青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こころ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~こう こう~ こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ ここ~ ここら~ ~こころ
こころ~
~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち こっち~ ~こと

「こころ~」 1981, 21ppm, 5370位

▼ こころもち~ (401, 20.2%)

8 になっ 6 だった 5 になる 4 がする, だ 3 が明るく, だね, である, です, で伸子, なの, になった, のうち, よ, をきれい

2 [18件] があった, がした, がその, が湧い, そうに, できいた, でこの, でした, で小説, で暮し, に, になりやがっ, に同感, のなか, のよい, は, をしずめる, を考え

1 [308件] あえがせて, うなずいた, うるんで, からこのごろ, から磯屋, が, がある, がいう, がいたしません, がいつも, がこまかい, がし, がしなかった, がどうしても, がのこった, がぱっと, がよかっ, がよく, がわい, がわかっ, がわかりました, がわかる, がわるかっ, が今, が伸子, が可哀想, が変っ, が好い, が容易, が晴ればれし, が流れ, が第, が裸婦, が許しません, が起る, が身重, が軽く, さね, すり寄った, そのこころもち, その嘆き, その膝, だから, だけをとりだし, だけを経験, だったし, だったそう, だな, だよ, だろう, だろうか, つまりたどりき, であった, であったの, でいらっしゃるでしょうと, でいる, でしょう, でじっと, でそう, でそこ, でそれ, ではそれ, ではない, ではなく, では同じ, でみる, でよんだだろう, でソーッ, で一番地, で何一つ, で力, で右門, で名人, で小さい, で居眠っ, で彼, で思いやった, で毎朝, で泳い, で生き, で眠った, で眺め, で終っ, で自分たち, で表現, で裏, で見まもった, で見物, で高い, という, というもの, とが濃厚, として何年ぶり, として武士, として父親, とその, とそれ, とはちがった, とはどこ, とわが家, と不可分, と心配, と素子, と絶えず, と自然, と行為, などのあや, におなり, にかかわり, にさせ, にさせた, にしろ, につつまれる, になつ, になります, になれるであろう, になろう, にはまだ, には実に, には役人, には素子, には自分たち, にふところ手, にみたした, にもおかれた, に似, に似た, に何と, に同情, に向っ, に帰っ, に我, に浸っ, に甚大, に生き, に眠っ, に立ちかえらせなかった, に返っ, に逢着, ね生き, のある, のいい, のいきさつ, のすむ, のどの, のなさらない, のほう, のまま, のままペレール, のもの, の上, の人, の内, の切実, の動機, の原因, の婦人, の推移, の時, の最も, の波, の深い厳し, の男, の興, の距離, の近づき, の静けさ, はありがたい, はいやされ, はいわば, はおれ, はかかる, はこれら, はこんな, はすべて, はそう, はどう, はどの, はひどく, はぼうっと, はや, はやがて, はやがてどう, はよく, はわかる, はゴーリキイ, はモスク, はレーン, は伸子, は伸子自身, は何, は初めて, は同感, は川辺みさ子, は惹きつけられる, は日本文化, は時代, は書く, は本当によく, は深く, は温室, は私, は私たち市民消費者, は要するに, は面白い, ふるえて, もそれ, も動かされない, も含まれ, も察し, も思い浮んだ, も昭和十年, や考え, よくぐっすり, よくゆたんぽ, よく分った, よく書きたい, よく爪弾, よく爪弾きした, よさ, よやっと, よ喃, らしかった, をあなた, をおこさせる, をお話, をかい, をかげらせた, をきめた, をし, をしづか, をとらえ, をまぎらす, をもこれ以上, をもっ, をもった, をやすく, をよく, をハイデッガー, を与えた, を与えるやり, を云おう, を伸子, を分け, を反映, を呼ん, を室, を引き出された, を忘れない, を思いかえした, を思いやり, を思い出す, を感じる, を感ずる, を抱い, を決算, を現, を知る, を磯五, を素子, を経験, を表わし, を複雑, を許し, を語っ, を追求, を通して生き, を重吉, を顔, 下げて, 下げるよう, 両眼, 何ともいえない, 傾けて, 動いて, 反らせて, 固くなった, 圧すよう, 変えようない, 多く引っ込み, 平たく銭形, 引きずって, 従って人, 揺ぎます, 揺り上げました, 擡げて, 早めた, 明るくなっ, 暗さ, 歪んだ唇, 残って, 気むずかしそう, 汗ばみて, 浮いて, 疲れた馬, 細めた左, 落して, 薄い腮, 薄くなりかけた捲, 赤らめて, 退く, 進む, 遅くなった, 長いよう, 開いて, 青ざめただけ, 高いくらい, 黒みがかった皮膚

