青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「くし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて きわめて~ ぎ~ ~く く~ くさい~ ~くし
くし~
~くせ くせ~ ~ください くつ~ くに~ くみ~ くも~ ~くら くら~ くらべ~

「くし~」 3118, 30ppm, 3890位

▼ くし~ (709, 22.7%)

10 ゐた 9 いた 8 しまって, ゐる 7 しまつ 4 おいで, しまった, 造られたもの 3 いなければ, いると, いれば, しまう, ゐたが, 居ります, 居る, 待って

2 [49件] ある様, いる, いるの, くる, しまうの, しまったわけ, しまつて, しまふ, ゐました, アンドレイエヒミチに, 且つ親, 人に, 仮初にも, 來た, 侯が, 傍へ, 内より, 北海道の, 受けたけれども, 古今の, 姐の, 定らざるは, 居りましてな, 居ると, 居るの, 彼を, 後ぞ, 心を, 忍び笑, 忙しき小さき白粉色, 悲歎に, 或者, 捨つ, 柚木の, 決して人, 消極主義に, 狎る, 畏る, 積極主義に, 笑つたが, 置くが, 而し, 而も, 膝を, 行ふ, 許りゐる, 訴へ, 長久なる, 馬の

1 [533件 抜粋] あげませう, あはれは, あるもの, あれば, いきなり前, いくばかり, いさめたものの, いたかネ, いただきたいこと, いたって, いたと, いたの, いた俺, いた兄弟たち, いた城太郎, いた市九郎, いた河, いた背, いた許宣, いった, いつたけれども, いて, いとものすごき, いない, いないだろう, いますから, いまだ永遠, いよう, いらっしゃりたいなら, いらっしゃるので, いらつし, いられないさ, いりゃ先生, いること, いるだけでも, いるつもり, いるという, いるばかり, いるより, いるらしい愛憎, いるん, いる事, いる二人, いる人達, いる俺, いる日本, いる様子, いる私, いる葛岡, いる間, いろ, うなずきながら, おかなかったならば, おかなければ, おしまいに, おどけた顔, おねんね, おばあさんの, おりましたが, おりますので, おりませぬ, おること, おれ世間へ, おれ悟を, お光, お出, お辭儀, お雪, かえって物すさまじ, くれたの, くれて, くれる人, この世を, こやつ俺, さすがに, しまいいつも, しまいました, しまいましたから, しまいます, しまい家, しまい私たち一, しまい自分, しまうお, しまうという, しまうとは, しまう力, しまったの, しまったので, しまったよう, しまった以来端書, しまった張本, しまった町内, しまった裸一貫, しまつた人たちの, しまつた者ばかり, しまつた雲煙過眼遂に, しまつてから, しまつてゐた, しまふお方, しまふ事, しまへど, しまわあ, しまわなかったらとっく, じりじり死ん, すこし怒った, そうして一日, そこの, そしてあんなに, そのスープ, その代り, その危険, その大, その極, その温情, それに, それは, ただ無闇矢鱈, たま, なお未だ, ひとりで, へりくだって, まごまごした, まさ, またおお, またなに, みせた, むきだしに, むきに, めったに大声, もらいたいもの, もらったこと, やっと手つかず, やるやう, ゆくと, ゆくの, よろこびさっそく, ゐたの, ゐたので, ゐたり, ゐて, ゐるうち, ゐること, ゐるんで, ゐる処, テレながら, ポケットを, マルタに, ヤングの, 一人一人枝, 一生を, 一般に, 一行を, 丁字櫂を, 三条西実隆は, 上げるの, 上行す, 下さるの, 下を, 且つ角, 且つ醜, 世を, 両手を, 乃ち之を, 乘る, 了って, 二三度繰り返さなく, 二人の, 二十八町二十間の, 二本植ゑたそれが, 云々, 云った, 云って, 亡くなつて, 人には, 人を, 今やこの, 今度は, 