青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「こい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

けれ~ けれど~ けれども~ ~げ げ~ げに~ げん~ ~こ こ~ ~こい
こい~
こいつ~ ~こう こう~ こういう~ こうした~ こうして~ こえ~ ~ここ ここ~ ここら~

「こい~」 1239, 13ppm, 8270位

▼ こい~ (124, 10.0%)

7 いってるん 6 命じた 3 いって, 云った 2 いう, いうので, いっても, おっしゃったの, 上等兵殿に, 言うので, 言って

1 [91件] あやしみ林, いうからには, いうと, いうの, いうよ, いった, いったんで, いっといた, いつた意味, いふ勢で, いやがる, いわれたので, いわれたん, いわれても, おっしゃいますか, おっしゃったもん, おっしゃっても, おっしゃれば, お命じ下さい, こう私, しつこくいう, せつ子から, だれが, ふな, めくら野郎, わかると, 七目おかせ, 三声なく, 上に, 与次郎の, 云いつけると, 云いますから, 云うん, 云う唄, 云う字, 云ったとき, 云ふ, 云われれば, 人に, 人を, 仰し, 仰しゃいました, 仰っしゃるまでで, 仰有, 会社の, 伝えろ, 使者に, 信子は, 先生が, 勢い込んだし, 取捉, 叫び自分, 叫んだ, 命じさえ, 命ぜられやむなく, 大きな声, 大旦那様, 始終いいつづけ, 建築と, 思わせないため, 恋人を, 戸外へ, 指図を, 来て, 熱望する, 甚だしい怒りよう, 申されました, 申せ, 登勢に, 祖母が, 神示を, 積み込んだ荷, 脅かされて, 腰を, 言いつけました, 言うてな, 言うの, 言ったか, 言ったこと, 言ったの, 言った法海禅師, 言ってるらしかった, 言ふ, 言われたので, 言われました, 言われると, 誘って, 誰が, 責めたてた, 迎えが, 鷹揚に

▼ こい~ (107, 8.6%)

6 行く 4 行って 3 ゆきました 2 いるの, きました, ゐます, 行きました, 行く男

1 [84件] いきました, いた, いたの, いたミリガン夫人, いた他, いる, いるが, いるよう, いる伝馬, いる僕ら, お化け屋敷です, きたの, くるぞ, くるの, くる目, くれた, くれる人, そっちの, それを, たくさんじゃ, とうとうおっかさん, どこへ, のがれようと, はあるまい, ふたたび彦島, まあお嬢様, また繭, みんな男と, みんな百姓の, もどって, やつぱし私は, ゆくこと, ゆくと, ようよう胸, ゐるクミ, 一直線に, 上戸に, 丸市で, 事務所に, 二人の, 今まで, 低い柵, 前方を, 十年前に, 土間に, 壁板や, 大砲の, 居たの, 帰って, 後二年位は, 持って, 斬るん, 昔の, 来た都会, 来て, 来ました, 来る人, 東京港の, 歩いて, 歩くの, 段々みの, 沖の, 沖へ, 浦戸湾内を, 海の, 溯って, 田舎の, 綱を, 若宮猛だ, 草原の, 落窪の, 行かなければ, 行きますと, 行くと, 行く君, 行く艪, 行けばい, 行こう, 行った, 行ったこと, 見る気, 逃げだしたという, 陸へ, 青年男女の

▼ こい~ (76, 6.1%)

3 です 2 お金を, がいい, はぬめぬめ, ほうが, 中を, 代金を, 家だ

1 [59件] お友達, お惣菜, かつかみ, かわりに, か啼き, がいつのまにか, が師匠, が特に, その上便利, それも, ために, ですから, ですからね, ですが, ですけれど, とは口惜しい, と薄のろ, なかには, は今, は俺, を一ぺいたのむぜ, を嬉し, を自慢, 一室に, 一部屋の, 上は, 中で, 中に, 中へ, 仕事でし, 代物これでなく, 代用として, 代金なんど払う, 伴奏だ, 傍を, 土地です, 場所だ, 壁画をめぐって, 大きさ, 天候にも, 天嶮だ, 子供や, 小屋へ, 尾を, 掘立小屋, 日和だった, 横へ, 機會に, 武器である, 物影に, 申し分の, 穏和な, 管理人です, 舞台に, 良品が, 藁で, 跳る, 隙間から, 駕屋の

