青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぐる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

くれ~ ~くれた くれた~ ~くれない くれない~ ~くれました ~くれる くれる~ くん~ ぐっと~
ぐる~
ぐるぐる~ ぐるり~ けさ~ けた~ けだし~ けっして~ ~けり けり~ ~ける ける~

「ぐる~」 2185, 24ppm, 4920位

▼ ぐる~ (195, 8.9%)

42 なって 3 至った 2 しのび難く, なつて, 足らざるを

1 [144件] あへ, あらず, あらずば, あらずんば, あらず鬼, いたらしむ, いたりたれば, いたれば, いたれるばかりに, いとま, およそ今, かつて画伯浅井忠, しても, すぎぬ, その実, その家々, たえざれば, たまたま濃霧, ちがわん, ちがわんちゅうて, ついぞこれ, とどめ申すべく候, なったって, なっとるん, なり番頭, のぞみて, また當年, ハ又, 万歳殿の, 不思議にも, 不意を, 両親の, 中に, 乗せて, 五十年の, 任し遂に, 任せた, 任せつつ, 任せて, 伊豆下田近傍の, 似たり, 似て, 体ふるひ, 何事を, 前路, 力ある, 勝へ, 卜筮予言神知偶合等の, 及ばずして, 及ばず一行孰, 及ばない間, 及ばぬ, 及ばぬかと, 及びて, 及び日, 及び此事, 及んで, 古くさい九尺二間, 名所江戸百景江戸近郊八景東都名所江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ, 君の, 夢癲狂幽霊催眠の, 大力を, 女房ます, 女房ますます, 如かずと, 如かぬと, 妙義を, 実を, 巧みなる, 己が, 市野三右衛門狩谷三右衛門余語古, 年末を, 当たりては, 当って, 当り船燈, 彼是間の, 彼等皆名を, 往訪に, 必要な, 忍びざるを, 急であった, 急で振落し, 怯ならず, 慣れ人, 手を, 挙げかね現に, 新聞を, 既に予定, 日仏間平和の, 昼夜を, 時なく, 晶きこ, 暇が, 曹操の, 最も妙用, 最も適当, 月には, 止めて, 止めようと, 殊に卑め, 汲々たる, 汲々たるは, 決してわれわれ自身, 灯火の, 無きが, 狐火鬼火蜃気楼その他越後の, 生かして, 用いた槌, 田原が, 目も, 自分独り留まらん, 至ったの, 至った心中, 至つた, 至らず私, 至らば, 至りし根本原因, 至る, 至るが, 至るなり, 至るべし, 船客中に, 虚寝し, 術も, 象ると, 越したこと, 足るなど, 足るべきのみ, 足るべし, 逢ひぬ, 連れて, 遇ふ, 遑あらず, 適した養分, 金時計を, 金陵の, 鉢植の, 際限を, 難くない, 非ざれ, 非ずん, 頭の, 頭痛の, 麓より

▼ ぐる~ (117, 5.4%)

6 見て 3 見れば 2 う, さへ, 中心の, 得ば, 御待可, 知らず, 聞いて, 追うて

1 [92件] うそれ, うべかりし, うるを, えざりき其翼脂, えざりしかば, えざるに, えざる此等, えざれば, えずキリスト來臨, えず相, えんこと, え我, お熊, きける時, ひとり目を, まつて, みて, みよ, み坐らんと, もって, もっての, ゆるさずこれ, 何かと見れ, 傍観す, 傷む悲みか, 制しと, 制しとどめて, 厭ふ, 否むに, 喜ばざるか, 嘆じ, 如何に, 定めと, 尊ばず, 尊ぶ徃時, 小松殿は, 小生の, 少女は, 役目と, 待たざること, 待ゐる, 得かの, 得ず然, 得たる塊石, 得て, 得べ, 得べし, 得るのみ, 得るもの, 得可し, 忘却せしむ, 怒り腰刀を, 思わざるに, 恐る美, 恐れて, 憶ふ, 曰くヱプロン掛け, 望みかれら, 此方の, 甘んじ允せり, 眺む, 知らざるが, 知らず敵, 知れり, 禁ずる能わず, 聞かば, 聞けば, 聞けり, 聞こしめして, 要す, 要する處, 要せざるなり, 要せざるべく三國志の明南監本, 見ず, 見たり, 見ては, 見む, 見ること, 見ると, 見るなり, 覺え, 許せ我, 誰も, 賀し後, 賀す, 追って古今, 追って呶, 追って梁紀, 追って首, 追われ源光泰, 金冠戴ける, 防がんため

▼ ぐる~ (95, 4.3%)

3 である, 要なし 2 が無理, です, を認めました, 同盟を, 止むなき, 癈人に, 結果ある

1 [75件] かえこ, が常識, が悪けれ, ことは, だつた, でした, とが偶然, なれど, にある, にはこれ程, に遭遇, はすべて坦, はただ, はまだ, はもともと, はよく, は分, は喝采, は御免, は恐ろしい, ひとしばい, も似る, も何やら, も尤も, をすぐ, を待たで, を待っ, を忘れ, を目撃, を眺める, を見た, を避けました, んか, 一事なりき, 一念より, 事は, 事情ある, 仲間が, 例ある, 処に, 利を, 報は, 場合に, 失あり, 奴さんに, 好時機, 姿に, 嫌あれ, 嫌ひあれ, 弊あり, 弊寛に, 念起りたれ, 思いを, 恐れあらん, 恐れあり, 情趣を, 惨事あらむや彼れ, 愚説と, 慘事あらむや彼れ, 故を, 故を以て, 日結縁の, 時道衍の, 栄は, 煩に, 理なし, 術を, 言なら, 詔を, 謂であるなら, 譏は, 譽を, 輩に, 道は, 風ある

