青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ことば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~ ことに~ ~ことば
ことば~
~こない この~ このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こむ~ ~こめ こめ~ ~これ

「ことば~」 3735, 40ppm, 2883位

▼ ことば~ (1091, 29.2%)

21 聞いて 19 聞くと 18 きって 17 切って 16 もって 15 かけて 14 続けた 10 かけた 8 かえて, つづけて, 思い出して 7 きいて, つづけました, 口に 6 胸に 5 のこして, のべた, 続けて

4 [12件] かけました, かわして, ついだ, ついで, つかって, 使って, 吐いた, 守って, 忘れて, 知らなかった, 聞くこと, 遮って

3 [13件] くり返して, つくして, つづけた, はいた, 信じて, 口の, 尽して, 待って, 心に, 残して, 耳に, 聞き終わると, 重ねて

2 [54件] いいました, おうむ返しに, おくった, かけようと, かけられた, かわさなかった, きくと, きりました, くり返した, さして, さしはさんだ, そのままに, そのまま伝える, つかったので, つがえて, つつしめ, のべるの, もらしました, 交は, 交わして, 伝えた, 伝えて, 伺って, 使う, 使った, 傍らで, 切った, 切ると, 失った, 奪って, 守らなければ, 待った, 思い出した, 抑えた, 挟んだ, 改めると, 教わって, 機に, 添えた, 用いた, 町に, 発見した, 相手に, 知って, 私が, 結ぶと, 結んだ, 繰返して, 聞けば, 裏書きでも, 裏書し, 覚えて, 覚えること, 送った

1 [700件 抜粋] あたえた, あたえたほど, あまりなんど, あやしみながら, あやしんで, あらげて, あらためた, いいかねた, いいちらした, いい切った, いい暮し, いうが, いくども, いた, いただきいちばい, いただきその, いった, いったの, いって, いぶかった, いれ諸州, うかがったかぎり, うけて, うけながら, うけ容れて, うしろに, うそだ, うたがって, うち消す, うつした文字, うつすこと, うつすには, うつすよう, うつつに, おかけに, おさえた, おさえると, おとなしい執事, おぼえこもうと, おぼえ使って, おもしろがっ, おもんじて, お取次ぎできよう, お聞きなされました, かえって笑っ, かえ方法, かきあらわそうと, かけたこと, かけたため, かけながら, かけられたの, かけられて, かけること, かけると, かけるまえに, かけるもの, かける気, かさねて, かざるの, かりて, かわしすぐ, かわした, かわしたい丘, かわしたくないと, かわしましたが, かわすこと, かわせるよう, きいたホーベス, きいた少年たち, ききいれるどころか, きったとき, きった大石先生, きわめて真顔, くぎりながら, ください, くだし, くみたてて, くりかえしたの, くりかえして, くりかえし公表, くり返しながら, この人, さえいた, さえぎるよう, さがすの, ささやいた, ささやきました, さしはさみぬ, さしはさみました, さし挿ん, さまざまに, さわやかに, しごく穏やか, しばしば口, しゃべらなかったらゴリラ, しゃべり出す, しゃべるという, すぐうけつい, すぐ思い出し, すこし訂正, せがみたてた, ぜひお伝え, そえます, そこに, そっと聞い, そのあと, そのままうのみ, そのまま伝え, そのまま使え, そのまま彼女, そのまま蜀軍, その背, その顔いろは, そらして, それで, それほどぎこちなく, たまわったこと, だまって, ちょうど一行, つかいました, つかうが, つかう火星兵, つがえた, つがえたこと, つくすの, つくつて, つぐ, つごうと, つたえましたので, つづけます, つづける, つづって, つづる事, つないで, つぶやいた, つぶやかないでは, つぶやきながら, つまらして, つらねて, とぎって, とぎらした, となえました, とめたあと, とりあげ信じて, どうしてもつくりだす, どうにか風味, どなった, なげかけて, なげかけました, なげつけた, なげつける, なすの, ならったの, ならべただけで, なんと解釈, にごしたわけ, にごしました, のべ, のべて, のべること, のんだ, のんで, はき出した, はさまずには, はさもうと, はさんだ, はさんだの, ひっくりかえして, ひとくちに, ふたたび世, ふたりが, ふつうに, ほんとうに, ぼくに, まずおぼえこまない, まぜこぜに, また伝えはじめる, また声, また更に, まねびしなりけり, まるだし, みなは, むける, むしろふしん, もうすこし言, もじって, もっても, もてあざむき, もてあそぶとは, もらした, もらって, やわらげました, よくいっ, よくきく, よく考え, よく聞い, よく聞き分けまする, よみすぐ, よも忘れ, わざとさけ, わざわざ重ね, わたしは, チチが, ノルマンに, 一つ書いた, 一蹴した, 下された, 下し置かれれば, 下野とも, 与えた, 与えたかったが, 与えたが, 並べ立てて, 主君へ, 予想する, 二度とくり返す, 云い出す隙, 交えた佐佐, 交えて, 交え短い, 交した, 交わした, 交わす前, 交わす手段, 人々は, 人々伝え合っ, 人からも, 今聞い, 仮りて, 休めて, 休め関羽, 伝えたが, 伝えようと, 伝え王家, 何か, 何とお, 何と聞い, 使うはず, 使うもの, 例の, 俄然信念化, 信じかねた, 信じかねるよう, 信じないの, 信じぬいて, 信じまする, 信じる気, 信長の, 信長は, 借りれば, 健気と, 傾聴し, 冗談と, 冷笑した, 出さば, 出すもの, 分ったよう, 切らないで, 初めは, 創造すべきである, 力に, 勅使に, 動物たちは, 又八は, 反覆し, 反駁しなかった, 叔父自身が, 取りこの, 取り上げて, 取り返すこと, 取り返すだろうそれ, 受けとった信長, 口々に, 叱って, 吐いて, 吐かせたら何と, 吐きあれ, 向けると, 否定する, 呟いたが, 呟いて, 周瑜に, 和らげて, 和らげると, 喋りつづけました, 嚥んで, 地平線の, 壮なりとして, 声かぎりくり返す, 夢うつつに, 大声で, 失って, 奏であいながら, 孔明から, 孫権も, 家の, 家康も, 容れたもの, 容れて, 容易に, 対比し, 小耳に, 少しも, 少年の, 幼心にも, 庄太は, 引き伸ばしたり, 引っぱった, 引っぱるよう, 強めながら, 強めると, 弾ませた, 彼へも, 待たずとも, 待つよう, 御迷惑, 微笑の, 必要と, 忘れたか, 忘れないよう, 忠実に, 怖ろ, 思いだして, 思いついて, 思いめぐらして, 思い出し, 思い出しこれ, 思い出しました, 思い出す, 思い当って, 思い泛, 思う時, 恨みに, 恨んで, 想いその, 想い出して, 愛した, 憶い出し, 我身に, 所長は, 手形として, 手鞠の, 打ち消して, 打消した, 承りましては, 抑えて, 抑えまた, 投げて, 押えた, 拝借し, 捕えたの, 採って, 揃えた, 提督に, 撤回した, 支持した, 改めた, 改めて伊豆守, 改める, 教えられたの, 教へしか, 教へて, 新しい読者, 日本語に, 昔から, 書いて, 書きつづった, 曹操は, 最後まで, 本当になさらない, 机博士に, 森として, 次いで, 止めた, 残したまま, 残しながら, 残しスタスタ松, 水面へ, 波留と, 洩らして, 洩らすたび, 浴せかけるので, 浴びると, 海峡の, 濁されましたので, 濁しぎみ, 濁して, 為すは, 無視し, 焼きなおしたまで, 熱心に, 牛若は, 珍重し, 理解したらしく, 用いたの, 用いぬと, 用いること, 申しあげに, 発した, 皆嘘と, 盲信し, 直した, 相馬の, 真にわが, 真似るの, 知らざれば, 知らない, 知らないよう, 知りそして, 秀吉は, 秀吉へ, 私どもは, 移して, 穏やかに, 立ち聞きし, 笑い返して, 紙の, 終身の, 結んだかと, 続け, 続けざまに, 続けたそれ, 繰り返した, 繰り返して, 繰返しながら, 美少年も, 耕介は, 耳を, 聞いた, 聞いただけ, 聞いた関白前嗣, 聞いちゃあ, 聞かないうち, 聞かないよう, 聞かぬやつ, 聞きいれなかったため, 聞きすましながら, 聞きたくなかったん, 聞きながら, 聞き流して, 聞き終わった, 聞くうえ, 聞くもの, 聞くやいなや, 聞けと, 聞こうとして, 聞こうとも, 腕組し, 自分で, 落ち着いて, 落着い, 蕭照は, 襟を, 要せずに, 見て, 見失ったが, 覚える, 触れなかったの, 言いあらためて, 言い直しながら, 言うて, 言った, 言わずに, 言わないうち, 証として, 話して, 話すとき, 誘う眸, 語つて行く, 説くこと, 読むこと, 誰とて, 謡曲声に, 賜わりまして, 質した, 返しては, 返すな, 返す元気, 返そうとも, 追っかけるよう, 退けて, 途, 通りがかった, 造つてゐた, 違えると, 違えるなど, 遮りて, 重ね, 重ねた, 金吾は, 釘抜藤吉は, 録音した, 集めるという, 露骨に, 鞍の, 鞭の, 頂戴し, 飽和する, 飾るも, 黙って

