青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ける~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぐるぐる~ ぐるり~ けさ~ けた~ けだし~ ~けっして けっして~ ~けり けり~ ~ける
ける~
~けれ けれ~ けれど~ けれども~ ~げ げ~ げに~ げん~ ~こ こ~

「ける~」 4504, 45ppm, 2588位

▼ ける~ (533, 11.8%)

5 依て, 長庵 4 お菊 3 これを, 不思議や, 半四郎は, 友達の, 大岡殿然, 彼も, 然ら

2 [36件] お政, きのふの, さても, しばらくと, その人, や, 三吉は, 三郎兵衞は, 亭主も, 人民等玉の, 今日は, 何の, 傳吉は, 元より, 利兵衞は, 吉之助は, 哥妓どもは, 商人農夫に, 大勢の, 大岡殿又, 宗全は, 小兵衞は, 彼の, 後藤も, 或る, 是は, 晴ざりけれ, 此ものは, 涙そ, 源八は, 皆, 花柳に, 車中片岡直温氏が, 途中にと, 頓て, 鶴が

1 [426件] あさましき香, あへ, あらず人, あらねど, ある日看守, あわれ眉目艶麗, いざくつろぎ, いたるや, いちばんい, いでや, いときよき, いと美し, いみじく暑, いやさ其方は, いよ, おそろしやと, お兼, お常, お常忠八等, お怒り, お梅, お登和, お花, かく汝ら, かの友愛, きく長三郎, この御, この猫, さきく, さては彼, さは, さらばその, さらばとて, しては, しても, しんむしやうの, しんむしょうの曲という, すべて物なし, するめ盡, その効, その在家, その夜, その画, その走る, そは, そりおとす髪の毛糸, それをも, そ初, たじ, たちまち人, つきて, つけて, つぶさにその, なべての, はる, ばらばらと, ほどなく皆, まだおとづれず, もたせやりたる, もと宿り, やがて身, ようように, よき見物もの, よみ侍りける, ウンと, コレ爺殿貴殿が, ソロモンこれが, 一人の, 一人を, 一向に覺, 一年余りも, 一日室内点検の, 一時間許り, 一羽の, 七右衞門在宿に, 三人連にて, 三吉其事も, 三條通りに, 三郎兵衞大いに, 上人出合い, 下男の, 下谷廣小路に, 不審を, 不幸に, 不思議なる, 両親ともに, 両親の, 中には, 中途に, 主人これを, 主人の, 主個, 主個夫婦, 主税之, 久しう, 九助は, 事実の, 二三年以前相果娘お節は, 五兵衞は, 亭主は, 亭主答へて, 人々旦那の, 仁左衞門は, 今迄, 付間口三間半の, 伊奈半左衞門殿の, 伊豆守殿斯と, 伊賀亮熟, 伝三もとより, 似た, 似たり, 似たりと, 似て, 佐五郎思ふ, 何分見, 何等の, 何者とも, 俄に, 偖も, 備さに, 傳吉聞て, 僅に, 兄は, 先の, 先達て御, 兒等いたく, 入りに, 全流, 兩人とも, 兩人は, 兩人も, 兩人ハツと, 兩人再び, 兩親は, 八五郎は, 六右衞門は, 其国主の, 其妻と, 其度, 其時檢使は, 其知音と, 具合が, 内々にて, 内記殿見られ, 利兵衞の, 利兵衞是を, 則ち, 前に, 前夜の, 助十, 勿, 十三ヶ村有れ, 十二月廿七日夜御, 十分で, 十分な, 半里, 原田は, 又居間, 又隣, 及びて, 友次郎も, 可睡, 各, 合祀を, 吉兵衞は, 吉兵衞心に, 吉原の, 同じく跡, 名主も, 否, 商主一人少し, 四郎右衞門今は, 回向院の, 因って, 因つて領分構ひとなり, 因て, 因ると, 困ったよ, 坐中, 城富は, 堪えうるだけの, 堪へうるだけで, 夏子と, 夜に, 大い, 大なる, 大勢馳來り, 大原は, 大岡殿は, 大岡殿其儀は, 大岡殿其方とも, 大岡殿出座有て, 大岡殿午後未, 大岡殿呵々と, 大岡殿如何に, 大岡殿是を, 大岡殿而又其方は, 大岡殿附添の, 大岡越前守殿役宅へ, 大膳答て, 天下の, 天皇その, 天神は, 太子仁慈厚く, 太子昨日は, 夫ぞと, 夫れ, 夫婦の, 奧田殿扨, 女此歌, 好都合な, 始めて安堵, 宮は, 家中の, 家主巳之助差添て, 容貌も, 對し, 小山の, 小野田は, 少しか, 少しは, 山の神なりと, 山下の, 山内笑ひ, 市場に, 師は, 常々化物ある, 平兵衞, 年頃廿二三歳身, 幸ひ, 幸手宿其外の, 庄三郎は, 庄三郎是非なく, 庄右衞門は, 店の, 座中の, 庭の, 引續い, 彌, 当地まで, 役僧は, 彼は, 彼女の, 彼女は, 彼男は, 從つて消え去つ, 從つて牡蠣の, 從つて筋肉の, 御上にも, 御意の, 心づきて, 忍びなかっ, 忠八は, 忽ち縁談整, 思ふより, 惡き, 感心せり, 感應院は, 感應院其方飮なら, 成程, 或日庄三郎, 或日朝まだき, 或時旅人, 或時神田紺屋町, 所司代よりは, 手炉の, 扨は, 扨物淋しき, 拔手を, 挙措進退の, 文藏は, 新しき不動尊仏, 日を, 日數立に, 早々役人來, 早同役, 早文藏, 早警官等, 早速能, 昂然として, 明日の, 暫時有て, 曲者は, 更に思い寄らぬ, 最上手, 月の, 本町の, 枝葉の, 楯は, 橋姫の, 檢使の, 權兵衞は, 次右衞門三五郎, 正面に, 此は, 此ひ, 此事件は, 此所は, 此文藏の, 此方の, 此時戸村次, 此祐然素より, 此者下馬先にて, 此親心ある, 此質屋此邊にての, 此間信長陣替, 武士は, 死人の, 段右衞門も, 母の, 氏は, 水主等は, 池の, 洛中づくしを, 流石不敵, 浪士泉岳寺へ, 清右衞門一圓取用ひ, 渠が, 漁夫は, 炭竃なりと, 燕王の, 爰の, 爲て, 父母も, 爾来両人, 猫また, 猫果し, 猫果して, 理由は, 甚左衞門仰, 甚左衞門彼の, 甚左衞門病氣は, 生得美音の, 用右衞門は, 用役の, 男は, 男を, 番頭其事を, 當番の, 疾く送りこされぬ, 痛みや, 白河の, 直樣差紙, 相かわらず, 相違なかろ, 真白なる, 知ずと, 知れる一遍, 知音の, 礫口河の, 神田三河町二丁目にて, 私しは, 程なく忍び, 程なく榊原遠江守領分越後國頸城郡寶田村百姓傳吉一件, 稲垣は, 紅葉の, 素より葉石, 続々四方, 網の, 線路の, 總毛を, 羹の, 翁は, 老僧これ, 老女は, 聞入れざれば, 腰に, 自から, 至らず単に, 與八は, 良あ, 良あり, 良人と, 良勝白米もて, 若き夫婦, 若ば, 若者の, 若返濟, 茶を, 菅原昌人君より, 行燈の, 衾は, 見世には, 親は, 親三藏は, 親十兵衞が, 讀書とも, 豫て, 賽児また, 越前守殿成程, 越前殿然, 跡より, 踵いで起てる, 辛うじてよみがえりし, 辛うじて拔, 這は, 通仙を, 郡奉行へ, 郷右衞門聲を, 都に, 醫師は, 重四郎聲, 金毘羅の, 釣るべきところ, 錢六文を, 鎭臺不, 長三郎は, 長二十丈, 長八も, 長兵衞, 長助は, 長庵三次, 長庵否, 長老が, 間もなく兩人御館, 隈なき, 随逐し, 隣室に, 非人共は, 願ひ, 風呂者を, 飯う, 首は, 鰐淵の, 黄金丸も, 鼠の

▼ ける~ (363, 8.1%)

5 それより 3 今は, 夜もすがら枕近く

2 [16件] あゝ御袋, お浪暁天, それも, われ, 上人これを, 其中に, 如し, 如才なき, 尾張屋は, 彼の, 後に, 或時, 是非なく, 此の, 真個天真なる, 聞くとも

