青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ことに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~ ことし~
ことに~
~ことば ことば~ ~こない この~ このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こむ~ ~こめ

「ことに~」 5340, 58ppm, 1994位

▼ ことによる~ (545, 10.2%)

22 と, とこの 19 とあの 14 とこれ, とその 10 ともう, と自分 8 とお 6 と僕, と私 5 とまた, とまだ, と今夜, と彼 4 とあなた, と今日 3 とそう, とそれ, とどこ, と今, と俺, と先生, と彼女, と死に

2 [27件] とああ, とあいつ, とあれ, とおまえ, とお前, とこいつ, とこうした, ともっと, とやっぱり, と二人, と又, と同じ, と君, と大事, と女, と己, と帰った, と日本一, と明日, と最初, と生涯, と病気, と第, と自動車, と誤解, と近い, と雨

1 [308件] とあと, とあのお, とあるいは, といい, といたる, といわゆる, とうち, とえらい, とおいら, とおばあさん, とおやじ, とお父さん, とお産, とかの, ときょうあたり, とくれない, とここ, とここら, とことに, とこのごろ彼奴ら, とこりゃあ, とこれぁずっとさかのぼって備中青江鍛冶, とこんど, とこんな, とさだ子, とさだ子さん, としつこい, とすでに, とすべて, とずう, とそいつ, とそういう, とそこ, とそこでまた, とそんな, とただ金, とたつた, とだから, とつかまっ, ととはじめ自分, ととんぼ, とと思つて, とどこぞ, となんで, とひび, とひやかされる, とほんとう, とほんとに, とまだなかなか, とまるで, とみな子自身, とむずかしい, ともうすっかり, ともう既に, ともっともっと余計いっぺんに, ともつ, とやって来やしない, とやり損なう, とやる, とわし, とわたし, とわたし達, とわれわれ, とアフガニスタン, とイワン, とインド哲学, とカワカミ, とゴオティエ, とホコ, とマタ・アリ, とモスタア, とヤマザクラ, と一年, と一杯, と一生日の目, と一種, と一縷, と一般に, と一週間, と一雨, と七百メートル, と三人, と三時間, と上, と下女, と世に, と世の中, と両手, と主人, と九十パーセント, と予科練, と二十分, と二十貫, と二時間, と二百五十両, と二百十日, と交通遮断, と人々, と人跡未到, と人間, と今の, と今夜あたり, と今度, と今晩, と今朝あたり, と今松, と今頃, と他人, と伯自身, と佐助, と健三, と元, と先方, と八州, と八方, と八木独仙君, と六, と六千ポンド, と其処, と其處, と内容, と出せる, と出版社, と別に, と前, と前日新宿, と前者, と助からない, と卒塔婆小町, と口, と司馬道場, と向, と向う, と周馬, と唯, と嘘, と四日目, と塵, と墨田, と外, と外国, と多少, と夢, と大きな, と大切, と大学部内, と大家, と大挙, と天下, と天童谷, と夫人, と奉行所, と女心, と始め, と姪, と嫂, と子供, と安さん, と実は, と実際, と家族, と寝ぼけ, と寝坊, と小島, と少々, と少し, と屑屋, と山通し, と崩れかかった, と帰つた後, と帰り途, と帰る, と帰れない, と常陸山なぞ, と帽子, と幅, と幕府時代, と引責辞職, と弟, と彼奴, と彼自身, と御, と御前, と御馳走, と徳子, と悪い, と情熱, と愛し, と憎悪, と戸締り, と手術中, と拙者, と政宗公, と教師, と敷居, と日光, と日本, と昇降器, と昨夜, と時計, と有り得べき, と有卦, と望月, と朝, と末世, と本局, と本署, と李鴻章, と来, と来さう, と来ないだろう, と東京市中, と榎本子, と樟脳, と此夫婦, と死ぬ, と母, と江戸中, と法律上, と波, と泥棒, と津賀閑山, と海内無双, と源氏閣, と濡れた, と烈しい, と烏羽玉組, と燃えきらない, と父, と牢屋, と物慣れた, と犯人, と犯行, と猫, と王羲之, と生きてる, と留守, と番地, と病院, と発覚, と白髪, と盗人, と目玉, と盲腸炎, と相手, と真実, と眼, と知ってる, と碇場, と社会, と神宮, と私たち, と科学的, と空間中, と立, と立憲党, と竹内, と竹箆返し, と箕島, と粕谷さん, と経済的独立, と緑内障, と老, と肉, と自家中毒, と船頭, と良人, と薩州, と虚無僧姿, と蚕婆, と行かない, と衣裳掛部, と裁判長, と規定時間外, と親類, と話, と読者, と課長, と謀殺, と負ける, と貴方, と質, と賭場, と近々, と近代演劇, と逃亡, と逃走後ひそか, と遅く, と道, と違った, と遠から, と銀五郎, と間, と阿, と隣り, と雨ヶ岳, と雪子, と電光影裏, と風邪, と食べもの, と飲み足りない, と馬鈴薯, と駄目, と駒井能登守, と黄檗, と黒市組, と鼻, と鼾

▼ ことにその~ (206, 3.9%)

6 日は

2 [14件] あしさきときたら, うちの, なかの, ひとたび必定せる, 一人は, 中でも, 中には, 中の, 内容が, 感を, 晩は, 母親は, 郷里の, 頃は

1 [172件] いぶせき縁, ころが, すらりと, ために, ときには, どちらの, なかに, なまなましい色, はなはだしきを, もっとも巧妙, よく動く, オルガンの, スタイルの, 三吉狐とやらは, 上に, 上へ, 下総屋と, 中頃以前においては, 二つの, 二代兼元なる, 人民と, 位置において, 何を, 俗人では, 傍には, 傾向は, 先代に, 光輝を, 刀も, 分娩の, 初めの, 前に, 前の, 労働場が, 厳として, 右の, 品質においては, 問題を, 困窮な, 地に, 地には, 変化が, 夜の, 夜は, 大なる, 大部分, 女の, 姿勢が, 娘は, 実名を, 宣伝は, 家に, 家人, 小僧を, 小路に, 工事困難に, 左の, 巧みな, 布告の, 年の, 幼い心, 広大との, 引け目を, 彩色が, 後ろ影は, 心が, 心は, 必要を, 快活その, 思い出が, 性温厚に, 性行が, 恋愛が, 悩みの, 悲しみを, 感が, 手利きの, 才能が, 持ち頃, 捕縛の, 效果を, 数が, 斬られっぷり, 方式態様が, 方角を, 日その, 日記中の, 時は, 時分は, 時私は, 晩の, 最高の, 木の間からは, 本人自身の, 柱間の, 橋の, 機会の, 歌詞の, 武器と, 母の, 母は, 活殺によって, 流を, 浪人どもの, 準備と, 潜心窮理の, 点を, 無関心さなどを, 熱心な, 熱心に, 父親の, 独占の, 理由を, 病苦が, 眼, 眼の, 眼は, 着物を, 社会的地位の, 祖父の, 稍釣り気味に, 種類に, 笑顔には, 粋を, 細動脈, 結末における, 結論の, 線の, 罪人が, 者の, 聯想から, 腮から, 色が, 花花しい快活, 苗は, 葉の, 著しいもの, 著明, 藤原清衡の, 行儀が, 行先の, 行方を, 表面が, 裏が, 裏まち, 製作に, 親を以て, 観察には, 触感が, 言った通り, 詩劇において, 話しっぷり, 誇りと, 語音が, 調子の, 護法祈がある, 賤視された, 輝く小さな, 通りの, 遺骸が, 部屋は, 醜さ, 長篇の, 陰陽町が, 難問題を, 音楽その, 頃まで, 頭が, 題目が, 香が, 高徳の, 魂を

▼ ことに~ (142, 2.7%)

38 つてゐる 23 つて居ります 15 つてゐた 12 つて居る 6 つては 5 つてゐます, つてを 3 つてし, つて居りました 2 つてゐ, つて來ました, つて來る

1 [26件] つていろいろ, つてから, つてからは, つてこの, つてそこで, つてそして, つてはじめて, つてみんなで, つてゐるらしい, つて一寸手づるがあるのをさいはひ加納屋のを, つて二人は, つて二人三人小さな, つて何を, つて凡そ, つて居た, つて居ました, つて居ます, つて居りまし, つて無事戦争を, つて納屋に, つて親しみを, つて計らず, つて逃亡とか, つて遠から, つて陰陽道は, つて麟徳二年即ち

▼ ことにこの~ (132, 2.5%)

3 種の 2 一週間は, 友人が, 場合は, 小説の, 方面は, 街の, 頃は

1 [115件] おうむ石を, お方は, たびごらんに, たびの, たび御, どうやら高慢ちきそう, へんは, まほう使, ような, ダアビイ, リストは, ロンドンの, 一二年は, 一日二日は, 上野公園の, 下手人の, 中から, 久助という, 事あり, 事件この, 二ヶ月以来と, 二三年来頻々として, 二三日は, 五年の, 人の, 人は, 佐比, 個人展などの, 冬に, 冬季十二月から, 冬籠り, 前ファゼーロと, 十人の, 四五年は, 地方では, 地方は, 場合において, 場面は, 塾堂なんか, 変死した, 夏に, 夏以来彼の, 大発見が, 奇抜に, 奥の, 家の, 少数な, 局部だけに, 屋敷が, 山中に, 峠で, 島々では, 希望が, 平野では, 年は, 年まで, 弊に, 役目に, 従僕の, 情景が, 感が, 感じが, 感謝の, 戊辰の, 捨てられた子, 数日間は, 新進の, 方面の, 族多, 時は, 木の下は, 村での, 枝ぶりが, 案内人の, 椿は, 殿様は, 母子は, 水の, 江州者と, 淺草倉は, 点で, 熱田明神の, 犬が, 狭い日本, 玉章の, 白骨の, 盲人は, 眼前の, 私は, 節は, 経を, 考えは, 芸術は, 街道には, 裁判所では, 話が, 話に, 誤怪, 資財家の, 辺の, 辺は, 辺より, 近江の, 部屋から, 部落の, 重々しかるべき, 金筒の, 鉄砲そのものが, 間照彦様の, 附近は, 際べつに, 霰を, 青梅街道の, 頃に, 高家川部落創設許可の

▼ ことにそれ~ (67, 1.3%)

3 が多い, が女性 2 がよく, はいつも

1 [57件] から皮革, がある, がその, がはげしく, がハッキリ, がパン, がラプラスの, が一人, が世間, が二頭立て, が些事, が他人, が仲間, が作者, が優柔不断, が兄弟同士, が前, が墓銘, が大, が女の子, が女房, が彼女, が感じられる, が或, が押しかけ, が文明人, が新しい, が普通, が毎月, が毒々しい, が氷っ, が永遠, が激しかっ, が物ごころ, が特に, が甚, が目, が目立つ, が眼, が荒く, が葬儀, だけで, だけの年齢, で合法, と聞い, にはまだ, はこの, は労働階級, は多く, は山間海岸, は川, は数週間, を凋ませず, を即座, を意地, を手長明神, を早くから

▼ ことによったら~ (66, 1.2%)

2 あの人, ことによる, それは, 僕は, 樺の木は, 臆病の

1 [54件] あの女, あれで, いろはがるた, うちの, おいらが, お別れ, お前さんも, お前たちの, かの女, ことに, ことによるかも, このままどこ, この首, その後の, それだけの, と思っ, どこか, まだ生き, もう三河屋, アリョーシャの, イウェデ・アウェデの, エリスも, 一つの, 一日も, 事による, 事によるかも, 今の, 今日は, 何かの, 先生の, 全くなくっ, 冬眠が, 南蛮寺に, 古代の, 唐天竺まで, 四日ばかり, 大名の, 容子が, 密通い, 山の, 幻影か, 御城代様, 思うさま久しぶり, 棟木の, 父親に対して, 理解を, 稲村と, 窓からでも, 腹切りもの, 豚小屋へ, 貴公人間に, 鈴川様は, 館山まで, 馬鹿に

▼ ことに~ (62, 1.2%)

3 のよう, の心, はその 2 がいま, の家, は彼

1 [47件] があなた, がそんな, が丹念, が川, が眠る, ごときに, にとつて興味, には殺すべき, のおった, のひとり, のほう, のやう, の上来, の周囲, の好き, の嫌悪, の宗教, の意図, の癖, の脱線, の興味, の記憶, の足, の魂消た, は, はあの, はいつも, はそういう, はひどく, はもちろん, は今, は健康, は同じ, は旧態, は時々, は最後, は本校, は柿坂の, は波多野先生, は私, は第, は結婚, は自分, は貧民, ももう, をし, を最も

▼ ことに~ (54, 1.0%)

2 には貴, は不幸

1 [50件] から情人リザベッタ, がもしや, がドイツ, がラウカ, が人間, が信用, が唯一, が喜太郎, が天帝, が嬰児, が学問, が未熟, が死, が沈黙, が生き, が胸, が腹いっぱい, が農業, が鉄拳制裁問題, が陳, さえもまだ, と仲よし, と自分, にそういう, には話相手, の想像力, の慧しげ, の旧, の細君, の経験, の胆玉, の舊稿, の血, の身体, はこの, はさき, はそれほど, は一作ごと, は今日, は彼女, は正吉少年, は江の島, は猫, は自分, は赤外線男, は面白い, をそう, を喜ばせた, を激昂, を訪ね

▼ ことに~ (51, 1.0%)

3 の身 2 の人, の方

1 [44件] から金, が多かっ, が恋しかっ, が男, が髪結床, であるあなたたち, と話し, などに取っ, にあっ, にうつつ, にかけてはね, にかけては町内, にとって一ばん, にはあまり, にはそんな, には珍, には珍しい, には苦しかっ, には隠したい, に多い, に多し, のこと, のため, のパラソル, の体, の修道院, の内職, の利害, の匂い, の友, の土偶, の年齢, の引き裂けた, の手, の旅, の甲高, の言葉, の顔, の髪, はその, は今, は女, は鳩尾, を眺め

▼ ことに~ (50, 0.9%)

2 蝶の, 蝶は

1 [46件] きれいに, せい様の, せきが, ぢいさん, 久良の, 久良は, 二人の, 作法は, 兄さまに, 勝の, 千代は, 千絵は, 君を, 咲を, 場所柄である, 好きな, 好みに, 学友は, 延には, 延の, 得意, 愛しに, 武家は, 民の, 珊の, 祭り日などには, 秀の, 秋には, 紋と, 絹さんの, 綱と, 美夜ちゃんは, 藤の, 蘭さんお前さんを, 角さんの, 角さんは, 角との, 角を, 還りの, 銀様が, 銀様という, 銀様の, 銀様や, 雛の, 高は, 鶴は

