青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「けさ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~くれない くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~ ぐっと~ ぐる~ ぐるぐる~ ぐるり~
けさ~
けた~ けだし~ けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~ けれ~ けれど~ けれども~

「けさ~」 1509, 16ppm, 6936位

▼ けさ~ (281, 18.6%)

6 早かつ 3 おわかれ, 私の, 私は, 郵便が 2 けさの, どうした, ゆつくり, 取分けて, 早くおき, 猫の, 神ぞ, 袷でも

1 [247件] ああああと, あなたが, あめの, いかが, いかがな, いそがしかつ, いづれ奇怪, うれしいお, お, おきる早々食エン水, おそくおきました, おひさ公, おもしろかつ, おもつ, お休み, お吉, お手紙, お母さんが, お粥, お花, かくべつ早, からりと, かれら, がっかりいたしました, きっとおいしく, きのうの, こうやっ, このとおり元気, この意見, こんなもの, ご飯が, さすがに, しめられて, じつにはじめての, すぐわきをとおりながらあいさつもせずにいってしまった, すこしおくれ, すこし寝坊, すこし早く, すずらんの, すつかり, ずいぶん早く, ずっと勉強, そぞろに, その風, そんなに早く, ただいかめしい, ただ眼, だいぶ関節炎, ちと早, とても早, どういうもの, どうもその, どうも気分, なかば心残りだった, なにを, なるたけ近寄せよう, にぎやかだ, ぬぐうが, はしゃいで, ひどい雨ふり, ひどくき, ひるすこし, ほどよい起床, ほんとに妙, またそんなに, また格別, また湯, また風, まだ峠, まだ行っ, まだ誰, まだ霧, まつたく早, まつ赤, まづ水, めずらしく早起き, めずらしく青々, めを, もうそう, もう九時, もう六時, もう腫れ, もう荷, やけに富士, ゆっくり目, よいな, よっぽどおくれ, わざわざ何, わしが, わずかに, クーとも, サヨリ飯でも, スウプを, スツカリ濡れ, デパートの, 一台も, 七時すぎサイレンで, 七時に, 七時半に, 三羽来た, 上天気ゆえ家内と, 上天氣ゆゑ家内と, 九時すこし, 九時に, 九時半まで, 二階に, 人の, 仕事しなけれ, 会所で, 会社の, 何うだ, 何という, 何となく萱, 何ともなっ, 何時に, 何時間眠った, 俄かに, 兄さんも, 八日の, 八時まで, 八時頃下谷の, 六時に, 冬の, 出かけようとして, 十九日の, 十二時迄, 十時まで, 十時頃おき, 印旛沼の, 又あなた, 又格別, 可なり, 君の, 咲が, 咲と, 喉が, 四時頃から, 国府津引上げの, 国男さんの, 夜が, 夜よりも, 大いに寐坊, 大勢見舞いに, 太郎と, 女が, 女房も, 妙に, 姿を, 小さい畑, 少々朝寝, 少からず, 少し早い, 少し物案じ, 思いがけない, 急に, 恐らくあらゆる, 悪い夢, 意地悪してやった, 手水鉢に, 掃除を, 新聞が, 日あたりの, 日ごとに, 早いうち, 早かった, 早くわたし, 早く起き, 早く醒める, 早朝から, 早朝に, 早起, 是非共歸らう, 普通の, 晴れ, 曇って, 朝から, 朝はやく, 朝寝だ, 朝酒を, 朝霧が, 本当にそんな, 柳島へ, 機嫌が, 機嫌よく, 欠けて, 殊に凄, 気分が, 水仙を, 水音の, 水音も, 氷が, 流しに, 消る, 涼しいお, 深夜よりも, 湯に, 濡れて, 無遠慮で, 然し今, 熟睡した, 燻製の, 特別よい, 玉川に, 珍しく八時すぎ, 珍しく汗, 由井正雪の, 疲れて, 白い川靄, 皆早おきで, 目が, 眠くて, 竹さんの, 笛や, 精密機械の, 細かい雨, 總べての, 胡瓜の, 脚を, 自分から, 自分の, 芋も, 芙蓉の, 花満目です, 落ちついて, 落葉が, 葱だ, 蕎麦汁二杯だけ, 薄く陰っ, 逢へる, 遅く出, 道場で, 郵便も, 郵便屋さんが, 隣りの, 雪かき情報ききと, 雪ふる, 霜置く, 青葉の, 静かである, 静かな, 非常に, 食べるもの, 食堂で, 驚嘆すべき, 鳩の, 鶯が, 麓に

