青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~げ げ~ げに~ げん~ ~こ こ~ ~こい こい~ こいつ~ ~こう
こう~
こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ ここ~ ここら~ ~こころ こころ~ ~こし

「こう~」 26447, 286ppm, 336位

▼ こう云う~ (1257, 4.8%)

29 風に 17 ことを 16 事を 15 時に 13 場合に 11 時には 10 のです 9 ことが, のは, 声が, 彼の, 訳で 8 のだ 7 のが, んです, 事が, 言葉を, 話を 6 ことは, のである, 事に 5 うちに, と, 事には, 事実を, 場合には, 彼等の, 時の

4 [11件] のであった, のを, ものを, ような, わけで, んだ, 姿を, 種類の, 自分も, 話は, 風な

3 [21件] ことも, ときに, とひどく, と君, と彼, のでございます, のも, ものです, 不思議な, 事は, 僕の, 内に, 問題は, 家に, 山の, 意味の, 日に, 機会に, 点に, 返事を, 間も

2 [76件] ことで, とくるり, ところを, とその, とひろ子, と三太夫, と今度, と共に, と又, と同時に, と女, と微笑, と懐中, と私, と莞爾, と蔵人, のじゃ, のだった, ので, のでありました, のでした, ものは, わけだ, わけな, 一節が, 中にも, 事実が, 事情が, 人々の, 人を, 傾向の, 僕には, 光景は, 具合で, 具合に, 処に, 前置きを, 口な, 名が, 問答の, 問題に, 声も, 大患に, 失礼な, 家が, 工合に, 彼を, 心持ちは, 心持は, 性質の, 悪戯を, 意味で, 態度で, 態度を, 所に, 手数を, 文句が, 文句を, 景色を, 書斎に, 次第で, 泰さんの, 生活を, 約束を, 結婚難に, 結婚難を, 者が, 自分が, 言葉の, 話が, 話の, 調子である, 論理を, 闇の, 雪の, 顔は

1 [746件 抜粋] いきさつを, いさかいが, いろいろの, うたを, お伽噺を, お敏, お藤, お邸, かも知れない, から私, が早い, ぐらいだ, ことである, ことでございまする, ことに, ことにも, ことの, ごとほんと, しばらくの, ぞよ, ついでに, てくれ, ては分らん, て下さいました, て内儀さん, て嗤, とあまり, とあるいは, とお, とおかしい, ときでも, ときには, ところへ, とじっと, とたいそう, とたいへん, とだまされた, とふと, とまたも, とウルフ, とクスクス, とクックッ, とスラリ, とチラリ, とボーイ, とポケット, とムッ, とモリエール, と一見甚だ, と下, と久田姫, と人間, と侍, と元気, と八尺, と冷, と北山, と原惣右衛門, と呆気, と嘉門, と変, と夜具, と大矢警部, と太郎, と女馬子, と少し, と山, と弦四郎, と役者, と思います, と思わず, と憎々し, と手, と新ら, と時, と桔梗様, と正木博士, と民弥, と沙門, と涙, と瀬戸物, と片, と狼狽, と猪右衛門, と甚だ, と白布, と百姓ども, と碩寿翁, と科学的精神, と紋兵衛, と紋太夫, と老, と老人, と舌, と船艙, と若衆, と苦々しく, と葉茶屋, と襖, と要, と詭弁, と警官達, と軽薄, と長椅子, と集五郎, と飽迄真面目, と首, ね, のさ, のでご, ので出かけ, のどかな, のには, のに突然, はかない身の上, めでたい日, ものが, も咄嗟, や弦四郎, よりほか, より他, わけである, んでない, ドイツの, ハイカラな, 一事だけ, 一人に, 一点だけ, 一行に, 一見淡彩な, 丈艸の, 三右衛門に, 上の空の, 不安が, 不快な, 不思議に, 世継ぎを, 主題は, 了見で, 争いを, 事まで, 事件であった, 事件に関しては, 事件は, 事実も, 事情の, 二人が, 二人きりの, 享楽の, 人と, 人の, 人は, 人達を, 人間です, 人間に, 人間は, 仔細が, 仔細である, 会合から, 会話も, 伝説に, 位置に, 体たらくな, 体格を, 余にも, 余も, 作家は, 侮辱には, 信念に, 修業で, 偶像にも, 傾斜の, 僕を, 僕等の, 光景には, 光景の, 全く奇妙, 公衆すなわち, 冗談は, 処です, 利益が, 力競べを, 区別は, 医者に, 千枝子の, 千鶴子に, 単純な, 印象を, 危うい時, 句を, 右京次郎の, 名前の, 名前は, 周囲に, 味が, 商売を, 問答が, 善事を, 噂が, 因果から, 図書館の, 型に, 場合, 場合における, 場合の, 場合少年や, 場合私は, 場所が, 場所だけに, 場所を, 場面を, 境を, 境地にまで, 声であった, 声は, 変化を, 外出の, 夢から, 夢を, 大質問, 大雪の, 天保の, 夫人の, 奇怪な, 女だって, 女に, 女には, 女中の, 女生徒の, 奴な, 好材料, 娘が, 娯楽の, 子供に, 子爵の, 字を, 孤独と共に, 学説は, 安心が, 家には, 家も, 寂しい往来, 寂しい闇, 寄附には, 寺院が, 対話の, 対話を, 小屋の, 小説は, 少年を, 山を, 山中の, 布告だった, 席では, 帽子な, 平和な, 座敷では, 座敷の, 強大な, 当り前の, 形で, 形を, 影を, 役廻りは, 彼女には, 彼自身は, 御坊っちゃん, 御心配, 御礼は, 御間がら, 心理は, 怖れ, 思想の, 性の, 性根の, 恐るべき敵, 悲劇の, 情調の, 意味から, 意味だった, 意味での, 意味には, 意識が, 意識を, 感興が, 態度が, 態度の, 態度は, 憂鬱に, 我々人間こそ, 戦術に, 所でなけれ, 所へ, 所まで, 所を, 所作だけにも, 手違に, 手順を, 拍子に, 控室へ, 支度を, 敗戦の, 数行を, 文士は, 文放, 文明の, 方向から, 方法で, 方面に, 方面には, 日本流の, 日程を, 星の, 時いつも, 時こそ, 時でなけりゃ見られない, 時は, 時勢の, 時連れ, 晩に, 晩にかの, 景気じゃ, 景色は, 晴れ晴れした, 曲折を, 最近の, 月の, 望が, 朝鮮牛の, 条件で, 条件を, 果物の, 柔かい美しさ, 楽屋に, 楽書の, 様子の, 横着な, 機転を, 次第だった, 武夫を, 歯車は, 民弥の, 気もちでは, 気分で, 気分に, 気楽な, 気質に, 決心は, 治修は, 浅ましいなりわい, 海を, 淋しいところ, 淋しい夜, 清貧なら, 溌剌と, 点から, 点に関しては, 無人の, 無法則, 版画を, 物を, 物語が, 物音は, 特質に, 状態が, 状態に, 状態の, 独り語を, 狭隘な, 珍らしい, 現象は, 理由の, 理窟から, 生活欲に, 田舎に, 男だ, 男の, 町は, 異常の, 異様な, 疑問も, 疑惑でございました, 病院の, 癖を, 皮膚は, 目の, 目的に, 相手の, 真っ暗な, 真面目な, 瞬間の, 矛盾を, 矢端には, 砲撃の, 社会では, 祈祷も, 神秘な, 神経作用に, 私も, 私憤を, 窘逐狂に, 立場で, 笑い方を, 答を, 簡単な, 粟野さんに, 紙幣は, 紙札に, 素振りに, 紳士淑女は, 経過だ, 経験を, 結婚難の, 結果の, 線を, 羽目に, 考えは, 考で, 者さえ, 者だ, 者です, 耳だった, 職業の, 肉体的快, 能勢の, 腰抜け小僧に, 自分だって, 自分とも, 自分の, 自己欺瞞は, 船だった, 色な, 色彩の, 芝居よりも, 英吉利語の, 荷主は, 落着の, 葛飾の, 蚊やり, 親子の, 親心が, 解剖的な, 言と共に, 言葉と共に, 言葉にも, 言訳を, 記事と, 記憶から, 記憶の, 訳だ, 訳だった, 訳な, 訴えを, 評は, 試を, 話に, 話も, 話題に, 語が, 調査には, 談話だけで, 諸批評, 議論を, 質の, 質問に, 趣向は, 路の, 身なりを, 辺に, 返辞が, 述懐を, 途端に, 連中だ, 連鎖で, 逸事を, 過去の, 道を, 道理を, 部落は, 釈迦を, 金が, 長寿の, 間にも, 間違いも, 闇が, 陽性の, 際だ, 雑誌にも, 離れ業以外に, 雪さんの, 電車に, 順序を, 頭の, 顔であった, 顔の, 風習が, 馬車の, 魂胆で, 黄金の, 鼻を

▼ こう言っ~ (1245, 4.7%)

65 ている 36 てお 30 ていた 28 て俊夫君 20 てまた 18 てその 14 てかれ, て彼 12 て米友 10 て自分 8 て彼女, て私 7 てわたし, て源氏, て笑った 6 てやりました, てやる, て二人, て清三 5 て, てくれ, て小田刑事

4 [11件] ておい, てお松, てかの女, てくれる, てしまう, てすぐ, てみた, て小田さん, て挨拶, て笑っ, て茂太郎

3 [33件] たりした, ちゃ何, てある, ておく, てから, てがんりき, てくれた, てしきりに, てしまいました, てしまっ, てみんな, てやった, てやりたかった, てわざわざ, てムク犬, て主人, て今度, て先方, て叔父さん, て叫び, て夫人, て奥, て女, て康雄, て横, て歎息, て正太, て涙, て父, て相手, て雄吾, て顔, て駒井

2 [69件] ちゃなん, てあの, ていました, ています, ておしお, ておりました, てお雪ちゃん, てかなり, てきかせる, てさっそく, てしばらく, てじろりと, てそれから, てまだ, てもう, てやろう, てわけ, てマチア, て一行, て七兵衛, て三吉, て主婦, て僕, て兵馬, て博士, て口, て右, て吉川訓導, て吐息, て和尚さん, て尋ねました, て小平太, て少し, て少女, て弟, て御, て慰めた, て村, て杖, て来た, て歎願, て沙金, て泣く, て津村検事, て犬, て猿, て申しわけ, て皆, て相談, て神尾主膳, て竜, て竜雄, て笑いました, て置い, て署長, て罵っ, て美少年, て老婆, て能登守, て苦笑い, て藤吉, て見, て見た, て豊世, て貴婦人, て身体, て輝子, て近江, て首

1 [641件 抜粋] たって何, たりし, ちゃ失礼, ちゃ悪かろ, てあけ放した, てあげたら, てあと, てあらかじめ, ていきなり, ていち, ていつ, ていつも, ていまいまし, ていよいよ, ていれ, てうさぎはおんおん, てうまく, てうめいた, てうやうやし, ておいおい, ておいで, ておきました, ておじいさん, ておられた, てお婆さん, てお松さん, てお祈り, てからかわれた, てからさらに, てから伯爵夫人, てから俊夫君, てから僕, てから口, てから夫人, てから金剛杖, てきじ, てく, てくださいました, てくれました, てぐんにゃりと, てことわりました, てご, てごろりと, てさぐり, てさっき, てさらに, てさらり, てし, てしばらくじっと, てしま, てしまえ, てしまったら, てじっと, てすずめ, てすまし, てせがまれる, てせきこんだ, てせっかく, てそして, てそれ, てそれとなく, てたしなめる, てたずねました, てたぬき, てちょうだい, てちょうど, てつけ足す, てつづい, てつづら, てとめ, てどこ, てなお, てなじる, てにこにこ, てにたにた, てのけ, てのけました, てのっぴき, てのんきそう, ての乱暴狼藉, てはじめて, てはまた, てはや, てはやし, ては君, ては子供, ては悒, ては笑う, てひやかしたら, てふと, てふりかえった, てほしい, てほのか, てほほ笑み, てまっ, てまるで, てまわる, てみました, てみよう, てみる, てもあなた, てもおそらく, てもまだ, てもやっぱり, てもらいたい, ても主人, ても人, ても妻, ても爺さん, てやさしく, てやっ, てやったであろう, てやりたい, てやりますだ, てやれ, てゆるし, てようやく, てよびます, てよろこんだ, てわざと, てわめき立てた, てわるがしこ, てアリョーシャ, てカピ, てガラス, てキナ, てクルリ, てサッサ, てショウ, てジリジリ, てセラピオン師, てソッポ, てチャック, てナヂェージダ, てニタリ, てニッ, てニッタリ, てハヽヽヽヽ, てバイエルタール, てバツ, てバラリ, てピシアス, てフッ, てヘルマン, てホロホロ, てポイ, てポケット, てポン, てルグラン, て一, て一々, て一口, て一服, て三ツ組, て三人, て三次, て三百両, て三眼爛々, て不審, て不意, て世高, て中将, て主, て主張, て乗合, て乗馬, て九兵衛, て二, て五助, て仏頂寺弥助, て代わり, て伜, て何, て何とか, て何もかも, て例, て倉沢, て側, て偽, て僧都, て先刻従弟, て先生, て八, て冷たい, て凄, て出, て出かけ, て出店商人, て切れ切れ, て刑事, て利休, て制した, て前, て剽軽, て勇吉, て勧め, て半ば相談, て厩, て友, て双調, て取りだした, て受け合った, て口ずさみ, て口惜し, て叫ぶ, て叱りつける, て右手, て右近, て吉弥, て同僚, て同心手付, て呆れ, て呆れ返り, て呉れる, て呼びかけた, て咎める, て咽喉, て唸りました, て問うでありましょう, て喜助, て喬介, て嘆息, て土下座, て土手, て土方, て地主, て地方, て坊さん, て坊主沢, て増右衛門, て声, て変, て外, て夜通し, て夜道, て夢中, て大切, て大声, て大村夫人, て大矢主任, て太, て奮然, て女の子, て妹, て姫君, て娘, て婉曲, て子供たち, て学者たち, て守本尊, て客, て室, て宮, て宮廷入り, て宿, て富田さん, て寝台, て寝転がっ, て尋ねかけられた, て尋ねた, て尋ねる, て小さな, て小屋, て小指, て小畑, て尾張, て尾沢, て屏風, て崖, て巡査, て市平, て師匠, て帰っ, て幕, て平, て平生, て幸内, て庫裡, て弁信法師, て引込ん, て弥生, て強, て強要, て彦兵衛ひとり, て彼等, て律師, て御所, て御簾, て復, て微笑, て心配, て志, て忙, て応酬, て忠利, て忠右衛門, て忠相, て怒鳴りました, て急, て急い, て怪我, て怪物, て恩地源三郎, て恭しく, て息せき切っ, て悪態, て悲し, て悵然, て感心, て慰めました, て慰める, て懐, て戒めた, て戴先生, て手, て手すり, て投げ, て抜打ち, て持ちかけ, て按摩, て教え, て新左衛門, て旧い, て早く, て昌吉, て暗, て暗い, て暫く, て暫らく幸内, て曾, て曾根, て最初, て朝, て木箱, て木綿, て机, て来たし, て来てる, て来やした, て柳橋, て柳田, て校長, て校長さん, て楽屋, て槍, て権六, て横っ飛び, て橋詰, て歎, て止めよう, て歩き出した, て歯, て母親, て氏, て民助, て気がつい, て汚, て泣きつかれ, て泣き声, て注意, て泰軒, て深い深い, て減らず口, て満足, て溜息, て滅多, て演壇, て無, て煙管, て父親, て爺さん, て狂い出した, て狐, て猶, て玉鬘夫人, て甘利, て甚三郎, て用件, て男らしい, て男女, て町, て画工, て目, て盲法師, て直樹, て眉, て看護婦, て眼, て石, て私たち, て空, て突, て窓, て立ち, て立ち上りました, て立っ, て竹, て笑い, て笑い出した, て筋, て節子, て米友はじめ, て糸鬢奴, て素早く, て素気, て素直, て紳士, て絵ハガキ, て続けざま, て縁側, て罪深い, て罵ります, て群がり迫る, て義雄, て翌朝正太, て聞かせた, て聞かない, て背中, て胡見沢, て胸, て脇, て自, て自己, て自身, て舌, て舷, て船べり, て色, て芹沢, て若い, て苦り切っ, て荒畑, て莞爾, て菊枝, て落ちつき, て虚堂, て蟠り, て血相, て衛門督, て見上げた, て見咎めた, て見物, て訊いた, て訊きかけた, て訊く, て訪ね, て試, て試し, て詰問, て話しかけた, て誘惑, て説き立てた, て説明, て諄々, て貸本屋, て賺し, て起き上り, て跪いた, て身, て車夫, て転任運動, て軽く, て辞し, て迎える, て近所, て返事, て追い返し, て通った, て通行, て道庵, て達雄, て部屋, て金助, て鈴木, て銭函, て長十郎, て長太, て門番, て開けっ放し, て関ヶ原, て関井さん, て闇, て闇中, て阿, て附け足しました, て隠居, て雑巾, て露西亜側, て静也, て静岡, て非常, て頑張りとおした, て頭, て馬, て馬子, て馬造氏, て駈け, て駕籠舁ども, て高下駄, て黒い

▼ こうなる~ (1097, 4.1%)

35 ともう 16 とお, と私 13 のが, のも 11 と自分 10 と人間 9 とこの, と僕, のは 8 ことは, と, とさすが, と彼 7 と女 6 とまた, と何, 上は 5 ことを, といよいよ, とどうしても, とどうも, ともはや, と二人, と俺, のだ

4 [11件] といくら, といつ, とおれ, とかれ, とその, とまったく, とまるで, とわたくし, と少し, と男, んだ

3 [19件] ことと, とあの, といっそ, とそれ, とわたし, と主人, と之, と先生, と問題, と多勢, と意地, と皆, と自然, と話, と誰, のである, のを, ものだ, 前に

2 [76件] うえは, ことが, といかに, といささか, とかえって, とこっち, とこんな, とさっぱり, とそう, とそろそろ, とただ, とちっと, とどこ, とどっち, となかなか, となん, とまことに, とますます, とまず, とやっぱり, とやはり, とわっ, と一刻, と一方, と今, と今度, と何とか, と何事, と余, と先方, と前, と化け芸術, と半, と却って, と厳然たる, と又, と嘘, と妙, と宗教, と少々, と平次, と幽霊, と役人, と彼等, と怖い, と急, と所謂, と手, と敵, と新聞, と日本, と次, と温泉宿, と狐, と相手, と知ったら, と知らない, と神尾, と老人, と芝居, と道庵, と非常, と騒ぎ, のさ, ので, のです, はずで, ものか, ものかと, より外, んだろう, んです, 以上は, 以前に, 身にも, 運命は

1 [606件 抜粋] あれは, うんめい, かといえ, かも知れない, からには御意, からはいっそ, からは是非とも, から始末, か原因, が天罰, こと, ことで, ことも, ことやった, じゃない, ぞと考え, とああなっ, とあと, とあながち, とあぶなく, とあれ, ということ, というよう, というワケ, という実演, という話, といっそうやきもき, といったい, といつも, といま, といや, とうめき, とおおげさ, とおそろしい, とおたがいに, とおもしろく, とお節, とかわいそう, とかん一つ, とがってん, とがんりき, とくる, とこけ, とここら, とこらえ, とこれら, とこわがっ, とこんど, とさ, としなけれ, とじっと, とすき, とすこぶる, とすべすべ, とすべて, とせっかく, とせめて, とた, とたとい, とだから, とちょうど, とつい, とつね, とできるだけ, とどうして, とどちら, とどれ, となお, となおさら, とはじめ, とはちゃんと, とは思わず, とは思わなかったろう, とひそか, とひとり者, とふたり, とふたり一緒, とふだん, とほとんど, とぼく, とぼくたち, とまさしく, とまずまず, とみんな, とむしろ, とむっつり, とめったに, ともいっそう, ともちろん, ともの, とものすごい, ともはや改めて, とよい, とよけい, とよほど, とわかってたら, とわし, とアラジン, とエライもの, とカメ, とグレッチェル・クレーム, とコンゴー, とチュガ公, とチョコレイト, とドイツ, とハーキュリーズ, とパイプ, とピストル, とマン, とミーチャ, とライタア, とロス氏, とヴィタリス, とヴェリチャーニノフ, と一, と一々, と一体, と一度, と一心不乱, と一歩, と一番, と丁度, と万年ペン, と万年平番士, と三, と三人三様, と三社祭り, と三輪, と下根, と下谷練塀小路, と不審, と不思議, と九兵衛, と事, と云う, と五ヶ条, と五拾銭, と京野等志, と人, と人一倍, と人間業, と人馬, と仏教, と他, と仙太, と会所, と伝六, と伝六なかなか, と伯爵, と何だか, と何でもかでも, と何もかも, と作法通り仇討名乗り, と便所掃除人, と倉地さえ, と個々, と健, と健吉くん, と傾斜, と先刻自分, と光秀, と入学志願者, と全く, と六大学リーグ戦, と六年生, と兵曹長, と兵馬, と冗談, と凡そ, と出よう, と出ろ, と出来るなら, と剣, と力, と助, と動く, と化け物, と半平, と半田屋九兵衛, と半蔵, と友だち, と友人, と双方, と口, と古風, と叮嚀, と可, と右門, と司法官試補, と各, と名, と名代, と君達, と吾児, と周馬, と喜兵衛, と四十面相, と四本, と四畳半, と四角, と図, と土地, と地図, と地理, と城内, と堪, と場内, と増税案, と外部, と多く, と大, と大体, と大利根博士, と大学, と大月玄蕃, と大衆, と天井, と太陽, と夫, と夫人, と奇妙, と女房, と好, と妻, と姫, と娘ひとり, と嫡子, と子分, と子鉄, と学校, と宇治山田, と実際, と室外, と家, と寧ろ, と専門学校以上, と小川君, と小幡, と小平太, と少女, と山口, と山男, と山路郡蔵, と己, と市助どん, と平兵衛, と幸作, と幼稚園, と店員, と度胸, と廉恥, と弥, と弦, と弱った, と張合い, と張松, と当惑, と役目, と後日, と得, と御新造, と循環論, と必要, と忠直卿, と念, と怒る, と怖し, と思え, と思想, と恋愛, と恐るべき, と悲しい, と意味, と愚, と慥, と戦, と戦線, と批評, と技術, と抛擲, と抜かれる, と捨てた, と探し出す, と摂, と支社, と攻撃, と政友会, と教員室, と敬太郎, と敵軍, と文学, と新聞紙, と方々, と既に, と旦那どの, と昔, と春, と普通, と暗く, と書物, と最後, と最早, と朝鮮文化, と本, と本艇, と杖, と松蔵, と栃, と栄, と梅軒, と森垣さん, と標準語, と次郎, と正に, と此, と死んだ, と死物狂い, と母親, と気の毒, と水盃, と汽船, と流言, と流言浮説, と浅間, と浮薄, と海, と海上, と消化不良, と漸, と炉, と為朝一人, と焼芋, と煽られた, と牛, と牛乳, と牢屋, と物, と物理的研究, と猛獣, と猫, と現代, と理窟, と理詰, と甚七, と生き, と生命, と生物学者, と男性, と町, と町人, と町方衆, と画家, と登路, と白井, と百助, と皆さん, と目, と直義以外, と相撲, と真, と矢代, と知らせ, と知りたい, と石ころ, と石巻左陣, と碁盤, と社会主義的ジャーナリズム, と神尾主膳, と私たち, と私自身, と科学的批評, と立ちどまる, と立派, と第, と米友, と糞意地, と紬, と細君, と組頭, と結局, と絶対的媒介, と綾衣, と緋鹿子, と線, と美代子, と背高童子, と脆い, と自家擁護, と自然気, と自衛上, と船頭ども, と芸術精進, と若, と若い, と苦情, と茶, と葉子, と蝶, と蝶々, と被告人心理, と西, と見, と見当, と見物, と親分, と解読係, と言論, と訴訟, と訴訟沙汰, と論, と貧しき, と足手, と身びいき, と農村, と農村問題, と迂闊, と近所迷惑, と逃げる, と這奴, と連れ, と遊び, と運, と運勢, と道みち, と道理, と選挙, と都会, と野獣化, と金兵衛, と金田氏, と鉢, と銭金, と長し短し, と長屋, と長崎屋たち, と青髯, と面, と須山, と頭, と頼もしい, と飽くまでさっぱり, と馬, と駄目, と高谷君, と鬼がら焼, と鶏林, と黄色い, と黙っ, と鼻, な, なんてこと, にきまっ, にはそれだけ, ね, のだろう, のでしょう, のに, のよ, はずじゃ, はずであった, は最初, ほかは, まで, までになにか, までには, までには大分寿司代, までには昔, までに何故, までに開けゆく, までの来歴, ものかなあ, ものと, ものを, もの世の中は, も同じ, ようです, ような, ように, よりしかた, わけだ, んだろうつ, 上からは, 世である, 事であろう, 初まり, 前から, 前でも, 因縁でしょう, 場合, 時は, 時煙草を, 知らせと, 確率は, 筈です, 約束ごとだった, 約束事の, 荊州へ, 運だ, 運命だ, 運命であった

▼ こうやっ~ (913, 3.5%)

33 ている 12 て書い 11 て, てこの, て自分 8 てお, て私 7 て生き 6 て坐っ, て見 5 てこう, てみんな, て一人, て二人, て初めて, て手紙, て机 4 てあなた, てお前, てここ, てみる, て出, て女, て居る, て彼

3 [18件] ていられる, てお前さん, てお話し, てかい, てしげしげと, てその, てただ, てぼんやり, てみ, てやっ, て人, て体, て手, て暮し, て本, て立っ, て見る, て顔

2 [56件] てああ, てい, ていい, ていた, てうち, ておけ, ております, てお話, てご, てしみじみ, てどしどし, てね, てはいる, てまた, てテーブル, て一緒, て三日, て上げた, て今, て今日, て働い, て元気, て再び, て出来上った, て前, て参りました, て台所, て君, て夫, て始終, て富, て彼等, て待っ, て心から, て手帖, て折角, て抱い, て散歩, て方々, て日本, て時々, て最後, て林, て横, て歩い, て演壇, て火, て留守, て病気, て見出された, て訪ね, て話し, て話す, て遊ん, て邂逅, て部屋

1 [567件 抜粋] てあくせく, てあずけられ, てあちこち, てあっしひとり, てあの, てあらわれ, てある, てあれ, てあんた, ていききする, ていきなり, ていつ, ていつしか, ていま, ていまし, ていました, ています, ていよいよ, ていらっしゃる, ていられない, ていられなくなった, ていろいろ, ていろんな, てうう, てうっとり, ておい, ておいら, ておとなしく, ておもり, ておりまし, てお互い, てお召物, てお守, てお年玉, てお礼, てお送り, てお金, てお願い, てかけ, てかこっ, てかざられた, てくま, てこちら, てこまめ, てこれ, てころげこん, てこんな, てござらっし, てごろごろ, てざっと, てしげしげ, てしずか, てしまっ, てしゃべり, てじかに, てすこし, てずんずん, てせいぜい, てせっせと, てそうそう, てそこ, てそれ, てそれ人, てたすけ, てたのむ, てたまに, てだらり, てちゃんと, てちょいちょい, てつっかえ, てでき, てとうとう, てとる, てどう, てどなる, てなるたけ, てにこにこ, ての, てのんき, てはなれ, ては損, てひろく, てふで, てほら, てまあ, てまかりこし, てまでし, てみたら, てみんな暖炉物語, てもいられない, てもののやや, ても差し支えない, てやりくり, てやりつけ, てゆきづまり, てゆく, てわざわざ, てわたし, てわっちら, てわれら一同, てインテリゲンチャ, てジッ, てスヤスヤ, てソバ, てチョイチョイここ, てチラチラ, てツトメ, てテレビジョン, てトド, てファイア・プレェス, てフロイト精神分析学, てブルジョアジー, てブルジョア哲学, てブルジョア社会, てヘーゲル, てベラベラ, てマルクス主義, てモンペ, てリュック, て一しょ, て一つ, て一ツ部屋, て一人いろいろ, て一人きり, て一体, て一反歩, て一句, て一定, て一度, て一心不乱, て一応, て一所, て一旦, て一時間, て一晩, て一晩中, て一杯, て一生懸命, て一里, て万年筆, て三下, て三十年近く, て三年越, て三階, て上, て下, て不平, て不幸, て不意, て不足, て与えられた, て世界観, て並べ, て丸髷, て乗れた, て予定, て事務所, て二人きり, て二人許, て二人連, て二束三文, て二百三百, て二百五十万人, て二軒, て二階, て云っ, て云わ, て五, て人々, て人間全体, て今や, て今日一日, て今朝, て仕上げられた, て休んだ, て会い, て伺っ, て佃さん, て住み慣れ, て何, て何ん, て何処, て何故, て例, て供出, て便箋, て俺, て倒れる, て借金暮し, て傍, て働いてる, て僕, て入り, て全く, て全国, て六十八年, て凝っ, て出かけた, て出そう, て出来ちまった, て函, て初冬, て制し, て刺子, て力, て匿名批評, て千年, て半ば手, て半日, て却って, て厄介, て又, て双方, て叩い, て名, て向い合った, て哲学, て哲学的範疇, て嗤い, て国粋哲学, て国語的文義解釈, て地べた, て夜一夜, て夜具, て夜夜中開放, て大きな, て大切, て大和, て天誅, て奈良, て好, て妻, て威張っ, て嫁, て子供, て子守歌, て存在, て宇治, て安心, て完全, て官許医学, て家族, て家族主義, て寝ころがっ, て将, て将来, て尋ね, て小児, て少し, て少年, て居, て居られません, て居りまし, て居れ, て左, て市, て布団, て平然と, て広々, て底, て座っ, て庸, て廊下, て引っぱり出され, て引受けてる, て後, て後ろ, て徐々に, て御, て御飯後, て御馳走, て心配, て必死, て忍従, て思い, て思いがけず, て思いつめ, て思い付い, て思い出し, て思い切っ, て急用, て悲しく辛い, て惨劇以来, て愛想気, て態, て手紙かく位, て手間, て技術家, て接い, て握り飯, て放置, て教育, て文福茶がま, て断り状, て新, て新聞, て新聞包, て新鮮, て既成技術家, て日常的概念, て日本ファシズム, て日永一日屑物, て映画, て是非, て時には, て時候, て晩酌, て暖, て暮らし, て曳きます, て書き出し, て書く, て書翰, て最も, て月明り, て朝, て木綿物, て本当, て林町, て棄てられた, て楯突く, て極楽水, て楽しん, て槌, て様子, て機械, て次々, て此処, て此処ら, て歩きたい, て歩きまわらず, て歩く, て死ななけれ, て母子二人, て毎日, て毎日けいこ, て毎日手習い, て毎日毎日, て毎日身なり, て毎晩, て氷, て永びかされたのでした, て汗, て決して, て泣い, て泣く, て泰軒先生, て洗う, て活き, て活けた, て消息, て準之助氏, て演説, て濡縁, て火夫, て無, て無い, て無実, て無益, て煦, て物思い, て物質, て独立, て玉子, て現に, て現場, て現実, て理論, て生き長らえ, て生活, て用, て田圃, て町, て痛, て白粉, て皆, て監督, て目盛, て相対, て真, て眼, て着物, て瞼, て矛盾, て矛盾的対立, て社会, て社会常識, て祖先たち, て私たち, て私一人, て私等風情, て科学的概念, て稼い, て窓, て窮屈, て立ちどまる, て米, て粘っ, て精霊様方, て糊, て組織, て結合, て縁, て置い, て署長, て美しい, て義王, て考え, て耳朶, て聞い, て聞く, て肉, て肩, て肯定, て育ちやした, て自分達, て自惚れ, て自殺, て興奮, て興行主, て航行, て花, て若々しい, て若党一人, て荷造り, て葭戸, て蒲団, て蒸溜, て薪, て藻, て行燈, て衣食住, て袋, て裸体, て見たく, て見ます, て見まわす, て見物, て視る, て親切, て観海寺, て言葉, て詮議, て話, て読まざる, て論理学的, て諸君, て谷, て貰っ, て貴方, て資本, て走っ, て超俗的, て路地口, て踏ん, て車, て軍人, て軒, て近々, て逆, て途中, て進歩, て遊び, て過ごし, て過ごした, て道行く, て遠い, て量的, て金さん, て針売り, て釣った, て鈴木系政友会, て鉄棒, て開け, て関取, て闘っ, て阿, て雄大, て離れた, て雨, て雲, て静か, て頬杖, て頭, て頼んだ, て風, て飛行機, て食物, て飯台, て馬穴, て馴染, て駄々ッ子, て駒, て駕籠, て騒いでる, て高い, て高級小市民以上, て麓, て黙っ, て齎ら

▼ こう~ (909, 3.4%)

338 ている 65 てい 43 てみる 31 ておい 25 ていれ 23 てはいられない 19 ておく 15 ていた 12 ております 10 てくれる, てやっ 9 ていたい, てくれ 8 ています 7 ていられる, の中 6 ちゃあいられねえ, てある, ていよう, ていられない, 戸の 5 の外 4 ちゃア, ていたら, て下さい, て坐っ, て行く 3 ちゃあいられない, てあげる, ておいた, てはいられぬ, て来

2 [28件] がとりつけ, がはまっ, ちゃどう, ていさせ, ていない, ていなけれ, ていましょう, ていらし, ていらっしゃる, ていられます, ていりゃ, ておきます, ておこう, ておっ, ておりまし, てき, てはおれぬ, てほしい, てもいられない, て下さらない, て切っ, て来る, て過ぎ, て頂きましょう, のよう, の戸, 戸が, 戸を

1 [152件] かじかな, からはなれました, があらわれ, がしまっ, がつい, さ, さえすれ, さや, たり遊び, ちゃあいない, ちゃあいられ, ちゃあいられぬ, ちゃあおられぬ, ちゃあ居られねえ, ちゃあ見, ちゃいけない, ちゃ居られねえ, ちやいられん, てあい, てあげたい, てあげよう, てあっただろう, ていける, ていたかった, ていただいた, ていなき, ていなさる, ていらっしゃい, ていらっしゃらないでしょう, ていられ, ていられん, ているで, ているなら, ているべきでない, ていろ, てい給え, ておきましょう, ておけ, ておりまする, てかける, てがんばっ, てきました, てください, てくれない, てくれ給え, てけたたましく, てこ, てこい, てこそ初めて, てこそ蝶ちゃん, てこそ趣, てしまえ, てしまっ, てしまった, てしまったら, てすっ飛ん, てすわっ, てできる, てはいない, てはいられねえ, ては嘘, ては居られない, ては居られぬ, ては置けない, てまいりました, てます, てみたら, てみよう, てみようで, てみれ, てみろ, ても, てもあり, てもありゃしない, てもありゃしません, てもある, てもいられまい, てもいられません, てもおけません, てもその, てもだ, てもない, てもねえ, てもめったに, てもよう, てもらえ, ても中, ても人妻, ても別段, ても同じ, ても実際, ても居られない, ても平然, ても手, ても拉し, ても敵, ても正確, ても温順, ても痛く, ても矢張, ても落着, ても討てん, ても食べられる, てやらなけりゃ食っ, てゆく, てよい, て並ん, て並んでる, て参った, て寝ころん, て撮った, て来るであろう, て横たわっ, て生き残った, て眠っ, て知った, て終っ, て結ばれた, て締め切っ, て行き, て通っ, て遊ん, て運ばれた, て過ぎました, て過ぎられる, て過ぎる, て降っ, て集まっ, て集まった, て頂いた, て頂きます, でだんだん, とかなくっ, ながら格別どう, にとりすがっ, になった, に首, のかぎ, のそば, の内, の前, の柵, はねむ, やはったら, やべつ, やべり, ゅうねくからんで来られる, をしらべ, をやぶっ, 口に, 様若し悪かっ, 窓に

▼ こういっ~ (867, 3.3%)

48 ている 18 て彼 14 て, ていた, てお 13 てその 9 てまた 8 て私, て自分 7 ています 6 てくれ, てみた, て声, て立 5 てやった, て二人, て女 4 て来, て来る, て警部

3 [16件] ていました, ておく, ておる, てお母さん, てしまう, てしまった, てじっと, てカイ, てゴルドン, て仙波, て彼女, て手, て涙, て為朝, て眼, て顔

2 [60件] ちゃ失礼, ていきなり, ておばあさん, ております, ておれ, てかれ, てきっと, てくる, てくれた, てしばらく, てしまえ, てずんずん, てそこ, てそれから, てばあさん, てました, てもいい, てやる, てわたくし, てドノバン, て七瀬, て万吉, て主人, て人々, て体, て勧めた, て又, て反対, て口, て娘, て家, て尋ね, て居る, て当面, て後, て微笑, て懐, て教えた, て敵, て旅, て来た, て松村, て母, て母親, て深雪, て猫, て男, て益満, て目, て笑った, て米友, て紋也, て細君, て膝, て葉子, て軽く, て長い, て障子, て静か, て頭

1 [495件] たりした, ちゃあわるい, ちゃあ可笑しい, ちゃなん, ちゃア, ちゃ卿, てあ, てあと, てあやかりたがる, てある, てあわてる, ていかにも, ていきなりちょこちょこ, ていけなけれ, ていさめる, ていたいたし, ていっしょう, ていっぱし, ていつも, ていられる, ているごとく, ているらしい, ていろいろ, てうつむい, てうれしく, ておい, ておいで, ておくれでなかった, ておねえ, ておば, ておもむろに, ておられる, ておりました, てお前, てお笑い, てお辞儀, てお願い, てかえします, てかご, てかたわら, てからから, てからずんずん, てからだ, てからつぎ, てからどういう, てからもう一度, てから二人, てから先生, てから多摩川, てから姉, てから樺太, てから私, てから老母, てから自分, てから警部, てがんりき, てき, てきかれた, てきく, てくれました, てくれる, てぐっと, てこころ, てことば, てこの, てこんど, てごまかす, てささやく, てさよ, てさわい, てさわぐ, てしきりに, てしまっ, てじ, てじいさん, てじきそば, てすぐ, てそのまま, てそば, てそれ, てそれからなお, てぞうり, てたずねました, てたぬき, てたのみました, てたばこ, てため息, てだちょう, てちいさな, てちょうど, てつけつけ, てつっかかった, てつめかけ, てでも, てとうとう, てと委しく, てなおも, てなぐさめた, てなぐさめまし, てなげかれた, てにらんだ, てねそれッきり, てのけ, てのぞき込む, てはお, てはおかしい, てはじめ, てはじめて, ては泣い, ては相, ては賊, てひざまずいた, てひときわ, てひとり手下, てひばり, てぴょこんと, てふたたびつくづく, てふたり, てふと, てぶらぶら, てぷいと, てまたも, てまっしぐら, てみました, てみんな, てむすん, ても, てもう, てもこういう, てもよい, ても人々, ても私, ても通用, ても阿, てやおら, てやったら, てやっぱり, てやりゃ, てやれ, てやろう, てよ, てようやく, てらっぱ, てわらじ銭, てわらっ, てアリョーシャ, てカストリども, てサッパリ, てジイ, てスカァア, てズンズン, てファナチカル, てフィンランド, てボート, てポケット, てポン, てマダム丘子, てムク, てメグ, てヨハンネス, て一つ, て一同草原, て一寸法師, て一旦, て一閑斎, て一間, て七兵衛, て不敵, て丹七, て主, て主婦, て主膳, て久光, て予防線, て二つ, て京伝, て京山, て人, て仏頂寺, て休みました, て使者, て依然として, て信綱, て倉地, て僕, て先師, て先生, て先生はつぎ, て入っ, て八蔵爺さん, て兵太夫, て兵馬, て再び, て凝然, て刀, て切り出した, て別れ, て剣, て力み出した, て助手, て励まし, て医者, て千蛾, て去った, て口々, て口もと, て口説かれた, て古い, て叱る, て右手, て同じ, て向う, て周作, て呵々, て唆, て啼く, て喚んだ, て喜ん, て嘯き, て噂, て囃す, て四たび, て囲炉裏, て圓朝, て地蔵行者, て坊主, て夏侯覇, て外套室, て大, て大儀そう, て太守金旋, て夫人, て女の子, て女中, て女史, て妖女, て姉, て威しつけたです, て子供たち, て孝助, て安場, て安心, て宛ら, て実験, て客, て室, て富士男, て寝巻, て尋ねた, て尋ねたです, て小, て小僧, て小刀, て小太郎山, て小橋, て小次郎, て小走り, て就く, て居るです, て山崎譲, て岡村, て岡田, て左右田, て市場連, て師匠, て帯, て幕, て幾枚, て床几, て店, て度盛, て座右, て庭, て康雄, て弁信法師, て弟, て往来, て待たせ, て後家さん, て微吟, て心, て心配, て怒る, て怒鳴りつけ, て思いがけなく, て思い味わう, て急, て患者, て悪く, て感, て感慨, て慢心和尚, て憤慨, て懐中, て我々, て所司代左京, て投げつけた, て指さし合った, て指さす, て掌, て提言, て撲りっ, て改まっ, て散々怒り, て散らかった, て文次, て旅装, て旺, て昼飯, て時々, て晩酌, て晴季, て暇, て暫く, て最期, て月丸, て木, て未だ, て机, て村, て村上さん, て村上編集局長, て来たそうです, て来るべき, て東儀, て栄三郎, て案, て案内, て検事, て極力, て歌いました, て歎息, て止めた, て止め合図, て正体, て残り惜し, て気の毒そう, て水, て決然, て河豚, て油断, て泣い, て泣きつづけ, て浅吉, て浦島, て浦里, て浪人, て涙橋, て淋しい, て深い, て渋い, て澄まし, て火鉢, て然るべき, て父親, て片手, て片隅, て牧師, て物, て猟師, て猶予, て猿, て玄徳, て玄鶯院, て王さま, て王子, て理屈詰め, て生絹, て甲刑事, て甲板, て番僧, て白状, て相好, て相手, て省作, て眉, て看護婦, て真正面, て短銃, て石入れ, て神主, て空想, て突, て突然, て立ちかけた, て立ち止まった, て竹屋卿, て笑いぬく, て笑いました, て笑っ, て第, て筋, て答えました, て紳士, て置い, て置きました, て罵っ, て罵ろう, て羅刹, て美作, て老, て老人, て考え込んだ, て聞いた, て聞かれた, て聞かれる, て聞きました, て聴き, て職人, て肝心, て肯かなかった, て背中, て背後, て能登守, て脅迫, て脇差, て脊中, て腕時計, て腕組み, て腰, て膳, て自分の, て興がりました, て舌, て色, て若い, て苦ッ, て苦笑, て茶, て荷物, て葛の葉狐, て藤吉, て藤岡さん, て蜜柑箱, て褒められた, て見えない, て見た, て見なれない, て見分け, て見台, て親友, て言い抜け, て言い触らす, て言い返し, て言葉, て訊き返さなけれ, て訊く, て訊ね, て訊ねた, て託宣, て詫びた, て詰め, て話しかけた, て話しかけられる, て説明, て読み上げた, て論文, て謝った, て豆絞り, て賢一, て質問, て質屋, て赤い, て赤星探偵, て足, て踊った, て車掌, て近づく, て近所, て近藤, て迷った, て通った, て進めた, て道庵, て遠慮なく, て里好, て鉄道側, て鉱山, て鍛冶小屋, て隠遁, て隣り, て雪, て青年, て額, て首, て馬, て馬上, て骨だらけ, て高津校長, て髯あと, て鬼, て魔女, て麾下, て龍王, ぷう変っ

▼ こう云っ~ (773, 2.9%)

44 ている 12 て私 11 ていた 8 て彼, て来る, て自分 7 て来 6 てお, て矢代, て置い, て頭 5 て, て光子 4 ておい, てまた, て何, て信一, て声, て彼女, て微笑, て手, て清吉, て笑った

3 [15件] てくる, てしまう, てしまった, てすぐ, てみた, て二人, て出, て女中, て涙, て煙管, て父, て立ち上がった, て老人, て見た, て訊いた

2 [43件] ちゃなん, ております, てくれ, てこの, てしばらく, てそこ, てでもいる, てまたも, てみ, てやった, てよい, てアッサリ, てラシイヌ, て一人, て一座, て主, て僕, て先生, て刀, て千鶴子, て半, て反対, て右門, て妹, て娘, て嫂, て小さい, て庄三郎, て彼ら, て恒雄, て新, て澄江, て父親, て男, て看護婦, て窓, て立ち上った, て笑っ, て聞かせる, て腰, て要, て説い, て足