1 [320件] ああ御袋, あじかの, あまりに呼び立つる, あまりに心, いいじゃ, いかで人みな, いずれも, いたくあやまり, いづれも, いまだ一つ, いまやすなわち, いよ, いよいよ塔, お富, お常, かの家, かの橋, きのふ三国より, ここに, ここにて, ここをば, こっちが, このごろうら若き, この刹那, この女性, この辺り, これが, これより, こ回は, ごとき紅, ごとくに, ごとく急ぎ, ごとく憎むが, ごとく梓, ごとし, さてその, さまで, しかるに二, すぐに, すな, その中西道, その児, その実, その折, その生贄, その癒, その粹, その近辺, その音, そは, それが, それに, たちまちたま, たちまち御前, たまたま十八日, ために, つかつかと, つく, なおこの, なかに, のぶとき声, はたせるかな, はやいか, はろ, ふと思い, ほどなく帰り, またなき, また一目, また寄つて, もとより亂世, やうや, やがてこなた, やがて大き, やがて息, やがて木, やがて潮, やがて黒衣, ややその, ゆふまけ, ゆゑに, よい, わが家より, 一人の, 一人も, 一夜の, 一夜月の, 一日太祖太子に, 一日罠を, 丈も, 三とせに, 三四日の, 三日も, 上に, 下女に, 下座敷, 不図, 世間に, 両寺一度, 主人五兵衞始め此所へ, 二本松郡山の, 五六年も, 五分を, 人々に, 人しらぬ, 今その, 今來, 今外, 今夜は, 今夜も, 今度織田徳川矛盾に, 今日が, 今日長八夫婦, 今朝見れ, 今泰助等, 仏天の, 仕合に, 伊勢屋五兵衞も, 佐殿を, 何これしきの, 何の, 何様人の, 俳想乏しく, 偖翌日より, 僅に, 元より, 元來正直, 兄上, 先づ戸の, 先生は, 兎角に, 其働き, 其夜嘉傳次は, 其日の, 内に, 再び大刀, 再び返る, 再び青梅驛, 冑を, 別に歓喜, 別に相対, 刹那が, 剩さへ, 力無げに, 加賀屋四郎右衞門は, 十口坊曰く, 卒爾に, 南無妙, 又隣座敷, 取りわけて, 口々に, 句読点を, 只, 吉三郎は, 同じく杉並木, 否, 吹入る, 和吉は, 因果は, 城富の, 境驛に, 夏の, 外に, 多かりしか, 夜光命も, 夫より, 夫を, 夫婦相思の, 奚んぞ, 女中には, 好い, 好いや, 如き笑み, 如き聲, 如く一人, 如く流れて, 如く見えたる, 如く追いかけて, 如何なる過去, 妖怪は, 妾は, 娘お, 嫁の, 孃とは, 家に, 容貌人に, 寶澤の, 小熊を, 山上近く, 山内は, 屹と, 屹度天一坊の, 屹度思案する, 岩をも, 川崎手前にて, 帰朝の, 平生喜八の, 年月経, 当人ほどに, 役人傍へも, 彼女も, 彼橋を, 彼澤の, 後々は, 後にその, 御儉約, 御者車を, 心地好げ, 心着い, 心進まざらん, 忽ち空艪, 思いかねてや, 思はしき獲物, 思はず此物, 思ひ切りて, 急度工夫, 想ふ, 愁ひ, 慈善心に, 或時喜内, 或時給金三兩, 扨其翌日と, 扨此所の, 折に, 折ふしの, 教育あり, 數度の, 文右衞門拔身を, 新道の, 早くも, 早夜, 星を, 是に, 是ハ極内, 時々, 時々掛蒲團, 時しも, 暫くは, 更に再, 期したるほどの, 末なり, 本来農を, 机の, 桃, 樹の, 次第に病氣差重り種々養生手, 此主人は, 此人より, 此傳吉は, 此利兵衞は, 此喜八素より, 此寶澤は, 此後富右衞門の, 此捨子を, 此節江戸見物に, 此粂之, 歸り, 歸邸その, 殊に久高島, 母の, 水泳を, 江戸兒氣の, 流石に, 深々と, 漸, 濟ぬ, 然とて, 焼場の, 爲に, 父の, 片へに, 物など, 甚樣私し, 百兩といふ, 皆効無, 盗し, 目の, 目を, 砂山の, 稍片付て, 竜二郎は, 箒木は, 約二週間, 終夜寢も, 続いて, 縁の, 翌日の, 翌日長庵, 肥前屋小兵衞は, 胸すく, 舌打鳴らし, 船の, 良あ, 若し私, 若君御覧じ, 葛誠ひそかに, 蜀山人の, 表の, 見ゆる竹, 見る間, 見返り, 親分は, 訝かしげなる面貌, 誠に越前守殿, 誰が, 身まかりければ, 追愛, 通りが, 連の, 遂に櫓, 過まてる, 酔心地の, 鎌倉勢に, 長三郎は, 長八は, 雨霽れ, 雪の, 頓て, 鬢の, 鬮の, 鷲峰山に

▼ ける~ (218, 4.8%)

5 なり, なん 3 道は 2 いつた風, なむ, ぶらひに, 土蔵に, 坊主の, 家中の, 承り候, 犬は

1 [189件] あそこへ, あったもの, あとは, ありがたいです, あるが, いい気もち, いうよりも, いって, いふわけ, うんにゃ, おぼしくて, お時, お見舞申す, かや, かや然, かや申也, かれは, こいつどこまで, さわ, しの, しやう, しようか, しようぞ, すぐに, すぐ側, そいつが, そのかげ, そのまま袖, その風, ぞくぞくと, ちよいと, なほも, なり右相談, なり斯, なると, なん斯て, なん此事を, ふかしはじめた, ふざけて, ぷいと帰りたくなっ, ほかの, まずネオン横丁, また一つ弓なり, もう彼, もう石狩, やがてずるずるした, やや打ち開けた, ゆっくりと, ガラッ八, ジロリと, スパスパと, トントンと, バラや, ボクたち救われる, ボーッと, ポーッと, メシチャンスカヤ街へ, 一度か, 一歩々々眼界, 万兵衛親爺奴, 三島樣の, 上野の, 不淨門, 中川や, 也, 二た, 云います, 云うこと, 云うよう, 云う事, 云う償, 云う歌, 云う自, 云ふ, 仁吉は, 今より, 今度は, 他の, 代官山の, 何かしら鈍い, 傍へ, 共に振り返っ, 共有の, 其途端に, 再び其處, 冷酷な, 出づ, 十勝原野の, 可也廣, 叱りつけたが, 右門の, 同じ事, 同時にそれ, 同時に万歳, 同時に引き返し, 同時に磯, 同時に自身, 同時に饗応, 向うから, 回向の, 土煙り, 女の, 女を, 客の, 室内は, 宮殿の, 家族を, 寢臺の, 小池は, 屋敷でも, 山でした, 巨大な, 幾里四方もの, 廣い, 廣小路の, 当ても, 当座は, 彼は, 彼女の, 彼等は, 心配さうに店へ, 忽ちに私, 思う, 思うん, 思つたから, 思はれるかも, 思ふて, 思ふにも, 思案深い, 或書, 放りだすから, 机の, 歩調を, 死んで, 氣拙い, 湖の, 煙りが, 燭台ぐるみ手に, 牧野本山日出鹽等の, 畑い, 病人の, 直ぐに六畳, 直ぐに海, 直ぐ木挽橋, 眞晝の, 眞直に, 眼は, 石垣も, 私の, 空腹も, 突然に, 継母だ, 群衆を, 考えられた部分, 考えるから, 考へた, 聞けど, 肩の, 胴体に, 膝の, 自分の, 自分も, 自転車に, 舟遊山を, 舵手の, 草原崩越を, 萬兵衞親爺奴突い, 薬も, 裏は, 見え歸, 覚く, 覺悟し, 言うの, 言ってな, 言つたのだ, 言ふ, 記しを, 謂ひ, 豁然として, 豊は, 豫て, 路地を, 踵を, 遠くで, 門は, 闇いは, 霧の, 食物が, 首を

▼ ける~ (187, 4.2%)

30 です 22 でした 14 である 125 では, でも 3 だが, だと 2 だつた, であるが, であろう, は全く, は厭, は朝飯前, は無理, を感じた

1 [77件] かきく, か分らない, か彼, がある, がちっと, がてく, がをかしい, がオレ, が俺, が厭, が困難, が大嫌い, が影, が彼女, が憎く毒々しい, が普通, が此上, が渡世, が突, さえ忘れ, じゃが, だった, だね, だらう徳利, だバルフォール, であった, でありますから, でございます, ですから, ですその, でなくて, と卯八, と同じ, に役立った, に急, に馴れ, はちつ, はまつたく, は不徳義, は二十五六, は今, は何となく, は倉松, は士, は大した, は嬉し, は容易, は彼, は憂い, は本来, は此脅迫, は男子, は非常, もお里, もそれら, ももどかし, も嬉しい, も懶い, も是非, も無理, も知らず, も知らないでゐた, よ, をすつかり忘れ, をやめ, を京野等志, を住ん, を危険, を待ち, を待っ, を怒る, を慣ひと, を無理やり, を聞い, を見, ん不良, 後今日の

▼ けるよう~ (182, 4.0%)

16 にし 9 になった, に云った 7 な声, に 6 なもの 5 になっ 4 なこと 3 になる, に笑った, に言った 2 な笑い声, にいった, にこう, になり, に成っ

1 [100件] であり, ですがね, では, なあの, なそんな, なところ, なむしろ, ならば, な事, な事実, な人, な努力, な反響, な口ぶり, な口調, な喉, な声音, な大, な小さい, な微笑, な心地, な心持, な心持ち, な批評, な気, な癖, な直射, な笑, な笑い方, な笑い顔, な翳り, な自分自身, な薄笑い, な言葉, な語気, な調子, な青空, な音, な顔, な高い, な黄色, にお, にした, にしたっ, にしゃくっ, にする, にすれ, にその, にただ, につけてる, につぶやいた, にと与えた, にと云いつけた, になったら, になつ, にほほ, に一ぱい, に二つ, に云い出した, に冷笑, に前, に動かし, に叫び出した, に叫んだ, に太刀川, に女, に帰っ, に思った, に思われ, に感じられた, に我, に扉, に抑え, に振向く, に歩い, に海上, に牛骨, に男, に眺めた, に眼, に突っ, に笑い出した, に笑っ, に答えた, に粘, に聞えた, に聴, に若い, に落ち出す, に衝き放された, に言う, に起った, に足, に逃げられ, に造られ, に逢え, に響い, に頷いた, に高く, やったら此

▼ けること~ (157, 3.5%)

5 が出 4 の出来る 3 ができなかった, が出来る, はできない, は出

2 [17件] がある, ができなかつた, がない, が出来た, であらう, であり平生, でも, なしに, にし, になつ, になつて, にもなる, は好き, まで禁じました, もある, も出, も忘れ

