青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「くら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~くし くし~ ~くせ くせ~ ~ください くつ~ くに~ くみ~ くも~ ~くら
くら~
くらべ~ くり~ ~くる くる~ ~くれ くれ~ ~くれた くれた~ ~くれない くれない~

「くら~」 3756, 39ppm, 2977位

▼ くら~ (1671, 44.5%)

103 のこと 77 のもの 50 であつ 38 にし 19 のところ 14 ぢや 10 の事 8 の小さい 7 になつ, になる 6 か, で, の大き 5 でせう, は知つて, もある, 時間が 4 であらう, に思つて, のお, の女, の娘, の時間, は持つ, よ

3 [24件] が関の山, づつは, であと, でその, では濟, で話, に考へ, に見える, の, の信玄袋, の傷, の意味, の時, の穴, の高, はあつ, はあるでせう, はか, はつくだらう, は拵, は知, は言, 私の, 立派な

2 [74件] あつた, あつて, かすかに, が精一杯, くるくると, しかなかつた, それは, たくさんお目にかか, であの, でそれ, でちやう, では立ち上らぬ, でやめ, で誰, な子供, に, にしか見えない, にしとかう, にすべて, になつて, に御, に過ぎない, のひと, の人, の人物, の割, の割合, の力, の勢, の執拗, の子供, の実力, の小, の小さな, の幅, の年, の年配, の年頃, の広い, の強い, の男, の社会的地位, の程度, の自信, の若い, の荒涼たる, の覚悟, の鈍く, の長, の間, の間違, の高い, は, はある, はあるだらう, はさせられる, は何, は來, は出来る, は殘, は溜め, は見, までに僕, みんな一緒に, もあり, 僕の, 前から, 奉公し, 年が, 微妙で, 徹底した, 気持が, 私は, 結局この

