青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「けれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

けさ~ けた~ けだし~ ~けっして けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~ ~けれ
けれ~
けれど~ けれども~ ~げ げ~ げに~ げん~ ~こ こ~ ~こい こい~

「けれ~」 2763, 27ppm, 4240位

▼ けれ~ (2132, 77.2%)

34 なり 18 ならん 15 ならぬ 11 主税之 10 なりません, 兩人は 9 半四郎は 8 ならない, ならぬと, 傳吉は, 大岡殿然, 彼の 7 後藤は, 長兵衞は 6 ならんと, 九助は, 今は, 平左衞門, 我は, 文右衞門は 5 ならないと, ならぬの, 三吉は, 久兵衞は, 大岡殿には, 越前守殿是を, 長八は, 長庵 4 ならんが, 二人は, 亭主は, 大岡殿又, 女房お, 彼は, 是を, 流石の, 皆

3 [33件] お專, お政, こは, ならぬが, ならんから, ならんの, 主は, 久八は, 五兵衞は, 伊賀亮は, 元より, 八五郎は, 又, 吾助は, 城富は, 夏の, 大膳は, 天一坊は, 妾も, 小猿, 彼れ, 惣右衞門は, 憑司は, 成らぬと, 手近の, 是より, 武士は, 然ら, 筆やの, 菊は, 重四郎, 靱負は, 頓て

2 [120件] あるじ越後は, ある時, いかん, いずれも, うれしげ, うれしげにく, え, おひ, お兼, お文, お高, きつと, こ, ここに, これを, さしもの, それこそ, それは, ちかくよりてく, ところの, とても人数, とり, ならない事, ならなかった, ならんぞ, ならんという, ならんので, なりませんと, なりませんので, なりませんよ, なり侯, もつと, やう, やや落着き, よめる, わが, わが身の, 七右衞門は, 三四日は, 不思議の, 世の, 中納言樣には, 主の, 主人も, 久八も, 五兵衞も, 京の, 京水と, 人々には, 人嘲けり, 何でも, 何れも, 側に, 児を, 利助も, 利助不審の, 勘解由は, 千太郎は, 又七, 可かん, 吉兵ヱヘ常信の, 吉兵衞は, 名物一つかげを, 否, 喜八は, 四郎右衞門は, 国の, 多兵衞, 大いに悦び, 大岡殿は, 大岡殿夫は, 大岡殿成程, 大岡殿篤と, 夫にて, 女は, 妾は, 安五郎は, 將軍には, 小左衞門, 岩居いふ, 岩居も, 岩居手を, 左仲は, 帰路を, 弟は, 弥左ヱ門が, 強て, 彌, 彌助は, 御迷惑, 忠兵衞は, 文藏は, 是は, 是又, 此に, 段右衞門は, 母の, 母は, 流石は, 火の, 狼二疋逃さりけり, 産殿に, 畏まり候, 痕跡も, 百人の, 盜人は, 直ちに承諾, 美和の, 老人は, 聖の, 買って, 越前守殿は, 越前守殿然, 跡に, 跣足に, 近郷の, 近隣の, 長助は, 静が, 風も

