青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「けた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~ ぐっと~ ぐる~ ぐるぐる~ ぐるり~ けさ~
けた~
けだし~ けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~ けれ~ けれど~ けれども~ ~げ

「けた~」 1371, 15ppm, 7558位

▼ けた~ (105, 7.7%)

17 である 97 です 3 か, であった 2 だから何, だといふ, では, はその

1 [58件] かい, か嗾, か耕介, がそ, が事実, が消し炭, が燃返つて, が自分, だから愉快, だが, ださうである, ださうな, だつたが, だと, だべ, だらうが, だらふ, でありました, であります, であるが, でした, ですよ, ではなから, にも自分, は, はいつ, はきっと, はそんな, はどう, はどなた, は三年前, は何, は先頭, は初めて, は彼, は曲, は本当に, は矢張り, は私, は笛, は紛れ, は緋, は誰, もあった, もほんの, も彼, も束の間, も無理, も確, も自然, も遺し, を取り, を受取つて, を口実, を感じた, を溜め, を父さん, 驅けねえの

▼ けた~ (49, 3.6%)

2 女の

1 [47件] あとは, いいか, いかんせん馬謖軍そのもの, おもい直, おやぢ, こんな處, その学名, だんだん釣れなくなった, ちがう, つた, はずれて, ふと入口, もう何, もう留んで, わたくしは, 一本も, 一行の, 不思議な, 今の, 他方面, 何分一人つ, 何時殺される, 千九百七年, 可哀想に, 坂の, 坂下を, 堂と, 大野渡辺等の, 好え, 就中宗家の, 当座は, 彼の, 彼は, 思へば, 折ふし通りかかった, 旨い事, 此挙動は, 此擧動は, 矢ツ張り恢復は, 矢張り飲食店の, 私は, 蚊帳を, 蜀から, 送って, 違う, 間も, 震へるだけ

▼ けたもの~ (47, 3.4%)

5 である 2 であろう, ですから, で漱石, と思ひこん

1 [34件] かひどく, かも知れない, がある, が何, が花, さえある, だと, だといふ, だネー, で, であった, であるが, でして, としてはまず, とせられた, とも連用名詞法, と思はれる, と書き, ないしは死骸, にする, になぜ, には闕, のやう, のよう, は何とか, は何より, は克, は才, は普通, ばかりと手伝い, まで僂指, らしかつ, を用意, を確たる

▼ けたこと~ (39, 2.8%)

3 がある 2 が日本文化, である, はすぐ, を鵜呑み

1 [28件] から誤っ, があつ, がなかっ, がひろ子, が私自身, だらう, だらうな, であった, であらう, であるい, であろう, にか, にかかずらっ, の尠, はありません, は大師, は寧ろ, もあつ, もある, もあれ, も見逃しえない, を云, を忘れぬ, を思へ, を申す, を覚え, を言, を言い出した

▼ けたやう~ (38, 2.8%)

3 な顏 2 に若人たち

1 [33件] だから, である, ですが, で手, で途方, なもの, なガラツ八, な中, な古い, な妙, な寂しい, な感じ, な物, な男, な病氣, な穴, な空罅, な色, な色男, な葉, にならぬ, にガツクリ, にヘタヘタ, に人, に呆然, に思はれる, に椅子, に物狂, に立つ, に笑つて, に茫然, に語る, に項垂れた

▼ けた~ (23, 1.7%)

3 云ふ 2 言ふ

1 [18件] あっちゃ, あつちや, いふ, いふから, ほりの, 云う不可解, 云う噂, 同じ事, 問い果して, 思って, 思はれるばかり, 思われるです, 細かに, 考へられた神, 聞かぬと, 聽いた, 見えて, 見るや

▼ けた~ (23, 1.7%)

2 を云う, を揶揄

1 [19件] あり, から白状, があつ, がある, などを小さな, のない, はございませんでした, はアメリカ大陸, は大変, は無, もありませんで, も今度, も船, を, をしかねない, を思う, を言いなさん, を言はつ, 夥し

