, 達者で, 遺したため, 遺すこと, 還したいため, 還って, 野放しに, 金で, 長くいたい, 長く生き, 降ったという, 降って, 降りて, 隠れた幾つ, 隱れ, 雲霧は, 頼り人の, 頼る人, 顔の, 顔も, 類ひ, 類例の, 鬼あり, 鬼なんぞという

▼ この世~ (1105, 28.4%)

35 ものとも 34 人では 27 ものとは 22 もので 14 ものでない 11 人でない 10 人の 9 人とも, 名残りに 6 ことは, すべての, ものならぬ, 人とは, 光を, 外の, 旅を, 者で 5 ものならず, 者とも

4 [11件] どこにも, なかには, ものと, 中で, 人間の, 名残を, 息を, 旅の, 最後の, 生活の, 終りの

3 [18件] どこかに, なかで, なごりに, ものを, 一切の, 人が, 人じゃ, 人は, 人間とは, 光に, 名残に, 地獄じゃ, 地獄を, 多くの, 思い出に, 悪を, 旅は, 者でない

2 [86件] おわり, お別れ, お方では, お暇乞い, くらしの, ことか, こととは, すべてから, どこに, はてに, ひとの, ほかの, まことの, ものである, ものに, ものよりも, わかれぞと, 一日が, 不自然な, 中では, 乱れの, 人たちは, 人と, 人に, 人には, 伴侶が, 何処かに, 凡ての, 凡夫であろう, 出来事では, 出来事とは, 別れであった, 名残りと, 味気な, 固い理法, 地と, 地獄だ, 地獄の, 塵を, 外に, 女には, 女人の, 如何に, 家庭を, 嵐は, 幸福が, 幸福も, 悦びが, 愛は, 戦いに, 旅に, 春を, 暇乞を, 有様を, 果ての, 楽しみを, 欲を, 物で, 物とも, 現にも, 生の, 生を, 生存に, 生活が, 生活において, 生活を, 相を, 神, 神秘で, 空に, 空気に, 空気を, 終だ, 終りまで, 終りを, 罪も, 美しいもの, 苦しみを, 苦労を, 苦艱焦熱地獄, 見おさめと, 見おさめに, 運命, 隅から, 風に, 風流なんて