1 [1048件 抜粋] あちらへ, いいこと, いつも陽気, いやもう, うきうきと, おらたちを, お巡りさんは, かかつて, かはいさうで, から多い, か經つて約束, がおち, がせいぜい, がなん, が丁度宜, が何故, が唯一, が止り, が落, が關, けれども陸軍, このサイズ, これで, ご飯を, さほんとに, しかゐなかつた, しか付けられません, しか売れない, しか會はず, しか經つて, しづかに, そのまんま, たくさん蟹が, だに, づつなんだか漫然と, づつ大, づつ持ち, づつ貢い, てんで目新, である, でいい, でいらつ, でかうなる, でこれ, でしかも, ですぐ, でそば, でなか, ではかうなりません, ではないだらう, ではびく, では外, では引, では氣, では耳, では追, では驚く, でまして, でも此方, でよさう, でよしませう, でコポオ, で二人, で何, で偶然出版書肆ガリマアル, で全然, で口, で喰, で夜, で大森, で家, で己, で引用, で彼, で恐ろしく, で手伝, で日本文化, で柄, で泳ぎ, で独立, で矩形, で竜飛, で結婚, で義雄, で色, で苦笑, で踊, で順番, で鳴沢, どうでも, なところで, なまだ, な井戸, な反撥, な奴, な年頃, な意気込み, な横顔, な氣もち, な若し, な金, にあり付けない, にくしやくしや, にしか思はれ, にしか踏めなかつた, にしといたら, にすぎぬ, にする, につていふ, にどの, になつて稍高等, になります, になるだらう, にね, にはお, にはなつ, にはなるだらう, にはなんなく, には書けない, には當, には見える, には踏めます, には附合, には驚く, にまでな, にもだえなやみました, にやり, にサツ, に今日, に來, に偶然, に努力, に取立てられる, に始める, に少く, に当るらしい, に彼等, に復舊, に思う, に思へる, に悲しみました, に撮影, に暑い, に気, に泣い, に温和, に狭い, に私, に縮つて, に老け, に聡明, に衝, に話, に諸方, に踏ん, に重い, に顯著, に鼻, のいかにも, のうち, のかなり, のことぢ, のささやか, のすき間, のたくさん, のため, のつもり, のひくい, のものさ, のサ, のヘロイン, の丁数, の不都合, の人形, の人数, の代物, の低い, の修業, の個性, の克己心, の入れ知恵, の共同生活, の分量, の勾配, の半, の同心, の名文, の喜び, の嗜, の声, の大きい深い, の大胆不敵, の奴, の容貌, の寝台, の小ぢんまり, の小説, の山, の工夫, の年齡, の広大, の廣さ, の心持, の心細い, の恰好, の應酬, の手落ち, の推量, の文章, の方, の早, の早業, の明快さ, の智識, の本, の柿の木, の業, の様子, の気持, の汚点, の沈思黙考, の深, の滑稽, の無遠慮, の現実, の理解, の田地, の男兒四人, の病気, の痩せた, の百姓, の看護婦, の短, の禮儀ア知つて, の空想, の粗相, の細か, の縁, の總領娘, の義務, の腕前, の芸当, の茫々, の荷物, の血, の裾, の角度, の話, の費用, の資本, の路, の逢, の道のり, の酒, の金, の針仕事, の間感想, の関係ぢ, の關心, の雨, の頃, の風化, の馬鹿, の魚, の鯛, の齒, はあり, はうなされます, はさせなき, はたつ, はついた, はどう, はなれた, はほぼ, はもぐるだらう, はわかるだらう, はペロリ, は付かない, は付くだらう, は何處, は僕, は光り, は入れなく, は出し, は出来ない, は助力, は勤まる, は喫つて, は奮ん, は存在, は少し, は差支, は廻します, は心得, は思ひ出し, は戀患, は手, は掘れる, は掴み兼ねない, は教, は時々, は書ける, は朝飯前, は横, は歌つて, は殘つて, は潰し度, は用意, は省き, は稽古, は突き, は竹松, は聽えさ, は街, は見付かるだらう, は覺, は調べ, は造, は開け, ひつそりし, ひどい嚔, ふしぎでした, ほかの, ほどのいもあと, まで, まで冷たく, まで苦く, まるで涙, もあらう, もか, ものが, も昔, も行, よりできませんでした, をたべた, を市場, を殺し, を相手, アカデミツクな, エッフェル鉄塔の, オドオドします, キナ臭い, グニャ, テキパキした, ニイチェは, ヒッソリする, フランス語の, ラジィゲの, 一ぱいお, 万事が, 上等である, 下手人らしい, 不潔な, 九鬼が, 二階も, 五郎兵衛の, 人が, 人間の, 今考へ, 会ひたいと, 作つて貰ふこ, 修養したら, 僕に, 僕を, 優しい声, 内地の, 円タクに, 冷たさうに, 几帳面な, 出合つては, 前までは, 十分に, 危険は, 古を, 各自の, 味気ない, 商売に, 喬木ででも, 嚴重に, 国語を, 坂田の, 大きくな, 大きさ, 天井が, 女ばかりの, 好きに, 始末の, 嬉から, 実力で, 寢られる, 小さかつ, 巧みに, 平和に, 幸運な, 度々やる, 廻りの, 強かつたの, 徐々として, 徹底し, 快適に, 悪人な, 愛想よく, 我々の, 我慢の, 押が, 拾ひ込んだ, 整つてゐる, 新文学, 旧津軽領西海岸, 時が, 時間の, 普遍性を, 月給を, 未だ未だこれから両, 本当の, 東京に, 格闘を, 楽観的であり, 正々堂々と, 正確に, 歴史や, 残つてゐた, 殺し兼ねなかつた, 毛が, 気むづかしい人間は, 氣の, 水の上の, 注意の, 洋服を, 淋しいもの, 淺間山が, 減つてゐる, 湛へ, 澱みの, 無益の, 父の, 狭い芸術, 現金が, 甚だ遠, 用意しなけれ, 留守を, 痰を, 發達しただらう, 看病は, 石を, 社会の, 私たちは, 私とそつくり, 私達の, 種切れな, 積極的な, 穴を, 立派である, 粗雜, 素晴らしく景気, 結構な, 經ちました, 經つてから, 総檜木作り, 美しいソローハさん, 習つて出來ない, 耄碌し, 背の, 腕が, 自分に, 自分自身を, 艱難な, 花だらけだ, 若いに, 苦しい事, 荒々しくなる, 薄い細かい吹雪, 表裏ある, 西洋でも, 言ひ強めた, 話の, 負はせる, 買つて, 賑やかな, 身の, 身扮や, 車外に, 近よ, 逗留し, 違ふ, 都に, 醉つて居, 金を, 鋭い刃, 陽當り, 露骨に, 静かに, 面白いもの, 面白くなけれ, 頭は, 食ふ, 馴染の, 高い, 鮮かに, 鮮明に

▼ くら~ (277, 7.4%)

8 中を 6 ほらあな, 中で, 中に, 穴の 4 とこで, 夜に, 孔が, 島の, 海の 3 ものが, 中から, 処に, 夜の, 家の, 庭の, 森の, 草や, 道を

2 [21件] ひろい庭, ほら穴の, まっくら, んだ, んです, 四角な, 地の, 地平線の, 夜です, 庭です, 庭へ, 海を, 甲板の, 町を, 穴ぐらの, 空に, 空の, 空を, 空間を, 間道を, 闇に