▼ こころ~ (285, 14.4%)

6 こめて, もって 4 知らねば 3 寄せて

2 [14件] うごかしました, これらの, 動かした, 安ん, 寂しくさせました, 察して, 引かれて, 抱いて, 挙げて, 探るよう, 残しつつ, 現は, 起して, 鬼に

1 [238件] あかさない, あくまで追い, あらわしながら, いだいて, うごかすよう, うたった数節, うち破って, うるおす, おどらして, お持ち, お楽, かばって, かりて, くだくころ, くばったが, くむだろう, この三寸, こめたいのり, これくらい, これ迄に, さらって, しずかに, しっかりお, すくみあがらせた, すてけり, そそのかし, そそのかす, そのまま主張, そのまま実行, たたえて, たぶらかすこと, たよって, つかむこと, つくして, つくろう人世, つたえて, つつむに, つと弥生, つよくうった, つよく絞めつけた, ときめかした, とらえた疑問, とりなおすの, どう解し, はかりかねて, はりつめびくびく, ひかれたので, ひかれて, ひきつけられて, ひきむしった, ひたして, ひとしお寂しく, ひるが, ふくめて, ふるいたたせようと, ほかに, ほんとによく知っ, まぎらすためにとんきょうな国平, みじんに, みつめて, むやみと, もったいい, もった人, もつて, もの狂わしく, やわらげおちつかせた, ゆだねるとは, ゆらみ, よめる, よろこばす宝石, りょうに, わたしの, ジッと, 一と, 一層枯燥, 一種の, 一筋の, 与えなかった, 世の中の, 乱して, 二つに, 二重に, 京子に, 人々よみ侍りける, 人に, 人間に, 今日は, 他の, 以って, 休めたの, 伝える外, 修めたの, 傷ませたくないから, 傷めた, 像に, 先に, 入れて, 入れ換, 冴え澄まそうと, 労って, 動かされた, 動かされて, 動かされるふう, 動かしたの, 動かして, 動かし色, 動かすこと, 動かせり, 去りえず, 和らげて, 哀れに, 品物では, 嘆き, 圧して, 培って, 多少沈め, 失わずに, 失わないよう, 奪われた, 奪われて, 妙に, 寒くする, 専らに, 巧みに, 師とは, 弱くする, 強くひきしめる, 強く惹きつけたらしい, 彼は, 心にて, 忖度し, 悩まして, 惹いたの, 惹かなかった, 愛しく思ほせ, 愛しようと, 感じて, 慄はせる, 慰まれ候事, 慰めふたつ, 慰めほほえませる絵, 慰めるため, 憑り, 戒めて, 打った東西文化, 打明けて, 打明けられた後, 押えて, 持ちある, 持ち直し貴い, 持った女, 持って, 振りかえらす, 捨て, 捨てて, 推察し, 掻き立たさなければ, 描くの, 改めて読書, 放下しよう, 映す文学, 晦くし, 暗くさせる, 暗くした, 曲げゆがめ神秘的, 歌に, 求め続けて, 洗いいつも, 洗いすて洗い清めなくては, 洗う新しく, 浮き立たせずには, 深めれば, 漏らすと, 濡らす朝露, 焦す, 玉に, 現代から, 理解する, 琢く, 留めざら, 疑って, 直接に, 相手の, 知って, 知らうと, 知らむとす, 知らんや, 知りつくさむ, 知るもの, 知ろうと, 砕きながら, 磯五から, 示して, 程よく牽制, 空しからしむ, 窪ませない, 統一せしめる, 縛りつけて, 義理で, 聞いては, 胸に, 腐らせる, 花の, 苦しめ乾きあがらせ病的, 茫漠と, 落付け, 藤吉は, 表わす, 表現する, 裏切って, 裏切り自, 見て, 見まもれば, 覚った, 観て, 解釈する, 言外に, 訊いて, 許した友, 詠じたもの, 誘い出す暖, 誘われる作家, 読むこと, 誰かは, 誰に, 責めたてるの, 起すやう, 躍らせずには, 身に, 身を, 軽くする, 配るべきはず, 鍛えねば, 鎮め広い, 陳べ前非, 集めなければ, 離れず我, 離れないの

