青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「きり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~きました ~きます ~きまっ きまっ~ きまり~ きみ~ ~きめ きめ~ きょう~ ~きり
きり~
きれ~ ~きれい きれい~ きれない~ ~きわめて きわめて~ ぎ~ ~く く~ くさい~

「きり~」 11970, 119ppm, 889位

▼ きり~ (1700, 14.2%)

38 あつた 14 あとは 12 暮して 9 いた, それも 8 何の, 話を 7 住んで, 彼は 6 ござります, その後は, 他に, 黙って 5 いるとき, いるの, ほかに, 人の, 他には, 何を, 食事を 4 いること, がらんと, ほかの, 何にも, 何も, 少しも, 自分の, 遊んで

3 [25件] いつまでも, いなければ, いる, いる時, さ, せう, ね, ほかには, ゆっくり話し, 二人の, 他の, 出て, 口を, 彼が, 彼の, 彼女の, 暮らして, 気を, 看病し, 行って, 話して, 誰にも, 誰も, 雨の, 顔も

2 [97件] あつて, いたが, いて, いられるの, いるという, いるわけ, いる間, おはなし, お困り, ここに, ござりました, ざんざ降りの, しかもその, しばらくの, しばらくは, すぐに, すぐ又, そういう森さん, そこから, そのうち, そのまま使われず, その他の, その小さなホテル, それは, そんな食堂, たいして男, たまたま外気, とうとうそのまま投げ出された, なんらの, よ, ゐた, ゐること, ゐると, ゐるの, ゐる時, 上げて, 不幸な, 二人は, 二人共沈黙って, 二分され, 五日も, 他は, 何か, 何だか淋しい, 何んとも, 何等の, 先づ出入口と, 其後消息の, 又目, 向ひ, 四方八方から, 外に, 夜道を, 大事な, 女を, 室の, 対坐し, 居るの, 帰って, 後は, 橋銭を, 歎き明かし, 歩いて, 消えて, 滅多に, 無くなり相, 物を, 甘美な, 生きて, 生きようと, 生活し, 男は, 留守番を, 目は, 目を, 知らん顔を, 私の, 私は, 私を, 私達は, 空は, 置き去りに, 腕を, 膳こそは, 親も, 解散だ, 話が, 話し合つて, 起きられないこと, 身動きも, 身體を, 通って, 遊ぶには, 邪魔を, 静かな, 非常に, 顔を

1 [1228件 抜粋] あいまいな, あくびを, あたしは, あっちを, あつたらしい, あと何も, あの小田原, あの橋, あれから, いうつもり, いささか魔法使, いたいと, いたいん, いたこと, いたって, いた息苦し, いつかの, いつの間にか時, いつもそっぽ, いつも豆, いながら, いまだにひとり, いやしたが, いらしたの, いるため, いる四畳半, いろりに, うどん粉の, おいでに, おたみ, おまけに, およしなさい, おれれば, お互い知らん, お出歩き, お夜食, お婆さんも, お弟子衆, お祝いを, お藤, かえった, かれの, きょうやっと, こ, こちらの, このアパート, この世へ, この友人, この小屋, この水, この鍛冶屋, この間よりは, この鰊場, これから一冬, これを, こんな事, ご賢察, さし向い, さっさと正門, さも自分, さッ, しかもなお百フラン, しきりに夫人, しばらく互い, しまった, じっとし, じっと畳, すって, すみそう, ずっと何, そこで何年, そこの, そして頬, そつと, そのままに, そのまま私, その事, その他一度も, その内地, その問題, その女, その後それとなく, その後どこでも, その日, その椅子, その白い, その第, その金, その雑談, その顔, それからあと, それきり啼き止ん, それなりその, それにも, それ以上の, それ以上別に, たえず溜息, たべるの, だまつてゐました, ちっとも深く, ちょっともぐっ, ちんちんかもかもの, つねに御, できるだけの, ときには何時間, ともすると何, どうしたら, どうにも, どこに, なおさら親しみ, ながい時間, なにごとも, なんとかやつ, はっきりした, はるばると, ぱつたり出逢ふ, ひろい伽藍, ふたたび兄, ふっつりと, ぶらっと, ぷつりと切れ, べつに食つて, ほとんど誰, ぼんやりし, ぽつんと暮し, またすぐ, またみんな, また夏, また逢った, まだぶすぶす燃えのこつ, まだ歸つて來, まるで念仏, みんな出, もうこの, もう三晩, もう取りつく, もう数週間, もう起さない, もどって, ものも, やかましく云っ, やがて私, やっぱりリズム, やはり頭, やめると, やりたい事, ゆっくり話したい, ゆっくり足, ゆるして, よして, わびしい生活, ゐたが, ゐたの, ゐますから, ゐられないわ, ゐるだけに, ゐるので, エーと, クリストフに, シンシンと, スポットを, テイプや, トテモ通れない, ハイド・パアクへ, ヒロポンを, ボーッと, ミセス・ステッソンの, ユツクリ出来る, 一ヶ月に, 一切の, 一日中そう, 一本も, 一滄に, 一言も, 万事休した, 三日目の, 三里ほどの, 下りられないか, 下宿屋に, 世話を, 世間に, 中は, 主人を, 乗ったと, 二ツの, 二度と姿, 云ひ, 交渉を, 人影も, 今どこに, 介抱する, 仕事着の, 他にも, 仰向けに, 会うよう, 会ったこと, 会わずじまい, 伝わらなかったの, 伸子の, 住んだ, 何うにも, 何ともいえぬ, 何とも決め, 何もかもの, 何んにも, 何事も, 何年か, 何気なく最初, 佗住いを, 作った家庭, 侘びしく遊び, 倒れて, 傲然として, 働いてるという, 兄の, 先刻から, 入って, 六十日の, 其処には, 再びその, 写真機は, 凉しい, 出かけた, 出会ふ, 出掛けて, 初めの, 別に, 別に何等, 別に気, 別に眠た, 別れに, 前よりも, 割合に, 助力し, 動けなくなって, 十五六人の, 千兩の, 卒業してやろう, 占領し, 又暫く, 取附島, 口先ばかりの, 古い家, 台所も, 吉田は, 同居した, 名前が, 向ふ, 周到な, 味わうこと, 問題を, 営んで, 坂全体が, 坐つたり, 堀も, 壁なども, 夏の, 夕方島に, 外へ, 外を, 多計代, 夢想に, 大した抗議, 大容, 大森の, 天地は, 失望落胆の, 奥二階にも, 好きだ, 姿も, 婆さんは, 子供も, 学歴も, 安く致し, 官金の, 室内は, 家計の, 容易に, 寂しくばかり, 寂しげに, 寒かった, 寝かされて, 対座した, 小さいの, 小姑一人いる, 小搖, 少さい時, 居たいこと, 居たとき, 居るわけ, 川長の, 差し向かい, 市が, 帰らないと, 年寄の, 幾ら招じ, 幾度の, 広すぎる, 店番を, 座って, 引っこみました, 強ひ, 彫刻工芸は, 彼も, 彼女達は, 待てど, 後も, 御免を, 御相談, 忍びこんで, 応接間に, 思いつめて, 思い返して, 急き立てて, 恐ろしく陰気, 愉しん, 愛したり, 我がもの, 或る, 戻って, 手を, 手不足な, 押入も, 挨拶は, 揺蕩と, 断末魔の, 新聞を, 旅を, 日当りが, 旦那の, 早く身, 明るいとも, 明瞭でありませぬ, 昨日から, 時々ちらちらと, 時計を, 晴れが, 暫く拡げた, 暫しは, 暮すの, 暮そうじゃ, 暮らさねば, 暮らし得ること, 書き上げた人, 最前から, 朝鮮を, 木曾川の, 本人は, 杓子に, 来た事, 東京から, 松江行の, 桂昌院の, 極めて簡単, 楽だ, 橋の, 止した, 此アパートに, 此処から, 歩いては, 歸つた, 死んぢやうの, 残って, 母は, 母訪問に, 毎晩蜘蛛の, 気分を, 水の上に, 汗ぬぐい, 泣きたいほど, 泰造や, 浜田の, 海岸で, 消えなかったと, 淋しいもの, 深い思索, 済ませて, 済んで, 湯に, 濟んだ, 灰皿に, 炉端に, 無人に, 熱心に, 片手に, 独身生活を, 生活不如意な, 田園生活が, 町とも, 畏まって, 番茶に, 病人の, 病院に, 白梅の, 監督し, 目ぺこです, 直に病人, 相手に, 相談しなけれ, 看護も, 看護婦の, 眠りも, 眼にも, 知り出して, 研究所の, 神の, 私が, 稀に, 種々な, 空腹でも, 立たなければ, 立った, 竜之, 答えて, 答える声, 粗末な, 終った, 終わって, 結局う, 練習突きを, 縫針の, 置くという, 翌日から, 耕されず雑草, 聴く心持, 脣は, 膝頭ほどの, 自分たちは, 自分は, 自殺し, 自然と, 船の, 色彩と, 苦しんで, 茶を, 草臥れるほど, 菩提寺の, 葛飾の, 薄暗い海岸, 行かうね, 行つたのだ, 街路を, 裏通りの, 見えた断面, 見ないで, 親が, 解らないところ, 訪ねても, 話したいと, 話したいん, 話したくて, 話しつづけ大人達, 話すとき, 話の, 詳しいこと, 語り合うこと, 読書と, 誰の, 警部を, 財産目録を, 赤い夕波, 起き上らなかった, 足許だけが, 身を, 辛抱できない, 近頃のは, 途切れた, 逢わない友達, 進んで, 運動と, 過ぎて, 過したそれら, 遠くへ, 酒を, 鉱山の, 錠も, 長くその, 長閑に, 閑暇の, 降壇, 隠れて, 雑草の, 電気も, 電話を, 靜かな, 面会は, 頭を, 額から, 顏は, 顔は, 風通しの, 食うて, 食も, 飲りましょう, 駱駝にも, 高尾山へ, 鱒の, 黄祖は, 黙った, 黙り合ってなんぞ

▼ きり~ (1379, 11.5%)

11 浮んで 9 見えた 8 なって 7 覚えて 6 そこに, 出て, 残つてゐる, 眼に, 私の, 胸に, 見えて 5 心に, 物の, 覺えて, 頭に

4 [18件] あらはれ, した答, なだめて, 内容を, 形を, 意味を, 憶えて, 手に, 折って, 描いて, 映つて, 木草の, 浮び上つて, 眼の, 眼を, 考えて, 耳に, 見える

3 [23件] した形, せしなど, せず胴, それが, それを, なった, わかつて, 動いて, 呟いた, 左う, 彼の, 感じて, 感じられた, 折れて, 断つて, 現は, 目に, 知つてゐた, 線を, 聞えた, 聳えて, 見えるの, 際立つて

2 [78件] あけて, この光景, させて, した, したこと, したイキ, した印象, した線, した角度, する, するわけ, その明るい, その眼, なつた, なると, ひっぱって, やつて, わかるやう, 一つの, 云つた, 云へ, 今でも, 伸びて, 何か, 僕に, 分りません, 切紙細工を, 区別され, 印象され, 口に, 口を, 合図を, 地に, 彼女に, 思ひ出されるの, 思ひ出すの, 思ひ浮べること, 慰めて, 折れた, 抱いて, 映り出て, 案じて, 残って, 気に, 浮かべられて, 浮きあ, 浮き出して, 浮き出て, 浮び出して, 浮んだ, 物を, 現はれ, 目が, 眼覚め, 知り嗅ぐの, 示して, 空に, 立つて, 考えこんで, 聞えて, 聞き取れた, 肯きながら, 色の, 若葉, 襞を, 見えたの, 見え出した, 見せて, 覗けた, 言って, 言ひ, 言へ, 話して, 話の, 錯覚を, 開いて, 降りしきる, 響いて

1 [985件 抜粋] あきらめて, あざやかな, あちらこちら見捜し, あとへ, あびるの, あやまる, ある明快荘重, いうが, いきり立って, いく度も, いって, いつて, いひ切りたきところ, うかび上つて, うさんくさがり, うなづいたので, うなづかれるやう, おどり歩きました, おぼえて, お伝えしたい, お案じ, お見舞い, かう極, かき入れて, からみついて, かれにも, かんがえて, きかないうち, きり立つ, くすぐったく思えた, こすり合わせて, こちらの, この椰子, この節, さいころ, さういふタイプ, さう云, さがしたの, さめて, しかも霞, しただけ, した世界, した力, した声, した大名縞, した彼, した意識, した文章, した映像, した氣持, した濃い, した物, した目標, した眉毛, した眺め, した純白, した考, した肩, した蒼天, した襟元, した説明, した返事, した音声, した顔, して, しない事, しなかつた杜詩, しゃべって, じろじろあたり, すべてわかつた, するの, する千靱氏, せし氣象, そのやう, その三階, その六角塔, その大きな丸髷, その娘, その度毎, その数, その本質, その眉, その葉, その話, その青い, その顔, そよいで, それに, そんな夢, たがいに, たんぽ, つかんだよ, つてその, とりまとめて, どの役者, なったとき, なってるの, なにかブツブツいいはじめた, なる, ぬけるやう, のびて, はしゃぎ立てて, はなち, ぴく付かせ, ふる雪, ぶつぶつ云っ, ほおばりはじめた, まずおだて上げ, みがいて, もう明け, もみながら, ゆすぶり立てた, よく出, わかつた, わかつたの, わからないの, わかりすぎ, わかりながら, わかるお菓子, わかるので, わかれるといふ, わたしたちの, わたしの, わめきたった, カーテンに, ギリシヤの, スウエーデン式の, スープの, リズムを, 一人一人の, 一段階梯がちが, 三木の, 上半分の, 不思議な, 不規則な, 中立的立場を, 主張した, 了解した, 二官の, 云い切つたが, 云うわけ, 云った青年, 云つ, 云つてご, 五體の, 亭主の, 人には, 今日では, 会得される, 伝つて来る, 伝へられました, 伝わる, 体得し, 何やら釈明, 作品に, 傷みを, 優しく聞えた, 先刻の, 光と, 八幡の, 其の色, 具象的に, 再び吾人, 写つてゐる, 冴えた此, 冷たい空, 出し雑駁, 出現権利を, 分かつて, 分ちが, 分りかけて, 分れた花冠, 切り抜いたやう, 切れて, 判つてそれは, 判るの, 判別された, 別れたのち, 刺戟し, 前の, 力なげ, 動脈が, 区別し, 印されて, 印象されました, 取りなしました, 口で, 口説きたてる, 同じ物語, 吹きあげ, 告げて, 味つた, 呼んだ, 喋って, 喜んで, 嘆いたが, 噴火山を, 四日, 地びたに, 垢脱, 墓の, 声までが, 多喜子を, 夢の, 大きく構え, 大きな声, 大きな音, 天井を, 太い話し声, 夫人の, 女は, 姿を, 家の, 寒い晩秋, 察せられる以上, 対岸を, 対立し, 対象に, 對立し, 山の, 崇高な, 帰る客, 弁解し, 強い大写し, 彫ま, 影を, 彼に, 彼女が, 往来し, 徐州の, 御厨子, 徹底し, 快活な, 怒号する, 思い出される照葉, 思い出して, 思ったから, 思つた, 思ひ出されて, 思ひ出すに, 思ひ知らされたの, 怪潜水艦の, 想ひ描いた, 想見出来る, 意識した, 意識する, 意識の, 感じさせられたの, 感じられて, 感じられるだけに, 感じるに, 感ぜられた, 感知できるであらう, 成して, 成るまで, 成長した, 我等の, 或事実, 戯れながら, 把握する, 折つたと, 折り取って, 折れたよう, 折れるよう, 抜いた左右, 拒みぬくの, 招いても, 指図を, 指点され, 捺されて, 探しはじめた, 探って, 掴まへた作品, 描かれたの, 描きだされた, 揺曳し, 撫でて, 数へ, 文化といふ, 文藝の, 斯う, 日溜を, 明るく晴れ渡, 昔の, 映し出したとともに, 映つたの, 映り出した, 春を, 晴れ渡つた空, 曲げて, 書いて, 書き分類, 書け, 朗な, 朱く, 東西を, 棒の, 楷書され, 止められた利平, 死を, 残つてゐた, 殘つてゐた, 殘つてゐる, 水の, 水玉の, 氷雪の, 決めてか, 決心した, 泛んで, 泣きながら, 注意し, 流れて, 浮かばせて, 浮きあがらせる, 浮き上つてさながら, 浮き上らせことに, 浮き立たせて, 浮き立つて, 浮びあがりて, 浮び上がる見物席, 浮び出た, 浮び出るの, 浮べ出したの, 浮んだ遠く, 浮上つて白い丸い, 浮彫に, 浮彫り, 涙ぐんで, 深い緑, 清潔さうで, 減つてあちこちの, 湧いた, 澄んで, 濃い形, 焦れる鹿毛, 煙草の, 父親の, 特殊な, 猛る捕手, 現はし, 現れて, 現在の, 理解された, 生々と, 生活の, 申上げます, 男の, 画かれる, 痒かった, 痛むが, 痛んだ, 瘤を, 白いの, 白い口元, 白い横顔, 白い襟足, 白かつた, 白く咲い, 白く東南, 白く目, 白く見え出した, 皎く, 目の, 目立つて, 相像出来る, 眺めながら, 瞼に, 知つては, 知らねば, 知りたい欲望, 知る生別, 確かめて, 確かめられるわけ, 磨げました, 秀の, 私と, 私は, 秋の, 穴が, 窺はれた, 立ち働いて, 立てて, 笑いこけて, 筆を, 筑前博多の, 答へ, 約束なさい, 結末が, 絶えた萼, 罪人と, 美麗しい, 考えるふう, 考へ, 考へられた, 耳について, 耳近く, 聞えはじめた, 聞えるよ, 聞える靜けさ, 聞きとらうとして, 聴えて, 肉眼で, 胸を, 脅え太平洋, 自分から, 自覚し, 自覚する, 至り公使館, 芝居の, 落して, 葬式の, 蒼空につつ, 薬品棚の, 行きかう人, 見えそこ, 見えた神樂堂, 見えぬ, 見えるほど, 見える筈, 見え出す, 見え而, 見きはめ, 見せた, 見せながら, 見せ得る男, 見ただけ, 見ながめ見返して, 見ました, 見られてる, 見わけ, 見定めて, 見渡さる, 見較べて, 視張つて, 覗きながら, 覚へて, 解つた, 解り憎く, 解るの, 言うので, 言った, 言つ, 言つたのである, 言つて退けた, 言ひ切つた, 言ひ現しがたい深い, 言へば, 言葉を, 訊ねるよ, 訣つてゐなかつた, 訪れて, 話しあって, 話しかけて, 話し合って, 認めた, 認めら, 認識した, 語つてゐる, 説明され, 読まなくつちや, 読めます, 誰にも, 謝ってばかり, 讀まれた, 責めたてて, 赤い線, 起きました, 踏み残すと, 輪廓を, 辿れるの, 返事を, 述べました, 通がって, 通つた襟足を, 通らないの, 醒めて, 重く突き刺さる, 鋭く動く, 開いたこと, 阿母, 限つ, 陳東海だった, 隈ど, 際立ちし襟もと, 露が, 青くどの, 青空に, 響くほど, 頭から, 額を, 顏容の, 飛び交って, 飲み込めるやう, 首を, 馴れ馴れしく話しかけ, 高くき, 鮮やかに, 鳴く, 黒い鬢, 黒く見え

▼ きり~ (637, 5.3%)

7 ことです, ものだ 6 ことだ 5 生活を 4 ときには, 方が, 時には, 生活の

3 [12件] ことに, ときは, ないこと, のんきな, ような, 人間だ, 家の, 時その, 時に, 時は, 秘密を, 話か

2 [35件] こすこれ, ことである, ことも, さし向かいです, ときに, ないほど, ないもの, ない仕事, なかで, ようです, ように, ホテル・エソワイアンに, ポッシャントン, 世界だ, 世界に, 世界の, 事で, 人の, 仕事だ, 仕事着を, 孤独な, 小さな家, 小ばこ, 広々と, 引導渡され, 役を, 時を, 水中容易に, 牛が, 生活が, 生活だ, 眼を, 話だ, 話なら, 部屋の