1 [156件] あなでした, あなです, あなの, あなへ, かいだ, このしめっぽい, この漁村, すきま, せまいはしご, せまい密室, たるの, つめたい水, でこぼこ道です, ところで, ところでも, ところを, のだ, のです, ので足元, はずだ, はずです, ひろい原っぱ, ふかい地, ふかい海, へやの, ものいら立った, んでしょう, イスの, テントが, トンネルの, ヒッソリした, プラネタリウムの, ホームの, 一室に, 丘の, 中, 中でき, 中ででも, 丸い穴, 二階の, 井戸の, 伽藍から, 何, 劇場の, 十二月の, 原っぱへ, 原っぱみたいな, 原っぱを, 古井戸, 向こうの, 四角い地獄, 四角い穴, 国へ, 土の, 地下室に, 場所である, 外の, 夜が, 夜だ, 夜だろう, 夜である, 夜でした, 夜ばかりの, 夜を, 夜サンドイッチ, 夜中だ, 夜空に, 大きな建物, 大深海, 大空に, 大通りを, 天井から, 天井へ, 天井裏に, 宇宙に, 実験室の, 室へ, 室内に, 家に, 小さな穴, 小舎の, 山の上で, 岩穴の, 川の, 広い庭, 広い部屋, 広っぱです, 床下の, 床板を, 座敷へ, 庭と, 庭に, 廊下を, 恥と, 所に, 晩では, 晩に, 曲がり角も, 書斎へ, 木の葉の, 林の, 林檎畑が, 森林の, 横穴の, 気持で, 氣持は, 水の, 洋館の, 洞の, 浜べに, 海に, 海上に, 海上を, 海中に, 深淵で, 瀬田の, 火薬の, 熱でも, 甲板に, 畑の, 畦道を, 私の, 穴が, 穴を, 空, 空から, 空ばかりの, 空洞が, 簡易食堂が, 納戸べやに, 絶望に, 絶望の, 舞台には, 茶の間で, 街道には, 路地の, 辛い事, 迷路の, 透視室, 造船所へ, 部屋で, 部屋でした, 部屋な, 部屋に, 部屋の, 部屋は, 部屋へ, 部屋を, 銀座である, 闇が, 闇の, 阿波屋の, 雲の, 静けさが, 風に, 黄泉の

▼ くらやみ~ (210, 5.6%)

60 の中 7 のなか 6 だ, の長五郎 4 に, の 2 でまわり, でも目, で何, に乗じ, に例, に目, の底, の庭, の海

1 [105件] かまたは, からパッ, から不意, から何時の間にかそっと, から姿, から槍, から煙, から這い出, があっ, がある, がかえ, が与えられた, が言, こんなこと, さだからこそ, だが, であご, であった, であれ, でおれ, でごそごそ, でした, でしたから, です, ですから, でどうして, ではなかっ, でカサコソ, でキキキ, で会う, で娯楽, で無闇, で煮えてる, で目, となり, と言っ, にとざされ, になっ, になりました, には何者, にひそむ, にもぐっ, に住み, に住む, に動く, に向, に四人, に女房, に字, に心, に押し流し, に浮きだした, に消え, に白い, に突きこまれた, に蝌蚪, に身, に連れ出す, に連れ出すだらう, のうつろ, のかなた, のてめえ, のどこ, のほら穴, のむこう, の丑松, の使徒, の地上, の声, の大広間, の太陽, の女, の室内, の小路, の山道, の川, の洞窟, の海面, の焼跡みたい, の甲板, の空, の長五, の長五気, の関, はふく, はふくろう, は私, ばかりに生き, へ出, へ祈る, も, もうお前, や公園, を, をさいわい, をさまよっ, をじっと, をはらいのける, を切っ, を縮め, を背負っ, を見つめました, 利根を, 北の, 心も

▼ くら~ (121, 3.2%)

6 中に, 中へ 3 ように, 中の, 中を, 入り口に 2 い, うら, 中には, 入り口の, 垣覗きさ, 真似を

1 [85件] うえに, うしろに, うしろへ, うらと, おばさんが, おもて, かきのぞき, かげろうが, かげろふが, かわりに, くせに, ことで, さかな, すきま, すみずみ, そとへ, ために, ばあさんが, ひがみだと, ほうに, ほうへ, まえに, まえには, まま目前の, やうに, ゆか下に, ようだ, わたくしへ, アンマ, 上に, 中からは, 中が, 乞食, 乞食は, 入り口いっ, 入り口には, 咽喉深く, 商人です, 四方を, 地面に, 地面を, 夫, 女を, 奴, 姿である, 子の, 寝間に, 小舎人, 後ろに, 御為め, 悪狡いつけ目, 惨虐, 扉を, 手を, 手甲脚絆に, 掃除と, 掃除を, 方の, 旅行の, 星は, 暗の, 月, 机の, 森の, 正面には, 法師が, 法師は, 爺さんで, 田舎つ, 男を, 癖に, 目玉が, 瞳の, 神から, 私, 義である, 蛙, 衆も, 身な, 道を, 長髪連が, 闇である, 音楽師の, 髪や, 魚は

▼ くらゐだ~ (113, 3.0%)