1 [1520件 抜粋] あとの, ありつる居所, あわや潸々, いかにせん, いかんそれに, いかん執念し, いかん残りは, いたずらに日月, いといたく愛で, ええ, お久承知, お寺を, お政其儀, お民, お粂, お菊, かえりみるもの, かくいふ, かの君, かの木小屋, かれら, げに誤り, このおとめ, このもの, この事王, この忙, これは, さきに, さてこそ, さてわが身, さも, して, しばらく物蔭, すなわち取り, すみやかに, そぞろに, その人, その工事, その所, その汽笛, その稿本, その軍, その返と, それゃ水揚げ水車でも, たしかな, ついに大王, つれづれとこもりをりけり, とかくは, どうぞわけ, ならずそれに, ならないそして, ならないヨ, ならない破目, ならぬこと, ならぬ事, ならぬ子供等自身, ならねえと, ならんか, ならんそれだけ, ならんよ, ならん保護, ならん時, なりかし, なりませんからな, なりません九, なんねえ, はらたてて, ふくる, へらへらと, またこれ, またもやは, また申す, みなみな申す, もっと簡単, やがてその, やと, よみて奉りける, わらは, われも, われ餘り, オヽ十歳に, コロンナ家の, ダヰツトの, ドブリと, ナニ遠慮なさる, マリアは, ヴィルジリオと, 一同ど, 一向平, 一村擧つて其徳を, 一船ここに, 七助は, 七右衞門夫は, 三わと, 三人是を, 三右衞門是を, 三郎兵衞は, 上げますよ, 上海玉でも, 下役人點頭否夫, 不可よ, 不撓不屈の, 不都合ゆえ織江が, 世間ずれが, 中納言樣の, 丸龜近在にては, 主たちは, 主人五兵衞は, 乃ち曰ふ, 久兵衞爰ぞと, 乘者山の, 九郎兵衞夫は, 乳も, 二三町ならずし, 二首, 五合郎が, 井上河内守殿より, 亭主長兵衞も, 人々相倚り, 人あなづりして不敵の, 人家も, 仁左衞門も, 今夜正子刻, 今日こそは, 仏壇の, 代って, 件の, 伊藤は, 伊豆殿散々に, 伊賀亮此由披露に, 伴はれし, 佐兵衞, 佐十郎は, 佐十郎然, 何ういたした, 何に, 何より安心, 何共, 何方の, 余りに高尚, 余儀なくも, 侍士は, 信遂に, 偖は, 偶ま, 傳吉が, 僅かに, 元來愚, 元老女史竹内津下の, 先々緩, 先方にも, 兎角かたはら, 兩人是は, 八右衞門の, 六右衞門愼んで, 其の繁昌大方, 其儀少, 其座の, 其日は, 其皷自然と, 其通り双方の, 再び両親, 再一間, 出立いたされ, 切めてもの, 初めは, 利兵衞の, 則兩國橋と, 動作労苦す, 勘解由大いに, 医師は, 十兵衞不審な, 半右衞門, 半四郎成ほど, 半左衞門, 占ひ, 即ち走る, 原稿紙を, 又七委細, 友次郎も, 取次案内として, 可睡, 吉三郎は, 吉三郎思ひ, 吉五郎は, 吉兵衞答て, 同心人々を, 同村の, 名主も, 名分は, 君太夫も, 吾助も, 和すべからざる, 和尚を, 啜る啜るさまざま, 善助は, 嘉傳次は, 四郎右衞門段々, 困る, 国法に, 在監, 城富是は, 堯仙院も, 外交政策も, 夜は, 大なる, 大国小国臣下等この, 大岡殿も, 大岡殿コリヤ九郎兵衞ふか那を, 大岡殿シテ其文は, 大岡殿久兵衞に, 大岡殿何歟思さる, 大岡殿其は, 大岡殿其者は, 大岡殿否, 大岡殿夫で, 大岡殿小兵衞を, 大岡殿心中に, 大岡殿段右衞門を, 大岡殿町役人へ, 大岡殿聞し, 大岡殿聞給ひ, 大岡殿能白状致した, 大岡殿願ひ, 大帝即ち, 大橋も, 大王窃かに, 大納言光貞卿を, 大蛇忽ち, 天一坊進出て, 天忠和尚は, 天神丸は, 太祖も, 夫より, 夫婦は, 夫程の, 