1 [490件] あきないや, あの平次, あの男, ある塞, いい江戸, いびきであった, いわゆる常, うす暗い中, おかげを, おしや, お姫さまが, お心, お芝居, かげに, かれには, がらんと, くらしである, こいばんがた, ここだ来啼ける, こころもちで, こされる人, ことか, ことから, ことが, ことさ, ことで, ことであった, こととして, この労働者, この囲, ごとく無, さびしい暮らし, さびしい生活, しかし石, しかも健気, しずかな, じめじめした, すっぽり飯, そぞろ歩きであった, その二階, その寝顔, ちょんさん, ちょんさんでした, ちょんさんにも, ついて, つけ方について, つもりだった, ときで, ときでさえ, とき何年ぶりかで, とき私は, ところも, ないお喋り, ないお金, ないよう, ない波, ない目瞬き, ない質問, ない題, なかに, なく, なやみや, ひといろ, びをしてまた, ほうが, ぼろぼろな, まくの, まだ淋しい, ままごと遊びに, まるで夜, みじかい上, めんだう, もいる, もの, ものだつた, もので, ものである, ものでしょう, ものです, ものゆへ, もの一時的の, もの也, もんです, やうだ, やうな, ようだ, ようだった, ようでした, よきに, よさ, わびしい御, わびしい暮しかた, わるい男, アイヌの, アカの, エミリイを, ガランと, キジの, コップでも, ゴーリキイは, サディズムが, シャツ一枚着たる, ズボンつりを, ドライブも, ニッカぢや, ニュースを, ヌケ殻に, バスといふ, バスを, バラックに, バルザックばかりは, フュウメ決死隊の, フランス料理たべ, ボロ借家, ボロ長屋, メニューを, 一つの, 一の, 一人の, 一人住居, 一年生の, 一昼一夜を, 一礼を, 上値で, 下足場で, 不安と, 不自然な, 不自由さより, 不運な, 世帶にな, 世界で, 世界を, 乗車であった, 事が, 事だつた, 事です, 事なら, 二三の, 二階な, 二階の, 亭の, 人である, 人です, 仕事を, 仙人なら, 住居で, 住居には, 何にも, 何の, 使, 例の, 健に, 働き着を, 兄妹だ, 兄弟です, 先を, 入口を, 六月の, 六疊に, 六疊の, 写真うつしときたい, 初めの, 前教授, 前髮, 劇で, 単物を, 叔母である, 口が, 口数の, 古墳が, 召使お, 可哀そうな, 史実が, 味方糜竺糜芳の, 品ぢや, 品によって, 唐紙は, 問題であった, 器量やの, 場合も, 場所で, 壁一番手前が, 壯行會でした, 声か, 夕飯が, 外郎売だった, 夜, 夜に, 夜会服を, 夜心細かっ, 夜食を, 大事な, 大切な, 大名道中いたそう, 大声で, 大變, 夫を, 奇しき縁, 奥の, 女なら, 女の, 女の子が, 女の子と, 女を, 奴ぢや, 好機会, 姿です, 娘が, 娘の, 子です, 子供で, 子供と, 子規氏の, 孫乾では, 実の, 室だった, 室で, 室と, 室の, 家だ, 家で, 家です, 家では, 家庭で, 家庭でございました, 家庭に, 家族で, 家来, 寂しい親, 寂しい食事, 寂しさ, 密房の, 寡婦あの, 対座を, 対面であった, 小さいクラマール, 小さい家, 小さな洋館, 小さな食堂, 小ぢんまりした, 小屋の, 小料理屋だつた, 屋内は, 山だしだ, 山荘生活が, 川装束で, 左の, 左手と, 差向いは, 布団に, 布子で, 布子を, 布子一枚髯の, 平凡な, 平家だつた, 幻であっ, 広い家, 座敷の, 廣い, 引出しに, 弟で, 弟とも, 形しか, 後ろから, 従妹の, 御縁, 御飯で, 御馳走を, 心地が, 心持ちを, 心持を, 思索については, 悪らつな, 悲鳴だった, 情熱に, 愉しかるべき, 意に, 愚か者とも, 愛嬢瑠璃子さんが, 感じ面白く, 感を, 戸を, 所へ, 所帯であった, 手紙が, 折彼女は, 拍子は, 挨拶は, 捨身では, 撮影所も, 政治的発言権の, 散歩を, 方でございましょう, 方達で, 旅の, 旅寝の, 日にさえ, 昂奮の, 時だけね, 時だった, 時でさえ, 時とでは, 時よく, 時初めて, 時幾度と, 時彼女に, 時浮かぬ, 時親切に, 時間であり, 普通の, 暖簾を, 暮しであった, 暮しです, 暮しに, 暮しは, 暮らしであった, 暮らしな, 有様でした, 朝を, 期日に, 末の, 東京育ちの, 枕の, 林の, 林間の, 果てしない裾野, 柱にも, 根つ, 格構で, 框へ, 椅子を, 櫛も, 歌でなく, 止まず, 正を, 此労働者は, 母の, 気特に, 水の, 水入らずで, 水入らずという, 水瓶などは, 沈默玻璃の, 沈黙の, 派手な, 浅井と, 深いと, 深い男, 湯で, 為に, 無いところ, 無いの, 無いほど, 煎餅蒲団では, 燈影は, 牢やの, 物だ, 特別急行列車全体が, 狭いところ, 現象と, 理解は, 生き方, 生活だった, 生活で, 生活であった, 生活である, 生活では, 生活に, 生活は, 甥が, 由, 男世帯, 男世帯だ, 画家と, 病人が, 病人がめつ, 病室にて, 白飛白の, 相変らず, 相手が, 相談で, 相談に, 看護婦は, 眼が, 眼で, 眼に, 眼開いた, 短い上衣, 短い外套, 短冊を, 研究と, 硝子戸を, 祈祷が, 私には, 私の, 私は, 種紙の, 穴から, 窓は, 立つ温い, 筈だ, 筈です, 筒っぽ, 箱が, 箱に, 箱の, 箱を, 簡単な, 粗末な, 素人下宿で, 細形の, 紺の, 網様の, 総二階, 編輯者は, 縁だ, 縁と, 縮緬の, 羊毛織の, 美味さ, 義足を, 羽二重な, 老母と, 者も, 肉親で, 肖像の, 自分と, 自分には, 自由と, 船な, 船世帯な, 良人の, 花の, 若い男, 若様へ, 苦痛の, 茶の間に, 衝立を, 袷は, 裸体の, 裸体を, 見当ちがい, 話が, 話さ種も, 話である, 話です, 話の, 調和に, 談に, 謂わば, 豹吉に, 貧乏な, 貧乏人に, 身うちと, 身代では, 軽い興味, 辨當の, 道です, 部下の, 部屋が, 部屋である, 部屋な, 部屋に, 部屋にを, 部屋へ, 野沢の, 野良着に, 金吾の, 銅貨を, 鏡戸に, 長屋だった, 門を, 間借人に, 間喜兵衛その, 間喜兵衛時折和歌などを, 関係で, 離れがたき, 電燈が, 音の, 頃知らなかった, 領分であった, 頻りに鳴く, 食事で, 食事に, 食堂で, 飼葉だ, 馬鹿より, 魚を, 鳴声, 鼻先思案見た

▼ きり~ (581, 4.9%)

89 なって 60 なると 55 して 25 なった 20 なつた 18 なつて, なるの 10 なった時 9 なったとき 8 なる 6 させて 5 なったの, なりました 4 なってから 3 なったねえ, なります, なるとき, 終りました

2 [20件] あたりを, あちこち見, されて, した, すること, なったと, なっても, なつたら, ならなければ, なりその, なりたい, なりたいと, なりたがって, なりに, なること, なるや, なるん, 水を, 退がると, 鳴いて

1 [197件] あそばされないこと, あそばして, いたしましょう, いたします, おさえて, おなりに, お美夜ちゃん, させられるまえに, された, されるが, されると, したく無い, したって, したまま, した医師, した船室, してやりたくて, しなかった彼, しなくては, しようか, しようと, すべきだね, するかも, するなどは, するの, するわけ, すれば, せつせと, ぜいたく廃止論を, たやす所以, ち, ついて, できないん, なすよう, なったが, なったこと, なったつや子, なったといふ, なったとき叔父, なったとき素子, なったところ, なったな, なったので, なったよう, なったらそりゃ, なったら生きて, なったり, なったん, なった今, なった千世子, なった時静か, なった隙, なっちまいますよ, なってからは, なってからも, なっては, なってるのよ, なってるはず, ならうぢ, ならずに, ならず暮したので, ならないため, ならないとしても, ならないもの, ならなかった, ならぬお, ならねば, なりそう, なりたいの, なりたい心切, なりたい欲望, なりたい気持, なりたい氣持, なりたかった, なりたかったので, なりたがるの, なりたくないよ, なりました時, なりましても, なりましょうかとも, なりますと, なりませうよ, なりまだ, なりもう, なり催眠術, なり外套, なり家, なり座敷, なり時々, なり朝夕, なり此, なり紙屋, なり銀子, なるか, なるかも, なるぐらゐたやすいことはない, なるため, なるだろう, なるつもり, なるよう, なる人, なる方法, なる時, なる有, なれたと, なれたの, なれなかったの, なれば, なれること, なれるならそんな, なれる機会, なれる気楽さ, なれる部屋, なろう, なろうと, ほえて, むづかしい經義の, もがいて, もたらされた, もんで, やめ候, ゆるんで, 一矢射, 上げて, 乘り, 今では, 何か, 候御自, 其処に, 出るかなり, 切り上げるの, 別れて, 前後を, 割かれると, 厭きはてた父親, 取り残されて, 取残されながら, 取殘, 吸はれ, 夏の, 完了する, 定まって, 実行を, 寝つくやう, 寝台に, 寢て, 封じられて, 帰つて来ない, 彼は, 径尽き, 成った時, 成って, 成つたのかも, 成つた頃銀之助は, 成つてし, 成る, 打棄つて, 接る, 昼だ, 札差町人の, 来り井上清, 板に, 果実を, 歌いながら, 沈んで, 沸いて, 活動映画と, 湧くの有様, 疼いて, 登志子は, 白し山の根ごと, 石塔を, 祟られた, 立たむぞ, 筆執る, 結んだり, 縄の, 縛つてし, 美しいと, 考え込む風情, 聞いて, 聞くそう, 苦痛を, 行く, 見ましたが, 起こりて, 起こり出した, 踊って, 踊り騒いで, 近いほう, 述べたお, 通うよう, 違いない, 附いて, 限らず当分失業問題, 雁の, 鳴きます

▼ きりした~ (364, 3.0%)

38 ことは 10 形を 9 事は 8 ことが 7 ことを 6 声で 4 光線は

2 [22件] ところが, のである, もので, ものに, ものは, もんだ, 一つの, 区別が, 姿で, 形で, 形の, 意見を, 意識を, 感じを, 方が, 答へは, 答を, 考へが, 観念を, 証拠が, 返事は, 返事を

1 [238件] ある場合, おつくり, お品, お答, かたちこそ, からもう, ことじゃァ, こと考へ, ご意見, そのいい, ところを, にはした, ので, のを, まとまりを, ものつまり, ものと, ものにも, ものを, もの積極的な, もんさ, やつが, わけだ, ん, んころび, んに, んばてれ, ん伴天連おれの, ん伴天連に, ん伴天連の, ん宗之儀彌, ん宗門は, ん本, ん活字, アテが, テーマ或は, マルクス主義的イデオロギイを, モデルは, 一例が, 一致は, 三つの, 予定が, 事実と, 事実を, 事情の, 二三の, 二重まぶたは, 人だ, 人ださうです, 人ねえ, 人間の, 人間を, 今安里を, 今様で, 体を, 何處から, 使命を, 価値の, 傍證が, 像を, 全体の, 共通の, 円さ, 判断を, 勉強が, 区別に, 區別は, 印象を, 即答を, 原因が, 原因は, 厳かな, 反対色の, 口の, 口は, 口を, 口調で, 型が, 境界が, 声が, 声を, 変化を, 夢の, 夢を, 大島の, 契約の, 女の, 女学校を, 妻の, 姿だ, 姿は, 姿乃至, 姿致で, 嫌疑が, 存在を, 学説を, 宇宙の, 實際的な, 対象には, 巣を, 左傾の, 差別を, 強い言葉, 形に, 影響は, 御返事を, 心を, 心構へと, 快感を, 思想が, 思想的立場を, 悧巧な, 想像を, 意味を, 意図が, 意識から, 意識の, 意識は, 感情で, 戸口が, 所の, 手應へが, 才気は, 指導精神といふ, 據り, 文字である, 方で, 方法が, 日の目を, 日取, 日本語だつた, 日本語で, 明るさ, 映像にな, 曖昧を, 書き方に, 望みは, 木の, 条件を, 林を, 柄合ひ, 標準を, 横顏に, 欲求が, 比較では, 気持の, 氣分で, 氣分の, 氣持で, 汚いテーブル, 油気の, 漁船が, 無駄の, 照の, 煩勞や, 物に, 特質を, 現在を, 理由に, 理由も, 理由を, 理論とか, 生活観と, 白いみず, 目あてが, 目の, 目当てが, 目標が, 目標に, 目標の, 目的地は, 真理を, 眼で, 眼もとを, 瞬間, 知覚を以て, 短篇にな, 私は, 移行が, 積極的に, 立場を, 答えが, 答は, 約束が, 約束を, 紅葉の, 結論は, 綱領にな, 綺麗に, 線を, 縞目の, 聲で, 肚の, 肩の, 自分の, 自覚を, 色合で, 芸格は, 荒々しい響き, 著述は, 藤枝の, 表情を, 見当は, 見極めが, 觀念を, 解答を, 言葉で, 訓法は, 記憶も, 記憶を, 記臆で, 詳しい材料, 認識を, 語格の, 語調で, 説明を, 調子で, 證り, 證據を, 貴婦人, 輪廓は, 輪郭と, 返答を, 道を, 部門を, 鋭い聲, 隔てを, 音についてと, 頭を, 頸あしむつちりした, 顏が, 顔が, 顔立ちにな, 髷の, 黄ろい, 黨派に, 鼻が, 鼻の

▼ きり~ (299, 2.5%)

58 てゐる 21 て來 19 て来た, て来る 15 と, とほろ 14 てゐない 13 てゐた 7 てゐ, て居る 6 てくる, とほろ上人伝 5 てをります, て居, て来 4 ている, て居ります 3 て, てきた

2 [11件] てき, てゐなかつた, てゐます, てをりました, て居た, て居ない, て来ました, て来ます, とほろ上人傳, と様, にあやまたずうちおとしぬ

1 [48件] さへ, てい, ていい, ていない, ていなかつた, ていねえ, ていません, ておい, ておかなけれ, ておきたい, ておっ, てきました, てし, てその, てて, てとうとうりん, てはいなかつたろう, てはゐる, てもええ, てもよい, てやつ, てゐました, てゐません, てゐるう, てをく, てイザ, て唇, て夜目, て大変, て少し, て居なかつた, て居りました, て心, て来ない, て沈黙, て筆, て置く, て行く, て貰, て面白く, て顏, とを信奉, ながら眼前一尺, にやあらん, やきり, やつきり羽づく, 今迄の, 他の

▼ きり~ (228, 1.9%)

53 ない 12 ないから 8 ないと 6 ありません 5 ないので, 鳴いて 4 ないの 3 ありませんからね, ないが, ないし, ないじゃ, なかった, 無い

2 [11件] ございません, ございませんから, ないさ, ないという, ないん, なくなると, 嘲弄の, 林の, 無いが, 立ちます, 鳴き騒いで

1 [95件] あって, あめに, あらへんや, ありませんが, ありませんので, ありませんや, ありゃしない, ありゃしないもの, ありゃせん, あるだろう, あると, あるとき, あるの, あるまい, あるまいネエ, あるよ, いいなら, おりて, かかったり, きりと, ぎょぎょしと, こさえて, じゅく, せまって, ついた, ついた旧, ついて, つかないだろう, つかないと, つかないの, つかなかった, つきません, つく見込み, ないかの, ないかも, ないからね, ないがね, ないくらい, ないけれども, ないこと, ないぜ, ないただ, ないつて, ないで, ないでな, ないといふ, ないなどといふ, ないもの, ないやう, ないよう, ないわ, ないわね, ない下, ない今, なかつた, なかつたが, なくいろんな, なくし, なくなるから, なさそう, ねえだ, ひでえ目に, ふる, まだつい, まる二日, よいの, わるい男, 何処かで, 出て, 出席した, 分らないの, 十いくつも, 参りましたら腰, 啼きつ, 地上に, 急いで, 悪かつ, 族に, 有りゃしない, 水平線を, 深くなかったら, 深くなっ, 無いから, 無いと, 無いので, 無えん, 皮膚を, 私の, 立って, 群れて, 過ぎると, 雨しずくの, 頻りに鳴い, 鳴いた, 鳴けり若

▼ きり~ (185, 1.5%)

24 んだ 21 んです 20 のだ 12 の, のである 10 のです 4 のよ 3 のでその, んの 2 ことを, のか, のが, のは, のを, んでしょう

1 [64件] つて足を, のかい, のかしら, のこれ, のだろう, ので, のであんな, のでいま, のでお, のでこの, のでこれぞ, のでございます, のでさっ, のでそれ, のでたいへん, のでどこ, のでひな, のでほとんど, ので一人, ので一層, ので二十年後, ので仕方, ので向う, ので固, ので大抵, ので客, ので弘, ので愈々, ので母親一人, ので淋しく, ので私一人, ので背中, ので色, ので見切, ので記憶, のにもう, のにやつら, のに乗じよう, のに声, のに大きな, のに嫉妬, のに安堵, のに必要, のに非常, のよそれ, ものだ, もんです, よ, わけだ, んで, んでござんす, んでごぜ, んにも, ンだ, ンでございます, 孤独の, 容だった, 巧みさだけしか, 晩秋の, 気持ちに, 淋しい靜, 深夜の, 燈火の, 管営や

▼ きりやう~ (164, 1.4%)

9 では 8 です 6 だ, ですが 5 でした, ですもの 4 だから 3 だが, ですよ, でも, 良しで 2 で, に自信, のこと, は良い, も滿更, も良い

1 [97件] か, がよろしい, がわるい, が好, が注意, それでも夫婦仲, だけれど, ださうだから, だもの, だよ, だ唯, でお, でさすが, でさぞ何彼と, でしたが, でしたね, でした年, でじやらじやら, ですから, ですもの隨分諸方, でせう, でその, でへ, でも好い, で一, で世間, で二十歳, で健康, で前, で口, で吉祥寺, で嫁, で店中, で惚れつ, で愛嬌, で本人, で榎長者, で母親, で氣位, で無口, で玉の輿, で番附面, で縁, で親分, で踊り子, で身だしなみ, で身振り, で身體, で隨分人樣, で餘, で首筋, と取, と磯五郎, なお, なら又, なら立派, なら縁談, なら隨分, な女, な娘, な癖, になつ, になり, に十分自信, に生れ付いた, に自惚れ, に釣られ, のい, のお, のよく, の予想話, の品, の持主, の良い, は, はよく, は一向, は向島一帶, は大した, は拔群, は決して, は醜く, もぐんと, もなかつた, もよく, もわからない, も並々, も大した, も江戸一番, も筋, よしで, を丁子屋善兵衞, を妬ん, を持ち, 良しです, 良しの, 良でした

▼ きり~ (161, 1.3%)

1484 ぞ, と思っ, わ 3 から, という, ね

2 [12件] からです, から日, がそれ, し捨さん, ぜ, そうです, つたのは, ということ, と云う, と思う, と思ふ, な

1 [94件] からいとど, からさ, からそう, からである, からな, からなそれ, からね, からよかっ, からよかつ, からよけい, から今しがた, から実印, から幾, から手廻り, から歯太郎さん, から話, から酒, があなた, があの, がそれでも, がたつた, がつとめ, がとにかく, がねわし, がもし, が今, が仏壇, が何, が併, が千法, が無口, が父, が相手次第, が腹一杯, が随分, けどまだ, けど相手, けれどあなた, これで, こればかり, しかの, しずっと, し世間さま, し夫, し母, し玉子, し若い, そうだ, そうだった, そしたら東京, つた, つたから, つたといふ, つたとな, つたな, つたらしく, つた時恐怖は, つた理髪師の, つてハナァが, と, とあと, という節子, という返事, といふ, といふ事, といふ彼, といふ意識, とかいま, とかで本人, とか今日, とか細君, とはいう, とは思ひ, とも云, と云, と云わなかった, と伺つて, と彼, と彼女, と思うとる, と月, と特に, と私, と聞く, と見, と言うごとき, と言われたら, なんぞッ, なア, のと, もの, も一つ憚り, りっぱな, アよ

▼ きりです~ (101, 0.8%)

21117 もの 54 から, が 2 からすんだら帰っ, からどうぞ, か親分, の, わ

1 [39件] からどんな, からなまた, からね何だか, からね帰っ, からほんとう, からも一つ術, から向う, から商売, から自分, から誰, があの, がこんな, がその, がそれに, がねもう, がね井筒屋, がまだ, が何ん, が六十人, が坑内, が新, が行方不知, が運, が間淵, けどどうも, しなにか, しもし, し自分, ぜ, その人, つて, ものねえ, よあの, よでも, よとは言つて, よと言つて畠山, よ約束, 伝八さんは, 親分