▼ ことにあの~ (43, 0.8%)

2 色の

1 [41件] お嬢様が, お濠, しまいに気, ばあ, イヤな, キャンプ村が, ピアノときたら, ラストの, 人にとっては, 作は, 内儀の, 写真は, 劇を, 呉服屋小間物屋など, 品は, 大湊の, 太刀先が, 女の, 娘たちを, 小判あれは, 左手に, 年頃, 手紙の, 指で, 断末魔の, 方の, 晩の, 極彩色の, 気ちがいじみた, 池から, 沖田総司様の, 牙城はね, 男が, 男と, 眼がね, 羽二重紋服の, 芝居の, 螢の, 身体で, 雨の, 静かに

▼ ことに自分~ (40, 0.7%)

2 の父

1 [38件] がさまざま, がそれ, がハンス, が下宿, が先, が哲学者, が感服, が木曾山中, が筍, とはほとんど, と同じ, と妹, には墓, のもってる, のもと, の今, の体力, の作, の先生, の利害, の弟, の性情, の指導, の気に入った, の独立, の生みの子, の生涯, の穢, の行為, の通っ, はあまり, はここ, は盗み, は若い, より年増, をよく, を唯一, を護る

▼ ことになつ~ (37, 0.7%)

164 たが 2 たので, てくる, てしまふ, てしまふで 1 たであらう, たとき, たとて, たの, たら他, た機会, た爲, てるの, て了つたの

▼ ことによれ~ (28, 0.5%)

2 ば頭

1 [26件] ば, ばあの, ばこと, ばこれきり, ばそう, ばそれ, ばまだ, ばもう少し, ばやられた, ば二度と, ば今日, ば何, ば坊ちゃん, ば対手, ば年, ば幾枚, ば拝聴, ば旅費, ば死, ば生命, ば町役場, ば眞物, ば自, ば訴えなさるまい, ば里見恭助, ば銀

▼ ことに今日~ (27, 0.5%)

2 のよう, の出来事, の様, は朝

1 [19件] こうして淡い, では貧苦, にては天地万物, のごとき, のごとく, の手紙, はじ, はどんより, ははげしく, はひど, はほんとう, は何, は吹雪, は好い, は晴れ, は神尾主膳, は話, は頭, 初めて見る

▼ ことによく~ (24, 0.4%)

1 [24件] きこえるその, させて, すみわたつた日, て風, できたもの, ないよ, なり自分, わかります, 似通うた話, 作られて, 分る, 感ずるだけの, 日の, 晴れたれど, 晴れた夏, 晴れた日, 知られて, 見える御所, 見られた, 見られる, 谺に, 起こって, 達せられるという, 釣れるので

▼ ことにそう~ (22, 0.4%)

6 であった 3 だった

1 [13件] しなければ, だ, だね, だろう, である, でしょう, でないと, なった, なん, 云う事, 考えさせること, 見えたの, 見えるらしいの

▼ ことに~ (21, 0.4%)

2 のよう, の場合, の蚊

1 [15件] から二十年前, この場合, ではほとんど, になっ, のお話, の世, の口振り, の経済事情, の騒ぎ, は世, は長い, まで俯向, まで誰, より後, 考えても

▼ ことに依る~ (18, 0.3%)

2 と何とか

1 [16件] と, とお前, とたかられる, ともうとう, と何, と夫婦, と宅, と富田五郎左衛門先生, と尊とい人間, と彼, と深良屋敷, と焼け死にはせぬ, と謎, と間に合い, と青木氏, と鞍馬

▼ ことにあなた~ (17, 0.3%)

3 のよう

1 [14件] からは紳士, がこれから, にはほか, のご, の国, の婚約者, の小説, の身体, はなん, はインテリ, は初めて, は同級生, は頭, への献身

▼ ことに日本~ (17, 0.3%)

2 の若い

1 [15件] および支那, では徳川時代, で見られる, などはとても, にいくつ, に数百年来交通, のよう, の古代宗教, の吹き流し, の周辺地域, の歌, の炉辺, の燐寸, の私たち, は職業婦人

▼ ことに彼ら~ (15, 0.3%)

1 [15件] が貧困, に前科者, に対する世間, のうち, の周囲, の団長, はそう, はマテイ, は今日, は公衆, は生活, は社会, は部落間, をいきり立たせた, を同じ

▼ ことに相手~ (15, 0.3%)

2 が我

1 [13件] が, がうた沢, がわれわれ, が女, が対等, が美しい, が自分, が野蛮, のひと, の客, は世界, は世話, は新聞記者

▼ ことに~ (14, 0.3%)

2 つたら, つたら私 1 かつた, つたらあの, つたらそれ以上, つたらひよつこり会えやしないかと, つたら先生, つたら梨枝子, つたら気に入るかも, つたら萩原さん, つたら造化, つて我等に

▼ ことに~ (14, 0.3%)

1 [14件] にたった, にたつ, についた, につきました, にとまつた, に映ずる, に見えぬ, に関係, の位置, の前, はまん丸, をひいた, を付けられ, を惹いた

▼ ことに若い~ (14, 0.3%)

1 [14件] 人たちから, 人たちの, 人の, 女の, 女ばかりが, 女ばかりを, 女ひとりを, 女人の, 婦人が, 方の, 時に, 時分の, 男は, 者には

▼ ことに今度~ (13, 0.2%)

2 集められた小曲

1 [11件] こうして遺産, のよう, のカルメン, のヴェルダン, の事件, の場合なんざ, の戦争, はガラ抜き, は其蝶, は相手, 入監中

▼ ことに彼女~ (13, 0.2%)

1 [13件] が布団, とすっかり, には細かい, のぐっと, の弱, の成功, の母, の盲目, は, はこの, は善良, を研究, を見る

▼ ことになる~ (12, 0.2%)

1 [12件] からなあ, から試, とつい, とれい, と二, と面白, に違い, のだ, もんです, よ, んだ, んです

▼ ことに~ (12, 0.2%)

2 が名前 1 が幾人, でも殺した, と人, に対して愛憎, の悪口, の自画像, の行方, へはそれ, を使, を殺せ

▼ ことに~ (12, 0.2%)

1 [12件] おそく帰られ, がふけ, だから, など川, にはこんな, に入り, のお, の事, の会議, の感じ, は森厳, は絶えず

▼ ことに~ (11, 0.2%)

3 ている 2 ていた, て一魂これ 1 てよぶ, てをつたの, て始まった, 郡市の

▼ ことに~ (11, 0.2%)

2 と分れ 1 がいう, が少年時代, と衝突, に向っ, の両親, の立派, の郷里, は, は花やか

▼ ことにこれ~ (10, 0.2%)

1 が為, はアーチボルド・マックリーシュ, は彼, より北, を伝えた, を奨励増産, を感ぜざる, を扶植, を説く, を頂戴

▼ ことに~ (10, 0.2%)

1 一八世紀末葉この, 一日の, 七巻の, 三の, 二の, 五の, 五句の, 四句に, 四句力弱し, 四議会に

▼ ことにある~ (9, 0.2%)

1 一つの, 一人の, 一人は, 一種の, 新しい歌劇, 旦那達は, 時ある, 種の, 階級の

▼ ことにこんな~ (9, 0.2%)

1 ぐあいにめずらしい, ジメジメした, 吹出物は, 奴だんだん, 晴れの, 朝は, 村では, 熱帯の, 風に

▼ ことにクリストフ~ (9, 0.2%)

2 の心 1 からそれ, がよく, が恐れてる, にとってそう, にはわからなかった, に関する醜聞, のよう

▼ ことに今夜~ (9, 0.2%)

1 のやう, の小野さん, の心づくし, はあの, は小屋, は市之助, は縁日, は自分, は茉莉

▼ ことに先生~ (9, 0.2%)

2 のよう 1 が法医学的, に接触, の末年, の芸術, はこの, は我輩, は自分

▼ ことに~ (9, 0.2%)

1 医術の, 大神保造酒自身の, 常は, 扱ひも御, 注意を, 知行わりにつき, 袋樣など, 身分の, 領主様の

▼ ことに二人~ (8, 0.1%)

1 が必死, でこの, とももう, ながら正直そう, の姉, の子供, の詩人, は仕留めた

▼ ことに~ (8, 0.1%)

1 なんかにはぴつたりと來, に, におもしろかっ, にははなはだしい, にむかっ, の国, の家, の親友

▼ ことに~ (8, 0.1%)

1 で雪, など襖越し, にははなはだしかっ, には夕暮れ, のうち, の期間, の間, はそう

▼ ことに因る~ (8, 0.1%)

2 と今日 1 とまだ, ともう, と実際, と広島辺, と自分, と藤尾さん

▼ ことに~ (8, 0.1%)

2 の夜 1 から秋, など寄席, のはじめ, の朝, の海上, の緑

▼ ことに多い~ (8, 0.1%)

2 ように 1 のであります, のです, ので盆暮, のは, ものです, 方である

▼ ことに~ (8, 0.1%)

1 が討たれた, と二人, なきあと, のところ, のなめる, の勝頼, の死後, も今年かぎり

▼ ことに~ (8, 0.1%)

2 にとつて 1 が底, となっ, のかた, の主人公, の暗み, は力

▼ ことに近頃~ (8, 0.1%)

1 ちよい, の冬, の学者, はねえ, は一種, は外人, は遊びどころ, は魂

▼ ことにお前~ (7, 0.1%)

2 の家族たち 1 がわし, なんか獨, のやう, のやつ, ほどの現代娘

▼ ことに~ (7, 0.1%)

2 かにつけ 1 うしてか, の芸術, も知らない, よりもたんす, よりも自称

▼ ことに多かっ~ (7, 0.1%)

2 たと, たに 1 た, たが, たの

▼ ことに多く~ (7, 0.1%)

1 てきれい, なる, の書籍, の貧乏人, クリストフの, 持ってると, 立てられて

▼ ことに強く~ (7, 0.1%)

1 なったとき, 僕の, 当てた, 来ました, 浮んで, 目に, 鼻に

▼ ことに最後~ (7, 0.1%)

1 によい, に握飯, の, のイルカ飛, の攻撃, の文句, の日

▼ ことに最近~ (7, 0.1%)

1 では百貨店, は, はなん, は心, は独逸, は自分, ものし始めた

▼ ことに東京~ (7, 0.1%)

1 でこの, で美術学校生活, と異, のよう, の人たち, の家, の空

▼ ことに~ (7, 0.1%)

1 がいなくなった, とか姉妹, にとんでも, に曲解, の幻覚, は気, や妹たち

▼ ことに江戸~ (7, 0.1%)

1 から目的, から遠い, が甚, で有名, という字, には見る, へ出

▼ ことに~ (7, 0.1%)

1 であった, にとまった, に立った, の辺, をひきました, を見たまえ, 立つた

▼ ことに美しい~ (7, 0.1%)

1 と見た, のである, のでルビーちゃん, 子が, 桜の, 男に, 音が

▼ ことに~ (7, 0.1%)

1 が煙る, でもふる, に濡れ, のふる, の様, の降る, を降らす

▼ ことにこのごろ~ (6, 0.1%)

2 のよう 1 のいらいら, の社会情勢, は沙金, は鰡八大尽

▼ ことにまた~ (6, 0.1%)

1 お避け, その胆吹山, 植物の, 深山の, 狩猟の, 画面における

▼ ことに世間~ (6, 0.1%)

1 で親, に名, のもの, の口, の奴等, の眼

▼ ことに寒い~ (6, 0.1%)

1 ような, 京都の, 天気が, 心持が, 日でした, 時分に

▼ ことに~ (6, 0.1%)

1 らしい思想界, 兵器なる, 嘗の, 教派の, 疆全土の, 鋳造の

▼ ことに最も~ (6, 0.1%)

1 多いの, 広く行われた, 有名なる, 残念に, 興味を, 親しい根本保枝

▼ ことに美しく~ (6, 0.1%)

1 化粧が, 感じました, 栄える人形, 装って, 見えた, 髪が

▼ ことにあたる~ (5, 0.1%)

2 か否 1 ときは, には熱, に果断

▼ ことにかれ~ (5, 0.1%)

1 が鉄斎先生, の命, は何物, らは, をなつかし

▼ ことにここ~ (5, 0.1%)

1 でのでき, には野呂川, のお, は一城廓, へき

▼ ことにこれから~ (5, 0.1%)

1 あと大いに, 奥の, 拙者共が, 田口に, 空の

▼ ことにまだ~ (5, 0.1%)

1 お雪ちゃんと, 乳呑児らしい, 十分な, 大講会第, 幼い二人

▼ ことに~ (5, 0.1%)

2 好きに 1 その噂, ぱっとしない, 肩身が

▼ ことにわが~ (5, 0.1%)

1 日本の, 朝の, 親に, 邦人の, 飛行島の

▼ ことにドイツ~ (5, 0.1%)

1 においてはこれ, には, の善良, の戦勝以来, はそれ

▼ ことにフランス~ (5, 0.1%)

1 ではアカデミー, のこと, の海岸, の音楽家ら, の領事館

▼ ことに今年~ (5, 0.1%)

1 の元旦, はいつ, はその, は実際, は造大神宮

▼ ことに~ (5, 0.1%)

1 井戸は, 伝説に, 文学および, 美術尊重の, 陶器などには

▼ ことに大きな~ (5, 0.1%)

1 えいきょうを, とんきょな声, 意味を, 神社や, 重い祭

▼ ことに婦人~ (5, 0.1%)

1 がわれさき, なぞは後ろ, の前, の観客, はこれ

▼ ことに子供~ (5, 0.1%)

1 にとっては名状, の時, の時分, を持つ, を棄て

▼ ことに~ (5, 0.1%)

1 とったお母さん, も若い, 久しい観察, 久しく行われた, 若くて

▼ ことに~ (5, 0.1%)

1 に入, の平静, の教育, をひかれた, を惹かれました

▼ ことに教育~ (5, 0.1%)

1 が終り, においては教える, に従事, の相違, は我輩生来

▼ ことに~ (5, 0.1%)

1 からこの, の道徳観, はさぞ, は一軒, は久しい

▼ ことに~ (5, 0.1%)

1 が足りやしない, のこ, の悪い, 浸に, 清く山緑

▼ ことに現代~ (5, 0.1%)

1 においては一将帥, に至っ, の形, の美人, は千差万別

▼ ことに盛ん~ (5, 0.1%)

1 だったの, である, になった, に人道, に展開

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 あしたおりで, たくしの, たまの, 遣われねえぞ

▼ ことにああ~ (4, 0.1%)

1 いう明るい, いう盗み, いう窮屈, した遍路同士

▼ ことにあれ~ (4, 0.1%)

1 かれと, ほど彼, ほど疲労, ほど荒っぽく

▼ ことにおもしろく~ (4, 0.1%)