25 つた 18 から 3 つたが, よ 2 からこれ, からその, が人, つたから

1 [56件] からあり, からお, からおばあさん, からきつ, からこの, からそんな, からどんな, からわたし, から一, から下階, から二度と, から人間, から今, から出す, から北海道, から十分, から同君, から君, から和製, から土, から娘, から左門次, から彼女, から御身分, から必ず, から思ひ, から或は, から是, から止し, から沍寒, から澤山, から當時, から疝氣持ち, から眞物, から自分, がからだ, がこれ, がそんな, がよく, がわたし, が徳川時代, が朝廷, けれども夜, この鳥, つたのである, つたのに, つてことは, といふ, と彼, と思つた, と思ひません, のに当人, もの, もの外から, もの誰が, わね

▼ くら~ (110, 2.9%)

23 なって 9 なりました 6 なった 4 なったよう 3 して, なつた, 成りて 2 つけて, なったので, なったん, なる, なるほど

1 [49件] あかりが, かくして, くらて, した, するもの, なったかと, なったすき, なったと, なったとおい, なったとき, なったの, なったやう, なったり, なったカモシカ号, なっちゃ, なっても, ならないこと, なりとたんに, なりましたが, なりもう, なり下, なり塔, なり急, なると, なるの, なるや, なるやう, りゅうとして, わが身迷へ, ィ, ピストルを, 会うし, 伝らむ, 何でも, 傳らむ, 如かず, 層を, 御負け, 敷くやう, 新緑を, 木の, 生えて, 縄を, 見えた, 見えて, 見えました, 輝ききらめける皇妃, 閉じこめられて, 限らずめ

▼ くら~ (89, 2.4%)

35 して 5 したり 3 する 2 した, しながら, するの

1 [40件] いたさうかの, さした, させとくの, させようか, させるなんて, しその, したって, したという, したよう, したん, した沢, してけ, してるうち, してるん, しましょうか, するが, すると, する事, する時, たたいて, つける人, なすって, ぬけだしたころ, はじめていました, はじめてゐました, はずして, やった, やって, やってたぜ, 作ること, 催すこと, 先頭に, 恥ぢました, 持ち主から, 挑んでるん, 搦め取って, 装って, 見せられて, 警固としては, 逃げだした怪人

▼ くらがり~ (86, 2.3%)

19 の中 62 から抽, が見られけり, に金色, のなか, の海, は黒猫

1 [49件] でおまけ, でじっと, でそれ, でたしかに, ではなく, でもよく, で噛ツ, で相手, で話す, で閑談, で難儀, にかくし, にそっと, にてふてふ, になった, になつて, にはひでる, にようやく, によしなき, に人々, に仄, に何やら, に啼く, に大きな, に歯, に無言, に立てり, に青ざめ, のうち, のマスト, の光り, の冷えたる室, の宇宙, の室内, の小川, の山, の庭, の柳, の植込み, の芒, の遠く, の麦畑, は僕, へふみだした, をのぞきこん, を眼, を破るあり, を通しておぼろげ, 大変に

▼ くら~ (65, 1.7%)

2 なにが, よくわからない, 何にも

1 [59件] あたりの, いよいよ気味, おたがいに服装, きめるん, しいんとし, しかもところどころ, そうし, その境目, それに, ただところどころ, どこからか, なにも, なんにも見えなかった, なんにも見えません, べつに人, まったくあき, わからない, ガランとして, シーンと, タイムも, 人っ子ひとりいません, 人のけ, 何が, 何の, 何も, 何物も, 光と, 兎が, 分らない, 列んで, 地には, 墓場の, 墨つぼ, 家で, 将棋の, 少しうす赤かっ, 山道を, 思ひ悩んで, 救ひ, 新宿辺は, 方角も, 星が, 時々こわれた, 月も, 木の葉の, 来い, 気味が悪いよう, 淋しかったでしょう, 深い森, 煖炉に, 空と, 経文が, 見えませんが, 見通しも, 訊ねた, 誠に慣れません, 遠くの, 隠森, 顔が

▼ くらゐなら~ (60, 1.6%)

2 あつしは, ば僕, 俺は, 私は

1 [52件] あつしこの, お手傳, このまま, こんなところ, そこらで, その邊, といふ, とつく, どうせろくな, どうにでも, ばすゝ, ば今時私, ば先程皆, ば頼み, まだいい, まだ見, まるでつまらない, わざわざ, わしなんかが, わたくしに, ガン首の, 一緒に, 人心を, 仕事を, 伴れ, 何も, 何故喧嘩, 何故見棄てた, 僕は, 僕ひとりでも, 八五郎親分を, 公演を, 別の, 大丈夫でございます, 大川へ, 女房に, 始から, 寧ろ伊藤公, 年上は, 廊下を, 憚りながら錢形平次, 本物だ, 毎朝ラヂオ体操でも, 比呂志君が, 眠つた方が, 竈の, 結婚などの, 自殺した, 遠慮なし, 音さんつていふ, 馬鹿の, 高利は

▼ くらゐな~ (59, 1.6%)