▼ けたよう~ (21, 1.5%)

2 な顔, になっ

1 [17件] だ, だと, な今日, な変, な姿, な形, な手, な放心状態, な気, な消, にすぐ, に彼女, に思われ, に真紅, に見え, に見える, に雨戸

▼ けた~ (16, 1.2%)

3 だ, です 2 ですって 1 だから, だけど, だね, だもの, ですか, ですから, ですが, ですよ

▼ けたので~ (15, 1.1%)

2 私は

1 [13件] あつた, あッた, ござります, まあ黙過, 半七, 古の, 女は, 往來は, 掘らうぢ, 最初の, 疲れたの, 盲目でございます, 遠くから

▼ けた~ (14, 1.0%)

1 [14件] から彼女, でもある, にはもう, に吻, に夜, に廢朝, に發狂, に私, のお話, は二人, は佐藤, は兄弟とも, 不圖仁王, 悪いこと

▼ けた~ (13, 0.9%)

1 [13件] があつ, が訪問, だった, だ追及, でありこの, でもし, でも急, なら他, に對, の魂, はこれ, は自己, は遠く

▼ けた~ (13, 0.9%)

1 [13件] な寂しい, な笑聲, な赤土, な雲, な頭, な驚喜, な黒い, に, に一人, に墨, に眞赤, に石像, に赤く

▼ けた~ (11, 0.8%)

1 [11件] ち自分等, でなければ, で失敗, で見る, とう, にやつ, に全く, に漸く, はあたり, は包, 突然活動

▼ けたところ~ (10, 0.7%)

1 がある, にあつ, に帝國女優學校, に立っ, のもの, の痛ましき, はなく, は少し, へいきなり, をはがし

▼ けたから~ (9, 0.7%)

1 その通り, では, もしや帰る, パンパンに, 俺は, 宜いよ, 裏口営業など, 起きた事, 飲んで

▼ けた~ (9, 0.7%)

1 があります, がある, がご, が無, はつい, は一人, は死罪, を刺し, 或村

▼ けた~ (8, 0.6%)

2 で描かれ 1 で現われ, になつて, に変わっ, のもの, の家畜, をし

▼ けた~ (8, 0.6%)

1 がひっこむ, が橋, では證據, にはたまらなく, に矢鱈, ばかり下げ, をごしごし, をした

▼ けた~ (8, 0.6%)

2 をし 1 したまま, でにらみつけました, のいじらし, の上品, は見当違い, を突き出した

▼ けたあと~ (6, 0.4%)

2 いつたいどう 1 からすぐ, でアラビア, で此, を夫婦相對

▼ けたといふ~ (6, 0.4%)

1 ことは, この老, 事も, 工合に, 繩の, 證據が

▼ けたはずれ~ (6, 0.4%)

2 なこと 1 な犯罪, な狂気, のところ, の神品

▼ けたほど~ (6, 0.4%)

2 でした, 生命が 1 です, 大膽

▼ けた~ (6, 0.4%)

1 が声, ですよ, でやっぱり, で鼈甲, の事, もそぞろ

▼ けた~ (6, 0.4%)

2 である, をし 1 で, など神

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 それは, どうかといふ, はりに, 分らない, 自分自身の

▼ けたかと~ (5, 0.4%)

1 思うと, 思って, 思ふと, 思ふ程, 申すに

▼ けたという~ (5, 0.4%)

1 ことは, 事実が, 伝説に, 工合に, 縄の

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 から釉, で私, に敵, に痛快, に資本金

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 がさし, がただよっ, が部屋, のなか, の中

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 がある, だ左様, だ強いて, は食う, ばかりだ

▼ けた屋根~ (5, 0.4%)

4 は破風 1 のゆるやか

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 からだ, がすんだら, にも女, までのとこ, を勘定

▼ けた~ (5, 0.4%)

1 であ, の空想, は怨めし, は現在, は衣子

▼ けたあの~ (4, 0.3%)

