青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「げに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~ けれ~ けれど~ けれども~ ~げ げ~
げに~
げん~ ~こ こ~ ~こい こい~ こいつ~ ~こう こう~ こういう~ こうした~

「げに~」 1226, 13ppm, 8342位

▼ げにその~ (47, 3.8%)

4 顔を 2 ひとの, 慎しい

1 [39件] あいだを, あたりを, あとを, うちの, おそろしさ, ことを, ごとくなりき, さわがぬ氣色, そばを, とほり両人, ほうへ, ような, ジャガタラいもを, 一つ一つを, 中には, 主は, 二つ, 光沢の, 入口の, 前を, 動かない枝, 匂やかな, 地に, 場の, 大勢に, 如く騷, 姉妹らの, 弊は, 手錠を, 方を, 方角を, 時は, 様子を, 段は, 求めしもの, 男は, 男を, 目を, 高き荒魂

▼ げに~ (27, 2.2%)

2 を眺め

1 [25件] が眺める, にぶつかり, に傾聴, に向っ, に微笑みかけた, に握手, に話しかけた, のそば, の夜, の腕, の顔, はまさに, はクリスト, は叫んだ, は呂布, は皮肉った, は阿, をじっと, をとり囲んだ, をながめ, をながめた, を尻目, を押しのけた, を見た, を迎えました

▼ げに~ (25, 2.0%)

1 [25件] さもあれ, そのかみの, なんの, ソホクルス以下の, 人の, 伊丹の, 六宮の, 大雅, 天魔の, 当年の, 恋ぞ, 悟と, 悪に, 我が身の, 新人の, 榮華は, 此所数年の, 死こそは, 無類の, 燒野のき, 當年の, 碎け消え死するは, 遊子の, 阿園, 隈なく

▼ げに~ (22, 1.8%)

2 汝は

1 [20件] おろかな, かの天, さきに, とり越し苦勞ほど, わが父, ロンドンの, 仰せの, 冥加に, 夢なら, 尊き祭始, 東学党の, 浮世か, 物々しい室内捜査, 由緒あり, 笑止な, 結われまいか, 脆い臍の緒, 野も, 香玉を, 驚くべき船数

▼ げにこの~ (17, 1.4%)

1 [17件] われなき, ボルゲエゼ一家の, 一つの, 事あらざりき, 兒あらずなりな, 刹那の, 天を, 姫君は, 家に, 後は, 悲しみや, 曲淵には, 様を, 泉を, 父子の, 社会に, 積る

▼ げに~ (15, 1.2%)

2 に口, の方

1 [11件] から眼, にかじりついた, に囁く, に手, のそば, の顔, はふらん, は自分, を眺め, を眺める, を睨みつけ

▼ げに~ (15, 1.2%)

2 ふので

1 [13件] ひあらためて, ひかけた, ひかけながら, ひかける眼, ひしとかや, ひそれから, ひて, ひの, ふ, ふは, へり, 出さうとして, 出して

▼ げにそれ~ (10, 0.8%)

1 が言い立てられた, のみが私, は夜明けん, へ答え, も無理, をきく, をよけて見送っ, を払ッ, を見, を読ん

▼ げにいう~ (9, 0.7%)

3 のでした 1 と穏坊, のだった, のである, のです, も真意, 方であろう

▼ げに~ (9, 0.7%)

2 なり, なりすわり心地 1 うして, なりされどまた, なり然, もありぬべし, もあるべく思はれ

▼ げにもと~ (9, 0.7%)

1 うなずいた, 同意すべけれ, 思い直し自身, 思うらしいのに, 思ったので, 悟って, 悟つて自分の, 感じたの, 頷かれる

▼ げにわれ~ (9, 0.7%)

2 は, を呼ぶ 1 こそは孤, さへ, は嫉みぬ, は思う, もと相槌うち

▼ げに~ (9, 0.7%)

1 が汝, には非, のいふごとく, の言, はさらに, はわが, は假初, は短く, 今驚き

▼ げにげに~ (8, 0.7%)

1 あるもの, わかき日, わが心, 村雨の, 汝らし, 眺めみわたせば, 美しき荷, 面白いもん

▼ げに~ (8, 0.7%)