今日までは, 仕舞つたのだ, 仕舞ふ, 以後三月ばかりの, 仲秋の, 伊豆山の, 伯爵の, 何うなる, 何故その, 使ひ, 使用に, 俯向い, 俯向いた, 僧正の, 入りその, 公園で, 其の意, 内を, 内心ぐにゃぐにゃ, 再び卓子, 凝と, 出がらしの, 出て, 出でたと, 出來, 出来上った時ナツメッグ, 初めの, 初め疑はれ, 利潤も, 加えて, 勅使に, 勝つこと, 北条氏の, 十五六歳に, 千円が, 卓を, 又信頼, 収め得なかつた若干, 叡慮に, 口を, 叫んだ, 叱ったり, 右に, 同類一般の, 向うに, 君の, 吹けば, 呉ける, 呉し, 呉れると, 命令する, 唱えた文化平衡論, 啓蒙時代を, 喜ぶの, 喩へば, 噐の, 四海波穏やかなる, 困って, 国を, 土地に, 圭一郎を, 城を, 執筆の, 堂は, 士君子の, 変じ捨, 外史を, 外患を, 外部に, 夜も, 大切に, 大卓, 天に, 太だ, 女の, 如何にもなつかし, 妙義を, 孝孺の, 安居しぬ, 安居す, 客は, 客を, 家遠く, 容易に, 寒酸の, 将も, 將來到底, 尋ねました, 少しも, 居たと, 居つて, 居て, 居らっしゃる様子, 居られたやう, 居り且つ, 居るとき, 居るも, 居る人, 居る堅人, 居る廣庭, 居れば, 山羊さへ, 巍然たる, 左の, 席は, 帰って, 平らか也, 平らに, 平常さわる, 幾分間, 店の, 廊下を, 廳は, 強き者, 彌彦, 彼の, 彼は, 彼女と, 彼寡く, 待つて, 御しまいなすったん, 心往く, 必らずしも, 怒る可, 思ふ事, 思案の, 急いで, 急に, 恐怖に, 息をも, 悉くわが, 愛も, 愛嬌溢る, 慌しく手桶, 懐中へ, 懸念に, 我吭の, 我寡く, 我生を, 或は日本人, 扁舟膠し, 打ち消しながら, 拘えら, 招くこと, 探しに, 擦れ違, 效果少なき, 新たの, 早く横, 曙覧に, 朝から, 朝夕子供に, 未だ上る, 未だ混沌, 本意に, 来ました, 松杉欝然, 極りを, 横向きに, 次の, 歐米諸, 止むべきけしき, 正閏を, 此処に, 歯の, 歸つた, 死んで, 殆ど住む, 母さんの, 気の毒だ, 気違いに, 汗を, 油の, 泰平を, 深く陸, 渠を, 湯気を, 演者の, 灰が, 炎は, 爲すべき, 独りで, 独身の, 玄関で, 理解の, 甥が, 畏れず怯ぢ, 病人に, 登るとき左右, 發達したる, 百方防備を, 的確に, 盛に, 目地遙かに, 直ぐ前, 眺めた, 睡った, 知るべからず, 石橋あまたか, 礼を, 社會に, 社會の, 私が, 私の, 私等が, 稲という, 空間を, 立場なく, 立派に, 立還り, 笑いながら, 策淺し, 紫色に, 終ったの, 結果の, 緑あざやかなる, 縁側から, 縦ん, 置いて, 置かないから, 置きました, 置きますの, 美しい家族的生活, 美色の, 義を, 老女は, 而かも, 耐へ, 耳を, 聞きたがる, 肩落し, 背を, 腹を, 自ら開化人なりと, 自曲, 自用俥, 興さむる心地, 舌の, 船渡らず, 芸者に, 菊村宮内の, 萇從簡が, 葉巻を, 薨, 薬を, 處といふ, 處分し, 處置すべし, 處置を, 蛾次郎の, 蝦, 血気の, 行く所有, 行った, 行わる可, 行われないこと, 見せた, 見せるくら, 見た, 見たり, 見つめながら, 見て, 見る可, 見れば, 言い切れば, 言うこと, 言った, 言ったの, 詩に, 語り明せ, 諫めず, 變じ, 責なき, 貰ひたいと, 赤尾その, 走り廻つてゐる, 起き上って, 起ったの, 起ッて, 踏んで, 踰ゆべからず, 身を, 車を, 轅を, 辨當を, 近く可から, 逃出す, 透明なる, 通したと, 進まぬ足, 遂に養女, 遊んで, 道に, 違ふと, 遠く海上, 邪なる, 郷里に, 都は, 醫者からは, 錬るの, 門冠り, 除けて, 隙を, 離屋を, 青黄黒白, 頂く御, 頭を, 頼むの, 食べないと, 食まざれば, 飲まなければ, 首を, 馬に, 馬士云樣話は, 駈け出した, 駱駝の, 驚いた, 驚いたに, 驚く松太郎, 高荷, 魂も, 黒暗, 黙って

