青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ここら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

こい~ こいつ~ ~こう こう~ こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ ここ~
ここら~
~こころ こころ~ ~こし こし~ ~こしらえ こしらえ~ ~こちら こちら~ こっそり~ ~こっち

「ここら~」 1195, 13ppm, 8526位

▼ ここら~ (266, 22.3%)

5 人は, 者は 3 人達は, 人間は, 町は

2 [23件] 人々を, 人たちは, 人の, 人間に, 人間も, 名物であるらしい, 名物の, 国々に, 山の, 山や, 春は, 月は, 村, 村では, 村や, 栗も, 水の, 繁昌と, 躑躅の, 里も, 雨夜月卵塔は, 雪は, 雪を

1 [201件] いなかの, ことである, ことでしょう, ことです, こんな見すぼらしい, さびしさ人の, もそれ, ものは, 一角とは, 一軒家である, 下が, 丘陵は, 事である, 人々は, 人たちが, 人たちとは, 人だ, 人と, 人には, 人みんな頼んでる, 人らしい, 人達が, 人達に, 人間じゃあ, 人間としては, 住民の, 住民は, 俺たちなんぞ, 偶然さは, 光景は, 児は, 八月はじめは, 具足師を, 冬の, 冬は, 勝手を, 原住民の, 原住民は, 台所は, 呼吸は, 土が, 土の, 土人の, 土地の, 土地も, 在所の, 地価など, 地形を, 地方には, 地方の, 地方は, 坂下は, 夜風は, 大通りに, 女どもが, 女の, 奴どもあ, 奴等を, 娘に, 子じゃあ, 官舎へも, 実行組合の, 宮芝居は, 家へ, 宿の, 宿も, 寺と, 寺院さえ, 小さい家, 小山小山も, 小料理屋が, 小狡い, 屋敷町は, 山では, 山に, 山の神は, 山は, 山住居の, 山吹は, 山奥には, 山奥の, 山家に, 山家の, 山川には, 山林なぞ千町歩だって, 山路には, 島に, 川では, 川には, 川は, 川水は, 川筋は, 店の, 怪奇も, 恋と, 手際という, 挽地物屋で, 掃除までは, 文字は, 料理屋では, 方々には, 方角に, 旅館に, 景色, 暮しが, 木々は, 木暗い, 村の, 村も, 村医としては, 村落の, 林や, 案内は, 案内を, 森に, 森や, 植木屋は, 様子も, 様子を, 横には, 樺やや, 武家屋敷も, 気候だ, 気分を, 水は, 水も, 水底の, 池や, 浜辺に, 浦へ, 海に, 海中では, 海亀は, 海岸に, 海岸は, 海岸まで, 溝の, 漁師とも, 片田舎では, 犬と, 猫も, 田圃へ, 田圃路を, 田舎には, 田舎の, 町の, 町家は, 百姓が, 百姓地は, 相場を, 砦に, 磯女とも, 空気にな, 空気は, 純朴な, 組屋敷や, 繁華な, 習いで, 老舗で, 者にも, 船宿は, 色に, 芝居の, 花柳界では, 芸妓は, 茶屋娘の, 草木ここらの, 草深いところ, 葬式は, 蕎麦は, 藁屋根が, 蛍は, 衆は, 裏家に, 観世物小屋の, 話が, 講中で, 谿は, 車夫は, 農家では, 農家の, 連中と, 遠謀が, 郷武者の, 里では, 里びとの, 里へも, 長屋の, 開帳に, 雑木山眺め, 雪も, 露路の, 青葉の, 馬子と, 駅は, 驟雨は, 高原農業も, 高地は, 高氏の, 鮨は, 鳥は

▼ ここら~ (212, 17.7%)

