青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ことし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと こと~ ~ことごとく ことごとく~
ことし~
ことに~ ~ことば ことば~ ~こない この~ このごろ~ ~この世 この世~ この間~ こむ~

「ことし~」 1267, 14ppm, 8105位

▼ ことし~ (345, 27.2%)

12 夏は 10 夏の 8 春に 6 冬は, 正月は, 秋は 5 春の, 暮は, 秋の 4 お正月に, 八月に, 夏も, 秋に 3 メーデーに, 三月には, 夏を, 春は, 正月の

2 [20件] お歳暮, モスク, 七月の, 三月に, 五月に, 六月入梅の, 冬が, 初夏には, 夏私は, 早春に, 東京の, 梅雨も, 正月に, 正月には, 盆は, 秋もはや, 秋私は, 花は, 花も, 鷲撃ち

1 [211件] お正月なんか, お正月には, お正月にも, お正月は, お正月僕は, お開帳, きょうは, にはまた, はじめ伸子が, は失敗, は少し, も参候, やうな, やうに, ような, わたしたちの, をはり, ダアビイじゃあ, チイムは, ノミは, メーデーだって, メーデーって, メーデーには, メーデーの, メーデーは, メーデーを, 一月から, 七夕は, 七月と, 七月は, 七月八日永遠に, 三が, 三ガ日も, 三月から, 三月さ, 三月でございます, 三月二十六日には, 三月伊勢屋の, 三月八日こそは, 三月八日の, 三月四日喜兵衛が, 三月頃信長の, 九月から, 九月二十四日と, 九月以来或, 二月の, 二月二十六日には, 二月日本は, 二月私は, 二科会では, 二科会の, 五月ずば抜け, 五月なかばヴェニスで, 五月なんでも, 五月の, 五月一日に, 五月下旬の, 五月廿日板谷を, 五月雨頃だった, 今まで, 例外的な, 入江の, 八月十五夜組頭の, 八月十五日わたしたちの, 六月の, 六月再び, 六月鮎の, 内に, 冬の, 冬教授の, 初めかなあ, 初夏の, 初時鳥, 初雪だ, 初雷, 勘定は, 十一月に, 十一月の, 十一月二十六日の, 十二月に, 十二月大学を, 十月六日の, 十月十三日の, 収入は, 受験にも, 受験は, 受験も, 受験期も, 同じころ, 四月には, 四月の, 四月以来なぎ, 四月六日菅季治氏を, 四月頃には, 団子坂は, 国際婦人デーこそ, 夏あたり死ぬ, 夏お, 夏が, 夏こそは, 夏この, 夏で, 夏どこかの, 夏に, 夏はね, 夏京都へ, 夏休みに, 夏休みは, 夏信州の, 夏或, 夏白い, 夏雨と, 夏電気で, 大会は, 大晦日の, 大晦日は, 大規模, 天気は, 奴凧が, 始めマネージャが, 家中の, 平治の, 年の, 年賀は, 年賀状には, 年越しは, 御年始, 支払いを, 文展は, 新卒業生, 新緑の, 旱り, 春から, 春が, 春と, 春ふたたび, 春も, 春よその, 春久しぶりで, 春先に, 春妻と, 春寒の, 春死蔵品の, 春私が, 春自分の, 春舟を, 春遊んだ, 春頃から, 晩秋私は, 暑中には, 暑中にも, 暑気は, 暮ほど, 暮まで, 暮れには, 暮れは, 月も, 朝顔は, 松の内は, 桜は, 梅雨の, 梅雨は, 正月, 正月あたりから, 正月いや, 正月から, 正月かれ, 正月こそは, 正月こっちへ, 正月その, 正月だけは, 正月です, 正月よそから, 正月わたしは, 正月以来丹羽長秀が, 正月十七歳に, 正月十日頃寒い, 正月山梨県甲府の, 正月末へ, 正月浅草の, 武田信玄の, 残暑は, 生贄に, 田の, 祭に, 秋が, 秋とれた, 秋口から, 秋四十一枚の, 秋木の葉が, 税の, 第一日, 節句が, 終わりの, 絵には, 絵も, 若葉に, 苦労を, 草木の, 葉桜の, 蜜柑の, 蝶を, 諸払い, 除夜の鐘を, 雪じまいかと, 雪景色は, 風邪は, 風雨と, 鰊場かせぎ, 鰹は, 鶯が