▼ ことば~ (412, 11.0%)

11 甘えて 10 よると 9 力を 7 よれば, 耳を 4 あまえて, 依って 3 なおして, なって, びっくりし, まかせて, 人々は, 従った, 訳する

2 [21件] きこえやがて, ござります, したがって, したがわないわけ, そむいて, つづいて, 一種の, 中村係長は, 乗って, 劉備は, 小林君は, 少年たちは, 左膳は, 彼は, 気を, 眼を, 窮し, 胸を, 衝たれ, 賛成し, 驚いて

1 [297件] あい手が, あっけに, あらためてびっくり, あらわせないほど, いささか名人, いそいそとして, いよいよ面, うごく傾向, うちやぶられた, うなずいた, うなずいて, おかまいなく, おせい様, おどろきだんだん, おまわりさんは, おりんを, お高, かえって激しい, かかわらぬこそ, きもを, こう補足, ことごとくまっか, ことごとく震え上がり, こんどは, ござりまする, さてはと, さてはまだ敵, しがみつくよう, したがうこと, したがわれて, しない早苗, すっかりうれしく, するけいこ, すわご, そうむやみ, そのまま穏便, そむくまい, たいがいな, たいし思慮, たてついて, だんだん魅せられ, ちがいない, ちょっと自分, つくせない犠牲, つまった, つまって, どんなにつらい, なおいっそう, なおします, なぜか, なぞらえて, なった, なったの, なつた, なにか秘密, ならない先, なる, なんで嘘, なんという, はげまされて, はっと胸, ひかれて, ひかれ心, びくっ, びっくりした, ふかいいみの, ふたりが, ふたりの, ほだされましたが, ほっと救われた, まぎらかして, まちがいが, みんないちどに, もう逃げ, りん弥, わたしは, アマノジャクという, オヤッと, コックリコックリと, ハッと, ムッと, ロバート大佐は, 一つも, 一同は, 三人は, 三根夫は, 下を, 与吉が, 乗ったと, 乙若, 事を, 二人たち三人立ちし, 二人は, 二十面相は, 五人の, 五名は, 人々も, 今さらの, 任せ, 任せて, 任せれば, 任せ山, 伏します, 会わぬうち, 何ぞ異論, 何の, 何一つつけ足す, 使者孫乾は, 侍が, 依れば, 信を, 信長は, 信長も, 信頼し, 偽りが, 傾聴する, 光りありしか, 冗談口を, 出して, 出す余裕, 出せない質, 初めて広, 刺戟され, 勝ち気が, 北村青年の, 千萩は, 博士の, 反い, 反対する, 合わせるよう, 合掌し, 同意いたす, 同意なすった, 名人の, 否むよしもなく, 吹き出して, 嘘の, 四十面相は, 困った, 困りながら, 園田さんも, 変って, 変りは, 変化したら, 女中は, 好感を, 妓たちは, 子ども心が, 孔明は, 寧子はに, 寺の, 将監は, 小林君も, 小泉氏は, 山形警部は, 崔毅は, 巧, 希望を, 幕中の, 幾分の, 度を, 役人や, 彼が, 彼女も, 従いて, 従うこと, 心から感謝, 応じて, 快川, 思いあわせて, 思い当って, 愚楽老人は, 感激し, 感謝します, 慚愧した, 應へて, 懐古の, 打たれたの, 打たれた者達, 打たれて, 改めた, 救われたよう, 新しい興味, 晴耕雨読という, 曹操も, 服した, 机博士は, 染つたもの, 楊阜も, 次いで, 正吉は, 武者ぶる, 比べては, 気が, 決して決して偽り, 注意した, 注意を, 泰軒は, 添うこと, 渋る者, 満足します, 熱を, 燃えかかって, 玄徳は, 玄徳も, 現された心, 現すべからざる痛, 現わせ, 甘えさして, 甘えしばし, 甘えよう, 甘えるかの, 生き写しで, 生死の, 男が, 男たちは, 男と, 疑いを, 疲れては, 疲れるほど, 皮肉な, 直して, 相手は, 相槌を, 相違ない, 秀吉は, 私も, 笑いながら, 笑います, 笑って, 答えず急, 答えた, 答えた者, 紛れも, 終わる, 絶える, 絶する苦労, 総監は, 縄を, 羞づかしく, 老大尽, 老夫婦, 聞き入って, 聴いて, 胸をを, 腐りが, 自身で, 興を, 若者は, 荀攸は, 荒くれた, 董承, 血激し, 表立って, 親切も, 言えない情味, 訳されて, 訳して, 訳すると, 詰まった, 誤りが, 課長は, 諸将, 譲った, 豈過り, 豊麻呂は, 買いことば, 賢二君も, 起きあがって, 趙子, 辱じぬ, 返事を, 遅疑を, 違いない, 違いなき, 違いなく, 違うところ, 違わずその, 違わず山伏姿, 郭図は, 重政も, 野村さんは, 鋭さが, 関羽も, 隊長紳士は, 随喜した, 隠すこと, 雄鶏も, 頷いて, 額を, 館長も, 首肯する, 首領は, 馬騰, 騒然とざわめき, 魏延も, 魯粛は