▼ くし~ (608, 19.5%)

7 人の, 声で 6 ものは 5 ものを, 女が, 女は 4 のは, 人に, 人を, 声を, 女の, 姿を, 立派な

3 [12件] 国に, 女に, 女を, 心の, 歯を, 着物を, 色に, 色の, 花に, 若い女, 詩を, 顔を

2 [38件] かおは, かおを, かはいい, と云っ, と云った, 世界には, 事を, 事正しい, 人は, 初日の出を, 勝浦, 可愛い私, 呉羽之, 夢を, 女と, 姿と, 山の, 干菓子と, 形に, 形は, 心を, 所に, 方です, 景色の, 月が, 温かな, 空に, 細君を, 線を, 自然と, 自然の, 色彩に, 詩人の, 詩人は, 部屋に, 錦絵の, 頸を, 髪を

1 [433件] あの白歯, あみと, うちに, おだやかな, お奇麗, お姫さまが, かおが, かおに, かおの, かも知れない, から行っ, が実に, ことだ, ことに, ことばで, この花, これ等の, しずかな, しなやかな, ぞ如何, つゆが, といふ観念, とかいふ美, とか云う, とか利口, ところに, どころで, なつこ相な, には会えなかった, のが, のである, のでそれ, のばかり, のも, のを, ばかりでなく, ひなを, ほんとうに, まるで絵, ものだ, ものであった, ものである, ものと, ものに, やさしい子守うた, やさしい詩, んだろう, オフエリヤ様, デリケートな, ナルシスの, ニースが, パステルの, ヒューマニチーが, ヒラヒラヒラヒラと, ビーズで, ブドーを, ブルバルを, ベッドの, マダム・シャリニが, マヽそれでなけれ, マヽであり, ローズの, 一人の, 一人を, 一人娘が, 一重椿も, 三つ年上の, 上臈が, 世に, 世の, 世を, 事だろう, 事です, 二人の, 二個の, 二十一二, 五衣を, 人, 人々の, 人が, 人この, 人これで, 人でした, 人まだ, 人形を, 人達は, 人達ばかり, 人達を, 人間が, 人魚, 体を, 何かしら深い, 假寢の, 働をも, 光が, 光景である, 児だ, 児を, 入日, 内儀さんと, 几帳が, 列に, 又と, 友禅の, 口調と, 可愛いもん, 可愛い忘れられない, 名と, 名工の, 命の, 和上さんの, 唇を, 器量に対して, 四肢の, 国へ, 地中海が, 地面の, 坊主で, 塗の, 声が, 声です, 声には, 声の, 声は, 声音で, 夜であった, 夢虹の, 天真は, 天賦の, 太陽が, 太陽の, 夫人で, 女で, 女の子を, 女ばかりを, 女人魚は, 女君の, 女子が, 女怪, 女房を, 女特有, 女王が, 姉さんは, 姉上や, 姿, 姿が, 姿で, 姿は, 娘が, 婦人でも, 嬢様が, 嬢様と, 子が, 子であった, 子の, 孔雀の, 字が, 宗教言辞の, 宝石を, 寡婦は, 小い, 小さい家, 小さな冷たい, 小さな詩人, 小女房, 小鳥と, 少女で, 少女の, 少女を, 層雲を, 山々, 山河が, 島田髷を, 巣鴨通りの, 巻毛に, 帯と, 年ま, 年若な, 幾分か, 広い河, 弟の, 弟もう, 弟早く, 形容を, 影で, 御かお, 御姿, 御客様, 御発明, 御顔, 心ばかりを, 思いを, 思い出の, 思い出を, 思を, 性情である, 恋人を, 悲しみは, 想いが, 想を, 想像と, 愛らしいと, 感じが, 感じを, 感情は, 感情や, 感情を, 感謝の, 懇親の, 成熟した, 我子が, 或物, 所へ, 所許り見, 手だろう, 手で, 手と, 手の, 手の甲に, 手は, 手品を, 手帛で, 文は, 文句を, 文字に, 文字ばかりを, 新, 方, 方かと, 方が, 方だ, 方と, 方を, 方達が, 旅の, 旋律が, 日の, 日の出を, 日光に, 日化粧の, 明るい灰色, 明障子の, 景色に, 景色や, 景観である, 景観を, 書風であった, 月を, 月光の, 朝日に, 木立の, 未來が, 未来が, 本さえも, 本に, 果実を, 柔い, 柱に, 桃の, 桃色の, 楊貴妃ゆゑに, 様子で, 様子の, 樹の, 橘湾が, 歌の, 歓会の, 此坊やを, 歯の, 毛並と, 毛色に, 毛色を, 気が, 気持で, 気立の, 氣が, 水の, 水草の, 池である, 河である, 波斯模様の, 洋装の, 涙に, 液体に, 清げな, 渓谷を, 濃い芸, 灯かげは, 点を, 片頬, 物も, 物を, 特色が, 珠の, 理想であった, 琴の, 生活を, 男であった, 男に, 男を, 男女の, 町娘の, 画である, 画を, 癖の, 発露を, 白い着物, 白い肉, 白い頸, 白人少女も, 皆んなの, 盛りで, 直衣の, 眉と, 看護婦は, 真つ, 真ものの, 眦に, 眸は, 眺めと, 眼に, 眼の, 眼を, 瞳を, 碧玉の, 社会組織を, 神々しい色, 私の, 秘密に, 程立派, 稚子, 空の, 空虚で, 窓を, 笑い顔だの, 笑ひ, 笑声が, 第一印象, 篋を, 粉ばかりを, 素直な, 細い形, 経験の, 結構な, 絨, 絵の, 絵や, 綺羅を, 緑葉を, 線が, 美くしい, 羽の, 羽根は, 者を, 肉体と, 脈を, 臙脂紫, 自分の, 自分を, 色と, 色を, 色布の, 色彩が, 色彩の, 花が, 花びらを, 花やかな, 花を, 花園を, 芳しいもの, 芸術品などの, 若侍, 若衆が, 若衆だ, 薄命な, 薔薇の, 薔薇色の, 處を, 蜂が, 蝶の, 血が, 衣ずれの, 衣に, 衣の, 衣服の, 衣装を, 表情を, 装飾でなけれ, 装飾の, 裡に, 裲襠が, 裾を, 角めが, 言葉で, 言葉に, 詩でした, 詩の, 調和を, 謙譲の, 讃辞が, 貝や, 貴いこれ, 貴い人, 身振, 輝を, 逸事は, 道は, 部分を, 金魚と, 錦木の, 長者の, 雪の, 雲と, 青年も, 面白いが, 靴を, 音であった, 音楽では, 音楽と, 音楽を, 須永の, 頬に, 頭髪を, 顔とか, 顔面に, 風景を, 食膳を, 香を, 髪です, 髮も, 魂が, 魂を, 鳥が

▼ くし~ (230, 7.4%)

32 して 19 されて 4 しました 3 されさるぐつわ, されたので, されたまま, する, はずして, れて, 取って, 持って 2 された, した, したり, とって, とるよ, 入れて, 愛して