7 んだ 4 ものである, んです 3 ことは, ものだ, もので 2 の, のだ, のである, もの

1 [27件] ことで, つもりで, ところだ, のであつ, のでこの, のでございます, のです, ので歌舞伎, のな, のは, ものだつた, ものだらう, ものでございます, ものでございませう, ものに, ものは, ものよ, んでな, ンだ, 事が, 事で, 事は, 事を, 意味である, 所かも, 日數で, 精進を

▼ くら~ (53, 1.4%)

2 なった, なり

1 [49件] あの若い, いって, した, したや, した何, した小さい, した座布団, した愛嬌, した眩, した羽布団, した莢, した金褐, した雪, した顏, なりその, のぼるの, ふくらんだ懷, ふくらんで, ふくれて, やわらかい絹フトンつき, 両手に, 丸みの, 云ふ, 作つたタンポに, 圓み, 小山の, 思ふかたち, 成る, 挌闘中ピストルの, 描かれて, 散り澄んで, 時江が, 柔かくふくらんだ, 海は, 無言の, 白い雲, 積つてゐ, 美しい花, 肉付きが, 肥り躯つき, 蛇体みたいに, 言つたつ, 足引の, 軟らかく師匠, 軽いソフア, 鈍角を, 雲鬢とでも, 骨休めを, 黄色い蕊

▼ くらゐです~ (44, 1.2%)

5 から 4 もの, よ 2 か, からな, から知つて, ね

1 [23件] からその, からどこ, から三度, から主人, から仲, から同じ, から咄嗟, から寶, から晝, から枝, から男, から萬次, から訊い, から長く, がこれ, がね, がむくつけき, が内部, が時に, と支那, のに意識, んでいのち, んで結構

▼ くらぶれ~ (38, 1.0%)

183 ば夢まぼろし, ば夢幻

1 [14件] ばああ, ばあの, ばいっそう, ば世, ば何ぞ, ば冷水, ば噛まる, ば如何にも, ば姿かたち, ば寔, ば根方, ば肉体, ば逶, ば雲

▼ くら~ (31, 0.8%)

4 して 3 しの 2 えしてでも

1 [22件] えするん, えを, おちて, かぐらと, させる業, しは, にこにこと, ひとり出を, わなに, ポツンと, 一人で, 一人死ね, 俄かに, 初まる, 千人居る, 占めて, 文学者志願者に, 水平線上に, 沖, 火事に, 琴を, 面当に

▼ くら~ (27, 0.7%)

8 の中

1 [19件] ぐらつきなどと, だ, で, であります, です, なので, にいた, にかちり, にしなく, にはほのか, に生き, のいろ, のかた隅, の外, の汽車, の谷, は吹雪, をいつも, を押し割っ

▼ くら~ (26, 0.7%)

2 しや, せた

1 [22件] お出入り按摩, された, し, したが, したで, したの, した白痴, して, してやるん, しむ神, すと, せたから, せました, せ聲, どこにでも, またドギマギ, 勘の, 屋根も, 歯の, 死ぬまでに, 自分の, 蛇を

▼ くらゐある~ (24, 0.6%)

2 ねえたくさんさかな, んだ

1 [20件] かしら, からだを, か知れない, か私, の, のか, のかと, のかね, のは, の幅, の遠い, んです, 大きなバッタ, 奴が, 松の木の, 石を, 石垣の, 腹に, 身も, 鮒の

▼ くら~ (18, 0.5%)

1 [18件] がつきもの, が車窓, しつこさ, である, ではどう, と, とはひろい, と夜更け, に, にあまり, に慣れ, は, は何, は少し, も淋し, より, を曳い, を追求

▼ くらゐである~ (16, 0.4%)

2 がしかし, がその

1 [12件] から, から一般, から必ず, から政治, から昔, がそれ, がそれ以下, がた, が彼女一人, が横浜, が義満, のに一人

▼ くらつて~ (14, 0.4%)

1 [14件] な, は大, ゐた, ゐる, 倒れるけ, 切れて, 大怪我, 居るんでさ, 悪いく, 立たうと, 見て, 逃げたら, 逃げて, 逃げましたよ

▼ くら~ (14, 0.4%)

2 の愚か, 葉の 1 たまは, て罪, ながら丘, に凄ま, の集り, ポカポカ僕, 先き, 年へ, 殘る, 素肌に

▼ くら~ (14, 0.4%)

4 しきに 1 あぶみや, きりう, くつわを, しきの, しきは, しきを, ます方法は, みぢゃ, み並木, 跳込み

▼ くら~ (14, 0.4%)

1 [14件] せえ, せエ, た, たまま何事, たよう, ています, てバス, て丘, て吹ッ, て意識, て気がついた, て逃げ, と光り, と眩む

▼ くら~ (11, 0.3%)

3 の中 2 の谷 1 が急, で分らず, とが私, と雨, の町, をくさり

▼ くら~ (10, 0.3%)

1 からいない, からめくら, から足もと, つたのです, とはおどろいた, なが即, なに対する理会, のって, よ, わ

▼ くら~ (10, 0.3%)