1 できて, ほかの, 聞かれた, 読みました

▼ ことにきれい~ (4, 0.1%)

1 なの, にあそばし, にさせ, に作られ

▼ ことにこれら~ (4, 0.1%)

1 の劇, の品物, の絵, の諸

▼ ことにする~ (4, 0.1%)

1 がごとき, ための, という故, のは

▼ ことにはっきり~ (4, 0.1%)

1 とした, と手, と私, 判るもの

▼ ことにひどい~ (4, 0.1%)

1 ようだった, 地方でありましょう, 夜露お, 雪で

▼ ことにチベット~ (4, 0.1%)

1 ではラマ, で名高い, で最大難病, は階級

▼ ことに三人~ (4, 0.1%)

1 が鼻, のおまわりさん, の娘, の青年

▼ ことに不思議~ (4, 0.1%)

2 なの 1 が多かっ, なるは

▼ ことに主人~ (4, 0.1%)

1 など私, のよう, の古畑, の重

▼ ことに京都~ (4, 0.1%)

1 が帝都, では珍しい, などの安物, は底冷え

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 の三人, の人, の物, の神田橋外

▼ ことに依ったら~ (4, 0.1%)

1 そこで仔細, 今のも, 挿木でない, 盗賊かと

▼ ことに先方~ (4, 0.1%)

1 が職業的, に不幸, の寅吉, もたあい

▼ ことに半蔵~ (4, 0.1%)

1 としては眼前, とは敬義学校時代, には気に入り, には親しみ

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 に述べた, の場合, の放たれたる, の脇士千手観音

▼ ことに夕方~ (4, 0.1%)

2 のこと 1 が一番, は身

▼ ことに外国~ (4, 0.1%)

2 の事情 1 に似た, の芸術

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 地震の, 姫君を, 都会は, 銀河の

▼ ことに天気~ (4, 0.1%)

1 がよく, が不良, のよい, の変わり

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 に対しては是非共, に対する気, の気弱さ, の留守中

▼ ことに好ん~ (4, 0.1%)

2 でいた 1 で腰折れ, で誇り

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 のお, のマーガレット, らしい弱い, をひとり

▼ ことに学校~ (4, 0.1%)

1 がはじまる, にいっしょ, を出, を出た

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 との因縁, の込み合った, を同じく, を建てる

▼ ことに山野~ (4, 0.1%)

1 となる, の, は一作ごと, や桑田

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 の伯次, の方, の病気, はわたし

▼ ことに彼等~ (4, 0.1%)

1 がヨーロッパ, の交合, はいまだ, はかつて

▼ ことに後者~ (4, 0.1%)

1 にはそれ, はここ, はよほど, は独占的

▼ ことに愛し~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ている, ておいで

▼ ことに探偵小説~ (4, 0.1%)

1 と縁, においてそう, に出, 未発達

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 などへ出, に来, へ出, をし

▼ ことに昨夜~ (4, 0.1%)

1 のよう, の鈴木安芸守, は寝なかつた, は熟睡

▼ ことに最初~ (4, 0.1%)

1 から私共, のですっかり, の一週日間, わが方

▼ ことに有名~ (4, 0.1%)

1 であった, なの, な紀三井寺, な話

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 から屠蘇機嫌, から詰めかけ, が好き, の山路

▼ ことに次郎~ (4, 0.1%)

1 が近く, にはやさしい, の場合, は自分

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 のほう, の直前一ヶ月あまり, はね, を忌み嫌う

▼ ことに母親~ (4, 0.1%)

1 からは特別, が来, は居, は自分

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 に出る, に接した, の彼方, を航行

▼ ことに深い~ (4, 0.1%)

1 失望を, 学殖の, 宿意が, 馴染な

▼ ことに現在~ (4, 0.1%)

1 では当時, の大衆, の嫂, の日本

▼ ことに痛切~ (4, 0.1%)

1 にあさましく, に感じ, に感じられた, に感ぜられます

▼ ことに社会~ (4, 0.1%)

1 から隔離忌避, というもの, に重き, の必要

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 が早い, のさき, の先, の拇指

▼ ことに農民~ (4, 0.1%)

1 から始め, によって耕作, に至っ, の婦人

▼ ことに近来~ (4, 0.1%)

2 は一揆 1 の如く, は口数

▼ ことに~ (4, 0.1%)

1 の中, の多い, の深い, 立ちて

▼ ことに面白い~ (4, 0.1%)

1 ことは, と思う, のは, 変化が

▼ ことにあつ~ (3, 0.1%)

1 た, たと, たの

▼ ことにいつも~ (3, 0.1%)

1 のよう, 強い風, 色男一手専売の

▼ ことにいま~ (3, 0.1%)

1 この島, ではさ, は眇

▼ ことにいわゆる~ (3, 0.1%)

1 なる文字, ミソハギの, 一尋鰐の

▼ ことにおとなしい~ (3, 0.1%)

1 三毛が, 私に, 身の

▼ ことにおまえ~ (3, 0.1%)

1 がストライキ, が一人, はあの

▼ ことにかの~ (3, 0.1%)

1 お豊さん, 宇内の, 眼の

▼ ことにこう~ (3, 0.1%)

1 まで露骨, 乗り気に, 内地へ

▼ ことにこうして~ (3, 0.1%)

1 すこしでも, 旅を, 母が

▼ ことにことし~ (3, 0.1%)

1 の秋, はせがれ, は干支

▼ ことにさっき~ (3, 0.1%)

1 の巻煙草入, は義父, 白い眼

▼ ことにしばしば~ (3, 0.1%)

1 おいでに, おせっかいとして, 歩いた

▼ ことにそれら~ (3, 0.1%)

1 のあいだ, の人々, を含めた

▼ ことにそんな~ (3, 0.1%)

2 ことが 1 ふうを

▼ ことになつたん~ (3, 0.1%)

1 だが, です, ですもの

▼ ことにはなやか~ (3, 0.1%)

1 な仕度, に聞かれた, に見えた

▼ ことにわれわれ~ (3, 0.1%)

1 のうち, のなか, の大きな

▼ ことにオリヴィエ~ (3, 0.1%)

1 に再会, のほう, はきわめて

▼ ことに一人~ (3, 0.1%)

1 の生き, はまだ, は半白以上

▼ ことに一方~ (3, 0.1%)

1 は契約, は首領, 杉に

▼ ことに一旦~ (3, 0.1%)

1 は屈伏, 政事を, 社会の

▼ ことに七兵衛~ (3, 0.1%)

1 のよう, の今, を追いつめ

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 のほう, の方, 唇の

▼ ことに不具~ (3, 0.1%)

1 でも嫁世, の者, や低能児

▼ ことに世の中~ (3, 0.1%)

1 が変動, が開け, の下

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 に挟まった, 七音の, 世紀では

▼ ことに九州~ (3, 0.1%)

1 と四国, などでは婚礼, の或

▼ ことに人間~ (3, 0.1%)

1 が足跡, の相手, を通じて情

▼ ことに厳粛~ (3, 0.1%)

1 きわまる武神武人, なる斎戒, な思想

▼ ことに吾輩~ (3, 0.1%)

1 が時々, が研究, はこの

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 なるは, はらざらなん, はらぬを

▼ ことに女性~ (3, 0.1%)

1 にたいしてはひどく, の介入, の霊魂

▼ ことに好き~ (3, 0.1%)

1 だった, で多少, な読書時間

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 に気下味, のお, の室

▼ ことに子ども~ (3, 0.1%)

1 から近かっ, の幼い, らしい氣持ち

▼ ことに宗教~ (3, 0.1%)

1 に関してこの, を文化, を論じられる

▼ ことに小さな~ (3, 0.1%)

1 女々しい感情, 女の子達の, 離れ島は

▼ ことに少女~ (3, 0.1%)

1 が男, の性情, の日

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 のこと, の夫, の家族

▼ ことに我々~ (3, 0.1%)

1 の心, の泊っ, の血

▼ ことに~ (3, 0.1%)

2 る場所 1 重さ

▼ ことに昨今~ (3, 0.1%)

1 のよう, は避暑客, 全く論外

▼ ことに昨年~ (3, 0.1%)

1 の二十三年, の大, の算哲事件

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 からこっち, の御, は蝉

▼ ことに有力~ (3, 0.1%)

2 な容疑者 1 なる主人

▼ ことに東北~ (3, 0.1%)

1 では近い, では雨戸, においては久しく

▼ ことに東洋人~ (3, 0.1%)

1 というふれこみ, の独自, は誰

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 の魅力, ひ易く, を歌う

▼ ことに死ぬ~ (3, 0.1%)

1 ものか, 前その, 日の

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 が思想, のごとき, の伝記中

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 が荒く, が落ちつい, は剛

▼ ことに深く~ (3, 0.1%)

1 かつ葉, 出される, 感じられる

▼ ことに珍しい~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ことには

▼ ことに相当~ (3, 0.1%)

1 な服装, に鍛錬, の社会的地位

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 から東京, の水, らしい淋し

▼ ことに~ (3, 0.1%)

3 之助

▼ ことに芸術~ (3, 0.1%)

2 の分野 1 に携

▼ ことに著しい~ (3, 0.1%)

2 ものであった 1 のです

▼ ことに西洋~ (3, 0.1%)

1 の汽車, の詩, の鷲鼻

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 の目, 佐が, 佐の

▼ ことに親しみ~ (3, 0.1%)

2 の深い 1 の深く

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 によれ, をし, を避ける

▼ ことに語学~ (3, 0.1%)

2 には天才 1 とか文学

▼ ことに近代~ (3, 0.1%)

2 では神様 1 の兵士

▼ ことに都会~ (3, 0.1%)

1 ではこの大きな, のさわがしい, はなおさら

▼ ことに重要~ (3, 0.1%)

1 である, なる地位, な地

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 のこと, の有難味, を出す

▼ ことに長い~ (3, 0.1%)

1 刀は, 方が, 脛が

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 が崩れ, の上の空, 附けの

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 が多く, にはだれ, の夜

▼ ことに~ (3, 0.1%)

1 から日光, に近い, は剃り

▼ ことに高し~ (3, 0.1%)

21 とにはあらざれ

▼ ことにあんな~ (2, 0.0%)

1 秘密の, 風に

▼ ことにいさましい~ (2, 0.0%)

1 のを, 労働の

▼ ことにいちばん~ (2, 0.0%)

1 困るの, 苦しくて

▼ ことにうれしい~ (2, 0.0%)

1 のは, 朝湯だつた

▼ ことにうれしかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ ことにおなじ~ (2, 0.0%)

1 物を, 道を

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 厄介に, 聖体を

▼ ことにさびし~ (2, 0.0%)

1 かつた, そうな

▼ ことにした~ (2, 0.0%)

1 実質を, 新しい文学

▼ ことにそいつ~ (2, 0.0%)

1 の尾行, をお前

▼ ことにそういう~ (2, 0.0%)

1 仕事に, 階級に

▼ ことにそうした~ (2, 0.0%)

1 書物が, 静かな

▼ ことにそちら~ (2, 0.0%)

1 の方面, は玄人こちら

▼ ことにだれ~ (2, 0.0%)

1 かが様子, が見

▼ ことにちょっと~ (2, 0.0%)

1 手先で, 間ちら

▼ ことにつらかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ ことになっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ても彼ら

▼ ことになります~ (2, 0.0%)

1 ぜ, よグリゴリイ・ワシーリエヴィッチ

▼ ことにはなはだしく~ (2, 0.0%)

1 これには, 室内八十五度に

▼ ことにひどく~ (2, 0.0%)

1 幻夢に, 苦しんだ

▼ ことにふれ~ (2, 0.0%)

1 ての母, て執心

▼ ことにほか~ (2, 0.0%)

1 には王法, には美しい

▼ ことにみごと~ (2, 0.0%)

1 であった, な散兵戦

▼ ことにむずかしい~ (2, 0.0%)

1 のは, 字には

▼ ことにもう~ (2, 0.0%)

1 一つあの, 大体解決は

▼ ことにやかましく~ (2, 0.0%)

1 てその, もつと

▼ ことによい~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ことによりけり~ (2, 0.0%)

1 でこの, でご

▼ ことにわたくし~ (2, 0.0%)

1 が驚いた, のよう

▼ ことにアメリカ~ (2, 0.0%)

1 からのそれ, が日本

▼ ことにエタ~ (2, 0.0%)

2 がまだ

▼ ことにダンス~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が上手

▼ ことにダンネベルグ様~ (2, 0.0%)

1 が大, の御

▼ ことにピアノ~ (2, 0.0%)

1 の上手, や室内楽

▼ ことにベス~ (2, 0.0%)

1 がライオン, への御

▼ ことにミウーソフ~ (2, 0.0%)

1 の繊細, はこの

▼ ことに一番~ (2, 0.0%)

1 いけないこと, の年上

▼ ことに七月二十四日~ (2, 0.0%)

2 から一週間

▼ ことに万葉~ (2, 0.0%)

1 の学, は彼

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の妹, を下

▼ ことに中学~ (2, 0.0%)

1 の一二三年, の一年二年三年あたり

▼ ことに中村氏~ (2, 0.0%)

1 は笑, は笑い

▼ ことに二度目~ (2, 0.0%)

2 のとき

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 に還る, は鶯

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 民族との, 邦人の

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 助は

▼ ことに以前~ (2, 0.0%)

1 とちがっ, の単純

▼ ことに仮名~ (2, 0.0%)

1 の使いわけ, の字

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, のよい

▼ ことに伊之助~ (2, 0.0%)

1 が心, に時

▼ ことに伊那丸~ (2, 0.0%)

1 は父, は竹童

▼ ことに依れ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ばつけ馬

▼ ことに俳優~ (2, 0.0%)

1 への心理的影響, を愛した

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 などは創作, のクラス

▼ ことに健吉くん~ (2, 0.0%)

1 が出かけ, は性質

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 にこの, は造酒屋

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 しかったこと, の全体

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を注い

▼ ことに劣等~ (2, 0.0%)

2 な生物

▼ ことに勢力~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ ことに勲章~ (2, 0.0%)

1 をおもに, を欲し

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 官的な, 病人の

▼ ことに南方~ (2, 0.0%)

2 の諸島

▼ ことに危険~ (2, 0.0%)

1 だからと, なもの

▼ ことに厳重~ (2, 0.0%)

1 で僧房, にその

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 その中, クララの

▼ ことに友人~ (2, 0.0%)

1 の景蔵なぞ, の甥

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 は姉, は耳

▼ ことに古い~ (2, 0.0%)

1 女修道院は, 時代の

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 くない

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 が多く, のある

▼ ことに名人~ (2, 0.0%)

1 の目, の看破

▼ ことに哀れ~ (2, 0.0%)