女, 女房叔母ともに, 如何にも是, 妖怪不意に, 妻君は, 妾の, 始より, 娘の, 学校も, 安五郎否男の, 宗徒共意外の, 宜いや, 宜しくない, 宮は, 家の, 家主勘兵衞は, 家内の, 寂光院の, 富右衞門其煙草入は, 實も, 寺の, 將監大いに, 將軍家にも, 小児の, 小稲, 尚尋ねられ, 就いて, 履替んと, 山住聞て, 山深く, 岡山にては, 市之丞の, 帝空く返, 帰られません何, 平助は, 平左衞門吃驚, 年は, 幸之進は, 幾度と, 庄三郎押戴き, 廃藩の, 廷臣の, 引かけ, 引手數多の, 弱みを, 彌十少し, 影おのづか, 役人中も, 役人共は, 役人扨, 役僧は, 彼ま, 彼男は, 往来も, 後藤半四郎は, 従男爵の, 從ひ, 御言葉, 御飯を, 心うごかす, 心は, 心宜, 心細くも, 必定物堅き, 忠八は, 忠兵衞も, 忽ち白刄, 思うまま, 恋とこそ, 恥の, 惡いだけ, 惣右衞門始め一同七右衞門の, 愛惜言はん方なく, 感應院も, 憑司を, 懐旧の, 成らぬ殊に, 成りませんので, 我が, 我も, 我を, 或夜安間, 手を, 手剛き, 手足も, 扨はと, 折れて, 指もて, 掃部を, 探偵は, 操が, 放ちつ, 教へ, 文右衞門其仔細と, 文左衞門シテ其金は, 斯くては, 新左衞門同道, 旅僧は, 日を, 日本よりも, 早く吹, 早速兩人, 早速娘夫婦, 早速拵, 明後日江戸へ, 春家は, 是はと, 是非とも又七, 時と, 曲者も, 書きあがるまで, 最早歎, 月今宵云々と, 朝顔の, 未だ年, 村が, 村人上人を, 村役人立合にて, 松平伊豆守殿初め御, 柏木氏も, 梅は, 様々の, 檢使の, 權三助十否, 止事を, 正面には, 此上は, 此人, 此度の, 此方の, 此時ぞと, 此段上聽に, 武蔵野という, 死ぬという, 残るところ, 母お蔦も, 母衣は, 水主等は, 河水も, 況して其物, 洪武十八年召され, 流石不敵, 浪人者是は, 淡路守殿如何に, 淺草御門なりと, 清右衞門倩, 済まんところ, 渠の, 満枝, 源次郎は, 漁夫, 漸く其筋, 瀬川は, 然ば, 燕王も, 父は, 物に, 犬も, 狗邪韓國を, 猶ほ, 猿猴ら申さく我らが, 王も, 理事は, 甚之助もとより, 田中の, 甲板に, 町奉行大岡越前守殿より, 番人また, 異議なく, 當家に, 病児を, 白水翁靱負に, 百姓共は, 皇太孫は, 目安方是を, 目白驛さして, 直に家, 相應, 真弘が, 矢部も, 石塚重平氏に, 神妙なり, 私と, 私は, 立上りて, 笠を, 細君は, 終に右, 絵具汗の, 縁付くという, 美くしいと, 義村大きに, 老の, 老僧, 而て, 肥前は, 能く, 腰元お, 舅姑も, 與力等は, 興行の, 船頭杢右衞門は, 若い者遣手詞, 苦桃太郎冷笑, 菊女も, 薬の, 藤八進み出, 虹汀今は, 血氣に, 行も, 見るに, 覺えず, 解りませんが, 詮方が, 読めざりけん逃ぐる足許, 誰一人出, 護法袖を, 買つて来ませう, 越前守には, 越前守愼んで, 越前守殿なるほど, 越前守殿久八に, 越前守殿假令弟十兵衞が, 越前守殿其多兵衞と, 越前守殿否さ幾日頃に, 越前守殿大いに, 越前守殿御聞有て, 越前守殿悉皆, 越前守殿此趣きを, 越前守殿莞爾と, 越前守頭を, 足の, 身が, 車の, 辛い程, 辺が, 返し, 追慕の, 遂に何人, 道を, 道春常に, 遣は, 邸町の, 酒は, 醜業婦の, 釣り疲れし, 鍵は, 長三郎は, 長兵衞是を, 長常この, 長庵呵々, 間とは, 隱居は, 雲助共眼配せ, 非番の, 頷よりも, 願山は, 颯々の, 餠屋夫婦も, 駄目だ, 驚きて, 髮の, 鳥は, 麻を