1 [470件] ちゃあ少し, ちゃ何, ちゃ兄弟, ちゃ失礼, ちょかにゃ, てある, てあるい, てあわただしく, ていくら, ていつか, ているらしい, ておく, ておじさん, ておばさん, ておもしろ, ておりました, てお初, てお母さん, てお玉, てお茶, てかえって, てかすか, てかなた, てかの, てからお, てからこれ, てからすそ, てからとよの話, てからは長者, てからふと, てからまた, てからもう一度, てから一寸, てから三人, てから今度, てから僕, てから囘龍, てから強い, てから漂流, てから白い, てから真紀子, てから突然, てから考えた, てから賊ども, てから越尾, てきか, てくれた, てこぼした, てさすが, てしまえ, てしまっ, てじろりと, てすすん, てすたすた, てせがん, てせつ子, てそそのかす, てその, てそのまま, てそば, てそれ, てそれから, てちょい, てちょっと, てちらっと, てどこ, てなぐさめた, てにやにや, てにわかに, てねお前, てはあいつ, ては無理, ては説明, てふところ, てぽん, てまず, てまたもや, てみんな, てむしろ, てもあなた方, てもいい, てもお, てもそれ, てもなお, てものしずか, てもまだ, てももう, てもよ, ても人, ても何, ても兄さん, ても再び, ても可, ても同情, ても学生, ても意識, ても所詮, ても時間, ても社会科学, ても自分, ても若者達, ても農民, てやっ, てやりたかった, てやりました, てやる, てようやく, てよく, てイエス, てエルリング, てオンコッコ, てカラカラ, てカングリ警部, てキャッ, てキリスト, てコーヒ, てシャボン, てタオル, てダビ所, てテーブル, てトオサン, てニヤニヤ, てニヤリ, てニュー, てノッソリ座, てムズ, てヴェーバー, て一万円, て一冊, て一口, て一同, て一族, て一本, て一本腕, て一歩, て一笑両断, て丁度, て七十郎, て三人, て三平, て三度, て下, て不思議そう, て不断, て両手, て主馬之進, て久保田, て久慈, て乙女, て乾児達, て了, て予備, て二三間, て二枚, て五右衛門, て京一郎, て人々, て今更, て仙吉, て伊代, て休ませ, て会釈, て伝右衛門, て佐平, て体, て作, て例, て依然として, て健さん, て優しく, て元, て兄, て児供等, て入っ, て兵部, て再び, て冠者, て冷やかす, て初志, て利右衛門, て制した, て割り込ん, て北山, て医師, て千代, て千代子, て卓, て卓子, て卜翁, て原, て又, て友人, て友禅, て叔父, て口, て口々, て口惜し, て右, て右傍, て右手, て君, て呉れ, て呟いた, て呼びかける, て唄いました, て唾, て喜んだ, て嘯いた, て噂, て嚇し, て四方, て四辺, て坂, て坐っ, て堂, て塩野, て多四郎, て大いに, て大きな, て大師, て大矢主任, て大金, て奥さん, て女, て女房, て妙, て妾, て威厳, て婢, て子供, て安福軒, て家出, て専斎, て小, て小僧, て小野派一刀流指南役, て居た, て居る, て山, て崇敬, て川岸, て市中, て帽子, て平三郎, て平気, て幸左衛門, て広い, て庄吉, て床の間, て座, て弁三, て弁護かたがた継子, て引返し, て強請った, て律子, て後ろ, て後方, て心, て忠蔵, て快活, て快闊, て急, て急い, て恭しく, て息子, て惚れ惚れ, て想像, て愁然, て慌ただしく, て懐, て懐中, て我, て戴先生, て戸, て手箱, て抱き, て招く, て振り返った, て捜索, て探る, て支倉, て敏子, て数馬, て断わっ, て方々, て旅人, て既に, て日本人好み, て旦那, て星宮学士, て時代, て暗然, て書類, て最後, て本, て来た, て松, て松虫, て枕頭, て枯枝, て様子次第, て横, て横山, て機嫌, て正木博士, て歯, て母, て水, て永い, て沈黙, て沖氏, て泣き, て注意, て泰さん, て洋服箪笥, て津田, て浪, て浪江, て消え, て深雪, て渋面, て源介, て源左, て漸く, て澄まし, て無理, て無精, て熱心, て片, て狂った, て独り, て玄卿, て玄蕃, て甲斐, て町, て番頭, て畳, て疲れた, て癇癪筋, て白服, て白衣, て皆, て皆一時, て皿, て目, て相当, て相手, て眉, て真紅, て真面目, て睨みつけ, て矢島さん, て石, て石原, て石子, て石油, て石田, て碩寿翁達, て社殿, て秀男, て秀麿, て穴, て空い, て立ち, て立ち上る, て立ち止まる, て笑い, て笑い出した, て笑い声, て笑う, て箱火鉢, て粂太郎, て紅茶, て納めよう, て紙包, て素晴らしい, て細く, て絡, て統制, て絶対, て継子, て織, て置きたい, て老師, て聞い, て聞いた, て聞かされる, て聞かせた, て聞かせたら, て肩, て肩肘, て胸, て脇差, て脚絆, て腰かけました, て膳, て自ら, て自嘲, て自慢, て自身手, て興じ, て良人, て若い, て若党, て苦々し, て苦しい, て苦笑, て茅野雄, て草履, て莨, て葉, て蔀君, て薄笑い, て蚊遣, て行う, て行け, て袖, て褒める, て襲, て親しい, て訊き返さなけれ, て託宣, て訪ね, て誘っ, て誰何, て謙遜, て貝十郎, て走っ, て路, て躊躇, て身, て軍十郎, て迫り, て追い, て退けた, て逆襲, て通太郎, て進み出た, て遣った, て遣る, て遮った, て遺言, て酒, て醍醐弦四郎, て金包, て鍵, て鏡葉, て長屋隣, て長老, て闇, て阿, て阿闍梨, て隣り, て非難, て面白, て頬, て頸, て頼母, て顎, て顔, て食卓, て食卓越し, て香具師, て駕籠, て高笑い, て髯, て鳰鳥, て黒い, て鼻眼鏡, ときゃあ

▼ こうなっ~ (670, 2.5%)

87 てみる 33 て来る 32 てはもう 22 ては仕方 21 ている 17 てくる 14 て見る 7 ては仕様 6 ていた, てしまう, てしまった, て見れ 5 ちゃ仕方, てはしかた, ては自分, てみれ 4 てはお, てもまだ 3 ちゃあ仕方, てしまえ, てはいくら, てはどう, ては遠慮, てみ

2 [41件] ちゃいよいよ, ちゃもう, ちゃ損得, ていました, てきた, てしまっ, ては, てはあの, てはいよいよ, てはじっと, てはただ, てはとても, てはどうにも, てはどうも, てはどんな, てはなん, てはわが, てはわたし, ては一, ては何もかも, ては僕, ては容赦, ては手, ては相手, ては私, ては聞き捨て, ては茅野雄, ては誰, ては退, ては逃げよう, ては逃げる, ては隠す, ては騎虎, てみりゃ, てもなお, て来, て来た, て来ます, て来れ, て欲しい, て見りゃ

1 [285件] たり一刻, ちゃ, ちゃあ人間, ちゃあ仕様, ちゃあ思い, ちゃあ旦那方, ちゃあ智慧, ちゃあ淋しい, ちゃあ為方, ちゃあ酒, ちゃあ鷺, ちゃいい, ちゃお, ちゃおしまい, ちゃお互いさま, ちゃがんりき, ちゃこの, ちゃすっかり, ちゃどんな, ちゃなるたけ, ちゃみじめ, ちゃもうどう, ちゃア, ちゃアおしまい, ちゃア駄目, ちゃ一刻, ちゃ何もかも, ちゃ侘しい, ちゃ僕ら, ちゃ助からない, ちゃ名, ちゃ堕落, ちゃ御前, ちゃ是非, ちゃ言った, ちゃ駄目, ちやもう, ていく, ています, ていれ, ており, ております, てからが実は, てからそいつ, てからというものア運, てからのうろたえだった, てからの助け, てからの手当, てからの最初, てからは碁席, てからまで病院, てから初めて, てから夫人, てから幽閉, てから時子, てから逃げよう, てき, てこそめいめい, てさえ折れよう, てさて, てしまいます, てしまうだろう, てただ, てなお, てはあげ, てはあなた, てはあなたさま, てはいか, てはいかな, てはいかに, てはいたし方, てはいっそ, てはうかうか, てはえんり, てはお前, てはお前たち, てはお前様, てはかた, てはこっち, てはさすが, てはじつ, てはじめ, てはすべてあと, てはぜひ, てはその, てはそれら, てはたしかに, てはたとえ, てはだれ, てはどちら, てはどっち, てはなんとか, てはにらみ合っ, てはのがれる, てはまるで, てはみじめ, てはむざんやおくがたのおいのちもないにきまった, てはもうすこし, てはもうどうにも, てはもはや, てはわれ, てはモウ, てはヤブレカブレ, ては一体, ては一時, ては一秒, ては一行, ては七分の弱味, ては万事休す, ては三羽烏, ては事, ては事件, ては二人, ては二本, ては交代どころ, ては人, ては他, ては仮面, ては企業的言葉, ては何, ては何もかも洗いざらい, ては何より, ては何事, ては侍たち, ては保存, ては公民, ては冗談, ては凡夫, ては出来る, ては切る, ては利口, ては前後, ては前説, ては力ずく, ては勝負, ては却って, ては取り返し, ては口出し, ては叱る, ては名誉, ては君, ては否, ては問答, ては問題, ては太った, ては如何, ては妾, ては娘, ては孫兵衛, ては安く, ては宿, ては宿賃, ては小田先生, ては小説, ては尻尾, ては屈竟, ては川上機関大尉, ては平和, ては平次, ては度胸, ては引込めない, ては強い, ては形, ては彼ら, ては急, ては急がない, ては怪塔, ては恥, ては態, ては戦争, ては所詮, ては手だし, ては手足, ては打明け, ては折角, ては捨て置く, ては敵, ては新一郎, ては旅籠頼み, ては既に, ては早, ては早く, ては明らか, ては明日, ては昔, ては最後, ては最早, ては本間さん, ては杖, ては来年, ては東京, ては枝, ては栄子, ては根, ては権, ては機会, ては止む, ては正に, ては此処, ては死ぬ, ては残念, ては気, ては気強く, ては江戸入りどころ, ては泣こう, ては浅田, ては滅茶滅茶, ては煙突, ては燻製屋, ては甥, ては疎開, ては目明し, ては矢代, ては秀吉, ては秘し, ては空しく, ては空中, ては策, ては組討, ては腕, ては腕ずく, ては自身番, ては荒れた, ては葉, ては藤房, ては藻, ては行く行く, ては見る, ては見殺し, ては親たち, ては詮議, ては誰一人, ては諸君, ては警視庁, ては負け, ては赤い, ては足音, ては辞去, ては辻, ては遁, ては運, ては避けられない, ては間もなく, ては隠し, ては隠れ, ては飛行島大戦隊, ては駄目, ては麻縄, てまいります, てまでなお, てまで死にきれない, てみたら, ても, てもあなた, てもいや, てもかまっ, てもさすが, てもそれほど, てもまんざら, ても口惜しい, ても廉子, ても戴こう, ても持っ, ても生命, ても皇室, ても私, ても竹田, ても芝居, て丁度, て今日, て全部, て初めて, て参りまする, て彼, て後, て後ろ, て思い留まれる, て来なかったろう, て来なけれ, て楽しめる, て考えます, て自分達, て遠い, て隠したで, と金

▼ こう~ (656, 2.5%)

10 あろうかと, いった, 言った 8 して 7 ねえん, 思った, 違うもの 6 考えた 5 あるもん, 言って

4 [11件] あるもの, あろうかという, いう, ござんせぬ, ない, 云おう, 変るもの, 変わるもの, 思って, 書いて, 考えて

3 ありは, ありません, ありませんよ, いって, ならん, 云った, 運が

2 [38件] あざやかに, あったもの, あったもん, ありゃしません, いうん, お違い, したらと, しようか, しようかと, ちがうもの, ないよ, なろうかと, はっきりと, また罵っ, 云えよう, 云えるでしょう, 云って, 人の, 人相が, 告げた, 多数に, 大勢の, 彼は, 思いああ, 思いました, 思ったから, 思われた, 急に, 急激に, 想像し, 気を, 熱心に, 私の, 考えられる, 自分を, 苦しまなければ, 言いました, 言われた

1 [440件] あたま, あったかと, あったであろうかと, あの川, あの葉子, あべこべに, あまたた, あらぬなるべし, ありたいね, ありませんが, ありませんや, ありません早く, ありゃあし, ありゃしねえ, ありゃしねえお, ありゃしねえそこで, ありゃしねえ早く, ありゃしませんよ, ありゃせんお前, あるかと, あるまい, あろうか, あろうかとまで, あろうという, あろうとか, あろうなら手前ら殿下, あわただしい船出, あわただしく走る, いいやがったん, いうの, いえよう, いえる, いえるなら深い, いえるなら真名古, いおうあれを, いけんなあ, いったの, いったよ, いったよう, いったら当たるであろうか, いったり, いなせな, いま考える, いわれる, うちの, うまいこと, うまくいく, うまく連絡, おざら, お上手で, お北, お気を, お痩せ, お言い, かいつまんで, かわるもの, きめて, くいちがうもの, くるしめるの, こっちが, ことなって, この文, この頃, ご真意, さやさや軽く, したいああ, したいといった, したかった, したらもっと, したら人間, したら出て, したら御, したろう, してやろうと, しなければ, しねえのよ, しょんぼりさせ, しようあゝ, しようと, しようの, しようのね, すぐに, すてきれないかと, すみやかに, する, すること, するの, ずんずんわかっ, せざるを, たくさんくさっ, たしなみの, たびたび血, ため息が, たやすく偶然, ちがうの, つぶやいて, できるの, できるもの, どじに, ないあの, ないさ, ないすっかり, ないわさ, ないん, ない一刻, ない今日, ない俺, ない捨て, なくってよ, なってと, ならなかったであろう, ならねえ, ならんわ, なりません, なりやしない, なるだろうと, なるもの, なんねえん, にえきらないお, ぬけぬけと, ねえが, ねえこと, ねえさ, ねえや畜生ッ足利尊氏の, ねばりづよき悪縁, ひどくやられる, ひどく秀吉, まあ冴えた, まあ面, また言っ, まるきり話, もろくなる, やつれるものかいな, やなど, よくない, よく似た, よく喋舌, よく考えます, よめる不思議, わがままは, アルコール分が, スチューピッドに, ダシヌケに, ヒルミ夫人を, フラフラし, ボリュームを, ポカンと, 一つの, 一心に熊, 一遍に, 上り框へ, 不安な, 不幸せな, 不思議と, 世の中には, 並べて, 事祝いで, 云いたかったであろう, 云い度, 云うし, 云うて, 云うの, 云えますなあ, 云えます民藝, 云おうか, 云ったそう, 云っては, 云われるであろうすなわち, 人を, 人心が, 人生に対する, 人間が, 人間の, 人間は, 人間を, 仕様の, 他愛の, 仰山に, 仰有る, 似て, 俺って, 働いた上, 元気づけたか, 元気を, 光景が, 円転滑脱弁舌さわやかに, 冷たい心, 冷たい空気, 冷淡に, 分裂する, 判断した, 劫火な, 勇敢に, 勧めた, 即座に, 厳重に, 取りああ, 叫んだ, 同じもの, 呆けさせた, 呑気に, 呪いああ, 品位の, 器用な, 因業な, 困る, 執拗に, 変って, 変るかと, 変ろうとは, 多忙で, 夜の, 大ぜ, 大の, 大変な, 女の, 女は, 女性の, 嫉妬深い, 安, 完全に, 宮は, 寝坊する, 小型の, 尾羽打ち枯らした, 山が, 己の, 平和産業に, 平気で, 幻想の, 広々と, 広いもの, 床に, 弁解し, 弓にも, 弱いか, 張りきった怒罵悪, 強く美しくなる, 強力に, 形容を, 役に立つかと, 役所では, 彼ら狼の, 彼女には, 御不幸, 徳川の, 心からうすれ, 心が, 心配は, 忘れられなくなるもの, 思いたかったの, 思いのほかに, 思い詰めて, 思うのよ, 思うものの, 思ったが, 思った何, 思った見る見ないは, 思っては, 思ってるん, 思つた, 思われる, 思われるの, 思われるん, 思慮を, 急調なる, 性質が, 恋しいもの, 恐ろしいお, 恐怖を, 恵まれ方, 悩まされるもの, 悲しい国, 情けない紙細工, 情ない紙細工, 情無く, 惣平次も, 想像される, 想像出来る, 意表な, 意見した, 愚に, 愛が, 感づいたの, 慌しいの, 懐くはず, 手っとり早く大詰, 手放しで, 手軽に, 手際よく, 手順よく, 打った, 抑えきれない無念, 押えた口, 新しいもの, 新鮮に, 旦那が, 早く出, 早く変る, 早く自分たち, 早く鎌倉, 明るく澄み渡る, 易々と, 時ならぬ, 晴々しく, 暢気な, 暮せる, 暮らせるこの, 書いた, 有平糖であり, 本宿筋から, 極端な, 横柄に, 歓迎され, 正確な, 武者修行を, 死生を, 死骸が, 浅ましい者, 浅間しく, 深くて, 湖水の, 激動した, 無いさ, 無二無三なる, 無残な, 無茶に, 焦慮ります, 父母が, 猫の, 現代の, 現金に, 生きかわり得たの, 生ぬるいだらし, 申して, 申します, 申せますとも, 男性に, 男達の, 異なって, 疑うの, 疑られるもの, 痛みを, 瘠せ細るもの, 白々しく, 白々しく出られる, 眩い白昼, 知れなかった, 神技に, 神秘な, 突発的に, 立派な, 符合した, 筆を, 続々仆, 続けさま, 綺麗に, 美しい女, 美しくなる, 美しく変貌, 考えよう, 考えられますね, 考えられるの, 考えられ同時に, 考える, 考えるだが, 考えるの, 考える力, 胸を, 脆いもの, 自分に, 自分は, 致しまして, 苦しむこと, 苦労し, 茨の, 荒々しい実際, 荒れ寂びれた出島, 落ちつきはらっ, 落ちつくこと, 落ちつく暇, 落着い, 落魄れなさったの, 薄情な, 行ったらああ, 行儀よく, 衰弱した, 襲われては, 見える, 見えるの, 見て, 見られて, 見られるであろうが, 見事に, 覚られたの, 観られるもの, 言いながら, 言い出して, 言い得るであろう, 言い換えよう, 言い添えよう, 言うの, 言えば, 言える, 言えるだろう, 言ったさ, 評価し, 詳しく秘事, 読まれるが, 貧乏は, 賑やか且つ, 踊れる男, 躍起に, 身の, 身を, 辛苦であろう, 迅速に, 述べよう, 述懐した, 迷わして, 退屈な, 違うの, 違おうとは, 違っちゃ, 違つ, 遠いもの, 都合が, 鈍感だった, 鈍感に, 鎮まり返って, 陳腐化されなかった, 静かで, 静かに, 非条理, 面白おかしい, 頭が, 顔が, 飢じいのか, 驚くべき秘密, 高いもの

▼ こういった~ (501, 1.9%)

48 のは 31 ような 7 のである 6 ことが, 調子です 4 だけで, 彼の, 調子で 3 そうである, っけ, という, のです, のを, ふうな, ものである, 時の

2 [20件] かと思う, からとて私, がすぐ, ことも, ということ, のが, ばかりで, ものが, ものです, ものと, 主人の, 女の, 方面の, 時には, 男は, 私の, 種類の, 話は, 連中が, 類いの

1 [327件] ああいった, あざけりをあてつけられようとは, あとで, あんばいで, あんばいでございます, いろいろの, うぐいすの, おっちょこちょいどもが, お秀, お粂, お菰, からってなに, からって何, からである, からといっ, からとてよもや, からには敵, からもう, が, がかたわら, がその, がそれ, がやはり, が何, が少し, が平気, が月丸, が柄, が沢庵, が立とう, が聞こえない, が腹の中, が若い, が静か, きりであった, きりです, きり無心である, くらいでした, ことに, ことについては, ことの, ことは, こんなこと, さしず, そうだ, そうです, その一, たぐいの, だがかれ, だけである, ちょうしで, つつましい人柄, というの, という噂, とか, とかあ, とき, ときちょうど, ときどやどや, ときふたたび, ときも, とき一同の, とき一同は, とき傷が, ところそんな, ところである, とする, とたんふっと, とアメリカ, と伝え, と告げなさい, と思う, と理屈, な, なりまた, なり下を, のか, のだ, のだった, のでお, のでした, のでなにもかも, のでみな, ので小泉, ので民部, ので浦島, ので葉子, ので門弟達, のに答えない, のよ, ばかりでなく, ひとりの, ふうの, ほうが, ほどだった, また父, ままそこに, ままで, ままどこかへ, まままた, まま作事監督の, まま平八は, まま暫く, まま黙っ, みじめで, ものごし, ものだ, ものだろう, もので, ものであった, ものでございます, ものな, ものに, ものらしい, ものを, もの自身に対して, もんだろう, もんです, ようない, ような押える, わけだった, わけな, わけ隔ての, わたしの, わね, イデオロギーが, ショパンが, ニュヒテルンな, ワイシャツを, 万人を, 丈け, 上でも, 上に, 不便利だらけ, 不幸な, 中年男は, 中頃の, 事件についての, 事実を, 事情に, 事情の, 事項も, 交通機関の, 京山は, 人品と, 仕事には, 企てが, 企てを, 伯父さんの, 位だ, 何かを, 元の, 光景を, 冬の, 出処進退が, 分子構造の, 前置きを, 助言が, 化け物が, 反省が, 反駁が, 古風な, 吉宗の, 呵責に, 唯一の, 問答が, 嘲笑を, 地形の, 地盤の, 場所へ, 塩梅な, 声は, 声を, 声音に, 変態は, 外国の, 大芝居, 奇抜な, 奥さんの, 奴は, 妙テコレンな, 娘の, 孤独の, 宏大な, 客なる, 家康は, 山奥の, 山里で, 工合で, 工合でなく, 巧みな, 平凡な, 平凡無事な, 幻想は, 康雄の, 式が, 役人連の, 彼女の, 後で, 後今まで, 後兼好は, 後占卜を, 後父も, 快活な, 思想に, 性格には, 悪ずれ, 惨事が, 意気組みで, 感じの, 態度で, 態度を, 我らの, 振舞いは, 探偵小説や, 政府以外の, 文化的批評の, 文句が, 方が, 方法を, 方面が, 方面により, 方面は, 日が, 旧制度, 旬の, 明るい美しい海岸, 昔話の, 時, 時に, 時代を, 時勝負は, 時南玉は, 時彼は, 時提灯の, 時群集の, 時背の, 時襖を, 時赤山靱負が, 時逞ましい, 時隣り, 書物は, 月丸の, 有名な, 様な, 機械的類推で, 機関に, 気分を, 気合に, 気持ちが, 気風な, 水の, 派手好きの, 源吉の, 漠然と, 無情な, 無色透明の, 父は, 物が, 物語の, 犠牲は, 現代の, 環境の, 生活欲を, 生涯にも, 疑問が, 瞬間もう, 短い句形, 石見守の, 社会の, 程度の, 純真な, 素豆腐式若旦那調子で, 細かい物事, 細君の, 経験の, 結婚法が, 絵を, 絶望の, 編成でした, 美作の, 義侠的の, 考えが, 考えに, 者こそ, 舗石に, 色合いは, 荒凉たる, 街には, 見世物が, 観客が, 観察が, 言葉であった, 言葉は, 言葉も, 記念の, 訳な, 誤謬の, 調子であった, 調子である, 調子な, 調子に, 調子には, 調子の, 調子は, 諭吉です, 諺は, 質問が, 赫々たる, 農村工業に, 辺鄙な, 途方も, 連中には, 連中の, 連中は, 逸民的存在なる, 道中に, 遠出を, 遠慮を, 隆起に, 須磨子は, 類である, 風である, 風な, 馴れ馴れしさ, 高い山岳, 鮮明な

▼ こう言う~ (437, 1.7%)

24 のです 15 のを 13 のでした, んだ 11 のだった 10 のだ, のである, んです 8 と, のであった 7 のは 5 と彼 4 のが, 風に 3 うちに, とこの, とその, と君, と私, よりほか

2 [19件] うちにも, かのよう, かも知れない, ことを, と馬, のと, のも, より外, わけだ, 一節を, 声も, 妹の, 岸本の, 平次の, 彼の, 復讐を, 様子に, 言葉を, 頭脳の

1 [239件] うちには, うちも, おやじの, おれでさえ, お前の, お紋, かも知れぬ, がいい, がよう, が女王, が早い, けれど態度, こと, ことは, ことばと共に, ことばを, これは, じゃありません, じゃない, じゃア, たのしい暮し, ためだった, だけである, だけです, つもりのが, ている, てお, てその, ても差支えない, て人足, て婦人団体, て市長, て慰めた, て湯ざまし, て菊子, て蝗, て銀紙, て降, て鼻垂先生, といかにも, といよいよ, とお, とおのずから, とおのれ, とお手前拝見, ところに, ところへ, とこッ, とすぐ, とそれ, とそれなり, とたいがい, とともにこの, とともに彼, とどうも, とどちら, とな大概生意気, とひどく, とまことに, とまた, とみんな, ともう, とわたし, とカピ, とハラハラ, と一同, と一馬, と三下がり, と不安心, と与次郎, と人間, と体裁, と何, と何だか, と僕, と共に, と内儀, と冬坡, と医者, と又色々, と叔父, と大人気, と大分話, と夫, と女, と寝ころん, と小型, と弁信, と弘子さん, と彼女, と彼等, と御, と明らか, と村田, と煙客翁, と白雲, と祖母, と笑っ, と老婆, と腕, と荻原, と薫, と蛙股, と誰, と身体, と配流, と驢馬, と魚, な, なり俊夫君, なり彼, なり鼻, にきまってる, にちがい, に止め, の, のさ, ので女房, ので惟光, のに, のに身, のほかは, のよ, ほど商人気質, ものが, ものと, や殿様, よ, ようだった, より仕方, より問い, わけの, んだって, 一行に, 世間智の, 中にも, 事を, 事実を, 二人の, 二重に, 今でも, 伝説を, 作家所生の, 例の, 信輔は, 借りものの, 僕の, 兄を, 光景を, 内に, 動作を, 半三郎, 君子の, 唇が, 問を, 問題を, 囚徒の, 困難を, 場合には, 場合此小説の, 場面に, 変化は, 夕霧を, 夢の, 大慈悲心, 大臣に, 女が, 女傑である, 如来の, 妻の, 始末な, 嫂の, 小事件, 少しも, 屈辱を, 己は, 弁信の, 彼女の, 彼等の, 往来を, 心の, 心もちを, 愛子は, 所ならん, 手段に, 掛茶屋に, 数行を, 時ぐっと, 時だろう, 時に, 時には, 時の, 本質を, 様子は, 海辺に, 渚に, 源氏が, 源氏の, 災難に, 父を, 独り言を, 玉鬘の, 生活を, 町, 町で, 町を, 相談を, 瞬間には, 知識の, 短い夢, 祖母の, 種類の, 空虚を, 経験を, 羽目に, 考えに, 者が, 者も, 育ちかたを, 自然の, 若人を, 薄暗がりの, 行の, 表題だった, 西洋風の, 親方の, 記事をも, 訳な, 註釈も, 話だけ, 話の, 説明を, 通訳を, 長者の, 除糞人の, 風では, 風の, 駒鳥絹枝の, 鳥の

▼ こう~ (430, 1.6%)

10 思って 8 して 6 する 5 いうの, いって 4 した, したの, 思いこむと, 枝を, 決心した, 眼を 3 いうこと, するの, 思うと, 思えば, 思ったこと, 決めて, 知ったらあの, 知って

2 [21件] いうほどの, かがやいて, きまれば, したところ, すれば, でひとがら, にらんでの, 努力した, 夜風に, 思い込んだ人, 思うこと, 思う生活, 思った針金, 指摘できる, 決定した, 決心したら, 燿い, 知ったらいっそ, 知ったらば, 知ったらもう少し, 私が

1 [306件] あかりが, あせったけれども, あたりを, あなた様の, あんたきっと, いいこと, いいつけても, いい附けても, いうたら後, いうので, いうのよ, いうわけ, いう時, いったらどんな, いつお目に, いつたら俺たち, いつわるとき, いふ字, おそらく稽古, おっしゃれば, お云いたげ, お前の, お綾, かかって, かがやく電灯, きまって, きまって生れ, きめたこと, きめたらおりては, きめたらコンリンザイ, きめたら動かぬという, くじ前, くれぐれも教わっ, こねて, さしこんだ, さまざま思い浮べ, しかけて, しきりに思っ, しそれ, したが, しただけ, したので, したら, したら二十日, したら疲れすぎ, した黄色, しったら穴倉, しない, しない様子, しながらも, します, しますけれど, し始めたの, し微笑もうと, するあたたか, するから, するでは, すると, するとともに, するよう, する刻限, する大衆, する女性, する家庭生活, する度, する心臓, する意地悪さ, する時, する熱意, する熱望, する策謀, する衝動, する野心, そねまれたので, それぞれに対する, ちゃんと分限, ちゃんと案, ちゃんと腹案, てりわたる月, ときを, どうにも, なったら一刻, なるじゃ, にらみゃ万, にらんだまなこ, にらんだら抜け道, にらんだ眼, にらんで, まだ消え果てぬ, みこまれたら助かりっこねえ, もだえて, やかましい能書もの, よくわかります, わたしの, アンドレ, オニグラに, ポンと, 一ヶ所極まり処を, 一家の, 一方へ, 一眼で, 一等賞には, 七年位に, 三日を, 不足を, 予期され, 云いしきりに, 云い出したが, 云い出したら決してそのまま, 云うほどの, 云ったらば, 云やあ, 云われると, 人情風俗物価の, 今云った, 他の, 仰言, 伊勢屋新, 何里どちらへ, 信じたこと, 信じたら一人, 信じる道, 俵様の, 兄貴の, 光ります, 冴えわたって, 出ますか, 分ったら穴, 判断し, 努めても, 努力し, 十六七だ, 千八百足に, 取りかえて, 取上げその, 受けわたし, 口の, 吐した, 報せが, 大かたは想像, 契った上, 存じまして, 定められたこと, 実際の, 察して, 寸法が, 尾鰭を, 希望し, 度胸を, 彼女が, 御存じでいらっしゃる, 心が, 心を, 心持が, 忖度する, 思いこんだが, 思いこんだら絶対, 思いこんで, 思いさだめたこと, 思います, 思い定めた上, 思い定めた人, 思い定めぬうち, 思い極めたこと, 思い立った蝦夷地渡り, 思い込んだらあくまで, 思い込んだ先輩一人, 思う, 思うが, 思うの, 思う人間, 思う値段, 思う家, 思う方向, 思う男, 思った, 思ったが, 思ったもの, 思ったら人, 思った人間, 思った正直, 思った男, 思ふの, 思われたらこの, 才気と, 打ち明けられて, 指しては, 政府から, 教えて, 教えられて, 旋盤を, 明らさまに, 明日は, 明瞭に, 昼間の, 書いて, 梢を, 極まりました, 欲し, 母親に, 決った考え, 決めたらてこ, 決めたらどこ, 決心したなら, 決心を, 淋しく溢れる, 深く謀られた, 灯が, 灯の, 灰色, 照って, 照る月, 物語りしに, 申します, 目差した敵, 目的を, 睨んだ事件, 睨んだ稲荷カンスケ, 睨んで, 睨ンだ, 知ったらお前なんざあ見殺し, 知ったらお里, 知ったらきのう, 知ったらきょう, 知ったらさっき, 知ったらわたし, 知ったら京, 知ったら今年, 知ったら匕首, 知ったら君ちゃん, 知ったら奉公, 知ったら定めし, 知ったら市蔵, 知ったら思い切って, 知ったら早く, 知ったら来るん, 知ったら江の島, 知ったら無理, 知ったら町, 知ったら留めずに, 知ったら軽井沢, 知ったら道具, 知らせたくないな, 知らば, 知りゃ頼まれても, 知りや, 称して, 突き留めるわけ, 笑った, 糸を, 考えて, 考えなおしたん, 考えに, 聞いたら喜びましょう, 聞いちゃ, 聞くと, 肚を, 自分たちの, 自棄みたいな, 致して, 花江から, 荷物は, 見こみを, 見て, 見ては, 見当を, 見極めが, 見込みを, 見透しを, 覚えこまされると, 覚ったならその, 覚悟が, 覚悟を, 言いこの, 言い出しなすった事, 言えば, 言ったこと, 言っちゃ, 言ひ別けた, 言ふんだ, 言われて, 評判の, 話す, 話も, 話を, 説明する, 説明は, 誰が, 身を, 輝き出て, 返答を, 金三両一分二朱と, 関係の, 階段に, 電灯が, 鞴の, 響いて, 頭では, 鳴きて, 鳴く狐, 鳴って, 鳴つて, 鳴りだした除夜の鐘, 鳴りながら, 鳴り渡って, 鶏が

▼ こう云った~ (361, 1.4%)

109 のは 12 だけで 11 ような 7 方が 6 が, のである 5 後で, 時には 4 がその 3 お延, からと云っ, そうです, ものです, 時に

2 [16件] お秀, からである, からといっ, そうだ, の, のだ, のです, のも, ものが, 事が, 処で, 小林は, 彼は, 彼女は, 時お, 時兄は

1 [149件] あとで, あんな顔, お玉の, かと思う, かどう, からって妾, からとて二人, からなど云い, からドロボー君, がこれ, がさすが, がさらに, がそれ, がどこ, がまた, が二人, が右近丸, が四辺, が女王, が家人, が左, が弾正太夫, が急, が次男, が武者, が歩き, が笑い出した, が自信, が自分, が逸見多四郎, ことなど, ことも, ことを, この頃, じゃない, ぜ, そうである, そのとき, それが, だけだった, だけであった, だけですでに, だけでも己, だけで千世子, という, ときに, とき東野が, とき自分の, ところさえ, とて私, と云う, と小六, と看護, なりさっさと, なりすぐ, なりその, なりその後, なり後, なり忙し, なり畏まった, なり驚いた, に何, ね, のであろう, のでした, のを, は桔梗様, ばかりで, ままで, ままばたばた, まま入口から, まま又, まま黙っ, ものだ, ものであった, ものである, ものな, ものの立ち上った, ものは, ように, わけで, んだ, ニーチェの, 一人の, 事実も, 人は, 兄の, 利平は, 叔父は, 声ああ, 声と, 声には, 声の, 夫人の, 婦人が, 富子の, 平岡は, 彼の, 後豚の, 微細構造を, 意味で, 所が, 扇女の, 拍子に, 文化内容が, 時, 時それを, 時やや, 時今まで, 時余は, 時女は, 時女中が, 時嫂は, 時手近の, 時明るい, 時焔の, 時父は, 時田口の, 時私は, 時自分は, 時長屋の, 概念は, 様子が, 機械論的な, 津田は, 清吉の, 清水は, 父の, 珪次と, 理由は, 百合子は, 瞬間に, 私は, 種々の, 継子は, 総司の, 老師の, 良い気持, 西の, 覚えが, 言葉の, 訳で, 諸科学間, 途端, 途端右の, 野村の, 限りの, 陶器師の, 風な

▼ こう~ (334, 1.3%)

78 んです 56 んだ 18 のだ 15 のです 13 のである, のよ, んだろう 11 のでございます 7 の, んでしょう 5 のか, のさ, のだろう 3 んでございます 2 ことで, ことを, のだった, のであった, のであろう, のでしょう, ものです, ようで, 人な, 児だ

1 [65件] うさぎは, お子さんです, かたな, からす, こぞうだ, ことお, ことだ, この孫君, すずめは, つたのか, つたのである, つた時この, つてから, つてし, のかい, のかね, のかも, ので, ので見物, のにかかわらず, のや, のよねえ, のよ咲, のコツ, びく無責任さ, やつで, やり方だ, んで, んである, んでさあ, んでさざっと, んでしよう, んで御座います, んで親分, んで親分さん, ッた, ポケット君は, 五郎しゃん, 人で, 人でも, 人間が, 処である, 前兆だ, 口を, 大猿, 女の子でありました, 子です, 子と, 子なら, 子供だ, 少年でした, 少年です, 性格の, 方じゃ, 方でした, 犬じゃ, 犬で, 犬であった, 者としては, 芝居を, 若いがん, 馬でも, 鳥だ, 鳥でした, 鳥と

▼ こうなれ~ (326, 1.2%)

27 ばもう 8 ば何もかも 7 ば仕方 5 ば, ばお, ば私 4 ばおれ, ばどこ, ば意地, ば誰 3 ばどう, ば女, ば小説家

2 [20件] ばいっそ, ばこう, ばこっち, ばその, ばそれ, ばどんな, ばなん, ばね, ばもはや, ばわたし, ば一戦, ば何, ば僕, ば彼ら, ば日, ば早い, ば為方, ば無論, ば生, ば袋

1 [204件] あ俺, あ訳, と望んだ, と願った, ど其地, ど怒るまえ, ばあい, ばあえて, ばあたし, ばあなた, ばあの, ばあらゆる, ばいかに, ばいくら, ばいま, ばうしろ, ばお互い, ばお話, ばかく, ばかれ, ばきみ, ばけっして, ばこの, ばこれ, ばしめた, ばそんな, ばただ, ばたとい, ばたとえ, ばだれ, ばちよ, ばといいます, ばと心, ばどっち, ばなおさら, ばなんと, ばはい, ばまったくもう, ばみんな, ばみんな正直, ばみんな申, ばもうし, ばもうどうにも, ばもうなんにも, ばもちろん, ばもとより, ばも早, ばやけくそ, ばやぶれかぶれじゃ, ばやみやみ, ばりっぱ, ばわざわざ, ばわし, ばわれわれ, ばイデオロジー, ばイマイマ, ばイヤ, ばジャーナリズム, ばハッキリ, ばピストル, ばボール, ばミウーソフさん, ばヤブレカブレ, ば一つ, ば一人, ば一体, ば一切, ば一寸, ば一寸法師, ば一度, ば一揆, ば一見, ば万人, ば世間的, ば乙, ば事, ば事件, ば二人, ば二十三歳, ば云, ば人口, ば人間, ば仇同士, ば今, ば何もかも白状, ば作家, ば偉大, ば儂, ば全く, ば八郎討死, ば兵曹長万歳, ば兵隊, ば其晩あたり, ば冑, ば刀, ば判然, ば刺違え, ば前, ば勝てる, ば包まず申します, ば北支, ば北条氏, ば卑怯, ば却って, ば友釣, ば叩き, ば右門, ば同じ, ば命, ば問題, ば喧嘩, ば夢, ば天候, ば女子, ば如何, ば婆娑羅, ば容赦, ば宿命, ば宿帳つけ, ば寸時, ば尋常, ば小坂部, ば少し, ば山岸, ば山手組, ば帆村, ば幸福, ば度胸, ば弁明, ば引っ込まない, ば彼, ば彼何, ば後, ば忌, ば急ぐ, ば怪人丸木, ば怪塔, ば怪塔王, ば恥, ば意地ずく, ば愚図愚図, ば戦々兢々, ば手段, ば手遅れ, ば打, ば捨て, ば敵, ば料理, ば早く, ば暮れ, ば最初, ば最後, ば最早, ば服, ば朝倉先生, ば楽しむ, ば死ん, ば残らず, ば水掛け論, ば浜口氏, ば澄ました, ば煮, ば王様, ば珠子, ば男, ば疱瘡, ば皆申, ば皇帝, ば監督, ば相討ち, ば眼, ば神妙, ば私自身, ば私達, ば絶対, ば義政, ば肉弾, ば自分, ば船, ば荒療治, ば菩提樹, ば藁, ば観念, ば諸人, ば警察, ば谷間シズカ夫人, ば貴方, ば貴様, ば躊躇, ば逃げ, ば運, ば道, ば部下, ば長居, ば隠す, ば隠れ, ば隼, ば雪, ば電灯工事費, ば頭巾, ば鶴, や周章てた, や腕ずく, ア立場としては

▼ こういう~ (305, 1.2%)

117 と彼 6 と私 5 とその, と同時に 4 といかにも 3 とお, と何だか, と嘉門, と次郎, と読者, ばあい

2 [18件] がはやい, が早い, とあなた, とこの, とすぐ, とそれ, とまた, と何, と君, と彼女, と武士, と美作, と自分, と若い, と非常, と鴫丸, に違い, ので

1 [213件] かいわない, からす, からとて僕, からにはよく, から四丁, ぐらいにすぎなかった, しかえし, だけだった, だけだろう, だけで, てあい, ていた, てがある, てすっかり, てはつたやろ, てはります, ては何, てやる, て勘定, て妻, て居る, て来う, て笑う, て罵しられた, て聞かせ, て話しました, とあるいは, とお前, ときわめて, とくるり, とこんど, とさ, とさすが, とすこし, とせつ, とそば, とそん, とただ, とどういう, とねずみたち, とはじめて, とひどく, とふと, とほか, とまたまた, とみずから戸, とみな, ともう, とやつ, とグルリ, とケース, とゲラゲラ, とシガレット, とシガレットケース, とドシン, とニヤリ, とマチルド, とマリヤン, とヴェルツ, と一人, と一向, と不思議, と世界, と両氏, と中, と乙, と九兵衛, と亀, と二人, と仁右衛門, と代地, と仲太郎, と何ん, と何人, と侍女, と侏儒, と供, と偏痴気論, と側, と傍, と僕, と兄, と先, と共に, と兵馬, と内蔵, と刀, と南玉, と博士, と又, と口幅ったい, と口笛, と吉, と吉之助, と呂宋兵衛, と周作, と和尚さん, と四辺, と垂れ, と多津, と大層, と失礼, と妹, と妾, と姉, と姉さん, と嫌, と子供たち, と孫兵衛, と宗俊, と定めし, と寂し, と富士男, と小指, と小次郎, と小気味よ, と少し, と山崎譲, と島子, と微笑, と微笑ん, と徳ちゃん, と心配, と忠次, と息子ども, と慢心, と我, と或いは, と手, と抜き身, と旅川周馬, と書記, と曹操, と朝日, と未練, と机, と杖がわり, と桂, と梅野, と森田屋, と極めて, と楽屋番, と次, と無造作, と煙管, と父, と爺さん, と片方, と犬, と王允, と甚だ, と生意気, と甲野さん, と異常, と疑問, と白い, と益満, と直ぐに, と神官, と穏当, と突然, と立ち上つ, と紋太郎はつ, と紐, と老女, と老師, と腕時計, と船長, と花, と荒淫, と藤枝, と袖, と記録, と論理, と近代, と造酒, と部屋, と鈴江, と長い, と降り積った, と障子, と頼光, と飛び込ん, と食卓, と養母, と香具師, と馬鹿, と駕, と驚く, と黙っ, と龍夫, なあどう, などう, にせ, にちがい, にない, のでいかにも, のでご, のでで, のでやむなく, ので坊さん, ので待っ, のよ, ばかさ, ばかりであった, ものの最も, やいなやかれ, よりほか, よりほか仕方, より仕方, より外, より根本的, わ

▼ こう考え~ (289, 1.1%)

52 て来る 33 ている 22 ていた 21 てくる 8 て見る 7 て来 5 てきた, てみる 4 ていました, て来た 3 ています 2 てき, てはどう, てみた, てみれ, てオレ, て彼, て歩い, て自分

1 [109件] いろいろの, がきまる, そちらを, たりした, たりそう, てあたり, てある, ていたらしい, ていやいや, ているだろう, てお, ております, ておりやす, てお前さん, てから彼, てかれ, てかれらしい, てこそ階級意識, てしきりに, てしまう, てその, てどこ, てまだ, てむごい, てやにわに, てゆうべ, てよかろ, てわたし, てタクミ, てドビュッシィ, てナミ子, て一晩, て一角, て九兵衛, て了, て亜砒酸, て今, て何, て何かしらゲラゲラ, て僕, て先生, て冷淡, て初めて, て又次郎, て多く, て大急ぎ, て夫人, て始め, て宗助, て家, て寝た, て寺, て少し, て弁慶, て戦慄, て改めて, て早く, て暗い重, て書斎, て最も, て期待, て村, て来ました, て来るなら, て来れ, て栄三郎, て死んだ, て気, て浮かぶ, て物, て玄関, て眼, て私, て終日家, て老爺, て胤舜, て膳, て苦しんだ, て行く, て行け, て見, て見まし, て見れ, て計画, て諦めよう, て身慄いし, て道, て選んだ, て野菜, ながら, ながらいつか, ながらかの女, ながらかれ, ながら不思議, ながら代, ながら光一, ながら半, ながら宜, ながら島田, ながら席, ながら森, ながら爬虫類, ながら自分, ながら見えない, ながら豊世, ふけッた, をつけ, 彼の, 秋の

▼ こうまで~ (274, 1.0%)