1 でまた, な様

▼ ことに喧嘩~ (2, 0.0%)

1 から疑われ, にかけては相手

▼ ことに困る~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ ことに圓朝~ (2, 0.0%)

1 の速記, はこうした

▼ ことに土地~ (2, 0.0%)

1 で生れた, のスペース

▼ ことに土門~ (2, 0.0%)

1 の話, は言葉

▼ ことに地球~ (2, 0.0%)

1 の上, は昼夜回転

▼ ことに場末~ (2, 0.0%)

2 の東京市

▼ ことに夕暮~ (2, 0.0%)

1 の色, の風景

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 から入っ, は寒く

▼ ことに多少~ (2, 0.0%)

1 は自分, 私生児的な

▼ ことに夜なか~ (2, 0.0%)

2 にフツ

▼ ことに夜間~ (2, 0.0%)

1 の襲撃, はそう

▼ ことに大きく~ (2, 0.0%)

1 なつたの, 見えて

▼ ことに大した~ (2, 0.0%)

1 落度が, 面積でも

▼ ことに大切~ (2, 0.0%)

1 な二つ, な日

▼ ことに大尉殿~ (2, 0.0%)

2 は軍服

▼ ことに大川~ (2, 0.0%)

1 のよう, は赭ちゃけた粘土

▼ ことに太く~ (2, 0.0%)

2 なつた血脈

▼ ことに夫人~ (2, 0.0%)

1 が最後, は自分たち

▼ ことに女人~ (2, 0.0%)

1 の容色, はだ

▼ ことに妊娠~ (2, 0.0%)

1 したもの, というよう

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 なの, に聞える

▼ ことに始末~ (2, 0.0%)

1 に困る, のわるい

▼ ことに嫂さん~ (2, 0.0%)

1 がおいで, がという特殊

▼ ことに学問~ (2, 0.0%)

1 として尋ね, を好む

▼ ことに学生~ (2, 0.0%)

1 の修学旅行, は全然

▼ ことに安永七年~ (2, 0.0%)

2 に至っ

▼ ことに実地~ (2, 0.0%)

1 の経験, の踏査

▼ ことに家族~ (2, 0.0%)

1 の中, の人達

▼ ことに容易~ (2, 0.0%)

1 だった, でない

▼ ことに寄席~ (2, 0.0%)

1 にはこういう, の救い

▼ ことに富士~ (2, 0.0%)

1 でわかる, のよく

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の多い, の本堂

▼ ことに小さい~ (2, 0.0%)

1 方が, 方の

▼ ことに小平さん~ (2, 0.0%)

2 が松吉

▼ ことに小林~ (2, 0.0%)

1 の小説論, をむやみ

▼ ことに少壮~ (2, 0.0%)

1 の人, の士

▼ ことに尖つた~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ ことに屡々~ (2, 0.0%)

1 この, 外科手術の

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の中, も深い

▼ ことに山奥~ (2, 0.0%)

1 で天狗, にて人

▼ ことに岩室~ (2, 0.0%)

1 というあたり, といふあたり

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の村, の端

▼ ことに平生~ (2, 0.0%)

2 から出不精

▼ ことに平素~ (2, 0.0%)

2 から評判

▼ ことに強い~ (2, 0.0%)

1 のを, 感銘を

▼ ことに当時~ (2, 0.0%)

1 の地方官, の軍艦奉行

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 にできた, には貧乏

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 がしい

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 るべきは, れられ信ぜられて

▼ ことに恋愛~ (2, 0.0%)

1 の表現中, は自分

▼ ことに感じ~ (2, 0.0%)

1 ては身, よくお

▼ ことに感心~ (2, 0.0%)

1 なこと, なの

▼ ことに感情~ (2, 0.0%)

1 および芸術, が籠っ

▼ ことに手先~ (2, 0.0%)

1 の口, や子分

▼ ことに手足~ (2, 0.0%)

1 の力, の長い

▼ ことに拙者~ (2, 0.0%)

1 なども霊魂, の姿

▼ ことに敏感~ (2, 0.0%)

1 である, なこの

▼ ことに文壇~ (2, 0.0%)

1 の愛, の老大家

▼ ことに文学~ (2, 0.0%)

1 の様, は独立的

▼ ことに文学者~ (2, 0.0%)

1 たる自分, なんてもの

▼ ことに文明~ (2, 0.0%)

1 の民, の進んだ

▼ ことに文芸~ (2, 0.0%)

1 に志ざす, に携わる

▼ ことに斎院~ (2, 0.0%)

1 などは尼僧, のなどはまったく

▼ ことに新しい~ (2, 0.0%)

1 のを, 方の

▼ ことに新聞~ (2, 0.0%)

1 などによって既成科学, にまで広告

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 の暮

▼ ことに日曜~ (2, 0.0%)

1 なれば, の晩がた

▼ ことに日本人~ (2, 0.0%)

1 にとっては日本語, の智能

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 南部領の, 芝居や

▼ ことに映画~ (2, 0.0%)

1 においてはバンクロフト, のよう

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の新芽, の日

▼ ことに昨日~ (2, 0.0%)

1 から博士邸, のそれ

▼ ことに時代~ (2, 0.0%)

1 と個性, の不思議

▼ ことに時刻~ (2, 0.0%)

1 がおそけれ, を限っ

▼ ことに晩年~ (2, 0.0%)

2 は骨董

▼ ことに普通~ (2, 0.0%)

1 の女人, の方

▼ ことに暗い~ (2, 0.0%)

1 一室に, 坑の

▼ ことに書物~ (2, 0.0%)

1 の熱心, をよみ

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 っと不思議, 地階の

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 などは立派, の若木

▼ ことに東洋~ (2, 0.0%)

1 の, のうんだ

▼ ことに楽しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の欄干, を渡っ

▼ ことに欄間~ (2, 0.0%)

2 の周囲

▼ ことに欠け~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 くな

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の家, の辺り

▼ ことに武夫少年~ (2, 0.0%)

1 とはこっち, のため

▼ ことに殺人~ (2, 0.0%)

1 に関する私訴, の動機

▼ ことに注意~ (2, 0.0%)

1 いたして, して

▼ ことに洋服~ (2, 0.0%)

1 でも着る, を着てる

▼ ことに津田~ (2, 0.0%)

1 には目前, のいない

▼ ことに浄土真宗~ (2, 0.0%)

2 の信仰

▼ ことに浪漫主義~ (2, 0.0%)

1 の文学, の運動

▼ ことに深から~ (2, 0.0%)

2 ざるを

▼ ことに漢字~ (2, 0.0%)

1 が男子, では女

▼ ことに漢詩~ (2, 0.0%)

1 をよく, を作る

▼ ことに激しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, た猛暑

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 が美し, ともし時

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 が時々, を吸収

▼ ことに熱心~ (2, 0.0%)

1 だった, にかれ

▼ ことに父親~ (2, 0.0%)

1 が戦争, の老

▼ ことに狼狽~ (2, 0.0%)

1 させられた訳, する

▼ ことに甚だしく~ (2, 0.0%)

1 なり今に至って, 春日神社

▼ ことに生活~ (2, 0.0%)

1 と直結, の豊か

▼ ことに田舎~ (2, 0.0%)

1 から出, の事情

▼ ことに甲賀郡西部方面~ (2, 0.0%)

2 から押し出した

▼ ことに男子~ (2, 0.0%)

1 がその, にとっては自由

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 人種の, 志を

▼ ことに異性~ (2, 0.0%)

1 としていくばく, の親切

▼ ことに病気~ (2, 0.0%)

1 にでもなる, になっ

▼ ことに発声映画~ (2, 0.0%)

1 ではない, としてはこれ

▼ ことに発達~ (2, 0.0%)

1 しない傾向, しカネタタキ

▼ ことに省作~ (2, 0.0%)

1 の事, の家

▼ ことに磯五~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, は何とか

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 でははじめて, と社

▼ ことに神経~ (2, 0.0%)

1 であった, の構造

▼ ことに私ども~ (2, 0.0%)

1 の注意, の研究室

▼ ことに窕子~ (2, 0.0%)

1 の眼, はさ

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 の音, を上手

▼ ことに簡単~ (2, 0.0%)

1 な方法, な暗号

▼ ことに米友~ (2, 0.0%)

1 は草鞋がけ, をけしかけた

▼ ことに細君~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ことに結婚~ (2, 0.0%)

1 とからんだ, の事柄

▼ ことに絵画~ (2, 0.0%)

1 がお, はかれ

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 をそびやかし

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 が板, の中

▼ ことに脚本~ (2, 0.0%)

1 のえらび, を読んだ

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 に生え, の脱

▼ ことに自分たち~ (2, 0.0%)

1 が大切, の奉行

▼ ことに自分自身~ (2, 0.0%)

1 に対する偽り, をあまりに

▼ ことに自然~ (2, 0.0%)

1 にでき, の影響

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ ことに船長~ (2, 0.0%)

1 の身, は帰り

▼ ことに芝居~ (2, 0.0%)

1 の舞台, の領域

▼ ことに若き~ (2, 0.0%)

1 ジェネレーションは, 女の

▼ ことに苦しい~ (2, 0.0%)

1 ことです, 家庭的愛情の

▼ ことに英吉利人~ (2, 0.0%)

1 が灰色兎, は気

▼ ことに葉子~ (2, 0.0%)

1 の心, の母

▼ ことに~ (2, 0.0%)

2 るし

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 がつながっ, に飢えた

▼ ことに裁判官~ (2, 0.0%)

2 と問答

▼ ことに裁判所~ (2, 0.0%)

1 の下, の記事

▼ ことに裸女~ (2, 0.0%)

2 を描く

▼ ことに複雑~ (2, 0.0%)

1 した心理, な御

▼ ことに西洋人~ (2, 0.0%)

1 が日本人, の女学校

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 てい, もせぬ

▼ ことに見ず知らず~ (2, 0.0%)

1 の年長者, の男

▼ ことに親方~ (2, 0.0%)

1 からは絵, のお

▼ ことに親類~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ことに記憶~ (2, 0.0%)

1 が絶対的中絶, すべきは

▼ ことに警察~ (2, 0.0%)

1 ないし司法, を彼

▼ ことに貞世~ (2, 0.0%)

1 の喜び, の病状

▼ ことに貧弱~ (2, 0.0%)

1 きわまる男優, ながらも生き

▼ ことに貴女~ (2, 0.0%)

1 の場合, らしいふう

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 いひげだるま, は昨日硯海

▼ ことに近代文学~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ ことに近年~ (2, 0.0%)

1 は仕事, は地方

▼ ことに道庵~ (2, 0.0%)

1 が甲陽軍鑑, の日頃尊敬

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 州路の, 放しも

▼ ことに遠く~ (2, 0.0%)

1 お思われ, の空

▼ ことに郷里~ (2, 0.0%)

1 には母, の中学

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 に近く, 聞えも

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 などを覚え, を好ん

▼ ことに野菜~ (2, 0.0%)

1 は全部酢漬け, は大概

▼ ことに鉄砲~ (2, 0.0%)

1 が多く, にかけては海内無双

▼ ことに鋭く~ (2, 0.0%)

1 見つつ, 見開かれて

▼ ことに鎌倉時代~ (2, 0.0%)

1 には殺生肉食, の思想

▼ ことに長く~ (2, 0.0%)

1 てつれづれ, 延びて

▼ ことに阿蘭陀甚句~ (2, 0.0%)

2 の得

▼ ことに隣り~ (2, 0.0%)

1 の荒物屋, の薩州家

▼ ことに難解~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ことに震災~ (2, 0.0%)

1 というもの, 少し前

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 ある者, の憧憬

▼ ことに青年~ (2, 0.0%)

1 が思いきっ, たる吾

▼ ことに青木~ (2, 0.0%)

1 が三年, の着

▼ ことに静か~ (2, 0.0%)

1 である, な晩

▼ ことに面白かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たとか

▼ ことに頭部~ (2, 0.0%)

1 がはなはだしく, や手

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 みられたくなかつた, や手

▼ ことに食事~ (2, 0.0%)

1 のとき, はたしか

▼ ことに香蔵~ (2, 0.0%)

1 が国, は彼

▼ ことに馴れた~ (2, 0.0%)

2 佐吉は

▼ ことに驚嘆~ (2, 0.0%)

1 した, し易い

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 塀や, 津屋勘三郎は

▼ ことに高く~ (2, 0.0%)

1 ほとんど原価, 響いて

▼ ことに高原地~ (2, 0.0%)

1 の水田, の農業

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 に対しては興味, は師匠

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 が海, の移住

▼ ことに~ (2, 0.0%)

1 から上唇, の頭

▼1* [2179件]