▼ ことし~ (199, 15.7%)

3 残暑が, 雨の 2 かなりに, 取り分けて, 昭和五十二年な, 横綱双葉山に

1 [185件] あた, あなたが, あなたにも, あひるの, いい花, いつまで, いつまでも, いつもより, いなごの, うちに, おみやげを, おめでとう, おれも, お出, お取止め, お父さんに, きつと, ここの, この河岸, この飛鳥, これが, しなかったよ, すこしへん, せがれの, その松林, たくさん實るであらう, たしか十八, だいぶ蕾, ちっとも見えない, ちゃんと植えます, とり別け早く, どうも降り, どう言う, どっちが, どの組合, なかなか暑い, なかなか賑やか, はっきりと, ひどい不作, ひどく寒く池, まして胸, まだはじめてなり, もう二十歳, もう婿入り, もう安元二年, もう来ない, もう行きつく, もはや名曲堂, やすくなっ, わけて, わけても寒威, わたくしの, わたしも, オリムピックという, ノミ蚊蠅ひどく, ヒトラーが, 一人の, 一夕やらう, 一度に, 一度も, 三十四だ, 三日に, 三笠山の, 三鷹の, 不作です, 久しぶりで, 九一がねえって, 九月以来鷲が, 二百十日の, 五代目菊五郎の, 五十四歳に, 享保三年だ, 人知れず心, 今までの, 伸子の, 余寒が, 例に, 元亨二年, 元徳二年, 兎が, 八つに, 六十一だ, 其でも, 内の, 冬が, 冬に, 初めてで, 初夏以来雨ばかり, 勤めに, 十三羽に, 十八の, 十吉が, 千人の, 去年より, 古島雛の, 同じ日本髪, 四月には, 地下鉄道が, 外記が, 大久保石見守長安が, 大乱だ, 大分わたしの, 大山の, 天保九年で, 天正七年の, 天正十年もう, 天気が, 娘に, 実にえらい, 実に迅, 実業之日本社から, 家を, 寂しい春, 實業之, 少し花, 就職難が, 山姥が, 干支の, 年回りが, 年番で, 庭の, 廻りみちを, 御免だ, 御平常着, 心配せず, 思いがけず, 思いがけずひどい, 急に, 慣れたせい, 我がため, 捕れねえな, 新盆である, 既に期限, 日和つづき, 明治何年以来の, 時候が, 暇である, 林檎も, 柿の, 案外獲物, 梅雨も, 正に三年目, 民主的に, 油虫が, 沼ば, 特に暑い, 獲物が, 珍しく明瞭, 田舎の, 睡蓮が, 秋も, 稲の, 空梅雨か, 約束の, 美味しいもの, 肥料も, 花が, 花壇の, 花火も, 芳之助もはや, 菜葉が, 虫の, 西遊は, 西風が, 見に, 見れると, 誰が, 警察が, 警察も, 豊年と, 豐臣秀吉の, 軽井沢いでも, 造りあるは, 閏で, 閏の, 隣り村, 隴上の, 雪菜が, 面白い年, 駄目かも, 駄目だ, 高時が, 髪を, 鴎外署名の, 鵯越え

▼ ことし~ (116, 9.2%)