12 して 3 自分の 2 いって, うまくは, されては, しても, なると, 俺を, 急に

1 [245件] あこがれて, あさましくなる, あなどられながら, あぶない橋, あぶれると, いきおいよくほとばしり出る, いっても, いわれたの, いわれると, うき目, うまく運ぼう, うれしいこと, お待ちに, お憧れなさる, お望み, きくの, くわしくはなした, こき使うの, この事実, この貴人, こまかくバラバラ, これを, しずに, したらあの, した俺, しないと, しなくては, すごくさえた, するよう, する気, せねば, たえては, たやすく罠, たわけに, だれも, ちがうもん, ついて, つくして, でも, なって, なよなよと, ならないうち, なる人, のぼせ切って, はいって, はっきりと, ひどいとは, ひどい境涯, ひどく人参, ふみにじられたわし, へこたれて, もと感激, りっぱな, キリリと, チェーホフ的な, 一徹な, 一心に, 一見の, 不思議に, 不思議性を, 世間へ, 事ごとに, 事を, 云っても, 人は, 人を, 人間の, 似て, 侮辱されなきゃならない, 俺も, 優しい情熱, 優しい申し出, 先走って, 冷たくは, 冷酷に, 凄いハイカラ, 凄くは, 動いて, 動物的に, 卑劣に, 危険に, 厳しい人間, 可憐であろう, 向う見ずの, 君に, 呼びかけられて, 図々しいの, 図々しくなれる, 図々しく肉迫的, 図図しくなる, 執念深くからむ, 執念深くは, 執念深く自分, 執拗く, 変った, 変るかと, 変るもの, 変れる, 変化が, 多くの, 夥しい血, 大人が, 大掛りに, 夫人が, 女を, 妻を, 姉に, 安らかに, 完全な, 完成した, 室内の, 巧く, 巧みに, 弱気に, 強く慕う, 強く言い張られる, 彼女に, 徹底的に, 心の, 心配し, 念を, 念入りに, 怒ろうとは, 思い詰めて, 恐がるの, 恐怖の, 恥か, 悩ませたの, 悪体, 悲しむの, 悲惨な, 悶えさせるの, 情愛の, 惚れて, 惚れない内, 惨めなやられ, 意地に, 意地わるく, 愕いた, 愛し合わずには, 慕うの, 我慢を, 戦争を, 手っ取り早く片づける, 手の, 手ひどく翻弄, 手答えが, 打ち込んで, 打沈むはず, 持てあまして, 搾られなければ, 改まって, 旅の, 早くこんな, 早く敵, 早く進行, 昂上し, 昇を, 明瞭に, 時の, 月日を, 有難く快くは, 有頂天には, 果敢ない人生, 機変に, 残忍か, 水ぎわだって, 水も, 注意された, 活きて, 浅ましい真似, 浅慮者とは, 深く染み通らせた, 源氏に, 無事に, 無作法に, 無反応, 煩悩に, 煮だして, 熱烈に, 父の, 犬の, 狂暴には, 率直に, 生涯拭えぬ, 用心を, 申せば, 疲労し, 発達した, 目立って, 相違が, 真心を以て, 節を, 精を, 細かには, 罵られて, 美に, 義理を, 考えて, 腐った心, 自分を, 苛烈に, 莫迦莫迦しい, 落ちきって, 落ち目の, 薫の, 虐げられ自己, 蝕むもの, 血眼に, 行き届いた良心, 袋の, 西洋を, 覚悟も, 親切に, 言い聞かせたらわれら, 言ったら怒るだろう怒ったら面白い, 言った話, 言って, 言われて, 言われては, 言われると, 評判が, 説かれては, 賢しい魂, 越前の, 身を, 身近に, 迷うたやら, 逆に, 進んだ関係, 運命論的自然主義的な行詰った, 道を, 違った心持, 遽だしく, 酒に, 酷いもの, 隔たりが, 集めたと, 露骨に, 顔が, 馬鹿に, 骨を, 骨身に, 魘えて, 鮮やかに

▼ こう思っ~ (273, 1.0%)

27 ている 20 ていた 10 て私 8 て来 6 ています 5 て来る 4 て彼 3 ております, てかれ, て半, て自分

2 [18件] てお, てそれ, てな, てふと, てみる, てわざと, てわし, て出, て安心, て少し, て来ます, て澄江, て父, て目, て筆, て見, て足, て金兵衛

1 [145件] てあたり, てあの, てある, ていました, ているらしい, ていわば, てうしろ, てお雪ちゃん, てかかっ, てから僕, てがんりき, てきょう, てこう, てこの, てしきり, てしずか, てしまえ, てしまった, てすぐ, てその, てその後, てその後家さん, てそれで, てたいして, てたじろいだ, てついに, てでもいる, てはみました, ては見る, てひやりと, てまた, てみな一生懸命, てみんな, てむやみ, てわれ, てん, てコッソリ, てジッ, てパーテル, て一心に, て一日一日, て三吉, て上人, て下, て丘, て両手, て主, て二人, て今, て今日, て会社, て何, て例, て僕, て先生, て光一, て兵馬, て其方, て出かけよう, て努力, て参った, て参りました, て取った, て口, て各々, て君, て周馬, て唐寺, て啄木詩集, て器用, て土地売買, て壁, て声, て大塚さん, て好奇心, て妻, て妾, て安堵, て密か, て小坂部, て尚, て平八, て弦, て待ちかまえ, て忠利, て情夫, て文次, て暗い, て暫く, て枯れ枝, て歩い, て気, て決心, て浪, て涙ぐみたくなった, て清三, て火曜, て灰色, て生き, て町, て盗ん, て看板, て真剣, て睨みつけ, て知らせ, て私ら, て空地, て立っ, て糟谷, て紅木大臣, て紋兵衛, て胸, て脈, て腹, て自, て船, て芸妓, て若者, て若葉, て茅野雄, て荷物, て菊弥, て蒲団, て蛾次郎, て襟首, て見た, て見つかっ, て見る, て覚えず, て軽く, て返事, て郊外, て長い, て電車停留場, て頭巾, て頼母, て顔, て顧み, て飛び出し, て飛ん, て飽気, て馬上, て馬子, て黙っ, てGABA

▼ こう思う~ (255, 1.0%)

11 と彼 9 と私 7 のだ, んだ, んです 6 とわたし 4 のは, ように 3 ている, とかれ, とドノバン, と富士男, と気, と矢代, と自分, よ

2 [20件] ことは, ということ, とその, とまた, ともう, と今, と僕, と兄, と同時に, と居, と彼女, と栄三郎, と源十郎, と矢, につけ, のです, のも, のよ, んでございます, 途端に

1 [136件] うちに, うちにも, からでございます, が弁信さん, が早い, ことが, これは, だけでも大, て家, て急, て来る, て胸, と, とあの, といい, という点, といくらか, といつも漠然と, とお, とお母さん, とお父さん, とき心の, とき性欲が, とここ, とこれ, とこわ, としっかり, とじ, とせっかく, とそこ, とそれ, とただ, とたんに, となさけない, となんだか, とはて, とふとぜひ, とみずから, とわたくし, とわたくし共, とわれわれ, とゴルドン, とズカズカ, とホッ, と一刻, と一同, と一時, と三つ, と不快, と久慈, と京助, と伝二郎, と何, と例, と信西, と六三郎, と共に僕, と兼輔, と勇吉, と半七, と大概, と女, と定雄, と巡査, と左膳, と康雄, と忠通, と忽ち, と怒り, と怖くっ, と思う, と急, と悪党, と抑え, と播磨, と数馬, と文次, と日本左衛門, と明日, と時雄, と残念, と母親思い, と民弥, と気味が悪く, と気持, と治六, と泰軒, と涙, と濃, と生きた, と百姓, と突然, と籠釣瓶, と若い, と血, と言う, と誰, と豊世, と足, と鉄斎老人, と陣十郎, と静也, と頗る, と頭, と頼母, な, によってこれから, に違, の, のいけない, のが, のこんなに, のであった, のであります, のである, のであろう, のでございます, ので秀麿, ので音物, のと, のねと面白く, の幹子さん, はもっと, まもなくフハン, ものの悲しい, ような, より仕方, んで, んでがん, んでげす, 不快さに, 心から, 心に, 心の, 者も, 間に

▼ こう言った~ (233, 0.9%)

16 のは 9 かと思う 8 のである, のです 5 ものである, ものです 4 のだ, 時に 3 ことが, そうです, だけで, ばかりで, 途端に

2 [15件] あとで, からである, からといっ, からとて私, だけだった, だけでした, と思う, の, ので皆, のを, ままで, ものだ, んだ, 後で, 時です

1 [129件] あと葛岡の, お松の, お若, からとてべつだん, からには誰, から米友, がいかにもそわそわ, がここ, がし, がすぐ, がその, がたとえ, が不意, が別に, が勇吉, が咎める, が急, が最後, が盛ん, が聞えない, が落武者, きりだった, きりで, きり不, けれどもさりとて, ことで, ことばの, ことも, ことを, しかしそれ, そうして, そうで, そうである, そのことば, それは, だけでもうそ, だけな, っけ, つもりです, という, というの, という話, とき, ときとつぜん, とき平一郎は, ところが治ります, ところを, ところを以て, と語っ, ねお前, のか, のが, のさ, のじゃ, のちの, のでどちら, ので女中, ので娘達, のよ, の手紙, ほうが, ままテーブルの, まま振り向き, まま新九郎は, ものが, ものだろう, もので, ものの彼, ような, ように, わよその, んです, ネロと, 不思議な, 事が, 人が, 人は, 人声が, 人物が, 今松, 刹那その, 声が, 声は, 女の, 好みの, 妻の, 市平の, 帆村は, 平次です, 康雄の, 康雄は, 彼の, 後たちまち, 後まだ, 後二三日した, 後忽ち, 後気軽に, 悩みの, 意味の, 慶娘の, 才次の, 時, 時いつのまにかもう, 時から, 時だった, 時には, 時夫は, 時宮の, 時植木屋だけに, 時突然, 時老女は, 校長さんには, 残酷な, 気が, 気性だ, 源氏が, 激しい言葉, 者が, 者で, 自分は, 若者の, 荻生さんの, 言葉と, 言葉に, 言葉の, 言葉も, 雪の, 頃は, 馬血人血淋漓たる

▼ こう云い~ (208, 0.8%)

6 ながらまた 5 ながらその 4 ながら手, ながら藤十郎 3 つつ私, ながら彼, 乍ら香具師は

2 [11件] ながらお, ながらも矢代, ながらも私, ながらジョン少年, ながら女, ながら彼女, ながら昆虫館館主, ながら東巖子, ながら盃, ながら膝, ながら自分

1 [158件] さした, つつその, つつも灯, つつも矢代, つつ脚, つつ赤い, つつ通り, ながら, ながらかれ, ながらしかも, ながらじっと, ながらじろじろ, ながらすぐ, ながらそっと, ながらちょい, ながらちょっと, ながらはじめて, ながらふと, ながらもこの, ながらもそんな, ながらも久慈, ながらも媼, ながらも彼, ながらも気味悪, ながらも遠慮, ながらやっぱり, ながらわれわれ, ながらアンドレイ, ながらウイスキー, ながらシガレット, ながらジリリ, ながらトン, ながらポケット, ながらマロック革, ながらレコード, ながら一人, ながら一体, ながら一層, ながら三度目, ながら上衣, ながら両手, ながら二三度膝, ながら二人, ながら二番目, ながら五右衛門, ながら伴侶, ながら例, ながら信玄, ながら傍, ながら元気, ながら兄, ながら光子, ながら入っ, ながら其処, ながら出迎えた, ながら剃刀, ながら勝手口, ながら包み物, ながら叔父, ながら右手, ながら各自, ながら坐った, ながら坐る, ながら大きな, ながら妙, ながら季節, ながら定夫, ながら宮川茅野雄, ながら小さな, ながら少年, ながら山田, ながら岩太郎, ながら左右, ながら差し出した, ながら幕僚数十騎, ながら幽霊, ながら弦四郎, ながら御嶽冠者, ながら微笑, ながら心もち冷笑, ながら急, ながら性急, ながら戸, ながら扉, ながら手近, ながら指, ながら探偵, ながら新, ながら日出夫少年, ながら明日, ながら春房, ながら昨日岡本, ながら末造, ながら格子, ながら椅子, ながら極り悪げ, ながら横, ながら死体, ながら殺気立った, ながら母, ながら海舟, ながら火鉢, ながら猪右衛門, ながら玄卿, ながら甚兵衛, ながら白法師, ながら相手, ながら眼, ながら私, ながら立ちどまっ, ながら立ち上がる, ながら立ち上った, ながら立つ, ながら笑っ, ながら細い, ながら細目, ながら続い, ながら綾小路, ながら老, ながら耳, ながら背, ながら背中, ながら腹の中, ながら舳, ながら船長室, ながら若, ながら若干, ながら葉, ながら蓋, ながら蚊遣, ながら行く, ながら要, ながら見守った, ながら起き上がる, ながら近寄ろう, ながら通っ, ながら遅れ, ながら遥か, ながら鍋, ながら電燈, ながら電話, ながら靴, ながら鞭, ながら頼正, ながら顔, ながら鬼小僧, わけした, 乍らかの, 乍らその, 乍ら半, 乍ら取り出した, 乍ら巡査の, 乍ら模型屋敷の, 云いまわし, 捨る, 終つた時ドアが, 終つて一息ついた, 訳出来ぬ

▼ こう~ (201, 0.8%)

12 云ったが 4 いうものの, いかない, 言うものの 3 云ったものの, 行かない

2 [12件] いうもの, いかぬ, おしいれの, して, できない, ない, 行きません, 行くまいと, 言いきれない, 言いながらも, 言ったが, 言ったものの

1 [147件] いかないが, いかないぞ, いかないと, いかないの, いかないはず, いかないよ, いかない親しみ, いかにあしらうまい, いかぬ向う, いて, うまく取れない, ぎょっとし, こう言っ, こやしが, ごまかしたが, しずかであった, しちゃ, しては, しばらくま, しまいと, そういう恐し, ちがいますまいもの, できませんや, となりの, どうなっ, ないでしょうね, ないですよ, なかったろう, ならない, ならないはず, ならなかった, ならなかったかも, ならなかったろうな, ならなかったろうなどと, ならぬうち, なり得ずそして, なるまいと, なれなかったろう, まぎれも, もう葛飾, ゆかなかったかも, ゆかぬもの, ゆきますまい, ゆきますまいが, コンクリートの, ゾウッと, 両手を, 事面倒, 云い切れなかったろうと, 云うまじきを, 云うもの, 云うものの, 云うよう, 云えない, 云っても, 云つた, 云わない, 五六丈, 伸びるもん, 冷めたく感じない, 出ない, 出られない, 動けませんよ, 区別した, 参らぬもの, 参りますまい, 叔母さんでなく, 取り合わずに, 咲くもん, 喰違わない, 嗜みが, 変るまいと, 変るもの, 大げさに, 天竜寺でございます, 奇怪に, 娘の, 家へ, 思いあらためたものの, 思いがけずしばしば, 思って, 惣平次へ, 慥か二十五で, 手早く縫いもの, 抜けま, 揃うはず, 描くまいという, 描けねえなあ, 描けん, 握れぬのみ, 暇の, 書かないね, 書き得なかった, 松原で, 武蔵の, 水に, 汚らしく攻めたてる, 河岸通りの, 涙ぐんで, 深い谷, 温和な, 狭からざりし, 猿猴から, 現わせ, 理解した, 申しながら, 申しましても, 申しますが, 異様に, 疲労れまい, 目の, 窓の, 答えたもののかの, 答えたよう, 考えられないかね, 育てたくないもん, 腕ぐみを, 膝もと一ぱいに, 自分の, 自由に, 葺かずちょうど, 蒼白く笑っ, 行かないと, 行かないという, 行きますまい, 行きませんからね, 表現されない, 見て, 覚悟し, 解釈する, 言いたくないの, 言いましたわ, 言い切ったものの, 言えないもの, 言わず必ず, 言わない, 誇らし気, 謂うもののな, 身を, 遅きや, 部屋の, 雪と, 霞ガ浦で, 面倒ッ曠の, 面白くは, 食事の, 麦畑だった

▼ こう書い~ (199, 0.8%)

45 ている 43 てある 34 てあった 10 てありました 8 てあります 5 ていた 4 て来 3 て, てくる, て来る 2 てい, ておいた, てみ

1 [35件] てあげた, てあっ, てあるで, ていたら思い出した, ています, ておきました, ておられる, てくれた, てしまう, てそれ, てなお, てみれ, てもう, ても発音, てやろう, てよ, て一, て今日, て來, て出された, て出した, て出す, て寄こした, て心, て来た, て次, て画鋲, て目, て終わっ, て置く, て虎之助, て行く, て見せ, て見た, て見る

▼ こう~ (198, 0.7%)

6 ぞ, よ, ッ 4 ああだ, から, とすれ, ね 3 と云っ, のと, もの, わ 2 あァ, から他, から自分, そうです, というの, とか, と云う, と思う, と思っ, と言え

1 [132件] あの嗅煙草入れ, いつも僕, おまえ一人っきりに, お前の, かしれない, からあなた, からこれ, からそれ, からそれだけ, からである, からとそちら, からとは決められぬ, からと言われる, からやたら, から似, から東京, から次に, から江戸, から真正, かを一足, か見当, がと相談半分細君, が乱雑, が今日, が実際, が未来, ここへ, さあ小僧覚悟, さようなお, しかも今日, し九州, ぜ, ぜ君, ぞという実証, ぞよ, ぞよこう, と, とあわれ, という, といういわば, というお, ということ, というよう, という二流人, という考え, という評判, といった風, とかいっ, とかどこ, とかないしは, とかッ, とか喧しく, とか決して, とか誰, ときめる, とされ, としてさて, として今, として以上, として吾, として次に, として現在, とする, とせつめい, とその, とは云い切れない, とは申しません, とまでは明らか, とハッキリ, とバタバタ, と云え, と今, と今に, と今更, と仰, と力ん, と呼捨, と弾い, と思い知らせ, と思ふ, と感じた, と打明け, と早耳, と男, と知ったら, と確信, と考え, と聞い, と言っ, と話し, と話した, と話す, と説明, と邪推, な, なああ, などと書い, なんという, なッ, によってとこれ, によってと誰, ねえ, ねんねしな, のって, のという, のに, のに一方, べ, べよ, ほらぴょん, もありゃ, もう五日, もし貴国, よ人間, よ神様, わしが, タキノは, ッて, ナ, フランスは, 与八聞い, 乃公は, 八戸は, 初めっ, 同じこと, 本にばかり, 東京に, 極めていい, 清水金太郎は, 皆さんこの, 親分, 親分聞い

▼ こうする~ (191, 0.7%)

13 んだ 10 のが 7 ことによって, のだ 6 のです 5 ことが, よりほか 4 のさ, もない, んです 3 ものだ, ように 2 うちに, といい, とガラス, と味, のと, のは, ばかりだ, より外, 中に, 必要が

1 [100件] がいい, がどう, ことだけが, ことによってこそ, こと一般が, こと約, しかなかっ, ぞ, ためには, で, と, というよう, という処置, という風, といささか, とうまく, とかいっ, とかげが, とかそれ, とかどこ, とか仏蘭西風, とか無闇, とそう, とその, とたしかに, とまるで, とよく, と下, と中, と二, と何, と倭, と兎, と全く, と出来た, と前, と十五分, と各, と善後策, と外, と大変陽気, と大層, と女, と広い, と底, と引き立ちます, と文字, と最初, と来年, と火鉢, と生臭い, と病気, と絃, と舟板, と衿元, と言っ, と記憶, と許さん, と身体, と障子, と雪面上, と面白い, と食べられます, と首, と高, のだっ, のって, のという, のね, のも, のよ, のを, ほかに, ほかは, もありゃしない, もこう, ものかと, ものかという, ものさ, ものぞよ, ものな, もんだ, も無い, ようにと, よって大事, よりしよう, わ, んじゃ, んだっ, 事が, 事の, 事三たび地曳式と, 他は, 以外に, 内に, 役目は, 意味は, 方が, 時には, 間に

▼ こうなった~ (188, 0.7%)

27 以上は 17 上は 11 のも 5 のか, のだ, のは 4 のである 3 うえは, ことも, ので, 方が 2 ことを, にし, のだろう, のであろう, ものらしい, わけを, 上からは, 時に

1 [86件] か, かその, かの理由, かもしれない, かもしれぬ, からといっ, からと言う, からにはあなた, からにはどっちみち, からにはなおさら, からにはもう, からにはわが, からには俺, からには天命, からには愚図, からには日本空軍, からには時, からには最後, からには真, からには草の根, からには覚悟, からには親父, からにゃ, からはこっち, からは仕方, かを理解, かを考え, か知りません, か自分, が代り, が最後, が村, ことが, ことについて, ことは, だけよ, ときもう, ときわずか, ところに, としたら, なあ, についてはいろんな, についてもそれから, には違えねえ, に相違, のでございます, のなら諦め, のには, ものが, ものであろう, ものと, もわれら, ように, わけで, んだ, んだい, 上に, 今は, 以上あなた一人の, 以上お, 以上せめて, 以上それが, 以上どのみち, 以上なまじい, 以上もう, 以上もう二度と, 以上ナオミさんを, 以上何事も, 以上大した, 以上恥を, 以上根気較べ, 以上私は, 以上私も, 以上身を, 以上金吾の, 以外の, 元は, 初めの, 所で, 日にゃ, 時そこに, 時には, 時は, 暁には, 訳先生は, 途を

▼ こう言い~ (159, 0.6%)

10 ながら彼 5 ながらお, ながら彼女 3 ながらその, ながら竜 2 ながら, ながらあの, ながら三吉, ながら前, ながら岸本, ながら柱, ながら次郎, ながら源氏

1 [117件] かえ, それから著席, つつもお雪ちゃん, つつ駆け込みました, ながらいんぎん, ながらうやうやしく, ながらえん, ながらおしお, ながらお菓子, ながらかつて, ながらこの, ながらさっき, ながらさらに, ながらしかも, ながらすぐ, ながらすわった, ながらそそくさ, ながらそも, ながらちょい, ながらである, ながらふりかえっ, ながらほとんど, ながらまた, ながらもすぐ, ながらもほんとう, ながらも妾, ながらも私, ながらわたし, ながらガーゼ, ながらグイグイ, ながらチチコフ, ながらパトラッシュ, ながらポケット, ながら一散, ながら上衣, ながら下り, ながら両手, ながら乳母, ながら今日, ながら件, ながら俊夫君, ながら僕, ながら僧都, ながら几帳, ながら勝子, ながら十三, ながら吸附煙草, ながら土方歳三, ながら壁上, ながら外套, ながら大将, ながら嫁, ながら宗舟, ながら小僧さんたち, ながら少し, ながら少佐, ながら屏風, ながら崋山, ながら市兵衛, ながら広い, ながら座敷, ながら強く, ながら懐し, ながら手, ながら時計屋, ながら本来, ながら机, ながら村木夫人, ながら槍, ながら歩きました, ながら泉太, ながら清, ながら湯槽, ながら溜め息, ながら火鉢, ながら熱烈, ながら玉汗, ながら玉鬘, ながら白い, ながら白雲, ながら破顔一笑, ながら硯, ながら竹屋三位, ながら笛, ながら米友, ながら老人, ながら膝, ながら自分, ながら船室, ながら蔭, ながら表町, ながら視線, ながら近寄っ, ながら近藤女史, ながら逃げまどう, ながら鐚助, ながら長十郎, ながら長火鉢, ながら陶器師, ながら集まった, ながら離室, ながら雲霧, ながら青年, ながら静か, ながら顔, ながら飛込ん, はしなかった, はなった, もする, わけを, 乍らやさしく, 乍ら彼が, 乍ら彼女は, 乍ら自分は, 了って, 対う, 自分自身の

▼ こう~ (158, 0.6%)

37 言いに 7 種は 6 雪が, 雪は 4 種が 3 なりに, 俊が 2 倉は, 庭も, 思いに, 歌いに, 聞きに

1 [82件] あきらめが, あとを, かみさんお, かみさんは, ぐしは, げんが, げんの, げんは, さとしに, さよは, ざった, せいに, なぐさめしぬいて, にいさま, はなし申します, ひめさま, めいたの, やくそく, 世辞を, 云い, 云いなすったの, 使いを, 倉も, 優しかった, 光に, 光は, 助け申す, 勢に, 勢を, 十夜は, 友達お, 取り次がせに, 取上げに, 受け答えいたします, 名残り惜しゅう, 后は, 君さんは, 君はんとこでは, 君はんの, 品に, 喜乃さん, 城の, 妙を, 妻が, 妻は, 山開きに, 延に, 思いなさるかも, 打なさいまし, 招きに, 早いの, 書きに, 杉は, 決めに, 父様は, 留守に, 私語に, 粂の, 粂は, 約束を, 紅は, 絹が, 綱さん自分の, 美代に, 艶に, 菊を, 蓮へ, 見受けしたところ, 言われに, 訪ねして, 訴えに, 語りに, 誡めに, 述べあそばしたの, 通は, 通りは, 進みなさい, 邪魔申した, 集まりに, 雪と, 静かな, 顔向けも

▼ こうなったら~ (155, 0.6%)

8 仕方が 3 仕方がねえ, 仕方ない, 正直に 2 どんなこと, どんな事, なんでも, もうあの, もう死ん, 何でも, 何もかも正直, 僕は

1 [122件] ああも, いくら押しかえした, いっそお, いよいよ縁遠く, うちも, おしまいだ, おしまいまで, おれは, おれひとりの, お互いに, お前も, きみも, こうし, ここで, これが, ご覧の, しかたが, しょうがない, そのもう, だめな, ちっとぐらい, とにかくキヌ子, どうしてもこの, どうしても男, どうしても試合, どうしよう, どうにも仕方, どうも仕方, どっちみち覚悟, なにもかもさっ, にがさ, は会わない, ば已む, ば理屈, ふくろの, ほかに, もうおしまい, もうわ, もう一分, もう一刻, もう山, もう当の, もう後, もう恋人, もう梃, もう潔く, もう私, もう自暴, やけくそや, わしだけ, わたしの, オイラも, オタツの, 一つ素敵な, 一日半日を, 主人でも, 人格者として, 人魚の, 仕様が, 佐, 何の, 何も, 何もかも云っ, 何もかも云っちゃう, 俺の, 先へ, 却って彼女, 厳粛に, 取返しの, 大村組の, 娘を, 存分暴れ, 序じゃ, 弁明すれ, 彼は, 徹底的に, 心臓だ, 思い思いに, 愈々先生, 意地だ, 意地づくで, 意地でも, 成行に, 探険隊の, 文法も, 明智の, 最後まで, 本当にきり, 本望でしょう, 机の, 根くらべ, 根くらべじゃ, 根比べだ, 根較べだ, 次郎左衛門を, 死闘である, 気を, 決死の, 牛頭大, 男として, 男の, 皆, 破れかぶれだ, 私が, 私も, 素直に, 背に, 腹を, 藁にでも, 袋の, 誰の, 諦らめろよ, 貴様なんぞに, 貴様もう, 逃げ隠れは, 運の, 運は, 運を, 遠慮は, 非常手段を, 非戦闘員, 駄目だ

▼ こう~ (146, 0.6%)

3 かやって, なって, 立って 2 あるの, ふりかざしながら, 振りかざして, 消えて, 見えて

1 [127件] あったもの, あって, あるやぶの, あるアトリエ, あるリュクサンブール, ある自分, いた女, いる壮, いる軍艦, うけとる人, おれは, お八重, お千代さん, かおっついたん, かして, かものには, かわきあがった白い, すっくと立ちあがり, その自覚, たって, ちがいありません, どっかりと, なった, なったか, なったかと, なったの, なったろう, ならんだ蒲鉾小屋, なるどうして, なるん, ねちねち絡み着い, ひっそり坐った, ふりあげた, ふりかぶった忍剣, ふりかぶって, まちかまえて, みえて, みえなくなったとき, もっくり, やった眼, らちが, わき動いて, んとも, んの, グリイン公園の, トタン屋根を, ノホホンとばかり, 一条の, 下りてなの, 二つ光っ, 入って, 円い真紅, 刈込んだホーンビーム, 動いて, 動く捕吏, 去って, 反対した, 噴水盤の, 土民の, 坐ると, 坐る男, 坐れり, 姿を, 対峙し, 小さい低い小屋, 小者の, 崩れるよう, 平伏して, 引こんだ, 当直室の, 忍ぶ低, 手ごたえが, 押っとって, 振りかざし京都, 振りかざし堂々, 振り翳して, 据えてから, 控えてる女, 敷布みたいな, 日が, 日なたぼっこし, 気に, 沈む太陽, 沈んだが, 洲が, 流れる仄, 浴びながら, 消えました, 消えるまで, 消え去って, 湖が, 灯の, 無関心, 男女二人伴れ, 目を, 着ける望み, 知って, 祭りの, 私服の, 移したかと, 突き出て, 細長い影, 船が, 落ちたと, 落ちとりましたで, 行って, 要領を, 見えかくれし, 見えなかった, 見えなくなって, 見える, 見える山, 見える山々, 話し出すの, 越えて, 酒壜の, 鉤を, 闇黒が, 附き纏, 限るという, 陽が, 隠して, 青い空間, 飽気に, 鳩尾の, 黒シャツを, 鼠色の

▼ こうにも~ (126, 0.5%)

5 しようが, 仕様が 4 しようの, 手の 3 我慢が 2 しようがない, ならないこと, やり切れない, 仕方が, 動きが, 動きの, 我慢の, 手が, 手に, 抜いて

1 [85件] あがきが, あれは, いかなくなって, いやで, おなじよう, お引受け, お話に, これじゃ, して, しようのね, それを, ただもう, たまらないよう, なにも, ならない, ならないから, ならないの, ならない中, ならない居ても, ならない時, ならない根源, ならない様, ならなかったであろう, ならなくなって, ならぬ, ならぬこと, ならぬ時, なりゃしないの, なッ, ひとかげは, まったくしよう, まったく弱った, まとまりが, まぶしくて, やりきれない, やりきれないなあ, やりきれなくって, やりきれなくなっ, やりきれませんから, やりきれんの, やり切れないの, やり切れない思い, アグネ切っ, ハア上納, 仕様の, 仕様は, 兜を, 全く手, 出来やしねえ, 前へ, 南竜軒の, 取り返しが, 同行を, 堪えきれなくなりそれとなく, 堪えられねえが, 始末が, 心臓の, 忙が, 思案に, 悶々の, 懐かしがる, 我慢ならず, 所在が, 抜き差しの, 掴めないこと, 書けそう, 泣いたり, 涙は, 痛くて, 米友に, 考えること, 考え出せないの, 自分が, 自分の, 行かねば, 話に, 身体が, 辛く悲しくなっ, 進み切れない, 遁途が, 遣り切れねえ, 遣切れなくなって, 閉口し, 防ぎきれなかった, 防ぎよう

▼ こういい~ (118, 0.4%)

6 ながら彼 3 ながら平八 2 ながらおもむろに, ながら馬

1 [105件] いいした, いい北条美作, いい幾度, いい綺麗, こういえ, つつちらちら, つつもなお, つつも何, つつ一火, つつ自分, ながらあわて, ながらいきなり, ながらお, ながらおじいさん, ながらくるり, ながらじっと, ながらそう, ながらその, ながらどこ, ながらなおも, ながらはっと, ながらまたもや, ながらみんな, ながらもう, ながらもう一度, ながらも山県紋也, ながらも笑っ, ながらわたし, ながらアップルパイ, ながらケース, ながらダシコフ, ながらダラリ, ながらボーイ, ながらポケット, ながら一人, ながら一揖, ながら一生懸命, ながら乙刑事, ながら了海, ながら二本目, ながら何, ながら信一, ながら健三, ながら傍, ながら先, ながら八方, ながら出, ながら同時に, ながら向こう, ながら周作, ながら女房, ながら女王, ながら子供, ながら島田, ながら市九郎, ながら広告係, ながら忠直卿, ながら思わず, ながら文次, ながら有らん, ながら木沢氏, ながら机, ながら栄三郎, ながら橋, ながら狩屋建, ながら獅子, ながら玄関, ながら甚内, ながら男, ながら目, ながら相撲茶屋, ながら石段, ながら秀吉, ながら私, ながら突然, ながら立ち上っ, ながら立ち上る, ながら立った, ながら笠, ながら米国, ながら紋太郎はさ, ながら縁側, ながら署長, ながら胴田貫, ながら胸一ぱい, ながら腰, ながら花垣志津馬, ながら茶人, ながら葉子, ながら訪ね, ながら走っ, ながら起き上がろう, ながら近寄っ, ながら道子, ながら銀二郎, ながら銚子, ながら鏡, ながら陸, ながら雪, ながら領主, ながら馬上, ながら黙っ, めが, 先に, 終つた

▼ こう見え~ (117, 0.4%)

4 ても, ても私 3 てもおれ, てもこの, ても僕, ても江戸ッ児 2 てこの, てもこれ, てもなかなか, てもまだ, てもわし, てもわたし, ても子供

1 [83件] てい, ておれ, てその, てまだ, てもあっし, てもうち, てもお, てもおいら, てもおら, てもお前さん相手, てもがんりき, てもこっち, てもこんがら, てもこんな, てもすぐ, てもずいぶん, てもぞっこん, てもつり合ってる, てもなか, てもほか, てもほんもの, てもみな, てもわたしゃ, てもシン, ても一寸, ても七之助, ても万事, ても三蔵様, ても世の中, ても丹波, ても人見知り, ても仏頂寺, ても体, ても余所行き, ても侍, ても俺なんざ, ても助祭, ても医者, ても只, ても同志社, ても多四郎様, ても夜中, ても太左衛門, ても女, ても女賊, ても安井息軒, ても実は, ても宮本武蔵, ても少し, ても己惚れじゃ, ても御, ても徳川家, ても心臓, ても必ず, ても恋, ても憚り様, ても新刀, ても智恵, ても森岡丹後, ても武辺一点張り, ても母親, ても気, ても江戸ッ子, ても決して, ても満更, ても生え抜き, ても生れつき, ても癆咳, ても盗人, ても経書, ても芝居, ても若い, ても英国, ても見掛け, ても親, ても親不孝, ても通り一遍, ても金, ても面, ても駈ける, て我々, て盆栽, て私

▼ こうこう~ (112, 0.4%)

12 だと 4 いって, と枝 2 とかがやい, と夜風, と灯, と燿, みいや

1 [82件] いったそう, おぐし, お言い, こういう事情, こういう訳, こうしてこう, こうして待っ, しかじ, しろと, し給え, するとか, するもの, せよ, たる懐剣, だ, だから, だからと, だがと, だったと, だという, だのに, だッ, でございますと, ですと, で宮, とあかり, とあたり, という要領, という話, とお前, とかかっ, とかがやく, とさしこんだ, とした, とてりわたる, と今, と俵様, と光ります, と冴えわたっ, と報せ, と尾鰭, と指し, と教え, と昼間, と書い, と梢, と母親, と淋しく, と照っ, と照る, と物語りし, と見込み, と電灯, と鞴, と響い, と鳴, と鳴く, と鳴っ, と鳴り, と鳴りだした, と鳴り渡っ, などと一刀斎どの, なん, な処, な性格, に入っ, のこと, のたま, の所業, 云うわけ, 云う不思議, 云う女, 云う当家, 云う雑誌, 云っちょ, 俺の, 姉え, 権九拝む, 言うつもり, 言って, 言ッた, 骨を

▼ こうにか~ (112, 0.4%)

2 私が, 繋いで, 自分の

1 [106件] あるには, いつも大した, お茶を, お話が, ここまで, この暑苦しい, そういうこと, その腹, つくろって, なるもの, やっつけまさあ, やってのける自信, やるが, やんだよう, ウダツが, 一人まえ, 一人前の, 一本立で, 三上が, 三河守の, 主人の, 了解する, 二軒ばねが, 人間並に, 今日まで, 仕上げて, 内済に, 再び起き上がった, 初日を, 割り込むの, 動いて, 取り着い, 向う河岸, 喰えるよう, 場内へ, 大吉の, 大音寺前まで, 太刀も, 対等の, 山まで, 席を, 帰す人, 幸福に, 座敷の, 廻転し, 彼女を, 成長し, 持ちこたえたが, 持ちこたえては, 挨拶だけは, 掃除を, 昇降口に, 暮らして, 書き上げる事, 最後の, 本人の, 本堂へ, 次郎兵衛だけは, 正気づいた, 歩いて, 歩き出して, 歩ける頃, 死骸を, 段取りだけは, 母を, 洗い上げて, 混雑の, 漕ぎつけましたよ, 漸っと, 潜りぬけ, 無事に, 片づいて, 片づけたが, 片附いた, 独立祭の, 生活にも, 稼ぎだす工夫, 穿いて, 綾なして, 美味く食える, 脱したの, 茶を, 葛岡を, 行き立つよう, 袖子たちを, 要るもの, 見当は, 見苦しくない, 覚えて, 解決を, 誤らせないで, 読めるの, 読めるよう, 謝罪云う, 起きあがって, 跡を, 車内には, 辿り着くと, 送られれば, 進んで, 遣って, 間に合わせで, 雪子の, 食って, 駒形堂の, 鮫洲の

▼ こう思った~ (109, 0.4%)

6 彼は 4 のである, のです 3 からである, のが, のは, んです, 時には 2 からであった, そのとたん, に相違, ね, ので彼, ものでございます, 時に

1 [66件] おれは, お力は, お延, お粂, からで, から佐渡守, から小手調べ, から自分, か追っかけた, がね荒っぽい, がもう, が向う, が如何, が晩秋, が渠, が誰, けれどあの, ことが, だけだった, だけでした, だけな, ということ, ときかれ, ときぎっくりした, ときは, ときチビ公は, とき岡っ引きとしての, のか, のさ, のだ, ので, のであった, のでいっぽう, のでしょう, のでぶっきら, のでまず, ので右近丸, ので土人, ので平賀源内, ので改めて, ので浪, ので返辞, ので鉄之進, ので頼光, のよ, ほどにもその, ままを, わ, 主税が, 戸山少年は, 時, 時また, 時僕は, 時急に, 時現われた, 本間さんは, 林右衛門は, 津田は, 渠は, 煙客翁は, 瞬間に, 私は, 自分は, 若侍, 途端である, 頼母は

▼ こう~ (108, 0.4%)

5 匂いが 3 おきもの, とりは, 匂いを 2 えんやらや, からだを, ように, 口に, 壜を, 長い手

1 [82件] うしろから, うれしそう, からだ, ことは, しょうねんのくびがありました, しょうねんのくびを, すみに, たまはば, だから辞すべき, つかぬ図, とあしらっ, とそれ, とむしょうに, とりが, とりさんいったい, とりの, と分る, と宵越し, と後, と言う, と言っ, と言つて, なまめかしき広島節, べつの, ほうの, ほうへ, ものと, ようでない, りゅうぐうの, を仕事, んこの, エッセンスならございます, 一婦人は, 上州の, 丘や, 両手は, 中へ, 事で, 二人であった, 人家や, 伊太利語, 余りふと, 停車場に, 先にもの, 光の, 匂いである, 叫びが, 台座が, 四里も, 妹りゅうは, 字だ, 崖へ, 川向いの, 川手という, 後にの, 所業です, 手が, 手でなく, 方は, 方へ, 景色へ, 櫛に, 水を, 父親と, 獨身の, 砂場で, 社会が, 空地に, 竹腰が, 者と, 花も, 茂みから, 茶碗であった, 話題という, 論は, 釉薬は, 野原を, 長い足, 顔を, 鳥が, 鳥を, 鶏さんです

▼ こう~ (103, 0.4%)

14 はなかっ 12 はない 11 もない 6 はあるまい 3 ござります, 問はれた 2 はなく, は無い

1 [50件] あつた, あり得るかも, きれいで, ござりましょう, ごぜえます, ごぜえやす, さ, さあアクシーニヤ, しよう, その上, それぞれの, それで, だれが, とぼとぼと, と姉, と私, のんきで, はなかったろう, は如何, もある, もなかっ, もなかろうなれ, もなく, もなけれ, もならない, も取らな, も残る, も無い, やさしいこと, やさしい夫, よくお, 厶ります, 和訓は, 夜具の, 娘は, 宮が, 容易に, 市ノ瀬牧人の, 彼は, 敏捷な, 日本は, 末ひろがり, 正直な, 注意深い, 物が, 用心深かった, 私は, 逢ふ, 遠くへ, 鬣狗が

▼ こう考える~ (102, 0.4%)

6 と私 3 ことも, と彼, のです, のは 2 とお, とこの, とその, と急, のだ, のよ, より外

1 [70件] から喫茶部, ことが, ことこそ, ことだった, たびに, と, といい, といよいよ, ときすべてよい, とき日本の, とき私は, とさすが, とそれから, とたまりません, ともらった, とアルファベット, とヘーゲル, とワケ, と三五兵衛, と不思議, と不規則, と両面スクナ, と二十万年, と今, と僕, と別に, と印度, と名状, と吾輩, と娘, と康雄, と形, と微笑, と忠直卿, と忠相, と手, と日本, と気, と無限, と猶予, と目, と絶望的, と自分, と自然科学, と荒川, と謎, と静か, と静也, と髑髏, と鯉坂君, にきまっ, に違い, の, のかね, のが, のであります, のである, のにもし, ほど彼, ように, よりほか, 主人は, 事は, 以上日本民族の, 方が, 時には, 理由が, 自分の, 限り印象は, 限り実在の

▼ こうすれ~ (101, 0.4%)

6 ばいい, ばこう 5 ばよい 2 ばこの, ばどう, ばよかっ, ば必ず, ば決して, ば艇内, ば親父

1 [70件] ばああ, ばああなる, ばあなた, ばいくぶん, ばいま, ばうまく, ばすっぽん, ばそ, ばどっち, ばへび, ばぼくら, ばめったに, ばもう, ばよかろ, ばビュルストナー嬢, ばヤク, ば一体インテリゲンチャ一般, ば乾燥, ば二つ, ば人体, ば仔細, ば何, ば何人, ば勿論, ば単に, ば反射, ば同時に, ば大概それ, ば妾, ば子供, ば家, ば家庭, ば将来, ば常子, ば幾分, ば彼女, ば成る, ば敵, ば文芸, ば死神, ば毒瓦斯, ば法, ば消えます, ば燧, ば現実, ば男, ば療, ば相手, ば社会, ば立っ, ば立派, ば聞くであろう, ば自分, ば虫, ば行き合い捕り, ば袖車, ば西田哲学, ば見えません, ば言葉, ば証人尋問, ば話, ば誰, ば途中, ば達成, ば金, ば鎌, ば長い, ば雑誌, ば面白く, ば頭脳

▼ こうなりゃ~ (80, 0.3%)

2 おれの, おれも, こっちの, 仕方が, 意地だ

1 [70件] あしょうが, あみんな, あみんな白状, あッしも, あ何, あ何もかも, あ出る, あ意地ずく, あ水, あ猶, あ腕, いよいよわたし, うぬ, おれは, お前が, お多根, こっちも, だんなと, どうした, ほかに, みんな言っ, もうお, もうおれ, もう先, もう気, もう百年め, もう締めあげる, もう遠慮, やけくそだ, よも生かし, ァこの, アいっそ, アお, アこっちの, ア一両も, ア天下の, ア謡なんか, ジタバタした, ハッキリ云ったげる, 一匹残らず, 五分と, 仕事も, 仕方がねえ, 併呑自若たる, 僕が, 右門という, 商売の, 女々しい真似, 始めから, 御厄介, 忙しいん, 意地と, 承知できねえ, 拙者の, 是が, 月が, 気は, 癪だ, 百年目だ, 相手の, 破れかぶれだ, 結局パッ, 肉も, 腕ずくでも, 腹の, 蟻の, 険呑は, 鞍馬山の, 首でも, 鯱立ちだ

▼ こう考えた~ (77, 0.3%)

3 のは, 敬太郎は 2 がそれ, のだ, のでございます, のです, ので彼, のも, ものだ, んだ

1 [55件] お艶, からそこ, からだった, からオレ, から今朝, から小次郎, から行きましょう, が富五郎, が彼, が忽ち, が最後, ために, だが急, だけで俺, ときあとから, ときでした, とき信一郎の, とき僕は, とき少年の, とき霧原, とき頭上の, と書く, どんなに勉強, のだった, ので, のである, ので今, ので沢庵, のには, は一党, ものでございます, ものでした, ものです, もんで, ようであった, ように, われわれの, んだろう, 上で, 以外に, 健三の, 小一郎は, 彼は, 彼らは, 彼女は, 方が, 時トニオ・クレエゲルの, 時余は, 時私は, 時自分の, 末, 末ポルジイは, 様な, 漁業長と, 金将軍は

▼ こう云われ~ (72, 0.3%)

7 て見る 5 ている 4 てみれ, て二人 3 てみる, て私 2 てお, て頭

1 [42件] ていよいよ, てさらに, てせっかく, てはさすが, てはしかた, てはじめて, てはそれ以上, てはたと, てはどう, ては断わる, ては腹, てもどうしても, ても一語, ても並木先生, ても主人, ても大抵, ても嬉し, ても涼しい, ても無理, ても白萩, ても覚束, ても驚き, てやす子, てヒョイ, てベク助, てモト, て京一郎, て何, て千八, て多少, て娘, て彼, て房子, て政子, て河, て波川, て老人, て見ます, て見れ, て諦らめ, て返す, て驚く

▼ こう言われ~ (71, 0.3%)

10 てみる 3 て, て七兵衛 2 てお松, てさすが, てみれ, て私, て見る

1 [45件] ていきなり, ています, ている, てお, てお玉, てくず屋, てごま塩ねずみ, てすっかり, てせき立てられ, てそれ, てそれでは, ては末代, てますます, ても弓, てキヨ子, てギン, てハッ, てマドロス, てヤエ子, て一時沈黙, て与八, て中, て主人, て主膳, て何, て八等官, て兵馬, て兼久, て前, て嘉助, て夢八, て少年, て尻尾, て彼女, て怒れない, て恐ろしい, て溝部, て若い, て誰, て豪気濶達, て道庵先生, て静枝, て駒井甚三郎, ではまんざら, ながらも何

▼ こうやら~ (70, 0.3%)

2 揃いました, 無事に

1 [66件] あたりが, おさえつけて, お茶を, お飯, その姉妹魚, その日, つないで, ねじ伏せて, ホッと, 一応は, 上げること, 乗切ったが, 仏様の, 他の, 伝来の, 作りますが, 先ず満腹, 内外の, 出来るだけ, 割り込むよう, 口を, 名取りに, 四角な, 埒が, 大骨折, 家業を, 家督は, 小屋を, 屋敷の, 幸福だ, 形を, 恰好の, 我々を, 押しつけて, 持ちこたえて, 整理した, 日常の, 昼の, 晦ましたの, 書けて, 木立の, 段取りだけは, 江戸まで, 流行病も, 父から, 皆さんの, 皆様で, 皇軍機械化部隊の, 目的を, 眠りから, 祖師孫六のや, 突き倒し, 糊口し得た, 納まらぬなりに, 緩い速度, 老巧な, 足を, 路頭に, 踏み止まる威勢, 車外へ, 酬いられた様子, 鉄の, 鎧窓の, 長吉は, 顔を, 飢えず凍えず暮らして

▼ こうでも~ (67, 0.3%)