1 てあった, てその, て巻いた, て扱っ, て掃き捨てられた, て提げ, て教育, て題目太鼓

▼ げにそこ~ (8, 0.7%)

2 にはなにごと 1 にいた, には若き, に立ちすくんだ, へ腰, もとは気転, を去らう

▼ げにわが~ (8, 0.7%)

1 世の, 友なりと, 心の, 文章も, 歌ぞ, 歌は, 血は, 釈尊を

▼ げに言う~ (8, 0.7%)

2 のでした 1 と, とウーン, と安治川, のであった, ものです, 声に

▼ げに~ (7, 0.6%)

1 いと薄く, こそわが身, にいたる, の世, の我文界, まで燃えつかざりし, 白き鳥

▼ げに~ (6, 0.5%)

2 ざりまして 1 ざります, ざりやして, ざりやす, もっともである

▼ げに~ (6, 0.5%)

2 の世, の心 1 はどこ, は冥府

▼ げに彼女~ (6, 0.5%)

1 とベッキイ, に言い聞かせた, に近づい, の顔色, をながめ, を責めた

▼ げに~ (6, 0.5%)

1 とともに事, は我, は汝, は首, もまた, れは

▼ げに~ (6, 0.5%)

2 をふっ 1 をふった, をふつ, をゆすった, を擡げ

▼ げに~ (5, 0.4%)

1 ししが, 久しゅうございました, 兄さまを, 眺めにな, 詣りを

▼ げに~ (5, 0.4%)

1 かいいかけよう, かはなし, か云いかえし, か書い, か物語る

▼ げにいかなる~ (4, 0.3%)

1 功徳の, 技工と, 畫筆または, 羽といふとも

▼ げにうつし~ (4, 0.3%)

4 世は

▼ げにかく~ (4, 0.3%)

1 こそかく, 大いなるもの, 寄しき物かつて, 讓るあた

▼ げにこれ~ (4, 0.3%)

1 にむけ, に及ばじ, を眺めた, 新大路

▼ げに~ (4, 0.3%)

1 つた, つてとう, つてを, つて居られる

▼ げにまた~ (4, 0.3%)

1 ゆらりゆらりとむち, 何だか怨み, 侘びしげにかぶりを振り, 少しは

▼ げに~ (4, 0.3%)

1 の顔, の鼻, をむかえた, を迎えた

▼ げに~ (4, 0.3%)

1 につき, へ戻っ, を振返る, を見返り

▼ げに我が~ (4, 0.3%)

1 影を, 降りたてる駅, 靴を, 顏を

▼ げに~ (4, 0.3%)

1 のながめ, の日, はこそいふべけれ, ゆきて

▼ げに~ (4, 0.3%)

1 なり誠に, らん詩人も, りトロイア領主ラーオメドーン, る人

▼ げに自然~ (4, 0.3%)

1 がか, の一大明鏡也, は虚心, や技

▼ げに~ (4, 0.3%)

2 はれて 1 と爲, ふが

▼ げにさる~ (3, 0.2%)

2 ことも 1 ものなれ

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 思い当たりぬ, 思ひて, 種々話し

▼ げにながれ~ (3, 0.2%)

2 たり水 1 たり

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 つた, ひて, ふ

▼ げに人間~ (3, 0.2%)

1 のあとかた, の心, はぐうたら

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 の手, の顔, を見返し

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 の底寂, の腸, の鋭き

▼ げに~ (3, 0.2%)

2 へどもそれ 1 よなう

▼ げに其の~ (3, 0.2%)

1 手を, 状態を, 頬へ

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 がため, が淨, にも聞かしたき

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 の初め, の夜, の日影

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 が影, が處, の詞

▼ げに暗い~ (3, 0.2%)

2 往来を 1 森の

▼ げに流れ~ (3, 0.2%)

2 たり 1 ている

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 をとぢ, を細めた, を閉じ

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 上った, 上って, 上ると

▼ げに~ (3, 0.2%)

1 をならべ, を並べ, を小さく

▼ げに葉子~ (3, 0.2%)