▼ ことば~ (377, 10.1%)

7 終ると 5 ある, 出て 4 あった, あるが, おわるか, 終るか, 終わるか, 縁を, 耳に, 飛んで 3 きこえて

2 [25件] あって, あつた, ありますが, あるか, おわらないうち, おわると, ござりました, とぎれとぎれに, ない, なかった, まだ耳, らんぼ, わかったの, わたしの, 不意に, 出なかった, 出なかったの, 切れると, 思い出された, 放たれました, 気に, 爆発する, 終らないうち, 終る頃, 読まれた

1 [275件] あがりました, あたって, あったが, あったよう, あふれて, ありましたが, あります, ありますよ, ありません, あるから, あるな, あるに, あるの, あるので, あるん, あれば, いくつも, いくども, いちいち村上賛, いちばん適切, いち早くとん, いつもに, いまから, いよいよさえました, いよいよしるし, うその, うつッて, おかしくて, おのずから朗々, おもいあたるので, おわかりです, お蝶, かかるかと, かすかに, からんで, かわされたとは, きいたの, きこえた, きみの, きれるか, こなれて, このさい, これまた, ございません, さえました, さけばれたとたん, さっぱりよめないで, さらにさえました, しこたまこしらえ, したためて, じっくりと, すかさずに, すぎましたよう, すこしも, ずば, ずばりと, そこでつんざいた, そこにも, そのままに, そのまま形, そのよう, その声, その引き締まった, その怪影, その道の, それから, そッくり釘勘の, たいていわかる, たえず耳, たきの, たしかめられる時, ちがうの, ちょっとでも, ちらり右門, つい口, つかはれるが, つづれたらカイ, ていねいだ, できたとき, でずに, ときには聞く, とぎれるの, ところどころ頭, とだえて, とつぜんへん, どうしてこんなに力強い, ないの, なお耳, なかったら, なくさしうつむい, なくとも, なければ, なんという, なんども, のせられたとき, ひびくの, ぴかぴかひかる, ふと思い出され, ふと胸, ふと腑, ふと頭, ふるえて, ほんとうな, まじりあって, まず用人黒川, まだ終らぬ, まま口頭禅, むずかしくなる, めいめいの, もうおみなえし, もうすぐおにいさまたちの胸, もうを, やがてお許し, やさしくなっ, やっと解けた, よくうなづかれる, よくわかっ, よく酌めないらしく, わかったであろうが, わかっても, わからず世間, わからないの, わからなかったらしかったが, わかりでも, わかると, わかるよう, わかるらしくいきなり, わたしたちの, わるいが, われとも, キビキビと, ヒツキリなし, ラテン語で, 一滴の, 一生忘れられない, 一角の, 下がろう, 不可解です, 不思議な, 丘いちめんに, 云い伝えられたと, 人びとの, 今でも, 伝えられて, 伝えられ夜, 何の, 余りきっぱりし, 余りに感情, 信じられますか, 再び彼, 出たが, 出たのに, 出ぬらしい, 出ると, 出るの, 分ったん, 分ると, 分るん, 切れたの, 切れなかった, 初めは, 口ぐせに, 口を, 古く見え, 合言葉の, 向こうに, 吾れ知らず, 呪文の, 唇の, 変わりました, 大僧正の, 嫌いだった, 子供の, 存在する, 小鳥の, 少しおかしい, 少し下卑, 少し判らなかった, 少し変, 少し意外, 届かない方, 常総平野, 彼の, 思い出されて, 思い出されると共に, 急に, 悪いが, 抑えきれなくなって, 振って, 敬四郎の, 新しく証明, 日本語に, 日用語には, 早くも, 春吉君を, 時折悔いの, 書いて, 書きつらねて, 書き連ら, 本心では, 村, 村人に, 松吉の, 標準語では, 次々に, 次から, 次第に出来た, 武士の, 残らずかれ, 決して一瞬, 沁, 流行って, 流行語に, 深く一郎, 漏れました, 生きて, 生徒や, 甲州なまりだ, 真実なら, 眼に, 知らぬうち, 確立されなけれ, 私たちに, 空の, 立派で, 終らぬうち, 終るが, 終るとともに, 終るの, 終るも, 終るや, 終わらないうち, 終わると, 結ばれると, 結びつけて, 絶えた, 美しい動作, 群集の, 耳の, 聞えたとき, 聞えて, 聞える, 聞き分けられるもの, 聞こえた, 聞こえて, 聞こえなかったよう, 聯想に, 腑に, 自分に, 自分の, 舌に, 葬いの, 見いだせなかった, 見つからないくらい, 見出せなかった, 誇張に, 読めるよう, 諸将, 足らなかつたため, 辛くて, 通じない, 過ぎはしませんか, 過ぎるの, 道理の, 違って, 選りに, 郁次郎の, 電光の, 頑として先入主, 頭に, 頻りに思い出され, 飛び出して, 飛び出る, 飛んだ, 高らかに