▼ ぐるもの~ (87, 4.0%)

5 がある, なり 3 があろう, はない

2 [11件] あらば, あらむや, あらむ而も, あるべし, あるも, があらう, である, でございます, なきに, なれば, はありません

1 [49件] あらんや, あらん噫, ありと, あり從, あるだろうこうした, あるに, かな, があった, があり, があるだろう, があるであろう, がけだし, ござ, であるか, であるとの, と兩手, なく遂に, なし, なり人, に向っ, に非, のある, はあらじ, はありませぬ, はお, はこの, はその, はただ, は人民, は人類進歩, は何, は寧ろ, は災, は神, は自信, は長き, まどわしつつ, もあります, もなく, よりいでたる, を低く, を聞い, を見れ, を言, 何ぞ進歩, 凡そこの, 甚多く, 處として, 逐ひ

▼ ぐること~ (75, 3.4%)

2 あらむ, が出, なきに, なく動, の出, はできない, は出来ない

1 [61件] あたかも劒, あらば, あり, ありがたき, あるべしと, いかばかりなりし, かは磨りおろし, ができなかったろう, ができる, が出来た, が出来なくなる, が困難, が往々, きはめて, だと, なかりき, なき所以, なき真実, なき處, なく, なくいた, なくし, なしされ, にいたそう, にした, にしよう, によってその, に鋭意, のおもしろから, のできない, の候, の出来なくなる, はいたしませぬ, はござりますまい, はできぬ, はなはだ多し, は不可能, は人々, は免, は自分, は頗る, もありません, も懶く, をいと, をした, を得, を得ず, を得た, を得べき, を得る, を欲せなかつた, を止め, を理想, を要せない, 出來, 多きは, 多し, 最も多き, 無かる可, 無きなり, 甚だ詳

▼ ぐる~ (62, 2.8%)

2 ありき, 如き態度, 如く出, 如しと, 遠くには

1 [52件] いい, ごときは, ごときはかな, ごとき人, ごとき弊, ごとき暴雨, ごとき気持, ごとき眼, ごとく, ごとく前, ごとく室, ごとく言いすてつ, ごとく飛び下りる, ごとく馳, ごとし, それは, ために, ためにのみ, ため許, ゆゑに, よろしかろう, 仰せらるる, 六ヶしきにて, 労少なく, 勝ちである, 如き事, 如き四種, 如き愚, 如き暴雨, 如き詩詞雑述, 如くである, 如くに, 如くマリア像, 如く上巻, 如く二階, 如く川洲, 如く帰阪, 如く甲板, 如く走せ去って, 如く走り出ました, 如く身, 如く銭湯, 如しその去る, 如しとでも, 小生の, 故にダンテ, 早いか, 本意と, 様に, 為に, 爲に, 至当の

▼ ぐる~ (55, 2.5%)

2 かれの

1 [53件] あらざるべし, しきまでに, その信仰, ただ神, どこぞに, なかりき, なし, もっぱら政府上, もとより喜ぶべき, わが名, アマノジャクの, 予算書を, 事実だ, 今より, 何故ぞ, 余が, 僕も, 八時と, 危嶮の, 即ちベアトリーチェ, 只暫時, 君子の, 和蘭王の, 固より, 国の, 大抵この, 天保十二年十二月二十六日江戸町奉行遠山左衛門尉役宅へ, 山木とかの, 当時の, 後足を, 心なき, 心機一転に, 悖徳没倫の, 悪し, 愛国者の, 我の, 戦後に, 戰後に, 救ひ, 文人の, 束の間である, 無し, 玻, 画伯水野年方氏が, 緑雨の, 言を, 訪問記の, 誉むべき, 車夫馬丁の, 軍部としても, 醜し魏, 難事ゆえ五十匹の, 食品中に

▼ ぐる~ (54, 2.5%)

2 の種, の花, や, やまず, 寛永寺坂に, 廻れる見れば, 春の, 軋るを

1 [38件] いくつ, が眼さき, が終る, ぎくの, とを交ぜ, と訓, に乘, に載せられた, のおき, のよう, の唱歌, の子, の綱, の置い, の語, の音, はつて, は斬れなかった, や日, ゆるやかに, を払われ, を押す, を曳き出し, を無意識, を見付け, 停めてを, 傘さしかけ, 子の, 寒き石橋, 押しつつ, 春めく聴けば, 燃え過, 牛舎近くを, 草栂桜岩髭千島竜胆など, 買はんとお, 金比羅までも, 鈴の, 雉子は

▼ ぐる~ (50, 2.3%)

2 堪らない

1 [48件] いいたるは, いう, かえって街頭的, かたく巻きつけた, かの茶屋, さきの, し御, し黄, するも, たちまち幻像, ひとしく我, まず蒙, まァわった, みせて, 一と, 一般であっ, 三浦の, 云ふ, 全身を, 右の, 同時に他方, 大きく回転, 左の, 左手に, 思うの, 思うまもなく, 思う頃, 悦びて, 悪を, 握った指, 斉しく駈け出しぬ, 新聞の, 本所業平橋の, 江上に, 渦巻いて, 煙ったの, 玻璃戸越しの, 盤梯山の, 眞上に, 真上に, 笞四十です, 第一, 綺麗に, 見れば, 走り寄り, 軒別に, 軽蔑した, 輪が