1 [606件 抜粋] あの世ひと足お山の, あはれさを, あらひざらひだ, あらゆる人々, あらゆる人間, あらゆる人間的表現, あらゆる体験, あらゆる存在, あらゆる悩み, あらゆる現実, あらゆる現象, あらゆる薬品, ありとあらゆる冷酷, ありとあらゆる型, ありとあらゆる形姿, ありとあらゆる愛, ありとあらゆる時計, あるが, いかなるお方さま, いかなる光栄, いかなる財宝, いずこ, いちばん美しい, おもい出, おわかれ, お前の, お方でない, お方とも, お暇, かぎりな, かなりな, こと, ことじゃあ, ことで, ことでない, ことと, ことならず, ことについて, こんなところ, ご縁, さ, さながら, さびしさの, さまざまな, さまを, すぐれた存在, すぐれた方, そしりを, たった一つ, ためなどといふ, ため未来の, だれよりも, できごと, どこか, どこかで, どの人間, どんな快楽, どんな生物, どん底に迄, なかの, なかはの, なかを, なにものの, なにものよりも, はじめだ, はての, ひとでは, ひととは, ひとりの, ほかにおいても, まいおさめうたいおさめに, ままなる, もだえを, ものじゃ, ものでなかった, ものでなかろう, ものでなく, ものならざれ, ものは, ような, ように, よろこびの, わかれに, をみなみ, キリスト様だった, 一切から, 一切が, 一切は, 一哩にあたる, 一時の, 一期一會に, 一番偉大な, 万象を, 上で, 上に, 上にとて, 下積, 不幸の, 不幸は, 不思議といふ, 不思議として, 不思議も, 世界に, 中に, 九億劫, 乱れも, 事が, 事であろう, 事でない, 事とは, 事とも, 事を, 事実である, 事実な, 事物や, 二つの, 人たちの, 人でありませんでした, 人でなかった, 人でなく, 人でなくなった, 人ならず, 人のかず, 人へ, 人物とは, 人間と, 人間という, 人間とも, 人間ども, 人間に, 仕合せ者でございましょう, 仮の, 伴侶として, 位階勲等の, 住家を, 何処か, 何処に, 何物が, 何物にも, 何物も, 修羅だった, 偉大な, 光が, 光だ, 光りを, 光景が, 冬ほどには, 冷たさ, 凡ては, 出来事としては, 初まり, 別れあおのけ, 別れとは, 別れの, 別れ妖婆の, 利益は, 制度や, 剣術とは, 力を, 千年も, 卑しきこと, 受け得る善, 吉凶禍福に, 名残と, 名残西へ, 名誉に, 君, 君この世の, 呼吸を, 命数も, 唯一の, 喜びという, 喜びとは, 噛み納めらしいよ, 国では, 土の, 地獄, 地獄とは, 地獄へ, 地獄みたいな, 型の, 埒も, 執着の, 場ふさげ, 声が, 声とは, 声とも, 外で, 外であった, 外を, 外的内的な, 大つごもり, 大法, 大馬鹿野郎, 天地か, 天女二三人, 太陽光線によって, 夫婦一家の, 女でない, 女どもと, 女に, 女性の, 女性は, 如何なる汚れ, 如何なる紙, 始だし, 姿この, 姿とも, 姿は, 嬉しいや, 学問に, 安楽と, 宗教家道徳家学者権威者の, 宝でした, 宝では, 宝を, 宝玉や, 実在でない, 実物の, 実直を, 寄生虫に, 対面とも, 山岳の, 崖っぷちの, 希望と, 年号の, 幸は, 幸福から, 幸福じゃ, 幸福などは, 幸福は, 幸福を, 幸運を, 底だ, 廣い, 建て直しも, 弱きことども, 影である, 影なき, 後には, 後生極楽, 御縁, 微塵にも, 快楽ぞ, 快楽に, 思い出の, 思潮が, 性格によ, 怨みは, 恋と, 恐ろしさ, 悪事は, 悪漢を, 悪魔としか, 悪魔の, 悲しさ辛らさ, 悲しみです, 悲しみを, 悲惨を, 惨苦を, 惱みの徹底化と, 愉快だ, 愚かなる, 愚なる, 愚昧の, 愛涙を, 感じでない, 態は, 慾を, 憂いを, 憂さは, 所謂, 損失である, 数限りも, 旅から, 日影を, 星なる, 星を, 春が, 春も, 時間の, 智恵を, 智慧にのみ, 智慧は, 智慧を, 暇の, 暮しが, 曇りに, 最も不幸, 最も冷酷, 最も厳粛, 最も激しい, 最も罪, 最も軽薄, 最上の, 最後と, 最後に, 有と, 有様である, 望みが, 朝の, 朝光を, 末を, 本望は, 果てまでも, 果までも, 果報に, 枠が, 柱は, 栄華と, 栄華の, 栄華を, 森蔭で, 極楽ここに, 極楽だ, 極楽って, 極楽で, 極楽とは, 楽しみと, 楽しみとして, 楽しみの, 楽しみは, 楽しみも, 楽園だった, 楽土は, 榮華に, 榮華の, 様とも, 権威も, 横丁の, 欲という, 歓びの, 歓楽だ, 正直者と, 正義なんぞとは, 歴史すら, 歴史に, 歴史習慣と, 気がかりに, 気息を, 汚れに, 汚れを, 活動におけるが, 流浪を, 浄土に, 浄土の, 浄土曼陀羅だった, 消息を, 涯の, 淋しさ, 深さ, 清い言葉, 渡りようは, 渾て, 無常とやらを, 無常を, 無念は, 物か, 物さまざま見た, 物すべての, 物とは, 物に, 物の, 物らしい, 物を, 物体と, 物象を, 物音の, 犬が, 犬とも, 犯しか, 現実であるなら, 現実で無い, 現実な, 現実は, 理を, 甘い汁, 生きがいだ, 生きがたい, 生き別れの, 生き物の, 生は, 生命に対する, 生命の, 生存の, 生活から, 生活には, 留まる限り, 畜生の, 皮肉という, 目を, 相である, 相に対する, 真の, 真実の, 真相なるべき, 祈祷の, 祝福を, 神であっ, 神訴うる, 禍や, 禍を, 福に, 福を, 穀つぶしが, 穀つぶしみた, 穀を, 穢れに, 空か, 空気と, 空気も, 立場で, 競争奮闘の, 納めの, 終りかも, 終りは, 終りまでも, 終りやと, 終る日, 終わりが, 終焉を, 結合この世の, 絵では, 縁, 繁昌を, 繋縛, 續く, 罪を, 置土産に, 美くし, 美しい作物, 美しい星, 美として, 美に, 美の, 美徳の, 羞恥を, 義理に, 習いでは, 習なれ, 者じゃ, 聞納めの, 肉体的な, 良識は, 艱難を, 花とも, 苛酷なる, 苦しい傍観者, 苦しみ悲しみを, 苦労に, 苦患を, 苦惱は, 苦惱よりの, 苦惱を, 草木を, 荒波を, 虚偽と, 虚偽を, 衆生を, 行きづまりですから, 見おさめだぜ, 見おさめの, 見ものだ, 見を, 見納めかしら, 見納めだ, 見納めだらう, 見納めや, 視野の, 言葉は, 評判等に, 話とは, 説教も, 誰しもが, 誰にも, 論理, 諸現象, 谷底に, 辛酸を, 追放者に, 造型美に, 運命といふ, 運命を, 道を, 道徳には, 道徳も, 道理に, 道連れに, 酸いも, 長い忘却, 長壽, 阿鼻叫喚に, 限り最も, 雲や, 響きを, 願ひ, 風が, 飲み納めという, 鬼畜の, 黄金時代で