▼ きりしない~ (78, 0.7%)

4 ところが 2 と言つて, のである

1 [70件] うちは, かも知れない, からでございます, から怪しい, が, がお宮, がちやう, がとにかく, が下, が危険, が夏, が少く, が巨, が最後, が極端, が此, が江野村, が突然, が言葉, くらゐだ, けれども哀し, し胃腸, ために, だけの話, で今にも, というよう, とは聞く, と戯曲, にせよ, のでその, ので一旦, ので正三, ので気持, のにとにかく, ほどに慎ましく, ほど巧, ものだ, ものな, ものを, やうな, やうに, やさ男ぶりは, ようにも, わ, んだ, んです, 二重まぶたに, 以上どうにも, 低音で, 処に, 名称で, 嫌疑で, 愛他心とに, 所が, 文章には, 樣子です, 父の, 物だ, 現代の, 立場では, 者は, 自分の, 金の, 陰謀の, 音聲を, 響きの, 響きを, 黒いもの, 黒い物, 鼻の

▼ きり~ (74, 0.6%)

4 とも云わなかった, の便り 3 もいわなかった, も言, も言わなかった 2 の沙汰, の音沙汰, も云わず, も云わない

1 [49件] かの不良記者, かの仕事, とも云わない, とも云われなかった, にもいおう, にもできなかった, にも云え, にも云わなかった, にも分らず, にも問, にも聞こえない, にも言わなかった, にも食う, のお, のこと, のたより, の変り, の役, の智能, の気, の気配, の証拠, もいえなかった, もいはない, もいわず, もし, もない, もはっきり, も云, も云いませんでした, も云はず, も云わなかった, も云われない, も出さなかった, も分らなくなった, も問わなかった, も後, も持っ, も教, も言はず, も言わない, も話, も話さなかった, も説明, も食はん, をする, を云われよう, を尋ね, を見る

▼ きりだった~ (68, 0.6%)

3 がその, のである 2 ことが, ということ, のが, のです

1 [54件] かね, かも知れない, からです, から甘く, から食事, が, がさすが, がそのままそう, がその後, がそれ, がだんだん, が何, が何度もと, が俺, が其後, が千鶴子, が夜, が如何にも, が嬉し, が平一郎, が後, が心, が昨日, が用, が葉子, けれど, けれど私, さぶ, し死, し泣く, すなわち月, せいか, そうです, その義兄, っけそれにまた, という事, とか, とき伸子は, と中村啓次郎氏, な, のか, のでこの, のですこし, のでもう, ので久しぶり, ので又, ので漢代, ので珍しく, ので頭, のに, のね, ものです, んです, 灯が

▼ きり~ (68, 0.6%)

19 つけて 3 して 2 つけた, つけなければ

1 [42件] いたしますけれども, おつけなさい, ぐっと奥, こちらまで, さがしだして, さして, したが, しては, しなければ, しませう, しもしか, たて, たてて, つくるのに, つけずに, つけたと, つけたの, つけたらいい, つけたらどう, つけようと, つけるとき, つけるよ, つける必要, つけ主, つけ故郷, つけ食べさせて, のこして, のりこして, はじめてる, やたらされない, やった, 信じるよりも, 吹いた, 吹きわらじ, 持つた娘, 煽動する, 立って, 聞いた事, 越えて, 距てた, 閉て, 閉めて

▼ きりしか~ (62, 0.5%)

5 なかった 3 ない 2 いかなかったが, ないの, ないん, 來ない, 歩いて

1 [44件] あげられませんよ, いけとか, いないしん, いないの, いないん, いない場合, いなかった, いなくて, この部屋, さして, ないが, ない内庭, ない自分, ない若い時, なかつた, なくその, みませんでした, ゐないほど, ゐないん, ゐなかつたの, 三吉には, 会ひません, 住んで, 入つて, 出て, 召し上らなかったん, 商売が, 娘へは, 居ないの, 居合は, 帰らなかった, 知らない, 知りません, 私知らねえ, 著て, 見せられなん, 見て, 覺えて, 記されて, 詩を, 讀んで, 足りないよ, 通ったこと, 鳴らない遠慮

▼ きり~ (61, 0.5%)

8 つて 3 つた, へない 2 つたら好, へば, へよ

1 [41件] えない, つたこと, つたね, つたら好い, はう, はない, はなかつた, はね, はれると, ひたいこと, ひたいの, ひたかつたけれども, ひなさい, ひますが, ひますと, ひ含めて, ひ現, ひ表, ふけれども, ふこと, ふことは, ふてみい, ふとあんた, ふと信州, ふと僕, ふと僕等, ふの, ふもの, へばあなた, へばわが国, へばサイパン, へば僕, へば太宰治氏, へば日本, へば築地座, へば素人, へます, へること, へるで, へる人間, へる醫者

▼ きり~ (53, 0.4%)

5 つた, つて 3 ふが 2 はない, ふがい, ふと私, ふの, へば僕

1 [30件] はなく, はなけれ, ひきります, ひきること, ひきるの, ひなさいよ, ひのこして, ひは, ひますが, ひ切ります, ひ切れないで, ひ切れるやう, ひ得るといふ, ふさうで, ふとこの, ふと不安, ふと毒害, ふと漠然とした, ふ事, ふ手, ふ手数, へ, へない, へば, へばもう, へませぬ, へるけれど, へること, へるやう, へる自分

▼ きりでは~ (51, 0.4%)

6 なかった 2 あるが, ない, 余り有難く

1 [39件] ありましたが, ありませんか, いない, いられない様々, おれが, さびしかろう, その限数, つまらないじゃ, ないか, ないやう, なかつた, なくても, なんだか天然石, はかりごと, やはり同じ, ゐられない, ゐられなかつた, 不便だ, 人手不足じゃと, 会えなかったと, 余り淋しく, 到底考え及ばない, 君の, 困りもの, 困るでは, 大したこと, 少うし, 居られないからと, 平次の, 心細かつ, 恐らく何, 我慢が, 手な, 手を, 楽隊は, 決して夢, 済まなかった, 解決できない, 誰でも

▼ きり~ (51, 0.4%)

4 しないが 3 わかりません, 分らない 2 して, 言へ

1 [37件] いれなかった, こあめに, しやいだ, ないから, ないが, ないけれども, ないさ, ないつまり数, ないわ, ない全集, なく, なれて, ひつきりなしに, よして, わからない, わからなかつた, わかりませんでした, 上の, 云へ, 伺わなかつたん, 倒れさうに, 分りませんが, 判つて居なかつた, 判りません, 宵より, 心細いが, 月当番です, 無えんだ, 知らないん, 知らぬが, 知らんが, 考へて, 見えなかつた, 見なかつた, 訣らない, 誰も, 變ぢや

▼ きりとは~ (49, 0.4%)

2 して, 覺えて

1 [45件] あなただって, いって, いひも, いへ, おぼえませぬが, きこえなかつた筈, きめたくない気持, その顔, なさるまい, わかつて, わからないらしかつ, わからないん, わからぬが, ホテルの, 分らない乍ら, 分らない複雜, 判らない只, 印象され, 埒が, 心細いです, 思つてゐなかつた, 思ひ出せないが, 捉へ, 浮ばなかつた, 現われて, 申し上げられません, 申し上げられません然し, 確かに, 答えられまいが, 答へ, 考へて, 見えず夏, 見えないくら, 見えないなん, 見えない程, 見えなかつた, 見られないが, 見分けられない位, 見得ないその, 覚えない, 覚えませんけれど, 解らない, 解らなかつた, 言へ, 認めなかつた

▼ きり~ (44, 0.4%)

3 君は 2 やめに, 目に, 絹は, 麗さんは

1 [33件] じゃみさーあ, つし, 久美坊は, 会いできぬよう, 別れしちゃった, 別れに, 北の, 台所方に, 夜食も, 姿を, 宅へ, 小使銭としては, 店へ, 延の, 感じに, 教へ, 末の, 決めに, 濱の, 由羅を, 痩せに, 目にか, 秀さんは, 答へ, 経は, 蓮様も, 見えに, 訪ねすること, 訪ねは, 近さんに, 返事を, 逢いしたこと, 雪からは

▼ きり~ (44, 0.4%)

5 ないが 4 りを 2 そうぞうしい点, なく並べた, なく何

1 [29件] ありません, あるまいが, うその, きったり, せずじっと, つて行動した, ない, ないし, ないほど, ない程, ない連続ドラマ, なくそう, なくグチ, なくヒッパタ, なく大きくなっ, なく往復, なく忙しい, なく次, なく点前, なく話し出し, なく通りすぎたが, なく頷いた, なしに, ねえ話, りと, 一度競争を, 些と, 越年する, 際限も

▼ きりその~ (43, 0.4%)

42 中に

1 [37件] お星さま, ほかでは, 人を, 効果を, 友人の, 場に, 声は, 声を, 夜の, 夜姿を, 女を, 娘が, 娘を, 子の, 子は, 尺八も, 意味が, 支給を, 日の, 日は, 晩から, 横穴に, 次は, 歴史を, 気ちがいの, 水門も, 特殊性を, 眼の, 節を, 背後に, 親爺さんも, 質問を, 赤い長上衣, 障子は, 飛行士は, 馬車は, 鷹らしい

▼ きり~ (41, 0.3%)

2 は彼女

1 [39件] からお断り, が思はぬ, が眠つたの, といふもの, に感じられた, に教, に逢, のこと, のところ, の傍, の全体, の左, の手, の母, の父, の生活, の目, の眼, の見かけなかつた, はお, はす, はその, はまた, はイエ, は世の中, は会えなかった, は何ん, は太宰, は彼, は彼等三人, は文字通り御無沙汰, は智恵子, は牡丹刷毛, は知りません, は籠球部, は行っ, は黙りこん, も二の句, も急がしい

▼ きりさせ~ (40, 0.3%)

4 ておかなけれ, ておく 3 ておきたい 2 て置く

1 [27件] それに, ているでしよう, てお, ておいた, ておおきに, ておかない, ておかなくつ, ておきます, ておけ, てから入らなけれ, てくれ, てしまふ, てその, てなる, てみたい, てゐた, てゐる, て永遠, て相手, て置い, て置かない, て置かなけれ, て自他, て頬, ながらぐんぐん, 奥さんの, 意味の

▼ きり黙っ~ (39, 0.3%)

11 てしまった 6 ていた 3 ている 2

1 [17件] ていよう, ているでしょう, てお茶, てしばらく, て了, て坐っ, て居た, て彼女, て戻っ, て歩いた, て気味悪く, て煙草, て盃, て眼, て石像, て考えこん, て舟

▼ きり~ (38, 0.3%)

9 を噤んだ 6 を緘 5 を噤ん 3 をつぐん 2 に出す

1 [13件] がきけません, が彼, に出された, に出し, はきかない, へ狐狗狸, も頬, をあまり, をきい, をモゴモゴ, を利かず, を利かない, を噤む

▼ きりそれ~ (35, 0.3%)

2 を見

1 [33件] から十二年ただ一度, が不可能, が最後, が遂に, であろうと, といふひと, とおと, とわかる, と思われる, と意識, と指さ, と氣, と知れる, と自覚, と見分, と見違えた, と覚え, には答, には答えない, には返事, に応, に木, に違, は, は慈海, もお前さん, を云わぬ, を吸おう, を知らされたら, を知らん, を知る, を見た, を言

▼ きりもう~ (32, 0.3%)

4 死んだ人間 2 帰つて来ない

1 [26件] お前さんと, きこえなかった, きこえなかつた, そのこと, それに, どなたにも, まる一年, やって来なかった, 一とことも, 一年も, 二度とは, 二週間も, 何とも, 何も, 僕は, 前へも, 十日にも, 咽喉が, 大分に, 姿を, 帰つて来なかつた, 彼女とは, 書きませんと, 私に, 青いもの, 顔を

▼ きり覚え~ (32, 0.3%)

12 てゐる 7 てゐない 2 ていない, ている, てゐた, てゐません 1 がない, てはいなかった, てはゐない, てゐました, てをります

▼ きり~ (30, 0.3%)

2 に浮ぶ, ばたき, をあい

1 [24件] がありません, が見えなくなった, が醒, が醒めた, に映, に浮かべる, に浮べる, の前, をあかず眠りつづけ, をあけ, をさまさない, をさまさなかった, をそらした, をみ, を刳りぬかれ, を廻し, を据ゑるべき時機, を皿, を見開い, を覚まし, を通し, を閉じ, を開い, 覚めて

▼ きりであった~ (29, 0.2%)

3 がその 2 がお, がやがて, のが

1 [20件] から, から再会, から千鶴子, がそれ, がそれでも, がまあ, が与八, が心, が父親, が苦悶, ことと, ことを, と四天王寺, にせよ, のだ, のみならず, 七年の, 叔母が, 手紙出し, 甲賀世阿弥も

▼ きり意識~ (29, 0.2%)

8 して 2 した, しながら, の分裂

1 [15件] させたの, されて, したこと, した譯, しなかつたに, しなくなるため, すること, すると, するところ, するには, する力さ, せられる時, に上つて, を失っ, を失つた馬鹿者

▼ きり~ (28, 0.2%)

10 當が 8 當も 1 ざあなるめえ, ていない, てとつた様, てゐた, てゐない, てゐる, て迷夢, 得を, 拔くだけ, 當は

▼ きりにな~ (27, 0.2%)

7 つてし 3 つてゐた

1 [17件] つたのである, つたのを, つた孫息子の, つてしまつた様です, つてしまつて, つてすつかり, つてたんだ, つては, つてひどく, つて世間を, つて又, つて居, つて居た, つて居りました, つて底意地悪い, つて彼の, つて手も

▼ きり~ (27, 0.2%)

3 を見せなかった 2 も見せない, をだす, を剃る

1 [18件] からは血の気, がなかなか, が見えない, さえ出さない, もみせない, もみなかった, も上げない, をあげなかった, をひっこめ, をふせ, をみせない, を見せない, を見せなく, を見せなくなった, を見せなくなる, を見た, を見合せ, を見合せた

▼ きりする~ (25, 0.2%)

2 やうに

1 [23件] あまり句は, かと思ひ, かも知れん, が, が後に, が過渡期, ことは, ぢや, と共に尋常, と半ば音, と思はれる, と自分, につれ, にはする, のです, まで京野等志, まで待つ, もので, やうな, 口で, 眼の, 訳であります, 訳です

▼ きりとして~ (25, 0.2%)

3 ゐた 2 来た

1 [20件] その作中, よし, ゐて, ゐない, ゐる, ゐるの, ゐるやう, ゐる気, 山よりも, 広い空間, 最初の, 来た次第, 来て, 来るので, 来るもの, 此邸の, 流動的波動的に, 睫毛の, 青いさらに, 青い蜜柑

▼ きりながら~ (25, 0.2%)

1 [25件] いつまでも, かぶった手拭, ご府内名うて, さっそく命令どおり近く, しかも強く, つまらなそう, はやしを, やりかえした, ニヤリと, 一行に, 今名主樣, 入って, 叫んだ, 合間合間に, 向こう岸に, 徐州城へ, 息を, 感動の, 暑い夏, 立って, 給仕人は, 裁判官の, 身を, 進んで, 頭の

▼ きり~ (25, 0.2%)

4 をあげた 2 で叫び続けた, で叫んだ, で呼びあっ, をあげ

1 [13件] がひびいた, が疾風, が聞え, が聞えなくなっ, でさけんだ, で呼び廻っ, で悲鳴, は沈黙, も出さなけれ, も出なかつた, も思う, も聞えなくなっ, や悲鳴

▼ きりである~ (24, 0.2%)

2 がしかし

1 [22件] かのよう, からその, からわたし, がかれ, が乗鞍岳, が人情, が其外私, が友田喜造, が壁, が昔, ことに, ことや, ことを, ということ, という例, という返事, とつねに, と申, やうな, 即ちワキ, 彼は, 所へ

▼ きりない~ (24, 0.2%)

2 よ, んだ

1 [20件] から一時預け, ことそれも, ざわめきによ, その奥, のだ, ので時間, ものです, ものは, ディオゲネス・ラエルチオスを, 二階の, 左腕に, 左膳の, 栄三郎の, 歌を, 目を, 笑いの, 自動車や, 草葺家に, 譴責と, 部屋に

▼ きりなく~ (24, 0.2%)

1 [24件] こぼれ飛ぶ, てハ, クレインが, 不安だ, 人や, 出かけられた, 午後の, 去来する, 徂来する, 歎き悲しむ, 浴びるので, 涙が, 湧いて, 笑は, 笑ひころげた, 続く, 走らせて, 通りすぎた, 釣竿二つ三つは, 降りか, 降りかかる翠, 音し, 駆け過るの, 鳴く

▼ きりまだ~ (24, 0.2%)

4 帰って

1 [20件] お帰り, 一度も, 刑も, 北条様の, 帰つてゐなかつた, 帰つて来ない, 帰つて来ないらしい, 帰りません, 帰りませんよ, 戻つて, 機械的に, 歸らぬ, 活字にな, 灯影の, 片づきませんとも, 眼を, 知りません, 行かない気取つて, 訊かないの, 題名さえも

▼ きりじゃ~ (23, 0.2%)

3 ありませんか 2 ないか, ないよ

1 [16件] あるまいし, だんなは, とても怖く, ない, ないこと, ないの, ないので, ないん, ない四階, ねえか, ねえん, ア, アない, 何か, 余り少い, 居られなくなって

▼ きりでした~ (23, 0.2%)

2 から, ね

1 [19件] からがらん, からまもなく, から当然, から遠慮, が, がことし, がその, がそれでも, が信之, が夜, が熱, が矢, が魏主曹叡, けれどもまだ, しそのうえ, ねえ, の, ので, 話でした

▼ きり二人~ (23, 0.2%)

3 はまた 2 とも黙っ, は口, は暫く

1 [14件] とも口, とも行っ, とも長く, の声, の子供, はその, は再会, は容易, は小田切大使, は神妙, は顏, は黙っ, は黙った, は黙り込ん

▼ きり~ (23, 0.2%)

3 てゐる 2 てこない, て居る, て来ない

1 [14件] そうと, ていこう, ていった, ていなかった, てお株, ても参らず, てゐ, て伝六, て來, て居ります, て景気, て来なかった, て来る, て行かなかつた

▼ きりこの~ (21, 0.2%)

2 中に

1 [19件] とほり, ふたりの, まま永久に, ガラスの, レンズの, 土地では, 夜中に, 女と, 奴と, 娘は, 子は, 寝起きの, 少年には, 店を, 心理を, 目で, 眼で, 私と, 騒ぎは

▼ きり姿~ (20, 0.2%)

3 を見せなかつた, を見せませんでした, を隱 2 を見せなかった 1 は見えなくなりました, も見せない, も見せなかった, も見せません, を消し, を現, を見せず, を見せぬ, を見せる

▼ きりあと~ (19, 0.2%)

1 [19件] では忘れ, の事, の句, の言葉, はあたり, はずっと, はなん, はほとんど, はまた, は今朝, は何, は何ん, は前, は濁し, は物, は知らん顔, は誰, は鳴かないらしく見える, は黙っ

▼ きり~ (19, 0.2%)

2 え, 僕は

1 [15件] えが, えさえ, えの, えや, えを, お妙, かすみの, そこは, それとも紛失, へるもの, 一つきりぢや, 一向下らん, 一羽啼き, 八, 知ら

▼ きりさせる~ (18, 0.2%)

3 ことは

1 [15件] か, ことが, ことに, ことを, だけである, というの, ばかり決して, んです, 必要が, 時にだけ, 爲めだらう, 爲めに, 習慣は, 要が, 説明的な

▼ きり~ (18, 0.2%)

4 やない 2 や仕

1 [12件] つと考, つと見つめ, や, やありません, やお話, やつまんない, やねェか, やまだ, やア, や唯, や木戸錢, や證據

▼ きり~ (18, 0.2%)

2 烟草輪に

1 [16件] ちぢらしたる, つなげら, 中入の, 主従の, 他国へ, 佶屈に, 同じく上, 大き烏吉野, 崖を, 掛るほか, 死たり, 溢るる, 與之, 西進す, 見ゆ, 首の

▼ きり知つて~ (18, 0.2%)

2 ゐるの

1 [16件] おきたいと, しまつて, ゐた, ゐたならば, ゐたのに, ゐた詩人, ゐて, ゐないやう, ゐない訣, ゐる, ゐるか, ゐるので, ゐるもの, 其の地方, 置く必要, 頂くため

▼ きりという~ (17, 0.1%)

2 ことは

1 [15件] ことに, つもりで, のが, のなら, のは, のも, ような, わけで, わけには, 世にも不思議, 信条は, 口調を, 始末この, 形に, 有様さ