4 鷺なんぞ 3 よかろう, 御免を

2 [11件] お仕舞い, お分り, お別れ, ちょいと, どうして鳴かない, まごまごし, 一休みし, 引っ返そうと, 打ち切って, 打ち留め, 私たちも

1 [180件] あっさり手, あなた一番の, いいかげんちょっと落ちつい, いいから, いう幽霊藻, いつもの, おひま, お帰りください, お止り, お玉さんと, お開きに, お馴染, かえりましょうお, かつて見馴れない, かなりに, がすよ, この歌, この漫筆, こんな気持ち, さっぱりと, しばしば見る, ずんとひとつ, その本名, その赤毛, そろそろ出かけよう, そんなかん, そんな小僧, ただ一軒という, たれか, だまして, ちょっとテンポ, ちょっと彼, とどまれ, どうする, なんとか一つ話, ひとつわしが, ひとつパーヴェル・パーヴロヴィチの, ひと思い, まず一段落, また少しく, もう一度振り返っ, もう大抵, もう幼年期, もう料簡, もう見切り, よかろうじゃ, よかん, よしましょう, ろばの, わかれませう, チョイトひと休み, 一つねじ切ったら, 一つ度胸を, 一つ気を, 一と, 一ぷくやっ, 一まず, 一ト口湯でも, 一休みしよう, 一服吸っ, 一生涯の, 一番思い切っ, 一網入れ, 一足飛びに, 一轉パノラマ式の, 休ませて, 休んで, 休息を, 休戦し, 会って, 何とか話, 例の, 停めて, 停止しなけれ, 六平小, 内兜, 出て, 切り上げて, 切り上げましょう, 切上げようかしら, 北海道の, 十二月に, 反省し, 名乗って, 名代の, 唐人飴屋の, 売って, 売卜者などを, 変な, 変わりまアす, 夜ご, 夜の, 夜を, 大地へ, 失礼します, 好かろう, 威勢よく, 小生が, 少し休ませ, 少し悪口, 帰った方, 帰るが, 帰ろうよ, 幕を, 引揚げよう, 強盗を, 彼と, 待って, 御無礼, 御辺, 思いきって, 怪しい噂, 惜しみを, 愈々本題, 戦死した, 手柄を, 敵情, 映画の, 昼食に, 朝顔屋敷と, 本文に, 止めて, 止めては, 止めましょう, 死んでも, 気がついて, 沢山ある, 泊ると, 父上の, 獣の, 珍らしく, 現出された, 異変の, 発起を, 白い蝶々, 盗難が, 目を, 省筆を, 私は, 種明かしを, 笑ふ, 素直に, 結末に, 結論を, 考え直しゃあ, 考を, 聴かされ加之, 育ったから, 自分の, 苅るの, 茶など, 萎むであろうなどと, 落着い, 蒐集を, 蛇や, 蝶々の, 見切りを, 見咎められては, 見張って, 見馴れねえ女, 観念し, 評判だ, 話を, 諸国の, 負けて, 身を, 逃げ出すん, 遊んで, 醒めたの, 金を, 降りる人, 陣容を, 雪の, 霽がりであろう, 霽がる, 面を, 食べるうに, 飯に, 鬼の, 鴎外に対する

▼ ここら~ (149, 12.5%)