▼ ぐるしい~ (37, 1.7%)

2 がよく, ぞ

1 [33件] ことです, この社会, ところへ, のが, のできよ, のでございます, のは, ばかりの場面, ほどどもり, ほどの中, ほど手, ほど複雑, までに細かく, やうに, わついで, 仕組や, 光景の, 変名を, 家です, 思案が, 恥かしい, 感情の, 所では, 気持が, 活動の, 渦巻きを, 溜息と, 物の, 社会の, 色彩を, 表情の, 走馬燈の, 速力で

▼ ぐるよう~ (36, 1.6%)

6 にし 4 なこと 3 なもの

1 [23件] さらさらと, で立居, な手続き, な沈黙, な眼つき, な言葉, な間柄, にうわ, になっ, に云い出した, に云う, に共通, に去っ, に客, に巨船, に引き取りました, に思われました, に次第, に知悉, に舐め, に苦笑, に踏絵, に酒月

▼ ぐる~ (35, 1.6%)

2 あり, なく而

1 [31件] ありしゆえ職務上, あり一同, あるにも, あれば, おおさわぎでした, がなかっ, その虐, ではありません, として之, とを求む, なかりしのみ, なくば, なく相互, なし, などもあれ, のあずかり知る, のため, の上光榮, の随喜, はない, は出, は殺す, は誰, は追わぬ, は逃ぐる, よ, をば龍, を気, を見る, 或は雜沓, 有る無し

▼ ぐる~ (30, 1.4%)

4 の秋 2 の大火

1 [24件] にも近江田楽, に外様, に比べる, の九月五日, の伊吹, の八月十七日, の冬, の冬あたり, の十月十三日, の千早, の原之町, の夏, の密勅事件, の寒, の幕府, の征韓論破裂, の忍び上洛, の新聞紙上, の旅, の献扇事件, の節子, の若殿忍び上洛中, の闘犬興行, も半蔵

▼ ぐる~ (26, 1.2%)

2 の礼

1 [24件] かかる日, すでに罪, その本心, に諏訪, のいきさつ, のこと, の叱責, の喀血, の大, の大戦, の密使, の帝都, の数々, の數, の武者修行, の無礼, の爆撃音, の青年部員, の颱風, の饗筵, まではな, もなく, を待っ, 行なわれた林蔵

▼ ぐる~ (25, 1.1%)

2 である, になっ, の校長

1 [19件] からほん, ぐらいは結構, であり憎まれ嫉まれるの, でもしおったら, に帝都, に押しこまれ, のかく, の力, の厄介者, の叫び声, の奮闘, の格闘, の眼, の知恵, の骨折り, をし, をなさるまい, をはじめて, をやめよ

▼ ぐるしく~ (24, 1.1%)

2 てならない, よし檀家

1 [20件] ないの, なつた, もはや辛抱, 両手を, 切なかったであろう, 四方を, 回転し, 多くの, 小さい所, 展開し, 心の, 探偵や, 板に, 活動し, 流れ去る, 渦を, 瞬を, 私の, 芳さまの, 閃めき現われ

▼ ぐる~ (23, 1.1%)

2 不面目と

1 [21件] あえて及ばざる, いづれも, いはれ無し, うし, この類, またはなはだ, また同じ, やがての, 不忠ぞ, 人と, 何もねえ, 児戯に, 已むを, 意義ある, 是なり, 泣き出ぬまでに, 知らず候, 知らね, 苦しげに, 蓋し胸算, 覚えないくらい

▼ ぐる~ (23, 1.1%)

2 の出來, をもせず

1 [19件] あらば, であろう, で前者, なく真直, においてある, になった, に致しました, の前提, はひと, は止める, は決して, もなし, を好まざりし, を聽, を見合せましょう, 多かった, 恰もマクベス曲中, 能わず止むを, 遅いから

▼ ぐる~ (20, 0.9%)

1 [20件] いずく, でありました, なりき, にし似, には普通, には聲, には舟子ども, の心持, の様子, はその, は国権, は必ず, は海面, ふと今, 不図室内, 共に軍馬, 少しばかりの, 熟れる一総, 相与, 追い懸くるサラセン軍

▼ ぐる~ (18, 0.8%)

2 土を

1 [16件] あしあとを, ほどは波, やある, や死なない, を知らぬ, 土に, 寺の前通と, 山へ, 汽車の, 白い函, 神無月この, 空の, 空を, 路を, 雲の, 雲は

▼ ぐる~ (18, 0.8%)

2 によれ

1 [16件] あらんが, なき身, によりてダンテ, の宅, の宮殿, の橋下, の禅, の鏡花, はすべて旧約, は屹, は我之, は江戸獄中, は決して, は沿岸, を以て元義, を追記

▼ ぐる~ (16, 0.7%)

1 [16件] にか, になつて, にも吾, に近い, の恰好, の石, の被害妄想, の騒ぎ, はかなしき, は哀しき, は悲しき, をまもり, を看護, 千人に, 大原ざこ寝の, 御経

▼ ぐる~ (15, 0.7%)

1 [15件] な, 互いに, 五月雨, 否や, 否やは, 否やを, 家康延見し, 尼と, 数十名の, 梶棒の, 汝これを, 自分は, 貞二と, 風も, 高煦父

▼ ぐる~ (15, 0.7%)

1 [15件] から大分発熱, であった, となり, にお, にはもう, は東, は雨, ほひより, までいずれ, までも語りつづけぬ, まで帰っ, やうやうに, ようやく立, より平地, より武術修行

▼ ぐる~ (14, 0.6%)

3 のこと

1 [11件] あの屋敷, に月影, の, のよう, の夢, の水鏡山荘, の狸退治, の破牢者, の花火, の靄, は忘れゐぬ

▼ ぐるまで~ (12, 0.5%)

1 [12件] いたること, くらべこし, こ, その話, もござりませぬ, プロレタリアの, 其甲板に, 床の, 忌むべしと, 快きを, 書斎で, 淨火の

▼ ぐる~ (12, 0.5%)

1 [12件] あり, あるごと, あるゆ, の如く, の振舞, の眼, は見よ, また逞しく, もなく, を物蔭, を用, を見ざれ

▼ ぐるところ~ (11, 0.5%)

2 のもの 1 である, に妙味, の一例, の六種, の呼吸作用, の画像, の習慣連想, の霊魂論, は其時火

▼ ぐるまでも~ (11, 0.5%)

2 戸外に 1 あるまい, ない, なかった, なかつたの, なくおのおの方, なくすべて, なくよくよく, なく今後, なく皇孫命様

▼ ぐるやう~ (11, 0.5%)

1 [11件] なお, な尺八, な感触, な眼, にし, にする, にせしめた, に去, に漸く, に視凝, のこと

▼ ぐるつと~ (10, 0.5%)

1 まはつ, 一回転し, 丸めて, 坪庭を, 大きな輪, 廻つて前に, 端折つたり, 見廻して, 頬や, 顏を

▼ ぐるには~ (10, 0.5%)

1 あらざれども, この性愛, ならない, なるが, 下馬し, 五宗派の, 候わず, 及ばないじゃあ, 日本の, 非ずや

▼ ぐる~ (9, 0.4%)

1 て何, とそこら, とむき, と一まわり, と一周, と一回転, と庭, と廻っ, と見まわし

▼ ぐる年月~ (9, 0.4%)

8 の間 1 の恨み

▼ ぐるごと~ (8, 0.4%)

1 にこの, に一, に出で, に必ず, に手, に接吻, に未だ嘗て, に梢

▼ ぐるとき~ (8, 0.4%)

1 いかにかし, にもかれ, はその, は之, は和算書, は左, は跣足, は隧道

▼ ぐるほどの~ (8, 0.4%)

1 ものは, レコードは, 価なし, 光景を, 學者に, 實に, 悪なき, 相手を

▼ ぐる七年~ (8, 0.4%)

2 の月日, の間 1 のさびしい, の長い, の間続き, を私

▼ ぐる~ (7, 0.3%)

1 または官員, ッ, 少なく過, 折々庭, 若しくはあまりに, 試みて, 足らざるによりて

▼ ぐる~ (7, 0.3%)

1 さお, さとに, さは, さよ, さ日の, 春尽く, 衢日中を

▼ ぐるという~ (7, 0.3%)

1 ことは, ような, 事については, 勢い, 廉を以て, 歌人である, 理想的な

▼ ぐるとも~ (7, 0.3%)

3 唯我 1 いうべき人, 入らずという, 微塵日頃の, 笑う者

▼ ぐるなら~ (7, 0.3%)

1 いっそ嫂, ばそれ, ば數百, ば表向き, わしは, 汽車に, 証拠でも

▼ ぐる~ (7, 0.3%)

5 はざる 2 はざりし

▼ ぐる~ (6, 0.3%)

1 ぐるんと, だな, とぶん, と動いた, と回転, なってや

▼ ぐる月日~ (6, 0.3%)

3 の間 2 も知らぬ 1 を数

▼ ぐる~ (6, 0.3%)

1 があら, について走る, に沿, の上, を辯ぜん, 遠しと

▼ ぐるにも~ (5, 0.2%)

1 あらざれば, ときどき足, 似て, 何がな筑前どの, 心は

▼ ぐるのみ~ (5, 0.2%)

1 いづれか, ならず提灯, ならず雪峰, 是れ, 近づかず

▼ ぐるめひき~ (5, 0.2%)

4 裂かれたらしい音 1 裂いたらしい音

▼ ぐる三年~ (5, 0.2%)

4 の間 1 の月日

▼ ぐる所以~ (5, 0.2%)

2 のもの 1 だと, の大法, の道

▼ ぐる~ (5, 0.2%)

1 に, にこの, に作者名のり, に後, に必ず

▼ ぐるいで~ (4, 0.2%)

2 奈良に 1 なんだって, 処理始末の

▼ ぐるころ~ (4, 0.2%)

1 には隱岐, に宮, に藍本, は貴公

▼ ぐるその~ (4, 0.2%)

1 くせ学者ぶった, たびごとに, なかを, 笑い声を

▼ ぐるため~ (4, 0.2%)

1 うつさせ候, ならん, に手段, の作

▼ ぐる~ (4, 0.2%)

1 ぐるっ, ぐるっと渦, ぐるっと生き, ぐるっと蠕動

▼ ぐる~ (4, 0.2%)

1 あらう, おざろう, 仕組んだ手品, 鉱山へ

▼ ぐる~ (4, 0.2%)

1 のだ, のね, よ, んだ

▼ ぐるばかりに~ (4, 0.2%)

2 枝や 1 握りしめながら, 片手で

▼ ぐるより~ (4, 0.2%)

1 かの攻城砲, 前に, 外無, 早く風

▼ ぐるを以て~ (4, 0.2%)

2 方針と 1 われは, 被告を

▼ ぐる場合~ (4, 0.2%)