▼ きりまた~ (17, 0.1%)

1 [17件] うとくなっ, ぐっと水底, しばらく沈默, すぐ絵筆, そっとお, 口を, 徳願寺へ, 白い画箋, 盤面を, 草を, 言葉が, 謹聴の, 静まって, 静まり返った, 顔を, 默つてし, 黙って

▼ きり云つて~ (17, 0.1%)

1 [17件] おきたいこと, おくに, ご覽, みたま, るぢ, ゐる, ゐる以上, 再び藤枝, 呉れ, 呉れる人, 呉れ結婚, 寄越して, 御覽, 直ぐに, 置くが, 見たらい, 頼むなら頼むではつきり

▼ きり帰っ~ (17, 0.1%)

7 て来なかった 4 て来ない 2 てきませんでした 1 てこない, てこなかった, てまいりませんでした, て来ぬ

▼ きり~ (17, 0.1%)

2 は彼女

1 [15件] に伝える, のす, の姿, の行方, の顏, はおそらく, はどこ, はもう, は化石, は根気, は根氣, は肘, は腰, も山, も田園

▼ きり見え~ (17, 0.1%)

3 てゐる 2 てしまふ, てゐた 1 たりした, てくる, てゐました, てゐるで, て來, て春めいた, て来た, て来る, て炎天, 魚の

▼ きり~ (16, 0.1%)

3 うと 2 うとは, う言 1 うだと, うだとい, うなるか, う云つた方, う喚いたの, う申します, う答, そしてそれ, つぱりとしてしまつて

▼ きり~ (16, 0.1%)

2 きりり

1 [14件] いうて, うさ, うさといふ, うさへ, うだつて, おもち, がったん, がって, きりきり, きりきりや, きりりとめぐる, ほろろ, ッて, 雲も

▼ きり見える~ (16, 0.1%)

3 のは 2 のが

1 [11件] かのやう, ために, ぢや, のです, までに近寄つた, やうでした, やうな, やうに, 姉さまの, 病人の, 程変つてし

▼ きりいつ~ (15, 0.1%)

2 までたっ, までも帰っ

1 [11件] て下さい, までもお, までもだまっ, までも今市, までも出, までも広目天, までも立ち上らう, まで待っ, まで経っ, まで顔, 迄たっ

▼ きりぎし~ (15, 0.1%)

2 に生, に通, の, のあや, の上 1 にし, に囲まれた, に立つ, のその, をゆく

▼ きりしばらく~ (15, 0.1%)

1 [15件] だまつ, なんの, は一言, は何, は動かなかった, は唸っ, は天空, は姿勢, は茫然, また元, 動かない, 昏睡状患で, 立てなかった, 顔出しを, 黙って

▼ きりつと~ (15, 0.1%)

1 [15件] あが, かけて, 包んだ, 威厳を, 晴衣に, 煮しめりや, 男の, 緊つた筋肉が, 緊つた身體は, 緊まつた, 締つた小さい, 締まるそこ, 締めて, 腰で, 襟もとを

▼ きり~ (15, 0.1%)

1 [15件] がまた, が女, が途切れた, つけないこと, にならねえ, はきれ, は他, は立消え, は進まなかった, をきく, をつけよう, をつづけよう, をやめ, をやめた, を他

▼ きり上げ~ (14, 0.1%)

2 て八五郎

1 [12件] てお, てこられる, てこれから, て停車場, て宇田川町, て店口, て座, て文学, て新潟, て最初, て来た, て門

▼ きり何とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] いつて, いはないで, その事, その言葉, 云い出さなかった, 云って, 云は, 口を, 彼の, 答えませんでした, 言って, 言は, 言ひません, 言ひませんでした

▼ きりなし~ (13, 0.1%)

2 の人

1 [11件] とは行かなかつた, に, にあり, にし, に走る, のすき, のつぶ, の電車みたい, 下見て, 云ふもん, 自動車だの

▼ きり返事~ (13, 0.1%)

4 をしなかった 2 をし 1 がない, はない, もしなかった, もせず, をした, をしない, をしませんでした

▼ きり~ (13, 0.1%)

2 の中, を重た 1 がどうか, が上がらなくなりました, に入, に描き, に浮ばなかつた, に白髪, のなか, も上げない, を頑強

▼ きりどこ~ (12, 0.1%)

2 へ行った 1 かへ出, かへ姿, かへ行っ, からも風, にある, にいる, にも姿, のなに者, へも出, へ行

▼ きりわかる~ (12, 0.1%)

2 のだつた, やうに, 時が 1 からである, ぜ, と思う, のである, のは, もので

▼ きり忘れ~ (12, 0.1%)

2 ていた, てしまひました 1 てい, ていました, てしまえ, てしまつたの, てゐた, てガラツ八, て上げよう, て了つた

▼ きり~ (12, 0.1%)

6 へた 1 へて, へてごらん, へられる, へること, へるの, へるやう

▼ きりあの~ (11, 0.1%)

1 [11件] かたの, グリゴーリイ・グリゴーリエ, 予言者だ, 人の, 女が, 家へは, 病人に, 英國人の, 軍人に, 重い箪笥, 黒奴の

▼ きりしなかつた~ (11, 0.1%)

2 のです 1 からである, が彼, けれどもとにかく, ことこれは, としてひろ子, のだ, のである, んです, 時代も

▼ きりなら~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつしも, えいが, お代は, それを, よいが, アパートなんか, 大した妙, 役所の, 木戸は, 沢山じゃ, 淋しいと

▼ きり消息~ (11, 0.1%)

2 がない, もない 1 がなかつた, の知れない, はありませんでした, をだれ, を知る, を絶っ, を絶った

▼ きり~ (11, 0.1%)

2 に殘つて 1 からふきだす, がさめ, が覚めた, さめた意識, についた, に浮べる, の前, をさまし, をつぶっ

▼ きり記憶~ (11, 0.1%)

6 して 2 に殘つて 1 えてゐなかつた, に彫みつけ, に浮ぶ

▼ きり~ (11, 0.1%)

1 [11件] にもわからなかった, にも顏, の仕業, も何, も出, も博士, も口, も手, も来なかった, も現, も知

▼ きりこれ~ (10, 0.1%)

1 と読者, なら多少, はいけない, は地獄, は自分, は頭髪, もぎっくりと, も返事, を上, を五里下流

▼ きりでございます~ (10, 0.1%)

2 からね 1 から何かと, から旦那, から決して, から順序, の, むかしも, もう十五, よ

▼ きりなかっ~ (10, 0.1%)

62 たん 1 たので, た一つ

▼ きりなかなか~ (10, 0.1%)

4 出て 3 帰って 1 戻って, 抜けなくなり一日, 私の

▼ きりわからない~ (10, 0.1%)

1 がその, くらゐである, ことは, ことを, つていふ, のである, のでその, ものが, んです, 場台でも

▼ きり分つ~ (10, 0.1%)

2 て居る 1 てい, てき, てくる, てゐ, てゐた, て來, て參, て来

▼ きり~ (10, 0.1%)

2 の中 1 がふえ, とは縁, に残された, へも帰らず, へ入れない, へ帰っ, へ歸ら, を建てよう

▼ きり帰らない~ (10, 0.1%)

2 ので一人ぼつ 1 おさよ, との話, と心配, のでお, ので幻滅, よ, 若松屋惣七の, 門之

▼ きり~ (10, 0.1%)

2 の目 1 と百合さん, の病気, の臨終, の顔, はずっと, は堅く, は滋幹, をど

▼ きり自分~ (10, 0.1%)

2 にもわかつ 1 だけには見え, の, の代り, の容体, の愛, の気持, の部屋, も涙ぐん

▼ きり行方~ (10, 0.1%)

2 がわかりません 1 がわからず, が判らない, が知れない, が知れなくなった, が知れません, もわからず, 知れず, 知れずに

▼ きりお前~ (9, 0.1%)

1 と旦那, に前座同様, に恥い, の居どころ, の耳, の脣, はうん, は帰っ, は私

▼ きりさせなけれ~ (9, 0.1%)

3 ばならぬ 2 ばならない 1 ばと思ひます, ばと思ふ, ば気, ば選そのもの

▼ きり~ (9, 0.1%)

32 と教 1 ぐとごめんやすとやるわけにもゆかず安兵衛ことごとく, との子, と教國人, ひこんで

▼ きりそこ~ (9, 0.1%)

1 から動い, が言, に手, に立つ, の奥さん, の玄関口, の玄關口, の縁, を通りすぎ

▼ きり~ (9, 0.1%)

3 とした 1 として主将, として叱っ, としまった, と出来あがった, と蕾んだ, と裾

▼ きり分る~ (9, 0.1%)

1 たびに, と生半可, のは, のよ, ほどだった, やうに, よ, んだ, 位悲しく

▼ きり彼女~ (9, 0.1%)

1 が答案, に告げよう, の眼, はなんにも, は姿, は次ぎ, は消え, は黙っ, を見る

▼ きり~ (9, 0.1%)

2 がどう 1 が出来ない, が空いて, にはなんにも, のこと, は茶カス, を云わない, を続ける

▼ きり憶え~ (9, 0.1%)

3 てゐる 2 てゐない 1 てゐた, てゐます, てをります, て居る

▼ きり~ (9, 0.1%)

1 である, でモゾ, のつけられない, は武辺者, もふれず, や足, を切っ, を如何様, を触れる

▼ きり書い~ (9, 0.1%)

4 てある 2 てよこさなくなっ 1 てあり, ておきたい, て会

▼ きり言葉~ (9, 0.1%)

1 がとぎれ, が出なかった, が続かなかつた, が途切れた, は発しませんでした, は途切れた, をとぎ, を切った, を濁しました

▼ きり~ (9, 0.1%)

2 ふの 1 つて, ひます, ひますの, ふ, ふね, ふんでね, ふ所

▼ きりそのまま~ (8, 0.1%)

1 お婆さんの, ただれ死にに, になっ, ひきこもって, 取りに, 座を, 彼は, 私たちの

▼ きりでも~ (8, 0.1%)

1 あれが, いい頭, かまわん, 少しと, 捌けようもの, 構わないから, 縛れるで, 退屈なんか

▼ きりには~ (8, 0.1%)

1 して, ならず商売, ならない, なりたいし, なれなかった, 少し大き, 着くん, 違ひありません

▼ きりやうぢ~ (8, 0.1%)

5 やない 1 やありません, やございません, やな

▼ きりやう好み~ (8, 0.1%)

1 ですね, で太田屋, で無理, で貰, で貰つた, の主人五郎次郎, の源吉, や浮氣心

▼ きりやう自慢~ (8, 0.1%)

1 が嵩じた, が昂じ, で, で客, で男, の女, の娘, もあそこ

▼ きりよく~ (8, 0.1%)

1 その悪い, なり隣組, 中途で, 故郷と, 老けて, 脱いで, 見える, 起ち上つた

▼ きり~ (8, 0.1%)

1 ありませんから, でも眼, に帰っ, に帰らない, に帰らん, に至る, もって, 迄と違つた顔付

▼ きり~ (8, 0.1%)

1 からで, つ方, に出かける, に荷物, のこと, の言葉, の話, へは出なかった

▼ きり暫く~ (8, 0.1%)

3 黙って 1 は何, は唸, は次, 音沙汰が, 默つてゐた

▼ きり~ (8, 0.1%)

1 がつかなかった, が狂った, が遠く, にもしない, にも留めず, もない, をうしなっ, を失っ

▼ きり~ (8, 0.1%)

2 を言 1 が見える, になりません, もいわなかった, も見定められない, も食べず, を言つて

▼ きり~ (8, 0.1%)

5 はれて 2 はし 1 はれた横浜港

▼ きり相手~ (8, 0.1%)

1 が相手, が被, にしません, になっ, にもしません, に悟れる, の将校, は唇

▼ きり行方不明~ (8, 0.1%)

2 になつ 1 であった, となつ, にな, になった, になり, になりました

▼ きり~ (8, 0.1%)

2 えてゐる 1 えちや, えてゐない, えてゐません, えて居る, えぬが, がありません

▼ きり言つて~ (8, 0.1%)

2 ゐる 1 おきたい, はゐません, もよい, るぢ, ゐるのに, 置く衝動

▼ きり~ (8, 0.1%)

3 つてし 1 つてしまつ, つてゐた, つて寝, つて戻, つて用を

▼ きりおじさん~ (7, 0.1%)

1 が家督, が納まらなくなった, の名, はその, は三人, は職人, を知っ

▼ きりおぼえ~ (7, 0.1%)

2 てい 1 ていない, ている, ているだろう, ておい, ておりません

▼ きりかと~ (7, 0.1%)

1 いふと, いわぬばかり, 云えば, 尋ねた, 思いますと, 思ッたら, 相變ら

▼ きりすぐ~ (7, 0.1%)

1 にしまひこん, には何ん, またパリ, 二人とも, 恭一に, 新賀, 話を

▼ きりせぬ~ (7, 0.1%)

1 がその, ところや, 以上は, 前に, 感情を, 様に, 間は

▼ きりっと~ (7, 0.1%)

1 した容貌, した態度, した眼, した美しい, した若衆, した顔, した顔立

▼ きりといふ~ (7, 0.1%)

1 ことが, 入山形, 徹夜例で, 楽な, 此の, 氣持な, 貧しい浪宅

▼ きりもの~ (7, 0.1%)

1 の音, もいえなかった, もいわず, もいわなかった, も言われない, をうり, を言わなかった

▼ きりわかつた~ (7, 0.1%)

21 とはむろん, と思ふ, ものは, よ, わい

▼ きり一度~ (7, 0.1%)

2 もその 1 も会っ, も帰らなかった, も手, も見かけない, も訪ね

▼ きり二度と~ (7, 0.1%)

1 おきあがって, ゆかない, 会えない筈, 姿を, 新八を, 目も, 行かなくなったりは

▼ きり強く~ (7, 0.1%)

1 なりました, ハアツ, 吹かなければ, 大西氏の, 履の, 抓りあげた, 擲つたり

▼ きり~ (7, 0.1%)

1 に浮ぶ, に蘇つて, のあり, の表, ばかりの訣別, をうちあけた, をつきとめる

▼ きり想像~ (7, 0.1%)

2 出来るので 1 された, されるので, して, できるやう, 出来る

▼ きり残っ~ (7, 0.1%)

5 ていなかった 2 ていない

▼ きり~ (7, 0.1%)

1 が利かなかつた, が弱く, づいた次第, まづく, を喪, を喪つて, 附いたやう

▼ きり聞え~ (7, 0.1%)

3 て来る 1 てきた, てさちよ, てすぐ, て來

▼ きり見る~ (7, 0.1%)

5 ことが 1 事が, 影も

▼ きり~ (7, 0.1%)

5 つた 1 つたら如何, つて

▼ きり音沙汰~ (7, 0.1%)

2 の無い 1 がない, がなかっ, がなく, なし, なしだから

▼ きりある~ (6, 0.1%)

1 のだ, ので一体振動数, わけで, 人間的な, 小さな飲み屋ふう, 窓から

▼ きりいまだに~ (6, 0.1%)

1 お帰りございません, けえらねえ, 帰って, 帰らねえところ, 恋しい夫, 戻らないさ

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 が滝 1 か, や, やむや, 即飛龍

▼ きり~ (6, 0.1%)

1 きゅう, きゅうという, はに立ち, ゃないっていいますぜ, ゃねえその玉ころが, ッと

▼ きりさせよう~ (6, 0.1%)

1 そういい合せ, としてをられる, とする, と企てた, と決心, と言

▼ きりそう~ (6, 0.1%)

1 その証拠, で危く, とまだ, に見えた, 吩咐けられた, 言いながら

▼ きりその後~ (6, 0.1%)

1 かけ違って, さらにお, のこと, の安否, は手, は杳

▼ きりだつた~ (6, 0.1%)

1 がその, が他, が翌年, し次兄, ので先生, ので荷物

▼ きり~ (6, 0.1%)

5 とした 1 として足

▼ きりついに~ (6, 0.1%)

1 は逃げ出す, 会うこと, 太田の, 学校に, 満足な, 起き上ること

▼ きりもりし~ (6, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ています, てくれた, てゆける

▼ きり~ (6, 0.1%)

1 がぎっしり, がゐない, と話し, には見せず, は分らなかつた, を乗り

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 には何とも 1 には聞き取れなかった, には解つて, の推察通り, は意識

▼ きり再び~ (6, 0.1%)

1 仕事に, 物凄い瞳, 眼を, 行かうとは, 階下の, 馬の

▼ きり出し~ (6, 0.1%)

1 てみた, てゐる, て見せ, にくくなる, に自分, 兼ねる樣子

▼ きり出た~ (6, 0.1%)

4 のは 1 あいきょう者ともどもうしろへ, ことが

▼ きり分らない~ (6, 0.1%)

1 が之, が斯, けれどとにかくもう, と云, のであります, んです

▼ きり判る~ (6, 0.1%)

1 ことだ, とお, のである, のでした, のです, やうに

▼ きり区別~ (6, 0.1%)

2 して 1 されない前, されると, するやう, する尺度

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 なく 1 かれら, 暫くは, 筵の, 見えなくなって

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 になっ 1 が更け, に別れました, の間, は艶かしく

▼ きり好く~ (6, 0.1%)

1 なつて來, 家の, 振り離して, 晴れた朝, 片づけて, 解るよ

▼ きり帰つて~ (6, 0.1%)

4 来なかつた 1 来ず窓, 来ないこと

▼ きり~ (6, 0.1%)

1 が絶えた, もつかれねえ, も絶えだえ, をお, をつめ, を引取

▼ きり感じ~ (6, 0.1%)

1 てはゐた, て来た, て置かう, ながらなんと, わけて, 絶えずその

▼ きり手紙~ (6, 0.1%)

1 と金, のこと, も出さず, も寄越さず, をかきません, をよこしません

▼ きり拓い~ (6, 0.1%)

2 て来た 1 てこの, て宅地, て進ん, て飽くまで

▼ きり~ (6, 0.1%)

1 へてくれる, へてちやうだい, へて下さい, へられ, へられた, へられなかつた

▼ きり残つて~ (6, 0.1%)

3 ゐた 1 ゐる, ゐるにもか, 居ての

▼ きり浮ん~ (6, 0.1%)

2 でゐました 1 でくる, で來, で来た, で来る

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 のやう, のよう 1 に足弱, に足弱惱

▼ きり立っ~ (6, 0.1%)

2 ていた 1 ている, ているで, て利根川, て動かなかった

▼ きり考へ~ (6, 0.1%)

1 たりする, てみた, てみなかつた, てもみない, てもみなかつた, ても見ず

▼ きり聞いた~ (6, 0.1%)

4 のが 1 あの女らしい, のは

▼ きり~ (6, 0.1%)

1 がひどく, には水, に来ない, に来る, に浮ん, も裂け

▼ きり自覚~ (6, 0.1%)

2 した 1 いたさなければ, して, しない以上, するの

▼ きり~ (6, 0.1%)

2 うごきも 1 につけ, の内, の魚, を烈しく

▼ きりあけた~ (5, 0.0%)

5 口が

▼ きりきい~ (5, 0.0%)

1 ていただきたい, てゐる, て下さい, て来た, て見ます

▼ きりすれ~ (5, 0.0%)

1 ばあと, ばおの, ばかう, ばもうどう, ば異議

▼ きり~ (5, 0.0%)

3 きりと 1 きり鈍つた心を, ぼんの

▼ きりそして~ (5, 0.0%)

1 そこまでは, そのまま, その限り, たいて, 胴中から

▼ きりだったら~ (5, 0.0%)

1 あの人, おそらくとうの, こんな風, 一寸いや, 僕は

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 ないし 1 いるが, きりと, つちかの側

▼ きりふたたび~ (5, 0.0%)

1 口を, 帰って, 稲荷の, 読書に, 起ちえなかったの

▼ きりふっつり~ (5, 0.0%)

1 と煙草, と踊り, 思い切って, 母の, 消息の

▼ きりょう~ (5, 0.0%)

1 です, ですから, ですよ, に自信, を鼻

▼ きり~ (5, 0.0%)

1 こんな無理, しずかです, それからあ, なし, ふの

▼ きりわからぬ~ (5, 0.0%)

1 いやはつきり, ながらともかく, ものが, やうで, 絵が

▼ きり一言~ (5, 0.0%)

2 もなかっ 1 もいわない, も云わなかった, も口

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 はない, へない 1 ふことも

▼ きり何ん~ (5, 0.0%)

2 にも言 1 とも云い出さなかった, の合圖, の發展

▼ きり何処~ (5, 0.0%)

1 かへ入寇, かへ行っ, に居る, へ行った, まで行っ

▼ きり便り~ (5, 0.0%)

1 がなかつた, もない, も来なかった, も知れなかった, をし

▼ きり全く~ (5, 0.0%)