1 [137件] あふれて, ある外人さん, いつまでも, いふ, いれて, うった水色ペンキ, おいてけぼりに, おぬき, お待ち下さる, お睨み, お誘ひ, かけた花嫁, かけて, かけられた人民, かけバクスター, かばうふう, かぶって, からかうん, ごひいき, さしたいよう, さし出して, させて, させられること, させ周囲, されあと, されたかと, されたからには, されたの, された人間ども, された家畜, された時, された薔薇, された馬, されました, されるとき, され切ること, され四十面相, され大勢, され麻酔薬, しさるぐつわ, しその, したその, したまま, した姿, した少女, した愛児, した時, した美しい, した者, した軽便厠, した隅っこ, しても, し六月初旬, し片手, すぐに, すること, すると, するよ, するよう, するん, する掌, たいへんしん, たたきながら, つきつけて, つくって, つけ, つけた花嫁姿, つけて, つけ廻さないよう, とった, とっては, とられた刹那, とられた場所, とり去られても, とれるからな, どういふ風, ぬいて, はずされたん, はずした, はずすと, はねのけはっきり, ひとりいなか, へて, もって, やいたり, やっと見つけた, ゆつた姉らしい, らしい氣持, らしい現象, らしき犀星, らしく但し, イギリスへ, ウンと, フランスの, 一つ持っ, 並べたの, 伯父さんの, 使って, 信じて, 俯向け, 入れたり, 入れないぼやぼや, 入れない乱髪, 入れました, 厭に, 取られても, 取りました, 取り外す気, 取るには, 味方の, 好きだ, 実物以上に, 待つて, 御存知な, 抱きすくめあ, 拾わせて, 探しながら, 探偵扱いなさる, 掬いに, 掬った, 撥ね返し, 撫でて, 泣かせたの, 生みなすって, 生んだと, 疑つてら, 知って, 祝福し, 花びらで, 装って, 見る眼つき, 買った, 迎えて, 送って, 除かれた軍使, 非常に, 頭に

▼ くし~ (187, 6.0%)

9 のは 4 のが, ので 3 のを, ような, ように, 物は 2 とばかり思っ, のか, のだ, のでその, のと, もので, やうな, 上に, 方が, 珠を

1 [138件] あの仮面, あの恐怖, あの日以來身, あの疑い, うえあの, おじいさんの, お千代, お詫びを, お金の, かと存じます, かと思う, かも知れん, からと云つて, から借し, か盗まれた, が, がその, が別, が男, きりで, くらい何ん, ことは, ことも, すっかりの, せいも, そこで小林翁, ために, と, というの, という疚, という罪, とか言っ, ときである, とき二人は, とは云, とポンプ屋, と云, と云っ, と云った, と思った, と見, には相違, の, のだらう, のだろう, のであろう, のです, のでなく, ので困る, ので菱垣船, のとが, のみで, のも, のよ, ばかりじゃない, ほどだった, まあと, ものが, ものである, ものとばかり, ものは, ものを, もんだ, も同様, やうには, よ, わけじゃ, んだ, んです, クロは, ボストン, 事が, 事は, 今の, 何処へ, 何處へ, 僕に, 其事の, 処が, 加奈子の, 医者の, 印絆纏の, 原稿紙が, 右腕だけ, 吉良や, 君の, 哀しみを, 品物か, 四十男で, 場合には, 声を, 大きな脣, 女の, 妹が, 妻の, 姿おろおろ, 姿に, 子供たちが, 思索の, 悲嘆と, 所さすが, 方にも, 日本橋の, 明を, 時でも, 時の, 時一層, 未亡人の, 様な, 淋しさ, 牛, 物の, 玉手箱, 玉手箱だ, 珠が, 着物, 私の, 程で, 童心を, 絵である, 者あ, 者には, 者は, 聖降誕祭にも, 自分が, 自尊心, 苦痛に, 莚は, 蕁麻として, 覚が, 責任者と, 身体の, 身體の, 通り限りない, 金は, 電燈の, 験温器を, 麥湯に

▼ くし~ (183, 5.9%)

4 である, とその, を持っ

2 [12件] というもの, と弱, と若, に自己, の一部分, を, をねたん, をもっ, を冥々, を見せ, 兩親は, 奧樣に

1 [147件] から湧き上る, があるであらう, が一番美くしいも, が多く, が大切, が感じられる, が滅び, が羨ましく, しとやかさ優美さが, じゃかて, その若, だ, だから, だけが目, だね, だろう, であった, であつ, であり四面山, でございましょう, でなく幾らか, ではあっ, で充分, で日光, で輝い, とか調和, とやさしい, とを十分, と大き, と尊, と林太郎, と気持, と深刻, と貴, と輝き, なつこさ, などと云う, なり死, にあがらない, にあらず, にうつとり, にうらやまし, にさそわれ, にし, にてっ, になっ, にはいのち, にはかなり, にはまた, にみせられ, にもしや, に劣るまい, に君, に大小, に就, に思わず, に感じ, に打たれたらしかった, に永遠性, に私, に笑い, に耐えかね, に自分, のひそん, のました体, のました顔, のまして, の万分の一, の下り坂, の中, の向う, の失はれた, の故, の様, の気違いさん, の目立つ, の讚美者, はそれ, はどこ, はなお, はま, はまして, はます, はますます, は云いつくされる, は何, は勝平, は夕暮, は天, は想像, は手, は批評, は持つ, は格別, は畢竟, は神々しき, は私, は若々しい, は近づい, は銀, ばかりはどこ, へすてしや, もやがて, も亦, も何, も時に, も永劫, も神, や快, をあんまり, をこれ, をしのばする, をしみじみ, をそえ, を一目, を云う, を倍加, を充分, を冴え返らせ, を司る, を失はない, を感じ, を持ち, を持つ, を探ろう, を池, を知つて, を表わす, を見向き, を認め, を速く, を間違, を非難, 両親は, 冷やかさを, 努力の, 奥様に, 女の, 快さ, 怪しさ, 朝らしい, 生々しさ, 素直さに, 肌骨までも, 若々しさあでやかさ, 返す團扇, 連想によって

▼ くし~ (147, 4.7%)