▼ この世~ (337, 8.7%)

22 去って 21 去った 8 去ったの 6 辞して 5 去つた, 歩いて 3 去ったこと, 去るとき, 去るまで, 去ろうと, 送って

2 [19件] はかなんで, 厭に, 去ってから, 去っては, 去っても, 去つたの, 去らねば, 去りつづいて, 去りまして, 去るという, 去るに, 少しでも, 幸ある, 心の, 捨てて, 旅する, 浄め美しく, 渡るには, 見捨てて

1 [217件] あとから, あまり浅, あるが, いとま, うつす筆, おいと, おさらばだ, おさらば往生遂げろ, おとずれ世馴れ神, おもしろく楽しもう, お去なすっ, お去り, お愛し, お造り, かりと, したいからこそ, そむく君, ただ実用的, どうしたら, どう考へ, はかなむもの, はかなんだもの, はりしひと人, やがて私, よくも捨てられました, よしと, わがもの, わが世, ダアと, 住みよく, 個々の, 儚なみ, 凌いで, 出でねば, 切り抜けよと, 去た兄, 去ったあと, 去ったある, 去ったと, 去ったという, 去ったはたち, 去ったもの, 去ったらしい, 去った人, 去った今日, 去った優しい, 去った友ら, 去った友人, 去った岩瀬肥後, 去った弟, 去った御, 去った艇長, 去った青木, 去った頃, 去つたこと, 去つた二人, 去つた子供, 去つた延暦年代, 去つた日, 去つて, 去らせて, 去らなければ, 去られし上, 去られた, 去られて, 去らんしこう, 去りがたく, 去りそう, 去りて, 去りは, 去りました, 去りましたが, 去りますの, 去りまする面目, 去り一人, 去り不幸, 去り兼ねまするに, 去り姉たち, 去り後, 去り爾来, 去り甥, 去り私達二人, 去り静か, 去る, 去ること, 去るの, 去るべき身なり, 去るよう, 去るを, 去る事, 去る数時間以前奈々子, 去る最後, 去る間際, 去れば, 去れるなり, 去ろう, 君が代の, 呪いに, 呪うよう, 呪って, 味気なく, 咀う, 喜ばすよう, 嗣ぐ, 嗣ぐべし, 圧しつぶそうと, 地獄にも, 夢と, 如何に不自然, 宜しく申させられ, 平和に, 幸福に, 広く潤す, 彫刻的に, 彼女は, 征服する, 御去り遊ばし, 忍ぶ住まい, 忘れる事, 思ひ切つたので, 思切りし, 怨み憤る者, 悲しまれるばかり, 悲観した, 悲觀した, 愛して, 愛すると, 我がもの顔, 我が物顔に, 承けて, 捨てぬ, 捨てようと, 捨てること, 捨てる気, 捨てる際, 支配した, 改良し, 救い人, 散って, 早くした, 果敢な, 果敢なみ, 棄てんとお, 棄てん乎, 楽しく過される, 楽しみきろう, 楽しむにかぎりまさあね, 楽しむほか, 楽しもう, 楽土に, 歪んで, 永く別れ去り, 汝等の, 淋しく思わせる, 渡らしめ給うの, 渡らせること, 渡りて, 渡るに, 渡るは, 渡るべきもの, 渡るべき天然, 渡るよう, 渡る者, 湖底と, 漂泊したい, 照す, 燃え上らせて, 狭く窮屈, 現出する, 生かさんため, 畜生道に, 真理に, 知らぬ, 穢すと, 終った, 終って, 終らせて, 終りなさいました, 終るまでは, 終ろうという, 終わりたいと, 終わるかも, 経験しない, 統べん事, 継いで, 美しくし, 美しくする, 美で, 背いて, 背きはつべき, 苦渋の, 見まもって, 見ること, 見下すまち, 見捨てては, 見直したい, 見直したいとは, 見直せと, 見限ろうと, 辞された, 辞したけれど, 辞したそう, 辞してからという, 辞し去る, 辭し, 送りたい, 逃げても, 遊び暮せし, 過ぎて, 過ごされること, 離れた快楽, 離れて, 離れる際, 面白おかしく, 面白く可笑しく暮す, 顧みること, 顧みる暇