▼ ことば~ (324, 8.7%)

4 正しかりき 3 ここに, なかった 2 こうだった, ない, ないの, なくて, 何も, 聞きながし, 違うが, 非常に

1 [298件] あながちそら, あまりにも, あやうく彼, あやしくふるえ, あやまりであろうか, ありましたが, ありませんでした, あり得なかった, いうまでも, いくらお, いったいどんな, いったい武士, いつから, いわんと, うけて, うしなはれ, うれしく聞く, おしかりであった, おだやかで, おだやかである, おまえに, おもしろいが, およそ一致, お仙の, お礼では, かえって小, かえって蜂須賀党, かくいう, かけずに, かならずしも哲理, きれぎれで, きわめて強い, こうていねい, ことば通りの, このくらいに, このむす, この上品, この流れ, ごもっとも, ご本心, さっきとは, さっぱりわからん, さながら弊履, しごく道理, じつに本当, すぐとぎれ, すぐ実際問題, すこしもうそ, すでに元, すでに当時, すでに彼, そのとき, そのままあなた, そのままここ, そのままで, そのまま今, そのまま自分, そのよう, その一語, その二三日前, その内容, その情景, それ自体意識しなく, たいへん意味, ただ次の, たまたま信長, だれかれ, だんだん熱し, ちとご, ちょいと, ついに実現, つまる, ていねいに, どういう内容, どこかに, どこまでも, どれも, ないと, ないので, なお浴びせかけ, なるほどいんぎん, なんともはや右門党, なんの, はじめてきいた, はじめてこの, はずみの, はっきりし, ばかげたもの, ひッ, ほとんどみな一致, まことにうれしかっ, まことに正しく, ますます熱, また英国, まったくでございましょう, まるで子供同士, みな支那の, みんなを, むかしの, むしろ優雅, もう聞こえなかった, もはや私, よかった, よくわかった, よく耳, よどみがちでした, よどみなく, らんぼうです, わからなかったが, わたくしどもには, わたしに, アンリの, アンリを, クニノキミと, コンプルーに, パイ軍曹の, ブツブツ噛みつぶれた, ポツダム宣言への, 一つ一つ唇を, 一と, 一座に, 一時の, 一片の, 一種の, 一行半句たり, 一語一語慚愧と, 丁寧でも, 上へ, 主君の, 人間には, 今人間, 何だ, 何の, 何を, 何分幼心, 余りに温かい, 余人なら知らず, 使えないが, 使わない方, 例の, 例へばここ, 侍が, 信長の, 個人を, 偽りに, 僕の, 光秀に, 全く独占資本的, 公の, 公卿列座の, 冗戯じゃよ, 出ないから, 分らない, 分らないが, 切々ていねい, 初めは, 十方という, 博士の, 即ち全, 友松の, 取り消します, 叙事詩の, 史実に, 同じ年々歳々, 呉れという, 嘘でなかった, 嘘では, 嘘に, 地上まで, 夕方から, 大いに曹操, 大臣自身にも, 天理人倫に, 天皇を, 如何なる御意, 如何に, 子供が, 子葉殿として, 宗族の, 実にもと, 実に思いもうけぬ, 宮中公然な, 容易に, 将軍の, 将軍家の, 尋常に, 少く文, 少年たちを, 尤もと, 居ならぶ人々, 岩滑の, 差し引きし, 帰りの, 常々金吾が, 幼少から, 当って, 当然の, 彼等の, 彼自身を, 徐か, 心と, 心外です, 必ずしも不用意, 恐らく村人, 恐れながらちと, 恐ろしくて, 悲しい, 悲壮であった, 意外だ, 或は子, 房枝にとって, 擬古文の, 新吉原時代, 早く楽, 明晰であった, 易行道, 昼間と, 智弁に, 曹仁の, 曹操が, 最も嫌い, 机の, 柴田殿か, 梵語の, 極まって, 次の, 正しいだらう, 正成の, 殺伐なる, 氷の, 永く後世, 決して一場, 決して吐かなかった, 決して空々寂々, 決して酒, 沈痛を, 洩れて, 温かくわずか, 火の, 火急の, 無法者にも, 無茶である, 父の, 爽やかで, 爽やかである, 猿殿の, 現代へ, 生きものである, 用いられて, 男は, 男性の, 画面の, 皮肉な, 目の, 直に出, 真に味わうべき, 真実か, 短いが, 神と, 神なり, 神を, 神自身の, 私に, 私の, 空論に, 突然中断, 立証し, 簡に, 簡単ながら, 素直である, 編みものの, 義士たちが, 老婆の, 耳にも, 耳の, 聞くまいとしても, 聞こえて, 聡明であり, 肺腑を, 胸元へ, 腕力よりも, 自分ひとりの, 自分等が, 至って短い, 要らなかった, 謝します, 車の, 軍令だ, 近頃の, 通じなかった, 遂にその, 違うかも, 鄭重だ, 鎌倉殿の, 間を, 隊長を, 静かだ, 顔の

▼ ことば~ (316, 8.5%)

13 うちに 9 下に 8 裏には 7 中に, 意味を 6 中には, 意味が 5 意味は 4 裏に 3 とおりに, 上では, 下から, 裏を, 調子を

2 [17件] かぎりを, しるしである, とおりで, なかには, やうに, ようである, ように, 上だけ, 上で, 先に, 半ばから, 底には, 海のみ, 端でも, 端には, 端にも, 裏の