32 りといふ 1 しのびこむの, ばといふ, り, ツ, 出いりするもの

▼ くら~ (9, 0.2%)

3 して 1 されるが, し兵糧, やくや, 甘め, 羞か, 鎧皮が

▼ くら~ (9, 0.2%)

4 の筒袖 2 の半纏 1 の前, の半, の懐ろ

▼ くら~ (8, 0.2%)

5 くらと 1 して, ないと, 目あきも

▼ くらかえし~ (7, 0.2%)

1 ていた, ている, てしまう, てその, てストリンドベルグ, て調べ, て釣れない

▼ くら~ (7, 0.2%)

1 とした, とただ, と告白, と大飯, と御, と手ぶら, と遁

▼ くら~ (7, 0.2%)

1 が毎夜, でありました, となった, はきっと, は永久, は金色, は高い

▼ くらかけ~ (6, 0.2%)

2 の雪, 山の 1 のびんかんな稜, 山の下あたりで

▼ くらすけ~ (6, 0.2%)

3 てやらね 1 てからふんじばっ, てもろ, ても文句

▼ くらすける~ (6, 0.2%)

1 からそう, ぐらいでは仕様, ことに, というの, と熊, ワケにも

▼ くらです~ (6, 0.2%)

1 からそのもの, からねえ, から井上くん, から地面, が懐中電灯, よ

▼ くらでも~ (6, 0.2%)

1 こっちへ, したくなった, 出ます, 殴ぐれ今お前, 眠れず明るけれ, 眼が

▼ くらはん~ (6, 0.2%)

1 か, かくらはん, かポンポコネ, か卷ずし, か牛蒡汁, か錢

▼ くらでした~ (5, 0.1%)

2 が二疋 1 がひとつ, が手さぐり, が星空

▼ くらやみ坂~ (5, 0.1%)

2 の名, や秋 1 へ連れ

▼ くらゐし~ (5, 0.1%)

1 てやつぱりその同人, てゐる, てトロッコ, て居た, て生活

▼ くら~ (5, 0.1%)

32 はひらかれ

▼ くら返し~ (5, 0.1%)

1 ている, ては帳面, て左, て見た, 見て

▼ くら~ (4, 0.1%)

1 えったらざま, えったん, えっても, えるに

▼ くらへる~ (4, 0.1%)

1 ため禍ひ, 木, 木この, 硬き食物

▼ くらゐで~ (4, 0.1%)

1 いい, いいよ, てくる, よからう

▼ くらゐでした~ (4, 0.1%)

1 がその, が何人, し作者, よ

▼ くら返す~ (4, 0.1%)

2 って云ってるだ 1 ような, 遊戯を

▼ くらさん~ (3, 0.1%)

1 でね, というお婆さん, はなかなか

▼ くらしっく~ (3, 0.1%)

1 な地名, に書い, を保つ

▼ くらじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんよ, ないか, ないね

▼ くらであり~ (3, 0.1%)

1 しかも歯, 罪悪の, 驟雨は

▼ くら~ (3, 0.1%)

1 べらなり, 時, 時必ず

▼ くらめき~ (3, 0.1%)

1 あかりに, ほとんど行きだおれ, 候ふとき

▼ くらめく~ (3, 0.1%)

1 ばかりの下, 心地で, 様な

▼ くらゆくら~ (3, 0.1%)

1 に伝らむ, に傳らむ, 漕げようつらうつら

▼ くらゐあ~ (3, 0.1%)

2 つても 1 ひだが

▼ くらゐだし~ (3, 0.1%)

1 さ, て今時分, 同業相扶け

▼ くらゐゐた~ (3, 0.1%)

1 かそれとも, か小半, か自分

▼ くら~ (3, 0.1%)

3

▼ くら按摩~ (3, 0.1%)

3 に探

▼ くら返した~ (3, 0.1%)

2 かと思い 1 上に

▼ くら返った~ (3, 0.1%)

1 なあ地めん, 奴が, 水は

▼ くらぁくらの二里~ (2, 0.1%)

2 の洞

▼ くらあんま~ (2, 0.1%)

1 にもその, を相手

▼ くらお願い~ (2, 0.1%)

1 がご, したい事

▼ くらかげん~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ くらがりで~ (2, 0.1%)

1 そつと, もと二人いた

▼ くらがり坂~ (2, 0.1%)

1 の宵, へ曲る

▼ くらすけられ~ (2, 0.1%)

2 て目

▼ くらする~ (2, 0.1%)

1 ような, 反抗を

▼ くらだった~ (2, 0.1%)

1 けれど彼女, と聞い

▼ くら~ (2, 0.1%)

2 しゆ

▼ くらであった~ (2, 0.1%)

1 がそれから, が銃声

▼ くらとして~ (2, 0.1%)

1 あた, しろい頬

▼ くらない~ (2, 0.1%)

1 でついて行く, 処に

▼ くらなお~ (2, 0.1%)