1 [102件] ありけり, あるが, いかばかりぞや, かなそれ, が, があっ, がおおかた, ができた, ができない, ができねえ, ができるでしょう, がなかなか, がより, が出来ない, が出来なかった, が出来なかつた, が出来なくなった, が出来ぬ, が出来よう, が大, が少く, が往々, が得意, が必要, が流行, が肝心, さえよう, だ, だらう, であった, であつ, であります, である, でございました本来, となる, と私, なき労働者金属女工, なくし, にかんさん, にか世の中, にしなけれ, になっ, になった, にならない, になり, になりまする, には児女, に外, に成功, に斉, に於, に致します, のできない, のない, のなか, の出来ない, の出来なく, の多く, の必要, の故, の罪悪, はあるだろう, はしなかつた, はできますまい, は一つ, は云っ, は人, は人間業, は全く, は出来ず, は出来なかった, は出来ぬ, は多く, は如何, は必ずしも, は無用, は甚だ, は絶対, は許されない, は諦め, は躾, もいま, もございました, もしない, も出来た, も出来ない, も出来ません, も出来る, も少く, を, をせずし, をはじめました, をはばかる, をやめ, を企てなけれ, を忘れ, を思い, を思ひ, を悲しむ傾がある, を欲しなかった, を遠慮, 侍りき

▼ ける~ (150, 3.3%)

5 見て 3 後には 2 今日の, 地火ある, 學校にての, 畏けれど, 見る, 見れば

1 [130件] ありがたきひじ, いざさらば, いたくさいなみ, いまは, お光, お梅, お粂, お菊, かかる不徳不義, かの醉, さと, そのままに, その家, たばかりとりて, たゆたふ, なつかしく思ひい, はかなきは, ひと日母が, むつかしがり, り少, ランスロットと, 一と, 三五郎は, 三吉然, 三吉額を, 上策と, 下女は, 主個, 主税之, 二の, 伊豆の, 俄かに, 偖は, 兄九郎右衞門聞込流石憫然に, 先刻より, 兩人は, 八蔵朧気に, 其のま, 再び彼, 利兵衞少し, 劣らじと, 十一月十一日折から, 十月に, 卒さらば, 参詣の, 又七, 叔母は, 吾助は, 呼び寄せて, 喜八熟と, 四五箇づつ並べ, 夜更けぬ, 大岡殿聞れ, 大岡殿見られ, 天神大きに, 夫は, 妻の, 妻は, 嫉み給, 学校にての, 安間平, 実の, 家主勘兵衞恐れながら, 實衡, 尊は, 小便には, 小兵衞今は, 小猿, 尽瘁し, 帰りて, 平吉夫にては, 平左衞門, 弗と, 弟六郎と, 当時彼なほ十五歳ながら, 彦兵衞大いに, 役人は, 彼の, 彼男は, 得三に, 得堪へず, 心なき, 忠兵衞は, 慎しまずして, 我が一日, 或時粂之進茶, 救わず, 文藏の, 斉泰請い, 權三助十は, 此の, 此辺にては, 段右衞門は, 段右衞門是は, 汲みほせども, 沖には, 漸くに, 猶種々詫言, 現在の, 甚之助かぎりなく, 生藥, 疎略あらせじ, 盜み, 直ちに引, 看守の, 知らせ給, 空海上人入唐の, 粂之進首を, 聞て, 聞伊兵衞は, 聞忠兵衞は, 膝の, 花一ツ採りて, 茲にも, 見てかの, 見給, 詠ませたま, 認めたりと, 諸士, 越前守殿聞れ, 軽く肩, 辛くも忍び, 郡の, 長八は, 長兵衞種々と, 露の, 音門きき, 須田町の, 駕籠舁どもは, 驚かぬこそ

▼ ける~ (118, 2.6%)

2 カンナビ山の, 今より, 其方の

1 [112件] いと易い, ここには, この娘, さてさて目, た, みなみな, むかふへ, や, わが身かつて, カパーネオよ, チヤッコよ, 一日に, 一昨年の, 上士虎を, 不運と, 世にわが身, 主たる爾, 予は, 人の, 人家の, 今天一, 今日伊豆守當御役宅へ, 今日拙, 他国の, 何事にや, 先達て大坂表より, 全く此, 其の實, 其方は, 其方共家の, 友よ, 右府将軍すでに, 各々の, 各々方も, 否汝自ら汝, 和歌山の, 四つばかりに, 地と, 大膽不敵, 天の, 天一坊家來に, 天命の, 奉公人の, 女房に, 如何にも不敵, 如何に和殿, 嫁は, 定めて, 寝ねよ, 師匠感應院の, 当山は, 彼の, 彼三吉事とても, 徃時桃太, 御意に, 御町内, 徳川と, 怖ろ, 思えばけ, 思へば, 慥に, 憑司其方共訴への, 成程, 我々斯三人打連立ては, 我なる, 我將軍の, 我種々と, 我等が, 我等律法にて, 扨, 抑, 拙者は, 明朝早々, 明治十八年の, 是は, 是名主甚兵衞其外の, 景清見参疲れたり, 某し, 此の, 此人の, 此山に, 此度天一坊樣御身分調の, 此度天一坊殿關東下向に, 此度藤が, 此訴訟の, 殊勝成, 殷の, 汝は, 無慈悲なりける, 然云御前, 父よ, 玄象という, 町奉行大岡越前守公用人平石次右衞門と, 當將軍樣には, 病中にて, 皆此方の, 盈たんと, 神と, 私し, 私共, 老中方始め諸, 舊冬九助が, 藤五郎藤三郎の, 越前先日以來病氣に, 越前斯夜中をも, 越前衆の, 過など, 道理也, 面々明日の, 願ひ, 馬場和泉守こと槍垣の, 黯める

▼ けるやう~ (118, 2.6%)

9 にし 6 なこと 4 に藤原 3 になつ, に言 2 なもの, な大, な調子, に, にも思はれた, に笑, に言つて

1 [79件] だと, で, であつ, なといふ, なところ, な何等, な冷めたい笑, な努力, な四十男, な場合, な大変, な大雨, な心持, な思ひを, な性, な恰好, な悧巧者, な文句, な氣, な炎天, な無慙, な目付き, な真似, な眼, な笑, な美女, な聲, な良い, な芸当, な騷ぎ, にあくせく, にお, にします, にする, にた, についてゐた, にな, になり, になりたい, になりました, になる, にイブセン, にトン, にバタバタ, にプイ, に仕掛け, に傲岸, に出, に又, に少し, に尾, に左, に平手, に平次, に感ずる, に拔, に男, に目送, に目黒, に私, に突然, に窮屈, に置いた, に美しい, に聳え, に見える, に覚え, に覺, に訊ねます, に訊ねる, に語り, に賢く, に身, に逃げられ, に高く, の心, は, はお, やく約束通り澄太君

▼ けるもの~ (67, 1.5%)

6 では 43 はない, を 2 でも, ならん, の文通, は古今, やら聞かない

1 [41件] があった, がある, が勇往, が在る, が幽霊, さ, だが, だった, だと, であつ, でありますが, である, できや, です, でなく却つて俳優, といふ, として, と云わざる, と同じ, と考, と見え, と覺, にし, にはむしろ, のよう, の有無, の為め, はございません, はすでに, は何, は神, もいなかった, もない, も悉く, をいま, をとお, を水中, を猪名川, を秋, 或は二頭立ち, 故とり

▼ けるにぞ~ (60, 1.3%)

2 お花, 吉兵衞は, 城富は, 家主は

1 [52件] うとむ心, うるさげ, お粂, お通, はっと鏡, 一々口書, 三郎兵衞も, 主税之, 九助は, 五六年の, 今斯く, 偖, 傳吉大いに, 元來臆病者, 其男は, 其親は, 則ち, 半四郎は, 原田は, 友次郎今直に, 友次郎等は, 吉三郎が, 吉之助は, 吉之助承知し, 喜八は, 外記は, 大岡殿なる, 夫婦は, 女房の, 女房は, 婦人は, 富右衞門は, 寺社奉行へ, 尚々遺恨, 庄三郎は, 彌, 徳太郎君をも, 忠八も, 我が奸計, 戸村も, 杢右衞門は, 棄置き, 法師は, 然ば, 然る, 父母は, 矢を, 越前守殿早々, 越前守殿此體を, 越州殿には, 踵を, 馬士は

▼ ける~ (55, 1.2%)

2 後藤は, 頓て

1 [51件] ぶらりと是, 七右衞門は, 三五郎は, 三吉は, 主人自ら立出でし, 九助も, 九郎兵衞も, 今迄は, 仲間に, 例少し, 俄に, 僅の, 其中へ, 其座の, 其次第を, 其與市は, 内外共に, 叔母も, 右の, 名主用右衞門は, 吝嗇無類の, 大いに喜び, 大いに悦び, 大いに打, 大いに驚き先返事, 大岡殿神妙なり, 天晴舊來弟子を, 夫と, 夫なら, 妾も, 平常心安き, 庄三郎甚だ, 店の, 彌, 彼の, 態と, 折々は, 早速右玄柳, 是非なく, 流石公家の, 源八は, 然ば, 番頭の, 皆叶はじと, 直に上, 評議の, 越前守殿兎も, 越前守殿此由を, 遂に死人, 長兵衞も, 靱負は

▼ ける~ (47, 1.0%)

2 が出, が出来る, が絶対, も出

1 [39件] あり, ありけり, があります, がある, が出来たなら, が流行る, じゃ, じゃごわせんぞい, ぞとなま, だつた, っちゃおま, となつ, なり, にこそ, にした, になる, のできた, のできなかった, の体, の出, はいざ, はつらい, はむづかしいとか, は出来ず, は屆けた, は私, もあります, や最も, よな, より何となく, をしなかった, をよし, を忘れ, を拒まぬ, を知り, を講じ聞せ, を躊躇, 極めて捷, 申すばかり

▼ けるため~ (39, 0.9%)

1 [39件] だったに, ではない, にあるべく, にいかり, にいった, につくった, にはあの, には床下, には軍司令官以上, には飯, にも天皇, にゐた, に五月, に何, に作つたの, に兵, に半ば, に帰国, に強力, に彼女, に掘った, に時間, に浜地, に用いる, に甲板, に石, に紙袋, に袂, に費し, に遊び, に金, に間接, に雇われた, に顔, の真赤, の青桐, まず顔, もう一度要, 居残りを