▼ けさ~ (201, 13.3%)

12 中に 6 新聞を 4 お手紙, やうに 3 なかに, 底に, 新聞に, 新聞には 2 なかで, ほうれん, 中から, 中で, 六時ころ, 寒さ, 寝ざめ, 御飯は, 雪

1 [145件] あなたの, あはれの, いきさつを, うちに, うちには, お天気, お礼として, お粥, きぬぎぬ, けさまで, こうした別れ, ことでした, ことよ, この小, この往来, この生き埋め行者, この間も, ごたごたの, さわやかさ身心快適, とおりに, ときは, どさくさ騒ぎの, ひかりの, ひげむじゃの部下, ひざし, ひと言が, ふたりは, ほがら, ような, ようなあやまち, ように, スウプの, スウプは, ニュースについて, ホテルでの, 一番との, 一番汽車で, 七ツ, 七ツ過ぎに, 七時だ, 七時に, 三羽を, 上を, 九時五十何分かに, 事件です, 二時に, 五つ半, 五円は, 今まで, 侍二名小者三人ほど, 侍従の, 僕は, 八ツから, 八時の, 六ツ, 六ツ半, 六ツ半頃だ, 内に, 出來事を, 出来事が, 出来事に, 出来事を, 出来事以来なんとなく, 初日ぞ, 初雪の, 前には, 午前十一時ごろだす, 参内の, 喉の, 四つ, 四ツ目行者の, 地震が, 多少古い, 夜明け, 夜明けでござんす, 夢の, 大掃除, 大雨で, 大霜, 実状な, 客が, 射撃会の, 小杉先生は, 屏風ね, 床の, 庭には, 御さい, 御膳も, 心持は, 我胸に, 摩擦は, 摩擦も, 教室の, 新聞で, 新聞では, 新聞は, 早打ちに, 明けがた近くに, 昼顔も, 時事, 朝気には, 朝餉が, 板木が, 板木の, 椿に, 歌を, 気持は, 水たまりを, 水音の, 汽車に, 泥棒さわぎ, 泰忠と, 湯は, 激しい調子, 炉は, 発作の, 知識は, 私の, 秋, 空は, 筍を, 簡単な, 船窓に, 花と, 落とし文と, 蕾が, 蛇が, 蜘蝶の, 行き倒れは, 袖の, 記事に, 記憶の, 諸新聞, 豪壮な, 都新聞読んだ, 野に, 雨で, 雪が, 雪へ, 雰囲気, 霧で, 風を, 食卓は, 鬚を, 鶯の

▼ けさ~ (102, 6.8%)

7 早起 4 早かつ, 朝から 2 けさで, 一りん, 待つもの, 郵便は

1 [79件] あの裏通り, いいましたが, いつもの, お店, このとおり, この穴, これまでに, これを, ずゐぶん, で迚, はげしき北, また, また来, また粥, まだ起きない, めでたしこう, もう五つ半, やっぱり横, よい日, よそから, ガス屋巻ゲートルで, ジャンヌが, ステッキの, 三時間ほどしか, 三津子さんは, 三筋の, 下の, 世には, 二人で, 会津屋へ, 何だか慰め, 六つの, 六時から, 出がけ, 又早い, 否これ, 啼いて, 図書館へ, 塩茶ですます, 夜中起きし, 実に大笑い, 家に, 家を, 實は, 少し陰っ, 山住居の, 店の, 店先に, 彼の, 彼女が, 掘る音, 教室で, 早く起きた, 早起し, 明け六ツ, 明け方近くに, 明るさ, 時鳥が, 朝寝お寺の, 朝寝といつても, 朝月がよ, 朝涼に, 杉野の, 橡の, 毫光の, 流連かと, 熱心に, 私は, 自分の, 茶の間の, 蒼い顔, 講義に, 酒, 長五郎親分が, 雨ふる, 雪どけの, 青柿一つ落ち, 食事を, 鶏の

▼ けさ~ (70, 4.6%)