4 水仙月の 3 一面の

2 [11件] さすがに, 今が, 品川の, 手の, 比較的に, 水切れに, 無難で, 白鳥区の, 随分混雑, 震災の, 霜が

1 [120件] いいわねえ, およその, お前たちの, くわしく話す, すっかり爆撃, ずいぶんいい, ちょっと面白い, どうしても三月, なかなか冷えます, ひっそりと, ひとしお高く, ひるまならたびたび, ふだんから, まだあの, まだ南北朝, まだ小手調べ, まだ春, まだ褄, まるで何, みな農家で, みんなそうです, もう三河島田圃, もう京, もう深草村, もう無論江戸, もう近江源氏一族, もう静か, ゆッくり休む, 一寸日本, 一種の, 万事が, 下駄を, 不用心でございます, 人も, 人家が, 人影も, 今日盆の, 以前の, 以前は, 低きいくつ枯山, 住吉町の, 何分にも, 例の, 俗に, 元寇, 先達めきました, 全部手が, 冬の, 利根川べりで, 割に土地, 勤め人が, 勤人が, 南の, 取り分けて, 向う三軒両隣的人情で, 場末と, 場末の, 夏涼しくっ, 大いに熟考, 大そう, 大へん, 大体が, 大勢の, 大阪は, 天智天皇が, 学んで, 寺の, 寺門前が, 小役人や, 小身の, 屋敷つづきである, 山国で, 山奥だ, 山家で, 常陸屋の, 急に, 戦争圏外と, 敵にとっても, 日本とは, 昔から, 朝が, 本職だ, 東京と, 東海道の, 板葺屋根が, 根岸へ, 森や, 樹が, 江戸城に, 流れが, 海に, 海の, 海軍の, 深夜の, 温泉の, 火元から, 猿の, 田や, 田舎である, 田舎です, 甲斐絹裏を, 白鳥區の, 皆土井家の, 眼を, 確で, 積もって, 英一が, 荒れましたな, 虫の, 覚えて, 路が, 逆に, 郡代の, 閑静で, 雪が, 風上である, 鮎が, 鮒の, 鳥渡想像が, 鵜だ

▼ ここら~ (112, 9.4%)

4 住んで 3 立ち廻って 2 うろうろし, 妖邪の, 居るの, 年経る

1 [97件] ありと, ありません, いて, いない, いませんか, いるに, いるの, いるん, いる日本人, いる白人, いる馬鹿野郎ども, いれば, うかうかし, うっかりし, うろうろすれ, うろ付い, おきんという, おもしろい事, おるあの, ころがって, して, そんな商売, そんな怖, たくさん寄る, たった一人, つないで, どんな物, なかった, なると, めずらしい寺小姓風, よく見る, マゴマゴし, 下総屋という, 人家など, 仕置場が, 休む所, 住むもの, 出ると, 出張って, 出現する, 勤めて, 可怪, 坊主あ, 報寃蛇の, 多い屋敷, 多い山家武者, 多い山毛欅, 多い山蛭, 多い植木屋, 多く見る, 大あばた, 客桟ありません, 小屋でも, 小泉という, 巣を, 年じゅう住ん, 建って, 往来する, 往来は, 待って, 悪い感冒, 悪い狐, 春を, 来て, 松林が, 桑の, 桑畑が, 棲んで, 植木屋の, 死んで, 河獺が, 涼しく動いた, 源三郎が, 溝川の, 火事なんか, 狐の, 猿は, 珍らしい, 畑荒らし, 立ち廻るという, 網を, 育った者, 色鳥の, 行き迷って, 見かけない子供, 見張って, 見馴れない彼女, 豹一が, 身寄りも, 遊んで, 金貸しの, 長崎者は, 限ったこと, 類は, 高尾の, 黒, 黒ん坊という

▼ ここらあたり~ (58, 4.9%)

1 [58件] か, からもうぼつぼつ, から向う, から急, から調査, が口, が右門党, が名代, が気慨, だろうと, で, であなかしこ, でおりた, でそれ, では七月中旬, でまた, で下, で帰りましょう, で日, で泣い, となつかしむだ, と思う, と狙っ, にいる, にさまよう, にその, には時代, にも多く, に勤め, に天平, に月, のところ, の松, の海, の田舎者, の百姓共, の風景, は, はスカンジナビア, は一面, は剣道, は名だたる, は少し, は山家ゆえ, は気, は見わたす, は赤土, は駆け抜け, へ捨て, へ立ち, まではお前, まで来ました, も御, をうろつい, を出没, を徘徊, を歩い, 花屋およそ

▼ ここら~ (51, 4.3%)