1 が多い, には諸種, に決して, を云う

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

3 ぷだ

▼ ぐるくる~ (3, 0.1%)

1 ぐるくる, ぐるくる廻っ, 廻つてゐました

▼ ぐるしき~ (3, 0.1%)

1 うちに, ことなど, までに酔ひつ

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

21 とはだれ

▼ ぐるとて~ (3, 0.1%)

1 ようやく少年, 一つ取り外す, 急ぐまま

▼ ぐるとは~ (3, 0.1%)

1 しょせん泰親, その人, 余り酷い

▼ ぐるなんて~ (3, 0.1%)

1 そりゃあ親分さんの, それは, まことに御前

▼ ぐるばかりの~ (3, 0.1%)

1 大熊手, 大男ぞ, 翼緊めに

▼ ぐるほどに~ (3, 0.1%)

1 井に, 彦次郎一手の者は, 雨風一通り過ぎ

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 と, と取卷かれ, と方向

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 れと, れとは, れ思ひ定めたる事

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 に通, を破るべく, を露台

▼ ぐる必要~ (3, 0.1%)

1 のなかつた, はない, は無い

▼ ぐる慶応三年~ (3, 0.1%)

1 に西郷吉之助, の冬, は白粥

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 との間, を追って, を逐

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 に手首, までも暗かっ, を下す

▼ ぐる次第~ (3, 0.1%)

2 でございます 1 である

▼ ぐる程の~ (3, 0.1%)

2 もので 1 お方も

▼ ぐる迄も~ (3, 0.1%)

1 ございませぬから, なく世界, 無く苟くも詩歌

▼ ぐる返し~ (3, 0.1%)

1 になっ, を打った, を打つ

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 は隠れる, もなし, 特に若党一人

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

2 の風向 1 たつ

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 ではござらぬ, を取っ, 低くしとやか

▼ ぐる~ (3, 0.1%)

1 の如く, の音, もなかつた

▼ ぐるいに~ (2, 0.1%)

1 勉強を, 追走し

▼ ぐるかは~ (2, 0.1%)

1 その市民, 時には

▼ ぐること是~ (2, 0.1%)

2 れなり

▼ ぐること能~ (2, 0.1%)

1 はざりし, はざれ

▼ ぐるこの~ (2, 0.1%)

2 男の子よし

▼ ぐるしき鼻音~ (2, 0.1%)

2 の減退

▼ ぐるつとま~ (2, 0.1%)

2 はつて猫

▼ ぐるなから~ (2, 0.1%)

1 んため, んため補充

▼ ぐるなど~ (2, 0.1%)

1 あまり上等社会, とんだ粋ごと

▼ ぐるにな~ (2, 0.1%)

1 つてお, つて菊屋の

▼ ぐるので~ (2, 0.1%)

1 それを, 顔を

▼ ぐるほし~ (2, 0.1%)

2 けれど箱庭

▼ ぐるまま~ (2, 0.1%)

2 はる樋口

▼ ぐるままはるか~ (2, 0.1%)

2 たへの

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 に召捕る, に可愛がっ

▼ ぐるる見れ~ (2, 0.1%)

2 ば霧

▼ ぐるわが~ (2, 0.1%)

1 事業こそ, 刀を

▼ ぐるスローガン~ (2, 0.1%)

1 に結合, の

▼ ぐる三年近く~ (2, 0.1%)

1 の月日, の間自分

▼ ぐる三月~ (2, 0.1%)

1 にお, の日

▼ ぐる三百年~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ ぐる事情~ (2, 0.1%)

1 あるをもって, なき限り

▼ ぐる五尺~ (2, 0.1%)

2 の皮嚢

▼ ぐる代り~ (2, 0.1%)

1 に欣び, に疑

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 によりてその, を減らす

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 同じ家来, 顧みて

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 の日, の磯部

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 かなる, なる日暦之

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 にあり, を老婆

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 に見料先払い, 見たくば

▼ ぐる勇気~ (2, 0.1%)

1 あらば, もなし

▼ ぐる十日~ (2, 0.1%)

1 というもの一度, を繋がれ

▼ ぐる口元~ (2, 0.1%)

2 の愛らし

▼ ぐる四年~ (2, 0.1%)

1 の十一月十日, は実に

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 の羨し, は今

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 にはとても, のお

▼ ぐる大震災~ (2, 0.1%)

2 の地震計

▼ ぐる姿勢~ (2, 0.1%)

1 に首, をば少し

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 がない, はあ

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

2 のあたり秋雨

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

2 さかな

▼ ぐる川風~ (2, 0.1%)

1 に客, に絶えず

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 でも二葉亭, にあらずし

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 のさばき, のしなやかさ

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 から雨, は我等

▼ ぐる数日私~ (2, 0.1%)

1 の省察, の陥っ

▼ ぐる數日私~ (2, 0.1%)

1 の省察, の陷つて

▼ ぐる日曜日~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ ぐる明治四年~ (2, 0.1%)

1 の十一月, の十二月

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 なからん, もなき

▼ ぐる機會~ (2, 0.1%)

1 のあら, も可

▼ ぐる次第に~ (2, 0.1%)

1 ござります, 御座候

▼ ぐる氷水~ (2, 0.1%)

2 の硝子杯

▼ ぐる濃霧~ (2, 0.1%)

1 で足, に包囲

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 に消え, の如し

▼ ぐる火輪~ (2, 0.1%)

2 の響

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 の世にも, は折柄

▼ ぐる牡丹~ (2, 0.1%)

1 に唐獅子, の唐獅子

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 その物, にあり

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 だ, の像等

▼ ぐる百年~ (2, 0.1%)