▼ ける~ (31, 0.7%)

1 [31件] お專面, がツたん, ならぬ真夜中, にとりき, に凡て, に天忠, に奉られける, に寶田村, に御徒目付青山三右衞門玄關, に殿, に縫殿頭殿公用人櫻井文左衞門藤八, に船, に裸, に越前守殿如何, に酒井樣, の心地, の面かげ, はイツデモ, は疫病大, は遺された, もみんな, よめる, よろこんで, を思いぬ, を憶, 倒れし一人, 前句, 古き人々, 恐れながら, 果して鈴, 示すとて

▼ ける~ (26, 0.6%)

3 は怪し 2 がある

1 [21件] が往来, と見え, なり, に, に恨み, に知られぬ, の, のもと, の伏見, の弓箭もち日, の打ち解け, の有, は心強し, は紫式部, ばかり多かっ, への返し, よりもゆく, を, を送らね, 大三輪, 来れりと

▼ ける~ (25, 0.6%)

74 だぜ 2 だよ

1 [12件] じゃ, じゃあない, だあ, だし, だつて, だもの, でしょう, です, ですが, ですの, やもん, やよ

▼ けるという~ (22, 0.5%)

3 ことは, ような 2 のは

1 [14件] いや酷い, ことが, ことを, 事まで, 事を, 工合に, 形に, 形式に, 意味において, 手も, 物語あり, 異人だった, 話に, 風だったらしい

▼ けるので~ (22, 0.5%)

7 あつた

1 [15件] おばあさんは, すつかり, せう, それでウム, それに, べつに無理, 宗助は, 少しも, 少し胸, 彼女は, 教師に, 有つた, 知人を, 私は, 自分は

▼ ける~ (21, 0.5%)

5 に依 2 に因

1 [14件] ぞ誠に, にてお, にて平澤村, は傳吉, は只今, は据風呂桶, より前, より大岡殿組下, より彌次六, より後, より歸館, より長兵衞長八, れは, を見

▼ ける~ (19, 0.4%)

1 [19件] にふと, にもとより, に四月廿七日, に平中病付, に心, に有, に武田長生院, に死に, に死にけり, に百五十里, に胸, に越前守殿點頭, に髮, の事, の手際, は心, もなく, 引つ張, 深く入

▼ ける~ (19, 0.4%)

2 がある, があれ, 死なんと

1 [13件] がその, すら皆, とて手習い, なり, なりこれ閨中, なり天道遷化, なれども, によってのみこの, の方, の苦悩, は一人, は嘲けろ, も躾

▼ ける~ (18, 0.4%)

1 [18件] あるひ, である, はりに, ひありて, ぼちや, または彼ら, 万里の, 云うて, 但亂心, 何か, 夢中に, 妾貧し, 恥しき此身, 手を, 斯る, 欺かれしこそ, 然し憑司殿, 知れません

▼ けるほど~ (18, 0.4%)

1 [18件] こわい様子, ふけゆくま, ゆすぶつた, 刺されて, 刺すうち, 心臓の, 成りしが, 揺れる, 深く刺し, 炉の, 煙草を, 猛烈に, 白くて, 縫はれ, 美しい曲, 脇差を, 鎌もて, 顫え

▼ ける~ (18, 0.4%)

1 [18件] いつしか我, に, にも亡父母, に小娘, に故, に源内兵衛真弘, に眼前, に老婆, に豊国, に遙, の衣, 役人方家々の, 或日本多家, 或日雨, 早くも, 早其年も, 月立年暮て, 駿河町越後屋三家の

▼ ける~ (18, 0.4%)

3 にし 2 だ, になつ

1 [11件] な事, な声, な権利, な物言, な腰付, な表情, にとぐろ, になる, にピリリ, に出, は宛

▼ ける~ (18, 0.4%)

2 にし

1 [16件] な事, な光りを, な埒, な物言, な聲, な谺, になつて來, になる, にピリヽ, に依頼, に成つた, は今日用人平石次右衞門老母儀病死致候, は先刻, は原田兵助事此度畑, は恐れ, は扨

▼ ける~ (17, 0.4%)

2 て八山, て又

1 [13件] あらんと, てお, て七助, て九郎兵衞, て傳吉, て原田, て大岡忠相, て山路, て玄關, と視る, の如く, りし, る所

▼ ける~ (17, 0.4%)

1 [17件] が遲緩, この鐘微塵, といふもの, にいたく, に斎宮, に男, に荒尾, の沈默, はなかっ, は夜具, は持たなく, は空間性, も, もありません, もちら, も同窓, も御

▼ けるかと~ (16, 0.4%)

2 思うと, 思はれる, 眺めつつ 1 兄の, 心に, 思うほど, 思ったん, 思ふと, 疑は, 見つつ, 覺えられ, 驚き既に, 驚入る

▼ けるその~ (16, 0.4%)

2 雨ふれり

1 [14件] ひとつ直ぐ, ほかは, やんちゃぶりや, 中に, 人も, 前に, 匂ひ, 女の, 手答へ, 拒け, 時この, 時突然, 独りの, 返事に

▼ ける然るに~ (16, 0.4%)

1 [16件] 一年上方に, 丁字屋の, 三五郎は, 享保十一年には, 先刻より, 光陰は, 其夜亥の, 其屋敷の, 其頃芝明神前に, 半四郎は, 同宿に, 有日道之助は, 物堅き傳吉, 甚太夫は, 紋太夫に, 養父五兵衞は

▼ けるといふ~ (15, 0.3%)

3 ことは 2 のは 1 がま, ことでした, ことに, ことも, 傾向が, 画家も, 程の, 精神こそ, 運動を, 風に

▼ けるよと~ (14, 0.3%)

1 [14件] いひぬ, ひそかに, 即座に, 心にくき, 心憂く思召, 思うに, 思ひ煩, 思ふのみにて, 打喜び, 打眺, 武男は, 獨り泣きつ, 示さる, 貫一は

▼ ける~ (14, 0.3%)

1 [14件] がある, さしも世, なり, に上宮, に享保八年十月十一日, に大, に役人中, の霊魂, へ三五郎次右衞門寺社奉行郡奉行同道, へ皆, へ藤八ソレ肴, を目近く, を見せ, 故是

▼ けるところ~ (13, 0.3%)

1 [13件] からはじめた, から察し, から生れる, があり, が無い, だが, ですが, と聞き, に本間孫四郎重氏, に衝突, の天界, へ屆, へ屆けた

▼ ける~ (13, 0.3%)

2 である

1 [11件] が重く, だ, だからね, でもあり, とみえ, なん, になっ, の持合せ, は一つ, も苦, を知っ

▼ けるより~ (12, 0.3%)

2 外に 1 おのれやれ, かく名け, この大江戸, 云々, 先に, 外は, 天一彌, 子爵も, 後既に, 直に会っ

▼ ける~ (12, 0.3%)

1 [12件] ど始め, に妻, ば其夜何れ, ば喜八, ば曲れる, ば次右衞門は, ば無, ば近頃藤五郎兄弟, らば感應院病死の, るは, る所, れども

▼ ける~ (12, 0.3%)

1 [12件] しも享保十巳年十二月二十六日, とぶらひ, なの, はた歌, は世間一般, は享保十一丙午年四月十一日天一坊, は享保十一午年九月廿日天一坊, は享保十一年四月五日いよ, は享保十二年十月双方惣呼出し, を, 漸く盃, 花開きて

▼ けるかも~ (11, 0.2%)

2 知れないが 1 しれないけれども, しれない幸福, とさすり, まが, 妹が, 我背子が, 知れないよ, 知れません, 里川に

▼ けるつもり~ (11, 0.2%)

2 で考え 1 か知ら, であつ, である, でいる, でヒョイ, で其處, で出, で旅, なの

▼ けるほどに~ (11, 0.2%)

1 [11件] いつしか歌, とかくし, なって, 五助さんどう, 冴え返って, 大なる, 日も, 早く出た, 深山の, 父か, 雷様の

▼ ける~ (11, 0.2%)

1 [11件] あり旦那どの, しら玉ならず尖る, 善惡應報の, 委しき有様, 年の, 彼の, 心中覚えある, 必竟長兵衞の, 懶し入る, 書中の, 見且

▼ ける~ (11, 0.2%)

1 [11件] おせんも, た本多家, 取返して, 妹お花と, 宅番に, 平左衞門, 庄三郎は, 彦三郎と, 文右衞門が, 野尻宿の, 長助は

▼ ける~ (11, 0.2%)

3 に又 1 に傳吉, に八山, に名主甚左衞門, に彼, に於, に武州, に畔倉重四郎, に飯焚

▼ けるこの~ (10, 0.2%)

2 殿に 1 やま, よき林泉, 女房南無, 家の, 山姫の, 矢に, 矢も, 老父が

▼ ける~ (10, 0.2%)

1 に一日長八, に主, に何時, に夜, に安間, に此豐島屋, に百姓三五郎申上, へ又七, へ惣内, へ長助

▼ けるかな~ (9, 0.2%)

21 この春, と端然と, はしたなしと, ゆるし玉, わがよ, 夜を, 契りしを

▼ けるから~ (9, 0.2%)

1 うるさいこと, そいつを, である, よい, 可いわ, 大丈夫だ, 大丈夫で, 悲しいと, 観念する

▼ けるとか~ (9, 0.2%)

2 や, 何とかする, 戸を 1 和田鳥居と, 或は齒, 言うの

▼ けるばかり~ (9, 0.2%)

2 であつ 1 だ, だと, であった, でてんで, でむしろ, で身體, 也と

▼ ける~ (9, 0.2%)

1 に, にて南無, に怪しげ, へ何やら, へ坐しぬ, へ親友, をと思い出した, をと思ひ出した, を得

▼ ける~ (9, 0.2%)