14 ないと 3 しなければ, するより 2 あろうかと, したらと, しないと, ないところ, 言って

1 [37件] あるまいが, あろうか, いけない, この問題, したならばという, したらおれ, したら司馬家, したら池田父子, して, しなかったら俺, しなかったら浅川, しなきゃア, しなくちゃ, しなくては, しなけりゃ俺, しなけりゃ生きて, しなけれあ, そうする, それまでに, 上手でも, 不安がる, 党の, 出立しよう, 叫ぶほか仕方, 小泉の, 移り動い, 答えるより, 考える以外, 落すとか, 言いたそう, 言い現, 言う外, 言ったほう, 言わなきゃ親分, 逃げおわせなければ, 野営地まで, 頂戴いたさなけれ

▼ こう答え~ (66, 0.2%)

5 ていた 3 ている, て三吉 2 て目

1 [53件] て, てあと, ていました, ています, ておい, ておき, てからちょい, てから令嬢, てくれ, てさすが, てしばらく, てしまいます, てすぐ, てただちに, ても差支, てやった, て丑村刑事, て人夫, て何だか, て凄い, て去った, て又, て坊さん, て市長, て弟, て微笑んだ, て昂然, て澄まし, て猫なで声, て監督, て舷, て葉子, て見とれました, て語る, て青服, ながらかすか, ながらさっき下宿, ながらそれでもなお, ながらちょい, ながらふと, ながらももし, ながらも僕, ながらも私, ながら健三, ながら内心長沙, ながら明, ながら書物, ながら自分, ながら船室いっぱい, ながら退屈, を出した, を導きました, 返した

▼ こう思い~ (62, 0.2%)

3 ながら私 2 ながらも佐山君, ながらも彼

1 [55件] あの農家, こう誓い, そろそろ夜, つつある, つつ何, つつ私, つつ頭, ながらそうして, ながらそつ, ながらその, ながらちょっと, ながらひょいと, ながらぼんやり, ながらもさらに, ながらもまだ, ながらもウトウト, ながらも折り, ながらも泉嘉門, ながらも顔つき, ながらよく, ながらわたし, ながらウツラウツラ, ながら二階, ながら僕, ながら内蔵助, ながら出, ながら四辺, ながら尚, ながら平馬, ながら彼, ながら彼女, ながら木蔭, ながら歩い, ながら深い, ながら無二無三, ながら父, ながら甲斐, ながら白い, ながら知らず知らず, ながら笑った, ながら耐え, ながら肩, ながら藤十郎, ながら行っ, ながら表題, ながら見やる, ながら見られれ, ながら雀色, ながら鞍馬, ながら音吉, ながら頭, ながら食堂, 今宵伊豆守の, 做すかも, 初めてから

▼ こう申し~ (59, 0.2%)

5 ちゃなん, ては失礼 3 ちゃ, ちゃ何, ております 2 ていた, ている, てはいかが, てはなん, ては何, て帰っ

1 [28件] あぐること, ちゃあ何, ちゃあ失礼, ちゃお, ちゃおかしい, ちゃア何, ちゃ失礼, ちゃ押, ておいた, ておりまする, てそれきり, てはお, ては勿体ない, ては変, ては我田引水, ては押しつけがましい, ては烏滸, てもてまえ, てもやっぱり, ても奥さま, ても或いは, ても致方, て礼拝, て私, て置きましょう, て進げ, ながらも私, 開きを

▼ こう~ (53, 0.2%)

3 は言っ 2 の甥, はその, は考えました

1 [44件] がいえ, が云え, が云った, が優しく, が煙草屋, が考えた, が言う, が頼んだ, とまず, にきく, に云われた, に向っ, に問う, に囁い, に尋ねた, に望まれ, に注意, に申す, に礼, に話しかけた, に述懐, の友人, の耳, の言葉, はいつも, はひとりごと, は姉さん位, は小田原, は引き受けた, は思いました, は思い詰めぬ, は意見, は感じました, は申し込みました, は考え, は考えた, は考える, は自分, は詰られる, へ, をたしなめました, を慰め, を戒め, を押し潰し

▼ こう~ (52, 0.2%)

10 の中 4 に出し 3 へ出し, を切った 2 を入れた, を出した, を切る

1 [26件] からもらした, では云い, にする, には言っ, に出せない, のうち, の世話, の底, の裡, へ入れ, をきける, をきりました, をすべらし, をすべらした, を出しました, を切っ, を切りだした, を切りました, を割った, を圧, を揃え, を辷らし, を開い, を開いた, を開きました, を開く

▼ こうしよう~ (49, 0.2%)

9 じゃない 4 のと 3 と思う 2 というの, と思っ

1 [29件] ああしよう, いずれ先方, おれが, かと相談, かと逢いた, が三文, じゃありません, というつもり, というん, とちゃんと, とにかく舸, とはしまい, と二人, と夢みるごとく, と思います, と思え, と思った, と案じた, と考え, と考えます, と足掻き, と踏ン切り, どうせ拾った, ね一所, もあり, もない, や, 実は関船, 我輩が

▼ こう自分~ (49, 0.2%)

4 で自分 2 のこと

1 [43件] がその, が五六年, が劇中, が探偵小説, が蛇, が鏡, ではいった, で理由, で言っ, と気狂, にいい, にささやいた, にも言い聞かせ, に云っ, に出来ない, に向っ, に呼びかけた, に問いかけた, に囁いた, に尋ね, に決断, に言っ, に質問, の事, の内, の唯一, の回想, の意中, の第, の足下, はするだろう, はほんとう, は信じた, は疑った, ばかり見, へ向っ, を叱った, を導い, を慰め, を監視, を罵詈, を評した, を軽蔑

▼ こうです~ (48, 0.2%)

141063

1 [15件] かい, かとそれから, かと細君, からあなた, か親分, こうです, と話します, な, ねリザベタさん, ね胃の腑, ものね, よあの, よと日, よ親分, 飛騨の

▼ こう叫ぶ~ (48, 0.2%)

6 声が 2 のだ

1 [40件] あの無邪気, が早い, しかなくなった, と, とそのまま, とやにわに, とゴロン, と一足飛び, と何故か, と共に船頭, と刀, と力任せ, と叩き切った, と吉井, と同時に, と嘉門, と小山, と弦四郎, と彼, と彼女, と槍, と父, と私, と誰, と身体, と雷, と馬, と黒眼鏡, と黙, なりその道, のが, のでありました, のは, ものが, やいなやその, ように, 人々は, 声も, 意気は, 者も

▼ こう~ (48, 0.2%)

13 をかけた 9 をかけ 6 をかけました 3 をかける, を掛けた 2 を掛け, を掛ける 1 がかかる, がする, が洩れた, に出し, をかけます, をかけられた, を忍ばせた, を掛けました, を掛けられる, を返した

▼ こう説明~ (48, 0.2%)

15 した, して 2 する, するの

1 [14件] が下し, されると, したい, したの, したのち, したもの, した方, しつつ, してやれば, をし, を加えました, を終えた, を終った, を聞い

▼ こう答えた~ (45, 0.2%)

7 のは 4 ものだ 3 のだ 2 ということ, のである, のです

1 [25件] お延, がしばし, が信長, が又, が心, が意味, が燭台, けれど父, だけであった, だけである, とき彼の, なり今度, のだった, のでした, ばかりで, 刹那新, 夫の, 後は, 応対ぶりが, 時の, 時岡田は, 時自分は, 津田は, 瞬間, 神官は

▼ こう~ (43, 0.2%)

2 は口, は思っ

1 [39件] がわめく, が宣言, が恐ろしい, が決心, が肚, にはなした, には思われた, に云い出した, に云っ, に告げた, に呼び掛けた, に心, に言っ, に言った, のいわゆる, の口, の機智, はちょっと, はひき留める, はやさしい, はイワン・フョードロヴィッチ, はポルフィーリイ, は不意, は何, は先ず, は呟いた, は宣言, は常に, は節子, は継友, は考え, は考える, は肚, は言おう, は言った, は諭した, らしくいい出したもの, をたしなめる, をねぎらった

▼ こう決心~ (42, 0.2%)

15 して 5 した, すると 4 をした 3 をし 1 したの, した五郎三郎, した妬婦, した洵吉, した翌日, した諭吉, しなければ, するや, はした, をしたらしく

▼ こうこういう~ (41, 0.2%)

4 わけで 3 ことが 2 家の, 訳だ

1 [30件] つもりや, ところで, ところへは, ものだ, ものを, わけだった, わけです, チョビ安兄さんという, 事情に, 人から, 人が, 女が, 尊いお方, 性質の, 所で, 教えを, 次第にて, 浴衣と, 煙の, 百姓家の, 竹山茂樹という, 縞柄だ, 美しい旅, 者だ, 者である, 訳で, 話を, 議論につき, 顔の, 風に

▼ こう叫ん~ (41, 0.2%)

4 でいた 2 でいる, でお, でしまった

1 [31件] で, でいました, でいます, でいらだちきった, でお母さま, でそのまま, でつぎ, でとびつく, でカラカラ, で一座, で万太郎, で不意, で世, で主税, で二三歩, で倒れ, で右手, で大きな, で大手, で待ち, で指, で次に, で歯, で泥棒, で監視官, で立ち上がった, で立ち止まった, で自分, で見る, で言下, で逝った

▼ こう答える~ (41, 0.2%)

2 よりほか

1 [39件] お俊, か答えない, が早い, ことが, ことを, しかなかっ, つもりです, と, といす, とつづい, とまた下, ともう, と下, と両, と信一, と女, と目頭, と穂積, と素, と船員たち, と謙信, なり彼女, のさ, のだ, のでありました, のと, のは, のほかは, のを, までに甚, よりしかた, より外, 事が, 人も, 以上彼女が, 声は, 矢留瀬苗子だった, 節子の, 間も

▼ こういわれ~ (40, 0.2%)

5 てみる 2 てお, てみれ, て私

1 [29件] てうれしく, てお蔦, てこんど, てさすが, てじっと, てすこし, てなぜ, ては全く, ては四馬頭目, ては数正, てもさして, ても賢, てようやく, てホッ, てレール, て人魚, て兵馬, て初めて, て天日矛命, て彼, て悪い, て指さされた, て池田良斎先生, て男の子, て瞳, て花前, て軽く, ながら, 彼は

▼ こう叫んだ~ (40, 0.2%)

6 のは 3 かと思う, のが 2 のを, 時に

1 [24件] がすぐ, がその, がグイ, そのとたん, その声, だけである, ということ, ので小男, ままチチコフは, ものです, もののジャック, ようである, 倉地に対して, 向う鉢巻の, 善吉は, 宗介が, 時には, 時一人の, 時廊下に, 玄蕃は, 男が, 瞬間彼女の, 私は, 鬼小僧は

▼ こう言われる~ (37, 0.1%)

3 とさすが 2 までもなく

1 [32件] かもしれない, ことが, たびにも, とこの, とどう, とほか, ともう, ともう一度, とチチコフ, とデュパン, と久吉役者, と人間, と今さら, と光秀役者, と前, と又次郎, と女, と家, と平次, と年寄, と後, と忽ち, と恭三, と時々, と母, と猿, と私, と笑っ, と蛇吉, のです, のを, 人も

▼ こうである~ (36, 0.1%)

1 [36件] かもしれない, から市長, から未来, か知った, が代, が同時に, が我々男, ことが, ことを, すなわち何ら, すなわち農業, ちょうど六本指, という, というの, といったよう, としてこの, としてなお, として処, として吾, と事実, と事物, と云い纏める, に違い, のどう, のにあの, のにさすが, ほうが, まして去っ, グルノーブルには, 一方に, 光明ある, 単独な, 空間は, 行動か, 近ごろイワン・フョードロヴィッチは, 釈迦は

▼ こう申す~ (36, 0.1%)

3 のです 2 と失礼

1 [31件] そうです, ところでしょう, となんだか, とひどく, とまことに, とみなさん, と何だか, と大層, と或は, と旦那, など釈迦, においては成敗, のさ, のであった, のでございました, のでございます, のは, は勅命, やつは, や否, ようには, んでございましょう, 一点張りな, 五郎助七三郎が, 人も, 内にも, 境遇では, 態度こそ, 筋あいでは, 者こそは, 者は

▼ こう~ (34, 0.1%)

1 [34件] から, から年, から握手, が原, さえ見えなくし, で子供, にいる, にお化け, にだれ, には向かい合っ, にまで分かれ, にまわっ, にコンクリート壁, に一人, に二, に今, に出た, に往き, に新築, に洗濯屋, に立ち上った, に立っ, に置いた, に腰, に落ちかけ, に行っ, のテーブル, の声, の寝台, の建物, の物語, へすわっ, へすわり, へ寄せた

▼ こう~ (34, 0.1%)

8 の中 3 に決めた 2 に囁い, をきめ

1 [19件] がきまる, がひがん, では思い, で叫び, で叫んだ, で呟いた, で思った, におもい, に叫んだ, に決めたかれ, に連続, のうち, の乱れる, の内, を働かす, を定め, を定める, を明かし合った, を決めたら

▼ こう~ (33, 0.1%)

8 つた 6 つたが 2 にし

1 [17件] えるでしょう, えるよう, つたかと, つたきり, つたまま沈黙, つたものの, つた途端, てしまっ, ふもの, ふ事, ふ催, ふ僕, ふ書物, ふ武器, ふ犠牲者, ふ風, やア

▼ こう云われる~ (33, 0.1%)

2 と彼, のだ

1 [29件] ことが, ことで, とそれ, とほか, とぽろぽろ, とウルフ, とオレ, と一言, と又, と同時に, と否応, と妻, と娘達, と宗久, と少し, と急, と恥入り, と持ち前, と指, と膝, と衣川, と裏地, と誰, と鋭い, と閉口, と頭, のが, のであった, ような

▼ こう~ (33, 0.1%)

9 て来る 7 ている 5 てくる 2 て来ます 1 ていられる, ているらしい, てくれ, て卯, て来た, て来れ, やがてうなずい, ィやれ, 刺繍など, 素晴らしい午後

▼ こうから~ (32, 0.1%)

2 だが, 指さしながら

1 [28件] うけて, おがみうち, なぐりつけたかの, なぐりつけられたよう, にせ笠原, ひやかす長戸検事, ゆびさしながら, ピイプザアムに, 一撃喰った, 三方ヶ原の, 不満を, 事実として, 切って, 割られ声, 反ぱつを, 反対の, 向けて, 声を, 天魔太郎の, 悪口を, 懐中電灯の, 持って, 相手の, 眉間を, 笑い立てられて, 襲いかかりました, 見つめて, 門之

▼ こう二人~ (32, 0.1%)

1 [32件] がいわず語らず, が旅, が言い合わせ, しか天下, ずつ三組, にいいました, にとっては越前守, になる, には云った, のあいだ, のはず, の朝臣, の槍, の気休め, の生活, の町人, の相識, の社長さん, の立場, の身の上, の頻繁, の鳳雛, はさすが, はひとつ軒, は先, は当然, は思い定めた, は話し, は達雄, へ別れ, も勿論, よりない

▼ こう呟い~ (31, 0.1%)

6 ている 2 ていた

1 [23件] て, てから, てから徐ろ, てまじまじ, てクラブ洗粉, てダンチョン, てリンゴ園, て力, て勘次, て北斎, て地面, て家路, て山, て彼, て新しい, て沓脱, て由紀子, て真赤, て腕時計, て自分, て諸, て鏡台, て首

▼ こう呼ん~ (30, 0.1%)

11 でいた 3 でもいい 2 でいる

1 [14件] でいました, でおく, でくれる, でさしうつむいた, でみた, でみる, で売り歩いた, で居る, で当時, で江戸, で笑っ, で置きましょう, で耳, で若い

▼ こう岸本~ (28, 0.1%)

5 は節子 4 は言っ 2 はそこ, は岡, は考え

1 [13件] が言, が言う, が言っ, に言った, に言われ, の方, は日頃, は老, は言い紛らわした, は言い紛わした, は言った, は高瀬, も答え

▼ こういふ~ (27, 0.1%)

2 ことに, ことは, ことを

1 [21件] ことが, とき殴られる, ものは, ものも, わけだ, インチキな, 不思議な, 事を, 事実は, 処にも, 女の, 平凡な, 悲痛を, 意味で, 日には, 日常限りなく, 有様の, 機嫌の, 男にも, 絵を, 静な

▼ こういわれる~ (27, 0.1%)

2 とさすが

1 [25件] とおとなしく, とぎょっと, とこだわらない, とご, とそれ, とちょんさん, とよけい, とホール, と奥がた, と専門家, と小さな, と播磨, と日ごろ, と検事さん, と直義, と私, と私たち, と胸, と身, と身体, のだ, のでした, のも, 度に, 私の

▼ こうしなけれ~ (27, 0.1%)

3 ばならない, ばならぬ 2 ばならなかった

1 [19件] ばいられない, ばご, ばならなくした, ばほか, ばわたし, ばオレ, ばクビ, ば一般観客, ば仕方, ば優劣, ば四方, ば家中, ば水, ば生き, ば義理, ば非常, ば面目, ば音, ば食い

▼ こうには~ (27, 0.1%)

2 雑木林に

1 [25件] いって, いろいろな, おそく出た, ここにも, たそがれの, ただ椅子, また空漠, もうだれ, 人家が, 何が, 何一つ動く, 大きなやしき, 小さな森, 居間や, 明かるい, 殺人の, 燦然と, 真黒な, 荷馬車稼業の, 薄く篠笹, 赤濁りに, 道の, 長次郎に, 雨戸が, 黍の

▼ こう書く~ (27, 0.1%)

3 のが 2 といかにも, となかなか, と何だか

1 [18件] しかなかっ, とする, とずいぶん, とそれ, とまるで, とむずかしい, と何, と僕, と大体, と情緒纏綿, と皆さん, と自分, と誰, ね, のかねえ, のだ, んじゃ, ンだろう

▼ こうしたら~ (26, 0.1%)

3 どう, どうだろう, どうです 2 いいだろう, どうでしょう

1 [13件] いいじゃ, いいでしょう, いいわ, いかんいう, たちまち山口画伯, と, というよう, みんなに, もう逃がしっこない, よいかという, よかろ, 可か, 敵も

▼ こうだった~ (26, 0.1%)

4 のです

1 [22件] かな, か自分ら, が今, そうで, とかそれ, と云える, と呼び返す, と子供, と御, と思います, と思い出す, と思う, と自分たち, に相違, のだ, のである, ように, んだ, んでございます, んでしょう, んです, 人柄に

▼ こう~ (26, 0.1%)

2 して

1 [24件] うたれて, お茶人が, したり, せおって, だいたまま床, つとめて, なされましたので, ふりかけて, へた怪物, へた怪獣, へた魔もの, へた魔法, へた魔物の, へた黄金豹だ, まがって, 奏したと, 始めて, 張って, 殴わ, 狙って, 猿猴に, 目立たせるよう, 示し, 荷を

▼ こう~ (26, 0.1%)

7 鳴った 4 鳴ったの, 鳴って 3 鳴りながら 1 鳴ったが, 鳴ったとたん, 鳴った者, 鳴りだした, 鳴りつけると, 鳴りつつ, 鳴ると, 鳴るの

▼ こう~ (25, 0.1%)

2 が付い, が付く, が弱い

1 [19件] が変, が揉める, が注い, が焦っ, が遠く, が附, にかかる, にもとめない, のきいた, のついた, の荒っぽい, をつけれ, をもっ, を張り過ぎる, を揃え, を落ちつけ, を配っ, を配り, 易く話しかけられる

▼ こう解釈~ (25, 0.1%)

10 して 2 した時, する

1 [11件] された, したの, した時彼, しても, しなければ, すると, するね, するの, すれば, をし, を加え

▼ こう話し~ (25, 0.1%)

9 ている

1 [16件] が落着, てい, てき, てくる, てしまえ, て来, て来る, て聴かせました, て行く, て言っ, て青い, ながらも吉弥, ながらも気短, ながら先, ながら浜松, もせず

▼ こう~ (24, 0.1%)

4 に出

1 [20件] いづれか, さして馳せゆき, にて夏, に余り, に來, に入りぬ, に索, の, のさま, の名, の盡, の石, の隈々, はテヱエル河, よりモンテ, より登る, を横ぎりて, を見き, を過ぎ, を飛び

▼ こう叫び~ (24, 0.1%)

1 [24件] かけた私, つつ後方, つつ西門, ながら, ながらいまいまし, ながらちょうど, ながらバラバラッ, ながら再び, ながら初めて, ながら半身, ながら夫, ながら奥さん, ながら彼, ながら掻き分ける, ながら方角, ながら桜, ながら梢, ながら矢, ながら袂, ながら露路, ながら飛び上がった, を残し, 立てた, 返したとき女

▼ こう~ (24, 0.1%)

5 つた 4 出した 3 ふと父 2 つて 1 つたり, やがった, やがる, やア, やア失敬, を交わした, 出したと, 出したの, 出すと, 出すまでには

▼ こうばく蟹~ (23, 0.1%)

4 の味 2 の方

1 [17件] いらんかねえ, がきた, であった, とをならべ, には大, に対する執心, に対する食欲, の, の催促, の真髄, はほんとう, は今, をひどく高く, を一ぴき, を天下, を送っ, 買っとくなあ

▼ こう申します~ (23, 0.1%)

3 のです

1 [20件] うちに, がこれ, だけでも並み並み, といや, とせっかく, とその, となぜ, とひき, とわざわざ, と何だか, と専門, と幸吉さん, と残り, と沢山, と治部, と生意気, ので私, のを, んです, 中にも

▼ こう聞く~ (23, 0.1%)

2

1 [21件] たびに, といっそう, とかの, ときの, とね, とやはり, とサモ満足気, と乙, と余一, と元成, と右馬介, と唯, と善鬼, と忠相, と日本, と機械的, と正三君, と直ぐに, と私, と道誉以下, のも

▼ こうであった~ (22, 0.1%)

2 というの

1 [20件] ああであった, かとおのずから, かとおもわせる, から, からほんとう, が変じ, ことが, という, というよう, という自分, といわぬ, と云う, と思い出し思い出し, と纏っ, と記憶, に相違, のだ, のであろう, の経験, アイルランドに

▼ こうなり~ (22, 0.1%)

2 や闇ぢ

1 [20件] つつある, はしまい, ゃあどいつこいつの容赦はねえ, ゃおくにのかたき切った, ゃおしゃべりっくらに負けは, ゃおまえさんまかせだ橙を, ゃくそやけだ皆の, ゃどうしたってかまやしない, ゃなおめんどうだッ, ゃなかなかにすごくなるんだ, ゃはええほうがいいんだからね, ゃもうくやしいから何もかも洗いざらい, ゃもうこっちのものだからあばたの, ゃもうじたばたしねえからさ, 二十年の, 曲りなりにと, 果つるは, 自己完成の, 間に合いむろん, 間に合い勿論

▼ こう三吉~ (22, 0.1%)

2 が言った, は姪

1 [18件] が妻, が縁側, が聞いた, が言っ, の方, はお, はすこし, は口, は叱る, は子供, は心, は思いやった, は独語, は直樹, は答え, は答えた, は言っ, は言捨て

▼ こう呟いた~ (22, 0.1%)

1 [22件] か解らない, が, が苦笑, それと, という, とき彼は, のが, のは, のを, は男, ままもう一度しみじみ, 人が, 人物が, 小村は, 春重は, 時少年は, 時自動車は, 私が, 者が, 虚無僧は, 遠藤は, 香具師は

▼ こうその~ (21, 0.1%)

1 [21件] とき先方から, まあ一種, 不思議な, 口ずさんで, 叩頭を, 女は, 女性は, 実現が, 年頃には, 手紙には, 昔聖人が, 次にあるでしょう, 水ン中へ, 男は, 男も, 老人が, 老人を, 華胥の, 薄暗いガラス, 隈取って, 駕待あてと

▼ こう早く~ (21, 0.1%)

1 [21件] お帰り, お相手, しろ, は届かない, は淡路, も心, 事が, 天下の, 姿を, 席を, 帰って, 帰府いたす, 戦が, 戦争が, 来ようとは, 死ぬという, 片付けられるもん, 癒ゆべし, 癒ろうとは, 自分が, 草が

▼ こういえ~ (20, 0.1%)

1 [20件] ばああ, ばある, ばお, ばお前, ばとていわゆる, ばとて私, ば三木城, ば会社, ば大概君, ば小作, ば平家, ば彼, ば必ず, ば早合点, ば獄司, ば理窟, ば私, ば詩人, ば話, ば誰

▼ こう~ (20, 0.1%)

5 に話しかけた 2 に話しかけました

1 [13件] が所在, にレッテル, に問いかけた, に囁い, に語った, に質問, の心, の言葉, はフト旋盤, は心, は最初, は答え, へ話しかけた

▼ こう~ (20, 0.1%)

1 [20件] か何, がよっかかり, が入ったら, が廻っ, で触れる, に持ちまし, に持っ, もなく, をあげ, をかざし, をつい, をつかね, を差し上げた, を延し, を当て, を振り, を握っ, を突い, を置く, を背後

▼ こう聞い~ (20, 0.1%)

2 てみる, て私

1 [16件] ている, てはもう, ては又八, てみた, てみれ, てもなお, ても人々, て初めて, て御覧, て正成, て満座, て甚助, て眉, て見た, て見ないで, て訳

▼ こう言われた~ (20, 0.1%)

3 時に

1 [17件] お角, からであった, けれども井戸端, ことから, ことが, ことは, ことばの, とき李陵は, のが, のだ, ので咄嗟, ので執事, ので王子, 只今は, 時おのずから, 時わたしは, 途端に

▼ こうある~ (19, 0.1%)

5 のが 2 ことが

1 [12件] かも知れない, からにはかならず, けれどももちろん, こととは, そうだ, のだ, ものと, ように, んです, 仏蘭西人の, 外は, 筈は

▼ こういつ~ (19, 0.1%)

1 [19件] てある, ている, てちよ, てちら, てなかなか, てポン, て私, て藤枝, までおろか, までもだまって, までもコローボチカ, までもソバケーヴィッチ, までも出ない, までも外国, までも帰らねい, までも思い出され, までも本物, までも訳, までも読者諸子

▼ こう見えた~ (19, 0.1%)

1 [19件] って, ってあたし, ってだんな, ってと云っ, ってどうして, ってにんじん, って人, って人間, って人間並み, って僕, って善良, って憚りながら, って橘家圓太郎, って白蛇, って百万長者, って私, って財閥, って鐚, のである

▼ こう言います~ (19, 0.1%)

3

1 [16件] から, がまだ本当に, とあの, とお, とお松, とじい, とその, と土方, と女, と文福茶がま, と番太, と異人氏, と竜, と箱, と船頭, と青年

▼ こう~ (19, 0.1%)

1 [19件] がきまったら, が二つ, が決っ, が決ったら気にいらない, が決まったら, が纏まっ, が進め, が面倒, のきまった, の結び, の結末, をきめた, をさせる, をつないだ, を出す, を截断, を決めました, を続けた, を続けます

▼ こう~ (18, 0.1%)

2 之を

1 [16件] さすほど, ほんきで走ったら, まがえるが, 咲二の, 啼いた, 啼き, 変つたと, 好きな, 左り, 息を, 拔くまいがどう, 斧で, 浅井どのへ, 発狂しよう, 目立って, 駭くまいがそんな

▼ こうという~ (18, 0.1%)

1 [18件] すりに, すりを, 人を, 修業を, 取り留めた事実, 四十面相の, 揉め捫著, 断定を, 目当ては, 目星も, 立場を, 考えか, 考えは, 要領や, 見極めは, 覚悟が, 話を, 鶏の

▼ こう思います~ (18, 0.1%)

2 と私, ので

1 [14件] あなたは, からそいつ, が, がね人間, けれども胃, ということ, とやはり, と弁解, ね, ねえ, のよ弁信さん, よ, んで, 妻子の

▼ こう~ (17, 0.1%)

1 [17件] こうか, こうしてやる, ぶとを, ッ, 人並に, 出て, 分る, 受け答, 宵越の, 平均を, 廊下の, 快楽という, 断案に, 段々を, 渦の, 漕ぎつけながら, 長蔵さんの

▼ こうつぶやい~ (17, 0.1%)

4 ている 2 てお

1 [11件] ていた, てかれ, てなおも, ては宅助, てほろり, てようやく, てニヤリ, て彼, て枯草, て気, て鼻息

▼ こう信じ~ (17, 0.1%)

7 ていた 2 ている 1 ていたらしい, ておる, ておれ, てやりました, て三位卿, て居るらしい, て来た, て無理やり

▼ こう大声~ (17, 0.1%)

1 [17件] で下, で云い, で云った, で伝令, で危急, で呼ばわった, で呼びました, で呼んだ, で笑った, にどなった, に云った, に助け, に叫ぶ, に呼ん, に歌いだし, に表明, を送り

▼ こう~ (17, 0.1%)

1 [17件] 丁寧な, 公役の, 勧め下さいました, 叔母さんが, 存念なさっ, 家来が, 対顔の, 目に, 相談に, 答え申します, 答え申し上げます, 記して, 話し致しますと, 返辞を, 逃げに, 通行が, 隠家様

▼ こう書かれ~ (17, 0.1%)

4 てあった, てある, ていた, ている 1 て居りました

▼ こう申した~ (17, 0.1%)

2 のでございます, ばかりで

1 [13件] からとて何, からとて別に, からと云っ, からと言っ, がそれ, だけで, とて桜井さん, とて貴様, のでしょう, ものです, 上は, 処が, 意味な

▼ こう言葉~ (17, 0.1%)

2 をかけ, を続けた

1 [13件] に現, も態度, をかけた, をかけました, をついだ, をつづけた, を向け, を掛けられた, を添え, を結んだ, を継いだ, を続け, を続ける

▼ こうじゃ~ (16, 0.1%)

4 ないか 2 ないかと, なかった 1 ありませんか, おまえが, ないかな, ないだろうかと, ないの, ないよう, 堪忍し, 無えん

▼ こうふん~ (16, 0.1%)

4 して

1 [12件] させた, したもう, した口調, しては, になげこまれ, にふりたて, のいろ, のさめない, のため, の色, もした, をつづけ

▼ こう云え~ (16, 0.1%)

1 [16件] とは教えただろう, ば, ばお, ばお前, ばこう, ばとてあなた, ばまず, ばよく, ば勿論, ば君, ば大抵, ば彼, ば御存知, ば最早, ば詳しい, ば過言

▼ こう呼ぶ~ (16, 0.1%)

2 ことに, 声が

1 [12件] と, とうめき, と四, のが, のだ, のは, のも, ように, わけが, 不安そうな, 声を, 者の

▼ こう~ (16, 0.1%)

1 [16件] では, にいま, にしつこく, に呼び返し, に思い返し, に恐れ入った, に敗れた, に暑く, に気分, に泣き出す, に眠, に降参, に高く, を告げた, を朝廷, 勾配に

▼ こう書いた~ (16, 0.1%)

2 ことが, ので

1 [12件] がすぐ, だけで, だけである, だけでもこの, のが, のである, のは, やらああ, よ援軍, 事が, 終りへ, 送り状を

▼ こういったら~ (15, 0.1%)

1 [15件] お前さんは, こう取られる, そうしたらいや猫, だれが, もう分るだろう, もう腹, よいかと, キョトンと, 丞相は, 先方は, 半杓, 呂布が, 或は皮肉, 母の, 諸公は

▼ こうした~ (15, 0.1%)

1 [15件] かあっし, がよかろ, って, ってうん, ってすっかり, って俺たち, って俺癪, というよう, という風, とかいうこと, とかいっ, とかがら, とかそれ, とかよ, ものの時代

▼ こうだろう~ (15, 0.1%)

1 [15件] お前のは, かあるいは, がこうして, が結局, くらいの見当, ということ, という話, といっ, といった順序, とは思っ, と人々, と思う, と思われる, と想像, 一番先に

▼ こう云いかけた~ (15, 0.1%)

1 [15件] がふと, なりちょい, なり桑畑, のとは, まま彼女自身の, 叔母は, 時いきなり, 時お, 時に, 時将軍は, 時正木博士は, 時病室の, 時近寄る, 津田は, 野村の

▼ こう云われた~ (15, 0.1%)

1 [15件] から, が木, ので娘, ので左次郎, のは, のを, 七十郎は, 僕の, 堀尾一等卒は, 後では, 時どう, 時に, 時は, 時頭から, 津田は

▼ こう呟く~ (15, 0.1%)

2 と, ように

1 [11件] と南, と古田, と古田巡査, と右衛門, と彼, と早, と歯痒い, と花廼屋, のが, 事が, 声に

▼ こう挨拶~ (15, 0.1%)

3 した, して 2 すると, をし 1 するの, をさせた, をした, をのべた, をはじめた

▼ こう注意~ (15, 0.1%)

4 した 3 して 1 が外れた, された自分, されながら, したい, したの, した刹那, しました, を与えた

▼ こう聞いた~ (15, 0.1%)

2 時嫂は

1 [13件] ときぼくは, ので, のであった, ので上司, ので孔明, ので銅鑼亀さん, のに返事, のは, ものである, 事が, 時その, 時挑戦の, 王朗は

▼ こう~ (15, 0.1%)

3 の中 2 を圧迫 1 がさわぐ, がキリキリ, が立ち騒ぐ, に算木, に重ね, のうち, の元, の処, へつ, を張っ

▼ こう見た~ (15, 0.1%)

3 ところは

1 [12件] から旦那, ところお前さんは, ところが, ところこんな, ところつまらぬ, ところでは, ところ家の, ので呼応, ままや, 処で, 処何んの, 所そんな

▼ こう言いました~ (15, 0.1%)

2 けれどもその

1 [13件] からそこ, から一同, から兵馬, から列席, から弁信, から甚三郎, が嬉しくっ, けれどそれ, けれども女はさ, けれども掛っ, ところが案外, よ, 楽しい悲しい昔

▼ こう語っ~ (15, 0.1%)

3 ている

1 [12件] ていた, ています, てから, てから私, てでもいる, て大いに, て小田刑事, て康雄, て村尾氏, て聞かせ, て行く, て長谷川如是閑氏

▼ こう返事~ (15, 0.1%)

6 をした 4 をしました 1 して, をし, をする, をなさいました, を致す

▼ こういわれた~ (14, 0.1%)

2 ことが, のであります 1 かと思う, とき正季は, のです, のでためらいました, ので僕, ので頬髯, のには, のを, 時は, 時分には

▼ こうおっしゃっ~ (14, 0.1%)

1 [14件] て, ておいで, てかえって, てくださいます, てさっそく, てすぐ, てちゃんと, てなので, てみんな, て人並, て刀, て涙, て皇女, て貴下

▼ こうおっしゃる~ (14, 0.1%)

1 [14件] かも知れない, からわたし, じゃありません, だけでした, とたちまち, と何と, に相違, のでございます, のでした, のです, ものでございます, わ, わけです, んでございます

▼ こうきく~ (14, 0.1%)

3

1 [11件] とあの, といかにも, とわたし, と夫人, と洋次郎, と清吉, と男, と英信, と青木, のだった, のには

▼ こうしろ~ (14, 0.1%)

2 ああしろ, と命令 1 という命令, という天, という思い, といわれ, とお, とかああ, と指図, と言った, のお, 撮影する

▼ こうはっきり~ (14, 0.1%)

1 [14件] いって, お前の, した意識, して, とこれ, とじぶん, と報道, と答えた, 三座に, 云われた時, 断ったの, 見えるよう, 言い切るの, 記されて

▼ こう二つ~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけを並べた, ならべて, に分かれ, のもの, の印象, の形容詞, の意見, の望み, の派, の結びあい, の足らない, の首, はいつも, 並べて

▼ こう寒く~ (14, 0.1%)

2 なっては

1 [12件] ちゃあやりきれない, ちゃとても, ちゃアイスクリーム, ちゃ舟, ちゃ遣切れない, てはかなわない, てはもう, てはやりきれない, ては何もかも, ては俺達, ては死ん, 感じるの

▼ こう結論~ (14, 0.1%)

4 して 3 した 2 したの, すること 1 するに, をたて, をつけ

▼ こうあの~ (13, 0.0%)

2 時は, 苦力は 1 人が, 人は, 仕事は, 巫女は, 手なら, 時には, 暖かさ, 男は, 薬売り

▼ こうしてやる~ (13, 0.0%)

31 から根, から見, こうしてやる, ぞといっ, と微笑, に限る, のさ, のだ, のです, わ

▼ こうしましょう~ (13, 0.0%)

1 [13件] あんたは, お雪ちゃん, か, か御, ねセエラ, もし家, も無い, わたしが, 今までの, 今日は, 僕は, 台所も, 此処の

▼ こう三人~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいる, が手分け, そろったところ, です, と言う, の一念, の中, の乗っ, の仲間, の者, の鋭, は草いきれ, を引ッこ

▼ こう判断~ (13, 0.0%)

3 するの 2 して, を下した 1 したの, した心境, すると, するのよ, するより, するん

▼ こう呟き~ (13, 0.0%)

1 [13件] ながらおもむろに, ながらしばらく, ながらその, ながらサルトル, ながら人丸, ながら十日近く, ながら彼, ながら片手, ながら痩馬, ながら童顔, ながら黒石, の声, を残し

▼ こう~ (13, 0.0%)

2 をとっ, をとりまし, を取っ, を取った 1 がいっ, が寄る, をとった, をとる, を取ります

▼ こう彼女~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一縷, が思った, が言う, に言っ, のよう, はいった, はよく, は叫んだ, は思いました, は思う, は決心, は繰り返した, へ声

▼ こう想像~ (13, 0.0%)

4 して 2 したの 1 したん, しなければ, すること, するたび, するだけの, するの, はついた

▼ こう独り言~ (13, 0.0%)

3 をいい, を言い 2 をいった 1 に頭, のよう, をいう, をし, をつぶやき

▼ こう訊いた~ (13, 0.0%)

7 のは 1 が博士, そうです, のである, のです, ばかりだった, 松吉の

▼ こうしちゃいられない~ (12, 0.0%)

32 ぞ, ような, わ 1 から, まごまごし, グズグズし

▼ こう~ (12, 0.0%)

1 [12件] いのこゑひかるんだ, います, いるころ, ここ祁山の, みました, みましょう, 井出夫人の, 何ともいえん, 入って, 半間の, 甘い一杯五厘, 笠森おせんの

▼ こうとは~ (12, 0.0%)

2 知らずに 1 あなたへ, あらかじめ分っ, いわなかった, しないの, しなかった, 大胆な, 思わない, 知らなかった, 覚悟の, 言い出さぬ

▼ こうなら~ (12, 0.0%)

1 [12件] こうと, それに対する, なくて, なくては, なんとなく愛すべき, ばもう, ばもうしょせん, ば判決, ば至極, ば身共, ば退屈払い, 良かろう

▼ こうみえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] てぼく, ても, てもあたし, てもいき, てもかけっこ, てもこの, てもなあおれ, ても動物, ても歴, ても男一匹, ても発明家, ても魔法

▼ こう告げ~ (12, 0.0%)

2 てある, ていた, ている 1 てやろう, て忙し, て手渡した, て来た, にきた, わたり馳

▼ こう見し~ (12, 0.0%)

5 ていた 3 ている 1 てときどき, ながら, ながらだんだん, ながら内玄関

▼ こう見る~ (12, 0.0%)

1 [12件] かも知れない, ことによって, ところ男の, と多く, と夫, と東北地方, と東山, のが, のに時々, ものと, 事が, 直義は

▼ こう言い出した~ (12, 0.0%)

5 のは 1 から, ところへ, ので番頭, ものだ, 以上は, 時に, 時康雄は

▼ こうお答え~ (11, 0.0%)

2 しました 1 しよう, せい, なさると, になった, になりました, になる, 申しあげた後, 申し上げたところ, 申し上げたの

▼ こうしてる~ (11, 0.0%)

1 [11件] うちに, とお, とこを, とわし, と可笑しい, のが, のは, のも, わけじゃ, んだ, 所を

▼ こうぶち~ (11, 0.0%)

3 のめがね, の大きな 2 のメガネ, の大 1 の眼鏡

▼ こう~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃ驚かねえ, にはかしょ, のはつはつ, のよう, んでわがまま, んとが, んな, んに, んらしい, んらしく, んらしく述べ立てる

▼ こうやる~ (11, 0.0%)

2 んだ 1 とあたし, というわけ, と大抵, と好い, と誰, のよ, ほうが, ように, ンだ

▼ こう云い出した~ (11, 0.0%)

2 のは 1 からにはこっち, からにゃあ, からは己, が皆だれ, とよの様子, のが, のだ, ので庸介, のを

▼ こう先生~ (11, 0.0%)

1 [11件] から宣言, がいう, が可愛い, が述べ立て, と自分, の読み上げた, はいい, はおっしゃいました, はなにか, は言っ, へ申し上げ

▼ こう思え~ (11, 0.0%)

1 [11件] て仕方, ばいい, ばさすが, ばまことに, ば差し当っ, ば思えない, ば思われる, ば次郎, ば腹, ば苦痛, ば重たい

▼ こう正太~ (11, 0.0%)

2 は三吉 1 がお, がそこ, が三吉, が答えた, が言, に話し, に話し聞かせた, は当て, は言い

▼ こう~ (11, 0.0%)

2 上げて, 上げては, 上げても, 立てたそう 1 上げなくては, 上げると, 上げるの

▼ こう覚悟~ (11, 0.0%)

3 をし 2 をきめ 1 した, したの, して, すると, はでき, をきめる

▼ こう言え~ (11, 0.0%)

2 ばよかっ 1 ばああ, ばあちら, ばお前, ばとて私, ばわかるだろう, ばわたし, ば無慈悲, ば諸君, ば足りる

▼ こう訊く~ (11, 0.0%)

1 [11件] と, とお, と天狗, と彼, と新, と校長さん, のが, のであった, のである, のも, 外は

▼ こう語り~ (11, 0.0%)

4 終って 1 おわりました, ながらスリーキャッスル, ながら間もなく, 了った, 初めていた, 終った時, 終りますと

▼ こう遣っ~ (11, 0.0%)

1 [11件] て, てい, ていた, てお世話, てはア命, て代り, て毎日牛乳, て精, て腰掛け, て見る, て馬子

▼ こう長く~ (11, 0.0%)

1 [11件] いるつもり, かいて, かかるところ, なっちゃ, なると, 待って, 我慢できた, 抽出せる, 書いて, 行って, 陥ちまいとは

▼ こうありたい~ (10, 0.0%)

4 ものだ 1 という理想, とねがっ, とのぞむ, と思う, と思ってる, もの

▼ こういいます~ (10, 0.0%)

3 とお 21 とあなた, とお父さん, とほか, と岡倉氏, と後藤氏

▼ こう~ (10, 0.0%)

4 ふが 1 ふして, ふだ, ふと云, ふの, ふはいち面, ふを

▼ こうしゅう電話~ (10, 0.0%)

2 のドア, の中, の方 1 が立っ, ですっ, に近づい, をぐるぐる

▼ こうであろう~ (10, 0.0%)

1 かああ, こんなにまで, ぞと臆測, というよう, とはいえぬ, と思う, と思っ, と推断, も計られぬ, 茂助は

▼ こうなく~ (10, 0.0%)

2 てはならない, てはならん 1 ちゃなら, ちゃならない, ちやホンとう, ては勤めかねます, のと, のとでは

▼ こうやつ~ (10, 0.0%)

1 てあの, てうち, てさし, てひろ子, てまず, てやつ, て不義, て土ん中, て表向き, て見る

▼ こう~ (10, 0.0%)

1 てえの, ての, と, といつ, とおや, とそれ, と大きな, と奥さん, と日, と草餅

▼ こう~ (10, 0.0%)

1 がいった, が言っ, にいわれ, に好かれる, の気象, を語った, 主人は, 同志は, 教師に, 教師は

▼ こう尋ね~ (10, 0.0%)

5 てみた 1 てきた, てみます, てよい, て見た, て見ました

▼ こう思わざる~ (10, 0.0%)

9 を得なかった 1 を得ませんでした

▼ こう申せ~ (10, 0.0%)

2 ばお 1 ばあなた, ばいずれ, ばいわ, ばそ, ばたいてい, ばもう, ば打った斬る, ば諸君

▼ こう簡単~ (10, 0.0%)

2 に答え 1 にきめこんだ, には片づけられ, にやッ, に云っ, に結論, に解釈, に言った, に運ぶ

▼ こう約束~ (10, 0.0%)

7 して 1 した筈, の履行, をし

▼ こう考えれ~ (10, 0.0%)

1 ばいい, ばはっきり, ばアンチピリン, ばヘーゲル, ば別に, ば外国, ば所謂機械論, ば柱時計, ば理屈, ば考えられる

▼ こう~ (10, 0.0%)

4 てくる 2 ていた 1 ている, てくれ, て一益, て来る

▼ こう言ってる~ (10, 0.0%)

2 がよう, のが 1 かのよう, が当人, と告げる, のも, ようだった, 夢を

▼ こうおもっ~ (9, 0.0%)

2 ていました 1 ている, ておかあさんやぎ, てついと, てやってきた, て書記, て見れ, て長者

▼ こうかい~ (9, 0.0%)

3 ている 1 てあった, てあります, てある, てい, ていた, はァ

▼ こうこの~ (9, 0.0%)

1 ときは, まま彼女と, 中に, 人は, 可愛いお, 巌山を, 時云った, 時声を, 森や

▼ こうさせた~ (9, 0.0%)

1 かをよく, けれど清十郎, ことに, のだ, のである, ものが, ものだった, ものと, 戦のとがに

▼ こうさん~ (9, 0.0%)

2 した 1 が襲いだ, させたの, したとき, と大槻文彦さん, ね, の妹, は女流画家

▼ こうしじま~ (9, 0.0%)

4 の背広 3 のエプロン 1 の代わり, の洋服

▼ こうそう~ (9, 0.0%)

3 な目 1 な男の子, な目つき, な瞳, な顔, な黒い, な黒いかわいらしい

▼ こうでなけれ~ (9, 0.0%)