10 なって 9 なっても 5 馴れた耳 4 返つた 3 限って 2 みちた生活, 似て, 支配され

1 [33件] ある, かけ十二時間, くらべると, つつまれながら, どこか, なるまで, なる巴里, ひそまりかへ, 充ちて, 剪刀を, 又獨, 基づく日本, 射しこもる朝かげ, 少し氣持, 床へ, 引かれて, 心の, 惹かれながら, 愕き, 振鈴の, 歸ります, 殘つて居ります, 異なこと言, 移る一階級, 立返る, 自分で, 薔薇の, 誘うけれども, 變り, 身を, 近いもの, 返った, 還つて

▼ けさから~ (63, 4.2%)

2 一度も

1 [61件] あたしたちを, おきて, お庭, お待ちうけいたし, このお, さう, しらべ室, ずっとあぶれ, そうな, そこに, その噂, そわそわし, たえずなに, ただの, ちがう日本, ちっとも落ちついた, どんなにこうして, なにも, まっさおに, めちゃくちゃに, もう何度, パッパッと, 一旦衰えかかった, 五月そう, 井戸の, 何んと, 何度も, 催して, 兄に, 全然と, 十人の, 吹き出して, 塗り直しに, 姿が, 姿を, 宝塚で, 寝込んで, 店の, 方々の, 方々を, 旅の, 早速取りかかりました, 昏睡状態です, 春立つ, 有名な, 東京付近に, 殆ど小止みも, 水一て, 番屋へ, 私は, 考えに, 考へに, 脱出し, 見たの, 身体に, 軍歌の, 鞍馬口方面の, 頭が, 飯も, 馬車に, 麦飯に

▼ けさ~ (49, 3.2%)

4 やぶって 3 破って 2 いまだ塞きたる, 着て, 笑つて居る

1 [36件] おもは, かきみだしふたたび, きて, たどる, ひらいた水仙二, みせて, よく知つて, われわれは, 仮りに, 保つて, 保つもの, 保て居るの, 包んだ安普請, 味へ, 妨げない, 思つた時細い, 感じ暢びのびと, 感ずる, 感ずること, 或点, 持つたとも, 持つた寂びた聲, 掻き破られて, 月の, 求むるため, 漂せた, 物ほし, 現ず, 眺め飮, 破るの, 祝さぬこと, 私は, 考えると, 表して, 見よ, 覚えた

▼ けさ~ (43, 2.8%)

4 書かれて 3 暈の 2 旅を

1 [34件] あつて, ある, あるばかり, いくら見, かえってくる, こめて, しのび寄って, じーん, そこには, その小松老松, ためのの, たターネフ, た帆村, た此処, た通った町, ひとしお深う, ひとしお深く, ひとしお澄ん, めだつて, キャラコさんの, 一どきに破れた, 外の, 当分の, 彼の, 感じられる, 深んで, 私の, 落ちた, 落ちて, 見え上っ調子, 起るの, 身に, 這いあ, 非常に

▼ けさ早く~ (34, 2.3%)

2 警視庁へ

1 [32件] あの綺麗, おきて, おっ母, か, かけつけただろうと, からお, から二番原, から井荻, きみの, に一人, に何処, に八町堀, に千駄木, に練馬, は出られなかった, ひろ子嬢から, ふらふらと, 佐々木さんが, 南江堂へ, 変死を, 巡査が, 持ち出し白昼, 新宿駅を, 木沢医師から, 牛込署の, 着いたん, 衣料疎開五十キロ五ヶという, 起きて, 起きると, 長雨が, 風の, 鯨の

▼ けさほど~ (17, 1.1%)

2 檀家の

1 [15件] お将軍さま, お屋敷, お訴え, お達しが, ハムレットさまに, 八丁堀へ, 古島家から, 妙見堂で, 姿を, 宿許から, 御約束, 東京の, 父の, 牛ガ淵で, 駆け込んで

▼ けさ~ (13, 0.9%)

2 そんな雪

1 [11件] これだけは, プラタナスの, 今日は, 兩の, 師走の, 梢から, 殊に主屋, 物語は, 白, 而も, 若葉の

▼ けさ~ (13, 0.9%)

1 [13件] おなじよう, するべきでも, ほぼ同じ, よく似た, 似て, 同様に, 憑し, 明さ, 歓び位ほか与えなかった, 目に, 謂つた, 豐けさとを, 静けさとを