2

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 のある, は刻々

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 なるにも, 狹量の

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 に擬し, に該當

▼ ぐる自分~ (2, 0.1%)

1 の胸, も同時に

▼ ぐる落葉~ (2, 0.1%)

2 の森

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 にすべて, も心得ません

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 ではない, にゃあいかない

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 の上, の興

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 を追, を遮り

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ ぐる閏四月~ (2, 0.1%)

1 に尾州, の五日

▼ ぐる雲煙~ (2, 0.1%)

1 とは瀧口, の再び

▼ ぐる頃美奈子~ (2, 0.1%)

1 の打った, の打つた

▼ ぐる~ (2, 0.1%)

1 があります, の長ら顔ゆ

▼1* [535件]

ぐるあたはざる, ぐるあたわざるに苦しむなり, ぐるあたわざれども二, ぐるあたわず多くの, ぐるあとで, ぐるあらば星火, ぐるあらんを恐る, ぐるありて意, ぐるあるにあらずし, ぐるいとまも, ぐるいのこえで, ぐるいもしようという, ぐるうつとま, ぐるおんみの心の臓, ぐるかというに, ぐるかというところに, ぐるかなしさに, ぐるからいけないのよ, ぐるがねや三つき四つき, ぐるくらいは何でも, ぐるくるめきの玉, ぐるくる廻っていました, ぐるぐらいは大目に, ぐるけれども事物を, ぐるこそわれらの, ぐるこそよかなれと, ぐることさへ許された, ぐることテミスフィンジェの如く, ぐること二三道を左, ぐること二月ばかりお, ぐること二畳貧景ここに至っ, ぐること勿れ, ぐること十五分であった, ぐること奇妙なり, ぐること左表のごとし, ぐること幾回なるを, ぐること彼らの多, ぐること必要なれば, ぐること我豈に, ぐること数回船また横動, ぐること数日間であつ, ぐること日一日よりはなはだしく, ぐること波の如く, ぐること能はず魚は鳥, ぐるころ入りきたれり, ぐるころ安成子の來車, ぐるころ家を出で, ぐるころ岸の方, ぐるころ御影の陣所, ぐるころ艦隊はすでに, ぐるへ能, ぐるさえあるに, ぐるしい思ひをし, ぐるしい眠れない夜で, ぐるしかありません, ぐるしかった新聞記事の, ぐるしき事など思ひ廻せ, ぐるしき対人圏に於, ぐるしき感情の飛躍, ぐるしき戀路を辿る, ぐるしき白髪の老翁, ぐるしくあらわれる未知に, ぐるしくおもって年, ぐるしくなったようであった, ぐるしく動いたようで, ぐるしく動く群衆を, ぐるしく変っている, ぐるしく往く道が, ぐるしく思われて来た, ぐるしく流れていた, ぐるしく滑って行った, ぐるしく行ったり来, ぐるしく飛び違う車や, ぐるしく飛ぶは盃, ぐるやと大, ぐるすべさへ知らぬ, ぐるそうだ, ぐるその間にやっと, ぐるそらの雨, ぐるかし, ぐるぞと云いながら, ぐるはやす, ぐるたくて手, ぐるたそがれの薔薇, ぐるため武道教練に精進, ぐるつとめぐされて艫が, ぐるであったと見える, ぐるであろうそしてお, ぐるでござろうと挨拶, ぐるでのことか, ぐるでも無く格子門, ぐるとき少女子の一群笑, ぐるとき枝はその, ぐるとき誕れぬ, ぐるとき車燬きつつ, ぐるところが果して日本, ぐるところどこにもあらず, ぐるところ南緯四十三度以南に猛烈, ぐるところ四カ所で火, ぐるところ支那料理法の憲法, ぐるところ残虐きはまり韓民, ぐるところ荒野の中, ぐるとんとでたらめに, ぐると共に耳を, ぐる氏の, ぐるなかれそれを, ぐるなかれさとき嚮導の, ぐるなきなり平坦, ぐるなし文学も, ぐるなといふが, ぐるなどの弊も, ぐるなり蹴鞠和歌の, ぐるにあたって先生の, ぐるについて一つの, ぐるにつれ薄らぐとも, ぐるにやあらん, ぐるに際し他は, ぐるのみにして, ぐるのをもって一番良い, ぐるはずに候, ぐるはと一ト群の, ぐるひで縋りついた, ぐるひでありながら這, ぐるひで処理始末のできる, ぐるひで襲ひか, ぐるひな小助, ぐるひまなし, ぐるふる雨の, ぐるべからざる前提と, ぐるほしい気持に, ぐるほしくもお, ぐるほど宿かし鳥の, ぐるまたとうちとめぬ, ぐるまだと気付い, ぐるまでには傷すべてふさがれ, ぐるまでの間山ようやく, ぐるまではあとで, ぐるまではをぢ傍より, ぐるまわっているだろう, ぐるやう作事奉行に申渡せ, ぐるやがて鬱金木綿に, ぐるやと叫びもと, ぐるやも測られず, ぐるやら砂を, ぐるゆえ家族の者, ぐるあなや, ぐるるやしぐるる, ぐるるるろん, ぐるしく迸った, ぐるわに楯籠り眉, ぐるわの連中が, ぐるをば敵が, ぐるアイアース怪力こめて, ぐるアカイアの, ぐるアステロパイオス勇將の, ぐるツたいほどそれ, ぐるツモリでい, ぐるデモクラシーも既に, ぐる中ナド如何, ぐるピアノの鍵, ぐるボールは高く, ぐるメンコン蛙眼ばかりを上, ぐる一図は前, ぐる一年ばかりは和助, ぐる一年間の人馬徴発, ぐる一痴漢なり崇, ぐる一瞬間は苦しい, ぐる一聯のひと, ぐる一行ありしがため, ぐる一表を吟味, ぐる七か月は寛斎, ぐる七八年の思ひ, ぐる七絶一木村定良に訪, ぐるでこれ, ぐる三十分位だつた, ぐる三十年が二度と, ぐる三年罪過の苦痛, ぐる三年間の意味, ぐる三月下旬ごろたった二, ぐるより相, ぐるに景親, ぐる乗物に近寄る, ぐる九十五国王道融泰土を廊, ぐる也それは異, ぐる事一通り御聞きあれ, ぐる事優ならむ, ぐる事能はざりけり, ぐる事許りして, ぐるた時, ぐる二十年の間, ぐる二十年間の大, ぐる二年あまりの年月, ぐる二日の間暇, ぐる二月下旬に岩倉総督一行, ぐる二月十一日の夜, ぐる二疋の馬, ぐる五個の特色, ぐる五十年間に万国, ぐる五日の暗, ぐる五月の輕風ゆたか, ぐる亥年の三月, ぐる人々は我が, ぐる人たちににおっ, ぐる人三たりあり, ぐる仕事師はその, ぐる以外に法, ぐる物悲しく情けない事, ぐるし然, ぐるも労働者, ぐる侘しさよ, ぐるとなり, ぐる俳諧五篇は俳諧, ぐるとす, ぐる亀二年の, ぐる先入主と偏見, ぐる六月の十七日, ぐる六月七日ここを夜討ち, ぐる兵庫合戦の日, ぐる其度毎に心, ぐる冬十月の十二日, ぐる処花空しく落ち, ぐる刃物ならねど, ぐる分類はすべて, ぐる割れ鍋が安置, ぐるあり, ぐる十七日の御, ぐる十九日政府に自ら, ぐる十五カ月は三年, ぐる十五六年の間, ぐる十六日の夜, ぐる十年の間, ぐる十年間の辛酸, ぐる千早金剛の大戦中, ぐる卅二年五月友人山川均と共に雜誌, ぐる半年近くの半蔵ら, ぐる半月あまり安い思い, ぐるの駿馬, ぐる口実と正反対, ぐる古い魂を, ぐる古画の複製, ぐる叫びがそれ, ぐる叫喚はアートレ, ぐる可きもの足れりと, ぐる可憐しさ, ぐるとのみ見し, ぐる周囲に, ぐるの奇, ぐる善行の徳, ぐる喊聲果しらず, ぐる嘉永六年の夏, ぐる四五箇月の間, ぐる四年あまり彼が飛騨, ぐる四年前水戸浪士通行の際, ぐる図書について見, ぐる圓板遠く飛ぶ, ぐる圓錐状の影, ぐる城兵の後, ぐるに達し, ぐる声かなたに聞こ, ぐる声涙の下, ぐるはありませんでした, ぐる多事な一年, ぐる夜偶然のこと, ぐる夜半本所化物屋敷の庭, ぐる夜屋敷の中庭, ぐる夜弁信法師と二人, ぐる夜拙者道了塚のほとり, ぐる夜机竜之助, ぐる夜瓜生山で再び, ぐる夜蛇滝の参籠堂, ぐる夜衣笠山まで巫女, ぐる夜飯塚家へ泊まった, ぐる大正六年二月の, ぐる大雨を浴び, ぐる太平洋戦争に日本軍部, ぐるを殺し, ぐる奈良坂清水坂両所非人の悶著, ぐるの真情, ぐる如く確拠が, ぐる姉川の役, ぐるだ小姑, ぐる姿も斯く, ぐるの子, ぐる娼婦の数, ぐるならずや, ぐる子供の風の神, ぐる子午線の位置, ぐる安政の大, ぐる安政四年江戸の将軍謁見, ぐる寛永七年この方, ぐる山風がさながら, ぐる岩石の突屹相, ぐる岩蔭の波, ぐる川水の影, ぐる川開きの夜, ぐるの手首, ぐる年わしは吉利支丹信者, ぐる年信長が越前, ぐる年周防の大内家, ぐる年彼が木曾十一宿総代, ぐる年東京神田橋外での献扇事件, ぐる年松戸の五郎蔵, ぐる年桔梗河原に於い, ぐる年私の所, ぐる幾十年ゆつくりとしかも, ぐるのすこぶる, ぐる廻されてゐた, ぐる廻わりながら霧, ぐる廿一二の芸妓, ぐる当時の記録, ぐる尖れる端, ぐるを勧めたる, ぐる待つ間よ, ぐる後姿や秋, ぐる從來の聖道門, ぐる御用脚で支弁, ぐる御身分百姓の模範