5 ばならぬ 2 ばいけない, ばならない

▼ こうなりまし~ (9, 0.0%)

1 てから互いに, ては, てはかけおち, てはなだめ, ては何, ては夜, ては次, ても御, て何より

▼ こうはいった~ (9, 0.0%)

2 が平八 1 がいつも, が和泉屋次郎吉, が次郎吉, とて実際, ものの厄介, ものの桃, ものの馬鹿らしく

▼ こうまでとは~ (9, 0.0%)

2 思わなかった, 思わなん 1 まったく意外, 予期しなかった, 思いも, 思い掛けなかッ, 考えきれなかったもの

▼ こうやく~ (9, 0.0%)

3 をぬっ 2 をこしらえ 1 がはいっ, のきき, を人形, を塗っ

▼ こう云つて~ (9, 0.0%)

3 しまつ 1 かけよつたが, じつと, その内容, またもハンケチ, 立ち上つた, 見た

▼ こう呼んだ~ (9, 0.0%)

4 のは 1 のである, ので彼, ものだ, ものである, 声を

▼ こう尋ねた~ (9, 0.0%)

1 とき私は, のでありました, のである, のです, のを, まま支那人の, 時には, 瞬間に, 私は

▼ こう教え~ (9, 0.0%)

6 てくれた 2 てやりました 1 ておきたい

▼ こう~ (9, 0.0%)

3 から口 1 から一口, ずわりに, になっ, にぶった切っ, に抱い, の方

▼ こう~ (9, 0.0%)

1 がありました, がいいました, だ, でありました, ですから, といっ, とみえまし, なら血, の与助

▼ こう言いかけ~ (9, 0.0%)

1 ている, てお, てどういう, てソバケーヴィッチ, て倉沢, て喜助, て急, て自分, ながら後ろ

▼ こう訊かれ~ (9, 0.0%)

1 てまごついた, てもしばらく, ても早速, て将門, て張訓, て東条数馬, て楠, て秀吉, て虎

▼ こう語った~ (9, 0.0%)

1 ことが, ことを, そうだ, ということ, という事実, という噂, とき私の, ものだ, ものだった

▼ こう質問~ (9, 0.0%)

3 した 1 しても, しました, すると, の声, をかけた, を親方

▼ こう静か~ (9, 0.0%)

1 だと, なところ, な声, にいう, にし, になっ, になる, に止めた, に臥

▼ こう~ (9, 0.0%)

1 がいっこうに, が多く, だ, の体内, の大群, は歯, もとっ, もよく, をめあて

▼ こうしちゃいられねえ~ (8, 0.0%)

1 おいらは, すぐに, みんな来い, んだ, 人を, 何か, 尺取, 道を

▼ こうしない~ (8, 0.0%)

1 でもほか, と, といけない, とこれから, とドア, と木, と死神, と芝居

▼ こうでございます~ (8, 0.0%)

31 から頭, この点, とそっと, どうぞと, 旦那様お

▼ こうゆう~ (8, 0.0%)

2 場合に 1 場合この, 家が, 工合です, 意見を, 晩は, 訳である

▼ こうより~ (8, 0.0%)

4 ほかに 3 外に 1 ほか言い

▼ こう~ (8, 0.0%)

1 おつか, からそっと, がいかにも, がわたった, にせ, の直径一メートル半, はやく横須賀, をほこり

▼ こう世の中~ (8, 0.0%)

1 がいつも, がデタラメ, が世智, が急, が騒がしく, に慣れ切っ, の怖, を歩い

▼ こう並べ~ (8, 0.0%)

2 てみます, て来, て見る 1 てみた, てみれ

▼ こう主張~ (8, 0.0%)

1 しっ放し, して, しながらも, する, するなる程感性, するの, する人, する自然科学

▼ こう~ (8, 0.0%)

2 ていた 1 てき, てきた, てしまえ, てみろ, て来なけれ, て見たまえ

▼ こう囁く~ (8, 0.0%)

2 のでした 1 ことだろう, と美濃部十郎, と貝十郎, ように, 声が, 者が

▼ こう思ってる~ (8, 0.0%)

3 んでございます 2 んだ 1 ような, 凡て存在する, 夫婦という

▼ こう思わず~ (8, 0.0%)

1 にはいられないだろう, にはいられなかった, にはいられなかっただろう, にはいられぬ, も呟いた, 呟いたが, 心の, 悲鳴を

▼ こう断定~ (8, 0.0%)

3 した 1 したの, した共産党, しないわけ, するの, を下した

▼ こう~ (8, 0.0%)

1 が暗く, に見えない, に見える, の前, の縁, をつぶる, をぱっちり, を瞑れ

▼ こう矢代~ (8, 0.0%)

2 は云った 1 が云った, に訊ねた, に面, の云っ, はひとり, は千鶴子

▼ こう結ん~ (8, 0.0%)

2 である 1 であ, であった, でいる, で兼好法師, で幕, で筆

▼ こう行く~ (8, 0.0%)

1 か, かな, と丁度, と右側, と左手, のだ, ものだ, よりほか

▼ こういつた~ (7, 0.0%)

1 がこの, が更に, のは, ものは, 種類の, 遥かな, 風の

▼ こうおっしゃった~ (7, 0.0%)

1 お母さんの, お父さんは, そうです, のでございます, のでした, のを, わ

▼ こうかと~ (7, 0.0%)

2 思ひますの 1 はっきりし, 思う, 思う以外, 思ったけれど, 思ったの

▼ こうきい~ (7, 0.0%)

2 て見た 1 てみました, てみる, てもいい, てやった, てグレーテル

▼ こうこうした~ (7, 0.0%)

1 いうこと, ことを, って云う, 処だ, 娘を, 松の, 若い婦人

▼ こうしか~ (7, 0.0%)

1 いえない言葉, 云えない, 思えないの, 生きる道, 考えられなかった, 聞えない, 謡えない

▼ こう~ (7, 0.0%)

2 て来る 1 てくる, てまいる, ても複雑, て肩, ょうもむなしくなったがこれも

▼ こうみんな~ (7, 0.0%)

1 が総裁総裁, と違う, にいやがられる, の手, も聴けよ, 云って, 黙って

▼ こうもねえ~ (7, 0.0%)

1 あっしゃ渡り中間, おめ, お前こんねえ, ふと魔, 博労の, 感電で, 野郎達四人が

▼ こうゆっくり~ (7, 0.0%)

1 しては, とお話, と良夜, と言った, ね, 構える彼, 話し続けた

▼ こう三つ~ (7, 0.0%)

1 に大別, のもの, の代表的傾向, の味方, の品, の疑問, の鞠

▼ こう云いかけ~ (7, 0.0%)

1 てあの, てからふと, てから急, てそこ, てワッ, て急, て矢島さん

▼ こう云ってる~ (7, 0.0%)

1 うちに, そうだ, とまた, のだ, のです, のを, ように

▼ こう仰せられる~ (7, 0.0%)

2 のじゃ, のは 1 に相違, のです, 宮の

▼ こう仰有っ~ (7, 0.0%)

2 て若 1 ていられます, て一度, て三畳, て大変無邪気, て美しい

▼ こう口々~ (7, 0.0%)

1 にいいました, に云う, に叫び, に叫ん, に喚き, に楽し, に罵る

▼ こう~ (7, 0.0%)

2 やいた 1 やいたもの, やきながら, やき出すもの, やくと, やくの

▼ こう呼びかける~ (7, 0.0%)

1 のであった, のである, 人が, 声が, 声に, 弟の, 房子の

▼ こう~ (7, 0.0%)

1 な気持ち, にねじくれた, に不気味, に意固地, に拗, に空洞, に胸

▼ こう尋ねる~ (7, 0.0%)

2 のであった 1 とチエ子, と同時に, と大井, と給仕頭, ほかは

▼ こう思いました~ (7, 0.0%)

2 ものです 1 から, から庭, ばっかりなんで, もんです, ゆえ多門と

▼ こう思われる~ (7, 0.0%)

1 からであった, のが, のです, ほどと, ほど四辺の, んです, 程ゲッソリと

▼ こう思案~ (7, 0.0%)

2 して 1 がきまる, しながら, します, に暮れた, 深そう

▼ こう~ (7, 0.0%)

1 が確か, に言われ, に話しかけた, の云った, の声, は想い出, へ話しかけた

▼ こう独り~ (7, 0.0%)

1 でつぶやい, でどなりました, で云い, で威張り, で強く, で言っ, 呟きながら

▼ こう申し上げる~ (7, 0.0%)

1 と, とわたくし, と刀, ので, のは, んだ, んでございます

▼ こう紋也~ (7, 0.0%)

1 がいった, が五度目, が思った, には思われた, の呻いた, は一瞬間, は声

▼ こう聞かれる~ (7, 0.0%)

1 たびに, だけの色気, とぼんやり, と結局要領, と行がかり上そう, のは, のを

▼ こう行っ~ (7, 0.0%)

5 てこう 1 ていい, て弾み

▼ こう観察~ (7, 0.0%)

2 して 1 した, した敬太郎, する, すると, 致しますと

▼ こう言い切っ~ (7, 0.0%)

1 てき, てしまいました, てしまう, てしまっ, て彼女, て玄関, て相手

▼ こう記し~ (7, 0.0%)

2 てあった, ている 1 てあります, てある, てあるで

▼ こう話した~ (7, 0.0%)

2 そうである 1 からにはもし, がその, ことが, とか云う, のである

▼ こう~ (7, 0.0%)

1 が外, だけ出し, の半面, へ被った, を伏せ, を見合う, を隠し

▼ こういってる~ (6, 0.0%)

2 んです 1 うちに, うちにも, かのごとく見える, ようである

▼ こうお出で~ (6, 0.0%)

2 なさい, なせえ 1 ください, なさいましと

▼ こうここ~ (6, 0.0%)

1 だよ, に刻まれ, に岩, は寂しい, へ俺, まで云っ

▼ こうしたい~ (6, 0.0%)

2 とは言わず, と思う 1 という, と思っ

▼ こうじっと~ (6, 0.0%)

4 して 1 したまま, 妙に

▼ こうなさい~ (6, 0.0%)

2 ああなさい 1 といえ, な, よ, よ二人

▼ こうなるだろう~ (6, 0.0%)

2 と思っ 1 ということ, と思った, と思ってた, 事を

▼ こうべを~ (6, 0.0%)

1 たれると, 垂れた, 垂れて, 抱えた, 挙げて, 深々と

▼ こうまでに~ (6, 0.0%)

1 いった, なったの, なると, 成功し, 藤吉郎どのの, 言うと

▼ こうまでは~ (6, 0.0%)

1 うまく行かなかったろう, ひどい恨み言葉, 似て, 愕か, 胆を, 驚かねえが

▼ こうろう~ (6, 0.0%)

5 の花 1 のはな

▼ こうハッキリ~ (6, 0.0%)

1 と海洋学, と身, 両方の, 云ったの, 答えて, 金銭で

▼ こう一言~ (6, 0.0%)

1 に纏められない, を云い足した, 云って, 叫んだお, 洩らした, 言ったきり

▼ こう~ (6, 0.0%)

2 を向い 1 からいう, から白眼め, から頭, の者

▼ こう世間~ (6, 0.0%)

1 がお, がせちがらく, が不景気, が無事, の満足, を歩い

▼ こう云いすてる~ (6, 0.0%)

2 とオースチン師 1 とその, とツカツカ, とバタバタ, と立ち去っ

▼ こう云つて私~ (6, 0.0%)

1 のほう, の信用, をうながし, をしばらく, をじ, を見た

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 に嫌われる, の噂, の心, をあっと, を小馬鹿, 近く羽

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 から何, か胸, か苦笑, もかも打ち明け, も彼, を喋っ

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 で呼んだ, のった, のったところ, のると, を命, 告った

▼ こう周囲~ (6, 0.0%)

1 から煽られる, で騒がれ, の人達, の者, へ向っ, を見回し

▼ こう命令~ (6, 0.0%)

3 した 1 が降った, したん, すると

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 な呼び方, な形, な気持, になっ, に山, に角突き

▼ こう変った~ (6, 0.0%)

2 のだろう 1 ということ, とおどろきます, のであろう, 名ばっかり

▼ こう大きく~ (6, 0.0%)

1 いったもの, なってまで, 出られると, 呟いて, 呼びかけた, 言い切ったの

▼ こう大勢~ (6, 0.0%)

1 が傾い, が手, ではともすると, の中, の口, 連れて

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 北と, 君が, 商売でも, 女郎が, 少将が, 枝は

▼ こう少し~ (6, 0.0%)

1 うつむいて, でも愛想, ものすごくなっ, 反り身に, 淋し味, 激しかかる

▼ こう強く~ (6, 0.0%)

1 てはもう, にぎりしめて, 出て, 応えようとは, 言い切りました, 頼んで

▼ こう応じた~ (6, 0.0%)

3 のは 1 がその, がウスノロ, のだ

▼ こう~ (6, 0.0%)

2 を押す 1 をおす, を押される, を押した, を押します

▼ こう感じる~ (6, 0.0%)

1 そのこと, ということ, と冷たい, のが, のも, 事も

▼ こう持っ~ (6, 0.0%)

1 ちゃ損, て, ている, てこう, てやる, て盆ゴザ

▼ こう~ (6, 0.0%)

2 十郎が 1 七は, 八郎は, 兵器が, 生活を

▼ こう暗く~ (6, 0.0%)

1 ちゃどう, ちゃね, てはやむを得ない, ては探せやしない, ては面白く, なって

▼ こう書き出し~ (6, 0.0%)

1 てあった, てある, てくる, てそれから, ても芥川賞, て見る

▼ こう来る~ (6, 0.0%)

1 からにはほか, か自分, がよい, な, なこう, んだ

▼ こう毎日~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 くり返す想い, のんべんだらりと, ガリガリやられる, 降続いて

▼ こう源氏~ (6, 0.0%)

1 と問答, の言う, はまじめ, は申し出た, は答え, は言っ

▼ こう煎じつめ~ (6, 0.0%)

2 てくる, てみる 1 てゆく, て来る

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 が曇っ, が釣る, で会釈, の前, をつぶっ, を笑わせ

▼ こう突然~ (6, 0.0%)

1 に夜中, に失敬, に愉快そう, に迫っ, 人家が, 表面の

▼ こう節子~ (6, 0.0%)

1 に話しかけ, はその, は小さな, は岸本, は答えた, は顔

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 あ立てめ, の皮, の立つ, をきめ, をきめた, を定め

▼ こう~ (6, 0.0%)

2 之助 1 に葉, の中, をこう, を畳ん

▼ こう言いかけた~ (6, 0.0%)

2 時に 1 とたんです, ので立ちどまった, 婆さんは, 時僕等の

▼ こう言い捨て~ (6, 0.0%)

1 てスタスタ, てトムスキイ, て仏頂寺, て帰るらしい, て彼, て心持ち

▼ こう訊ね~ (6, 0.0%)

2 ていた 1 てきた, てみた, て来た, ながら清吉

▼ こう説い~ (6, 0.0%)

3 ている 1 てくる, ても解釈, て睫毛

▼ こう遠く~ (6, 0.0%)

1 からながめた, ては判らない, に離れ, 離すという, 離れちまっちゃあ, 離れてからという

▼ こう~ (6, 0.0%)

1 がない, がふい, におしゃべり, にでも動く, のまにまに, の如く動かせる

▼ こういいました~ (5, 0.0%)

1 から豪傑連中, がちょうど, が二官, が猿, けれどもツァ・ルンバ

▼ こういったん~ (5, 0.0%)

1 じゃお, だぜ, だっけ, でさあ, です

▼ こういつも~ (5, 0.0%)

1 いって, お復習, に違っ, 同じな, 用が

▼ こうおし~ (5, 0.0%)

1 お前の, じゃあ, な向, ねああ, よおまえさん

▼ こうお母さん~ (5, 0.0%)

2 がおっしゃる 1 がおっしゃった, がおっしゃられる, に言っ

▼ こうかれ~ (5, 0.0%)

1 はいつも, はむすこたち, は決心, は生徒, は言っ

▼ こうこうして~ (5, 0.0%)

2 相手の 1 くださいませと, こうする, 待って

▼ こうされ~ (5, 0.0%)

1 ちゃ堪らない, て, ている, ては住民たち, てもまだ

▼ こうすべき~ (5, 0.0%)

4 ものだ 1 かああ

▼ こうたい~ (5, 0.0%)

1 でいつも, でひと, でもち場, で家, で笠原邸

▼ こうたびたび~ (5, 0.0%)

1 おいでに, 一撃を, 何年か, 現われるよう, 都下に

▼ こうつぶやいた~ (5, 0.0%)

1 かしれない, が, ようである, 人間が, 小幡民部

▼ こうつぶやき~ (5, 0.0%)

1 つつま, ながらしばらく, ながらなお, ながらも一度, ながら十字

▼ こうつぶやく~ (5, 0.0%)

2 と私 1 とニヤリ, と焼き捨てた, と立ち上がった

▼ こうでなく~ (5, 0.0%)

1 ちゃいかんの, ちゃいけない, ちゃ駄目, てはと決め, ては哲学

▼ こうなけれ~ (5, 0.0%)

5 ばならない

▼ こうなされ~ (5, 0.0%)

2 ては如何 1 ては, てはどう, ば単行

▼ こうなりました~ (5, 0.0%)

1 うえは, ことによりましても, という所, のも, 上は

▼ こうひとりごと~ (5, 0.0%)

1 をいい, をいう, をいっ, をいった, を言っ

▼ こうふたり~ (5, 0.0%)

1 が一城, の君臣, の関係, は亡父元就, を心

▼ こう~ (5, 0.0%)

2 狭間の 1 狭間で, 狭間に, 肉の

▼ こうぼんやり~ (5, 0.0%)

1 して, 前の, 屈托し, 考えてでも, 踞ったもの

▼ こうまた~ (5, 0.0%)

1 お雪, 国際的涜神語を, 寒い風, 新しく叫び, 言う右近

▼ こうまるで~ (5, 0.0%)

1 かうだぜ, 夢の, 子供の, 白鳥の, 違った物

▼ こうもう~ (5, 0.0%)

1 ぐひすもほうじろもよく啼い, に入ってる, 一人の, 威張ったって, 私が

▼ こう一人~ (5, 0.0%)

1 が声, が説明, に切り離された, の武士, の青年

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 がきまっ, が解っ, が顕わ, をわけ, 繁く通う

▼ こう二者~ (5, 0.0%)

1 のかけひき, の公事, の分れ, の英傑, は共に

▼ こう云いすて~ (5, 0.0%)

1 て別れ, て彼, て歩み出し, て甚五衛門, て部屋

▼ こう云い捨て~ (5, 0.0%)

1 て彼, て歩き出し, て軽く, て通り, て階段

▼ こう云ったら~ (5, 0.0%)

1 あなたは, よかろう, 綺語に, 蒼い顔, 貴様は

▼ こう云わない~ (5, 0.0%)

1 では居られませんでした, で居られる, と気, と決して, 訳に

▼ こう仰し~ (5, 0.0%)

2 ゃるのです 1 ゃったでしょう, ゃったんですわ私たちの, ゃる方も

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 が頼まれ, に, に愛情みたい, のこの, は素直

▼ こう冗談~ (5, 0.0%)

1 いって, めかして, をお, を仰せられた, を言われ

▼ こう判っ~ (5, 0.0%)

1 てみる, てみれ, て見りゃ, て見る, て見れ

▼ こう号令~ (5, 0.0%)

2 したが 1 した, を下す, を発した

▼ こう同じ~ (5, 0.0%)

1 ところに, 声が, 家で, 記者に, 調子で

▼ こう呼ばわり~ (5, 0.0%)

1 ながらその, ながら今, ながら佐殿, ながら彼, 筒井は

▼ こう命じ~ (5, 0.0%)

1 て, ていた, ておい, て直ちに, て美津子

▼ こう囁い~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てその, て生唾, て皆

▼ こう変化~ (5, 0.0%)

2 すると 1 しそう, したの, った事

▼ こう~ (5, 0.0%)

2 が更け 1 は永う, も遅く, 深に

▼ こう大きな~ (5, 0.0%)

1 事業を, 山に, 懐を, 柔かいもの, 百姓らしい

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 と娘, は勇吉, は言い消し, を呼ん, を責めた

▼ こう尋ねられる~ (5, 0.0%)

1 とストーン氏, とフッ, と彼, と立ち停, と顔

▼ こう小さく~ (5, 0.0%)

1 つぶやいた, なって, なるの, 呼び棄, 言って

▼ こう小声~ (5, 0.0%)

1 でつけ加えました, でひとり, で呟きました, で罵り, に返事

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 くあたるとは, くは, く化けて, く顔, に食いちがっ

▼ こう平次~ (5, 0.0%)

1 に畳み込ん, に言いました, に言う, に訊かれ, に説い

▼ こう復命~ (5, 0.0%)

5 した

▼ こう思いまし~ (5, 0.0%)

1 てさて, てな, てな何れ, てネ, て穏

▼ こう思われた~ (5, 0.0%)

1 からであった, からでございましょう, のだ, のです, ので素早く

▼ こう感じた~ (5, 0.0%)

1 がすぐ, こういう天地, ことは, 時斉彬は, 私は

▼ こう手軽~ (5, 0.0%)

1 には出, には行きません, に使える, に検査, に見る

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 が急迫, と自分, は考える, をあなどる, を押え

▼ こう断っ~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てから一同, てすぐ, て躑躅

▼ こう暑く~ (5, 0.0%)

2 なっては 1 てはまったく, ては多人数, ては猫

▼ こう書け~ (5, 0.0%)

1 とも教える, ばこう, ばこそ下らなく, ばそんな, ば好い

▼ こう森彦~ (5, 0.0%)

2 が言 1 の旅舎, は物, は言っ

▼ こう気がついた~ (5, 0.0%)

2 のは 1 ことで, ので蛾次郎, 時の

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 がある, のよう, の底, を向けました, を更め

▼ こう申しました~ (5, 0.0%)

1 がやがて, と告げ, わ, んでさっそく, 井上が

▼ こう申し上げ~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てはいささか, ては済まんであります, てもよろしい

▼ こう疑っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てみる, て然るべき, て見た

▼ こう発言~ (5, 0.0%)

1 された, した, して, するもの, を求めた

▼ こう目星~ (5, 0.0%)

2 を付けた 1 が外れ, をつけた, を付けました

▼ こう相手~ (5, 0.0%)

1 の心, の素姓, の言, を探る, を脅かす

▼ こう相談~ (5, 0.0%)

2 した 1 が持ち出された, する, を向けた

▼ こう真面目~ (5, 0.0%)

1 にどう, になられる, になれるだろう, に出られ, に名

▼ こう繰り返し~ (5, 0.0%)

1 ていった, て云う, て訊いた, ながらその, ながら狭い

▼ こう見する~ (5, 0.0%)

1 うちに, が勇気凛々, のだった, までもなく, 宮坂の

▼ こう言い出す~ (5, 0.0%)

21 からにゃおれ, と一座, ので帰りかけ

▼ こう訊い~ (5, 0.0%)

1 てしばらく, てしまっ, てみた, て見た, て見たい

▼ こう~ (5, 0.0%)

2 えて 1 するよう, み近く, んで諸家それ

▼ こう訴え~ (5, 0.0%)

3 ている 1 ていた, てやまない

▼ こう証言~ (5, 0.0%)

2 した 1 されて, したであろう, してるね

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 かに呼ばれ, かへ声, か呼んだ, にも聞える, も彼

▼ こう軽く~ (5, 0.0%)

1 あしらって, この事件, ヒネラれ, 云って, 驚いて

▼ こう進言~ (5, 0.0%)

4 した 1 したり

▼ こう青い~ (5, 0.0%)

1 お顔, ものが, もんだろう, 色が, 若木の

▼ こう頻繁~ (5, 0.0%)

1 では, にお, に奥, に来る, に附

▼ こう~ (5, 0.0%)

1 え所, のまちがい, は, びしやに出られ, 声で

▼ こうあっ~ (4, 0.0%)

1 てこそと思い込む, ては誰, てよ, て欲しい

▼ こうあろう~ (4, 0.0%)

1 かと思われる, ともむざむざ, とよし, はず

▼ こういいすて~ (4, 0.0%)

1 て小走り, て行っ, て走り去った, て面籠手

▼ こういい出す~ (4, 0.0%)

1 とどうしても, と帳場, のが, 時は

▼ こういい放っ~ (4, 0.0%)

1 てやりたかった, て彼, て父, て馬

▼ こういい残し~ (4, 0.0%)

1 てその, て奥, て帰りました, て母

▼ こういそげ~ (4, 0.0%)

4 ばかつ

▼ こういたしました~ (4, 0.0%)

1 お出入り, と母御前, 意外な, 運命の

▼ こうおいで~ (4, 0.0%)

1 なさいませ, なさら, なさりませ, なさりゃ伝六様

▼ こうおじいさん~ (4, 0.0%)

1 がいった, はいった, は思った, は言い

▼ こうおもい~ (4, 0.0%)

1 ながらそっと, ながらためし, ながらなにげなく, ながら暫く

▼ こうおもう~ (4, 0.0%)

1 て来た, とうれしく, と浦島, につけ小

▼ こうお前~ (4, 0.0%)

2 は云う 1 が云う, は云いたい

▼ こうお願い~ (4, 0.0%)

1 しずに, するので, つかまつッ, に参じました

▼ こうかく~ (4, 0.0%)

1 というよう, と平凡, と自分, には私

▼ こうきいた~ (4, 0.0%)

1 からである, のである, のは, 時には

▼ こうきっぱり~ (4, 0.0%)

1 いわれると, とした, 云い切った時, 言葉を

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 あれは, かさま事, 日本が, 駿三が

▼ こうさえ~ (4, 0.0%)

1 して, すれば, 行けば, 言って

▼ こうさけぶ~ (4, 0.0%)

1 と弓, と裾野, と閃, のを

▼ こうさせ~ (4, 0.0%)

1 ていただい, ている, ておしまい, てはおくまい

▼ こうされる~ (4, 0.0%)

1 ことに, と思う, のが, のだ

▼ こうしちゃいられ~ (4, 0.0%)

2 ねえ 1 ね, ねえや

▼ こうすぐ~ (4, 0.0%)

1 に喧嘩, 変に, 耳朶を, 追っ駈けて

▼ こうすりゃ~ (4, 0.0%)

1 あ一番よう, いいん, 何と, 鳥の

▼ こうせね~ (4, 0.0%)

1 ばお, ばならなかった, ば成功, ば船

▼ こうせよ~ (4, 0.0%)

2 と言え 1 とはっきり, と命じます

▼ こうだしぬけ~ (4, 0.0%)

1 にひとりごと, にメントル・テスト, に行っ, の警報

▼ こうだんだん~ (4, 0.0%)

1 に深入り, に煎じつめ, に運命, 度重なって

▼ こうちょっと~ (4, 0.0%)

1 おもしろい恰好, の間, 不審に, 呶鳴りつけられた

▼ こうっと~ (4, 0.0%)

1 おやあああんた, お天道様が, こりゃいざ, 取って

▼ こうでした~ (4, 0.0%)

2 か, ね

▼ こうでん~ (4, 0.0%)

21 かのお, かのぎょ

▼ こうなお~ (4, 0.0%)

1 おかみも, ゆるしを, 生まれを, 菓子が

▼ こうなさる~ (4, 0.0%)

1 さ, といい, と好く, に違い

▼ こうなろう~ (4, 0.0%)

1 が, といらざる, とは, ともおもいませず

▼ こうのっ~ (4, 0.0%)

1 て, て大将, て文句, て面倒

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 がある, にはし, に人, の中

▼ こうひどく~ (4, 0.0%)

1 侮辱された, 困った風, 妙な, 溢れて

▼ こうもと~ (4, 0.0%)

1 それからそれ, 思いましたが, 枝ぶりに, 訊ねたいと

▼ こうやってる~ (4, 0.0%)

1 が来年, と天気, んです, 時だけ

▼ こうよく~ (4, 0.0%)

1 ご存じな, 似て, 色が, 走れるか

▼ こうろぎ~ (4, 0.0%)

1 が大きい, も鳴く, を聴い, 鳴いて

▼ こうわたし~ (4, 0.0%)

1 に話しかけた, はびっくり, は呟きました, は言っ

▼ こうキッパリ~ (4, 0.0%)

1 といわれる, と云い切る, と言い切る, 否定される

▼ こうチチコフ~ (4, 0.0%)

1 は冷然, は思った, は相手, は答え

▼ こう三名~ (4, 0.0%)

1 が各, の者, の首, は得がたい

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 名とも, 肌を, 腕の, 軍の

▼ こう~ (4, 0.0%)

3 税は 1 の劉恢

▼ こう云い切った~ (4, 0.0%)

1 に違い, 時室の, 時津田は, 時私は

▼ こう云い終る~ (4, 0.0%)

1 と今度, と正木博士, と父, と頭

▼ こう云おう~ (4, 0.0%)

1 あゝ云おう, と思った, と欲する, と色々

▼ こう云つた~ (4, 0.0%)

1 がしばらく, が余程, が急, のみで

▼ こう仰せられ~ (4, 0.0%)

1 ておりました, ております, て手放そう, て紫煙

▼ こう仰っし~ (4, 0.0%)

1 ゃったんですよ, ゃっていただけばなお, ゃってでございました, ゃってみて下さいませ

▼ こう仰有る~ (4, 0.0%)

2 のでございます 1 にきまっ, 知人の

▼ こう伝え~ (4, 0.0%)

1 ておい, てくれ, てやがて, て呉れ

▼ こう保吉~ (4, 0.0%)

1 に止め, に話しかけた, へ注意, へ話しかけた

▼ こう信長~ (4, 0.0%)

1 からいわれ, からいわれた, が決心, を狼狽

▼ こう~ (4, 0.0%)

2 を越され 1 からいわれた, より水

▼ こう先方~ (4, 0.0%)

1 から声, の実際, の目的, へ要らざる

▼ こう列べ~ (4, 0.0%)

2 てみる, て見渡した

▼ こう前置き~ (4, 0.0%)

3 をし 1 して

▼ こう励まし~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て兄, ながら強

▼ こう口走る~ (4, 0.0%)

1 とかっと, と丸山勇仙, と同時に, のだった

▼ こう叫びたい~ (4, 0.0%)

2 気が 1 にちがい, 気を

▼ こう合槌~ (4, 0.0%)

3 を打った 1 を打つ

▼ こう告白~ (4, 0.0%)

2 する 1 した, して

▼ こう呼びかけ~ (4, 0.0%)

1 て, て戸, て聞き耳, ながらまっしぐら

▼ こう問いかける~ (4, 0.0%)

1 とせつ子, と二人, と大矢警部, と若い

▼ こう問う~ (4, 0.0%)

1 てみた, と, と地伯, と蘭丸

▼ こう喚く~ (4, 0.0%)

1 が早い, といま用, と一室, や月光

▼ こう~ (4, 0.0%)

2 じた, じて

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 して, すると, に立てられた, を立てられたら

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 あくびを, びらに, 音に, 音楽家へ

▼ こう尋ねられます~ (4, 0.0%)

1 と二人, と女中, と急, と淋しく

▼ こう弁解~ (4, 0.0%)

1 した, したけれど, はした, らしくつけたし

▼ こう形容~ (4, 0.0%)

1 したいほど, して, でもします, をした

▼ こう心中~ (4, 0.0%)

1 で思いまし, に叫ん, に怒声, に絶叫

▼ こう怒鳴っ~ (4, 0.0%)

1 ている, てみる, て大地, て駈け

▼ こう怒鳴る~ (4, 0.0%)

1 ところがっ, と共に今度, と脂, と雪

▼ こう思い直し~ (4, 0.0%)

1 てかれ, て叔父, て見る, て静

▼ こう思うた~ (4, 0.0%)

1 けれども雪, と云う, のだった, ので餅米

▼ こう思ったかれ~ (4, 0.0%)

1 の心, の胸, の頬, はむりにもはればれと元気

▼ こう思われ~ (4, 0.0%)

1 ている, てならない, てならなかった, て悲しい

▼ こう意見~ (4, 0.0%)

1 すると, をのべた, を吐いた, を述べた

▼ こう感じ~ (4, 0.0%)

1 てこう, てこころ, て来たら, 表現し

▼ こう数え~ (4, 0.0%)

2 て来る 1 てくる, て見る

▼ こう断言~ (4, 0.0%)

1 して, しました, する, するつもり

▼ こう暑い~ (4, 0.0%)

1 とつい, と骨, ので私, のに家

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 から夕, から晩, にも昼, は遅い

▼ こう来なく~ (4, 0.0%)

1 ちゃ嘘, てはならぬ, ッちゃ, ッちゃあ

▼ こう来なくっ~ (4, 0.0%)

1 ちゃあならねえ, ちゃなら, ちゃならねえ, ちゃ本物

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 かれる, きながら, きは, じました

▼ こう正直~ (4, 0.0%)

1 にいっ, に凍みなく, に告げ, に申しましたら

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 のもじゃもじゃ, よりも軽く, より軽い, より軽し

▼ こう気がつく~ (4, 0.0%)

1 と主婦, と全身, と孫十郎, と矢

▼ こう沢山~ (4, 0.0%)

1 の人々, の赤い, 居るの, 集って

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 が出, が出る, が喉, もろくなっ

▼ こう父親~ (4, 0.0%)

1 にやさしく, に話しかけた, はいつも, を呼んだ

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 が盛ん, の道理, をいっ, をひねっ

▼ こう独言~ (4, 0.0%)

2 を言い 1 を云っ, を言った

▼ こう理解~ (4, 0.0%)

1 されて, した, して, すれば

▼ こう生き~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てもいる, て居た

▼ こう申された~ (4, 0.0%)

1 のでございました, のです, ので御座いました, んでございます

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 かじゃなかった, かに片づいた, かに言われ, かに詫びました

▼ こう立派~ (4, 0.0%)

1 なこと, な宿屋, な建家, に描い

▼ こう美作~ (4, 0.0%)

1 がいい出した, が声, に訊ねられ, へ声

▼ こう老人~ (4, 0.0%)

1 の気に入るだろう, はお, は云っ, は云った

▼ こう自ら~ (4, 0.0%)

1 云って, 問うて, 歌ったほど, 言ってるよう

▼ こう~ (4, 0.0%)

2 を口 1 を当てまし, を払う

▼ こう見渡した~ (4, 0.0%)

1 ところその他の, ところ町を, 処ざっと, 大阪の

▼ こう観じ~ (4, 0.0%)

2 てくる, て来れ

▼ こう言い放っ~ (4, 0.0%)

1 ておい, てオオビュルナン, て数馬, て立ちしな

▼ こう言い残し~ (4, 0.0%)

2 てまた 1 てお, て別れよう

▼ こう言い置い~ (4, 0.0%)

1 てすぐ, て三吉, て外, て常陸

▼ こう言い聞かせ~ (4, 0.0%)

1 ても一郎, て市之助, て栄, ながら彼

▼ こう言うた~ (4, 0.0%)

1 が自分, のが, ので, 時その

▼ こう言ったら~ (4, 0.0%)

1 どうです, もうお, 恐らく驚い, 臆病とか

▼ こう言わなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならない, ばならなかった

▼ こう訊ねる~ (4, 0.0%)

1 とお, と少年, 気に, 者も

▼ こう記され~ (4, 0.0%)

2 てある, ている

▼ こう話しかけた~ (4, 0.0%)

1 じゃァありません, とき私の, まま静かに, 境辻三の

▼ こう話す~ (4, 0.0%)

1 そうな, と大, のであった, 間私達は

▼ こう語る~ (4, 0.0%)

1 うちに, うちにも, のでした, のも

▼ こう豊世~ (4, 0.0%)

1 は優しく, は叔父叔母, は慰め顔, は言った

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 に沁み, をのりだし, を入れ, を引い

▼ こう述べ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 たてながら, てくる

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 がすたれ, にまよう, に迷っ, の辻堂

▼ こう遠い~ (4, 0.0%)

1 こころに, 先の, 昔の, 無関係な

▼ こう~ (4, 0.0%)

3 はお 1 へ申し

▼ こう頼まれた~ (4, 0.0%)

1 が工面, けれども実は, のである, のに直ぐ

▼ こう頼む~ (4, 0.0%)

1 ぜ小, と彼, より外, 人を

▼ こう頼ん~ (4, 0.0%)

1 であげた, でいた, でかえって, で帰っ

▼ こう頼んだ~ (4, 0.0%)

1 とき, のである, のに対して, ものです

▼ こう~ (4, 0.0%)

1 を伸べ, を少々, を延ばし, を縮こます

▼ こうああ~ (3, 0.0%)

1 と充分方法, と心, 打てば

▼ こうあつ~ (3, 0.0%)

1 さり片づけるの, たわ, てほしい

▼ こうあるべき~ (3, 0.0%)

1 ことと, じゃない, 筈です

▼ こういいだし~ (3, 0.0%)

2 てきた 1 ては快く

▼ こういい出した~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことによって

▼ こういい捨て~ (3, 0.0%)

1 ておい, て奥, て細君

▼ こういい放った~ (3, 0.0%)

1 女, 泰軒は, 牧は

▼ こういおう~ (3, 0.0%)

1 ああいおう, か, かしらと思っ

▼ こういきなり~ (3, 0.0%)

1 いいましたので, 大次郎が, 捲し立てられたので

▼ こういろいろ~ (3, 0.0%)

1 と仲間, に考え得られる, に見えた

▼ こううまく~ (3, 0.0%)

2 いくとは 1 行くと

▼ こうかけ~ (3, 0.0%)

1 て, て置こう, ば読者

▼ こうかすか~ (3, 0.0%)

2 な声 1 に隣

▼ こうきめ~ (3, 0.0%)

1 ている, て以来, て掛かる

▼ こうきめた~ (3, 0.0%)

1 というわけ, ときが, なり向う

▼ こうきれい~ (3, 0.0%)

1 では, に焼けちまっ, に片づい

▼ こうくる~ (3, 0.0%)

1 から面白, に決つた, のだ

▼ こうさけん~ (3, 0.0%)

1 でうつ, で主上, で母

▼ こうさけんだ~ (3, 0.0%)

1 のも, 時船底から, 蚕婆妖霊星を

▼ こうささやい~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てくれました

▼ こうされた~ (3, 0.0%)

1 ああされた, のは, 恨みを

▼ こうしてやろう~ (3, 0.0%)

1 とか云う, なんて出, 源太は

▼ こうしんみり~ (3, 0.0%)

1 して, 言う平次, 言って

▼ こうすすめた~ (3, 0.0%)

2 のである 1 が武蔵

▼ こうずらりと~ (3, 0.0%)

1 テーブルの, 並ばれて, 機械みたいな

▼ こうせざる~ (3, 0.0%)

2 を得なかった 1 を得ない

▼ こうそこ~ (3, 0.0%)

1 につとめ, には記され, へ来

▼ こうぞと~ (3, 0.0%)

1 おしえるよう, ただ一言, 指さす的

▼ こうたくさん~ (3, 0.0%)

1 になる, 並べると, 置いて

▼ こうだの~ (3, 0.0%)

1 ああだ, 先代宗十郎は, 簪が

▼ こうであったろう~ (3, 0.0%)

1 と云う, と彼, と思う

▼ こうでしょう~ (3, 0.0%)

1 と思った, ね, 最後に

▼ こうとか~ (3, 0.0%)

1 そういう区別, 中条なにがしが, 光悦に

▼ こうとでも~ (3, 0.0%)

1 いうほか, 云わずば, 言おうかしら

▼ こうどうも~ (3, 0.0%)

1 おお暑い, 昔ばかりを, 畳を

▼ こうならない~ (3, 0.0%)

1 わけに, 前, 前に

▼ こうならなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば進歩

▼ こうなん~ (3, 0.0%)

1 でもい, でもなく, のや

▼ こうなんとなく~ (3, 0.0%)

1 打ち沈んで, 気分が, 違って

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 とびおりて, 行って, 跳びついて

▼ こうまあ~ (3, 0.0%)

1 吹っこんである, 当人が, 私は

▼ こうまず~ (3, 0.0%)

1 二派に, 俘虜に, 告げた

▼ こうまずい~ (3, 0.0%)

1 だろうね, ものが, んでしょう

▼ こうまでの~ (3, 0.0%)

1 狂態は, 真心を, 風潮と

▼ こうまでも~ (3, 0.0%)

1 厚顔であり, 古くし, 思い込むもの

▼ こうむやみ~ (3, 0.0%)

1 に名題俳優, に芸, やたらと

▼ こうやさしく~ (3, 0.0%)

1 いうん, いわれると, 問いかけられると

▼ こうようやく~ (3, 0.0%)

1 にし, 感附いた, 答えたの

▼ こうわざと~ (3, 0.0%)

1 ショゲて, 畏まって, 邪慳に

▼ こうわめき~ (3, 0.0%)

1 ながら始め, ながら縄, ながら駕籠

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 がわるう, な所, な綺麗

▼ こう一々~ (3, 0.0%)

1 感心し, 数え立てて, 研ぎ直すの

▼ こう一つ~ (3, 0.0%)

1 なの, 持上げては, 脅かして

▼ こう一口~ (3, 0.0%)

1 にかじりついた, には言っ, に答え

▼ こう一気に~ (3, 0.0%)

1 云うの, 筆を, 読みおわった私

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 から下, から見おろし, に書い

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 印では, 図主水は, 縹緻が

▼ こう不意~ (3, 0.0%)

1 に一喝, に出で, を打たれ

▼ こう両方~ (3, 0.0%)

1 で慨嘆, の喰競べ, の手

▼ こう並べる~ (3, 0.0%)

1 といかにも, と雪, のは

▼ こう並ん~ (3, 0.0%)

1 でひらひら, で刈り始め, で腰かけましょう

▼ こう~ (3, 0.0%)

3 の君

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 なところ, な声, に理解

▼ こう云いかける~ (3, 0.0%)

1 といつか襖際, と急, と谷村博士

▼ こう云いたい~ (3, 0.0%)

1 のでございます, のです, ような

▼ こう云いのこし~ (3, 0.0%)

1 て大, て大倉郷, て立ち去っ

▼ こう云います~ (3, 0.0%)

1 とお前, と今度, と蛙たち

▼ こう云い出す~ (3, 0.0%)

1 と今, と老婆, と長屋一同

▼ こう云い切る~ (3, 0.0%)

1 と同時に, と花村右門, や否

▼ こう云い放った~ (3, 0.0%)

2 正木博士は 1 正木博士の

▼ こう云い残し~ (3, 0.0%)

1 て催眠薬, て十平太, て四人

▼ こう云わ~ (3, 0.0%)

1 にゃ, にゃというところかもしれず, にゃ彼

▼ こう云わなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった, ばほか

▼ こう仕事~ (3, 0.0%)

1 がなく, が多く, を目

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 ゃる, 有いました, 有います

▼ こう仰せ~ (3, 0.0%)

2 になりました 1 になった

▼ こう仰っしゃ~ (3, 0.0%)

1 って下さいました, って常盤範貞, って武蔵

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 声に 1 気圧でも

▼ こう促す~ (3, 0.0%)

1 と女郎衆, のさえ, ので源氏

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 の千鶴子, へもたれ掛り, 見を

▼ こう優しく~ (3, 0.0%)

2 慰めると 1 云ったもの

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 と客, の歌っ, をなだめ

▼ こう六人~ (3, 0.0%)

1 の名, の者, 揃って

▼ こう冷たく~ (3, 0.0%)

1 ては堅い, ては堪らない, 頑なに思い込ん

▼ こう出る~ (3, 0.0%)

1 のだ, んです, 当然な

▼ こう分類~ (3, 0.0%)

1 して, すること, するという

▼ こう切り出し~ (3, 0.0%)

1 ての話, てみた, て松三

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 を入れ 1 なく言っ

▼ こう勇吉~ (3, 0.0%)

1 が言っ, に言っ, は幾度

▼ こう単純~ (3, 0.0%)

1 なの, にはなかなか, に考え

▼ こう博士~ (3, 0.0%)

1 に諭され, はいや, は言っ

▼ こう厳粛~ (3, 0.0%)

1 な一途, な心地, な悲痛味

▼ こう厳重~ (3, 0.0%)

1 になった, に取囲まれ, に鎧われた

▼ こう~ (3, 0.0%)

3 文書に

▼ こう古く~ (3, 0.0%)

1 て役に立たない, なって, なるまでに

▼ こう叱る~ (3, 0.0%)

1 のだ, のである, よりほか

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 しや, すんだ何ん, すんだ私

▼ こう向う~ (3, 0.0%)

1 の低い, の方, へ行っ

▼ こう告げる~ (3, 0.0%)

1 と一方, と信長, と沢庵

▼ こう呼ばれ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ている, てこう

▼ こう呼ばわる~ (3, 0.0%)

1 ように, 声が, 者は

▼ こう呼び~ (3, 0.0%)

1 ながら眼, ながら米友, ながら襖

▼ こう命じた~ (3, 0.0%)

1 がオレ, のだ, 秀吉は

▼ こう唄う~ (3, 0.0%)

1 と, のでご, のではござりません

▼ こう問われる~ (3, 0.0%)

1 と昂然, と曹真, 時人々は

▼ こう喚い~ (3, 0.0%)

1 ている, てせきたてた, てやった

▼ こう喚き~ (3, 0.0%)

1 ながら尚も, ながら胸, またこう

▼ こう四人~ (3, 0.0%)

1 でやる, はその, もが威嚇

▼ こう報ら~ (3, 0.0%)

1 せが, せた, せて

▼ こう報告~ (3, 0.0%)

1 した, した時, すると

▼ こう変っ~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て来た, て風

▼ こう多勢~ (3, 0.0%)