1 [202件] あった末, あとから, あまりに激し, あやも, ある以上, いかに冷たく, いづみ, いまだ終わらぬ, うちには, うら, おわり, かかること, かげには, かしら文字さ, かわりに, かわりの, きまりやくそく, ごときは, ごとくこれ, ごとく城, ご意中, さいご, さえないで, さがること, しりを, しるしが, しるしどころか, すぐれた方, その, その発達, ために, ためにも, つもりで, つよい響き, でるかれも, とおり, とおりそれなる, とおり何者も, とおり医者の, とおり味方が, とおり味方は, とおり懐紙一枚たり, ないうち, ない不安, なかに, はしに, はしにも, はしは, はしばし, はずみで, はまつた器である, はやし, ひびきは, ふくみは, ふくんで, ふと耳, ほかに, まますぐ, ままに, ままよう, ままを, もつ勤勉, もとの, ものは, やり取りだ, ようすで, ようだ, ようです, ような, 一つも, 上から, 上だけの, 上に, 上の, 上のみ, 不足を, 中から, 中にも, 中の, 中曹操から, 主の, 事実を, 五声に, 代りに, 便りをから, 値打ちを, 内容は, 出しようも, 出ないほど, 出るの, 切れるの, 判らない時, 前には, 助けを, 勝れたの, 勢いを, 半分は, 取次を, 味も, 失敗, 如く上下, 如く切に, 如く真に, 如く長左衛門宗治, 尼さんは, 底に, 弾みお, 弾みから, 弾みで, 弾みにも, 影には, 後に, 御様子, 必要は, 応対なぞが, 思ほえ, 性質も, 息を, 意味だけは, 意味も, 意義, 意義を, 手前, 投げあいひとり, 持つ広, 数々よう, 文に, 早いのみ, 最も正統, 最後の, 末は, 果たして真, 様子では, 横から, 正しかつ, 正直さに, 浮標を, 渇きを, 理由ある, 生態は, 用いられる範囲, 由逐一, 的中を, 真の, 真実が, 真意を, 穂に, 端が, 端など, 端に, 端にさえ, 端は, 端を, 節は, 糺問は, 約束が, 終らないうち, 終りに, 終るの, 終るも, 終わらないうち, 終わらぬうち, 終わるの, 組合わせでなく, 綾に, 行きがかりで, 行きちがいこの, 裏にすら, 裡に, 裡には, 要点だった, 角も, 解き得ぬ認識, 語源が, 調子で, 調子まで, 調子や, 調子顔まで, 起源を, 軽さ, 軽快な, 途中から, 途切れを, 通じない外国, 通りきれいに, 通りです, 通りもう, 通り梓川の, 遊戯以外の, 適切と, 部分が, 部分は, 金子とらせました, 鍵だ, 間を, 隅々まで, 鞭も, 音さえ, 響きから, 響きに, 魔術は, 鴾の

▼ ことば~ (215, 5.8%)

10 いえば 4 あつた, ござります 3 もって, ものを

2 [12件] いう, いうと, いう本格, いった, おざる, ござりまし, ござりました, そんなこと, わたしの, 云えば, 告げた, 語ること

1 [167件] あつて, あなたの, あらう, あらわせば, ある時, いいあらわされる, いいあらわすこと, いいあらわすの, いいなおして, いいました, いう二重生活, いつまでも, いひました, いへば, いよいよきみがわるく, いろごと, おざった, おしまいには, おそろしく大言, おどろくばかり, おぼう, かなしいこと, きくなら, こう自分, ここの, この吉報, この基本的人権, ござりまする, ご子息, さそい出して, しゃべるの, じつはいま, すかっと一掃, そういいました, そういったの, そのこたえ, そのことば, その岩, その年, その拝領物, その様子, その疑い, それからずっと, それを, たずねた, つくりあげるの, つけ加えて, つべこべごまかす, とつぜん右門, なぐさめて, なしに, なにかしばらく話し, ならかなり, なるほどと, はからずも思い出した, はげますよりも, はじまる, はじめるもの, ふいと, ふと思い出した, べちゃくちゃと, ほとんどそいつ, ほめた, また一ばいた, また明るく, よく, わたしは, わめきました, われらの, セミプロ級の, トムの, パージュは, フェリクスが, ベラベラと, 一同へ, 二度も, 二里という, 云う常習犯, 云った, 云ひ放すなら, 今までの, 伊那丸の, 伝えるには, 住職も, 何か, 何べ, 佗び合は, 儂に, 半分開けた, 双方の, 口を, 吩咐けた, 呼びかけて, 和太郎さんは, 啖呵を, 固くなっ, 多少とも, 完全に, 宣伝し, 少年を, 左膳に対する, 市十郎へ, 弓手弓手と, 急きたてた, 怪しい客, 恐ろしいこと, 悪くいわれる, 戯れなど, 戰後の, 扉が, 描いて, 文を, 日蓮宗の, 書いて, 書かれて, 正しくは, 湯灌を, 物が, 猿は, 現わす, 男の, 直言し, 瞞着する, 磯五が, 磯五との, 私の, 私は, 移そうと, 笛吹の, 答えた, 答えました, 答えられた, 結ぶの, 聞き馴れて, 職方目付に, 自分に, 自白し, 表して, 表わす手段, 表向きの, 表現し, 表現すれ, 見ても, 解させようと, 言いました, 言うこと, 言う以上, 言えば, 言った, 訊かれたので, 評して, 話さないのよ, 話しかけて, 話したので, 話して, 話すの, 話を, 語られたり, 語る京都, 誰もが, 諄々と, 踊りを, 返事を, 顕家の, 馬相場の, 鮑を, 鳥越の

▼ ことば~ (212, 5.7%)

14 ない 9 なかった 3 かけずに, ございません

2 [16件] あって, ありません, ある, かけじ, かけて, きこえました, とぎれがち, ないの, なくその, 今は, 出ない, 出ないで, 出なかった, 終らないうち, 聞えました, 聞きました