1 の水入らず, 分らなかった, 忘れて, 死にたいとは, 黙り続けて

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 な人 1 のこと, の作, の家

▼ きり取り残され~ (5, 0.0%)

2 ていた, てしまった 1 てしばらく

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 に急 1 外れに, 學の, 衝突を

▼ きり大きな~ (5, 0.0%)

1 声で, 声を, 欠伸を, 眼玉を, 腕を

▼ きり~ (5, 0.0%)

1 つくこと, てしまつたの, て居る, る時, 付かれない何處

▼ きり少く~ (5, 0.0%)

1 なつて, なりました, なり低く, なるの, なるので

▼ きり悪魔~ (5, 0.0%)

2 の仕業 1 がう, だん, のいた

▼ きり感じた~ (5, 0.0%)

1 という風, と云つて, のだつた, のである, のでございます

▼ きり持っ~ (5, 0.0%)

2 ていない 1 ていません, てきてない, て来

▼ きり斷つて~ (5, 0.0%)

1 ある, 堅く唇, 居ります, 置きます, 置く

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 に野原 1 だちに, に云, に云いました

▼ きり歸ら~ (5, 0.0%)

1 ず今朝, ず内儀, ず氣, なかつた, ぬと

▼ きり殘つて~ (5, 0.0%)

2 ゐた 1 ゐるその, ゐるので, 居るの

▼ きり~ (5, 0.0%)

3 上げて 1 上げたいん, 上げると

▼ きり示し~ (5, 0.0%)

2 てゐた, てゐる 1 てくれる

▼ きり立つ~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 て來, て居た, て頭

▼ きり~ (5, 0.0%)

1 が聞えずなった, にきき, についてきた, に響いた, の底

▼ きり聞える~ (5, 0.0%)

1 かどうか, これは, ばかり, やうに, 雷様の

▼ きり~ (5, 0.0%)

2 をたて 1 に池, をかけられる, を張りあげ

▼ きり~ (5, 0.0%)

1 が少く, が白菊, だが, を机, を駕

▼ きり行方不知~ (5, 0.0%)

2 になつ 1 になつて, になつてしまつた相, になり

▼ きり見せ~ (5, 0.0%)

1 てくれる, てゆく, てゐた, て来た, て行儀

▼ きり解らない~ (5, 0.0%)

1 ことだ, ぞこの, と思つた時, ので, のです

▼ きり解る~ (5, 0.0%)

1 ぞ, のである, ので彼, 路を, 部分が

▼ きり言う~ (5, 0.0%)

1 がそんな, と好き, と母さん, わ, んです

▼ きり離し~ (5, 0.0%)

1 てしまった, てただ, て今日一日, て逃げ, もしない

▼ きり默つて~ (5, 0.0%)

3 ゐた 1 しまつ, もうすつかり秋めいて

▼ きりいへ~ (4, 0.0%)

1 ば商業劇場, ば洲崎, ば淫賣, ば社会

▼ きりうつむい~ (4, 0.0%)

1 ている, てさも, てしまっ, てしまった

▼ きりおれ自身~ (4, 0.0%)

4 このおれ

▼ きりかれ~ (4, 0.0%)

1 に感じさせた, のまえ, の相手, はうとうと

▼ きりさせたい~ (4, 0.0%)

1 ためだった, のです, ものである, 氣が

▼ きりしてる~ (4, 0.0%)

1 でせう, と思ふ, やうで, よ

▼ きりしなく~ (4, 0.0%)

2 なつて 1 ては歌舞妓芝居, ても正直

▼ きりずっと~ (4, 0.0%)

1 うつむいたまま, お目, 会ってないそいつ, 忘れて

▼ きりつい~ (4, 0.0%)

1 ていない, て浅川さん, どこかへ, 仕舞ひ忘れ

▼ きりつかん~ (4, 0.0%)

1 でいなかったらしい, でおい, で無駄, で裝飾

▼ きりどう~ (4, 0.0%)

1 したら曹操, して, すること, にもならず

▼ きりどうしても~ (4, 0.0%)

1 橋一つ隔てた, 起きないから, 起きないん, 顔を

▼ きりなんと~ (4, 0.0%)

2 も言わなかった 1 もいわれませんでした, も云わない

▼ きりぴつ~ (4, 0.0%)

4 たり戸

▼ きり~ (4, 0.0%)

4 きりと

▼ きりやはり~ (4, 0.0%)

1 そこに, 返事を, 默って, 黙って

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 きりりとゆるやか, っとこう, としてしかも, ッと

▼ きりわかつ~ (4, 0.0%)

3 てゐる 1

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 と区別, には誰, に何一つ, の方面

▼ きり倒し~ (4, 0.0%)

1 その一部, てしまう, てはきこり, みごとな

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 にあっ, に握られ, の噂, は次

▼ きり~ (4, 0.0%)

2 らしくなつ 1 らしい寒, 近い日没

▼ きり分つた~ (4, 0.0%)

1 が最後, のである, のは, 気が

▼ きり分りませぬ~ (4, 0.0%)

1 が何年頃, が兎, が後, が近頃

▼ きり~ (4, 0.0%)

2 つた, つて

▼ きり別れ~ (4, 0.0%)

1 てしまいました, てしまう, てゐる, を惜しん

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 にいだい, にはあんなにいそいそ, には出ない, を向い

▼ きり取り合~ (4, 0.0%)

3 はない 1 ひません

▼ きり容易~ (4, 0.0%)

2 に口 1 にうごかなかった, に二の句

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 がほんのり, つ, の社, の見える

▼ きり帰らず~ (4, 0.0%)

1 じまいに, に品川, 今は, 消息も

▼ きり御無沙汰~ (4, 0.0%)

1 しちまって, しちまつて, して, をし

▼ きり思ひ浮べる~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, といふ

▼ きり戻っ~ (4, 0.0%)

2 て来なかった, て来ません

▼ きり戻つ~ (4, 0.0%)

2 て来ない, て来なかつた

▼ きり持つ~ (4, 0.0%)

1 てはゐない, てゐたい, てゐなかつた, てゐる

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 つたさうで幾松, はりました, るさ, わつて

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 からなに, までは放つ, まで一, 迄帰らない

▼ きり来ない~ (4, 0.0%)

1 ことを, ものである, もんだ, わ

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 が一本, の二重, はミス, をうち

▼ きり死んだ~ (4, 0.0%)

1 きりという, という噂, といふ噂, のです

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 に漬, に漬かる, の中, をぶっ

▼ きり決め~ (4, 0.0%)

1 ておくれよ, てから僕, て置かない, て置かなけれ

▼ きり涼しく~ (4, 0.0%)

2 なつた 1 なつて, なつて遊び

▼ きり無い~ (4, 0.0%)

1 と困る, のでひどく, んで, 訳で

▼ きり知らない~ (4, 0.0%)

1 とき何となく, ので可, んだ, 一般的な

▼ きり知る~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 のも, ものが

▼ きり立った~ (4, 0.0%)

1 ような, 岸べの, 崖でなく, 雪の

▼ きり見えた~ (4, 0.0%)

1 からな影絵, が服装, やうな, わ御新造様

▼ きり見えません~ (4, 0.0%)

1 が誰方, の, のでございます, よ

▼ きり見分け~ (4, 0.0%)

1 がついた, がつく, て, てからにする

▼ きり見当~ (4, 0.0%)

1 がつかなかつた, がつきませんでした, が付かない, もつかなかつた

▼ きり見極める~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 ことは, といふ

▼ きり説明~ (4, 0.0%)

1 が出来ない, する術, は出, を聴い

▼ きり讀める~ (4, 0.0%)

2 のです 1 と信じ, 中に

▼ きり違つて~ (4, 0.0%)

1 ゐるどう, ゐるの, 居た, 居るので

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 の処, を俛, を振った, 垂れて

▼ きり~ (4, 0.0%)

1 っていた, つたが, り込んで, るまで

▼ きりあなた~ (3, 0.0%)

1 にも逢えない, の一件, をよこし

▼ きりあまり~ (3, 0.0%)

1 口数を, 向島の, 食事も

▼ きりいくら~ (3, 0.0%)

1 をし, カーテンと, 待つても

▼ きりお宮~ (3, 0.0%)

1 は尻, をつつき, を止め

▼ きりかた~ (3, 0.0%)

1 がうまく, であると共に, もぼく

▼ きりかは~ (3, 0.0%)

3 つた韻を

▼ きりから~ (3, 0.0%)

1 きいから, たしかに半身, だを

▼ きりきず~ (3, 0.0%)

1 やけどうちみ, 一つ, 腫物一切女

▼ きりきり~ (3, 0.0%)

1 やほろろ, りりりと, りりりり

▼ きりくるり~ (3, 0.0%)

1 と向う, と壁, と廻転

▼ きりここ~ (3, 0.0%)

1 にいない, ばかりはなつかしき, へは一度

▼ きりこちら~ (3, 0.0%)

1 から手紙, の御, へおいで

▼ きりさせた~ (3, 0.0%)

1 がつて, らい, 批評家は

▼ きりさせね~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ば教育

▼ きりしません~ (3, 0.0%)

1 から御免, が一方, それつ

▼ きりじっと~ (3, 0.0%)

1 いきを, して, 子路の

▼ きりそれから~ (3, 0.0%)

1 夜中頃帰る, 夜中頃歸る, 自分も

▼ きりそれ以上~ (3, 0.0%)

1 その問題, 眺めること, 考えて

▼ きりだって~ (3, 0.0%)

1 いいと, いいやしたよ, 見るの

▼ きりだまりこん~ (3, 0.0%)

2 でしまった 1 でただ

▼ きりだめ~ (3, 0.0%)

1 からへぎ盆, に入れ, を持つ

▼ きりだらう~ (3, 0.0%)

1 が昔, と思ふ, 女出入りは

▼ きりだれ~ (3, 0.0%)

2 も出 1 の手

▼ きりつせ~ (3, 0.0%)

3 かいに

▼ きりであり~ (3, 0.0%)

1 あるいは川, 傷の, 私が

▼ きりなんて~ (3, 0.0%)

1 ぇことはない, 云うの, 見つとも

▼ きりなんとも~ (3, 0.0%)

1 いはなかつた, 出来ぬ羞恥, 答えずに

▼ きりにも~ (3, 0.0%)

1 たれて, なり得ないで, 啼く篭の鳥

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 えの, しと, た

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 寄る, 立てかけて, 肘を

▼ きりぽかんと~ (3, 0.0%)

3 あるふち

▼ きりまるで~ (3, 0.0%)

1 とりあって, 物も, 見えなくなる

▼ きりもり~ (3, 0.0%)

1 に怠り, はお, も達者

▼ きりょうなら~ (3, 0.0%)

1 すぐ身許, 又めぐり逢わない, 随分うるさく

▼ きりらしい~ (3, 0.0%)

1 のである, んだ, 家の

▼ きりりりり~ (3, 0.0%)

1 きいから, と鳴いた, と鳴き頻る

▼ きりわからず~ (3, 0.0%)

1 四日五日と, 村雨の, 気も

▼ きりわかり~ (3, 0.0%)

1 健康の, 合へ, 専門家の

▼ きりわけ~ (3, 0.0%)

1 ている, て考へ, もなく

▼ きりわし~ (3, 0.0%)

1 の許, は見た, は言

▼ きりわれわれ~ (3, 0.0%)

2 の道徳 1 に覚らせた

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 と足 1 と晩歸ら

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 から突き, の学校, へあがろう

▼ きり上等~ (3, 0.0%)

1 のはがね, の蜜, の鵞鳥脂

▼ きり下手人~ (3, 0.0%)

1 が判りませんでした, をお, を宗次郎

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 はしーんと, へ入, 絶えて

▼ きり二階~ (3, 0.0%)

1 のお, へは歸ら, を借り

▼ きり云う~ (3, 0.0%)

1 ことあれへん, て, て頂戴

▼ きり何もかも~ (3, 0.0%)

2 無くな 1 わからなくなって

▼ きり何事~ (3, 0.0%)

1 もなかっ, も手, も起らなかった

▼ きり何時~ (3, 0.0%)

2 まで經つて 1 までも顔

▼ きり出した~ (3, 0.0%)

1 のさ, のだった, 幼な

▼ きり出す~ (3, 0.0%)

1 ぢや, という風, のです

▼ きり出來~ (3, 0.0%)

1 ないところ, ないもの, なかつた

▼ きり判りかねる~ (3, 0.0%)

2 品だつたら 1 が長崎

▼ きり別に~ (3, 0.0%)

1 あるね, 何事も, 気に

▼ きり動かない~ (3, 0.0%)

1 が評判, のです, 人物が

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 纒に 1 時間も

▼ きり反対~ (3, 0.0%)

1 じゃ念, のことさ, の思ひ

▼ きり取っ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, て少し, て置かない

▼ きり寒く~ (3, 0.0%)

1 なって, なつた, なつて

▼ きり少し~ (3, 0.0%)

1 の不自由, も心, も悪びれた

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 でその, にかこまれた, に近づい

▼ きり帰らねえ~ (3, 0.0%)

1 てえ, ので, んだ

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 も越えた, をとった, をとつ

▼ きり廻し~ (3, 0.0%)

1 てはきた, て一生懸命, て居た

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 と, 揚げたの, 揚げるより

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 のやう, も見せ, を落し

▼ きり思ひ出す~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことの, 子供の

▼ きり思ひ出せ~ (3, 0.0%)

3 さうだ

▼ きり感じられる~ (3, 0.0%)

1 ことであります, 好もしい短篇, 筈である

▼ きり折れ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てそよい, て来た

▼ きり持ち合わせ~ (3, 0.0%)

2 がない 1 がありません

▼ きり指摘~ (3, 0.0%)

2 して 1 しようと

▼ きり掴む~ (3, 0.0%)

1 ことが, のには, 事が

▼ きり放し~ (3, 0.0%)

1 ておい, て考える, て考へね

▼ きり断つ~ (3, 0.0%)

1 たらい, て置く, とくが

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 などに現れ過ぎる, はかう, を正確

▼ きり春めい~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て百舌鳥

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 えしまへん 1 ている

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の袂

▼ きり歸つて來~ (3, 0.0%)

1 ないので, なかつた, ねえ

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 の何とか, の姿, はなんにも

▼ きり沈ん~ (3, 0.0%)

1 だりま, でしまう, で二度と

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 をぽ, を乾かし, を流し

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つて

▼ きり滅多~ (3, 0.0%)

1 なこと, に出, に村

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 のやう, をたい, を次がなかつた

▼ きり現れ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 て居る

▼ きり理解~ (3, 0.0%)

1 しなければ, せずに, できるが

▼ きり申します~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が北原君, が現代日本

▼ きり白い~ (3, 0.0%)

1 その羽根, 姉の, 花弁が

▼ きり示す~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 もので

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 は澄み切っ, を掴ん, を眺め

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 とは言, も恨も, を決め

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 づくろ, をぺったり, を膨らます

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 へこんだ, へを定めない, へ浮んだ

▼ きり聞えた~ (3, 0.0%)

1 のでその, のは, わけで

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 えるもの, き分けられる, き取れたの

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 のまわり, も立たず, を抜かした

▼ きり~ (3, 0.0%)

2 よきりきり 1 が持っ

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 へた, へてきた, へて来た

▼ きり見えない~ (3, 0.0%)

1 のです, のでたれ, 恵瓊殿を

▼ きり見えます~ (3, 0.0%)

1 か, と言, のよ

▼ きり見定める~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 ことである

▼ きり言えない~ (3, 0.0%)

1 のだ, のは, んです

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 もとめない, をすくませ, を速め

▼ きり輝い~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て傾斜, て爽

▼ きり開い~ (3, 0.0%)

1 ていなかった, てゆく, て行こう

▼ きり開いた~ (3, 0.0%)

1 タンクの, 口が, 室で

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 で帰っ, で諄々枝葉, よ

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 かかかる, を, をあびた

▼ きり~ (3, 0.0%)

1 は歇, も沙汰, も立てず

▼ きり黙りこん~ (3, 0.0%)

2 でしまった 1 でしまう

▼ きり黙り込ん~ (3, 0.0%)

3 でしまった

▼ きりありません~ (2, 0.0%)

1 し新しく, それは

▼ きりあれ~ (2, 0.0%)

1 は, は洞窟

▼ きりいえ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば外道

▼ きりいふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, と非常

▼ きりいま~ (2, 0.0%)

1 もつて, 出来なくな

▼ きりうい~ (2, 0.0%)

2 て見える

▼ きりお目にかからない~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, で出発

▼ きりお茶~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を運ん

▼ きりかう~ (2, 0.0%)

1 云つた, 申しました

▼ きりかがよ~ (2, 0.0%)

2 ひ午

▼ きりかへ~ (2, 0.0%)

1 たの, つて默つ

▼ きりききたい~ (2, 0.0%)

1 のです, んだ

▼ きりきく~ (2, 0.0%)

1 ことが, と弾丸

▼ きりきこえる~ (2, 0.0%)

1 のであつ, のである

▼ きりきめる~ (2, 0.0%)

2 わけには

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 が僕, に少し

▼ きりこう~ (2, 0.0%)

1 云つた, 言うん

▼ きりこの間~ (2, 0.0%)

1 から診察, 初めて

▼ きりころす~ (2, 0.0%)

1 と思った, ようなら

▼ きりさして~ (2, 0.0%)

1 それに, 置かないと

▼ きりさすが~ (2, 0.0%)

1 に今日, のジョージ

▼ きりさっぱり~ (2, 0.0%)

1 以後の, 見かけないん

▼ きりしすぎ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ きりしねえ~ (2, 0.0%)

1 おらも, のは

▼ きりしま~ (2, 0.0%)

1 の温泉, の赤い

▼ きりします~ (2, 0.0%)

1 からすき, さ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 にをしよう, ぶんの

▼ きりすずめ~ (2, 0.0%)

2

▼ きりすっかり~ (2, 0.0%)

1 そちらへ, 固くなっ

▼ きりせず~ (2, 0.0%)

1 その宣伝, ともすると腸チブス

▼ きりせん~ (2, 0.0%)

2 うちは

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 けて乏しく, よとも動かぬ

▼ きりそいつ~ (2, 0.0%)

1 はあの, はドニェープル

▼ きりその後ここ~ (2, 0.0%)

2 の街

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 ふしよろひ, 形を

▼ きりただ~ (2, 0.0%)

1 の巡査, 黙々と大股

▼ きりたより~ (2, 0.0%)

1 はおろか, もよこさない

▼ きりだけ~ (2, 0.0%)

1 だと, やって

▼ きりだまっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまった

▼ きりだまつ~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, てゐた

▼ きりちぢめられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ きりつく~ (2, 0.0%)

2 たびに

▼ きりつて~ (2, 0.0%)

1 いふん, なあに

▼ きりであっ~ (2, 0.0%)

1 てお昼, てしかも

▼ きりでずつと~ (2, 0.0%)

1 パンを, 與田さんは

▼ きりでない~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものは

▼ きりとと~ (2, 0.0%)

1 ほつて, まつて

▼ きりどうか~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて

▼ きりどの~ (2, 0.0%)

1 言葉を, 頁を

▼ きりながらも~ (2, 0.0%)

1 立ったまま, 落着い

▼ きりなり~ (2, 0.0%)

1 みんなみのま, 山の

▼ きりなん~ (2, 0.0%)

1 だよ, の音沙汰

▼ きりにこり~ (2, 0.0%)

2 ともしない

▼ きりにて~ (2, 0.0%)

1 候, 平と

▼ きりぬき~ (2, 0.0%)

1 をこしらえ, をもっ

▼ きりのっそり~ (2, 0.0%)

1 と外, と歩きつづけました

▼ きりはたり~ (2, 0.0%)

1 する声, 機の

▼ きりはたりはたり~ (2, 0.0%)

1 ちやうちやう, ちやうちやう血の

▼ きりぱったり~ (2, 0.0%)

1 と此, 通信は

▼ きりひそひそ~ (2, 0.0%)

2 世の中の

▼ きりひっそり~ (2, 0.0%)

1 となっ, 閑として

▼ きりふえ~ (2, 0.0%)

1 て來, て宿先

▼ きりふえた~ (2, 0.0%)

1 やうに, 訪客の

▼ きりほか~ (2, 0.0%)

1 きかしたくない話, の返辞

▼ きりほとんど~ (2, 0.0%)

1 外へは, 盃を

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 きりとして, しきりつ

▼ きりぼんやり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ きりまことに~ (2, 0.0%)

1 夏向きの, 頃日の

▼ きりみえ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ きりみんな~ (2, 0.0%)

1 から仲間はずれ, ぶすっとし

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 なので, をゾッキリ

▼ きりもう一度~ (2, 0.0%)

1 その中, もと来た

▼ きりもっ~ (2, 0.0%)

2 ていない

▼ きりもみ~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ きりもりしよう~ (2, 0.0%)

1 という主義, という制度

▼ きりやがて~ (2, 0.0%)

1 己れ, 渋茶の

▼ きりょうよしで~ (2, 0.0%)

1 けれども子供たち, はだ

▼ きりよう~ (2, 0.0%)

1 は, よし

▼ きりりん~ (2, 0.0%)

1 きりりん, と緩

▼ きりわからなかつた~ (2, 0.0%)

1 けれども, のです

▼ きりわかりません~ (2, 0.0%)

1 から宛名, けれど多分

▼ きりわたしたち~ (2, 0.0%)

1 の胸, は紳士

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 とする, と締ツ

▼ きりブチ~ (2, 0.0%)

1 まけるやう, まけるよう

▼ きりマリヤン~ (2, 0.0%)

1 は返, は返辞

▼ きり一向~ (2, 0.0%)

1 動かそうとは, 遊ぼうとも

▼ きり一年~ (2, 0.0%)

1 たつたらこの, の餘

▼ きり一語~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, も発し得ず

▼ きり三本~ (2, 0.0%)

2 ほどカーテン

▼ きり上っ~ (2, 0.0%)

1 て来ない, て来ません

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 れる大, を向い

▼ きり下げ~ (2, 0.0%)

1 てある, 黒地の

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 合格とも, 随意に

▼ きり世間~ (2, 0.0%)

1 のうわさ, へ出なかった

▼ きり主人~ (2, 0.0%)

1 が安泰, は宝清

▼ きり乱闘~ (2, 0.0%)

2 が続きました

▼ きり事件~ (2, 0.0%)

1 の全貌, を忘れ

▼ きり二度~ (2, 0.0%)

1 とは云, とは燃え上らなかつた

▼ きり二日~ (2, 0.0%)

1 も返辞, 経っても

▼ きり云え~ (2, 0.0%)

1 ば山田家, ば美しい

▼ きり云っ~ (2, 0.0%)

1 ています, て眼

▼ きり云つて貰~ (2, 0.0%)

2 はうぢ

▼ きり五日~ (2, 0.0%)

1 の間行方, も帰らん

▼ きり人々~ (2, 0.0%)

1 に顔, の群れ

▼ きり人事不省~ (2, 0.0%)

1 で驚きました, に陥っ

▼ きり人氣~ (2, 0.0%)

1 がなく, を失つて

▼ きり今度~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, は私

▼ きり仕事~ (2, 0.0%)

1 にか, も手

▼ きり会いません~ (2, 0.0%)

1 がこの, がたった今

▼ きり会わない~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, ので見舞い

▼ きり何處~ (2, 0.0%)

2 へ行

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の区役所先生, の問題

▼ きり俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 からは何, は家

▼ きり兄弟~ (2, 0.0%)

1 はない, も多勢

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へ進まず

▼ きり光れ~ (2, 0.0%)

2 ど日

▼ きり八五郎~ (2, 0.0%)

1 は來, は歸つて來

▼ きり其処~ (2, 0.0%)

1 につっ伏し, に在る

▼ きり冴え~ (2, 0.0%)

1 てゐ, て来た

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 じい勢ひで戸外へ

▼ きり出る~ (2, 0.0%)

1 とこれ, と神

▼ きり分かつた~ (2, 0.0%)

1 のだ, わけで

▼ きり分け~ (2, 0.0%)

1 て作る, て考へなく

▼ きり分った~ (2, 0.0%)

1 からにはぜひ, 以上は

▼ きり分らず~ (2, 0.0%)

1 伝説は, 八月と

▼ きり分り~ (2, 0.0%)

1 よいの, をら

▼ きり分れ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ きり判つて來~ (2, 0.0%)

1 た, ると

▼ きり判らない~ (2, 0.0%)

1 と思います, のです

▼ きり判らなかつた~ (2, 0.0%)

1 が何, ので動く

▼ きり判らぬ~ (2, 0.0%)

1 が帶, ま

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 はつて

▼ きり加多~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ きり動い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来よう

▼ きり動く~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ きり區別~ (2, 0.0%)

1 したか, して

▼ きり半纏~ (2, 0.0%)

2 に田圃

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 あは, 候十二の

▼ きり口惜し~ (2, 0.0%)

2 さうに黙りこくつた

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 ふの, 陵は

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の顔, は東京

▼ きり呆れた~ (2, 0.0%)

2 顔を

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 となった, のよう

▼ きり單純~ (2, 0.0%)

2 な姿

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 であったかの, なん

▼ きり国民~ (2, 0.0%)

1 に云, の文化的能力

▼ きり塚本~ (2, 0.0%)

2 から何

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 つたやう, なところ

▼ きり夢中~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ きり大人~ (2, 0.0%)

1 になつて, 振つた樣

▼ きり夫人~ (2, 0.0%)

1 のほう, はとこう

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 だと, は身じろぎ

▼ きり女房~ (2, 0.0%)

1 も同然, を傍ら

▼ きり妖女~ (2, 0.0%)

1 だなどと, よ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の空, は石

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 と分つた, の乳房

▼ きり安心~ (2, 0.0%)

1 しきって, しきつ

▼ きり宋江~ (2, 0.0%)

1 の至誠, は役署

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 がない, もなく

▼ きり宝物~ (2, 0.0%)

1 がう, の数

▼ きり宣言~ (2, 0.0%)

1 しその, する

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 ないん, 付かれずに

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 一時間も, 姪の

▼ きり小僧~ (2, 0.0%)

1 とは別, を逃し

▼ きり少なく~ (2, 0.0%)

1 なつた, なつて

▼ きり巳之助~ (2, 0.0%)

1 はなに, は眼

▼ きり帰らなかった~ (2, 0.0%)

1 ことも, のである

▼ きり帰らぬ~ (2, 0.0%)

1 そうでございます, 日が

▼ きり平穏~ (2, 0.0%)

1 である, でしょうか

▼ きり幾度~ (2, 0.0%)

1 もかく, 訪ねても

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 について煩った, 着いてよ

▼ きり座敷~ (2, 0.0%)

1 で遊ん, へなり

▼ きり強いて~ (2, 0.0%)

1 意味を, 本人の

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 が無い, になんてなり

▼ きり復活~ (2, 0.0%)

2 さして

▼ きり思ひ出し~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て彼

▼ きり思ひ出せない~ (2, 0.0%)

1 ことが, でゐた

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 に顔, に黙っ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 い事, りいたあ

▼ きり意味~ (2, 0.0%)

1 などは解らない, の不明

▼ きり意識的~ (2, 0.0%)

1 な攻撃姿勢, には來

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 ひ出した, ひ出せて

▼ きり我々~ (2, 0.0%)

1 の心, は別れ

▼ きり挨拶~ (2, 0.0%)

1 にも行かず, にゆく

▼ きり掴ん~ (2, 0.0%)

1 でゐない, でゐる

▼ きり明るく~ (2, 0.0%)

1 なつて, 點された

▼ きり晦日~ (2, 0.0%)

1 にでもなったら, にでもなつ

▼ きり未だ~ (2, 0.0%)

1 帰って, 帰つて見ねえ

▼ きり来られない~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ きり東京~ (2, 0.0%)

1 の家, へは殆ど

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 のつぶ

▼ きり棄てた~ (2, 0.0%)

2 みま

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 になる, を向い

▼ きり欠き~ (2, 0.0%)

2 たり思ひかねき

▼ きり次郎~ (2, 0.0%)

1 の皿, はなんだか

▼ きり正体~ (2, 0.0%)

1 もなく, を見せない

▼ きり此処~ (2, 0.0%)

1 にいる, へは来やしない

▼ きり此處~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に居る

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 を取り出し

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ きり残し~ (2, 0.0%)

1 て居る, ながら再び

▼ きり殺され~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまう

▼ きり母親~ (2, 0.0%)

1 の顔, はもう

▼ きり毎日~ (2, 0.0%)

1 ゐないやう, 寝続けた

▼ きり永久~ (2, 0.0%)

1 にお, に別れ

▼ きり決して~ (2, 0.0%)

1 外出する, 村人の

▼ きり沈黙~ (2, 0.0%)

1 のうち, をつづけ

▼ きり沙汰~ (2, 0.0%)

1 がない, やみ天王寺

▼ きり泣い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまいました

▼ きり泣き~ (2, 0.0%)

1 べそよ, もしなかつた

▼ きり浮い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来る

▼ きり浮かん~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, で來

▼ きり減つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, もうゴマカシ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 に漬, ものまぬ

▼ きり濃く~ (2, 0.0%)

1 なつた妹, また淡く

▼ きり火鉢~ (2, 0.0%)

1 なら火鉢, に火

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 役だった, 效に

▼ きり無し~ (2, 0.0%)

1 に敗兵, に遣

▼ きり無口~ (2, 0.0%)

1 にな, になつ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 つたれて, へて

▼ きり申し~ (2, 0.0%)

1 ていい, ておきたい

▼ きり申し上げた~ (2, 0.0%)

1 以上かくし, 方が

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 からは絶え, に体

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 が無い

▼ きり病気~ (2, 0.0%)

1 かなにか, と云う

▼ きり発展~ (2, 0.0%)

1 しなかつたアイデア, せずに

▼ きり白く~ (2, 0.0%)

1 なつた髮, 浮いて

▼ きり直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に眼, 戻りましたへ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ きり知つた~ (2, 0.0%)

1 といふだけで, とでもいふ

▼ きり知らされた~ (2, 0.0%)

1 のである, 気が

▼ きり知らず~ (2, 0.0%)

1 にさう, に居る

▼ きり知らせる~ (2, 0.0%)

1 必要が, 運動を

▼ きり知らなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ きり知りたい~ (2, 0.0%)

1 と彼女, んだ

▼ きり確かめる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ほどには十吉

▼ きり私たち~ (2, 0.0%)

1 から離れ, と考え

▼ きり私達~ (2, 0.0%)

1 は切符, を見

▼ きり種族~ (2, 0.0%)

2 が違つて

▼ きり突き~ (2, 0.0%)

1 とめ一国民全体, 立つて

▼ きり立ち~ (2, 0.0%)

1 きり廻す, 岩に

▼ きり立て~ (2, 0.0%)

1 しもおれ, の眞鍮

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 にも觸, を両手

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 をつけなかった, を置い

▼ きり結び~ (2, 0.0%)

1 にした, に御

▼ きり絶え~ (2, 0.0%)

1 ている, てかの女

▼ きり絶望的~ (2, 0.0%)

1 な言葉, に去

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 る朝, 廿六日の

▼ きり老い込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でゐた

▼ きり老け~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てしまつたの

▼ きり老衰~ (2, 0.0%)

1 したこと, を覚える

▼ きり考え~ (2, 0.0%)

1 ていなかった, はしない

▼ きり聞い~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, てゐた

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 づいた幅, づきを

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 がきまつた, をきめ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 もくずさなかった, を崩す

▼ きり自決~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ きり自然主義~ (2, 0.0%)

1 から區別, と區別

▼ きり自身~ (2, 0.0%)

1 の嘘, はこの

▼ きり舞台~ (2, 0.0%)

1 の上, は暗黒

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の中, を

▼ きり落ち~ (2, 0.0%)

1 てこない, てゐた

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 つた, つたこと

▼ きり行かない~ (2, 0.0%)

1 ことに, んだ

▼ きり行衛不明~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ きり見えなかつた~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, 前に

▼ きり見た~ (2, 0.0%)

1 ことが, やうに

▼ きり見分ける~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ きり見極め~ (2, 0.0%)

1 がつかなかつた, て置きたかつた

▼ きり見透せる~ (2, 0.0%)

2 のであつ

▼ きり親父~ (2, 0.0%)

1 の仕業, はもう

▼ きり解つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 来るの

▼ きり解決~ (2, 0.0%)

1 したじや, をつける

▼ きり記し~ (2, 0.0%)

1 ておく, ておこう

▼ きり訣ら~ (2, 0.0%)

1 なかつた, ぬもの

▼ きり話し~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, を消す

▼ きり認められる~ (2, 0.0%)

1 といふ, やうに

▼ きり認識~ (2, 0.0%)

1 し万難, せしめ得たこと

▼ きり諦め~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, て頼まれれ

▼ きり負けた~ (2, 0.0%)

1 と申し上げます, のを

▼ きり贅沢~ (2, 0.0%)

2 な緞子

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の斷, をも見ず

▼ きり身動き~ (2, 0.0%)

1 もしない, もできなくなっ

▼ きり身體~ (2, 0.0%)

1 が弱, に出

▼ きり近所~ (2, 0.0%)

1 で油, も身寄

▼ きり返辞~ (2, 0.0%)

1 もし, もしなけれ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 に心から, 吃を

▼ きり途絶え~ (2, 0.0%)

1 ている, てし

▼ きり通つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, ゐるやう

▼ きり逢っ~ (2, 0.0%)

1 てくださらない, てそれっきり

▼ きり遂に~ (2, 0.0%)

1 ホテルへは, 帰つて来ない

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 が付い, に迷つて

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 を飮, を飲ん

▼ きり錢形平次~ (2, 0.0%)

1 のところ, の勝ち誇つた

▼ きり長く~ (2, 0.0%)

1 なるので, 戻って

▼ きり開く~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ きり開こう~ (2, 0.0%)

1 というの, とする

▼ きり附い~ (2, 0.0%)

1 てゐるで, て居ります

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の光, は既に

▼ きり離され~ (2, 0.0%)

1 てい, ておられる

▼ きり離された~ (2, 0.0%)

1 のである, 島に

▼ きり電話~ (2, 0.0%)

1 もかからず, もかけ

▼ きり電車~ (2, 0.0%)

1 に飛び乗っ, を降りる

▼ きり静か~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ きり音信不通~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 にさげた, をうちつけ

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 を合し, を畫

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 と鳥, よお

▼ きり默つて眼~ (2, 0.0%)

1 でガラツ八, を伏せました

▼ きり默りこくつ~ (2, 0.0%)

1 て四半刻, て城廓

▼ きり~ (2, 0.0%)

1 の音, の音一つ

▼ きり~ (2, 0.0%)

2 の道

▼1* [1979件]