2 こんなに開け, 丁度休み, 繁昌し, 見切り時

1 [43件] あなたの, いよいようれしく, いわゆる歌舞伎劇, お吉, お蓮様, この城, ご恩返し, どうも烏, はなはだデリケート, はなはだ英吉利, もう底, もう見切り時, よかろう, よろしかろう, 一等の, 切り上げ時だ, 危険地帯に, 右門の, 寂しいからと, 峠なし, 年貢の, 弁理士の, 彼に, 手頃, 数字の, 日本あたりとは, 明治以後における, 最期だろう, 殆ん, 決心の, 淫婦の, 温徳殿, 潮どきと, 焼けて, 用心すべき, 知覧です, 神戸の, 第一等, 見切り時だ, 親譲りという, 辰巳の, 関と, 非人情で

▼ ここらでは~ (48, 4.0%)

3 こんな苹果 2 珍しいほどの, 相当に, 相当の

1 [39件] いつ頃, かつて見た, そう言っ, ちょっと繁昌, ないかと, なかなかの, なかなか顔, みんなが, めったに, もうすっかりと, もちろん旧暦, 二三月頃が, 今でも, 何十年振りとかいう, 先ず眼, 台屋と, 商売を, 孫左衛門殺しと, 旧い暖簾, 早い雪, 昔っ, 時々に, 有力の, 未そんな, 汽車の, 滅多に, 火鉢を, 珍しくない, 百姓女まで, 草分けの, 蝮の, 見かけん女, 見付からないはず, 見馴れない女, 評判の, 遼陽の, 雪が, 非常に, 麦を

▼ ここら~ (47, 3.9%)

6 徘徊し 5 歩いて 2 うろついて, 縄張りに

1 [32件] あるいて, あるいてるもの, うろついてる支那公, うろつかないが, うろつくこと, うろ付い, さまよって, その姿, ぶらついて, 中心に, 中継地に, 口切りに, 吾がかがみ, 固めさせおいら, 彷徨する, 往来する, 持ち場に, 掃かねえの, 探して, 掻きまわした奴, 歩いたり, 毎晩廻っ, 流しある, 知ってるの, 第一ページ, 荒らすせい, 見張って, 見物し, 通ると, 通るの, 通行する, 領せし人

▼ ここらには~ (34, 2.8%)

2 人も, 同好の

1 [30件] ほとんど見えない, まだお, まだ雪, まだ鳶, コレラに, 一間ぐらい, 唐人飴の, 囲い者の, 寺が, 御覧の, 悪い奴, 悪い河獺, 熟く知れ渡りたる, 狸や, 珍しいコスモス, 珍しい上品, 珍しい美しい上臈, 珍らしい, 白い門, 盗賊が, 紙屋や, 花も, 茅葺きの, 蛇が, 蛇神という, 蛙の, 見馴れないほどに, 賊が, 雲片一つある, 黒ん坊の

▼ ここら~ (30, 2.5%)

4 来ると 2 廻って, 来て

1 [22件] あがって, うろうろ来やがった, ころがって, ちょっと一刷毛, 住み込んで, 何し, 供えて, 出て, 出ると, 出るの, 出張し, 天狗が, 年の, 悪い狼, 来たとき, 来たの, 渡って, 眼の, 立てて, 隠して, 顔出しを, 鷹の

▼ ここらでも~ (25, 2.1%)

2 その栗

1 [23件] もう評判, 上等の, 主に, 人に, 信仰し, 前代未聞の, 古い店, 名代の, 四年五年という, 大将でやす, 山椒の, 指折りの, 旧い船宿, 旧家と, 有名の, 皆知っ, 目立つほど, 相当に, 相当の, 草分け同様の, 評判だ, 評判であった, 評判の

▼ ここら~ (24, 2.0%)

2 用心の

1 [22件] そろそろのどか, だいぶ変った, もう院線, やっぱり二千三百, やはり混雑, 今は, 商売が, 宿命的な, 寂しい寺町はずれ, 寺の, 年々繁昌する, 急速に, 昔に, 春団治の, 暦が, 漸, 漸く春めい, 町は, 立派に, 耐らない可笑し, 荒れ切って, 賑かに