ことにあきらかに敵意, ことにあざやかに見え, ことにあした会う時, ことにあすこに見える, ことにあたしはそれ, ことにあでやかな容色, ことにあと足のまがり, ことにあなたがたのよう, ことにあなた方の頭, ことにあはれ深いもの, ことにあまり人の注目, ことにありがたく思われました, ことにありあり思い出されるの, ことにありがたかった, ことにあれらの正直な, ことにいえば棒さき, ことにいかに努力し, ことにいずれも一癖, ことにいちじるしいもので, ことにいちばん年若く見える, ことにいったん取押えたやつ, ことにいつにもまして, ことにいま二人の恋物語, ことにいま日本がこの, ことにいま栄三郎と立ち合っ, ことにいま私のゐる, ことにいま表を一匹, ことにいらだっていた, ことにうしろにふわり, ことにうちの父, ことにうつくしかつた, ことにうつせ貝の, ことにうるんだ眼で, ことにうれしかつた, ことにおかしいのは, ことにおかみはそう, ことにおじさまも年, ことにおそろしかったのに, ことにおっつけ一人きりで, ことにおとなしくこ, ことにおとよに同情, ことにおふくろを悲しませる, ことにおもしろがったり, ことにおもしろかった, ことにおれはなにか, ことにお先まっくら, ことにお嬢さんには火, ことにお子さんたちの将来, ことにお子様をあんなに, ことにお家様には可愛がられ, ことにお玉さんの身の上, ことにお祭の帰り, ことにかつてゐる, ことにかく霧の, ことにかなわぬ恋の, ことにかわいがっていた, ことにかわきははなはだしかっ, ことにきびしいストイシスム高邁な, ことにきみは二十面相, ことにきょうこの頃, ことにきらいだった, ことにきわだって眼, ことにくらくされた, ことにけいず買い, ことにけさはよい, ことにけむったように, ことによい, ことにこいつは日本左衛門, ことにこういう連絡訓練を, ことにこうした集合の, ことにこうしたこの頃の, ことにここのは本場もの, ことにこすかった, ことにこちとら見たいな気の, ことにこっけいなの, ことにこと皇室に関するこの, ことにこのごろ募集した歩兵隊, ことにこの世において添い遂げられなかった, ことにこの間から気分, ことにこまやかに出, ことにこれら商品の各々, ことにこんどは重態, ことにごくさっぱりして, ことにさいぜん食傷新道で, ことにさかんに主人, ことにさびしくて長い, ことにさむらいは, ことにしたるまでにとどまり, ことにぶんは, ことにじっとながめた, ことにすきでした, ことにすぐ帰って, ことにすぐれておられる, ことにすぐれた者を, ことにすっかりおゆうさん, ことにすでに二三の, ことにずっと程度を, ことにそこへ一種, ことにその後小野玄妙君会津八一君その他の人々, ことにその或る者, ことにその間に庶務, ことにそれほど多くの, ことにそれら高等教育を受けた, ことにそれ自身に活動力, ことにたくさんな白鳥, ことにたしなみのある, ことにただ零砕の, ことにただいま牧君の, ことにただ今は校長, ことにたちの良く, ことにたとえば初めの, ことにたまらないのは, ことにだいじな試合もし, ことにだんだん年頃に, ことにちつとも興味, ことにちゃんと前ぶれも, ことについ一週間まえ, ことにつとに解放せられ, ことにつぶらな下, ことにつやつやしかった, ことにつらいことだった, ことにとがっている, ことにとやかくと人, ことにどうしたわけ, ことにどこの烏, ことになおよく見る, ことになかなかの美人, ことになかんずく純生産物, ことになじみのない, ことになつかしいものと, ことになの愛情に, ことになまじいな太夫, ことになりそうし, ことになりましてね結局私, ことになりゃがったぞッ, ことになるだろうし, ことになるてえぜ, ことになんとも奇体な, ことににぎやかだ兄弟, ことににくきは日光, ことにはかの折々, ことにはじめのうち, ことにはなはだしとす, ことにはなはだしかった, ことにはやくよりおふくろさま, ことにひとり法隆寺現存の古, ことにひどかった, ことにひめぎみたちにまで, ことにびくびくして, ことに虜関係は, ことにふかくたちこめた海上, ことにふさいだりい, ことにふだんかぎ馴れた匂い, ことにほしがりました, ことにほとんど街道に, ことにたん燈籠は, ことにぼくをいつも, ことにづ王法を, ことにまさに彼の, ことにまっ白に少し, ことにみじめに焼け, ことにみながやさしい, ことにむしろの裂け目, ことにむちゃくちゃはたらいて, ことにむつかしい仕事である, ことにめしかえさ, ことにめずらしいのは, ことにもっと若い頃, ことにもっとも高尚な, ことにもと家人, ことにもともとかういふ形, ことにもろもろの花, ことにおくせ, ことにやと問ひぬ, ことにやりきれなかったの, ことにゆうべから今朝, ことにゆかしい性質を, ことによきお菓子あるいは, ことによったら死んで極楽, ことによったら骨折り甲斐が, ことによほど急ぐ飛脚, ことによらねえもんで, ことによりますよ, ことによろしい同道し, ことにりっぱであった, ことにわからぬものだ, ことにわかりもしない, ことにわが国信教の自由, ことにわざわざ二つの, ことにわしらがよう, ことにわたしはああ, ことにわにとつて, ことにわびしけれ鹿の, ことにわれと仲よし, ことにかしな, ことにアイルランド人によってアメリカ, ことにアインシュタインの理論, ことにアヤゴという多く, ことにアルネは山岳小説, ことにアルバイトの如き, ことにアンは年上, ことにアンナを好ん, ことにイカついの, ことにイタラの国, ことにイタリー人らはプーサン, ことにイネ州においては行政官, ことにイハのところ, ことにイフィゲニアをいくら, ことにインド人があの, ことにインド地方から良い, ことにイヴはその後, ことにエドナの性質, ことにエネルギイの差, ことにエホバの言行, ことにエポニーヌに会った, ことにエミリアンはイタリヤ, ことにオシラ神という名義, ことにオゾーンが多い, ことにオランダの小船, ことにオリンピアへ出る, ことにオーステルリッツ橋で足跡, ことにカイゼル自身がこの, ことにカテリーナ・フェドセーヴナ自身が人一倍, ことにカトリック教を, ことにカム地方の婦人, ことにガダルカナルで死んだ, ことにキエルケゴオルやヤコブセン, ことにキリストや釈迦, ことにキリスト教はこれから, ことにギンと友田喜造, ことにギンネコ号をおこらせ, ことにクイーンのは, ことにクエーカーの書いた, ことにグラフ雑誌から頼まれた, ことにケンプトの旅団, ことにゲストは手跡, ことにゲルマン魂は反抗, ことにゲーテを愛好, ことにコゼットの注意, ことにコンデンスミルクなどのよう, ことにコンナ一軒家の中, ことにサ旅になんぞ出, ことにザセーキン家ではやっとこ, ことにシカゴを中心, ことにシナイとアトス, ことにシャンヴルリー街の若い, ことにシヤツ屋下駄屋太物商などなかには, ことにシーザーの死, ことにジャーナリズムを蔑視, ことにジョウがせっかち, ことにジョルジュはそう, ことにジョンは怜悧, ことにスイスでは雨, ことにスタンダールそしてそこ, ことにスピードがうんと, ことにスポーツが芸術, ことにスミソニアンの交換事務, ことにセラダは何, ことにセルカークの失望, ことにセレナ夫人は憤る, ことにセント・エルモス・ファイアーというの, ことにソーダクラッカーは怪魚たち, ことにタッタ一人でアラユル飢寒, ことにタンプルの古物商, ことにチェーホフの作品, ことにチエンロッカーと彼女ら, ことにチベット暦の正月元日, ことにチューリップは勢いよく, ことにツェッペリンの襲英, ことにツーロンにおいて休息, ことにティトレリは今, ことにテナーの歌, ことにテンコツさん一家だから, ことにテーブルの上, ことにトゥルゲネフの名前, ことにトックの幽霊, ことにトマス・ア・ケンピスの淋しき, ことにトリフォンというまやかし, ことにドイツ語がかれ, ことにドストイェフスキーの小説, ことにドストエフスキイを受け入れる, ことにドストエヴスキの小説, ことにナーヂャとマリヤ, ことにハイドンの如き, ことにハステラー検事がそば, ことにバルナバスに対して不当, ことにパプロットの方, ことにパリーには彼, ことにパリー自身も一つ, ことにヒマラヤ山には, ことにビスマスは反, ことにピカソオなぞを口, ことにピヤノと来, ことにフォーゲル夫人は, ことにフランシスとクララ, ことにフランス人の家居的, ことにフランソアの前, ことにフリーダがきっと, ことにフロックコオトに山高帽子, ことにフローレンスにはあこがれ, ことにブラックプウルのアリス・バアナム殺し, ことにブルガンディ鎌刀やザバーゲン剣, ことにブルジョア文化の発達, ことにプロレタリア大衆文学の問題, ことにヘッベルを研究, ことにベルーフに関しては医者, ことにペチカやミンカ, ことにボーイ長のは二層床, ことにポケット小僧にはうらみ, ことにポダウィヤの酋長後嗣選挙区, ことにマカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラ, ことにマドロス氏はややもすれば, ことにマネエやルノアァル, ことにマルクスの最も, ことにマレイの心, ことにミコトの語, ことにミジメなの, ことにミロクという名, ことにミンナのうち, ことにムクという奴, ことにメンバアが揃っ, ことにメーテルリンクの象徴悲劇, ことにモオドという牛乳, ことにヤツコで食べる, ことにユダヤ人らの滑稽, ことにユダヤ人仲間の選まれ, ことにラインハルト夫人に話す, ことにラクビーの選手, ことにラグランヂュの歿後, ことにラ・エー・サントの方面, ことにレブン及びガンデン, ことにレンブラントの油絵, ことにレヴェズの恋愛心理, ことにレヴェズ様のごとき, ことにロシアの革命, ことにロシア人に多く, ことにローバの住民, ことにローマンおよびドラマ, ことにワキ師の無気力, ことにワシントンシカゴニューヨークなどにある, ことにワーテルローにはいっそう, ことにが二百字中, ことにヴィスビイ島の模形市街, ことにヴェリチャーニノフには彼, ことにヴェルダンの要塞, ことにから十, ことに一たび実用に用いた, ことに一ヶ月程前, ことに一丈二丈の雪, ことに一代の声望, ことに一体日本の大衆, ことに一句一句蜘蛛の糸, ことに一国内の保守的分子, ことに一夜眠った明方, ことに一家とかベッド, ことに一年にたった, ことに一度見たいと, ことに一度建長寺と円覚寺, ことに一昨夜の自分, ことに一昨日は私, ことに一時間五枚という自慢, ことに一歩北部連山地方にいたらん, ことに一流どころの料理屋, ことに一点の目標, ことに一番上の女の子, ことに一番想い出の深い, ことに一番近く平野に落ち, ことに一等運転士が身分証明書, ことに一行の本尊様, ことに一郎のかなしかっ, ことに一間ほど隔て, ことに一際輝いてる星, ことに七ツを少し, ことに七八年勤続者などには非常, ことに七兵衛入道の肝煎ぶり, ことに七日の宵, ことに七月の盆前, ことに七百両という女房, ことに万太郎の境遇, ことに万屋安兵衛方なぞへはそれ, ことに丈夫で充実, ことに三上のよう, ことに三吉には話, ことに三味線は家元, ことに三年前に女房, ことに三時にはもう, ことに三月三日の慣習, ことに三河の本国, ことに三番書記の三毛猫, ことに三輪田のお, ことに三通何となく忠相, ことに上の句の, ことに上りは復員, ことに上京後は師匠三語楼, ことに上州の山, ことに上州人にそれ, ことに上手のもの, ことに上方地方には夙, ことに上杉家から来, ことに上流社会で宗教運動, ことに上野原の町, ことに下品の恋, ことに下女のお, ことに下宿屋の二階, ことに下層の人々, ことに下層民たちであるそう, ことに下層階級の人々, ことに下民の情, ことに下町方面にはその, ことに下等獣類に等しき, ことに下級船員はその, ことに下腹が飛び出, ことに瞭解なれ, ことに不二なくん, ことに不安なの, ことに不審は昨夜, ことに不幸な娘, ことに不敵にも公儀, ことに与一が弓, ことに与八はこの, ことに与謝野晶子さんのを, ことに与那国という近隣, ことに世代が違う, ことに中世の修道僧, ことに中世陵墓の制, ことに中国から学んだ, ことに中学程度の生徒, ことに中干しとか生乾し, ことに中年からはこの, ことに中田氏に對, ことに丸木のため, ことに丹彩の技, ことに主人将監などはその, ことに主人萬藏の驚きやう, ことに主婦の留守中, ことに主家の落ち目, ことに主題は前, ことに久しい間つい, ことに九十四首は八代集, ことに九州南部にはそれ, ことに九月以来は休業同様, ことに九月号の作者, ことに乾いちじくが好き, ことに了哲が八朔, ことに事件の開始早々, ことに事変以来いかにすれ, ことに事情も通じ, ことに事故が多く, ことに二つき三月とこの, ことに二三匹いっしょに来る, ことに二三日前から右眼, ことに二三日前晩食に呼ばれた, ことに二二年に書かれた, ことに二代目が色白, ことに二十九日朝のラジオ, ことに二十面相の怪物, ことに二女はこのごろ, ことに二本の葉卷, ことに二枚目の小磯扇次, ことに二科の会員, ことに二郎のよう, ことに二階なんかはね, ことに五つのとき, ことに五トンという沢山, ことに五人の中, ことに五月六月におしめ, ことに五月雨にはいりまし, ことに五郎さんの友人たち, ことに亜米利加あたりでは人間, ことに亜米利加人なんか, ことに亡き母の, ことに亡くなった御亭主, ことに交際のかぎられた, ことに京助の顔, ことに京吉のよう, ことに京城にいた, ことに京浜間に多い, ことに人だかりの多い, ことに人並すぐれた頭脳, ことに人力ではなく, ことに人口が増す, ことに人夫を使っ, ことに人工心臓にいわば, ことに人形を可愛がっ, ことに人形大小さまざま和洋さまざま伯母さん親子が作った, ことに人扱いなどということ, ことに人柄から云, ことに人生に面し, ことに人的損傷はその, ことに人目をひく, ことに人語を鋭敏, ことに人造肉や人造皮膚, ことに人里の遠い, ことに仁木という上等兵, ことに今世紀に入る, ことに今地球がたいへん, ことに今夜駕を抂げた, ことに今宵は帰