きりひを, きりあきらめるかと思う, きりあけてみせたる, きりあそばすんだ, きりあたしの方, きりあたりがしいんと, きりあちらをのそのそ, きりあてがつかなかつた, きりあと幾度すすめても, きりあなた達と別れ, きりあの世とこの世, きりあらはし, きりあんまり近頃の, きりいうのは, きりいきなり何かに, きりいそいで目, きりいたづらに, きりいたずら者のいない, きりいっこう来ようとも, きりいっしょになった, きりいったいどうしたらいい, きりいつものよう, きりいなくなったし次に, きりいなくなろうとは叔父, きりいはないことが, きりいはれたことが, きりいひたくないのです, きりいよいよ山村君と, きりいらっしゃいませんのよ, きりいわなかつたが大河内君, きりうそを意識, きりうちの中, きりうちだしてゐる, きりうつつた母, きりうつとりとして, きりうなづけるのでございます, きりうまさが, きりうるささうな, きりうれしいとさえ口, きりうんともすん, きりおうかがいもできません, きりおえふは娘, きりおきもしなかった, きりおくれた理由を, きりおこえもか, きりおじゃんになっ, きりおずおずしながら, きりおったが時々, きりおのれの屋敷, きりおまけに頭, きりおれのところ, きりお上さんにわかつた, きりお前さんが慾, きりお前草鞋を穿い, きりお客は往生, きりお父さんは帰っ, きりお許しがでない, きりお辞儀をする, きりお金も食べる, きりお願いして, きりかえってこない, きりかすかな微, きりかというような, きりかとも思つてゐた, きりかねし酒ゆゑにけふも朝より, きりかぶや石, きりかへて班田法の, きりかもしれないわね, きりがっかりして, きりがっくり崩折れ, きりきいたので, きりききもしない, きりきき取れなかつたが, きりきませんでしたからきつ, きりきまらなくては苗床, きりきまり悪そう, きりきめないでね, きりきょうは特に, きりきらめくやうに, きりぎりすきりきりと管巻くも, きりぎりすさんのこしらへてきた靴を一目, きりぎりすとすべきでそれでなくては近代感と合, きりぎりすみたいになつて了うたのです顔色, きりくちへいきなり, きりくちやくちやに, きりくるみは知らん, きりくわしいことは, きりくわせをつくっ, きりぐうの音, きりぐっすりと一, きりぐらいですまし, きりぐらいの年少の, きりけじめがつけられなかつた, きりけずっていよいよ, きりけっして帰って, きりけるに若, きりこいつは私, きりこいつめが堅気, きりことりとも, きりこの世へは戻つ, きりこの小さな出來事, きりこれこれとお, きりころしてしまいました, きりこ硝子の飾り, きりゑをはり上げ, きりごみが取れてる, きりさし向いになる, きりさせてるわ, きりさせなきやいかん, きりさせねえとお, きりさせられるのである, きりさせればい, きりさせ助かるものなら, きりさめかかるからまつ, きりさわぐのを, きりしいんとして, きりしかし二人とも, きりしかも本名を, きりしきゃ知らねえのです, きりしたならば此, きりしたもつと実在性, きりしたる画を, きりした分つた云ひ, きりした視像と, きりした返辭を, きりしだした時代である, きりしてるんね, きりしなきや歸, きりしなければならぬ, きりしねえたあ一体どう, きりしばし頭を, きりしませんでしたがともかく, きりしまつつじ霧島山に無く, きりしめしたものである, きりしやんと澄み徹る, きりしらん顔を, きりしろよ, きりしんとした, きりし乾いた空気が, きりし出すのである, きりし過ぎてゐた, きりじいとしてゐた, きりじつとしてゐる, きりじゃあないか, きりじゃからナ遠慮する, きりじゃが土地は, きりじゃとしどろもどろに, きりすこし熱気さえ, きりすこしもつべこべしたこと, きりすすり泣きを洩らし, きりするではない, きりずいぶんながくお便り, きりずるずるになられ, きりせつせと, きりそういったに違い, きりそうときまつたわけじや, きりそう河内山のいっ, きりそう結論を下す, きりそこそこに行っ, きりそこらの草, きりそちらを見よう, きりそっぽを向い, きりその後一度もやって来ない, きりその後三日になる, きりその後杳として姿, きりそれきりまるで見えなくなる, きりそれだけの人間, きりそれでいざと, きりそれなり一言も, きりそれに小窓, きりそれ以後は食事, きりそんな素振りは, きりそんなに林が, きりたかく蹴上げて, きりたか子は徹男, きりたけと逢つて, きりたしかめる必要が, きりたしなめてやらなくつ, きりたたむことに, きりたちもやがて, きりたちまちに追, きりたての鈴蘭, きりたりそれハ, きりたる木も水, きりたれもどこ, きりたんぽだの雪菜, きりだから僕一人に, きりだしに従事, きりだったりなにげなく, きりだったらしいがとにかく, きりだったら出られませんでしたね, きりだつたら馬に, きりだのもう駄目, きりだまりこんでしまつていくら, きりがつて, きりちっとも後は, きりちらして湖畔, きりちんまりした鼻, きりぢやつた, きりっきゃ残って, きりつかないのだ, きりつかみそこから, きりつかみ出して何人, きりつかむことは, きりつかめ誰の, きりつかめたわけで, きりつかめなかつた地方色が, きりつきとめようとしない, きりつくること九回に, きりつてなにを, きりつてはつきり云つてるぢ, きりつて訳には行かない, きりつひに太田, きりつぶってウインク, きりつぼみを一つきり二つきり, きりつまって来, きりつまらないことは, きりつまりつつあった, きりつまるにつれて却って, きりつまれば食う, きりつめを行う, きりつもりする仕事, きりつゆのかげん, きりつるを見ない, きりつるまんりよう, きりづゝ話して, きりては只の, きりでありますからよそ, きりであるかうして一つ, きりでございましてそれ, きりでございましたか, きりでしよ, きりでしょうがそう, きりでたとひ, きりででもゐるやう, きりでとも皆を, きりでなく幾度も, きりでなければいけない, きりではと思い私, きりで御座いますから身体, きりといなびかりする, きりといったような, きりとうか, きりとうとうそこへ, きりとおもふ, きりとおしている, きりとかぶりを, きりとかの女にも, きりときまつたと, きりとても逃げる体力, きりとではないが, きりとぶてふてふ, きりとものの形が, きりとりをたくらんだ, きりとわづかであること, きりとんがり長屋へ, きりどうして県知事が, きりどうしても再び出ようとは, きりどうも東京へ, きりどきがある, きりどきりと脈打つて, きりどすさかい同じ, きりどちらも音沙汰, きりどっせ姐さん, きりどっと床に, きりどなたにもお, きりどれを選ぶべき, きりどんな時代といふ, きりどんぶり大川へでも落っこちたら, きりなお響いて, きりながらく上方に, きりなさんな, きりなすって朝めし, きりなどさまざまの, きりなにもお腹, きりなにか考え事を, きりなにしろ北風の, きりなびけ義景を, きりなら占めたものだ, きりなりを鎭めて, きりにくにくしそうに, きりについて居る紅, きりにとほり過ぎる運命, きりになんてなりたがるの, きりにやのぼせたま, きりえと言ひな, きりのくらい牢屋です, きりのねえ奴, きりのばした恰好の, きりのろくさい手附でし, きりはっきり此っきりで, きりはめられながらいつ, きりはんてん, きりばたばた反対の, きりばつたりラタム号, きりぱつたり行先, きりややかに家, きりひとつ穴の狐, きりひとりで何, きりひょいとしかも一瞬間, きりぴったり戸に, きりッつり切れた, きりふいと出, きりふかく月を, きりふけても帰らぬ, きりふたすじの, きりふたりとも黙りこん, きりふっと一ことも, きりふみわけていつしか, きりふるえて泣いてる, きりぶつ突かつて, きりべつに悪びれた, きりべつに委しい説明, きりほうほうの, きりほか目に入らぬ, きりほどいた様, きりほんの一寸との, きりぼくにあてこすっ, きりぼしすることも, きりぼんのた, きりまつ黒に立つ, きりまでまつたう, きりまねたためついうかと, きりまもなくわずらいついて, きり一度, きりみえるかといふ, きりみたいに私一人, きりみちをまがる, きりみや牡蠣を買, きりみんな脚気のよう, きりむしろ生まれつき醜悪な, きりむっつりして, きりむろこけひといぬ, きりめきりとゆすぶり立てた, きりめことばと地, きりめったに開かれないらしい大きな, きりもうなんとも答えませんでした, きりもう再び意識を, きりもち後者は, きりもちはじめ世の中を見る, きりもつたのである, きりもとの懷中, きりもどって来る, きりもどらぬとする, きりもはや博士は, きりもりしたことは, きりもりで夏の, きりもん着んと, きりやう以上に人, きりやう浮氣で陽氣, きりやう者らしい悟つたこと, きりやつたら芋くつ, きりやはり漠然とした顔, きりやめさせて了, きりやらかすとしか思はれなかつた, きりやらんが本当は実に, きりゆき子は, きりゆすぶつてなぜ, きりょうがすばらしくよくて世にはこんなにも, きりょうがみずぎわ立たれようがん, きりょうがわるいから愛嬌だけでもよく, きりょうがわるいって云いますが, きりょうがわるくなるってネ, きりょうこそ美くは, きりょうさが伸子の心, きりょうじゃ頭を丸め, きりょうだ唯の嫁, きりょうであまり店へも出さない, きりょうですものいい寄った, きりょうでは無い, きりょうで身体のひ弱, きりょうで鯱鉾立ちでしょう江戸, きりょうとは惚れられて, きりょうなあの年頃の娘, きりょうなうえにぶあいそではあるが誰に意地わる, きりょうなお芳さんにそんな, きりょうなら八五郎が知らない, きりょうなら立派に旗本, きりょうな山ではなかっ, きりょうになった姉娘のお, きりょうにはやくも眼をおつけ, きりょうのくらべっこをし, きりょうのことを言うと, きりょうのことを一と言, きりょうのすぐれた武将と申せ, きりょうのぞみでもらった後妻が我まま, きりょうのぞみでもらわれた十七歳の妻, きりょうのよいも人柄を直, きりょうは二の町, きりょうもけっして悪くない, きりょうもずっとうつくしくなってはいましたけれどじぶんたち, きりょうもよくはないどこがどう, きりょうも筋のうち, きりょうよしだが姉は父親, きりょうよしでしっかりしたいい人, きりょうよしではなく家にいるじ, きりょうよしでもちょっとした出発点, きりょうよしな人形にだけでもこう, きりょうよしの人形でしたのに, きりょうよしの裕福な娘, きりょうよしはからす天狗, きりょうをうたっておられるようにしか受け取れませぬので, きりよう自慢なん, きりよくよく狼狽した, きりよめるんだ, きりより居ないの, きりよりか寛ぎが, きりよりはその方, きりらしい荒れ果てた家すぐ, きりらしかったがその, きりりつとした, きりりやきりりと引絞っ, きりりんりんと鳴き, きりろくにものも, きりわかつたら教えてち, きりわからせて頂きました, きりわからせないところ大いに, きりわからなかったわ, きりわからなくなったがどう, きりわからなければなん, きりわかりませぬが響き, きりわかるではない, きりわき芽をさがす, きりわたくしに感じられた, きりわたしは彼女, きりゐないんです, きりゐなくなつた, きりをの草鞋, きりさう, きりアカの他人, きりアゴが腫れ, きりアマタルが物, きりアルカヂアで踊り子, きりイデンに来なく, きりイノチを断つ, きりイメージのなか, きりウヤムヤになつ, きりエイゼンシュタインは同, きりオウケストラのウォルツ, きりオタキは仙友, きりオルガンも鳴らさなくなりました, きりガクリとゆれ, きりガス屋さんは今朝, きりガラスで当時, きりグウと伸びちやつたんで, きりグルッとあたり, きりザポロージェ人なの, きりジャンルが別れ, きりスイスイと小気味よく, きりスエ子の部屋, きりスパスパと音, きりスフみたいに使ったら棄てる, きりスルスルと手もと, きりスーと引つ込んでしまつた, きりズット見えないから, きりゼイタクな料亭, きりタイプライターが別に, きりチブスと極, きりチブス性の赤痢, きりチューブは出かける, きりデカダンな夢, きりドシンバタンといふ騒ぎ, きりドンドン他の, きりナイフで文字, きりノートの数, きりハルクは死人, きりハンケチで眼頭, きりパンの半, きりピタンと吸ひつ, きりピヤノにつやぶき, きりフイと師匠, きりフツツリと黙る, きりブチコワシじゃない, きりブルジヨアとプロレタリア, きりプツと音, きりマアちゃんも泣かない, きりママお得意, きりモルガン氏も日本, きりリヴィングストーンの消息, きりレーニンが侵攻, きりロシア流にひとさし指, きりローズにも誰, きり一ことも口, きり一しょについて行っ, きり一つの足跡, きり一つ座敷で後口, きり一ぱいに羊, きり一もみ風は襲撃, きり一人も浮き上, きり一六八二年まで再び, きり一冊しか出さない, きり一切口にしない, きり一切金魚は止めました, きり一刻もたったろう, きり一向に戻つて, きり一品を買っ, きり一室で起居, きり一家解体の声明, きり一寸挨拶に, きり一寸言葉がと切れた, きり一尺も寄りあわない, きり一層はげしく必死, きり一年あまりになります, きり一心に舞台の, きり一文もなかつた, きり一日や二日歸つて來, きり一日二日と愚圖, きり一日何をする, きり一旦とりあげた箸, きり一時間だけ, きり一時間中た, きり一時間近く待たされた, きり一樹が熟, きり一歩もでなくなり, きり七八カ月というもの, きり万吉はただ, きり高い草, きり三たび与八に向っ, きり三人の方, きり三分間にし, きり三十分近くも帰っ, きり三味線もお, きり三四日帰宅しないと, きり三年たらずもの, きり三年間に二度目, きり三度の食事, きり三月も半歳, きり三田は靴屋, きり三番目の樹, きり上げなくちゃなりますまい, きり上げられて夕方四時半, きり上げるつもりです, きり上げ度い一心, きり上ると余市, きり上れとも何, きり上手になり, きり上達したこと, きり上野まで黙っ, きり下宿料を値切る, きり不信の眼, きり不快げに眼, きり不思議に突き當, きり不興気な顔, きり不良少女だよ, きり不貞くされたよう, きりに知られぬ, きり両方とも同じ, きりの人間, きり中央より少し, きり中川は現れず, きり中野さんの耳, きり中風で倒れ, きり主張して, きり主要な部分, きり乃公の家, きり久助はあきれた, きり久助君の眼, きり久方ぶりの伺候, きりが現, きり乏しくなつて, きり乗っていなかった, きり乗りませんよ, きり乗客の影, きり九月一日まで一箇月以上一度, きり九郎兵衞の所業, きり乾燥室へ戻っ, きり了解しはじめたの, きり予告して, きり予言が的中, きりが解つて, きり事変中も事変後, きり事情を知ろう, きり二つに別れ, きり二つきり小さい利益, きり二の句も出ぬ, きり二三人の足音, きり二三年したら田舎, きり二三日家へ寄りつき, きり二人共黙り込んで, きり二十分程姿, きり二十年餘も世, きり二千五百兩の小判, きり二子の池, きり二官の娘, きり二年も三年, きり二年間の目まぐるしい, きり二日經つても品, きり云々と, きり云いすぎて年, きり云うべき言葉も, きり云えません私は, きり云つたと思ふ, きり云つたぢやない, きり云つたのだから, きり云つた訳ぢやない, きり云つてごらんなさい, きり云つて眼を伏せた, きり云はずに, きり云わないんだ, きり互いの顔, きり互に認識し, きり五十米も海, きり亡くなつたものに, きり亡びるので, きり交渉がぷツ, きり亭主は隅, きり人垣をわけ, きり人影の見えない, きり人相が變つて, きり人跡の絶えた, きり人違ひの, きり人鍬をうつ, きり今日までハズ, きり今日の出幕になっ, きり今諸君の心, きり付いてゐる, きり付いたビールの, きり付きませんよ, きり仙台に来られ, きり以後の消息, きり以後同志との話, きり以来病と称え, きり仰しやつて, きり仰しやらなかつたんです, きり仲居も簡単, きり仲直りしなかつたの, きり仲間の運命, きり休めてしまった, きり会いませんでしたか, きり会えもしない, きり会えないと判っ, きり会わなかったんだ, きり会ッちゃおりません, きり会得が出来, きり会社の男, きり会話が跡絶え, きり会釈代りの笑顔, きり伝えております, きり伝へてゐる, きり伝へた村と, きり伯母が親指, きり伯爵邸へは行きませんでした, きりれて, きり伸びて, きりてゐない, きり似合わないような, きりであまり, きりを燭, きり何と名ざす, きり何所とも定め, きり何月何日ときまつたわけぢ, きり何處さか行, きり余りができ, きりの本意, きり作らないのでこの, きり使はれて, きり使わなかったのです, きりないつもり, きり便所へも起きなかった, きり俛首れて, きり信じてゐる, きり俺達が首, きり倒れるにてきしない, きりはねえ, きり偏屈に現, きり健康の損, きりへ寄る, きり傷ついてし, きり優秀犬なのよ, きりの無言, きり元のもくあみになる, きり光つて居た, きり光君はもう, きり光政はじつと, きりつてゐた, きり入れなかったからだ, きり全然何も, きり全身から汗, きり八重のこと, きり公務がふえ, きり六十度に開い, きり六年逢はぬ, きり六日も帰っ, きり六波羅へも帰らず, きり六郎に反, きりだと, きり其場の景色, きり其奴です, きり其氏をお, きり其處も半分, きりから枢, きり円タクなどは影, きり再びへたへたと腹這い, きり再発したこと, きり冗談も何, きりつた, きり写らない写真は, きりつきますから, きり冷却した, きり冷罵しあざ嗤, きり冷酷に言, きり処理できない感情, きり出さない以上おまけに, きり出さなければなりませんでした, きり出されたんです, きり出してないんです, きり出ずとも他人, きり出せなかつたのでせう, きり出てなかったのでその, きり出ません母親は, きり出席されなかつた, きり刀杖をすて, きりれるもの, きり分かつてくる, きり分からぬ古代人らしく, きり分けた説が, きり分けられないところも, きり分けられる微妙な, きり分けろといつたつ, きり分らないらしかつた, きり分らなくッちゃ, きり分らんけどもう大分, きり分りませんので, きり分りやしないが, きり分裂して, きり分離させて, きり切っていた, きり切開かれ土蔵だけを, きり判つてゐた, きり判らないらしかつた, きり判らなくなるかも知れない, きり判らねえと見える, きり判らんですが, きり判りますよ, きり判るだらうといふ, きり判然せぬこれ, きり別々の区画, きり別ぶろへへえりなさる, きり別れたとする, きり別物なん, きり刻みつけたのだつた, きり刻み出してゐた, きり刻一刻と佐々, きり剣呑みと, きり割かれて丹前, きり割れたりピリ, きりのよう, きり劃つてゐる明暗, きり劇作の筆, きりをこめてた, きり力一杯ドアを, きり努力ひとつで教師, きり勇吉はだまっ, きり動いた樣子は, きり動かうとしません, きり動かなくなってしまった, きり動かぬという逸品, きり動きもしない, きり動けなかったといい, きり動坂の中途, きり北川氏の新居, きり北村さんはだまりこん, きり医者よ薬, きり十一時を指しました, きり十何年も会わない, きり十年も故郷, きり十週間其處に滯在, きり千二はまるで, きり千代松の仕業, きり千恵がゐる, きり千枝子はいくら, きり午後の明るい, きり午餐の用意, きり単純な姿, きり単純化されたもの, きり博士は頑として, きり印刷されて, きり危うございますから, きり危険を感じ, きり原料問屋からの強硬, きり原稿の行方, きり原隊に帰らない, きり去りもやらず, きり去年まで忘れ, きり参詣の人, きり又右衛門はわが, きり友子に会わなかった, きり双方の肝要, きりの合, きり取つてふだん, きり取つた板, きり取り交された話の, きり取り殘されて, きり取返しにも来ない, きり受け払ってこっち, きり口一つ利かないで, きり口惜や汝ぢ其金, きり古ぼけた二階家を, きりしつけて, きり叫んだわけで, きり可愛がらうとする, きり合いが始まりました, きり吉弥の声, きり吉次は母屋, きり吉野太夫の許, きり同類だと, きり探偵は, きり名指すことは, きり名詞になる, きり吐息を悩まし, きり向うから電話, きり向う側へ下りよう, きり向う見ずでお, きり向き合っている, きり向こうに駆け, きり吠える声も, きり吹けば, きり吹雪のなか, きり呆れてみ, きり呆気にとられてる, きり告げて置かなかつた, きり告白して, きり呑みこめたことが, きり呑みこんでゐない, きり呑み込めて来る, きり呑み込めないくらゐだ, きり呑み込んで貰いたい, きり呑気に構, きり呟いてゐた, きりはされ, きり味淋へ酢, きり呼んでも賺し, きり呼吸が止つて, きりに別條, きり和一郎は佃, きり咽喉がひきつりました, きり哀願をやめなかった, きり商人らしいへ, きり商売が違, きり啓ちゃんとは音信不通, きり啼き止んでしまった, きり善し悪しはわからない, きり喘ぎ喘ぎ同じ言葉, きり喜代子は黙り込ん, きり嗅ぎつけた途端ま, きり嘗められたと思いました, きりもなかつた, きり噛み折つて吸つ, きり器械を発明, きり噴き出しそうに, きり囃子が勢, きり四つの眼, きり四人の死んだ, きり四十になっ, きり四國屋から引, きり困っている, きり困り果ててこの, きり固くなって, きり固着したやう, きりを踏む, きり土塊の群れ, きり土藏から出た, きりへ食い入る, きり地べたを踏んじ, きり地中の有害, きり地味な若, きり地平線のはて, きり地球全体の, きりを越, きり坐つてゐる, きりの違, きり埃及として考へられるべきで, きり沒された, きりへ顔, きり城中の裏切り, きりへ落ち, きり堅く口を, きり増し白毛も, きりのすき, きり声明し国民, きり売りの手拭, きり売るなあありません, きり変つた相になるだらう, きり変りがねえ, きりから秋, きり夏めいて机, きり夕方には天気, きり夕照の名, きり夕食の時, きり外交官は姿, きり外套などはない, きり日顔を, きり多くを母自身, きり多分再会しなかった, きり夜なかの一時, きり夜一夜かねをならし, きり夜明まで猫, きり夜明けちかくまで, きりは醒め, きり大きくくしやみを, きり大井増二郎は口, きり大人びた弟は, きり大切のオトクイ, きり大川の水, きり大店の女, きり大根ふとつた, きり大波のよう, きり大胆に日本語, きり大阪駅へ着い, きり大馬鹿野郎だ, きり天井裏のいた, きり天塩の海岸, きり息を, きり太一めが東京, きり失恋でもない, きり失踪して, きり奇怪な讀經, きり奇抜なトリック, きりの間, きり女奴の蝦夷萩, きり好き者の勘兵衞, きりに行, きり妙子は笑い, きりには子供, きりの態度, きりとは逢えなかった, きり始終黙りつづけて, きり姫君の姿, きり娑婆の風, きり娘夫婦から何, きり婆さんはかね, きり婦人たちの視線, きりだと, きり嫁御の無事, きり嫌われたことを, きり子供のよう, きり子息の姿, きり存じませんけれど, きり存在して, きり学業を廃, きり宇乃はなに, きり宇野さんからこの, きり守田座へは足踏み, きり安全地帯からはなれず, きり安子と相, きり安火を抱い, きり安藤との交渉, きり宗匠もすぐ, きり官途もやめ, きり定めてしまへる, きり定めたらあとは, きり実家に押えられ, きり実