▼ こいという~ (33, 2.7%)

3 んだ 2 のだ, 合図を

1 [26件] いいつけ, ことだ, ことに, ところに, のか, のである, のです, のは, ふうだった, ように, んです, 不足は, 半封建的文庫形式, 呶鳴り, 密使が, 御使, 意味であった, 意味の, 手紙が, 旦那さまの, 気持は, 石見守さまの, 身が, 身ぶりを, 通知を, 飛電に

▼ こい~ (23, 1.9%)

4 買って 3 して, 売って 2 まけて

1 [11件] おあがりなされ, しちゃったん, またぎこし, 二ひき買っ, 使って, 受け取りも, 問屋から, 病人に, 見て, 蹴って, 逃がして

▼ こい~ (18, 1.5%)

1 [18件] あでやかな, いまごろどうしたろう, このとき, そんなこと, たいてい売りつくし, だざはりがする, よく肥え, 値も, 元気が, 売れずに, 威勢の, 幾年か, 死んで, 河に, 河の, 白い腹, 自分の, 食べないほう

▼ こいから~ (17, 1.4%)

1 [17件] お前どう, ちょっと事務所, とうとうお, どんな細工, ホールへ, 何処ぞい逃げよやない, 先も, 後本気で, 時代違ひ, 柿内の, 直ぐ帰る, 空へ, 自分に, 荻窪へも, 遠い所, 香櫨園い行きます, 駈け抜けたでございましょうよ

▼ こいもの~ (16, 1.3%)

1 [16件] がどう, がポタリ, だったが, だと, だという, であるの, です, では, でハゼ, にされ, にした, はおれ, よ, を何, を出し, を好みました

▼ こい~ (15, 1.2%)

2 跳ねて

1 [13件] いるらしい, されて, すべすべした, たいへんだ, ちよいと, ぱくぱくすぐ僕, 天下を, 流されたろう, 肥えた白い, 逃げた, 逃げたとき, 逃げて, 除れる

▼ こい~ (14, 1.1%)

1 [14件] いた母親, いやはや, いるうち, いわれる, え御厳命, おくこと, この国, しまった, 威張ってけ, 此國を, 牙を, 落ちた金, 食って, 食つてら

▼ こい~ (14, 1.1%)

2 目を, 見えたその 1 こいに, さッ, したの, した休茶屋, して, まいるもの, 屋根が, 理由は, 誰が, 遣って

▼ こいところ~ (12, 1.0%)

1 [12件] があった, があり, がある, がだんだん, がなく, だ, で, に座っ, も持っ, を二, を少年, を浴び

▼ こい~ (12, 1.0%)

2 をし 1 がのぞく, ざしから, で傍觀者, で横目, には涙, をあげた, をぐりぐり, を向け, を輝, を輝かせ

▼ こいこと~ (11, 0.9%)

1 [11件] この上, だ, とこうるさい, とらえたお雪ちゃん, にされ, は面倒, をいっ, をごらん, をしました, を仰有っ, を申す

▼ こいだけ~ (10, 0.8%)

1 だ, つまり半年以上, もう身体, やったらみんな自分, トコトン迄, 借りたの, 地形が, 書いて, 極めといたら安心, 金で

▼ こい~ (9, 0.7%)

1 いいな, そんなり, ねえもの, やにでも, 来て, 死んで, 治療の, 綿貫と, 行て

▼ こいやつ~ (9, 0.7%)

2 だ, だからな 1 がおります, じゃ, だな, ではありまする, を追っ払う

▼ こい~ (9, 0.7%)

1 だ, だから, だってこた, でご, でございます, なら利得, には敵, よ, をペロペロ

▼ こいって~ (7, 0.6%)

1 いわなくても, よびかけましたかい, んだ, 云う唄, 云っても, 呼んで, 私に

▼ こいでも~ (7, 0.6%)

1 あんた, あんたただの, お春さん, この年, まあ仲間, よいという, 人間の

▼ こいとの~ (7, 0.6%)

1 お声, ことだ, 仰せに, 帝の, 御諚で, 文が, 返事だった

▼ こいので~ (7, 0.6%)

1 いちばん早く, お客様方には, 何か, 女を, 浜田も, 誰よりも, 雪を

▼ こい~ (7, 0.6%)