れ, ことに今度行つた佐久地方では鯉, ことに今恋愛工作の第一歩, ことに今日このごろのよう, ことに今日大学の前, ことに今時分の鎌倉, ことに今晩問題に上った, ことに今朝母と子供, ことに仏教の本家本元, ことに仏教輸入以来はその, ことに仏生寺弥助は遊女屋, ことに仏臭を帯びた, ことに仏蘭西十七世紀の文学者達, ことに仏頂寺の故郷, ことに他人を恨む, ことに他家の振舞酒, ことに代理公使の方, ことに仮面をかぶった, ことに仲よくして, ことに伊勢大神宮や出雲, ことに伊藤氏の, ことに伊達の為, ことに伊達政宗が, ことに休息を深く, ことに会場が曰くつき, ことに会話の下手くそ, ことにの權次, ことに伝記物などを読ん, ことに伯山の急かず騒がず, ことに住宅などはまだ, ことに住谷氏や長谷部氏, ことに佐平次が, ことに佐渡に澤山殘つて, ことに佐田やす子にはかなり, ことに体格の強壮, ことに何ひとつ仕止めず見栄, ことに何んでも, ことに何十年ぶりとかの酷暑, ことに何物よりも七里, ことにが先年洋行, ことに余り作家が巧妙, ことに余輩の研究, ことに以外の, ことに使われる人は, ことに例のがひいき, ことに依つて其家, ことに侯爵家などといえ, ことに便利に感じられた, ことに便秘しさえ, ことに俗人の使用, ことに保守的分子の優勢, ことに保護者がつい, ことに信吉は元来, ことに信州のあの, ことに修業中は随分, ことに俳句においてしかり, ことに倉地の帰り, ことに個々の単語, ことに個人的型態より集団的型態, ことに落した女たち, ことに偉大な足跡, ことに健忘なわたくし, ことに偶中するもの, ことに傑作であったと, ことに傳世品に至つて, ことに僅かばかりの石燈籠, ことに僧侶にいたっ, ことに僧正リシュリュウに寵愛, ことにけていた, ことに優秀なの, ことに元禄以後追, ことに兄さんと私, ことにのもの, ことに先刻の無念, ことに先刻小間使を見, ことに先年やって来た旗本, ことに先年来自ら妖怪学を研究, ことに先程から劉夫人, ことに先輩の説く, ことに先頃はここ, ことにの反射, ことに光栄ある関係者, ことに光風会の陳列方法, ことに免租及び平時, ことに児童少年については近世, ことに兒童の了解, ことに鹿は, ことに入口の混雑, ことに入念に品, ことに全渓みな梅で白い, ことに兩親老後の子, ことに八幡太郎とか頼政, ことに八年前ある事情, ことに八重山の主, ことに六百円の金, ことに共通の, ことに兵法軍学の方, ことに兵馬は幾度, ことに其の中でも, ことに其半生を劇, ことに其奴だぜ, ことに其晩はした, ことに兼家の愛し, ことにに人, ことに内弟子なんてそんな, ことに内心の羅針盤, ことに内蔵助小野寺十内など長文, ことに円舞の足跡, ことに再び正介, ことに写実の, ことに冬季はよく, ことに冬真昼間でも夕暮れ, ことに冬眠の前, ことに冴えて聞こえた, ことに冷凍の程度, ことに冷静な底気味, ことに凍るような, ことに凝視の的, ことに処女は硝子建築, ことにで言, ことに出生に関しては最近, ことに出発の前夜, ことに出雲に關係, ことに函館なぞ昨年日露戦争, ことに切ない思いを, ことに切れ長にすんだ, ことに刑期の長かっ, ことに初めての氣賀町, ことに初期の志士, ことに利用したの, ことに刺繍は小学校, ことに前半非常に大きな, ことに前後から来る, ことに前掲ドルセット街ミラア・コウトの自宅, ことに剣術の使手, ことに艦長の, ことに劇作家は彼, ことに劉表は漢室, ことに力強く現われて, ことに勉学の方, ことに動機のはっきり, ことに勝手の上, ことに勝負の標準, ことに勤王の連中, ことに匕首の刄, ことにの国, ことに北欧の名, ことに北海道は漁業地, ことに北部は一層, ことに北風の襲い来たる, ことに医師たるもの, ことに医術に対する知識欲, ことに十九世紀末から今世紀, ことに十二年前には伏波将軍, ことに十二時近いので, ことに十二月の方, ことに十以上違わなければつ, ことに千代子は躍起, ことに千本にも近い, ことに千葉県の成田線, ことに半面のほう, ことに南北の気流, ことに南禅寺は東山, ことに南越の境, ことに南隣の浪人者, ことに単純な, ことに博士の同僚, ことに博物室が法文科, ことに印度あたりから超, ことに印象派紫派等の作品, ことに厚く荊棘が, ことに原田家はいごこち, ことにに勿体, ことに厳しかったの, ことに去年お年玉と言っ, ことに参覲交代制度を復活, ことに友江さんは妊娠中, ことに友達は目立, ことに受刑者は何, ことに受身の徳, ことに口碑に残る, ことに古人の句, ことに古来肉食の習慣, ことに只今の広言, ことに可愛い女房が, ことに可笑しいのは, ことに台所での整頓, ことに史学雑誌編者の推奨記事, ことに右手はお仕置場, ことに右掌の無名指, ことに右翼の, ことに右腕のつけ根, ことに藩の, ことに各地における課役規避, ことに各種の遊戯, ことに各自自国の慣例, ことに吉左衛門はその, ことに吉田操子さんと親し, ことに三年八月五日条に, ことに同じ染物屋でも, ことに同情して, ことに同月同日に起こり, ことに同級生は兄弟, ことに名前だけにせよ, ことに名詞や動詞, ことに名高くまた實際, ことに向う岸の権現, ことに君らのよう, ことにである, ことにの最も, ことに味方も長途, ことに味気なくて, ことに命令されたこと, ことに和らげよ理窟が, ことに和歌所の御, ことに和琴は名手, ことに和魂漢才というよう, ことにの格好, ことに商人は太政官, ことに商店の看, ことに商業はこの, ことに商法人などは事実, ことに問題となる, ことに善悪因果説が霊魂不滅説, ことに善良であった, ことに喉笛を切, ことに喜びの様子, ことに喜歌劇をやる, ことに之助, ことに嘉七の額, ことに嘘つきには元来法則, ことに器量の好い, ことに四つの新聞社, ことに四十面相はあんな, ことに四時と五時の間, ことに四本指の手, ことに因縁があっ, ことに困窮と知力, ことに困難をする, ことに国家の目的, ことに国民の主流, ことに国語のうるわしい, ことに国道の上, ことに土器はまったく, ことに土地人民の私有禁止, ことに土方歳三は小兵, ことに土曜から日曜, ことに土曜日の京都, ことに地方の青年少女たち, ことに地球自転の速力, ことに地租増徴案は衆議院, ことに地蔵は農業, ことに地蔵さんは石, ことに地面にはするどい, ことに坊主あがりだと, ことにが著しい, ことに城介は彼, ことに城介君は, ことに埠頭船渠荷馬車お茶場工場などの騒音, ことに執念深い本能的な, ことに執拗だった, ことに基督の教え, ことに堀武三郎というの, ことに堀越家とは姻戚, ことに堀辰雄氏などは一年中, ことに堅気な竪筋, ことに場合が場合, ことに増加したこと, ことに壮士坊主などは歌, ことに壮快を覚ゆ, ことに壮美の極致, ことにがよく, ことにには尻, ことに変梃な音楽談, ことに夏休みになつて, ことに夏侯徳韓浩が討たれた, ことに夏期は一度, ことに夕刻は忙, ことに夕方日の光, ことに夕暮れが来る, ことに夕食のおり, ことに外国人たちは椅子, ことに外国劇の翻訳移入, ことに外国船引揚げというよう, ことに外房にかかる, ことに外観を詳しく, ことに多きにより一, ことに多勢に無勢, ことに多感な弦, ことに多数の商品, ことに多鶴子のよう, ことに夜お通夜に明かし, ことに夜みちだもん, ことに夜中である, ことに夜光の短刀, ことに夜分は気, ことに夜分彼女がよそ, ことに夜十二時後となっ, ことに夜廻りをきびしく, ことに夜明け方空がバラ色, ことに夜網の船, ことにで誰, ことに夢境は某, ことに夢想家らを最も, ことに夥しいのに, ことに夥多の賛成者, ことに大人物にのみ限られ, ことに大厄だといふ, ことに大名の茶壺, ことに大向うと言わず, ことに大声でわめく, ことに大学の建築, ことに大学卒業生じゃない, ことに大工は船長, ことに大平村の方, ことに大手の濠際, ことに大槻は作家, ことに大江をへだて, ことに大目に見, ことに大藩の威厳, ことに大豆は本年, ことに大阪の女, ことに大陸の沿海, ことに大騒ぎするの, ことによりの迎え, ことに天子の位置, ことに天璋院和宮様をはじめ, ことに天部部落は鉄道, ことに天香さんは謙さん, ことに天龍川の流域, ことに太平洋方面に戦機, ことに太陰が太陽, ことに太陽を憎む, ことに太陽系中でも遠距離, ことに夫妻が別居, ことに夫婦ともになにごと, ことに失望させること, ことに奇しき言なり, ことに奇妙なの, ことに奈良とか高野山, ことに奈良朝などは朝廷, ことに奈良朝以前には或, ことに奉公人なんてもの, ことに奉行であるか, ことに奥様は思いやり, ことに奥羽地方から出る, ことに女たちはその, ことに女の子は, ことに女主人なり忘れても, ことに女主人公が死ぬ, ことに女優の, ことに女君の美貌, ことに女子は野郎, ことに女形だつた, ことに女自身で光, ことに妙子様は才媛, ことにのお年, ことにのこと, ことに妻娘を伴, ことに妾自身の気力, ことに始めの一週間, ことに始祖という役小角, ことに娘さんは複雑, ことに娘ざかりのこの, ことに娘達が笑う, ことにやと定子, ことに婆羅門アウルヤ派の手相学, ことに婚礼葬式などにはいろいろ, ことに婚約者のいない, ことに婦人らは昵懇, ことに婦長は博士, ことに婿になる, ことに麗しい容色, ことに嫡子万之助, ことに嬉しかつた, ことに嬉しいのは, ことに嬉しかった, ことに嬰ハ音に移る, ことにを持つ, ことに子供たちが心, ことに子供らがマット狢, ことに子孫たるもの, ことに字違いや仮名違い, ことに存するので, ことに孝行の姉, ことに季節は秋, ことに孤児にあっ, ことに学者中には頭脳, ことに宇宙線からエネルギー, ことに南人の, ことに安倍氏のごとき, ことに安堵して, ことに宗十郎の実弟, ことに宗教的色彩が濃い, ことに宗近は大, ことに官吏がストライキ, ことに官學の文科出身者評論, ことに定形後置という, ことに宛転たる嬌音, ことに宝庫に一歩足, ことに朝を, ことに実業に従事, ことに実業界などではどこ, ことに実生活を豊か, ことにの金, ことに客商売のもの, ことにの中, ことに室崎をやっつけた, ことに室津は都, ことに室町時代僧侶の眼, ことにのお, ことに宮中の奥深く, ことに宮様の御, ことに家内はやかまし, ことに家出をした, ことに家持ちの下級船員, ことに家族たちにとつて, ことに家族制度というもの, ことに家老の平岩, ことに家計の方, ことに容貌は解剖的, ことに宿役人なぞの末, ことに寂しい波の, ことに寂しきは深山鈴蘭, ことに寂寞とし, ことに寄ると一郎, ことに富田さんは最愛, ことに寒心に堪えない, ことに寒月君や東風君, ことに寒気が思いのほか, ことに寛大な気持, ことに寛永の初年, ことに寺院附屬のこの, ことにの女王, ことに対人態度に皮肉, ことに対話の場合, ことに将校が現場, ことに尊い僧が, ことに尊く思われるもの, ことに尊重した一貴女, ことになこと, ことに小さく作られて, ことに小倉は三上, ことに小児は単純, ことに小国にたいする場合, ことに小学校卒業者についた, ことに小学生というもの, ことに小布片が好き, ことに小幡城は小牧, ことに小形の火切鎌, ことに小柄なコヨ, ことに小畑とはかれ, ことに小籠の担ぎ, ことに小言をいった, ことに小説では, ことに小説家の連中, ことに小酒井博士の書いた, ことに小野氏の, ことに小銃にはいくつ, ことに小雨の降り, ことに少しく神経過敏な, ことに少なからぬ興味, ことに少年として過分, ことに少年探偵を結成, ことに少年探偵団とは深い, ことに就眠中にその, ことに尼御台さまに於い, ことに尾州藩から来た, ことに尾籠下品なの, ことに局部の痛み, ことに屋台店の商人, ことに屋根の上, ことに山の上だけに相, ことに山人はすなわち, ことに山国の出水, ことに山城守はおの, ことに山崎は京都, ことに山王さまは将軍家, ことに山県蔦之助, ことに山路で霧, ことに山間のそれ, ことに岡山に来, ことにでありますから, ことにから直ぐ, ことに岸辺に多い, ことにを越え, ことに峡谷の山ふところ, ことにに住む, ことに島村が大きな, ことに峻酷な教育, ことに嶮岨な山岳地帯, ことに嶺春泰は刺絡, ことにぞひ, ことに川上機関大尉にはまだ, ことに川崎純一郎氏の活躍ぶり, ことに川童の害, ことに川開きは空, ことにの耳, ことに左官なんて濡れ物, ことにかった, ことに巫言をさながら, ことに巴里から流れ, ことに巴里女なんてそんな, ことに巻頭論文などを私, ことに市場付近はそう, ことに市民の半分, ことに市街に海水, ことに市野は客商売, ことに帆村たちの注意, ことに師冬とは違, ことに帰りもある, ことに幕切れなどは傍若無人, ことに幕府方を狼狽, ことに平凡な播州平野, ことに平均より二十五ポンド, ことに平安朝中頃以後には大宝令, ことに平田一門の人たち, ことに年じゅう研究室の奥, ことに年少気鋭の科学者, ことに年末の松竹梅, ことに年頃の娘, ことに幸いであったの, ことに幹部養成のため, ことに幼くて街道, ことに幾分でもあの, ことに幾度となく, ことに店員は年中, ことに座頭の天童太郎, ことに座頭不知などいかにも, ことにを凝った, ことにが深かっ, ことにい駿河灣一帶, ことに延子さんを信用, ことに延長年間に焼失, ことに弁信法師から真中, ことに弓子の姉, ことに弥九郎の弥, ことに之丞, ことに弱いからだの, ことに弱くなった清三, ことに弱冠前後の俊髦, ことに張飛は, ことに強いられたように, ことに強かったわけ, ことに強硬に反抗, ことに当たるものも, ことに当たるべからずここにおいてか, ことに当ろうじゃない, ことに当人が方々, ことに当代の史実, ことに当惑しきっても, ことに役人が今, ことに役所を代表, ことに役者になっ, ことに彼フルハタが冷凍状態, ことに後ろのなだらか, ことに後堀河院は二十三, ことに後進な自分ら, ことに後頭部にはかなり, ことに徒然なる旅宿, ことに得意な機械, ことに御三家の一, ことに御子左家一派の主唱, ことに御新造