1 よりお, よりは御, より夫婦間, より御, より憑司, より松平殿, より案内, より越前守, より隱亡

▼ ける次第~ (9, 0.2%)

2 なり 1 である, であろう, なりかしこ, なりけり近頃, なりじゃ, なりと云った, なり感應院夫

▼ ける~ (9, 0.2%)

2 になつ 1 がしなく, なら無論, になり, にもなれなかつた, のきいた, の動く, はわが

▼ けるとき~ (8, 0.2%)

1 お島, にも足, はかならず, は天国, は随分, もなお, も強壮者, 先ず願う

▼ けるほどの~ (8, 0.2%)

1 はかなさ, 傷で, 凄まじいもの, 安静を, 悲しさ, 豪傑なり, 道学者では, 金を

▼ けるよし~ (8, 0.2%)

3 五月雨軒ばに 1 いひつた, 今は, 母なる, 聞いて, 聞きて

▼ ける~ (8, 0.2%)

1 がいい, であつ, で気, で氣, で道庵, に一人, の力, へやってくる

▼ ける~ (8, 0.2%)

1 が念仏, ぞかし, なれど, のうさ, の山茶花, はかく, も痩せ, を秋風

▼ けるわけ~ (7, 0.2%)

1 がございません, がない, だから, だけれども, では, にはまいりませんでした, にもゆかない

▼ ける~ (7, 0.2%)

2 に落葉 1 と濡れたる, に埋れ, に蔽, は, はその

▼ ける~ (7, 0.2%)

1 この船, に, にいと, には眼, のさま変, の心根, は心すきすき

▼ ける~ (6, 0.1%)

1 もひ, 三婆は, 專は, 文は, 登和嬢は, 辰いよ

▼ けるこそ~ (6, 0.1%)

1 つまたる, 哀れの, 大膽不敵, 愚なりける, 殊勝なれ, 笑しけれ

▼ けるとぞ~ (6, 0.1%)

1 其の昔, 後に, 此元は, 此邊の, 覺え, 言ひ

▼ けるには~ (6, 0.1%)

1 この道, アヽ殺生は, 十分な, 及ばない, 及ばぬ, 更に努力

▼ けるにも~ (6, 0.1%)

1 そう急ぐ, 使いつけの, 及ばざる事ゆゑ路次, 及ばずホテル, 及ばない, 水声空く

▼ けるのに~ (6, 0.1%)

1 危い, 對し, 從つて下人の, 目の, 誰か, 跫音を

▼ ける~ (6, 0.1%)

2 に私 1 にあなた, にまず, に年老いた, に御前

▼ ける~ (6, 0.1%)

1 がなかつた, のない, の壮ん, もなかっ, を持っ, を自分

▼ ける~ (6, 0.1%)

1 ない私, ない自分, には二人, には此處, に方法, はありません

▼ ける~ (6, 0.1%)

2 の中 1 ぞ仇, の内, は何, は春

▼ ける~ (6, 0.1%)

1 にて事, は妻, をあからさま, を承り, を聞き知り, 聞こしめしければ

▼ ける~ (6, 0.1%)

1 が最初, である, とは別, と家々, ならぬ身, のみつかひ

▼ ける~ (6, 0.1%)

2 がした 1 がし, が聞える, であった, もする

▼ ける~ (6, 0.1%)

2 ありとしも 1 がこの, ぞ, の中, の行方

▼ けるとも~ (5, 0.1%)

1 いふ, たしなめるとも, なく, なく水道橋, 女を

▼ けるのみ~ (5, 0.1%)

1 でなく又村, ならずそこ, ならず自分達, なると, 何らも

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 ただ京都者, 厭く迄, 彼は, 知らざれども, 餘所の

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 つくりと, へか, へ先穴, へ其屋根, へ段々数

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 が戸, なれど, の帰り来る, の歸, よ

▼ ける~ (5, 0.1%)

2 はひとり 1 には定め, は来よ, 奇しくも実

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 口を, 大家の, 威力の, 定法の, 灯明は

▼ ける意志~ (5, 0.1%)

2 はない 1 の力, の堅確さ, を持たぬ

▼ ける感じ~ (5, 0.1%)

1 がした, がどうも少々, の儘, は女性的, もまつたく

▼ ける我が~ (5, 0.1%)

1 原稿は, 友の, 心我と, 書斎の, 身なりとは

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 も九郎兵衞, も斯迄, も此甲州屋吉兵衞, も此餠屋, も翌日所

▼ ける~ (5, 0.1%)

2 のた 1 に見し, は来るであろう, よめる

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 がしない, になっ, になったら, にもならなかった, もしない

▼ ける~ (5, 0.1%)

2 にかぶる 1 にのみある, に体, に顔

▼ ける~ (5, 0.1%)

3 の飯皿 1 の群れ, をなだめ

▼ ける~ (5, 0.1%)

2 を見よ 1 とやいはん, の枝, を世の中

▼ ける貫一~ (5, 0.1%)

1 が身の上哉, は二人, は彼, は空く, は身

▼ ける~ (5, 0.1%)

1 その別荘, に横, のおき, の場, の朝

▼ けるうち~ (4, 0.1%)

1 にお勝手, にざつと筋, には庭葢, に幸右衞門

▼ けるさま~ (4, 0.1%)

1 なりしを, にてひそや, にて命死, はただ

▼ けるそれ~ (4, 0.1%)

1 はあまりに, は個人意識, も涼し, を咀嚼

▼ けるだけの~ (4, 0.1%)

1 ことであった, もので, 力も, 機智や

▼ けるとて~ (4, 0.1%)

2 日本一と 1 後に, 百合の

▼ ける~ (4, 0.1%)

2 一旦の 1 其様な, 行け

▼ けるにより~ (4, 0.1%)

1 先久八は, 又, 大岡越前守殿には, 家主仁兵衞早速

▼ けるまで~ (4, 0.1%)

1 引っ張る所, 汗の, 立ち續, 郷里に

▼ けるやら~ (4, 0.1%)

1 大騒動, 死なる, 目も, 行當り

▼ ける人間~ (4, 0.1%)

1 が雲, などがわかる, はこの, はそう

▼ ける今日~ (4, 0.1%)

1 の日, ばかり古き, までもお, もさういふ場合

▼ ける元気~ (4, 0.1%)

1 がなく, は持てなかつた, もなく, をなくし

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 ひかな, ひを, ひ哉, ひ曲者

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 て久兵衞, て家内, て庄三郎, て彦三郎始め

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 と別れ, に, のやう, の一間

▼ ける~ (4, 0.1%)

21 は弦, や幼

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 いかでトロイア勢, の按摩, の聴講生, は私

▼ ける時に~ (4, 0.1%)

1 千太郎又, 昌次郎夫婦は, 瀬川は, 越前守低頭し

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 が詠み, ごゑの君, のうち三首, の中

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 ぞ傳吉, の御, の時村人與惣次, の自分

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 と言う, をい, を尚, を手先

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 に仕立て, の靴, は, をその

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 に勘兵衞, に十兵衞夫婦, に又, に喜内

▼ ける足音~ (4, 0.1%)

3 の聞えし 1 としばらく

▼ ける~ (4, 0.1%)

1 にて四郎右衞門彼, に大助, に忠兵衞懷中, の垣穂

▼ けるあと~ (3, 0.1%)

1 から又, におも, には酒肴さわ

▼ けるころ~ (3, 0.1%)

1 のなるべし, より口, より継母

▼ けるさりとて~ (3, 0.1%)

3 仕出し頼みに

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 お早親子, 傷し, 殊勝なる

▼ けるだけ~ (3, 0.1%)

1 である, です, でもう

▼ けるとかや~ (3, 0.1%)

1 ともかくに, 右過料の, 後に

▼ けるとは~ (3, 0.1%)

1 この事, 云物の, 思って

▼ けるにや~ (3, 0.1%)

1 出所定かなら, 姿かくせり, 恐ろしや

▼ けるもん~ (3, 0.1%)

1 か, かい, か阿呆

▼ けるわが~ (3, 0.1%)

1 企圖を, 十六の, 女汝は

▼ ける一つ~ (3, 0.1%)

2 の路 1 のもの

▼ ける主税~ (3, 0.1%)

3 之助

▼ ける二人~ (3, 0.1%)

1 で四五本, の車夫, 共に湖水

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 お墨付, れが, れを

▼ ける勇気~ (3, 0.1%)

1 がとても, がなかっ, も示さなかった

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 ありて, が聞え, を消す

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 に大物主, また出掛け, より三日

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 の跡, は今, より見ない

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 がふり, が七日, に用意万端

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 なるならしねも, の腕, は再び

▼ ける姿~ (3, 0.1%)

3 を見つけ

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 にはなし, をお, を見ぬ

▼ ける將軍家~ (3, 0.1%)

1 にも奉行越前病氣全快, の上意, 聞し食

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 杜が, 萩を, 詩の

▼ ける~ (3, 0.1%)

2 に出 1 の夕明り

▼ ける必要~ (3, 0.1%)

1 があつ, はさらに, はない

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 は痩せ, や行く, れ恥かしく

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 日兩國邊より, 日又, 時彦兵衞隱居の

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 から例, から冬, しも日

▼ ける故に~ (3, 0.1%)

1 今迄は, 佐倉屋五郎右衞門といふ, 皆

▼ ける梧桐~ (3, 0.1%)

3 の木

▼ ける権利~ (3, 0.1%)

1 がある, が彼, を中途半端

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 と母, の身, や黄金

▼ ける~ (3, 0.1%)

2 がツイ 1 ざしたゆく

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 の中, を撰び, を踏み

▼ ける積り~ (3, 0.1%)

1 だと, でそつ, でヒヨイ

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 だつたん, のこの, はない

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 だから, の與, またすべて彼

▼ ける途端~ (3, 0.1%)