8 見えた 4 なった 3 化粧した 2 はない, 並んで, 動いて, 彼の, 眺めた, 見える

1 [120件] あって, あらしめましたし, あれよ, うるおおされて, かがやいて, かがやき女, かつ堂々, すること, ておられる, てしんじ, てそして, てつれなく, てやさしい, てやさしかっ, て利口, て幸, て物狂おしい, て私, て紋服, できたどっち, できたよ, とも醜く, どれほど見事, どんな気持, ないから, ないと, ない人, ない相手, なかった, ながらえる, なずんで, なったとか, なった姿, なった紅, なって, なりながら, なりまさっ, なりまさる, なり頭, なる, なるため, なるもの, ふりか, もろく果敢なく貴い, インクの, セルナードを, 三十路を, 下って, 且つ健全, 乳の, 云いひろげて, 交際社会の, 人形の, 何時でも, 健やかに, 儒道と, 光るの, 出来ては, 切り上げられないの, 包んで, 喜ぶべき思い出, 嘆願なれ, 妙なるあめつ, 宏なる, 山頂で, 巧妙に, 彩色を, 彼女の, 御化粧, 心を, 快活に, 思えぬ感じ, 想像する, 慾も, 手習が, 拡がる花火, 掌へ, 描き得る画家, 整然と一糸亂, 明るく眼, 映る一点, 昼間一瞥し去, 柔かに, 死んで, 清らなる, 濡れて, 照し, 現われて, 生い立ったので, 生ひたる, 生れついた, 生れて, 痛切で, 白い手, 眺めて, 着飾った女達, 着飾つた女, 立派に, 立派には, 第一, 筆が, 結上げた束髪, 若いそ, 若返り日本一, 落付いた, 落椿が, 葬られるの, 見えたの, 見えて, 見えぬ, 見える女達, 見せようと, 見せる事, 見られる, 話すその, 財福艶福が, 賢こく, 造り飾りたる, 頗る味覺, 飾りたる室に

▼ くし~ (97, 3.1%)

3 かな, 多くの, 手を 2 さいへ, や, ソフィヤの, 人, 夢の, 奇術である, 子に, 金の, 顔を

1 [70件] お光, かなしき痛き放埒, かな安き, かな小さき, さま見るべき, その一人, と二つ, は生れ附, までの秩序, まぼろし, アントニオを, 人は, 人も, 優形と, 其と, 国へ, 天地の, 太陽七つ出づと云ふ, 女に, 女ぬすま, 女も, 妻女清し, 姫を, 娘には, 孃さま御, 宝石商の, 小鳥なるべし, 少女, 少年の, 御主人公, 御聲, 御足, 心ある, 心を, 恋み, 想像に, 想像を, 所作が, 所作は, 手は, 星が浦わの, 春の, 月, 梅子の, 横顔チラと, 此の, 歯に, 火焔燃えたる, 玩弄品を, 玳瑁の, 皐月一日花菖蒲咲く, 眼は, 秋の, 窓, 者とまで, 耳鳴, 聲を, 花に, 花咲かん, 蓋を, 蝋燭の, 行列は, 術の, 見覚え人よ, 言葉も, 譬へ, 鏡を, 長崎の, 陶器の, 鳳凰山は

▼ くし~ (84, 2.7%)

17 くしや 16 くしやに 4 くしやの, させた, させながら 3 くしやにな, させて 2 くしやと, するので, するやらうと, だ

1 [25件] いろいろな, くりながら, この黄昏, するから, するけれど, するところ, するの, するもん, する時, で半分, と, なおすゑ, な泣き顔, な顏, べる, みやと, み講釈, ツと, 急ぐまい, 断髪には, 腹の, 腹も, 腹を, 若草野邊, 鏡を

▼ くし~ (78, 2.5%)

2 どうし, 代りに, 泳いで

1 [72件] あなたを, あのひと, いたしますから, いなくつて, いま心を, いる, うけたまわって, うまくつい, お供, お父さま, お玄関, お送りいたしましょう, き一れん, ここに, こちらの, このお, この部屋, こんど始め, こんな自分, すこしでも, そう思う, そんな人間, そんな気, ぞっとする, ちょうど日本, ちろちろと, つい朋輩, どういふ風, なにかほか, ぴちゃぴちゃ泳い, まだ唐人髷, まつわって, ゐて, ゐなくなれば, パリーへ, フランスへ, メキシコで, ロンドンまで, 一千匹以上うようよ, 不注意だった, 今ちょっと, 代理に, 伺って, 再三お, 出て, 吹きだしますとね, 四年あなたが, 孤児に, 引っぱって, 御招待, 愚図愚図し, 持って, 指揮いたします, 日本人じゃ, 最初に, 泳ぎ廻って, 泳ぎ廻つて, 焼餅が, 父の, 生れたの, 知つ, 自分を, 若し年, 若し眠つて, 蛙と, 行くの, 行つ, 責任を, 贈った本, 返事を, 通ると, 運びますから

▼ くし~ (34, 1.1%)

52 かみ

1 [27件] いう言葉, お化けみたいな, かみとして, こって, ほどよい, ような, ように, ゲラ, ポケツトを, 上に, 住むべきところ, 命を, 学校中でも, 思ったとおり, 持つてるの, 数は, 料理に, 方で, 歯が, 求めること, 泣き笑ひ, 略なるべし, 自然, 言う事, 詩を, 通りピアノを, 重い首

▼ くしやみ~ (32, 1.0%)

7 をし 4 をしました 3 をした 2 をする, を一つ

1 [14件] がやたら, が一つ, が一二度, が出, が出たら, ともつかぬ, の発作, の音, もした, をしさうです, をします, をはじめました, を幾つ, を發