▼ けさまで~ (13, 0.9%)

1 [13件] あたくし, あんなに叔父さん, あんなに奥さん, かわくの, ぐっすり眠っ, こんなあと, どこへ, わが子と, 何とも, 何も, 使って, 吉原で, 客が

▼ けさ~ (11, 0.7%)

2 この日なか, この雪, 黝み 1 ツと, 出で, 塔の, 昼寝枕にまつわる, 雀飛び

▼ けさ~ (10, 0.7%)

1 がたまで, たりした, てあげる, ていた, ておいた, てしまっ, てヤレ, て立ち去ろう, て貰, て陸

▼ けさ~ (9, 0.6%)

1 ゆるしが, 久さん火鉢の, 久身請に, 役所へ, 恭ちゃんあてに, 手紙を, 父っ, 着きでしたか, 鷹を

▼ けさほどは~ (9, 0.6%)

3 長いお 1 お葉書, お顔色, くるしいとい言葉, たいへん取り乱した, 失礼いたしました, 失礼致しました

▼ けさ新聞~ (8, 0.5%)

1 でよん, にてマラソン優勝, に林町, をひろげたら, を見たら, を見る, を読む, を讀んだ

▼ けさはやく~ (7, 0.5%)

4 馬車で 2 三木から 1 大阪港を

▼ けさ~ (7, 0.5%)

1 がお, がディールさん, が大工, の寝, の知らない, は岩風呂, は彼

▼ けさした~ (5, 0.3%)

1 から間違い, ことか, 娘, 娘なるほど, 雪駄直しは

▼ けさその~ (5, 0.3%)

1 なくなりましたもの, 写真を, 天神の, 急報に, 棟梁の

▼ けさやっと~ (5, 0.3%)

1 すきを, その目的, つきました, まとまったそう, 到着いたしました

▼ けさ起き~ (5, 0.3%)

2 てみる 1 しなに, てゆっくり, て見る

▼ けさあなた~ (4, 0.3%)

1 から親切, の十二月二日, の同室, をルミ

▼ けさがけ~ (4, 0.3%)

2 の辻斬り 1 に斬っ, に斬りさげた

▼ けさがた~ (4, 0.3%)

1 からの風, どない, のあの, 早くこの

▼ けさここ~ (4, 0.3%)

1 に, の主人, へ纜, を掃除

▼ けさついた~ (4, 0.3%)

1 お手紙, ばかりさ, 七月二十五日づけ, 方

▼ けさはじめて~ (4, 0.3%)

1 の筍, 君から, 子供本然の, 笹鳴

▼ けさ~ (4, 0.3%)

2 すれば 1 向って, 持つて

▼ けさまだ~ (4, 0.3%)

2 くらいうち 1 すがすがしい朝, つた

▼ けさ~ (4, 0.3%)

2 になん 1 といった坊主, や又

▼ けさお前~ (3, 0.2%)

1 が出, が磯屋さん, は何

▼ けさ~ (3, 0.2%)

1 大失敗, 宅へ, 派出婦さんが

▼ けさふと~ (3, 0.2%)

1 すがた, それを, 気に

▼ けさ初めて~ (3, 0.2%)

1 じゃあない, パリへ, 一輪咲いた

▼ けさ~ (3, 0.2%)

1 まごつきした, キゲンで, 根菜の

▼ けさ~ (3, 0.2%)

3 を出る

▼ けさ帰っ~ (3, 0.2%)

1 て来, て来た, て来てる

▼ けさ~ (3, 0.2%)

1 にあなた, になくなった, に思い立っ

▼ けさ死んだ~ (3, 0.2%)

2 そうで 1 ことは

▼ けさ~ (3, 0.2%)

1 が覚め, が覚めた, が覚めたら

▼ けさ~ (3, 0.2%)

1 の朝, は越後, や娘

▼ けさ見れ~ (3, 0.2%)

1 ば君, ば細かい, ば野分

▼ けさ電話~ (3, 0.2%)

1 かかって, かかつて, できい

▼ けさあの~ (2, 0.1%)

1 人を, 銀杏に

▼ けさあれ~ (2, 0.1%)

1 からずっと, だけ云つて

▼ けさおき~ (2, 0.1%)

1 て下, ぬけに

▼ けさからの~ (2, 0.1%)