1 の顔つき, を見やった, を見やり

▼ げに~ (3, 0.2%)

21 ていた

▼ げに見えた~ (3, 0.2%)

1 其処で, 無言で, 菊路の

▼ げに見える~ (3, 0.2%)

1 がその, 古藤さえが, 東山の

▼ げに静か~ (3, 0.2%)

1 な呼吸, にも冬, に梢

▼ げにあたり~ (2, 0.2%)

1 を廻っ, を見

▼ げにあちこち~ (2, 0.2%)

1 と散歩, と走りまわっ

▼ げにいと~ (2, 0.2%)

1 大いなる桶ならでは, 果敢な

▼ げにいにしへ~ (2, 0.2%)

2 のアイヌ・モシリ

▼ げにかぞ~ (2, 0.2%)

2 ふれば

▼ げにかの~ (2, 0.2%)

2 場末の

▼ げにこうして~ (2, 0.2%)

1 楽しみ深い, 歩いて

▼ げにここ~ (2, 0.2%)

1 に盡, は耶馬台

▼ げにこそ~ (2, 0.2%)

1 徳は, 霊の

▼ げにしかり~ (2, 0.2%)

1 しかしてわれ今, わが加藤男爵

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 ともながめ, は昔

▼ げにそう~ (2, 0.2%)

2 思う

▼ げにただ~ (2, 0.2%)

1 一夜くらい, 黙々とし

▼ げになっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て追おう

▼ げにふさ~ (2, 0.2%)

1 はしき事, はしき花妻

▼ げにふるへ~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ げにほほえみ~ (2, 0.2%)

1 ぞんざいな, ながら静か

▼ げにみんな天~ (2, 0.2%)

2 を眺め

▼ げにもげ~ (2, 0.2%)

2 にも浅間

▼ げによき~ (2, 0.2%)

1 御言葉, 頬のに

▼ げにわたし~ (2, 0.2%)

1 を見まもっ, を見る

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 の水, の通り

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 の憂鬱, は夢

▼ げに云う~ (2, 0.2%)

2 のであった

▼ げに偽り~ (2, 0.2%)

1 という鳥, ともいはれざりける

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 は溜息, を見つめ

▼ げに児太郎~ (2, 0.2%)

1 にはながめられた, を見あげる

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 てくる, 來て

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 かりき, 坐りて

▼ げに同じ~ (2, 0.2%)

1 女と, 日本の

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 する小, はあり

▼ げに大地~ (2, 0.2%)

2 のあかるい

▼ げに好い~ (2, 0.2%)

2 気味だ

▼ げに室内~ (2, 0.2%)

1 を見まわし, を見廻す

▼ げに寒き~ (2, 0.2%)

2 夜かな

▼ げに小さな~ (2, 0.2%)

1 坊さまに, 鼻を

▼ げに左肩~ (2, 0.2%)

1 へ首, より垂れたる

▼ げに廊下~ (2, 0.2%)

1 に集まっ, を徘徊

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 るべき老, るべし怖

▼ げに思ひいづ~ (2, 0.2%)

2 鳴神の

▼ げに怪しき~ (2, 0.2%)

1 道路よ, 限ならずや

▼ げに恐るべき~ (2, 0.2%)

1 誤謬じゃよ, 誤謬ぢや

▼ げに成りし~ (2, 0.2%)

2 と父親

▼ げに握手~ (2, 0.2%)

2 しわれ

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 あること

▼ げに易者~ (2, 0.2%)

2 の哲理

▼ げに昭和八年一月元旦父~ (2, 0.2%)

2 の子

▼ げに時鐘~ (2, 0.2%)

2 こそ不思議

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 つ世

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 に還る

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 のいろ

▼ げに水無月~ (2, 0.2%)

2

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 いさん婆

▼ げに狂はし~ (2, 0.2%)

2 の身

▼ げに狼狽~ (2, 0.2%)

1 へ騒ぐ, を深め

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 ゆれば

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 はすべからく, をじ

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 もはゆき, をとじた

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 を寄せ

▼ げに眠っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ げに眺め~ (2, 0.2%)