▼ こころ~ (273, 13.8%)

7 なかで, 中に 6 うちに 4 中では, 底から, 裡で 3 うちを, そこに, なかに, 姿を, 底に

2 [17件] うちで, さびしかる, つめたさ, なかでは, なかには, ほどは, ままに, ような, 中で, 中には, 優しさ目, 化粧, 垢は, 塵を, 小さい古, 底の, 愁は

1 [192件] あがきだけは, あさあけ, あせり, ありかた, ありさま, いかつさ, いろに, いろは, うごきである, うずき, うちには, うちは, うちへ, うつたへ, うら表, おくの薔薇, おどろきは, お苑, きわみに, けぶた, このごろに, こんなまざまざ, さまも, さみしさ, しづけさ, すがた, すみずみ, そこ, そのままに, そよぎを, たちまち鎌首, たび, ために, たよりな, つくづくと, つまに, どこかに, どまんなかに, なかの, なかへ, なかを, なつかしさ, ねがいを, ひだを, ふるさと, まじった忠告, ままならざりき, まま気に, まま生きた, むなしさ, もつれだけは, やうな, やすまる力, やり場が, やわらむということはない, ゆふぐれ, ように, リズムを, 上に, 不安に, 不思議さ, 世界の, 中でと, 中と, 中にも, 中を, 中一応, 二つの, 人を, 住家と, 何分の一かで, 佗しい, 傾斜面に, 働かせ方, 全部を, 全面を, 内は, 力で, 力を, 勁さゆたかさ不抜さが, 動きが, 化粧です, 友であった, 友今を, 咽ぶ音, 壁, 奥から, 奥で, 奥に, 奥底で, 奥底まで, 奧所ひらくべき, 姿でも, 姿に, 姿勢で, 孔雀玉, 孤独感は, 実行的な, 寂しさ, 対象として, 峯, 巣や, 師とは, 底からの, 底にも, 底まで, 弾む思い, 急くまま, 愛憎に, 所願に, 持主である, 揺れに, 故郷に, 故里へぞ, 曼珠沙華燃ゆる, 月の, 本源は, 桟に, 楽めり, 橇, 歌, 歌は, 正しさ, 死にし昨日, 法悦は, 洗濯が, 海原の, 涸渇は, 深いやさしいそぶり, 深ければ, 深みにおいて, 清きかな, 渇きを, 満足から, 激動を, 火の, 燻銀, 状態と, 状態を, 現われである, 甘露も, 生きて, 疲れと, 疲れ身の, 疾いもあります, 痛さ, 皺は, 真実, 矢さきへ, 破局的な, 秘密だった, 秘密撮影を, 程が, 種子を, 窪みに, 窪みの, 精髄を, 糧は, 糧を, 縒総まことと, 縞も, 繋りさ, 繋りをもって, 置場として, 置場な, 耳を, 聡い方, 膨らみを, 自由を, 花, 芽ばえた種, 苗を, 荷が, 落ちつく夜, 虹であった, 裏の, 襞, 視角の, 調子の, 調子次第で, 諧音は, 起こるも, 迷彩の, 通い路を, 過程を, 遠くし, 重荷を, 金が, 陰の, 陰影にも, 隅々にまで, 顕れに

▼ こころ~ (172, 8.7%)