▼ この世~ (216, 5.6%)

2 [13件] 一ばん美しい, 一番おえ, 一番長もちの, 今一度会いたい, 何が, 出遇, 得られないもの, 成功した, 智恵子に, 神の, 私に, 誰が, 酒が

1 [190件] あなたさまに, いいこと, いちばんやさしい, いちばんやり, いちばんりっぱな, いちばん不健康, いちばん大した, いちばん恐れ, いちばん悲しい, いちばん縁の, おめ, お目, お目にかかるの, お続け, お見かけ, きかずに, きまった位置, こうした思いがけぬ, これだけしか, これまで, こんなに人, しあわせなぼっ, そういう生活, そちに, その報い, それは, ただひとつ, ただ一人の, たったひとり, だれが, できなければ, とりすがれる一つかみ, なくして, なした善行, なしとげなかつた無数, ならびないすばらしい人, ならびない御, のしおさめ, のぞめるかぎり, またと, めぐり会えた歓び, もさうだから, もって, もっともあたりまえ, もっともすぐれた, もっとも憎悪, やって, ゆっくりと, よき人物, よく仏勤め, わたしは, 一ばん, 一ばんしょげ, 一ばん尊敬し, 一ばん素敵な, 一本立ちに, 一番お, 一番おしめえ, 一番しよんぼりした, 一番偉い, 一番力の, 一番堕落した, 一番大事な, 一番弱かっ, 一番恐ろしい, 一番欲し, 一番欲しい, 一番色の, 一番賢い美しい, 一番難かしい, 一言も, 不思議と, 与へられるすべて, 二人とは, 人が, 人間が, 人間の, 会い難い, 会うこと, 会える望み, 会つておかない, 何んの, 信仰を, 六条院の, 再び貴女, 出世を, 出会い得るもっとも, 出会うと, 出会えた者, 出会ったこと, 初めてエミ子, 受けて, 叶わぬ恋, 呪われた人間, 味ひ得る, 唯一人の, 唯一人無条件に, 善を, 善行を, 嘘を, 四人しか, 在り得るだろうかと, 地獄ばかりに, 夏の, 多くの, 夫婦だった, 始めの, 実現されなかった, 実現され得る, 実現しうる, 実現できなかった, 寶兒に, 将軍と, 少しでも, 屑屋さえ, 己の, 強いかと, 形ある, 役に, 彼の, 彼等の, 得られるもの, 心から得たい, 心がけの, 怨みを, 恥を, 悪事を, 想像する, 慕わしいこ, 我々人間に, 捕まった代り, 日を, 晴れて, 最もいい, 最もやわらか, 最もよく, 最も不潔, 最も堅実, 最も大切, 最も怖, 最も愛してる, 最も気, 最も清純, 最も花, 最後に, 望むならば, 未完成, 楽しいと, 欲しがっ, 正直な, 死ぬまでに, 永久の, 汝に, 満足の, 満足を, 為遺した, 猫や, 生を, 用に, 病気に, 相見る, 知つた女性の, 知り合えたの, 神様に, 私の, 立身なさるおかた, 第一, 結婚する, 結婚を, 美しいと, 聞こうと, 自分の, 良寛さんの, 花も, 苦労した, 藍丸王に, 見ら, 見ること, 誰にも, 貴様を, 起こる余地, 踊った二人, 身近い, 追いまわすでしょう, 逢えないの, 逢へる, 運の, 遭遇した, 阿古十郎を, 面白いかと