1 て居た, ながら何時間

▼ げに破れ~ (2, 0.2%)

2 て風情

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 の御, はあり

▼ げに笑ひだ~ (2, 0.2%)

1 した, したが

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 うれば, れば

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 はしき, わしき

▼ げに美しき~ (2, 0.2%)

1 は海, 荷にて

▼ げに聖なる~ (2, 0.2%)

1 寺院の, 處女等よ

▼ げに菩薩~ (2, 0.2%)

1 とは自分, の道

▼ げに~ (2, 0.2%)

2 み深く

▼ げに見ゆる~ (2, 0.2%)

1 武骨一遍の, 若草を

▼ げに見交し~ (2, 0.2%)

2 ながら苦笑

▼ げに見送~ (2, 0.2%)

2 つて美くしと

▼ げに近衛~ (2, 0.2%)

2 ならぬ士官

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 くさい息, は美人

▼ げに~ (2, 0.2%)

1 を振った, を赧らめ

▼1* [646件]

げにあきらめんとする, げにあっちから眺め, げにあとかたもなき, げにあのころは, げにあはれもふかく, げにあやしくとこそとい, げにあるものは, げにぢらしき, げにいいし一句にさえ, げにいえば手品, げにいかがはしき病, げにいかばかりぞや, げにいかめしきもの, げにいきがみよ, げにいた真紀子は, げにいつまでも話し, げにいづれも名山也, げにいひ出で, げにいひさわぎて女流中, げにいふだに恐ろしき, げにいろんな形や, げにな垂れた, げにうすゆき降る, げにうち震えて, げにうつつなき人, げにうなだれて歩, げにうなっている, げにうまいしたる, げにうるわしく破綻が, げにおかしき次第と, げにおさなびたり, げにおそれ多いが, げにおそろしき国つ, げにおのれの所業, げにおらの家, げにおれをうながす, げにおん詞の如くなり, げにおん身の衣, げにお神輿を据え, げにぎりなきよそほひの, げにかかる太き腰, げにかがやいていた, げにかしこにはいく, げにかたじけなしと軽く, げにかつ徐かに, げにかはして, げにきたがホトケ, げにきつかったろうなあ, げにくみ薔薇つまざりし, げにぐいと結ん, げにふの, げにけらけらと嗤, げにげするうちに, げには面白き, げにこういうのが, げにこちらを眺めた, げにこっちを見, げにこれら男子青年の言動, げにございますそうな, げにさし覗き數丈の高, げにしかも自分は, げにしばらく眺めて, げにしょんぼりとうつむい, げにじいっと桃の, げにじっと火を, げにじろじろ見るの, げにそしてほがらかに, げにそちならではだ, げにそっぽを向き, げにそのままの刺青, げにそれならめまさめにて, げにぞっと初い, げにたどたどと屋形, げにたへがたく, げにためらいはじらいつつも顔, げにたやすくさとるを, げにちらと客, げにつとこちら, げにつれなきは義理, げにはあった, げにでもしては, げにとけて寐らめ, げにとの親切より, げにともに定めに, げにどこへか消え, げになかりけりこの世, げにながめながらさらに, げになき首を, げになった狭い地べた, げになふ忘れてさ, げになると事重大, げににっこりと微笑ん, げににらめつけながら考え, げにのぼりついた博士, げにはさんで売られる, げにはた常住の, げにひたごころ直なる, げにひとりだにあらざりき, げにぴたり強刀, げにぴょんと長い耳, げにふびんなるはか, げにふふふと口, げにほほ笑みだしている, げにほんとであること, げにそついた, げにまだ寝ようとも, げにまれなる強震, げにみえた山の, げにみなづきの, げにみゆきするなり, げにめざましき證と, げにめづらしき春, げにもし巨蟹宮に, げにもったいなげに, げにもっともな感想, げにもつれ易い感傷, げにもと玄徳はうなずい, げにもや電光影裡春風を, げにやさしげに, げにやさしい微笑を, げにやはり縫い続けて, げにやはりひらひらとして風, げにゆったりと駕籠, げにゆるゆると歩, げにつか, げにようやく御承知, げによごれた爪にも, げによろこびなり君が, げにわかき日の, げにわたくしへ話し申し, げにわれら死ぬ時, げにコスタンツァが今, げにコーカサスこそは老子, げにスヤスヤと睡っ, げにソロモンが榮華, げにタムベルニッキまたはピエートラピアーナ, げにデオニソスである, げにドッと起こった, げにバサバサと重い, げにヒーヴリャは眼, げにピアノを弾く, げにフランス人といへ, げにベアトリーチェなり汝如何, げにマリアさへ, げにミカエラの小声, げにモジモジして, げにラートナが天, げにルミ子によびかけた, げにロイド・ジョージにその, げに一つ一つとつくり, げに一つ宇と, げに一ト頃はこの, げに一刻の睡, げに一刻千金の夕, げに一刻千金春宵のながめ, げに一口噺のごとき, げに一夜きざまれて, げに一度は許されよう, げに一盃を仰いだ, げに一視平等の佛眼, げに三人のお客様ゆえ, げに三十文字あまりなりけり, げに上り来たる夫, げに上り来る夫の, げに當の, げに不思議なりき, げに与里は六畳, げに世に還れる後, げに世の常の馬, げに世界一たい, げに中津を見た, げに主人を見, げに事事に趣, げに二郎と十蔵, げに云い出づるを, げに云うけんどどれ一ツ, げに人中風のわざ, げに人傳に聞きつる如くおとなび, げに人形をそが, げに人柄こそは思はるれ, げに人生はふしぎ, げに仏教が我が国文明, げに仏蘭西婦人が眺め, げに仕事に熱中, げに伊太利はめでたき, げに低く浜の, げに低唱した, げに何とやら物静か, げに何ともしようの, げに余吾之介, げにに云う, げにきがち, げに信二のそば, げに候えどもそれ, げに偉大なるもの, げに僕らにはなしかけ, げに兇猛なる伴侶, げににわが, げに光っている, げに光る沢山の, げによりもアカイア, げに其声は鈴, げにの夜, げに初夏の芍藥, げに勇ましき光景であった, げに勇気が要る, げに勇猛の精氣, げに勇蔵は田原坂, げにすれば, げに動いている, げに勝太郎を横目, げに勝子は一通, げに勤勉こそ成功, げに北国の冬空, げに十五郎をうながしました, げに半人半馬の怪物群, げに半分おどろきながら, げに南國中の南國, げに厳めしの銅像, げにります, げに又八はその, げに反対しないで, げに取り上げたお銀様, げに取定め勇みて賽, げにを鉗みたれ, げに口ずさんで歩きました, げに口元へ微笑, げに口髭を捻り上げ, げにより樹木しげ, げに古りし庵室と, げに右手の方, げにき兵, げに吐息深き私, げにひの, げに君達の名, げに呼吸器の外, げに和んで, げにのい, げに唖々と啼, げにわが爲, げに唯一人渚を辿り, げに唸いている, げに唸りもぞする, げに喚いている, げに嗅ぎまわしている, げにっていった, げに嘆息して, げにむ三河武士も, げに嘲笑ってそのまま, げに囀ずって居ります, げに四辺を見廻した, げにつてゐた, げに坑夫達を追い散らした, げに垣根のそば, げに埃及の尖塔, げに堅き石橋の, げに変ってしまう, げに変わらずみえたり, げに外目なり, げに多くの枝, げに多少悲しげ, げに深くし, げになる歓び, げに大人の風貌備はる, げに天井と畳, げに天才の心, げに天晴なる廣言, げに天鵞絨の軟かき, げに息し, げに太初道あり, げにの一間, げにを見る, げに女房等は云, げに好機會は必ず, げに妙義は奇拔也, げに妬ましい眼で, げに始めよりあり, げに威厳をつくっ, げに嬉しそうに, げに子供を負っ, げに孱顔を顕し, げにとお, げに安く踏んで, げに宛てたものであるなら, げに家康を見あげ, げに寄つてくれただ, げに寄り添いながら横取り, げにさに, げに寝つづけていた, げに寝込んでしまった, げに寧楽びとが念, げに尊くも又, げにぬるを, げに小さい木の, げに小じわの数, げに小一郎の眼, げに小手叉きて, げに小春の天気, げに小首をかしげ, げに少しも油断, げには秋, げに山の手は十一月十二月, げにしはや, げにも覚, げに俯き莨盆, げに差寄りたる態, げに巻莨を吹, げに帳場の方, げに常に神の, げに常春の, げにの前, げに平壌攻落せし将軍, げに平家の世, げに幸いなりき十蔵, げに幻想のした, げに幾代を人, げに広い額に, げに床しとより, げに底ひなきわだつみ, げにの大戸がらがら, げに庸三を二階, げに廃墟の星空, げに廣間をさして, げに引ッ立てられ三人四人, げに弥生の空, げに当てどもなく, げに当代の若, げに彼方の森, げに彼等の様子, げに往き来した, げに往生せんと, げに易からぬ, げに御座れば残念, げに御身たちはわが, げに御門の邊, げに微笑を送っ, げにに思う, げに心地よげに, げに心地よき火や, げに忘れゐたりしよ, げに忠告した, げに快く眠って, げに思い耽ってる木下の, げに思うちょる, げに思はれたが哀れ, げに思ひも掛けぬ, げに思ひきや一兵, げに思ひたるさまいと, げに思へば人, げにう言, げにこそはまこ, げに恋する人の, げに恐しい幽霊, げに恐ろしの姿, げにはずむ, げに悄然とたたずん, げに悟空にその, げに悠久とまたたい, げに悠然とそこを, げに悩み沈みながらうちしおれ, げに悲しい鄙歌を, げに悲痛の湧き, げにひて, げに想像される客間, げに慄わせて幾度, げにはしい, げに憂き世の, げに憂鬱なる憂鬱, げに惡を, げに憐むに堪へたる, げに懐しさの, げに懸れる雲は, げに懺悔すべき罪, げに我我の表現, げに戦慄きたり, げに房一を見た, げに房州第一, げにを顫, げに手綱をとり, げに打沈みてのみ居給, げに抜けるほど白い, げに拝んだが座, げに拝見して, げに拂ふ, げに振って渡り過ぎる, げに振向いて大きな, げに振舞ふは, げに控えて誰, げにつてゐた, げに揺れたり屈ん, げに笑せり, げに政子に目, げにひを, げに斥けはしません, げになるべし, げに新婚間もなく相, げに旅人は佐太郎, げに日曜日はわれ等, げに昂然として又, げに明くなと教え, げに明滅して, げに春ちょう春は永久, げに昨夜家を出, げににし, げに是時にいたる, げにの夢夜, げに晴れ渡る空の, げに暖かに暮れ, げに暮らしたのは, げにの投網, げに月日経つこと, げに有力なる観察者, げに有難い言葉では, げにの柵, げに材默して, げに村雨の降り, げに東雲の近づけ, げには霜雪, げにのなか, げに校庭に遊ん, げにを巻きおえた, げに根元から幹, げに格子の裏, げに桂正作は活きた, げに梳ずってやっ, げにを向いた, げに横浜までの五十分, げに横着者よ鵙, げに歌人詩人といふは可笑しき, げに此山第一, げに此方を透かした, げに此流には魚栖, げに歩いてくる, げに歩むものかも, げにを鳴らした, げにせるが, げに死すべき罪すら, げに残暑の蠅, げに民衆のとある, げにを失っ, げに氣取つた調度を竝, げに水潛るもの, げに水行場のつづきの, げに汚れなき人の, げに汝らしを, げに河面を覗き込む, げに治子の姉妹, げに泰二君を見つめました, げに浅間はかなた, げに浪子の横顔, げに浮世の外, げに消えやすき白露, げに消滅して, げに淋しいなよなよと, げに深い吐息を, げに清しふるびぬにほひ, げに清兵の人家, げに渓間の月影, げに測り難い人心, げに源次郎の顔, げに澱んでゐた, げにを見つめ, げに邪氣なる, げに無情なり若し, げに無間地獄とはこの, げに焼き滅ぼすは一瞬, げにの中, げに熟睡して, げに物思う折の, げに独唱するところ, げにらしき詩, げに珍しからぬ人, げに生くる, げに生身の活きた, げに用人黒川とこってり, げに申し聞かせ候, げに留守居して, げにを睨み, げに疑いつつある, げに白い蝶々が, げに白き椅子の, げに白髮のもの, げに百合子の子供, げに百鬼夜行一幅の活図, げに皮相の謬見, げに盛子の顔, げに顕せる, げに直しといふ, げに相模湾を隔て, げに真情浅き少女, げに眠る貞世の, げにを輝かせる, げに眺めみわたせば, げに眺めることさえ, げにつて居た, げにっている, げに瞶めては何処, げにりぬ, げに瞻つたのは故, げに矛盾にみちた, げに碧水を湛, げに磯屋五兵衛が糸, げに深き今日, げに稍身を寛, げに穏健着実なる提案, げにを白眼, げにつ立つて, げにに倚つて, げに窓外の景色, げに立ち去ろうとした, げに立っている, げに立つてゐる, げに立てるあは, げに立上つた, げに笑って腹, げに紀念古里の種子, げに素知らぬ顔を, げに細かったが, げに絶滅させられた中, げにの手巾, げに縄尻でも取っ, げに縛ってしまった, げにふるはす, げに耻かしや我, げに聖者はよき, げに聞いてゐる, げに聞えけれどさして, げにゐたり, げにを下した, げにてゐる, げに自慢話しを, げに至誠の力, げにの根, げに舌打ちする, げに般若の真言, げにのさかり過ぎ, げに芸道と云う, げに苦しげに, げににい, げには青く, げに荒莚を踏み, げに莞爾して, げにの實, げにの物, げにはれたるわが, げに薙ぎ廻す皮肉の, げにの花, げに藤十郎の顔, げに藤原に入る, げに掻く微笑, げに處女の胸, げになる朽木, げに虚事とは思はれざりけり, げにの人々, げに街道に据ゑたる關, げに袖口からにょきんと, げに造物の, げになる檜扇, げに見え申した, げに見すぼらしき後ろ影蓬なす, げに見つめていました, げに見はてぬ夢の, げに見ゆれど我, げに見るに忍びざりき, げに見下ろしたまま立っ, げに見入らない訳には, げに見廻わした, げに見物して, げに見眺めていた, げに見返るを見, げにの心, げに親子の情二人, げに観察しそこ, げにえて, げにれがたき, げに言いたてて面白, げに言い出すのでした, げに言い囃さるるは近ごろ面目, げに言えば言われた, げに評判にならず, げに話していた, げに語つて来て, げに語るのであった, げに誤りたりと槍押取, げに論じるなどは無謀, げに謙三郎の後姿, げに嬢が, げにはるべき我, げに買って来, げに走せ来たれる僧徒妙海と, げに起きだらいかべ, げにを運ん, げに跡見送りて門前, げに蹲りて老木, げにを悶え, げによつて, げに近かるべし, げに返事をした, げに追うているで, げに退くにさ, げに造つた和蘭物でなければ, げに造成したる二階建, げに道具箱をのぞきこみ, げに道理なりと信じたまいぬ, げにかの遠く, げにれを, げにの中, げに重い島田を, げに釣瓶を持っ, げに鎌倉のほう, げに鎖された窓を, げに髮わざとらしき, げに長閑なる茅渟, げに長髪わざとらしき詩人等, げにの前, げに開きて, げに園が, げに限りも知らぬ, げにを卑し, げに障子の中, げに霞浦刀水の間, げに露国の一貴族, げに露西亜の農民, げに青みがかつ, げに静けさの眼, げに面白いもんだ, げにを立てる, げに音づれる其夜千登世は死人, げにをふり, げにを動かした, げに頼みがたきは, げにをぬぐう, げにひても, げに風声が叫び, げに駕籠から出, げに驚いて言った, げに驚きと悦び, げに驚くべきはこれら文明国, げに驚けることいかばかり, げに高う不二は, げに高熱の幻, げにを引っ張り, げにに沁み, げに麗らかなる秋, げに黄いろい花の, げに黄色い小さい函の