1 じゃヤリキレ, でも困ります, の役人

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 から言付けられ, に話しかけた, は落胆

▼ こう~ (3, 0.0%)

3 して

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 はいい, は云った, を呼ん

▼ こう実は~ (3, 0.0%)

1 お倉, 婚礼の, 種々と

▼ こう宣言~ (3, 0.0%)

1 がし, した, をうけ

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 ちかくかつ

▼ こう尋ねます~ (3, 0.0%)

1 と九兵衛, と私, と青眼先生

▼ こう小さな~ (3, 0.0%)

1 ことに, すきとおる蜂, 流れが

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 ぬけじゃ, をヒンマク, を掛け

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 のどっさり, の二軒, の伊勢七

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 の中 1 があった

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 べったい, ぺったく紋切型にしか, 太夫が

▼ こう平一郎~ (3, 0.0%)

1 はお, は感激, は突然

▼ こう平気~ (3, 0.0%)

1 だった, でいられる, にし

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 がしく, がしくっ, わしく呼びかけた

▼ こう忙しく~ (3, 0.0%)

1 して, ては折角, なれば

▼ こう怒鳴った~ (3, 0.0%)

1 がでも, のだ, 者が

▼ こう怒鳴りつける~ (3, 0.0%)

1 ところでした, とその, 声が

▼ こう思いこん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 でいた

▼ こう思いつい~ (3, 0.0%)

1 てから私, てかれ, て上った

▼ こう思いつく~ (3, 0.0%)

1 とすぐ, とにわかに, と老いざる

▼ こう思い定めた~ (3, 0.0%)

1 がさて, とき不覚にも, のでございます

▼ こう思ったら~ (3, 0.0%)

1 たった一人, むやみと, 道の

▼ こう急い~ (3, 0.0%)

1 でうつった, で宥める, で訊い

▼ こう意地~ (3, 0.0%)

1 が悪い, の仕事, 悪く自分

▼ こう意気~ (3, 0.0%)

1 が合っ, だから, にあゆ

▼ こう意気込ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, では青麟輩, で云った

▼ こう感ずる~ (3, 0.0%)

1 と地主, のかも, のみだった

▼ こう慇懃~ (3, 0.0%)

1 になっ, に会釈, に挨拶

▼ こう慰める~ (3, 0.0%)

2 ように 1 ようにも

▼ こう我輩~ (3, 0.0%)

1 は声, は思った, を呼びかけた

▼ こう打ち明けた~ (3, 0.0%)

1 からにはお, ことから, 以上嫌と

▼ こう押し詰め~ (3, 0.0%)

1 て来, て来る, て行っ

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, をつかえ, を折っ

▼ こう指図~ (3, 0.0%)

1 して, をする, を仰いだ

▼ こう揃っ~ (3, 0.0%)

1 て何処, て分った, て外

▼ こう提議~ (3, 0.0%)

3 した

▼ こう揶揄~ (3, 0.0%)

1 い半分, うよう, した

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 たまって 1 って言われ

▼ こう改めて~ (3, 0.0%)

1 云いよこしたので, 余計な, 筆を

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 っかい, にかまえ, の大

▼ こう新しい~ (3, 0.0%)

1 はずは, 墨で, 気力が

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 がぱーッ, が照る, が迫っ

▼ こう時間~ (3, 0.0%)

1 が切迫, が経つ, が逼

▼ こう書いたら~ (3, 0.0%)

1 おおよそ読者, その前, 関西方面の

▼ こう最初~ (3, 0.0%)

1 から度胆, から星, には思った

▼ こう来るだろう~ (3, 0.0%)

2 と思う 1 と思っ

▼ こう桔梗様~ (3, 0.0%)

3 が云った

▼ こう極端~ (3, 0.0%)

2 になる 1 になっ

▼ こう構え~ (3, 0.0%)

1 ている, てエイッ, て平山熊谷

▼ こう構える~ (3, 0.0%)

1 のじゃ, 型と, 手が

▼ こう正面~ (3, 0.0%)

1 から肉迫, が四角くっ, をきった

▼ こう殿様~ (3, 0.0%)

1 あお待ちかねだ, が引っ込ん, はおっしゃっ

▼ こう気がつい~ (3, 0.0%)

1 てのち, てわたし, て愕然

▼ こう気楽~ (3, 0.0%)

1 にお話, にし, にはゆくまい

▼ こう決め~ (3, 0.0%)

1 ておい, てしまいました, て外国行

▼ こう決めた~ (3, 0.0%)

2 以上は 1 ことは

▼ こう決定~ (3, 0.0%)

1 してからは, する, ると

▼ こう洩らした~ (3, 0.0%)

1 が決して, ことが, のは

▼ こう物騒~ (3, 0.0%)

2 な世の中 1 な野郎

▼ こう独り語~ (3, 0.0%)

2 を言った 1 をもらし

▼ こう独語~ (3, 0.0%)

1 した, のよう, をつぶやき

▼ こう献策~ (3, 0.0%)

1 した, して, をし

▼ こう甘美~ (3, 0.0%)

1 な冷たい, な夢, な温かい

▼ こう生活~ (3, 0.0%)

1 すべきだと, とも幸福, の問題

▼ こう申し渡した~ (3, 0.0%)

1 のだ, のである, ものです

▼ こう白状~ (3, 0.0%)

1 した, したその, して

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 して, な集ること, 聞けよ

▼ こう睨んだ~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 のでございます

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 をいった 1 をつたえ

▼ こう祈る~ (3, 0.0%)

1 のだった, 気もちに, 者も

▼ こう秀次~ (3, 0.0%)

1 に云いかけた, に呼びかけられ, は甘える

▼ こう私達~ (3, 0.0%)

1 に云いました, に説明, は悲しい

▼ こう穏やか~ (3, 0.0%)

1 でない時勢, でない顔, に寝かされた

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 にいる, に声, に驚愕

▼ こう素直~ (3, 0.0%)

1 に働こう, に納得, に考える

▼ こう絶叫~ (3, 0.0%)

2 して 1 すると

▼ こう考えます~ (3, 0.0%)

1 からわたくし, のです, よ

▼ こう考えられ~ (3, 0.0%)

1 ている, ては私, 自分ながら

▼ こう聴い~ (3, 0.0%)

1 ている, てはハタ, て次々

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 の中 1 をきめ

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 を並べ 1 のところ

▼ こう胸中~ (3, 0.0%)

1 で呟き, にくり返し, の不満

▼ こう脆く~ (3, 0.0%)

1 も死ん, 行って, 陥ちたの

▼ こう自問自答~ (3, 0.0%)

2 して 1 しながら

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 は悲しく, を持たせられたら, 散里夫人

▼ こう~ (3, 0.0%)

2 侍は 1 殿様が

▼ こう苦しくっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃ, ちゃいくら, てはしかた

▼ こう葉子~ (3, 0.0%)

1 にいい, にいっ, はしんみり

▼ こう~ (3, 0.0%)

3 介は

▼ こう見当~ (3, 0.0%)

1 をつけ, をつけた, をつけました

▼ こう観る~ (3, 0.0%)

1 直義方, 者は, 者も

▼ こう観念~ (3, 0.0%)

1 した, した藤吉, を致し

▼ こう言いおい~ (3, 0.0%)

1 て出, て南条, て早々

▼ こう言いさし~ (3, 0.0%)

1 てジロリ, て三男市太夫, て棒片

▼ こう言い切る~ (3, 0.0%)

2 のでした 1 とそのまま

▼ こう言い放った~ (3, 0.0%)

1 まままた, まま家康は, 時近江之

▼ こう言い渡し~ (3, 0.0%)

1 てある, ている, て新

▼ こう言い足した~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 っていい

▼ こう言おう~ (3, 0.0%)

2 とした 1 と思った

▼ こう訊き~ (3, 0.0%)

2 ながら義貞 1 ながら鬼七

▼ こう訊ねた~ (3, 0.0%)

1 という, のは, 陳亢の

▼ こう訴える~ (3, 0.0%)

1 のだった, ほど甲斐守, ような

▼ こう証拠~ (3, 0.0%)

1 が揃っ, らしいもの, をつきつけられ

▼ こう詫びる~ (3, 0.0%)

1 と同時に, と突然, ように

▼ こう詰る~ (3, 0.0%)

1 かも知れぬ, かも知れません, ように

▼ こう話しかけ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, てほろり

▼ こう話し合っ~ (3, 0.0%)

1 ては真, てゆく, て見る

▼ こう話し終っ~ (3, 0.0%)

1 て, てもうとう, て藤吉郎

▼ こう認めた~ (3, 0.0%)

1 たしかにこうだ, 一葉の, 以上は

▼ こう誘う~ (3, 0.0%)

1 と小坂信二, と郁治, 者は

▼ こう調子~ (3, 0.0%)

1 よく覚えられた, 好くできる, 良く行かない

▼ こう諸君~ (3, 0.0%)

1 は云う, は彼, は思われ

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 郎さまの, 郎の, 郎は

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 が一本, を広く, を怪我

▼ こう身体~ (3, 0.0%)

1 がぞくぞく, が弱っ, まで縛られ

▼ こう返辞~ (3, 0.0%)

1 えた, をした, を伝え

▼ こう述懐~ (3, 0.0%)

2 した 1 したという

▼ こう遅く~ (3, 0.0%)

1 なったん, まで一人, まで気

▼ こう金兵衛~ (3, 0.0%)

3 は声

▼ こう鈴江~ (3, 0.0%)

1 がつぶやい, がつぶやき, はいっ

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 の陣, 庵は, 陣と

▼ こう附け加え~ (3, 0.0%)

1 ている, てその, て云った

▼ こう隠居~ (3, 0.0%)

1 が笑っ, は私, も気軽

▼ こう集っ~ (3, 0.0%)

1 てしまえ, てみる, て来たらあかへん

▼ こう離れ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, て見

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 にでも乗っ, の中, 隠才蔵

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 がひどく, が降り, のよう

▼ こう露骨~ (3, 0.0%)

1 にその, になっ, に野心

▼ こう非難~ (3, 0.0%)

1 されるだろうと, する人, をし

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 と向っ, と対, を合わせ

▼ こう頓狂~ (3, 0.0%)

1 な声, に叫び, に声

▼ こう香具師~ (3, 0.0%)

1 が代っ, は嬉し, は笑い

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 になっ, を刳る, を照らし

▼ こう高らか~ (3, 0.0%)

1 にあざわらった, にいいました, に呼ばわった

▼ こう鳰鳥~ (3, 0.0%)

1 は切り出した, は訊い, を引き止めた

▼ こう~ (3, 0.0%)

1 たれるよう, で捏ね出す, の先

▼ こうあきらめ~ (2, 0.0%)

1 てもいる, て頼長

▼ こうあっさり~ (2, 0.0%)

1 お話が, と軽く

▼ こうあっしゃ~ (2, 0.0%)

1 あ思っ, 白眼みます

▼ こうあったら~ (2, 0.0%)

2 と思う

▼ こうあらね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ こうありあり~ (2, 0.0%)

1 とどこ, と前人

▼ こうあれ~ (2, 0.0%)

1 に渡した, はああ

▼ こういいいい~ (2, 0.0%)

1 体温器を, 侍は

▼ こういいのこす~ (2, 0.0%)

1 と急, と釘勘

▼ こういい捨てる~ (2, 0.0%)

1 と旅人, と貧乏神

▼ こういかなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, ちゃならない

▼ こういかなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばならない

▼ こういく~ (2, 0.0%)

1 か, 地が

▼ こういそがしく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ身体, ては誰

▼ こういちいち~ (2, 0.0%)

1 はいはいでは, 釘勘の

▼ こういや~ (2, 0.0%)

1 なこと, 綱手さんの

▼ こういわざる~ (2, 0.0%)

1 を得ないだろう, を得なかった

▼ こういわね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ こういわれました~ (2, 0.0%)

1 から私, ので顔

▼ こういんぎん~ (2, 0.0%)

1 なの, に礼儀

▼ こううながす~ (2, 0.0%)

1 のです, ように

▼ こううるさく~ (2, 0.0%)

1 てはかなわん, 訊くの

▼ こううわさ~ (2, 0.0%)

1 しあっただが, した

▼ こうえたい~ (2, 0.0%)

2 の知れぬ

▼ こうおすすめ~ (2, 0.0%)

1 したからと, します

▼ こうおそい~ (2, 0.0%)

1 のに君一人, はずが

▼ こうおっしゃいました~ (2, 0.0%)

1 がこんど, 文学という

▼ こうおとなしく~ (2, 0.0%)

1 命に, 絹雨に

▼ こうおもった~ (2, 0.0%)

1 とおり口に, 諭吉は

▼ こうお尋ね~ (2, 0.0%)

1 になった, 申して

▼ こうお礼~ (2, 0.0%)

1 が銭形平次, をいっ

▼ こうお腹~ (2, 0.0%)

1 が減った, の具合

▼ こうお話~ (2, 0.0%)

1 したら大抵, しても

▼ こうかいする~ (2, 0.0%)

1 かもしれません, んじゃ

▼ こうかたく~ (2, 0.0%)

1 信じて, 胸底に

▼ こうかねえ~ (2, 0.0%)

1 いまは, 浜へは

▼ こうからは~ (2, 0.0%)

1 ひそひそと, 左に

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 きょうかる, ゃはんのかいがいしい身なりを

▼ こうきかれ~ (2, 0.0%)

1 て正司, て私

▼ こうきざ~ (2, 0.0%)

1 に気取っ, に気取らなけれ

▼ こうきまる~ (2, 0.0%)

1 と棒, 上は

▼ こうきめつけられ~ (2, 0.0%)

1 てはこの, てはてれ

▼ こうくりかえし~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ こうこうこう~ (2, 0.0%)

1 だから, みいや

▼ こうささやく~ (2, 0.0%)

1 のだった, のであった

▼ こうさらり~ (2, 0.0%)

1 と両刀, と湯茶

▼ こうさんする~ (2, 0.0%)

1 ことを, よ

▼ こうしたき~ (2, 0.0%)

1 かいで, ゃんぷ連中に

▼ こうしです~ (2, 0.0%)

1 からいくら, からそこ

▼ こうしなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, ては幅

▼ こうしました~ (2, 0.0%)

1 から, 気持ちの

▼ こうします~ (2, 0.0%)

1 とはや, な

▼ こうしみじみ~ (2, 0.0%)

1 と思う, 新三郎に

▼ こうしようで~ (2, 0.0%)

1 はない, は無い

▼ こうすこし~ (2, 0.0%)

1 改まった様子, 首を

▼ こうすっかり~ (2, 0.0%)

1 その琵琶, まん

▼ こうすべきだ~ (2, 0.0%)

1 ということ, と思った

▼ こうすべて~ (2, 0.0%)

1 にあけ, を串談

▼ こうすらすら~ (2, 0.0%)

1 と追詰めました, と運ぶ

▼ こうすんなり~ (2, 0.0%)

1 お買上げ, 会えようとは

▼ こうずーっと~ (2, 0.0%)

1 入るよう, 海面を

▼ こうせず~ (2, 0.0%)

1 にいられない, にはいられなかった

▼ こうせん~ (2, 0.0%)

1 が大好き, を食べた

▼ こうそんな~ (2, 0.0%)

1 娘が, 物は

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 うさなく, お客に

▼ こうぞう~ (2, 0.0%)

1 の中, をなぜ

▼ こうたしなめた~ (2, 0.0%)

1 のち僕の, ものだった

▼ こうたずねた~ (2, 0.0%)

1 だけだった, のでした

▼ こうたんか~ (2, 0.0%)

1 をきった, を切る

▼ こうだったろう~ (2, 0.0%)

2

▼ こうつくづく~ (2, 0.0%)

1 と観じまする, 自分の

▼ こうつけた~ (2, 0.0%)

1 のだ, 青眼に

▼ こうつけ加え~ (2, 0.0%)

1 て云った, て言った

▼ こうつけ加えた~ (2, 0.0%)

1 がさすが, のである

▼ こうつけ足し~ (2, 0.0%)

1 て云う, て笑った

▼ こうつたえ~ (2, 0.0%)

1 て来た, よ

▼ こうつよく~ (2, 0.0%)

1 否定した, 答えたという

▼ こうてい~ (2, 0.0%)

1 でみんな, のあちこち

▼ こうていねい~ (2, 0.0%)

1 だった, にいっ

▼ こうであっ~ (2, 0.0%)

1 てほしい, ても確か

▼ こうであります~ (2, 0.0%)

1 から男たち, が他

▼ こうでございました~ (2, 0.0%)

2

▼ こうでない~ (2, 0.0%)

1 ようです, 幸いが

▼ こうとして~ (2, 0.0%)

1 ひときわ話, ふとさあ

▼ こうとっさ~ (2, 0.0%)

1 に決心, の間

▼ こうとんとん拍子~ (2, 0.0%)

1 に事, に行こう

▼ こうどこ~ (2, 0.0%)

1 の牢人, へも廻らず

▼ こうどなった~ (2, 0.0%)

1 のだ, 者は

▼ こうどなる~ (2, 0.0%)

1 ように, んでございます

▼ こうなじる~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ こうなだめ~ (2, 0.0%)

1 たりまた, ておい

▼ こうなったら逃げる~ (2, 0.0%)

1 ことは, よりほか

▼ こうなっちまった~ (2, 0.0%)

1 ね, ものを

▼ こうなつ~ (2, 0.0%)

1 たらど, た以上

▼ こうなに~ (2, 0.0%)

1 かいい, か独立

▼ こうならぬ~ (2, 0.0%)

2 前に

▼ こうなられ~ (2, 0.0%)

2 ちゃこれ

▼ こうなりし~ (2, 0.0%)

1 てこと, てそれ

▼ こうなります~ (2, 0.0%)

1 から, 弾丸の

▼ こうなりますれ~ (2, 0.0%)

1 ばもう, ば何事

▼ こうなれなれしく~ (2, 0.0%)

1 呼びかけられたらどんなに, 早月さんに

▼ こうなれる~ (2, 0.0%)

1 のであろう, もので

▼ こうにべ~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 左の, 近常さん

▼ こうねん~ (2, 0.0%)

1 天正十年のろく, 柴田どのと

▼ こうばい~ (2, 0.0%)

2

▼ こうばか~ (2, 0.0%)

1 ししや, ししやが

▼ こうばかり~ (2, 0.0%)

1 して, でも

▼ こうひとり言~ (2, 0.0%)

1 にいっ, をいった

▼ こうふと~ (2, 0.0%)

1 お心, 心に

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 ッつづけ, ッ切ら

▼ こうぶっ~ (2, 0.0%)

1 てこんな, て遠く

▼ こうぶった~ (2, 0.0%)

1 口ぶりで, 私の

▼ こうぶつぶつ~ (2, 0.0%)

1 いうと, いってから

▼ こうぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 して, と白い

▼ こうぶる~ (2, 0.0%)

2 ようだ

▼ こうべに~ (2, 0.0%)

1 神やどる, 神宿るだ

▼ こうべらべら~ (2, 0.0%)

1 しゃべって, 饒舌り立てた

▼ こうまじめ~ (2, 0.0%)

1 な顔, にきいた

▼ こうまとも~ (2, 0.0%)

1 に母親, に見られ

▼ こうみい~ (2, 0.0%)

1 やみい, や家

▼ こうやって来た~ (2, 0.0%)

1 からには入道殿, んだ

▼ こうやられる~ (2, 0.0%)

1 とたいてい, 以上は

▼ こうやれ~ (2, 0.0%)

1 という, ばもう

▼ こうよと~ (2, 0.0%)

1 思い定めさすもの, 見えたるところ

▼ こうらしい~ (2, 0.0%)

1 ってあなた, ね

▼ こうらジャン~ (2, 0.0%)

2 にケン

▼ こうろぎの声~ (2, 0.0%)

1 がさびしく, をきい

▼ こうわかっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, て見る

▼ こうわかった~ (2, 0.0%)

1 以上は, 以上俺も

▼ こうわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の真似, は聞い

▼ こうシッカリ~ (2, 0.0%)

1 と持っ, と捉

▼ こうヒヤリ~ (2, 0.0%)

1 として, とする

▼ こうベラベラ~ (2, 0.0%)

1 とまくし立て, 喋っても

▼ こうポカ~ (2, 0.0%)

1 つくか, つくかと

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 としゃくい, と口

▼ こう一同~ (2, 0.0%)

1 にいわざる, 程好く

▼ こう一旦~ (2, 0.0%)

1 区別された, 返す

▼ こう一時~ (2, 0.0%)

1 に紅葉, に蟋蟀

▼ こう一種~ (2, 0.0%)

1 の因縁, の敵意

▼ こう丁寧~ (2, 0.0%)

1 に云い入れた, に申します

▼ こう三ヵ所~ (2, 0.0%)

1 が幕府経営, に組屋敷

▼ こう三太夫~ (2, 0.0%)

1 は云っ, は呟いた

▼ こう三拍子~ (2, 0.0%)

1 そろったん, 揃ったうえ

▼ こう上っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ運賃, て行く

▼ こう上手~ (2, 0.0%)

2 に幕

▼ こう下腹~ (2, 0.0%)

1 が押し上げられる, へさしこん

▼ こう不景気~ (2, 0.0%)

2 では

▼ こう不運~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ こう両翼~ (2, 0.0%)

1 の一致, を取り除く

▼ こう両面~ (2, 0.0%)

1 に分解, の二つ

▼ こう主人~ (2, 0.0%)

1 が話し, に話し掛けました

▼ こう乱脈~ (2, 0.0%)

1 な世の中, な時

▼ こう二行~ (2, 0.0%)

1 にすすみ, の金字

▼ こう云いたかった~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ こう云い云い~ (2, 0.0%)

1 アルマ青年は, 廊下を

▼ こう云い捨てる~ (2, 0.0%)

1 とトットッ, と背負った

▼ こう云い置い~ (2, 0.0%)

1 て二階, て皈

▼ こう云う下卑た~ (2, 0.0%)

1 所に, 料簡を

▼ こう云ったで~ (2, 0.0%)

2 はありません

▼ こう云つたの~ (2, 0.0%)

1 は林田, は藤枝

▼ こう云つてちよ~ (2, 0.0%)

1 つとだまつ, つと藤枝

▼ こう云つて彼~ (2, 0.0%)

1 は私, は腕時計

▼ こう云われます~ (2, 0.0%)

1 と姫, と鍛冶屋

▼ こう人々~ (2, 0.0%)

1 にいった, は噂

▼ こう人気~ (2, 0.0%)

1 があっ, が出る

▼ こう人間~ (2, 0.0%)

1 が吝嗇, ばなれした

▼ こう仔細~ (2, 0.0%)

1 を割っ, を告げ

▼ こう仕向けられ~ (2, 0.0%)

1 て今更, て見る

▼ こう代官松~ (2, 0.0%)

1 は思う, は考えたらしい

▼ こう仮定~ (2, 0.0%)

1 する, すること

▼ こう伝わっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てきた

▼ こう伝言~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ こう低い~ (2, 0.0%)

2 声で

▼ こう低く~ (2, 0.0%)

1 云った, 言ったの

▼ こう低能~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ こう何となく~ (2, 0.0%)

1 反り返って, 思われたので

▼ こう何もかも~ (2, 0.0%)

1 ぐりはまに, つまらないよう

▼ こう何度~ (2, 0.0%)

1 も, も喚きました

▼ こう使う~ (2, 0.0%)

1 と魔術, のだ

▼ こう促し~ (2, 0.0%)

1 てやがて, て抱き下ろし

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に安易, に広い

▼ こう偉い~ (2, 0.0%)

1 のが, 人に

▼ こう働かなくっ~ (2, 0.0%)

1 ては満足, て満足

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 からあけ, へ掻

▼ こう内儀~ (2, 0.0%)

1 が言っ, に言伝

▼ こう内輪~ (2, 0.0%)

1 の水入らず, の者

▼ こう冬子~ (2, 0.0%)

1 がつい, は改まっ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 い湿ぽい, い青

▼ こう冷え~ (2, 0.0%)

1 ちゃあ遣り切れ, てしまっ

▼ こう冷静~ (2, 0.0%)

1 に物事, に質問

▼ こう~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ こう出られ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ こう出られる~ (2, 0.0%)

1 と渡辺刑事, と裏切られた

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 を構え, を衆

▼ こう分っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, てみれ

▼ こう分れ~ (2, 0.0%)

1 て居った, て泊っ

▼ こう切っ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て出られた

▼ こう切に~ (2, 0.0%)

1 仰せられるので, 思われる

▼ こう切り出した~ (2, 0.0%)

1 ので龍子, 居士は

▼ こう切り出す~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものと

▼ こう列べたら~ (2, 0.0%)

2 大抵の

▼ こう判定~ (2, 0.0%)

1 せざるを, を下し

▼ こう別々~ (2, 0.0%)

1 なこと, に云っ

▼ こう別れ~ (2, 0.0%)

1 をつげ, を奏し

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 置し, 置を

▼ こう割れ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てみれ

▼ こう動かし~ (2, 0.0%)

1 てくる, てみる

▼ こう勘定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう勧め~ (2, 0.0%)

1 て見た, 両親も

▼ こう千鶴子~ (2, 0.0%)

1 に何げ, の云った

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 は自分, は言

▼ こう反問~ (2, 0.0%)

1 するあいだ, せねば

▼ こう反対~ (2, 0.0%)

1 に叫ぶ, に相談

▼ こう叔父~ (2, 0.0%)

1 が混返, に話し聞かせた

▼ こう取っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て右

▼ こう取次い~ (2, 0.0%)

1 で曹丕, で来た

▼ こう受け答え~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ こう口ずさん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でおいで

▼ こう口癖~ (2, 0.0%)

1 に言っ, のよう

▼ こう口説き立てた~ (2, 0.0%)

1 お粂, のは

▼ こう口走った~ (2, 0.0%)

1 のを, ものである

▼ こう叫ばれた~ (2, 0.0%)

1 と云います, のです

▼ こう吐き出す~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ こう吹く~ (2, 0.0%)

1 といや, ものじゃ

▼ こう呟かず~ (2, 0.0%)

1 にはいられなかった, にはいられませんです

▼ こう呶鳴~ (2, 0.0%)

1 って歩きかけた, って注意

▼ こう呻いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 双方の

▼ こう呼ばれる~ (2, 0.0%)

1 のである, 丹波自慢の

▼ こう呼ばわった~ (2, 0.0%)

1 のである, のは

▼ こう呼びかけた~ (2, 0.0%)

1 のは, 新子の

▼ こう呼びかけられた~ (2, 0.0%)

1 から米友, ので太郎

▼ こう呼び立てる~ (2, 0.0%)

1 ジョンの, 勘介の

▼ こう命じられた~ (2, 0.0%)

1 が今, ことを

▼ こう命名~ (2, 0.0%)

1 して, するね

▼ こう哀しく~ (2, 0.0%)

1 一人ぼっちな, 叫んだ

▼ こう哀願~ (2, 0.0%)

2 した

▼ こう品物~ (2, 0.0%)

1 をさばい, を安売り

▼ こう唄った~ (2, 0.0%)

1 からって世, 彼らの

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 を噛み, を噛んだ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 ねましたとき, を提出

▼ こう問いかけられた~ (2, 0.0%)

1 ので馭者, ものです

▼ こう問いつめられる~ (2, 0.0%)

1 と仕方, と赤面

▼ こう問い直す~ (2, 0.0%)

1 と声, と外記

▼ こう喚いた~ (2, 0.0%)

1 は市郎右衛門, 顔の

▼ こう嘆声~ (2, 0.0%)

1 を交わし合う, を発し

▼ こう器用~ (2, 0.0%)

2 には出来ません

▼ こう嚇され~ (2, 0.0%)

1 てもそれ, てもやはり

▼ こう嚇し~ (2, 0.0%)

2 て置い

▼ こう囁き~ (2, 0.0%)

1 ながらその, 廻る者

▼ こう四つ~ (2, 0.0%)

1 に分れてる, の柱建て

▼ こう四名~ (2, 0.0%)

1 だった, の隙

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 と横町, になっ

▼ こう堅く~ (2, 0.0%)

1 なった日, なった沈んだ声

▼ こう多四郎~ (2, 0.0%)

1 が云った, は云った

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 の様, をでもみてる

▼ こう大事~ (2, 0.0%)

1 にしない, を打ち明けた

▼ こう大言~ (2, 0.0%)

2 した

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 から降っ, を眺め

▼ こう天気~ (2, 0.0%)

1 の可, はいい

▼ こう奏上~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ こう奔命~ (2, 0.0%)

1 につかれ, に疲れ

▼ こう女中~ (2, 0.0%)

1 は愛想, は節子

▼ こう女房~ (2, 0.0%)

1 が夫人, へお

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に掻き口説かれ, をなだめ

▼ こう姉様~ (2, 0.0%)

1 から言付かっ, の顔

▼ こう姿~ (2, 0.0%)

1 を見せた, を見せん

▼ こう宗蔵~ (2, 0.0%)

1 は捨鉢, は附添

▼ こう定めた~ (2, 0.0%)

1 のも, ものでなく

▼ こう定義~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ こう家康~ (2, 0.0%)

1 から高飛車, に返事

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 むくては, ッくっ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 かし, かに観

▼ こう対し~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ こう専斎~ (2, 0.0%)

1 の思った, は礼

▼ こう尋ねました~ (2, 0.0%)

1 ので月江, 声ざまには

▼ こう尋ねられ~ (2, 0.0%)

1 てみる, ても何

▼ こう小さい~ (2, 0.0%)

1 傷だ, 猪口を

▼ こう小次郎~ (2, 0.0%)

1 はいっ, へいった

▼ こう少なく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ仕様, ては保険会社

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が転がっ, の中

▼ こう左衛門~ (2, 0.0%)

1 にいった, にひきあわせ

▼ こう市之丞~ (2, 0.0%)

1 は云い, は凛々しく

▼ こう平和~ (2, 0.0%)

1 にいたい, にはいかなかったろう

▼ こう幸福~ (2, 0.0%)

1 なの, な気持

▼ こう幹部~ (2, 0.0%)

1 の意見, の方

▼ こう度胸~ (2, 0.0%)

1 の据, をきめ

▼ こう延び延び~ (2, 0.0%)

1 にされ, になっ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に言っ, を窘める

▼ こう弱く~ (2, 0.0%)

1 なったん, なっては

▼ こう彼ら~ (2, 0.0%)

1 は言う, は途中

▼ こう得体~ (2, 0.0%)

2 の知れない

▼ こう得意そう~ (2, 0.0%)

1 に言う, に言っ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 た考え直したよう, た自分

▼ こう心配~ (2, 0.0%)

1 で, ばかしさして

▼ こう必死~ (2, 0.0%)

1 に働い, に迫っ

▼ こう応じ~ (2, 0.0%)

1 て, て木村助九郎

▼ こう忠蔵~ (2, 0.0%)

1 は云い, は思った

▼ こう忠言~ (2, 0.0%)

1 した, めかして

▼ こう快諾~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう念じ~ (2, 0.0%)

1 ていっし, てする

▼ こう怒っ~ (2, 0.0%)

1 ていう間, てばかりいる

▼ こう怒られ~ (2, 0.0%)

1 ても仕方, て楠

▼ こう怒鳴られる~ (2, 0.0%)

1 といばる, ように

▼ こう思い出した~ (2, 0.0%)

1 から駒井, のは

▼ こう思い出す~ (2, 0.0%)

1 と矢, と私

▼ こう思い定め~ (2, 0.0%)

1 ている, ながら暁

▼ こう思い来る~ (2, 0.0%)

1 とき柴田修理勝家は, と今

▼ こう思い立つ~ (2, 0.0%)

1 と火の玉, 前に

▼ こう思い耽っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ こう思わない~ (2, 0.0%)

1 わけには, 事は

▼ こう思わなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばなりません

▼ こう思召~ (2, 0.0%)

1 したの, しに

▼ こう思惟~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう怠け~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ こう急激~ (2, 0.0%)

1 なん, に凱歌

▼ こう急転~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ こう恋人~ (2, 0.0%)

1 にでも待たるる, の名

▼ こう恐れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, 謹しんで

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 を噛む, を弾ませた

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 度胸の, 智恵を

▼ こう悪口~ (2, 0.0%)

1 ばかりを言っ, を申します

▼ こう悪魔~ (2, 0.0%)

1 の呪い, は思想家たち

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 ねえ人間, 無いこと

▼ こう意気地~ (2, 0.0%)

1 がない, なくしつけられ

▼ こう感づいた~ (2, 0.0%)

1 のは, 彼の

▼ こう感嘆~ (2, 0.0%)

1 した, の声

▼ こう感服~ (2, 0.0%)

1 したから, して

▼ こう慰め~ (2, 0.0%)

1 ておい, てやりました

▼ こう成った~ (2, 0.0%)

1 と言う, ッても

▼ こう成る~ (2, 0.0%)

1 からいい, とはちゃんと

▼ こう成ッ~ (2, 0.0%)

1 ては穏, ては耳

▼ こう手早く~ (2, 0.0%)

1 揃うの, 描いて

▼ こう打ちあけた~ (2, 0.0%)

1 からには鳶七, 以上いやとは

▼ こう打て~ (2, 0.0%)

1 と押え付け, ばこう

▼ こう批判~ (2, 0.0%)

1 したよう, して

▼ こう抑えた~ (2, 0.0%)

1 からにはこれ以上, 馬の

▼ こう拝む~ (2, 0.0%)

1 ものだ, ように

▼ こう持ちかけられ~ (2, 0.0%)

1 ては痛しかゆし, てみる

▼ こう掛り~ (2, 0.0%)

1 とやらあく, とやらへの面目

▼ こう推定~ (2, 0.0%)

1 したん, する

▼ こう改まっ~ (2, 0.0%)

1 て先ず, て外

▼ こう教えられ~ (2, 0.0%)

1 てお, てもまだ

▼ こう敬太郎~ (2, 0.0%)

1 の神経, は思った

▼ こう数え立て~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ こう数馬~ (2, 0.0%)

1 に礼, に答えました

▼ こう斬り下げられました~ (2, 0.0%)

1 ときの, 時の

▼ こう断ずる~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ こう断わっ~ (2, 0.0%)

1 て置い, て老人

▼ こう早う~ (2, 0.0%)

1 きまろうとは, 涸れて

▼ こう明らさま~ (2, 0.0%)

1 に云い出される, に書い

▼ こう易々~ (2, 0.0%)

1 とトントン拍子, と敵軍

▼ こう晴れやか~ (2, 0.0%)

1 なのびやか, な面白

▼ こう曲がっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てこっち

▼ こう書かれる~ (2, 0.0%)

1 と今さら, と自然派

▼ こう書き~ (2, 0.0%)

1 ながらもつくづく, ながら私

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 てしもうた, てはまた

▼ こう来い~ (2, 0.0%)

1 こうお出で, 弟

▼ こう来なせ~ (2, 0.0%)

1 え, えよ

▼ こう林蔵~ (2, 0.0%)

1 は声, は憮然

▼ こう梅田~ (2, 0.0%)

1 が冷やかす, の馬さん

▼ こう極め~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまう

▼ こう極めた~ (2, 0.0%)

1 のである, んだ

▼ こう極めて~ (2, 0.0%)

1 ある, 仕舞うの

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に上る, に活計

▼ こう歌い~ (2, 0.0%)

1 ながらやって来, ながら大きい

▼ こう歌っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て侍女

▼ こう歎息~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ こう正成~ (2, 0.0%)

1 のこと, は訓

▼ こう歩い~ (2, 0.0%)

1 てい, てばかりいる

▼ こう殊勝~ (2, 0.0%)

1 に改まった, らしく書くが

▼ こう残酷~ (2, 0.0%)

1 にあつかわれ, に命じ

▼ こう段々~ (2, 0.0%)

1 に夜, 遅れに

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に一行, はいった

▼ こう毎晩~ (2, 0.0%)

1 お二人, 続けて

▼ こう気づい~ (2, 0.0%)

1 てからは大師, てもすでに

▼ こう気づく~ (2, 0.0%)

1 のは, 者が

▼ こう気味~ (2, 0.0%)

1 がわるい, の悪い

▼ こう気味が悪く~ (2, 0.0%)

1 て仕様, なって

▼ こう江戸~ (2, 0.0%)

1 じゃあナまあ, のよう

▼ こう決まっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て出

▼ こう決まる~ (2, 0.0%)

1 ことで, 他ない

▼ こう沙汰~ (2, 0.0%)

1 したの, せい

▼ こう泥棒~ (2, 0.0%)

1 の勤める, の種

▼ こう泰さん~ (2, 0.0%)

1 に尋ねられた, は怒鳴りつけ

▼ こう洩らし~ (2, 0.0%)

1 て, てふりかえる

▼ こう浮舟~ (2, 0.0%)

1 が書い, は答え

▼ こう浮足~ (2, 0.0%)

1 だってしまっ, 立てる理由

▼ こう混雑~ (2, 0.0%)

1 しちゃ, して

▼ こう満足~ (2, 0.0%)

1 した爺さん, して

▼ こう演説~ (2, 0.0%)

1 したの, しました

▼ こう澄江~ (2, 0.0%)

1 が云い出した, は主張

▼ こう激しく~ (2, 0.0%)

1 叫ぶ声, 鳴っては

▼ こう激励~ (2, 0.0%)

1 した, の辞

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 をつけ, をつけた

▼ こう為朝~ (2, 0.0%)

1 はおら, は思い

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 暗に進行, 関心で

▼ こう無邪気~ (2, 0.0%)

1 には行かぬ, に言っ

▼ こう熱心~ (2, 0.0%)

1 に保護, に話しかけた

▼ こう物々しく~ (2, 0.0%)

1 かたまって, 前へ

▼ こう特別~ (2, 0.0%)

1 な感動, な電気

▼ こう状況~ (2, 0.0%)

1 を告げた, を語った

▼ こう猛烈~ (2, 0.0%)

1 にやり出す, に来よう

▼ こう王様~ (2, 0.0%)

1 にうったえました, に申し上げました

▼ こう申しあげ~ (2, 0.0%)

1 て御前, て顔色

▼ こう申しましたなら~ (2, 0.0%)

1 ばもはや, ば諸君

▼ こう申しましたら~ (2, 0.0%)

1 こちらの, 貴方は

▼ こう申しましょう~ (2, 0.0%)

2

▼ こう申しまする~ (2, 0.0%)

1 と他, と諸君

▼ こう申し上げた~ (2, 0.0%)

1 とて私, んです

▼ こう申すで~ (2, 0.0%)

2 はございません

▼ こう異論~ (2, 0.0%)

1 を申し立てた, を申し立てました

▼ こう畳みかけ~ (2, 0.0%)

1 て言葉, て責め立て

▼ こう痛む~ (2, 0.0%)

1 のだろう, のは

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 へ話しかけました, をきり

▼ こう直した~ (2, 0.0%)

1 のか, のであった

▼ こう直せ~ (2, 0.0%)

1 ばこう, ば動かぬ

▼ こう直樹~ (2, 0.0%)

1 が自分, は三吉

▼ こう相川~ (2, 0.0%)

1 は書い, は独語

▼ こう省察~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 ッ向の, 二つに

▼ こう真暗~ (2, 0.0%)

2 では

▼ こう眠く~ (2, 0.0%)

1 てはヤリキレマセン, ては恋

▼ こう着物~ (2, 0.0%)

1 のし, をかえ

▼ こう睨ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で来た

▼ こう知った~ (2, 0.0%)

1 女は, 心は

▼ こう短時日~ (2, 0.0%)

1 に出来, の間

▼ こう短気~ (2, 0.0%)

1 にかかる, になった

▼ こう破裂~ (2, 0.0%)

1 しかかる, して

▼ こう確信~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ こう祈祷~ (2, 0.0%)

1 したが, の言葉

▼ こう祝福~ (2, 0.0%)

1 しあって, して

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 の託宣, は予知

▼ こう祟られ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ私, ては化猫

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 あ割れた, があがったら考える

▼ こう稲垣~ (2, 0.0%)

2 の細君

▼ こう突い~ (2, 0.0%)

1 て, てこう

▼ こう突く~ (2, 0.0%)

1 とひょろひょろ, のだ

▼ こう窮屈~ (2, 0.0%)

1 になったろう, らしい所

▼ こう立つ~ (2, 0.0%)

1 と風, のさ

▼ こう笑い~ (2, 0.0%)

1 ながら半, ながら答える

▼ こう笑う~ (2, 0.0%)

1 のが, のだった

▼ こう笑っ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て吾家

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が通った, 立った逸作

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 へました, を避けた

▼ こう答えざる~ (2, 0.0%)

2 を得なかった

▼ こう答えなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならなかった

▼ こう答えられ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が無駄, を垂れ

▼ こう紋太郎~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は思い

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 につつんだ, の上

▼ こう素っ気~ (2, 0.0%)

1 ない返事, なく挨拶

▼ こう結びつけ~ (2, 0.0%)

1 て考えた, て考える

▼ こう続い~ (2, 0.0%)

1 てある, ては麦

▼ こう続け~ (2, 0.0%)

1 さまに, て叔父さん

▼ こう続けざま~ (2, 0.0%)

1 じゃやり切れ, に芝居

▼ こう緊張~ (2, 0.0%)

1 した表情, を眸

▼ こう繰返す~ (2, 0.0%)

1 だけ我儘娘, ので耕吉

▼ こう罵った~ (2, 0.0%)

1 のは, 声の

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 武士の, 武士は

▼ こう老いぼれ~ (2, 0.0%)

1 ちゃこんな, ちゃもう

▼ こう考えたら~ (2, 0.0%)

1 何よりも, 苦笑せず

▼ こう考えてる~ (2, 0.0%)

1 かのよう, んです

▼ こう考えはじめる~ (2, 0.0%)

1 とその, のが

▼ こう考えました~ (2, 0.0%)

1 から梓川, 彼女が

▼ こう考えるなら~ (2, 0.0%)

1 ばこういう, 文学者の

▼ こう考え直し~ (2, 0.0%)

1 て出来る, て捜す

▼ こう考へ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て見る

▼ こう聞える~ (2, 0.0%)

1 と申す, のである

▼ こう聞かれ~ (2, 0.0%)

1 て女, て帝

▼ こう聞きます~ (2, 0.0%)

1 と医師, と馬春堂先生

▼ こう聞こえ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てそれ

▼ こう聴く~ (2, 0.0%)

1 と, とお

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 のすらり, へ振り向けた

▼ こう背後~ (2, 0.0%)

1 から呼ばれた, から呼ぶ

▼ こう自分自身~ (2, 0.0%)

1 に力, に向っ

▼ こう自己~ (2, 0.0%)

1 が空虚, を晦ます

▼ こう自慢~ (2, 0.0%)

1 する, するの

▼ こう自由~ (2, 0.0%)

1 にこの, の身

▼ こう自覚~ (2, 0.0%)

1 すること, する自分

▼ こう致し~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, てやる

▼ こう致した~ (2, 0.0%)

1 のでよしや, のは

▼ こう致します~ (2, 0.0%)

1 か, からって証文

▼ こう良人~ (2, 0.0%)

1 は潔い, を弁護

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が白い, は白い

▼ こう色々~ (2, 0.0%)

1 な虫, の種類

▼ こう若い~ (2, 0.0%)

1 人達が, 和尚さんは

▼ こう苦しい~ (2, 0.0%)

1 なかから, ものかと

▼ こう苦しく~ (2, 0.0%)

1 てはちょッ, てはなさけない

▼ こう茅野雄~ (2, 0.0%)

1 は考え, は苦痛

▼ こう荒れ~ (2, 0.0%)

1 ている, 模様の

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が言う, に恨まれ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 の手伝い, をつくり

▼ こう藤吉~ (2, 0.0%)

1 が思った, はどなる

▼ こう~ (2, 0.0%)

2 から棒

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 の温かみ, をだし

▼ こう褒められた~ (2, 0.0%)

1 ので私, のは

▼ こう西~ (2, 0.0%)

1 が戯れる, の山根

▼ こう見える~ (2, 0.0%)

1 のは, わしにだって

▼ こう見した~ (2, 0.0%)

1 か知れない, のち鼻へ

▼ こう見まわした~ (2, 0.0%)

1 ところでは, ところみんな実にゆったり

▼ こう見れ~ (2, 0.0%)

1 ばそち, ば長唄

▼ こう規定~ (2, 0.0%)

1 すること, すれば

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 むれば, めた

▼ こう覗い~ (2, 0.0%)

1 ている, て見た

▼ こう覚った~ (2, 0.0%)

1 から平生かかりつけ, のも

▼ こう親し~ (2, 0.0%)

1 げに, そうに

▼ こう親しく~ (2, 0.0%)

1 こう朗, 呼びかけられる者

▼ こう親分~ (2, 0.0%)

1 が御, が悲観的

▼ こう親方~ (2, 0.0%)

1 の前, の膝

▼ こう解し~ (2, 0.0%)

1 ても誤り, て来る

▼ こう言いかけられ~ (2, 0.0%)

1 て奥方, て面

▼ こう言いかけられた~ (2, 0.0%)

1 お松は, 時に

▼ こう言いきる~ (2, 0.0%)

1 といかにも, 以外に

▼ こう言いたい~ (2, 0.0%)

1 のが, 心持に

▼ こう言いふくめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て安心

▼ こう言い出された~ (2, 0.0%)

1 のです, 時に

▼ こう言い出し~ (2, 0.0%)

1 てやがて, て少し

▼ こう言い捨てた~ (2, 0.0%)

1 なりひとまず, 言葉を

▼ こう言い渡した~ (2, 0.0%)

1 のである, 笹野新三郎

▼ こう言い言いした~ (2, 0.0%)

1 ものだ, ものだった

▼ こう言い足す~ (2, 0.0%)

1 と彼, のが

▼ こう言う見すぼらし~ (2, 0.0%)

1 さは, さよりも

▼ こう言ったかれ~ (2, 0.0%)