1 ワシデッキと, 鹽梅では

▼ けさこの~ (2, 0.1%)

1 戸に, 蟹田浜から

▼ けさそちら~ (2, 0.1%)

1 に行く, へ行っ

▼ けさちょっと~ (2, 0.1%)

1 博物館に, 新聞で

▼ けさという~ (2, 0.1%)

1 ものは, 思いが

▼ けさとても~ (2, 0.1%)

2 固いする

▼ けさとに~ (2, 0.1%)

1 導く, 心を

▼ けさとは~ (2, 0.1%)

1 何という, 謙虚な

▼ けさとや~ (2, 0.1%)

2 なりけら

▼ けさなどは~ (2, 0.1%)

1 とうとうその, 随分寒い

▼ けさはね~ (2, 0.1%)

1 すこしのんびりと, 雪が

▼ けさふかした~ (2, 0.1%)

1 パン, パンが

▼ けさほどから~ (2, 0.1%)

1 わかい人たち, 急に

▼ けさほどの~ (2, 0.1%)

1 お客様には, ように

▼ けさほども~ (2, 0.1%)

1 はでな, 長五郎親分が

▼ けさまでは~ (2, 0.1%)

1 何とも, 雨雲に

▼ けさもえいでし~ (2, 0.1%)

2 あをや

▼ けさホテル~ (2, 0.1%)

1 で素子, を出

▼ けさホー~ (2, 0.1%)

2 と縄

▼ けさラジオ~ (2, 0.1%)

1 のニュウス, のニユウス

▼ けさ~ (2, 0.1%)

1 が散歩, が落した

▼ けさ八時~ (2, 0.1%)

1 に国, 迄の訓練

▼ けさ出る~ (2, 0.1%)

1 ときあわてた, 時云ひ置い

▼ けさ~ (2, 0.1%)

1 崎へ, 檣下桁の

▼ けさ加減~ (2, 0.1%)

1 に愛想, を思ひ浮べた

▼ けさ~ (2, 0.1%)

1 とヒルト博士, の欠勤

▼ けさ寿江子~ (2, 0.1%)

1 をかり出し, を呼び

▼ けさ~ (2, 0.1%)

1 る下役, る事

▼ けさ~ (2, 0.1%)

1 かへつて, 早く着いちゃっ

▼ けさ暗い~ (2, 0.1%)

1 うちから, うちに

▼ けさ来た~ (2, 0.1%)

1 のだ, のとは

▼ けさ殺された~ (2, 0.1%)

1 のです, んです

▼ けさ~ (2, 0.1%)

2 が直っ

▼ けさ着いた~ (2, 0.1%)

1 のは, 停車場の

▼ けさ結った~ (2, 0.1%)

1 ばかりな, ばかりの立兵庫

▼ けさ蒔く~ (2, 0.1%)

2 や種子

▼ けさ見た~ (2, 0.1%)

1 新聞を, 素顔や

▼ けさ起こった~ (2, 0.1%)

1 ばかりの出来事, 事件を

▼ けさ遊び~ (2, 0.1%)

1 にきた, に来

▼ けさ長い~ (2, 0.1%)

1 お手紙, ことバスの

▼1* [368件]