2 かに, かに伝えられ, かに伝えられた, かに伝える, かに見せる, かに言う, かに話しました, かに述べ立て

1 [100件] かである, かな, かないつわり, かなお, かなもみ数珠, かな作りごと, かな名刺, かな嘘, かな噂で, かな噂を, かな夢, かな弁駁に, かな憤慨を, かな理窟, かな美しい, かな葬式, かな虚妄, かな虚構を, かな言, かな調子, かな顔を, かな風聞が, かにある, かにいいだし, かにいいふらし, かにいいふらす, かにいう, かにいろいろ, かにいわれ, かにお, かにこう, かにする, かにそれ, かにつくり, かになにか, かにみずから, かにもう, かにもったいつけた, かに主張する, かに云, かに云い, かに云い触らす, かに伝え, かに伝へる, かに傳へられた, かに前後, かに取り換わされます, かに吹聴する, かに告げ口, かに告白しよう, かに嘆賞しました, かに嘆願し, かに噂される, かに報じ, かに報告した, かに弁じ立てました, かに弁解した, かに御, かに思われた, かに感じられ, かに拡がっ, かに描い, かに教へ, かに斯ん, かに書かれ, かに書く, かに活字, かに濮陽, かに申した, かに申す, かに眼, かに立てられ, かに答える, かに見えた, かに言い伝え, かに言い伝えられ, かに言い伝えられる, かに言い出す, かに言い渡した, かに言い触らし, かに言った, かに記され, かに話したで, かに語っ, かに語られた, かに説い, かに説明する, かに説明の, かに述べ来り, かに頼み込んだ, かに驚い, かの嘘, がって, がる, がると, しないだらう, しないだらうがね, しないだろうがね, はりまん, はるなあ

▼ ことし~ (69, 5.4%)

2 こ, ここに, こんなぐあいに, またあいかわらず, もう余日, 大みそかが

1 [57件] あそびました, あと五六日な, あまり読書, あらば, うら寂しく暮れゆかむとする詩天, これで, こんや, しくじった笠ヶ岳, それに, つらき月日, とうとう身寄り, なかばを, またうんと, またそろそろ, また三周忌, また冬, また忙しい, また秋, また西, また雪, もうこれ, もうじき, 中学で, 九月からの, 二十二の, 亦筑波, 兵隊さんが, 兵隊さんの, 合戦来年も, 吉例の, 同じ, 夏から, 大晦日まで, 学期の, 強烈な, 慣例どおりなにがな, 戦乱の, 春から, 晩秋へ, 暮れるお, 暮れる火吹竹ふく, 来年も, 来鳴を, 松篁夫婦に, 水で, 水の, 治六が, 無為には, 燃えるアイリス, 田植ゑは, 盆前に, 秋の, 稲荷様の, 蓮如の, 豊年と, 鶯が, 鶯の

▼ ことし~ (20, 1.6%)

3 あけて 2 十八です

1 [15件] いくつに, おまえさんいくつに, ちょうどに, はや三度学校, もう十七年, 五十二三歳であったろう, 五年にも, 何年, 勤続二十一年だ, 十五年です, 十六に, 四回つづけ, 幾年と, 足かけ六ねんと, 足かけ四年目に

▼ ことし十六~ (20, 1.6%)

7 になる 2 のお

1 [11件] だそう, で一人, で相模一国, で色, で近い, になります, のお転婆, の小僧, の小娘, の正, の筈

▼ ことしきり~ (16, 1.3%)

7 である 2 だった, であった 1 だが, でしたが, です, でなおさら, なり

▼ ことし十九~ (16, 1.3%)

4 になる 2 で東京 1 であるが, で三年前, で主人武蔵守, で利口, で容貌, の三男正儀, の坂田源三郎, の男, の色白, の華奢

▼ ことし十五~ (16, 1.3%)

4 になる

1 [12件] である, で外, となっ, になっ, になった, のお, の初夏, の前髪, の妹娘, の小性, の少年, まで育てぬれ

▼ ことし十八~ (12, 0.9%)

2 で来年, になります 1 でいわゆる, でそれ, でとかく, でわたし, という年頃, とはいう, になる, の花

▼ ことし~ (10, 0.8%)

3 なって 2 なってから 1 かぎって, かぎつて, なっても, 入って, 入ってからの

▼ ことしたっ~ (9, 0.7%)

1 て, てこせやしない, てそこ, てだめ, てやり, て先生, て私貴方, て離れ, て駄目

▼ ことし十七~ (9, 0.7%)