3 ふれるもの 2 うかんだ, なって, ひたと触り, ふりしきる, 描いて, 生きて, 秘めて

1 [155件] あふれて, あまゆれ, ある俤, いいきかせる言葉, いく条の, いっそうの, いつなりに, いよいよ強い, いれて, うかんだこと, うかんで, うちこまれた, うつって, えたいの, おもって, お任せする, かえり天, かえること, かかるいきさつ, かけられて, かなうべし, きざまれて, きめた日, きらりと, これまで, したがうこと, しめす, すがすがしく思い乍ら, すがるべきである, せまった, ちりかかる, つたわりますね, つぶやいて, つよく深く感じる, なった, なったの, ならひてや, なりて, ひびきました, ひらめいて, ひるが, ふれて, ふれ人生, ふッ, まあなんといっ, まじり気は, むすびあわして, やわらかいあわれ, よい本, 企んで, 似た大きな, 体に, 依り数々, 信仰を, 分ち分かず君, 刻まれて, 刻みつけたあの, 印されたふくよか, 印象される, 及ぼす深, 呆け見ゐ, 呟く, 咲きと, 喰い入ったに, 変って, 変りは, 変わって, 変わりは, 多計代, 大書した, 女性との, 寂しみ, 尋ねた, 希望を, 帰ったとき, 引きくらべて, 引きつけて, 張られて, 強い印象, 彼を, 思うこと, 急いで, 恥じないであろうか, 感傷が, 感受性を, 愧じる, 懷か, 成りきれば, 抱かれて, 挙げながら, 描いた, 描いた若者, 新しい瑞々しい歌, 日が, 日本の, 明るい陽, 曇りの, 朧気ながら, 来て, 東洋の, 染む, 柔かきかな, 歴史を, 歸つて行つた, 残った, 残って, 決めかけながら, 沁みて, 沈むの, 沈んで, 洩るるは, 浮かべて, 湧いて, 満ち足らわ, 溶け入りぬ, 滅えぬ, 潜む男心, 生じた, 生じた問題, 留めて, 留守なら, 疑問が, 相応し, 真佐子の, 禍いされ, 立って, 絃が, 繰り返して, 苦い移住, 苦しむよりも, 蒔く種, 被さりぬ, 覆いかぶさって, 解けあって, 訊いて, 許したま, 許したもう, 誓いました, 語って, 転がして, 返って, 迫った, 通じるもの, 通ふ, 遁れ, 重いもの, 重りかかって, 針を, 銘じて, 関係なく, 雑草を, 鞭打つこと, 駆られ洞窟, 鳴るほめ歌, 鼈四郎が

▼ こころ~ (131, 6.6%)

2 いつそう, いま大風の, もつと, 測るべからざる哉

1 [123件] あいにく持っ, あかし, あぢさ, あなたにこそ, ありますまい, あるところ, あんまりお, いつかやすら, いつしか先夜, いつもかくさびしき, いま秘かに, おいらに, おなじ君, おなじ花, お前に, かゆければ, きざした, くずれた, こうだ, こうでありました, ここに, このよう, すこしもはずまなかった, そのお, その悩ましい, それだけの, それゆえに, たやすく自然, ちょうどそれ, つねに狭き, つめたくし, ないかな, ないと, なごむの, なつかしくやるせなく戲, はかりしれない慈愛, はげしい嫉妬, ひとつに, ほのかにて, まさに満身創痍, また夕闇, また金剛寺坂, もうすっかり磯五, もっと奥, やがてまた, ゆたか, ゆだんも, よう判っ, よくわかっ, より多く, わかる気, わくとも, ソヴェトの, ハルビンと, バランスを, 一つも, 一途に, 三方ヶ原に, 不安を, 事実磯五に, 二人の, 人生唯一の, 今に, 僅かの, 充分お, 分りますが, 動いた, 同じから, 同じこと, 君に, 君により, 君の, 大いにうごいた, 姿に, 媚られる, 宗教の, 実は大きな, 家に, 忽ち決したらしく, 怒り, 恐れに, 恒に, 惑ふ, 憤りでふるえるよう, 或る, 故郷を, 普通でなくなっ, 暗かった, 書中に, 最早や, 次第にその, 死灰の, 水の, 決闘目と, 泣く, 泪っぽく, 深い, 温室の, 湧き出でない, 烈しくとどろいた, 無かった, 無に, 無性にはやる, 燃え立つばかり, 父の, 知らず年, 私にも, 私を, 空を, 窪む, 節子を, 自分の, 自然と, 若し, 葬儀以後三十五日四十九日百ヶ日と, 複雑で, 読み難い, 読めた, 諷刺の, 躍って, 軽く落ちつい, 遠く, 頗る動揺

▼ こころ~ (93, 4.7%)