1 に入口, に袂, に風

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 かな, の音, は青

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 の爲, は白駒, は積みおける

▼ ける~ (3, 0.1%)

3 の色

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 のごと, をさなく, を罪

▼ ける~ (3, 0.1%)

1 と狂, もたちまち, を射的

▼ けるあたり~ (2, 0.0%)

2 はいまだ

▼ けるあやし~ (2, 0.0%)

2 きしは

▼ けるある~ (2, 0.0%)

1 夜, 時一尺ばかり

▼ けるお前~ (2, 0.0%)

1 の顔, はまつたくおしや

▼ けるかという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 拡大された

▼ けるかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 如く会社

▼ けるからと~ (2, 0.0%)

1 云つて御, 称して

▼ けるけど~ (2, 0.0%)

1 それにや, 誰れで

▼ けるこれ~ (2, 0.0%)

1 でどうやら, より數寄屋橋御門

▼ けるしかるに~ (2, 0.0%)

1 一年経つ, 高田役所にても

▼ けるそこ~ (2, 0.0%)

1 もかしこ, をし

▼ けるぞと~ (2, 0.0%)

1 いはれたところ, 思ふにも

▼ けるためし~ (2, 0.0%)

1 をも, をも人

▼ けるだの~ (2, 0.0%)

1 いい気持ち, 春に

▼ けるついで~ (2, 0.0%)

1 によめる, 殊更に

▼ けるとお~ (2, 0.0%)

1 もひます, もへばくれ

▼ けると共に~ (2, 0.0%)

1 尻餅を, 深雪の

▼ けるはず~ (2, 0.0%)

1 でない事, の幸福

▼ けるばかりに~ (2, 0.0%)

1 して, なつた

▼ けるほう~ (2, 0.0%)

1 だ, へ向かっ

▼ けるほどは~ (2, 0.0%)

2 頼む大樹

▼ けるまた~ (2, 0.0%)

1 御城代公用方, 親分長兵衞は

▼ けるまま~ (2, 0.0%)

1 に凝然, に竦みゐたる

▼ けるみぎ~ (2, 0.0%)

1 はに来りし, り甚太郎幼稚

▼ けるもの風~ (2, 0.0%)

1 を起し, を起し乾き

▼ けるゆゑ~ (2, 0.0%)

1 少々つ, 怖

▼ けるよりも~ (2, 0.0%)

1 寧ろ打ち解け, 戰ひ

▼ ける一二枚~ (2, 0.0%)

2 の衣

▼ ける一人~ (2, 0.0%)

1 の女, 臥しかな

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 に依, より傳吉夫婦

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 ぞその, は誰憚

▼ ける今朝~ (2, 0.0%)

2 起きて

▼ ける仕掛け~ (2, 0.0%)

1 だつたの, になつて

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 の山, の石

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 に車夫, よりしも三尺許

▼ ける傳吉~ (2, 0.0%)

1 は元, 大いに驚き

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 かな, は豚小屋

▼ ける其の~ (2, 0.0%)

1 方儀此度山口惣右衞門の, 跡は

▼ ける其文~ (2, 0.0%)

1 に乍恐書附, は

▼ ける其日~ (2, 0.0%)

1 の夕暮, は夕申刻時分

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 にいつの間にか, 又

▼ ける円天井~ (2, 0.0%)

1 といふ考, の頂上

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 まん, も頼めし

▼ ける勘兵衞~ (2, 0.0%)

1 は斯, は早々

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 れ, れ神州

▼ ける古き~ (2, 0.0%)

1 御堂を, 文反古取出し

▼ ける名残~ (2, 0.0%)

1 なるらん, を惜しむ

▼ ける~ (2, 0.0%)

2 をかも知ら

▼ ける喧轟名状~ (2, 0.0%)

2 すべからず

▼ ける土地~ (2, 0.0%)

1 の者共驚き, を借入れ

▼ ける垣根~ (2, 0.0%)

2 に時

▼ ける場合~ (2, 0.0%)

1 が多い, でも決して

▼ ける夜霧ふり下りここ~ (2, 0.0%)

2 は松山

▼ ける富右衞門~ (2, 0.0%)

1 が再度, は女房

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 にや大岡殿, に曇り

▼ ける工夫~ (2, 0.0%)

1 がなく, だってこれ

▼ ける平次~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, の聲

▼ ける御新造~ (2, 0.0%)

2 は驚きたる

▼ ける~ (2, 0.0%)

2 れが

▼ ける意味~ (2, 0.0%)

1 から女優, に聴

▼ ける感應院~ (2, 0.0%)

1 は元, は逐一

▼ ける我さ~ (2, 0.0%)

2 へやまさしく

▼ ける我家~ (2, 0.0%)

2 や上

▼ ける所存~ (2, 0.0%)

1 ではない, は毛頭

▼ ける手段~ (2, 0.0%)

1 が得られなかつた, には蚊遣火

▼ ける打撃~ (2, 0.0%)

2 に外

▼ ける折柄~ (2, 0.0%)

1 或夜夫, 来合せつる壮士三名

▼ ける拍子~ (2, 0.0%)

1 か何, にその

▼ ける政治~ (2, 0.0%)

1 は総て積極的, は總

▼ ける故主~ (2, 0.0%)

1 は何事, は昨日貰

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 は長く, を読めりけり

▼ ける文化~ (2, 0.0%)

1 の形態, の根本的発達

▼ ける斯く~ (2, 0.0%)

1 て大岡殿, て長三郎

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 弟子の, 玉の

▼ ける明日~ (2, 0.0%)

1 は新聞, を予期

▼ ける時後ろ~ (2, 0.0%)

2 を返り見る

▼ ける最初~ (2, 0.0%)

2 いひ出し時

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 の光, は明石

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 樣である, 樣なり

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 の草子, の草紙

▼ ける根気~ (2, 0.0%)

1 のよい, もなかつた

▼ ける桔梗~ (2, 0.0%)

1 かな, をもたせり

▼ ける機會~ (2, 0.0%)

2 に手の物

▼ ける此方~ (2, 0.0%)

1 にては愈々, は思ふ

▼ ける此日~ (2, 0.0%)

1 は三月節句, は早天

▼ ける此時~ (2, 0.0%)

1 は天一坊, 常樂院

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 が詞, は豫

▼ ける気力~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, を失つて

▼ ける気持~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, はあっ

▼ ける生活~ (2, 0.0%)

1 こそ自然, に返れる

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 の室, の重

▼ ける砂利~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ ける~ (2, 0.0%)

2 の雉子

▼ ける繁立~ (2, 0.0%)

2 ほそきその

▼ ける自動車~ (2, 0.0%)

2 のあと

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 に出, は赤く

▼ ける若葉~ (2, 0.0%)

2 がくり

▼ ける~ (2, 0.0%)

2 元手を

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 の逢い, をじっと

▼ ける覚悟~ (2, 0.0%)

1 し, をし

▼ ける言葉~ (2, 0.0%)

1 もありません, を洩らせる

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 に十兵衛, に十兵衞

▼ ける越前守~ (2, 0.0%)

1 は家中一同, は發

▼ ける車輪~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ける~ (2, 0.0%)

2 吠を

▼ ける間道~ (2, 0.0%)

1 があっ, のある

▼ ける~ (2, 0.0%)

1 もありません, もない

▼ ける鬼火~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼1* [907件]