1 [151件] あったよ, あった由, あります, あるから, あるが, あるので, いかにも真実, おおかたは, おごそかに, おっしゃるとおり, おなじもの, おのずから震えました, おろかただ, おわらぬうち, おわらぬま, お千代, かえ, かけずバラバラ, かけず山門, かけたり, ききいれず一心に, きき入れませぬ, きっときい, きれぎれ, くれず右門, こざいません, ことばもござりませぬ, ございませぬ, さきの, しどろもどろです, しどろもどろに, しゃべれるの, すぐには, すこし聞い, そこそこ駒, そなた, その覚悟, それが, だせない, つげずこれ, でなかった, でません, どうかし, ないが, ないし, ないそ, ないです, ないほど, ないよう, ない心地, なく, なくうなだれた, なくおしだまっ, なくしばし, なくすごすご, なくた, なくただ, なくはらはら, なくひしがれた, なくカロチ教授, なくガバ, なく命, なく寂然, なく思わず, なく感涙, なく自ら, なく鉄格子, なく顔, はげしく中国語, ひとりでに声, ほんとうに, また表現, まだかわさぬ, まるで割符, みな自分が, もっともだ, やさしく訊ねた, やはり忘れずにおっ, よう聞きわけ, わざと俗, 一層この, 一理が, 丁寧に, 交わさず表門, 京なまりで, 低く, 何も, 俟たず, 出ずつづけさま, 出て, 出ないが, 出ないの, 出ないよう, 出なかったの, 出なくなった, 出ませんでした, 効きめが, 区別できる, 反響を, 同様である, 吐けないで, 唐突で, 変わりました, 大胆に, 奪いとって, 妻の, 尽き波路, 岩滑には, 弁えぬ, 忌わしい疑い, 忘れて, 思い出されて, 慇懃に, 改めだした, 早口に, 明晰に, 柔かに, 決して一気に述べた, 深夜に, 激越に, 烈々と, 無理の, 熱して, 物柔らかであった, 知らず, 知らず黙々と, 知らないの, 知らないよう, 秀吉の, 私たちには, 符節を, 簡単な, 終らぬうち, 終らぬま, 耳に, 聞えては, 聞かばこそ, 胸に, 自己の, 見出せぬ, 詭弁でなく, 語尾は, 誰云う, 諫める, 諭吉のと, 過度に, 陣夢寂たる, 静かに, 頼朝は, 飾らず彼, 魅惑的な

▼ ことば~ (63, 1.7%)

2 いっしょに, ことばの

1 [59件] いいまた, いい姿, いい董, いい道誉, いうと, いえども, いえまさに, いっても, お杯, こ, ことの, このことば, されよ, そして何もかも, そっくりそのままでございました, そろば, ちがいますね, なって, なりて, なれるも, 一しょに, 一緒に, 一致し, 一致しない, 不吊合い, 似よった意義, 何の, 内容の, 劉, 受取れる, 合致する, 同じで, 同じもの, 同時に, 同時に背後, 地の, 大体おなじである, 存じまする, 底に, 思わるる, 恐縮し, 感謝を, 手合図で, 手燭の, 拝領物が, 明晰な, 相違が, 真情に, 称へて, 聞きながして, 聞き堂衆たち, 脳波の, 茶室に, 言へ, 訛も, 趣向と, 違い曹操, 里ことばを, 陋劣な

▼ ことばには~ (60, 1.6%)

3 耳を

1 [57件] あいさつも, あてはまらぬこと, おそろしい力, おどろいて, お高, かならず呂宋兵衛, この一戦, そういうニュアンス, だれも, どこか, なくなって, なって, なっとくの, まま思わぬ, もう忌憚, 一種神秘的な, 一驚を, 二人とも, 其許たちへは, 出さないが, 出さなかった, 勝軍の, 十分の, 呂布を, 大菩薩峠を, 奇骨が, 寸毫の, 少しも, 尽せぬが, 席は, 常に単純, 強い故郷, 当分戦場は, 後も, 意味が, 敗軍の, 新五郎でございまする, 新規に, 明らかに, 晴れて, 東北地方の, 深い諦め, 無限の, 物狂いの, 現わ, 甘えること, 真実が, 真実を以て, 確信が, 立派に, 答えずに, 答えも, 答えるもの, 荘重な, 裏にも, 言うても, 馴れる

▼ ことばでは~ (35, 0.9%)

3 ないか 2 あるが, ございますが, ない, なかった

1 [24件] あった, あの高い, ありません, いいきれない変化, いえないくらい, いって, いよいよもっ, お変りも, ございますまいか, ずいぶんわずかしか, ただ寒冷, たとえ一時, ないが, なかったろう, なくても, なく前, なく文学語, なく機械, デマゴーグと, 主人筋らしい, 五人組の, 大内城里見城などの, 深い事情, 言いつくせないほどの

▼ ことば~ (26, 0.7%)

2 おも

1 [24件] ある種, おこないに, その無礼, そぶりなんかで, わたしを, 京都江戸あたりの, 会話は, 四囲の, 形の, 形を, 忠言を, 思いつめた祈り, 慣行の, 挙動が, 文字の, 法文で, 無常という, 物ごしは, 理想論として, 科学の, 肝要な, 詩語を, 音声を, 頭脳の

▼ ことばにも~ (24, 0.6%)

1 [24件] ある, あるいはその, かなり鋭い, ございます, その独行道, よろこびの, 出るほど, 力が, 動作にも, 少し説明, 尽きる, 尽せぬほど, 従えぬ, 心から共鳴, 忘れなかった, 感情を, 文章にも, 機械人間とは, 現わせ, 真理が, 絶えて, 羽柴殿の, 言いつくせません, 隠せぬもの

▼ ことば~ (22, 0.6%)

3 が, と思います 2 ぞ, ということ, のが 1 からといっ, から宜しく, がそう, が近ごろ, が高氏, といっ, と仰っし, と考えれ, と言いたい, ッ

▼ ことばつき~ (19, 0.5%)

1 [19件] あらあらしきに, から察, から見, がつら憎い, だったのに, でも分るだろう, でわるびれ, で当時の, で横あい, といい, と男, になっ, には不平, はどう, はやさしい, は余人, まで丁寧, よりもずっと, 床しげ

▼ ことばづかい~ (18, 0.5%)

1 [18件] からその, から察し, から察する, がちがう, がむつかしく, が出, が悪い, が悪く, で言い表わした, などから修練, のよう, はなかなか, はもう, までおのずと, まで一変, をした, をそのまま, 最前の

▼ ことばです~ (15, 0.4%)

4

1 [11件] かそれとも, からずっと, がこの, がほん, が御, が戦ッ, が笠置, が臣, が閣下, けれどあの, よ

▼ ことば~ (15, 0.4%)

3 のである 2 のだ, ので 1 のであつ, のでしょう, のです, のですぐ, ので少々, ので自分たち, のにそう, んです

▼ ことばから~ (14, 0.4%)

1 [14件] ある考え, この童子, におって, ほぐれて, 一歩も, 信長の, 察しますと, 思いついたの, 思い出されたか, 推せば, 深くうかがう, 端を, 結論し, 考えると

▼ ことばでも~ (14, 0.4%)