1 [93件] あったらどんなに, ある, あるから, あれば, いそいそと, いつしか本人, いつもいい, いよ, うごかされる, うすらいで, うたれて, おちつきげんき, おどった, おわかりなさらぬ, こういう言葉, こわいの, さずかりますよう, さまざまの, しっくりと, しみじみと, すぐ分った, すこしの, そういう写真, そんなに激しく, そんな事, たかぶって, たのしくも, つうじたと, ときめいて, なげやりでこの世, なにかに, ぬけない人間, ひしとうっ, ひそんでを, ぼくに, まえは, ますます刺激, わいたの, わかった, わからぬと, わかり膃肭獣, 一時に, 一箇の, 今日ガンジス河を, 個々の, 催されて, 先き, 先立って, 公卿の, 冷たいと, 出て, 判るもの, 判る方, 動いたが, 動いて, 含まれて, 啜泣く三味線, 声に, 外にのみ, 大いに広く, 岸本の, 引ッかかっ, 弥生に, 当の剣敵諏訪栄三郎, 彼女を, 怖ろ, 急いで, 意味を, 感じ得られよう, 歩いて, 残って, 混じて, 湧いた, 湧いて, 湧き上って, 溢れて, 無くては, 無くても, 熱い息, 痛むん, 純化され, 結婚生活の, 美しくなる, 美への, 苦の, 落付く, 越智との, 身に, 迷つた, 追い求めて, 遠くおのれ, 重かった, 鬱したから

▼ こころ~ (57, 2.9%)

4 ない 2 しぬに, ちくびをかしげて

1 [49件] あつた, あまりに横, あるという, いとほし, いびつなり, いわば, かすむ時, からだも, きまった, きゆつきゆ, くれること, さうで, さすがに, さまようて, ちとぐるりの, ちと五月, ちと半ば, なくあちこち稿勞, なくさま, ひきしまって, ぴんと張っ, まじるうす, みんな生殺しの, わかって, わきまえず無用, 世界で, 体も, 察して, 思案の, 愛憎も, 投げかけて, 推察される, 日本の, 早う解け, 犇と, 空に, 罩めて, 羅刹に, 肉体も, 自分へ, 落着か, 見出されようという, 解きほごさずには, 解するという, 辿らま, 遠くなら, 遣瀬, 鈍ろうし, 魂も

▼ こころ~ (33, 1.7%)

1 [33件] あわてて, いっぱいだった, いつもきれ, おさき, おれの, こんな不当, さへ, そういうこと, その顔, それでやはり, つないで, どうしても考え得られない, ひんやりと, もって, よろめくよう, よんで, 一家の, 一杯だった, 図書館長である, 女心を, 小屋へ, 小石川の, 感じて, 押へ, 正しくない, 町から, 痛烈に, 皮膚から, 笑って, 草の, 詠んだもの, 酔狂な, 頼って

▼ こころ~ (27, 1.4%)

1 [27件] いっしょに, かねては, からだを, こころ薄ら青き, する刃怪左膳, すれば, それからお, なります, なるつもり, みごとに, チャールストンの, 云っても, 体とが, 力の, 口とを, 学窓への, 山に, 強い強靭きわみ, 形とが, 東の, 歴史を, 生活の, 縺れるさま, 言ったよう, 身を, 逆に, 通じるところ

▼ こころから~ (11, 0.6%)

1 [11件] うやまいを, である, また死, よろこんで, 去って, 恋愛を, 燃え出した愛, 結婚を, 老女が, 行われる行為, 離れて

▼ こころには~ (11, 0.6%)

1 [11件] なかった, なり得なかった, また雲, もはやわたくし, 人間に, 何も, 嬉しく何度, 数々の, 星が, 蛇蝎が, 観よ

▼ こころ持ち~ (10, 0.5%)

1 そうに, だろうね, で家, で観音様, になり, に納まっ, に音, のよく, を聽, 微笑み

▼ こころという~ (7, 0.4%)

4 ものは 1 のだ, ものが, 字が

▼ こころ待ち~ (7, 0.4%)

3 にし 2 して 1 に待ち, に貧しい

▼ こころでは~ (6, 0.3%)

1 あるまいか, ない, 小姓部屋こそ, 掲げられるもの, 書いたもの, 死ぬこと

▼ こころにも~ (6, 0.3%)