1 みいちゃん, 涯の, 煙だ, 詞が

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 常は, 浦の, 白粉が, 秀の

▼ けたため~ (4, 0.3%)

2 に母 1 に僅か, に前後

▼ けたちがい~ (4, 0.3%)

21 でお話し, の金

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 あらう, あらうこと, ござりましょう, は無し

▼ けたばかりの~ (4, 0.3%)

1 ラムプを, 掛算と, 町の, 裸体であった

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 と緑, をとつて, を芥川, を草鞋

▼ けた姿~ (4, 0.3%)

1 でこう, の空蝉, もつく, をし

▼ けた感じ~ (4, 0.3%)

2 のする 1 がする, と菜の花

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 にや夜, のこと, の暮れ, ばかり送

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 だが, で答, をし, を張上げ

▼ けた自分~ (4, 0.3%)

1 だったの, としては何れ何處, の句, の姿

▼ けた~ (4, 0.3%)

2 が生れ育ち, や極意

▼ けた~ (4, 0.3%)

1 にし, になっ, はあまり, を眺め

▼ けたかも~ (3, 0.2%)

1 知れないほど, 知れぬ, 知れません

▼ けたそして~ (3, 0.2%)

1 或る, 睡つた, 脣だけが

▼ けただけ~ (3, 0.2%)

1 なの, のも, 聞いただけで

▼ けたとき~ (3, 0.2%)

1 でも決して, に怠ける, の感想

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 しても, 相違なく, 違いない

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 しらばかり, のらう, 昔英国で

▼ けた~ (3, 0.2%)

3 うにな

▼ けた一人~ (3, 0.2%)

1 が大声, の少年, の生徒

▼ けた三日月~ (3, 0.2%)

1 が射し入っ, が漠々, の交錯

▼ けた人間~ (3, 0.2%)

1 だけは将来これ, のやう, の沈鬱さ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 から微笑, きくもんぢ, をばくばく

▼ けた場合~ (3, 0.2%)

2 に限る 1 にそれ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 には白雪, へ貼り残された, や中央

▼ けた平野~ (3, 0.2%)

2 の青田 1 に注ぐ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 がたっぷり, の道側, へ自転車

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 がすい, とちょっと, はポカポカ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 には垢, に沁み込む, の目

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 だし, だつて言, ですが

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 に蒼黯, は人間, を雑草

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 に見惚れ, の一つ, は生き

▼ けた赤い~ (3, 0.2%)

1 煉瓦の, 花を, 足へ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 で轉, に草鞋, を急がせ

▼ けた~ (3, 0.2%)

1 がてら, して, の女

▼ けた髪の毛~ (3, 0.2%)

1 という意味, の長く, を一二本

▼ けたこの~ (2, 0.1%)

1 畸形児の, 雄大無比な

▼ けたその~ (2, 0.1%)

1 技巧には, 折の

▼ けたそれ~ (2, 0.1%)

1 はシヤレ, より豚

▼ けただけの~ (2, 0.1%)

2 ものを

▼ けたとか~ (2, 0.1%)

1 で手, 粹に

▼ けたとは~ (2, 0.1%)

1 信じない, 河伯も

▼ けたなあ~ (2, 0.1%)

2 誰だ

▼ けたなら~ (2, 0.1%)

1 ば全滅, ば必ずや

▼ けたほどの~ (2, 0.1%)

1 傷で, 荒らしよう

▼ けたまたは~ (2, 0.1%)

2 享けつつ

▼ けたらしい~ (2, 0.1%)

1 が二寸, 日である

▼ けたわけ~ (2, 0.1%)

1 で, です

▼ けた一枝~ (2, 0.1%)

1 の花, の菊花

▼ けた事實~ (2, 0.1%)

1 は各自, を擧げ

▼ けた儘眠つたの~ (2, 0.1%)

2 か眠らぬ

▼ けた其顏~ (2, 0.1%)

2 ばかりはほの暗

▼ けた其顔~ (2, 0.1%)