▼ くしいと~ (28, 0.9%)

2 思つた

1 [26件] いうこと, いうだけに, おったこえで, てその, は云つて, は云われない, みる事, 云うけれ, 云うまで, 云う中, 云う事, 云う感情, 云つた, 云は, 其処ら中の, 思いその, 思うだけで, 思うもの, 思えた人, 思ったの, 思って, 感じた, 皆賞める, 眺めたの, 自信を, 観ずるより

▼ くしやに~ (25, 0.8%)

6 して 3 なつた 2 した, 丸めて

1 [12件] させた一人, させながら, したやう, する女, なつて, 丸め力まかせ, 掻き毟り掻き毟りした, 握りつぶして, 散らばつて, 潰れて, 笑み崩しながら, 縮めて

▼ くし~ (22, 0.7%)

2 かくして, 足が

1 [18件] あたるところ, あつた, かくさせて, ささって, さしたまま, して, なったと, なりながら, 似た薄, 入って, 入れたもの, 化けさせて, 太鼓の, 文学雑誌を, 襖の, 貼りつけそれ, 逢ったんで, 隠して

▼ くし巻き~ (17, 0.5%)

14 お由 1 お由っ, のお, のすばらしい

▼ くしから~ (16, 0.5%)

1 [16件] まだお礼, ん, 二三枚の, 何か, 出した手帳, 出した紙きれ, 出して, 如何にも大事さうに, 封筒に, 小さい懐中時計, 小さな紙きれ, 尻が, 状袋を, 紙入れを, 血書を, 金切声で

▼ くしながら~ (15, 0.5%)

2 バルコニイへ

1 [13件] そういう, それを, にっと笑った, サイは, 云った, 働いて, 彼と, 捨てないで, 田口の, 西宮を, 言った, 諸将, 顔の

▼ くし~ (14, 0.4%)

3 思ひぬ 2 見て 1 いい指輪, はやったか, 光った高価, 思ふは, 思ふもの, 指輪を, 笑み, 静けしと, 靜けしと

▼ くしいもの~ (13, 0.4%)

1 [13件] か優しい, がなけれ, が美, だと, でありながら, では, に想像, に感ぜられる, に相違, は恋, を世の中, を僕, を見

▼ くしかった~ (12, 0.4%)

1 [12件] が仙二, だけそこ, にせよ, に違い, ので近所, んでてんぐ, 事, 娘の, 時分ほんとうに, 男と, 紅顔の, 頃の

▼ くしたり~ (12, 0.4%)

2 怒つたり 1 した, したこと, して, しては, する事, とあれ, また自由, 取り返しの, 手洗へ, 拾つ

▼ くしない~ (10, 0.3%)

2 でくれ 1 でいつ, で下さい, で戻す, とこの, にせよ, ふうで, ようです, 太

▼ くし~ (10, 0.3%)

2 よく泳ぐ 1 うしろの, ふだん洋服で, ほうけいを, フレッシュな, 充分英学, 宅に, 言いました, 食まれけり沢

▼ くし~ (10, 0.3%)

3 しない正太さん 1 あります, うが, おもしろふ, のしりこじき, ふり落し, やらぬ口説ごと, 悉く

▼ くしても~ (9, 0.3%)

1 いいで, いいん, いけないの, これより, 夢としか, 居れようがネ, 村瀬には, 果ては, 運が

▼ くしいも~ (8, 0.3%)

1 のだけれ, のだってねえ, のでも, ので寶玉, のに私, ののなか, のほど, のや気高い

▼ くし~ (8, 0.3%)

1 づつてゐた手を, づつてゐる, づつて束ね, づらない, づり, づりながら目の, づり粉白粉も, 二荒山の

▼ くしいお~ (7, 0.2%)

1 三輪の, 嫁さんに, 嫁さんを, 嫁に, 嬢さまを, 方で, 菓子に

▼ くし~ (7, 0.2%)

7 んご

▼ くし~ (7, 0.2%)

1 で歩く, にされ, にした, になった, になりました, に取り乱され, の単

▼ くし~ (6, 0.2%)

1 そぞろぎぬ, 感じた事, 水草生ひ, 稚兒, 胸を, 落ちたまり

▼ くし~ (6, 0.2%)

2 のひとす, 覆ふを 1 見諸, 輝く国

▼ くしては~ (6, 0.2%)

1 どうだ, もう日頃, ゐるけれど, 居なかった, 居りませぬ, 惜しい古着

▼ くし~ (6, 0.2%)

2 ゲルダの 1 かきあげて, すいて, 掬つて掌へ, 液体の

▼ くし~ (6, 0.2%)

2 くしん 1 して, とかわいいく, と泣い, と泣きました

▼ くしかつ~ (5, 0.2%)

41 奇遇を

▼ くしたら~ (5, 0.2%)

1 さびしくって, それッきりで, ね, また別の, 大変な

▼ くしやの~ (5, 0.2%)

1 手帛で, 皺曲を, 紙屑の, 聲色である, 頭を

▼ くしよう~ (5, 0.2%)

1 とした, とする, とも堂々たる, と思はね, と思ひついた

▼ くし大伴氏~ (5, 0.2%)

5 を昔

▼ くし~ (4, 0.1%)

1 ろ, わがこころ, バルザックを, 授けて

▼ くしさと~ (4, 0.1%)

3 云うもの 1 云う中

▼ くしざし~ (4, 0.1%)