1 ある巨大, いくらか, ないこと, 啼ける鈴虫, 思って, 新しい希望

▼ こころ~ (6, 0.3%)

3 こころよ 2 めざめよ 1 心よ

▼ こころ静か~ (6, 0.3%)

1 にしのん, に何, に何十年, に武蔵太郎安国, に気, に調子

▼ こころごころ~ (5, 0.3%)

2 の秋 1 であるから, に, も

▼ こころひそか~ (5, 0.3%)

1 なおどろきも, な勇気, に弓矢八幡, に待っ, に望んだ

▼ こころこそ~ (4, 0.2%)

1 まさしく菩薩, ゆらぎて, 国と, 浮き世の

▼ こころづくし~ (4, 0.2%)

1 の, の貢物, は一生, を知っ

▼ こころもち頭~ (4, 0.2%)

2 をさげた, を下げ

▼ こころ~ (4, 0.2%)

1 可愛い思い, 意力の, 置火燵, 雨中天

▼ こころより~ (4, 0.2%)

1 つめたく秋, ほかに, 受納に, 吹く

▼ こころをも~ (4, 0.2%)

1 ゆりうごかす文学, よくつかん, 形成し, 放擲しなく

▼ こころ~ (4, 0.2%)

1 ている, て立ち去った, て裏手, を伝授

▼ こころあたり~ (3, 0.2%)

1 がある, の温泉, をくま

▼ こころあら~ (3, 0.2%)

1 ば, ばな, ば飽かぬ

▼ こころからは~ (3, 0.2%)

1 なれないあの, 千万里も, 命が

▼ こころ~ (3, 0.2%)

1 ぶしえとどまり, ぶしも, へ慧

▼ こころ~ (3, 0.2%)

1 づめて, ている, て吹け

▼ こころしずか~ (3, 0.2%)

1 に, に余生, に捲土重来

▼ こころ~ (3, 0.2%)

1 惱む, 渇く, 躍るこの

▼ こころ~ (3, 0.2%)

1 え, えに, えはか

▼ こころ~ (3, 0.2%)

2 這いあがる 1 迫って

▼ こころもち前~ (3, 0.2%)

1 に曲つた腰, の方, へ進ん

▼ こころをば~ (3, 0.2%)

2 なにに 1 花あるやど

▼ こころ~ (3, 0.2%)

1 にこそ寄れ, を恋, を殺しき

▼ こころ~ (3, 0.2%)

2 れ忘れめ 1 忘れめ

▼ こころ当り~ (3, 0.2%)

1 があります, はどう, はない

▼ こころ楽しく~ (3, 0.2%)

1 その静寂, ない, 思いだす

▼ こころ~ (3, 0.2%)

3

▼ こころある~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ こころかなし~ (2, 0.1%)

1 も秋, や

▼ こころがけ~ (2, 0.1%)

1 だ早く, でやっ

▼ こころこれ~ (2, 0.1%)

1 がみんな, が実は

▼ こころさえ~ (2, 0.1%)

1 生じて, 起しませんでした

▼ こころしづか~ (2, 0.1%)

1 にし, に夕

▼ こころだけが~ (2, 0.1%)

1 江戸へ, 語られて

▼ こころであり~ (2, 0.1%)

1 我を, 歴史的主体的精神である

▼ こころです~ (2, 0.1%)

1 から, と

▼ こころとから~ (2, 0.1%)

1 だとの, だは

▼ こころとも~ (2, 0.1%)

2 なく太き息

▼ こころなんか~ (2, 0.1%)

1 デリケートな, 我不

▼ こころにぞ~ (2, 0.1%)

1 すむ, 染む

▼ こころにて~ (2, 0.1%)

1 ここにも, われはが

▼ こころのみ~ (2, 0.1%)

1 まへに, 険しくなれる

▼ こころばかり~ (2, 0.1%)

1 で京子, で敲

▼ こころむなしく~ (2, 0.1%)

1 あらなみの, 日向を

▼ こころもち微笑~ (2, 0.1%)

1 をふくんだ, を含んだ

▼ こころもち胸~ (2, 0.1%)

1 をただした, を引く

▼ こころもち膝~ (2, 0.1%)

1 をこちら, をすすめ

▼ こころもち臆~ (2, 0.1%)