1 庭の, 納戸へ

▼ くらにでも~ (2, 0.1%)

1 なったやう, なったよう

▼ くらにな~ (2, 0.1%)

1 つたのよ, つてし

▼ くらには~ (2, 0.1%)

1 おおよそ手ざわり, どの程度

▼ くらばかり~ (2, 0.1%)

2 して

▼ くらひこむ~ (2, 0.1%)

1 のと, 直前に

▼ くらひこん~ (2, 0.1%)

1 で二百万, で百万

▼ くらへと~ (2, 0.1%)

1 思つた, 鎮台に

▼ くらへば~ (2, 0.1%)

1 木葉微塵だ, 止めようと

▼ くらやみ坂西~ (2, 0.1%)

2 の坂

▼ くら~ (2, 0.1%)

2

▼ くらゐあれ~ (2, 0.1%)

1 ばたくさん, や好い

▼ くらゐだらう~ (2, 0.1%)

1 お筆, といふ底

▼ くらゐどつさりある~ (2, 0.1%)

2 とかいふ話

▼ くらゐならい~ (2, 0.1%)

1 ツそ今一つ向うの, ツそ鎌倉まで

▼ くらゐならいつ~ (2, 0.1%)

1 そ旦那さまの, そ潔く

▼ くらゐならもつ~ (2, 0.1%)

1 と他, と外

▼ くらゐはやり兼ねません~ (2, 0.1%)

2

▼ くらゐやる~ (2, 0.1%)

1 とぐつすり, と直ぐ

▼ くらゐゐる~ (2, 0.1%)

1 ことか, と彼女

▼ くらゐ待つた~ (2, 0.1%)

2

▼ くらゐ敷ける~ (2, 0.1%)

2 くらゐ

▼ くらゐ来~ (2, 0.1%)

1 てからふり, て欲しい

▼ くらゐ知らない~ (2, 0.1%)

2 わけで

▼ くらゐ積み重ねる~ (2, 0.1%)

2 とま

▼ くらッくらッ~ (2, 0.1%)

1 と光り, と眩む

▼ くら法師~ (2, 0.1%)

1 がおりました, になり変った

▼1* [278件]