2 ありました, ある 1 ありまた, あろう, あろうかと, ございますれば, 吐こうと, 将士の, 思い出されて, 投げつけて, 洩らそうもの, 罵る

▼ ことばによって~ (12, 0.3%)

1 [12件] なおさらこめかみ, みな休息に, ようやくしずまっ, 二等大尉に, 得心の, 思いあたるところ, 拙者が, 持明院統の, 明らかである, 疎通せらるる, 私には, 自分の

▼ ことばに従って~ (12, 0.3%)

1 [12件] おれば, さっそく鼻, その日, ひそかに, 九条殿へ, 地蔵菩薩を以て, 帰ります, 彼が, 牛首峠の, 用いること, 落ちのびよう, 道場は

▼ ことばであった~ (10, 0.3%)

1 かもしれない, が, がそれ, がひと, がコトエ, が三根夫, ことでしょう, ことを, ので後醍醐, 由な

▼ ことばと共に~ (9, 0.2%)

1 して, それを, 七人の, 動いた, 彼の, 彼女の, 次郎の, 膝を, 鉾の

▼ ことばどおり~ (9, 0.2%)

1 うれしくも, そのスクリーン, であったけれど, でご, なもの, にじつに, やがて赤坂, やまがら使い, を寸言

▼ ことばだった~ (8, 0.2%)

21 かも知れない, が, が人々, けれどすぐ, しもう, のでほっと

▼ ことばである~ (8, 0.2%)

21 がぼく, と, という者, といえる, 彼は, 謹んでひきさがった

▼ ことばとして~ (8, 0.2%)

1 この国, 度々の, 思い出したもの, 聞えるの, 聞くとき, 聞こえざるを, 訓えた, 重盛には

▼ ことば巧み~ (8, 0.2%)

1 に, にお, にそこら, にその, に何人, に止め置い, に正成, に説きつけ

▼ ことばすら~ (7, 0.2%)

1 あるほど, いったためし, つかえなかった, 信ぜられて, 出なかった, 欠いて, 見つからなかった

▼ ことばだけ~ (7, 0.2%)

1 でこんな, でない感謝, でない覚悟, でなく, では, で吉次, で身

▼ ことばでした~ (7, 0.2%)

1 から, からはね起き, から右門, から早く, がそば, がそれ, ね

▼ ことばまで~ (7, 0.2%)

1 かわしながら, ほんとにしない, 吐いて, 改め, 考えて, 荒磯の, 賜わり身

▼ ことば~ (6, 0.2%)

3 声かが 1 え, ず少なく, 聲かが

▼ ことばこそ~ (6, 0.2%)

1 ほとんど交さなかった, 人間の, 実にもと, 爽か, 真に国, 箭の

▼ ことばなど~ (6, 0.2%)

1 あるもの, だった, まるで受けつけなかった, 出て, 卯木とも, 耳にも

▼ ことばをも~ (6, 0.2%)

1 いちどくりかえした, いちど思い出し, そう一概, 傳ふべき, 厭う風, 忍びて

▼ ことば通り~ (6, 0.2%)

1 うけて, になった, のもの, はやくも, をよく, を正味

▼ ことば静か~ (6, 0.2%)

41 なほど, に話し

▼ ことばつかり~ (5, 0.1%)

1 に夢中, よ, 云つ, 云ふんです, 言ふ

▼ ことばなどは~ (5, 0.1%)

2 ありませんでしたし 1 さだめし意, それそのまま, 書いてない

▼ ことば~ (5, 0.1%)

1 かにいう, かに海蛇ら, なる物語, にそういった, に言った

▼ ことばじり~ (4, 0.1%)

1 をとらえ, を引き, を押えた, を消した

▼ ことばであり~ (4, 0.1%)

1 また, 儒教思想から, 行動である, 詩は

▼ ことばとともに~ (4, 0.1%)

2 そのとき 1 彼は, 顔さと

▼ ことばとは~ (4, 0.1%)

1 だいぶち, なんだかちがっ, まるでちがった, 違う国

▼ ことばとも~ (4, 0.1%)

1 おもえませぬ, つかない, 符節が, 覚えませぬ

▼ ことばなく~ (4, 0.1%)

1 とも私, ながれて, 立った, 黙然と微笑

▼ ことばなどを~ (4, 0.1%)

1 そのまま語っ, 恃みとも, 戯れに, 気に

▼ ことば~ (4, 0.1%)

1 いちいち頷い, 伊那丸は, 圧しかぶせ, 耳を

▼ ことばを以て~ (4, 0.1%)

1 いへば, したらかえって, 叱咤し, 評すならば

▼ ことば以上~ (4, 0.1%)

1 なもの, には一歩, により, のもの

▼ ことばことば~ (3, 0.1%)

2 がらん 1 に光りあり

▼ ことばという~ (3, 0.1%)

1 ものじゃ, ものに, 早雲寺殿二十一ヵ条武田家の

▼ ことばとの~ (3, 0.1%)

1 あいだには, 不調和は, 結合する

▼ ことばなんか~ (3, 0.1%)

1 つかって, 使って, 薬に

▼ ことばについて~ (3, 0.1%)

1 いろいろと, じゅんじゅんに, 弟子達も

▼ ことばに対して~ (3, 0.1%)

1 光秀が, 新七は, 紹巴も

▼ ことばひとつ~ (3, 0.1%)

1 かけること, が頼み, の信仰

▼ ことばまでも~ (3, 0.1%)

1 ありません, ございません, なく軽はずみ

▼ ことばよりも~ (3, 0.1%)

1 そのけたたましい, 多くを, 惻々として

▼ ことば~ (3, 0.1%)

1 かりさ, かりで, かり喋っちゃ

▼ ことば一つ~ (3, 0.1%)

1 かけないでは, も武門, 返さずに

▼ ことば~ (3, 0.1%)

1 だが, でありますが, ながらあの

▼ ことば遣い~ (3, 0.1%)

1 もこの, や尼, 聞き捨てに

▼ ことば~ (2, 0.1%)

1 卑怯に, 無理で

▼ ことばさえ~ (2, 0.1%)

1 女の, 掛けられず

▼ ことばしか~ (2, 0.1%)

1 ないの, 意志の

▼ ことばすく~ (2, 0.1%)

1 なにこたえました, なに部下へ

▼ ことばすくなく~ (2, 0.1%)

1 答えた, 答えたのみ

▼ ことばするどく~ (2, 0.1%)