, ぐる心地する夜, ぐる心地すに, ぐる號の, ぐる思ひにもなる, ぐる急所を心得てる, ぐる性質の安, ぐる恐れあるにいたれ, ぐる恐怖の人, ぐる意氣に激, ぐるを与, ぐるがある, ぐる或は經る, ぐる戦災に東京, ぐる所目に入る, ぐるや雲, ぐる手桶の重, ぐるのよろし, ぐる支那人の妥協性, ぐる退廷を, ぐる数日間わが蔵品家畜, ぐる敵役なるが, ぐる數十の賊, ぐるによるに, ぐる文久三年の二月, ぐる文久三年例の等持院, ぐる文久三年十一月十五日の火災, ぐる文久三年旧暦四月に彼, ぐる文久二年の夏, ぐる文久元年の和宮様, ぐる文久年度の生麦事件以上, ぐる文章は殆, ぐるにか, ぐる旅客の雇, ぐる日上尾の街道, ぐる日中戦争で七機, ぐる日夜の恐ろしかっ, ぐる日奥州東北の地, ぐる日孫乾の使い, ぐる日帝の行幸, ぐる日新徴組が高橋, ぐる日朝廷では尊氏, ぐる日気絶して, ぐる日琵琶の湖畔, ぐる日病死いたした由, ぐる日自分が城, ぐる日芝三縁亭の會, ぐる日西村君はわたし, ぐる日貴殿お屋敷, ぐる日高氏が洩らした, ぐる早春の風, ぐる春景色花の色香, ぐる時われはフエデリゴ, ぐる時アカシヤ並木の若葉, ぐる時ババリアのマキシミリアン王子, ぐる時代に珍, ぐる時多くの人々, ぐる時店に在りし知らぬ, ぐる時海の波, ぐる時神体は見えざれ, ぐる時節も近づいた, ぐる時舌よりうけし, ぐる時首は胴, ぐる晩お力がやって来, ぐる晩一緒に酒, ぐる晩春の頃, ぐるにおいて人, ぐる書簡を見よ, ぐる書面を福原局長, ぐる月駒井はひとり, ぐる朝嵐に藁帽, ぐる木の葉のごとし, ぐる年に, ぐる末の世に, ぐる本文により, ぐるの大鳥居ゆり動, ぐる材料でないの, ぐる東京での震災, ぐるの音, ぐる棟梁は此家長, ぐる森羅の影, ぐるのかな, ぐる楷梯もがなと精勤, ぐる樣アカイア勢は一齊, ぐる樣式によつて, ぐる機会も可, ぐるごゑも, ぐる武士があった, ぐるの波, ぐる毒草の気概, ぐるなりき, ぐる気づかいはありません, ぐる気色も見えなかった, ぐる永禄四年の大戦, ぐる決意を固めまし, ぐる承三年, ぐる法音か, ぐるに呑, ぐるの窪み, ぐるを狭き, ぐる淑女はアナーニア, ぐる深き巷に, ぐる湯気が木の葉, ぐる溪間の風, ぐる漁翁とに及べり, ぐるで更に, ぐるに實驗, ぐる版籍奉還のころ, ぐる物前に獻げ, ぐるは陰光, ぐるによりこの, ぐる甘栗の鍋, ぐる画策縦横大英雄, ぐる疲れたる亂舞に, ぐる疾ささへ, ぐる白南風に小, ぐるに, ぐる目尻と諸共, ぐる眉根おそろしく散, ぐる真似しけるに, ぐるはわびし, ぐるの音, ぐるなるや, ぐるの声, ぐる祈りの歌, ぐる秋雨の日, ぐる程に雲井の, ぐる積りか, ぐるのかなた, ぐる竿の彎, ぐる十一図は, ぐるのごとく, ぐる結果には立至らない, ぐる絵馬はみな牧, ぐる繊麗な手首緊, ぐる罪状を聞く, ぐるの逸話, ぐる車夫の, ぐる者案外に大人, ぐる者行人に問え, ぐる者試みに東方, ぐるきこゆ, ぐる能はずと雖, ぐる能わず蛇に, ぐる脚もとに大地高ら, ぐる自然をし, ぐるを見る, ぐるは能, ぐる菜摘, ぐる苦しさに, ぐる著名の川, ぐるにのせ, ぐる蜜柑ぶね, ぐるの, ぐるは世界各国, ぐるも湿れ, ぐるもありませぬ, ぐるゆ, ぐる見ればこ, ぐる計算はやや, ぐる註疏家多し, ぐると橿園, ぐる論文はさき, ぐる諷刺とを喜ぶ, ぐる諸法を見, ぐるで有る, ぐる資格がない, ぐるを討ち, ぐる赭土原となり, ぐるして, ぐる足許へ飛び付く, ぐる軍艦の甲板, ぐる輪形の物, ぐるの鍬, ぐる戰鬪續け, ぐる途端の印象, ぐる通りで又, ぐる通り二川様にお家様, ぐるの矢銀, ぐる釣瓶の音, ぐる鉄柵の内側, ぐるのひかり, ぐるに手首, ぐる長州征伐の結果, ぐる長雨から起き直った, ぐる間私は種々, ぐる間際に始め, ぐるに似たる, ぐる折りしも, ぐる障害物は一, ぐる雨乞いの夜, ぐる電車の響, ぐる音波の甲板, ぐる音風の檣, ぐる響動など絶間, ぐる頃中国の陣, ぐる頃伊豆のご, ぐる頃先づ回るの, ぐる頃女の児餅, ぐる頃寄居に入る, ぐる頃富山県知事なにがしの君, ぐる頃尊氏の使い, ぐる頃弟は学校, ぐる頃斎宮でお, ぐる頃東京着直ちに鍛冶橋監獄, ぐる頃無事に名古屋, ぐる頃軽井沢に辿り着き, ぐる頃馬上にて, ぐるを見れ, ぐる顕象たる事明白, ぐる風物を送迎, ぐる食客と言う, ぐる騒々しい連中ばかり, ぐる騒然たる響きの, ぐる魔縁にも遇, ぐるは手づかみ, ぐる鯨波の音, ぐる黒き船あり, ぐる龍宮