▼ ここらから~ (13, 1.1%)

2 道路が

1 [11件] その復興, まはるみち, 一番野面で, 吹上浜に, 岡崎辺りまで, 川の, 搬出する, 私は, 笑い私語く, 若者が, 路は

▼ ここらにも~ (12, 1.0%)

2 避難者が 1 さすがに, まだ敵, 充分に, 流行する, 狼が, 町名主の, 蠣は, 西陣の, 馬賊は, 鳶の

▼ ここら辺り~ (11, 0.9%)

1 [11件] でと思う, には両, には人間, には見えなかった, に源女, のご, は郊外, へも遊び, を徘徊, を立ち廻り, を通う

▼ ここらまで~ (10, 0.8%)

1 乗切って, 伝わって, 入ると, 凡べては, 売りに, 来ると, 来る訳, 熊手を, 知れ渡って, 近くながれ

▼ ここら~ (6, 0.5%)

1 から方一町, が江戸名物旗本退屈男, で薩州屋敷, にはお, に自分以外, もまた

▼ ここらじゃあ~ (4, 0.3%)

1 そこらに, 専ら仇討, 旧暦の, 鶏が

▼ ここら~ (4, 0.3%)

21 がと思い, ね

▼ ここらへも~ (4, 0.3%)

1 よく遊んだ, 始終来る, 時々廻っ, 馬賊が

▼ ここらへん~ (4, 0.3%)

1 いっしょに, にこれ, までノコノコ, まで流れ

▼ ここら一円~ (4, 0.3%)

2 を俄 1 の問題, はすべて百姓地

▼ ここら一帯~ (4, 0.3%)

2 の居住者 1 の地形, を荒土

▼ ここらにゃ~ (3, 0.3%)

1 あ安御家人, あ悪い, あ顔役

▼ ここらだろう~ (2, 0.2%)

1 と思う, と思っ

▼ ここらであろう~ (2, 0.2%)

1 かなどと話し, か人

▼ ここらでの~ (2, 0.2%)

1 篤農家で, 老舗らしい

▼ ここら~ (2, 0.2%)

1 こっちゃという, 撰んで

▼ ここらという~ (2, 0.2%)

1 所を, 言葉で

▼ ここらとしては~ (2, 0.2%)

1 まず見苦しく, 小綺麗に

▼ ここらなら~ (2, 0.2%)

1 ばと遠く, わたしだって

▼ ここらへは~ (2, 0.2%)

1 時々にえ, 滅多に

▼ ここらまでは~ (2, 0.2%)

1 廻って, 滅多に

▼ ここら一面~ (2, 0.2%)

2 の桑畑

▼ ここら当り~ (2, 0.2%)

2 だろうと

▼1* [38件]

ここらあたり僻地では茶代, ここらあたり盛に植える, ここらあたり礼者や太神楽, ここらからはまだ見えません, ここらからも関東方面に, ここらきってのいい, ここらじゃア今朝から, ここらそぞろ歩行する, ここらだけでは, ここらつれなき世を, ここらであったろうと提灯, ここらでしたね, ここらでしょうかね, ここらとは違わあ, ここらにこそ存って, ここらにてあるべしと, ここらにのみ今に, ここらへまでバラバラと, ここらへんで便所へ, ここらへんでしたかしらん, ここらめくら長屋では, ここら一体の名物, ここらを見る, ここらの三四箇村, ここら京都あたりの政治的, ここら切っての大, ここらん中でも, ここらも柔, ここらも見せぬ, ここら播州の沿海, ここら特有の紙漉場, ここら町中までも合戦, ここら空襲を受けなかった, ここら立待岬のアイヌ達, ここらが生え, ここら辺のより豊か, ここら辺り川幅は広い, ここらでしょうね