2 を馬鹿 1 がない, だけれど, であること, で隨分私, に恨まれ

▼ こい~ (7, 0.6%)

1 だ, だよ, でございました, ではなかっ, なはず, なん, の嵐

▼ こい~ (7, 0.6%)

1 とを持っ, と固い, と天啓陶磁, に羞恥, の団栗眼, をし, を向け

▼ こいとか~ (6, 0.5%)

1 ごじい, しかりつけるよう, 総理大臣は, 言ったの, 言って, 隠して

▼ こい~ (6, 0.5%)

1 が全く, が来合わせた, だつた, になれる, はじゃ, は自分

▼ こい~ (6, 0.5%)

1 で引ツぱたくやうに風早, に握られたく, へ自分, をし, を振りもいだ, を暖め

▼ こい~ (6, 0.5%)

1 てお母さん, てたん, てどんな, てなさるいう, てみたい, て見せたげる

▼ こいその~ (5, 0.4%)

1 カヘシが, 手や, 木霊が, 癖その, 顔には

▼ こいだけの~ (5, 0.4%)

1 ことを, 店を, 手で, 苗木いつに, 配付の

▼ こいだり~ (5, 0.4%)

1 して, 納屋へ, 網を, 谷の, 陸地を

▼ こいといふ~ (5, 0.4%)

1 のです, 加減で, 場所なれ, 奴ぢや, 目配せを

▼ こいもん~ (5, 0.4%)

1 が色事, なんぞは集団農場, にさせる, はここ, 食べたか

▼ こい~ (5, 0.4%)

1 ず舞, だ, だからなあ, だが, でしょう

▼ こい~ (5, 0.4%)

1 だらうと, です, でそう, になっ, をかけた

▼ こい~ (5, 0.4%)

1 でしたが, ですから, で何, どしたよ, なん

▼ こい~ (5, 0.4%)

1 で腹, とはて, にも倦, ばかりじゃねえ, を好む

▼ こい~ (5, 0.4%)

1 でありながら, のてつぺん, の上, をかきました, を前

▼ こい~ (4, 0.3%)

1 つぎの, 児じゃった, 天気で, 芝居な

▼ こいこい~ (4, 0.3%)

1 と始終, ふるさとに, 大橋小橋とん, 螢が

▼ こいそう~ (4, 0.3%)

1 すれば, だな, はさせ, 簡単には

▼ こいといった~ (4, 0.3%)

1 そうな, のだ, ものでした, 調子しかも

▼ こいぽんぽんぽん~ (4, 0.3%)

1 お日さん, か, タンク出, チョコレート出

▼ こい~ (4, 0.3%)

1 こいよ, ウ, ッ, 壺中の

▼ こいポケット小僧~ (4, 0.3%)

1 だけは生き, にその, はなにか, はヒョイヒョイ

▼ こい少年~ (4, 0.3%)

1 がいちばん, だった, です, でたいへん

▼ こい気持~ (4, 0.3%)

1 になっ, のい, は強い, よくふくらんだ

▼ こい皮膚~ (4, 0.3%)

1 がある, ではじき, をもった, を持つた

▼ こい笑顔~ (4, 0.3%)

2 でお婆さん 1 で河野, をし

▼ こい~ (4, 0.3%)

1 が出来ねえ, が急, にゃ楽, をいく人

▼ こい野郎~ (4, 0.3%)

1 がある, とてもそのうえ強いる, もぐる, を出せっ

▼ こい電話~ (4, 0.3%)

1 かけて, かけよと, かけるよう, で知らし

▼ こいじゃ~ (3, 0.2%)

1 ねえか, アありません, 厭でも

▼ こいそれ~ (3, 0.2%)

1 からちゅうもんもう邪魔, こそ独楽鼠, は年玉

▼ こいちゃ~ (3, 0.2%)

1 んは, ん早う, ん行く

▼ こい~ (3, 0.2%)

2 やない 1 や迚

▼ こい~ (3, 0.2%)

3 も食べろ

▼ こいでは~ (3, 0.2%)

1 いかん, 甚次た, 笑いながら

▼ こいなと~ (3, 0.2%)

1 あやごとに, 腰を, 遣附けろや

▼ こいよう~ (3, 0.2%)