1 のみはやつれ, ばかりはほの暗

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 どうした, に椿岳

▼ けた天井~ (2, 0.1%)

1 から煙, 太い柱

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 がそこ, 要するにすべて

▼ けた小ぢんまり~ (2, 0.1%)

2 した建物

▼ けた小屋~ (2, 0.1%)

2 ほど適する

▼ けた小説~ (2, 0.1%)

1 ですでに, なの

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 の地肌, の素肌

▼ けた~ (2, 0.1%)

2 靈の

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 でまた, で而

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 の腰車, は自己

▼ けた態度~ (2, 0.1%)

1 で周囲, を一變

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 がある, を補

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 で動かぬ, と足

▼ けた拒絶~ (2, 0.1%)

1 の恥辱, の耻辱

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 も濱町, も稽古所

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 が明るく, が空

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 の古, の木

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 がそこ, の皮

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 な頭脳, に眼

▼ けた横文字~ (2, 0.1%)

2 をホテル・エソワイアン

▼ けた殺風景~ (2, 0.1%)

1 な山, な山巒

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 と白髪, を大

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 になり, の一塊

▼ けた焼土~ (2, 0.1%)

1 で釈迦, と崩れかかった

▼ けた熔岩~ (2, 0.1%)

1 では決して, と砂岩

▼ けた生命~ (2, 0.1%)

1 である以上, の惱

▼ けた産婦~ (2, 0.1%)

2

▼ けた病気~ (2, 0.1%)

2 の犬

▼ けた着物~ (2, 0.1%)

1 はそりゃ, を着た

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 がまるで, を装った

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 にかいた, のやう

▼ けた素養~ (2, 0.1%)

2 と環境

▼ けた紳士~ (2, 0.1%)

1 が両手, が彼

▼ けた老人~ (2, 0.1%)

1 が腰, は金髪

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 とある, にもよく

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 をず, を苦し

▼ けた若い~ (2, 0.1%)

1 生命とは, 男を

▼ けた苦痛~ (2, 0.1%)

1 というもの, といふもの

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 の平紐, 呑みの

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 で捕獲, のある

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 が上り, の純

▼ けた表情~ (2, 0.1%)

2 を読んだ

▼ けた親戚~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 さ, です

▼ けた證人~ (2, 0.1%)

1 でもある, はない

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 見霞むやう, 見霞むよう

▼ けた返答~ (2, 0.1%)

1 によっては許さん, によつて

▼ けた退化精神~ (2, 0.1%)

2 が日本

▼ けた途端~ (2, 0.1%)

1 に音, に飛出し

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 が森閑, をコロコロ

▼ けた違い~ (2, 0.1%)

1 だった, の非常識人

▼ けた~ (2, 0.1%)

2 の如く

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 が懸かっ, に写っ

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 からチョコチョコ舌, の拔けたもの

▼ けた障子~ (2, 0.1%)

1 に映つ, の一方

▼ けた離屋~ (2, 0.1%)

1 には南側, の南側

▼ けた雪原~ (2, 0.1%)

2 には何日

▼ けた電燈~ (2, 0.1%)

1 の下, の光

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 にはみるみる, に漲っ

▼ けた頭髪~ (2, 0.1%)

1 はいかに, を砂丘

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 で立つ, をし

▼ けた~ (2, 0.1%)

1 の母, は勿論

▼ けた~ (2, 0.1%)

2 と蚕豆

▼ けた齒齦~ (2, 0.1%)

1 で噛ん, で煙管

▼1* [521件]