▼ この世から~ (159, 4.1%)

10 消えて 8 姿を 6 去って 4 して 3 あの世へ, なる地獄, 抹殺する 2 おさらばし, すがた, 亡びて, 息を, 消えないであろう

1 [112件] あの世の, あの世界, あの悪人, あまり沢山の, あらゆる生物, いなくなって, いなくなるの, いなくなるよう, おいと, おさらばさせ, おさらばしたくなっ, おさらばな, お暇, かき消されて, すっかりいなくなっ, そつと, だ, つまり消えた, なきもの, なくして, なくしない, なくなして, なるキチガイ地獄, なる精神病者, なる餓鬼地獄, なる餓鬼道, なる餓鬼道ぢゃ, なる魔道, ほうり出すの, まったく姿, もしベートーヴェン, 亡い, 亡くなられた自分, 亡くなられて, 亡くなられました, 亡ぼすの, 人間が, 俺を, 全く姿, 去りまして, 去るとき, 去れと, 吹ッ消し, 地獄へと, 失せた, 奪い去った, 奪つた大震災, 少しも, 当然なくなる, 忘れられたよう, 悪人を, 戦いを, 戦を, 抹殺し, 抹殺し得る, 拭い消して, 拭き消されるかと, 捨てられたその, 暇乞ひせなけれ, 暇乞を, 未来の, 根絶やしに, 極楽浄土へ, 死にまた, 死んで, 永遠に, 消えうせて, 消えた日, 消えないうち, 消えゆくこと, 消え去って, 消え去つた, 消え失せるの, 消え果てたろう, 消されたつて, 消して, 消しとる, 消し去っ, 消し去らず, 消し去ります, 消すため, 消去って, 消息を, 消滅し, 消滅し切った, 消滅せしめる, 漫画が, 漫画を, 生きながら, 生身を, 立って, 絶やして, 花は, 葬って, 葬らねば, 葬られて, 葬りたいもの, 葬り去ろうという, 行く悪い, 見えなくなって, 身体を, 追放され, 逃避を, 速かに, 逸し去って, 遁れ, 遊離し, 間もなくごく下劣, 隔離する, 離れた身, 音という, 駆逐しよう

▼ この世には~ (118, 3.0%)

2 あるの, いないでしょう, どれだけ, まだ古, もういない, もう生き, 不自然な, 無いもの, 生存し

1 [100件] あらずと, ありませんが, ありませんひとたび火, あり得ない, あるまいと, あるまじとかく, あれば, いかに多く, いたの, いない, いないかも, いないだろうと, いないと, いないという, いないの, いないもの, いない人間, いない元, いない気, いない者ども, いなかったの, いられない, いられないの, いるの, いろんな事, おいでなさらぬ, おいでに, おらぬこと, おられませぬ恐れ多い, おわし果つまじき, お出でに, こないの, さまざまな, さまざまの, じつに少ない, そうかんた, たくさんの, とても有り得まい, どこにも, どんなこと, どんな該博, ない, ないと, ないの, なんらの, ままある, もっとスバラシイ, ゐないもの, ゐない人, ゐること, キットそんな, 不思議などは, 事なく, 何か, 何んにも, 十の, 困難な, 在りますから, 実に不思議, 実に沢山, 實は, 居ない, 平家一門ばかり, 幾多の, 思ひ殘, 恐ろしく頭脳, 悪いと, 悪人ばかりしか, 悲しい思い, 感謝すべき, 戦争でさえもが, 散文によっては, 数々ある, 有り得ない, 有り得ないこと, 望みも, 様々の, 残って, 殺されたって, 清正公の, 温顔という, 熱病だの, 生きて, 生れて, 生物の, 用の, 異常な, 皆人が, 真実自由なる, 祝福された, 神も, 絶えぬ, 罪悪への, 自分に, 自分の, 色々な, 親戚も, 誤解が, 鉄面皮の, 限りなき