2 だが 1 でも

▼ こい~ (3, 0.2%)

1 が二重三重, の抽斗, を見まわした

▼ こい人間~ (3, 0.2%)

1 だという, でありますので, で尻尾

▼ こい~ (3, 0.2%)

1 が夢中, で藤六, は少い

▼ こい根気~ (3, 0.2%)

2 のいい 1 がなかっ

▼ こい~ (3, 0.2%)

1 がちよろちよろ, だ, を

▼ こい~ (3, 0.2%)

1 に時々, の大きな, をし

▼ こい緑色~ (3, 0.2%)

1 となり, に見え, の背広

▼ こいあんな~ (2, 0.2%)

1 こという, 時間に

▼ こいいい~ (2, 0.2%)

1 つけ口で, 話が

▼ こいいや~ (2, 0.2%)

1 なところ, なら帰れ

▼ こいがたき~ (2, 0.2%)

1 である, に対していだいた

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 ちえ, 相手が

▼ こいだけで~ (2, 0.2%)

1 もう百五十日, 一先づ明日の

▼ こいちゃん~ (2, 0.2%)

1 に電話, 行って

▼ こいづあ~ (2, 0.2%)

2 大きな蝸牛

▼ こいです~ (2, 0.2%)

1 こと, ねん

▼ こいとは~ (2, 0.2%)

1 反対な, 言わんぞ

▼ こいなぞと~ (2, 0.2%)

1 云ったから, 身体を

▼ こいには~ (2, 0.2%)

1 おやぶれ, まだ

▼ こいふるさと~ (2, 0.2%)

2 にきた

▼ こいぽん~ (2, 0.2%)

2 ぽんぽん

▼ こいみんな~ (2, 0.2%)

1 その目当て, のん

▼ こい亭主~ (2, 0.2%)

1 だの, にひき

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 が横ッ, で一文菓子

▼ こい凸額~ (2, 0.2%)

1 だった, に一寸手

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 の縁, をさし

▼ こい売り~ (2, 0.2%)

2 のおじいさん

▼ こい姿~ (2, 0.2%)

1 が針, は見当らない

▼ こい学校~ (2, 0.2%)

1 であんな, でこい

▼ こい小娘~ (2, 0.2%)

1 がまた, だったので

▼ こい弾力性~ (2, 0.2%)

1 のある, の胴体

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 もすべて自分, を曳い

▼ こい性質~ (2, 0.2%)

1 である, やそれら

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 があっ, ですが

▼ こい手足~ (2, 0.2%)

1 などが肌, の短

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 が猛襲, を控え

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 で出来た, の枝

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 たれと, たん

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 にしとど濡れ, をふくむ

▼ こい白い~ (2, 0.2%)

1 木柵に, 足は

▼ こい皺首~ (2, 0.2%)

1 が背, を捻じ切る

▼ こい目つき~ (2, 0.2%)

1 でチラリ, をし

▼ こい真似~ (2, 0.2%)

1 はしたく, をする

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 がそこ, が転

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 のやり方, の心

▼ こい空気~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 の葉, を見せた

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 だろう, を持つた

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 が見られた, に乗つ

▼ こい船長~ (2, 0.2%)

1 には見かけ, の拒む

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 の自分, を塗る

▼ こい若い~ (2, 0.2%)

2 者に

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 でピイ, をとつ

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 で先, 取で急いで

▼ こい遊び~ (2, 0.2%)

1 に来, に行く

▼ こい達磨船~ (2, 0.2%)

2 を曳動

▼ こい金もうけ~ (2, 0.2%)

2 の蔓

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 が絶え間, だわ

▼ こい~ (2, 0.2%)

1 でて, の肉

▼1* [382件]