1 問いかけた, 相手に

▼ ことばそのもの~ (2, 0.1%)

1 がもっと, も全く

▼ ことばだけが~ (2, 0.1%)

1 のこりました, 妙に

▼ ことばだけは~ (2, 0.1%)

1 お伝えしよう, 左将軍劉備らしい

▼ ことばつかし考へ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ ことばでしょう~ (2, 0.1%)

2

▼ ことばとしては~ (2, 0.1%)

1 漢文でも, 隆夫は

▼ ことばなども~ (2, 0.1%)

1 これを, すっかり村

▼ ことばなら~ (2, 0.1%)

1 ばいかに, ば申しまする

▼ ことばなり~ (2, 0.1%)

1 句なりに, 道誉の

▼ ことばにて~ (2, 0.1%)

1 いかでうつし, 語るは

▼ ことばばかり~ (2, 0.1%)

1 でした, ならべたみじかい

▼ ことばまでが~ (2, 0.1%)

1 あたら卑しい, 気に入ったという

▼ ことばやら~ (2, 0.1%)

1 御辺, 恩賞の

▼ ことば~ (2, 0.1%)

2

▼ ことばを通して~ (2, 0.1%)

1 こういう生ける, よく

▼ ことば~ (2, 0.1%)

1 かり云うて, かり言

▼ ことば半ば~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ ことば少なく~ (2, 0.1%)

1 ひれ伏したまま, 申しただけ

▼ ことば知らぬ~ (2, 0.1%)

1 旅人聞か, 母に

▼ ことば短く~ (2, 0.1%)

1 ひきうけて, 言い渡して

▼ ことば~ (2, 0.1%)

1 にこたえまする, にしみ

▼1* [167件]

ことばあなたさまの方, ことばあらそいはどこ, ことばありがとうございました, ことばあるがため, ことばあれども徳行, ことばいいんしゃん, ことばいたすので, ことばいまさらのごとく, ことばいよいよ恐縮仕ります, ことばうそじゃある, ことば通の, ことばかけたまわぬにておのれ, ことばかもしれません, ことばかりゃいなせな, ことばくらいは交わして, ことばぐらいでは動きだす右門, ことばこちらが柔和, ことばしかとわかりました, ことばしかも自分に対する, ことばしずかにふたり, ことばじゃと中身を, ことばすくなに沈ん, ことばすらも知識人の, ことばせわしく説明し, ことばそしていつも権力気狂い, ことばその主張に, ことばそれは世, ことばそれ自体が隆景, ことばそんなことで, ことばえねがわれまい, ことばたちまちかみつくよう, ことばだけしかあとは, ことばだけになかなか意味, ことばだってわかるよう, ことばだのまたところどころ, ことばつかり考えてたつ, ことばつかり言うから, ことばつよく断じ, ことばづかいで問わぬ先までを, ことばづよく励ました, ことばでありますがこれ, ことばでございましたが, ことばでございましょうなんという, ことばでございますけれどどうぞ, ことばでございますればただ今, ことばでござるがその, ことばでしかありませんが, ことばでなくただ優しい, ことばでなりと御, ことばといふ語は, ことばとが一致しなかつた, ことばとしての意味だけで, ことばとしても真剣と, ことばとておざら, ことばとでは違ふ, ことばとを同時録音する, ことばほりな, ことばどおりあちらのへや, ことばどおりわたくしの身がわり仏, ことばどおり二人の目, ことばどおり信用するわけ, ことばどおり彼はここ, ことばどおり手踊り見物でもやる, ことばどおり敬四郎でしたが, ことばどおり末寺の栄え, ことばどおり風のよう, ことばどころでは, ことばながらこの籠城, ことばなぞをかけては, ことばなどから自己の, ことばなりが永く久しく残つたの, ことばなりと称しふたたび, ことばなればこそ節, ことばなんぼう欣, ことばにかどをたてるもん, ことばにたいしても正成は, ことばにたいする知識は, ことばにだっても綾が, ことばにては云ひ, ことばになど現わし, ことばによつて岐都禰と, ことばによっても忠右衛門が, ことばに対しては何も, ことばに従いしばし京都, ことばのうへだけでは, ことばのてまえ容易, ことばのみ吐いて, ことばのみがあるばかり, ことばはつぎのよう, ことばほかならぬ戦陣, ことばほめことばを, ことばほんとうでございましょうね, ことばまことに畏くて, ことばまでとおしてよんだ, ことばまでの呼吸を, ことば身に, ことばみたいであった, ことばみょうにしわがれた声, ことばむしろ文字の, ことばむなしくねをたえ, ことばもござりませなんだ, ことばもろともお迎え, ことばやめてよ, ことばゆえ焼香したので, ことばゆかしく請じ, ことばよくわかりました, ことばより先に, ことばよりはよほど真実味, ことばらしい事だけは, ことばらしくも感じられます, ことばわれわれとてどこ, ことばをかはして, ことばをさえ賜わって, ことばをすら知りません, ことばをとぎらせて喘い, ことばッかし言わないで, ことば一生の賜物, ことば主命の如く, ことば今日にあたらず, ことば以上憂いをふくめ, ことば以外に何, ことば伝右衛門は服しかねまする, ことば託宣で, ことば唖男と郁, ことば多きを要さない, ことば多くなりぬ, ことば多く明るく粧って, ことば大阪京都伊勢中國邊, ことば実に過ぎ胆量才, ことば寡なに答えて, ことば寡なに挨拶するばかり, ことばたる者が, ことばには泣き声, ことば尽して慰め, ことば左様な金吾, ことば忘れてください, ことば恐れ入ってご, ことばれもてど, ことば承り漏れそうろう, ことば折返してお便り待, ことば教えて引張りこみやがっただ, ことばも尠, ことば日本左衛門の黙りこん, ことば明らかに, ことば書きとなっ, ことば有難う存じます, ことば村人に何, ことば柔らかにいっ, ことば江戸っ子弁でまくしたてる, ことば決して流されること, ことば添え帰宅の, ことばらば, ことば特有な, ことば痛み入りまする, ことば百万人力にぞんじまする, ことば秀吉もその, ことばきらいな, ことば程度でごまかされる, ことばにはっと, ことば考えて見ろ, ことば考えたらッて, ことば聞いては向こう, ことば聞いてんよかね, ことば警察へいっつけ, ことば遊びは無用, ことば重々ご尤も, ことば關東べい