▼ この世~ (114, 2.9%)

3 夢の 2 あまりか, お金が, どうなる, どんなにか, よしやさ, 唯だ, 夢だ, 美しくならない

1 [95件] あまり實, いくもの, おもしろく観じられる, お暇乞, お金の, これほど, こんな不公平, さながら歓喜感涙, その掌握, ただかり, たのみ難い, ないからな, なぜに, なつかしいと, なにもかも闘い, ならないもの, はたしてそんなにけがらわしき, ほんとうに, ほんとに餓鬼地獄, まだそれほど暗黒, まだまだ捨てた, ままならぬ, みな地獄, やはりなみ, わが為, 一たいどう, 人間が, 今の, 今や九百九十匹, 仮の世なり, 仮りの, 何でも, 何もかもお, 俗悪と, 僕にとっては, 光源氏派だけの, 全く無, 全く長い, 出来て, 地獄, 埋まって, 墓場の, 夢, 夢じゃ, 夢まぼろしなどと, 天国だらう, 定めがたい, 実にしあわせ, 少女歌劇の, 巡礼である, 平和でありよろこび, 幾度か, 強く生き, 彼の, 快ならざる, 戦国戦国は, 持ちつも, 文明に, 日本現代である, 束の間の, 枯れ原, 楽しく住み, 楽しんでこそ, 欲望の, 死が, 水の, 永遠の, 汚れたりと, 涼しいに, 渡れない, 滅んで, 無常が, 無常である, 無意味である, 牢獄に, 真に美しい, 短いです, 短いもの, 神が, 私たちに, 経な, 結局醜, 美しいと, 美しいよいもの, 美しく人間, 自分の, 菩薩の, 辛いので, 進展する, 遊ぶため, 遠に, 長くても, 闇だ, 頼みに, 鬼修羅の

▼ この世では~ (70, 1.8%)

2 捕まらんでも, 許されなくなって, 身を

1 [64件] あきらめて, あなたの, あなたは, あの男, あまりに多く, あるまい, あるもの, いい事, いつしよ, いつなに, お目にかからねえよ, お眼, かなわぬ夢, きっとあなた, けっして恵まれなかった, そなた, ない, ないやう, なくて, なく他界, はかない姿, またどんな, もうお目にかかる, もう私, やはりあなた, 一つずつ, 一指をも, 一番たよりに, 三年の, 上根下根の, 二度と逢えない, 仕合わせに, 何かしら足りない, 余儀ない平凡, 使い剰りの, 兎も, 剣に, 十分に, 実力と, 届かない, 年齢自体が, 愛を, 成るべく汚すまいとして, 曾て, 望みの, 果されなかった衷心, 殺されながら, 決して全滅, 真偽の, 私の, 縁が, 聞かれない, 聞かれぬほどの, 肉体の, 苦しまねば, 行かずとも, 見ること, 見得ないの, 親も, 許されなくても, 貧しい職人たち, 途方も, 逢えないの, 銭さえ

▼ この世~ (58, 1.5%)

5 いやに 2 離れじと, 面白くない

1 [49件] あまり平凡, いちばんいい, お嫌, かなしくなる, かの世, こんなに恐ろしい, さか, さながらの, さみしくなった, つまらない, はかなく思えた, ほんに楽, まだ暗く, まだ望みある, もんどり打っ, 一体に, 一味平等, 世の, 丸いなどとは, 何だか今, 侘しゅうも, 厭わしくて, 味気なくなっ, 善であるべきなら, 天国であったなら, 天国の, 始まって, 少々忘れ兼ねる, 常の, 平和に, 心細くわびしく思われ, 恨めしくなっ, 悪いから, 情けなくなります, 明るくなった, 暗闇に, 極楽浄土にでも, 楽しかろう, 泥海に, 現在も, 真暗に, 糠の, 美しいもの, 美しい国, 自分に, 辛くなっ, 退屈に, 醜くなる, 顛動した