けるありがた味は下界, けるいかなるものも, けるいま故郷の名残り, けるいらいらした声, けるうち亭主申けるは, けるうち輪宝のすがりし, けるうち輪寶のすがりし, けるうち鶏卵の加減, けるうまのはな, けるおそ人とこを, けるおのづから, けるお金は門, けるかつらと言, けるかといふことは, けるかとばかり眉打ち顰めたる, けるかな名のみし, けるかも群杉が木間, けるかや源太兵衛と申す, けるからといふ言葉を, けるきくだの関, けるくさぐさの, けるくらいに過ぎますまい朝顔, けるえヘン, けるけれども最後は, けるこそをかしけれ, けること五人のうち, けること四五ヶ月漸く雜誌, けること是非なけれ, けること甚しい, けること覚悟の上, けるころ山紫水明処といふ離れ屋, ける水の, けるさかい遅れて, けるささやかなる所, けるさるほどに狹, けるさ百合の涼し, ける男女の, けるしるしもこそありけれ, けるじゃ可いか, けるぜと言いながら, けるぞとて棒押っ取り, けるぞや思ひ廻せば, けるため桃の実, けるため検非違使等の役人, けるため横に捻った, けるため燃料で誤魔化し, けるため片手を眼, けるだけでも矢代は, けるだけは見と, けるだにかように, けるやありません, けるといへり, けるといった調子で, けるとかくして, けるとき右側のとある, けるとき廊下に立つ, けるとこうなる, けるところ二目の勝ち, けるとしても文化の, けるとでも申しますん, けるとともに黄色く濁った, けるとの事, けるとのみなり, けるとも無しに其の, けるどころの沙汰, けるどころか自分が, けるどんな力も, けるなどと云われたこと, けるなどという事が, けるなどといふのは, けるなどとは憎い行為, けるなどは感心し無かったろう, けるなにがしの小さ, けるなよッ, けるなんざ大して企らみの, けるなんぞ何でも, けるにかことごとく元, けるにと素樸に, けるに従い私たち同胞は, けるのち弁護士は渠, けるはしたなき女どもの, けるはずみのよう, けるばかりかむしろ滅びぬ, けるひやしんすの花, けるふくみをもっ, けるふしぎさよ, けるふたたび籠りみ冬, けるふるさとをたべる, けるほとりより横道, けるほどにと今鏡には, けるまことに老いの, けるまたの日泉涌寺に詣で, けるまでが心配な, けるまでに自分を, けるまでにはまだ時間, けるまでは自分なせし, けるむかし臨江王といひし, けるもう一人一が, けるものの如し, けるもの乃ちこの短調七聯, けるもの燃ゆるもの, けるもの突風のやう, けるもをかし, けるやうぢや, けるやう何べん, けるやう這は御, けるやがて夕食に, けるやり方についても小さい, けるゆえにやふと, けるゆえ妻子をすて, けるゆえ彪答えけるは, けるゆゑお政に向, けるゆゑ三右衞門は甚だ, けるゆゑ久八が忠, けるゆゑ九助も不便, けるゆゑ五八は俄分限, けるゆゑ兄さん御前は夫, けるゆゑ其夜は其處, けるゆゑ半四郎も據ろ, けるゆゑ大丈夫請出す氣遣ひな, けるゆゑ大橋文右衞門は出, けるゆゑ強て下, けるゆゑ後より見え隱, けるゆゑ此子を養子, けるゆゑ死霊の近づく, けるゆゑ町役人は叱り, けるゆゑ長八は段々, けるゆゑ青楼を出, けるいで今日, けるよとて細井知慎語れり, けるよりは雪よ, けるらんとかの領分, けるらん宿ぞ悲しき, けるろうそくはなかっ, けるづきも, けるわたつみのうへ, けるをはした女, けるをば夢にも, けるアルゴスに責, けるアルゼンチンの春, けるカントが如き, けるコレラに斃, けるシロモノじゃない, けるタキシイを拾つた, けるテウトラニスの子, けるローン答へて, けるさすが殺す, けるブラフマの川, けるベルナルドオを傷, けるベートーベンを聞き, けるミハイルアウエリヤヌヰチは注意, けるルリの口, けるワケに行かない, けるヱヌスの油畫二幅, ける一個の小さき, ける一方悪質な, ける一木の梨, ける一瞬がある, ける一種の世界, ける一策を思いつき, ける一節に曰く, ける一路の公道, ける一間の家體, ける一首に曰わく, ける丁字屋にてはお, けるで頭, ける三五郎清兵衞に向, ける三時近くなつたので, けるにかさなる, ける約束も, ける不仕合せも續, ける不可思議おもふ, ける不快なる印象, けるを思ふ, ける世の中はどんなに, ける世渡りなり, ける世間は廣, ける両翼ぞと人, ける中五六人義太夫を習, ける中今は門弟中, ける中平馬靱負の兩人相, ける中程もあらせず, ける中邸方より六ヶ敷拂, ける丹後国の与謝, ける丹頂千歳の鶴一羽, けるよりも荒尾, ける主人の徳右衞門, ける九乳の鳧鐘, ける九助は彼, ける九州炭山坑夫の同盟罷工, ける九郎兵衞は跡, ける九郎兵衞夫婦は有難き, ける九郎兵衞故意と斷, ける也有翁のブル趣味, ける乱杭が一杯, ける亂世にし, ける事どもなれ, ける事云ふばかり, ける事偏に井筒屋茂兵衞, ける事入梅にもまさる, ける事共なり, ける事實に頼母しき男氣, ける二三千見えつる焼松も光, ける五人張にせき, ける五六寸許也ければ, ける五十銭紙幣に重, ける五本いつしよに, ける京都にても五萬五千兩程, ける人々は多, ける人々名所の月, ける人となりしを, ける人取りてける, ける人柄もよかりけれ, ける人涛の間, ける人目も草, ける人等は彼, ける今日榊原家の郡奉行伊藤, けるて久八, ける代りだったの, ける代書屋に似, ける以上に罪, ける以上それは決して, ける伊賀亮申す樣斯樣, ける伯母を知らぬ, ける佐五郎ははやく, ける佐太の御, けるがし, ける何しろ四年振りである, ける何事も言はじ, ける余裕が無い, ける佛畫はまことに, ける使者は赤川大膳是, けるとどまらず身だしなみ, けるはない, ける偉大なる感情, ける偖又長八世帶を持, ける偖彦兵衞は江戸, ける偖文右衞門久兵衞の兩人, ける偖翌年は寶澤十二歳, ける傍ら戯曲を書けるなら書い, ける傳吉一同へ向, けるの如し, ける僥倖なる哉例令, けるより久八, ける元古仏の, ける先紺屋五郎兵衞は本多源右衞門, ける光景は想像, ける光逡巡せる光, ける兎角する内, けるの錣, ける入道も心, ける八九里の道, ける八五郎の手, ける八尺四方に方屋, ける八犬伝中の八士, ける八重といふ妓, ける公用人等は早速, ける六千兩の小判, けるの命, ける兵士たちの方, ける其一群を引き出し, ける其七日の滿ずる日, ける其中の一人, ける其外には濱村, ける其夜丑滿の頃, ける其後松坂町郡代の牢屋敷, ける其時越前守殿十右衞門に向, ける其末の太子, ける其次第は, ける其衣服は葵, ける其長庵は心, ける其間に靱負, ける其頃西の丸の老中安藤對馬守殿, ける其黄金の冠毛, ける内目の前, ける内菊太夫が娘, ける刃物であつ, けるは各自, ける切々たる哀感は, ける切端詰つた人生の怖, ける前田利家にも同様打, ける劇評の役目, ける労働者もソヴェト同盟, ける勇氣は出なかつた, ける動物です, ける匂いです, ける十六七のむかし, ける十年まへの, ける哲學半, ける半間程の所, ける南無妙, けるて説, ける厄除けの護符, ける原理となる, ける原田兵助は驚, ける厭世観は仏蘭西, ける厭世觀は佛蘭西, ける友次郎は心, ける叔母女房は門口, けるの下, ける可笑しさよ, ける可能性を保つ, けるの條, ける吉三郎は母, ける吉兵衞は少し, ける吉田三五郎然ば, ける吉田三五郎懷中より又, けるじき処に, ける名主を始め種々詮議, ける吾身もまた, ける哀愁の十分の一, けるで奴隷, けるだ, けるしたたる露, ける喜ばしさに, ける喜三郎を兎, ける喜八は如何, ける四人は遙, ける四角から黒い影が, ける四郎左近太夫大勢なりと雖, ける国民のいかなる, けるを出し, ける國民のいかなる, ける土産物は飛脚, ける地べたの春, ける地位にあっ, ける城富も晝, ける境遇ではありません, ける墓原のごとし, けるを見る, ける夏ごろもかへす, ける夏井出曙覽の家, ける夕紫陽花の花, ける外記は仔細, ける外部的強制に過ぎなくなるであらう, ける夜半過ぐる, ける夜革堂へ参りける, ける大きな犬が, ける大勢の跫音, ける大層真桑瓜が, ける大岡殿出座有て其方事先達て, ける大野をふせぎ, ける大鳥のごとく, けるは彼, ける天女の微か, ける天忠は翌朝, ける天罰のほど不思議, ける夫中将にすら負, ける契りことなる下, ける女の童なむこの, ける女らしいところが, ける女房ともの云, ける女房世にそむき, ける女房叔母も其支度, ける女房曹司は皆, けるだから, ける好色の道, ける妙計あり, けるは好物, ける子ら遊びにき, ける孫右衞門に平次, ける定論がない, ける宮城野部屋のけさ, ける容子に貞心顯, ける實在の觀念, ける實感なり, ける寶澤師匠に向, ける小屋の中, ける尤も遠國, ける屏風に似, ける山内は天文臺, ける山姫にいづれ, ける山桔梗なら一段と, ける山水にすめる, ける岡辺に家, けるはなに兎, ける工業地になっ, ける工風をこらす, ける左京です, けるが眞名子, ける希望を申出た, けるを把, ける樂院大に, ける平和な寛大, ける平石は伊賀亮, ける年齡を批評, ける幸福は単に, けると誤るであろう, ける知れぬ苦し, ける廊下の轟き, けるの危うく, ける引手箱なりと云う, けるおもひもかけず, ける弥生に雪, ける強い臭いを, ける強慾の天忠, ける当時の振舞, けるを持て居た, ける役目かい, ける彼女をさえぎつた, ける彼金子をお, ける後婦人は果して, ける後定家の中納言, ける徐々として馬, ける御用状の趣き, ける御膳も出, ける復活の儀式, けるも陰, ける徳太郎君は何, ける徳太郎君當然の理, ける心得があるなら, ける心持で力ア, ける忠兵衞雪隱にて用, ける思いをし, ける思想に大胆, ける性質なので, ける悧巧ものだところで, ける悪魔の声, ける意力ははぐくまれ, ける慓悍な犬, ける慣例であるが, ける懐郷の涙, ける成年戒の山ごもり, ける我女の美, ける或は生命の, ける戸村然ば, ける所々方々と尋, ける所ろ折節牢役人來り傳吉, ける所三五郎と知, ける所乳のある, ける