▼ けれ~ (354, 12.8%)

19 私は 8 それは 3 それが, 今まで, 千世子は, 彼は, 彼女の 2 そう云う, そんなこと, どうした, 其れ, 千世子の, 女の, 或る, 考えて

1 [296件] あの人, あの位考, あんまりじゃ, あんまり思, あんまり明, あんまり自分達, いい工合, いずれ一度, いつの間にか子供, いつもいつも, いつもの, うす黄, うそか, うっかり母にでも, うっかり私, おこす人, からだ, きのうの, こうした山, ことしは, この一月, この婆, この家一さい一人手, この心, この村, この美, この頃, これからの, これぞと, ごく稀, さとい美くしい, しかたが, じきに叔父, すぐ元, せっかく丸く, そうある, そのしずか, そのまばゆい, その中央, その事, その人, その子, その心, その悲し, その望, その次, その細い, その終い, その胸, その馬小屋, それだけ冬, それで, それに, それも, それ以上の, そんなこんなで, そんな事, たった一人, だれでもが, とうとうあの, とうとう二度目, とにかく男, とにかく私, とにかく自分達, どうか好く, どうしてもそれ, どうしても目, どうしても私, どうしても願い通り, どうせ仕なけれ, どうぞ森, どうと, どうもそれにしても, どうもちっとあれ, どうも仕様, どうも何, なぐさみに, なま, はたし, はたの, はにかみ屋の, ほんとうに, まあのせ, まあ当分, まさか命, まず私, また同時に, また常盤, また飽く迄も, まだそこ, みんな女な, めんどうくさくも, もう二十年以上, やがてそれ等, やっぱり子供, やっぱり祖母, やっぱり頭, ジーッと, ピイタアの, ルッソーの, ローズも, 一二年前からは, 一切は, 一向, 一向知らざる, 一度でも, 一度寄せた, 一日一日と, 一番始めに, 一目見, 不知私領な, 世の中に, 主従の, 九月に, 二人の, 二十本ほどずつ, 云う事, 人柄や, 人通り多き, 今に, 今は, 今差し, 今度の, 今日は, 今晩斯様に, 今更その, 今朝に, 他の, 佐野文右衞門は, 何て, 何と, 何とかし, 何となく不, 何となく囲, 何の, 何故仕事, 何時か, 其の黒い, 其間の, 内々松葉屋より, 再び, 分らない, 到底私, 勿論働く, 勿論種々, 十の, 十一時頃に, 十兵衞は, 十四五から, 十年立った, 半四郎は, 又そう, 又仕切り, 又他方, 又候夫庄三郎, 又呪, 又私, 叔父に, 可愛がっ, 各々は, 同じもの, 同情を, 味は, 唇が, 土間で, 夜の, 夜は, 夜目が, 大きな箱舟, 天才と, 天道惡事を, 奥方は, 女が, 女は, 始終上品, 婆さんは, 子供は, 学理的に, 官林の, 実に型, 実在は, 実際に, 実際は, 寒さ, 尊い悲しみ, 小作人を, 小僧を, 小意志, 小憎らしいと, 少しは, 少しも, 少し重立った, 尚ほ, 常から, 年老, 幾年かの, 彼にとっては, 彼の, 彼れ, 彼奴は, 彼等の, 忽大きな, 思ってること, 急いたり, 恋する男, 恭は, 息は, 悪い批評, 悲しみの, 惡漢共は, 愛すべき所々, 或時何, 抑世人, 折々よこす, 斯う, 新旧, 是は, 是迄, 是非に, 更に, 最早三歳, 最終の, 月の, 本と, 桑の, 止まらない速い, 正しい箇人主義, 此の, 此村には, 此頃あんまり, 此頃に, 此頃彼の, 死んでも, 段々彼方此方片, 段々御, 決してそうは, 泥リンゴが, 流石に, 深い事, 灯の, 然し其作品, 王と, 男が, 皆, 皆悲しい, 皆様は, 監督者には, 相当の, 真面目な, 睡魔は, 矢つ, 研究した, 祖母が, 私には, 私の, 私も, 秋が, 精霊は, 絶えずせせこましい, 絶えずのぞかれ, 綿入, 総ては, 義男には, 翌日に, 考えに, 肇の, 肉体的の, 能くまア後悔し, 能肥太り, 自分の, 自分は, 自分を, 自分自身に, 自我が, 自然の, 芸術にだけは, 若しそれ, 苦労は, 蘇生る, 行かないわけ, 衰弱しきっ, 豚は, 身じろぎする様子, 身内の, 身動きも, 近頃に, 逃げ様にも, 金持に, 間もなく恭吉, 間もなく振返っ, 雌鴨の, 雑誌に, 靱負の, 頭の, 頼み難い, 駒を