2 になる, のお 1 でございます, の娘ざかり, の彼女, の直, の美人

▼ ことしから~ (8, 0.6%)

1 つけて, 一緒に, 十三に, 就職なさる, 必要と, 数えて, 新規蒔直しで, 着て

▼ ことし二十歳~ (8, 0.6%)

1 であるが, ですが, で去年, になります, になる, の女, の小柄, の独身者

▼ ことし十三~ (8, 0.6%)

3 になる 1 で吟味, で手習い師匠山村小左衛門, になります, の子守女, の虎吉

▼ ことし十四~ (8, 0.6%)

2 になった 1 ぐらい, の小娘, の小次郎, の少女, の少年, をかぞえる

▼ ことし二十一~ (6, 0.5%)

1 です, ですが, で実家, で小, になります, になる

▼ ことし二十三~ (6, 0.5%)

1 で男振り, になる, の才次郎, の立派, の若い, はやくも両

▼ ことしこそ~ (5, 0.4%)

1 なりは, ほんとうの, むらの, 婦人の, 青森の

▼ ことしはじめて~ (5, 0.4%)

1 キウリを, 元服したらしい, 知らされた, 見る花, 驚いて

▼ ことしもう~ (5, 0.4%)

1 九十であった, 二十歳に, 五十一歳にも, 六十三な, 四十七歳に

▼ ことし一年~ (5, 0.4%)

2 で卒業 1 で切れる, で学校, で學校

▼ ことし四十~ (5, 0.4%)

5 を二つ三つ

▼ ことし~ (4, 0.3%)

1 と思うた, と見えつけ, わわわし, 描写芸術家と

▼ ことし二十二~ (4, 0.3%)

1 で深川籾蔵前, で農家, の勤め盛り, の若者

▼ ことし五歳~ (4, 0.3%)

1 で体, になります, の始君, の阿

▼ ことし八歳~ (4, 0.3%)

2 になる 1 の義良親王, ほどになる

▼ ことし四十一~ (4, 0.3%)

3 になる 1 の男ざかり

▼ ことしいっぱい~ (3, 0.2%)

1 かかりますぜ, というところ, にきまれ

▼ ことしたり~ (3, 0.2%)

2 顔に 1 此の

▼ ことし~ (3, 0.2%)

1 おいて, おるか, ても仕方

▼ ことしません~ (3, 0.2%)

1 て早く, よ, わ

▼ ことしまだ~ (3, 0.2%)

1 三十歳に, 二十一の, 二十歳の

▼ ことし七つ~ (3, 0.2%)

1 になっ, のひとり娘, の良夫さん

▼ ことし三十~ (3, 0.2%)

2 になる 1 の男ざかり

▼ ことし三十三~ (3, 0.2%)

2 であります 1 とはなった

▼ ことし三十二歳~ (3, 0.2%)

2 である 1 の女性

▼ ことし二十七~ (3, 0.2%)

1 である, であるが, になります

▼ ことし二十六歳~ (3, 0.2%)

1 です, の信長, の若い

▼ ことし五十~ (3, 0.2%)

1 の独り者, を一つ, を二つ三つ

▼ ことし八十八歳~ (3, 0.2%)

1 になられた, になられます, になる

▼ ことし六十七~ (3, 0.2%)

2 になる 1 にお

▼ ことし初めて~ (3, 0.2%)

1 の数の子, 余白なくなりぬ, 降る雪

▼ ことし卒業~ (3, 0.2%)

2 ですね 1 の筈

▼ ことし四つ~ (3, 0.2%)

1 になった, になる, の子供

▼ ことし廿一~ (3, 0.2%)

1 で実家, で本来, の修行

▼ ことし~ (3, 0.2%)

1 の彼岸, ははと遊びし, 終に空しく

▼ ことしあたり~ (2, 0.2%)

1 がご, の生活

▼ ことしいくつ~ (2, 0.2%)

1 になります, になる

▼ ことしこそは~ (2, 0.2%)

1 毛利輝元自身も, 見付け次第にきっと

▼ ことしそう~ (2, 0.2%)