2 したよう

▼ こころ二つ~ (2, 0.1%)

2 にからだ

▼ こころ~ (2, 0.1%)

1 し靡かひ, は寛けし

▼ こころ冷え~ (2, 0.1%)

1 つつ, つつなまけこもれり

▼ こころ~ (2, 0.1%)

2 おもかげ

▼ こころ意気~ (2, 0.1%)

1 ってもの, とやらいう

▼ こころ支度~ (2, 0.1%)

1 ができました, はそれ

▼ こころ~ (2, 0.1%)

1 がもはや, を思ふ

▼ こころ構え~ (2, 0.1%)

1 からこの, などかれ

▼ こころ澄み~ (2, 0.1%)

2 てすがすがし

▼ こころ燃え~ (2, 0.1%)

2 すがた

▼ こころ~ (2, 0.1%)

1 ひし人, ひたるには

▼ こころ~ (2, 0.1%)

1 さや, さを

▼ こころ細い~ (2, 0.1%)

1 わけで, 話だ

▼ こころ細く~ (2, 0.1%)

2 も身ひとつ

▼ こころ貪婪~ (2, 0.1%)

1 なむなしい, な虚しい

▼ こころ~ (2, 0.1%)

2 なしま

▼ こころ~ (2, 0.1%)

2 をつぎ

▼1* [277件]