1 の声, の調子

▼ こう言つて~ (2, 0.0%)

1 はやしたてたの, やろう

▼ こう言わせ~ (2, 0.0%)

1 ていただきます, ている

▼ こう言ッ~ (2, 0.0%)

1 たが, てたッ

▼ こう言上~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう言合っ~ (2, 0.0%)

1 て互に, て勇気

▼ こう訂正~ (2, 0.0%)

1 して, してはと

▼ こう訊かず~ (2, 0.0%)

1 にはいられなかった, にはいられません

▼ こう訊かれた~ (2, 0.0%)

1 が叔父, ので草刈たち

▼ こう訊かれる~ (2, 0.0%)

1 とさすが, と加治景村

▼ こう訓示~ (2, 0.0%)

1 したのち, して

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 がわからない, が判っ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 問った, 寄せられた時

▼ こう詰め~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ こう詰問~ (2, 0.0%)

1 されたです, されたもの

▼ こう話しかける~ (2, 0.0%)

1 と, 声を

▼ こう話し終る~ (2, 0.0%)

2 とまた

▼ こう語り進む~ (2, 0.0%)

1 のです, 男の

▼ こう読ん~ (2, 0.0%)

1 でそれから, で聞かせ

▼ こう諭し~ (2, 0.0%)

1 たり励まし, て終り

▼ こう謂っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃあ何, ちゃ陋

▼ こう讒言~ (2, 0.0%)

2 した

▼ こう豪語~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ こう貧乏~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ こう責める~ (2, 0.0%)

1 ために, ので侍従

▼ こう賞め~ (2, 0.0%)

2 たの

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 ねたもの, ねて

▼ こう走り書き~ (2, 0.0%)

1 がし, して

▼ こう身近~ (2, 0.0%)

1 かにながめる, な一つ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 の外, の輪

▼ こう辰子~ (2, 0.0%)

1 の罵った, へ問いかけた

▼ こう辿っ~ (2, 0.0%)

1 ておいで, て行かれた

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 がんばる日本, 厳密に

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 く, く迫っ

▼ こう近々と~ (2, 0.0%)

1 お目にかかりますれば, 召されるさえ

▼ こう近寄っ~ (2, 0.0%)

1 てその, て来

▼ こう返答~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ こう退屈~ (2, 0.0%)

1 では, なん

▼ こう透かし~ (2, 0.0%)

1 て見, て見ます

▼ こう透し~ (2, 0.0%)

1 て居ります, ながら

▼ こう連中~ (2, 0.0%)

1 がいきまい, は云う

▼ こう進められ~ (2, 0.0%)

1 ても座敷, て行った

▼ こう進ん~ (2, 0.0%)

1 でゆく, で言います

▼ こう運ん~ (2, 0.0%)

1 でしまえ, で来なく

▼ こう達雄~ (2, 0.0%)

1 が言った, は三吉

▼ こう違う~ (2, 0.0%)

1 から微塵, んだろう

▼ こう遺言~ (2, 0.0%)

2 して

▼ こう邪魔~ (2, 0.0%)

1 にされる, をされ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が入る, が物

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 をさした, を打たれ

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 のかかる, を握る

▼ こう長びく~ (2, 0.0%)

1 とは思わなかった, んでしょう

▼ こう長引く~ (2, 0.0%)

1 ことは, となる

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 に声, の中

▼ こう~ (2, 0.0%)

2 加えた

▼ こう附けたし~ (2, 0.0%)

1 て悲憤, て言いました

▼ こう降っ~ (2, 0.0%)

1 てはこの, ては夜

▼ こう陣十郎~ (2, 0.0%)

1 が云った, は声

▼ こう陳述~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が降り積っ, の散る

▼ こう雲助~ (2, 0.0%)

1 が傾城買, この腕

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が掛りました, に乗っ

▼ こう面倒~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ こう面白く~ (2, 0.0%)

1 ないん, 発展し

▼ こう順序~ (2, 0.0%)

1 があまり, を立て

▼ こう頼まれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てみる

▼ こう頼母~ (2, 0.0%)

1 しい方, に囁く

▼ こう馬鹿~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ こう高い~ (2, 0.0%)

1 ところから, 木の

▼ こう高く~ (2, 0.0%)

1 ちゃ家, 喚いた

▼ こう高瀬~ (2, 0.0%)

1 は泉, は濡縁

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 を啣, を銜え

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 が射す, にみいられた

▼ こう~ (2, 0.0%)

1 かに手, かに書い

▼ こう黒く~ (2, 0.0%)

1 なるとは, やこれ

▼ こう黙っ~ (2, 0.0%)

1 て歩く, て考え

▼1* [3543件]