1 でたまらなく, な人

▼ ことしたつ~ (2, 0.2%)

1 て碌, 位なんぼ損だ

▼ ことし~ (2, 0.2%)

1 つた綿の, 改まって

▼ ことしながら~ (2, 0.2%)

1 両手を, 弟たちを

▼ ことしのみ~ (2, 0.2%)

1 のりは, はやはり

▼ ことしまた~ (2, 0.2%)

1 も改元, 暑さ

▼ ことしよったら~ (2, 0.2%)

1 あなたが, うしろへ

▼ ことし一高~ (2, 0.2%)

2 の理科甲類

▼ ことし七十六歳~ (2, 0.2%)

1 になる, の八月吉日

▼ ことし三十七さ~ (2, 0.2%)

2 へへん

▼ ことし三十七歳~ (2, 0.2%)

1 であるが, の独身

▼ ことし三十五歳~ (2, 0.2%)

1 である, の藤吉郎

▼ ことし九歳~ (2, 0.2%)

1 になった, になる

▼ ことし二十一歳~ (2, 0.2%)

1 の大和守正時, の若者

▼ ことし二十七歳~ (2, 0.2%)

1 である, です

▼ ことし二十二歳~ (2, 0.2%)

1 で四年前, で深川籾蔵前

▼ ことし二十八~ (2, 0.2%)

2 だよ

▼ ことし二十八歳~ (2, 0.2%)

1 であった, であるが

▼ ことし二十六~ (2, 0.2%)

1 である, でございます

▼ ことし五つ~ (2, 0.2%)

1 と三つ, になる

▼ ことし元服~ (2, 0.2%)

1 したばかりの, をひかえ

▼ ことし六歳~ (2, 0.2%)

1 になる, の乙

▼ ことし十一年~ (2, 0.2%)

1 の上半期, の夏

▼ ことし四十三歳~ (2, 0.2%)

1 という男ざかり, の政江

▼ ことし四十八歳~ (2, 0.2%)

2 の安二郎

▼ ことし四十六~ (2, 0.2%)

1 だそう, になる

▼ ことし大学~ (2, 0.2%)

2 を卒業

▼ ことし小学校~ (2, 0.2%)

1 にあがりました, の一年生

▼ ことし幾つ~ (2, 0.2%)

1 だと, になる

▼ ことし流行~ (2, 0.2%)

1 とやらのオリンピックブルウ, の染織品

▼1* [198件]