けたあたら眉毛を, けたあゝ何と酒, けたお姫様の身体中, けたお蔭で例, けたかういふ問題に, けたかおわかりに, けたかということである, けたかといふことを, けたかなア何んなら, けたかなり労れた, けたかの樣に, けたかは想像に, けたくらいのものである, けたぐらいに驚くこと, けたぐらいの六かしい, けたけしきだった, けたさえ後では, けた今ズーッ, けたしかし皆さんの, けたじゆうたんを, けたそうだが, けたや, けたきあと, けたといふのかい, けたときドアの下, けたとこは全然, けたところが一二個所ある, けたとのことで, けたどうしても五十四五と, けたどこか荒々しい, けたどろどろの液, けたなだらかな起伏, けたなどと思つたのも, けたにも拘らず一つ, けた何う, けたねえ水が, けたのかも知れないと, けたのでも縮んだの, けたのなどはすぐに, けたのみで布教, けたのやらまたはボール箱, けたはずである, けたばかりだ, けたばさらな銀杏, けたふうに見え, けたまうしるしと, けたまでも詳しく云為, けたままそれを自分, けたまま太股の辺, けたみたいにびつちり, けたうな, けたももの殻, けたもんでしたがネ, けたやつを引きとらえ, けたゆえ昼間は眠たい, けたゆるい丘が, けたよぼよぼの老, けたるい真夏のやり, けたるるばかり, けたろうそくの光, けたゑぐが與吉, けたはずれたよう, けたイキな泥棒, けたカントも趣味判断, けたコルク栓とポケット用ハンケチ, けたコートを着, けたスクリーンの上, けたストーヴにかじりつい, けたソフアの物思, けたチロチロと動く, けたツンツルテンの裾, けたニヤニヤ笑ひ, けたフロインデインに就, けたヘンな気持, けたボロボロの屑, けたメリメといふ先生, けたモーターボウトの破損箇所, けたランプの光, けた一命をその, けた一枚の鼻紙, けた一種の山ざむらい, けた一管をお, けた一紳士が大束, けた一線の野道, けた一行脱けたと細か, けた三代目河竹新七は市村座, けた三山の冠, けた三本の燃えさし蝋燭, けた三角巾が赤黒く, けた三角形の橋, けた上卜傳流の極意, けた上流の空, けた下流の空, けた下駄の大きい, けた不安がこみあげ, けた不自然な憶測, けた中心が藥研, けた中途で橋, けた丸顏と上品, けた乾板をすかし, けた事件に就い, けた事寢汗の出た, けた二人のばあ, けた五十恰好の紳士, けた享楽主義と観照論当時, けた京都の町, けた人々は其歌垣, けた人形のやう, けた人物に與, けた人類は悉く, けた今にも先に, けた今日は断食, けた今日如何にし, けた以上は役目柄, けたです, けた低い山で, けた低くしたよう, けた佐野松がいかにも, けたと醜い, けたといふ弱虫, けた余念ない三日, けた作家は居ないだらう, けたは歴史, けた信州の風景, けた偉大な功績, けた健康らしい無, けた僧形とよく, けたの若い, けた儘いつまでも俯伏, けたの三吉, けた光りがともつ, けた光景はもう, けた八丈や何年, けた六けたまでも詳しく, けた円板に見える, けた写生派余裕派低徊派等の諸, けた出がらしの番茶, けた出来事があつ, けたは御, けた前後からである, けたにはわるく, けた努力が見られます, けた勤儉貯蓄家だつたの, けた勿論自費購求の, けた十二時近くまで, けた十六七の娘, けた千浪は嬉し, けた半分ばかり読誦, けた厚東駅まで八里, けたの方, けた原因をなした, けた厳丈な体躯, けた反射光が静か, けた口髭がぴくり, けた古い大きな姿体, けた古壁の側, けた古来の文明観, けた古物に違い, けた同行の話, けたであるが, けたがある, けた味岡小萩, けたをさすり, けた命