こうたまを, こうあいつもいった, こうあう人々の, こうあからさまに褒められ, こうあがりをる, こうあくせくと旅, こうあくびばかし出る, こうあけていらし, こうあけすけに云っ, こうあげたらヒヤヒヤだ, こうあこも小田さん, こうあごをしゃくッ, こうあざらしに問いかけられる, こうあしらって口中, こうあしらわねばならなくされました, こうあしらわれてみる, こうあっしは思う, こうあったように, こうあったではござりませぬか, こうあったろうかと想像, こうあっちに畝, こうあつくちゃあやり切れません, こうあつくっちゃネ, こうあてつけられては教育課長, こうあでやかに笑われた, こうあなたはおっしゃる, こうあまったれた様な, こうあらためて書けば, こうあらぬものか, こうあらわしたものであろう, こうあらわせば豊か, こうありそうで, こうありゃァしねえ, こうあるだろう穿ち得て妙, こうあれかしだと, こうあわてて息まく, こういいおいて弓田警部, こういいかけてあと, こういいかけた瞬間であった, こういいかけるおじいさんの, こういいかぶせるとお, こういいきかせてくちばし, こういいきるのです, こういいすてると徳大寺大納言, こういいたいの, こういいたかったのだ, こういいたせあくまでお前たち, こういいだされた嬉しさ, こういいだしたからにはいや, こういいだすのでした, こういいつけておい, こういいつけた秦野屋九兵衛は, こういいのこして王さま, こういいまして心, こういいやがるんだ, こういい切った健三は, こういい切らねばならぬ, こういい切られて四郎兵衛, こういい切り横を, こういい切るのでした, こういい合ったほどの仲, こういい慣わしていた, こういい掛けた彼は, こういい放ち匙で, こういい断っても決して, こういい棄てて城内, こういい残した鬼の, こういい渡すと左右, こういい直さないわけには, こういい終った時, こういい終りますとラム・ダス, こういい終ると竹, こういい終わらぬうちに, こういい終わるとヒ, こういい置いて彼女, こういい置き帰って行かれました, こういい聞かせたのです, こういい触らしても文句, こういい詰めると若者, こういい足した時葉子は, こういうじゆうじざいな魔法の, こういえることを, こういかないのが, こういかれたような, こういきてえ, こういきたいものである, こういきり立つ傍で, こういけないここが, こういじくったり明るい, こういじくるとか或は, こういじめられてばかりいる, こういじらしいところが, こういそいで掛川, こういた場合にも, こういたさねばならぬ, こういたしてくれる, こういたしたものなどを, こういたせ秀吉も, こういたそうかしら, こういたわると年, こういちいち名をつける, こういちずに思いめぐらす, こういっさい万事を調え, こういっしょにいる, こういったなら和学者の, こういったろうと思われる, こういった思いがけぬ妙な, こういってたんです, こういっとるもない, こういないのだろう, こういはれた言葉に, こういふ色を見る, こういぶかり合うのみだった, こういまでも思いたい, こういやらしい見えすいたこと, こういられないように, こういろいろ心の中, こういろんなのに, こういわずにいられなかった, こういわせたらよいでしょう, こういわなかったのか, こういわなければどうしても, こういわれしこの時, こういわれたらきっと癪, こういわれたらいかな小田切久之進でも, こういわれれば, こういわんばかりな, こうぐひすから, こううたわるべき風趣情調, こううたわせその工夫, こううだつが上らなく, こううちとけない所が, こううつろになっ, こううなずき上に, こううなずくと半, こううまいことを, こううめく悲しげ, こううれしくなれる心, こうえぐってその, こうえな青々したところ, こうえれえ手, こうおいでなさるだろうと, こうおいでなさいよ, こうおいらの口, こうおうむはわらっ, こうおおせになりました, こうおかしなものが, こうおかみ憚りながらそういっ, こうおごらして済まない, こうおさえつけられる様な, こうおしなさいよ, こうおし默って見つめられ, こうおじいさんみたいに年, こうおちついて男, こうおちぶれてお, こうおっかない事件が, こうおっしゃいますからわたくし, こうおっしゃるなら不憫じゃ, こうおっしゃればいい, こうおとうさんはいい, こうおどかされて警官, こうおなかがすい, こうおなりあそばしてからこそ, こうおのずから区分される, こうおばあさんになっ, こうおまえのこと, こうおもいおもいカレンは, こうおもいたった諭吉は, こうおもい出すともう, こうおりぶ油くさい, こうおれは中世的, こうおれたちをいじめつける, こうおろおろと叫ん, こうおろかなの, こうお上の力, こうお前さんは云いなさる, こうお前たちにゃ限らねえ, こうお前一ツ内端じゃあねえか知己, こうお前和尚に借りねえ, こうお客にすりゃ, こうお松はにこやか, こうお母さまがいわれた, こうお父さんやお母さん, こうお目にかかってもそれ, こうお茶の土瓶, こうお越しくださいまし, こうお辞儀をする, こうお開きになり, こうかいしはじめている, こうかえってロス氏が, こうかえられては荒らした, こうかかれている, こうかきましてもあなた, こうかき廻したのも, こうかくかくの次第, こうかけかまいなしに, こうかたまってみれ, こうかつこうの, こうかついて来た, こうかとも思ったが, こうかなしそうに, こうかなと思って, こうかにわける, こうかむれば誰, こうかも知れぬと, こうからかい気味に聞い, こうからみ附けっていうわけ, こうからむのか, こうからんだのだ, こうかりょくようのおん衣くれない, こうかんがえていました, こうかんがえた諭吉は, こうかんがえられないことは, こうかんぺきの高い, こうがむしゃらに吠え立てられ, こうがら日増しにお, こうきいたらその返事, こうききながら侍, こうききたかつたのだ, こうきこうものなら, こうきたからこう, こうきっと居て, こうきつくたしなめて, こうきびしくなって, こうきめこんでいた, こうきめつけておい, こうきよ子さんがいった, こうきりだしておい, こうぎしの男山八幡, こうくだけたのは, こうくだしにおそいかかりました, こうくらくては電話機, こうくり返しました, こうくりかえしくりかえしいったそれからご飯, こうくり返して主, こうくり返すばかりです, こうくればピグミー, こうぐいと遣らかす, こうぐいッとおい, こうぐっと腕を, こうぐらぐらして, こうけったいな調子, こうけんどんに, こうげきがはじまる, こうげに立ち去ろうと, こうこうかくかくの次第, こうこしらえてくる, こうこすったのかな, こうこたえて所司代, こうこたえるのが, こうこだわるのは, こうこっぴどくいわれても, こうことにした, こうこのごろになっ, こうこぼしながらも心中, こうこらしめられれば彼奴, こうこられてはもう, こうこれはゆき, こうこんなにして, こう婦人の, こうごうぎと長く, こうございましたが, こうごたごたするン, こうさいをお, こうさえぎりながら少し, こうさけんだかれは倒れた, こうささやいたのだ, こうさし覗いて, こうさせられたこの身上, こうさせるかが問題, こうさっそくに事, こうさっぱりするに, こうさとると列, こうさばくより外, こうさばけられては仕方, こうさびれた原因と, こうさむくちゃ外出, こうさもしくなるの, こうさる寺で, こうされたらよろしかろう, こうさんざん手間どらせて, こうさんしてけらいに, こうさんしろなど, こうさん気ちがいうま, こうざいくのこうばにはいってなにかやっ, こうしおらしくでられると, こうしきりに並べたてる時, こうししてしきりに, こうししたら向うの, こうしずにはいられない, こうしたおたがいの, こうしたかったのだ, こうしちアいられねえ, こうしちゃいませんよ, こうしちゃおられざったんで, こうしっかりと呼び止め, こうしつこい油絵の, こうしつこく立たれては, こうしてきのどく, こうしてきさまにも拝ませ, こうしてやったりというよう, こうしてやったらきっと止まるだろう, こうしてやりたくなってしまった, こうしてやり出せば長州, こうしてりゃ顔が, こうしてればい, こうしとかなくちゃいけません, こうしとこうかな, こうしなかったのでしょう, こうしなけりゃ金目の, こうしなけりゃあいけないのと, こうしなさい何を, こうしなすっちゃいかが, こうしなってば, こうしのかげが黒い, こうしのまえでピッタリ, こうしばしば思います, こうしばらく行くと, こうしまいにはもう, こうしましょうではない, こうしまするぞ, こうしめて前, こうしめっぽい話を, こうしもらって来, こうしゃくうように, こうしゃべりはじめたのである, こうしゃべりまくる奇月宗匠です, こうしやったのは, こうしゅう電話のはこの, こうしよやああしよや, こうしろしなければお, こうしろひねくり廻して撮影, こうし給え今いった, こうじとじとして, こうじゃまが入った, こうじゃろが, こうじらされて文三, こうじりりじりりと手繰られる, こうじーっと黙って, こうがたを, こうすいと一二度ウ, こうすぎるところは, こうすぎるかういふ機会を, こうすこしぽかぽか暖かくなっ, こうすさまじく生き過ぎて, こうすすめていた, こうすすめられなくとも, こうすすめるのは, こうすっくと侍女の, こうすべいと, こうすべきで正札でない, こうすべて内部が分っ, こうすみやかに忘却, こうすやすやと花, こうするだろうとかねて, こうするならノートへ, こうすわっています, こうずいと往って, こうせいと教え, こうせきたてて返らせた, こうせっぱ詰ったらなん, こうせつ子に報告, こうせわしいんだろう, こうぜんと言い放たれた, こうそこらを見廻し, こうそそくさと弥生, こうそっとふところへ, こうそのうちひょっくりやって来るという, こうその頃の文献, こうそばに坐っ, こうそら膝やら, こうそれからそれ, こうそれ越前守殿に吹込ん, こうそわそわとし, こうそッけなく, こうぞくぞくするよう, こうぞで済まして, こうぞという意気を, こうのじゃ, こうたくさん人がいる, こうたくさん塊ると, こうたくさん集合して, こうたしなめられるとはじめて, こうたしなめるように, こうたずねて道, こうたずねないではいられなくなった, こうたずねられて悪太郎, こうたずねられたのでちょっと, こうたずねられたら誰しも, こうたずねるとおじいさん, こうたったの一太刀, こうたった今座敷は, こうたてつづけではふせぎ, こうたどって来, こうたのむと, こうためたものだ, こうためらいがちに, こうたる懐剣が, こうたれてつめたく, こうたわいもない, こうだけはふとりじしの, こうだつた筈だ, こうだに寄って, こうだましておく, こうだ知ってるかい自分, こうだ聞きな聞き, こうちぐはぐな浅薄, こうちゃんとわかれて, こうちょいとした, こうちょいちょいこのお, こうちょうど鱗の, こうちらつく工合は, こうっていうのか, こうついてい, こうついたのさ, こうついでおけば, こうつきつめてみる, こうつき詰めて来た, こうつぎつぎとおもしろい, こうつくねんとして重, こうつけて, こうつけるのが, こうつけ加えないでいられなかった, こうつけ加えると右, こうつけ加えるべきであったのだ, こうつけ足したところがこうした, こうつこうであるけれどもいま, こうつたえ聞いて大江山, こうつつましく礼を, こうつづけさまに, こうつと待てよ, こうつなげば女, こうつぶさに話されたので, こうつめ寄って戦場, こうつよい信頼を, こうつれに誘われ, こうつんとした事, こうつんぼを装う, こうていちょうにする, こうては自身の, こうてんでんに, こうであり更に又, こうでありたかったと云っ, こうであるなる程概念を, こうであるべき筈の, こうであればああ, こうでいけませんね, こうでかしれんのに, こうできてるんだ, こうできないのかと, こうでございとこの, こうでござんすもの, こうでなくなるかもしれません, こうでもねえといろいろ, こうでるように, こうで問われたお方様, こうで立つていた, こうといふお互に, こうときまつたわけ, こうとて本山に, こうとでござります, こうとの事件が, こうとやらを御存知なく, こうとりのぼせましてエッヘ, こうとりゃええ気, こうぶつく, こうどうだえ, こうどことなくおとなしいよう, こうどす黒い力強い気が, こうどたばたと駆けつけられ, こうどなられると宅助, こうどなり立てている, こうどれもこれ, こうないか, こうながく彼らが, こうながめてみました, こうなくってはならない, こうなくなり物は, こうなされるので, こうなすッたら, こうなすって下さい, こうなすったらいかがでしょう, こうなすべきですなどと社会, こうなそなたがまた, こうなだめられると船員, こうなったらあいての, こうなったらあるいてかえる, こうなったらはいっていく, こうなったらはなすものか, こうなったらやぶれかぶれ, こうなったら助かりようは, こうなったら取りかえしがつかへん, こうなったら寝るの一手じゃ, こうなったら引込むわけにも, こうなったら急いでくれろ, こうなったら打っちゃっても置かれねえ, こうなったら棄ててしまう, こうなったら言うだけのこと, こうなったら謝るのほか, こうなったら負けたって勝っ, こうなったら逢う逢わないはたいした, こうなったら隠さずに話します, こうなったら隠すことは, こうなったら騙しちまうほかは, こうなったら黙って成り行き, こうなった因りをよく, こうなった退引ならぬ, こうなっちゃおごんなけりゃなんねいな, こうなっちゃっては仕方, こうなってるところへは, こうなつちや荒い稼ぎ, こうなでながら笑っ, こうなどから見たら格付け, こうなどと一刀斎どのから, こうなどとはこの年, こうなにもかも見すかして, こうなやりかたという, こうならざるを得なかったろう, こうならずに済んだ, こうならなかったらあたしは, こうならなけりゃならねえ, こうならべて云う, こうならべたてましたところで, こうなりたがるのである, こうなりたくないために, こうなりましたら隠さず申し上げますがあれ, こうなりゃいつだって同, こうなりゃ出たって仕方, こうなりゃ占めたものだ, こうなりゃ絞め殺された五人の, こうなりゃ逃げるが勝ち, こうなりゆいた今までも, こうなり出すと音声そのもの, こうなり果てて死, こうなるたあ因果, こうなるてえのは, こうなるではなかろう, こうなるべき運命を, こうなるべきだったのです, こうなるべきであったのだ, こうなるべく運命づけられ, こうなるまえに北山, こうなれぼ当分温和し, こうなろうじゃねエか, こうなんだか身ぶるいしたくなる, こうなんだかウキウキして, こうなんてことは, こうなんともいえないよう, こうにげたがあれ, こうにゃならないね, こうにらんだ手前の, こうぬいて, こうぬうと置い, こうぬかしゃがるんです, こうぬっと腕を, こうねむたいのは, こうねらってと, こうのぞんで斬り下げ, こうののしると, こうのびたのも, こうのめのめ書いたもの, こうのんびりと碁, こうはいっても私, こうはかなく殺されようとは, こうはかばかしく行かなかった, こうはげしい神経衰弱に, こうはげまされ握手を, こうはじめて聞くと, こうはすかけに, こうはずはない, こうはずされここを, こうはつきり云つて再び藤枝, こうばかりはして, こうばりばりとかきむしる, こうばんをさがし, こうぱっとした明るい, こうょこりと出る, こうひがんだ考えばかり, こうひさしぶりで昔, こうひしひしと寄, こうひしめいてまさに, こうひたむきに決心, こうひっきりなしに落ちて, こうひとつにお, こうひととおり話しおわってから, こうひとりでいっ, こうひとりでに頭へ, こうひどすぎると, こうひどい打ち壊しの, こうひびいた時である, こうひびきますと大, こうひびくのが, こうひもじくては全く, こうひもじゅうては眼, こうひやかしても悠々, こうひろげて掛ける, こうひろ子にいつ, こうびっくりした顔, こうぴかつく刀を振りまわし, こうぴくつく訳がない, こうぴりっと来て, こうふくれたらまたさっと, こうふとっちゃビヤ樽, こうふらふらでは, こうふりかえると帰国, こうふるい立つような, こうふんしてるよ, こうぶつかっても自分, こうぶらりと押しだしたところ, こうぶら下げては鼠, こうぶるぶるッと, こうへまをやらかす, こうへよけもかわしも, こうへらず口がどんどん, こうへんじをかいた, こうべっぴんばかりいる, こうぺらぺらとしゃべり続けた, こうね, こうほだされたような, こうほのかにお答え, こうほめられてもあたりまえ, こうほめられるわけであった, こうほめると花廼屋, こうほんとうのこと, こうかげだ, こうぼうっと煙って, こうまあ色々とお願い, こうまいっては嵯峨, こうまいられよ, こうまいると, こうまぜっかえしたがすぐ, こうまっすぐに一本, こうまとまって, こうまどわずに有り体, こうまア私は, こうみえててもわれわれ, こうみじんに天誅, こうみずになる, こうみずからそれを打ち消した, こうみずから答え返した, こうみだれてしまっ, こうみつ打ち調べて, こうみなが惚れる, こうみるとすでに, こうむくむく肥る人, こうむざむざと見つけられる, こうむだ目を見る, こうむつた, こうむつかしくしては, こうむつかり出してひとりじりじり, こうむつたかを実例, こうむつたら気の毒ながらもはや, こうむつまじくお差し向かい, こうむらざらしめん, こうむらざらんがため, こうむらすにいたる, こうむら気で上, こうむることとてはなき世の風俗, こうむるごときことはなかったが今日のごとくに二週間, こうめがけてとびかかった, こうめちゃくちゃに線路, こうめちゃめちゃに掻き廻され, こうめでたき御契, こうもうしておりました, こうもしあなたが, こうもちがうかと, こうもちかけないと拾い, こうもっとおっぴらいた平野, こうもつれて来た, こうもてなせと御, こうもてるのも, こうもの凄い悲鳴が, こうもまぬけなことに, こうもみぢだの赤松, こうもやもやして, こうもんの次郎左エ門さん, こうやうに肉体的, こうやかましうては商売, こうやきがまわっ, こうやすやすとむすびついた, こうやたらに松, こうやったことが, こうやったなら相手の, こうやったらどうする, こうやったら言わせるも果てず, こうやっててはろくな, こうやって来ている, こうやって来るのが, こうやっといたら餓えも, こうやらしております, こうやらしたのだ, こうやらずうっと押し, こうやらほど経て, こうやられては溺れる, こうやら押せば明く, こうやりながらやにさがっ, こうやりして生き, こうやりゃあおッぺしょれてしまうぞ, こうやるだろうという必然, こうやろうとすれ, こうやんわりと不気味, こうゆかないでグサグサ, こうゆったり構えて, こうゆふ夜私は, こうこうな, こうような貧乏, こうよという風に, こうよびかけたものが, こうよびかけられて無名氏, こうよぶ声, こうよべと云い, こうらんぼうなむごたらしい, こうりっぱに言いきります, こうろぎこうろぎ風鈴が鳴る, こうろぎよあすの米だけはある, こうろぎ旅のからだ, こうわかったらすぐに, こうわからないがとにかく, こうわかれていた, こうわけの解らねえ斬り合い, こうわしも意気地, こうわたくしは失礼, こうわたるべきだったなどとむちゅうになって, こうわびられるとかえって, こうわらう兄妹の, こうわれに回っ, こうわれらがお, こうアッサリ言いきられても, こうアベコベに推測, こうアベックがうろつい, こうアリアリと眼, こうイエスはお祈り, こうイヤな事, こうインターナショナルに並べる, こうインネンをつけ, こうウソをつく, こうウヨウヨと蠢い, こうエバが言う, こうオツネを慰めた, こうカションが公使, こうカレンはこころ, こうカン高い声, こうカンタンに捕えられない, こうガスタンクが言う, こうガメの甲羅, こうガヤガヤ話しこんで, こうギリギリおしつまるまで, こうクルクルと捲い, こうグチを言っ, こうグッと鑿, こうグデングデンに酔っぱらっ, こうコウ出たらアア, こうコンコンと言いふくめ, こうコンパクトなんか出し, こうゴツゴツした身体, こうサルトルに訴えた, こうサーヴィスがよけりゃ, こうシツケてきた, こうシミジミと痛感, こうシンセリティーのない, こうシンビ眼がない, こうジッと見合ったなら, こうジリジリ思ったの, こうて射る, こうスシ屋が多い, こうスラスラと言いました, こうズケズケ言うと, こうズバリと言っ, こうセビリつけば, こうセンチになっ, こうソワソワとする, こうタクサンのエンマ, こうタフにでき, こうダッタン人がわれわれ, こうダラリと両手, こうチビは思った, こうチョッカイを出し, こうッ今までが三十円, こうテレ性なん, こうテレ隠しのよう, こうデコボコになった, こうトビの者, こうトントンと登っ, こうトントン拍子にいく, こうトン公が云った, こうドイツ語から一種, こうドシャ降りじゃ, こうドロドロした血みどろ, こうニコやかに, こうネチネチといい, こうノズドゥリョフはなおも, こうハラハラするよう, こうパリの近く, こうヒソヒソささやきあって, こうヒョイと車, こうヒョッコリ現れたん, こうビクビクする必要, こうピッタリかかとを, こうヘンデルは楽譜, こうペトローヴィッチは言った, こうボーとなっ, こうボーットしたよう, こうポーッと霞ん, こうマケてもらえない, こうマゴコロをヒレキ, こうマジナイをかけ, こうマッチがおもう, こうママンに説明, こうヤイヤイ言うだろう, こうヤキが廻った, こうユタリーユタリとゆられ, こうユラユラと泳ぐ, こうヨタで固められ, こうリリしい姿, こうルピック夫人がいう, こうルピック氏がいう, こうル・ボンは主張, こうローソクみたいにもたれかかっ, こうワガママではどこ, こうワケがわからなく, こうつといろいろと, こう一こといいさえ, こう一すじにすうっ, こう一ぺんにやって来た, こう一人坊っちのよう, こう一体に何れ, こう一個の身, こう一側並んで, こう一先ずいいわたしたところ, こう一句一句問いつめられて, こう一声極め付けた, こう一字ずつバラバラ, こう一層そのとき, こう一度に眼先, こう一心では間もなく, こう一思いに殺れ, こう一所になっ, こう一文字に斬っ, こう一方的に, こう一日を暮す, こう一晩のうち, こう一本参られたには, こう一本突込まれて, こう一本調子に行かれ, こう一枚の浅草紙, こう一棟の下, こう一概に人は, こう一歩謙遜しないでは, こう一段一段とある, こう一理屈ひねくるの, こう一益が中庸, こう一種精神的な喜び, こう一筋に考えた, こう一緒になれる, こう一羽北に過ぎ, こう一致して, こう一見まことに無邪気な, こう一議なくうなずかれ, こう一足飛びに片方, こう一蹴されて, こう一転させる自分, こう一途に思いつめ, こう一部始終を語り, こう一題目の下に括られ, こう一首に為, こう丁稚に云われます, こう七ツ下りに落し, こう七人で吉宗, こう万事がき, こう万事万端がいい, こう万全な手配り, こう万千代さまのお呼び, こう万葉に詠まれた, こう万葉詩人大伴家持は詠ん, こう万里を隔て, こう丈夫なの, こう三ぞうの速, こう三つ主人は此処, こう三ツでカギ, こう三ツ児でもたしなめる, こう三七様にもいたく, こう三人きりだ, こう三人三様な性格, こう三人別のもの, こう三人集ッたところ, こう三公いいこと, こう三公掃除が済んだら, こう三匹つかめえましたならば, こう三句並べて, こう三吉はさも草臥れ, こう三国一和の包囲圏, こう三島の宿, こう三方から問い詰められ, こう三方面に展開, こう三日の晩, こう三津五郎は思った, こう三白眼でジッ, こう三皿で, こう三通り出て, こう三面より討っ, こう上げたのここ, こう上りこんでい, こう上り端のところ, こう上京をすすめ, こう下りの地勢, こう下問した, こう下婢が何, こう下知して, こう下駄を穿い, こう不器用に出来, こう不安に思う, こう不審を打った, こう不幸なの, こう不快な気, こう不思議はない, こう不思議そうに銅助, こう不振をたどっ, こう不機嫌に呟いた, こう不死身にした, こう不気味な獣, こう不況ではシオ, こう不自然な断り方, こう不風流な男ども, こう不首尾とけち, こうを渡らん, こう世の常ならぬ可憐, こう世上騒然としてまいった, こう世俗を離れ, こう世界中をぶ, こう世辞愛想や立派, こう世間的のもの, こう両立し難い, こう並んだ後ろ姿を, こう中将は言った, こう中川の奥様, こう中座を詫び, こう中心の歯車, こう中段に太刀, こう中腰に, こう中途半端にし, こう丸髷なんかに結ん, こう丹念に書けます, こう主従顔のそろった, こう久左衛門が云う, こう久慈の云っ, こう乗りこんできた, こう乗り出したときは, こう乗り気になっ, こう九間ばかりの古い, こう乱れた気持で, こう乱暴に云っ, こう乱闘になる, こう予め一般的な見透し, こう予想もしなかった, こう予期しないじゃま, こう予言をした, こう争ってばかりいる, こう事もなげに云われた, こう事件が深刻, こう事実がわかっ, こう事実ずくめでひどい, こう事情を知らない, こう事態が逼迫, こう事柄のちがう, こう事況が逼迫, こう事細かに書いた, こう大敵国, こう二の腕の人面疽, こう二ヵ所は共に, こう二ヵ条のお, こう二三人とは謂いません, こう二人きりになる, こう二人っきりで葉, こう二人みたいに城太郎, こう二列に書い, こう二年もお, こう二度目に呶, こう二態は軍隊, こう二様の考え方, こう二石離れれば, こう二郎は紙, こう云いあって一つ, こう云いおいて田, こう云いかけますと兄さん, こう云いきったストーン氏は, こう云いさして大層, こう云いすて, こう云いたがるもので, こう云いたくなるのであった, こう云いたげに恐し, こう云いつけて勇作, こう云いはじめたのは, こう云いはっていた, こう云いはるのみで, こう云いふくめられて即日, こう云いましたいまこの, こう云いやしません世の中の, こう云いやって手, こう云い云い出て来た, こう云い云い差し出した盆を, こう云い伝えている, こう云い出されたが最後, こう云い切ってしまわぬ, こう云い含めるのだった, こう云い得た時彼は, こう云い得るのだ, こう云い捨てたなりとうとう, こう云い改めることが, こう云い放し鳰鳥の, こう云い放すと甚五衛門, こう云い放って一人旅籠, こう云い棄てると吉, こう云い終ってからしまった, こう云い終った時その小さな, こう云い聞かせつつ若林博士, こう云い聞かせると巌, こう云い足して報告, こう云うだろう僕にだって, こう云うでしょうよ, こう云う入り組んだ事情の, こう云う怒鳴り声に, こう云う織屋などから, こう云う話しがある, こう云う話せんように, こう云う辱めを受け, こう云っただよ, こう云ったらしいがその, こう云った判り切った点が, こう云った謂わばメシア的予言, こう云ってたよ, こう云つたまま下を向い, こう云つた時すぐ後, こう云つた時検事も警部, こう云つた言葉をあじわう, こう云つてちよいと腰, こう云つてぷかりと煙を輪, こう云つてクリーム色の洋封筒, こう云つてシガレットケースを取り出した, こう云つて不安気に一座, こう云つて伊達の顔, こう云つて何か重大, こう云つて得意そうにプカアリ, こう云つて朝日の煙, こう云つて木戸の方, こう云つて検事の顔, こう云つて煙を吐き出し, こう云つて笑つたがそれ, こう云つて紅茶をガブリ, こう云つて自分の額, こう云つて藤枝をしきりに, こう云つて駿三の方, こう云わざるを得ない, こう云わずには居られない, こう云わせる相手の, こう云わなくてはいけない, こう云わなけりゃアイタに, こう云われたら何と, こう云われつけていた, こう云われまして子供, こう云われるであろうすなわち豊饒, こう云われれば胸, こう互いに慰め合いながら, こう五人が何, こう五十嵐をなだめ, こう五名の奉行, こう五月蠅そうに言い捨て, こう五郎蔵が叫んだ, こう京一郎へ難題, こう亭主剰銭, こう人声がし, こう人夫一同へ諭した, こう人心が亢, こう人数はふえる, こう人生をまた, こう人界をはなれ, こう人真似をする, こう人通りが少い, こう人間味がなく, こう白いやつ, こうまではなかっ, こう今にもあふれそう, こう今日日のよう, こう今朝は寒い, こう仏壇に向かっ, こうよう, こう仕えますことが, こう仕向けないでは居られない, こうから言われる, こう付け加えたのです, こう以前の自分, こう仮名で書い, こう仰いだ清葉の, こう仰せられたが乳母, こう仰せられまして火, こう仰せ遊ばされたからだ, こう仰っしゃいますわ, こう仰向いて強請る, こう仰天して, こう仰有ったそうです, こう仰有られて見ます, こう仰言って無理矢理, こう仰言ったの私, こう仲よく坐って, こう仲間の一人, こう仲間外れにされ, こう任命した, こう伏拝む形を, こう伏答した, こう休みの筈, こう会うことも, こう会合できめた, こう会得したから, こう会釈をし, こうの弁馬, こう伝えた者が, こう伝えたら景勝自身で, こう伝えると光秀, こう伝法に云った, こう伝法口調に, こう伯父がいった, こう伺いますか, こう伺い出ると, こう伺ってみる, こう伺った小侍従, こう似せられたものです, こう低い低い小声が, こう佐吉をごまかし, こう佐平は言っ, こう佐渡屋の掛り人, こうが弱っ, こう体中がぞくぞく, こう体全体がもうすっかり, こう体験というか実話, こう何かと不如意に, こう何だか狙われてでも, こう何とも得体の, こう何んでも, こう何事につけ, こう何処となく, こう何年も信長, こう何気ない随筆の, こう余儀なく言い放った場合, こう作ったのです, こう作るね, こう作蔵てめえ千住に深間, こう使いを賞め, こう使いわけてたった, こう使えばこういう, こうを挙げれ, こう侍臣に洩らし, こう侘びた草庵の, こう促されて三名, こう促されると不平分子, こう促したのは, こう俊助が横合, こう俊夫君は一目, こう俊斎様を叱咤, こう保証して, こう信じたもので, こう信じたいからこう, こう信ずる理由が, こう信ぜられていた, こう信一郎が述べ来った, こう信州人は理窟ッ, こう信念をもっ, こう信者達に説いた, こう信長様にはお, こう向く, こう俯目ながら清しゅう, こう倉地がいわない, こう倒れたのだ, こう借りた工合に, こうが上がったら, こう偶然が多くっ, こうき申しあげること, こう傍若無人に人, こう催促されて, こう傲慢に思っ, こう傲然呼びかけて, こう傾きましたがまた, こう僧たちは言っ, こう僧都は言った, こう優しかったので, こう儲からないのかしら, こう元気づいて, こう兄貴顔するの, こう先手を促した, こう先走るぞ, こう光秀にチクリ, こうをぬい, こう入り交って, こう入れてはねえ, こう入れたわ, こう全力をあげ, こう全然猿猴だった, こう全身の血, こう全身的に全身, こうじゃねえ, こう八五郎に話しかける, こう八千代サンが叫んだ, こう八方から小突かれ, こう六条院は言っ, こう六波羅の高氏, こう六波羅者の邪げ, こう共鳴して, こう兵学の真髄, こう兵庫が念, こう兵衛は云った, こう其の娘が, こう具体的に云う, こう内儀さんも働き, こう内地へ這入る, こう内心で独り言, こう内証で云った, こう円満に納まる, こう再三失踪者を, こう再度叫んだ時, こう冒頭して, こう写してこう, こう写真が好き, こう冠せてしまう, こうになっ, こう冴えている, こう冷たいのでしょう, こう冷たいよそよそしい態度を, こう冷やりと, こう冷やかに呟く, こう冷淡なの, こう冷然とみずから, こう冷笑を走らせた, こう冷評しながら, こう凄味をつけまし, こう凍りついてキンキン, こう凛と命を, こう几帳面に段落, こう凡庸に思われる, こう処分して, こう出かけると, こう出させるために, こう出して帯, こう出たのに女, こう出勤を疑われ, こう出来てるんだ, こう出来るかどう, こう出来損いが集りやがった, こう分けて差し, こう分けるとちょっと, こう分ると何だか, こう分別をお答え, こう分化するもの, こう分布排列しても, こう分業が行われだす, こう分解して, こうってな, こう切ったのだ, こう切り細裂えた, こう切り出されたもんです, こう切れ切れに云う, こう切字に印, こう切迫した以上, こう刑部自身は考えた, こう列べ立てるとかれ, こう列記して, こう列車番号から車室, こうまって, こう初春らしい声, こう判るとすべて, こう判決を下し, こう別個の人物, こう利益を思ッ, こう到る処で, こう制しながら男, こう刷らせたの, こう刻まれてありました, こう刻んでおくれ, こう前後を辿り辿りしない, こう前後不覚に長く, こう前提してから, こう前線へ伝令, こうしく身体, こう力づよく言下にいい放った, こう力強く叫んだ, こう力押しのくりかえし, こう加えたのが, こう加工的の真面目顔, こう助六は照れた, こう励まされて, こう励ましあうのだった, こう励ましたのです, こう勇断を下し, こう勇気付ける, こうし安定, こう動かずにいる, こう動き出してどんどんどんどん, こう動くような, こう動じやすい意志, こう勘三は云った, こう勘兵衛が冷, こう勝るとかあるいは, こう勝子が訊いた, こうに乗じてぬ, こう勢いつけて, こう勧めたのは, こう勧められても, こう匕首なんかくわえ, こう化粧した所, こう北山は大声, こう区別されたもの同志, こう医者を呼んだ, こう十七ばかりに成る, こう十何人も現れ, こう十六字を書い, こう十日目十日目に上, こう十郎兵衛がしっかり, こう千三は思った, こう千三屋はつぶやく, こう千種殿との折合い, こうまえの, こう助が, こう半平にひやかされ, こう卑しみながらも, こう卑屈なん, こう卒然と云った, こうを叩い, こうが開い, こう南玉に云っ, こう単簡に聞かれた, こう単行本となる, こう卜伝は呻いた, こう占いに出ました, こう厖大な全集物, こう厚顔ましゅう, こうな声, こう厳つウい, こう厳命して, こう厳密では, こう厳島研究に身, こう参っては桐山, こう参ったのが, こう参らんもので, こう参ると亀清, こう参れば正成, こう又八が胸, こう及び腰に白い, こう友だちのところ, こう友人に書い, こう友達にいわれ, こう双方のひらいた, こう反っくり返りましてねこの, こう反射をうけ, こう反映せずには, こう反目し合うよう, こう反覆された, こう反身で見る, こう反響して, こう叔母に言われ, こう取らなければこう, こう取られるなどということ, こう取り繕ろって, こう取りおさえて下さい, こう取りついできた, こう取り扱わるべきであるとあきらめ, こう取り繕って言う, こう取ると, こう受けてちら, こう受け合った後で, こう受取るんでげす, こう受合って貰った, こう受身な会話, こう口ずさみながら家, こう口上を述べねえ, こう口先きだけは, こう口惜しげに叫ぶ, こう口説いて行く, こう口走らずにはいられなかった, こう口走りながらからから, こう古い狂言では, こう古典味のある, こう只今申しましたの, こうりました, こう叫ばずにはいられなかった, こう叫びざままた倒れ, こう叫びつづけて穴, こう叫びますとその, こう叫び出したので空気, こう叫び続けて三日目, こう叮嚀な世話, こうい加減に, こう可愛いだろうハハハハ, こう可愛がられても肝, こう可笑しゅうなってな, こう台所のマッチ, こう叱っている, こう叱られてよほど, こう叱られると兄, こう叱りながら素戔嗚, こう叱りつけたとき人が, こう叱りつけられるとすっかり, こう叱咤しながら, こう右手に持っ, こう右足が左足, こう右門様もおっしゃいました, こう各種の婦人団体, こう合い槌を, こう合わせて相生, こう合点が相, こう吊ってあっ, こう同情を寄せる, こう同時に筒抜けた, こう名づけるのも, こう名のり合うの, こう名乗ってしまう, こう名乗った時大気都姫は, こう名乗りながら, こう名付けている, こう名付けたのである, こう名付けられたものと, こう名倉の母, こう名前を呼ん, こう吐きそうな, こう吐き出して, こう吐き捨てるとまたまた, こう吐くと, こう吐露して, こう向いている, こう向きなおってなにか, こう向けて強く, こうは信じ過ぎる, こう君らは思, こう吟じられている, こう吠えてみた, こう吠えついている, こう吠えられては物騒, こう吠えると権内, こう含んでいる, こう吸盤の面, こう吹いて, こう吹き込まれて帰った, こう吼えるように, こう吾亮の妻, こう吾儕には死んだ阿, こう吾儘気儘のいえる, こう吾妻屋の香袋, こう呆れた者の, こう呆気なく幕に, こう告げた時に, こう告げ終ると, こう呑みこんで二人, こう呑んでかかる, こう呟いたら向うで, こう呟こうとしてそのまま, こう周君に言っ, こう呪いを呟く, こう味噌をあげちゃいました, こう呻いてにわかに, こう呻きながら勢いよく, こう呻くように, こう呼ばせて頂きます, こう呼ばわって売り歩いた, こう呼ばわり呼ばわり戟を躍らせ, こう呼ばわり阻める者が, こう呼びつづけてゆく, こう呼びとめた者が, こう呼びとめられてそこ, こう呼び交うところまでに, こう呼び合ったきりだった, こう呼び捨てると集五郎, こう呼び掛けるものである, こう呼び止めた人が, こう呼び立てながら咲耶子, こう呼び立てたものです, こう呼んでるんです, こう呼応もせず, こう命じるとすぐ, こう命ずるような, こう命ぜられてある, こう命ぜられると日頃, こう命令的に云い残し, こう命婦に頼ん, こう咄嗟に決心, こう和尚さんにいわれる, こう咎めたが啓之助, こう咽喉へからみつい, こう咽喉元まで詰め込んだ, こう哀訴したが, こう哲学上の議論, こう唄って, こう唄わねば文句, こう唐突に号令, こう唐竹割りに切り下げる, こう唱うと水, こう唱えてやらせる, こう唸ったが一座, こう罵を, こう問いを発した, こう問いつめたものらしい, こう問いつめたくなったがそう, こう問いつめられて, こう問いつめると, こう問いますと, こう問い寄られて家康, こう問い詰められてちょっと, こう問い返したのである, こう問うたのには, こう問わなければならない, こう問わねばならなくなる, こう問われて幽古, こう問われたのです, こう問答をし, こう問返すと若者, こう啖呵を切らした, こう啼いて霽, こう善い事を, こう善意に解釈, こう喋っていた, こう喋り合っている, こう喘ぎ声で, こう喘息もちで病臥, こう喚きこんだ男は, こう喜ばしく叫ぶもの, こう喜んだということ, こうした, こう嗄れた老人の, こうった, こう嘆いてから彼, こう嘆かせたには智識的幇間, こう嘆かれて遠山, こう嘆息して, こう嘆願して, こう嘉助が言っ, こう嘗められちゃたまらねえ, こう嘯いて師直, こう嘲笑して, こう囁いた時の, こう囁き合ったりした, こう囁やいて眉, こう囃しながら一散, こうねんせい, こう四ツ目屋の新, こう四五本ありまして, こう四挺の駕籠, こう四方一門も遁, こう四角張った所が, こう四足を突, こう因果をふくめられました, こう因業じゃいい, こう困っている, こう困ったらしく俯向いた, こう囲まれちゃもう, こう図々しいものだろう, こう図面を見た, こうっ苦しい, こう固まったのを, こうの隅々, こう国民の精粋, こう圓朝にいった, こう圓生は考えた, こうえ付ける, こう圧迫を感ぜしめ, こう在る夜など, こう地位と名前, こう地面が高く, こう坐っている, こう坐りもせず, こうへ向っ, こう城兵側の意気, こう城内へ申し入れた, こう城太郎へ向っ, こう城攻めも長びい, こう城門で呼ばわる, こう執念深くガッチリくいこん, こう基督は云っ, こう堂々と返事, こう堕ちてしまう, こう堕落して, こう場合によっては鶴見組, こう塩辛い大沼を, こう壊してしまえ, こう壮観な布陣, こう声かぎり呼ぶこと, こう売れないんだろう, こう売春婦という売春婦, こうの上, こう変えて行く, こう変えればかなり, こう変らぬ全速力で, こう変るのが, こう変わって来る, こう変形される一般, こう変色するの, こう弱くなった, こう夏草の香, こう夕方などは凄い, こうへ声, こう外すなという手元, こう外交折衝に努めた, こう多分に頂かなく, こう多数を相手, こう大どかな仕事ぶりを, こう大井へ問いかける, こう大人びた御挨拶, こう大人並みのこと, こう大儀じゃ夜道, こう大兵ばかり揃えた, こう大切に手, こう大勢お歴々の揃っ, こう大勢寄り集まって, こう大呼したので, こう大喝をくれ, こう大塚さんは何気なく, こう大将は思っ, こう大工がいう, こう大庭景親は父, こう大急ぎに話, こう大損をした, こう大正案を下し, こう大矢警部にきく, こう大臣家の上達部, こう大袈裟な計画, こう大観して, こう大量に引き上げられ, こう天地がでんぐり返る, こう天気続きでは米, こう天涯の孤客, こう天狗先生は高い, こう太くなっては, こう太陽は考える, こう夫人に語っ, こう夫婦が話し合っ, こう奇抜な譬喩, こう奉行役人が大きな, こう奔流のよう, こうの兄, こう奥儀を伝授, こう奥深い廻廊へ, こう奨めもできる, こう女どもを怒鳴りつけた, こう女中たちがさわぎまわっ, こう女房たちに宮, こう女王に言われ, こう好い月の, こう好い加減な返事, こう好意ある不足, こう好都合に談, こう如何にも憧憬れる, こう如来に歎願, こう妖女はいいきかせ, こう妖婆は叫んだ, こうえ姉, こう姉さん熱いところ, こう始めから決め, こう始末におえぬ, こう始終湯婆ばかり, こう委細を話し終る, こうが叫んだ, こう姫君に迫る, こう威たけ高に呶喝, こう威嚇を試み, こう威圧というよう, こう威風堂々と, こう娘達は言い合っ, こう婆さんが話した, こう婦人が一人, こう嫌疑者ばかりが多く, こう嬉しくてもう少し, こうといふ女, こう子どもなん, こう子供に言い, こう子供たちが問う, こう子弟によく, こう孔明のほう, こう存じましたので急がぬ, こう存分の事, こう孤独な寂しい, こう学士が立話, こう学校の往き復, こう孫権の命, こう安いのかと, こう安くはできん, こう安さんはしきり, こう安らかに身, こう安売りの時世, こう安心しては, こう安閑とし, こう宗助から労わられた, こう宙乗りをやらかした, こう定まって見れ, こう定められるように, こう宛名が記され, こう宝玉屋は無, こうと稲垣, こう実相が伝わる, こう実践的な形, こうした, こうわって, こう宥めて浅草川, こうへ取り次がせる, こう宮木裁判長は考えた, こう害しては私, こう家庭的なもの, こう家斉は頼む, こう家族をまかなつ, こう家臣から聞いた, こう容易く引き受けては, こう宿の人, こう寂しそうに, こう寂しくって疎, こう寂れさせて置い, こう寄んねエな, こう寄添ってい, こう寄附しろと, こう密命をくだした, こう密書をかいた, こう富士に問いかけ, こう寒いとくしゃみ, こう寒うてはお, こう寒くっちゃやりきれない, こう寛大にし, こうている, こう寝しなにお, こう寝るぞ, こう寝んでいます, こう寝坊だろうね, こう寝床の中, こう寝附こうとあせる, こう察して半兵衛, こう察したのでかれ, こう審配が献策, こう対坐したの, こう対座して, こう対立させるとして, こう封蝋がし, こう将門へ献策, こう尊氏へ報告, こう尋ねかけてきた, こう尋ねずにはいられなかった, こう尋ねねばならなかった, こう尋ねられたお蔭で, こう小さいしおらしげな, こう小ぢんまり片づいて, こう小僧をきめつけた, こう小児のよう, こう小学生のとき, こう小意気な咽喉, こう小母さん退きねえ, こう小生意気な兵法青年, こう小皺が寄っ, こう小股の切, こう小首を傾けた, こう小馬鹿にする, こう小鬢のあたり, こう小鳥が外, こう少ないのか, こう少将が尋ねる, こう少年に話しかける, こう尖ったもので, こう尻尾も翼, こういて, こう屈曲の多い, こう屋敷中で見張っ, こう山ン中で見直す, こう山住の話, こう山奥深く入っ, こう山姥はいっ, こう山形に引い, こう山男の特色, こうが言, こうが叫んだ, こう島君が云った, こう島子は呼びかけた, こうへかけ, こう崩れかかった区劃石の, こう嵩じてはいとわしい, こう川野にきく, こう巡査に尋ね, こうが捗らん, こうに鎌, こう左内へいいつづけた, こう左右に割っ, こう左手をうしろ, こう左様なら若し, こう左膳が結ぶ, こう左鶴に声, こう巨勢博士が言いかける, こう差しむかいに, こう差し向いに坐った, こう差し向かいで猫板, こう差し迫っては泣い, こうが腕, こう己ゃ巡査じゃねえ, こう巴里から一緒, こう市子が突然, こう布施は答える, こう布陣を押出し, こう希望を述べる, こうは仰せられた, こう帝都のすぐ, こう師直を叱っ, こう帰って来る, こうのこう, こう常々その教師, こう常にいった, こう常吉と勘次, こう常氏は親切, こう干乾びてしまった, こう平伏していた, こう平八はつっぱねた, こう平坦な松林, こう年がら年じゅう貧乏なん, こう年齢をとっ, こう幸作が相, こう幸左衛門は答えた, こう幸福感を味わう, こうのよう, こう幻影を追い, こう幾多の難, こう幾度も頷い, こう幾日もつづい, こう広くはあるまい, こう広げてこうして, こう広言して, こうについた, こうを手広く, こう店員に言っ, こう度々月の, こう度々ブーブーとやられてる, こう座敷へ響き渡った, こう庸介は心, こう延々ではここ, こう延びるんだろう, こう建言した, こう廻ってななこう, こう廻り舞台の, こう廻るのが, こうの尼, こう弁じつづけて私, こう弁じ立てている, こう弁ずるのでした, こう弁天様の足, こう弁明し掛けた, こう弁護した, こう弄られたらこう待, こう弓之助は不思議そう, こう引いてああ, こう引き締まったお艶, こう引くとこう, こう引っ張られるような, こう引っ張り出せば訳, こう引傾って熟, こう引用した著者, こう引返すと台, こう弛みますととても, こう弛んでいた, こう弥右衛門は呟き, こう弥生があやうく, こう之丞, こう弱っちゃあね, こう張っちゃ身, こう張りつめた殺気という, こう張合のある, こう強い断案を, こう強圧的な処分, こう強情を張った, こう強硬に主張, こう弾んで来なかった, こう当ってみました, こう当てて考え, こう当てると人差指, こう当時の容子, こうを変えた, こう形勢が逆転, こう形態の知れない, こう彦手前に訊く, こう彫ってありました, こう彫られてある, こう彫りのこした果心居士の, こう彳んだきり, こう彷彿と思い浮べる, こう役割を決め, こう彼等の会話, こう彼自身の信念, こうったらよろしゅう, こう往来検めが, こう徂徠は云っ, こう遇うもの, こうから後, こう後ろから呶, こう後腹を痛める, こう従僕めいたへ, こう得心して, こう得意になっ, こう御上は仰せられた, こう御免になっ, こう御座へお, こう御新さん久松留守の尻, こう御無沙汰をし, こう御簾に身, こう御諚であった, こう御返事いたしました, こう御飯が足りない, こう復一の意識, こう復興するからな, こう循環しなくちあいけない, こう徹底して, こう心あたりがない, こう心から言った, こう心がけていた, こう心ならずも疎遠に, こう心地よげに, こう心安くは手, こう心安立てに話し出され, こう心弱く自分で, こう心気一転すれば, こう必要がある, こう志願の書類, こう忙しくってはやり切れない, こう応酬する, こう忠弘に用事, こう快適にできる, こう念じたが蓉子, こう念じつめて息, こう念晴しを, こう念願しつつ, こう怒られようとは思わなかった, こう怒られる訳が, こう怒号しながら, こう怒声をあびせかけた, こう怒鳴られてハッ, こうそうに, こう定めて, こう思いかえしたそうしてたい, こう思いがけなく飛びこんで, こう思いくると予, こう思いこんだことは, こう思いだしたのが, こう思いついただけな, こう思いつきながら彼女, こう思いつづけている, こう思いやって乾き萎れた, こう思いやりをし, こう思い付いた庄三郎は, こう思い出されるのだろう, こう思い切って持った, こう思い切ったことを, こう思い当ったのと, こう思い当りました時私は, こう思い惑って身, こう思い決めたともお, こう思い決めるとともに努め, こう思い直した彼の, こう思い直すことも, こう思い立った以上いつかそれが, こう思い続けて来る, こう思い込んで来た, こう思い込んだものです, こう思うだろうということ, こう思う骨折りさえ, こう思ったがかれはゆかね, こう思ったけれ共細い, こう思った思わなかったそれを, こう思ってたのさ, こう思つて来ると, こう思ひたるばかりにてさして, こう思ふのが, こう思わせたのには, こう思われざるを得なかった, こう思われなくてはならなくなります, こう思意せずに, こう思料深く云った, こう怠惰ものでは, こう急いだか, こう急がしそうに, こう急き立てられると仕方, こう急き立てると十兵衛, こう急くと雁六, こう急速とは尊氏, こう性急に云っ, こう性格づけなければ, こうじて, こう怪しむのは, こう怪しんだが牛, こう怪奇的な変, こうじたよう, こう恋々と山, こう恐怖し出したら蘭丸, こう恨みを告げた, こう恭しく云いながら, こう息まいて押しのけよう, こう息まいたのは, こう息子のほう, こう悟ってタズン, こう悟るととたんに, こう悠々と構え, こう悧口でも仕様, こう悩ませている, こう悩みつづけて半年, こう悪く言うん, こう悪寒がし, こう悲しげに, こう悲しく心に, こう悲しみの多い, こう悲鳴をあげた, こう情況を伝え, こう情熱の賦, こう情誼をこめ, こう惜しまるるもまた, こう愉快になる, こう意中をもらす, こう意久地なくおとなしいの, こう意味ありげ, こう意図した, こう意地悪なの, こう意外を感じた, こう意識してから, こうきを, こうのかたまり, こう愚劣なん, こう愚痴めいて自分, こう愚考するもの, こう愛情で心身, こう愛情以上の大きな, こう愛想よく新, こう感じましたがそれ, こう感じられたとうとう彼, こう感じ入っている, こう感づいてしまいました, こう感動させて, こう感心するだろうぐらいに, こう感情が粗大, こう感想を洩し, こう感歎したの, こう慄然とつぶやいた, こう態度が変化, こう慰め人に顔, こうがで, こう憎々しげに, こう憎いような, こう憎みが多く, こう憎み罵ると, こう憎体な連中, こう憔悴ると, こう憚りだが, こう憤りの呻き, こう懐中に慥乎, こう懐手して, こう懲らしてはくれない, こう懸けながら背後, こう懸命に声, こうて見る, こう成って来る, こう成りましては腹巻, こう成り下る自分云々, こうとてもそれ, こう我々が悟り始めた, こう我が膳を, こう我と我が胸, こう戒めた父が, こう戒めるが刻々, こう戦ってこう, こう戦争のない, こう戦闘開始の火蓋, こうれああ, こう截然たる区別, こう戯談らしく夫人, こう戻らっしゃると, こう戻り来してまさめ, こう戻るのだ, こう手前俺を誰, こう手厳しい態度に, こう手厳しくやりつけられようとは, こう手短かに且つ, こう手筈になっ, こう手綱を持っ, こう手近にあろう, こう手間どって来たろう, こう手間どる一因であった, こう揃ったの, こう打ち明けは, こう打ちしおれて詫びられる, こう打ちのめしていた, こう打ち付けて頼む, こう打ち明けて頼み込みました, こう打ち明け合ってみれ, こう打ち沈んだその癖相, こう打ち解けてしもうた上, こう打見たところどこが, こう打見るところさして, こう打解けたところで, こう打電したもの, こう扱うときめ, こう扱帯か何ぞ, こう批評して, こう技手は言っ, こう抑えてあと, こう抗弁した, こう折ッてここ, こう抜き取っていく, こう抜刀を提げ, こう披露した, こう寄せるよう, こう抱えてすうっ, こう抱きついてただ, こう抱き起してその, こう詰っちゃ, こう押しかけてはかえって, こう押しかけるのか, こう押しつけるように, こう押しつまっては, こう押しつまってるのに, こう押しつまると年内, こう押し出したのです, こう押し詰ってから大黒柱, こう抽象的に云っ, こう担いで乳, こう拍手かっさいと口, こう拗ねくれた人相に, こう拝ませられた経験の, こう拝伏して, こう拡大してこそ, こう持ちかけられると若い, こう持つでしょうこう指, こう持てたのは, こう持上げて見まする, こう指さすとその, こう指一本でも指し, こう按摩さん舞台の差, こう挑みかかっていた, こう挑戦した, こう挑戦的に出られ, こう挙って云う, こう振るんだ, こう振舞ってただ, こう挽いてるんだ, こう捉らえた上, こう捕らえられた上からは, こう捜すといま, こう捨てゼリフを, こう捩じて下, こう捩じこまれて正論, こう据身になっ, こう平に声, こう捻って桝ごと, こう捻向いて高く, こう排日が非道, こう掘れるかわかります, こう掛けて, こう掛け合っている, こう探し物でも, こう探りを入れ, こう探りだされたものである, こう探るように, こう接近するもの, こう控えめに仰有った, こう控え目に考え考え物, こう推断し得る, こう推薦した, こう推論すること, こう揃いも揃っ, こう揃ったのに何, こう揉まれてしまっ, こう揉み合っている, こう描かなくちゃならなかった, こう描き出されて行きます, こう描き去ったのみで, こう描くのです, こう描けるだろうと思います, こう描写して, こう提唱した者, こう提案した, こう提灯屋ここは寺内, こう提言した, こう揺れてたのが, こう揺れる筈が, こう摩利信乃法師が言, こう摺れちゃ仕方, こう撃つ弾は, こうを持った, こう撲るのは, こう擦ってはたまるまい, こう支柱でもかわれた, こう攻撃の予告, こう放った一声に, こう放言して, こう政二くんがいう, こう政府が八方四方尊敬, こう政治家がたくさん, こう救われなくちゃア, こう救助を呼ぶ, こう敗戦日本となっち, こう敗軍をかさねた, こう教育した母親, こう散らかされちゃかなわん, こう散らかして置い, こう散らばってブン, こう散漫に答えた, こう敦盛の首, こう数えた三人という, こう数えたてれば荊州, こう敲いてなあなた, こう整った姿と, こう敵味方顔を見合っ, こう敵方へ知らせたい, こう敷石があっ, こう文学士流に斬り付けられる, こう文楽を聴い, こう文献に記され, こう斗丈様はおっしゃる, こう斬りこんでとまるで, こう斬るのじゃ, こう断じたい西洋の開化, こう断じて見栄を, こう断った上でも, こう断られて見る, こう断りながら大息, こう断ると例, こう新旧相競うと, こう方々でキ, こう方角が変っ, こうから旅, こう旅さきにいる, こう旅侍へ声, こうをおし立て, こう旗本が意気地, こう日々にさびれ, こう日本の内, こう日本人のみが独り世界, こう日記にかれ, こう日野に念, こう旦那とか商人, こう旦那様がおっしゃいました, こうえこと, こう旨くは行く, こう早い時には, こう早口な声, こう早急ではのう, こう早暁にお, こう早速に引き受けた, こう早飛脚を立て, こう昂進しては, こう明け暮れ戦ッて, こう明るいところへ, こう明るく報告した, こう明智に問いかけた, こう明智方の者, こう明暸に離れる, こう明白に推定, こう明瞭に言いました, こう明言して, こう明記されて, こうやすと, こう春暖を催し, こう春水が称し, こう昨夕まで濁っ, こうならぬ大声, こう時代な言葉, こう時候がよく, こう時田をおびやかし, こう晴々とした, こう晴れ晴れと高く美しい, こう晴信は云った, こう智恵づけた者, こうを告げた, こう暑かったり熱風, こう暖かじゃ篝, こう暖かければなかなか, こう暗い塗籠から, こう暗がりから呼ぶ, こう暗くってはしかた, こう暢気な心持, こう暮してゆける, こう暮らして行く, こう暮れが押しつまっ, こう暴れている, こう暴れだしたからにゃあ, こう暴れられては手術, こう暴力団がはびこっ, こう暴露しちま, こう暴騰すれば, こう曲げるものです, こう曲って, こう曲りくねって這い, こうっては取留め, こうえてたよ, こう書いたら笑われるだろうああ云ったら叱られるだろう, こう書かしてください, こう書かなかったとか眼玉, こう書かなくては勇ましく, こう書かなければならぬ, こう書かねばならなかった, こう書きさしただけで紙, こう書きしてみ, こう書きしたためられていた, こう書きしるしていた, こう書きたてては痣蟹, こう書きだしてある, こう書きつけて勉強, こう書きならべて見る, こう書きますといかにも, こう書き残している, こう書き流されてあった, こう書き流して自身, こう書き添えてある, こう書き直したのであった, こう書き終って大長息, こう書き語る機会を, こう書き送ったが県, こう書くべきものだ, こう書けるなんざあ, こう書物で読みました, こう書籍にありました, こう書記はつぶやき, こう曹操の方, こう最後まで押しつめられ, こうの上, こう月江が気休め, こう有村は考えた, こう有益な事, こうかで浮, こう朗らかに歌い, こうは思う, こう木の間からいきなり, こう木偶の坊がそろった, こう軍を, こう朽ちてい, こう村岡様がおっしゃいます, こうについてよろよろ, こう条件を並べた, こう来たらどうでしょう, こう来ればこう, こうの方, こう東洋はこう, こう東野に挨拶, こう東雲師は諄々, こうばかりじゃ所詮, こう枕許にずらりと, こう林檎畠のよう, こう枯れ木のよう, こう染吉は申しました, こう柔かくなる前, こう柳屋のと知れ, こうは叫んだ, こう柿江は腹, こう栂指で押え, こう校長が何もかも, こうよく歩い, こう桃太郎へ声, こう案じておりまする, こう桔梗かるかや, こうが散っ, こうから鏃, こうは不精, こう極めつけるのだった, こう極めようという方法, こう極意書に記され, こう極言する者, こう楽しんでゐる, こうの焦げ, こう様子が渝, こうは思った, こう権九拝むぜ, こう横あいから口, こうの枝, こう機嫌を直す, こう機敏にやる, こう機殿の, こうの行, こう次の間のほう, こう次第である, こう次郎も兄さん, こう次郎吉は呟いた, こう欣びが重なっ, こう欲ばりでは, こう歇私的里的に出られた, こう歌いだしてたけ, こう歌いますとなんとなく, こう歌うと鳥, こう歓ぶのか, こう歓待されては, こう止めたので輝政, こう正太さんは宗七, こう正次は心配そう, こう正統派の家臣たち, こう武士はつぶやく, こう武夫をたしなめ, こう歩きながらも自分, こう歩き歩き高瀬に, こうを食いしばった, こう歳月が経っ, こう歴々と反, こうを期し, こう死亡率が多い, こうんど, こう残らずいってしまう, こう殖えるのは, こう段落をつけ, こう殺されちゃ私, こう殺し合いが好き, こう殿下のお召, こう母者人に告げた, こう母親に意見, こう毎日卵を産む, こう毎日毎日単調な原, こう毎日毎日水泳禁止じゃとても, こう毎日貸し車を引い, こう毎晩毎晩じゃ命, こう毒づいた上で, こう比べて見る, こう比周うもその, こう比較して, こう毛唐はグルグル, こう民弥へ囁いた, こう気づいたので左京, こう気に入らない顔に, こう気の毒だが, こう気むずかしそうな, こう気分がすぐれない, こう気前よく貸し, こう気取った人で, こう気合を畳み込ん, こう気忙しく度々日本, こう気持ちの悪い惨, こう気構えしている, こう気短かになった, こう気負い立っている, こう水びたしになっ, こう水洟をすすり, こう水色の服, こうびくと, こう求めて誰, こう汲んで左手, こう決して打ちしおれて, こう決ったものを, こう決まったらこんなふざけた, こう決意すると, こう決断所へ急, こう沈痛に声, こうは云った, こう泊り込みで本格的, こう法水から明らさま, こう泣きながら頼む, こう泣きたいような, こう泣きたくなるような, こう泣き声を張り上げる, こう泣癖がつい, こうだの油, こう注文にふさわしい, こうが続く, こう泰平つづきでは, こう泰然とはし, こう洋一へ声, こう洗いざらいブチまけ, こう祖伝に, こう流されるのが, こう流れる岩の, こう流暢には頼まなかった, こう流行るからきっと, こう浅間しい物, こう之助, こう浪人は云い放した, こう浪士はスラスラ, こう浪江は答え, こう浮気の一つ, こう浴びせておく, こう浴びせかけたが周馬, こう浴びせかけられると道庵, こう浴衣の袖, こうの上, こう海豹に問いかけられる, こう涙して弁疏, こう涼しくては蒲団, こう淋しそうに, こう淋しいんでしょう, こう淋しく死んで, こう思する心, こう深く心に, こう深く深く信じて, こう深川のお, こう混ぜればこの, こう混んでん, こう清く宣ったからには, こう清三はきいた, こう清十郎は高く, こう清吉がいう, こう渇くのかね, こう湿ッぽい, こう湿気てはたまらん, こう満座が酔いみだれ, こう満身から一声, こう溌剌とし, こう源十郎がいいきる, こう滅入ってしまっ, こう滑って足, こう滑らかに船, こう滴るような, こう漁師町の娘, こう漂っているだろう, こう漂泊うて, こう演舌して, こう漠然たるのが, こう潜り込むのでへえ有難う, こう激し易かったり迫り, こう激戦の中, こう激越な檄, こう濁った世の中には, こう火事ばやりで, こう火影から覗い, こうに近く, こう災難つづきなの, こう烈しい事は, こう無事退屈の中, こう無色透明な板ガラス, こう無茶したら大きい, こう無造作に答え, こう無闇に気ぜわしく, こう無駄口を急い, こう焦き立てるからにゃ唯事, こう焼かれたり煮られ, こう煎じつめた揚句に, こう煎じつめると第, こう煎じ詰めてくる, こうの上っ, こう煙草という煙草, こう照つけられて道頓堀, こう照らされている, こう照り出すといつも, こう照れた返事を, こう照合して, こう煩しいもんでしょう, こう煩わされるのだろう, こう煩悶ばかりをし, こうてしまっ, こう煮え切らない相槌を, こう煽ぐように, こう熊吉は言っ, こうと身体, こうが出る, こう熱いのであろう, こう熱意が無くなった, こう熱望するので, こう熱狂的なもの, こう燃えたって来る, こう燃えるならそれは, こう爛酔では済みませぬ, こう爪立ちをします, こうつぁん, こう爺さんおめ, こう爽やかに名乗られる, こう片っ端から箇条書, こう片手に支えられる, こう片足を上げ, こう牛若は思っ, こう牧歌的な素朴, こう物価が鰻のぼり, こう物凄いような, こう物情騒然とした, こう物珍しげに, こう物腰がひくく, こう物色の出来得る, こう物語めいた気分, こう物語りましたので米友, こう特等席の中, こう牽制されて, こうにほえられ, こう狂喜して, こう狙いをつけ, こう独り呑みこみに彼, こう狭いのも, こう狭くしか理解, こう狼狽えたって仕様, こう猛暑では何, こう之松, こうの習癖, こう猫たちが声, こう猫背でさ, こう献議した, こう猿面冠者が口, こう率直でない, こう王子はいつ, こう珍しげに, こう珍しくそこに, こう現代的の不安, こうをわけ, こう理性に訴え, こう理窟をつけ, こうっかけ, こう甘いことを, こう甘えられると武蔵, こう甘えるように, こう甚五衛門に訓, こう生い立ちしな一本の青楓, こう生きながらえていた, こう生まれたときから, こう生温いんでしょう, こう生理的に一挙, こうが足り, こう用いるがよい, こう用心して, こう用意の届い, こう甲だかく呼びたてた, こう甲板士官に話しかけた, こう甲羅をへる, こう申されたらそれがしも, こう申されるだけだ, こう申したではありません, こう申したらお前も, こう申したら定めて意地, こう申しつけましただけで, こう申しでたが, こう申しまして横顔, こう申しますればそれでは, こう申し上げましただけでもあなた様, こう申し上げればなぜ, こう申し伝えてもらいたい, こう申し入れていた, こう申し入れたのは, こう申し出ている, こう申し出たとて誤解, こう申し渡してヒマ, こう申し立てている, こう申し立てると長太郎, こう申し込まれたのである, こうの声, こう男性的な快感, こう男達さえ言う, こうをさす, こう畜生になる, こうると, こう番頭が言っ, こう異様な啼き声, こうの目, こう疑いを起す, こう疑いはじめたのです, こう疑い始めたのが, こう疑ったとき突如, こう疑るのは, こう疑われるほどであった, こう疑問を提出, こう疲れきってい, こう疾視付けた時, こう病気が不足, こう痛ましげな, こう痛嘆して, こう痛快に云えたら, こう痩せてしまう, こう痩せ涸れてしまっ, こうけきった, こうを昂げ, こう癇の虫がぐっと, こう癒着して, こうがついちまっ, こうに障る, こう発作的に叫ん, こう発議して, こう発達したの, こう発音したの, こう白々しく持ちかけたので, こう白い歯を, こう白く紺のれんに, こう白拍子は詠いました, こう百姓たちは彼, こう百度も千度, こう的確に専門家, こう皆さんが夫, こう盗みでもする, こう盛んに雪, こう目の玉のとびでる, こう目先の晦, こう目前にやっぱり, こう目算を抱い, こう盲信したの, こう直そうと思った, こう直接に言われる, こう直覚したので, こう直覚的にお, こう直言した, こう對し, こう相づちを打った, こう相反する二つ, こう相対して, こう相良は唸った, こう相談相手になっ, こうをひそめ, こう看板にあった, こう看護婦がいった, こう真っぱだかじゃかくすところなんかありゃしないわよー, こう真っ先にあるでしょう, こう真に考えたこと, こう真剣となる, こう真正面にどやしつけられ, こう真珠を繋いだ, こう真直にすれ, こう真紀子が云っ, こう眠ったっぺ, こうを向け合った, こう眼前に見せつけられ, こう着つづけではたまらない, こう着用して, こう睨まれては寿命, こう睨みたい気持が, こう睨みつけられたとなる, こう睨むと外れません, こう睨むない蛙に, こう睨めすえてどっち, こう睨んでるんだ, こうをする, こうを据え, こう矢継ぎ早やに尋ねられる, こう知らせたのだった, こう知らない他国の, こう知る上は, こう知れ渡っている, こう知名の学者, こう短く刈って, こう短兵急に痛め付ける, こう石標には刻まれ, こう石金の爺, こうも立てない, こう碩寿翁は意外そう, こう確かに弁才坊殿, こう確実に極められ, こう示し合わせるように, こう社長めいて, こう祈って顔, こう祈ったのである, こう祈りこう考え, こう祈念した, こう祈願して, こう祖母さんは最早, こう祖父は幾度, こう神さびた森で, こう神さまとか仏さま, こう神聖なる刑罰其物, こう禿げてゐる, こう禿げあがってい, こう禿げた変な, こう秀吉が徳善院, こう私アな生れてから, こう私自身を戒めた, こうんでおこう, こう種明しをし, こう積んでおく, こう積極的に出, こう穏当に申す, こう穢れてい, こうやふし瘤だらけ, こう空元気をつけ, こう空虚なの, こう穿めるん, こう込まれただけで, こう突いたら何う, こう突っかかるように, こう突っ放した返事だった, こう突っ込んで見る, こう突ッこんだ新聞記者, こう突嗟に思い出した, こう突拍子もない, こう窘めるように, こう立っている, こう立った時に, こう立ったらいかがな, こう立てつづけに芋, こう立て切って有っ, こう立て掛けてチビリチビリ, こう立て続けに真暗, こう立腹させた原因, こう端的に子供アシライ, こうのステッキ, こう竹刀を構え, こう竹槍をこういう, こう竹童はかんがえた, こう笑いだしながら, こう笑い声の出た, こう笑い話のよう, こう笑ったことが, こう笑わされちゃ助からん, こう笑われてしまった, こう笑われた上に, こう笑顔で迎えた, こうを傾け, こう笹川に挨拶, こうが動いた, こうはまた, こう筋書を考えた, こう答えさせて使者, こう答えするばかりであった, こう答えたい気が, こう答えたらナ近江, こう答えましたが何となく, こう答えよと先生, こう答えようと思います, こう答えられるのでした, こう答案がで, こう篠姫は微笑, こう簡便な返事, こう簡易に受けられる, こう簡潔につめ, こう簡略にはまいりません, こう籠ったので火鉢, こう籠めて全身, こうをきかし, こう粗末に扱われ, こう精一杯な感謝, こう精神が濛, こう精神作用を人間並, こう精進料理じゃあした, こう紋十郎は一喝, こう紙面には記され, こう破抜かれたら少し, こう素早いとは思わなかった, こう素晴らしい思いつきという, こう素気ない世の中, こう素裸にし, こう紫紐丹左衛門がいった, こう細い手を, こう細かくきざんで, こう細やかに話しこむ, こう細君はむき, こう紳士は云っ, こう紹介したが, こう止めた大きな, こう組み合せて考える, こう組んで締めた, こう結びついたのか, こう結ぶのです, こう結んだという, こう続々同志が, こう続くとサン・モリッツ, こうの目, こう綴るのが, こう綺麗にし, こう綿をちぎった, こう総監は自分, こうをひい, こう締めてさて, こう練れている, こう縁側にじっと, こう縁起でもない, こう縒り合わせると, こう縹緻の悪い, こう繁昌して, こう繁茂して, こう繰り返されては影響, こう繰り返しましたが鍛冶, こう繰り返すばかりである, こう繰返されている, こう置いて, こう置くし大名, こうッた, こう罵しられた僕は, こう罵っていた, こう罵られて余, こう罷り出て御, こう羅馬の人たち, こう美しいもの詩的な, こう美しく咲いて, こう美濃の国, こう群衆に教え給うた, こう羨しげな, こう義理堅いのは, こう義雄は田舎訛, こう老いも知らない, こう老いぼれる年齢では, こう老女に黙っ, こう老婆のののしる, こう老師に訊く, こう老爺が答えた, こう考えあわせてみる, こう考えさせていた, こう考えさせられている, こう考えさせられる深刻な, こう考えずにはいられなかった, こう考えたらしいと言う, こう考えだしてごらん, こう考えつくと一刻, こう考えてたリンピイの, こう考えないかね, こう考えなおすと私, こう考えましてひとみ, こう考えまわしつつ, こう考えられたと云う, こう考えられるであろうかかる, こう考えられるべきものな, こう考えろとケイ, こう考え付きますと私, こう考え付くと美留女姫, こう考え及んだのであります, こう考え尽した後父としての, こう考え直そうとした, こう考え詰めて見る, こう考え込んでしまった, こうを近づける, こう耳うちをした, こう耳元で囁いた, こう耳朶の処, こう聞いとくんねえ私ア, こう聞えていた, こう聞えたのは, こう聞えないかい, こう聞かされては余り, こう聞かされたとき皇帝曹丕は, こう聞かしたからにゃ命ぐるみ, こう聞かせられてお, こう聞かれた時に, こう聞かれるだろうぐらいの腹, こう聞きねえ実は, こう聞きゃあお前, こう聞き歩いたが知れなかった, こう聞き返した時先生は, こう聞き返す兄さんの, こう聞こえたような, こう聴いた時は, こうにそよぎ入っ, こう肩肘を張っ, こうの弦, こう背中がムズムズ, こう胎児にささやいた, こう胸ッくそが, こう胸騒ぎがし, こう下られて, こう脂ぎったもの不潔な, こう脅かしなさるので一人, こうが高い, こう腕まくりで言, こう腕時計を見, こうの位, こう腹の中に爬虫類, こう腹中を明かした, こう腹背に敵, こうを立て, こう膝ぐみになる, こう膠みたいなにおい, こう臆面もなく, こう自ら先に楼門, こう自分以外のもの, こう自動車が通らない, こう自問したこと, こう自嘲すると共に, こう自己弁護して, こう自惚れている, こう自棄に言い放つ, こう自然から借金, こう自白するに, こう臭いです, こう致すことに, こう致そう貴殿の, こう興奮してるん, こうを噛ん, こう舞台が変っ, こう船乗りらしく肩, こう良平を褒め, こう色チョークで書いた, こう色代して, こう色気なしに, こう花桐に攻めかけた, こう苛烈なこと, こう若々しい声で, こう若者にたずねました, こう若返ったところで, こうがない, こう苦々しく思いながら, こう苦しまなければならない, こう苦しむことも, こう苦しんだ私は, こう苦み走って, こう苦むに子供, こう苦りきったものだった, こう苦労して, こう苦悶するの, こう苦情を申し立てました, こう苦笑しながら, こう苦笑いなどは恐れ入ります, こう英吉利旦那の文字, こう英語でちゃんと, こう茂之助さん君イね何, こうに刺された, こう茶菓子になる, こうやら露, こう草木がしげっ, こう草臥ては退く, こう草茫々とした, こう荒々しくいうと, こう荒いんだろう, こう荒く粗末に, こう荒っぽく叙述し, こう荻生さんに言った, こう菊子が言った, こう萎縮して, こう付かれては, こう落ちついて聞く, こう落ちぶれたら見得も, こう落ち付こうと努力, こう落ち合ってみる, こう落付こうと, こう落着かない, こう落着きをよそおっ, こう葛の葉はいっ, こう明るくなっ, こう薄情に出来, こう薄暗い中は, こう薄暗くなっちゃあ, こう薄気味の悪い, こう薬学家らしい堂々たる, こう藤作は叫んだ, こう藤枝に云, こう虐待をされる, こう虚偽が堅め, こうの道へび, こうばかり捕っ, こう蜘蛛の糸, こう血管が膨脹, こう血腥い光景が, こう行かないと説明, こう行かなくてはなりません, こう行かなければならない, こう行きたいものだ, こう行き届く筈は, こう行き過ぎた感情を, こう行為が変化, こうは砥粉, こうのほう, こう表明した, こう表裏して, こう衰弱して, こう袈裟文庫なんぞ己, こう仰るので, こう被ってね, こう被りましてね袖無し, こう補足して, こう複雑に発展, こう複雑怪奇になった, こう褌ゃ切立だから, こう褒められて小坂部, こう褒められると涙, こう褒めるのは, こうくびが, こう西洋の圧迫, こう要求した, こう要領よく結びました, こう見えましてもそれ, こう見くびっていた, こう見くびられても仕方, こう見くらべて帰趨, こう見くらべたところお, こう見くらべると良人, こう見すえられたらかならず色, こう見ずのやつ, こう見せかけながら実は, こう見つ右門の, こう見つしながら鬢, こう見つしきりと丹念, こう見て取ったものです, こう見ねえ斯う, こう見ますとね新聞, こう見ようじゃありません, こう見られまいもので, こう見られる訳で, こう見ろと教わった, こう見わたしたところ敷地全体に, こう見上げてです, こう見上げられる大木の, こう見下ろしたのは, こう見事に焼けた, こう見廻せば見廻す, こう見栄をきった, こう見破っていた, こう見破られてしまっ, こう見縊ったり図, こう見聞のまま, こう見詰めている, こう見識を立てられる, こう見込んで出家遁世, こう覗き込むよう, こうわれては, こう覚し召し遊ばすので, こう親戚中の意見, こう親指を深く, こう親類の前, こう観た義貞の, こう覿面にあの, こうになった, こう解したからでしょう, こう解しなければ六祖, こう解するのが, こう解すれば, こう解りますと大変, こう解決をつけ, こう触れて行った, こう言いきかせていた, こう言いきってそうして, こう言いすてたなりさっさと, こう言いそえておけ, こう言いたかったのかも, こう言いたがっている, こう言いたげな根張った, こう言いたる時われは, こう言いつくろって, こう言いつけて置い, こう言いつけたのである, こう言いつけられたものでござん, こう言いつづけてきた, こう言いつめられるとそれでは, こう言いなさい瓦師は, こう言いなさるんだ, こう言いのこして彼, こう言いふらして下さい, こう言いまして私, こう言いやすんで, こう言いわたされると悲しく, こう言いわたしたのです, こう言いわたしたらいいでしょう, こう言い乗せられると益々, こう言い出しまして看護婦, こう言い出しましたものです, こう言い切った時だった, こう言い切り乍ら白麻の, こう言い募って来る, こう言い合った翌々日である, こう言い含めておい, こう言い囃されている, こう言い捨てるや脱兎, こう言い掛けて相手, こう言い放して厳格, こう言い棄てて隣り, こう言い棄てるなり彼, こう言い残したほどである, こう言い残すと歩く, こう言い添えてるようだった, こう言い渡されたとき奥から, こう言い渡されるのも, こう言い終って星崎さん, こう言い終るとあの, こう言い終わったとたん, こう言い終わらないうちに, こう言い続けるのである, こう言い聞かされている, こう言い聞かせますと, こう言い聞かせるその人, こう言い表わしている, こう言い言いやっこらはう, こう言い言いして居られました, こう言い訳したが, こう言うだろうと云う, こう言うべきだ自分および, こう言う死にかたを, こう言う言い合いのつのった, こう言えると思う, こう言ったぎり権兵衛は, こう言ったなら私も, こう言ったら思い出さりょう, こう言ったら驚くかもしれない, こう言ってたよ, こう言つた切り何も云わない, こう言つた筋のこと, こう言つてやつたん, こう言つて二人が争っ, こう言つて妙な声, こう言つて家の中, こう言つて彼女は兄, こう言わさないではおかなかった, こう言わざるを得なかった, こう言わずにいられなかった, こう言わせたものである, こう言わないではおられなかった, こう言わぬばかりに言っ, こう言わねばなるまい, こう言われたら彼女は, こう言われない前にも, こう言われればつい, こう言放って顔, こう言明しました, こう言訳します, こう計ってその, こう訊かぬ日は, こう訊き返しながらふと, こう訊き返したものの深く, こう訊ねましたが, こう訊ね出した時は, こう訊問された時, こう訓誡して, こう託していた, こう記した上で, こう記すと中, こう記者が答えた, こう記述して, こうのある, こうずれた, こう訪れてみた, こう訪れるのでした, こう註釈が多く, こう評するよりほか, こう詠ずるのであった, こう詠み誇った人々を, こう詠んでニコニコ, こう詠んだので宇多上皇, こう詰開きにされ, こう話しあっている, こう話しましたので水夫たち, こう話し出したのだった, こう話し合いながら今, こう話し話し三吉は, こう話し話し行く三吉は, こう話頭を転換, こう詳しいことは, こう詳しく覚えて, こう詳細に知っ, こうして, こう認むるも恥かし, こう認められてあつ, こう誓いこうさけんだ, こう誓っていた, こう誓言をたてた, こう誘われるとどう, こう語りあうことすらが, こう語りきかせておののく, こう語りついでダンサー, こう語り出して, こう語り出したのであった, こう語り出でたのが, こう語り合ってだれ, こう語り終るとしばらくじっと, こう語り聞かせているだろう, こう語勢強くいった, こう説いたのである, こう説かれると恵瓊, こう説きすすむのでした, こう説き聞かせて, こう読ませるのかと, こう読まれたのである, こう読みこう感心, こう読みかけて万吉, こう読みきったところでは, こう読みますんだ, こう読むのだ, こう読めるのです, こう読んだって始まらねえ, こう誰一人拝見をいたし, こう課税が重く, こう誹る声も, こう調べ上げて, こう談話の迹, こう請判と一しょ, こう論じてくる, こう論じかけられた私は, こう論断して, こうはつけ, こう諦めて父, こう諦めざるを得なかった, こう諦らめて周囲, こう諫めた, こう諫言をした, こう諭すのだった, こうう, こう大将を, こう諸式が高く, こうかなかっ, こう謂い出したからにゃいくら, こう謂えばな親, こう謂われて急, こう謙遜して, こう講釈師らしく胸, こうして, こう謝りながら朱実, こう謡口調で罵り, こう警戒しながら, こう警戒厳重では, こうを借り, こう議している, こう議論した読者, こう讃えるより外, こう讃美する声, こうを隔て, こう豁然と胸, こう豁達せぬの, こう豆スープの中, こう豆太郎なみの智恵, こう豊作が今朝, こう豊富であれば, こう然と, こう豹変したの, こう負け惜しみを言ったら, こう貫禄とでもいった, こう責めつけられると進退, こう責められておいで, こう貴女がお, こう貴殿にはいわれる, こうの跫音, こう賑やかになった, こう彌は, こう賢く遊びが, こう賢明に悟られた, こう賢造の方, こうの他人扱い, こう赤城に芝居小屋, こう起つと向, こう越前守の前, こうく, こう足手纒が多くっ, こう足音五十三次やれやれの, こう跡づけて考え, こう跣足でございます, こう踊るしか踊り, こう踏み風雨を, こう踏みつけられちゃあ何日, こう踏むと承知, こうを立て, こう蹴鞠の, こういで祝福, こう身の上を話したら, こう身内がぞくっ, こう身動きも出来ない, こう躾めるよう, こう軍令を口授, こう軍命をつたえ, こう軍艦の形, こう軟かく香具師は, こう転がってよ, こう転た寝でも遊ばし, こう軽い声で, こう較べて細やか, こう輩出したの, こうの上, こう辛く当るの, こう辞世の偈, こう辞儀をする, こう辟易して, こう辰さんが言った, こう農家の数, こう辿ればいい, こう迄も清国は, こう迅速だったかと, こう迎えるのだった, こうこう, こう近う寄られるが, こう近代科学をうまく, こう近寄り難い感じ, こう近年になっ, こう近接して, こう近頃のよう, こう返してイイエそう, こう迫られるに違い, こう迷信に近い, こう迷児と呼んだ, こうけ加えました, こう追い廻せばいや, こう追っかけて命令, こう追窮されるの, こう送ってどう, こう逃げてかれ, こう逃げつづけでは苦しく, こうに捻向い, こう逆らってちょぼくれ仕立, こう逆説的に云え, こう透しますと向う, こう透すと渡る, こう途絶え途絶えちらほらこの, こう這入った上に, こう通せンぼ, こうに飛ぶ, こう速急に切りだした, こう連歌の上の句, こう進もうという方, こう進路のはかどる, こう遅いところを, こう遅うてはお, こう遅かったの, こう遅れたのであろう, こう遅刻されては, こう遇う人毎に, こう遊ばしませぬか, こう運び込んだものと, こう運動するよう, こう道徳的な苦しみ, こう違うだこんな物, こう違っても思う, こう遠慮をする, こう遠慮気を示す, こう遣りさえすりゃ, こう遣り込められるくらいならだまっ, こうかに変った, こうに二まわり, こう部下に命, こう都合のいい, こう鄭重のうち, こういだ酒, こうばかり飲ん, こう酔いが発する, こう酣わになっ, こううぞと, こう醜い不具者に, こう醜くなった自分, こう重なるにつれて敬太郎, こう重ねがさねでは, こう重ね重ね人に, こう重り重りし, こう重大になる, こう重太郎がきく, こう重臣のすべて, こう重苦しくっちゃ堪らない, こう重視して, こう野村に語った, こうを超え, こう金切り声で叫んだ, こう鉄漿の口, こう鉄火が浴びせ, こうででも割いた, こう銀五郎は信じ, こう鋭く眉を, こう鋭くいい放された新井田氏, こう錆びた体に, こうをかけ, こう鎮めて, こう長々と言われた, こう長い年月遠く, こう長平に語っ, こう長引いちゃどう, こう長期に頑張り得よう, こう長生きしようとは, こう門口を閉めた, こう開けて開いた, こう開化して, こう開放して, こうをつぶされ, こうの悪い, こう間断なく響い, こう間近く沁, こう間違っても困る, こう間違ったのである, こう関係するの, こうをへだて, こう防ぎにかかった, こう防ぎ疲れてしまっ, こう能十あれ, こう阿闍梨は言い, こう附けくわえたそうだ, こう附け加えるに極, こう附け足して言った, こう降りこめられては所在, こう降り続くとどこ, こう陣取りまして五六間, こうにこもっ, こう陰惨な所, こう陳列すると, こうへ向っ, こう陸地の片影, こう陽性には決して, こう隔てのない, こうより始めたがる, こう隙間なく垣, こう隣ったことを, こうなこと, こう集めるのが, こう雑鬧な人出, こう難問が続発, こうが降れ, こう雪山が長く, こう零落して, こうはいっ, こう青痣があった, こう青葉の色, こうに娘, こう静まッて, こう静ッて見る, こう非常に現実, こう面白そうに, こう面白いんだ, こう面白ずくに嵩, こう面長なそして, こうを払っ, こう響いたらどうなさいます, こうを追って, こう順々に書い, こう順に流れて, こう順序よく牌を, こう頑丈にびく, こう頑張って一挺トランク, こう頑張るとは, こうをつけ, こうのあたり, こう頭脳の中, こうへかける, こう頻々と失敗, こう頼まれるたびに, こう頼みこむと世良田, こうに長, こうを引い, こう顔色が悪い, こう願い出したというの, こう願えますまいか, こう願文のうえ, こう顧慮なく一心, こう風の音を忘れる, こう風通しが悪い, こう颯とせく落口, こう飄々と近づい, こう飛びあがるような, こう飛躍的に明るい力強い, こう足りないよう, こう食いちがうのでしょう, こう食うのが, こう食らって, こう飯場中活動して, こうまっしゃれ, こう飲んでいる, こう饗応せいこう, こう首の座に直っ, こう馳せつけに, こうつかれて, こう駁砕してから, こう駆けてばかりい, こう駒雄へ声, こう駕籠の中, こう騒々しいところを, こう騒がしいんです, こう騒がれるものかと, こう騒ぎが高く, こう騒ぎ出されてみる, こう騒ぎ出したのだった, こう騒ぐのだ, こう驚かされると自分, こう驚き声を洩らした, こう骨董責に逢っ, こう高飛車に出た, こう髪の毛を長く, こう髪結床の中, こう髪長彦が云います, こうが抜け, こう魏延を叱った, こう鮎子に言われ, こう鮮やかに頸動脈, こうの鳴く, こう鳥渡の間, こう鳴き声だけがちがう, こう鳴らしてゴースタン, こう鳴らす者は, こう鴫丸は返辞, こう鶏卵色になった, こう鹿のなく, こうから山上, こう黄色な汁, こう黒犬に云いつけました, こう黙られるとお, こう齟齬ッてい, こう龍太郎がいっ