▼ けれ~ (9, 0.3%)

1 あれが, ぶらはん, もう三十, 喜ばれしとぞ, 狂ふて, 直助, 私を, 身柱冷かに, 高倉山と

▼ けれ共それ~ (6, 0.2%)

1 が徹頭徹尾, はすぐ, は何処の, は割合, もぼんやり, を書いた

▼ けれ共私~ (6, 0.2%)

1 には三つ一時, の悲し, の返事, はその, は一葉女史, は自分

▼ ければと~ (5, 0.2%)

1 云ひさし, 云ふ, 心を, 言って, 金助が

▼ けれ~ (5, 0.2%)

2 ならなくなる 1 い, なおいい, ならんそう

▼ けれ共お~ (4, 0.1%)

3 久美さんは 1 政は

▼ けれ~ (4, 0.1%)

1 ば大岡殿是, ば文藏夫婦, ば無, れば

▼ けれでも~ (3, 0.1%)

1 そこを, そのたび, 彼は

▼ けれ~ (3, 0.1%)

1 いかんぜ, いかんよ, 困るつて云

▼ けれ~ (3, 0.1%)

1 て, て云え, て云っ

▼ けれ~ (3, 0.1%)

1 いかで撰, とふ, 当時差

▼ けれ共自分~ (3, 0.1%)

1 が風邪, の交際, をいい

▼ けれ~ (2, 0.1%)

1 あっし等あ, 先生は

▼ けれ~ (2, 0.1%)

1 だから, 俺は

▼ けれかなた~ (2, 0.1%)

2 なる御手洗

▼ けれ~ (2, 0.1%)

1 おのれあやしみ, しけやし吾妹

▼ ければこそ~ (2, 0.1%)

1 このおれ, 蜜をも

▼ ければを~ (2, 0.1%)

2 しむべし明玉砕破内

▼ けれやに~ (2, 0.1%)

2 ほふ闇

▼ けれバわる~ (2, 0.1%)

1 ものうで, もの曰ク

▼ けれ共わし~ (2, 0.1%)

1 の沙門, の熱情

▼ けれ共中~ (2, 0.1%)

1 には, には熱心

▼ けれ共今~ (2, 0.1%)

1 は老来, 云った様

▼ けれ共時~ (2, 0.1%)

1 と云う, の力

▼ けれ共此処~ (2, 0.1%)

1 には自分たち, の一日

▼ けれ共氏~ (2, 0.1%)

2 に就い

▼ けれ其棹~ (2, 0.1%)

2 の閻浮提金

▼ けれ~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ けれ~ (2, 0.1%)

1 を知る, 来ても

▼ けれ~ (2, 0.1%)

2 の双

▼ けれ~ (2, 0.1%)

1 けれ, けれ錢

▼1* [185件]