▼ この世~ (55, 1.4%)

6 戻って 5 生れて 3 出て 2 姿を, 帰って, 現はれ, 生まれて, 生れ変って

1 [31件] お出し, お暇, かえってくる, こんなに醜く, のさばって, やって来るそう, 下りる間, 出して, 出せるもの, 出たいと, 出た子, 出てから, 出ても, 出るや, 取帰されたと, 執着を, 戻ったよう, 抜け出したの, 持って, 現わし, 現われたかの, 生きて, 生まれすぎたと, 生まれ出, 生れ更って, 甦えらなかったら幸せ, 立ち帰った, 落ちて, 試みに, 這い戻って, 降りて

▼ この世ならぬ~ (30, 0.8%)

2 声で, 夫婦の

1 [26件] かなたの, ものを, 世界へでも, 傲慢の, 優しい歌, 光は, 冷厳な, 地獄の, 場面を, 奇跡が, 妖しさ, 尊さ, 微笑が, 心の, 朋友と共に, 浄化と, 無邪気な, 異様な, 美しい色, 美しさ, 美と, 美に, 色合のせゐ, 蒼白さ, 諧調が, 輝きが

▼ この世において~ (28, 0.7%)

2 再び彼等, 自然な

1 [24件] すでに得, すでに神意, どこまで, ひとりでは, 何を, 可能なる, 愛が, 成就しない, 救ひ, 救われた者, 最も勝れたる, 最も愛すなる, 最も豪奢絢爛, 権之, 添い遂げられなかった若き, 焼きつくす炎, 直面し, 短きを, 立派な, 腐敗する, 自己保存の, 認められないもの, 輕ん, 體驗される

▼ この世における~ (23, 0.6%)

2 唯一の, 最初の, 最後の

1 [17件] すぐれた栄華, 一つの, 一生は, 人の, 人も, 何物も, 俺の, 円満なる, 存在の, 幸福なる, 感性的な, 最も醜い, 最後に, 結果の, 遺言の, 面識は, 颱風の

▼ この世~ (22, 0.6%)

2 あの世とでは, 地獄との

1 [18件] あの世とが, あの世の, あまき口づけ, いえないであろうか, いっても, もうお, 一つものを, 云えない, 冥途の, 別な, 別れを, 地獄を, 後の, 斉しく, 死後の, 絶縁を, 通じてる魂, 離れた生活

▼ この世での~ (19, 0.5%)

2 幸いであろう

1 [17件] いろいろの, それが, ただ一人の, 出家後の, 出来事に, 別れかも, 別れを, 存在は, 家庭の, 尊い瞬間, 御縁, 最上の, 法に, 私の, 罪障が, 身分の, 顔を

▼ この世ながらの~ (18, 0.5%)

3 地獄の 2 畜生道阿鼻大城とは

1 [13件] 修羅地獄と, 地獄が, 地獄を, 大歓楽境, 幽霊の, 極楽, 極楽だ, 極楽浄土を, 水晶宮を, 潤色とを, 獄卒だ, 神の, 觀念性

▼ この世~ (16, 0.4%)

2 春の色に

1 [14件] あの世も, いくらゐ, これが, ずんとまた, ながいながいのち, なくこの, 何も, 別に, 名残り夜も, 天国ほどに, 天国も, 安楽に, 楽しい, 終りと

▼ この世においては~ (13, 0.3%)

2 かかる事, しばしば徳 1 できなかったの, 人間の, 具體的の, 実に最も美妙, 幸福なる, 文化的生の, 明らかに, 最小の, 相対的である

▼ この世にも~ (9, 0.2%)

2 不思議な, 愚かな 1 こんな好い, 不自然な, 優れた心構, 奇怪な, 奇抜な

▼ この世とは~ (7, 0.2%)