こころつての, こころあかしてなに, こころあくまで募りたるとき, こころあさましくはなりぬ, こころあては, こころあのこころざしこれ, こころいきが実感, こころいそいそと励み, こころいたんでやまない, こころいっぱい表わして, こころいつしか暗くなりゆく, こころいとしづかなり, こころいれかへた唐辛, こころうつろなるかな, こころ妙の, こころおきなく丹下を, こころおきなく斬りむすぶとしよう, こころおきのうお覚悟, こころおちつかない水は, こころおちつけば水, こころおどりて, こころおぼえのため, こころかけたるあひだ, こころかすめし思ひ出の, こころかもしれねえ, こころからのお願いが, こころがわりしたの, こころきいた者の, こころくらきけふ, こころぐしめぐしもなし, こころ知らずて, こころここにない, こころこころ即すがた, こころこもりしもちひなり, こころさびしきときし, こころさめて, こころしずめて打つ, こころしだいに, こころしづまり行けと, こころしづ山のおき, こころじょうぶですわ, こころすなわち貪慾の, こころすらもほのかなれ, こころそのままの様子, こころそれには, こころたえじとぞ思う, こころたのしい日である, こころもの, こころだけである, こころだけはしかし高速度撮影器機, こころつきて禅室, こころであったろうが一声, こころであるとおもっ, こころであろうか北苑, こころといふものな, こころとか美の, こころとが感じとれる, こころときめいて, こころときめく性の, こころとしてお送りいたします, こころとしても苔を, こころとに感じ, こころとは決してべつべつ, こころぎをり, こころながくじせつ, こころなくてこそせね, こころなどはないに, こころなにとて妻子の, こころならずもひき留められ, こころなりやお伺い, こころなんてものは, こころにおいて互を, こころにかはりゆくかな, こころにさえ従って, こころにしかなれないの, こころにとって唯一絶対なる, こころにまで入って, こころによっていつかは, こころに対し不肖佐々成政も, こころのうづき, こころはけぶりにも見せぬ, こころはほどのよい湿り, こころはや裏切りて, こころひかるる感じ易き, こころひろく寛け, こころひろやかなる, こころほどけて藤袴ほころび, こころましませ流れもぞ, こころまでかくも, こころまでがかかれた, こころまどひて, こころもしくは他人の, こころもちあちらを向い, こころもちお雪ちゃんの体, こころもちこっち向きに傾い, こころもちこれにぶつかれ, こころもちすぎて涙, こころもちすり足で用, こころもちそりかげんなほど, こころもちなめらかな春, こころもちようございます, こころもち一つなの, こころもち上へめくれあがり, こころもち上りになっ, こころもち上気したよう, こころもち体をそらせた, こころもち先に立ち, こころもち刀を右, こころもち前かがみになり, こころもち前のめりにまげ, こころもち前屈みになっ, こころもち受け口であつ, こころもち唇だけをいそ, こころもち声をおとし, こころもち外の方, こころもち夫の方, こころもち居合に取っ, こころもち引きながらもの, こころもち彼女の方, こころもち急ぎさえすれ, こころもち手をあげ, こころもち斜に坐, こころもち斜めにし, こころもち本尊の方, こころもち東へ傾い, こころもち枕から頭, こころもち涙ぐむこころもちそういう感傷, こころもち潮紅した, こころもち猫背でという, こころもち玉座の方, こころもち生活の態度, こころもち移動して, こころもち笠を下げ, こころもち紅を濃く, こころもち紫がかっ, こころもち緊張を見せ, こころもち美感にほかならない, こころもち自分の考え, こころもち船乗り気分に酔い, こころもち蒼ざめた顔にはすごい, こころもち薄みどり色になっ, こころもち赧らんだ, こころもち足を緩めた, こころもち身を引き, こころもち身体を後, こころもち錆がある, こころもち長めの卵, こころもち青褪めた顔, こころもち頤をひいた, こころもち顎をつき出す, こころもち顫えを, こころもち風で乱れ, こころもち首をかしげ, こころもち黄なる花粉, こころもち黙礼する, こころもて見る, こころもと無く御新造, こころもののあわれといったよう, こころやうやくに, こころやすらひはたらきし, こころやりとせよ, こころゆっくりと送迎, こころゆらぎや, こころゆ吾ために尽せ, こころらしく執られた両手を, こころわびしいかわたれの, こころわびしく感じたの, こころをかへりみずゆるせと, こころを以て名優に, こころ一つにある, こころ一ばいに絶叫, こころ一ぱい叫んで, こころ一切の衆生, こころ一層愛情を, こころ一面に燃え盛っ, こころを正面, こころ丈夫に, こころにゆらぎ, こころるると, こころ行くな, こころ付いて窓, こころか何, こころ余れど身, こころ傷みてたへがたき, こころ内部はいっぱい, こころ円い真赤な, こころ切々たるものある, こころ動かされてわたくし, こころ即すがた, こころ叱りつつも, こころはで, こころ合わでもいなまん, こころ和みしづまるをあやしと思ふ, こころ咲けよ, こころ嘆きを伝え, こころ在るとは識ら, こころ変りした, こころより秋, こころ太古の民, こころ如何に躍らん, こころ妹知らず式のところ, こころ嬉しくも恥ずかしい若い, こころしらずといった, こころ子知らずということ, こころ安きにやあらん, こころ安くおわせいかに, こころいまで, こころ寂しき時しいつ, こころ寂しくその意味, こころ寂び古びな, こころ小鼓の調べ, こころ平らに気順, こころ強うござる, こころ当たりもない, こころ得ざるにただ, こころ思ひあがればある, こころ怯ぢたるきり, こころやかに, こころ惹かれ妻に, こころひあれば, こころ愉しさを, こころ慰め得べきものぞ, こころ憎いものである, こころ候事, こころ打たれずにはいられなかった, こころ持つといへ, こころ斯く静まりかねつなに, こころ明して何, こころかるべく候, こころ春めく春の, こころ暗む折こそ, こころ朗らかになり, こころ栄えんものを, こころの世界, こころ歡びぬれば枳佐加比比賣, こころ残りを, こころを流し, こころ湧く日なり, こころ満ちたる者は, こころひ二日經, こころ澄まして待ち, こころ澄めば蛙, こころ爽やかに行っ, こころ狂いたるにはあらずや, こころも術, こころ用意だけはし, こころ痴れたるふところ手半ば禿げたる, こころ石人の, こころ碎くか神國, こころ禁めかねつ, こころの要諦, こころかに男, こころなり地, こころ細かにふりしきる, こころからゆるやか, こころ苦しきわが肌, こころ薄ら青き蝗, こころ行くまであの, こころ親のをし, こころ誇るな, こころ謹しみ骨折って作っ, こころはしき, こころ足らへりわがいのち太古, こころ足るらん, こころ躍りを, こころ躍るかな, こころ遊びて都鳥, こころ遠くなりほめことば, こころ遣いから朱, こころ配り行きとどいた, こころ頗る動いたが, こころ飽くまで募りたる時, こころ驕りや, こころにかあらまし, こころ鳥さへ知る, こころ麗らかなれば, こころ麻川氏の佳麗