数に限り, けたはひどく痛々し, けた喜びを感じなけれ, けたで食べ, けた四郎は急速, けた土器の肌, けた地肌に黝, けた坂下門事件薩藩内部の同士討, けたのよう, けたは足許, けたを出し, けた壱円札が六七枚, けた外れのこと, けた外套をきた, けた外洋である, けた多分彼は, けたな, けた大きな穴から, けた大燭臺が四基, けた太い髭を, けた奎吾の顏, けた女どもがいらぬ, けた女今までに一辺, けた女學生の群, けた女性としてのあなた, けた妖怪は朝, けたの顔, けた娘達をガッカリ, けた子供のやう, けた学生服徽章無の制帽, けた室内の光線, けたもどこ, けた家並の中, けた家庭だ, けた宿命の人, けた寂し気な, けた寂しいものにかは, けたがりの, けた小さい穴などが, けた小さな灌木の, けた小娘の淑やかさ, けた尻尾を懸命, けた山肌を見せ, けた山骨に偃松, けた山鳩は怯, けた岩山と変わっ, けた岩脈のくず, けた峭壁がぐるり, けた平和憲法を制定, けた平地と大ら, けた平常衣の浴衣, けた平次があの, けた年寄りの御者, けた幾つもの首, けた広場にはもう, けた広漠たる明るい, けたに近所, けたの前, けた建物の窓, けた造を, けた当の相手は, けた後伏見天皇は両統交代, けた後裔というところ, けた後鐵心道人にその, けた人体は, けたのなか, けた心理や世, けた忍苦と生存慾, けた思弁の確かさ, けた急峻な岩峰, けた怨みを形, けた怨恨だけが残, けたはどうして, けた恨みはさてさて, けたといっ, けた息子にいひきかせ, けた恰好をし, けた患者の大きい, けた感情は, けたッくき, けた憎むべき日よ, けたる一人, けた手つきで踊り, けた手荷物が取出された, けた抜け毛が乗っかっ, けた提灯一具に小さく, けた揚句一文なしにな, けた握手を交し, けた損失は殆, けた撫子の花, けた支那古代の服裝, けた教育とは漸く, けたが交った, けた新しい視野を, けた新聞を黙っ, けた明智の室, けたに, けた春雄だけはそれ, けた時分に立とう, けた時汽車は既に, けた時自分の身體, けた晩加島屋のお, けたさに, けた暗黒期のはう, けた最も親しい人, けた有様を呈し, けた木目だけを見せ, けた木綿の上着, けたを論ずる, けた本堂の畳敷, けたや, けたの風, けたの葉, けた松井家の血, けた林檎畠青々と, けたに人家十万余, けたの奴, けた柱掘立てたのよ, けた格好でもしなけれ, けた格子窓のさき, けた案山子たちと幾分, けた桑畑をながめ, けたのやう, けた棒立ちの身体, けたの蓋, けた様子で唯, けた樣子で, けた樹君を自動車, けたも曳かれ, けた櫟林や坊主, けた武士の顔, けた武者の顔, けた武者一騎大長毛, けた歩かずにはゐられない, けたの間, けた死人の顔, けた殺人者の顔, けたがした, けた気もちだろう, けた気持は今, けた気持ちになった, けたの毒, けたの中, けた池田君は太, けた油絵具の糟, けた泥土層は無くなっ, けた洒落が利く, けたのほとり, けた浮木が魚, けた海老床甚八とに組, けた温灰に水, けた渾名で継子, けた湯治場だつたの, けた湿気を孕んだ, けた濁水と化し, けた火事跡に雪, けた灰色である, けた為めに発しこじれ, けた為め暗殺されたの, けた為形勢は逆転, けた焼け爛れを, けた焼灰ばかりがあっ, けた焼物であります, けた焼石が磊, けた熱い汗を, けた燈火の反射, けた燭台の上, けたにガラツ八, けた爲め策略破れた海賊船, けたのやう, けたなら其儘, けたの名, けた犯人がそ奴, けたで, けた狗児が小指, けた玄徳らはひとまず, けた玉蜀黍は何事, けたを口, けたがみすぼらしく, けた生活をし, けた田圃ですし, けた田植縄の代り, けたの裏筋, けた番頭に姿, けた畳びんつけ油のにおい, けた當時の私, けた疲れた姿を, けた痛手に惑, けた白砂のうへに細い, けた白米をもらう, けた白髮が穢く, けたを殘, けた皮膚が覆ひ, けた皺だらけのもの, けたに入れ, けた目のからさき, けた相手だから, けたをしかめ, けたの陪審官そつくり, けたさう, けたで観察, けた眼下の谷, けた眼付をし, けたが風, けたを磨り合せる, けた石榴の実, けた砂山とひらみつく, けたの熱い, けたで人間神, けた神棚の下, けた神農作の初め, けた禿山にじいっと, けた秀麿の記述, けたみじめな, けた種牛が上田, けたが日, けただよ, けた空虚などは一向に, けた童髪はうしろ, けたを伐つ, けた笑窪のできる, けたごし, けた硬な, けた粗末なズボン, けた粘土の多い, けた紅殻色の膚, けた紙きれが入っ, けた素焼の鉢, けた素燒の狐, けた細いしめツぽい, けた紳士一人を除い, けたの背廣, けた絶壁の長く, けた縁談もお, けた繊維の髭, けた羽目板の穴, けた耕作地が一帯, けたが雨止み, けたの長い, けた能代の膳, けた脇差を捨て, けた脊中ばかり此方, けたを炬燵, けた腐った小舟には, けたに献げ, けた膳部を鄭重, けた自然のこと, けた興奮をそ, けたを吐い, けたが善い, けたの鰈, けた船頭だなぐっちまえ, けた色沢の悪, けた芍薬の残り, けた花崗岩の細末, けた花火かと見える, けた苦心の総て, けた茶碗一つには飯, けたやマンザニタ, けた荒野に慣れた, けたを途中, けた菓子雀の巣, けた葡萄畑の多い, けた薔薇の花, けた藁人形になっ, けた虫くい葉の日盛り, けたのよう, けた行い澄した顔, けた行李を引ずりだし, けた虐待者から, けたから栗, けたで不審さうに彼ら, けたの前, けた西欧の教養, けた規則のない, けた規律のない, けた親切さを素, けた親爺がただ一人, けた言葉であ, けた記憶がある, けた記録による外, けたりの, けた話しても話し, けた誰かの海水着, けた調子になっ, けたをする, けた諧謔趣味のため, けた講談本を読んだ, けたなどに拠る, けた警官隊の弾痕, けた貝殻の大きな, けた財布をひっぱり出し, けた貫之等によつて, けた貴婦人や金絲, けたなの, けた贅澤な生活, けた赤毛布の上, けた足りなくてあの, けた足袋も一所, けた足跡はこの, けた足音に外, けた轆轤細工の飯鉢, けた農家は飛騨, けた返辞をし, けた途端女なぞの見る, けた通り床の中, けた道士達が静か, けた違う伊豆の, けた邸宅の穴倉, けた吝の, けたくろしさうなどてら, けたづらを, けた野良着ボロボロの股引, けた釘穴は丁寧, けた鈍い土の, けた鈴蘭は劣る, けた銅貨を彼, けた錦絵の古く, けた取に, けた鍋釜を砥石, けたの棒, けた間違えられた房総の, けた限り斎藤茂吉も亦, けた雑然たる狭い部屋, けた電球が薄, けた青ペンキだけが僅か, けた青銅の像, けたがする, けたは紐, けた頃我等は氣, けた須美子の骨折り, けたくなな, けた顏土に塗れた, けた顔つきで車輪, けた飲みすぎ飲みすぎだ過ぎたるは及ばざる, けた飲んでも, けたが通つて, けた馬小屋や萩, けた馬蘭に埃, けた馴染のふかい, けたに悠然と, けた駒下駄をはい, けた骨組の頑丈, けた骸骨が, けたであつ, けた高安平四郎は真っ暗, けた高笑いであつ, けたの毛, けた深い有力者達, けたなどを掻き上げ, けたの干物, けた黄味を掌, けた黄色い夏薔薇が, けた黒いラシャ紙に, けた黒川と波多津, けた黛恍惚と多, けた鼻面なども老い, けた鼻頭がひつぱたけ