くらに, くらね, くらあかりは消えた, くらいったらなかった, くらい怖ろしいと, くらお出ましになっ, くらお尋ね申すべ, くらかえす歩き方を, くらかえっていた, くらかえって向うズネ, くらかえる音などを, くらかけつづきの雪, くらかけやまの, くらかげん罪人になっとるでしょう, くらかつた, くらかへして, くらかも知れない, くらかりしかばこ, くらかんかん虫ッて, くらがっちゃったねなにしろ, くらがりでしたのにそれ, くらがり峠を越える, くらきいろなれば, くらきが方へ鴫鳴き, くらきみ堂のうち, くらくらししなどの, くらこれは不思議, くらごつこの, くらさんぼう逃げて, くらしかねつも, くらしながむれば, くらすけられると熊, くらちょいとおり, くらつくと同時に, くらつたものと, くらつたのだし, くらつた形だつた, くらつた彼等はあわてふためき, くらつた私は小言, くらつた面持であつ, くらつて五里霧中でいる, くらつて矢庭に我, くらつて立ちなほり, くらつて逃走した, くらつて酔つてゐるんぢ, くらつて顏を引込め, くらつと青く走, くらつなところへ, くらつぼのところ, くら笑い笑い, くらであろうと思っ, くらできゅうくつなあなは十メートルも, くらでござんすな, くらでさえ何クソ, くらではいよいよ新聞, くらとととは同義語, くらとはおもへ, くらとばかりないしょで, くらどじょうにし, くらなくつたつて, くらなぞと嘲弄され, くらなどを嬲る文句, くらなぬけ穴の, くらなるものは, くらなろうごくの, くらなんぞのきげん, くらなんて嫌な, くらはうと咄嗟, くらはせてやらう, くらはせることも, くらはるよつてに辛抱, くらひきといふぬ, くらひくらと, くらひしため夫アダムと共に, くらひだつたのだが, くらひつれば早く, くらひつユキになやめる, くらひであることまでも, くらひならば拷問, くらひゐにしか夜, くらびとがくらんどとなるほかいびとがほいと, くらびょうかめったに, くらふくれた小さい柿, くらふごとく灰を, くらふたけたあのみいちゃん, くらふもろ, くらぶるときは, くらへであらう, くらへといふ無法極まる, くらべりや屁, くらくらと, くらぼったい家は, くらまかしたという, くらまっていきました, くらまんじゅうをし, くらむただひとりこの山道をおり, くらくらいう, くらもち掏摸の兄哥, くらやみ市とも盗ッ人市ともいう, くらやみ測り知らず年を, くらやみ祭と烏, くらやみ路のたづ, くらやむなかに, くらゆっくら歩き, くらより一歩自分が, くららくららっ, くらら鳥の声, くらゐあいたかも知れない, くらゐありさうな作り, くらゐありましたわ, くらゐありますがひどく, くらゐあるだらう銀行に, くらゐきいたことが, くらゐございましたやうに, くらゐしつかりした男を, くらゐするダイヤを, くらゐたつてから, くらゐたつたら治るんだらう, くらゐたてばそんなに, くらゐたべるやうに, くらゐたまらんことは, くらゐださうだが懷, くらゐだらうかと逆, くらゐつていふ, くらゐつくるのが, くらゐでありましたがこの, くらゐでありますから甲胄, くらゐでございましたから私たち, くらゐでございますがここ, くらゐで御座いますもの, くらゐなら死ねば良, くらゐなら死んだ方が, くらゐなりまつけど雨, くらゐのこつて久野信次郎, くらゐはきてゐるだらう, くらゐはやり兼ねない男です, くらゐぶざまな, くらゐぶつつづけにこんこん, くらゐもらつてあげます, くらゐよこしてくれた, くらゐゐてひどく, くらゐ並べてその, くらゐ乗つてさびしい, くらゐ仰むかなくては見えぬ, くらゐ休むんで, くらゐ休んでまた, くらゐ伸びたダリアの, くらゐ似つかはしい, くらゐ倒れとは此事, くらゐ入る瓶として, くらゐ出来たんです, くらゐ分つてゐた, くらゐ分らないもので, くらゐ分りきつた, くらゐ取つて帰り, くらゐ取りあげればま, くらゐ取るもんです, くらゐ取出したところで, くらゐ呑んでゐる, くらゐ呑んだやうで, くらゐ啼いたらうが, くらゐ囀りだした小鳥たちの, くらゐ引きつつてゐる, くらゐ引合せて細り, くらゐ役立つだらうかとも考へられる, くらゐ待たねばならない, くらゐ待つとも, くらゐ思ひきり悪く, くらゐ悟り得ない事は, くらゐ打ち解けて無遠慮, くらゐ持つてをり, くらゐ歩いては荷物, くらゐ歩けばい, くらゐ殖えてゐる, くらゐ殖えたらうか, くらゐ気に入らなんだら, くらゐ汚れるまで着, くらゐ泳げたところで, くらゐ減らして本箱, くらゐ渡りかけてあと, くらゐ澄んでゐる, くらゐ焚いたらよろしかろ, くらゐ焦ら立たしくかうしてぢ, くらゐ生ま生ましいタッチで, くらゐ生れてから死ぬる, くらゐ用立ててもらつ, くらゐ留め置いて大抵, くらゐ疲れてしまつて, くらゐ疲れさせられてしまつ, くらゐ着込み馬油を, くらゐ睡つたで, くらゐ破けたつて, くらゐ積んでゐる, くらゐ穿きますよ, くらゐ経つて大化改新, くらゐ考へたア, くらゐ聞えて来る, くらゐ興ざめた落莫と, くらゐ萎れ返つてを, くらゐ見えてゐ, くらゐ見渡すかぎり黒一色の, くらゐ見透せないでたまる, くらゐ読まなければほんと, くらゐ貯めてるのは, くらゐ近づいてくる, くらゐ遊ぶか知れない, くらゐ遊んで帰る, くらゐ集めて碧師, くらゐ離れてゐた, くらゐ鳴らしても差支, くらアばかだな, くらヤミで人通り, くら三宝にかけ, くら与力だそいつ, くら以外には打つ, くら休んでいる, くらと同じ, くら其様なこと, くら出来上つた兄でも成るべく近寄らない, くらをしかも, くら加減に書きつぶし, くら千人への皮肉, くら千人めあき千人, くら千人目あき千人, くら反ると頭, くらを利かう, くら同様で引返すより, くら呼んだってお, くら喜惣滝人の三人, くらが立つ, くらがいつも, くら婆さんよりもそういった, くらの高, くら往ッて見, くらな抱擁, くら手真似で話される, くら扱いにされる, くら持ちや万引き, くら揺れる光影の, くら暗からぼんやり浮き上っ, くら暗に反響さした, くら暗澹たる東京, くら有っても足りない, くらてく, くら横町を通る, くらのほう, くら歩きながらも我々, くらを浴びる, くら漕げようつらうつら行け, くら燈火管制の中, くらにも劣り, くら玄関へ来た, くら田圃の方, くらのやう, くら盛り上つて, くら相手のこと, くら肥えた體躯の, くら行ってお, くら説法片腹痛いわ, くら調べて見よう, くら諸侯の軽薄, くら責めてぞ立ち, くら走っていやがる, くら返さねえやうに, くら返されてトラフォーム, くら返されたのである, くら返しひつくら返し見て, くら返って豪華, くら返るという奇態, くら野郎に惚れ, くら闇のかべにあたってひびいた, くら闇自体のつぶやき, くらに紅, くら隠れん坊すべてそういうよう, くら饅頭をし, くらでは遊び, くらで, くら