こいあい色の目, こいあるものを, こいあんまり八方美人に, こいいくらか相手を, こいいたずらな心, こいいったん思い立ったこと, こい展覧会などに, こいうしろの道, こいうちの網船, こいな, こいええチちゃはは, こいえびちやのはなを, こいおいらとかけ, こいお方が王様, こいお菓子こいジャミパン, こいかも知れない, こいからは家出る, こいかんかん虫じゃった, こいさまが, こいくせによう肥つた, こいくどさを, こいくらいに誘って, こいけども出来ない子, こいけばけばしい柄の, こいけれども全く生気, こいこっちへ, こいことばつかしです, こいこと此の上, こいこれから階子段だ, こいごちゃごちゃした模様, こいさえしつらえて, こいさもないと, こいじゃから活花に, こいすぐに, こいずうずうしいに出, こいずっしりとした, こいぜひその管輅, こいとへ, こいそういう用なら, こいそれにもう一つ, こいたい焼きの大安売り, こいたって忍術使いじゃ, こいだからねお待ち, こいだからといって毎日換え, こいだが呂宋兵衛は, こいだけからだが, こいだけが元気よく, こいだけは申し上げときますがね, こいだれがうけりゃ, こいちゃん暇やったら迎い, こいちょうどこの前, こいちょうどよく切って, こいつまこいと, こいつめはっきり言わん, こいつら隠密だ, こいづはまるで牛の胆, こいては前に, こいても揃いませんから, こいであっても恋, こいであるか, こいとうたつてゐた, こいとおつし, こいとこう云うん, こいとでも思ったの, こいどこそこへ使い, こいども俺その, こいじゃ, こいなあ源右衞門さんを, こいなでしこが咲いた, こいなど入れて, こいなどと言ったおぼえは, こいなりでは, こいなんでもこい, こいごうに忍びずし, こいねがわくば, こいのね千束町よ, こいの粗末な店, こいばんがたに, こいひきょうな邪法, こいひとがいた, こいバラバラバラ, こいほうたるこい, こいほうきを, こいほど医者を, こいほほえみをうかべ, こいほんとの盗ッ人, こいぼんぽんぽん飛行機出て, こいぽんぽん大きい兄ちやん, こいまでの抒情気分は, こいまなこの鹽, こいみじめないえば, こいみずみずしい大粒の, こいみんなぼくがくん, こいにお, こいめしだのおじや, こいもう一度搖つて見ろ, こいもんぢやつた, こいやうでも, こいよく人情を, こいよと小遣いの, こいりこうな, こいわしにつづけ, こいわしはんのほか, こいウサギがどうしてあんなにノロノロ, こいクリーム色の皮, こいコートの肌, こいジャミパンこいとうたつて, こいソッとノート, こいソレ何を買っ, こいツアいけねえ, こいヘゲタレ商売とはタチ, こいペンで書いた, こいマダム・ルセールにかえって, こいマネをし, こいマントの上, こいだね, こい一方は沼, こい三位卿にし, こい三角形の顔, こい下手人なんかには負けません, こい不幸に苦しむ, こい世間から苦労, こい腕が, こい両脚白足袋をはいた, こい両足が腿, こい中年女は何ん, こい事務など執っ, こい事業でしょう, こい二十面相のこと, こい五万円で買っ, こい五体は闘志, こい人同士にし, こい仕方であったの, こい作家であらう, こい便衣隊の本拠, こい信長に勝, こいがマダム, こいでもさて, こい元気者で二言, こい光つた化粧をし, こい光子さんが網, こい冷たい感じが, こいに這入つてる, こい出来であるの, こいで次第に, こい助手を持っ, こい動作を見せ, こい動作力をもっ, こい動物が彼, こい博士の頭, こい布地だ, こい口調で言った, こいだとは, こい吾輩のごとき, こい味方の衆, こい呼吸で逃げ出した, こい四つの感触, こい堅い重みが, こい塩分をふくむ, こい墨染の衣, こいの夜, こいがあります, こい大きな黒眼鏡を, こい大戸の端, こい大橋小橋とんで, こい大男ですね, こい大通りを輪タク, こい天井こいみんな, こい奴めだ, こい奴等だな, こい好みをさう呼ぶ, こい嫁入りやかいせ, こい子どもがあっ, こい子供だったから, こい孔雀が唯, こい存在でなければ, こい孝助だ, こい宅助は怒りません, こい安香水のよう, こいをのぞかせ, こいの中