1 にされ, にし, にする, になさる

▼ くしそう~ (4, 0.1%)

1 であっても, では, なもの, な言葉

▼ くしたと~ (4, 0.1%)

3 て仕方 1 て誰

▼ くしたる~ (4, 0.1%)

1 に拘らず, 一齣なりき, 心は, 様なる

▼ くしてから~ (4, 0.1%)

2 空に 1 一層さうな, 又酒

▼ くしてる~ (4, 0.1%)

1 つもりで, のを, んなんかって, 母が

▼ くしました~ (4, 0.1%)

1 から探し, から譬え一時間, けれど, ね

▼ くしやと~ (4, 0.1%)

1 しがめ, せし思ひの, 寝られなん, 皺にな

▼ くしやにな~ (4, 0.1%)

1 つた語で, つては, つてゐた, つて這入

▼ くしいや~ (3, 0.1%)

3 廓内の

▼ くしかも~ (3, 0.1%)

1 知れぬと, 硯の, 翼孔の

▼ くしきもの~ (3, 0.1%)

1 なりとの主張, により, に意

▼ くしくす~ (3, 0.1%)

1 なおらしく, るこやしに, る麗わし

▼ くしげ二上山~ (3, 0.1%)

1 に月, に鳴く, の夜

▼ くしげ函根~ (3, 0.1%)

3 の山

▼ くしぜん~ (3, 0.1%)

1 であるし, に微笑, に行なわれる

▼ くしその~ (3, 0.1%)

1 あを, おもひ付く, ひとは

▼ くしでも~ (3, 0.1%)

1 したの, したやう, して

▼ くしなんか~ (3, 0.1%)

1 こんなに威張っ, しないワ, そんな値打

▼ くしねえ~ (3, 0.1%)

1 ばえ, ばならねえ, 樣に

▼ くしびな~ (3, 0.1%)

2 る雲 1 る山

▼ くし~ (3, 0.1%)

2 入れた 1 しまひながら

▼ くしやん~ (3, 0.1%)

1 くしやん, としてゐた, とハネツルベ

▼ くし場所~ (3, 0.1%)

1 だ, でしょう, なん

▼ くし居る~ (3, 0.1%)

1 という, な, ほどにふと

▼ くしあれ~ (2, 0.1%)

1 ばせ, ば足毛

▼ くしいある~ (2, 0.1%)

2 日の

▼ くしいそ~ (2, 0.1%)

1 して, の魅力

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 くみが, 小遣ひ

▼ くしかりし~ (2, 0.1%)

2 そのかみの

▼ くしくやさしく~ (2, 0.1%)

1 なりぬ, 輝く

▼ くしけれ~ (2, 0.1%)

1 ば恋, ば美くし

▼ くしけれど~ (2, 0.1%)

1 草無き, 遠き夢

▼ くしげ御室~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ くしげ殿~ (2, 0.1%)

1 と云, の別当

▼ くしたい~ (2, 0.1%)

1 とは宜, と思ひます

▼ くしたつ~ (2, 0.1%)

1 て構, 位酒から

▼ くしちゃ~ (2, 0.1%)

1 いられないわ, 大変と

▼ くしづもる小夜~ (2, 0.1%)

2 ふけて

▼ くしてか~ (2, 0.1%)

2 へつてこれ

▼ くしてさえ~ (2, 0.1%)

2 いれば

▼ くしとにも~ (2, 0.1%)

2 あらぬ若き

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 つた, ッ

▼ くしなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばなりません

▼ くしなだれ~ (2, 0.1%)

1 か, かかり色

▼ くしなんかの~ (2, 0.1%)

1 やうな, 眼から

▼ くしびれ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ くしまき~ (2, 0.1%)

1 お藤, の姐

▼ くしまし~ (2, 0.1%)

1 てでは, てなほとんど

▼ くします~ (2, 0.1%)

1 かね, から下着

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 つつ, 育ける

▼ くしゃっとまいってさくら~ (2, 0.1%)

2 がえし

▼ くしゃにして~ (2, 0.1%)

1 どっと室内, 棄てしまった

▼ くしやり~ (2, 0.1%)

1 と首, と麥藁帽

▼ くしやを~ (2, 0.1%)

1 かもしだすやう, ひと思ひ

▼ くしよく~ (2, 0.1%)

1 健やかに, 笑ふ

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 まで, よ

▼ くし再び~ (2, 0.1%)

1 以前に, 余は

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 砲術なども, 若し小さく

▼ くし女中~ (2, 0.1%)

2 は頻りに

▼ くし改めて~ (2, 0.1%)

2 やりたいと

▼ くし~ (2, 0.1%)

1 でもした, に接し

▼ くし童僕~ (2, 0.1%)

2 に一升ます

▼ くし終に~ (2, 0.1%)

2 能く

▼ くし過ぎ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て丹次郎

▼1* [252件]