所以だと, ける所紀州殿方甚非分なりとてあきらか, ける手腕の程, ける才氣と人, ける扨其夜も明辰, ける扨其日も暮, ける扨利兵衞は娘, ける扨又重四郎, ける扨又三五郎は豫, ける扨又平石次右衞門吉田三五郎の兩人, ける扨又後に殘, ける扨又此與兵衞は平生金屋, ける扨又源八は打首, ける扨又金兵衞の子分八田掃部練馬藤兵衞三加尻茂助, ける扨夜も初更, ける扨或日徳太郎君に附, ける扨此平澤村と云, ける扨翌日にも成, ける扨越前守, ける扨道宅は家, ける折しも橋の, ける折書棚の草双紙絵本, ける折柄祇園祭りなれば, ける折此侯までも信用, ける折節山風烈くして炎, けるの示す, ける指先きに, ける振舞なり, けるに僅か, ける上げて, ける支度をしなく, ける政変についても話す, ける政治家であり教育家, ける政策の必要, ける故初瀬留も, ける故在合人, ける故郷思ひぬ, ける故長庵に, ける敏捷いところ, けるを照る, ける敵將に向き得, けるはない, ける文書を託し, ける斯樣に嚴敷, ける新しき日に, ける方法もない, ける方面へのみ頒, けるに一色, ける旅人は文吾, ける日人人と修学院村道, ける日宮を恋, ける日心何となく落ちつかぬ, ける其夜も, けるれば, ける明けの朝, ける明治三十六年も今日, けるのひねもす, ける昨夜の趣, ける昨日今日主人が輕侮, ける是享保五年三月七日なり時, ける是偏に住持祐, ける是先に一旦, ける是出し拔の事ゆゑ, ける是則ち天一坊樣, ける是陰徳あれば, ける是餘人成ば, ける時あとよりつき, ける時かなたに立ち, ける時ひそかに参り, ける時丸山新町と云, ける時二点の蛍光此方, ける時介添の婦人, ける時何うした, ける時何処の部屋, ける時公笑はせ, ける時冷奴豆腐の蓼, ける時分油壷の油, ける時刻でもあるまい, ける時千々岩の唇, ける時吉備の児島, ける時吾助はお, ける時大岡殿然ば, ける時大西一外君に誘われ, ける時女らの化粧, ける時室の外, ける時小夜衣は女, ける時彰義隊の残党等, ける時彼の美, ける時念仏すすめければ, ける時手をもっ, ける時撰みて, ける時故郷の酒妓, ける時果しなく大きな, ける時楼上に居たれ, ける時母は彼, ける時水野筑後守進出て申, ける時目をつぶる, ける時越前守殿大聲, ける時越前守殿コリヤ長庵然ら, ける時越前守殿如何に長, ける時路の辺, ける時遥に梟, ける時鞠育の恩, ける時馬の手綱, ける時鱶の來, ける智恵が補佐役, ける暗礁がある, ける暫時は夢, ける深き井, ける最大の原因, ける月卿を見, ける月日早くも, ける有様なり, けるもある, ける朝夕の煙, ける朝毎に, ける期間に女, ける期限は文庫駐在期日, けるのもと, ける木石人で無い然し, けるうごきつつ, けるの上, けるの年貢, けるの宿, ける東海道の風光, けるの嵐, ける松明の火, ける林檎畠を出, ける林道をま, ける子突然, ける柳妻なしに, ける柴垣です, けるの丸火鉢, けるはわれ, けるのとり, ける椿の蔭, ける様子に, ける模様もなく, ける樣和尚は何と, けると樅, ける樸実なところ, けるにはありし, ける樹幹立つを, ける橄欖の長き, けるもよし, ける機会が彼, ける權三助十の兩人, ける次の間なる吉兵衞, けるこの人, ける正に其時啾々たる, ける此事早くも, ける此勘定部屋と金方役所, ける此命彼方此方へ通ずる, ける此女へ何時しか, ける此平野村に當山派, ける此度は異, ける此感應院は兼, ける此所は名, ける此文を受, ける此時中納言綱條卿思召る, ける此時兵助聲をかけ, ける此時吉兵衞は布團, ける此時大岡越前守には八山, ける此時天忠は天一, ける此時松平主税頭信房卿は御, ける此時松平左近將監殿仰せらるには, ける此時次右衞門漣太夫に尋, ける此時藤井左京は大膳, ける此時越前守の奧方, ける此時酒井讃岐守殿の仰, ける此物音本坊, ける此茂兵衞と云, ける此長生院と申, ける此間に常, ける武具は鳴りひびく, ける段右衞門は此體, ける母親の必死, ける比此の女俄, ける気勢せしが, ける気概のあった勝れた, ける気立も好い, ける気色も無く, ける氣上昇し冷やか, けるの中, ける水鳥どもが何, けるその氷, けるや水すまし, ける決心をした, ける決意をかためた, ける汽車の嵐, けるは誰, ける河原の光景, ける沼尻の紅き, けるを飲み干す, けるを行, ける法楽の詞曲, けるの音, ける津々浦々は次第に, ける流儀は小唄, ける浅ければ袖, ける海人の心, ける海岸に, ける深き砂にて, ける淺薄なる思想, けるの如く, ける湖水の面, けるがほしい, ける枝の, ける源右衞門は道中, けるかとも見え, ける火盞に暗黒, けるを今や, ける災難なり, けるは曇つた空, ける炎々の火焔收, ける為のだな, ける烈しい自由な, ける焚火といふもの, ける煙草のなく, ける爆音を交え, けるに十手, ける爲體に長家, ける父樣の我, ける爺さが富める, ける牛皮青銅を, ける牛飼童の詛, ける物後に郵便局, ける物語二枝に分る, ける物質的な怖, ける物音に何事, ける特権を失ひたくなかつた, けるなりし, ける狂院のさくら, けるき家, ける狹い町の中程, ける狹沼ぞこれ, けるだの, けるもゆら, けるを柔和, ける甘酢つぱい聲, ける生命に救, ける生駒も来り, ける用心にと裾, ける用意さえし, ける田圃パッと, ける由茲は徃反, ける男乗をぞあて, ける男勝の擧動, ける留宅へ盜人押入, けるだった, けるわが膚, ける白露の契り, ける百兩の金, ける濃き, けるを, ける直接の豊饒, ける看板を掛く, けるに傳吉, けるを樹, けるかかりしか, ける短所があっ, ける砲弾悪魔が大口, ける祈祷をした, けるに, ける祝ひに, ける神童の面, けるで自分, ける福富さんと長谷さん, ける秀郷一の矢, けるのあゝ, けるの木立, ける秘訣を知っ, ける程身を反らし, ける程顫へね, ける稍時過て心付拂, ける稗草の穂, けるの傍, けるに襖, けるで自ら刺し血, ける笑ひでも浮べたかつた, けるながらなかなか, ける箱番所には絹羽織菖蒲皮, けるに相, ける紙燭を広間, ける素松澤は數代, ける細竿の味, ける紳士老いたり, けるの苦悩, ける組頭の兩人, けるのほとんど, ける綿なの, ける緋文字の悪, けるて公事, けるの花, ける美しいお歌の, ける美人を配合, ける美膳をぞす, ける美豆良の唐子, ける群衆に呼びかけた, けるで謂, ける義務がある, ける義雄等によく, ける羽影の透き, ける羽音の雷, ける翌年の夏, ける翌朝傳吉は神前, ける老人來てその, ける老母を倶, ける耳元に格子, けるき棘, けるにガラツ八, けるを嗅ぎ附ける, ける肉体と歪める, ける胴卷を取出し, けるが学園, ける自信もない, ける自分を反省, ける與謝の海, ける興味をそそられない, けるのつく, ける良有て心, ける良藥は口, ける花傘も間, ける花吉は顧み, ける花束のくづ, ける菜の花の我が, ける華厳かな, けるの花, ける萩見薄見楽しむ吾, ける萬事利發の取廻しゆゑ重役衆, ける落日の光, ける落着かぬ, ける落葉現はれぬ, ける葉ざくらがそよい, ける葛卷をみ, ける葦原の中, けるは凛と, ける葵草神の許せる, ける藤波の花, ける處城富は稽古, ける處彼侍士用右衞門に向, ける處遠乘馬十四五疋烈敷乘來りしか, けるある以上, けるか夜もすがら, けるの一念, ける蟋蟀が夢, けるも湯津石村, けるもありません, けるも濡れ, ける表象として獅子, ける表門には御, ける表門玄關使者の間大書院小書院居間其外, けるは夢, けるもたちまち, ける裸虫も弥次馬, ける褞袍を被, ける西山に天津乙女, ける西日につれ伸子, ける西洋鋏手に取る, ける見当もつくまい, ける親しき人々, ける言の葉を, ける記念だから, けるだ, ける証左であると, ける誠正直理非全ふし, けるれ彼, ける論理の方式, ける高山次第に, ける諸侯其儀道理然るべし, けるに云, けるのこゑ, ける證據は家, ける議官紅の袴着, ける議論だという, ける谷底の街, ける谷間の月, ける谿の河原, けるて覺悟, ける資格が持てる, ける贅澤なレイス, ける越前守是を聞き, ける越前守殿否是には何, けるを引摺, ける跫音が流れ, けるにて, けるの音, ける身分になつ, けるの早けれ, けるのあと馬縡, けるに異く, けるいちに, ける迄は奉公人同, ける返事屆きければ, けるもなほ, ける途中樹明を訪ね, ける途中芝神明前を過, ける途端前足を挙げ, ける通路があり, けるふことの, ける連中が揃っ, けるが悪けれ, ける運動は此, ける運命を巧み, けるを垂井, ける道徳などに較, ける道理であり武士たる者, ける遠慮のない, けるの友, けるに満足, ける酒井侯暫く工夫, ける酔客の, ける野郎だ, ける金属で覆, ける金色雲のよう, けるしのぶ, ける鎧燦爛の, ける鐵路の柵, ける門弟のありし, ける間もなく跣足で, ける間何事もあら, ける間大師すべき方, ける間山法師ども悪しその, ける間綸言朝に変じ, ける間財宝倉に満ち, ける関山の毛塚, けるに吐きいだした, ける隣家のお, ける隱岐の國, ける雁来紅は, ける集つて來る連中, ける雪踏の鼻緒, ける電灯の光り, ける電話はかける, ける霊鳥見ずや, けるの身, ける露地の家, けるの隈, ける青い柿, ける青竜や, ける青菜はいま, ける青銅の槍, けるの, けるの泥, ける靴音との合奏, ける音それに引ずられ, ける音松老人の言葉, ける音鑿の音, ける頃人の許, ける頃妻のか, ける頃感應院も祈祷, ける頃戯に, ける頃船を舟子, けるて引立, ける頗る多し斐三郎, けるの雪, けるは更に, ける風の音に耳, ける風変りなトオキイ, ける風情がある, ける飛鳥かしらず, ける餘裕もなく, ける首輪をゆすぶる, ける之助, ける馬車の上, ける馴染の川本屋, ける駿河台の新居, ける體誠しやかに, ける高木伊勢守も打, ける魂胆であった, けるの群, けるの川波, けるだ, ける鶏卵を執り, ける黒く蠢めく, ける黒鶫どり, けるにある