, こい家庭を暖め, こい容易に抑えられる, こい小姓たちの眼, こい小鳥を黐, こい少年たちをお, こい少年助手がいる, こい少年探偵の小林君, こいをこちら向き, こいがある, こい工合に町, こいをチョコン, こい府廨で検, こい庭境の隣家, こいさには, こいは僕, こい彼女の顔, こい二方が, こい復讐感を満足, こい微笑を浮かべ, こい徴兵検査でこい, こい忠五郎も其處, こい怪物でしょう, こい怪盗とは考えられない, こい恐るべき曲者の, こい悟りをひらい, こいの悦楽, こい悪たれ小僧に決して, こい悪罵と叱責, こい悲しみの中, こい感じが第, こい態度で, こい戯談を思ひだした, こい所作を見, こい手ェ入れるもん, こい手分けをし, こい手紙でも送つ, こい承認を待つ, こい折ようお梅どん, こいほどの鱚, こい捨ててはおけまい, こい抜け者, こい施十娘を呼ん, こい日吉はすぐ, こい昆虫めがとても, こい普請やない, こい普通の石, こい晴天のヘキレキ, こい智慧貸して, こい更紗模樣にふと, こい有り難い王様で, こいと縄, こいの色, こい柔味が浮かんだ, こい柔和な愛嬌, こい植木が二, こい業物です, こいな輝き, こい機動演習でこい, こいを剥い, こい段々になっ, こい毎日飲まされる薬, こいをまっくろ, こい毛脛でもつ, こい毛臑でもつ, こい水さ入りたくね, こい水さ誰が好き好ん, こい水色の紙テープ, こい氷嚢を頭, こいが額, こい江戸者などをさがし出す, こい法師のよう, こい法蓮華囃子が谷, こい注意と叱責, こい洟タレ天狗や皮膚病天狗, こい浪人にびくびく, こい淋しがりやが, こい深い影を, こい温室できのやつ, こい火箸のよう, こい灰白の小, こい焼石を鍋, こい熊野参りに, こい熱心な探索, こい燕女は權八, こい爺さんが始め, こい物アなん, こいのよう, こいのよう, こいで内気, こい玉菜の羹汁, こいを積みあげる, こいがいずれ, こい田舎汽車の発車時間, こい町人たちが慾, こいの上, こい疑問を説き伏せる, こい痛い目に, こいにアクセント, こい相談しに, こいするどい目, こい眉毛のかげ, こい真赤な花, こいが何もの, こい眼付きでいう, こいなか子へ, こいこい天井, こい竹童をもてあまし, こい笑みが春, こいの音, こいってある, こい範囲である, こい紀元節でこい, こいじゃア駄目, こいの面, こいのちょうど, こい細い舌だつた, こい縄目がこの, こい繊麗な翫弄犬, こい言が, こいの立像, こい老婆が杖, こい老躯の中, こい老骨の肩, こいのついた, こいに巻きつく, こいやぷりぷり, こい腕利きですが, こいの肉, こいがへった, こいののった, こいの上, こい自然の情景, こい色情夫人にはもう, こい色気を感じた, こい芭蕉が居る, こいである, こい芸当をしきりに, こい若々しい笑みは, こい若者だと, こいを持っ, こい茶色のタバコ, こい草鞋がけできたらええ, こいが咲い, こい葉幹を支, こいがあつ, こいで, こいがき, こい蛾次郎どこへいった, こいがとびます, こい行ったらいかんで, こい詫まりに行く, こいだな, こい諫言をする, こい質問者というこの, こい足蹴だおっとその, こい迎いに行, こい逃げ腰で赤い長い, こい逃げ足でどこ, こい通りから身体, こい連中ですから, こい道中師の伊兵衛, こい遣り方で, こい避妊の方法, こい野伏たちの襲撃, こい野郎ぢやありません, こい野鄙な道化, こいの装飾, こい金物が革袋, こい錯綜からこれ, こい長靴の臭, こい関心は, こい闖入者のため, こい雑誌でこい, こいが襟もと, こい電燈の出, こい電話かけに行こ, こいがたちのぼっ, こい青年でした, こい青年訓練所でこい, こい静けさとでもいう, こいに微笑ん, こい額さ舐めて, こいしてるど, こい顔つきを示す, こい願わくは在天の, こいがうら, こい風呂に入る, こい飯なぞ食つてゐては, こい餅肌をし, こい首根っこを両, こい首筋を見, こい駄馬を引いた, こいを一本かわり, こい骨ぐみだった, こい體質がそれきり牛蒡, こい魚等は自由, こいこいは, こい鰯子がチ, こいがセツセ, こい黒いぶちの, こい黒眼鏡の男