ことしもう止めよ, ことしいっぱいパリにいる, ことしいもの痕, ことしかっきり十八です, ことしからす御国に, ことしきん作が二十一, ことしその信長は, ことしたくさん蕃殖したので, ことしたらしいってこと, ことしたん今度だけや, ことしだけであつた, ことしだってくれるだろう, ことしだつてくれるだらう, ことしまつたな, ことしちゃよくない, ことしちょうど二十歳に, ことしついに関城も, ことしてたらなお遅く, ことしてれるか, ことしでかすところだつた, ことしという一年に, ことしなさいいう訳に, ことしなさったいうたら縁談の, ことしなさらんかて腕, ことしなんかはイタリーと, ことしねッてわし思ってる, ことしはって良家や, ことしはとほうも, ことしはや十六に, ことしばかりはめづらしく, ことしまで十五年日本に, ことしまでは我この, ことしもつひぞ逢は, ことしゃあ豊年三つ蔵たてて, ことしゃべくりながら人に行き逢っ, ことしゃべったせえかけったいに興奮して, ことしゃべってたらぼろ出る思, ことしゃんしゃんやればいいのにそれをやらず, ことしやせんぢや, ことしやったと聞いた, ことしやはつて, ことしゆきて二, ことしょうがないよってかいって早結婚, ことしようではない, ことしようやく二十三で, ことしよるんでない, ことしわたしたちはどんな, ことし一年ぶりで再会, ことし七ツになる, ことし七十七の夢窓国師, ことし七十二になる, ことし七十二歳の筈, ことし七十五になる, ことし七十余歳に相成る, ことし七十八になる, ことし七十六になられる, ことし七十歳である, ことし七年の回忌, ことし七歳になる, ことし七歳細川藤孝が子, ことし三つになる, ことし三十一だ, ことし三十一歳となった, ことし三十七で若い, ことし三十七八でわが子, ことし三十九だ, ことし三十二しかもなお逆境, ことし三十五になった, ことし三十八になります, ことし三十八歳という壮年, ことし三十八相当の亭主, ことし三十六になりました, ことし三十四歳その後は浜松, ことし三年の忌会, ことし三歳になる, ことしには百艘, ことし九十一となった, ことし九年ぶりになる, ことし二ツの乳, ことし二十になる, ことし二十一それだから, ことし二十三四歳になる, ことし二十三歳の正行, ことし二十九になる, ことし二十五でおま, ことし二十五歳になる, ことし二十六お歌は程ヶ谷生まれ, ことし二十四になります, ことし二十四五で母, ことし二度目の冬, ことし二月太政大臣の重職, ことし五十三である, ことし五十三歳の武将, ことし五十九であった, ことし五十六七歳で二十歳, ことし五十幾つの老, ことし五十歳で細君, ことし京都阿弥陀峯なる奥津城どころ, ことし仙台医専に清国留学生, ことしがよく, ことしはのんびり, ことし何歳になる, ことし信長はまた, ことし健吉くんが二十七歳, ことし元弘三年はその, ことし元弘元年の秋, ことし八つになる, ことし八十餘齡なのに, ことし六十を迎えた, ことし六十あまり二つの老, ことし六十九歳であるという, ことし六十五であるが, ことし六十五歳であるが, ことし其一人に當, ことし出して我, ことしに六つ七つ余り, ことし十一才で小学校, ことし十一月入院すること, ことし十一月廿八日はその, ことし十三年秋までの, ことし十三歳になる, ことし十三歳末子がもう, ことし十三歳雪子ちゃんは八歳, ことし十二になった, ことし十二月下旬の或, ことし十二歳になった, ことし十五去年から城下, ことし十五歳でまだ, ことし十五歳学校はいつも, ことし十六年目になる, ことし十四歳になる, ことし十歳になる, ことし卅一で女房, ことした苗, ことしあれバ私四十歳, ことし四十一歳である, ことし四十一歳このごろは欲しい, ことし四十九の今日, ことし四十二だった, ことし四十二歳という信長, ことし四十五のわけ, ことし四十五歳になる, ことし四十四歳の妻, ことし四十歳女房のお, ことし四十歳娘のお, ことし四月から女学校, ことし四月四日に私, ことし四月某日土木功を竣め, ことしの暦, ことし壬辰の初春, ことし天文十三年の七月, ことし天正七年その, ことし天正三年のつい, ことし天正九年の春, ことし天正元年の正月早々, ことし天正六年まで実に, ことし妙齢十八世にはあるまじき, ことし始めて粟, ことし山荘を訪ね, ことし市立の中学, ことし帝大の文科, ことし幾百年とつて, ことし建武元年正月からひろく, ことし廿三歳になる, ことし廿四五で母, ことし廿歳で行くゆく, ことし弘治二年の四月, ことし成婚の, ことし安の, ことし摘んだよいお茶, ことし數人の賊, ことし文久二年はそれ, ことし新潟警察署で挙げられた, ことし既に三十九歳に, ことしや十一, ことし最初の蝶, ことし柳生石舟斎宗厳は六十八歳, ことし楽しみたいことは, ことし歸りきて, ことし永禄四年という天下大乱, ことし漸く三つの, ことしの三十七年, ことし生れた一ばん下の, ことし甲子の暮春, ことし男子の三十歳, ことし発病しまいかと, ことし相ついで死んだ, ことし県立を出まし, ことし確か二十歳の筈, ことしは二人, ことし紅顔十七歳の美少年, ことし若葉の出る, ことし落第ときまった, ことし落第ときまつた, ことし蓮如上人の四百五十年, ことし辺りの軽井沢, ことしりは, ことし配流された僧文覚