けれあれや二国, けれあ小ツち, けれいかにして, けれうたてけれ, けれうんそれは, けれ婆の, けれお母さんが校長さん, けれお気をお, けれかく人々の, けれかの源氏物語にも, けれ適切な, けれぜんこけれ, けれその名は, けれあ, けれとてよみける, けれとは云ふも, けれともいか, けれどうぞ毎月頂く, けれどこなたは, けれどこッちの方が境, けれもう二日, けれなまじ緋の, けれ三段に, ければかへりみるもの, ければなんぞお家の, ければにや女の, ければよかつた, けれまこと才有べしとの, けれもうもんて, けれもちっとゆるゆる, けれな, けれかやかに, けれわれまた老, けれア近所隣の交際一つ, けれバ普作下知して, けれバ諸君云万一の, けれあんまり外, けれ三月四月に及び, けれ世話をし, けれ二月こそ可, けれ汝が, けれ今更死ぬとも, けれ仕方がない, けれ偖何をが, けれ偖十兵衞兄長庵に打向, けれ偖此喜八は古河吉右衞門, けれ働きはある, けれ共あとが少し, けれ共いつでも少く, けれ共さし向いでは経済能力, けれ共そうじゃない, けれ共それ丈の間, けれ共どっかそっ方を見, けれ共ふだん割合に自由, けれ共アア私は生き, けれ共フトその名, けれ共一つ家の中, けれ共一種の作品, けれ共一雪下りると, けれ共三月四月と春, けれ共不幸な人, けれ共不思議な事, けれ共世話になっ, けれ共両親の苦しめられる, けれ共主だった事々, けれ共事實は更に, けれ共二つ三つとよし, けれ共二十五六にもなった, けれ共余はよしあし, けれ共作品としては自然, けれ共元來越後浪人二百石取, けれ共先一ト通り事を糺し, けれ共其刹那にわし, けれ共其犠牲になつ, けれ共内実はまるで, けれ共内心はそう, けれ共十日祭も早, けれ共君はよる, けれ共君幸に雨, けれ共国がこういう, けれ共地面に幾つ, けれ共大抵の時, けれ共大業にする, けれ共子供にあれ, けれ共寝付かれないらしくモタモタ, けれ共寿と国, けれ共形のまとまった, けれ共彼の心, けれ共彼等の衣裳, けれ共後かれ早かれ, けれ共意志の悪い, けれ共斯うした, けれ共日本人の生活, けれ共暮と云え, けれ共月に一週間, けれ共有難い事, けれ共木の梢, けれ共東京で桜, けれ共松のある, けれ共板の間を働いた, けれ共栄蔵はもっと, けれ共根のない, けれ共次の瞬間, けれ共正直で気, けれ共此の大人君子, けれ共此んな処, けれ共母親はどうぞ, けれ共毎日毎日働いて, けれ共気候が悪い, けれ共法律家としてはこれ, けれ共物馴れない重, けれ共物質的に精神的, けれ共甲斐のない, けれ共皆離縁に, けれ共目ばかりが光った, けれ共相應の口, けれ共眞の詩情, けれ共真の親切, けれ共矢張又前, けれ共矢張り驚くべきところどころ, けれ共紅の日輪, けれ共絶対的の無, けれ共老人は薔薇, けれ共自信のある, けれ共自然の中, けれ共色は白く, けれ共草が奇麗, けれ共農業をする, けれ共農民が何, けれ共通つて来る男, けれ共通つて來る男, けれ共達は自分, けれ共長田さんの捕えた, けれ共雨で四辺, けれ共雪降り前, けれ共電車から下りた, けれ共露伴先生よりは紅葉山人, けれ共静かに草, けれ共頭にこびりつい, けれ共驚きのため, けれ共Kのそむいた, けれ一方より, けれ只今さやうの料理, けれにまで其俤, けれ唐ごろも君, けれの黒い, けれ堀田さんも仕方, けれ外科室に寄った, けれ大方ここじゃろうて, けれ大方ひとりでお, けれ大方一人でお, けれ天が下にいくら, けれ姿は遙, けれ孝行なる嫁, けれ学校の先生方, けれ後藤は是, けれ我等の今, けれも享保五年三月五日油屋五兵衞并び, けれ扨又九助は晝夜嚴敷拷問牢問, けれ扨夫より原田, けれ故に婚姻の, けれ教法に完了, けれる所, けれに因, けれ月給を上げる, けれ果敢なかりけれ, けれお菊, けれ此油屋五兵衞方の番頭久兵衞, けれ武士は是, けれの漣ただ, けれさして, けれに伊豫國新居郡西條, けれ父上臺憑司堪へ兼, けれ申訳だけに咲いた, けれ稍有て申, けれ竹輿舁豫て心得, けれ翌日村井長庵呼出しにて段々, けれちりしのち, けれに白子屋, けれやすすき, けれ藤八お節の兩人, けれに長, けれ銀河の下, けれ庵は, けれ魯智深が