けさВОКСへ行く, けさあつまって待っ, けさあやまったのに損, けさあんなことが, けさいただいた小さなパン, けさいっぱい十四時間眠って, けさいろいろの心持, けさうす紅に, けさうちの庭, けさうに苦しいの, けさうに成つたのである, けさうもない仁體です, けさうもなく此上は, けさうれしさ, けさおかあさま, けさおきる時に, けさおそかったから, けさおそくおきて, けさおっ母さんに, けさおっしゃった言葉が, けさおもむろに鉛筆執った, けさお客さんが外出, けさお盆の特配, けさお目にかかってい, けさお話ししたり, けさかげんとき, けさがたあんたの見た, けさがた鯨が盗まれ, けさくらいうちに, けさここらへ鷹, けさこそは貞世が, けさこんな光万物が, けさ番所へ, けさごろもをかた, けさへ見られました, けささえ感じられるの, けささびしさ昨夜の, けさそれがやっと, けさそれぞれ自宅へ帰った, けさたのんで置いた, けさだけ冷水浴やすみ, けさだってさ体操の, けさちよツとちら, けさから明智, けさついてその, けさつくづくそう思った, けさては村様か, けさてんぐぶろで見た, けさであるといふこと, けさではないもの, けさでもゐる, けさといふ渺々と, けさとから來る, けさとが必要だ, けさとをもつ田舍, けさどんな風を, けさなどすこうし, けさなんかあれで, けさにおいて第一とい, けさにかへつた, けさにかも似る, けさには何やら明るい, けさのみがひとり眞實, けさはがきが来, けさはっきりわかった, けさばかりでない沈静, けさばかりはたっぷりつけ, けさげすり閻魔と, けさひとしお増さりただ, けさひとつ顔が合ったらきい, けさひどく早く半ば目, けさふうちゃんが殺された, けさふだんといくらか, けさふろおけの, けさふんだんに食べた飯, けさへの郷愁を, けさほんとに天気よがった, けさがなし, けさまたうろたえながら, けさまたまた新聞よろず, けさまだ本当ははっきり起きたわけ, けさまでに一枚も, けさまでの樣子とは, けさみるこの琴平, けさみんなが起きない, けさもう家主の, けさもさうだつた, けさもね鳩ポッポを, けさもべこが, けさやってくれた, けさようやく出直しの, けさより曇りたる空, けさよりも銀座風に, けさよりやまさて, けさよんでいた, けさら目ぶちが, けさら闇えに, けさわしが知らん, けさわたくしが折った, けさアイロンを掛け, けさアルコールが遠ざかりゆく, けさアーサーが円卓, けさチェッコから来た, けさテムズの岸, けさトイレットにて真剣, けさハミルトン氏の所, けさミマツ曲馬団火災をおこし, けさ一人の支那人, けさ一入深し, けさ一寸出る前, けさ一時曇って, けさ一歩先へ立っ, けさ一緒につろう, けさ丁打をする, けさ七ツごろお前さんが夜網, けさ七時ごろに, けさ七時半の汽車, けさ七時頃に, けさ七月二十七日に書い, けさ三時十二分かで広島, けさ三羽の仔鷲, けさ上り屋敷の駅, けさ上野の四つ, けさへおり, けさ下谷へ行っ, けさ両国の小屋主, けさ久し振りで越後, けさ乗り込んだ二等客の, けさ九時に出港, けさ九段そちらとまわり, けさ予審判事にお, けさ二人の死体, けさ二十一日づけの, けさ二十四日づけの, けさ二日づけの, けさ二月六日づけの, けさ二輪大きい白い花, けさ二階の雨戸, けさ云っていらした, けさ五日づけの, けさ亡妻の七回忌, けさのあたたか, けさ人間地下戦車になっ, けさ伸びやかさが心, けさ佐々へかけた, けさ何者かが投げ込ん, けさのところ, けさ偶然にこんな, けさ僧尼の房, けさ全く人気が, けさ八丁堀へ出かけた, けさ八日づけの, けさ八時前に御飯, けさ公爵夫人の所, けさ六つ半に目, けさ六度ひる六度三分, けさ六時に目, けさ六条の御, けさでも細君, けさ其の叔父という, けさへ帰る, けさ写真を見, けさ冷しておいた, けさがけに, けさ出がけにお, けさ出してやった, けさ出発すること, けさ分娩したの, けさ力いっぱいに捻じ込ん, けさはし, けさ北さんの許, けさ北原先生からハガキ, けさ十一月二日づけの, けさ十一月十六日づけの, けさ十三日づけの, けさ十二日づけの, けさ十八日に書い, けさ十六日づけの, けさ十時まで眠っ, けさ十時頃までに迎え, けさ十時頃筥崎駅附近で, けさ午前五時半の一番, けさの浜, けさ南方で破船, けさ参詣した古社, けさ受けとったのよ, けさ台所の下駄, けさ吉さにもう, けさ名古屋で捕った, けさ君らの中, けさ吹雪の中, けさ告発して, けさ周子さんという山崎, けさ呼んだ看護婦さんが, けさが行っ, けさ四人で離屋, けさ四日づけの, けさ四時すぎの汽車, けさ四時頃出かけました, けさ国男さんが出かけ, けさ圭介の母, けさ地下鉄電車の中, けさ地方事務所へ寄つて, けさ外出して, けさ外科へ診察, けさあけ方, けさ夜明けからまた, けさのなか, けさ大学の正門前, けさ大森から派出婦, けさ夫人が見本, けさ奈良を立っ, けさにゐる, けさのひと, けさ婆さんの方, けさ学校でお, けさ孫三郎の声, けさ宿をお出かけ, けさ小林が丸ビル, けさ川瀬がよったろう, けさの格子, けさ帰った時は, けさ式場でここ, けさの荷物, けさ彼女に向かっ, けさ到着, けさ御膳を食べ, けさ御覧のとおり, けさの正直, けさ思いがけなくこの激怒, けさ思ひだしても不快, けさ情熱を打ち込ん, けさ戸山ヶ原の廃屋, けさ手紙をもらつた, けさ之助, けさ投身したと, けさ抛棄したの, けさ持参した古い, けさ挨拶に来, けさ捕まつた, けさ掘ってきた, けさ掛け斬りの下手人, けさ播いてゆ, けさ改めて重役方に, けさ散歩をし, けさ薬師寺の, けさ新潟へ着いた, けさ新聞紙上にて文壇師弟間, けさ方二時二十分にあの, けさ日比谷であたし, けさ早々に東京, けさ早う土御門へ, けさ明るさすずし, けさ明日咲かん花, けさの氷, けさ時計がうつ, けさ書き初めをいただきました, けさ木場の方, けさ未明家人めずらしき吉報持参, けさ末造が千葉, けさ来がけに菓子箱, けさ東京についた, けさ東洋銀行から札束, けさの葉, けさの四十頭, けさ栄吉が土蔵, けさ栗林さんのところ, けさが綺麗, けさ次郎がうち, けさ歩きまわっていた, けさ死のうと思っ, けさ死去のしらせ, けさ母娘を訪ね, けさ母親と一緒, けさ民子をだい, けさ気がついてみる, けさ洗ってもらいました, けさ浦河の宿, けさは靜穩, けさ海蛇たちはホーベス, けさ淋しさは, けさ深沢さんと一緒, けさ済んだが人, けさ渋い目を, けさ湯浅さんからいい, けさ満ちてこもらひ, けさっとそれ, けさ漸く小康を, けさ火葬したの, けさ熱川へ出発, けさ片づけてしまはう, けさ獨逸婦人を細君, けさ現場からこの, けさ生けた山吹が, けさをこしらえた, けさ病院のほう, けさ発ってお, けさを剥い, けさを醒ました, けさ眼鏡をまだ, けさ換えたウール, けさ着いてその, けさ程のお出会い, けさ突然坪田譲治, けさ立ちそめし秋風, けさ立ちぎはの一杯二杯はうれし, けさ立てる人々の, けさをさげ, けさ編輯主任たる私, けさ美しさも, けさ自分に起った, けさ自転車で走りまわっ, けさで一緒, けさを買っ, けさ若くして死んだ大, けさ荒物やに庭, けさにかくれ, けさ落ちこんだ湖の, けさ落命したという, けさ藤枝が警察, けさ藤江がかえって, けさ行った江口の, けさ行つたのである, けさ行つて既に獨斷, けさ西班牙の使節, けさに来れ, けさ見たときゃちゃんとこの, けさ見つけに来た, けさ見つけたのか, けさ見ますとその, けさをし, けさ話してしまいました, けさ読んだのである, けさ警察へ連れ, けさ警視庁から放免, けさ起きたら直ぐお父さん, けさ起きぬけにお, けさ起きましたときなど, けさ越えたばいとこずいずい, けさ越後に向っ, けさでとほ, けさ辞表を提出, けさ二日咲と, けさ返事があっ, けさで逢った, けさ速水さんが病院, けさ逢った文字清の, けさ運転士は南方, けさ運送やが来, けさ道場の急用, けさ遠野から馬車, けさ部屋をいくら, けさ重箱をさげ, けさを覗い, けさ鐵物いかめしき閭門, けさ隆治さんからハガキ, けさ集って待っ, けさ雑誌社から送られ, けさふらすこの, けさ電車で隣り合せた, けさ頂いた十五日づけ, けさを洗, けさ風呂屋へ褌, けさ風呂敷に包ん, けさ餅代に質入れ, けさ馬車にて駆けり来りし, けさ髭コの先さタロッペ, けさのごとく