くしあるいは勤王と, くしいあわれなもので, くしいうわこと, くしいかおりは, くしいからそんなかなしい, くしいが明治初代のもの, くしいことは解る, くしいしかし物狂おしい光君, くしいすごみのある, くしいでせう屹度, くしいところです, くしいとも思い又は, くしいにて村長, くしいまぼろしと, くしいまだ世間知らずの, くしい寝がお, くしい過ぎし日の, くしう行くので, くしおしいところが, くしおもふ現身われ, くしおれ返って, くしかし美しく照, くしかたで車窓, くしかつての緊張, くしきいのちに歸, くしきかかる日の, くしきこゑしぬ, くしきまどはしよ, くしきわが夢, くしくお描きなされたように, くしくしてくれ, くしくすき通って, くしくそめて, くしくどんなに尊げ, くしくなる肥料に, くしくみせるため, くしく優しく長しなえ, くしく円い背と, くしく好ましきかな, くしく小さく冷たき緑玉その, くしく心地よく並べる, くしく怪しき綾を, くしく気高くてらして, くしく苦るし, くしけるに元, くしげたに, くしげ箱のうらなみた, くしげ箱根の海はけ, くしこうがい共に栗木屋, くしこうがい共にそろっ, くしこそ春の, くしこの方面に, くしごと横にくわえる, くしさえ読めるか, くしさゆえ大事になされ, くしすらわすれて, くしそれに単純, くしたさうぢや, くしたちまち消失する, くしたてまつるべきではない, くしたのみならず彼の, くしたらしいと云う, くしたりは出来ないね, くしたりもぢも, くしたれば憲法, くしたろう実に悪い, くしたんだっぺ, くした逢うて嬉しい, くしだけです, くしだのクリームの, くしだらだけれどさて, くしまや, くしちまつたんだ, くしちまわぬ限りもねえ, くしちゃいられねえ, くしちや詰らないぢ, くしちや私を怨む, くしつつあること, くしづけきがごとし, くしづまれる時わが導者, くしていうのだった, くしていたしまたキミ子, くしてこそ自然の, くしてしもうたとか, くしてつとむるところがなくては承服, くしてなイ, くしてにこつと, くしとか笄とか, くしときたいから, くしとしてどうしたら, くしとて直次もつ, くしとまでも行かない娘たち, くしなかつたしまた, くしなきア宜, くしなくっちゃいけない, くしなしなと透明, くしなすつた紙入れといふ, くしなすった紙入という, くしなどを育てたり, くしなれども, くしなん構いな, くしなんかにおた, くしなんてまだきいた, くしにでも結婚を, くしえと片輪者, くしのて好かつ, くしはげしいあらしに, くしびな神の力, くしびの力もつ, くしもありません, くしません爲めには, くしまた理窟ツぽい, くしまで持って, くしまでがぼくを, くしまひには時代, くしみか生れて, くしみこんだその部屋, くしみしびら, くしむごと飛び, くしむとか云ってるから, くしむとか云つてるから, くしっぽい金庫, くしめった大地芽立とうと, くしめ坂を越え, くしゃくしゃにしたりのばしたりしながらしきりに首をひねっ, くしゃくしゃにしてゐたがいよいよ勇気に充ち, くしゃと潰れて, くしゃとなった人間の姿, くしゃな顔がしっとり, くしゃにされた間に日本女, くしゃにして靴の底, くしゃにでもしてしまわなければ鬱憤が晴れない, くしゃになった赤い薬, くしゃになったような恰好で広治, くしゃになっていた書ものに見入った, くしゃふところで, くしゃみをよいしおに引き下がったの, くしゃめをし, くしゃりと寄っ, くしゃりと潰れて, くしゃりと一度に押し潰した, くしゃりと土下座して, くしゃりと首を折った, くしゃりと麦藁帽を踏み潰し, くしゃ的であるが, くしやが先に, くしやくしやしてゐた, くしやくすることなし, くしやとが狂ほしく, くしやとよもぎが, くしやめが出かかつたら, くしょいほう, くしつ, くしよう爲めに例年, くしよし朝まだき近き, くしに, くしらちゃけたあら土に小さな, くしら露を見よ, くしろおこぜ海鰻, くしろ黄泉に待た, くしわが歩を, くしをととぎれとぎれに, くしをば串と, くしアメリカに留学, くしセミチツク語の太陽, くし一切を他者, くし三好がそれ, くし三百の諸侯, くし土を, くし不幸におとしいれる, くし世界を一層, くし中学から大学, くし事前前の, くし乍ら内懷を探, くしに懐姙, くし事毎度同役武助と申合せ種々異見, くしを低く, くし假名文字を四十八字, くし兄弟も友達, くしに目, くし其の文章を, くし其國の富, くし初めただろう, くし動乱を鎮めん, くし卑幼より尊重, くし印環を還さ, くし參らする心, くし号令をついかける, くし和楽のうち, くし弁護に, くし嘗て光を, くし國元の事, くし國家的社會的の重, くしの有ろう, くし夕日には大倭島根, くし夜明けまで酔っぱらい, くし天候を不調, くし女二人して, くしの, くし孃さまにも嘸, くし寡嫂孤兄の子, くしの髪, くし巻き姿とともにいち, くし市村もじつくり, くしくない, くし弁当をブラ, くし引きだしから六個, くし当日は楽屋, くしをする, くし得ざること彼の, くし得たであろう歟其中或は, くし惡口を言, くし感情を倶, くし我はかの水の上, くし或は喪を, くしだったの, くし手前どもを欣, くしでは半畳, くし智慧と理窟, くしる冷灰, くし毎夜の勞働, くしをし, くしを作, くし深くした, くしふるい五徳, くし独特のざわめき, くしい第, くし生活に追われ, くしを入れ, くし相手のあと, くし私自身の意志, くしを異に, くし笈摺胸板をかけ, くし絹物まとつた芸者風, くしに白い, くしに手, くし自分の身, くしばし, くし若しくは放言高論高く, くし行く手段は, くしの総, くし話し合ふ, くしを多く, くし近江の日吉, くし遊ばす兄弟と, くし過ぎますよ, くし階段をさがす, くし面影に見, くし音樂を廢, くしを下げ, くし黒し蓮の, くし鼻息を荒く