1 あきらめの, ただ人を, まるつ, ゆめ思はね, 夜と, 思われない崇厳, 連絡が

▼ この世にて~ (7, 0.2%)

1 お世話様に, またあり得ざる, わが経ざりける, 何人に, 太陽を, 臣道の, 親を

▼ この世でも~ (6, 0.2%)

3 あの世でも 1 お目にかかる何, これに, ないほどに

▼ この世との~ (6, 0.2%)

1 交通が, 別れだ, 境の, 縁を, 縁切られ, 袂別感を

▼ この世~ (5, 0.1%)

1 がとにかく, がわれわれ, しアメリカ, よ, 人間の

▼ この世ならざる~ (5, 0.1%)

1 ところより, 世界の, 日の, 歡樂の, 縁こそ

▼ この世をば~ (5, 0.1%)

4 わが世 1 わがもの顔

▼ この世この~ (4, 0.1%)

1 国の, 時代との, 生そのもの, 生まことに

▼ この世ならず~ (4, 0.1%)

1 なよやかに, ますますかわいらしく, 厳粛に, 深く柔和

▼ この世へは~ (4, 0.1%)

1 出られないもの, 帰らないの, 戻つて, 生れて

▼ この世~ (3, 0.1%)

1 それともどこ, 地獄か, 見境いの

▼ この世からの~ (3, 0.1%)

1 ものとは, 煉獄と, 餓鬼畜生に

▼ この世でない~ (3, 0.1%)

1 世界を, 国へ, 所を

▼ この世ひとり~ (3, 0.1%)

3 の君

▼ この世への~ (3, 0.1%)

1 呪いが, 恨みつらみの, 未練を

▼ この世まで~ (3, 0.1%)

1 あはれみかぶれる, あはれみまします, 聖徳皇の

▼ この世よりも~ (3, 0.1%)

1 地獄に, 夢の, 天国の

▼ この世かい~ (2, 0.1%)

1 のからだ, のゆめ

▼ この世だけの~ (2, 0.1%)

1 信仰の, 苦しみを

▼ この世である~ (2, 0.1%)

1 かと中, ことを

▼ この世という~ (2, 0.1%)

1 ものから, ものは

▼ この世なり~ (2, 0.1%)

2 せば

▼ この世においても~ (2, 0.1%)

1 またこの世, 愛の

▼ この世にては~ (2, 0.1%)

1 無比の, 露ほども

▼ この世にとっては~ (2, 0.1%)

1 いかに御, そうな

▼ この世より~ (2, 0.1%)

1 呪わしい世, 絶滅する

▼ この世限り~ (2, 0.1%)

1 で死ん, の憎々しい

▼1* [63件]

この世あの世どっちのもの, この世かかりと我, この世かぎりでない契り, この世かの世の, この世からまで引退し, この世くらくして, この世こそは極楽の, この世さびしくもなれ, この世じゃみんなが, この世すなわち極楽の, この世そのものの力, この世だけでない永久, この世だけは無事に, この世ってもなあだれに, この世であったことが, この世であり得ざる幻を, この世であろうなぞとは, この世でさえすでにこれ, この世でしたくてならぬ, この世ですもの知らぬ, この世でなくてならない, この世でなければ見る, この世とかの世との, この世とも思えない神苑, この世とを正確に, この世んだ, この世なやめる人の, この世ならでも蓮, この世ならねば, この世なるえにし, この世におけるよりはあの世において, この世にかの世に, この世にたいして天国にたいして, この世にとつては, この世にはをられません, この世に対する大きな希望, この世のといふ白を, この世のみおさめだと, この世のみの事で, この世ばかりかその追及, この世ばかりと思って, この世へも生れて, この世ほど潔く気高い所, この世もしくは人々の, この世この世に, この世よといふの, この世よりの解脱や, この世らしい一ツの, この世をもはては我身, この世以上に生息, この世以外の世界, この世まって, この世去らば, この世同士の親類朋友, この世を棄つる乎, この世存在のシネ, この世の世, この世盛りの思い上れる, この世にて萩, この世荒野のそ, この世という選挙, この世限りあの世へ行ったら, この世は歸ら