樣は平常, ことに復活祭の休み, ことに温浴を, ことに徳大寺様といったよう, ことに徳川家の家中, ことに徳川時代においても行筋, ことに徳川氏は少なくとも, ことに徴兵主義に最も, ことに心ぐるしいの, ことに心神消耗の極, ことに心臓が可, ことに心臓麻痺で頓死, ことに心苦しく思われて, ことに心衰へた, ことに心配ばかりかけ, ことに必要に迫られ, ことに必要上彼らを優待, ことに忌わしげな, ことに忘れがたきもの, ことに忘れられないのは, ことに忙しく対山館の, ことに忠也が父忠明, ことに快適なり, ことにを入れ, ことに念入りにめかし込ん, ことに怖いのは, ことに思想や宗教, ことに思想運動の婦人, ことに思託は仏像, ことに怠惰を許されない, ことに怠惰逸楽の徒, ことに急激なる速度, ことに怪しからんの, ことにを説き明かす, ことに恋人の身, ことに恐しいの, ことに恥じて皆何, ことに恩顧のある, ことに恵林寺の慢心, ことに患者の体内, ことに悪いように, ことに悪かった, ことに悪人の子, ことに悲しく思って, ことに悲痛の響, ことに情事関係などを探る, ことに惘然とし, ことに惣七に寄せる, ことに愉快なこと, ことにを用いた, ことに意味深い表徴, ことに意外なの, ことに愚かな彼, ことに愚昧者ではありたくない, ことに愛してる者から, ことに愛すべきは罪, ことに愛らしいお姿, ことに愛子に屈強, ことに感ずることは, ことに感動すべきは, ことに感慨が深かっ, ことに慎むべきものだ, ことに慶喜が懐刀, ことに慶長元和の古, ことに應試者は何時, ことにに金, ことに懐かしく映るの, ことに巣の, ことに懸念したの, ことに懺悔に似た, ことに戊申詔書の聖旨, ことに我が国のごとき, ことに我慢しかねたこと, ことに我輩が日本女子, ことに戦う段に, ことに戦争中はそれ, ことに戦国時代の如き, ことに戦国時代各地に小, ことに戦後起こるべき新た, ことに戦犯人の指摘, ことに戦闘力に弱点, ことに戸外では泰軒, ことにの長い, ことに所々に根, ことにつかいが, ことにのふるわせ, ことに手厚く演者は, ことに手紙の内容, ことに手習いが上手, ことに手習子でも寄せる, ことに手術上不快な現象, ことに手長の社, ことに打見たところでは, ことに扶桑略記によれ, ことに扶桑閣の戸塚君, ことに批評家を嫌う, ことに批評的な半, ことに承れば昨日, ことにからの時雨, ことに折竹は西南奥支那, ことに抱茗荷の紋, ことに押入れは唐紙, ことに拙劣だった, ことにく奥印, ことに掃部頭直弼が大老職, ことに授業料を早く, ことに探訪記者なんて職業, ことに揚子江以南には元来, ことに援兵をださせ, ことに播磨屋の千六, ことにまつて, ことに改築後の第, ことに放牧の馬, ことに政党や議会, ことに政府の良き, ことに政治制度の上, ことに政策と科学, ことに荻原碌山の, ことにッこい, ことに敗戦国の特殊事情, ことに教授が仏蘭西, ことに教育宗教局長で同時に, ことに教育課長が引っ, ことに敬意を私つて, ことに敬愛し信じて, ことに数学を物理的現象, ことに数学その他が十分, ことに数年前バグラシオン大公夫人のお, ことにはきょう, ことに敵うち物の不快, ことに文三の人形, ことに文句に絶えず, ことに文字が東洋, ことに文学文科の西洋人, ことに文学関係では希有, ことに文書には久しく, ことに文科大学生の同人雑誌, ことに文章を書く, ことに斬られた本人が, ことに新しき美の, ことに新しく買ったツルゲネーフ全集, ことに新たに家, ことに新劇関係者相互の論難, ことに新古今風の自然観照歌, ことに新潟県の信濃川, ことに新盆の家, ことに新米は香り, ことに新興の畫家, ことに新賀や梅本, ことに新鮮な鮎, ことに方便が多く, ことにて機會均等, ことに於いてはこの, ことに旅人のため, ことに旅費がむこう持ちなら, ことに旅館や馬車, ことに旋律の美, ことに旗本屋敷の多かっ, ことに既決囚になっ, ことに日常の生活, ことに日暮れにかかる, ことに日暮れ川の上, ことに日曜日には朝, ことに日本三奇橋の一つ, ことに日本人中のある, ことに日本刀を見る, ことに日本料理にあっ, ことに日本映画には無縁, ことに日本武尊東征の際, ことに日本海へ近, ことに日本近海のこと, ことに日清戦役というその, ことに日蓮宗を信仰, ことに日記にああ, ことに旧劇は解らない, ことに旧家のおそろしく, ことに旧恩と月光, ことに旧習を重んじ, ことに旧臘十二月に主人, ことに早く咲く木, ことに早朝の一刻, ことに昆布を食いつけ, ことに明らかに相手, ことに明るいこの時代, ことに明日は市会, ことに明治から今日, ことに明治以後の句, ことに明治維新後エタ非人の称, ことに星かげのうつる, ことに映画プロパァの問題, ことに春先のよう, ことに春水先生の遺品, ことに昨今自分がやむなく, ことに昨夕は痒, ことに昭和四年頃からは年々三月, ことに昼間でも真っ暗, ことに時候を論ぜざる, ことに時節が時節がら正月, ことに時間を知らず, ことに時雨と木枯し, ことに普通教育で標準語, ことに晴々しかった, ことに晴れた夜など, ことに晴れやかな墓地, ことに智的殺人犯罪は歪んだ, ことに智育有形の実学, ことに暑中休暇後になっ, ことに暗かった, ことに暗く恐ろしい道を, ことに暗澹たる雪国, ことに暗誦が主, ことに暴動の日, ことに曲亭とは犬猿, ことに書記役の一人, ことに最早年頃の, ことに最近十年間の新しい, ことに最近嘉永年間に起った, ことに最近多年の競争相手, ことに最近斜坑の入口, ことに最近欧州文化の行き, ことに最近熱烈に要求, ことに最近該寺建築物の根本的修理, ことにの明, ことに月幸ひすとは, ことに月末の一週間, ことに月照寺における松平家, ことに有難かつた, ことに服装は当夜, ことに朝一番頭のいい, ことに朝倉先生はその, ことに朝目がさめる, ことに朝飯の知らせ, ことに木下氏とは交遊, ことに木崎を好い, ことに木曾の天地, ことに木曾街道へ来, ことに木曾路はゆく, ことに木村の場合, ことに木沢医師はかけつけた, ことに未だに老賊, ことに邦人は, ことに本堂は屋根, ことに本場であるよう, ことに本田某は酒井家, ことに本陣をも兼ねた, ことに本音を笑ひで, ことにのうえ, ことに杉苔が目, ことにの入り口, ことに村落都邑には優待条件, ことに村長との話合い, ことに条件の多数, ことに東京市の町外れ, ことに東京座などはだだっ広い, ことに東京生まれといっ, ことに東大寺の研究, ことに東山の畔, ことに東条裁判がただ, ことに東西南北どちらへ外れ, ことに東鉾尖ヶ岳, ことに松ヶ谷団長がこの, ことに板倉本家は乃祖板倉四郎左衛門勝重以来, ことに林田は偽, ことに林相の零落, ことに枝ぶりの美しい, ことにの家, ことに柿江の注意, ことにの若葉, ことに校長の媒酌, ことに校長先生自筆の注意書, ことに根茎にシクトキシン, ことに桃丸と三郎, ことに桜のかげを逍遙, ことに桶狭間かっせん, ことにを詠んだ, ことに梅漬がよかつ, ことに森恪はこの, ことに植物らしいという, ことに検事は猛烈, ことにくおしつまつて, ことに極端なもの, ことに楽隊の人たち, ことに構成において示す, ことにに於, ことに樂浪郡の役所, ことにの花, ことに標語的な言葉, ことに権兵衛殿はすでに, ことに横断太平洋汽船の開通, ことに横浜と神戸, ことに横蔵の眼, ことに樫尾という人間, ことに機械が出来上っ, ことに機械学や天文学, ことに欽吾は多病, ことに歌舞伎双六は羽子板, ことに正しいものの, ことに正しきあるもの, ことに正井という男, ことに正徹の新古今風, ことに正月もやや, ことに正月三日だけ帰っ, ことに正確だ, ことに正面の階段, ことに此処は水上特攻基地, ことに此奴案外に神經質, ことに此度は悴事朝, ことに此處等の赤松林, ことに此駅は多く, ことに武人として信頼, ことに武器の使い方, ことに武士から虫螻蛄, ことに武家が勢力, ことに武将としては最も, ことに武芸を闘わし, ことに武蔵は, ことに武蔵野あたりの原野, ことにで咬み砕い, ことに歴史の時間, ことに歴史的探偵小説に於, ことに死一年前の日記, ことに死亡が多かっ, ことに死人の望み, ことに死刑についてはほぼ, ことに死者の胸, ことに残忍悽愴を極めた, ことに残念がって, ことに段々と澄徹, ことに殺されるような, ことに殺した人間を, ことに殺害者がその, ことに殿の女性, ことに殿様のよう, ことに母さんの病気, ことに母方の方, ことに母者人が呆れ, ことに毎夕明月中天に懸かり, ことに毎朝の観望, ことに毒物鑑識にかけてはその, ことに比田は其所, ことに毛皮だとか, ことに民主主義などをいっこう, ことに民衆も他, ことに民間の一私撰, ことに気がかりにお, ことに気に入ったマラーの, ことに気の毒なの, ことに気の毒笑止である, ことに気乗がせず, ことに気味悪く感じて, ことに気圧の如き, ことに気持よく往来, ことにが付いた, ことに水夫らにとってはまるで, ことに水夫長は, ことに水素瓦斯に空気, ことに水練に達し, ことに田方正さんは, ことに永い交際の, ことに永らく大廟, ことに永年にわたって必ずしも, ことに永遠の大, ことに江戸城奥向きでの尽きない, ことに決定的な立場, ことに汽車が海岸近く, ことに沖縄ではその, ことに沢山の生徒, ことに沢村宗十郎が宗十郎頭巾, ことに油絵というもの, ことに法律でさえ保障, ことに法文の読み, ことに法治主義のもと, ことに法隆寺資財帳によって天平十九年, ことに波田はメス, ことに泣通したという, ことに泥酔者がうるさく, ことに注意深い葉子の, ことに洋袴は薄茶色, ことに洞窟が深く, ことにの国, ことに津守の浄建寺, ことに派手に咲いた, ことに流行歌と来たら, ことに流通理論を資本化, ことに浜口緊縮内閣の出現, ことに浜松城に差し立てる, ことに浦粕ではもっとも, ことに浪人者の不審, ことに浪子のため, ことに浮び上がってくる, ことに浮気稼業の身の上, ことに海千山千の大人, ことに海援隊外の者ニ, ことにをもつ, ことに涸沢岳の直下あたり, ことに涼風満楼蚊蠅絶てなし, ことに淋しかった, ことにさの, ことに深かったよう, ことに深く深く感じる事, ことに深夜の散歩, ことに深尾横田の二兄, ことに清二の乗っ, ことに清五郎なんか地所, ことに清君が自分, ことに清川八郎こそ奇怪, ことに清水坂に最も, ことに清浄をたもっ, ことに清澄の茂太郎, ことに清衡は康保年中, ことに済まないような, ことに渡良瀬川南岸一帯の水害, ことに温かい国に, ことに温泉町のよう, ことにの方, ことに港町における売春婦, ことにに浸った, ことに湖水の流れる, ことに湖畔の広場, ことに湖辺に住む, ことに溌墨ものなどにはずゐ, ことに源三郎こんどの東くだり, ことに源吉はこの, ことにくなっ, ことに滝沢の娘, ことにが少ない, ことに漁民は救済, ことに漆喰塗りの大仏, ことに演出家が余計, ことに演壇の上, ことに演技中に落涙, ことに漢字制限の方針, ことに漫画を愛好, ことに澄んだ感じの, ことに激しく強まった, ことに激烈をきわめた, ことに濱町に日本橋倶樂部, ことに瀬多の唐橋, ことに瀬戸内海のよう, ことにを怖, ことに火伏にあり, ことに火傷は煙管, ことに火精の一句, ことに火薬の研究, ことに炊事や給仕, ことに点呼当日長髪のまま点呼場, ことに烈しいことを, ことに烈しかろうと, ことに智であった, ことに無益でばからしい, ことに無聊至極に苦しみきっ, ことに無限の観念, ことに煙草のにおい, ことに熊谷とくる, ことに熱湯の一杯, ことにゆる荊, ことに燃料がだんだん, ことに片腕の無い, ことにの如き, ことに牛蒡種の多い, ことに牧師や修道者, ことにを見る, ことに物事が身, ことに物哀れで立小便, ことに物理的妖怪心理的妖怪に至っ, ことに物質的に何, ことに犬小屋に居た, ことに犬神の迷信, ことに犯罪者にはいよいよ, ことにの奴, ことに独房では性欲, ことに独立の品行, ことに独逸語の成績, ことに狭義の道徳, ことにや獅子, ことに猛烈である, ことに猜疑心が極度, ことにを追い出す, ことに猿沢佐介は久美子, ことに玄白は腑分, ことに王政復古の第, ことに玲瓏と水の上一尺, ことにらしく受取れた, ことに珍しきものなり, ことに珍重いたし少し, ことに現今においてはそして, ことに現代的に整っ, ことに理想において行き, ことに理想的な姿, ことに理由を知る, ことに理解し合える多くの, ことに瓜類は夏, ことにで屋根, ことに瓦堂と鉾大明神, ことに甘えて帽子, ことに甘んじてゐたりけり, ことにしい, ことに甚だしい低湿地で, ことに甚だしかった, ことに生垣を覗かるる, ことに生死に対する無頓着, ことに生活中の林泉, ことに生計向に不自由, ことに用心しないと, ことに用意させたそば, ことにの草取, ことに田の神と信ずる, ことに田植にはユイ組, ことに由ったら一週間も, ことに甲州の山, ことに甲州上野両道で戦い勝っ, ことに甲斐の地, ことに申し沙汰一しほ忘れ, ことに男ぶりが又, ことに男出入りを念入り, ことに男尊女卑の弊害, ことに男性的という言葉, ことにの学校, ことに町人の間, ことに町家の屋根, ことにのほう, ことに画かきだのって, ことに画家や彫刻家, ことに異常な性格, ことに異彩を極めた, ことに異邦人に対して一見たちまち, ことにの上, ことに疎外排斥せらるべき性質, ことに疑問がある, ことに疱瘡を家, ことに疼痛が甚だしい, ことに病人自身が聖餐, ことに病気災難に関しては神仏, ことに病狐の診療, ことに病身で殆, ことに痛ましいのは, ことに痛ましき切実なる, ことに発明で一旦, ことに登山の場合, ことに白い布を, ことに白人や印度人, ことに白帝城には李厳, ことに白木の家, ことに白樺の林, ことに白粉ッ気ひとつない顔, ことに白雲の眼, ことに百姓達にいわせる, ことに百徳の根本, ことに百日という言葉, ことに百花の女王, ことにの練習, ことに極天皇二年, ことに盛夏になる, ことに監督が立ち上がっ, ことに目ざましいものであった, ことに目だたせるような, ことに目