際は涙, きりに接し, きり客用の蒲団, きりに残っ, きり家中の者, きり家人には顔, きり宿へ戻っ, きりさが, きり寒うなつた, きり寒気が加はり, きりたり起き, きり対立して, きり尋ねてこなかった, きり對照されて, きり小さい利益と, きり小三郎に違, きり小学校の教科書, きり小平さんがむかし, きり小説とか小説道, きり少ないことねエ, きり少女はもう, きり少年は奥村さん, きり尚も項垂れて, きりの影, きり居るような, きり屋敷から出た, きり屏風を廻し, きりへ帰っ, きり岡田さんにお礼, きり岸本啓介の耳, きり島村に逢わない, きりの, きりの水, きり川湯から弟子屈, きり左右の家並み, きり左団次氏が武蔵屋, きり差し向いの部屋, きり差し控えてもう, きり差出口を控え, きり市長室の壁, きりを移さなかった, きり帰ったのか, きり帰らないなら帰らないつて言つ, きり帰らなくて困る, きり帰りの汽車賃, きり帰りませんきっと入りました, きりして, きり帽子のあと, きり干しにガンモ, きり平六はもう, きり平次の頭, きり幾代や彼, きり幾島の耳, きり幾日もなく, きりが厭, きり床屋の話, きり庖丁をしまわれ, きりから一, きり座頭と脇役者, きり廻すというの, きり引きこもって, きり引っ張ると痛くっ, きり引っ返していない, きり引ッかかって, きり引込めてしまう, きり引返して了, きり弱くなつたやう, きり弱り込んでゐた, きり張り飛ばされたやうな, きり張ろうとはせず, きり強い口笛を, きり弾み反つて, きり当人が納得, きり当分会えないこと, きり当時の私, きりに出かけました, きり役人の無慈悲, きり彼女たちは旅立っ, きり彼女等の髮油, きり往復しない, きり往来もない, きり待たされてゐた, きり待てど暮せ, きり後ろに続く, きり後日談もなかつた, きり後絶して, きり徒歩でやつ, きり申渡しに, きり御免なん, きり御礼を申しあげた, きり御飯をかき込む, きり心もちを現, きり心当りはありません, きり心得てゐた, きり必要ならば, きり忘れたかも知れません, きり忘れ去られたように, きり忙しくなる, きり応えようともしません, きり応じないので自分, きり忠告する事, きり念入りに封, きり怒鳴つたんでまさか, きり怒鳴りたいやうな, きりつた, きり思い出しも出され, きり思い出すことは, きり思ひださせたのであつ, きり思ひだされて来た, きり思ひだされるだけで, きり思ひ出させてくれる, きり思ひ出さなければならない, きり思ひ出されて来た, きり思ひ出されると共に兼家, きり思ひ出したよ, きり思ひ出せなくなつた, きり思ひ切つたので, きり思ひ切つたんぢや, きり思ひ切れとなら思ひ切つて小花さん, きり思返されて, きり恐らく一生見る, きり恐ろしく大きな鼾, きり恐怖と失策, きり悟ることを, きりしかつたの, きり悪く考へつ, きり悪戯しに, きり悲しい境遇を, きり悶々のうち, きり惡さうに横から覗い, きり惨めな自分, きりひ浮べられなかつたが, きり愛し度い, きり愛しきって崇拝, きり愛吉はしばらく, きり感じさせるかういふ政府の, きり感じはじめていた, きり感ずると忽ち, きり感ぜられるのである, きり感情を表, きり感覚する, きり慌しく引返した, きりツとして, きりへよう, きり懐紙で血, きり懲らしめてやる, きり懷中の空, きり戀愛小説に縁, きり戦機が熟し, きり戦法でもレコード, きり戸締まりを見, きり戻らない波瑠子の, きり戻らなかつたのでございます, きり戻らぬ時には, きり戻りませんが, きり手出しのできない, きり手帳をとおく, きり手掛が無い, きり手掛りの絲, きり手紙一本来ないそう, きり打ちたてたらどうか, きり打切られると後, きり払った祟である, きり承わりますがあなた, きり承知して, きり抉り出しておられた, きりみ苟くも, きり投影した樣子, きり投石は止まった, きりから鳴り, きり折られ下拙刀は, きり折り取ってき, きり抜きお送りいたします, きり抜けて疲れきった, きり押し黙ってしまった, きりへば, きり拍車をかける, きり拓かれた一廓から, きり拓こうと腐心, きりきを, きり拡声機によつて, きり持たなかったすなわちそれ, きり持逃げされたなと, きり指しては云, きり指井と自分, きり指先には力, きり振り向こうともしなかった, きりんでゐない, きりでも動かぬ, きりへさせる, きり捨ててあった, きり捨てたまま姿を, きり捨てるとあの, きり捨て切り詰めることだ, きり捺してあつた, きり掌中の玉, きり探るまでは帰国, きり探偵小説の氾濫時代, きり探査するまでは, きり探検者だね, きり推測がついた, きり掲げるに至つたの, きり掴まうとみつめ, きり掴まへることは, きり掴み取つてその, きり掴めて來, きり掴めませんが何やら, きり描いたやうに, きり描かれていない, きり描き出させる好機会である, きり握んだ土地の, きり撥ねとばされ, きりしつける癖, きり支那人の物, きり支那側の宣伝ニュース, きり捨って, きり放されぬ関繋に, きり放すことの, きり放っておい, きり放り出して相手, きり政策が原因, きり何だか脚, きり敗戦の責任, きり教えられないと言いました, きり散らし鳶口を, きり敬礼を返さなかった, きりへた, きり整つた形態をあら, きり敵陣深く入り込ん, きり文句も意味, きり文章に現したい, きり斑鳩なげく, きり料理屋の方, きり断わらないにし, きり断念したこと, きり断絶だ, きり断言して, きり新しいやうだ見ろ, きり新聞から眼, きり斷定は下し得ない, きり方面ちが, きり旅行者としての船客, きりがない, きり日吉のこと, きり日和のお, きり日本人といふもの, きり日記に現れ, きり旧い習慣を, きりや死んだ, きりつ放しな, きり明治三十七年十一月二十二日晩餐としるされ, きり明神下へ引, きり明言するもの, きり明記されてを, きり映す証拠が, きり映つてありあり, きり映らずにはゐない, きり映り過ぎてゐる, きりの雲, きり春先になる, きりだ, きり時にはキョキョと, きり時間が無い, きりは日, きり景彦はあいそ, きり晴れた朝の, きりなんで, きり暇植木の世話, きり暑うなつた, きり暑くなつた, きり暗い苫の, きり暫らく息を呑ん, きり暫時は動かなかった, きり暮したかったわ, きり暴れ狂って, きり曲がらぬようじゃ, きり曲げる技術には, きり曲つてゐるので, きり曲者の正, きり更になんらの疑問, きり書きて遺したく, きり書きあげるのが, きり書き過ぎて貰, きり書く術を, きり書生ですから, きり替へるので魂, きり最後まで貴島, きり最新式の極めて, きりへぬ, きり木々の梢, きり未来まで逢えなかろう, きりである恩人, きりによりかかっ, きり杉並木の方, きり李逵は一歩, きり村山君ががく, きり束髪を止めさせられた, きり来なかったが年, きり来なかつた私は, きり来なくなったのを, きり来なくなるやうに, きり来ようとしない, きり東国にい, きりとして沙汰, きり松江の噂, きりも顔, きり柔かい手を, きりにもたれ, きり柳屋へ來, きり栄蔵が気絶, きりまでがり, きりつ切り葉, きりに繩, きり梢近く朽ち折れて, きり梨枝子はあと, きり棄てられて完全, きり椅子にかか, きり植ゑつけられた或は, きり椿も山櫻, きり楽隊の音, きりはない, きり様ひとつで立派, きり様子は解りません, きり標榜し得るもの, きり横浜へも帰らず, きり機運が明示, きりのことば, きり次男の薫, きり次第に消息も, きりへ, きり歌子はぽつんと, きり正直に云, きりの一巻, きり此二三年は頓斗姿, きり此女の考, きり此座敷に雨戸, きり此部屋の箪笥, きり武蔵は断じて, きりまして, きり歴史上からケム, きり歴史文学のこと, きりるん, きりの直前, きり死んでしまひ, きり死骸も上がらなかつた, きり殆ど影を, きり殆ど外出すること, きりつて, きり残される道綱が, きり残つたのはお, きり残るやうな, きり殖えて来た, きり殖ゑたというて居る土地, きり殴つてくれ, きり殺された奴の, きり殺してしまう, きり殺したことが, きり殺すとも打ち殺す, きり殿をつけ狙ッ, きり毒殺とは云い切れない, きり毒酒にやられた, きりをぬき, きり毛皮外套にくるまつ, きり民さんとはあわず, きり気づいてゐたなら, きり気付いてゐる, きり気絶して, きり氣力を失つた顏, きり永い間何の, きり永年開けられること, きりにまみれ, きり江戸につき, きり江戸っ子魂の意地, きりのみぎ, きり決まるのだ, きり決めてないんです, きり決めることが, きり決ると又, きり決心がつかなかつた, きり沢山手の平にあけ, きり泣いたとみえ, きり泣きたかつたからだ, きり泣きわめくのぢや, きり泣寢入し, きり洋服のまま炬燵, きり洋燈をそこ, きり洒落にかくれんぼ, きり洞穴を潜る, きり派手な往き方, きりにも来ない, きり浮きあがりませんでした, きり浮きたたせてゐる, きり浮き上つて何か呪, きり浮びあがつてゐた, きり浮びあがつて来る, きり浮び出てゐる, きり浮び出すのだつた, きり浴槽が寝棺, きり海蔵さんはその, きり消えてし, きり消えるように, きり消え失せてしまいました, きり消息不明なりし異母兄政広, きり涕汁も引か, きり涙一滴流れなかったほど, きりれて, きり深々とやつ, きり清子はそれ, きり清野の爺, きり済んだと思われる, きり減つたそれだけ風, きり減らしてくる, きり減り道を, きり減ッてしまった, きり渡さないなんて, きり測らないのである, きり湯河は下, きり源太めが仲間外れ, きり溜息をついた, きり滅びても好い, きり滅茶苦茶になつ, きり滑稽な逸話, きり滲み出て来る, きり澄んだ朝空を, きりをつけ, きり火打石と火打鉄, きり灯つてぼんぼりのやう, きり点頭いてゐた, きり無効になる, きり無心である, きり無知なん, きり無茶苦茶にスピード, きり無言で盃, きりる後自分, きり焼きついて, きり焼きつけられてゐた, きりしわける早春, きり爛れそれに, きりの垢, きり爭議團の方, きりやが, きり爾来行衛不明に, きり牛蒡か人參みたい, きり物凄い顔で, きり物色する事, きり物音もしませぬ, きり物音ひとつきこえないから, きりひの, きりの八公, きり狂氣のやう, きりのわる, きり狗めがやつちやつたん, きり狩屋三郎と思ひ込ん, きり探だな, きり狭い本箱の, きりが傘, きり現すことだ, きり現れてるやうです, きり現われて来ぬ, きり現実として受け, きりにかなっ, きり理解出來る, きり理論として纏めた, きり生えてでもゐる, きり生かすものだ, きり生きられないのを, きり生徒が一年, きりに立て, きりの畔, きり田螺のやう, きり申さなかつたので変, きり申しあげてもいい, きり申し上げておきます, きり申し上げかねるのであります, きり申し上げる事が, きり申すことは, きり申せば楠本君, きり申上ぐることの出, きり申立るの, きり男ぶりのい, きり男装して, きり町人風の小, きり留守なん, きりつた眼ざし, きりの上, きり疎遠にいたします, きりを残さずじ, きり痩せても気早, きり痩衰へて白髮, きりに違, きり発揮して, きり発育がとまつ, きり発表しないんで, きり登つたこともない, きり登校しないの, きり發芽させたやう, きり發車時までプラツトホーム, きりだか, きり白うお成りなさいました, きり白丘ダリアは口, きり白旗の森, きり白髪がふえ, きり百年になる, きり黙って, きり皆目行方が, きり皇帝が鶴子, きり盛り上つてゐた, きりられた物, きり目前の事実, きり目標を見定めた, きり目立つて來, きり目覚めてゐた, きり目鏡のこと, きり変らず夜, きり相国のお, きり相馬御風氏が文学, きり省作に対して口, きり看破する事, きりつて, きり眠っていた, きり眠られないような, きり眺めてゐた, きり眼底にあります, きり眼玉も口, きり着物も金, きり着物一枚どう眺め, きり矛盾し過ぎて, きり矢張り外ツ方を向い, きり知つた時自分の豫想, きり知らなかったんだ, きり知らなかつた頃だ, きり知らなくなつたんです, きり知らぬ所だつた, きり知られたやうな, きり知られるのは, きり知りながら汽車, きり知れてゐる, きり知れずか, きり知れた時駿介は, きり知れないからおらアいくらちやん, きり知れぬうちに, きり知覚を失っ, きり短く結んで, きり砂糖のやう, きり砂金の採掘権, きり研屋の暖簾, きり硝子窓を撲つ, きりに口, きり確かめておきなさい, きり確かめねばと私, きり確めること, きり示されてゐる, きり示したものであります, きり示し得るのか, きり社長の先生, きり神学生は動かない, きり禿鷹はあっ, きり私達二人は全然, きり秋めいた風が, きり秦啓源には逢えず, きり程なくだけで二日, きりも仕掛, きり穢い静かな, きり空中に浮き出し, きり空間に消え, きりつつかれる, きり突きとめられてゐない, きり突き飛ばされて暫らく, きり突貫けて, きりのそ, きり窓外の緑, きり立たなくなってるんだ, きり立ちすくみになった, きり立ち上つて次の室, きり立ち上る力が, きり立ち上れないで死んじまった, きり立ち消えてしまっ, きり立つた花崗石の, きり立てしがその, きり立てられてゐない, きり端然と構へ, きりになつて, きり竹生島からずっと, きり笑えなかったがちょうど, きりのこと, きり笠守稲荷様に凝っ, きり二時を, きり筋道が立たなかつた, きり答礼もせず, きり箪笥のけんどん, きりに入れ, きり築いてゐた, きり簡単に, きり簡易生活をする, きり米友には口, きり粟稈の中, きりが切れた, きり約束しませう先生, きり紅いものの, きり紅白粉の薄化粧, きりくずしの, きり納屋の方, きり納得させるの, きり納所坊主の仕, きり純潔無垢なるものの, きり素人で戀, きり素人下宿と思はれる, きり素子のところ, きり細君も妬かない, きり終るとしてももう, きり結びついてゆきました, きり結ぶなかに, きりは戻つ, きり絵三昧に耽っ, きり絶句して, きり綺麗になりだした, きり綾子夫人からレモナーデ, きりは切れなかつた, きりを引いた, きり編物をした, きり縁側へ出, きり縛られてるんです, きり縮めたり場所, きりまつて, きり置いて行かれる, きり罷めていた, きり罹らない人も, きり美しいといふほどで, きり羽織の事, きり翌日はもう, きり人気の, きり老いこんでしきりに, きり老けこんだのは, きり老けられましたななどと玄浴主, きり考えないことに, きり考えなかったすなわちその, きり考えられないものである, きり考へたにすぎない, きり考へられずそれへの, きり考へること廣く考へる, きりして, きりり去つて仕舞, きり聞えないことが, きり聞えなかったがそれ, きり聞えなくなってチャンウー, きり聞かうとした, きり聞かせるやうに, きり聞きとれぬ程の, きり聞きとれるものは, きり聞き取られるほど静かな, きり聞き取れないのも, きり聞くことが, きりをころす, きり聴き取ることが, きり肌寒さを, きりをそびやかし, きり肯うた自分の言葉, きり肯定しなければ, きり背筋に触れ, きり胸糞の悪い, きり脅かしてくれ, きり脊丈が伸び, きりを高く, きりけること, きりにおち, きりを上げた, きり腕組みをし, きりの底, きり膿んだものが, きり覺し, きり自分のでは, きり自分自身でも歌境, きり自宅に帰っ, きり自室に閉じこもっ, きり自家にいる, きり自己流だからな, きり自然に義姉アイネ, きり自由に出し得る, きり之松, きり舌うつは海, きりにのる, きり良い人が, きり色濃くしたためられて, きり色町へ入り浸っ, きり色艶をなし, きり色草刈籠のきりだめ, きりやかに, きり芝居もどきさ, きり芳枝さんは聞き出し得なかった, きり若作りで惱, きり茫然として紅葉山, きり茶釜にたぎる, きり草場の中, きり草色よれ, きり荒れて居ります, きり荷物の整理, きり華やかになりました, きり付いて, きり落したのでい, きり落すことが, きり落とした刀の, きり葉きり耘り去つて仕舞, きり葉つきり僕, きり葉つきりこれつきりで, きり葉子の消息, きり葉書を父, きり蒸暑い晩も, きり蒼ざめた真剣な顔, きり蔦子のこと, きり薄い私の, きりの扉, きり藤吉は気, きり藤夜叉の名, きりの事, きり蘆屋にさえ先日姉, きり虎列拉に相違, きりが少く, きり蜂谷は息, きり蝶子はきたない, きりは血桶, きり血涎れを, きり行かうとも思ひませんでした, きり行かずにしまった, きり行かなかったことが, きり行き先も居, きり行ってみなかった, きり行通いしない後で, きり衣服に棒切れ, きりはし, きり表口をあけ放し, きり表現されるもの, きり表面にあらはれる, きり衰え秋の, きり衰弱して, きり装飾もなんにも, きりも閉めない, きり襦袢が粉だらけ, きり見えすぎるよ, きり見えぬくらゐ, きり見えはじめたころ漸く, きり見えましたから, きり見ず知らずで御, きり見せたのである, きり見せられることも, きり見つともない, きり見つける一種の, きり見つめて其, きり見とめることの, きり見ないものだ, きり見へるよりも反, きり見られてゐる, きり見られなかったのは, きり見られぬことに, きり見られるのであつ, きり見出し得るやうな, きり見分けきれないということ, きり見分りませんから彼, きり見定めてゐる, きり見得る形が, きり見放されたらどどう, きり見極めたいと思ふ, きり見究められてゐる, きり見習士官ゴロロボフが死ん, きり見舞ひの, きり見覚えのない, きり見込がない, きり見通した事は, きり見違えてしまっ, きり視線が合, きり覚えさせておい, きり覚えてないけれど冬, きり覚えてるの, きり覚えとらんがでけ, きり覚えるのでした, きり覚さうではない, きり覚醒して, きりでもない, きり親身の者, きり観察して, きりるには, きり解つたのであるが, きり解らなかつたが葉山氏, きり解釋出來たと, きり触らなかったとなる, きり触れるからである, きり言い娘は, きり言いきらせないうちにと, きり言いますけどもう, きり言い切つております, きり言い放ッた, きり言うべきであつた, きり言えばあなた, きり言えるような, きり言ってしたたか, きり言つたのである, きり言つた方が物事, きり言つた時には気, きり言づてをすることもやめて翌朝早く帰っ, きり言ふんです, きり言上いたしましても, きり言明せられて, きり訊いてくれません, きりすること, きりる, きり訣つたのは愉快, きり訣れば, きり訪れて来なかった, きり許されていません, きりは解らなかつた, きり証拠にする, きり評価して, きり詠まれて居た, きり詠めともおっしゃらず, きり話したらしいね, きり話すから今日, きり話せねえや, きり認め合ひ, きり認めなかつただけで, きり認めることが, きり誘惑された, きり読書を中止, きり誰ツて, きり誰一人返事をする, きり調査になつ, きり諒解出来ない, きり識らうと, きり識認した, きり警察部長かそれとも, きり警部はうつむい, きり警部モロはぼう, きり讀者の顏, きり變つて居たといふ, きり谷地にぽつんと, きりもしない, きり豆店へは帰っ, きり豫想と違つて, きり豫言して, きり貂蝉のこと, きり貞藏は呼吸, きり負からないのかい, きり責任をもつ, きり買って来い, きり賑やかだった隣室, きり賛成も批難, きり質問を繰り返した, きりせもの, きり赤い火の, きり起きられず子供たち二人を, きり起られねえんだ, きり起居もよろよろ, きり足ぶみして, きり足利殿にはついぞ, きり足許の女房, きり足跡が残つて, きり跡あたりの見当, きり踊りぬいて, きり踏み潰したらさぞかし胸, きりをかへし, きり身体が発育, きり身動きひとつしません, きり身動き一つしません, きり身近かに聞かれる, きりを惡, きりの中, きり車内を賑わした, きり辛い点を, きり辛うじて新聞紙に, きり辨別して, きり辰三の正, きり込まず面白い話し, きり込まれる縦と, きり込み殺してしまった, きり近頃はやりの新興宗教, きり返さず其あとの, きり返さないのさ, きり返してくれ, きり返答出來なけり, きり述べておく, きり述べた筈だ, きり迷宮入になつて, きり迷宮入りになつて, きり追いもしない, きり逃げて來, きり通れまいと思はれた, きり通用しねえ, きり速力だつて, きり逢えない事に, きり逢わなかったの, きり逢わぬとは心, きり連れがある, きり連絡も絶え, きりひぞ酒場, きり遊ばないんです, きり運転手は居ない, きり過去一切の幻影, きり道人は靜, きり道時も何, きり違うんです, きり違っている, きり違った新しい世界, きり違つたタイプの男, きり違つた効果を出す, きり違つた国でした, きり違つた效果が生れる, きり違つて來る, きり違ひまさあね, きりの昔, きり遠くまで見通せる, きり遠慮深そう, きり選挙に出る, きり遺つて居る, きり遺書つてほどぢ, きり邪魔されず落, きり部屋がない, きり部屋中ががらん, きりのスター, きり酔眼朦朧たる瞳, きりはされ, きり醒めてゐる, きり醫者は後, きり重要なもの, きり野郎は車, きりだけねこばば, きり金堂の覆蔵, きり鈍つた心を突く, きり鈍つて来たぞ, きり鉛筆のやう, きり銀座の風, きり銃音はしなかった, きりそろばん, きりがおろされ, きり鍛冶小屋に泊った, きり鍛冶屋と鉢合せ, きりにまげ, きり鎮まると今度, きり鎮静すると, きりの仕業, きりを手, きり長々と後, きり長い間黙っ, きり長左衛門は何とも後, きり長春かどこ, きり長火鉢の前, きり長閑の秋, きり門内の声, きり門口はもとより, きり開かれて木, きり開かれたその路, きり開き造物主の, きり開けて来た, きり開けることが, きり間違ひ, きりとも五郎, きり関羽は大勢, きりが高く, きり阿る心を, きり降りて来ない, きり限られていかにも, きりがつく, きり陽気は春ぢ, きりいて, きり障子に掴まつた, きり集ってやし, きり雑草多きところ, きり雑談に時, きり離すことは, きり離れてしまわない, きり霓博士が襲来, きり露台へ出よう, きり青い斑点にな, きり青年の側, きり青年団も嗚呼, きり青黒く膏の, きり静まり返ってしまった, きり面白かった, きり面白くないと, きり面談をする, きり靴形つけて, きり音止めをやっ, きり響いて來, きり響くのだ, きり順二郎はずっと, きり略しては, きり頼りか, きりは冷涼, きり飛び出したんだ, きり飛出して戻っ, きり飛行機をとばせる, きりが細っ, きり食事も碌, きり食慾は無, きりの盛り, きり込めた, きり飲食の手, きり養子を断念, きり饒舌ると, きりのこと, きり馬印と中, きり駄目になつちやつたの, きり駈出してその, きり騒いだり悪戯, きり高い枯草の, きり高くなつて作米, きり高等学校を中途, きりのぢいさま, きり魚屋に払, きり鳴かば人待, きり鳴けば夕かげり疾, きり鳴らした茶くみ女の, きり鳴り止んで, きり鶏汁酒酢薑蒜などを加え, きり鶴見は黙っ, きり鹿田が持つ, きり黒くうつ, きり黒ずみ疲れはてたやう, きり黒犬の吠える, きり默つて僕を見, きり默つて煙管を持ち, きり默つて駒平は漬菜, きり默りこんでしまつた, きり黙ったままぼんやり, きり黙ってるので彼, きり黙つてしまひ, きり黙りこくってしまった, きり黙然とし, きり黙然と奥の, きり鼠色の上着