一つの人, ことに目下三冬の節, ことに目立って見えた, ことに目立つ位まっさおで, ことに直立して, ことに直義は兄, ことに隣った樹, ことに相場に手, ことに相川の町, ことに相生町の御, ことに相阿弥の蔵帳, ことに省いてあっ, ことにとなる, ことに真っ黒の物, ことに真名古にとってはこの, ことに真宗の親鸞上人, ことに真智子のしょんぼり, ことに真言宗にては神仏混合, ことに眠れないようで, ことにゆく新, ことに慣れない筒袖, ことに知人の間, ことに知識層にその, ことに知識階級の人々, ことに短歌の方, ことに短編の探偵小説, ことに石井さんは昨今非常, ことに石崎樣と來ちや苦手, ことに石炭のため, ことに砂糖の食べ物, ことにのうえ, ことに砲術にかけて並ぶ, ことにについての彼, ことに社会主義や共産主義, ことに社会主義者が日露戦争, ことに社会的富のうち, ことに社会部記者にとっては氏神, ことに祖先以来同一国内に住居, ことに祖父の店, ことにに関した, ことに神のをし, ことに神仏分離の運動, ことに神変不可思議な神経衰弱, ことに神宮の御, ことに神尾主膳のため, ことに神尾家の折助, ことに神戸堺の暴動, ことに神田と下谷, ことに神社の中, ことに神秘の雲, ことに神護景雲三年という年, ことに祭司バタチカンにとっては敵, ことに禁物ぢや, ことに禅宗坊主に於, ことに福岡と愛媛, ことに福島正則以来を誇り, ことに私たちの眼, ことに私たち人間から見れ, ことに私法に関する規定, ことに秋刀魚にとつ, ことに秋川家のよう, ことに秋田津軽の眠流し, ことに科学においては言葉, ことに秘書のかたは職務, ことに秘蔵息子らしくその, ことに秩序が無かろ, ことに移ろい方のおそい, ことに種々の記録, ことにいがい, ことに稲作の一期, ことにかだった, ことにの紺, ことに空也上人という人, ことに空気を局部的, ことに空腹のため, ことにが明るく, ことに立つことが, ことに竜一の家, ことに童話詩人としての彼, ことに競争者が飛び上がった, ことに竹内さんは嫌, ことに竹田などには補, ことに竹見にいたっ, ことにひ聲, ことに笑止がって, ことに笑止千万なる一つ, ことに筆耕の仕事, ことに筋肉がたるん, ことに筑波神社のお祭, ことに算術が得意, ことに節会は男, ことに築地の異人館ホテル, ことに簡素でないこと, ことに米友のはその, ことに米国の輿論, ことに精出して学んだ, ことに精撰して, ことに精神を粉飾, ことに精神的方面に関した, ことに糸米あたりの山, ことに紙幣を与え, ことに紙片に見える, ことに紛失物などには妙, ことに素性と内情, ことに素晴らしい出来栄えだ, ことに細い石橋を, ことに細かな雨, ことに細小路一帯には丹波, ことに細民街の特徴, ことに終わりの方, ことに終日比例の法式, ことに結句の, ことに結婚前よりも結婚後, ことに結婚生活に必ず, ことに絵描きは善人, ことに絵画的場面をひと一倍, ことに維新の際, ことに維新後平民たるの権利, ことに綺麗な娘, ことに綾之助の若, ことに綾子の己, ことに綿屋で売っ, ことに緑平老のそれ, ことに編輯長のとぼけた, ことに總領の勇太郎坊ちやん, ことにくしい, ことに美女の容姿, ことに美少年の上原, ことに美濃にゆかり, ことに美禰子が団扇, ことに美術品をたくさん, ことに美術室はよく, ことに美貌な女, ことに美麗な透明, ことに群参の軍士鎌倉, ことに義侠心と同情心, ことに義髄は一日, ことに羽柴家の支配人近藤老人, ことに羽柴従四位の参議秀吉, ことに先生に対して, ことに老いたる父の, ことに老人が酩酊, ことに老人たちははつきり, ことに老年になる, ことに老木などの覆い繁った, ことに老父の怒った, ことに考えを文字, ことに耶蘇教の神, ことに聖人はその, ことに聞えたる旧家なり, ことに職業的品位などについて高い, ことに肉体の交わり, ことに肉体的のそれ, ことに肝腎のお, ことに股引が, ことに肢体の溌剌さ, ことにつたお方, ことに肥えたと言いやせた, ことに肥ったお方や, ことに肩つきや身, ことに肩胛骨のあたり, ことにの内容物, ことに胆吹の薬草, ことにの低い, ことに背中を寒く, ことに胡摩の蠅, ことにく動く, ことに能登守と同じく, ことに能面の時代, ことに脅迫状を受け取, ことに脆い変化を, ことにがおしつけられ, ことに腕前の凄い, ことに腕力で負けた, ことにのあたり, ことに腸管は一見, ことにが立っ, ことに惚らしい, ことに自作が発売禁止処分, ことに自動車のド, ことに自己の快楽, ことに自己一流の家庭交響曲, ことに自滅の一着, ことに自然主義以後の日本, ことに自然薯が旨, ことに自由の哥薩克, ことに自由奔放にペン, ことに自身皮剥業に従事, ことに臺地の端, ことに興味をもっ, ことにがよく, ことに航空母艦が二隻, ことにに廻る, ことにに乗込ん, ことに船乗りにはなん, ことに船山馨の場合, ことに船岡どのはな, ことに艦内の衛生, ことに良人でもああ, ことに良沢の前, ことに良致男爵へ武子姫, ことに良雄は東京, ことにの白い, ことに色ガラスの色感, ことに色彩の解釈, ことに色沢がよほどよく, ことに芋蔓の絡ん, ことに芝居狂氣が大, ことに芝居道の大, ことに芝浦高輪あたりは大, ことに芦峅から案内, ことにむこさん, ことに芸術史的様式の変遷, ことに芸術家で己, ことに芹沢近藤土方ら新徴組, ことに樣は, ことに若君樣の思召, ことに若年の頃, ことに苦々しきは只今裁判進行中, ことに苦しさも, ことに英国では事情, ことに英文に親しまない, ことに英米アングロサクソン系の作家, ことに英蘭は現在, ことに茂太郎を執心, ことに茂庭周防とは仲, ことにの木, ことに茶番の屋台の, ことに草深い田舎に, ことに草餅は, ことに荒畑君の興奮, ことに荷物の運搬, ことに菊次郎は小用, ことに華楊の場合, ことに華美なるを, ことに落葉はうつくしい, ことに葉巻きは大, ことに著しく漸層的, ことにのお, ことに蒼白く映った, ことに蓉子の身体, ことに蓮月尼の陶器, ことに蔵前の亀安, ことに蕭々とけぶる, ことにあかるくみえる, ことに薄暗い室では, ことに薄曇りのした, ことに薩摩がいけない, ことに薬師崇拝観音崇拝のごとき, ことに藝者衆のもの, ことに藤六はあの, ことに藤原氏が専横, ことに藤原清衡の如き, ことに虚栄的な怠惰, ことに蛇使いの婆さん, ことに蛾次郎は一, ことに蜀葵すべりひゆ, ことに蜀軍の上, ことに蜂須賀家には仇, ことに蟹江は肩, ことに蟾蜍には和名抄, ことに血なまぐさい戦場に, ことに血気一図な若, ことに血筋のつながる, ことに血色がよく, ことに行成を品隲, ことに行李を括る, ことに衝動的な親切, ことに衣裳に至つて, ことにの窮措大珍野苦沙弥氏, ことに表現の自由奔放, ことにへてあの, ことに袁紹の遺子, ことに征服者中の, ことにの入口, ことにの娘, ことに裸馬を駆る, ことに西の方, ことに西山先生もさっき, ことに西瓜は父, ことに西行の, ことに西陽を受け, ことに覆面した武家姿, ことに見ごとな老木, ことに見られたものでない, ことに見失った兵隊が, ことに見張りに働い, ことに親しい久米八と, ことに親しくして, ことに親子の愛, ことに親密であったよしを, ことに親族法相続法および奴隷法, ことに観客が自ら, ことに解決を望む, ことに穢禁忌の, ことに触れて御, ことに言うに忍び, ことに言っておかなけれ, ことに言葉がわからない, ことに訊問において必要, ことに訓育と呼ばれる, ことに記帳場の手前, ことに記憶力を回復, ことに許されていません, ことに許し得なかったことには, ことに評判がいい, ことに話しの移れ, ことに語り物が哀婉, ことに読書という点, ことに論外と思われる, ことに諸君の明晰, ことににも, ことに講師陣の編成, ことに謡曲が好き, ことに謹厳な新教, ことに警部はさすが, ことに議論好きで声, ことに譲吉の頭, ことに谷向うの傾斜畑, ことに豊臣家の者, ことに豪快倨傲の破壊神邪魔, ことに豹吉は昂然, ことに貧しい不幸なのろわれた, ことに貧乏人は寄せ付けなかつた, ことに貨物船においては乗客, ことに貯水池についての利害, ことに貴族的な儀式, ことに貴様はちかごろ, ことに賀茂神社にはこの, ことに資本主義の発達, ことにしむべき下劣, ことに赤くちらほらちらほらと, ことに赤みの勝った, ことに赤シャツに至っ, ことに赤城山の周囲, ことに赤木医師は性格, ことに走るとそれ, ことに起こさしたものは, ことに起因するかも, ことに起訴状は被告, ことに越中褌一つでその, ことに越前勢は目, ことに越後の山奥, ことに越後屋の御新造, ことにが深かっ, ことに趣味低き旅館経営者, ことにの傍, ことに踊ってる男女に, ことに踏む足の, ことにに覚え, ことに身ごもる姫が, ことに身分が賤, ことに軍中なれば, ことに軍事または外交, ことに文学は, ことに辰弥を得たる, ことに農家をめぐる, ことに農村の主婦, ことに農科の教授, ことに辺鄙な村, ことに迅速にし, ことに近くここにご, ことに近ごろでは彼, ことに近ごろ下手の横好き, ことに近ごろ姓名判断など盛ん, ことに近世に至っ, ことに近世鎖国攘夷の思想, ことに近代小説の思想性, ことに近代東京においてもかなり, ことに近年私は彼, ことに近眼の青木, ことに迫って感じ, ことに迷信のうち, ことに迷子というもの, ことに途方もない, ことに造船だの新式兵器, ことに連合軍の将校, ことに連山がよく, ことに遅い仕事の, ことに運命を直視, ことに運平老と徹太郎, ことに運転し始めたばかりの, ことに過去二年九カ月にわたって何とか, ことに過日の鶯, ことに道徳的な世界, ことに達人高士のお, ことに遠い対岸の, ことに遠からず, ことに遠眼鏡という視力, ことに遠野分より栗橋分, ことに適しているだろう, ことに適当して, ことに選りすぐって行なわれる, ことに選んで一番, ことに遺子おのおのに付い, ことに遺憾なの, ことに邪魔になった, ことに郊外は泥濘膝, ことに都々逸を吹く, ことに都合のよい, ことに都市において労賃, ことに酒宴の席, ことに酔うとあぶない, ことに酔っ払うとだ, ことに醒ヶ井側はこのごろヒレ, ことに釈迦は大腿, ことに里近くの山々, ことに重々しい日だった, ことに重んずべきは懐奘, ことに重力に関する新しい, ことに重大だと, ことに重要性を帯び, ことにの蘭, ことに野菜づくしはありがたい, ことに金堂日記によれ, ことに金子だけなら, ことに金峯の山, ことに金持ちの女, ことに金星のこと, ことに金鉱などから納める, ことにを使う, ことに釧路時代の石川, ことに鈴木先生を慕っ, ことに鉱毒被害地では輿論, ことに銀細工がいい, ことに銭金についてあんまり, ことにどき感, ことに鋳掛屋の女房, ことに錦布れの, ことにと, ことに鍛冶の家, ことにの前, ことに長崎屋は身上, ことに長州とは蛤門, ことに長時間同席しハステラー, ことに長篇の詩, ことに長編銭形には火事, ことに長老制度に対する反対者, ことに長良川博士にはけが, ことに閉伊二郡の村, ことに開けると爬虫たち, ことに関ヶ原以後の彼, ことに関係のない, ことになどはできぬ, ことに闇市場の汚な, ことに防空問題についての理解, ことに防空壕の土手, ことに母は, ことに陛下のご, ことにの御, ことに院政の初期, ことに陰性にし, ことにと蔡, ことに陸海軍民間運漕関係の有力者, ことに険悪な一夜, ことに隆夫はむずかしい, ことに隊長の男, ことに階子段の下, ことに階段から転落, ことに階級思想の盛ん, ことに際だってあらわれる, ことに形自在に, ことに隠されぬ御人品, ことに隠れ鬼や目くら鬼, ことに隠密というもの, ことに隣家にいた, ことに雅世の子, ことに雑誌なんかの上, ことに離水した瞬間, ことに雪崩れなどで押出, ことに雪嶺の屹然, ことにがこう, ことに電気に関する実験的研究, ことに電線が邪魔, ことに電送する言葉, ことに震災以後は時には, ことに霊的教会の復興, ことにに打たれ, ことに霜月は秋, ことに露店も道, ことに露西亜なんかは世界中, ことに青い輝きを, ことに青味を帯びた, ことに青少年の如き, ことに青年たちの言動, ことに青年時代いまだまったく心, ことに青木堂で茶, ことに青白く見える顔つき, ことに青磁色をした, ことに人間的であり, ことに面白く思えたの, ことに面相の自由自在, ことに韓当はいまいまし, ことに音楽の一音符, ことに音楽家連中は待つ, ことに音波の刻まれた, ことに須永の姉, ことに頓着を持たぬ, ことに頭脳の清澄, ことにのあたり, ことに頻繁にかんがえ出し, ことに頼まれて人, ことに顔そりは嫌い, ことに顔刻は不安そう, ことに顔面に大きな, ことにの力, ことに風候の最も, ことに風光はいたる, ことに飛行島の方, ことに飛行隊の活動, ことに飜譯などで讀む, ことにを乞う, ことに食物の材料, ことに食糧を地方, ことに飯米欲しさ, ことに飾り牛の行列, ことに養子の身分, ことに餓えたるものにとっては, ことに饒舌になり, ことに首都が雲南省, ことにの木彫, ことに馬場下の小料理屋, ことに馬籠のよう, ことに馬超のほう, ことに馬車に至っ, ことに馴染客でもよほど, ことに駒井などは船長, ことに騒々しかった, ことに騒ぎたてて, ことに驚いたものは, ことに驚くべき説得力の, ことにが一本, ことに骨牌ではその, ことに高坂や長野, ことに高尚な技術, ことに高山でつかまっ, ことに高度二万三千メートル以上となれ, ことに高社山の卓, ことに高角砲分隊の技術, ことに高谷君と細井君, ことに鬼三太の方, ことに鬼婆が妊婦, ことに魔よけに用, ことになどを売りあるく, ことに魚族のやう, ことに魚類の解剖, ことに鮎子さんのごとき, ことにかな幼時, ことに鮮明で美しく, ことに鯉坂君のごとき, ことにほど子, ことに鱒科の魚, ことに鳥沢の粂, ことに鳥越の先生, ことに鴟尾の一つ, ことに麻薬関係は特に, ことに黒い液体が, ことに黒ずんだ分厚な, ことに黒人の教育, ことに黒船の渡っ, ことに鼻立ちが極めて, ことに鼻血のくだり, ことに齋藤茂吉氏宛の數通